青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

つかまえ~ ~つかり つかり~ ~つかん つかん~ ~つき つき~ ~つぎ つぎ~ ~つく
つく~
つくし~ ~つくっ つくっ~ つくづく~ ~つくり つくり~ ~つくる つくる~ ~つけ つけ~

「つく~」 7765, 84ppm, 1333位

▼ つく~ (1506, 19.4%)

26 彼は 14 急に 13 すぐに, 私は 9 私の 8 自分は 7 それを, 立つて 6 いふこと, 今まで, 彼女は 5 そこは, それは, 自分の 4 あたりは, むこうの, 右の, 思って, 窓の

3 [21件] あわてて, いって, いふの, すぐその, すれば, そこには, やはり昼, 二人の, 二人は, 僕の, 先に, 入口の, 妹の, 山の, 彼の, 思ふが, 眼の, 立ち上つた, 立つ, 立つた全身, 頭が

2 [77件] あくる日は, あっ, いうか, いうので, いけないと, いつのまにか北, いつのまにか部屋, いふわけ, うしろの, うつらうつらに, すぐ, すぐそんな, その木, その男, その間に, それが, それらの, なると, なるほど富士, ひとりの, まるで自分, みんな母に, もう影, やはり晝, わたしの, われも, サッサと, 一人は, 両手で, 云うの, 云ふ, 今度は, 何か, 何かの, 例の, 先生は, 其処に, 女の, 女は, 婆さんは, 小笠原は, 山の端が, 幾人かの, 弁士が, 彼女の, 彼等は, 忽ち狂犬, 思います, 思はれたから, 思はれたのに, 思ふ, 急いで, 手を, 手代の, 承知しない, 日本料理で, 曙染の, 曹操は, 杵は, 死んでから, 沙漠の, 直ぐに, 私が, 私に, 私も, 空しい机, 立ちあがり彼女, 考えて, 袖が, 見えて, 誰かが, 足が, 連れの, 隣りの, 飛んだこと, 驚いて, 鳴いて

1 [1139件 抜粋] ああなるほどなるほど間違い, あたま, あとの, あなたは, あの井村, あれほど, いう, いうが, いうだに, いかにも熱意, いきなりそこ, いきなり大声, いきなり帽子, いけない, いっしょに, いつか前肢には, いつしよ, いつのまにかどてらの, いつのまにか与吉, いつのまにか東, いつの間にか夕闇, いつの間にか志賀健吉, いつの間にか窓辺, いつも, いつもは, いふので, いまだにうち, うしろから, うたわれた岡崎様, うれしきかもよ, おきよは, おずおずと, おばあさんは, おれが, お勝手口, お登久, かぎ穴に, かする筈, かれは, がたっと何処, きゅうに, くたくたに, ぐっすりと, けんぶつ人, こうし, このおやじ, この明石, この精神病院, この静か, これに, こんどは, さしも広い, さつきの, しかし沿線, したら認識, しばらく黙っ, しようか, じぶん, すぐあたい, すぐお, すぐじろりと兄弟三人, すぐなに, すぐベルリン, すぐ五人, すぐ側, すぐ城外, すぐ彼, すぐ森川夫人, すぐ正面, すぐ湯, すぐ目, すぐ笹田執事, すこしずつ, すこし顏, すみの, するぜ, そうかと, そこでまた念仏, そっちへ, そのうち, そのところ, そのままドミトリイ・フョードロヴィッチ, そのまま二階, そのまま草, その人, その反動, その境地, その嫉妬, その影, その懐中電灯, その方, その時, その枕元, その次, その痛む, その竹筒, その船, その路, その頃, それこそ, それなり大国主神, それには, それらしい, そーっと, たしかに自分, たって, ちょうど母, つかないと, てめえ獄門に, とって, とんび岩は, どうもうち, どこかで, どこに, どんなに厳重, どんなもの, どんな島, なかなかきえない, なほひどい, ならんで, なんだか勝負, なんとなくあらし, なんとなく追われる, につこり笑つた, のびて, はじめて藤枝, ひとつの, びっくりし, ふたりが, へたばるやう, ほとんど誰, まずお, まず最初, またくるり, またマッチ, また咽喉, また更め, また私, また車, まだ男, まもなくドイツ, まもなく帆村, まるでわが家, みせて, みんなは, むこうから, もう, もうこちら, もうそれ, もうガラス, もう一歩, もう前, もう十二時近く, もう日本, もう白い, もう肴町, もしも話, やがてお, やはり二人, ゆうべの, ようやっと金堂, わかったとき, わしは, アアあの, カバンの, カメが, ガソリン臭い, グッタリ疲れ, ゲゲッと, ザーッと, ズラリと, テントの, ニュウリイでは, ハッと, パッと, ビールを, ピアノの, ピチャピチャと, ブルドッグの, ヘッドライトの, マンは, ムーッと, ルーダオは, 一しよ, 一乗寺の, 一同は, 一所に, 一杯だけじゃ, 一緒に, 一軒の, 丁度頭, 万吉は, 三人は, 三浦老人は, 下から, 下宿の, 不思議に, 世界滅盡の, 世間の, 両眼, 中井氏は, 中川は, 中田は, 主人役は, 乳くり合っ, 亀次郎は, 二た, 二人とも, 云うくらいの, 云う臆病, 云う訳, 云ったって, 云つて小布施を, 京都の, 人々は, 仏敵だ, 他に, 伊勢参宮でも, 伽藍の, 低聲, 何う, 何だか気, 何を, 何事であろう, 何処の, 何時も好い加減, 作者は, 信じられよう, 倉地は, 側に, 僕は, 先ず薬屋, 先生さまも, 兩手に, 八代様は, 共に何, 共に黙った, 其処とは, 内海が, 再び話, 初めて安心, 別に小言, 前に, 前歯が, 勇敢な, 勢あまっ, 千世子は, 半纏の, 卜斎は, 厄介な, 反対側の, 口の, 吃驚した, 同じよう, 同じ様, 同時にあらゆる, 同時にぎょ, 同時にさっそく早雷, 同時にもう口, 同時に何ん, 同時に吹き飛ばされ, 同時に彼, 同時に相手方, 同時に言葉, 名詞と, 呀ッという, 呪はれたる, 咽喉の, 善良な, 喜兵衛は, 四五人山の, 四方は, 坂の下の, 坂口は, 堤防に, 壜が, 多勢の, 夜が, 夜風の, 大声に, 大差の, 大慌て, 大足に, 天下の, 太い眉毛, 太郎は, 女連は, 妙に, 娘と, 婦人記者の, 学者先生なかなか, 安息所へ, 定つてお玉杓子, 客は, 家じゅうひどく, 家中へも, 寝間着の, 尊敬の, 小夜時雨が, 小林少年が, 小林翁が, 少し向う, 少女の, 尚もいまいまし, 屹度感謝の, 川島以上に, 巡査が, 左へ, 帶に, 広間の, 座蒲団も, 庭へ, 当の婦人, 彼には, 後から, 心も, 必と, 忽ちかれ, 思いますから, 思う, 思うかと, 思うから, 思うん, 思った, 思ったもの, 思っては, 思わずポロポロと, 思召すかも, 恰度ハラハラ, 情が, 感心した, 或る, 房一はさつきよりも, 手の, 手桶を, 手足を, 抵抗が, 授業までには, 探照燈, 教壇の, 新聞記者が, 旅館の, 日記を, 早くも, 早速その, 明るくなる, 明智探偵の, 昔の, 時間に, 暗い家, 暫くは, 曾呂利本馬の, 木の, 机の, 村の, 杖を, 板壁の, 林の, 格子の, 桟が, 森の, 次の間に, 武蔵は, 死がいから, 死骸の, 母に, 毛を, 気軽に, 水上署長へ, 汝は, 沈み込んだ, 法水は, 泥棒は, 浴衣の, 涙の, 清三は, 渓底から, 準之助氏が, 灯の, 無言の, 熊吉は, 父の, 片方の, 牛乳屋や, 玄関には, 珍らしい, 瑜伽秘密修験の, 申すの, 男瀧の, 白い埃, 白が, 百は, 盜られ, 目の, 直ぐに手紙, 直ぐ家, 相の, 眉を, 眼ん, 知事州吏民間の, 石川氏は, 磯吉は, 私でも, 私ら少年はも, 秋蘭の, 空気に, 突立つ, 立ちあがつて, 立ち上つたかと, 立ち上り奧, 立てば, 立上つて静かに, 納屋の, 素子も, 綱を, 線路の, 縛って, 翌日また, 老人は, 考えないでも, 耳もとで, 聞え渡らば, 背が, 自分で, 自分と, 自分を, 自動車は, 舌を, 舟が, 舟は, 船の, 艀の, 良い香, 花の, 若い者, 草の, 蒲団の, 薄紫地の, 藤枝は, 虱が, 蝋燭が, 街頭の, 袖に, 褄を, 西貝が, 見るとも, 親し車前草, 言つては, 許さんぞ, 話は, 誰か一人幕の, 警部は, 豹一はもう, 賊の, 起き出して, 足もとの, 跳び上がって, 身は, 車が, 車掌の, 軒並みに, 辞表を, 逆立にな, 這入る前, 道具も, 違棚の, 遥か向う, 部屋の, 金と, 鈍重な, 鋪道の, 長瀬旅館から, 門を, 間もなく割烹服, 間もなく畔柳博士, 関羽は, 阪下阪上の, 隆起珊瑚礁の, 隱れた, 雨の, 雷門目掛け, 露骨に, 青く鮮麗, 非常な, 靴を, 頭の, 頭上を, 頸を, 顔を, 飛びきり, 飛行機は, 高を, 高島は, 高麗村の, 魑魅が, 鳴らないじゃ, 麓から, 黒く伸びた, 黒雲の, 齊しく

▼ つく~ (638, 8.2%)

48 である 43 です 28 だ, であった 14 でした 10 だが, だった 9 であります, では 8 か, だと 6 だから, であるが, を待つ 5 だったが, だろう, ですが 4 でしょう, は, を待っ 3 さ, だそう, ですけれど, よ, を待ち, を防ぐ

2 [27件] かい, か見当, がいい, がきこえました, が精一杯, だけれど, だけれども, だつた, だという, だな, だよ, だろうか, であって, であろう, でございます, ですから, ですよ, はいや, はその, は大抵, は嫌, は当然, を, をまっ, を待ちかね, を見, を見る

1 [306件] かしら, かその, かたまる, かだってそいつ, かときい, かと不思議, かと思ったら, かと考え, かなあ, かね, かもしれない, かも知れない, かも知れません, か二人, か機械的, が, があたりまえ, がいつ, がいや, がおかしい, がおそろしく, がきまり, がけち, がこの, がすでに, がたのしみです, がひろ子, がまた, がわかった, が一時間四十分, が一番, が七時前後, が七時半, が不愉快, が十時三十分, が吉例, が命がけ, が大好き, が奇跡, が好み, が婦, が嫌い, が当世, が当然, が待ち, が心配, が怖い, が手, が暗う, が最も, が消毒剤, が甚, が留置場, が着物, が矛盾, が石川氏, が習慣, が臣たる, が通例, が遅, が遅けれ, が遅れ, が非常, が面倒, が鬣, こそやめね, さえいとっ, じゃが沢庵坊主め, すらが古い, だからと, だからね, だどうせ, だなど, だね, だらうか, だろうが, だろうと, だろう表, であったが, でありました, でありましたから, であり習慣的, であるか, であるかと, であるといふ, である自分, であろうにと, でございますから, でございますが, でしょうか, でしょうね, ですか, ですがね, ですけれども, ですぜ, とおんなじ, とモロー彗星, と同じ, と若い, と足, なぞがその, など暗示, にと署長, にはどんなに, にもてつ, にも家柄, にらく, に一時間, に十分, に氣, に適し, に馴れた, ね, ねえ, ね私, ね要心, ね駅, はあたりまえ, はあの, はあんな, はいけない, はいたる, はうまい, はお, はおかしい, はおしゃれ, はかれこれ, はきっと, はこのごろ, はこれから, はすこし, はすなわち, はそして, はその大きな, はそれ, はたいへん, はたんと, はどう, はどこ, はなお, はふせげない, はほか, はもちろん, はもどき, はやっぱり, はやはり, はれたけれど, は一人, は一方, は世, は並木, は主人公, は九月十九日, は乞食, は人情, は人間, は今, は伊予, は会話語, は伝統, は体験, は何かと, は何千何万, は何時間後, は例, は偉く, は全, は十九, は危険, は古, は右手, は土, は夜, は夜ごと日ごと, は大人気, は女王, は安らか, は容易, は寒空, は實, は小, は小学教員, は山, は常に, は平和, は年取り, は幾旒, は広重, は廣, は形式, は彼ら, は必ずしも, は快し, は感嘆, は或, は救世軍, は文法意識, は斉彬公, は新, は旧式, は本家, は材木, は楕円形, は橙, は此髯籠, は武者修行, は江戸時代, は池, は泥棒, は液, は火, は灰, は煙草, は物理学, は特殊, は田辺, は男, は當然, は皆, は着物, は知れた, は石器時代, は空家, は立並ぶ, は答, は縦, は美妙斎, は自, は荒壁, は薬品, は行事, は趙家, は部屋, は野良犬, は鋭い, は鎌倉, は長之助草, は雑楽, は雨, は食われる, は馬, は馬酔木, は黄色, へり, もい, もおそらくそのまま, もかなり, もかまはず, もこねる, もむりはない, もよく, も味, も変, も宜, も当然, も待たない, も心丈夫, も忘れた, も早い, も気づかぬ, も無理, も癪, も考へ, も苦しい, も贅沢, も速かっ, も馴れ, も鷄二, よ他, よ困りました, をあたし, をいや, をお, をおぼえた, をその, をそれ, をたのしん, をどう, をふせぐ, をガーゼ, を一, を五つ六つ, を厭, を口, を喰べた, を当然, を彼, を後ろ, を恐れ, を恥じ, を愛らしく面白く, を憚つて, を承諾, を持っ, を提げ, を望んだ, を相, を知っ, を竜, を聞き, を買わせた, を適當, を邪魔, を防いだ, んイヤ, 諸膚

