青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だした~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~だい だい~ だいたい~ ~だいぶ だいぶ~ だから~ だが~ だけど~ ~だし だし~
だした~
だす~ ~だった だった~ だったら~ だって~ だつ~ ~だつた だつた~ ~だまっ だまっ~

「だした~」 2943, 28ppm, 4125位

▼ だした~ (718, 24.4%)

100 である 72 です 5839 であった 11 では 10 か, だった 8 でしょう, はこの 6 であるが, ですが 5 さ, だから, だが, だと, だろう, は, はその 4 であろう, はそれ, もその, を見 3 がその, だそう, であります, でした, はこう, は伝六, は当然

2 [28件] かも知れない, か急, が彼, だつた, だらう, だろうか, だろうと, でありました, であろうが, ですから, ですよ, はあさ子, はいつごろ, はえらかっ, はお, はけっして, はこれ, はそれから, はマス, は保身, は明治三十八年, は牧野信一, は言, は面白い, も, もこの, らしい, を機会

1 [262件] かあるいはまた, かいきいき, かしら, かそれ, かそれとも, かちょっと, かと思いました, かどちら, かも知れず, かも知れません, かよそ目, かわからなかった, か下痢, か二百人近く, か分らなかった, か判然, か君, か帆村, か感心, か望遠鏡, か梵鐘, か気, か百四十人, か知らない, か知らぬ, か知りません, か私, か突然, か窓, か自分, か鞄, か鰻, があの, がお, がお昼, がきっかけ, がこの, がこんな, がそもそも, がたちまち, がわかった, が七兵衛, が九時ちょッ, が事, が先代加賀太夫, が十四日, が升田八段, が原油, が土曜, が始まりで, が幼, が息, が早婚, が明け方, が昭和五年, が次第に, が特に, が眼, が絹ハンカチ, が義太夫節, が腹立たしく, が見える, じゃ, だからネ, だけれども, だったが, だよ, だろう曲者, だろう登, だ対馬守, だ杉田さま, ぢや, であったから, であるから, であるけれど, であるもう, である卑劣, であろうと, であろう心づかぬこと, でしょうか, ですか, ですぞ, ですね, です私, でも, とちがいます, とはその, と同じ, なぜです, にはおどろいたであります, にはちょっと, には俺, には往生, には驚き, に気づい, に違い, に驚い, はあたりまえ, はあと, はあの, はあんた, はいたっ, はいつ, はいつも, はいよいよ, はおしゃべり屋, はお前たち, はかなり間, はくしゃくしゃ, はこういう, はこれから, はすぐ, はすでに, はずッと, はだいこん, はとち, はどういう, はなんと, はもと, はようやく, はよほど, はわが, はコトエ, はシモン, はソーンダイク, はフロイド, はマン, は一年以上, は一月二月, は一月十四日, は丁度, は上院議員, は世帯, は事実, は人々, は仁明帝, は今日, は何, は俊彦, は俺, は僕, は兄, は先代足利家時, は全く, は内儀, は別, は剃刀, は升田, は却つて男, は右門, は周馬, は嘗て, は夕陽新聞社長幸田節三, は大原草雪, は大池, は大竜出版社, は女房, は寛政以後, は實, は尊, は帰っ, は平手さん, は弦, は当時丹造, は彼自身, は御旗楯無, は惚れ, は戦争, は明治三十三四年比, は明治二十二, は昨年, は昭和十一年, は昭和十七年三月, は森啓之助, は死人, は殺した, は母, は河豚癖, は泉山虎, は浜子, は燈火, は独楽, は申し上げる, は相当, は県道, は真黒, は私, は稀, は空腹, は竹童, は第, は節子, は胴服, は芳夫, は葉子, は蛾次郎, は行方, は言うまでもなく, は調馬師, は超, は越前堀, は足尾地方, は近ごろ京, は長唄末広がり, は食糧, は麹町, は黒川, もある, もおれ, もたぶん, もふしぎ, もふと, もまた, ももう, もよほど, も亦, も同じ, も同君, も和一郎, も夏, も奇妙, も富三, も小林君, も此時代, も烏賊採り舟, も無理, も特別, も當時, も祖父, も笑止千万, も關はず, やらう神さん, をあの, をきつ, をしりめ, をしり目, をてっきり, をはじめて, をみ, をみた, をみんな, を兄, を厳探中, を名人, を宮, を彼, を感じた, を拾われた, を発見, を目がける, を眼, を知らず, を神山さん, を聞いた, を見とどける, を見る, を見聴きする, を誇り, を認めた, を読みました, を逆様, を驚いた

▼ だした~ (288, 9.8%)

4 それは, 急に 3 これは, 彼は

2 [17件] これが, さて何, すぐに, そのうち, その時, もはや音量, 今までの, 同時に自分, 壁土の, 小さい青丸, 彼の, 男は, 自分の, 調整する, 谷村は, 逃げた方, 途中で

