青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つくづく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つかん~ ~つき つき~ ~つぎ つぎ~ ~つく つく~ つくし~ ~つくっ つくっ~
つくづく~
~つくり つくり~ ~つくる つくる~ ~つけ つけ~ ~つけた つけた~ つけられ~ ~つける

「つくづく~」 1533, 17ppm, 6851位

▼ つくづく~ (452, 29.5%)

20 見て 16 眺めて 13 見た 10 ながめて 7 考えて 6 感じた, 眺めた 4 ながめました, 考へて 3 それを, 眺むれ, 眺めました, 自分の, 身に

2 [34件] あのお方, そう思った, ながめたの, また植ゑてをりもとなをさな児, よく暖, 人間の, 今朝は, 凝視しはじめた, 女の, 女を, 小平さんの, 尾羽根振り, 山男は, 彼は, 思いました, 思ふ, 思へば, 情無い, 感慨の, 拝見し, 春の, 父の, 父は, 目を, 眺めると, 考えさせられて, 考へる, 舌なめずりぬけだし, 見上げて, 見入って, 見尽した後, 見惚れて, 首延し見れ, 鳴く蝉

1 [283件] あたりを, あふぐ西, いった, いって, いやに, うちまもり, うち見やる, おうち, おもった, お浦, お眼, お膳, お袖, かすみて, きき入るの, この原稿, この子供達, この焼石, この珍, この身, これまで, こんな土地, ごらんに, しみじみと, そう思いました, その七輪, その上, その容姿, その書付, その百姓面, その色, その顔, そればっかりを, ながめ, ながめた, ながめながら, ながめはじめました, ながめましたが, ながめます, ながめる, ながめ入ります, はじめて見る, ほかにも, まっ青な, まるで憑かれた, もう一度見なおした, ものを, やすの, やすみました, わかって, わが子の, わしは, ゐる冬日中畳, グロテスクの, マリユスを, 一つの, 一時それを, 三十郎の, 三田を, 世の中が, 中将の, 人に, 人は, 人間は, 人間並の, 今に, 今太田, 今度だけは, 仰ぎ見た, 作と, 俯瞰し, 偲ぶ鎧, 其の顔, 其顔を, 内を, 半生の, 同情の, 噴水の, 土に, 夜を, 天の, 女子の, 姉さんと, 婆さんを, 嫌や, 子と, 子どもたちの, 子供を, 安の, 居れこの, 帽子を, 彼ら母子の, 彼を, 彼女の, 後世の, 後悔し, 御覧に, 心に, 心を, 心境を, 思いやったもの, 思い暮らして, 思い沈んで, 思い知らされた, 思い知らされたよう, 思い知らされ死にたくなれば, 思い続けて, 思い返せば, 思う, 思うの, 思う事, 思った, 思ったが, 思ったこと, 思ふこと, 思ふよく, 思わされます, 思知る, 怨みまする, 怨めしかった, 恒雄の, 恥ぢ泣き, 恨みて, 悟った, 悟ったもの, 悲しがっ, 悲観した, 悲観する, 情なくな, 愛想尽きたる, 感じいりましたわ, 感じさせられたから, 感じたには, 感じた次第, 感じた読者自身, 感じないでは, 感じました, 感じましたが, 感じます, 感じるの, 感ずるらしく思いやり, 感ぜずには, 感心した, 感服いたしました, 懇談した, 懐かしがっ, 成り行きを, 我が身の上, 戻って, 手を, 打ち眺めた, 打まもれ, 打眺めました, 打視め, 拝まし, 摂政の, 放尿し, 新八, 映して, 昼の, 晋作を, 曼陀羅を, 杖の, 検分する, 次郎吉は, 歎じた, 此の, 武士を, 死顏を, 母の, 泣く涙, 浅ましさ, 海を, 源氏の, 父を, 物思いを, 物慾の, 甚五衛門は, 生きもて行くこと, 甲の, 男の, 疲労を, 目に, 相手の, 眺め, 眺めそこここ, 眺めたのち, 眺めたので, 眺めた上, 眺めた庄三郎, 眺めながら, 眺めやって, 眺める, 眺めるだけでも, 眺めるの, 眺める事, 眺める気, 眺めわかり直し再び, 眺め入った, 眺め十吉, 眼さきすがめ, 知ったよ, 知ること, 神尾主膳の, 私に, 私の, 私を, 空を, 突上げる, 老人の, 老武士, 考えさせられた次第, 考えさせられました, 考えた, 考えたの, 考えた上, 考えますに, 考えますわたし, 考えると, 考えるには, 考え沈んだ, 耳を, 耻ぢ泣きに, 聞いて, 聴けば, 自分が, 花を, 茅野雄の, 菊弥を, 葉に, 見いって, 見たもの, 見た娘, 見た時, 見つづけて, 見つめ, 見つめまたは, 見つめると, 見てから, 見なおしたの, 見ながら, 見まして, 見まもりいづれも, 見まもりましたけれど, 見まわした沿道, 見よ我が, 見ると, 見る向う雨山, 見る相州伝, 見れば, 見入ったところ, 見入つた, 見入つてゐた, 見入りながら, 見守った, 見惣, 見直すと, 見詰めて, 見較べた夏子, 視つめて, 視め, 覚り得たであろう, 観じまするところ, 観る月, 觀る, 言うの, 証書の, 詫びけるが, 読んで, 身を, 邪魔だ, 郁太郎の, 都の, 金子の, 門の, 陰影と, 険しくな, 頭を, 頼母を, 顧みた, 飽かず眺めて, 飽きて, 骨身に

