青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~だまっ だまっ~ ~だめ だめ~ だら~ ~だらう だらう~ だらけ~ だらし~ ~だれ
だれ~
~だろう だろう~ ~だんだん だんだん~ ~ち ち~ ~ちがい ちがい~ ~ちがう ちがう~

「だれ~」 9289, 89ppm, 1242位

▼ だれ~ (2414, 26.0%)

56 かれも 48 いなかった 42 いません 35 いないの 30 それを 23 見て 18 彼も 17 それに 16 だれも, 出て, 手を 15 いないこと, いないと, 知らない 14 かれもが 13 はいって 12 いないじゃ, 住んで, 彼に, 知って 11 いない, 人の 10 彼女の 9 いないのに, 口を, 彼の, 知らないの, 私を 8 いませんでした, いやしない, 来て, 相手に, 知らなかった, 自分の 7 いないよう, いなかったの, そんなこと, なかった 6 あなたの, おりません, きて, これを, 人が, 助けに, 気が, 気に, 知りません, 見たこと 5 ありません, いないとき, いないん, いなくなって, ものを, 人は, 気がつかなかったの, 気の, 見ちゃ

4 [17件] あやしむもの, いるはず, その男, そばに, そばへ, そんなもの, ついて, ない, なんとも, ほかに, わたしに, 彼を, 彼女に, 彼女を, 持って, 気を, 自分に

3 [36件] あいてに, いないし, いないよ, いなかったでは, ここへ, その真相, たすけに, はいったこと, はいれないよう, へんじを, わたしを, 不思議だ, 乗って, 人間が, 声を, 気づいたもの, 源氏の, 異議を, 知ったもの, 知った者, 知らないこと, 知りませんでした, 知人が, 私に, 私の, 考えないからね, 聞いて, 自分を, 見えなかった, 見たもの, 見る人, 訪づれてくるひとさへなく, 近づいて, 返事を, 遊んで, 顔を

2 [118件] あえてそれ, あなたを, ありませんでした, いずただ, いないで, いないでは, いないところ, いないはず, いないもの, いない二階, いない部屋, いなかったから, いなくなると, いねえん, いませんから, うたがうもの, うたがわない, おそば, おりませんでした, お師匠さま, きいて, ここに, こちらを, こないよ, この部屋, しらない, じゃまを, すること, そこには, そのこと, その人, そばには, それについて, たすけて, たずねて, だまって, でて, とがめるもの, なにも, なんともこたえませんでした, なんとも言っ, のって, はいった者, ぼくが, まだその, まだ手, みなその, やって来る者, クリストフに, 上の, 不思議に, 世話を, 井上君に, 他の, 何も, 信用し, 出たもの, 出ないか, 力に, 動かなかった, 友だちが, 口には, 同じこと, 外に, 家の, 帰って, 彼が, 御苦労とも, 心を, 思いも, 思った, 思って, 恐れて, 意外な, 愛して, 早苗さんの, 明らかに, 本気に, 来ては, 来なかった, 来やしない, 気がつかない, 気がつかないの, 気がつかなかった, 男は, 疑いを, 皆そう, 目に, 知らないから, 知らないと, 知らないよう, 知らないん, 知らない秘密, 知るもの, 知るよし, 知る人, 知る者, 答えなかった, 答えません, 答えるもの, 考えない, 耳を, 聞く人, 興奮し, 苦情を, 街路を, 見えない運動場, 言うこと, 訪れて, 話して, 身を, 近くに, 追いかけて, 追っかけて, 通らないさびしい, 非難の, 飯を, 黙って

1 [1307件 抜粋] あいづち, あけて, あそんで, あたりに, あなたにたいして, あの座敷, あまり問題, あまり近寄りませんでした, あやしまなかった, ある不安, あれ以外, あんな親父, いいふう, いけないわ, いず一人, いず家, いそう, いたよう, いつ父親, いないから, いないが, いないぞ, いないなんて, いないので, いないらしいの, いないわ, いない呂宋兵衛, いない島, いない掛小屋, いない自分, いなかったです, いなかった投げられたへ, いなくて, いなくなっただいどころ, いなくなったよう, いなければ, いねえはず, いませんでしたが, いまは, いやあしない, いやしません, いりません何, いろいろな, いわなくなったけれど, うたがうこと, うたがわなかったの, うたわない, おかみに, おしえて, おどる心, おどろかないもの, おばあさんを, おまえを, およそ彼, おらぬか, おれたちを, お前さまに, お姫さまの, お許しに, お馴染み, かけやしないかしら, かつてしあわせ, かなうもの, かまっちゃ, かも驚かされ, かわいがって, がき大将の, きたこと, きませんよ, きみわるがっ, くじ引きを, くわしくしん, こういうこと, ここへは, こたえるもの, こないと, こなかった証拠, このお寺, このへや, この人, この場合, この大, この委嘱, この寺, この形見, この怪人, この穴, この老人, この貧乏, この青い, この鳥, こわがって, こんな牛, ご存じの, さまたげては, さわりも, しない, しなかった, しょうちいたしますまい, しらないうち, しらないこれ, しらないふしぎなきかいをはつめいするので, しりません, すきには, するよう, する役, そうした秘密, そうと, そう側, そこから, そこへは, そこまでは, そのも, その仮面, その古い, その声, その女, その子供, その室, その張子, その木, その歌, その理由, その祝福, その言葉, その顔, それが, それとは, それ以上, そんなに思っ, そんな大きなもの, そんな権利, たくさんいる, たずねては, たのめず, だれだれもと, つかまえること, つれずこまかい, できないの, できるもの, とめるもの, とりあって, どうもしよう, ないの, ない心細い身の上, なさらないよう, ぬけ出すこと, ねえさんを, のこって, のぞけないところ, はいらないの, はっきりした, ひとことも, ふき出さずには, ぶっつかった人間, ほかには, ほめて, ほんとうに, ぼくの, まじめには, またお母さん, まだからす, まだそれ, まだ名ばかり, まだ知らない, まだ起きた, まるで知らない, みても, みなそれに, みな同じ, みな恐れ, みな行動の, みんなうれしく, むだ口を, もうそんな, もうピストル, もう先ほど, もう彼, もう笑う, もって, もはや徳利, もらっては, やってこなかった, やって来ない, やらないその, ゆかないよう, ゆくこと, よくいう, よく気, よく知る, よく観察, ろうそくに, わたしたちを, わびしがっ, わらわないよ, ゐないとき, ゐない寺, アザラシの, カニを, ギリシャ語で, サンプリス修道女の, ジャンの, セルの, テナルディエの, ネコに, フリーダが, メグの, 一度見る, 三崎丸に, 上れたもの, 不安でならなかった, 不愉快に, 不義いたずらの, 世話し, 中に, 了解する, 人を, 人形とは, 人影は, 人間の, 仏さまを, 他人事, 以前から, 住みてが, 何という, 何の, 侍し, 保護する, 信じようとは, 信ずるもの, 修道院の, 個人的ひいきを, 働かなくなるでしょう, 党という, 入らずたたき床, 全くおぼえ, 六兵衛を, 出そう, 出ないよう, 出る様子, 出入りを, 列席する, 前生から, 加勢する, 助け起こして, 勤行ばかりを, 危険がった, 反対し, 反対を, 取りに, 古い枕, 同じこった, 同心する, 同様であろう, 味わえない痛快事, 和声を, 喜んでなんか, 地の, 墓を, 夢想しあたわざる, 太郎と, 女房が, 娘と, 嫌って, 安くても, 官等の, 実現し得ない, 宮の, 寄りつきません, 寝て, 寝られないよう, 寝床を, 小言は, 居ねえの, 屋上に, 島の, 常識で, 年とったりずるく, 幽霊などを, 店番を, 強いて, 彼には, 彼らに, 彼女へ, 彼自身も, 御同意, 徹底的に, 心ときめきは, 心は, 心細がらぬ, 思いおよばないよう, 思い時々, 思わないお, 思わなかったッ, 怪しみも, 恐しがっ, 恐るること, 恵んだので, 悪いとも, 想像いたしますまい, 想像しない, 想像するごとく, 意外の, 感じて, 感づいて, 感心し, 感謝を, 憐れな, 手の, 打てやしまいショート, 承知し, 招かないと, 拾わぬの, 指一本触れられん, 捨てること, 描かない植物, 教えも, 料理され, 旅の, 昔の, 昨夜雪の, 書くこと, 本の, 本意じゃ, 来ちゃ, 来ないらしく中, 来なかつた, 来ねえ, 松江と, 森の, 構っちゃ, 止めに, 死ななかった例, 気おくれ, 気がつかないかも, 気がつかないでしょう, 気がつかないほど, 気がつかなかったん, 気づいては, 気づかない, 気づかないよう, 気づかない秘密, 気づかなかったが, 気づかなかったよう, 気づかぬ人物, 気づくまいと, 気にも, 気味悪がっ, 水を, 永久の, 汽車から, 注文したおぼえ, 流れましょうという, 清造に, 満足に, 無理は, 犬殺しに, 猫については, 率八ひとりを, 生きた者, 畜犬票などを, 異論は, 異議は, 疑うもの, 登ること, 皆お, 皆こわく, 皆その, 皆つい, 皆人々, 皆作者, 皆印象派の, 皆呆然, 皆実家, 皆彼らの, 皆恥じ, 皆知, 皆社会, 皆自由だった, 皆言い合わせた, 皆逃げ出し, 皇子を, 目を, 相手が, 眠ろうと, 知った業平朝臣, 知ってる名句, 知らざるところ, 知らないか, 知らないだろう, 知らないでは, 知らないどこ, 知らない地下室, 知らない夢, 知らない小さい, 知らない者, 知らない顔, 知らなかったよう, 知らなかったコゼット, 知らぬの, 知らん, 知りぬいて, 知りゃあ, 知ること, 知るとおり火事, 知る如くエッセイ, 知人は, 確実に, 祝った, 私が, 秘密は, 笑う者, 笑っては, 答えては, 精神の, 経験しなけれ, 絵合わせの, 罪とは, 老人を, 考えたこと, 考えて, 考えなかったの, 考え及ばなかったであろう, 聞かないで, 聞かなかったの, 腰かけては, 自由を, 舵を, 花瓶の, 若い日, 葉子の, 蛭田博士を, 行くな, 行く者, 衣食住の, 見えない, 見たと, 見つけたもの, 見てる者, 見とどけた者, 見ないと, 見なかったろうね, 見ぬ船, 見ようと, 見栄えが, 見破れないよ, 見返るもの, 覚えて, 触るるもの, 言えない, 訪ねて, 証人に, 話を, 認めたの, 認めるけれども, 説教なんか, 読む者, 諸君の, 豹の, 責任の, 貶める言葉, 買おうと, 買わずに, 起きた様子, 路を, 蹈んだ, 身動きも, 近づきませんでしたが, 近づく者, 返答しない, 追随し, 逃げだしたもの, 通って, 通らないかも, 通らない日盛りごろ, 通らなかったと, 通りかかりません, 通りゃしない, 通るもの, 連日連夜たえず, 道を, 部屋に, 金を, 鎧を, 長生きが, 閑雅な, 防寨から, 際限なく, 雨天と, 電話口へ, 静かな, 音楽などに, 頼まずに, 願うべきだよ, 顧みる人, 食わない, 飴チョコを, 騒ぎ立って, 驚かないだろう, 高橋さんから

▼ だれ~ (991, 10.7%)

24 それを 13 見ても 8 そんなこと, 見たって 7 いちばんうつくしい, なんといっ 6 なんと言っ 5 いるん, 知ろう, 言い出すとも

4 [12件] うそを, これを, こんなところ, 住んで, 嘘を, 持って, 書いたの, 来て, 来ても, 答えるとも, 言い出したとも, 言った

3 [17件] こんないたずら, こんなこと, こんなもの, そんな事, だれが, だれである, なんの, 何を, 作ったの, 悪いの, 来たの, 歌を, 犯人だ, 知って, 考えても, 自分の, 言い得よう

2 [59件] あなたに, あんなこと, あんなにした, いうと, いちばんえらい, いったもの, いって, いつしかに, いると, お前さんの, お前に, きさまたち, こんなまね, して, しばったの, するの, するもの, そういうの, そこに, それに, です, どこで, どんなこと, のって, はいって, ぼくの, みても, やったの, やっても, わざわざ自殺, わたしたちを, 一体そんな, 世話を, 云い出したの, 何と, 保証し得ましょう, 入って, 出そう, 出て, 助けて, 妨げるもの, 想像するでしょう, 描いたの, 教えたか, 映画を, 書いたもの, 書いたん, 殺されたん, 殺したか, 殺したん, 盗んで, 私に, 自由な, 落ちた, 見て, 言えよう, 語るとも, 贈って, 造ったの