1 [240件] あいにく雨, あの黒ずんだ, あまり大丈夫, あまり話, あれよりも, いいさ, いつか本当に, いつもの, いまその, いやはや, いろいろな, うまくいかない, おやと, お浜, お豊, お雪, ぐんぐん俺, こういう疑い, この人, この人夫, この時母親, この気持, この見当, この高田氏, これで, これにも, さっきの, しかしすぐ, しかも非常, しぐれるまま, じぶん, すかさず伸びた, すぐしずか, すぐその, すぐまた, すぐ放逐, すぐ見えなくなった, すぐ言葉, そういうある夕方, そうする, そこで, そこには, そこまで, そのうち急, そのとき, そのときぎくッ, そのとき咄, そのチラ, そのハズミ, その場, その声, その将来, その当時, その機関車, その熱, その笑い, その筋, その話, その足, その間にも, その間次の, その際, その頭, それが, それでは, それでも女, それとて, それも, それを, それ以外には, そんな女, そんな小謡, たちまち臨監, ちまたには, ちょっと引っ返し, とうとうしまいには, とり出す時, どういう神意, どうした, どうしても扇子, どうも身体, どこにも, どんなこと, なおその, なぜか, なにも, なんとなくヤケ酒, なんと思っ, はじめの, ひどく不機嫌, ふとくすくす含み笑い, ふとふりかえっ, ふと思いついた, ふと見る, へまをや, ほぼできた, ぼうぜんとして, またもや戻っ, また腰, まだ何, まだ弁当仕出屋, まだ空, まもなく片倉, まン, みょうに気持, みるみるその, むろんそんな, もうその, もう十年, もう大海, やがてそれ, やがて泣き出し, やがて点滴, やがて百姓小屋, わずか十メートル, わたしは, カメの, バタヴィアの, ピストルを, ファラデーその, ルミ子の, 一二丁足を, 一人は, 一分も, 一旦は, 一本が, 一本の, 一瞬の, 三ヶ月ばかり, 不意に, 両側が, 中からは, 中江は, 九歳に, 事すでに, 五六歩あるい, 五六歩いった, 五六間も, 今とな, 今墓場, 今度は, 仏頂寺弥助は, 他へ, 伍一は, 何を, 何事にも, 何思った, 何時か, 六尺三十貫の, 内心の, 刻みでない, 前ほど, 割合に, 勇氣を, 医師には, 十足ばかり, 半分も, 口は, 可笑しさ, 右の, 同人の, 名簿に, 君は, 君江だけが, 告発状にも, 周は, 唐手を, 声を, 夕方来る, 夜が, 奇怪な, 実はヤミ屋事務所, 実際の, 小さな生徒たち, 岸が, 岸壁は, 左膳馬術をも, 平生も, 弁吉は, 引きずるよう, 当然くるべき, 彼女は, 心さえ, 恐ろしく長目, 恰度廿日市の, 愉快で, 暫くその, 曹操は, 最後さ, 最後どうにも, 最後同じ, 月も, 根が, 橋の, 此の, 武林の, 毒の, 気が, 沼波は, 涙の, 父に, 皇后の, 眼は, 知られると, 石で, 石田氏は, 福日の, 私の, 私は, 私達に, 空とぼけて, 精神病院にも, 老人は, 胡椒が, 腹が, 虎二郎は, 衣子にだけは, 誰も, 讓には, 賢夫人は, 走りながら, 趙子, 踊り子の, 軍隊は, 返事は, 運転手だって, 遥かに, 金五郎は, 釜礁に, 間もなくまた立ち停っ, 間もなく醒めた, 阿曽は, 霧に, 青ざめきつた顰面で, 静葉が, 馬は, 駄目な, 鶯の, 鶴雄は, 黒崎が

▼ だしたよう~ (190, 6.5%)

199 な気 3 である, にいった, に彼, に見える

2 [12件] だ, だった, です, な感じ, な顔つき, にし, にどなった, になにか, にポケット, に云った, に思った, に手

1 [126件] すで一歩あと, すで大声, すで頭, すなので, だったわ, だとは, だね, で, であった, でしたが, でも, なかんじが, なぐあいだった, なもの, なわけ, なボロボロ, な上品, な全身的, な声, な所, な気持ち, な眼, な笑顔, な鋭い美しい, な音, な香り, な黄色い, にあらたまっ, にあらわれる, にいいました, にいえ, にお, にかすか, にぎらぎら, にげッ, にこう, にこんな, にさっき湯屋, にしゃくりあげ, にすぐ, にそう, にそのまま, にそぼろ助広, にそれ, にそれにしても, にため息, にちょッ, につよい, にとつぜん, になっ, にはげしく, にばさ, にまた, にやる, にウワーッ, にパチパチ, にフサ, にブラリ, に両人, に共産党, に卓子, に原田さん, に双手, に口走っ, に古い, に右手, に向う, に吹きつける, に墜ち, に夜, に奥, に小手, に己, に彼女, に彼方, に御飯, に微笑, に心理解剖, に思っ, に思われました, に感じた, に慌て, に懐, に探り, に時時噴火, に暗闇, に木目, に水中, に沢庵, に源三郎, に漏れ, に煙管, に甲斐, に皿, に盃, に石垣, に突然, に立ち上がっ, に立っ, に笑いだす, に笑う, に糾, に縁先, に聞こ, に自分, に茶碗, に萬朝, に見えた, に見えました, に見せかける, に言いふらした, に言い添えた, に言った, に言葉, に課長, に運転手, に邦夷, に鋏, に降る, に障子, に雷鳴, に響い, に頷いた, に風, に鳴っ, に鼻紙

▼ だしたので~ (181, 6.2%)

