青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

だ~ ~だい だい~ だいたい~ ~だいぶ だいぶ~ だから~ だが~ だけど~ ~だし
だし~
だした~ だす~ ~だった だった~ だったら~ だって~ だつ~ ~だつた だつた~ ~だまっ

「だし~」 5385, 52ppm, 2242位

▼ だし~ (3364, 62.5%)

180 いた 78 いる 66 きた 53 しまった 48 きて 39 ゐた 38 いるの 33 みると 28 しまいました 26 いたの 24 いました, 来た 22 行った 17 来て 16 きたの 15 いった, きました, くる 14 います, しまったの 13 くるの 12 ゐる 11 それを 10 くれ, しまう, ゐるの 9 これを, しまつ 8 おいて, ください, しまうの, それが 7 ある, くれたの, もらって, やって, ゆく, 私の, 見せた, 顔を

6 [11件] いると, いるん, くると, くれた, しまふの, それに, みせた, みた, 下さい, 来たの, 火を

5 みて, みるが, 來た, 行って

4 [13件] いたが, くること, ごらん, ほつと, みせる, もうもの, もらいたい, やりました, ゐるやう, 彼の, 来ました, 見ると, 話を

3 [40件] いたので, いて, いるのに, いるよう, おいた, きたが, きたよう, くるよう, くれたこと, くれたまえ, くれて, くれと, くれば, しまうこと, しまうに, しまったが, しまって, そこに, にこにこにこにこわらった, のぞいて, みたり, みました, みれば, やった, やれ, やろうと, ゐたの, ゐること, ゐるので, 二人の, 余に, 大きな声, 彼らの, 来ると, 空を, 笑った, 行くの, 見て, 読みはじめた, 近くの

2 [163件] あくを, あげる, あげるの, あった, いいました, いきました, いただきたいの, いただきたいわ, いたもの, いた人間, いって, いるうち, いるが, いるその, いるでは, いるという, いるところ, いるので, いるばかり, いるわけ, いるんだい, いる期間, おく, おくから, おくの, おけば, おります, おれの, お目, きたでは, きたので, きた男, きた自分, くるとは, くれたん, くれないか, くれました, ここの, ここまで, この全会, これは, ごらんそら, ごらんなさい, ごらんに, しずかに, しばらくする, しまうと, しまうところ, しまうので, しまったもの, しまつたのである, そこから, そこへ, その夜, その週, そばに, たずねて, ただ一人曠野, だまって, ちょうだい, ちょっとの, どうしよう, どこへ, なんの, ふところを, まるではあはあはあはあ, みせました, みせるから, みせると, みせるよ, みたところ, みても, みますと, みよう, みようと, みようの, もう夜逃げ, もらおう, やる, やるから, やること, やるよ, やろう, よこした, わしの, ゐるさ, アッと, エホバに, テーブルの, 一散に, 予定し, 二升位も, 云った, 人々に, 今まで, 仕事に, 仕事を, 以来リアリズムの, 何が, 出て, 切符を, 勝手に, 口に, 呟いた, 土室の, 売り何, 外の, 大失敗, 女々しい毒念, 姿を, 家の, 寝て, 小圓太, 山の, 巡査を, 手に, 政局の, 政府の, 救を, 明滅した, 昨日の, 朝庭に, 来る, 来る者, 東京の, 権利を, 歩いて, 死期を, 汽車に, 泣いて, 深刻めかし, 清作を, 独言いひ, 瞬く間, 穴の, 笑いだした, 縄を, 置いて, 置くの, 老人の, 耳に, 腰に, 自分で, 自分の, 草を, 蓋を, 行くと, 行つた, 行つてし, 見せて, 見たが, 言いました, 赤心を, 身体を, 逃げ場の, 邪魔を, 金を, 隣りの, 鞄の, 頬の, 顔に, 食事を, 黒い丘

