青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~つかない つかない~ ~つかぬ つかぬ~ つかまえ~ ~つかり つかり~ ~つかん つかん~ ~つき
つき~
~つぎ つぎ~ ~つく つく~ つくし~ ~つくっ つくっ~ つくづく~ ~つくり つくり~

「つき~」 8482, 92ppm, 1208位

▼ つき~ (951, 11.2%)

384 して 60 した 28 しながら 11 見て 8 見ると 7 かえて, する 6 しました 5 した男, するの, 感じた 4 もって, 持って, 着て, 見せた 3 かわした, し, したが, 失つ, 彼は, 気に

2 [26件] ごらんよ, したの, したり, した大きな, した若い, します, し顔, ちらと, とりもどした, とりもどして, 取りもどした, 取り戻して, 失って, 形容した, 彼の, 得ました, 思い出すと, 着たよう, 知って, 示して, 見た, 見た時, 見ても, 見ながら, 見る事, 鋭くし

1 [339件] あざけったり, いたしましたが, うしなって, うらやましいとは, えた, えたの, おも, おろそかに, お定め, お送りなされ, かの女, きたお婆さん, ぎごちなくした, このまま, この月, ごらんなさい, ごらん何一つ, ごらん鼠の, さへ, しいちばん, しそう, しそれから, したおまけ, したくらいの, したこの, したちょっと, したぢ, したので, したよう, した一人, した儘, した十余人, した厭, した園山, した坊主, した壮, した女, した子, した子供, した小, した幼い, した明るい, した栗色髮, した横, した母, した牝豚, した瓜実顔, した町人, した白い, した給仕, した花嫁たち, した裸, した遊び人体, した青年, した顔, した黒人, してさ, しては, してや, してやった, してるうす青い, してるな, してるね, してるのみ, してる病弱, しない, しないよう, しなにか, しはにかんだよう, しほか, しニヒリスト, し何, し合う, し同じ, し息, し時には, し田圃, し苦々し, し葦君, し蒼ざめた顔, し薄い, し運動, し静か, じっと見返した, じろりじろり眺め, すぎ秋, するから, するが, すること, すると, するないこいつ, するのよ, するよう, するん, するんだい, する彼女, する必要, する野郎, そちらへ, そのま, たえずわたし, たよりにて, ちよつと, ちらつかせたり, ちらりと見せた, つかんで, つたが, とりかえしました, とりとめも, ながめながら, なさった, なさって, なさるの, なされすぐ, なす, なすつて, のせて, はおって, はじめた, はじめるころ, ひきずるよう, ぴしやりと感ずる, まつすぐ, みせ, みせた, みせた女主人, みせて, みて, みてて, もち得, もて, もて生けると, やつて, やめて, やらかしたらしいですがね, よくする, わざとみせびらかし, わたしは, マルガレートの, ヴェリチャーニノフに, 一つだけ, 一つの, 一つ捜し求めた, 一わたり眺め, 一層煮え切れなくした, 一方が, 一瞬切な, 上げた, 与えた, 与えたらしかった, 与えて, 与えるか, 与え黒い, 与へるだらう私, 中に, 予想し得なかった, 二つの, 人々に, 人生の, 何となし, 使いながら, 保つたり, 信じ国, 僕は, 全く改めて投書, 判じながら, 割に成功, 勇に, 動かした, 動かしながら, 取りもどして, 取入れて, 取戻して, 吉祥菓持せ, 向けた, 呉れた, 嗤ふ, 嗤われながら, 土台として, 変えて, 変えるよう, 変へる, 夫の, 失いかき乱された生活, 失いはげしい, 失い言葉, 失つては, 失つてゐた, 失わない男, 好くする, 妨害しない, 娘の, 嫌い目, 守り申すや, 実行し, 廊下に, 強い表情, 弾ねつける, 形容する, 彼に, 往来と, 待って, 従えながら, 得た, 得たばかり, 忘れて, 思い出させた, 思い出した, 思い出して, 思い切って, 思い浮べた, 思って, 思ひやるは, 思ひ出させた, 思ひ出しますわ, 思ひ出し海辺, 思ひ出し海邊, 思ひ浮べた, 恐れた, 悔み気に, 悟浄, 悪くした, 想った, 想像させる, 想像する, 感じさせる, 感じたの, 慌て, 手に, 手本に, 承知で, 投げかけた, 投げた, 投げて, 投げはじめた, 投げ与えながら, 拾って, 持ちそして, 持ち例, 持った人たち, 持っては, 挙げたいと, 捨吉は, 改めなかつた, 政府へ, 整え定刻, 映した時, 暗夜の, 書きつらねて, 書くこと, 替へて, 朱色の, 検べ, 権に, 欲せず, 求めたり, 求めて, 求めてる彼女, 求めること, 求めるの, 注いだ, 注いで, 浮べながら, 渡した, 炉の, 烈しい芯, 無理に, 父親から, 盜み, 相当ハッキリと, 着た枕あんどん, 着た男, 破って, 破壊する, 示した, 窺わずには, 立ち直らせるひと, 笑ふ, 終わるまで, 考えて, 考えに, 考えると, 考え出すと, 耳に, 聳か, 肩の, 膝の, 自分に, 自分は, 與へて, 良人に, 荒っぽくさせ, 荒つ, 落としたりなんか, 落とす法, 裏切るやう, 裏切るよう, 裏返すよう, 裝うて, 要求する, 見い晴れ晴れ, 見せたが, 見せたの, 見せた時, 見せて, 見せながら, 見せましたが, 見せようと, 見たうえ, 見たり, 見て取って, 見なさい, 見ました, 見よどう, 見よやという, 見よやといふ, 見りゃ腹, 見るや, 見れば, 見ろ, 見ろよ, 見送って, 言い表そうと, 詳さに, 誇張し, 謳っても, 貧困の, 身を以て, 転じて, 迂回し, 返しながら, 退治する, 送った, 送った明け暮れ, 送りながら, 遠目ながら, 鉤索の, 闇に, 革命的に

▼ つき~ (925, 10.9%)

19 私を 14 私の 9 彼を, 見て 7 それを 6 サト子の, 云った, 眺めて 5 あたりを, いつまでも, 彼の, 自分の

4 [11件] あつた, ながめた, ながめて, キャラコさんの, 伸子を, 彼は, 彼女を, 眺めた, 睨みあつ, 睨んで, 自分を

3 じっと彼, もって, 出て, 女を, 娘を, 空を, 見た

2 [50件] あつて, いう, おれを, こちらを, この妹, じっと少年, じっと見つめ, その後姿, その顔, それが, ぢつと, みんなの, われわれを, アリョーシャを, キャラコさんを, ヴェリチャーニノフの, 中庭を, 二人を, 伸子は, 何か, 僕を, 受けとめて, 天井を, 女の, 彼に, 彼女に, 戻って, 旅を, 横文字の, 此方を, 皆の, 相手の, 眼を, 睨めッくら, 私たちの, 私は, 窓の, 素子を, 総監を, 見がち, 見つめて, 見ながら, 見廻した, 言つた, 話を, 近づいて, 部屋の, 青年の, 額越しに, 黙って

1 [664件 抜粋] あたしの, あたしを, あつしの, あとに, あなたは, あらわれて, いったこと, いつの間には, いては, いろいろと, いんぎんに, おさえて, おそらくはほんの, おまけに, お互いの, お光, お前の, お客の, お秀, お茂, かしこここ見返し, かの女, かれの, きいて, きっと女, きつと, くび, くりかえしくりかえし計算, けっしてりっぱ, こちらへ, こっそり偸むように視線, こっちを, このごろしじゅう, この場, この小柄, この支那人, これは, こんど妻が, こんな事, ござります, ささやき合った, さっと帽, しかし殆, しかも何処, しきりにそこら, しげしげと見, しげしげと靴底, しじゅうわたし, しばらくだまっ, しばらく沈黙, しばらく見, じいっと僧, じいツと, じっとながめ回した, じっとヴェリチャーニノフ, じっと自分, じっと見詰め, じろじろと, じろじろ千恵, じろじろ店中, じろりじろりと私, じろりと彼女, じろりと相手, じッ, すたすたと, せうもしも, そういった, そうご, そう言っ, そこに, そこらを, そつと, その一応, その人, その喪章, その女, その子供, その意味, その日, その朝, その枝, その異様, その肩上げ, その自殺室, その酒壜, その青年, その頗る, たずねました, ただそれ, ただもう, ちゃんとわかる, ちゃんと読める, ちょいちょいと, ちらちらと, ちらと, ちらりと盛子, ぢろぢろと, でもシヤチコバつて, どじょう汁一人前, どんな若, ながめてから, ながめますと, ながめ続けた, なにか言いかける, にらめた, にらめて, ぬき足しのび, ねそう, のぞき込んだの, はり番を, ひとま, ひとまず帰宅, ふと無, ふり返った, ほかほかと, ほんのしばらく, ぼくの, ぼんやりと, まじまじと, まずそうに, またニヤリ, また彼, また捕えた, まだ少年, まっ蒼, まとまりの, まともに, みないわけ, みなの, もござりませぬ, やせぎすの, やって, やつた, やるなどという, ゆっくりと, ゆったり働い, よませる物, よむべきだと, ろくにおじぎ, わざ, わざと伸子, わざと間, わるびれも, ゐたの, ゐながらも, イワン・フョードロヴィッチを, イヴォンヌさんの, クリストフを, サイは, サチ子を, サッサッと, サモイレンコを, シューラを, ジギタミンを, ソーンダイクを, ダニューブの, チエ子と, チラと, ドアの, ナイフを, ナオミの, ノッソリ中へ, パーヴェル・パーヴロヴィチも, ヒョコッと, フロムゴリド教授を, ブランコを, ベッドの, ペンキ工の, ペンベリーは, ホテル, マリユスを, マルソオの, マンを, モスク, ラシイヌは, ルリの, ヴェリチャーニノフを, 一つの, 一ヵ月一九五〇フランだった, 一台一台見送っ, 一座を, 一斉に, 一晩いくらっていう, 一様に, 一泊三円だ, 一点を, 万事を, 万燈を, 三十郎の, 下から, 下ひろがり, 中を, 主人を, 事務室へ, 云うの, 云って, 云つた, 亭主を, 人々の, 人々を, 人を, 人好きの, 人波をよけながら, 今伸子, 他人の, 伝え合った日, 伯爵は, 伸子の, 佃の, 何を, 促されて, 保管した, 俺の, 倶楽部なんかに, 健二の, 優しく相手, 先客二人の, 先生の, 其存在を, 内室に, 内山を, 円い形, 再び一種貴族趣味, 凝っと, 凝つと, 切長な, 判るの, 別の, 勇士の, 勉強の, 勝ち気らしい, 北村を, 千世子は, 千穂子の, 印東の, 危なく消えよう, 原稿を, 口が, 口笛を, 古田の, 叫んだ, 右腕の, 吉之助を, 向うを, 君も, 吟味した, 周囲を, 呻いた, 命じた, 品物の, 嘲笑を, 四五臺の, 垂れ迫る感じ, 場内を, 場所なれない, 多計代, 夜を, 夜目にも, 太刀川の, 太平を, 夫人の, 奥だけ, 奥の, 奨励され, 女房の, 妾に, 姉を, 家の, 宿に, 寒ぶ, 小切るの, 小鳥を, 少女の, 山の, 山田を, 岩井の, 川島を, 川瀬を, 左右やうしろ, 師に, 師匠を, 幹太郎を, 幾つもの, 康子を, 廻り椽に, 廻転させる, 引き立てられて, 当時のも, 役者の, 彼女が, 彼女の, 後は, 御入来, 御来訪, 復習に, 応える, 思いがけない都築明, 急いで, 急に, 恋心に, 恨めしさうに彼, 惚れぼれと, 意気地なし, 愛一郎の, 我々を, 或る, 戸山君を, 批評する, 投票人に, 挨拶した, 推すと, 提灯や, 改めながら, 敵手を, 文学の, 文学青年や, 新八, 新聞の, 新聞を, 早口に, 時々房一, 暫く, 暮して, 最初から, 月に, 木戸が, 来たわけ, 来る, 来る日, 東北地方を, 柴垣は, 椅子を, 槇を, 横あいから, 正直な, 正面の, 此子の, 殊にところどころ修繕, 母さんに, 母を, 毛深くて, 気ちがいじみた, 気取りも, 沙汰を, 治子を, 泣いた頬, 泰然と, 浅黒い頬, 浮かない伸子, 浮子を, 渡すか, 湯殿の, 源作を, 火箸で, 無口の, 無心らしく, 爺さんの, 犬を, 狸の, 甲斐と, 甲斐を, 甲斐守の, 病室へ, 瘠せて, 癇の, 皆を, 皮膚の, 皿の, 相手を, 眉の, 真名古を, 眺めるし, 眺め始める, 眺め過ぎる, 睨まれて, 睨みあって, 睨みつけながら, 睨めつけた, 睨めつけて, 瞬間的に, 知らせるもの, 磯五を, 礼を, 私と, 穏やかに, 空の, 立ちあがると, 立ち居の, 竜太郎の, 答えた, 箸を, 粗く彫った, 素子の, 素子は, 素早くお互い, 細かい紺絣, 細君を, 細面の, 組合員を, 結構な, 総長を, 罷出たの, 美味く食う, 老人の, 耳を, 聴衆を, 背も, 能登守の, 自分自身を, 自殺室の, 興奮し, 船長を, 芥川君て, 苦しそう, 華やかに, 葉子を, 葵を, 薄氷の, 薄笑いを, 藤波の, 行っちまった, 行われたの, 表に, 見あげながら, 見おろして, 見つめながら, 見まわしたが, 見まわして, 見やった, 見るという, 見るん, 見上げた, 見下したが, 見下して, 見合った, 見守って, 見守りライン産, 見廻したけれど, 見続けて, 見返されるだけ, 見返した, 見送りながら, 視られるお, 覗き込んだり, 計算し, 記述した, 許して, 話しかけこの, 話した, 話したい事, 話し合って, 説明し, 課業は, 諭すよう, 變に, 貞世を, 買い入れたカナリヤ, 買ったの, 趣味深い, 車内の, 軽く歌, 輝く真珠, 迎えるかと, 近所の, 追って, 通りがかりの, 通りすぎる二人, 通平は, 運転手の, 道に, 遠くから, 遠来の, 重吉を, 野本氏の, 野本氏を, 鉱業権を, 鋳掛屋の, 間もなく判つた, 階段を, 隣りと, 隣室との, 雜草や, 雪之, 青空を, 頭を, 頭部の, 頼むやう, 顎十郎の, 顔の, 顔を, 食事の, 飯を, 首つり人を, 駈け寄って, 骨身の, 高峯一端の, 麗々しく雜誌北星, 黒眼の, 黙つて, 鼻緒が

▼ つき~ (836, 9.9%)

6 シントコの, 電信柱は 5 中に, 男が, 羽織を 4 ま, 名刺を 3 お縫, ために, ものである, ように, 凄くて, 女中だった, 男は, 音が

2 [38件] い, すぐれて, ままで, むっつり右門, 一軒家に, 三疊の, 下駄を, 休暇を, 例に, 兵隊や, 可愛さ, 外套の, 女が, 女で, 女の, 好いの, 妙に, 家族風呂も, 家賃は, 座敷を, 怖ろ, 悪いの, 悪さ, 方の, 時計を, 服を, 本棚が, 牡蠣を, 美しい少女, 美しさ, 自動車に, 花かんざしひらめかし, 蓄音機が, 豊な, 部屋に, 酒箸が, 鋭い男, 電信柱が