1 [686件 抜粋] あ, ああいう, あえてあなた, あえてこの, あえてしうるであろう, あけたん, あげるもの, あなたの, あなたを, あの星, あの鹿, あやまってなんか, あろう, あんたを, あんなふ, あんな地獄列車, あんな奴, あんな小僧, あんな阿, いいか, いいだしたとも, いい出したこと, いえよう, いえるの, いかにし, いじめるもん, いたって, いたと, いたという, いたろう, いちばんじ, いちばん高く, いっさいの, いったいそれ, いったいほんとう, いったい叫んだ, いったい彼, いったい私, いつお前に, いつどんな, いつのまにこんな大きな, いつのまにほんもの, いつまでも, いつ斬られること, いつ死ぬ, いつ退職, いなくなったって, いる, いるかれも, いるン, いわしなんかを, うけりゃ, うずめて, うまくやりとげた, えらいという, おいしいスープ, おさえられようか, おしし, おじいさんの, おとしたの, おなわ, おまえを, おやりなさった, おれを, お前さんに, お前さんを, お前なぞの, お前の, お前を, お化けに, お嫁, お宮に, お手引き, お氷, お金を, かえるもの, かかり風鈴, かたるもん, かまうかよ, かまうもの, きいても, きくこと, きても, きみに, きめるの, き貴様たち, くそ, くそこんな, くるの, くるもの, けんかなんか, こうした物質, こしらえたとも, このお金, この不条理, この事情, この仕事, この圧迫, この塔, この横浜開港, この機械人間, この男, この算術, この茶わん, この責任, この部屋, これらすべての, こんどは, こんなお, こんなくだらねえ, こんなつけ届け, こんなに上手, こんなぬすみ聞き, こんなばかばかしい, こんなひどい, こんなボロ, こんな古い, こんな意見, こんな気味, こんな物, ご伝授, さがって, さした事, さらさらと, しかられなんか, したかと, したと, したなんて, したん, しても, しばったか, しゃべるもの, しようも, しりごみする, じょう, すぐに, すっかり言い得よう, すんで, そうしたの, そう思わせた, そう言っ, そのとき, その仕度, その家, その後の, その御輿, その心像, その手, その時墓場, その橋, その針路, その鍵, それについて, そんないたずら, そんなお節介, そんなところ, そんなはなし, そんなもの, そんな区別, そんな夜中, そんな手回し, そんな捨てた, そんな癖, そんな話, そんな質問, そんな電話, たのまれたって, たのんだい, ために, たれるよう, だい, だまって, だらだら毛布, だれだか, だれに, だれを, ちょうぜんとし, つけたん, つけて, てめえなどの, てめえの, てめえみ, とりに, どういふ, どうした, どうして助けた, どうして建てた, どうなった, どうなる, どう云う, どう考え, どう見, どう言いまし, どこを, どなって, どんなに骨, どんな事, どんな働き, どんな手, どんな手だて, どんな機関, なくもん, なぐったん, なったろうか, なな, なるかという, なんと仰有ろう, なんと告げ口, なんと弁解, なんと申されましょう, なんと申しましょう, なんと言おう, なんの用で, ぬすんだかを, はいっても, ひいて, ひき起こした騒動, ふいて, ふなに川, ほうりはじめたとも, まあそんな, まだ残っ, みずから一命を, もうけるため, もうこんな, もってるだろうか, もってるもの, もとに, やったおまえ, やったか, やったと, やったという, やったん, やつた, やるとしても, ゆくもの, よかろう, よくまじめ, わしの, ゐるの, ウソを, クリストフに, ケモノを, シャンマティユーじいなんかを, ッ, テエブルの, ドアを, ノックし, ハンスの, ボートを, 一体この, 一体こんな, 一番先か, 一番射撃の, 一番強い, 一番直接に, 七つ橙を, 下りて, 下手人だ, 不平を, 世間へ, 乗り合わせて, 乗るの, 乗るん, 予想しえよう, 予測した, 二つに, 二十面相だ, 二階に, 云い得よう, 云い立てるだろう, 云うた様, 云うもん, 人間です, 人間を, 今ごろ身振りを, 今日の, 今時分森の, 今朝あたり稼ぎになんぞ, 休むと, 伴れ, 何という, 何といつ, 何と言おう, 何の, 何ンと, 何分延びた, 保証し得よう, 保証する, 保証できるであろう, 保障できるでありましょう, 信じるだろうか, 信用する, 修繕しなけれ, 俺の, 偉え, 働き手を, 優しい言葉, 先に, 先生の, 共産党太平洋委員長ケレンコであり, 冗談など, 凉しい, 出るか, 出るばかり, 出るほど, 利口ものな, 勘定だ, 勧めても, 原因に, 取ったって, 号令を, 吉良や, 吉野山へ, 吹いて, 味わい得よう, 命じたッ, 命令する, 命令するで, 嗜きで, 嘘なんか, 四十以上も, 垂れさうな, 垂れて, 外に, 外交の, 夢遊病者でなく, 天然居士なんて, 好きこのんで, 好配偶者, 学問の, 宇宙線レンズを, 宿を, 射たとも, 小姓の, 届けて, 山で, 山頂の, 己たちの, 廻して, 引き受けて, 彼女を, 待つか, 思いついて, 思おうか, 思ったであろう, 恨みも, 悠然として, 悪いという, 想像し得られよう, 想像する, 扉を, 手下に, 手伝が, 打ったの, 払って, 抑えるか, 押して, 持たせる, 持つて, 捨てたの, 描いたって, 握つて, 支配し, 故郷を, 救けに, 救って, 文字の, 文晁に, 断言しうるであろう, 断言できるでしょう, 日が, 明日の, 書いて, 望みに, 末期症状であろう, 本気で, 本気に, 来たん, 来たんだい, 染めわけしや, 植えたという, 歌ったと, 正ちゃんに, 死に, 死んだか, 死んだん, 残って, 残存し得る, 決して落ちない, 決定し得た, 泣かした, 海底超人を, 渡航料を, 潜水将校リーロフな, 火に, 点したもの, 物好きに, 猿めに, 現実から, 理解し, 瓦で, 町で, 畜生だ, 當つて, 発つ日だい, 発明し, 發明した, 盗んだもの, 盗んだん, 目を, 目立って, 眞に, 真価を, 真顔に, 知らせに, 知ろうぞ, 研究し, 砦を, 神の, 祭ったん, 私たちに, 私の, 穴山さまの, 笑うもん, 笑ったの, 第一番, 細工を, 組みしかれ, 置いたか, 置いて, 考えたに, 考えだした話, 考えついたの, 考えるじゃろう, 聞いて, 聞いても, 腕を, 自分で, 自分と, 自由に, 舞台上手から, 船長に, 花を, 英国は, 薪小屋へ, 行き届いて, 行くもん, 裁くかの, 襖子を, 見たの, 見るだろう, 見るもん, 見現, 親の, 言いあらわして, 言い触らすとも, 言うと, 言うとも, 言えるもの, 言ったかという, 計画した, 許しても, 診て, 話して, 語り得よう葉子, 説明し得よう, 諭吉を, 謙遜家を, 谷博士を, 責任なんか, 貴様を, 買ったろうか, 買って, 買手が, 転任する, 逃げるもん, 這般の, 遊ぶもん, 酔狂に, 野で, 金も, 金を, 銭はらう, 長くって, 長びく, 陳列室へ, 離すか, 電話を, 面倒み, 靴なんか, 預かりおった, 頼むもの, 頼んだかは, 食べるだろう, 食べるつもり, 食べるもの, 首枷を, 騙されるもの, 鴉に

▼ だれ~ (747, 8.0%)

19 きて 14 ほかの 10 来て 8 一人の 7 わしの 6 戸を, 自分を 5 あとを, いませんか, 一人が, 人が, 見て 4 いないか, いる, きたよう, 人間が

3 [13件] いるの, おらぬか, きた, きたの, ついて, 人を, 出て, 呼んで, 懐中電灯を, 扉を, 来たよう, 目に, 自分の

2 [38件] いいました, いって, いねえか, いるん, えらい人, おれを, きっとそれ, ここへ, こちらへ, この家, しらん, そこに, それを, だれか, であるか, ほかに, わたしを, 他の, 任意の, 俺を, 倒れて, 僕の, 別な, 別の, 声を, 大きな声, 山家の, 手を, 教えて, 来たの, 来るよう, 歩いて, 知って, 知らないが, 知らぬが, 私たちの, 通りがかりの, 飼って

1 [521件 抜粋] あいつを, あたしの, あなたの, あの三階, あの利発, あの家, あの方, あの船, あの車, あの金持ち, あの階段, あるだろうか, ある人, ある哲学者, あんな工場, いうと, いたずらした, いたずらを, いたんだがなあ, いたんだなと, いちばん家の, いっしょに, いった声, いった者, いないかい, いないかね, いないもの, いるかね, いるじゃ, いると, いるね, いるよう, いるらしいん, うかがい寄り, うちの, うちへ, えらい学者, えりくび, おいでに, おいと, おおぜ, おしえて, おもて, おらんか, お世話し, お付き, お使い, お前さんの, お友だち, お姫さまに, お客さんに, お顔, かかること, かくれて, かけて, かつて來, かつて心配, かれを, きいて, きっとわたし, きっと私, きっと迎え, きみに, きみの, きゅうりの, くると, けがを, こうしんせつに, こう小さな, ここに, こっちを, こないかと, このうち, このじゃま, この内部, この大, この己, この牧場, この疑問, この神, この紳士荘, この近辺, この部屋, この門, この鼻ッ, これを, こんなとき, ござ, ごひいき筋, ご存じ, ご番所, ご門, さっぱり差し出し, しかるべき文学者, しらべて, すぐに, すてきな, すばやく船, すわって, そこい, そこの, そっとあたし, そっと入っ, そっと手, そなた, そのかぎ, その偉人, その愚, その箱, その苗字, その薬, その部屋, それについて, たおれて, たき火でも, たしかな, たしかに戸, たすけに, たとえばご, たもとに, たもとの, だ, だいと, だと, だまされる気, だますつもり, だろうよ, ちょっとさわり, ついでが, つえで, つかまえて, つぶやいて, つれの, てつだって, とがめる者, となりへ, とびついて, どうかしてやったら, どこから, なきだした, ならなおのことそう, なんとかすれ, にげ出したぞ, はこびだして, はしごを, はやく, はやく助けなけれ, ひとは, ひとりが, ひとりぐれえ, ひとりは, ひとりボートを, ひとり入用じゃ, ひとり綱を, ひょっとやってき, ふたりほど, べつに, べつの, ほくの, ほしいという, またかかる, また一杯, まだこんな, まだ手, まぼろし, まゐりました, みえたぞ, みたいに, めし上がる, もしくは何事, もっとめずらしい, もっと大きな, もらいてが, もらって, やったらいい, やってきました, やってくるぞ, やってくるの, やって来たので, やられたな, よぶの, よんで, わかって, わからぬか, わからぬよう, わかりません, わけの, わたしたちの, ゐるの, ゐるらしいね, ガヤガヤ騒い, ガーガーゲーゲーと, キリシタン, コンパクトに, シャベルを, スイッチを, トック君の, トントンと, ハーモニカを, プロージット・ノイヤールと, マントを, マンホールの, メーヌ市門へ, 一ぽん, 一二名を, 一人こっちに, 一人つい, 一人でも, 一人は, 一人や, 一人出れ, 一人聞き手が, 一人自転車を, 一人若い, 一人隣の, 一度は, 一方に, 一緒に, 一騎すぐ, 上がって, 上って, 上手な, 下っぱの, 下に, 世話を, 中で, 中傷を, 中間に, 乗って, 二人ぎせい, 二人王子の, 二階を, 五六人の, 人に, 人の, 人声が, 人待ち顔に, 人気の, 人選し, 今にも, 今客, 介添が, 他人が, 他家の, 代作が, 以前に, 似た者, 住んで, 住んでるよ, 住んでる奴, 來た, 便所へ, 俊一さんの, 信用の, 信頼の, 入塾させたい, 全く別, 内部に, 出入りした, 出入りの, 分る, 分子の, 利助の, 力の, 力を, 加代姫の, 助けて, 助けに, 南蛮渋茶を, 原っぱを, 友だちか, 友だちが, 友だちに, 友達二人と, 叩いて, 召使などの, 同郷の, 同門の, 名人が, 名案は, 向う岸へ, 向こうに, 君を, 呼びにくるはずじゃといっていられた, 呼びませうか, 呼ぶの, 呼ぶ声, 呼んだと, 呼んでるわよ, 命の, 問屋場で, 垣間見て, 外から, 外に, 大人が, 大奥お, 大川に, 女の, 好きな, 家に, 家の, 家具屋へ, 寝て, 射ったの, 尋ね求めて, 小石を, 少年探偵団の, 居ないか, 居るか, 工作箱を, 工場の, 工夫し, 度胸の, 庭へ, 庭先に, 張って, 彼を, 征伐に, 後ろから, 後ろに, 御一行, 心当りは, 忍術でも, 忠実な, 思いあたること, 怪しい者, 怪我した, 恐るべき瞬間, 悠つくり, 悪いやつ, 悪者が, 悪者を, 惟任日向守の, 憶えて, 懐中電燈を, 戸口に, 打ちそこ, 拾うか, 拾って, 指の, 指名し, 捕って, 捨てたん, 探りに, 文句を, 新しい飼い主, 旅客に, 日本人で, 日本文に, 早うこの, 早くも, 早くスイッチ, 早く来, 早く武器, 早く気がつい, 早く消し, 早く相撲, 早く警察, 早く馬車, 時間の, 曲芸師仲間が, 有名な, 有志は, 木に, 本当に自分, 本船へ, 村の, 来たか, 来たので, 来たわ, 案内させよう, 棒を, 極端に, 楽器を, 歌って, 歌を, 止めに, 正しい人間, 正一君を, 正体の, 正直そうな, 武士の, 歩いてるよう, 歩みの, 殺して, 気づいてる者, 水を, 氷見役人の, 江戸へ, 河童橋と, 涙を, 渓流に, 瀬川は, 灰の, 牛を, 物好きな, 犬の, 犬を, 犯人の, 狛家に, 玄関へ, 理解ある, 理解しよう, 生きて, 生徒が, 生理光学に, 男の, 男先生よん, 町へ, 疑わしい人物, 盗んだな, 目を, 相撲好きの, 知ってるか, 知つてゐる, 知らこそ, 知らない遠い, 知人の, 研究した, 社長室の, 私に, 私を, 窓を, 立ち聞きし, 立って, 答えた, 約束を, 組打ちを, 罵るよう, 老人に, 聖なる師, 聞いて, 肩を, 背後に, 腕っこきの, 腰の, 自由を, 船乗が, 船頭でも, 花曲輪の, 英国の, 行かないか, 行くそう, 行って, 裁判する, 西洋で, 見えるらしい, 見かけなかったかね, 見たいと, 見つけて, 見てるして, 見てる者, 見とると, 見も, 見る人, 規則に, 親しいやさしい人, 親切な, 親愛な, 親身に, 言ってたが, 討ち取るもの, 訪ねて, 話すだろう, 話の, 警官を, 警察へ, 貰うと, 貰つ, 賞善罰悪の, 赤ん坊を, 走って, 起こすもの, 身内の, 迎えに, 追いかけて, 追つかけ, 連れて, 連れの, 遊ぶ相手, 適当な, 部屋の, 郷士を, 重い男, 金の, 金を, 鐘を, 門を, 障子を, 雪を, 青梅へ, 静かな, 頭を, 頼れる人, 顔の, 飛ばして, 馬の, 駆けて, 駕を, 驚かざらん