1 [1843件 抜粋] ああいう, あがれるでしょう, あげようと, あたりをば, あって, あのガンガン, あの船, あやしい者, あるもの, あわやと, いうに, いきなりアリョーシャ, いくよう, いそいで, いたから, いただいたの, いたとて, いたり, いた司馬道場, いっしょに, いった子供, いつか年寄りを, いないの, いはれなく絶望, いましたし, いよ, いられます, いるか, いるしよう, いるそういう, いるほど, いるらしい, いるタオル, いる二人, いる出版社, いる女二人, いる山, いる巨魔, いる様子, いる煙, いる目, いる音, うすむらさき, うれしがっ, おいたの, おかしがった, おくべきもの, おごそかに, おたすけもうした, おやすみなさっ, おりそれ, おり思考, お君, お小姓はじめ, お稼ぎ, かけま, かの役人, かんじょう台の, きかせて, きたくらい, きたという, きたばかりという, きた七年, きた巫女, きた程度, きた雲, きっと手紙, きゃんきゃんと, ぎゃくにこちら, くださいました, くださるわけ, くるから, くるので, くる両刀使い, くる男, くる言葉, くれたのねッ, くれた登山者中, くれないッ, くれなければ, くれよ, くれるぞ, くれるよう, くれ給え, こいヨ, ここに, こしを, このへん, この宮, この頃, こらえられなくなったの, これをや, こんどは, さがしました, さぞ途中, さて出掛けよう, ざんねんがるの, しくんしくんやりながら, して, しばらく笑声, しまいねえ, しまうかも, しまうほど, しまえという, しまったその, しまった次の間, しまひ, しまふこと, しゃくも, じっと私, すこし足, せいぜい四五日, そういう有様, そこを, そっとお, そのうえで最後, そのへん, そのまま伴, そのトランク, その前垂, その子, その来歴, その角度, そりゃあ気持よい, それぞれの, それに日附, たえず窓, たたみの, たまたま人, だしぬけに, ちょうど熊谷市, ついに, つまむ, できるだけ早く, とおる者が, とまらなかった, どうかお父さん, どうにもこうにも, どなって, どんな話, なぜ火, なにの, なんども, のけ反らんばかりに, のち島崎藤村が, はおるが, はるばる四谷, ひもを, ひらきました, びっくりし, ふたたび快活, ふね, ぶるっと, ほたる, ぽってりした, まじめに, またどんな, また高射砲, まだ夜, まもなくこいつ, みい, みせ, みせてから, みたい, みたまえ, みなさん焼死なすった, みようじゃ, みる庭, みんなに, むしろまつたく, もう一度箱, もがいて, もとは, もらいたいの, もらいましょう, もらうと, もらつた, やうやく, やさしく風, やったよ, やった弟子たち, やらうでは, やらねば, やりたいと, やりますから, やるほか, やれ安心, ゆかなければ, ゆくその, ゆすりに, よいもの, よたりの, らっしゃい, わかれる, わざわざ学校, われこそは, ゐたから, ゐた義ちやん, ゐまして, ゐるため, ゐるのに, ゐる作品, ゐる故人, ゐる空気, ゐる黒く, アリバイを, ウィスキーを, オアーズ河へ, キシさんの, キリが, ゲタゲタと, ジャラジャラと, ジヨバンニは, スポーツが, チイサ釜と, ドンドンたたきました, ノソリノソリと, バンパーの, ビックリと, ヘラヘラ笑ひだ, マリ子を, メカケとして, ヤケ酒を, 一しょに, 一世一代の, 一円七十銭の, 一室に, 一応軍兵, 一方へ, 一札を, 一気に数寄屋橋, 一種の, 三十人ばかり, 三町と, 上へ, 下さいませ, 下さるな, 下宿から, 不動直立の, 世間を, 中原を, 丸焼けに, 事情を, 二人ながら, 二千円やった, 云おうと, 五十銭銀貨を, 人々は, 人形を, 今の, 仏像の, 仲よくひとり, 低く底力, 何を, 使うわ, 便りを, 俺あ, 僕が, 兄に, 全員みんなそれに, 全身を, 六日町五日町浦佐小出堀之内あたりで, 其の場, 内海先生を, 凹こむ, 刀と, 初こう, 劉備と, 勝つ, 医学校を, 十分間ほどの, 卓一の, 参って, 反抗を, 口の, 叫ぶ声, 右手の, 向うの, 吸う, 和を, 唇へ, 喚いて, 喜んだ, 喫茶店で, 固く国法, 土とともに, 地階への, 堪ま, 外へ, 夜安眠出来なくなっ, 大いに世人, 大き声, 大峰矢田部の, 大鳥居の, 夫に, 失敗も, 女の, 妙な, 姑に, 子供らは, 安座を, 定めし一人, 実際上, 家来を, 寄越した, 寝たっきり, 實家の, 尋ねられるの, 小学生みたいに, 小春日, 小窓, 少しばかり, 居らんと, 崖から, 市の, 年ごろ四十五六洋服の, 床に, 店員たちを, 建物の, 弱つた, 彼に, 彼方轅門の, 後戻りし, 御尊父様, 必死な, 思うさま感謝, 急きたてる, 恐ろしい眼つき, 恨めしそう, 惡い, 感謝する, 懐中を, 戦争の, 戸棚を, 手拭に, 拒まれる何もの, 持つて, 挨拶する, 掛けて, 握らせて, 揺れるの, 散歩にも, 斬って, 新たに, 新次と, 日を, 明智先生や, 昨日からの, 暗い波, 曰く, 書きこむ, 曾呂利の, 木の葉が, 本国で, 来い, 来たと, 来たばかりの, 来たん, 来た娘, 来た本物, 来ます, 来るところ, 来る火, 東京へ, 東来の, 桝落しにかける, 極めて事務的, 橋を, 止めようも, 死ぬところ, 死んで, 殺そうと, 毎晩根気よく, 気が, 気まぐれな, 水戸に, 江戸前の, 法師の, 泣きじや, 泣くやう, 洟を, 浜松城に, 深呼吸を, 渡す, 湯気を, 漕ぎくる, 炬火で, 無愛想に, 然し大学, 煙管に, 熱海中グルグル, 父親の, 犬の, 玄徳に, 珍らしい, 甘ったるい手紙, 生地が, 田中に, 男に, 病気に, 皮を, 盡くる, 盲乞食に, 相木熊楠を, 眼を, 着る, 知りたくも, 碁と, 神社の, 秀忠将軍を, 私に, 積みあげるの, 空嘯いて, 突進した, 立っとるだけ, 笑いながら, 笑う, 笑つ, 紐を, 終には, 綱に, 編み針を, 縛首に, 罵りあふ, 老後を, 聞いた, 聞きだしたの, 脚立の, 腰を, 膝を, 自動車に, 舞台の, 芸人を, 苦笑した, 荒巻敏司中橋英太郎小山田新作梅沢夢之, 葬ったら何人, 虚空を, 血相を, 行きそう, 行く, 行ったが, 街の, 袖を, 襖を, 見える, 見せたの, 見た, 見ました, 見れアお前, 覗いて, 言つた, 計算を, 話させたこと, 話すと, 語り合った, 読むうち, 誰も, 豹一は, 貰えるか, 買いたそう, 買った別, 買ひたさう, 起訴する, 踊りはじめた, 身じまいを, 車の, 辛抱し, 退却の, 逃げられたらそれ, 造つた細長い, 遂に今日, 遊んで, 遠吠えを, 部屋へ, 野の, 鉄棒を, 銚子を, 長くなり, 門内へ, 間もなくそこ, 降伏した, 階下に, 雨戸を, 雪に, 電車が, 静に, 面倒くさそう, 靴だけ, 頭の, 頼みぬ, 顔の, 風呂敷包をと, 食うこと, 食べるから, 駄々な, 駐在所へ, 騒ぐ黄昏, 鳴くもの, 麻薬を, 鼻を

▼ だし~ (192, 3.6%)

18 して 14 使って 13 なりました 12 なって 4 かかった 3 かかると 2 されて, したり, するの, なった, ならないで, なること, 使われて, 成功した