4 私は 3 彼は 2 あつた, あつて, おそるおそるで, 一座の, 急いで, 早速人, 私達は

1 [160件] あらうお, あらうが, あるならこれ, いくぶん正確, いそいそと, いやだ, いよいよお, いよいよ博士, いよいよ馬車, おせんは, おどろいて, おれは, おれまで, お綱, かれも, かわいそうに, きみがわるくなっ, けんぶつ, この事, この推測, この旅行, これまた, これを, ござります, さすがに, さっとたちまち伝六空, さわぎは, しっぽを, すぐ協議, そうした考え, そしてしきりに, そして止み, そっと脱, その声, その眼, それでこんな, ちょっとそれ, ちょと, とうとう皇帝, どぎもをぬかれてまじまじと相手, なおさらそこ, はじめて鉱毒, はっと胸, びっくりした, ふたたび発奮, ふたりは, ふれ方, ほつと, ぼんやり口を, またもや例, また一本, また安心, みんなは, みんなビックリし, むすめ, わしらは, オムツをかへて, コレットは, ドクトルも, バスに, ビックリした, 一座は, 万吉は, 三五兵衛は, 三吉は, 二人の, 二人は, 二時間あまりで, 人々は, 仁王門から, 今度は, 伊右衛門を, 伝六が, 佐助も, 何を, 倦怠で, 僕は, 全藩, 六条院で, 其処に, 再びなつかしい, 加役申付の, 半斎, 友人は, 右の, 司馬懿も, 吃驚した, 合羽を, 呆れるほど, 坐った, 堪らなくなって, 堰が, 変だ, 夫を, 妹たちも, 妻は, 宇宙艇の, 安宿へ, 客一同も, 家人は, 寒吉は, 少々おどろいた, 少年は, 山本は, 川北先生と, 帰りに, 年は, 店の, 庭下駄を, 引き返し欄干の, 彼も, 彼女が, 彼等の, 念の, 思わず自分自身, 悲鳴を, 文字から, 李生は, 松吉も, 松葉屋という, 正味二時間位しか, 気もちが, 泊る海, 湖に, 漸, 漸く群衆, 濡れて, 火の, 為作も, 父の, 目的論より, 直接には, 眼を, 知つてゐる, 私が, 立派な, 纜が, 美妙斎は, 義貞は, 老夫婦, 耕助も, 聞いて, 肝を, 自分の, 茂次は, 蔡夫人も, 蜂矢は, 見うしなっては, 見なおして, 記念に, 蹲んで, 蹲んで持つた, 軍使は, 近頃, 連れて, 間もなく大いに話しこん, 露八は, 青年も, 食事の, 鳴り屋の

▼ だしたもの~ (130, 4.4%)

24 でしたから 15 だから 9 である 8 ですから 7 だった 4 です 3 だ, らしい 2 があった, だと, だよ

1 [51件] あ追ん, かと考え, か知らない, か石川, があります, が基礎, が少なく, が当たる, が次第に, が至味, だが, だつた, だという, だろうと, で, であ, であきらか, であっても, でありカント, であるが, であること, であるな, であろう, でしかも, でしょうか, でそれ, でそんな, でな, では, で傷口, で希臘人, で穿きぐあいも値段, で車, とみえ, と思われる, と考えられます, なの, に比べれ, に責任, のやう, の中, はいわず, は名人特有, は宝物みたい, は私, やら, やら何一つ, をその, をまた, をザラザラッ, を見た

▼ だしたこと~ (98, 3.3%)

6 があった, である 4 です, はない 3 があつ, がある, もなかっ 2 がない, なん, は決して, もない

1 [61件] から咲, があっ, があります, がなかっ, がなに, がよく, が問題, が彼女, が後, が拒まれよう, さえなかっ, さえねえ, しかもそれ, だから, だからと, だった, だったの, であったが, でありましょう, でありまた, ですから, では, でも明らか, で初め, で忠左衛門夫婦, で相沢仁太, と早合点, などを覺, などを話し, など金之助, なの, なんで, にも, に氣, に見られ, のある, のない, はどこ, はまんざら, はむろん, は三十年, は云う, は伸子, は然, は父, は目黒支店, もありました, もある, もなく, も一家, も気がつかない, をお母さん, をちゃんと, を信じない, を告白, を後悔, を新, を気どられたくなかった, を知らせた, を西洋悪魔, を言っ

▼ だした~ (79, 2.7%)

1511 です 7 ですよ 5 だよ 4 だが, ですが 3 だから, ですって 2 じゃない, だけれど, だな, ですけど

1 [19件] だえ, だからな, だぜ, だそう, だってきいたら, だってこんな, だらうと, でしょう, でしょうね, ですか, ですからね, ですその, ですの, ですもの, ですわ, です旦那, や, やて, やもん

▼ だしたから~ (61, 2.1%)

12 である 6 です 42 であった, であつ, であろう, 無茶で

1 [31件] あたし思いきつ, あまり関心, いや御酒, うまくて, この際ひとつ根性骨, この際性根, たまらない, だったの, だろう, で一夏うち, なんだ, わしは, サアこんどは, サルトルも, バカな, ラジオを, 一週間に, 上京し, 処置に, 命だけは, 必ず八月九日, 怒ったの, 提灯が, 由之は, 病院の, 私は, 笑ったん, 覚悟を, 親牛, 誰あっ, 額と

▼ だした~ (57, 1.9%)