1 [701件 抜粋] あいだに, あかりも, あるしみじみ, ある中, ある山, ある建物, ある芸匠, いいここ, いいの, いい白い腕, いい秀吉, いかつい一人, うちに, うらみより, おだやかな, お上手, お仕着せを, お嬢様か, お客さんだろう, お座敷に, お手紙, お突き, お話の, お酌, お銚子, かくしから, かけかな, かなり綺麗な, きっちりした, きれいさも, ぎごちない, こと, ことを, この右門, この空虚, こわい因業そう, ごときも, しん吉を, するどい卑しげ, すわつた彼ら, せいだった, せいの, たからもの, たぐひであつて, ちょっと可愛らしい, つよい線, でも女たち, ところを, とても美しい, とりを, どじょう汁は, ないこと, ないの, ない子, ない彼, ない気持ち, ない眼, ない社会, ない血走つた, なんとはしたなく, はなやかな, ふっくりと, ほうなり, ほっそりした, ままさしあげます, ままな, まま今は, まま厚切りの, まま必ず, まま鍋の, むっちりと, もどきが, もの, もので, もの全く, やうに, やさしさ, やさしそう, やすんだところ, やわらかい産着, ゆびわの, よいもの, よい肩, ようだ, ような, よくない, わりに, わるいの, わるいガス, アパートにでも, オムレツ私が, ガラス戸といふ, ジェリーの, スラリと, ダイヤルを, チキンなど, テーブルを, テーマは, デスクが, ト調の, ハイカラサンで, バス自動車人力車などが, バンガロウを, パンが, ビフテキ, ホテル・アンテルナシオナールの, ボーイに, ボーイを, ポスターを, マントを, モメントの, ライタアを, ランプが, ランプは, ロジイの, ワイシャツや, ワンピースで, 一人娘で, 一構えが, 一軒浪人大澤傳右衞門の, 一部の, 三つの, 三十前後の, 三畳, 上着乗馬ズボンさ, 下に, 不知火銭を, 不良少年に, 世界を, 並々ならぬ, 中には, 中年の, 丸い漆器, 丸太とで, 主従な, 久留米絣の, 事と, 事を, 二週間の, 云う事, 五十がらみの, 人そのまま, 人でつ, 人の, 人間で, 人間です, 仏様が, 代りに, 代わりに, 代物よ, 伊香保が, 休暇が, 低地を, 作品と, 作業に, 使ひ, 便宜主義, 係蹄は, 修正を, 儘送り返した, 優しいいわゆる, 入口には, 入国許可を, 全く大, 六畳, 六畳であった, 典侍が, 冬の, 凄い三十男, 出し物を, 別室が, 刺身など, 刺身なら, 剛情と, 包みを, 十八九に, 卑下し, 卓も, 厄介者だ, 厚っぽたい, 又と, 反戦論かを, 古い家, 可愛いクリクリ坊主, 右上り, 右側が, 合羽姿が, 同乘, 名工だ, 吸取紙, 唯だ, 商店の, 商略的結婚制度に, 問題, 問題が, 善行で, 器を, 四角い陳列棚, 在り方と, 在り方は, 地点に, 堅いところ, 場所に, 士官などの, 壺だ, 外套に, 大きな部屋, 大ブルマイ, 大外套, 大浮標, 大部分, 太郎左衛門の, 太郎左衛門も, 奥には, 奥の手だ, 奥女中の, 女たちが, 女中が, 女中でした, 女中と, 女中にだって, 女房で, 奴が, 好いかお, 好い丸っこい肩, 好条件に, 妓に, 妖怪である, 始まりが, 姿で, 娘だらう, 娘である, 娘という, 娘必ずしも, 媼いつも, 嫁の, 子供の, 季節が, 実を, 実乗院, 実際過程, 室が, 室がりを, 宮廷礼服の, 家, 家から, 家の, 家を, 宿, 寝台だ, 小さい区切り, 小室が, 小屋の, 小田原提灯を, 小競り合いに, 小谷は, 小部屋, 小間使いの, 小鰯, 少し恐ろしい, 嶮し, 巡査が, 工合を, 希望者も, 帯の, 帽, 帽子を, 平ったい, 年配の, 幻覚を, 広い額, 床洞庫釣棚等すべて本格, 座談會なんて, 弓でござる, 引っこんだ, 役者たちは, 彼を, 往復である, 徳を, 徴候は, 急勾配, 怪しい三十五六, 息女であった, 悪いむだ, 悪い不, 悪い方, 悪い猫, 悪い男, 悪くモダン, 悪そう, 悪丁稚, 悪党だ, 悪党にや, 惡い, 惡いものに, 意味は, 意味を, 意見を, 感じなどと, 感じの, 懐中時計を, 我儘娘で, 所である, 手伝いを, 手傳ひ, 手荷物を, 手触りと, 指環を, 挨拶を, 提灯を, 教師館を, 敬坊, 文豪の, 新聞記事を, 方で, 旅券の, 旅行用ハンチングを, 旅行者だ, 早打ちに, 早駕籠二丁, 星を, 時代の, 曠原風の, 服が, 期間が, 木柵, 木箱を, 木製の, 材料を, 東屋風の, 梢にか, 梯子段を, 椅子が, 樣子で, 横丁を, 歌, 歌です, 歎賞の, 死亡広告を, 比羅, 気品の, 氣持の, 水平線に, 河底に, 油切りや, 注意人物として, 浮気者だ, 淋しさ, 灯火だ, 為めに, 無統制, 無頼漢です, 燭は, 爺さんが, 爺やが, 片目金拡大鏡を, 牝犬めわが, 物である, 物思わし, 物置めいた, 犬よりも, 狂人である, 王さまには, 理由に, 生きぢょうちんを, 生活費が, 生理休暇と, 由, 男だ, 男です, 男も, 男達ばっかり, 畜生が, 病人から, 痩せた鶏, 白浪だ, 看板が, 真実と, 真黒に, 着流しに, 石垣の, 石段から, 破足袋, 硝子扉が, 神, 禿であろう, 穏か, 端々に, 竹を, 箱が, 箱入, 籠の, 細つ, 細長い船, 経緯の, 絵なんて, 網絹で, 縞八丈黒繻子の, 縦横無尽なる, 美しいこと, 美しいまるで, 美事な, 羽二重の, 羽子の, 翼を, 老人は, 老爺が, 背に, 胴巻を, 腰元, 膳で, 自動車が, 良いの, 良い魚, 色々を, 花嫁を, 若々しさ, 草履を, 草香流だ, 荒くれ男に, 葡萄の, 蔭に, 薄焼, 虚偽で, 蜜柑を, 蟻田博士を, 血で, 表れたの, 補填を, 裡には, 襖の, 襖を, 見るからに, 言葉だつた, 言葉では, 話のと, 話を, 誰が, 調度の, 豊かな, 赤いロシア鞣, 身ぶりな, 農夫憐みの深い, 農家に, 返礼に, 迷信を, 送り状へ, 通詞で, 逸品で, 運転手の, 道に, 遠目金の, 部分だけを, 部屋の, 部落とは, 都合で, 酒という, 重苦しい感じ, 野獣狩りなんかにも, 金庫だ, 金時計が, 釣とは, 鈴を, 鉄塔が, 鉤が, 銀が, 銃を, 鋭いへん, 鋭い大柄, 鋳掛屋で, 長い廣, 長椅子へ, 門口へ, 間で, 関係は, 附添として, 降下秤, 険しくなる, 階段が, 雨が, 電信柱おまえの, 電信柱に, 面會だけが, 靴, 音を, 頑丈な, 題名と, 風は, 風呂敷に, 風格諸, 馬車より, 高い帽子掛, 鬼瓦でした, 魅惑の, 魚の, 魚を, 魚料理です, 黒いなり, 黒い制服, 黒人でした

▼ つき~ (587, 6.9%)

10 いる, これを 6 いるの, しまった 5 しまいました, しまったの 4 云ふ 3 吉凶を, 考うる

2 [41件] あるいは愚意, いた, います, その人, その描ける, その蚊帳, まつりの, ゐる, 一場の, 一言いたしましょう, 一言せん, 余儀なければ, 倒れたの, 卑見を, 南天の, 因に, 巧拙を, 心を, 成りませる神, 或人, 批評的に, 揃ひ, 数句を, 施爲したる, 日本文学を, 此後とやかく, 海に, 渡る子, 石を, 私の, 秩父宮殿下に, 絵画と, 美を, 背ひ, 自己の, 蕪村も, 見るべし, 見返りたるまた, 評せよとの, 語る所, 鑑定する

1 [453件] あえて躊躇, あらゆる悪声, あるいは赤き, いかなる想像, いそぎゆく, いたの, いっせい検挙, いて, いないという, いはんか, いひたる事, いひ進むは, いふ, いましが, いますし, いよいよさびしい, いよよよろしくなり, いるおり, いるでしょうか, いると, いるという, いるよう, いるわけ, いる所, いろいろ腑, いわばわれわれ, うたたかなしも, おかしき話, おたき婆, おりあと, おります, おります強い, お別れ, かえって専門, かく無, かく申す, きたやう, くると, くるの, この家, この後, この手紙, この木立ち, この焼豚, こよい, こよひ, こんな顔付, ごとり, さつきの, しきりにさびし, しまいましたわ, しまいます, しまいますけれど, しまう, しまうこと, しまうだろう, しまうところ, しまうに, しまうの, しまう前, しまったかも, しまったらああ, しまったん, しまった時, しまった碌, しまって, しょっちゅう動かなくなった, するめ, そこより, そっと横顔, そのうらみ, そのひとつふたつ, その国内, その時代精神, その最も, その残骸, そもそも何事, それは, ついに全身, とうとう蠅, とうとう馬場, とかうの, なお幾多, なほ幾多の, なり, なんらの, はや母親, はるかに, ぱったり倒れ, ふらふらと, へとへとに, ぼんやりしてる, ますよ, また包丁, みぎわに近い, みれば, もう起きあがらう, もう起きあがろう, もつとも性情, ものも, ゆき永劫, ゆき見れば, ゆくこと, ゆくゆくは, ようやく寝よう, よく, よく吟味, よく尋ね, よめる歌, わがこ, わが淑女, われに, われ等は, ゐたので, アノ遠き, ウォーラストンとの, クナクナと, ディーテの, ヴィリエ・オットマン閣下著, 一つところを, 一と, 一二の, 一例を, 一夜の, 一定の, 一段高く, 一言しつれ, 一言せざるべからず, 一言も, 一読あら, 七兵衛に, 三年に, 上りぬ, 下ぐる頭, 下す考察, 下りて, 下山する, 不潔に, 不都合の, 予にすら, 事こまやかに, 二者の, 五行の, 人に, 人の, 人を, 人家の, 人語を, 人馬落ちかさなり, 今にもおぼれ, 今は, 今一つの, 今一つ常に, 今少しく, 今年は, 仕方なく, 仰向けに, 休らいたり, 低い雑木交, 何ほど, 何もかも考える, 何をも, 何事も, 何處まで, 余の, 余り語らず, 來れ, 例を, 例証を, 候, 倹約を, 僅かに, 充分これ, 入りしは, 入来れる, 全然誤りたる, 兩手わ, 兩眼の, 其夜供の, 其頭, 冷やき, 出づ, 出て, 出でし少女, 判断を, 半里, 単語の, 同じこと, 同女, 吾人の, 唐人の, 問はれた, 嘆息する, 噛んで, 地下の, 地面へ, 坐しその, 坐り, 増す寶, 夙に色彩, 多くの, 多大の, 大に, 大略の, 天にて, 夫れ, 好事的詭弁を, 始めて灌頂壇, 始中, 子供の, 子供を, 実験し, 寝たる男, 封をば, 将門に対して, 少しく評する, 少しく話さね, 屏立するあり, 山木は, 岩に, 己れ, 已むなく木戸博士の, 帰する, 平生意見の, 幾許も, 床の, 座長の, 弁明する, 弟は, 強て, 当時JO撮影所の, 彼に, 彼の, 彼塔の, 往々存する, 待つ, 御話申, 忌まわしき事, 思出し, 思索し, 急斜面が, 恐れずまた, 悟る所, 悪夢を, 悲しげ, 惨敗し, 意識的に, 感じたる処, 感ずる所, 感ぜら, 懇切に, 我より, 我を, 我心裡に, 戸口の, 手が, 打ち斃, 拝めば, 指導役の, 教を, 数件, 数回を, 斑らに, 斯の, 新兵器, 既に久しき, 日常必要の, 日本の, 春も, 時々入, 時間と, 曠野の, 曲りて, 更に飫肥, 最もやすき, 最も多く, 最も実行, 最も注意, 最後の, 朔に, 来全く, 枝葉勢なし, 検するに, 橋の, 此家に, 死んだ者, 殊に美妙, 水と, 水に, 水を, 永劫の, 永遠に, 汝が, 決心の, 沈めるを, 河原に, 注意を, 浪子は, 浮世絵の, 深く物, 溢水の, 滅するの, 火の, 為事する, 無感覚なる, 煎薬ばかり, 熟, 爭へる, 物いふまた, 物侘しく, 特に力説, 特別の, 狗奴國を, 琴古流の, 用ゐられざりし, 用ゐる, 申して, 申上げ, 画中美人の, 略解を, 異説多し, 畳に, 疊に, 疑わしき点, 痛を, 白樺つつじ笹などの, 眠る, 知ること, 知る所, 研究し, 祝う, 禁制を, 禅室に, 科学上の, 秘室伽羅を, 種々心配, 空と, 窓を, 立停りぬ, 立往生する, 笑い出して, 笑えも, 箱から, 粉に, 精細なる, 経験せる, 絵かきが, 総評する, 罵立てつつ, 群集の, 老木あらはれ, 考うれ, 考え出したの, 考へ, 考へると, 考慮を, 考究する, 而も, 聖フランチェスコと, 肉に, 胸悪く, 腹を, 膝が, 臥せるをも, 自家撞着の, 花開かず, 草に, 菅政友氏が, 萩の, 著しく目, 薪水補給を, 血統ならず, 行きければ, 行く, 行田に, 西洋油画の, 西走す, 見む一二三四五六七八九, 見ゆる木, 見るが, 見る方, 見聞したる, 親しくその, 親しく問, 親しく図書自体, 観察する, 觀察した, 解説に, 討究を, 記したる一節, 記する, 記録を, 註釋者の, 詰問せられ, 該博なる, 該委員は, 語って, 語らんと, 語り戲れき, 誤伝されある, 説いて, 説く所, 説明せん, 読まんこと, 調査し, 談ずべしわれら鄙, 論し, 論じたるところ, 論じて, 論ずるに, 論ずるもの, 諸, 諸神, 講ずるところ, 講演した, 講演致し, 谷の, 豊前へ, 豊前国小倉へ, 豫備の, 質問すれ, 質問に, 起直り, 車上に, 近刊の, 述ぶ, 述ぶる, 追記と, 遊ばされた事, 遊びし君, 道が, 道は, 道を, 遠い遠い昔, 邪魔に, 里道が, 野垂死を, 長い森林, 長筈, 関根屋と, 離れざるもの, 霊達の, 頬より, 頭を, 頭をが, 額上の, 顛動し, 飴色に, 餌を, 首を, 騒ぐ子ら, 魂も, 黙々と白い

▼ つきながら~ (334, 3.9%)