1 [112件] あずかって, あまり智識, いくこと, いくの, いった, かかったところが, かぎる, かぎるもの, きたからには, きたに, きたの, きたん, きた命知らず, くるの, くるよう, さういふこと, したの, した一人, した反感, するとか, する考え, すれば, それとなく様子, つかいかねなかった, つかって, つかつて, つかわせたり, つかわれてるのよ, つかわれる生まれつき, つけた物, でかけたか, でかけて, でる店, なさったり, なったうえ, なった上と下, なってね, なっては, なつた, なつて, ならない, ならないから, ならぬよう, なりそのまま, なりだいぶ, なりませぬが, なり陛下, なる, なるかと, なるころ, なるため, なるまでにゃ, なれば, テーブルの, 乗って, 争って, 他ならぬ, 使いやがって, 使いやがる, 使い母, 使うこと, 使うて, 使うの, 使う方法, 使っただけ, 使ったという, 使ったわけ, 使ったん, 使つていろ, 使つてお, 使つて不穏な, 使つて国を, 使つて自分で, 使はれ, 使ひや, 使ふ, 使われた, 使われてるよう, 入れて, 凝るはうで, 凝るほう, 出向いて, 加勢を, 参った次第, 吹き貫き形では, 哀を, 女を, 小石川の, 幼い者, 従事した, 悩む, 日が, 晒された自分, 来たの, 来た時, 来た贋金買い, 来て, 歩くかね, 煙草入れに, 用いると, 用ゐる, 精根使い果たした, 緋の, 自分を, 行きたかったけれども, 行く途中通り, 行っても, 解けた分量, 近寄った人物, 金庫を, 銀金具の, 間に

▼ だしそう~ (135, 2.5%)

20 な顔 12 な声 9 になった 7 になる 5 になっ 4 だった 3 であった, にし, になりました 2 である, です, で困った, なしかし, な冷え冷え, な顏, な顔つき, になり

1 [53件] だ, だと, で不安, で口, で困っ, なかなしい, なしか, なすずしい, なその, なもの, なよう, な不安, な不思議, な予感, な低い, な女中, な姿勢, な孤独, な息子, な憤怒, な日, な明るい, な時刻, な暗い, な気, な気分, な気配, な渋面, な目もと, な眼, な空, な空模様, な羞恥, な血相, な表情, な複雑, な調子, にかたく, にさえなった, にした, にしました, にする, にはなる, にみえた, にゆがみました, にゆがん, に云った, に光った, に口尻, に灰色, に聞えた, に見えた, に顔

▼ だし~ (96, 1.8%)

2 一行が, 一行で, 出るもの, 取り方, 女中よりも, 好戦的な, 文章を

1 [82件] あった一景, ありさ, お尻, かったあっさり, かなり不恰好, ことだ, ことは, して, ついて, とぼけた話し振り, とり方も, ばく知らに, ままで, もとに, やうな, ようでした, ような, インドの, 一小, 一行に, 上で, 上に, 上へ, 下に, 不心得な, 中で, 中に, 人間らしさ, 伊達, 作者は, 入ったもの, 円喬円右円遊あり, 出ようが, 動物同志に, 半戸だ, 味が, 味という, 味を, 堺屋さんの, 声まつ外に, 大きな湯治場料理屋, 大男が, 女は, 女中と, 女装で, 如きは, 姿である, 子供らしい, 小娘も, 尖端まで, 島崎親分, 彼方に, 御転婆, 恰好で, 抜け上ったお, 数行を, 整備は, 文句を, 日に, 有様に, 木目を, 梁に, 煮こぼれるまで, 爺さんが, 環, 用語例は, 田舎なまり, 男である, 示威運動に, 竹亭寒, 笑顔に, 者ごったがえし, 腕に, 腕を, 荷車も, 解くる, 話の, 農家出の, 金梨地の, 関係は, 附いたの, 電話を

▼ だし~ (93, 1.7%)

5 あけて 4 かぶったよう, して 2 したあと, 冠った, 取るとか, 取る匂い, 彼は, 載せて, 開けて

1 [66件] あけたり, あける音, あちこちと, いちいちあけ, かきまわしたかと, かけて, がたがたいわせ, くうところ, くって, ささえるため, しました, しませんからって, しらべて, するもん, そっくりそのままキャヴェンディッシュ, その中身, つけたからの, つけたま, つけながら, つけること, つたの, とって, とり次に, とる時, とる種類, とる鰹節以外, ひっぱりだして, ひっぱりだしました, ひらいて, みなそれぞれに, やや濃い, やりたいと, わるくし, 作るには, 入れて, 出すにも, 力任せに, 取りそれ, 取り出して, 取るには, 取るの, 取るまでに, 吸うもの, 少しずつ, 引き出した, 引っ返せ, 打ったり, 指さした, 挿すの, 明けて, 書かうとして, 書こうと, 最初少し, 煮る事, 煮出して, 片づけはじめました, 知ること, 笹が, 策して, 自分の, 解くの, 記憶の, 貰って, 開きそこ, 開けると, 食っちゃった

▼ だしたり~ (89, 1.7%)

9 して 7 した 4 そんなこと 2 しながら, すること, すると, また急, 身を

1 [59件] あれこれ手段を, いちいち相槌, いつも不景気, したから, したが, したの, したらどう, したらみじめ, したらコナゴナ, しないで, しないよう, しばらく経つ, しましたが, しましてね, します, じょうだんをいったりしました, するから, するだろう, するとは, するもん, する不気味, する公然, する器械, する類, その傍, そんな忙しい, ぢり, できるもの, ひっこめたり, またお, また逢え, また酒, バケツや, 中には, 乱暴し, 何か, 何かを, 何人殺し, 全人類, 分配の, 勝手な, 口ぎたなくかれ, 口をへの, 女に, 娼家の, 小説を, 引っこめたり, 怒ったり, 息を, 手に, 消えたり, 生きかえらせたり, 積み荷の, 給仕の, 縄を, 腹が, 陶工を, 顔に, 鰐口に

▼ だしながら~ (78, 1.4%)