7 思うと 4 いう 3 なると 2 思ふと, 見えて

1 [39件] いいました, いうが, いうより, いうよりも, いって, いつて, おもううち大発見, おもうと, おもったらぎりぎり, なれば, ますます監視厳重, みえて, みえ童子, 云うだけでも, 云う風, 云ふ, 大名共まで, 幾度も, 思う, 思う間もなく, 思ったあいだ, 思ったが, 思ったらそれ, 思ったらバタバタ, 思ったら壁, 思ったら敷石, 思った刹那, 思ふの, 想像される, 推察される, 知ると, 考えられて, 聞いては, 見え分厚, 見え家ぜんたい, 見るま, 見るまもなく, 解説は, 言って

▼ だしたという~ (54, 1.8%)

3 ことであった, ことは, のである, ように, わけな, んです 2 ことが, わけで

1 [32件] ことです, ことも, ことを, ところらしく, のか, のだ, のだった, のです, のは, のも, ふうに, ような, わけだ, わけです, 剛の者であった, 半三郎, 報告でも, 声が, 情報は, 慥かな, 暗黒面は, 次第な, 特殊な, 紛糾に, 経歴の, 血腥い事件, 言葉を, 訳真の, 説が, 調子で, 近所の, 騒ぎが

▼ だしたとき~ (37, 1.3%)

2 のよう, は何ん

1 [33件] いきなりカンテラ, からお, からだんだん, すっかり昂奮, その下, だったの, ちょうどお, と日本橋, にこんど, にはおどりあがっ, には使い, には四十面相, には小舟, には怪塔王, には私, には警官隊, に向こう, に昨年, のかぼそい, のこと, の元気, の初々し, の記念會, はさすが, はもう, は背, ひいさま, ふとした動機, もガード, やっとそれ, やっとカピ, 放二, 第二

▼ だした~ (25, 0.8%)

2 から仁科

1 [23件] いじわるく, この娘, であった, です, なの, にあった, にちょうど, にはそれ, にはどうして, にはまつたく, にはもう, には名実, に彼ら, のこと, の私, はさう, はすでに, はほんとに, は芥川龍之介, またよろよろ, また千恵, もまっさきに, もハツ

▼ だしたところ~ (24, 0.8%)

4 による 2 であった, を見はからっ

1 [16件] から悪運, じゃった, だ, だった, だったので, で, でも春早々, で巻紙, で思いきっ, で逃げられる, なので, にとびこん, に客間, へ, へ電報, までは実に

▼ だしたやう~ (24, 0.8%)

2 に, に感じた

1 [20件] であつ, であります, では, な小説, な風, にこれ, にざあざあと, に一郎, に姿, に思, に続い, に行乞, に見えた, に見える, に言, に鉛筆, に霙, に顔, やく登りつくして, やく私

▼ だした~ (21, 0.7%)

2 どうか

1 [19件] しらぬが, じっと目, そのわけ, それとも別, そんなこと, つかつかと, とおも, 二十万の, 今朝は, 再び女中たち, 家臣の, 怪しいもの, 恐しそう, 正確な, 知って, 知らなかったが, 自分でも, 誰が, 頓狂な

▼ だしたかと~ (21, 0.7%)

15 思うと 2 おもうと 1 いうと, 思って, 耳を, 見る間

▼ だした~ (13, 0.4%)

2 があった, がある 1 があっ, があつ, がなかっ, が必ず, でいま, には望み次第, は何人, は余人, もある

▼ だした~ (12, 0.4%)

1 [12件] がさっき, が五月中旬, が平作, が続い, とその, のなか, の音, はつよく, はまだ, は一晩, をつい, をも氣

▼ だした~ (12, 0.4%)

1 [12件] からの慕念, からはじまる, から来はじめた, であろう, でもあった, にはその, には兄, のこと, の姿, やや流れ, 或日, 振り返ると

▼ だしたわけ~ (11, 0.4%)

1 [11件] があっ, さ, じゃない, だね, である, であるが, です, では, は課長さん, よ, をそれ

▼ だしたその~ (10, 0.3%)

2 少女の 1 ときお, アメリカ人は, 出会いが, 弁当箱に, 放る時, 最後の, 男の, 酒が

▼ だしたのに~ (9, 0.3%)

1 ちがいありません, 一喝を, 健からは, 吃驚した, 氣づい, 氣づく, 話を, 返書が, 遠慮し

▼ だしたほど~ (9, 0.3%)

1 じっと雪, だ, だった, であった, であったが, である, でした, 好意が, 文才にも

▼ だしたもん~ (9, 0.3%)

2 じゃけ, だから 1 だ, だな, ですから, でね, の正直夢中

▼ だしたころ~ (8, 0.3%)

1 だろうと, であった, には, には陽, の生徒, はパパ, 有りがち, 果してルイザ

▼ だしたそう~ (8, 0.3%)

2 です 1 だ漢文, で, であった, である, で御, な

▼ だしたばかりの~ (8, 0.3%)

2 店には 1 この, 土塊の, 火星兵の, 男先生は, 若葉が, 雪の

▼ だした~ (7, 0.2%)

1 いくという, 値段です, 吉の, 弓の, 米の, 綱が, 綱は

▼ だしたそれ~ (7, 0.2%)

1 が最初, だのに, と同時に, は大抵, は平素勉強, は残暑, は私

▼ だしたといふ~ (7, 0.2%)

