青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ついで~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

っきり~ ~った った~ ~つ つ~ ~つい つい~ ~ついた ついた~ ~ついで
ついで~
~ついに ついに~ ~つかっ つかっ~ ~つかない つかない~ ~つかなかった ~つかぬ つかぬ~ つかまえ~

「ついで~」 3432, 36ppm, 3284位

▼ ついで~ (1985, 57.8%)

16 言って 12 いうが, もう一つ 9 いって, もうひとつ, 私は, 言うが 8 それを, 彼は, 私の 7 何か, 持って 6 これも, これを, 入浴, 書いて 5 いう, それも, 例の, 君の, 自分も, 見て, 記して

4 [13件] ここで, ここへ, そこに, もう一歩, 一言し, 云って, 他の, 僕の, 女の, 寄って, 彼女の, 申して, 話して

3 [15件] あなたの, お銚子, そこの, それらの, 一言する, 今の, 付記する, 僕は, 寄ったん, 床屋へ, 彼の, 水を, 聞いて, 言つ, 酒の

2 [102件] あなたから, あれから, あんまり気持, いうと, いえば, おれが, お前の, お前ひとりで, お米, ここに, ことわって, この家, こんなこと, しまいまで, そこから, そこを, それが, それと, ちょっとお, もう一つ米国, もう一人, わたしの, ウイスキーを, ビールも, ライスカレーを, 三四郎の, 云うが, 僕も, 先生をも, 入浴そして, 前の, 右の, 君, 大学に, 妾の, 娘の, 婆さんを, 子供の, 字余りの, 学校に, 家の, 寄ったの, 寝床を, 尋ねて, 工場の, 帯の, 庭の, 廻って, 弁当を, 彼等の, 御馳走に, 手に, 探して, 文藝春秋を, 斬って, 断って, 新聞を, 時々眺める, 書物の, 東京へ, 柱に, 樹明君を, 此の, 殺して, 毛利の, 江の島を, 渋谷の, 湯屋へ, 源氏は, 火の, 用を, 申さんに, 申し上げて, 申上げ, 男を, 私が, 私も, 私を, 秋の, 立ち寄って, 箱根へ, 紹介する, 絵なども, 義雄は, 能く, 自分の, 良心の, 行って, 見に, 言ふ, 訊いて, 記すが, 買って, 足も, 蹴とばすだけの, 近くの, 述ぶ, 述べて, 酒も, 酒を, 金を, 頼んだ