3 云った 2 こう云っ, 呟いた, 彼は, 私は, 訊いた

1 [65件] あたしは, あわてて, いい続けました, いま聞いた, おとうさんの, おもいました, お綱, この屋敷, しきりと, しきりに手, そう思った, そんなにも, だらしなく, つぶやくよう, どうする, なにか手まね, ぬっと現われでました, ねちねちと, へんじしました, またもや接吻, また詩吟, まるで叱りつける, みちみち山椿, もぞもぞと, やがて並ん, ノメる, 両手で, 乞食の, 何やら早口, 信仰の, 元の, 原稿を, 咳払いを, 圓朝は, 声を, 夜の, 女王の, 小さい健吉, 小學生たち, 小舟町の, 左手の, 左膳, 彼れ, 後景へ, 教育の, 暗い道, 暫らくは, 書いて, 松林の, 栄二は, 澄江の, 片方の, 生き生きと, 目くばせし, 竈に, 答えた, 考える, 苦悶の, 言った, 辰男は, 遮った, 部屋を, 鉛筆を, 降りて, 頭を

▼ だしても~ (73, 1.4%)

2 いるの, ついこの, ゾッとする

1 [67件] あれは, あんなもの, いいと, いいところ, いい頃, いけませんよ, いつでも, いる, うそでは, おにい, お気の毒, けっして下, げつ, これを, すぐ仕事, その時, ぞっとします, ぞっとする, なお右手, なつかしくまた, ならぬ, はらわたの, まるで名刺, よいじ, ろうとくれ, ゾッとします, 一晩徹夜し, 三人は, 不快で, 不快である, 二十二箱を, 僚艇から, 効の, 勝つ, 厄鬼が, 厭な, 商売には, 堪りませんの, 夢では, 嬉しいらしく, 学校時代は, 当国, 彼のみは, 心に, 怒鳴りつけられたかも, 恥か, 悪感が, 暗くなる, 暗らいの, 栓を, 母は, 毛虫に, 水の, 決して上品, 決して軽々しく, 知らないよ, 空二は, 笑ひだしたくなる, 羞かしくない, 胸が, 苦痛な, 誰一人ウンとは, 買へ, 足もとの, 身が, 身動きし, 返事が

▼ だしては~ (62, 1.2%)

2 酒を

1 [60件] いいませんでしたが, いえないと, いけないの, いない, いないぞ, いないのよ, いるが, かさばりますので, きたわけ, きょうまでの, すぐに, そう云った, そこに, その用, たいへんと, たつた一人, だめです, ていねいに, なにも, ならぬ, みたが, みたものの, みるので, わたしの, ゐるから, イカンゾ, イカンナンマミダブナンマミダブと, ダメに, 一日中子供の, 云わないが, 伍一の, 伯母さんに, 克明に, 大喜び, 大変と, 少し強く, 快くお金, 怖ろ, 惜しがっ, 憎がった, 手を, 手桶へ, 早苗さんと, 曇つてた, 樹の, 死ぬであろう, 母親を, 氣を, 泣きする, 泣き思ひだしては, 王子に, 礼も, 胸に, 自分から, 言いませんでした, 言へ, 話し話しした, 金に, 頭脳の, 首を

▼ だしてから~ (43, 0.8%)

2 私の

1 [41件] いっそう静, この東西, それだけの, それは, たずねると, だった, であった, はじめの, ぼくは, まだ一年ぐらゐにしかならないのに, まだ浅い, まもなくお, もう一昔, もう二十五年, もう十日, もはや三年, やがて横っとび, カケコミを, 三ヶ月ちょっと, 二十日と, 五日目の, 何時間に, 十六人は, 十有一年その間すべて事志と, 半年とは, 太刀川は, 女に, 宵の, 彼は, 探るよう, 明日は, 時も, 活字で, 甲斐を, 節蔵の, 精神も, 部落一番の, 間もなくお, 間もなくパナマ丸, 飲むつもり, 骨董屋には

▼ だし~ (40, 0.7%)

2 したが, しないかと, しなかった, 致しませんわたくし

1 [32件] いかにつらく, いくら柱, かつおぶし, こんな工合, こんな工合ひだ, しない, しないわ, しなかつたこれ, しねえで, しまい, しまいかと, するが, たいのうしおなどの, てんぷらの, できない, どうだらう, どうだろう, まず利かない, 七輪にかけて, 五月幟の, 出ずかえって, 各地の, 実に結構, 常用しなかつたらしい, 彼れ, 慎しんで, 普通の, 歌うて, 羊の, 若い衆の, 通りは, 開けっ放しに

▼ だし~ (39, 0.7%)

2 しなかったわ, しなければ, だが, 成績の, 波の, 私までが

1 [27件] あたらしく書き, あたらしく書き加えた, この拷問, しないで, しなかった, せず大きく, だけれど, だと, なれど, なれ晝, マイナス数十点といふ, 五十年以前の, 仕末, 仕舞には, 始末が, 姐さんの, 彼は, 愛すべきですね, 救か, 救かる, 救は, 救われるだろうだが, 敬さる, 照子の, 結構だ, 裸で, 認めて

▼ だしそれ~ (30, 0.6%)

2 に実際

1 [28件] がだんだん, がみる, がみんな, が奴等, が強い, が翌年, について六十人, につられ, につれて村中, によってせっかく, によって二人, に乗っ, に仮り, に対するあらゆる, をがまん, をつっかけ, をつれ, をガラス, を下物, を同君, を少し, を手, を折, を敷い, を片手, を紐, を舞台, を顕微鏡

▼ だし~ (25, 0.5%)

2 出て, 出る

1 [21件] あったと, あったわけ, ある, あるから, すてきだ, たっぷり利きます, できて, ないから, ふえる, まるで自分, 付いて, 出たか, 出ない, 出るため, 出るとは, 帰って, 止まって, 溶けて, 物忌み衣の, 美味しかった, 行われた

▼ だし~ (24, 0.4%)

1 [24件] あるく, おつゆ, きいた, それでも頭, とび下りて, なんにでも, ひや, 一度び飢饉, 仁王様に, 冷素麺なら, 割って, 十日の, 報ぜられて, 太いお, 宣伝し, 宮という, 歩道の, 渡辺篤加入の, 犬と, 立って, 能うかぎり, 自分流に, 足は, 道を

▼ だし~ (20, 0.4%)

