青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つたの~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つけ つけ~ ~つけた つけた~ つけられ~ ~つける つける~ ~つた つた~ ~つたの
つたの~
つたら~ つち~ ~つづい つづい~ つづき~ ~つづく つづく~ ~つづけ つづけ~ ~つて

「つたの~」 8099, 87ppm, 1275位

▼ つたの~ (2629, 32.5%)

23 それから 14 どういふ 12 誰だ 10 自分の 9 去年の, 彼の, 私の 8 今から, 實に 7 その日 6 その爲, 何時の, 俺の, 僕の, 無理も, 言ふまで 5 さう, そのため, 子刻, 恐くは, 此の, 誰と, 誰の

4 [16件] おれの, その時, それは, もう晝, 主人の, 亥刻, 何の, 何も, 何刻だ, 例の, 僕が, 其夜で, 夜の, 本當, 私には, 翌る

3 [42件] うれしかつ, かう云, これが, その後の, つい昨日, どうした, もう夜, 一つは, 丁度その, 三年前に, 不思議な, 事実である, 云ふまで, 何か, 何んといふ, 何時だ, 兎も, 全くこの, 八五郎の, 内儀の, 南の, 名高い話, 夫人が, 娘の, 当然である, 彼が, 彼女が, 後の, 手代の, 昨年の, 申し上げるまでも, 番頭の, 私が, 私と, 私ばかり, 背の, 藤枝だつた, 言ふ, 誰だい, 誰も, 變ぢや, 間違で

2 [137件] あなたの, ありませんか, あれは, お光, お前さんだ, お前の, お孃さん, このこと, この上, この男, これだ, そこの, その前, その女, その晩, その翌, その頃, それからの, それから一刻, それから間, それが, そんなこと, そんな入梅, た, たしか五月, たつたこれ, たつた二度, どう言, ほんの一瞬間, まだ僕, まだ夕日, まだ朝, まだ東京, もう亥刻, もう夕方, もう陽, やがて戌刻半, ツイ一と, ヤレ, 一と, 一度や, 三日目の, 上出来だつた, 上野の, 下の, 下女の, 不思議にも, 世が, 事実だつた, 事実で, 事實です, 二人の, 二十五六の, 亥刻少し, 人と, 今加賀野新小路, 今年は, 何う, 何といふ, 何んか, 何んと, 何故で, 何處の, 偶然では, 僅, 元祿以後, 全くの, 六年の, 六月の, 其事では, 初めて詩人レニエ先生, 前の, 十七八の, 單に, 嘘だ, 固より, 堀江の, 外でも, 外套を, 多分十一時, 多分召し連れた, 夜も, 大變, 大阪の, 奈何あ, 嫂の, 嬉しいこと, 富江で, 巴里に, 平次と, 平次の, 年を, 彼等の, 快適だけ, 恰度一月下旬の, 惡かつ, 意外だ, 戌刻半, 斯う, 日が, 明治四十年の, 昔の, 昨日だつた, 最後の, 村端の, 校長の, 此年である, 此時である, 残念だ, 母一人です, 津田青楓氏か, 浦島に, 無理で, 父の, 珍らしい, 現在貴方ぢや, 生れて, 皆な, 矢張りお, 知つて居ます, 社に, 自分が, 自然の, 致し方も, 若主人, 苦しさ, 誰で, 誰である, 誰でも, 誰もが, 貴方に, 辰刻, 近所の, 遺憾である, 露西亜の, 非常に, 鶴飼橋の

1 [1985件 抜粋] あくまでも結婚, あなたが, あのこと, あの内儀, あの月夜, あの黄いろい, あまり古い, ありません, ある友人, いいが, いつごろから, いづれも, いまの, おすがの, おつ, お前が, お前だらう, お前にも, お向ふ, お宅, お月様, お父様, お紋, お靜さん, かうした径路, かなり古く, かれこれ晩, こ, このあさまし, この二回位, この年, この教王, この本, この焚火, この私, この詩句, この間の, これの, こんど僕等で, ごく近代, さすがに, じつは私, すみ子夫婦が, せん女さんが, その, そのせゐ, そのま, その中, その何れ, その夕方, その幼い, その後数年経つ, その断崖, その本, その生涯, その翌年, その點, それからやつ, それから後, それだけ附落ち, それに, それらの, そんなそんな事, たいへんな, たしかあの, たしか大黒屋, たしか終戰後, たつたそれ, たつた今, だいぶ深夜, ついきのう, つい半年, つゆ草の, とりわけあり, どうだい, どんなもの, ないか, なんだか恐ろしく, ひどい野郎, ほかならぬ, ほんの一, ほんの些細, まあ三分ぢやつ, まことに面白い, まさしく弦月丸, まだ三回臨時, まだ宵, まだ辰刻, みつ子が, むしろ仏自身, もう三年, もう二時, もう夕暮, もう宵の口, もう日暮, もう曉方, もう薄暗い, もう雀色時, もと大藏大臣某の, やがて丑刻, やつと, やはり南宋頃, やはり病氣, やり過ぎでしたね, よくよくの, わかりますが, われながら, イワンが, ガラツ八でした, シュリーマン夫人で, タゴールの, ツイ半年ばかり, トビアスである, ネロ大帝の, ビールの, ポリモスです, モンマルトル町の, ロオマに, 一つや, 一ヶ月程, 一八九八年ごろで, 一千八百四十一年で, 一年ほど, 一方崇文總目, 一月位たつ, 一種の, 一羽の, 一銭銅貨二つ, 丁度お前達, 丁度五日前で, 丁度将門, 丁度私, 七日目の, 万兩息子の, 三人わしも, 三千代を, 三年生の, 三浬先の, 三馬一九時代即ち, 下手人は, 不思議だ, 不意に, 並大抵では, 中村吉藏の, 久し振りで, 九月二十五日の, 事に, 二ヶ月分の, 二人別々それも, 二十三四の, 二十首で, 二年越しだ, 二番目の, 五兵衞の, 五月からの, 亡くなる年, 亥刻頃, 京都から, 人の, 今しがたの, 今の, 今日八五郎が, 今町の, 他でも, 伊藤博文である, 佐太郎一人で, 何でしたらう, 何と言つて, 何れの, 何刻時分だ, 何故である, 何時である, 何時頃で, 佛蘭西の, 侍従の, 信長だつた, 偶以て, 僕, 僕自身だつた, 兄に, 先づ死んだ, 先月の, 兎に, 全く余り, 全く同氏, 全く愚, 全く近頃, 全然彼等, 八五郎と, 八時近くで, 公式の, 六月二十八日で, 其より, 其方ぢやからの, 其正當の, 其虚靜謙柔を, 冬子である, 凡武家時代以後次第に, 初めてと, 別段驚く, 前後に, 加州様ばかり, 勿体なかつた, 勿論余り古い, 勿論私, 医者が, 十一時少し, 十一時頃で, 十九の, 十二月の, 十八九の, 十年不敗の, 十時を, 千八百七十三年か, 升田が, 午後十一時で, 半歳前江戸を, 南国の, 博士が, 即ち彼等, 却つて須磨寺に, 友達の, 叙景詩以後で, 只本能, 各個人, 同じく八十九年, 同二年, 名前は, 吹矢を, 周圍の, 唐代の, 唯小山, 商賣, 喜助だ, 嘆きな, 嘘だらう, 嘘の, 四年八月二十日後で, 四條の, 國友の, 土地の, 場違ひです, 売薬の, 夏目先生から, 外では, 多くの, 多分イオニア, 夜だらう, 夜明近, 大きい, 大倭の, 大化改新に, 大地震, 大小の, 大正二年の, 大祭を, 大間違ひでそれは, 天の, 天地であり, 天神橋の, 奇縁だ, 奥の, 女の, 女小, 好きな, 妹の, 姫だるまで, 嬉しかつ, 子供同志の, 季節も, 学生さんに, 學部で, 安政中の, 実に其時, 実はそれ, 室生さんが, 宵か, 家光の, 寂しいと, 寒い旭, 實は, 将門ばかり, 小唄, 小池に, 小粒や, 小麦自身が, 少しばかり, 尚を, 尤である, 山下の, 山陽が, 岸田が, 差配の, 平塚さんの, 平次に, 年の, 幸ひだつたから, 幾太郎の, 底暗い, 延寶の, 彈丸帶で, 当然だ, 彼れ, 彼等らつ, 徒事では, 御坊が, 心得た手口, 必定だ, 思つた弟子の, 恐らくこの, 恐るべき惡智慧, 息が, 悉くこの, 悧巧な, 惜み, 意識の, 慶長元和の, 應仁を, 或若い, 所謂そここ, 手ぬかりで御座いました, 手紙を, 按摩さんの, 提灯行列ほどの, 支那第, 政府でも, 救は, 数日前の, 文学の, 文禄元年, 新聞殼, 既に, 日清戰爭後の, 早速船内, 明らかに, 明治にな, 明治三十年の, 明治十四五年の, 昔四川, 昨夜店を, 昭和三年の, 昭和六年の, 昭和十六年の, 時計を, 晶子さんが, 曉方だ, 曰ふ, 更に近い, 最も吾, 最初のが, 最近で, 有頂天時代の, 木村だつた, 未だ國會議員, 本当だ, 本義, 杉田だつた, 束の間で, 東町奉行跡部が, 林檎だ, 果して英語, 栗の, 梢に, 検定試験を, 極めて最近, 横井源太郎でした, 橘の, 欧洲大戦の, 正に是, 正月二十四日で, 此不思議なる, 此信仰の, 此娘で, 此年丁巳で, 此時ばかり, 此種の, 此邊に, 死に際の, 殆ど豐後のみ, 母の, 毛が, 氣の, 水道の, 江戸や, 池の, 決して平家, 河内の, 油断だ, 洋服を, 浪人乍ら歴と, 海濱の, 深川高橋の, 渡辺糸の, 源助町の, 滿更夢では, 火事だ, 無え, 無論ずつと, 煙草入に, 爭ひ, 爺さんです, 牧場へ, 狐光老だつた, 王立醸造場の, 現今國際連盟の, 環境が, 生きて, 田楽に, 男物の, 番毎に, 異香, 疑ひも, 白象の, 皆同室の, 益す驚くべきもの, 相手を, 相當前, 眞物の, 真理の, 瞬間其姿が, 矢張柳田君で, 知つて居なさる, 知性の, 確かだ, 確か十歳頃だ, 祝福すべき, 神奈川縣の, 秀吉で, 私達の, 空想だつた, 立川景子さんです, 笹野の, 米の, 純吉, 紫琴女の, 結婚後の, 総て此間の, 總領の, 翁が, 翌日の, 老いたまき, 考へて, 背は, 臍繰, 自分でも, 自分自身が, 自業自得で, 舅の, 良平の, 若いレエモン・ラジゲ, 若い女, 若旦那の, 荒れ果てた門, 葬法の, 藤原の, 蟒が, 表面から, 西暦十三世紀の, 見る影, 親分の, 詩人室生犀星の, 誰か, 誰です, 誰れだらう, 諸子略の, 谷中三崎町の, 貴女の, 賀茂眞淵であります, 趙汝, 躄です, 近世まで, 近年ないこつ, 近頃にな, 返す返すも, 週刊の, 運惡く, 遥かに, 遲か, 鄭樵の, 重役の, 金色の, 鋏か, 錢形平次が, 鎌倉の, 長い民間傳, 間に, 間違つてゐなかつた, 間違ひで右手も, 陰陽家の, 隣りの, 雲一つ無い, 青山の, 面白くありません, 頸の, 食べて, 餘程著し, 驚くぢ, 鮮かに, 鹽水では, 鼠色の