▼ つくよう~ (602, 7.8%)

32 になった 30 にし 20 になっ 19 なこと 129 になる 8 な声, になりました 7 な気 6 な視線 5 になり 4 だ, ないい, な事, な大男, な太陽, な熱, に云った 3 である, なところ, なもの, な人, な話, にその, にちらちら, に成った

2 [37件] だが, だった, であった, では, な, なその, なもん, な人物, な寒, な思い, な暑, な気持, な渇き, な炎暑, な異状, な疼痛, な病気, な痛み, な眼, な眼付, な調子, な雨, な音, な驟雨, にいいました, にした, になります, にまた, に体, に呶, に喉, に思った, に思われた, に感じる, に泣き出した, に私, に言った

1 [320件] だし, だて, でありました, でいても, でした, でしばしば, です, でとても, でとんと, でも, でよろしく, で気, で目, で眠られない, で閉口, なうしろめた, なうなずきかた, なお, なおどろきの, なかし, なかすれ声, なせまい, なそういう, なの, なは, なまた, なまなざし, なもどかし, なわれら, なアメリカ人, なケチ, なコーヒー, なジャック・ウードレー, なバラック風, なヒュッテ, なヤワ, な一日, な三伏, な亢進症, な伝令, な体臭, な優しい, な冷た, な凶報, な初夏, な剣突き, な労働者, な南仏, な印象, な口, な変ったところ, な大きな, な大雨, な好奇心, な嬰児, な少年, な屈辱, な岩壁ぞい, な巨漢, な役, な待ち遠しい, な徳川, な心持, な心配, な急坂, な息づきを, な情念, な情慾, な意気, な感じ, な所, な手懸り, な日, な日光, な暑熱, な暖か, な書斎, な有様, な望み, な期待, な格好, な権幕, な気もち, な水, な水蒸気, な泣き声, な泣声, な泣方, な活溌, な浅い, な浪人, な渇, な激しい, な炎, な炎日, な無気味さ, な焦躁, な煙, な熱い, な熱気, な物, な物思い, な物騒, な特徴, な状態, な獣, な甘酸い, な甚右衛門, な男, な異常, な病人, な痛, な目, な目つき, な眸, な眼つき, な瞳, な種類, な穴, な空腹, な紅梅焼, な素足, な緩慢, な美しい, な胸, な色々, な蛇, な街頭, な複雑, な視界, な語調, な謙蔵, な谷間河原, な豆太郎, な豪雨, な質問, な赤ん坊, な赤軸, な身振り, な迅さ, な鄙, な酸っぱい, な重い, な金, な鈍い, な陽, な青い, な静かさ, な静けさ, な顔付, な食べもの, な高い, な高熱, な鬨の声, な魚, な黒鉄の, にあがい, にいう, にいうだろう, にいたします, にいわば, にうつった, におしゃべり, にかなきり声, にかわら鶸, にきかれた, にぎんぎん, にこう, にさせ, にさも, にされた, にしかし, にしたい, にしなく, にしむけ, にする, にせきたてた, にそう, にである, にどなる, になさい, になったら, になったらしい, になつ, になりかけ, にねがう, にぱっと, にひとりでにこう, にふるまう, にまじり気, にも反感, にやがて, にりりり, にろうそく, にわたし, にタクシー, にドキドキ, にナ, に一刀斎, に上り端, に乾いてる, に代志子坊や, に伸, に伸子, に低く, に信ぜられました, に信長, に俯向, に倒し, に凭れた, に別荘, に刺戟, に動いた, に印物, に叫びました, に叱られた, に各, に吠え, に吠え立てる, に吹い, に吼え立てた, に告げ, に呶鳴, に呼, に命令, に坐りこむ, に垂らし, に大使館, に大河, に子, に山伏, に山陰, に山鳴り, に幽か, に庭, に彼, に彼女, に待たれた, に待っ, に心地よ, に忙しい, に思ふ, に急, に戸, に手, に敏子, に断め, に日, に映った, に書かねえ, に椅子, に欲しい, に歌っ, に残っ, に殻, に江戸, に波間, に泣, に泣い, に泣きた, に泣き出しました, に泣き出します, に泣き出す, に泣き叫びました, に泣き叫びます, に泣き叫ん, に泣き立った, に泣き立てた, に泣く, に注進, に渇い, に濡れ, に烈しく, に照っ, に照りつける, に熱い, に熱かっ, に熱く, に父, に甦った, に用, に痛ん, に痣, に痺, に皿, に窓, に罫紙, に翁, に考え, に耳, に腹の中, に致し, に蝉, に衰えだした, に見うけられます, に見せかけ, に見つめた, に見る, に覚え, に言う, に言われ, に記され, に蹲, に躍っ, に身, に軽いあたたか, に近寄っ, に道, に銭形平次, に降りそそいだ, に青味, に頼む, に顔, に飛, に飛びかかった, に鳴っ, に鳴り出した, に黒, 仰せられこちら向き, 出かけましょう

▼ つくこと~ (415, 5.3%)

15 ができた 12 が出来た, では 8 がある, になっ, になった 7 になる 6 だ, であった 5 ができる, である, になりました 4 ができ, ができました, が出来る, が多い, はできない 3 があった, ができない, が出, だが, であろう, です, と思う, はない

2 [27件] があつ, ができなかった, ができませんでした, ができよう, がない, が出来たら, が出来なかつた, が多く, だろう, だろうと, であらう, とひと, と存じます, にきめ, はこの, はその, は多く, は彼, もあった, もある, もできない, もできません, もできる, も出来やしない, をもつ, を意味, を許し

1 [220件] ありしと, ありと, か, かと思います, からはじめて, から生ずる, か分らない, があったら, があまり, がありました, があります, がおそ, がおりおりあっ, がこんな, がさだめられ, ができず, ができなかっ, ができません, がほとんど, がみんな普通, がわかった, が冷酷, が出来ず, が出来ない, が出来ないであろう, が出来なかった, が出来るだろう, が士, が多かっ, が得策, が有ります, が正義, が著しい, が遲, さえある, さえ断念, じゃあございません, すらもできないだろう, そのこと, だから, だし, だった, だってあるだろう, だろうが, ってな, であったし, であるが, でござんしょうと, ですが, ですけん, ですべて物, ですよ, でせう, でそれ, でない, でも, で先夜, で早けれ, となった, となり, となりました, となる, となるでしょう, との間, と徳川幕府, と思います, と思はれる, などめったに, などを彼, ならおおいに, なら御, なん, にある, にかけては天才, にかけて女性, にきまる, にし, にした, にしました, にしよう, になつ, にならなけれ, になり, になりましょう, になります, になるだらう, になれ, には馴れ, にもなっ, にもなる, にも実際, によってのみ位置, に成功, に抜け目, に決った, に決められた, に熱中, に違, のおくれた, のできない, の公許, の出来た, の味気, の巧み, の平気, の方, の無かれ, の習慣, はきっと, はこれから, はしなくなっ, はじつに, はそのいわゆる, はそれら, はつく, はできなかった, はできますまい, はなかったろう, はなかつた, はなかん, はまだ, はもう, はやめられなかった, はよい, はわるい, はキヤンデー時代, はフランス文学, は一種, は一般, は与八, は個人, は僕, は全く, は出, は出来た, は出来なかった, は出来ぬ, は出来ん, は別段, は常々警戒, は常に, は思ひ, は慧鶴, は故人, は新しい, は旧家, は早, は是, は最も, は第, は自分, は至難, は若き, は茲, は西江葉子, は躊躇, ばかり考え, もありました, もあります, もいらなかった, もでき, もできず, もできた, もできなかった, もできなく, もできなくなった, もない, もなく, もよい, も出来ず, も出来る, も勝手, も忘れ, も思っ, も恐れなかった, も考へ, も辞さなかった, や喉, をいいふらし, をいかに, をいのる, をおそれ, をし, をしなかった, をしらなかった, をじつに, をすすめた, をどうして, をやめない, をやめなかった, をゆるされる, を促す, を切に, を勧め, を堅く, を好まない, を好ん, を得ず, を心配, を忘れ, を忘れた, を忘れなかった, を急いだ, を恐れ, を懼, を教, を教えられ, を望ましむ, を望ん, を申し合せた, を知らない, を知らなけれ, を知りました, を禁ぜられ, を考え, を自分, を覚えた, を言っ, を避けよう, 必ずしも不可能

▼ つくもの~ (299, 3.9%)

23 では 9 がある 8 だ, である 75 だと, です 4 はない, は何 3 ですか, はただ

2 [24件] かい, かね, があった, が欲しい, だから, だそう, であるが, でございますから, といえ, ならば, なら何, に碌, のなかっ, は, はあるまい, はこの, はたいてい, は一人, は手当り次第, もありました, もない, もなかっ, をもち, を経験

1 [172件] あることまれ, おに, かお, かといふ実験, かどう, か少し, か破れた, がありました, があれ, があろう, がいい, がどんどん, がない, がむやみ, が一匹, が五つ, が他, が十, が好き, が快, が日本, が沢山, けえ, だけが多く, だけでも大, だけ神聖性, だった, だという, だといふ, だね, だよ, だろうと, だ世の中, だ狸, であった, でありそして, でご, ですから, ですよ, でせう, でない, でないから, でないこと, でも, でラッサ, で取りつき筋, で土地, で日本座敷, で本州, とお, としては物売り, とすれ, とみえます, と交際, と信じ, と固定化, と思い込ん, と思った, と思ひ, と見え, なの, ならいい, ならそこ, ならそんな, ならどんな, ならよい, なら何ん, なら喜んで, なら大抵, なら無数, なら金鯛, なれば, にあやかる, にその他, について起り得る, には腫れもの, にまた, にろくな, に就い, に手, に限らず, のご, のよう, の一人, の中, の全体, の全部, の如し, の横面, の薩張り, の重み, はあ, はあの, はありませんでした, はございません, はさしあたり, はそういう, はだいじ, はつけ, はどんな, はひとり, はゐませんでした, は一, は一切, は一切奥, は一城一兵, は一枚, は一軒, は三十羽, は五十円以上, は何と, は何ひとつ, は何ん, は何一つ, は依然, は十, は唯, は国方, は子供, は必ず, は愚か, は感心, は政府, は日本左衛門, は漫歩, は灰, は炉, は皆, は皆口, は肩, は虫一匹, は説明, は鉛筆, は階上, は非常, は高い, へ注文, もあつ, もある, もなく, もなけれ, も三百, も持ち込む, も無い, らしい, らしいの, らしくそうなると, を, をきめ, をこっそり, をしよう, をもつ, をやつ, を並べ, を二人, を何うしよう, を喰, を大概ここ, を夫婦, を実行, を御馳走, を打っちゃっ, を数, を望まない, を狙った, を蔑視, を見て取った, を見まい, を買っ, を食った, 多し, 悉く石

