青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つくる つくる~ ~つけ つけ~ ~つけた つけた~ つけられ~ ~つける つける~ ~つた
つた~
~つたの つたの~ つたら~ つち~ ~つづい つづい~ つづき~ ~つづく つづく~ ~つづけ

「つた~」 70563, 762ppm, 115位

▼ つた~ (4987, 7.1%)

62 それは 54 私は 33 それが 31 これは 25 それも 21 彼は, 急に 20 今度は 18 それを 16 さう 15 今は 14 あれは, その時, 僕は 13 私の 11 それに 10 これも, 今の, 今日は 9 それよりも, 私が, 自分の 8 この頃, 午後は, 彼の, 義雄は 7 なか, 例の, 彼が, 此の, 母の, 自分は, 誰も 6 この時, その中, その日, ゆき子は, よからう, 何う, 後には, 或る, 暫くする, 私には

5 [16件] あの時, いまは, おれは, すぐに, そのうち, そのとき, そんなこと, た, ために, 何を, 女は, 彼女は, 斯んな, 暫くし, 流石に, 隣りの

4 [34件] あとで, お前の, お定, こ, これを, さうし, さうで, そのま, その声, それから, それでもまだ, とう, どうした, ぼくは, やはり昔, 三田は, 二人の, 今では, 今見た, 仕方が, 何うし, 何と, 何も, 兎も, 可い, 家の, 實は, 彼等は, 為に, 男の, 相手の, 相手は, 見ると, 途中で

3 [57件] あたりが, あとは, あれが, いつまでも, うつかり, かの女, この人, さてその, その代り, その彼, その晩, その次ぎ, その男, その酒宴, それだけの, それつ, それと, どれも, もうその, 下宿の, 之が, 二人は, 今まで, 今自分, 何か, 何分にも, 俺が, 僕の, 元は, 先に, 兎に, 其内に, 出て, 声が, 実際は, 宿の, 左の, 己の, 或日, 折角の, 日本の, 早くも, 智恵子は, 智惠子は, 東京の, 此は, 此方の, 父の, 父は, 男は, 直ぐに, 直ぐまた, 相手が, 私達は, 考へて, 自分が, 自分も

2 [290件] あとの, ありや, ある時, いつまで, いつもの, いやこれ, いろんなこと, おばあさんは, おも, お八重, お秋さん, かうして, この, このあたり, この場合それ, この手紙, この方, この日, この暗い, この石本, この茶人, これが, これで, これでは, こんな処, さすがに, さりとてその, しかしその, しかし何だか, しかし浦島さん, しかもその, しばらくし, すぐその, すると, そこで, そこに, そこには, そのか, そのなか, その人, その他の, その儘茶壺, その前, その後で, その様子, その次, その金, それさへ, それでは死に切れなかつた, それでもとにかく, それで何, それには, それにも, そんな事, そんな風, だん, ちよつと, つ, つひに, どういふ, どうしても居所, どきんと激しく, ばら, また, まだ, まだ何處, もうあと半月そこ, もう一つ, もう何, もう彼, もう駄目, もつと, やうやく, やがて又, わたしは, イエ旗だけで, イヤ待て, オルガンなどを, ソオルの, ニヤニヤと, ネクタイを, ハツと, ハハア此女が, フン宅とは, モウ安心と, モ一人は, 一と, 一寸目の, 一町半, 丁度その, 下げて, 不可ない, 不図, 不思議と, 不親切な, 中, 之は, 二人とも, 二年目には, 五六間行く, 亭主が, 人の, 今から, 今その, 今とな, 今夜は, 今日の, 他の, 伯母さんは, 何が, 何でも, 何んと, 何処にも, 何故か, 何故か二人, 何時まで, 何時持つ, 併し, 俄に, 俺の, 俺も, 僕には, 元來, 元来の, 其, 其事を, 其処に, 其処此処に, 其夏父は, 其時お, 其時の, 其時は, 其暇も, 其處には, 其頃は, 別に怒, 千登世は, 午後に, 又し, 又袂, 口に, 同時に又, 名は, 向うの, 向ふ, 堂助は, 夕方に, 外の, 大分前に, 大望を, 夫人は, 女に, 女の, 妻と, 妻の, 姉の, 娘の, 官兵衛は, 実際の, 富岡は, 實に, 實際は, 少しも, 屋敷の, 巡査が, 巡査は, 左う, 巴里迄, 平三は, 平日の, 幸にも, 店の, 庭の, 張合の, 強ひ, 彼には, 彼も, 彼女が, 彼女の, 後が, 後者は, 徒らに, 復滅えた, 心の, 念の, 怎やら, 思つたよりずつと, 思ひ返して, 息が, 息子の, 悪い事, 惜しいこと, 成程, 扨て, 持つて, 施て, 日本風の, 早速と, 昔の, 是れ, 時代精神が, 時間の, 普通の, 最後この, 最後に, 朝に, 未だ彼, 東京から, 果して, 桶を, 機至る, 此時忽ち, 此時渠は, 母は, 気が, 氣の, 海の, 深い溜息, 渠は, 滝は, 滿谷氏等は, 火鉢も, 為めに, 無智, 無暗に, 然しそれ, 煙草が, 照子を, 爲めに, 父親は, 狂人の, 獨活の, 田舎の, 留守だ, 當時の, 病人が, 看護婦は, 眼の, 矢つ, 矢ツ張り, 矢張聞える, 硯箱の, 祖父は, 秀吉方無残の, 私だけは, 私も, 私を, 私共, 窕子は, 立派な, 竹山の, 竹山は, 笛の, 細君は, 終に見る, 義雄も, 考へた, 而も, 聞く事毎, 肉と, 肝腎の, 腹が, 自分等の, 船が, 色々と, 若い女, 若くて, 若者は, 莫迦に, 蕪木の, 見えざる風, 視線を, 話の, 誰の, 誰れ, 賑やかに, 足が, 車は, 近頃は, 追憶も, 野尻氏は, 金に, 間もなく帰つて, 震災で, 霎時し, 顔を, 風呂敷包は, 馬は, 黒い洋服, 黒木綿の

1 [3440件 抜粋] あいつあの, あたりの, あと二人の, あの傷, あの考, あまりそんな, あまり馬鹿気, ある程度までの, あんた自身こんどの, あんまり夜露, いかにも歯切れ, いくら叱, いつか睡魔に, いつの間にか, いまから, いやいや西班牙, うちでも, おいしかつ, おつくふ, お三, お前達にも, お慣れなさらぬ, お由良, お蝶, かういふもの, かたわらに, からだの, きりやうは, こいつだ, ことはる, この二三回, この十日, この嫁女, この拉典語先生, この男, この言葉, この陶酔, これと, これらが, こんな林, さだ子の, さて今度, さて行く, さらにここ, しかしそれ, しかし其の, しかし子供, しかし私, しかもすぐ, しんみりと, すぐには, すぐ帰つ, すぐ話, すぽん, せがれは, そこからは, そこへ, そのた, そのやう, その下, その健康, その力, その叔父さん, その外, その娘, その帰途, その後スクリーンの, その恩, その收入, その末期, その気分, その爲, その病気, その窕子, その老人, その親, その辺, その隙, その顔, それから大分經つて, それきり安子と, それつきり, それでもおせつたい, それでも久しく, それでも子供たち, それでも柔かい, それでも道, それどころで, それにしてもと, それにしても葬式, それはや, それらは, それ以来五年あまりだんだん, そんな夢, たうとう, ただその, ただ苦笑, たまに家, だんだん馴れ, ぢき, つた, つまり不, ときどきぼんやり立どまり, とにかく今, どうし, どうしても病因, どうせ感じ, どうも寒, どうも氣, どう考へ, どのひとつ, どんなに遲, なかに不思議, なにゆゑか胸騒ぎが, なんだか不足, なんべ, のべつに, はて何, ひと足外へ, ひろ子が, ふとそこ, ふと思ひ, ふと自分, ほつたらかしては, まことに武術, またほんの, また忽ち, また自分, まだひどく, まだ暗い, まちの, まるで業, みんなは, もうそれ, もう三人, もう少し歩, もう間, ものも, やがてまた, やがて其, やがて後, やがて決心, やがて行方不明, やつぱりかうし, やはりずぼら, やはり鎌倉部内, よい, よく殴られた, よめの, わざ, ゐる小生, オハグロ的マジナヒは, サイラスが, スカートは, チル子も, ドリアンなら, バロンと, プーチヤチンが, ルイザめ事によつたら, 一人分餘分が, 一処に, 一向平, 一寸羨し, 一度崩れた, 一日犬を, 一番便利だらう, 一面には, 七つに, 三人とも, 三日ばかり, 三番目の, 上布丈は, 下手を, 不圖氣, 丑松は, 両軍, 中途で, 主婦は, 乗つた客, 予備に, 二つの, 二度とその, 云は, 井出氏は, 人に, 人殺しの, 今また, 今人を, 今度ばかりは, 今暫く, 今院僧, 仕方なし, 以前には, 伊庭は, 伜, 佐藤さんと, 何しろ稿, 何だか彼, 何となく冷, 何と言つて, 何んだ, 何人も, 何分舟, 何故か私, 何時の間にか馮玉祥, 何處か, 余程残念, 侯の, 値切る勇気, 偶然にも, 僕が, 兄の, 先年大徳寺塔中聚光院に, 先生の, 全くの, 全次郎は, 八五郎に, 共産党の, 其の家, 其の火, 其人は, 其地で, 其後幾ならぬ, 其時初めて, 其笑ひ, 具合が, 内科と, 冨子と, 凌霄花も, 出発の, 初めて牌, 別に客, 別段参つた, 到底と, 前にも, 助膜炎, 務めぐちは, 北方では, 十五日だ, 千日あれ, 南朝の, 危いから, 去年程は, 又其處どころ, 又追, 取り合, 口惜しさ, 可愛い, 吉田松陰の, 同時に出た, 君が, 呉れるもの, 咄嗟に, 啻に野球, 嚊の, 困つたね, 國姓爺後日合戰を, 地水火風空の, 塔の, 声を, 外交の, 多少の, 夜更けにな, 大き過ぎ, 大佐等の, 大奧樣, 大田黒君はは, 天候は, 太るだけの, 奥の, 女中の, 好い折, 如何にも空々しく, 姉が, 婆さんの, 子供心にも, 學問の, 宋代には, 実にさうである, 実は自分, 客の, 家で, 容子が, 寄席らしい, 寝具の, 實際何處の, 専ら定評, 小さい島, 小梅の, 小鳥が, 少し書い, 少年は, 岩田屋さんは, 川の, 左近は, 希代な, 幕合ひ, 平生だんまりやで, 幸か, 幽閉五年けなげな, 床へ, 庭内の, 弁護士試験には, 強て, 当時は, 役馴れた, 彼男も, 後に, 後日深田久弥氏の, 御飯が, 心もとない幸福, 忌々しさ, 忠魂塔の, 忽ち一つ, 忽ち柱, 怖いから, 思ひ切つた, 性来父に, 恰度そこへ, 悪いこと, 惡いか, 意気揚がらざる, 慰められた僕, 我々は, 或書店, 所在に, 手を, 折角出, 拒絶された, 按摩でない, 擦れ違ひざ, 故にい, 敬意を, 文句を, 新しい洋傘問屋, 旅室で, 日を, 日薩隅の, 早いか, 明治卅八年同じ, 昨日は, 昼の, 時も, 普段英語だけ, 暦が, 更にまた, 更に怖, 最も大切, 最後の, 最後手紙なんかは, 最早問答, 最近文部省展覧会が, 朝鮮などは, 未だ別段に, 本家で, 本物だ, 東京に, 松村は, 果して不, 果せる哉楽手達, 柱時計が, 格別氣にも, 桑原家では, 森野は, 極めて卑賤, 横腹に, 次には, 止したよ, 此の間みたいに, 此年ほど, 此時に, 此梅之助は, 此頃だ, 武生までで, 死に切れなかつたそこで, 残つた二人は, 段々面白く, 母を, 民国二年, 氣に, 水夫は, 汚いもの, 決して笑, 沓脱へ, 沼気の, 洗面器に, 海底の, 清造は, 溢る, 濡れ手拭で, 為方, 然うで, 然し之, 然し萬事小作り, 照吉を, 燒く, 父親が, 狂気の, 猶より, 王羲之は, 現場を, 生きて, 生憎金子君, 田沢は, 町へ, 番頭の, 病中でも, 発狂し, 百合子の, 皮肉な, 直ぐまた投げる, 直ぐ考へ, 相手には, 眠られない夜, 矢ツ張り泣い, 石の, 祖父が, 私にと, 秋にな, 稲の, 空氣は, 窓の, 竹丸は, 第三子, 精しく云, 紙束を, 終りに, 結城ひろ子は, 結局わからなかつた, 結局辭めなかつた, 縁に, 群集は, 翌朝に, 耳に, 聽か, 胃が, 脚から, 臆病で, 自分等は, 至極穏和, 船中の, 芸ごとにかけても, 若主人, 茲処ぞ, 荷車の, 葉は, 薄つ, 處女作としての, 行き所, 衣兜から, 西方に, 見るもの, 覚えて, 解らぬところ, 証拠とては, 読者は, 調べも, 議会で, 貧しい生活, 赤い雫, 足先は, 軈て居室, 軽い肋膜炎, 迂濶, 近年堂助の, 近頃大黒屋, 追付きません, 逐うつかり捉つて, 途中ガン市に, 連れてまで, 遂に私, 運惡く, 道樂の, 適當な, 部屋の, 酔ひつぶれ, 重い神経衰弱, 金之助が, 鉄砲を, 鍵裂きのま, 長い船旅, 閉め切つた雨戸, 間もなく死なれ, 関所は, 随つて相応に, 雨の, 霰白の, 静かに, 面白半分, 頭が, 顏を, 風邪気味な, 餘つ, 首筋に, 馬車が, 駿三は, 驛前の, 魏さんは, 鶴村には, 黒光した

▼ つたこと~ (3265, 4.6%)

273 がある 130 があつ 112 はない 79 では 62 のない 59 がない 52 もある 48 はなかつた 46 は言 39 もない 37 だらう, である, でせう 32 のある, もあつ 28 がなかつた, を言 27 でも 25 はありません 23 になる 22 がありました, があります 21 であらう 16 か, だ 15 になつ, は 13 だが, もありません, を思ひ出した 12 がなく, であつ, になりました, は一度 11 ですが, もなく, を覚え 10 がありません, だらうな, の無い, は確か, もなかつた 9 だと, です, は事実, を思出 8 で, であるが, は事實, は無い, をし, を思ひ出し, を思ひ出す 7 だつた, にし, は云, もあります, を言つて 6 があり, が無い, に氣, はございません, もあり, を, をおぼえ, をする, を感じた

5 [15件] が, が幾度, だな, などもあつ, にその, は何, は勿論, は無, を云, を感謝, を示し, を示す, を覺, を記し, を記憶

4 [22件] があ, があるだらう, がお, が明白, が書い, が無, なん, になります, に私, に間違, のなかつた, はありませんでした, はある, はお, もあらう, もなけれ, をした, を思ふ, を知, を私, を記した, を語る

3 [47件] がございます, が出, が多, が屡々, が明, が有りました, が有る, が起つた, だらうが, でありますが, でございました, でございませう, ですから, と存じます, と思ひます, になつた, になつて, に何ん, に誰, に起因, はあつ, はあります, はいふ, はその, はなく, は上, は人, は嘘, は平次, は是, は此, は疑, は私, は誰, もございません, も有りました, をお前, をよく, を彼, を思ひだした, を憶え, を明, を知つて, を空想, を考へる, を聽, を話した

2 [123件] ある, かい, かも知れない, があらう, がありませんでした, があるなら, がその, ができ, ができた, がどんなに, がわかつた, が出来た, が分つた, が分る, が判, が判つたの, が判つて, が多い, が嬉し, が平次, が度々, が悪い, が有りません, が正しい, が殆, が真実, が起りました, じや, だから, だし, だらうと, であ, であります, であるから, であると, でした, ですね, ないん, なの, に, にお, にこの, にした, にそれ, にはあの, には自分, によつて, に叔母, に少し, に親分, ねえん, の一つ, の可笑し, の外, の有る, はあと, はあり, はこれ, はどうやら, はどんなに, はねえ, はめつたに, は今, は嬉しい, は幾度, は彼女, は後, は明らか, は最早, は極, は母, は決して, は皆, は直ぐ, は知る, は確, は覚え, も, もありました, もこんな, もございます, も事実, も何, も再々, も凝, も御座います, も御座いません, も有ります, も無, も無い, も言, をいつ, をお, をくり返し, をそのまま, をふと, をまた, を今, を信じない, を報告, を彼女, を御存じ, を忘れ, を思はせる, を思ひ浮べ, を想, を意味, を憶, を書い, を書く, を未だに, を注意, を知らない, を知り, を知る, を考へ, を考へた, を聞いた, を聞き, を聞く, を話し, を語り, を身

1 [1031件 抜粋] あつて, あの, ありませんわ, あるひ, あるよ, おあり, かそれ, かもしれない, から今, から話, かネ, か其, か困らぬ, か要するに, があるであらう, があるらしい, がいろ, がかいしき, がさ, がせめて, がたつた, がつ, がなかつたら, がなん, がひとつ, がわかつ, がわかり, がわる, が一体何時, が不思議, が二三, が伝へられ, が何度, が其日記, が出来わいたら, が判る, が南宋初期, が嘗て, が墓誌, が好き, が嬉しい, が幻, が後悔, が急, が想像, が意外, が指摘, が既に, が書かれ, が有ります, が本, が殆ど, が気に入らな, が深く, が父, が独立, が用人中根靱負, が眞實, が確実, が窺, が美奈子, が自分, が表れない, が見つかれ, が記され, が起きた, が起つ, が軈て, が途中, が闇, が頭, さては其著述, しかしない, そして, そのど, その日本文字, それからその, それだけだ, だけはたしか, だけは事実, だけは是, だけは確か, だけは記憶, だけ見と, だつけ, だとは, だね, だよ, だらうし, だらうなど, だらう下手人, だ特に近頃, つまり活字, であるかも, であるこ, である太, である筈, でお, できたん, でこれ, でございます, でそれから, でない, でないの, でなく国語, でもなかつた, で一寸見, で六郎, で壁際, で妾, で安藤, で御座います, で採る, で母, で無い, で私風情, で若し, で露西亜文法, といふ, としてみんな異口同音, となる, とばかり思, ともかくも, と仰, と思う, と思はせる, と思ひ込んだ, と思へ, と成つて, と申さね, と考へるなら, と重複, ないで, なしから, なぞも彼, なぞを語り聞せた, などかれ, などがあるだらう, などが書い, などと云, などはちつ, などは欠びに, なども同じく, などをする, などを云, などを思ひ浮べる, などを考, などを話す, など一度, など話し, ならそこ, なら良い, なんかありやしません, にあの, にいろ, にされ, にしろ, にする, にだんだん, にど, にならない, には, にはいんき, にはさつき彼, にはそれら, には一旦, には例, には勇三, には山雀, には折, には無邪気, には疑ひ, には自動ベル, には見知り人, には長島, にまだ, にまるで, にも気がつかなかつた, にも氣, にガラツ八, にパン, に人, に伍助, に來, に俺, に力, に女, に宗壽, に寸分間違, に小間物屋, に就い, に川波勝彌, に彼女, に徴, に想到, に掛引, に斯ん, に松井町, に殆ど輪, に比し, に気がつき, に気づき, に気付い, に照らし, に甲府送り, に結びつい, に聯想, に自分, に親, に車坂御門, に長崎屋さん, に點頭, ねと先, のない真新しい, の云, の好し悪し, の證人, の面白, はありました, はあれ, はいかなる, はいくら, はいまさら, はいろ, はうれしい, はかの, はこんな, はさき, はすべて自分, はそり, はそれつきりか, はたつた, はど, はどし, はね少し, はま, はまだ, はまんまと, はやつぱり, はようく, はクリスト, は一, は一日, は一面, は三日, は下女, は並居る, は二度, は些, は今や, は伊太郎, は何より, は何百年, は佛祖統記, は偶然, は先, は全く, は再三, は分らん, は前, は卓一, は却つて都, は反, は口, は否めない, は周知, は咄嗟, は嘘ぢ, は夢, は大体, は大勢, は大方, は奇蹟, は姉妹, は実は, は察せられる, は対手, は少い, は少女, は市五郎, は平日, は度々, は当時, は必ず, は忘れやしない, は応仁二年, は思ひ切つ, は恐縮, は惡, は想像以上, は我々, は我我日本人, は戻つた, は改めて, は明, は晴代, は有りません, は東西, は果して, は次に, は正に, は此文書, は泰ちやん, は無く, は然し, は特筆, は珍, は生れ, は當然, は疑ふべく, は眞, は真に, は知らず, は税金, は羽後, は聖徒自身告白, は肝腎, は自我, は芝居, は西暦十四世紀, は記録, は誠に, は買, は酔, は銘, は間違, は青年, ばかりが多, ばかりである, ばかりのあつ, ばかり言, までちやん, まで喉, まで手, まで明, もあ, もありませんでした, もあるまい, もいつかなく, もうれし, もおの, もたび, もねえ, も一, も一遍, も二三度, も他意, も何度, も其生父, も史書, も存じません, も察, も幾度, も度たび, も御座いませんでした, も忘れる, も思ひ出される, も意, も感じた, も有ました, も此, も注意, も無し, も發見, も知らず, も肩, も路, やその, やらを自慢, や吉彌, や昌造, や氣合術, や秋, や間違, よ, よりも隱岐, をあなた, をありがたく, をうち明け, をかの, をくど, をこ, をさつき, をしない, をしました, をじ, をそれからまた, をそんな, をば唯別説, をひどく, をまざ, をもう一度, をやつ, をヂーッ, をドシ, を一, を一切, を不幸, を事実, を云つて, を他, を伝へ, を何, を何處, を信じ, を信ずる, を傳, を再び, を初めて, を勘, を十分, を叔父さん, を君, を吻, を味つて, を善し悪し, を喋る, を噺, を報ずる, を夢, を守つて, を寧ろ, を少なから, を平次, を幸福, を彼自身, を得意, を心づいた, を忘れやし, を思, を思いだす, を思はし, を思ひつ, を思ひ合せ, を思ひ起した, を恥ぢ, を惜む, を想つて, を愉快, を感じます, を感ずる, を慥め, を憶出, を手の裏, を手眞, を投射, を指す, を敢, を敷島, を断つ, を晝間, を書かせ, を最も, を材料, を歎, を此, を殿, を氣, を清める, を物語つて, を疑, を痛感, を發見, を相手, を看護婦, を知らされ, を知らせる, を知るべきである, を種, を立証, を纒め, を耳底, を聞かない, を自分自ら, を見なかつた, を見出さなかつた, を言ひだ, を訊かれる, を訊きます, を訊ねました, を話しました, を話す, を認めず, を説明, を論じ, を責めた, を述べた, を阿彌陀, を非難, を驚く, 久しく且つ, 共に新味, 別れたこと, 即ち劉, 御香宮, 感じたこと, 有んだもの, 泣いたこと, 若しくは文学者, 見たこと

▼ つたもの~ (2719, 3.9%)

200 である 18668 では 64 であらう 59 です 54 だと 50 だが 47 ぢや 41 であつ 40 がある, ですから 30 だつた 25 だから, であるが 24 であります, でせう, と思はれる, と見える 23 があつ, でも 20 らしい 17 か, はない 15 もある 14 だらう 13 であると 12 でした, と見え 11 と見る, と言, のやう 10 さ, だね, に相違 9 だな, で, であるから, であること, ですね, は 8 かどう, だつたが, であ, でそれ, と見, なの, に違 7 かな, が多い, ですが 6 があります, と思はれます, と思ふ 5 があり, だといふ, でありますから, であるといふ, でございます, ですよ, とすれ, な, になる, はなかつた

4 [22件] かも知れません, ださうだ, でこれ, でないと, でなければ, で今, とする, となつ, と云, と思つて, と想像, なので, なん, にする, になつ, になつて, はありません, は伊賀境, も少く, らしいの, らしかつ, を

3 [34件] かそれ, かそれとも, かも知れない, か或は, がありました, が多, が多く, さね, だとか, だよ, だらうか, だらうと, だらうといふ, でありました, でありますが, であるのに, ですなと, でその, で其の, といふこと, と同, と考へ, と見えます, に, はさ, は仕方, は何, もあつ, もあります, もあれ, もない, を感じ, を持つ, 言ひもまじへる

2 [81件] かと云, かと考へ, かと考へた, かはた, かまる, かもわかりません, か何, か知ら, がありまし, がありません, がこの, がない, が今, が出, が多から, が大勢, が次第に, が非常, だかうした些細, ださうだが, ださうである, ださうです, ださうな, だし, だとは, だなあ, だねえ, でありその, でありまして, であるか, である事, でこの, でございますから, でしたが, ですか, ですな, でない, でないこと, で人, で少将, で御座います, で自分, とおも, となる, と傳, と想, と考へられ, と考へる, と見た, と見られる, と見るべきであらう, と認められ, ならば, なり, にさ, にせよ, に蘆屋釜, の中, はその, はないだらう, はもう, は巨大, は御座いません, は皆, は私, ばかりだ, もあり, もなかつた, をこれ, をその, をまた, を並べた, を作つてやつ, を出す, を感じた, を手, を書い, を書く, を用, を発見, 以外は

1 [914件 抜粋] ありのすさび, あるを, えらいもの, かいつ, かお, かといふこと, かとみんな, かと今更, かと只, かと右, かと思, かと間, かね, かまだ, かもう一度, かもつ, から子供, かコソコソ, か下, か不明, か何と, か何やら, か僅か, か判らない, か到頭, か博士, か古びたま, か吊られた, か坐つた, か定めし, か少し, か崩れた, か庭口, か急, か數萬圓, か此, か気分, か灰色, か無益, か盤景, か眼球, か私, か色々, か見, か親分, か詳しく, か迷つて, か青木氏, がありませんでした, があれ, がこれ程, がそれ, がどう, がなぜ, がはつきり, がみんな, がよく, がカトリック的, が一つ, が一ばん身, が一般, が中途馬喰町, が丸切り, が之, が人, が他界, が俗語, が先, が其の, が処女作, が出来た, が勝つ, が即ち, が命がけ, が多少, が夾雑, が好き, が家業, が少く, が居つた, が年齢, が座敷芸, が心, が感じられる, が戻らない, が戻る, が描かれ, が数年, が新, が映り, が書けないです, が最も, が有る, が梅子, が歴史化, が波, が消化, が無い, が甚, が申しました, が盛ん, が相, が相当, が確か, が神聖, が移出, が自分一代, が舞台, が菜味, が蘇り, が見る, が見付かりました, が身体, が隨分尠, さねえ, さへ, しか返され, じややら, その一端, だがな, だがなあ, だけが浮び上つ, だけに素性, だけを身, だこんなに, ださうで封, だぜ, だそんな, だつたか, だつたの, だとい, だとの, だなあと, だらうかと, だらうが, だらうね, だわね, だん, だネ, だ中, だ吾, つていう, であり, でありそして, でありた, であります平民, でありまた, でありレターペーパー, であり下, であり人間, であり幼稚, であるかの, であるけれども, であるとお, であるとの, であるとは, であるの, である二人, である佛, である殊に, である處, である青木, であろうそういう, でいつも, でが, でこれ以上, でございました, でございますが, でして, ですからね, ですとか, ですよろこんで, です先生, でだから, でないいろ, でないの, でなく, でなく何, でなく儀式, でなく活動, でのべつ, でもなかつた, でも自然, でわたし, でを, でチーヘン, で一杯, で上澄, で中, で主人, で久しく, で人情風俗習慣みな國, で伊豆, で何, で元来, で其色, で力, で南支那, で印度, で又, で大, で太刀山, で太陽暦, で宇佐, で客, で家々皆, で将来, で小室山, で御座いませう, で必ずしも, で恐ろしい, で所謂, で曲者, で最新式, で格言集, で此, で江戸, で滅多, で犬, で玩具, で甚だ, で祓除, で立ち木, で篠, で簡単, で肝腎, で花, で詞書, で野口君, で鉄, で錦橋本, で長安, で青年, で食べさせ, で高慢競争, といはね, といへ, とかう, とさせない, とした, としてはかなり, としてべつに, としてもこの, として唯一度ぎり, として深く, としなけり, とせ, となつて, との先入, との自覚, とは似, とは看做し, とは考へられぬ, とは見られない, とばかり思つて, とみ, とみる, とも見られる, とも言, とわかりました, と一往, と云つた方, と伝へ, と信ずる, と信用, と僕, と均し, と存じます, と山姥, と思います, と思ひました, と思ひます, と思へないで, と推定, と推斷, と春三郎, と目標, と等しい, と考へられます, と若い, と見たなら, と見るべきである, と視る, と解釈, と言つて, と認められる, と謂, などがあります, などは贈位, なども出, なら僕, なら寢, なら自分, にしたい, については, について言, になつて行, になります, には五百円, には前, には少し, には自分, には違, にほかならぬであらう, にみえ, にも色気, によつて支配, に丸, に何, に出, に前, に外, に宋初, に對, に就い, に念仏, に気, に目, に第, に自由, に過ぎない, に限つて, に非, に飢ゑ渇ゑてゐて, に魅せられた, ねえ, のうち, のない, のみが使命, のみが印度, のみならず振附師, の大多, の方, はあつ, はあらう, はあるまい, はいや, はきつ, はこんな, はございません, はそれ, はた, はどう, はなかつたらう, はみな, はわたくし, はキヤラメル, は一人, は不幸, は二三年, は今日, は僅か, は光り, は其等, は冷, は凍死, は助, は千代田袋, は去, は多い, は大事, は夫人, は存外, は実に, は実は, は小木, は屁, は居らん, は平三, は影, は彼, は後, は御座い, は忽ち, は感傷的, は有るまい, は東洋的抽象的表現, は棟梁皇祖皇, は死に, は永久, は法師, は灰, は無い, は煤, は發狂, は盛ん, は知つた, は神, は第, は絃歌, は肥料, は自分, は誰, は谷, は過去, は難, ばかり, ばかりである, ばかりで料理, ばかり食べてる, ほど早く, もあ, もありまし, もなく, も公民, も含め, も多, も忽ち, も有, も無い, も無く, も生まれ, も稀, も譯, も食糧不足, やらそこ, やらまだ, や歪められた, よりか新しい, よりもこの世, よりも遙, らしいが, らしいこと, らしいとの, らしく, らしくなか, らしく久しく, らしく思はれる, らしく所々, らしく破れ, らしく頼み少ない, をあなた, をいつ, をうまく, をお前, をしみじみ, をすら感じ, をだ, をとり出し, をと詩人, をまつ, をもつ, をも謡, ををとこ, をパッ, を一, を丸善, を云, を伝奏, を假, を公, を取, を取る, を單純, を基調, を失ふ, を尋ねた, を小包, を山田, を巧, を彼女自身, を意味, を感じる, を戰爭中, を手ひどく, を持たれない, を指し, を支持, を曳い, を書いたら, を樹, を渡され, を熱愛, を特に, を狙つて一発, を着, を知らん顔, を第, を自分, を與, を見, を見つけ出す, を見る, を覚え, を負け, を適切, を除, を食べ, ア斷じ, 仕やう, 其の優美, 及び通詞, 外国語が, 惻々として, 故芝居, 此日は, 百二十人の, 若い晶子さん, 言ひもまじ, 返せやしないや

▼ つた~ (2708, 3.8%)

244 云ふ 128 言ふ 127 思ふと 95 見えて 94 いふ 69 思ふ 66 すれば 45 思つた 40 思ひます 29 思ふが 27 いふが, すると 23 いふから 19 いふので 18 思つたら 15 する, なると, 云ふこ, 見える 13 思ふの 12 言ひます 11 ある, いふこと, 見ると 10 いつて, 云つても, 思ひますが, 聞いて 9 思つてゐる, 私は, 言つても, 言は, 記憶する 8 いふでは, いふの, するの, みえて, 云つた, 云は, 同じやう, 思はれる, 覚えて, 記憶し 7 いふと, 云つてゐる, 考へて, 見て, 覺えて, 言つた 6 さ, ほりに, 傳へられ, 言うて, 言はれ

5 [14件] いふに, したならば, したら, 云へば, 云へる, 彼は, 思ひました, 思ふ頃, 思へば, 答へ, 聽いた, 言つ, 言ふこ, 言へる

4 [23件] あるが, いう, いふよりも, いふ事, したところ, なれば, ほり, 云はれる, 云ひ, 云ひ得る, 伝へられて, 信じて, 同樣, 思います, 思ひますと, 書いて, 氣が, 申して, 見れば, 言つてよい, 言つてゐる, 言ひ, 謂はれ

3 [36件] いはれて, いふよりは, さへ, ほりの, ほりを, 云うて, 云つ, 云はれた, 云ふも, 云ふんだ, 云へ, 僕は, 名のる, 彼女は, 思う, 思うと, 思つ, 思はる, 思ひながら, 思ふ間もなく, 思召します, 感じたの, 申す, 申すこと, 申す事, 笑ひ出す, 聞く, 聽い, 見えますとて, 見えるな, 見るや, 言つて居る, 言はれる, 言へば, 謂ふ, 障子を

2 [93件] あつて, いつた, いつてる, いはれる, いひます, いひますが, いふんで, いふ感が, いへば, きだつた, これは, したらこれ, したらどう, したらどんな, して, しよう, その時, ほりお, ほりだ, ほりです, もちが, わざ, 下宿の, 主筆の, 云つて, 云つてゐた, 云はれ, 云ふべき, 云ふより, 云へるであらう, 仰し, 仰有, 仰言, 來て, 假定すれ, 判ると, 同じこと, 同じ樣, 同時にその, 存じます, 察する, 思うて, 思つて幽かに, 思はなければ, 思はれても, 思はれるの, 思はれるもの, 思はれるやう, 思ひなされ, 思ひます親分, 思ふうち, 思ふ間, 斯う, 来て, 次の, 気が, 気がついて, 気がつくと, 為たら, 申します, 申しますが, 申しますし, 申すでは, 申すは, 申す事ぢ, 知つた, 私が, 聞いた時, 聞くが, 聞けば, 聽く, 自分の, 苦笑し, 褒めるも, 見えますね, 見えるん, 見せて, 見るの, 見るべきである, 見る方, 規定する, 言つた方が, 言つて宜しい, 言つて泣出され, 言ひだした, 言ひました, 言ふで, 言ふんだ, 言へ, 話を, 謂はれる, 門口より, 龍馬が

1 [846件 抜粋] あたしは, あり, あるさ, ある此, あれば, いいました, いうが, いうて, いうのでね, いつたところ, いはれた, いはれるくら, いはれる所以, いはれオデュッセウス, いひますから, いひますといふ, いひ出した, いひ希臘, いひ本気, いふではれ大変, いふなら, いふん, いふ訳で, いふ話など, おぼえて, おもうと, おもへば, お仰し, お品, お思いだい, お母さまは, お母さんの, お禮, お言ひなさる, かう思つて, かつていふ, かなしげ, きいたので, きだつたか, さう, さう見るの, さるポルトガル, したの, したらおそらく, したらお前, したらこれ位, したらその, したらそれら, したらぢ, したらみこ, したら僕, したら其の, したら和辻さん, したら御, したら恐らく, したら愛兒達, したら私, したら自分, したら陽, します, しみじみ語, しらせて, し度い, すぐ呟いた, するか, すること, するのよ, するは, するフト奧, する所謂一音, その男, そんな風, つておきの, どの傳記, なした事, なるが, はいふまでも, はいへるであらう, ほりこの, ほりすべて, ほりたしかに, ほりで, ほりでございました, ほりやつぱり置屋, ほりペニシリン, ほり五合の, ほり叔父さん, ほり古今集, ほり塗りたての, ほり妖しい, ほり小生, ほり後世, ほり暗い狭くるしい, ほり眞赤, ほり第, ほり訣別, ほり運の, まことし, まだいひ切る, みえしばらく, みえる, みえるほどの, みえ百万遍, みな悟りました, もしや後悔, やかましく云つて, よみを, わかりました, わかれば, わたしは, キッパリ告げた, サ, ハヽヽ敏捷い, ヘンな, リネツトの, 一撃を, 一時間や, 一言女房にも, 丁と心得, 下女も, 不平らしく, 乘出す, 事実の, 云うても, 云う神社, 云つたつ, 云つたのに, 云つたら, 云つてある, 云つていけない, 云つてしかられました, 云つてよい, 云つてる, 云つて事情を, 云つて元気も, 云つて呉れ, 云つて喜ん, 云つて大いに, 云つて寄越した, 云つて彼女の, 云つて疑いが, 云て, 云はる, 云はれ得る, 云はんばかりに, 云ひきつても, 云ひます, 云ふお, 云ふからそも, 云ふから弘化三年に, 云ふから現在人民に, 云ふつな, 云ふと, 云ふべきであらう, 云ふべきです, 云ふより生れ変, 云ふ報知の, 云へるだらう, 亡き母, 人には, 今度行つてお, 今日明らかに, 今頃にな, 代助, 仮定する, 仰しやつ, 伝えられて, 伝への, 伝へられやがて, 余に, 信じ手児奈, 假に, 傳へ, 傳へらる, 元気よ, 全く同じ, 内の, 出てを, 切り出しては, 判じ其糸, 判つてその, 判り疑へ, 判事は, 卓一は, 南洲を, 反省し, 叔父が, 取り為すべきであらう, 口惜しがりました, 同じく河内屋, 同じく猿楽, 同じわけ, 同じ品, 同じ径路, 同じ意味, 同じ様, 同時に哲學, 同時に宣詞, 同時に新た, 同時に渠自身, 同時に獨歩, 同時に自分, 同様かんげいされた, 同様に, 吹聴し, 告げた, 告白した, 呟いた, 喋つた, 噂を, 報じて, 大いに白石, 大悦び, 大笑, 太一は, 妹は, 嫂は, 子は, 宇治拾遺物語に, 富子は, 察すること, 小生甚だ, 少年の, 山田は, 巡査は, 強いショック, 彼も, 彼方に, 後で氣, 後悔され, 後悔の, 御い, 心の, 心得, 思いました, 思うこと, 思うたの, 思うより, 思う理由, 思えば, 思つたがなあ, 思つたに, 思つたのは, 思つた帶も, 思つた日出雄をも, 思つた瞬間には, 思つた足音は, 思つて, 思つてせつせ, 思つてひやりと, 思つてギイギイ騷ぐ, 思つて二三歩戻りかけた, 思つて來た, 思つて得意だつた, 思つて歸る, 思つて詑びようとして二階から, 思はずには, 思はせる爲, 思はないでは, 思はない訳, 思はれたので, 思はれぬでは, 思はれぬなど, 思はれます, 思はれると, 思はれるので, 思はれる伝承, 思はれる夜見, 思はれる大型, 思はれる時, 思はれる槍, 思はれる痕迹, 思はれる程, 思ひたま, 思ひだす, 思ひねエ, 思ひましても, 思ひます店, 思ひます約束, 思ひ現, 思ひ辛口, 思ひ込み夜更け, 思ひ込んで, 思ふうち一時, 思ふかも, 思ふから, 思ふけれども, 思ふこいつ, 思ふこと, 思ふこんな, 思ふたが, 思ふた其, 思ふに, 思ふほどの, 思ふやう, 思ふより, 思ふわ, 思ふ今, 思ふ側, 思ふ品, 思ふ女, 思ふ幸吉, 思ふ時, 思ふ木賃宿, 思ふ様, 思ふ私, 思ふ若い, 思ふ頃板の間, 思や, 急に, 悲観し, 惜しい氣もち, 想像し, 感じた, 感心した, 憤り出して, 成つた時卯平とは, 成ると, 或者, 扇を, 打ち消す, 承認したい, 放しましたから, 断定し得るであらう, 断言する, 日本語と, 明白に, 昔の, 時々思ひ出し, 木村重吉は, 村の, 棄る, 歟又は, 正直に, 母の, 気がつく, 気づいた, 気づきますけれども, 気の, 氣の, 決しても, 波子は, 深くは, 滾して, 焚きつけて, 物の本に, 物語つた, 瑠璃子は, 申されよと, 申してを, 申しましたら兄, 申し伝へた, 申せば, 申越されたの, 白状しなさい, 相わかれ, 知つた時にも, 知らせて, 知るが, 知ること, 知れたらどんなに, 社村は, 私の, 秘かに, 称する人形, 称せられる言葉, 稱し, 稱讃し, 笑つて云つた, 笑ひ, 等しく深奧, 繁夫は, 繰りかえし繰りかえし言う, 考へた, 考へられます, 考へられる, 考へること, 考へる様, 聞いた, 聞いたが, 聞いたの, 聞いたらお前, 聞いたら憎く, 聞いた黄色い, 聞かされたとき, 聞かれるに, 聞きますが, 聞くさ, 聞くと, 聞伝へ, 聽いたら, 聽きました, 腕車の, 自信する, 自分が, 自分に, 自問自答し, 自慢し, 自覚し, 自認し, 苦笑した, 茂兵衛とが, 葉書に, 見えたちまち, 見えまして, 見えます, 見えもう, 見えるが, 見えるそれ, 見えるて, 見えるね, 見える何, 見え今, 見え囈語, 見え大男, 見え左手, 見え明治四十五年, 見え洋服, 見え船, 見え藤枝, 見せる細工, 見たと, 見たジガ蜂, 見へ, 見へて, 見られませう, 見られるの, 見られる人, 見るべきであるから, 見るべき鎮魂法, 見る内, 見る外, 見做, 覚しく一座, 覚しく恐ろしく, 親方様と, 覺つて, 解す方, 解つてなんだ, 解ると, 解釋する, 言う, 言うの, 言ったら, 言つたな, 言つた世にも, 言つた時二人の, 言つた老人です, 言つて, 言つてね, 言つては, 言つてよから, 言つてゐます, 言つて來た, 言つて安心し, 言つて待合遊びとち, 言つて話した, 言つて重, 言はれます, 言はんばかりに, 言ひあ, 言ひ得ぬ, 言ふからさのみ, 言ふから安心し, 言ふから知つてるだらう, 言ふし番頭の, 言ふし行かない, 言ふつもり, 言ふべきだらう, 言ふん, 言ふんだらう, 訊いたの, 記録は, 訴へ, 証拠を, 詮索し, 話して, 認めて, 語つた, 語つてきかせた, 語つて本国へ, 語る, 諒解と, 謂は, 謂ふべきである, 謝する, 谷崎精二氏は, 責められるに, 赤面した, 足の, 身悶えした, 述べて, 述べる, 附添夫たちは, 電報で, 響くやう, 頬邊を, 顏色を, 類推される, 騷ぎ出した

▼ つたやう~ (2592, 3.7%)

141 なもの 70 な気 52 な氣 46 な顔 39 な顏 373633 である, です 30 な心持 26 なこと 24 だが 21 な感じ 20 なところ 1918 な事, な気持, な風 17 な調子 16 な, に見えた 15 なわけ, に見える 14 であつ, に思, に思ふ 13 でございます, ですが, な声 12 な表情, な訳 11 な話, に言 9 な物, にし, にその, になつ, に云, に思はれる, に私 8 だな, でも, な形, な心地, な聲, な顔付 7 だね, なの, な態度, に記憶 6 であります, ですね, な次第, な気分, な氣持, な顔つき, に見え

5 [20件] だから, だと, なその, なもん, な人, な人達, な具合, な文句, な様子, な樣子, な男, な譯, に思ひます, に感じた, に立つ, に自分, に覚え, に覺, に頭, に顔

4 [15件] であるが, ですから, ですよ, なまた, なものぢ, な時, な眼, な言葉, にお, になる, に思つて, に思はれた, に思はれました, に眼, に胸

3 [29件] でした, でま, ない, なお, なそんな, な処, な口調, な場合, な女, な姿勢, な安堵, な小, な心, な意味, な所, な氣分, な美し, な静か, な顏つき, な魔, にいふ, にそれ, になりました, に僕, に大層らしい, に彼, に思ひました, に感じ, に感じる

2 [116件] だとでも, だに見すてられち, だよ, であると, でございますが, で御座います, なきつ, なごく, なさ, なて, なと, な一人, な不安, な不自然, な事情, な位置, な何, な勢, な厚化粧, な原始的, な又, な口惜し, な句, な叫び, な問題, な夢, な大, な女神, な奴, な始末, な姿, な家, な容子, な工合, な微笑, な思ひが, な思ひで, な恰好, な手紙, な抜きさし, な有様, な楽しい, な灯, な生活, な白い, な皮肉, な目的, な眞面目, な眼つき, な空, な細い, な細そり, な考, な者, な色, な苦み, な袋, な複雑, な覚え, な解らないやう, な言, な道具, な頭, な騷ぎだ, にいかにも, にいつも, におも, にこちら, にさつ, にすぐ, になり, にひと, にぼんやり, にわたくし, にトルストイ, に世間, に二階, に人間, に今, に何處, に其處, に噂, に固まつ, に夢中, に大きく, に大きな, に実際, に座敷, に思はれ, に思へる, に感じられた, に感ずる, に感ぜられた, に或, に数, に新, に日本, に晴れ, に流れ, に生々, に申す, に皆, に笑つて, に縁側, に考, に考へられる, に見せかけ, に見せかける, に言つて, に間十間, に靄, に頷いた, に顏, に驚ろ, に鮮, に黙つ

1 [1045件 抜粋] かね, だあ, だこれ, だぜ, だぞ, だ食気, であり同年末, であること, でいくら, でさ, ですし, でせう, でそれから, では, でやはり, で二十二歳, で他, で安並, で懐しい, で昨夜二階, で歩くに, で申しわけ, で私, で誰, なあばら家, なあまりに, なあんな, なうれし, なお伽, なこなし, なごた, なさら, なしつかりした, なそこら, なたより, なちつとも, なつら, などことなく, なので, なはい, なひどい, なほこり, なぽ, なまるで, なわけぢ, なん, なカンナ, なシャーロック, なハツキリ, な一寸, な一種, な不平, な世俗的, な中庸的, な亂髮, な事さ, な二人, な二階, な交渉, な人柄, な人間, な仕事, な体裁, な作品, な便所, な儒教的道徳, な入, な公共事業, な其様, な冷, な冷笑, な凄い, な切れ切れ, な初期, な判らねえやう, な別離, な前面, な勘定, な匂, な友達, な口, な口気, な口角, な古風, な名家, な味, な品, な問答, な嘲けるやう, な困惑, な地點, な堪らぬ冷汗, な境遇, な変, な多芸, な天候, な太い, な奈良朝以來, な好奇, な妄想, な妙, な子供, な存在, な季題, な安心, な室内, な寂寥, な小説, な山々, な左, な席, な平, な平和主義, な年, な年増, な幻覚, な強い, な従来, な微雨, な心もち, な心理, な怒る可, な思ひ詰めた心持, な性格, な怯えを, な悦び, な情けない, な情趣, な意気, な所謂苦界, な手つき, な手筈, な批評, な投書欄, な振り, な政治家的人相, な文章, な日, な日本, な時代, な景色, な暮し, な有閑人, な朝, な本, な松, な柄, な検校, な極, な樹, な歴史, な気品, な気恥, な氣痔, な江戸, な泣き声, な流行, な深い, な清潔, な温室, な溜息, な演劇界, な灰白色, な無形, な然し, な物言, な状勢, な獨, な理想, な瑠璃子, な甘口, な生き方, な生暖かく, な痕跡, な痩せた顏, な發音的, な目付, な直也, な眞白, な瞬間, な知らないやう, な知らぬやう, な社會不安, な私, な積, な空し, な空虚感, な竹, な笑さ, な筋, な素, な紳士, な結構, な緋, な纒まつ, な羽目板, な者達, な脂肉, な自分, な艫, な色さ, な艶, な芥川, な苦心, な英雄, な草, な落ちついた御, な著書, な薄弱, な薄縁, な行燈, な裏通り, な要所々々, な親しみ, な解らぬやう, な訓戒, な訳サ, な語気, な誰, な論題, な貧乏, な賤, な趣き, な身体, な身辺些事, な軽い, な通り一ぺん, な遊び, な遣瀬, な部屋, な重苦しい, な鋭い, な闘気, な隙間, な靄, な靜かさ, な面, な響き, な頤, な顏色, な顔貌, な風格, な飲み屋, な首筋, な馬鹿, な駁論, な騷ぎ, な驚き, な驢馬, な高尚, な鮮かさ, にあの, にあまり, にある, にいく, におしげ, にかう, にぐる, にこれ, にさ, にしん, にじいんと, にすべて獨逸話, にそして, にそれでも, にたしかに, にたつた, にぢ, にです, にとし子, にどちら, にどんな, になるほど, ににつこり, にはつ, にぱッ, にひつそり, にひめた, にほつ, にぼやけた, にまじめ, にまだ, にまぶしく, にもう少し, にも見える, にやつれ, にゐない, にキス, にグン, にツイ, にニイチェ, にピカピカ, にヘラクリトス, にミス, にモンマルトル辺, にワーツ, に一切, に一番氣, に不, に不自然, に並ん, に中途, に乞食法師, に二三度, に云つて, に京都, に今さ, に今日, に他, に佐渡, に何, に何となく, に何度, に何物, に個性的, に健やか, に傷つき, に元気, に先生, に全体的, に其内儀さん, に其辺ぢ, に冷たい, に凄い, に凹んだ, に初めて, に別荘, に北海道, に即刻即座, に口, に口唇, に古代, に古手紙, に叫んだ, に台所, に吉三郎, に否, に唸つた, に喋り, に喜んだ, に嗚咽, に嘲笑, に四十三, に四辺, に国民, に地球, に坐つ, に堅苦しい, に夏, に夢, に天地間, に太平, に夫人, に妙, に威張つ, に嫁い, に宅, に室一ぱい, に容貌, に将軍, に小さく, に少し, に居る, に展望, に山口, に岸, に平原, に座席, に廻り, に後代, に御飯, に心, に必, に思つた, に思はれませんでした, に思へた, に急坂, に恐ろしい, に情ない, に愈, に感じられました, に慌て, に成つて, に戸惑, に折れ, に振り廻す, に撃つ, に救, に文太郎, に斜, に方々, に日, に星, に時々, に晩年, に書けない, に未だ, に棒立ち, に極り, に樺太, に止ん, に死骸, に気高い, に汚れた, に沈着, に泣く, に活, に浮い, に消えました, に深く, に滅多打ち, に潮, に烈しい, に物事, に狼狽, に現代, に生, に生徒, に生生しい, に町家, に痕形, に痛い, に癒つて, に白ん, に皮膚, に相, に眞赤, に真, に眠つた, に眺める, に確か, に私孫娘, に空襲, に立派, に笑つて許, に答, に紅, に納骨堂, に素人劇団, に細菌, に繼だらけ, に義經, に考へられます, に聞えた, に聳え, に肌, に膝, に自ら, に自殺, に色さまざま, に芝居気, に若, に茫, に荘田, に菊池氏, に落ち, に虚心, に蟻, に血汐, に衿, に裂かれ, に裏木戸, に見, に見せ, に見せる, に見ゆる, に見受けられ, に解釈, に訊い, に話手, に誰, に謂, に貯金, に足早, に路易, に踊り出した, に軽い, に輝い, に迸り, に酔ひ, に野面一面, に鋸目, に鎭まり, に長い, に附添夫, に雜誌經營者, に静まり返つ, に非常, に響く, に頬杖, に額, に颯と, に食べる, に飲ん, に首, に騷ぐ, に髯, に黒い, に黒板塀, の感じ

▼ つたので~ (1931, 2.7%)

218 あつた 101 せう 66 私は 35 あらう 17 彼は 15 それを 12 自分は 9 僕は 8 あつて 7 それが, 富岡は, 私の 6 せうか, 御座ります, 私も 5 さう, そつと 4 あらうか, お前の, これは, そのま, 二人は, 流石に, 私が, 自分も, 誰も

3 [14件] あつたらう, せうが, せうね, その晩, ちよつと, 一と, 天皇は, 容易に, 彼が, 急いで, 急に, 決して未練, 男は, 自分が

2 [94件] あとは, あらうが, あらうと, いそいで, いろ, うつかり, おれは, お利代, お文, ござります, さすがに, さすがの, すぐその, せうけれど, せうと, そのこと, そのまま先生, その方, その時, その豪い, それで, それは, そんな風, なくして, びつくりした, みんなは, ゆき子は, わけも, わたしが, わたしは, 一層余, 一時休息し, 一番尻で, 三丈とか, 三時半には, 二人共三膳とは, 人々は, 人の, 人目に, 今九月, 今度は, 今日は, 何やら余, 僕も, 僕等は, 兎も, 其と, 冷吉は, 勘次は, 夜に, 大笑, 女は, 妻は, 姫は, 嬉しくて, 客は, 宿の, 宿直室の, 少年は, 己は, 引返して, 弟の, 彼等は, 後を, 心の, 思はず瞬間的, 慌て, 教場も, 最初は, 月も, 有つた, 村の, 此の, 此夜は, 毎日の, 氣が, 決して世間, 汽車は, 深野と, 渠は, 源太郎は, 漢の, 漸くこの, 無理に, 父の, 用人達も, 疲れて, 病床の, 皆な, 聞いて, 自分の, 近所の, 顔も, 駅の

1 [1135件 抜粋] あたふたと, あつちこつち, あと二時間も, あのやう, あの承, あまり注意, あらう先づ明晩, あらう太鼓, あらう波斯, あるいは草笛, あんまりひどい, いつさんに, いづれ又, うかが, おいよさん, おかみさん, おつぎ, おほ, おめ, おやかん, お前に, お師匠さん, お母様が, お茶漬, お袋は, かねてから一枚買, きりやう好みで, げせうご, この二つ, この夏休み, この女優, この小さな古い, この景教碑, この老人, この辮髮, これが, これも, これを, こんな歌, さうなれ, さつ, さや, しかたなし, しめきつた室, すい葉, すぐお, すぐに, すつかり, せうかね, せうそれ, せう小銭, せう次, せう硝子戸, そここ, そこは, そこを, そつち, そのとき私, その一隅, その中, その儘, その声, その手紙, その日一日ヤケ酒, その時あちこち, その望み, その為, その男, その立派, その繪, その葉, その観察, そばかきですます, それきりで, それでその, それで何, それに, それによ, それへ, それらの, そんなちよ, そんな地味, そんな物忘れ, そんな音, たいへんに, ただ渇, たちまち京阪, だから魯庵, つい其方, つかつかと, つゆは, とくに親し, とても思ひ切, ともかく父, どうもなかつた, どこかで, なか子の, なるほど星, はた, ひつかけた, ひどく遠く, ほんた, ほんの間に合せ, まあ安心, また安心, まだその, まつたく返事, みんなびつくりし, みんな笑ひ出しました, めづらしい, もう一人, もう俺, もう夕方, もう窓, もしかしてこの, やがて私, やはり学校, よく互に出入り, よすかういふこと, よほどこの, るいさんの, わしは, わたくしは, われ知らずを, アメリカの, エトナ山も, キチン氏は, サルタン流石に, ドルフは, ネル, バスから, ビールを, ブラリと, ヤケ糞の, レオナルドは, ロスチヤイルドは, 一ヶ月分の, 一人で, 一人前幾于宛取つて渡しました, 一先其処に, 一同は, 一回その, 一層, 一挙に, 一時に, 一月経つ, 一本でも, 一枚以上の, 一生懸命に, 一緒に, 一郎は, 丁度感覚, 三つの, 三十分ばかりの, 三尺ぐらゐの幅の, 上着を, 下野の, 不安心, 丑松も, 世間の, 中止する, 主婦は, 之は, 乙姫は, 事を, 二つ返事で, 二人し, 二十七年八月天皇は, 二階の, 五合庵で, 亭主が, 人を, 人生に, 今だに, 今で, 今にもアノ坊さん, 今までは, 今度の, 今捕虜, 今更跡, 仕方が, 仲良く遊んだ, 伊東温泉に, 住家の, 何うにか, 何だか手持無沙汰, 何でも賣つ, 何もかもよく存じ, 何処かで, 何処の, 何時も一緒, 何處へ, 余波が, 例の, 例へば少し, 俺も, 傍に, 僅かに, 僕が, 僕の, 元史を, 先生に, 全く省い, 兩性が, 八五郎を, 六日ぶりに, 其の一部, 其の時, 其れ, 其以前の, 其店先の, 其會議に, 其赤い, 再び紙切ナイフ, 冨子の, 凹んだところ, 出かける恥, 分りきつ, 刑吏は, 初めて下, 初めの, 別の, 前の, 前髪を, 割合に, 勘定高い坊子, 北満, 十一時で, 千枝子の, 午前中などは, 半ば自分から, 南朝では, 原は, 又途方, 友吉は, 取りあえず通知, 取急いで, 古るくは, 只その, 可哀想に, 各自お, 名前も, 吻つ, 呼吸を, 和田氏に, 問ひつめた, 喧嘩別れした, 土手を, 堅い麦藁帽子, 報告が, 墨色と, 外の, 外出せず, 多くの, 夜食を, 大きに姐さん, 大佐は, 大変我々万葉学の, 大山さん持参の, 大變, 天国が, 天晴大人の, 夫婦は, 奧の, 女中さんに, 女郎買を, 如何とも, 如水の, 妹娘は, 姫の, 娘さんも, 子供達が, 安い金, 官途の, 室の, 宥めすかして, 家は, 家を, 家内が, 寝ながら, 實際又, 寧庭中, 将士の, 尊氏は, 小学校四年の, 小猫, 少々ふき, 少くとも, 少し気, 届かなかつたので, 展望は, 山も, 山小屋を, 岡田に, 左の, 帰らうと, 平次と, 平熱でも, 幼い鉄三郎, 広小路の, 度忘れを, 庭づたひに奧に, 廣漠たる, 弟に, 強ひ, 弾三郎も, 彼女の, 待ちかねて, 後は, 徐と, 御坐ろ, 御馳走は, 心に, 必ずと, 忽ちこの, 忽ち池, 思はず足, 思想の, 怪んで, 恟々として, 悉達太子様は, 憎態, 成程, 或日例, 或時, 戸締りを, 房一は, 所謂象形文字である, 手紙を, 折角久し振り, 拙者は, 挨拶を, 改めて次, 教授は, 数も, 數十人の, 料理を, 新吉は, 旅から, 早々海, 早速お, 早速標本, 早速肉屋, 昔の, 春三郎は, 昨日の, 昼間は, 晴代は, 更に私たち, 最早歸途, 會津家に, 月一回近郊の, 朝から, 木山が, 未亡人は, 本家に, 本郷の, 松江地方の, 校庭の, 格子を, 梅茶ですます, 椎谷で, 榛軒は, 横に, 欠席した, 次第に廊下, 止むを, 止めて, 此からの, 此処では, 此恐る, 此方を, 此珍聞を, 武一に, 殊更私たち, 殘り, 殿の, 母君の, 母親は, 毎日洗滌の, 気が, 水量が, 決して間違, 河童の, 浪は, 渓流の, 滝本は, 漢委奴國王の, 濡れ徹つて帽子から, 火の, 灰が, 無論薬局, 煮立, 熱心に, 父も, 爺さんは, 狙撃され, 狭い田舎, 甚だ意, 用事を, 田沢は, 申上げ, 畑は, 疎開騒ぎにも, 登校の, 白川は, 皆, 皇子は, 目下の, 直ぐ乘車, 直吉も, 相手は, 看守君も, 眼を, 知人の, 石橋と, 祈祷所を, 祖筵の, 神経衰弱が, 私達男四人が, 程ちかい, 空に, 突差には, 突然彼, 競売の, 筆者の, 精, 紀州の, 絵を, 締切が, 翌る, 翌日私は, 肝心の, 胃が, 腹の, 自分でも, 自殺だ, 自由に, 與田先生の, 船が, 良人金子氏の, 色の, 芥川氏は, 若い牧師, 苦味く, 荒れしぶく, 荷馬車屋も, 菊池と, 落して, 薄寒い襟元, 蘭軒は, 術者は, 表二階の, 袴を, 見る, 見物が, 解くの, 診察を, 話頭を, 誰が, 誰に, 諸家の, 貞潔で, 買へ, 赤羽橋の, 躊躇する, 身嗜には, 車中の, 近頃は, 退出が, 這は, 遂に見逃された, 遠藤は, 郷土史の, 配給の, 酒は, 酷く寂しかつ, 重複し, 金貸しを, 鎌田氏には, 開基と, 院長は, 隠岐和一が, 集りの, 青銅器時代の, 非事吏, 音田は, 頭も, 題は, 飛んだ儲け物, 食事に, 饒速日命は, 首筋の, 馬右エ門も, 駄目に, 驚いて, 驚駭を, 魯の, 麦だけ, 鼾の

▼ つた~ (1534, 2.2%)

361183 です 86 だらう 61 だよ, ですか 55 ですよ 53 だが 50 だから 47 ですが 42 だね 36 ですね 25 ですもの 19 だつて, だな 18 ですつて 17 だと 16 ぢや, ですけれど, ですの 15 だもの 14 だけれど 9 だけど, だわ 8 だがね, ですから, ですがね, では 6 じや 5 だい, ださうで, だぜ, だつけ, ですけど, ですつてさ 4 だあ, だか, だけれども, ださ, だぞ, だらうと, ですわ, です貴女, で御座います, や 3 だからね, ださうだ, だん, ですかと, ですと, ですな, やが

2 [23件] か, かい, さ, だからな, だからなあ, だなあ, だねえ, だらうそれにしても, だらうな, だらうね, だらうよ, だろう, だネ, でございます, ですお, ですかねえ, ですからな, ですけどね, ですぜ, ですそんな, ですのよ, です親分, べ

1 [131件] かいな, かうと, かね, そうして氣, そうしよう, そうなる, だいつぞや, だお, だお玉, だからねえ, だがな, だがなあ, だけども, だこの, ださうだが, ださうだけど, ださうだね, ださうです, ださうですね, ださうですよ, ださうで下谷, ださうな, ださき, だし, だすが, だたいした, だつたつけ, だつたね, だつてさ, だつてちやん, だつて矢張座興, だといふ, だとか, だとね, だとよ, だなう, だなと, だなんて, だひどく, だもう, だもん, だやつぱり, だよなあ, だらうあんな, だらうか, だらうが, だらうさつき, だらうつて, だらうなどと, だらうもう, だらうチユウ, だらうツ, だらう何, だらう可哀想, だらう離縁状, だろうが, だろうと, だろうね, だア, だツ, だホラ, だ三輪, だ五合, だ位, だ併, だ俺, だ兎, だ八, だ冷かしたり, だ助けて, だ勝, だ大, だ奉書, だ帝はや, だ平次, だ極印入り, だ死, だ畜生, だ相, だ船, だ詳しく, だ逃げて, だ間違へた, だ順序, である, でしたが, ですかい, ですからね, ですからねえ, ですけども, ですこ, ですそれで, ですねえさん, ですのに, ですわね, ですア, ですツ, です三年, です参考, です是, です最う, です死んでから, でなきや, でなきア, でねえツ, でも, でもねえ, で御座いますか, どツ, なら慥, は失望, べえ, べな, べなあ, べや, べ學校, やな, やろ, やろが, やろ執こいえ, グッと, 一応の, 張り出した強情, 沈んでは, 泣きだしたと, 流しの, 知ると, 裏切られれば, 言うまいと, 近づいたら極力, 逃げられないと

▼ つた~ (1297, 1.8%)

28 のやう 25 はもう 22 のこと 13 である 11 であつ, にはもう 10 はまだ 9 に, の事 8 には私 7 だつた, と同じ 6 にはお, に自分, の作, の印象, はお 5 でした, の話, 代助

4 [11件] には, にはその, には彼, には既に, に彼, に手, の光景, の心地, の気持, は, は何

3 と同様, にその, には表, にみのる, に母, に行, のあの, の彼, は御, は流石

2 [67件] おつぎ, お品, から, からの事, から俺, から妙, から最早, がさうだ, さう, だ, だけである, で, であらう, です, などには彼, にあなた, にそれ, にはすでに, には何, には少し, には未だ, には東京, には神さま, には窕子, には自分, には野, にふと, にもあつ, に僕, に出る, に初めて, に比べ, に私, の外, の御, の心持, の方, の歌, の窮屈さ, の腰付, の自分, はこの, はこれ, はさすが, はその, はどう, は二階, は何とか, は何處, は先, は其の, は前科者ぢ, は大, は平次, は平生, は座敷, は既に, は本, は案内, は渠, は百二三十戸, は第, は胸, は誰, は踊子, もあの, 若い女

1 [884件 抜粋] あつしも, あの場, あの繼母, あの衝撃, ある手品師, ある日勃士敦, あゝこれ, いかにも極り惡氣, いきなり口, いつそ私, うちじうスキヤキの, おかく, お師匠さん, お組, お霜婆さん, お鳥, かであつ, かねて, からこいつ, からし, からずつと埼子, からだつた, からの続き, からもう, からも絶えず, から不意, から入唐, から好い, から彼ら, から忘れ, から氏, から眉, から覺悟, から變, かれは, がある, がそれ, が一番, が初め, が本当, が記し, が記してない, こそ彼, このまま大地, この夢, この女, この婦人, この数字, この鳩, さう云, さすがに, すぐかうした, すぐに, すつくり, せまつた彼, そしてピヤノ, そのそば, その不審, その大, その姿, その家, その岩, その藝者, その話, その近く, その頃三年, それとなく皮肉, たしか変, だけだ, だつて, でしたが, ですよ, でない限, でなきや, でもすこし, でも例, でも別段, でも毛布団, でも脚, で滝, とあの, とおんなじ, との間, とはぐつとやつれて, とは別人, とは打つ, とは違つて, と余り, と同じく突然, と同様徐ろ, と殆ど, と違つて, どう云, どんなに口惜し, などに秘か, などは寧ろ, などは氣, などは自分, など彼, など恋人, なんか川, なんだか海, にあたり, にいづ, にお, にかくれ, にから, にさ, にさし挾み, にたしか, にちよ, にです, にね, にはあすこ, にはいくらか, にはいつ, にはおそらく, にはおん, にはきまつた, にはしかし, にはせめて, にはそれに, にはまだ, にはまつたく, にはもつ, にはや, にはやはり, にはヒユウ, にはプラトン, には一人缺員, には一體, には三十巻, には三千円, には二つ, には亞尼, には人, には何故, には僕, には先頭, には其処, には初太郎, には友達, には吾等, には堀口等, には外, には大変, には宿賃, には小使, には就中臆病, には已に, には彼女, には徒刑一年, には得意, には心配, には必ず, には恐らく, には手元, には方々, には時, には月, には果して, には母, には気, には決して, には活動力, には潰れた, には激しい, には白い, には細君獨, には花束, には薊, には覿面, には足許, には雨, には雲脂だらけ, には非常, には飴, には鳥, にふい, にほ, にまだ, にもああ, にもおち, にもそれ, にも七輪, にも伝染, にも古今傳授, にも君, にも平, にも校, にも火, にも私達, にも脇腹, にも起居注, にやつぱり雪, にやま, にや三人, にや悚然, にや自分, にア, にタケミナカタ, にブリスベイン, に一人, に一向, に一決, に丁度, に与里, に二三ヶ月読書, に云つて, に互に, に交合, に倖, に其派, に兼次, に冬子, に勝手, に取り交す, に口鼓, に古賀, に和田さん, に外, に女達, に妻, に始め, に始終, に学校, に少し, に岡, に強, に彼等, に思はず, に思ひ出した, に恰好, に悶絶, に新聞, に於, に晨, に曲亭先生, に村長, に植物園, に歌, に氣, に汚, に涙, に漠然と, に熊, に神, に突然, に竜, に羅漢寺, に耳, に若, に葛西氏, に見えた, に見せる, に見たら, に言つた言葉, に詠んだ, に誰, に途中, に運, に限つて, に騒がしい, ぬま, ね艶子さん, のあそびである, のいき, のま, のキミ子, の一刹那, の不都合, の二つ, の人々, の何, の何気ない, の偶然, の冷淡, の口癖, の呼吸, の土産, の姿, の尊屬, の年號, の彌, の恰好, の感傷性, の所懐, の手紙, の政治, の有様, の殘, の母, の氣持, の水夫, の状, の用意, の痛, の白痴, の眼, の筒井伊賀守組同心相場, の美しい, の興奮, の英語, の記憶, の調子, の足, の遺風, の鞄, の頼み, の餘, の齢, はありません, はいつも, はいづれ, はかれこれ, はさながら, はじめて原稿料, はすでに, はただ, はどうやら, はどんな, はほぼ, はほん, はまる, はゆら, はダンス, はネルヴァール, は一つ, は一同驚愕, は三田, は下男, は予, は二人差, は二本目, は佐野松, は何だか, は何となくどきりと, は俗, は全く, は其思想, は冬, は初め, は加藤, は勿論, は十二歳, は千二百圓, は半ば夢, は反, は可哀相, は味方, は土地, は圭一郎, は夕暮れ, は大風, は女, は如何にも, は妙, は定吉, は実際, は實, は寮, は平常, は当時六歳, は恰度職員室, は慘め, は我, は提灯, は文箱, は日本橋, は最も, は朱蘿, は次第に, は此, は此処, は決して, は深く, は爲方, は生き, は生憎, は皆, は目, は相手, は眞水, は眠つて, は矢張り客, は私達, は義男, は聞い, は脇差, は腹, は若々しい, は苦し, は袂, は見物人, は覺悟, は觀音樣, は遠近, は金額, は離屋, は雨, は頽廢, は馬, ばかりで, ふとある, ふとした出来心, ふと千代子, ふと彼, ふと目, ふと豊か, ほど無, まあ今日, またへどを, また私, までそこ, までの歌, もいい, もうあたり, もう午, もう連中, もさうで四庫簡明目録, もその, もた, も今朝檢め, も同じく, も多く, も女, も新太郎ちやん, も晩, も此縁故, も決して, も知らし, も自分, も貧乏, も随分, も風呂敷包, や其他, や雨, よりずつと天上, よりは寧ろ, よりほか, より一層, より生きいき, より高天原, をおい, を思出, を見計らつ, ドンと, ネどうも, 丁度盆, 丁度靈岸島, 不図次, 不図私, 乗て, 何だかわたし, 其のホテル, 其の洋傘, 其の身體精神, 円い十四日, 到頭來, 包むで, 又は自国, 及び時間性, 同じ記者, 吾が心, 呼んで, 大きな爐, 大打撃, 始めて緊張, 始めて自分, 少しでも, 後戸, 必ずお礼, 忽ち一, 思はず足, 感じたこと, 或人, 或清吟, 探して, 既にと, 既に発展, 最早や, 最早伊勢, 果して一匹, 毫も得る, 漸く不意, 白い若くは, 突然デブさん, 突然夫人, 純ちやん, 聞いてた私, 自惚, 若き研究家, 見ると, 詳しく話した, 諦めの, 追ひつ, 遂に發狂, 鋭い嬌声, 鋭い嬌聲, 附いたの

▼ つたから~ (1245, 1.8%)

177 である 6544 です 25 だと 15 私は 14 であつ 10 だつた 8 だを 7 でも 6 であります 5 で, ツて, 今度は 4 して, それを, では, なの, 僕は, 僕も, 鴨が 3 これは, だが, ちよいと, であるが, であると, 何も, 堪らない, 安心し, 容易に, 直ぐに

2 [42件] あなたは, おれは, お前に, お前の, お酒, きつと, この時, さう, それで婆さん, たまらない, だらう, だわ, でございます, でございまする, ですよ, なので, 之は, 仕方が, 僕の, 同君の, 向ひ, 女には, 如水は, 宜い, 家には, 小説の, 市民の, 平生の, 御好意, 急に, 態, 持つて, 搆いつけ, 明日來て, 歩くの, 無理も, 私が, 義雄は, 腹の, 蕎麦の, 見て, 見に

1 [717件 抜粋] あきらめたまで, あたりに, あの名高い, あの守袋, あるいは彼, ある人, あれは, あんな術, あんな風, いかにもそれ, いくら自分, いけなかつたん, いつも庭, いづれ唯, いよいよ本性, いろいろ罪を, いわなかつたと, うつちやら, え, おとなしい女, おもはゆげ, お前にも, お喋りしち, お暇, お袋こと思あ, お鳥, かうし, かんかん云つたの, かんにんし, こう答えた, このとき, このアラブ人, この三つ, この上, この定期試験, この歌, この調査録, この邊, この部屋, こぼれ生え, これから僕, これだけに, これまで, こんなにな, こんな木, こんな死に, こんな田舎ぢ, さう考へたの, さて, したが, しばらく滯在, しめたと, すぐに, すぐ効き目, すぐ效いち, すべてが, そこの, そして買, そのおかみさん, そのま, その人, その儘持つて帰つて, その小説, その後の, その所持金, その方, その私, その繁代, それから, それから此人, それぢや, それで今日, それで可, それで瀬川君, それで言, それに, それは, それよりずつと, そんな光景, たいした用事, たまりません, だかも, だで, だといふ, だに, だの, だよ, だらうと, だらう胃, だ外, だ掻いて, だ非常, ついぞ兵野, ついでに, つい持つ, つてああ, つてどうして, つてバクチ打つ, つて今日は, つて何も, つて俺の, つて尻尾を, つて意志が, つて私に, つて私の, であらうか, であらう最も, であらう餅菓子, であるかく, であるかも, でこの, でした, ですわ, です貴所方, でせう, で外, で孔子, で御座いませう, で有る, で母, で而, で配下, といつて定期刊行物の, とうとう我, とめて, とり敢, どろ坊, どんな医学的, なのであ, なン, びつくりし, まあやれる, まあ言, またそれ, また手紙, まづい, まはり, まるツきり, もうこれ, もうよ, もう三十年, もう何, もう此, もう泣く, もしか学問, もはや見るべく, やめた, やりましたよ, ゆめ異, よろしい二階, わからなかつたの, わたしも, ゐないよ, ウームバターリと, ギユツと, ギユーギユーいつ, チヤンと, トッ, バカバカしいから, パンの, ボンヤリし, モトデがか, ロンドンに, 一向にと, 一圓五十錢にも, 一寸立ち寄, 一尺十二三錢位の, 一日延す, 一笑に, 一緒に, 丁度一年目の, 七郎丸と, 三枚の, 三輪の, 不幸な, 不精無精に, 与らんこと, 両側には, 主人を, 事務所の, 二三人の, 二三日歸らない, 二人は, 云ふわ, 亭主も, 人生よりも, 今から, 今にも危, 今二十五才だ, 今度美樹でも, 今日にも, 今日は, 今日も, 今更何, 今此, 仔細は, 仕やう, 仕合せに, 会話を, 伯龍の, 何ぞ落語, 何とか言つて護摩化, 何処で, 何時でも, 余は, 余程の, 佛罰が, 便所へ, 俺も, 借りるの, 偉いの, 健康といふ, 側に, 傷持つ, 僕らは, 僕等は, 光秀は, 兜を, 全く兄, 全く魅力, 全乗客, 八郎の, 六十七歳まだまだこれから, 六時に, 六朝より, 兵隊の, 其の灯, 其儘少し, 其場で, 其處から, 再び脇, 凡そ安楽, 出て, 切支丹の, 別れに, 別人かと, 別段僕, 剪り直す, 助かつ, 努めて取りまとめ, 勇んで, 勘平の, 勢威を, 勿論だ, 十日も, 十時頃だ, 原稿などの, 又はひつ, 友達の, 受取られたい, 口惜しくて, 可笑い, 右手に, 同僚一同, 向の, 君の, 君も, 命は, 和談の, 四五日は, 四谷の, 圓朝は, 堪りは, 夏だつた, 外國からも, 多分早春, 多量に, 夢中に, 大きな提灯, 大丈夫かい, 大丈夫だろう, 大勢の, 大友義鎮はじめ家臣一同, 大急ぎで, 太だ, 奈良朝から, 奥様に, 女らしい心持, 好い加減に, 好かつたもの, 妄りに, 妾肖像画も, 始終憶, 委しく書く, 姦通事件も, 嫌で, 嬢様は, 学校の, 學者にでも, 安心した, 官も, 定吉も, 実はあたし, 家中大, 富岡さんは, 寒いと, 寝たま, 寢卷き, 小学や, 少しく伐り去らう, 少し休んでる, 少し煎つ, 少年は, 崩れた此土, 左程, 巧く, 年下の, 広忠, 引張つて, 彌八, 当時然, 彼は, 彼奴の, 後は, 後をも, 從て, 御新造さんの, 御檢使, 御殿へも, 御老人さ, 心配は, 念の, 急には, 怨んだの, 恁うして, 恰度丑満, 惡しからず, 慰藉と, 懐ろの, 我儘育で, 或は支那人, 戸を, 戻つて, 折角出, 拔き, 拵へて, 換へて, 教へ, 日を, 日和下駄の, 早い五時, 早くからうち, 早く歸つて, 早御飯, 早速裏, 早速部下, 早速電話器, 明日が, 明日の, 明日は, 春浪君も, 是で, 晩秋の, 暖かいの, 更に恐れる, 更に桐油, 最御崎寺の, 朝と, 朝に, 来るたび, 東京の, 構いつけて, 樽野の, 止して, 止めたのよと, 止めに, 正直に, 正衞, 此れ, 此上の, 此第一信の, 此足袋を, 武藏の, 歸れ, 死んだ人, 母親に, 毛唐の, 気は, 氣に, 永機なぞと, 汽車衝突の, 泣かれたやう, 洛中の, 浮かない先生, 湯殿へ, 演説は, 潮さきを, 澄まして, 火の, 炬燵の, 無切符, 無理に, 然も, 父が, 牛の, 物に, 物足りない腰, 特に面白い, 独りの, 猶更今日, 現に私, 生れ変つたやう, 生徒を, 當てにや, 癪に, 白足袋を, 皆な, 直ぐ手, 直ぐ歸, 直し來, 直ちに承諾, 直に君, 真実さう, 矢張その後から, 矢鱈に, 知つ, 知つてゐる, 知らず識ら, 知らない振り, 祭りの, 禁制も, 私たちは, 私と, 私も, 私達は, 称するの, 窓掛の, 竹包に, 笠も, 笹の, 紅葉の, 給金は, 縁側へ, 繩張り違ひだが, 罰が, 羽鳥を, 聲の, 肉眼で, 脇差と, 腹合せの, 自ら請う, 自分の, 自発的に, 與吉は, 芝居は, 花片緋の, 苦心も, 荒筵でも, 落ちついたなら聞かうと, 薬を, 蛍を, 行つたのさ, 西洋料理とは, 見たので, 見る方, 見物で, 規律の, 親の, 言つた, 訊かれると, 読みづらい, 誰が, 誰にでも, 誰の, 誰も, 諸方の, 讀んだにも, 買ひたい物が, 贋物だ, 足を, 身過ぎの, 途中で, 道具は, 道具も, 遠慮した, 避難所には, 酒を, 醫者樣さ行つて來べと, 重要の, 金の, 金を, 鉄筆を, 錢形の, 開けたの, 間に, 隙を, 露はに, 顏を, 顔を, 風に, 飛んで, 食事や, 餅を, 駈け出したん, 騒ぎも, 鴨ロオスを, 麥稈だけは, 默つて上げ, 黙つて, 鼻髯は

▼ つた~ (1100, 1.6%)

102 があつ 65 がある 27 ではない 25 がない 23 のない, はない 18 のある 15 はなかつた 13 もあつ, もある 11 である 9 もなく 8 になつ, は無い, もない, を思出 7 があります, であらう 6 がなかつた, だと, でせう, はありません 5 がありました, が無, が無い, だ, になる, の無い, を教, を知 4 に逢, は言, も度々, も無い, をした, を申し上げる, を覚え

3 [23件] か, かとくやしく, があ, がありません, だが, では, になりました, に氣, はある, は無, もござんす, を, をし, をする, をとツこ, を今日, を思ひ出し, を思ふ, を我, を示す, を考へ, を言, を話し

2 [73件] があるまい, がいま, がございました, がわかる, が心, が持ち, が能, だけ竹山, だつて, だらう, だ理, であつ, であるが, でこれ, でした, です, ですから, でなかつた, ではありません, で阿, と思はれる, などを語, なの, なら別に, に在る, に就い, の, のやう, の嬉し, の為, の無, はありませんでした, はいちど, はこれ, はございません, はし, はその, はそれだけ, はついぞ又, はどこ, は事実, は事實, は云, は前, は名高い, は察せられる, は私, は考へ, は訣, は誰, もあり, もありませんでした, もございます, もなかつた, もよく, も云, も無, も無く, も話した, をお, をみんな, を云, を凡て, を喋つて, を喜ん, を後悔, を忘れ, を感謝, を松太郎, を知り, を致しました, を訊く, を話した

1 [403件] あつた, あらしまへん, あるかね, あ無い, かしつこく, かそれ, かね, かもしれぬ, かも知れず, かも知れぬ, からあな面白, からせん子, から來, から起る, か冷たい, がありましたらう, がありませんでした, がいかにも, がいや, がお, がどうして, がなき, がなく, がなけれ, がはつきり, がびどく私, がゆき子, がよく, が一二度, が一度, が云, が今日, が入り, が出, が出来, が出来たで, が分る, が多から, が失つぎ早, が如何, が思ひ出された, が恐い, が悪, が意外, が時々, が書い, が有りませう, が有る, が樂, が気, が現実, が真理, が知れる, が確実, が窺, が細々, が義男, が見える, が言, が記され, が許すまじき, が起つた, が起らなけれ, が起る, が違, が際立つ, この先きの事, さ, しかい, それから私, だから, だけである, だけは明かだつた, だけは確, だけは認められるであらう, だつた, だなどと, だらうと, つちや, でありました, でありませう, であること, である筈, でしたが, でそれ, でないから, でないので, ではある, ではあるまい, ではあるまいで, ではございません, ではなかつた, ではなく, では無, では無い, でもない, でも起りました, で一々, で各, で惡, で此, で歴史上人物, で無く, とか, とその, ととにかく, となる, とは言, とも思はれます, と云, と何等, と取, と思ひます, と曲り角毎, と自分達, と見, ないけど, ながら説かね, なく三藏, なし, なぞが目, なぞは殊に, なぞを最早, など, などがそれら家族たち, などそれから, などは無い, などほとんど, なども此意味, などを一人, などを一流, などを想, などを考へ, などを説明, ならば, なれど, なんか一度, なんか知らず, なんぞ思ひ, にし, にした, についてあつ, についての御, にどの, になつた, になつて, にはあの, にはこの, にはす, にはなつた, には三分, には乗り出す, には予, には今宮, には単純, には好人物, には少女, には文字通り骨, には本屋, には相部屋, には神様, には私, には紺, には舷, には足, には身体, には醜い, にみのる, にも格, にア身躰, に出会す, に妙, に対しても疑, に対して一通り, に對, に就, に心づく, に思はれた, に気がつい, に注意, に責任, のあつたらしい, のなかつた, の中, の事實, の喜び, の多く, の始末, の嫌, の悲しい, の手前, の挨拶, の条件, の真, の結果, の言ひたい役場, は, はあつ, はあり, はありますまい, はいま, はご, はござらない, はせめて, はそれ, はつかまりました, はなから, はよもや, はわからんです, はイタリア, はケロリ, はミネルヴア, は一度, は不思議, は中, は予, は何, は何度, は允恭紀, は全, は全く, は全然, は其の, は其室玉瀾, は出, は動かす, は只, は否まれなかつた, は唯, は嘘, は地, は宋以後, は實物, は山中, は彼, は後鳥羽院, は必ず, は悲しむべき, は措きまし, は書いてないらしい, は最早, は有りませぬ, は本, は極, は段々, は決して, は滅多, は無く, は留学生, は疑, は皆嘘, は知らぬ, は知らねえ, は筒, は絶無, は罪, は考えられず, は聞い, は自由, は言はず, は誤り, は豫, は過ぎ去, は道理, ばかり云つて, までも根, まで皆自分, もあつたらし, もあまり, もありました, もあります, もあるでせう, もあるらしい, もいま, もそり, もない貧しい, もなけれ, もなし, もまた, もゆき子, も一つ, も之, も争, も事実, も事實, も仔細, も其方, も判つたの, も劍持, も嘘, も大, も嬉し, も少い, も恋, も月さ, も無し, も珍, も皮肉, も聞え, も覚え, も記憶, も話しました, やあれ, やそれ, や一度, や今日塔, や列車, や医者自身, や又, や未來, や正しく, や爲, や着物, よりももつともつと, をあそばさぬ, をいう, をいふ, をお話, をきい, をすぐ, をずつと遲, をなさる, をはつきり, をはなした, をふと, をほこり, をやらう, をやり, を一つ, を云つた, を云つたそう, を今, を仕出かした, を優しい, を其の, を取り次いだ, を吹聴, を吹聽, を告げたら, を喜んだ, を土臺, を妻, を始めました, を委しく, を嬉しく, を守らない, を平気, を得, を思はせる, を思ひ, を思ひ出した, を思ひ出しました, を思ひ出す, を悔い, を悪い, を想, を愈, を懸命, を或, を承認, を指し, を改めて, を昨日, を止め, を正直, を殘念, を深く, を漸く, を申し上げた, を皆んな喋舌ら, を直しました, を知つた, を知つた時, を知らせ, を示し, を第, を繰返し, を考える, を考へなけれ, を考へる, を聞い, を聞かれたら, を聞き, を腹の中, を自ら, を見れ, を覺, を言つたの, を言つて, を訊いた, を記憶, を話さず, を話せ, を誠に, を證, を追想, を遺憾, を長つた, を非常, 凡そ前日來經歴, 御座いませんの, 無いの, 辛い感情

▼ つた~ (1084, 1.5%)

198 違ひない 146 相違ない 111 しても 51 ちが 41 違ひありません 15 ない, 相違ありません 12 過ぎない, 違ひあるまい 9 ないこと 8 しては 6 相違なかつた, 違ひなく 5 したところ, 相違あるまい, 違げえ 4 口を, 外へ, 相違なく, 過ぎないの, 違ひ

3 [12件] した処, すぎない, すぎなかつた, なかつた, ゐない, 五日と, 使は, 無い, 笑は, 違げえねえ, 違ひ無い, 間違ひ

2 [25件] あけた事, あるもの, きまつて, ございません, した所, しろその, しろ僕, しろ夫, せよ, ないが, ないやう, なつて, 人に, 外出する, 夫れで, 對し, 就いて, 就いては, 就て, 相違無い, 過ぎないで, 過ぎまい, 違いない, 違ない, 違ひある

1 [333件] あたくし, あの芝居, ありそう, ありませんでした, あること, あるまい, あるまいと, あるまい修行そつちの, ある筈, いないはず, おとづれも, お出ましに, お目, かかはらず事實, この山男, こぼさない涙, こぼれないで, こぼれないわたし, こんなふう, こんな事, こんな旅, さう, ささない八方塞がり, した, したところが, して, しなかつた, しめつけられギャアギャア, しろこれ, しろさ, しろそれ, しろそんな, しろそんなに, しろ一応, しろ今日, しろ其, しろ其樣, しろ到底, しろ将, しろ左樣無謀, しろ彼, しろ恐らく, しろ本, しろ此樣, しろ水中, しろ燒物, しろ父, しろ直ちに, しろ自分, しろ魂, すぎないの, すぎないので, すぎないのに, すぎぬ, すぎぬの, せよかりに, せよこちら, せよさて, せよそ, せよその, せよどうせ, せよまだ, せよ上國, せよ仏蘭西文壇, せよ大体, せよ師, せよ彼等, せよ案外, せよ餘, その蛇, それでは何, それを, ちがいありません, ちがいない, ちがいないです, ないと, ないどころ, ないながら, ないに, ないの, ないもの, ないらしい, ないわ, ない不注意, ない人間, ない偶然, ない好日, ない安楽, ない成功者, ない楽しいもの, ない機会, ない爺さん, ない聡明, ない頭痛, なかつたけれど, なかつたと, なくいつか店, なし, はいれない一浴, はなつたけれども, ひかされまた, ぶつかるもの, ほひが, ほひの, まかれて, むかへて, やらず粒々辛苦, やらないん, やりたれば, よると, わらんべは, ゐないで, ギツクリした, クサンチスは, 三論や, 下へは, 下手人の, 不拘, 乘じ, 二人の, 人が, 人と, 仔細は, 会は, 何事ぞ, 使ふも, 來ぬ, 來ません, 係はらず, 係らず其の, 係らず固有, 係らず文句, 停電する, 傍から, 傾城はかまへ, 八ヶ嶽には, 其の晩ハスラツク氏, 其話を, 出かけないし, 出たこと, 出て, 出ない, 動いては, 動じない老師, 反して, 反し古典主義, 反し新興ブルジヨア階級, 口に, 吐いたこと, 吾, 味へ, 墜ちるも, 声ざまも, 外へも, 外出しない, 外出を, 大男は, 夫人には, 失敗も, 好く高山さん, 子供だけ, 家に, 寄りつきは, 寿命が, 少しの, 就きましては, 居ない, 山男は, 巡査も, 帰つた, 帰つて来ない, 平安などは, 平素思出さない, 引代へ, 引違へて, 往来しない, 得られない此, 從つて生活も, 御坊様旧の, 御祈, 怒つたこと, 思ひつめて, 思ひ出さなくなつ, 感心する, 我が先, 我は, 手紙を, 打ちそこなうこと, 折り重なつた上, 拘はらず今日, 拘はらず文章, 拘はらず私, 拘らずお礼, 拘らずそして, 拘らずその, 拘らずまた, 拘らずフォイエルバッハ, 拘らず二歳年上, 拘らず今日, 拘らず代議士, 拘らず僅, 拘らず出掛けたと, 拘らず否或は, 拘らず啓蒙時代, 拘らず家庭, 拘らず實行豫算, 拘らず後, 拘らず思想的, 拘らず政府, 拘らず政綱粛正, 拘らず時, 拘らず此, 拘らず熊五郎, 拘らず私, 拘らず結果, 持つた事, 持つて, 散亂, 數日の, 文台は, 於て, 旅行する, 映画も, 晝寢を, 来ない温泉, 来ぬから, 来ません, 来られる場所, 柏軒は, 機會が, 欠くこと, 歴史は, 歸つて來ない, 死なふぞ, 比して, 氣が, 求めて, 決つては, 決つて居ります, 泊れる, 泣く事, 洋裝なんぞを, 浮ばない, 温泉などにも, 無いクッキリ, 無くなり八月, 無くなること, 無理は, 燃え立つて, 独り安石が, 現れず東奔西走, 甘さ, 由つて, 由つてあの, 由つて伴天連が, 由つて何として, 由つて悄々その, 由つて極めてよく, 由つて見る見る, 町では, 町へも, 異ひない, 疊は, 疑ひは, 疑無いが, 疑無いけれど, 相手は, 相違ございません, 相違なから, 相違御座いません, 相違無く, 知らない, 穿かないといふ, 繋らず一面, 繋らず其, 翫具を, 聞かない惡戯, 肉体的な, 自分の, 若々しい讀書, 螫し, 行かずおかず, 行くこと, 街などは, 見かけない珍景, 見られないといふ, 見られない歓喜, 見られない言葉, 見られない風呂敷, 見られぬぞといふ, 見られぬ風景, 見る見る黒雲, 解けたためし, 言ふべき, 詞は, 詰らない寂しい, 読まない性分, 読めない, 通らず上諏訪, 通らない願はく, 逢ふ, 連れて, 過ぎないかも, 過ぎないと, 過ぎないといふ, 過ぎないに, 過ぎないので, 過ぎない所, 過ぎなかつた, 過ぎなかつたが, 過ぎなかつたの, 過ぎなからう, 過ぎぬが, 過ぎぬの, 過ぎぬやう, 違ありません, 違ひあらへん, 違ひありませぬ, 違ひなかつた, 違ひなから, 部屋を, 開かれるやう, 関はらず, 附會した, 降らなかつた, 雨はじめ, 雨戸を, 顔を, 風呂はへ, 飲めない, 飲めるものぢ, 騙して, 驚いたで

▼ つた~ (1002, 1.4%)

18 とおも, どうか 14 知ら 11 私は 10 して, 知らぬが 9 八, 忘れたが, 知れない 8 わかりません, 知らないが, 知れなかつた 7 それを, 知れぬ 6 それは, 姿を 5 知れません

4 [14件] え, どうかは, どうだ, わからない, 一人も, 何う, 分らない, 女だつた, 急に, 振を, 無かつ, 私が, 覚えて, 覺えて

3 [18件] おぼえて, さう, それも, どうかといふ, アメリカの, 一昨日だつた, 今は, 俺を, 兎に, 兎も, 分りません, 影も, 愚な話し, 知らねえが, 知れないの, 見えません, 見當, 解らない

2 [49件] あの方, え野村君, お前の, お前は, これが, さあ陽気, さても, そんなこと, そんな事, どうかを, ぶりの, ぶりを, へりに, わからないやう, ツ, 今にな, 信吾の, 分らなくなつ, 分りませぬ, 卒かに, 君, 君の, 否かも, 大旦那, 女を, 姿も, 容易に, 少しも, 平次は, 忘れて, 怎かも, 支那に, 此家に, 犬に, 知らと, 知れないん, 知れは, 石本, 經たない, 自分の, 若旦那はと, 藤枝は, 行かないか, 解りません, 記憶が, 詳しく小川さん, 貴方はよ, 足を, 野村君

1 [631件 抜粋] あいかわらず例, あつしは, あの枝, あの髮, あるひ, ある小学校, あんたがなんて, いかなる由緒, いくらさがし, いささかあわて, いづれ急行, いまだに, おつか, おつかさん, おらに, お前さん達は, お幾, お役人, お神樂, お耳, お聞きなすつた, お話しいたしませう, お雪さんの, かうトウルゲネフ, かう聽, こう問いかける, こちらへ, ことや, この家, これも, こんな事, ごろりと横, さいそくの, さもなければあんな, ざつと六十貫よ, しかも雨, したの, しれないが, しれなかつたの, しれませんわ, すばらしく立派, そいつは, そいつも, そこに, そしてそれ, そしてまたいかに, そして岸の上, そのいづれ, その一かけらさ, その反対, その日, その時, その經路, その説, その頃小石川の, それから, それつ, それともこつ, それともこの, それともその, それともだれ, それとももつ, それとも他, それとも彼, それとも手綱, それとも早, それとも浮氣心, それとも翌, それとも興ざめ, それとも遲, そればかり, たみは, つい気, つい見落した, つと地獄絵, とても今, どういふ, どうかが, どうかと, どうした, どうしても面, どうして拔, どうもお前, どこかで, どこから, どこだつた, なあに十に, なんでも, にやにやし, はい, はつきり覺えて, はつきり記憶えて, ひもなく, ひよい, ふとこんな, ふとそこ, ふと唄, ぶりで, へす要件, へりみて, へり四五人, ほも, まさか此時分, またいつも, また何故, まだ金車, まつたく記憶, まるつ, まるで見, まアよ, もうあたり, もう一度主人丹右衞門, もう一度何時もの, もう其邊, もう忘れ, もう解らなく, もし必要, やはり羽根さ, よくおぼえ, よくは, よく覚え, わからずに, わからず死んだ兄, わからないから, わからない一本マスト, わからぬほど, わからねえが, わからんから, わけが, わすれたが, わたしだつた, アメリカに, ガスコンで, ガラツ八, ガラツ八の, クラリモンドの, スル, スルリと, ッ, テルちやんだ, ロスト, 一刀の, 一寸は, 一寸わかり, 一應の, 一言や, 丈の, 三四年前の, 三方から, 下駄などが, 不可解だ, 不意に, 不明である, 中の, 中島博士の, 主人佐渡守の, 乃至は, 二つ蕾ん, 二人が, 二歩三歩退却し, 五六度も, 亜米利加の, 京都の, 人も, 人を, 今では, 今と, 今の, 今年の, 今年は, 今思ひ出さう, 今日あたりは, 今朝その, 他の, 何しろ仕事, 何しろ寒い, 何しろ東京, 何でも, 何時仕, 何時終る, 何處を, 使の, 傍には, 僕に, 僕には, 僕の, 先の, 先代の, 全く知らぬ, 八五郎に, 八五郎は, 八戸締りに, 六本木の, 其の時, 其れ, 其姿が, 其次の, 内の, 内懷, 再ゴロリ, 凡そ文学, 分らないの, 分らなかつた, 分らなくなつたよ, 分らなくなるの, 分らぬと, 分りませんわ, 分りや, 分んなく仕つちや, 判らず一策, 判らない, 判らないが, 判らぬが, 判るだらう, 判れば, 利休は, 剥いで, 勿論それ, 勿論彼, 十五人組と, 十本だつた, 千葉だつた, 半, 半分は, 南無阿弥陀仏, 博士は, 又は娘, 又ゴロリ, 友達の, 双葉の, 叔父も, 只一寸口元に, 右手に, 同国の, 名の, 名前は, 名前を, 君知つてる, 否かは, 唐の, 商務官だつた, 喃お, 喜ぶ顔, 嗅ぎ出すん, 四五人ある, 四季亭の, 困るだな, 土地も, 地から, 墺太利皇帝フランツ・ヨセフに, 夏だつた, 夜中まで, 大いに笑つたこと, 大きく眼, 大統領に, 大阪に, 大阪教会で, 女がかは, 女史が, 女成金の, 如何か, 如何なる家, 如何に, 始めて, 姿は, 娘を, 季節の, 孤蓬庵だつた, 定吉の, 家内が, 小僧は, 小学校の, 小説家の, 居ねえわ, 嵩にか, 巡つて, 巡つて來, 左へ, 左手を, 左様真面目顔, 市街鉄道は, 帽子を, 平次, 庇を, 廊下で, 影さへも, 彼れ, 待ち兼ねたといふ, 後に, 御存じです, 微官, 徳大寺への, 忘れた, 忘れました, 忙しく雪, 念入りに, 思ひ出せないが, 急いで, 怪むべきである, 恁んな, 悪かつ, 想像が, 想像に, 態, 憶えて, 或は一寸間, 或は中西氏, 或は何等, 或は太子, 或は火, 或る, 戯談紛れに, 手紙を, 折角冷え, 振りと, 振りを, 攝津が, 文學と, 斯う, 新潮社の, 新聞に, 新聞社の, 日が, 日本語でした, 日記にも, 春葉と, 昨夜は, 暫らく姿を, 有りやあ, 有島武郎氏が, 木戸は, 本を, 来て, 枕もとの, 棒杭に, 横山大観と, 横手を, 樽野は, 正直に, 此近辺の, 武さんを, 歩いて, 殆ど覚へて, 母だつ, 氏の, 気が, 水の, 汝記憶えと, 沢山直切らつ, 法外な, 泣いたか, 泣いて, 洒落者の, 海山が, 深い, 清朝の, 減らぬか, 溝から, 滝本も, 滴がか, 演説について, 火事か, 無くな, 父は, 物の本で, 玄能で, 珊五郎, 理由は, 甚く, 甚だ腑, 町内の, 画かきは, 略目当ては, 百日紅の, 皆暮わからねえ, 盂蘭盆だつた, 目録は, 直ぐ見, 相国寺の, 相変らず, 眉を, 県会だつた, 眠らないか, 眼だけで, 知つた遁が, 知つてるだらう, 知つて貰へ, 知ません, 知らなかつたが, 知らむと思つて, 知らんといふ, 知ら二つ位, 知ら忘れた, 知りたいもの, 知りは, 知りません, 知りませんが, 知りませんけど, 知り得たの, 知る由, 知れないが, 知れないじや, 知れないわ, 知れませんが, 知れませんので, 知れませんよ, 知れやあ, 社会小説でした, 福田博士は, 福田徳三博士が, 私には, 私も, 私達の, 私達は, 秋月が, 突然, 突然呵々, 突然椅子, 等の, 米国の, 粋客だ, 紐育で, 結城哀草果氏の, 翌る, 聞いたか, 聴水, 胡麻鹽頭を, 腑に, 自分が, 自国の, 與吉は, 船頭は, 苦い顏, 英国通ひ, 莫斯科の, 蒙匪襲撃, 藤屋だつた, 行は, 表紙の, 西洋人の, 見あたりませんでした, 見えなくな, 見えなくなつ, 見付からない, 見付かりません, 見定めが, 見定めた者, 覚えが, 覚えないが, 覚えは, 親仁は, 親分始め世間樣も, 解らないほど, 解りませんが, 言つて見い, 計り知れない, 訊いて, 訊きたいん, 訣つた, 訣らぬ, 話しを, 話題が, 詳しく訊い, 誘拐された, 調べたいと, 調べて, 謙道師は, 警官の, 變な, 變態心理に, 谷丹三が, 谷川の, 貰つた, 貰は, 赤いし, 赤入道の, 越路と, 跡かたも, 身軽に, 輪鍵に, 近松秋江氏は, 逃げる人, 逆鉾, 進藤樣, 遂に歸つて來, 遅かつ, 遅くなつた, 遊んで, 道代は, 酒を, 野口から, 長い時間, 附属だつた, 陽春の, 隨分パツパと, 青銅で, 頭を, 馬鹿野郎, 骸骨の, 鶴屋旅館の

▼ つたといふ~ (900, 1.3%)

30 やうな 29 ことは 27 ことである 23 ことを, のは 22 ことが, 事だ 21 やうに 18 のである 17 ことです 15 ことだ, ことで, のです, 話を 11 のだ 10 ことに, のか, のが, 事は, 風に 9 事を 8 ことでした, ことも, 事が, 事に, 話も 7 のも 6 ぢや, んだ, 話が 5 ので, わけで 4 ことだつた, ことであります, のには, 事で, 人も, 知らせを, 話だ

3 [13件] こと, んです, 事も, 事実は, 事實は, 人の, 噂が, 噂を, 意味では, 気が, 老女の, 表情を, 話な

2 [42件] くらゐ, ことまで, ことをも, のだらう, のでした, のを, わけだ, 一伍一什の, 事である, 事です, 事実から, 事実を, 事實を, 傳説が, 意味である, 感じが, 感じを, 時で, 様な, 樣子で, 母親の, 気持が, 牡丹刷毛を, 知らせが, 私も, 程度で, 観察を, 言葉が, 言葉に, 話, 話しを, 話だつた, 話だらう, 話で, 話であります, 話である, 話は, 談話だ, 通知を, 顔つきを, 風な, 風の

1 [312件] あの前後, あの國松, いろ, おまん鮨, お勝手口, お話で, お話などは, お隣の, お隣り, がい, こ, ことこれである, ことだけ, ことだけでも, ことだけは, ことつまり, ことであり, ことでございます, ことで御座いました, ことで御座います, ことと, ことなぞ, ことなどが, ことについて, ことについても, ことによつ, ことにより, ことの, ことより, ことよりよ, ことをば, ことバーの, こと以外なにひとつ自分に, こと宅に, こと竹下の, この立派, この線, この負けた, こんな七言絶句, さすがに, しして, しるしに, しるしは, たとへば死刑囚, たよりも, ところで, ところであつ, ところなどは, のじ, のだつた, のにも, はがきが, まだ座布団, ものが, ものだ, ものは, ような浮いた, より仕方, よろこびでも, わけか, わけぢや, わけでございました, わけでございます, わけに, わけは, んださうです, んだらう, アンサンブルで, ガッカリした, ソーセージを, ペルリの, 一昨年死んだ, 一節が, 三間四方程の, 下女の, 不思議な, 久米の, 事しか, 事だけ, 事だけは, 事ぢや, 事であります, 事でした, 事な, 事にな, 事まで, 事や, 事務所への, 事実が, 事実検事の, 事實が, 事實などに, 事情でも, 事近頃は, 二十年前の, 二重屋根の, 人, 人が, 人は, 今で, 仲間の, 伊三郎が, 伜の, 伝へが, 位です, 佐渡ヶ島は, 何らの, 佛具の, 便りを, 信仰譚が, 假定は, 傳説も, 其の史記, 内弟子の, 写絵の, 凄い話, 処を, 分家の, 別の, 利己的な, 十軒店の, 南蠻人の, 南蠻祕法の, 友達の, 古いお雛様, 古つ, 古風な, 周助でした, 品物ばかり, 噂だ, 噂などを, 噂は, 因縁の, 報せが, 報告が, 報告を, 報道が, 報道を, 場合は, 外には, 大きな悲しみ, 大きな言葉, 大工事, 大根の, 失望とが, 女が, 女だけに, 女は, 娘, 安らかさが, 安易な, 安積叡子さんを, 寄生木の, 小諸義塾も, 少女の, 岩下先生の, 巷の, 平原は, 幾つかの, 彼らの, 後悔も, 從兄の, 心地は, 心理状態は, 恐ろしい噂, 情報を, 意味かい, 意味が, 意味だらう, 意味に, 感じだ, 感じで, 感じな, 感じは, 感情だけ, 懺悔感謝精進の, 戸倉十兵衞と, 戸惑ひした, 所伝と共に, 技手が, 文句は, 方が, 方言丸出しの, 時でも, 時には, 時代が, 時間的経過と, 晩に, 暗い気持, 最期の, 有名な, 有様で, 有樣, 期間は, 林三郎といふ, 條件である, 椅子の, 極めて波瀾, 様に, 樣に, 樣子を, 次の, 正義である, 此上も, 武者修行の, 段取りでは, 毒を, 気は, 気色は, 氣分の, 氣持に, 水茶屋の, 決定的な, 洒落も, 浪人北田淺五郎なども, 漠と, 濱村温泉をも, 点に, 父を, 牛乳屋の, 犧牲的な, 猪之, 珍らしい, 理由で, 理由は, 理由を, 甚だ照れ臭い, 由緒付の, 男の, 男三年の, 疑ひで, 病院の, 皮肉で, 相違が, 知らせで, 知人の, 確かな, 確な, 程です, 空虚感を, 筋か, 答で, 答へ, 米田屋で, 純粋の, 罪で, 罪に, 置手紙が, 美しい女, 義弟の, 翌年には, 考へと, 耳よりな, 自慢の, 血気横溢呆気に, 術を, 裏の, 見まひ, 見込みで, 言ひ, 言葉を, 記事を, 記念から, 記念に, 記憶が, 記録が, 訳で, 証拠は, 評判が, 評判で, 話さへ, 話ぢや, 話です, 話と, 話には, 話や, 説が, 説と, 説も, 説を, 説明, 謂ゆる, 證據で, 證據にも, 證據は, 警報を, 譯だ, 豪勢な, 負惜みの考方, 足巻と, 近所の, 返事で, 進行の, 銀の, 鐵砲は, 関係から, 雪が, 面持で, 面白いうそ, 音なし, 頬冠り, 顔つきだつた, 類だ, 風で, 風でした, 風な考へ, 風説が, 驚きだ, 高級品を, 髮の, 鴨の, 鹽梅で