▼ つたの~ (757, 9.3%)

143 はない 98 あらう 88 せう 37 はなから 32 はあるまい, はなく 18 あつた 16 はありません 14 はなかつた 11 あらうと, もない 10 あらうか, は無い 6 せうか, もあつ 5 は無く, もなく 4 せうが, ね, はある, もあらう 3 あらうが, しよう, はございません, はないだらう

2 [14件] あらうから, あらうし, あらう私, せういきなり, せう平次, は, はあらう, はありませぬ, はどうも, はなくし, はなし, は云, は御座いません, は無論

1 [159件] あらうさ, あらうた, あらうとして, あらうとにかく, あらうなど, あらうも, あらうヂグス, あらう三十分ぐらゐの間, あらう人, あらう其清, あらう彼, あらう愈, あらう意地悪, あらう意地惡, あらう本, あらう然, あらう直ぐ, あらう自分, うそを, おつぎ, おれも, お婆さんを, お辻さん, かう凉, この歌, これは, ござります, さへ, すくふ, せうあなた, せうこの間私, せうね, せうツイ敷居, それで積, どの位, はあつ, はあの, はありますまい, はありませう, はありませぬで, はいけない, はこの, はこれ, はさ, はその, はどう, はどうしても, はまだ, は今, は何, は其處, は勝てる, は厄介, は嘘, は子供, は少々, は廻り, は斷, は更々, は有るまい, は決して, は無, は無から, は無し, は物事, は自分, は親類方, は調子, は足りなかつた, は通じない, は邪魔, は鈍い, また暫らく逢, みんな拾つてしまつたら, もある, もございませう, もないだらう, もなから, もなけれ, もよく, もわかる如く, も判る, よく覚え, タクシイでは, ネ, 一つ話に, 一寸見には, 三軒の, 久しぶり, 仕事は, 何事も, 先生に, 先生にも, 入社當時感激に, 兩方の, 其準備の, 可笑しかつ, 向ふ, 吻つ, 呼留め, 問合す, 喜んだの, 大きい部屋, 大よろこびです, 大義名分が, 夫が, 女同士の, 好いあんばい, 少し早, 左の, 左手に, 強くな, 後ま, 後を, 御簾の, 御維新, 愕いた, 戦争を, 新聞も, 書記室で, 本と, 楽屋から, 樽野は, 此某君などは, 死んだふり, 殿様に, 気に, 海原を, 滝と, 爲事は, 球江は, 瑞西の, 町役人に, 異つた路, 目的地へ, 眼を, 知られて, 稻刈にも, 穴は, 老文豪コルネエユ, 自分も, 良くなかつた, 落ちつき拂つて, 蓼の, 行きたいとは, 見に, 見るから, 覗いて, 遽て, 郵便局へは, 都会と, 酷く空腹, 長く待たせ, 隅が, 雅さんの, 頭は, 顔を, 驚いた事, 黒猫みたいな

▼ つたの~ (725, 9.0%)

4 今では, 今度は, 後には, 此塚よ, 私の, 間違ひ

3 [11件] あつた, あつて, あとから, あります, ある, その時, 今は, 多かつ, 後に, 業腹だ, 運の

2 [31件] あると, うれしい, その翌日, ひどくお, 人形の, 八人あつ, 出來, 分つた, 加太の, 古い形, 多いの, 大縮尻, 彼これ夜の, 思はず知らず膝, 惡かつ, 本當, 案外な, 此方の, 此頃では, 漸, 無理に, 目に, 福造の, 私には, 私は, 縁で, 聞えた, 襖越しに, 間違で, 雛祭りの, 非常な

