青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

だらう~ だらけ~ だらし~ ~だれ だれ~ ~だろう だろう~ ~だんだん だんだん~ ~ち
ち~
~ちがい ちがい~ ~ちがう ちがう~ ~ちがっ ちがっ~ ちがった~ ちっと~ ~ちっとも ちっとも~

「ち~」 12564, 125ppm, 847位

▼ ち~ (1941, 15.4%)

312 ひない 59 ひないと 50 ひないが 45 ひなかつた, ふ 40 ひに 35 ひの 31 ひありません 26 ひないの 24 へて 22 つてゐる 20 つてゐた 19 つた, ひは 17 ひます 13 ふの 12 ひを 10 ひが 8 ひますよ, ふが 7 ひみたい, ふよ 6 ひ, ひないといふ, ひなかつたが, ふもの, へるほど 5 つてゐます, ひあるまい, ひじみた, ひだ, ひながら, ひなし, ひなしち, へるやう 4 あたった, ひざま, ひである, ひでは, ひないから, ひないこと, ひなから, 先に, 集まって, 馬鹿だ

3 [23件] あたったの, あたつた, する, つて, つていた, つてし, はうと, ひだとて, ひぢ, ひで, ひと見える, ひないそれ, ひないとは, ひないよ, ひないわ, ひないん, ひなかつたから, ひました, ふけれど, ふといふ, ほんとの, ッた, 飛んで

2 [66件] あたって, あたつ, あたらに, きて, つたが, つただけでも, つたと, つたものが, つたものである, つたものに, つた何かが, つた形で, つた鋭敏な, つてこの, つてこれは, つてゐない, つて行く, どこからか, ひから, ひございません, ひたる麝香連理, ひだつた, ひだ人ち, ひて, ひであつ, ひです, ひでも, ひといふ, ひないけれども, ひないさ, ひないし, ひないしかし, ひないので, ひ洗, ひ無いと, ひ無から, ふこと, ふたび, ふちが, ふね, ふので, ふやう, ふ人, ふ人々, ふ多く, ふ山, ふ感じ, ふ所, へと, へはせぬ, へるの, みつを, やしません, 似て, 先だ, 入った, 在所は, 好いと, 好きだい, 好きだつた, 寒いか, 巣を, 急に, 持って, 本当の, 際立って

1 [801件 抜粋] あがって, あたったのよ, あたったん, あたらなかつたので, あたらぬとは, あたります, あたりゃしないでしょう, あたる, あたるなどという, あたるならこの, あたるわ, あやしいか, あり, ある, あるなあ, あれほど, い, いかにもうれしく, かかって, かたちを, くっきりあざやか, こうして悪い, こせついて, このおれさま, このとき, この八幡, これまた, こんなに生き甲斐, さういふ気, さう叫んだの, さてさて申すまじき, しで, しの, すっきりし, するの, そういうなら, そこに, そのつもり, その日, そんなにまで, だいぶ重罪, ぢれつたい, つかなくなる, つたうまさ, つたおけ, つたその, つたといふ, つたところの, つたのを, つたばかりの, つたものだ, つたものでない, つたものを, つたよ, つたら御免, つたわ, つた一種の, つた三人の, つた世界へ, つた人生觀を, つた人間で, つた仕方で, つた何かも, つた名が, つた境遇に, つた天人である, つた字体で, つた小, つた平面に, つた形式で, つた心がまへに, つた意味で, つた感じを, つた方を, つた明い, つた時とか, つた更に, つた林間には, つた植物が, つた為めに, つた特質を, つた猫で, つた男達が, つた瞬間に, つた神経とを, つた空間には, つた結論に, つた線条の, つた考を, つた肉体と, つた肉體を, つた處が, つた表情を, つた踊りに, つた遠い, つた關心から, つた題名で, つた顔を, つている, つてき, つてご, つてしまふ, つてしまへ, つてた, つてどうも, つてどこか, つてはじめから, つてひどく, つても, つてよし子と, つてゐ, つてゐれ, つてを, つて二三間行きすぎた, つて僅か, つて右肩を, つて學生も, つて小屋掛けの, つて居た, つて我々は, つて故郷を, つて来る, つて気持がよ, つて畫の, つて相当な, つて神人一如の, つて茫漠と, つて行つた, つて被告の, つて鯉を, つて齒とか, ですか, とんで, どうして巣, どうなる, どうの, どれだけ, どれほどの, ないの, のちのちまで, はせ膝, ぱらりとし, ひありませんが, ひありませんでした, ひありませんはじめ, ひありませんもの, ひございませぬと, ひさき, ひされない用心, ひしたジョン, ひして, ひし襦袢, ひそひそ話し, ひたるなど, ひだつたかも, ひだつたわたしは, ひだと, ひであること, ひであるはず, ひでなければ, ひで二人が, ひで友人と, ひで小学校長の, ひで榮之, ひで男も, ひといつ, ひといふ事実そのもの, ひどい目, ひないいったい, ひないからね, ひないこの, ひないその, ひないた, ひないだらうから, ひないぢ, ひないとお, ひないとしても, ひないとも, ひないのに, ひないもの, ひないやう, ひない一度氏, ひない一月二十八日, ひない一本, ひない事, ひない人々, ひない他, ひない体, ひない博士, ひない孫, ひない彼, ひない東京, ひない氣, ひない相当, ひない要素, ひない見すぼらしい絹布, ひない貨物車, ひない降り切ると, ひない面影, ひなかつたと, ひなかつたの, ひなくどんなに, ひなく再三いろいろ, ひなく彼, ひなく榮, ひなく私, ひなく記録, ひなども, ひなものにな, ひな或, ひにでも, ひばかり, ひますが, ひますな, ひますわ, ひます僕, ひまんので, ひも多から, ひやさ, ひイクオル死, ひ今朝, ひ女, ひ心中物, ひ或いは, ひ有りません, ひ棚, ひ無いけれども, ひ致, ひ袋小路, ひ電車, ふあれ, ふかな, ふがね, ふけに, ふし何, ふぞ, ふで, ふところが, ふところの, ふとなつかし, ふと言, ふに, ふもつと, ふやらうが, ふらしい, ふわけ, ふんか, ふんだね, ふんで, ふ人種, ふ何かしら別, ふ別, ふ妹, ふ弟, ふ拍子, ふ時, ふ樣子, ふ無, ふ生徒, ふ程, ふ種類, ふ花見客, ぶんぶん言つて, へ, へした, へたらん, へたり, へた空缶, へた騒々し, へであらう, へにこぼれる, へにヘルマー, へぬやう, へばなほ, へられて, へるぢ, へるなど, へる程, へる程爽やか, へをし, へ菜, へ迎, ほんとうの, ぽつりぽつりと, まず彼, まわって, もうこはくてこは, もっとはっきりと, もともと似, やって来たらどう, やつれて, やに, やや大きく, やりきれやしないよ, やるん, よいと, よいとか, よくととのっ, よく撮れ, よろしいの, わき見も, わざわざ短艇, アダムで, インネンを, エトランジェな, ッてる, ッてるち, ピシリ二つに, ブーンと, 一匹いない, 一軒あっ, 三角で, 上だ, 上品である, 下りて, 不案内である, 世には, 乱暴に, 二三軒廂に, 五十銭出す, 人形ながら, 今吹雪い, 休めば, 会場に, 住んで, 何うだつてい, 何か, 何の, 佳いと, 來て, 催眠薬だ, 兄さんです, 先といふ, 先刻いった, 光つてゐる, 円いかしらなどとは, 出て, 出るといふ, 出入りな, 出来上るの, 分らず屋だ, 分らないの, 初めに, 判この, 勘定を, 勝ちど, 勝ちますか, 北枕かも, 半分出来ます, 原因だ, 反目し, 名人か, 命からがら穴, 商売を, 善いかと, 善いど, 喧嘩に, 回って, 堅く引緊, 変ったよう, 変な, 夜に, 大きかつ, 大事かは, 大事だ, 大勢出, 大好きです, 太つ, 女としての, 好い, 好い加減で, 好きだ, 好きな, 妙ないれ, 妙に, 妻に, 定めかけた為, 客で, 寂しかった, 寢過した, 小さな口, 尻尾を, 希望です, 帰って, 帰ろうと, 平気で, 年を, 引ッこぬきに, 弟子だ, 強い, 強えんだ, 当たったという, 当らねえもの, 往っ, 待ったなし流, 後で笑, 心配する, 快速艇を, 怖しいのです, 急いで, 恐縮し, 恐縮する, 息苦しくな, 悪いぢ, 悪いね, 悪く十九歳, 悪しくかねて, 悪魔だ, 惡いと, 惡いんだ, 感情の, 慰め役に, 抵当に, 指すか, 指で, 整は, 整ひ, 早く笑, 暇なげなる, 暑いです, 朝日の, 本当だ, 来たから, 来るさ, 来るそう, 桃に, 桃やら, 楽しくなかつたら, 歌を, 正しいか, 歩き出せば, 殘つてゐる, 殺されたつてかま, 水をのみに, 汚されるだけの, 活けるとも, 深い憂悶, 激励される, 照れ臭くな, 狐か, 理解し, 画に, 疲れて, 白いか黒いか, 目ざして, 相手の, 看守に, 眞心こめ, 眠りについて, 眼を, 神經的に, 突つ込む, 立派かといふ, 笑へ, 笛が, 純粹, 組織的な, 経て, 縁起が, 美しいか, 羽を, 腹を, 自信を, 興味を, 舐められとるとよ, 花の, 落度と, 蒔いて, 行くとこ, 行く者, 裏戸を, 見て, 見るに, 言ったところ, 訪ねて, 詩を, 諦め顔, 豪いの, 負けといふ, 負って, 賑やかや, 贅沢な, 赤いか, 辛いと, 辟易する, 迷惑します, 追いかけて, 速いだらう, 道を, 違って, 長ずると, 間拔け, 降って, 隠れる番, 青い, 頭だ, 飛んだこと, 馬鹿を, 高く聳え, 鴨に

▼ ち~ (818, 6.5%)

38 しても 35 なって 12 して 8 したつて 6 これを 5 なつた, なつて, なりました 4 なると, 來て, 行つ 3 ある, されて, それを, なったの, なるの, 咲いて, 彼の, 来て, 残って, 身を

2 [48件] ある船大工, いたるまで, したかて, する, たずねました, つつしむこの, なった, なったので, なりまして, なる, なること, なるもの, なるん, 人を, 傳は, 北原白秋さんを, 及んで, 取って, 向つて, 寄つたり, 寝覚めて, 對し, 居て, 散らばって, 有る, 来てから, 来る, 活字に, 涙たる, 湯の, 滝の, 牛の, 目を, 眼を, 立つ稚, 背なかを, 背を, 至って, 行つた, 行つても, 行つてらつ, 見せて, 負えないあばずれ, 転んでも, 較べると, 都合の, 面痩せ, 鶏が

1 [566件 抜粋] あたりを, あった, あったよう, あつめて, ありました, あると, あるの, あるもん, あるん, ある自分, あんなお客様, いいました, いた, いたけれや, いたったの, いたれり, いっぱいくだもの, いつぱい, いふ, いるうち, いるから, いるだろう, いるでしょう, いろいろの, うすうす知られ, うずもれぬ, うた, うつりて, おちゐたり, おやゆびをあて, おろかなりける, おんみ, お上り, お前さんの, お嫁, かう応, かかって, かくして置く, かさ指し開く, かたな, かたまつ, き, こだはらず, こちらへ, このひと, この両人, この中, ころんでも, こんな事, さう云つて, さァ, したくは, したところ, したもの, した所, した處, しては, しないからね, しないで, しなくったって, しませう, しみいる, しみと, しみわたり数椀, しよう, しようかといふ, しようかなと, しろあたし, しろか, しろここ, しろその, しろそんな, しろ惡, しろ批評的言語辞典, しろ構, しろ穏当, しろ表沙汰, すべりこみ, するわけ, せう, そういうもの, その上, その廣, その果皮, その體, そばに, そむいたに, それが, たちて, だつて, だつて都合, ちが, ちがいない, ちらばって, ち大儀, ち都, つかず, つくか, つらつらと, とっちゃあ, どうかされた, どうしてこんな, どんな話, なげける秋, なすったの, なったあと, なったよう, なったら倉地, なったん, なった三根夫, なった処, なった春木, なった身, なっても, なってるだろう今, なつたかて, なつたつ, なつたら, なにも, なり, なりかわって, なりたい気もち, なりますか, なりや, なり世過ぎ, なり手を, なり死ぬの, なり自分, なり靜岡, なり鬣, なるぢ, なるに, なるリエ, なる命令, なる男, なれと, なれどう, なれば, なればこそ, なれるだけしか, なれ一人ぼつ, ねが, はかまはずそつちの都合で, はしたなき業, はねバシ, ひそかに, ひそみて, ひでよし公, ひびかふものの音, ひれふる, ひろが, ふさわしいので, ふせとも, ふりか, ふる, ぽかぽか浮い, ま盛り, みづがねながれ, みやこを, みを, みんなウフウフ笑いだし, むけて, もとの, やつて, やみぬそ, やわた, ゆれて, わかれど, わたしたまへ, われは, われやまとはむ, ゐますから, ゐるぢ, ゐるつもり, ゐるわけぢ, ゐるんだい, アクマタチを, イ, チュウリップは, ロチスター氏と, ローマン派に, 一団こちらに, 一定した, 一年と, 一杯ずつ, 一杯の, 一点下品な, 万葉の, 三に, 上り來るべし, 不死の, 不義と, 不自然と, 之を, 五つの, 五も, 亡し, 京都奪還の, 伝は, 伝わったの, 似たれば, 似過ぎる程, 來たり, 來やれ, 來る, 信ずるという, 信ぜざら, 傾いても, 充分な, 光れ黒き, 光明の, 入れて, 其口より, 其姿, 円タクを, 再び生, 出かけたきり, 出來, 出放題にも, 出来たその, 出来た林, 分布し, 別に, 到ったの, 動き凡て己, 勝利の, 包まれて, 匐い寄った, 北を, 北九州ばかりとは, 半年こつち, 印刷せられ, 取られたの, 取るべきかに迷, 取ろうと, 口添へを, 各に, 同化する, 同情し, 向きなほつた, 向き直りました, 向けしや, 向けて, 向けまいとして, 向って, 向つた時には, 否定すべき, 問ひ, 四五人も, 土人の, 在りて, 在る, 坐より, 垂れて, 執っちや, 声を, 変りが, 夜半に, 夜番の, 大声を, 大嵐, 大工づかい, 姿を, 婆あと馬の脚の, 嫁はん世話する, 嬉しそう, 学者諸君に, 學ひなば, 実在し, 宥むる母の, 寄ると, 寄越せ宿屋, 富の, 尤むべ, 居たつて, 居ちや錢, 居ます, 居れば, 届かなくても, 山と, 巣くつて, 左に, 差支へ, 席を, 廃止を, 建つと, 弓を, 引きつけた, 弱味が, 往いて, 後向きにな, 従つた, 心を, 思ひいで, 思ひ出るを, 怨恨れたら, 恋ふとし, 恋愛至上主義にまで, 恐れき, 悔まず, 悟りが, 悪くない, 悪を, 感じられさ, 感心し, 感謝した, 憎み賤, 成つて居た, 我が寢惚, 我を, 我嘗て, 我等の, 或不安, 戯言ならざる, 手を, 打ッ, 押しつけないで, 押し通す強, 持還るべき, 指摘できる, 振り向きました, 排斥する, 探偵術ばかり, 換へて, 撒いた, 故意と, 敵を, 断続し, 早く来, 明る山, 晴れ晴れては, 智慧が, 暗く作用, 曲つ, 有って, 有り得がたき, 来い, 来まして, 来れば, 根を, 横顏を, 歩み出したとき, 死を, 死をとも, 残して, 残る程, 殻片から, 比して, 比べ今, 気の毒な, 気高く厚く塁, 氣高く厚く, 水の, 汝に, 汝は, 汝等の, 河暮れ, 泥を, 泳ぎ出して, 浮く鳰, 清麻呂に, 渚の, 渡りそれ, 湧きのぼれり, 滿たされ, 濡れし鴉, 火の, 灯かげ守りゐ, 無益な, 照りかえした, 爪立った釣身, 爾き, 片附ける, 牛乳を, 物が, 物を, 獲物の, 現れること, 生きのびる実感, 生きる私たち多く, 生活の, 用が, 用は, 畑うつをの, 疲れて, 白い金盥, 白まむ, 白衣赤袴の, 盛りあ, 眺め足ら, 瞳に, 石人の, 祈つて, 移すやう上手, 立ち, 立ちすくみました, 立ちつくした, 立ちつくしたに, 立ちはだからせる, 立った時, 立てり, 立上る, 符を, 簡単に, 糧を, 組みとめられう筈, 續い, 罪が, 罪滅ぼしの, 置いて, 置かれた大佛, 置きゃええ, 置くこと, 美しい妻君, 美と, 美ゆく, 羽ある, 聞える, 聞えるの, 聞きました, 聯絡せらるべき, 聴ける蛙, 職業婦人に, 聽ける, 膝つき, 自分の, 船を, 若葉かがやく, 荒唐無稽の, 藥を, 蛙の, 衆を, 衆議の, 行きこつちに, 行くか, 行けかし, 行って, 行つたら, 行われて, 衣を, 表面へ, 見えて, 見むといふ不尽, 見られたと, 見られるの, 見られるよう, 覺悟が, 解らずとも, 觸れる, 言って, 言わせれば, 詩人に, 話さなかつた, 話しかけました, 認められる, 讃美されなかったら, 負けて, 賑かな, 赤, 軍に, 軛を, 転がしこつちに, 転がし宙, 転って, 辭み, 近くなる, 近よ, 述べる如く当時イギリス法律, 逃げぬ, 逃げ出すこと, 逃れ去つて, 野辺で, 門に, 門戸の, 防備は, 限つて口先き, 限りなくある, 陥って, 陥る, 陽気な, 隙が, 隠れて, 難からざるべし, 面倒が, 響いて, 頼る氣, 頼んで, 顏を, 飛びこつちに飛びし, 飛んで, 飜訳にか, 飯時を, 飽く迄哭く, 駈けて, 魚家に, 鳴いて, 鳴りひびきて, 黨派的な, 鼻つけ, 鼻ばかりが

▼ ち~ (594, 4.7%)

21 行つ 15 いらつし, 来て 10 おいで 9 やつて, 行け 8 歩いて 7 來て 6 來る, 持つて, 行って, 近づいて 5 こつちへ 4 お出で, お行き, 來い, 来ないか

3 [11件] 出て, 向けて, 向つて, 来たの, 行かう, 行かうと, 行くと, 行くん, 行つた, 行つてゐる, 遊びに

2 [35件] いつて, いて, おいでよ, むいちや, ヨタ, 出して, 向いて, 向き直つた, 向けたり, 向ける工夫, 坐つて, 声を, 寄り給, 差しのべて, 捻ぢ, 曲げ倒したり, 来い, 来ようと, 来るやう, 棒を, 歸つて來る, 気を, 移りながら, 行かなければ, 行けと, 行けば, 行つて, 行つてて, 行つても, 行つてよ, 走つて, 走つて來, 這入つて, 連れて, 離れてよ

1 [352件] あが, いきなさいリカ, いった, いつちや駄目, いにまつさ, いらっしゃい, いらッ, えりつづけても, おあがり, おいではやく, おくれ, おしのけて, おは, おみまい, おん出さなくつ, おん出し, お入り, お出でなさいまし, お出で大き, お出なすっ, お寄り, お寄んなさい, お渡りなさい, お詰め, お這入り, お通して, お遣り, かぐら通ち, かけて, きて, くるな, くるんだね, こい, こいという, こちへと, ころりこ, ころり動く, こッち, ごてんこつちへ, ごてんと賽銭箱, ごろ, しみ入つた, そろそろ歩い, だか, ちらと, つれて, でても, とんで, にるやせぢ, のばしたり, はいって, はいんねえ, ば米でも, ぶつかつて, ほうつてお, まねさせ, まわると, もぐりこみもぐりこみ一丁目, やって, やつたり, よこして, よろけつ, よろけ乍ら忙し, よろめきこつちへ, ピストルを, フラフラこつち, フラフラした, ポリタミン, 一日仕事に, 一瞥を, 上って, 上つて貰あ, 世話に, 乘る, 二万ほど, 二三歩近寄つた, 人々の, 伸ばした, 伸びて, 住みついて, 体を, 何しにいらした, 來う, 來た, 來たり, 來てから, 來給へ, 偏倚し, 働きかけて, 入つて背中, 入らつし, 入らツ, 入れたらいい, 入れて, 出い, 出てらつし, 出むいたよう, 出ろ, 出ろこつち, 出向くだろうと, 出張所を, 出掛けるか, 分れたんでさ, 別に, 去つた, 参りますと, 參ります, 取らねえか, 取りかへ, 向いたとき, 向いたの, 向いても, 向きなほつたところで, 向き直, 向き直り, 向け, 向けた, 向けた眼, 向けられた, 向けられて, 向けるの, 向ける市ノ瀬牧人, 向って, 向つたといふ, 向は, 吸収される, 呼び戻しおじぎ, 坐つた, 売つた方, 寄つたり, 寄つて行き, 寄らんか, 寝かして, 差しだした, 帰つて来る, 廻した, 廻って, 廻つて来た, 廻つて見たら, 廻つて足でも, 廻らねば, 廻る気, 廻れば, 廻転椅子を, 引き寄せて, 引き返して, 引っこん, 引つぱつて, 引つ掛り, 引つ掛りこつちへ, 引ツ張れた, 引張つて行, 引越しだ, 当りこッ, 当りちらし, 彼方へと, 往かないの, 往きませうよ, 往つて, 往ッて, 後ろを, 後戻りを, 御案内申しな, 急いで, 戴きたいと, 戻って, 戻つて, 打つ違, 投げろ, 拔け, 拝礼を, 持ち込まんやう, 振り向けて, 掛けたま, 旅行に, 曲が, 曲つた, 曲りこつちへ, 曲りこッ, 曲りして, 曲り小国氏, 書類が, 来, 来いこつちへ, 来いと, 来いなんて, 来たま, 来たまえ, 来たら寄つて, 来たり, 来たん, 来た頃, 来てたね, 来てるとき, 来ない, 来なさい, 来や, 来りけり, 来るでしょう, 来るよう, 来る男, 横を, 正面を, 歩きだした, 歸つて來てから, 歸つて來ます, 毛皮の, 氣が, 泊って, 注がれた, 注文してる, 泳いで, 泳ぎ附け, 流れるの, 渡して, 渡しゃいゝじゃないか, 渡って, 渡りさき, 漏れて, 火を, 燈火の, 登つて来る, 登つて行く, 眼を, 着くこと, 短いもの, 移したらどう, 移して, 移つたのかも, 移つてから, 移つて來てからも, 移らうぢ, 移ると, 移管された, 立って, 笑ひかけ, 答へて, 聞えよがしの, 背を, 背中を, 腰かけて, 臀を, 藏つて置け, 血道を, 行かうあたし, 行かうか, 行かうかと, 行かうかなと, 行かないの, 行かなけや, 行きおれッ, 行きさうに, 行きなされ, 行きませう, 行きやがったろうか, 行きベッド, 行く, 行くかも, 行くから, 行くが, 行くだね, 行くつもり, 行くな, 行くの, 行くわ, 行くんぢ, 行く序, 行けつて, 行け行けで, 行こうか, 行こうや, 行こうよ, 行ったぞ, 行っても, 行ってろ, 行ってろッ, 行つたら, 行つた方が, 行つた時きい, 行つておいでと, 行つてお出で, 行つてからに, 行つてし, 行つてしばらく, 行つてちやうだい, 行つてましよう, 行つてゆつくり飲ん, 行つてらつ, 行つてろさあ, 行つてろつ, 行つてゐ, 行つてゐた, 行つてゐます, 行つて一処に, 行つて人柄が, 行つて寐ね, 行つて母とでも, 行つて猿を, 行つて立つ, 行つて藤ちやんに, 行つて見ます, 行つて見よう, 行つて貰つても, 行つて頂戴, 行つて顔拭い, 襲撃し, 見えないの, 見当を, 訊いて, 訪ねて, 譲つて, 貸して, 走つたの, 走りこつちへ, 走りして, 走りました, 足を, 足早に, 踏みこまれちゃ, 蹤い, 蹴飛ばして, 転げ込んで, 返事を, 迷ひ, 送つて, 送られて, 逃げたぞ, 逃げたよう, 逃げて, 逐ひやられ, 這入らせて, 通らっしゃれ, 進みまた, 進んで, 運ぶんぢやけ, 遣つて, 遷つて来られ, 鉾先を, 隠れて, 集まれ学課, 靡く光, 順が, 顔を, 飛び降りようと, 飛んだ, 飛んで, 飛んでは, 馳けたり, 駆けまわって, 駈けて, 駈け出して, 駈け足

▼ ち~ (550, 4.4%)

10 ゐた 7 いた, ゐる 6 しまった 5 しまつ, 居た, 居ります 4 けんじや, 來た 3 いたの, ゐて, 來る, 来る

2 [23件] いちじるき, いる, くる, ここに, しまひました, 云つた, 今に, 声あり, 宙に, 家廂ふかき, 居る, 怪我を, 息を, 手籠に, 拷ち殺しき, 板を, 森々たり, 死にき, 決して毒手, 羽風切る, 行くやう, 難儀し, 鼻の