▼ だれにも~ (603, 6.5%)

10 わからなかった 9 わからない 7 わからないの, わかりません 5 会わなかった, 気づかれないよう, 話さないで 4 いわないで, そのこと, わかるもの, 姿を, 知られないで, 知られないよう, 知れないよう, 訣らぬ 3 いっては, それを, 似て, 気づかれずに, 自分の, 話しませんでした

2 [35件] あいませんでした, あるよう, いうな, いわないよう, うたがわれないで, お見せ, さとられぬよう, できること, なかった, なにも, やること, わからないよう, わからなかったが, わからぬ場所, わかりませんでした, 告げずに, 害を, 少しも, 思えなかった, 想像が, 想像の, 殺させやしないよ, 相手に, 相談せず, 知らせてないの, 秘密に, 見せないで, 言へ, 言わないで, 話したこと, 話して, 迷惑を, 送って, 隠して, 顔を

1 [435件] あいたく, あいませんから, あきらめが, あけられない金庫, あたらないで, あって, あまり知られない, ありがち, あるもの, あるもん, ある美点, あれ他人, あわず昼, あわなかってね, いいのこさないで, いいは, いいませんでした, いうこと, いうなと, いうもの, いじめられずに, いたずらばかりし, いちばんに, いっさいを, いっさい他言せぬ, いっさい言わない, いっちゃ, いってなかった, いままでに, いわずに, いわないという, いわないならばと, いわなかったと, いわれないよう, うち明けたくない, えんりょすることはないのだ, おくみさん, おこられやしないからな, おっしゃっては, おっしゃらずに, おっしゃらないで, おもらしに, おわかり, お前の, お洩らし, お行き先, かかわりの, かなわない, かれにも, かわいがられずに, きくこと, きく必要, きっちり合わなかった, けがを, こう言い, こんなこと, さつ, さまたげられないで, さわって, しかられないの, しゃべられる心配, しらさず女こじき, しられないよう, しんせつでありました, じゃまされず, じゃまされない, じゃまを, すかれるあいきょうもの, すぐ目, せよホテル, そこで, その存在, その見分け, それとは, それは, そんな繩張り, たしかめること, たべて, だまって, だれにも, つかまること, つとまらぬ, つらかった, であわなかったの, できぬ不思議, できませぬ, できません, できるよう, できる生活, とがめられないで, とがめられること, とけない謎, とけなかったなぞ, どうしてか, どんなふう, ないもの, ない清楚, なんだかわからなかった, なんらの, にたよう, ぬすまれる心配, はじること, はっきりは, はっきりわかる, はなしませんでした, はばかること, ひけは, ひけを, ほとんどわからない, ほのめかしたこと, まけやしないと, まさって, まさる名人右門, ましてこの, まして大, まずできるでしょう, まだこと, まだ誓い, まったく見当, まねが, まねの, みられやしないでしょう, むつかしい問題, めッた, もう興味, もっとも親密, もらさないよう, もらしては, もらしません, やらなかったの, よくわからなかった, よくわかりました, よくわかる, よく知られ, わかって, わからず八歳, わからないある, わからないか, わからないから, わからないが, わからないこと, わからないであろう, わからないところ, わからないもの, わからないよ, わからないん, わからない問題, わからない地下室, わからない場所, わからなかったこと, わからなかったの, わからなかった方法, わからぬよう, わからねえ, わかりきったこと, わかりは, わかりませんでしたが, わかりゃしないん, わかること, わかるでは, わかるまい, わかるもん, わかるよう, わかる中世, わかる事, わかろうはず, わたしが, わたしの, 一つずつは, 一度は, 一見し, 一言も, 上れないの, 不可能で, 云わねえ, 人間平等の, 今夜の, 会いませんでしたよ, 会いませんわ, 会えないこと, 会えなかったの, 会えません, 会ったこと, 会わずに, 会わないこと, 会わないし, 会わないで, 会わない算段, 会わなかったから, 会わなくなった, 似せる事, 似合わないその, 何か, 何とも, 何にも, 何ひとつ復讐する, 何ものにも, 作れまいと, 価値を, 保証できる, 借金は, 優る至高者, 先生を, 先立たれた不幸, 公言なんか, 内密に, 出あわなかったの, 出すわけ, 出会いませんでした, 出会いませんでしたが, 出会わず無事, 出会わなかった, 出来なかったこと, 分からないらしい, 分らないの, 分るドイツ訛り, 判りません, 劣らず急いで, 劣らず懐ぐあいのよいことを, 劣らないほど, 劣らない愛, 助けを, 助言を, 十分の, 友情を, 取られる筈, 口も, 口を, 同じ虚無, 同情の, 同意を, 告げずし, 告げずして, 咎を, 報告する, 売らない, 変わった智恵, 奪われたくない, 女王さまとは, 好き嫌いの, 嫉妬を, 安閑と, 容易に, 尊敬を, 当人にさえ, 彼の, 思いきって, 思いつきませんの, 思いやられる時, 思い出された, 思い出せない, 思い合わされましたので, 思えないでしょう, 思われるでしょう, 恨まず神, 悪意は, 惜しまれずに, 想像される, 想像できないでしょう, 意外な, 感づかれないよう, 感づけました, 慕われなさる人民, 打ちあけたこと, 打ち明けないで, 打開けなかった, 持たせず鍵, 挑戦し, 捜し出されは, 教えない, 教わらずに, 明白に, 未来が, 来ては, 格別に, 構わず家, 構わず自分, 歴史小説は, 死は, 気が, 気がつかれませんでした, 気がつくほど, 気づかれず至極, 気づかれない, 気づかれないうち, 気づかれない場所, 気づかれない間, 気づかれなかったが, 気づかれぬうち, 気の, 気を, 氣づかれなかつた, 汚されたくない, 注意を, 洩らさなかったが, 渡さないの, 満足し, 無関係な, 珍しくは, 用は, 申しません, 疑われないで, 発見される, 皆いまいましい, 皮を, 相談しなかった, 相談は, 相談を, 真理を, 眼を, 矛盾は, 知らさないですますよう, 知らせずその, 知らせずに, 知らせずひそか, 知らせたくないこと, 知らせないこと, 知らせないよう, 知られずに, 知られたくないと, 知られて, 知られては, 知られないところ, 知られない秘密, 知られなかった, 知られなかったらしい, 知られぬひそか, 知られぬ孤独, 知られまいとの, 知れずには, 知れないで, 知人に, 短い縁, 礼など, 秘密で, 納得の, 習ったの, 習わぬまったく, 考えられないこと, 考えられませんでしたからね, 聞いて, 聞えません, 聞かすこと, 聞かれないよう, 聞きやしません, 聞こえない, 聞こえぬ一つ, 聞こえませんね, 聞こえるはず, 興味の, 衝突しなかった, 見えないはず, 見えないん, 見えなかったの, 見えませんでした, 見すかされないため, 見せずに, 見せず肌身, 見せたか, 見せて, 見せないに, 見せないよう, 見せまいと, 見せようと, 見せること, 見つからずげんかん, 見つからずだれ, 見つからず洋館, 見つからないの, 見つからなかったと, 見とがめられず洞窟, 見とがめられねえん, 見ら, 見られっこ, 見られないから, 見られないで, 見られないよう, 見られませんでした, 見ること, 見わけ, 見わけられないわ, 見咎められずに, 見当が, 見当さえ, 解りきってること, 解りよく, 言いたくありません, 言いつけなかったし, 言いませんでした, 言いませんでしたが, 言えない, 言えないであろうそして, 言った覚え, 言っちゃ, 言ってないこと, 言わずに, 言わないという, 言わないほう, 言われて, 言われるの, 許さなかったコゼット, 話さず急, 話さないこと, 話さぬこと, 話しかけない時々, 話しかけること, 話せません, 認められずに, 語らず自分自身, 語らなかった, 語る気, 説明は, 読んで, 譲らないん, 負けないという, 負けなくなるさ, 負けまいと, 負けません, 負けませんから, 貧乏らしい, 起こさせた, 迷わされるよう, 通じなかった, 通用の, 逢わねえ, 遠慮は, 遠慮も, 遠慮気兼ねも, 選びやすい, 邪魔される, 長いおなじみ, 隠そうと, 面会を, 頼らずに, 顧みられずいや

▼ だれ~ (546, 5.9%)

33 目にも 16 眼にも 13 ために 10 顔も 8 ことを, ように, 姿も 7 ことだ, ことも, ためにも 6 手にも 5 夫な, 子な 4 ためでも, ような, 前でも, 目も, 耳にも

3 [14件] ことか, ことでしょう, ものだ, 中に, 半襟の, 口からとも, 娘か, 子か, 心にも, 心も, 番だ, 許しを, 許可を, 頭にも

2 [27件] いうこと, うちな, お城, ことです, ことな, せいで, でも, 下に, 下駄, 中から, 中で, 作かい, 前にも, 力でも, 口から, 名が, 外には, 妻に, 小簾, 悪口をも, 手も, 眼から, 胸にも, 象の, 責任である, 隙間から, 顔にも