2 やうに 1 のである, 声が, 意味で, 現象を, 話が

▼ だしたんで~ (7, 0.2%)

2 ひょいと手 1 おおいて, ほんとうの, ぼくは, 失敗した, 気が

▼ だした~ (7, 0.2%)

1 がさらさら, がもう, が三日, が夜, が時, なの, を踏み

▼ だしたくらい~ (6, 0.2%)

21 であった, でこれ, でした, です

▼ だした~ (6, 0.2%)

1 すぎぬ段違, ちがいありませんが, ちがいなかった, 似た姿, 過ぎなかった, 違いない

▼ だした~ (6, 0.2%)

2 が一人, の顔 1 の一人, の人相

▼ だした自分~ (6, 0.2%)

1 の姿, の態度, の気持, の至らな, を最も, を見る

▼ だした言葉~ (6, 0.2%)

1 しようと, だろう, であります, でなん, なの, にち

▼ だしたけれど~ (5, 0.2%)

1 すぐおまえはそんなばかなことをもちだすんだもの, ひととおり酒食を, ぼくには, 一郎は, 妾が

▼ だしたため~ (5, 0.2%)

2 だろうか, に 1 片眼

▼ だしたばかり~ (5, 0.2%)

1 だと, である, です, でまだ, らしい

▼ だした~ (5, 0.2%)

2 の様子 1 の好き, は荷物, も架空

▼ だしたかの~ (4, 0.1%)

2 ように 1 ようだった, 如き印象

▼ だしたけれども~ (4, 0.1%)

1 その巻葉, たかがオメカケ, 当時は, 相手が

▼ だしたこの~ (4, 0.1%)

1 人が, 壺を, 悠長な, 新興色町は

▼ だした~ (4, 0.1%)

1 それに, 他の, 森本薫は, 間隔は

▼ だしたじゃ~ (4, 0.1%)

3 ないか 1 ねえか

▼ だしたそして~ (4, 0.1%)

1 気持が, 泣きながら, 炉や, 荷車には

▼ だしただけ~ (4, 0.1%)

1 だと, である, ですが, のも

▼ だしたって~ (4, 0.1%)

1 いちいち嫁さん, どうにも, なあにそれも, 仕方が

▼ だしたとか~ (4, 0.1%)

1 いて, なんとか言っ, 故郷の, 月並な慌て

▼ だした~ (4, 0.1%)

21 ううむ, アと

▼ だしたなと~ (4, 0.1%)

1 山内は, 思ったの, 思つた, 思われると

▼ だした~ (4, 0.1%)

1 があつ, だと, とは別に, の顛末

▼ だした人間~ (4, 0.1%)

2 はこの 1 にちがいありません, の膏

▼ だした~ (4, 0.1%)

2 の上 1 はもの, は戦地

▼ だした様子~ (4, 0.1%)

1 である, ですので, でポケット, を見せない

▼ だした~ (4, 0.1%)

1 かは知らぬ, はこう, も教師, を聴い

▼ だしたうえ~ (3, 0.1%)

1 に一人, に自分, はなん

▼ だしたお金~ (3, 0.1%)

1 もみんなヒロポン, をうけとっ, をケチケチ

▼ だしたかは~ (3, 0.1%)

1 まだ調べ, よく分る, 知らないが

▼ だしたからには~ (3, 0.1%)

1 いやだ, とにかく私, 後へ

▼ だしたところが~ (3, 0.1%)

1 それを, そんなこと, 馬鹿囃子を

▼ だしたとは~ (3, 0.1%)

1 いいよう, いえそれら, いつたところ

▼ だした~ (3, 0.1%)

2 つてな 1 そのひと杉田屋

▼ だしたようす~ (3, 0.1%)

2 はなかっ 1

▼ だした万吉~ (3, 0.1%)

1 の前, は喪心, ムックリ

▼ だした~ (3, 0.1%)

2 が私 1 の往き来

▼ だした~ (3, 0.1%)

1 がまだ, に向っ, や下等

▼ だした少年~ (3, 0.1%)

1 が横眼, はあわて, もあった

▼ だした~ (3, 0.1%)

1 本人の, 様子が, 触書が

▼ だした~ (3, 0.1%)

1 る不思議, る早朝, 夜だいぶ

▼ だした最初~ (3, 0.1%)

2 のこと 1 から穏やか

▼ だした~ (3, 0.1%)

1 が, がある, である

▼ だした~ (3, 0.1%)

1 の枝, を昼間, を自分一人

▼ だした~ (3, 0.1%)

1 の声, も這ひだ, 臭いほんとう

▼ だした~ (3, 0.1%)

1 でさかな, へひきずり出され, をいく

▼ だした~ (3, 0.1%)

2 を窓際 1 はその

▼ だしたあなた~ (2, 0.1%)

2 が勝手

▼ だしたあの~ (2, 0.1%)

1 わずかな, 声は

▼ だしたある~ (2, 0.1%)

1 お噺, 日ずばり

▼ だしたいつ~ (2, 0.1%)

2 までもこんな

▼ だしたくせ~ (2, 0.1%)

2 に中

▼ だしたしかし~ (2, 0.1%)

1 本流へ, 私としては

▼ だしたついで~ (2, 0.1%)

1 にこころよ, にまたもや

▼ だした~ (2, 0.1%)