▼ つくづくそう~ (40, 2.6%)

6 思った 5 思う 4 思って 2 思いました, 思うわ, 言うの

1 [19件] おもわないわけ, わかりました猛獣毒蛇, 思いましたよ, 思いますね, 思いますわ, 思うたなあ, 思うよ, 思っただから, 思ったの, 思ったよ, 思ったわ, 思ったん, 思ってよ, 感じたこと, 感じたの, 言いました, 言う外, 言われます, 讃嘆せず

▼ つくづく自分~ (40, 2.6%)

2 が厭, のだらし, の心, の非

1 [32件] がいや, がふがいない, が詩人, て下らない, でもさう, に冐險心, に冒険心, のさびしいはかない, ののんきさ, の上着, の器量不相応, の愚かさ, の愚かさ加減, の感情, の手, の死, の浅慮さ, の無器用さ, の無能, の生まれた, の生活, の醜, の顔, の馬鹿さ加減, の馬鹿馬鹿し, はこの, は愚物, もいろいろ, をいけない, を可哀想, を見る, を駄目

▼ つくづく眺め~ (32, 2.1%)

6 ていた 3 ている 2 てゐた

1 [21件] その人柄, て, てい, ておきたかった, ておりました, てわが身, てゐる, て嘆, て居ります, て思わず, て続けた, て見た, ながらいった, ながらこの, ながら云った, ながら男, ながら私, ながら言う, ながら開けたく, 接吻を, 熟讀し

▼ つくづく感心~ (28, 1.8%)

9 して 5 した 3 したよう 2 したの, しました 1 したこと, したよ, しちゃったな, しながら, しなるほどなるほど, しやしてね, するぐらいが

▼ つくづく~ (27, 1.8%)

82 ていた, ている, ながら云

1 [13件] ていう, ておまえ, てところどころ, ては言いよう, てまた, てみる, て何時, て思わず, ながら, ながらきいた, ながら云いました, ながら言いました, 瞠り

▼ つくづく~ (25, 1.6%)

4 だと, になっ, になった 3 になりました 1 だったからネ, だな, でござんした故, ですわ, でね, になっちまう, になつちやつた, になり, んなっちゃう, ァにな