▼ つくつて~ (208, 2.7%)

26 ゐた 19 ゐる 8 ゐるの 7 ゐました 4 ゐるので 3 ゐたの 2 くれたり, しまつ, ゐたが, ゐた雀, ゐた頃, ゐると, をります, 持つて, 来たの, 見た眼

1 [121件] あります, お時, けぶりたち, この男, じやんけ, そのま, その上, その外側, その背, つきでた岩, でも一刻, ならんで, ね英語, はいけない, はおじぎ, はそれ, は徹男, は慰め, ひそんで, またそれぞれ, みづから, もい, もなん, もやらね, もらつて, も直ぐ, やつて, やらうぜ, やらうと, やらなければ, よく似合つて, よろしい, よろしいので, ゐたから, ゐたと, ゐたばかり, ゐたやう, ゐた人, ゐないやう, ゐない始末, ゐない自然, ゐなかつたと, ゐます, ゐるから, ゐるが, ゐるくら, ゐること, ゐるだけ, ゐるとき, ゐるまでの, ゐるやう, ゐるわけ, ゐるん, ゐる一つ, ゐる令嬢, ゐる個々, ゐる傍, ゐる建物, ゐる様子, ゐる毛虫, ゐる男, ゐる町, ゐる筋肉, ゐる自分, ゐる若い衆連, ゐる虫, ゐる間, ゐる頭髪, ゐる風情, をり, 与へた, 与へたもの, 今にも懸け, 住んだ, 入つて, 出かけなかつた, 出て, 出直して, 力んで, 叫ぶ, 呉れたのよ, 売るといふ, 居た, 居て, 居りながら, 居りましたから, 居ります, 居り奥, 居る, 居るあたり, 居るが, 居るところ, 己惚れて, 投げだして, 断つた, 来た二つ, 来た作, 歩いて, 歩きま, 流れて, 涼しい風, 游ぎ回つて, 置いたお話, 置いて, 置かないと, 置きます, 行くの, 見せる, 見せるから, 見たいな, 見るかな, 見ると, 速く流れ, 進んで, 降つて, 降り頻つて, 陣どり勝手, 頂けて, 飲み歩いた仲間, 飲み続けて, 駆けて

▼ つくやう~ (200, 2.6%)

19 になつ 9 にし 4 なこと, なもの, な夏, になる 3 だ, で御座んした, な事, な気, に, になりました, に言 2 だつた, な人間, な格好, な眼, な雨, にした, になった, に泣きだした, に泣き出した

1 [117件] だが, だわ, だ灼きつく, であつ, である, でございますリンゴ, です, では, で何だか, な, なこ, なさしあたつて, なしを, などうも, なものぢ, なり嬉し, な事態, な人たち, な人物, な催促, な力, な印象, な大男, な子供, な小さな, な屈辱, な幻, な思ひで, な感じ, な暑, な暑い, な柔か, な氣, な沙漠, な派手, な激しい, な濃厚, な独逸語, な町, な盲人, な結果, な聲, な調子, な謝将軍, な道路, な革, な音, な飢渇, にあ, にい, にかう, にこみ上げ, にさ, にさも, にしなけれ, にする, にその, にそば, にちらちら, につかない, にと云, にな, になほ, になり, になりける, になるだらう, になるであらう, にはつきり, にほんのり, に並べ, に凝視め, に口, に喚き立てず, に子供, に岸, に心, に思, に急ぎ, に成つたの, に手紙, に斷め, に旅行支度, に歌っ, に歩い, に波間, に泣い, に泣き, に泣きわめく, に泣き出す, に減つて, に熱い, に甘い, に生え, に留まつ, に相好, に短い, に硝子窓, に突然, に立てます, に縋, に聞え, に花, に覆ひ被さつ, に見つめ, に見上げた, に詰め, に読ん, に讀み入り, に迎, に追, に錢形平次, に降り始めた, に響いた, に頭, に鳴きたて, に鳴つ, やくコツプ酒一杯

▼ つく~ (181, 2.3%)

4 ちがいない, 忘れて 3 きまって, 出て, 死んで, 過ぎて 2 ちが, ながい間, 相違ない, 相違なく, 至ったの, 荒れて

1 [149件] ありませんよ, いたって便, お店, お引上げさ, きまつて, けし飛んで, ご承知, さうし, さうだ, さめて, したがって, しては, しても, しらす, しろす, すぎないの, すぎもう, そこへ, その埃, その理由, つかい果しました, つぶれて, できで, なくなつた, なれて, ひとりでに行つて, ぷり, みんな釘づけ, やつて, パパの, 一度起きた, 七十を, 九時だ, 二月近くも, 云へ, 人に, 個人の, 僕の, 先生の, 六十を, 切れてるわ, 刈られて, 前の, 加はつて, 十二時を, 十時を, 千駄ヶ谷を, 名を, 君の, 喧嘩し, 圧倒された, 堪えません, 売られて, 売り切れた, 夕餉を, 外出した, 大なる, 天国に, 天気を, 女学校を, 始まつて, 姿を, 嫁づい, 安並さんと, 家からは, 家を, 寝かせました今, 寝る時分だによう, 小田原を, 居所を, 山荘の, 帰つたあとだつた, 帰つてし, 帰つとる, 帰り去つた, 廻つてゐた, 引上げた, 弟と, 御免蒙つてる, 御存じだ, 御承知, 忘れたよ, 怒らすばかりじゃ, 悟られて, 我が物, 撤回しち, 文部省あたりへは, 昔の, 最も適した, 極って, 死んだ奴, 死んでしまつて, 決つちま, 沖縄的に, 没落し, 流しに, 済んだの, 滅びてしまつてゐるのに, 火事に, 片づけて, 県当局と, 着いてる頃, 知つても, 知つてゐた, 破いて, 私の, 私も, 秋が, 立て, 納屋を, 終つてゐなけれ, 終りを, 羽織袴も, 自分とは, 自殺も, 至った勢い, 至ること上述, 船はて, 落城し, 見つけて, 見てと, 見抜いて, 見拔, 解つてゐた, 認めて, 読んだわ, 貴方には, 起きて, 足り夏, 退けたあと, 逃げ出しちやつた, 通りすぎて, 過ぎたので, 過ぎた時間, 過ぎてしまつたことには, 過ぎ去つて, 過ぎ必然, 違いない, 違ない, 選抜され, 酔ひ倒れ, 降り止んだらしく山の端, 隔つた昔の, 雑巾掛まで, 電話は, 願ひさげ, 飛び去つて, 鳥右ヱ門の, 鶺鴒の

▼ つくという~ (94, 1.2%)

11 ことは 8 のは 4 ような 3 ことを, ものだ, ものである 2 ことの, ことも, のが, もの, わけだ, 始末

1 [50件] いかにも大阪, うわさが, こと, ことが, ことです, ことに, ときよだ, ところから, ところを, のであった, のである, のです, のと, ふうに, むつかしい勝負, ものさ, もので, ものです, もんじゃ, やりかた, わけじゃ, わけで, わけである, 事は, 事を, 例も, 原則に, 始末です, 形容は, 心持ちで, 心配も, 意味だ, 意外な, 感じで, 懸念から, 攻撃精神に, 日の, 時に, 段に, 状態も, 理に, 程度の, 虚偽は, 話が, 話は, 話を, 説の, 風に, 風ね, 風説も

▼ つくまで~ (85, 1.1%)

3 一言も, 待って 2 じつと, 一生懸命にな, 私は

1 [73件] あずかって, いかに険阻未踏, いて, いろ, うつぶしにな, かうして, ここに, こちらに, こんなこと, ざっと一年あまり, しづの, じゅうぶん腕, すこしもまごつく, そのステッキ, その家, その日, それを, たつた一時間, だそう, だまって, ちよいと, つまりおれ, どうか生き, ほんの三, また場内, ギロリと, 中止させ, 中途半端な, 二人は, 人や, 仕事を, 何ヵ月の, 保たないかも, 保留したら, 俺は, 出発を, 十四号室に, 叮嚀に, 大坂御, 平伏した, 庭へ, 当分待つ, 待った方, 待つて, 後を, 戀ひ, 我々は, 手紙は, 手離さない, 朝の, 此処に, 此處に, 殆ど半日, 泊りに, 漠然たる疑問, 當分此家へでも, 睨んで, 神田の, 私が, 私も, 細君は, 結局この, 耕させて, 自失し, 自家の, 落ちずに, 衣服は, 話して, 辛抱し, 通じなかつた, 降つた, 駒沢の, 黙って

▼ つく~ (83, 1.1%)

3 いい 2 よい, 如し

1 [76件] あつた, あとは, あの思想, あまりにも, ある, いいかね, こちらの, この程度, ごとくチビ公, ごとく投網, ごとく障害, ごとし, さもなければいつ誰, しかし到る, しかし四つ, しかし漠然たる, じっさいの, すこし変, その四囲, その息子, その晩, その煉瓦, その足跡, それっ, それでは全く, それは, それ程な, た, でも念, どこが, まるで何, よいぞ, ように, よろしからん, よろしかるべし高, 不言実行という, 中流の, 今は, 何, 何時だ, 何時でも, 到底風, 向坂氏が, 大分無理が, 女を, 如く大挙, 定で, 実際さうである, 小説を, 平安朝の, 広茫, 必ずしもそうでなく, 扮装殊に, 故に痒, 斯うし, 早いか, 最後の, 未だ世の中, 本当に深く, 此が, 水は, 江戸近く甲州筋そこまでは, 清洲なら, 滅多に, 特にこの, 現につい, 現実の, 目賀野は, 眼の, 私の, 翻訳物も, 花は, 西の, 貧乏であっ, 飛行島を, 駄夫は

▼ つく~ (70, 0.9%)

218 です 3 だから, ですもの, ですよ 2 だが, だろう, でしょう, ですが

1 [24件] だからね, だがなあ, だけど, だけれど, だと, だね, だもの, だよ, だろうね, だ十八文, でうっとり, でがしょう, でございます, でございますよ, でしょうね, ですか, ですかい, ですかね, ですから, ですからね, ですつて, ですわ, でそれ, でだいぶ

▼ つく~ (65, 0.8%)

5 はない 4 はなかっ 3 がある, があれ, は一人 2 が, はおそらく, もあつ, もなき

1 [39件] か西軍, がありませんでした, がひとり, が出, が多く, が来, が無かっ, さえ出, では, でも, なくはじめ, ならみんな好き, ならわが子, については住所, には制裁, に附物, のうち, の弱い, の男, はありません, はい, はいなかった, はこの, はなかつた, はなく, は一歩, は半分, は盗賊, もあった, もいたらしく, もいないらしい, もない, もなかつた, も少く, を圧迫, を持つ, を片, を見ず, 即子分

▼ つくほど~ (63, 0.8%)

2 だった, 丁寧な, 増すほどの, 成るが

1 [55件] うつむきこんで, うれしかつ, お, お綺麗, お辞儀を, かれは, ぐッと, こんがらかるよう, だきしめて, だつた, だもの, では, どちらも, ないい, な物, はずみが, ひどく顫, やさしい平易, ゐると, 下って, 低い辞儀, 光った, 公然と, 力を, 句調と, 垂れさがりそれからまた, 好くなっ, 広い構え, 強く握った, 彼女は, 恋文の, 故以心傅心, 新しい生活, 暗くて, 暮が, 朗らかに, 標準の, 残つてゐます, 泣き叫んで, 焼酎を, 熱心な, 目が, 礼拝する, 立派だった, 細く捲き上がっ, 薫物で, 踊り場の, 身を, 近く寄っ, 長い物珍しそう, 長かった, 静であった, 頭を, 馴れて, 高くのめっ

▼ つく~ (60, 0.8%)

6 つかないうち 3 つかぬに 2 つかぬかの, どうか

1 [47件] これは, ご存じです, さなく, して, しれぬ, しれませんわ, その滝, つかないかという, つかないかの, つかない形, つかぬと, つかぬほどにしか, つかぬ瞬間, つかねえかって, つくと, どうかが, どうかと, どうかといふ, どうかは, どうでしょう, はっきり勝負, ぼけて, まあ考え, わからない, わからない位, わからない無, 上に, 上野山は, 不明と, 今川家に, 付かぬであった人達, 分ったもの, 分らなかった, 前面に, 十分に, 危いものだ, 大坂か, 好みの, 心に, 東かの, 痛いところ, 知って, 知れたもの, 見て, 責任が, 蹴爪ずくか, 風の

