青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つける~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つくり つくり~ ~つくる つくる~ ~つけ つけ~ ~つけた つけた~ つけられ~ ~つける
つける~
~つた つた~ ~つたの つたの~ つたら~ つち~ ~つづい つづい~ つづき~ ~つづく

「つける~」 4058, 44ppm, 2648位

▼ つける~ (537, 13.2%)

9 云ふ 5 いふこと, いふの 4 それは 3 すれば, それが, それを, なると, 女は, 言って

2 [19件] あたりを, しよう, すると, そこの, その子, それに, スパスパと, 一生の, 一緒に, 云って, 左手で, 思った, 母は, 犬は, 私は, 紺の, 見せて, 錨の, 雇女に

1 [458件] あとで, あとでは, あとは, あの埃ッ, あわてふためいて, いい, いいだすだろう, いいよ, いいん, いい合って, いい火事, いうから, いうくらいで, いうだけでも, いうと, いうので, いうまで, いきなり黒ん坊, いっそうはっきりと, いっても, いつかその, いつか眠っ, いつた劍幕, いつに, いふ, いふが, いふもの, いふ事, いやに, いよいよ御機嫌, おいいなの, おお奇怪, おころ, おしまひ, おもしろいもの, おんなじ流儀, お前が, お勝手の, お尻, お照, お直, かいてだけ, からだごとうずまる, かれは, きっとクララ, きっと又, きれいに, くすりだいが, ぐいぐいと, ぐっと膨れる, こうだ, この地方, この棒, この船長, これは, ごくん, さすがに, さっきの, さっさと帰る, したら従来, しようぜ, しようて, すぐそれ, すぐに, すぐ手先ども, すぐ火炉, すぐ眠る, すぐ立ち上っ, すぐ綱憲, すぐ自分, する, そういうつもり, そこに, そっと作業場, そつと, そのま, その一人一人, その人, その光, その時, その汚染, その火影, その物, その生活, その皿, その部分, そばへ, そば目だ, それで紅茶, たいへんぎごち, たちまち大, たまらなく海, ちょっと明く, ついそんな, つづいて, でもお, とたんにぐっすりと, どうしても孝ちゃん, どんどん麓, どんな眼病, なかなかおもしろい, なぜかお角, なにかしら, にげだしました, にやにや笑い, にわかにクスクス, ぬけ易い, のびのびと, はるばるここ, ひりひりと, ひりひり滲みた, ふえるもの, ふたりの, ふてくさったよう, ぶかっこうながら, ぷすぷす音を, へんに, ほそぼそと, ぼくは, まず辮髪, またお, またすぐ, またゲー, また三方, また口, また喋り出した, また朗々, まだ大人, まるでたまらなく痛い, みな骨という, もうちょっとあかり, もうもうと煙, もう一度御影, もう二年, もう何処, やっぱりえらい, ややお, ややもすればかよう, よく釣れた, りっぱな, ろくすっぽお辞儀, ガラスドアの, キシさんも, グーロフは, シュッと, シートの, ジェリィ菓子の, ソオルは, タバコと, ダビデが, ツカツカと, バタバタ駆け去っ, パッパッと, パーヴェル・パーヴロヴィチは, ヒタヒタと, ピン, フーッと, プラスコーヴィヤ・オーシポヴナの, プラットフォームに, ベッドの, マッチの, マンホールの, ロンドン市中を, ヴウ, ヴェリチャーニノフは, 一吹き, 一家揃っ, 一家揃つて支度を, 一層効果, 一年中新しい, 一度窮屈さうに, 一生懸命に, 丁度い, 三号四号の, 上燗に, 世界各国の, 両手に, 両手両足を, 両親の, 主任は, 九兵衛は, 乱暴者は, 二人は, 二番目の, 云う, 云うと, 云う不思議さ, 云う意味, 云う段, 云った以上, 云った処, 云つて, 五十年前と, 井伏君は, 今まで, 今度こそ, 仮装した, 件の, 伊織は, 伯母さんは, 住職も, 体を, 何だ, 何時の間にか散る, 何曼は, 作兵衛は, 健康に, 側の, 優雅に, 元町の, 先生は, 全く別, 全く同じ, 兵馬は, 其の時, 冷り, 分らなくなる, 刑部の, 判るから, 別所も, 前の, 前後の, 勝三郎も, 匂いが, 十一名の, 十万乃至, 千以下の, 却っていけない, 口を, 只ごうごうと臭い, 吉五郎は, 同時にここ, 同時にこれら, 同時に夥しい, 同時に男, 同時に直ぐ父親, 向ふ, 君の, 呂宋兵衛は, 唯ぢ, 商品を, 善くない, 善ニョムさんの, 喪心した, 器用に, 囁いた, 四方を, 四銭ばかり, 困るわ, 土間の, 塩気が, 声は, 外交部から, 多少がっしりとして, 夜の, 夢中に, 大げさな, 大変な, 大徳寺境内の, 大爆発, 失敗だ, 奇妙に, 女房も, 娘の, 婦人連は, 嬉しそう, 存外物わかり, 実に僅少, 室は, 寝衣, 小半次は, 小石川の, 少しばかりの, 平次が, 底まで, 庭の, 弁信の, 弓子は, 彼の, 彼は, 彼女が, 彼等は, 彼等を, 待って, 後に, 後尾の, 従前の, 御飯が, 心情いささか, 心臓の, 志願兵上りの, 忽ち木端微塵, 忽ち熊, 思い出したよう, 思うか, 思って, 思つた彼は, 思はれちや正直, 急が, 急に, 恐怖とも, 感じ入って, 扉が, 承知しねえ, 持藥の, 掘立普請, 揚言し, 摺抜け, 撃つよ, 敬四郎の, 敵も, 新しい紺, 日比谷公園を, 早々参考書, 星玄は, 昼の, 時間が, 暗いところ, 曇って, 書院に, 木の, 枕許の, 林田が, 果して大蛇, 栄三郎の, 案外にも, 機械体操の, 死骸は, 殺される事, 母上は, 毎月さはて, 気が, 気軽そう, 決してそれ, 汽車は, 法医学教授の, 泣きとうなること, 海岸の, 湖心から, 湯島の, 湯歸りらしい, 火は, 火星語で, 無茶先生が, 煉瓦は, 煙突から, 熱は, 父は, 父も, 片方の, 牛も, 物を, 王女は, 生世話の, 申す訳, 畑の, 番頭が, 畳一枚を, 疎ましそう, 癖に, 百以下の, 監督は, 目を, 直ぐ眞黒, 直ぐ真黒, 直に裏口, 直るといふ, 相不変, 相不変朗読, 相当の, 眞奈が, 眼附も, 石の, 石鹸を, 砂鉄が, 硝子壜の, 社會主義に, 祟りが, 穂が, 窓が, 立つ前, 立山坑の, 笞を, 第二, 約束し, 紅い日の丸, 細君に, 罪人だ, 罰が, 美和子は, 義観が, 肘で, 背を, 胡散くさい, 胸を, 腕の, 膝を, 自分の, 自分も, 自然こういう, 芝山内の, 芥川は, 花は, 若鮎は, 草木の, 蒸気の, 薬を, 血ぶる, 袖にも, 袖を, 要法寺の, 見えるか, 見る間, 見損い, 言うこと, 言ったが, 言ったじゃ, 言ふ, 言葉を, 話を, 説得する, 誰の, 賊の, 赤い焔, 赤く光った, 越前守は, 跳ね起きた, 近所が, 迷わずに, 運動禁止好, 野良着へ, 野郎にわかに, 金助身に, 金持ちに, 釜の, 鉄の, 銃を, 長い煙, 長くなる, 陽の, 隣りの, 離屋の, 雨の, 電気が, 霍乱に, 靜かに, 非常な, 面の, 頭に, 顏の, 顏を, 顔だけが, 驚いたこと, 高城君そっくり, 鬼どもは, 魚は, 黄昏の, 鼻にも