▼ つくづくいや~ (21, 1.4%)

6 になった 4 になっ

1 [11件] だ, だった, だと, だわ, で居心地, と思う, になっちまう, になってる, になりました, になる, に成り

▼ つくづくその~ (20, 1.3%)

2 顔を

1 [18件] おじいさんを, 世界の, 事を, 人物を, 先輩の, 場の, 女の, 姿かたちを, 婦人を, 態度が, 指紋を, 日が, 景の, 様子を, 真理である, 紳士泥坊の, 蓋を, 顔の

▼ つくづく考え~ (20, 1.3%)

4 てみる 3 て見た 2 て見る

1 [11件] ていた, ている, てきました, てなぜ, てみた, て情なく, て決心, て見ます, て見れ, ながら私, 運らし

▼ つくづくこの~ (17, 1.1%)

1 [17件] ヴァイオリンの, 世の中が, 仕事に, 商売が, 商賣, 四五箇月の, 多くの, 女子にのみ, 娘に, 山路を, 年寄りが, 氣持を, 男イヤ味な, 稼業が, 織屋, 頃思い当った, 頃生きてる

▼ つくづく思う~ (17, 1.1%)

3

1 [14件] けれども私, ことさえ, ことはね, しかなかっ, て見た, とこの, には, にわれ, のだ, のである, ように, よ八さん, んです, 様な

▼ つくづく~ (14, 0.9%)

2 は奇異, は自分 1 に怨めしかっ, の絵, はこの, はし, は何だか, は思う, は懲り果て, は田舎教師, もお母さま, も不思議

▼ つくづく見れ~ (13, 0.8%)

2 ば今, ば羽蟻 1 ばかの, ばそぞろ, ばどれ, ばまごう, ば宿命, ば春たけ, ば良い, ば薔薇, ば鰻

▼ つくづく感じた~ (12, 0.8%)

3 ことが 1 ことであります, ことは, ことを, と話された, ね, のであった, ように, 事であった, 次第である

▼ つくづく思ふ~ (10, 0.7%)

3 ことは 2 ことが 1 その人, のだつた, のである, んだ, 洗練された

▼ つくづく見る~ (10, 0.7%)

1 ことを, だけだった, と, とどちら, と其の, と姿, に婉然, イベットの, 内に, 眼に

▼ つくづくそれ~ (9, 0.6%)

1 がいや, が考えられた, に気, に連つて署名, をさとりました, を感じ, を感じました, を淋しく, を知っ

▼ つくづく思った~ (9, 0.6%)

2 んだ 1 ことでした, のだ, のであります, のである, のです, ものだ, わ

▼ つくづく呆れ~ (8, 0.5%)

3 てしまった 1 がきた, て了, て初音サン, ながらもこいつ, 不愉快に

▼ つくづく考えた~ (8, 0.5%)

1 なるほど梶原, には今日, のであった, のです, のは, ものだ, 事も, 叔父さんには

▼ つくづく情けなく~ (7, 0.5%)

4 なった 2 なって 1 なる

▼ つくづく感じ~ (7, 0.5%)

2 て来た 1 いって, ていた, ています, てしまった, て居る

▼ つくづく考える~ (7, 0.5%)

1 うちに, ことが, ところござっ, と徳川三百年, に人間, 事が, 風であった

▼ つくづく~ (6, 0.4%)

2 察しした 1 浪は, 父様が, 考えに, 蝶の

▼ つくづく愛想~ (6, 0.4%)

1 がつき, が尽き, が尽きた, をつかした, を尽かした, を尽き果てた

▼ つくづく感じる~ (6, 0.4%)

2 のである, のは 1 ことは, やうに

▼ つくづくこう~ (5, 0.3%)

1 圓朝に, 平次に, 思うよう, 思った, 言うの

▼ つくづくそんな~ (5, 0.3%)

