青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つけられ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つくっ~ つくづく~ ~つくり つくり~ ~つくる つくる~ ~つけ つけ~ ~つけた つけた~
つけられ~
~つける つける~ ~つた つた~ ~つたの つたの~ つたら~ つち~ ~つづい つづい~

「つけられ~」 1027, 11ppm, 9777位

▼ つけられ~ (804, 78.3%)

58 いた 41 いる 29 いるの 17 しまった 13 いて 11 いるよう 10 ゐる 9 あった, ある, ゐた, ゐるの 7 いること 5 いたので, いました, しまいました, しまったの, ゐるもの 4 ありました, あるの, いたが, いたの, いるので, しまつ, しまひました, ゐるやう, 居る 3 いった, いない, いるという, いるとも, しまって, 来たの

2 [30件] あんな色彩, いたと, います, いるから, いるし, いると, いるとは, いるん, しまう, そして病院, それに, みると, ゆくの, ゆくよう, ゐたので, ゐた私, ゐても, ゐるが, ゐるので, ゐる蝶, 居る奴, 居る様, 来て, 秋の, 行く, 行くの, 行った, 身を, 身動きも, 電車を

1 [443件] あ, あたら丸髷, あたら溜飮, あちらこちらと, あっさり抛りだされた, あったの, あった鼠色毛布, あって, あまり人から, ありその, ありそれ, ありなお, あります, あるそれら, あるとは, ある光電子管, ある土間, ある時間表, ある麓, あわてて, いい筈, いきなり帽子, いきます, いくの, いたお, いたから, いたし, いたそう, いたその, いたのに, いたほど, いたよう, いたらしかった, いたん, いた伸子, いた位, いた僕, いた又, いた古, いた呼吸, いた咲耶子, いた婦人, いた学生, いた沢山, いた男, いた皆, いた社会全般, いた程, いったこと, いったの, いつまでも, いないか, いないこと, いないだけ, いないの, いないよう, いない場合, いない寝台, いない所, いなかっただから, いなかったの, いましたから, いましたわね, いまして, いますがね, いやな, いようとは, いるあの, いるうち, いるお, いるか, いるかの, いるせい, いるそう, いるその, いるぞ, いるところ, いるなと, いるに, いるにも, いるもの, いるらしい, いるらしい士乙, いるらしい姿, いるらしかった, いるわけ, いるアーチ, いるストックホルム大学, いるポケット, いる三吉, いる三番目, いる不良青年, いる二条, いる人, いる人間, いる伊織, いる体, いる保護, いる国, いる多分, いる家, いる容子, いる専売局, いる山, いる建具屋, いる手紙, いる拡声機, いる日記, いる明智, いる時, いる松, いる桜, いる棘, いる気配, いる渡辺天蔵, いる現象, いる琴, いる種々, いる若い, いる見物人, いる説明, いる象徴, いる農民, いる通り, いる錠, いる錯覚的, いる頃, いる首相, いる髪, いる髪の毛, うまくそれ, うめきながら, うるさくつて, おりました, おり使いもの, おり同級生, おり旅客ら, おる, お恥しい, お時, お艶, からだじゅうが, きたが, きたの, ぎうぎうにされておれは, くしゃんと, くるの, ぐるぐるあの, ここへ, こそこそ入場料, ことごとに, この刑場, この手紙, こようと, しかたなく, しかたなくちよつ, しばらく田, しまいある, しまうお, しまうだろう, しまうと, しまったから, しまったよ, しまった作者, すくみが, すっかり部屋支度, ずいぶん振った, そいつが, そこを, そのとき, そのふくよか, そのままけし飛んだ, そのコットン, その仲間, その後で, その後について, その成就, その時, その老女衆, それで, それを, ただ不安, たちまち家族, たまるもの, たまるもん, だれが, ちょうどあの, ちりちりする, てらてら光っ, でかけました, とうとう黒い, とても愉快, とどまり次に, どうかした, どんどん駆け出し, なんの, のけぞりました, はじめて自分, ひとりでに湖水, ひょッ, びっくりした, ぷすぷすと白い, まだそのままに, まるで息, まんざらで, みたり, めんくらって, やっと大, ゆく, よいの, よろよろし, わざわざ松屋, ゐたから, ゐたが, ゐたけれど, ゐたなき, ゐたの, ゐたほど, ゐたやう, ゐた男, ゐた胸, ゐて, ゐでも, ゐないといふ, ゐないの, ゐないので, ゐました, ゐますので, ゐるかの, ゐる事, ゐる人間, ゐる寫眞, ゐる様, ゐる標題, ゐる樣, ゐる物音, ゐる稱號, ゐる赤く, カルト・ディダンティテは, キュウキュウいっ, クリヴォフ夫人は, ドーンと, ヴィーニュ・サン・マルセル街の, 一たまり, 一も, 一夜づくりの, 一時は, 一艘沈ん, 一足毎に, 上さんが, 与八は, 世間を, 両腕, 主人達の, 了うのが, 二人とも, 二人ともども息を, 二人の, 云はれる, 亡され, 人目に, 人間なみの, 人間の, 今なほ御蔭を以て, 仕事の, 何ちふ, 何の, 何處かへ, 余儀なくせられ, 佛樣の, 借りると, 値引きを, 偽わり, 六年越奉公を, 内儀は, 内容が, 凍って, 出来たもの, 初めて自己, 勇みを, 勢ひづいた, 十日ばかり, 卒業証書と共に, 厳重な, 参ります, 又気, 叩きつけられて, 台処で, 呼吸の, 哀歌の, 喰い締めた反っ歯, 四日四晩も, 困ること, 困ると, 困るな, 困惑し, 国香亡き後は, 土台が, 在る, 地味に, 大砲は, 大評判, 失敗だ, 女を, 好きに, 娘を, 学力優等の, 宇都宮へ, 家内は, 容易に, 容貌の, 将来かかる, 小まめ, 小クーデター的, 少し垢抜け, 尼君の, 居た, 居たん, 居た喫煙慾, 居つい, 居ないと, 居りました, 居りますから, 居るお, 居るの, 居るん, 居る事, 居る限られた小, 希望も, 幾度も, 度々卒倒, 引っぱられて, 弱った, 弱ってたぜ, 彼女の, 後ざま, 従順に, 心さえ, 忘れられない美しい, 怒気胸に, 急いで, 怪我を, 恰も近視, 悄気かえり, 愉快な, 愛せられ求婚, 憎悪と, 手も, 才丸の, 承知出来る, 料亭へでも, 方々へ, 方船は, 暮して, 暮らして, 月々に, 有無を, 本人の, 来た, 来たお, 来たと, 来たので, 来たもの, 来てるん, 来ました, 来る白い, 松葉燻し, 枕頭に, 桜ひらかう, 梯子を, 死ぬまで, 死んで, 毎日の, 毎日チクタクやっ, 気味が, 気絶し, 浮気な, 深川の, 湖水の, 満顔紅, 火煙を, 無言っ, 父親は, 片腕を, 現れないので, 理想の, 當江戸表へ, 疎らに, 発表され, 目眩し, 眼を, 眼前に, 矢鱈に, 私は, 素直に, 絞殺に, 絶体絶命の, 罰せられるの, 罰金沙汰に, 耳を, 脱された, 臺本通り實は, 興奮し, 花婿に, 芽を, 若者は, 苦しい息, 苦しが, 苦しさ, 苦沙弥先生が, 藪蛇に, 行くらしかった, 行く限り, 行ったの, 見える霧, 詰められると, 読みすすんで, 警察に, 負けに, 賛之, 赤い波, 赤くふやけ, 足は, 足場を, 跡を, 身体を, 退位を, 送り返されたこと, 逃げ回ろうと, 道頓堀から, 金吾は, 金茶が, 針を, 鏡の, 長庵今度, 陰陽師の, 雨の, 青く美しくみのっ, 非常に, 飛び出しましたが, 飛んで, 首に, 魂の