1 [439件] あたま, あらゆる事, ありければ, いずれも, いたが, いたら, いたん, いた女, いた雑誌, いった, いとしもとがち, いない, いないし, いないらしいぞ, いま一つ斷, いるかも, いるだけよ, いるの, いるはず, いるまんま, いるも, いるよう, いる産婦, いる訳, おのおのの, おのも, おりましょう, おります, おり少, おるので, おるもの, お光, お江戸名物, お米, きと, くる時, くれば, くれるな, ここを, こちらから, この二神, これを, さら, さらにその, しげき蛙, しなゆる色, しまいこれ, しまいました, しまいましたの, しまいまして, しまい中西さん, しまう, しまうなんと, しまうの, しまえば, しまったから, しまったもん, しまったら私, しまったわけ, しまった形, しまって, しまつたので, しまつたん, しまふ, しまふだらう, しまふので, しまふん, しろきかも, すずしさ, すでに長蛇, その兄八年, その口, その後に, その御子, その批評, その沈みし, その父母, その産みませる, その縁, その老人, その速, その違, つぶさに海, はつきりと, ふたたび帰る, また耕作, また黙っ, まだ柔かき, まるで開眼, もって, もと来し, やや捨て, ゆきます, ゆく, ゆくであろう, ゆくなんて, ゆくの, ゆく先, ゆく新, ゆく羽目, よからむや, わが手, われに, われの, ゐたが, ゐたと, ゐたの, ゐた子供心, ゐた心, ゐますけれども, ゐら, ゐると, ゐるの, ゐるので, ゐるもの, ゐるやう, ゐる事, ゐる可愛らしい, ゐる多く, ゐる手紙, ゐる筈, ゐる間, エネエアスは, スカマンダロス, ストーヴの, ベットに, 一しほ, 一つの, 一と, 一個の, 一日に, 一朶の, 一言も, 一青年の, 万死の, 下の, 下らしむる, 不快きこ, 不意に, 中田氏と, 之を, 了った, 了つた, 争うべきなり, 事実として, 亡ぶること, 人を, 今や押し流されんず, 今奪ふ, 今或, 今頃は, 仕舞つた, 他の, 仰向いて, 伊耶那岐の, 何事をか, 來さうで, 來て, 促進せるなり, 修羅の, 倒れしめ, 倶に, 働けば, 元氣, 八九月の, 八百萬の, 其場に, 其手に, 其開發を, 再び漢学塾, 出ず, 出でん, 出過ぎる苦し, 初めて歩み出す, 前浜辺, 動くの, 匂はむ, 千葉監獄を, 卓と, 吉川小早川の, 向臑, 吹くや, 吾人は, 吾御名を, 呉の, 告白し, 哄笑し, 喜びホラチウス, 喜べり, 嘆きて, 四月の, 困って, 困つて, 坑夫にまで, 城山の, 堪ふべからず, 夜の, 大に, 大殿破れ壞れ, 大輪つばき, 大龜, 天を, 天界に, 天皇以下捕虜すべて都送りと, 太卜に, 太夫は, 如, 妻を, 始て, 始めて重荷, 始終寸分, 宏壯の, 宣れ, 宮に, 富士が, 寝て, 寝床を, 實は, 專らその, 小さき蟲, 小室に, 小説家顔する, 居たので, 居て, 居ると, 居る人, 居る嫌, 居る晩秋, 峻坂を, 巣鴨監獄の, 己の, 己れ, 帯白あるいは, 幕くだる, 幽囚された, 床を, 建内の, 彼の, 彼は, 彼を, 往った, 征伐致候間か, 後は, 後われは, 後継ぎ足さむ, 得たま, 御世島の, 御頸, 快と, 快奔, 怒潮, 思ふに, 悲痛の, 惜しむに, 惡ぶる, 惨死した, 意富多多, 意祁の, 愚なる, 慄然と, 憔悴し, 懊, 成熟した, 我ながら, 我に, 我れ, 或ひ, 戦げり, 披払と, 指の, 敵を, 新たに, 新羅, 斷乎たる, 旋へらず, 旌旗うごかず, 日和うららよとの, 旦夕に, 早くその, 早く其弊竇, 明に, 時を, 時事を, 暁を, 暑さ, 更に川, 更に惱む, 月光は, 朝廷の, 机に, 来さうな, 来たところが, 来たの, 来たよう, 来た径路, 来た石, 来た立場, 来ても, 来るかと, 来るの, 来るん, 来るッ, 来る途中, 果てようとも, 正當, 此品を, 死す近, 死にました, 死んだと, 死んだの, 死んだん, 死んだ人間, 死んで, 死者を, 殺戮せし, 気味悪く思います, 氣も, 水は, 水ばかり, 汝が, 泥の, 流れづる黒き, 浜風に, 海おのづか, 海の, 海塩を, 消えますぞ, 涙を, 溢るれ, 溢れるもの, 溺れさうだつ, 溺れそう, 滴る翠, 潟が, 激賞し, 熟柿を, 爛々の, 猿女の, 申さく, 申さく神いざなぎ, 男の, 番の, 疾駆する, 白したま, 百の, 百姓榮えて, 百尺の, 目も, 着きも, 睫毛の, 砲おしなら, 硫黄の, 神の, 神前に, 私の, 秋ならぬ, 秋を, 突き刺された怪獸, 窯に, 競を, 簾を, 精に, 終に繩, 結びし太綱, 絵本を, 締緒を, 縋れる枝, 總兵衞も, 繞りゆく, 罵るは, 而し, 背広の, 脚の, 腹中に, 臣安萬侶に, 自害した, 舟子どもは, 若衆は, 苦しむ男, 荷物散乱する, 落ちて, 葡萄の, 蒲公英は, 蒼然と, 薪と, 蟹は, 血鱠に, 行きに, 行きました, 行きます, 行くの, 行く地獄, 行く気, 行く道, 行ったとき, 行った径路, 行って, 衣袂皆しめり, 見える, 見ても, 見るん, 言寿ぎ鎮め, 語つた, 請いて, 諸子に, 諸方から, 貫一の, 賞讚す, 赤裸々の, 起るもの, 越し方を, 躊躇せり, 車も, 軍士の, 轟々の, 退かず, 逐へども, 途を, 速總別, 連ぬれ, 進み行きぬ, 進むを以て, 遊行す, 遍歴す, 過てる, 道の, 酒をと, 長槍, 附着けた, 陸つづきだつた筈の, 難に, 露顕し捕われた, 顔の, 食ふべき, 館主を, 馭者は, 高御産巣日, 高清は, 髻の

▼ ち~ (512, 4.1%)

4 いいました, やぶる神 3 やぶる, 何の, 何も

2 [19件] きり, この我, さう, しない, そこで, それを, たずねました, ちとんぼ, ちと降りはじけ, ないの, ふ, 今でも, 先日の, 加賀家の, 字を, 安心し, 皆この, 答えました, 老人が

1 [457件] あっちへ, ありったけの, ありません, あるきつ, あッち, いいなあ, いいほう, いい加減, いきなりおいそれとその, いきなり下, いくたり, いっしょけんめいに, いったっても, いったの, いって, いつもたくさん, いつも略正確, いつも貧乏, いづれも, いやが, いろいろな, うすくとも, うろ覚えの, えらいな, おおまかで, おしず, おもしろいぞ, おやと, おれつち相, おれの, おろかしくし, お互に, お前については, お委せし, お禮, お米さん, お道, かえってき, かたへ, かわいそうな, きっと昨夜, きっぱりし, きりきりと, ぐらぐらッ, げに無, ここから, ここだ, このウチ, この宅, この猿江町, この通り丸裸かに, これから踏み出し, これで, これでも, これは, さうとは, さきへけ, さすがに, さっきのは, さばさばとして, さらにわれ, したものの, しとやかに, しないか, しなかったから, しばし燃えたる, しばらくたっ, しばらく首, しまいかと, じつに悲し, すいれん, すぐ乗りたい, すぐ喰, すでに思いこん, そうしてご飯, そうやっ, そっと立退い, そつち, そのおう, そのため, そのちょう, その上, その声, その尖塔, その尼寺, その息, その日, その祥瑞様, それに対して, それ程だ, そんなこと, そんなに悪, たがいに, たしかまだ残つてる, ただ巣, たゆまずうまずに, だかで, だかでて, だから此処, ちと火の粉, ちと蜜柑, ちゃんと委細, ちを, てきめん我が, とうとうその, とても八百屋, とんだ間違い, どうした, どうしても死んだ, どうで, どうなる, どうにかし, どうも昨夜, どこへか, どの位世間, どんな返事, ないかも, なかつた, なかなか動きません, なにかの, なにし, なまけるつもり, なるほどと, なんとなく痛々し, なんとも思つて, はしゃぎ廻わり, はっきり切り込ん, はやくも, ひとりで, ひとりぽ, ひどい方, ひに, ひを, びっくりした, ふと申し, へるかつ, ほっそりと, まさか暴力, またうち, また木, また途, まだお, まだ用意, まだ若い, まっくろ, まるで気, まアどうにか, まッたく面食らッ, みな憧憬の, みな蘭若, みんなよく, むしろ多分, めずらしくととのった, もうお立ち, もうなんにもかなしい, もうサクラ, もう石, もう絶対, もとへ, もともとである, ものいふ, やつぱりれこ, やぶるの, やぶるは, やぶる三輪, やぶる荒ぶる國, やぶる鐘个岬, よく見知っ, れんの, ろばろと, わかりません, わざと首, イケニエに, イライラする, オスカア・ワイルドの, オド, クリストフと, コンクリート色に, ショウバイだ, ズボンを, ハッキリ商売, ベロを, メニサンクスだの, ローマを, 一さい姿を, 一向に元気, 一度に, 一晩たってる, 一般に, 一路官道を, 三人で, 下男の, 不安に, 不意に, 世間の, 両家の, 中庭に, 二人だ, 二等甲板である, 五代目菊五郎に, 井戸替, 人聽きが惡い, 今だに, 今にも笑いだす, 今も, 今度こそ, 今後どう, 今日はじめて, 以前と, 休んで, 何しろお, 何しろもうパリ名物, 何でも, 何にも, 何を, 何人だい, 何処へ, 何時の間にか三人きり, 俺だ, 元の, 元より, 元気よく, 先ず尋常, 先の, 全然変った, 公園から, 兵卒共に, 冬ぢう, 冬の, 出さぬ, 出なおして, 出口も, 別に, 別に気, 別に變, 劉洋行でございます, 十一人だ, 十二人で, 反対する, 受身です, 同じよう, 同じ分量, 同勢十二人一人一人長, 同志の, 吾人も, 命を, 商売だ, 商売で, 喜んだ, 四十両も, 四年前の, 因果だ, 困って, 土蔵の, 坊に, 垣根越しに, 夕餉食す, 大したこと, 大の, 大丈夫でした, 大受け, 大盤石だ, 太く鼻, 太陽の, 夫を, 奥様似, 奴らに, 婦人科です, 字が, 学が, 守るん, 安くない, 安心した, 家庭の, 家柄だの, 寂びて, 寧ろウソ, 小さなすきとおる, 小さな花, 少々讀ん, 尚さら余技, 山でも, 崇高な, 常に一足先手, 平気の, 幼少から, 幾らかの, 広巳, 弱ったもの, 強きを, 役人である, 彼に, 待ちくたびれて, 後から, 後退し, 御覧の, 復た, 心やりに, 心安くかの, 忙しいん, 怖しい, 急ぐもん, 恐る恐るその, 意味は, 感じる, 感心な, 慌て出した, 所謂絶ゆるが如く絶えざる, 手持無沙汰で, 手足を, 承知ずくで, 掌から, 揃え得られるもの, 撃沈される, 擽つたいといふ, 支えられる, 整って, 整ひすぎる, 文なし, 新しい占領地, 新聞記者は, 日が, 日本橋の, 明治四十二年に, 昔彼が, 昔氣質で, 春秋の, 昼は, 智慧で, 更に他念, 朝から, 朝六時半に, 東洋義団と, 東海道鈴川の, 柱を, 栓は, 根っからの, 格別の, 正直に, 正長方形, 此処に, 此岸, 武装し, 歩きながら, 死と, 死ななければ, 毎日の, 毎日ぼんやりし, 毒気を, 気が, 気持が, 氣が, 水溜りです, 氷で, 決してそれ, 法律向うは, 泣きや, 海蛇の, 漁師な, 火だ, 火影に, 無条件相手の, 熊に, 片輪, 犯して, 狂とな, 狭いからねえ, 王様の, 生きるん, 生一本だ, 生命を, 由藏を, 異性の, 痛感せず, 皆な, 皆云ひ, 皆夫や, 真剣な, 眼に, 知らねえどうせ, 碁将棋を, 私が, 種々な, 穩や, 空地の, 窺うよしも, 笠を, 答えた, 答えて, 筵を, 細いけれども, 緑の, 美しいと, 美しい羽, 義によって, 義胆の, 老人の, 腹の, 自分が, 自動車の, 舌の, 舌切雀の, 船大工でございます, 花に, 花の, 花を, 苛, 萎みがち, 藝者屋で, 蛇, 行きすぎる私, 街の, 見よう, 見分けられない, 見分けること, 親しみ易い, 親分良い, 許さるべき, 話が, 諜し合せ, 諸藩, 赤の, 赤羽行きだ, 起きて, 追つつかない, 追ん, 逃げたの, 逃げ隠れ, 途中色んな, 運命の, 道を, 違つても, 遠慮なく聞いた, 都の, 酒を, 酒井雅楽頭酒井讃岐守並に, 野が, 金儲けさえ, 金銭利得によって, 金雀兒それから, 鉄の, 銭金を, 長年の, 間で, 関西で, 闇屋渡世で, 阿片窟に, 離縁, 雪割草の, 革命と, 音清々し, 馬鹿に, 駄目よ, 黙って, 黙つたきり, 黙り合って, 鼬の

▼ ち~ (496, 3.9%)

31 見て 19 向いて 16 見た 13 して 12 向いても 6 みて, 見ても 5 見ながら, 見ると 4 ながし, 振り向いて 3 とって, 持って

2 [27件] かきまわして, このごろしろし, すみ, みる, めぐり, めぐる, もって, 出して, 取り白足袋はだし, 向いた, 向きなさいと, 向く, 向け, 好まなかつた, 引つ張り, 振り向く, 振り向くと, 振り返つた, 眺めて, 突き放して, 見あげて, 見い, 見たらい, 見ました, 見ますと, 見るの, 見上げて

1 [315件] あたへた天, あちらへ, あれこれと, いかにせ, いたわるよう, うかがいながら, うけついだ青年, うつたの, うるお, おうけなされたので, おしたので, おすき, お向き, お客さん扱ひ, お舐り, お願い申す, かきまわす図, かむって, かわいがって, きしらせました, きそいながら, ごらん, ごらんなさい, ごらんに, さがしましたが, さぐつて, さして走つ, させて, されたので, しげ, したと, したの, したり, した中背, した少年, した村, した農夫, した鉄, しなかったので, しなければ, し怜悧, し背, じつと, じりりじりりと, する二日, たくさんの, たのむのぢ, ちやんと, ちよつと, ぢかに, ぢつと, つたになあ, つとめて, つらぬく, とつた, とり藁靴, とるか, どんなとき, なされましたか, ぬすみみて, ぬすみ出されて, のぞいた, のぞいて, のぞかせて, のぞきこんで, のぞきに, のぞき込んで, はじめ毎日そこらへ, はなの, ひかく, ひつくり返して, ふむとて, ふりかえったかと, ふりかへ, ふりながら, ふりまいて, ふりむいた, ふりむいて, ふり向きました, ふり向く, ふんで, ほざいたな, ほめられた上, ぼやけさして, み, みた, みよ, みるが, みろ, むいた, めがけて, めぐつてひろがる, めぐるつくつくぼうし, めぐる泣きたいやう, めざしつ, もったまだ, もった人, もっと買っ, もつた男, もつに, もりて, やめて, ゆく, よんで, わざわざ殺す, イキとやら, ツさんが, ボンヤリ瞶めて, 一々判断, 一つ一つゆびでおしてみました, 上げおろしする, 上下する, 与えるため, 主として考える, 乗入れ上, 乞うよう, 二三枚あつ, 二三枚といふ, 五十兩九郎兵衞里兩人の, 今日まで, 休むならぜひ, 伝へたに, 住ますら, 何時も繰り返し, 作つた, 僕が, 兄貴の, 充てる十力, 先に, 免るる, 冒したからに, 冒そうとして, 凝視し, 凝視する, 出せば, 勝たせようと, 十年あまりの, 卷き崩れて, 取おさえようにも, 取りながら, 取り上げた, 取り出しちょっと, 取るか, 向いてるかい, 向いとるぞう, 向かないで, 向きな, 向きませんでしたが, 向くだけの, 向くで, 向くの, 向く人, 向つて笑つて, 呼び寄せる手筈, 呼び集めて, 咲き笑まふ少女, 嗤つて呉れるだらう, 嚇したん, 土埃來る, 土埃来る, 坐りたらしも, 外へ, 大船に, 女として, 好いと, 好まなかった, 安堵させる, 少しずつ, 巻き崩れて, 幼, 廻る, 弄つて, 引きずつて, 引きとめて, 引受ける義務, 得る者, 御人, 恐れて, 恨む手, 悦んで, 想つた, 愛した, 愛して, 或る, 承けて, 拵える粉, 持ちこんで, 持った市民たち, 持った黒吉, 振り向いたゆき子, 振り向かうとも, 振り向く息子, 振り返る, 振り顧, 振向いて, 振向くけれども, 掘り, 探さうと, 探した方, 揃えて, 撃つて, 改ためた, 望みました, 構成し, 模し, 横目で, 欺しとい, 歌に, 歩くだけで, 殺したの, 殺して, 求めましたが, 泣きくらす, 泥棒に, 注視し, 洩しながら, 洩らされひとつ, 浄化する, 犯さないであろう, 犯さない事, 犯すこと, 犯すという, 狙つてゐます, 獣だ, 甘く見損なう, 生んだ日本, 用ふ, 田舎の, 目がけて, 真昼間の, 真面に, 眩しさうに, 眺めた, 睨め附けるやう, 瞰下し, 知った時, 禿髪かき垂り, 私が, 突き出した, 背後へ, 背景に, 自分を, 花の, 葦づか, 褒めても, 見あげました, 見おくっても, 見おろし見すくむる, 見おろすこと, 見きわめようと, 見くらべた, 見こつちを, 見して, 見たが, 見たの, 見たら君, 見つけた瞬間, 見つめて, 見ては, 見てや, 見てるか, 見て取るが, 見なかった声, 見ぶつ, 見ましたが, 見ましたけれども, 見ましたらたつたいま, 見まもって, 見まわして, 見む, 見も, 見ようと, 見よとでも, 見る, 見るだけ, 見る丈, 見ろそう, 見んか, 見上げた, 見向いて, 見向きさ, 見廻してから, 見廻わ, 見据ゑてゐる娘, 見据ゑながら, 見物し, 見返つて, 見送つて, 覗いて, 訊いた, 認めて, 誘拐犯人扱いしてる, 買いこみたい, 買う夢, 起しも, 起し易い, 踏みしめながら, 踏みしめること, 迎へて, 返り見は, 追いはらって, 追おうか, 追ひかけ, 選ばうかと, 選ぶこと, 選ぶだらうか, 避けるやう, 鉄の, 閉じて, 降らせました, 頼まれたよりは, 顔に, 香に, 駆け廻ッ, 高くとった

▼ ち~ (474, 3.8%)

832823 やがった 21 ひました 19 ッた 16 つた 12 ふんだ 10 ふの 7 はう, ふよ 6 ふぞ, ふな, ふわ 5 つて, ふんです, ッて 4 ひまし, ふから, ふね, やがる

3 [14件] ぢま, つてから, つては, ふぢ, ふとね, ふので, ふのよ, ふもの, ふやう, へばい, やが, やがっ, やア, ッたんだ

2 [16件] つたの, づ第, はうと, ふからさ, ふが, ふぞい, ふだらう, ふとは, ふらしい, へと思つて, やいい, やしない, んたり, ッたい, ッては, ツた

1 [125件] ぞ, ぢまと, つたそれから, つただらう, つたな, つたなさ, つたなんでも, つたにや, つたのさ, つたのは, つたのも, つたもを, つた醋吸の, つて形は, とへよぼ, なかきちらし, にゃ, は, はうかと, はうぢ, はうっ, はうとして, はうや, はうよ, はう何うに, はずには, はなく, はなけ, はなけれ, はねば, はれたやう, ひさうですからね, ひさうですぜ, ひたい, ひたいな, ひたいよ, ひやしてな, ふからこれは, ふからミスキャストが, ふからヲダか, ふから久保田にかけ, ふから困る, ふから好い, ふくらゐ, ふけれど, ふこと, ふことも, ふさ, ふさうです, ふし何かと, ふぜ, ふぞう, ふぞと, ふだらうな, ふつもり, ふづら, ふで, ふといい, ふといふ, ふとこ, ふところだ, ふともうぜ, ふと寝られなくなる, ふと承知, ふと明月, ふと欲, ふと正月, ふと氣, ふと自分, ふと蔦屋, ふなあ, ふなぞ, ふのに, ふひと, ふもんですからね, ふんだらう, ふんで, ふオール, ふヅラァ, ふトマトクリームスープ, ふン, ふ事, ふ位, ふ信用, ふ奴, ふ心, ふ感じ, ふ気, ふ眼, ふ筈, ふ考, ふ進藤誠一, へといふ, へとくる, へとも言, へと円タク, へと思っ, へと思ふ, へな, へはね飛ばす, へば, へばいい, へばきっと, へばせいせい, へばな, へッ, へ停年, へ毎晩, へ砕いち, へ芝居, へ見る, へ酔ってる, ゃあがった, やあが, やお前達, やがれ, やよかっ, や可愛相, や貴重, んたる, ッたっ, ッたんだろう, ッちゃ, ッてよ, ツて

▼ ち~ (352, 2.8%)

3 うた, それを, 三っち 2 ある, い, どつちだ, ないこと, なかった, 三ち, 嬉しまぎれ, 気性までが, 真面目な, 行かん輪索

1 [323件] あせつては, あたらんらしいて, あひし, あぶも, ありません, ありゃあしねえよ, ありゃしませんそれ, ありゃしません本当に, あるが, ある関係, いかないて, いかなくなった捕鯨船, いかなくなる, いくさ評定の, いちいちそれ, いなければ, いましたから, うただ, うたやらと, うわ, うんだと, おしえては, おれを, お前と, お父, お爺, お辞儀を, お金が, きりっとし, ぐでりんになつてしまふづらア, ぐるじ, ここ終えたら, こつちだわ, こつちも, この人, こはくない, これで, こんなところ, ございません, した覚え, せいぜいあの, せず兎, そうだ, そこいらだ, そのつもり, その気, その通り, それに, それ以上馬鹿に, そろ, そんなつもり, そんなめ, そんな風, だからもう, ちょうど柏餅, ちょうも, ちんぷんかんぷんである, つづくとき, つりこまれちゃ, でえだらぼっちだが, できるだけ, でられないと, ととのって, どうか, どうかし, どうもなかつたら, どこへ, どんな量見, ない, ないかも, ないさ, ないほど, ないん, ない畠, ない虫, なさったこと, ならなくなるまでは, なんだ, なんだか詰らない, なんとも感じ, はれやかに, ふみたくない, ふよ, ほしいと, ほとんど喧嘩腰, まあだいたい変り, まけずに, また苦み, まだお, まだ子供, まだ空い, まだ若い, まるくおっとり, みせないで, みんな一度に, もう三日, もう子供, もう花, もらって, やってきたの, やってこずちょう, やはり, やはり例, やりきれないもの, ゆつくり, ゆるたらの, よくて, よく凛々しい青年, よく洗つて, わざわざ話, ゐず, ズット大きく, ヅブ濡れにな, ピアノの, モノに, ワシなり, 一しよ, 一ツ知りたい, 一日々, 一日かかりやしないだらう, 一辺で, 三ッち, 三十五六典型的な, 三十前後貸金の, 三四ヵ所工場が, 二里ほどずつ, 人に, 人並だった, 休みそつ, 何だか憚, 何の, 余計な, 使ひ, 依怙贔負, 俗體の, 信じてるもの, 倒れさ, 倒れて, 健康で, 傷つかないと, 僕は, 僕らの, 儲けようといふ, 先生の, 入らないよ, 全く苦い, 冷静に, 出て, 出ないよ, 判然する, 別に口, 別の, 力碁で, 動けなくなって, 勝ちたが, 匂わしたこと, 十二三で, 十四で, 千五百石程度の, 卓へ, 危い, 口ぐちに, 同じだ, 同じよう, 同じ位, 向うが, 向かずに, 坂田屋の, 壮健で, 外見は, 多くの, 多少世話, 大きいが, 大した用事, 大地の, 好かつた, 好きでございます, 妾とは, 嫌ひなんで, 宙返りでも, 家と, 寡く, 尋いたつ, 小便を, 少しは, 幕府は, 平穏に, 底なしいつでも, 度々ね, 引止める手, 役に立たぬから, 彼女の, 御覽, 微酔の, 心配しない, 忘られ, 忘れつおもしろく, 思って, 思ひついた時, 意地だ, 意気地の, 感じ合つて, 感心できない, 態度も, 慌てて, 憎いと, 或る, 手足も, 投げやりの, 揺るぎも, 教祖五六代目の, 散歩かたがたあとを, 数多の, 敵の, 文學者に, 斜めに, 旅先で, 暇が, 最前から, 有るの, 服は, 望んどること, 本当な, 栄えなかったが, 極力遠く, 欲しか, 正科にな, 此辺りへは, 歩き出すといふ, 歩くの, 毎年その, 毛が, 気が, 気に, 気まずいよう, 気位ゐ, 決して滿更, 決して美人, 泡盛のみながら, 泣いたからには, 消えて, 消すひま, 漸くあぶら, 無精せず, 猫好きそう, 率先し, 瓜実型の, 生きもの, 生命と, 用らない, 疑いなし, 疑われる心配, 皆泣きぬ, 目に, 相手が, 相手の, 真理である, 真面目に, 着て, 睨むやう, 知つてゐる, 突つこん, 窓から, 立派な, 笑つて, 笑は, 精いつ, 精神的な, 納得した, 綺麗で, 缺かさず, 美しく素直, 美男の, 群を, 義理が, 考へは, 聞いたやう, 自信が, 良い歳, 行かない空間, 行かなくな, 行かなくなったら外聞, 行けなくな, 見せないで, 見ちが, 見ちがえるほど, 言いやしねえよ, 言ったこと, 詫を, 誠に少々にて, 読んで, 調子を, 諦めること, 豆でも, 負けずに, 負けず嫌ひで, 貧乏で, 質問の, 越後の, 足を, 足悶きがとれなくなっ, 蹄も, 躯つきも, 辛いの, 迷いこんだり, 道楽で, 違って, 避けて, 金づく, 金の, 間誤つく, 陽の, 雑って, 面白いと, 面白味の, 風の, 馴れつこ, 駄目です, 驕った気持, 高い金, 鳴きくら, 黙つて, 7より