2 事を, 考の 1 生活が

▼ つくづく~ (5, 0.3%)

1 でしたから, です, になっ, になりました, んなつちやつた

▼ つくづく~ (5, 0.3%)

1 に感心, はこの, は努力, は節子, は自分

▼ つくづく~ (5, 0.3%)

4 つた 1 つたん

▼ つくづく情なく~ (5, 0.3%)

1 ああまで, なったの, 思う, 思うこと, 思うた

▼ つくづく~ (5, 0.3%)

1 て, てうつむい, て思わずぞっと, めたり, めて

▼ つくづくあの~ (4, 0.3%)

1 人が, 家が, 日は, 絵巻物の

▼ つくづくこれ~ (4, 0.3%)

2 をご覧 1 が先祖代, を美しい

▼ つくづく~ (4, 0.3%)

1 う思, う思ひました, う思ひます, う思ふ

▼ つくづく嘆息~ (4, 0.3%)

1 するの, するよう, の禁じ得ない, をもらし

▼ つくづく後悔~ (4, 0.3%)

1 した, して, しながら, しはじめたの

▼ つくづく感服~ (4, 0.3%)

1 いたしました, したの, する, 仕った

▼ つくづく相手~ (4, 0.3%)

1 の瞳, の顔, を見た, を見上げ

▼ つくづく眺めた~ (4, 0.3%)

1 がやがて, が流暢, 末, 訳です

▼ つくづく見入る~ (4, 0.3%)

2 眼差は 1 のであった, 女の童

▼ つくづくそういう~ (3, 0.2%)

1 ことを, のです, 事を

▼ つくづくながめ~ (3, 0.2%)

1 て, ている, てひそか

▼ つくづくながめる~ (3, 0.2%)

1 といよいよ, とそれ, ように

▼ つくづく一人~ (3, 0.2%)

2 が淋しく 1 になつて考

▼ つくづく人生~ (3, 0.2%)

2 とはこんな 1 の厳粛

▼ つくづく~ (3, 0.2%)

1 が憎く, に済まない, の留守

▼ つくづく岸本~ (3, 0.2%)

1 には異人, は自分, は郷国

▼ つくづく~ (3, 0.2%)

1 の中, を打たれ, を打たれた

▼ つくづく思っ~ (3, 0.2%)

1 ていました, て居た, て来ました

▼ つくづく思ひ~ (3, 0.2%)

1 やつた, 當つた, 知つた

▼ つくづく思案~ (3, 0.2%)

1 に耽っ, を重ねた, 致しますと

▼ つくづく悲しく~ (3, 0.2%)

1 なりました, 思ったの, 思ったり

▼ つくづく感ずる~ (3, 0.2%)

2 のである 1 ことが

▼ つくづく感嘆~ (3, 0.2%)

1 させられた, したよう, して

▼ つくづく日本~ (3, 0.2%)

1 の婦人運動, の新劇, は広い

▼ つくづく考へる~ (3, 0.2%)

1 とそこ, とひがみ, には今や

▼ つくづく聞い~ (3, 0.2%)

1 ていた, て答えた, て言った

▼ つくづく聞き飽き~ (3, 0.2%)

3 てもう

▼ つくづく~ (3, 0.2%)

1 にしみ, に感じます, の落魄

▼ つくづく辛い~ (3, 0.2%)

1 ことの, と思った, 心持が

▼ つくづく~ (3, 0.2%)

1 を打ち眺めました, を見る, を顰め

▼ つくづくあたり~ (2, 0.1%)

1 を見回した, を見廻した

▼ つくづくあなた~ (2, 0.1%)

1 の画, を駄目

▼ つくづくあんな~ (2, 0.1%)

1 人が, 娘が

▼ つくづくうらめしい~ (2, 0.1%)

1 気に, 気持であった

▼ つくづくこの世~ (2, 0.1%)

1 がいや, の冷た

▼ つくづくごらん~ (2, 0.1%)