7 云った 6 言った 3 だまって

2 [13件] いいました, いった, うなずいた, それを, チャブ台を, 何度も, 夢から, 彼は, 机の, 答えた, 自分の, 訊いた, 黙って

1 [292件] あるいは快活, いたましく取り乱した, いって, いつもヴァイオリン, いまし方, いろいろの, おろおろと, お見送り, からだを, かわるがわる一生けん命, きかかるおばあさん, きょとんと, くずれて, ぐずぐず言っ, こ, こう云った, こう言いました, こう言っ, こんなこと, こんな事, こんな話, さて偽りならぬ, さもうれし, しばらく話し, しまいまで, しみじみと, しわだらけの, じろりと次郎, すばやく身じたく, そういうの, そう思う, そう答えた, そこへ, そっと呟く, そっと見あげる, そのあと, その商品, その柔, その薄暗, それでもその, それでも花, それとなく僕, そんなふう, たき火の, だまり込んで, だんだん遅れ, つんと鼻, どういうこと, なお剣, のこのこと, はしご段を, ひとに, ひどく大きな, ひょっくり私, ふむと, へやの, ほつつき, ぼんやりと, ぼんやり煙草, ぼんやり笠井氏, またかんがえつづけました, またがっくり, または水中, また新た, また登つて, まばゆい頭, もう一方, もしも彼女, やっとの, やつて, ゆっくり足, よくこんな, わが身の, わらの, ジヨオレスを, タイトルは, ドアを, フッと, ホテルの, ラエーフスキイは, 一口飲ん, 一同を, 一座を, 一日を, 一歩の, 一生懸命, 一盞を, 一種冷酷な, 一粒二粒の, 一部始終を, 万感の, 下の, 両手を, 主人が, 二三丁も, 二人を, 云いました, 云ったの, 云つた, 今では, 今の, 伏し目に, 伸子の, 低くつぶやいた, 低声, 何か, 何度冷, 例の, 停車場まで, 兇猛な, 冷たい両手, 切れの, 別に話, 別に読もう, 刻刻弱っ, 励声に, 動いて, 勘弁勘次は, 匕首で, 匙を, 十五の, 十四五人の, 半ば横に, 危い, 参木の, 又口真似, 反省しなけれ, 口をもが, 口早に, 口真似を, 叫んだ, 右門の, 同伴の, 商人が, 噛みつくよう, 囁いたが, 土佐の, 地面を, 坐り直した, 壁の, 壁を, 声を, 大きな木鉢, 大谷を, 女は, 妹の, 安心し, 安楽椅子に, 家宅捜索で, 寝るとき, 小さくまたたく, 小声に, 屍の, 峠の, 崩壊の, 幼い想像, 幾重にも同道, 床を, 引いて, 弟子たちに, 彼の, 彼一人上機嫌に, 彼女の, 彼女は, 往っ, 往来で, 後退りしました, 心せなん, 心にも, 快心, 思わず御影堂, 悄々と, 悲しい身の上話, 悲観しました, 憎さ, 憎らしくは, 手さえ, 手に, 打ちこんで, 折柄正面から, 揚げ立, 揺籃を, 新吉の, 村長に, 束髪の, 松林から, 枕もとの, 枕を, 椅子に, 正体の, 歩いて, 歩くこと, 気焔を, 沈黙した, 沓脱ぎの, 河原で, 泣き声を, 泣声を, 泥濘と, 洗は, 洗わした, 流れて, 海老の, 満身に, 滅多に, 炉の, 焼岳の, 煙草を, 片手で, 片手に, 物を, 独言の, 現はる, 甲谷の, 相変らず, 相手の, 眺めて, 眼を, 短銃を, 祖母を, 私が, 種々の, 穏坊の, 空を, 空虚な, 窓の, 立ちあがり長火鉢, 立ちはだかつた渡し守, 立ち上つた, 立ち止まりました, 立って, 立去って, 笑って, 答えました, 箸が, 箸を, 終りの, 綺麗な, 緊張した, 肘掛椅子の, 胡乱, 脇差を, 腰を, 腹ん, 自分を, 舞台の, 落ちたので, 蟻を, 行って, 街の, 西洋アヤツリ人形みたいに, 見とれて, 言うもの, 話すこと, 警固した, 讃歎し, 買ったもの, 赦免を, 起き上って, 踊る, 身を, 身仕舞を, 転げ落ちて, 退屈さうにいつた, 途方も, 通って, 道を, 重い気持, 鉄の, 鐘の, 長々と, 長谷部少将と, 陥穽に, 階段を, 電車みちを, 露地の, 静かに, 非常に, 面白がて, 額を, 顔を, 風が, 食事を, 飯を, 飯島の, 馬にも, 馬は, 騒々しい声, 高い声, 髮を, 鳥に, 鳴いた

▼ つき~ (305, 3.6%)

31 なって 14 なった 7 なつて 4 なりました, なるの 3 おちついて, なりながら, なる

2 [12件] けれ, なったが, なつた, なり, なります, なるだらうと, 出て, 堪えられぬ反感, 思ひ當, 来たり, 注意を, 至るまで

1 [212件] あうと, あしらつた, あつた, あられ小紋, あらわれて, あらわれは, あらわれるもの, ありますから, ある家, あわただしさ, いいよう, いつもに, うかがえる, うろついて, おしげは, おなりに, おぼえた, おれは, がんりきが, けむ, けり, けりはろばろし桑, けり遠, さしかかると, されて, されるところ, したつて, して, してからが, しては, しみでて, しろ体つき, しろ捕えては, しろ目, し君, すきま, すぎなかつた, すつかり酔つてしまつて, すると, そっと注意, そッくりと, だんなさまの, ちょいと, ちらと, どことなく土建会社, どことなく生活, どことなく自ら卑下, なったか, なったそう, なったと, なったの, なったも, なったらどう, なった揚句, なった浅い, ならないので, なりぢ, なりつつ, なりましたの, なりますね, なりやがって, なり出した, なり唇, なり天氣, なり房内, なると, なるとの, なるなれば, なるので, なるはず, なれなかったし, なんとなく疑い, のせて, ぶつかったから, ぶつかると, また一つドア, もどって, ものを, やって, やられて, よく似合っ, よく出, よると, ソハソハと, ヒタと, 一種の, 予め注意, 二人あゆみし, 二十年まえ, 二度くらゐ, 人を, 今は, 会って, 似あわず柔軟, 似ず鋭い, 似て, 似合わない多少, 何となしおとなしい, 何処と, 便利な, 光を, 凄味が, 出た, 出るという, 出会い軽く, 出会った, 北方系と, 反抗し, 古びた襖, 呼びきじ, 唆られた, 固い表情, 在るの, 変って, 変らぬ愛, 変りは, 変る, 妙な, 子供等は, 定められて, 宿る, 小さい横町, 帯びて, 広くは, 引掛帶し, 当たると, 当惑し, 彼の, 彼らは, 往くとて, 待つ側近, 悲しい色, 惶て, 感じるの, 感ぜられたり, 慣つらん, 戻って, 接しただけで, 接せず, 改めなば, 散らす術, 曲つて折れ, 月雪花, 本の, 来たの, 来た犬, 来やがって, 梯子段を, 欣七郎が, 比べて, 毛の, 気がついたの, 気が付いて, 気づかないでは, 気も, 気押される, 注意しました, 消ゆる, 満足を, 滲ませるの, 焦げたこの, 物を, 狼狽えたよう, 発すべき感歎詞, 白の, 相互に, 相談しかけた, 相違ありません, 相違ない, 突然私, 笑は, 答えて, 紅い股引, 紳士は, 羊羮を, 聞くつもり, 聞く職人, 自慢いはせ, 苦しめられた, 落着い, 行くの, 行くもの, 行った, 表して, 複雑な, 見えて, 見えるか, 見おぼえが, 触れると, 詣づるごとし, 詣で, 詣でては, 誇りを, 諸君よ, 變え, 變つて奇妙に, 跪き, 身を, 載せて, 返つた徳次, 迷つい, 遇っては, 遊女町が, 過ぎなかつたならそれ, 過ぎなかつたの, 過ぎぬが, 還つて, 銀の, 難が, 雷雨お, 驚いたや, 驚いたよう

▼ つき~ (288, 3.4%)

3 悪い, 悪かった

2 [12件] ある, あるもの, なんと松王様, よくない, わるい, 人物以上に, 変った, 妙に, 彼の, 急に, 気に, 非常に

1 [258件] ああだ, あった, あったり, あつたら, あつて, ありました, ありもっと, あるが, あるがな, あること, あるに, い, いいから, いかにも優しい, いかにも暢気, いかにも温和, いかにも素朴, いたずらそうに, いたづら, いつの間にか弟子, いつもの, いやです, いやに, いやらしい, いよいよと, えは, おかしいから, おかしいと, おそいから, おそろしいだらう, おそろしく据, おそろしく見えた, お光, かわって, がっしりし, がっしりと, きさま, きたの, きつく冷やか, きのう山へ, きました, きゅうに, きょうくらい, このとき, この俺, ございましたの, すこしちがっ, すごかった, すべてそういう, そこに, その相貌, それに, それを, そんなふう, たくさん生じた, ちっともいや, ちょっとだけ, つねにそうする, つら憎いほど, である, できて, とても奇妙, とびだした, どうしてそれほど俺, どうも忘れられない, どうも気に入らねえ, どこか, どれにも, ない, ないの, なお自分, なくうどん, なくて, なくな, なくなり神経質, なければ, なんとなく, なんとなく冷たい, におうよう, はたして正常, はっきり記憶, ひかれて, ひどくよ, ひよろ, ふつと, ほっそりし, ほんもの, ますますかぼそく, みなかよう, やはりそれ, ゆったりと, よかった, よくて, よくなくなり, よくなった, よくなる, よくぼうぼう, よく肌, わかるほどには, ガラリと, キラリ不安そう, グット癪に, ヒラメに, ラジオから, 一せいに, 一層親密, 丁寧であった, 不安そうに, 世界を, 二重に, 云う, 人の, 今でも, 似て, 似てるから, 低い調子, 何か, 何かしら押え, 何である, 何でも, 何となくうそ, 何となく悸, 僕は, 先ず自分, 全く京都人, 冷酷で, 出來, 出来なくなって, 前座らしい, 助平たらしく, 却って威, 又いかにも, 取り交されるもの, 古絨毯, 君の, 壁で, 変だ, 変つた, 変に, 変るほど, 多い, 多少可憐, 多少異様, 女の, 好かった, 好きに, 好意を以て, 如何にもとり澄まし, 妻の, 始つた, 始まるらしい, 始めは, 嫌いな, 子供っぽく, 安い絵本, 実に妙, 容易じゃあ, 寂しいでしょう, 尋常でない, 尋常の, 小枝の, 小間物屋に, 少しいかつい, 少し敬太郎, 少年の, 常に運動, 平常に, 強くなりすぎ, 強さ, 彼らしい, 得う言われぬの, 心の, 忘れられなくなつかしかっ, 怠けがち, 怪しいとの, 怪し気に, 悧巧げに, 悪いからと, 悪いで, 悪いな, 悪いは, 悪い身体, 悪くなり, 悪く寝入る, 悪そう, 惡く, 愛らしく鼻, 憎らしくて, 描かれて, 数千キロを, 数年前の, 早くすぐ, 昼間の, 時に満足, 普通に, 更に彼, 更らに, 書生丸出しに, 本当に出来る, 来たと, 極めて緩い, 極めて自然, 横から, 欝陶しく, 次第にあらっぽく, 此類の, 気にな, 気に入らねえ, 決してなされ, 油揚げを, 泛んだ, 注がれたこと, 流れたに, 浮んで, 深い土台, 清潔の, 焦げついて, 用いられた, 田の, 眼に, 眼の, 矛盾な, 私に, 私の, 移って, 突如と, 答え終わったとたん, 経つうち, 絶えずコゼット, 美しい, 美しくよく, 義雄には, 臨時で, 荷を, 落ちたよう, 見えた, 見えて, 見る間, 見覺, 言いたそう, 話を, 諸般の, 貴女らしく艶, 連用言である, 逸れぼんやり, 違いますよ, 違うと, 違って, 野々宮に, 鋭く張りつて, 鋭く陰鬱, 鋭く髪の毛, 険しくなっ, 險しく, 餘り, 高須を, 髣髴と, 髪の

▼ つき~ (245, 2.9%)

3 しませんよ 2 いつまでも, しない, せず柱一本鴫, み, よかった, 今でも, 冷やかで, 恐ろしかった, 突然夫人

1 [224件] ああおれ, あまり好く, あまり成功, ありし日, いっそう沈ん, いって, いつでも, いつの間にか面白, いつも柔和, いと惡, いま僕を, いま始まった, うさん臭いぞ, うれしそう, おちかが, おどおどふるえた, おのずから堅かっ, おん身の, がらりと, きらいです, きわめて無愛嬌, きわめて貴女らしく, ことさらに, ことばよりも, このたけ, この仮説, この時, この竹, さすがに, して, しても, しないか, しないかね, しないからね, しないが, しないこと, しないだらうと, しないだろうか, しないで, しないの, しないよ, しないわ, しない不思議, しなかった, しなかったが, しなかったろう, しまい, しまいかと, しまいから, しますまいか, しませんね, しめえ, すまいか, すらりと, するが, するものの, そのかまきり, そのままには, その中, その表情, その言葉, その醜い, そんなでございました, そんなに直訳的, たがいに, たしかに普通ぢ, ただならぬ不安, だいぶ老齢, てるの, とうてい日本人, どうだ, どうで, どう丁寧, どこか, どこまでも, どんなに貧しく, どんよりとして, ないわけ, なかばは, ながしめといつても, なんとも云, なんとも言えない, にせ者, ほめられたため, まぎれも, まことにむつかしゅう, ますます厳粛, また変っ, まだ彼, まったくその, まるっきりお, まるでと, まるで大人, まんざらで, むしろ研究的, むしろ細い, ものやわらかに, やがて女, やさしいが, やはりはつきり曲つて, やはり一種, わからないけれども, われながら, 一体どうした, 一寸も, 三畳ぐらゐの広, 世間の, 中おちに, 主役とまでは, 今までの, 他所では, 何か, 何かに, 何と, 何やら御, 余人に対する, 侍だ, 充実し, 先刻から, 全くない, 全く泰子, 全く私, 別段でございます, 前から, 半弓型で, 叮重だつた, 向けられたであろう, 因果物の, 固いわけ, 固より, 坐つた人達, 場合に, 変り顔, 大あめつ, 大いにわが, 大きかった, 大変に, 大嫌, 大将を, 大柄で, 太鼓が, 妾が, 存外落着, 実質的には, 実際的ぢ, 害された獣, 密教の, 尋常で, 尋常である, 少女の, 山樵の, 帶の, 平素から, 幸吉の, 幼少にまで, 当人同志の, 当然の, 彼に, 彼にとっては, 彼処に, 必然な, 恋という, 恥ずかしそう, 悪いけど, 惡うございます, 意志から, 意表外で, 慇懃ながら, 憎悪と, 成るべく博士, 成程, 我親ながら, 日に, 明るく悧口, 昔は, 昨夜も, 普通は, 最初から, 朝と, 本の, 本当は成功, 柔和で, 楽しげ, 機械的に, 止せと, 武術道場らしい, 殆ん, 殊に私, 母の, 泡を, 消えて, 深い悲しみ, 深く私, 然し負担, 父半蔵そのまま, 生じなかったの, 男の, 短い濃い睫毛, 確かだ, 神秘と, 禁物だ, 私を, 笑つては, 粗暴に, 終ったそれから, 致しません, 色の, 荒々しく野性, 落ちついて, 要するに三年孤独, 見事に, 親譲りな, 言葉よりも, 誰の, 變つてゐた, 變り果て, 長い間, 青年らしい, 非常に, 面白しなど, 頑丈だ, 頑丈で, 鶴床の, 鼬の

▼ つきそう~ (119, 1.4%)

10 なもの 9 だ, もない 5 になった 4 なの 3 な顔, もなかっ 2 だと, です, なこと, にし, にする, になっ, になる

1 [62件] かと思え, だが, だった皮膚, ていった, てふく, て不眠看守, て看護, で, であった事, である, でいくらか, ですから, ですし, でやはり, とカン, なくらい, なこころ, なころ, なその, なのど, なもん, なん, なんで, なマブタ, な冷た, な凄い, な勢, な危, な容子, な年頃, な形相, な怒気, な感じ, な手懸り, な時分, な様子, な橋近く, な氣持, な眼, な翅, な者, にありません, にあわて, にさえ思われる, にした, になし, になりました, にはなかっ, にもありませんでした, にもけわしく, にもない, にも思われない, にも見えない, に思います, に思えた, に思えます, に思われぬ, に自分, に見えました, に見える, に青い, はなかっ

▼ つき~ (115, 1.4%)