▼ ち~ (169, 1.3%)

9 ちッ 8 たあ 6 ありが, けッ 5 とも気 4 とも 3 とお 2 とおいで, とは淋しかろ, ともいい, ともそんな, ともない, とやそッ, ぽけ

1 [114件] ありがて, いて, うるさい, くそうッ, くそでも, この岡ッ引め, この阿, それで兄者, たあ御, たア, たアそこ, たア人, ちいっ, ちぇッ, ちちちち, て汝, と, といか, とおかしい, とぐらい残しとい, とこう, とこれから, とはいい, とはまし, とはよい, とはムホン気, とは女遊び, とは小手先, とは手下, とは痛い, とばかりちがう, とばかり人, とばかり大, とばかり料, とばかり植木いじり, とばかり江戸, とばかり買っ, とべい早う, とまた, ともお, ともおう, ともおかし, ともかま, ともこだわらない, ともこの, ともこのごろ, ともしませんでした, ともそれ, ともぞんじませんで, ともなかっ, ともまだ, とももう, ともフシギ, とも交じらん, とも何, とも先, とも凄味, とも助ける, とも取り乱した, とも取乱し, とも可愛く, とも可笑し, とも嘘, とも変っ, とも女そのもの, とも姿, とも家, とも往来, とも待ッ, とも怖い, とも怪しむ, とも恐れ入った, とも意味, とも損, とも救われ, とも注意, とも珍, とも珍しい, とも疑わず, とも疲れた, とも知らない, とも知らなかった, とも知らね, とも短縮, とも突然, とも腹, とも赤く, とも身, とも退屈, とも酔っ, とも閑, とも顔, とも騒がず, とも騒がなかった, とベエ, と俺さま, と待っ, と心, と早, と早く, と舌, と舌うち, と隅, どうした, どうもあの, なんて人, ふざけるない, ぽけな, まずい面, また優し, やかましいじゃ, 忌々しいなあ, 曳かれ者, 言うこと

▼ ちつと~ (161, 1.3%)

26 でも 8 やそつ 3 察して 2 もじつとして, 違ひます

1 [120件] あつちで眠らん, あれでも, あれを, あ考へ, おせつかいめくが, おめ, お尋ねした, ぐらゐ遊んだ, さうい, そばで, それに, たしなめて, だつて, づつお, づつち, づゝ蛇いちごを, でも仕合せ, でも邪魔, で忘れる, ばかしお, ばかしお金, ばかしその, ばかしだ, ばかしづ, ばかしの雪, ばかし目論見, ばかし註文, ばかの, ばかりあなた, ばかりい, ばかりの自分, ばかりやります, ばかり丈, ばかり切つて, ばかり年期, ばかり悪魔, ばかり手, ばかり掘つ, ばかり本, ばかり気持, ばかり畑, ばかり責任, ばか井出, ばか作つてもれえて, ばか目が, へまだ, べえ, ましな, もさういふ不愉快, もさうでは, もさうは, もめりはり, をかしい, 世間を, 位い, 位なら, 位の, 六かしい, 其積で, 冷たいが, 凝結つてら, 前です, 割負が, 勘弁は, 古臭いわね, 善き歌, 困る, 変だ, 外国語でも, 大きすぎる, 大袈裟かな, 大袈裟だ, 学校の, 小つち, 差しが, 度が, 待つて, 御帰り, 思ひ當, 急がず, 恐い話, 恩に, 掛合ふ, 教えに, 散歩でも, 早かつ, 早過ぎます, 樂に, 気を, 渋皮の, 狭いが, 白いの, 白いもの, 相談に, 續けさせ, 考へ, 考へんければ, 考へ直したらよから, 脇へ, 舌打を, 英語とやらを, 見せて, 見ねえで, 足を, 身を, 身分ちが, 遠いです, 遠くへ, 酒を, 金を, 閉口だつた, 間が, 附いて, 險呑な, 離れて, 静かに, 面白くありません, 面白くし, 頭痛が, 黙つて

▼ ちから~ (152, 1.2%)

4 見て 3 まかせに, 見ても 2 いつぱい, およばず狼, たつ, なく, 余って, 出かけて, 察して, 恩を, 見ると, 頭を

1 [122件] あがるばかり, あそこまで, あの人, あり, いつぱいちからいつぱい, いつぱいまはりはするが, いつぱい光, いつぱい口笛, いはれて, うんと頭, おつくしおり, おとしに, かけだして, かけても, こつちへ, さあ甘甘, さえなくなったが, さかおす, さそったん, ぢかに, つけて, つて, つてことは, なくくだる, なくして, なくやうやう, なく坐っ, なく垂れ, なく翅, わざわざ云, わざわざ喋りだす, わざわざ訪ね, メソ, 一杯に, 上らうね, 云い出すよう, 云ひたく, 云ひ出す, 何か, 何気ない様子, 俺ら管あ, 先手を, 先方へ, 入るとこつちへ, 出して, 出るこの, 出向くといふ, 出張って, 出掛けて, 及ばざりけり, 及ばぬながら, 吉田を, 向うへと, 呼びとめたが, 大分苦情が, 室の, 帰るんで, 廻るといふ, 引き寄せるとも, 引つ張りだこ, 強くゆすぶり, 強く追, 得た名, 御免蒙る, 御飯を, 心配すん, 恁んな, 押されこッ, 持つて, 捲つて, 断つて, 斯う, 明日へ, 書き寄せて, 来たね, 来たん, 来る弾丸, 梯子を, 槍が, 此ら甘えこと聞た, 母の, 求めたつき合ひで, 湧く, 無く自分, 牛屋を, 相手を, 突かれ揉みくちゃ, 締めて, 聞えました, 聞え來, 聞くところ, 般若心經の, 行けますか, 行つ, 行つて話さなく, 行つて道の, 見せびらかさなくとも, 見る角度, 観れば, 言ひだす, 訊ねたり, 訊ねも, 訪ねて, 訪ねる場合, 許されて, 話しかけて, 誘ひ出さなければ, 豆ッて, 負けて, 貸して, 賣出して, 起つた, 足を, 足袋が, 進んで, 運ばせて, 適当な, 離れるか, 靈媒へ, 頭など, 頼みたい話, 黒つ

▼ ちゅう~ (132, 1.1%)

6 に浮い 53 ちゅう 2 であるが, なので, に妻, のこと, の出来事, の女, 変って

1 [104件] あの花売, いい声, からお嬢さん, から俺, から当り, から癪, が可笑しい, さめて, だから, だが, だけこれ, だったが, だよ, だろう, ちゅうちゅうちゅう, であるらしいそして, です, で終る, で語りました, というん, という賑やか, なんか持っ, に, にあいつ, にうち, にお, にここもと, には変るだろう, には後ろ, に九月十五日, に他, に何, に光井さん, に出府, に動かす, に吊るした, に土, に尾白, に押され, に止め, に残らず売っ, に浮いた, に私たち, に立つ, に自, に賊, に銀メッキ, に鮒釣り, のほう, のよう, のん, のテレビジョン機, のー, の一種, の一門, の人物, の大, の大事, の宇宙艇, の廃物, の抑え, の最年長者, の棒, の河船, の王様, の甲斐, の禅坊主, の筆記, の美智子, の羽織, の老人の, の身分, の長者, の頭目, の麒麟児, は, はお世話, はしばらく, は何, は昔ここ, は毎日, ほどのもの, ほど当時, もしばしば, も一部, も絶えず, を増長, 不仕合わせ, 動いて, 可愛げ, 大ゴカイ, 大蜥蜴, 好い札だい, 寂しいこと, 寝かしっきり, 当ったこったか, 御迷惑, 思って, 情ない奴ちゃ, 情ない身の上, 旨い話, 煙たいこっちゃいの, 走らせ方, 遅いな

▼ ちぇッ~ (105, 0.8%)

4 ありが 3 しまった, と舌打ち 2 ありがて, そんなこと, たまらねえね, と舌, なんでえ

1 [85件] あきれるな, ありがたしかたじけなし, いいざま, いかに山家, いけ好かない人, いまいましいおやじ, いまいましいが, いまいましい女, いまいましい第, いめいめしいやつ, うまうまと騙られた, おかしなまね, おこりますよ, おそかった, おどかすない, おどろいたね, お母, かたじけねえ, がみがみいうまい, きさま, くそ, くそおもしろく, くだらねえ奴, くどいな, こうし, この冤罪, この足め, ごひいき筋, さては早く, ずいぶんありゃ, そうです, そう聞きゃ, そう聞け, その立派, そら爺さん, それほどもの, そんなもの, たまらねえこと, だからくさくさ, だから早く, だから腹, だって当人, つまらないこと, つまらねえ, つまらんところ, つまんねえや, ていいたくなる, といいたくなる, というよう, と歯がゆ, と言いました, どうする, なるほどねえや, なんてうす, なんてまあ, なんて意気地, ぬか, ぬかった, ねだんな, またこれ, またし, また出し抜かれた, また周馬, まだわからねえ, まだ吐かねえ, もしかする, やっぱりあの, やっぱり呂宋兵衛, やりきれねえな, やんなっちゃあな, よくよくだ, 出しぬかれたぞ, 口惜しいな, 悪い所, 来やがった, 決まってるじゃ, 生温い声, 聞こえるからこそ, 見たくも, 話せるね, 釣れねえつれねえもう, 長い煙管, 面白くもね, 面白くもねえ, 黙りますよ

▼ ち~ (97, 0.8%)

127 えや 4 てやらう, てやる 3 えねえ, られて 2 えば, えました, ずには, たま, てやろう, て呉れない, るつもり

1 [50件] えあん, えおとつ, えそれ, えっ, えという, えばさ, えまさあ, えましたから, えました思ひ出すと, えます悪い, え此, たという, たら明日, た侍, た彼, ています, ている, てくれない, てくれる, てしまう, てにてくっちまう, てまんが, てみれ, てやりてえ, てやれ, てキユウキユウ言, て下さいつ, て女中, て居る, て捕った, て聞く, て見せる, て遣らう, と云, ないの, なすっちゃ, に来よつ, の話, ばる青, やがつた, やも, られたとか, られたの, るが, るなんて, るやう, る処, る方法, る氣, れば

▼ ち~ (87, 0.7%)

4 あつた 3 云えば 2 いえば, いるよう, すわって, 何も

1 [72件] あつたらう, い, いう遠足, いたあと, いること, いる山, いる者, おいとくの, おったの, おとなしくレコード, お前さんの, ここに, さびしくなく, すい, すこし本, するやう, せうね, ほんとに不便, ぼんやりと, やきもきし, やつたつ, わたしの, ゐる事, ゐる他, ゐる時, チンチンと, ロシアへ, 一万こッち, 一杯のみなおしだ, 三両二分も, 三十円と, 三千と, 二十円こつち, 佇んで, 住んで, 何か, 何し, 何となく物足りない, 何にも, 別に笛, 喋りまくつて, 四百圓などといふ, 坐って, 坐りこんで, 少し都合, 居る, 幾らかづつ證據物件, 彼を, 思ひ出すなどは, 悪い噂, 描くの, 明治十八九年頃であった, 暮すんかしら, 暮すン, 暮らすほか, 書いて, 歩いたとき, 歩いて, 死んで, 沢山である, 泣きじゃくって, 焚く火, 眺めるの, 稼ぎ御, 置いて, 藤村詩集を, 言い出すが, 訊いて, 誰も, 遊んで, 頻りと, 願いさげ

▼ ちその~ (86, 0.7%)

2 ま, 人を

1 [82件] お願いに, お高どの, かの子らの, きれいな, せゐで, やうな, イデオロギーは, ロジックさえが, 三つの, 中に, 中には, 伊豆志河の, 余流を, 前提を, 向つ, 咋し遺り, 國に, 國より, 堤に, 声は, 大い, 大神の, 奴隷制の, 妹の, 姨倭比賣, 姿それが, 孃子に, 室の, 宮に, 山に, 島より, 巌の, 店が, 座に, 後ろの, 御祖, 御陵に, 御頸珠, 御骨, 徳はなはだ, 徳を, 意味に, 揆を, 提案とは, 操行については, 政を, 教へる, 方面に, 昔話こそ, 暗からの, 木の, 本色を, 櫛を, 正体は, 母ふ, 水門の, 氷目矢を, 汁も, 沙洲に, 海邊の, 溝埋み, 特殊の, 眞摯な, 矢を, 石に, 禮物の, 第三幕, 等級に, 美人に, 耕作が, 耕作を, 肉なり, 若日下部, 荒け, 衣衿を, 趣を, 跡でも, 道に, 香坂の, 香木に, 骨は, 鰐の

▼ ちにも~ (68, 0.5%)

15 こつちにも 2 はつきりと

1 [51件] あなたと, ある, あるが, あるん, あんな赤ちゃん, い, いないらしい, いるんで, いれどから, かなりの, こち, こんな蕨, ごろり, その名, だんだんわかつ, なんにも無い, ひかれずに, まだありやしない, ゐたわ, 云ひ, 何かの, 備へは, 内証で, 同じ孔, 子供が, 忙しく聞え出しました, 捨てられる, 散らばつた, 棄てられた紙, 横目で, 此の, 気持の, 燐光の, 片寄らない両性結合, 知つた顔が, 破れた翅, 立つてを, 縁は, 罪です, 考えが, 考へが, 自ら參加しよう, 興味的に, 花を, 行かない奴, 見えませんが, 見違えるほどの, 銃聲ぱち, 陸軍軍醫中將秋山練造といふ, 黄金いろ, 點在し

▼ ち~ (64, 0.5%)

43 をかし 2 がある, くらべは, くらべを, のある, も力, をしぼっ, ツお

1 [43件] うまうま, が出, が出るでしょう, が強か, が深い, くらべ, くらべさ, だすふんべつ, つと二度, つと舌打ち, でいろいろ, でほか, ときから, ねえ骨, のて, のを, の戦い, の深い, もある, もたりない, も進んだ, ろの, をしぼった, をつけた, をはたらかせたら, をはたらかせまし, を出そう, を進め, んだ, ェッ惜しい, ツこれあ, ツと, ツまた, ツも, ツ君には, ツ残念だ, ツ私は, ツ酷え, ツ馬鹿だ, ツ馬鹿めんの, 残念, 畜生め, 癖にな

▼ ちぇっ~ (59, 0.5%)

5 ちぇっ 2 あのごろつきどもめ

1 [52件] あの糞婆め, あんなこと, あんな当てこすり, いまいましい, うまく逃げられ, うるさいね, うるせい, おもしろくもねえ, くそ, くそ喰えだ, くだらない, ぐずぐずしてりゃ, この豚野郎め, この野郎, こんなもの, こんな国主, しまった, しょうのねえやろうめ, ずらかったか, せっかく早起き, そんなもの, そんな叫び声, そんな約束, つまらねえ事, つまんないの, てんでまたわからなくなっ, と上原さん, と叫び, どうかした, どうしてそうみんな人, どうなる, どんなもんだい, なあんだばかばかしい, なぜ引きとめ, なんてこったい, なんて厭, なんて穢, ひどい奴, ほとんど半年, まずいこと, またやられました, まったくこんな, まるで得体, よくまあ本当によくまあ出しゃばる, よしゃあがれ, 憎っ, 折角日本軍, 泣き出しちゃ, 若いの, 逃げられたか, 飛んでも, 馬鹿馬鹿しいあんた

▼ ちょっくら~ (54, 0.4%)

10 行って 3 見て 2 停めて, 待って

1 [37件] あの, あの役場さ, うかがいますが, おめ, この手, まお上がり, ようすを, 上って, 上るん, 下りて, 会って, 借りて, 入りやしょうさあ, 出て, 出張って, 分りかねますだよ, 分りませんが, 吐かして, 呼んで, 届けるから, 帰って, 帰らないな, 引っかつい, 引っ返して, 待てという, 待てよ, 明かせて, 有りすぎる所, 来て, 締めて, 聞いたが, 聞きたいは, 見せて, 言って, 走って, 追いかけて, 預かって

▼ ちこの~ (49, 0.4%)

4 上なく

1 [45件] かたは, なは, はなしを, ような, ヤマユリの, 一癖からばかり, 三人には, 世の, 中で, 事を, 二者の, 劇の, 同盟は, 名称が, 問題を, 場合は, 定理において, 客観性の, 實體の, 尊王思想は, 属の, 山もり, 徑路盡く, 心理的革命の, 悦び一切の, 愛は, 故である, 敗退に, 方は, 智識顕昭の, 条ばかり, 歌を, 男を, 私の, 竜宮の, 群の, 者長また, 觀念の, 言葉が, 谷奥の, 辭書なる, 連続の, 量の, 類の, 龍宮の

▼ ちながら~ (46, 0.4%)

1 [46件] いつ迄, この夫, じっと息, せい一杯の, その感情, その挙動, その矢, それでもまだ, つと進んだ, にやりと笑った, はじめてヴィユウ・コロンビエ, ゆとりの, わざわざ人, 不思議な, 之と, 二尺に, 他の, 伸子を, 俗流と, 同時にそれ, 咽喉一杯の, 唐紙を, 天理教を, 平田家の, 強ひ, 徐に元, 御廐橋, 新しい自己, 日暮の, 明るく笑った, 極めて不平等, 歩いて, 父の, 生まれて, 生涯社会の, 私が, 空しく埋もれ, 舌打ちした, 蒸溜人が, 裾を, 言つた, 近づく, 遂にその, 郷里に, 里宮参詣の, 饗宴の

▼ ちには~ (42, 0.3%)

2 あるから, 明らかに

1 [38件] あたたかい深み, あつちで, いたる所, いついらつし, いつか秋霜の, お百合ちゃん, かつての, かりそめ, しまりが, そつちで, その若い, なんの, にげる途中, ひってから, ふな, また教員連, まだなん, まったく出し抜かれた, 人間の, 佗しか, 別に異状, 半分位損を, 及ばない, 可愛がっ, 奥さんも, 客も, 惡くもねえ, 救いの, 東洋風な, 泥だめが, 漸次に, 目も, 眞奈の, 耳を, 蕎麦の, 行つた, 誰一人その, 鳥が

▼ ちえっ~ (38, 0.3%)

3 ちえっ, と舌打ち 2 ありが, おったねえの

1 [28件] あいつおれに, あいつめ十五に, おかしくって, おどかすない, おもしろくない, おれを, ざまあ, ざんねんだ, ちえ, つれえ, と二度, なんていや, なんという, まるで三木朝太郎, チャチな, 交渉が, 外国人の, 手前の, 残念, 畜生, 聞いただけ, 自分の, 若旦那の, 見つかったか, 誰が, 遅かった, 鞭が, 馬鹿に

▼ ち~ (36, 0.3%)

2 調子で, 頼りない

1 [32件] その骨格, わびしい状態, 不敵さと, 人間生活の, 信雄も, 全身的な, 印刷機と, 大人国の, 子どもであった, 宿無し犬が, 小利巧, 少年に, 心地に, 本棚の, 毬くり頭を, 気分に, 気分を, 気持ちで, 気持ちであろう, 気持で, 決心を, 沈黙を, 満足を, 狂言では, 皆おんなじだ, 笑いと共に, 腕馬に, 表情に, 親が, 謀叛の, 道を, 重荷を

▼ ち~ (36, 0.3%)

2 は後藤伯, れが, れに, れ星亨氏

1 [28件] が失敗, が安政, が私, なり, にわが, にアルビア, に從, の, のやう, の井伊直弼, の備後, の劇作家的才能, の功名心, の家学, の眼, の花園自然, の解釋, はとうとう, は三条岩倉二公, は三條岩倉二公, は之, は戀, は私, は遂に, も華奢豪逸, れ自身, を城裏, を知り

▼ ちえッ~ (35, 0.3%)

3 あきれちまうな, ありが, ありがて 2 いまいましい

1 [24件] うたぐり深い, おっかねえ, くだらねえ, そんなもの, たまには, だんなの, つまらないの, と舌, と舌うち, と舌鼓, またこれ, もう問答, 上役も, 人の, 何いっ, 俺が, 冗談も, 四月の, 堪らない, 学校休む, 小癪な, 笑わせるにもほどが, 縁起くそ, 舌打ちと共に

▼ ち~ (35, 0.3%)

6 こめて 3 に乱れ, やない

1 [23件] けたま, こめあてはめて, こめこそこそ, こめた, こめたまま, こめられたらしい, こめられて, こめられるもの, こめ抱いて, こめ石, にもの, に砕かね, の悲, やうち, やこの, やちやん, やどれ, やね, やア, や塚田よしの結論, や変り種, や甘え物, や能

▼ ちそれ~ (34, 0.3%)

3 は一方 2 を咎める

1 [29件] がある, がふっ切れた, が悪い, である, であること, でござる, でゐ, について或, の他者性, の本質的意義, の確實性, はエロース, は主, は人, は堅く, は極めてわずか, は無, は生, は自己, は量, ばかりが原因, ばかりを怒, も永, をいじっ, を偶然, を匿, を厭, を忌み, を忌み嫌っ

▼ ち~ (34, 0.3%)

3 は有る 2 の精神, はあの

1 [27件] かかる觀念, がいま思惟, がもの, が存在, が此處, が神, が苦痛, しなり, しの, に対する競争相手, のうち, のニユアンス, の本質, の現に, の祖父, の迂闊さ, はいま鼻風邪, はここ, はそれ, は一仏教徒, は存在, は思惟, は斷乎, は法律, は神, は私, を常に

▼ ち~ (31, 0.2%)

6 に反し, れに 4 を裂き 2 である, れを, を以て彼 1 が矯正策, に代, に取, に対して常識的概念, を叱し, を文化文政以前, を見事, を超過, を間

▼ ち~ (30, 0.2%)

6 ッち 2 ちの小竹の

1 [22件] ちで鼻, ちのあらゆる, ちの人家からは, ちの大, ちの峰から, ちの水たまり, ちの煙の, ちの落合ふ, ち器用, ち高い, ッちからユックリ眺め, ッちで, ッちの二十五座に, ッちの坊やから, ッちの蔭から, ッち引越し, 張つたところが, 張つてまん丸な, 張つてゐた, 張つて堂々, 張つて背中には, 張つて言ふこ

▼ ちまひ~ (29, 0.2%)

3 ます, ますよ 2 なさい

1 [21件] さて床, しまらなくなりて, とう, なさいよ, ふた葉, ますから, ますからね, ますので, ますへえ, ますわ, ませう, もませる暇, やがつた, やがつたな, ウイを, 出かける, 又ねる, 又タカ, 大分負けてた, 新しく出来た, 白いスパゲチ

▼ ち~ (26, 0.2%)

2 ちと鳴い, ちツ, ともよくならん, ぽけな

1 [18件] てん, とお, とは癪, ともうち, ともその, ともふり向き, とも一緒, とも御, とも思つて, とも思ひ, とも思ひやり, とも憂慮, とも書いてない, とも直りやせん, とも行きた, とも辛く, とも面白い, ぽツ

▼ ちまで~ (25, 0.2%)

2 日本の

1 [23件] お召し, ともに何事, どんな経路, ひどくしどろもどろ, ぶじに, 一しよ, 三段か, 世界の, 五ヵ月ほどの, 保たれて, 君主を, 変てこに, 徹底的に, 悲しい独身生活, 払いを, 残って, 気持が, 病気つく, 相変らず, 知らなかった, 行つてあらん, 連綿と, 頭が

▼ ちそして~ (24, 0.2%)

2 それは

1 [22件] おそらく上述, かく存在, この価値, この個, この優, この穀価, これを, その人口, その生産, その限り, 一国の, 他方は, 単に三〇〇磅, 古代の, 左京の, 有た, 期限は, 消費される, 熟練や, 穀物に対する, 等しい額, 結婚に

▼ ちでも~ (24, 0.2%)

3

1 [21件] いい, いいが, いいだらう, いいや, いいん, ええや, かまわぬという, く, したい気持, したの, 三人掛が, 不思議に, 云って, 僕あ, 村中で, 構わないが, 気がついたと, 泣き出す, 行かれますけ, 衰えること, 馬鹿に

▼ ちよう~ (23, 0.2%)