2 になっ

▼ つくづくつまらない~ (2, 0.1%)

1 なと感じた, 装飾だ

▼ つくづくとう~ (2, 0.1%)

2 づくむ鴨

▼ つくづくとこう~ (2, 0.1%)

1 も思うた, 嘆息した

▼ つくづくなさけなく~ (2, 0.1%)

1 思ふと, 思われて

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 ねがいあげた, 思いやる

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 て, ていた

▼ つくづくみれ~ (2, 0.1%)

2 ばそ

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 ねがう, 言惜しみ

▼ つくづくわかつた~ (2, 0.1%)

1 わ, んです

▼ つくづくわが身~ (2, 0.1%)

1 の罪, の薄命

▼ つくづくわたし~ (2, 0.1%)

1 はその, も世

▼ つくづく世の中~ (2, 0.1%)

1 が厭, の儘

▼ つくづく世間~ (2, 0.1%)

1 がつまらない, がイヤ

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 の世, の心

▼ つくづく人間~ (2, 0.1%)

1 であること, のこしらえた

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

2 松は

▼ つくづく今度~ (2, 0.1%)

1 と云う, はそれ

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 は俺, は自分

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 は僕, は感心

▼ つくづく勇気~ (2, 0.1%)

1 がなく, がなくなった

▼ つくづく半次郎~ (2, 0.1%)

2 を夢中

▼ つくづく可哀想~ (2, 0.1%)

1 に成つた, よ

▼ つくづく呆れた~ (2, 0.1%)

1 のである, 長男が

▼ つくづく味気~ (2, 0.1%)

1 なく思った, なく感じた

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 じ, じたこと

▼ つくづく夕方~ (2, 0.1%)

2 歩いて

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 の心持, をあわれ

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

2 でも持っ

▼ つくづく寿命~ (2, 0.1%)

2 の毒

▼ つくづく居れ~ (2, 0.1%)

2 ば笹子

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 は取りたくない, を取り

▼ つくづく当惑~ (2, 0.1%)

1 した, したの

▼ つくづく思い~ (2, 0.1%)

1 一夜あるじへ, 自分の

▼ つくづく思いました~ (2, 0.1%)

1 そして私, よ

▼ つくづく思います~ (2, 0.1%)

1 よ, わ

▼ つくづく思わず~ (2, 0.1%)

1 にはいられませんでした, には居られない

▼ つくづく恋し~ (2, 0.1%)

1 がらないわけ, 父母の

▼ つくづく恐ろしく~ (2, 0.1%)

1 なった, なりました

▼ つくづく悟つた~ (2, 0.1%)

1 がため, のです

▼ つくづく悲観~ (2, 0.1%)

1 しちまうわ, して

▼ つくづく情ない~ (2, 0.1%)

1 よ, 思いに

▼ つくづく意見~ (2, 0.1%)

1 をし, をしました

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 の幸福, を以て考えれ

▼ つくづく慨歎~ (2, 0.1%)

2 して

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

2 折って

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 が恋いしくなった, が恋しく

▼ つくづく東京~ (2, 0.1%)

1 が恋しい, の女

▼ つくづく溜息~ (2, 0.1%)

1 をした, をつい

▼ つくづく無理~ (2, 0.1%)

1 だと, もない

▼ つくづく物思い~ (2, 0.1%)

1 に沈み, をし

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 にかなしみ, を注いだ

▼ つくづく羨し~ (2, 0.1%)

1 いわ, くて

▼ つくづく考えさせられ~ (2, 0.1%)

1 ています, てしまった

▼ つくづく考えさせられた~ (2, 0.1%)

1 のであった, のです

▼ つくづく考へ~ (2, 0.1%)

1 てみる, て見る

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 を捲かず, を捲きました

▼ つくづく見た~ (2, 0.1%)

1 のだ, ばかり当てもの

▼ つくづく見つめ~ (2, 0.1%)