1 [1511件 抜粋] あおのけに, あたしも, あたりめ甘露煮なんでも, あっしどもも, あなたにも, あの七兵衛, あの信玄, あの見, あまりデタラメ, ある経, あれは, いかがです, いっただけ, いふ前, いま一度屋敷へ, いろいろ考えましょう, うたも, うんとならべる, おかしな先例, おじさんの, おつみ, おやしき, おろして, お取りよせ願います, お墓参り, お察し, お心当り, お捜し願おう, お料理, お洒落も, お涼, お目見えを, お祭に, お艶, お葉, お送りなされ, お面, かうした隠れ里, かねて世話, きかせて, くどくど説明, ぐうぜん覚える, こういうこと, こうしてここ, ここの, ここも, このあたり, この伊勢, この常盤会寄宿舎, この日, この次, この男, この笠, この郷党, これから俺, これに関する, こんどの, こッち, ざっとそれ, しばらくの, しるせるもの, すこし散歩, する演説, せめて一年間位さき, ぜひとも鉱泉宿, そこへ, そちらへ, そっと当地, そのとおり, その人魚, その山陽, その林, その火, その膏薬, その血, その道観に, その首, そぼろと, それではこういう, それとなく聞き探っ, だったん, ちょっくら月代, ちょっと家, ちょっと思い出し, ちょっと見, ちょっと顔, ちよつと, つくって, つけ加えて, とつぜん或, どうしたら, どうぞ脇息, どことか, どの位, なにかお菓子, なるべく節倹, ねこへも, はおりおり通って, ひとつその, ひろ子は, ふとおかあさん, ふと例, ふと樗牛, ほど遠からぬ, ぼくを, まいちど, またもやセルゲイ, まだ何, まわって, みやげの, みんな話します, もうひとところ, もう一つ簡単, もう一刷毛, もう一歩脱線, もう二枚, もう十町, もう少し伝えられた, もう少し怒つ, もう来ない, もりもりやっ, やって, やるべきもの, よう御, よく見ろ, よったの, れいの, わしが, わたしに, われは, アメリカ発見以来去る, オサイセンも, ガンジー流の, ケプラーお送りし, コークスすこし, サークルの, シャアロック・ホームスの, シヨウチユウを, ジリーが, ズボンも, ダイヤの, チョイと, チヨツト診, トリイレの, ドイツ趣味である, ハダカに, ヒキダシを, ヒョコヒョコ歩い, ブラインドを, ヘイチン楼へ, ペストの, モノに, ヤカンも, ラジオずき, ロヨラにも, 一つふろ敷包みを, 一つ見, 一両が, 一寸家事的ノート, 一寸電話, 一本持っ, 一杯つき合へ, 一角が, 一言述べた, 七葉樹の, 三つ目を, 三人を, 三田の, 上原へでも, 下から, 下妻左衛門尉の, 与次郎が, 中の, 中村君が, 丸通を, 主税は, 久しぶりで, 九州も, 二三人調査に, 二十五本ばかり, 二百円ほど, 云う竜池, 些っと, 京極中将定家朝臣に, 京都の, 亭主の, 人車を, 今まで, 今一つ国益に, 今一度墓を, 今宵にも, 今度は, 今晩三三九度の, 仏展も, 仕事に, 令嬢の, 会って, 伝説へ, 伺って, 佐藤春夫さんの, 何ぞこの世, 何とか考え, 何を, 何気なくそこ, 作って, 俳諧など, 僕が, 兄き, 先生へ, 入浴それから, 入浴半月ぶりだ, 入用な, 六十一万九千五百石, 其を, 内の, 処々の, 刀を, 判も, 劉備玄徳を, 助けて, 動物園の, 医者もつれ, 十分か, 半七老人, 卓上灯の, 原子個々に, 厩の, 友人の, 叔父の, 取毀すこと, 口を, 可い, 各, 同市の, 名前だけ, 君新しい, 呉王廟へ, 呪文を, 命婦が, 品川へ, 喋舌って, 四条の, 園部を, 地獄にも, 坂の, 塩鮭を, 外に, 夜具蒲団の, 大きな女郎蜘蛛, 大作も, 大山の, 大老なんぞと, 大詰の, 天井の, 奉公人達に, 奥方綾野様を, 女も, 女房は, 妙子が, 妻子の, 婦二人の, 孔子の, 学用品屋で, 安着をも, 家じゅうの, 宿望の, 寒い顔, 封書を, 導線の, 小手を, 小次郎は, 小金井まで, 少しく家紋, 少しばかりの, 少し後, 届けて, 山吹を, 岩井まで, 峨山和尚の, 巡査も, 巻煙草を, 布地の, 師匠の, 帰しても, 帳場の, 広い意味, 座中の, 延津弥の, 弘道館の, 張氏の, 役所にて, 彼女に, 徒然の, 御内室の, 御指南, 心の, 念の, 恋敵の, 悪戯を, 感心すべき, 懐中から, 我らが, 我慢し, 手前にも, 手水に, 払って, 抒情的感銘を, 招き寄せて, 持つて, 探しただけの, 提鞄の, 改札口だ, 教えて, 数正にも, 文鳥を, 斯う, 新開の, 旅行中彼女の, 日本で, 日本へ, 早速貰い下げ, 明智討伐に, 昔の, 星野家へ, 昨晩備前屋の, 時に御前, 晩まで, 更に語らせ, 書きとめて, 書きますが, 最も冷, 木連格子だけは, 本堂に, 東京の, 東国東郡熊毛村大字小江の, 東泉寺の, 松の, 栄さんの, 桑さにも, 極めて小さい, 様子を, 欄干から, 次郎君の, 此処で, 此方へも, 武威を, 歳時記を, 死後の, 母が, 母上あなたも, 氷砂糖を, 江戸へ, 泥鰌も, 洗うて, 津軽の, 流を, 浄和尚の, 海まで, 深い息, 渋谷まで, 源吉爺さんを, 演説を, 火を, 火星に, 無沙汰ほど, 焼跡の, 煙草買っ, 片付けて, 犯人も, 献上なさいました, 玄関に, 珈琲を, 理髪さ, 生きて, 用心しない, 田村麻呂は, 申し上げたの, 申し添えます, 申上げた, 男の子全部に, 男物の, 當時の, 疲れを, 病院で, 白河樂翁を, 百という, 盆の, 目を, 着物も, 知って, 石の, 石灯籠も, 石蒜の, 磨きかけて, 神明前を, 祭礼を, 私に, 私自身の, 空模様でも, 立ち寄ったという, 立ち寄った折りの, 立寄るので, 笊も, 第四図, 紀霊の, 素っ首土産に, 細君は, 経歴書出し, 綾ちやんへ, 罐詰を, 美しく汗ばんだ, 美味い物, 義理を, 翌朝の, 聞き給え, 肖像画の, 胴抜の, 腕時計を, 自分が, 興津まで, 花にでも, 茅屋に, 茶棚の, 荒地まで, 落ち合う客, 葉桜餅の, 蒲柳の, 蓴蓮亭を, 薬局へ, 虱狩も, 蚊遣香を, 蜀軍が, 螢の, 衒学を, 表現の, 袷の, 西国を, 見つかった自身番, 見合せなすったらどう, 見舞いに, 観客の, 解剖し, 言う, 言う僕, 言う蛇, 言おう人間, 言つて置く, 訊ねた, 訪ねて, 評判の, 話す, 語り出せば, 調べると, 警察を, 豆腐を, 貧児へ, 貴公の, 買は, 資本家階級殊に, 赤ちゃんに, 足で, 跡も, 車を, 軸の, 農学校の, 近所の, 返送され, 送って, 通訳を, 連れ帰って, 過ぎなかった, 部落も, 酌を, 釈明しました, 重詰を, 金吾さんとこに, 釣の, 銀座から, 鍋なぞ, 長官の, 長良の, 間違わないよう, 附言し, 附近の, 階下へ, 隣室に, 青木と, 頁を, 頼みますが, 額の, 飛行機に, 食器の, 飯田橋まで, 養殖真珠つてどんな, 駅まで, 高田と, 髪を, 鯔と, 黒門の, 鼻の

▼ ついで~ (131, 3.8%)

7 からもう 6 から言う 4 からここ, がこの 3 からちょっと

2 [13件] から, からいいます, からいう, からその, からそれ, から帰り, から書い, から申します, から申し添え, から言っ, から話し, から話します, と思った