▼ つけられては~ (20, 1.9%)

3 どうする

1 [17件] うるさいだろう, しないかを, すまい, たまったもの, たまらない, たまらないもう, ならないという, ばからしきくらいに, もう手, 一大事, 二の句を, 今更何, 困る, 堪らぬと, 家康も, 泊る気, 面白くなかった

▼ つけられたり~ (13, 1.3%)

2 こんなこと, して 1 しては, する, すると, 何回も, 撥返され, 社会の, 突きは, 背に, 萩の

▼ つけられても~ (11, 1.1%)

2 まんざらでないらしく 1 いやな, つけられる一方, まだ死ななかった, ゴマカせる, 一瞥, 劇場に, 彼は, 抗弁の, 皆が

▼ つけられながら~ (11, 1.1%)

1 [11件] その不幸, その注文, つかつかと, ドアに, 他を, 伸子に対して, 無限の, 逃げるというは, 進んで, 食堂の, 默つて膝に

▼ つけられその~ (9, 0.9%)

1 あたりを, 上手癖が, 上比較的, 光の, 名前が, 地域の, 煙が, 破れを, 音が

▼ つけられそう~ (6, 0.6%)

1 だった, な三面ダネ, な方法, な気, にない, もない

▼ つけられでも~ (4, 0.4%)

2 したよう 1 したやう, するやう

▼ つけられ~ (4, 0.4%)

1 しないか, しなかった, しねえもん, しまいか

▼ つけられさうな~ (3, 0.3%)

1 ことを, 気が, 馬ぢやあ

▼ つけられそして~ (3, 0.3%)

1 おれたち監視人を, 亡びずに, 正に復活

▼ つけられちゃ~ (3, 0.3%)

1 アこまる, 大変だ, 腹の虫が

▼ つけられまた~ (3, 0.3%)

2 少しく小高い 1 ドイツの

▼ つけられそこ~ (2, 0.2%)

1 にぎっしり, へやられた

▼ つけられそれ~ (2, 0.2%)

1 で呼ばれる, を座右

▼ つけられつつ~ (2, 0.2%)

1 新たな, 犯罪を

▼ つけられてばかり~ (2, 0.2%)

1 いた結果, いなければ

▼ つけられ~ (2, 0.2%)

2 は珍

▼ つけられ~ (2, 0.2%)

1 もみな, 病気により

▼ つけられ必死~ (2, 0.2%)

2 にしがみついた

▼1* [119件]

つけられおじさん自身ずいぶん骨折っ, つけられかつ呪われたまま, つけられがっしりとし, つけられきゅうに起きあがる, つけられこうした女が, つけられこっちでは断わられ, つけられことごとに冷笑, つけられこのままでは, つけられこんどは胴中, つけられへすれ, つけられさうになつて, つけられさてこそ例, つけられ彼を, つけられしかも這奴の, つけられしと記憶す, つけられそうしてその紐, つけられそろそろと立ち帰った, つけられちや困るなあ, つけられつるもありき, つけられてこそ味の, つけられてさえいないと, つけられてに出す様, つけられてをりましたの, つけられともすれば車輪が, つけられどどどどーんと, つけられにくい社会と, つけられじい面魂で, つけられとてカルヴァーリ, つけられアララギの御, つけられケチで用心深い, つけられターザン氏は全然, つけられテイイ事務長の頭, つけられテープがグルグル, つけられバンドのうしろ, つけられヘリコプターの中, つけられホーホーと我, つけられミカドの政府, つけられ一番無事な婦人, つけられ一見無雑作, つけられ三日目に甦った, つけられは湿地, つけられ両側の歩道, つけられ両手両足ギリギリ巻きにくくられ, つけられ中央公論四月号にけいさい, つけられ丸い首筋と, つけられ二人までいのち, つけられ享楽も商業, つけられは大きな, つけられ今日に及ん, つけられ作家そのものの実質, つけられ候ものなり, つけられ兄貴やおやじ, つけられ全く気絶した, つけられ初めてから或, つけられ危く見えたが, つけられを利け, つけられ史家が勝手, つけられ右巻左巻の大波小波, つけられ地方の豪族, つけられ大輪のハンドル, つけられ太陽に鏡影録, つけられ女舎にはあやめ, つけられに自殺, つけられ学校中での寵児, つけられを見付けられ, つけられ小さい仏壇と, つけられ小指をつめ, つけられ少々面喰ひ, つけられの上, つけられの一生, つけられ彼女もまた, つけられ後世の学者, つけられで呼吸, つけられ恐ろしい目に, つけられ我国でも鑑賞, つけられ戦い数合のうち, つけられ手分けをし, つけられ把手をはなした, つけられ捨て値同様値ぎり倒されて, つけられ敗北しそして, つけられ敗走せしが, つけられ文化史としての新しい, つけられの甘, つけられ時々蓋を, つけられ暴行のあげく殺害, つけられ最後の運命, つけられの角, つけられは彼者, つけられ深く心を, つけられ無我夢中でしがみついた, つけられ燈火はメラメラ, つけられは荘平, つけられであった勉強, つけられ目方まで改められ, つけられを固く, つけられ磨きがかけられ, つけられ私自身その焼き直し, つけられ絶えず後ろを, つけられ綾羅錦繍の裡, つけられ美しさに, つけられ翌日翌々日無事に艶冶, つけられ肉身より血, つけられ背丈を揃えた, つけられ臨書して, つけられ自分を蔑視, つけられは二つ, つけられ芳男が叔父甥, つけられ苦笑いをし, つけられ荷車にのせられ, つけられに染まっ, つけられ血ヘドを吐い, つけられい誤らずズブリ, つけられ輝きをます, つけられ進退の自由, つけられ霰弾の連発ごと, つけられ非常時の合図, つけられはまた, つけられには紅玉, つけられ黄色緑色との釉