1 [606件 抜粋] あつたら, あのを, あの妾, あの確か, あの鳥, ありますが, ありますね, ありや, あるくにつれて, あるだけ, あるだらう, あるなら夫, ある位, ある筈, あれ, あれが, あんまり執拗, いけなかつたんで, いつの, いつの間にか最初, いぶり出した胸, いや急, うれしくて, おこつたあげく, お吉, お妻さ, かねと, かの前出師表, かみさんを, きりきりと, けしこ, こちらでは, ことの, このお, このごろにな, この一篇, この作品, この先生, この店, この歌, この詩集, こんど未亡人に, ございましたらと, しまひ, すぐ売れ, そのあと, そのひとつ, そのままに, その二つ, その内, その微か, その本屋, そも, そもそも今度, それが, それより, そんなに不思議, そんなに惡, そんな事, たまたま運, だん, ちよつと, ちる, つぎぶみ, どいつだか, どうかと, どうした, どうも變, どのいた, ないか, ないさ, ないのに, なにかの, なんにも言えなかつた, はじまりだ, ひこ, ひどく平次, ひどく心, ひめた, ふとした事, ふと釣臺, ほかでも, ほたかの, ほんの少し, ぽつ, また, また失敗, また竹, まるで噂, みんな学士に, めら, もう三年, もう叔母さん, もう四時, やつぱりからにすぎなかつた時の, ゆき子には, よくなかつた, わかつた, わからぬと, わけて珍, わざや, わるいという, ゐたさ, ゐる, アノ土器色の, キツカケで, シットリと, ナポレオン三世と, ヒエツキ節であります, ピイ, ピタリと, ボア・ド・ブウロニユだ, マッチの, 一つちやんと, 一つは, 一人, 一人は, 一人一人無, 一代の, 一先づおさまつてまた, 一向その, 一年ほど, 一時で, 一晩の, 一段と噂, 一種の, 一緒だ, 一般に, 七八人, 七年前で, 万葉集巻一に, 三人とも, 三日目にな, 三月二十四日け, 三浦観樹老だつた, 不思議でならねえ, 不思議な, 不残, 不氣味, 不満で, 世話もので, 丹波道主, 主人公を, 久しく大小幾つ, 乾性に, 二ツ三ツの, 二三片更に, 二十六巻と, 二対ある, 二百近くあります, 五時過ぎ, 五軒ばかし, 交つてる, 亥刻, 今で, 今でも, 今に, 今の, 今一度秋冬の, 他人の, 代助, 伊東伴作の, 何うし, 何とか言, 何よりお, 何よりだ, 何よりも, 何時か, 余程可笑しく, 俄かに, 俄に, 俺の, 偶, 僅か一晩, 僕だ, 僕の, 元の, 充分で, 先生の, 全く不, 兩方の, 公家にも, 其の動機, 其を, 其処此処の, 其場にな, 其字が, 其頂を, 処せまく, 出ないでも, 函嶺の, 分かつた, 分家だ, 分裂し, 初まり, 初めてで, 到頭十日, 前に, 前面の, 劇としては, 動機だつた, 十一時少々, 十一時頃だつた, 十五歳覊旅に, 十時頃でした, 半助, 卒業間際に, 卒然として, 南へ, 即ち是, 却て, 原因だ, 原因で, 原因である, 原因ゆゑ半襟火事とは, 原形だ, 厭だつた, 去年の, 又からか, 友禅の, 口惜しかつ, 史籍に, 同じ六月, 同じ家, 同月十九日の, 名前が, 呪詛の, 味噌汁である, 命を, 唐銅の, 唯一度の, 善くない, 喜多村緑郎丈だつた, 器用に, 四枚しか, 因縁で, 固有名詞化した, 塩を, 変つてからでも, 多い, 多いから, 多いもの, 多く舊來之, 夜半過ぎトロトロ, 夢で, 大人弥五郎である, 大体新劇俳優としての, 大正四年頃で, 天井裏に, 天城更子と, 太つたおばあさん, 太の, 夫が, 失敗さ, 奇怪にも, 始まりさ, 始まりだ, 始まりだつた, 始めて, 始めである, 始りで, 娘が, 嬉しいと, 嬉しいの, 嬉しかつ, 子供が, 孔明氏で, 実は肉親, 実感だ, 寅さんで, 寛政二年十六歳で, 寝ながら, 寫眞の, 封題誤であります, 小石川から, 少しばかり, 少し變, 居りますね, 居るな, 山の神で, 巣箱の, 市内衛生会委員教育談話会幹事生命保険会社, 帝国劇場時代の, 師匠の, 帰りには, 帰り路では, 平次には, 年を, 幸いに, 幸ぢや, 幸福と, 底の, 廊下の, 延享元年, 弦月丸の, 彼女にも, 後その, 後にな, 後になつ, 後の, 後悔された, 忘れられないから, 怎した破, 思ひがけ, 怪しいと, 悉く写る, 悩乱した, 悪い辻占, 惡いと, 惡いんです, 惡か, 意外に, 意外にも, 愚の, 懷しか, 我ながら, 我儘な, 或夜神農樣, 手に, 手落ちと, 手蔓にな, 抑, 抑で, 拙者の, 指井の, 据置い, 掻下される, 掻込む, 数へて, 数年に, 數へて, 文語に, 斯うし, 日本の, 日本上古の, 旨かつ, 明治にな, 明治十年だ, 昨年の, 昭和の, 昭和八年九月一日である, 普通だ, 更に不思議, 最初だ, 最初で, 最初である, 最初次は, 最後に, 有つて, 有りましたから, 有りましたら子供, 有りますな, 有難い樣, 未だに此処, 未だ乾ききれず, 本数が, 杉本師であります, 松茸の, 案に, 極めて穩, 極り惡く, 次第にモノローグ化, 次第に小石雑, 次第に意義, 次第に敬意, 次第に数, 次第に狭く, 次第に生長, 次第に複雑化, 次第に高く, 此が, 此人, 此人で, 此人である, 此図を, 此時漸く, 此本で, 此歌である, 此歌製作時の, 此淡島神で, 此踊りの, 残念だ, 殘念で, 段々いい, 段々と, 段々其自身, 段々分化, 段々成長, 段々普通, 気に, 気恥しかつ, 永の, 江の島に, 江戸で, 江戸歌舞妓である, 決して杞憂, 油斷でした, 淺田屋の, 清暑, 漸く歸京, 漸次凝固, 澤山ある, 濟ま, 濫觴で, 無かつ, 無数に, 燃え盡, 猫にな, 猫柳の, 珍らしい, 現村長儘田氏, 生きた鳥, 生れて, 田舎に, 當時の, 疑はせない手, 白へ, 白鳥の, 目立つこと, 目録學を, 相島には, 眺められる, 眼が, 祇園会である, 神原喜作で, 私一生の, 移轉する, 第一, 第一義らしい, 筋を, 筒袖の, 簡である, 素人量見, 紫田彈右衞門が, 紹介役の, 終に自動車, 終列車で, 継母は, 締切りの, 縁と, 繋辭の, 羊の, 義雄には, 翼を, 聞えたから, 聞き慣れない言葉, 自分ながら, 自然女にまで, 自身の, 致命傷に, 致命傷らしく, 芝居の, 若い中學出, 若旦那の, 苦り切つたる顔, 落著き, 藥の, 行平どの, 術さ, 複雜に, 見える, 見える筈, 見つかると, 見る度, 見付けて, 見知り人が, 親分の, 記紀の, 訳も, 誤でさすが, 諸子の, 譯も, 變化し, 足に, 路傍の, 近廻りへ, 近江の, 通り過ぎた位, 進んで, 遂, 遂に一つ, 遊女にな, 過失で, 酒屋者で, 鎧甲を, 間が, 間違ひだつたかも, 間違ひだつたのさ本物の, 間違ひです, 際立つて, 隨分あります, 離れて, 露見の, 面白いな, 韓方明一人である, 類焼後仮り屋らしい, 飛鳥朝の, 餘程癪に, 馴染に, 高等学校へ

▼ つたの~ (694, 8.6%)

24 見て 20 見ると 15 覚えて 14 私は 9 幸ひ 8 知つた 7 思ひ出して, 私が 6 感じた, 見た 5 私の, 見たこと, 覺えて 4 機会に, 見た者

3 [11件] おぼえて, それを, 危く喰ひとめた, 彼は, 後に, 持つて, 聞いた, 見たから, 見た人, 見た時, 見ては

2 [35件] あなただ, あなたは, おぼえた, すず子は, そのま, ぼんやりし, ぽんと, 不図, 主筆が, 今でもは, 偶然にも, 反對, 喜んで, 平次は, 彼に, 忘れて, 忘れない, 憶えて, 指さして, 擧げて, 残念が, 氣が, 父信之が, 眺めながら, 知つてゐる, 知ると, 繼母が, 義雄は, 聞いた事, 舐つた限, 見すまして, 見ても, 見る時, 見定めてから, 記憶し