1 [81件] からあなた, からいっとく, からいつ, からいふ, からうんと, からお前, からこの, からこれ, からころ, からそう, からちょいと, からちょッ, からという, からといっ, からと云っ, からと観音さま, からと言う, からと龍子, からどう, からなお, からみんな, からもう少し, からやっ, からエーンズウォース, からスノコ, から一つ, から一つ北海道, から一杯, から一緒, から一言それ, から与次郎, から云いましょう, から今日, から伺いたい, から余計, から冷やかし, から分化作用, から午前中, から博学, から君, から四五日湯治, から少々, から少し, から屋敷, から弘前, から彼, から御, から本, から浜町, から為, から聞いた, から茶代, から蟷螂, から行っ, から見せ, から言っちまいます, から記し, から説明, から謂っ, から送っ, から順序, がこないだ, がそち, が北, が四, が巴里, けれどモスクワ, ここで, しっかり学問, ちょいと, という事, という居直り強盗, と思い, と思っ, と観念, な転ん, もう少し待つ, 影武者捜し, 栗木屋の, 行つて見よう, 酒屋へ

▼ ついで~ (102, 3.0%)

20 ことに 11 時に 6 事に 3 ように, 時で 2 やうに, 人に, 仕事だ, 学問地だった, 時どうぞ

1 [49件] あった時修善寺, あるたび, あるところ, ある土地, ある毎, お使い, お愛嬌, ことじゃ, ことで, ときいちど来, ときお送り下さい, ときで, ときどうぞよろしく, とき寿江子に, とき褒め, 事だ, 事にと, 人さたのん, 信心ごころは, 俳家であります, 急ぎ方, 情も, 折お母さんに, 折お礼を, 折で, 折になど, 折は, 文化の, 時, 時お母様に, 時くれぐれも, 時には, 時み, 時よろしく, 時平田さんへ, 時是公に, 物真似では, 由いろいろ, 百姓でありました, 盛り場であった, 目の, 砌り, 節にはと, 節目見仰, 自分の, 衆も, 誡めであった, 道すがらわざわざこの, 馬子にでも

▼ ついでながら~ (81, 2.4%)

2 ここに, 彼が, 言って

1 [75件] あの池, いい添え, いうが, いって, いつて, このころ神田明神, このとしの三月, このガルボ, この前, この将軍家, この物騒, この道場, これより, これを, その身の上, わたしの, トルコ人は, フョードル・パーヴロヴィッチの, 一寸申し添えましょうなら, 今日の, 仏公使の, 付記し, 僕を, 先日ある, 冷泉為臣氏は, 切り立ての, 勘平の, 名を, 君の, 唯物辯證法を, 四十八字の, 大納言国経と, 奥へ, 子供は, 師匠東雲師の, 当時の, 彼は, 彼女も, 徒然草に, 想像を, 我々は, 揺れる電車, 断片的な, 日清豆粕会社の, 昨年の, 本誌三月号木村毅氏, 桿状菌バクテリアの, 森口君の, 歩幅と, 池には, 油の, 溺死者確数を, 濃霧地における, 物語られた, 申しますが, 申し上げますれば, 申し添え置きます, 相州さまの, 私が, 私と, 私は, 筆者は, 米原氏の, 精神的の, 級中学課において, 自分の, 西園寺公望が, 西洋の, 見本として, 警官諸公に, 近世和歌史についても, 近頃やっと試験的, 金槐の, 電車の, 魚住君は

▼ ついで~ (33, 1.0%)

3 あつた 2 あって, あつたら

1 [26件] あったからと, あったの, あったので, あったもの, あったらその, あったらと, あったらなんとか, あったらまた, あったら余, あったら届けて, あったら持って, あったら神田, あらば, ありましたゆえ, ありましたらお, ありますから, あるから, あるので, ある時, ある毎, あんまっ, ございますから, ござりました, ないそう, なくて, 無かった

▼ ついでその~ (19, 0.6%)

1 [19件] 前に, 反対側から, 命令を, 国が, 国を, 大尉は, 夷類らの, 子基衡に, 年の, 新婚記念と, 方法の, 枠の, 皇子が, 米穀の, 翌昭和四年, 表情が, 註釈を, 野菊を, 首を

▼ ついで~ (18, 0.5%)

1 [18件] あって, いけねえよ, お松です, ごくり, デモクラシイの, マストリリシドチの, 創世記詩篇約, 實在化が, 役員問題の, 彼の, 心理状態の, 柳田先生高野博士主として, 私である, 諸君には, 順々に, 飲みついで, 飲んだ, 飲んで

▼ ついで~ (17, 0.5%)

3 云っちゃあ 2 いっては, 言っちゃ 1 あって, いっちゃあ, どこおりなく, 思い出したよう, 思って, 景気よく, 死骸も, 申しちゃ, 申しては, 言っては

▼ ついで~ (14, 0.4%)

1 [14件] ある事, いいが, からだは, これへ, ございますから, なく手, わしに, 一度江戸趣味, 一陣の, 幾らか改良, 歩けますまい, 空しく止ん, 立消えばっかり, 隧道工事を

▼ ついで~ (12, 0.3%)

9 もって 1 借りて, 利用した思い立ちであった, 求めて

▼ ついでそれ~ (11, 0.3%)

1 [11件] が, がすき, が一七八九年, に甘んじ, に頭, ばかりかその, をあおり, をその, を一口, を一部, を飮

▼ ついでです~ (11, 0.3%)

2 から 1 からあなた, からお送り, からここ, からつけ加えます, から僕, から十日, から輪島, がみなさん, が裸

▼ ついでにも~ (11, 0.3%)

2 一つお願いしなく 1 あはれいにしへの, お立ち寄りに, 一つ変つた話を, 一つ猫の, 一つ相尋ぬる, 一ツいは, 困った問題, 少し自己紹介, 抱負の

▼ ついでから~ (10, 0.3%)