1 [297件] あいだから, あたま, あとをも, いう事, いたずらか, いたずらからか, いちょう返し虫も, うち, うちか, うちから, うちの, うちや, うわさを, お嬢さま, お家むこう, お蔭だ, お陰で, かいた美人, かかった軒, かげから, かげも, かたきだ, かね, からだだって, くせものである, こと, ことが, ことだい, ことだろう, ことでございます, ことにだって, ことをも, ご恩返し, さいふでしょう, しわざ, すがた, すさびか, そとへ, たびじゃ, ためか, ためである, ための, ため何の, ため彼の, たれそう, だい, だいあの, だか, だろうあの, だろうな, です, とこに, ところに, ところへ, ところへも, とりでが, なかでは, なにがしという, にせものでも, ほうそれは, ほうを, まねでも, めいわくにも, もって, もの, ものか, ものだろう, もので, ものであろう, ものとも, ものにも, も同一, も少し, やっかいに, やっかいにも, ゆるしを, ようで, オーソリティを, 下から, 下った茶の間, 不名誉に, 世話にも, 事だい, 交際上手であった, 仇を, 仕事だろう, 仕事着も, 伝記と, 住んで, 住居で, 住居にも, 何の, 作か, 作だ, 作です, 作をも, 保護も, 内ぞ, 内裡, 写真だ, 写真な, 出品かも, 利益にも, 前に, 前も, 力という, 助けも, 厄介にも, 原因である, 反対をも, 受け持ちだろう, 口からも, 召使でも, 名だ, 名も, 名前が, 向うの, 味かたを, 味方にも, 命が, 命令も, 咎だったろう, 唇からとも, 国でも, 土地でも, 地位をも, 垂れさ, 外を, 天下でも, 奥に, 奴隷でも, 如きさらさら, 姫君である, 姿をも, 娘だった, 娘だれの, 娘である, 娘に, 娘の, 子であった, 子である, 子でございます, 子でも, 子という, 子とも, 子どもでも, 子ほうしの, 字である, 学友だ, 官僚には, 家か, 家で, 家でした, 家です, 家と, 家の, 家来です, 家来にも, 小屋の, 小甕, 小窓, 屁か, 履き物とも, 差し金である, 席を, 幸福だ, 幸福よりも, 役にも, 彼のと, 彼女は, 心をも, 念頭にも, 思わくも, 怪しみをも, 悪口でも, 悪口も, 悪戯だらう, 意見だ, 意見で, 意見です, 意見にも, 戯れから, 戯言ぞ, 所へ, 所へも, 所も, 所業とも, 手に, 手もとに, 手助けによって, 手助けも, 手紙, 手紙です, 拍子抜けという, 持物な, 文章が, 方を, 方をも, 旅愁も, 時に, 曲な, 有でも, 果しなき, 案内も, 此方から, 死骸だ, 気にも, 気をも, 気質を, 流といふ, 犬だ, 琴だれの, 用事でも, 男にも, 番である, 癈は, 眠りをも, 眼も, 眼よりも, 着物を, 碑で, 碗だれの, 穎割葉, 笑い声も, 笛歌手を, 箸という, 紹介という, 縁が, 罪だ, 罪であった, 罪でしょう, 罪でも, 罪な, 罪に, 考えも, 者を, 胸に, 胸にでも, 胸の, 腰に, 腰元が, 膿の, 茶屋の, 菩提の, 葬儀な, 蝋色鞘を, 血だろう, 血を, 裏を, 裾に, 見わけ, 言うこと, 言葉だったろう, 言葉にも, 言葉も, 言葉よりも, 記憶にも, 訪れである, 許しで, 許諾も, 詩を, 誘惑にも, 誤ちであるか, 財産でも, 責任だ, 責任という, 責任な, 足元にも, 足許にでも, 足跡だ, 足跡でも, 跡を, 跡方も, 身にとっても, 身の上にも, 身の上へ, 身代りにも, 車だろう, 軒から, 過去の, 過失でも, 邪魔にも, 部屋だった, 部屋に, 間隙に, 陰からは, 隙き, 雨に, 靴だ, 音が, 頭だって, 頭を, 顔か, 顔だ, 顔色も, 風な, 馬だ

▼ だれかが~ (521, 5.6%)

7 いった, はいって 6 さけびました 5 うしろから, 持って, 自分の, 言った 4 それを, スイッチを, ドアを, 叫びました, 扉を

3 [13件] いいました, いて, この部屋, そこに, その中, 上の, 声を, 廊下を, 彼に, 彼の, 彼を, 後ろから, 見つけて

2 [27件] あたしを, いるよう, おりて, お隠し, かれの, こちらへ, このこと, この中, しゃべって, そんなこと, とんきょう, やってきて, わたしの, ドアの, 口を, 叫んだ, 外から, 寝て, 彼女を, 後ろに, 手で, 歩いて, 死んだかの, 答えた, 自分を, 言うの, 階段を

1 [368件] あいつらに, あけようとしても, あちこちで, あるいて, いいますと, いう, いえば, いたずらし, いたずらを, いたずら書きした, いたの, いっしょに, いったので, いったよう, いる, いること, いると, いるん, いる場所, いれたの, おしえて, おそろしいけんまく, おとうさんの, おまえを, おもて, おれの, お前に, お前を, お妃, かかること, かけて, かなり強く, かばんを, からかいました, からかって, かれを, かわいそうに, きたらかべに, きたん, きっと部屋, くすくすやる, くつで, くると, こう言った, ここへ, こしらえて, こたえました, このチエンロッカー, この勝利, この横穴, この海, この舞台, この辺, この鉄, これを, こんなふう, さけびながら, さけびます, さけんだ, さけんだの, さっき空砲を, さまざまの, さもうれし, さわらないかぎり, しきりにたたい, しのびこもうと, すうっと, すかさず応酬, すきとおる声, すぐ背後, すぐ近く, そうした処理, そうしなけれ, そう叫ぶ, そう名づけた, そう言う, そちらへ, そっと歩く, そとからは, そのあいだ, そのうちろくな, そのこと, その時, その本, その気, その男, その畳まれ, その馬車, そんなふうに書い, そんなもの, たおれて, たずねました, たわむれに, だ, ちょうどいまごろ重罪裁判廷, つかまえに, つくって, つくりあげたもの, つめで, でっかいトラ, とったの, とって, とめたが, とんきょうなさけび声, とん狂, どなりました, どんな言葉, なにかで, ぬすんだもの, ねかされて, ねたぞ, のぞいて, のぼって, のろい単調, はいて, はげしい勢い, はつきり責任を, ひそかに, ひめいを, びっくりする, ほかの, ほとんど眼, ほんとにおれ, ぼくたちに, ぼくたちを, ぼくの, またお姫さま, または何, まちがって, みつけたはず, みつけて, もとの, ものを, やって, やってきやしないかと, やってくるだろう, やってくるの, やって来た, ゆくえ不明に, よこたわって, ろうかを, わしのる, わたしに, わたしを, カチカチ, ガラッと, サーチライトの, ジャン・ヴァルジャンに, ジーッと, ソプラノでの, ナイフか, ノックした, バルナバスに, パッと, ブイを, マイクロフォンの, マッチを, メアリーの, ヨーロッパから, ルミちゃんと, ロロー殿下に, 一人お, 一等賞を, 三十年も, 上って, 下手人だ, 不安そうに, 不意に, 中庭で, 乗って, 乱暴に, 二階席で, 人間の, 付近で, 代読した, 仲間の, 住んで, 何か, 何だかぼりぼり, 使って, 俺らを, 側へ, 偶然その, 傍から, 催眠剤によって, 光の, 入って, 出て, 初め三回の, 別な, 別のを, 前後不覚から, 割腹した, 力ずくでなく, 力を, 助けたの, 助けて, 即興的に, 参ったもの, 取りかえて, 口授し, 叫ぶ, 吸って, 呼びかける声, 呼びつづける, 呼んだらしく博士, 呼んで, 四行の, 國民ぜんたいに, 地下室の, 坐って, 堆肥の, 外の, 夢を, 大きなのし棒, 大きな声, 大声で, 大声であっ, 大声に, 大急ぎで, 天子さまに, 夫人の, 始めなければ, 威かしてるの, 家の, 寝台の, 尋ねた, 少なからぬ, 川へ, 差し出したかと, 席の, 幕の, 床下を, 弟に, 彼女の, 彼女のる, 彼自身か, 待ちうけ, 得意そうに, 応じる, 怒鳴った, 思い出して, 急に, 恋を, 懐中電灯を, 戦争に, 戸に, 戸の, 戸口に, 手づくりを, 手に, 手ぶくろで, 手伝おうと, 打った板木, 押し入れの, 拾うよ, 拾って, 捜索に, 捨てて, 支えて, 救い出して, 教える, 散歩してる, 日に, 日本便所の, 早く気がついた, 暗がりの, 暴力的行為を, 月並みに, 村の, 来たらすぐ, 来て, 枕元を, 森谷家への, 様子を, 機械を, 歌いだす, 歌い手の, 歌麿や, 歩いてるよう, 歯ぎしりした, 死ぬと, 死ぬという, 残って, 残虐な, 殺されて, 殺してから, 気がつくはず, 気づいたでしょう, 水の, 池の, 波瑠子を, 浴室の, 深いため息, 湿地の, 潜望鏡で, 狂喜の, 盗んだと, 直江津へ, 眠いよう, 知らせたと, 知らせて, 知らせに, 石を, 祈祷を, 私に, 立ちあがる気配, 笑おうと, 笑って, 答えたかと, 箱を, 組みついて, 絶叫する, 置いた石, 羊飼い, 考え出したいや, 耳許で, 背後に, 自分以外の, 苦しそう, 虎を, 行つても, 街道を, 衛生夫に, 西洋へ, 見えましたら撃つん, 見たならその, 覗きこんで, 言いでも, 言いふるし, 言いましたよう, 言う, 言ったよう, 言った寝言, 言って, 訪れて, 証人という, 試みに, 話を, 読んだり, 読本の, 警察へ, 負わなければ, 賢吉君を, 跡を, 追っかけるよう, 追従の, 送って, 通りの, 速水さんの, 連れて, 遠くに, 部屋の, 部屋を, 鉄の, 鉄砲の, 開けて, 降りて, 集めて, 難問を, 電話に, 風邪を, 飛び石づたいにはいって来ました, 食事に, 首の, 首領の, 黄色い肌, 黄金塔に

▼ だれでも~ (477, 5.1%)

26 知って 6 自分の 5 ないあの 4 いい, ない, 私の 3 いいから, じぶん, それを, 子供の, 自由に

2 [17件] かれでも, すぐに, そうだ, そうである, ないあばた, ないと, ないという, ない伝六, 一応は, 少し気, 年を, 気が, 知ってるとおり, 私が, 経験する, 自分と, 自然に