1 [452件] あてて, あの方, い, いまさらの, うちの, うるささうにかき上げ, おぼえるから, おぼえるらしい, おぼえる代り, おもしろく思ひ, お前に, お前は, お前知らずに, お品, お孃さん, お持ち下さい, お濱, お町, お聞き, お菊, お言, お詫, お酌, かこつばかり, かの女, かの女自身, きいたろう, きくと, こつきり, この時刻, こらへて, さう, しほに, すつかり, そしてその, そつと, そのままいい, その翌, それでも有難, それと, たしかに見た, たしか耳, たつたこ, ちつとも, とつて, はじめとして, ひどく後悔, ひよつくり思ひ出した, ふしぎの, ぼんやり感じ, またわざ, まねたから, まねて, みんな知つてゐ, やや酩酊, よく御存じ, よく知つて, よく覚え, よこして, よろこぶぐらゐなものである, わざとまじめ, ガラツ八は, ガラツ八も, チョット改造, テグネールの, プラトンは, 一つ比翼指輪の, 一口吸ひ込んだ, 一夜偶, 一度天, 一度私ども, 一本お前さんに, 一本私が, 一目見る, 一莖拔き取つ, 丁度その, 三河屋が, 不平に, 不思議と, 且つ視, 中門と, 主務省の, 乙若, 二つ三つ首に, 二つ取, 二人で, 二人は, 二人も, 五六年も, 五年も, 交ぜて, 今まで, 今も, 今より, 今年中の, 仕合せに, 他に, 伯母さんは, 何かの, 何処かへ, 何故彼, 使つたと, 使はれ, 侯にと, 借りたので, 偶然其方角に, 傍から, 僕は, 入口の, 出さずには, 出して, 出すの, 出来るだけ, 割かれ間, 卓の, 南北史の, 却つて喜ん, 取り柄にでも, 取出して, 取込みあわよくば, 口に, 口實に, 可なり, 可哀想に, 各地に, 呉れました, 呉葉は, 呑ませた奴, 呼ばうと, 和泉屋の, 哄と, 喜んだ, 喜んででも, 喰べ, 嗅ぎ付けられて, 嘲笑つてつい, 国技館の, 土の, 土産に, 圧へ, 地上に, 堅に, 堪らなく恥かしく思, 声の, 売らうと, 変に, 夏外套の, 夜の, 大きい謎, 大勢で, 天子から, 夫の, 夫婦が, 夫婦共稼ぎし, 奧さんが, 女の, 好んだ, 妙に, 妬まし気, 始中, 娘たちは, 嫉い, 嬢様は, 孔融が, 學者が, 安里に, 実感その, 家人に, 容易に, 宿の, 宿へ, 寄越した, 寧ろ快, 小耳に, 少し後悔, 屆けられた, 山の, 山彦か, 峠に, 左門は, 幸いしばらく旅行, 庭石の, 廃せられた, 弔問される, 引きとめた, 引くと, 引越の, 彼等は, 待ち構えて, 後にな, 後の, 後悔した, 後悔でも, 後諸, 御存じです, 御存知です, 微笑むかの, 心配し, 忘られ無い, 忘れたか, 忘れては, 忘れてや, 忘れなかつた, 忘れも, 忘れられない, 思ひだしたが, 思ひだしました, 思ひますと, 思ひ出しそこ, 思ひ出した, 思ひ出したり, 思ひ出し慄然, 思ひ出す, 思ひ出すと, 思ひ起し, 思ふと, 思へば, 急に, 怨んで, 恥しが, 恭しく持つ, 悔いた調子, 悔いて, 悔ひ, 悲む, 意識した, 感じたほど, 感じて, 感じられるの, 感じる, 感じ出した, 感じ勝手, 感じ耳, 感ずる, 慌て, 慶長八年に, 憤り切つて, 戀ひ, 我が遣, 我流で, 手前覺えて, 手当次第に, 手渡すこと, 承は, 抑へ, 折節眼を, 押し開いて, 押へて, 拔き取り, 拝見し, 拾つた者が, 持ち出した, 捨てる訳, 捨て兼ねて, 掘井戸, 採桑, 探りながら, 提供する, 改めて見廻した, 改心し, 故人の, 救ふために, 文學士の, 文錢で, 明末清初に, 更に立入つて, 更に脚, 更に詞章精霊, 最初として, 月が, 本集に, 村右衞門が, 東洋と, 果報に, 桂子が, 棄て, 樟の, 横つ, 機會に, 權右衞門驚い, 次第に忘れ, 歎く, 此の, 死ねなかつたン, 母に, 気づかぬ風, 氣の, 江戸を, 江戸時代にな, 汽車で, 津守坂へ, 深くも, 深く感謝, 淺ましい, 渠が, 渡邊君が, 満谷氏, 源吉は, 溶かすに, 滝本が, 漸く搜, 潮に, 炭俵の, 無勘定, 無理に, 父は, 版とも, 物事に, 物好きに, 犬でも, 猪之, 獨逸皇帝が, 珍しが, 珍らし, 生命の, 田島屋が, 界に, 番頭が, 癪に, 発見した, 發見される, 發見する, 皆んなで, 皆んな竹の, 盜まれた, 盜んで, 直ぐに, 看護する, 眞に, 眺めて, 眺めると, 眼ば, 知つたなら, 知つてるだらう, 知つてゐ, 知つてゐた, 知つてイワンデミトリチや, 知つて会ひ, 知らずに, 知らせなかつたら僕, 知らないやう, 知らない筈, 知らん顏, 石山は, 確かに, 祝つてゐる, 禦いだもの, 私も, 秋成が, 竪に, 第一, 紛す, 素敵な, 結び直すついで, 綺麗な, 繩拔けを, 繰り上げて, 翌る, 習慣的に, 考へ, 聞いたので, 聞いた時文太郎, 聞いて, 聞き如何にも, 聞き霊枢年忌, 聞くところ, 聲の, 聽い, 肌身に, 肛門に, 背負籠に, 腕に, 自ら悔い且つ, 自分でも, 苦に, 衷心悦ん, 見かねたやう, 見たが, 見たと, 見たといふ, 見たばん, 見たまま, 見たもの, 見たら佐藤, 見た上, 見た事, 見た頃, 見つ, 見つけた, 見つけました, 見てと, 見と, 見ないか, 見ながら, 見るには, 見るの, 見出すの, 見屆, 見屆けた人, 見届け確か, 見染めて, 見極めて, 見極めると, 見殺しに, 見澄まして, 見計らうよう, 見送つて, 見逃しては, 視ると, 親分さんに, 解くの, 訴へる, 詩賦だけ, 誇りとして, 認めた, 認めたの, 読んだ事, 誰かが, 謙一は, 證文に, 讀んだ事, 讀んで, 豪族の, 財布ごと死骸から, 買つてもらつ, 買ひました, 賀するの, 転じて, 輕く, 追かけ, 追ツ, 透してるそれ, 途中で, 遂に開いた, 運命の, 遠縁の, 里びとがそこに葬つたという, 長崎屋の, 間違か, 除けば, 雪太郎が, 面白さうに言, 順次に, 頭に, 風呂敷ごと引奪る, 食べるお茶, 養子と, 駿河臺上屋敷の, 験ある, 鬼の, 魚商は, 默つては

▼ つたの~ (632, 7.8%)

2923 と云 2117 といふ 16 から 1511 と思ふ 10 と言 96 がそれ, と思つて 5 え, が今, が彼, が生憎, が私 4 があの, が何, が彼女, と, と云つて, わ 3 から私, がお前, がその, が反省, と思ひます, なう, など, もの

2 [20件] からあの, からその, から展, が人, が前, が女, が此, けれど, けれど埼子, しそれ, ぞ, つたが, といつた, と思, と推測, と考へた, なす, なツ, 喧嘩の, 相です

1 [356件] あれは, あン, おれは, お桐, かどう, からあれ, からお寺, からお母さん, からからだ, からこれ, からこれくら, からとうち明け, からどうも, からな, からなるべく, からなんとか, からまあまんざら, からまア, からもう, からよく, からよさ, からよもや, からヒマ, から一応, から一言, から三学期, から二人, から今, から何と, から何とか, から何処, から例へば, から先生, から功臣, から可, から好, から姙娠, から実は, から山, から彼, から待つ, から急, から悲嘆, から戦争, から戦勝後, から断然, から早く, から木俣さん, から欲しい, から此, から生きたい, から男, から皆巫女, から若, から許し, から足下, から迷庵, から速く, から適, から非常, から風, から餘, から駄目, から鯒, かわたくし, かんさんは, か嫂, か思ひ出せない, があれ, がいま, がお, がおそらく, がおれ, がかうし, ががらん, がこつち, がこの, がこれ, がこんど, がそこ, がだ, がでも, がとても直ぐ, がと画商, がどいつも, がどうも, がね, がはじめて, がまあ, がまつたく, がまアまア, がみなそれ, がもう, がやがて, がよく, がメルトン, が一度, が三日, が三時間前, が上級生たち, が不用, が両, が中澤さん情調, が予期, が二十町, が二日目, が五年後, が今に, が今度, が今度訃報, が今誰, が仔細, が作, が作家, が併, が先生, が其の, が内々, が同じ, が君, が夜, が失敗, が奥の院, が妾, が定紋, が客, が富岡, が寒い, が小谷, が左, が強羅, が当座, が待つ, が恐らく, が惜しい, が或, が文章, が時季, が智恵子, が智惠子, が更に, が書い, が杜主, が果して, が桃割れ, が模糊, が次兄, が歌, が此夏美奈子, が此議, が歸, が母, が気づい, が水, が泥, が然し, が父, が爺さん, が珍, が白けた, が相場師, が相手, が祝詞, が稍, が縄, が老, が聞け, が腰, が萬事, が藤枝, が蜜蜂, が訪ね合うた, が試驗準備中, が誰か心當, が讀ん, が貧し, が赤, が身体, が車上, が軽く, が酒, が鈍重, が静子, が靜子, が風呂敷包み, が高遠, くらゐ, けどひとり, けれどあまり, けれどあんまり, けれどかもじ, けれどこれ, けれどその, けれどそれでも, けれどもこれ, けれどもとつさ, けれどもアメリカ人, けれどもホテル, けれども実は, けれども戦場, けれどシヤツ, けれど今朝, けれど渡る, けれど相手, けれど觀音樣, けれど院長さん, さうだ, さうだつ, さつ, し母, し泳ぎ, し鉛活字, すぐなほる, ぜ, そこには, そして小胆, その二, その晩, その頃, それは, それを, つけな, つたあ, つたといふ, つたなら, つたのに, つて, つてか, つてと, て, で幾らか, とある, という, ということ, という問わず語り, といつ, といはざる, といひ, といふ噂, といふ恐らく今さら, といふ感動, といふ自負心, といふ話, といふ説, といふ酒, といふ風, とうかうか, とか云つて, とか少し, とか此間, ところが君, とさ, とさう, としか思はれなかつた, とした, とする, とのこと, とは受け取れない, とは思はれませんでした, とは思はれる, とは思は無い, とは思ひ込む, とは此頃, とばかり思, とぼく, ともいふ, とも思はれない, とも言う, とゆき子, とよ豪い, と丸田, と云はん, と云ふから下手, と人々, と伝へられ, と伺つて, と信じない, と信じる, と偶, と判, と右, と富岡, と尚も, と店, と弁解, と彼, と思つたの, と思つて孝行, と思ひました, と急, と悔ん, と教, と是, と気づいた, と気づき, と流石, と知れた, と私, と答えた, と考へ, と考へる, と聞かされ, と自分自身, と見える, と見られる, と親子, と解釈, と言える, と言つて, と言ひつくら, と詐り, と説かれた, と説明, と謂, と野村, と鶴石, なと, なと分つた, なと嬉しい, なと思, なと思ひあたる, なと思ひ当りました, なと気づいた, のう, ものと, もの何処までも, よあの, よく見, よだから, よわかる, よ喜八郎, よ昔, よ最初, 二つ聞いた, 今夜も, 僕の, 女なら, 尤も山, 山頭火は, 己が, 平次殿, 広い大地, 弟は, 桔梗色の, 梅雨季も, 火鉢に, 瑠璃子は, 相だ, 眼の, 私は, 等の, 経済的でなく, 罪悪が, 自分は, 若い時, 草鞋が