1 このかた, ずっと前, まだ年月, 九年目に, 入口の, 各自の, 断れ断れに, 気欝の, 私は, 自分は

▼ ついでこの~ (10, 0.3%)

1 やうな, 人間を, 千蛾も, 広い邸宅, 理論の, 社稷を, 縦隊は, 花陵島に, 講堂に, 雪が

▼ ついでまた~ (10, 0.3%)

1 ドイツより, ベルリンの, 一寸炬燵, 新たに, 朋友親戚等より, 橘井堂医院と, 烈しく逃げ, 竜谷大学で, 縫い合わせたうえ, 電気を

▼ ついでこれ~ (8, 0.2%)

1 が第, に一つかみ, は此処, へ駈けつけ, までに変った, まで駈けつけ, を亡父, を天下

▼ ついでにと~ (8, 0.2%)

3 思って 2 申しては 1 つて損などとは, 家具を, 申さば腹が

▼ ついでには~ (8, 0.2%)

1 いつもこの, これは, よく私, 其話を, 天王堂へも, 此の, 種々な, 茂太郎は

▼ ついでやっ~ (7, 0.2%)

21 たりお, たりし, たりした, たり体, たり夜食

▼ ついで~ (7, 0.2%)

1 に渡した, の片耳, の羊たち, はクリスマス, は全国, は打つ, は父

▼ ついでやり~ (6, 0.2%)

2 自分も 1 そして茶碗, ながら, ながら三芳, ながら旅

▼ ついで来た~ (6, 0.2%)

3 重苦しい家 1 のでせう, 古来の, 武士だけが

▼ ついで~ (6, 0.2%)

1 三回, 二の, 二位で, 二回目に, 二番第, 十五回目の

▼ ついでなれ~ (5, 0.1%)

1 ばそこ, ばと思い, ば播州高砂, ば記しつ, ば記し付くべし

▼ ついで~ (5, 0.1%)

1 いうて, さかい矢張阪大, さかい靴みがきまひょか, つておくれよ, よってええ

▼ ついで~ (5, 0.1%)

2 た重苦しい 1 た, て後々, る夏

▼ ついであの~ (4, 0.1%)

1 くさい呼吸, 先生に, 印度に, 寺を

▼ ついでくれた~ (4, 0.1%)

1 ハイボールを, 久子に, 茶を, 酒を

▼ ついで~ (4, 0.1%)

1 けっこうです, 少し御, 知って, 肝腎な

▼ ついででも~ (4, 0.1%)

1 あったらば, おあり, ないと, なければ

▼ ついでなどに~ (4, 0.1%)

1 もしくは桜餅, 文字春の, 私は, 雑草を

▼ ついでやつ~ (4, 0.1%)

21 ただけ, てくれ

▼ ついでやる~ (4, 0.1%)

1 ということ, とナイト, と赤井, 機関な

▼ ついでゐた~ (4, 0.1%)

2 私の 1 俺は, 鉄砲の

▼ ついでを以て~ (4, 0.1%)

1 われらの, 保護し, 味うの便と, 訂正し

▼ ついで今度~ (4, 0.1%)

2 は貴族 1 の事変, は郁治

▼ ついで~ (4, 0.1%)

4

▼ ついで起った~ (4, 0.1%)

1 あのピストル, のだ, のは, 種々な

▼ ついであげよう~ (3, 0.1%)

21 かね

▼ ついで~ (3, 0.1%)

1 たずねしないわけ, 延は, 由さんご

▼ ついでながらに~ (3, 0.1%)

1 いひたる詞, その肉, 養成し

▼ ついでもらっ~ (3, 0.1%)

1 てゴクゴク, て一息, て侘し

▼ ついでやろう~ (3, 0.1%)

1 か, かと疾, という

▼ ついでゐる~ (3, 0.1%)

1 と信じられる, のでかなりよく, ものの

▼ ついで一口~ (3, 0.1%)

3 にのみほし

▼ ついで~ (3, 0.1%)

1 乱闘と, 多数の, 毘古命を

▼ ついで天下~ (3, 0.1%)

1 をという野望, をといふ野望, を掌握

▼ ついで有名~ (3, 0.1%)

1 であった, である, なの

▼ ついでいる~ (2, 0.1%)

1 のが, ようだった

▼ ついでうま~ (2, 0.1%)

2 そうに

▼ ついでぐっと~ (2, 0.1%)

1 のみほすと, 一口に

▼ ついでここ~ (2, 0.1%)

1 で酒, まで取って返し

▼ ついでじゃ~ (2, 0.1%)

1 もう半枚, やっとそこら

▼ ついでそこ~ (2, 0.1%)

1 に犬, を登った

▼ ついでだ乗っけ~ (2, 0.1%)

2 てやりましょう

▼ ついででございます~ (2, 0.1%)

1 からこんな, から命

▼ ついでという~ (2, 0.1%)

1 ことが, 様子だった

▼ ついでとして~ (2, 0.1%)

1 ありゃいったい, 一通りその

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 ので須崎町弘福寺, んだ

▼ ついでなお~ (2, 0.1%)

1 林の, 高くそれら

▼ ついでにかの~ (2, 0.1%)

1 木人と, 親子を

▼ ついでにでも~ (2, 0.1%)

1 しようと, 言って

▼ ついでもらった~ (2, 0.1%)

1 サイダーにも, 時の

▼ ついでゆき子~ (2, 0.1%)

1 に渡した, もコップ

▼ ついで一杯~ (2, 0.1%)