2 けり

▼ だしたといった~ (2, 0.1%)

1 ようすで, ような

▼ だしたときぼく~ (2, 0.1%)

1 はあわて, はモルフィネ

▼ だしたとたん~ (2, 0.1%)

1 あたま, に少年

▼ だしたのみ~ (2, 0.1%)

1 でなく周倉, ならず涎

▼ だしたはじめ~ (2, 0.1%)

2 のころ

▼ だしたはず~ (2, 0.1%)

1 だった, の無電班長

▼ だしたひとり~ (2, 0.1%)

1 の怪人, の美少女

▼ だしたまでの~ (2, 0.1%)

2 ことだ

▼ だしたまま~ (2, 0.1%)

1 眠って, 跨いで

▼ だしたものの~ (2, 0.1%)

1 先棒の, 声が

▼ だしたやつ~ (2, 0.1%)

1 があります, はさぞ

▼ だしたトリック~ (2, 0.1%)

1 です, の話

▼ だしたピストル~ (2, 0.1%)

1 はちゃんと, をガチャ

▼ だした人生~ (2, 0.1%)

1 の角度, はいかに

▼ だした光芒~ (2, 0.1%)

1 のなか, はその

▼ だした八幡~ (2, 0.1%)

2 の森

▼ だした動物的~ (2, 0.1%)

2 な本能

▼ だした口ぶり~ (2, 0.1%)

2 で云った

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 でありました, は放

▼ だした君子~ (2, 0.1%)

1 はこの, は未亡人

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 が流れ, の山

▼ だした大隅学士~ (2, 0.1%)

1 はこの, は幸い

▼ だした姿~ (2, 0.1%)

1 ではなかつた, を思い出した

▼ だした家康~ (2, 0.1%)

2 の場合

▼ だした小鳥たち~ (2, 0.1%)

1 の口眞, の口真似

▼ だした往来~ (2, 0.1%)

1 の雪, へ歩きだしました

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 にこれ, に彼

▼ だした惣治~ (2, 0.1%)

1 の才略, への手紙

▼ だした感じ~ (2, 0.1%)

1 がし, だ

▼ だした文句~ (2, 0.1%)

2 で彼

▼ だした文学~ (2, 0.1%)

2 などがある

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 とともに, の日

▼ だした時代~ (2, 0.1%)

1 であります, であると

▼ だした時分~ (2, 0.1%)

1 なので, にがらり

▼ だした時妹~ (2, 0.1%)

2 はその

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 にせかせか, をみせつけ

▼ だした母親~ (2, 0.1%)

1 はその, を見る

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 から来はじめた, の姿

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 がしました, にかける

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 が長い, は果て

▼ だした益田川~ (2, 0.1%)

2 の本流

▼ だした眼目~ (2, 0.1%)

2 は二十七

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 であるから, にもなく

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 はおもい, を仰ぐ

▼ だした粉雪~ (2, 0.1%)

2 はいつの間にか

▼ だした結論~ (2, 0.1%)

1 だ, であった

▼ だした芥川~ (2, 0.1%)

1 の返書, はさ

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 にまかさう, にまかし

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 が頬, だったん

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 かの独創, に向

▼ だした途端~ (2, 0.1%)

1 にわたし, に小屋

▼ だした~ (2, 0.1%)

1 が逆, も飲み

▼ だした鶏骨~ (2, 0.1%)

2 に僅か

▼1* [495件]