5 だいね 3 だいよ 2 だいな, のよう

1 [11件] だ, だいするから, としてゐる, として途方, なア, な婆さん, な處, に冠つて, やよう, を逃げ, 噛んで

▼ ちそう~ (22, 0.2%)

2 になった

1 [20件] が出来た, です, でみんな, でも, とをもってすべし, なカテゴリー, な腹, になっ, になり, にはさわ山, には荘重さ, のお, ばかりで, もない, も言われぬ, をこしらえ, をする, をたべ, をとっ, 申しもの

▼ ち~ (22, 0.2%)

1 [22件] か, からもわあああ, が事務所, だけの眼, でも責任, なの, なんで, にこの, にや, に万福, のひとり合點, の一ノ宮, の人間, の岸, の急, の方, の町, の窓, は切れ, へどうか, を, を見

▼ ち~ (21, 0.2%)

7 の花 3 の生垣 2 はの, 葉の 1 のトンネル, の一重, の咲き乱れた, の夕光, の手入れ, 仏の, 葉は

▼ ち~ (20, 0.2%)

2 ちが, ちぽ, ち落ちだした

1 [14件] ち, ちたべながら, ちと中空, ちと紅色, ちと胡粉, ちと蚤, ちに, ちのついた, ちの模様が, ち帰りかけて, ち残った, ち降って, ち降つて, ち黒く

▼ ちにな~ (19, 0.2%)

3 つてし

1 [16件] つたかう, つた全く, つた後い, つた私は, つた路易は, つてから, つてしまつ, つてしまつたのを, つてしまつたら, つてたたずん, つてぽかんと, つても, つて坐つ, つて数へ, つて旅を, つて髯を

▼ ちゅうて~ (19, 0.2%)

1 [19件] ああた, おろう, かんぐっとったよう, こうけん, どんと打つ, はげしゅう怒っとる, やっぱり茶屋, 偉え, 出かけそして, 大層口惜し, 慰めたげたらええ, 持ったもの皆, 持って, 教えて, 笑ってるなんぞと, 話しあうとったと, 話しとったじゃ, 頼んだそう, 騒ぐからのう

▼ ちやあ~ (18, 0.1%)

1 [18件] いけないぢやあ, おれないん, ここ二三年の, とれない, ならない, ならないと, ならないん, もう無, ゐない, ゐないん, ゐられねえくら, 埋まらない話, 大に, 女どもでなく, 居られねえ, 横文字の, 遣られないの, 間に

▼ ち~ (18, 0.1%)

2 坂の, 無量寿経これなり, 詩人なる

1 [12件] なる叙事詩, にこれ, に悔い, に異なり, 匙の, 善人小惡とて, 國主の, 多数の, 戲曲なる, 日本豊秋津洲を, 法官に, 産業に

▼ ち~ (17, 0.1%)

2 んだ

1 [15件] からそんなに, しみして, たまさん, たま土浦, つて居憎い, なくつ, りんぐ, わせを, ア夫婦揃ッて, 一週二十一時間の, 場ア負つたい, 気が, 生きて, 矢つ, 私あなたの

▼ ちえつ~ (16, 0.1%)

1 [16件] あの委員, あんなとこ, くそ婆あめ, くだらない, この豚め, こんなもの, そんなこと, ちえ, なかなか隅, なまんだぶおれ, ほんとにこの, ほんとにカチカチ, まるで三木朝太郎そつくりぢ, 分らねえん, 忌々しい, 飛んでも

▼ ちこれ~ (16, 0.1%)

4 を裂き

1 [12件] なり, に反す, に對, をやらない, をモールヴィーエー, を取り, を斥け, を棄, を死刑, を短う, を造らう, を集めぬ

▼ ちぜん~ (16, 0.1%)

1 [16件] からはあれきり, から都, ぜいと, のくに, のくに敦賀郡, の国つる, の守どの, の方, の朝倉, の朝倉どの, へおい, へお供, へかえさぬ, よりお迎え, より岐阜, をほろぼし

▼ ちまあ~ (16, 0.1%)

1 [16件] から, から一度, ぞ, ぞ本, ぞ饒舌, な, なんて行, な怪我, な痩せちまっ, のよさ, べ, べと思っ, やうなのせ, んだ, んでさあ, ア

▼ ち~ (15, 0.1%)

1 [15件] え, すぐに, すッ, ちっとはねる, ちと小銃, ちと松薪, ちと火, ちと焼く, ちと音, ち云う響, ち動かすだけ, ち響いて, ち飜, よう, ッて

▼ ちまた~ (15, 0.1%)

2 とどろ雹

1 [13件] おそらくかなり誇張, そういう材料, その上, その意思, それが, もしその, 事実発揮するなら, 出生数を, 同一の, 外国諸, 大きな地所, 彼らの, 相会う

▼ ち~ (15, 0.1%)

1 [15件] その, めされ御, 一樣なる, 一見或, 世界並びに, 事実執拗でも, 他方では, 伯父国香の, 前者は, 如何なる適用, 有力な, 歴史そのものは, 社会の, 言語の, 高らかに

▼ ちへは~ (14, 0.1%)

2 いつて

1 [12件] ひらないかと, また赤ん坊, 何人位來た, 來ない, 後を, 消防官が, 目も, 眼も, 行かずに, 誰も, 逃げられない次の間, 遣らぬぞ

▼ ちャん~ (14, 0.1%)

8 という子 1 じゃない, だよ, の一生, も言いたい, を邪道, を魔道

▼ ち~ (14, 0.1%)

7 なり 1 ち傾聴, どづゝ, なりと, ねんとた, のみ若し, の孔安國, はフランス流

▼ ちこそ~ (13, 0.1%)

2 すれ, すれ砂, 取って 1 じゃ, どうした, よろしくです, 何ものもが, 国際的な, 貧乏し, 飛んだ自業自得

▼ ちじゃ~ (13, 0.1%)

2 ない

1 [11件] ありますがね, ありませんか, あるめえな, くらせませんよ, どうして食っ, ないぞ, なかったん, なんにも買えやしないでしょう, ねえん, アもう, ア自然に

▼ ちだって~ (13, 0.1%)

2 いいじゃ

1 [11件] い, いいけれど, いいだろう, いい事, これだけの, みんな同じ, ビールの, 信用が, 構うもの, 泣いても, 考えて

▼ ちつつ~ (13, 0.1%)

2 冷えまさるらし, 正眼にも 1 ある今日, うつつには, その前, その精神, 分化から, 早や, 法月弦之, 片言の, 過せば

▼ ちはや~ (13, 0.1%)

2 ふる神, 振神 1 は年中, ひと, びと, ふる, ふる伊豆, ふる神代, 人, 帖何, 振る

▼ ちやつ~ (13, 0.1%)

3 てるん 2 てるもん 1 たりいろんな, たりし, たりした, たりその, ちまうん, てる, てるぢ, てると

▼ ちゅう人~ (13, 0.1%)

1 [13件] があっ, がこの, が心臓病, はこないだ, はたった, はでけ, は口前, は槌, は流石, は異性, や, やてそら, を通してばっかり想像

▼ ち其の~ (13, 0.1%)

1 [13件] 人を, 人既に, 人體で, 庭内境静かに, 庭内境靜かに, 怨を, 患ふる, 意氣を, 未だ至らざる, 當に, 至るところ, 辞職なる, 辭職なる

▼ ち日本~ (13, 0.1%)

2 の文学

1 [11件] がやっと, においても聴衆, のわたしたち, の人民生活全体, の政治権力, の文学者, の歴史, の民主的, の特権階級, の銀座, は一つ

▼ ち~ (13, 0.1%)

1 [13件] ふ, ふるさま, ふるの, ふるもの, ふるを, ふる攝理, へざる, へざるの, へたる, へられた人, へられ半, へる事, へ他人

▼ ちかつ~ (12, 0.1%)

2 たつて, 同一の, 添加せざる 1 ちつたら大根, また貪, 何故に, 彼らが, 最も低廉, 浮び來

▼ ちきしょう~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの手この手を, おつな, このば, だまれ, タキシイドなんか, 三日なら, 人を, 僕は, 打っちゃって, 気ちがいめ, 西瓜を, 雨が

▼ ちのみの~ (12, 0.1%)

5 父の 4 父を 1 父が, 父のみ, 骨を

▼ ちみち~ (12, 0.1%)

1 [12件] しごとき大, そのお話, その一方, もういけない, もう長い, 亡びて, 住み込んで, 分からない気, 大した苦患, 生きては, 知れたもん, 限られたグループ

▼ ちめん~ (12, 0.1%)

2 たる 1 たりずむな気分, たりずむをお笑, たりずむシタ, たるなれ, たるな人, たるな心, たる夕ぐれ, だうな, とに属する, と以外

▼ ち~ (12, 0.1%)

3 ちゆ 2 つくらちゆ, とさ 1 うい, つくりあるくこと, とすゝ, とまひ, ふムシでありますか

▼ ち~ (12, 0.1%)

1 [12件] い赤い, ずや, たな, て獻, と叫び, りし, りしに, りぬ, り演戲, る春, る汐, る雲

▼ ち~ (12, 0.1%)

1 [12件] だけを悪い, にとっても長い, には受けとれ, にもこち, のよう, の商売, の極楽, の落度, はもう, は元々, も足, を追い込む

▼ ち~ (11, 0.1%)

2 りつ 1 あいして, いや, うちに, 入りやす, 掃除も, 染の, 歩きに, 糊を, 露は

▼ ちたり~ (11, 0.1%)

2 美き 1 されど實, して, しに, またはあなた, 乗ってる電車, 吉兵衞は, 夜半に, 自嘲に, 電車で

▼ ちつて~ (11, 0.1%)

1 [11件] しまつ, はきん, もかう, もそれ, も方々, も日, も有, も此, も莢, も諦め, も靜

▼ ちゅう事~ (11, 0.1%)

21 あない, があ, だから, だけで, で兎, になっとる, をしく, を子爵家, を砂山さん

▼ ち~ (11, 0.1%)

1 [11件] にさかろう, に嫁, の噂, の憐愍, はなき, もあんめ, をおそる, をし, を利用, を懼, を遣し

▼ ち~ (11, 0.1%)

2 に人, を捨て 1 から外, に居ない, の周囲幾何, へ行つて皆, をもっ, を治め, 有るつちもん

▼ ち~ (11, 0.1%)

4 のふる 2 をした 1 にのみ迷, のあ, をしなかったであろう, をする, をちがえる

▼ ち自分~ (11, 0.1%)

1 [11件] だけの錯覚, と戰, と自分, に酔う, の妻, の始め, の字, の強く, の父, の道, へ疑い

▼ ちすずめ~ (10, 0.1%)

2 のめぐり 1 がたびたび, がキイーン, がツァリル, が水, のあと, はだんだん, はまっすぐ, へあと

▼ ちへと~ (10, 0.1%)

1 お園, それを, つておし, やつた, グルグル歩きまわった, 下りて, 引かれて, 招けば, 行つた, 言はれた

▼ ちまつ~ (10, 0.1%)

3 たらう 2 たらしいん 1 たさうだけれど, たでせう, たらしいです, たらしいの, として好い

▼ ちよく~ (10, 0.1%)

1 かんてき, くりくりと, なこれ, ならせ給, な語, はたらいて, 冷たい静寂, 爽かにて, 爽にて, 高尚に

▼ ちアん~ (10, 0.1%)

21 とした, と勤め, と引受けた, と持っ, と書かれ, と正式, と知つて, と結びつい

▼ ち~ (10, 0.1%)

1 ある人々, の平和, の悔, の海, の穢, をゆたか, を専ら, を順に, 定まるその, 長けては

▼ ち日光~ (10, 0.1%)

10 を懼

▼ ち畜生~ (10, 0.1%)

31 が, だな, っ矢, つ猫, どうする, なぜ負けた, まだいたかっ

▼ ちこと~ (9, 0.1%)

4 もねえ 1 だつけ, でなく此ら, も云はん, よわれ, 有るもん

▼ ち~ (9, 0.1%)

3 言ふからの 1 とびわたりがはといふ, ものの, 可笑しい悲鳴, 絶えずせ, 言うからの, 身に

▼ ちゅう話~ (9, 0.1%)

1 じゃからわし, じゃった, だ, だす, です, ですたい, を聞いた, を聞かされ, を聴きまし

▼ ちよろけ~ (9, 0.1%)

2 の縁 1 になつ, のしごき, の外套, の小倉, の洋服, の老人, の軍帽

▼ ち~ (9, 0.1%)

2 の時, れなり 1 である, なり, に異なり, れ娑羅仏廟, れ宗教

▼ ち~ (9, 0.1%)

1 促が, 促しつつ, 傷つく, 得る所以, 應な, 戯れる光景, 用いて, 當の, 称え一波万波

▼ ちては~ (8, 0.1%)

1 いない, 必之を, 消ゆる, 看護医薬の, 祀られずさりとて, 素人眼にさえ, 葬すべき急, 食ふべき

▼ ちても~ (8, 0.1%)

2 死な 1 なお意識, ゆくか, 味方の, 天下の, 宜い, 居ない

▼ ち~ (8, 0.1%)

1 お出, このなめくじ野郎め, っ, っとニャク, っよしない, と手, ん, 行け

▼ ち両翼~ (8, 0.1%)

8 を開張

▼ ち~ (8, 0.1%)

6 體は 1 體の, 體性は

▼ ち~ (8, 0.1%)

2 囘の 1 にいたる, に見よ, の大分, は農民, までの罪, 一層理想的作風

▼ ち~ (8, 0.1%)

1 信心がらでない, 腹を, 舎弟信盛様以下城とともに, 落胤に, 註文の, 退屈様で, 養生不相, 髮を

▼ ち~ (8, 0.1%)

2 も来なかつた, れか 1 か或は, と与, にでもああ, も中

▼ ち~ (8, 0.1%)

3 同じ事 1 いよいよ枝葉, このふたり, はさながら, 連れて, 頼もしさうなの

▼ ち~ (7, 0.1%)

2 んを 1 え, えお腕め, えと思っ, えよ, え腕

▼ ちしか~ (7, 0.1%)

1 ありや, いうと, 入れて, 持って, 持ってないの, 持つて, 買うこと

▼ ちふと~ (7, 0.1%)

2 こは 1 いつでも, かかしふと, こや, それあいつたいなんだ, 話にや

▼ ちふん~ (7, 0.1%)

1 か, かいな, だからなと, ぢや, どし洗, やさかい, やろ

▼ ちまやあ~ (7, 0.1%)

1 あとは, がった悪党, がるし, そういう気, それっきりだ, なんてつたつて後, もうおら一人

▼ ちもん~ (7, 0.1%)

3 だから 1 でしょうか, ですから, はいや, は立派

▼ ちゅう奴~ (7, 0.1%)

1 があっ, がある, が大分, ですな, で中, で名, の顔

▼ ちゅう訳~ (7, 0.1%)

1 でがし, です, でグレ出した, で夜更け, で首, なん, に行かん

▼ ちゆうに~ (7, 0.1%)

1 このヘルセツゲン, すつかり焼け, よこした手紙, 巻き入れられしこと, 巻き込まれて, 海の, 私は

▼ ち二人~ (7, 0.1%)

1 が逢っ, のなか, の子, の者, の間, は生まれん, を乗っけ

▼ ち~ (7, 0.1%)

4 いちや 2 いちやくうるくる 1 こちら向

▼ ち従って~ (7, 0.1%)

1 同一の, 常識的である, 把握は, 普遍性, 最大重要性を, 生存の, 資本家の

▼ ち~ (7, 0.1%)

1 いはず波音, の一つ, の動く, は廣, もねえ, をジッ, 既に物

▼ ち~ (7, 0.1%)

1 が人, のうち, の愛, の軛, は一切, は欺瞞者, 疲れ漸く

▼ ちあと~ (6, 0.0%)

1 にのこっ, にのこりました, に取りのこされた, に線香, のすがすがしい, の夜風

▼ ちあの~ (6, 0.0%)

1 いさぎよい一期, ゴリラが, 教材は, 方の, 景色の, 犬に

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 ださうだが, のろけちらして, らは, 知つてるん, 若けエ人, 遊んで

▼ ちだの~ (6, 0.0%)

1 それからあっちこっち, 伯父さんち, 俎板盥大, 大内裏の, 天性の, 机だの

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 ち, ないお, ないしまん, なつてる, まった, まる

▼ ちゅうのは~ (6, 0.0%)

1 このこと, この奥, どうじゃ, 之だけで, 少し不都合, 怪ったいな

▼ ちゅう法~ (6, 0.0%)

3 がある 2 はない 1 あるもん

▼ ちわたしたち~ (6, 0.0%)

1 がかりに, がふたたび, が生き, の生活, はこの, は確信

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 おくんなさるめ, ことだ, ん, んと, んとね, ん君ち

▼ ち~ (6, 0.0%)

2 自然な 1 必要な, 當でも, 當なる, 自然で

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 きに, づ, づおよそ, づ第, にいうた, に解釋

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 とす, に上る, に白, に白し, の冥助, の瓊矛

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 からまず, に入る, の影, また山, まつら, や山畑

▼ ち我々~ (6, 0.0%)

1 が眼, の子孫, の眼前, はどの, は蜜蝋, は超越的一者

▼ ち更に~ (6, 0.0%)

1 その上, それを, 三葉を, 死期無し, 民衆の, 荘厳の

▼ ち無理~ (6, 0.0%)

3 では 1 でないと, とも思はれない, はなかろう

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 一に, 三十年目に, 三次大戦の, 二十五階選士です, 二次大戦後の, 十階選士です

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 がこぼれ, が滿, は東, は西, を見れ, 直ちに上

▼ ち~ (6, 0.0%)

1 につけたる, のまわり, を以て相, を動かし, を投じ, を正し

▼ ち~ (6, 0.0%)

2 ふいて, をあるい 1 に吹かれた, の写生

▼ ちある~ (5, 0.0%)

1 いて, に随, ひは, もんか, 一つの

▼ ちうん~ (5, 0.0%)

1 だから, だから丸, だから商人, ならこら別, や

▼ ちぇッ何~ (5, 0.0%)

1 がおかしい, が何だか, だって今日, をし, をとち狂った

▼ ちここ~ (5, 0.0%)

1 でのみ絶對者, では神, にはじめて, にぶらりと, に集まった

▼ ちただ~ (5, 0.0%)

1 この力, そのもののみの, ものの, 文学の, 私が

▼ ちちちと~ (5, 0.0%)

1 いって, その音, やつて, 啼いて, 木の葉の

▼ ちなに~ (5, 0.0%)

2 の便 1 かしらお, かしら重, もこんな

▼ ちまふん~ (5, 0.0%)

2 ぢや 1 だからこれ, だからな, だからね

▼ ちまア~ (5, 0.0%)

1 しお, な, べ, んだ, 招ばれた

▼ ちめんたる~ (5, 0.0%)

1 が多分, の夕ぐれ, は錐, もあすこ, を使

▼ ちゅうちゅう~ (5, 0.0%)

1 吸いに, 吸った, 啼きながら, 食ってた連中, 鳴きながら

▼ ちよき~ (5, 0.0%)

1 南の, 或る, 藥を, 金二分二朱金巾筒じゆ, 青草の

▼ ちより~ (5, 0.0%)

1 なくな, 悪き人, 進み來, 馴れて, 髮のか

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 いけないといッたん, いけねえぜ, いられねえ, ん, 当たらねえん

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 ったあ, っとばかり手前, っと利子, っと芸者, まの

▼ ちイッ~ (5, 0.0%)

1 いけないねえ, くどいと, しまった, ひどいッ, よウ

▼ ち~ (5, 0.0%)

2 んそんなに 1 いけないヨ, ん猫, ん高

▼ ち~ (5, 0.0%)

21 ちー, つーほう, と鳴き

▼ ち世界~ (5, 0.0%)

1 で十数億, の人民, の注視, は實際, は計量上

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 かを結論, か睦びてしなへ葉, の悖, を顧み, んで面皰出

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 であったの, の養母, は狐, も赤坂氷川町, をし

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 にや打, にや打つ張る, に充たし, に率, 閣破壞の

▼ ち天下~ (5, 0.0%)

1 に魁, の乱臣賊子これ, の大計, の読書, の論

▼ ち巻き~ (5, 0.0%)

2 をし 1 をいたし, をさせ, をとっ

▼ ち得て~ (5, 0.0%)

1 ゐた, ゐたこと, ゐるの, 尽きなかつたらしい, 止まむのみ

▼ ち我輩~ (5, 0.0%)

2 は唯 1 はまた, は二億五千四百万余円, は二億五千四百萬餘圓

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 ひは, る否定, る完全性, 人の, 日途中で

▼ ち染め~ (5, 0.0%)

4 の技術 1 たる幔幕

▼ ち~ (5, 0.0%)

2 の前 1 なしど, に逢, を低

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 えり疾く疾く, はむ, ひけめ, ひぬ, ひぬおん身

▼ ち自己~ (5, 0.0%)

2 のうち 1 に奉ずる, の像, の鑑識

▼ ち~ (5, 0.0%)

1 で編んだ, に匿, に隠れ, の日蔭, も雨

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 どうせ狐, もう吸血鬼, やめろ, 放って

▼ ちぇッいや~ (4, 0.0%)

1 な奴, な面, になっ, になっちまう

▼ ちがは~ (4, 0.0%)

1 だ, ない, ないやう, ない夜

▼ ちそこ~ (4, 0.0%)

1 では, では一歩, には存在從つて現在, に共通感覺

▼ ちだけ~ (4, 0.0%)

1 なの, ならこの, 守れば, 拡げたわけ

▼ ちなし~ (4, 0.0%)

1 といえ, とすれ, と言, まつた

▼ ちなど~ (4, 0.0%)

1 手さぐりでも, 打つちや, 色々の, 言ふ

▼ ちにゃ~ (4, 0.0%)

1 あそんな, ァ殿様, ア初耳だろう, 大きな張合い

▼ ちばかり~ (4, 0.0%)

1 だが, でなく彼女, でなく指紋, 附ければね

▼ ちひさ~ (4, 0.0%)

1 くした, くみえましたが, なうす, なお堂

▼ ちへでも~ (4, 0.0%)

1 伸びて, 來さつせ, 好いから, 附いて

▼ ちへも~ (4, 0.0%)

1 いけねえと, やつて, 來なかつた, 少し分け

▼ ちほこ~ (4, 0.0%)

2 立つて 1 の, ばらせて

▼ ちまだ~ (4, 0.0%)

1 僅に, 小出しに, 明瞭に, 歸つて來ない

▼ ちまり~ (4, 0.0%)

4 のない

▼ ちみたい~ (4, 0.0%)

1 だ, な人, な前髪, な稚い

▼ ちむずかしい~ (4, 0.0%)

1 書籍を, 漢語が, 病名が, 講釈付きで

▼ ちめんどう~ (4, 0.0%)

1 なもん, な事, な学問, な辞句

▼ ちもさッ~ (4, 0.0%)

4 ちも

▼ ちもと~ (4, 0.0%)

1 と云う, の裏口, の豪華菓子, へ一寸顔

▼ ちもの~ (4, 0.0%)

1 は, は乞食げ, をいふ, 買って

▼ ちゃらちゃら~ (4, 0.0%)

2 鳴らして 1 云わせて, 言わせて

▼ ちやつこ~ (4, 0.0%)

4 は奴隷

▼ ちゅうこと~ (4, 0.0%)

1 いうかね, いつもあの, なんぼ狂言, 知らん人

▼ ちゅうたら~ (4, 0.0%)

1 そんな工合, ばりばりの, ハアど, 止めんか

▼ ちゅうと~ (4, 0.0%)

1 えれえ, 何もかも忘れ, 吸うと, 飲む

▼ ちゅう名~ (4, 0.0%)

21 だったか, で呼んどる

▼ ちゅう噂~ (4, 0.0%)

1 じゃ, も聞きました, をし, を聞いた

▼ ちゅう者~ (4, 0.0%)

1 は何, は同じ, は歩きつけねえ, もあれ

▼ ちわが~ (4, 0.0%)

1 光輝ある, 取らざる所, 善き親友, 軍の

▼ ち一人~ (4, 0.0%)

2 の論 1 で泣きつ, 行くべ

▼ ち不思議~ (4, 0.0%)

2 とする 1 では, なこと

▼ ち人類~ (4, 0.0%)

1 から他, の食料, はいつ, は混食

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 に掲げたる, の世, の個性, を瞻

▼ ち同じ~ (4, 0.0%)

1 ころに, じゃない, だね, ところで

▼ ち~ (4, 0.0%)

2 んちの嫁はん 1 んち, んちか

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 いづるなり, まで変える, を揚げ, を揚げず

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 にエジプト, に其通り, 在的他者, 在的存在者

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 にゐ, に近い, の日本左衛門, へ叩きつけ

▼ ち~ (4, 0.0%)

2 まん 1 だは, まんこと

▼ ち彼等~ (4, 0.0%)

1 が約, にとつて, の死, は専ら

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 について来ませ, に出家, の二品禅室さま, の右大臣さま

▼ ち思惟~ (4, 0.0%)

2 する實體 1 するもの, する本性

▼ ち~ (4, 0.0%)

2 れて, れ載ち惶

▼ ち意志~ (4, 0.0%)

2 の自由 1 の作用, は悟性

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 に曰, もまた, も我, も手酷く

▼ ち来る~ (4, 0.0%)

1 ときの, 土の, 土ほこりトラックとどろき, 雲ながら

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 の如き, の寺, の處置, は門人

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 なん, の弛ん, を平らか, 上るとある

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 に朧, に落ち, の行く, を酌み

▼ ち滿~ (4, 0.0%)