▼ つたの~ (500, 6.2%)

38 無理は 30 無理の 4 その頃, 其頃である, 道理である 3 あります, ある, さう, そのせゐ, 一つは, 亦此年, 偶然では, 此の, 無理で, 知らずに

2 [26件] あつた, あつて, あれば, この時, この砧村, これも, さうし, その茶入, 事実である, 何かの, 即ち其の, 同前でございまする, 多い, 夢だ, 嬉しかつ, 尊く思はれた, 少くは, 尤もだ, 必しも, 最初の, 束の間で, 此為である, 気づかずに, 氣が, 當然で, 知らぬ風

1 [338件] あつて房, あとでの, あの友人, あの娘, あまり強く, あらうまた, ありある, ありましたし, あり元, あり六助, あり其, あり天地紅, あり徒歩の, あるさ, あるだらう, あると, あると共に, ある荷物, いづれも, いまは, お, お世辭, お供の, お皆, お皆さん, お竹, お糸, お豊, かうした信仰, かうして, かくべつの, きつと, このいま, このため, この一羽, この勤皇思想, この宵, この期間, この若殿様, この若殿樣, これからである, これより, これを, こんな時候, さうで, さう古い, そこらからの, そのおかげ, そのころ, そのため, その一例, その二校, その夜, その好い, その時, その時分, その時計, その為, その術, それから, それから後, それだ, それは, それはも, それも, そんなに舊, そんなに遲, そんな關係, だと, つまり, どうせ同じ, どうやらその, どうやら九年目ぐらゐ, またお, まんざら形容, みなお雪さんの, みなここに, みなこれ渇ける, みんなそんな, みんな劇場の, みんな苦し紛れの, みんな覺えて, もう大分前, もともとその, やはりこいつ, やはりその, やはり僕, やはり其, やはり常世の国, よくなかつた, よく分かる, わけが, ゐたが, ゐる, ニーチエである, ファーブルの, 一つ覚え, 一応は, 一日一パイ店に, 丁度その, 上總屋の, 不思議で, 不思議です, 不思議は, 中頃で, 主として自分自身, 主人が, 主人を, 久しいこと, 久し振じ, 乳呑兒を, 事実に, 二人な, 二階の, 交つた, 交つて透き通る, 亦一奇, 京都から, 今が, 今に, 今になつ, 今は, 仕方が, 伊太利の, 佐野次郎左衛門を, 何か, 何んかの, 何故だ, 保勝会の, 俺の, 傭人に, 僅かの, 僅かばかりの, 先天性が, 全くの, 全く社会, 八百屋お七を, 公爵邸へ, 其の頃, 其奴が, 其後の, 其森だ, 其為である, 兼松です, 刀で, 初めは, 初江の, 判る, 剃刀だらう, 加野に, 半は, 半ばその, 半ば曲學の, 単におとな, 即ち福, 却つて反, 原田甲斐を, 又次男, 又酒器, 古いこと, 古い事, 可なり, 可愛さ, 同じく山口氏, 同じ容態, 同様である, 味方の, 嘘では, 固定した, 国定忠次を, 壬生氏選定の, 大抵は, 大方嘘, 大概あの, 奇と, 奈良以前から, 好い機嫌, 妙な, 妲妃の, 娘の, 嫁の, 孫六の, 孫右衞門旦那で, 実にその, 実はこの, 実は其結果, 実は当時, 実は忘れられない, 家の, 實は, 小児の, 小林の, 小説から, 尤もさ, 常世の国である, 幼時から, 幾度で, 廊下で, 当り前である, 当然な, 形容の, 彼の, 彼様いふ病気に, 御双方, 御存じなかつた, 御尤, 徳三郎の, 思ふに, 思へば, 怪しむには, 恐らくかう, 恐らくはかう, 想へば, 愉快だつた, 憶えて, 或は無理, 房一の, 所由の, 故の, 教授の, 敵手が, 日清戰役が, 日露戰爭が, 明治三十九年以後の, 昨夜だつた, 昨日の, 時勢である, 有る, 東京を, 果敢ない少年, 止むを, 正にこの, 此による, 此年文化十三年十一月二十九日である, 此所で, 此春である, 此時ばかり, 此等公羊學派の, 此難渋に, 此頃である, 殆どその, 殆ど同じ, 残念である, 母の, 気づかないで, 水神の, 決して不思議, 決して偶然, 決して弟, 決して無理, 海の, 消えて, 深い理由, 滄桑の, 無理が, 無理も, 熟慮の, 營養を, 父の, 珍らし, 理と, 理由が, 理由の, 甚だ不自然, 生前此花を, 當然でした, 當然と, 瘠せたの, 皆な, 皆んなこの, 皆んな熊井熊五郎とかいふ, 皆千八百年代である, 盗賊に, 目に, 相応わ, 着る積り, 矢張り両国橋の, 矢張斯る, 矢張自分が, 知つ, 知つてゐる, 知らず彼, 知らないで, 知らない樣子, 知らなかつた, 祐天上人を, 私が, 私であれ, 私に, 私の, 積悪の, 第二, 精神の, 紙一重の, 細工が, 總て, 義雄の, 考へが, 考へられること, 考へれば, 肥つたのも, 腐れどちら, 腐れ鑛毒, 腰掛けたの, 自分たちに, 自由党以来の, 興味深く思はれる, 芝居の, 若旦那です, 蓮如が, 血の, 要するにい, 見て, 見棄てず一方, 訣る, 諸子の, 謂はれ, 謂れの, 變だ, 變ぢや, 變です, 谷が, 軍艦が, 道理で, 道理祖父は, 道理顏といふ, 里親しき, 金次の, 長者の, 電灯を, 面白い, 面白くない, 革足袋を, 風呂場から, 餘り, 首の, 髪結新, 鴨川の

▼ つたの~ (305, 3.8%)

4 其次の 3 え, 知ら, 私は

2 [17件] そのへん, その時, それとも怒, それを, わからなかつたが, ヒラリと, 一寸僕, 兎に, 墨が, 寄るといふ, 彼は, 明瞭とは, 眠らぬの, 耳の, 自分でも, 見えなくなつ, 解らなかつたが

1 [258件] あ, あたくし, あたりが, あまり冷, あんまり小, いや人, うまい, おぼえが, おぼろ氣に, お前に, お前様の, お加奈, お手紙, お爺さんは, お駒, かういふ力, かの女, くたばりぞ, こ, こちと, さあいま一度笑つて, さうし, さまざまな, さらにうれしい, さり氣, しきりに媚態, しれないが, すこし訝しい, すまないな, そいつは, そこでしんみり, そこの, そのいはれ, そのひと, その反感, その姿, その後は, その辺, それが, それさへ, それともお前, それとも他, それとも伊三郎, それとも例へば奧さん, それとも新, それとも池畔, それとも照尺, それとも耳鳴り, それとも自分, それとも誰, それとも遠い, それとも重傷, それとも鎌倉, それには, た, ただしは, ちつとも, ぢいさん, とにかく奇怪, とにかく彼女, ともするとそろりそろり, どうか, どうかは, どうかを, どうやら印象派, どこで, どちらで, どんな所, なくな, なぞは, なんとも云, なんらの, なア, はればれした, ひそかに, ふとわからなくなる, ぼんやりし, または, または彼, また徐々所天, まだかすか, まだ兵庫, まもなく岡山県, まるで落日, まるで記憶, もう忘れ, よくわからない, よくわかりません, わからず今, わからない, わからないが, わからなかつたけれど, わからなくなつ, ジジ, タイプライターに, ツイかう, テレ隱し, ニヤニヤ笑, ネクタイを, 一向分らない, 一寸見當が, 三台仕立て, 三輪の, 三郎さんの, 丸で, 丸切り判らない, 乃至は, 久保は, 事の, 二三本葉巻を, 二階の, 伝来の, 但し本, 何う, 何うし, 何かを, 何に, 何れも, 何年間僕が, 何故惡, 何處からとも, 假名くらゐ, 偉いな, 僕には, 元来た, 全く記憶, 全然意識, 兩親は, 八, 六錢に, 其を, 其姿は, 其處は, 出なかつた, 分らない, 分らないが, 分らないくら, 分らなかつた, 分らぬ, 分らぬの, 分らんやう, 判らないの, 判らぬが, 判然り, 半身を, 厳しく云, 又た, 同時に快活, 嘘を, 四度僕の, 四辺が, 四錢に, 国民は, 國を, 多くの, 大きい声, 大丈夫鍋ごとか, 姿が, 姿を, 宮崎の, 家へ, 富岡の, 寧ろ頑是, 小僧の, 小動ぎもせぬ, 幾等入る, 彼にも, 彼女は, 忘れたが, 忘れて, 怒つたの, 思ひ出せなかつた, 急に, 或は遊び仲間, 或は遠山, 戻つて來, 手提げを, 手數のか, 手踊りの, 支那人は, 文吾は, 斯う, 明らかでない, 本気で, 村にはずつと, 楢雄を, 正面きつ, 此時ふと, 殆ん, 毎日呆ん, 決して手紙, 波の, 泥棒を, 溷濁した, 無論わからなかつた, 然う, 物音が, 珊五郎言ひ, 現つだ, 現で, 生真面目な, 畜生ツ, 疑問である, 病気が, 白つ, 直らないの, 相變ら, 眞面目な, 眼を, 知らずに, 知らと, 知らないが, 知り度い, 知れない, 知れません, 確と, 神経衰弱なんて, 私などに, 私には, 私にも, 答ふる, 簡単に, 精確には, 縁側に, 翡翠色の, 聞きも, 胸が, 腕を, 自分ながら, 自分も, 自分達にも, 芥川は, 茶色の, 行方が, 見當, 覚えて, 解らないが, 解らない不思議, 解らなかつたの, 訳が, 話声も, 話頭を, 誰で, 謂は, 貰つたのか, 賑か, 送らなかつたか, 連続的に, 道理で, 長髮, 青年の, 非常に, 顏を, 養父は, 馬は, 馬鹿な, 駿三の, 黙りこんで