1 [379件] あいたいと, あきれる, あそこを, あなたの, あの子, あらたまった気持, ありがたい往生, ありません, ある程度までは, あんなこと, いいこの, いいすこし, いいよ, いいん, いい文代さん, いけない, いちどは, いって, いつでも, いつも健康, いやがる, いやだ, いろいろな, いわば新米, ううといった, うぐいすの, うちわを, うっかり他人, うらやむ重い, おいて, おごそかな, おちゃらかす馬鹿者, おもしろがっ, お姫さまに, かじりつきたくなるよう, かなり音楽, かまいません, かまわずドヤドヤ, かまわず無作法, かまわない, かまわないから, かんがえること, きっとそう感じたであろう, きっとカーツキル山脈, きらいます, きれいな, こいつよりも, こうありたい, こういうめ, こうした光景, ここへ, このやう, このよう, このボタン, この光君, この声, この民衆, この無邪気, この町, この紫陽花, この鉢植え, この音, これまでの, これを, しかたが, しずには, しって, しやすい, じきに, すぐためらう, すば, する, するよ, する事, ぜひ一所懸命, そういうちっちゃな赤ちゃん, そういう人, そういう感銘, そうおもいます, そうしたもの, そうな, そう云い, そう嫌い, そう思う, そう思った, そこで, そこに, そこまで, そしていつ, そして客, その上, その中, その動機, その名, その当座, その気, その絵, その道を, その雪の下, それに, それについて, そんな女の子, た, だから, ちょっとでも, ちょっと不思議, ちょっと埃, ちょっと微笑, ちょっと立ち止まっ, つい花, つかまえて, つまらないこと, できますぼく, できること, できる限り, とれる敵, どうしたら, どんないや, ないあいきょう者, ないご, ないじつに, ないそういう, ないひと, ないむっつり, ないわが, ない人類そのもの, ない伊豆守, ない向こう, ない宗左衛門, ない捕物名人, ない本当, ない松平, ない親愛, ない鉄人, なくこれら, なるほどと, のせて, はいって, はいれますそして, はいれるもの, はいれる会堂, はいろうと, はじめてまたは, はじめは, はやくお, ばんやりし, ぱっと明るく, ひと目見りゃわかる, ひどい目, ふだんと, ぶっつかった者, ほかが, ほかの, まずかわら, まずその, またぎ越せる, まねの, まねやすい, まようヨ, みな燕子花を, みんなそうだ, みんな故郷からの, みんな高みから, むかって, もし自分, もって, ものが, もらい手が, やさしくなる, やりこめるほどの, やる気に, やれさ, よいから, よく仕込む, よく知っ, よろしいの, よんで, りっぱな, わかること, わたしたちについて, アヤメ科中の, オレが, カイは, ガラスを通して, ズボンを, テナルディエの, ラッセルとか, 一度は, 一度聞いたら, 一日に, 一番事実から, 一笑に, 一等が, 一致しました, 万能という, 三晩の, 不思議に, 不愉快である, 云うこと, 人という, 人を, 今の, 仕事の, 休むの, 伯爵の, 使ってる, 信じてるもの, 俺には, 健全でありたい, 兄の, 光治と, 共産党だ, 内地に, 冗談で, 出来る, 初めて死, 前を, 力が, 力の, 助けて, 劫を, 十分に, 単位で, 参って, 友だちに, 取れるよう, 各自自分の, 同じだ, 同じです, 同じもの, 同じよう, 同様に, 呼びずてに, 呼ぶ人, 呼んで, 喜んで, 国家の, 國会の, 國会議員や, 地獄に, 垂れて, 声を, 外に, 夢の, 大きくなっ, 大よろこび, 大笑いを, 好きな, 嫌いで, 学問を, 客室づき, 対して, 尊敬すべき, 小さなとき, 少くとも, 少しぐらいは, 平和な, 年取つた人は, 幼児を, 幾分づつ, 当然に, 彼に, 彼らが, 彼女を, 得手という, 心の, 心細さ, 必要以上に, 忘れて, 思いだれ, 思い出す, 思って, 悪い人間, 惚れた以上, 愛し求めるもの, 愛を, 感じる様, 承知し, 持って, 振り向いて, 接待する, 救われること, 旅の, 日常使っ, 日常知らず知らずに, 旧藩主, 昼に, 普通なら起きる, 普通に, 有つて, 木綿の, 本屋で, 極度の, 構わない, 構わない兎, 正直に, 正義に, 死ぬの, 死ぬまえに, 気がつくで, 気づくほどの, 気に入った男, 気付かない事, 決してドン・キホーテ, 泣くより, 海べに, 消えて, 消すこと, 無力な, 生きてる間, 留置場へ, 癇癪を, 百合は, 皆あとには, 皆と, 皆商売を, 監獄に, 目に, 眠いもの, 眠くなる, 知ってる, 知ってるん, 知ってる名高い, 知ってる大きな, 知ってる恐ろし, 知ってる通り, 知つ, 知つてを, 知りきって, 知り合いだ, 私だ, 私みたいに, 私より, 私を, 簡単に, 経験するであろう, 考えそう, 考えて, 考えること, 考えるところ, 耳を, 聞かされるでありましょう, 聞く者, 自分が, 自分たちが, 自分を, 自殺としか, 自身に, 若いうち, 若い者, 苦しい目, 見たがるもの, 見たり, 見られるわけ, 見るもの, 見物人である, 言わない者, 許しが, 詩歌の, 話してる言葉, 認めること, 認め得るおかしな, 負けて, 起るところ, 身の程という, 身体が, 途中の, 通りがかりの, 通りぬけ, 通れるん, 過失が, 酒が, 金貨を, 鏡が, 順番に, 頭痛が, 飲む, 高い代価, 黙って

▼ だれ~ (219, 2.4%)

352215 と思う 6 かわからなかった, よ 5 え, だれだ, ということ 3 かわからない, かわからねえ, かわかる, か知らない, と思います, と思っ, ッそこに 2 かわからぬ, かわかりません, か一人, か知ってるだろう, か立っ, 貴様は

1 [87件] あ, あいつは, あの矢, いったい, えらいぞ, おれの, お辞儀を, か, かいいました, かけん, かこつ, かしりません, かすぐ, かと思っ, かと振り向きました, かの作, かの手, かまったく, かもみんな, かよく, からという, かわかってる, かわかるだろ, かわけ, かわたし, か今, か大声, か思い出せませんでした, か明らか, か歩い, か知らねえ, か知らん, か知れやしない, か袋, か見, きみは, くらいは半蔵さん, この位牌, この子ども, この文章, さっきの, じゃねえや, そこに, そこらで, その方, その者, それあ, ぞ, だれが, っけかが云いました, つておれの, つてものを, つてドン, つて人を, つて撰り, つて暗し, つて畠へでも, というどこ, というんだい, とお, とたずねる, とはこっち, ともいつどこ, と山崎, と思ったら, と思ってる, と言いなすった, と言う, と言っ, と訊い, どこから, どこの, ね小林君, ッいま笑った, ッおいらの, ッだれだ, ッぼくの, ッ戸を, ッ明智小五郎か, テオデュールとは, 万太郎に, 下総結城の, 兄は, 手向ひする, 時間に, 相手は, 私は

▼ だれ~ (219, 2.4%)

6 向かって 4 きいても, 聞いても, 頼まれて 3 したって, だつて, わかるもの, 似て, 向かっても, 断わって

2 [11件] いうとも, この手紙, して, しても, 佐渡へ, 強いられて, 来たの, 聞いたの, 言うとも, 話して, 遠慮も

1 [161件] あいたいの, あたり様も, あったきょう, あっても, あてられたもの, あやまって, あやまるの, あり事実, いうと, いうとは, いうん, いつて, うえるべきか, お金を, かけぬ花藻, かまうもん, きくとも, きめるか, くらびょうか, くるまりながら, この秘曲, こんな気味, さだれ, されるの, しめつぽい, しようかれに, しろかれに, しろこの小さな, しろできるもの, しろまた, じゃまされる, すがって, するか, するかが, するかなあ, そうお, そそぐ涙, そのこと, たいし言ってるんだい, たのまれたの, たのまれて, たのんで, だつて一文, つれられて, とまったり, ならわかるっていうの, なるの, はばかる気, ふくしゅうしたい, まっさきに見つかるだろう, みだれ高, みて, むかって, むかっても, むささびの, もさほど, やらせるか, やらせるかまでをも, やるん, ゆるされて, よこされたの, わかること, わたしましたか, わびよう, 上三分は, 乗じて, 云いつかって, 代えて, 会う, 会ったって, 伝わると, 似たの, 似てるかを, 何を, 何者に, 使われて, 使用された, 借りて, 借銭しなくち, 出あってもへ, 出会っても, 出入りを, 出来ましょう, 分け与えれば, 別れを, 助けられたの, 取っても, 口が, 向かってとも, 向けられたの, 向って, 告げても, 告げよう, 売ったって, 売ったやつ, 害を, 必要でも, 悪いつて, 感謝すべき, 手紙を, 打ち明けるん, 投げつけられたかって, 投票する, 押しつけて, 挨拶も, 教わって, 教わるの, 断わったん, 明日の, 樽床几土間には, 殺されたか, 気づかれる心配, 気兼ねも, 泣きごとを, 洗つてもらふ, 淋し茶, 相談する, 祈ったの, 祈り得たの, 立ち聞きされる, 紫の, 結びついたかと, 習っただれ, 習った何流, 聞いて, 聞えたって, 英語を, 製作させた, 見せても, 見せようと, 言って, 言っても, 言わせたって, 託して, 許されるでしょうか, 訴えたとて, 訴えん術, 話しかけようかという, 話しかけられたか, 話しても, 話すこと, 話を, 誘拐され, 誤解させよう, 責任が, 貰った, 贈って, 赤ん坊を, 逢えと, 逢おうと, 連れられて, 遠慮する, 遭おうと, 配分すべき, 関係した, 雨一しきり, 面当てしよう, 頼まれたかは, 頼まれたの, 頼ること, 頼んで

▼ だれよりも~ (200, 2.2%)

15 先に 6 すぐれて, よく知っ 3 さきに 2 ごりっぱ, すぐれた女性

1 [166件] あなたが, あなたの, あなたを, あの子自身, いちばんあとに, いちばんかわいい, いちばんかわいがっ, いちばんきれいでした, いちばんぼくの, いちばんやさしい, いちばんよく, いちばん勇ちゃん, いちばん帝の, いちばん悲しく, いちばん最初に, いちばん迷惑を, いっそうあこがれ, いっそうきびしく, いっそう偏見, いっそう子供, いっそう持ってる, うれしいの, おくれて, お前が, お可哀, お愛し, お苦しみなさるでしょう, かれ自身, かわいいとは, きれいな, ぎくりとした, くそみそ, このあッ, この方, この母, こわい明智名探偵, さっきから, さらに遠く, じょうずに, すぐれたあらゆる, すぐれた天分, すぐれた娘, すぐれた左大将, すぐれた恋人, すぐれた源氏, すべての, ずっと強く, ずっと怖く, それを, たくさんの, とりたてて, はしゃいだ様子, はっきりと, はやくどく, まさった人, まさって, まじめに, まず先, まず子供たち, まっさきに働く, もっとも多く, もっとも軽蔑, やさしい心, よくその, よく人々, よく彼ら, よく感じ, よく感じた, よく父, よく理解, よく生命, よく知, よく知らない, よく知り抜い, よく見て取っ, よく鉱坑, よけいに, クリストフ自身よりも, コルネを, メルキオル自身に, 一ばん早く, 一ばん近い, 一番早く, 上だ, 上手で, 不幸である, 不遇で, 以上の, 優秀な, 優越性の, 兄さんが, 加十自身が, 厚い伝六, 厚い名, 厚くまた, 同じ水独楽, 君が, 哀れな, 喜んだの, 喜んで, 堪忍の, 多くの, 多くひと手を, 多く愛顧, 多く接し, 多く知り, 大きくて, 大すき, 大声で, 寿平次の, 小川先生に, 小説を, 幸福だった, 幸福な, 彼を, 御ひいき, 心配そうな, 必らず, 怜悧な, 愛される妻, 愛する子, 我々の, 戦いを, 早くこの, 早く島, 早く後宮, 正確に, 気持が, 求道心の, 深い悲しみ, 深くお, 深く故郷, 清しい, 源氏が, 熱心な, 熱心に, 理想主義者であっ, 目が, 直接に, 睦まじく暮らし, 知識が, 第一, 美しい声, 美しい子ども, 美しい子供, 老人である, 自分は, 若く美しくて, 苦痛を, 苦行を, 貧乏を, 賢いだれ, 賢いと, 賢いという, 賢いの, 追従的であった, 道江に, 長く長く生きのこる, 院は, 青木さんが, 頑張る, 頭を, 頭脳が, 高い位置, 高く評価, 高潔だ

▼ だれかに~ (192, 2.1%)

2 あとを, きいて, しばられて, やって, 化けて, 命じて, 尾行され, 恨みを, 相違ない, 見つかると

1 [172件] あいさつする, あいますよ, あげて, あったって, あの位置, いじめられて, うしろから, おっかけられると, かかったら千両, かぎを, からだを, かわって, きいたの, きめて, くれて, こうたずねた, こう言われた, ご安否, させて, さらわれたん, さわられたよう, しかられは, しきりに名, しゃべられずには, じっとみつめられ, そっといいつけ, そっとつつかれ, そっと持っ, そのむしゃくしゃ, その男, その腹癒せ, それを, たずねて, たのまれたと, たのんで, たよりたくなるもの, だまされると, つかまれてるよう, つきとばされたよう, つげ口したら殺し, つれて, とじこめられたの, なんとか養っ, ぬすまれて, のぼせちまうなんてさ, ばけて, ひどい目, ひどく締めつけられ, ひろわれて, ひろわれては, ふまれて, ふみあらされたよう, ぶっつかって, ぶつかって, みつかっては, もぎとられたよう, もしくは何事, もらったの, もらっためずらしい, ようすを, よく似, ブイの, 一寸おみやげに, 介抱され, 代って, 会うとか, 何かの, 何とか言われた, 借りといで, 停車場から, 出あったら犬, 出会いはせぬか, 力を, 取られて, 取り次いで, 口を, 呼びとめられやしないかと, 品物を, 喧嘩を, 妾を, 定子を, 室の, 寫眞に, 引き受けて, 引き止めて, 影響を, 待たれて, 待たれてるから, 待伏せされ, 後から, 後ろから, 心の, 怒鳴りつけられるかと, 恥かしい, 恥辱という, 悪いもの, 惚れ込んでるの, 愛情を, 感づかれる様, 手紙の, 打開け, 投げられたかは, 抱かれて, 持たせて, 持ち上げられるよう, 捕られて, 支払ったこと, 救われなかったと, 断食の, 書いたの, 来て, 殺されたん, 殺したほう, 毒の, 毛を, 気づかれては, 災いを, 生命を, 盗まれて, 監視され, 知らせて, 知らせなければ, 知らせようと, 移して, 突き飛ばされて, 答えを, 聞いたこの, 聞いたと, 聞いたの, 聞いた事, 聞いて, 聞かれやしないかと, 聞かれやすまいかと, 肖てるな, 腕でも, 蒐集させれ, 蛙だ, 見つかったらたいへん, 見つかって, 見つかっては, 見つかっても, 見つかりそう, 見つけられたらまた, 見られたと, 見られては, 見られると, 見守られて, 親しく出会う, 言ったらわたし, 言ったり, 言つ, 話しかけられたらちゃんと, 話しかけられると, 話しかける大声, 話したいと, 話したか, 話して, 話を, 謝罪し, 譲ること, 返事でも, 追っかけられて, 追っかけられてるかの, 追っかけられるの, 途中であっ, 道を, 部屋には, 鍛えて, 鑑定し, 電話を, 頼まれて, 頼んで