▼ つけること~ (443, 10.9%)

19 にした 15 が出来る 1413 ができる 10 にし 7 が出来た, が出来ない, になった 6 にしよう 5 にしました, になっ, になる, はできない 4 ができない, が必要, はできなかった 3 がある, ができた, が出, が出来なかった, が出来ました, である, もある, を忘れ, を知らない

2 [26件] がうまい, ができなかった, ができなかつた, が出来ましょう, が出来るだろう, が第, だね, であった, では, になつ, になつて, にもなる, によつて, に成功, のできる, の名人, はうまい, はない, は出, は出来ない, もでき, もない, も出来る, をお, をしなかった, を知っ

1 [234件] から何だか, が, がい, がいくら, がかえっ, がこまめ, がしばしば, がしまい, ができたら, ができなく, ができました, ができます, ができるであろう, ができれ, がなに, がむだ, がむつかしい, が一等, が五人, が出来さうだった, が出来ず, が出来たでしょう, が出来たなら, が出来たろう, が出来だした, が出来るなら, が出来れ, が多かっ, が大, が大切, が文化人, が殆, が殖えた, が毎日, が流行, が絶対, が緊要, が肝要, が阻害, さえでき, さえわすれ, じゃない, すらできなかった, すら学校, そうだ, だが, だけにはすなわち, だけには手足, だけはどう, だけは許し, だぜ, だった, だつて, だといふ, だな, だろうが, だろうと, だ外, であ, であって, でありつまり, であります, でしょう, です, ですな, でせう, で戦争, で自分, で表現, で農業精神, となるでしょう, とは無論, とを明, と女, と致しましょう, と運動, なしに, などできる, などは職人, などひどく, などほとんど, など思い, など訳, ならん, なんかありません, なんかばかばかし, にある, にいたしましょう, にきめ, にしかならないらしい, にする, について多少, になってた, になり, になりました, には何, にもなった, によってのみこんだ, によって一流, によって一種, によって僕, によって却って最も, によって美し, によって能率, によって見違える, によって顔色, に一致, に堪へ, に外, に成つたさうです, に決心, に法令, に特に, に申合わせ, に終始, に致しまし, に致します, に躊躇, のできない, の不可能, の出来ない, の出来る, の好き, の相談, はあきらか, はあっ, はあまり, はいうべくし, はいか, はいらない, はしない, はじつは, はつけた, はできぬ, はできません, はできませんでした, はないだろう, はならない, はなん, はまた, はむかし, はもちろん, はやさしい, はやめ, はよせ, は一寸, は不便, は不可能, は何一つ, は出来ず, は出来なかった, は出来なかつた, は出来ません, は単に, は取止めぬ, は受信人, は叶, は味方, は堪えられない, は容易, は常に, は憚, は断じて, は斷念, は普通, は東西, は栄養上, は珍しく, は禁ぜられ, は絶対不可, は苦しかっ, は言われる, ばかりを意味, ほど美, またこれ, もあった, もあつ, もあるまい, もしなくなっ, もしなくなりました, もしばしば, もできない, もできなくしてやる, もできます, もできる, もなく, もなけれ, もわすれ, もゐるまい, も出来た, も出来ない, も出来なかつた, も出来るでありませう, も困難, も少々, も忘れ, よろしくご, をいっ, をしない, をすゝめ, をはじめた, をカルウ, を勧告, を命じた, を女, を嫌っ, を工夫, を差, を廃, を忘れた, を忘れなかった, を怠っ, を想像, を手伝う, を拒んだ, を指す, を栄蔵, を生産, を発明, を目的, を看, を研究, を禁じ, を禁止, を私, を考えた, を肯, を覚え, を許された, を誤まっ, を資格, を避けた, 止めさせちく, 第二

▼ つける~ (442, 10.9%)

26 だ, である 20 です 13 だった 12 であった 10 でした 8 だが 4 がいや, だろう, であろう, を忘れ

3 [14件] か, が順序, さ, だから, だぞ, だよ, であるから, であるが, ですか, では, は何, も忘れ, も面白い, を忘れた

2 [17件] がある, が当然, が目的, が聞えた, だと, だという, であります, でございます, ですが, と同じ, に充分, に苦心, はいつも, は当然, も無理, やれ趣味, を忘れなかつた

1 [235件] かしらない, かそれ, かという, かどうも, かな, かの相談, から横濱, か櫛目, か理由, か知らない, か訣ら, があたりまえ, がおちであろう, がかんじん, がたいへん, がなかなか, がなぜ, がぶつぶつ, がほとんど, がほんとう, がむずかしい, がむずかしかっ, がもどかしい, がよい, がよろしい, がイヤ, が一番可, が乱暴, が何だか, が例, が先, が先ず, が全, が利巧, が勘當, が勿体ない, が厭さ, が大切, が好き, が嫌ひで, が役目, が得, が既に, が早い, が普通, が本職, が村, が理窟, が皆, が磯屋五兵衛, が第, が筋道, が義手, が習慣, が肝心, が自分, が要領, が近道, が道理, が遲, が間違い, が除糞人, が難儀, が非常, が順当, きっかけを, さえすまない, さえやっと, じゃ, じゃぞ, じゃなかった, だそう, だったが, だつた, だつたが, だろうか, だろうこと, だろうと, であったが, であり従って, であるか, であろうと, でしょう, でしょうか, でしょうから, ですから, ですって, ですもの, ですよ, ですア, でなければ, でも, と, とじゃ, と反対, と日曜, と毒酒薬酒, と毒酒藥酒, どうのっ, ならこの, にきまつ, にはわけ, にもヤキモチ, にも岩野氏, に三十分, に使った, に力ん, に勝子, に困った, に少々, に役だっ, に役立っ, に相当, に苦しんだ, はあまりに, はありがたい, はあれ, はいい, はいかに, はいかん, はいけねえ, はいや, はこの, はずるい, はそう, はその, はそれ, はどうも, はなに, はもったいない, はやさしい, はよく, はをかし, はグズ弁, はジヤアナリスト, は上手, は不釣合, は並大抵, は人, は信濃屋さん, は先方, は八兵衛, は凡て, は別に, は勿論, は危険, は危険千万, は困る, は堪らない, は大, は女, は嫁入り, は実に, は少し, は少しく, は当り, は彼奴, は怪しから, は慾, は文次, は止め, は正確, は此, は殊に, は残酷, は真, は社会欄, は神, は神靈, は私, は筋ちがい, は考え, は自分, は自己整理, は自由, は菊池君, は見る, は變ぢ, は躊躇, は道徳的, は錢形平次, は間違っ, は随意, は頭, は風, もあっ, もある, もあるだろう, もいや, もうなずける, もたいへん, もまた, もまにあわない, もめんどう, もやはり, も即ち, も召上がる, も可笑しい, も同じ, も大儀, も待ち, も悪い, も教祖, も最, も気, やな, やまたは, をあの, をいやがっ, をきい, をしばらく, をよし, を仏頂寺弥助, を側, を嫌がるだらう, を嫌っ, を嫌つて, を待ち, を待っ, を忘れなかった, を思っ, を悦んだ, を支え, を正しい, を気, を美しい, を聞き, を見, を見る, を躊躇, んに, ん忘れた, 何んと, 前途を, 嫌がって