2 いい髪, 一緒に, 他愛も, 察られ

1 [107件] あきらめるん, いいドコ, いい何, いい気合, いい父, いい職人, いう, いつたら, いひ声, いひ平素あまり, いひ眼, いひ顔色, いふ語には, うれしそう, おずおずした, おそれ, がまづ目に, きちゃ, これだけが, した一人前, した又, した家柄, した料理屋, した身体さ, した迂闊者, した造り酒屋, した酒屋, した飲み屋, そう云う, そのとり, その心, どれだけ, なって, なつて, なりました, ほされて, ほして, ほしの, ほし來, ほす, ほすと, むるべく皆の, 与次, 云い目, 云い首, 云うもの, 云う事, 云えた, 云えば, 云ったらそれ, 云つたら, 云ひ, 云ふ, 凡そ対照的, 出て, 動作に, 口もとに, 口元を, 口調とで, 同じやさしい, 同じよう, 吾輩の, 声, 声で, 声とで, 天狗つきとが, 妹とを, 心配そうな青ざめた, 思ったの, 思へばは, 思われます, 意志の, 持って, 捨鉢な, 斫るあり, 服装とを, 来たらとても, 歯ならびの, 歯並である, 残りの, 残忍な, 汗の, 男の, 白つ, 目を, 着物と, 羽織を, 腕力とを, 自転車の, 苦々しさ, 袴とを, 観念した, 言葉つきとで, 言葉の, 變りません, 足どりで, 足もとだけは, 身の, 身ぶりとで, 身体を, 身振りとで, 輝く髪, 違った奥深い, 雷電の, 顔の, 顔色を, 風貌とに

▼ つきては~ (113, 1.3%)

2 ダンテの, 一条の, 何事をか, 多少これ, 異説多し, 絶対に, 近世の

1 [99件] あるいは棒, いちいち説明, いろいろ研究, かれこれ論ずる, ここには, これに, これらの, さきに, さらに考察, さらに証明, さらに説明, すでに異説, その初, その懸隔, なお弁明, なれ得ぬその, また別, もとよりこれ, わが心, われわれは, われを, われ人となりて, われ常に, スカルタッツィニの, モーゼスの, モーゼス自身が, 一向様子, 一層ばからしき, 一度も, 上等社会よりも, 事に, 今少々, 他にも, 以上で, 何となく憚, 何事も, 何事をも, 何等云, 余も, 余既に, 僅に, 先づ日本書紀の, 前以, 前者は, 十分注意した, 古来子孫百世の, 古来異議な, 古註或, 吾人いまだ, 吾等東洋人も, 唖, 地一九・一, 夙に西人, 多く煩悶, 夜中蛍の, 大體二説, 天狗の, 太田氏を, 姓名の, 宛ら人, 容易に, 少しく言, 少しも, 少し奥, 已に前人, 已に論じたる, 当時は, 待つ間, 後で詳しく, 從來種々の, 必ず益, 拙者も, 新聞記者の, 既に英人サトウ, 是非とも御, 最初斯んな, 最早言, 本誌第, 気候の, 汝これを, 江戸名所よりも, 決死の, 深くその, 渡満前から, 無数に, 物理的方面と, 特別の, 甲論乙駁今に, 異説あり, 縁起の, 蔭に, 親にも, 註釋者の, 諸君より, 諸子も, 諸説あり, 越中の, 近年之を, 通俗には

▼ つき~ (112, 1.3%)

2 しそう, したし, して, しないのに, すらりと, 態度も, 淫らに

1 [98件] いいし, かみついたら死んでも, きびきびし, けろりと忘れ去り, さうで, しいささか, しないうち, しないし, しない壮太郎, しない奴, しなかつたけれど, しなかつたし, し嘆き, すつかり, せう, せぬ心, その妹脊, そぶりも, それを, とんと頭, どこか, ないので, ない事, ない小唄, ない言, なかった, なくしらじらしい青空, なさらなかつた, にわかに改まっ, はつきりし, ほとんど古めかしい, またすこし, またそういう, またぶしつけな, まるでいろ, もつと, やさしい, ゆたかで, よく新しき時代, よほどだる, ゴム人形そつくりの, ソフィスト流に, ヒステリの, 一つの, 一瞬に, 丁寧であった, 中, 丸くなっ, 今では, 伴い人, 似る, 何だか非常, 優しき方, 全く憤, 全然違っ, 卑しくなく, 口つきも, 台なし, 変って, 大きく顔, 尋常である, 小粋, 少しも, 少し変っ, 岡引どころの, 帰らぬ事, 悪くなっ, 感情の, 据って, 時たま脳裏, 東北の, 殆ん, 無論悪かっ, 無邪気を, 白かった, 眼つきも, 知る, 祕密な, 稍下品だつた, 純真で, 終り一年間, 経たぬうち, 経って, 經たぬ, 続くなんて, 至誠の, 船の, 色気たっぷり, 若々しく豊か, 覚らず将, 親しみが, 逞ましく, 長屋の, 隱居所に, 離れも, 面白い, 顔だち, 鼻つきも

▼ つき~ (97, 1.1%)

5 がれ 2 それから何, ぶつて, 態度から, 態度は, 身の, 身振りや

1 [80件] あせんで, あの顔つき, あらぬ, うす笑い, うその, お前だ, お座なりを, からだは, がって, がらねえ, がる, がれお, がれお前の, がれそんな, がれ夜の, がれ髷節ぢや, きょときょとした, すしかぎろひの, その哀訴, そんぢや, ぶつた, みなぎって, もううすうす頭, もち上がった, ものの, やわらかな, ズボンの, 僅かな, 割合に, 動作に, 口つきを, 口元の, 呉れないのよ, 唇の, 声の, 妙に, 姿勢などを, 容貌に, 巧いこ, 御縹緻, 態度などが, 斷片的な, 映えない男振り, 服装や, 林から, 樣子を, 横着な, 涙の, 無いん, 物の, 特定の, 生活ぶりは, 癖を, 白粉が, 眉や, 眼つきを, 確かだ, 禿げ上がった頭, 素ぶりで, 絨毯みたいな, 肩の, 背の, 蒼ざめた顔色を, 衣裳や, 表情が, 見るらむ, 言葉を, 訳さうにも, 話しぶりの, 話の, 赤い毛布, 足ずりする, 長いか, 閂の, 音の, 顔に, 顔立ちが, 顔色に, 髪の, 黄色くよどんだ

▼ つき当り~ (83, 1.0%)

4 にある, の窓 3 のドア 2 の襖, の風景

1 [68件] から山手, がどこ, がもう, がガラス戸, が台所, が木, が本堂, だの台所, といっ, にそびえ, にはロシア, にも出窓, にやっ, にパノラマ館, に一つ, に一軒家, に一面平ら, に丘, に何, に外, に大きく, に奥座敷, に宮殿, に家, に家並, に小さい, に広い, に広業寺, に床, に斜かい, に見え, のうす茶色, のところ, のよう, のスタンド, のデスク, の一室, の万松山, の低い, の凱旋門, の勝手許, の呉服屋, の土産屋, の坂, の塀, の壁, の大通り, の小さい, の小間, の巍峨, の左, の広場, の戸, の杉戸, の板テーブル, の燈火, の自動車, の衝立, はすぐ, はない, は大, は機械室, は薄暗い, は雑司ケ谷, までつづい, まで来る, をまた, を見た

▼ つきから~ (78, 0.9%)

5 して 2 すぐお前, だからは, 判断する, 察する

1 [65件] あなただ, うすく唇, お授け, お高, きたもの, この土地, この辺り, さしこむ光線, すでに救, その向う, その声, その着飾り, その骨組, だつた, つぎと, つけたわけ, で黄金, にげるため, のがれること, はっとして, ぼくは, 一つ一つの, 一心に何者, 下りて, 不意と, 云はう, 何か, 何から, 來る, 初まっ, 判斷すれ, 十六の, 口もとまで, 向うの, 唇の, 大ぶ, 察しるよう, 市ノ瀬牧人は, 御丁寧, 想像した, 挙措物腰まで, 推して, 既に五十嵐, 様子言語肩の, 気づいたこと, 無駄な, 父は, 生じる無意識的, 田沢社長の, 白い湯氣, 直感的に, 練吉が, 自然と, 草吉は, 行軍を, 見て, 見ても, 見るからに, 見ると, 言えば, 言っても, 読んだ, 起つたり, 避けるより, 默つてゐるらし

▼ つき~ (68, 0.8%)

8 つて 4 ひを 3 はし, はせて, ひの, ひは 2 はす, はない, ふこと

1 [38件] がひろい, つた, つたつて, つたもの, つたり, つちや, でしたか, とか云う, ながら炉, になれた, のある, の七面倒臭, はありません, はせるおかげ, はせるの, はせるやう, はなく, はなけれ, はねえ, は佐々, ひつき合, ひながら, ひなさいよ, ひなんか, ひはじめた一人, ひみたい, ひをも, ひツ, ひ度, ふの, ふ小, ふ気, へよ, へよアロハ・オエ, へ今日, もこの, も義理, をし

▼ つきその~ (58, 0.7%)

2 上へ, 足で, 頂には

1 [52件] うちに, たびに, ため余計, ま, また鞍, ロンドを, ローラーを, 一室が, 一斑をも, 上いい加減, 上に, 上密訴でも, 上次第に, 下から, 中から, 中の, 人物に, 例を, 備前徳利から, 出来事に, 刀が, 分け目へ, 利益として, 古い壁, 向うに, 声は, 変幻極まりない, 夜見, 子も, 実行が, 山々の, 待遇の, 意識から, 態度により, 手で, 手に, 手の, 拳に, 数を, 時の, 東側を, 極度の, 沈黙そのちょっとした, 淺薄な, 準備の, 空箱を, 紋は, 胴を, 議論の, 質量と, 都度肩や, 頑丈な

▼ つきあたり~ (52, 0.6%)

2 の杉戸, を右

1 [48件] が二階, が劇場広場, が博士, が工事中, が窓, が茶の間, でもした, にたて, になっ, にまた, にデスク, に上, に古鉄, に大便所, に有る, に研究室, に穴ぐら, のうす, のところ, のどあ, のへや, のカーテン, のドア, の五年, の六畳, の塾長室, の壁, の大きい, の奥まった, の小さな, の少し, の岡, の戸, の押入れ, の方, の本読み室, の板壁, の様, の正面, の玄関, の襖, の通り, の鏡, の階段, はガソリンタン, は一つ, は金襖, をじろじろ

▼ つき~ (49, 0.6%)

42 な, よ

1 [41件] からいかん, からかたまっ, からたまらねえ, からだいじょうぶ, から確か, か分らない, が並以上, が水, けれどあんな, こと, さ, し眉, し色, ぜ, そして孝行, ぞこり, というの, という気, といふ, とか強, ときめ, とは思っ, と云う, と云っ, と思いました, と思います, と思った, と思ふ, と確信, なあ, ねえ, ねへえ, のが, のという, のに両, のを, やつらが, わ, ラエーフスキイの, 近代的の, 鰌の

▼ つきあつ~ (34, 0.4%)

4 てゐる 3 て下さい 2 た, て, てくれ, てみる

1 [19件] たこと, たつて, たの, たらどう, た経験, ちや惡いこ, てくれません, てくれる, てこれ, て下さいません, て下さつた, て仔細, て呉れませぬ, て居る, て終日三人, て而, て行きなさい, て見る, て遊ぶ

▼ つきての~ (34, 0.4%)

3 一粒ものなれ 2 働きなり, 独立と, 論と

1 [25件] 三浦博士の, 人間の, 伝説を, 働きと, 大概なり, 大胆率直なる, 好奇的穿鑿を, 実験を, 御感想, 独立とは, 理想を, 知識と, 知識は, 知識を, 碧梧桐の, 考察を, 観念の, 観念は, 解説を, 計略かとは, 記録は, 説明は, 論要領を, 講演の, 追憶を

▼ つき~ (32, 0.4%)

2 つても, つてゐた, ひであつ, ひを, へずあら

1 [22件] えったッ, だかも, はん, ひか何, ひがめつきり, ひしすゑ, ひたいと, ひたい気持が, ひだ, ひで外泊が, ひで時には, ひなはれ, ひに, ひの, ひは, ひます, ひも出来ない, ひも無く, ふよ, へず, へず走り廻はり給, ほむけに

▼ つきやすい~ (31, 0.4%)

2 ところに, もので, ように

1 [25件] あのおとなびた, かつ気, からといっ, すっぱりした, ですから, ですからな, というもの, ところへ, まして十八歳, ようです, ような, んです, 事物を, 作品が, 侍姿を, 品物が, 場所に, 場所には, 大官に, 女に, 怪獣が, 所に, 辻へ, 間隔の, 雪の

▼ つきには~ (30, 0.4%)

2 どこかに, 私の

1 [26件] いやに, おのれを, た, つくろは, なんらの, ふしぎな, また妙, もし言われるなら, シヤモ屋の, 不平の, 何か, 六字名号の, 参つたらしい, 喜びの, 困るよ, 宿を, 強壮さと, 愁の, 感情とち, 憎悪の, 懲, 皮肉めいた, 真剣な, 道江と, 非常な, 風狂者に

▼ つきても~ (28, 0.3%)

2 また我身, 思いのほかに, 旧思想, 根から

1 [20件] また全く, やりたく三方四方, よく堅実, 一言し, 亦大いに, 人間と, 人間の, 今まで, 公算的に, 又た, 心配は, 果断あり, 母の, 決断あり, 決斷あり, 然りである, 犬の, 私は, 調査せん, 豪州に

▼ つき~ (27, 0.3%)

8 うな 4 うも 2 へすれ, へどこ

1 [11件] ういふ, うだ, うで, うです, うでないから, うもないこと, うもないの, うもないのに, う言つて, さるわけ, つそく私

▼ つき~ (24, 0.3%)

3 がした, である

1 [18件] だ, だが, ではない, で古い, として宝船, とはいえ, なら知らずまだ, にし, になった, になつ, のよう, の小唄, の様, の火鉢, の茶道具, の蜘蛛, を自分, 思ひとも

▼ つきまで~ (23, 0.3%)

2 一変し

1 [21件] すっかり職人, すべて如何にも, そつくりだ, その前, とんと綿貫生き写し, よく似, よそよそしくな, 一致し, 丁寧に, 下った, 別人の, 変へて, 平素書斎に, 急に, 改たまる, 浮べて, 目に, 真似ようと, 確かに, 見て, 見違えるよう

▼ つきそれ~ (22, 0.3%)

1 [22件] からしっかり, からすぐ, からは却って, から狭い, から重い, があまり, がきわめて, が町中, が立派, が自分, が蒲団, し風船, で電話, に媚び, に牛肉, は透徹, まで何氣, をまわっ, をやかましく, を加, を取り下ろし, を箕

▼ つき~ (21, 0.2%)

3 のである, んだ 2 のか, のだ, のです, んです 1 の, のでしょう, のでそんな, ので学生, のね両方, や, 身分が

▼ つきたる~ (20, 0.2%)

2 掌など, 椅子に

1 [16件] は吉書七夕, まま一座を, をあま, を鎖, 侯爵, 山の, 時に, 時は, 朝に, 槍ひきさげ, 武男は, 洋装の, 牛あら, 由を, 羽織の, 身体の

▼ つきにくい~ (19, 0.2%)

2 のだ

1 [17件] から区画, が斎藤, が素人, ことが, これらの, その私, ところを, ね, のであった, のである, のに, まで結合, ものだ, ものである, 場所です, 庭を, 所に

▼ つきまた~ (19, 0.2%)

1 [19件] あのおさん, あるところ, さまざま捕物で, すべてを, その改良, それぞれりっぱな, それにつれて, わたしも, アヤ取り, 一学年ちかく, 不平を, 少なくとも, 帳簿を, 捨て難い, 暫く嗅ぎまわり, 柱時計を, 続けさま, 藁鉄砲を以て, 装いも

▼ つき合つて~ (17, 0.2%)

3 出来て 2 ゐて, 見ると 1 ついて, はいけない, もおらん, も好い, ゐたひには, ゐた男, ゐると, 呉れ, 呉れませんか, 見るか

▼ つきでは~ (16, 0.2%)

4 あるが 2 ない 1 ありません, ありませんでした, あるまい, どうする, どうやら半, ないかという, なくて, 少しも, 見なかつたし, 駄目だ

▼ つき歩い~ (16, 0.2%)

4 ている 3 ていた 1 ていたんだ, てたん, てばかりゐる, てゆく, てゐた, てゐる, て其辺中, て来る, て特長

▼ つき~ (16, 0.2%)