▼ つた~ (896, 1.3%)

137 ぢや 131 です 68 である 47 かい 23 ですが 19 であります 18 だらう 1513 であるが 12 では 1110 でした, ですから 9 かね, でありますが 8 だと 7 だが 6 だい, ですか 5 だから 4 かな, すか, ですもの, はこの, や若い 3 かも知れない, だつた, だらうと, ぢやらう, でございませう, ですけれど, ですよ, と同じ

2 [20件] かさつ, かして, かしらと, かしらん, かも知れぬ, かも知れません, が大, ださうである, だつたが, だらうか, だらうが, であるから, でございましたが, ですね, は, はお, はその, を嘲つ, 今朝かへ, 前に

1 [248件] かいそれが, かいそれぢや, かいと, かいもう, かいハツハツハツハツこいつは, かい八, かい福や, かがわかる, かぐずついた, かしら, かしらない, かそれ, かと苦笑, かなどと要らぬ, かねと, かはいらない, かも知れませぬ, かわからない, かを少し, か乱臣逆賊, があつ, があんまり, がいけなかつた, がこれから, がせいぜい, がどう, がほん, がまは, がよく, が不都合, が久しぶり, が亂世, が二円五十錢, が今, が今日, が初, が前の, が十年, が即ち, が奈具, が嬉し, が或, が戻つ, が改めて, が朝廷, が果して, が此処, が漸く, が見え, が鎌倉時代, が鏡花先生, が風, ことは, こんなこと, さ, さ御, じや, そのきき, だからさ, だけは異, ださうだ, ださうだけれど, ださうな, だつたか, だとは, だらうそして, だらうもしや, だらう声, だらう空気, だろう, だ彼女, でありました, であります愈, でありませう, であるかと, であるけれども, であるこれ, であるして, であるといふかも, である例へば, である古ぼけた紙看板, である夫, であろう, でございます, でございますから, でございますの, ですかと, ですからね, ですな, でなかつたならば, でも, でもわかつた, とその他, とをごつ, と好一対, と少し, と聞い, と腰, なぞは, なぞを, などもさうである, ならあれ, ならいや, ならそれでも, ならまだ, には涙ぐまれた, には私, には黒い, はあたし, はあり, はあれ, はいい, はいふまでも, はいふ迄も, はくどく, はさ, はじつ, はずつと, はずゐ, はそれ, はもう, はりやんこです, はわし, はテル, はパクストあたり, はレンズ, は三時ごろ, は中世, は二十二三, は井伏鱒二氏, は何時の間に, は偶然, は僕, は全く, は其必, は写生, は前, は前後, は千二百七十五年, は南齊, は善, は外, は大正十一年, は女, は女ぢ, は始め, は學, は実に, は實, は小, は小生一生, は彼, は明治, は是, は最も, は有難, は有難い, は林田英三, は此処, は此時代, は瀬越七段, は無理, は琴平社天神社, は由來久, は申す, は番頭, は當つて, は當時, は知らない, は確か七歳, は第, は老人醫學, は自然, は蓋し, は記録係, は誤り, は警部, は鳶, まねした, もその, ものだ, も先生, も和蘭商館, も夫人, も矢張り, やが, やがな, やな, やよ, や或は, ような, わくらばを, をあの, をきけ, をそれ, をなんとか, をほめ, をボリ, を一切, を一時己, を丁寧, を主題, を二本三本づつ藤蔓, を初めて, を動作, を嘲らない, を始め, を幸, を徒然, を思ひ出す, を思ひ合せる, を感じた, を慕つた女, を有難く, を概括, を此, を知, を私, を聞い, を見た, を見つけた, ん, んだ, ダ, 一点張りで, 一等だ, 二人を, 今夜は, 伯父が, 八五郎さん, 前へ, 姿を, 少しお, 惡りいん, 意味だ, 手前を, 方を, 歟定めし, 正直者が, 洋傘が, 知つてべな, 絡れ, 耳にも, 葉が, 葉で, 葉の, 葉を, 青々からんだ

▼ つたところ~ (757, 1.1%)

13 がある 10 で何 9 でそれ 87 である, です, のある 6 で大した, を見る 5 だつた, で, で仕, で少し, で自分, にある 4 でお, でその, でそんな, による

3 [16件] があつ, があり, がない, がなく, であつ, でした, でまた, で他, で何ん, なん, に, のもの, はなかつた, もなかつた, も無く, を後ろ

2 [37件] から出発, があります, があるなら, がなかつた, だつたので, だよ, であたら, であらう, でこの, でこれ, ですそれ, でその他, でとても, でどう, でほんの, でもう, で仕方, で僅か, で僕, で其處, で平次, で若い, で誰, で馬鹿, なので, にあつ, に依る, に小さい, のあの, のない, の事, はない, へ女中, も無, を, をやられた, を青草

1 [516件 抜粋] あいにく院長, から, からこちら, からさあ, からその, からそれ, からぢ, からで, からわたし, から下向, から出, から小説, から庭, から新ら, から木暮山, から縁, から赤土, から間道, から駆けつけ, がありまし, がありませんでした, がありやしなかつた, がなかなか, がみせ, がよく, が一, が一つ, が今, が偉大, が其手, が出, が大した, が妙, が有る, が木暮山, が松, が痛ん, が見え, が豐平川, さ, その本箱, たしかに登場人物, ただ宿, たちまち御, ださうでございますからねえ, ださうでなるほど, だつたの, だとか, だね, だまあ, であの, であまり, である傾いた家並, であれ, であれぢ, でいたし方, でいつも, でいは, でいろ, でおれ, でかうした, でかへつて二人, でからだ, でがさ, でこ, でこんな, でございましたので, でさみしい, でしたから, でしたが, ですが, ですぐ, ですすみません, です文学者, でせう, でそこで, でたかだか, でただ, でたつた, でどうせ, でどうにか, でどうにも, でどさくさ, でなん, でね, ではかなり, ではじまらぬ, ではすべて, ではその, ではない, ではマルセル・プルウスト, では東北, では物, でびく, でふてくさつた, でほんとに, でまことに, でまさか, でまだ, でまんまと, でみんな, でもあり, でもんどり, でやられた, でよく, でエジプト, でオロオロ, でガラツ八, でシンコペーテイング, でスタンレー, でボロ二三枚, でモノ, で一寸, で一座, で一方, で一日, で一流, で丈夫, で三代, で下手人, で不思議, で世間樣, で主人, で主君大場石見, で乘込, で事, で五分五分, で五十歩百歩, で人, で人間, で今, で仏様, で仕事, で仕様, で他人, で仮名, で何うに, で何一つ, で何処, で信用, で働い, で出, で出かけませう, で別に, で別段, で動き, で勿體, で北側, で十三丁目, で十兩, で千兩箱ぢ, で反, で叔母さん, で古事談, で向, で味, で四百十九貫三百二十八匁, で固, で在り得べき, で墨田川, で多分, で大, で大野, で奇妙, で好い加減, で如何, で妻君, で始まらない, で始まらぬ, で始めて, で娘, で娘二人, で実は, で実際, で家, で家族, で容易, で小, で小生, で屋形船, で屋根, で山本, で差, で差支, で己, で希望的, で幼稚, で彼, で往事, で後で, で後ろ, で御, で心配, で思ひ留らせる, で急行列車, で所詮, で扉, で手ブラ, で手柄, で投, で掘, で掛る, で採用, で改まつ, で新ら, で日, で明日, で春, で時代, で晩酌, で果てし, で格別礼, で構, で横浜, で止まる, で此塾, で死んだ, で気焔, で決して, で浪人者, で源右衞門, で溶ける, で澤木君, で無理, で牢獄, で生活, で生涯, で申分, で申譯, で疑, で百兩, で百文, で皆町内, で相, で眞面目, で石川屋, で確か, で私, で穴, で筋, で筑前侯, で簡単, で籾, で納戸, で結局, で結局一般人, で結局其処, で結局其處, で継母, で綱渡り, で編輯室, で翌, で聞手, で腹, で致し方, で船, で花見茶番, で茶の間, で草, で菊次さん, で藁, で袖子, で見, で親, で解, で解る, で誰一人, で身體一つ, で追, で追付きません, で追付く, で送り込む, で道端, で都合, で金, で錢, で門閥儼, で間, で障子, で電燈, で青竹, で頑丈一方, で飛躍, で食, で首, で馴れき, で髮, で鶴石, とが必ず, とを痛い, と到らぬ, なくた, なぞをも指し, など独逸流, なの, なんとその, にあり, にあるらしい, にこそむしろ, にこの, にさ, にそんな, になんたらいふ, には, には切断, には幾百年, には美しい, には葭, にまた, にゆきたい, にゐる, にローラ, に伊庭, に住居, に出版業者, に別, に反古, に問題, に土牛, に在る, に多少, に大徳寺, に嫁, に岩, に彌次馬心理, に意, に成功, に所謂行宮, に明, に本堂, に松岸, に樫, に武士, に残つて, に湯宿一軒, に濁り, に用事, に白土, に直ぐ, に祭壇, に私, に突き出した, に突ツ, に芥川, に落ち, に裏口, に赤い, に近代主義, ねあそこ, のない赤い, のエドムント・フッサール, のガスコン民族, の一間, の不可抗力, の世界海圖, の仏教, の余興, の側壁, の写実性, の國民性, の夏王, の大道, の寶物, の市街地, の御, の思想家的ブルジョア, の悲しい, の態度, の数々, の溝, の物品販賣所, の生, の疊, の病人, の礦石, の私, の綺麗, の自ら, の路次, の道灌山, の鍋ぶた, は, はありませんでした, はありやしません, はある, はいま古賀, はこの, はさうでなかつた, はその, はどう, はどうやら, はエビ, は仲, は八畳, は土手町, は土藏, は壁, は嫌味, は孔子, は宿料, は小さい, は御座いませんでした, は暗い, は武藏野, は永代読経, は湖水, は演技中, は無, は無い, は目, は舞台監督, は芸術家, は見事, は親父, は謙一, は飮友達, は鰍, へあの, へおいで, へかの, へひよこ, へグワラグワラ, へ何時, へ冠せた, へ出る, へ囮鮎, へ塚田, へ尻, へ平次, へ支那風, へ曉方, へ父親, へ腰, へ船頭, へ関根名人, まで来る, もあつ, もあり, もありません, もございませんでした, もなく, もみえない, も大, も無い, も見えない, よりはことに, よりもむしろ, より乱暴, らしかつ, をいきなり, をお前, をかまはず, をとこつち, をみる, をよける, を一ト月, を下, を不意, を井戸, を何者, を僕, を先づ一課目, を八五郎, を凧絲, を刺し, を刺す, を匕首, を外, を大, を庭先, を彷徨つて, を後, を復習, を手, を折惡, を指, を捕ま, を放さない, を旦那, を次, を毛利, を無言, を犂, を知らず, を窓格子越し, を自分達, を見, を見せない, を見れ, を見定め, を言, を買つて気楽, を附け, を隣, を雪五郎, を鶴, を黙, 忽ち高, 悪いこと, 本当に武田麟太郎

▼ つた~ (634, 0.9%)

177 せう 159 あらう 45 はない 23 あらうか 18 あらうが, せうか 15 せうが 13 せうね 12 あらうと 6 はありません 5 しよう, せうな 4 あらうから, な 3 あらうかと, せうと, もない

2 [14件] あらう今, がす, せうあの, せうけれど, せうさ, せう私, せう親分, せう這, はございません, は折角, は濟むまいがねと聲, もあらう, もなく, 彼は

1 [93件] あつたらう, あらうけれども, あらうし, あらうそれ, あらうところ, あらうな, あらうなどと, あらうふと, あらうまことに, あらうやう, あらう事, あらう口, あらう古い, あらう婚礼, あらう彼, あらう後者, あらう数, あらう自然, あらう薄暗がり, あらう風, いいから, からげて, こんなこと, ござりませう, ごはせう, しようあの, しようか, しようそれ, しようね, しよう馨, せういや, せうお, せうお家ぢ, せうかしら, せうかね, せうけれ共, せうし, せうそして, せうところが, せうなんだか, せうねえ, せうまだ, せうもと, せうネ, せう今夜, せう今度, せう先生, せう又, せう妾, せう池田君, せう然し, せう神山さん, せう神山様, せう稻田, せう絞め殺して, せう考へたといふ, せう間部福子つていふ, その準備, なう, なほと, な翌朝直, ね, はあらう, はあるまい, はごわせん, はなけれ, はもう, は固, は土地, は市ヶ谷, は済むまいがねと声, は議員, は金森家, またしかた, まだえらく落魄, も無けれ, よいでは, よろしい, 四季折々には, 好いぢ, 定刻に, 宜い, 宜いが相手, 心憎くも, 急に, 悪い事, 惡い, 有らうが, 無事に, 私共二人が, 私等二人が, 紀元前數百年以前に, 飾られ

▼ つた~ (491, 0.7%)

20 である 15 がある 10 のやう, の話 7 であつ 6 に逢 4 だね, であるが, の顔, もある

3 [13件] があつ, がゐる, だつた, だな, だねと, ですが, に違, のある, のこと, の中, の心, の所, はない

2 [31件] からだ, からは妙, があります, があるなら, がない, が来る, だ, だが, だけに荷嵩, だつたの, だよ, であると, と聞い, に會, に詩文集, の事, の好, の好い, の如く, の影, の手, の行, の顏, の魂, は, はいくら, はよく, は同情, もあつ, もあります, も少く

1 [306件] かも知れません, から只今, から同じ, から委細, から科料, から難詰状, が, があ, がああ, がありました, がお, がさ, がつまらない, がどうしても, がもう, がやつ, がゐなかつた, がグシヤッところ, が三日目, が二人, が五百万円, が來, が俯向き, が倭文, が其の, が出来ました, が十二名, が十分, が埋つ, が多い, が多から, が大金, が少く, が少なく, が左傳, が恋, が恰も, が感動, が手, が數學, が本町, が死ぬ, が殆, が汲む, が沢山, が澤山, が田畑, が町, が益々, が立つ, が西行, が見, が討つ, が調べます, が通る, が隨分, が高等以上, こそは後, じやさう, だけにつまり, だけに材木, だけに死ぬる, だぜ, だつたらうか, だとは, だらうかと, だ無理, づきあひの, であべこべ, であらう, であります, でありますが, であるから, であるといふ, であるの, である印度, である彼, であろうか, でお, でこの, でございますよ, です, ですか, でなきや, でなければ, ではなかつた, でもある, でもどうも, でもなけれ, でも通り, で劇秦美新, で台記, で周迪, で四方屋, で大層, で平生, で年, で有る, で有名, で歩兵見習士官ゴロロボフ, で無い, で神原, で自分, といふ位, といふ感じ, としてはまだ, とに就, との相違, とはどうしても, とは杜甫, とも思はれる, とも見え, と一般, と予, と同じ, と擦れ, と斬り, と言, と話し, と這入らぬ, と飮ん, などは文學者, なども姫, などを妾, ならば, なら誰, なれば, なん, なんかありません, にある, にさ, にでも会, にでも逢つたの, にでも遇, にねあたし, にはいつ, には一切わけ, には手當, には茶, には訣りきつた, には逢, には首里, にも慚ぢ, に五日間, に京橋八丁堀, に会, に会わず, に反, に向, に対する意地, に恩, に氣, に見える, に訊く, に離れ, に顏, の, のあつ, のなかつた, のなさけ, のわからない, の一人, の丁度首, の作物, の傳記, の印象, の口, の名札, の善, の多い, の家, の寒い, の屋敷趾, の弔辞, の弟, の後, の御, の心もちさ, の心臟, の心靈, の怒つ, の思ひ定めた, の悲劇, の情, の情緒, の意味, の懷中, の教, の數, の末孫, の歌, の熊手, の物, の物語, の生理作用, の瞳, の簡便, の網, の考, の育つ, の膳, の言つて, の返事, の遺影, の都合, の霊魂, の頭, の顔色, の骨, はありません, はいつも, はかう, はこれ, はそれ, はたいてい, はとかく, はどんなに, はね, はぼく, はまだ, はみんな, はもう, はワニキシ, は下, は二三人, は今, は何処, は僅, は僅か, は僕, は其, は冷たい, は別, は北村勝雄氏, は同, は変, は大抵, は己, は巴里, は年内, は幾人, は彼, は憤懣, は捨て, は散々僕, は数年前, は最初, は横濱税務所勤務, は浙西派, は無い, は獵, は男, は矢張りそれ, は綱, は自ら新, は自由, は話, は誰, は路頭, は遠い, は骨格, まず秋川家, も, もいるんじ, もこの, もすこし, もたくさん, もわからなくなり, もゐた, もゐる, も一應, も三谷氏ぢ, も亡くなつた, も多, も大, も少なく, も居つた, も帰り, も往々, も漸く, も煎餅, も見えなく, も酔, や今度, や生き, らしごすな, をたづ, をといふ, を入れる, を刺さないで, を助け出す, を嘲る, を思ふ, を私, を縫つて, を聖人, を見つけね, を見る, を訊ね, を誤魔化し, を選ん, を預, を食つたところ, 困らせの, 故大師, 知らない人

▼ つた~ (441, 0.6%)

11 では 108 のこと 6 でお 5 であつ, で私, の事 4 である, でした 3 で平次, なので, に, になつて, にはその, に私, のまた, は又

2 [18件] お夏, だから, だと, ですから, ですが, でなければ, で彼, で番頭, で考へ, にその, には, に来る, に殘, のやう, の男, の町, の私, も暫く

1 [323件] あの女, いぢめていぢめ, から, からその, からは毛色, から房一, から扉, から直ぐ, から直使, が大切, が落着, さすがに, した後, しばらくと, すぐ私, すぐ西洋間, その友人, その愛兒, その時, その欄干, たうとう, だけにひどく, だけに殊更, だつた, だつたかとも, だもの, だらうな, ち火器, であ, であの, でありました, であるか, であるのに, である故, でうつ, でお玉, でかう, できれい, でこの, でさて, でそこ, でそつ, でちよ, でなくては, での入浴後, での名医, では誰, でもお, でも別段, でも床の間, でも氣持, でも永久, でも無い, でも考へ, でガラツ八, で不意, で二人, で云, で云つて, で今度, で仏貨, で何気なく, で佛貨, で使, で傑作, で入り込ん, で千里, で半, で又, で叔父さん, で口, で外國人共, で夫人, で妻君, で娘, で家, で少し, で尻, で屋根, で店, で影, で彼等, で微々, で思はずも, で急, で支配人, で木戸, で札, で柱, で此島, で浴衣がけ, で清, で漸く, で無邪気, で独り, で瑠璃子, で老, で脇差, で自ら自分, で自分, で苦々しく, で蔭口, で調べ, で貰つて, で身内, で途中, で都合, で金, で青年, で顏, で馬, で馬琴, というもの, となる, と来, と見えまし, と雖, なぞわたし, などには呼び込み, なんで, にあれこれ, にいふ, にいよ, にお前, にことさら, にたつた, にだ, にどんな, にはきつ, にはその同じ, には下渋谷, には全く, には困るでせう, には家, には小さな, には平岡, には次いで, には長岡半太郎氏, にまた, にもある, にもう, にも其処, にも林平, にも私, にわたくし, にセルギウス, に一切, に三原, に仏壇, に何時, に再び, に出る, に分家, に初めて, に別, に合図, に嚴然, に女気, に始まる, に小, に幸, に心底, に愛護, に懷疑, に手, に於, に木賃宿町, に村役場, に残, に求める, に漸く, に漸く今に, に爆竹, に猛然と, に猶, に瑠璃子, に発した, に直会, に確か, に私達, に竄入, に膝, に自分, に遂に, に開い, に間もなく, に青く, に頻りに, のつぶれかか, のよく, のカーテン, のホツト, の世, の作, の僕, の始末, の子, の家庭上, の寂寥さ, の居所, の平和, の快感, の愉快, の感激, の憎悪, の戀愛, の或, の戸, の敷居, の方, の智恵子, の智惠子, の月日, の本宅, の杏春改瑞英, の椀, の様, の樣, の河泉, の浅, の深い, の男子, の皿, の社会, の筵, の素顔君, の者, の蜂の巣, の話, の路上, の車寄, の黒谷村, は, はあの, はこの, はどう, はもう, はアパート, は丁度, は傷ついた, は共産制, は前, は勿論, は天国, は家, は已む, は店二階, は弛み, は手, は持つ, は日夏君, は日本, は普請, は暫く, は本, は殊に, は白雲, は空, は自然淘汰, は船中, は親類, は身一つ, へも新しい, へ一遍, へ來, へ収, へ與吉, へ行つて, また長い, まだ敬之進, までもまだ, までも態, までも猶, までも瞼, までも落ちぶれ果てた, まで亂醉, まで仕事, まで何やら頻りに, まで呑む, もいろいろ, もこの, もしばらく, もそこ, もまだ, も二三年, も同じ, も彼等, も復総評, も晩酌, も暫らく, も無愛想, も青木, や, やがて部屋, らしかつ, を, を一同, を丁度, を見る, 久しからずし, 代助, 入要素, 其のま, 初めて土, 同じやう, 大八島, 必ずや久しき, 思ひ切つて部屋, 愈々これ, 或夜, 或時, 早速感謝, 暫くし, 暫くの, 格別その, 漸く姿, 猶亡霞亭, 短い竿, 第三, 聞いて, 迄も外出, 迄も響い, 逃げ出すやう

▼ つた~ (431, 0.6%)

44 がい 33 がいい 18 が宜 17 が好い 16 がよい 10 が適当 9 がよから, が適切 7 がよかつ, が当, が適當 6 が可 5 がよく 3 がえ, が何, が正しい, が無事, でせう

2 [16件] があの, がはるか, がもつ, がよう, が便利, が俺, が得, が気, が氣樂, が當, が確か, が良い, が近い, が面白い, でした, は家

1 [196件] あるわ, から, から掛念, から飛び出し, がある, がいくらか, がうれし, がえいぢ, がええ, がお前, がこの, がしたしめる, がずつとい, がその, がと云ふん, がどんな, がなにか, がふさ, がみんな, がよかん, がよささう, がよほど, がより, がよろし, がよろしい, がよ御座んす, がわかり易い, がわかり易く, がわし, がサバ, が一層, が一番安心, が住職, が余, が兄, が全, が全体, が利益, が功, が勝ち, が勝手, が却つて樂, が反, が合点, が国民, が増, が多, が多少, が好, が好かつた, が妥当, が姿, が安心, が宜しい, が寒く, が居なさる, が屹度女, が広い, が広く長い, が当る, が後腐れ, が恰好, が悲, が愈, が手, が敗けである, が日本, が早い, が明瞭, が本人, が本道, が歌, が正, が正月, が正確, が水泡, が温く, が無理, が物事, が独創性, が痛く, が痛切, が目的, が相応し, が私, が穩當, が簡單, が精彩, が精確, が素直, が自他, が至当, が至當, が虚心, が被入, が言, が誤解, が誰, が趣味, が身, が近道, が運, が遙, が適し, が長く, だ, だからねえ, だが, だけで云, ださうで偉い, だと, で, でありました, である, であるならば, でお金, でしたが, ですから, ですが, ですと, ですねと, ですのね, でも, でも自分, で今に, で四年君, で女, で御座いました, で有, で音, とはアベコベ, になる, には酬, にも得, に対して新聞, に對, に山角の, に掛つて, に生え, に違, ね, のお客, のこれ, のだから, のもの, の三人, の下女, の中, の人, の人形, の北側, の味方, の尼さん, の所化, の汚れた, の片, の王, の眼, の紳士, の線路, の脚, の蘭人, の見方, の身, の道, の麻繩, は, はもつ, はよく, はわたし, は下, は参謀本部付, は惡, は自分, は身動き, は重い, は食事, へお, へすら, へ何れ暇, へ導き, へ思ひ取られ, へ指, へ話題, もあり, もある, もあるだらう, も人, も内容, も私, を口, を向いた, を眺め, を知つて, を見た, 正に兄

▼ つたかも~ (325, 0.5%)

95 知れない 46 知れません 18 知れないが 14 わかりません 13 知れぬ 12 しれない 10 知れなかつた 9 知れませんが 7 知れないよ, 知れぬが 5 知れないの 4 しれぬ, 知れないと 3 しれないが, しれないよ, 知れぬほど, 知れませんね 2 わからない, 知らないが, 知れないほど, 知れは, 知れませぬ

1 [59件] ある劇, うろ覚えである, おも, したらしい, しれないだらうよ, しれないといふ, しれないね, しれない麻布一聯隊, しれませんよ, しれん, じさ, わからず入棺, わからないけど, 判りません, 忘れたが, 忘れました, 拜み, 知らない位, 知らぬといふ, 知れずそれほど, 知れず優しい, 知れず前, 知れず曲物, 知れないからな, 知れないし, 知れないぜ, 知れないぢ, 知れないとして, 知れないとしても, 知れないとも, 知れないな, 知れないね, 知れないんでネ, 知れない位, 知れない傳染病室, 知れない失礼, 知れない安易道, 知れない状態, 知れなかつたが, 知れなかつたの, 知れなかつたよ, 知れなかつたらう, 知れぬて, 知れぬと, 知れぬの, 知れぬ痛い, 知れませぬが, 知れませんけれど, 知れませんけれども, 知れませんよ, 知れませんわ, 知れません何分, 知れません私, 知れん, 薄々ながら, 覚えて, 解らない, 解らないぢ, 貴島君は

▼ つた~ (315, 0.4%)

7 は, はその 5 の顔 4 の手, の眼 3 が, でさ

2 [15件] にとつ, にとつて, に向, のやう, の家, の氣持, の生活, の胸, の顏, はこれ, はそこ, は四肢, は思はず, は誰, も男

1 [252件] から自分, がいよ, がこれから, がその後, がそんな, がなに, がロータス, が不, が事情, が先, が家, が尿, が早速, が木兎, が次第に, が此頃, が死なず, が漬物, が無分別, が然し, が犬, が突然, が醫者, が閉口, が青木, が馬鹿, すら痛切, だけが無事, だけには, だつた, だ何, であつ, である, です, としては満点, としては薬, として一番, と先生, と裏梯子, などとは人種, にあ, にさ, にはよ, には五十, には差上げる, にも夜, に与へられた, に喜び, に彼, に見事肘鉄砲, に遠慮, に飴, のあ, のお父さん, のそれ, のマリア, の中, の個性, の兄, の前, の墓穴, の声, の多く, の姉, の家族, の屍骸, の年頭感, の弟, の恋人, の悪運, の戲, の持つてない, の指, の故郷, の方, の旅, の最愛, の望, の朝夕, の枕もと, の気分, の水, の淺薄さ, の父親, の現在, の生み, の生命, の留守, の祖母, の紙入れ, の考, の耳, の背後, の自棄的身心, の若い, の苦悩, の草鞋, の薬, の詩的閲歴, の赤表紙, の身心, の過去, の部屋, の配偶, の開墾, の霊, の額, の魂, はあた, はあて, はあまり, はいろ, はおの, はおぼえ, はかくれる, はこれぢ, はしづか, はすべて, はそれ, はぞつ, はぢ, はで, はとても, はどうか, はひとり, はひどい, はま, はまた, はまつたく, はみんな, はやう, はわつと, はセンチメンタリスト, はテニス, はハイデッゲル, はバカ, は一切, は一刻, は七十八歳, は下, は事, は二人, は今, は今夜, は今日, は伊豆, は何うに, は何と, は内心, は凡夫, は前後不覚, は力, は千代子, は単に, は却つて, は原作, は反対, は堪らない, は多分, は失恋, は女, は女難, は子供, は学校, は孫, は実は, は小, は小言, は尚も, は左, は当然, は彼, は後, は忙しく, は恐く, は恐らくは, は意外, は所謂, は手, は押し流される, は断られ, は早速, は村, は桜, は構はずそこ, は次に, は此等, は歩きつ, は歩みつ, は死ぬ, は残つた, は母, は氣毒さ, は永井, は泣かん, は洋服, は派手, は涙, は無論何とも, は照子, は牧野さん, は生き, は画家, は異常, は私自身, は笠, は胸, は若気, は草, は落葉, は薔薇, は蜂, は見忘れ, は貝, は貰つた一, は足音静か, は身, は迷, は酔, は酔う, は閉口, は雨戸, は顔, は飲み過ぎる, は黙, もいつしか, もうれし, もおとなしく, もさみしい, もすこし, もだいぶ, もつ, もとびだし, も少々, も甘やかされ, も石ころ道, も私, も空腹, も誘拐, も遺された, をポスト, を取り巻いた, を呼ん, を後で, を掴まへ, を案じ, を留めた, を藤村, を見, を連れ, を頭, を騙した

▼ つた~ (307, 0.4%)

9 がある 6 のある 5 である, もある 4 であつ 3 による

2 [20件] があつ, がない, でございますから, でしたから, です, では此社, で何, で別に辛くも, で問題, にある, によれ, に又, に立つ, のもの, の八百屋, はない, へさつき, もあり, を拾, を走る

1 [235件] か, からあの, からお, からこれら, からつい, から下, から今日, から介抱, から後家, から数里, から考え, から考へる, から言, から詞章, があり, があります, があるなら, がいかにも, がこの, がせめて, がそれ, がとても, がどの, がなん, がふとした, がエドモンド, がドストエフスキイ, がフロウベエル, が五徳同様, が何, が其の, が其師匠, が吉, が唯, が埃及, が外交問題, が宿, が小鬢, が山里, が後, が旭山, が明らか, が書中, が白く, が白根火山, が目標, が直に, が稍廣, が莽, が途中, が高, さ, その家, だ, だけはこう, だけは刺しまし, ださうですよ, だつた, だと, であらう, でありました, でありますが, であり宗, であるが, でこれ程, でございますが, でさう, でそれ, でどう, でなけれあ, ではあるまい, では二, でふり, でもとより, でもなかつた, でも其半分六七俵, でポカン, で一つ己, で一万円, で三千代, で五銭, で五錢, で人眼, で今日, で仕方, で其の, で到底, で厠, で只, で器, で宇喜多直家, で尚, で川, で彼, で後, で御, で恥ぢ, で悲しい, で手, で書物, で果して, で歌, で死ぬ, で殆, で決して, で油煙, で満更, で王, で生きる, で私達, で自分, で自然, で鎌田氏, で食物, と多少, と見え, などはどうしても, なので, にあつ, にその, には相当, にふと, にやや, によつて, によつて吾, によりて推す, にパーキング, に丁度, に三太郎, に出た, に在る, に変, に夕方, に小さく, に小さな, に小屋, に彼, に徴, に怪しげ, に恰も漠然と, に舞, に萬世一系, に行つて新聞包, に跡, に迂散, に際立つ, に首, のない, のアラビア商人等, の一種, の凡, の原文, の同盟, の塩煎餅屋, の夷狄, の子供, の宋學, の尊い, の小さな, の小村, の支那, の政治道徳的, の數千年來, の文化, の方形, の早期, の松林, の柏軒事蹟, の桃花猫, の玉龍傑赤, の由來, の目立つ, の相沢, の緯書, の西郷薬局, の豐臣氏, の費目, の釋奠, の風俗習慣, の骨, は, はある, はまるで, は仕方, は例へば, は南方, は厚い, は右, は大要次, は微塵, は昨日, は暗, は水道タンク, は永久, は汚, は無い, は直ちに, は見られない, へジヤツク, へ三藏, へ味噌, へ行く, へ轟さん, へ道路, までの頁, もあつ, もあります, もない, もはつきり, も今, も忌, らしかつ, をぢ, をつかまへた, を一, を中途, を伊藤君, を十分現在, を当番, を復習, を思ひ出した, を想, を想像, を批評, を掴, を源氏, を窺, を純, を締密, を自分, を自然, を見, を選ん, 又山王台, 居らぬので

▼ つた~ (285, 0.4%)

23 がある 7 があります, はない 5 のやう, は 4 があつ 3 ですが, はあまり, はありません, は無い, もあつ, もあり, もある, もない

2 [14件] がこの, がゐる, が有, でなければ, なれど, に御座候, の, のない, の仕業, の責任, はその, はなかつた, は手, は誰

1 [182件] か他人, があの, があり, がありまし, があるでせう, がいち, がこれ, がそれから, がどう, がどの, がない, がなき, が三日前, が主人, が九十八人, が二三, が今日, が他, が使, が偶然, が偶然船, が出した, が十人あまり, が卒業後社会, が取る, が命數, が多く, が幾ら, が幾日, が御座います, が心竊, が急, が昔教, が材木, が東京, が楊弓, が此土, が洋行, が物, が盜つたの, が足, が重んぜ, だが, だけが何時, だけその, であります, であり其, である, であるとて, であるとは, でございます, ではない, でも動かされます, でも席順, でも感情, でも見向き, で貴島, とがともに, との違ひだ, との間, と今朝最初, と推察, と死別, と見える, などもま, ならこんな, なら持つて, なら誰, にその, にのみ一時, には之, には会所, には家, には顏, には顔, に一人, に一層, に与, に仕へ, に使賃といつて名, に全て, に取, に善い, に對, に就い, に心得, に聽, に違, のこと, のみ有らう, の人相, の半身, の名, の喜び, の執るべき, の外, の子供, の子分, の宿命的, の後, の心, の方, の旅行, の末, の末期, の泣き声, の田, の疲労, の眼, の神名, の罪, の話, の鼻, はあるまい, はい, はこの, はこの世, はこれ, はこんな, はどう, はどんな, はないだらう, はほか, はもとより, は三十代, は二度, は人違, は他, は何れ, は何者, は先, は六十人, は口, は唐以前, は多, は大概自分, は学者, は尚更, は幾人, は心當, は念入り, は政黨政派, は昔, は歸つて, は神, は秋月大使始め十七八人, は立ち行く, は終に, は美妙斎, は自分, は芸, は見ない, は見廻し, は護, は陛下, は飛んだ, は黒い, ばかりである, までが乘, まで撲り飛ばし, もあらう, もあります, もありません, もお, もこれ, もございました, もないだらう, もゐた, も出た, も家, も少く, も神棚, も頻繁, や乃至, をありがたがる, をどん, を何, を再び, を平戸物産局配下, を意味, を立てる, を重んずる

▼ つた~ (285, 0.4%)

11 なもの 9 をし 6 のもの 5 であつ, である 4 な事, に, もなく 3 な, にし, の人

2 [13件] がある, が見えなかつた, だ, だつた, なこと, な世の中, にひ, に体, に源太郎, のところ, のやう, の言, ばかりです

1 [202件] があつ, がざあつと, がた, がふい, が吹き, が吹き出し, が地平, が宮廷詩人, が少なから, が此時, が泣きたい思ひ, が海面, が用捨, が相, が顏, が顔, だつたね, で, であ, である上, でいつも, でこと, でした, です, ですから, ですまし, でそば, でてれ, ではなく, でインバネス, で一時間, で云, で京子, で唯, で役人, で後, で朝, で毎日, で笑つて, とちが, と雨, なあ, なかま, なそんな, などは見る, なの, なもん, な作品, な傾き, な僕, な否定, な声ひとつ, な奇妙, な女, な思ひ切つて, な性, な想念, な愚劣, な感じ, な感情, な日さ, な昔語り, な気持ち, な泣声, な清福, な状態, な男, な異説, な見え透いた, な言, な言葉, な話, な返事, な途方, な音, な顔付, にあつ, にいづれ, にいろんな, にうろ覺, にお, にぐいと, にことごとく, にしか受けとれない, にすげなく, にそれ, にちよこ, にとても, になり, になる, になるだらう, にまだ, にみんな清正, にも受けとれる, にわな, に余り髯, に來, に凌ぎ, に凡て, に分れ, に別々, に即ち, に吐き出す, に吹き曝され, に唯, に啼きつ, に嘉吉, に天子, に寝た, に廻転, に形づくられ, に心持, に手, に振り上げられた, に撮られた, に昔, に時々, に歩いた, に気分的, に油, に流動, に無分別, に片岡山, に男, に皆んな, に直ぐ, に相槌, に眼, に考へられ, に聞えれ, に胸, に腰, に自分, に舞, に色々, に薄く, に解し, に解釈, に言, に説い, に説明, に豊饒, に軽く, に返事, に追いかける, に重くるしい, に頭, に食事, のある, のうるほひ, のおちついた, のおとなしやか, のすみ子, のない, のなごり, のファンテジイ, のヘナヘナ, の世帯, の事, の事云, の令嬢, の伝, の伝統, の元気, の吹い, の固定, の女, の姿, の学者ぶり, の容子, の山爲事, の強い, の心得, の悲観論, の感, の感じ, の文字, の書き, の気軽, の無邪気, の珍しく, の譬喩表現, の貴婦人, の題目, の顏, はふくし, はまだ, は吹い, もいつしか, もせず, もみえぬ, も今, も自分, をした, をたべ, をわざ, を吹かせ, を持, を示し, を裝, を見せる, を誇

▼ つた~ (268, 0.4%)

24 である 189 な気 7 です, に 6 な顔, に見える 5 な気持 4 だが 3 な声, な笑, な調子

2 [13件] だから, であつ, ですが, な事, な心地, な愉しい, な点, な訣ら, になつ, に思はれます, に思ふ, に覚え, に言つて

1 [147件] がよく, た, だし, だオヽ, でありますが, であるから, でしたよ, でせん, でなく後, では, でフラ, で一言, で右, で常世, で御, で暗い暗い, で暫し, とアベコベ, な, なこと丈, なカラリ, な不安, な位置, な何, な唯, な噂, な四辺, な団体, な塵, な失望, な女, な密か, な小さな, な岩肌, な島, な巻物, な幕サ, な心持, な性質, な恍惚, な意, な感じ, な態度, な所, な時代, な月, な有様, な朦乎, な機会, な此処, な気勢, な気安, な気性, な気持ぢ, な気概, な気象, な淋しい, な淡白, な無益, な眼つき, な眼付, な積り, な笑顔, な答, な紹介状, な腥い, な芸, な若い, な街路, な解説, な訳, な詩, な話, な諺, な趣き, な近づき易き, な鋭い, な面, な風, にあります, にし, になつて, になんぢ, にみ, にも思つて, にザラ, にムツ, に一種異様, に両手, に二人, に云, に人類出産, に何度, に便所, に其葉, に再び, に凍, に加茂, に動かない, に単純, に又, に各, に周囲, に尠, に心, に思, に思はれた, に思はれる, に恁, に感じた, に慎ん, に憶え, に敬語, に斯, に新来, に曇, に柔らか, に此, に此帝, に父, に犇, に猿女, に私, に立上, に考へられる, に聞えた, に肩, に胴, に臆病, に自分, に自在, に茂つて, に落ち付い, に見えます, に見せる, に解し, に言, に身, に逆ま, に適確, に銀行, に雑誌, に顫, に馬, に黒く, も見た, をし

▼ つたかと~ (267, 0.4%)

121 思ふと 9 いふと, 思ふ 6 いふに 5 思ふほど, 思ふやう, 見ると 4 いへば, 思うと 3 思ふが, 思ふ中, 訊くと 2 いつたやう, いふこと, みると, 云ふ, 取越し苦勞, 思はる, 思ふうち, 思へば, 訊いた

1 [72件] いつて, いふのに, きいて, すぐにも, せめてもの, その晩, それを, ほんとに驚い, みえたが, やはり感慨, 一時改めて, 不思議がる, 不思議でも, 云ふと, 今更に, 先の, 初めて知り, 取越し苦労, 安心した, 実に驚きます, 小池は, 思います, 思うたら目, 思つて僕は, 思はれたと, 思はれる, 思はれるし, 思はれるの, 思はれるばかり, 思はれるやう, 思はれる様子, 思はれる裏, 思ひます, 思ひますが, 思ふか, 思ふとも, 思ふばかり, 思ふん, 思ふ位, 思ふ所, 思ふ松竹, 思ふ様, 思ふ樣子, 思ふ涼し, 思ふ程, 思ふ程靜, 思ふ途端, 思ふ頃女, 思われかねないわね, 想は, 想像された, 想像する, 意外に, 教師に, 気が, 気がつくと, 気が付くと, 氣が, 申しますと, 申すこと, 疑はれる洞ろ, 疑ふから, 私は, 考へると, 考へるに, 聞きに, 聞くと, 見えたの, 見る中, 訊ねたきり, 顧みて, 驚いた

▼ つた~ (264, 0.4%)

129 である 8 であつ 5 でした 4 がある 3 が, が一人, だつたの, の顔, は

2 [11件] があつ, がゐる, だと, だな, です, とその, と云, なの, のいちだんと, の言出し, は真赤

1 [189件] あの男, から袷, がありました, がいつも, がうた, がその, がその後釜, がどんな, がゆ, がゐ, がゐた, がヌッ, がブレーキ, が一ヶ月, が一方, が丁寧, が七輪, が二人, が云, が人々, が他, が体, が何気なく, が僕等, が先づ何, が入, が四五人, が多い, が奥, が実印, が己, が幾人, が床, が曾つて自分, が杖, が来, が果して, が現, が現れた, が甲板, が立ち, が萱原其人, が藁しべ, が降りた, が馬, さ, さねえ, そして四十八歳, ださうですよ, だつた, だよ, だらうか, であ, であるが, であるらしかつ, でございますか, でせう, ではある, でも入, でも見付, でも誘はれれ, でバルザック, で一人, で丸, で何, で夥しい, で幾人, で形, で楊守敬, で與, で親類方, で鉄砲笊, で飮, という, といふの, といふ腹, とお袋, として聞え, とはもう, とは思へぬ, とめぐり, と大黒帽, と女, と歌詠み, と湯治, と知れ, と若い, と話し, などが大手, なので, につれ添ひたい, になつて, には其の, には捨てられ, には見えなかつた, には誰, に与, に介抱人, に出, に答, に興味, に金, の, のくせ, のざらついた, のす, のわめく, の世にも, の乞食巡禮, の二割, の人, の人々, の仕業, の側, の児, の兒, の勝手, の半面, の友人, の名前, の声, の妹, の姿, の心, の性格的, の息, の束, の睾丸, の羊, の聲, の肌, の血, の許, はありません, はいま何年, はおりる, はかう, はきち, はこの, はその, はそり, はそれ, はた, はどんな, はない, はまだ, はパラオ本島オギワル村, は一服喫, は一生涯細君, は二階, は今どこ, は以前御用雑誌, は喜ん, は地獄, は声, は後々, は悠々, は文句, は死體, は無, は無精髭, は無造作, は煙管, は相手, は笑ひだ, は答, は言, は軽く, は遂に, は間もなく, は降誕祭, は頭, は高, ばかりだ, も何人, も少く, も数, や女, や嫁, や焦れ, よりももつ, を人柱, を拒む, を自分, を詮め, を連れ, 即ち今日, 小博奕, 少し青瓢箪

▼ つたなら~ (253, 0.4%)

8 ばその 64 ば私 3 それは, ばこの, ば彼, ば必ずや, ば恐らく, ば誰, ば非常

2 [12件] ばあなた, ばこれ, ばといふ, ば何, ば抑, ば斯ん, ば日本, ば極めて, 何ん, 俺は, 屹度外見を, 甚

1 [190件] いよ, うまうまと彼等, お前の, お前達は, お杉, お秀, きつと, このモスコエストロオム, この温和, この眼, これが, さぞ困るだらう, すぐ来る, そこから, そのとき, その後から, それから, それこそ, ぢき, どうしても出られない, どうだ, どんなこと, ばあの, ばさながら, ばじらせ, ばそこ, ばそれ, ばそれで, ばそれら, ばたちまち, ばとても, ばと惜しまれた, ばと芥川夫人, ばどれ, ばどんなに, ばなかなか, ばま, ばまた, ばもの, ばやがて互に, ばカルパシヤ, ばヘチ, ば一度, ば一朝事, ば三分, ば三里, ば下, ば不思議, ば中學校, ば人間, ば今度, ば今日世上, ば今日殘つて, ば何人, ば余り, ば來つて我, ば修, ば俺, ば僕, ば兄弟, ば先づ彼女, ば全, ば其各作家, ば其後, ば其時貴方, ば出, ば到底, ば前記, ば助かる, ば千兩, ば即ち, ば即座, ば又, ば古, ば吾家, ば地方的, ば壻, ば多く, ば大きな, ば天下, ば天文學的數字, ば如何, ば如才, ば実に, ば少々, ば屋根, ば幼稚園, ば幾分, ば延子, ば彼女等, ば必ず, ば我々, ば我と, ば或は, ば所謂, ば故郷, ば教育, ば既に, ば早速, ば明らか, ば明日, ば是非一度大島, ば晩香坡, ば暫く, ば曠野, ば木造家屋, ば果たして, ば極力, ば櫻木大佐, ば死んだ, ば氏, ば汁, ば決して, ば無論, ば狂瀾, ば生, ば生活, ば痛苦, ば直に, ば相当, ば石, ば穩當, ば立ち寄つ, ば糟糠, ば老, ば自然, ば良い, ば虚弱, ば裏, ば読者, ば跛, ば郷倉氏, ば釣竿, ば間違ひも, ば難なく, めまひを, もはや萬事, わが故郷, わたくしは, ソフィーさまの, ムラ食を, 一番挨拶に, 世の中の, 之から, 今から, 今ぢ, 今僕の, 何卒口, 俺が, 其の時, 君も, 和尚さんが, 善かり, 奇異な, 奈何に, 定めしわたくし, 少しは, 彼は, 御子が, 徳利と, 急須や, 或は普通位, 故ら, 日本の, 昔ほど, 昨日までの, 是非共其の, 是非安市城を, 最初の, 母親と, 決してこれ程の, 決してこんな, 浦島その, 海まで, 炎の, 甚麼に, 當局の, 白い鵞鳥, 皆も, 直ぐ高座, 私に, 私は, 義男は, 自分は, 英国で, 讃辭を, 違ひます, 長兄も, 間食を, 青年は

▼ つた~ (226, 0.3%)

85 の人 4 である, の声 3 がある, でございます, でござんせぬ又, のひと, のやう, の名

2 [17件] が, があつ, がゐる, だつた, で, であつ, でした, の人たち, の姿, の手, の様子, の聲, の腕, の言葉, の顔, は食物, を眺め

1 [153件] か, かと思ふ, があらい, があります, がしばらく, がたとえ, がひとり舞, がブッキラ棒, が一人熱心, が二人, が入, が出, が多い, が娘, が存外, が少し, が島, が川, が我と, が振, が東洲齋, が犬, が生, が目, が神, が自分, が茶, が衣, が袈裟, さ, すら段々, そんな中, だつたさうで, だつたの, だと, だよ, だ何だか, だ相, ぢや, であるといふ, でしよう, ですから, ではない, でも感情上中途半端, でも欲しけれ, で一旦, で加之, で水商, で無い, で色, と, といふ女, となる, との腐れ縁, と一, と売春婦, と旅, と添, と結婚, などの白く, などは永久, なの, なので, ならせいぜい, ならほか, なら泥, になれるだらう, にはみな, に原稿, に左様, に違, のあ, のあきん, のあし, のかき, のからだ, のこと, のし, のた, のため, のほつそり, の両, の乳房, の事, の体躯, の何割, の充溢, の児, の口笛, の唇, の單衣, の墓, の容姿, の影像, の後姿, の心, の棺, の母, の氣持, の片腕, の着物, の脣, の膝, の行末, の赤い, の運命, の顏, の風俗, は, はあるいは, はいきなり, はいまいましい, はその, はそれぎり, はち, はまた, はもう, はやがて, はブラリ, は二人, は低い, は余儀なく, は再び, は分泌物, は唇, は好き, は男, は白い, は皆云, は裾, は軈て俄然, は返事, は馬, は駄夫, もあれ, も七平, も少く, も騙され, や男, をいつ, を家, を知, を見つけた, を觀察, を貰, 子供は, 寅, 將らしい, 巾着切の, 教師の, 生徒などに, 絵描きさんの, 部屋である

▼ つたけれど~ (217, 0.3%)

8 私は 3 あの子, もんは, わたしは, 抱いて 2 さう, その頃, 今日は, 何か, 老人に, 自分の

1 [185件] あたしには, あはれ一滴の, ありがたく頂戴, あれなら, あれは, い, いいかげんに, いつも大抵留守, おくみ, おふさ, おれは, お留守, お豊, こね廻すだけで, このごろにな, この伊賀, この花屋, この言葉, こわれて, しかし考へ, そこへ, そのため, その人, その實物, その後いつまでも, その後に, それから, それからまた一年, それから三月, それから大分月日, それどころぢや, それは, それも, それを, そんなこと, そんな事, ちつとは, ぢつ, ついうかうかと, ついこんな, つい海, どうしてもそれ, どうせもう後れた, どうなる, どうも逢れん僕, ひどい困窮, ふじ子は, またいつ, また何処, また何處, また思ひ直しました, まだ, まだ私等, まるでこちら, めんどうくさくなつた, もうほか, もう少し文学, もう日数, もう暗く, もう疲れ, やがて騷動, やつぱりよく, やつぱり彼女は, やむなく今夜, わたし一人みなさんの, ズボンを, ルンチヤンを, 一ヶ月ほど, 下宿の, 不思議な, 不愉快だ, 世間も, 久振, 事務官は, 二人の, 五日ぶりの, 京子は, 人の, 人を, 今更先の, 何だか帰りたく, 何と云, 偖文吾が, 僕が, 先生だ, 先生に対する, 全世界, 其時には, 其時は, 出逢頭, 割合に, 十時頃に, 博士になんぞ, 却つて呑気で好かつたわねえ, 和尚さんが, 咲子は, 夫の, 奮發し, 女の, 女は, 妾そんな, 家へは, 宿の, 寒さ, 小さい家, 小山は, 少々淋しい, 少々痛い, 少しも, 山の, 常次, 当惑の, 彼は, 後から, 快晴を, 恁うし, 愚劣な, 慣れて, 所謂飜譯家に, 日に, 明らかに, 明るい驛, 昨夜といふ, 昨夜の, 是非にと, 朝顔の, 村では, 村民は, 東京へ, 案外腰, 死んで, 母には, 気が, 気分が, 氣味が, 汽船に, 泡を, 海からは, 海蛇丸は, 淨土寺を, 清治のだけは, 湯ヶ原の, 父は, 球江が, 男は, 病院へ, 盜み, 目を, 矢張りお, 矢張笑つてゐる, 知らぬ小汚い, 私たちの, 私としては, 私達を, 米を, 緑平老, 老僧, 聞いて, 自分達が, 色感の, 若い人たち, 蛙の, 行きさ, 要するに拷問, 見た以上, 誰かしら, 誰が, 諦める外, 財布は, 財布を, 逢つた, 道中で, 金が, 釘が, 長く留るべき, 間もなく編輯者, 随分な, 障子を, 隣室の, 雄のみは, 雨の, 電車を, 飢渇ゑた上毒に, 高島田さここの, 黙つて自分

▼ つた樣子~ (214, 0.3%)

75 です 8 でした 7 はない 6 ですが 5 でしたが, はありません 4 で, もなく 3 だ, は, はなかつた 2 である, で御, で斯, はなく, もありません, も出た, も無い, をし, を見せ

1 [73件] かえ, からし, があり, があります, がなかつた, が不思議, が分る, が小憎らしく, が漏れ, が無い, が私, だ放つて, であつ, であわて, でお客さん, できりぎりす, でこの, でさ, でその, でもあつ, でやつ, でウ, でピヨコリ, でポツポ, で元, で兔, で冷然, で切出しました, で喜三郎大人氣, で姐さん冠, で床, で御新造さん, で振り仰ぐ, で新しい, で明神下, で暫らく, で格子, で案外, で物珍, で物音, で狹, で白い, で眉, で私, で稍, で立つ, で竹光, で話した, で鍵, で頬冠, で頼み込む, で飛ん, とか, と變, などはなかつた, などは拭, の男, はなし, はもとより, はよく, はわかつ, は世にも, は少し, は御座いません, は無い, は物, は絶對, もない, もなかつた, も紅筆, も見せず, をした, 手馴れた錢

▼ つたとき~ (213, 0.3%)

6 のこと 4 と同じ, に私 3 にそこ 2 であつ, に, にはもう, には先生, にも父, に先生, に彼, のやう, の心得, は

1 [176件] おくみ, おちかは, おちかはがたりと, おもひも, お母樣, からなかなか, からもう, から口, から居ない, から彼, から秀次, この一句, したやう, すぐ音次郎, すでに病人, すでに行, その事, その書式, その母親, その相談, その貴い, その齋莚, だが平賀甚兵, だけ, だつて, でありました, である, であるが, で何處, とッぷりと日, どうした, どんとぶつ, など彼, にこの, にとどめ, にともうし, になぜ, には, にはすでに, にはどう, にはよく, には京, には受持訓導, には実は, には広い, には弟妹達, には彼女, には既に, には早春, には桂子, には桑, には波多江, には狐, には目, には磯際, には紛, には芥川, には花, には虚妄, にもう既に, にもちやう, にも彼女, にズボン下, に也ちやん, に信一郎, に僕, に出る, に切断, に初めて, に十分休息, に唯々, に大勢, に夫, に夫人, に寒い, に平和, に幾分, に弘文, に拾う, に於, に早く, に本当に, に泡, に男, に矢張り其処, に聞い, に血氣未, に言つたの, に飛田, のため, のやつれ, のネル, の仕草, の僅か, の印象, の声, の大西, の子, の屋根下, の役, の樹陰位, の歡喜, の母親, の物悲しい, の目方, の相沢, の私たち, の見, の見本, の赤い, の適當, の顏色, はあれ, はそれ, はまだ, はもう, はもう俄然, はもはや, は一章, は人, は先, は多く, は息, は恰度職員室, は手, は斜, は柔かい, は殊に, は毀れ, は汽車辨当がま, は濁音, は眼鏡, は私さ, は葛子, は訳, は誰, は譯, は遠慮がち, は酔中, は養母, ひどくソハソハ, ひゆつと, ひよい, まだ廃屋, むんずと組みついた, もさうだつ, もギッシリアキビン, も二十幾年, も半, も随分, や, わざわざ風呂場, 一頻り賑, 両棋士面色, 何気なくノート, 全く眠り, 初めてこの, 即ち遂に, 去害, 同じ思ひ, 大監督, 始めて大, 小さなず, 思ひ出したやう, 思ひ切つてそつ, 或は伊勢, 明るい光, 暗くなりかけ, 暗くなりかけた, 直ちに自分, 着たカキ色, 突然春, 突然海, 見ると, 遠い旅行, 附いて

▼ つたわけ~ (211, 0.3%)

46 では 25 でも 20 です 15 である 12 だが 1086 であるが 5 だな 4 であります, ではない, なの 3 だね, ですね, なん 2 か, だつた, であらう, ですが, ではなかつた, ではなく, は

1 [29件] がどうやら, だよ, であつ, であるから, でございます, でございます親分, でした, ですな, でせう, でそれ, でなかつた, ではありません, でもあるまい, でペンペン草, で外, で故人神田伯山, で死刑, で甚だ, で結局條虫, ね, のもの, はかうだ, はその, はどんな, はない, は石長姫, もある, をお, を色々

▼ つたその~ (205, 0.3%)

4 時の 3 頃の

2 [11件] うちに, ために, ま, 中を, 人を, 山の, 年の, 日から, 男は, 眼には, 面白さ

1 [176件] あとで, あとに, いやらしさ, うしろす, かげは, くせすぐ, くせ幼稚な, くら闇の, ことは, ことを, ためでも, ときお話の, ときで, とき蛭氏は, ひどい仕事, まへに, わめき聲, テンプラの, メダルを, リストが, ワヤは, 一番祕密な, 一言に, 一言を, 一語で, 上に, 上僕は, 下袴, 中に, 事を, 二時間ほど, 人だ, 仕合せな, 余が, 元気で, 光を, 光景は, 凄慘, 前と, 募集の, 勢といふ, 原因で, 口, 口の, 名残では, 國土の, 場の, 場合に, 塩風呂はよ, 声, 夕方から, 夕方ちかく, 大學生, 大臣の, 夫が, 夫人の, 奧には, 女が, 女の, 女中は, 妹も, 妻とが, 姿を, 子が, 家が, 家で, 家の, 寂しい姿, 寫しもの, 封を, 帝國主義に, 帰りみちで, 広告絵との, 度ごとに, 座談會の, 引越の, 当時の, 思ひ出, 意味が, 愚かさが, 態度の, 戲曲的方面しか, 手紙で, 新たな, 日が, 日にでも, 日以後も, 日僕達は, 日眼鏡が, 時, 時から, 時に, 時よりも, 時其月堂の, 時因果と, 時悟空は, 時惡智慧の, 時智惠子は, 時矢張り同じ, 時私は, 晩から, 晩や, 晩外崎君の, 晩小間使は, 暗くあかるく月, 暗さ, 月日は, 朝の, 木村の, 本人の, 杉籬に, 楔機とも, 次ぎの, 歌を, 母親も, 沓底は, 済ました顔, 満足は, 漫画の, 無雑作加減, 煙りの, 燒餅の, 父に, 珠は, 理由が, 生活を, 田の, 男, 男の, 直後に, 眼つきは, 眼は, 着物を, 瞬間から, 瞬間の, 瞳, 種族の, 窓の, 経験を, 絵の, 絶望の, 美しさ, 翌くる, 翌日だ, 翌日私は, 肌に, 自分の, 自然の, 芥川から, 花の, 花粉を, 草の, 葉の, 蔦の, 蕾を, 言葉が, 言葉を, 謎の, 赤黒い大きい顏, 赤黒い大きい顔, 趣味に, 足で, 途端に, 逗子の, 通りだ, 道程には, 頂上を, 顏に, 顏を, 顔は, 顔も, 風の, 風味は, 馬を, 鮮美な, 鼻筋の

▼ つた~ (200, 0.3%)

5 はその 4 の人, の眼, の頭 3 の顔

2 [12件] であつ, にはそれ, のす, の伯母, の原則, の声, の心, の父, の詩, はまだ, は更に, も私

1 [156件] がまた, がアケビ, が卒業, が垂仁天皇, が宮, が彼, が手記, が相当, が茶屋, こそが白々しい, この場合, だが, だつたが, ではある, ではない, といへ, と思つた, など, にさ, にはこの, には父, に反し, に対しては多少, に幸, に幸福, に海拔二千尺, に私, に近い, の, のため, のまくら, のやう, のプラグマチスムス, の世界中, の予感, の今度, の仕事ぶり, の体, の傾向, の凸面鏡, の刑期中, の前, の動物, の叔父, の叫声, の名前, の噂, の國姓爺合戰, の女, の女自ら, の妻, の姿, の小賢しい, の幼時, の影, の得意, の心懷, の感情, の手, の文章, の旅, の最後, の本質, の材料, の様子, の瞳, の習性, の習慣, の胸さき, の若い, の衷心, の見知らない, の言葉, の説話, の身体, の逸話, の野心, の青年, の顏付, の鼾, は, はあと, はあの, はいぢ, はう, はかう, はここ, はじつと, はそれ, はどう, はなすべき, はまことに, はまた, はコツク, はテレ, は一度, は一段と, は三十八万円, は上甲板, は世間師同志, は中年, は二年後, は人間社会, は何, は到, は又, は反, は合, は呶, は咄嗟, は善良, は囲炉裡ば, は女房, は好い, は好人物, は如何にも, は小説家, は彼等, は後, は忽ち, は怜悧, は怠け, は懐中, は或, は持病, は最近, は白い, は礼, は私, は稜威, は肉親, は腕, は自分, は自己, は苦行, は電車, は首, は體操, も, もここ, もまた, も宿, も止められ, も無言, も聊か, も途方, よりも私, れの, れは, をお, を同じ, を強, を待つ, を想像, を見上げ, 御話

▼ つたばかり~ (193, 0.3%)

19 では 7 だ, であつ 6 だつた, ぢや 4 です, でも 3 だが, だよ

2 [16件] だぜ, だと, で, であるから, であるが, でこの, でございます, でした, ですから, ですが, でなくお, でなくそれ, で今日, で何とも, なの, なんだ

1 [102件] その口, それで十日, だから, だがね, ださうであるが, だし, だつたので, だつて, だといふ, だとの, だなア八, だニス塗り, だ楊, ぢやあない, ぢやごは, である, でいつ, でございますから, ですもう, でその, でそれ, でどこ, でない, でなく, でなくこんな, でなくすべて, でなくその, でなくそれ以来馬の脚音, でなくまた, でなくわざと, でなく不便, でなく事件, でなく写実, でなく多少, でなく家持自身, でなく實, でなく平生, でなく彼, でなく悠々, でなく此夏, でなく死後, でなく湘南各地, でなく角屋, でなく軍歌, でなく近頃, でなく避穀法, でなく防風林, でなく風防林, でなく食べるもの, でひどく, でへい, でまた, でまだ, でもうできちやつ, でドブン, で下女, で二度と, で亞麻色髮, で今後, で何, で何だか, で何ん, で佛典, で八千, で別に, で口, で引つ掻きを, で急, で戸口, で手, で未だ, で極, で歸つたあと, で氷峰, で疲れて, で疲れとるもん, で胸, で自分, で船醉, で酒気, で默つて, なので, なのに, なん, のせゐか, のと, のを, ひどく興奮, また眼, らしい一通, らしい多い, らしい血色, らしく刈りこんだ松, らしく病室, 丁度音次郎, 人気俳優沢田正二郎君の, 其精神と, 宿六の, 極り惡さうに俯向い, 燻したやう, 編むで繋いだ繩, 酒なんか

▼ つた言葉~ (192, 0.3%)

8 である 4 の中 3 だつた, であるが, をふと, を思ひ出し, を憶 2 がある, だと, であつ, でもつ, と言葉, のこと, も思ひ出された, や動作, を使

1 [147件] あの二人, か訣ら, がいとしい, がきつ, がその頃作つた彼, がどうしても, がなおさら, がほん, がまた, がわれ, が使つて, が全部, が容易, が彼, が染, が次, が残つて, が浮ん, が破壊, が私, が聴, が見つからない, が誤り, が面白い, だが, ださうだが, だね, であ, であらう, であり澄江, でうつむいた, でお, でせう, でそつ, でそれ, ではない, でもなささうです, で叱責, で旅そのもの, で案外, で直ぐ, で註釈, で重ね, として, とはどうしても, と我, と言, と記憶, などをも思ひ出さず, に, につい, にはツ, には冷めたい, には押される, にふつ, によれ, に人波, に免じ, に就い, のうち, のなか, のやう, の個所, の儘, の出る, の効果, の哀れ, の意味, の意味はつ, の態とらしい, の手前, の改革, の數, の洒落, の真意, の結果, の裏, の調子, は, はこれ, ははつきり, はみんな, はみんな私, は丁度, は主人, は伊達, は何処, は医者, は文吾, は明らか, は未だに, は杉村, は無い, は皆三, は耳, は覚え, は輕, もあつ, もあれ, もひつ, も僕, も思ひ, も思出, も決して, も院長, や最後, や濱島, や顏, よりも何より, をあじわう, をいよいよ, をかじる, をぐつと, をその, をた, をついだ, をふつ, をまさか, をまだ, をも繰返, をガラツ八, を以つて他, を使つて, を僕, を医者, を噛みしめる, を引い, を引証, を思ひだし, を思ひだした, を思ひ出した, を思ひ出す, を想, を慌て, を捕へ, を無, を發, を直ちに, を真に, を真実, を空, を窕子, を考へ出し, を聞い, を聞逃, を胸, を覚え

▼ つた~ (187, 0.3%)

10 のこと 9 はもう 6 である 5 でした 3 だつた, であつ, にはもう

2 [11件] から, だから, なので, になつて, には一二丁, には夜, には私, は, はいつ, はまだ, を見

1 [126件] あひ, ある和蘭医者, お北, からいつも, からそこで, からの用人, からもうど, からゲエテ, から又, から古賀, から妊娠, から妙, から家庭, から急, から日, から私, から窕子, から船頭, この一座, その辺, だ, であるが, です, で世話人, で大層, とは云, と同じ, などにひとり露台, にくらべる, にさして, にちやん, になつ, にの, にはすこし, にはまだ, には二様, には前庭, には又, には山, には房一, には株, には間もなく, には風, には駒止め橋, にひよく, にやつ, に偶然, に初めて, に小父さん, に平野さん, に当る, に役に立つた, に散文, に早く, に是, に隆治, のあの, のお, のま, のまだまだ, の三組町, の人, の作, の作品, の君, の味噌摺用人, の夜, の夫人, の寮, の少年時代, の思ひ, の情夫, の手代仲間, の朋輩衆, の父, の若, の記憶, の車掌運転手, の遺物ぢ, の顔, の高瀬家, はあの, はどうも, はまだそれ程, はもうすつかり, はもう既に, は二十町, は二百餘騎, は人, は人間, は何時の間に, は反, は好かつた, は始終, は御, は日, は梅雨期, は温泉, は然, は粗末, は起き, は酔, は閏六日, は隨分世帶, は顔色, は鹿, ほひこの, また後, までまだ, もう一度そつ, もう大丈夫, も少し, やがて亥刻, よりずつと後, を思ひ出し, を想, を見計らつ, 低い聲, 出したもの, 執念深くつけ廻した, 已に彼女, 或る, 或西洋人, 新しい運命, 極めて靜, 突然前庭

▼ つた~ (184, 0.3%)

4 つてゐる 3 づみに, 一昨々年お袋は, 可いが 2 だか, ぢめての, 何か, 勿躰ない, 可笑しいで, 惜しい事, 重々惡う御座いました

1 [157件] あ, あの, あやまち, いつぞ, いつた, いひながら, おつぎ, お品, お志保, ぎりつと絞つた, この男, さうい, さうとしても, さて此方衆知つて, した女, そら, つたと, つたひみつ, つて, つていつ, つていろ, つてその, つてぽたりぽたり, つても, つてやがて, つてゐないらしい, つてゐました, つてを, つて三人の, つて下し, つて下り, つて人間の, つて來た, つて來る, つて外国人向きの, つて彼は, つて彼女には, つて来た, つて来ました, つて来る, つて歩かせられました, つて泣い, つて行きそれから, つて行け, つて高, つひ此, づだわ, なしで, なしでない, ぽさ, まだしげっ, もう十二時, ズングリと, 一同へ, 一杯に, 一杯の, 三十三年である, 三年の, 不思議でも, 丑松だ, 五十を, 今何處に, 何でも, 何よりも, 何處か, 先づ市場で, 先に, 全く此, 其の所為, 前駒, 勘次を, 勿論この, 卯平へ, 口を, 向うの, 垣根に, 大に, 天から, 天下無双の, 太都夫の, 奇怪千萬と, 始終笑顏, 婦の, 寒ければ, 實に, 小柄な, 少し勃然, 少し慌てた, 屹と, 左程, 帝の, 幾らいつ, 幾年か, 庭から, 庭の, 庭を, 庭先の, 彼も, 復た, 復來た, 必らず, 忌, 怪からず, 態と唐鍬, 態と改まつた, 手拭の, 斯ういひ, 斯の, 昨日は, 更に介意, 本當, 此の, 氣の, 汗沁みた, 洋傘と, 洋傘を, 漸くの, 濕つた手拭を, 熊の, 牛車に, 狹い, 申訳が, 申譯が, 百年目, 百年目よ, 皆夢の, 相手を, 社殿二間ほど, 私の, 稍褐色に, 稚松, 空に, 立つた儘獨語, 腹を, 自分が, 自分の, 若僧, 茶柱の, 茶碗を, 蕎麥の, 見るさ, 足と, 軟かに, 近頃無い, 那方か, 酷いといふ, 釋迦佛の, 重相な, 錦の, 開いた儘, 閾を, 非常に, 音に, 頻りに勘次, 風呂敷で, 驚いたやう, 髮を

▼ つた~ (174, 0.2%)

46 をし 7 をした 3 して 2 で立派, になり, は一人, もし, も見せられない, をする, を見

1 [104件] うれしい顔, があつ, がどこ, がみえ, が一同, が並ん, が二つ三つ, が二三人, が今, が咽喉, が汗, が白く冷たい, が白眼, だけ見せ, だちである, で, である, でかたわら, です, でその, でもあつ, でもなかつた, でわめく, でニヤリ, でベルグソン, で乱入, で何, で力, で怒鳴つた, で栄蔵, で絹扇, で藤枝, といふ気持, とがぢい, とその, と仮り, と自分, と顔, どきつい, にこの, になつ, になつて, にはじめて, によつて威厳, に何, に力んだ, に合わず, に小さい, に挨拶, に白い, に眼, に融けた, のつくりで, の傍, の半玉, の小僧, の巡査, の平, の暈, の燻つた, の皺, の筋肉一つさ, はこの, はせず, は如何にも, は心持赧, は火, ばかりで, へ一波, もそれから, や手足, や静か, をあげず, をうつむけ, をくし, をしやしなかつた, をしよう, をつめたい, をにこにこ, をぬ, をやわらげ, ををかしく思, をドーラン化粧, を並べ, を伏せた, を僕, を凝, を勃, を取り外し, を坊さん, を思出, を探す, を擡げ, を曇らせ, を浮べ, を真面, を私, を紅く, を考へ, を見くらべ, を見た, を見られず, を見合せました, 聞いて

▼ つた~ (172, 0.2%)

11 である 5 の事 4 であつ, の夕方, を受け 3 にや俺 2 からで, に, にはそれ, にや十手捕繩返上, のこと, の午後, の夜, はこの

1 [125件] からお, からその, からもう, から劉, から四日後, から毎日一度, から貴方, がある, がどう, が其, が忽然と, が最後, ざしは, だ, だけ服, だと, だ今日, であるならば, でした, です, でも, でも雑誌, で二時頃, で御座います, で海, とてはなく, と刻限, と雨, などにはとん, などに多く, にすぐ, にでもふい, にはたまらなく, にはどう, にはどうして, にはわたし, にはわれわれ, には何で, には其処, には出, には列, には學問, には御, には村, には沙, には第, には緑, には背景, には自分, にも主人, にや, にやあ, にやこ, にやこいつ, にやこの, にやどんな, にやわし, にや世の中, にや八丁堀, にや十兩, にや困つた, にや女房, にや引込み, にや手前, にや江戸, にや溜飮, にや第, にや自分, にや色事, にエレーヌ, に公, に其の, に勘次, に山吹, に彼, に来り, に當, に私, に至つて, に舞, に見ました, に長上, に限つて, のその, のなか, のもだえ, のやう, の一周年, の余光, の光, の光線, の出来事, の午後三時頃, の午後四時過ぎ, の夢, の宵, の日付, の涼しい, の白, の若い, の記憶, はあす, はどうにも, はなん, はタツノ, は夜来, は映画見物, は當時, は発作, は白, は終日氣持ち, は薄曇り, ばかり續, もあり, もなかつた, も並, も僕, も江戸, よりも來, を徴, を懐, を知らない, を記念, を追想, 小さい弟

▼ つた~ (169, 0.2%)

6 な氣 5 だ, である, な顏 3 です, な譯, にし

2 [15件] な喜び, な心地, な樂, な氣持, な眼, な笑, な聲, な風, な點, に, になつ, に出, に心, に見ゆる, に言つて

1 [109件] だから, であつ, でありました, であるが, であるけれども, であるしかし, でしたが, でしたよ, ですから, ですが, ですね, ですよ, でなく後, で一言, で其急峻, で右, で從つて現代, で暗い暗い, で暫し, なところ, なの, なので, なもの, なもん, な事, な何, な傾斜, な印象, な塵, な境遇, な大, な失望, な小説, な巖石, な幻影, な性質, な感じ, な態度, な所, な支那特有, な東北口調, な格, な機會, な次第, な此處, な氣持ぢ, な氣概, な淡白, な爽快, な牛臥山, な白雲, な短い, な笑顏, な答, な紹介状, な考, な腥い, な街路, な詩, な話, な近づき易い, な飛んでも, にかき重ねた, にからり, になつかしい, になつて, にザラザラ, に主張, に云う, に今, に凍, に凡て, に動悸, に原稿, に又, に周圍, に威勢, に強く, に忘れ, に思はれた, に思はれる, に思ひました, に思ふ, に急, に恁, に恐ろしい, に恰度それ, に想, に感じた, に擂, に昔, に晴れ, に曇, に癪, に眞白, に眞面目, に立ち上つた, に義男, に聲, に臆病, に自分, に落ち, に見, に身, に逆ま, に酒色, に鹽, に麥, を氣

▼ つたあと~ (168, 0.2%)

7 のやう 43 であつ, でまた 2 だつた, である, でこの, でその, でふと, で芥川, の眼

1 [137件] お銀ちやん, からきまり切つ, からは天国, から二人, から見る, が一杯, が大きく, が見えない, しばらく一同無言, その夜遲くま, だ, であの, でいかに, でくるり, でさういふ, でしか飲まない, でしまつたと, でしみじみ, です, ですぐ, でだんだん, ででも, でなければと, ではし, ではただ, では兄, では窕子, でもか, でもこちら, でも外, でも彼女, でも至, でミトローニク氏, で主人, で代, で余, で土間, で女主人, で居酒屋, で彼奴, で念入り, で折, で掃除夫, で明日, で材料, で極度, で氏, で決してそれほど, で渠, で無論, で煙草, で直ちに, で祖母, で私, で素子, で紺がすり, で考へた, で自分, で虚しいひろ, で言, で誰, で讀ん, で雛子, で非常, で騒音, なの, なら何, におそらく, になつて, には二人, には今, によく, に来, に私, に紫雲, に豆, の, のあの, のお, のこと, のすすき, のたえがたい, のただ, のやさしい, のテイブル, のヒロイツク, の不動不壊, の二つ, の五局目, の吉野がい, の家, の寂寞, の広小路, の感想, の故紙, の木の間, の洗, の深い, の清々しい, の獸, の玄關, の白, の秋晴, の稲株, の老人, の芥川, の路上, の雫, はお, はお前たち, はまるで, はむつつり, は俄, は信濃川, は嵐, は急, は更に, は湯, は穴, は金兵衞, ふとした座談, へ現れる, へ秋, へ結城ひろ子, ほどの人恋し, までも喜んだ, までも暫らく無言, までも義雄, まるで私, もありません, ももうすこし, らしいと, わざと演者自身小首, を想像, を眺め, を襲つて級長, を通るだ

▼ つた~ (162, 0.2%)

4 それに, 又京 2 プランタンと, 紺屋の

1 [150件] 〆切も, あとは, あんな, いま眼の, お土産, お夏さん, お弟子達, ぐつすりと安眠した, これから私, さうし, その上, その他の, その所有者, その結果, それから四十, それにさつき, それにそんな, それに何と, それへ, ちやうど, づくが, て膳部, なあ, のたれ死し, ほらしい, ぼくは, またさういふ機会, また借金, また思ひ返し, また或, また東京, まつたか, まともな, まりの, まアまア一應逢つて, もう二人きり, もう暗い, やがれ声, やべつ, よくテニス, われわれは, タツノは, ダニムの, ダラットで, ツイ先刻は, フオン・シーボルトの, メッキ工場の, 一人助手を, 一先づ此處に, 一本杉の, 一生食ふ, 一緒に, 三千兩の, 三尺幅も, 世の中が, 中からは, 二宮の, 云つた, 五日でも, 今でも, 今も, 他人の, 仙臺では, 僅に, 僕の, 僕は, 其の頃, 内部には, 加けに, 労れ, 勝たせたいとも, 十一月とは, 十八日の, 又水藩史料, 又無茶, 命も, 和吉の, 唐櫃の, 四十を, 塩すらも, 大森の, 妻の, 妾今年は, 始めの, 娘が, 子供の, 守一は, 実は後期王朝, 実を, 対訳本も, 山の, 左衛門以下の, 年々苔の, 年を, 後には, 徳川夢声君の, 徳松の, 思慮の, 戀愛問題に, 或は悲しい, 戰爭嫌いでした, 是方からも, 時々無気味, 最後まで, 木の実は, 本も, 本を, 椀を, 樹明君からも, 次兄も, 殊に人前, 海が, 漢文学の, 然し又すぐ, 父と, 白粉の, 白粉氣の, 盛場の, 神戸の, 私は, 稽古所で, 米も, 精悍な, 級も, 終戦の, 経を, 結婚出來れ, 聾の, 自分の, 若しそれ, 血染の, 行くの, 西山の, 見た事, 訣り, 讚岐の, 赤鉢卷の, 農民との, 遠藤長之助も, 部屋いつ, 酒も, 闇の, 雪子は, 雪子も, 頻々と, 顔色などは, 香港に, 高等学校を, 魚も, 麥も

▼ つた~ (162, 0.2%)

99 やない 33 やありません 7 やア 63 つとして

1 [14件] き後, つとしては, つと死, やございません, やすみませんよ, やその, やなあ, やなえかね, やねえ, やねえか, やねェか, やらう, や無え, や籐椅子

▼ つた~ (159, 0.2%)

22 をし 6 をする 3 です, をした 2 である, で立派, を眺め, を見る

1 [117件] からは何ん, からは芬々, から喉, がこ, がのぞい, が一つ一つ, が二目, が今, が何となく, が又, が大空, が急, が柔ら, が江戸娘, が流れ, が眞, が私, して, だ, だつた, だつたの, で, であるが, ですが, でにらみ付け, ではありません, でぼんやり, でガラツ八, でニヤリ, で力, で實, で平次, で幾, で抗議, で聞い, で輪飾り, で迎, で鬚, といふの, といふもの, とは違, とハタ, と出くわした, などア, になつ, になります, には凄い, にふ, にもキリリ, にも脂肪, に内心, に凝集, に力んだ, に深々, に笑, の今, の動き, の古い, の女, の相好, の老僕, の良い, の艶, の赤い, はあれ, はし, は一つ, は四十そこ, は妙, は寧ろ, は少し, は心持赧, は旗本屋敷, は汗ばん, は無, は紅白紛, は蒼く, は衰, は見る, は青白く, も一枚, も下女, も針金, や思ひ, や皮膚, や眉, をお, をただに, をつき出す, をなぶらせ, を一度, を上げました, を兩膝, を出した, を勃, を土氣色, を埋め, を崩し, を平次, を忿怒, を持つ, を振り向け, を振り向けました, を歪め, を眞正面, を碧梧桐, を見し, を見せた, を見つめ, を見直し, を載せ, を錢形平次, を青木さん, を顧, を顧みました, 立ち青春, 立ち鼻

▼ つた~ (158, 0.2%)

4 に二上

2 [11件] で御, で急いで, に, にそれ, にまた, に大粒, に次, の姉さ, の申出らし, はいづれ, を春めいた

1 [132件] あらゆる鈴, いろ, お信, お勝手, お極め, かういふ熱心, から見れ, この守隨彦太郎腹, こんなに親切, せめては, そこでぽ, その努力, その協同相談, その口, その敏腕, その爲, ついに家屋敷, であの, でいや, でこれ, でさ, ですべてお話しやう, でする, でつく, でなあんだ, でないと, でなくては, でにしよう, での愛情, での藝術, でも裂い, でゆ, でよく, で何, で何所, で古代生活, で快感, で撰好み, で更に, で此先武家奉公, で点呼, で皆んな顏, で罪, で自分, で自首, で騎手, とうとうそれ, にあの, にこの, にて, にはもう, には煙草, にも有, に二十六圓づゝ, に五升づゝ一斗, に出し物, に前述, に単調, に古今集等, に命, に喉佛, に変化, に大, に小さい, に小さな, に小包, に恁, に懲役, に懷中, に懷中物, に排水用意, に更に, に月四円, に月四圓, に極めて, に漂つて, に点々, に生える, に生意気心, に簡單, に肌, に葉, に講演, に赤衣, に逆事, に鉤弋夫人, に銀, に風俗画, に香水, の世上, の世辞, の今日, の孫, の小さな, の御, の悪戯, の惡戲, の感じ, の方, の樂, の難病, の騷劇, はあなた, はいつも, はその, はどうせ, は一日, は仕方, は何時, は其場, は呑氣, は太秦, は山陽, は平次, は彼女たち, は最早, は此屋敷, は父, へどんより, まるで下女, もしその, よく眠, を繃帯, 一気に花, 何とかしよう, 大きい目, 漸く這, 神々しい素木, 立つて, 紅い扱帶, 若しも私, 障る者

▼ つただけ~ (152, 0.2%)

14 では 11 である, です 9 ぢや 6 だつた 3 だよ, ですよ, なのに 2 だ, だが, だつたの, でお, でした, ですぐ, で彼, で松太郎, で私

1 [74件] あつて, あとは, お北坊, それも, それを, だから, だからなあ, だぜ, だつたが, だつたよ, ぢやあ, で, であ, であつし, であるが, である画家, でおま, でこの, でこんなに伸び伸び, でございました, でございます, ですの, でそもそも, でそれから, でそれ以外, でただ, でなどと, でなん, でもう, でやはり, でよ, で一種, で三千兩, で亭主, で人間, で他, で何, で北原ミユキ, で又, で實, で小説, で御座います, で微か, で急, で意見, で接吻, で明るい, で時間, で横, で特別, で狭い, で男, で神, で稽古, で精密, で練吉, で自分, で話, で高平君, なの, なので, ならさしたる, なん, なんださうだし, のこんでねえか, のです, 何彼に, 再び降りなけれ, 懇意も, 私も, 素朴に, 腰も, 見たやう, 門を

▼ つた~ (147, 0.2%)

7 がある 5 をした 4 である, であるが, をし, を聞かせぬ 3 で, ですが 2 さ, だよ, では, などをした, なの, になつ, を, をする, を御, を聞く

1 [93件] があつ, があります, がつい, が今, が伝はつ, が余り緊張, が傳, が全部, が面白, だ, だお前, だが, だつたさうです, だと, だな, だらうと, であるから, であると, でこれ, でございますが, でした, です, ですから, でせう, でただ, でもあつ, でも喋る, で努力, で御座います, で昔, で誰, で鹿, とかが稀, とか或は, となる, などが幾何, などし, などひと, などを私, などを食後, なら遠慮, なん, になり, になる, に似, に其, に及んだ, に就い, のあり, の席, の調子, はある, はきいた, はしたくなかつた, はしてなかつた, はしなかつた, はしません, はそれつ, はどこ, はない, はまだ, はよしませう, は仏者, は元, は壱岐, は平次, は案外, は海老名弾正氏, は聞かぬ, は聞きません, もある, も出来ない, や學問文藝, や春季, をしかける, をしなかつた, をしませう, をすれ, をふと, を一, を出す, を始めた, を引出す, を思ひ出し, を思ひ出せた, を持ちだす, を聞い, を聞いた, を聽, を誰か立聽きし, 何となく生き, 新知見, 諸會社

▼ つた調子~ (143, 0.2%)

26 です 10 でした 5 で, である 43 でかう, で言 2 でこんな, ですね, で云, で取, で松太郎, で話

1 [75件] いかにも八五郎, がこの, がやはり何となく, こんなの, であつ, であの, でいつた, でおちよぼ, ですが, でそんな, でなほ, での, でべ, でグイ, でザポロージェ人, で中學生, で云つて部長, で何時も, で來, で却つて自分, で呟いた, で呼びかけた, で四方, で始めました, で居る, で平次, で張飛巡査, で敬之進, で文学志望, で斯, で斯ん, で早口, で歩き出した, で現れた, で痛烈, で知らず, で祈り續, で紙数, で紙數, で舞台, で萬七, で話し, で謡, で警部, で逆襲, で随つて何日, で隨つて何日, とそれ, なの, なので, にさ, になつ, になつて, に出た, に巻き込まれ, に平次, の, の三十, の女, の手紙, の殿樣, の洒落れた, の滑らか, の狂乱, の独立, の男, は例, は強く, は彌, も續, を帶びてゐる, を持つ, を明ら樣, 放れの, 荒い浴衣

▼ つた~ (139, 0.2%)

3717 だが 12 です 11 である 4 だと 3 であるが, ですが 2 だから, であつ, ですよ, のその, の八五郎, はない, もない

1 [38件] が無し, が知識, だし, だぜ, だそう, だつた, だつたね, だ金兵衞, で, でございます, でございますが, でさ, ですで, でせう, でその, で御座いますが, なの, なのに, のお, のお父さん, のガラツ八, の五百兩, の伊達, の娘, の家, の市之助, の幸三郎, の志賀内匠樣, の手代, の新, の男, の胃, の船, の辰三, の高橋, はありません, もありません, もなく

▼ つたらしい~ (135, 0.2%)

11 のです 6 のである 4 んだ 3 ぞ, な, のを 2 から, ことが, ことは, よ, 暑くな

1 [95件] いよ, お説教, かなし, からその, からである, からね, から必ずや, があの, があれ, がいま, がその, がそれ, がはて, が俺, が借金, が僕, が少し, が少年, が役人, が恐らく, が未遂, が歌, が氣, が男, が舟, が護身用, ことなどを, ことをも, こと河童の, だがま, といふ, ところが, との噂, とは思はれぬ, と彼, と見込ん, の, のだ, のであります, のでさちよ, ので君, ので那様事, のに気, のよ, ほれぼれした, めつ, ものだ, ものに, ものは, ものを, ゆき子を, よ親分, んです, んでね, チユーリツプを, ンです, ヴアレリイ氏にだけ, 一人の, 一本の, 一種の, 下から, 事将軍家も, 人で, 停留場毎に, 凸凹した, 四畳半で, 四疊半で, 奴で, 宗派から, 客の, 岩や, 左右に, 布教の, 平べつたい石, 所も, 明日は, 時こちらを, 標題, 樹明君は, 樹明君よ, 水島が, 演説でも, 煙草入を, 生垣近くで, 白つ, 石段の, 羊の, 行乞六感, 話を, 財産が, 贅澤な, 足跡は, 酒も, 雨戸の, 鞄を

▼ つたんで~ (134, 0.2%)

57 せう 4 がすから, せうね, せうよ 3 がす, せうか, 親分 2 しよう, せうねえ

1 [52件] あつしの, えまあ, がさ此さう, がすがね, がすねえ, がすよ, げすが, これは, さあ, しば, せうから, せうが, せうけれど, せうさあ, せうそれで, せうなど, せうのびてるか, せう不思議ぢ, せう寅刻, せう梯子段, せう白犬, そんな事, なうほんに, びつくりし, へえ, ほんとうに, まさか坐, ピカリは, 会社の, 何うも, 何か, 何なに心強い, 俺あ, 其處に, 可愛さうに一生奉公, 困りましたよ, 夜店の, 大分焦心つ, 大分焦心つてる, 奧へ, 少しやりきれなく, 川向うの, 探しに, 早業だ, 毎年の, 決して冷かした, 泣くことさ, 涙が, 親分は, 言ふこ, 警察の, 飛んだ手間取りましたよ

▼ つた人間~ (130, 0.2%)

5 だ, のやう

2 [11件] がある, がその, が水, だつた, だと, である, になつ, の安らか, の常に, は前, や動物

1 [98件] からこんなに, がぐんぐん, がこの, がすぐ, がだんだん, がゐる, が一樣, が丸, が入, が土, が外部, が居る, が手輕, が日本, が男, が節度, が育ち, が解りました, だから, だなあ, だ何, であつ, でなければ, でもそれ, でも尚, でも立てる, で云, で作男, で強奪, で御座います, で昼頃, といふもの, としてあたり, とは別, と云, などの像, なの, ならむしろ, にあんまり, にこんなに, にとつ, になります, にはその, に少し, に弄ばれ, に慇懃, に救, に眼, に自然, に關, のいない, のしたし, のそれ, のたま, の中, の云, の利己的信仰, の如く行為, の心, の数, の目星, の考へる, の腿, の血の, の袖, の身のほど, の運命律, の雰囲気, の顔, はたしかに, はどうして, はまた, はまだ, はわかりました, はモルヒネ, は一人, は何, は怪物, は木戸, は永久僕一人, は間もなく, ばかりです, ばかり扱ツ, ばかり見, へ突き戻す, も珍しから, も随分, をあり, を一々, を作家, を平, を搖, を知つて, を見た, を調べる, を調べ上げ, を責むべ, 剥ぎとられた世界

▼ つた自分~ (129, 0.2%)

5 の姿, の顔 4 の心, の言葉, の語 3 の胸 2 で自分, のやう, の手, の掌, の机, の部屋, は決して, は父母, を彼

1 [86件] がいつの間にか, が完全, が宮, が弟, が恥づ, が最初, が自分, では写した, で惡, と, には固, には息切れ, に気づいた, に自尊心, に飽, のし, のたて, のみじめさ, の一生, の上, の上着, の不明, の世界, の今, の作品, の全身, の半生, の呼吸, の失敗談, の如き, の実力, の家, の寫眞, の居間, の幼い, の弱, の意識, の態度, の手腕, の此, の歩, の窶れた, の耳, の膝, の虫の息, の詩, の身, の身内, の逢つた事, の過去, の靴音, の頬, の頭, の顏, の餓鬼, はそれ丈, はどうか, はまた, は三度共, は三度共此大章魚, は十九年, は土曜日, は婆さん, は少し, は欧洲, は歐洲, は此數日來, は隨分影響, は青山, もどう, も側, も可笑しく, も知らず, より和尚さん, を今, を嘲笑, を想像, を意識, を感じた, を愧ぢ, を手紙, を狙つた, を見, を見たい, を見出す, を識

▼ つたけれども~ (127, 0.2%)

5 それは 3 私は 2 それらしい

1 [117件] あたらなかつたといふ, いつもおなじ, いつもの, おばあさんが, かれも, この方, この無残, この脇差, この頃, これは, さうらしく, しかもさびしさ, しかも一番道綱, しまひ, そうなる, その中, その夢, その時, それが, それでも畳, それも, でもそれでもやつぱり, とてもそんな, どうにも店, なるべく当り, なんと云つてひろ子, にこにこと, まことにケヂメ, まさか鶴石, まづ, もう如何, もはやお, やつぱり懷ろ手を, よい事, よく家, スプリングの, 一人として, 一時この, 丁度その, 世に力, 二人の, 人民は, 今ぢ, 伏生以前の, 何うも, 余りの, 佛蘭西語も, 依然として其焼失, 兎に, 全く駄目, 其方を, 内心は, 処女で, 出札の, 初瀬は, 前途猶, 午後には, 参謀本部の, 四尺七寸ぐらゐの小男で, 変り目ごとの, 太子時代に, 婦人連を, 実は惚れ, 富士驛で, 居眠りも, 岸田全体の, 平和に, 弟の, 強いて会わせる, 彼は, 彼はう, 彼女に, 彼女は, 彼是晩方に, 彼等は, 後にその, 微笑には, 思ひきつて, 文法語としては, 日本語は, 朝鮮の, 本式の, 此の, 此頃平岡は, 母も, 火は, 現在どこに, 理性の, 生命に, 留守で, 登山を, 眼が, 神様の, 私が, 私も, 窓を, 窕子に, 素子は, 結婚を, 総理大臣にな, 美術を, 自分の, 與田先生の, 著者としての, 西方の, 西陽を, 見た所, 訣らない, 誰れ, 追ひつ, 遲れ, 都會の, 預つて, 館長の, 鷄介は, 黒岩万五が, 黒猫は

▼ つた~ (127, 0.2%)

15 うして 11 うだ 6 ういふ, うです 5 うである, うですね 4 つそく 3 うぢ 2 うした, うだから, うだが, うで, うに, うに云つた, うに踏みにじつ, が表現

1 [56件] うか, うすると, うだつた, うだな, うだよ, うだ此処, うであんまり, うですから, うですが, うです僕, うでないの, うでは, うで墓, うで此家, うな, うにいひました, うにおしげは, うにし, うになみなみ, うに家内は, うに手を, うに泣い, うに漢字を, うに火箸もて, うに窓際を, うに言つた, うに言つて山田の, うに言つて胸の, うに輝い, うは, うらうとして, う決心, しみうし, それとこれ, つそく一本, つそく一本頂戴, つそく一杯, つそく一杯ひつ, つそく入浴, つそく料理, つそく湯田, つそく火燵, つそく米, つそく街, つそく袷, つそく返事, つそく頂戴, つぱりつかみどころのない変物, であつ, とをもつ, と期待, に, に拘はらず, はあります, びしさにたへて, を覚えた

▼ つた~ (127, 0.2%)

4 をすがめ 3 であたり, の中, をし 2 で相手, となり, の大きい, の色, を男, を開い

1 [102件] から涙, から紫水晶, から見, がある, がほんの, が何となく, が光, が其処, が凄い, が覚めたら, が酒, ざしの, だ, で, でじ, で僕, で判事, で呆, で大丈夫, で天井, で富岡, で樂, で私, で見, で見詰めた, で院長, で香代, とが長い, とぶつ, と眼, に, にさはりました, には堪へ, には藝術的陶醉, には見, にも妙, にも小さい, にも曲つた腰, にも血, にゆき子, に出, に手巾, に才気, に才氣, に時雨, に殺気, に無気味, のうち, のふち, のみ太陽, の光, の凉, の初々し, の前, の底, の所有者, の玉, の眼尻, の睫毛, の端, の細い, の縁, の裡, の鋭い, はひどく, は余, は光線, は悲し, は歓喜, は歡喜, は決して, は金杉, ばかり見つけ, や口, をあちこち, をかはる, をした, をすゑ, をその, をもつ, をチラ, をチラリ, を一ぱい, を云, を吊りあげ, を幼, を幽か, を心持, を拭つて貰, を挙げる, を据ゑつ, を擧げ, を教科書, を梟, を皆, を瞑, を稍下, を突然, を絲, を葉藏, を開け, 青々と

▼ つた通り~ (126, 0.2%)

114 ですよ 3 である, であるが, にし, のこと 2 だが, だよ, であるから, でした, に

1 [89件] あいついで, あのキツプリング, あのスリッパ, あの女, あの晩, あの犯罪, あんなこと, おとなしい少年, おもしろく夜, お傳, きツ, このお嬢さん, この以平, この日, この有力, この極月, この殺人交響楽, これからすぐ旅行, さ, さすがの, するりと閾, そうで, そこで彼, その作風, たつた一, だね, でがす, でしたから, でしよ, です, で唯, で外, で宜, とはこの, なので, にします, になつ, になり, になりました, には中, にやつ, に今, に來, に働い, に反, に呟い, に小室, に料理, に歩い, に綺麗, に行く, に言います, に詳しく, に面した, のわけ, の一生参学, の事, の事情, の作法, の凄, の右左, の問答, の弱々しい, の忙しい, の言葉, の金, の雲, の顔ぢ, へ來, まだ犬, やりたいわ, をどしどし, を一目散, を其の, を平岡, 一々杓子, 今やわれわれ, 余程重大, 優れた現代演劇, 同時に埋殺された, 大嫌ひなん, 少々頭, 少しも, 必ず夫婦, 快い返事, 明るく快活, 書かうと, 美しい日本, 詰らないこと

▼ つたよう~ (123, 0.2%)

6 なもの, な事 4 です, な, な氣 3 な顏, な顔

2 [12件] だ, である, でした, なこと, な声, な氣持, に, になつ, になり, に人間, に思う, に藤枝

1 [69件] だな, であつ, でそれ, でもある, で夜, なお家, なはじめて, なもん, なわけ, なイリウジョン, な世俗, な人間, な叫び声, な唯, な変らないよう, な学問, な性格, な意味, な暗, な案外, な民間, な気, な潮, な生活, な目つき, な筋, な紙, な表情, な調子, な輕蔑, な道, な錯覺, な電話, な體臭, にあたし, にし, にも思はれる, に一番, に不, に主人, に何, に全, に全く, に初江, に口, に叫び声, に思, に愉快, に我々, に掛軸ひとつ, に日本女性的, に枝, に殺す, に殺人直後, に沈沒, に活溌至極, に無造作, に犯人, に眼, に私, に突ツ, に自分, に見える, に見せかけ, に言つて後, に邪氣, に里村千代, に駿三, 寝られた

▼ つた~ (121, 0.2%)

11 の中 4 の外構, の間 3 の内 2 があつ, があります, です, と云, の娘さん達, はりつぱな酒場, を一軒

1 [85件] から作者, から時時パッ, がありました, がある, がいくつ, が並ん, が何軒, が澤山, が眼, さ今度, だ, であつ, でありますが, であり又, である, でせう, ではお礼, では夫婦喧嘩, で奧, で庭, で有島生馬さん, で逢, といふの, と書い, などは深い, にぼつ, に住ん, に鉄道院, に頼み, のかご, のこと, の人々, の便所, の入口, の壁, の夢, の奥, の女, の形, の戸, の日ごと, の會計, の気配, の神さん, の窓, の趾, の軒, の門, の隅々, は, はいつたい, はない, はトム商会, は一軒, は五軒, は以前, は其君姓, は小作, は木賀, は河上, は澤山, は誰, は隣村, へはひつ, へは泥, へ知らせ, へ足, へ這入らう, へ這入る, ほど難儀, もない, も儼乎, も屋敷, も磯, も花, やバラック, をその, をみつけ, を女手, を抵當, を搜, を畳ん, を街, を見掛けた, 即大殿

▼ つた~ (120, 0.2%)

6 である 5 のもの, をし 4 であつ 3 で, をとつ, を持つ 2 だつた, になつ, になつて, になる

1 [83件] があつ, がある, がねぢ, が判, が窺, そのなり, て何ん, であら, であるが, でい, でかさねて, でつまり, でづばぬけて, でむづ, でも残つて, で世, で伝へられ, で倒れます, で出る, で名家, で斬り倒す, で昌造, で書い, で正, で此, で活, で現れ, で發表, で首, として現, となつ, ともいへる, と結びついた, なの, なので, なる事, における生, にこびりつい, になつて來, になつて来, になつて終つて, になり, に似, に捏ね上げた, に胸, に近い, のある, のまばゆい, のまま, のまま緩やか, の中, の句, の崩れた, の物, の研究所, の紙本, の鐘乳石, の雲, ははつきり, は一層, は依然, は処がら名, は日本, は殊に, らしく思はれる, をした, をとらなけれ, をとる, を以てした, を作つたの, を取, を截, を採, を採つ, を採る, を生み出した, を生み出す, を發, を維持, を見せ, を見せよう, を選ん, 其のポルトレ

▼ つたとか~ (115, 0.2%)

7 云ふ 4 今も 3 言ふ 2 それは, でその, 夏に, 申しました, 被仰, 言は, 那

1 [87件] あの人, いやわし, うして, かう考へたらしいと, きく, この歌, こんな傑作, さう, その子, その後転向し, そらホンマ, それだけでも, そんな奴, そんな心持, そんな風, で, でそれから, でまるで, で佐々博士, で厭, で右手, で思ひの, で我朝, で母, で留守, どんなふう, みんな呼びつけ, ゴルフパンツも, バタが, 世話に, 乃至白人, 云つて親爺は, 云は, 云ひさわがれる, 云ふこ, 人を, 今度は, 伝聞する, 何とか世間, 何とか云ふんぢ, 何に, 又其社會, 又受けた, 可哀想に, 外れたとか, 多かつ, 女遊びを, 好きで, 婆羅門教が, 左う, 張つたとか, 彼は, 徳子が, 思つて何んで, 愛し合つた, 或は假, 或は其以後呂, 或は又, 数へ, 昔の, 李四の, 某女学校, 根も, 渡らぬとか, 激しく咳きこんだ, 祠に, 突た, 聞いてを, 聞きましたよ, 聞き及んだが, 臍が, 舞台の, 色々理窟, 親の, 親類の, 言つた, 言つてフラフラ, 言つて居りました, 言ふなら, 誰にも, 誰某の, 酒の, 階段の, 靴の, 風を, 飛騨側から, 齊の

▼ つたそして~ (114, 0.2%)

2 たくさんの, 今は, 卓子の, 少しの, 私は, 羽織の

1 [102件] ある瞬間, いたづら, いろんなこと, お茶漬さら, からだ, ぐつすりと寝た, これからの, こん, さびしいかなしい日, すぐ寝た, すつかり, その兄, その後彼の, その雑魚, それは, ぞんぶんに, とてもおいし, なごやかな夜が, ほどよく, ぽとり, みんなで, やがてつめたく, やつと, よい眼, よい酔, アーブラ買ひ, バラツク式長屋を, プーリは, 下関で, 二人の, 人騒がせにな, 今日では, 今日まで, 何んな, 僅か三行, 其支那を, 其猫は, 切符やら, 力なく, 十日ぶりの, 厭世的に, 又家庭, 友人の, 口と, 夢中なほ作つ, 嬉しい話, 子供仲間では, 寝苦しい夜, 帰来少し, 彼は, 彼女が, 心から彼女, 怺へる, 悪筆を, 意外にも, 憂欝に, 手を, 新国道, 早朝帰庵, 昔は, 昼と, 時々自分, 晩酌は, 朝食がまづく, 朝飯の, 樹明君の, 樹明君は, 死んだの, 汝の, 泊つて食べる, 流浪人は, 消滅し, 炭が, 焼酎を, 甦りつつ, 痩せこけた先生, 私と, 私に, 私の, 私も, 空腹へ, 翌朝に, 脱線しえられる, 自分を, 自己清算の, 見て, 誰にでも, 貧乏の, 遂ひ, 遠野の, 酒これは, 酒さへ, 銃の, 雨の, 静かに, 額に, 飲まずには, 飲み友達, 飲めるだけ, 首を, 鯉を, 鼎軒先生が

▼ つたばかりの~ (114, 0.2%)

3 ところを 2 ところに, ところへ, やうな, 僕は

1 [103件] あかの, あの方, お猫さん, このやさしい, この黒光り, しかもわ, その夜, その家, その花, ときに, ところであります, ところであるらしく, なつかしいハイネ, ものだつた, やうに, らんかんや, スタウト型インヂアン・オートバイを, フランスの, 一粒種が, 丸髷を, 乳が, 二人づれに, 今夜だ, 信一郎などに, 信一郎に, 八十幾圓が, 六年生の, 卵を, 問題では, 喫殻から, 嘉吉は, 四人その, 太政官は, 女性しかも, 奴は, 安物の, 小な, 少女たちの, 少年で, 島田の, 崖を, 帽子を, 彼女が, 彼女の, 御本, 或る, 房, 所だつた, 所で, 所でした, 所横縁に, 文豪の, 新しいの, 日輪に, 時すこし, 時である, 時は, 時分に, 時刻, 晩餐の, 晴着らしい, 月を, 朝の, 松茸を, 桃の, 歸り, 洋菓子の, 焔の, 犬の, 生々しい傷痕, 男, 疲勞した, 病気だ, 白つ, 白雪を, 百両の, 眞刄の, 私と, 私の, 突き當り, 粽を, 糸を, 紙鳶を, 肉親の, 自分に, 若さ, 蒔清, 薄あかりの, 蟹な, 血が, 街へ, 西の, 讚美歌を, 跛の, 邸の, 部屋に, 阿佐ヶ谷の, 雪の, 電柱や, 電気を, 青年に, 頬に, 顏を

▼ つたつて~ (107, 0.2%)

4 しやう 3 ね, 仕樣, 好いで, 面白くない 2 いいん, おめ, できやしねえ, ゐた, 好いから, 有るものぢ

1 [79件] あんなこと, いいぢ, いいわ, いうじやねえか, いふこと, いふひと, いふ噺, おいそれとは, お駒, かまわない, きたす, この死体, こんだ, こんな家ぢ, そんな下手, そんな事, たらたらと, ちつとも, つまらないん, と一言, と弟, にげます, ね自慢, のよ, はじまらないよ, はじまらんですよ, もい, もし二日, も好い, やがて砂地, よぢ, わからん, わかりますまいが, ゐたん, 今に降参, 仕かた, 何だつて関, 借りたつて, 出来ない事, 分つて, 分らねえしな, 分るめ, 判るもの, 動くもの, 動く筈, 同じことぢ, 同じぢ, 好いぢ, 好いのよ, 好いわよ, 始まらない, 始まらないと, 始まらねえ, 始まらねえよ, 始まらん, 御肯, 思ひ通り, 思ふま, 怪いの, 書いて, 来た靴音, 歩いて, 泣いて, 流れおちた, 無いもの, 疑るよ, 知らないよ, 聞いたか, 聞いたら彼, 褒めちや, 見窄, 解らないわよ, 解りも, 走らない, 走る一滴, 返り討, 通じやしない, 間に合うん, 驚くやう

▼ つたもん~ (104, 0.1%)

26 だから 16 ですから 106 だね 4 だな 3 でさ 2 だからな, だが, だと, だよ, だらうと, ですからね, ですよ, でね, やな

1 [21件] さ, さなそんだ, じや, だあ, だお前, だかな, だけあ, だでの, だなあ, だねえ, で, であらうかと, でござんせうね, です, ですからねえ, ですね, ですわい, です段々, ならそん, やあんな, やが

▼ つたあの~ (103, 0.1%)

3 中臣志斐媼, 時の 2 人たちは, 夜の, 男の, 綺麗な, 良秀と

1 [87件] あなたに, お年寄, お母様は, ころの, さわぎの, たちの, つくつく法師や, ね遊仙窟, やくざ者に, クローバでした, ストルチェンコぢや, センツアマニと, デスペレイト調にも, モノクルの, 一瞬時だつた, 世間知らずの, 乳白の, 二十一日の, 人の, 伊勢屋の, 偶像, 全能の, 其処の, 凄いほど, 出来事を, 十手を, 叫びは, 咄, 夜, 大きな白雲, 大火事, 大雨の, 女を, 娘の, 娘は, 家の, 寫眞は, 寺とは, 少女である, 山兎の, 強い烈しい気性, 快活な, 思ひは, 息づまるやう, 惨劇が, 掌に, 日本娘は, 時代に, 時自分は, 晩遲くだつた, 松の, 柏翁ぢや, 柿の木に, 氣の, 氣持が, 波の, 海の, 滅茶苦茶に, 熊岡さんか, 物凄い惨劇, 甘にがい涙, 生々しい文学青年, 男だらう, 男に, 皺がれ声で, 空白なすつ, 窓から, 筋肉を, 純真が, 絵そら, 美しいひと, 脇差が, 花は, 若い判事, 若い雄, 裏街の, 言葉, 言葉は, 詭計は, 誕生日の, 踏絵から, 長い山腹, 陰惨な, 青年あたりが, 頃の, 鴨かも, 黒人の

▼ つた~ (101, 0.1%)