▼ つけるよう~ (290, 7.1%)

53 にし 12 なこと, になった 8 な声 5 にいう 4 なもの, に, になる 3 な調子, にいった, にしました, にする, になりました, に云った, に言っ, に言った

2 [11件] な事, な低い, な工合, な暑い, にいっ, にした, になっ, に命令, に強く, に言い聞かせた, に進ん

1 [142件] じゃあがんりき, だが, でありますが, です, で可, で申しわけ, ないわゆる, なうやうやしい, なかっこう, なところ, なま, なまた, ならもう一度, な何, な冷たい, な刺身, な勢, な口, な口調, な呻き声, な場合, な大きな, な奇特, な姿勢, な底気味, な心もち, な心持, な恐ろしく, な恰好, な手紙, な扱い方, な文句, な方, な日, な暗い, な暢気, な有様, な柔らか, な気勢, な気持, な無意味, な熱した語気, な眼つき, な眼付, な科, な綿棒, な編集法, な老, な者, な自在さ, な苦しい, な血の気, な言, な言論, な調声, な身ぶり, な返事, な造り花, な鋭い, な間諜, な音, な響, な風, な驚愕, な高い, にいいたした, にいいました, にいい切った, にお雪ちゃん, にきびしく, にこい, にこう, にされる, にしなけれ, にそう, にその, にって何度おだやか, にとおっしゃった, にときまって, にとしか云い, にとの要求, にとソッ, にと云う, にと仰有った, にと先供, にと先日, にと日ごろ, にと言った, にな, になられた, になり, になります, にひっぱっ, にアオリ, にタネ, にハッ, にビュウ, にプロレタリアート, にポン, に一直線, に云い渡され, に云い重ねた, に伊織, に保, に出し, に原子, に叫んだ, に呼んだ, に命じた, に唇, に問い返した, に始め, に子供等, に家, に彼等, に思われた, に恐ろしい, に感じました, に感じる, に戒め, に手, に手はず, に持っ, に旨, に暖か, に杉弥, に校長, に犬, に猪口, に申し, に真心, に腹, に膝, に装う, に言いつけられた, に言いなさい, に言い出した, に話, に誰, に造作, に鋭い, に頭

▼ つけるため~ (114, 2.8%)

2 であった, にあなた, に使う, に私

1 [106件] かねて, か二, か前後, その原則, だ, だった, だったが, だったの, だと, だという, であったろうか, であり下, ではない, とのこと, と工場, と称し, と言った, なの, に, にあの, にあんな, にえらばれた, にからだ, にきてる, にこう, にしばしば, にせい一ぱい, にそこ, にそこら, にその, にそれ, にそれぞれ, にである, にはこんな, にはなぜ, にはもっともっと, には二重, には匙, には自分, には芽, には非合理的, にも大衆文芸理論, にやっと, にわざと, にわざわざ, にザロメさん, にワザ, に万年筆, に事件, に云う, に京都, に佐藤, に使, に借りた, に出かけ, に出向かれ, に出発, に力, に千里, に君, に大げさ, に女房, に実写もの, に弟子以外, に当然, に役立ち, に彼, に必要, に恋愛, に払うべく, に搭載, に来, に枕もと, に母親, に毛糸, に民主的, に浮身, に生活, に発明, に盃, に砲兵工廠, に碾割, に箱, に言っ, に身, に進んだ, に酒, に里人, に錬金術, に隠, に電撃, に青豌豆色, のインチキ, の品定め, の掛け声, の教育, の準備, の無意味, の無意識, の粗朶, の解散国会, の餘念, ばかりに男子, もあつ, 大多忙, 言った

▼ つける~ (99, 2.4%)

15 いい 12 よい 7 早いか 4 よいぞ 3 いいぜ, 好い, 宜い 2 いいと, ごとくに, それが

1 [46件] いいじゃ, いいぞ, いいという, いいの, いいひと, いいよ, いいエステル, いいネモラン, いい何ん, ええばい, かくしても, この照明, ごときは, ごとく感じられる, そうでない, その強弱, その連想, それまでは, それも, ために, つまりが, どうだらう, どこへ, はやいか, よいと, よろしい, よろしいという, 下層階級の, 事の, 余は, 先じゃ, 可い, 可哀相だ, 好いさ, 好いと, 好い思, 好事家は, 宜いとあの, 宜いよ, 座敷の, 心持が, 桙の, 私は, 菊の, 鈎は, 風が

▼ つける~ (99, 2.4%)

3412 だよ 7 だぞ, ですよ 4 じゃない 3 です 2 だから, だつて, だろう, だろうと, ですか, ですね

1 [20件] じゃありますまい, じゃありません, じゃたまらない, じゃねえや, じゃア, だからね, だが, だってよォ, だと, だな, だなあ, だね, だよとか, でしょう継続, ですかよ, ですからね, ですつて, ですとさ, です女, でなくっちゃあ

▼ つけるもの~ (90, 2.2%)

6 がある, では 53 だと 2 もなかっ, を持っ, を探した

1 [64件] から順次, があった, がいる, がなくなり, がなに, がイデオロギー, が私, じゃありません, それだけに理窟, だから, だが, だけで, だし, であった, でありますから, である, であるが, であるゆえ, ですか, ですね, ですよ, でない, でないこと, でないと, ときまっ, とすれ, とてはそう, と思っ, と来, ないに, などは一つ, にあらずし, にとってはこの, の中, の気, はいくらでも, はない, はなかっ, はなくなった, はひどい, は一揆, は人手, は持ち合わせ, は清潔, は無かっ, は男許, は男達, は綺麗, は駈けつけます, もありました, もあれ, もなく, も無い, やら来年, や持っ, よ, らしい, をもっ, をやっ, を二つ仕立女, を何一つ, を打, を施す, を片

▼ つけるやう~ (87, 2.1%)

16 にし 5 にする 43 な真似, にした 2 な, なこと, なその, な聲, にすたすた, にせね

1 [44件] であるが, でまだ, なことさ, なこの大きな, な事, な人物, な冬, な力, な午後, な好餌, な安らかさ, な或, な男, な種類, な笑, な自在さ, な調子, な造り花, な重々しい, な離れ業, な顔, な風, にそれぞれ, にといふ, にと言つた, になつ, にガラツ八, に一語一語力, に中村雄次郎男, に云つて, に修業, に其處ら, に合, に命令, に大きな, に度々, に強く, に戸外, に折々, に聳え, に裏木戸, に覗い, に鋸, に雨

▼ つける~ (64, 1.6%)