2 は日に日に, も書いた

1 [12件] がハムモツク, が北海道, が怒, に事, に食べさせよう, の差しだした, の頭, はそこ, はコニャック, は何気なく, は先日次, は探っ

▼ つき~ (16, 0.2%)

2 っていた, っている, われて 1 いしまいに, うて, うであろう, う八荒坊, う惧, ってきた, ひ, ふ, ふにか, ふの

▼ つき~ (15, 0.2%)

3 てうつとり蔀戸

1 [12件] がしばらく, がまた, が何, て, ていらした, ている, てうっとり, てはるか, てゐ, てゐや, て正太さん一處, て私

▼ つきつつ~ (15, 0.2%)

2 反る

1 [13件] あるの, ある彼女等, ある状態, よろよろと, ダブランテス公夫人や, 今日も, 前に, 小橋の, 迎えました, 逃げ来ませる, 部署から, 飯櫃を, 黯黒の

▼ つき~ (15, 0.2%)

1 [15件] から村, でありながら, でわかれ, で今, で何日, で荷物, と漁家, になる, にむかっ, にゆき, へ呼ん, まで小さい, や荷揚人足, らしい石垣, をちょっと

▼ つきでも~ (14, 0.2%)

2 したらどう

1 [12件] したや, したやう, したよう, なかった, わかる, 住居でも, 分るだろう, 口つきでも, 宜しいし, 彼女は, 知れた, 足どりでも

▼ つきよう~ (14, 0.2%)

1 [14件] がある, がなく深く, が遅かっ, のない, の漬け方, の花, はあの, はなかっ, はよろしい, もある, も食べた, を一つ頬張つた, を持つ, 泣き笑

▼ つきら棒~ (14, 0.2%)

3 に云, に答 1 から救, な字, な返事, にああ, にいひました, に応じた, に聞いた, に言

▼ つき~ (14, 0.2%)

1 [14件] が倒れる, では一人, といふの, に釣り上げられました, のあたり, のある, の下, の入り口, の屋根, の所, の石垣, の辺, の鐘, をぐるぐる

▼ つき女中~ (14, 0.2%)

3 の部屋

1 [11件] が酒, であるほう, でさえ彼, というもの, にまかされた, のほか, のやり, の仕事, はけっして, は島田, をやっ

▼ つき~ (14, 0.2%)

2 もさり

1 [12件] が初め数秒間, が足らん, が遅けれ, ではだめ, でやつ, で以下自然, に精しい, は今日, は嘘, をし, をぢ, を実は

▼ つき易い~ (14, 0.2%)

1 [14件] いろ, からという, けれどもそういう, しかしその, と見, のです, のでそんな, ので火, のは, テオリーだ, 台所に, 場所へ, 性質に, 調子である

▼ つきこれ~ (13, 0.2%)

1 [13件] でまた, に蝕まれる, に附属, はと思い, は二つ, は色気ぬき, まで日本歴史, を, をその, を守らん, を数箇条, を文献的史料, を隋唐志

▼ つき~ (13, 0.2%)

2 とひ, はつて 1 とつてる, とひます, とふこ, とふも, はすと, はる, へなん, へんなあ, へんやろ

▼ つきものの~ (13, 0.2%)

1 [13件] あの眼, あらゆる外面上, こうしたこと, さやう, やわらかいしつこさ, ゴロゴロピシャに, ベールを, 売笑婦だった, 或る, 暗い不安, 歌舞伎の, 独特の, 船頭の

▼ つきさうな~ (12, 0.1%)

4 ものも 1 ものぢや, ものです, 位置の, 感覺と, 理会ある程度, 補助もしくは, 顔を, 顔付で

▼ つき~ (12, 0.1%)

1 [12件] あんな袖, お寒う, お経, それが, と, と寒く, と耄碌, 僕の, 寒かつ, 弱つた, 彼んな, 日が

▼ つき~ (12, 0.1%)

2 をさげなけれ, を下げた 1 がずきずき, つかれちまひ, の中, をかかえた, をたれ, を低, を土, を振り

▼ つき~ (11, 0.1%)

1 [11件] うたこの, ぬしは, びたゞしくをやみもなければ其日も, 助け下されと, 國は, 妾と, 江戸の, 百合は, 眼にか, 蘭は, 銀様も

▼ つききり~ (11, 0.1%)

2 にし 1 だった, でいる, でやっ, で昨日, で看病, で竜, なの, について居る, になっ

▼ つきほど~ (11, 0.1%)

4 経って 1 ここで, まえから, まえの, まえ三木, まへ, 得意な, 淋しさ

▼ つきである~ (10, 0.1%)

1 がその, ことは, こと女たらしである, とか後ろ姿, としてもはづみはどんな完全, と並み並み, と久助君, と御, よ痩せぎす, 生活の

▼ つきとは~ (10, 0.1%)

1 これらの, その性質, べつにことば, 今でも, 似も, 反対に, 思えなかったが, 暁得らずして, 認められぬ, 霖雨の

▼ つき自分~ (10, 0.1%)

1 が脱ぎ捨てた, で物尺, の一家, の将来, の楽器, の知り得た, の足, はその, は一人片, をだまさう

▼ つき難い~ (10, 0.1%)

2 事を 1 か, こんな場所, であろう, ということ, というの, ところに, ばかりか当面, ほどのかすか

▼ つきこの~ (9, 0.1%)

1 ご本丸, やうに, 分なら, 地は, 家の, 御定連, 物語の, 種の, 集の

▼ つきさうに~ (9, 0.1%)

1 するの, なつた, なり着物, なると, なる程, も思はれる, も思ふ, 思はれる, 熱くなつ

▼ つきさえ~ (9, 0.1%)

6 すれば 1 するの, 明くなっ, 米友としては

▼ つきだった~ (9, 0.1%)

2 んだ 1 か世間, が好意, ことに, とねえ, のに不審, わけで, んです

▼ つきです~ (9, 0.1%)

21 か, から, がこれ, が旧い, つて, ようだ, よ内側

▼ つきという~ (9, 0.1%)

1 いでたち, ことに, ところまで, のは, ものが, ものだった, ものを, 一条が, 新しい名

▼ つきにな~ (9, 0.1%)

2 つて, つて源太郎は 1 つた, つてしんみりと, つて戦ふ, つて扉を, つて珠数玉の

▼ つきにも~ (9, 0.1%)

1 いつもよりは, なつたの, 奇妙な, 妙に, 子供売場での, 悟空が, 拘わらず力, 言葉の, 顔つきにも

▼ つきやつ~ (9, 0.1%)

1 てまた, といつ, とふざけあ, と一人, と二人, と母親, と氣, と笑, と騒い

▼ つきそこ~ (8, 0.1%)

1 からテント, なつて, なつて顔, に木, に鎮座, の下座, の雲霧茶屋, を立ち去った

▼ つきそれから~ (8, 0.1%)

1 がちょうとなにやら, それと, 下部の, 主人の, 安子の, 當時の, 自分の, 顔を

▼ つき~ (8, 0.1%)

41 あ口, つと光り, つと白く, つと續

▼ つきらぼう~ (8, 0.1%)

2 に云 1 な返事, にいつた, に彼女, に答, に訊いた, の元禄袖

▼ つき両手~ (8, 0.1%)

2 で頭 1 で胸, に, に頭, の指先, を前, を額

▼ つき椅子~ (8, 0.1%)

2 をふりあげ 1 に柔, に腰かけ, の背, をころがしこん, を示し, を立つ

▼ つき~ (7, 0.1%)

2 喜いさん 1 くる, へす人, クリストフの, 四月下旬に, 金茶の

▼ つきそして~ (7, 0.1%)

1 さらに彼女, すっかり萎縮, その下, また激しく, 名曲堂の前まで, 田畑つきの, 陰では

▼ つきたて~ (7, 0.1%)

3 の餅 1 のもちみたい, の大福食, の柔らかい, の燒米

▼ つきない~ (7, 0.1%)

1 味が, 様々の, 研究へ, 胎内では, 角度から, 課題を, 錯綜を

▼ つき~ (7, 0.1%)

2 つと 1 つとひつぱりあげて木箸, つと撫ではじめた, と云, と云つて, と白き

▼ つきよく~ (7, 0.1%)

1 おさよ, ぐまの, なりました, 姿に, 姿の, 日は, 眠りましたから

▼ つき~ (7, 0.1%)

2 かで傷つけたらしく 1 かの感想, か追って, の意味, べん, を云い出し

▼ つき~ (7, 0.1%)

3 ふとすれ 1 の女中たち, ひの, ひを, ひ働くなり

▼ つき片手~ (7, 0.1%)

1 でその, で地面, に珠数, に緋, の甲, をあげ, を障子

▼ つき~ (7, 0.1%)

1 には伝家, の半ば, の半ば曲つた老婆, や尻, をか, をかがめ, をまげ

▼ つき~ (6, 0.1%)

2 ふやう, ふ槍持 1 ひの, ふて家

▼ つきながらも~ (6, 0.1%)

2 力一ぱい助 1 あわてて, 何処かに, 悔しさうに, 来るべき春

▼ つきなど~ (6, 0.1%)

1 よく見, 今でも, 卑しいところ, 奥方に, 彼れよ, 恰も猛虎

▼ つきばかり~ (6, 0.1%)

2 して 1 でなくコワ, でなく坐られた時肩, では, 堂々と

▼ つきやがて~ (6, 0.1%)

1 むくりと, 下にも, 地べたを, 暑を, 梁に, 渚に

▼ つきやすく~ (6, 0.1%)

1 なるだろう, 異人の, 病院街と, 落して, 親しまれるたち, 言葉や

▼ つき当たり~ (6, 0.1%)

1 に, にお, の二階造り, の家, の扉, の暗黒

▼ つき~ (6, 0.1%)

1 と向き合い, に密着, の勢い, の大, の武威, の胸

▼ つき~ (6, 0.1%)

1 ある者, が変った, の臟, をとろかし, を怡, 利いた者

▼ つき~ (6, 0.1%)

1 くびのところにも, になっ, に頤, をつい, をつかえつ, を合せ拝み

▼ つき~ (6, 0.1%)

1 に焼けた, のべ仕り, のようやく, の眼の, は小春日和, は赤し

▼ つき~ (6, 0.1%)

2 をし 1 でブラ下つて, で艶, をあげ, を崩し

▼ つき~ (6, 0.1%)

1 だけ久慈, と髪, は売った, は朱, を腕, 丸く色

▼ つきあるいは~ (5, 0.1%)

1 会したる趣意, 商に, 肩で, 課税を, 顔色が

▼ つきかた~ (5, 0.1%)

1 が例えば, が遅い, なのよ, にいろいろ, も肩

▼ つきする~ (5, 0.1%)

2 から, ほどさびしく 1 のさ

▼ つきたれ~ (5, 0.1%)

2 ばブラウンシュワイヒ 1 ど, ば最早, ば雪渓

▼ つき~ (5, 0.1%)

1 や, やありません, やが, やない, やなく

▼ つきでない~ (5, 0.1%)

1 といえ, といけない, と思ふ, 仕事机さえ, 深刻な

▼ つきとを~ (5, 0.1%)

2 思い浮べるの 1 唯一の, 注意した, 見て

▼ つき乍ら~ (5, 0.1%)

1 うつむいて, おめ, も, 一杯やらかし, 苦しさうに

▼ つき右手~ (5, 0.1%)

1 で雑誌, に紐, をフトコロ手, を口, を眉

▼ つき~ (5, 0.1%)

1 取り消し相成りたき, 契約の, 示しの, 関所においても, 養育に

▼ つき~ (5, 0.1%)

1 から申訳, で, で顔, に頬, に頭

▼ つき添つて~ (5, 0.1%)

1 ゐたので, ゐる札幌, 来た男, 来て, 離れない樣

▼ つき~ (5, 0.1%)

1 つた, つたところ, りて, りの, るの

▼ つき通し~ (5, 0.1%)

1 て放したがらない, でここ, でございました, について一コペック, 人使ひ

▼ つきあれ~ (4, 0.0%)

1 から二ツ嶽, から急い, が卯平, だけやっ

▼ つきしばらく~ (4, 0.0%)

1 して, ぼんやりし, 思いに, 雑談を

▼ つきそのまま~ (4, 0.0%)

1 であること, 死ぬ被服廠, 返事を, 部落へ

▼ つきたり~ (4, 0.0%)

1 かね, この戸, 病に, 鍛冶が

▼ つきだけ~ (4, 0.0%)

1 だ, でどんな, では, 強そう

▼ つきだけは~ (4, 0.0%)

1 優しい事, 撮されて, 目に, 見ちがえるよう

▼ つきであった~ (4, 0.0%)

1 が葉子, けれども汐田, そうじゃ, ような

▼ つきなん~ (4, 0.0%)

21 した, したか

▼ つきによって~ (4, 0.0%)

2 見ると 1 初めて姿, 睨み据えられる時代

▼ つきまでが~ (4, 0.0%)

1 つしり, 今日は, 前よりも, 山で

▼ つきらしい~ (4, 0.0%)

1 が編者馬場信意, もの微笑らしい, 女客達, 説を

▼ つきわが~ (4, 0.0%)

1 めつき, 愛読者の, 警察力は, 願ひ

▼ つきパン~ (4, 0.0%)

1 とひろげ, に一時間, や色んな, をたべ

▼ つき今度~ (4, 0.0%)

1 はいつ, は伐り倒された, は文字, は秀吉

▼ つき~ (4, 0.0%)

1 の少女達, は下, 合も, 国民の

▼ つき休暇~ (4, 0.0%)

1 がとれ, と月給, の貰える, を与える

▼ つき切り~ (4, 0.0%)

1 でいた, で世話, にその, になつ

▼ つき~ (4, 0.0%)

1 その声, になっ, の調子, をひそめ

▼ つき大きな~ (4, 0.0%)

1 冬瓜が, 婚礼麺麭が, 斟酌を, 興味を

▼ つき左手~ (4, 0.0%)

1 には半ば, にビラ, のおや, の甲

▼ つき廻っ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ていた, て稲荷さん

▼ つき更に~ (4, 0.0%)

1 その同窓板坂元, その道を, 山上遙に, 隙を

▼ つき果てた~ (4, 0.0%)

1 とみえ, のである, ような, 一夜彼女は

▼ つき次第~ (4, 0.0%)

1 だと, であると, もう一度近い, 早く來

▼ つき~ (4, 0.0%)

1 のさめた, をあげ見れ, をつぶっ, を開き

▼ つき~ (4, 0.0%)

1 七学年において, 二報告書が, 八学年において, 六学年において

▼ つき~ (4, 0.0%)

2 の途中 1 もつき, をそらす

▼ つき~ (4, 0.0%)

1 が木, にとびかかる, の悪い, を前方

▼ つき~ (4, 0.0%)

1 に強く, の廻り, をかがむる, を固める

▼ つき~ (4, 0.0%)

3 のあたり 1 を支え

▼ つき~ (4, 0.0%)

1 から頬, をすりつけ, を抑えた, を掌

▼ つきあの~ (3, 0.0%)

1 熟した, 足跡は, 軒まで

▼ つきあんな~ (3, 0.0%)

1 ことが, 女に, 表情を

▼ つきここ~ (3, 0.0%)

1 で中, に初めて, に宿営

▼ つきじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんか, こらいよい, よ

▼ つきそこで~ (3, 0.0%)

1 それなりの, グッと, 自らの

▼ つきそれからまた~ (3, 0.0%)

1 三十秒消え, 勝手な, 編み物に

▼ つきただ~ (3, 0.0%)

1 一言, 夢を, 書類の

▼ つきたち~ (3, 0.0%)

2 にけり 1 てよく

▼ つきだの~ (3, 0.0%)

1 そうかと, 笑う口許, 鼻つきだ

▼ つきついで~ (3, 0.0%)

1 にあおのけ, に手足, 川崎と

▼ つきつて~ (3, 0.0%)

1 おしまひ, 出した, 逃げたん

▼ つきてのみ~ (3, 0.0%)