2 の實, の残り, を出し, を持つ, を持つた

1 [91件] かそれ, かそれとも, かも知れない, から出, か法律, がいまこ, がそんな, ができない, がはいる, がもうすつかり無く, が五十, が入, が入る, が後藤男, が永久, だ, だから, だけの値打, だしつかり持つて, で, であつ, でこつ, ではない, では自分, では追, でも出来たら, で大, で妻, で島, で是非今日中, で書畫骨董, で買つたのさ, で酒, とかあり, と使つた高, などくれ, なら炭俵, にめぐり, の一部分, の利息, の取れた, の算段, の車, の高, は, はたつた, はどう, はどれぐらゐあつたか, はまた, はまだ, はみんな無駄, は三千二百兩, は五十兩, は信徒, は十日, は右, は四千五百兩, は大半, は大掴み, は此, は無論, は貧乏, は貯金, は離屋, も作らう, も千兩, を, をさらつた上, をみんな, をわざ, を与, を借りたい, を出す, を受け取る, を合せる, を届ける, を張つたやう, を懐, を拵, を掴む, を数, を欲し, を渡し, を置かなかつた, を若竹, を蕩尽, を見, を貰, を貸し, を路銀, を隱

▼ つた~ (100, 0.1%)

7 の言 4 のある, より手 2 だと, である, はない, もありません, もない, を丁寧, を投げ

1 [71件] から得た, がない, がね, が多少, が消化, が無い, が胸, だ, だらうか, であります, であり同時に, ですが, では, ではない, ではなく, でも分け, でも引き剥す, で十分, と見え, と見える, と見るべきで, なる事, にち, になる, には宮廷, に銘, のほか, のやう, のやり口, の云, の先, の出来た, の御, の物足りな, の發散, の考, の考へ, の色, はありません, は一つ, は古, は大事, は御, は歯ブラシ, は見逃すまい, へ皆んな封印, ほどたのしい, をあれ, をお節, をかけ, をさ, をたべ, をどこ, をよく, をアンデパンダン, をスーツ, を云, を出し, を吐いた, を小, を小脇, を拝見, を知らう, を突きつける, を背負つて私, を見よ, を讀む, を身, を返すなら, を集め, 干台

▼ つたきり~ (99, 0.1%)

8 だつた 3 だ, であつ, である, になつて 2 だが, だし, ですね, で滅多, なので, 出て, 戻つて, 黙つて

1 [63件] いきなり何, かへつて默, このまま永久, この小さな出, さそして, しばらくは, そのま, そのまま座, そのまま彼, その友人, その日, その次, だつたが, で, であるかうして, でかれ, でこつ, でしたが, です, ですけど, ですの, でそれなり, でそれ以上, でたまたま, でもん, でゐる, で一言, で主人, で何, で何ん, で其後, で別に, で強, で橋銭, で歩い, で物, で相手, で練習突き, で足, で車上, で近頃の, で黙, となつ, なん, になつ, に帰つて, のキジ, の使, の祈祷, まだ帰つて, まだ眼, もう十日, 一向に戻つ, 再び仕事, 再び行かう, 動かなかつた, 大きな腕, 太息, 帰らなかつた, 憤ツ, 直ぐに, 返して, 遂に帰つて

▼ つたかの~ (97, 0.1%)

35 やうに 9 やうな 5 女の 2 やうだつた, 樣に

1 [44件] その母, なかの, やう, やうでありました, やうである, やうにも, セルの, マギステルは, 三ヶ村の, 九州行きに, 分別も, 問題に, 問題は, 女, 女には, 如うにし, 如き夢, 如き愚か, 如き愴, 如く人人, 如く前方, 如く安樂を, 如く寂, 如く思ひ切り伸び上るやう, 如く曲解し, 如く見えた, 小学校へ, 懸賞に, 所に, 晩その, 有名な, 歌うたひ, 淡窓の, 理由を, 瑜伽紀行を, 立見に, 筋みちを, 観で, 言葉に, 説明は, 議員候補に, 輝やく, 雨声会に, 頃を

▼ つたこの~ (97, 0.1%)

2 三階は, 人の, 娘さんを, 家は

1 [89件] お祭り騒ぎに, お蔭には, けはひ, つぎは, アメリカの, クラブが, コートは, バラツク劇場の, 一家の, 一杯は, 一角だけは, 一銭は, 三人は, 上も, 事実に, 二間ぶち, 人々の, 人に, 係争は, 兄を, 先賢を, 六神丸は, 冬眞中に, 友の, 味噌摺用人の, 国の, 圓窓が, 團體は, 大金を, 女の, 妖怪を, 娘の, 婆さん酒を, 子の, 子も, 家で, 宿でも, 宿は, 少女の, 平次にも, 弟について, 強氣一點張り, 役所を, 心もちは, 怒りが, 情愛の, 文章が, 新橋ステーションの, 方が, 方は, 旅で, 暑熱にも, 朝も, 栗毛虫といふ, 歌の, 歌を, 歌謠うたひ, 涙と, 火は, 点から, 狂人女に対して, 由緒ある, 男の, 男は, 男女の, 病ひ, 秋には, 笛を, 羅生門の, 舟も, 花束を, 若い作者, 若木の, 親父よそ外の, 言葉にも, 詩人に, 詩形の, 論断と, 足の, 身が, 通りの, 道にも, 部落は, 陋巷は, 離座敷を, 青い壺, 頃だ, 髷切りの, 鬪爭たる

▼ つた~ (97, 0.1%)

1312 です 108 ですよ 7 だが 6 だな, ですが 3 だね, である

1 [29件] だから, だといふ, であるけれど, でした穴, ですから, ですね, です十年, です大分醉つて, でそれ, でと突, で一生懸命, で丁度, で今, で今日, で何ん, で半, で夕方, で大, で失礼, で左, で御座います, で画, で考へ, で食べ物, な, なが, になるだらう, も變ら, 變らず

▼ つた~ (92, 0.1%)

4 である 2 のある

1 [86件] から一日無理, から小, から母方, から神人, から西行, があります, がある, がもし, がをかしく, が二束三文, が例, が宿, が廻り, が晴れ, が此間大坂, が結局, だと, であ, であるが, でお前達, ですから, でその, でそれ, でた, でどれ, ではそこら, でまさか, でもない, で一夜, で京都, で人間の, で伯母, で何, で偶然, で全く, で君, で太陽, で奈何, で必, で所詮, で斯, で私, で立ち, などもをり, にあつ, にありし, にある, にすらり, にその, にはいつ, には今, には魚, にゐ, にゴロロボフ, に三尺位, に何, に参, に参つた, に地上, に曙覧, に汚れた, に第, のない, のや, の小さい, の彼, の早稲, の鍛冶屋, の阿, はあまり, は姫自身, は広間, は素晴らしい, は非常, へ其方, へ滝尾, へ私, へ遊び場, もあります, もあるらしい, やまだ, より更に, を二尾塩焼き, を太陽, を見, を見る

▼ つたほど~ (90, 0.1%)

10 であつ 6 だ, である, です 4 だつた 2 でしたが, では, よく酔う

1 [52件] だから, だつたさうである, であります, であるから, であるが, でございました, でございます, でさほど, でした, ですから, でつまり, でなかつたよ, でも, で私, なさけなく感じた, な人, やさしい口調, よく酔ひ, 上手に, 何んでも, 価値に, 力まかせに, 又一層, 大人に, 小さかつ, 常に動き, 平な, 年を, 役にも, 後姿の, 思ひあ, 悦びて, 情なくな, 感傷に, 憎くて, 明るかつ, 深い感動, 深く身, 父の, 物凄い笑, 現在の, 生活には, 真近, 私に, 私は, 空々しい素振り, 美しい人, 蜘蛛そつくりの, 豊かぢや, 贅澤では, 身心が, 驚いて

▼ つた~ (87, 0.1%)

76 がある 3 だと 2 がゐる, でも欠落, に似

1 [65件] があと, があります, があるでせう, がいる, がどうしても, がゐたら, が下手人, が六十滴許, が実は, が居まし, が幅, が怪しい, が憎い, が戻, が昔, が皆んな, が碌, が籠, が血刀, が転げ, が道楽, こそ猪肉, だから, だぞ, でいまだに何彼と, でございます, ですよ, でなければ, でも驅落, でハイ, なら手, に, には皆んな下手人, にソオス, に裏, に違, のある, の左, の恐れ, の面, はすぐ, はたしかに, はてんで, はない, はなかつた, はもう, はネギマ, は一度, は二個, は成功, は擲, は泣かす, は誰, は誰彼, は酷い, をこんがり, を使つた, を拂, を握つ, を背負, を荒尾, を調べなき, 余るほど, 即北寮, 突然早腰

▼ つた~ (86, 0.1%)

53 かつた 2 つてな, ウ, 全く突然で, 親分

1 [70件] あたしも, あの人, あの手代, あの時, え, お前さんと, ここから, この男, これは, ご病気中, さを, すぎるほどの, すつかり, その時俺, それから妻, それでは一つこれ, そんなもの, そんな事, ちよつと, つてあてが, つてせん, つて頭から, つて飯焚きで, でつけ, ところで八, なんて笑つて, に, カテリーナ, チヨイと, ピンピンし, フフフ, 今頃は, 來い, 俺の, 先を, 八これは, 八さ, 勘兵衞の, 否宛, 品川で, 場所が, 変つた, 小供, 少くとも, 平次殿私にも, 待つたなし, 恐しく惡智慧, 斯ん, 是れ, 最初はね, 東作, 格子の, 爺さん, 牢屋に, 皆さん左樣なら, 着せて, 私が, 私と, 聲も, 胸の, 自分で, 蔀の, 表の, 見るが, 話しは, 誰にでも, 赤蛙, 錢形の, 鞍掛宇八郎を, 馬道の

▼ つた感じ~ (85, 0.1%)

8 です 6 のする 4 である 3 がする, が彼, でした 2 だつた, になつ, のお, のもの, の男

1 [48件] があざやか, がある, がうすれ, がしました, がだ, がない, が一刹那, が不思議, さう, さへ, だ, だけれども, であたり, であつ, であるこ, でさ, ですね, でもある, で夜明け, で彼女, で腰, にわづか, にピタリ, に石谷さん, の, のなにか, のよい, の三階, の中, の亂暴, の人柄, の几帳面, の十六七, の方角, の美し, の顏, は一ばん平凡, を与へる, を受けた, を懷, を抱かせられた, を持たされる, を持つ, を更に, 夜の, 家が, 帛を, 方を

▼ つた時代~ (83, 0.1%)

5 であつ 3 があつ 2 です, に於い, の人, の思想, もあつ

1 [65件] からは皇室, から持ち越し, から能樂, から見る, から言葉, があり, がありまし, がある, がつ, が古く, が過ぎ去つ, すらもあつ, だ, ださうであります, だつた, だと, で, である, ですら, で已に, と作者, と共に早く, にある, にその, にはこの, にはた, にはなく, には勿論, には森先生, には此判断, には相, には神, にも穴師, にも立派, にも続い, にやまと, にわれわれ, に出, に大分衰, に始まつた, に支那, に横綱, に遡らなけれ, に露天, のやう, の光華, の地理, の差料, の物, の科学, の遺物, の風俗, は何と, は後家さん, は必ず, は正確, までもさうで, もある, をこそ見たい, を其儘, を直視, を見せ, を見ます, 即ち殷墟以上, 若しくは自然

▼ つた~ (83, 0.1%)

13 の下 3 であつ 2 からは習, から雨, の裾, を眺め

1 [59件] からは一旦, からは水, から大きな, がかすか, が上, が却つて緑, が広々, が段々, が狭く細い, が第, であり渓谷, では一羽, と草, と隣り, には, には星, には綿毛, にむくむく, にやはり, に大きな, に晴々, に朝月, に枝, に濃淡色とりどり, に物凄く, に繁つた木立, に花, に響く, に黒ぐろ, の光, の片辺, の色, の藍色, の雲, はした, はどこ, はまだ, は一面, は少し, は真直, へくつきり, へ涙ぐんだ, へ盛りあがつ, へ雄鶏, やその, を仰いだ, を何時も, を別荘, を太陽, を恰度花札, を戴い, を指さした, を燕, を綿毛, を見, を見あげた, を追う, 吹くとも, 高く升

▼ つた~ (82, 0.1%)

2 事業を, 出来, 旦那は, 漢子が, 籠を, 鍋の

1 [70件] あわての, それた事, ちやんが, なまくらです, な姿見, な巌, 主人が, 主人の, 乘思想の, 五銭小二銭小を, 井筒屋の, 公儀の, 凧を, 出来大, 助かりどす, 問題である, 喧嘩も, 地主で, 地震の, 壜の, 天才で, 姑小姑が, 學生で, 審問官は, 將だ, 廣間の, 彫刻を, 惡黨と, 捕物陣が, 撥で, 旦那から, 旦那と, 旦那に, 旦那樣が, 春日皇后伝及び, 時計の, 望遠鏡が, 東亜各国の, 松の木の, 枝も, 殿様からの, 殿様は, 殿様新, 氣に, 氣の, 泥棒, 泥棒の, 泥棒熊井熊五郎の, 泥棒風雲源左衞門の, 爭鬪が, 猪が, 猿を, 町人が, 町人とは, 町人の, 画家でも, 盜賊で, 籃や, 膽さで, 自然の, 般若の, 花壇に, 親爺で, 變だ, 變な, 雪崩の, 革命によ, 風景を, 饑饉の, 鯰が

▼ つた~ (82, 0.1%)

7 である 4 の一つ 2 が其完, が生徒皆, つた, と言, は, を誰

1 [59件] がも一つ, が一種, が少し, が彼, が無い, ごゑがききとりたいのだが, それから東京, そんな風, だか, だからと, だつけ, だつた, だつたの, だと, だとも, であるが, であること, であるといふ, であるらしい, でした, で一人位, といふ風, とつき合せ, などは無駄, などを少し, なん, なんぞは到底, に, にはをかしく, によつて命, のやう, の上, の多く, の大, の数, の題材, の鳥, はこの, はわりに, は大変, は尠いが, は無数, みたやう, もあまり, もぜひ, やこれ位, らしく見える, をうた, をうたつた, をゆくりなく, をわめく, を作り出す, を口ずさん, を短冊, を自分, を見ます, を輯め, を附け, 死なれた後

▼ つたまま~ (81, 0.1%)

2 つまり腹, になつ, の姿

1 [75件] いつさい, いつもの, お互, お鳥, かたまりついて, がやがやと, きつと, さう, しばらく躊躇, じつと, その, その空家, だつた, である, でにこにこ, で変らない, と, とうとう縁先, どんどん駈け出し, なの, になり, に暮れ, の, のあるじ, のやう, の勞, の右手, の絹, はひつ, びくとも, ぴたりと, ふと口, ぶらぶら行商, ぶらり, また聞きました, まださめない, まだ金蔓, もうお前, やはり答, ゆるゆると, を云, 一向出, 今にもその, 別れました, 動かなかつた, 同じ景色, 同じ風, 坐つた, 大きい碾茶, 如何にも疲れ, 寝ちま, 広いロツビイ, 待つても, 投げ出されて, 暫く彼, 書いて, 歩いて, 死ぬやらん, 死んでしまつた, 泣いて, 深い溜息, 烈しい頭痛, 異樣, 立ちすくんでしまつた, 聞くも, 脱いだ着物, 葬り去られるかと, 見送つて, 見送つて來, 返り見ると, 遡つて生, 鈍い声, 項垂れがち, 黙々とその, 黙つて

▼ つた平次~ (81, 0.1%)

4 と八五郎 3 の手 2 です, とガラツ八, の言葉, の顏, は, はお, は思はず

1 [60件] が御用, が思はず, その時, でした, にはよく, にも聽, のこの, の弱, の後ろ, の感, の樣子, の潔癖さ, の穩, の調子, の豫想, の豫言, はいきなり, はこの, はそつ, はたつた, はもう一度, は一人息子, は丁度, は三河町, は中腰, は主人源左衞門, は井戸端, は今日, は今朝, は内外, は冷たい, は天, は小田中左門次, は座下駄, は念, は思ひ, は改めて, は朝, は本, は案内, は死骸, は油障子, は現場, は用人, は皆んな, は筵, は縁側, は若い, は金六, は靜かに二階, は默つて, ほどの者, もこれ, もツイ, も何, も何ん, も驚きました, よろめく利助, を宇佐美直記, を後ろ

▼ つた~ (80, 0.1%)

11 だよ 10 ですよ 9 だけど 84 だつて, でせう 3 だらう, ですもの 2 だから, だがね, だわ, です, ですか, ですがね, ですけど

1 [14件] だが, だけどね, だけどねえ, ださうですね, だつて判, だと, だよう, でございますよ, ですが, ですつて, ですのね, ですのよ, ですものウ, で気

▼ つた~ (79, 0.1%)

3 がある, のやう, もない 2 がない, を見る

1 [66件] からまた, から芳蔵, から逃げた, があつ, があります, があるだらう, があるでせう, がはつきり, が乾ききらず, が二ヶ所, が印され, が斯, が歴然と, が見える, ぐらいにしか見えない, だ, であるし, でお, でこつ, でこんど, でした, でせう, でもあらう, でもあり, で主婦, で久右衞門, で二人, で僕, で従者等, で炉, で跡部, で隔て, と見え, なの, なんか一つ, にはスミレ, には子供, には草, に僕, に自我, に馬場要, のなんと, の処, の市中, の樣, の遺る, の駿河屋, は疑ふべく, へ來, へ新聞, まであり, まで掻き, もあります, もありません, もある, もなく, も大した, も見える, も見られません, や置いた, を, を仔細, を動かす, を直, を立ち止, を預

▼ つた~ (78, 0.1%)

8 である 5 ですから 4 です, のこと, のもの 3 だ, であつ, でした 2 だから, だつた, ですよ, なの, の事

1 [34件] だが, だぜ, で, でありそれ, でがす, でございますから, ではこれ程, ではなか, で彼, なん, に, にしかこたえない, にしか読ん, には思, に苦しませ, に過ぎなかつた, の, のものぢ, の不満足, の人, の極めて, の無垢清浄玉, の者, の関係, の青年, ひどかつ, や區, よ, ゐで, ゐの, ゐ気分, ゐ汽船, 故朝鮮人, 鋭い鴉

▼ つた如く~ (77, 0.1%)

3 にわたくし 2 些とも, 今自分, 然も

1 [68件] すべての, それを, に又, に唐, に思はれた, に思へる, に扱つて, に文化八年, に文政五年九月四日, に現存墨子, に苦虫, に茶山, に見える, に陶然, わたくしは, ステッキを, ニイチェも, ハツとして, 事物の, 今日の, 仮に天保丙申, 何れも, 何様物凄く, 何樣物凄く, 何等實, 俗を, 全く活動, 其師の, 原因の, 同じもの, 大歴史家, 大體, 孫が, 平らで, 彼の, 恐くは, 恭庭即, 指導民族と, 支那人は, 是は, 枳園の, 正倫, 正弘の, 此主従の, 此事を, 此会の, 此年四十八歳で, 此年文政四年三月十一日に, 歴史において, 歴史に対する, 殷墟の, 気附いた, 池田氏は, 浜野氏に, 演劇は, 無事で, 獨歩の, 生の, 直卿, 荏薇問答に, 蘭軒が, 蘭軒の, 誠吾と, 里恵の, 闕文とは, 霊台院殿信誉自然現, 霧渓撰の, 飽くまでも人情劇作家

▼ つたとは~ (76, 0.1%)

8 云へ 5 言へ 2 云つても, 云ふ, 思つ, 思つた, 言つても

1 [53件] あんなに智惠, いつても, いふものの, いへ, いへませんね, いへまた, いへ今や, いやはや, きつと, その時分つて, どうしてわかつた, ふざけやが, よほど廻合, 云はれません, 云ふも, 今まで, 何だ, 何と目出度い, 何んといふ, 信ぜられずわたし, 分りましたが, 定りません, 小諸の, 思つて居, 思はないか, 思はなかつた, 思はなかつたの, 思はれない, 思はれない以上云ふたこと, 思はれぬの, 思はれぬ程, 思はれませんよ, 思ひましたが, 思ふが, 思へない, 思へなかつた, 思へる, 思わないな, 想像し, 教へ, 日日の, 死んだ吾妻屋, 申しながら, 皮肉です, 知るめ, 細君も, 考えられないが, 考へられませんの, 見られない, 言ひきれません, 言ひました, 誰も, 驚きましたねエ

▼ つたものの~ (75, 0.1%)

3 彼は 2 僕は, 自分は

1 [68件] あるの, いつたいどんな, お定, こいつは, これと, さてそれからなんと, さてどうして, しかし山田, その年ごろ, その金, はなばなしさ, やはりモオリアック, やはり家, やはり気, やはり第, よくやる働く, わたくし共は, 一つしかし, 一つだ, 一瞬前の, 上へ, 下では, 下半身づぶ濡れに, 中が, 丹子の, 代りに, 何にか, 何も, 俺なんかも, 傳説が, 全然でたらめ, 内心の, 凝と, 勿論藤枝, 医者の, 又暫く, 名は, 名前を, 在所を, 如くであ, 如くで簡單, 布團一枚に, 影に, 後には, 後は, 房一は, 手持無沙汰に, 抱くお, 昌盈なる, 暗黒な, 暫くの, 機械と, 此の, 死骸といふ, 殆ど僕, 照子が, 生きて, 眼が, 眼前に, 私たちは, 胸の, 荷物を, 蒲団一枚に, 言ひ, 話に, 静子の, 非常に, 音が

▼ つた~ (75, 0.1%)

3 である, で居た 2 で一閃, で妙, になつて, 人知れず裏, 更に捗どる, 漸

1 [57件] おつぎ, お面, かそれとも, この美しい, この青山内科, すぐ座敷, すわつて, そんな無法, である網, でも, でも愉快相, でソロドフニコフ, で云, で全身皺だらけ, で四五年来, で季節, で居られなくなる, で居る, で棄てた, で突きつけ, で笑顏, どさり, に圧し潰された, に掻き, に落ちた, の奧, の處, ぶらつと, ぼんやり眺め, わからずし, を言, フラフラと, 代助, 再び眠り, 別に見様, 動かない, 動かなかつた, 又腰, 取りとめも, 呻き呻き戸, 忽ち風下, 思はず知らずそこ, 恐ろしい想像, 暫くは, 歩いた, 殆ど明瞭, 泣き出しさうな, 渡す事, 漸く吊り, 突然口, 腰かけて, 見ると, 見る見る蔓, 起きられなかつた, 転がりも, 高い二階, 黙然と涙

▼ つた姿~ (74, 0.1%)

5 でした 3 です, ではない 2 である, を見た

1 [59件] あるが, がもう, が彼, が思はれる, が照らし出される, が目, が見える, だが, だけを見る, だつたの, だ其他頸, であつ, ですが, ではありません, では浮き, で公園, で家, で屋根, で川岸, で杉村, で村, で歸, で沓, で舞台, で赤黒く, とあの, とかつ, と仰い, と判つたの, などをふと, など今, にあつ, になつて, に先, はいい, はたつ, は固陋, は妙, は明確, は気, は町そのもの, は疑ふ, も浮ん, をおぼえ, をかうし, をとつ, をとる, を任国, を作つて, を写真, を唯, を家, を思ひださう, を目, を眺め, を示し, を見, を見る, を誰

▼ つた~ (74, 0.1%)

2 がをかしく, に參つた氣

1 [70件] かどう, からは村, から再び, から小, から岩, があり, があります, があるだらう, がたえした, がゼシュイット派以外, が二人, が出, だ, だから, だつた, だよ, だ大佐閣下, であ, でございますか, でございますよ, でさう, でそれ, でよしと扉, で一切, で何, で其の, で危險, で四十二三, で年, で拾つた石鏃, で曲りくねつた, で沙門成道, で片品川, で自分, で藝術家, なん, に, にうつ, には魚, にゐ, に在る, に崇徳上皇, に志す, に極, に櫛, に海軍, に硫黄, に芭蕉翁, の, のない, の一, の寒戸, の文化, は四月, は暗い, は水干, へぶつ切, へチクリ, へ出た, へ又, もあつ, をお, をむやみ, を好機會, を捕まへる, を此, を武斷的, を見遣つ, 突然眼前, 驚いた判官樣

▼ つた意味~ (73, 0.1%)

4 に於 3 をもつ 2 で, のこと

1 [62件] ありげ, から出た, からANTICIPATIO, が十分, が無くなる, が諒解, でこの, でなく民衆, での現, での見, でやつぱり, でわれわれ, で争議, で使, で偉い, で古く, で奈良, で妬ましい, で存在理由, で少く, で廃園, で新しい, で用, で私, で素子, で舞台, で豊富, で長い, と任務, など持たせる, なの, にとられ, にも使, に使う, に於い, に育たしめる, のうまく, のもの, のやはり, の實社會, の寿詞, の悲しみ, の方, の時, の笑顏, の評判娘, の陰影, は一目瞭然, は坂本氏, は察, は廃園, は極端, もこれ, もない, も八島ヶ池, も半ば, をこ, を包含, を有し, を示す, を第二義, を詳しく

▼ つた~ (73, 0.1%)

3 の感覺 2 がかかつて, を烈しく

1 [66件] から危ふく, が勘次, であつ, でさらつて, でせう, で器用, で慈善音楽会, で来るだらう, で静か, で靜, で風琴, と短い, と足, に一房, に商人, に彈, に汲んだ, に油汗, に縋りついた, に若き, に触れた, に足, に銚子, に頬, のよごれ, の先, の肉刺, は思ひ, は投げだし, は自暴, へべつ, まへ, やひ, をしてる, をついた, をなかなか, をば川, をふところ, をもがく, を一つ, を下, を休めず, を出し, を出した, を動かさず, を口, を固く, を大きく, を引き込めた, を指し, を指す, を振り, を振り廻し, を振り離し, を握, を握つた, を放し, を放した, を洗, を緩めた, を膝, を視詰めた, を載せ, を霑, を頭, ん坊

▼ つた~ (72, 0.1%)

2 孃さん, 才さんを

1 [68件] いちよつと, いよさんが, かみさんが, かめの, くつを, くみは, つぎの, つくりも, とつ, べべを, テイちやん, 互に共通, 互に感情, 京, 亭を, 仕舞ひ, 信は, 六の, 内儀さんの, 勇さん, 勢が, 医者さまです, 午過ぎまで, 吉を, 品さんの, 品の, 喜代に, 喜美が, 姫樣出の, 孃さんを, 安といふ, 富は, 小夜が, 心も, 志保の, 手輕な, 春が, 朝の, 染が, 桐の, 武家や, 気の毒だ, 気の毒に, 氣の, 汁の, 皿を, 直は, 知己の, 神さん, 神簸, 禮で, 禮を, 粗末な, 粥の, 組といふ, 美乃と, 膝元の, 艶の, 葉が, 葬式の, 行儀は, 訴状くらゐな, 豐が, 跳さんで, 辭儀を, 辻の, 酒飮だろ, 駒に

▼ つた~ (71, 0.1%)

3 親分, 運が 2 あれは, お前は, 君は, 婆さんの, 番頭さん

1 [55件] あの俎板, あの教会, あの時, あれぢや, あんたも, いつたい誰, お千, お金ばかり, お銀さん, さすがに, さつき, さア來い, そら御前, それだ, たいへんな, ところで新之助さん, ところで昨夜, もう忽ち暗く, ハヽヽ, ハヽヽヽえ, 三輪の, 亡びて, 今の, 何の, 俺今でも, 僕は, 兎も, 全く, 八, 八重, 出家遁世でも, 君が, 君のは, 宜いところ, 少し訊き, 岡村の, 強敵だ, 御新造お仙さんが, 昨夜この, 昨夜の, 昨夜戸締りは, 水鐵砲を, 清次郎も, 無い, 百兵衞, 神妙に, 私も, 竹乘り, 美智子は, 良いこと, 芝居で, 親分三輪の, 話が, 赦して, 隣の

▼ つた様子~ (69, 0.1%)

7 だつた 6 であつ 5 もなく 3 である, をし 2 で, も見えなかつた

1 [41件] があつ, がありあり, がお, がこの, がなんだか少し, が思はれる, が現れ, が薄い, が見られた, が飛, だつたが, であの, でいつの間にか, でこれ, でした, でたしなめた, でもあつ, でアバヨ, で慌て, で漸く, で盃, で碁盤, で素直, で里子, で静か, で顔, で黙, についてひそ, は感じられなかつた, は買出し, もみせず, をゆき子, を察し, を帰り, を思ひだし, を想像, を画家, を眉, を罵つた, を見せた, を象徴

▼ つた~ (69, 0.1%)

3 であつ, である 2 だつた, です, でも, 彼は

1 [55件] あつて, お世辞, お天道様に, きつぱりしたが, こんな美しい, その手紙, それだけ私, それ程彼女, それ程彼等, それ程我々, だから, だつたの, だと, で, であ, であれば, でした, ですからナ, ですもの, で從, で更に, なので, にも其頭, にも動かなかつた, に目, の事, の大きな, の者, の自信, むづかしいものではありませんね, ローランドの, 仕事は, 他人になど, 優しくなつた, 凄い印象, 呼吸も, 変つて少し, 大したもの, 好感に, 寒い変調, 敬意を, 朝から, 楽しい歌, 無智, 無遠慮な, 無遠慮に, 熱心に, 直ぐに, 美しくは, 自然に, 良くならない, 蒼い顔, 諄諄と, 隆造は, 顔触

▼ つたそれ~ (68, 0.1%)

3 である, は 2 は不思議, は前日, もよから

1 [56件] からの思ひ, からはもう, が, があたり, がし, がホントウ, が凡そ, が最初, が此頃, が玉, である今夜, でございますから, ではない, でよい, でよろしい, と全く, と同様, におきよ, につ, に用心, に驚い, はお, はかうだつ, はすべて私自身, はそれ, はたしかに, はちようど私, はまつたく聴き, はやがて, はトンネル, はムチヤクチヤ, は一様, は何, は十一時三十分頃, は可, は当時, は心理的, は憎い怨めしい, は或, は断ち, は暑い, は痛々しく, は自分, は高岡, も, もさる, もその, より他, をいい, を埋め, を女中, を我等, を打ち殺す, を掴み出さう, を見た, 故に神

▼ つたため~ (68, 0.1%)

4 である 3 であつ

1 [61件] おそくなり, かといふ, か國友さん自身, か棧, しがなく鑑賞, しもない, そのままに, そのわき, だ, だつたの, だとも, であらう, でありました, であるこの, でした, です, でせう, でつまり, でもあつ, でもなけれ, で大村喜十郎, で文学, とかくに, なん, にお, にこれ, にどんな, にガツクリ, に一度, に下側, に不知, に世に, に円い, に出, に前夜, に向う, に将門, に店, に文殊, に新しい, に梁, に殺される, に気, に瑠璃子, に發, に目標, に破産, に突然, に翌日尾崎士郎, に胃袋, に自殺, に自然, に謹慎, に身, に逆, に陽, の大きい, の心づくし, よりもやつぱり最初, 恰も舌足らず, 遂に先生

▼ つた一人~ (68, 0.1%)

7 の男 4 である 2 の印度人, の老人, の老女, の若い, の貴婦人

1 [47件] かえ, がどう, が一層, が低く, が八本, こそ実際, こそ誰, だつた, であつ, であるが, で以前祇園, で手品, で泊つた, で相手, で観る, として驛員, の人間, の仕業, の働き, の兄弟, の友, の女, の娘, の小柄, の弟子, の掃除人夫, の有名, の歌人, の母, の母親, の気配, の水兵, の漁夫, の田舍者, の男の子, の相客, の稚児, の言葉, の警吏, の青年, はうん, は仲間, は後, を, を鬼, 寝の, 暗く夜

▼ つた人々~ (68, 0.1%)

2 であつ, の中

1 [64件] から聞い, がずいぶん, がその, がゐる, が一度, が秋, が降り, が離れ, だから, だけしかやらない, だけを責める, であらう, でもこちら, で其の, で更に, と上方, と共に住ん, にお, には徳, によつて工夫, に分配, に向, に移動公演, に赤彦君, に追, に道, のこと, のみを載せ, のよく, の一面同情, の伝承, の吉凶禍福, の名, の団体, の影, の心, の心理状態, の意志, の歓喜, の死霊, の眼, の船舶, の身, の間, の霊, の頭, はそれ, はだんだん, はてんでに, は一せい, は其叫声, は土佐堀川, は失張此, は家, は後々, は流刑, は申す, は雪崩, や車, を列記, を思ひ出さう, を次々, を笑, 例へば前

▼ つた時分~ (68, 0.1%)

3 のこと 2 だつたもの, には良秀, の事

1 [59件] ある家, お桐, からいひました, からで, からの意匠, から來, から少し, こらしめられた例, だと, であつ, でした, ですさあお, とそんなに, と思ひます, と見られよう, などは多少, に, にかう, にその, になつ, になつて, にはお, にはただ, にはもうすつかり, には併, には客, には彼女, には既に, には滝, には養子, にへ何で, にやあ, にや盗つ, にナア, に出, に出来ました, に多忙, に夜, に太政官, に新, に根, に漸く, に父さん, に皆, に私, に雨, のえ, のよう, の昔, の淋しい, はあたり, はこの, はどんな, は三男二女, は創始時代, は氏, を見, 程神, 能う調べ

▼ つた~ (67, 0.1%)

3 に成つた 2 にぼんやり, に休んだ, に焚火, 脊の

1 [56件] から内儀, から尖, から岩, から朧げ, から美術家, から若い, であ, では先づ, で生みました, で立往生, に, にいつか, にかくれ, にこの, には僕, には廻廊, には見覚え, には閻若, には飮, にふと, にほんの, に南, に向日葵, に彼方此方, に掛字, に数, に數, に更に, に枯れ朽ちた, に椅子, に清, に突然, に薄暗い, に藜, に西洋酒, に觀念, に蹲がん, に青い, の村, の樣子, へ手, へ裙袂, をどこ, を指さしました, を歩い, を道, を静か, 國九州地方の, 婆さんである, 婆さんの, 學二年生の, 學時代の, 老人で, 老人です, 老人と, 臣が

▼ つた~ (67, 0.1%)

4 の中 2 が流れ, のやう, の底, はゆたか

1 [55件] がいきほひづい, がざん, がその, がその小さな, がほ, がほんの, が中, が八五郎, が八分目, が少し, が浅く深く, が渦, が満々, が見えず, が雷光, が飲みたい, ことごとくを, である, で木かげ人かげ, で海底, とそれ, と這入らない, に, にあたら, にきたならしく, に鏤めた, の, の半分, の樣, の温度, の爽快さ, の神女, の臭, の色, はざあつと落ち, は合流, は土瓶, は截, は空中, まで同じ, まで涸れ, もやう, をあけ, をこの, を呑ませた, を啜つ, を夕暮, を床, を棄て, を流し, を澄まし, を見た, を重, を飮ん, を飲み

▼ つたより~ (64, 0.1%)

2 元氣

1 [62件] お前さんは, むづかしいぜ, やつれて, ハイカラです, 丁寧に, 乘心地がよ, 以上に, 企みは, 僅少であります, 元気さうだつた, 元気で, 前に, 剛情な, 嚴しい, 堅く喰, 外に, 外には, 奇麗で, 奧行が, 好い, 容易に, 實際派だ, 屹立し, 巧に, 巨大な, 底の, 強かつた自分, 彼女を, 成績が, 敵同士の, 早くいつか町, 更に小柄, 書けたわ, 正確に, 深い, 深いらしく, 無いな, 照子はしつかりし, 狹い, 真剣で, 簡単に, 綺麗で, 良い男, 若いな, 若くて, 薄明く, 西岡が, 豐富だ, 貧乏臭く, 近いん, 達者な, 遠いぢ, 遠いな, 遠く駈け, 長い距離, 長い隙, 面倒な, 順さんは, 風が, 風紀が, 高く小さいながら, 高く響き

▼ つた~ (64, 0.1%)

5 のお 4 の顏 3 だけに今年, ではない 2 で, のこと, の様子, の肩

1 [41件] から聽, がそのまま, がもう, が入, が出, が後, が昨夜, が有, が来た, が逃げ, だが, だけが今年, だつたよ, だらうて, だ相, つこを, ですが, と口, になつて, のあい, のお玉, のお節, のお雪さん, の信乃, の後ろ姿, の思ひ, の方, の若々しい, の髮, はたつた, は一人, は不意, は其の, は張り詰めた, は斯樣, は自分, は非常, もある, も可哀想, をひき, を御

▼ つた~ (64, 0.1%)

6 様子で 3 燈の 2 一人で, 子息が, 様子でございました, 様子でございます

1 [47件] 上向の, 主人が, 主人で, 主人でございました, 主人とは, 主人は, 主人を, 主人權右衞門さんも, 内儀は, 内儀も, 大名屋敷が, 女中の, 婦人, 宰籠, 家来たちに, 容子を, 帰途に, 座敷の, 心を, 心入に, 忠告が, 恩は, 恩返しに, 態度では, 手紙を, 本だ, 本どこに, 様子は, 様子甚だ, 生命を, 相談にも, 祝儀の, 神籤が, 禮に, 禮を, 綱栢, 縁だ, 縁談の, 言葉では, 諡を, 贄は, 足の, 配偶は, 鏡を, 隱居, 隱居と, 隱居樣の

▼ つた主人~ (63, 0.1%)

3 の甥 2 の勘兵衞, の妹, の死骸, の義弟, の遠縁

1 [50件] がお前, がしらせた, が二人, が呶, が見つけ, とお前さん, と好い, と掴み, にどんな, に暫く, に有る, に案内, に死なれ, に身體, のうしろ, のお, のこと, のため, の五郎次, の仕合せ, の先妻, の勝藏, の太, の奎吾, の娘, の字, の山, の忠右衞門, の権限, の水夫, の申付け, の知合, の石碑, の祐玄, の筆跡, の筆蹟, の萬兵衞, の記念, の財布, の遺言状, の配偶, の重三郎, の顔, は何處, は支配人, は直様, も今度, も支配人, や親, を慕ふか

▼ つた~ (62, 0.1%)

3 で, で云 2 が聞えた, で言, を出し

1 [50件] がきこえ, がきこえる, がした, が不平, が余り高, が出ない, が出る, が家中, が打, が耳, だ, だけで笑ふため, であつ, でいひ, でかう, でさう, でしかし, でたずねた, ではきはき, ではりさける, でも挙げ, でクンクン, でヘタクソ唄, で一人, で中音, で云つて, で励ました, で勝手元, で吟誦, で彼女, で応答, で応酬, で慌て, で激昂, で物, で眉間, で答, で話, とお, と来たら, などといふの, などには頓著, などを掛ける, にも返答, は一寸, は次第に, は藤野さん, をあげ, を挙げ, を揚げた

▼ つた~ (62, 0.1%)

7 である 32 であつ, でせう

1 [48件] かどう, かも知れない, か兎, か吾家, だと, であらう, です, ではない, でもある, と考へる, と言, なので, にあらゆる, にさ, にだし, にほんたう, にペン, に七つ, に主上, に亡び, に作者, に僕, に別名, に南画, に反動運動者, に地上, に売値, に大した, に好ん, に好奇心, に幾分, に怡, に急, に意外, に文学, に文献, に斯金, に本, に毎日夜, に無くなつた, に知れ切, に自然, に話さず, のみで, の名, の様, の流離, ばかりで

▼ つたつもり~ (60, 0.1%)

4 だが, である, でゐる 3 では, なの 2 だ, だつたが, でゐた, になつ

1 [34件] だつたの, だつた腕, だもう一度, だらうが, であつ, であの, でありました, であります, であるから, です, ですが, でひと, でひようきん, でゐ, でゐたけん, で他人, で嫁入り, で実は, で物, で答, で苦しみ, なるも, にし, になつて其處, になり, のこの, の僕, の力, の細工, の若い, の順一, はなかつた, もない, よ

▼ つただらう~ (59, 0.1%)

252 と云, と思はれる

1 [30件] かそれともまた, から, から傳, から現在, か変らう, が, が戰線, が次第に, が濁水, が賤業婦, し親類, といはれ, といふ, といふ風, とおも, とはわたくし, とも考へられぬで, と云つて, と僕, と思ひ, と思ふ, と推する, と推定, と推測, な, に, ね, 圭齋の, 太田も, 若し自分

▼ つたとも~ (59, 0.1%)

3 云へ, 言へる 2 いふ, 受けとれるが, 知れぬ女乞食, 考へられる, 見られる, 言はれ

1 [41件] ある, いふやう, おもふ, きかなかつた佐藤氏, どちらにも, なく出た, なく唯一度日, なく高田源作, 云ふ, 云ふべき, 云へる, 傳へ, 判らぬうどん粉, 別らぬ, 噂され, 堂上家の, 思はない, 思ひつらう, 思へぬ庭, 想は, 書いて, 武家だ, 知れたもんぢ, 知れない狂句, 知れぬ女, 聞いて, 見えなかつた, 見えは, 見えるの, 覺え, 言えないが, 言つてある, 言はれぬ, 言ひ得られる, 言ふ, 言へ, 言へば, 語つてある, 謂ふべき, 賣れないとも, 酔は

▼ つた~ (58, 0.1%)

4 も又 3 蔑しいも 2 であらう, になつて

1 [47件] から斷然其, が, がなけれ, がにはか, がまた, が今夜, が先, が落ち付かない, が變つた樣, が酷く, だつた, でもう, で自覚, になつて家, にはもう, には何事, にもなり, に涙, のせゐだ, のやすけ, の一端, の儘, の優し, の動きかた, の寒, の平和, の最後, の海, の腐りかか, の臓, の荷, の虚, の静平さ, は, は今や, は全く, は持つ, は攘夷家, ばかりの御礼, も, も或, を思ふ, を慰めました, を温められ, を突く, を覚まし, 懸なん

▼ つた若い~ (57, 0.1%)

4 男が 3 女の, 女を 2 女が, 男の

1 [43件] だけす, みのるの, をばさん, サラリイマンや, トン子と, 一群は, 人の, 作家達の, 僧が, 兵隊さんたちは, 医師が, 友人は, 嚊の, 坊さんが, 大黒さんと, 夫婦の, 奥さんが, 女で, 女です, 女とが, 女に, 女は, 女中で, 女性は, 娘は, 嫁は, 彌八, 御子と, 批評家は, 方五郎助は, 日を, 楓の, 歌人が, 武家の, 武家を, 海軍士官と, 男これは, 肥つた法學士, 花見の, 藝者の, 詩人の, 詩人は, 農家の

▼ つた~ (56, 0.1%)

42 であつ, でいふ, で云, で云つて

1 [44件] がした, がつづい, が交つて, が忍びやか, が晴天, が聞えます, が聽, であるの, でグン, でサイラス, で叫んだ, で喉, で子供, で斯, で母, で然, で答, で續けた, で言つて, で話, で雄, と, と共に起きあがる, などは寢, なんか出した, に千登世, の調子, の調子高, の響, は例, は文吾, は激情, は空, は藤野さん, も明るく, や面もち, をあげ, をした, を出す, を張り上げました, を擧げました, を浴びせ, を立て, を聞いた

▼ つた手紙~ (55, 0.1%)

3 に, の中 2 にこの, の上, の束

1 [43件] がおい, だつた, であつ, でも相手, なり葉書, にこんな, にはいつも, にはたしか, にも向う, による, に書き, に見え, の一節, の事, の内容, の如き, の數篇, は, はほんの, はよこし, は二三, は五十嵐, は僕, は南洋スマトラ, は奥様, は書けません, は熱い, は言, もあり, もかうし, も一通, や端書, らしいもの, をやつ, を公開, を出した, を取り出した, を外套, を書い, を樽, を膝, を読む, を讀ん

▼ つた~ (55, 0.1%)

3 の手, の顔 2 があります, の姿

1 [45件] が不愍, が夜そつ, が本当に, が生れ, でも実に, とお前, と二人限り, と子, と私, と足, には新聞社, にも安心, にも意外, に頼まれ, のこと, のペツト, の何もの, の像, の写真, の半身, の声, の室, の寝息, の寢息, の居た, の形見, の心づくし, の思ひ, の肌, の肩, の運命, は何時も, は度たび彼, は母, は禁獄, は舟, は軈て間もなくぷんぷん, も今, も居れ, やいとしい, や親戚たち, をい, を慕, を横取り, を連れ

▼ つた~ (55, 0.1%)

2 が忽ち, の中, を恁

1 [49件] からふつ, から梟, がてか, が暗い, が當, が西洋人, が風船, で, でそれ, では折角, で時に, で黒目金, と細い, と項, になツ, には僅か, には暗い, に手, のま, の上, の天辺, の端, の赭, はまた, は意久地, へ手, や尾, をぐつたりと後, をじ, をつるりと, をふり向け, をむつくり, を下げ, を二つ, を井戸, を光らせ, を出来るなら, を厚く, を叮嚀, を床板, を微か, を撫で, を擡げた, を擧げ, を昂然, を横, を縁臺, を袂, を轉換

▼ つたとしても~ (54, 0.1%)

3 それは 2 俳優が, 兎に, 彼女達は

1 [45件] この遊び, すこしの, そこに, その中り, その物語, その趣意目的, それでは私, それとは, それを, どうしてその, よいの, アンチピリンを, バアナアド・シヨウの, 一週間位は, 俺たちの, 俺は, 僕の, 僕は, 全く母, 其れ, 到底, 単純な, 叶つた暁には, 土の, 婚約者の, 子供は, 子規には, 孔子以後漢初までは, 宵の, 家康の, 形式内容共に, 必ずしもふしぎ, 必ずアンファン・テリブル, 木戸が, 東洋の, 現存墨子の, 癩者は, 百姓は, 相模屋は, 私は, 私や, 精, 純粹, 近代に, 金高の

▼ つた八五郎~ (54, 0.1%)

9 です 3 は間もなく 2 が, でした, は, は兩手

1 [34件] から聽, がぼんやり, が丁度, が平次, が神田, が陽, とそれ, に耳打ち, の人相, の手, の甘, の途方, はその, はそれ, は九つ梯子, は何やら, は其儘有無, は妙, は平次, は思ひ, は懷手, は汗みどろ, は渾身, は濡れ, は片手, は置い, は老, は間もなく凡そ, までも不, も人波, も歸つて來, やがて酢, らしい激怒, を見付けました

▼ つたにも~ (53, 0.1%)

4 関はらず 3 係はらず 2 せよ, 関らず

1 [42件] かかはらずそれ, かかはらず一部, かかわらず官僚, かかわらず警部, しろ, しろさ, しろだよ, しろ少く, せよい, せよ三十年後, せよ実際, せよ彼, せよ彼女, せよ我々人間, せよ房一, 似ず又, 努力は, 心付かずに, 拘はらず何故, 拘はらず果して少し, 拘はらず誰, 拘らずある, 拘らずいつも, 拘らずその, 拘らずそれ, 拘らずイワン, 拘らず其の, 拘らず娘, 拘らず安政二年以後, 拘らず少し, 拘らず川それ自身, 拘らず常に, 拘らず当時, 拘らず当時なほ自殺, 拘らず待ち遠しく, 拘らず性格, 拘らず煙, 拘らず病院, 拘らず遂に, 為よ, 等しい自分, 聊か理由

▼ つた人達~ (53, 0.1%)

2 が多い, のこと, の上, の間

1 [45件] があつ, が多, が昔, が期せ, が蔵前, が藏前, が街道, が見送つ, だけでお, だ貴島, であつ, である, であるの, で其處, には皆, には目, に問合せ, に會つて, の, のやう, の事, の名, の嫡々, の小袖, の歴史, の焦, の胸, の記事, の顔, はあなた, はその, はもうどうしても, は多かれ少なかれ, は宇佐美君夫婦, は床, は火焔, は皆, は駕籠, ばかりで, もあつ, もすく, もどれ, もゐる, も思はず, も次第に

▼ つた場合~ (53, 0.1%)

2 の外

1 [51件] が想像, が最も, であ, であるらしい, でも, でも三從弟妹, でも不幸, でも声, とか不器用, とか夜間静か, どの親, になつ, になる, にはいつも, にはさ, にはそれ, にはそれほど, には京都在住作家, には他事, には大抵, には生きてる, には目, には誰, にも眼玉, によつて, によれ, にわれわれ市民, に堆積, に就い, に来る, に獻身的, に読者がくひつ, の, のひたむき, の用心, は互性, は別, は勿論, は取, は届け出, は帰し, は必, は時々, は残り, は沢山, もつと, を想像, を觀よう, を言, 一寸氣分, 一応皆

▼ つた態度~ (53, 0.1%)

4 です 2 だつた, であつ, である, ではない, になる

1 [39件] から押し, がありました, で, でいつた, で何, で口, で夏蜜柑, で婦女画報, で平次, で快, で恰も, で斯, で火打鎌, で父, とを證明, など, にすすめ, につき辯明, になつたの, になつて, に一種, に出られ, に驚ろか, のもの, の文学, は創作, は始終, は幾分間違つて, もさういふ, も妙, や馬鹿, よりもよほど, より來, をした, をそれとなく, をとつ, を回想, を採る, を驚き

▼ つた~ (53, 0.1%)

4 を歩い 2 だから

1 [47件] がいかに, がここ, がなほ一筋, が時々, さうい, つ端, であらう, でありました, である, ではない, で僅か, には乾き勝ち, に戻, に苦しみ拔, に迷, の上, の傍, の方, の長, の青, はたしかに, は一本, は唯, は諸君, へ踏みこんだ, へ進ませた, もその, も覺, や細い, をすゝ, をひたすらそのまま, をコツコツ, をタンカ, を今日, を子供, を指定, を採つた, を歩いた, を歩く, を照す, を自分, を行つて, を踏んだなら, を逆, を通り過ぎた, を進もう, を顏

▼ つた~ (52, 0.1%)

9 同樣 4 お前の 3 ンです, 同じだ, 皆あの 2 ンぢや, 同然だ, 後は

1 [24件] あれは, あゝいふ中, でるが, のかなかつたもの, 一ツは, 不快な, 五月で, 何が, 同じく初夏, 同じこと, 同様で, 同然で, 同然敷込んだ, 彼は, 彼れ, 此春光臺で, 無理は, 理である, 皆親方, 考へてる訳, 見た處ぢ, 見て, 見てを, 道理だ

▼ つた~ (52, 0.1%)

6 である 4 の夏, の暮 2 だつた, でした, に父親, はとりたくない

1 [30件] から寢, から彼, がまた, が果して, だな, であ, であつ, でしたから, でせう, でないこと, に張られた, に早く, に父母, に生れた, に當, の冬, の初夏, の初秋相州吉浜, の夏期休暇, の春, の末ごろ, の翌年, の翌年壬午, の若い, ははつきり, は二十四五, は或は, は繰り上げられる, をわたくし, を寛政辛亥

▼ つた~ (51, 0.1%)

3 はない 2 がない, しは, もある

1 [42件] から見れ, があつ, がある, がなく, が多い, が少く, が無い, が無く, しが, しの, では漢儒, と違, にならつ, になる, のとみ子, の劇評家, の句, の品物, の将校, の會釋, の男, の通り船頭, の銀時計, の饂飩, はいくら, はなかつた, はねえ, は之, は古今, は君達, は多い, は数, は現に, は皇, は稀, は頗る, もあります, も少く, も少なく, をあげる, を平次, を引きませう

▼ つた大きな~ (51, 0.1%)

1 [51件] お寺の, せきばらひ, だん, ヅックの, ピストルを, ピヤノを, 不幸悲哀で御座います, 兩面の, 前齒に, 喜びの, 声を, 家で, 山脈は, 島が, 形の, 微笑, 手で, 掌を, 木に, 束を, 林が, 果實が, 柱を, 栃の, 檻へ, 歯が, 水盤に, 火の玉男がを, 男わるこす, 白堊造りの, 眼とが, 石標が, 禿頭の, 籠である, 籠を, 老人の, 耳飾りを, 聲で, 船が, 花束が, 菓子折を, 虻が, 蜜柑を, 西瓜だの, 赤い玉, 辞書で, 都會に, 鉢植の, 門を, 音に, 風呂敷包を

▼ つたことぢ~ (50, 0.1%)

29 やない 3 や, やありません, やねえ, やア 2 やなし 1 やある, やあるまい, やな, やね, やのう, やらう, や御座

▼ つた~ (50, 0.1%)

4 ひさ 2 學校の, 桜が, 櫻が

1 [40件] い小, い眼, せんの, せんは, つぽ, 亀の, 住宅街に, 供らは, 供を, 供連と, 兒の, 公園である, 公園を, 坐蒲団, 天勝も, 天竜大, 學校に, 學校も, 學校を, 學生に, 屋根の, 弓の, 徑, 徑を, 意氣な, 枝が, 枝を, 父さんに対する, 瓢箪の, 砂利の, 窓が, 笊を, 蒸, 蒸汽は, 豆粒ほどの, 部屋が, 部落を, 錢を, 馬だ, 馬車を

▼ つたつけ~ (48, 0.1%)

1352 か, が

1 [26件] あんな事, うむお, かな, がおりせ, がそん, がまあ, がまた, が今日, が貴, が遠く, ぞ, と念佛衆, なあさ, なあ俺ら, なお, なハヽヽ, な俺ら, な妙, な此, ねえ, ね君, の, べあ, べ俺ら, ほら君ぐらゐの年, 然うな

▼ つたという~ (48, 0.1%)

3 のです 2 ことだ, ことで, のは, ような, わけだ, 事実を

1 [33件] うわさを, ことが, ことは, この地方, そのチャンス, ちよつと, のが, のさ, のだ, のである, ふうな, やうに, ように, わけで, わけな, んだ, 事が, 事は, 事を, 報らせな, 報告が, 安どと, 感じと, 有様である, 歴史が, 気は, 氣持ちにな, 点が, 理由から, 言伝へが, 証拠が, 顔を, 鳥類物語が

▼ つたところが~ (48, 0.1%)

2 彼は

1 [46件] あつた, あつて, あの親爺, いまとは, うつかり, お葉, これに, これは, さあしまつ, さう, さうです, その中, その地頭代, その街, てんで見向き, な皿, やがてウインド, ボオイや, 乃公の, 二人は, 喧嘩を, 壁の, 夢中で, 大した重, 大違, 女房も, 娘に, 庇の, 後に, 応と, 思ひの, 敗戰によ, 昨日自分の, 未だ照子, 来て, 津和野の, 私の, 私達の, 突然長島, 自分の, 花に, 花泥棒に, 親方が, 警官が, 阿難, 電車の

▼ つた~ (48, 0.1%)

5 であつ 2 さ, であと, です, で癒し, に其不安

1 [33件] が新聞, けぢ, けです, けでも, けでもこの, けでも恐ろしい, けに過ぎない, けの伯龍, けの欧羅巴人, その印象, だといふ, であ, でありまして, でその, でそれでも, では日本, でも分るだらう, で二人, で何とも, で俺, で其他, で其意味, で大きい, で悟, で手, で歌, で美奈子, で雙方, の事, の低い, の原子, の変化, はお

▼ つた二人~ (48, 0.1%)

2 の娘, の浪人者, の男, の間

1 [40件] から大事, が夢, が往來, それから仕度, であつ, でございます, と南洋, のその, の仲, の先生, の姉弟, の手先, の樣子, の激越, の盲目俳人, の眼, の老爺, の言葉, の足, の鎖襦袢, の隙間, の青年, の静脈, の顏, の馬喰, は, はお, はまる, はムチヤクチヤ, は一, は一瞬, は何ん, は恥, は白旗直八, は袖, は遠い, は默つて其後姿, を助けたら, 寝の, 殊に無意識

▼ つた~ (47, 0.1%)

3 のこと 2 の言葉

1 [42件] か母, がづか, が丑松, が到頭, が手文庫, が私, である, と私, にも係, に今日時男さん, の代, の叔父, の家, の市太郎, の後姿, の情, の旧い, の碁友達, の苦痛, の袂, の許, の顔, の髑髏, は, は云, は似寄り, は何, は医者, は年頃酒, は毎年夏, は裸, は金庫, も折々, も略, も私, や伯母, や従妹, や母, をもとめ, をも安心, を可笑しく, を見かけました

▼ つた~ (47, 0.1%)

5 である, ではない 4 だ, でない 3 なん

1 [26件] けでもなかつた, だと, だな, で, でありました, であるから, であるが, でかの, でなく周時代, でなく唐時代, でなく末, でなく親族つき, ではありませぬ, ではなから, ではなく, では無, でもない, でも二人, でア, でグズ, で其出來, で殊に, なので, なんで, になる, は世間

▼ つた~ (46, 0.1%)

7 である 54 なん 2 ではありません, では無い, なの

1 [24件] だつたが, だなぞ, だ私, であるが, である惜しい, です, でせう, でなく末, ではございません, ではなかつた, ではなから, ではなく, では有るまい, でもあり, でもなけれ, でも無, でも生き生き, でア, でボール, と自分, には非, はない, もそれで, を叔父さん

▼ つたには~ (45, 0.1%)

7 相違ない 5 違ひない 3 あつた 2 相違ありませぬ, 違ひなかつた, 閉口した, 驚いた

1 [22件] いたこと, ちが, 仔細が, 使は, 居つた, 弱かつ, 無い好いもの, 猶別に原因, 男色, 相應, 相違ありますまい, 相違ありません, 相違無い, 神と, 行つた, 見せぬ彼女, 違なから, 違ひありません, 違ひなく, 開けられぬもの, 間違ありませぬ, 驚きました

▼ つた~ (45, 0.1%)

4 見て 3 喰べて, 未だに見た, 貰ふべき 2 導いた, 幸ひ

1 [28件] いかにしよう, さりとは, たぐって, ぢさんは, といて, とこうとして, みな神宮廷の, り彼, り父, り百人長, り聞かしたあの, り芥川, んなか, 参詣の, 喚んだので, 家へ, 幸に, 手で, 折に, 棄て, 気に, 祖母の, 見た, 見なかつた, 見済まして, 追抛り出し, 頻りに繰り返し, 顧みて

▼ つた彼女~ (45, 0.1%)

3 の姿 2 が鼻水, の眼, の顔, は隠し

1 [34件] がただ, が身装, が顔, に取つ, のこと, の下り, の勝気, の唇, の喜び, の客, の将来, の表情, の袂, の視線, の記憶, の身体, の運命, の過去, の高, の鼻先, はある, はどちら, はもう, はわが, は少し, は彼等, は息せき切, は熱心, は結婚, は茫然, もずゐ, も嬉し, をその, を見る

▼ つた~ (45, 0.1%)

6 時は 3 日の 2 る別, 家の, 村に, 霊の

1 [28件] るもの, る土曜日, る夕, る夜, る日, る日曜日, る日蛭氏, る晴れた日, る物, る理想的, る画家, る紳士, る若い, る農林技師, る青年, る音楽家みたい, る頂上, 南伊太利亜人である, 土曜日の, 外国の, 夜男は, 家に, 小説の, 懐しみに, 日, 日今も, 日八五郎は, 朝ガラツ八の

▼ つた心持~ (44, 0.1%)

2 がした, です, で行つた

1 [38件] から自分, がする, がそこ, がはた, がまた, が伴つて來, が卒然, が既に, が歌, が生, が藤左衞門, この平次, でいとも, でした, でね, でもう一度, で互に, で入, で八五郎, で小屋, で日頃, で氣輕, で煙草, で禿茶瓶, で見送, で話した, で齒, と合, になります, になる, のある, の光り, の繪柄, はしない, はわからないで, をも, を伊東伴作, を誘發

▼ つたかといふ~ (43, 0.1%)

7 ことを 5 ことが, ことは 4 ことも, 事を 3 ことに, 事は 2 ことについて 1 ことによ, たしかな, のだ, 争が, 事が, 有りの, 根本問題を, 歴史を, 話は, 風に

▼ つた小さな~ (43, 0.1%)

2 新蝶々

1 [41件] からだ, ませた子守, オレンヂの, ヒーザアの, 力を, 口から, 坊主が, 姪や, 希臘生れの, 影に, 懐剣が, 手提革包を, 掘立小屋, 日章旗と, 木枕で, 机の, 板圍の, 桑畑を, 森の, 爪切鋏を, 瓶を, 町である, 白い銀貨, 眼を, 石が, 祠が, 窓が, 箱の, 箱庭の, 籠と, 罎へ, 羽を, 薄黄色, 藁の, 車の, 部落の, 鏡を, 青玉の, 靴モスリンの, 食器, 鳥居でした

▼ つた~ (43, 0.1%)

6 がする 5 がした 3 がし, になつて 2 が致します, で安心, になつ, を誘發, 持ちです

1 [16件] がしました, がするなら, が私, でせう, でゐます, でゐられる, で居る, で揃つて手, で松井町, になる, の毒, の輕るい乳母, は紫氣, もし, も幾分, も狹

▼ つた~ (43, 0.1%)

4 へを持つ 2 へがある, へであ, へは持つ, へを起し

1 [31件] が私, なの, へから更に, へから飼う, へがはびこつてゐたからです, へである, へではみつ, へで執行, へと云, へなん, へにより私, へに中, へに近代科學, へに迷, へはこの, へはどんな, へも持つ, へや恨みごと, へをここ, へをしなけれ, へを仄めかした, へを含ん, へを持たれ, へを有, へを棄てる, へを臆面, へを述べね, も實際, をもちだした, を持つ, を發表

▼ つたかは~ (42, 0.1%)

2 多くの

1 [40件] おのづか, くどくどしく述べる, この次, その当時自分, つきり, ほぼ推察, また八條村, もはや知る, よく覺, トゥロットは, 今日お前達に, 今日の, 今日は, 今考, 僕自身にも, 分らぬが, 分るだらうね, 判らない, 吟味せず, 大に, 存じませんが, 尚書に, 川路自身の, 忘れて, 推賞に, 明瞭でない, 決し難い, 活字以上に, 瑠璃子に, 疑は, 知らぬが, 知り難い, 私の, 自分が, 見届けませんでしたが, 見當, 覚えないが, 言はずとも, 記憶が, 輕

▼ つたとて~ (42, 0.1%)

2 お話しも, 何に, 何の, 別に大した, 動きさうに

1 [32件] あれも, お前には, それが, つまらない, つまりは, とても此艇, どうなる, わしは, プリプリ怒, 人死も, 何にも, 何も, 働きは, 到底自分, 右も, 妹共には, 小妹共, 左程, 帰らるる事, 愚劣だ, 打擲した, 果して心, 極めてこれ, 構は, 無責任としか, 私は, 見られぬ山, 詩壇の, 誰が, 迚も, 面白い名物, 鼻を

▼ つたよりも~ (42, 0.1%)

2 長篇な

1 [40件] うぶだ, その邊, なか, なほ元, はかどりましたしかし, ひつそりし, ひどい家, ひどく御, もつと, よい宿, アカデミーと, ボタリと, 不都合な, 中味が, 低かつ, 元気の, 多くとれ, 大きくなく, 大きな構, 大井戸, 好かつた, 嬉しく思, 容易でした, 容易に, 山の, 底の, 張り込んだ, 恐ろしい男, 我々が, 早い時代, 晴々しい, 樂に, 煌々として, 眺めたよりも, 確かな, 老人で, 軽くその後, 速やかに, 遠くへ, 面白かつ

▼ つた結果~ (42, 0.1%)

2 であらう, である

1 [38件] あり合せの, がさう, がなにか, が今, が村松, が浜口君, が現れる, が經濟緊急措置, が表, が非常, その國號, であります, であるかは, であると, であるといふ, でなくし, で幾分, としてどの, と見なす, なの, なるべし, に陥る, の整理, は, はすぐ, は二ヶ年, は単に, は大抵, は水源, を報告, を得よう, を御, を生じる, を発見, 少しづつ小出し, 爾來四部, 種々其の, 遣つて

▼ つたくら~ (41, 0.1%)

7 ゐで 4 ゐの 3 ゐだから, ゐだが, ゐぢ, ゐです 2 ゐ, ゐだ

1 [14件] ゐいや, ゐずんずん, ゐだつた, ゐだもの, ゐであるから, ゐであるが, ゐでした, ゐですから, ゐですからな, ゐですもの, ゐでは, ゐなもの, ゐに, ゐ今

▼ つたこれ~ (41, 0.1%)

1 [41件] がさ後, がそもそも, が人形, が今日, が目的, が自然, こそそもそも, だから, だけがこの, だけでも人心, だけのこと, だけの金, でいよ, ではまるで, ではゼイタク, で二人, で俺, で安心, で木賃料三十銭, で水, で追想, ならば, はぐんと, はどこ, は句, は好意, は小さな, は或, は気, は自分, までの心外さ, まで度々, も乞食根性, も人生, も確か, も私, も色眼鏡, も華奢, も雨, を無事, 誠に遺憾

▼ つた~ (41, 0.1%)

123 ね, ん 2 けれど正さん, もの

1 [19件] か, かね, かね若い衆たち, から, からなあ, から四俵, から彼女, がやがて, が売り, が少い, が急, が藥, けど何しろ, ねえ, ねえか, ねお前さん, のう, のと, 中で

▼ つた子供~ (41, 0.1%)

4 のこと 2 の母親

1 [35件] から眼, がいつたい, がうしろ向き, がハンドル, が年長者, が沢山, だから, だと, でもゐる, にし, のあと, のやう, の傷, の姿, の容子, の成れ, の揺籃, の時, の調子, はそこで, は丁度, は不幸, は此一夜, は法蝶, は船, は茶の間, や婆さま, らしい想像, らしくない子供, らしさ, をお, を一人前, を抱い, を既事, を生き返らし

▼ つた~ (40, 0.1%)

9 の上 2 から赤い, に擦れる

1 [27件] がしら, が暖かい, くれと共に, で拵, で根, と見える, などを指す, にさらり, にどしり, にはなかなか, に射し掛け, に浮い, の, のしめり, のところどころ, の匂, の粒, の色, は寒い, へ稀, をご, を手, を掩, を掻きました, を揉みほぐし, を直ぐ, を踏ん

▼ つた~ (40, 0.1%)

10 がした 8 がする 3 がし 2 が致します, 易さ

1 [15件] がつく, が違つた, で, であつ, であらう, でゐ, でゐる, にいつた, になつて考, にならなけれ, になる, のせい, の女, は少し, 障な

▼ つた気持~ (40, 0.1%)

3 のよい

1 [37件] がきざし, がまた, がもくもくと, が湧, で, であつ, であるやう, でこと, でどこ, でも持つ, でゐ, でゐなはれ, でゐる, でエリザ, でペン, で今, で会つてみたい, で居た, で来, で自分, で頭, といふの, にさせます, についていへ, になつて宿, になら, になれない, のよ, の中, はよい, は其処, もしなかつた, もそれ, を感じた, を楽しむ, を深め, を直接

▼ つたからと~ (39, 0.1%)

13 いつて 3 云ふ

1 [23件] いうて, いつてな, いふだけ, いふて, 云うて, 云つてそれは, 云つてよく, 云つて何も, 云つて僕が, 云つて己が, 云つて歸つて行つた, 云つて決して, 云つて私の, 云ふこ, 園の, 悠長である, 此方を, 沢山わけ, 言つて勝手に, 言つて寄席へ, 言つて金を, 言ふ, 謂つて日本が

▼ つた~ (39, 0.1%)

1 [39件] だけは姿, との距離, にはただ, には何, にもあります, にわたした, に上品, に誰, に赤い, の伴, の多く, の小学時代, の悲しい, の新しい, の方, の気持, の氣持, の画面, の躯, の頭, の顔, はかうし, はこの, はこんな, はさう吐きだした, はそこ, はただ, はもう, は今さら, は何もの, は余り, は友人, は四萬, は或, は燐寸, は笑はず, は錯乱, をつらぬけ, を本能的

▼ つた~ (39, 0.1%)

2 と谷, の方, の間, の雪, もよく

1 [29件] が山, が往来, が標山, さ, だ, では珍しく, となつ, に添つて, に落ちる, に謝罪, の中, の人たち, の形, の影, の朝, の水, の生活, の腰, はいつも, はくつきり, は次第に, は過ぎ, は非常, へ登る, や林, を出, を見落し, を越し, 之助さん

▼ つた~ (39, 0.1%)

2 の酔

1 [37件] があまり, がある, だから, だつて, だ相, とそう, と魚, なしの, にだ, に毒, のうま, のおいし, のため, の上, の事, の表面, の香ひと, はみんな, はよく, はわざと, はキレイ, は一時間二時間, は悪魔, もある, も巻煙草, をあと, をした, をガブリ, を五年, を嗅い, を慎, を持つ, を買ふたり, を飲みつくし, を飲みほす, を飲む, 臭く熱い息

▼ つた~ (39, 0.1%)

2 の中

1 [37件] がかんかん, がまだそのまま, が一度, が一晩, が今朝, が他, が少く, が山頂, が春, が根雪, が泣い, が溶け, が融け, が道, ことに茶, なれば, のあと, のうへだ, のかたまり, のその, の匂, の朝, の線, の重, は, はもう, は北向き, は解け, は雪, も其処, も其處, をふりはらつ, を凍つた, を強く, を手, を押搖つて狂, 之助

▼ つたかを~ (38, 0.1%)

2 決定しよう, 覚えて

1 [34件] よく知らない, 一応眼, 不審でゐる, 察したらしいの, 察知する, 思ひだすこと, 思ひ出せない人達, 思ひ返す, 思ふと, 怪むものである, 恐らく想, 感じいつか涙, 書かなかつたの, 正確に, 知つ, 知つてゐない, 知りそして, 知ること, 知るとき, 知る期, 研究し, 確かめた, 示さうと, 示す為, 考えて, 考へた, 考へれば, 考へ次に, 虱つぶしに, 訊ねた, 詳しく語り出した, 買つて円タクに, 辿ること, 驚きかつ

▼ つただけの~ (38, 0.1%)

4 ことです 3 ことさ, ことで 2 ことだ, 事で

1 [24件] お礼は, こつてねえか, ことが, ことぢや, ことであり, ことであります, ことである, ことなら, ことは, こと云は, イデエに, 両腕, 事が, 事だ, 事でした, 事と, 壁を, 客などを, 西洋詩の, 話さ, 話な, 関係な, 雨水が, 鳥小舎の

▼ つたとの~ (38, 0.1%)

9 こと 3 ことである, 事で, 事である 2 ことです, 事

1 [16件] ことこれは, ことだ, ことで, 事だ, 事だつた, 事であります, 事でした, 事です, 事東京見物は, 伝説が, 傳説等によりて, 問ひ, 意である, 考へも, 言ひ, 評判である

▼ つたらしく~ (38, 0.1%)

2 自分の

1 [36件] お信さん自身, お勝手を, そのため, その屋根, その花びら, てまるで, なほ江戸氏の, なんども, わたしは, ハツと, 主取りを, 二た, 今にも大工狼, 今度三人が, 何ごとも, 先年女房に, 別に自分, 喋舌り続ける, 大きな身體, 妙に, 専らうた, 少年は, 店先は, 延寶四年に, 暫らく船に, 木偶の, 滅多に, 礼を, 笑ふ, 縁側には, 羊膓と, 腰を, 菊は, 赤い顏, 部屋の, 長襦袢の

▼ つた~ (38, 0.1%)

4 の目録 2 だけの目録

1 [32件] があります, がはいつた, が二十冊近く, が是, ぐわんじ御堂は, だつた, でありますから, です, で六藝略, として, と見比べ, などを根據, についてどれ, について研究, につき, に解題, に解題批評, のこと, の内容目録, の表紙, の表題, は持ち, は皆, も或は, も未だに, をあの, をまた, を今日, を書い, を書かぬ, を汪士鐘, 街道より

▼ つた~ (38, 0.1%)

2 の噂, の會場, の背後, の駐在巡査

1 [30件] が横つて, であ, である, でした, ですわ, では村君, で道, には野, のなか, の世話人達, の人々, の人たち, の人人の, の名, の婆さん達, の守り主, の往来, の百姓, の者, の若者, の裏河づたひの細道, の道, の郵便局, は存続, は隣村, よ, より妻, をどり, を潰す, を越し

▼ つたへて~ (37, 0.1%)

2 ゐる, 腰に

1 [33件] あちこちの, あやめふく今日の, かるたの, くる美術, くれる, この時江戸評議, ほこる, やつて, ゐた, ゐて, ゐるところ, ゐるの, ゐるもの, ゐる尊い, ゐる話, 久しく彼所, 今に, 伯母君の, 呉れといふ, 幽かにも, 昔より, 映ずること, 景樹といふ, 来た, 毎年方々から, 為すありに, 耳ま, 胸に, 膳の, 荘重で, 誰なりしか, 貰つた, 長崎桜馬場に

▼ つた~ (37, 0.1%)

2 は何處

1 [35件] おも, からおよそ, から三十年, だにあの, ではその, では何と, でも印度, でも漠然と, となつ, となつて, の俺, の女, の子供, の彼, の旦那樣, の樣, の毎日新聞, の玉川, の連中, の顔, はかへつて逆, はさほど, は何処, は眼, は養蚕, までに読ん, まで自分, まで踰, も尚, 一人の, 一本の, 何も, 叩いて, 指さして, 食つた餅が

▼ つた~ (37, 0.1%)

2 のこと, の事

1 [33件] あいにく夏, から自害, から起つ, が明け, こつそり鶴, すぐ手, だつた, だと, で海岸, と同じ, などカンテラ, には必ず, にやつ, に一, に京子, に彼, に沁, に限つて, に限る, ね, のことさ, の出来事, の廣さ, の食事, は, はとても, は四五人, は必ず, は時間, は私達, も私, を覺, 遅く帰

▼ つただけで~ (36, 0.1%)

7 あつた 2 格別ほめ

1 [27件] すまされますか, ぞくぞくし, よして, フン, 個人的な, 倒れて, 兼家は, 再び寐, 出かけました, 助か, 動かなかつた, 命に, 引戻さず, 心は, 忽ち下, 怪我は, 我慢を, 殆ん, 消えて, 満足した, 澤山だ, 澤山ぢや, 濟ませ, 濟み, 無視し, 私は, 胸が

▼ つたほどの~ (36, 0.1%)

2 山の上でも

1 [34件] あわてやう, うつくしさ, おもひで, ことは, これは, もので, 人から, 人なら, 人は, 人間です, 傷が, 凄まじさ, 勢ひで明神下の, 厄介な, 味が, 夢心地に, 大藪ぢや, 夫想ひであつ, 山の, 山賤たちは, 年頃に, 御粗末, 情景です, 意氣込も, 状態だつた, 端整な, 素人である, 良いところ, 若い女, 葛藤が, 賑ひです, 迂闊でした, 逸品だつた, 雪が

▼ つた以上~ (36, 0.1%)

2 は郷里

1 [34件] そして祖國, どうしてもその, に, にまだ, に僕, に面白, は, はおれ, はすべて, はその, はそれ, はとても, はなるべく, は丁度, は仕方, は勿論, は卑怯, は地球, は売, は奈何, は幾ら, は心配, は必ず, は数, は断然, は此, は民族, は獨身, は私, は空く, は阿, 一度した, 成るべく安全, 男らしくも

▼ つた~ (36, 0.1%)

5 の人 3 の事 2 のこと, の日, の記憶, を忍ばせる

1 [20件] から世間, にはそれに, に道中記, の, のえびす, のおも, の京都, の仲間, の城主, の夢, の大, の家, の染五郎, の歴史, の玲子様, の知人, の軍人, の遺恨, を忘れず, を懐

▼ つた場所~ (35, 0.0%)

1 [35件] から這, が, がある, がわかりません, が判つて, が知り, が知りたい, が見つからない, だつた, です, でなり, では逢, で何故, で正月, で逢つて, とかいふもの, にあり, にある, につくられ, には雨戸一枚, に置いた, に裏日本, のせゐか, のわからない, はお勝手, はなかつた, はよく, はストランド, は昔覚え, も少く, も逃げた, をあなた, を搜, を見出す, を訊く

▼ つた~ (35, 0.0%)

2 でせう, に聖衆降臨

1 [31件] かそれとも, かも知れません, か遠い, だ, であつ, である, であると, ではなく, とでもし, とまた, と見る, なので, に, にあらず, にまれびと, に何, に却つて, に地方, に廢, に急, に日, に更め, に狂, に石, に自分, に覺悟, に轉覆, ばかりでなく, 最早や, 止むを, 正しい目的

▼ つた美しい~ (35, 0.0%)

2 草花を

1 [33件] その態度, 一面が, 国の, 天女が, 太陽だつた, 夫人が, 女は, 姿な, 姿を, 婦人で, 屍骸に, 影を, 心で, 怪物である, 手毬は, 揚羽の, 森林も, 皿を, 空の, 筋骨を, 籠を, 紙で, 自然は, 船との, 蝶の, 蝶を, 語感を, 貝殻と, 鈴の, 露を, 顏が, 顔が, 鳩ちやんを

▼ つた~ (34, 0.0%)

54 可被下候 2 して

1 [23件] いきも, いつた, この夜知識, したいな, しませう, しもの, たいわが, たところ, たもの, たるたつと, つ, てこと, てるやう, ました, やつた, られる根津右衛門, られる装束榎, らんところだらう, 威勢を, 彼は, 腰を, 茶を, 被下

▼ つた~ (34, 0.0%)

52 て, てかま, て小松君

1 [23件] けと義雄, けねえ, けナア, けムヽウ, ておま, てもう, てサアベル, て云つた, て人, て仕, て分らない, て切符, て同じ, て忘れられる, て構う, て此様, て死人, て氣違, て無, て私, て貴さま, て金, て驕奢

▼ つた~ (34, 0.0%)

4 り, りに 3 り途 2 りがけ, りフト

1 [19件] りだから, りで, りなどに, りなどには, りまだ, りガラツ八, り上, り八五郎, り土地, り夜遊び, り客, り川崎, り提灯, り曉, り東兩國, り派手, り白々明け, り船, り遲くも

▼ つた仕事~ (33, 0.0%)

3

1 [30件] が空虚, でないの, ではない, でハヤ其半, で死に, とてはなかつた, とわかつ, と解する, なのに, にはならないだらう, にもぽつぽつ, に疲れた, のがつ, の場合, の外, の構想, の範囲, はありません, は出来ない, もその, を, をだいぶ, をみつける, を成し, を救世軍, を残す, を片, を片付け, を見つけたい, を達成

▼ つた~ (33, 0.0%)

2 も彼

1 [31件] うした, うして, うしても, かがたぶん, かが加はつ, か名案, か心配事, か気, か珍しい, でもおいしく, でもない, でも力落し, でも百両, といふ, といふ強, といふ情ない, といふ深切, といふ無愛想, とはなし, とまあ, に使つた, のおとづれもない, のバイ, の噺, の恥, の畠, べん思ひ出される, も醜, よりも農家, を食べた, んともい

▼ つた~ (33, 0.0%)

3 を利く 2 の利き, は利く, をきいた

1 [24件] から同じ, がない, がのぞかれ, でいふ, でよく, に二三服煙草, に桜, のやう, の埃, の裂けた, の貝, は取返し, は無い, は私, ばかり利い, へ毒, をいよ, をまるで, をムニヤムニヤ, を仰, を入れます, を利いた, を尖らかす, を開け

▼ つた小さい~ (32, 0.0%)

2 盆を

1 [30件] お嬢さんが, が數寄, さちよの, たたき造りの, のは, 一間は, 人々を, 其の姿, 口, 唇に, 女中が, 寝床の, 山の, 巾なら, 床屋との, 指環が, 方の, 旗を, 浴槽いつ, 玉が, 発動機船で, 眼と, 破風が, 窓が, 箱を, 耳朶の, 記事が, 隣の, 順禮の, 顔が

▼ つた時彼~ (32, 0.0%)

2 はふと

1 [30件] がちようど服, の地理, の身体, の顔, はさすが, はすこし, はその, は今, は僕, は到底, は又, は彼女, は思はず, は思はずほつ, は思ひ出した, は悚然, は意外, は既に, は死んだ, は眼, は私, は突然, は自分, は船底, は赫ツ, は酷い, は隣り, は頻りに, は鳥, を打

▼ つた~ (32, 0.0%)

2 は今, を蹙め

1 [28件] がいちの面, が平岡, が醒め, だと, であつ, であること, でやはり, でウットリ, で嬉し, で屹, とを見ました, にあつ, ににじむ, には兩人, には昔, には涙, に見えない, の中, の黒光り, をし, を其処, を其處, を半ば閉ぢ, を見ひらい, を見合せた, を閉ぢ, を開け, 覚るばかり

▼ つた瞬間~ (32, 0.0%)

2 には試験, の美し

1 [28件] あの事實, からいくらか, からし, から私, その弟, だけは反撥力, だつた, でも立所, にさつ, にそれ, にはもう, には安心, には已になにか, には日頃頭, には照子, にもう, に一寸夢, に右, に彼, に浮びあがりました, に瑠璃子, に相手, に船, に見事, に鍛冶屋, の恐らくは, もある, 悲しいと

▼ つた~ (32, 0.0%)

3 の黒い 2 の布, の浅黒い, の淺

1 [23件] が, がちかちか, が出, が浮ぶ, が立つ, が見えた, が見える, が閃い, つぽ, で染められた, で眼, と形, にも気付かなかつた, にも秋, に曇つて, のニュアンス, の不快さ, の少女, の白い, の葉, の青白い, を輝かせ, を額

▼ つた~ (31, 0.0%)

2 のこと, の盛岡

1 [27件] おそくまで, が明け, が来た, が長, でさ, でひつそり, になつて, の光景, の心持, の有様, の気配, の生活, の町, の白む, の空, の繪, の興行, の退屈, の黒い, は夜, は大分, は恰も, は晴れ, もよく, も直ちに, 明るい気持ち, 被も

▼ つた女房~ (31, 0.0%)

2 が丈

1 [29件] か去られた, がぼう, がよかつ, が一人隅, が何年, が可哀想, が帰つて, であつ, でも佐野松, でも皆額, と私, にし, に姦通, に聽, のお, のお初, の事, の妹, の忘れ形見, の甥, の私, の遺した, は吉原, は床, もございませう, を思ひ出し, を持て, を負, を連れ

▼ つた白い~ (31, 0.0%)

3 布を 2 狼が

1 [26件] 十六七の, 地が, 女が, 小型の, 巾を, 帆前船を, 帽子を, 指を, 橋の, 毛の, 水が, 水沫と, 爪を, 物には, 眼を, 穗から, 粉藥を, 素足に, 羊毛を, 膚甘い生々しい柔か, 蛾の, 豚が, 足袋を, 身體を, 重挽馬, 頸に

▼ つた~ (31, 0.0%)

2 の上, の廊下, を力一杯

1 [25件] が終り, とを目分量, と材木, にも新しい, に似た, の列, の前, の彫刻, の恐怖, の方, の段々, の熱, の矢の根, の繪, の胸壁, の階段, ばかりが偶然, を, を井戸端, を建て, を押す, を捜し出した, を産, を花火, を見る

▼ つた~ (31, 0.0%)

87 である 6 なの 4 ではない 3 です 1 ですよ, ではなかつた, は役者

▼ つた~ (31, 0.0%)

2 である, に

1 [27件] から浅い, こそ島さ, で其後, には顔, に代, に僅, に北人, に大佐閣下, に平次, に書いた, に正宗, に漸く, に無慙, に燗徳利, に立つ, に財布, に錬, に驚く, の急湍, はその, はそんな, は善良, も姫君, も焔, も蝋燭, よりも一層, をひろ

▼ つた作品~ (30, 0.0%)

2 である, の方

1 [26件] かとお, がありましたら, が大した, が書かれ, が書けない, ださうである, であつ, ではない, といふもの, に対しては一言半句, に接する, に芸術的価値, に限つて, の値打, の展観, はその, は俳優, は小説, は賞め, もある, よりも, を上場, を写し, を描い, を書かない, を見せ

▼ つた其の~ (30, 0.0%)

1 [30件] お帳場, ま, 二つの, 人が, 傍には, 嘘を, 己が, 形代の, 後年が, 手術といふ, 放れた指, 教案は, 時分の, 本の, 様子は, 比翼指輪の, 氣は, 油好し, 疾さ, 白堊の, 皺深い, 神秘な, 笹の, 箭先に, 聴覚も, 自在留, 萌黄な, 親株と, 言葉に, 通つた

▼ つた母親~ (30, 0.0%)

2 が迎, は紅殻色

1 [26件] から貰つた, がその, が大, が悪い, が自分, といふ人, と懇意, と菊次さん, にすがられ, に孝行, に教, に死なれた, の事, の口, の形見, の後姿, の愛情, の手紙, の気持, の遺書, はとう, は息子の, は老眼, への怒り, を失つた, を感ずる

▼ つた~ (30, 0.0%)

4 がある

1 [26件] があつ, があります, が一篇, だ, であ, でありますが, ですよ, ですわ, といふ, などが遺, なの, に, にある, に拠つて, のことばことば, の中, の後, の頷聯, はたしか, は東洋, を忘れぬ, を書い, を歌, を自ら祭つた, を見せたい, を読んだ

▼ つた野郎~ (30, 0.0%)

134 がある

1 [13件] があつ, が空手, だな, で, でも容易, で尺八, の仕業, はあつし, は今頃, は血, も, もゐる, を搜

▼ つたけど~ (29, 0.0%)

2 こな, 私立つて聞いた

1 [25件] あちらのは, あの位, あの写真, これ持つてらつ, どうする, ねえ石屋さん, もう, やつぱり会いたく, やつぱり言つと, よくよく考へ, 一しよ, 一人行つて來ました, 一人行つて来ました, 仕方が, 可愛い顏, 可愛い顔, 女流作家に, 婦人代議士みたいな, 差支へが, 得を, 焼けた人, 私よりも, 観音様の, 阪井さんが, 離婚し

▼ つたもので~ (29, 0.0%)

1 [29件] ある日, ことに私, この, この小屋, その代り, それ迄の, ほとほと愛想, 一体私, 事は, 二十里三十里を, 今日の, 即ち夏, 又一定, 呪物の, 唯奥医師, 大衆性とは, 契約面では, 孟子に, 律詩の, 思案の, 明の, 月の, 気羞しく, 氣羞しく, 番太で, 皿の, 素より人, 谷村さんの, 錢形の

▼ つた~ (29, 0.0%)

3 は白い 2 の方, を言

1 [22件] でそつ, で内々食, で出す, で宴歌, で目, と落合つた場所, に忍び込ん, に赤く, のこと, の内儀, の内儀さん, の御新造さん, の心當, の端, はと言, は何處, は店頭, は洛北, は父, は練塀小路, もやつぱし, や用事

▼ つた曲者~ (29, 0.0%)

2 がお

1 [27件] がある, が二人, が鋭利, だが, ではむづかしいよ, では無, なら分つて, なら最初塀, に渡した, に窓越し, に脇腹, に逆手, の刄, の手, の最後, の足跡, の顏, はどんなに, はわかつた, は備, は研屋忠兵衞, は遊び人, も多分, をお前, を擧げさせよう, を此處, 即ち幻

▼ つた連中~ (29, 0.0%)

1 [29件] が, がある, がずらりと, がウアハハハツ, が二三人, が五羽, が大分, が腕, が自分, が酒場, だらう, でどれ, なの, にいはせる, にも好い, のお, のよう, の一人, の方, は, はまた, はまだ, はみな補祭, は事領主, は保護検束, もあつ, もゐた, も何れ, も声

▼ つた部屋~ (29, 0.0%)

3 があり, のなか, の中 2 を見せ

1 [18件] から脱出, があります, です, でその, ではどんな, で今朝, で華やか, にはいつ, には炬燵, に綺麗, に連れ込みました, のいきさつ, の入口同志, の内, の扉, の隅, はその, へ通された

▼ つた時私~ (28, 0.0%)

2 に銀側時計

1 [26件] が彼方, が頭, に於, の心, の感じた, の胸, の話, はくらくら, はこの, はすぐ, はつく, はほ, はよく, は不意, は何, は婢, は存在, は折しも, は旅, は歩く, は突然, は立ち止, は自分, は身, は遇, もツイポンポン斷

▼ つた~ (28, 0.0%)

4 の中

1 [24件] から橋, があつ, がお伽噺, が二艘, が動き出した, が向島, だから, だと, であり思想的, である, でさ, で止む, ならたと, に乗, のお, の信号燈, の名前, の浮袋, の舳, はそれ, はまだ, は沈んだ, は見る, を見よ

▼ つた表情~ (28, 0.0%)

3 をし 2 をする

1 [23件] が彼女, が急, が流れ, この絵, だつた, で, できつと, でゆき子, で応, で田部, で髪, のま, の三人, はなんにも, は現われない, も見せず, や家族, をします, をみ, を動かさなかつた, を向け, を浮かべ, を浮べ

▼ つた~ (28, 0.0%)

2 が朝風

1 [26件] あつい唇, がいつか, が悩, つぺたをかかへながら, と唇, と濡れた, などから平次, にあて, にはそれ, にほろ, に不思議, に刈株, に手, に鮮, のあたり, のこけた, の創痕, の肉, をう, をし, をなで, を伝つて, を柔, を氣持, を見る, を軽く

▼ つたある~ (27, 0.0%)

5 日の

1 [22件] ときは, シインが, 一夜の, 事が, 人が, 人妻の, 侍の, 劇作家が, 夜の, 夜修一が, 夜更けに, 席上で, 日モヂリを, 日本人が, 日錢形平次の, 晩の, 晴れた日, 月の, 朝, 瞬間に, 種の, 若い音楽批評家

▼ つたのに~ (27, 0.0%)

1 [27件] ある点, いつに, そして従順, その返事, それでも一二本, ちが, 今更どうする, 何の, 出迎への, 十一人しか, 反對, 彦太郎の, 心づく者, 恁うし, 是非願ひな, 極つて, 氣が, 済みませんでしたわねえ, 潤色を, 濟みませんでした, 無盡, 独り此年庚辰には, 生憎留守, 私は, 私一人だけ, 蝶は, 違ひない

▼ つた一つ~ (27, 0.0%)

2 の原因

1 [25件] にはさ, のこと, のもの, の人影, の創作, の問題, の大, の大きな, の寝床, の戒, の救命袋, の有, の村落, の演劇世界, の特色, の玉, の癖, の美しい, の考へ, の観念, の証拠, の語り物, の證據, の谷, の音階

▼ つた老人~ (27, 0.0%)

2 に怪我, の播いた, や子供等

1 [21件] がはひつ, が土地, が色眼鏡, が頻りに, だといふ, だらうと, である, です, で貧乏人, になる, のドイツ語, の兵卒, の四つ切り, の墓番, の掌, の目, は, は深く, は長い, ばかりでした, らしくない声

▼ つた~ (27, 0.0%)

2 をし

1 [25件] が今, でぴよいぴよい河原石, で駈けられる, にず, にはいつか, に感ずる, に足袋, のない, の傷, の尖, の指, の早い, の裏, は非常, をふん, を休ませ, を停めた, を大股, を引きずる, を引摺つて, を船, を見, 擦の, 擦りの, 擦れの

▼ つたところで~ (26, 0.0%)

2 誰も

1 [24件] あつた, どうにも, ふと上, ふと前, やつと, ステパンは, プーリは, 一週間に, 上体を, 乾いた血, 互ひ, 僕が, 凄い年増, 半ズボン, 女め熟ら高利の, 娘の, 店の, 後を, 生徒は, 相手は, 碌な, 詮も, 誰にも, 錢形の

▼ つたなり~ (26, 0.0%)

1 [26件] これは, しばらく黙つた, すぐに, だんだん眼さ, ぢつと, で片片, で白米, なんかし, やはり動かなかつた, アブサントを, カリフの, 久保は, 何とも口, 俯向い, 元氣, 女は, 時々さ, 朱泥の, 杉の, 考へ, 肘に, 返して, 酌婦と, 静に, 頭の, 驚いて

▼ つた~ (26, 0.0%)

2 て, ていよいよ, て室

1 [20件] たちよりてとへば, ていよ, てくだりぬ, てこ, て思案, て滴れり, ながら手づかみ, ながら春, ながら河下, にあ, には己, に他, に病院, の街道, 來る, 朝風の, 歩行く, 流れに, 獨りし, 静かに

▼ つた~ (26, 0.0%)

4 の枝 2 が光る

1 [20件] が一本, だと, になり, に蔽, のゆう, の中, の岐, の方, の柄, の橋, の片, の階段, の音, の鳥居, ばかりで, や砂, を取, を啄, を根, を突

▼ つた次第~ (26, 0.0%)

4 である 3 だが, であります 2 です, ではない

1 [12件] さ, だ, でありますが, でお, でその, で事情, で大師, で長安, なの, は上, を聞い, 今更如何

▼ つた~ (26, 0.0%)

2 の中, の葉

1 [22件] が枯れる, が柔, が水, などは後, に寝ころぶ, の匂, の穂, の花, の蔓, の蔭, の薬, は倒れ, も多い, も木, や木, や木の葉, を分け, を剥ぎ取る, を彩, を指した, を掻き分け, を沒

▼ つた覚え~ (26, 0.0%)

10 はない 3 がない 2 がある, のある, もない, もなく 1 はありませぬ, はなかつた, は更に, は決して, もなし

▼ つたそう~ (25, 0.0%)

73 です 2 だが, でございますね

1 [11件] だぜ, だね, である, でございますが, ですが, ですね, でね, ではあ, で小川さん, なそれ, めんの

▼ つたです~ (25, 0.0%)

742 ね, 雨が 1 かね, が, が今に, が僕, が困, が嬢様, でま, なあ, わ, 僅か二千九百圓

▼ つたわけぢ~ (25, 0.0%)

9 やありません 5 やある 4 やない 3 やあるまい 1 や, やございません, やねエ, や無く

▼ つた~ (25, 0.0%)

2 にたうとう, まだ何

1 [21件] が定, が此ん, とうとうもう一度買, に, にその, にとう, には人, には是等, にもし, に主人, に其, に單衣物, に女房, に暗い, に死ん, に自分, に軽蔑, の娘, は玄明, 或る, 漸く靜

▼ つた~ (25, 0.0%)

3 をね私

1 [22件] かと聞く, が夏頃, が神, こそい, だけ求めた, だと, です, で卓子, と云, と草, と酒, には目立つ, のやう, の上, の茎, の間, も彼女, や, や葉, よ, をくつ, をバルコニー

▼ つた記憶~ (25, 0.0%)

7 がある 2 はない

1 [16件] があつ, が二度, が山国, が有ります, が残つて, が生き返, であり女, と共に何年, にも庭先, のなくなる, はある, ははつきり残つて, はまざまざ, は何, も有りません, を辿つ

▼ つた~ (25, 0.0%)

1 [25件] から小刻み, が目, こけた頬, でございます, と眼, にはその, にぶら, に當, に目, に血管, のうへに盛り, のてらてら, のひろい, のみならず, の廣, の皺, も決して, をあげ, をピタピタ, を上げ, を嫂, を拭き拭き出, を指した, を撫で, を撫でた

▼ つた黒い~ (25, 0.0%)

2 土の, 大きな洋館

1 [21件] りんかく, ラシヤ紙を, 冠笏の, 処へ, 壁と, 大巌, 幻の, 影が, 影の, 捲き毛, 槍が, 海水着は, 滑らかな, 眉毛が, 窓から, 肉を, 腐植質と, 船体が, 色の, 色を, 面を

▼ つたからとて~ (24, 0.0%)

2 あまりしつこく, 何も, 我々が

1 [18件] こんな所, それが, そんなら, どうする, どうにも, べつだんそれ, また人民, 二十代の, 四月二十日まで, 字や, 快くお, 故人を, 是れ, 祓へを, 菓子が, 許して, 詮ない, 貸て

▼ つたふり~ (24, 0.0%)

16 をし 4 をした 3 をする 1 なんかする

▼ つた世界~ (24, 0.0%)

3 に住む 2 がある

1 [19件] から出, が見る, だ, でも見る, といふもの, に入る, に生き, の中, の出來事, の消息, は, へ引き戻された, へ誘ひ込まれた, へ飛びこん, をのぞい, をひろげる, を発見, を見た, を覗く

▼ つた~ (24, 0.0%)

2 歌の, 葉書が, 鉛筆淡紅色メリンスの

1 [18件] ソフトを, 名刺で, 塔の, 川柳を, 帳なぞを, 幣の, 態を, 時計が, 時計の, 材木を, 椅子に, 洋服の, 渡り唐桟の, 濠の, 畳の, 芸術とが, 言で, 軍服を

▼ つた~ (24, 0.0%)

2 の姿, は

1 [20件] がなさけ, が静岡, が館, だ, に僕, に取, のあの, の御, の心地, の心持, の最後, の温情, の父上さん, の言葉, はおとなしく, は秋川駿三, や僕, を棄, を送つ, を駅

▼ つた~ (24, 0.0%)

1 [24件] が, が急い, だつたよう, であつ, といふもの, とは又, に対して不憫, の事, の便り, の寫眞, の母, の瑚, の糸子, の言葉, は, は一生懸命, は二階, は比良野氏威能, は片手, は自分, は飯田休庵, もあつ, もやはり, も早く

▼ つた生活~ (24, 0.0%)

7 をし 2 が恥かしく

1 [15件] があと三日, がそこ, がたとへば, が全く, であの, のデイテイル, の過程, の面白い, も私, をした, を営ん, を展開, を為し得た, を生活, を表面的

▼ つた~ (24, 0.0%)

4 が彼, を内容 2 である, を以て人々

1 [12件] が出る, が挿入, が敬語, が語原的, で, です智者, ではあるまい, にもと, のある, の中, の脱落, をしだした

▼ つた青い~ (24, 0.0%)

2 水が

1 [22件] 並木の, 印の, 卷葉が, 室で, 小父さんでした, 布の, 斑の, 木や, 札を, 眉根と, 眉激情に, 眼を, 空, 空だつた, 竹ぐしで焼きあげる, 笠が, 蓮も, 街を, 袴で, 長上衣を, 顏, 顏です

▼ つた~ (24, 0.0%)

3 の腸 2 のやう

1 [19件] がある, が一番, が飜然, だ, とは一刻, に添, に違, のうち, の二三尾, の二度と, は何, は再び, は盲目, も, をみな, を下物, を生かし, を竹, を籠

▼ つた~ (23, 0.0%)

2

1 [21件] いつもより, いつ頃乘合馬車, うか, うさ, うと, お勢さん, お君さん, さすが興味, その杏所, その罰, とつて, どうせ默つて, どんなに好い, どんなに心ゆく, またその, もう動く, 好いだらう, 好いぢ, 少しは, 泣き出したかも, 良いで

▼ つた今日~ (23, 0.0%)

1 [23件] からは容易, この頃, となつ, とは違つて, になつて, になつて悔悟, になつて質問, に在る, に限, の場合, の日本, の朝焼, の疲労, は一日, は二重, は今日, は宮市, は新聞, は絶食, も, も時々, も石, 唯残つて

▼ つた~ (23, 0.0%)

2 の好い

1 [21件] が確か, だから, だけは取り上げなけれ, ださうで, ださうですよ, だと, だらう, でお, でした, ですが, ではありません, では御座いません, で従つてぼろぼろ, で本, で金蒔繪, の一つ, はお, は何, を始末, を盜つて, を見つけ出し

▼ つた問題~ (23, 0.0%)

4 がある 2 の絵, を解決

1 [15件] がひとつ残つて, が會場, でなく私達, ではあつ, になる, に対して仏蘭西婦人, に逢着, の一つ, はあの, はない, は全然, は奥田, は数年前, は更に, を持つ

▼ つた~ (23, 0.0%)

5 の中 2 でこんな, には無職

1 [14件] があつ, だけに先, であつ, で私達二人, で自分, にゐた, に倒れた, のなか, の仕切り壁, の戸, の温気, は余一人, へと通された, を見なさい

▼ つた~ (23, 0.0%)

4 の光 3 である 2 のころ, の光り, を見あげず 1 かと見え, から飛行機, がまとも, が田, のやう, の形, は三十一日, は三十日, を仰い, を指さし

▼ つた~ (23, 0.0%)

2 のうち

1 [21件] から晩, この同じ場所, だつた, であつ, である, でした, の出来事, の日光, の枯草, の気分, の滿, の空, の路上, の食卓, は干, は曇つて, は稲, もある, 同じ方角, 少しの, 早く道

▼ つた着物~ (23, 0.0%)

2 に手, の跡

1 [19件] がぎつしりと, が年々着古, と書物, などを着せられる, などを見る, の人, の幕, の柄, の殘, の血, は皆んな, ほど純潔, や洋服, より花, をつけ, を一枚, を乾かす, を取出し, を着

▼ つた空気~ (23, 0.0%)

2 に曝し, のなか

1 [19件] が光る, が漲つ, そして冷めたい, と風景, に接する, に曝された, のそよとも, のため, の為, の肌触り, の臭, の臭ひと, は吸, は堪え難い, やそれから, を, を冷やす, を清潔, を穿つ

▼ つた身體~ (23, 0.0%)

2 して, だから

1 [19件] から離れよう, が包まれ, こぼれる愛嬌, でも身内, で彼, にべつ, の大きい, の重い, は小さい, も精神, をえごちやら, をつ, を井出君, を休め, を兄, を有する, を裸, を足音, 少し張れつぼつ

▼ つたころ~ (22, 0.0%)

2 にはもう, はもう

1 [18件] から, だつた, だつたの, でした, に細々, のこの, のやう, のオゴリ, の父, の話, はこれ, はどことなく, はまた, は初太郎, は村民, は遠く, を見, 丁度学年試験

▼ つたしかし~ (22, 0.0%)

1 [22件] ああなれば, この米, そこは, その男, それが, それは, それも, そんな時期, 一睡も, 今日食べる, 佐用姫の, 困つて, 昨日の, 流石は, 獅子は, 私たちは, 肉が, 脱線では, 興に, 酔つたいきほ, 鉄よりも, 陽の

▼ つたばかりに~ (22, 0.0%)

1 [22件] あの虐, あの鳥モチ, うつかり, お杉, その場, なつた, わたくしの, 一同に, 人樣の, 到頭斯ん, 卯平は, 却つて自分の, 大きな面, 小三郎は, 御上の, 殺されたの, 火の, 白粉まで, 眼の, 私は, 表向き遠島に, 飼糧切の

▼ つたふう~ (22, 0.0%)

1 [22件] だつた, な事, に, にいつ, にいろ, にこうして, になつて, になるべく, にみんな清正, に使用, に取れました, に岩茶, に指, に書い, に皆, に眉, に輕蔑, のね, の世界, の功利的, の慾望, の矛盾

▼ つた事情~ (22, 0.0%)

3 があつ

1 [19件] がある, が潜ん, でそれ, ではない, でもう少し, で自然消滅, で駿太郎, などを知る, なんかない, の者, は多く, は要するに, もございます, も分つた, も斟酌, も解らなかつた, をお話, をこれ, を委しく

▼ つた~ (22, 0.0%)

2 のところ, の神経

1 [18件] が癪, なん, のでる, の卑し, の女房, の好き, の家, の弟, の感覚, はこの, はもう少し, は今夜, は監獄, は見た, も同様, も懲りつ, やお前, を坂

▼ つた古い~ (22, 0.0%)

2 禅僧の

1 [20件] お墓, が細工, この石版画, まりと, メトオドを, 三味線を, 二階屋で, 名称が, 巣には, 文献の, 旅館が, 櫻の, 瓦などが, 町人の, 蘭書の, 血の, 言葉が, 言葉の, 部屋を, 部屋着の

▼ つた女中~ (22, 0.0%)

4 が一人 2 はチリン

1 [16件] がはいつ, がゐ, が井, が來, が廊下, が櫛形, が次手, だから, とは違つて, に向い, の, の声, の手, の話, は洋服, や痩せた

▼ つた~ (22, 0.0%)

2 の方

1 [20件] かどや店, だ, であつ, である, であるが, としても風景, なので, に再び, に嫁, の中, の多く, の姿, の家, の建築, の空氣, の軍學者, はトロサ, は歳暮, へ降り, を心細く

▼ つた~ (22, 0.0%)

54 である 2 があつ, にひどく 1 が生じ, だと, にその, によこした, に別, に無事, に自分, に鐚錢一枚身, をたんと

▼ つた~ (22, 0.0%)

2 の外, を開ける

1 [18件] からは折, からぼんやり, から吹雪, から沙河, から消え, がなく, が開けられた, である, などは私, には赤い, に顔, のある, のうへへあげ, の下, の口, はその, を見廻し, を開け

▼ つた~ (22, 0.0%)

2 に住む, のなか

1 [18件] から海, がミルチス・マヂョル, が見渡されます, でした, ではなほ, にむかつ, に出口, の, の人家, の弁理士, の灯, の近く, へ入, へ出ました, をかへる, をひどく, を荒れ走, を駆け

▼ つた~ (21, 0.0%)

42 俺の

1 [15件] たまは, 勉強を, 娘の, 心当りへ, 手傳つて貰へ, 模様が, 氣持も, 見どころが, 調子が, 違つてゐる, 遣つたのせ, 釣れましたかね, 顔が, 骨の, 黴臭くなつた

▼ つたなんて~ (21, 0.0%)

1 [21件] いつたつけ, いつて, おつ, そいつは, それとなく話し, ほんとに情けない, ゆふんぢや, 中隊長みたいな, 二とこで, 云つてゐる, 云はずに, 他人の, 噂を, 地主に, 大嘘, 安直に, 書かんで, 裁判沙汰に, 言つてる, 言はれる, 阿父さん

▼ つた事実~ (21, 0.0%)

3 である

1 [18件] が九官, が思ひ, が生ずる, だけが確か, であるから, であること, などが多い, なので, なん, には決して, にも変り, に口惜し, はざら, はもうどう, はようやく, めいた話其儘, を見, を見逃し

▼ つた人たち~ (21, 0.0%)

1 [21件] が一割, が疎, その二人, だこと, だつて, であるが, と会, にもう一度, に逢つて挨拶, のもの, の会費, の死者, の眞, の苦し, の間, はお, は先づすくなくとも此処, は情熱, は日本, は荒涼たる, をお

▼ つた友達~ (21, 0.0%)

2 のこと, を見つける

1 [17件] からだ, がなつかし, が一処, が仲通り, ですがね, でも廣, で丑松, になつ, に斯ん, に豆腐, の七郎兵衞, の写真, の方, の面影, はそれ, を訪ねる, を追

▼ つた~ (21, 0.0%)