1 のむと, 飲む

▼ ついで不安~ (2, 0.1%)

1 になり, のおかし

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 の女流作家, は専念俎

▼ ついで~ (2, 0.1%)

2 の高ごえ

▼ ついで先生~ (2, 0.1%)

1 は名作, は間もなく

▼ ついで其金色~ (2, 0.1%)

2 の衣

▼ ついで出す~ (2, 0.1%)

2 冷酒を

▼ ついで博士~ (2, 0.1%)

1 の口, は英国

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 いへらく, 腰より

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 をつけた, をとがらし

▼ ついで喰べたトンカツ~ (2, 0.1%)

2 とカレー

▼ ついで将軍~ (2, 0.1%)

1 となった, の御前

▼ ついで居る~ (2, 0.1%)

1 かのよう, 衣を

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 が妻妾, が妻子

▼ ついで彼女~ (2, 0.1%)

2 の含み笑い

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 一家を, 支配に

▼ ついで御飯~ (2, 0.1%)

1 の前, を焚い

▼ ついで~ (2, 0.1%)

2 した

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 のハンドル, はぴつ

▼ ついで手下~ (2, 0.1%)

2

▼ ついで政府~ (2, 0.1%)

1 の革命, の革命以来

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 そのまま一寸宿, ちょっと話しましょう

▼ ついで新しい~ (2, 0.1%)

1 一歩が, 時代が

▼ ついで朝稽古~ (2, 0.1%)

1 から帰っ, から帰つて

▼ ついで江南尉~ (2, 0.1%)

2 に補せられた

▼ ついで決して~ (2, 0.1%)

1 危険を, 道草などは

▼ ついで法隆寺中宮寺法輪寺薬師寺唐招提寺東大寺~ (2, 0.1%)

1 をめぐつ, を巡っ

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 にかけた, の舌

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 が幾万, の方

▼ ついで白い~ (2, 0.1%)

1 脚絆菅笠を, 顔だけ

▼ ついで秀次~ (2, 0.1%)

1 が関白, も関白

▼ ついで翌年~ (2, 0.1%)

1 には工學部, の正月

▼ ついで英国~ (2, 0.1%)

1 に入り, よりクーペル

▼ ついで行く~ (2, 0.1%)

1 人が, 必要は

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 つた, ふべきは

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 ひながら, ふ

▼ ついで~ (2, 0.1%)

1 をとめた, を堤上

▼1* [702件]