▼ つたのである~ (280, 3.5%)

12 がそれ 117 がこの, がその 6 が私 4 がこれ, が此, と云 3 からその, が母, と言

2 [16件] から彼, がそんな, がマルクス主義批評, が一体, が三日許, が人, が今度, が何故か, が同じ, が幸, が彼, が彼女, が後, が自分, ことを, といふ

1 [184件] ありがたし, いや魚, か, かどう, かどうも, から, からこれ, からしかとも覺, からそつ, からどうしても, からもう一度, からサア・オルコツク, から万一, から云, から今後, から今日, から他, から假令文太郎其他, から先生, から其愉快, から古い, から同じ, から家康, から應急的施爲, から本年, から此等當時, から生活的, から當時黒川, から眞宗, から神仙家, から私, から若しも, か一切不明, か其の, か或は, か確か, があと, がいつか其, がいま, がお, がかう, がかしり, がこ, がこれら, がしかし, がそこで, がその後左経記, がその後手紙, がそれでも, がそれはか, がそれら, がただ, がたまたま, がとにもかく, がどうしても, がどこ, がどんなに, がのち, がひとつ, がふと, がふら, がまた, がもと, がやがて, がよく, がクレマンソオ, が一寸, が三男二女, が云つて, が五十嵐, が何, が何故, が僕, が先月下旬俄, が其, が其の, が其短篇, が其間, が動詞全体, が動靜, が勘次, が只今, が同時に, が四条, が太子, が女, が市町村, が引受け, が彼女等, が後人, が忽ち, が思ひ, が思ひ設けぬ, が愚か, が戦場, が手頃, が技巧, が抑, が支那側自慢, が新旧, が昌造, が昨夜, が時々, が普通, が更に, が最初計画, が歌舞伎, が此文, が此文字, が源右衞門, が然し, が燈下, が猶, が白米, が相, が矢張, が祖母, が第, が精神勞作, が結局, が能楽, が花崗岩, が詩人, が話下手, が誤解, が軍治, が迷児, が遺恨, が鎌倉以後, が限られた, が雜誌名, が青年, が青年団, が類似, が飽くまでも, けれどこの, けれども此調和, けれど二十年後, さうだつ, し昌造十一歳, し私, そして今日, その結果, だから單純, で亞拉比亞人, で苦行さ, といふこと, といふ意見, ところが大観個展, とでも云, とのこと, との考, とは義雄, と斯, と書い, と村, と答, と解し, と記載, などとも云, まだし, 事も, 亞拉比亞語の, 四十日間の, 大師の, 奥村土牛が, 学校に, 察する, 實に, 尤も一例, 序に, 彼等の, 彼等も, 後背の, 思つたよりも, 手箱金盥傘など, 日本の, 本生經は, 歟, 現に大師, 私は, 身は, 近ごろこんな, 酔ひたい酒から

▼ つたの~ (256, 3.2%)

24 違ひない 7 氣が, 相違ない 5 ちが, 違ひなかつた 4 反して, 比べて 3 驚いた, 驚いて

2 [15件] これは, それに, 何も, 加へて, 對し, 惜しい事, 態, 比べると, 気がついた, 気がついて, 気づいた, 理由なく, 相違ございません, 私が, 違ひありません

1 [164件] あきたらず思召, あゝあゝみんな, あゝ彼, いつからと, いつの間にかほん, うと, おびえながら, お前も, お払, こんなつまらない, さうでは, すぎないと, すつかり, せよ何となく, その川蒸汽, その後に, とうと, どうしてかう, どうしても暇, どうしてよそ, なぜか, なると, はつと, ひきかへ, びつくりし, ふと気, まだ細工賃, みえるが, みんな七・八合も, もうお立ち, もう時, やはり自分, やり方が, ろくに返事, ガラツ八は, チヨボクレといふ, ネメジスは, ネーと, 一勢に, 一羽減つては, 三学期の, 下さらなかつたの, 不審を, 乘り, 事実は, 事實その, 云は, 今度は, 今度帰つて来た, 今日は, 似て, 何の, 俺が, 僕は, 兄は, 先生は, 其漁師は, 努めて, 包まれて, 又もとの, 反しさだ子, 反し正, 叔母は, 可笑しかつ, 呆れた母, 外ならない, 夜もう一度, 失望した, 妾が, 安くしない, 實に, 対立せしめ, 少し慌て, 山蔭に, 屹度休みも, 引きかへ, 彼に, 彼は, 後から, 後妻貰あ, 徴兵検査は, 心づいた, 忽ち私, 思ひ入, 感心し, 慣れた人々, 成程, 捨てちやつたの, 據る, 料理屋の, 斯う, 明らかである, 昨日別れた, 曇てた, 最う其, 未だ丑松, 柿葺きで, 案外な, 案外相手, 案外言葉, 業を, 極つて, 武一は, 比すれば, 気が, 気づいたから, 気づいて, 気づかずに, 気づきながら, 気づく, 気付いた, 気付いたの, 気附い, 氣付いた, 泣いては, 海防から, 淵へ, 港灣の, 無性な, 無理は, 獨りで, 相違御座いません, 私は, 秋にな, 等しかつ, 答へて, 紛れて, 義母や, 聽か, 自ら気づいた, 自分で, 自分の, 興味を, 芸者には, 苦しむだらうから, 親父の, 誰も, 變な, 豊吉は, 豐吉は, 貴方に, 身心不調で, 較べて, 較べれば, 送つた彼, 遂にそれ, 過ぎない, 過ぎないから, 過ぎないが, 過ぎなかつた, 過ぎなかつたでは, 違ありません, 違え無え, 違ひございません, 醤油を, 集まつたの, 雌鶏には, 雨にでもな, 風呂だけは, 馴れて, 駭いた, 驚いたこと, 驚くこと, 驚ろかされた

▼ つたのです~ (228, 2.8%)

30211294 もの 3 からとて提燈, わ, わね 2 からね, がこれ, がね, けれどもそれ, つて, の, ものどう

1 [129件] お願ひだ, かい教師, かと反問, かな, から, からお, からこれ, からこれ位, からその, からどの, からねえ, からほんとに, から一時, から三人, から三輪, から伜, から僕, から元, から女, から左右, から早速, から書く, から此処, から淋しい, から笹野新三郎, から老人, があなた, があれ, がいざ, がうつ, がお, がおとうさん, がこれ以上, がさ, がさすが, がさて, がそこで, がその, がそれ, がそれにしても, がそんな, がたいへん, がとう, がどうしても, がどうも, がねえ, がはからずも, がまるで, がもうそろそろ, が一つ, が一生懸命, が二日服用, が二晩め, が亡者, が今, が何, が何しろ, が何もかもじめじめ, が何故か, が傳六, が其時, が大, が大変切迫, が妻, が家, が幸, が後, が後世, が戰爭後, が春, が時計屋, が最初アメリカ合衆国政府, が最早, が果して, が然し, が用心棒, が私, が自分, が農民作家, が駈け出し, が黒い, けどだから, けどツイ, けれどお, けれどしかし実は, けれどた, けれどまア, けれどもたつた, けれども地方, けれども近頃, それで昌泰, たとへば, だから彼, ちようど病後だ, つてね, ところで二度目, と反問, と天丼, と言つて, な, ものこの, ものと, ものもう, もの私本当に, よ三日以内, よ御, アイヌ達よ, ヨ, 丁度今, 其と, 其頃は, 刮目し, 前名は, 因で, 小栗風葉は, 尤も本人, 彼等は, 或る, 此の, 殊に不幸, 砂山を, 私の, 紅茶を, 美智子艶子といふ, 藤野の, 親の, 詳しく仰し, 起床て, 風呂敷から