1 [21件] うまい松魚, から夕颪, から幼稚園, から応援団員, から焦眉, こんな失策, その話, などは丁寧, にたて續, になあ土産, には日本, に八幡屋, に屡々, に買つて, の事, の始末, の姿, の明るい, は氏, は汽車, も矢張り

▼ つた方法~ (21, 0.0%)

1 [21件] が考へられ, でした, でとれる, で悩ん, で成人, で自ら憐, なぞも珍, などは此例, にばかりよらずし, の放棄, は一番風変り, は二つ, は勿論, も行, をさけさせ, を以てしたい, を恢復, を択ん, を用, を考, を説明

▼ つた父親~ (21, 0.0%)

2 の遺言

1 [19件] からのもの, がいつの間にか, がなまじ, が丈夫, が県会議員, ですが, と私, に言, の外, の子, の心, の怨, の敵, はまた, は信太荘司, は斬つ, は村長, を慕つて何うに, を追想

▼ つた~ (21, 0.0%)

2 の上

1 [19件] がべつ, が寝床, だ, でさ, と活字, に就い, の主要成分, の匂, の蓮華, や泡, を一杯, を出し, を分け与へる, を剥す, を手, を持ち去る, を袂, を見たら, を見る

▼ つた~ (21, 0.0%)

2 を解い

1 [19件] から拔, が解けた, に吊させた, に首, の樣子, の殘, の結び目, の赤, は上, は堅く, は清五郎, は罠, は荷造用, をもう一度, を切つて, を拂つて, を自分, を藏, を解かされ

▼ つた~ (21, 0.0%)

3 の悸 2 を掻き合せ

1 [16件] がまた, で呟き, にその, にも人生, のあたり, のよ, の中, の兩方, の小径, の透く, の離れなかつた, や腕, をむき出し, を少し, を汗, を突き出し

▼ つた~ (21, 0.0%)

2 が實家, 振を

1 [17件] が実家, じまひ, それ程も, でこれ, では歩く, で生きる, には物, に迫つてちんちろり, のさも, の処分法, の廻り, の術, は今更, も心, を支, 振で巴里, 振の

▼ つたとお~ (20, 0.0%)

16 もふ 2 もひます 1 もはれます, もふと

▼ つた土地~ (20, 0.0%)

1 [20件] が多い, で慣れない, で松杉, で知る, に住ん, に呪, に居つた, に播かれた, のもの, の件, の状況, の遊び, の違つた風習, は始末, は死ん, へ往く, へ旅, や利權, を御覧, を耕し

▼ つた~ (20, 0.0%)

3 を見た 2 を見ました

1 [15件] だが, だよ, である, なの, なんぞ見た, にうなされ, のあ, の其の, は妄想執着, ばかりを胸, をふつふつ, をみた, をみました, を描い, を見

▼ つた~ (20, 0.0%)

2 の處

1 [18件] が父親, とは二つ違ひで, と近頃一戸, と鶴吉, に貰, のお, の処, の卯女子, の夫, の手前, の方, の言葉, はふら, はよく, も行かなくつ, らしい女, をお, を思ひ出した

▼ つた思ひ~ (20, 0.0%)

3 がした

1 [17件] がし, がない, さへ, つきだ, であつ, であの, でそつ, で愉快, で新た, で本, で苛, で見つめ出し, で野村, よりも見知らぬ, をした, を過る, 出も

▼ つた相手~ (20, 0.0%)

1 [20件] がみつ, が御座います, が斯ん, が死んだ, が相手ゆゑお前, だつたの, でせう, といふもの, のある, の事, の棟梁佐太郎, の男, はそれ, はアラ, は三十万ぐらゐなきやダメ, は吐息, は私, をからかふ, を得なけれ, を知つて

▼ つた考へ~ (20, 0.0%)

6 方を 2 方から, 方である, 方も 1 ごとを, 方が, 方と, 方に, 方の, 方は, 方や, 方間違つた事実が

▼ つた~ (20, 0.0%)

2 に地面

1 [18件] うらに, からのぞい, が寒, が真赤, と折れまがらない, と葉, の中, の僅少, の先, の赤, の間, はいくら, はきら, はわるく, は斯, は蔭, も鋼鉄, を破き捨てる

▼ つた~ (20, 0.0%)

6 りの 2 りですもの, りでは, りといふ 1 であつ, の薄い, の銀杏, りであり次, りですよ, りでなく何故か, りでなく專任, りでも

▼ つたあたり~ (19, 0.0%)

1 [19件] から三人, だつた, だと, で足, にちらちら, に出た, に普通, の光景, の岩, の木木, の空氣, の風景, は廣, は絶えず, まで全体, まへす, まへの, を気, を覗い

▼ つただけに~ (19, 0.0%)

2 彼は

1 [17件] これは, それが, それだけに私, ちよつと, なか, 一寸難, 今夕立前, 合乘りで, 大へん, 大膽, 富岡は, 彼には, 打ち殺しても, 本多家では, 棕隠は, 滅多な, 終つてし

▼ つた~ (19, 0.0%)

3 屋根の 2 涙の, 雨の

1 [12件] に言葉, のを, やうなる, を覚え, 唯一の, 夕栄なり, 春雨の, 木のは, 水の, 涙, 荒い水音, 雨声が

▼ つた~ (19, 0.0%)

3 の空 2 の日, の日暮

1 [12件] が近づいた, に又, の中, の夜ふけ, の帽子, の朝陽, の熟柿, の雨, らしいお, らしくな, らしく風, 曇りと

▼ つた~ (19, 0.0%)

1 [19件] から彼, その夫, ついて, であるならば, とその, なる者, に十九年, に就い, の亡靈, の何より, の歌, の言葉, の近く, の顔, は庭, は彼, れから, を持たね, 正身

▼ つた恰好~ (19, 0.0%)

3 です 2 である

1 [14件] だつた, だつたが, でそして, で尻, で平次, で歩い, で死ん, で濶歩, と言, の住宅, の佐太郎, は, をある, をし

▼ つた手拭~ (19, 0.0%)

1 [19件] で傷, で皮膚, で誰, で身體, で首筋, と一つ, と肩, は夕闇, は正直, も撤ら, も葱, をまるで, を下, を出し, を外した, を幾つ, を皺, を開い, を顏

▼ つた~ (19, 0.0%)

2 室の

1 [17件] らしいホヤ, らしい半天, らしい表現法, らしき仕事, 佛教の, 公は, 古今時代の, 宗旨である, 市街で, 平民も, 意を, 支配の, 時代である, 蔓は, 術語を, 詩社の, 龜の

▼ つた時刻~ (19, 0.0%)

52 になる, を聽 1 が聽, が騷ぎ, であつ, であるから, のやう, は誰, よりも一時間, を見, を覺, を調べる

▼ つた~ (19, 0.0%)

2 の青々

1 [17件] が何時, が幾多, が明らか, が蒼々, が見える, だと, と一つ, に土, に激しく, に烈しく, のある, はありません, は見られない, までその, まで一筋, を見せる, を見る

▼ つた種類~ (19, 0.0%)

1 [19件] がある, であるのに, で重複, で銅, のこわい, のもの, の人達, の人間, の名詞, の土器, の小, の数限り, の明朗主義, の桜, の猛獣, の男, の聞書, の蠍, の貝殼

▼ つた~ (19, 0.0%)

6 の上 2 の温味

1 [11件] がうつ, がしら, にまで力, に手, に掻卷, の子, へ兩手, へ脛, をのりだす, を叩く, を抱く

▼ つた長い~ (19, 0.0%)

1 [19件] のも, 中廊下を, 人生の, 妙な, 尻尾が, 年月は, 廊下の, 手紙の, 拔け, 捕虜生活から, 眞白な, 睫毛も, 裾が, 説明に, 路を, 釣竿を, 鉄の, 鉄橋を, 髭は

▼ つた~ (19, 0.0%)

2 のやう, の父

1 [15件] がぼく, が綱, だけが精進, だつてこと, と同じ, に乗つ, に載せられ, に騎つたの, の首, の馬券数, はすぐ, は二三十尺, は大抵, を, を見さしつたらう

▼ つた~ (19, 0.0%)

3 の先

1 [16件] だ, だな, つぱし, で犬, とうすく, の上, の低い, の孔, の隆, の頭, や毛, よりも何, をひこつかせつ, を持つ, を照らした, を衝いた

▼ つたお前~ (18, 0.0%)

3 は不人情 2 の身体ぢ

1 [13件] がお, が囈言, が惡, が飛込ん, の事, の小さな, の手術, の義伯さん, の聲, の辯口, は槍, は知, を見捨て

▼ つた~ (18, 0.0%)

1 [18件] あの呪, あれア誰だ, い, なんとかいふ, もう直ぐ熟するだらう, や, ツ, 八, 屹と, 投げろ網, 杉山君は, 真実に, 破被布, 誰だ, 貴様は, 逃げようつたつて, 酔つたぞ, 非常な

▼ つたまで~ (18, 0.0%)

52 であるが

1 [11件] だのに, だよ, ぢや, である, であると, ですよ, で専門的, で御座いますが, なの, はい, 描写する

▼ つた一種~ (18, 0.0%)

1 [18件] の型, の安心, の恐怖, の悟者, の歴史劇, の活動味, の浄瑠璃曲, の無秩序, の疾患, の睡眠状態, の空虚感, の精神的遊戯, の能力, の舞台, の風雲児, 微笑ましいやう, 生々しい金属音, 異樣

▼ つた先生~ (18, 0.0%)

1 [18件] お一人, が二十人, が発見, だが, である, でございます, でもあり, で今, などはもつ, のお力, の凹んだ, の容貌, の意識, の私達, の肩, の訓, は舞臺, を毆

▼ つた切り~ (18, 0.0%)

3

1 [15件] かの女, そのこと, だからでも, だが, だつた, で, である, でございます, で山の手一圓, で川本, で幸, の挨拶, 今にな, 取り扱つて, 軈て梅雨

▼ つた~ (18, 0.0%)

2 のもの

1 [16件] これぞと, ではない, で指, に, にはやはり, には何ん, には何一つ, に喘息, に無い, の世界, の方, は名, は皆んな此處, へ出た, を眺めた, を見

▼ つた~ (18, 0.0%)

2 で書い, で歌一首, で眞

1 [12件] であるから, であるが, に宛てた, に逢つて戸惑, は全部, は流石, は紅葉先生, は綺麗, をうんと, を斯, を書いた, を綺麗

▼ つた~ (18, 0.0%)

2 をやう

1 [16件] だといふ, でわい, で却, で柳營, といふの, にある, の中, の主, の主人, の前, の書棚, の横, の火事, の物, の端近, や中庭

▼ つた方面~ (18, 0.0%)

2 では日本, に趣味

1 [14件] から巣立つたら, から筆, から考へれ, がある, にのみ注意, には特に, に事実, に他, に屬, に焦点, の接觸, は進歩, へ発達, を話し

▼ つた氣持~ (18, 0.0%)

1 [18件] が少し, だけです, だつたの, でお, です, ですつかり其處, でぢ, で知らん, で自分, になつ, になつた私, になつて, になれる, には僕, のいい, は何とも, を覺, 常に戰場

▼ つた~ (18, 0.0%)

3 がある

1 [15件] がない, が多い, が見える, だけ直す, である, であるが, にある, に於, に長物語, はない, は入口, は卒業, をひとつ, をもつ, 更に万葉

▼ つた~ (18, 0.0%)

3 の名

1 [15件] が平安中期以後, ださうである, だつた, だと, と神, と精霊, に向き, のうちタギリヒメ, の奴隷, を君真者, を子孫, を家々, を祀つた, を観じた, 異崇

▼ つた~ (18, 0.0%)

4 一の 3 二の

1 [11件] 一テーマさ, 一句から, 一夜の, 一日に, 一日越後新報の, 一次, 一聲である, 二の矢は, 二日目に, 八支店いろは牛肉店といふ, 十一競馬が

▼ つた~ (18, 0.0%)

2 でその

1 [16件] から判斷, がだらだら, が母親, が流れ, が迸り出る, だ, によく, のやう, の支配, の涙, の表面, の跡, はこの, をわけた, を出す, を受け

▼ つた赤い~ (18, 0.0%)

1 [18件] おちやんちやん, 凉傘といふ, 印の, 富士を, 實それに, 帶でございます, 房が, 手柄の, 扱帶の, 投弾まで, 斑点が, 柿が, 百合の, 紙で, 翅だけが, 血が, 金入と, 靴の

▼ つたからで~ (17, 0.0%)

9 あらう 4 せう 2 せうよ 1 あらうが, あらう甚だ

▼ つただけでも~ (17, 0.0%)

1 [17件] くすぐ, その女, ぞくぞくする, どれ程, ウンザリしました, 何か, 唯事では, 大きな丸太, 大した事, 宜いのだ, 平次の, 極樂, 罪には, 耐らなく, 脱羽, 隨分忘れられない, 鳴咽

▼ つたとかいふ~ (17, 0.0%)

1 [17件] がその, ことだつた, ことで, ことの, そんな無益, ので, はなしを, やうな, んです, 事が, 事で, 噂も, 所謂昇叙の, 由緒の, 言葉で, 話が, 話を

▼ つたとたん~ (17, 0.0%)

2 に私, に鹹水

1 [13件] あのひと, くるりと, その牛, にご, にばかばかしく, にまた, にもう, に恋人, に涙, に着物, に縁, に頭, の

▼ つたとでも~ (17, 0.0%)

2 いふので, 思はなきや, 言ふ

1 [11件] いうの, いはうか, いふこと, いふやう, いふ様子, 云ふ, 思いましたか, 思はなきア, 思ふより, 思へ, 見る外

▼ つたのみ~ (17, 0.0%)

4 である

1 [13件] であつ, であるから, であるが, でその, でない, でなく気骨, では, で仏教, で恰も, ならず其の, ならず古, ならず私, ならず美術

▼ つたまことに~ (17, 0.0%)

1 [17件] おだやかな, お悧巧, お気の毒, よい一日, よい一日一夜, よい散歩, よい酒盛, 俗臭紛々たる, 厄介な, 味ひ, 意外な, 愛すべき存在, 手輕な, 清閑な, 白雲悠々の, 結構な, 都合の

▼ つたやつ~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] がある, が国, でもない, と寝つけ, と抑, と蝋燭, と見つ, には初秋, のやう, は, は殺す, を一つ火箸, を槍, を生, を茶漬茶椀

▼ つた三人~ (17, 0.0%)

1 [17件] が潔白, でまた, で一升, とかう, ともいづれ劣らぬ, にばかりか, のもの, の中, の個性, の先生, の報告, の女, の慈悲役, の生命, は, はほ, は起きぬけ

▼ つた~ (17, 0.0%)

2 つ引, にひ

1 [13件] が三畳, つ引全部, で幾十, で更に, で立ち止ま, にか, に漸く, に連れ, の帶, の皓, ぶくれの, へ来る, 總屋の

▼ つた人物~ (17, 0.0%)

1 [17件] が入れ, が朝, ださうで四十年配, だね, であり累, であること, ですから, といふ, とか非常, として擧げる, の一人, の型, の趣味, は屡々, は見, を名指したい, を驅逐

▼ つた大きい~ (17, 0.0%)

2 皿を, 眼を, 雪の

1 [11件] 一つの, 一つを, 打物です, 提子に, 方が, 昆虫の, 柳は, 毬でした, 眼霜燒けの, 石の, 頭の

▼ つた宿~ (17, 0.0%)

2 の嬶

1 [15件] についた, には散歩, には県知事閣下, に着いた, の下駄, の中, の主, の主人, の二階, の女中, の老人, は本業, は油とうや, へ歸つて行, も何だか

▼ つた~ (17, 0.0%)

1 [17件] が旅行案内, のせまい, の中, の中学, の失敗, の家, の家々, の密教, の彌, の春, の木木, の白面, の若い, の身, は耶蘇教, ほの, も一人

▼ つた~ (17, 0.0%)

2 の上

1 [15件] が月末, が車窓, と同じ, と山, に潮鳴り, の叫喚, の姿, の彼方, の感覺, の色, の風景, は果敢ない, は鈍重, を沖, を眺め

▼ つた理由~ (17, 0.0%)

1 [17件] からだ, から照ちやん, がある, に今, の一つ, はね, は全く, は其唇, は後で, は理論上, は自ら, は魂, も訣, を会得, を明らか, を痛感, を讀者

▼ つた~ (17, 0.0%)

2 の大空, の朝, の空気, の風 1 のふぐ, の一夜, の日, の日あたり, の月, の果物, の深, の蔓草, らしい秋

▼ つた~ (17, 0.0%)

2 を搖

1 [15件] で頗る, で頸, と見える, には蒲團, に傳, に兩手, に口許, のこなし, の人間, は車, をつ, をよちよち, を動かしだした, を椅子, を物憂

▼ つたかな~ (16, 0.0%)

4

1 [12件] あんまり古い, これに, たぶんさうだ, ひがみの, 何でも, 僕は, 學校の, 完全に, 小諸なる, 歩きつきまで, 江戸へ, 違つたら

▼ つた~ (16, 0.0%)

4 親分

1 [12件] え, お君さん, どうだい参つたらう, なア宮部, 兄哥, 八, 四方屋の, 大変な, 少し窮屈, 氣の, 畜生ツ, 跡の

▼ つたつて駄目~ (16, 0.0%)

6 だよ 32 である 1 だ, だから, だぞ, だらうよ, な人間

▼ つた~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの兄樣, つし, づかの, ほんとに, アノ兄様は, イ第, 何うし, 昔から, 東洋で, 父さん, 矢ツ張りあたしが, 私は, 肩を, 道が, 阿母さん, 電車を

▼ つた~ (16, 0.0%)

3 の目的 2 な生活, の出發 1 に他, のヴィジョン, の土地, の新しい, の映画館, の種族, の罎, の運命, 莊では

▼ つた~ (16, 0.0%)

3 である

1 [13件] が, が不首尾, が作れた, であり遠賀, でなくし, で末梢神経的, などが出来る, にお, にかう, に見られる, はやらず, を整理, を評し

▼ つた~ (16, 0.0%)

1 [16件] から血, などどう, など少し, につけやう, に薄, のやう, の上, の結構, の色, はその, をのがれのがれゆく, をもぐもぐさして, を喰, を固く, を持ちあげる, を隠し

▼ つた~ (16, 0.0%)

1 [16件] がある, さ, である事, で今年, で兄, で騒がれ, に入る, に帰る, のある, のやう, の女性, の如き, の定, の消極的, はない, ばかりを執

▼ つた~ (16, 0.0%)

1 [16件] がある, がない, が入, が太平無事, でしかも, でなければ, のやう, の正面, の腰掛場, の話, の頭, の髮, は眼, は行商, も挽く, を招く

▼ つた帰り~ (16, 0.0%)

1 [16件] だと, だね, といふ形, とかで立ち寄つた, などに極, にはいつも, にわたし, にリヨン, に十吉, に宮中, に度たび, に袖崎駅, に雄勝川, の汽車, 夜も, 道頓堀を

▼ つた~ (16, 0.0%)

2 か, でせう

1 [12件] である, でお, とう, と今, に対し日常茶飯事, 一切の, 今日の, 余程和田君, 先生の, 孔子の, 楢原陳政氏なども, 高麗三郎と共に

▼ つた新しい~ (16, 0.0%)

2 木の

1 [14件] いくつかの, つぎを, 事の, 刺激は, 勾玉の, 境遇に, 思想が, 手拭で, 浴衣を, 獅子と, 着物を, 自動車を, 自由な, 興味に

▼ つた時自分~ (16, 0.0%)

2 の胸

1 [14件] がぱツぱと瞬き, で出たら, で自分, には四十, の心, の肉, の顏, は, はこの, は何と, は初めて, は我儘, は既に, は本間久雄氏

▼ つた暗い~ (16, 0.0%)

1 [16件] 中で, 夜の, 奥の, 小路を, 庭に, 心の, 感じで, 日など, 机に, 狹い, 親しみの, 路地を, 道を, 部屋に, 隧道を, 雲は

▼ つた留守~ (16, 0.0%)

1 [16件] かもの越, だから, だつたの, であつ, であるから, でな, で却つて, などといふもの, に居なく, に樹明来, に母, に私, に立派, の間, を獨, を頼まれ

▼ つた空氣~ (16, 0.0%)

2 の中

1 [14件] があつ, がそれ, がもーツ, が重く, だ, です, と女, のそよとも, は感じられなかつた, へたのし, を一杯, を一瞬, を吸, を釀

▼ つた~ (16, 0.0%)

2 梅が

1 [14件] を感じた, 主人清右衞門は, 作家をも, 僧の, 功臣の, 妻を, 婆さん叔父さんの, 尼の, 情でも, 牧夫の, 男爵の, 神父が, 紳士を, 車夫が

▼ つた~ (16, 0.0%)

1 [16件] が, が上つて, が体, でひどい, なん, のしづくする, の名残, の四分の一, の晴れ, の音, はやがて, は地上, は悪く, も今朝, をかすめ, を喜ぶ

▼ つたそこ~ (15, 0.0%)

1 [15件] から赤郷, で飛び出し, には我慾, にも鴉, に止まつ, の坊ちやん, の尼さん, の磯近く, の窓, の醫官, は小郡町唯一, は業病人, は船夫たち, は謄写刷, へ樹明兄

▼ つたためし~ (15, 0.0%)

3 がない, はない 2 のない 1 があります, がありません, が無い, はございません, はなかつた, はめつたに, は嘗て

▼ つたと共に~ (15, 0.0%)

2 やはり畢

1 [13件] あらゆるイスラエル, その性質, ガラスの, 一面には, 不圖, 厭な, 国が, 彼等よりも, 支那人の, 最も現, 演劇改良に関しても, 演説種目が, 藝術作品の

▼ つたなあ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの頃, おめ, お千代, お秋, こんな吹き, ぢや, どうもあぶない, 何か, 埴生さん, 堪忍し, 大豆でも, 尤もは, 杉村さん, 自家が, 足まで

▼ つたへる~ (15, 0.0%)

2 のであつ, ものが

1 [11件] からな, といふ, といふその, とかつ, ところの, に過ぎない, のだ, のでない, 何物とても最早, 因縁の, 言葉を

▼ つたまでの~ (15, 0.0%)

3 ことだ 2 ことです 1 ことさ, ことで, 事さ, 事だ, 事だつたさうだ, 事で, 事です, 話し, 話で, 足掛け三ヶ年間に

▼ つた二つ~ (15, 0.0%)

2 の物質

1 [13件] が大きく, の層, の山, の影法師, の心, の感情, の拳, の様式, の眼, の美しい, の耳, の音, は多分

▼ つた具合~ (15, 0.0%)

2 に得

1 [13件] である, でした, でそれ, に, にそつくり, に切々, に将棋, に最初, に氾濫拡大, に江戸, に行く, ひに, らしく発表

▼ つた~ (15, 0.0%)

1 [15件] から日常, がつい, です, ではじめ, もあれ, も知れぬ, をいふ, をつけ, を擧げ, を棄て, 御用聞の, 殘と, 殘の, 殘り, 稱が

▼ つた形跡~ (15, 0.0%)

3 がない 2 がある 1 がなく, がよく, が多く, が明かで, のある, はない, はなく, は八五郎, もなけれ, を搜

▼ つた書物~ (15, 0.0%)

3 などで太宰府ぎり

1 [12件] でなければ, とはならなかつた, に奈良以前, の上, の中, はカント, はモーギユー, をたより, を取り出し, を探し出す, を著書, を讀んだ

▼ つた~ (15, 0.0%)

4 の中

1 [11件] から濃厚, が周囲, である, です, になつ, に圍まれ, のあたり, のなか, の梢, の神秘, の縁

▼ つた爲め~ (15, 0.0%)

1 [15件] こんな山仕事, その時, であ, でもある, にかの女, には違, によく, に今, に怡, に早く, に氏, に瀬戸物, に血迷つた, に辭任, 各説相衝突

▼ つた~ (15, 0.0%)

2 とが白い

1 [13件] がありや, が土龍, だつて話, でこの, ですつて, では無く, に自ら横はる, に落ち込ん, の一方, の底, も, をさがさう, をさがし出せ

▼ つた細君~ (15, 0.0%)

1 [15件] が何処, が艶, だから, にも洋服, に如何, に子供, のその, の方, の聲, の胸, は鶴子さん, も調子, を全く, を離縁, 連れて

▼ つた肌合~ (15, 0.0%)

3 の女 2 の人間, ひの 1 でした, です, ですが, の人, の人達, の娘, らしく見えます, らしく見えるの

▼ つた~ (15, 0.0%)

2 だから

1 [13件] から, がおそろしい, が反対, が大きな, だ, だ宜しく, ですから, に近づく, の方, はもはや, は再び, は波, や竹棒

▼ つた~ (15, 0.0%)

2 が細い, へ

1 [11件] がシヤノン河, に縫, のある, はまだはるか, はコンクリート, を一つ一つ, を徐かに, を歩い, を登つて街, を行く, を通る

▼ つたかしら~ (14, 0.0%)

1 [14件] あたしが, あの人, さうだ, そんな歌, どこだつたらう, エビ掬ひ, 伝七が, 和蘭屋敷で, 壁だつた, 安南, 少しは, 春だつた, 私は, 絹子は

▼ つたもう~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぢき, 一つの, 一つ捨てたい, 一本の, 今から, 先に, 大丈夫だ, 止さう, 歩けませんよ, 残つてゐる, 焼酎には, 百兩要る, 考へる事, 虱の

▼ つたよい~ (14, 0.0%)

1 [14件] たよりが, つだつたか, 一日よい, 夜でも, 宿だ, 意味で, 日は, 着物は, 道づれもあつた十一時頃小倉に, 酒だ, 酔だ, 雨だ, 風が, 風景である

▼ つた不思議~ (14, 0.0%)

1 [14件] な事実, な個人主義, な効果, な因縁, な好み, な娘, な廻り合せ, な感情, な焔, な焦躁, な異国, な種類, な靜けさ, な頬

▼ つた~ (14, 0.0%)

3 體は

1 [11件] が心静か, な原因, は湯アガリ, 人徳右衞門の, 殺しの, 水の, 水は, 體の, 體を, 體去るある, 體將來の

▼ つた信吾~ (14, 0.0%)

2 が素知らぬ, の心, の態度, は, はさらでだに 1 の顏, の顔, は笑顏, は笑顔

▼ つた光景~ (14, 0.0%)

1 [14件] がはつきり, が眼, だ, で法, で落葉, の一つ, は今, は宛然幾千万片, は宛然幾千萬片, は廣間, は深く, も面白く, を, をば今

▼ つた~ (14, 0.0%)

1 [14件] があつ, と照吉, に仲間, のやり場, の古, の披露, の水, の脂, や劍, や匕首, を下げた, を倉, を降し, を高く

▼ つた印象~ (14, 0.0%)

1 [14件] がくつ, である, ですから, として残さない, に気づいた, もありません, をうける, を与へた, を与へる, を受ける, を守り, を残した, を纒め, を読者

▼ つた小説~ (14, 0.0%)

2 は大抵, を書き終る 1 で牛殺し, で隨分, に先刻, の性格, の稿料, の趣向, は活字, や物語, を書きかけ, を見た

▼ つた~ (14, 0.0%)

1 [14件] が兄, が母, だ, のおちん, のこと, のイガ栗頭, の王, の眼, の隆吉, は既に, をおぶ, をでも, を思ひ出した, を歌つたの

▼ つた日本~ (14, 0.0%)

1 [14件] が文明國, が破滅, と奧州, の先生, の土, の女, の学者, の恋愛詩, の文化, の法, の若い, の藝術家, はいま, は進みつ

▼ つた當時~ (14, 0.0%)

2 のこと

1 [12件] から自分, などは權力, の事情, の凄, の出來事, の得意氣, の感, の私, の興奮, は世壽幾何, 同主人, 多少の

▼ つた程度~ (14, 0.0%)

3 のもの 2 です 1 で早く, で特筆, に應, のあてつけ, のぶらぶら, の人, の玩具, の考, の良人

▼ つた~ (14, 0.0%)

5 ひを 3 ひが 1 がほで, ひ, ひそのもの, ひ声, ひ方, を洩らし

▼ つた経験~ (14, 0.0%)

1 [14件] があつ, があります, がある, といふこと, のある, の無い, はありません, はない, は二十代の, は皆無, をぬき, を悉く, を持たない, を持つ

▼ つた~ (14, 0.0%)

2 のあたり

1 [12件] から脚, にも何となく, の立たない, は既に, もかまはず, をのばし, を伸し, を伸ばし伸ばし, を延し, を延ばし, を痛め, 迄の紺

▼ つた證據~ (14, 0.0%)

2 である

1 [12件] だ, です, でせう, でなきや, でも何, で芽出度, といふもの, にはなる, にはアレ浩さん, のやう, もない, を隱

▼ つた途端~ (14, 0.0%)

1 [14件] である, にこれ, にひ, にキラキラキラ, にツイ眼, に丸木橋, に二匹, に殺された, に秋風, に雛太, に電光石火, に頭, ふと自分, 初世

▼ つた部分~ (14, 0.0%)

1 [14件] から少し, があつ, がある, がむしろ, が本, でそこ, で例へば, の多から, の説明, はいつも, は俳優, もあつ, を見せる, を隠す

▼ つた青年~ (14, 0.0%)

2 がある, の顔 1 が一行, が傷, が右徃左徃, が氣狂, が發見, が自分, であつ, の追懐, やその, を僕

▼ つたあげく~ (13, 0.0%)

2 とある漁村

1 [11件] お, が失敗, が親, に, にこの, に女, に手, の遊び, 怒つてつかみ, 新しい書簡せん, 突如と

▼ つたさうな~ (13, 0.0%)

4 顔を 2 顏を, 顔つきを 1 が, が厳父, のである, のです, 目を

▼ つた世にも~ (13, 0.0%)

2 水水しい

1 [11件] たふとい, ふしぎな, 不幸な, 厄介な, 得難い魅力, 情けない存在, 惠まれた, 氣の, 氣樂な, 痛々しい姿, 目出度い處女

▼ つた事實~ (13, 0.0%)

2 を否定

1 [11件] として表, の見, はよく, は實在者, は承認, は最早, は疑ふ, もある, をおもふとき, を太田, を此

▼ つた~ (13, 0.0%)

1 [13件] から馬鹿, でも成るべく近寄らない, に, のお, のところ, の子, の後ろ姿, の攝津介, の苦痛, の身の上, は健康, は目, へ遠慮

▼ つた~ (13, 0.0%)

1 [13件] からあ, からの自己, で行, には五人, に大胆, のお母さま, の奥様, の女房, 太宰少, 掛は, 掛を, 置が, 股の

▼ つた原因~ (13, 0.0%)

1 [13件] から昆虫, がやはり, が繼母, であるかも, で同名, として誰, については種々, は何, は何かと, は母, をやつ, を木具, を考

▼ つた~ (13, 0.0%)

1 [13件] があつ, がありまし, であつ, といふ言葉, と自分, の人, の北部国頭郡, の女, の娘, の宮廷, の形, の數, の生活

▼ つた批評~ (13, 0.0%)

1 [13件] がこれ, が多い, ではある, の事, はゆるされない, は當時, も見え, をされた, をせられた, をみかける, を受ける, を浴せかける, を聞かされた

▼ つた振り~ (13, 0.0%)

10 をし 1 でもし, でもした, なんかし

▼ つた揚句~ (13, 0.0%)

1 [13件] その晩, だらうと, でもう, なので, に不思議, に云, に飛ん, の果て, は真夜中, ふとラデイゲ, ほんの少し, やがて泥棒龕燈, 漸くもう少し前

▼ つた最後~ (13, 0.0%)

1 [13件] である, の一銭, の丹後, の人, の十頁, の手紙, の晩, の殘骸, の決意, の盆地, の瞬間, の金石文, は六月二十七日ホトトギス

▼ つた百姓~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, が上つた, が停車場, が又, だつた, に嘲られる, のやう, の眼, の言葉, はその, はテキ面, は毎日, もゐた

▼ つた~ (13, 0.0%)

2 のあたり

1 [11件] に埋つた, のはう, のむか, は二倍, へもたれかかつた, へ近づい, をた, を拳骨, を聳やかした, を落しました, 長い腕

▼ つた~ (13, 0.0%)

2 と腕, を宙 1 が太一郎, ではある, のできる, の冴え, をもち, を揮, を擦り, を曲げ, を背後

▼ つた~ (13, 0.0%)

3 を抱 2 を思出 1 とよく, に巻き込まれ, のどん底, のやう, の震幅, は立てない, を包ん, を撫で

▼ つた~ (13, 0.0%)

3 てえ 2 得に 1 てはならない, に來, 印を, 樣を, 當で, 當は, 當違ひ, 臺の

▼ つた~ (13, 0.0%)

3 ひ方 1 あり, でない唐代, では無い, で直接, ひあら, ひかた, ひます, ひ傳, ひ草, ふに

▼ つた~ (13, 0.0%)

1 [13件] がたくさん, つめたく, である河, のやう, の中, の国, の面, の顔, はそのまま, もあります, も無い, を取出しました, を解い

▼ つた~ (13, 0.0%)

2 を聽

1 [11件] が心, が秋, だつた, だと, でも聽, に彼女, の, のする, の聞えない, をたて, を立て

▼ つた~ (13, 0.0%)

4 がある 2 もある 1 があつ, が見える, にある, の一つ, はない, もあります, もない

▼ つたかう~ (12, 0.0%)

1 [12件] いふハガキと, いふ一日は, いふ場合には, いふ境地かう, いふ宿に, いふ日には, いふ法悦の, いふ状態から, であ, でもあつ, まで油虫, 云ふ

▼ つたなどと~ (12, 0.0%)

2 申す噂 1 いふ者は, 云つた, 云つたのは, 例の, 出鱈目を, 勝手な, 思つて後で, 言つ, 言つて何とも, 話して

▼ つたよりは~ (12, 0.0%)

2 濡れて 1 この方, よく出, 丈夫さうでござんす, 商を, 富む者たち, 廣う, 意外に, 要るもの, 親切に, 話せる人

▼ つた品物~ (12, 0.0%)

1 [12件] が墓, であります, でかへって美術的, です, に鍬, のない, の眞價, はたいてい, やらジウラ王子, を竝, を置き忘れ, を途中

▼ つた~ (12, 0.0%)

2 の衣服 1 が枯木林, と其両翼, には眞鍮, に仰向いた, に添う, に順序, の爲, の窪み, の色, も附属

▼ つた~ (12, 0.0%)

2 の植込 1 から飾り, があつ, が蒼い, さみしい庭, なんて此処ぢ, には杉, のほ, の中, の紅白梅, の緑

▼ つた彼等~ (12, 0.0%)

1 [12件] が私, に幸福, のかたち, のもの, の一行, の伴侶, の墓場, の賑やか, はあわてふためき, はその, は季節, は支那

▼ つた思想~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこ, が一句, が何らかの, であらう, でありまして, といふやう, に悩ん, に支配, のぢれん, や学問, をもちはこぶ, を思ひつく

▼ つた~ (12, 0.0%)

3 がある 2 がした, がする 1 がされる, であつ, である, をせぬ, を与

▼ つた方向~ (12, 0.0%)

1 [12件] に岐, に火の手, に稲, に迷入つた, の努力, への歪み, へ持つ, へ歩い, へ進ん, へ開い, を取つ, を見た

▼ つた~ (12, 0.0%)

2 を路 1 から水, が枯れ, には二匹, のさき, の上, の中程, の先, ばかりになります, をまだ, を切つて

▼ つた~ (12, 0.0%)

2 の夜, の瞬間 1 で醴泉坊, で頭, の代, の如き, の年, の日, の朝, の生活

▼ つた死骸~ (12, 0.0%)

1 [12件] がノコノコ, が腐, が處, が關口, の匂, の始末, の懷中, の懷中物, の肩, の頭, の首, を上

▼ つた気持ち~ (12, 0.0%)

2 になつ 1 が薄らぐ, でゐる, で初瀬, で日本, で鍵, で静か, のする, はちよ, は容易, もかうし

▼ つた汽車~ (12, 0.0%)

2 の中 1 が蒼, が通りすぎ, が非常, に乗つ, に乘, のあふりで, の画, の窓, の走つ, は走り去らう

▼ つた泥棒~ (12, 0.0%)

2 は誰 1 が殺し, が置い, ではあるまい, なら必ず, のせゐに, の調べ, はお, はこいつ, はつかまらなかつた, を捕へ

▼ つた為め~ (12, 0.0%)

1 [12件] ああで, であ, にそして, に一様, に作品, に其の, に其年, に動悸, に灯, に自然幼, に起つた, 或は表面的

▼ つた~ (12, 0.0%)

3 趣味の 2 數の 1 個性無, 智な, 氣味な, 疾病の, 禮な, 雑作な, 飾の

▼ つた~ (12, 0.0%)

1 [12件] から餅, が今度, が卑賤, が石, に向, のこと, のよう, のチヨコレート, は体, は例, は原, は第

▼ つた状態~ (12, 0.0%)

2 になつて 1 であつ, である, では全く, で古い, とならざる, にある, につけ込ん, に立ち至り, に置かれ, を口

▼ つた積り~ (12, 0.0%)

1 [12件] さ, だつた, だつたが, である, です, でもする, でも手紙, で一月位, で伊藤, で総べ, の処, の穉気振り

▼ つた~ (12, 0.0%)

2 の葉 1 が生え, と金屬性, のよう, の影, の梢, の棹, の蓋, の鞭, を二三本頂戴, を十本

▼ つた~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一升, の必要, の重, の飯, もおぼつかなく, もなく, もなくならう, も日本米, も残り少ない, を安く, を磨ぐ, を賣

▼ つた經驗~ (12, 0.0%)

2 がある, もあり 1 があり, が多く, など殆, のある, もなかつた, をもつ, を二度, を聞い

▼ つた~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, があるだらう, が揺れ, が直ちに, だから, である, にふれる, の先, の高, はしつかりと握つた, は白い, を解かせ

▼ つた~ (12, 0.0%)

6 して 3 も今 1 しかうし, も三日間, も活き出した

▼ つた自動車~ (12, 0.0%)

1 [12件] か何, がこんがらがつ, がしゆんしゆん, がもう, が社, には一台, のラデイエエタア・キヤツプ, の通つて, は門, も時々, を最後, を見た

▼ つた自然~ (12, 0.0%)

2 の描寫, の若々し 1 と人間, にたいしては完全, に奇代, の外景, の暦, の根, の築山, の邪魔物

▼ つた顔つき~ (12, 0.0%)

4 をし 2 でかう 1 して, で, でじろじろ, です, はし, ばかりし

▼ つた~ (12, 0.0%)

5 ひの 2 でいかにも 1 である, の, のもの, の作品, の解釈

▼ つたかね~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの女史, おつか, お比奈さん, それとも年寄, たしか, もう一辺, もう解らなく, ハヽヽ, 先生に, 周子さんが, 銀ちやん

▼ つたとき彼~ (11, 0.0%)

1 [11件] がキリスト, の姿, はおくび, はそれ以来, ははじめて, はまだ, は一軒, は兄, は其, は浪漫主義, は自分

▼ つたなどといふ~ (11, 0.0%)

2 のは 1 ことは, ことを, ところは, のである, 事が, 例は, 記録が, 話は, 面妖な

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] から七, すぢ, すぢ道, と並び, と切れ, と太刀, と文句, と月, と株, と突き, は女子

▼ つた中年~ (11, 0.0%)

2 の女, の男 1 の夫婦づれ, の女らしい, の女優, の女給, の女達, の日本紳士, の農夫

▼ つた事さ~ (11, 0.0%)

6 へある 2 へございます 1 へございました, へ言つて了, へ話せ

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] がドルフ, には人絹, のジガ蜂, へこてこて, をゆり起した, を布団, を忙しく, を揺ぶる, を支, を見, を起し

▼ つた刹那~ (11, 0.0%)

3 心づく者 1 から脚, が来る, にはこんな, にひとりでに, に不, に出, の白い輝かしい, の間

▼ つた~ (11, 0.0%)

2 のある 1 が上, が性的生活, でも長い, なげの, になつ, の無い, は掻, を十分, を感ずる

▼ つた博士~ (11, 0.0%)

1 [11件] が後, の学者的良心, の面目, はこ, はそつ, はまるで, はもう, はガラリ, は何だか少し, は学問的主従関係, は湯

▼ つた口調~ (11, 0.0%)

31 でかう, で二人, で叫んだ, で彼, で昔, で顫, で驚き, になつて

▼ つた向う~ (11, 0.0%)

1 [11件] から吹く, には意外, に不思議, に僕, に大空, に眺め, の山蔭, の布引あたり, の松山, の隣村立保, もやはり

▼ つた~ (11, 0.0%)

2 であるから 1 であ, であるが, でした, で大, とも思へないで, に育ち, の姿, は日本, へ這入る

▼ つた夫人~ (11, 0.0%)

2 の愛 1 がこれ, が十人, が遺言, である, と中學, のけだかい, の態度, の顔, や令嬢

▼ つた屋根~ (11, 0.0%)

3 の下 1 のあたり, のトタン, の上, の色がさつぱり, の茸, の規則, や灯, を横倒し

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] からそれ, ではとても, では無い, で敬語, で義雄, で首領, にかけてゐ, に今更, に雌雄, はエクラン, を陣取り

▼ つた当座~ (11, 0.0%)

2 の世の中 1 いたは, だから, に消え, の気持, の気持ち, はお調子者, はむつ, は二十何円, は少く

▼ つた当時~ (11, 0.0%)

1 [11件] うか, からどう, この人, ならば, に比べ, の, の名残, の社会事情, は仕事, もしや須磨子, 既にそれ

▼ つた心地~ (11, 0.0%)

4 がした 2 がし 1 がする, でうとうと, で此, は暖か, は格別さ

▼ つた恐ろしい~ (11, 0.0%)

1 [11件] かずかずの, 惡黨を, 斷崖を, 武器の, 毒舌です, 沈默の, 直感を, 眠り藥が, 結果に, 話を, 豪傑が

▼ つた感情~ (11, 0.0%)

1 [11件] か其, です, の一隅, の弛緩, の色, は一斉, は単純, をぴつたり, を持つ, を書き残した, を添

▼ つた拍子~ (11, 0.0%)

2 でお, にふい 1 にさ, にフラフラツ, に何, に君, に手, に草, をぬけ

▼ つた~ (11, 0.0%)

2 がブルブル, で卓子 1 が苦, で机, にはガラス, をぶる, を二本, を叩かれ, を打つた

▼ つた支那~ (11, 0.0%)

1 [11件] が犬, でありながら, のい, のお茶, の孝道, の忠臣, の摸倣, の方, の端艇, の詩人, も犬

▼ つた文句~ (11, 0.0%)

2 は私 1 が耳, だつた, である, で書き, は一行, も出, をその, をぶつぶつ, を語つたの

▼ つた最初~ (11, 0.0%)

1 [11件] のもの, の事蹟, の作品, の日, の日曜日, の時, の晩, の経験, の辭令, の部屋, の體裁

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が水平線, この隣り, にもこれ, にブラ下, の中, の木の下, の木立, の枝, の根, は何度, も油

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] だとか, でもなく, のうま, の味, の實, の木の下, の種, の青葉, は俺, を出せ, を返せ

▼ つた樹明君~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありがたう, から或, から雑草, が好き, が御飯, が生, の即吟, は夜明け, は新, は魚, も私

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] で熱心, とが可愛いい, には, には既, には確, に冷めたい, に弱い, のうち, を師, を見れ, を輝かせ

▼ つた祖母~ (11, 0.0%)

2 が子供, が癒 1 であ, とつい, の家, の用事, の言葉, も父, も百姓一まき

▼ つた神社~ (11, 0.0%)

2 があります, がある 1 があつ, が割合, といふもの, の下, の焼印, の祭, を無

▼ つた~ (11, 0.0%)

2 の中 1 に飼つて, のやう, の蓋, は何處, もつい, をもつ, を斜, を母, を海

▼ つた翌日~ (11, 0.0%)

2 の午前 1 から三日, から彼, その父親, であつ, である, には全然, には決して, は例, 直ぐまた

▼ つた肉体~ (11, 0.0%)

1 [11件] がます, が春, として完全, とそれ, とち, と陥没, に手, のみれん, はわびしい, もその, をもてあまし

▼ つた~ (11, 0.0%)

4 の高い 3 の低い 2 の上 1 はだんだん, 低で

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] のやう, の事, へ蕎麥粉, をいつの間にか, をぶら提げ, をま, をクヾツ, を引つたくる, を持つた, を見せました, 程の値うち

▼ つた~ (11, 0.0%)

3 れやらに 1 か, かの言葉, だか, もがみんな, もが打ち解け, もが斯ん, もほ, れに

▼ つた~ (11, 0.0%)

2 脹れた女 1 暗い, 桃が, 瓜と, 膨れた北村さん, 苔を, 葡萄の, 蟲の, 錢の, 頭も

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] で桶, として寧ろ, にとくに, に働きかけた, の上, の口, は微弱, は違つた面, をした, をふりあげ, 長い尻尾

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] だと, ですから, のさき, の手入, も穿かない, や外套, をはい, をも取, を履き, を引き, を穿いた

▼ つた風情~ (11, 0.0%)

3 ある女 2 をし 1 がたしかに, でした, です, で面倒臭, にかう, は仕

▼ つた~ (11, 0.0%)

1 [11件] が真直, なりでゐた, なんぞ, のピン, の形, はよい, をあげ, をだらり, を切つて, を引ツ詰め, を眉

▼ つたあり~ (10, 0.0%)

3 がたかつた 2 樣に 1 さま, さまが, やうに対し, 様だ, 様に

▼ つたあれ~ (10, 0.0%)

1 から四十年, さあれに, だつた, です, では姉様, に類する, は意地, は毒, は皆, をちよい

▼ つたあゝ~ (10, 0.0%)

1 ありがたい, くたぶれた, だつた, どんなに思ひ悩んだ, ツ, 三人で, 其は, 抱壺君君は, 生れたもの, 詢二老もう一度

▼ つたお金~ (10, 0.0%)

1 が三百圓そこそこ, でお寺, で二人, の包, の行方, はおどろく, はどう, はみんな半端, もいる, を持つ

▼ つたかい~ (10, 0.0%)

2 爺さん 1 あれあれ, お神樂, この部屋, 何も, 坊や, 彦兵衞, 皆の, 石原の

▼ つたかたち~ (10, 0.0%)

31 であつ, でいささか, でめ, で俺, で自由, に, に巻い

▼ つたかに~ (10, 0.0%)

2 見えた, 見えるこの 1 あつた, 加藤忠広が, 役者の, 新しく買つたや, 自分と, 覚えて

▼ つたこんな~ (10, 0.0%)

1 くだらない散歩, ことで, では, ところで, 事も, 手紙を, 時に, 言葉も, 運命に, 鹽梅である

▼ つた~ (10, 0.0%)

8 やない 1 と, やありません

▼ つたすると~ (10, 0.0%)

1 うつとりし, その人, 一人の, 公認競馬で, 又もや蛸氏, 幸民は, 彼は, 突然私達, 群雄四方より, 薄荷水は

▼ つた~ (10, 0.0%)

41 なるほど忘れ, ひとりぼつち, 平次殿, 悪魔めが, 此處に, 黄猿

▼ つたねえ~ (10, 0.0%)

2 どうした 1 この夜更けぢ, さあ, そして髮, ちよつ, ぢや, でもいい, ボクそんな, 何の

▼ つたのち~ (10, 0.0%)

1 かう言, に, にさらに, にもなほ永遠, の芸術家, は一人, は二人, までもま, までも容易, 続いて

▼ つたはず~ (10, 0.0%)

2 だから 1 だからな, だね, です, では, の伯道, の戦争, の手代, の潤太郎さん

▼ つたひとり~ (10, 0.0%)

2 の母 1 がさう, しづかに, で, のみちづれのわたくしが, の友人, の女, の若い, ぽつちで

▼ つたもんぢ~ (10, 0.0%)

5 やない 2 や無い 1 やありません, やあるまい, や無

▼ つた下女~ (10, 0.0%)

5 のお 1 が朝日, とたつた, に孕ませ, の顏, の顔

▼ つた~ (10, 0.0%)

4 の上 1 から直ぐ目, です, のあなた, のす, の下, の森

▼ つた事ぢ~ (10, 0.0%)

6 やない 2 や無い 1 やございません, やろ

▼ つた事件~ (10, 0.0%)

1 がおこつ, が起つ, で一見, に関係, に點, の始末, も珍, らしいが, を打開, を見れ

▼ つた~ (10, 0.0%)

1 だからネ, ださうだが, だと, であり嫌, でせう, ではありません, でもない, でも常に, なのに, なのにと

▼ つた仲間~ (10, 0.0%)

2 の一人 1 が一人交つて, だ, の半分以上, の大半, の尨犬, ばかりで出, もゐ, も叔母さん

▼ つた~ (10, 0.0%)

2 であるが 1 がある, である, として私, などよりはこちら, には明清, は, は殆, をその

▼ つた~ (10, 0.0%)

1 が直ぐ, が私, が閃め, と色, なり熱, に反射, のない, の世界, は窓, をギラギラ

▼ つた動機~ (10, 0.0%)

1 が殆ど, と云, のひとつ, の一つ, はこの, はその, は全く, を察, を滔々, を調べられる

▼ つた叔父~ (10, 0.0%)

1 が頭, と自分, の声, の膝元, の言葉, は公然, は暗闇, も横, を訪問, 貴と

▼ つた同じ~ (10, 0.0%)

1 やうな, 家康が, 幕府が, 年に, 広さ, 店で, 日の, 花の, 花を, 面が

▼ つた~ (10, 0.0%)

1 とされ, には此, に咲き枝垂れ, に墜ちる, に轉, に響き, はちつ, は呼野, へ天, をぴたぴたと

▼ つた多く~ (10, 0.0%)

1 のうた, のモデル, の人々, の問題, の孤児, の畠, の病人達, の説話集, の鉄橋, は新

▼ つた太い~ (10, 0.0%)

2 腰を 1 剣を, 声で, 木の根に, 木根に, 柄の, 柱の, 白痴が, 聲に

▼ つた婦人~ (10, 0.0%)

1 が自分, である, と見える, に対する最後, に話し, の方, の様子, はなんていふ, はむかふ, はもう

▼ つた帽子~ (10, 0.0%)

2 の飾紐, をかぶり 1 がその, のやう, の廂, も見えませんでした, を叩きつける, を引捻つて

▼ つた広い~ (10, 0.0%)

1 室の, 家の, 店先き, 板間の, 縞に, 背を, 裳すそを, 路が, 路を, 食堂内には

▼ つた扱帶~ (10, 0.0%)

1 の結び目, はどれ, は二つ, も其儘, を切つたの, を持つ, を搜, を皆んな, を見せつけられる, を見る

▼ つた挨拶~ (10, 0.0%)

2 だ, をし 1 でもつ, に行く, の代り, はもう, をした, をする

▼ つた提灯~ (10, 0.0%)

2 を一つ 1 があつ, が掲げられる, が然, に三々五々, はその, は置場所, を持つ, を提げ

▼ つた方角~ (10, 0.0%)

1 から一度, から低い, に例, に向, に頭, へ行く, へ走り出しました, へ走る, を眺め, を考へ

▼ つた~ (10, 0.0%)

2 を貸し 1 である, としては遺, には江戸, の下書, の自署, を可, を成るべく, を現

▼ つた椅子~ (10, 0.0%)

1 が沢山, で脚, にもたれ, に腰, に蹲つてそれら, のこと, の一つ, やテーブル, を一つ, を置き

▼ つた煙草~ (10, 0.0%)

1 ならそれ, に火, の吸殻, の煙りで, もなく, も吸, をじゆ, をやる, を一包, を殆ど一日喫

▼ つた番頭~ (10, 0.0%)

1 の伊八さん, の伊助, の勘七ぢ, の市十郎, の茂七, の言葉, の金五郎, まで出られなく, らしいの, を呼び寄せました

▼ つた~ (10, 0.0%)

1 が健啖家, が備, が持つ, で食事, の上, を六つ七つ竝, を出し, を取次い, を差し出した, を默つて

▼ つた真似~ (10, 0.0%)

3 をした 2 をし, をする 1 で嘔吐, は出来さう, をやり了せた

▼ つた~ (10, 0.0%)

1 が強く, だ, だらう, で嚴重, と言ひきつたの, に結んだ, に驚いた, の一片, は, までそ

▼ つた細い~ (10, 0.0%)

1 剣を, 声で, 帯を, 直刄, 眼もとが, 路へ, 道やや, 野路を, 金の, 鼻筋が

▼ つた~ (10, 0.0%)

2 の数片 1 が腐らない, づきの, と野菜, なしコロツケ, のうすい, をあげます, をもつ, を鍋

▼ つた芥川~ (10, 0.0%)

1 が書齋, であつ, である, といふもの, に挨拶, の性格, の話, の顏つき, を僕, を金輪際

▼ つた~ (10, 0.0%)

1 いろの, と紺, などを勧めた, の室, をがぶ, を呑ませました, を啜つた, を飮, を飮ん, を飲ん

▼ つた~ (10, 0.0%)

2 の声 1 が青い, だつた, であ, の合唱, の意志, の音, は見つけた, 見たいに

▼ つた~ (10, 0.0%)

9 えは 1 えはねえ

▼ つた財布~ (10, 0.0%)

1 であるこれ, ですから, と煙草入, と紙, の中, の力, はいよ, をひらい, を忘れた, を持つ

▼ つた遠い~ (10, 0.0%)

3 山の端に 2 昔の 1 のを, 国へ, 國へ, 小學時代, 昔を

▼ つた青空~ (10, 0.0%)

1 であつ, には一点, に伝書鳩, に浮く, に鵙, のこちら, の向, の奧, は気持, へ眼

▼ つたいや~ (9, 0.0%)

1 おうなし, だと, ですよ, に刺々しい, ナツシングデーだ, 先生には, 冷汗が, 実家と, 飲めなくな

▼ つたおかげ~ (9, 0.0%)

21 であと三里, でそれ, で丈夫, で私, で絶食, で近来, なん

▼ つたお母さん~ (9, 0.0%)

1 の顔, はお母さん, は大きい, は息子, は箸, は自分, も早く, も赤ん坊, を置いてきぼり

▼ つたかなと~ (9, 0.0%)

1 この男, たつた今, やましくなる, 彼は, 森林官として, 気付いたが, 瞬間私は, 考へて, 考へる餘裕

▼ つたからの~ (9, 0.0%)

2 ことだ 1 ことで, ことである, ことや, 事と, 事世間に, 天皇陛下の, 感じで

▼ つたそれでも~ (9, 0.0%)

2 戻ること 1 おとなしく戻つ, ここまで, その傲慢, ない, 一銭の, 彼は, 構ふこ

▼ つたついで~ (9, 0.0%)

1 に丸善, に叔父, に池内医師, に百花園, に綾ちやん, に義雄, に長久保さん, に静岡, に駅

▼ つたとして~ (9, 0.0%)

1 あるから, おかう, それから大正十五年, ゐるが, 佐野松を, 囘顧し居られる, 居る, 曲者は, 林田の

▼ つたなど~ (9, 0.0%)

4 言ふ 1 全く明快, 其一例である, 種々の, 船長は, 苦しい間

▼ つたまた~ (9, 0.0%)

1 の機会, よい酒, 一境の, 一種の, 寒々した, 小郡, 推返し, 相憎く, 絶食しなけれ

▼ つたガラツ八~ (9, 0.0%)

1 に對, の不平, の報告, の慧眼, の袖の下, は, は思ひ, は晝, は顎

▼ つたクリスト~ (9, 0.0%)

2 に雷 1 に対する彼, に対する彼等, の気もち, の氣持, は勿論, は彼自身, も勿論

▼ つた二階~ (9, 0.0%)

1 で, にゐれ, の角, の隅, は七疊許, は十二畳敷二間, は大きな, へ訪ね, をみつけ

▼ つた先代~ (9, 0.0%)

1 の主人新之助, の主人源左衞門, の主人總兵衞, の主人與惣六, の山左衞門, の翁屋, の藤兵衞, の設計, の遺言状

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 うつくしい翼の, うつくしい菊, お幸, で此, なりに又, れから, れに, 小さな島, 悲しい聲

▼ つた内容~ (9, 0.0%)

2 を持つ 1 があり, と方向, を一纏め, を与へられ, を含ん, を有, を有し

▼ つた初め~ (9, 0.0%)

1 だつた, だと, であつ, には私, に召集令, の一分時, の夏, は家人, は料理店

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 九郎は, 元服, 分水のは, 反で, 洋風の, 狂乱の, 病人です, 纒を, 腐りの

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 或時 1 ばしやり, 六は, 兵衞の, 如意が, 左衞門は, 普通は, 生涯で

▼ つた四人~ (9, 0.0%)

1 などはどう, のもの, の人, の仏蘭西婦人, の女, の小さい, の給仕女達, の若い, も顏見

▼ つた地方~ (9, 0.0%)

2 もある 1 から産出, が多い, で此, になる, に今, は即ち, を松林

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 な云ひま, な夢, な癖, な階級意識, な音, にアンニュイ, に拔, に氣違, に艶

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 と二人, のいたまし, のお山, のこと, のところ, の多津, の頬紅, の顔, は美奈子

▼ つた婆さん~ (9, 0.0%)

1 が, がある, が一人, が勧進元, が赤い, でも見付け, はこれ, は死んだ, を皺だらけ

▼ つた容子~ (9, 0.0%)

21 がない, でなくいひ掛けた, の樹脂, もない, をし, を快く, を見る

▼ つた寒い~ (9, 0.0%)

2 日で, 猫の 1 からだらう, 山が, 日な, 日に, 日は

▼ つた少女~ (9, 0.0%)

1 が一人, なの, のこと, のみである, の上, の愛らし, の生白い, の美し, の顔

▼ つた少年~ (9, 0.0%)

1 があつ, がはいつ, の心, の手のひら, の日, の樣, は母, は運, を描い

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 の腕, の頬 1 の眉尻, の肋膜, の高, へ鳥居, り手

▼ つた悲しみ~ (9, 0.0%)

1 さへも, の方, の爲め, の間, はむしろ, は永劫, は泣く, は私, を遠慮

▼ つた意見~ (9, 0.0%)

1 から出る, があります, で治外法權, によつて, の表現, は絶えず, を以てのぞみ, を傳, を持つ

▼ つた所以~ (9, 0.0%)

3 である 2 であつ 1 であるが, は畢竟するに, を力強く, を明

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 がナイフ, で撮ん, にそれでも, には一寸, に寛い, の皺, は洗, をつき出し, を折つて

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 の眺め 1 の夕, の夕空, の嵐, の晩, の空, の空気, の雲

▼ つた有様~ (9, 0.0%)

3 である 1 だつたの, であつ, ですそれ, に私, はいかにも, はかつて

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 が立ち並ん, だらうが, の何, の切り口, の実に, の枝, の株, は波, 明よ

▼ つた樹木~ (9, 0.0%)

2 の梢 1 から蝉, がまだ, がヴエランダ, のすく, の影, の枝, の歯車

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 で拵, は二人目, は橋, むくじやらな, をモダン気取り, を持込まれ, を着, を見付け, 生え薬

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 で, できれい, ですが, に仰, のほとり, の前, の水面, の面, を埋め

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 から湧い 1 が乾い, が厚, が白く, に足, のやう, の中, を落す

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 と酒 1 がタイル, が満々, が盥, だつたが, に漬つた時, の湖, を注い

▼ つた無数~ (9, 0.0%)

1 のきのこ, のこれら, の人間, の信号中, の提灯, の提燈, の林檎, の隣人たち, の露

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 が家々 1 のすみ, の柵, の跡, は三十兩田, や果樹園, を耕す, を讓つて

▼ つた眼つき~ (9, 0.0%)

4 をし 1 で姉, で眺め, になつて, や妙, や黄色く

▼ つた短い~ (9, 0.0%)

1 一生の, 感想が, 時間が, 月日を, 竹を, 詩も, 道程彼の, 顋髯の, 髪の毛に

▼ つた硝子~ (9, 0.0%)

2 を薄 1 のやう, の壜, の容器, の底, へ息, を背景, を透かし

▼ つた立派~ (9, 0.0%)

1 なもの, なハンケチ入れ, な御殿, な死, な石, な藝, な角邸, な顔, にな

▼ つた~ (9, 0.0%)

3 は郎女自身 1 がある, であります, といふもの, とでも申しまし, は決して, 亡ぼしの

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 の數 1 が出, で聞いた, とぎらぎら, にさ, にむすん, のうしろあたり, を掻い

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 あばたの, が風, 掻巻の, 明りは, 緑な, 藍地の, 赤い液, 雪が, 黒い翼

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 か何, が居, に見えた, の後半部, の生殺し, はいきなり, は二度目, は動物園, を見つけた

▼ つた表現~ (9, 0.0%)

2 である 1 がかど, がとみに, が巾, では得られない, にし, は実は, を詞

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 から僕, で武装, には幾百年經, に番兵, のお, の小家, の牛肉屋, は後, をふり廻します

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 がまだ 1 に乘つて, の上, の後, の跡, の轟き, はちやう, やが

▼ つた道具~ (9, 0.0%)

1 がチャン, だが, だと, とか武器, の恐ろし, は堅く, らしいが, をバツタ, を抛り込んである

▼ つた重い~ (9, 0.0%)

2 濡れた幕 1 この女, ものどしや降り, 心が, 本瓦葺, 環境に, 開閉扉が, 顔を

▼ つた関係~ (9, 0.0%)

1 からその, から云つて, から双方無口, から舎監, でからみあひもつれ, でその, で断続的, にあつ, や事情

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 であつ, で荷馬車, なの, の菊池君 1 代助

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 であつ 1 にさすが, には我々, に斯, に發見, の後難, の林田探偵, 大きな蟻

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 がどん, が漾つて, が緋色, が黄金色, のうへ, の塊, の死骸, の白く, の間

▼ つた~ (9, 0.0%)

2 もなく 1 が大仏餅, が屹度, が豆粉, のよう, はおいしい, を噛, を宛行つて

▼ つた~ (9, 0.0%)

1 が時, だけが面白, とを合せ, と触り, にあなた, のかずかず, のみ美, の所産, はわが

▼ つたいかにも~ (8, 0.0%)

1 うまさうに子, 山の, 思はせ振な, 悲痛なる, 残念だ, 気の毒さうにそして, 良い嫁, 釣れさ

▼ つたうち~ (8, 0.0%)

2 である 1 にも何ん, に火, のかあさん, のなか, のロマーン, の箱馬車

▼ つたお話~ (8, 0.0%)

1 だつた, だわ, であなた, でせう, でもいい, はない, は承はらん, もう

▼ つたからかも~ (8, 0.0%)

7 知れない 1 知れないけれども

▼ つたことさ~ (8, 0.0%)

2 へあつ, へある 1 へありませんでした, へない, へ不思議, へ氣

▼ つたたつた~ (8, 0.0%)

4 一人の 3 一つの 1 一頭の

▼ つたつて仕方~ (8, 0.0%)

7 がない 1 がなかつた

▼ つた~ (8, 0.0%)

3 いたらく 1 いふの, まが, 俺の, 宿なんぞ, 遲か

▼ つたでも~ (8, 0.0%)

2 更けて, 男は 1 あらうが, 彼女の, 話して, 身心は

▼ つたはう~ (8, 0.0%)

3 がよい 2 がいい 1 が一ばん無事, が言, が適切

▼ つたひと~ (8, 0.0%)

1 がをらん, だわ, ないこと, なので, にはちよ, の愚痴, は田舍, 枝を

▼ つたまぎれ~ (8, 0.0%)

1 に, にザンブ, に乱暴狼藉, に寝床, に言, の久米氏, の冗談, の戯談

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 の手, の拳, の眼, 岸の, 眼からは, 腕の, 腕を, 頬は

▼ つた人形~ (8, 0.0%)

2 のやう 1 だ, やら剣, や動物, をひさぐ, を明り, を見る

▼ つた作者~ (8, 0.0%)

1 があつ, にし, に対してはその, の意図, は千屈菜, は感心, は青春期, もまた

▼ つた全く~ (8, 0.0%)

1 別種の, 孤独に, 新らしい, 芝居めいた, 裸の, 詭計の, 身動きを, 遇然

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 が代, でありますれば, です, で糸, とを渡せ, の椅子, はすぐ, を大きな

▼ つた友人~ (8, 0.0%)

1 がいまし, に何と, のまだ, の上, の家, の菊池寛氏, へ贈呈, を思ひ出し

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 ひが 1 が今, の柿, ひを, をもつ, を出さう, を持つ

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 である, であるから, であると, にし, はまだ, は世界中, もある, をつく

▼ つた~ (8, 0.0%)

3 の親 1 が死骸, にめ, の実家, はたまりかね, は舅姑

▼ つた宿屋~ (8, 0.0%)

1 が三味線屋, が幸, の名前, の方, の裏, は壁, は村内唯一, らしくて

▼ つた富岡~ (8, 0.0%)

1 に対して思はず, のす, の妻, の帰り, の弱, の自然, の言葉, は何処

▼ つた小判~ (8, 0.0%)

1 が夜目, で紙屑, の百兩, の筒, は一々, は若旦那, を一二枚, を拾つた筈

▼ つた小山~ (8, 0.0%)

2 の裾 1 がある, がこんな, のつづき, の上, の原, の頂上

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 になつて 1 に逆, の上, の下, は或は, ぶちの, 白い砂浜

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 れの, れは 1 が長, の不, の手, は

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 に, にその, にちよい, には彼, にもう, に木連格子, に覗い, に買つて

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 なので, の女 1 でせう, の大名, の娘, の惡

▼ つた感想~ (8, 0.0%)

1 などのあり, はしかし, も浮び, を手帖, を抱かせられた, を書く, を洩す, を述べ

▼ つた文字~ (8, 0.0%)

1 が石, に關, の奧, も使つて, をベタ一面, を使, を拾, を辛うじて

▼ つた新聞~ (8, 0.0%)

2 は何 1 の包み, は思ひ, も読まない, をまた, を友人, を讀ん

▼ つた方々~ (8, 0.0%)

2 へ多少 1 でございますが, で御座いますか, に茲, の老, はその, へだけのお詫び

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 であつ, である, ではある, ながら船出, の十年間, の句, の巡禮, の者

▼ つた~ (8, 0.0%)

4 れは 1 に於, れが, れも, れ吾輩

▼ つた時それ~ (8, 0.0%)

1 が丁度, が余りに, と同じ, は気, は氣, は私, を聞い, を聞いた

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 樣は 1 つたんだ, 吻類, 樣でした, 樣や, 樣を, 韻の

▼ つた木の葉~ (8, 0.0%)

1 がそつ, が青々, が馬, に燃え移つ, の薫, の間, は枝, を渦巻い

▼ つた~ (8, 0.0%)

4 が此, の木

▼ つた~ (8, 0.0%)

4 の語部 1 が近頃, でありますから, の中, は珍しく

▼ つた気分~ (8, 0.0%)

1 だけでも味, でさよなら, で朝食, にさ, にふりそそぐ, のまだまだ強か, は滅茶苦茶, は重く

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 の中 1 になる, のやう, の上, は容赦, へ藁, をヒサゴ

▼ つた物語~ (8, 0.0%)

1 から出, がこの, がその, で見れ, はただ, は皆, は神, をし

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 の子 1 がいきなり, がそらね, でお伽, の額, の顔付, も君

▼ つた當座~ (8, 0.0%)

2 の世の中 1 で, はそこ, はたしか, は丁度, は二十何圓, は百

▼ つた~ (8, 0.0%)

3 似を 1 つ直ぐ, つ黒, の原因, 似なんか, 白い脛

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 つぽい, のうね, のやり場, の敷い, の白, の間, を膝, を踏ん

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 がある, くれ立つた手, ですが, で読上げる, で讀, にきらびやか, の大津絵, 折りに

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 である 1 がかぶれ, であるしかし, の袋戸, はぴつたりと画面, を切り取つ, を見

▼ つた芝居~ (8, 0.0%)

1 が西洋, だといふ, に舌, の形式, の話, は止せ, を保存, を同時に

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 さが, さで, さも, 主人の, 主人を, 紳士は, 駒の, 黨の

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 がまだ, が居る, の唸り, の密度, もめつきり, もゐなくなり, も急, を叩いた

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 と謂, にがら, の掃除, の潜戸, の部屋, の鳥井, はれで, はれと

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 を下し 1 から草色, が足, だけでもおろし, に消え込み, をばくばく, を下ろし

▼ つた見方~ (8, 0.0%)

2 をした 1 です音楽, と何, のあつ, のまま, をしなけれ, 感じ方

▼ つた証拠~ (8, 0.0%)

21 さ, なんで, にはアレ浩さん, には楓, には漸く, は眼付

▼ つた~ (8, 0.0%)

1 が今, だ, だけは彼, である, で満足, を伝へた, を出す, を取り消し

▼ つた詩人~ (8, 0.0%)

1 が二人, である, のもの, の哀しい, の巴里滯在中, の運命, はこんど, もあつ

▼ つた身体~ (8, 0.0%)

1 が昂奮, なり心, になつ, の動揺, を一見, を労, を持つた, を斜め

▼ つた道筋~ (8, 0.0%)

1 がよく, は不明, は山坂, を一昨日, を考へ, を見る, を追, を通つて

▼ つた限り~ (8, 0.0%)

2 でない 1 ではでいする, では酒田, なく不幸, の男, の芸, の荷物

▼ つた障子~ (8, 0.0%)

1 が兩方, にくつきり, に秋, の前, の破れ目, は終日, をするりと, を見

▼ つた馬車~ (8, 0.0%)

1 から降り, が帰つて, が新しい, に乘つて, に送られ, の側, の蹄, の馬

▼ つた~ (8, 0.0%)

2 と云 1 にも似, のジヤケツ, の中, の毛糸, の繻子目, 焦の

▼ つたあなた~ (7, 0.0%)

1 とあなた, には一片感謝, の声, の目, の美しい寂しい, の閉会, は始終なんとなく

▼ つたうれし~ (7, 0.0%)

7 かつた

▼ つたお礼~ (7, 0.0%)

1 にい, にお爺さん, にぴちぴち, の序, は神様, を申します, を神様

▼ つたからには~ (7, 0.0%)

1 もう受驗, 下々の, 仕方が, 双手を, 御手拍子三つ, 意地でも, 馬券買ひ

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 えるにもけ, それ忠吉さんとか, ふは, 取り出して, 投げだしたつて構, 活かして, 食べて

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 がたであり, つかりきれい, つかり主人氣取, つかり変つて, つかり指, つかり酔, つかり醉

▼ つたすぐ~ (7, 0.0%)

1 あとな, その下, その無理, 入浴そして, 寝た, 左側に, 後だ

▼ つたせい~ (7, 0.0%)

1 か下痢, か今朝, か車, だ, でそんな, もあ, よ

▼ つたそこで~ (7, 0.0%)

1 おのづか, 五郎兵衛は, 十銭が, 君は, 将門は, 早速今井夫人, 樹明君と

▼ つたつて構~ (7, 0.0%)

4 はない 1 はないだらう, ひませんよ, やしない

▼ つたつて関~ (7, 0.0%)

3 はない 2 やしない 1 ふもの, ふもんですかねえ

▼ つたとき私~ (7, 0.0%)

1 が急, と, にははつ, は何もの, は堪えかねた, は悲し, は玉音

▼ つたとこ~ (7, 0.0%)

1 がありますやろ, だつて, だと, で, で一文, もある, よ

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 つか, つさりと, つす, よみを, ろ, 人な, 早う起けん

▼ つたどこ~ (7, 0.0%)

2 にでもある 1 かの役所, でもこんな, で御馳走, へも出かけない, やらいき

▼ つたなりで~ (7, 0.0%)

1 あつた, ハンドルを, 八五郎は, 外套を, 年を, 突き進んで, 黙つて

▼ つたまだ~ (7, 0.0%)

1 ハムと, 交通運輸の, 出盛りでは, 学齢には, 早いけれど, 沸いて, 風呂が

▼ つたみたい~ (7, 0.0%)

2 にあんな 1 な音, な顔, に平, に庄谷, に能弁

▼ つたやうぢ~ (7, 0.0%)

3 やが 2 やない 1 やありません, やア

▼ つたやら~ (7, 0.0%)

2 在るもの 1 いつ寝た, がらんがら, どうして私, わたくしは, 嗚呼考

▼ つたゆき子~ (7, 0.0%)

1 がす, と自分, には天井, の思ひ詰めた, の注意, の眼, の言葉

▼ つたわたし~ (7, 0.0%)

1 が庭逍遙, は, はわたし, は一體, は南圃さん, は末, は馬

▼ つた世の中~ (7, 0.0%)

1 にとても, になつ, にはさし物, の出来事, の大, の茶飯事, は広い

▼ つた人人~ (7, 0.0%)

1 からゆるゆる, との深, と共に私達, の御, は溝ぎはに一, は滝本, を眺め

▼ つた人柄~ (7, 0.0%)

3 でした 2 です 1 で裏, に見える

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 に類, の力, の品, の多く, の方面, の綱領, 國では

▼ つた何と~ (7, 0.0%)

1 センチな, 云ふ, 人なつかしい彼, 手間取つた, 有難い因縁, 無力な, 言つた

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 である, の世界, の姿, はその, 文元年に, 氣が, 祿の

▼ つた写真~ (7, 0.0%)

1 が見たい, となつて物, も私, も遺つ, を掲げ, を見, を送

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 から終, には女房, に俊, 世が, 戀の, 時雨だらう, 霰が

▼ つた剃刀~ (7, 0.0%)

1 がある, が出, なら傷, は品吉, や先刻居間, を叩き落しました, を平次

▼ つた動作~ (7, 0.0%)

1 が余りに, が村人, で, で二三度勢急, で鉄, の中, の裏

▼ つた名刺~ (7, 0.0%)

3 を持つ 1 が私, の中, の整理, は大森君

▼ つた名前~ (7, 0.0%)

1 が色々, だが, でやがて, で少し, に違, をつけ, を擧げ

▼ つた好い~ (7, 0.0%)

2 男の 1 天気だ, 男でした, 男では, 男藍微塵の, 男血の

▼ つた始末~ (7, 0.0%)

1 が詳しく, さ, であつ, です, で富子, で次, よ

▼ つた~ (7, 0.0%)

3 の輝く 1 は侮どり, は急い, は悲しみ, を探しあぐね

▼ つた娘さん~ (7, 0.0%)

2 がきつ, の家 1 も会社, も喜ぶだらう, 気取つた青年

▼ つた家々~ (7, 0.0%)

2 のランプ, の屋根 1 が途斷, に同居, は数

▼ つた小娘~ (7, 0.0%)

2 が大 1 がおでん, のお, の顏, の顔, はまた

▼ つた少し~ (7, 0.0%)

1 ばかりのコンクリ, ばかりの彫り, ばかりの疑, 地味な, 憎體, 氣性が, 焦れさせなくちや駄目

▼ つた工合~ (7, 0.0%)

1 から刄先, で彼等, に惹きつけられ, に格天井, に毎月, に蟻, の一種

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 だつたの, のはし, の人形, の端, は凝, を刷毛, を火

▼ つた幾つ~ (7, 0.0%)

4 かの竪薦 1 かの古びた, かの森林帶, かの言葉

▼ つた廊下~ (7, 0.0%)

1 とに挾まれ, にはがらす, のがら, の先, の暗がり, は押され, へ上る

▼ つた形式~ (7, 0.0%)

1 が案出, で行, とか常習, として少く, を人形, を有する, を覺

▼ つた徳利~ (7, 0.0%)

1 が一本, が二本, と湯呑, にももう, に石見銀山鼠, の底, を見る

▼ つた性質~ (7, 0.0%)

3 のもの 1 の手紙, の言葉, をもつ, を有つて

▼ つた悲し~ (7, 0.0%)

2 さに 1 げな, さう, さが, さは, さ時勢は

▼ つた故に~ (7, 0.0%)

1 と固辞, 十五世紀の, 対局を, 才人に, 此土地で, 當時老子に, 諸君の

▼ つた明日~ (7, 0.0%)

1 からは嫌, になつ, の天候, の朝, の私, はどう, は澄太君

▼ つた時何~ (7, 0.0%)

1 か二人, か心, か求める, か言, にかドタリ, にか言, のことわり

▼ つた時女~ (7, 0.0%)

21 はさつき, は一枚細目, は井戸端, は扱帶, は渠

▼ つた時彼女~ (7, 0.0%)

1 に最上, の眼, は, はこの, は云, は亢奮, は北原ミユキ

▼ つた時期~ (7, 0.0%)

1 がある, である, とに本, にも差し上げた, に幾分, に神, は近づいた

▼ つた景色~ (7, 0.0%)

1 だそれ, とでもあつ, に見える, のやう, の歌, の處, を求め

▼ つた月日~ (7, 0.0%)

1 が不明, と共に忘却, などは全く, は短, も亦, も知れない, を繼續

▼ つた木立~ (7, 0.0%)

1 が見えはじめ, になつ, の中, の延長, の間, は其枝, を聳

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 のほとり, の木深い, の林, の根方, の森, の葉, 之助

▼ つた東京~ (7, 0.0%)

1 あの附近, になく, の今日, の住, の空, の街, を見捨て

▼ つた果物~ (7, 0.0%)

2 を喰 1 といふ気, のやう, の匂, の包み, を見

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 の木, の毬, の袋, は一つ, は堅い, や胡桃, をゆで

▼ つた~ (7, 0.0%)

2 の葉 1 が意外, が芽ぶい, の木, は今, は附近

▼ つた~ (7, 0.0%)

2 がある 1 が架つて, ですぐ, のたもと, の上, の下

▼ つた活字~ (7, 0.0%)

1 があつ, でサツマ辭書, の最初, の最初の, は, も其當時, をいつ

▼ つた火鉢~ (7, 0.0%)

2 の火 1 に凭れ, に火, へ粗朶, も僅か, をかき

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 うして, うでないと, かも奈々子も, も喜劇, らば, りと, れども

▼ つた然し~ (7, 0.0%)

2 舞台の 1 その時, その死体, 又気まぐれ, 未だ習, 親しさうなだけ

▼ つた特色~ (7, 0.0%)

1 があつ, である, のある, の大事, は数月, をもつ, を具

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 は滅びる, ひ立ち, 暖い, 汐と, 濕り, 藥屋を, 際の

▼ つた用事~ (7, 0.0%)

1 があります, が起きた, のこと, の心當, はすむ, もない, を済せた

▼ つた用語例~ (7, 0.0%)

1 が出来, が助け, にはい, の外, の語, もある, を持つ

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 だが, である, で寺, などを述べた, を告げた, を言, 無論さう

▼ つた画家~ (7, 0.0%)

1 がありました, が少く, で貴方, に対して此頃, の未亡人, の泉君, の胸中

▼ つた病人~ (7, 0.0%)

1 がケロリ, が暗い, だとか, でも死ぬ, のやう, らしい其, らしい漢

▼ つた~ (7, 0.0%)

4 の姿 1 なおとなしい, も一緒, 三が

▼ つた~ (7, 0.0%)

2 をピリ 1 が顰, のあと, の下, の引き, をもち

▼ つた~ (7, 0.0%)

2 の雲雀 1 から出し, や袋, を下す, を携, を重々

▼ つた細引~ (7, 0.0%)

2 の結び目 1 なんかなかつた, なんかも見た, はお, は死骸, をその

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 がいつの間にか, だけがはつきり, に踏留つて, のひかれ, の存在, の細, をゑがいて

▼ つた美し~ (7, 0.0%)

1 さ, さが, さで, さである, さです, さと, さに

▼ つた老婆~ (7, 0.0%)

2 の姿 1 がつい, が向う, が天王寺辺, が腰, であつ

▼ つた良い~ (7, 0.0%)

2 男で 1 年増が, 月を, 男, 男です, 男腕にも

▼ つた若者~ (7, 0.0%)

1 が先, が怪しげ, でない限り, に一矢, の顏, はお, や腰掛

▼ つた薄暗い~ (7, 0.0%)

1 そして誰, 所で, 病室には, 窓が, 窓の, 荒野に, 長屋の

▼ つた蜘蛛~ (7, 0.0%)

4 の巣 2 のやう 1 の牙

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 のやう, の庇陰, は御, もあり, 旦那は, 讓り, 雀は

▼ つた記事~ (7, 0.0%)

2 を書いた 1 があります, がで, が大きな, が目, を交

▼ つた~ (7, 0.0%)

3 の女 2 のもの 1 の人間, や量

▼ つた農夫~ (7, 0.0%)

21 との外, と郵便局員, の顏, はそれ, は斯

▼ つた過去~ (7, 0.0%)

1 のもの, の体験, の様々, の水島君, はある, をあの, を悼む

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 が, で突かれ, のやう, の先, の感触, はないだらう, は一昼夜

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 がそこ, に月, の上, の中, の深, をはらひのけました, を眺め

▼ つた青春~ (7, 0.0%)

2 の火盞, よ, をねあの 1 の年月

▼ つた青葉~ (7, 0.0%)

2 が風 1 が, がすう, の蔭, の面, を通して遠く

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 かさだつた, かなかすか, かなさびしい, かな姿, かな尊い, かな空氣, かな順良

▼ つた顔付~ (7, 0.0%)

3 をし 1 で語る, といふこと, に作つて, もし

▼ つた~ (7, 0.0%)

1 には朱, の中, の白い, の黒い, やしよぼ, をぼう, を引ツ詰め

▼ つたあらゆる~ (6, 0.0%)

1 クリストたちの, 思念が, 文章は, 種類あらゆる, 美しくない, 芸術の

▼ つたおばあさん~ (6, 0.0%)

1 がうれし, である, になつて, に萬, のやう, の口

▼ つたがと~ (6, 0.0%)

1 今日別れ, 小さい掌, 思ふ, 森野は, 考へながら, 言ふと

▼ つたくせ~ (6, 0.0%)

31 にすぐ, に文次, に顔

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 でござる, にちよこま 1 な, なでこの

▼ つたすこし~ (6, 0.0%)

1 いらいらし, ぢたばた, の侮辱, 暖かいと, 酔うて, 頭の

▼ つたすべて~ (6, 0.0%)

3 のもの 1 がおだやか, の人, の階級

▼ つたそれから~ (6, 0.0%)

1 あなたの, 一方は, 土浦へ, 村の, 水を, 街を

▼ つたそれほど~ (6, 0.0%)

2 私の 1 うまいのに, 急いで, 章魚は, 良うなづい

▼ つただから~ (6, 0.0%)

2 彼は 1 其以上に, 冬ちやんは, 此間銀之助が, 逢は

▼ つたつて仕様~ (6, 0.0%)

6 がない

▼ つたといふだけ~ (6, 0.0%)

1 ぢや, では, で恋愛, で意味, なら別に, 悟りなど

▼ つたなりに~ (6, 0.0%)

1 俯向い, 昔の, 殘つ, 浅薄な, 素直なら, 額に

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 けつを, 東川さんか 1 つかりで無かつ, をスーッ

▼ つたやり方~ (6, 0.0%)

3 です 1 でせう, はさすが, をします

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 か, な 1 なあんな, よ

▼ つたビール~ (6, 0.0%)

1 のビン, の泡, の空壜, をひと息, を久しぶり, を飲み

▼ つた一時~ (6, 0.0%)

1 が鳴, には早く, の噂, の腹立, の装, は浅草

▼ つた一本~ (6, 0.0%)

2 の傘 1 のお, の山茶花, の胡瓜, の青柳

▼ つた一杯~ (6, 0.0%)

1 に成長, の水, の茶, ひつかけた, やつた, 元気で

▼ つた上田敏博士~ (6, 0.0%)

2 などは酒 1 が京都大学, はそんな, は晩年, を訪ねた

▼ つた下駄~ (6, 0.0%)

1 と, のやう, をはき, を交換, を探した, を眺め

▼ つた不幸~ (6, 0.0%)

1 だつた, な, な若者, また僕, をあばき立て, を悲しむ

▼ つた久しぶり~ (6, 0.0%)

1 で故郷, に味噌汁, に大根おろし, に家庭的雰囲気, に気持, の酔態

▼ つた~ (6, 0.0%)

3 ひ方 1 ひ回し, ふな, ふまいと

▼ つた亭主~ (6, 0.0%)

1 が不意, の事, の性惡, の股引, も廃業後, よりもあの

▼ つた仕方~ (6, 0.0%)

2 がない 1 かと思ふ, でもない, で前, に縮らせた

▼ つた作家~ (6, 0.0%)

1 が沢山, だつたかをも, である, に対していかなる, のもの, の前進性

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 にある, に赤い, の壁, の生活, の職分, へ今夜

▼ つた傾向~ (6, 0.0%)

1 がない, について論じはじめた, の作, の女, を帶びて, を示す

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 の活ける, は目, を埴輪樹, を澄江, を神體, を覗い

▼ つた兵士~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 が敵前, の多く, の通り, はそれでも

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 から十兩惠, で一番出色, に梅子, のおもしろい, の女房, 二回不能外に

▼ つた内儀~ (6, 0.0%)

1 が品吉, のお, のおも, の娘, は妙, も總領吉之助不身持

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 がこ, がそんなによく, が惜しく, と足, を取つ, を滅茶

▼ つた動物~ (6, 0.0%)

1 が斃, であ, のよう, の骨, を動物そのもの, を見

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 がこ, としてはあまりに, と交し, はありがたい, はなつかしい, はまた

▼ つた叔母~ (6, 0.0%)

1 と一緒, の妹, の方, は, は安心, は殊勝

▼ つた可愛らしい~ (6, 0.0%)

1 口許を, 娘です, 娘を, 実が, 小さな家, 顏を

▼ つた~ (6, 0.0%)

3 の手 1 の手先, の指先, の掌

▼ つた右手~ (6, 0.0%)

2 を延べ 1 の樹木, の部屋, も病氣, を拔

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 つ腹, ひの, ふには, ふの, ふ側, 岸に

▼ つた和尚さん~ (6, 0.0%)

1 が住ん, で有, と同じ, の前, の言葉, は左

▼ つた品々~ (6, 0.0%)

1 というよう, などの記入, をしまつ, を持つた, を見出す, を記した

▼ つた器物~ (6, 0.0%)

1 の上, の使用, の方, もない, を使用, を藏

▼ つた坊主~ (6, 0.0%)

1 が来, である, の声, の影, は偉い, も少し

▼ つた大事~ (6, 0.0%)

1 なもの, なステツキ, な文句, な書類, の太夫, の弟子

▼ つた夫婦~ (6, 0.0%)

1 が婦, が閨, だあ, で信子, のやう, はもう

▼ つた奥さん~ (6, 0.0%)

1 がわざ, と一, に訊い, の事, はお, は娘さん

▼ つた女性~ (6, 0.0%)

1 が果して, で, のうち, の情熱, の神事以外, の若い

▼ つた姿勢~ (6, 0.0%)

2 をし 1 でやつぱりねむりこけてゐた, で余念, で前, の立派

▼ つた子供たち~ (6, 0.0%)

2 の上 1 が大騒ぎ, はもう, は井戸, も昂奮

▼ つた存在~ (6, 0.0%)

1 である, でこんな, にし, に對, の仕方, も次

▼ つた学校~ (6, 0.0%)

1 で, などに収容, に居る, の冷たい, の包, を卒

▼ つた學者~ (6, 0.0%)

1 が出た, である, には, もあり, も當時, を聘する

▼ つた寫眞~ (6, 0.0%)

1 のやう, の姉, はなかつた, は本人, は見せたくなる, をとる

▼ つた山々~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 には雲, の頂巓, は何時の間にか, は津軽地方

▼ つた巡査~ (6, 0.0%)

1 が二人, が時計屋, が言つて, なので, に手, も怪しまなかつた

▼ つた希望~ (6, 0.0%)

2 に依る, のため 1 の世界, は今日

▼ つた帰途~ (6, 0.0%)

1 であつ, にも態, の暗, はまた, は俺, は湯田

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 の中 1 からは蝋, につい, の上, は板張り

▼ つた座敷~ (6, 0.0%)

1 がへりらしい, に御新造, の奥, はまだ, は海, も庭園

▼ つた強い~ (6, 0.0%)

1 オゾンのに, 偉大な, 方が, 枝が, 色調で, 調子だ

▼ つた微笑~ (6, 0.0%)

1 で僕, をうかべ, をし, を以つて, を浮かべ, を浮べ

▼ つた性格~ (6, 0.0%)

1 と生き方, に負, をあら, をもつた, を持つ, を持つた

▼ つた悪魔~ (6, 0.0%)

1 がたづねた, が直ぐ, なら知らぬこと, の住む, はとんぼ, を抛り出した

▼ つた意義~ (6, 0.0%)

1 から叙述語, から差別, がまつ, に使, はこの, を導い

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 がよく, に頬擦り 1 であつ, は堪らない

▼ つた戯曲~ (6, 0.0%)

1 が此, の中, や演劇, を論じ, を進ん, 殊に知識階級

▼ つた手代~ (6, 0.0%)

1 である, の千助, の彌, の耳, は, を案内

▼ つた故郷~ (6, 0.0%)

1 の山村, の方, の第, の裏山, の言葉, へ歸

▼ つた文章~ (6, 0.0%)

1 なので, にひかれ, にもやはり勿論, の數頁, は変, もある

▼ つた日本人~ (6, 0.0%)

1 が此, といふこと, の若い, の遺骨, は樵夫, を三年前

▼ つた旦那~ (6, 0.0%)

1 が無い, が身動き, には可愛がられました, の今, の御, の熱い

▼ つた時僕~ (6, 0.0%)

3 はもう 1 にも気, は一足, は身體

▼ つた時渠~ (6, 0.0%)

2 は何日 1 はあ, はふと, は女, は自分

▼ つた時間~ (6, 0.0%)

1 において私, に覗い, に車, のこと, の本性, は控室

▼ つた書籍~ (6, 0.0%)

2 の目録 1 である証拠, で其の, には缺本, の整理

▼ つた最も~ (6, 0.0%)

1 偉大な, 優秀な, 小さいの, 有力なる, 深刻な, 現實的

▼ つた~ (6, 0.0%)

3 の上 1 に倚つて, の前, をもち

▼ つた~ (6, 0.0%)

3 の中 1 のやう, の奧, を透し

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 だが, です, ですね, でその, で今後, の英漢數學

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 が, のやう, の姿, の老爺, は, を惜ん

▼ つた深い~ (6, 0.0%)

1 底には, 木立に, 構へで, 洞窟の, 消せない思ひ出, 緑色の

▼ つた~ (6, 0.0%)

3 の中 1 には米, の水, の表面

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 が埋め, が残つて, のかげろふ, のやう, は更に, は消す

▼ つた煙管~ (6, 0.0%)

2 を下 1 で煙草, で自棄, を左, を横

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 といふ稱號, の將, の様子, は同時に, は漸く, 蒙が

▼ つた生き~ (6, 0.0%)

1 かたを, てゆく, てゐ, てをれ, のい, もののからだ

▼ つた生命~ (6, 0.0%)

21 ある形代, が群集, の水量, の泉

▼ つた生徒~ (6, 0.0%)

2 が二人 1 からはその, がワヤ, がワヤワヤ, のやう

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 が歩く, でした, のやう, は二枚, は何百円, 描きの

▼ つた目的~ (6, 0.0%)

2 としては組織 1 がある, が起つ, まで綺麗さ, を其御方

▼ つた直後~ (6, 0.0%)

1 でその, でもあつ, に伯父瑞仙, に留守宅, に病んだ, の正直

▼ つた眼付~ (6, 0.0%)

2 をし 1 でしばらく, で雙方顏, をじ, を見せた

▼ つた眼尻~ (6, 0.0%)

1 からチョ, からチヨ, とひつくり返す, に何とも, はうつ, も天井

▼ つた神経~ (6, 0.0%)

1 がだ, とをもつ, には異状, にもうつつ, のうち, をゆるます

▼ つた神經~ (6, 0.0%)

2 に暈 1 だけが生き生き, の末, をいらいら, を摩擦

▼ つた私自身~ (6, 0.0%)

1 しか知らない, のやう, の姿, は一次, も蝶々, を靜

▼ つた程の~ (6, 0.0%)

1 ことも, 僕に, 可愛らしい花嫁, 或る, 曲者なら, 美女が

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 の為め, の長, を支柱, を集め

▼ つた紙片~ (6, 0.0%)

1 が添, で, れを, をさらに, を一枚づゝ観客, を見せました

▼ つた紛れ~ (6, 0.0%)

1 には大変, に云, に変, に辞退, の亢奮, の時

▼ つた紳士~ (6, 0.0%)

1 がど, はローラ, は教授, は鼻, らしい風采, を又

▼ つた練吉~ (6, 0.0%)

1 にも意外, に望み, のソフト帽, はその, は医専, は正文

▼ つた美人~ (6, 0.0%)

1 が銀地, さ, ぞろひで, であつ, のやう, を選び出し

▼ つた~ (6, 0.0%)

4 る日 2 くる日

▼ つた職業~ (6, 0.0%)

2 とてもない 1 である, とは違, に從事, の者

▼ つた脇差~ (6, 0.0%)

1 かい, ですつて, と同じ, はこの, まで拔, を持つ

▼ つた芭蕉~ (6, 0.0%)

1 が伊賀, である, と僅か, のま, の姿, は近代

▼ つた芸術~ (6, 0.0%)

2 を要求 1 すると, であるが, にまで成長, を破壊

▼ つた草鞋~ (6, 0.0%)

1 が二十足, でびしよびしよと, の代り, は丈夫, を捨てる, を穿き

▼ つた荷物~ (6, 0.0%)

2 の中 1 が積ん, と杖, のなか, の上

▼ つた落葉~ (6, 0.0%)

1 がぬ, の中, の森, は未だ, を掻き出さう, を掻き廻し

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 を大切さうに掌面 1 が大変, くさいあんた, をいつのまに, を呑む

▼ つた蜜柑~ (6, 0.0%)

1 だが, だの大きな, の事, の樹, はどうしても, を子供達

▼ つた蝋燭~ (6, 0.0%)

2 のシン 1 がぷつ, は大根, は殆ど, をむき出し

▼ つた親父~ (6, 0.0%)

1 が将軍, が彼等, が拵, ですよ, はまた, は上方

▼ つた~ (6, 0.0%)

3 があり 2 がある 1 があつ

▼ つた記録~ (6, 0.0%)

1 が, が尠, であります, にはみえなく, に戰國期, の一部分

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 が出, が往々, である, を以てこれ, を以てまう, を繰り返す

▼ つた足跡~ (6, 0.0%)

1 が澤山, だの死人, などを付けられ, へ自分, もねエ, をよろめき

▼ つた近所~ (6, 0.0%)

2 の者 1 の人々, の女, の女房, まで掛取り

▼ つた返事~ (6, 0.0%)

1 があつ, でもしたら, をした, を封筒, を書か, を書く

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 や陶器 1 が左右, の上, の中, の潜

▼ つた間柄~ (6, 0.0%)

1 か, が芥川, だ一度位, でもありました, といはね, の何年

▼ つた關係~ (6, 0.0%)

1 からビスマルク, から保元, から末々, で前夜, で私, はわからない

▼ つた順序~ (6, 0.0%)

1 でつまり人, で北進, になる, に千度, は日本, は明らか

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 だの鹿爪, と無精鬚, にかけて撫で, に戰鬪力, の削げ, や少し

▼ つた飛行機~ (6, 0.0%)

1 から降り, と共に窓, の簪, は臭い, をみつめ, を発見

▼ つた~ (6, 0.0%)

2 の何杯 1 で雜炊, とても同じ, を不器用, を噛み

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 があ, があれ, は克明, もあります, を削り取られる, を覆ふてゐました

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 さだけ, さと, さ一間半四方位の, さ六寸くらゐ, とを見る, 商出身の

▼ つた高い~ (6, 0.0%)

1 公園の, 帽子を, 御身分の, 空の, 竹竿には, 調子の

▼ つた~ (6, 0.0%)

1 いろの, のことごとく, は仏頂面, は賢い, は隅, やびしやりといわされよつたんや

▼ つたありがたい~ (5, 0.0%)

1 ことである, これで, 一夜だつた, 雨だ, 雨では

▼ つたあんな~ (5, 0.0%)

1 いやな, 人は, 喧嘩なら, 心持は, 手合とは

▼ つたあんばい~ (5, 0.0%)

1 である, で何とも, で寝床, で甚だ, で銀座通り

▼ つたうま~ (5, 0.0%)

4 かつた 1 すぎるやす

▼ つたうまい~ (5, 0.0%)

2 酒だ 1 ことは, さけだ, 鮒だ

▼ つたおとなしく~ (5, 0.0%)

1 こ, 別れる私, 十時ごろ帰つて熟睡した, 帰宅めでたし, 解散し

▼ つたお父さん~ (5, 0.0%)

3 も連れ 1 の洋服, の眼

▼ つたお玉~ (5, 0.0%)

1 が何時の間に, が年, が殺され, の上, の眼

▼ つたかという~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 ことだ, ことについては, ような

▼ つたかとも~ (5, 0.0%)

1 いはない, いへる, 思はれる, 思われる, 疑はれる

▼ つたかなり~ (5, 0.0%)

1 冷たかつた, 大きい刀傷, 大きい鐘, 年増の, 草臥れた

▼ つたからは~ (5, 0.0%)

1 あとの, お前の, 二人死なし, 坊さんらしい, 生存らえ

▼ つたくつ~ (5, 0.0%)

2 て擽つたく 1 からかさ, てあつて, て仕方

▼ つたことに~ (5, 0.0%)

1 をかし, 前は, 折からの, 深い失望, 葱の

▼ つたこれら~ (5, 0.0%)

1 の事実, の品物, の安, の自然, の頭

▼ つたさびしい~ (5, 0.0%)

21 がよい, 一種病的な, 彼だつた

▼ つたさま~ (5, 0.0%)

1 がまざ, である, は甚だ, や草, をも記し

▼ つたそれら~ (5, 0.0%)

2 はあ 1 の夢, の捲き, の話

▼ つたそんな~ (5, 0.0%)

1 ことも, 事しか, 事で, 目の, 言葉でも

▼ つたたいへん~ (5, 0.0%)

1 うれしかつ, な人出, な處, 直感的人物で, 酔うた道

▼ つたつまり~ (5, 0.0%)

1 いたむを, さうし, は饗宴, 昨日の, 生活に

▼ つたなどは~ (5, 0.0%)

1 別段先生, 想像されます, 既に魯庵, 甚だ殷鑑, 近代的とでも

▼ つたねと~ (5, 0.0%)

3 お京 1 いつたが, 挨拶した

▼ つたはじめ~ (5, 0.0%)

1 からすでに, なの, のうち, の室, は

▼ つたはつ~ (5, 0.0%)

41 て行

▼ つたばかし~ (5, 0.0%)

1 であつ, では, で別, ならつる, なん

▼ つたばかしの~ (5, 0.0%)

1 口を, 巻煙草が, 男の, 鋼鑼の, 頭を

▼ つたほん~ (5, 0.0%)

2 たうの 1 たうに, たうに予期, たうに申訳

▼ つたまつ~ (5, 0.0%)

2 かな光線 1 ておいしい, て異, やもみ

▼ つたわが~ (5, 0.0%)

2 國の 1 民族の, 肉親に, 青春と共に

▼ つたアルコール~ (5, 0.0%)

1 が入れ, でごまかす, のき, の仮面, をナラ

▼ つたフランス~ (5, 0.0%)

2 の宣教師 1 のフオン・ド・ゴーム, の一士官, は今日

▼ つた一言~ (5, 0.0%)

1 で斷つて, とはまるで, にこ, は風, もない

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 氣味な 1 安心な, 樣な, 氣味な思ひ

▼ つた不安~ (5, 0.0%)

1 といふほどのもの, と動搖, と喜び, な空氣, な雰圍氣

▼ つた乳母~ (5, 0.0%)

1 のほか, の口, の話, まで此, を呼んだ

▼ つた二三~ (5, 0.0%)

1 の事務員, の人, の個所, の友人, の新劇団体

▼ つた人數~ (5, 0.0%)

1 がざつと二十人, だけで封印, で突入, はざつと三十人, は互に

▼ つた人生~ (5, 0.0%)

1 がもはや, との痛ましい, に対するい, の圈外, の怖

▼ つた今年~ (5, 0.0%)

2 の自己 1 もおし, も後二ヶ月, 捨てた屑

▼ つた代り~ (5, 0.0%)

1 に, にそれ, に使うた, に幾らか, に自分

▼ つた代物~ (5, 0.0%)

1 だが, だと, であつ, である, は肌守り

▼ つた何だか~ (5, 0.0%)

1 さつ, さみしくなる, 子を, 誤解され, 霙に

▼ つた何となく~ (5, 0.0%)

1 がつかり, みすぼらしい身成, 庵らしい, 憂欝, 気持が

▼ つた何もかも~ (5, 0.0%)

1 なくなつた, みんな忘れ, 無くな, 空の, 霜をか

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 だ, だから, だと, は一つ, は大き

▼ つた八月~ (5, 0.0%)

4 の朔日 1 の三日

▼ つた兵隊~ (5, 0.0%)

1 が激しい, が百人, が軍旗, が靴, と海

▼ つた其人~ (5, 0.0%)

2 の言葉 1 であると, で始, の記録

▼ つた内儀さん~ (5, 0.0%)

2 とお 1 とは仲, にも氣, に対する皆

▼ つた凄い~ (5, 0.0%)

1 ほどの美, ほど美しい, 年増, 短刀, 顏を

▼ つた制度~ (5, 0.0%)

1 が不可抗力, のなか, はそれに, は既に, や習慣

▼ つた勉強~ (5, 0.0%)

1 が必要, しない日, の出来なかつた, らしい勉強, を始め

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 で二階, で寢, で溝, にはこれ, ひでしたよ

▼ つた千兩箱~ (5, 0.0%)

1 が私共, と御, の壁, を杉, を盜

▼ つた午後~ (5, 0.0%)

1 だつた, です, の日, の陽ざし, は風

▼ つた卓一~ (5, 0.0%)

1 である, との恋, なの, の名, の様

▼ つた古人~ (5, 0.0%)

1 が菰, の心, の意匠, の言葉, は伝習的

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 だ好く, の歴史, の高原, 生肴, 見ると

▼ つた四角~ (5, 0.0%)

1 な字, な感じ, な肩, な袋, な顏

▼ つた土藏~ (5, 0.0%)

1 の中, の庇合ひで, の戸前, の石垣, を開ける

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 には鮎, に何, に閉口, は洗, を洗

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 で初めて, に出, の上, を歩い, を静か

▼ つた塩梅~ (5, 0.0%)

1 だな, で, で筆者当人, に咄家, に語り進めよう

▼ つた大秦寺~ (5, 0.0%)

1 と稱, の僧, の僧景淨, の境内, も廢毀

▼ つた大空~ (5, 0.0%)

1 には星, に如何にも, の深い, を見, を馬車

▼ つた大阪~ (5, 0.0%)

1 のなにがし呉服店, の或, の新町, の某, の水落露石

▼ つた女の子~ (5, 0.0%)

1 が四五人羽子板, が方便ぢ, である, に門並み刺青, は一般に

▼ つた妻君~ (5, 0.0%)

1 と十二三, のこと, の言葉, の象, は股

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 のお 1 で飛んだ, は別に, も亡くなり

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 の入口, の経営, の花屋, はどうやら, を再

▼ つた小使~ (5, 0.0%)

2 が入 1 が草箒, も何処, も何處

▼ つた小僧~ (5, 0.0%)

1 が僕, が大きな, の留吉, は双手, は無論

▼ つた尼さん~ (5, 0.0%)

1 でした, です, のやう, の前, の方

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 がぱくりと, の上, の中, の斷層面, は自分

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 から引い, と同流, の水, を渡る, 全體

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 で飾られ, も早, をぐる, を結んだ, を締め直し

▼ つた彼自身~ (5, 0.0%)

1 の中, の単純, の悲しみ, の立ち場, の苦しみ

▼ つた後彼女~ (5, 0.0%)

1 に今, のまつ先, はその, はぢ, は怯づ怯づ眼

▼ つた徑路~ (5, 0.0%)

1 のうち, もおぼえた, をとつて布教, を全然, を示し

▼ つた御飯~ (5, 0.0%)

1 が食べ, をおむすび, をたべ, を喰, を食べ

▼ つた心臓~ (5, 0.0%)

1 がいけなく, が痛く, が破裂, の弱, の悪い

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 な坂 1 で御, に, に秋冷

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 の執着, の思ひ, をし, を思出, を知らない

▼ つた恐ろしく~ (5, 0.0%)

1 山の, 巨き, 氣の, 野暮つ, 頑丈な

▼ つた悟空~ (5, 0.0%)

1 は城, は失神, は嬉し, は滑稽, は王

▼ つた房一~ (5, 0.0%)

1 の背後, の身体, は, は右手, をひ

▼ つた手足~ (5, 0.0%)

1 などには少し, には蜘蛛, のヌツ, は枯木, も暖か

▼ つた文化~ (5, 0.0%)

1 といふもの, の價値, を取入れなけれ, を有し, を目指さなけれ

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 うした, うで, う云, う云つた, の大きな

▼ つた斷崖~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 の底, の片側, の間

▼ つた早く~ (5, 0.0%)

1 借金を, 出て, 切りあげて, 牡丹餅を, 通り過ぎるやう

▼ つた春三郎~ (5, 0.0%)

2 の顏 1 の兄, の言葉, は自分

▼ つた時に~ (5, 0.0%)

1 その報, その登子, であつ, なつて, 青い柿

▼ つた時此~ (5, 0.0%)

1 と同じ, の中井さん, の美くし, の邊, の鍵屋

▼ つた時計~ (5, 0.0%)

1 に何処, のやう, の下, は伊香保, を不得要領

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 でそれ, はよく, をき, を着, を著

▼ つた服装~ (5, 0.0%)

2 をし 1 ではなく, で座, をした

▼ つた枯葉~ (5, 0.0%)

1 が一二枚宛, が二三枚づゝ, はねと, や丈, を地上

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 村の 1 先輩が, 博士が, 船長の

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 があり, の右手, の歪んだ, や床, や雨

▼ つた格好~ (5, 0.0%)

1 から愛すべき, でその, で大股, は何, をし

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 の小, の枝, の樹, はもう, は彼

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 にからまつた, に寂しい, のみがそこ, の赭, はなかつた

▼ つた~ (5, 0.0%)