ついであげると言つた調子, ついであっちこっちへ鞄その他, ついである小さなグラス, ついであるいは同門の, ついでいかにもそれに, ついでいた夜の, ついでいつぱし物持ちらしい, ついでいひけるは汝等トスカーナ, ついでいられる四代目中島, ついでいるではない, ついでいろいろの建物, ついでうしろから, ついでうす水色の, ついでおいしいのである, ついでおいでになる, ついでおくれ別れの, ついでおけば大丈夫, ついでお家繁昌ということ, ついでお貰い申したいので, ついでかけこんぺいとふのいがたに一日の, ついでからの何十年の, ついでかれらの, ついでくりゃるな八幡鐘, ついでくれたりし, ついでくれなくちゃならん, ついでくれるとこの, ついでぐうと一口美味さうに, ついでぐつと飮んだ, ついでぐりぐりとうがひ, ついでこう言いました, ついでこうして乾雲丸が, ついでこげつかないところだけ, ついでこっそり立って, ついでごくんごく, ついでごくごくと飲みほした, ついでさきに述べた, ついでさっき出て, ついでさもうまそう, ついでしきりに積極的と, ついでしずかに話し出した, ついでしばし我が心安き, ついでしまうなり致します, ついでするめを, ついでぜひ社殿の, ついでそういう生活の, ついでその他の工事, ついでそれから別の, ついでそれにまたウイスキーを, ついでたくさんにある, ついでだ当って来, ついでちょっと引っぱって, ついでつと考へ, ついでついでながらにその, ついでであったからし, ついでであるから述べ, ついででござるがご, ついででないともう, ついででなくても聴きます, ついででは罰が, ついでとかいいますが, ついでときどき深夜淡路島の, ついでとは言いながら, ついでどうやら上巻に, ついでどんな事が, ついでなされる企画的実験それらの, ついでなどをもって, ついでなにくれと, ついでなにか器物の, ついでなりになんとか自分, ついでなんかは余り人を, ついでにつけ加へれ, ついでにといったふうで, ついでにとって損などとは, ついでになお肴, ついでによって見たらいい, ついでのせつ御来園まち, ついでのまぬか, ついではげしき喊聲四方に, ついではしるひと, ついでばくだいな財産, ついでひそかに籠手田氏, ついでひとをどり, ついでひとりで呑ん, ついでひどいほこりだ, ついでふれてゆく, ついでほろりとする, ついではつた, ついでまいるから悪い, ついでまっ赤な, ついでみっちり勉強を, ついでめいめいが飲みはじめました, ついでめぐれる月や, ついでもって来ました, ついでもののこ, ついでもらッて, ついでもらうことも, ついでもらえまいかそれ, ついでやったのを, ついでやって来たと聞いた, ついでやっぱり俺を, ついでやはり律儀な, ついでやらうともしなかつた, ついでやりたいと思った, ついでやれと言, ついでゆえまたとない上策, ついでゆがめられた文化意識の, ついでゆこうとする, ついで息を, ついでようやくこれまでの, ついでよく働いて, ついでよこしたがゆき子, ついでよこすがこれ, ついでりっぱな牛, ついでわが師と, ついでわしたちの行軍, ついでて淋しく, ついでをも顧みざりしこそ, ついでイギリスのチェンバレン, ついでイスラエルの万軍, ついでウラシペッ村の酋長, ついでエンジンの響, ついでカルガーノフも飛び出した, ついでガロウニン事件を産み, ついでギリシアローマにも宦官, ついでグイとあおり, ついでグッと一息, ついでケンやダビット, ついでショートの青木, ついでスペインに内乱, ついでダミヤンフェルナンデスなども行く, ついでチチコフは副, ついでニキーチナ夫人を訪ねる, ついでニッサン石鹸と来た, ついでネストールの勇武, ついでビールのよう, ついでフェリペ二世が立つ, ついでフェルミが確立, ついでフランスに更に, ついでプリマドンナ伊沢蘭奢が病死, ついでヘクトールの爲め, ついでポイボス・アポローン彼の頭甲, ついでメグのピクイック氏, ついでメゲース鋭利なる槍, ついでモーズレー君がその, ついでヨーロッパでは金保有量, ついでラフカディオ・ハーンすなわち小泉八雲, ついでロシア語の先生, ついでヴェリチャーニノフのほう, ついでと息, ついで一五一六年にはポルトガル船四隻, ついで一五五七年には貧民病院, ついで一五八四年から八五年, ついで一六二〇年の第, ついで一六二三年家光が将軍, ついで一同も眼, ついで一寸した書きもの, ついで一尋二尋と次第, ついで一息に先, ついで一段と声を, ついで一洵居訪問句会の日, ついで一般勤労階級の大, ついで七兵衛の前, ついで七年には長崎県人副田欣一, ついで七段ただし, ついで七高僧について述べ, ついで万妖悉く起る, ついで万延元年二月中旬白石の陶器販売店, ついで三十一年にはそれ, ついで三春藩の微, ついで三番めの若, ついで三番目の泰蔵, ついで上げたりまた, ついで上げられたこと毎日毎日女房が, ついで上層建築に向っ, ついで下さりながら仰し, ついで下さるならそれに, ついで下っぱの役人, ついで不尽の山眺め, ついで与えると関羽, ついで中世浄土宗起こりて, ついで中大兄皇子と鎌足, ついで中央アジアにも傳播, ついで中央政府をほぼ, ついで中学教育の盛ん, ついで中庭を歩きまわっ, ついで主君邦夷の披瀝, ついで久松氏は御津附近, ついで九州へ下るべき, ついで乾盃といこう, ついでにすすめる, ついで予言者達の肉体, ついで事件が念写, ついで二十七日笠置山に御, ついで二十九日が公判, ついで二十四日から初雪, ついで二女美保子三女登梅子と女の子, ついで二將のあと, ついで二尾釣れた, ついでふ日本人, ついで云ったことである, ついで互に喰いこみました, ついで五人のひと, ついで五十四カ条にわたる被害項目, ついで五月に黒田清隆, ついで井上平兵衛を使者, ついで井戸を掘らせ, ついで亡師の家名, ついで享保十一年に再び, ついで享保十一年二月に至り, ついで京都に上った, ついで京都帝大総長, ついで人物を活動, ついで今宵初めて望む, ついで今年はほ, ついで仕事をはじめる, ついでの信者, ついで代りにはたらい, ついで伊予の国