3 うにな, うになる

1 [14件] う, うだけれど, うにし, うになつた, うになり, うに思つたのだ, うに顔を, が出, が流れ, で急い, のやう, ぶは, へすれ, を感じ

▼ だしその~ (19, 0.4%)

2 踏み台を

1 [17件] あとの, しわを, たびに, ために, とりみだした態度, はしを, カラクリを, 上に, 中の, 具体的な, 各様の, 唄を, 声で, 子供さんたちに, 空洞, 足で, 足の

▼ だし~ (17, 0.3%)

1 [17件] いつて, くれ, なって, ならぬこと, なりて, オムライスと, 乙は, 思ううち, 思って, 思つて見る, 思ふうち, 白いふくらっぱぎ群集も, 言うたこと, 言うて, 言はれ, 評判され, 詫言したら

▼ だしもの~ (15, 0.3%)

2

1 [13件] かも知れない, がある, ことである, です, で飯塚文子, といひ, はたしか, は田楽師, をさがす, をした, 事で, 仕合せである, 幸いゆえ之を

▼ だし抜け~ (13, 0.2%)

1 [13件] に, にこんな, にぼく, にみんな, に尋ねた, に滝, に物音, に素晴らしい, に荒々しく, に言い出した, に誰, の思ひ, の質問

▼ だし~ (12, 0.2%)

3 がって 2 がる 1 あがったもの, がるし, がると, べつた, べりすぎた, 大音寺前にて, 私が

▼ だしさうな~ (11, 0.2%)

1 [11件] ので幾島暁太郎, 予感ある, 困惑を, 声で, 日が, 時世に, 空模様である, 芸者も, 表情に, 顏を, 顔に

▼ だしでも~ (9, 0.2%)

2 したやう, したよう 1 きかして, したか, したかの, して, なさると

▼ だしがら~ (8, 0.1%)

2 になっ 1 ではない, とき, なの, のよう, の様, を筵

▼ だし難く~ (8, 0.1%)

1 一応お, 一部分の, 光秀様も, 大山大聖が, 文永, 皆と, 粗茶ひとつ献じ参らすべく, 義を

▼ だしから~ (7, 0.1%)

1 だらだらと, オデンの, トチリど, マッチが, 土蔵の, 独りこッそり毒薬袋を, 紙に

▼ だしさえ~ (7, 0.1%)

3 すれば 1 した, しなかったん, しなければ, しました

▼ だしそして~ (7, 0.1%)

2 跳びあがる 1 その名, ますます傾く, 僕の, 安全に, 彼等は

▼ だしそれから~ (7, 0.1%)

1 かなり高く, この茶店, 床の, 手の, 溜息を, 私は, 紅茶に

▼ だし~ (7, 0.1%)

1 でもいなかった, の夢, はまた, は二十三貫, は十五, は某々君, は見付

▼ だし~ (6, 0.1%)

1 久さん元来, 催しの, 氷の, 直は, 綱の, 説教が

▼ だしこれ~ (6, 0.1%)

1 だと, でもかというよう, に婿, に波音, もあの, を擁立

▼ だしちゃ~ (6, 0.1%)

1 いかんじゃ, いやあよ, こまるね, ダメよ, 困る, 邪魔ん

▼ だしなみ~ (6, 0.1%)

1 が大切, だ, でいずれ, も好もしい, を人並以上, を暴露

▼ だしまた~ (6, 0.1%)

1 いずれかへ, そんなもの, 剣魔左膳が, 怒りだして, 立ちどまり大きな, 院外に

▼ だし笑い~ (6, 0.1%)

3 をし 2 をした 1 を浮かべる

▼ だし~ (5, 0.1%)

1 な人影, な様子, にけれどもまた, に歩き, に浮んだ

▼ だしこの~ (5, 0.1%)

1 ままには, わたしも, 小説を, 言葉が, 辺りまで

▼ だしてからは~ (5, 0.1%)

1 こちらは, 原型によって, 寺は, 少しすましとった, 故小花

▼ だしてな~ (5, 0.1%)

1 あの火, まア役徳, 中, 猶太人, 私も

▼ だし~ (5, 0.1%)

1 おこさせたまわず世, おこさせ玉はず, は自然, を, を懷

▼ だし昆布~ (5, 0.1%)

1 とかまたは, の上等, の砂, の鑑別, を鍋

▼ だし~ (4, 0.1%)

1 がその, けれどはちきれ, という娘, よ

▼ だしてね~ (4, 0.1%)

1 お豊さん, すっかりかぶっちまう, そこへ, むっているおおかみのおなかをじ

▼ だし~ (4, 0.1%)

1 それに, やつぱり官展にな, 伸一郎氏と, 何も

▼ だし~ (4, 0.1%)

2 をば 1 か, を立てられる

▼ だし彼女~ (4, 0.1%)

2 の背後 1 はイライザ, は無口

▼ だし~ (4, 0.1%)

1 がハッキリ, にはソツ, は人, をあみだした

▼ だし~ (4, 0.1%)

1 がいたく, に浮かぶ, はぐらぐら, グラグラで

▼ だし~ (4, 0.1%)

1 が寒く, さえ吹き募っ, に吹かれ, はさわぐ

▼ だしあの~ (3, 0.1%)

1 うす暗い日蔭, ふしぎな, へんの

▼ だしごと~ (3, 0.1%)

2 はさて 1 を述べる

▼ だししばらく~ (3, 0.1%)

1 カサコソと, 一人で, 東京方から

▼ だしそのまま~ (3, 0.1%)

1 城外へ, 死んで, 逐電し

▼ だしだんだん~ (3, 0.1%)

1 に調子, 暮しが, 歩速を

▼ だしてさえ~ (3, 0.1%)

1 いた表, くれれば, 慄然として

▼ だしてと~ (3, 0.1%)

1 めがねを, 思はぬこと, 頼まれて

▼ だしでは~ (3, 0.1%)

1 合点が, 魚の, 魚味の

▼ だしといふ~ (3, 0.1%)

1 ものには, 語を, 遣り方

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 のでことさら, んだ, 乗るか

▼ だしには~ (3, 0.1%)