3 の上 1 に新しい, へ乘

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 が荒れ, のお, の上, の堤防, の面

▼ つた洋服~ (5, 0.0%)

1 の上衣, の紳士, の膝, の釦, を着込ん

▼ つた海岸~ (5, 0.0%)

2 よりほか 1 ぞひ, に降下, の位置

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 があやうく, がでる, がもろもろ, はだんだん, を見つけ

▼ つた漁夫~ (5, 0.0%)

1 から島々, がその, が一人來, と共にこの, は小さい

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 の下, の中, の多く, の影, の明るい

▼ つた灰色~ (5, 0.0%)

3 の空 1 の中, の古ぼけた

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 ではある, の青い, もなく, もなくならう, を離れ

▼ つた為事~ (5, 0.0%)

1 が十分, が順ぐり, だけなら, で逃げた, は随分

▼ つた父さん~ (5, 0.0%)

1 が何處, が好き, が旦那樣, の借りた, は私

▼ つた爺さん~ (5, 0.0%)

1 が浄土, だらうと, の回向, はもうかなり, 頻りに息

▼ つた牡丹~ (5, 0.0%)

2 の花 1 がみな, のやう, の鉢

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 が鳴いた, の面, は皮肉さうに質

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 い切通し, い穴藏, い空間, い道路, 苦しい間口

▼ つた現実~ (5, 0.0%)

1 が実は, です, に比べたなら, のかたまりだ, の問題

▼ つた現象~ (5, 0.0%)

2 ではない 1 が出, でありその, をばだ

▼ つた瑠璃子~ (5, 0.0%)

2 と云 1 にも男子, の方, を振り返り

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 が病弱, で情愛, の妻, の結婚式, はすぐ

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 の中 1 と牛, のわき, の稻

▼ つた由來~ (5, 0.0%)

1 が分り, の物語, は漢書藝文志, を一寸, を知る

▼ つた由来~ (5, 0.0%)

2 である 1 と経歴, のもの, は久しい

▼ つた甲斐~ (5, 0.0%)

2 がない 1 があつ, だけはある, は十分

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 さまでも, つぽい, とうす, と中柄, の腰

▼ つた皮膚~ (5, 0.0%)

2 は頑丈 1 の中, の光澤, を爪

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 であつ, は即座, をグツ, を取り上げる, を唇

▼ つた目録~ (5, 0.0%)

1 なぞと云, はこれ, はやはり, を作つて, 即ち古代風

▼ つた直ぐ~ (5, 0.0%)

1 とつつき, に上, に理由, 前に, 隣村の

▼ つた相ぢ~ (5, 0.0%)

5 やない

▼ つた石垣~ (5, 0.0%)

3 の上 1 のところ, の間

▼ つた石段~ (5, 0.0%)

1 と傾いた, の上, の傍, の横手, をおり

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 がある 1 のある, もある, も修繕

▼ つた私達~ (5, 0.0%)

1 が河童, に知事, のでたらめ, の一人, は一つ一つ

▼ つた立場~ (5, 0.0%)

1 から深く, で娘たち, にあるべき, にいる, を固執

▼ つた~ (5, 0.0%)

3 が僅か 1 のこと, の話

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 公が, 心の, 日本風の, 造の, 造は

▼ つた紙包~ (5, 0.0%)

1 から乏しい, がバタリ, の上書, の中, を出し

▼ つた細工~ (5, 0.0%)

1 ですね, でせう, と知り, もの手, をした

▼ つた結論~ (5, 0.0%)

2 に到達 1 に安住, に過ぎない, を引き出した

▼ つた美奈子~ (5, 0.0%)

1 と瑠璃子, の悲嘆, の父, の運命, は電車

▼ つた義男~ (5, 0.0%)

1 の眼, の言葉, はそれ, は寒い, は箸

▼ つた習慣~ (5, 0.0%)

2 といふもの 1 が私, に固定, に還つ

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 に息, のぬくもり, の男, をさらし, をし

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 と思ふ 1 が淺, で痩, に穿い

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 ひが 1 のする, ひに, ひ中

▼ つた興味~ (5, 0.0%)

1 が呼び起される, であつ, はお, をもつ, を起された

▼ つた良寛さん~ (5, 0.0%)

1 が再び, の生活, は五合庵, は慌て, は立ちあがつ

▼ つた茶碗~ (5, 0.0%)

2 を口元 1 やお, を持つ, を膳

▼ つた~ (5, 0.0%)

3 の花 1 にさして, を心あて

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 が眞赤, にも似, を兼博勞, を積重ね, を草刈籠

▼ つた行き~ (5, 0.0%)

4 方を 1 違ひ

▼ つた西瓜~ (5, 0.0%)

1 が四つ五つ店先, のやう, の中, の赤い, も丸

▼ つた要素~ (5, 0.0%)

1 が何, が這入つ, として憂愁, や境遇, をメタフィジカル

▼ つた見る~ (5, 0.0%)

1 からになん, からに下卑た, からに寒, と卓子, 影も

▼ つた視線~ (5, 0.0%)

1 にちよ, の中, も今, を画布, を私

▼ つた親分~ (5, 0.0%)

1 の心意氣, の見, の顏, は, もエライ

▼ つた親友~ (5, 0.0%)

2 の大川 1 なら別, のやう, の心持

▼ つた~ (5, 0.0%)

3 つた 1 つたから, 嘲を

▼ つた話ぢ~ (5, 0.0%)

2 やありますまい, やありません 1 やない

▼ つた誇張~ (5, 0.0%)

2 を極めた 1 から更に, の言葉, や濃い

▼ つた誤解~ (5, 0.0%)

1 される私, である, はかなり, は出ない, までも江戸

▼ つた読者~ (5, 0.0%)

1 に同じ, に対する誠実さ, に更め, は初め, よりも気違ひじ

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 國家も, 小國の, 工場の, 段階においては, 重臣に

▼ つた貴方~ (5, 0.0%)

1 じや, にも逢, のお, はその, も父

▼ つた赤ん坊~ (5, 0.0%)

1 のこと, の寝, の寢床, の顔, を抱い

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 大鼓 1 つた, の場所, をする

▼ つた運命~ (5, 0.0%)

1 が獲得, が肉親, では無から, で當人其, を有する

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 かつた, さが, さは, 修本草が, 寶な

▼ つた~ (5, 0.0%)

2 である 1 が十余年前十銭買つた鋏, に眼, ほどの切味

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 が段々, のやう, の四本齒, の拳, の釘

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 母さんなんかと, 母の, 父と, 父を, 里山の

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 つた, つたかう降, つためづらし, つた漏, つた降る降る

▼ つた階段~ (5, 0.0%)

1 から引ずらる, に足, の降り, を降り, を馳

▼ つた~ (5, 0.0%)

1 の古金屋, の寐床, の細君, の駒吉, は湯屋

▼ つた雑草~ (5, 0.0%)

1 が路, のかげ, の痕跡, の自由美, をひと

▼ つた青白い~ (5, 0.0%)

2 細面の 1 紳士の, 顏と, 顏の

▼ つた静か~ (5, 0.0%)

1 な島, な心, な朝, な柳, な笑顔

▼ つた非凡~ (5, 0.0%)

1 の無頓着さ, の端麗さ, の素質, の美し, の美色

▼ つた非常~ (5, 0.0%)

1 な不心得, な神祕, に逞, に重い, に青い

▼ つた面白い~ (5, 0.0%)

1 ものである, 一例です, 出来が, 小唄を, 話も

▼ つた音声~ (5, 0.0%)

1 で, で唸つた, で言つて, を一段と, を発した

▼ つた頑丈~ (5, 0.0%)

2 な大男 1 な二人, な娘, な梁

▼ つた風習~ (5, 0.0%)

1 ではありませぬ, と各々, に過ぎぬ, の名残り, を伝へ

▼ つた養子~ (5, 0.0%)

1 が豫備少尉, ですが, で山の手一番, の彌, の榮

▼ つた馬賊~ (5, 0.0%)

2 の大将, は馬上 1 の首

▼ つた験し~ (5, 0.0%)

2 もない 1 がない, は一度, もあります

▼ つた麻繩~ (5, 0.0%)

1 その下, で損ん, の端, や歪んだ, を平次

▼ つた黄色~ (5, 0.0%)

2 の氷, の花 1 の大きな

▼ つたあいつ~ (4, 0.0%)

1 がゆうべ帰つて, の面, の顔, より他

▼ つた~ (4, 0.0%)

3 はゆる 1

▼ つたいつ~ (4, 0.0%)

1 でも運, どうして戻つた, までも睡れなかつた, 訪ねても

▼ つたうれしい~ (4, 0.0%)

1 あつまり, 来訪で, 酒だ, 酒で

▼ つたおぼえ~ (4, 0.0%)

1 がある, のある, はある, はない

▼ つたお方~ (4, 0.0%)

1 か, といふもの, にした, に変

▼ つたかて~ (4, 0.0%)

1 お母さん居らへん, もう起き, よろしお, 使に

▼ つたからこそ~ (4, 0.0%)

1 い, 下から, 君を, 尋ねても

▼ つたかんな~ (4, 0.0%)

1 いや強, さう, そんで, 今ぢ

▼ つたがを~ (4, 0.0%)

1 かしいこと, どりの, ばさんの, り悪しく

▼ つたきれい~ (4, 0.0%)

1 でしんせつ, ななみ, な声, な指環

▼ つたごとく~ (4, 0.0%)

1 印度思想の, 古國, 姐御, 彼の

▼ つたさき~ (4, 0.0%)

1 が財産家, は山口県, は相, ほんとは

▼ つたしるし~ (4, 0.0%)

1 か高, だと, でよく, に擲

▼ つたずゐ~ (4, 0.0%)

1 ぶん古るい, ぶん吹きまく, ぶん難かしい, ぶん飲んだ

▼ つたせゐ~ (4, 0.0%)

1 か大した, か水流舟二郎, か眼, でもあります

▼ つたそれだけ~ (4, 0.0%)

1 嬉しくのんびり, 寿命を, 秋が, 風が

▼ つたそれで~ (4, 0.0%)

1 やうやく, 廓内から, 香泉さんに, 鰈の

▼ つただけは~ (4, 0.0%)

1 不便です, 幸福と, 確かで, 確だ

▼ つたつて可~ (4, 0.0%)

2 いわ 1 いじや, いぢ

▼ つたでねえ~ (4, 0.0%)

4

▼ つたといふだけの~ (4, 0.0%)

2 ことです 1 事でした, 事情で

▼ つたといふの~ (4, 0.0%)

2 ぢや 1 だいカテリーナ, 説である

▼ つたとき僕~ (4, 0.0%)

1 は何, は次, は誰, をお

▼ つたとき彼女~ (4, 0.0%)

1 の希望, の張り詰めた, は呆然, は声

▼ つたなか~ (4, 0.0%)

1 に, にこの, に若い, を這ひま

▼ つたなぞ~ (4, 0.0%)

1 といふの, といふ不思議, と教, と言

▼ つたひとつ~ (4, 0.0%)

1 の出来心, の単なる, の歌, の顔

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 すか 1 ちやつく, アな

▼ つたほか~ (4, 0.0%)

1 にも一度, の女たち, は, 別にどれ

▼ つたもつ~ (4, 0.0%)

1 とうまい, とどし, と晴れ晴れ, と飲む

▼ つたものと~ (4, 0.0%)

1 信じられて, 信仰的に, 言へる, 足代の

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 つくりさ, つくり伊田, つたり, つたりと

▼ つたよと~ (4, 0.0%)

1 いつた時梯子段, いひました, かおつし, 云へば

▼ つたんでが~ (4, 0.0%)

1 した, すね鬼怒川, せうさ, せうね

▼ つたステッキ~ (4, 0.0%)

1 である, の数, はたしか, をつき

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 あの高, それとも武ちやん, そんな事, 親分

▼ つたポーズ~ (4, 0.0%)

1 で外, のある, をさせ, をもつ

▼ つたモデル~ (4, 0.0%)

1 に違, のうち, の娘, はまだ

▼ つたンぢ~ (4, 0.0%)

3 やない 1 やなく

▼ つた一日~ (4, 0.0%)

1 で帰る, を一人床, を平和, 休んで

▼ つた一枚~ (4, 0.0%)

1 のどてら, の小判, の紙片, を指

▼ つた三つ~ (4, 0.0%)

1 の事, の室, の錢箱, は無駄

▼ つた三田~ (4, 0.0%)

1 が部屋, が默つて, の側, の懷

▼ つた下手~ (4, 0.0%)

1 な弓, な書, な理髪, の渡船場

▼ つた下手人~ (4, 0.0%)

1 だね, の仕業, は丈夫, は何所

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 にいふ, には容, の姿, の響

▼ つた両親~ (4, 0.0%)

1 と若い, は稼人, も末期, や女房

▼ つた丸い~ (4, 0.0%)

2 穴の 1 眼強く, 顎も

▼ つた乞食~ (4, 0.0%)

1 が行き倒れ, は時々, も此流れ, らしい男

▼ つた井戸~ (4, 0.0%)

1 がいつ, の使用者, の屋根, の茶碗

▼ つた京都~ (4, 0.0%)

1 から, の北部地方, の小天地, の日本

▼ つた今夜~ (4, 0.0%)

1 の女, の私, はおとなしく, は殊に

▼ つた仏蘭西~ (4, 0.0%)

1 のアンリ・フアブル先生, の大使クロオデル氏, の民俗学的, の絹

▼ つた仔細~ (4, 0.0%)

1 ありげ, に見聞, をのみこませる, を言

▼ つた他人~ (4, 0.0%)

1 から夫, の中, の隠宅, を描かう

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 と納戸役, の三之助, の彦太郎, の竹松

▼ つた伝説~ (4, 0.0%)

1 がある, であつ, などがある, を持つ

▼ つた低い~ (4, 0.0%)

1 のが, 声で, 天井には, 家々の

▼ つた何しろ~ (4, 0.0%)

1 安いから, 幽霊が, 昨夜の, 誘惑物が

▼ つた何とか~ (4, 0.0%)

1 して, しなければ, 云つた, 言ふ

▼ つた何ん~ (4, 0.0%)

3 となく 1 かの大事

▼ つた何故~ (4, 0.0%)

1 といつ, にさう, に山田, 彼は

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 の父 1 には今, もずりこけ

▼ つた作物~ (4, 0.0%)

1 が文学, なの, のよく, を出し

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の顏, の顔, よありがたう, よ平安

▼ つた光線~ (4, 0.0%)

1 に包まれ, は的確, は静か, を深々

▼ つた六疊~ (4, 0.0%)

1 たしなみの, ですが, の疊, の縁側

▼ つた兵隊さん~ (4, 0.0%)

1 が谷間, のはなし, やいろ, をこ

▼ つた其日~ (4, 0.0%)

1 に殆ど, の夜, の悲しい寂しい, の晩

▼ つた凧絲~ (4, 0.0%)

1 の端, を持つ, を死際, を隱

▼ つた判断~ (4, 0.0%)

1 は言葉, をさ, をし, を自分

▼ つた前後~ (4, 0.0%)

1 になるだらう, に取り戻した, の事, の事情

▼ つた前額~ (4, 0.0%)

1 に滲み出る, をてかてか, をツルリ, を押

▼ つた加野~ (4, 0.0%)

1 にゆき子, の枕もと, はまるで, へ対し

▼ つた~ (4, 0.0%)

4 かつた

▼ つた勅使~ (4, 0.0%)

2 の参向, の參向

▼ つた匕首~ (4, 0.0%)

1 があつ, でそんな, のこみ, を持つ

▼ つた即ち~ (4, 0.0%)

1 上古の, 仏像は, 全篇, 鎖鎌である

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 からヒナ, や焼き, をあの, 程の大き

▼ つた厚い~ (4, 0.0%)

1 化粧の, 手帳を, 浴衣の, 胸を

▼ つた原稿~ (4, 0.0%)

1 だけで本, を先方, を纒め, を集め

▼ つた去年~ (4, 0.0%)

1 の二月十七日, の冬, の古, は別府附近

▼ つた叔母さん~ (4, 0.0%)

1 でも居たら, といふ年寄り, と結婚, はいつも

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 一觀念に, 五年は, 県の, 知は

▼ つた哀れ~ (4, 0.0%)

2 つぽい 1 な女, な村長

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の腐つた, は空ざま, も見えない, をいよ

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 であると, で脚, をもつ, を記載

▼ つた四五人~ (4, 0.0%)

1 が相談, の僧, の女, は傘

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 つたと 1 つた, つたなふと

▼ つた地下~ (4, 0.0%)

4 の召し

▼ つた場面~ (4, 0.0%)

1 でもこれ, になつて來, の選び方, を見せる

▼ つた塵埃~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の香, ぷんと鼻

▼ つた境内~ (4, 0.0%)

3 の沙地 1 に出

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 である, であること, は直ぐ, を見出す

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 と大黄, に何百匹, を取り出し, を落し

▼ つた奇蹟~ (4, 0.0%)

2 を信じ 1 ですが, の中

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 であつ 1 が, もあつ

▼ つた始め~ (4, 0.0%)

1 ての日, である, に斯, は金剛智三藏

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 あさん, やにはこの, やのお, やの事

▼ つた嬉し~ (4, 0.0%)

1 さ, さと, さに, さは

▼ つた学生~ (4, 0.0%)

1 が試験場, のラツプ, の一人, の三原

▼ つた安らか~ (4, 0.0%)

1 な其顏, な其顔, な笑, に睡つた

▼ つた家庭~ (4, 0.0%)

1 には別に, の内情, は取り残された, 振が

▼ つた家族~ (4, 0.0%)

1 が貰, といふの, のもの, の出払つて

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 がぼろぼろ, に何とも, に氣持, の十中八

▼ つた小屋~ (4, 0.0%)

1 に, の前, の明るく, をそここ

▼ つた小柄~ (4, 0.0%)

2 の女性 1 な男, の学生

▼ つた尤も~ (4, 0.0%)

1 あのカミイユ・モウクレエル, 埼玉縣と, 至極な, 輪鍵は

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 が軟風, の凜, は長く, をふつ

▼ つた屍体~ (4, 0.0%)

1 がところどころ, の中, をひきあげかね, を幸

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 には栄橋, に上る, の二階屋, は夜見

▼ つた工藤~ (4, 0.0%)

1 からは一二度簡單, が巡査, のところ, のアパート

▼ つた市街~ (4, 0.0%)

1 が沙漠, で心, には自分, はいや

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の痕, も此娘, も締め, 少し延びた

▼ つた年寄~ (4, 0.0%)

1 くさい人物, と結婚, の巡禮, を生かし

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 のもの, の擬人化仕立, の時, も挙げません

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 と影, は汽車

▼ つた彼方~ (4, 0.0%)

2 から 1 には白帆, の森

▼ つた往來~ (4, 0.0%)

1 の上, の人, の見える, を涙

▼ つた後私~ (4, 0.0%)

1 はなほぢい, は一人, は物足りない寂し, は臺南丸

▼ つた御用~ (4, 0.0%)

1 といふの, もない, 聞きの, 聞き石原

▼ つた心算~ (4, 0.0%)

2 だが 1 だ, でもなかつた

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 をする 1 の中, も絶え

▼ つた悪い~ (4, 0.0%)

1 状態に, 瓦斯の, 男とは, 癖だ

▼ つた感覚~ (4, 0.0%)

1 に身, を以て受け入れた, を以て眺められ, を指す

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 と何處, と慾, の思出, を思出

▼ つた我が~ (4, 0.0%)

1 娘を, 顏を, 顔を, 黒髪には

▼ つた手帖~ (4, 0.0%)

1 が汚したかつた, であること, の間, もあつ

▼ つた才能~ (4, 0.0%)

1 が必要, だつた, の萌芽, を一人

▼ つた挙句~ (4, 0.0%)

2 の果 1 に, に逐電

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 をし 1 なんかし, をする

▼ つた支那人~ (4, 0.0%)

1 のボオイ, の召使, の女の子, はロマンチック

▼ つた文明~ (4, 0.0%)

1 の方向, の特色, は後々, を開拓

▼ つた旅びと~ (4, 0.0%)

3 は東 1 は東塔

▼ つた旅人~ (4, 0.0%)

1 に悲しい, は何と, もここ, よりも禅僧

▼ つた日本語~ (4, 0.0%)

1 では話, でウチヘハイツテ, を店頭, を忘れた

▼ つた日輪~ (4, 0.0%)

3 の思はれる 1 の爛々

▼ つた明るい~ (4, 0.0%)

1 月光の, 窓の, 道の, 顏で

▼ つた春日山~ (4, 0.0%)

4 も既に

▼ つた昨夜~ (4, 0.0%)

1 の, のお, の事, はよく

▼ つた昨日~ (4, 0.0%)

2 のそれ 1 の宿, は不如帰

▼ つた時これ~ (4, 0.0%)

1 に論賛, はどう, を売, を箱入

▼ つた時そこ~ (4, 0.0%)

1 からは晴れやか, から新, にはもう, の土間

▼ つた時二人~ (4, 0.0%)

1 の古, の眼, は其処, は空

▼ つた時姫~ (4, 0.0%)

4 は端近く膝行

▼ つた時平次~ (4, 0.0%)

1 の引出した, の持つ, はこの, は思はず

▼ つた時急~ (4, 0.0%)

1 に両手, に呻き, に哀れ, に是

▼ つた時母~ (4, 0.0%)

1 が, がいろいろ, の手蹟, は私

▼ つた時繁~ (4, 0.0%)

2 は何 1 は三度声, は三度聲

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 にはそれ, には源太, には自分, には芸術

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 さの, らい哀しみを, 欝な, 號では

▼ つた朝顏~ (4, 0.0%)

1 の色, の芽, の鉢, ももう

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 ではなかつた, に, は一枚, は梅

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 を持つ 1 の信仰, をつい

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 かべの腰, か丸太, の鏡, は灰色

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 のかげ, の並木, の枝, の梢

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 を大急ぎ 1 を背負つて, を脊負つて

▼ つた柿の木~ (4, 0.0%)

1 が葉, へ旅, も居ます, や栗

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の木, の枝, の畑, の葉

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 だと, のやう, の滓, を引き出し

▼ つた梯子段~ (4, 0.0%)

2 に足 1 の下, を寒い

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 で叩く, のやう, の頭, 細い棒

▼ つた森林~ (4, 0.0%)

3 の樹木 1 も數時間

▼ つた極めて~ (4, 0.0%)

1 些細な, 代表的な, 呑氣な, 無造作に

▼ つた機械~ (4, 0.0%)

1 に支配, の中, の前, の販賣

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 のやう, をお, を十歳, を澤山

▼ つた此頃~ (4, 0.0%)

1 では種物, になる, は値下り, は十時就寝

▼ つた武家~ (4, 0.0%)

1 があつ, が番頭, が金持, だよ

▼ つた歴史~ (4, 0.0%)

1 と思ひあはせ, と此所, の進歩, を拔

▼ つた死體~ (4, 0.0%)

1 ではどう, の懷中物, の袂, を右

▼ つた殊に~ (4, 0.0%)

1 オツトセイの, 一室一人一燈一人は, 双之, 汝は

▼ つた殺し~ (4, 0.0%)

1 がこの, だ, だな, ならそんな

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 のこと, はいつの間にか, は町, を意地汚

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 にはもはや, の事, は貞白, ひの

▼ つた民族~ (4, 0.0%)

1 が住ん, として常世, の人種, 或は更に

▼ つた気配~ (4, 0.0%)

1 がし, がなかつた, もなかつた, を知る

▼ つた氣持ち~ (4, 0.0%)

1 からとりあへず, が隱, になつ, のやり場

▼ つた水面~ (4, 0.0%)

1 が現れ, にたくさん, の上, を見おろした

▼ つた江戸~ (4, 0.0%)

1 の夜, の女, の村田春海, の郊外

▼ つた河童~ (4, 0.0%)

1 なの, の夫婦, は, も親

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 がブク, がプクプク, が数限り, が數限り

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 がざわざわ, の底, の面, はそれで

▼ つた淋しい~ (4, 0.0%)

1 乙女で, 母の, 氣持で, 漁村である

▼ つた湖水~ (4, 0.0%)

1 があつ, には二三日前, のひれ仲間, の水

▼ つた激しい~ (4, 0.0%)

1 日本が, 渓と, 言葉を, 語氣です

▼ つた然るに~ (4, 0.0%)

1 ミハイルアウエリヤヌヰチは, 死罪なら, 現時の, 翌年の

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 の彫りもの 1 が出, の子

▼ つた熱心~ (4, 0.0%)

2 な信者 1 なる努力, の顏

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 には焼印, のこと, の姿, の骨

▼ つた~ (4, 0.0%)

3 之松 1 之助

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 の腕飾 1 の一人, の緒

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 な形, らしいもの, らしい単葉, らしい親しみ

▼ つた理窟~ (4, 0.0%)

1 でもなし, もあるでせう, も反覆, を述べたおぼえ

▼ つた環境~ (4, 0.0%)

1 に置かれた, に連れ込まれた, の下, の寂し

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 が埋まつ, に入れる, の中, を一つづつ

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 さが, さでも, つたれ声, やかな

▼ つた田舎~ (4, 0.0%)

1 ですから, の小, はよい, ものてき

▼ つた男女~ (4, 0.0%)

1 の人影, の侠客, の死骸, の輪

▼ つた町内~ (4, 0.0%)

1 の人, の人達, の火の番, を歩く

▼ つた疑ひ~ (4, 0.0%)

1 が家中, に惱, の確証さ, を被

▼ つた病気~ (4, 0.0%)

1 だ, ですよ, なん, の事

▼ つた病院~ (4, 0.0%)

1 であるから, の建物, もあつ, もなかつた

▼ つた痩せ~ (4, 0.0%)

1 て弱, て背, 犬である, 身の

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の上衣, の無い, をはがれた, を投げ棄て

▼ つた皮肉~ (4, 0.0%)

1 な事情, な觀察, の爲, を投げつけた

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 が供, の上, を下げよう, を引き寄せ

▼ つた目つき~ (4, 0.0%)

1 が取り交される, で云, をし, を投げ

▼ つた眼鏡~ (4, 0.0%)

1 でウマク, の形, をかけた, を拭い

▼ つた瞬間彼~ (4, 0.0%)

1 の眼, はもう, は大きな, は茫然

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 になつ, に射られ, はその, を削り直す

▼ つた研究~ (4, 0.0%)

1 はヤメぢ, をし, をした, をなすべき

▼ つた社会~ (4, 0.0%)

1 が不正, としてのはたらき, のこと, は人間

▼ つた社會~ (4, 0.0%)

1 にも住みたい, に多い, の問題, の正

▼ つた種々~ (4, 0.0%)

1 な塲景, の問題, の様態, の部分

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 があつ, の品種改良, の穂, の魂

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 つた, ですが, でゐた, で辛抱

▼ つた窕子~ (4, 0.0%)

1 になつ, の眼, の言葉, の頭

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 づかひで, で帳面, で無意味, を洗つて紅筆

▼ つた筋肉~ (4, 0.0%)

1 がピシ, が段々, や神經, を隆くし

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 が穴, が面白い, の十位, へにすこし

▼ つた納屋~ (4, 0.0%)

1 が見えるだろ, で見た, に尾, を有

▼ つた素晴らしい~ (4, 0.0%)

1 大きな額, 家柄でした, 恰幅です, 脚の

▼ つた細い白い~ (4, 0.0%)

4 指まるで

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 いろの, の夜, の間, の額縁

▼ つた罪人~ (4, 0.0%)

2 と其親類 1 にもな, の首

▼ つた美女~ (4, 0.0%)

1 あの石原, が毒婦, の細い, の風采

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 か, と, の製作, の顏

▼ つた翌年~ (4, 0.0%)

1 のやはり, の夏, の春, 即ち明治四十年

▼ つた翻訳~ (4, 0.0%)

1 がシェークスピア, に少し, の仕事さ, を読ん

▼ つた老母~ (4, 0.0%)

1 がまだ, がゐた, の白髪, を思ひ出す

▼ つた老爺~ (4, 0.0%)

1 が, であつ, です, のボズさん

▼ つた者ども~ (4, 0.0%)

4 は其家職自身

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 の長い 1 もなよ, を投げ出し

▼ つた船頭~ (4, 0.0%)

1 だの, に聞い, の手, の直

▼ つた良人~ (4, 0.0%)

1 がある, が辞書, のジャン, の行為

▼ つた色の~ (4, 0.0%)

4 が匂

▼ つた色彩~ (4, 0.0%)

1 が見られる, と描法, と面, の濃度

▼ つた芸者~ (4, 0.0%)

1 があつ, と其, と判断, の幾人

▼ つた若葉~ (4, 0.0%)

1 が無数, だ, のなか, の尖つた

▼ つた苦しい~ (4, 0.0%)

2 意識を 1 中から, 懷から

▼ つた英語~ (4, 0.0%)

1 の詩, の読本, や歴史, をさ

▼ つた~ (4, 0.0%)

4 の雲

▼ つた荒い~ (4, 0.0%)

2 紺飛白の 1 格子が, 格子の

▼ つた著述~ (4, 0.0%)

1 が殘つて, であるから, にする, も出され

▼ つた葛城~ (4, 0.0%)

4 の峰々

▼ つた葡萄棚~ (4, 0.0%)

1 が影, の葉, の輪廓, の輪郭

▼ つた蒸溜水~ (4, 0.0%)

4 を用

▼ つた蓮積み車~ (4, 0.0%)

4 が廬

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 は肥料, ぶき屋根, も繩, を其處此處

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 と米, を一々, を茶碗, を見詰める

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 の声 1 がしきりに, のやう

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 のこゑのするのに氣, の聲

▼ つた蠱物使~ (4, 0.0%)

4 ひの

▼ つた血潮~ (4, 0.0%)

1 が疊, の跡, は八方, は怖

▼ つた行李~ (4, 0.0%)

1 が一つ, が二三箇, もゆ, や風呂敷包み

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 がこんな, の一枚位, の上, をかなぐり捨てる

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 から桜, の川, の梅二株, の深い

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の形, をつけ, を付け, を着け

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 かの女, かの短刀, で勉強, の枝先きが

▼ つた複雑~ (4, 0.0%)

2 な線 1 なもの, な性格

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 が隣, の境, ばかりで, を傳つて

▼ つた西洋~ (4, 0.0%)

1 くさい貸, の巨石記念物, の芸術, 諸國

▼ つた要害~ (4, 0.0%)

2 と装飾, と裝飾

▼ つた要求~ (4, 0.0%)

1 しそして, で感動, の表現, をする

▼ つた見物~ (4, 0.0%)

2 は何時しか 1 が一齊, に応援

▼ つた角度~ (4, 0.0%)

1 から云つて, から問, がこの, でもつ

▼ つた解釈~ (4, 0.0%)

1 がある, であります, をし, をちよいちよい

▼ つた記者~ (4, 0.0%)

1 は, はかんかん, は誰, への公開状

▼ つた詩集~ (4, 0.0%)

1 がもう, であつ, の事, も机

▼ つた論述~ (4, 0.0%)

1 に移る, はここ, は本文, を展開

▼ つた諸君~ (4, 0.0%)

1 にも自然感謝, はある, はお, も画架

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 がそのまま, が近頃子

▼ つた赤土~ (4, 0.0%)

2 の崖下 1 の上, の肌

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 があつ, がある, が存, の歌

▼ つた趣味~ (4, 0.0%)

1 などを挙げる, の低い, を圓覺寺, を妻

▼ つた足どり~ (4, 0.0%)

1 で先, で歩きだした, で磯村甲吉, で蔽

▼ つた踊り~ (4, 0.0%)

1 とは趣き, に見える, の夜, もする

▼ つた身上~ (4, 0.0%)

1 だし, と一緒, の話, をとりもどす

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 の体 1 などといふ村, の言

▼ つた迄の~ (4, 0.0%)

1 大略を, 奇譚は, 径路を, 徑路を

▼ つた途中~ (4, 0.0%)

1 にも根, の田野行乞, 少しばかり, 見て

▼ つた~ (4, 0.0%)

2 にし 1 だらう, へ赫

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 ましい柿の木, ましい神經, ましい肩, ましさ

▼ つた道路~ (4, 0.0%)

1 と其の, へわたし, も輝き初めた, を逆

▼ つた都會~ (4, 0.0%)

1 の中, の樹木, の空氣, を見捨て

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 だん, に咲い, の地平線, の花

▼ つた野生~ (4, 0.0%)

2 であつ 1 な瞳, の小菊

▼ つた野郎ぢ~ (4, 0.0%)

3 やありません 1 や女の子

▼ つた金魚~ (4, 0.0%)

1 のやう, はなまこ, ひらひら真紅, 賣りの

▼ つた錢形~ (4, 0.0%)

2 の平次 1 の親分, の親分さん

▼ つた長靴~ (4, 0.0%)

1 の音, ばき, をはい, をはき

▼ つた雑木林~ (4, 0.0%)

1 のなか, の心, の間, を見

▼ つた雑誌~ (4, 0.0%)

1 が運転, に現れた, のあり, を手

▼ つた電燈~ (4, 0.0%)

2 の光 1 がへん, は傘

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 となつ, の点滴, はまだ, は煌々

▼ つた青丸~ (4, 0.0%)

2 と妻, にはいつも

▼ つた青草~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の上, をそれ

▼ つた面持~ (4, 0.0%)

2 であつ 1 で暫く, で現れた

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 が匂, とは聞えなかつた, を文太郎, を立て

▼ つた顏つき~ (4, 0.0%)

2 をし 1 で素通り, の同

▼ つた風景~ (4, 0.0%)

1 が浮ぶ, そのなか, である, で海岸

▼ つた馬鹿~ (4, 0.0%)

1 な味, な奴, に大きな, も云

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 のお, の無い, の生, の生えた

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の刷毛先, は曲者, も衣服, を拾つたの

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 く熟, じま, と黒, 白いなめらか

▼ つた黄いろい~ (4, 0.0%)

1 光が, 直垂の, 象の, 齒を

▼ つた~ (4, 0.0%)

1 の汚い, をむい, を見せ, を食

▼ つたああ~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 御身美しい, 痛

▼ つたあくる~ (3, 0.0%)

2 日の 1 日午前の

▼ つたあご~ (3, 0.0%)

1 に持つ, や頬, をした

▼ つたあまり~ (3, 0.0%)

1 の齒, 便りが, 好きで

▼ つたあんまり~ (3, 0.0%)

1 うるさいから, 気が, 白粉つ

▼ つたいきさつ~ (3, 0.0%)

1 とその, もあり, を簡單

▼ つたいつぞや~ (3, 0.0%)

1 お魚, 緑平老の, 萩の

▼ つたいろんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, ものが, 事情が

▼ つたお客~ (3, 0.0%)

1 だと, の上, は興奮

▼ つたお母様~ (3, 0.0%)

1 が自動車, のやさしい, を慕

▼ つたお蔭~ (3, 0.0%)

1 でさ, でどうやら, で小屋

▼ つたかつら~ (3, 0.0%)

1 とは同一, と変じる, やはちまき

▼ つたかなあ~ (3, 0.0%)

1 何んだ, 吉寅で, 杉村さん地元から

▼ つたからでも~ (3, 0.0%)

1 あつたらしい, ありませうが, ございませうが

▼ つたからよ~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 お部屋

▼ つたがね~ (3, 0.0%)

1 前に, 學校と, 要するに瀬川君

▼ つたこちら~ (3, 0.0%)

1 の庭, の顏, へ暗に

▼ つたことそれ~ (3, 0.0%)

1 から更に, がおいそれと, を銀行

▼ つたこれから~ (3, 0.0%)

2 の私 1 は何

▼ つたごく~ (3, 0.0%)

1 荒い粗末, 通俗な, 通俗的な

▼ つたしづか~ (3, 0.0%)

1 でい, な奇麗, に読み

▼ つたしね~ (3, 0.0%)

1 まアほんとに, 何と言つて, 言わば戰爭後

▼ つたそもそも~ (3, 0.0%)

1 からあつ, のはじめ, の日

▼ つたちよ~ (3, 0.0%)

2 つとした 1 つと疑

▼ つたつて云~ (3, 0.0%)

1 つたつて, はなく, ふが

▼ つたつて聽~ (3, 0.0%)

1 かねえし, きやしません, きやしませんあの

▼ つたつめたい~ (3, 0.0%)

1 とこで, 眼差し, 風と

▼ つたてる~ (3, 0.0%)

1 ことまで, とその, やうに

▼ つたとい~ (3, 0.0%)

1 は, へない, へばい

▼ つたといつて~ (3, 0.0%)

1 はいひすぎる, も五時過ぎ, も書いた

▼ つたといふは~ (3, 0.0%)

1 さうし, 其男の, 到底有り得べからざる

▼ つたとき何~ (3, 0.0%)

1 か得体, か重い, にか變

▼ つたとき古賀~ (3, 0.0%)

1 の漠然と, の頭腦, はおそろしい

▼ つたとしか~ (3, 0.0%)

1 感ぜなかつたの, 私には, 考へられなかつた

▼ つたとても~ (3, 0.0%)

1 之れ, 仕方が, 雄大な

▼ つたとまで~ (3, 0.0%)

2 知つてゐる 1 有て

▼ つたどう~ (3, 0.0%)

1 したわけ, すること, でもかう

▼ つたどうやら~ (3, 0.0%)

1 ワダカマリも, 底の, 私も

▼ つたどの~ (3, 0.0%)

1 島々も, 百姓も, 要素の

▼ つたなあと~ (3, 0.0%)

1 いひながら, 口の, 思ふ

▼ つたなごり~ (3, 0.0%)

1 である, や法楽歌, を惜ん

▼ つたにや~ (3, 0.0%)

1 へつたけれど, オドロイタ, 相違ねえ

▼ つたはずみ~ (3, 0.0%)

1 にこんど, に私, に軽く

▼ つたはり~ (3, 0.0%)

1 し, て濃き, もうそれで

▼ つたひろ子~ (3, 0.0%)

1 から家, が家庭, の婚約者

▼ つたほつ~ (3, 0.0%)

2 とした 1 とする

▼ つたほどに~ (3, 0.0%)

1 事大袈裟に, 共通し, 若様の

▼ つたほんとう~ (3, 0.0%)

1 にあり, の名前, の自分

▼ つたほんの~ (3, 0.0%)

1 ちよつと, 僅かの, 少しばかりの

▼ つたまげ~ (3, 0.0%)

2 てもこんな 1 て声

▼ つたまつたく~ (3, 0.0%)

1 の山, 日本的で, 翻訳なんて

▼ つたまま何時~ (3, 0.0%)

1 にも一行, までたつ, までもかう

▼ つたみのる~ (3, 0.0%)

1 は好い, は行く, を見た

▼ つためづらし~ (3, 0.0%)

1 いどしやぶりだつた, い力, い梯子酒

▼ つたもと~ (3, 0.0%)

1 の店, の英國, は

▼ つたものよと~ (3, 0.0%)

3 暫時阿

▼ つたようす~ (3, 0.0%)

1 その緊張振り, はない, を表わした

▼ つたよし~ (3, 0.0%)

1 さる人, 好いまア, 賣つた

▼ つたよれよれ~ (3, 0.0%)

1 のブルーズ, の市電切符, の絹

▼ つたるい~ (3, 0.0%)

1 小さな声, 悲しさ, 重くるしい夜

▼ つたるい声~ (3, 0.0%)

1 でうた, で唄つて, をし

▼ つたコスモス~ (3, 0.0%)

2 の花 1 が今朝

▼ つたコツプ~ (3, 0.0%)

1 についで, の上, をくれた

▼ つたセル~ (3, 0.0%)

1 のきもの, の衣物, を着

▼ つたタイプ~ (3, 0.0%)

1 の人間, の女, の男

▼ つたトタン~ (3, 0.0%)

1 に, にスラリ, に僕

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 この部屋, こりや, それぢヤこれでは

▼ つたノンキ~ (3, 0.0%)

2 な事 1 すぎるけれど

▼ つたフランス語~ (3, 0.0%)

1 の中, も不思議, を資本

▼ つたランプ~ (3, 0.0%)

1 が一つ, の光, を作り直さす

▼ つたリスト~ (3, 0.0%)

1 にある, の三番目, の十五人

▼ つたリズム~ (3, 0.0%)

1 が岸田さん, で運ん, とかね

▼ つた一事~ (3, 0.0%)

1 で萬事, を云, を思ひ出さず

▼ つた一個~ (3, 0.0%)

1 の人間, の年老, の物体

▼ つた一切~ (3, 0.0%)

1 のもの, の物, の言葉

▼ つた一方~ (3, 0.0%)

1 が廣庭, には又, は日光

▼ つた一番~ (3, 0.0%)

1 ひの, 古い彫刻物, 深い穴

▼ つた一面~ (3, 0.0%)

1 の光, の銀泥, をもつ

▼ つた三吉~ (3, 0.0%)

1 の心, は荒筵, を待つ

▼ つた三月~ (3, 0.0%)

1 の一日, の中旬, 目だつた

▼ つた上唇~ (3, 0.0%)

1 の燃える, をことさら, を衝き

▼ つた世間~ (3, 0.0%)

1 の出來事, の思惑, は暗澹

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ つた九時~ (3, 0.0%)

1 から二時, から十一時, 近かつ

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 のあがり, は一定, をおさへ

▼ つた事柄~ (3, 0.0%)

1 のため, は自分, をどんなに

▼ つた二十一二~ (3, 0.0%)

1 の女, の若い, の青年

▼ つた五つ~ (3, 0.0%)

1 のほか, の室, の飴玉

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の秤座神善四郎, の舞姫, 之介

▼ つた人ぢ~ (3, 0.0%)

2 やのう 1 やない

▼ つた人力車~ (3, 0.0%)

1 が動き出す, が後先, は勿論

▼ つた人影~ (3, 0.0%)

1 が竹笛, が見える, は下方

▼ つた今朝~ (3, 0.0%)

2 から美登利 1 ほうれん

▼ つた以前~ (3, 0.0%)

1 である, の美し, 嘗て私

▼ つた伯母さん~ (3, 0.0%)

2 と昔談 1

▼ つた伯父~ (3, 0.0%)

2 の言葉 1 に対する不満

▼ つた佐太郎~ (3, 0.0%)

1 に向, の眼, は五年ぶり

▼ つた何とも~ (3, 0.0%)

2 云へ 1 いへ

▼ つた何人~ (3, 0.0%)

1 かの友人たち, かの若い, が此

▼ つた何処~ (3, 0.0%)

1 かの朝, か女性的, となく

▼ つた何時~ (3, 0.0%)

1 の時の, も逢, 別れて

▼ つた余り~ (3, 0.0%)

1 で政治家, にその, 知らず識ら

▼ つた佛壇~ (3, 0.0%)

1 の前, の菜種油, はお

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 し社, し若い, し見る中

▼ つた使~ (3, 0.0%)

1 が歸つて來, ひ古し, ひ方

▼ つた例へば~ (3, 0.0%)

1 五十銭の, 指先だけを, 揚雄の

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 がはずむ, が木戸, の輪

▼ つた個々~ (3, 0.0%)

1 の場合, の女, の文学者

▼ つた偉大~ (3, 0.0%)

1 なるトリツク, な作家, な先駆者

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 とバナ, のこと, をその

▼ つた傳説~ (3, 0.0%)

1 が無い, によれ, も有り

▼ つた傾き~ (3, 0.0%)

1 がある, もあつ, をいつ

▼ つた儒家~ (3, 0.0%)

1 の思想, は秦, は齊

▼ つた儘ぢ~ (3, 0.0%)

1 つとして, つと仰向け, つと何時

▼ つた儘眼~ (3, 0.0%)

1 を, を明い, を開いた

▼ つた儲け~ (3, 0.0%)

1 では纒まつ, で質, の蓄積

▼ つた兄妹~ (3, 0.0%)

1 でありそこ, ですが, はもう

▼ つた先々~ (3, 0.0%)

1 の人, の闇市, を當つて

▼ つた先輩~ (3, 0.0%)

3 の言葉

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 に角, のやう, をひ

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 思想を 1 被害よりも

▼ つた兩眼~ (3, 0.0%)

1 からは涙, に憤怒, を突き刺し

▼ つた八字髭~ (3, 0.0%)

2 の下 1 は根

▼ つた公園~ (3, 0.0%)

1 であつ, の, の枯芝

▼ つた其時~ (3, 0.0%)

1 からです, からの家臣, は嗚呼

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 い演, かで而, つこさうな

▼ つた冷たい~ (3, 0.0%)

1 皮肉が, 酒を, 風が

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 さを, じいことが, じいこれを

▼ つた処置~ (3, 0.0%)

1 を不, を取つた, を悔む場合

▼ つた出来事~ (3, 0.0%)

1 から解放, とは, もなし

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 でなあ, 入らつし, 慌しく引返した

▼ つた切り女~ (3, 0.0%)

1 が勸め, はつん, を見ない

▼ つた切手~ (3, 0.0%)

1 の値段, の行列, を貼つ

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 にぱつとしたところのない, にをかしく, に帯

▼ つた効果~ (3, 0.0%)

1 をさ, を出す, を見出さず

▼ つた勇士~ (3, 0.0%)

1 があつ, ではあるまい, のやう

▼ つた勇気~ (3, 0.0%)

1 とそれ, を取返し, を振ひ興し

▼ つた医者~ (3, 0.0%)

1 があ, であり一人, の事

▼ つた半分~ (3, 0.0%)

1 は惣菜, を惜し, を惜気

▼ つた卑しい~ (3, 0.0%)

1 感じの, 胡坐の, 言葉で

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の亭主, の山陵, の空

▼ つた印度人~ (3, 0.0%)

1 の巡査, の瞿曇悉達, は斯

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 体言から, 榮西の, 用言形式を

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 つぱのまん中, の詞, へ出たら

▼ つた原田さん~ (3, 0.0%)

3 の車

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 な言葉, になる, に蒸

▼ つた叡子さん~ (3, 0.0%)

1 から手紙, の句, は昔

▼ つた口髭~ (3, 0.0%)

1 も名物, も頭髮, を撫で

▼ つた古代~ (3, 0.0%)

1 では決して, の木杓子, の民間傳

▼ つた古風~ (3, 0.0%)

1 な患, な赤煉瓦, の気魄

▼ つた句会~ (3, 0.0%)

1 といふ, は遠慮, をすまし

▼ つた可憐~ (3, 0.0%)

1 な姿, な昆虫, な草花

▼ つた同士~ (3, 0.0%)

1 で話, のこと, は道行き

▼ つた同志~ (3, 0.0%)

1 ではない, で表, の友

▼ つた同時に~ (3, 0.0%)

1 くる, 彼女から, 米も

▼ つた吹く~ (3, 0.0%)

1 風が, 風は, 風も

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 ではあつ, になつた人, の文句

▼ つた唯一~ (3, 0.0%)

1 の人, の手紙, の詩

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 から胸, で和歌, の側面

▼ つた喧嘩~ (3, 0.0%)

1 でその後, は出, は出来

▼ つた單衣~ (3, 0.0%)

1 の帶, の縮んだ, を着

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 べても能い

▼ つた四十女~ (3, 0.0%)

1 で口, の浅, の淺猿

▼ つた四日目~ (3, 0.0%)

2 か五日目 1 の夕方

▼ つた土塊~ (3, 0.0%)

2 は肥料 1 を掌

▼ つた地名~ (3, 0.0%)

1 で加古川, なの, の多い

▼ つた地圖~ (3, 0.0%)

1 の上, をしきりにぐるぐる, を披

▼ つた地獄~ (3, 0.0%)

1 の底, の響, 返りの

▼ つた地面~ (3, 0.0%)

1 が千六百町, の中, の御蔭

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 にさ, には高瀬船, の上

▼ つた坊さん~ (3, 0.0%)

1 が寒, が持ち, にだ

▼ つた垣根~ (3, 0.0%)

1 から二粒三粒, や草木, を身軽

▼ つた基督~ (3, 0.0%)

1 が彼女, の言葉, の顏

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 のやう, の上, の近く

▼ つた境地~ (3, 0.0%)

1 からは真実, だ, のもの

▼ つた境遇~ (3, 0.0%)

1 にゐた, に追, を打開

▼ つた墓石~ (3, 0.0%)

1 があつ, がある, に寂性清寥居士

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 な言葉, に巨大, れる友

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の午後, の大空, や秋

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の事, の空, 暗の

▼ つた夕日~ (3, 0.0%)

1 の影, の黄ばんだ光り, は穗

▼ つた夕暮~ (3, 0.0%)

1 である, の底, の暮色

▼ つた夕食~ (3, 0.0%)

1 にも殆ど手, はす, を攝ら

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 すぎるちようど, 之助, 緒子の

▼ つた大分熱心~ (3, 0.0%)

3 で調製

▼ つた大地~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の感觸

▼ つた大型~ (3, 0.0%)

1 のアラビアン・ナイト, のストーブ, の名刺

▼ つた大川~ (3, 0.0%)

2 を上り下り 1 の上

▼ つた大気~ (3, 0.0%)

1 とを通じてそこら, の中, の関係

▼ つた大金~ (3, 0.0%)

1 がある, に手, を融通

▼ つた天井~ (3, 0.0%)

1 には墨繪, のあたり, を透し

▼ つた天才~ (3, 0.0%)

1 でさ, は, よりも長命

▼ つた天気~ (3, 0.0%)

1 が何時, が忽ちに, の下

▼ つた天氣~ (3, 0.0%)

1 である, の日, は次第に

▼ つた太田~ (3, 0.0%)

1 の皮膚, はすぐ, は半ば夢

▼ つた太陽~ (3, 0.0%)

1 がすばらしい, の一條, は燦爛

▼ つた失敗~ (3, 0.0%)

1 と悔恨, は如何, をやつ

▼ つた奇妙~ (3, 0.0%)

1 な性質, な救, な集まり方

▼ つた奇怪~ (3, 0.0%)

1 な一脈, な呵責, な調子

▼ つた奥様~ (3, 0.0%)

1 がどうぞ, のお, の年

▼ つた奧さん~ (3, 0.0%)

1 がどんな, が可哀想, と娘

▼ つた女たち~ (3, 0.0%)

1 が全部, が廓, はもうこ

▼ つた女優~ (3, 0.0%)

1 が現, にふく子さん, は稚

▼ つた女達~ (3, 0.0%)

1 がおり, が白い, には看護婦

▼ つた如き~ (3, 0.0%)

1 がさうである, ことを, 横風な

▼ つた如才~ (3, 0.0%)

2 なさ 1 のない

▼ つた姐さん~ (3, 0.0%)

1 は別, や晴衣, 被りの

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 でお

▼ つた婆さまたち~ (3, 0.0%)

3 が主

▼ つた嫁さん~ (3, 0.0%)

2 が出 1 の公主

▼ つた子規~ (3, 0.0%)

1 がこの, の手紙, は大塚先生

▼ つた孤独~ (3, 0.0%)

1 な自分, の感, は私

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 り切, 九郎もどきに, 食糧が

▼ つた室内~ (3, 0.0%)

1 にはすべて, の光景, の薄暗

▼ つた家内~ (3, 0.0%)

1 が又, の様子, の話

▼ つた家族たち~ (3, 0.0%)

3 殊に姫君

▼ つた家柄~ (3, 0.0%)

1 ですが, は御用聞, まさか着流し

▼ つた容易~ (3, 0.0%)

2 ならぬもの 1 ならぬ表情

▼ つた寂しい~ (3, 0.0%)

1 伊賀の, 家で, 氣持だ

▼ つた密義~ (3, 0.0%)

1 がある, はない, を附ける

▼ つた寧ろ~ (3, 0.0%)

1 その方, 其よりも, 皆と

▼ つた尊容八十種~ (3, 0.0%)

3 好具足

▼ つた小径~ (3, 0.0%)

1 には苔, を浦島太郎, を矢張り一列

▼ つた小鳥~ (3, 0.0%)

1 が出, が窓ガラス, の羽

▼ つた屏風~ (3, 0.0%)

1 がす, と床, のある

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 をからり

▼ つた山の上~ (3, 0.0%)

21 には禿鷹

▼ つた山氣~ (3, 0.0%)

1 に混つて鼻, のある, を呼吸

▼ つた山脈~ (3, 0.0%)

1 が見え, が限り, の上

▼ つた山頭火~ (3, 0.0%)

1 お手づくり, か, はまだ

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の尾根, の道, を越え

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 が望まる, が見える, のたたず

▼ つた巨大~ (3, 0.0%)

1 な敵, な橋, な老木

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 菜を, 魚は, 魚塩辛インキそして

▼ つた平和~ (3, 0.0%)

1 に自ら少年, の世界, の底

▼ つた年代~ (3, 0.0%)

1 が千年以上, の相違, は地理的

▼ つた年増~ (3, 0.0%)

1 の女, の妓, も死

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 に春, の上, を露

▼ つた幾人~ (3, 0.0%)

1 かの人, かの智能, もの知人達

▼ つた座蒲団~ (3, 0.0%)

1 には公然, に移つた, の上

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 にはもう, には節季, に放つたらかしいおいた

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ つた建物~ (3, 0.0%)

1 が, は何ん, へ行つて

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 で自分, をゆるめ, を一

▼ つた当人~ (3, 0.0%)

1 のさだ子, はてれくさい, は当然

▼ つた影法師~ (3, 0.0%)

1 がばら, が女, の背中

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 だと, の事, をしはじめる

▼ つた往来~ (3, 0.0%)

2 する電車 1 を涙

▼ つた後わたくし~ (3, 0.0%)

1 は江戸, は池田宗家, は猶

▼ つた後丑松~ (3, 0.0%)

1 は弁護士, は心, は机

▼ つた後僕~ (3, 0.0%)

1 はベツド, は妻子, は新潮座談会

▼ つた後平次~ (3, 0.0%)

1 の背後, は八五郎, は改めて

▼ つた後彼~ (3, 0.0%)

1 の人生観, は明るい, を葬る

▼ つた後悔~ (3, 0.0%)

1 とイヽ気, に苦しんだ, のため

▼ つた後添~ (3, 0.0%)

1 できりやう好み, の連れつ, へで年

▼ つた御家人~ (3, 0.0%)

1 が和歌一首, だから, の株

▼ つた御用聞~ (3, 0.0%)

1 に御, に調べられ, の責任感

▼ つた心持ち~ (3, 0.0%)

1 で電話, を持ちません, を湛

▼ つた心配~ (3, 0.0%)

1 さうな目つき, になる, に呆気

▼ つた忘れ~ (3, 0.0%)

1 てきた, てならない, 雪といふ

▼ つた恋愛~ (3, 0.0%)

1 であり第, の囘想, の歓喜

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 がある, は忘れません, は恋人

▼ つた息子~ (3, 0.0%)

1 と娘, に急, の様子

▼ つた恰幅~ (3, 0.0%)

1 です, で少し, などどう

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 が何時, 計なども, 趣味は

▼ つた悲劇~ (3, 0.0%)

1 である, と言, の恐ろし

▼ つた情死~ (3, 0.0%)

2 を謀つて 1 を材料

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 で従つて上, に取れ, を持つ

▼ つた懐中時計~ (3, 0.0%)

1 が漸, をまた, を見る

▼ つた或は~ (3, 0.0%)

1 やらずに, 人並以上の, 氷炭相容れざる

▼ つた手つき~ (3, 0.0%)

1 でそれ, で万年筆, の加減

▼ つた手摺~ (3, 0.0%)

1 か何ん, などを問題, に飛び付い

▼ つた手段~ (3, 0.0%)

1 で脅かされ, にはどう, には種々

▼ つた手際~ (3, 0.0%)

1 は充分, は学問, は鮮

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 へ主

▼ つた拙者~ (3, 0.0%)

1 が橋, に何ん, の妹

▼ つた持主~ (3, 0.0%)

1 のほ, はその, は夫

▼ つた握飯~ (3, 0.0%)

1 のやう, を喰, を燒趾

▼ つた敬君~ (3, 0.0%)

1 に理髪, の手紙, も来なけれ

▼ つた数々~ (3, 0.0%)

1 のステッキ, の希望, の殺人事件

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 からこの, と兩方, のある

▼ つた新し~ (3, 0.0%)

2 さ海からの 1 さ放胆らしい

▼ つた方針~ (3, 0.0%)

1 で教育, の下, は非常

▼ つた旅館~ (3, 0.0%)

1 だけれども, の寢床, の所在

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 を乾かし 1 がうごく

▼ つた日光~ (3, 0.0%)

1 に緑, のもと, は

▼ つた日和~ (3, 0.0%)

1 の足, をつつかける, を履い

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の影, の歌, もある

▼ つた時々~ (3, 0.0%)

1 ちよいと, 憂欝にな, 自分などが

▼ つた時お前~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, はかぶり, はどこ

▼ つた時三千代~ (3, 0.0%)

1 はた, は不意, は濡れた

▼ つた時主人~ (3, 0.0%)

1 に話す, は急, は机

▼ つた時先生~ (3, 0.0%)

1 がかう, は段々, は篠田

▼ つた時後~ (3, 0.0%)

1 から牛, の竹, を見

▼ つた時文太郎~ (3, 0.0%)

1 はくわつ, は暗い, は獨言

▼ つた時父~ (3, 0.0%)

1 の古, は代, は道夫

▼ つた時義雄~ (3, 0.0%)

1 は客, は弟, は身

▼ つた時酒~ (3, 0.0%)

1 を呑ませれ, を飮, を飲みたく

▼ つた智恵子~ (3, 0.0%)

1 にも居, は今, は口

▼ つた暖かい~ (3, 0.0%)

1 夜で, 日が, 飯を

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 に聞く, の地球, を想像

▼ つた書き方~ (3, 0.0%)

1 からいへ, にあ, も見える

▼ つた書斎~ (3, 0.0%)

1 か或, に入, も悪く

▼ つた木彫~ (3, 0.0%)

1 の, の仏像, の婦

▼ つた本郷~ (3, 0.0%)

1 の大, の家, の通り

▼ つた杉木立~ (3, 0.0%)

1 に囲まれ, に圍まれ, の梢

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 のやう, の匂, の枝

▼ つた材料~ (3, 0.0%)

1 が混じ, を參考, を集め

▼ つた材木~ (3, 0.0%)

1 はまだ, を一, を掻きわけ

▼ つた村落~ (3, 0.0%)

2 の木立 1 の内

▼ つた村長~ (3, 0.0%)

1 は今, は相手, は驚ろ

▼ つた杵柄~ (3, 0.0%)

1 でそれ, で感, と丹誠

▼ つた松林~ (3, 0.0%)

1 の中, の根もと, の間

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の皺

▼ つた林檎~ (3, 0.0%)

1 の樹, をおいし, を喫らんやう

▼ つた栗毛~ (3, 0.0%)

1 の三歳, の光沢, の轡

▼ つた校長~ (3, 0.0%)

2 が役場 1 は遂に

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の二重箱, の箱, の葉

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 にハネ, のやう, を覗い

▼ つた梅雨~ (3, 0.0%)

1 が上る, の日, は梅雨

▼ つた森田武彦君~ (3, 0.0%)

3 といふ人

▼ つた椎の木~ (3, 0.0%)

1 が一本斜, の大枝, の巨木

▼ つた楊柳~ (3, 0.0%)

2 の間 1 の枝

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 のかげ, の側, の枝

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 く小柄 1 く素直

▼ つた概念~ (3, 0.0%)

1 でそれ, のある, を打ち

▼ つた構造~ (3, 0.0%)

1 といつたら, など前代庶民住宅, をなし

▼ つた模様~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 で色々

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 になつ, の方, 長い行燈

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 がきた, を着る, を見

▼ つた次手~ (3, 0.0%)

1 に, にこの, に茶の間

▼ つた歌詞~ (3, 0.0%)

1 が東儀氏, となつ, を伝え

▼ つた正文~ (3, 0.0%)

1 がこんなに, の声音, は玄関

▼ つた此處~ (3, 0.0%)

1 で釣るなら釣れない, には春枝夫人, へ伴

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 が牙, もぼんやり, を出し

▼ つた死んだ~ (3, 0.0%)

1 主人の, 姉の, 赤ん坊の

▼ つた殆ど~ (3, 0.0%)

1 佛畫に, 全部の, 無表情に

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 りが, りで大小二三十, る一人

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 にいくら, になる, は慚愧

▼ つた気味~ (3, 0.0%)

1 あひ, がある, のわるい

▼ つた水の上~ (3, 0.0%)

1 に人間, に眼, を船

▼ つた水色~ (3, 0.0%)

1 の天, の着物, の絹べり

▼ つた汽船~ (3, 0.0%)

1 のため, の長, はずん

▼ つた法律~ (3, 0.0%)

2 の網 1 に對

▼ つた泣き~ (3, 0.0%)

1 方で, 方とは, 方にな

▼ つた洋傘~ (3, 0.0%)

2 の柄 1 の総

▼ つた深淵~ (3, 0.0%)

1 の空, へ又, へ貴君

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 の心 1 の父

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 のうへは遠く, の向う, を包ん

▼ つた満月~ (3, 0.0%)

1 の夜, の色, らしかつ

▼ つた滑らか~ (3, 0.0%)

1 でさつ, な打ち方, な調子

▼ つた演劇~ (3, 0.0%)

1 があつ, のアマチュア, の部門

▼ つた澄んだ~ (3, 0.0%)

2 液に 1 濾液に

▼ つた澄太君~ (3, 0.0%)

1 なかなか戻つ, に申訳, はや

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 土を, 握飯は, 鰯五尾で

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 が又, の高い, は今朝

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 いさんが 1 のゐる

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 假名文字を, 月見に, 爪で

▼ つた片腕~ (3, 0.0%)

1 をふところ, を出された, を胸

▼ つた物質~ (3, 0.0%)

2 を水 1 にはまだ

▼ つた物音~ (3, 0.0%)

3 があつ

▼ つた特に~ (3, 0.0%)

2 拙い漢字 1 社會下層の

▼ つた特殊~ (3, 0.0%)

1 な存在, の環境, の詩語

▼ つた特質~ (3, 0.0%)

2 をもつ 1 のはつきり

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 である, で前庭, をも現

▼ つた狂人~ (3, 0.0%)

1 ですから, といふもの, を見

▼ つた狭い~ (3, 0.0%)

1 庭の, 思想なぞは, 道路で

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 のいろいろ 1 の皮算用

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 に出処, や其の, を確

▼ つた獲物~ (3, 0.0%)

1 が逃げない, もどれ, を漁る

▼ つた玉子~ (3, 0.0%)

1 のやう, は皆, を大事

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 はれでありますが, はれを, 政府と

▼ つた現し~ (3, 0.0%)

3 身をも

▼ つた現在~ (3, 0.0%)

1 では思ひ出す, の私, はその

▼ つた甘い~ (3, 0.0%)

1 朝の, 気持に, 牛乳と

▼ つた田舍~ (3, 0.0%)

1 で私, の氣, の百姓家

▼ つた町人~ (3, 0.0%)

1 でした, には珍, らしい卑屈

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 國人たちに, 族の, 樣な

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の隅々

▼ つた痕跡~ (3, 0.0%)

1 がある, と見るべき, はある

▼ つた痩せた~ (3, 0.0%)

1 子かい, 柱や, 肩です

▼ つた白粉~ (3, 0.0%)

2 で皮膚 1 の頤

▼ つた百合子~ (3, 0.0%)

1 が素早く, の話, は難なく

▼ つた百姓達~ (3, 0.0%)

1 はそれ, はどんな, は今

▼ つた盆地~ (3, 0.0%)

1 がその, の一隅, の端

▼ つた相談~ (3, 0.0%)

1 にも与, はあの, をおれ

▼ つた看護婦~ (3, 0.0%)

1 だから, の手, は何

▼ つた真夜中~ (3, 0.0%)

2 にどこ 1 の水

▼ つた真珠~ (3, 0.0%)

1 のやう, のカンザシ, の釦

▼ つた知合~ (3, 0.0%)

2 の誰彼 1 ひからお

▼ つた知識~ (3, 0.0%)

1 は毛頭, をもと, を詠んだ

▼ つた短刀~ (3, 0.0%)

1 をわざと, を力一杯, を持つ

▼ つた短篇~ (3, 0.0%)

1 がつい, が五つ, である

▼ つた石油~ (3, 0.0%)

1 もなくならう, も乏しい, を器

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 だと, に何, を云

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 がある, の外, を代表

▼ つた祖父~ (3, 0.0%)

2 の叔母 1 も赤ん坊

▼ つた神様~ (3, 0.0%)

1 が醜い, に済みません, の間違

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 にあの, を貰つた, を貰つたのさ

▼ つた秀吉~ (3, 0.0%)

1 あゝ左様, と反, に切支丹

▼ つた私たち~ (3, 0.0%)

1 とちやう, の自動車, よりも背

▼ つた私一個~ (3, 0.0%)

3 の事情

▼ つた秋田~ (3, 0.0%)

2 の方 1 は凡

▼ つた秋空~ (3, 0.0%)

1 にはしらせ, に赤, の下

▼ つた秋草~ (3, 0.0%)

1 に杖, の葉, を霜

▼ つた種族~ (3, 0.0%)

1 が最初分, で幾多, はあるまい

▼ つた空地~ (3, 0.0%)

1 にたくさん, には一杯, の枯草

▼ つた竹藪~ (3, 0.0%)

1 などはもうなかつた, のあちこち, の家

▼ つた竿~ (3, 0.0%)

1 だけに溺死, の先, をしつかり

▼ つた筈ぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ つた箇所~ (3, 0.0%)

1 が少く, の出, を見

▼ つた箪笥~ (3, 0.0%)

2 に蔵 1 の上

▼ つた籾山~ (3, 0.0%)

3 半三郎さん

▼ つた粗末~ (3, 0.0%)

1 な, な一下宿屋, な木版

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の菱餅

▼ つた精神~ (3, 0.0%)

1 と生活, について行つて, の相貌

▼ つた紀昌~ (3, 0.0%)

1 が珍しく, の心, は或

▼ つた約束~ (3, 0.0%)

1 もこの, を守, を忘れず

▼ つた紙入~ (3, 0.0%)

1 といふの, には恐ろしく, の中

▼ つた組織~ (3, 0.0%)

1 の維持, を成し, を成す

▼ つた経路~ (3, 0.0%)

1 ならその, をさまざま, を辿り続ける

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 が眞直, のやう, は斷末魔

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 のマントオ, の沓下, を劍

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の男羽織, の紋付, をくひ破つ

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 にし, の目, は飛ん

▼ つた綺麗~ (3, 0.0%)

1 な女, な風, な首

▼ つた緊張~ (3, 0.0%)

1 した気分, した面もち, だつた

▼ つた緑平老~ (3, 0.0%)

1 からのたより, の諒解, はいつも

▼ つた緑色~ (3, 0.0%)

1 のつもり, の岸, の羅紗

▼ つた縁側~ (3, 0.0%)

1 で裸體, とその, の粗い

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の群, は脇, は遠い

▼ つた群衆~ (3, 0.0%)

2 の中 1 を写し取る

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 は中位, を拾つて, を拾ひま

▼ つた羽織~ (3, 0.0%)

2 の紐 1 を着

▼ つた者たち~ (3, 0.0%)

1 と大勢, のこと, の行動

▼ つた聽衆~ (3, 0.0%)

1 との間, も今, を睨み

▼ つた肉體~ (3, 0.0%)

1 が原因, をもつ, を牢屋

▼ つた股引~ (3, 0.0%)

1 が股, ばかり我が, へそれでも

▼ つた背広~ (3, 0.0%)

1 の腿, をきちんと, を着た

▼ つた脚本~ (3, 0.0%)

1 は三つ, を上演禁止, を書きたい

▼ つた自信~ (3, 0.0%)

1 がふくまれ, のある語り, の言葉

▼ つた自己~ (3, 0.0%)

1 の本体, の透き徹つた形相, を最早

▼ つた自由~ (3, 0.0%)

1 な分裂, な観客席, の壓力

▼ つた舞台~ (3, 0.0%)

1 が出, も桟敷, を見せよう

▼ つた色男~ (3, 0.0%)

1 がよ, だな, には思ひき

▼ つた花壇~ (3, 0.0%)

2 の中 1 が庭

▼ つた芸能~ (3, 0.0%)

1 との交, の基礎的事実, を演じなけれ

▼ つた苦心~ (3, 0.0%)

1 とを併せ, にどんなに, を話し

▼ つた苦痛~ (3, 0.0%)

2 に襲 1 を脱し

▼ つた茄子~ (3, 0.0%)

2 をもぐ 1 へ振り掛けた

▼ つた茅葺勝~ (3, 0.0%)

3 の家並

▼ つた茶室~ (3, 0.0%)

1 があつ, がそこ, のこと

▼ つた草原~ (3, 0.0%)

1 の中, を一散, を下

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の名状, を下し, を船

▼ つた荷車~ (3, 0.0%)

1 と人夫, に載せられ, や人足

▼ つた蒲團~ (3, 0.0%)

1 と温か, の上, へ手

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 からませたる, が出来た, が白い

▼ つた薄い~ (3, 0.0%)

2 雲が 1 耳を

▼ つた薔薇~ (3, 0.0%)

2 の花 1 の一束

▼ つた藝者~ (3, 0.0%)

1 が何, だ, は長唄

▼ つた藝術家~ (3, 0.0%)

1 があり, といふもの, の生活

▼ つた藤村~ (3, 0.0%)

1 の, の云, の晴々

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 なんぞ倦怠くつ, に砒石, に違

▼ つた蜜蝋~ (3, 0.0%)

1 の家, の層, の量

▼ つた血脈~ (3, 0.0%)

2 が両足 1 を持つ

▼ つた行乞~ (3, 0.0%)

1 したくないよりも, の意義, は否応なしに

▼ つた行為~ (3, 0.0%)

1 であるといふ, には驚異, を認め

▼ つた街道~ (3, 0.0%)

1 の路幅一杯, を埃, を裸身

▼ つた衣類~ (3, 0.0%)

1 でもその, のみを用, の上

▼ つた被布~ (3, 0.0%)

3 を着る

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 を穿い 1 など穿き

▼ つた袷羽織~ (3, 0.0%)

1 のなめらか, をも重ね, を著

▼ つた褐色~ (3, 0.0%)

1 の牧師, の犬, の花粉

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 を合せ 1 をこの

▼ つた西洋人~ (3, 0.0%)

1 の女, の比喩, の理解

▼ つた見すぼらしい~ (3, 0.0%)

2 小路 1 ものである

▼ つた見事~ (3, 0.0%)

1 な和蘭時計, な大きな, な歌

▼ つた親爺~ (3, 0.0%)

1 かい好く, とそれ, にしろ

▼ つた記念~ (3, 0.0%)

1 である, の惱, の老松

▼ つた詞句~ (3, 0.0%)

1 があつ, をつける, を生かし

▼ つた試し~ (3, 0.0%)

2 がない 1 はめつたに

▼ つた説明~ (3, 0.0%)

1 で現実, をつけた, をも導く

▼ つた證據ぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やございません, やない

▼ つた讃美歌~ (3, 0.0%)

1 の一くさり, を小, を小声

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 な帽子, な顏, りもの

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 あひ, の下, はムツ

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 がある, の色, を力

▼ つた貧しい~ (3, 0.0%)

1 女である, 料理を, 生活の

▼ つた賑やか~ (3, 0.0%)

1 なコーラス, な様子, な洗礼祝ひ

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 つ毛, の御飯, や青

▼ つた赤ら顔~ (3, 0.0%)

1 と禿頭, の男, を出し

▼ つた趣き~ (3, 0.0%)

1 です, に解い, を此處

▼ つた足元~ (3, 0.0%)

1 の土, はふら, 御用心

▼ つた足音~ (3, 0.0%)

1 がした, はこの, をドシン

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 では今更どう, を堂助, を投げ出し

▼ つた軍人~ (3, 0.0%)

1 じや, であつ, や法律家たち

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 い反感, い態度, い音

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 から東, で三国屋, で指

▼ つた近来~ (3, 0.0%)

1 にない, にないうまい, にない楽しい

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 語序も, 輸入で, 鉾が

▼ つた途方~ (3, 0.0%)

1 もな, もない, も無い

▼ つた通り上等~ (3, 0.0%)

3 の運

▼ つた通り私~ (3, 0.0%)

1 が劇場側, の十歳, の知

▼ つた過程~ (3, 0.0%)

1 のうち, を含んだ, を見逃す

▼ つた道臣~ (3, 0.0%)

1 の袴, はポン, は燗冷まし

▼ つた遠慮~ (3, 0.0%)

1 であわて, と性來, のない

▼ つた郵便物~ (3, 0.0%)

1 が屆, の中, の區分

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 つたこと, つぱらつて, に乗じ

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 の娘たち

▼ つた里子~ (3, 0.0%)

1 が階下, の今夜, の言葉

▼ つた金属~ (3, 0.0%)

1 だ, の管, は銀

▼ つた鈴木~ (3, 0.0%)

2 との交遊 1 のお客

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 のついた, のやう, の格子

▼ つた銀杏返し~ (3, 0.0%)

2 に結つて 1 に結つた女

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 はもとより 1 で洋行

▼ つた錢形平次~ (3, 0.0%)

1 が一番先, でした, と八五郎

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 で少し, と手桶, を頭

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 と釘, の手, をガツチリ

▼ つた長歌~ (3, 0.0%)

1 がある, には沢山, の反歌

▼ つた階下~ (3, 0.0%)

2 の一室 1 に一個

▼ つた隣家~ (3, 0.0%)

1 がはつきり, とは後備陸軍, の屋根

▼ つた雜誌~ (3, 0.0%)

1 に關, をひろげ, を店

▼ つた離屋~ (3, 0.0%)

1 で死ん, の中, の二階

▼ つた離魂病~ (3, 0.0%)

3 なども日

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 かしい本, 有か, 有さに

▼ つた雨戸~ (3, 0.0%)

1 をこし, を漏れ, を開けさせ

▼ つた雰囲気~ (3, 0.0%)

1 に居る, のなか, の中

▼ つた電話~ (3, 0.0%)

1 による, のかけ, は雇人

▼ つた電車~ (3, 0.0%)

1 が京橋, が走, はこ

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 があの 1 の法悦

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 が風, のふかい, のやう

▼ つた静子~ (3, 0.0%)

1 が用, の心, は立ち乍ら母

▼ つた靜子~ (3, 0.0%)

1 が用, の心, は立ち乍ら母

▼ つた~ (3, 0.0%)

3 を曳い

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 とのあ, を撫で, 冴えない顔色

▼ つた頭脳~ (3, 0.0%)

1 の短い, を, を苦苦しく

▼ つた題目~ (3, 0.0%)

1 でありながら, であります, ばかり流行つて

▼ つた顏立~ (3, 0.0%)

1 がまだ, でその, で恐らく

▼ つた顔容~ (3, 0.0%)

1 である, で二十二, の奴

▼ つた風俗~ (3, 0.0%)

1 ですが, と思はれる, のあつ

▼ つた風流~ (3, 0.0%)

1 と結びつく, な愛, の旧

▼ つた食物~ (3, 0.0%)

1 なども拵, を持つ, を食

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 ひ娘 1 ひの

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の殘, は二度と, を舌

▼ つた饅頭~ (3, 0.0%)

1 のやう, を持つ, を父

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 だけは自意識, にかけた, や手

▼ つた駒下駄~ (3, 0.0%)

1 の音, を履い, を履いた

▼ つた駕籠~ (3, 0.0%)

1 が嫁入り, の中, の足

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 もなかつた, もなく, も絶無

▼ つた骨董~ (3, 0.0%)

2 が宅 1 は一切銀次

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 が, が水, が群つて

▼ つた~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 と鶏

▼ つた鵜舟~ (3, 0.0%)

1 が下る, ではなく, は一夜

▼ つた鹿~ (3, 0.0%)

1 が竿立ち, はびつくり, は首

▼ つた麥畑~ (3, 0.0%)

1 の中, を知らない, を過ぎ

▼ つた~ (3, 0.0%)

1 の地, の皮, はただ

▼ つた黄金~ (3, 0.0%)

1 の延金百八十一枚, の指環, も隣近所

▼ つた黒木~ (3, 0.0%)

2 の山 1 の森

▼ つた鼻筋~ (3, 0.0%)

1 とよく, もこれ, も反り加減

▼ つたあお~ (2, 0.0%)

1 めえ, 米の

▼ つたあかつき~ (2, 0.0%)

1 にはヤグラ岳, には私

▼ つたあたし~ (2, 0.0%)

1 といふ子供, 悲しくなる

▼ つたあつし~ (2, 0.0%)

1 が驅, でせう

▼ つたいくつ~ (2, 0.0%)

1 かの思想, かの話

▼ つたいは~ (2, 0.0%)

1 ば全く, ば墓穴

▼ つたいひ~ (2, 0.0%)

2 かへる

▼ つたいま~ (2, 0.0%)

1 あさういふ, の女房

▼ つたいま街~ (2, 0.0%)

2 の灯

▼ つたうつくし~ (2, 0.0%)

2 さと

▼ つたうる~ (2, 0.0%)

1 し, しが真っ赤

▼ つたえらい~ (2, 0.0%)

1 もう用, 聖者さまがを

▼ つたおかみ~ (2, 0.0%)

1 が轉, が顫

▼ つたおきよ~ (2, 0.0%)

1 はとり残され, やおとし

▼ つたおそろしく~ (2, 0.0%)

1 旧式な, 沢山の

▼ つたおだやか~ (2, 0.0%)

1 なを, な夕

▼ つたおちつい~ (2, 0.0%)

1 てうれし, て澄ん

▼ つたおと~ (2, 0.0%)

1 で, なりへお寺

▼ つたおま~ (2, 0.0%)

1 への耳, への胴中

▼ つたおまけ~ (2, 0.0%)

1 にお, にボクチン

▼ つたおむすび~ (2, 0.0%)

1 の小さい, を二つ

▼ つたおれ~ (2, 0.0%)

1 が, は四十

▼ つたお婆さん~ (2, 0.0%)

1 なの, に至る

▼ つたお婆さん連中~ (2, 0.0%)

1 が申す, なの

▼ つたお宮~ (2, 0.0%)

1 があつ, の境内

▼ つたお母さんの~ (2, 0.0%)

1 かはり, である

▼ つたお爺さん~ (2, 0.0%)

1 があつ, がその

▼ つたお腹~ (2, 0.0%)

2 を突き出し

▼ つたお陰~ (2, 0.0%)

1 でからだ, でやうやう

▼ つたかげ~ (2, 0.0%)

1 で汗ふく, に

▼ つたかしらと~ (2, 0.0%)

1 思つてそれを, 暫く戸迷

▼ つたかす~ (2, 0.0%)

2 つかり忘れて

▼ つたかつて~ (2, 0.0%)

1 きつと, 心配し

▼ つたからす~ (2, 0.0%)

2 ぐにいらつしやいつて

▼ つたからといふ~ (2, 0.0%)

1 のも, 伝説が

▼ つたからに~ (2, 0.0%)

1 かずま, 他ならない

▼ つたからね~ (2, 0.0%)

1 これからは, ハハハほんと

▼ つたからばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく先生, では

▼ つたがか~ (2, 0.0%)

1 けちが, ぶつた

▼ つたがけ~ (2, 0.0%)

2 ふは

▼ つたがねえ~ (2, 0.0%)

1 わしも, 毎晩一時つて云は

▼ つたきつ~ (2, 0.0%)

1 かけは, と純

▼ つたきつい~ (2, 0.0%)

1 聲で, 顏で

▼ つたきのこ~ (2, 0.0%)

1 にはやがて, の話

▼ つたきりあと~ (2, 0.0%)

1 の言葉, は今朝

▼ つたきりやう~ (2, 0.0%)

1 ですよ, で母親

▼ つたきり一~ (2, 0.0%)

2 と足

▼ つたきり何~ (2, 0.0%)

1 もいはない, も食はん

▼ つたきり何もかも~ (2, 0.0%)

2 無くな

▼ つたきり俺~ (2, 0.0%)

2 には何とも

▼ つたきり石~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ つたきり顔~ (2, 0.0%)

1 をだす, を見合せ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 なつて, 成つてな

▼ つたくらい~ (2, 0.0%)

1 だ, では

▼ つたくれ~ (2, 0.0%)

1 てやつ, なゐ

▼ つたぐつすり~ (2, 0.0%)

1 寝て, 眠れた

▼ つたけさ~ (2, 0.0%)

1 は早, 思ひだしても

▼ つたけは~ (2, 0.0%)

2 ひも見せない

▼ つたこけつ~ (2, 0.0%)

1 まろびつで, まろびつ向

▼ つたことし~ (2, 0.0%)

1 は冬, は菜葉

▼ つたことアレほんと~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ つたこと位~ (2, 0.0%)

1 で殆, ひは

▼ つたこれ以上~ (2, 0.0%)

1 の幸福, は入用

▼ つたこん~ (2, 0.0%)

1 で無え, やの宿

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 むまりのやうに固く, 相談が

▼ つたさすが~ (2, 0.0%)

1 に井上さん, に養鶏場

▼ つたさだ子~ (2, 0.0%)

1 のため, を育て

▼ つたさて~ (2, 0.0%)

1 この次, 話を

▼ つたしかも~ (2, 0.0%)

1 なでしこの, なにかしら

▼ つたしばらく~ (2, 0.0%)

1 歩行い, 絶煙する

▼ つたしも~ (2, 0.0%)

2 たや

▼ つたしわがれ~ (2, 0.0%)

1 声が, 声の

▼ つたしんみり~ (2, 0.0%)

1 したわかれだつた, した調子

▼ つたじつ~ (2, 0.0%)

1 さい腹の, さい近頃は

▼ つたすまない~ (2, 0.0%)

1 と思, と思ふ

▼ つたすみません~ (2, 0.0%)

1 でした, でしたあしからず

▼ つたすゑ~ (2, 0.0%)

1 にやつ, はむざんに溷濁

▼ つたずつと~ (2, 0.0%)

1 あとも, 奥の

▼ つたそこら~ (2, 0.0%)

1 の土, の立樹

▼ つたそしてまた~ (2, 0.0%)

1 一洵君が, 出かけて

▼ つたその間~ (2, 0.0%)

1 に特長的, に黄檗

▼ つたそれからまた~ (2, 0.0%)

1 一里神崎橋を, 祇園祭の

▼ つたそれに~ (2, 0.0%)

2 私は

▼ つたぞと~ (2, 0.0%)

1 私は, 野村は

▼ つたただ~ (2, 0.0%)

1 の鼓, 一つの

▼ つたたと~ (2, 0.0%)

1 へそれ, へ桶風呂

▼ つたたとへば~ (2, 0.0%)

1 私の, 食べすぎた

▼ つただけが~ (2, 0.0%)

1 儲けだ, 尚更に負担

▼ つただの~ (2, 0.0%)

1 コンドゥラート神父の, リディナとかいふ

▼ つたちやう~ (2, 0.0%)

1 どいい, どそこ

▼ つたちよい~ (2, 0.0%)

1 と好い, と踏めない

▼ つたつい~ (2, 0.0%)

1 此間, 鼻の

▼ つたつけア腰ア~ (2, 0.0%)

2 痛くて

▼ つたつていふ~ (2, 0.0%)

1 あの頃, のさ

▼ つたつておんなじ~ (2, 0.0%)

1 だね, ですよ

▼ つたつてこと~ (2, 0.0%)

1 だよ, になる

▼ つたつてそり~ (2, 0.0%)

2 や駄目

▼ つたつて今度~ (2, 0.0%)

1 こそは敗けない, は何と

▼ つたつて何~ (2, 0.0%)

1 にもなりません, の徳

▼ つたつて俺~ (2, 0.0%)

1 が見つけた, は嫌

▼ つたつて先生~ (2, 0.0%)

1 が居なくつ, にや解らねえだらう

▼ つたつて地上~ (2, 0.0%)

1 へ落ちる, へ降り

▼ つたつて大丈夫~ (2, 0.0%)

1 だ, よとても

▼ つたつて奈何~ (2, 0.0%)

2 なるもん

▼ つたつて平気~ (2, 0.0%)

1 だにそんな, よ

▼ つたつて無駄~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ つたつて知~ (2, 0.0%)

1 つてつ, つてるもの

▼ つたつて言つて~ (2, 0.0%)

2 たよ

▼ つたつれ~ (2, 0.0%)

1 あひ, あひです

▼ つたてえ~ (2, 0.0%)

1 から心配, ことで

▼ つたでが~ (2, 0.0%)

1 すア, せうみんな夕餉

▼ つたでし~ (2, 0.0%)

2

▼ つたといふぜ~ (2, 0.0%)

1 それは, 女は

▼ つたといふほどの~ (2, 0.0%)

1 人である, 意味である

▼ つたとうとう~ (2, 0.0%)

1 傘の, 泊つたしかし

▼ つたとおつ~ (2, 0.0%)

2 しやる

▼ つたとおり~ (2, 0.0%)

1 のこと, を言う

▼ つたとかいう~ (2, 0.0%)

1 噂を, 大まかな

▼ つたときそこ~ (2, 0.0%)

1 から殆ど廃墟, は精神病院

▼ つたときそれ~ (2, 0.0%)

1 に連名, は四月

▼ つたときやつ~ (2, 0.0%)

1 と仕事, と其処

▼ つたとき不思議~ (2, 0.0%)

1 な, なこと

▼ つたとき何ん~ (2, 0.0%)

1 か言, だか

▼ つたとき俺~ (2, 0.0%)

1 は実に, よりも少し

▼ つたとき夫人~ (2, 0.0%)

1 の曇つて, は思ひ出した

▼ つたとき女~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, は祈る

▼ つたとき笑~ (2, 0.0%)

2 ふ男

▼ つたとき自分~ (2, 0.0%)

1 が病身, はどうにか

▼ つたとき青年~ (2, 0.0%)

1 の意識, は再び

▼ つたところそれ~ (2, 0.0%)

1 は自分, を傳

▼ つたところぢ~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ つたところ矢~ (2, 0.0%)

2 張りおせい

▼ つたとさ~ (2, 0.0%)

2 己らあ

▼ つたとしては~ (2, 0.0%)

1 大出来, 少しうま

▼ つたとては~ (2, 0.0%)

2 喝采し

▼ つたとな~ (2, 0.0%)

2 つてゐる

▼ つたとにかく~ (2, 0.0%)

1 事こ, 練れた人

▼ つたとやら~ (2, 0.0%)

1 で少し, で魚田楽

▼ つたどうも~ (2, 0.0%)

1 これは, 私は

▼ つたどころか~ (2, 0.0%)

1 却つて御, 名を

▼ つたどちら~ (2, 0.0%)

1 かといふ, かといへ

▼ つたども~ (2, 0.0%)

2 せえ

▼ つたどれ~ (2, 0.0%)

1 も面白い, 出かけよう

▼ つたどれ一眠り~ (2, 0.0%)

2 などと全く

▼ つたどんな~ (2, 0.0%)

1 具合に, 梨とも

▼ つたどんなに~ (2, 0.0%)

1 内地化した, 惜しんでも

▼ つたなさけない~ (2, 0.0%)

1 事實を, 宿なし

▼ つたなつかし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ つたなと~ (2, 0.0%)

1 唱歌の, 感じましたから

▼ つたなどとは~ (2, 0.0%)

1 無論まだ知る, 考へて

▼ つたなりを~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つたなん~ (2, 0.0%)

1 です, でも逃げ出した

▼ つたなんか~ (2, 0.0%)

2 言つ

▼ つたにと~ (2, 0.0%)

1 云つたのである, 今更悔ん

▼ つたによ~ (2, 0.0%)

1 つて, つてあはれや

▼ つたのでは~ (2, 0.0%)

2 ツと

▼ つたのでを~ (2, 0.0%)

1 ぢいさん, ぢさんは

▼ つたはだし~ (2, 0.0%)

1 であるいて, で濡れるなら濡れ

▼ つたはなし~ (2, 0.0%)

1 を厭つて, を随分

▼ つたはらず~ (2, 0.0%)

1 文学に, 文學に

▼ つたはる~ (2, 0.0%)

1 ことを, のでなほいつ

▼ つたばかりか~ (2, 0.0%)

1 所謂我々の, 蒹葭堂コレクシヨンさへ

▼ つたふこ~ (2, 0.0%)

1 け水, とは案内者

▼ つたふと~ (2, 0.0%)

1 眼の, 眼覚める

▼ つたふる~ (2, 0.0%)

1 ばかりにて, 幽かなる

▼ つたぶり~ (2, 0.0%)

1 が一生, ですから

▼ つたへられ~ (2, 0.0%)

1 てから決行, てゐた

▼ つたへん~ (2, 0.0%)

1 ともも, に大きな

▼ つたほう~ (2, 0.0%)

1 がいつ, で八畳

▼ つたほこり~ (2, 0.0%)

1 は赤黄ろ, をぬぐつ

▼ つたぼく~ (2, 0.0%)

1 だから, は塗料

▼ つたまあ~ (2, 0.0%)

1 そのやう, 二里位といふ

▼ つたまさしく~ (2, 0.0%)

1 凩だ, 天神樣の

▼ つたまでは~ (2, 0.0%)

1 宜かつ, 覚えて

▼ つたまま下~ (2, 0.0%)

1 を向い, を向いた

▼ つたまま眼~ (2, 0.0%)

1 はお, を白黒

▼ つたまま私~ (2, 0.0%)

1 には結論, は暫く

▼ つたまま突~ (2, 0.0%)

2 つ立つて

▼ つたまま自分~ (2, 0.0%)

1 の膝, の部屋

▼ つたまま頭~ (2, 0.0%)

1 を低く, を横

▼ つたみじめさ~ (2, 0.0%)

1 はこほろぎがなく, をこうろ

▼ つたみつ子~ (2, 0.0%)

1 はその, は室

▼ つたむかし~ (2, 0.0%)

1 の所謂, の角釘

▼ つたむろん~ (2, 0.0%)

1 よい友, 銭は

▼ つたもつとも~ (2, 0.0%)

1 そのま, 熊本では

▼ つたものぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やよ

▼ つたもの今~ (2, 0.0%)

1 の西洋, はもう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 うだつた, うに網が

▼ つたやつら~ (2, 0.0%)

1 で時めい, の魂

▼ つたやはり~ (2, 0.0%)

1 或冬, 青銅の

▼ つたゆる~ (2, 0.0%)

1 とも覚えず, とも覺

▼ つたようじ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ つたようだつた~ (2, 0.0%)

1 がさすが, がすぐ

▼ つたよく~ (2, 0.0%)

1 そのあたり, ねむれた

▼ つたよりずつと~ (2, 0.0%)

2 近く峠に

▼ つたよろしい~ (2, 0.0%)

1 これだ, 歩くこと

▼ つたらし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ つたらそれ~ (2, 0.0%)

1 こそ大変, は集合

▼ つたりくねつ~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ つたるい匂~ (2, 0.0%)

1 ひを, をある

▼ つたるい話~ (2, 0.0%)

1 をしよう, を續

▼ つたわあ~ (2, 0.0%)

1 い, といつて笑ひつけた

▼ つたわたくし~ (2, 0.0%)

1 の出来ごころ, の家

▼ つたわと~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, 可笑しがり

▼ つたアナクロニズム~ (2, 0.0%)

1 をやつ, を感じる

▼ つたアレ~ (2, 0.0%)

1 を貴君方, を貴男方

▼ つたウヰスキー~ (2, 0.0%)

1 か知ら, を飲まず

▼ つたエリザ~ (2, 0.0%)

1 のよろめき歩く, はふと

▼ つたオカミさん~ (2, 0.0%)

1 がゐ, 時々やつ

▼ つたカテリーナ~ (2, 0.0%)

1 の耳許, は哥薩克たち

▼ つたカフエ~ (2, 0.0%)

1 などで酒, などと云

▼ つたゲエテ~ (2, 0.0%)

1 が原文, のやう

▼ つたコート~ (2, 0.0%)

1 の古, をめし

▼ つたゴリキイ~ (2, 0.0%)

1 にはお, は自慢

▼ つたザクザク~ (2, 0.0%)

2 の雪

▼ つたザポロージェ人~ (2, 0.0%)

1 が答, の一行

▼ つたシャリアピン~ (2, 0.0%)

1 の人間的, は

▼ つたシヤツ~ (2, 0.0%)

1 がほしく, を着

▼ つたソフト~ (2, 0.0%)

1 の下, を選び

▼ つたタクシイ~ (2, 0.0%)

1 が走り出す, の窓越し

▼ つたタンク~ (2, 0.0%)

1 が附い, や轉轍臺

▼ つたテルヨ~ (2, 0.0%)

1 が緋縮緬, の言葉

▼ つたテレヴィ~ (2, 0.0%)

1 で御, によつて大体

▼ つたトウルゲネフ~ (2, 0.0%)

1 の前, は突然

▼ つたトマト~ (2, 0.0%)

1 ちぎつて, と胡瓜

▼ つたトランク~ (2, 0.0%)

1 を一つ, を払

▼ つたナイフ~ (2, 0.0%)

1 の尖端, を身構

▼ つたノート~ (2, 0.0%)

1 の一, を受け継い

▼ つたハイカラ~ (2, 0.0%)

1 が是認, の三階

▼ つたバツト~ (2, 0.0%)

1 のうま, をふかし

▼ つたパーシユーズ~ (2, 0.0%)

1 は四つ, は国王

▼ つたビラ~ (2, 0.0%)

1 の板, を一枚一枚ふつ

▼ つたブランコ~ (2, 0.0%)

1 は巨大, は悪魔

▼ つたホテル~ (2, 0.0%)

1 の露台, はひとつ

▼ つたホール~ (2, 0.0%)

1 の女達, も気持

▼ つたボオト~ (2, 0.0%)

1 が沢山, が滑らか

▼ つたボタン~ (2, 0.0%)

2

▼ つたマグダーレン~ (2, 0.0%)

1 に似た, の女

▼ つたマリマリ先生~ (2, 0.0%)

1 といふ洋画家, はたしかにかなり

▼ つたミツキイ~ (2, 0.0%)

1 がタオル, の横顔

▼ つたミツシヱル~ (2, 0.0%)

1 の姿, も青年

▼ つたモウ五十~ (2, 0.0%)

1 近い気丈, 近い氣丈

▼ つたモナカ~ (2, 0.0%)

1 なら甘い, もおい

▼ つたモリエエル~ (2, 0.0%)

1 が瞥見, を慰める

▼ つたラジオ~ (2, 0.0%)

1 で外国人, は静岡

▼ つたリルケ~ (2, 0.0%)

1 はアシジ, は漸く

▼ つたルウズヴエルト氏~ (2, 0.0%)

1 の写真, の顔

▼ つたルネサンス式~ (2, 0.0%)

1 の図案様式, の建築

▼ つたロオヴ~ (2, 0.0%)

2 はグラン・ブル

▼ つたローランド~ (2, 0.0%)

1 は紫, への愛情

▼ つた一とつ~ (2, 0.0%)

1 の動機, の物

▼ つた一刀~ (2, 0.0%)

1 の激しい, は毒蛇

▼ つた一升~ (2, 0.0%)

1 の酒, 借りて

▼ つた一句~ (2, 0.0%)

1 のそれ, もない

▼ つた一團~ (2, 0.0%)

1 の可愛, の水兵

▼ つた一夜~ (2, 0.0%)

1 といふ風, のこと

▼ つた一寸~ (2, 0.0%)

1 ばかりの子, 好い男

▼ つた一少女~ (2, 0.0%)

1 とは見, と共通

▼ つた一層~ (2, 0.0%)

1 哀しかつ, 壓倒された

▼ つた一抹~ (2, 0.0%)

1 の寂し, の白い

▼ つた一日一夜~ (2, 0.0%)

2 を通してすず子

▼ つた一旦~ (2, 0.0%)

1 からんだもの, 逃げ出して

▼ つた一株~ (2, 0.0%)

2 の松

▼ つた一番番頭~ (2, 0.0%)

1 の利八郎, の口入れ

▼ つた一疋~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, はたびたびもう

▼ つた一瞥~ (2, 0.0%)

1 をくらつて矢庭, を與

▼ つた一瞬~ (2, 0.0%)

1 に産み落した, のひらめきで

▼ つた一節~ (2, 0.0%)

1 である, を蘭軒

▼ つた一茶~ (2, 0.0%)

1 の藝術, も顔色

▼ つた一行~ (2, 0.0%)

1 の通り過ぎ, は上石橋子

▼ つた一見~ (2, 0.0%)

1 どこやらの, 場末の

▼ つた一軒~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ つた一部分~ (2, 0.0%)

1 でありまして, である

▼ つた一閑張~ (2, 0.0%)

1 の机, の筒

▼ つた丁寧~ (2, 0.0%)

1 な物, な言葉つき

▼ つた丁度~ (2, 0.0%)

1 其時親友の, 裏の

▼ つた七郎~ (2, 0.0%)

1 の瞳, の胸

▼ つた丈我々~ (2, 0.0%)

2 の文明

▼ つた三千兩~ (2, 0.0%)

1 が品川, の小判

▼ つた三味線~ (2, 0.0%)

1 がぶら, が鳴つた

▼ つた三杉~ (2, 0.0%)

1 の次男坊, の次男要之助

▼ つた三次~ (2, 0.0%)

1 から何, とお前

▼ つた三輪~ (2, 0.0%)

2 の萬七

▼ つた三階~ (2, 0.0%)

1 のベッド, の一室

▼ つた上一~ (2, 0.0%)

1 と足先, と通り家

▼ つた上句~ (2, 0.0%)

1 で私, には厄介

▼ つた上流~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ つた上田敏氏~ (2, 0.0%)

1 の未定稿, は子供

▼ つた上眼~ (2, 0.0%)

1 を使, を輝かせました

▼ つた上私~ (2, 0.0%)

1 ともう, にまで丁寧

▼ つた上茣蓙~ (2, 0.0%)

1 に包ん, を丸め

▼ つた上被風~ (2, 0.0%)

2 の濶

▼ つた上野~ (2, 0.0%)

1 と一, の博物館

▼ つた上錢形平次~ (2, 0.0%)

1 の働き, を伴つて

▼ つた下男~ (2, 0.0%)

2 と下女

▼ つた不動樣~ (2, 0.0%)

1 とたつた, の仕業

▼ つた与力~ (2, 0.0%)

1 であつ, の家々

▼ つた世に~ (2, 0.0%)

1 なつて, 不可思議な

▼ つた両側~ (2, 0.0%)

1 の家, の屋根

▼ つた並木~ (2, 0.0%)

1 の葉末, を魔物

▼ つた中二階~ (2, 0.0%)

1 のどん底, の下あたり

▼ つた中学生~ (2, 0.0%)

1 の甥, は一応

▼ つた中根氏~ (2, 0.0%)

1 が私, は

▼ つた中空~ (2, 0.0%)

1 に一羽, は厚

▼ つた主人市十郎~ (2, 0.0%)

1 の身寄り, より十幾つ

▼ つた主人重三郎~ (2, 0.0%)

1 の妹, の筆跡

▼ つた主婦~ (2, 0.0%)

1 のお, を思出

▼ つた久保~ (2, 0.0%)

1 が右手, は屡々

▼ つた久保田君~ (2, 0.0%)

1 は恰も, は見

▼ つた乞食坊主~ (2, 0.0%)

1 が引掻く, でせう

▼ つた乾坤一擲~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 から脂肪, の背

▼ つた了見~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, と云

▼ つた予言者~ (2, 0.0%)

1 たり得る, になつて

▼ つた事々~ (2, 0.0%)

1 の場合, をも誌

▼ つた事それ~ (2, 0.0%)

1 は私, より漂流中

▼ つた事ツ~ (2, 0.0%)

2

▼ つた事業~ (2, 0.0%)

1 のやう, も予想

▼ つた事菊池君~ (2, 0.0%)

2 が盃

▼ つた二人組~ (2, 0.0%)

1 の一人, の泥棒

▼ つた二個~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ つた二匹~ (2, 0.0%)

1 のうはばみ, の鼠

▼ つた二十七八~ (2, 0.0%)

1 の女, の滑らか

▼ つた二十七日~ (2, 0.0%)

1 に祝言, の晩

▼ つた二寸~ (2, 0.0%)

1 あが, ばかりのもの

▼ つた二度目~ (2, 0.0%)

1 の内儀, の恐ろしい

▼ つた二月~ (2, 0.0%)

1 の空, もあつ

▼ つた二条~ (2, 0.0%)

1 の煙り, の鉄軌

▼ つた二枚貝~ (2, 0.0%)

2 である

▼ つた二梃剃刀~ (2, 0.0%)

1 が死骸, は使

▼ つた五人~ (2, 0.0%)

1 だけ奉公人達, の斥候兵

▼ つた五十兩~ (2, 0.0%)

1 に未練, を人

▼ つた五十年配~ (2, 0.0%)

1 の典型的, の屈強

▼ つた五坪位~ (2, 0.0%)

1 の平家, の平屋

▼ つた井出君~ (2, 0.0%)

1 の厚い, は

▼ つた亞尼~ (2, 0.0%)

1 と呼べる, の驚愕

▼ つた亡者~ (2, 0.0%)

1 のやう, を選ん

▼ つた京都大学~ (2, 0.0%)

1 の内田銀蔵博士, の諸

▼ つた人形芝居~ (2, 0.0%)

1 の道具, を独り

▼ つた人格~ (2, 0.0%)

1 が輝い, と芋銭先生

▼ つた人相~ (2, 0.0%)

1 ですから, の惡

▼ つた今にも~ (2, 0.0%)

1 雪でも, 驟雨でも

▼ つた今井病院~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ つた今度~ (2, 0.0%)

1 の家, は若い

▼ つた今日何~ (2, 0.0%)

1 もわたし, を好ん

▼ つた今日此頃~ (2, 0.0%)

1 のこと, の私

▼ つた今晩~ (2, 0.0%)

1 の私, は近来

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ つた仏像~ (2, 0.0%)

1 か木彫仏, の前

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 かたである, 末の

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 助は

▼ つた以上それ~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ つた以上自分~ (2, 0.0%)

1 と言, の用事丈

▼ つた以来~ (2, 0.0%)

1 つひこの, もう一ト月

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 そめの, 白の

▼ つた仲店~ (2, 0.0%)

1 へ出よう, を歩み過ぎた

▼ つた会葬者~ (2, 0.0%)

1 の三人, はぞろぞろ

▼ つた但し~ (2, 0.0%)

1 これは, 南山は

▼ つた位ぢ~ (2, 0.0%)

1 や滅多, や防ぎ

▼ つた住居~ (2, 0.0%)

1 のない, を持たない

▼ つた体系~ (2, 0.0%)

1 の並立, をもち得る

▼ つた体躯~ (2, 0.0%)

1 を椅子, を起し

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ つた佛教~ (2, 0.0%)

1 に法相宗, の高僧

▼ つた作松~ (2, 0.0%)

2 は仲

▼ つた作用~ (2, 0.0%)

1 をする, をなす

▼ つた作風~ (2, 0.0%)

1 はすでに, をよい

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 た何百, の宮神社

▼ つた來迎~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 をも書い, を切り出した

▼ つた便所~ (2, 0.0%)

1 のきたない, の掃除口

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 な感覚, に

▼ つた俘虜~ (2, 0.0%)

1 を又, を殺し

▼ つた信玄~ (2, 0.0%)

1 が利用, の猩々

▼ つた信者達~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を皆んな上役人

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 はありません, を持つ

▼ つた修繕~ (2, 0.0%)

2 を加

▼ つた俳優~ (2, 0.0%)

1 が何十億, が科白

▼ つた俳優たち~ (2, 0.0%)

1 は又, を眺め

▼ つた倉庫~ (2, 0.0%)

1 の一種, は掠奪

▼ つた偉い~ (2, 0.0%)

1 人が, 人の

▼ つた僅か~ (2, 0.0%)

1 の悪魔, の言葉

▼ つた僕等~ (2, 0.0%)

1 からみれ, の顔

▼ つた儘そつ~ (2, 0.0%)

1 と又, と解かれる

▼ つた儘ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, としていつ

▼ つた儘中~ (2, 0.0%)

2 に入

▼ つた儘何時~ (2, 0.0%)

1 でも動かなかつた, になく

▼ つた儘婆~ (2, 0.0%)

2 あさん

▼ つた儘無残~ (2, 0.0%)

2 な紙魚

▼ つた儘首~ (2, 0.0%)

1 を俛, を垂れ

▼ つた優しい~ (2, 0.0%)

1 眸を, 調子で

▼ つた兄嫁~ (2, 0.0%)

1 の惡口, は身體

▼ つた先刻~ (2, 0.0%)

1 の商人, の女の子

▼ つた先妻~ (2, 0.0%)

1 の子, の連れ子

▼ つた先日来~ (2, 0.0%)

1 の不眠症, の身心不調

▼ つた光代~ (2, 0.0%)

1 の方, の選び

▼ つた入口~ (2, 0.0%)

1 から外, の土塀

▼ つた兩手~ (2, 0.0%)

1 の指, を水の上

▼ つた六兵衞~ (2, 0.0%)

1 が掻卷, の茶碗

▼ つた六時~ (2, 0.0%)

2 のサイレン

▼ つた六月~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ つた六軒長屋~ (2, 0.0%)

2 の取

▼ つた兵隊たち~ (2, 0.0%)

1 が入, はま

▼ つた其等~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の者

▼ つた兼家~ (2, 0.0%)

1 すらさ, は急

▼ つた内容偏重論~ (2, 0.0%)

1 が出, を奉ずる

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が頭, つこい

▼ つた円顔~ (2, 0.0%)

1 の色, やに雪子

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 をいただき, をかぶり

▼ つた冒険~ (2, 0.0%)

1 の曙, をする

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 り物, をかぶり

▼ つた冨子~ (2, 0.0%)

1 がたいこ焼, との交渉

▼ つた冬子~ (2, 0.0%)

1 の声, は

▼ つた冷めたい~ (2, 0.0%)

1 声で, 心が

▼ つた冷淡~ (2, 0.0%)

1 でない, な影

▼ つた凡て~ (2, 0.0%)

1 が後, の作物

▼ つた処女~ (2, 0.0%)

1 が天, の真剣さ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 來る, 來合ひ

▼ つた出来~ (2, 0.0%)

1 てもすぐ, で聴衆

▼ つた刄物~ (2, 0.0%)

1 だどれ, の切れ味

▼ つた分別~ (2, 0.0%)

1 も私, も苦労

▼ つた分岐点~ (2, 0.0%)

1 の処, を記念

▼ つた初夏~ (2, 0.0%)

1 の日曜, の雑木

▼ つた別れ~ (2, 0.0%)