▼ だれ~ (191, 2.1%)

10 垂らして 8 たらして 4 流して 3 かけて, して, 待って, 探して, 見ても 2 うらむこと, かきあげよ, たらしながら, つれて, 呼んで, 垂らしながら, 巻あ, 拭いたらどう, 直しながら, 見せながら

1 [134件] あてて, あて白足袋, いう, いうの, いったい見て取った, いふ, えらんだかを, おたずねなさる, およびに, おろした, おろしたり, おろして, お呼びに, お湯へ, かかげてかの, かけたの, かけ毛深い, このお, こぼさんばかりの, こぼしかけたところ, ごまかそうとも, さ, さし措いても, たよりに, たらさんばかり, たらした赤坊, たらしました, だまそうと, だらだらと, ちからに, ちらちらさせ, つけて, づるづる出し, でございますか, とおして, とがめたの, どうしよう, どうとがめる, どんなに愛そう, ながし, ながして, ながしながらも, なの, むかへるわらひで, やったもの, やったらよい, よいこと, よそに, コゼットでございます, サラと, パラリと, 一天の, 下ろして, 下ろし草庵, 世に, 乗せて, 亂し, 使いに, 出して, 出すの, 分けて, 勝手に, 十日分ほど, 叙したる条下, 吹いて, 呼びに, 咎むるべきであるか, 囲いみやびたぼんぼりの灯, 垂, 垂し, 垂らしての, 垂らしては, 垂らし眼, 垂れこめ浅ましい, 垂れて, 垂れ夜, 婿にと, 守衛する, 対象として, 差遣する, 店さきに, 得なければ, 思った, 怨むという, 怪しむ者, 恋人と, 恨みだれ, 恨むべくも, 恨もうすべ, 愛してるかを, 憎むこと, 抜けだした猫, 拭く手, 捕まえても, 捲かせて, 捲け, 掛けお, 探しに, 掲げ乗り出すよう, 掴え, 掻きあげながら, 掻きわけて, 撫であげて, 撫でつけて, 日は, 横に, 殺したという, 殺したの, 決めて, 流しながら, 流しマルキシズム, 湛えながら, 無遠慮に, 疑って, 目あてに, 直して, 相手に, 置きどこ, 置くという, 見せその, 見せて, 訪ねたという, 訪ねるん, 誘うとも, 責めること, 賛美しよう, 踏みつけて, 追ひ, 逐いだすという, 遣わしたらよい, 選ぶかは, 選んで, 頭の, 高くかかげ

▼ だれだって~ (108, 1.2%)

3 そうだ, 知って 2 そうだろう, それを

1 [98件] あすは, あなたがたに, あの女, あの慶喜公, いいじゃ, いいん, いうん, いやん, うれしいもん, おしまいは, おどろいて, おどろくだろうじゃ, おなかを, お前饑え, お力に, お約束, きみがわるくなります, ここは, この光景, この子, この男, この確信, しまいには, すこしは, そうぞう, そうでしょう, そう思う, そう思うだろう, そのじゃま, そら人, そんなこ, そんな語源, そんな責任, たやすくは, ちょっとの, できないほど, できら, できるなと, どうして話せる, ぬいあわせたとは, びっくりしない, ほんとは, ぽうっとなる, まねの, もうしっぽ, わからんさ, わたしを, クラムに対して, 上衣を, 下女じゃ, 主張する, 他人に, 偽官軍, 内心ひそかに, 労働者は, 同じこと, 同じだ, 同じ事, 否定は, 夢にも思わないでしょう, 太陽と, 嬉しかろう, 完全な, 寝ざめがよかありません, 小林君だ, 少しでも, 彼を, 彼女から, 心配しない, 恐れを, 悪いこと, 憤慨するでしょう, 承認しない, 抵抗できない, 旅行者の, 時計屋敷へ, 本気で, 構わないなん, 殺したい相手, 殺して, 毎日の, 気持ちはよか, 求めること, 江戸錦が, 無造作に, 相手に, 編物ぐらい, 考えて, 肩を, 腹が, 自分の, 自身の, 見つかりしだい, 迷います, 逃げ出して, 金の, 飲んだり, 驚嘆します

▼ だれにでも~ (103, 1.1%)

3 すぐに, 自分の 2 すぐわかる, できるもの, わかるよう, 金を

1 [89件] ある, あること, あるもの, ある人情, あんなこと, いいつけられるだろうそうすると, いちばんに, うち開かれてる, おもしろい話, おもちゃに, お会い, こう怒鳴りつけるであろう, しゃべる話, しんせつで, しんせつでなけれ, しんせつに, そういうふう, そうしてやる, そうである, そうと, その人, それは, たった一言, つかまれて, できないこと, できる, できるから, できること, できるの, できる至極簡単, どんな不愉快, ない, ないけれど, なげつけようと, ばけること, やさしく礼儀, よく思われ, わかった, わかって, わかる, わかるもの, ウヽ, 一目で, 丁寧であり, 与えられて, 共通な, 出来ること, 分る言葉, 判決の, 化けられる, 叱って, 向くという, 吹きこんで, 喧嘩を, 好かれるよう, 好意の, 容易な, 己の, 得ら, 必ずひっぱりだされる, 思い起こさせた, 急いで, 想像の, 打てば, 有りがち, 気づく, 激烈な, 知られる神代, 神を, 簡単な, 考えて, 耳馴れて, 聞こうと, 葉子は, 見えるからだ, 見せること, 見せるという, 許されて, 訳は, 話しかけた, 話しかけ少し, 認め得られるよう, 読めた, 読める文章, 通ずる, 重大に, 食って, 食物と, 飼つ

▼ だれかの~ (97, 1.0%)

3 声が 2 いたずらだろう, ところへ, 前で, 地位に, 家へ, 手に, 話し声が, 顔が

1 [78件] あしだ, いたずらじゃ, いたずらに, うちに, おくさん, からだを, がっしりした, くるの, こう呼ぶ, ことだ, さけびごえがひびきました, すすり泣きを, ために, ためにも, ちょっとした刺激的, ところで, みごとな, ハンカチを, 上に, 世話に, 仕事場の, 住宅な, 住所か, 作, 像に, 助力も, 名画の, 名義で, 大人下駄を, 好奇眼に, 姿が, 姿を, 宇宙艇だ, 座談中で, 怨霊の, 意見よりも, 打碁, 持って, 指揮命令で, 書面らしい, 服と, 本で, 様な, 歌が, 死には, 母親だろう, 漁村の, 漫画が, 物理学史を, 生きて, 目に, 着物に, 祝辞ぐらい, 神経が, 細君が, 結婚式で, 肖像に, 肩を, 胸に, 膝の, 袂の, 見送りか, 触穢, 言ったこの, 言った事, 話した言葉, 誕生日だ, 読本を, 跡を, 跫音に, 通りかかる, 過去帳中の, 青いブラウス, 音楽論を, 頭上に, 顔に, 食い残した皿, 鼓動が

▼ だれ一人~ (95, 1.0%)

4 としてその 3 として彼 2 いなかった, としてこの, として知る, 知らぬ者, 知るもの

1 [78件] あの子, いないと, くらべるもの, この商人, この女, この楽しい, この蛇, この難題, こんなで, そのおり, その姿, その煉瓦, その男, その鍵, そんな不具者, だまされるもの, とし, としてあえて, としておかみ, としてきみ, としてここ, としてそして, としてそれ, としてなん, としてひとり, としてほんとう, としてまた, としてろくすっぽ, として一生涯, として会社, として助, として姿, として山火事, として彼女, として彼女ら, として明らか, として未来, として水戸浪士, として疑っ, として疲れ, として相手, として社会, として私たち, として立っ, として経験, として胸, として骨, とて無い, にも, にも似ない, もいなかったろう, もきょう民主朝鮮, もぎょっと, もそれ, もない, もらひ手, も宿屋, も私たち, も見当らなかった, も開け, 出て, 名乗り出る者, 夢にもそれ, 大芝居, 怪しむべきもの, 殺されて, 殺したやつ, 泣いて, 知った人, 知らない, 知らぬこと, 知らぬと, 第一撃, 見うけられる人影, 見たこと, 起きて, 通るもの, 進んで

▼ だれ~ (88, 0.9%)

3 いた, いった, くる, しまって, 行く 2 いる, いるの, いるのに, 来た, 来る, 行った

1 [61件] あり, いくかとばかりに, いた総身, いまの, いること, いるでは, いるね, いるも, いる江戸, いる町, おりますが, きたの, きた一群, きた花笠, きて, きましょう, しまいそう, しまいオペラ, しまい混乱, しまう, しまうので, しまえ, しまった態度, たえずかすか, どうにも収拾, ほとんど眼鼻, ゆく人馬, ゐる, ゐるので, ゐるも, 一度に, 仕樣, 來ました, 八州の, 出て, 唱いわめく男女, 居ました, 居るの, 怒りに, 思へど, 息が, 散漫に, 智慧を, 末は, 来たインド経営, 来た行くてを, 来て, 来ると, 来る者, 死にました, 死んで, 滅茶滅茶に, 燐寸が, 狂ひよるひ, 白眼勝ちの, 眼の, 行きました, 行った乗合客, 行った佐々成政, 見え小雨, 顔に

▼ だれもが~ (88, 0.9%)

2 するよう, 思った, 知って, 菓子を

1 [80件] あまりに多く, あんしんを, いまは, お許しを, かくご, きっとかれ, この戦い, こんな流言, こんな謡, さっぱりした, さびしく感じ, すぐ思い出し, すべて皆容易に, すること, する小, その, そのお, その単調, それに対して, それまで, それを, それ以外に, ただ用件, びっくりする, びょうどう, ほんのわずか, またこんな, また中津川, また気持ち, まだ容易, まちがいなく, みんなこう, よもやあの, ブリッジの, ボートを, 今夜で, 休んで, 何かしら損害を, 何かに, 何を, 信じて, 八の, 出て, 勇気に, 右すべき, 右往左往してる, 安心した, 家族で, 少なくとも日, 弁の, 心の, 心得ねば, 悪くなっ, 戦争を, 敬愛し, 昔から, 毎日何か, 決して普段, 王政一新の, 疲れて, 疲れ切って, 皇帝を, 知らずに, 確かに, 私語する, 考えて, 肯定しない, 自分にとって, 親しい微笑, 言うとおり, 言う言葉, 許されて, 返事を, 退屈を, 逢って, 道理を, 雄弁だった, 食事を, 騒ぎ立てること, 黙って

▼ だれからも~ (68, 0.7%)

3 相手に 2 おまえは, ばかに, 姿を, 注意を, 知られない, 私は

1 [53件] あまり快く, お礼を, かまわれないどころか, かわいがられるが, きいたこと, きれいと, さがしに, ずるい男, そんな調子, とがめられずに, ほんとに愛された, まだそんな, もう手紙, プレゼントもらえなく, 一言の, 働きの, 助けられなかった, 反感を, 好かれて, 尊敬されず, 帰れとは, 強ひられるべき, 忍ばれる衛門督, 怪しまれて, 怪しまれるので, 恋の, 愛されなかったに, 愛される質, 愛せられずただ, 批難を, 攻撃され, 攻撃される, 注意され, 注意されなかった, 理解されず, 理解されない, 知られて, 知られないよう, 聞かせられなかったし, 聞かなかったから, 見られたの, 見られないこと, 見られない暗い, 見られなくなると, 訪問者として, 話しかけられず彼, 話しかけられも, 調法がられた, 貴様と, 追いたてられたり, 遠い, 顧みられない, 顧みられないもの