1 かつおぶし, 苦労を, 苦勞を

▼ だしぬけで~ (3, 0.1%)

1 あっしには, お気の毒, びっくりだろう

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 もどって, 仕舞い込むと, 返るの

▼ だし人形~ (3, 0.1%)

1 の類, の首, は祭り

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 午後に, 平福氏の, 神秘主義的に

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 というもの, は一夜, をこしらえ

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 の体, は蒼ざめて自分, を連れ

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 はたたい, をまわし, を加え

▼ だし~ (3, 0.1%)

2 が暴力的 1 に心

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 にはもう, をじ, を怒らせ

▼ だし自分~ (3, 0.1%)

1 の全権, の頭, までも一つ

▼ だし自動車~ (3, 0.1%)

1 が進む, のなか, へつみこむ

▼ だし行燈~ (3, 0.1%)

1 が宵宮, が装飾一遍, の灯口

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 は飲まず, を飲まない, を飲ん

▼ だし~ (3, 0.1%)

1 の露, の風, や馬

▼ だしあたし~ (2, 0.0%)

1 があまり, の家

▼ だしいつも~ (2, 0.0%)

1 なら午後, 黙って

▼ だしいま~ (2, 0.0%)

1 この丹波, では村

▼ だしかた~ (2, 0.0%)

1 であった, もみんな自分ひとり

▼ だしこっち~ (2, 0.0%)

1 がしずまった, はアハトゥロフの

▼ だしこつこつ~ (2, 0.0%)

2 と長編小説

▼ だしこの世~ (2, 0.0%)

1 の泡ごころ, の生活

▼ だしこんど~ (2, 0.0%)

1 はお, は裏通り

▼ だしさも~ (2, 0.0%)

1 それが, 自分で

▼ だしした~ (2, 0.0%)

1 ぢに, 蓋物を

▼ だしすぐ~ (2, 0.0%)

1 そばの, むこうに

▼ だしする~ (2, 0.0%)

1 から珈琲屋位, のでなる

▼ だしそうして~ (2, 0.0%)

1 そっと私, 喉から

▼ だしそこ~ (2, 0.0%)

1 にかがみこん, はユウモア好き

▼ だしその間~ (2, 0.0%)

1 から右手, にはさん

▼ だしたま~ (2, 0.0%)

2

▼ だしたる~ (2, 0.0%)

1 を見れ, 母屋づくり木の

▼ だしつい~ (2, 0.0%)

1 考えこんで, 面倒だ

▼ だしつつ~ (2, 0.0%)

1 あるそれら, ある社会

▼ だしての~ (2, 0.0%)

1 仕儀だ, 狼狽だった

▼ だしてを~ (2, 0.0%)

1 いた, り思考

▼ だしという~ (2, 0.0%)

1 ものには, ような

▼ だしとして~ (2, 0.0%)

1 つけた物, 鷺の

▼ だしながらも~ (2, 0.0%)

1 あきて, 其那薬なんか

▼ だしなる~ (2, 0.0%)

1 名称は, 四神像は

▼ だしなんと~ (2, 0.0%)

1 いうこと, 上品な

▼ だしはげしい~ (2, 0.0%)

1 雨脚の, 風が

▼ だしひつ~ (2, 0.0%)

2 かば

▼ だしほっと~ (2, 0.0%)

2 したとたん

▼ だしまるで~ (2, 0.0%)

1 お家騒動の, 呪詛の

▼ だしみんな~ (2, 0.0%)

1 はぐるぐるぐるぐる, 持ちだして

▼ だしもう~ (2, 0.0%)

1 坂本の, 苦しくて

▼ だしやがて~ (2, 0.0%)

1 川の, 近づいて

▼ だしレビュウ~ (2, 0.0%)

1 など, も論語先生

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 には皮, の写真

▼ だし中国軍~ (2, 0.0%)

2 の反乱

▼ だし人びと~ (2, 0.0%)

2 は煎餅

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 じゃもう, ではいたずらに

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 かお便り, か矛盾

▼ だし光らぬ~ (2, 0.0%)

2 朱の

▼ だし千円~ (2, 0.0%)

2 の皮

▼ だし卓子~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ だし吉井~ (2, 0.0%)

2 のべか舟

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 がひりつく, へ嗚咽

▼ だし~ (2, 0.0%)

2 べてゐた

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 のうち, は万燈

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 は大, 變愼み

▼ だし~ (2, 0.0%)

2 なあこ

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 に無けれ, はそれほど

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 がくるしく, がとまっ

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 程と思, 程と思った

▼ だし散らばつ~ (2, 0.0%)

2 て見事

▼ だし日本~ (2, 0.0%)

1 にとって満, も満

▼ だし明朝~ (2, 0.0%)

2 ぜひ訪ね

▼ だし時々~ (2, 0.0%)

2 僕の

▼ だし果ては~ (2, 0.0%)

2 あつち

▼ だし~ (2, 0.0%)

2 を張り

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 をかた, を写し

▼ だし此処~ (2, 0.0%)

1 からもさして, と縁

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 が出, の中

▼ だし激しく~ (2, 0.0%)

2 続けさま

▼ だし火勢さかん~ (2, 0.0%)

2 に燃あがりけれ

▼ だし爪髪~ (2, 0.0%)

2 の長

▼ だし現しき~ (2, 0.0%)

2 ものの

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 と他, もつい

▼ だし白い~ (2, 0.0%)

2 手は

▼ だし空景気~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 一そんな, 一物腰が

▼ だし親族~ (2, 0.0%)

2 はさら也人

▼ だし貴人~ (2, 0.0%)

2 の服

▼ だし軽蔑~ (2, 0.0%)

2 しだした動物的

▼ だし道傍~ (2, 0.0%)

1 に標的, に酔いつぶれ

▼ だし部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, の積み

▼ だし鍛冶~ (2, 0.0%)

2 する

▼ だし長い~ (2, 0.0%)

1 戦争も, 袂を

▼ だし間もなく~ (2, 0.0%)

1 死んで, 死んでしまつた

▼ だし~ (2, 0.0%)

1 の硬, も見える

▼ だし黒住~ (2, 0.0%)