3 が出来る, になる 2 がある, さえおっくう, もある, も無

1 [50件] から妙, がむずかしかっ, が出, が出来た, が出来ない, が出来ません, が厳禁, が喜ばれる, が大切, が巧, が流行, だ, だけで, だと, であつ, と固, にきめ, にしました, にしよう, になつ, にも多大, によつて, に定め, に才能, に腐心, のない, の出来る, の必要, はせず, はないだろう, はなかつた, は出来ない, は出来ぬ, は到る, は到底, は危険千万, は却, は容易, は彼等, は賛成, もあり, も出来よう, やこの, を好まなかった, を好ん, を思, を思ひつく, を知らぬ, を考え, を覚えた

▼ つけるという~ (63, 1.6%)

10 ことは 5 ことが, ような 3 訳には 2 のか, のは, ものだ

1 [34件] ことから, ことこそ, ことだろう, ことである, ことには, ことも, つもりは, のが, ので, ふうの, もので, ものである, わけであった, わけです, んだ, 一事を, 乱暴な, 事は, 凡庸な, 同じよう, 掟に, 旧い習慣, 暇は, 暴力的方法で, 有様であった, 案外の, 法も, 珍らしい, 療治法を, 目的で, 立て前の, 筋あいの, 芸当が, 風な

▼ つける~ (44, 1.1%)

3 しても, 違いない 2 きまって, ちがいない, 便利な, 相違ない, 違ひない

1 [28件] あるん, いちばん都合の, しては, しろもっと, ちがいなかった, つとめるから, また一, 一日巴理を, 一驚を, 十分だった, 十分である, 及ばない, 反して, 困ったとかいう, 変りは, 工合が, 当って, 従つて社会に対する, 忙しい, 急で, 拘らず一方, 燐寸を, 至つた原因が, 苦心を, 足るだけの, 間に合わなかったもの, 限りますよ, 骨は

▼ つける必要~ (42, 1.0%)

9 がある 8 はない 3 があった 2 がない, のない, はなく, もない

1 [14件] から幽, があるで, があるなら, が何処, が生じ, こそあれ, のある, はありますまい, はある, はまだ, もなし, も充分, も生ずる, を痛感

▼ つけるから~ (36, 0.9%)

2 だ, 案外制し, 自然に

1 [30件] お父さんは, かんべんしろ, きさま, さッ, そのままに, それは, ちょっと待っ, であった, である, であると, ですよ, よく出来る, セーターの, ダメである, ツて, 一晩で, 三十円が, 今日の, 他人は, 先に, 変な, 左様心得ろ, 待って, 我国の, 日本人の, 気を, 紀久子にも, 自分が, 逆さに, 鯛の

▼ つける~ (35, 0.9%)

5 がある 3 がなかっ 2 がない, が一人, もある, もなかっ

1 [19件] ありとも, があっ, がいなく, がかなり, が三つ, が少し, だと, とても無くなっ, などの血汐, のない, のなか, はありゃ, はなく, はほざく, もない, もなくなった, もなく冷たく, もまま, をもとめ

▼ つける~ (33, 0.8%)

2 それを, どうかという, 代助自身, 小弁慶

1 [25件] あるいは会戦, いずれかを, さもなければ戸, したい気, しれたもの, その名, それとも応用問題, だ, つけないうち, つけないかの, どうか, どうかと, どうかは, どうかも, またはすでに, 休業届を, 又は爪先, 捲毛, 散歩を, 框をは, 殺すか, 瞭然感知し, 考えねば, 蜜柑が, 銀行の

▼ つけるわけ~ (33, 0.8%)

4 はない 3 では 2 にはいかない, にはゆかない, には行かない

1 [20件] じゃない, じゃねえ, でも, なの, にいかん, にいきません, にいきませんでした, にはいかなかった, にはいくまい, にはゆかなかった, にはゆかぬ, にはゆかねえ, にはゆきません, には行かなかった, にもいかない, にもいくまい, にも行かない, にも行かなかった, に參, に行かない

▼ つける~ (33, 0.8%)

5 に散る 2 が屋根, のなか

1 [24件] がまた, が千鶴子, が膚, でいつか, とさ, と雨, にさらされ, にそり, にはたはた, によちよち, に反っ, に帽子, に申しわけ, に進, のさびしさ, のなんと, のはげし, のみが大伴家持ら, の肌ざわりで推察, は海, は長い, もありました, も穏やか, を背中

▼ つけるつもり~ (31, 0.8%)

42 だつた, なの

1 [23件] かちょっと, かとまで云った, かともかく, か拍手, がみんな, じゃなかった, だが, だった, だったらしいが, だつたの, であつ, であの, でいた, ですか, ですから, でその, で出直し, で皮ごと一つ噛, で自信たっぷり, で見廻り, で言った, で馴れない冷酒, の目算

▼ つけるには~ (30, 0.7%)

1 [30件] あまり内的, いっこうさしつかえない, およばぬ, その方法, つけて, つごうが, どういうこと, またとない機会, まだ早い, 下町の, 二ツある, 厳しくする, 及ぶまい, 土地の, 天稟が, 妻の, 客からの, 少しでも, 左まで, 当らない, 必ず必要, 捕捉率の, 早いという, 時間が, 更に他, 此先幾多の, 氣の, 自分の, 都合が, 雲雀の

▼ つける~ (29, 0.7%)

3 がしない, になった 2 は毛頭ない

1 [21件] がしなかった, が出ない, だつたの, で屹, とみえる, などの起る, なの, になれなかった, になれませんでした, にはならない, にはなれず, にはなれない, にもならず, にもならない, にもなれない, はない, はなし, もしなかった, もせず, もなくなっ, をつけ

▼ つける~ (25, 0.6%)

2

1 [23件] がさうである, が来た, ではなかろう, と同じ, にそこら, にその, にたった, にはいつも, にはかなり, にはやはり, にも決して, に使う, に使え, に奥さん, に用いる, のこと, の悦び, の胸, はたいてい, は天地人, は蟒, もゐもり, も算盤

▼ つけるので~ (24, 0.6%)

2 あつた, 彼は, 画家が

1 [18件] この場合, ござりました, それを, ただ熱湯, どうした, サモイレンコの, 一つこの, 下女は, 二人の, 他人が, 品数が, 嬉しがる, 少し誇張, 感心した, 漢字でも, 皆いらいら, 脂が, 蠅は

▼ つけるところ~ (20, 0.5%)

2 がある

1 [18件] があつ, が先ず, が面白い, だ, だが, だろうが, でちょうど, なん, に群落, のない, の一つ, はない, は法善寺的, へと押し出し, まで漕ぎつけた, もある, を三俵, を考えた

▼ つけるのに~ (20, 0.5%)

1 [20件] いちばんつごう, かなり長い, この騒動, ずいぶん弱らされちまいました, なかなか骨, ふさわしい結婚, まだ全く絶望, よい, よっぽど骨, 余り都合の, 余念が, 塩が, 彼は, 忙しい, 手間が, 普通の, 最も重要, 火打石と, 目隠しされ, 自己の

▼ つける~ (19, 0.5%)

3 がある

1 [16件] があれ, があろう, がおます, がない, がなくなる, がはば, である, と遊ぶ, の少ない, はあった, はございません, はさすが, はただ, はめったに, もある, もなく

▼ つける~ (16, 0.4%)

3 にし

1 [13件] なうそ寒い, な声, な太い, な恰好, な空, に, にいいつかっ, にな, になつ, に横, に白い, に笑っ, に見

▼ つけるほど~ (15, 0.4%)