▼ つたのかも~ (171, 2.1%)

63 知れない 20 知れません 12 しれない, 知れぬ 7 知れないが 5 知れないと 3 わかりません, 知れなかつた, 知れませぬ, 知れませんね 2 しれないが, 知れないぞ, 知れないな, 知れないよ, 知れん

1 [30件] しれないと, しれません, しんねえだよ, わからないとも, わからなかつたならば, わからなくな, 俺は, 分りません, 分りませんでした, 気づかなかつた, 知らんと, 知れず若い, 知れないあの, 知れないさ, 知れないぜ, 知れないぞと, 知れないだよ, 知れないとも, 知れないなどとも, 知れないの, 知れない一体, 知れない大, 知れない彼奴, 知れない膝, 知れぬと, 知れませんがね, 知れませんけれど, 知れませんよ, 知れんてな, 計りが

▼ つたのだらう~ (108, 1.3%)

217 と思ふ 4 と思はれる 3 といふ, と思つて, ね 2 か何, と考へ, 位に

1 [61件] かそれとも, かと又, かと思つて, かと考へた, からな, か神父, か親分, がその, がそれにしても, が何, が余程, が僕, が歌, けれどお, そのま, その上, その黒い, だがまあ, つて思ふ, と, といつ, とは思ふ, と一度, と不思議, と云つて, と僕, と出し拔, と彼, と思, と思はれます, と思ひ, と想, と断定, と滝本, と私, と考へた, などと無礼, に百合, ね地面, よ, 仕方が, 何んとも, 何故太一郎, 先生は, 六角形の, 其時昔の, 切りに, 勇は, 四五日前から, 四十年前神経質な, 女の子に, 女房は, 張魯は, 彼は, 曲者は, 母の, 母は, 珍らしく, 直ぐ出る, 行へが, 銀の

▼ つたの~ (105, 1.3%)

4 同じこと 3 同じやう, 殆ん 2 入違, 同じだ

1 [91件] あの表, あまり変らない, さすが年上, そつくりな, その趣, それに, そんな勘定, どうすれ, なるべく百枚程度, ひとつには, ふすま, まつたく同じ, やかましくい, よく合, 一緒に, 云ふ, 今一つは, 來た, 其上睡眠不足などが, 其他の, 反対に, 反對, 古手拭, 叱言, 同じく騎隊, 同じに, 同じよう, 同じ不明, 同じ事, 同じ動き, 同じ時刻, 同じ村, 同じ程度, 同じ節, 同じ色, 同じ顔, 同日である, 同時にか, 同時にみのる, 同時に囘想, 同時に朝廷, 同様に, 同樣, 名詞に, 呶鳴りこまれ, 問題は, 夕が, 天皇親政の, 宜い, 少しも, 巻換へ, 幼な, 店の, 康梁の, 思ひくらべて, 慥かな, 掛け合つて, 新井宿の, 曲者の, 朝から, 正反対の, 此三枚が, 殆どすれ, 殆ど同じ, 水死の, 洗濯物と, 燻製らしい, 片手に, 生意氣, 異な, 疲れて, 痩せたの, 痩た, 知り合, 縁先の, 聞いたが, 脇差の, 自分の, 若旦那樣が, 落胤問題との, 葉巻の, 薄寒い日, 被らないの, 違つたと, 違つてひどく, 違つて若芽薑が, 違ひまつ, 難ずるの, 頭の, 頻りに批評, 香の

▼ つたのかと~ (98, 1.2%)

8 思ふと 4 云ふ 3 思つた 2 あとで, さへ, 思つて, 思つてゐた, 思ふ程, 日本を, 聞くと

1 [69件] いふて, いふと, いふに, おもつ, おれには, その時, たか子は, ふうつと, ほつと, もんは, アカデミイ・ゴンクウルへ, 二ツ三ツ年を, 二人は, 人から, 兼, 富岡も, 尋ねましたので, 小説家は, 彼は, 彼女は, 心配し, 思いながら, 思つたから, 思つたのさ, 思つたのです, 思つたら, 思つてわざ, 思つて慄然と, 思つて苦しみを, 思つて訊く, 思つて驚い, 思はざるを, 思ひながら, 思ひはじめて, 思ひました, 思ひましたが, 思ひましたよ, 思ひましたわ, 思ひ出した, 思ふ, 思ふて, 思ふとそ, 思ふ位, 急に, 想つた, 暗いもの, 村瀬は, 案じられも, 正視出来ない, 母は, 無量な, 獨りで, 申しますと, 石の, 私は, 義雄は, 考へて, 聞いた處, 背中に, 行方を, 言つてゐた, 言ふと, 訊ねられたが, 誤解した, 谷村さんは, 野村は, 隆吉は, 驚いた, 驚きの

▼ つたのには~ (46, 0.6%)

2 ちやんと, 理由が, 訣が, 違ひない, 間違ひございません, 驚いた

1 [34件] いろ, さうし, わけが, 一寸一兩の, 一驚を, 二つの, 侮蔑の, 俺は, 十分理由が, 取次ぎの, 困つた, 始めて出, 実際思ひ, 少からず, 少くとも, 愈驚かず, 感心した, 既に打ち合せ, 日華洋行の, 杏の, 父親の, 相違ない, 相違無い, 私は, 聯想の, 自分で, 返事も, 違ひあるまい, 都合の, 閉口しました, 驚かされましたが, 驚きました, 驚く, 驚ろきました

▼ つたのなら~ (38, 0.5%)

3 私は 2 ばその, ばそんな, ばまあ, 身代りに

1 [27件] おれと, きつと, さし上げます, その感情, それから出た, とうに何ん, なぜもつ, ばふり, ばまだしも, ば何年前, ば有難く, まだしもで, まだ何うに, まだ受難的, 五十兩だけといふ, 何頃行つて何頃帰つた, 僞物を, 出入りの, 半途に, 右から, 君等は, 夜までは, 紐位結ぶ, 自分の, 自分も, 誰だ, 踏臺が

▼ つたのであります~ (32, 0.4%)

5 がそれ 4 が併 2 が此

1 [21件] から元, から即ち, から土器, から実, から無論, が, がしかし, がその, がそのうち, がどうして, がもう, が今, が其間, が夫婦, が宗教, が将来, が最近, が汚れ, が韓方明, 其時分まで, 所が

▼ つたのでございます~ (30, 0.4%)

53 か, から, わ 2

1 [14件] からどうか, から右京兆さま, から嘘, から外戚, から御, が, があれ, がお, がとんでも, がやはり, が宗政さま, が尼御台さま, が鰐淵様, よ親分さん

▼ つたの~ (23, 0.3%)

2 お竹さん

1 [21件] あたし, あたしの, あのひと, この間, その時, ひとりで, まだ一時間, ウその, オ, ツ, 叔父さんの, 堪忍し, 富岡さんの, 屹度, 恐縮し, 早く見, 澄さんて, 笑ふ, 綺麗で, 門が, 雨宮さんの

▼ つたのでない~ (17, 0.2%)

5 ことは

1 [12件] かお前, かと思ひます, かと思ふ, から平凡, ことが, としたら, とする, と手, 事が, 波を, 而も, 證據は

▼ つたのでした~ (16, 0.2%)

3

1 [13件] から, が, がこの, がこれ, が三等, が今, が又, が書物, が鹿ども, それには, 其れ, 其頃博文館が, 其頃巌谷は

▼ つたのだつた~ (12, 0.1%)

2 がこの 1 がお, がこれ, がまだ, がやはり, が好い, が胸, が花魁, が若い, が部屋, けれど後

▼ つたの~ (11, 0.1%)

1 [11件] その時種吉, そんな事, へた, へも名古屋, へ一人, へ知らない, もうもうお金, 危ない話, 尤も雨戸, 知れると, 解り切つたことぢ

▼ つたのだろう~ (10, 0.1%)

31 あれは, かそれとも, か佐田やす子, が母, と思う, と考え, よ

▼ つたのでなく~ (10, 0.1%)

1 さうなつた, ては一世, 入院した, 凡ては, 反對, 廊下の, 彼が, 横を, 腹一杯食べる, 霞亭は

▼ つたの~ (10, 0.1%)

1 あらい米琉, いふ言ひ, うで, 円いの, 坊主頭や, 用事の, 買つて置いた, 赤い色, 身體はが, 魚の

▼ つたのでございませう~ (9, 0.1%)

21 かなんだか, か十五日, がその, 一向にきき, 度々丸佐, 松明を, 若旦那は

▼ つたのでも~ (9, 0.1%)

2 何でも, 良秀の 1 あつた, なかつたの, なく, 了解る, 皆控へ

▼ つたのであり~ (8, 0.1%)

1 そして自分, たま, 一緒に, 且善良で, 初めは, 又將來, 從つてこれら一切の, 爾来第

▼ つたのでなけれ~ (8, 0.1%)