▼ つくところ~ (59, 0.8%)

3 がある 2 に立っ, はそう, へ毛利, もある

1 [48件] からこの, から土間づたいに, から自然, が作用, が描い, じゃ, だつた, だつたが, でした, ですが, ですよ, ではその, ではやらなかった, で一晩, で今, で身投げ, で階段, などを繰り返し, など平気, にあった, にその, には波浪平衡浮標, にわざと, に女の子, に居る, に道, の夏, の松, はどこ, は何れ, は誰, へぶらさげた, へ二, へ出, へ帰っ, へ手, までき, までは漕ぎつけ, まで来, まで脇目, まで行っ, まで進ん, らしく石, をお, をみる, を見た, を辛うじて, ムンムンする

▼ つくわけ~ (57, 0.7%)

7 である 6 です, では 43 がない, はない 2 でも, には行かない, のもの, はありません, はねえ

1 [18件] があります, がありません, じゃア, だから, だが, であるの, であろう, でしょう, ですから, ですね, で三千兩, で帰京, にはいかなかつた, には参らぬ, にも行かなかつた, はなかっ, もなかっ, も無く

▼ つくはず~ (53, 0.7%)

5 がない, はない 4 だ, だが, もなかっ 3 はなかっ 2 だと, である, です, もなく

1 [20件] あれへん, がありません, がなかっ, がねえ, じゃ, じゃと思う, だから, だがね, だった, だったん, であったのに, であるから, であろう, になっ, はありません, はなく, はねえ, もない, もなかろう, もねえ

▼ つくばかり~ (53, 0.7%)

7 であった 6 でした 5 だった 2 である, です, でどうにも, 私は

1 [27件] あたりは, そびえ立って, であつ, でいかにも, でございました, ですね, でなく何だか始終, でなく冗談, で下足, で容姿, で山国, で死, で空襲当時, なの, な匂, な大男, 小児に, 平伏して, 拝伏した, 指揮の, 旗本小姓の, 武蔵は, 細く褄, 自分で, 身の回りに, 迫って, 降りかかる吹上げ

▼ つく~ (52, 0.7%)

5 がない, はない 4 だ, である, もない 3 はありません 2 がなかっ, のこと, もありません, もなく

1 [19件] あねえ, がありません, があろう, だから, だが, だつたが, だつたの, だと, だね, であ, であった, ですから, です其の, です又, でなければ, の連用形, はなかつた, も無い, よ

▼ つくので~ (51, 0.7%)

9 あつた

1 [42件] あつて, いつたいどの人, せう, その加減, それまでは, それを, たぶん藤原時代以前, どこから, どんな神變不可思議, わざと見ぬ, 七八丁行く, 両者の, 中学の, 人が, 他愛も, 代わりに, 佐渡は, 何か, 偃松帶ともい, 内側から, 出がけ, 変装衣装は, 女だ, 嫁に, 寛政の, 山手組の, 帰り途には, 常に質素, 折々車掌さん, 断念した, 此は, 水を, 泣くこと, 田舎者の, 留守の, 私は, 私も, 米の, 羅紗の, 茶々は, 重代の, 随分ちが

▼ つくかも~ (45, 0.6%)

12 知れない 4 知れないと, 知れぬ 3 しれない, 知れないが 2 知れません

1 [17件] しれないが, しれないという, しれないの, しれないよ, しれぬ, しれません, しれませんから, しれませんよ, 分らへんからな, 知れないけれども, 知れないし, 知れないね, 知れなかった, 知れぬぞよ, 知れぬと, 知れませんぞ, 知れん

▼ つく~ (41, 0.5%)

14 の上 4 のむこう 3 の前 2 に近く, やいす

1 [16件] にむかっ, のあいだ, のそば, のひきだしです, のふた, のまわり, のわき, の下, の引出し, の足, もいす, をあたえられ, をさぐりあてる, をならべ, をひとつ, を倒し

▼ つくから~ (41, 0.5%)

3 である 2 この手

1 [36件] あんたも, この名, ざわざわした, しこたま貰っとく, それでもう, それを, そんなほう, だ, だとも, で心中窃か, どんな奴, ぼく迎え, もう喧譁, アダリン四錠のみて, 今とらない, 今の, 今夜の, 何だか私, 喜んで, 大きな杖, 好い, 妙だ, 家宅侵入を, 尼に, 山手の, 日本という, 暗くねじくれ, 曲者は, 構や, 歩かねえよ, 決して垂直, 私が, 私は, 苦しいながら, 誰にも, 陰気くさくっ

▼ つく~ (40, 0.5%)

2 になり

1 [38件] から言, があったひ, が出来, が出来ました, が出来る, が受け身, だ, だらうと, であらう, である, であるという, でございますが, で貴方, にし, になつ, になるらしい, のはなはだしい, はかうである, はなかなか, は人, は善く, は手紙, は最も, は珍しく, は盤, も批評家, をしなかつた, をまだよく, をやめ, をやめる, をよく, を予想, を嫌がり, を見せられ, を遠慮, を避ける, を願, 夥しと

▼ つく~ (39, 0.5%)

2 したこと, すと, ふしの, みなくだらない, 恥と, 立枯の

1 [27件] おろかな, お留守, これも, した, したが, したので, した叔父, して, すたび, す事が, その鳴, ただに, なお早し, ふしひとつ來て, ふしひとつ来, わが望, 世を, 判り切つて, 即ち天降り, 垣根であり, 夕照り淀か, 少なく急, 按摩なり, 目暗, 要らないから, 軍人とも, 面白からず

▼ つく~ (36, 0.5%)

14 否や

1 [22件] うなじ迄も, ぐっすりと, ぐったりそこ, すぐに, たまが, ないかと, 休むまもなく, 出迎えた大鹿, 同時です, 同時に右門, 否すぐ, 否やさうい, 少しきまり, 拍手勇ましく, 泥田をか, 直ちに訪米, 秀吉の, 私も, 稻の, 童子が, 覚明を, 静かに

▼ つく~ (35, 0.5%)

2 に彼

1 [33件] からそこ, から旅藝人, ですから, と後で, に, にあきらめ, にこの, にその, にちょっと, には必ず, にまず, に一家, に一度, に今夜, に伸子, に塀, に安部, に少し, に座席, に昏, に最後, に死罪, に死骸, に母親, に皆, に立ち上っ, に荷物, に読んだ, のひと, の女の子, はすぐ, 凍った河, 少しの

▼ つくほどの~ (32, 0.4%)

3 ことは 2 お辞儀を, ものが

1 [25件] ことが, ことで, ところは, ものは, りっぱな, ポリシーを, 上天気な, 人影が, 力は, 勇気を, 勢いで, 品は, 女学生式では, 意志と, 愛情を, 態度は, 成功を, 暑さ, 有難味を, 熱心さを以て, 経験を, 距離に, 近来個性的作風と, 青いもの, 黒子が

▼ つく~ (32, 0.4%)

6 もない 2 も与え

1 [24件] があっ, がない, がなかっ, この近く, どうです, にこういう, にしゃくり上げる, に愛子, に早く, に行う, のマドロス, は日本, もあたえず, もありません, もなかっ, もなかつた, もまだ, もゆるされない, も与えず, も与えない, も待たなかった, も措かなかった, を与えない, を置い

▼ つく~ (32, 0.4%)

2 になる, までわいわい

1 [28件] から, から母, が一ばん, だとの, である, でした, でもない, と夜, にだいぶ, になっ, にはこの, には完全, には常に益々, には彼, には歇, には皆, には祖母, には薄暗く, には骨, に多く, に武助さん, の夜, はもちろん, は大抵九時, は太陽, ふとやみ, 帰って, 平たき足

▼ つくまでは~ (30, 0.4%)

1 [30件] あくまで知らぬ, いつまででも, こうして機関, じぶん, まだ半信半疑, みちみち話, テンゲーリンの, 二人は, 何を, 全速力で, 別段の, 勉強が, 動かねえ積り, 動けませんの, 多少の, 大いに自他, 小屋に, 彼女は, 我々は, 武蔵の, 渡錢の, 男は, 異様な, 登るの, 苗字だの, 誠一を, 身を, 預金を, 飛び交し, 飛び出すこと

▼ つく~ (29, 0.4%)

3

1 [26件] がいた, がおりましょう, がそれ以外, がなかっ, だった, だと, てん, である, でした, でね, との間, なんてイヤ, にもあてはまる, にも惚れ, のよう, はいくら, はない, はねえ, はわれ, は少い, は気に入りません, は越中富山, もあったであろう, も一人, をさえ殺しかねない, をなお

▼ つく~ (28, 0.4%)

2 な気

1 [26件] こそ見たけれ, だ, だが, です, ですし, な, なおかしな, なレンズ装置, な場所, な声, な姿, な生気, な飛ぶ様, にし, にといふ目的, にな, になった, にひびく, に催促, に小さく濃く, に暑い, に泣, に深い, に痛み出した, に祈ります, に花

▼ つく~ (27, 0.3%)

1 [27件] いつもフロックコート, がある, が来た, が来たら, と同, にいささか, にのんだらしい, にはきっと, にはその, には大抵街燈, には必ず, に一方, に彼, に歌, に若い, に落合っ, のよう, の様子, はじめて知ら, はその, は思わず, は是生滅法, は観念, は諸行無常, まで自分, もございます, 軽く会釈

▼ つくだけ~ (24, 0.3%)

32 だった, であった, である, なん

1 [13件] いい, でしかも, でした, です, ですこし, でた, でろうそく, で一向, で急, で過せる時, で鉄拐ヶ峰, 一々ドキリドキリ, 此方は

▼ つく~ (24, 0.3%)

1 [24件] がわかった, さぞあつい, でやはり, で月, に, には井戸替えすべ, には庭, には知らぬ, には竹, には額, には食料品, に婚礼, に茄子, のきらめく, のよう, の暑, も近づけり, も遠から, をまつ, を以てこれ, を待つ, 即ち一日, 即ち二日, 即ち十日

▼ つくかと~ (22, 0.3%)

3 思うと 2 思うほど, 聞くと

1 [15件] いえば, いふと, きくので, ただ一言, 唯一言, 心配された, 思いましてね, 思う, 思えば, 思って, 思はれたの, 思ふと, 思われたのに, 思われるよう, 目を

▼ つくなり~ (19, 0.2%)

1 [19件] ぐっすりと, こう言っ, してからに, そのま, ふいに, ぽっと赤く, むやみに, ウ氏は, トースターで, バッタリ下に, 一旦旅館, 上にも, 停車場から, 変な, 大空の, 左の, 服も, 登子へ, 長々と

▼ つく~ (18, 0.2%)

2 を津

1 [16件] だった, である, でだれ, ではしらじらしく, で働い, と言っ, になかっ, にウロウロ, にワザ, に掲げる, に白木, のもの, は何, へははいれなかった, を以て見る, 大きな成績

▼ つく時分~ (18, 0.2%)

3 になる

1 [15件] からあっ, から一度, から今, から疑惑, じゃがお上, だ, だが, にお, にはお株, にはもう, にはもうとっくに, には丁度, にようやくぼつぼつ, に宿, に書きおわった

▼ つくため~ (17, 0.2%)

2 にしばらく

1 [15件] かあるいはただ, に, にさ, になされ, には大した, には断食芸人, には男一匹, には谷川, にまるで, に母, に走っ, に走り出す, に顔, のウス, 急いで

▼ つくまでに~ (17, 0.2%)

1 [17件] かれこれ十五分, この人, これまでの, たわわに, なんとかし, はちよつと, 三年かかった, 仕上げて, 俺の, 大きくな, 彼は, 暮れるでしょうか, 狐は, 竜之, 複雑な, 貴様の, 黒い大きな

▼ つくまでの~ (17, 0.2%)

2 あいだに, 間に

1 [13件] わずか二十数分のあいだ, 一時間ばかり, 五日間は, 人間超克の, 徒歩行進の, 条件で, 無数の, 生活環境だって, 私の, 経緯腕の, 苦心や, 長い道中, 静かな

▼ つくもん~ (17, 0.2%)

52 ですか 1 かい, けえ, だ, だから, だな, だよ, でね, で新聞記者, なら取返し, は大根

▼ つく~ (17, 0.2%)