1 ちき, ちた手紙, ちて, つ忝さ

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 と大地, に接し, に過ごした, の模様がち

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 であったが, ふまでも, をおっしゃる, を聞い

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 だ, だね, だねえか, よ

▼ ち込み~ (4, 0.0%)

1 があった, でもする, やがった, やがつた

▼ ち~ (4, 0.0%)

1 に澄み, をさせ, 涼しく両人, 無きに

▼ ちあたり~ (3, 0.0%)

1 だ, でご, のいたずら

▼ ちあら~ (3, 0.0%)

1 きみ, こんなに大きく, とみ

▼ ちあらゆる~ (3, 0.0%)

1 人倫的間柄において, 個人的の, 完全性から

▼ ちぇっと舌打ち~ (3, 0.0%)

2 をする 1 をし

▼ ちぇッどこ~ (3, 0.0%)

1 かで見た, まできた, までドジ

▼ ちぇッなに~ (3, 0.0%)

1 もすねなく, も今, をし

▼ ちぇッばか~ (3, 0.0%)

2 にし 1 な真似

▼ ちぇッ世話~ (3, 0.0%)

2 の焼けた 1 を焼かせる

▼ ちおの~ (3, 0.0%)

1 が作れる, が頸, づから身

▼ ちかかる~ (3, 0.0%)

1 位置の, 社会の, 身體と

▼ ちこく~ (3, 0.0%)

1 しただけ, じゃあなに, 柄が

▼ ちこれら~ (3, 0.0%)

1 のソヴェト報告, の文章, の觀念

▼ ちこんな~ (3, 0.0%)

1 はなしを, ような, 蝋燭どうしな

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 たつて, 長き八字髭, 飛び起きたること

▼ ちすでに~ (3, 0.0%)

1 十数億の, 斬り死しようと, 示された如くなるほど

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 せらる 1 おめ

▼ ちたま~ (3, 0.0%)

1 ひき, ふを, ふ神

▼ ちだから~ (3, 0.0%)

21

▼ ちちの~ (3, 0.0%)

1 とし, みのち, みもと

▼ ちちゃん~ (3, 0.0%)

1 がね支那, が支那, が痛々し

▼ ちちら~ (3, 0.0%)

3 ちち

▼ ちちり~ (3, 0.0%)

1 ちちり, とまだ, と眼

▼ ちちん~ (3, 0.0%)

3 がちんと

▼ ちとも~ (3, 0.0%)

3 ののせ

▼ ちなどに~ (3, 0.0%)

1 あるびっくりかん, ゐては, 老いても

▼ ちにかけて~ (3, 0.0%)

1 ころがって, それから後ろ, 一握りの

▼ ちにて~ (3, 0.0%)

1 あらせ給え, 專を, 某実業家

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 いいきみ 1 ちとぶつぶつ

▼ ちはた~ (3, 0.0%)

21 うとう五番め

▼ ちはま~ (3, 0.0%)

3 づくも

▼ ちひさし~ (3, 0.0%)

1 萩よ, 追ひつめ, 雪の

▼ ちひと~ (3, 0.0%)

2 へに夢む 1 晩で

▼ ちひゃく~ (3, 0.0%)

1 でもない, と言っ, ねんと言っ

▼ ちへば~ (3, 0.0%)

1 どうも下痢, 俺れ, 己奴が

▼ ちまでも~ (3, 0.0%)

1 この種類, やはり毎夜, 荒れさして

▼ ちめんちょう~ (3, 0.0%)

1 にまで聞こえなく, の肉, を二

▼ ちもう~ (3, 0.0%)

1 から, からへん, のさ

▼ ちもが~ (3, 0.0%)

1 強く彼女, 毎年春には, 約束の

▼ ちもし~ (3, 0.0%)

1 それ自身から, 神が, 私が

▼ ちゃばちゃはねる音~ (3, 0.0%)

2 とが遠く 1 がした

▼ ちゃんぼちゃんと一度~ (3, 0.0%)

2 に水 1 にすべっ

▼ ちゅうことを~ (3, 0.0%)

1 知って, 知らんじゃったこと, 知らんじゃったもん

▼ ちゅうところは~ (3, 0.0%)

1 こけえら, どんな悪い, まだ四月

▼ ちゅうものは~ (3, 0.0%)

1 どいつも, 儲かるよう, 恐ろしいもん

▼ ちゅうもん~ (3, 0.0%)

1 知った時, 知んなさったそん, 見つけて

▼ ちゅうもんは~ (3, 0.0%)

1 全然眼中, 恐しいのう, 早うひくのう

▼ ちゅうもんを~ (3, 0.0%)

1 しちょらん, ようく, 定めんと

▼ ちゅっ~ (3, 0.0%)

1 という接吻, という音, と啜っ

▼ ちゅッ~ (3, 0.0%)

1 て手毬, と吸っ, と嬰児

▼ ちゆう~ (3, 0.0%)

1 の事, の人物たち, の頃

▼ ちょっくらお待ち~ (3, 0.0%)

2 なせえ 1 なして

▼ ちょっくら様子~ (3, 0.0%)

2 を見 1 のい

▼ ちょっくら物~ (3, 0.0%)

2 を訊ねます 1 を伺います

▼ ちょっくら顔~ (3, 0.0%)

1 をかし, を出さねえ, を貸し

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 ち, ちよ, ち歩いて

▼ ちよりも~ (3, 0.0%)

1 いくらか大きな, 才気煥発な, 酷い

▼ ちわたし~ (3, 0.0%)

1 はなお, は彼女, は本当に

▼ ちわれら~ (3, 0.0%)

1 の平和, の樽コ先生, をし

▼ ちわん~ (3, 0.0%)

3 かぷ

▼ ちキッ~ (3, 0.0%)

1 ツイ, ツイ野郎には, ツイ野郎は

▼ ちプロレタリヤ~ (3, 0.0%)

1 の勞働, は單, を一階級

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 んち 1

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 つた心の, に示す, は湖水

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 を究めん, 克たざるは, 同一家

▼ ち二階~ (3, 0.0%)

1 に籠つて一字, に閉ぢ, の欄干

▼ ち人間~ (3, 0.0%)

1 と人間, の全貌, の典型

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 とぞ聞く, の名号, の説き

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 て国威, て少, て邪道

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 なるも 1 ならずと

▼ ち共に~ (3, 0.0%)

1 みづから死, ゃあ過ぎものです, 參ゐ上り

▼ ち再び~ (3, 0.0%)

1 出現しなかった, 彼に, 起つこと

▼ ち勞働者~ (3, 0.0%)

1 が勞働者, が資本, は貧民

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 までピタリ, を撲ち, 掛けて

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 なり人情, なるも, 克たずんば

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 にくだり, の二つ, を視

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 はせて, ふ為め, ふ能

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 したらはつきり惡, だつけ, でがした

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 とす, にも倒れつべし, に滿

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 に入る, に覺, のごとく

▼ ち天皇~ (3, 0.0%)

1 その媛女ども, と百姓, に白

▼ ち客體~ (3, 0.0%)

1 の世界, は固定, は觀念的存在者

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 に入りまさず, の夫, は高野

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 雨し 1 進あり

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 に, に右今度, の手

▼ ち延長~ (3, 0.0%)

3 を有する

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 しむ, しや, 来たる

▼ ち打擲~ (3, 0.0%)

1 したの, して, 致しまして

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 あって, 右大将家の, 居に

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 がな, に大方, の夜ひと

▼ ち此方~ (3, 0.0%)

1 に又, に散らばつ, を売つ

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 服せん 1 善からん

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 が気, を替へ, 平かなり

▼ ち気味~ (3, 0.0%)

1 で飛び降り, につと, に少し

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 の名, の子, は富ま

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 に入り, の底, へと下りける

▼ ち漸く~ (3, 0.0%)

1 この専門, に歩, 大學ばざれ

▼ ち~ (3, 0.0%)

3 らず

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 が京都, に言, は本多殿

▼ ち~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 うつその, を風, 打つてふてふ

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 の十位, ふること能, へて曰

▼ ち精神~ (3, 0.0%)

2 を改題 1 の純粋さ

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 高く押し流れ行く 1 が鳴る

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 した茶色, の岸, の水

▼ ち近代~ (3, 0.0%)

1 のブルジョア社會, の勞働者, の日本ライン

▼ ち過言~ (3, 0.0%)

1 ではあるまい, ではない, とは思はない

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 に縁り 1 なし勝間

▼ ち難き~ (3, 0.0%)

1 にあらず, ものを, 愛染は

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 しげし種痘, に浸, ふる土

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 がだんだん, でも出ました, は皆んな

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 なり 1 有に

▼ ち面倒~ (3, 0.0%)

1 で厄介, になっ, を堪へ

▼ ち~ (3, 0.0%)

1 でいる, に溢, に行きつ戻りつし

▼ ち高く~ (3, 0.0%)

1 とって, 歓声を, 評価されるべき

▼ ち~ (3, 0.0%)

2 を返す 1 ひは

▼ ちあんた~ (2, 0.0%)

1 の身, はまた

▼ ちいい~ (2, 0.0%)

1 がんだ, ことばかり

▼ ちいち~ (2, 0.0%)

1 にち掘る, にち生き

▼ ちうたて~ (2, 0.0%)

1 あんた急ぐ, 痛いだけの

▼ ちぇえ~ (2, 0.0%)

1 から馬, 赤い色

▼ ちぇっいや~ (2, 0.0%)

2 なやつ

▼ ちぇっきょう~ (2, 0.0%)

1 はあ, はよくよく

▼ ちぇっそれ~ (2, 0.0%)

1 はそう, は汚

▼ ちぇっちぇっと~ (2, 0.0%)

2 泳いだの

▼ ちぇっなん~ (2, 0.0%)

1 だふだん, ちゅう駄馬

▼ ちぇっ勝手~ (2, 0.0%)

1 にし, にしろ

▼ ちぇっ莫迦~ (2, 0.0%)

1 にし, にしとる

▼ ちええ~ (2, 0.0%)

1 膓の, 面倒だ

▼ ちえつ俺~ (2, 0.0%)

2 の部屋

▼ ちえつ悪魔め~ (2, 0.0%)

1 がなん, 誤魔化しやあ

▼ ちえと~ (2, 0.0%)

1 力を, 小さい舌打ち

▼ ちかつて~ (2, 0.0%)

1 の上流, の大

▼ ちがたき~ (2, 0.0%)

2 絆次第に

▼ ちがたく~ (2, 0.0%)

1 は離れ, ば離れ

▼ ちきし~ (2, 0.0%)

2 やうめ

▼ ちきしやう~ (2, 0.0%)

1 うちころして, どうしてくれよう

▼ ちきしょ~ (2, 0.0%)

1 うっ, め

▼ ちきちん~ (2, 0.0%)

1 で無く, に惚れ

▼ ちけから~ (2, 0.0%)

1 そんな塚屋ら, 全く偉い

▼ ちこう~ (2, 0.0%)

1 ないか, 仕えますこと

▼ ちすべて~ (2, 0.0%)

1 のこと, の他

▼ ちすらり~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ ちそういう~ (2, 0.0%)

1 あこがれを, 人間ばかり

▼ ちたって~ (2, 0.0%)

1 どうもこうも, 生まれだ

▼ ちだこッ~ (2, 0.0%)

1 ちだ, ちだと

▼ ちちっと~ (2, 0.0%)

1 気ぜわしく飛びはね, 走って

▼ ちちんぷいぷい御代~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ちつた~ (2, 0.0%)

1 おとつ, 有つたん

▼ ちつたの~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ ちつてん~ (2, 0.0%)

1 だ, だが

▼ ちとんぼ~ (2, 0.0%)

1 に結っ, を揉みほぐした

▼ ちなく~ (2, 0.0%)

1 して, 見えすいて

▼ ちなどは~ (2, 0.0%)

1 一瞬間の, 忘れて

▼ ちなども~ (2, 0.0%)

1 何処か, 目なし

▼ ちなの~ (2, 0.0%)

1 えどつちな, 可愛がるなら

▼ ちなり~ (2, 0.0%)

1 けんと, し造化至妙

▼ ちにおいても~ (2, 0.0%)

1 そうである, まじめな

▼ ちにおける~ (2, 0.0%)

1 ファシズムとの, 敗北を

▼ ちにと~ (2, 0.0%)

1 つては, つても

▼ ちにとっては~ (2, 0.0%)

1 本来の, 誠に万歳

▼ ちははに~ (2, 0.0%)

1 こころは, 裏切りその

▼ ちははの~ (2, 0.0%)

1 めぐみも, 家にか

▼ ちひで~ (2, 0.0%)

2 えあちちちち

▼ ちふさ~ (2, 0.0%)

1 かい一年遇, かい俺

▼ ちふつ~ (2, 0.0%)

1 かは町かた, か御

▼ ちへん~ (2, 0.0%)

2 なしの

▼ ちまでに~ (2, 0.0%)

1 編輯長は, 誰か

▼ ちまでは~ (2, 0.0%)

1 聞えない, 見えませぬけれども

▼ ちみちおれ~ (2, 0.0%)

1 の秘密, も今夜

▼ ちみち女性~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の性的誇示

▼ ちむき~ (2, 0.0%)

1 のま, の梅

▼ ちむつかしい~ (2, 0.0%)

1 名前は, 村じゃという

▼ ちゃらりちゃらりと雪駄~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ちやすい~ (2, 0.0%)

1 動物を, 立場に

▼ ちゅうが~ (2, 0.0%)

1 あぶないところ, たいしたお客

▼ ちゅうことは~ (2, 0.0%)

1 ちょっとなあ, 知っとるだよ

▼ ちゅうだったころ写生旅行~ (2, 0.0%)

2 かなにか

▼ ちゅうちゅうと~ (2, 0.0%)

1 まさしくねずみ, 鳴いて

▼ ちゅうで~ (2, 0.0%)

1 ずっと御用, つまりソノ

▼ ちゅうにとつぜん血~ (2, 0.0%)

2 が騒ぎだし

▼ ちゅうのが~ (2, 0.0%)

1 大へん, 楽しみじゃ

▼ ちゅうの者~ (2, 0.0%)

1 が棺, にそんな

▼ ちゅうゆーけつけつ~ (2, 0.0%)

1 ちゅうじゃア, ちゅうゆうじゃア

▼ ちゅうような事~ (2, 0.0%)

1 だす, はでける

▼ ちゅう不幸~ (2, 0.0%)

2 な運命

▼ ちゅう二人~ (2, 0.0%)

1 の若い衆, もうち

▼ ちゅう女~ (2, 0.0%)

1 の患者, はどこ

▼ ちゅう妓~ (2, 0.0%)

1 が又, は一旦

▼ ちゅう子供~ (2, 0.0%)

1 が生れ, が生れた

▼ ちゅう恩知らず~ (2, 0.0%)

1 やろ, やろ家

▼ ちゅう所~ (2, 0.0%)

1 から梓川, の牧師アーチブルド・デンニストン

▼ ちゅう村~ (2, 0.0%)

2 はこけ

▼ ちゅう板~ (2, 0.0%)

1 で作らせ, の振子

▼ ちゅう気イ~ (2, 0.0%)

1 でいや, やろ

▼ ちゅう物~ (2, 0.0%)

1 だ, は誠に

▼ ちゅう男~ (2, 0.0%)

1 がい, なら二

▼ ちゅう街~ (2, 0.0%)

1 が, がど

▼ ちゅう返事~ (2, 0.0%)

1 で一向, で間違える

▼ ちゅう魚~ (2, 0.0%)

1 だな, に刺されたら

▼ ちゅっちゅっと~ (2, 0.0%)

1 吸う, 吸った

▼ ちゅっても~ (2, 0.0%)

1 偉いお, 若い者

▼ ちゅっと~ (2, 0.0%)

1 こう首, 吸った

▼ ちゅっと接吻~ (2, 0.0%)

1 した, をし

▼ ちゅば~ (2, 0.0%)

1 このちびら, ねろちゅば

▼ ちゆうげん~ (2, 0.0%)

1 ほふし, をとこ

▼ ちゆうもん~ (2, 0.0%)

1 は疑い深い, を見た

▼ ちゆうら~ (2, 0.0%)

2

▼ ちゆツ~ (2, 0.0%)

1 てな, と啼い

▼ ちょうのちょうのちょうぎりの~ (2, 0.0%)

2 あの山

▼ ちょっきん~ (2, 0.0%)

2 ちょっきん

▼ ちょっくらいま~ (2, 0.0%)

1 すぐだ, のうち

▼ ちょっくら仏~ (2, 0.0%)

1 をこっち, を拝ませ

▼ ちょっくら月代~ (2, 0.0%)

1 をあたっ, をあたりてえ

▼ ちょっくら用~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ちょっくら芝居~ (2, 0.0%)

1 に行く, を打っ

▼ ちょっくり~ (2, 0.0%)

1 抜けない私, 来るの

▼ ちょっとあなたのてのひらを~ (2, 0.0%)

2 見せて

▼ ちょっとめえだっけかな~ (2, 0.0%)

2 あのこ

▼ ちようだい~ (2, 0.0%)

1 うまい, と言つて五百円

▼ ちよう日~ (2, 0.0%)

1 には二ひき, のごご

▼ ちわけ~ (2, 0.0%)

1 だっけね, でね

▼ ちをも~ (2, 0.0%)

1 引きずり込むよう, 得意として

▼ ちをもって~ (2, 0.0%)

1 江戸お, 生れた笹部準之助

▼ ちェッ~ (2, 0.0%)

1 また仕出し屋, 忌々しい草鞋

▼ ちキッツイモン~ (2, 0.0%)

1 である, と見こん

▼ ちッ厭~ (2, 0.0%)

1 になっちまう, になる

▼ ちッ畜生~ (2, 0.0%)

1 っ, 逃して

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 おイ, と馳

▼ ちファシズム~ (2, 0.0%)

1 とたたかっ, に反対

▼ ちブルジョア~ (2, 0.0%)

1 とプロレタリヤ, の時代

▼ ちヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 とアジア, の側

▼ ちーん~ (2, 0.0%)

1 とたたい, とはじきあげた

▼ ち一つ~ (2, 0.0%)

1 にはこれ, の山

▼ ち一層~ (2, 0.0%)

1 大きなもの, 大きな自然的

▼ ち一方~ (2, 0.0%)

1 では社会的, 蜜蝋が

▼ ち一日~ (2, 0.0%)

1 の大患, の恥

▼ ち一面~ (2, 0.0%)

1 においてはプロレタリヤ, を捕捉殲滅

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の風彼, 躍して

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 から三段目, から第

▼ ち上げ~ (2, 0.0%)

1 くさいこと, にかかる

▼ ち上と下~ (2, 0.0%)

2 です

▼ ち且つ~ (2, 0.0%)

1 焦れて, 調整の

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に寝よちふ, わけも

▼ ち主人~ (2, 0.0%)

1 に, まじりに

▼ ち五十~ (2, 0.0%)

1 ぐらいでもあろう, の春

▼ ち五年~ (2, 0.0%)

1 と暮れる, を経

▼ ち五重の塔~ (2, 0.0%)

2 は影

▼ ち人生~ (2, 0.0%)

1 の目的, はここ

▼ ち今日~ (2, 0.0%)

1 の社会, までどう

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の勞働, を生きる

▼ ち他方~ (2, 0.0%)

1 は二, は同じ

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 が伊藤侯

▼ ち何ぞ~ (2, 0.0%)

1 その醜, や彼等

▼ ち何ん~ (2, 0.0%)

1 とも拙者方家人, にも怖い

▼ ち何等~ (2, 0.0%)

1 かのもの, かの仕方

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 が故, は櫓下

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 と進退趨舍, と進退趨舎

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 は自ら清韓両国, は自ら清韓兩國

▼ ち其人~ (2, 0.0%)

1 のため, は眞

▼ ち其歎美~ (2, 0.0%)

2 す可

▼ ち内閣~ (2, 0.0%)

2 は人心

▼ ち切つて~ (2, 0.0%)

2 しまつ

▼ ち初め~ (2, 0.0%)

1 た, は封建的領主

▼ ち利爪~ (2, 0.0%)

2 深くその

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 を以て蠅, を抜い

▼ ち十七年~ (2, 0.0%)

1 の秋, を経

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 で旨, の威勢

▼ ち反対~ (2, 0.0%)

1 ではない, にては無

▼ ち反省~ (2, 0.0%)

1 は全く, は無

▼ ち可笑し~ (2, 0.0%)

1 がりて, さの

▼ ち合せ~ (2, 0.0%)

1 だった, をしたがる

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 樣の, 温線の

▼ ち同志~ (2, 0.0%)

1 ですから, の角力

▼ ち向け日~ (2, 0.0%)

1 が真赤, も暮

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に對, 強く臣

▼ ち君臣~ (2, 0.0%)

1 たり親, にし

▼ ち君自ら~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 ぶ, ぶ声

▼ ち吾人~ (2, 0.0%)

1 の責任, は決して

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 をまと, を受けん

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 において價値, をつくし

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に思惟, に私

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 ではなかろう, ばかりで

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の力, を治め

▼ ち國民~ (2, 0.0%)

1 の日常生活, の未だ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の人形, を雨

▼ ち地球~ (2, 0.0%)

1 が行く, にのこっ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 のど, の小さい

▼ ち多き~ (2, 0.0%)

1 わがみど, 蝶ぞ

▼ ち多く~ (2, 0.0%)

1 の者, 勝つ

▼ ち大いに~ (2, 0.0%)

1 喚んで, 増加した

▼ ち大きい~ (2, 0.0%)

1 の, 木を

▼ ち大学~ (2, 0.0%)

1 においても学科, の通学

▼ ち大神等~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ち夫婦~ (2, 0.0%)

1 の神, はたまに

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 なりと呼び

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 にのみ限らず, 大学の

▼ ち好き~ (2, 0.0%)

2 なもん

▼ ち始めて~ (2, 0.0%)

1 その家, 樂を

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 というの, とはボトロ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 はむと, ひましつ

▼ ち存在~ (2, 0.0%)

1 しないもの, するもの

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 を好む

▼ ち宗教~ (2, 0.0%)

1 において愛, の道

▼ ち害心~ (2, 0.0%)

2 を有し

▼ ち家族~ (2, 0.0%)

1 が長い, に親切

▼ ち将軍家~ (2, 0.0%)

1 に対してさらに, の御

▼ ち小さな~ (2, 0.0%)

1 形の, 鼻かわいい

▼ ち少し~ (2, 0.0%)

1 汗ばんだ顔, 脹れっ気味

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 と仰, の炉辺

▼ ち左右~ (2, 0.0%)

1 にずらりと, より船

▼ ち已む~ (2, 0.0%)

1 苟も然ら, 若し眞

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 の能否

▼ ち当たり~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ ち形式上~ (2, 0.0%)

2 の統一

▼ ち形相的~ (2, 0.0%)

1 であるところ, な有

▼ ち彼ら~ (2, 0.0%)

1 はプロレタリヤ, は外國

▼ ち得たる~ (2, 0.0%)

2 が如く

▼ ち得ら~ (2, 0.0%)

1 るる, るるもの

▼ ち御殿~ (2, 0.0%)

1 にお, に茅

▼ ち心から~ (2, 0.0%)

1 いきどおらせて, 夫や

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 ならむ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 だから, に倦

▼ ち恰も~ (2, 0.0%)

1 千鳥の, 精神の

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に鰐ども, に鰭

▼ ち悪魔~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれ, を画くべし

▼ ち懈弛し~ (2, 0.0%)

2 て秩序

▼ ち我生涯~ (2, 0.0%)

2 にて尤も

▼ ち或は~ (2, 0.0%)

1 合して, 左舷に

▼ ち戦争~ (2, 0.0%)

1 の脅威, の話

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 りて, りぬ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 はれ乍ちまた, はれ乍ちまた顯

▼ ち攘夷~ (2, 0.0%)

1 なり尊王攘夷, は一国

▼ ち政府~ (2, 0.0%)

1 が共産党鎮圧, は諸般

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 ひは, ひ難し

▼ ち教室~ (2, 0.0%)

1 で毎週放送, の司会

▼ ち文明~ (2, 0.0%)

1 の利器, の性質

▼ ち新聞~ (2, 0.0%)

1 などで名前, はそれ

▼ ち方人~ (2, 0.0%)

1 といふの, の道

▼ ち日嗣~ (2, 0.0%)

2 の宮

▼ ち日本海~ (2, 0.0%)

2 のあの

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 加州侯の, 自由党が

▼ ち早く~ (2, 0.0%)

1 より幹事, 耳に

▼ ち晩酌~ (2, 0.0%)

1 なんかしなくっ, をする

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 をもらいたい, を遣し

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 から陰気, を終えずし

▼ ち末松男~ (2, 0.0%)

2 を内務大臣

▼ ち本質~ (2, 0.0%)

1 のすりかえられた, はただ

▼ ち本隊~ (2, 0.0%)

2 へ駈け

▼ ち本領~ (2, 0.0%)

2 の甚だ

▼ ち東京~ (2, 0.0%)

1 の友人, の守田宝丹

▼ ち松陰~ (2, 0.0%)

1 の如き, の松陰

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 の歪んだ

▼ ち根絶~ (2, 0.0%)

2 し全く

▼ ち梅雨~ (2, 0.0%)

1 入模様, 入模樣

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 にひた

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 になっ, に伏し

▼ ち樵哥~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ち此一句~ (2, 0.0%)

2 に外

▼ ち歩き~ (2, 0.0%)