1 [15件] あっちも, えらい先生, その子, では, ケチな, 強くなっ, 悪辣で, 気にも, 疑惑の, 窮屈な, 纏まった事件, 耄碌は, 落ちついて, 鑑賞眼に, 食物は

▼ つける~ (14, 0.3%)

1 [14件] かについて行った, ですぜ, どんな努力, にそれ, にそんな, にとりあ, にのみした, にはよっぽど, に二三枚, に厭味, に団十郎, に時々, に燐寸, の灰

▼ つけるといふ~ (13, 0.3%)

1 [13件] ことは, やうな, やり方などは, 不謙遜, 儀式が, 気軽な, 消極的な, 積りで, 習慣が, 話は, 譯には, 風だつた, 風に

▼ つけるとき~ (13, 0.3%)

1 [13件] がある, などは朝, にたった, には, にはこんな, には土台, に限り, の顔, はその, はない, 悲しい思い, 言う言葉, 遠き星

▼ つけるとは~ (13, 0.3%)

1 [13件] うや, ちか頃不都合, とんだ罪, 何事だ, 余計な, 全くけし, 合点の, 思へなかつた, 怪しからん話, 殿も, 申さぬわ, 貴様よほど, 限りません

▼ つける~ (13, 0.3%)

4 のため 1 が尾根越し, が顔, に刃, に埋められまし, に正面, に頬, の為め, の音, は一つ

▼ つけるかも~ (12, 0.3%)

3 知れないと 1 しれない, しれぬし, しれんて, 判らない, 知れない, 知れないが, 知れないよ, 知れぬ, 知れぬが

▼ つけるだけの~ (12, 0.3%)

1 [12件] ことだ, ことに, ことは, ことを, 一弾き, 事であります, 元気も, 因縁が, 地積は, 材料を, 用心を, 眼識は

▼ つける~ (11, 0.3%)

1 [11件] うければ, かけでした, まったく幸運, 三遊亭圓馬の, 出稽古も, 手紙も, 文学として, 泥棒は, 荷物は, 落ちて, 軽い振動

▼ つけるとか~ (11, 0.3%)

1 [11件] いろいろの, そんなこと, ソックスを, 乱暴する, 何処かに, 命令する, 慰安を, 申しますが, 病人が, 言うて, 貞操の

▼ つけるより~ (11, 0.3%)

2 ほかに 1 ほかは, 仕方が, 仕様が, 外には, 手を, 為方, 若いジェネレーション, 道が, 電光や

▼ つける~ (11, 0.3%)

1 [11件] に, にまず, にガフ, に其松林, に娘, に家, に已に, に熊笹, に立上つて, に自分, に見付け

▼ つけるかと~ (10, 0.2%)

2 思うと, 思って 1 いふと, ひざの, 多大の, 思つて余は, 思ふと, 聞いたらい

▼ つけるまで~ (10, 0.2%)

1 だという, どっかで, どんなに手数, やらなければ, 二時間も, 凡そ半年, 待ち込んで, 用事も, 見つめて, 離さない

▼ つける~ (10, 0.2%)

2 でも, のもの 1 じゃあなし, にはいかない, にもゆかね, にも行かない, にも行かなかった, にも行くまい

▼ つけるだけ~ (9, 0.2%)

1 だ, だった, であった, である, でこれ, ですね, ならよい, 損だ, 注意し

▼ つける余裕~ (9, 0.2%)

2 もなく 1 がない, がなかっ, さえなかっ, すらない, はありません, はほとんど, も機縁

▼ つける~ (9, 0.2%)

1 があった, がある, がねえ, が多い, ではなかっ, もより, やいきなり, を持っ, を籠め

▼ つける~ (9, 0.2%)

1 がある, だ, だつて, はたつた, はない, は殴っちまえ, もある, を寄越せ, を考え

▼ つけるにも~ (8, 0.2%)

2 及ばねえが 1 いちいちお, 例の, 及ぶめ, 程が, 足りないと, 都合が

▼ つける~ (8, 0.2%)

1 ですから, ならばと, なら一層, なら漠然, なら百萬遍, な処, のあらゆる, は何処

▼ つける場所~ (8, 0.2%)

1 がちょっと, が見つかった, といっ, について私, は誰, をその, をぽ, を見出す

▼ つける~ (8, 0.2%)

2 がいい, がよい 1 が容易, が正しい, が気持, が薬

▼ つけるかという~ (7, 0.2%)

1 こと, ことも, 切羽詰ったようす, 問題が, 嘘の, 段に, 観念の

▼ つけるなんて~ (7, 0.2%)

1 えの, ことを, なまいき, よろしくない, 何といふ, 実に言語道断, 訳に

▼ つけるはず~ (7, 0.2%)

1 がない, であ, です, でなかった買収費, のこの, のもの, の腰

▼ つける~ (7, 0.2%)

1 だが, であった, とその, になれ, に着る, の備え, の暮

▼ つける~ (7, 0.2%)

3 になつ 1 な時, な油蝉, にし, に頼んだ

▼ つけるそれ~ (6, 0.1%)

1 が彼, と同一, と少し, の如く, は無数, も極めて

▼ つけるなど~ (6, 0.1%)

1 いかめしい人物, イヤもう, 及びも, 念入りに, 気を, 蝶子は

▼ つけるばかり~ (6, 0.1%)

1 だが, であるが, でした, でその, では, で渦巻く吹雪

▼ つけるまでには~ (6, 0.1%)

1 そう多く, どのくらい, 一方ならず野村, 大きな棟, 幾度も, 間が

▼ つけるもん~ (6, 0.1%)

2 か, ですよ 1 か馬鹿, でも

▼ つける~ (6, 0.1%)

1 いろんなこと, そうして薬屋, その上, それから陣屋, ケン, 半分は

▼ つける仕事~ (6, 0.1%)

1 がしたい, だった, にその, もあんまり, をし, を自

▼ つける~ (6, 0.1%)

1 がした, がも一度, が稍, だった, でうっかり, は一隊

▼ つける~ (6, 0.1%)

3 まで庭 1 もねい, を, を自分

▼ つける~ (6, 0.1%)

1 がし, が平手打ち, が微か, だ, も凄, を聞いた

▼ つける~ (5, 0.1%)

1 さんじつ, もての, 延の, 若いお, 銀は

▼ つけるって~ (5, 0.1%)

1 あんなもの, いうな, そうする, 無いん, 無事帰還を

▼ つける~ (5, 0.1%)

1 あたりまえじゃ, つけるな, アこっちの, バカ者めと, 松明を

▼ つけるほか~ (5, 0.1%)

2 にはよし, に先 1 ない

▼ つけるほどの~ (5, 0.1%)

1 効果も, 品物は, 大事件, 美しい清らか, 落つきはらつた態度

▼ つけるやら~ (5, 0.1%)

1 して, 楽屋裏では, 気味の, 綱を, 鍋を

▼ つけるよりも~ (5, 0.1%)

1 その方, 今度の, 古井戸, 田圃の, 踊り子の

▼ つける機会~ (5, 0.1%)

1 がいかに, がなかっ, がなく, を今, を探し

▼ つける気持~ (5, 0.1%)

1 で便所, にならない, にはなれなかった, の悪い, はもたない

▼ つける理由~ (5, 0.1%)