1 [17件] が夕方, じゃろうと, で曇る, と共に汚い, のおの, のほそり行く, はいと, はなに, までが燃えつき, もかび, もせつなげ, も忘れ, も急, も絶え, も苦氣, を感じ合い, を見守っ

▼ つく~ (17, 0.2%)

1 [17件] でも, な巨躯, な長刀, にたくさん, のこと, の季節, の血痕, の金, の間, の静けさ, の音, まざまざと, 低くお辞儀, 屈んで, 怒つてどなり, 浮いて, 高く目

▼ つく~ (16, 0.2%)

1 [16件] いやそれ, ごまかすなと, つて, なえの, グリゴリイ悪態を, ッ貴様が, 味すら, 感情を, 手帳かなんか, 正直に, 決して左様, 目を, 目上の, 蛾次郎でも, 試みに, 詩の

▼ つくの昔~ (16, 0.2%)

2 に忘れ

1 [14件] から其, に, にこわれ, にそこ, に冷めき, に到達, に大川, に役所, に悪魔, に気づい, に知, に解つて, に過ぎ去つ, やつて

▼ つくには~ (15, 0.2%)

2 まだ十時間

1 [13件] あまりに正直, ざつと一刻近くもか, ついたが, つきましたが, つく, なん刻に, まだなかなかである, まだ少し早, まだ相当, 予想外の, 多少の, 早すぎる, 違いない

▼ つく~ (15, 0.2%)

7 の中 2 に風 1 という通俗, となつ, となり, に打たれ, の簾, はいよいよ

▼ つくたび~ (14, 0.2%)

2 によく, に不器用 1 にどっち, にまた, に彼, に必ず, に昇龍丸, に栄蔵, に火, に胸, に落胆, 上がって

▼ つくつたの~ (14, 0.2%)

4 である 21 かも知れない, だから, であるが, と同じ, ね, は昔, は蟒, を母

▼ つくとは~ (14, 0.2%)

1 [14件] ありがたい, うれしいこと, やつぱり林田先生だけ, 何だか可笑しい, 卑劣極まる, 変である, 安い, 思えない, 思わなかったでしょう, 思わなん, 思われないけれど, 思われぬ, 性悪の, 言語道断と

▼ つくひま~ (14, 0.2%)

4 もない 2 もありません, もなく, も与えず 1 もなかつた, もなし, も与えなかった, も無い

▼ つくころ~ (13, 0.2%)

1 [13件] からようやく, から私, であつ, でした, になる, にはおれ, にはすでに, には伊之助, には彼ら, には長崎ぢ, に糟谷, はひがし窓, は二人

▼ つくそう~ (13, 0.2%)

2 して, である, です 1 だ, だった, だ彼南, ですが, なると, 執拗に, 思った

▼ つくとき~ (13, 0.2%)

1 [13件] がある, がきっと, そういたしましょう, にはいつも, には憲法, に犬伏せ, の死刑囚, はもう, は伴天連一門, は無難, もあるだろう, 云う, 言った言葉

▼ つく~ (13, 0.2%)

72 えが, えじゃ 1 えよ, え打捨

▼ つく~ (13, 0.2%)

1 [13件] だ, だったん, であるから, ですがな, ではない, で戦争, で近ごろ, のやう, のトルソー, の児一人, の髪, はたいした, は破門

▼ つく~ (13, 0.2%)

2 が利益

1 [11件] からつける, がたしか, が力, が善意, が彼ら, が間違っ, なので, ね, はお座敷, はよろしい, へ去り

▼ つく~ (11, 0.1%)

2 それが 1 かめの, やさしい方, ッ母さんじゃ, 侍を, 千世を, 子は, 禮には, 糸さんは, 蓮の

▼ つくじゃ~ (11, 0.1%)

6 ないか 3 ありませんか 1 ないの, アありません

▼ つく~ (11, 0.1%)

6 せう 2 せうか 1 しようがこの, せうから, せうが

▼ つくばかりの~ (11, 0.1%)

1 [11件] そのミルク, 体での, 大きな男, 大入道と, 大男で, 大男であった, 急坂を, 激しさ, 無頼漢, 霰弾は, 鮮やかさに

▼ つくほどに~ (11, 0.1%)

1 [11件] して, しんみり聞い, すれば, なっても, ぺこぺこと, 両意識, 平たくな, 曲げて, 血の気を, 貪るよう, 近づけ顔中

▼ つく~ (11, 0.1%)

2 ていた 1 た, たの, た苦しい, ている, てみ, て与え, て歩るい, て眠り薬, て馬

▼ つく人間~ (11, 0.1%)

1 [11件] が病人, じゃない, だった, だったから, だなあ, にはいつか, の誰, はことごとく, はこの, は少い, もいる

▼ つく以上~ (11, 0.1%)

1 [11件] は先ず, は地面, は姉, は心配, は朝, は筋道, は色々, は趣味, は養うべき, れっきとした表門, 狭い意味

▼ つく場合~ (11, 0.1%)

3 がある 1 が多い, が少く, とがある, にくだらぬ, もあり, もあります, も多かっ, も少なく

▼ つく~ (11, 0.1%)

3 もない 1 もありゃしねえ, もありやしない, もなかっ, もなし, も無かっ, をえた, を見いだす, を見出した

▼ つく間もなく~ (11, 0.1%)

1 [11件] この扉, つぎの, また直ぐ, 又懐胎, 採鉱を, 散関, 林の, 車は, 追手達は, 進みとうとう, 道を

▼ つく~ (11, 0.1%)

2 や啜り泣き 1 がきこえ, がし, がした, がする, がま, が聞える, の水, までが聞きとれる, も

▼ つく~ (10, 0.1%)

2 第一 1 どういう場面, レッドチェリーには, 医科は, 呪いと, 文献家の, 殊に此, 立ちどまって, 類死や

▼ つくその~ (10, 0.1%)

1 くせ彼は, ことだ, 卑屈さこそ, 姿が, 恰好が, 意気地なし, 目方一貫匁を, 石榴口を, 空想上の, 話に

▼ つくつた~ (10, 0.1%)

2 とする 1 だけで, とかゴルフパンツ, と言, に相違, もの, 大凧, 大自然, 活きもの

▼ つく~ (10, 0.1%)

2 ひを, ふ 1 ひが, ひて, ひ一つ, ひ居るや, ふ下, ふ馬

▼ つく~ (10, 0.1%)

31 が突立つて, である, でもな, といふこと, はかえって, はこの, は職業

▼ つく~ (10, 0.1%)

1 じゃねえ, ですからね, ですが, ですし, ですね, なん, のもの, はない, もありません, もなかつた

▼ つくからと~ (9, 0.1%)

1 いうんで, いつて, こぼされて, たつて, 二領の, 云うんでね, 云ふ, 氷峰は, 言ひ

▼ つくくらい~ (9, 0.1%)

1 そこらが, でした, でなけりゃならぬ, なこと, なら何より, なら別に, 一人一人に, 背が, 静かな

▼ つくつもり~ (9, 0.1%)

21 かえ, だったもの, で会社, で言い出した, なら君, なら商売, らしくだまって

▼ つくなんて~ (9, 0.1%)

2 のは 1 えの, お上人様方の, ほんとにわたし, 妙だ, 平気で, 憎い程, 面白いもの

▼ つくまでには~ (9, 0.1%)

2 かなりの 1 ずいぶん苦しんだ, それからまた百回, 三十分も, 三寸ほど, 三日も, 到らなかつたけれども, 背後の

▼ つく~ (9, 0.1%)

1 だろう, に建て, へはどこ, へまつろふ, まで, まで往きついた, もなくなっ, を, を引

▼ つく必要~ (9, 0.1%)

2 はない 1 がある, がない, がなかつた, などはまったく, は無くなりました, もない, もなく

▼ つくといふ~ (8, 0.1%)

2 話で 1 事実を, 古い信仰, 實に, 常識外れの, 風です, 風に

▼ つくと共に~ (8, 0.1%)

1 何か, 冷然たる, 労働と, 厚情を, 又時局的, 左腕の, 綿の, 顔を

▼ つくばかりに~ (8, 0.1%)

2 して 1 そびえて, つっ立って, ぬきだして, 立ち上り日, 降りそそぎ濃い, 駅夫が

▼ つくふうふう~ (8, 0.1%)

1 あてなくあるく, いつまで, お月さん, ぢつ, わたしは, 月が, 逢ひたう, 酔ひざめのからだよろめく

▼ つく場所~ (8, 0.1%)

2 を流れ 1 にある, にいる, へおきました, へほうりだし, へ出入, へ置いた

▼ つく~ (8, 0.1%)

2 な氣, に催促 1 ですし, な赤ん坊, に訴, の音

▼ つく~ (8, 0.1%)

1 か, がしました, になれなかった, になれません, にもならない, は毛頭ない, も出なかった, も出なかつた

▼ つく~ (8, 0.1%)

1 がほしい, はありません, は凡てぶり, もない, もなかっ, や耳, や陣具, を買おう

▼ つく程度~ (8, 0.1%)

3 のもの 1 であったから, で何事, になっ, に焼き, まで了解

▼ つく~ (8, 0.1%)

1 が出来, でも借り, の球, もなく, をもうけたらしい, を借り, を借りる, を若干

▼ つくとも~ (7, 0.1%)

1 いえる, がらあとから, 判らないので, 片の, 聞こえれば, 見えなかった, 見えません

▼ つくのに~ (7, 0.1%)

1 あれだけの, いつまで, 二秒も, 人や, 何も, 平生なら, 間で

▼ つくより~ (7, 0.1%)

1 はやくもう, ほかに, まえに, ましだ, 仕方が, 先に, 外に

▼ つく~ (7, 0.1%)

2 抱きしめつつ 1 免れずと, 待ちて, 思はずば, 着た膝, 着た逞しい

▼ つく~ (7, 0.1%)

1 だ, でありますから, に白く, のこと, やられるので, 強い力, 煮て

▼ つく~ (7, 0.1%)

2 承知で, 金を 1 覽これは, 辺も, 魂と

▼ つく限り~ (7, 0.1%)

2 のこと 1 あらかじめ考えられ, ではない, の野蛮, は自ら, は默つて

▼ つくけれども~ (6, 0.1%)

1 しかし念, わざと冷然, イエメンだの, 現実の, 用言接尾語は, 矢張彼女は

▼ つくせり~ (6, 0.1%)

1 だ, であった, でその, の心づかひ, の真情, の親切ぶり

▼ つくそして~ (6, 0.1%)

1 その条件, その死, それよりも, 仕事の, 出来た歯形, 油断した

▼ つく~ (6, 0.1%)

1 がいる, だ, に真人間, もある, もねえ, を力まかせ

▼ つく~ (6, 0.1%)

2 もなく 1 もない, もなう, も与えず, も無く

▼ つくうち~ (5, 0.1%)

1 にいつしか, にはや, に私, はまだ, は好かっ

▼ つくけれど~ (5, 0.1%)

1 お, ただなかば夢見ごこちの, 子飼いでない, 山車の, 金が

▼ つくさま~ (5, 0.1%)

2 堪へかねたる樣子 1 も汽車, をこなた, 堪へかねたる様子

▼ つくそれ~ (5, 0.1%)

1 である, よりももっと, をお, をよい, 故以前

▼ つくだけの~ (5, 0.1%)

1 ことで, ものを, ゴケンソンも, 旅費しか, 話で

▼ つく~ (5, 0.1%)

1 えと先生, えるの, まり, 其に, 堪らねえ

▼ つくやつ~ (5, 0.1%)

1 だが, でございます, でしたろう, をどうにか, を膝

▼ つくやら~ (5, 0.1%)

1 四斗樽を, 変じゃ, 大騒ぎで, 椅子の, 鞠なげ

▼ つく~ (5, 0.1%)

1 がま, 供等は, 桶を, 法師等は, 衾去り

▼ つく~ (5, 0.1%)

1 にお, にヒョイ, に前, に揚る, に高い

▼ つく~ (5, 0.1%)

1 が自分自身, でなかったけれど, の声, をいたわり, を叱り飛ばし

▼ つく異臭~ (5, 0.1%)

2 がさすが 1 であった, はなん, 腐りただれて

▼ つく~ (5, 0.1%)

1 が土佐, だ, はバスケット, は今, もう何

▼ つく~ (5, 0.1%)

3 に松 1 との, のなか

▼ つく自分~ (5, 0.1%)

1 としての動機, の姿, の色, の騒ぎ, や塩煎餅

▼ つく~ (5, 0.1%)