2 まはる

▼ ち死後~ (2, 0.0%)

2 の世界

▼ ち殿~ (2, 0.0%)

1 がこの, 騰戸

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 にち, 事必ず

▼ ち毎晩~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ち民衆~ (2, 0.0%)

1 が自分, の心

▼ ち気分~ (2, 0.0%)

1 に依つ, に堕し

▼ ち沢山~ (2, 0.0%)

1 つづきましたので, 公に

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 埋む, 埋めまた

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 る, る手

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 はなほ, を擧げ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 なり, 終極性は

▼ ち無意味~ (2, 0.0%)

1 では, でも不可能

▼ ち無用~ (2, 0.0%)

1 と呼ば, の事

▼ ち無益~ (2, 0.0%)

1 でないと, の挙

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の觀念, を得

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 内閣の

▼ ち現在~ (2, 0.0%)

1 から現在, は直

▼ ち現実~ (2, 0.0%)

1 が生み出す, においてある

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 あるので, 殺は

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 すべく路, んぜ

▼ ち白い~ (2, 0.0%)

2 お部屋

▼ ち直し~ (2, 0.0%)

1 の一腰, の大善業

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に沁み, の毒

▼ ち短期~ (2, 0.0%)

2 の内閣

▼ ち硯友社~ (2, 0.0%)

1 のみに限らなかった, ばかりが戯作者風

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 く澄ん

▼ ち確實~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ち磨磐~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ ち私たち~ (2, 0.0%)

1 の注目, の生活感情

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に宿, に宿し

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 し削るべきは, をおく

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 こち, へ突当った

▼ ち簡素幽邃~ (2, 0.0%)

2 の美

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 を一升, を食つて

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 八百年に, 十年を

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の下, も引もの

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 なしウグッチオネ, の報い

▼ ち老衰~ (2, 0.0%)

2 が加はる

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の洞, をふさぐ

▼ ち肉類~ (2, 0.0%)

1 の需要, や乳汁

▼ ち背中~ (2, 0.0%)

2 向けなされ

▼ ち自分等~ (2, 0.0%)

1 は陸路小アジア, ばかりで

▼ ち自然~ (2, 0.0%)

1 その者, の秘

▼ ち自覚~ (2, 0.0%)

1 した労働者, した組織労働者

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 である第, は海浜

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に云, に宇宙

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 の妖悉, の物

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に喰, に喰われ

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 もあるい

▼ ち行政~ (2, 0.0%)

1 の紊乱, の紊亂

▼ ち裹脚~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ ち西園寺侯~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ち見物~ (2, 0.0%)

1 して, の人びと

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 りたまひ, り別けたまひ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 下方夫婦の, 大臣各

▼ ち貴重~ (2, 0.0%)

1 なれども, な時間

▼ ち赤坂城~ (2, 0.0%)

1 も亡び, も潰え去った

▼ ち赤川大膳~ (2, 0.0%)

1 が案内, 御長持

▼ ち足踏~ (2, 0.0%)

2 しつつ

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 ひ下し, ひ渡り來

▼ ち遁げ~ (2, 0.0%)

1 て来る, 廻った

▼ ち過去~ (2, 0.0%)

1 による現在, の内容

▼ ち部屋~ (2, 0.0%)

1 の隅, を捜した

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に君臨, に巡

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 だちして, を引き

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 えたこの, える

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 に過ぎぬ, へ出

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 さ廣さ及び, 壽を

▼ ち難事~ (2, 0.0%)

1 ではない, とは云

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 がふつ, ふる

▼ ち霧たち~ (2, 0.0%)

2 のぼる

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 をひっくりかえし, をひつくり

▼ ち須らく~ (2, 0.0%)

1 以て, 酒を

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 ひ, ふ所

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 を刎, を口

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 拾石以上を, 附帳の

▼ ち~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ち~ (2, 0.0%)

1 のかっこう, を撲ち

▼1* [2556件]