1 云はんと, 云ふ, 生きて

▼ つきでした~ (3, 0.0%)

21

▼ つきとして~ (3, 0.0%)

1 以外には, 存し, 自分の

▼ つきとで~ (3, 0.0%)

1 云った, 彼女に, 答えうる人たち

▼ つきなどが~ (3, 0.0%)

1 いかに得, 月の, 次々と

▼ つきなどは~ (3, 0.0%)

1 まだ細々と, 別に消散, 総角の

▼ つきなどを~ (3, 0.0%)

1 もって, よく憶え, 眺めて

▼ つきなら~ (3, 0.0%)

1 で天狗つき, 仕打なら, 歩みぶりなら

▼ つきによ~ (3, 0.0%)

1 つててんでんばらばらの, つてとりどりに, つて今の

▼ つきはてた~ (3, 0.0%)

2 ので突然 1 のである

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 尋ねて, 小舟が, 来て

▼ つきまず~ (3, 0.0%)

1 仙覚律師の, 床の間の, 恭しく一礼

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 が, にやつ, やも

▼ つきもの~ (3, 0.0%)

2 です 1 です規則正しく早く

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 いやに懐し, 似合うぞ, 奥方の

▼ つき一方~ (3, 0.0%)

1 に取手, の肩, は四天王

▼ つき三月~ (3, 0.0%)

1 とこの, ほどのうち, まで

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 つきまた, つきゑらゑらにたなぞこ, つき三

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 から教えられ, の心花, をつかわし

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 すこしく冷しく相成り, でいう, まで考え

▼ つき博士~ (3, 0.0%)

1 から一刻, があまりに, の右足

▼ つき合ひで~ (3, 0.0%)

1 はなかつた, も初め, 仕かた

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 になっ, に思ひ浮べた, は早く

▼ つき女中たち~ (3, 0.0%)

1 はみな, は掃除, は普通

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 おとし, とは仮に, の

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 と二人, に話し, の末起

▼ つき少し~ (3, 0.0%)

1 の隙間, 上方辯を, 高目

▼ つき工合~ (3, 0.0%)

1 である, といい, はもう

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 に立つ, の斜面, の石組み

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 人より, 作は, 晩香之

▼ つき或は~ (3, 0.0%)

1 功業遺徳に, 建立せられた, 才學に

▼ つき提灯~ (3, 0.0%)

1 がおりおり, がつき, をさげ

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 はきたれ, は吉多礼登, は田端

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 の歌, をつい, を売っ

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 がさえ, の見えない, をつぶつて

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 から下, の外, へ俯伏

▼ つき経ち~ (3, 0.0%)

1 て必ず, ふたつき経っ, 庭に

▼ つき経つ~ (3, 0.0%)

1 て山内左衛門尉さま, ともう, ほど私

▼ つき纏つて~ (3, 0.0%)

1 ゐた被告, ゐる, ゐるやう

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 に歯, のあたり, を張った

▼ つき背中~ (3, 0.0%)

2 をまるめ 1 まで地面

▼ つき~ (3, 0.0%)

2 をおさえた 1 をうっ

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 と岸, に揺られる, はくだけ

▼ つき言葉~ (3, 0.0%)

1 の合理性, をつぎ, を改めて

▼ つき鉄砲~ (3, 0.0%)

1 に脇腹, を奪いとり, を握らせ

▼ つき~ (3, 0.0%)

1 なども美しいよい, のぐあいが, のこぼれ

▼ つきあらあらしき~ (2, 0.0%)

2 に似ぬ

▼ つきあるい~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ つきいとど~ (2, 0.0%)

2 しき白

▼ つきいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なおもちゃ, な説

▼ つきうしろ~ (2, 0.0%)

1 からどんと, の高城

▼ つきうす~ (2, 0.0%)

1 の歩く, 暗がりで

▼ つきからだ~ (2, 0.0%)

1 のこなし, をちぢめ

▼ つきからでも~ (2, 0.0%)

1 あつた, 見分けること

▼ つきからも~ (2, 0.0%)

1 うかがわれた, どれが

▼ つきくさ~ (2, 0.0%)

2

▼ つきくるみ~ (2, 0.0%)

1 の実, の實

▼ つきこそ~ (2, 0.0%)

1 あれほど, ややずんぐりとして

▼ つきさかき~ (2, 0.0%)

1 だが, と言

▼ つきさて~ (2, 0.0%)

1 も不思議, 一方の

▼ つきさんざん~ (2, 0.0%)

2 お月さま

▼ つきざま~ (2, 0.0%)

1 に俯伏, に右視左瞻

▼ つきしか~ (2, 0.0%)

1 しなかった, 映らなかったし

▼ つきしかも~ (2, 0.0%)

1 不名誉な, 伝染病流行の

▼ つきしわから~ (2, 0.0%)

1 ない, ねえん

▼ つきすこし~ (2, 0.0%)

1 考えて, 跛を

▼ つきすっかり~ (2, 0.0%)

1 まとまったと, 白髪に

▼ つきすでに~ (2, 0.0%)

1 地所を, 立派な

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 夜の, 旅の

▼ つきそっくり~ (2, 0.0%)

1 である, 正の

▼ つきただちに~ (2, 0.0%)

1 スキーに, 帰宅せよ

▼ つきちら~ (2, 0.0%)

2 と乙姫

▼ つきぢ河岸~ (2, 0.0%)

2 の河太郎

▼ つきつき~ (2, 0.0%)

1 ブラブラと, 歩いて

▼ つきてか~ (2, 0.0%)

1 へらねど, 令孃は

▼ つきでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば氏, ば生

▼ つきといふ~ (2, 0.0%)

1 のは, 一手の

▼ つきとか~ (2, 0.0%)

1 化粧映えとかいう, 口もととかの

▼ つきとが~ (2, 0.0%)

1 ある, 際立って

▼ つきときどき~ (2, 0.0%)

1 汗を, 自分の

▼ つきとでも~ (2, 0.0%)

1 云おうか, 言うん

▼ つきとともに~ (2, 0.0%)

1 フランスの, 昂奮は

▼ つきとも~ (2, 0.0%)

1 とれるのに, 見えて

▼ つきともかく~ (2, 0.0%)

2 そのへん

▼ つきと共に~ (2, 0.0%)

1 そこらに, 踊つた樣な

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 おしだ, ほりに

▼ つきどう~ (2, 0.0%)

1 か兵馬様, にすわっ

▼ つきどうしても~ (2, 0.0%)

1 国へ, 機械について

▼ つきどころ~ (2, 0.0%)

1 いさぎよくお, が違う

▼ つきどんな~ (2, 0.0%)

1 姿勢を, 範囲で

▼ つきなお~ (2, 0.0%)

1 あの五つ, 電灯は

▼ つきなどに~ (2, 0.0%)

1 なされては, 氣に

▼ つきなども~ (2, 0.0%)

1 以前の, 美しく売る

▼ つきなます~ (2, 0.0%)

2 あれなる

▼ つきなみ~ (2, 0.0%)

1 な表現そのもの, まどひ

▼ つきなり~ (2, 0.0%)

1 様子なりから, 殊に病

▼ つきなんか~ (2, 0.0%)

1 で物笑い, どうに

▼ つきなんぞ~ (2, 0.0%)

2 ほのりと酒

▼ つきなんて~ (2, 0.0%)

1 いふもの, 苦味が

▼ つきなんと~ (2, 0.0%)

1 してるお前, も言わず

▼ つきにく~ (2, 0.0%)

1 かつたであらう, そうな

▼ つきについて~ (2, 0.0%)

1 お話しいたします, 感じを

▼ つきにて~ (2, 0.0%)

1 我を, 法外の

▼ つきはて~ (2, 0.0%)

1 て抵抗, て疲れきった

▼ つきひそか~ (2, 0.0%)

1 に手筈, に有司

▼ つきひと~ (2, 0.0%)

1 びとは顔を, わたり子供

▼ つきべり~ (2, 0.0%)

1 が多い, が非常

▼ つきほっと~ (2, 0.0%)

1 した, 一息つく

▼ つきぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, とがらす

▼ つきやすかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ つきやっと~ (2, 0.0%)

1 辿りついて, 這い上った

▼ つきやつ笑~ (2, 0.0%)

2 ひながら

▼ つきやや~ (2, 0.0%)

1 長いあいだ, 長い間

▼ つきよみ~ (2, 0.0%)

2 の月

▼ つきよりも~ (2, 0.0%)

1 ずっと上品, ぽつと

▼ つきわれ~ (2, 0.0%)

1 はふたたび, も二十

▼ つきをも~ (2, 0.0%)

1 する, 感ずること

▼ つきッきり~ (2, 0.0%)

1 でこの間ッ, でした

▼ つきバス~ (2, 0.0%)

1 の始発, の終点

▼ つきビール~ (2, 0.0%)

1 をのみまた, を註文

▼ つきボーイ~ (2, 0.0%)

1 です, は又

▼ つき一つ~ (2, 0.0%)

1 も見せ得なかった, 弾けぬ芸妓

▼ つき一人~ (2, 0.0%)

1 で室, の日本人

▼ つき一同~ (2, 0.0%)

1 して, は森

▼ つき一杯~ (2, 0.0%)

2 に掲げられ

▼ つき三人~ (2, 0.0%)

1 が百万遍, ひとしく会釈

▼ つき三十五円~ (2, 0.0%)

1 でしてね, なんて

▼ つき上人直接~ (2, 0.0%)

1 にお話示, に御

▼ つき下宿~ (2, 0.0%)

1 と入口, もすっかり

▼ つき不思議~ (2, 0.0%)

1 なるを, に危難

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 人相吟味対決を, 膝を

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 から戸, に四十面相

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 へて蠢い, へられた

▼ つき今回~ (2, 0.0%)

2 の所

▼ つき作者~ (2, 0.0%)

1 が泣き, をもっ

▼ つき~ (2, 0.0%)

2 るを

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 の言いたい, はいつも

▼ つき全体~ (2, 0.0%)

1 に溢れ, に窶れ

▼ つき其の~ (2, 0.0%)

1 方の, 頃百二十両に

▼ つき初め~ (2, 0.0%)

1 だったに, と考え

▼ つき初めて~ (2, 0.0%)

1 から人, 仕官の

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 のあの, よりいくら

▼ つき前橋中央駅~ (2, 0.0%)

2 の改札口

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 ないひき方, の信者

▼ つき厳重~ (2, 0.0%)

1 なるお, に戸締まり

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 其系統の, 泳いで

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 から出まかせ, を動かそう

▼ つき合わし~ (2, 0.0%)

1 てこう, て闘っ

▼ つき合わす~ (2, 0.0%)

1 客と, 老女に

▼ つき同じ~ (2, 0.0%)

1 ところを, 境遇の

▼ つき同時に~ (2, 0.0%)

1 二等運賃も, 和尚の

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 がこ, と三人

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 に出る, を下り

▼ つき堅め~ (2, 0.0%)

1 た宮, るの

▼ つき外国~ (2, 0.0%)

1 に対してわが国, の類似

▼ つき外套~ (2, 0.0%)

1 や臘虎, を着

▼ つき大変~ (2, 0.0%)

1 いい, よろこんで

▼ つき大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 でお, で引っかけた

▼ つき家事上~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ つき小さい~ (2, 0.0%)

1 子供を, 眼は

▼ つき小女~ (2, 0.0%)

1 まで置き, も置き

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 をもちあげ, 端折りを

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 のてごろ, の石

▼ つき年賀欠礼~ (2, 0.0%)

2 仕候

▼ つき廻した~ (2, 0.0%)

2 揚句金を

▼ つき廻る~ (2, 0.0%)

1 のであった, 奴は

▼ つき~ (2, 0.0%)

2 れた法衣

▼ つき弱い~ (2, 0.0%)

1 ものは, もの苛め

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 つたところが, つた鋭角の

▼ つき当りそう~ (2, 0.0%)

1 になった, になりました

▼ つき当り唐紙~ (2, 0.0%)

1 にはじかれ, にはぢ

▼ つき彼女~ (2, 0.0%)

1 と向かい合い, の戻る

▼ つき必ずしも~ (2, 0.0%)

1 作者と, 花でなく

▼ つき悪い~ (2, 0.0%)

1 人の, 感じの

▼ つき悪く~ (2, 0.0%)

1 いと見え, 捗らない

▼ つき手先~ (2, 0.0%)

1 で煙草, を組合せ

▼ つき~ (2, 0.0%)

2 く樣

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 が追っ, の本

▼ つき日やけ~ (2, 0.0%)

1 した顔, のした

▼ つき日頃~ (2, 0.0%)

1 の不孝, の御恩顧

▼ つき早速~ (2, 0.0%)

1 宿屋へ, 生れて

▼ つき明日~ (2, 0.0%)

1 のお, の糧

▼ つき春しき~ (2, 0.0%)

2 ぬれば

▼ つき時たま~ (2, 0.0%)

2 逢ひし阿

▼ つき暗い~ (2, 0.0%)

1 うちに, 庭を

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 の小, を飾り

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 の上, もなくなる

▼ つき次第に~ (2, 0.0%)

1 ひとつ責め, 勘付い

▼ つき歩き~ (2, 0.0%)

1 やっと江戸, 親を

▼ つき歩く~ (2, 0.0%)

1 のであります, ものとも

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 に挨拶, に貰

▼ つき気味~ (2, 0.0%)

1 であった, の悪い

▼ つき氣味~ (2, 0.0%)

2

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 をがぶがぶ, をくん

▼ つき汚れ~ (2, 0.0%)

2 たりとも見えず

▼ つき決して~ (2, 0.0%)

1 その順序, 本当の

▼ つき汽車~ (2, 0.0%)

1 の中, の動搖

▼ つき海老瀬~ (2, 0.0%)

1 に出張可, へ出張

▼ つき添っ~ (2, 0.0%)

1 ておりまし, て土方二人

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 記名手形を, 雑作に

▼ つき煙草~ (2, 0.0%)

1 の喫, を取り出し

▼ つき爾来~ (2, 0.0%)

1 この豚, 宮城野の

▼ つき特に~ (2, 0.0%)

1 イシイシと, 先生を

▼ つき現実~ (2, 0.0%)

2 とのギャップ

▼ つき申さば生~ (2, 0.0%)

2 を弥

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 つた形にな, つて熟と

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 に賄賂, の兵隊たち

▼ つき疲れ~ (2, 0.0%)

1 果てたと, 果て巡査

▼ つき白い~ (2, 0.0%)

1 牙を, 肌の

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 がつまらない, の気色

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 なもの, に見える

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 が迫っ, と眉

▼ つき秀吉~ (2, 0.0%)

1 が私慾, のらいらく

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 がなく, の形

▼ つき経っ~ (2, 0.0%)

1 てそろそろ, て十月

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 たぼを, のつけ根

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 に這いよっ, を冷やす

▼ つき自身~ (2, 0.0%)

1 が一つ, のお

▼ つき苦笑~ (2, 0.0%)

1 がこみあげ, をし

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 の実, は特に

▼ つき虚偽~ (2, 0.0%)

1 や誤謬, を犯し

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 舞台, 舞台で

▼ つき要するに~ (2, 0.0%)

2 ヘルマン氏は

▼ つき豊か~ (2, 0.0%)

1 で温乎, なぬくもり

▼ つき足駄~ (2, 0.0%)

1 がカラカラ, で泥濘

▼ つき路地~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ つき進んだ~ (2, 0.0%)

1 作者の, 草案が

▼ つき部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, へ戻る

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 ものまず, を酌ん

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 をねだり, を蓄え

▼ つき~ (2, 0.0%)

2 いろの

▼ つき~ (2, 0.0%)

2 の袋入

▼ つき長い~ (2, 0.0%)

1 スカートを, 白髯を

▼ つき~ (2, 0.0%)

2 をしめる

▼ つき難かっ~ (2, 0.0%)

1 たが, たの

▼ つき電車~ (2, 0.0%)

1 がゆれる, が動き

▼ つき非常~ (2, 0.0%)

1 に迅速, に重い

▼ つき面つき~ (2, 0.0%)