1 て, てあきらか

▼ つくづく退屈~ (2, 0.1%)

1 したよ, して

▼ つくづく遠い~ (2, 0.1%)

1 ところに, 神田まで

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

2 をすかし

▼ つくづく~ (2, 0.1%)

1 がさがります, が下がりました

▼1* [392件]

つくづくわれに, つくづくあいつの親父, つくづくあきれている, つくづくあきれたといふ投出し, つくづくありがたく思った, つくづくある不安に, つくづくいい師匠を, つくづくいうのであった, つくづくいくじがない, つくづくいまは後悔, つくづくいやになつちやつた, つくづくいろいろの物語, つくづくうたれて仕舞う, つくづくうまいと感心, つくづくうれし西の, つくづくおかしかったと, つくづくおのが無, つくづくおまえの馬鹿さ, つくづくおもふこれぞ, つくづくおもっていました, つくづくおれはいや, つくづくお前の顔, つくづくお茶がのみたい, つくづくかがんでその, つくづくきみがかわいく, つくづくここにいる, つくづくこのごろ思うな, つくづくこのごろそれを考えます, つくづくこぼしているで, つくづくこれからの私, つくづくこわくなって, つくづくこんな職業は, つくづくしたわしく思った, つくづくじっとわが顔, つくづくすきだと, つくづくせつなかったの, つくづくそう思わずにいられない, つくづくだめな人, つくづくつとわが, つくづくつまらなかつたと考へる, つくづくつらいと思っ, つくづくというふうに, つくづくとお思いかえしに, つくづくとそらのくも, つくづくとわが顔, つくづくながめたことだ, つくづくながめますとそれ, つくづくなさけなさそうに, つくづくなるほどと感心, つくづくひとり息子なぞに生まれる, つくづくほしくなくなっちゃったん, つくづくむかしを思出, つくづくむずかしいものである, つくづくやになっちゃうね, つくづくようございました, つくづくわが生涯の, つくづくわたる歌の, つくづくわびしくせつなかった, つくづくアベックで聴き, つくづくイヤなもん, つくづくキリストがニイチェ, つくづくコルトンが憎く, つくづくミサちゃんが羨し, つくづく一人ぼっちで星, つくづく一人ぽっちで星, つくづく一人一人尊いもの, つくづく一心に祈念致し, つくづく一種の驚き, つくづく上方は住み, つくづく下って来, つくづく下手な旅, つくづく不安心で自分, つくづく不平らしく海, つくづく不快でたまらなく, つくづく不思議に思う, つくづく不憫でたまらねえ, つくづく不良少年の良, つくづくの定め, つくづく世界には際限, つくづく世話人なしで, つくづく主客てんとうして, つくづく久し萩の, つくづく争うもので, つくづく二人は二, つくづく云って居ました, つくづく五万円という金, つくづく亭主ってもの, つくづく人でなしだと, つくづく人体というもの, つくづく人工心臓にあこがれました, つくづく人生問題は死, つくづく人間並に生きたい, つくづく人類をながめ, つくづく今夜のおのれ, つくづく今朝は考えました, つくづく仕事の困難, つくづく他人の自由, つくづく伺っていた, つくづくている, つくづくき果てて, つくづく働きたいと思った, つくづく僕らも学校, つくづく僕自身の無名, つくづくならぬを, つくづくの生活, つくづくのこと, つくづく先生いやんなった, つくづく八五郎にこう, つくづく六兵衛がかわいそう, つくづく写真を見, つくづく出家の要求, つくづく分ったから, つくづくから知らせなかった, つくづく創作の難い, つくづく創造をながめ, つくづく労働の困難, つくづく勳章がほしい, つくづくを投げました