1 の歌, の言葉

▼ つた別れる~ (2, 0.0%)

1 のは, 前に

▼ つた利助~ (2, 0.0%)

1 が眼, が血相

▼ つた前年~ (2, 0.0%)

1 である, の二月

▼ つた前者~ (2, 0.0%)

1 が特殊, の非常

▼ つた労働者~ (2, 0.0%)

1 の一人, やその

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 があつ, もなく

▼ つた勾配~ (2, 0.0%)

1 になり, のある

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 ひが, ひたかい

▼ つた匂い~ (2, 0.0%)

1 だと, はしめつ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 だの小, を開い

▼ つた包み~ (2, 0.0%)

1 が二人, を開い

▼ つた包丁~ (2, 0.0%)

1 は刃, は刄

▼ つた化粧~ (2, 0.0%)

1 の匂, をし

▼ つた化粧箱~ (2, 0.0%)

1 がある, が出

▼ つた北向き~ (2, 0.0%)

1 の小さな, の離室

▼ つた北岸~ (2, 0.0%)

2 の川原

▼ つた北極~ (2, 0.0%)

1 の氷野, の雲

▼ つた十一二~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ つた十二~ (2, 0.0%)

1 になる, の年

▼ つた十兩~ (2, 0.0%)

1 の赤鰯丸, の金

▼ つた十分~ (2, 0.0%)

1 な水, の秋

▼ つた十手~ (2, 0.0%)

1 は發矢, を卷

▼ つた十月~ (2, 0.0%)

1 の或, の空

▼ つた十露盤~ (2, 0.0%)

1 や蓋, を文太郎

▼ つた千代紙~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ つた千恵~ (2, 0.0%)

1 としてはさぐる, には目

▼ つた半島~ (2, 0.0%)

1 が此方, を見

▼ つた半面~ (2, 0.0%)

1 にはかう, にはまた

▼ つた卓子~ (2, 0.0%)

1 があつ, が人知れず

▼ つた南瓜畑~ (2, 0.0%)

2 は日中

▼ つた南蠻祕法~ (2, 0.0%)

1 の毒藥, の銀流し

▼ つた単純~ (2, 0.0%)

1 な批評, にし

▼ つた卯平~ (2, 0.0%)

1 の側, の瘡痍

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 に潤筆料, を璽

▼ つた印度~ (2, 0.0%)

1 に夜叉, の労働者

▼ つた危険~ (2, 0.0%)

1 の記念, を思ひ

▼ つた卷煙草~ (2, 0.0%)

1 が燃え, の煙り

▼ つた厚情~ (2, 0.0%)

1 なので, を感謝

▼ つた原理~ (2, 0.0%)

1 によるもの, を基礎

▼ つた原稿料~ (2, 0.0%)

1 の一部, をふところ

▼ つた友作氏~ (2, 0.0%)

1 の行動, は自主生活

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 對が, 對効果的な

▼ つた収入~ (2, 0.0%)

1 も無い, も貯金帳

▼ つた口元~ (2, 0.0%)

1 にも豊, に冷たく

▼ つた叫声~ (2, 0.0%)

1 がその, が女児ら

▼ つた叫聲~ (2, 0.0%)

1 が女, をあげ

▼ つた可愛い~ (2, 0.0%)

1 ジヨセフが, 子

▼ つた右側~ (2, 0.0%)

1 に千代松, の寺

▼ つた各地~ (2, 0.0%)

1 の知友福寿長久, の討幕

▼ つた吉野~ (2, 0.0%)

2 を初め

▼ つた吊橋~ (2, 0.0%)

1 の方, を渡つてその道

▼ つた同宿者~ (2, 0.0%)

1 が多く, も好人物

▼ つた同氏~ (2, 0.0%)

1 の個人展覧会, を埼玉

▼ つた名高い~ (2, 0.0%)

1 僅かな, 寺子屋の

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 はどうしても, は何

▼ つた呉夫人~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, を聯想

▼ つた呉葉~ (2, 0.0%)

1 が茶椀, はもど

▼ つた周圍~ (2, 0.0%)

1 から何, は丸く

▼ つた呪詞~ (2, 0.0%)

1 であ, の変化

▼ つた味噌~ (2, 0.0%)

1 もその, を食べる

▼ つた和尚~ (2, 0.0%)

1 が業体, の眼

▼ つた和蘭渡り~ (2, 0.0%)

1 のギヤマン, の短銃

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 の一種

▼ つた咽喉~ (2, 0.0%)

1 の音, を通つて

▼ つた唐人~ (2, 0.0%)

1 お吉, の夫婦

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 か白痴, の様

▼ つた唯一つ~ (2, 0.0%)

1 のプロセス, の最も

▼ つた唱歌~ (2, 0.0%)

2 やら流行歌

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 くわ, くわ啄

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 賣なの, 賣上手

▼ つた商人~ (2, 0.0%)

1 です, は何時

▼ つた商売~ (2, 0.0%)

1 らしいわ, をお

▼ つた商況~ (2, 0.0%)

2 の材料

▼ つた喜び~ (2, 0.0%)

1 が, を感じた

▼ つた嘔吐~ (2, 0.0%)

1 で, を催し

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 も佐太郎, を持つ

▼ つた器具~ (2, 0.0%)

2 の載つ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 しいこと, しい考

▼ つた囁き~ (2, 0.0%)

1 が彼方, を聞く

▼ つた四つ~ (2, 0.0%)

1 の術語, の袖

▼ つた四十五六~ (2, 0.0%)

1 の主人, の女

▼ つた四十恰好~ (2, 0.0%)

1 の内儀, の女房

▼ つた四十許~ (2, 0.0%)

1 の品, りの

▼ つた四年~ (2, 0.0%)

1 のあ, の後

▼ つた四肢~ (2, 0.0%)

1 などを見る, を支

▼ つた四角い~ (2, 0.0%)

1 顔である, 顔広い

▼ つた四部目録~ (2, 0.0%)

1 があつ, がある

▼ つた因縁~ (2, 0.0%)

1 だ, でお前

▼ つた困つた~ (2, 0.0%)

1 ことにな, 揚句は

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 に符合, のある

▼ つた国旗~ (2, 0.0%)

1 を投下, を靡かせ

▼ つた国民~ (2, 0.0%)

1 が藩閥政府, を挙げ

▼ つた國府~ (2, 0.0%)

1 彌八郎さん, 彌八郎樣

▼ つた國民~ (2, 0.0%)

1 の同情, の風俗

▼ つた圓山川~ (2, 0.0%)

1 に灌ぐの, も出石川

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 です, は殘酷

▼ つた土台~ (2, 0.0%)

1 から軈て, 傾いた柱

▼ つた土器~ (2, 0.0%)

1 がかかつて, を置き

▼ つた土地解放~ (2, 0.0%)

1 が如何なる, ではない

▼ つた土手~ (2, 0.0%)

1 が来た, の篠笹

▼ つた土橋~ (2, 0.0%)

1 の上, を渡つて

▼ つた土産~ (2, 0.0%)

1 が銘銘, は一尾

▼ つた土蔵~ (2, 0.0%)

1 の中, を一家

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 つた, 処々

▼ つた地味~ (2, 0.0%)

1 なもの, な袷

▼ つた地点~ (2, 0.0%)

1 でフツ, を動かず

▼ つた坂路~ (2, 0.0%)

1 の上, を滑りました

▼ つた坂道~ (2, 0.0%)

1 をおりよう, を濡れ鼠

▼ つた坦々~ (2, 0.0%)

2 たる其一等道路

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が東町奉行所, の初

▼ つた報告~ (2, 0.0%)

1 の後, を輕

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 があつ, りがも

▼ つた塚田~ (2, 0.0%)

1 の態度, を郊外

▼ つた墓標~ (2, 0.0%)

1 であるか, であると

▼ つた士官~ (2, 0.0%)

1 と喪服, の出家

▼ つた変名~ (2, 0.0%)

1 も起り, らしい臭み

▼ つた夏川~ (2, 0.0%)

1 が梯子酒, は好色

▼ つた夏空~ (2, 0.0%)

1 で云, の藍

▼ つた夕方~ (2, 0.0%)

1 の雲, 吊臺

▼ つた夕暮れ~ (2, 0.0%)

1 です, の

▼ つた外光~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つた外国製~ (2, 0.0%)

1 の立派, や支那製

▼ つた外祖業隆翁~ (2, 0.0%)

1 の眞白, の真白

▼ つた多分~ (2, 0.0%)

1 どこか, 妻君への

▼ つた多勢~ (2, 0.0%)

1 の朋輩達, の顏

▼ つた多少~ (2, 0.0%)

1 の先後, の感

▼ つた夜具~ (2, 0.0%)

1 の袖, も冷たく

▼ つた夜氣~ (2, 0.0%)

1 にまたたい, のやや

▼ つた大人~ (2, 0.0%)

1 の世界, らしい言葉

▼ つた大勢~ (2, 0.0%)

1 の会葬者, の手

▼ つた大将~ (2, 0.0%)

1 が尻尾, は唇

▼ つた大工~ (2, 0.0%)

1 の普請小屋, の棟

▼ つた大海~ (2, 0.0%)

1 の真中, の静か

▼ つた大男~ (2, 0.0%)

1 の巡査, の紛

▼ つた大石医院~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の手前

▼ つた大袈裟~ (2, 0.0%)

1 なこと, な身振り

▼ つた大通~ (2, 0.0%)

1 である, の中

▼ つた大阪弁~ (2, 0.0%)

1 に於, の男

▼ つた天下泰平~ (2, 0.0%)

1 な夏, の姿

▼ つた天地~ (2, 0.0%)

1 がアルペン, を洗

▼ つた天皇~ (2, 0.0%)

1 でありますの, の名

▼ つた太郎~ (2, 0.0%)

1 の跫音, は馬琴

▼ つた夫婦生活~ (2, 0.0%)

1 の塵, は平次

▼ つた奇縁~ (2, 0.0%)

2 で一つ

▼ つた奈保子~ (2, 0.0%)

1 に代, の霊

▼ つた奈良~ (2, 0.0%)

1 の寺, 或は其前

▼ つた奈良朝~ (2, 0.0%)

1 から平安期, の吾妻

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のテーブル, へ一条

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の一, の八疊

▼ つた奧州~ (2, 0.0%)

1 との間, の住民

▼ つた女学生~ (2, 0.0%)

1 の墓, らしい女

▼ つた女神~ (2, 0.0%)

1 だけに嫉妬, の像

▼ つた女給~ (2, 0.0%)

1 に便所, は私

▼ つた女郎~ (2, 0.0%)

1 なんか羨まし, の言草

▼ つた好み~ (2, 0.0%)

1 だけでも, と癖

▼ つた好奇心~ (2, 0.0%)

1 が押, を思はしめ

▼ つた如何~ (2, 0.0%)

1 にも看守, にも砕けた気どらない

▼ つた如何にも~ (2, 0.0%)

1 一癖あり, 智慧と

▼ つた妖女~ (2, 0.0%)

1 が宙空, はそつ

▼ つた妹娘~ (2, 0.0%)

1 の真弓, の魚

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 御は, 御肌

▼ つた姿態~ (2, 0.0%)

1 によつて他, を投げた

▼ つた娘等~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が, の顏

▼ つた媚態~ (2, 0.0%)

1 とで重, は錢形平次

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がしよぼ, の袖

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 な一夜, ひが

▼ つた嬉しい~ (2, 0.0%)

1 事だつた, 思ひを

▼ つた子供ら~ (2, 0.0%)

1 は四人共, は聲

▼ つた子供等~ (2, 0.0%)

1 の前, は外

▼ つた子供達~ (2, 0.0%)

1 に呼び立てられ, の鞄

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のある, の中

▼ つた孔子~ (2, 0.0%)

1 の祭典, の言葉

▼ つた孝子~ (2, 0.0%)

2 はチラリ

▼ つた學校~ (2, 0.0%)

1 の支那人, はどこ

▼ つた學生~ (2, 0.0%)

1 とも職工, はその

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 望館と, 絵具

▼ つた安心~ (2, 0.0%)

1 と心配, を与へ

▼ つた完全~ (2, 0.0%)

2 な鍋

▼ つた宗教~ (2, 0.0%)

1 がありまし, は密教

▼ つた宝石~ (2, 0.0%)

1 だつた, を食つて

▼ つた実に~ (2, 0.0%)

1 不快そのものぢや, 最初の

▼ つた実際~ (2, 0.0%)

1 の事柄, 以前は

▼ つた宮廷~ (2, 0.0%)

1 と里方, の主

▼ つた宮殿楼閣~ (2, 0.0%)

2 は兜率天宮

▼ つた宮殿樓閣~ (2, 0.0%)

2 は兜率天宮

▼ つた宮田~ (2, 0.0%)

1 が五六日前, といふ旧友

▼ つた宵闇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つた家人~ (2, 0.0%)

1 がしん, は片隅

▼ つた家屋~ (2, 0.0%)

1 は呉れる, を貰

▼ つた家族共~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ つた家筋~ (2, 0.0%)

1 である, で宮廷

▼ つた家鴨~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ つた容器~ (2, 0.0%)

1 の類, を投げつけた

▼ つた密林~ (2, 0.0%)

1 となつ, の奥

▼ つた富山~ (2, 0.0%)

1 その人, の売薬

▼ つた寝床~ (2, 0.0%)

1 に仰向いた, の中

▼ つた寢卷~ (2, 0.0%)

1 きを, を着

▼ つた寫本~ (2, 0.0%)

1 の肩, を一枚づつめくつてゐるものの

▼ つた寸法~ (2, 0.0%)

1 だらうよ, でした

▼ つた寺道~ (2, 0.0%)

2 が二町許

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 の厚い

▼ つた封筒~ (2, 0.0%)

1 が封ぜられ, や紙箋

▼ つた将棋~ (2, 0.0%)

1 は坂田, を考へだす

▼ つた尊い~ (2, 0.0%)

1 気分を, 荊棘

▼ つた尊氏~ (2, 0.0%)

1 の弟直義, は先

▼ つた小ぢんまり~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ つた小人~ (2, 0.0%)

1 の神, の遣

▼ つた小作り~ (2, 0.0%)

1 の中年者, の姿

▼ つた小判形~ (2, 0.0%)

2 の門鑑

▼ つた小女~ (2, 0.0%)

1 が一視同仁, が草箒

▼ つた小学校~ (2, 0.0%)

1 の女, の校長

▼ つた小川~ (2, 0.0%)

1 が流れ, の板橋

▼ つた小松君~ (2, 0.0%)

2 の語

▼ つた小舟~ (2, 0.0%)

1 で引返し, の威勢

▼ つた小郡~ (2, 0.0%)

1 は私, まで戻つ

▼ つた小間使~ (2, 0.0%)

1 に, のお

▼ つた小高い~ (2, 0.0%)

1 丘の, 丘は

▼ つた小鼻~ (2, 0.0%)

1 をぴく, を一段と

▼ つた少々~ (2, 0.0%)

1 嫌味だ, 腹立たしくなつた

▼ つた少く~ (2, 0.0%)

1 ともお前, とも私

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 や爪, をからげる

▼ つた尻尾~ (2, 0.0%)

1 の尖, の裂けた

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 とでも呼び, は渠

▼ つた居酒屋~ (2, 0.0%)

1 からあの, の娘

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ つた屋根瓦~ (2, 0.0%)

1 に雀, の黒い

▼ つた山の端~ (2, 0.0%)

1 に沈む, を潜つて

▼ つた山伏~ (2, 0.0%)

1 の片, は真赤

▼ つた山内~ (2, 0.0%)

2 には無論

▼ つた山口~ (2, 0.0%)

1 が敷居, といふ岸田国士門下

▼ つた山村~ (2, 0.0%)

1 のしづか, の景趣

▼ つた山葵色~ (2, 0.0%)

2 の紙

▼ つた山間~ (2, 0.0%)

2 の荒村

▼ つた山陽~ (2, 0.0%)

1 の事, を説いた

▼ つた岡倉覚三氏~ (2, 0.0%)

1 がその, に島

▼ つた岡田丸~ (2, 0.0%)

1 が美保, は海そうめん

▼ つた峽間~ (2, 0.0%)

1 の奧, の空

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 は可, は秒一秒少年

▼ つた嵩高~ (2, 0.0%)

1 なもの, の幾束

▼ つた嶺太郎~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ つた川柳~ (2, 0.0%)

1 が連想, の情景詩

▼ つた工場~ (2, 0.0%)

1 が沢山, の煙突

▼ つた工夫~ (2, 0.0%)

1 とを以て遊び, もさる

▼ つた左手~ (2, 0.0%)

1 の坂, の小指

▼ つた巨木~ (2, 0.0%)

1 が長い, のやう

▼ つた巴里~ (2, 0.0%)

2 の北の方

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 を何處, を取りのけ

▼ つた市場~ (2, 0.0%)

1 の料理店, の苺

▼ つた市太郎~ (2, 0.0%)

1 といふ養子, は言

▼ つた席上~ (2, 0.0%)

1 で或, で朱鱗洞句碑建立

▼ つた帰つて~ (2, 0.0%)

1 すぐ料理, 来て

▼ つた帰り途~ (2, 0.0%)

1 だといふ, の想像

▼ つた帳面~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, を一枚一枚火鉢

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 夜と, 緑木で

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 となり, は巴里

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の広い, の狹

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 ツたい色白の

▼ つた平八郎父子~ (2, 0.0%)

1 には出, の手

▼ つた平凡人~ (2, 0.0%)

2 でなくて

▼ つた平面~ (2, 0.0%)

1 に足場, の上

▼ つた年月~ (2, 0.0%)

1 のかげ, も少く

▼ つた年配~ (2, 0.0%)

1 で精悍, 少し四角

▼ つた年齢~ (2, 0.0%)

1 であつ, の加減

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ つた幸福~ (2, 0.0%)

1 と遠い, な夜

▼ つた幻想~ (2, 0.0%)

1 をいつの間にか, を育てはじめ

▼ つた幼い~ (2, 0.0%)

1 感傷に, 時の

▼ つた幼時~ (2, 0.0%)

1 の思ひ, の特殊

▼ つた幼虫~ (2, 0.0%)

1 に食物, の呼吸器

▼ つた幾百年幾万~ (2, 0.0%)

2 の貴い

▼ つた幾百年幾萬~ (2, 0.0%)

2 の貴い

▼ つた床屋~ (2, 0.0%)

1 があつ, で頭

▼ つた庖丁~ (2, 0.0%)

1 により, を見る

▼ つた座蒲團~ (2, 0.0%)

1 に移つた, の上

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がある, で縛る

▼ つた廓内~ (2, 0.0%)

2 か鳥居前

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 い背, い顏

▼ つた建築~ (2, 0.0%)

1 で畳, の断層

▼ つた弁護士~ (2, 0.0%)

1 の方, も帰つて

▼ つた弟子~ (2, 0.0%)

1 である, の方

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 つたけれど, 點が

▼ つた弱い~ (2, 0.0%)

1 もの, 心やさしい

▼ つた強氣~ (2, 0.0%)

1 のお, をみせ

▼ つた彌次馬~ (2, 0.0%)

1 は一ぺん, もバラバラ

▼ つた当惑~ (2, 0.0%)

1 と云, のせつな

▼ つた形態~ (2, 0.0%)

1 の無い, をあら

▼ つた形迹~ (2, 0.0%)

1 が絶無, は絶無

▼ つた役人~ (2, 0.0%)

1 はさも, は事務

▼ つた役者~ (2, 0.0%)

1 の, のやう

▼ つた彼女達~ (2, 0.0%)

2 が街

▼ つた径路~ (2, 0.0%)

1 についてはそこ, を見せ

▼ つた待遇~ (2, 0.0%)

2 を受け

▼ つた後やつ~ (2, 0.0%)

1 とその, と火

▼ つた後一人~ (2, 0.0%)

2 ニヤニヤと

▼ つた後前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ つた後妻~ (2, 0.0%)

1 と不具, のお

▼ つた後姿~ (2, 0.0%)

1 も忘れ, を眺め

▼ つた後家~ (2, 0.0%)

1 に惚れられ, の中

▼ つた後母親~ (2, 0.0%)

1 の依頼, の心

▼ つた後進者~ (2, 0.0%)

1 が幾ら聰明, の纔かづ

▼ つた従つて~ (2, 0.0%)

1 さういふ能力, 憎みも

▼ つた從妹~ (2, 0.0%)

1 といふの, に死に

▼ つた從弟~ (2, 0.0%)

1 も呆然, をも抱く

▼ つた御方~ (2, 0.0%)

1 に見せ, は大

▼ つた徳太郎~ (2, 0.0%)

1 がいづれ, の顏

▼ つた徳次~ (2, 0.0%)

1 が水, は立ちはだかつた

▼ つた徴候~ (2, 0.0%)

1 をあら, を來

▼ つた心から~ (2, 0.0%)

1 とは云, の憎悪

▼ つた心中~ (2, 0.0%)

1 の, の男女

▼ つた心構~ (2, 0.0%)

1 へのあつ, へを忘れない

▼ つた忠太~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 味といふ, 樂は

▼ つた怨み~ (2, 0.0%)

1 がましい, をはらす

▼ つた怪しい~ (2, 0.0%)

1 ぞや, 手紙を

▼ つた怪物~ (2, 0.0%)

1 となる, は

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 うしてが, る時

▼ つた恋歌~ (2, 0.0%)

1 をシツダル, を奏で

▼ つた恐し~ (2, 0.0%)

1 い言葉, い顔

▼ つた恐怖~ (2, 0.0%)

2 の念

▼ つた恨み~ (2, 0.0%)

1 はある, や決して

▼ つた恩義~ (2, 0.0%)

2 も有る

▼ つた恩賞~ (2, 0.0%)

2 はたつた

▼ つた息苦し~ (2, 0.0%)

2 気な

▼ つた恰も~ (2, 0.0%)

1 二人が, 日本から

▼ つた悦び~ (2, 0.0%)

1 にこの, は翌日冷静

▼ つた悪戯~ (2, 0.0%)

1 だけをば天, な友達

▼ つた悲歎~ (2, 0.0%)

1 にさいなまれ, は性

▼ つた悲痛~ (2, 0.0%)

1 な早老, な隈

▼ つた情勢~ (2, 0.0%)

1 だつたの, を見た

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 かつた, 企みの

▼ つた惡魔~ (2, 0.0%)

1 なんてほんとに, を祭神

▼ つた想像~ (2, 0.0%)

1 はとても, を私

▼ つた意識~ (2, 0.0%)

1 が新しい, を持つた

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 であつ, にもつかぬ

▼ つた感傷~ (2, 0.0%)

1 で恋, の末

▼ つた感動~ (2, 0.0%)

1 が彼, を受けます

▼ つた感慨~ (2, 0.0%)

1 にふけらざる, に沈む

▼ つた感興~ (2, 0.0%)

1 のうごく, を起させる

▼ つた感覺~ (2, 0.0%)

1 の負債, は別

▼ つた感謝~ (2, 0.0%)

1 と懺愧, の涙

▼ つた態今夜~ (2, 0.0%)

2 は染直した

▼ つた慌し~ (2, 0.0%)

1 さが, さは

▼ つた慰め~ (2, 0.0%)

1 の句, を与へ

▼ つた懐剣~ (2, 0.0%)

1 のやう, を携

▼ つた成績~ (2, 0.0%)

1 と評判, は

▼ つた我儘~ (2, 0.0%)

1 すぎるかな, で魂

▼ つた戸板~ (2, 0.0%)

1 は滅茶, を取

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 つた風は, つてよ

▼ つた戻つ~ (2, 0.0%)

1 てふと, てみたら

▼ つた戻る~ (2, 0.0%)

1 ことは, なり前後不覚

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で自分, を鳴らし

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の方, をヂツ

▼ つた手口~ (2, 0.0%)

1 だ, は恐ろしい

▼ つた手合~ (2, 0.0%)

1 なん, もある

▼ つた手垢だらけ~ (2, 0.0%)

1 の, の娯楽雑誌

▼ つた手袋~ (2, 0.0%)

1 が其内, に嵌め込ん

▼ つた手記~ (2, 0.0%)

1 の中, の言葉

▼ つた手輕~ (2, 0.0%)

1 なことぢ, なものぢ

▼ つた手附~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ つた打撃~ (2, 0.0%)

1 に萎れ返つ, の手應

▼ つた扮装~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ つた批評家~ (2, 0.0%)

1 がある, のやう

▼ つた折角~ (2, 0.0%)

1 ひとが, 一室一燈一人で

▼ つた押入~ (2, 0.0%)

1 からうまく, や物置

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 け毛, け荷

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 へだ, へ事

▼ つた持病~ (2, 0.0%)

1 が堪へ, を再発

▼ つた指環~ (2, 0.0%)

1 でも着物, も他

▼ つた挙動~ (2, 0.0%)

1 が目, なぞのやう

▼ つた振舞~ (2, 0.0%)

1 が出来なかつた, を目

▼ つた捕物~ (2, 0.0%)

1 でしたね, の名人

▼ つた捨鉢~ (2, 0.0%)

1 なしかも, な氣持

▼ つた掛軸~ (2, 0.0%)

1 は高, を描い

▼ つた推察~ (2, 0.0%)

1 をすべて, をなさる

▼ つた揉んだ~ (2, 0.0%)

1 と果し, と果てしなく

▼ つた描き~ (2, 0.0%)

2 方で

▼ つた握り~ (2, 0.0%)

1 の上, を彼

▼ つた握手~ (2, 0.0%)

1 を交した, を求める

▼ つた改革~ (2, 0.0%)

2 は訓練

▼ つた故人~ (2, 0.0%)

1 にし, を訪

▼ つた救助犬~ (2, 0.0%)

1 もゐない, も居ない

▼ つた教養~ (2, 0.0%)

1 ある敏活, ある淑女

▼ つた散会~ (2, 0.0%)

1 したの, は十二時近く

▼ つた散文~ (2, 0.0%)

1 があります, に進ん

▼ つた数人~ (2, 0.0%)

1 の者, は人目

▼ つた数篇~ (2, 0.0%)

2 の詩篇

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 ではない, よ私

▼ つた敵味方~ (2, 0.0%)

1 の三つ, は土

▼ つた敵意~ (2, 0.0%)

1 が感じられる, のため

▼ つた敷島~ (2, 0.0%)

1 がめいつた風, は澄し

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 よりもさつと, をみだれず

▼ つた數千~ (2, 0.0%)

1 の彌次馬, の手

▼ つた文吾~ (2, 0.0%)

1 はにこり, は小

▼ つた文太郎~ (2, 0.0%)

1 が帳付, が芝

▼ つた文字通り~ (2, 0.0%)

1 の一天雲, の白砂青松

▼ つた文學~ (2, 0.0%)

1 にはよい, の方

▼ つた文學者~ (2, 0.0%)

1 には豫言者, の頭

▼ つた文政十年~ (2, 0.0%)

1 には三十九歳, の後三年

▼ つた文法~ (2, 0.0%)

1 であ, の例

▼ つた文箱~ (2, 0.0%)

1 を受取, を後生大事

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 があります, のよう

▼ つた新太郎ちやん~ (2, 0.0%)

1 が何, の顔

▼ つた新橋~ (2, 0.0%)

1 の若菜, や赤坂

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 りを, れ雲

▼ つた方言~ (2, 0.0%)

1 が皆, だつた

▼ つた旅客~ (2, 0.0%)

1 があつ, が急

▼ つた旅籠屋~ (2, 0.0%)

1 ああいふ, ではない

▼ つた日下部君~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ つた日中~ (2, 0.0%)

1 はまさに, 吹き通して

▼ つた日出雄~ (2, 0.0%)

1 は君, をも國

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の猿楽町, 信仰が

▼ つた旧式~ (2, 0.0%)

2 の懐中時計

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 を知らせる, 記されて

▼ つた早春~ (2, 0.0%)

1 の匂ひだ, の富士山

▼ つた早速~ (2, 0.0%)

1 二包に, 焼いて

▼ つた昌作~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ つた明るく~ (2, 0.0%)

1 てかへつて静か, 澄んで

▼ つた明るみ~ (2, 0.0%)

1 の中, をうかべ

▼ つた明朝~ (2, 0.0%)

1 は降, までも餓死

▼ つた星空~ (2, 0.0%)

1 の下, を見上げた

▼ つた時あたし~ (2, 0.0%)

1 は死んだ, ァ

▼ つた時うつ~ (2, 0.0%)

2 とりおれ

▼ つた時おれ~ (2, 0.0%)

1 の生涯, は脳天

▼ つた時そつ~ (2, 0.0%)

1 と揚幕, と私

▼ つた時ちよ~ (2, 0.0%)

1 つくら御機嫌, つと休憩

▼ つた時わたくし~ (2, 0.0%)

1 に父, は的矢

▼ つた時之~ (2, 0.0%)

1 を悼んだ, を鎮める

▼ つた時予~ (2, 0.0%)

1 の心, は兩腕

▼ つた時二度三度~ (2, 0.0%)

2 呼んでも

▼ つた時人~ (2, 0.0%)

1 の眼, よ憶

▼ つた時今~ (2, 0.0%)

1 までの自分, まで傾聴

▼ つた時今度~ (2, 0.0%)

1 は右, 空いた向

▼ つた時以上~ (2, 0.0%)

1 に蒼い, のこと

▼ つた時佐藤~ (2, 0.0%)

2 は僕

▼ つた時分酒~ (2, 0.0%)

1 を続け, を續

▼ つた時勘次~ (2, 0.0%)

1 は又, は商人

▼ つた時勝手~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ つた時卯平~ (2, 0.0%)

1 とは一つ家, は横

▼ つた時四方~ (2, 0.0%)

1 を見廻しました, を開け放ち

▼ つた時太田~ (2, 0.0%)

1 はこの, は待ちかね

▼ つた時太郎~ (2, 0.0%)

1 は訊ねた, や次

▼ つた時失策~ (2, 0.0%)

1 する様, する樣

▼ つた時女中~ (2, 0.0%)

2 のマリイ

▼ つた時少年~ (2, 0.0%)

1 は立ちあが, は言

▼ つた時己~ (2, 0.0%)

1 の分, はそれ

▼ つた時彼等~ (2, 0.0%)

1 が悲憤, は妥協

▼ つた時朱盆~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ つた時松~ (2, 0.0%)

1 がかう, とお

▼ つた時梅子~ (2, 0.0%)

1 から一寸奥, は待ち

▼ つた時檻~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つた時浜野氏~ (2, 0.0%)

1 の報, は江木鰐水

▼ つた時牛~ (2, 0.0%)

1 が荷車, は人間

▼ つた時玄関~ (2, 0.0%)

1 から匍匐, でさ

▼ つた時皆~ (2, 0.0%)

1 のもう一度, の視線

▼ つた時目白~ (2, 0.0%)

2 の九つ

▼ つた時看護~ (2, 0.0%)

1 に帰つて, に歸つて來

▼ つた時秋~ (2, 0.0%)

1 の日, もやや

▼ つた時素戔嗚~ (2, 0.0%)

1 は又, は苦い

▼ つた時老人~ (2, 0.0%)

1 はひ, はニツコリ

▼ つた時膝~ (2, 0.0%)

1 に取つ, を草

▼ つた時計屋~ (2, 0.0%)

1 では盜まれ, の娘

▼ つた時誰~ (2, 0.0%)

1 か知, にも逢

▼ つた時踊~ (2, 0.0%)

1 の眞, の真似

▼ つた時車~ (2, 0.0%)

1 の上, の群衆

▼ つた時鏡~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ つた時間ぢ~ (2, 0.0%)

2 やありません

▼ つた時頭~ (2, 0.0%)

1 が痛い, に何

▼ つた時餘~ (2, 0.0%)

1 つ程, り呑むので

▼ つた晩此女~ (2, 0.0%)

1 が來, が来

▼ つた景帝~ (2, 0.0%)

2 の中元五年

▼ つた智惠子~ (2, 0.0%)

1 にも居, は今

▼ つた暗示~ (2, 0.0%)

1 の中, をどう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が採用, は唐

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のある, の二十一日

▼ つた暮し~ (2, 0.0%)

1 をし, 方で

▼ つた暮れ~ (2, 0.0%)

1 てお, て灯され

▼ つた曙覧~ (2, 0.0%)

1 などの思想, のまだ

▼ つた書生~ (2, 0.0%)

1 が近づい, のゐた

▼ つた書類~ (2, 0.0%)

1 を盜, を調べ

▼ つた書風~ (2, 0.0%)

1 とは餘程一種, を書き出された

▼ つた曾祖母さん~ (2, 0.0%)

1 がお, のやう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 惜い, 晩年の

▼ つた最大~ (2, 0.0%)

1 の原因, の意義

▼ つた月代~ (2, 0.0%)

1 から鬢, の廣さ

▼ つた月光~ (2, 0.0%)

1 が静か, の明る

▼ つた月給~ (2, 0.0%)

1 とで出, は殆

▼ つた有力~ (2, 0.0%)

1 な他, な部分

▼ つた望み~ (2, 0.0%)

1 に從, をす

▼ つた朝夕~ (2, 0.0%)

1 がいつ, が始まつた

▼ つた朝晩~ (2, 0.0%)

1 のサイレン, はなか

▼ つた朝陽~ (2, 0.0%)

1 の色, を浴び

▼ つた朝鮮~ (2, 0.0%)

1 や南方支那, よ

▼ つた木々~ (2, 0.0%)

1 の梢, の間

▼ つた木の根~ (2, 0.0%)

1 などが壁, につつまれ

▼ つた木下~ (2, 0.0%)

1 にさ, の心持

▼ つた木材~ (2, 0.0%)

1 に乳, の余り

▼ つた木犀~ (2, 0.0%)

2 のかぐ

▼ つた木製~ (2, 0.0%)

2 の低い

▼ つた未だ~ (2, 0.0%)

1 見たこと, 親父が

▼ つた未亡人~ (2, 0.0%)

1 は何ん, を籠絡

▼ つた末やつ~ (2, 0.0%)

1 との事, と註文通り

▼ つた本所~ (2, 0.0%)

2 の御用聞

▼ つた本箱~ (2, 0.0%)

1 の抽斗, を置い

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の唇, の短

▼ つた机上~ (2, 0.0%)

1 のノート, を飾

▼ つた杉枝~ (2, 0.0%)

1 が二年目, が亡くなつた

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が一把, になり

▼ つた条件~ (2, 0.0%)

1 で進む, にかなう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 を右, を置い

▼ つた東洋~ (2, 0.0%)

1 の蒼, の言葉

▼ つた松の木~ (2, 0.0%)

1 は伐りとられ, やこんもり

▼ つた松井須磨子~ (2, 0.0%)

1 については自分, の山姫

▼ つた松原~ (2, 0.0%)

1 に寝ころん, を拔

▼ つた枕辺~ (2, 0.0%)

1 に静か, の手ランプ

▼ つた果せる~ (2, 0.0%)

1 かな彼, かな糸

▼ つた果物皿~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ つた枯木~ (2, 0.0%)

1 の山, までよう

▼ つた架空~ (2, 0.0%)

1 の人物, の産

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 だね, です

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 かな子供, しさ

▼ つた柴垣~ (2, 0.0%)

1 に, は

▼ つた栄蔵~ (2, 0.0%)

1 だけがどこ, は惣兵衛ちやん

▼ つた栗色~ (2, 0.0%)

1 に見えた, の眼

▼ つた根性~ (2, 0.0%)

1 でい, ですな

▼ つた根柢~ (2, 0.0%)

1 には一種国民, の動力

▼ つた格子~ (2, 0.0%)

1 の潜り, を開けた

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 などにコダ, も骨

▼ つた案内人~ (2, 0.0%)

1 が, は行く

▼ つた案配~ (2, 0.0%)

1 である, でど

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の老木, の花

▼ つた梧桐~ (2, 0.0%)

1 が槇, の一ト葉

▼ つた梯子~ (2, 0.0%)

1 が眼, を用

▼ つた植木屋~ (2, 0.0%)

1 が毎日, は何日

▼ つた植物~ (2, 0.0%)

1 がそだつ, だ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で吾, をかけ得ず

▼ つた業平朝臣~ (2, 0.0%)

1 といつ, の裔

▼ つた楽しい~ (2, 0.0%)

1 お正月を, 過去に

▼ つた様式~ (2, 0.0%)

1 と考, は由来

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の木, の樹

▼ つた標準~ (2, 0.0%)

1 があるらしい, は無い

▼ つた模様風~ (2, 0.0%)

2 の美しい

▼ つた模造碑~ (2, 0.0%)

1 と原碑, は原碑

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の厚板, の腰掛

▼ つた樺火~ (2, 0.0%)

1 を取卷い, を取巻い

▼ つた機會~ (2, 0.0%)

1 であつ, は遂に

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が何本, の老木

▼ つた欄干~ (2, 0.0%)

1 に左, に背

▼ つた權力~ (2, 0.0%)

1 の府, は現在

▼ つた歌曲~ (2, 0.0%)

1 が既に, には

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 寧の, 序の

▼ つた正宗~ (2, 0.0%)

1 の壜, をラツパ

▼ つた正直者~ (2, 0.0%)

1 でえ, を庇

▼ つた正面~ (2, 0.0%)

1 の棚, の階

▼ つた此年~ (2, 0.0%)

1 の夏あたり, の春遊

▼ つた此等~ (2, 0.0%)

1 の國, 今文三派

▼ つた武器~ (2, 0.0%)

1 ばかりを陳列, をこんど

▼ つた武村兵曹~ (2, 0.0%)

1 は不意, は突然

▼ つた歸途~ (2, 0.0%)

1 その熊, です

▼ つた死人~ (2, 0.0%)

1 の匂, の姿

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 に一番

▼ つた残り~ (2, 0.0%)

1 の二十銭, の金

▼ つた残念~ (2, 0.0%)

1 なこと, なの

▼ つた残酷~ (2, 0.0%)

1 な大きな, な虫

▼ つた段々畑~ (2, 0.0%)

1 の中, の珊瑚樹

▼ つた殿~ (2, 0.0%)

1 と言, 或はあしゃげがあつて

▼ つた母堂~ (2, 0.0%)

1 が案じ, の深切

▼ つた毛布~ (2, 0.0%)

1 が敷布, も白く

▼ つた毛糸~ (2, 0.0%)

2 の足袋

▼ つた毛髪~ (2, 0.0%)

1 と顳, の下

▼ つた民俗~ (2, 0.0%)

1 の心理的基礎, を拗れさせた

▼ つた民間伝承~ (2, 0.0%)

1 に違, の特異性

▼ つた気もち~ (2, 0.0%)

1 で, になつ

▼ つた気位~ (2, 0.0%)

1 の作物, を持つ

▼ つた気息~ (2, 0.0%)

1 つまり本当, といつた

▼ つた氣分~ (2, 0.0%)

1 だつた, で義雄

▼ つた水兵~ (2, 0.0%)

1 に案内, は新月

▼ つた水江~ (2, 0.0%)

1 にびつくり, の父親

▼ つた水田~ (2, 0.0%)

1 もある, を熟

▼ つた水蒸氣~ (2, 0.0%)

1 が見渡す, の中

▼ つた氷嚢~ (2, 0.0%)

2 はカラ

▼ つた氷峰~ (2, 0.0%)

1 はお, を見る

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 ない浅黄服, ならしい家

▼ つた汚い~ (2, 0.0%)

1 木橋や, 顔を

▼ つた汚らしい~ (2, 0.0%)

1 家と, 爺様も

▼ つた池邊君~ (2, 0.0%)

2 に會つて偶然話頭

▼ つた沈んだ~ (2, 0.0%)

1 聲で, 音声で

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 をとつ, を穿い

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 を白い, を眺め

▼ つた沙魚~ (2, 0.0%)

1 は其氣味惡, をぶちまけ

▼ つた沢山~ (2, 0.0%)

1 あるので, の女の子たち

▼ つた河郎~ (2, 0.0%)

2 之圖

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のやう, 臭いの

▼ つた油屋~ (2, 0.0%)

1 の兼吉, も時世

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の畔, の面

▼ つた泉水~ (2, 0.0%)

1 に面し, のま

▼ つた波止場~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ つた波蘭~ (2, 0.0%)

2 から掛け

▼ つた洋紙~ (2, 0.0%)

1 で一面, を買つて

▼ つた洋館~ (2, 0.0%)

1 のあ, をぐわさ

▼ つた洒落た~ (2, 0.0%)

1 氣持は, 物を

▼ つた洗濯屋~ (2, 0.0%)

1 の小僧, の車

▼ つた洗面器~ (2, 0.0%)

1 とシヤボン, に顔

▼ つた洗面盥~ (2, 0.0%)

1 には見よ, には見よ見よ

▼ つた洛外~ (2, 0.0%)

1 の山荘, の山莊

▼ つた流れ~ (2, 0.0%)

1 がある, の中

▼ つた流場~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ つた浅草花川戸~ (2, 0.0%)

1 の家, の旧居

▼ つた浪人者~ (2, 0.0%)

1 があり, の長屋

▼ つた海上~ (2, 0.0%)

1 に當つて, に當つて一個

▼ つた海原~ (2, 0.0%)

1 が, を眺め

▼ つた海底戰鬪艇~ (2, 0.0%)

1 の内部, は本艦

▼ つた海面~ (2, 0.0%)

1 に小, はいつの間に

▼ つた涙ぐましい~ (2, 0.0%)

1 温情を, 酒だ

▼ つた液体~ (2, 0.0%)

1 が手, を排出

▼ つた淡い~ (2, 0.0%)

1 影の, 悔恨が

▼ つた深切~ (2, 0.0%)

1 なの, な人

▼ つた深刻~ (2, 0.0%)

1 な思ひ出, な悲しみ

▼ つた深夜~ (2, 0.0%)

1 の寂寞, の森林

▼ つた混成酒~ (2, 0.0%)

1 や大きな, を召しあがつた

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 ましい姿, 黒い生

▼ つた清朝~ (2, 0.0%)

1 が之, はむしろ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 に踏入, の水気

▼ つた渡し守~ (2, 0.0%)

1 の前, は古往今来隅田川

▼ つた渡船~ (2, 0.0%)

1 と年老いた, をば

▼ つた温かい~ (2, 0.0%)

1 日光を, 氣もちが

▼ つた温泉町~ (2, 0.0%)

1 から電報, の静か

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の灯

▼ つた湖上~ (2, 0.0%)

1 で頂天, の家

▼ つた湯加減~ (2, 0.0%)

1 の件, もよかつ

▼ つた湯殿~ (2, 0.0%)

1 とだけが無事, の板敷

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 洲大豆の, 鉄病院院長

▼ つた源右衞門~ (2, 0.0%)

1 の後姿, の言葉

▼ つた源太郎~ (2, 0.0%)

2 は小さい

▼ つた滅法~ (2, 0.0%)

1 綺麗な, 野暮つたい

▼ つた滑稽~ (2, 0.0%)

1 なこつた, な鵺

▼ つた滝野~ (2, 0.0%)

1 に今日, の声

▼ つた漠然と~ (2, 0.0%)

1 した不安, した動機

▼ つた漢學~ (2, 0.0%)

1 の私塾, は是

▼ つた漢詩~ (2, 0.0%)

1 は, を評し

▼ つた潜水夫~ (2, 0.0%)

1 などに聞い, は獲物

▼ つた澁紙~ (2, 0.0%)

1 は汚れ腐つ, は眞新

▼ つた澱み~ (2, 0.0%)

2 をつくる

▼ つた濃い~ (2, 0.0%)

1 霧を, 頬ひ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の模様, の水

▼ つた濡れ~ (2, 0.0%)

1 て戻, もの

▼ つた火の粉~ (2, 0.0%)

2 とが舞

▼ つた火事~ (2, 0.0%)

1 に燒けた, は大塩

▼ つた火箸~ (2, 0.0%)

1 に掌, のやう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の中, の柴

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が自分, を羨まし

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 です, のやう

▼ つた無名~ (2, 0.0%)

1 の天才画家, の手紙

▼ つた無論~ (2, 0.0%)

1 善い意味, 赤毛布

▼ つた焼酎~ (2, 0.0%)

1 とはもう, を飲ませ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がもうもうと, とも豊香

▼ つた照子~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は明らか

▼ つた熊吉~ (2, 0.0%)

1 はしかしさう, はその後ふた

▼ つた熟字~ (2, 0.0%)

1 までも歡迎使用, 迄も使用

▼ つた熟語~ (2, 0.0%)

1 になつ, の多く

▼ つた燻銀~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がある, の柴

▼ つた爲替相場~ (2, 0.0%)

1 が貿易, は九分丈

▼ つた片手~ (2, 0.0%)

1 には布袋竹, を敷

▼ つた牛乳~ (2, 0.0%)

1 と堅い, をひと所

▼ つた牛肉~ (2, 0.0%)

1 がおいし, のやう

▼ つた牡牛~ (2, 0.0%)

1 のやう, の小

▼ つた牧夫~ (2, 0.0%)

1 のこと, の追善

▼ つた物凄い~ (2, 0.0%)

1 やうな, 顔を

▼ つた物置~ (2, 0.0%)

1 だから, になつて

▼ つた物腰~ (2, 0.0%)

1 から見, の彼

▼ つた物言~ (2, 0.0%)

1 ひの, をする

▼ つた物象~ (2, 0.0%)

1 がその, は悉く

▼ つた独歩~ (2, 0.0%)

1 の全部, を

▼ つた狼狽~ (2, 0.0%)

1 にしばらく, は隠しきれず

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 狒は, 獸の

▼ つた猫背~ (2, 0.0%)

1 の測量技師, も何となく

▼ つた献立~ (2, 0.0%)

1 でも無, をお

▼ つた猿共~ (2, 0.0%)

2 が千年

▼ つた猿楽~ (2, 0.0%)

1 で唯, はだ

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ つた王様~ (2, 0.0%)

1 の眼, はひどく

▼ つた珈琲~ (2, 0.0%)

1 いろの, のす

▼ つた珍しい~ (2, 0.0%)

1 形の, 料理が

▼ つた理屈~ (2, 0.0%)

1 くさい法律, でもなし

▼ つた理想~ (2, 0.0%)

1 でなければ, と新しい

▼ つた理知~ (2, 0.0%)

1 である, の力

▼ つた理論~ (2, 0.0%)

1 のうち, 又は尊大

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 は何, は石

▼ つた瓦屋根~ (2, 0.0%)

1 と真白い, も

▼ つた瓦町~ (2, 0.0%)

1 の焙烙地藏樣, を急いだ

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 をあけ, をば頭

▼ つた生き物~ (2, 0.0%)

1 がゐる, は厄介

▼ つた生活様式~ (2, 0.0%)

1 もある, を男

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 もない, もなさ

▼ つた用件~ (2, 0.0%)

1 は, を話した

▼ つた田舎町~ (2, 0.0%)

1 が其当時父, とさう

▼ つた申分~ (2, 0.0%)

1 ない釣合, のない

▼ つた男の子~ (2, 0.0%)

1 がゐ, が此

▼ つた男性~ (2, 0.0%)

1 と女性, を妾

▼ つた男達~ (2, 0.0%)

1 が, が作つた歌

▼ つた留學生~ (2, 0.0%)

1 などが輸入, を前

▼ つた畫樣~ (2, 0.0%)

2 の川崎家

▼ つた異人~ (2, 0.0%)

1 の前, は日本

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の上, を越え

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の相手, り前

▼ つた當年~ (2, 0.0%)

1 の少女達, の意氣

▼ つた疲れ~ (2, 0.0%)

2 てへと

▼ つた病葉~ (2, 0.0%)

2 は一溜

▼ つた發音~ (2, 0.0%)

1 でいち, と違つたアクセント

▼ つた白樺~ (2, 0.0%)

2 の木立

▼ つた白色~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つた百二十兩~ (2, 0.0%)

1 の小判, を元

▼ つた百本入~ (2, 0.0%)

1 の卷煙草, の巻煙草

▼ つた目標~ (2, 0.0%)

1 と教育者自体, をもつ

▼ つた直也~ (2, 0.0%)

1 はさ, は最後

▼ つた直感~ (2, 0.0%)

1 が働く, らしいもの

▼ つた相客~ (2, 0.0%)

1 の方, はいかけ

▼ つた相当~ (2, 0.0%)

1 に物事, 長いもの

▼ つた相撲~ (2, 0.0%)

1 があり, だつた

▼ つた相貌~ (2, 0.0%)

1 から年, で修吉

▼ つた省線電車~ (2, 0.0%)

1 の中, は幸

▼ つた眞珠~ (2, 0.0%)

1 の數, の露

▼ つた眞珠太夫~ (2, 0.0%)

1 の人氣, はその

▼ つた眞田紐~ (2, 0.0%)

1 だ, を見せました

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 つ暗

▼ つた真中~ (2, 0.0%)

1 が茫, に小さく

▼ つた真白~ (2, 0.0%)

1 な乳房, な卯の花

▼ つた真紅~ (2, 0.0%)

1 な装束, の扁桃腺

▼ つた真赤~ (2, 0.0%)

1 なる大, な顔

▼ つた真黒~ (2, 0.0%)

1 な化物, な屋形

▼ つた眠く~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 とが争, を見

▼ つた眼玉~ (2, 0.0%)

1 のとび出した, の飛び出した

▼ つた眼鼻~ (2, 0.0%)

1 の小さい, 立ち叔母

▼ つた眼鼻立~ (2, 0.0%)

1 のチグハグ, は成

▼ つた着る~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ つた瞬間彼女~ (2, 0.0%)

1 はすでに, は汚

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の中, を抑

▼ つた矛盾~ (2, 0.0%)

1 の痛手, を演繹

▼ つた矢車~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ つた知人~ (2, 0.0%)

1 や知合, や親戚

▼ つた短歌~ (2, 0.0%)

1 と肩, はおそらく

▼ つた短銃~ (2, 0.0%)

1 へ丹念, を握りしめ

▼ つた石本俊吉君~ (2, 0.0%)

2 です

▼ つた砂丘~ (2, 0.0%)

1 であつ, には雑草

▼ つた砂糖~ (2, 0.0%)

1 とヤカン, の白

▼ つた破れた~ (2, 0.0%)

1 人生の, 太い粘り強い映画説明者

▼ つた礼式作法~ (2, 0.0%)

2 の阿呆

▼ つた神秘~ (2, 0.0%)

1 な力, な短章

▼ つた禿頭~ (2, 0.0%)

1 が石黒氏, を横

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で両者, は知らなかつた

▼ つた秩序~ (2, 0.0%)

1 ある世界, を与へ

▼ つた称讃浄土経~ (2, 0.0%)

2 も大和一国

▼ つた程にも~ (2, 0.0%)

2 感ぜぬらしく

▼ つた程よく~ (2, 0.0%)

1 もない, 間色を

▼ つた種々雑多~ (2, 0.0%)

1 の形, の比較的

▼ つた種種~ (2, 0.0%)

1 な形, の複色

▼ つた稱讃淨土經~ (2, 0.0%)

2 も大和一國

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がお, の陰

▼ つた空想~ (2, 0.0%)

1 に結びつけ, の草庵

▼ つた空虚~ (2, 0.0%)

1 な周囲, に乘

▼ つた空間~ (2, 0.0%)

1 に, にはいろいろ

▼ つた突當~ (2, 0.0%)

1 りより, り豚小舍

▼ つた窓ぎは~ (2, 0.0%)

1 へ行き, を離れず

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 には藤蔓, の神

▼ つた立見君~ (2, 0.0%)

2 の半生

▼ つた端艇~ (2, 0.0%)

1 が不思議, の餘

▼ つた竹さん~ (2, 0.0%)

1 が芝居, とかいふ少し

▼ つた竹籃~ (2, 0.0%)

2 の塒

▼ つた笑顏~ (2, 0.0%)

1 に相違, を見合せた

▼ つた笑顔~ (2, 0.0%)

1 が電燈, に相違

▼ つた笹野新三郎~ (2, 0.0%)

1 の前, はもとより

▼ つた筆力~ (2, 0.0%)

1 がある, はある

▼ つた筋道~ (2, 0.0%)

1 をかなり, を考

▼ つた箱書さ~ (2, 0.0%)

2 へ添

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 は生々, をつかつ

▼ つた範疇~ (2, 0.0%)

1 に編入, を持つ

▼ つた米国~ (2, 0.0%)

1 の国旗, の小説家ジヤツク・ロンドン

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 朴さ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で漬物, の栞

▼ つた紀行~ (2, 0.0%)

1 とか色々, の中

▼ つた紅い~ (2, 0.0%)

1 ダリアの, 鹿の子絞りの

▼ つた紅葉~ (2, 0.0%)

1 の一片, は色

▼ つた紙ぎれ~ (2, 0.0%)

1 を小さく, を読ん

▼ つた紙笠~ (2, 0.0%)

2 の破れた

▼ つた素人~ (2, 0.0%)

1 に鋸, の腕

▼ つた素振り~ (2, 0.0%)

1 はなかつた, も見せない

▼ つた素朴~ (2, 0.0%)

1 な, な儘

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 と萌黄, の筋

▼ つた紫色~ (2, 0.0%)

1 に変, に更ら

▼ つた紫陽花~ (2, 0.0%)

1 の反映, の花

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 おもて, つそり

▼ つた細工ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ つた細身~ (2, 0.0%)

1 のしなやか, の匕首

▼ つた細長い~ (2, 0.0%)

1 紙きれの, 鶴の

▼ つた絆創膏~ (2, 0.0%)

2 をてんてん

▼ つた結び目~ (2, 0.0%)

1 に齒, は非力

▼ つた給金~ (2, 0.0%)

1 と違つて不意, も減る

▼ つた絶望~ (2, 0.0%)

1 の天氣, の深

▼ つた綿~ (2, 0.0%)

1 が詰められ, の花

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の紫, 江は

▼ つた緑平さん~ (2, 0.0%)

1 の友情, へ長い

▼ つた線路~ (2, 0.0%)

1 の所, を走つ

▼ つた縁故~ (2, 0.0%)

1 で佐久間秀雄, もあつ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 を噛切, を用

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の古, の小袖

▼ つた織物~ (2, 0.0%)

1 は品, を使用

▼ つた繪圖面~ (2, 0.0%)

1 がたつた, が供

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 と小さな, の酒

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 に屆, に落ち

▼ つた罵倒~ (2, 0.0%)

2 を浴せ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の盛裝, 好心

▼ つた羅紗~ (2, 0.0%)

1 の処処, の紙入

▼ つた羊毛~ (2, 0.0%)

1 は先づ, やあざみ

▼ つた羊齒~ (2, 0.0%)

1 の路, をかき分ける

▼ つた群集~ (2, 0.0%)

1 に迎, のやう

▼ つた義兄~ (2, 0.0%)

1 の大塚武松, の言

▼ つた義務~ (2, 0.0%)

1 を果した, を遂

▼ つた義雄~ (2, 0.0%)

1 のやう, はもう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の粉, や黒い

▼ つた翌々日~ (2, 0.0%)

1 であつ, のこと

▼ つた翌朝~ (2, 0.0%)

1 のこと, のこと二人

▼ つた老松~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ つた耶蘇~ (2, 0.0%)

1 の前身, の言葉

▼ つた聖像~ (2, 0.0%)

1 が今, が懸

▼ つた聞く~ (2, 0.0%)

1 ところに, も非常

▼ つた職人~ (2, 0.0%)

1 にし, の財産

▼ つた職員室~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ つた職工長~ (2, 0.0%)

2 の立派

▼ つた肢體~ (2, 0.0%)

1 の部分, は白く柔かく

▼ つた肥えた~ (2, 0.0%)

1 女中が, 男で

▼ つた肥り~ (2, 0.0%)

1 かたでは, 肉

▼ つた肥料~ (2, 0.0%)

1 が不足, になつ

▼ つた肩先~ (2, 0.0%)

1 きを, にもさては

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 でめでたしめでたし, はない

▼ つた胡瓜~ (2, 0.0%)

1 と茄子, を持つ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 に節高, をそつ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 だぜ, を吹い

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が露出, のやう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の前, をその

▼ つた臨時種痘~ (2, 0.0%)

2 の成績調

▼ つた自分たち~ (2, 0.0%)

1 のこの, の池

▼ つた自分たち自身~ (2, 0.0%)

1 を悼ん, を歎

▼ つた自分自身~ (2, 0.0%)

1 のやう, を見出した

▼ つた自分達~ (2, 0.0%)

1 だけだらう, の楽園

▼ つた自我~ (2, 0.0%)

1 がなく, がのぞく

▼ つた自転車~ (2, 0.0%)

1 が心持下り勾配, は半ば

▼ つた臭い~ (2, 0.0%)

1 がします, 啖汁を

▼ つた興奮~ (2, 0.0%)

1 が加, を以て私

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 の猿樂町

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で父, を捲き上げ

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 さが

▼ つた良秀~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ つた色々~ (2, 0.0%)

1 の宝石, の本

▼ つた色とりどり~ (2, 0.0%)

1 の提灯, の礼服

▼ つた色白~ (2, 0.0%)

1 でポチヤポチヤ, の愛嬌者

▼ つた色硝子~ (2, 0.0%)

1 が天国, のランタアン

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 しささ, めかしさ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の葉, を食べた

▼ つた花弁~ (2, 0.0%)

1 を慰むる, を押し分ける

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 だつた, を

▼ つた芸術家~ (2, 0.0%)

1 が大作主義, の晩年

▼ つた若作り~ (2, 0.0%)

1 のできない, の婦人

▼ つた若旦那~ (2, 0.0%)

1 と隣, の身體

▼ つた苦し~ (2, 0.0%)

1 うない, さうで

▼ つた苦悩~ (2, 0.0%)

1 がない, には執拗

▼ つた英吉利~ (2, 0.0%)

1 のある, の女優ラングトリ夫人

▼ つた英國~ (2, 0.0%)

1 が異, の郵便船

▼ つた英國人~ (2, 0.0%)

1 のゴーランド, の支那

▼ つた茶壺~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ つた茶山~ (2, 0.0%)

1 が今, も知らなかつた

▼ つた茶店~ (2, 0.0%)

1 の床下, の老婆たち

▼ つた茶飯屋~ (2, 0.0%)

2 に聞く

▼ つた草刈籠~ (2, 0.0%)

1 を背負つて今度, を脊負

▼ つた草履~ (2, 0.0%)

1 や下駄, を穿い

▼ つた荒々しい~ (2, 0.0%)

2 のた

▼ つた荒繩~ (2, 0.0%)

1 と絡み, など極めて

▼ つた菊坂町~ (2, 0.0%)

1 は此処, は此處

▼ つた菊池君~ (2, 0.0%)

2 を思出

▼ つた菓子~ (2, 0.0%)

1 だつたの, を和尚奴

▼ つた菜葉~ (2, 0.0%)

1 の如く, をたくさん

▼ つた菱屋~ (2, 0.0%)

1 の番頭, の跡

▼ つた萬兵衞~ (2, 0.0%)

1 からもよく, に金

▼ つた落人~ (2, 0.0%)

1 に夜, らしい

▼ つた葉書~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を偶然

▼ つた著物~ (2, 0.0%)

1 と飾り物, の下

▼ つた葡萄~ (2, 0.0%)

1 の實, の房

▼ つた葦原醜男~ (2, 0.0%)

1 に, はまだ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がごそごそ, の寝顔

▼ つた蒲団~ (2, 0.0%)

1 が醜悪, をめくり

▼ つた蒼い~ (2, 0.0%)

1 空の, 色が

▼ つた蒼白~ (2, 0.0%)

1 なヒステリック, な顔

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の浮葉, の葉

▼ つた蔓草~ (2, 0.0%)

1 がいつ, であつ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 にある, に腰

▼ つた薄墨~ (2, 0.0%)

1 が忘れられず, の眉毛

▼ つた薙刀~ (2, 0.0%)

1 は再び, を担い

▼ つた藁屋根~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の外, の鍵

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のステッキ, の花

▼ つた藤井~ (2, 0.0%)

1 と云, に途中

▼ つた藤棚~ (2, 0.0%)

1 と少し, の藤

▼ つた藥袋~ (2, 0.0%)

1 だと, へ金

▼ つた蘭丸~ (2, 0.0%)

1 の顔, を未だしっかり

▼ つた虚無~ (2, 0.0%)

1 が彼, の心

▼ つた虹猫~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, は第

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が外れ, のやう

▼ つた蜀黍~ (2, 0.0%)

1 が丈, の側

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 か何, の身悶え

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がまた, を放し

▼ つた蟷螂~ (2, 0.0%)

1 に似, のよう

▼ つた血だらけ~ (2, 0.0%)

1 な奴, な男

▼ つた血気~ (2, 0.0%)

1 の若者, の青侍二三名

▼ つた血液~ (2, 0.0%)

1 はそう, もわれ等

▼ つた血色~ (2, 0.0%)

1 のいい, はどう

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の次ぎ, ひを

▼ つた行乞相~ (2, 0.0%)

1 は満点, も悪く

▼ つた行事~ (2, 0.0%)

1 としては生, の延長

▼ つた行列~ (2, 0.0%)

1 が橋, だ

▼ つた行動~ (2, 0.0%)

1 で全く, を敢

▼ つた行司~ (2, 0.0%)

1 の軍配, は説明

▼ つた術語~ (2, 0.0%)

1 を以て説明, を大師

▼ つた衣服~ (2, 0.0%)

1 は再び, を着

▼ つた衣絵さん~ (2, 0.0%)

1 が手縫, の友染

▼ つた衣裳~ (2, 0.0%)

1 を纏, を身

▼ つた表紙~ (2, 0.0%)

1 でした, は赤ちやけた

▼ つた表裏~ (2, 0.0%)

2 に二階

▼ つた表面~ (2, 0.0%)

1 を代る代る, を巧み

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 は幾枚, を掻い込むで

▼ つた被告~ (2, 0.0%)

1 の家族, は無数

▼ つた裁判官~ (2, 0.0%)

1 のペツプ, を見つける

▼ つた裏切者~ (2, 0.0%)

1 かやう, だ

▼ つた裏口~ (2, 0.0%)

1 の戸, へ

▼ つた裾野~ (2, 0.0%)

2 の大き

▼ つた褒美~ (2, 0.0%)

1 で三浦屋, の金

▼ つた襦袢~ (2, 0.0%)

1 の手入, の襟

▼ つた西寺~ (2, 0.0%)

2 と呼ぶ

▼ つた見たい~ (2, 0.0%)

1 なあの, な顔つき

▼ つた見物人~ (2, 0.0%)

1 のやう, の船

▼ つた見解~ (2, 0.0%)

1 に判決, を述べ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 へはない, もない

▼ つた親分子分~ (2, 0.0%)

1 で平次, は自分達

▼ つた観察~ (2, 0.0%)

1 であり近代精神文化, であること

▼ つた観念~ (2, 0.0%)

1 から来た, が何時の間にか

▼ つた観方~ (2, 0.0%)

1 として現, をする

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 があつ, がある

▼ つた記述~ (2, 0.0%)

1 とを読みくらべ, を読ん

▼ つた訳ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, や無い

▼ つた試み~ (2, 0.0%)

1 だと, をやつ

▼ つた詩文~ (2, 0.0%)

1 の法則, はへんてこ

▼ つた話相手~ (2, 0.0%)

1 なの, を持たなかつた

▼ つた認識~ (2, 0.0%)

1 の下, は對象

▼ つた語調~ (2, 0.0%)

1 で言いました, の重い

▼ つた調べ~ (2, 0.0%)

1 の短歌, を好んだ

▼ つた調度~ (2, 0.0%)

1 の中, を竝

▼ つた調理~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ つた論文~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, では無い

▼ つた論理~ (2, 0.0%)

1 の結果, を正し

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 は, はば私

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のよう, めいた意味

▼ つた豆ランプ~ (2, 0.0%)

1 がわたし, が私

▼ つた豪華~ (2, 0.0%)

1 な役割, な思ひ出

▼ つた豫感~ (2, 0.0%)

1 が平次, めいた不安

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 でございまではよ, のやう

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 になつて

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 つた, つたわつ

▼ つた貧乏人~ (2, 0.0%)

1 の金, へ夜

▼ つた貨物自動車~ (2, 0.0%)

2 の屋根

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 樣が

▼ つた貴様~ (2, 0.0%)

1 が出ず, に仕返し

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 室館の, 端艇が

▼ つた賃銀~ (2, 0.0%)

1 が得られる, を頭

▼ つた賞品~ (2, 0.0%)

1 などを送る, を抱

▼ つた賢い~ (2, 0.0%)

1 人が, 小男達で

▼ つた質屋~ (2, 0.0%)

1 で誤算, の格子戸

▼ つた質量~ (2, 0.0%)

1 と熱度, を有つて

▼ つた赤楊~ (2, 0.0%)

1 の民, の王樣

▼ つた起き~ (2, 0.0%)

1 て間もなく, 直つた從弟

▼ つた起源~ (2, 0.0%)

1 であります, をいへ

▼ つた趣向~ (2, 0.0%)

1 ではあるまい, のやう

▼ つた足利時代~ (2, 0.0%)

1 に耒耜, の初期

▼ つた足袋~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, などが菓子

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で三四人, のある

▼ つた距離~ (2, 0.0%)

1 が五六町, の処

▼ つた路地~ (2, 0.0%)

1 の商品, の方

▼ つた路次~ (2, 0.0%)

1 は晝間, を早足

▼ つた踊り手~ (2, 0.0%)

1 がまるで, が其周囲

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のあつ, は

▼ つた身なり~ (2, 0.0%)

1 であつ, をし

▼ つた身ぶり~ (2, 0.0%)

1 で長い, にのこつ

▼ つた身分~ (2, 0.0%)

1 だから, でございますが

▼ つた身心~ (2, 0.0%)

1 がすう, 共に

▼ つた身振り~ (2, 0.0%)

1 の可笑しく, をし

▼ つた身装~ (2, 0.0%)

1 で入, をし

▼ つた車夫~ (2, 0.0%)

1 の善作, は昨日

▼ つた軌道~ (2, 0.0%)

1 でさうな, と岩壁

▼ つた軍艦~ (2, 0.0%)

1 と武揚等, 造るの

▼ つた軍隊~ (2, 0.0%)

1 が悉く, が敗軍

▼ つた軽い~ (2, 0.0%)

1 意味の, 足どりで

▼ つた輕井澤~ (2, 0.0%)

1 のお, の店

▼ つた辨當~ (2, 0.0%)

1 はいらん, を持つ

▼ つた辯護士達~ (2, 0.0%)

1 の目, は又

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 です, で別に

▼ つた近代~ (2, 0.0%)

1 になつて東洋, の人間

▼ つた近頃~ (2, 0.0%)

1 の書物, はどうも

▼ つた返し~ (2, 0.0%)

1 になつて, の太刀筋

▼ つた返す~ (2, 0.0%)

1 久松橋を, 廊下や

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 はれたといふ, 鮎箱を

▼ つた追憶談~ (2, 0.0%)

2 は雨

▼ つた通りそれ~ (2, 0.0%)

1 は先づ不可抗性, は自分

▼ つた通り一ぺん~ (2, 0.0%)

1 のこと, の形容詞

▼ つた通り云~ (2, 0.0%)

1 ふと穏, ふと穩

▼ つた通り何~ (2, 0.0%)

1 の変化, の気

▼ つた通り僕~ (2, 0.0%)

1 の此頃, もあつ

▼ つた通り彼~ (2, 0.0%)

1 の教師, は憤

▼ つた通り現時~ (2, 0.0%)

1 の社会, の社會

▼ つた遊女~ (2, 0.0%)

1 の役目, も或は

▼ つた運転手~ (2, 0.0%)

1 が急がず慌てず, も第

▼ つた道珍和上~ (2, 0.0%)

1 とも知合, への手向

▼ つた遣戸~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ つた遺書~ (2, 0.0%)

1 の文字, を書く

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で三國屋, で下

▼ つた邦子~ (2, 0.0%)

1 の病状, をさらつて

▼ つた部厚~ (2, 0.0%)

1 な書物, な物

▼ つた酒代~ (2, 0.0%)

1 の貸, も頂戴

▼ つた酒場~ (2, 0.0%)

1 に赴い, の亭主

▼ つた酒飲み~ (2, 0.0%)

2 で酒さ

▼ つた酔う~ (2, 0.0%)

1 て倒れた, て唄う

▼ つた酔ひ~ (2, 0.0%)

1 つぶれて, やすくな

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 だつたん, であつ

▼ つた重く~ (2, 0.0%)

1 ろしい, 憂鬱な

▼ つた重吉~ (2, 0.0%)

1 と數之介, は盃

▼ つた重大~ (2, 0.0%)

1 な事, な点

▼ つた重苦しい~ (2, 0.0%)

1 ものに, 鈍痛が

▼ つた野原~ (2, 0.0%)

1 の黒い, を見わたしました

▼ つた野菜~ (2, 0.0%)

1 はヨリ, を一纏め

▼ つた金五郎~ (2, 0.0%)

1 が内, が夜中

▼ つた金具~ (2, 0.0%)

1 のだし, のついた

▼ つた金持~ (2, 0.0%)

1 か評判, らしいたしなみでせう

▼ つた金網~ (2, 0.0%)

2 が花壇

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の下, の湯

▼ つた釜屋~ (2, 0.0%)

1 の構, は主人

▼ つた鈍い~ (2, 0.0%)

1 圧迫が, 壓迫が

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の中, の音

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の兵隊, の棒

▼ つた鉢肴~ (2, 0.0%)

2 を運ん

▼ つた銀杏~ (2, 0.0%)

1 の大樹, の葉

▼ つた銀竹~ (2, 0.0%)

2 といふ言葉

▼ つた銀貨~ (2, 0.0%)

1 で花, をかぞへ

▼ つた銚子~ (2, 0.0%)

1 が二三本, の酒

▼ つた鋭敏~ (2, 0.0%)

2 な感覚

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 はいつも

▼ つた鍛冶屋~ (2, 0.0%)

1 は其処, は女帝

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 だから, と鍬

▼ つた鏡子~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉尻

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 はお前, は戌刻

▼ つた鐵砲~ (2, 0.0%)

1 が變, を取りおろし

▼ つた鑑賞家~ (2, 0.0%)

1 が作家, は東京

▼ つた長屋~ (2, 0.0%)

1 の奴等, の端

▼ つた長政~ (2, 0.0%)

1 の妻保科氏, は年

▼ つた長男~ (2, 0.0%)

1 の遺児, をしみ

▼ つた長身~ (2, 0.0%)

1 の中年者, の青年フランシスフォード君颯爽

▼ つた閃光~ (2, 0.0%)

1 がギザ, は遙

▼ つた閑寂~ (2, 0.0%)

1 と佗, と侘

▼ つた限それなり~ (2, 0.0%)

2 に二人

▼ つた陰影~ (2, 0.0%)

1 のこと, や気分

▼ つた陶器~ (2, 0.0%)

2 の馬車

▼ つた陸稻~ (2, 0.0%)

1 はかう, をたべた

▼ つた隆造~ (2, 0.0%)

1 はハツ, は病院

▼ つた階子段~ (2, 0.0%)

1 から落ち, の方

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 と云, にそつ

▼ つた隣室~ (2, 0.0%)

1 の喚声, の聲

▼ つた雑音~ (2, 0.0%)

1 が刻々, となつ

▼ つた雨水~ (2, 0.0%)

1 の流れ, の面

▼ つた雪子~ (2, 0.0%)

1 の心身, もお

▼ つた雪雲~ (2, 0.0%)

1 から吹き下す, の色

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が母, の全身

▼ つた雰圍氣~ (2, 0.0%)

1 に屬, もこの

▼ つた電報~ (2, 0.0%)

1 は却つて, を手

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 が白く, の鋭さ

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 があの

▼ つた青木~ (2, 0.0%)

1 が田舎, と云

▼ つた青菜~ (2, 0.0%)

1 は地べた, を積みあげ

▼ つた静寂~ (2, 0.0%)

1 に僅か, の大

▼ つた音色~ (2, 0.0%)

1 が時々, でシッ

▼ つた響き~ (2, 0.0%)

1 がある, に一ツ

▼ つた頃小川~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ つた頃彼~ (2, 0.0%)

1 は一日, は社長

▼ つた頃私~ (2, 0.0%)

1 の擔任, は目白臺

▼ つた頃雨~ (2, 0.0%)

1 が降り出した, も滋

▼ つた領巾~ (2, 0.0%)

1 にも同じ, を振つ

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 すぢ, 飛び出した眼

▼ つた顏付~ (2, 0.0%)

1 で立ち去つた, をし

▼ つた顏容~ (2, 0.0%)

1 で二十二, といひ

▼ つた顏色~ (2, 0.0%)

1 といつた, などは青白く

▼ つた顔付き~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ つた顔立~ (2, 0.0%)

1 だつた, で恐らく

▼ つた類型~ (2, 0.0%)

1 があります, がひそか

▼ つた風呂敷包~ (2, 0.0%)

1 には二宮金次郎, はすぐ

▼ つた風物~ (2, 0.0%)

1 がす, が特色

▼ つた風船~ (2, 0.0%)

1 あられは, あられ屋

▼ つた風貌~ (2, 0.0%)

1 が現, をあたへ

▼ つた風采~ (2, 0.0%)

1 なく, は建場

▼ つた食卓~ (2, 0.0%)

1 で或, のま

▼ つた食堂~ (2, 0.0%)

2 へ復行

▼ つた食餌~ (2, 0.0%)

2 を捧げる

▼ つた飯茶碗~ (2, 0.0%)

1 を手, を渡し

▼ つた饂飩~ (2, 0.0%)

1 は叉手, を温め抱く

▼ つた饗宴~ (2, 0.0%)

1 に少々, の用

▼ つた香水~ (2, 0.0%)

1 の使用, を用

▼ つた馬子~ (2, 0.0%)

2 が胡坐

▼ つた馬明生~ (2, 0.0%)

2 の体

▼ つた馬鹿者~ (2, 0.0%)

1 でないと, でも無い

▼ つた馴染~ (2, 0.0%)

1 の酒屋, の顏

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 で錠, のポスト

▼ つた~ (2, 0.0%)

2 黴院の

▼ つた駿三~ (2, 0.0%)

1 がこの, 及びその

▼ つた騎士~ (2, 0.0%)

1 のうち, のやう

▼ つた騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 であるに, の時

▼ つた驚き~ (2, 0.0%)

1 から覺め, の気持

▼ つた體裁~ (2, 0.0%)

1 になつ, に包ませ

▼ つた高価~ (2, 0.0%)

1 な本, な鋏

▼ つた高原~ (2, 0.0%)

1 の斜面, の野道

▼ つた高田実~ (2, 0.0%)

1 に訊いた, は道頓堀

▼ つた高等科~ (2, 0.0%)

2 の生徒

▼ つた髪の毛~ (2, 0.0%)

1 の一筋, を無

▼ つた髷節~ (2, 0.0%)

1 を押, を直し

▼ つた鬱屈~ (2, 0.0%)

1 の姦淫者, の種

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がよい, の腕

▼ つた魚類~ (2, 0.0%)

1 は皆壱州, を思ひ出す

▼ つた鮎釣~ (2, 0.0%)

2 の自慢話

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 がある, の子

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 のはばたき, のやう

▼ つた鳥影~ (2, 0.0%)

1 を思ひ出した, を思出

▼ つた~ (2, 0.0%)

1 の穂, ん中

▼ つた黄ばんだ~ (2, 0.0%)

1 金剛石の, 顔の

▼ つた黒雲~ (2, 0.0%)

1 の中, の袖

▼ つた鼈甲~ (2, 0.0%)

2 の櫛

▼ つた鼻声~ (2, 0.0%)

1 でわたし, で囁く

▼1* [9480件]