1 が変, にもいつも

▼ つき面桶~ (2, 0.0%)

1 を抱いた, を抱えた

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 がまた, はこんど

▼ つき顔つき~ (2, 0.0%)

1 がまた, に何もの

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 が吹く, が落ち

▼ つき風呂~ (2, 0.0%)

1 につき, へ行かなく

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 されし祭, されたりなんか

▼ つき~ (2, 0.0%)

2 の太

▼ つき~ (2, 0.0%)

1 もいななかず, を走らせ

▼1* [1289件]

つきあおく暮れて, つきあしません, つきあたかも口上, つきあたら勇士も, つきあとを整理, つきあとあとも夢, つきあなたには誠実, つきあはれなる子, つきあふほど顔, つきあまやかしてくれ, つきあらゆる物音が, つきありしに代, つきあるくこと男子に, つきあんした瘧, つきいかに興奮感起したる, つきいきなり耳に, つきいずれも四題, つきいそいそと私, つきいわば威風堂々, つきういういしい尖った, つきうたものびやか, つきうれしそうに, つきぐるが, つきええ抛げよう, つきおいらんの膝, つきおそろしくしよげ, つきおだやかな眼差し, つきおのずと分って, つきおのれに嘘, つきおばけガニをかつい, つきおまけに鮓, つきおみ足を愚楽老人, つきお前と別れ, つきお客は彼, つきお家へお, つきお札ばさ, つきお父さんの御, つきお辞儀をする, つきお雪ちゃんの横, つきかが彼女を, つきかくれなければや美しき, つきかけて来, つきかげを, つきかさりかさりと, つきかすかに笑つて, つきかっきり二倍の, つきかも知れないて, つきかゆをたべ, つきかわらの上, つきがけに飛び上る, つきがたいものである, つききした, つききっと見て, つききつて, つききらきらと宝石, つききれぎれとなり, つきくいつきだきつく風情という, つきくさるところだつた, つきくちつきなど, つきくらばかりし, つきくらいつづいて, つきくわしきことは, つきぐたりと樹にもたれた, つきぐったりとなっ, つきぐっと一ぱい酒を, つきの駒, つき細くて, つきこはぜをはめる, つきこまかい雨の, つきこわいようだ, つきこんなにありがたい読者, つきこんなにも社会事情に, つきもり, つきごとに礼拝, つきご馳走をつくり, つきさうになつた, つきさえも見える, つきささへお, つきさっきここを過ぎた, つきさつきの風, つきさてはその表, つきさびしくもおだやか, つきさまざまの疑問, つきさも楽しげ, つきさよう御承知, つきさらに小さなの, つきさんばら髪の頭, つきさ勘三さんいるの, つきしかと様子相わからず, つきしきりに何か, つきしずかにだく, つきしだいに心が, つきしっかりした語調, つきしつちやつてな, つきしなやかな前, つきしませんか, つきしみじみとした, つきじっと彼女の, つきすきをねらっ, つきすこぶる不機嫌, つきすねてとうとう, つきすりつきくいつきだきつく風情, つきするりと障子を, つきずっと尾世川の, つきそういうものが, つきそうして面は, つきそうようになっ, つきそうらえ, つきそっと面を, つきそっぽをむいた, つきそつと忍ん, つきそのうえによじのぼった, つきそのままじっと顎を, つきそのものでその, つきその後からは天堂一角, つきその間こそは正に, つきそめにけり, つきそめし叢咲乱れし, つきそれぞれ幸福な身, つきそれで家に, つきそれ以來大熱心, つきそれ相応の社会的地位, つきそろそろ呂律の, つきをやかに, つきたち塔をだんだん, つきたって様子, つきたのもしすっかりで, つきたまふな, つきたらしく耐え性が, つきたりと見て, つきたりとてこれに, つきだけには狂いが, つきだけの面白さ, つきだけを拡大した, つきだって凜, つきだつたが若い, つきだらうこの肺病嫌ひと云, つきだろう往生ぎわをよく観念し, つきちゃいないよ, つきちらしてこれ, つきちらしたがどれ, つきちりめんをひとそろい, つきつい目に, つきついては消えて, つきつき万屋まで届け, つきつき出た額ほっそりした, つきつき愛の実行, つきつき登つて行く, つきつき逃げたつけ, つきつくつけなど, つきつくづくとその, つきつてそれを小さな, つきつて庭口から洗濯物, つきつて街路へ出, つきつねに具体的観察を, つきつまらながる皆, つきつやつやした顔色, つきつんと澄ませど, つきてこがるる, つきてとぢめんことは, つきてなんぞ我れ, つきてをぢがり, つきであり愛の, つきできるだけのこと, つきでございますこと, つきでござるゆえなにや, つきでしか俺を, つきでじつと火箸, つきでなくもちろん自宅, つきといったものも, つきとうとう或る, つきときの間にしぼみし, つきとくお耳, つきとなりの大, つきともにすみながら, つきどこまでが信頼, つきどころ自分ひとりの金, つきどっちにしよう, つきどもの集まり, つきどんどん道を, つきなかなかいい恰好, つきながらに物静かに, つきながらの話に, つきなぜだろうと, つきなどからは誤解といふ, つきなどの説話が, つきなどまではっきり浮かん, つきなにか物思ひ, つきなにぶんにも参上, つきなみさをついた, つきなめ艤ひゆきしか, つきなりから裏切られた嫉妬, つきなる真新しいの, つきなるほどあれでは, つきなれど描写, つきなんかがうかんで, つきなんかに不思議な, つきなんぞのまねを, つきなんぞは気味が悪いばかり, つきなんともいえないうれし, つきにおいて深化させ, つきにかへりながら, つきにくかったから, つきにくくなりこれ, つきにこりともせず, つきにじり寄りさて暑, つきについての議論の, つきにつき殺す, つきにと包物を, つきにとって越えること, つきになどなった事, つきにまで現はさ, つきにやつき引き揚げて, つきによる個人的活動が, つきに対してのやる瀬, つきに対するやや憂鬱, つきに関して際限の, つきあなたは, つきのさリキュールは, つきのどを刺す, つきのの字に, つきはたして日限の, つきはっはっと大きく, つきはもひとりの, つきはやくも次代, つきはよかつた, つきばかしされたんぢ, つきばかりはみじめらしく, つきばかりもして, つきばったをやっ, つきばったりに艾, つきぱつと四方へ散つた, つきひたすら自分の, つきひとみをじ, つきふたつき暮して, つきふと思えば, つきぶりでも充分, つきへどが出そう, つきへんな苦笑, つきべそをかい, つきがらかな, つきほどのパリ生活間に, つきほなさ, つきつちや, つきまああと三年は, つきまえから研究, つきまことにつまらぬ一場, つきまさアね, つきまぜ返して消化液, つきまたは材木で, つきまだ午飯が, つきまっさかいな, つきまでをていねいに, つきまるで悲しみに, つきまわしその機, つきまわりの風景, つきまア何よりも, つきみだりに給料を, つきみんなでお, つきみんなアマーリアとわたし, つきとして肴, つきむかしパリの大通, つきむしろ過敏すぎる, つきめくらゐにやつ, つきめっきり青草が, つきめづらしく懸けて, つきもう誘いに, つきもし召し使いたち, つきもじもじして, つきもたれかけさんざんに, つきもつと大事, つきもはええだろう, つきもはや危険が, つきもろともに, つきもんだ, つきやあがつて, つきやう筈のもの, つきやう階級鬪爭を鈍, つきやがつて放さない, つきやす子を, つきやつ言はせる事, つきやつ軽躁いでゐた若い, つきやに馴れきつて, つきやらがありありと, つきやられてその, つきやれ福茶だ, つきようやくモノに, つきよう一升十銭その手入, つきよき家あれ, つきよごれ長き黒髮, つきよごれたれど何となく, つきより良きもの, つきよれよれのフロック, つきりこれつきりで, つきりさう云, つきりですから, つきわかるわあたし, つきわけもなく, つきわざと険を, つきわしは猟師, つきわずかな隙, つきわれ知らずに魅惑, つきゑゝ抛やう, つきをがつくりと, つきをしか期待できない, つきアゾフ海名物の魚スープ, つきアルルの闘牛場, つきエセックスの讒訴, つきエラ方が, つきエンガワ一間でひろい, つきオイオイと声, つきオステンドから海, つきオベリスクをスポットライト, つきカップを差し, つきカングリ警部の取調べ, つきカーキ色のコムソモールカ, つきガラスぶたの入口, つきガラス製のテーブル, つきキャビアのオルドヴル, つきギロリとした, つきクリストフのほう, つきクール大将の提案, つきグラッドロンのただ, つきコタツが切つて, つきコップ匙などしまっ, つきゴルシュキナはさっき, つきシばらスいと, つきスタンプの消印, つきスーッと古, つきスープを飲む, つきソナータや小品, つきチェホフがしばしば, つきツ切りは面倒, つきナイフはそんなに, つきニコやかに, つきハリキる, つきハンカチを取り出し, つきハンドバックから財布, つきバンドもつい, つきビロードの丸椅子, つきピート一等兵は前, つきブラブラと散歩, つきボツボツと大粒, つきポケット小僧も明智探偵, つきマヌウはその, つきメグはクッション, つきメリヤスのシヤツ, つきレコードをかけつ, つきレンズに向けられ, つき一ヵ月の部屋代, つき一合十銭の立看板, つき一同心得違いこれなきよう, つき一坂のぼりては, つき一夜天誅を加, つき一寸の淋し, つき一寸笑をふくん, つき一層途中にて, つき一度こちらを, つき一応だいたいの, つき一日がわりに家々, つき一月余りも床屋, つき一服すると, つき一朝一夕に洗うべからず, つき一枚何かで, つき一校の割合, つき一種清純な曲線, つき一網打尽に私達, つき一般のお母さん方, つき一般命令をくだし, つき一部始終を暗闇, つき丁寧の樣, つき七九四などの数, つき七面鳥じゃない, つき万一の節, つき万屋まで届け, つき万福寺を仮, つきつきつづけざま, つき三方に門, つき三月七日をもって白石, つき三番貝はおれ, つきより咎めあるべき, つき上げに於, つき上つて見ればよ, つき上旬のある, つき上演された, つき上身を前, つき上陸ると, つきを見降ろし, つき下町らしく面白し, つき下駄はいづれ, つき不利と見たら, つき不安は半年以上, つき不平等に作った, つき世間には種々, つき両側にずらりと, つき両足先を椅子, つき中広間は書院窓, つき中軍のさし, つき主として素子が, つき主人に頭, つき主人勝家に裾野陣, つきに使, つき乍らあれこれと話し, つき乍ら何か低い, つき乍ら日本のうらら, つき乍ら涙に襟, つき乗りうつる, つきの認める, つき乱髪に浅葱, つきの様, つき事務職員以外は洩れなく, つき二つの願い御座候, つき二ノ腕肘肘から手首, つき二三人床几から飛びあがっ, つき二三年のうち, つき二三度はそれ, つき二人の顔, つき二十四日に五兵衞伜同道, つき二十歩しては, つき二年ずつ己, つき二度の食, つき二本の庭, つき二歳の子供, つき二畳が一間, つき二週間とたたない, つき五十銭ずつで買う, つき五段の入口, つき井戸のなか, つき井菊屋の奥, つきよりうつ, つき京洛劇場のニュース, つき人々はずーつと膝, つき人力車を雇い, つき人情人心ガラリと, つき人物ね, つき人道問題としても事実, つき人間はますます, つきしたの, つき今さら彼は, つき今に來るべき, つき今にもかみつこうと, つき今や小田原城は, つき今一人是非そなたに, つき今台のうえ, つき今川焼をはじめた, つき今度のは相手, つき今日欠勤仕り度, つき今月たちまち樹林, つき今朝父がつかれる, つき今般残らず下, つき仕事ができなかった, つき仕出し屋から運ばれた, つき他人に見せる, つき他家にも弟子, つき匠記で, つき以外に何物, つき仮面をつけ, つきして, つき休憩して, つき休暇無料産院と工場, つき会つて居たやう, つき会はずに自分, つき伸子は顔, つき低い窓には, つき低くお辞儀を, つき佐々刑事の手, つきは赤黒く, つき何だかわからないぼろぼろ, つき何だかよく見えないよう, つき何とも言えぬやさし, つき何らかの判断を, つき何れも食事, つき何事も腹蔵, つき何処までもおどけ, つき何處までもおどけ, つきは欧州, つき余念もなく, つきの通り嘘, つき供養をし, つき俊夫君はその, つき信子が胸, つき俯向いて, つき俺たちが現, つきへ來, つき偽りの日々, つき備わった品の, つきを全身一面, つき傷口にふれ, つき優美な物腰, つきがきまっ, つき先ごろ峠村の平兵衛参上, つき先刻吉里が置い, つき先方へ談合, つき先生の明快, つき先考の写真遺墨, つき先輩に学び, つき免許皆伝をうけた, つきつてなぜ, つきヨーロッパの, つき全くこの青年, つきの肩, つき兩手があつ, つき八丁の上, つきつき天, つき六人が上陸, つき六十歳を越え, つき六線に並び, つきが対句, つき其先のどこ, つき其処に桑園, つき内容の概念, つき円ろやかに, つき円道為右衛門にこの, つきならずただ者, つきでたる處, つき出た高い枝, つき出たいと思ひ, つき出入りままならぬ座敷牢ゆえ, つき出鱈目を言う, つきを抜き, つき刀脇差には例, つき分類の誤り, つきこうも, つき初夏の真っ青, つき判断もつく, つきに思い出, つき別に前者と, つき利息に利息, つき刺しはしない, つき前身を屈し, つき前面には金銀, つき剛の者なれば, つき加世子も何, つき加減なの, つき加藤律治氏にその, つき勇敢にとびこみました, つき動かされなければ彼, つき勝ちになり, つき勝手の棟, つき勤労に服する, つき北向きに主人, つき北国街道の旅人, つき十七人二分三厘三毛ほどに当たる, つき十二三尋の有利, つき十五円だつたかね, つき十分ポチポチやって, つき十巻ずつ勅訳, つき十銭鍋物十銭の実に, つき千鶴子の現れる, つきた, つき午後九時大久保へ帰りました, つき睡半, つき卓子に俯, つき南洋および南米植民地, つき即ち趣向そのものに, つき原書を披, つき去る三月二十八日教務打合せの, つきになった, つき叉手を頭, つき双方涙の目, つき反動の歴史, つき叡山の兵糧, つき口つきは知らぬ, つき口もとが東宮, つき口上にては申し分け, つき雑誌を, つき古い帽子を, つき可愛らしい頭の, つき御心得, つき右府将軍御他界, つき右被告人より裁判長判事因藤実, つき右足をおさえ, つき交換者の, つき各人の意見, つき各個の羊, つき合かたの明る, つき合して裁縫, つき合つて場所をとります, つき合ひだから仕, つき合ひで主婦の手, つき合わせた時に, つき合人の心, つき吉見のほう, つきじき甲子の, つき同日午からとしたら, つきも利, つき吾人はさらに, つき呼吸は荒々しく, つき投げ出し御, つき和一郎と小枝, つきをうたっ, つきは耳, つき唸りつける凄まじさ, つきを吐い, つき商ばいの仲人屋, つき商人どもの工事請負, つき商魂につき強固, つき問いもし, つき善光寺見物です, つき喜色を姿, つき喧嘩にならぬ, つき噴火口を覗い, つきつき言直し心直し, つき四二五〇磅