2 を持たない 1 がどこ, がわからない, にはなりっこ無い

▼ つける~ (5, 0.1%)

2 があった 1 あり, のある, の一つ

▼ つける~ (5, 0.1%)

1 の力, の嘘, の奴, の気力, の皮膚

▼ つける~ (5, 0.1%)

1 だ, である, なの, のもの, の煙突

▼ つける鰭袖~ (5, 0.1%)

5 を美しく

▼ つけるあの~ (4, 0.1%)

1 一致する, 塩だ, 独特な, 野郎こそ

▼ つけるくらい~ (4, 0.1%)

1 なところ, なら大丈夫, な戒心, 身近に

▼ つけるころ~ (4, 0.1%)

1 になります, には葉子, に見, をみはからっ

▼ つけるその~ (4, 0.1%)

1 ことで, 人の, 気持から, 身に

▼ つけるとも~ (4, 0.1%)

1 いいよう, とられる様, なく久慈, なしに

▼ つけると共に~ (4, 0.1%)

1 かの文学好, この家, その音, 買った敷地

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 なかなかコツ, まだしも忍ぶべし, 不折, 恐れ多いと

▼ つけるばかりに~ (4, 0.1%)

2 して 1 してまで, 注視した

▼ つけるひま~ (4, 0.1%)

1 があるなら, のなかっ, もなかっ, もなく

▼ つけるまでは~ (4, 0.1%)

1 ないが, 夜明かしでも, 意識の, 用心深く捉

▼ つける場合~ (4, 0.1%)

2 もある 1 だけである, はぼく

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 がない, である, へよう眼, らしかったお

▼ つける方法~ (4, 0.1%)

1 が如何にも, の心当り, を知りたい, を講じ

▼ つける時間~ (4, 0.1%)

1 がなく, さえ惜しい, とかい摘ん, を失い

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 かしら, がない, で小磯扇次, になった

▼ つける為め~ (4, 0.1%)

1 です, に先日, に大, に帰郷

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 から洗い, でたぶさき, のうち, を持つ

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 が少く, じゃア, だと, の姿

▼ つける積り~ (4, 0.1%)

1 だな, であったそう, です, で故意

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 ってもの, はない, はねえ, はねえとみえ

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 なりと, もない, も文句, も知っ

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 に畑, ももどかしく, も彼, も惜しい

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 が戸, が波, に顔, の音

▼ つける~ (4, 0.1%)

1 でした, にはそれ, はそれ, は大概

▼ つける風の音~ (4, 0.1%)

1 が聞える, だろうと, に自分, も雷

▼ つける魅力~ (4, 0.1%)

2 がある 1 と才能, を増す

▼ つけるかの~ (3, 0.1%)

1 ように, 二つしか, 如く荒ツ

▼ つけるかは~ (3, 0.1%)

1 吾輩の, 知らないが, 自分でも

▼ つけるくらいの~ (3, 0.1%)

2 用心は 1 ところであろう

▼ つけるぐらいの~ (3, 0.1%)

1 ことは, タシナミが, 職場の

▼ つける~ (3, 0.1%)

1 っ, ォ, ッ

▼ つけるぞと~ (3, 0.1%)

1 とりいそぎ紋付袴, 云おうが, 悪たれを

▼ つけるたび~ (3, 0.1%)

1 にゴボッ, に低級, に煙草盆

▼ つける~ (3, 0.1%)

2 せう 1 せうが

▼ つけるとして~ (3, 0.1%)

1 あとは, 百人ぶんばかり, 秩序紊乱という

▼ つけるどころ~ (3, 0.1%)

1 じゃない, では, の騷ぎじゃなく

▼ つけるなと~ (3, 0.1%)

1 いうので, 仰しゃったので, 昔から

▼ つけるほどに~ (3, 0.1%)

1 して, なったし, 持って

▼ つけるまでに~ (3, 0.1%)

1 しなければ, 三日も, 内海殺しの

▼ つけるまでも~ (3, 0.1%)

1 ない, なかつた, なくわたし

▼ つける~ (3, 0.1%)

1 あり, ン, ンおじいちゃんは

▼ つける~ (3, 0.1%)

2 否や 1 否や眠った

▼ つけるわけぢ~ (3, 0.1%)

2 やねえ 1 やある

▼ つける人間~ (3, 0.1%)

1 ではない, に依, もない

▼ つける余地~ (3, 0.1%)

1 がない, でもある, のない

▼ つける~ (3, 0.1%)

1 か身体, なのよ, に二葉亭

▼ つける努力~ (3, 0.1%)

1 とが生れ, をみんな, を忘れなかった

▼ つける勇気~ (3, 0.1%)

1 がなかっ, とてもございません, はない

▼ つける北風~ (3, 0.1%)

1 すらもなく, と舷側, を當面

▼ つける~ (3, 0.1%)

2 はない 1 はあるまい

▼ つける~ (3, 0.1%)

1 の圖, の声, は堅氣

▼ つける~ (3, 0.1%)

1 に杉, に赤く, に高

▼ つける意味~ (3, 0.1%)

1 がある, で問題, をなさない

▼ つける煤煙~ (3, 0.1%)

3 の中

▼ つける~ (3, 0.1%)

1 には吾, に人, に當然

▼ つける~ (3, 0.1%)

1 には暗い, の方, は飲めない

▼ つける約束~ (3, 0.1%)

1 ができ, だ, をしました

▼ つける習慣~ (3, 0.1%)

1 さえない, になっ, のある

▼ つける自分~ (3, 0.1%)

1 の声, を感じた, を見出す

▼ つける~ (3, 0.1%)

2 であつ 1 の方

▼ つけるあいだ~ (2, 0.0%)

1 にマチア, 黙って

▼ つけるかといふ~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことを

▼ つけるからって~ (2, 0.0%)

1 お母さんが, 相手の

▼ つけるくらいが~ (2, 0.0%)

2 関の山で

▼ つけるけれども~ (2, 0.0%)

2 滅多に

▼ つけることさ~ (2, 0.0%)

1 へしなかつたらう, へ忘れ

▼ つけるこの~ (2, 0.0%)

1 抑えつけるという, 緊張した

▼ つけるじゃ~ (2, 0.0%)

1 ねえか, アない

▼ つけるそう~ (2, 0.0%)

1 して, だ

▼ つけるだけが~ (2, 0.0%)

1 無駄と, 精いっぱいな

▼ つける~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ つけるとでも~ (2, 0.0%)

1 思ってるの, 言い得るよう

▼ つけるとの~ (2, 0.0%)

1 おさげすみ, 嫂の

▼ つけるなどは~ (2, 0.0%)

1 愚の, 甚だ片腹痛い

▼ つけるなり~ (2, 0.0%)

1 管の, 自分も

▼ つけるなんぞ~ (2, 0.0%)

1 そんな大, 訳なかっ

▼ つけるなんと~ (2, 0.0%)

1 いう度胸ッぷしのあるやつは一人, うめえ

▼ つけるのね~ (2, 0.0%)

1 二日に, 昔の

▼ つけるのみ~ (2, 0.0%)

1 で他, で閑寂

▼ つけるほう~ (2, 0.0%)

1 がいい, が好き

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 一着なしたる, 見ては

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 てどう, てどんな

▼ つけるワケ~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 だぞ, ですよ

▼ つける一種~ (2, 0.0%)