▼ だれ~ (68, 0.7%)

6 だれが 4 寝た 3 いって, だれは 2 いうほどの, いっしょに, だれとが, 結婚を

1 [44件] いっしょな, いっしょにか, いつしよ, おもって, お話しなさる, きかれて, したの, するん, それぞれの, たずねました, だ, だか, だれか, だれだった, だれとであるべきかを, だれとであろうかという, だれ供, だれ新宿, ねんごろ, はっきりきめる, みるみる賊, マチネーだれ, レースカーテンとで, 人ちがいを, 同じで, 名づけその, 名前を, 思い比べて, 思って, 思ってるん, 指すと, 斬り合いを, 暗闇に, 朝廷と, 知れないよう, 称するいわゆる, 立ちあったところ, 結合したら, 結婚しよう, 親しもうか, 話してたの, 話しても, 話を, 鼻と

▼ だれ~ (68, 0.7%)

1812 んです 7 のか 5 のだ, んだ 3 のでしょう, のです 2 ものか, んでしょう

1 [11件] それは, のあんた, のおじさん, のかも, のさ, のじゃ, のだろう, のとたずねる, んだろう, 様だ, 調子で

▼ だれである~ (63, 0.7%)

92 かその, か全然

1 [50件] かあの, かだれ, かに気がつかない, かに町, かはあと, かはまだ, かはもとより, かはわかった, かは少し, かは私, かは自身, かもよく, かもわからぬらしい, かも何, かも思い出されない, かをお, かをぜひ, かをね, かを少し, かを彼, かを思え, かを悟り, かを捜す, かを知らせる, かを知らなかった, かを知り, かを知る, かを知ろう, かを私, かを聞い, かを舞い, かを見, かを見て取った, かを見て取ろう, かを見出し得なかった, かを言わず, かを隠し通した, かを音, か一向, か判然, か密偵内部, か気, か疑っ, か私, か自ら, か見分ける, ことだけは, とも知られまい, のか, のかを

▼ だれかと~ (62, 0.7%)

5 思って 3 思うと 2 思えば, 結婚する

1 [50件] あとから, いうと, いっしょに, うちとけた言葉, おもうと, しめし合わせて, その話, そんなふう, とりとめも, みれば, 人違いを, 会ったか, 会って, 何回と, 勘違いした, 取つた時, 喋りたくて, 喧嘩する, 夫人は, 婚約し, 寝やせんかな, 山荘の, 御結婚, 思った, 思ったの, 思ったらおまえ, 思ったらから, 思ったらちい子ちゃん, 思ったらてめえ, 思ったらねずみ, 思ったら僕, 思つたら, 相談した, 約束でも, 結婚し, 結婚したく, 考えたの, 聞いたらみんな, 見れば, 言いあらそいでも, 言えば, 話したこと, 話して, 話すの, 話を, 議論した, 議論を, 道づれに, 間違えて, 食事を

▼ だれひとり~ (53, 0.6%)

3 としてこの 2 いない

1 [48件] いないの, いない丘, いません, うたがっても, およぶもの, きては, この奇怪, この男, これを, しゅろ, じぶん, すぐには, そのなか, その中身, その勇壮活発, それと, それを, としてわたし, としてカイ, として彼女, として心, として知っ, として知る, として進ん, なびいた殿御, にも話さぬ, また牛女, もどって, 出ること, 動こうとは, 大石先生を, 彼に, 待つ者, 思いつきませんでした, 気づいた者, 知らないの, 知らないもの, 知らぬうち, 知らぬもの, 知るもの, 知る者, 肝心の, 見たこと, 見知った人, 踏みとどまる敵, 近づかないはず, 透明人間だ, 驚く者

▼ だれとも~ (51, 0.5%)

3 話を 2 交際しない, 口を, 顔を

1 [42件] お知合い, さっぱり見当, なく, なしに, なんの, はっきりした, はっきり思い出す, めったに口, わからずに, わからぬけれど, わからぬよう, わからぬ人, 争わず仲よく, 交際しなかった, 仮定し, 会いませんでした, 会わずに, 何の, 出会わなかった, 分らないあの, 分らないその, 夫婦に, 家庭を, 思って, 毎日こうして, 滅多に, 知らず白き, 知らせないで, 知らない, 知らぬ女, 知れず四五人, 知れないしわがれ声, 知れぬもの, 知れぬ侵入者, 知れぬ男ひとり, 結婚したくない, 結婚を, 見分けが, 見当は, 話したがりません, 話したくなかったので, 違つ

▼ だれかれ~ (49, 0.5%)

6 の差別 3 の見 2 の容赦

1 [38件] から受けた, がいろいろ, がこの, ができる, がりっぱ, が思わず, が日曜日, とたずね廻っ, となし, とも消息, と人, と申さず, と申しませぬ, と話しあっ, なしに, なしの, などはまして, に挨拶, に短い, に聴い, に訊い, に連れられ, に金銭上, のうち, の一家, の世話, の別, の口, の名, の影, の暮し, の触角, はお, をお, を相手, を驚かし, 官等や, 馬を

▼ だれしも~ (47, 0.5%)

2 等しく感知

1 [45件] あなたである, あのありがたい, いって, いやがる便所掃除, おいしい物, おおよその, くせが, こういう野原, この一年, この感情, しまいにゃ, そうと, そう感じました, そう解釈, その心, その日, その罠, それを, まず外国人, みな経験した, やむを得ないこと, カンヅメと, ホントに, 保証の, 口を, 同感であったらしい, 命は, 小説を, 心が, 思わないもの, 想像する, 想起する, 或る, 浮き世です, 深く察し, 異論の, 異議の, 皆こうした, 第一, 美しいもの, 考えがち, 肉親を, 良心といふ, 若いうち, 通る道

▼ だれから~ (44, 0.5%)

2 よこしたもの

1 [42件] あなたは, いわれたという, きたの, こんなけっこう, それを, そんなばか, そんな詳しい, だ, だね, だれに, だろう, でしたの, ですか, なんと言われ, なんと訊かれ, ほめられるという, まもられて, もらった, もらったって, もらったの, ゆるされたの, 何を, 創られたとも, 叱られるわけ, 君は, 奥を, 救われたの, 教わらなくても, 来たん, 聞いた, 聞いたろうと, 聞いて, 親分が, 訊いた, 貰って, 買ったかという, 贈って, 贈られたの, 送って, 頼まれた, 頼まれたわけ, 頼まれたん

▼ だれかを~ (43, 0.5%)

4 待って 2 待ちでも

1 [37件] ここへ, こわがらせたいとき, さがして, だますつもり, つかまえて, つれて, とがめずには, ねらって, のろって, ばかに, ぼくより, まして妹, または何, やるでしょうよ, よびだし暗号, よんで, わずらわそうなどと, 人間の, 助けるなんて, 取っちめた時, 喜ばしたいという, 害するもの, 待ってるよう, 愛して, 愛せずには, 揶揄する, 教えること, 断ち切られたこと, 知ろうと, 脅かし追っかけてるが, 自分に, 苛酷に, 見て, 見るの, 詰問し, 軽蔑した, 駆り立てて

▼ だれだろう~ (28, 0.3%)

63 と思いました 2 か, と思い, と思っ, なあ

1 [11件] いったいだれ, といぶかった, とみんな, と不思議, と思った, と構, と見, よほどお, 今朝の, 何者だろう, 死刑囚の

▼ だれ~ (26, 0.3%)

1 [26件] あとから, おのずからさらりと, きたなくない, この兇事, この頃大切, どうなった, どこまでという, まき上げられたままゆうべ, 人馬継立て掛り, 何と, 土木掛りという, 巻いて, 庭の, 御厩, 御宿掛りだれは, 敷石を, 桃色だつた, 流し損, 申すも, 落ちつく所, 表門だれは, 裏門だれと, 調度掛り, 音も, 飛びあちこち, 館の

▼ だれにだって~ (23, 0.2%)

1 [23件] すぐカーッ, そういう希い, そうした思い出, そんなふうに微笑, だせるよ, できる生活, ばけること, わかりは, わかります, わかるもの, 事情は, 出来ると, 化けられるよ, 害は, 容易に, 思いも, 昔町で, 望みが, 欠点は, 空腹が, 自由でしょう, 見るなと, 負けは

▼ だれをも~ (23, 0.2%)

1 [23件] うらみません, おいて, おびやかしたくないん, またどんな, 何物をも, 信じない, 分けへだてしない口調, 当てに, 待たないと, 必要と, 念頭に, 恨まずに, 恨まなかった, 愛して, 愛しないで, 愛しなかった, 決して失望, 満足させなかった, 知らなかったが, 見ないで, 訪問しなかった, 説服する, 責めなかった

▼ だれ~ (19, 0.2%)

2 おじゃりましょう, せう, もちよ

1 [13件] あつた, いやな, しよう, すい, すかっ, もちょっとはがしてみたくなるものと見える, ェ, エ, 区切る奥, 味方は, 濡れた唇, 遮りきれない午後, 顔を

▼ だれでもが~ (19, 0.2%)

2 するよう

1 [17件] ある様, して, すぐに, する様, それを, なるもん, よくこの, よろこぶ事, 作るよう, 心得て, 思って, 感じうる人間的感情, 指揮者に, 生と, 考える事, 行く不動さん, 読めるよう

▼ だれであろう~ (18, 0.2%)

3

1 [15件] か確か, がどう, といかなる, とかり, とそんな, ととにかく, とようし, とチューリップ, と中将, と彼ら, と村, と胸, と迷惑, 女房姿でない, 女王に

▼ だれだった~ (16, 0.2%)

3 か, と思います 2 のか 1 かいま, かな, か今, か何, か忘れ, の, のだろう, のでしょう

▼ だれにとも~ (13, 0.1%)

2 なくいいました

1 [11件] なくいっ, なくくやしさ, なくこう, なくちよ, なくひとりごと, なくふりかえった小, なく大声, なく手, なく言いかけた, なしに, 何にとも

▼ だればこそ~ (12, 0.1%)

1 [12件] おしらべ, おまえの, ここまで, しごきどろぼう, ほらあれ, 万事を, 信ずること, 名の, 因果は, 夜あかしを, 正成も, 目を

▼ だれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] おらぬか, かわいそうに, このへや, この者, ないか, はようもの, ひとりはよう, 勇を, 存じおるか, 来て, 盲腸の

▼ だれだれ~ (11, 0.1%)

1 [11件] だね, で味方, と名前, などを私, に会う, に逢え, のところ, の流, はどう, もだれだれ, もと数え

▼ だれであった~ (11, 0.1%)

21 かある, かその, かは当時, かを思いだし, か三宅雪嶺さん, か先年ドイツ, か忘れた, か読者諸君, そうだ

▼ だれかは~ (10, 0.1%)

4 いって 1 ゆうべ一同が, ようあかり, わからないの, われわれであるべきです, 知らぬが, 自分の

▼ だれだっ~ (10, 0.1%)

5 そこに 1 いまぼくの, きみは, そこの, そこへ, どこに

▼ だれとでも~ (10, 0.1%)

1 その喜び, つとめて, 二こと三ことを, 交わるの, 仲よくしなけれ, 婚禮は, 熟談いたそう, 訳なく, 話したかったの, 話すこと

▼ だれにても~ (10, 0.1%)

2 種々の 1 その友人, その身, ただ便宜, にくしと, みな匍匐し, 問いを, 天才ある, 幸運なる

▼ だれ越し~ (9, 0.1%)

1 に, にそよそよ, にチラ, に向う側, に花瓶, に街, に見え, に見えた, に透かされる

▼ だれかから~ (8, 0.1%)

1 その演劇, そんな噂, もらったキュラソー, 常にねらわれる, 教わって, 聞きかじったこの, 話しかけられて, 話して

▼ だれそれ~ (8, 0.1%)

1 が急病, であると, といわれる, と私, の役人, の視線, はどこ, は嫁

▼ だれという~ (8, 0.1%)

1 ことなく, ことを, ふうに, ものじゃ, ものを, 人だ, 体は, 後見の

▼ だれにたいしても~ (8, 0.1%)

1 こういう叡智, なんらの, なんら無礼, 恨みの, 悪意を, 愛の, 愛惜や, 憎しみも

▼ だれに対しても~ (8, 0.1%)

1 あとには, いいかげんな, しんせつで, しんせつであった, にこにこし, 差別なく, 正直に, 親切に

▼ だれ~ (8, 0.1%)