の費用, つき四方をながめた, つき団子として米, つき国々の動乱, つき國民が祝意, つき圓道爲右衞門に此, つき土手にへばりついた, つきへ手, つき地主の持地所, つき地方へ赴任, つき地蔵です, つき坂本氏をふり返つ, つき均平は思わず, つき城壁を固め, つき基本の考察, つき堀川国広の脇差, つき場所だったの, つきによりかかっ, つきに入, つきの景色, つき計代が, つき多少露骨で, つき多年焦慮苦心の結果, つき多那川橋の上, つき夜上杉朝定のやしき, つき夜分急に御, つき夜長のひと, つき宇宙の, つき大人になっ, つき大勢の寄進者, つき大声を立て, つき大嫌いと云っ, つき大統領じきじきに申し上げ, つき大言壮語して, つき大阪までおこし, つき大黒屋の美登利, つき足し国, つき天使の車服, つき天勝の代り, つき太郎兵衛事死罪御赦免, つき契沖は, つき女王はすでに, つき如来衛門は右門, つきに真面目, つきに對, つき妻楊子を歯, つき姉妹をめしとっ, つき始まりとなった, つきの顔, つき子どもをねかし, つき存在しもしない, つき孝助は泣き転がりました, つき季節の曖昧, つき建築を, つき宗碩を煩わした, つき定価の一割, つき実物について研究, つきへ手紙, つき家々の畜犬, つき家屋を借受け, つき家屋自動車煙草その他すべて達治さんとお母さん, つき家鴨のよう, つき容体も日ごと, つき容貌まで何やら, つき宿への, つき寂しくしかしやや, つき寒く佇んだ影, つき寝れば二十五歳, つき寝台の上, つき寝床の上, つき寧ろ語を, つき将士は少し, つき專門の雜誌, つきせんが, つき小さく弱々しいが年, つき小判が出る, つき小声になっ, つき小次郎の口, つき小石川茗荷谷の切支丹屋敷, つき少々まごつきながら, つき少年も久しぶり, つき尤も学校で, つき尻餅をつき, つき居れば初, つき山づたいに数千の兵, つき山人の抱負, つき山賊に似合わぬ, つき岩松がつき, つきの山中, つき川べりで子供, つきの手, つき左右には大臣将軍等, つき左手膝の上, つき左様御承知可, つきの身体, つき已むなく鳩便を以て報告, つき巻きつきそのローラー, つき布団をすて, つき布団つき間代まで含ん, つきをたより, つき帰って国, つき帰り次第御房さん, つき常に新時代, つきがかかっ, つき平木中佐がその, つき平泉二世の案内, つき年ごろになっ, つき年齢の点, つき幾百万人の日本, つき広瀬旅館投宿第五高等学校教師ポーター, つき庄屋源之丞, つきをはなれる, つき床しげな, つきいような, つき座蒲団にぐったり, つき康頼を知る, つき廠舎に陣営, つき建物を銀行, つき廻されるんだ, つき廻して見た, つき廻った末やっと, つき廻らなければならない, つき廻りめったに叔父さん, つき廻わして幾年, つき弁当を食べる, つきとし, つき弓子が出, つき引き破ったこと, つき弱った跡で, つき弱小の清洲, つき当り一杯に友子さん, つき当方より命令, つきである場合, つき彼らは白い, つき彼等はかわり番, つき彼自身も本当, つき後々がうるさい, つき後ろへ薙ぎつけ, つき後ろ姿は最高, つき後宮の貧民窟, つき徐ろに歩, つき従僕と結婚, つき御所へ参り, つきた活きて, つき微分学の通常, つき心気とみに冴え, つき心理上の説明, つき必ず吟味を, つき必ずや味方の, つき必然な世直し, つき必要だという, つきを入れ, つき怒んだから, つき怒鳴り散らしました途断れ, つきれを, つき思い迫ったよう, つき急ぎ釈明の, つき恐くもなっ, つき恐怖すべき姿, つきを吸う, つき悪う御座いますけん, つき悪戯つぽ, つき悲しげな, つき悲恋の呪い, つき惡しき予の雨戸, つき意外にもおと, つき意見弁明反証等はない, つきの実行, つき愛嬌がある, つき愛子を奪い, つき愛宕下まで参りし, つき態度仕事の遣り口, つき憎い繊細な, つき憎きまで仇ツ, つき成育した蚊, つき我知らず顔を赤らめ, つき或いは蓋の, つき戦時生活をし, つき戦闘帽型の帽子, つきをガタコリ, つき所々の鱗, つき扇女が門口, つき扇立たる所, つき手の甲で額, つき手枕で上体, つき手燭をかたわら, つき手紙を差しあげ, つき手負いの一角, つき手足が生え, つき技倆につき, つきて台所, つき拔けさへすれ, つき持参の牛肉, つきをし, つき指方竜二と社長, つき挨拶をし, つき振り返り見れば山川, つき挽割麥ばかしの飯, つき探偵は二度目, つき描いてきた, つき揺がされたような, つき操縦席にいる, つき改めてチェリオと, つき放しつつ君, つき放題という日, つき政府がかわっ, つき教化不行屆, つき教授達の間, つき教養の高い, つきちたたき, つき敵打の本懐, つき敷居際よりやや, つき文庫にて白刃, つき文明十七年春厳重な沙汰, つき斗満の関牧場, つき料理を好む, つき断りのおくれた, つき新しく江戸の, つき新作の脚本, つき新刊書二三求む, つき新聞記者団に比島敗戦, つき方その他凡ての点, つきするものの, つき旅費補助の事, つき旅館に辿りついた, つき旌旗はしきりに, つき日ごろかわいかわいと, つき日本の風俗, つき旦那と呼ん, つき旦那がたのとこ, つきや笛, つきかつた, つき易き性質だった, つき易すかったから, つきのよう, つき春蘭もまた, つき昭和九年の出漁船, つき時々隊列の, つき晉室の南渡, つき晩餐はそういう, つき暮してみる, つき曖昧な点, つき曲がった鼻厚い, つき書斎二つ各々十畳に四畳半位, つき書記に旱變, つき書面をもっ, つき曹丕の左右, つき最低五十銭から一円, つき最初は利益, つき最近の鞍部目的, つき最近書き終った長篇小説, つきの招待, つき月給を蓄積, つき木刀を広沢, つき未だ感じ, つき本当に五十銭だ, つき村山君の冷えゆく, つきむかふ春, つき来たんです, つき東京YWCAに泊つて, つき松岡駒吉氏が議長, つき板橋の向, つきを高く, つきは勘定, つきにない, つき染め木が汁, つき柔かい肌に, つきの方, つき柳江に対する訊問, つき柳行李を賣る, つきも坊主, つきの梢, つき森林となる, つき検屍の医者, つき楚々とした, つき業務に精励, つき極秘に御, つき楽しく御傍, つきは畳三四枚, つきが無い, つき様噂をきく, つきを握る, つき権威にもかかわる, つきへ外れた, つき章に, つき次いで両足の, つき次にわんわん吠えながら, つき次第上京するよろしく, つき次第善を取る, つき次第広島にうつるでしょう, つき次第日が経つ, つき次第査べて見たい, つき次第父上の思召, つき次第石巻へレンラク, つきをうた, つき止めさえすれ, つき正しい挨拶を, つき此度御改革, つき此方へ参りました, つき武蔵とおれ達, つき歩いちや小遣錢位, つき歩き知らない人々の, つきを食いしばっ, つき死力をつくし, つき殆ど毎日荷造に, つき殉死的な戦死, つき残り九十人の者, つき残念ながら休席, つき殺されてしまう, つき殿中の大, つき殿様のやかた, つき比較によって自分, つき比較的平和主義者で, つき毛氈の肱掛け椅子, つき毬唄を唄っ, つきがあせっ, つき気に入らではじめは, つき気体の膨張, つき気勢を挙げね, つき気持の落付き, つき水洟をすすり, つき水色縮緬の裾, つき水道も出ました, つきの涯, つきない中, つき江戸表はこと, つき沈黙派とは結局, つき沓掛をすぎ, つきに口, つき泊って感得, つき泡盛屋を見つけ, つき泣き声で腹痛, つきもつき, つき泥濘が始まる, つき洗面所も, つき浴衣がけで走っ, つき涼秋八月満身創痍の大敗, つき深く時勢を, つき添い真壁の, つき添ひと見せる爲め, つき清げの姫, つき温泉旅館九州ホテルで靴, つきは薄い, つきさえ引いた, つき湯茶もつき, つき溜息つきながら寝る, つきの中, つき漏れ出づるせきを白綾のハンカチ, つき演奏しそして, つき演述せられたもの, つき漸く命びろいしたと云う, つき潔不潔を殊, つき火箸の頭, つき火鉢の前, つきに新田義貞, つきの鳴く, つききつき尊い宝, つき無れど云々, つき無言の活動, つき無電技師は電鍵, つき焼酎のコップ, つきの立つ, つき熊手みたいな大きい, つき熱海へ下り, つき燦然たる知力, つき燭架に灯, つき爆弾もなし, つきに一件, つきの悪業ひたかくし, つき父中将も継母, つき袖を, つき片方の肩, つき片時も外らさん, つき物ごしを見る, つき物人間の天禄, つき物価が下落, つきを一匹, つきの祟り, つき独楽は森々, つきも歯, つき将勝家の, つきは家, つき獄門申付くる者也, つき獅子鼻ではない, つき玄関の植込, つき琵琶これなり, つき甚だしく出血し, つきへの執着, つき用意の物の具, つき田原屋へ, つき田疇へ來, つき甲斐に向かっ, つき甲板からどやどや, つきによって発見, つき男の子はいかん, つきを見廻した, つき留め様としてそこ, つき番屋の中, つきつた話が, つき病勢急変の折診察, つき病者を仏前, つき病院の中庭, つき痰喘にかすれた, つき療養所へ戻っ, つき登つて行く, つき白く照り映えて, つき白ズボンの両, つき白塗り多面体の印, つき白衣の行人, つき皇国内の儀, つき皮膚のいろ, つき盛んなる論調, つき目のあたり飴色に熟し, つき目前の景色, つき目口にはいろう, つき目次を見る, つき相互の腕以上, つき相手がこねる, つき相談すべき事, つき相貌の如く, つき眞面目らしく取りつぐを, つき真白い首筋に, つきつて, つき眠り獅子の髯, つき眼つき話しぶりで大, つき眼鏡をさげ, つき着流しのまま, つき着物もぬがず, つき瞬間さてこれから, つきがきれい, つき破る鹿の, つき硝子戸を引, つき硝子窓の切り, つき磔申付くる者也, つき磨きもかけられ, つき磯崎の田舎, つき社会悪と資本家, つき社会的にそういう, つき祖母の前, つき祖父の顔, つき私たちのはいっ, つきの月見, つき程は彼も, つき種々の疑問, つきのふち, つきばし, つき突ツつかれ合つて, つき突嗟に金銭, つき立って行く, つき立ての粟餅, つき端正として薄い, つきひ泣いて, つき笑いを無理, つきを細かく, つき簡単な家具食器類, つきは, つき糸類悉く払底, つきが添え, つき純綿物がある, つきを開い, つき紫女について考え, つき細かく注意し, つき細やかに小さき, つき細君がもう, つき細心な注意, つき経たぬうちに, つき経済上の自立, つき結婚して, つき絡み付く藻の, つきひぬ, つき給うたこの間の事情, つき統制の取れる, つき絶壁の下, つき絶間ない唇辺, つきぬる暗, つき続いた雨の, つき網もちとほめ, つき綿でもつれ, つき綿々とコン吉, つき緑色のスカーフ, つきのかけた, つきり, つきひから, つき纒うのだと, つき纒つてゐるの, つき美男だのに, つき群羊水に進む, つき群集の中, つき義雄は直ぐ, つき羽子もつき, つき翌朝二時ごろに床, つき老婆のよう, つきも積極的, つきなどに叔母さん心覺, つきが固まっ, つきを張っ, つき背さへあれ, つき背後を脅かし, つき胡粉皿がひっくりかえった, つき胸壁の同じ, つき脅かすよりはむしろ, つきを組ん, つきを直角, つきを押しつけ, つき腹ばいになり, つき膝頭を揃, つき臨終に至って, つき自らに課する, つき自分自身に向かっ, つき自分蚊帖の外, つき自然困窮に罷りなり, つきて兩爲メ, つき至って助成薄く, つき至つて妙雅にし, つき至急赤外線写真撮影を, つき興味ある記述, つき舌肉の分量, つき良好な有力, つき色気がつき, つき芝居まで引き止める, つき芭蕉二百五十年忌追善会を上野清水寺客殿, つきの色, つき花村に無実, つき芸術的の緊張, つき若い娘ばかり, つき若林の顔, つき英国宗の僧侶, つき英艦防禦のため大樹, つき茅ヶ崎の書斎, つき茶色のジャケツ, つき草螢草鴨跖草なぞ云っ, つき荒川熊蔵よろしく抱きあげる, つきはもうそろそろ, つきと葉, つき葉子の処置, つき蓄音機の響, つき蓬髪におおわれた, つき蔦代の手, つき形の, つき薄暗いところに, つき薄色一重のぞき浅黄のぶッ裂羽織, つき藁草履をはい, つきから棒, つき虐待同様の場合, つき蟒蛇のよう, つき血色もよく, つき衆目の指す, つき行儀悪く両足, つき行灯の下, つきでそっくりかえって, つきに足, つき裕福に暮し, つき襦袢の襟, つき西洋寝巻き, つき見たいになる, つき見よう見まねの, つき見当のつかない, つき親子はぶらぶら, つき親方堪忍して, つき言直し心直しもよ五つき六, つき計画について話す, つき許嫁の愛娘, つき話しぶりで大, つき話題を転じ, つき難き文字, つきにも習った, つき調清き樂, つき論辯したこと, つき経ことごとく, つき謝源のグツ, つきなどをうたつて, つき警備隊を指揮, つき谷間にはしし, つき負傷者をかばっ, つき貯金もする, つき室だった, つきぬりの, つき走る山の上, つき起き上って彼, つき起き出したばかりで, つき足踏みをはじめた, つき身ぶりで女王, つき身上の苦し, つき身体を少し, つき身内や友達, つき身長さへあれ, つきはエンジン, つき車夫は湯気, つき軍隊の威力, つき軽い感懐を, つき軽くお辞儀を, つき込んで申し上げる, つき近くに北の方, つき近く儂の感ずる, つき返している, つき返しつき返し水落の所, つき返し水落の所, つきはれるやう, つきひこむばかりの, つき通ってからおい, つき通つてからおい, つきかに姦徒, つき連名状へ眼, つき進んで自分, つき遂に郷里に, つき運び寢臺の上, つき過去の中世, つき道江はそっと, つき適当かつ十分, つき部下の者, つき部隊はふたたび, つきにも美人, つき都人によって職, つき鄙見申し述べ候, つき酒盛りがはじまる, つき重々しい誇張的な, つき重大な任務, つき重荷は持ち堪え, つき野菜らしいもの, つき金三百両ずつを下し置かれる, つき金二両の労賃, つき金二歩にて長崎會所, つき金五千円也として権利使用, つき金五郎を無言, つき金十両の莫大, つきの類ひも消毒液, つき銀杏がえ, つき銀杏返し前垂掛と云, つきをもっ, つき鋭からず頬, つき鋭く胸飾りも, つきも掛った, つき煙管で, つき長々しく研究, つき長唄の立三味線, つき開始ということ, つきの生活, つき間代まで含ん, つき間貸と称える, つき関羽は洛内, つき阿佐ヶ谷の宿, つき陳和卿には唐船, つき隊長は椅子, つきって来た, つきもなく, つき障子をぼんやり, つき隠岐の別宅, つきは夫婦, つき難い細い針の, つき難なくいのちを, つき雨ざらし陽ざらし七日七晩きゅうめい, つきの上, つき雪子の死体, つき電燈を消した, つき霊前に供, つき青年時代の初期, つき青葉の名城, つき静かに坐つた, つきざしの, つき鞠つき唄をうたっ, つき領民が仰げ, つき頬かむりの下, つき頭つき後ろ姿は最高, つき額つきの美し, つきを支え, つき顔つき肩のあり, つき顔形目の中, つき願いどおり墨染の身, つき風つきの険しく, つき風琴を鳴らし, つき風雨も夜明け, つき飛ばしたればガサン, つき食卓の上, つき食物を与へる, つきに迷う, つき馬つきそして田畑つき, つき馬車に乗っ, つきけてゆく, つき駒ヶ嶽の東方, つき駒鳥の声, つき割取り集め, つきは鼻, つき麁闊なりし輩, つき黒く焼けて, つき黒酒を酌ん, つき齊人の茅