1 のお, のお祓い

▼ だし~ (2, 0.0%)

2 にかける

▼1* [504件]

だしたまを, だしあたりを照らしました, だしあっというほど, だしあっという間に盗って, だしあとの半分, だしあなたもそれ, だしあはれなる姿, だしあらかじめあけて, だしいくらか実相に, だしいっそ女王様の, だしいったい君は, だしいまや顔全体が, だしうどんに温熱, だしうるか否か, だしえらい音を, だしおまけに死躰, だしおやじがつい, だしお茶を注ぐ, だしお蔭で叔父, だしお雪ちゃんのひとがら, だしかわりにこれ, だしがまんして, だしきつてやむなく, だしきのうの疲れ, だしきものにし, だしくるくるッと, だしぐいぐいと麦酒, だしこういう二人の, だしここいら場末だもん, だしこちこちとしきりに, だしこっそりと父, だしことはさておき, だしこめかみに垂れた, だしごころのえ, だしさうな低い空や, だしさうな悲しい目で, だしさえもしなかったでしょう, だしさっそく鉄筒入の, だしさては鳥又, だしさまざまな苦痛, だしざま水をふきあげ, だしざま若い衆の両足, だししあいの官能, だししか知りてや, だししっかり踏みしめて, だししばしば高座で, だししまいには眼, だししますからいずれ, だしすばやくズボンの, だしせっせと子供を, だしせめて久し振りで, だしぜんおまえさんのよう, だしそういう風に, だしそこここの木陰, だしそこで水に, だしそめた柳にも, だしそれで体が, だしそれに君の, だしそんなに痛い目, だしたいがいひとり黙々として, だしたくみに彼ら, だしただでさえ光度, だしたちまち見えなくなって, だしたってえ訳, だしたまう舎利子色は, だしたりなどして, だしたりはいいが, だしだけでつくるとろろ汁, だしちっとも修飾し, だしちゃあんと, だしちやつたのよ, だしちやふから雨宮さんもその, だしちやアいけないよ, だしっぱなしにした, だしくるくると, だしついで火の, だしついにはまた, だしつかりしてゐる, だしつぎからつぎ, だしつくりしないので四五日, だしつばめは巣, だしつらなむ, だしてあつて, だしていうことを, だしてしもて私の, だしてすら手ぬるい感じ, だしてずつと前に, だしてなぞ云えたもの, だしてにやっとわらいました, だしてはと立入左京亮から, だしてまで驚くほど, だしてよきっと約束, だしてよと言ったのよ, だしであったのが, だしでないよ, だしところどころ自分で, だしとしての厳しい束縛, だしとなりの浴室, だしとの三つの, だしとはぎゃくの, だしとりあえず村の, だしどうかすると, だしどうしても聞分けようと, だしどうせかれも, だしどうにかして, だしどこといっ, だしどたばたと駆けっこ, だしどの年よりも, だしなあ俺だって, だしなかの一人, だしなどして, だしなどとはやくも, だしなどは決して珍, だしなども澤山に, だしなにかいいながら, だしなにかというと, だしなにやら声高に, だしなに河豚の毒血, だしなりけれ, だしなんにでもよい, だしにくかつた, だしので安全第, だしはてはくるくる, だしはというのは, だしや其の, だしひと蹴り蹴って, だしひとつひとつそれをなで, だしふた間しかない, だしふところに金, だしほんの大体しか調ばっ, だしづ危機を, だしまさか手籠めに, だしまったくその裏側, だしむかしのよう, だしむつかしい問題を, だしもしまた秀吉, だしもちつとは辛棒, だしもっと大きな仕事, だしもよ朝夙く法華経二部を, だしゃもじはおわりの一口をぐっと, だしやはり錠口に, だしやるせなかった, だしゆんじゆんしてゐた, だし立派な, だしよく動こうとは, だしてのお父ちゃん, だしわざと道の, だしイタリーの代表, だしエモフィリーがなに, だしキャラコのきれ, だしコンクリートの厚い, だしゴルフ場まで探し, だしシーチーという音, だしジェミイのお母さん, だしスタンダールについで, だしタクシーを拾っ, だしダメですねと, だしと立っ, だしツイ去年の暮田舍, だしデッサン不正確なり甘し, だしドイツの政治, だしピートがもつれない, だしフランクはまた, だしフワッとブランコ, だしヘリコプターはしずか, だしペンが君, だしポケットから取り出した, だしムダに疲れた, だしと突, だし一つは僕の, だし一まわりして, だし一万石という家, だし一人の女, だし一分後にはもう, だし一大藩によく, だし一直線に岩, だし一身を君国, だし一體芥川のところ, だし丁寧に皺, だし七十郎は彼, だし三十兩といふ大金, だし三十日から七月, だし三味の音, だしの方, だし上流層も庶民, だし不愍だが, だし且つそのあし, だしの, だし世界じゅうがみしみし, だし世界中に流行, だし中村警部が友だち, だし主人のめだま, だし主人公のネヴィール嬢, だし乍ら跣足で走りまわりました, だし九州でも筑前, だしとはし, だし二十五座の神楽, だし二合ぐらい, だし二朱に通用, だし互いに責め殺すという, だし五十人七十人と徒党, だし五時ごろにいよいよ, だし些かの誤り, だしのそ, だし人々が山, だし人となりにけり, だし今後斯波氏を立て, だしの子, だし渡し手形に, だし会社じゃただ, だし伯父さんの代, だし住込みならそう, だし何時まで待つ, だしのとおり, だし依田氏の顔, だしべき直, だし値打ちもない, だしが長い, だし先刻当港, だし先客に占められ, だし克明に頁, だし兩眼からはどっと, だし六年前の写真, だし出たくなささう, だし出版のこと, だし切ッている, だしむ, だし初めた古着屋, だし初めて気楽に, だし剣山へ指し, だし勝手から目笊, だし勝手口の戸, だし十五分ほどする, だし十六世紀頃の法