2 ばどう 1 ばお通夜, ばとても, ば何ん, ば値打ち, ば僕, ば家

▼ つたのにも~ (8, 0.1%)

1 よらうし, よるだらうが, 一つの, 原因は, 気づかないで, 程なく馴れ, 色々な, 関らず

▼ つたのやら~ (8, 0.1%)

2 何やらで 1 わからなかつた, わかりやしません, 何が, 凡て覚えなかつた, 私は, 送られたの

▼ つたのかしら~ (7, 0.1%)

1 いつの間にか, ひとの, わたしを, 久しく恋して, 前には, 死んだもの, 言ひ

▼ つたので御座います~ (7, 0.1%)

1 かしらん, がそれぢ, が些, と云, もの何の, よ, 浅膚

▼ つたの~ (7, 0.1%)

1 あたしは, ほんとに坊や, ラツパを, 何も, 有難うよ, 本當, 許して

▼ つたのださう~ (6, 0.1%)

32 であつ 1

▼ つたのださうで~ (6, 0.1%)

1 あつた, そこでこ, それで周囲, たいへん古い, 役人たちが, 道を

▼ つたのとで~ (6, 0.1%)

1 どうもさ, わが國, 元來, 大森氏は, 行列を, 親爺の

▼ つたのとは~ (6, 0.1%)

1 ちが, 全然違, 別の, 實質が, 町中の, 違ふ

▼ つたのにと~ (6, 0.1%)

1 そこ迄の, 思つて, 思ひながら, 聞えぬ様, 聞えぬ樣, 胸を

▼ つたのから~ (5, 0.1%)

2 して 1 そして虐待, 紐だけ, 見ると

▼ つたのに対して~ (5, 0.1%)

1 ものがたりと, 他の, 別に又, 木沢氏は, 疑ひを

▼ つたのやれ~ (5, 0.1%)

2 屏風の, 曹司の 1 日野宿で

▼ つたの~ (4, 0.0%)

1 ぢちやん, 庭にね, 父サンと, 詞聞い

▼ つたのかとも~ (4, 0.0%)

1 ゆき子は, 思ひましたが, 思へる, 考へた

▼ つたのかな~ (4, 0.0%)

1 まア好いや, 東京の, 畑の, 萬屋さん

▼ つたのかは~ (4, 0.0%)

1 はつきり想ひ浮べられなかつた, 判らなかつたが, 忘れた, 知らぬある

▼ つたのはを~ (4, 0.0%)

1 かしい, かしいとは, かしいな, かしかつ

▼ つたのよりも~ (4, 0.0%)

1 また鈍り切らない, よく出来, 更に意味, 荘厳である

▼ つたのかつて~ (3, 0.0%)

1 仰つた, 僕の, 言つたさうだ

▼ つたのかといふ~ (3, 0.0%)

1 情けない気持, 考へが, 質問が

▼ つたのさ私~ (3, 0.0%)

3 は明日

▼ つたの~ (3, 0.0%)

2 やない 1

▼ つたのその~ (3, 0.0%)

1 ときの, 外紫色の, 時は

▼ つたのださうだ~ (3, 0.0%)

1 がそんな, がなるほど, が其頃

▼ つたのださうです~ (3, 0.0%)

1 が今, が何しろまだ, よ

▼ つたのでありませう~ (3, 0.0%)

1 か, が夏, が横

▼ つたのでございまし~ (3, 0.0%)

2 よう 1 て氣

▼ つたのでござんす~ (3, 0.0%)

3 皈り

▼ つたのはと~ (3, 0.0%)

1 いふより, こよが, 彼は

▼ つたの今日明日~ (3, 0.0%)

3 は忙

▼ つたのかえ~ (2, 0.0%)

1 よくまア, 本當

▼ つたのかとまで~ (2, 0.0%)

1 思つた, 思はる

▼ つたの~ (2, 0.0%)

2

▼ つたのさそれ~ (2, 0.0%)

1 よりは長崎屋, を與吉

▼ つたのすら~ (2, 0.0%)

2 忘れて

▼ つたのそれなら~ (2, 0.0%)

1 そのやう, 其やうに

▼ つたのださうである~ (2, 0.0%)

1 が今, が年

▼ つたのだつたら~ (2, 0.0%)

1 あの女, 何も

▼ つたのであるまい~ (2, 0.0%)

2

▼ つたのでし~ (2, 0.0%)

1 やうあなたそれ御存知な, やうが

▼ つたのですつ~ (2, 0.0%)

1 てあなた, てけれど

▼ つたので御座いました~ (2, 0.0%)

1 が長女, けれど丁度

▼ つたのとが~ (2, 0.0%)

1 一緒で, 殆同時である

▼ つたのとの~ (2, 0.0%)

1 ためである, 差別のみ

▼ つたのなんか~ (2, 0.0%)

1 いけませんかね, ほんの偶然

▼ つたの~ (2, 0.0%)

1 夜露の, 水を

▼ つたのもを~ (2, 0.0%)

1 かしい, かしいぢ

▼ つたのらし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ つたのらしい~ (2, 0.0%)

1 な, みんなは

▼ つたのをも~ (2, 0.0%)

1 ぢつて改正商買の, 半眠

▼ つたの~ (2, 0.0%)

1 へのつ, へ侑め

▼ つたの~ (2, 0.0%)

1 にはとても, の思ひ

▼ つたの怒らない~ (2, 0.0%)

1 ので, のツ

▼ つたの~ (2, 0.0%)

2 は厭

▼1* [132件]

つたの誰だい, つたのあの娘は, つたのあれから, つたのあんたなんと言, つたのあんなものを, つたのいいわねけれど, つたのいふのを, つたのおこらないの火, つたのかえ驚いたな, つたのかけふなどは, つたのかしらと怒つて, つたのかすらてんで分らない, つたのかということは, つたのかとの實感は, つたのかなと民子が, つたのかなとも思へた, つたのからんだ垣を, つたのかを自分に, つたのがはづれてがつかりした, つたのがよさうし, つたのこちらが上, つたのこんな高い所, つたのさあ之から, つたのさうなの, つたのさたまには獨, つたのさみんな澄さんの爲, つたのさ三つづつ三つ叩く暗, つたのさ何て男らしく, つたのさ女のしぶとい, つたのさ扱帶がお, つたのさ教へてやらう, つたのさ本物の塔, つたのさ泳ぎの心得, つたのさ町内の若い, つたのさ白鳥の言葉, つたのさ餘計な事, つたのそれは斯, つたのそれで私は, つたのだけでは, つたのだけでも一世一代ぢや, つたのだけはもう普通, つたのだすがなか, つたのだの長谷の, つたのだらう握つてゐる, つたのだろふ兼知て, つたのでありまして是, つたのであり詰り極く, つたのである詰り王と, つたのである足り過ぎて疲れ, つたのであれど却つて眞奈, つたのであろうかとですが, つたのでかう尋ねずには, つたのでございましたのに犬, つたのですすると私, つたのでたうとう起き, つたのでつしやろ, つたのでなきや何, つたのでなくいはばひとつ, つたのでなく見慣れてゐる, つたのでほつとしてゐるせゐ, つたので待つ氣に, つたので御座ろといふもあり, つたのといふ筋の, つたのとかそれも, つたのと共に漫談の, つたのどうして黙つて, つたのながら後には, つたのなどがある, つたのなどと來ては, つたのなどは昔長崎へ, つたのなどもやはりさう, つたのなら返り血は, つたのなれど, つたのなんぞは正に光秀, つたのについて出世され, つたのになと思つた, つたのによつて其處を, つたのにより東方の, つたのに対し全市の, つたのねエお勢, つたのはからのやうな, つたのはずつと後である, つたのはったまるい塔, つたのはどつちの灯, つたのはよかつた, つたのばかりで出たの, つたのひよえつと口, つたのまごつきはしなかつた, つたのまで呉れて, つたのまでが腹の, つたのまア濟ま, つたのようウ今ツ, つたのよと小さな手, つたのより古びを, つたのよりずつと上物な, つたのをば寧ろ不憫, つたのノラクラ者らしいの, つたのヨカナアン役者の声色, つたの二人の異性, つたのの愛情, つたの呆れたわねあの, つたの塗らないの派手, つたの変ら無えの, つたの天井一パイに草根木皮, つたのれなら其やう, つたの幾島さん新しいお, つたの引つ張らぬのと, つたのから追, つたの怒らねえのあの, つたの態とらしい聲も, つたの手紙に書いた, つたの折らねえの, つたの持つて來, つたの方々探したのよ, つたの日本の曲, つたの月末でなきや, つたの本当に妾の, つたの梅子さん何卒聴かし, つたの榮ちやん, つたの減らねえの, つたの澤山出して, つたの独りでお, つたの紺屋の干場, つたの絡んだ古い格子戸, つたのを片方外科場, つたの話して下さい, つたの貴方の處, つたの赤く光るの, つたのへに, つたのはない, つたのがこごんだ, つたの驚ろいた