ぁめちぁただ僅か, ちあかんそんなもん, ちあくせくして, ちあさあさは, ちあさりして, ちあたしゃあぎゃんなうまか水ば飲んだ, ちあたりめがとう, ちあっしにゃあつれえんで, ちあっちちちわっ, ちあなたのお家, ちあるいは革命と, ちあれのその, ちあんでがす, ちあんなの何でも, ちいくらかひろげられて, ちいさこ部屋って呼べ, ちいたどりが伸び伸び, ちいちめんの煙, ちいちゃくちぢこまっていなければならない東部ではそんな, ちいったいどこな, ちいつもよりも険しい, ちいろりちろりと降, ちうしてゐます, ちうじやはり, ちうすでの感じ, ちうその長い, ちうたやない, ちうには考へない, ちうるさいなあ, ちうんと恩着せ, ちぇい娘を予約, ちぇい家には目, ちぇえからだを二つに折っ, ちぇえのが恥ずかしかったら, ちぇえカイロうしそっくりだ, ちぇえ精霊だなを, ちぇえ花魁だってあらあ, ちぇえ黄金虫からな, ちぇけちな野郎, ちぇっいとこのひとしちゃん, ちぇっくそじゃあ神, ちぇっこれでもだめ, ちぇっざ残念だ, ちぇっちんぷんかんな寝言とく, ちぇっとしたうちしていって, ちぇっべっぴんだから, ちぇっクラムの愛人, ちぇっステッキがない, ちぇっピュー己たちぁダブルーン金貨を手, ちぇっワーニャヘマなこと, ちぇっ世話がやける, ちぇっ仕方がない, ちぇっ俺はなんと, ちぇっ僕がその, ちぇっ右の腕, ちぇっ君の煙草, ちぇっ命冥加なやつ, ちぇっ唾でもくらえ, ちぇっ嘘をふいてら, ちぇっ夢だったか, ちぇっ張の占い, ちぇっ強情なっ, ちぇっ役人どもの清廉, ちぇっ新田お前のあ, ちぇっ日本軍といま戦, ちぇっ朝っぱらから勘弁, ちぇっ湯氣を立て, ちぇっ田舎者が, ちぇっ畜生めこりゃ女, ちぇっ百円ぽっ, ちぇっ綺麗な顔, ちぇっ自分は歩かない, ちぇっ誰も寄っ, ちぇっ限りがねえ, ちぇなんだいマネキンは窓, ちぇら氏の下女, ちぇイ主を, ちぇイ日ごろの信心, ちぇッあっしがまじめ, ちぇッおいらの先生, ちぇッおらア腹がへっ, ちぇッおれもこう, ちぇッお腹も空い, ちぇッこいつおまえの目, ちぇッしかたのねえ, ちぇッそっちの姉さん, ちぇッとんでもねえこと, ちぇッなんですかよ, ちぇッのどかなくせ, ちぇッほんとうに世話, ちぇッわたしといったら, ちぇッドジを踏んじまった, ちぇッバカにしなさん, ちぇッ三万石とはなん, ちぇッ世の中にゃ金, ちぇッ伝六太鼓鳴りそこないましたか, ちぇッ先手を打たれた, ちぇッ冗談だろう, ちぇッ口ほどにもねえ, ちぇッ変なところ, ちぇッ女ってこれ, ちぇッ張飛のやつ, ちぇッ後生楽にもほどがある, ちぇッ慾のねえ, ちぇッ捕縄があれ, ちぇッ提灯の火, ちぇッ日頃の口, ちぇッ村垣の野郎, ちぇッ残念だなあ, ちぇッ犬っころ, ちぇッ痩せ我慢をいっていら, ちぇッ知らざあ言って, ちぇッ笑いごっちゃねえん, ちぇッ緩怠至極の奴等, ちぇッ腰が曲りかけ, ちぇッ薩摩長州の又, ちぇッ血のめぐりがどうかしているぜ, ちぇッ親分の前, ちぇッ足がきかねえ, ちぇッ身のほどを知らねえ, ちぇッ軽はずみのこと, ちぇッ運のいい, ちぇッ顔を見せた, ちぇーっ, ちぇ仕様のねえ, ちぇ小道具めしようがねえ, ちえつだらしがねえ三メーターぢ, ちえつなんちふ吹雪, ちえつ勝手にし, ちえつ勿體ぶりやがつて, ちえつ女なんか, ちえつ手が硬, ちえつ箆棒め顏はといへ, ちえつ遲いなあ, ちえつ驚ろいたね, ちえッうすっ気味, ちおかみさんを両手, ちおじいさんは山, ちおそいにみおやせ, ちおそろしいテムポで, ちおのれみづから, ちおやが, ちお互いが見る, ちお八つ時分薬鑵の湯, ちお前のお母さん, ちお立ちになる, ちがちな, ちかえってこういう意味, ちかぎり二分いたし, ちかぎり僕は君, ちかくして汝等の, ちかにのあわ, ちかの世に, ちかゆてく, ちがかいびゃくこのかた生きて, ちがちつとも, ちがやしないよ, ちきがなびこうといたしませなんだので, ちきしょうめあたしの手紙, ちきしよう今年は僕, ちきだ子どものふたり, ちきつとえらい, ちぎつたさうだがそのお, ちぎつてきたものでもいいしあるいは五線紙, ちぎつてしまふやうな荒々しい潮風, ちぎつてつめライターで火, ちぎつてはしようちゆういつぱい人間ほどヱゴ, ちぎつてぼたん杏の, ちぎつてやつても鉈で頭, ちぎやかつをぎを載せて, ちくちおしそうに, ちくどいことは, ちくらいくわしい者, ちぐつすり眠つてしまつ, ちけがまさか俺家, ちけがそれ今日は早くから, ちけぞおめ, ちけねえご見物衆, ちこいものが, ちこういう経験の, ちことがらの緊要性, ちこれぎり浮世の望み, ちこれ古池の句, ちこれ死所世に身, ちこれ風教に害, ちこんどは美貌, ちうだつせ, ちさいごの, ちさきに紹介, ちざえもんが始まれば, ちしき人にてかう, ちしこのみもさきむすぶ, ちしたがって社会に, ちしばしやすめて, ちしまする, ちしみとほる, ちしみじみと入日, ちしも無理ならず, ちしょうめムシャクシャ, ちじみあがって, ちじゃあ島さんが, ちじゃあねえぞ, ちじゅう休みなくはたらきました, ちじゅう夜となく, ちじゅう小鳥の歌, ちじゅう目の色, ちじゅう目色を変え, ちじゅう陽が当らない, ちすぐ眼の, ちすこしもひま, ちすじのつながる, ちすずしさ, ちそうして貰う, ちそう僕は芝生, ちそこかしこの海戦, ちその同じ年であった, ちその間に私, ちそれぞれの個性, ちそれでもつて恰も, ちそれに本來屬, ちそれらの脆弱, ちそれ自身によつて存在, ちたかと味方, ちたしか若山儀一という, ちたしかにそのうち, ちただ今から明智, ちたちどころにまた紫, ちたちまちかの女, ちたち仲間でもおじ毛, ちたりとて何かせ, ちたりとはいえ上杉家, ちたりなどといわれたら, ちたるがごとし, ちたんではございますまい, ちだけが緊張し, ちだけのこと以外には, ちだこからさ, ちだまつて小鳥の声, ちちいと虫, ちちいッと痛み, ちちかの方角, ちちくしょう, ちちくしょうっ, ちちくしょうめッやったな, ちちくしょう途方もねえ, ちちげえねえ, ちちさわ, ちちっぽけなりにも身上, ちちのいかりをあ, ちちのめぐみを, ちちの畢生かけば, ちちはるの城, ちちゃびら, ちちよははよかなかな鳴く, ちちんちんとちちんちん, ちぢくまっている, ちぢこめゐたる首, ちつい鼻の, ちついぞめぐってもまいりませなんだ, ちついに果敢ない最期, ちつたアお前だつて, ちつた位だ, ちつた痛えとも, ちつた處がたえした, ちつつて笹鳴きする, ちつてしまつた後である, ちつて鼻ピクツカセタこともあつ, ちつやいけないわ, ちてかがやけど, ちてからまだ一ヶ月, ちてからは七百余里を, ちてにはかには, ちてのたまへ, ちてやらむ, ちでは痛癢を, ちでもねいや, ちでもよかつた, ちどうお考え, ちどういう風に, ちどこへいく, ちどころも悪かっ, ちどじばかり踏ん, ちどどと落ちたれ, ちどまりながらつんと, ちども但馬屋舟, ちどもの在処の, ちどれほど特別に, ちどんな貴女の, ちどんより曇つて蒸暑, ちなお好きで, ちなき実感の, ちなと為や, ちなどがはつきりと, ちなどという言葉を, ちなどといふ言葉を, ちなどのどんな特徴, ちなどを考え合せても, ちなのよでもあたし達今, ちなべて黄變し, ちなほ劇しく詛, ちなるべく人力を, ちにあたって考え込んで, ちにおいて欠点は, ちにかへらねば, ちにずつといた事は, ちにたいする同情が, ちについて腑に, ちにつつすむ目醒, ちにてはいくつ打て, ちにでも走つて, ちにとって近代では, ちになんかさされなくても, ちににほへり, ちにのみ教へ, ちにまで聞えるやう, ちにやあるらむ, ちねえとも云われねえ, ちねんゆえで, ちはあひかはらずどんどん, ちはうららにもえあがり, ちはじめての御, ちはぞろ, ちはたはたと跫音, ちはな京野君村の, ちははは国に, ちははばかりです, ちはみづちの系統, ちはもッと, ちはわづかの, ちばかりかまっすぐに, ちばかりに気を, ちばかりのもので, ちばかりは組まないからとて, ちばばかりの力で, ちぱっちりと見張った, ちひきの重なる, ちひさくして擦れ, ちひそかに詮議, ちひだの具合, ちひつくりかへし, ちひつじさんのお, ちひとり遊びが出来る, ちひどいことを, ちびく遊星の, ちびすけをちっとはうやまう気持ちになりました, ちふかね, ちふかぶかと弘法麦は, ちふからわしがさう, ちふから俺も行つて, ちふく風に解きやしぬら, ちふたたびここは, ちふたら大抵やあれ, ちふて寝しちゃったよ, ちふともう打つ駒, ちぶらぶらして, ちぶりのプラタナスす, ちぷりと油に水, ちへという合図を, ちへともなく大, ちへの手取り七百円として, ちへまはつて來, ちちゃと, ちほこばつてゐました, ちほこ立や棒上り, ちほこ立ちをし, ちほしそらやま, ちほとんど思慮を, ちほどのほやの, ちほども大きい鰍, ちほら麦田うつふたりは, ちほんとうに新, ちほんとに女の, ちぼくはそこ, ちぼさぼさした耳, ちまたは優秀な, ちまち沸騰点に昇, ちまでの世界史を, ちまひこっちへは来ない, ちまひさっき入った二万円, ちまひ一たん落した女形, ちまひ三益と渡辺, ちまひ乱暴だね, ちまひ十二時迄寝た, ちまひ十二時近くに帰宅せり, ちまひ升たよ, ちまひ宿で唸る, ちまひ座へ, ちまひ扇風機が廻っ, ちまひ散々だった, ちまひ楽しみにしてた, ちまひ橋本の室, ちまひ炎天下をテク, ちまひ熱海などいけなかった, ちまひ笑の王国, ちまひ自分でクサ, ちまひ言ひ直したので, ちまァわ, ちみじめなひとり, ちみちあれが歸, ちみちお父さんは無理, ちみちこの世に解決, ちみちこんどはよほど, ちみちそこを去らない, ちみちただでは別れ, ちみちつき合つて, ちみちアメリカが來, ちみちフランソア・ビヨンかそいつ, ちみち一度書いたこと, ちみち一番重大な面, ちみち二つに一つ, ちみち五尺や六尺, ちみち人を悲しませる, ちみち今となつて, ちみち出征したつて此處, ちみち別れんならん, ちみち平凡を基礎, ちみち承服しかねるよう, ちみち損はない, ちみち敵と通じ, ちみち杉山先生とは比べ物, ちみち東京はその, ちみち無駄な考へごと, ちみち異常でゐながらも, ちみち絵に描く, ちみち芸術に従事, ちみち誰も尊敬, ちみち赤ん坊の世話, ちみち道はない, ちみち間代は当分私, ちみち首をくく, ちめそこへ現われた, ちめたんだが, ちめちやに, ちめろお婆, ちめんちょう野がんほろほろちょう, ちめんどくせえ, ちめんど臭い本なぞ, ちめ方をキャッ, ちもかはい, ちもちろんかかる觀念, ちもっとも真率に, ちもといふ気持の, ちもろもろの藥草, ちゃあなるめえかと思ってたところ, ちゃいましたわけじゃあござりませぬただ行きずり, ちゃうどおまへたちのやうに小さいとき, ちゃうどおまへの年ごろで, ちゃうどそのときはかたくりの花の咲く, ちゃうどそのときはつめくさの花のさく, ちゃうはあぶどりちゃうはあぶどり, ちゃがっちゃかっちゃかっちゃ何が何だか, ちゃくじんときゝましてあわてゝにんずをたてなおしたと申します, ちゃくだってかんざしだってもとる気, ちゃぐちゃぐ馬こみてえだな, ちゃけたひげをぐるりと顔いちめんにはやした, ちゃっちゃむちゃくでござりましたといいたれ, ちゃってひどいめにあわされちゃったわ泣いたの, ちゃなありのむれがなにかくわえ, ちゃならねえんでげして何か殿様, ちゃなるめえって寸法よ, ちゃなるめえとこういうわけでけさも六つ, ちゃばちゃばちゃばちゃちゃッ, ちゃばちゃもがいて切れ切れの声, ちゃばちゃやってたのがいつのまにか遊び, ちゃふつごうだと思ったので, ちゃぶだいが具えられ卓, ちゃぶだいにいろいろな物をならべ, ちゃぶちゃぶ聞えた, ちゃぶちゃぶという音を立て, ちゃぶちゃぶ前でげす, ちゃぶりちゃぶりとやるのが何かエジプト人, ちゃべちゃしゃべっていた者も一度, ちゃべちゃしゃべっている女生徒もあれ, ちゃべちゃしゃべってるのんやあんたに注意, ちゃべちゃしゃべり散らして, ちゃまはおじちゃんの加勢とお昼, ちゃらかしておいてねそして四十年振り, ちゃらかしておくと化膿して, ちゃらかしておしまいなさいなねえッて言ってる, ちゃらかしとくようなやつが人のこと, ちゃらちゃらいわせ陰でなあに, ちゃらちゃらさせて爺様頼んます鎮守, ちゃらちゃらさせながら鳥渡考えてから, ちゃらちゃらちゃらつかせてお稲荷詣でに御手洗, ちゃらちゃらちゃんなぞ三下りさわぎの, ちゃらちゃらと向こう町, ちゃらちゃらとさして女中が出, ちゃらちゃらと箪笥の上, ちゃらちゃらと茶碗の中, ちゃらちゃらと金貨の音, ちゃらちゃらと雪駄の音, ちゃらちゃらと音させながら, ちゃりちゃりきんちゃくをはたかして三両の小判, ちゃるめらの暮の時, ちゃろくでもないほうだが話は分る, ちゃんおあずけしとくんだけどいいでしょ, ちゃんおとっちゃんおかさんまだアタイに髪, ちゃんがおさすりしてあげますからね泣くん, ちゃんがねこをいじるのはしつこくてかわいそうだけれどいじめるの, ちゃんちきなどと浮かれ, ちゃんちきちき面白そう, ちゃんちゃんにしたらさぞあたたかでよかろうと飛んでも, ちゃんちゅうもんある方が外, ちゃんとごりょんさんがあんなさるとにオメカケさんを囲う, ちゃんとつぼにはまって自分を批評, ちゃんとままんごしてお花, ちゃんともうわかっているんでござりまするからな手間を取らせず, ちゃんどないぞしてくれへんかもう一日, ちゃんにおんぼしんだおんちゃんにおんぼしんだ, ちゃんのあのあわれげな視線をうけ, ちゃんのいったことがほんとうなのかわからなくなったの, ちゃんのうしろすがたをながめていましたがふと気, ちゃんのかんこがえいと声がする, ちゃんのくくわれているなわの結びめをほどこう, ちゃんのしたことでかっちゃんを憎らしいとも, ちゃんのりこうそうな目つきや長い, ちゃんはいつになくしんみりしていておせい様, ちゃんはおやとりっち言葉をこのごろ, ちゃんはそのどぶ川をとび越える, ちゃんみたいなはいはい人形がスーツ, ちゃんやおよっちゃんもさぞ困るだろうなどと, ちゃんをなんとかしてまともなものにしてやりたいと念じ, ちやけたる鹿爪, ちやさう好い旅舎なんか, ちやっこは奴隷, ちやっと十歳に, ちやつたてなこと, ちやつたんかね, ちやぼちややるの, ちやぼちや洗つてゐたので, ちやぼちや渡つて石段をのぼりだしました, ちやまと四人で御飯, ちやまと女中とに話したら, ちやまと慕ふ子, ちが私, ちゅあ自動車競争ジプシイ占いブランシェ嬢の, ちゅいますか何ともいえん, ちゅうい深く手つだった, ちゅういじめつけている妻が可哀相, ちゅううそつきやろ思てん, ちゅうお菜なら, ちゅうかあ, ちゅうからやらずばなんめえてやったら七銭とられただよ, ちゅうか思ていいなさる, ちゅうがえりをしたら野郎も一緒, ちゅうがこちらの国, ちゅうが投票前日には急所, ちゅうぎそうな顔をし, ちゅうぐらいのことは君に説明, ちゅうけったいな男やろう, ちゅうけんどなそんな奴, ちゅうけ四杯吸うん, ちゅうけ阿寒湖洞爺湖摩周湖支笏湖など湖, ちゅうこたあわっしゃ知んねえだったに, ちゅうこってやっとおさめ, ちゅうこって今朝七つ半過ぎに俺, ちゅうことがあるもん, ちゅうことがあるけんなあ気も変りやすまいけん, ちゅうことが義務なもん, ちゅうことじゃが早くくたばりやがりゃ, ちゅうことじゃがほんとな, ちゅうことじゃったけど繰りあげて, ちゅうことじゃ体が前, ちゅうことだからこれから男先生, ちゅうことだけ聴いては, ちゅうことだてば判官様に嫁様, ちゅうことでおう見物, ちゅうことなしに幸福な生きがい, ちゅうことにして貰いましたら, ちゅうことにして値下げしなあかん, ちゅうことには変りはない, ちゅうことはあり得ないん, ちゅうことはじきわかった, ちゅうことは富岡の塾, ちゅうことをわしら子どものころ, ちゅうこと位はちゃんと, ちゅうこと子分の癖, ちゅうこと確かやのん, ちゅうこんだでちょっとお, ちゅうこンだ, ちゅうさかいにそれを見, ちゅうじゃなし請合うて, ちゅうじゃアじゃア, ちゅうじょうどの岐阜には三七, ちゅうそんなことをしていてはどちらにも好い, ちゅうそッちに, ちゅうたこかいなのちゅと遣ります, ちゅうたって命は惜しい, ちゅうたのはどいつか, ちゅうたらあての手無理, ちゅうたらそないな事にかけたら, ちゅうたら外に現われた, ちゅうたら英語か, ちゅうたら華族仲間でも有名, ちゅうだからそれだけ栄養, ちゅうだった小十郎, ちゅうだ急な用, ちゅうちゅうたこかいなと算えるばかりに, ちゅうちゅうちゅうおやち, ちゅうちゅうと乳を吸っ, ちゅうちゅうと掌を嘗む, ちゅうちゅうと音をさせ, ちゅうちゅうにも三通りあるの, ちゅうちゅう大騒ぎよ, ちゅうてその頃はあまり, ちゅうてな二度の勤めだす, ちゅうてな炳吉さそう云うて, ちゅうてみんな寄附してしも, ちゅうても女狂いから見たら, ちゅうても子爵家の人, ちゅうても日本アルプスちゅう奴, ちゅうても耳に入れん, ちゅうても豹一から下宿代, ちゅうてよう親父が話しよった, ちゅうてわしのところ, ちゅうてわたしが五へん, ちゅうて一枚五文で飛ぶ, ちゅうて中ノ島の漁師, ちゅうて五分間ほど感心, ちゅうて和武の首実験, ちゅうて広島に帰んだ, ちゅうて来よった, ちゅうて橋本の親爺, ちゅうて積った雪, ちゅうて袋叩きに会いまし, ちゅうて訴えを起したかち, ちゅうて諾かはりま, ちゅうて酒を持っ, ちゅうて電話がかかりました, ちゅうでできた大ダコ, ちゅうでは無くて, ちゅうでも屈指の作, ちゅうでも雉子とあんた, ちゅうでも雨戸を閉め, ちゅうで加吉さんの死に目, ちゅうで春芝居のあく, ちゅうで来月が産み月, ちゅうというわけではないが大きなイビキ, ちゅうとから捜索にくわわった, ちゅうとから藤づるかなにかで結びたして, ちゅうとこで戦死, ちゅうとこかのずっと先かえ, ちゅうとこにはマラリヤってひで, ちゅうところへ移される, ちゅうとでことばをきりました, ちゅうとで一どよろよろ, ちゅうとな真直ぐに山の上, ちゅうとに屋根もなく, ちゅうとまでのぼると足にまきつく, ちゅうと一人者で困る, ちゅうと女でも子供, ちゅうと家のアクーリカ, ちゅうと東京の方, ちゅうと皆消えると, ちゅうと音がし, ちゅうなことよう云わはった, ちゅうなら吾輩の股, ちゅうなんて全くひで, ちゅうに高く飛ばせる, ちゅうにかれがやってみせたことのある呂宋兵衛得意の口術, ちゅうにぎりの入口扉と窓枠, ちゅうにここもとへまかり出で候, ちゅうにさぐり当てようと, ちゅうにたんまりと財産を拵えた, ちゅうには別に語る, ちゅうには著るしく不満, ちゅうにひとりの尼がありまし, ちゅうにふとあやまちを犯したもの, ちゅうにも人殺しをする, ちゅうに人の店, ちゅうに十両の金子, ちゅうのが居る, ちゅうのうれいをやわらげいつも, ちゅうのかごのなかの輪でお, ちゅうのかつ子の労, ちゅうのがあって若者一人兎となっ, ちゅうのが一番良え, ちゅうのが友田喜造によう, ちゅうのが和行のお父さん, ちゅうのくろき羽織をきたる, ちゅうのことで中毒てい, ちゅうのことなんか気がつきませんでした, ちゅうのじゃろうのあんたと笑い, ちゅうのでそういうからくり, ちゅうのでまあ実子に仕立てた, ちゅうので和武がずっと, ちゅうので地主さんところへ借り, ちゅうのはお得意さんに弓, ちゅうのはこんなもんか思うた, ちゅうのはどんなことだか知っとるか, ちゅうのはアメリカの駆逐艦, ちゅうのは一体に猜疑, ちゅうのは乗鞍岳だした, ちゅうのは仁義に外れ, ちゅうのは仕様がねえ, ちゅうのは何党な, ちゅうのは信州と飛騨, ちゅうのは同郷の直方, ちゅうのは君のよう, ちゅうのは嘘でなかっぺえな, ちゅうのは四五年ももっと, ちゅうのは子たちが, ちゅうのは浜勇ちゅうてその頃, ちゅうのは珍しか, ちゅうのは色気に眼, ちゅうのは裏切り者ちゅうことじゃろうが, ちゅうのをえれえ, ちゅうのをおれが止める, ちゅうのんが何処までが本気, ちゅうのんを踊って, ちゅうの人と結婚, ちゅうの作だと, ちゅうの目の醒める, ちゅうの話が済む, ちゅうはかなり鄭重にもてなされる, ちゅうはこれかい旨えのう, ちゅうはずぁあんまいふんお椀, ちゅうはどんなに悲しかったでしょう, ちゅうはなしがあったという松井六弥の妹, ちゅうばってん阿蘇は頂上, ちゅうふれ込みでない, ちゅうぶうと云う大騒ぎ, ちゅうぶらりんになっていることなど聞かされた, ちゅうまた小さな玄関, ちゅうみずから意を配っ, ちゅうむごい事だよ, ちゅうものがぴかぴか光るだ, ちゅうものは誰にだってこたえる, ちゅうもんがチャンと蔵, ちゅうもんじゃけつれて, ちゅうもんなわからんもん, ちゅうもんな親の思う, ちゅうもんに載ったのう, ちゅうもんはどこの女房, ちゅうもんはなんもかん, ちゅうもんはみんなの親類, ちゅうもんをやりまっさかいなどうしてもあんた, ちゅうもんを組織すると, ちゅうもん一つもハッキリ, ちゅうもん利用して, ちゅうゆうじゃアじゃア, ちゅうようなこた敵も味方, ちゅうわけにも行くまいけ, ちゅうをぬけ出して, ちゅうんだ岡崎がかわされ, ちゅうんで官員さんが調べ, ちゅうんで家族総出もっとも年寄り, ちゅうんならまあ悪い, ちゅうんなら我慢する, ちゅうんはつらいもん, ちゅうシェパードらしい猛犬, ちゅうスリッパをぺたぺた, ちゅうトコは, ちゅうトロイカを乗り廻し, ちゅう一つ事を考えてる, ちゅう一同をあつめ, ちゅう不機嫌だった, ちゅう予未見の書, ちゅう五つになる, ちゅう人たちだら, ちゅう人山中で怪小児群, ちゅう人間は敵, ちゅう今度はいろいろ, ちゅう今日はどういう, ちゅう作戦らしか, ちゅう入りまション, ちゅう入牢を申, ちゅう写本に厳島, ちゅう処ははあ, ちゅう出入して, ちゅう勝手に降っ, ちゅう十九になる, ちゅう卑劣な, ちゅう句に, ちゅう商売の辛い, ちゅう喧嘩口論の絶え間, ちゅう城内へ謹慎, ちゅう夢中になっ, ちゅう奉行はあん, ちゅう子の乳母, ちゅう学者が小銃, ちゅう実在の人間, ちゅう家がそう, ちゅう小娘は君, ちゅう屋の市右衛門, ちゅう屋根の上, ちゅう川に沿う, ちゅう座席を変え, ちゅう彼を自身, ちゅう彼女の家庭, ちゅう悪たれの市民, ちゅう意地悪い雨, ちゅう意識ぼんやりしてて, ちゅう戸外へむけ, ちゅう手紙を出し, ちゅう挙動不審の男, ちゅう授乳を止められた, ちゅう支那説は虚談, ちゅう放心してるん, ちゅう敦信は熱心, ちゅう敵の作戦, ちゅう新式の六連発, ちゅう旅をし, ちゅう映画をとる, ちゅう暦扇子奥州斎川孫太郎虫河豚の提灯, ちゅう暮らしでごわしょう, ちゅう東西を往復, ちゅう橇を雇っ, ちゅう機嫌伺いのよう, ちゅう毎夜来て, ちゅう気にかかっ, ちゅう泡盛どこかで誰, ちゅう災異凶事, ちゅう狸にし, ちゅう理由あったの, ちゅう皆を担いでる, ちゅう目から鼻, ちゅう眼前にころがっ, ちゅう算段をしよるらしかばい, ちゅう羊羹色の被布, ちゅう耳について離れず, ちゅう肝に銘じ, ちゅう肩書の他, ちゅう芸妓の間夫, ちゅう蛇赤くて, ちゅう蜥蜴を翼, ちゅう行動を掣肘, ちゅう裁判所に詰めきり, ちゅう規律正しい生活, ちゅう親たちからはなされ, ちゅう話親父の君, ちゅう誰よりも心配, ちゅう談に似た, ちゅう諺通りよほどまずい, ちゅう趣向かな, ちゅう輩じゃ, ちゅう遊び仲間と飲み歩いとりますだ, ちゅう邪魔神の秘密通信, ちゅう酷え雨, ちゅう金え突, ちゅう長者が都, ちゅう雪女なるべし, ちゅう非人情なあんぽんたん, ちゅう頑固な女子, ちゅう額に八, ちゅう駄馬だろう, ちゅう高齢のはず, ちゅう鷹狩をやっ, ちゅう鼻をつきあわして, ちゅが同士にはい, ちゅげえと世界中, ちゅちゅで烏はかあかあと, ちゅちゅと鳴いては, ちゅちゅにして雀をかあ, ちゅっおいが荷物, ちゅっけ半日蒸すと, ちゅったって返せんもの, ちゅったらあれはと二の足, ちゅっちゅっ吸われたらいかな頑固爺, ちゅっちゅと枕木に吐いた, ちゅっとキッスした, ちゅものは無いしか, ちゅんちゅん雀が鳴い, ちゅんと雀が鳴いた, ちゅウのがある, ちゅ愚な事, ちゅ皆の噂, ちゆうこつちや, ちゆうの話は江口, ちゆうゆききして, ちゆう使つて, ちゆう子ないば, ちゆものは刈れねいだ, ちゆる者どや, ちゆ友達からバカ, ちょいとこちとらにゃ辻占のよく, ちょううわさをききたまいしやと妹はなれなれしく, ちょうだいしとうござりまするがよろしゅうござりまするか, ちょうちちょうちあわわと云う, ちょうちんとおなじしかけで小さくかさなりあっ, ちょうちんもちというやつはな貴様のよう, ちょうとうつぼを千本そろえて, ちょうどあたりまえのふなみたいなかたちで水の中, ちょうどいばらのやぶらしく思われる黒い, ちょうどここにいなさるからすさんのご先祖といっしょ, ちょうどさよなきどりがなきはじめました, ちょうどそうしてしかられしがああわれ, ちょうどそこのかぶき門があい, ちょうどそこはどろの道の境内, ちょうどそのまぎわに死刑執行人の一人, ちょうどちゅうとでよッぽど, ちょうどどこかへおでましになるつもりで玄関までおいで, ちょうどどぶ川の東側, ちょうどまにあうねじがあってくれればいいがと思って, ちょうどむこうもなにかいいかけこちらがひかえる, ちょうやはちを招いて, ちょうろぎのようなのやっぱりある, ちょうろけんどのはよくも見込んで, ちょうろけんどのゝあいずを待って, ちょうをいけどろうとほっておいたおとし穴のなか, ちょこちょことそのへんをはいまわっていましたがやがてふたり, ちょこなじぶんの根性は純真, ちょこんとすわってするおじぎにしろお話にしろ, ちょっくらあそこのお腰元衆のところ, ちょっくらお尋ね致しますだよ, ちょっくらおきき致しますだ, ちょっくらおたずね致しますだ, ちょっくらおふくろの家, ちょっくらお暇を戴き, ちょっくらお目にかけます, ちょっくらお目通りいたしたいもの, ちょっくらお神を白眼, ちょっくらお見舞いに来た, ちょっくらかんたんに帰って, ちょっくらこいつの腰鎖, ちょっくらこけえらを嗅えで, ちょっくらここでお待ちくだせえましよ, ちょっくらこっちへ貸して, ちょっくらこれを投げこんで, ちょっくらご休息でもどうぞ, ちょっくらご番所を洗っ, ちょっくらご相談どこをどう, ちょっくらその辺を捜し, ちょっくらだんなの肝を冷やし, ちょっくらちょいとという訳には行かない, ちょっくらちょいとは云いきれないもの, ちょっくらちょいと口が見付からない, ちょっくらちょっとあるまいと源三郎以上に剣腕, ちょっくらちょっとの道のりじゃありません, ちょっくらつけて光るもの, ちょっくらてがらにしようとじつあ, ちょっくらと慣れそう, ちょっくらと駕籠をめ, ちょっくらほかのかかり合いで, ちょっくらもち見た様, ちょっくらもって行かれた, ちょっくらものを伺いますだが, ちょっくら一まわり町のようす, ちょっくら一杯景気をつけさせ, ちょっくら云々と, ちょっくら俺あ, ちょっくら叩っ殺して, ちょっくら四五丁の処, ちょっくら地獄までいっ, ちょっくら堪能させて, ちょっくら姿も見せねえ, ちょっくら家へ行っ, ちょっくら寄り道して, ちょっくら小手しらべに, ちょっくら川下のとち狂っ, ちょっくら抱て遣っ, ちょっくら拝見して, ちょっくら故郷へ行っ, ちょっくら旅にね, ちょっくら旦那にお, ちょっくら栄町の家, ちょっくら此の位, ちょっくら江戸まで行っ, ちょっくら瓦町へ行っ, ちょっくら生きのいい, ちょっくら用事がある, ちょっくら町内を一廻り, ちょっくら癒る怪我, ちょっくら相談ぶって, ちょっくら知恵箱あけて, ちょっくら神明前の吹き矢, ちょっくら突ん出, ちょっくら耳打ちでがす, ちょっくら草鞋を締め直させ, ちょっくら蔵前へ走らせた, ちょっくら裏へ出, ちょっくら見物しよう, ちょっくら親切してやったのう, ちょっくら谷へ降り, ちょっくら買物に往く, ちょっくら開封東京の空, ちょっくら階下の初太郎どん, ちょっくら雨宿りをさして, ちょっくら順当じゃア, ちょっくら顔出しのつもり, ちょっくら風呂へ行っ, ちょっくら駕籠から出, ちょっくら龕燈を持っ, ちょっくりお顔を見, ちょっくり塚前へも寄った, ちょっくり川崎まで行っ, ちょっちょっとほってできたようなその顔を久助君, ちょっといまなにしていらしったんですよいま火を取ります, ちょっとうしろをふりかへってこっちをすかすやうにして見ましたが, ちょっとおからかいなすったことがあったにせよ清さんが着物, ちょっとこちとらの手には届きません, ちょっとゆだんしているまに大へん, ちょっぽりで一片の石炭, ちょっぽりとあいた口は閉ずる, ちょなんざあこれきりふっつり思い切っ, ちょのおおかめさんにおさつさんという名, ちょびりちょびりと舌の先, ちょらよっちょらと引張って, ちょるけにかなわんたい, ちょるけん呉越同舟敵味方全部集まる, ちょるけん家の心配, ちょるげな息子に話しもめる, ちょることじゃが四五日前友田の使い, ちょるごたるけんど友田がひいき, ちょるちゅう話じゃ, ちょるとよいことがありませんからのうと云って, ちょるもんじゃけ友田は家, ちょろくてまどろっこしいだろうだけれどもな, ちょろはばんくんがめしを三杯に味噌汁, ちょろまかせのよやまかしょというものを踊って, ちょんきりのちょんさんのおとうさんが二度めのおかあさん, ちょんきりのちょんさんのほんとうの名をだれ, ちようだいつて言いたいところ, ちようどこの精神, ちよう的な微笑, ちよう芝居を覯, ちよけいなこと, ちよろいと納まる, ちよろい感傷があつ, ちよろい物なんか吹き飛ん, ちよろい田舎青年にすぎない, ちよろい考へなんぞ起した, ちうさま, ちわあまあま, ちわきてうむ麻, ちわくに心, ちわずかずつ祈願, ちわたしたち日本の人民, ちわたし一人では, ちわった助けて, ちわるいことばかり, ちわれとわが, ちわれ肉を離れ, ちをばこつそり通り抜けるの, ちアイスクリームと称する, ちアッシリア王アスールバニパル, ちアブラハム手を伸べ, ちア旅駕を担ぐ, ちア水くさいな, ちイんと言う, ちイギリスのオーエン派, ちイサクを携, ちイッなにをし, ちイッ何をし, ちくるんだ, ちエロティックな文学, ちエロースがそれ, ちオランダ議会はマリア夫人, ちカント時代の科学, ちキリストを知らず, ちキリスト教の聖地イエルサレム, ちクソ馬鹿, ちクレオパトラだね, ちゴンクウル氏は新聞記者, ちサ來うよ, ちシェイル氏は前, ちジャーナリズムの功罪, ちジョリオ・キューリーが原子