律, だし十兵衛が前, だし十兵衞が前, だし印度のダージリン, だし参謀本部の作戦計画, だしを大きく, だし古い木机のうへに, だし叫び声をたて, だし右手にぐっと, だし同じ品質の, だし同業相扶け相, だし君らに聞せる, だし周圍の壁, だし呼吸をし, だしの一時, だし問答はこんな, だし四列ならびになっ, だし四勺すなわち四分六, だし四十二兩は福の神弟, だし四方八方から花子, だし国境を接する, だし土曜日の朝, だし地上に手足, だし城外に出, だし基道を突, だしを下り, だし墓前にぬかずき, だしの外, だし壮年も自分, だしを忍ん, だしに出で, だし多少文化の, だし夢子は十七, だし大きな眼を, だし大分時間が費, だし大助に激しく, だし大好きなチョビ安兄ちゃん, だし大工らしいひょうきんさ, だし大正十三年以来兵庫県内の国道, だし大波が船, だし天日に乾かし, だし天気はよし, だし天氣はよし, だし天羽と二人, だし失望なのよ, だし女子と何處, だし好意も持っ, だし始末に困る, だし始終相手に, だし姫宮の家庭教師, だし婆あと来ちゃ, だし嫂さんはあんな, だし子供がよく, だし学生には聞かせ, だしが出掛ける, だし安芸も人, だし宗教家らしく人間, だし実質的です, だし家庭生活に絶望, だし宿の前, だし密偈のあらず, だしさと, だし小さな唇で, だし少し稼ごう, だしきも, だし山根さんも彼, だし岡村七郎兵衛が立会い, だしの廊下, だしを越え, だし嵐劇しくすさまじく, だし帰りにゃ花村, だし年賀客といっ, だしけさ, だし幾組かのかたまり, だしに跪い, だし底引の錨繩, だしの花圃, だし弾力もある, だし彼等の言葉, だし往来に唾, だし微かに身動き, だし恐ろしさと, だし悪くさうに, だしにし, だし懐中ランプをさしだす, だし我らは未来, だし或はやねこじき, だしのよう, だし手拭だけ新しい, だし手紙を持った, だし手足を動かした, だし折角こっちが, だし抜いて天晴, だし抜けだったので私, だしつべきもの, だし握力もむかし南方, だし播磨守が手, だし数献をすゝむ, だしが上陸, だし新聞が特別, だし方々で噴火孔, だしださうです, だし早い萱草や, だしが非, だし昼食および晩食, だし時代も新しく, だし暫く待たせたあと, だしを読む, だし書きもした, だし書庫にはいっ, だし最後にベソ, だし最高速度でギンネコ号, だし服装までそれ, だし未央の瓦硯, だし本文にも二号沢山, だし本通りから電車, だし板戸の錠, だしだけになった, だしの毀れ, だし栄二が睨んだ, だし桃生郡深谷と遠田郡, だしの中, だし森おじさんの書斎, だし椿の茂み, だし之助, だしで村, だし機体がぐっと, だし次いでその眼, だし次にその言葉, だし次の間へ駈け込ん, だし正直爺さんは宝物, だし正篤はにやにや, だし歩み去って, だしんど, だしの自慢, だし母子で帰っ, だし毎日きまって少しずつ, だしばらしが, だし気味も悪い, だし気温も低く, だし氷塔をわたり, だし汚い針山から, だし江夏は蟻, だし江戸一といわれる, だし決して碁の, だしから風, だし泊ること, だし波間の楫枕, だし流し元は血だらけ, だし浅瀬の高波, だし浪人の寺本山平, だしは平に, だし海辺に立っ, だし深い穴の, だしつたが, だし温和な蜂谷六左衛門, だし源公から見れ, だし源次郎はドッ, だし演出者が最後, だし煉瓦を片, だし煙草を詰め, だし煙草吸ひつつ, だし煮炊きの薪, だし燈明がチョロチョロ, だし燐寸箱に火, だし父親からいろいろ, だし牧草地にはいちめん, だしでしてな, だし物外物内何すれぞ悟達, だし獅子のよう, だしも死, だし田舎に引き籠っ, だし画面へざあざあ水, だしは性, だし病気のお母さん, だし白痴となり, だしで賑やか, だしがまわっ, だし直ちに彼を, だしにした, だし相場師と云う, だし相対して, だし眼鏡をのぞい, だしが輝い, だし知識欲もさかんだ, だし石段が辷る, だし確乎して, だし確信のうえ, だしや流行り, だしに向けられました, だしのよう, だし立てば, だし糸竹管弦の妙, だし細き目に, だし組打ちをはじめ, だしふ, だし絶叫したいという, だし經濟上でも得, だしからころげ落ち, だし縦隊をつくっ, だしをかり, だし義理人情で才能, だし老年はすでに, だしの穴, だしの肉, だし脳髄の奥, だし腹部ぜんたいに痙攣, だし自殺しようと, だし船員たちは大, だしの白い, だしなどいふ, だし荷物といつ, だし華族様もきらい, だし葉藏の枕元, だしの裏, だしや毒々しい, だし藤吉に口, だし行者が手, だし表皮がべろ, だしに詰め, だしだつて, だし裏のへい, だし製材所で柱, だしは乱れ, だし規定どおりのプロセス, だし覚悟をきめた, だし親しく自宅へ, だし親父やおふくろ, だし解雇し彼, だしに聞く, だし認識というなら, だし調査委員の任命, だし論説や討論, だし人物の, だし谷中の墓, だしはまっ黒, だし足袋戦争にでも行く, だし身振りをやりだす, だし身柄を拘束, だしには深い, だし遊女や白拍子, だし過去が過去, だしを走り, だし道後の湯, だしの外, だし部屋いっぱいに満ちひろがる, だし野獣の本性, だしも残さないだろう, だし閏月生れで五行, だし間違いないね, だし関東の気力, だし関西では大水, だし隊長である, だしって浪費癖, だしの六畳, だし難ければ, だし難しで不, だしが巻い, だしまでたて, だし頭巾のなか, だし頭髪もそろそろ, だしを二つ三つ, だしを絶, だしもろくに, だし馬あはれなり秋風, だし馭者の背中, だし驚きのあまり, だしの形, だしも伸び, だし髭だらけで荒い, だし麻雀には見る