つたあかつき一般の家庭, つたあかんぼ, つたあくどさに, つたあけはなしたま, つたあげくイワンに向, つたあげく兵舎の窓, つたあげく大念寺の離れ, つたあげく店はつぶれ, つたあげく留吉の立つ, つたあげく百圓だけは出す, つたあげく相沢の馬, つたあげく誰にでも青春, つたあそこでは斯, つたあたいの顔, つたあてもなく, つたあといくらもない, つたあとそこらの掃除, つたあと久米のこと, つたあと二見は座敷, つたあと京野等志と妹, つたあと伯爵は素子, つたあと初夜の幕, つたあと妻は聲, つたあと家人があと, つたあと富岡は暫く, つたあと小石川の家, つたあと心に迫つて來, つたあと数は減, つたあと最後の蒸し, つたあと清治はまた, つたあと私は潮, つたあと終戦直後に山崎, つたあと自分の部屋, つたあなたがたのお, つたあなたたちのお母さま, つたあなたぢやない, つたあの不斷の, つたあはれな遊女, つたあはれさ兩親の目, つたあぶなげな, つたあぶないことは, つたあぶらの乗つた, つたあぶらぎつた赤ら顔の, つたあまだ, つたあまりにその息ぬき, つたあまり世間の表, つたあめいろの舟, つたありがたすぎて, つたありがたいありがたいそれにしても私, つたありがたしとばかりすぐ, つたありきたりの石見銀山鼠, つたあれぢや泳ぎ, つたあれらのそろひの, つたあわただしく忙が, つたあわてた姿でした, つたあんべえ, つたあんた達がさ, つたあんなにうら, つたあん時だけだ, つたいかつい口鬚の, つたいかつい恐ろしさう, つたいきさつ一と月, つたいきなり飛び起きて, つたいさぎよく自己決算でも, つたいそいで冬, つたいちだなと, つたいちごを見る, つたいつか外國の或, つたいつか釣竿かたいで, つたいつも髭の, つたいづれ不幸な, つたいとしさが, つたいとも靜かな死顏です, つたいのちがけで飲ん, つたいふところの, つたいまわたくしに素直, つたいま乘移つた人も煎餅, つたいみじくも美しい少年, つたいや味つた, つたいよいよ俺達も, つたいらだたしい生活が, つたいろいろの学校, つたいろはのガラス障子, つたうすつぺらな調子, つたうすい錫の, つたうたつた踊つた, つたうち明け話をし, つたうつくしい歌を, つたうまいうまい筍だ, つたうるほさないところだつた, つたうれしくもあり, つたえた村である, つたおい老いぼれ油虫, つたおいしかつた, つたおいぼれをい, つたおおお前, つたおかあさんにすまない, つたおかずもよろしい, つたおけさと, つたおしげだけはあまり, つたおそくまでいろ, つたおそらくはこれが, つたおそろしさう, つたおちかは勝手口, つたおちついた女の, つたおちつける日小鳥の, つたおどろきであつた, つたおなじ雪深い, つたおのおのの涙腺, つたおばあさん一人のきれい好き, つたおばさんにたのん, つたおびただしいソバカス, つたおふくろを連れ, つたおやあれはと, つたお下髮の一人, つたお主殺しの, つたお人好しらしい主人, つたお前さんに限つて, つたお前此頃松公に逃, つたお天道様を見る, つたお嬢さんなどがモスリン, つたお客さまがあつ, つたお客さんのこと, つたお客ぢやねえか, つたお客様をある, つたお寺の白い, つたお年の召し, つたお年玉とおばあさん, つたお店者だ, つたお次には先生自身位, つたお歌をみる, つたお母さまつてお聴き, つたお玉さんが急, つたお茶をご, つたお茶屋に細君, つたお菜に會, つたお蔦と卯八, つたお袋に苦勞, つたお里の上, つたお金ぐらゐは払つて, つたお鉢の上, つたかいなアあんたは全, つたかうして毎日, つたかう降つては, つたかお品はお, つたかかる無學, つたかがやかしい雪を, つたかぎりは昨夜一晩, つたかごがなくなり, つたかさへ疑問, つたかして私, つたかしらんお宮の, つたかすれ声で, つたかずかずの事物, つたかずつと背伸びを, つたかせ土手に, つたかつこうもうぐひすもほうじろもよく, つたかであらうチュッ, つたかなしかつた, つたかなどとおたづねする人, つたかなどと云つて人生の, つたかまぼこを登美子, つたかみさんは上, つたかよこの惡黨野郎奴, つたかよわい闘士可愛らしい, つたからかたうとう, つたからかい氣味の微笑, つたからさどうしてあの, つたからだのぐあいもだいぶよくなつたやうだ, つたからだに丈長の, つたからとのことで, つたからなおらチヨンぎつただ, つたからにもよるが, つたからをかしい, つたかわいた落葉は, つたかわりに映画, つたかをも示して, つたかんさんは押入, つたかんな仕事ぢや卯平, つたかナなんぞと思ふ中, つたかネ實は, つたがとに角一週間ほどの, つたがにつと微笑, つたがねのさ, つたがほど経て, つたがもぢも, つたがやにはに立ち上つて窓, つたがネ君是れ, つたきいきいといふ鳴, つたきたない脛を, つたきのふは米, つたきびしさで, つたきらびやかな空間, つたきりお客は往生, つたきりそれが最後, つたきりそれ以上その問題, つたきりぢつと見つめ, つたきりズット見えないから, つたきり一人も浮き上, つたきり一年あまりになります, つたきり一日や二日歸つて來, つたきり一語も発し得ず, つたきり二日經つても品, つたきり交渉がぷツ, つたきり他に何一つ, つたきり会はない, つたきり何んにも言, つたきり何時まで經つて, つたきり俯向いて, つたきり光政はじつと, つたきり取り合はない, つたきり口を噤ん, つたきり噂もなかつた, つたきり声も出なかつた, つたきり外つ方, つたきり帰つて来なかつた, つたきり店から一, つたきり彼女はなんにも, つたきり急に顔, つたきり歸つて來ねえ, つたきり歸らず内儀, つたきり死の直前, つたきり殆ど外出すること, つたきり火鉢なら火鉢, つたきり犒ひの, つたきり發車時までプラツトホーム, つたきり眼をみ, つたきり矢張り外ツ方を向い, つたきり私も急がしい, つたきり立ち上つて次の室, つたきり答へるやう, つたきり箪笥のけんどん, つたきり羽織の事, つたきり自分も涙ぐん, つたきり藥の事, つたきり行方不知になり, つたきり見舞ひの, つたきり誰一人返事をする, つたきり醫者は後, つたきり鉛筆のやう, つたきり音沙汰の無い, つたきり默つて眼でガラツ八, つたぎごちない沈默, つたくじぶんと鹿, つたくすツと, つたくだんのもう, つたくちひげを, つたくちびるは, つたくみ子の胸, つたくりかへし, つたくるみの實, つたぐあひで少數, つたぐあひに書きあげて, つたぐあひに萬一に備, つたぐつすりと眠れた, つたぐつすり前後不覚の睡眠, つたぐらゐの長さ, つたぐらゐ日本が負けた, つたぐるりは清淨, つたけが真箇, つたけが眞箇かな, つたけどねそんな事, つたけねそれ君の, つたけむりではある, つたけりやおん, つたけれどさう続い, つたけれどね何でも, つたにも民族的問題, つたこうろぎがもうないてゐる, つたこかしとは此地方, つたここにも私, つたことお化け若衆の滅法, つたことこれぐらゐの道理がお, つたことこれらをつくづく, つたことすべて女に不快, つたことそれ丈であります, つたことたくさん教へてもらひたい, つたことばは神自身, つたこと一鉢千家飯を食べ, つたこと下宿でも自分, つたこと今のお母さん, つたこと他の誰, つたこと以上はなんにも, つたこと以外に何, つたこと位ひでそんな途方, つたこと住職が手, つたこと作つたこと, つたこと其を言つて, つたこと其頃の上流社會, つたこと古の句, つたこと君のお母さん, つたこと地代は震災以来一つ, つたこと壽阿彌, つたこと御座所はここ, つたこと放火未遂当夜も宵の口, つたこと木星が月, つたこと東京へ來, つたこと此等は民譚, つたこと氣のついた, つたこと汽車が出る, つたこと爲したこと, つたこと玄宗時代に景教, つたこと研究のはかどり, つたこと等が知られる, つたこと許り今, つたこと馬酔木さんが酒好き, つたこと鶏小屋を鷹, つたこの小さな老人に, つたこらへろ, つたこらえて下さい, つたこれさへあれ, つたこれ私のやう, つたころ二三度逢つたこと, つたころ先生と始めて, つたころ四年前それは東京, つたころ徳川君は, つたころ木田市郎がトラック, つたころ眉山のふもと, つたこんもりした竝樹, つたごつごつ指にて血の気, つたごとくであるが海外貿易, つたごはんがタラフク, つたごぼうは, つたさあ今一度笑つてみせ, つたさうかと思ふと, つたさかい五時頃だすやろ, つたさかなは御, つたさかりで丁度, つたさけさかなめしみんなうま, つたささやかな空間, つたさざめきは直接それ, つたさし物の名, つたさつきの古い, つたさびしかつた, つたさびしさよ, つたさまざまなノオト, つたさみしかつた, つたさみしい酒だつた, つたされば其甲斐, つたさわぎで皆んな, つたさんのやう, つたざまを見る, つたしきりに尻をも, つたしすつから行, つたしたたかものの人柄, つたしつかり者といふ, つたしづかな私自身, つたしづかに展ける一つ, つたしぼりタオルをね, つたしめやかな雨, つたしもた屋ですが, つたしようことなし, つたしろ物, つたし着せるものにも, つたじんきを, つたすかんぽの話, つたすぐれたものを, つたすこぶる文明開化趣味の, つたすずらんの花, つたすなわち伊達捷平の, つたすべて世間師は生活, つたすべて是れ速記者, つたすまなかつた何しろ私一人, つたすりばちを伏せ, つたずつとの昔の, つたせつなさが, つたせつない安堵と, つたせめてその一部分, つたせめてもう少しお父, つたせりふのやう, つたせんさくは無用, つたぜと云つてやりたかつた, つたなたとしては, つたそうした楽しみをも, つたそしてそこでお師匠樣何, つたその同じ日に, つたその後を追, つたそらチベットへ, つたそりや良い, つたそれではお前は, つたそれならと後悔, つたそれにまたどうしても自分, つたそれら峰々のとがり, つたそれツといふ, つたそれ以後その着た, つたそれ切り形を見せない, つたぞな里で, つたうとう待合室, つたたか子夫人の出ない, つたたくさんの争い碁, つたたしかに私の, つたたちまち旱魃解消いつ, つたたぬき汁とは異, つたたぶうを犯す, つたたまの逢瀬, つたたまさかお化粧, つたためぢや無い, つたためやつと許し, つたため何時となく, つたため前歯二つ反つて, つたため夕食後までぶらぶら, つたため彼の疲れ, つたため控所の煉瓦敷, つたため數が減り, つたため横浜に着いた, つたため港にか, つたため白痴であつ, つたため私は一頃, つたため細君を助け出す, つたため里子は男, つたたよりはうれしい, つただいがくに就, つただいたい友を, つただいぶ名所じみ, つただが発病以来すでに, つただけにてやみぬ, つただけを此方に, つただだつ広い座敷, つただつて俺, つただぶだぶの服, つただまつてひとりでおとなしく, つただらしなく横座, つただるまであつ, つたちしやほうれん, つたちつとも目瞬き, つたちと新家庭, つたちび筆で描いた, つたちやんと並んだ, つたちようど先日彼からの手紙, つたちようど宿直の樹明君, つたちようど隣室のお客さん, つたちろりを置く, つたちんですから, つたぢいはたちまち, つたぢやあないか, つたぢアないか, つたついとほりの, つたつかみ掛りサウな, つたつきや, つたつけあたしに聞きたい, つたつけそれ忠吉さんとか忠次郎さん, つたつけチヨンの母猿, つたつけナラエが筑波山, つたつけ団扇の画, つたつけ春子さまかあの, つたつけ気胸療法とかも駄目, つたつけ董は艸冠, つたつた母の姿, つたつてあら位な小, つたつておれの知, つたつてお話にも何, つたつてこれあ畢竟, つたつてしようがないですよ, つたつてちやんと本式, つたつてぢやありません, つたつてめつたにはいれない, つたつてオダハラの吾家, つたつてダメよ, つたつてヘイチヤラだから, つたつて一日か, つたつて一本の職人, つたつて下へ飛降りた, つたつて下宿屋ぢやすぐ, つたつて不思議はない, つたつて世間の人, つたつて事まで, つたつて二人だけになる, つたつて云つてたわ, つたつて些とも關, つたつて人つ子, つたつて今の俺, つたつて今晩は帰らねえ, つたつて仲間つぱづれと言, つたつて休茶屋のすぐ, つたつて何様もならぬ, つたつて俺等が唄, つたつて兄さんが怒, つたつて先刻から笑, つたつて其手は喰, つたつて其法官に出来, つたつて分りはしない, つたつて刑事も居る, つたつて初めの幕, つたつて別にない, つたつて力づくで接吻, つたつて匂ひでも解り, つたつて区役所から何, つたつて十万以上残つてゐるは, つたつて取りかへせない, つたつて取り返しはつきません, つたつて可いだらう, つたつて品物は他, つたつて嘘とも思はない, つたつて埒は明かない, つたつて売つたこと, つたつて外国人だからね, つたつて奥様にかう, つたつて女房も子供, つたつて妾なん, つたつて始まりはせん, つたつて嫌がる女, つたつて實社會に出, つたつて實際になつ, つたつて少年だ, つたつて屋根に上, つたつて屹度鼻つまみに違, つたつて差支へない, つたつて彼はそう, つたつて往つたり, つたつて後の祭り, つたつて恥かしくないわ, つたつて情熱だよ, つたつて意味なン, つたつて手遲れだよ, つたつて打棄るもな, つたつて承知するもの, つたつて指の先, つたつて教育上の成績, つたつて新聞に出, つたつて木戸錢は出ない, つたつて校長先生よりうまい, つたつて此方にもありやしない, つたつて母殺しだの一家心中, つたつて気障がられて, つたつて海にいり, つたつて涙の出たくなる, つたつて潮は奔, つたつて為やうがない, つたつて無益でせう, つたつて熊吉が擧, つたつて生活出来さうね, つたつて用はない, つたつて病はされ, つたつて登つて時にゆすつ, つたつて相手になんてなる, つたつて矢張青い壁, つたつて碌なこと, つたつて穴倉のほとり, つたつて窓を抜け出し, つたつて管やしねえ, つたつて結局子供だましの夜鷹仕事, つたつて船にゆき, つたつて血の滴つて, つたつて行つた, つたつて行く先もありません, つたつて裁判所に引つ, つたつて親一人子一人の中, つたつて親分ほんのちよい, つたつて親分外からぢ, つたつて言ふ噂, つたつて言ふからことによれ, つたつて言葉は通じない, つたつて話が無い, つたつて誰も何とも, つたつて貴方に敵ひつ, つたつて近所だつて, つたつて迷児になんかなりやしません, つたつて迷兒になんかなりやしません, つたつて通用しないぢ, つたつて遁げ出せば, つたつて酒がじた, つたつて酔つたやう, つたつて鑿なんか出る, つたつて間に合, つたつて雷鳴樣だつて面食らつて, つたつて順に一人づつ船, つたつて餘程でなくつちや葉書, つたつて馬小屋に忍び込む, つたつて駄目ぢやない, つたつて高が知れてる, つたつとを半分, つたつながるもの, つたつばめ太夫の名, つたつまみのところ, つたつむりつや, つたつらかつた, つたつるやに二晩泊つて歸, つたづどんどう月夜に砂煙, つたづらと斷念め, つたてられて來, つたであらふし一方, つたでありませうがそれ, つたであろうか, つたでこぼこの多い, つたでござらうかと遠目金, つたでつぷり肥つた體の, つたでなア, つたでないか, つたでなく多からぬ, つたで御座いませう其れ, つたで御座んせうチラと, つたで誤つて傳へる, つたというのみでそれ以上何の, つたといふだけで敬遠せざる, つたといふだけでも五体の, つたといふだけに色白の, つたといふばかしでてんで, つたといふばかりでは, つたといふほど安かつ, つたといふも過言でなく, つたとうたつた童謠詩人, つたとかいふのみでなく精神的, つたとかで桐の, つたとが義理の, つたときあなたはその, つたときいやがる彼, つたときおれお前んとこ, つたときお母様は, つたときお糸さんが羽田, つたときこんどは今, つたときどこかにゐる, つたときぼくはおも, つたときみのは黄バス, つたときむかし小町が都, つたときわたしは弾丸, つたときカムパネルラが, つたときギヤツと來, つたときゲーテは, つたときモグラみたいにヒョッコリ顔, つたときヴォルテールと哲学辞書, つたとき一つの藝術的, つたとき一度アイスクリームを持つ, つたとき一番に自分, つたとき一疋の熊, つたとき一遍行つたきり, つたとき丁度道の左側, つたとき丸太小屋の水道, つたとき二階の窓際, つたとき五人程の人, つたとき今度は兄, つたとき信一郎は夢, つたとき修吉が見, つたとき凡骨の話, つたとき十一月號には紙數, つたとき十月の風, つたとき嘉十はお, つたとき嘉十はさつきのやすんだ, つたとき土地を売つた, つたとき地割れが閉ぢ, つたとき地面へ屈ん, つたとき坊ちやんが, つたとき坊主は思はず, つたとき夜ふけて一度, つたとき太宗の勅命, つたとき太田は思はず, つたとき夫がへえ, つたとき奥の方, つたとき妹の齢, つたとき妻はたはむれ, つたとき娘の顔, つたとき嫂は季子, つたとき孫六さんがこの, つたとき小島政二郎がさて, つたとき少年は意, つたとき島から呼び戻せる, つたとき川向ひでも色々, つたとき左手の品物, つたとき帽子も被らず, つたとき幸徳は新宿驛, つたとき彼らの背中, つたとき彼等は彼等, つたとき御覧のごとき, つたとき急に襖, つたとき恥かしくなつて, つたとき戸締りに變, つたとき手元のぼんやり, つたとき手際の凄い, つたとき数個の破片, つたとき文子は思はず, つたとき日本が泣い, つたとき暮方ちかい曇天, つたとき書庫の本, つたとき松吉は思はず, つたとき果てしのない, つたとき此人は仏, つたとき母親はそれ, つたとき氏は東北出身, つたとき気をつけ, つたとき水面にあ, つたとき河上徹太郎が何, つたとき浅草の電気館, つたとき淡路へ行, つたとき満場は殆, つたとき瀬戸でこし, つたとき無心にゆける, つたとき焼跡は優しく, つたとき玄関に出, つたとき瑠璃子は遉, つたとき生理學的に若しくは, つたとき病状を聞く, つたとき百合の花, つたとき監獄と云, つたとき眞に孤獨, つたとき石油をつかつたら, つたとき秀治たちは露骨, つたとき立派な神, つたとき組みしかれた旅人, つたとき翁はこの, つたとき脈管内に湧きたつ, つたとき腰が痛く, つたとき芝居を終, つたとき菊次さんは左足, つたとき虫が実, つたとき被告席から涕泣, つたとき覚寿と梅王, つたとき計理士が代り, つたとき誰も誰, つたとき賑やかでいいとお, つたとき遉に瑠璃子, つたとき運動会の楽隊, つたとき運転手台の方, つたとき酒の匂, つたとき關西の郊外, つたとき階段に足音, つたとき願をかけた, つたとき食後の煙草, つたとき首筋を撲つ, つたとき鮮紅に匂つて, つたとけてゆく, つたとげに聞い, つたとこう云うわけ, つたところそこには運慶, つたところそれらの種種, つたところハヽヽ姉御愚鈍い奴, つたところ一丁が五十銭, つたところ一二歩のところ, つたところ不覚にも少々, つたところ今度の災難, つたところ偶然昨年の春, つたところ其働きぶりが母親, つたところ出題者が出題者, つたところ奧で何だか, つたところ彼女の方, つたところ惡いことは, つたところ想はぬ, つたところ曹操は之, つたところ母親は別に何とも, つたところ煬帝は東夷, つたところ秋の風, つたところ筆や箆, つたところ脂肪が焼け, つたところ華麗な応接間, つたところ運わるく小諸町, つたところ隨分不便な場所, つたところ雪にお, つたところ面倒だと, つたとし子の姿, つたとたんに彼は, つたとたん上空に小さな, つたとたん妹の多津, つたとたん横井源太郎の手, つたとだけを考へると, つたとにかくそれだけ私の, つたとばかり書いて, つたとへまアどう, つたともいへようハム, つたともされてゐる, つたとよりは汗を, つたとわかつたさう, つたとを見た, つたとんだ生恥, つたとんでもない置土産, つたどうか先生へ, つたどうせ旅行中の, つたどうぞ彼の, つたどくだみ草が頭, つたどころでは, つたどしや降り, つたどよさう, つたどろんとした, つたなかには中年ものも, つたなか子の横顔, つたながらに特長といふ, つたなくなるときには, つたなくなればなく, つたなごやかな家庭の空気, つたなごやかな氣持ちだつた, つたなぜといふ, つたなぞと思はれるの, つたなつかしい土地である, つたなどが最も記念, つたなどとかふいふ噂, つたなどに至つては, つたなどもかれの, つたなにがしの翳, つたなに鍵がなけれ, つたならいつたい何が, つたならきつと今度, つたならなれないことは, つたなら切込まうと立構, つたなら帰れると思うてる, つたなら行かなければならない, つたなら赦して頂戴, つたなら遣る瀬ない腹立たしい, つたなりあがり者みたいな, つたなりの腹這ひ, つたなり放つて置い, つたなり物も云, つたなり罪の宣告, つたなれば苟くも天主教, つたなんだか熱いやう, つたなんといふ情ない, つたにぎやかな服裝, つたについて行けない気, つたになつてを, つたに対しゾラは, つたに対して一人だけ, つたぬかるみの電車通り, つたぬくさが, つたぬくたらしいほどだ, つたねとは言つた, つたのぞみといふの, つたのたうちまはつ, つたのちやをら立上つてもと来た道, つたのち夫たる人, つたのち彼等三人が負傷, つたのち母の伯父, つたのち男の子三人抱へた, つたのでがつかりして, つたのでほどよく労, つたのぼせさう, つたのみで沈默を, つたのみに過ぎないの, つたのよどうした, つたのんきな一日, つたはかなさそのものこそ, つたはかない交渉だ, つたはがつかり投げ掛けた態度, つたはがきぐらゐの大きさ, つたはさみのこと, つたはじめて春蝉を, つたはたらきに於い, つたはちきれさう, つたはって自分の, つたはつてかけ上り窓, つたはてにまた, つたはと安堵の, つたはまり役も相当, つたはよかつた, つたはらないとは誰, つたはらわたと, つたはりつたはつて, つたはり白は消えうするごとくなりき, つたはり順吉が新しい, つたはるこのお, つたはるな丸に, つたはるのを覺, つたはるパリの姿, つたはる力よ, つたはる頬をその, つたばかしか友達の, つたばかりで自棄に, つたばかりでも怪しからん次第, つたばかりとは思はれぬ程, つたばかりは二人組かけ, つたばらの飾り, つたばら色の火, つたぱらぱら雨の, つたひがみに過ぎません, つたひさは自分, つたひさす潮の, つたひたいと心もち, つたひたるに手, つたひとしきりの夢, つたひとみの上, つたひと組の連中, つたひびきをもつ, つたひみつの方法, つたひよわさう, つたひ来る庭鳥の, つたひ流れてやまず, つたひ行く舞姫に, つたひ飛び素足さみし, つたふくよかな横顏, つたふくらはぎが, つたふざけるのも, つたふしぎなキイ, つたふて滝と, つたふところから取り出される, つたふべきにあらず, つたふらむ, つたふらん草のおひたし, つたふるさと遠し, つたふれば玉, つたふ見ゆ, つたぶつ殺されんな, つたぶらりと釣竿と, つたへがバビロニヤの, つたへたりするやう, つたへた庭つくりの心, つたへた文芸を書残す, つたへては見えなくなる, つたへてもはじまらない, つたへながら遊びに, つたへようとは思はない, つたへよやかの窓, つたへるべきだと思, つたへん類ひなく憂き身, つたべつ甲の櫛, つたべらぼうな危険性, つたがらかな, つたほうれん草と盗んだ, つたほか全部草鞋の厄介, つたほか実を云, つたほつそりした娘で, つたほどになつて來た, つたほどよく飲んで, つたほどよと何の, つたほのぐらい処に, つたほろ酔人生の一場面, つたほんに年は, つたほんものの原文, つたぼうぼうばくばく自我も, つたづしい田園味だ, つたまきはしどろもどろ, つたまくらの中, つたまげさせるだけなら, つたまげるだらうなあ, つたまことにまことによい月, つたまじめさが消え失せ, つたますらおの心, つたまつ赤な顔, つたまでとしり込する, つたまなこで蘭人, つたままいつまでもげらげら, つたままいつかうんこをし, つたままお茶かなんか, つたままきよとん, つたままぐつすりと眠つ, つたままそこを立ち去つ, つたままそつと覗く, つたままため息と一, つたままぢつと従妹, つたままどれ位の時間, つたままむしんに口笛, つたままアツプ・アツプして, つたままオーバコートも着た, つたままヂッと一つところ, つたままツと寄つて, つたままパラースカはその, つたまま一と言, つたまま一秒の弛み, つたまま一週間になつ, つたまま三枝の隣り, つたまま久し振りの優しい, つたまま亀に尋ねる, つたまま二三度つづけさま, つたまま二人の會話, つたまま他の紙, つたまま何かしら怪しげなもの, つたまま何事も発表, つたまま信一の手, つたまま傲然と我々, つたまま兩ひぢ, つたまま兩掌を合せ, つたまま冷くな, つたまま前後左右を顧, つたまま努力して, つたまま勘定台の下, つたまま十数度も京, つたまま南京藻の浮かんだ, つたまま唇を結ん, つたまま宇津の頭, つたまま容易に夜, つたまま寝言のふり, つたまま寢言のふり, つたまま小川に添う, つたまま小水をもらす, つたまま居眠して, つたまま居眠りをする, つたまま川を眺め, つたまま左の眼, つたまま底の底, つたまま庭の上, つたまま廉介は誰, つたまま弥助さんの方, つたまま彼の肖像, つたまま彼女を抱き寄せる, つたまま急に咳き出した, つたまま惡びれずに, つたまま手に握, つたまま手術臺の上, つたまま抹殺されて, つたまま拂いのけるよう, つたまま時を過した, つたまま机を脊, つたまま横向に臥, つたまま沈黙して, つたまま涙を拭い, つたまま熱心にお, つたまま父を捜し, つたまま男はまた, つたまま疾風のやう, つたまま盛り土の上, つたまま眠つてゐるの, つたまま空二は小さな, つたまま突立つてゐた, つたまま窓の前, つたまま竿をにぎつている, つたまま笑はう, つたまま筋がまだ, つたまま答へた, つたまま細君は漸く, つたまま耳を掩, つたまま聲しのばせて, つたまま背を壁, つたまま背中をまるく, つたまま舟を漕い, つたまま芥川をみつめ, つたまま誰にともなし, つたまま踊つてをる, つたまま鉄砲の筒口, つたまま隅の方, つたまま音信不通となつ, つたまま顏を反, つたまま風を待つ, つたまま高価な化粧品, つたまま龜に尋ねる, つたまもなく新聞配達が, つたまるい形で, つたまるで虱の, つたまるでまだ私の, つたまんまで死ん, つたまアおめづらしい, つたみじめでやりきれない, つたみすぼらしい坊さんが, つたみちをふみ, つたみんなほどよく, つたみんないつしよに, つたみんな集つて雑談の花, つたむくろは, つたむごたらしい目に, つたむさくるしい感じに, つたむし熱い日, つたむしろ病弱礼讃だ, つたつきり, つためかしやうです, つためでたくもあり, つためんどくさが, つたもうどうしても離れるの, つたもう疾くに隠居, つたもぎ立ての, つたもとよりひとに, つたもどかしさで, つたものがたりのうち, つたものすべて思ひ出, つたものたちが実は, つたもの一般に思想, つたもの全体が健康, つたもの公式なもの, つたもの感覚の鈍い, つたもの朝鮮をシーラー, つたもの等が取り返し, つたもの缺けてゐる, つたもの複雜な近代日本, つたもの込み合ふ中, つたもの違つた考えを持つ, つたもの酢みそよりは生醤油, つたもの音が雜然, つたもはや押しも, つたもをかしいが, つたもんたちがまた, つたもんだ子, つたやうみんな無くな, つたやう案内する老母, つたやがて自分等も, つたやさしかつた, つたやさしい眼附を, つたやつぱり豆腐はうまい, つたやまと歌が載つ, つたやや見くだすやう, つたやるせない心持に, つたやるせない寂しい微光の, つたやればできた, つたゆうずうのきく学問, つたゆるみがまだ, つたよいよいよいとなあ, つたよかねえけ, つたよその人, つたよといふぐらゐに止る, つたよとからかつた, つたよみの国, つたよりももツと, つたより江の枕元, つたよろこび俊氏に, つたよろこんだのは, つたらおかみさんにちつた, つたらお前の馴染, つたらこれが絶筆, つたらしいおちつけたことは, つたらしいですね, つたらしく書いた大額が, つたらしく見えるからで, つたらちよつと, つたら一杯やらかすこと, つたら世の中の人, つたら乾分の山岡順太郎氏, つたら二番目だと, つたら人物を鑑識, つたら何が見える, つたら先生ぽかんとして活動寫眞, つたら名ある太夫, つたら君餘りにも, つたら地球の廻る, つたら如何なの, つたら工合がわる, つたら幹がぐつと落, つたら影燈籠は再び, つたら朝まで出られやしません, つたら無事ぢや濟むめえ, つたら窓も雨戸, つたら箱ごと持つて, つたら紀氏は真面目, つたら經師屋の久吉, つたら綺麗に手, つたら肥前の平戸, つたら腹癒に一つ, つたら茗荷を喰, つたら途中で切れ, つたら雲がしきりに, つたで, つたりつぱなお部屋へ来ます, つたるいことは考へ, つたるいものを殊更, つたるいやうな香水, つたるいウヌボレのグウ, つたるい人間だつた, つたるい家庭小説か何, つたるい戀文が一通, つたるい手紙が二三十本, つたるい料理は, つたるい洋紙の匂, つたるい癖に何となく, つたるい眼がつい, つたるい眼つきで女, つたるい菜つ葉, つたるい蠱惑のやう, つたるい言葉であつ, つたるい言葉背がスラリ, つたるい香りが部屋一杯, つたるい香気を漂, つたるい麦畑の近く, つたろうではない, つたわいの, つたわかりにくいもの, つたわが国の韋提希夫人, つたわが子をふたたび, つたわけぢやあないが, つたわけ隔てのない, つたわしの若, つたわれとわが身を, つたて此上いくら言つた, つたゐざりの申松, つたゐたのである, つたゐるのは, つたんでささうし, つたんでしたよ, つたんでねもう終り, つたんでへツ, つたんでネ先生様の, つた聞いて, つたアお前だつて, つたアイスキャンデーの箱, つたアイヌがそこ, つたアイルランドの詩人イエーツ, つたアカシヤの樹蔭, つたアクセントで話し, つたアスフアルトの上, つたアップにし, つたアトラスがうんと, つたアトリヱへ戻つ, つたアドは三人, つたアハヽヽ併しあれら, つたアメリカの役者, つたアメリカ人らしい若い, つたアメリカ探偵映画に見る, つたアリストテレースと云, つたアリストフアーネスとか云, つたアリランの歌, つたアルジエリアのマント, つたアルフォンス・ドオデの純真, つたアレ丈悉皆喰, つたアングルの橙色, つたアンダルジヤぢやない, つたアントンの娘, つたアンドレイエヒミチは横, つたアンドレエフの, つたア何をぬかしゃがる, つたイギリス文壇の散文, つたイモやコッペパン, つたインテイメイトな話し方, つたインテリゲンチャのやう, つたインドラニーの森, つたウィスキイに青酸加里, つたウイスキイを飮むの, つたウイスキーを口, つたウエイトレスの顏, つたウオツカと蛍, つたウツグサとかいふの, つたウビガンの香水, つたウラ声だつた, つたウーゼネルの言葉, つたエクスタシイに彼, つたエゴの中, つたエノック・アーデンを開け, つたエハガキ型の写真, つたエピソードがあつ, つたエホバのやう, つたエリーザベトの物語, つたエルズワースが一人, つたエレヂイである, つたエロースより區別, つたエンマがニユウヨオク, つたオクサーナの声, つたオッチョコチョイだな, つたオネエギンといふ女, つたオペラ女優に於, つたオホノトシのた, つたオマー等を奉, つたオムレツみたいに美味い, つたオランダ風の錺, つたオリムピツク大会に似た, つたオルコック氏の, つたオルニイのま, つたオルビリウスは羅馬, つたオーバー僕は僕, つたカサカサの手, つたカスをどこ, つたカップよ, つたカテードラレなども後期ゴティク式, つたカナダ生れの女, つたカフエエの灯, つたカフエーに彼, つたカフヱーからカフヱー, つたカマスを馬の背, つたカマボコ型をした, つたカヤパにも後代, つたカレンダアの一枚一枚, つたカレーライス専門店の常連, つたカンカン帽子が, つたカーペンターなどは皆, つたガウンをとり, つたガサガサしたもの, つたガサツさに彼, つたガスの管, つたガタ馬車なり, つたガマ口を開け, つたガラクタ用心棒の富山七之助, つたガラス箱を大事そう, つたガラツ八二度目には變, つたガルーダをぢさん, つたガーゼは黄色く, つたキメの粗い, つたキラキラする屑, つたキリストの如く, つたギデオンが使用, つたギヤマンの室, つたクシヤミの発作, つたクション小綺麗な茶箪笥, つたクラシック張りは三岸, つたクリストフがどうして, つたクリーム色の肌, つたクルチウスの, つたクルーベと大臣, つたグリーン色の, つたケエツブロウよ, つたケリヲソート, つたゲツセマネの基督, つたゲルトの負債, つたゲーテの言葉, つたコックが二階, つたコックさんが例, つたコック場のドア, つたコップの水, つたコポオの批判, つたコモと丸太, つたコルクの弾丸, つたコロンバンのチョコレート, つたコンシャアルつていふ男, つたコントのやう, つたコールター葺の染工場, つたゴミゴミした小路, つたゴム人形みたいにそのまま, つたゴム風船を一気に, つたゴルドマンの言葉, つたゴンドラが昔, つた何卒お, つたサイパンの家賃, つたサナトリウムはある, つたサバサバした坊主, つたサラサ模様であつ, つたサラミヤ姫は孔雀, つたサンキストのレモン, つたサンタルチイヤの歌, つたサントメ乃ち奧縞に擬し, つたサン・パウル寺は夕方, つたサーケーは云つた, つたサーヴイスのい, つたザラの毒, つたザルが一つ, つたシインも作者, つたシガレットに火, つたシガーをストーブ, つたシキリと緩慢, つたシクラメンの匂, つたシツダルがお前, つたシトロエンがシュンシュン, つたシメノンの探偵小説, つたシモンと水車屋, つたシャクが再び, つたシヤモやアイノ, つたシヤランソン嬢が再び, つたシュタイン夫人に氣, つたシュリーマンと其の, つたシュールリアリズムとしての彼, つたシユタアツ・ヘモロイダリウスと云, つたショーペンハウエルでさ, つたシヨウチユウ一本なかるべからざる次第, つたシリア人はこの, つたシンが落ちた, つたジアン・ダアクの飛び出す, つたジウラ王子をつかまへ, つたジェスイット派の宣教師達, つたジャケツの端, つたジャッキーが両院, つたジャムの詩, つたジヤンダルクのやう, つたジューベールは常識家, つたスェーターを十四, つたスクリーンを正面, つたスクーネル繪圖面一切は川路, つたスケッチは齋藤茂吉君, つたスタンプもやつ, つたストア派の哲學者等, つたストオヴが深紅, つたスバラしい墓, つたスパイにでも便宜, つたスピード時代には思ひ, つたスミスといふ米國, つたスラリとした, つたスヾメ蛾大きな紫翅, つたズツクの靴, つたズボンの膝, つたセムボビチスが答, つたセラビオンはどう, つたセルギウスの目, つたセロの音, つたゼンマイのやう, つたソノ時智恵子はア, つたソバノコだけだつた, つたソースとか鷄肉, つたソーフア數臺を備, つたソ聯に後, つたタキ木や水, つたタクシは僕等四人, つたタンポに油墨, つたダラットの高原, つたダンサーの染子, つたダンヌンチョとは厭, つたチチヤノの絵, つたチヤンチヤンコだとか, つたチヤンチユウサントウカとなつ, つたチヤールズ・シユワツプ氏である, つたチヨイス読本の中, つたチヨツとの間, つたチロルといふ山国, つたヂプシー女めいた恰好, つたけなァ, つたツヤの腕, つたヅツクのズボン, つたヅボンを穿い, つたテイタラクさ, つたテイブルの上, つたテエゼの船, つたテキストの一行, つたテニスコートが, つたテラコツタの半身像, つたテレザーと云, つたテントは丁度, つたテーブルの上, つたテーマは良い, つた篠田先生其れ, つた白い蝶, つたトコロテンのやう, つたトツクの血, つたトルコ軍隊の風俗, つたトロヤの戦士, つたトンガラシだぞ, つたトンネル路地まで來, つたトーキーが郷里, つたト書などがあつ, つたドアがこんなに, つたドイツ語もフランス語, つたドグマの蒐集, つたドグマチズムに驚く, つたドストエフスキーの言葉, つたドナウ河は濁, つたドルドオニ河の辺, つたドンジュアニズムをかくし, つたドヴォルザァークの, つたナア一層思切, つたナザレの基督, つたナポレオン・ボナパルトであつ, つた死ぬもの, つたニイチェのなげき, つたニコニコ顔で迎, つたニコライの復活祭, つたニツク・ネームに違ひな, つたニポール西藏の佛教, つたニュアンスをもつ, つたニュースはなかつた, つたニューズに據, つたヌタがおい, つたネステレンコの声, つたネストル教の波斯胡寺, つたネツトリした女, つたネルリであり品, つたネープの骸, つたノルウェイ人がそこ, つたノンセンスを言, つたノーネクタイのワイシャツ, つたノーマネーそしてノーアルコール, つたノールウェー国旗を窓, つたハイカラ式の弁天様, つたハイヒールで心もち肩, つたハイムリッヒな好い, つたハデな洋服, つたハマ譲りである, つたハムいつもの, つたハムモツクでうた, つたハリ切り方である, つたハンドオルガンが引つ, つたバアの看板, つたバアトンの返事, つたバイロンは幹部候補生, つたバスから五, つたバスケットが一つ, つたバタ氷つた牛乳玉子二三十なんぞである, つたバナヽなどをすゝめ, つたバラの赤, つたバラツクの中, つたバラツク風の建物, つたバラディンといふ閨秀畫家, つたバルコニーには五六日前, つたバルバリゴとボツタロル, つたバーの亭主, つたパアカーの万年筆, つたパアモリイヴと云, つたパイプを拾つて煙草, つたパジャマをヒデ子, つたパチンコ屋もその, つたパトロン格の男, つたパラフィン紙の音, つたパリの新聞, つたパリ・コンミュンの一層, つたパンのきれ, つたパン屋が太鼓, つたパン片が三畳敷, つたヒクヒク動いて, つたヒステリツクな顔, つたヒステリーの嫂, つたヒステリー性の潔癖, つたヒビ割れのやう, つたヒヨロヒヨロの矢, つたヒラヂルヒアの法律家, つたヒンデンブルグ元帥の顔, つたピアノの顫音, つたピンに巻い, つたファウスタスの夢, つたフイクシヨンをつくらね, つたフイルムが映写, つたフインボロオグ・ロオド二十八番地のフイルプス夫人, つたフインランドの旅, つたフランソア・ヴイヨンにまさる, つたフロオベルである, つたブツは仏, つたブルヂョア娘にこの, つたブル・ドツグのこと, つたブルーダイヤのマーク, つたブローチを気, つたプツゼル婆あさん, つたプラスマイナス世の中はよく, つたプラタナの陰, つたプラトン時代の絶望詩人, つたプラノ・カルピニとかルブルック, つたプラン宗義智に命じ, つたプリニイが大好き, つたプログラムの一部分, つたプーチヤチンはペルリ, つたプーリは新聞, つたプールに案内, つたヘクトールを斃, つたヘラクレス星群も無辺, つたヘレニスティク時代に廣, つたヘンリライクロフトの手記, つたヘーゲルのもの, つたベツテルハイムと云, つたベルジツク文壇の耆宿カミイユ・ルモンニエエ, つたベンさんといふアメリカ紳士, つたベン・ジヨンソンさへ彼, つたベートーベンのデスマスク, つたペコペンを鳴らし, つたペセタをフラン, つたペルシア王卑路斯の爲, つたホテイ・ホテルの事, つたホテル生活に女中達, つたホヤだつたけれど, つたホヤそのものはヒビ, つたホロリとさせる, つたホームス牧師の手, つたボイラの転, つたボイラーや鉄材, つたボオイこそいい, つたボオナスが少し, つたボス政治に終る, つたボドレエルの言葉, つたボナパルトは, つたボンネツトを被, つたボーイにわけ, つたボールを拾つて, つたポオズを横眼, つたポケットを叩いた, つたポスターが風, つたポスタービラ雜誌の廣告, つたポプラの影, つたポーランドの民, つたマアケットの裏, つたマスクが忽, つたマッチの火, つたマナイタはそこで, つたマラガアル地方の風景, つたマリアはこの, つたマルクスはその, つたマルソに會, つたマロニエの木立, つたマロニヱの木の下, つたマントの端, つたミシン機の音さ, つたミッシェルからオパール, つたミッチェルの口紅, つたミルトン風の幻想, つたミン平がそんなこと, つたムスリンをだらり, つたムツとした, つたメタン瓦斯を吐い, つたメリメエを思ふ, つたメリメエさへスタンダアル, つたメリヤスのズボン, つたメリンスの布団, つたメリンス友禪の帶, つたメール新聞が到着, つたモウパツサン全集の焼直し, つたモォラン張りの, つたモオリアックのやう, つたモオリスの遺稿, つたモガドオル座で製作劇場, つたモツツアルトはやはり, つたモニカの調子, つたモヒ中毒患者だつた, つたモリソン號は三浦郡白根沖合, つたヤカンなどもそろえ, つたユックはその, つたユヱ河に添つた遊歩道, つたユーゴーか誰, つたユーモアたつぷり, つたヨシズ張りの茶店, つたラインを引いた, つたラオコーンにでもなる, つたラクダ色の山, つたラサルレの言葉, つたラジオ欄娯楽欄は黙殺, つたラツプと一, つたラテン譯である, つたラランは恐ろしい速, つたランプ掃除と云, つたラヴアンの力, つたリアリズムといふ点, つたリフレエ服を着, つたリボンを頭, つたリラの店前, つたリーゼントの頭, つたルネ・バンジャマンは徹頭徹尾, つたルビークインと云, つたルリの目, つたルリさんの背中, つたルンペンらしいルンペン, つたレオパルデイさへ時には, つたレモンを十, つたレヴコーは悪態, つたレーンコートに彷彿, つたロシヤの軍艦, つたロシヤ人と組み, つたロシヤ語の文献, つたロッス少佐やリード氏, つたロマンチツク派の特色, つたロマンティシズムが更に, つたローソクが立つ, つたローマン主義運動は十九世紀, つたロールツヒが此処, つたワねえお醫者, つたワイマールの先生, つたワイルドとかゴーチエ, つたワクーラは衣嚢, つたワケを言ひな, つたワナのある, つたワンピースにこれ, つたヴイオロンが駈け, つたヴェネチアの日蔭, つたヴェランダのガラス一めん, つたヴエランダのやう, つた一つ一つのヱコール, つた一つ前の形, つた一ところだけに限られ, つた一ぺんだけ明るい, つた一ツ端忙しい用事, つた一丈もの幟, つた一上等兵として沙河, つた一世の藝術家, つた一両の金, つた一九一九年の初め, つた一事件でジーランド, つた一二本の小骨, つた一人一人の姿, つた一人丈眼鏡をかけた, つた一人旅の氣樂さ, つた一人残つて頭をあげず, つた一代の偏屈屋ジュウル・ルナアルさ, つた一例であります今, つた一册も賣れ, つた一分始終を祖母, つた一刷毛で埓, つた一刹那この社会主義者, つた一匹の河童, つた一升拾六銭だ米, つた一台のトラック, つた一味はそんな, つた一呼吸の裡, つた一喜一憂である, つた一声もそれから, つた一夏日比野皆三博士, つた一夕には説明, つた一夜庄吉夫人の訪問, つた一夜炉辺で話, つた一夢であらう, つた一大事件の出来した, つた一大學生の涙ぐましい, つた一大沃野となつ, つた一女性と鎌倉, つた一室の奥, つた一室一燈を占有, つた一将校にしかと, つた一尺に二尺くら, つた一幅の寓意畫, つた一幕劇で, つた一年一度の父子情調, つた一年前である, つた一年間の恋人, つた一度来訪し, つた一度わたくしは不思議, つた一座の空氣, つた一念を思ひ浮べ, つた一揆軍が矢狭間, つた一文であるか, つた一文字の切り拂, つた一日凡太はいよいよ, つた一日机によりか, つた一日気早のスケーター, つた一月ほど前, つた一期一会の人生, つた一本道がそれ, つた一条の軼事, つた一杯一杯また一杯, つた一杯五銭で, つた一枚板のすつ, つた一枝のスリッパ, つた一株一銭は安い, つた一條の道, つた一條禪閤兼良といふ人, つた一棟の家, つた一武士の業蹟, つた一浴して, つた一滴千金の慈雨, つた一点をみる, つた一点頭内閣大臣外国公使等身分高きは, つた一片の目白, つた一片紙をも棄てなかつた, つた一番はじめのこと, つた一番上の従姉, つた一番槍は古山朴の木, つた一番鎗は古山朴の木, つた一癖あるらしい顔, つた一目見て, つた一瞬間に別, つた一瞬間心の落着, つた一瞬間汽車の走つ, つた一種清快な, つた一種異様の臭, つた一種變つた風物が特色, つた一端に其処, つた一等小さいエミル, つた一筋道を歩い, つた一籠の葡萄, つた一粒の孫, つた一紙の文, つた一組の夫婦, つた一絶がある, つた一縷の望み, つた一群の内, つた一羽は餌, つた一般道徳と同じ, つた一艘の端艇, つた一葉の端書, つた一葉女史がたけ, つた一見区役所の雇, つた一角申分なく田園的, つた一足飛でのろのろ, つた一輪ざしに, つた一途なもの, つた一通があつ, つた一週間ぶりにひつ, つた一部落を半円, つた一郭の住宅地, つた一重まぶたの小さな, つた一銭のねうち, つた一銭也宿で味噌, つた一銭銅貨の寒い, つた一間の路地, つた一隊はおそらくは, つた一隻の怪, つた一雨ざつと来る, つた一頭の牝馬, つた一類の籠, つた一首である, つた一體唐の世, つた一齣であつ, つた丁寧さがありました, つた丁寧語の意識, つた丁巳六月十七日より柏軒, つた丁度宜い鹽梅, つた七ツ釜立神岩などの奇勝, つた七五三と思つた, つた七人の顏, つた七人主人に顏, つた七八人の捕り, つた七十以上と見える, つた七時過ぎ出発する二日二夜, つた七月が来た, つた七絶五首がある, つた七言絶句の賛, つた万年筆は浴衣, つた万朶の花, つた万般の事, つた万葉集中の女人, つた万遍のない, つた丈四寸にも足らぬ, つた丈夫な男達, つた三々五々の連れ立ちである, つた三ちやんのお, つた三つ股の親分さん, つた三ヶ所の汚れた, つた三上山が平, つた三人以外にはどうしても, つた三人夫の正, つた三人組の泥棒, つた三人連の小学, つた三八九復活号の裏表紙, つた三十になつ, つた三十センチメートルばかりの金, つた三十二歳の巨體, つた三十五六の男, つた三十五年のこと, つた三十人の群衆, つた三十六年の昔, つた三十女古典的な眼鼻立, つた三十枚ばかりの文章, つた三十男が見, つた三十銭の内, つた三十錢の内, つた三十間堀の猪, つた三千代は少し, つた三千名の女, つた三合の小糠, つた三味に連れられ, つた三四町の廣さ, つた三四萬の市民, つた三四郎が新しい, つた三圍神社ももう, つた三場を上演, つた三宅君に助太刀, つた三寺の隨一, つた三尺四尺五尺四方一丈余段々と, つた三尺四方の窓, つた三尺帶を解い, つた三山の姿, つた三幕物の戯曲, つた三平がすでにもうこ, つた三度は多, つた三日の眞夜中, つた三時近くなつて湯ノ原着, つた三木茂博士であつ, つた三本の松の木, つた三杯龍之助, つた三枚の十円紙幣, つた三枝博音氏の, つた三段の石級, つた三河島の淺吉, つた三片の花弁, つた三田とおりかを先方, つた三畳は矢張, つた三百の例, つた三百兩を費, つた三笠美術店であるとか, つた三羽の鶴, つた三藏が同じく, つた三角型の洒落た, つた三角定規でテーブル, つた三角屋といつ, つた三角形だけしか知らない, つた三谷氏が見え, つた三軒目心易うし, つた三輪さん山廷さんそして奥さん, つた三遊亭円右三代目小さんそれと私, つた三遊亭円朝は落語家, つた三遊派の同僚花形たち, つた三里半歩いて, つた三間間口のさ, つた三頭の馬, つた上お前の荷物, つた上こちらでどうにか, つた上の空の霧, つた上り列車が停車場, つた上り鼻の火鉢, つた上ストリントベリイの言, つた上一つ間違へば殿樣, つた上一人は上, つた上一番廉い店, つた上下の目蓋, つた上下調べが濟, つた上主人惣吉の土手, つた上二人は恋, つた上二句がとりわけ, つた上二段が出, つた上五の下, つた上五年越しお, つた上京の帰途, つた上人は上客, つた上人間離れのした, つた上伜の骨, つた上何よりも彼, つた上何處で見付け, つた上俺まで引張り出さう, つた上倅のゐた, つた上先の主人總兵衞, つた上六の角, つた上前のホテル, つた上前年にはたつた, つた上十四になる, つた上半身の動く, つた上去年二百十日の翌日, つた上句体が悪く, つた上句鎧櫃の在所, つた上命に賭け, つた上品な道具立, つた上喉笛を掻きつ, つた上土臺が緩ん, つた上土間の渡り板, つた上大川へ投, つた上天井には雁, つた上夫の道路工夫, つた上安倍の御家, つた上家の中, つた上家搜しを, つた上寢床の上, つた上川波勝彌が近頃, つた上州屋の周太郎, つた上平安中期以前既に短歌, つた上幸ひ風, つた上座の人, つた上惡い病ひで鼻, つた上戸締りの工合, つた上手向ひする手代, つた上新らしい香油, つた上日頃口やかましくて, つた上昔の借金, つた上本郷から毎日通つて, つた上機嫌で県庁, つた上歸り際, つた上死にもの狂, つた上死骸の懷中物, つた上段の間, つた上水の中, つた上泉伊勢守は川中島, つた上流階級の青年, つた上渠の教, つた上源三郎と一緒, つた上演料などの真相, つた上無駄を言, つた上父上を獄死, つた上父親を片, つた上猿轡まで噛まされた, つた上獲物を何, つた上生身に白粉, つた上田の顔, つた上田氏は不, つた上田秋成には元, つた上畑の中, つた上疊に突, つた上百日蝋燭を點けた大燭臺, つた上相踵いで死に, つた上省線電車の来る, つた上眞物の八五郎, つた上私共には子供, つた上移つた當時多少の, つた上稍仰向いて, つた上等の智慧, つた上納戸から自分, つた上級のもの, つた上總屋の井戸端, つた上義雄は云, つた上肺まで刺した, つた上膏薬も二三個所, つた上自分の長年, つた上衣や浅葱, つた上讐が討ちたい, つた上達がなく, つた上野公園を何, つた上金次の煙草入, つた上鐵磨きの火箸, つた上長年連れ添ふ女房, つた上陵墓の前, つた上馬に蹴られた, つた上馴染の神明藝者, つた上駕籠に乘, つた下げ物をぶら下げ, つた下らないうはさ, つた下司がふくみ, つた下女代りの女, つた下婢より悪い, つた下宿に移つて來, つた下弦の月, つた下手物の徳利, つた下枝子はこれ, つた下水に首, つた下浦などは黒鯛, つた下生の中, つた下男圓三郎の姿, つた下男部屋を覗きました, つた下町とおなじ, つた下町情話ものが得意, つた下目黒の往來, つた下袴の上半, つた下谷一番の大, つた不健康な生活, つた不具の少年, つた不具者の自己防衞, つた不可思議な相貌, つた不安定な空氣, つた不忠不義を責め, つた不快がまだ, つた不愉快な気候, つた不意の出来事, つた不敵さと言, つた不断着を下した, つた不景気の世, つた不様な屍体, つた不死身の私, つた不用意な言行, つた不老長壽の靈藥, つた不自由な肉體, つた不良青年が長袴, つた不言不語, つた不躾けを許し, つた不遜な眞, つた与力同心が又, つた世界最初の詩人, つた世界觀の上, つた世紀的苦悶の劇, つた世話女房の私, つた丘陵の一つ, つた丙子初秋より前, つた両人を見送つ, つた両刀を背中, つた両切りをさして, つた両国の広小路, つた両国界隈の面影, つた両手をあげ, つた両方の肩, つた両様の文字, つた両足を両手, つた中世には貴人, つた中位な行李, つた中古の黒革, つた中坂の藤井, つた中型のお, つた中天に, つた中将は漸, つた中尾千代子さんも此地, つた中幕の開かう, つた中年以後でも書齋, つた中年増を雲, つた中年男で紫琴女, つた中年者は大, つた中戸口から眞, つた中村花痩此人は我楽, つた中津川が荒川, つた中洲を眺め, つた中流階級の青年, つた中田論は, つた中老漢が向, つた中途の上下, つた中途半端な姿, つた中隊の寫眞, つた中額をツルリ, つた中馬はすごすご, つた中高な顔, つた丸の内の或, つた丸ぽちやの, つた丸まつちいからだ, つた丸ジンの臺ラムプ, つた丸佐のした, つた丸太小屋がある, つた丸屋六兵衞殺しを手柄, つた丸山の邸宅, つた丸帯を出し, つた丸橋忠彌の, つた丸窓を指さす, つた丸行燈を提げ, つた丸通の課長, つた丸顏の十七八, つた丸顏血色が鮮やか, つた丸顔の十七八, つた丸餅が蜜柑箱, つた丸髷の女, つた丸龜四萬五千石の城主, つた丹比宿禰の伝, つた丹波の者, つた丹波国何鹿郡安国寺の住持梅垣謙道師, つた丹波国何鹿郡東八田村安国寺の住職梅垣謙道和尚, つた丹波栗の二升, つた丹波王母珠ほど紅う, つた主人公の姿, つた主人夫婦も當惑, つた主人小倉嘉門の筆, つた主人總兵衞の姉, つた主人鈴川主水の顏, つた主張ではありませぬ, つた主意である, つた主旨はお, つた主神役なる中臣, つた主義の外, つた主要なる原因, つた主観を全体, つた主計次に竹里, つた主賓吉之介客賓樹明不二生, つたとを卓子, つた乃公が身, つた振に, つた久し振りの学校飯, つた久世氏はうそうそ, つた久保田君以前は知らなかつた, つた久右衞門町藏地の家主半兵衞, つた久太郎が春松, つた久留米絣の小僧, つた久米は今に, つた久良の老父, つた之等の女連, つた乗客の顔, つた乗客用の幌馬車, つた乗物をちつ, つた乘換切符を口, つた乙姫様では, つた九尺幅の道路, つた九州の商業學校, つた九時ごろ出かける古町, つた九時頃の暗, つた九月になつ, つた九段両国行の電車, つた九谷焼の急須, つた九里四郎が初め伴, つたふことは, つた乞食みたいな坊さん, つた乞食野郎かなんか, つた乳呑児が暴れ, つたからびた皺, つた乾田の露, つた亀島三千丸と言, つた亀津比女が何故, つた亀田先生は苦笑, つた了簡で歿, つた予感がした, つた事がらを指, つた事どもを此, つた事はいふ迄も無い, つた事丈は人々, つた事今猶ある, つた事今此危急の塲合, つた事以上にうまい, つた事何に云つたつて仕方, つた事例は必, つた事基督が四十日, つた事夫の死, つた事始めを説い, つた事尼になつ, つた事故其後全くすて, つた事有之候, つた事東京の客, つた事物を思ひ出した, つた事病身だつた事, つた事結婚して, つた事自尊心の人一倍強か, つた事誰にも言ひなはん, つた事諷刺のため, つた二つ三つ六つ食べた実に, つた二三人が立上, つた二三冊のノート, つた二三十枚もある, つた二三品の肴, つた二三間幅の道, つた二三首を拔, つた二人きりになつ, つた二人乘に這, つた二人社前に正立, つた二代目勘兵衞さんは又, つた二册だつたかと, つた二十ばかりの美しい, つた二十一の時, つた二十七日寒空一パイに星, つた二十三の賢, つた二十九の歌, つた二十五分ばかり用談, つた二十五枚の紙片, つた二十六七には確か, つた二十六日の晩, つた二十円の金, つた二十前後の美人, つた二十四五の鬚, つた二十四五許りの, つた二十年前を覚え, つた二十足ばかりの草鞋, つた二千兩をバラ, つた二原稿に對, つた二女のこと, つた二川のため, つた二年前の対局, つた二年間ほどは懲役, つた二度刷で從來安物, つた二時半瀬野着恰好な宿, つた二時近くまで四人, つた二時間で十五銭, つた二時頃だつたらう, つた二本の牙, つた二束のじん, つた二杯目のひしやく, つた二枚合せの硝子板, つた二條の鐵軌, つた二百年三百年或は數百年前, つた二種の毒酒, つた二種類の分裂的批評, つた二等室には他, つた二等車だつた, つた二羽一処にト三羽一処, つた二艘の一つ, つた二軒の支那専門, つた二軒旅籠の峰, つた二軒長屋の一つ, つた二輪馬車より他, つた二郎さんは不幸, つた二重の意味, つた二間ばかりの竹竿, つた二階三階の明るい, つた二階家で我々, つた二階建の木造, つた二階建てで倉, つた二階建て長屋だ, つた二階窓の扉, つた二頭の豚, つた云々は素人, つた云々野性は遺憾, つた五リラ以外にもう, つた五世界五州といふ意氣込, つた五九郎の喜劇役者, つた五位鷺種々な者, つた五六十個もある, つた五六段の畑, つた五匁玉から少し, つた五匹の中一匹, つた五十がらみの男, つた五十ぐらゐの年ぱいのどことなく威げん, つた五十六人は薩摩國甑島郡, つた五十錢玉二つであること, つた五十面を朝酒, つた五千円とかは, つた五合の米, つた五圓の南京, つた五寸五分に七寸位, つた五寸以上あつた, つた五尺二寸ほどの色, つた五尺八寸の身の丈, つた五島の奴, つた五律がある, つた五抱もあらう, つた五日目それのみ待たされた, つた五時帰る間もなく, つた五月の空, つた五月晴の空, つた五目飯の下等, つた五絶数首の中, つた五色のだん, つた五色ガラスの家屋装飾, つた五葉ばかりもみぢ, つた五行の詩, つた五郎兵衞が二十歳, つた五銭の旧, つた五階の口, つた井上九郎次郎, つた井上唖々君を伴, つた井出という生徒, つた井戸水を飮, つた井戸端に持つ, つた井月の墓, つた井桁に桶, つた些細な見聞, つた亜麻色の髪, つた亡者どもがこの, つた亡者みたいだぞ, つた亡骸を描い, つた亢奮せざるを, つた交遊が面, つた交際がまた, つた京子は疲びれ, つた京水瑞英には帰るべき, つた京遊云々の事, つた京野一家の現在, つた京野等志はなるべく, つた人さへある, つた人それから早稲田文学, つた人たち同士の間, つた人つて紋吉さんでせう, つた人のは, つた人びとの間, つた人みんなぞよ, つた人ゆゑにお気, つた人一番幸福なんぢ, つた人丈は活, つた人世観をつくる, つた人中にも初対面, つた人人らは, つた人其人に今や, つた人心は造花, つた人情風俗に接しよう, つた人格劣等のもの, つた人殺しの房吉, つた人気のない, つた人氣のない, つた人氣男ださうです, つた人波とを思出, つた人物歐洲では日本研究家, つた人生不如意は知りすぎる, つた人生觀をもつ, つた人畜は忽ち, つた人皆が作, つた人目を避ける, つた人種の旅客, つた人肉の匂ひと, つた人自身が敬服, つた人足の名前, つた人通りのなか, つた人間ぢやない, つた人間どもの悲慘, つた人間らしかつた, つた人間像や動物, つた人間獣の一群, つた人間的空氣の漂, つた人間苦である, つた人間関係を掴みだし, つた人類学でいふ, つたではない, つた仁丹などを鷄二, つた仁兵衞は恐る, つた仁左衞門の手, つた仁王様の様, つた仁王樣の樣, つたない風采, つた暗い池, つた仄かな油, つた仇打ちをされ, つた仇敵を今ここ, つた今や我が弦月丸, つた今一つの港, つた今回の二科, つた今年最初の脱線, つた今後の運動, つた今日ちよつと見あたらない, つた今日主婦としての位置, つた今日二十年の昔, つた今日年長者としては徳川, つた今日日本の密教, つた今日私の記憶, つた今日行つたら親爺, つた今更のやう, つた今私は時代, つた今頃になつて, つた仏たちの魂まつり, つた仏体だ, つた仏家の言, つた仏様も喜ん, つた仏法式の姿, つた仏画を持ち, つた仏蘭西人に贈られた, つた仏蘭西劇のため, つた仏蘭西戯曲の本質的価値, つた仏蘭西軍が引上げ, つた仏頂面をした, つた仏頂顔でスマシテ, つた仔熊が二頭, つた仔犬さんをつれた, つた仕事ぶりをする, つた仕事衣が干, つた他人同士のその, つた他家から妻, つた他愛もない, つた他所行きの風流気, つた他者性客體内容同志の間, つた代価とか蚕, つた代金の不足, つた令嬢と長らく, つた以上これを限り, つた以上そこに何, つた以上ホテルの外, つた以上三分の一の財産, つた以上作者としてその, つた以上其宜しく恕, つた以上片々たるもの, つた以上罪の赦し, つた以上自然の天, つた以上貴女のお, つた以外に支那語, つた以外他の諸氏, つた以後のこと, つた以後二十年實に何, つた以来これほど真実, つた以来大金の惜春会, つた以来子の口, つた仮に小文学, つた仮りの区劃, つた仮名交りの, つた仮装行列や道化, つた仮面の下, つた仲居頭が出, つた件んのザポロージェ人たち, つた任那や新, つた伊三郎がかねて, つた伊之助だが, つた伊太利の曲馬師, つた伊東も観光祭, つた伊東伴作はその, つた伊東家に関聯, つた伊藤博文一行だとか, つた伊達の素性, つた伊香保の湯槽, つた休茶屋へと蘿月, つた休養ができる, つた会員が居る, つた会話につつましく, つたが黒い, つた伝承である事, つた伝統と生活, つた伝統的な, つた伝記の数節, つた伝説的人物を知つたの, つた伯母と同国, つた伯爵夫人へ送る, つた伯父鬼三郎の娘, つたの男, つた伽羅蕗はうまく, つた伽陵頻伽, つた位ことも鮮やか, つた位ひだつた, つた位ひでえとも, つた位入れ墨がし, つた位巨額の輸入超過, つた位最初から其の, つた位最新の大, つた位當時の私, つた位空に散る, つた位美人に似つかわしい美しい, つた気圧を, つた低俗な道歌, つた住人となつ, つた住吉踊カツポレアホダラ經の類, つた住宅や旅館, つた住宅難の解決, つた住家だつた, つた住職が勸め, つた佐久地方では鯉, つた佐兵衞の氣持, つた佐官が人力車, つた佐治が起き, つた佐渡に取, つた佐渡屋の主人源左衞門, つた佐藤が帰つて, つた佐藤さんは時時手, つた佐藤氏で今日, つた佐藤虎次郎氏や粕谷義三氏, つた体ほろ酔で漫読, つた体中の血, つた体力が過度, つた体巡査鉄砲雁の血, つた体育の目的, つた体裁をなし, つた体重が四十貫, つた何よりの證據, つた何れも寸分違, つた何万の人, つた何代もの人々, つた何十人の一人, つた何十年あきもせず, つた何子さんにうち復讐, つた何年ぶりのシネマ見物, つた何日にはどこ, つた何物か, つた何百年かの過程, つた何等かの藝, つた何萬の人, つた何處やらの御店, つたしいかま, つた佛式の三重, つた佛教國なれば, つた佛樣のやう, つた佛法僧もえらく, つた作らすから作つた, つた作り笑ひを, つた作り聲で出, つた作人雲龍齋又六の弟子, つた作業の為め, つた作業帽をかぶつ, つた作画態度をみせ, つた使用人の三平, つた來ようとは思はなかつた, つた來歴を簡單, つた例言が今更, つただつたよ, つた侍僕にとつて, つた侍女菊を熊本, つた供物と共に精霊棚, つた依岡駿子さんの三人, つた依頼者は近頃, つた侠気があつ, つた価値の良, つた便りで一層, つた便宜上考へられた傳説, つたに素顔君, つた俊成は大きな, つた俗縁で, つた俗語の精彩, つた保枝はやつ, つた保證人に対する私, つた信じられぬ話が, つた信一は小学校, つた信仰もあ, つた信仰状態が此時代, つた信号兵を見る, つた信州諏訪郡の農村, つた信平は其所, つた信徒の少年達, つた信条を悦, つた信栄信階の妻曾能, つた信號機を風, つた修法かも知れません, つた修行者も皆吉, つた修道院の方, つた俳人はその, つた俳人達の多く, つた俳優志望のもの, つた俳優連が襲名, つたがあり, つた個人主義者であるの, つた個人邸宅にこの, つた個人雜誌を遂に, つた個性と感情, つた個所には凡そ一坪位, つたの物, つた候人流の法師, つた候補者を求める, つた債の, つた借りものだ, つた借りた金は, つた倦怠な日々, つた倫理の講義, つた倭語には時々, つた假名遣と, つた假名文字だ鼈甲, つた假定の證標, つた假睡から眼, つた假面はこれ, つた偉人を喚び起す, つた偉人物を批評, つた停車場にしばらく, つた健かな気持, つた健康體となり得ぬ, つた偶然にし, つた偽らざる母性愛の, つた傅統主義の岡, つた傍聽人があつ, つた傍若無人の言葉, つた傍観者が現れた, つた傑作だが, つた備中の国, つた傲慢さが獅子, つた傳七郎の短刀, つた傳來が多く, つた傳統的のもの, つた傳馬が一艘, つた傷ぢやない, つた傷口をむり, つた傾倒だつた, つた傾斜の向, つた傾斜面に咲い, つたな時間, つた像石信仰が其, つた僕らは, つた僕弥助に暇, つた僞善の花, つた僞物を造り, つた僞百姓に心當, つた僞粧が生理的, つた僧侶が二人, つたのもの, つた價値のもの, つた僻地の理髪店, つた儀式が中, つた儒教そのものが保守尚古的, つた儘ごろつと横, つた儘のを被, つた儘はるか波向うに進まう, つた儘テレ隠しに愛想笑, つた儘テレ隱しに, つた儘一人幽かに微笑ん, つた儘一房づゝに括つた, つた儘一生の悪罵, つた儘丑松の顔, つた儘二人で坐つて, つた儘二手三手と碁, つた儘人々に挨拶, つた儘何の手入れ, つた儘例の蟠り, つた儘元の通り書物, つた儘冷静と皮肉, つた儘動かない, つた儘只沈鬱の状態, つた儘向日葵の側, つた儘外の景色, つた儘大地の底, つた儘失心したやう, つた儘姿を現, つた儘威勢よく立ちあがりました, つた儘帽子に手, つた儘幾ら待つても, つた儘幾皿かの料理, つた儘暫時私の顏, つた儘暫時言葉もなかつた, つた儘欠伸をしい, つた儘此慘憺たる光景, つた儘気絶したやう, つた儘片手に次の間, つた儘生人形のやう, つた儘登つては枝, つた儘着換をする, つた儘私の方, つた儘空を見上げ, つた儘突立つて, つた儘茫然とあたり, つた儘葛の葉を吹き返す, つた儘蒲團を一枚, つた儘藏つて置いたので, つた儘起つて杯を打ち合せ, つた儘醫局から出, つた儘門の外, つた儘障子の明るい, つた儘青木さんはお, つた儘静に星, つた儘顏を見せまい, つた儘顔を見せまい, つた優し氣な, つた優れた脚本が, つた優勝旗をとりあげられた, つた優形の水先案内, つた優美な昔, つた優越なの, つた優遇である, つた元吉が來, つた元和二年に黒田家, つた元日の作, つた元服をした, つた兄さんの事, つた兄君の駿馬, つた兄哥がこんなに, つた兄弟子よりももつともつと, つた兄貴にも会つて, つた充分實直らしい, つた兆しは恐らく, つた兇器は家, つた兇惡無殘, つた先づ佐賀を立つ, つた先づ敬君が行方不明, つた先人のあの, つた先代東家小楽燕の悲愁, つた先住イルラリオンもそこ, つた先住者は押入, つた先例まである, つた先先で, つた先天的事情は存在, つた先川上の方, つた先方も私, つた先生方は一々, つた先祖書に上り, つた光子との二人姉妹, つた光彩陸離たるニッケル, つた光榮や演出, つた光秀に紹巴, つた児娘までが笊, つた児雷也豪傑譚や白縫譚, つた兒その間に閏, つた兒どもの面, つた兒童等は教室, つたつたいふてどの, つた入歯が彼, つた入江の假橋, つた入浴は私, つた入道姿を珍, つた全校児童が先生, つた全権大使ナホノブサメジマ君の墓, つた全紙の揮毫, つた兩個の爺さん, つた兩國第一, つた兩岸の紅葉, つた兩親と若い, つたの字, つた八さんが往來, つた八つの太鼓, つた八九人の児供, つた八五郎何んの氣, つた八五郎暫らくすると, つた八五郎灯り先にそれ, つた八人の与党, つた八今まで搜, つた八兩で嘘, つた八六調十四行詩がこの, つた八千代さんが來, つた八幡丸をどこ, つた八幡太郎の三人立ち, つた八幡神はその, つた八時の汽車, つた八時半から三時半, つた八月十九日の出来事, つた八月末の暴風雨, つた八枚と云, つた八歳の頃, つた八瀬の黒木, つた八疊の横, つた八疊それに續, つた八百五十圓を取り戻さね, つた八百善は太田南畝, つた八百屋廉い櫛, つた八目の荒籠, つた八雲氏は擬ひも, つた八飴を嘗め, つた遠は, つた公共の建物, つた公卿たちよりは囚, つた公女レオノオレの重要牲, つた六ヶしい研究, つた六ヶ敷問題は差し當つて念頭, つた六代目が病気, つた六分心のランプ, つた六十近い老人, つた六十八九頁に, つた六字といふの, つた六尺近い穴, つた六月二十八日頃までで, つた六歳の時, つた六疊萬年床はハネ, つた六百の観衆, つた六角形の蒔絵, つた六首の歌, つた共に市中を, つた共同的な生産事業, つた共同風呂といふの, つた共和生活の遊蛾, つた共通點をもつ, つた兵卒は胸, つた兵営の跡, つた兵器の劣等, つた兵野の手, つた兵隊さん一番つまらなか, つた兵隊上りの色, つた其一瞬のあと, つた其不得手な學課, つた其中に, つた其代り三千代に対しては一点, つた其処で同じ, つた其処彼処より観光, つた其前から達筆, つた其圖案を見, つた其報告を得, つた其夜から直ぐ, つた其子字は子長, つた其家へ泊り, つた其後では道隆, つた其後年老つて毛, つた其手や足, つた其文學は後, つた其方を拝む, つた其日彼は金策, つた其時代から培養, つた其時代唯一の婦人文藝雜誌, つた其暖かな日, つた其様子を見, つた其汽車で去, つた其滯在中第一高等女學校長, つた其為だと, つた其瞬間に於, つた其種子は俊成, つた其繪を見る, つた其翌日から私, つた其老婆の一切, つた其處では同志, つた其虚榮心が今, つた其迄は川上, つた其途端其夜汝の家, つた其面が可, つた其頃には取, つた其顏が着, つた其顔が着, つた其鬼がお前, つた其鰤敷魚場は今月, つた其麼工合で居る, つた典型的な娼婦型, つた冀くは今夜も, つた内務大臣が之, つた内山の去年, つた内曲りの鼻, つた内気さばかりの出, つた内氣なおとなしい, つた内海は筋肉, つた内玄関の上, つた内田は何, つた内藤和泉守忠勝である, つた内證の拂, つた内部より發, つた円い月が, つた円卓子を空想, つた円太郎馬車が南, つた円形花壇と緑, つた円盤形の豆粕, つた円莢だ, つた円顔十六七の同じ, つた冒し難い美しさ, つた冒険者があつ, つた冗談だと, つた写実劇の傑作, つた写生的興味を破つ, つた写真屋がもう間もなく, つた冠ぢや, つた冬物の用意, つた冬空をいつ, つた冷めたさで, つた冷気が妙, つた冷笑明かに相手, つた冷静さで描い, つた凄まじい血は, つたみ船, つた凜然たる姿, つた凡太をとら, つた処世的な苦悩, つた処女のにほひ, つた処女林を一里, つた処更めて津軽, つた処柱の根, つた凧糸で釣つて水, つた凱旋的な好, つた凶時よこの, つた凸凹道もこ, つた凹んだ眼窩の, つた凹巷が郷人, つた出がらしを土間, つた出したくもあと, つた出し物がある, つた出來事を見逃す, つた出入りの若い, つた出入口のところ, つた出前用の大きな, つた出家沙門とは何ぞ, つた出石人の妣, つた出鱈目な印象, つた出鼻を挫, つた函車を曳, つた刀子でちょっと, つた刀身などまことに, つたをふと, つた刃ものだ, つた刃物やマナイタ, つた分量よりむしろ, つた分銅が物置, つた分霊を持ち, つた分類に従, つた切りあかりを吹き消す, つた切りひつそり閑として朝, つた切りヂツと老, つた切り何も云わない, つた切り便所へも起きなかつた, つた切り口に疊, つた切り外へは出なかつた, つた切り明治五年まで足掛六年, つた切り氷峰は無言, つた切ドルフは涙, つた切口を噤んでしまつた, つた切山椒などがあつ, つた切戸をあけ放し, つた切支丹もそれ, つた切棒立に立つ, つた切目を附け, つた切符には, つた切紙絵はまつたく, つた切表口をあけ放し, つた刑場の二つ胴試し, つた列車の食堂車, つた初めての夜, つた初代勘兵衞の態度, つた初代組長の任, つた初心さがたまらない, つた初恋です, つた初段級の腕達者, つた初瀬浪子が妖艶, つた初秋の空氣, つた判じ物だらう, つた別に形相は, つた別物のやう, つた別當はただ, つた別莊の雨戸, つた別館の内科診察室, つた利休の茶室, つた利劔を以て又, つた利助先へ廻つて大手, つた利家を片づけ, つた利己主義の我利, つた利息で石燈籠, つた利根の上流, つた利益はともかく, つた利章がどうして, つた制帽を脱い, つた刹那二階建の茅葺き, つた刹那夫人の美しい, つた刹那彼は穴, つた刹那父の二つ, つた刹那輕い喘息, つた刺戟で落着, つた刺戟剤を是非, つた刻薄な人間, つた刻限を見, つた剃り落しの, つた前かけの傍, つた前垂を何處, つた前夜はどんな, つた前庭が明るい, つた前後矛盾に陥つた, つた前掲の仮名垣魯文, つた前提の上, つた前日谷中村破壊の三周年紀念会, つた前田晁氏である, つた前額一面に生え, つた剛慾な酒新聞社, つた副長の狼狽, つた割りに早く, つた割合におとなしい, つた割烹旅館で食べた, つた創作も出来, つた劇作家が同じ, つた劇場の中, つた劇薬の結晶, つた劇評はみのる, つた劉劭の羽翼, つた劉邦や蕭何ら, つた劍幕です, つた力み返りがない, つた力三が一番秘蔵, つた力士のそれ, つたに依つ, つた功利的の伴奏, つた功名心は實質, つた功田などに依つ, つた功羅生へた, つた功臣である, つた加世は嫁, つた加藤道夫君がその, つた加集ばかりがいい, つた努力を世界, つた努力以上の努力, つたれた, つた勃凸があと, つた勅撰集であつ, つた勅語にも, つた勇三郎のこと, つた勇吉の背中, つた勇太郎だ, つた勇敢な人々, つた動きが呑み込めません, つた動く山の, つた動搖する汽車, つた動物みたいに全身, つた動物らの霊, つた又さん, つた勘兵衞は奧, つた勘次の事, つた勘辨して, つた勝つたがやつぱり, つた勝山孫弥といふ人, つた勝平はフラ, つた勞働者はやけに, つた勢ひで何とかならない, つた勢ひでやつてのけなけれ, つた勢ひで斯うした, つた勢ひで渠は再び, つた勢ひで竹筒の柱, つた勢ひもありますので, つた勤人達等は太つた細君, つた勧められるま, つた勾欄へ倚りか, つた勾玉の形, つた勿体ぶつた顔付, つた勿論結構な, つた化学者は娘, つた化學實驗室だの物理實驗室, つた化物よりもつ, つた北原さんのため, つた北国の木, つた北国風の軒下, つた北斎描く孫悟空, つた北海の空, つた北海メール社に行き, つた北海實業雜誌もこんな, つた北海道は今, つた北海道聽の建て, つた区劃が出来た, つたをやめ, つた医学の古書, つた医療器具棚の中, つた医院のこと, つた區劃の中, つたか十二位, つた十一月のある, つた十一月四日より溯る, つた十七八の女, つた十三夜の明月, つた十九の肉體, つた十二三年後のこと, つた十二支組の仕業, つた十二支組元は強い, つた十二日の夜, つた十五兩の金, つた十五夜らしい, つた十八九の娘, つた十八歳の山陽, つた十八萬五千七百九十九枚の年始状, つた十六ミリほどな, つた十六貫近い巨躯, つた十兵衞といふは何と, つた十吉の語学, つた十四五の田舍娘, つた十字架だ, つた十数人の友, つた十数年の歳月, つた十時近くなつて, つた十時近く帰宿して, つた十月十七日の朝, つた十枚近い原稿紙, つた十歳ばかりの洟垂, つた十畳と四畳, つた十疊敷きの室の横, つた十銭うまくて, つた千代のだ, つた千代助は落着き払つて, つた千代松の腿引, つた千枚ほどの原稿, つた千秋万歳のことほぎ, つたまへは, つた午前中片づいたけれど, つた午前私たちはまるで, つた午後一蔵がスケッチブック, つた午後彼は或, つた半日といふ時間, つた半月ぶりの雨, つた半次は物置, つた半玉などの心, つた半球の上, つた半生を了つて, つた半白の父親, つた半纏だが, つた半裸體の四人, つた半鐘ゆゑであるとして, つた卑しさと, つた卑劣な挙動, つた卑怯者も一度, つたもいささか, つた協力者の初, つた南側の前庭, つた南国風景が青い, つた南天の生垣, つた南条のいつか, つた南欧人らしい女, つた南無妙法蓮華經と, つた南瓜のやう, つた南由布院北由布院この湯, つた南蛮の伊留満, つた南蠻の商人, つた単なる慣性で, つた単語は世界, つた博物学の先生, つた博覧多識, つた博識の同志, つた卜者は何處, つた卯の花で雪, つた印しにとて兜, つた印刷術が第, つた危險がある, つた卵殻が雛, つた卷藁のなか, つた厄日近しといふ, つたさは, つた厚化粧だが, つた原唱は集, つた原始の時代, つた原始的な燈火, つた原料を發見, つた原石のダイヤモンド, つた來が, つたつた, つた友だちの姪, つた友人たちの手紙, つた友人上田敏君が宅, つた友信に擔, つた友情の若草, つた友船は千筋, つた反対には皆んな, つた反映である, つた反物などを悉く, つた反省がこれ, つた反逆者だ, つた反響をする, つた反駁の一言, つた叔父さんとこから何, つた叔父様が未だ, つたつて十歳に, つた取つ付きの, つた取り持ち年増とが, つた取るに足りない, つた取乱した青い顔, つた取合せのもの, つた受け應へ, つた受け入れかたをした, つた受口には子供, つた受難者であり我々, つた叙事詩から生れ, つた叡山の僧権, つた口つきを見, つた口ひげを引ツ張つた, つた口ぶりをし, つた口上にどぎまぎ, つた口上書を辨慶, つた口八丁の才女, つた口吻です, つた口吻ぢやない, つた口子この歌, つた口實だつた, つた口紅や歯, つた口薬物の反応, つた口許に微笑, つた古い暗い宿で, つた古い青い卓布を, つた古ぼけた小さい羊毫, つた古めかしい洋館が, つた古今書録によつて出來, つた古代人の稚, つた古典劇の実演, つた古典的な芸術, つた古典的業績である, つた古名家の画伝, つた古墳があつ, つた古家で, つた古式の何, つた古本や蝙蝠傘, つた古本屋迄来, つた古淡無慾な, つた古渡の織物, つた古澤先生御夫婦, つた古町へそして, つた古画の絵具, つた古語である, つた古里の肉親, つた句作したいと, つた句法まで出来, つた句稿を書き, つた句集を置い, つた叩けば開かれる, つた只一人のルカス, つた叫びごゑをあげた, つた叫び声を私, つた召使で無理, つた叮嚀な言葉使, つたなり立派, つた可愛さう, つた可笑しい程悲しい, つたの上, つた台所は何時の間にかぼんやり, つた台石の上, つた台詞だ, つた叱声には太郎, つた史乘には佛教, つた史実の背景, つた史料から推定, つた史記の材料, つた右之助の母親, つた右二派の用, つた右手それが颯と, つた号令をかけ, つた号外で, つた司令官も夫, つた司教の意向, つた司法主任や特高, つた旅館の, つた各所の霊地, つた各自の板, つた合図の声, つた合理解に過ぎない, つた合羽を着, つた合點だ, つた吉三郎の言葉, つた吉井勇氏はかう, つた吉備眞備がその, つた吉原行きとか五色, つた臺から, つた同一の過失, つた同勢の一人, つた同君の末弟四郎君, つた同士人前で内証, つた同席の, つた同心長谷部彌三郎, つた同情がある, つた同窓の学友, つた同道して, つた名人位も有名無実, つた名作である, つた名優のプロマイド, つた名古屋の森君, つた名士の者, つた名月の見事さ, つた名残りであらう, つた名物もの, つた名物男だつたの, つた名画を貼つ, つた名称でもない, つた名薬には相違, つた名誉の歴史, つた名題の愚連隊揃, つた吐く息が, つた向う側に幅, つた向側の建物, つた向屋敷には孟宗, つた向島を花吹雪, つた君君の家庭, つた君達の事ぢ, つた吝嗇な心から, つた吝嗇坊で寄附事, つた含みもあるだらう, つた吹矢を射る, つた吹雪の中, つたは今, つた吾人にとつて, つた吾妻屋永左衞門の言葉, つた吾妻屋永左衞門供の小僧, つた吾妻川の仮, つた吾妻養狐場の再興, つた吾等は不運, つた呂竹居に泊る, つた呆れた野郎だ, つた呉郎さんが更け, つた告白を書く, つた呑気な人達, つた呟きを浴せ, つた周一はこれ, つた周囲の輪廓, つた周文とか當時, つた周齊曾がある, つたはれた結果, つた呪うても足りない, つた呪歌を凡, つた呪術を鎮魂法, つた呪言にも神, つた呪詛のやう, つた味噌摺用人奴小笠原流で靜, つた呻き声を, つた呼び名で呼びかけ, つた呼吸をボア, つた呼応を作つて, つただけはある, つた咄嗟の間, つた和やかさで煙草, つた和文臭の所, つた和泉屋の皆吉, つた和泉屋皆吉だけ平次, つた和泉式部に心安く, つた和田垣博士の駄洒落, つた和蘭の赤い, つた和蘭人が一人, つた和蘭物でなければ, つた和蘭陀が, つた咒詞を奏し, つた咲子は怒, つた咳払ひを, つた哀傷たへ, つた哀愁をさながら, つた品ぢや御座いません, つた品川の宿, つた哄笑が部屋, つた哥薩克の姿, つた哥薩克風の長上衣, つた哲人がゐます, つた哲人詩人の味, つた唇上着の間, つたの長安, つた唐代の人々, つた唐戸市場を見物, つた唐書と云, つた唐紙を, つた唯一人の青年将校, つた唯一度二度のお, つた唯今反つて, つた唯物論者もあつ, つたへ言, つた唱門師と同じ, つた商売人上りの仏蘭西, つた商船の事務員, つた商豪だが, つた商館の主人, つたひに, つたの音, つた啖呵やすゝ, つた喀喇和林附近の地理, つた善い事の, つた善人らしかつ, つた善良の風俗, つた喉佛の動い, つた喜びとなつて心を温め, つた喜ぶべき哉, つた喜代子さんといふ姉さん, つた喜作の禅坊主, つた喜八は煙草, つた喜八郎は歸, つた喜劇俳優渋谷天外は何処, つた喜助は妹, つた喜太郎迄がハツ, つた喜楽から手紙, つた喪家の犬, つた喪服でありまして, つたはない, つた喫茶店へ備, つた單衣なんざお邸, つた單調さと一分間, つた嗅煙草をたつ, つた嗅覺のさき, つた嗚呼よく出来した, つたひに, つた嘆きを身, つた嘉助だらう, つた嘔気は又, つた嘗ての求婚者, つたのやう, つた嘲りの色, つた嘴先でチクリ, つた噛まなければ噛みしめなけれ, つた器用貧乏の見本, つた噴水広々と, つたの出來, つたの聲, つた囚人の墓, つた囚人馬車がまるで, つた囚徒だちは, つたか條, つた四つ手網の真中あたり, つた四ツの火鉢, つた四人萱野夫婦と一枝, つた四代目春風亭柳枝此の人等, つた四分の三の雨, つた四分十五秒といふ潜水タイム最高記録, つた四十ばかり, つた四十あまりの主婦さん, つた四十がらみの紳士, つた四十一人は肥後國天草郡, つた四十七八の女, つた四十位の男, つた四十男そのくせ, つた四囲に大きな, つた四季咲の石竹, つた四布蒲團は滿足, つた四庫全書には永樂大典, つた四斗樽ほどの棺桶, つた四日は珍, つた四角ぐらゐの大きさ, つた四谷の伯母, つた四邊の空氣, つた四邊一面の稻田, つた四郎が六年ぶり, つた四隅を二本, つたに猶, つた因果と思はなけれ, つた因業さうな眼付, つた団七九郎兵衛は見たかつた, つた団体でさ, つた団子を腹一杯, つた団扇を時々, つた迄入れ, つた困つたといつて金, つた困難即ち隱, つた図書館であ, つた図柄だつた, つた図案のを抜き出し, つた図画であります, つたより此, つた固い黒い爪で, つた固有の文化, つた国々の気息奄々, つた国国とは一体, つた国境に杭, つた国家の柱石, つた国家社会ほど健全, つた国柄で僕, つた国民英学会でマコーレー, つた国香の死した, つた國外へ送金, つた國府津の塚越, つた國書は日本紀, つた國松は無性に, つた國王の印, つた國風を蠻風, つた圍爐裏の邊, つたい胸, つた圓三郎の頬桁, つた圓周の圓心, つた圓柱の蔭, つた圖書閲覽の範圍, つた圖柄をかく, つた團扇や手拭, つた團體がそここ, つた土ぼこりをまきあげ, つた土人がおそろしく, つた土器片と共に黒曜石雁股, つた土地ぢや, つた土地つていふの, つた土地家作もい, つた土堤が續, つた土壤から平家, つた土屋七郎の死, つた土左衛門が流れ, つた土手沿ひに, つた土方親方は大, つた土栗といふ星形, つた土焼の舞子, つた土牛の真骨頂, つた土瓶の酒, つた土砂ぶりの中, つた土竈の金, つた土蜘蛛の如く, つた在外正貨とクレデイツト, つた在所の者, つた在方の女房さん, つた在来の神, つた圭一郎の眼鏡, つた地下室にある, つた地中に埋めた, つた地位を奪, つた地割れもあつ, つた地名神社が色々, つた地域と見, つた地方庁と骨牌遊び, つた地球儀とを見た, つた地盤一面に總, つた地蔵眉の色, つた地藏樣を抱い, つた地質学が流用, つた地震學が本, つた地響のする, つた坂径を今, つた坂部は居た, つた坊さん跣の位牌, つた板の, つた坑夫達は, つた坑夫部屋の窓, つた垢だらけの汚い, つた垢拔けのした, つた垢水をかひ出した, つたの隙間, つたの上, つた埃だらけな硝子, つた城ヶ沼の四手場, つた城下の士族, つた城人なる大奥, つた城址を訪, つた城彈三郎の自慢, つた城砦噴水の涸れ, つたも無い, つた執拗さが容易, つた執筆法を主張, つた基督教の罪惡觀, つた基礎は十分其間, つた基礎知識と良い, つた埼玉県の祖父, つた埼玉縣では村民, つた堀内氏は, つた堀田とかといふ男, つた堀立小屋がモーター, つた堂内には一せい, つた堂宇石段商売的雰囲気に包まれ, つた堅い手触りを, つた堅く狹苦しい, つた堆い木屑の, つた堤防と云, つたを受け取つた, つた報らせで私, つた報告書を此, つた報酬といふもの, つた場内の雜沓, つた場処は西乃入, つた場合主になる, つた場合人は聯想, つた場合何が持ちあがる, つた場合勝は多く, つた場合女事務員の方, つた場合死亡した後始末, つた場合男を変, つた場末の例, つたの皆吉, つたにこんな, つた塀外の畑, つた塑像が台, つたが朦朧, つたの桜, つたと砂糖, つた塩漬にし, つた塩田良三が紋服, つたの上, つたから何, つた境涯を歌, つた境界に立, つた境界線を, つた墓碣はその, つた増田に, つた増田長盛の支族, つた増益のある, つた墨色で, つたのある, つた墳墓である, つた壁側の本箱, つた壁張の紙, つた壜型を指し, つた士人の中, つた士族が零落, つた士族どもは殆ど, つた壬寅の歳, つた壮厳微妙の海, つた壮士芝居沁みて, つた壮年のこと, つた壯行會の席上, つた声色なんて聞い, つた売行も先づ此分, つたが六つ七つ二段, つた壽宮の神君, つた壽阿彌陀佛の事, つた変つたとさ, つた変りやうの一々, つた夏時などは側, つた夏目漱石なぞも京都, つた夏草の中, つた夏蜜柑の臓腑, つた夕方一先づ散会一洵無水和蕾の三君, つた夕方藤岡政一さんも来, つた夕暮前の時刻, つた夕柏門の塩田良三, つた夕立が, つた夕陽のやう, つた夕靄の中, つた外交の權, つた外人夫婦が竝, つた外国煙草を出し, つた外國などでは家屋, つた外國人も同舟, つた外國字で誰人, つた外國車の假令模造, つた外壁がかへつてこ, つた外套の出来, つた外宮の神主, つた外形をよそ, つた外村もこの, つた外界の大気, つた外白耳義の十九世紀, つた外見を表, つた外道である, つた外題で興行, つた多々楼君の, つた多作な割合, つた多宝塔は特別保護建造物, つた多寡を括つた, つた多数者の判断, つた多量過ぎたカルモチン, つた夜なかの畳, つた夜中に眼, つた夜光石は唯, つた夜半にキヤツ, つた夜店の玩具, つた夜明かし飮み屋, つた夜昼のこと, つた夜汽車の淋し, つた夜男は姫君, つた夜盗達を眼下, つた夜空が仄か, つた夜道へ降り, つた夢中で, つた夥しい小判と, つた大きさで, つた大久保湖州も或は, つた大井久我之助, つた大仏餅と云, つた大佐は武村兵曹, つた大作をやつ, つた大俣の惣七, つた大刀の名, つた大分茫とした, つた大切な路銀, つた大厄からやつ, つた大叔父さんに預けられ, つた大吉郎と考, つた大名などに招かれ, つた大夫も二三, つた大学予備門の受験科専門, つた大学生の一人, つた大寒だと, つた大小の缶, つた大山君井家上君藤君一洵君辻田君そして山頭火, つた大山夫妻の心づくし, つた大岡昇平が自分, つた大岡昇平氏がある, つた大川屋五郎兵衞といふ中, つた大師の識見, つた大平錦絵店からこれ, つた大庭常子の後ろ姿, つた大形の眼醒時計, つた大手の跡, つた大手柄を人, つた大日向教とかの会計事務, つた大日堂の少し, つた大日經を日本, つた大日經七卷の學習, つた大智氏に対する注文, つた大木の頭上, つた大枝の上, つた大根は元来, つた大根さんのお家, つた大森氏は講壇, つた大樹の蔭, つた大正五年の諸, つた大池で有, つた大波の底, つた大洋の香氣, つた大石を落し, つた大竹藪を弓形, つた大納言夫妻の姿, つた大股で直ぐ, つた大臣の談話, つた大蛇は自然人間, つた大衆時代劇は演じ得まい, つた大西洋時代は今日, つた大観の画壇的動き, つた大言壮語によつて, つた大谷君はそれ, つた大逆事件の豫感, つた大連の諸君, つた大里町子は標本, つた大阪新聞の産業欄, つた大阪者は急, つた大隈侯のやう, つた大隈内閣は小泉八雲氏, つた大震災は明治以来, つた大面そして稍, つた大鳥の生涯, つた大麦製のでかい, つた天下といふ家族, つた天下りの新, つた天井下の三疊, つた天井裏をトコ, つた天人であるから, つた天候も妙, つた天候険悪で人出, つた天南に娘, つた天国の夢, つた天平十年説なの, つた天満北木幡町の大工作兵衛, つた天滿村は三十餘年, つた天狗の遺骸, つた天狗小僧が無事, つた天狗黨の始末, つた天王寺の西隣, つた天秤棒で早速, つた天空の藍, つた天童太郎の首筋, つた天竺の香木, つた天蓋や花, つた天長節のこと, つた天麩羅屋があつ, つた太く短い絹眞田で, つた太吉の顏, つた太宰治とかいふわかい, つた太平御覧に本草経, つた太平洋にもアラスカ, つた太平無事なこと, つた太格子の二枚戸, つた太玄も法言, つた太繩が三筋, つた太股の窪み, つた太郎どんの犬, つた太郎兵衞の女房, つた太閤に比し, つた太陽がまん円く平, つた夫婦ぎりの冬夜, つた夫婦者が竹, つた夫婦連れ結婚一二年今に今, つた夫婦関係とが一致, つた夫等を風呂敷, つた夫重太郎に取縋つ, つた失敗つたと思, つた失敗談は, つたなる烏帽子, つた奇々怪々の言動, つた奇岩怪石の層, つた奈何にもこの, つた奈良期の新, つた教人衆の, つた奉公人の住, つた奔馬のやう, つた奥まつたところ, つた奥座敷に飛きり贅沢, つた奥方は余程, つた奧のがは乃ち, つた奧寺子を歸, つた奧座敷の蒲團, つた奧方は蔭乍ら屋敷, つた奧村八郎右衞門を始め, つた奧樣の年, つた奧縞を專ら市中, つたみで, つた奮鬪の勇氣, つた女さへ見れ, つた女のちひさい部屋, つた女はちようど譲の前, つた女らしかつた, つた女事務員は一日一日, つた女二人の話題, つた女人である, つた女傑であつ, つた女児の事, つた女史に敬意, つた女四十先のお, つた女子大といや, つた女子大やつと三月しかた, つた女學校の先生, つた女形の眼, つた女持の紙入, つた女杢阿彌, つた女気が狂はず, つた女無造作なつくり, つた女眞で主, つた女連は流石, つた女郎屋が僅か, つた女郎花の莖, つた女郎蜘蛛の巣, つた奴さんだ, つた奴ぢやない, つた奴彼奴は二番三番, つた奴昨夜足袋を穿い, つた奴等の顔, つた奴袴のやう, つた奴許りが, つた奴隷と物, つたといへ, つた好きな酒さ, つた好古小録の填, つた好日の中, つた好男子で汚い, つた如くであるが此問題, つた如く二十六弟柏軒が二十, つた如く人の行動, つた如く四十歳になつ, つた如水と相談, つた妓たちが仲の町, つた妖婦肌の女, つた妖精の清絶感, つた妖艶さは観る, つた妖艶無比のお, つた妙子の顔, つた妙見寺の塀, つた妹株になつ, つた妻奈保子の母親, つた妻妾は必ず, つた妻子を殺され, つた妻戀町の家, つた妾宅建てたきもの何とぞ御, つた妾曾根崎新地の茶屋大黒屋和市, つた妾般若寺村の庄屋橋本忠兵衛, つた姉さまの出る, つた姉たちを見, つた姉様の親切, つたである, つた始まりであつ, つた始末ぢや, つた姿全体までがそのため, つた姿洲の端, つた姿見がか, つた威勢つけて, つた威厳のある, つた威尼知亞女姫御前よ妃, つた威風の凜, つた娘たちがき, つた娘たち二人は毎年感心, つた娘ぢやない, つた娘ツ子があるなら, つた婆さんだつたから, つた婆さん牛にむかつ, つた婚礼の折, つた婚禮の折, つた婚約者だ, つた婦人公論を読み散らし, つた婦人客の汗取り, つた婦人氣はどんな, つた婦人論や教育論, つた婦人連は九官鳥, つた婪尾の獲である, つた婿の伊勢屋新兵衞, つた婿君と一所, つた嫁入りの一行, つた嫁入りぢや, つた嫁女はうい, つた嫁菜の花, つたなぞにひけとらす, つた嫉妬燒の女房, つた嫌悪の表情, つた嫌悪感だつた, つた嫌疑を免れない, つた嫡妻すせり, つた嫩葉がぐつたりとする, つた嬰兒はある, つた子供づれの細君, つた子供ふたりは廣, つた子供ツぽい感傷的, つた子供上りの丸, つた子供伴れの, つた子供連と鍛冶屋, つた子爵令嬢と青年, つた孔雀のやう, つた孔雀石の縞, つた字体で, つた存分に質素, つた孝一郎は次の間, つた孝行恩愛の情, つた孝高夫人櫛橋氏の喪, つた孟宗藪を負う, つた季節ではあつ, つたであつ, つた孤島を出ない, つた孤獨の感, つた学問の権威, つた学校子供はみんなはだし, つた学校通ひの, つた学生姿を見た, つた学生帽をかぶり, つた学生時代にはぶくぶく, つた学生達はいつ, つた学統を明, つた学者がちよ, つた学者等の経, つた孫三郎は少し, つた孫右衞門樣に海山, つた孫王の末, つた生なぞ, つた宇佐美左門の一族, つた宇古木兵馬樣の子, つた宇島で行乞, つた安からぬ胸, つた安くもある, つた安全剃刀で案外, つた安手に賭事, つた安易すぎた緊張, つた安曇連などが支那, つた安来節座中の女, つた安気になりきれない, つた安物だ, つた安積家を根柢, つた宏大な邸宅, つた宗像三女神は天真名井, つた宗匠の鶯谷, つた宗右衛門の眼, つた宗太郎を顧みます, つた宗太郎町人をい, つた宗旨の割合, つた宗次郎殿を殺し, つた官名または尊稱, つた官寺で昔, つた官立の大, つた官職の高い, つた官覺のしめやかさ, つた官軍は賊軍, つた宙外さんから承つた, つた定吉はあの, つた定家が出, つた定規の学習方法, つた定量的の研究, つた宛て字ですね, つたである, つた宝島の如き, つた宝庫であつ, つた宝物なのよ, つた宝石函を選りわけ, つた宝頂が即ち, つたさいの, つた実は手帖を, つた実例がある, つた実業家で一杯, つた実業家茂木氏の女, つた実父が残る, つた実直らしい男, つた実証と見る, つた客たちがそれぞれ, つた客同士の盃, つた客殿の部屋, つた客車の方, つた客體内容として顯, つた室生寺の境内, つた室生犀星の, つた宦官の風, つた宮崎助太夫重昌, つた宮嶋氏は手, つた宮市の天神祭万歳, つた宮殿の大理石, つた宮路山の後, つた家さは役場, つた家ッて提灯, つた家刀自はもはや, つた家来の手, つた家業であります, つた家老戸倉左膳の臣斎藤直彦, つた家臣光秀のため, つた家賃を拂つて, つた家鼠ではなかつた, つた容貌の価値, つた宿場をなし, つた宿墨でなく筆, つた宿料はマイナス, つた宿泊地に着い, つた宿泊料が四晩泊つて十一圓, つた宿直の番, つた宿賃なんか一錢, つた寂しさでは, つた寂しい赤い土塀へ, つた寄宿舍時代に歸, つた寄宿舎の窓, つた寄木細工を弄ん, つた寄附や義理, つた寅さんが私たち, つた寅五郎と生れ變つて來, つた寅吉も暫く, つた寅藏は確か, つた密教は今日, つた密書の手蹟, つたは自分, つた富みの喪失, つた富之助はおつなの, つた富士山の全, つた富山七之助は小半刻, つた富山七之助物も言, つた富岡鉄斎老人は何, つた富札の番號, つた富裕な郷, つたが一時, つた寒々とした, つた寒村です, つた寒気の中, つた寒空できり, つたかな一種, つた寛政十一年の夏, つた寝台の中, つた寝苦しかつた, つた寢室へはいつ, つた寢椅子に横, つた實力のある, つた實在者との關係交渉, つた實感だつた, つた實説物の安い, つた實際の戀, つた實際的な科學的要素, つた寫眞器もその, つた寫經である, つた寶搜し根性, つた寸鶏頭君の文章, つた寺方ぢや鰯, つた寺男が一人, つた対手に向, つた対立する階級, つた対象をのみ選ん, つた対象物は微細, つた寿詞を語る, つた封建性の強い, つた封建時代の遺習, つた専門的な立場, つた将軍は床, つた将門は天慶三年, つた將軍の姓名, つた尊君抑臣主義, つた尊容三十二種好具足, つた尋常でない物, つたの脇差, つた對象が同時に, つた小ぎれいな山間, つた小さい円い姿見と, つた小使君は御, つた小倉の櫂, つた小倉庫の鐵, つた小刀で削, つた小原慶山の後, つた小品をなし, つた小坊主がふらふら, つた小型の屋形船, つた小夜菊師匠の死顏, つた小姑の納, つた小学生に出会, つた小局的なもの, つた小屋掛の見世物, つた小峰凉庵の實驗室, つた小幡氏がわざと, つた小店の近く, つた小役人の息子, つた小指のやう, つた小料理屋の玄関, つた小書がある, つた小木の方, つた小杉さんの行路, つた小松の植込, つた小林と三浦, つた小梅の百姓小兵衞, つた小母の耳元, つた小母さんは楽しみらしく, つた小泉は一旦, つた小流からお前さん, つた小点ものある, つた小生の友人, つた小田原の家, つた小田原在の爺さん, つた小男の赤兄, つた小皺を寄せる, つた小皿を掌面, つた小石が生長, つた小竹君はイヤ, つた小籠の戸, つた小米の屍骸, つた小糸源太郎君と同期, つた小舎は大急ぎ, つた小菅がかへつて易々, つた小菊つていう, つた小萩とはまつたく, つた小話を幾つ, つた小谷にひき, つた小豆色活色の羽織, つた小豆飯が一箸, つた小路を歩い, つた小遣ひが, つた小遣帳をつけ, つた小野の小町, つた小野さん夫婦に感謝, つた小野氏の支配, つた小雀のやう, つた小鳥たちが走つ, つた小麦の百倍, つた少いといへ, つた少女お玉は兎, つた少年孝吉では, つた少年年齡は八歳, つた少年時代の記憶, つた少年軍は必死, つた少年達が手紙, つた少正卯を, つた其の旅行, つた就中羅荼國は今, つた尸位素餐の官吏, つたに下, つた尼御台さまの御, つた尾類即ち女郎, つた居城で承, つた屈折が出来, つた屈辱を公, つた屋並みはづれ, つた屋敷へ富士, つた屋敷跡のよう, つた屋根板で葺いた, つた屋根越後獅子の顎の, つたのやう, つた屑屋を送る, つた屑屋さんを引張つ, つた展望である, つた展覧会に出品, つた展転反側とはこれ, つたの踵, つた履物と, つた山々上高地や奥白根, つた山がかりの宿の, つた山のはづれ, つた山の根を根気, つた山の神は, つた山上の茶屋, つた山下の越後屋, つた山元利吉といふ人, つた山千海千のした, つた山口素堂に発する, つた山口行はオヂヤン, つた山名は老成, つた山奥の森林地帯, つた山女を肴, つた山山の絶頂, つた山崎が云, つた山巓も無論, つた山径を五里, つた山斎は黒く, つた山本と云, つた山本正雄こと岡田良造はその, つた山本氏系図による, つた山本鼎と倉田白羊, つた山林局の官吏, つた山林田畑を自分等, つた山柿が鈴なり, つた山梔子の花, つた山榊を手, つた山気を呼吸, つた山独活を四五本, つた山王台皆な佳い, つた山田がどんな, つた山田辯護士が聲, つた山番は滝達, つた山科丿観は一生, つた山羊のメイメイ, つた山腹を越え, つた山蔭の溪ば, つた山路を馬車, つた山路愛山がある, つた山道を常, つた山里の夜更け, つた山野の村, つたで埋もれた, つた岡崎屋の血統, つた岡本がまだ, つた岡村政司君に会, つた岡田の一言, つた岡田夫人八千代さんの紙包み, つた岩の上からそして, つた岩井久米八なども此芝居, つた岩倉大久保西郷木戸等の苦衷, つた岩元先生のドイツ語, つた岩戸の前, つた岩村透男は平素, つた岩根半藏, つた岩角蟠る樹, つたを眺め, つた岬影の一部, つた岳麓の吉田, つた岸の上から水, つた岸田にとつて, つた峠向うに田植, つた峡谷の翠, つた島々に違うた, つた島五六郎を自滅, つた島分教場であつ, つた島原らしいと, つた島台を目当, つた島木赤彦君の病気, つた島民が多い, つた島民少年の後姿, つた島田の髷, つた島薗博士が予め, つた峻烈な空気, つたの蔭, つた崖ぎはの畑, つた崩浪亭とつけ, つたはしい, つたの上, つた巌丈な顎, つた巖角を踏み, つた川上にある, つた川口のよう, つた川向うには野草, つた川周囲の山地, つた川村家の事情, つた川棚の人間, つた川波氏がこれ, つた川浪の姿, つた川通りのはづれ, つた州執行官の老人, つた巡査部長は間もなく, つた巡遊のこと, つたも自分たち, つた巣一所けんめいでやつ, つた巣卵が藁屑, つた工事がし, つた工學士未亡人が居る, つた工廠の空, つた工藝品を見る, つた左傷の五右衞門, つた左右の棕梠, つた左様とは心得ず, つた左樣か入りやんした, つた左母次郎の刄, つた左門の思ひやり, つた巨摩六郎はあと, つた巫女などの唱導, つた已にとつぷりと暮れた, つた巴里行の汽車, つた巴黎院のマスタア, つた第十五, つた巻煙草入れの函, つた巾着を見, つた巾着切と騙り, つたの病院, つた市ノ瀬牧人はしばらく, つた市中を吹き, つた市井はデモクラチツク, つた市人等は, つた市島春城翁政治上の同輩, つた市川斎入は茶人, つた市川町の名物三本松, つた市村氏の父, つた布子の上, つたひからでは, つた希望乃ちアイノ研究並びにその, つた希臘羅馬等の暖国, つたの君樣, つたの言葉, つた師匠の脣, つた席上意地の悪い, つた帯下や赤い, つた帯皮を直し, つたに提灯, つた帰つて床に就い, つた帰りしなに何気なく, つた帰り引汐につれて佃島, つた帰省は霞亭, つた帰途トムソンを訪ねる, つたを掲げ, つた常世と違, つた常吉の口, つた常子は戻つ, つた常磐木をそこ, つた常磐津の式多津, つた常磐町の常磐亭, つた常緑の樹, つた常緑針葉樹林でなり立つ, つた常陸房海尊曾我物語では虎御前, つた幄帳の白い, つた幇間なんかに附き, つた幕府は当時長崎在留, つた幕府方の旧, つた幕府時代にオランダ, つた干支を絵, つた干物でもつける, つた平たい馬車と, つた平七夫婦に導かれ, つた平凡のうち, つた平場を辯護, つた平安朝の古今集, つた平安朝祝詞は古来, つた平家の入口, つた平岡は急, つた平戸ガールのサービス, つた平打の丈夫, つた平次主人半左衞門, つた平次何分にもなれない, つた平次殿が名前, つた平次私も何, つた平福百穂氏の言葉, つた平谷峠あたりまでも出かけ, つた平野の町, つた平靜の中, つた年上の僧, つた年増向の洒落た, つた年始の葉書, つた年譜を増訂, つた年賀でなし, つた年賀状がき, つた年賀葉書の總數, つた年配四十五六柔和な何等, つた年限の長い短い, つた年頃になつて, つた年齡を超越, つた年齢相応の姿, つた幸坊はじ, つた幸堂氏は葱, つた幸徳の両, つた幸福人であつ, つた幸運の人, つた幹部が百姓二, つた幻像の動き, つた幻影から出た, つたにし, つた幼年時の冬, つた幼稚園は四ツ谷, つた幼馴染の私, つた情を, つたが次, つた幾らでもない, つた幾世紀の影, つた幾代の後, つた幾千といふ蜂, つた幾島の眼, つた幾島さんねあの, つた幾月も幾月, つた幾筋の手拭, つた幾萬の人たち, つた幾通かの手紙, つた幾重の垣, つた幾重にも取り廻す屏風, つた濶と, つた広場が私達, つた広大な商埠地, つた広岡学士と共に塾, つた広島菜は茹で, つた広次やお, つた広瀬は暇乞, つた庄司に手当, つた庄吉の言葉, つた床しい闇が, つた床の間の南天, つた床下の穴倉, つた床柱の傍, つた序でにそろそろ, つた序手に鏡台, つた序録は經部, つた底抜屋台が繰り出し, つた店内ながら掃除, つた店番に生れ付いた, つた店賃でも拂, つたを温度, つたはもう, つた座光坊には窕子, つた座布團の上, つた座席に腰かけ, つた座敷牢へ一々, つた座敷牢言葉を換, つた座蒲團一つ一つの卓, つた庭さきや茶, つた庭前が急, つた庭口よりお, つた庭咲き亂る, つた庭園の丁度真中, つた庭幽かな庭, つた庭木も植ゑてあり, つた庭樹を焚い, つた庭縁側に腰, つた庶民の気取らない, つた康子はもう, つた廃人の願, つた廊門を想, つた廣告文だし, つた廣大な建物, つた廣間で疊敷, つた延岡は胸, つた延暦年代の頃, つた元六年, つた建て前から自然, つた建仁寺の竹藪, つた建坪二十坪に足りない, つた建築物であつ, つた廻り縁に出ました, つた廻転椅子縁枠を白く, つた弁護士さんにきい, つた式部卿のこと, つた弓とりの姿を原, つた弔詞も今, つた引出しがあります, つた引寄せもせず, つた引窓の綱, つた引續いて, つた引越祝と軽視, つたに附添, つた弟さへ今, つた弟夫婦が住居, つた弟子達其角去来丈艸などの心持, つた弟息子の親, つた弥生さんこの天気, つたのやう, つた弦月の光り, つた弱々しい男で, つた弱きが故, つた弱き棲主たちの幻, つた弱勢では然し, つた張つた何十年あきもせず, つた張合ひもない無気力, つた張華は晉, つた強か者です, つた強大なる刺戟, つた強情さで拒絶, つた強盜が二十圓, つた強賊の, つた強靱な性格, つたの痕, つた弾痕へ斜, つたみで, つた彈丸の樣子, つた八が, つた彌次連は先刻, つた当の相手は, つた当世風のもの, つた当代の六代目, つた当代異例の独自, つた当分は君, つた当初私はまだ, つた当座お前がだんだん, つた当座一年か二年, つた当座一度会ひに, つた当座私は病気, つた当座食物の議論, つた当惑なぞの惨めさ, つた当時守り本尊の沙翁, つた当時幼稚園から帰つて, つた当時自分はこんな, つた当時青年は失業中, つた当節は懸取, つた形代だこりや, つた形容でこの, つた形式偏重論を奉ずる, つた形式偏重論者の喝采, つた形式的な表向き, つた形相の前, つた彦兵衞が一生, つた彦四郎貞宗の一刀, つた彦太郎に比べ, つた彦次郎さんらのため息, つた彫像を其の, つた彫刻が自然, つた影二つは義雄, つた影法師目あてに長い, つた影燈籠のやう, つた役廻りを受取つて, つた役柄となつ, つた役目を引受けた, つた役立たずの亡霊, つた彼らの姿, つた彼処に行つた, つた彼女自身のため, つた彼奴迄が金, つた彼得堡が現, つた彼男とそれから, つた往来文や法帖, つた往生を遂げ, つた徂来の人, つたは古来, つた待つものは, つた待合室のガラス戸, つた律気さが許さなかつた, つた後お前は何處, つた後ここに再び, つた後これを囘顧, つた後すつかり日当り, つた後そこらに散ら, つた後になつて, つた後ひろ子に土, つた後ほんたうに発狂, つた後ろに親, つた後シゲは泣き, つた後プウチヤチイヌの露艦隊, つた後一つ時ぼんやり立つ, つた後一月近く山にゐた, つた後一杯の冷たい, つた後世の堂上風, つた後世觀なども却, つた後主治医の煙, つた後亂酒漢になつ, つた後事件の重大, つた後二三十分で祭, つた後二三年前に故人, つた後京野は椅子, つた後人のすゝめ, つた後公事に遑, つた後其淳樸を賞, つた後勘次は, つた後午後の日, つた後半生はこれから, つた後口の惡さ, つた後古書が始め, つた後味の惡さ, つた後和解は新しい, つた後堀木克三氏の啓発, つた後大儀さうに炉側を立ち上つた, つた後太刀や弓矢, つた後太子は遙, つた後女事務員は茶, つた後如何にし, つた後妙に目, つた後始て十分, つた後安永六年十一月十一日に一子辞安, つた後宮川町のお, つた後富樫は窓ぎは, つた後寛政甲寅の遊, つた後小学校へ行つて, つた後屋外に避難, つた後山谷堀の岸辺, つた後岡へ上つた石, つた後平岡と連れ立つ, つた後年の作者, つた後底力のある, つた後店のテイブル, つた後弓に矢, つた後彼少年に再, つた後徳さんの言, つた後念吉黙つて玄関, つた後惡者を語らつ, つた後拝借しても, つた後故郷の根津村, つた後明りの見える, つた後曹操眼前の大, つた後期王朝にも賓客, つた後林田がやす, つた後柏軒の家, つた後格子戸を開け, つた後樸忠は, つた後武村兵曹若し軍艦, つた後母と二人埼玉縣, つた後汽車で東京, つた後沢は夫, つた後狂人の娘, つた後獅子宮を過ぎる, つた後生氣を出し, つた後男はエリザ, つた後男乙は寝台, つた後瘡痍を重く, つた後登志子は窓, つた後白楊の木, つた後百二十円の金, つた後皮下の深い, つた後石を陳倉, つた後石見に來, つた後私達は千家邸, つた後秋川家を訪問, つた後素戔嗚は急, つた後結婚当時の生活, つた後絹子は自分, つた後肩の凝り, つた後能く自ら検束, つた後與吉は卯平, つた後花は咲い, つた後薄明るい茶の間, つた後藤宙外氏の家, つた後計一はソフアー, つた後豚のやう, つた後近世日本演劇史と歌舞伎新報, つた後近松の浄瑠璃, つた後邦人の思想, つた後郷に還, つた後酒の後, つた後金花は独り壁, つた後難波で女, つた後静かにデスク, つた後顔をまつ, つた後鰻を菜, つた後黒岩万五は再び, つた従つて独のみ居る, つたもいはれぬ, つた得意さに頭, つた得體の知れない, つた從弟はうらのちやん, つた御地の青い, つた御堂だつた, つた御家人崩れのこれ, つた御家來衆で腹, つた御家流の書體, つた御所柿の中, つた御殿の周囲, つた御灯の色, つた御用聞市ヶ谷の富藏, つた御者が手綱, つた御蔭でございますが, つた御輿が屋根, つた御返事の文中, つた御願が有る, つた御風氏は寢食, つた御飯たきの勝, つた御館ではない, つた御馳走が食べたく, つたなる平民社楼上, つた徳之助は遠縁, つた徳人と云, つた徳利二本の毒, つた徳川家康が治国, つた徳永柳洲君が在, つた徳藏稻荷の門前, つた徳行の事實, つたと見なし, つた心がまへにならないで, つた心それはいくら, つた心もちは極めて, つた心やりはあります, つた心中未遂のもあれ, つた心境よ, つた心情のもの, つた心意氣で名, つた心持ガラツ八は一ペン, つた心掛を持つ, つた心斎橋へ地下鉄, つた心根に煮えたつ, つた心理の一點, つた心理的過程をこれら, つた心當りも, つた心細さです, つた心細い女です, つた心臟の上, つた心靈はその, つた必ずしも酒が, つた必死の声, つた必然性を實感, つた必至の垣, つた必要ともう, つた必須なる項, つたが言, つた忍従のかたち, つた忍從そのもののやう, つた忍耐がなく, つた志士と云, つた志筑忠雄は良永, つた志郎の眼, つた忘念しようと, つた忙しい時で, つた応神紀の歌, つたいと思うた, つた忠告は結局一つ, つた忠太爺が長火鉢, つた忠太老爺が長火鉢, つた忠左衞門に見付けられ, つた忠節を褒め, つた忠義の士, つた快く酔うて, つた快感のやう, つた快活では, つた念仏のある, つた念場が原野邊山, つた念珠ぼんやりとした, つた怒りと言, つた怒号叫喚が物凄, つた怒田は未踏, つたろしい憎み, つた思いで胸, つた思はず投げつけられた盗賊猫の, つた思ひきられぬきりや, つた思ひ決した様な, つた思ひ立つて防府行, つた思ひ詰めたもので, つた思惟するもの, つた思想上の社会的, つた思想家たちは等しく, つた思想家エドワード・カアペンターは不思議, つた思想的な内容, つた思慕である, つた思慕渇仰に燃えた, つた思案も出よう, つた思索の出来る, つた思軒の書, つた思量の端緒, つた急いで支度, つた急使を一日, つた急造の客席, つた急造便所ができ, つた性分が妾, つた性座談會や文化人, つた性情の自然, つた性情才能體質持病を有する, つた性愛のやるせな, つた性根は直り, つた怪しの男, つた怪我なし, つた怪猫の話, つた怯懦な心, つた恋しい侍従を, つた恋人同志が彼処, つた恋愛詩は此民謡, つた恐らく眠りも, つた恐るべく愛すべくして憎めない, つた恢復期に向つた人達, つた恥づかし, つた恥づかしい夢でも, つた恨みつぽい気持ち, つた恩愛の夢, つた息子英雄君の学校, つた悉くの者, つた悟者には自己, つた患者ほど却, つた悦楽の時間, つた悪事でもあり, つた悪作だと, つた悪党ばかり寄せ, つた悪党女ながら養子, つた悪口をその, つた悪名を相当, つた悪戯男はのつ, つた悪戯鸚鵡の, つた悪筆の乱筆, つた悪食をする, つたみに, つた悲しい決心を, つた悲しんだ喜んだと書いた, つた悲嘆が私, つた悲惨な姿, つた悲愴なる來者, つた情けは吾, つた情けない役人です, つた情味と, つた情実もある, つた情實もある, つた情態になりました, つた情慾がある, つた情景を舞台, つた情景纏綿の発想法, つた情熱の彼女, つた情熱主義のヴヱルレーヌ, つた情趣である好き, つた惟然も亦, つた惡戯氣だつた, つた惡智慧だらう, つた惡臭がいつ, つた惡黨女ながら養子, つた惣菜料理を拵, つた惨劇を解する, つた想定に過ぎない, つた想念は矢張り強姦, つた其檢分が, つた愈々成仏かと, つた愉しさで, つた意匠である, つた意向の働い, つた意向さへあまり, つた意地の惡, つた意志だ, つた意気込みは今, つた意氣は正に, つた意氣込がほ, つた意氣込みで自分, つた意趣で, つた愚かな旅人, つた愚僧だ, つた愚劣だ醜悪, つた愚問をくどくど, つた愚昧な心, つたを, つた愛らしい子供で, つた愛人抱月氏の後, つた愛嬌のある, つた愛嬌造りと見る, つた愛想のよ, つた愛護民譚と八太夫, つた感じのを受取つて, つた感懷をさながら, つた感激を表した, つた感激的文字を連ねた, つた感覚的な蔭, つた感謝以上のもの, つた愼しみ深い姿, つた慈悲の御, つた慈雨といつ, つた態度それは死, つた態度のはない, つた慌ただしさを, つた慎深さうな打見, つた慘忍な氣持, つた慰藉とも教訓, つた慾望が十分, つた憂欝な感じ, つた憂鬱をこの, つた憎々しい声が, つた憎い嫁, つた憎しみのため, つた憎まれ口を叩い, つた憐れな男, つた憐れみが哄笑, つた憐んだ悔ん, つた憤りのごとく, つた憲兵の印象, つた憾みが深い, つた懇切さで国, つた懇意にし, つた應待振りをし, つた懐しさ, つた懐しい記憶あるべき, つた懐旧の情, つた懐疑の花弁, つた懶い目とで, つた懶うささうな, つた懷ろ鏡を敵討ち, つた懸崖の眞下, つた懸賞小説なども目, つた懺愧の冷汗, つた成り行が, つた成り上がりの首府, つた成人用の御, つた成功であらう, つた成句と見られる, つた成田屋のやう, つた成立を持つ, つた成算はなに一つ, つた成美伯好の子, つた成金の家, つた成金根性が癪, つたは彼, つた我が国文化の本質, つた我が身がつく, つた我といふもの, つた我国でも読売新聞, つた我國に於, つた我我の, つた我我五人が久し振り, つた戦ひは戦ひ, つた戦乱であるが, つた戦争を呪, つた戦士もまた, つた戦況の報道, つた戦車の地音, つた戦闘回数百五十九回敵の損害, つたり口, つた戯曲家も居た, つた戰友の血, つた戰鬪的なところ, つたへ入らず, つた戸口をじ, つた戸外へ出た, つた戸棚のなか, つた戸袋の下, つた戻つたことは, つた戻りだが, つたのなか, つた房州の海浜, つた所々の傷, つた所ぢやが, つた所了解し得ぬ所, つた所作に耽る, つた所天から身, つた所得も悪く, つた所指で触れた, つた所校長も勿論, つた所為か容易, つた所爲でもあらう, つた所社員の内, つた所謂面白くて, つた所謂ばらけ髪, つた所謂副葬品であ, つた所謂名門なるもの, つた所謂文化的な気風, つた所謂男勝りの肌合, つた所謂道徳家から見, つた所謂靖難の役, つた所長はそこ, つた所領永代安堵の御, つた扇子でゆるく, つた手がらばなしをでもし, つた手さげ籠を携, つた手付きでその, つた手前今更斷, つた手前自分が如何, つた手古奈の顏, つた手品ならもう, つた手品師をとり囲ん, つた手堅い風俗を, つた手応もねえで, つた手掛りはありません, つた手文庫を見つけ出した, つた手柄に陶醉, つた手桶を持つ, つた手毬だつた, つた手箱を出し, つた手紙ぢやない, つた手紙以外には私自身, つた手続き規則が少し, つた手蔓やら, つた手藝品ともいへよう, つた手製の鎧, つた手鏡でこれ, つた手頸をはなし, つた手首を按摩, つた之助, つた才分をもつ, つた才能徳望のやう, つた打物で中, つた打算的のもの, つた払増しが余り, つた扮裝の人間, つたをもせず, つた批判の鋭さ, つた批難があるなら, つた技手の, つた技術の創造, つたも胡, つたといふ閑文字, つた投げやりの無責任さ, つた投書家仲間の一人, つた抗議に彼, つた折々深雪女来訪酒が, つた折りに致します, つた折助とが爭, つた折柄どこともなく, つた折棕梠の樹, つた折檻をされ, つた折知合の結婚式, つた折自然話は夏目さん, つた抹香のかほり, つたのきいた, つた押しのつよい, つた押し問答を続け, つた押入れをあけ, つた押込みまだつかまらない, つた抽斗の金具, つた抽象的過程を空想, つた拇指大の麻繩, つた拓本が一二枚今日, つた拙い歌を, つた招魂祭で人出, つた拝除痘神詞に, つた拳固だつた, つた持参の酒, つた持物であること, つた持統天皇は時代, つた指先も凍れ, つた指導をし, つた指指よ, つた指環がちやんと, つた按吉の居る, つた按摩に専門外科医, つたに出る, つた挙句一時大患に罹り, つた振り袖姿の小林平八郎, つた振れ込みで, つた挽茶の細かい, つた捜査が真犯人, つた捜査官は多少, つた捜索隊は何, つたを解く, つた掌面で額, つた掘りぬき井戸が, つた掛声は私, つた掛布団はまた, つた掛矢はえらい, つた掛蒲団なくては, つた掛蒲團を足, つた檢服に, つた探偵小説家坂部健作の存在さ, つた接唇でうよ, つた推測は壽, つた掴み合ひを, つた提燈を持つた, つた提督は顔, つた插話でこの, つた揚句お湯へ行く, つた揚句これだけのこと, つた揚句こんどは逆, つた揚句やうやく胃袋, つた揚句一年のびたとか, つた揚句主人を殺し, つた揚句之を開い, つた揚句人を人, つた揚句僕は東京, つた揚句合鍵を鋳造, つた揚句太陽の光, つた揚句家を飛出し, つた揚句店を売, つた揚句拔き合せると, つた揚句猫を飼つて, つた揚句眞夜中過ぎまで追, つた揚句親分さんにおす, つた揚句親父の私, つた揚煎餅を紙, つた握り様をし, つた握り飯の手桶, つた損害は甚, つた携帯煽風器, つた摂政道長の権勢, つた摂生の詩, つた摩伽陀国の王子, つた摺鉢形の四方, つた撃劍の興行, つた撫順炭鉱庶務課の原田周藏さん, つた操さんですか, つた擧句半刻, つた支那佛教界に新しい, つた支那娼婦謂ゆる, つた支那官吏の收賄聚斂, つた支那文化であつ, つた改作をする, つた改新であるから, つた放哉の句, つた放心時の内的律動, つた放恣な美女, つた政党内閣の信用, つた政府はその, つた政府以外のもの, つた政治がもつ, つた政治上の実権, つた政治家がゐた, つた政治家達が数多い, つた政治的価値をもつ, つた政略的な御, つた故国の岸, つた故材料の取捨, つた效果が生れる, つた敏捷な足どり, つた敗残の軍人, つた敗殘の軍人, つたへるならば, つた教会の屋根, つた教会堂のやう, つた教名をアンドレアス, つた教員が可, つた教員達が手, つた教壇をもと, つた教室で生徒, つた教師達の履物, つた教會の屋根, つた教父はわなわな, つた教育を受け, つた教育法は不, つた教育者を衒, つた教訓主義的な文芸, つた教誨師もこれ, つた散々待つたが, つた散会後私だけ飲む, つた散歩したが, つた散薬を薬包紙, つた敬之進の言葉, つた敬坊万歳どなたも幸福, つた敬治君の奥さん, つた敬治坊から頂戴, つた敬軒は官事, つただけの子ども, つた数句である, つた数台の自動車, つた数多の魂, つた数多くの外交官, つた数字を残らず, つた数度に亘る, つた数本の大木, つた数枚の小児服, つた整然たるアンテナの, つた數之介とは渡船, つた數人の女たち, つた數代傳はる唐物屋の店, つた數列の連山, つた數千兩の財産, つた數千年の人智, つた數字は6, つた數日の印象, つた數枚の靜物, つた文化十年癸酉から算, つた文化機構の再, つた文因ともいふべき, つた文壇の中心潮流, つた文壇人の美術批評, つた文壇関係の人々, つた文字花やお, つた文字通り一杯だけ昨夜, つた文字通り虚脱より来る, つた文学の限り, つた文学博士星野恒氏は国史, つた文学形式にもられる, つた文学者ですわ, つた文学芸術の意, つた文学青年も少く, つた文政十一年の後二年, つた文明逃避ほど危險, つた文春の池島信平, つた文晁の山水, つた文楽が心から, つた文殼を纒め, つた文治が通り, つた文献の上のち, つた文界の仕事, つた文科志望の佐々木, つた文藝の批評, つた文語の衰替, つた文豪は洋盃, つた文部大臣森有礼に小さい, つた文體はルーズ, つた斎藤氏に感謝, つた斎藤茂吉の悲哀, つた斑猫色の花, つた斑鳩も他, つた斑點に汚れた, つた料理があつ, つた料理屋の跡, つた料理鍋禹の穿いた, つたな日, つた斜視を向け, つた斜面を右, つた断りを言, つた断定を嘉納, つた断崖をじ, つた断水の悲鳴, つた断片的の活動写真, つた断面の甲, つた斯くて予, つた斯んな言葉, つた新たなる意義, つた新代の若者, つた新作のヒロイン, つた新刊書は東京繁昌記, つた新劇倶楽部の趣意, つた新劇開拓者の一人, つた新吉はもう, つた新品で何, つた新来の客, つた新派俳優藤井六輔をこの, つた新派劇を見せ, つた新湯のなか, つた新潟からの連, つた新築の離れ屋, つた新米が盛りあげ, つた新聞紙の良友一同, つた新聞記者はその後, つた新興美術的手法の効果, つた新茶の火, つた新調の洋服, つた新造は主人, つた新郎安里の腕, つた斷面には青い, つた方々四五人でございました, つた方のは粉, つた方何へ行き過ぎ, つた方八五郎が言, つた方塔の上, つた方式によらない, つた方形を合せた, つた方法さへあ, つた方角活鯛屋敷の前, つた方達でせう, つた施主即ち彼, つた旅商人に苦労, つた旅役者も大方, つた旅程を東, つた旅芸人に声, つた旅行者の扮装, つた旅行記念に当時勃興, つた旅行費の余り, つた旅費が支度, つた旅順博物館には予, つた旋風のやう, つた日々好日の境地, つた日それは丁度, つた日それらの木, つた日上海沖でアメリカ商船, つた日付の送金書, つた日以来もう猛烈, つた日偶然来てたよ, つた日印刷屋に近い, つた日向葵のやう, つた日和下駄を履い, つた日増に年毎, つた日常が富岡, つた日彼等の敵, つた日数に行, つた日文が三百幾十本, つた日春三郎に斯, つた日時が隔絶, つた日曜日には貴族, つた日本アルプスに棲む, つた日本人観をきかせ, つた日本人達をも見受けた, つた日本人間には接吻, つた日本國王の印, つた日本女優花子の噂, つた日本娘で金髮, つた日本文字は何で, つた日本晴だつた, つた日本楽舞部の台本, つた日本橋京橋あるひ, つた日本橋茅場町薬師境内の宮松亭, つた日本橋通りを歩き, つた日本歴史の教科書, つた日本演劇であるか, つた日本獨立の經綸, つた日本紳士の多数, つた日本貨幣取戻しの, つた日本趣味の反射, つた日本髪や帯, つた日濟しの, つた日矢田津世子の同伴, つた日私は門前, つた日細に言, つた日裏口へ塵芥, つた日記帳をやる, つた日路傍に自分, つた日送りをした, つた日郷の弟子, つた日頃にもない, つた旦那團右衞門の方, つた旦那樣はお, つた旧友は, つた旧師の恩恵, つた早々の芥川, つた早くから床を, つた早坂新道といふところ, つた早子は何日, つた早急な輕卒, つた早朝から真暗, つた早朝座敷で百足, つた早稲の仕, つた早耳と井戸端會議, つたの唐王, つた明い穏かな, つた明けても降つ, つた明らかさで寂然, つた明りに見えた, つた明るすぎる電燈, つた明るく暖かい南方色に, つた明倫堂には昔ながら, つた明後日また引返し, つた明方に近づいた, つた明日徃訪する白船老, つた明時代の煙台, つた明月であつ, つた明末清初の畫僧八大山人, つた明治の初め, つた明治三十三年頃はまだ, つた明治中世の廿余円, つた明治十八年前後の彼, つた明治時代の準備, つた明石屋の温泉宿, つた明軍も碧蹄館, つた昔びとにして見れば, つた昔今戸に住ん, つた昔話がはづんだ, つた星座表がピン, つた星野といふ男, つた映像でした, つた映画監督の北村悦三, つた春の日曜日だつた, つた春団治も僅, つた春団治独自の言葉, つた春寒の午後, つた春彼はもう, つた春日が漂, つた春日邦之助に取, つた春景色そして私, つた春水の覚書, つた春田打ちの延長, つた春登は失望落胆, つた春葉である, つた春雨の空, つた春雷それも酒中, つた春霜が冷, つた昨夜樹明さんからよばれた, つた昨夜約束した通り, つた昨春以来の脱肛, つた昭和八年中頃は所謂三三年型時代, つた昭和十年十月十八日夜私は今日一日, つた昵懇ぶりこれも如水, つたも夜, つた昼下りであつ, つた昼飯として早速, つた時あそこでは林田, つた時あちらは軍人全盛, つた時あなたがどんな, つた時いつか一緒に大宮, つた時うしろから人, つた時お前達は何處, つた時お婆さんは私, つた時お父さんとお, つた時お詫びの意味, つた時お話しいたしたいと, つた時かすかな恐れ, つた時こちらは書き物, つた時ごはんがたべられる, つた時さつき赧つ面, つた時さつま汁の豚肉代り, つた時じんなりと土, つた時たて物ががたがた, つた時ぢや, つた時とつつきの物置, つた時どこからとも知らず, つた時どれ程白く, つた時なほ彼等にその, つた時の間違ひなんか咎む可, つた時ひよつくりそれ, つた時ふつくりした鼻, つた時ほんたうに私, つた時まつは始め, つた時みのるは上り口, つた時みのる自身は自分, つた時やすが辰吉, つた時やつぱり我家と云, つた時ゆき子は, つた時クサンチスの声, つた時コツペエの詩集, つた時シンを油壺, つた時スツツトガルト行きの汽車, つた時ステパンは一つ, つた時スペンサアは誰, つた時セルギウスは全身, つた時ダントンやロベスピエル, つた時ツイ人に漏したらしく, つた時ツイ跣足だつたこと, つた時トランクの中, つた時ドアがあい, つた時ドイツ人はそれで, つた時ハツと思, つた時ビツクリさせられた印象, つた時ピカデリーを歩い, つた時プツゼル婆あさん, つた時ボルドーで汽車, つた時ユキは問, つた時ワシリの顔, つた時一夕校友會の幹部, つた時一寸大変な災難, つた時一寸心持が晴々, つた時一座の間, つた時一日暇を得, つた時一番お好, つた時一番先に眼, つた時一瞬相手の顔, つた時一緒に轉げ, つた時一隅に寝, つた時丁度風が出, つた時七十三歳で剃髪, つた時三十一字の短歌, つた時三十八歳であつ, つた時上陸するの, つた時下から三四人, つた時下女や主婦, つた時下手人の顏, つた時下野の勇将田道, つた時世の運命, つた時世間はこの, つた時中から一人, つた時久々に今, つた時事の記者, つた時二十七歳であつ, つた時互ひに, つた時交の疎き, つた時亭主が, つた時仇を取つた, つた時今一度此方を振返つ, つた時今度格子戸を明ける, つた時今日のみのる, つた時他人に聞かれる, つた時仙臺樣が, つた時代付の桐箱, つた時代女子の側, つた時代巣鴨や大塚, つた時以來彼の心, つた時以後もう宅, つた時以来覚えこんだ癖, つた時何んかチラリ, つた時何処かの宿屋, つた時何屋の誰, つた時佛教者の標的, つた時作つたもの, つた時便所へ行く, つた時俄に黒い, つた時信一郎はやつ, つた時側に誰, つた時偶然にもその, つた時傍の老人, つた時兄さんから龍馬, つた時先頃念佛の時, つた時先頭に進ん, つた時光は受合つて, つた時光線に遭, つた時兩膝の揃, つた時兩足がひ, つた時八は座敷, つた時八五郎は全く, つた時八點鐘の號鐘, つた時公園の森, つた時其れは, つた時其声は渠, つた時其子が頻りに, つた時其聲は渠, つた時内部の空洞, つた時分お前の名のり, つた時分お母さんのぬくとい, つた時分オヤ自分は今, つた時分四方はす, つた時分左樣かれこれ十二三年, つた時分帶を止める, つた時分彼はこれから, つた時分日本の王朝時代, つた時分栄蔵の家, つた時分船の沈む, つた時分葭簾張や菰囲ひで, つた時切株ばかり根, つた時初瀬は, つた時加集は勝ち味, つた時勃凸も気がついた, つた時勝平の顔, つた時勢の現れ, つた時北の一天, つた時十二年振に, つた時十吉ははつ, つた時十手捕繩, つた時十風と細君, つた時千登世は圭一郎, つた時千載一遇の思ひだつたらう, つた時午後屡轎中, つた時卒數萬人を發, つた時印象はと聞かれ, つた時原作の面影, つた時又更に置かれる, つた時古の宗匠, つた時同地祭礼で波打際, つた時同社の外廓團體, つた時同行者の一人, つた時君は彼女, つた時周子は, つた時品は附い, つた時唖の小, つた時唯一人舷に倚つて水, つた時唯二十五里の海上, つた時問ひ返さる, つた時喜八は自分, つた時喜太郎の唇, つた時嘴が触れた, つた時噺が暫時, つた時四十四歳でまだ, つた時四斗樽の甘酒, つた時圓い十四日, つた時土地の人たち, つた時土橋を一人, つた時土浦藩士に要撃, つた時土臺に人血, つた時城中の支那人, つた時壽阿彌, つた時多の船客, つた時多勢は一度, つた時大佐は貴女, つた時大坂にゐた, つた時大夫の役, つた時天聲は, つた時夫は六十二, つた時夫伊織は七十二歳, つた時奧方が大層, つた時如何にすべき, つた時妙に表情, つた時孤独な異国人, つた時孫は復籍, つた時客舎は医師, つた時室の動搖, つた時家にあ, つた時家中の者, つた時家康公から直々, つた時寮の内, つた時寿枝は取, つた時小林氏の阿部氏, つた時小間物を賣る, つた時少時此地に草庵, つた時局の認識不足, つた時山奧の平地, つた時山桑が紫, つた時山田が四級, つた時山谷堀は既に, つた時川べりに川魚專門, つた時市河氏の書, つた時帯の間, つた時帰路に遭遇つた彼男, つた時平中の手, つた時幼稚園は早速, つた時床揚の祝, つた時序に読まれた, つた時弟潤三郎が説郛, つた時彼人の悔恨, つた時後ろから青年, つた時志度の浦, つた時忠之は精進, つた時忠茂は岡崎市, つた時思慮深き大佐, つた時我々にはもう, つた時所の人, つた時手に取, つた時手前にもガレーヂ, つた時手古奈が家, つた時手足も顔, つた時手附か何, つた時手首に噛み付かれた, つた時支へてくれた, つた時支配人の孫六さん, つた時收穫を, つた時教師達は誰, つた時教誨師は忘れた, つた時整理の任, つた時文字の如く解すれ, つた時文淵堂の主人, つた時斜めに白い, つた時明日辞表を出す, つた時明日辭表を出す, つた時昔私が使, つた時春水が妻飯岡氏静, つた時暴風雨に襲, つた時書斎の敷居, つた時最初の二, つた時最後の別れ, つた時木下氏がこの, つた時本人は一向, つた時机の上, つた時杏平は彼等少年, つた時村井吉兵衛氏の邸, つた時松田氏は名古屋, つた時枕についた, つた時枕もとに媼さん, つた時林田も一緒, つた時枯葉の多い, つた時校長は妻, つた時案内の人夫, つた時梯子段から女, つた時検事も警部, つた時椴松蝦夷松の枝, つた時楯氏はひらり, つた時榮子は初めて, つた時樗園の義侠, つた時機嫌をとる, つた時機會さへあれ, つた時櫻木海軍大佐は靜, つた時欧米人などにどことなく, つた時歌舞伎俳優はどう, つた時正體もなかつた, つた時此處から脱, つた時殘つた身上と一緒, つた時母君が話し, つた時母屋の窓, つた時氏は目尻, つた時民子の胸, つた時気を紛らす, つた時水上村といふの, つた時水兵は猛, つた時水島はさうした, つた時水月の鼻, つた時汽車の中, つた時汽車中大いに文芸論, つた時河童の話, つた時泉下の人, つた時洛東江に産, つた時流石に驚いた, つた時浜つ, つた時海から舟, つた時海豚の群, つた時清休は其場, つた時清吉は何処, つた時清左衞門は到頭, つた時澄子さんはもう, つた時火葬にした, つた時火酒を一壜, つた時為合せといふもの, つた時爺さんは懐, つた時牧草としてはこんな, つた時特殊な内容, つた時独り腹のなか, つた時猫は何, つた時珍らしく閑, つた時男は霊魂, つた時画家は既に, つた時番頭の庄兵衞, つた時百姓共が証人, つた時皆んな大騷ぎをしてゐる隙, つた時目を瞠つて水月, つた時眉間を曇らせ, つた時県当局によつて編纂, つた時真似して, つた時眼が醒めた, つた時矢も楯, つた時矢張冗談かと思ひ, つた時矢張現今の地点, つた時石之助, つた時砂浜の渚, つた時砂走で轉, つた時確かに其處, つた時私たちは囲爐裡, つた時私宛の無線, つた時私達は旅人, つた時秋川駿三はもう, つた時秦の白起, つた時稍拗ねて, つた時空井戸を覗く, つた時空遥かに愉快, つた時筑前の大藤太郎, つた時節もま, つた時紅葉先生が活東子, つた時細君は急, つた時細引が伸びる, つた時細木夫人はやう, つた時綱か何, つた時綺麗な娘, つた時美濃紙の羽根, つた時義男は二階, つた時老爺は庭, つた時老練の船長, つた時肘を復, つた時與吉は慌しく, つた時與次郎は思はぬ, つた時船頭が入れた, つた時良兼同罪であつ, つた時茶山を訪, つた時萬三郎は羽織, つた時萬兵衞が振り返つた, つた時蒸溜人の両, つた時蔭で聲, つた時藤村は, つた時藩主松前徳広は江刺, つた時虎と蛇, つた時裏に鬱金木綿, つた時裕佐は更に, つた時西洋人の手紙, つた時親知らず子に遣つた, つた時諸君の望ん, つた時證據となる, つた時讃岐屋の旦那, つた時讚岐屋の旦那旦那, つた時貴女はもう, つた時跟いて, つた時躋寿館に又, つた時身のめぐり, つた時車室はどの, つた時辞退した, つた時逃出さうと, つた時連添ふ身, つた時道子の前, つた時違棚の背皮, つた時酔ひもしない, つた時金に困, つた時金石中の古文, つた時錦橋の養子二世瑞仙, つた時鍋のと換, つた時鑰前の孔, つた時長政は從軍, つた時門野が, つた時間内にその, つた時間違つた振りをし, つた時雨がどんな, つた時霞亭は送, つた時青年は, つた時頭巾を被, つた時顏が殊更, つた時風が出, つた時飛行機はどう, つた時飯が熟し, つた時馬に蹴られました, つた時驛夫の少年, つた時鷄が復, つた時黒板先生に誘はれ, つた時龍馬が役者, つた晝下りの風情, つた晩そつと通つて來, つた晩ゼライイドは彼女, つた晩娘が寢ん, つた晩急に氣, つた晩成先生は, つた晩秋の空, つた晩離屋の二階六疊, つた晩飯が濟, つた普賢菩薩の優れた, つた普通の人間, つた普通並みの女房, つたである, つた景教碑に關, つた景樹も菅氏, つた景気になつて, つた晴れやかな面もち, つた晶子さんには斯, つたさも, つた暑からず寒から, つた暗くなつた, つた暫くすると, つた暫らくは飲むまい, つた暮羊君とお客さん, つた暮色のなか, つた暴戻貪欲な資本主義的侵略, つた暴虐が不快, つた曖昧な出合茶屋, つた曖昧茶屋などは確, つた曙村さんは頸, つた曝木綿でぐる, つた曠野は大野原, つた曲つた錆釘のやう, つた曲り角まで來, つた曲線の彼方, つた曲者蜘蛛の絲, つた更けて書かう, つた更に大きな原因, つた更紗縮緬の上, つた書かずにはゐられない, つた書かなければない, つた書き付けを盜つたの, つた書き入れ系図の自由, つた書き物を見, つた書冊が新た, つた書棚もある, つた書状を持つ, つた書籍目録に中, つた書置き中の, つた書翰は棉紙, つた書肆の主人, つた書藉の上, つた書齋でもよく, つた曹達は純白雪, つたて主人, つた曾國藩はその, つた替地である, つた最初新聞のこと, つた會合に先輩, つた會葬者の三人, つた會計が出, つた會話を交換, つた月あかりの空, つた月光流とはかう, つた月夜のよ, つた月影は何, つた月桂冠をいただいた, つた月謝の全部, つた有り方に, つた有名な引手茶屋, つた有島武郎氏であります, つた有徳人の中, つた有難い一日で, つた有難くない絵, つた朋輩の一人二人, つた服裝をする, つた服飾も天日, つたかな聲, つた朗らかな晩春, つた望ましい方へ, つた望月玉泉が晩年, つた朝めし前の腹ごなし, つた朝三田は宿醉, つた朝久しぶりに凭つた, つた朝加納屋を見張らせ, つた朝大勢の人足, つた朝寒夜寒障子をしめず, つた朝日の光, つた朝月もつめた, つた朝木賃宿の窓, つた朝父と彼, つた朝飯の膳, つた朦朧とした, つた木の下へ來, つた木の実とりの子供達, つた木下廣次が校長, つた木偶といぢけさせました, つた木像を見る, つた木兎や鴉, つた木地を負, つた木屑で穴, つた木山に對, つた木彫家田中祥雲氏は頭, つた木彫小品を彼女, つた木戸を開け, つた木材買入れの最初, つた木村攝津守勝麟太郎一行のうち, つた木杭さながらの, つた木株や石, つた木槌の音, つた木樵がやがて, つた木津中の折口, つた木活字が間もなく, つた木版本の上, つた木立ちの中を縫つて, つた木筒が二挺, つた木綿の袷, つた木綿物に赤前垂, つた木綿糸を射切る, つた木葉の今, つた木蔭で朝, つた木虱は獅子, つた木賃二十五銭は安, つた木造のあの, つた木魚の音, つたださういふ, つた未明眼覚めて, つた未知の二人, つた未練もさ, つた末お湯へ行く, つた末ホオヘンツオレルン家の御, つた末一千部に決めた, つた末三年前に死んだ, つた末世の漢文家, つた末今ではただ, つた末八五郎に縛られた, つた末六平太の後, つた末子の皆, つた末弟を毛利家, つた末彼は到頭, つた末徳次郎と二人, つた末明日の朝, つた末明朝訪ねるつもり, つた末最後に椎茸, つた末矢張りその友人, つた末私も到頭, つた末試みに猫, つた本といつた程度の玩具, つた本人をのぞけ, つた本妻の弟, つた本尊だね, つた本屋もない, つた本庄村の方, つた本庄驛の停車場, つた本式に寝, つた本所さへ今, つた本文を傳, つた本木家藏本を掲げ, つた本来の性質, つた本格のもの, つた本格的な仕事, つた本格的春景色だつた, つた本職は研屋, つた本能がぐんぐん, つた本草経竟宴の詩, つた本質的な行詰りと, つた本道の全龍さん, つた本郷座の辻番附, つた本野一郎子が公使, つた札旦那か何ん, つた札束をし, つた朱塗りの行灯, つた朱彝尊の經義考, つた朱楽菅江にはこの, つた朱色の小, つた朴訥そのものの姿, つた朽木同然節くれ立つて, つた朽葉を見出し, つた杉むらの空, つた杉木小路の邸宅, つた杉本良吉で東京劇場, つた杉松榎と処々見分け, つた杉林の中, つた杉田の電話, つた杉野子爵はほんの, つたなんか食, つた李徴の聲, つた李斯を召還, つた李花てえ, つた李西涯が篆書, つた杏子かと思, つた杏林の福人, つたで今, つた村びとたちも立ち止つ, つた村井源吉がやがて, つた村人たちがいつ, つた村会では燈火, つた村君が亡びた, つた村近くなつて, つた杖其短い形, つた杜翁の言, つた束髮や色氣, つたに, つた条約の連署中, つた杣人足が今, つた来る筈の, つた来会者は予想通り, つた来客の品評, つた来客達の集, つた来迎の山, つたが倒れる, つたに向, つた東京傳通院のぐるり, つた東京劇壇では彼, つた東京大学の中島力造博士, つた東京灣汽船の林專務, つた東京語が喉, つた東京郊外の空ツ風, つた東京電燈の重役, つた東京駅の辰野博士, つた東作さすがに, つた東勝寺の旧跡, つた東山半紙に, つた東岸にある, つた東洋的雰囲気は一見, つた東海坊は高々, つた杵太郎は精, つた杵柄すつかり三助, つた松ばらばらの寒竹, つた松並木を右, つた松井佐渡の口, つた松前屋三郎兵衞の跡, つた松岡曙村さんに晩餐, つた松平伊豆守は石火矢台, つた松明は竜田姫, つた松江には医者, つた松男君を先頭, つた松葉はさび, つた松葉屋のお, つた松藏は娘, つた松魚船が暗, つた板チョコをしやぶり, つた板塀に沿う, つた板壁には耐, つた板屋根だから, つた板木はお, つた板橋を使つて, つた枕邊の手ランプ, つた林中の庵, つた林右衞門の内儀, つた林家正蔵なんぞも同窓, つた林檎畑の恐るべき, つた林田は何とか, つた林芙美子さんのこと, つた林間にはひります, つたは妓夫上り, つた果して獲物は, つた果てに思ひついた, つた果てしもない, つた果実汁を持つ, つた果實であるが, つた果樹は枝, つた果物屋の車, つた枝あとの青い, つた枝折戸で行き詰まつた, つた枝振りで察しられた, つた枝枝のやう, つたの中, つた枯枝であらう, つた枯燥した俤, つた枯葦がびつくり, つた枯薄の穂, つた枯蘆で蔽, つた枳園夫妻を訪うた, つた枳園本の体裁, つた暗い杉, つた某家の武士, つた某誌の選歌, つた染んだやうな, つた染子はそれ, つた柔かい鼻その, つた柔かい佳い味の, つた柔軟な境地, つた柚味噌をこし, つた柳亭燕路は北国, つた柳原土手夜分は物騷, つた柳家小せん, つた柳川春葉氏には別, つた柳田一人であつ, つた柳田先生の著作目録, つた柳銀泥の黒く, つた柴田は兩膝, つたの隙間, つた柵外を南, つた栄どんである, つた栄浜の屋根, つた栄養不良のため, つた栖鳳などは近頃, つた栗山餠といふうる, つた栗鼠もばらばら, つたを探す, つた校長先生が会, つた校門の傍, つた核子は一頻り, つたを中心, つた根太の横木, つた格子戸を開け, つた格闘した角力, つたの葉, つた桂子の貞操, つた桃林を人, つたの広い, つた案じたやうで, つた案山子が歩, つた案山子同様の其の, つた桐柾の箱, つた桑摘み人形の郷土細工, つた桑畑が見える, つた桑畑抔に白い, つた桔梗一株を見つけ, つた桟道であるから, つたや柱, つた梅國といふ坊さん, つた梅川屋といふの, つた梅幸は菊五郎, つた梅玉は根本, つた棋子をならべ, つた棍棒をきつ, つた棒キレみたいなもの, つた棕隠は平気, つた棧敷を渡つて, つた森先生は自然主義, つた森立名さんが四平街, つたを埋め, つたにて古く, つた植付けてあります, つた植木職が寡, つた植木鉢へコスモス, つた植松との五人, つたの葉影, つた椎茸買出商人出稼人山住神社参詣人等々でみんな, つた検温器を腋の下, つた検視捜索訊問等全部をここ, つた椿の杖, つた椿油の小さい, つた楊幹麻筋の弓, つた楊弓の矢の根, つたの若々しい, つた楠木正成は笠置陥落後, つたの木, つた楢本盟夫がなつ, つた極彩色の写真, つた極悪人のした, つた楼閣の中, つたの音, つた楽しみだ, つた楽器を混, つた楽舞が夏, つたの立木, つたの若葉, つた榛の木の上, つた榛軒の書, つた榮伯は町醫, つた榮子を, つた構内の庭, つたの穂先きが, つた様々な事件, つた様だし風が寒く, つた様子ぢやない, つたにも格別, つたの大樹, つたしい逢引, つた樂しみを思ふ, つた樂器はまた, つた樂府とはいへ, つた樂羊の子, つたの木, つたは宮廷貴族, つた標本の背中, つた標本箱にベッコウバチ, つた標題奇抜な標題, つたの大樹, つた樟腦臭い綺麗首, つた模品はこれ, つた模型のロケット, つた模型飛行機の尾翼, つた模様画は自分, つた樣子上役人や錢形平次, つた樣子八五郎思はず飛出さうと, つた樣子四ツ谷の與吉, つた樣子巣鴨の夜, つた樣子平次と八五郎, つた権力は現在, つた権威ある文献, つた横丁のしもた, つた横山様が何とか, つた横山樣が何, つた横文字の脇, つた横木を持つた, つた横槍が飛び出すだらう, つた横浜にある, つた横町の田圃寄り, つた横着な私, つた横穴には不動様, つた横笛が入, つた横糸によつて昇つて行つて, つた横顏が出, つた横顔のこと, つた樫田の声, つた樫谷三七郎の眼, つた樹敬山そしてちいちやん, つた樹明さんはどんな, つた樹齢幾十年の大, つた樺太一等の好, つたの有様, つた樽野であつ, つた橋掛りを練る, つた橋桁のうへから, つた橙色のジヤケツ, つた機会から家, つた機体から, つた機嫌を取直す, つた機関車は一時間, つた機關兵が色硝子, つた機關車に機關手, つた檀紙に沢野忠庵, つたの部分, つた櫓櫂が波, つた櫟根つ子, つたの赤い, つた櫻木大佐は突然, つた櫻木海軍大佐は金モール, つたの用箪笥, つた權幕を示す, つた權次の外, つた欠点を暴露, つた次いで眼の, つた次兄の遺物, つた次年の二月下旬, つた次男は思ひ, つた次第ぢや, つた欲念の焔, つた欲求が現, つた歌ぢやない, つた歌つたそして消滅, つた歌三首であるが, つた歌会始の式, つた歌妓の一人, つた歌学上の専用語, つた歌集の第, つた歎息のやう, つた歎賞を以て, つた歐羅巴での旅, つた歐羅巴人が近代, つた歐風の鹿, つた歓楽を物語る, つた歡喜をさ, つた歡樂の底, つた止め度もなく, つた止め桶の湯, つた正しい少佐の, つた正しく金六十錢也の, つた正午だ, つた正吉の顔, つた正夫に袖子, つた正岡子規の天才, つた此んでも, つた此中年の良い, つた此二階の窓, つた此人の丸出し, つた此人物の融和点, つた此信號は他, つた此問答の中, つた此外室内に働く, つた此夜妓を畏れ, つた此家の御, つた此宿もよく, つた此度實驗致しました處, つた此方で会, つた此旅行奇譚の今, つた此時計を, つた此櫛がどうも, つた此次やつてきたら, つた此猿英雄は一度, つた此社には当時黒岩君, つた此線の汽車, つた此記念式に次いで, つた此論文を朝日新聞, つた此身は, つた此都は何となく, つた此金はもう, つた此頃彼かにつけ, つた武士があり, つた武家風の泥棒, つた武林無想庵君が途中, つた武田麟太郎君のやう, つた武術でありますけれども, つた歩いて飲ん, つた歩いた道は, つた歩きつぷり, つた歩き振りぢやない, つた歩けば心, つた歩兵大隊になつて, つた歩調で忽ち, つた歪んだ小さいさもしい生活, つた歯切れのい, つた歳暮にお, つたとした, つた歴史的さんにかへつて, つた歴山大王は何時, つた歸りか谷中の寺, つた歸宅の通知状, つた死んでゆく, つた死後の我々, つた死木や死にかけた, つた死滅世界にどうして, つた死者を抱き上げた, つた死面の凄まじ, つた死顔などがともすれば, つた殉教者のやう, つた殊勝な心掛, つた残つたと響く, つた段上の部屋, つた段梯子を登る, つた段階に到つた, つた殷人に對, つた殺しぢやありません, つた殿上人の管絃, つた母さんが私, つた母一人を留守, つた母上の若い, つた母以上の母, つた母子のやう, つた母子二人のしめやかさ, つた母家に轉, つた母屋を一, つた母島では各, つた母方の祖母, つた母様はとさう思ふ, つた母里太兵衞友信後周防, つた毎日鉄鉢をさ, つた毒液のやつ, つた比擬開口や江戸柳営, つた毛亨以後であると, つた毛受けを下, つた毛嫌ひに, つた毛織物よりも遙, つた毛臑の上, つた毛虫は動く, つた毛蟲が風, つたこそ真, つた民族的不理解, つた民衆に呼掛ける, つた民謡風に私, つた民間の舞踊, つた気にいらない客は, つた気力を鶲, つた気勢がし, つた気取つた態度で, つた気合術だつた, つた気品を指す, つた気嫌でフラフラ, つた気強い人を, つた気持さへもする, つた気持それでゐ, つた気持ちよく酔うて, つた気組みだつた, つた気色でございましたが, つた気象報告はおそらく, つた気質の彼女, つた気軽るさだつた, つた気附薬として焼酎半杯, つた気風を呑みこむ, つた氣もちをたた, つた氣候のせゐも, つた氣勢である, つた氣合だかも, つた氣味もある, つた氣性者も親讓, つた氣構へです, つた氣樂さでガラツ八相手, つた氣狂ひの, つた氣色でございましたが, つた氣輕さをよそ, つた氣魄のはげし, つた水たまりやど, つた水クリームや大判, つた水ブラシと気味, つた水仕の奉公, つた水仙が清らか, つた水呑百姓の娘, つた水夫の声, つた水島の詞, つた水差しだと, つた水晶に化し了する, つた水泳の先生方, つた水準では未だ漸く, つた水溜との比例位, つた水溶液即ち水, つた水界の信太妻, つた水盤の底, つた水筒にをり, つた水虎芥川の河童, つた水袋からその, つた水路に単艇, つた水車小屋の大将, つた水野葉舟君からもらつた, つた水量を撒き散らす, つた水髮の鬢, つたのため, つた氷室がいくつ, つた永仁正安の頃, つた永代橋のちかく, つた永山將軍の銅像, つた永左衞門急に自信, つた永年そのよう, つた汀つたひの, つたと極, つた汁粉の出店, つたの所論, つた汝一人に重石, つた江尾の秋山さん, つた江戸初期の武士, つた江戸娘でした, つた江戸百景にこれ, つた池水の底, つた池田君が帰つて, つた池袋駅に着い, つた池部の父親, つた汪士鐘は黄丕烈, つた決心をその, つた汽動車といふもの, つた汽車辨當の味, つた沈丁花に水, つた沈欝気分や, つた沈静な喜悦, つた沈默が試驗場内, つた沖合なの, つた沖繩の旅, つた沙山の辺, つた沙魚十数尾を持参, つたははつきり, つた沢村三木男とともにありふれた, つた河内屋金兵衛でげす, つた河内産れの, つた河原の傍, つた河原町を眺め, つた河口の趣, つた河尻まで行きました, つた河岸に沿う, つた河東君も全快, つた油揚があら, つた油氣のない, つた油津で一足買, つた油頁岩は贅物, つた治三郎は中年者, つた治太夫の人柄, つた沼波氏は, つた沿革を考へ, つたを覚えた, つた泉鏡花の, つた泊めてくれる, つただと, つた法令でこの, つた法月俊郎君方に電話, つた法華宗にはふさ, つた法類の, つた泡立の音, つた波斯へ歸つて, つた波斯語系の國民, つた泥人形に等しい, つた泥棒龕燈中の灯, つた泥水の中, つた泥沼でその, つた泥田を這ひま, つた注意を持つ, つた注意力はそれでも, つた注連繩を樅, つた泰山木が咲い, つた泰平なるあ, つた泰平無事な日, つた泰西文化の理性反省, つた洋服姿の人, つた洋服男がわりこん, つた洋画家が六朝, つた洋盃を膝, つた洒竹文庫の焼け, つた洒落に感心, つたひ晒し, つた洗濯物を取り入れた, つた洗濯船が幾艘, つた洞窟に隠れ, つた濃といふ, つた津守新田の某家, つた洪水のやう, つた活きもの, つた活動に於, つた活動寫眞の横町, つた活動寫眞機を以て, つた活字製法は木, つた活東が辨慶橋, つたと云つて, つた派手な襲, つた派生であるし, つた流され人が, つた流しの藥賣, つた流布の寫眞, つた流浪人の寂寥, つた流行唄の文句, つた浄土念仏の説経語り, つた浄閑寺を云, つた右衛門は, つた浅草遍照院の所化尭周等, つた浅酌低唱味を思ひ出させる, つた浅黄の手拭, つた浅黒い円味の, つたごうの上, つた浜島の詩, つた浜田でも少し, つた浦上ドクトルと私, つた浦子の掌, つた浦島太郎は神妙, つた浦賀のお婆さん, つたの面, つた浪人の岡浪之進, つた浪人門札を見る, つた浪漫主義的演劇の真価, つた浮世の波, つた浮世離れのした, つた浮標にす, つた浮草のやう, つた浮薄で柔弱, つた浴室の窓, つた浴衣一枚でもよかつ, つた浴衣帶は占めず, つた海女は一人, つた海彼岸の文学, つた海棠の和歌, つた海水には眼, つた海神の宮訪問, つた海老屋が廃業, つた海老茶の水着, つた海老茶色のリボン, つた海苔卷鮓を恭しく, つた海草の香, つた海蛇丸は此時, つた海螢の體, つた海語部の物語, つた海辺の宿, つた海邊橋を小山, つた消息が窺, つた消防手連中が早速, つた涙声で叫んだ, つた涙骨先生にお, つたの中, つた淀野隆三の活動, つた淡々君よ, つた淡紅色の花瓣, つた淨土宗の布教僧, つた淫奔女いで, つた淫祠があつ, つた穴へ, つた深く暗い顰みと幅の, つた深みと鋭, つた深井は危ふく, つた深井七郎や佐倉夏雄, つた深井八輔は此頃, つた深夜しんとした, つた深山路の孤屋, つた深江といふ浦町, つた深草乃里はポーチ, つた深遠な一句, つた混亂が誰, つた混声の中, つた淺田屋の申譯, つた淺草紙の文字, つた淺野屋の父子, つた淺間しい姿, つた淺黄の手拭, つた淺黄色の青侍, つた清しい眸, つた清三はお, つた清二がそ, つた清太郎は物置, つた清川即当蒔, つた清平は若, つた清新味もある, つた清書紙のお古, つた清次郎が疑はれなけれ, つた清水のこと, つた清水焼はどう, つた清治がお化け, つたを癒し, つたさを, つた渋江氏の云, つた渓厳子に感謝, つた渓流に添つて, つた渡り者で隨分, つた渡舟がある, つた渤海あたりを帆船, つた温かみを私, つた温厚な老, つた温和な絵, つた温泉はほん, つた温泉宿の一室, つた温順な豫科, つた港内の方角, つた港湾は浅く, つた渾良夫とだけが莊公, つた湖州は思ひ, つた湖畔の別荘, つた湯あがりにまた, つた湯呑をのせた, つた湯浅吉郎氏が聖書学者, つた湿気の多い, つた満里子を散歩かたがた村境, つた源之助のお, つた源兵衛さんは六尺豊か, つた源太の言葉, つた源平合戦は宵, つた源次を殺し, つた溝のにほ, つた溝水のやう, つた溝鼠の野武士軍, つた溢米が彼, つた溪流だが, つた滅相に安い, つた滋野君の若, つた滋野式飛行機若鳥号, つた滑稽ものを歌ひだ, つた滑稽感を散らしたかつた, つたの水, つた滞在は経済, つた滿足しきつ, つた滿月のやう, つた滿谷は, つた滿足はし, つたも所謂氷魚, つた漁船に助けられ, つた漆喰の壁, つたつた漏つた, つた演出であ, つた演劇形式があります, つた演劇畑に播い, つた演説は不得手, つた演説口調で, つた演説會のポスター書き, つた漢人は流石, つた漢書藝文志それから隋書經籍志, つた漢魏注家以外の經書, つた漿果があつ, つた潔白者で他人, つたに過ぎない, つた潤筆で藤森, つた潮どきを見すまし, つたい紫, つた澄君ありがたう一洵君, つた澄太君ほんたう, つた澄太緑平の二君, つた澄子さんがお, つた澄江の背, つた澤庵石もそれ, つた澤木君らしい逸話, つた激怒に身, つた激戦地ではバス, つたつては, つた濁川といふ小さな, つた青の, つた濠端に, つた濡藁を, つたの高み, つた濱野さんもどうも, つた瀕死の大病, つた瀬川の家, つた瀬田の手, つた灌木林の中, つた火の手は瞬く, つた火傷患者に附添つて, つた火定の僧, つた火掻棒はこんなに, つた灯りを吸う, つた灰墨のにほひ, つた灰汁を覆した, つた灰色無地の三つ揃い, つた炎天の下, つた炭代としてあつ, つた炭坑會社の輕便鐵道, つた炭火のやう, つた炭焼の丑太郎, つた炮烙を取り下し, つた点燈頃に重, つた為め中絶して, つた為め小屋から出した, つた為め新家の家, つた為め本年度点呼不参者の一人, つた為人を言うた, つた為其かばねである事, つた為兼もが自身, つた為大体には二様, つた為山陵すら白峰, つた為歌柄を変, つた為転倒して, つた烏丸種族の酋長, つた烏帽子を丁と, つた烏瓜のあかり, つた烏賊釣舟の燈, つた無一物底無尽蔵と澄まし, つた無事な日常, つた無名投書がチヨクチヨク, つた無地の單衣, つた無患子の実, つた無情の写生, つた無意味な壞, つた無慮百七十枚だ, つた無気力に落, つた無為の業, つた無病さうな体格, つた無知のため, つた無礼の詞, つた無精者でした, つた無線電信による, つた無縁の亡者, つた無造作なこと, つた無頼漢は埃, つた無駄口までつひ, つた無駄話は面白い, つた焦げた飯も, つた焦燥を感じ, つた焦躁が少し, つた焼かれた秋刀魚は, つた焼酎一合十一銭水を倍加, つた焼魚も買, つた煉炭ストーブの方, つた煌々たる照明, つた藥と, つた煎餅屋の娘, つた煙りの縞瑪瑙, つた煙火のポン, つた煙突をかく, つた煙草入を何ん, つた煙草入れが映る, つた煙草盆や絞り, つたつたり, つた照ちやんは返事, つた照國丸は千トンあまり, つた照葉狂言一類の能楽, つた煩悩の花壇, つた煩悶即ちお, つたのやう, つた熊みたいによ, つた熊五郎が浪人白井某, つた熊度で丁度, つた熊本から川尻, つた熟睡した, つた熱い粥を, つた熱心家であるか, つた熱意のある, つた燃えさしの麦束, つた燃えるやうに, つた燈明見たいに, つた燈火がなく, つた燈火広告の最も, つた燐寸の火, つたきも, つた燗ざましを, つた燗瓶に酒, つたを持つ, つた燭台が睡, つた燭奴の先, つた爆裂彈を一時, つた爆音も今日, つた爐端には亭主, つた爛醉情の實, つたの先, つた爲め七八年前こんな教師風情, つた爲め之に關, つた爲め向うへは聽, つた爲め新家の家, つた爲め明史を編纂, つた爲め老子尹子を此等, つた爲め製造場の帳簿, つた爲一時代は一時代, つた爲五郎だ, つた爲今ではこの, つた爲替が大凡九分回復, つた爲歐米の教界, つた爲畫壇へ投じた, つた父一色清五郎からお, つた父子のこと, つた父様トこの母様, つた父母の家, つた爺いさん達が谺響, つた爺さん婆さんの群, つた爽かさが広い, つた時長者は, つた爾時も夜更, つた爾来この三人組, つた片々が忽ち, つた片側の肉, つた片割れだらうと, つた片目の相, つた片身は刺身, つた片隅から大声, つた版木でありますその, つたを開い, つた牛どものやう, つた牛乳玉子二三十なんぞである, つた牛肉店で吉川町一番地, つた牛馬を休ませ, つた牝狐を訪ねる, つた牝鶴がす, つた牡丹刷毛その柄, つた牡丹餅も持つ, つた牢問に掛けました, つた牢固として抜くべからざる, つた牧場の牧柵, つた牧水も, つた牧牛者の影, つた牧羊神である, つた物ごとに言, つた物みなあえいで, つた物以外にはその後余り, つた物言ひと言ふ事, つた物語ぢやありません, つた物貰ひの, つた物質的権利擁護に遺憾, つた物體私の前, つた特別サービスで却つて日常サービス, つた特別列車も甲斐, つた特別急行列車は名古屋, つた特徴があつ, つた特異な性質, つた特長のある, つた犢牛のやう, つた犬塚印南で此年六十一歳, つた犬養氏は夫人, つた犯人を平次親分, つた犯罪ぢやない, つた犯跡の捜査, つた狂将の幽魂, つた狂蝶がまつ白, つた狂言の高踏的, つたが主人, つた狛江村昔から高, つた独り自分の居る, つた独坐深夜の幽, つた独得の計算, つた独楽が完全, つた独自の法則, つた独身女と処女, つた独逸の言語学, つた独逸人がある, つた独逸兵のなか, つた独逸帽を大事さうに頭, つた独逸露西亜の娼婦, つた狭山さんがどう, つたのやう, つた狼王ロボーの話, つた猟師のやう, つた猪牙舟を想像, つた猿達はその, つた獄中の一片, つた獅子を使, つた獅子ツ鼻廣い額, つた獅子頭や狐, つた獣類のやう, つたり月見, つた獨自の凜乎, つた獨語が娘, つた獨身の婦人, つた獨身者は義雄, つた獨逸の陸軍士官, つた獨逸人の混血児, つた獨逸帽を大事さうに頭, つた獵師のうち, つた獵虎の帽子, つた玄宗は回廊, つた玄策先生の末子, つた玄関を出, つた玉ねぎさんが帰つて, つた玉の井へ行つて, つた玉器の模製, つた玉屋に這入る, つた玉座の様, つた玉菜汁さへ食ふん, つた玉蟲もよく, つた玉野玉江と云, つた玉露が幸, つた王城の中, つた王子か宰相, つた王學の老, つた王昌齡であります, つた王朝時代の傳説, つた王渉の話, つた玩具と着物, つた玻璃窓の眞近, つた珈琲店のある, つた珍品などは太宰府ぎりで, つた珍客万来人々は秀吉, つたの大きい, つた現に孔子の, つた現下の現象, つた現代有数の政治家, つた現存社會である, つた現実感が産ました, つた現状だが, つた現状打破の波紋, つた現金が皆んな, つたが輪, つた球江には自分, つた理会の外, つた理合ぢや, つた理想的では, つた理智の眼, つた理智的建築を築いた, つた理由丈で呼び止められる, つた理由今でもその, つた理解ある母堂, つた理髪師の手, つた理髪店のマダム, つた理髪店勇床のおや, つた琉球唄の行, つただぞ, つた琴瑟相和すけれども, つた琵琶は鳴る, つた瑞々しく生気を, つた瑞木や花木, つた瑠璃色の空, つた瑩玉のやう, つたといふもの, つた瓜實顏で少し, つた瓜生養次郎が中間, つたを那覇, つた瓢箪をみ, つたの拓本, つた瓦斯の灯影, つた瓦斯燈よりも人間, つた瓦礫の工場地帯, つた瓦葺である, つた甘美な哀愁, つた甘藷を取られ, つた甚五郎の姿, つた甚六が, つた甜瓜の皮, つた生きた一つの, つた生きもののあはれ, つた生き方をし, つた生れて初めて, つた生れた土地そのものに, つた生一本の良い, つた生侍が五年目, つた生垣または貧しい, つた生存者は一切, つた生御魂の, つた生意気な言葉, つた生死生死生死生死と転々, つた生母の体質, つた生活がけふから初まる, つた生活内容が貧弱, つた生活情調はさ, つた生活条件を持つ, つた生活費に追, つた生涯が淺, つた生温い慰めの, つた生漆を町, つた生玉東門の遍照院, つた生生した香, つた生真面目な顔附, つた生硬な語句, つた生身を汚す, つた産児への手振り, つた産婆は煙草, つた産婦が抑揚, つた用例を残し, つた用意の深, つた用箋をひろげ, つた用言である, つた田中愿藏の一隊, つた田中王堂氏は近頃, つた田原が下り, つた田口竹男があり, つた田口菜キサラギナ日野菜セリフオンも立派, つた田圃の側, つた田圃ぢやけに水, つた田圃道にか, つた田園を歩いた, つた田地を賣つ, つた田島の主人, つた田島屋の先代, つた田沢元代議士, つた田畑は小作, つた田畠には浅, つた田端の線路わき, つた田能村竹田の, つた田舍風の廣, つた田舎娘が幾人, つた田舎生活を紛らせる, つた田舎者とそれから, つた田舎風の広い, つた由井正雪的な下心, つた由子の姿, つた由徳川夢声君が青春懐古, つた由真実なれば, つた由神託があつ, つた由緒ある家, つた由藏の神経, つた甲斐絹は吉田, つた甲胄と刀劍, つた甲記者は国, つた甲高い声で, つた申し分なく融通, つた申出であつた, つた申訳的の自分, つた男たちでもま, つた男ぢやない, つた男の子たちも帰つて, つた男ぶりを一層, つた男三十五まで獨, つた男二本差のくせ, つた男前です, つた男取引した南蠻物, つた男可哀想に足, つた男女二人が話, つた男女先駆者の偉大, つた男娘のお, つた男子達は聽, つた男性本位の道徳, つた男振りもわざと, つた男源吉が言, つた男爵が旅行中, つた男狐が四匹定紋附, つた男白の縞上布, つた男盛りを親讓, つた男頬髯を綺麗, つた町なかの病院, つた町のかどをまがらう, つた町内一番の息子, つた町名ではなく, つた町子の黒襦子, つた町家が火, つた町家造りには違, つた町形の事, つた町役人が言, つた町方の人々, つた町田忠治といふやう, つた町通りに小さい, つた町長はどこ, つた画壇でさ, つた画帖風の美しい, つた画様の川崎家, つた画面に少し, つた画風の二人, つた界隈一番の呉服屋, つた畑仕事をする, つた畑作の上, つた畑尾はそこそこ, つた留さんも, つた留守ちよいと滑り込ん, つた留守三七郎が小用, つた留守中に深川八幡宮, つた留守内儀が殺された, つた畜生逃がすもの, つた畜生ぢやない, つた畜生魔物に義理, つたに, つた畠山の御, つた番人をぽかぽか, つた番兵がつい, つた番町へのし, つた番組も何, つた番茶の湯呑, つた番頭さんに私, つた番頭手代などを捕, つた番頭殺しの曲者, つた番頭萬助の伜, つた畫僧に石濤, つた畫僧雪舟が大陸, つた畫工が手遊品, つた畫集は一九一三年, つた異常な恐怖, つた異形奇体の姿, つた異形神であります, つた異性同士が存外, つた異様に臭, つた異母妹の弓子, つた畳敷の女給溜り, つた當主八十郎樣の母親, つた當分だつたので, つた當初から心, つた當然の歸結, つた畿内地方との交通, つた疊紙を盜, つた疊針を持出し, つたもなき, つた疑いをもつ, つた疑り深い彼等, つた疑問を經書, つた疑惑の時代, つた疲れたやうな, つた疲勞が出, つたひは, つた病氣がさう, つた病痾の賚賜, つた病的な神経, つた病身の婿, つた症候ですから, つたえとも, つた痛々しさは, つた痛痛しいやうな, つたの娘, つた痩せぎすの背, つた痩地である, つた痩脚にぺたんことも曲ん, つた痴川の狂暴, つた痺れる頭で, つたのある, つたの強い, つた癇癪持の負, つた癈人と童子, つた癖髮で面皰, つた癲癇病者もゐる, つた発展のしかた, つた発想をとる, つた発音の系統, つた発音志多礼で録, つたは出, つた登山服や毛布, つた發光動物であ, つた發動機船の後, つた發展で持, つた發表の日, つた白い美しい顔が, つた白く輝く小, つた白けたスクリーンの, つた白ねずみが三匹, つた白地の單衣, つた白山の, つた白楽天の, つた白毛の盲目馬, つた白洲の跡, つた白浜で松, つた白牛に干し草, つた白甜瓜を解い, つた白痴のやう, つた白磁の皿, つた白米で晩餐, つた白絣を一枚, つた白薔薇がハラ, つた白蛆のやう, つた白衣の夫人, つた白金の, つた白雀を, つた白面の貴公子, つた白馬寺が上述, つた白髪のセンチメンタリスト, つた白髮をほんのり, つた白麗朗のこの, つた百人長のル, つた百千の霊魂, つた百合の花, つた百噸グレンの柱, つた百圓足らずの金, つた百姓どもはこの, つた百度近くだつたらう, つた百日紅の四五輪, つた百杯の酒, つた百目筒が一挺, つた百穗氏が鴨, つた百舌が, つた皆さんに別, つた皇室とか公家, つた皇室關係の古文書, つた皇帝は忽ち, つたりがけ, つた皮嚢のやう, つた皮相な観察, つた皮膚それにも拘はらず生き, つた皮膚横臥して, つた皮膚洞ろな眼, つたくちやの, つた皺だらけな, つた皿ヶ峰は特殊, つた盗んだ者には, つた盗人には軽蔑, つた盛名に反感, つた盜賊が主人, つた盜難一覽表を讀まう, つた監房の窓, つた監督詰所では居, つたの中, つたの中, つた目ざましい彼女の, つた目の下老人が沈め, つた目付が今日, つた目藥である事, つた目覚めを迎, つた目賀田の顔, つた目醒時計は何時, つた目金の上, つた目附に変, つた目障りなもの, つた盲目の乞食, つた盲點を指摘, つた造の, つた直ぐ上の壁, つた直ぐ後二人で何, つた直前である, つた直吉は隣り, つた直截でない処, つた直接の事情, つた直線や電光形, つた相原夫人がいつも, つた相國寺がある, つた相場といふもの, つた相場師の彼女, つた相州さまをなぜ, つた相弟子だと, つた相応上等な物, つた相模屋の御新造, つた相沢のこと, つた省線の中, つた眉肉や厚い, つた看板でも出した, つた看板娘ですよ, つた看護婦さんだけのよう, つた看護婦たちが嬉々, つた眞中を犬, つた眞佐子も今し方歸つた許, つた眞劍な心持ち, つた眞劍さが見え, つた眞實性が八五郎, つた眞志屋文書に據つて, つた眞晝の芍藥, つた眞珠色の素顏, つた眞直ぐな道, つた眞鍮の迷子札, つた眞青な苔, つた真にわれわれに, つた真佐子も今し方帰つた許, つた真剣な面持, つた真剣味を吉原氏, つた真夏真昼の感じ, つた真実を否定, つた真新しい自転車の, つた真昼の空, つた真暗な渚, つた真桑瓜に似た, つた真白い脛の, つた眠りは容易, つた眠るより外, つた眩しさの, つた眼一つでとぼとぼと, つた眼両端が深く, つた眼付きだね, つた眼光は却, つた眼尻天井を向いた, つた眼差しで加野, つた眼張りの強い, つた眼指でみつめた, つた眼玉みたいにみえる, つた眼眦の具合, つた眼眸をやつ, つた眼肌理こまかな婀娜, つた眼覺めを心, つた眼醒時計はどう, つた眼鏡さへ懸けれ, つた眼附をし, つた眼隆い鼻, つた眼鼻立健康さうな皮膚, つた實さうな, つた着心地の好い, つた着替へがかうなる, つた着茣蓙を羽織り, つた睡眠の中, つた睡眠不足でも身心, つた瞬間それは俺, つた瞬間ふつと頭, つた瞬間やつぱりこいつは違ふと思, つた瞬間シャリアピンは, つた瞬間ピリリと動いた, つた瞬間二人の目, つた瞬間伴奏が急, つた瞬間前の敵, つた瞬間名状すべからざる戰慄, つた瞬間実のところ, つた瞬間少年は早く, つた瞬間平次の冷たい, つた瞬間文学志望の娘, つた瞬間的ユウモアが無残, つた瞬間眼が合, つた瞬間私は異, つた瞬間鉄扉の向う, つた瞬間高張提灯の明り, つた瞳瞳の中, つた矢代家では主人, つた矢張り呼子鳥としての言, つた矢張り此商賣も, つた矢田津世子はだから, つた知つた人知らない人, つた知らず識らず, つた知らせを受け取つた, つた知らない顔, つた知音の山伏, つた册を, つた短冊を五六枚, つた短章の呪術, つた短篇小説校釈対論文戯作和歌紀行文随筆等生涯の執筆, つた石けんを持つ, つた石像が石, つた石器時代の人間, つた石器類で一, つた石塔のうへにはよく, つた石壁に凝, つた石室も多く, つた石屋も香具師, つた石川啄木と好個, つた石川阿波守總恆の組, つた石摺の大きな, つた石斧を私共, つた石材を取り寄せ, つた石棺だとか, つた石楠花の木, つた石田三成が淀君党, つた石田清左衞門は御, つた石畳の坂路, つた石碑は羊公歿後, つた石造の理知, つた石鏃は亡くなられた, つた石階の下駄, つた砂利石の冷た, つた砂地を横ぎつて, つた砂濱へ掻きあげる, つた砂粒など, つた砂糖漬の白樺, つた砂路を歩い, つた研屋さんも面白い, つたの下, つた砲眼が開い, つた靴を, つた破れ着物を張り, つた破壊活動にすぎなかつた, つた破屋で最近夫, つた破片を出した, つた硝子器があつ, つた硝子張りの虚空, つた硝子戸に突当, つた硝子板にお, つた硝子窓からにぶい, つた硬貨がまじつて, つた硬骨の人, つた碑亭は至極, つた碓氷貞之助殿も有無, つたい海原, つた碧いそらをふわふわ, つた碧空へ散つ, つた碩學を選んだ, つたに人形, つた確り者らしい, つた確乎してか, つた礼儀と信義, つた礼心にちゃんと, つた社会党のジヤン・ジヨレス, つた社会思想の飛沫, つた社殿がす, つた祕事まで聞い, つた祕府略は前田侯爵家, つた祖先傳説でないこと, つた祖先崇拜は一, つた祖国愛とか日本的性格, つた祖父祖母を待つ, つた祗園だん, つた祝ひとして收容者全部, つた祝ひものを, つた祝祭のため, つた祝言と思へ, つた神さんが退, つた神事のなごり, つた神事芸能だと, つた神代鎌の方, つた神器が又, つた神子が神, つた神山君に邂逅, つた神戸の叔父, つた神棚であつ, つた神樣だから, つた神田で評判, つた神田伯龍がポツクリ, つた神經的な鋭さ, つた神經質な武家, つた神話が出来, つた神道によつて判斷, つた神部の総, つた神馬の禊ぎ, つたの日, つた祭りがある, つた祭司長の言, つた祭壇でこれ, つた禁斷の木, つた禁酒はなか, つたの前後, つた福屋の佃煮, つた福岡の客つて奴, つた福州兵の謀叛, つた福来友吉博士を訪問, つた福松は歎願, つた福田恒存の, つた禪僧は盡, つた禪宗は既に, つた禰宜が通り, つた禿げあたまの, つたは帰つて, つた秀一は門柱, つた秀才から同じ, つた秀次の演技, つた私どもの胸, つた私らの地区, つた私共も實, つた私学の風習, つた私立大学を出, つた私等の詩, つた私闘は余国, つた秋夢君のやう, つた秋岳先生が妾宅通ひも年, つた秋川一家の人々, つた秋月桂太郎と好い, つた秋濤の愛人, つた秋菊の移植, つた秋葉の小平, つた秋雨らしく降つたり, つた科學の精神, つた秘密の戸棚, つた秘蔵の愛弟子, つた秘薬を存じ, つたで力任せ, つたである, つた程でもなかつた, つた程まで朝野に, つた稍老人らしい口吻, つたといふもの, つた子である, つた種々雜多な人々, つた種吉は平次, つた種姓明しの, つた種子とかいふもの, つた種字が實用, つた種属は後, つた種目からは窺, つた稲妻と木精, つた稲穂を整理, つた稻塚の數, つた稽古矢を一本, つた穀物は金, つた穂波がしみじみ, つた積荷を賣つた, つた穢い手拭の, つたかな文句, つた究明はここ, つた究竟都会としての歴史, つた空一杯に響き, つた空二の頬, つた空想歌に過ぎない, つた空氣ラムプよりも一層, つた空疎らな屋並, つた空論を弄, つた空路に昼, つたつ込み, つた突きあたりであつ, つた突き詰めた計畫, つた突出しては, つた突当り豚小舎よりも, つた突然彼の, つた突然がたんと車, つた突風が開けた, つた窓口へ電報, つた窓硝子からやつ, つた窪坏や高坏, つた窮屈な感じ, つた窮屈さが生ずる, つた窮状を日本側, つた窯跡のよう, つた立体的で, つた立兵庫お妙, つた立原杏所が精密, つた立木もあり, つた竜宮の几帳, つた竜胆の花, つた竜角峯とか何, つた章魚を品, つたよ, つた童子が一人背後, つた童子等も其処, つた童謡です, つたの糸, つた竪川の河岸, つた端役を買, つた端書も買, つた競爭活動の足並, つた竹中陸軍奉行の大軍, つた竹丸は朝, つた竹亭頼恭には孫, つた竹刀は薙刀, つた竹棹を水, つた竹片の三尺あまり, つた竹田はこの, つた竹竿平次はその, つた竹籠を素早く, つた竹馬を一本, つた笑ひではなかつた, つた笑止とはこれ, つたを流儀, つた笛六がやや, つた笠間驛へつく, つた第一声である, つた第三者は自分, つた笹山千鶴子をつかまへ, つた笹藪なぞが多く, つた笹野一家に拭, つた筆法で筆, つた筆者はさぞかし, つた筆跡らしく見せて, つたともつとも, つた等々ばかりだ, つた等身大の菩薩像, つた筋書は狂言, つたのなか, つたの中, つた筒形の陶器, つた筒袖を帶, つた答案は下, つたが又, つた箱根の春本, つた節子の思ひ, つた節當人に逢つて, つた節貴方召上つてゐらしつた, つた築地の中門, つた篠原春子が走り, つた學の, つた篦形の葉, つた簡単な批評, つた簡單な見舞, つた簡素な部屋, つた簡素そのものの小, つたを擔, つた籠題だつたの, つた米二升四十六銭酒二合十八銭そして煙草, つた米代の催促, つた米俵の一件, つた米国青年士官の二人, つた米國人等はこの, つた米松は店, つた米殻通帳その他はその, つた米洗ふ水, つた粉炭の燻り, つた粉煙草をせ, つた粗朶をそこ, つた粘土が火, つた粟幹で手, つたを書い, つた粥鍋の蓋, つた粳粟の俵, つたである, つた精力を蒐め, つた精密をきはめた, つた精巧な出來, つた精神陋劣佞奸邪智の曲者, つた精進料理が出た, つた精髄的なもの, つたを拭き取つ, つた糊皿を見, つた糟糠の妻, つた糸杉が並木, つた糸瓜が一つ, つた糸目のへん, つた系圖を出世, つた系統の者, つた紀念塔を引擔, つた一年間滯在し, つたの唇, つた紅丸にも二度, つた紅庵の姿, つた紅提灯を圧しつぶされ, つた紅絹裏の張板, つた紅色の毛布, つた紅茶を飲み, つた紅薔薇のやう, つた紅鹿の子縮緬の扱帶, つたがあれ, つた紋所でしたよ, つた紋服袴の人, つた紋附といつた, つた納経帖をあけ, つた純情の人双, つた純潔さの身, つた純粋な舞台芸術, つた紙一重を自分, つた紙代をとつて, つた紙例せば, つた紙入れといふの, つた紙包みを二つ, つた紙帳の中, つた紙袋に入れ, つた紙質も粗, つた紙風船を一つ贈物, つた紛失しちまつたア, つた素敵もない, つた素直に丈, つた素質からは恐らく, つた素質さへあれ, つた素足を投げ出し, つた素過程の集合, つた紡錘形の恰好, つた紫地に白, つた紫外線を, つた紫檀の茶箕, つた紫烟を吐き出し, つた紫苑男郎花を活ける, つた細かな罫, つた細かい事を, つた細そりした手首, つた細やかな背丈, つた細田屋の暖簾, つた細胞が遠く, つた細面で少し, つた細顎長い眼, つた紳士淑女にいち, つた紹介として日本, つた紹介状ではあつ, つた紺色を呈し, つた紺青の冬, つた終局の場内, つたが多く, つた経文に書い, つた経木の帽子, つた経済上の条件, つた経済学者や政治学者, つた経済欄のところ, つた経済関係の中, つた経緯を私, つたひ綿, つた結びに半纏, つた結び文などを投, つた結婚した女, つた結婚云々といふ言葉, つた結婚問題を避ける, つた結婚法がやはり段々, つた結局二人はその, つた結晶體に反射, つた結果その後上演を断念, つた結果ほかひ, つた結果ヤケクソになつて, つた結果娘の寝室, つた結果普通とは反対, つた結果秋は悲しい, つた結果誰れやらの, つた結構な身分, つた絞り機械で, つた絢爛たるもの, つた給仕の女, つた統一原理の発見, つた絲巻の端, つた絵かきの仕事, つた絵の具よりより, つた絵はがきにそんな, つた絵具箱を画家, つた絵画上の苦心, つた絵葉書の一端, つた絶対の拘束, つた絶縁状ではない, つた絹毛の一杯詰つた, つた經典であるこれ, つた經机型の小, つた經濟上の状態, つた經濟界は安定, つた継上下を捧げた, つた継母はびく, つたて一大コムパス形, つた続きのやう, つた綜合的な, つた維新前とは話, つた維新後の士族, つた維新戦争は翌, つた綴方や表現, つた綴音も脚韻, つた綸子か何, つた綺堂先生が脚本, つたを見せる, つた綾子は机, つた綿入をぬぎ, つた緊張感は寧, つた緊縮を身内, つた緊迫ぶりであるいつ, つた緋縮緬の扱帶, つた緋鯉だの真鯉, つた総理大臣といふもの, つた総領と斯, つた緑芽は容斎風, つた緑青の, つたをそつ, つた緒方では或, つた線条の効果, つた線香は中程, つたは闇, つた編物はいくら, つた練兵場は曩日, つた練達無比の男, つた緻密な, つた縁下に大きな, つた縁起のいい, つた縊死体を連想, つた縛ることも, つた縞目の穢れた, つた縣廳の力, つた取を, つた縫子の姿, つた縫箔の職人, つた縮れつ毛の, つた縮緬南瓜や瓢箪南瓜, つた縱令乞丐の子, つた總司令官の王汝賢, つた繁みのスロウプ, つた繃帯巻きがその, つた繃帶を解い, つた繋船場の河岸, つた繋駕具の上, つた匠が, つた織姫のやう, つた繩付を追, つた繩切等を丁寧, つた繪付を下, つた繪具も發, つた繪雙紙をもつ, つたの真中, つた繻子張の蝙蝠傘, つた繼母がまだ, つた繼續が毎日, つたいて, つたを目当, つたりの, つた纒頭の額, つたを私, つた詰もうま, つた罪過を誇張, つた置いたので, つた置手紙を小松さん, つたで夜, つた罰ぢやねえか, つた羅宇をふう, つた羅馬人自身であります, つた麗しき菓子, つた美しく寂しい半島の, つた美事な箱, つた美保館の座敷, つた美名だつた, つた美妻が言はず笑はず, つた美婦人を御, つた美智子はもう, つた美津江もこの, つた美濃紙を卷い, つた美濃部家の家族, つた美男子である, つた美的生活を廃, つた美術も鎌倉時代, つた美術品工藝品であ, つた美観を呈する, つた美貌の母, つたかしさ, つた群盜がやつ, つた群童のどよめき, つた群青の水, つた羨ましい家庭で, つた義心に感激, つた義捐金に喜捨, つた義母よりか老, つた義理があるせゐ, つた羽二重だつた, つた羽虫のやう, つた翁さん姨さんには一目会つて段々, つた翁夫婦が羽衣, つた翌々年自分も到頭, つた翌年寛永元年四月に三家老, つた翌日以前ならば, つた翌日滿洲に於ける, つた翌晩主人から意外, つた翌朝たづねて, つた翌朝一同が家, つた翌朝身一つで家, つたふより, つた翔つた百舌が, つたもある, つた翻案なの, つたをつけた, つた老いぼれの狼, つた老人等は赤い, つた老大家でなくては, つた老女の肌, つた老婆たちはそんな, つた老婆様に至る, つた老婦の眼, つた老幼の舊知, つた老木の枝, つた老父の姿, つた老翁の茶摘み水汲, つた考えを持つ, つた考ぢやない, つた考へることも, つた考古学者は, つた考察はもとより, つた考慮を要求, つた者さへある, つた者それから五番目, つた者ぢやない, つた者位可哀, つた者共を憾む, つた者同志のあの, つた者等が釋迦, つた耳たぶだけ見える, つた耳朶を火鉢, つた耳環だが, つた耳盥の水面, つた耳袋をかぶつ, つた耳食の学者たち, つた耶蘇教徒は支那人, つた耶蘇會士の連中, つた聖ヂヨオヂともう, つた聖トロフイヌスの納骨箱, つた聖人の名, つた聖人夢なしといふ, つた聖書の言葉, つた聖母像の浮彫, つた聖躬が復活, つた聞いてゐた, つた聞かして下さい, つた聯合七箇国は東西, つた聯字の黄, つた聯想から服喪, つた聲さへ耳, つた聲錢形平次はそれ, つた聴覚のため, つた聴診器を使い, つた聴講者に向, つた職人姿は藝者, つた職人風な男, つた職場溜りは, つた職業意識と単調, つた聽診器を三四ヶ所胸, つたやかな雨, つた肉つきを朱色, つた肉塊のなか, つた肉片をハンカチーフ, つた肉聲の幾種, つた肉親に對, つた肉身の父, つた肉食よりも菜食, つた肉食鳥のやう, つた肋骨だ, つた肋骨一本へでも生きた, つた肌着股引着物を振, つた肌着類でした, つたに障らない, つた肝腎の事, つた股引いなせにつつかけ, つた肩つきは坐つた, つた肩掛の巾, つた肩掛けを引き上げる, つた肩衣のため, つた肺臓に一生懸命, つた背丈の堂々たる, つた背中から口, つた背信に平然三年間, つた背嚢を負うた, つた背廣の腿, つた背後になぞ, つた背戸庭は一杯, つた背景の山, つた背皮に黄金, つた胎土があつ, つた胡瓜茗荷トマトそしてイリコ, つた胡粉のぽろぽろ, つた胡麻です, つた胡麻塩髭の素直, つた胴體からは, つた胸さきへ凡俗, つた能い加減に, つた能力のうち, つた能衣裳に對, つた脂ぎつた男金も智慧, つた脂肪などがその, つた脅かしだけで, つた脅迫状を父, つたに大きな, つた脇戸までがついた, つた脊廣を着, つた脚つきででも, つた脚絆をは, つた脳漿の中, つた脳血センなる突発的症状, つた脳裡を掠め, つた助爺, つた腐れ藁を焚きまする, つた腕前も相, つた腕車が二臺, つたを載せ, つた腰つきで箒, つた腰帯を夢中, つた腰掛を女, つた腰掛けがまるで, つた腰簑を搖すぶり, つた腹心の秘書, つた腹立をつい, つた腹立たしいほどのあ, つたのやう, つた膝小僧が出, つた膝脛の釣合, つた膝頭が冷, つた膳部が徳利, つたは時々, つた臆病馬吉といふ男, つた臙脂いろの, つた自ら高くする, つた自作の童謠, つた自分たち人間をどう, つた自分偶然にもせよ, つた自分勝手な我儘, つた自分等の靴, つた自分達丈を苦しめる, つた自動車ポンプのサイレン, つた自叙伝を遺す, つた自嘲風な力声, つた自家の家庭, つた自己宣傳見たいにも, つた自己満足の幽霊, つた自己紹介の好き, つた自己統制をなくし, つた自己超越に近い, つた自律的無軌道とも言, つた自業自得だ, つた自然さで快く, つた自然主義の美学, つた自由主義的な, つた自由劇場の運動, つた自由勞働者などの中, つた自由奔放な武者ぶり, つた自覚に尻ごみ, つた自身と一体, つたで一間四方, つた臺詞はあつし, つたを車, つたが酒, つた與三松は今度, つた與三郎はいかにも, つた與八郎はその, つた與吉を騷, つた與茂吉さんを漸く, つた興行の日, つた舊信仰と衝突, つた舊套な抒情詩, つた舌切雀の悪党爺, つた舌打ちを胸, つたと舎, つた舎人系統のもの, つた舞台がちやんと, つた舞台姿や豆写真, つた舞子の髷, つた舞扇の一対, つた舞臺を靜, つた舞臺裏を應急, つたや町, つた航路を有, つた般若湯が一壜, つた船ぢや私, つた船会社への広い荒, つた船底のやう, つた船體は三日目, つた良くなつた, つた良子も傍, つた良状態が得た, つた色それは何, つた色事がかならず, つた色合でやはり, つた色小姓の正, つた色沢の好い, つた色澤の好い, つた色目人に阿, つた色眼鏡をかけた, つた色糸の手綱, つた色若衆の化物, つた艶子は決して, つたしささ, つた芝二本榎五人殺しを材, つた芝居楽劇式の芝居, つた芝居見物記になり, つた芝居調を具え, つた芝居通もあ, つた芝辺の女医者, つた芥川龍之介この人, つたは勿論, つた芭蕉句碑もあ, つた芭蕉翁は鷹, つたを剪, つた花叢を見る, つた花園の牡丹, つた花婿正吉が立ち, つた花嫁のほ, つた花子の後ろ姿, つた花屑がそこら, つた花崗石らしい大, つた花押の下, つた花柳界の弱い, つた花模様のあんばい, つた花火が箪笥, つた花瓶を中, つた花籠も二つ, つた花粉の粒, つた花薄が銀, つた花鋏があつ, つた花魁草の花, つた芳公が松原, つた芳太郎に取, つた芳文氏の娘, つた芸人に芸人魂, つた芸人付き合ひが, つた芸妓であ, つた芸当のあと, つた芸者風の女, つた芸術上の議論, つた芸術様式が発展, つた芸術的価値であるの, つた芸術的冒険者の努力, つた芸術的表現であらね, つた芸道は稍長篇, つた芸題はジゴマ, つたを神経, つたや埃, つたが園丁, つた苗代づくりがはじまつた, つた苗字の靴屋, つた苛斂誅求をし, つた苣膾はなつかし, つた若々しさで, つた若い美しい女から, つた若うどの一人, つた若くて美しい, つた若し原語の, つた若しくは感心だ, つた若人女性を見分, つた若干の児物語, つた若手のちやきち, つた若木もその間, つた若草の薄紫, つた若隠居かと疑はれる, つた苦々し気な, つた苦勞でもあつ, つた苦悩格闘そんなもの, つた苦惱のため, つた苦笑を浮べ, つた苦艱に遭遇, つた苦行さへすれ, つた苦衷に涙, つた苫舟の上手, つた英仏の詩, つた英雄では決して, つたの悲しみ, つた茂君よよろこん, つた茂木瀬谷黒井なぞはまだ, つた茅萱を燒, つた茗荷を下物, つたの小, つた茫々とした, つた茱萸藪の中, つた茶の湯は信長, つた茶の間と居間, つた茶入だ, つた茶入井伊家のは宗祇, つた茶器を一つ一つ拾, つた茶庭の精神, つた茶房と称する, つた茶椿銀杏沈丁花なぞの日本産植物, つた茶碗大根おろし急須そして大根三本, つた茶箪笥の傍, つた茶袋が二本, つた茶釜と牝鶏, つたほども有難く, つた荀子の師, つた草だらけ埃だらけ黴だらけだつた, つた草の根を握つた, つた草むらのなか, つた草体が奔放, つた草刈鎌でそく, つた草村に野菊, つた草花の數, つた草餅のかをり, つた荒れはてた庭園いつ, つた荒れ果てた古い家, つた荒地で路寄り, つた荒屋が即ち, つた荒川との落ち合, つた荒木田が雨, つた荒木蘭皐三番目が眞重, つた荒涼たる島も, つた荒熊でございの, つた荒目な格子, つた荒駒のやう, つた荘田の顔, つた荘稼泥地に一本, つた荷前の残り, つた荷繩から一本, つた荷船やが静か, つた荷馬車がわざと, つたにふれ, つたあた, つたでなければ, つたからおのづと, つた莢隠元や萎びた, つた菊池さんへ私, つた菊池大麓氏が枢密顧問官, つた菊池寛氏並に山本有三氏, つたのやう, つた菓子器を持ち出し, つた菓子皿を持つ, つたの畑, つた菜園の彼方, つた菩薩を少し, つた華奢な身體, つた華雪氏のお父さん, つた華魁の隱, つた菱餅を食, つた萠黄の紐, つた萠黄色の茎, つた萬三郎がわざ, つた萬吉は運惡, つた萬次が無, つた萬筋の古い, つた萬葉の人々, つた萬頃の水の上, つた萱草の花, つた付かぬ心持, つた落ちで, つた落ちこぼれと見る, つた落ちつきも出, つた落ちるうちに, つた落付など均斉, つた落付きのある, つた落着かぬ, つた落着きが入れ, つた落語なぞ縁, つた葉ぼたん畑のお, つた葉卷の烟, つた葉卷煙葉も充分, つた葉末から滴り, つた葉鶏頭は私, つた著明な新, つた著者と膝, つた葛籠抜けや, つた葛野を見れ, つた葡萄葉の間, つた葡萄鼠の曇, つた董堂と江芸閣, つたが短く, つた葫蘆科植物の一種, つた葬式ですから, つた葬風であるとは, つた葭簾張の便所, つたや肉の, つた蒐集研究をする, つた蒲原氏がポツポツ, つた蒲師武といふ者, つた蒲焼と玉子焼, つた蒲燒と玉子燒, つた蒲生が大筒, つた蒸し釜の, つた蒸気が温度, つた蒸汽がある, つた蒸汽船が進水, つた蒸汽船雛型が, つた蒸籠を大人, つた蒼うなつた, つた蒼ざめた顔で日々蛇, つた蒼白い顏を, つた蒼竜が身, つたよりも擴, つた蓬餅も, つた蓮根をこんこん, つたのそろ, つた蔭口には正当, つた蔵海が一寸, つた蕎麥の束, つた蕎麦粉と同じ, つたのとう, つた蕗子が顔, つたかな雨, つた薄みどり色の丘陵, つた薄ら寒い日だつた, つた薄情者なの, つた薄明にかはり, つた薄板は紐, つた薄汚い店で, つた薄紫になつ, つた薦草のよう, つた薬かんの口, つた薬指の指輪, つた藁束がすでに, つた藍色がゆたか, つたでした, つた藝妓であ, つた藝文略はそれほど, つた藤三郎の肩, つた藤三郎一通り武術の心得, つた藤六の耳, つた藤吉は腰かけ, つた藤屋の近頃, つた藤岡十郎と大塚富藏, つた藤村君の意志, つた藤枝の言葉, つた藤沢九段が全然, つた藤沢古実君が, つた藤蔓をたより, つた藤陰であつ, つた藥師寺の佛教美術, つたをもつ, つた藪睨みの眼, つたが並べ, つたの間, つた蘇州の黄丕烈, つた蘭人フランシス・カロンの記, つた蘭法醫などがある, つた蘭軒の画像, つた蘭軒略伝が既に, つたの足跡, つた虎さんですもの, つた虎屋の最中, つた虎髯大尉は此時, つた虐殺これら一切のこと, つた虐殺揚州に於ける, つた處ぢやが, つた處一日隣人に勸め, つた處分ではない, つた處大小三箇の石鏃, つた處女らしい恐怖, つた處女姿でした, つた處店の女, つた處爪先と踵, つた處置振りです, つたの胎内, つた虚無主義者の新人, つた虚無的な否定的, つたが見える, つた蚊帳から出, つた蚊燻しの青草, つたが気候, つたの如く, つたの白い, つた蛙声水声虫声鳥声そして栗, つたの巣, つた蛞蝓の好き, つた蛮音で三戦連勝, つたや甲虫類, つたに追, つた蜚語流説が早耳, つたの如, つた蜜窩の小室, つたが時間, つた蜻蛉が庇, つた蝙蝠を良人, つた蝙蝠傘のやう, つたの形, つた蝦夷族の版図, つた蝶番の具合, つた蝸牛よ渦, つた螢石の紫, つたのやう, つた蟇股や柱, つた蟇蛙の娘, つたは小, つたはせつせ, つたが毒氣, つた蠅叩きを取る, つた血なまぐさいやり口まで, つた血の気のない, つた血判などと紙, つた血怒りやまた, つた血族はいと, つた血書もかう, つた血相とあわて, つた血統だ, つた血肉のつながり, つた血走つた眼で, つた行きどまりを意味, つた行き違ひが, つた行つた勝て, つた行乞中はいつも, つた行乞米一升ばかりくれた, つた行乞途上般若湯を詰め, つた行儀の悪い, つた行燈がほの暗く, つた行燈くらゐは, つた行爲であるが, つた行籘を人一倍, つた衒学的なこと, つた街上に白い, つた街燈が硝子, つた街角にある, つた街路に出, つた街道筋の宿屋, つた衝動や意欲, つた衝立をおい, つたの太子, つたの分銅, つた衣物に荒繩, つた衣紋に崩れ, つた表し方を, つた表向の形式, つた表現法を謂, つた表通からは見る, つたへたる, つた袋小路の奥, つた袖子の顔, つた袢纒を引つかけ, つた被告全部無罪私たちには事件, つた袱紗は六十三年前, つた袴折目高の羽織, つた袷疊も唐紙, つた裁く自己が, つた装飾のやう, つた装飾品のやう, つた裏店のかみさん, つた裏庭の眞, つた裏櫺子の竹, つた裏街を煎餅屋, つた裏通りでした, つた裏門を開け, つた補祭がその, つた裝束で手槍, つた裝飾が一種, つた裝飾品もあります, つたには鎌倉殿, つた裸足の娘, つた裸身の若い, つた裾模様の振袖, つた裾短な白絣, つたの乱れ, つた褞袍と夫, つた襟筋にうつすり, つた襟足をそつ, つた西側の壁, つた西原氏のこの, つた西安と景教碑, つた西洋婦人といつ, つた西洋画のやう, つた西洋菓子の事, つた西海寺だ再度, つた西田猪之輔さん, つた西行の為事, つた西鶴等は其代表者, つた要らねえよ, つた要屋の家督, つた要望が三人五人, つた要訣がある, つた見世物のひとつ, つた見事さです, つた見地に立つた, つた見廻り同心の, つた見張りの眼, つた見晴らしを持つ, つた見栄坊の小生, つた見知越の, つた見知らぬ女の, つた見習士官が此家, つた見舞に持つ, つた見込みでもある, つた見馴れぬ表情だつた, つた規定量以上の煙草, つた規模を存, つた覚えありませんよ, つた覚えないですよ僕, つた親しい友達の, つた親しみはこの, つた親どもには褒美, つた親不孝者にもなつ, つた親仁の帰, つた親分乾分は斯, つた親分惡い心地, つた親切な男, つた親子丼だと, つた親心の激し, つた親愛なる諸兄, つた親戚の者, つた親方のお, つた親星があるだらう, つた親父教育の一席, つた親睦会なの, つた親達の夫婦喧嘩, つた親類の一人, つた親類方も何ん, つた親類會議も無事, つた親類縁者近所の衆, つた親鸞上人の言葉, つた観念的には日々好日, つた観棚に小林萬吾, つた観湖楼和井内ホテルの御, つた観照力が自ら備つて, つた觀客は俄, つた觀察點から看, つた觀念が生じ, つた觀念上だけの指表, つた觀點を取る, つた角封筒であるが, つた角店がぼく, つた解つた君の心地, つた解らないのは, つた解釋をしない, つた言ひまはし, つた言動に類似, つた言葉あれを聞く, つた言葉丈が判然, つた言葉何一つしや, つた言葉其言葉を堅く, つた言語情調を経た, つた討論ではなく, つた記念物に用, つた記文の一番終り, つた訛りでひそ, つた訣ぢやない, つた訪ねてもゆかず, つた設計ですが, つた許して呉れ, つた許りか天変まで起つ, つた許りか画題上の相貌, つた許婚がある, つた訳ぢやござりましねえだよ, つた訳合ひで昼間随時に居眠る, つた訳語だと, つた証文のいきさつ, つた評判の高い, つた評論を聞せ, つた評論感想の類, つた詞章を誦した, つた詠歎だけで, つたもない, つた詩どれか覚え, つた詩人たちである, つた詩人ガイベルの言葉, つた詩人フランスワ・ポルシェは保守的, つた詩人ヴエルハアレンであつ, つた詩人文學者にならう, つた詩人草菴主人は今日, つた詩佐藤一斎の筆蹟, つた詩式といふの, つた詩意らしいが, つた詩文集が非常, つた詩海を歌つた詩, つた詩的精神はスタンダアル, つた詩語の魅力, つた詮方なしに, つた詰襟黒服のなるほどお, つた話しなれども彼, つた話壮大な話, つた話白粉臭い話, つた話術と女, つた誇りに充ちた, つた誇張好きの彼, つた認識論的傾向はそれ自身ひとつ, つたひを, つた語つきに固い, つた語勢を以ていつた, つた語原観を意識, つた語句もある, つた語學教師の職, つた語學演説などはどもり, つた語彙の陰翳, つた語気がありあり, つた語氣が妙, つた語法は其以前, つた語源に引きずられる, つた語部の職掌, つた説話が取りあげられた, つた読みかたをした, つた読むさへ, つた読人が据ゑられてゐる, つた読書はその, つた読書家だつた, つた調子さへ加, つた調査はそれ等, つたで齒磨, つた談話筆記もこんど, つたが強, つた論究を必要, つたを私, つた諦めて禁煙, つた諧謔心からそんな, つた諷刺的批評が出た, つた諷誦様式を立てさせた, つた諸国の荷前, つた諸子が出る, つた諸家の東京写生等, つた諸所の桜花, つた諸方からの贈物, つた諸物價の安い, つたで赤坂, つた謙遜さもある, つた講演の速記, つた講演会の幹事, つた講義は要するに, つた講談本に始ま, つた講談玉菊燈籠を少し, つた謹んで思ふに, つたである, つた證明をし, つた證言の間, つた警句や皮肉, つた警官が, つた警察分署から士官, つた警察自動車は十五分, つた警戒の樣子, つた警戒心が素早く, つた警手の西山, つた譬へば名ある, つた譯合ひの, つた譯本の一部, つた譯稿はのち, つた議員の収賄事件, つた議論文章堂々として当る, つた譴責の声, つた護国神社の大, つた讀書室の欄, つた讃州丸龜の山崎志摩守樣, つた谷中の養仙寺前, つた谷中村は幸, つた谷五郎がこの, つた谷合に綺麗, つた谷崎氏に対する答, つた谷川の岸, つた谷底の中, つた谷村さんは郊外, つた谷町から箪笥町, つた谷間と谷間, つたが忽ちに, つた豆腐汁とをつ, つた豆鎖で止めた, つた豆飯が底, つた豊かな感じ, つた豊滿さにも似ぬ, つた豊田屋悪い宿, つた豐けさを眺め, つた豐川鐵道で長篠驛下車, つた豐干はなん, つた豐艶な身體, つた豚飼の老人, つたを紙巻煙草, つた象棋をさした, つた豪勢なもの, つた豪農らしい構, つた豹変をし, つた貝殻の中, つた貝殻杓子で掬う, つた阿は, つた負けぬ氣の, つた負債を悉く, つた財政の整理緊縮, つた財産と爵位, つた貧乏にだ, つた貧乏国が武器, つた貧相な看守, つた責任を指導者, つた責任感から夫妻, つた責任者だといふ, つたひ水, つた貴人によく, つた貴女の愛, つた貴婦人だ, つた貴族的平民味ともいふべきで, つた貸間のある, つた貼り札に, つた賃銭に松魚, つた資本や仲間, つた資金を出させる, つたのため, つた賊兵は夜中山上, つたひが, つた賑やかさが此間, つた賛辞と会, つた賢木を根, つたしい人間, つた質問をしました, つた質物を風呂敷, つた賭場を覗い, つた賽錢箱だネ, つた贅沢な建物, つた贅澤な家, つた贋物の書画, つた赤いちやん, つた赤き黒き青き鬼に, つた赤ちやん持, つた赤ちやけた水の中, つた赤はだしの小僧, つた赤ら顏に微笑, つた赤井左門手を清め, つた赤味がかつ, つた赤土水である, つた赤塗りの膳, つた赤字のビラ, つた赤帽の一人, つた赤方はまた, つた赤犬が一疋坐つて, つた赤良顔も窓, つた赤蛙の運命, つた赤青なひ交ぜの, つた赤顔の主人, つた赤飯の殘, つた赤鬼ですよ, つた赤黒い酒透し, つた赭顔に包みきれぬ, つた走り書きの絶望的, つた超人に救, つた超現實主義も, つた越前屋を調べ, つた趙孝は早速, つた趣好によつて, つた足先を土間, つた足取りで降り, つた足無しのリーダー, つた足立通衛氏の告別式, つた足腰を伸ばし, つた足袋屋のある, つた足許で, つたの狗ころ, つたの菽, つた跡行つた跡へ新聞, つた跫音が犇, つた路上に重い, つた路傍に濡れた, つた路易は途方, つた跳び込んで眼, つた跳進をした, つた踊つた夜の白む, つた踊つた歌つたそして消滅, つた踊大皷がはづむ, つた踏みつけられた土の, つた踏むとみしみし, つた踏臺に登る, つたは誰, つた身の上の話, つた身の上話を持つ, つた身代故品物, つた身内の温まりと, つた身心整理おちついて, つた身心沈静あれこれ整理する, つた身構えにあり, つた身的状態を得度, つた身的行爲を讎的, つた身輕な風, つた身長と同じ, つた身體何んとなく, つた車室には二三人, つた車寄せの石段, つた車掌ちうの, つた軌道車が樋田あたり, つた軍医のやう, つた軍治は一月余り, つた軍鶏のやう, つた軒先からは傾きかけた, つた軒灯に霧, つた軟かいやうな, つた軟体動物と云, つたの字, つた転々して, つた軸物が急, つた跳な, つた軽井沢の夏, つた軽便鉄道と彼等, つた軽妙洒脱な半面, つた輕佻浮薄ばかりを全部, つたは青竹, つた輪廓ばかりの道廳, つた輪郭を一瞬, つた輯佚の風, つた輿論と云, つただとか, つた辛い聯想を, つた辛いこつた, つた辛抱には驚いた, つた辛苦も賞讃しよう, つた辨天樣の高い, つた辨天橋の上, つた辨次はどう, つた辨當箱の上, つた辰五郎は懲り, つた農事の報告, つた農具が九つ, つた農商務技師三浦宗次郎氏と同, つた農園の上, つた農婦です, つた農家の生活, つた農業や水産, つた農民が八戸, つたつただ, つた辻斬野郎がこの, つた辻斬騷ぎ最初は新刀, つた辻野久憲は燃える, つた迄は見えたが, つた近まはりの, つた近代劇が偶, つた近代演劇の主潮, つた近代的の活用, つた近代風景を断片的, つた近在の農夫達, つた近寄りがたいもたせつ, つた近来稀な私たち, つた近江屋七兵衞の番頭佐太郎, つた近藤はその後, つた近藤宇太八さんとかいふ御, つた近衛府の下部, つた返礼として今夜, つた返答がへし, つた返電が來, つた迫力をこれら, つた述懷による, つたひの, つた迷宮のきざはし, つたではいつも, つた追うても払う, つた追想に耽つた, つた退引ならぬ, つたつて街へ, つた逃げた幸福がかへ, つた逃走五度さうし, つた逆さまの死骸, つた逆手さ, つた途上多分吸, つた途中三田尻下車伊藤君を訪ね, つた途中和蕾居と一洵居, つた途中和蘭に立ち寄, つた途中樟の老樹, つた途中道連れになつた, つた途端がらんとした, つた途端ベルが鳴, つた途端二階のさだ子, つた途端人間としての面白味, つた途端圭介は思はず, つた途端左右の叢, つた途端扉が音, つた途端文吾の右, つた途端胃から何, つた這入りながら彼女, つた通りあいつは変名, つた通りきのこはどんな, つた通りこいつに一言ことば, つた通りこちらからは一寸見, つた通りたか子達は夫婦, つた通りつくり声で唸, つた通りひろ子以外のもの, つた通りわたしはあの, つた通りアトリヱの隅, つた通りドアに沿うた, つた通りフランスの大使館付武官, つた通りポケットは空, つた通りヤガミ姫は大勢, つた通りリストが精, つた通りロマンスではなく, つた通り一定して, つた通り一言も間違, つた通り三國屋は八方, つた通り三度までこの, つた通り下馬先のあたり, つた通り久保田君は自分, つた通り五位鷺が漕ぐ, つた通り人形を荒された, つた通り伊香保は中庸的, つた通り佐吉を縛れ, つた通り佐田やす子がそこ, つた通り作家の名前, つた通り傷はまことに, つた通り僕らは第, つた通り全たく暇があり過ぎる, つた通り兩者いづれも, つた通り力をこめ, つた通り勇次郎の望み, つた通り半年やそこ, つた通り半年越ぎた後は漸く, つた通り右の脚, つた通り君に嘘, つた通り唐木に空洞, つた通り單に天子, つた通り四つにし, つた通り四十五という男盛り, つた通り四月二十日の午後, つた通り塀は一丈あまり, つた通り墨子は講明, つた通り夏の日, つた通り外で待つ, つた通り天井坂は二枚, つた通り好悪の外, つた通り家を處分, つた通り家中の者, つた通り将門は自分, つた通り干瓢も湯皮, つた通り当時から病身, つた通り彫心鏤骨の文章, つた通り急性睾丸炎と診断, つた通り批評的精神の本性, つた通り押上の笛辰, つた通り是も亦, つた通り暗闇を検査, つた通り最近の帳面, つた通り朱子でも, つた通り村中一番の建築物, つた通り柳屋の庭木戸, つた通り桶へ入れ, つた通り樽野は始終, つた通り此の大胆, つた通り此洋は我等兩人, つた通り死に神がとりつい, つた通り氣が散らね, つた通り犯罪には犯人, つた通り獨りで, つた通り男だつたの, つた通り登志子さんは来年, つた通り白胡麻をふり, つた通り皿も平, つた通り相貌は肖, つた通り社會上に大, つた通り秋川の家, つた通り管仲晏子のみを天下, つた通り米ドルで三百ドル, つた通り糸底が少し, つた通り肝腎の鼬小僧, つた通り脅迫されて, つた通り自分その物, つた通り自治とは無, つた通り表面はただ, つた通り見事に擔, つた通り親戚は一人, つた通り記事には今, つた通り詮じつめれば, つた通り退職金としてだいたい, つた通り邸宅侵入罪で拘留, つた通り金さへあれ, つた通り非常に熱心, つた通り須磨子は島村抱月氏, つた通り風に鳴る, つた通り首から上, つた通り馬は如何にも, つた通人の面目, つた通人達の噂, つた通信は, つた通信文中の一節, つた通天一坊と地雷也, つた通草のなか, つた通訳の臨時手当, つた逞しいイブセンの, つた速達が来た, つた造りつけの戸棚, つた造酒右衛門さんは注文, つたつたところ, つた逢つた奥様がどうぞ, つた連ね文句ではなく, つた連体感覚を含んだ, つた連合だの親戚, つた連山ではなく, つた連帯網を構成, つた連歌師は玄浴主, つた連続画の憶, つた連衆のこと, つた逸り過ぎた間違つた事を, つた逸話である, つたがすまい, つた遂に之れ, つた遅く成つた, つた遊びまはる, つた遊び事は大, つた遊び人と背中一面, つた遊び人これが怪盜風太郎, つた遊び友達から遊び, つた遊び場所の異, つた遊仙窟や楚辞末流, つた遊女なにがしの墓, つた遊歩道にはカンナ, つた遊芸を幸, つた遊蕩気分を払拭, つた運動場はいまや, つた運送屋だ, つた過ちの功名, つた過去帳などを眺め, つた過失はその, つた過渡期の姿, つた過激な極端, つた道すがら人々が, つた道すじや考へた, つた道ばたに建つ, つた道傍にやう, つた道具ぢやない, つた道助の肖像画, つた道化方でなくては, つた道場にこもつ, つた道士をその, つた道尊坊を引出し, つた道平老人が何ヶ月振り, つた道後へ出かけ, つた道徳を据ゑ, つた道徳習慣の制約, つた道昭といふ僧侶, つた道樂者で蛸市, つた道灌山道月はかなり, つた道理が妙, つた道綱はいかにも, つた道路開拓は今, つた道鏡の肉慾, つた道順と三輪, つた達人振りとばかりに感違, つた達者な筆蹟, つた達觀した氣持, つたのある, つたか品川, つた眺めに, つた遠くの離家, つた遠景をば少年時代, つた遠眼鏡である, つた遠縁に當, つた遠藤佐仲は暫らく經つて, つた遠野がお, つた遠雷近雷, つた遥かな自分, つた適切にいへ, つた適量のお客丈, つた選手のよう, つた選集の, つた遺憾なく梯子酒根性, つた遺族は工場法, つた遺習が今, つた遺言には國政萬端利章, つた還暦あるひ, つた邑落或は其主長, つた邑落幾代の生活, つた邪宗門事件の罪人, つた邪気のない, つた邪魔ものをどうか, つた邸町を番地, つたは言葉, つた部分以上に二人, つた部屋代も少し, つた部落があつ, つた郵便局の窓口, つた郵便局長の倅, つた郵便屋がまた更に, つた郵便配達の姿, つた郵便配達夫を, つた郷党生活では, つた郷土や愛, つた郷土讀本を見たら, つた郷田廉介がたつた, つた郷里の水, つたの事務官なにがし, つた都々逸の辻占, つた都和井の白い, つた都路華香氏の話, つた鄙びた村で, つた酋長用のモンクス, つた配當は左, つた配達人の姿, つた酒ぢやねえ, つた酒一合飲んだらす, つた酒保の鉄柵, つた酒君はよく, つた酒壜をさし, つた酒好きで不幸, つた酒屋へは無論, つた酒握飯焼酎海苔巻各自持参の御馳走, つた酒樽林檎の木, つた酒樽葡萄色の蜂, つた酒残つた肴でめでたしめでたし, つた酒沸すのにや, つた酒燒けのした, つた酒瓶を下げ, つた酒盃君の店, つた酒造家らしい店間口, つた酒酒酒そして鰯, つた酔うたよ酔うた, つた酔中はなれ, つた酔態あさましいもの, つた酔興のこと, つたにし, つた酢のものをつまんだ, つた酷評を下し, つたの大潮, つたひを, つた醉つたと叔母, つた醋吸の三聖格子, つた怪な, つた醜い女です, つた醜悪な絶えず, つた醜男なのに, つた醤油や七輪, つた醫務主任がうつむき, つた醫者の診, つたの上, つた里恵が赤馬関, つた里道へ出た, つた重々しい様子だつた, つた重みがその, つた重太郎に盛つた, つた重病であつ, つた重箱を風呂敷, つた重要な器具, つた野々宮が彼等, つた野らへ出た, つた野兎の背中, つた野口は同, つた野呂の高, つた野営の隅々, つた野心の点, つた野心作で十分, つた野望に燃え, つた野次馬を追, つた野火のほ, つた野猪のやう, つた野獸のやう, つた野良帰りの人達, つた野草の間, つた野菜物は全然, つた野菜箱の中, つた野蛮な声, つた野見の姿, つた野郎頭厚化粧に振袖, つたのパン, つた金ぢや無い, つた金六の面目, つた金兵衛さん今日はお, つた金兵衞が蜘蛛, つた金兵衞一氣に逃げよう, つた金切声で私, つた金剛の相, つた金剛智三藏や不, つた金剛石のやう, つた金及海外から借入れた, つた金右衞門は相, つた金唐革の煙草入れ, つた金壺まなこを落込, つた金子が, つた金子一歩としてある, つた金將の役, つた金属性の響, つた金方か何ぞ, つた金梃なんで, つた金次郎を擧げ, つた金澤町の大, つた金物店更に半, つた金粒よりも余計, つた金糸はあの, つた金色を威嚇, つた金華山が聳え, つた金藏に關係, つた金融恐慌の諸, つた金銀蒔絵の籠, つた金銀金具少し逞, つた金高までを探り出し, つた釜その他の機械, つた針箱を庭, つた釣りをやらう, つた釣竿かついで, つた鈍重な感じ, つた鈴川主水, つた鈴木師岡乃至山崎, つた鈴村といふもの, つた鈴蘭の花, つた鈴蘭燈籠がつい, つた鉄亜鈴や棍棒, つた鉄板があちらこちら, つた鉄柵にも凄まじい, つた鉄造口をモガモガ, つた鉛活字や印刷機, つた鉛筆畫の裏, つたと燻豚, つた鉢植の赤, つたを請求, つたのやう, つた銀座の岸田, つた銀次はあ, つた銀河帶のやう, つた銀色をした, つた銀行員のやう, つた銀行員風の若い, つた銀行家が居た, つた銀貨二枚三枚光る物手, つた銅器がらす器, つた銅色の顏, つた銅貨はぽ, つたがさ, つた尖は, つた鋭くものかなしい, つた鋭角の先, つたのついた, つた鋸屑を見付けた, つた鋸引でもする, つた鋼鉄色の天蓋, つた鋼鐵色の天蓋, つた錆釘のやう, つたに限る, つたである, つたを持出し, つた錢形平次頃合を見, つた錦太郎の顏色, つた錦鶏鳥の画, つた錺屋から出, つた錻力の煙突, つた鍋づるも出, つたと同じ, つた鍵袋を出し, つた鎌倉になる, つた鎌倉時代の人々, つた鎌倉武士氣質に似, つた鎖してある, つた鎖国の文明人, つた鎖鎌の地位, つた鎗ヶ嶽の絶頂, つた鎧櫃に納め, つた鎧通しで世間並, つた鏑木さんは恐らく予め, つた鏖殺の噂, つた鏡台や卓袱台, つたを撃ち込む, つた鐘楼の上, つた鐵之助です, つた鐵檻の車, つた鐵瓶を懸けた, つた鐵砲玉を充たした, つた鐵葉の片, つたを戴い, つた鑄掛屋の岩吉, つた鑑賞の上, つた鑛毒はある, つた鑵詰事業に手, つたを隱, つたかつた, つた長井は藩侯, つた長安に到着, つた長島と最初, つた長崎の貿易, つた長持に凭れる, つた長椅子で新聞, つた長火鉢の火箸, つた長篇小説の噂なぞ, つた長編小説の原稿料, つた長老である, つた長襦袢を著せたかつた, つた長谷寺は此道筋, つた長閑さ八五郎の哲學, つた長靴総のついた, つた門人の小春団治, つた門前の菓子屋, つた門外漢が社会的地位, つた門百姓が親方, つた門附は先刻, つた閉塞症みたいになる, つた開析デルタの上, つた開花を見付け, つた閑雅な風景, つた間さへが欺かれた, つた間もなく看護婦が, つた間一髪をいれず, つた間口二間半建て坪十三・四・五坪, つた間拔けな男, つた間月日を詳, つた間瀬の様子, つた間際にはその, つた間髪みつ子の頬, つたの鴉, つた関ヶ原の決戦, つた関係上すぐ追, つた関係上仏蘭西の戯曲, つた関係者以外には人, つた関帝像の来歴, つた関聯を持つ, つた関藤藤陰が日本政記, つた閾際から言, つたが傷めた, つた闊葉樹林に風, つた闊達明朗な風俗, つた闘志満々の名寄, つた關係者は大, つた關口の太助, つた關心から今日, つた關東の武士, つたの中途, つた防空ごうの方, つた防空壕をつく, つた防風林をどしどし, つた阿佐ヶ谷附近ならと, つた阿片用の煙管, つた陋巷にさびしく, つた限り名も知り, つた限り子供を抱い, つた限り彼は何時, つた限り逢はない, つた限名も知り, つた限智恵子は真面目, つた限智惠子は眞面目, つた陣地をどうして, つた陥穽へ落ち込ん, つたから瞽女, つた陰口言はれて, つた陰険な心, つた陳列の中, つたがあつ, つたものぢ, つた陶隠居の集註, つた陸中に生れ, つた陸軍の軍用タンク, つた陸軍中尉の細君, つたのある, つたが縁側, つた陽気な唄, つた陽足が這つて, つた隅田公園のなか, つた隅田川の夜氣, つたい鼻, つた隊列を横, つた階級と言, つた隔ての無い, つた隕石の總量, つた隙間だらけですが, つた際どう切拔けたか, つた際五十人の切支丹, つた際別れをおしん, つた際最初此の学校, つた際立ちを現し, つた際糠の浸, つた障子際の小さな, つた障害物をがたん, つた障碍物が横, つた隠れた原因は, つた隠宅とはい, つた隠者の翁ぢ, つた隣席の人, つた隣村の赤, つた隧道型の廊下, つた隨分久しぶりだつたね, つたのある, つた隱居八郎兵衞の四十九日, つたが群, つた雀たちがいたいたし, つた雀一羽とを比べ, つたの味, つた鷄を, つた雄偉な趣, つた雄大な芬蘭, つた雅さんの尊母さん, つた集古今佛道論衡實録の乙卷, つた集合體の上, つた集団の各自, つた雇女を追, つたに未練, つた雌たちが, つた雑器こそは貴重, つた雑居生活らしかつ, つた雑木山枯草山その間を縫う, つた雑炊をな茄子, つた雑貨店があつ, つたの箱, つた雛形を見た, つた雜務で五千兩, つた雜木林の上, つた雜炊の力, つた雜草の間, つた雜音には遠, つた離れの横, つた離室の方, つた離縁を目, つた難事件に首, つた難儀の二十分の一, つた難局を少し, つた難波は例, つた難破信號の火光, つた難題には二, つた雨傘に門, つた雨外套為事着長靴水を透さない, つた雨雲もぞつと, つた雨風でびつしよりになつた, つた雪しぐれの一情景, つた雪柿がよみ, つた雪江この主従, つた雪白の絹, つた雪解けの道, つた雪駄直しは無い, つた雰囲気さへ通り過ぎ, つた雲の上に悠々, つた雲坪は医者, つた雲煙が横, つた雲煙過眼遂にかく, つた零下二十度の空氣, つた雷共の中, つた雷鳴急雨, つた電報配達人が松原, つた電柱の頂き, つた電気を含んだ, つた電灯が突然, つた電話室の外, つたれわ, つた霊感が独自, つた霊枢を乞, つた霊験を話す, つた霊魂の代り, つた霓博士がブルブル, つた霜げた女中が雜炊, つた霜月十三夜である, つたを透し, つた霞亭は, つた露助を見附け, つた露國を打ち倒した, つた露地のつづき, つた露店はたしかに, つた露草の花, つた露西亜の汽船, つた露西亜人の姿, つた露西亞人の或, つた露路がある, つた青々として悪く, つた青々軒の言葉, つた青少年の姿, つた青年代表が彼, つた青年士官とが二階, つた青年時代の唯一, つた青春的娯楽の頁, つた青木さんが帰つてお出で, つた青楼の主人, つた青物も一々, つた青田から蛙, つた青磁となる, つた青竹の後ろ, つた青膨れの土袋, つた青色の水, つた青道心の爺, つた青野が颯爽, つた青鞜社よ満員鈴鳴り, つた青黒い顔の, つた静けさの闇夜, つた静子夫人の軽重, つた静岡あたりの行商人, つた静的のもの, つた非常時風景軍国風景の一つ, つた非難を私, つた面々でな, つた面倒なもの, つた面影とちらりと, つた面白い小さい壺から, つた面皰の痕, つた面目なさ, つた面相に出つく, つた革命家です, つた革命的文書はその, つた革新が施し, つた靴下もはかぬ, つた靴磨きの言葉, つた鞍掛宇八郎は鳴川留, つたを持つ, つたは遺恨, つた韓凹巷等五人の客, つた音楽が役に立つ, つた音楽会のこと, つた音樂の仕方, つた音樂倶樂部でせう, つた音次郎の大間違, つた音調津がなか, つた韻律を持ち, つた韻致カソリシズムの象徴, つた頂きに何かしら故郷, つた頃これも矢張り, つた頃ぢやない, つた頃やうやく眠つた, つた頃サインブツクが彼, つた頃マリヤンが口, つた頃一人の男, つた頃一本になつ, つた頃主人の永, つた頃事件は思ひ, つた頃二人は村端, つた頃仲橋の古道具屋, つた頃何かした, つた頃児玉氏はづかづか, つた頃八五郎の, つた頃出版元が失敗, つた頃北京の宮城, つた頃台所から這, つた頃合ひの, つた頃同勢は町内, つた頃吾儕は車, つた頃呉夫人と劉夫人, つた頃城崎驛へつい, つた頃大佐は例, つた頃太田は張り終, つた頃奥は部屋一杯, つた頃奥様は台所, つた頃女子商業の生徒, つた頃小僧の今吉, つた頃小僧達が代る, つた頃小指の先, つた頃己の傷つき, つた頃平次の家, つた頃幸ひ雨間, つた頃御行の松, つた頃悪戯者らしく家中, つた頃文吾の小, つた頃斯の噂好き, つた頃日が暮れた, つた頃樽野はこの, つた頃水月は突然, つた頃氷峰の宅, つた頃淺草寺の晝, つた頃清水港へ行つた八五郎, つた頃甲州街道を遠, つた頃町へ行つて, つた頃病といふもの, つた頃知名の牧師, つた頃私達の隣, つた頃細君は今, つた頃組長田丸浩平は旅行トランク, つた頃網の目, つた頃蓮太郎と丑松, つた頃親の家, つた頃谷の上, つた頃銀之助は丑松, つた頃長野でのクリスマス, つた頃隣県の岡山市, つた頃青年将校は苦力, つた頃順一の姿, つた頃鰹は無, つた項平次は小脇, つた順信といふ僧, つた順八は小夜菊, つた順序紙につけ, つた順番がどうも, つた須世理姫が見慣れない, つた頑固な木木, つた頑張りではなく, つた頓服薬です, つた頓狂な笑, つた領事御夫婦, つた領分を開いた, つた領域のある, つた頬邊の赤い, つた頬骨の出, つた頭布を被り, つた頭部と骨盤, つた頭陀袋を首, つた頭骨の形, つた頭髪だけはキチン, つた頭髪泥と血, つた頸ツ玉に手, つた頸筋は細目, つたに西鶴, つた頼みです, つた頼もしい後見は, つたのあたり, つた題名で出版, つた額付や皮肉, つた額曲つた鼻人情の何たる, つた額縁に收め, つた額際を暴, つた顎切れの長い, つた顏一面ににや, つた顏中に細かい, つた顏熱つぽい, つた顏立ちはどう, つた顏色舅にいや, つた顏觸れでそんな, つた顏話の一, つた顔かたちの上, つた顔ぶれは左, つた顔付一つ変へようと, つた顔立ちだつた, つた顔色もみせない, つた顔貌をし, つた顔附をした, つた顔面頭部の皮膚病, つた願ひもなかつた, つた類例が多い, つた顧廣圻も士禮居祭書, つたはなる, つた風体といふ, つた風呂で日, つた風変りな二階家, つた風姿の颯爽, つた風景いつまでもあかず, つた風格貧苦病苦と鬪, つた風流武者の面々, つた風潮は日々, つた風邪をひき, つた颯爽とした, つた飛んでもない, つた飛んだ良い男, つた飛行家が治療, つた飛衞は紀昌, つた飛躍を石井氏, つた飛青磁は大分, つた飜訳語で日本人, つたへない, つた食つたうたつた踊つた, つた食べ方を, つた食べすぎて寝苦し, つた食べたいとは思はない, つた食べものも殆ど口, つた食べるものも, つた食器はここ, つた食指を屈げ, つた食料で投機, つた食料品を詰める, つた飯山の町, つた飯島あや子嬢の, つた飯炊きのお, つた飯粒の數, つた飲みかけの, つた飲みすぎたので寝苦し, つた飲みたいとも思はなかつた, つた飲んで食べ, つた飲んだくれ詩人ダスウシイである, つたや紙, つた飴色の豊満, つた飽満感を与, つた飾りも無い, つた餅そのものもおいし, つた養母であつ, つた養母自身がそれ, つた養父がこの, つたりに, つた餘勢でよろよろ, つたが旨, つた餠菓子を抓ん, つた餡餅を並べて, つたは赤坂帝国館, つた首くくりを見, つた首席教員と智惠子, つた首座教員と智恵子, つた首筋など眼, つた首脳は渡辺金兵衛, つた首飾りをかけ, つた香具師の手, つた香料は男, つた香気のもの, つた香炉が戻つ, つた馬具の類, つた馬券を失くし, つた馬場要無造作に調べ, つた馬琴は黙然, つた馬道の荒物屋夫婦, つた馬鈴薯のやう, つた馬鹿面が落ち, つた馬鹿馬鹿馬鹿と慌て, つた駄作ばかりだ, つた駄夫と総, つた駄菓子を二つ, つた駅員はなにやら, つた駅長を見る, つた駈けたと云, つた駱駝を引き摺る, つた駿太郎がここ, つた駿河丸は敵艦, つた騎士達の優に, つた騎手は, つた騒音の中, つた騷ぎは聽, つた氣の, つた驕慢のため, つた驕慢さがあります, つたもなく, つた驚嘆に値する, つた驚異については僕, つたで錠, つた驛遞の道路, つた骨肉の關係, つた骨肉感を抱く, つた髑髏が掛けられ, つた髑髏塚も各地, つた體中の血, つた體温表が無言, つた高い長い橋茶屋と, つた高く低く長く短くうは, つた高僧は即ち, つた高宗皇帝の時代, つた高島田の巓, つた高慢な罪人, つた高松城の水攻め, つた高潔の士, つた高瀬船が其處ら, つた高熱往來の最中, つた高田保氏の, つた高祖の兄弟, つた高等学校の生徒, つた高見沢遠治, つた高調子で, つた高貴な匂, つた高麗橋を殆世, つた髪鷲の眼, つた髪黒の紋附, つたの生えた, つた髮かたちを見, つたのある, つたのうら, つた鬼女の姿, つた鬼婆振揚げた出刃庖丁, つた鬼面幌身の神楽獅子, つた魂膽もあつ, つた魅惑的な移り香, つた除けの, つた魔法使は一目散, つた魚たちの, つた魚みたいな眼, つた魚則も父親, つた魚屋さんがそれ, つた魚眠洞君へ指月堂君, つた魚群のやう, つた魚肉に日出雄少年, つた魚雷である, つた鮓そのものよりもそれ, つたの生節, つた鮫ヶ橋はこの, つた鮫島理學士のこと, つたの味, つた鮭みたいな野郎, つた鮮人から報謝, つた鯉登部隊が地形, つたよりも生きた, つたがピラミツド型, つた鯨油蝋燭よりもつと, つたを売, つたを喰べた, つた鰻針の逞しい, つたの頭, つた鳥共が群がり, つた鳥取の宿, つた鳥取市に住ん, つた鳥居も見え, つた鳥居画で見る, つた鳥屋といふ事, つた鳥籠が置かれ, つた鳥羽の顔, つた鳳凰とかそれとも, つた声の, つた鳴いたのは, つた鳴海屋の繁昌, つた鳶口を持出し, つた鳶頭におだてられ, つたが一羽, つた鴎丸だつたので, つた鴎外森林太郎氏は墓, つた鴨居といふ漁村, つた鵞鳥にも別れ, つたを浅草寺, つた鶏卵と温か, つた鶏声鼓声鐘声おだやかにおごそか, つた鶏頭を活ける, つたが十羽, つたの歌の, つたでございます, つた鶴子さんは狼狽, つた鷁首の船, つた鷄介は遲, つた鷲尾妙子つていう, つた鷹揚なふところ手, つた鷺宮にそんなに, つた鸚鵡の翼, つた鹽梅よくなつた, つた鹽町の上州屋周太郎, つた鹽鹸いものにせず, つた麒麟山百万の化物, つたかな瑠璃子, つた麝香猫の強い, つた麟徳暦であるが, つたの穗並, つた麥藁帽子が竹, つた麦畑の中, つた麦藁屋根が通路, つた麦酒を拭つた, つた麦飯に水, つた麹町の町家, つた麺麭を今, つた麻井幸之進は自分, つた麻紐の捻, つた黄人が彼等, つた黄八丈の袷, つた黄八丈妙に地味, つた黄昏の中, つた黄色い毛糸の, つた黄色く濁つた其の, つた黒い美しい眸象牙彫, つた黒ん坊の爺さん, つた黒ん坊のだらうが, つた黒元結を見せました, つた黒土から生え出し, つた黒帽の男, つた黒木綿の羽織, つた黒木長者が自分, つた黒松の行列, つた黒板塀の三分の一程, つた黒毛で艶, つた黒眼鏡の下, つた黒紋付を出し, つた黒羽二重の膝, つた黒褌ひとつで石段, つた黒門を入りまし, つた黒髪は夫人, つた黒麦酒が有る, つた默許であつ, つた壺君すみません, つた點燈頃に重, つた黴臭い家の, つたでもなく, つた鼓動を打つた, つた鼠小僧の噂, つた鼻ツ先きに, つた鼻人情の何たる, つた鼻先の酸漿, つた鼻滋みを帯び, つた鼻澁みを, つた鼻穴で気色, つた鼻筋三角な金壺眼, つた鼻緒がぶつ, つた齒並だけが昔, つた龍ノ口の海岸, つた龍子が何一つ, つた龜田次郎といふ文學士, つたとを加, つたS子だつて