だしたさは, だしたあげくしまいには, だしたあげく島村君をいい加減, だしたあたりからやや, だしたいかにも臆病らしい, だしたいくぶん不安そうな, だしたいとしめやかな, だしたいやその痛い, だしたそっぱちだとおもっているだろうね, だしたおしゃれの服装, だしたおせんはふるえ, だしたおびただしい浪人武者, だしたかすかな人声, だしたかたちであったと, だしたかもしれません, だしたからってそうそう目のかたき, だしたからに相違ない, だしたがといった風で, だしたくくと喉, だしたくらゐに, だしたくらいの子供の, だしたはいでした, だしたこおろぎの声, だしたことこれはたしかに, だしたこと六十万石分割の密約, だしたこれ寿限無寿限, だしたころ歌子式多津の二美人, だしたころ藤井先生が例, だしたころ行く手の水, だした老体は, だしたに堪ざれ, だしたさりとて殺伐で, だしたしるしだが, だしたすると奴さんむらむら, だしたせいでありましょう, だしたせつなに蛾次郎, だしたいやな, だしたそしてまた直ぐ止んだ, だしたその後のこと, だしたそもそもの初め, だしたそれから富士男が, だしたためしはない, だしたため門前で斃, だしただけでも唾が, だしただけの話である, だしたやない, だしたというくらいに過ぎなかった, だしたというのかい, だしたときあとからしら, だしたときここが終焉, だしたときだまつて手を差しだしました, だしたときサモイレンコは制帽, だしたときハイロは困った, だしたときランドリュはなに気, だしたとき一言で反対, だしたとき一陣の西風, だしたとき同人の一人, だしたとき左近がにわかに, だしたとき彼らは胸, だしたとき指揮者の森山, だしたとき朝の五時, だしたとき栄二はすぐ, だしたとき檻の鉄棒, だしたとき相手はしばらく, だしたとき院長の左右, だしたとき鰊を追い, だしたとしか思えないよう, だしたとのたまわったよ, だしたとばかり右舷に, だしたともなくそうした, だしたどころでは, だしたどんな意味な, だしたなかなか泣きやまない, だしたなどと思はれても, だしたにらめっこを始めました, だしたこの御, だしたのよ杉田屋に, だしたのれんの下った, だしたばかりかしばらく大きな, だしたばかりに神前へ, だしたひさしはひどく, だしたひとえ羽折, だしたふたりをそこ, だしたほうがよかろ, だしたほんとうの必要, だしたまだ短かく, だしたまでは覚えて, だしたままなにを云っ, だしたままグッタリとなっ, だしたまま今もって, だしたまま何かをつかもう, だしたまま曖昧に宙, だしたまま行方不明になっ, だしたまま閾から入っ, だしたまもなく南風氏は, だしたまん中にぽか, だしたみんなのざわめき, だしたもういそぐこと, だしたものぢや, だしたよく気を, だしたよほど注意は, だしたよりもたくさん飜訳の, だしたしおに, だしたアルコールがきれる, だしたオバサンがお盆, だしたコトエである, だしたスベスベの岩, だしたチョビ安お美夜ちゃん, だしたドリイだって実は, だしたネオンサインの氾濫, だしたハドソン湾毛布地でつくった, だしたバラを切っ, だしたパリでの暮しかた, だしたビヤホオルを出る, だしたフロックを着, だしたブリキの金盥, だしたヘリコプターである, だしたベラミン僧正などは衣, だしたルーブル紙幣を金貨, だしたロス氏にはついに, だしたロナルドとスミス, だしたやろ, だした一つの墓, だした一二輪机上に活け, だした一人は自分, だした一列の人かげ, だした一名の壮漢, だした一家の考察, だした一心教というの, だした一方にそれ, だした一枚の紙片, だした一機がその, だした一点の人影, だした一痛去つて, だした一聯の人間関係, だした一銭活動のフィルム, だした一隻の伝馬船, だした三太夫ていの男, だした三挺の女, だした三高のセリフ, だした不満はあつ, だした不謹慎な人, だした与吉の伊賀, だした世の中ハダカでよい, だしたからタンポポ, だした丸形帽をかぶった, だした主計だ, だした乾坤堂という売卜者, だした事実には気がつかなかった, だした二三日すぎてかの, だした二三町先からここ, だした二人の女, だした二人目の子供, だした五分間ぐらゐ天地を忘れ, だした亭主のことば, だした人人であった, だした人形のよう, だした人混みにまぎれ, だした人物で, だした人馬が互いに, だした今夜の仕儀, だした今日である, だした仏像が安置, だした仏前に供, だした仕事着のずん, だした以上はオメズ, だしたはよく, だした伝六をうち, だした伯父さんはいつも, だした伸子の顔, だした佐々がいきなり, だした体験はよく, だした何者か毎朝自分, だした余りの見苦し, だしたの童謡, だした価値的表現を見せ, だした信玄が然し, だした俵がたの几帳, だした偉大な発見者, だしたにつりこまれ, だしたから起きた, だした先生におどろい, だした八風斎の顔, だした公卿侍は, だした六月初めの蒸暑い, だした円室を持つた, だした初めのうち, だした別荘の並ん, だした勇士がおもわず, だした勝介やや色, だした北条勢の一部, だした千円札を一枚, だした千曲川の流れ, だした升田はすでにバタバタバタ, だした助は, だした半次は顔, だした厚い雲は, だした原因わかる, だした凄いほど, だした口惜し泪でなく, だした合鍵を土居画伯, だした吉岡鳥平君と私, だした同心の土岐鉄馬, だした向日葵がどう, だした味方を立て直し, だしたのよい, だした品ぢや, だした品物を売っ, だした問屋からは原料, だした問題があまりに, だした器物や衣類, だしただから, だした四五名の門人, だした地上は夏, だした場合の挨拶, だしたの穴, だしたがうなずいた, だした変化だつた, だしたちかい温かさ, だした暗の, だした夕方である, だした夕闇のなか, だしたを徹した, だしたのやう, だした大したことは, だした大波は船, だした太いガラス管を, だした太陽は慌しく, だした奏請なの, だした女主人公の冷めた, だした女給のお, だしたは豪傑, だした始末です, だした婆さんの方, だした嬰児を抱い, だした子どもさえある, だした子供の言葉, だした宇宙線や元素, だした宇治山田の米友, だした安之助をようやく, だした安二郎の話, だした安場は東京, だした官舎のなか, だした実に上手に, だした宵やみのなか, だした家老のようす, だした寵臣や役人, だした圓太は, だした小さな從兄妹等の, だした小僧の声, だした小判は, だした小型の鰍, だした小幡民部はチラ, だした小竹を抱い, だした小脇のポートフォリオ, だした小雨にも溶ける, だした少壮実業家金融界の逸材, だした尤もこれは, だした山羊ひげ, だした山腹の小径, だした山頂の岩, だした島田くづし, だしたわかい怪僧, だした幼少のころ, だした幾つかの考え, だした広間があてられ, だした序戦の衝突, だした廊下のほう, だした之助, だした弥吉にそれ相当, だした弥生がそう, だした当初言葉の不自由さ, だした当座はよそ, だした彼女と共に懐中, だした彼女達は煙草屋, だした彼奴が時どき, だした彼自身の数奇, だした心持はおら, だした忙しい農夫の, だした快速貨物船の甲板, だした悲しみばかりが不思議, だした情熱をおさえきる, だした想像であるかも, だした感情を恐れ, だした態度や語調, だした手斧でガンガン, だした手紙をやっと, だした手製の丸薬, だした推古仏をいったい, だした揃いの小袖, だした提議というの, だした支店長募集などその, だした支那の古, だした敵機の進路, だした文子の顔, だした記録なる, だした新たな法則, だした新九郎をむざと, だしたが負ける, だした方法がついに, だした旅行の話, だしたの夜, だした日一同をまえ, だした昨日がよ, だした時コンクリートの廊下, だした時以上に天理教流行, だした時初やがやってき, だした時刻だッ, だした時圭さんはぴたり, だした時持前の毒舌, だした時日が変改, だした時父の顔, だした時男の子は彼, だした時看護婦はベッド, だした時私は面倒くさく, だした時節はずれの寒しぐれ, だした時誰からともなく, だした時足にかけられ, だした時過去を顧み, だした時雨のなか, だしただよ, だした暖簾を寄進, だした曰く空炭俵六枚十八銭古新聞十六銭, だした最大の功勞者, だした木俣といえ, だした木材を筏, だした未亡人が高梨, だしたをおしまい, だした朱文字の提灯, だした束髪で真紅, だした東洋シルクの社長, だした松五郎はそれでも, だした松明が二十, だした松本楓湖画伯は容斎派, だした松薪の山, だした板囲いの家, だしたは幾百, だしたの枝, だしたの木の間, だした栄三郎群刀をすかし, だした校長の顔, だした梅八は窓, だした森山とは私, だした椅子にしばりつけられ, だしたの穂先, だした横顔の女, だしたはひょいと, だしたが舞台, だした武者ぶるいが, だしたのあいだ, だした殿堂のうえ, だした永田錦心とは当時, だしたのよう, だしたの面, だしたで波, だした法師武者がある, だした法月弦之丞, だした法朗西渡りのオーデコロン, だした泰三は立, だした泰軒は, だした泰軒先生思い出しては, だした洋館とこちら, だした流暢な弁舌, だした浪人三名が, だしたなの, だした渾名でも渾名, だしたの海, だした火星の運河, だしたであ, だしたはおえぬ, だした熊沢天皇様などとはそこ, だした熱湯で足, だした燈明の光, だしたして, だした片言隻句咳ひとつでもそっくりそのまま, だしたのよう, だしたは当然, だしたの唾液, だした狂女のよう, だした独創の理論, だしたが井桁, だしたのよう, だした王子がじ, だした珠緒さんを抱く, だしたの音, だした瓦礫のかげ, だした用事もございます, だした用件というの, だした異国文化も影, だした疲労の汗, だした白眼の下, だした白馬草薙と天下無類, だしたと雀斑だらけ, だした監物は, だした目算だつたの, だした直後でありコンディション, だした省略話をもう, だした真最中に口, だした着物を看た, だした瞬間である, だしたの色, だしたなん, だした砲弾が美しく, だしたの矢, だした秀吉はなかなか, だした私立探偵死体を盗ませた, だした私立探偵直接関係者だけでも七人, だした窓ぎはの赤, だした競争に人気, だした笹穂の槍, だした答えであったけれど, だしたをつく, だしたの汁, だした精巧きわまるゴブラン織, だしたをくわえ, だした糸瓜が一つあす, だした糺弾もこれ, だした紅い麦藁帽子をか, だした紳士探偵の顔, だした美人投票が餌, だした群衆の中, だした聴衆の喧騒, だしたの世界, だした脱出方法というの, だしたへかけ, だした自分たちの声, だした自動車の窓外, だした船切手の木札, だした船員に命令, だした船涼みはその, だしたや花, だした若党がそれ, だしたの木, だした茶宗の流れ, だした草吉は自分, だしたのひと, だした萩乃を引きとめる, だしたの話, だしたでもこの, だした蛾次郎はその, だした血まみれのゴング, だしたにはそれ, だした記事が机上, だした記念すべき一夜, だした証拠だから, だしたであって, だした讐打ちというの, だした財産といふの, だした貴重なもの, だした踊子とが胸, だした軌道に疑, だした軟らかい情感の, だした農村と工場, だした遊びかた物の名, だした都合の良い, だした酒壺洞君に教, だした酒屋などが表通り, だした野性味がある, だした金亀虫が初めて, だした金箱の一時的, だした金銀を舞妓たち, だした釜戸の焚木, だした銀貨のよう, だしたのよう, だした関係から非常, だした阿賀妻はそこ, だした障子の色, だした雑草が路, だした雨雲の下, だした雪駄の音, だした雰囲気の微妙, だしたの峰, だした電気にあたって死ん, だしたの五郎, だした青葉が一せい, だした鞍馬の竹童, だしただった, だした音ドオラが時々, だした頃外へ逃出, だしたをぼんやり, だした顔つきをし, だした顔色がよろしい, だした風習か花嫁, だした食卓をどんと, だしたのない, だした馬鹿野郎があった, だしたと人数, だした高倉から商人, だした鹿背山などに向っ, だした麒麟児の姿, だした黄昏の色あい, だした黄河学者がいた, だした黒覆面の影, だした鼓村さんは突然, だした龍膽も咲い