, つくづく卓見だったと, つくづく単調な日々, つくづく厭世的にな, つくづく厭気を起こさせられてた, つくづく叔父さんの顔, つくづく口惜くって, つくづく同情しちゃうワ, つくづく吐息がつかれた, つくづく君らが可哀そう, つくづく吾人の知識, つくづく呆れ憎み自分自身を, つくづくい眺め探求, つくづく味わったのである, つくづく嘆ぜざるを得なかった, つくづく嘆声を残し, つくづく困った種族である, つくづく困り抜いて居る, つくづく困り果てたという表情, つくづくだと, つくづく夕飯をたべ, つくづく多幸であると, つくづくの水, つくづく夜店出しがいや, つくづく夢みるのは, つくづく天下の広大無辺, つくづく天稟の淫婦, つくづく天道様を怨んだ, つくづく太夫元のお, つくづく夫人の姿, つくづく失敗だったと, つくづく奉公が嫌, つくづく奉公人の器, つくづく女主人と云う, つくづく女子といふもの, つくづくな気持, つくづくを見, つくづく嫌気がさして, つくづく嬉しい気性だ, つくづく嬉しく身を, つくづく守れば不二, つくづく官吏生活には厭気, つくづく寒気というもの, つくづくしいこと, つくづく尊いと思った, つくづく小さな涼亭の, つくづく小田原の壊, つくづく平凡でダラシ, つくづく度胆を抜かれ, つくづく引け目を感じる, つくづくつてゐる, つくづく弱いものだ, つくづく張合抜けの, つくづくの雁, つくづく覽に, つくづく御覧になりまし, つくづく徳川家の粟, つくづく忌々しけれどああ, つくづく思いましてん, つくづく思いますじゃて, つくづく思いやったのである, つくづく思い出したからです, つくづく思い当りましたよ, つくづく思い沁めて, つくづく思い知って失望, つくづく思い知った時には, つくづく思い知ったであろうよワッハッハ, つくづく思い知らねばならなかった, つくづく思い返された故である, つくづく思い返している, つくづく思えば涙, つくづく思つたのです, つくづく思つた女の風俗, つくづく思ひしづめり, つくづく思へば無情, つくづく思わせられた事であった, つくづく思わせられるそれから以後, つくづく思われて来た, つくづく思われる云々, つくづく性慾から離れた, つくづくの偉力, つくづく恋しくうらやましかったの, つくづく恐い気イしました, つくづくかしかった, つくづく恥ずかしかった, つくづく恥ずかしく淋しく思った, つくづく悔いたのであった, つくづく悟ったよ, つくづく悟らずにはいられません, つくづく悲しそうに, つくづく無さ, つくづく情けない思ひが, つくづく情なかった, つくづく情なき事のみ, つくづく愛憎を尽かし, つくづく感じおこるところ, つくづく感じないではゐられなかつた, つくづく感じられるなア, つくづく感じ入ったように, つくづく感じ入りましたのでございます, つくづく感ぜられますのは, つくづく感歎して, つくづく感謝するの, つくづくはしい, つくづく慨嘆する, つくづく懺悔して, つくづく戦国の火, つくづく手の甲を眺め入つ, つくづく持ち扱いにくいもの, つくづく捨てられたと知った, つくづく掻き口説くのである, つくづく敗滅の人生, つくづく教師がイヤ, つくづく敬服するよう, つくづく整色乾板とフィルター, つくづく敵討が嫌, つくづく旅行者のやう, つくづく日本国中がこの, つくづく日頃からそれ, つくづく旦那を取る, つくづく映るについても意外, つくづく昨夜は思いました, つくづく時代の相違, つくづく本当の茶, つくづく朱筆を投げ, つくづく杉大門の主, つくづく果敢なむだ頃, つくづくにない, つくづくの顔, つくづくを煮やし, つくづく機関大尉も困じ果て, つくづく欲しくなったが, つくづく歎息しました, つくづくお鉄, つくづく武士に