1 で段梯子, へも絡む, をこらえ, を突っ, を踏みしめ上っ

▼ つく~ (5, 0.1%)

2 それを 1 やらせるがい, 無数の, 起きて

▼ つく道理~ (5, 0.1%)

1 がありません, じゃねえ, でございますゆえ, のあるべき, はない

▼ つくかという~ (4, 0.1%)

1 ことであった, ことに, ことわかっ, 説明を

▼ つくくらいの~ (4, 0.1%)

1 ものだ, ものであります, 仕儀な, 信用は

▼ つくだに屋~ (4, 0.1%)

3 の主人 1 のほう

▼ つく~ (4, 0.1%)

3 やない 1 やねえか

▼ つくつて自分~ (4, 0.1%)

1 がその, だけのこと, でやられた, を甘やかし

▼ つくとか~ (4, 0.1%)

1 お茶を, そんなこと, 神が, 祟るとかいう

▼ つくなん~ (4, 0.1%)

1 だ, でいた, で火, で鷺

▼ つくのみ~ (4, 0.1%)

1 だった, ならずややもすれば, ならず一旦, なり

▼ つくばね~ (4, 0.1%)

1 に雪, の名, の実, の峰

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 いと思ってた, いや, え, えじゃ

▼ つくまま~ (4, 0.1%)

1 に書き付け, に記し, に記したる, を挙げ

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 すがは, 三千兩でも, 金輪際じゃま立て, 頼むぜ

▼ つくよりも~ (4, 0.1%)

2 うまい味 1 情に, 日本で

▼ つく一人~ (4, 0.1%)

1 でこの, で古い, の作家, の男

▼ つく一切~ (4, 0.1%)

2 のもの 1 の言動, は至高者

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 が手鞠, に請求, は悲鳴, を抑える

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 が聞え, だ, と形相, を立て

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 夕立の, 學は, 雷鳴の, 魔王の

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 だから, でした, ですから, は嫌い

▼ つく時間~ (4, 0.1%)

1 というもの, なんか忘れ, になる, までにまだ

▼ つく有様~ (4, 0.1%)

1 だつたが, は他目, をお, を見

▼ つく水面~ (4, 0.1%)

4 は埴安

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 だけが違っ, である, はここ, は色彩

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 として坐っ, と坐っ, と座つて, と腰

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 だつて, といふの, とやらを見, の一本ぐらゐあつた方

▼ つく~ (4, 0.1%)

4 の匂い

▼ つく~ (4, 0.1%)

3 れが 1 はない

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 っての, ではない, はつけよう, をし

▼ つく~ (4, 0.1%)

1 かと思ふ, の結晶, の量, も少く

▼ つくあの~ (3, 0.0%)

1 丘の, 灯この, 粉が

▼ つくかを~ (3, 0.0%)

1 知りたいと, 示して, 考え国民文庫

▼ つくこの~ (3, 0.0%)

1 サイフォン法を, 解決が, 護送看守の

▼ つくさき~ (3, 0.0%)

2 にもう 1 にそれ

▼ つくしんぼう~ (3, 0.0%)

1 のよう, やどう, を思わせた

▼ つくといった~ (3, 0.0%)

1 ぐあいであった, のは, 恰好で

▼ つくといひま~ (3, 0.0%)

3 する男の子

▼ つくとして~ (3, 0.0%)

1 あともう, いよいよさうな, ものの

▼ つくとしても~ (3, 0.0%)

1 それは, そんな區別, 毎日学校の

▼ つくとて~ (3, 0.0%)

1 のは, 騒ぎし時, 騷ぎし

▼ つくとともに~ (3, 0.0%)

1 ヴィユウ・コロンビエ座以来親しく, 小便の, 言った

▼ つくどころか~ (3, 0.0%)

1 じぶん, 世間が, 骨まで

▼ つくなと~ (3, 0.0%)

1 千谷先生係りの, 教えました, 記代子を

▼ つくにも~ (3, 0.0%)

1 だっこする, つけようございませぬ, 本当に意識的

▼ つくはを~ (3, 0.0%)

2 んなじで 1 すぎて

▼ つくばつ~ (3, 0.0%)

2 てる 1 ている

▼ つくほう~ (3, 0.0%)

1 かえ, し鳴き, じゃない

▼ つく仕事~ (3, 0.0%)

1 が全然, だつたらう, をし

▼ つく~ (3, 0.0%)

1 とてはない, と根強, もなかっ

▼ つく勇気~ (3, 0.0%)

1 がある, はない, をもつ

▼ つく~ (3, 0.0%)

1 が見つけたい, には妙, まえに

▼ つく吐息~ (3, 0.0%)

1 が高らか, のよう, を宮

▼ つく大きな~ (3, 0.0%)

1 蓑虫を, 青い目, 黒子が

▼ つく姿~ (3, 0.0%)

1 のまま, はなかなか, を想像

▼ つく小さな~ (3, 0.0%)

1 子供も, 機械やった, 町も

▼ つく~ (3, 0.0%)

1 でありました, のない, もなく

▼ つく布子~ (3, 0.0%)

1 の袖組み合, の袖組み合わせ, をき

▼ つく彼女~ (3, 0.0%)

1 ではない, の横顔, の話声

▼ つく~ (3, 0.0%)

1 もいたく, を瞠, を荒木村

▼ つく~ (3, 0.0%)

1 しもこの, としても大変適薬的, を待て

▼ つく時代~ (3, 0.0%)

1 がない, が来る, でその

▼ つく時刻~ (3, 0.0%)

1 が分っ, になる, の方

▼ つく~ (3, 0.0%)

2 老ヤコブ 1 をすぎる

▼ つく~ (3, 0.0%)

2 の音 1 に今年

▼ つく様子~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 は日本紀記録

▼ つく~ (3, 0.0%)

1 に高く, に鯰髭, に鯰髯

▼ つく決心~ (3, 0.0%)

1 であります, をし, をする

▼ つく汽車~ (3, 0.0%)

1 である, にしない, の時間

▼ つく~ (3, 0.0%)

1 がある, だ, のついてる

▼ つく~ (3, 0.0%)

2 である 1

▼ つく長い~ (3, 0.0%)

3 のを

▼ つく風俗~ (3, 0.0%)

1 だ, なぞを話し合い, をし

▼ つくあたり~ (2, 0.0%)

1 にお住い, のとりわけ

▼ つくいき~ (2, 0.0%)

1 はふい, を見る

▼ つくいや~ (2, 0.0%)

1 それなら結構, なにおい

▼ つくうに~ (2, 0.0%)

1 なつて一寸, なつて妙

▼ つくかの~ (2, 0.0%)

1 如き凡そ, 如き思ひで

▼ つくからね~ (2, 0.0%)

2 己れ

▼ つくくら~ (2, 0.0%)

1 ゐでした, ゐ大きく

▼ つくくらいに~ (2, 0.0%)

1 老けこんで, 著るしく

▼ つくぐらい~ (2, 0.0%)

1 である, ならば

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 は兩端, は小

▼ つくこう~ (2, 0.0%)

1 云う時, 思うと

▼ つくことそれ~ (2, 0.0%)

1 が人間, が重大有効

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 つくと, で諸

▼ つくしこ~ (2, 0.0%)

2 ひしの

▼ つくすべて~ (2, 0.0%)

1 の必要, を見積もり

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 お菓子でも, まるで昼鳶

▼ つくだけで~ (2, 0.0%)

1 この通り, 勢一杯に

▼ つくだに~ (2, 0.0%)

1 で冷たい, 飯を

▼ つくだの~ (2, 0.0%)

2 辻占に

▼ つくつくし~ (2, 0.0%)

1 のお, 萌え立つや

▼ つくつけ~ (2, 0.0%)

2 などい

▼ つくつた凧~ (2, 0.0%)

1 がこ, を滅茶

▼ つくつた活字~ (2, 0.0%)

1 でサツマ辭書, は

▼ つくつた白樺~ (2, 0.0%)

2 の木立

▼ つくつて書院数寄屋庭~ (2, 0.0%)

2 に草花

▼ つくつて街~ (2, 0.0%)

2 を歩い

▼ つくつて静か~ (2, 0.0%)

1 にのこつ, に灯り

▼ つくとから~ (2, 0.0%)

1 その中, その日

▼ つくとの~ (2, 0.0%)

1 そりの, 前触れも

▼ つくどん~ (2, 0.0%)

2 つくドッコイショ

▼ つくどんどん~ (2, 0.0%)

1 つくつくと, つく南無妙法蓮華経

▼ つくなど~ (2, 0.0%)

1 ざらである, 言ふ

▼ つくなどと~ (2, 0.0%)

1 いって, 殿に

▼ つくのほか~ (2, 0.0%)

1 なかった, はなかっ

▼ つくの踊り~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ つくひと~ (2, 0.0%)

1 でと序, もある

▼ つくほうし~ (2, 0.0%)

1 などがそろそろ, 鳴く声

▼ つくほどは~ (2, 0.0%)

1 つきり, づんで

▼ つくほども~ (2, 0.0%)

1 はげしくそして, 腰と

▼ つくまた~ (2, 0.0%)

1 伐りかかる資本, 気長く

▼ つくまではと~ (2, 0.0%)

1 一先づ峠の, 工夫を

▼ つくまでも~ (2, 0.0%)

1 ない事, 千世子を

▼ つくものの~ (2, 0.0%)

1 作衛も, 生の

▼ つくやいなや~ (2, 0.0%)

1 バスに, 乗客は

▼ つくよりはと~ (2, 0.0%)

2 ハイキング用の

▼ つくらち~ (2, 0.0%)

1 よいと, よつと

▼ つくわけぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やね

▼ つくゑにうつる壺~ (2, 0.0%)

2 と筆

▼ つく三丁さき~ (2, 0.0%)

1 までかえる, までかへる

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 の兄, へあびせかける

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 に美, ぶくれの

▼ つく予定~ (2, 0.0%)

1 だったんで, であった

▼ つく事件~ (2, 0.0%)

1 があっ, ではなかっ

▼ つく人々~ (2, 0.0%)

1 の身構え, の間

▼ つく人物~ (2, 0.0%)

1 でこう, と同棲

▼ つく人生~ (2, 0.0%)

2 を建前

▼ つく余裕~ (2, 0.0%)

1 はない, はなかっ

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 の地主, はいくら

▼ つく信雄~ (2, 0.0%)

2 は信長

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 にお蔦, にもう

▼ つく~ (2, 0.0%)

2 の雨

▼ つく勇ましい~ (2, 0.0%)

2 音が

▼ つく可愛い~ (2, 0.0%)

1 女が, 犬ころを

▼ つく可能性~ (2, 0.0%)

2 も多分

▼ つく呼吸~ (2, 0.0%)

1 の, は朝

▼ つく啄木鳥~ (2, 0.0%)

1 の声あはれ, の聲あはれ

▼ つく問題~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ではない

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 さえ外, を落しつ

▼ つく地上~ (2, 0.0%)

2 の遊星

▼ つく多く~ (2, 0.0%)

1 の世間人, の人

▼ つく太陽~ (2, 0.0%)

1 の下, の熱

▼ つく女房~ (2, 0.0%)

1 で裁縫, を台所

▼ つく始末~ (2, 0.0%)

1 だし, で弱虫

▼ つく婦人~ (2, 0.0%)

1 だった, で一

▼ つく子供~ (2, 0.0%)

1 にそう, の間

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 があった, だった

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 も岩, を一つ

▼ つく度び~ (2, 0.0%)

1 に, に自然

▼ つく~ (2, 0.0%)

2 の草

▼ つく張り~ (2, 0.0%)

1 でヂューヂャ爺, の慾張り屋

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 はこ, をし

▼ つく~ (2, 0.0%)

2 も水

▼ つく影響~ (2, 0.0%)

1 がそれ, を生じないであろう

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 だった, を引き受けるで

▼ つく思い~ (2, 0.0%)

1 がする, で矢代

▼ つく性質~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ つく息月かげ~ (2, 0.0%)

2 に煙

▼ つく~ (2, 0.0%)

2 れも

▼ つく感じ~ (2, 0.0%)

1 の朝, わるくなし

▼ つく感情~ (2, 0.0%)

1 に強く, の鋭

▼ つく手前~ (2, 0.0%)

1 から雨, は帰っ

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 の客, は三つ

▼ つく方法~ (2, 0.0%)

1 がある, はない

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 の土, まだ寒

▼ つく時期~ (2, 0.0%)