1 の不快, の圧迫

▼ つける丁度~ (2, 0.0%)

1 いい題, 肉体では

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 で又, に朝夕

▼ つける予定~ (2, 0.0%)

1 であった, なん

▼ つける以上~ (2, 0.0%)

1 に有益, はこの

▼ つける~ (2, 0.0%)

2 うなり勝手

▼ つける何より最も~ (2, 0.0%)

1 耐え難いの, 耐へ

▼ つける何物~ (2, 0.0%)

1 かがある, をも持たない

▼ つける俳人~ (2, 0.0%)

2 あれば

▼ つける俳諧~ (2, 0.0%)

2 の選

▼ つける~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ つける吹雪~ (2, 0.0%)

1 を突き破り, を避け

▼ つける~ (2, 0.0%)

2 だけを容れる

▼ つける埃風~ (2, 0.0%)

1 の中, もコオト

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 不忠者, 先生です

▼ つける太陽~ (2, 0.0%)

2 が宛然火

▼ つける姉さん~ (2, 0.0%)

2 になつたの

▼ つける度ごと~ (2, 0.0%)

1 にやられた, に私

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 は爺, をする

▼ つける悪者~ (2, 0.0%)

1 があれ, の話

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 る日, 物を

▼ つける手筈~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ つける文章~ (2, 0.0%)

1 でも, をかいた

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, もない

▼ つける桟橋~ (2, 0.0%)

2 を寒肌

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 の気質, を疎ましく

▼ つける母親~ (2, 0.0%)

1 そしてその, の寐

▼ つける気力~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ つける水祝~ (2, 0.0%)

1 という題, といふ題

▼ つける河霧~ (2, 0.0%)

1 がふる, がふるえ上がる

▼ つける~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ つける準備~ (2, 0.0%)

1 が出来た, をはじめて

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 のごとくおどり上がりはしり, も居る

▼ つける~ (2, 0.0%)

2 を求め

▼ つける疾風~ (2, 0.0%)

1 に妨げられた, の時

▼ つける真似~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 のこと, 細い点

▼ つける胡麻~ (2, 0.0%)

2 の油

▼ つける若い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 男とが

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 はない, を呑む

▼ つける言葉~ (2, 0.0%)

1 まで激しい, を僕

▼ つける責任~ (2, 0.0%)

1 があり, がある

▼ つける道具~ (2, 0.0%)

1 なの, のため

▼ つける野分~ (2, 0.0%)

2 に催され

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, もなく

▼ つける~ (2, 0.0%)

1 からこなしつける, もつかわず

▼ つける飾り~ (2, 0.0%)

1 のかき, の小物類

▼1* [500件]