1 あかい提燈, 何かで, 彼らの, 着物のみ, 肘かけや, 襟元に, 雪の下なぞの, 魂を

▼ だれやら~ (8, 0.1%)

2 涙やらを 1 しずかに, マッチを, 三郎の, 僧門の, 大地の, 覆面を

▼ だれ~ (8, 0.1%)

3 の差別 1 の事, の用捨, の見, はみな本人, は白河家

▼ だれにとっても~ (7, 0.1%)

1 いちばんかわいい, そうでしょう, ただ一つ, まことに相手, 一個の, 失敗な, 思いがけないこと

▼ だれかしら~ (6, 0.1%)

1 に時々, に読まれ, 五つぐらいの, 来ては, 花の, 見知った顔

▼ だれからでも~ (6, 0.1%)

1 いいわさ, 喜ばれたに, 惚れられそう, 慕われた徳, 捕れたくは, 発表し

▼ だれがけ~ (6, 0.1%)

2 お世辭 1 お世辞, で勤勉, に角帯, の日本髮

▼ だれもの~ (6, 0.1%)

1 心の, 想いでも, 知って, 胸にも, 関心事である, 顔が

▼ だれより~ (6, 0.1%)

1 とかく軍機, わたしが, 勇敢と, 強く情, 新しいと, 邪魔に

▼ だれ掛け~ (6, 0.1%)

2 をほめる, を賞め 1 のやう, のよう

▼ だれ知らぬ~ (6, 0.1%)

2 ものが, ものも 1 ものは, 者の

▼ だれだい~ (5, 0.1%)

1 この線, その頼み人, とたずねました, ほえるない, 負けた人

▼ だれによって~ (5, 0.1%)

1 であるか, どうして美しく, またいかに, 城が, 行われる戦争

▼ だれ~ (5, 0.1%)

1 えたりや, おみね, こそ警察, オメ様の, 夜を

▼ だれへも~ (5, 0.1%)

1 お話しに, 別れを, 好意を, 渡りを, 言ったこと

▼ だれ気味~ (5, 0.1%)

2 になっ 1 で網, になつ, になる

▼ だれからとも~ (4, 0.0%)

1 つかない形式, なく噂, なく礼金, なく閉ざされた

▼ だれさん~ (4, 0.0%)

1 がこう, と一しょ, と名, はもうこ

▼ だれだっても~ (4, 0.0%)

1 きっとあっしゃ, そんなこと, 気が, 見物が

▼ だれだつ~ (4, 0.0%)

3 てそれ 1 てあいつ

▼ だれだらう~ (4, 0.0%)

2 と思 1 つい今, 詩人が

▼ だれやらが~ (4, 0.0%)

1 いうと, 声を, 怠屈まぎれにあくびをしていました, 答えた

▼ だれお召~ (3, 0.0%)

2 の臺 1 の台

▼ だれかて~ (3, 0.0%)

1 ちょっとも, 江戸五郎はんの, 疑いの

▼ だれかという~ (3, 0.0%)

1 ことすらも, ことは, ことも

▼ だれからか~ (3, 0.0%)

1 はからずもて, 聞いた, 聞いたこと

▼ だれからの~ (3, 0.0%)

1 ものか, プレゼントだ, 反対も

▼ だれじゃ~ (3, 0.0%)

1 ないかな, ッ, 麿を

▼ だれであっ~ (3, 0.0%)

1 てもいえぬ, ても一応, ても弱い

▼ だれ~ (3, 0.0%)

1 これでも, とても短気, 実も

▼ だれどの~ (3, 0.0%)

1 とは誰, に仕上げた, はその

▼ だれなど~ (3, 0.0%)

1 かけて, つるしたどの, 長い幾世

▼ だれに対して~ (3, 0.0%)

1 だか, だったか, 挨拶する

▼ だれもと~ (3, 0.0%)

1 同じくなれ切っ, 同様に, 数えて

▼ だれ一人それ~ (3, 0.0%)

1 こそ広い, をとがめる, を言い出す

▼ だれあろう~ (2, 0.0%)

1 この落人, 自分が

▼ だれかによ~ (2, 0.0%)

1 つて何等の, つて支えられる

▼ だれかによって~ (2, 0.0%)

1 実行される, 常に奉仕

▼ だれかへ~ (2, 0.0%)

1 周期的に, 話されたら

▼ だれかも~ (2, 0.0%)

1 それを, らいに

▼ だれか村~ (2, 0.0%)

1 のもの, の人

▼ だれくり進上~ (2, 0.0%)

1 おまん, お饅頭進上

▼ だれ~ (2, 0.0%)

1 しに, しにカッ

▼ だれだい君~ (2, 0.0%)

1 は, はやはり

▼ だれでした~ (2, 0.0%)

1 か, っけ

▼ だれでもは~ (2, 0.0%)

1 いること, なれないが

▼ だれとかの~ (2, 0.0%)

1 娘を, 絵を

▼ だれとが~ (2, 0.0%)

1 会ったという, 結婚する

▼ だれとともに~ (2, 0.0%)

1 法灯も, 語ろうかと

▼ だれにと~ (2, 0.0%)

1 なく申譯, 決めて

▼ だれには~ (2, 0.0%)

1 幾人の, 月の

▼ だれのでも~ (2, 0.0%)

1 いい貰って, かまわず

▼ だればとて~ (2, 0.0%)

1 こんな心地, 咎め立てなるまじ

▼ だれひとりそれ~ (2, 0.0%)

1 に反対, を見た

▼ だれひとり人~ (2, 0.0%)

1 がいませんでした, の世

▼ だれひとり気~ (2, 0.0%)

1 がつかなかった, にし

▼ だれ~ (2, 0.0%)

1 あせりながら, きいても

▼ だれもかも~ (2, 0.0%)

1 手に, 皆寝ちゃった

▼ だれもを~ (2, 0.0%)

1 安心させた, 感じさせた

▼ だれ一人ここ~ (2, 0.0%)

1 には近づかず, へははいりませんでした

▼ だれ一人私~ (2, 0.0%)

1 がたより, は貧乏

▼ だれ一人耳~ (2, 0.0%)

1 をかす者, を貸しませんでした

▼ だれ~ (2, 0.0%)

1 やらで, を鎮める

▼ だれ~ (2, 0.0%)

1 に重ね, の中

▼ だれ~ (2, 0.0%)

1 はらはらと, をなで

▼1* [234件]

だれああママさん, だれあなたの尊敬, だれうごかし秋の, だれうち見たところ, だれおらまた草, だれかいでもする, だれかいたのです, だれかいますね, だれかいようとは夢, だれかかがみこんで, だれかかもしれません, だれかかわって見はり, だれかきませんでしたか, だれかさんとおんなじ, だれかしらとあやしむよう, だれかしら人が出, だれかすんでいる, だれかって戸じ, だれかつていう問題, だれかとしてみんかね, だれかなあの子, だれかにつれさられるとき, だれかのよびこが, だれかまわずの夫人, だれからかと言えば, だれかれかまわず手や, だれかれかまわず喰ってかかられる, だれかれとなくいろいろめずらしい, だれかれ知った顔も, だれがちに差, だれがなんて云ったって, だれがまにうける, だれがまことの下手人, だれぎみの由, だれくらいだろうと, だれくりどもよりよい, だれぐらいこの人, だれうもない香水, だれさえ忘れたよう, だれしもがとつくの昔, だれしもの心を, だれそうな熱湯, だれそこには日本的単純, だれその上睡眠不足と, だれそれさんはなぜ, だれそれだれの娘, だれそれ亡き人の義理, だれそれ子どもが何人, だれぞいの, だれぞに見とがめられたお, だれたたましひ, だれたりは致しません, だれだいあいつは, だれだいいまわらったの, だれだいそこを歩い, だれだいッくッ, だれだい新じゃない, だれだい燕作さんこの人, だれだけがまっ白だ, だれだったたいたりしない, だれだったろうと考え, だれだってよござんす, だれだふくのは, だれだらうあるいてゐる, だれだらだら俺げくっつけ, だれだれさんはもうこ, だれだれなるやは判然, だれだ名乗った者は, だれだ笑っている, だれつぎはだれ, だれつつこれを, だれてしもうては, だれてはどうにも, だれであったろうか, だれであろうがかれであろうがもう, だれでござんす, だれでしょうこんなもの村川さん, だれですか, だれでもと同様に, だれでもにそれを, だれでもねえ闇男屋敷, だれでものんで, だれといふことは, だれとか彼とか, だれとてもみだりに話しては, だれとの結婚談にも, だれとはわからぬながら, だれとばかり考へて, だれながらかれは, だれなどを私が, だれなりの口から, だれなんかをしめて, だれにくびをしめられるのか知らない, だれにたいするよりも多くの, だれにだっても考えられるん, だれにということも, だれにとって生きてるか, だれはりをした, だればかり流れた, だれひとりあきらかに云, だれひとりあなたがたをお, だれひとりうちにかえろう, だれひとりおとのうてなぐさめる, だれひとりそこまで気づい, だれひとりはっきりいえは, だれひとりひとことも話しかけませんでした, だれひとりものをいう, だれひとりアッカのほう, だれひとりカクシがどう, だれひとりテナルディエの消息, だれひとりニールスには注意, だれひとり一本松まで歩い, だれひとり不平をいう, だれひとり仕立屋さんに手, だれひとり先生にあいさつ, だれひとり兵太郎君のこと, だれひとり反対するもの, だれひとり口をきく, だれひとり夢と考える, だれひとり姿を見た, だれひとり家にのこる, だれひとり尊敬せぬもの, だれひとり曲馬など見, だれひとり木のほう, だれひとり相手にし, だれひとり耳をかそう, だれひとり腹をたてる, だれひとり説明して, だれひとり身よりもなく, だれひとり道を聞く, だれびととも争うたりなど, だれぼんぼりを点け, だれまた父上が, だれまで掛けた親分, だれむらさきの覆面二十三騎くつわ, だれもかの女が, だれやうかんを食べ, だれやすきに針, だれやらの声に, だれゆえ左膳ゆえのこと, だれだれよと, だれよりか可愛くッ, だれが規定, だれ石は, だれをととのへること, だれをとも知らずに, だれを通して男の, だれ一人あとからつい, だれ一人うそをつく, だれ一人きみのため, だれ一人これに好意, だれ一人しんみりした血, だれ一人たよりになる, だれ一人ものを言う, だれ一人アザラシを殺したく, だれ一人タラカン王の軍隊, だれ一人ブラドンを疑う, だれ一人ブルにかなう, だれ一人三浦をおくっ, だれ一人人の這入つ, だれ一人今度の当局者, だれ一人出入りする下男, だれ一人姫君に近い, だれ一人彼に乱暴, だれ一人思いもかけなかった, だれ一人暇を乞う, だれ一人最期のお, だれ一人気をつけ, だれ一人泊つてゐる客, だれ一人灰の縄, だれ一人片付けに行く, だれ一人物音を聞いた, だれ一人王女にさからう, だれ一人異議を唱える, だれ一人百姓の中, だれ一人目撃者の存, だれ一人笑やしない, だれ一人自分のため, だれ一人船をつけやしねえ, だれ一人身うちのもの, だれ一人非難するもの, だれ一人面と向っ, だれ一匹として知る, だれ一枚が揺れ, だれ下っている, だれ下った乳首を, だれの攻撃, だれのオナゴシ, だれ人民の苦しみ, だれ以下やうるさい, だれの男, だれも見え, だれ加減のところ, だれ勝ちで仕舞, だれ同僚としていちばん, だれ吹く夕風は, だれ咲小雨が降る, だれ垂らさんのが, だれ姫以上だが, だれの腐敗, だれ小僧から聞いた, だれ屏風のうしろ, だれ巻いて溺れる, だれ心地の眼, だれ忍艸小紋のなへたる衣, だれ愛愛じゃない, だれに袖口, だれやさまざま, だれ掛け干す浦の, だれ掛奧床しうて, だれ文様になり, だれ新宿からだれ, だれ易きものなる, だれの下, だれ柳枝折り揃, だれ構わず隣の, だれ死んでしまっ, だれ気息をととのえる, だれ氣味で困ります, だれ刃を, だれのついた, だれ石油石鹸純綿類から全くよくも, だれ繰り進上お, だれを配置, だれ職業は何, だれ脈搏の極度, だれ臥遊奇談古今著聞集などに拠っ, だれ藻染よ, だれ衣服の綻び, だれに乘, だれ軍靴だれ石油, だれ限り知られぬ我が, だれ髪かつおもひみだれお, だれ黒髪のふるえ