1 に達した, を低く

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 に入った, の光

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 の香, や竹

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 の流るる, を飲ん

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 とか人, の運用者

▼ つく~ (2, 0.0%)

2 さで

▼ つく無表情~ (2, 0.0%)

1 でなん, の気配

▼ つく熱き~ (2, 0.0%)

2 ひと息に

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 する額, にきらきら

▼ つく状態~ (2, 0.0%)

1 でございました, で溜息

▼ つく現象~ (2, 0.0%)

1 である, としては一般

▼ つく用意~ (2, 0.0%)

1 の下, をはじめた

▼ つく真似~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ つく石原~ (2, 0.0%)

2 の利助

▼ つく約束~ (2, 0.0%)

1 であった, であったが

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 が御, は秩父

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 をかがめ, を鍬

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 がした, ひは

▼ つく良心~ (2, 0.0%)

2 の苦痛

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 も見えなかった, を眺めた

▼ つく若い~ (2, 0.0%)

1 犬だつたら, 者で

▼ つく苦心~ (2, 0.0%)

1 も妙味, を払った

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 であるゆえ, のもみぢ

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 では勉強, へは棄てない

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 で, は限

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 も袖, 朽ちたるに

▼ つく見物~ (2, 0.0%)

1 は鳴り, を無条件

▼ つく見込み~ (2, 0.0%)

1 がついたら, もない

▼ つく親切~ (2, 0.0%)

1 な男, な若い

▼ つく言葉~ (2, 0.0%)

1 がペラ, がペラペラ

▼ つく豪雨~ (2, 0.0%)

1 と烈風, のカラリ

▼ つく資格~ (2, 0.0%)

1 がある, をもっ

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 になったら, になつたの

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 はその, もあつ

▼ つく連中~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 になやみ, を打

▼ つく頗る~ (2, 0.0%)

2 高価な

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 が光る, もありません

▼ つく食物~ (2, 0.0%)

1 をこしらえ, を心がける

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 のこころ, の感覺

▼ つく~ (2, 0.0%)

1 のゆき, の寄り寄り

▼1* [945件]