つけるはは泣, つけるあえて諸君の, つけるあたりからお, つけるあつさりした, つけるあなたは実に, つけるあまりつい人, つけるある南国の, つけるいっさいの舶来品, つけるいとまは, つけるいやな気持, つけるうきは木をけずっ, つけるうんと踏んばろ, つけるおぼろげな筋道, つけるおまじないに何, つけるおもりにしよう, つけるお爺さんが御座います, つけるかが問題です, つけるかつらと昔, つけるかなと思って, つけるかなどしても, つけるからにはいずれ鈍刀, つけるからの起りで, つけるかわりに朝食, つけるかを議論し, つけるかんのところ, つけるくせがあった, つけるくらいにして, つけるぐらいなら始め, つけるぐらゐなら始めからアッサリ武力, つけることそれは一個, つけることぢや, つけること人間の一切, つけること孫兵衛の手, つけること日々に新た, つけること私も実験ずみ, つけるこぶしの木, つけるこれはほんと, つけるこッてす, つけるったな, つけるごとよういう, つけるへ遠慮, つけるざまを見, つけるすぐ帰れ, つけるすると申し分の, つけるあの浪人者, つけるそこら一帯の, つけるそしてそのため相手, つけるそれぞれの題, つけるたびざあつと雨のやう, つけるたましづめの意味, つけるたまふりの意味, つけるためウイスキーを注文, つけるため今度は罪, つけるため入院した妻, つけるため切支丹屋敷のお, つけるため将来のおのれ, つけるため樋を渡し, つけるため永久に育ち得ない, つけるため父親が一札, つけるため私の半生, つけるため虎斑のよう, つけるだけで何んで, つけるだけでもものの, つけるだけは遣りつけたの, つけるちからを持っ, つけるっていう約束を, つけるつうのはまだ, つけるつてことはさ, つけるつて宿へつける, つけるてな芸当は, つけるとかいうことに, つけるときマッチで先ず, つけるとき彼がその, つけるとこはここ, つけるとしても本当にそれくら, つけるとともに恐れさした, つけるどうなり勝手, つけるどこかへ妾, つけるなあ真平御免, つけるなかを山蔭, つけるなぞ一時は, つけるなという旧家の, つけるなどと云うこと, つけるなどとはたしなみの, つけるなどの戦法は, つけるなども此の, つけるなんかテレ臭い, つけるについてははたしてそれ, つけるにゃアこれに, つけるに従ってそれが, つけるのさへ苦痛, つけるのみかたとい実際は, つけるはな紙は利久, つけるばかりか身体が, つけるばかりじゃありません刀, つけるほか耳にも新しい, つけるもあら, つけるまごまごして, つけるまねをし, つけるみたいな心遣い, つけるみやまだいこんやは, つけるめんどうをいやがり, つけるもう不覚とは, つけるものその他諸色がたくさん, つけるものぢやありません, つけるものの市松に, つけるもの帯封を張る, つけるもの野らも何, つけるやいなやひらりと, つけるやうぢや油斷, つけるやさしい安全な, つけるやり方は甘い, つけるゆえ和尚の所, つけるよい名は, つけるよう国男との間, つけるよりは死んだが, つけるあたいね, つけるわいなんとかし, つけるわかい貴婦人です, つけるわかうどの舟, つけるわざではない, つけるんでげすが, つけるアリは在り, つけるインド風である, つけるカラーボタンを手, つけるガラスをたのむ, つけるクリームを持たない, つけるグラスを一つ, つけるコツプを受けた, つけるスカートをモーニング, つけるツモリであるかと, つけるよろしい覚え, つけるバカがいる, つけるヒマもない, つけるプリズムを改良, つけるムクの声, つけるレースや縫附飾, つけるロールにボール紙, つける一人ですが, つける一廉の洋行, つける一方全校をあす, つける一点の絵の具, つける一番短くて, つけるでも平常, つける三人の方, つけるから次第に, つける不思議な魅力, つけるを歩い, つける主義ですか, つける乱暴な教員, つける乳母の手, つける事実に似, つける事柄なん, つける事此れ何たる, つける二人の爪, つける二月の寒風, つける二枚の帆, つける五分前に駕籠, つける人々の騒音, つける人好きのする, つける人間ぢやありません, つける人間価値のいつはり, つける仕方はあるまい, つける仕方永代供養料としての多額, つける代りに科学, つける代物だあんな, つける代物ぢやありません, つける以外に仕方, つける仲間の労, つける位置に出し, つける作用のやう, つけるであったが, つける価値もある, つける保証書の印, つける値打がご, つける値段に満足, つける傾き無しとしない, つける傾向がある, つける僧侶とをあてがった, つけるがある, つける儀式もいろ, つける元気がない, つけるに人形, つける先生は甘く, つける光景が滑稽, つけるとは思わねえ, つける八五郎という人間, つける其の運動さへ, つける冒険を敢, つけるが町, つける凄まじさ, つける出入りの客, つける前ぶれであること, つける前文を書い, つけるに利目, つける力一杯の怒号, つける勉強をした, つけるよく燃える, つけるひに, つける匂いがつい, つける包帯して, つける化粧の仕方, つける化粧水を買った, つける衣の, つける危険がある, つける原稿を書い, つける口実がない, つける可愛らしさが, つける同居の娘, つけるで監督日記, つける呆けた眼, つけるが独特, つける哲学です, つける四五百通の手紙, つける四月二十九日五時半起床六時ミサ八時半から教会, つける団長のめがた, つける国民には黙, つける土砂が頬, つけるに座り, つける場合白昼でも深夜, つけるの女, つける大伴黒主とも見られません, つける大声あげて, つける大家にも普通, つける大次郎を尾, つける天花粉の代金十仙, つける失業者や今度, つける奇妙な映画, つける女の子が居た, つける女性であること, つける女神の瞳, つける機会が, つける如何なる物も, つけるも僕, つける娘さんたちがない, つけるやももう, つける婦人だけを待ち, つける婦人たちは勿論, つける子供の習癖, つける害悪と差し引き, つけるを探した, つける容子が無, つける寒い北風に, つける寺号をよろこん, つける専制君主であった, つける尊称ですから, つける導火線にもなる, つける新聞だつた, つける小さい結びリボンを, つける小指の動き, つける小鳥の声, つける川口には土橋, つける工合に進ん, つける工夫の愚か, つける希望を達せられる, つける帳面以外には見た, つけるばかりであった, つける度毎に不気味, つける強い風が, つける当日らて, つける彫像が一時, つける役割をもった, つける役者が何人, つける律気さがある, つける御身の技, つける心地がした, つける心持も同時に, つける心配もない, つける必然の力, つける応答をし, つける快い力が, つける快感を知った, つける怪物のやう, つける恐ろしい冬は, つける息ごみでどなつた, つけるのうごめき, つける惡者があれ, つける意図で書かれた, つけるはしなかつた, つけるの金堂ここ, つける慈恵大学の会, つける態度でか, つける憂いがある, つけるが見る, つける戒名ほど俗, つける所作があっ, つける扇形の木箆, つけるから脱, つける手はずになっ, つける手掛りにならない, つける手段を進めた, つける手法になれ, つける手間がか, つけるは度々, つける折紙のほう, つけるでああ, つける教育としては最高, つける散歩する身心平静, つける新しくもない, つける日本の学者, つける日記帳を出し, つける時マッチをすりましたら, つける時分ですが, つける時右の手, つける時彼等は色, つける時濡手拭の堅い, つける時番号に, つける景物がある, つける景色を見ます, つける智恵者の面影, つける暑熱の乾燥, つける暖かさを, つける曠野の狼, つける書生をつかまへ, つける最も鄭重な, つける最低線で軽業, つける有力な人物, つける服飾も粋, つける望みも覚束, つける朝顔を私達, つける木綿糸を多く, つける杉狂は声, つける杓子の小さい, つけるのま, つける条件を具備, つける東南の風, つける栄蔵もお節, つける根附は高尚, つけるの若木, つけるくありふれた鈴, つけるではない, つける様子は同じ, つけるを自分, つける権利はない, つける樹木を, つける機會もなくなるだらう, つける欄干に降る, つける欄間の彫刻, つける歌日記を幽閉中唯一, つけるとなる, つけるに窓, つける民衆といふこと, つける気ちがいなどはねえ, つける気もちではいる, つける気位で立合っ, つける気楽な叔父, つける気違いだと, つける気遣いはない, つける氣がまへな, つける氣力もなく, つける水薬同様しつこいと, つけるのさびしい, つける沙汰ではありませぬ, つけるがぞっと, つける法人相家相九星方位干支卜筮等みなこれに属す, つけるのシブキ, つける洋服のかたち, つける海霧が根室, つける温度表には随分, つけるでその, つける渾名ほど刻薄, つける火焔のよう, つける炎天へ半, つけるにおいて魯, つける烈風に送られ, つける無精な画家, つける煙草の輪, つける照明灯は地上, つける燭台の火, つけるの首筋, つける特權をあなた方, つける特殊の魅力, つける特筆大書の想念, つける狂暴な西南風, つける猟具である, つけるができた, つける用意をし, つける田舎道の炎天, つける留五郎を笑い, つける留釘のよう, つけるだ, つける白バラの由来, つける百貨店の飾窓, つける目的で金, つける真にせまった名演技, つける瞬間に樹, つける矢の根石がある, つける知識の持合せ, つける破綻がない, つけるの名, つける程度のもの, つける種類でなければ, つけるだつて, つける空気などの快, つけるの下, つけるなどを削っ, つける箇所がなくなる, つける粉雪がく, つける粒雪を見た, つける粗末な葦簾, つけるでも何, つける糸目で凧, つける素晴しい祝言, つける素朴な方法, つける細かい紙を, つける細川君の偉大, つける紺屋糊のあつかい, つける結論はいつも, つける練習に主点, つけると接吻, つける義務があり, つけるでござらうが, つける習わしがあったらしく, つける習性がいつか, つけるへで筆, つける考えが起きた, つけると口, つける肌寒い夜風位いには, つける肌着が清潔, つける肥料の為替, つける能力をもっ, つける腰巾着を一個, つける膠質の感情, つける自信は今, つける自動車がきり, つけるに困, つける船乗りなぞがこんな, つけるっぽい空気, つけると小母さま, つける花香がわが, つける苦心で背, つける茶褐色の大きな, つける菖蒲の種類, つける落着きをもつ, つけるの形, つけるか身體, つけるしぶき, つけるの仕事, つける要素である, つける規則になっ, つける親指と共に激しい, つける観世音菩薩は真理, つける計画じゃったこと, つけるには行かない, つけるの何, つける説明がみあたらない, つけるだって血の気, つける警視庁からは中村捜査係長, つけるにもゆかね, つける護謨塗機がある, つける賃仕事である, つける資格はない, つけるの女, つける人間的な, つける足音を聞いた, つける躑躅が逸早く, つける身上がいくら, つける身構えだった, つける転倒は平等, つける暫らくの, つける迄に骨が, つける近所の人, つける途中に一方, つける途中一度だつて, つける途中将門のため, つける造花などが届けられ, つける遊戯であった, つけるなく土民たち, つける道理がある, つける部屋は奥, つける都合がある, つけるの印形, つける金あんどんやちょうちん, つけるの音, つける銭金の用意, つける鋭さである, つけるを丸ビル, つける闇太郎とはしゅうしゅう, つける限りこのアイロニー, つける随分危険な, つける隙間で私共, つける雨戸の音, つける雨音ばかりが無情, つける雪風の不安さ, つけるの写真, つける静かな坂道, つける革具のとおり, つける音楽の扱いかた, つけるがあった, つける頃ランプの前, つける頭巾帽の飾りリボン, つける顔つきが必要, つける風習もいまだに, つける飾りものも山車, つける飾り団子をオマル, つける飾り物などはなにひとつ残, つける養生法で天子, つける騒ぎであった, つける鰻針とあたり前, つける黒貂の皮