力, ちセーサルの足, ちソロモンの智慧, ちゾロゾロ歩いて, ちチヤッコの語れる, ちッちくしょうっ, ちッちゃな塒, ちッともをかしかァ, ちッどじな奴め, ちッひとの心配, ちッめったなこと, ちッわしに向っ, ちッケチな古狸, ちッ人をばか, ちッ何をまごまご, ちッ凧どころの騒ぎ, ちッ女と思っ, ちッ宇治まで行かね, ちッ小癪だね, ちッ恩のへちまの, ちッ未練を吐かす, ちッ気になっ, ちッ父上っ, ちッ痴だと, ちッ目ざわりな, ちッ真顔で聞い, ちッ薄野呂のおんぼろ宿六, ちッ貴様たちに何, ちッ馬鹿気ている, ちデカダンスはすべて, ちデモクラシーの戰勝, ちドイツの現存社會状態, ちドライサーのテーマ, ちナンセンスではない, ちハマナスの花, ちバイエルン王マキシミリアン二世の保護, ちバイオリンをひい, ちバクチに明け暮れ, ちパチンコ屋ん二階, ちパリへ入る, ちパンを下さる, ちビジテリアンは動物, ちフランスの抵抗, ちフロイドの精神分析, ちブルジョア時代がすべて, ちブルジョア的の財産關係, ちプラトを連れ, ちプロレタリア作家はプロレタリア文学, ちプロレタリア文学史をよむ, ち來る, ちポアンカレの主張, ちポチを愛した, ちマルクス主義者とよばれ, ちミシンをかけ, ちメキシコ銀百ドルに適応, ちいけないヨ, ちそんなこと, ちラジオや出版物, ちレクトル・エケクランツの水っぽい, ちロンドンに帰り, ちローマの古代, ちンばの下駄, ちンびきのいわ, ちーちやん, ちーらと, ちーツと似, ち一そう廣大な一そう猛烈, ち一つ養命保身ですな, ち一ぱい平らげたお客, ち一ぴきだけだろう, ち一ヶ所に限らず, ち一二は, ち一刀の下, ち一切善悪大小凡愚なり, ち一切新たに交通, ち一千萬圓に達せざる, ち一同に誓文, ち一同伴て姫路, ち一国の栄辱, ち一夜をやどりぬ, ち一年と数箇月, ち一廬を結び, ち一晩寝も, ち一月一日は小林邸, ち一歩の楽, ち一生を棒, ち一番に通り掛, ち一百余人戯作の口, ち一種の不, ち一般に日本人, ち一般にこの語, ち一葉二十三歳になつ, ち丁度キササゲの, ち七億人の人々, ち万一の変, ち万民翼賛の新, ち万雷一時に雲, ち三の酉があれ, ち三七どのへみつ, ち三人姉妹の長女, ち三味線を弾い, ち三四百年も流れ, ち三打虎の眼, ち三日極樂, ち三時ごろになる, ち三月七日の昼八ツ, ち三河町伊勢屋五兵衞方へ奉公住, ち三法師ぎみは安土, ち三派は分れ, ち三百石の御, ち三角形の本性, ち上げやうと思ふ, ち上げ給はね, ち上つた若い男, ち上つて二三度きりきり舞, ち上りながら, ち上意を背く, ち上聞に達せられける, ち下谷龍泉寺町の荒物, ち下駄足駄傘ゴム底の足袋, ち不完全で依存的, ち不平頑固偏屈の源因, ち不当な評言, ち不良ばかりに限った, ち世々魏の禄, ち世の中へ放り出された, ち世捨人ならねば, ち世界人民としての連帯感, ち世界各国で全面的, ち世粛已に没し, ち世間生活と私, ち丙戌以前の詩, ち両派が握手, ち中うちでぼんやり, ち中おしやべり仲間, ち中庭の大きい, ち中等度の土地, ちで武, ち丸邇坂に忌瓮, ち久しくし以, ち久延毘古を召し, ち乍ら他の何人, ち乍ら其頂上に屍體, ち乍ら彼女もまた, ち行く人数, ち乘氣になり, ち乘物に乘, ち九四に同じ, ち乞児巌頭に踞し, ちとぞ, ち乳幼児の精神, ち乾霊の国, ち亀屋忠兵衛のよう, ちれり, ちうるに, ち事候はで, ち事實としての死, ち事理自らに通, ち二つの客體乃至客體群, ち二三日の間, ち二人三人かいつらねて, ち二人三人組をなし, ち二十八九か色, ち二十年頭に早, ち二十歳の新しい, ち二十頁ずつもラブレター, ち二升冠婚葬祭総て酒は二升, ち二年前英人技師クロード・ディグスビイを派遣, ち二年經つ中, ち二百輛の馬車, ち懸りならずや, ちを捨て, ち五たび策を画し, ち五十年許りを, ち五大洲を睥睨, ち五年經つた, ち五日經つた, ち五月の月, ち井伏鱒二は悪人, ちし, ち亡國に至, ち交通の便, ち享保四年極月十三日の夜, ち享楽は必ら, ち京城には総, ち京橋や日本橋, ち京都の尊王攘夷的公卿, ち京都四条坊門に四町四方, ち人丸赤人の餘唾, ち人殺しが行われました, ち人民の理性, ち人皆あぢきなきこと, ち人知れず稲佐の, ち人間世界とはこんなにも, ち人間生活を支配, ち人類社会に破滅的, ち仁王法王たが, ち今や物體そのものも, ち今度の土地解放, ち仏世を去り, ち仏前に座定, ち仏国人ボアソナード氏が大木司法卿, ち仏性の悉有, ち仏法王法をむねと, ち他人の銭, ち他者に對, ち付会ではない, ち仙洞御所をその, ち仲文官をやめ, ち伊藤公の議, ち伊豆守はこれ, ち伊賀亮を以て天一坊, ちの会員, ちに乗じ, ち伝教大師このかた, ちなもん, ち低地にも兵, ち佐州へ老母諸共, ち体系化されない意識, ち何ものでもない, ち何らかの不幸に, ち何れの未開地, ち何事が起つ, ち何處へ行か, ち佛罰たちどころにいたり, ち作仏なり, ち使を遣し, ち來つる間に天皇, ち例へば私は, ち保吉はパン, ちあり夏, ち俳諧の独吟千句, ちの眼, ち個人的千秋楽だ, ち個人的財産がもはや, ちへ共, ち借主は常, ち借財がある, ち倭國といふ我が, ち倭建の命, ち假宮を造り, ち偏重の患, ち側ぢやわからない, ち偶有性を表現, ち偶然の事, ち偶然眞中にある, ち傳吉が口書, ちやらあります, ち傾聴せずには, ちに一箇月, ち働らいた塵, ち僥倖を求め, ち儒緩君の體, ち優にやさしく見える, ち先ずこの火, ち先づ第一, ち先らな, ち先生自身も阿, ちが賜物, ち党員を同化, ちつてゐる, ち入れの応用, ち入寂した, ち入金のつもり, ち兩者は單, ち八町走りの走り雨, ち公団の腐敗その他, ち公私の賣, ち六十年許りで徳宗, ち共産主義の怪物, ちを構え, ち兵刃既に交はる, ち其人たるに庶幾い, ち其喜兵衞助右衞門, ち其地のなづき, ち其屋敷跡だそう, ち其役目の刀自, ち其志を損じ, ち其盜賊伊兵衞なりとて, ち其過ちを益且夫富貴, ち典雅高貴の風格, ち内閣破壊の目的, ち再興有らずと, ち写真機を持っ, ち冥土の沙汰, ち冬茎立の夏枯草, ち出づ馬地に伏し, ち出雲の國, ちを執, ち分別を成ず, ち分割のこと, ち切り從つてあらゆる土臺, ち切り歯で咬み砕い, ち切り騾馬の背, ち切実に一つ歓び, ちの文句, ち初めて百草を, ち初代圓生の祥月命日, ちの云い, ち別人ならず彼, ち別製の軽, ち別製煉やうくん, ち利兵衞與兵衞兩人訴たり斯, ち刻限ああ可厭, ち則重と北の方, ちっては試され, ち前々からの約束, ち前人蓋し公, ち前者は労働, ち割つて御覽, ち劇団員個々の力, ちを用, ち功利的見地に立ち, ちへて天, ち加賀屋の暖簾, ちを做, ち勅裁を仰ぐ, ち勝ちだ, ち分る勢分, ち勢力であるから, ち勸懲の作, ち北方約半町, ち北極と南極, ち北海道という感, ち似せりと, ち匹夫朋黨に加はり, ちと云う, ち十五六歳の少年, ち十億人を饑餓, ち十八歳になった, ち十四謂うべし簡, ち十幾人があつ, ち十日經ち江戸, ち十歩の楽, ち千九百九年四月アメリカのピヤリー大佐, ち千八百八十六年九月の, ち千八百六十九年の彼, ち千六百三十七年に澳門, ち千早へ, ち千曳神と称, ち千浪殿刺し違えて, ちたさ, ち午すぎだ帰れば, ち世紀を, ち半四郎は頼まれし, ち卑俗として唾棄, ち阿に, ち南半球は北半球, ち南方の人材, ち南朝の樂, ち南殿の御簾, ち南蛮の島々, ち南部集五郎であった, ち単に思考の, ち単身去て, ち占領下の日本, ち危ふく吉原へ叩き賣られる, ち即時下向し給, ち又はどういう論理学, ち友人や恋人, ち友人三四人とパリ, ち對にては, ち反動はおそろし, ち叔父であり父系, ち取調委員の組織, ち叛かんと, ち叢桂社である, ち古今集から勘定, ち古河の吉右衞門, ち古風は結局, ち召連候と申せ, ち右剣を延ばし, ち司法省の学校, ち司院法を枉ぐ, ち各国との全面的, ち各組廻了の数, ち合せ危ふかるべき, ち合わせをし, ち吉三郎を召捕べし, ち吉田が語る, ち同情を表する, ち同胞姉妹なり吾, ち同行の雪岱さん, ち向いてあつち向い, ち向きに引っ, ち向け牝牛供養の石, ち君前に進む, ち吹滅す, ち吾が松下村なり, ち呆然自失その画, ち味噌一樽買つたな麩味噌, ち呼子そのあ, ち和歌管絃往生要集ごときの, ち和田左衛門尉さまがお, ち和蘭の地理書, ちむべき, ち哀しと思ふ, ち哲学を貫き得る, ち哲學の道, ち哲學的練習に身, ち唯今ここへ来た, ち唱ひながらに帰, ち賣の, ち商業新聞の頁, ち商法改正案においても総則, ち商量せらるべきすべて, ち問答した話, ち善惡の追求, ち営業の魂, ち嗚呼この堂々たる手の裏, ち嘗て聞けるも, ち器械体操に対する反感, ち器用にすべる, ちりて, ち四分三十三秒を破らない, ち四十でもあろう, ち四年にし, ち四生の終, ち固有性を創造, ち国人もまた, ち国兵暴かに, ち国内でひそか, ち国家統一国体保維国威顕彰の大, ち国民の未だ, ち国語問題対外文化事業及び宣伝, ち國光社は教科書肆, ち土手草に寝そべ, ち土民がデーン人, ち地下において握手, ち地主が間接, ち地方を廻つて, ち地方文化の水準, ち坊主そのままだ, ち坐り續けた脚を炬燵, ち垂乳根の母, ち垂髯の龍, ち城将の林重真, ち執政の太子, ち堀田閣老彼自身さえも免職者, ち場所を変え, ちを抜く, ち塞外經略に手, ちだち男, ち墨江の大神, ち墳墓発掘を一概に, ちるること, ち壓搾盤をおしさげる, ちなりと, ち変つた生活を生活, ち変詐す, ち夕方沓掛驛に着い, ち夕立が来さう, ち夕飯を終, ち外国の言葉, ち過ぎる人, ち多少のうるささ, ち大きく下に, ち大丈夫だろう, ち大儀じゃのう, ち大喜衣を牽き, ち大岡殿を江戸, ち大師はこの, ち大慈大悲の霊泉, ち大木司法卿もまた, ち大河自身が書き, ち大進ありと, ち天一にて幼名, ち天一坊樣の御座所, ち天一樣御出世の上, ち天保七年に至っ, ち天地に少し, ち天皇歌よみしたまひ, ち天皇鳴鏑をもち, ち天罰いづれも, ち天降り大蛇を誅戮, ち廟に, ち太子たるもの, ちとともに居, ち夫人を責める, ち夫喜八に候, ち夫婦どっちも身体, ち夫婦家に居る, ち多し, ち失敗に終る, ち失望ししかして, ち奢侈と見るべきで, ち女子は生命, ち女房子が可愛いい, ち女郎と申, ちの両君, ち愛敬ある, ち好きぢやもん, ち好奇心を動かす, ち如何前便申上げ候通り椽端の, ち始むると謂わずその, ち始めも終り, ち姿を描い, ちの弥生, ち娘さんと云われる, ち娘さんたちをご, ち娘たち二人を抱, ち婦人の涙, ち婦人問題を材料, ちひ, ち嫌いなん, ち嫌ひといふ訳でもない, ち子供がき, ち孝孺に示す, ち孝行と申す, ち孟宗さやぐいなのめは朗ら, ち孤児だろう宿, ち孤独地獄の呻吟, ち学校には上っ, ち学生運動に集中, ち学者は必ずや, ちを遊ばせる, ちといふ字, ち守令顔を承け, ち酒を, ち安いもんさ, ち完全性もこの, ち官家の制度, ち定かに認めん, ち宝暦九年竹内式部が山崎流, ち有性の, ち実に精確なり, ち実りにひとしい, ち実際の附属物, ち客観すれば, ち客觀的實在世界の空間性, ち客間の庭, ち客體内容を聯關, ち客體的他者としての存在, ち宣長は自分, ち宮松に行, ち家主小賣, ち家事を監督, ち家庭問題は実に, ち家庭教師にかよつて, ち家時はその, ち家畜どち, ち容易に種子, ち寄せ手は一そう, ち富者ではなかっ, ちてばかりゐた, ち寤め起ちて, ち實在するもの, ち實有性の種々, ち實行派であるけれども, ち實體とは我々, ち實體持續數その他これに類する, ち寶暦七年のこと, ち寶暦八年に普請工事, ちの, ちし載ち碑, ちち来て, ち将軍の御, ち将軍足利義稙より偏諱, ち将門を片手落, ち將來をその, ち將軍家の罪, ち專制王國の遺物, ち尊王なり, ち尊顔にむかひたてまつる, ちかる, ち小さい工業者小, ち小便も近く, ち小楯の連, ち小石川伝通院前の安藤坂, ち小石川柳町の小流, ち小説を書きたい, ち小説家に書かせました, ち少年のいつも, ち少年らはお, ち尚武任侠はひとり, ち居士の腰痛, ち屋台店ばかりでなくなっ, ち屏風をひらきてた, ち山あいの滝, ち山ゆふ越え行きて, ち山代より, ち山賊の棟梁, ち山静に水, ち岩地砂地の水分, ち岸辺の砂礫, ち崋山の手紙, ちりたま, ち崩御された直ぐ後, ち巌窟に捨て置き, ちを渡り, ち川端康成がファッシズム, ちに住む, ち工事半ばで冬期, ち工匠は規矩, ち巧みであるが, ち已む説無くん, ち市民の黙止, ち布刀玉の命, ち帝丘福を尤め, ちに劣る, ち師旅当に継ぎ, ちの片側, ち帰国して, ち樂院が, ち常に狭長に, ち常緑の濶葉樹, ち幕府は従来, ち幕責を蒙る, ち兵衞を, ち平凡な進物, ち平和を支持, ち平和擁護と独立, ち平民と異なる, ち平民文學といつた, ち平沢組の監督, ち平野君のうち, ち平野将監らも降, ちを重ねる, ちなく世, ち幸福の矢, ち幸行を見, ち幼年期少年期を通じて精神形成, ち幾つだすの, ち幾ら痿やそう, ち幾何學におきましてはすべて, ち広沢氏大久保氏より伝へ, ちに落, ち庸愚も大道, ち廃頽と進歩, ち廊架なり, ち延長形體位置及び運動, ち建内の宿禰, ち廻つて來たの, ち廻瀾を画くべし, ちを引い, ち弓箭の功倶, ち弓絃を絶ち, ち引き退けて, ち引越し歩いて, ち弥二の才, ち弱いがんから, ち張飛巡査が言, ちッつい, ち強く移住を, ち彌生式の土器, ちつて見, ち当今我国の公論, ち当夜の勧進元温泉宿, ち当時の僕, ち当流にさだむるところ, ちのくぼみ, ち形相がある, ち形相的實在性, ち形相的虚僞はただ判斷, ち形體とか數, ち彬彬たらん, ちつけた法衣ひつ, ちの腕, ち役者に限, ち彼国においてはかえって単に, ち彼女も不, ち彼女等であつ, ち彼実して, ち彼岸の中日, ちっておいで, ち往返の間, ち徐ろに, ち徒らへし, ち徒ら一同畑荒らしは, ちひ来れる馬士, ち御免を蒙り, ち御墨付と御, ち御船に追, ち復古を勧める, ち徳山城下なり, ち徳川政府の訊, ち心得たる体, ち心系急に肺, ち心配のいらない, ち心霊学と電気学, ち必要とし, ちる忘, ちへずし, ちあらん善き, ち忠相を以て江戸町奉行, ち思想が私, ち思想性がある, ち思案して, ち性惡説より來, ち性慾を恣, ち性能の命令通り, ちを懐き, ち怪我人が來ん, ち恋愛なり而, ち恒河の辺, ち恒産なくん, ち悟性すなは, ち悪いこととは, ち悲涙は滂沱, ち惡呪し王, ち惡獸のやう, ち想像の能力, ちを決して, ち意味を帯びる, ち意外の辺, ち意富多多泥古, ち意富祁の命, ち意気を通じ, ち意氣を通じて來, ち意識界なり, ちにあらず, ち愚僧懐中に匿, ち愚癡我慢貪り惜, ち感傷の油, ち感覺的なもの, ち愼重な態度, ち慶応二年に西周助, ち慶應の三年, ち慶長十七年八月に至っ, ちが無い, ちすべき科, ち我が子にて, ち我国が一八一五年, ち我師よ請, ち我等が呼ぶ, ち我邦古文明円熟, ち戦争最中の情報局, ち戦敗者の持つ, ち截らずば, ち戯談ばかりとも見えなかつた, ち戰慄と動亂, ち戸口に立つ, ち戻りなはつ, ちが悪かっ, ち所労と申し触らし, ち所謂三箇の目標, ち手当り次第別にこれという, ち扶桑拾葉集や礼儀類典, ち抱負を有つて, ちいた感じ, ち挨拶なの, ちへ得, ち捲土重来して, ち掃除して, ちに何やら, ち排斥すべきもの, ち提灯をふりかざし, ち揺れ揺れて, ちう時, ちたぬ時, ち撫院の船, ち支配階級として結成, ち改めて母校を, ち放出し破壊, ち政令二途に出る, ち政党を非, ち政党組合その他の大衆団体, ち政治の優位性, ち政黨を非, ち散らしの紋, ち散歩の後天主閣, ちあらん孝慈, ち敬坊を待つた, ち数年にし, ち数重の間接的, ち敵討なりと立騷ぎ候, ち敵陣に進ん, ちれふしぬ, ち文化問題に就い, ち文化的生における他者性, ち文化能力のある, ち文壇の作家たち, ち文学の, ち文章のため, ちは, ち断然策を決し, ちうした, ち斯くし遊ばむ, ち斯老の呼吸, ち日本文学会で, ち新しいファシズムの, ち新しき生涯なり, ち新著百種の出版元, ち施行さるる事, ちに趣味, ち既に以て, ち既知の概念, ち日々の新聞, ち日の出と日の入り, ち日向でひとり, ち日暮だ, ち日暮里にわたくしたち, ち日本代表として外国, ち日本軍が首都南京, ち日露戦争前後二囘に締結, ち日露戦役に撃沈, ち日露戰爭前後二囘に締結, ち旦波の國, ち旧約に遵い, ち早くから姉夫婦に, ちの言事, ちかに耀けるなり, ち明るすぎる夜蝉, ち明るく笑いながら, ち明夜人定後脚船一隻を発し, ち明夜初更を以て号, ち明州の刺史, ち明日の日本人, ち明日上り幸でましき, ち明治七年六月になっ, ち明治三十七年にアメリカ, ち明治三十九年著者二十八歳のとき, ち明治三年に出版, ち明治三年二月に定められた, ち明治二十一年の十二月, ち明治五年に中村敬宇先生, ち明治十二年に至り, ち明滅する, ちし扶桑, ち易いからと説い, ち易きは人, ちから孔子, ち昨夜の歌, ち昭和四年に練馬南町, ち昭徳院といふ紀州公方, ち是等の道理, ちも夜, ちは生, ち時宗秀吉数人のみ, ち時間の本性, ち時間的世俗的の存在, ち晩方であつ, ち普通は六, ち晴れ晴れし萬, ちえこ, ちきか, ち暗くなった山道, ち暗黒の裡, ち暫時の間, ち曙立の王菟上, ち曲者生田なるべし生田, ち書き改められようと, ち書生時代の態度, ち端に, ち最初の, ち最後の二つ, ち最高の實有, ち月夜の晩, ち有司此事を皇帝, ち有名になつ, ち有閑階級の有閑老人, ち朋友である, ち朝廷の紀綱, ち朝廷激して, ち朝鮮についてわたしたち, ちを伐り, ち木綿物の地味, ち木落ち風行く処, ち未だ僅に, ち末法のなか, ち本人にきけ, ち本心からのぞん, ち本能とは何ぞ, ち本質すなは, ちを離れなかつた, ち李朝時代となる, ちとさき村, ち村田が長州, ちを曳い, ちな烏, ちの國, ち東京高等師範学校の教員, ち東郡地方で石, ち松平伊豆守殿より公用人, ち林檎一つぞ燃え, ち果して城を, ち枝移りして, ち柔軟の床, ち柱傾き瓦落ちて, ち栃木縣の中, ち桂園派の元祖, ち桃山の病院, ちが芽ぶい, ちぶちの, ちの項羽, ちの国, ち業つくばりもねえ, ちまつた靜寂, ち極めて單純で, ち楼垣尽く覆る, ちみ得ること, ちに住む, ち権力をもっ, ちのうつろ, ちを渡り, ちの花, ち檳榔半蔀, ち欧州から東洋, ち欧陽公この句, ちを極, ち欲望し祈り嘘, ちひて, ち歐洲への歸途, ち當の, ち正当の人物, ち正統とされ, ち正行が跡, ち此事が泄, ち此人が山田, ち此家へお, ち此尾の道, ち此島に居残る, ち此河野のわたり, ち此灰を仏像, ち武人の多, ち武蔵が小手, ち歴史のテーマ, ち歴史的時間において現在, ち歴史的社會的諸生産物, ち歸順に出掛ける, ちなりしなるべし, ち殆どすべての, ちには眼, ち殲滅の寸前, ち殿さまとの折り合い, ち殿様の御, ちたる我, ち母親ばかり悪い, ち毎夜奥御殿の外囲い, ち毎年定期市の時分, ち民族乃至特に, ち民族心理の最も, ち気休めではなかっ, ち気長に金子, ち氣既に氣, ち水平社の同人, ち水求めの天子, ち水火刀兵の諸, ち水草蕾黄にし, ち水野忠邦の改革, ち氷河となる, ち永く小な, ち汚俗を矯め, ち汚点が附い, ち江南へ出むい, ち江戸の櫻, ち決して憂, ち沖縄また玉砕, ちを飛ばす, ち河野本來, ち河野本来の面目, ちはあんめいっ, ち法官に一礼, ち泥水がおどり込む, ち津幡まではほとんど, ち流れ動く水, ち流弊憂慮すべきもの, ち浄土宗を称, ち浄行神人也といへり大夫, ち海坂を塞き, ち海浜なり, ち海路から廣州, ち涼しい風が, ち名居士, ち淨覺院の門前, ち清き月夜に, ち渡つてゐる, ち渡つて氣早の若者, ち滿つやみ蓄, ち漢族は成るべく, ちにさはがし, ちというの, ちのよう, ち潮止りとなつ, ち潮風の香, ち激語を重ね, ち濕らふ雲, ち火もちてその, ち火器は次第に, ち火著けて燒, ち火葬の後, ち炎上は天正八年, ち無きにまかせ, ち無垢な感動, ち無為無言だつた, ち無駄では, ち燔祭の柴薪, ちは浪, ち燕王の兵, ちの身代, ち父上散らないで, ち片山哲氏が大, ちを放ち, ち牛小屋へきました, ち物かげより跳, ち物恥をしよう, ち物體的なもの, ち特に吾人の, ち特權市民階級の反動的利益, ち牽強附会ではない, ちの吠, ち狂猿古臺, ち狐格子はなかば, ちが我々, ち猛烈に反省, ち猪一廻りした処, ちの額, ち猿人直立して, ちや魚, ち玄米と味噌, ち玄關に, ち玉子の黄味, ち玉歩を河辺, ち及び人民皆, ち王始め群臣の集つて, ち現今の倫理道徳, ち現代に於ける, ち現代文学全般のこの, ち理性であるこれら, ち理想喪失といふ怠惰, ち理解するため, ち瓦斯すと, ち生徒に紹介, ち生死はつとに, ち生殖に対する焦燥, ち生殖それから鬪爭, ち生産過剩, ち用言の将然, ちと鳴き, ち田原と調子, ちだちして, ち男子の生命, ちにつづき, ち町人に支配, ちに非, ち画布をもっ, ち畜ツちえ, ち畜生めが, ち畜生ッうぬ, ち異族に對, ち當つて見ようか, ち當らざるにあらず, ち當時將軍吉宗公なり御, ち當月晦日迄に罪人傳吉并, ち畸形であ, ち疏水工事によりてブレンタ, ち疾風の如く, ちを得, ち病気のため, ち刻なる, ち痿むところを得たりと, ち癲癇の良劑, ち発表しはじめて, ち白滝青鮫などいずれ, ち白痴とは申されん, ち白石は羅馬人処置, ち百姓となり, ち百花園の春色, ち百難に屈せず, ち的内容をもった, ち皇后の為め, ち皇孫の正, ち寄った穿鑿的, ち盜難に罹, ち盞結ひして, ちせば, ち目安方へ渡され, ち直ちに気品の, ち直接に胃, ち直線性を有, ち相州御亭, ち相当の申込, ちなり, ち眞理そのものは容易, ち眞痛みに泣き, ち三郎はんの, ち真実をもっ, ち真摯な誠実さ, ち眼頭手また全部, ち眼頭手その他これに類する, ち着物の様子, ち矛盾によるもの, ち知人の顏, ち知識と智慧, ちをきざむ, ち石出帶刀より爪印, ち破り難し, ちし自ら, ち確乎しなはれお, ち礼拝す, ち社会的矛盾の相剋, ち社會全員の財産, ち祖宗に違背, ち祖父に忠実, ち神さまにお礼, ち神功皇后下は則, ち神妙壮美の世界観, ち神様に仕へる, ち神自体よりも神, ち神輿練り来るゆふぐ, ち神輿練り來るゆふぐ, ち神逐ひに, ち神道の名, ちを犯す, ち禁錮乎罰金乎余曰く余は既に, ち禅宗といふ新, ち禮樂を絶, ち禹域を圧す, ち禽獣に飽かしむ, ち私たち日本の人民, ち私自身について私, ち私財をかきあつめ, ち科人どもに申さるる, ち科学でも芸術, ち科學を研究, ちらしくないこと, ちの, ち稲垣氏は立派, ちはあんめえな, ち稻荷新道横山玄柳と申す, ち稽古して, ち積極的意企をもった, ち究極の総合的研究, ちついて, ち窈窕して, ちからながめ, ちに天皇, ち竊びて小船に乘, ち立氷に取り成し, ち竜頷を探る, ち竜飛の部落, ち競べをする, ち竹内と稱, ち竹造を一篇, ちち今日, ち等しい耐久力を, ち等のは元, ち答へまをせる, ちの飛ぶ, ち箱根へおい, ち箱根以西はみな宮方, ち築地へ移つた八百善, ち篠田が暗黒, ちの戸, ち粂之進も支度, ちならず, ち精神形成の第, ち精鋭数千を麾い, ち糞がんち, ちの如く, ち紀州公上座に直り, ち紅葉と美妙斎, ち粹の, ち純潔についていうなら, ち純然たる君権完全, ちのやう, ち素懐を遂ぐ, ち組こっちはこっち組, ち経済や趣味, ち経験論の直覚主義的, ち交したま, ち絵画の道許, ち絶望に滿, ちに背け, ち經濟關係の變化, ち緯度の違い, ち繁昌する青山, ち織田家のき, ち缺存は作用そのもの, ちに似たれ, ち美しい二箇の, ち群臣の多, ち義仲の義仲, ち義理ある父母, ち義經卿近くは眞田幸村, ちぶく, ち延宝六年戊午二月二十一日の, ち老人と若者, ち老人青年子供それぞれの年齢, ちへこん, ちもそれ, ち耶蘇教を人, ち聖徳太子の頃, ち合せると, ちを落し, ち肉体文学はじめ世相のいたる, ち育ちに出来, ち胎んでゐた, ち胸うつ国つ胆, ち能力の培養, ち脚気はなく, ち腕まくり新派にはよく, ちをゆすぶっ, ち腰卷やおしめ, ち腹痛等にて打, ち強く君, ちから反し, ち自ら多く貪りぬ, ち自らブルジョアとなる, ち自ら傷けしを聞き, ち自分達の身, ち自己自身を動かす, ち自殺者と暗殺者, ち自然的な光, ち自由というよう, ち自由主義運動が次第に, ち自由意志とに言, ち自身をおい, ち興味索然たるを覚ゆ, ち舊社會の最, ち舊社會全體の内部, ち舊自由黨が自ら合同, ち舎利を献りき, ちの板, ち船ごとに己, ち船通山を中心, ち良人を侮る, ち色紙の辞句, ちばかし食っ, ち花合歓紅をぼかし居り, ち花開き鳥下る処, ち芸術文学は社会, ち若い執筆家として, ち苦労をし, ち苦痛を恰も, ち苦行僧のやう, ち英雄であるこれ, ち英雄人を欺く, ち茫然と身動き, ち草壁皇子尊先づ進みて, ち草木に遮られ, ちを結び, ち菓子箱の蓋, ち菟上の王, ちゆるか, ちの芽, ち落葉松林の幅, ちに先, ち葡萄に変った, ち葬式もこッそり, ちるとは, ち薄いだらうけれども, ち薄ら寂しい河岸, ち薄らあかりに, ちの中, ち藤五郎藤三郎にて是, ち藤五郎藤三郎并に佐十郎郷右衞門, ち蘭軒の跋, ちだ, ち虚空の中, ち蜻蛉來てその, ちといふもの, ち螺旋循環の必ず, ちめく私, ちは全身, ち血だらけだ, ち血色は激, ちを擁し, ち衆星の, ちみ舎, ち行つたとかなし, ち行水を使う, ち行親忠家に分ち給, ちの中, ち被害者に引渡し, ちを付けた, ち間近く近づけ, ちいて, ちを披, ち西暦七百五十一年のこと, ち西班牙国内の闘牛場, ち次郎の, ち規則であるの, ち覚悟して, ち親分の寺, ち親王がお, ち親王兵を訓, ち観念を強調, ち觀念的存在者が實在者, ち言政事に及び, ち言論を抑圧, ち計算の中, ち証明されると, ち評判の, ちを此頃覺, ち該樹が漸次, ち誕欺怪迂の, ち誘惑を斥, ち語りをし, ち読書慾は減じ, ち誰ひとり怖気をふる, ちいと思, ちなきも, ち論説する所, ち論難者はそのうち, ち神の, ち諸君の生産關係, ちはゆる, ち謙遜謙譲の謙, ち講道館は大々的, ち譯ぢやね, ち護法と称する, ち護法水四桶を供, ち谷崎荷風のもの, ち谷戸から谷戸, ちの木, ち豐公が幸福, ち豪華なる桜花, ち財産の階級的性質, ちか, ち貧乏を衒う, ち貪慾の二字, ち貰つてどうしるだ, ち貴族院議員となり, ち資本が蓄積, ちを滅ぼす, ち賢母にし, ち質実義勇斃れて, ち質屋の番頭, ち赤い尿し, ち赤面して, ち越前守殿夫は苦々しき, ちを踏みならし, ち足らひなん, ち足早み釣舟, ちを回らし, ち身なり気分住んで, ち身勝手ばかり謂う, ち身軽に逃げ, ちの後, ちを興し, ち軍部的警察的帝国主義の治下, ち軍馬のたむろ, ち転々した果て, ち輝勝の脳裡, ち轉びてその室, ち轉定にし, ち辭理の見え, ち農業および工業, ち農耕に存する, ち近うま参れ, ち近世産業がいよいよ, ち近代的ブルジョアが起つた, ち近所の大, ち迦葉妙賢が王舍城, ち追求しもしくは, ち退去するもの, ち氣生ず, ち透視といふやつ, ち逐電するの間, ち速やかにせし, ち進歩党の為め, ち進歩自由両党, ち進歩自由兩黨の聯立内閣, ち進歩黨の爲め, ち遊び足らずてけふも, ち運命なりと, ち過去未来を包む, ち過度もしくは見当違, ち過激に相違, ち道二部か三部, ち道人間一度はきつ, ち道側に立て, ち道利七も助かる, ち道君經義を演説, ち道得と見, ち道數重なる告發, ち道理なれども, ち道相手が佐藤, ち道自分のもの, ち道資本が掛る, ち道輕いこツちや, ち道阿弥は松雪院, ち道靜岡を通る, ちに連, ちであ, ち遠い山の, ち遠くの人声, ち遠見の者, ちに連, ち遷徙廃興あり, ち遺骨を共に, ち邦家の經緯, ち酋長のよう, ち酒戰となつ, ち酒窖に滿, ちはれては, ち酔ひて一, ち酷寒酷暑に於ける, ち醉つてしまつ, ち醜行紛々甚だしきは, ち里祭りの多い, ち野原の上, ち野郎は突, ち金城も降った, ち金子で張らう, ち鈴ふりにけり, ち鉤穴より出でし, ち銀座の風月堂, ちに才人, ち鋭い眼いつも, ち長く続けて, ち長大息して, ち長尾の新, ち長柄川の閑居, ち長沼の門人, ち長老に異ならざるなり, ち長途の旅, ち閏年も入れ, ち間もなく永平の, ち間違つた仕方でもない, ち間違つては居ない, ち防人今奉部與曾布, ち防長の真, ち阿倍比羅夫の蝦夷討伐, ち陌上の塵, ち降り通したせつかく, ち限りなき潤い, ちに美術, ち除數の十位, ちを作らしめ, ちを恃, ちはよく, ち陽炎や糸遊, ち障壁を毀ち, ちの信ちゃん, ちれぬ, ち雄弁なもの, ち雌伏したもの, ち雜誌類に見えた, ちかしい一つ, ち難い戀にまで, ち難しと見えた, ち難しい訳が, ち難波に還り下りまし, ち雨ふり春めいて, ち雨ふり一隅を守つて, ち雨ふり故郷のこと, ち雷火である, ちの信仰, ち霧雨小糠雨その外, ち靈魂すなは, ち青き銅液の, ち青瓢箪的のヒョロヒョロ男, ち青白い顔を, ち青銅に滿つる事, ちかなる, ち面倒くせえ, ち面倒臭い世の中だ, ち頗る謹愼の, ち領主の罪領主, ちを撲ち, ちに指し, ち頻りに涙に, ち頽廃から野蛮, ちは背, ち顏美き孃子, ち願ひと勢とを示すごとく, ち願書取上となり, ち風ふき誰もこない, ち風ふくからたち, ち風ふく風を聴き, ち飛びまはつてお酒を飲む, ち飛むで傾くや, ち飛沫がとぶ, ちるのに, ち食物及び必要品, ち飮廻つてゐた, ち飮食常に復する, ちあゝ, ち飯櫃といっしょ, ちになる, ちを急, ち馬鹿だん, ち駿三も徳子, ち駿河屋三郎兵衞加賀屋四郎右衞門并に茂兵衞町内, ち騒ぎでさ, ち驚ろいて, ち骨肉たるも尚, ち體内の廢殘物, ち高い峰の, ち高価を払つて購入, ち高山町をそう, ち高田ばかりで, ち高級なる, ち髮長比賣を, ち魚鼈に施し, ちの君哀公, ち鶴若と共に大, ち鸚鵡を相手, ちい世の中, ち鹿馬の奸, ち黒く女鳴神ッて, ち黒蜂が羽ばたく, ち黨員を同化, ち鼓噪は芦荻, ち鼓腹撃壤して, ち鼻息でフム, ち龍馬に叱られ