, ついで会堂に入った, ついでにつかれた, ついで住宅問題に手, ついで何とも言い張りません, ついで余市と一泊, ついで作つてゐます, ついで信一の持つ, ついで信者が相当数, ついでで麹町署, ついで修辭は未だ, ついで修験道で名高い, ついで側らの倉庫, ついで偶然にも駿太郎, ついで傑出した弟子, ついで備前へお, ついで僅かばかりの土地, ついでの所, ついで優れたものが, ついで先づ自分が一杯, ついで檻中の, ついで入澤達吉博士の診察, ついで兩將劔を取り, ついで兩將手を延し, ついで八百十五年に柳州, ついでに追放, ついで六七合も呷った, ついで六年後柏原天皇が宝算六十三, ついで其の先生が, ついで其まま身に纏う, ついで渡欧, ついで再び口を, ついで冬休みとなり, ついで几帳を認む, ついで出かけたあの時, ついで出して, ついで出る言葉は, ついで出仕して, ついで出府したり, ついで出来のわるい, ついでな若者, ついで則重と彼女, ついで前夜の夢, ついで劇界に名, ついで加勢に向っ, ついで劣った者が, ついで勇敢にやっ, ついで勇武のアカイア, ついで化け込むと見せかけ, ついで北インドを統治, ついで北京府に立ち帰り, ついで北陸に道, ついで医者になりたい, ついで十一月の征長, ついで十一月二日に進歩党出身, ついで十一月二日全国三千の同志, ついで十七日から大手筋十六社二十四万人, ついで十字の旗, ついで十月の歴史地理, ついで千百二十七年に北宋, ついで午後の法廷, ついで半ば完成し三代目, ついで南朝方に降り, ついで南緯一度半のプェルト・ビエホ, ついで即位したアレクサンドル一世, ついで原子医学を専門, ついで去る3月1日を, ついで去れば老女, ついで去年の春被害民, ついで友だちとしてお祝い, ついで双方相迫り劍, ついで反省をひきおこした, ついで叔母と三人, ついで叔父と共に甘, ついで取り出した白粉を, ついで古い行事で, ついで古くシ, ついで古本あさりに神田, ついでを築かせ, ついでの手, ついで吐月峰のふち, ついで君臨して, ついで吾友の上, ついでの主, ついで呉れている, ついで呉れないことには, ついで呉れるのを, ついで呉郡へ馳, ついで呑みかけたりコーヒー, ついで呼吸もつかず, ついで和するのです, ついで和束の鷲峯山, ついで哀切にひびき募る, ついで円に, ついで四万人を増し, ついで回っていた, ついで國學に轉, ついで園中の白牡丹, ついで土人教化と奴隷売買防止, ついで坑口から土, ついでと醤油, ついで塩谷の媒介, ついで士格になる, ついで売りに来た, ついで外桜田の藩邸, ついで多いのは, ついでの更ける, ついで夜光の短刀, ついで大きく跳ね少し, ついで大切なこと, ついで大勢の家族, ついで大化の改新, ついで大原に復讐, ついで大和に行き, ついで大学の教授, ついで大正の哲学思想, ついで大正六年から十二年, ついで大正十五年に上越線岩本駅前, ついで大統領ウィルソンが平和会議, ついで大老暗殺が実現, ついで大阪の四天王寺, ついで天平元年八月皇后とならせたまい, ついで天智天皇に寵せられ, ついで天皇も楽しく, ついで天竜が土俵, ついで太政大臣になり, ついで太閤殿下の時代, ついで奇妙なの, ついで奇怪な夢, ついで奥六郡を管領, ついで奥羽二州に勢力, ついで女の子三人目がまた, ついで婦人雑誌の流行, ついで季題に関係, ついで学者たちの立っ, ついで安政二年十二月に締結, ついで安永六年小通詞となり, ついで完成したの, ついで実子も生れた, ついで実際的の, ついでにもすすめ, ついで宣教のため, ついでを立て, ついで富国の策, ついで寝かし起しを, ついで対話敬語としての, ついで将軍家はこの, ついで将軍家光に思いしらせる, ついで将軍師範であった十兵衛三厳, ついで将軍座に坐ろう, ついで法師岳の, ついで小さい咽喉が, ついで小倉への手紙, ついで小幡氏が颯爽, ついで小頭添島九兵衛が死んだ, ついで居られたのに狩尾博士, ついで居れようか, ついで屋敷の大, ついで山地へ運び去った, ついでへ行, ついで川崎と藤原, ついで川筋往来の船頭, ついで左大臣に昇り, ついで左官屋さんになつて, ついで左衛門尉景元と名乗り, ついで左部彦次郎が起った, ついで差しだすのを, ついでの中央, ついで市川百々之助, ついで布川の小川家, ついで帆村の枕もと, ついで帰って行った, ついで幕府の国目付, ついで魚を, ついで平田派の先駆, ついでを取った, ついで広く用いられたもの, ついで府内入城の日, ついでつづきとも, ついで廃藩の大挙, ついで延命寺に行き, ついで建造をいそい, ついで廻ってたと言, ついで廻るがいい, ついで弥三郎にすすめる, ついで弥撒も終つた, ついで当時江戸の講武所, ついで彼等は出, ついで往復に危険, ついで往生をとげた, ついでから來, ついで後ろから長い, ついで後醍醐の召, ついでのため把手, ついで思うがまま, ついで急いでいた, ついで恭しく声明読経に, ついでもつかず, ついで情状論に入り, ついで意志細胞内に分裂, ついでの永続, ついで愛くるしい顔が, ついで愛してゆく, ついで愛撫する如く髪, ついで憤慨した, ついでなる兇器, ついで我が海軍と, ついで戴けそうに, ついでを膝, ついで拙宅へ現れ, ついで持って来た, ついで挙げられるのは, ついで掛釘にかかる, ついで掻きまは, ついで摂政または関白, ついで摂津西宮を立つた, ついで支那を通じて支那固有, ついで政右衛門はひそか, ついで政治的選挙にまでその, ついで所とも, ついで数日後正造は帰郷, ついで文筆の士, ついでの如き, ついで新来のフランシスコ, ついで旅順総攻撃, ついで日本人も盛ん, ついで日本国家の威力, ついで早く花を, ついで早川某の家, ついで明治五年以前には半紙, ついでの桜時, ついで昭和八年東京市会議員選挙に立候補, ついで昭和十八年十二月六日長崎の森路, ついで昭和四年に, ついで時々学校を, ついで普伝の法螺吹き, ついで暗い熱臭い室の, ついでがつ, ついで更につ, ついで書かれた第二篇, ついで朝鮮にたいしては日本, ついで木目白樺で象嵌, ついで条約不許可勅令, ついでて御馳走, ついで来るぜ, ついで東京大学に移られ, ついで東京教育博物館長また東京図書館長, ついで東夷が反乱, ついで東海堂主人の本宅, ついで果物をあしらい, ついで柴田の所, ついで柴田どのが死に, ついで案内は栗原宰次郎, ついで桜木の老婦, ついで桝田啓三郎君が来る, ついで棟上げの時, ついで椹野川の六丁, ついで椽側の端, ついで様々な事, ついで次々にいろんな, ついで次女を大海人, ついで正三君は義憤, ついで正作の兄, ついで正保二年松向寺殿も御, ついで正造は免租, ついで歩いている, ついで死罪に処せられた, ついで死者の多かっ, ついで殉死者十九人の位牌, ついで殊更に乞, ついでにすすめた, ついで民権運動が燎原, ついで気がかりだから, ついで気違いじみた声, ついで水蒸気が下, ついで水際をくだり, ついで元六年, ついで江西行省の參知政事, ついで沖縄決戦米機の日本内地爆撃, ついで河内の諸, ついで河南の陳留, ついでをうる, ついで洛中に初, ついで津由玄蕃が玄叔, ついで活溌にうごきだした, ついでべのほう, ついで浮かれ狂うつもりであろう, ついで海中の光, ついで清月など胸やけ, ついで清朝の冊封使ら, ついで渡してくれた, ついで温泉がある, ついで湯気を立たせ, ついで一年後の, ついで満州事変直後の昭和七年一月, ついで潮流や風, ついで激しいいらだちと, ついで炊いてガス, ついで烈しく形相が, ついで水居に, ついで無数につくらせた, ついで熊襲をも難なく, ついで熱い茶をの, ついでの代, ついで版権法案に移ろう, ついで牛田の新山, ついで特別の興味, ついで狩野融川につき狩野派, ついで独逸公使ケットレルも白昼兇刃, ついで猫塚の所在, ついで献じながら静か, ついでが茶, ついで王位についた, ついで王國を治め, ついではれた専門, ついで現れて來, ついで生れた達也自身も, ついでの娘, ついで用心しなければ, ついで甲州より帰っ, ついで番紅花の衣, ついで発せられた軽いし, ついで発言した, ついで發表せらるべき全部, ついで百倍千倍にし, ついで極天皇, ついで皇位につくべき, ついでを葉子, ついで目ざしたのは, ついで相当の人口, ついで相手にのませる, ついでをぶっ, ついでもおかしく, ついで示指を竪, ついで社会党は二十一年, ついで祁山へいそいだ, ついで祖先伝来の田地田畑, ついで祖父母が僕, ついで祝い事をする, ついで祝詞の言上, ついでは人民, ついで神保夫妻来庵子供を連れ, ついで秀吉の死後, ついでは重要, ついで私のにし, ついで私らを自分, ついで稍格式のあつ, ついで立ち飲みを, ついで立った劉玄徳を, ついで竹細工をやります, ついで笑い声が起こり, ついで簡単な構造, ついでをぶらぶら, ついで粟屋品三が禿頭, ついで精巧な上靴, ついで納谷家の古事, ついで紛々としたほ, ついで細い息で, ついで結晶がちぎれ, ついで絹糸で武具, ついで羅漢像も老, ついで美貌の鴈治郎, ついで二十七年三月一日に, ついで翌々年も数回, ついで將ネストール立ち, ついで考へられたことは, ついで考へることは, ついで肩帯やがてすっかりの, ついで背の君を喪った, ついで膨らんだ前髪の, ついで臟腑を串, ついで臣籍に下った, ついで自分の椅子, ついで自己嫌悪の状態, ついで舟津川西谷田谷中という道順, ついで花やかな天地, ついで芸術家としての名, ついでも飲む, ついで菱垣廻船積荷仲間と連合, ついで著名な探険家, ついで蒼く明けきらないうち, ついで蓄音器となる, ついで蓮華上座師が仏教, ついで蔵原が立っ, ついで藍晶石のさ, ついで蝦夷を殺害, ついで蝦茶の袴, ついで血だらけの手, ついでつたもの, ついで行けお伊勢様, ついで行って夕方, ついで行ったのです, ついで行なわれていた, ついで行われたのである, ついで衛生上のこと, ついで襲った天保の, ついで西の方, ついで西暦七十九年にも同様, ついでたりし, ついで親しくして, ついで言うには, ついで言葉をつづけた, ついで調布まで一里, ついで部隊の, ついで謙助も昌平黌出役, ついで講和使来たり四月中旬, ついで谷川の岩, ついで貰いながらまた, ついで貰うなり一杯ぐっと, ついで貰っている, ついで貰つて富岡はゆ, ついで貰わにゃならん, ついで起こり現今の, ついで起こるものだ, ついで起りあわれ漢帝を, ついで路地の出入口, ついで軍裝身に纒, ついで軽く諧謔せられた, ついで軽蔑され最後, ついで輿入れの準備, ついで農兵の調練, ついで農商務省は廃止, ついで近代ドイツの発達, ついで迫害をはじめた, ついで逃げようとした, ついで逆臣を討ち, ついで逓信省所管に入った, ついで遂には崇峻天皇, ついで遼東還付の事, ついで部落外の婚姻, ついでへ駈け, ついで都制施行とともに都会議員, ついで配り座について, ついで釉薬染付の順, ついで釉藥がわかり, ついで重大なる犯罪, ついで針大の檣, ついで鉄瓶の中, ついでと鐵, ついで長々と狸肉, ついで長いこと乳の, ついで長安へこれ, ついで長火鉢の猫板, ついで長男繁太郎が生れ, ついで長鎗とりて, ついでもない, ついで間に合うように, ついで間もなく隅田川の, ついで陰謀の計画, ついで陸軍少将大島義昌の混成旅団, ついで階段を昇る, ついで集まり来って, ついで雑巾で火鉢, ついで雜巾で火鉢, ついで雪江さんも額ずくこと, ついでの話, ついで電気コンロのスイッチ, ついで露天にれん瓦, ついで露払いの弥太一, ついで露西亜に行く, ついで静かに口, ついで面白いのは, ついで頑強と思われた, ついで頭葢骨を上手, ついで飲まんとす, ついで飲み干すとまた, ついで飲むと奥, ついで飲もうとし, ついで飲んでしまう, ついでと狸, ついで養徳社から単行本, ついでを刎, ついで首班指名では松岡議長, ついでを励まし, ついでけつけ, ついで馳せつけて参りました, ついで馳せつけたとの由, ついで馳せまいった鎮西村の, ついで馳せ下って来た, ついで駆け集まっていた, ついで驚くべきは水道, ついで高い熱が, ついで高槻城の城主, ついでを入れる, ついで黄金の力