愛想, つくづく武家の暮し, つくづく残念な気, つくづくにもらし, つくづく民族の距, つくづく気がついたとき思わず, つくづく気の毒な様, つくづくの身, つくづく泣きたくなってしまう, つくづく浅ましい気が, つくづく浅ましかったの, つくづく浅ましく感じられむかし, つくづく浅間しくなり, つくづく淋しいと思った, つくづく淪落して, つくづく澱み果てた自分の, つくづく無分別の出家遁世, つくづく無常を感じました, つくづくう考えた, つくづくを見, つくづく独り歎ずる時, つくづく實て, つくづく現代の日本, つくづく現代医学の力, つくづくの虚無, つくづく生きてよかっ, つくづく生き残るものの, つくづく生欠伸が出, つくづく田舎の厭, つくづくを見守った, つくづく病むものの, つくづく発見したよう, つくづく目覚しいものだった, つくづくれば, つくづく眺められている, つくづく眺めるとどうも, つくづく眺め入っていた, つくづく眺め入るのを, つくづく眺め始めたがそれ, つくづく入った, つくづくりながら, つくづくつた, つくづく知っている, つくづく知られたらしいが, つくづく礼儀の正し, つくづく祈っている, つくづくの司り給う, つくづく神さまに感謝, つくづく神戸がイヤ, つくづく祭祭に縛られる, つくづく私たちなんて詰らない, つくづくの寂し, つくづくにもはいりたくなっ, つくづく筆跡を見た, つくづく素足で何, つくづく経験した, つくづく綺麗やなあと, つくづく美麗しいこの, つくづく羞かしく思うた, つくづくへ込み, つくづく考えさせられるのは, つくづく考えなおしている, つくづく考えられる日が, つくづく考え込みながら, つくづく考へさせられ実際さう, つくづくの中, つくづくやかされるといふ, つくづくを組ん, つくづくに沁んだ, つくづく自ら味わって, つくづく自動車はいや, つくづく自身の卑屈, つくづく至らぬ奴と, つくづく舌打をした, つくづく花前の容貌風采, つくづく花園を眺め, つくづく芸人の悲哀, つくづく芸者稼業がいや, つくづく芸術家という種族, つくづく若いうちの, つくづく若様の不, つくづく苦笑した, つくづく落ちぶれたと思った, つくづく表紙を眺め, つくづく西山さんが恨めしく, つくづく見いっている, つくづく見せてもらった, つくづく見たいばっかり知りたい, つくづく見つめた末に, つくづく見つめる機会を, つくづく見とれていました, つくづく見ましてなん, つくづく見ましたよ, つくづく見ますと泰二君, つくづく見やりつつ, つくづく見上げるように, つくづく見入りながら, つくづく見守り重い溜息, つくづく見惚れたくらい, つくづく見惚れるほどな, つくづく見比べおやあなた, つくづく見直しはッ, つくづく見蕩れていた, つくづく見遣りながら, つくづく覚っておもわず, つくづく親しくその顏, つくづく観察したところ, つくづく言ったそうです, つくづく諸侯の心, つくづく赤面しました, つくづく足利の宰相, つくづく足立夫婦の親切, つくづく踏めば草もみぢ, つくづく近ごろは沖, つくづく迷惑に思われ, つくづく造化の神, つくづくのい, つくづく越方を, つくづく都会の生活, つくづくを飲む, つくづく金持の大袈裟, つくづく金魚に見る, つくづく長い雪にも, つくづく長大息を禁じ得ぬ, つくづく間違って居る, つくづく阿呆な商売, つくづく之丞, つくづく雪渓の恋し, つくづく露月を変, つくづく頷いて手ずから, つくづく頼もしげなき, つくづく顔打ちながめ, つくづく飽いちやつたわ, つくづく飽きが来, つくづく飽き果てたように, つくづく馬鹿な夫婦, つくづく驚いていた, つくづく驚嘆の声, つくづくなどというもの, つくづく鳴きふふみつつ, つくづく鼠軍の襲来