つくあいだ静かに始末, つくあそこに立っ, つくあてができ, つくあでやかな姿, つくあまり見かけない猪首, つくあやかしは魔, つくありとあらゆるもの, つくあるものは, つくいもなるらし, つくうさが残つて, つくうたは, つくうちお勝手でお, つくえとそれに, つくおしいと鳴く, つくおはじきをする, つくおもしろさが, つくお方ですよ, つくお金でした, つくかぎりでは連中, つくかぎり世話をする, つくかしらと疑いながら, つくかたがどうして, つくかといった問題に, つくかなしさ, つくかなどと考えて, つくかはこの小説, つくからにはちッ, つくからは一身を, つくからばかりでなく何, つくがいなや, つくがと歎いた, つくがのなにせい, つくきりでテイプ, つくくらいがせいぜいだった, つくくりの, つくぐらいな気持ちで, つくぐらいの嘘は, つくぐらゐなら好いけれども, つくぐらゐ万事に行き届いた, つくえ, つくつくとも, つくこういうことは, つくことかくのごとく, つくことばもある, つくこと一通りでありません, つくこと位よく知っ, つくこと例の通り, つくこと日本のワヨ, つくころ中田に来, つくころ医者は椅子, つくこッた, つくごとにいたみ, つくさばよしさも, つくさむ事偏へに, つくしかなかった, つくしかし人は, つくしき人をおき, つくしぐさをし, つくしたがって万事が, つくしらは夢, つくじいさんまでも名, つくすきも与えない, つくすなわち学校の, つくすべのない, つくすり鐘の音, つくずくと考え, つくずく世のあり, つくせいばかりで, つくせり垂乳根の母, つくは, つくそういうのが, つくそこらの草鞋, つくそのその蹈心地, つくそよ風か, つくそれから先は, つくそれでこういうもの, つくそれ地下部屋というありき, つくそんなものじゃ, つくぞとせりふもどきで, つくたくさんの赤, つくたびごとに家, つくたび典膳は喚き, つくたび申しわけがない, つくためここに麓路, つくため却て多, つくたんびきっと求め, つくだけが得意な, つくだけでもなんとなく彼, つくだけもおよろこびだろう, つくだにとおたふく豆を, つくだにをおかずに, つくだに屋さんにいわれ, つくちがいは三角, つくちょっと前から, つくつくし萠え立つ, つくつくし都はかしこ, つくつたちよつとした, つくつたモデルに違, つくつたワンピースにこれ, つくつた人々であつ, つくつた人形やら剣, つくつた兵隊さんやいろ, つくつた其様子を見, つくつた刀子でちょっと, つくつた制度はそれに, つくつた化粧箱が出, つくつた古墳があつ, つくつた呪詞であ, つくつた品物でかへって美術的, つくつた四隅を二本, つくつた場所が, つくつた天下りの新, つくつた娘をひき, つくつた小舎は大急ぎ, つくつた山へ登る, つくつた市井はデモクラチツク, つくつた成人用の御, つくつた扇子でゆるく, つくつた新調の洋服, つくつた日本文字は何で, つくつた星座表がピン, つくつた棚の上, つくつた歌を自分, つくつた歌集の第, つくつた毒液のやつ, つくつた水盤の底, つくつた汽車の画, つくつた海棠の和歌, つくつた港といふもの, つくつた炉の中, つくつた烏賊釣舟の燈, つくつた町の姿, つくつた畑の跡, つくつた眼鏡の形, つくつた着物がぎつしりと, つくつた竹藪などはもうなかつた, つくつた箱のやう, つくつた経験はありません, つくつた美名だつた, つくつた耳袋をかぶつ, つくつた自作の童謠, つくつた舩や町, つくつた若者や腰掛, つくつた蒸汽船雛型が, つくつた蜜蝋の家, つくつた言葉と言葉, つくつた變な帽子, つくつた負債を悉く, つくつた質や量, つくつた路傍に濡れた, つくつた連続画の憶, つくつた遊女なにがしの墓, つくつた錐に限る, つくつた飛行機の簪, つくつた餠が旨, つくつた點の一つ, つくつついて, つくつておし寄せた, つくつてぐるくるぐる, つくつてしまつたのでした, つくつてしまつてゐたの, つくつてそこへ白色レグホン, つくつてそれが又, つくつてみたいとか時には, つくつてオホヽヽと笑つた, つくつてゴーゴーと喉, つくつてトロちやんの枕元, つくつてビクターレコードへ吹込, つくつてホヽヽヽヽと笑つた, つくつてミツキイにとりすがつた, つくつて一年生から順々, つくつて一緒に伴, つくつて七三に平次, つくつて万人に与, つくつて世上に示し, つくつて云つた, つくつて井戸傍に水, つくつて今は東京全市, つくつて今日は一日日当り, つくつて仕上げが出来, つくつて他に別居, つくつて以來三代の變化, つくつて何かしら自分の机, つくつて偽善者の額, つくつて僕たちのお母さん, つくつて光面を過ぎる, つくつて切符を買つたの, つくつて前進する, つくつて勝手に押し, つくつて博士の前, つくつて卸売をし, つくつて取りか, つくつて各自の才能, つくつて向うへ進む, つくつて周子の鼻先, つくつて命の下る, つくつて壜に密封, つくつて奥から出, つくつて妾の顔色, つくつて客席へ出, つくつて布教の旅, つくつて強制的な様式, つくつて徐かにその, つくつて御覧にいれます, つくつて悲壮気な歌, つくつて所謂原始共産制が出現, つくつて手料理なん, つくつて操達をうらやまし, つくつて敍述されて, つくつて昔のに代, つくつて星の導く, つくつて朝から夜中, つくつて村から村, つくつて森蔭の方, つくつて横臥して, つくつて泉水の傍, つくつて洋裁の勉強, つくつて熱心な眼つき, つくつて生へてゐる, つくつて生理学を補, つくつて町なかへ出, つくつて登山の用意, つくつて相手を殴る, つくつて秀家氏房両名, つくつて耳を欹てた, つくつて能面そつくりだ, つくつて腰にぶらさげました, つくつて自然を歪曲, つくつて著せるか, つくつて規則に負けた, つくつて説教をはじめた, つくつて豫てからの苦心, つくつて貰つたが, つくつて貿易を始め, つくつて逆に漢, つくつて通ふやう, つくつて遊びまはり, つくつて鈴を鳴し, つくつて長夜の議会, つくつて靜かに燈, つくつて鞭をならし, つくつて食卓に上, つくつて魂入れずだ, つくていの理解, つくてれつくてれ, つくとあるときは, つくとおりヘルソン県の新, つくとからのわたしの, つくときお前は何ん, つくときこっちの本, つくとき彼等は真黒, つくとき背中にひきずった, つくとき胸に十字, つくところしずかな様子, つくところでオレは, つくところフランスは国外, つくところ牢獄でウォツカ, つくとばかりあらはれた, つくとんだマグレあたりだ, つくどっしりと据え, つくなあわかつとるん, つくない正直に, つくなかで自若, つくなぜかそれでは, つくなとだけ云って, つくなどという場面は, つくなどといふのは, つくなどのちらといふ, つくなどは不埒千万である, つくなり一風呂浴びて, つくにぞいらね, つくについてゐたの, つくにつれてどうやらお, つくになつて以来訣らな, つくにの曠野に, つくにぶくりんが, つくにもほどがあります, つくに従って動きも, つくねえあれや, つくねという物を, つくのさへもう, つくのもつひわすれ, つくの先のお母さん, つくの半纏を駕籠, つくの圧に打たれ, つくの外はなかっ, つくの太鼓を拍, つくの少年は日, つくの弊あるに, つくの忙きに, つくの昔かすになつて, つくの昔兄きは, つくの昔百も承知, つくの時がまいりました, つくの法じゃ, つくの縞目も見えぬ, つくの肩をたたく, つくの順序を厭う, つくはさうが, つくはしハツと驚い, つくはし一度などは拔, つくはし彼は思はず, つくばいの乞食, つくばかりな曲り坂の, つくばつたもんや, つくばつた生蕃の児, つくばんで, つくひとつのこと, つくひのやうに小市街, つくふうふとない, つくふうふうどうにもならない, つくふさうに立上がりました, つくふつごう, つくふりをし, つくほかなんの興味, つくほどとなっては, つくぼんさん何泣くね, つくもありません, つくまでぐらいなんとかがんばりとおす, つくまでというものは, つくまもなく海外遠征壮丁は, つくまもなくぱちぱちと内証, つくみたいに考へた, つくつかざるも, つくものいずれも鎌倉, つくものぢやア, つくもの前後踵を接した, つくもの耳にする, つくやけあとの匂い, つくやさしさが, つくやつぱり良寛和尚の方, つくやれやれの宿, つくゆとりのない, つくゆみの, つくゆらりと漕出す, つくよう帆布の小, つくよう速達にいたします, つくよしもなかっ, つくよりはいいなどと, つくりこうな, つくりすと, つくろう分にはなん, つくろう等という考え, つくわと沸りたる, つくの前, つくゑでべんきやうをしてゐましたがどうしてもなかよく, つくゑによりかゝりからだを左右, つくを以てところに, つくアンリエットの首, つくイルミネーションはシトロエン6シリンダー, つくエミリーを汗, つくオカミですから, つくガラスのマント, つくキユーの花やいだ, つくシラミですが, つくシロモノなの, つくシンタンの近く, つくチャンスだとも, つくチューレンジ蜂の幼虫, つくトリックによって軽妙, つくドンバルでコーヒー, つくハロンアルシャンといふ語韻新秋, つくバスを一時間, つくヒマももどかし, つくピンつく跳ね, つくプロレタリアート婦人の世界的, つくペンネームで有名, つくユーモラスな姿, つくリボンを結ん, つくロシアの大人, つく一つのこと, つく一つ二つ前の汽車, つく一列の雑草, つく一家の切り盛り, つく一手あるのみ, つく一時間前にその, つく一本の灌木, つく一流と称する, つく一色に塗られ, つく一角を磨滅, つく一週前の書, つく三千の仲間, つく上りもここ, つく下枝をかきわけ, つく不幸にもこの, つく不景気は深刻, つく世界的音楽家は, つく世話をし, つくならえばって, つく主人を軽蔑, つく九日外宮より内宮, つく乾果物の砂糖, つく了簡だが, つく予感があった, つく予測で急行, つく事実である, つく二人の口, つく云つてごらんよそれで, つく亡霊のよう, つく人それらの人々, つく人たちであった, つく人品の好い, つく人物一人の例外, つく人達に一度, つく今日そんな箆棒, つく仕儀と相成った, つく代物ぢやありません, つく以上それからの随伴感情, つく以上どこからで, つく以上ナゼ役者を入れない, つく以上プロらしい実力, つく以上堕落の機会, つく伊達巻のサヤサヤ, つくよりも大事, つく余地も得られなかった, つくはなに, つく作品として執筆, つく作家に幸, つく作戦だった, つく作用ありと, つく例えば第一幕, つくが多い, つく信長を一朝, つく倉橋君もそれ, つく倭文子も唇, つくだ, つく働き好きな男, つく兄さんのジユウル, つく先生のところ, つく光景はどうも, つくの腰つき, つく入門書を読め, つく八九歳までそこ, つく其前に, つく内容的にまごつく, つく内海厚がつい, つく円転自在な美和子, つく凡てのもの, つく出世の蔓, つく切りっぱなしで消えた, つく列車の三等車, つく初太郎どんに宇之吉さん, つく利口な女, つく刺戟に対し起る, つく刺激臭がある, つく前二十四日に寿江子, つく前木之助, つく劇場の正面, つく助動詞ではない, つく助辞で希望, つく勇士もある, つく動作を言, つく勘兵衛だの, つくひが, つく化物のよう, つく十一日朝千代の松原, つく股引空脛が, つく卑しい危険な, つく南無妙法蓮華経と歌い出し, つく原因がある, つく厭味を犯し, つく小平が, つく又右衛門では, つくの妻, つく叙述部のない, つくを噤ん, つく口元に手, つく口實を作つて, つく古いもの進みいこう, つく句法は下句, つくき處, つく同様紙に鉛筆, つく名代部屋の夜具, つく名僧にそんな, つく名前がなんとなく, つく名物見たいなもの, つく周一と美代, つく周助が白丁, つく命令が疾風迅雷的, つく咽喉を全く, つく哀しさ身の, つくなん, つく品物ではな, つく賣でも, つく営倉の中, つく嘆息を紛らせ, つく嘉代吉や人夫, つくだった, つく土着の生活, つく地名が多い, つく地方の言葉, つく場処で口論, つく壁いずれも初冬, つく変化は少し, つくは多く, つく多忙を示し祝う, つくになっ, つく大名だけでも優に, つく大地を平気, つく大型の蜆, つく大室山を先手, つく大小の子供達, つく大徳でヤン, つく大雨にただ, つく天気に映っ, つく天狗虫赤虫綿虫やそれから, つく天麗の質, つく失業労働者手当の予算, つく奥印です, つく女の子もゐた, つく女性に委せ, つく奴なんざあ一人だつて, つく奴等を訪ね廻っ, つく好いしほ, つく妻屋もさ, つくがある, つく威光ならそれ, つくで母親, つく婦女子の如く, つくは後代風, つくから三人, つく子供らの手, つく学問ことに精神的方面, つく学生だろうと, つくホテル, つくの続い, つく家族があら, つく家財もなかっ, つく容子もなく, つく宿の附近, つく密約ができ, つく實例を見ました, つく實際の内容, つく対外文化連絡協会案内人の卑屈さ, つく尊者は大臣大饗, つく小さき字の, つく小犬に乳, つく少し前で, つくに壁, つく屍臭氷の様, つく山ざくらの花, つくに立てかけ, つく川俣の江, つく左右の室, つくである故に, つく布子一枚でチャチ, つく師冬があくまでも, つく幇間がはな会, つくの前, つくだ, つく年ごろだから, つく年輩ですが, つく年齢でもなかっ, つく幾つかの例, つく序歌らしいもの, つくの, つく店舗のあらゆる, つく度ごとに手, つく座敷で夜, つく庫裡から案内, つく廊下や階段, つくと長い, つく弥勒の顔, つく張つて挨拶をする, つく張り共に腹, つくさで, つく強いかおりの, つく当てもなく, つく当り前の手, つく当然の理由, つくどられた銀杏, つく後生願ひの, つくな嘆息, つく心刑事のよう, つく心労や不安, つく心持として認める, つく心算でなくても, つく心配はありません, つくさは, つく快楽が同時に, つくれの, つく急斜面を斜め, つく息ぢやらうと, つく息気がかすか, つく犬でも, つく悪習をもつ, つく情景がある, つく惜しいものだ, つくひが, つく想いに心, つく愉快な方, つくのいつく, つくの真摯, つくが無い, つく憐れさ常は何とも, つく懐中時計なぞはここ, つく戦闘では自然第一線決戦主義, つく所謂感動の語尾, つく手掛りさえない, つく手段に出, つく手筈となっ, つく拍子にその, つく拍手であったから, つく招待客の群集, つく振舞に何とも, つく提言は公式主義, つくではありません, つく教えをまず, つく文芸運動をやっ, つく斎藤下野の姿, つく円は, つく新しい女中二人も, つく方ぢや無い, つく旅人などが一夕, つく旅館が二軒, つく日中にトロツコ, つく日本人の顔, つく日記を見る, つくを自ら, つく時伸子は日頃, つく時出発のこと, つく時分わしも老齢, つく時分独りで上つて, つく時小倉袴の萎えたる, つく時持薬にする, つく時枕辺の大次郎, つくいしずか, つくさだった, つく暗い蒸暑い小部屋, つく曲者だ, つく有様わたくしは昨冬弓子, つく服装ばかりに凝つた, つくはあるまい, つく期間というもの, つく木曾の清水かな, つく木綿は花物こと, つく末流もぐりの類, つく本式のやり, つくの樹, つく村数計十箇所, つく東京の調子, つく枯葉は落ちず, つく柔かい手で, つく柘植のさし櫛, つくや天井, つく桟橋附近の山, つくの風情, つく椿の幹, つくの絮, つく楽鍋に杯泉, つく樣子或日, つく横丁を俥, つく横町へ曲り, つく機械でも出来たら, つく機知奇策によって多分, つくの日, つく歓喜の拍手, つくからの仕事, つく武家すがた, つくやざらざら, つく毒蛇とならない, つく民也に取っ, つく気もちをあい, つく気持は然, つく気楽なと, つくなら初め, つく氣違ひは, つく水気で腹, つくを幾度, つく江戸者一人探してんか, つくは埴安, つく沢山の探偵小説, つくと工場, つくをかむ, つくのなか, つく浪漫派でなかろうが, つく海藻はアオサ, つくが落ちた, つく液汁木質さながらだつた, つく淋しさである, つく深井の生き生き, つく渡船に乗る, つくで持っ, つく溜息は火, つくの厚く, つく潮鳴りの間, つく火急の接戦, つく火酒はとても, つくの呪術, つく焼石原を踏んだ, つくの異臭, つく煮ものの鮨, つく熟語の方, つく爲めに柔, つくだってこの, つく爺さんと別れる, つく牛乳でした, つく牝犬もこれ, つく物事に限り, つく物宣命としての神事, つく物語の前提, つく特徴と密接, つく特權を許された, つく現在の氏, つく理由がある, つく瓦斯に充満, つくの乳, つく生存の足場, つく生徒たちはデビス先生, つく生物は, つく田山白雲でしたから, つく田舎に帰る, つく男性に小さく, つく男親がその, つくが二つ, つく町奴というもの, つく番人をさん, つくの音, つく癲癇もちだとは, つく発音法や抑揚, つく發動船も小舟, つく白刃の数十本, つくの方面, つくのの表紙, つく皿盛寿司を売り出した, つく目標に君, つく目玉をむきだし, つく目的をもっ, つく直ぐ新しい仕事, つくです, つく相撲というもの, つく相談と思, つく相違は山脈, つく看護者がありえない, つく真昼の陽, つくが無遠慮, つく着物を着, つく着込を着, つくの夢, つくのしろき, つく砂利は界隈, つく硝煙真赤な火焔, つく磨きの十手, つく社会主義の野郎, つく神事おそろし, つく福島あたりにはない, つくの草, つく秋沙鴨か波切, つく程十分描き出されて, つくの穗, つくを一つ隱, つく空気の中, つくには, つく童部心に替りたし, つく笠形の丘, つく一の, つく筈ぢやありません, つく範囲では旧套, つく範囲内の事, つく紅葉萎みて, つくは彼, つく素子のそば, つく紳士である, つく絵の具の匂い, つく絶対のもの, つく綱手を左手, つく綺麗な女工, つく線香のにおい, つく緩い深い吐息を, つく縞柄が無, つく繖形花わたしはおま, つく美しい女であった, つく美少女のジャネット, つく美麗なお, つく羽子の静, つく羽子板等はあんまり, つく羽折かな, つくひの, つく習いがあった, つく習慣さえいつ, つく習癖がある, つく者弟の縁, つくがしばらく, つく職員室の卓子, つく職業にはない, つく肌合の七宝製, つくなん, つくのしびれ, つくをこと更ら, つく脂肪性のもの, つくにちっと, つく気が, つく腰付きでワルトン, つくの底ひ, つくの中, つく舩沖の舩, つくのなか, つく芋山水を描いた, つくではなく, つく花壜であった, つく花見づかれの, つく花見疲れの片手, つく芸当に堪能, つくがあっ, つく若者である, つく英雄となりたくなかった, つくはまだ, つくなり, つく蒟蒻野郎だ, つくが搦む, つく薄曇りの日, つくとを比較, つくなの, つく薬虫だと, つく薯みたいな山水, つく藍刷りであつ, つくと一つ, つく螟虫の蛹, つくが凍, つく行事が却って, つく行為は二十世紀, つくを知つて, つくがこ, つく衣類なること, つくの物置, つく裏街の風景, つく西へあげれ, つく覚悟を以て何人, つく親類とあんまり, つく親類筋のほう, つくえて居ます, つく角笛の音, つく言問だん, つく計略だ, つくひを, つく語尾は体言感覚, つく読者はない, つく調子で体, つく諸君よ諸君, つくは法庭, つく講義の始まつ, つく貧苦の民, つくかなお祭, つく赤い痣が, つく赤兒の顏, つく足許に赤紫, つく距離まで來, つくづき, つく跫音が忍びやか, つく路傍の位置, つく跳ねまわりたいよう, つく身なりの上, つく身分ですから, つく軽重の等差, つく辛抱強い態度を, つく迄の間を, つく迄は何とか一財産, つく送風機がまわり出す, つく途端に, つくひながら, つく通りアッパッパでそれ, つく通り小沢は細工谷, つく通り書きなぐつたのだ, つく通り私は病身, つく速度が意外, つく進歩も行われ, つく遊びなの, つく過程を真面目, つくもなく, つく道也先生ではない, つく道楽者が一人, つくひである, つく遠い農家を, つく郷貫を質せ, つくが旨い, つく酷い奴です, つく醜態も演ぜず, つく重宝欄はおそらく, つく重役についた, つく野郎があるごとく, つくとは同じ, つく金子を借り, つく金額ばかりを口, つくのよう, つくがあ, つくをチチリ, つく鉄屑のよう, つくの錘, つくを, つく鋭い気合いとともに, つく鎧冑に身, つくとはどうにも, つく門構えと土, つく間もなくいよいよこの幕, つく間もなくふたたび疲れた馬, つく間もなく忽ち産土の, つく関係でもある, つくに隠れ, つく阪井巌という青年, つく阿部の頑丈, つく隙間もなく, つくなれば, つく隣家から喧嘩, つく雰囲気で私, つく電燈を見つめ, つくになり, つく青少年男女はこの, つく青葉ふかくも, つく青虫や黒虫, つく面白い材料だつた, つく鞣細工品の店, つく音階段の上, つく音靴の響き, つく音響に注意, つく順吉に私, つくを下, つくの良い, つくを突きあわせ, つく顔立ではなかっ, つく顔立ちの女, つく願望のナム, つくであるが, つくひつく処, つく食いものを摂らね, つく食事薄っぺらな拵えもの, つく食堂に物, つく飯粒を舐め, つく飾窓の前, つく饗宴にはすべて此正客, つく香山のふり, つく駄目であるに, つく驢馬になれる, つく高い処へ, つく魚肉が迸, つくの洗い, つくの吸ひもの, つく鳥獣の糞尿, つく鳳仙花の花, つく鴉食まむとすはぢぎれむとす, つく鷺山城の山城守道三, つく鹿の彫刻等, つく黄八丈の一ツ小袖, つく黄貝の駄物, つく黒土によろめき, つくのほう