青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たび~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たつた~ ~たて たて~ たで~ たであろう~ たとい~ たとえ~ たとえば~ たなら~ ~たび
たび~
たびたび~ たぶん~ ~たべ たべ~ ~たま たま~ ~たまえ たまたま~ ~たまらない たまらない~

「たび~」 7198, 67ppm, 1697位

▼ たび~ (3202, 44.5%)

54 私は 43 彼は 16 それを 14 何か 12 それが, 自分の 11 わたしは, 彼の 9 いつでも, 自分は, 顔を 7 僕は, 彼女の, 私の 6 わたくしは, 一種の, 半蔵は 5 あなたの, かれは, 伸子は, 少しずつ, 彼女は, 心が, 母は, 眼を, 胸が, 胸を

4 [12件] いろいろな, いろいろの, 二人は, 例の, 健三は, 彼を, 御米, 心を, 昔の, 火の, 自分が, 部屋の

3 [36件] いつも私, いやな, おもちゃの, お初は, かすかに, ぎゃあー, ここへ, こんなこと, そこに, その話, その顔, 不思議な, 僕を, 口から, 女は, 家の, 少年は, 幕を, 彼女を, 息が, 悲鳴を, 歌舞伎の, 母の, 気が, 津田は, 海の, 男の, 眉を, 眼に, 秀吉は, 私が, 耳を, 葉子は, 言った, 頭を, 風の

2 [161件] あかず覚ゆ, あを, いかにも納得, いつもその, いまにも, うなずいて, うぶるぶる, うるさい奴, おびえた心, おらあ, お前は, お前も, お母さんは, お礼は, お銀, きっとどこ, ここの, この家, これが, すぐに, すてゆく, すべてが, そういっ, そこが, そのうち, そのまわり, その影, その音, その首, それに, だんだんと, ちらちらと, なにかしら, なりまさりて, なんとかごまかし, はっとする, びっくりし, ほの, ぼくは, みんなは, むだ, もはやからみつく, ゆら, よく遊び, カテリーナ・リヴォーヴナは, 一同は, 一本の, 不愉快な, 不遇な, 並木の, 二人の, 五六年前の, 五十万ぐらいずつ, 五尺何寸か, 人々は, 人の, 今も, 代助, 伸子の, 体が, 何とも, 全国の, 出て, 剣客が, 博士の, 口の, 右の, 咢堂の, 坐禅三昧の, 声を, 変って, 奇妙な, 女の子は, 妙な, 守宮が, 実は気の毒, 小野さんは, 山の, 山は, 幾度か, 店の, 彼らは, 徴せらるる, 心の, 必ずこの, 必ず買う, 思うの, 思って, 感嘆しあっ, 手記が, 打ち消し, 抗議した, 指さしたり, 掌で, 揺れるの, 揺れる重, 擬宝珠の, 断わりどうしても, 新しい興味, 方向を, 村の, 杵に, 栄二は, 森の, 横に, 橋が, 死に易く, 段々と, 母を, 水を, 汽車の, 波の, 洗って, 清が, 満座の, 灯の, 父の, 現れて, 異常に, 白い煙, 目を, 目立って, 眠って, 礼を, 空の, 空中から, 竈の, 笑った, 笑って, 笑ましくなるので, 筏は, 細君は, 美しさ, 考えさせられて, 胸に, 腹が, 自ら馬上に, 自分も, 自然の, 臭い煙, 船の, 色の, 若者の, 調子づきまた, 身体を, 車外に, 近所の, 迷惑を, 重い胸, 鉄の, 長い間鏡, 限って, 雪の, 青い火花, 音を, 頻りに訊問, 顔色を, 風と, 飛び散る, 首から, 首を

1 [2435件 抜粋] ああ大阪, あすこへ, あたたかい友情, あなた方が, あのお, あの方, あの符号, あやうく命, あれが, いいわよ, いくらか, いく人か, いちいち事, いちどや, いって, いつもうまく, いつもそうした, いつも寄っ, いつも思いだす, いつも感じた, いつも拙者, いつも羞, いま語った, いろいろ友だち, うつつに, おかしくて, おせい様, おどろきの, おもしろいもの, おりつ, お人形, お前達を, お増, お断りを, お父さま, お詣り出来, お高, かなしそう, かならずそんな, かならず常磐津, かの女, からだを, きしった, きっと声, きつと, きらきらと, ぎらぎら光った, ぐいと引き戻される, こういうしくじり, こう祝福, ここ二三年は, この上海, この子供, この幼時, この王子, この都会, さけが, さびしい顔, さらでだに痩せ, しきり, しどろもどろに, しょげ込み次いで, じょうだんをいってからかうので, すぐ勝入, すべてこれらの, する薬, せっかく集めた, そういう行人, そう考えた, そこを, そのお, そのつど, その一さい, その光線, その墓, その寺内, その愚鈍, その染め糸, その注意, その環境, その総, その衣服, その赤い, その頭, それとなく促す, それらを, ただただ彼, だから, だん, だんだん今, だんだん色っぽく, ちょうど強い, ちらついて, つぎの, つよい近眼鏡, とてももう理想的, とんだ恥, どうもなんとも, どっちかが, どれほど, なおさら自分, なにか妙, なよなよと, なんだかかわいそう, なんとなく胸, ぬかるみの, はじめて久我, はらはらと, ぱくぱくと, ひげ, ひとつ自分で, ひびき渡った, ひやりとします, ひろ子は, ぴったりし, ふたりは, へえーと, ほんとうの, まあお, ますます気味悪く, まず思え, また商品, まづスワン, まるで死んだ, みんないっし, むしゃくしゃし, もう一度活かし, もしや自分, もっと前, もやした羨望, やはり鉱毒, よい者, よくそれ, よく眼, よめが, よろよろする, わが国の, わざわざ手, わたしだって, われわれ読者は, アブサントを, エエと, オナラが, カタクリの, ガク, キチキチと, キルトの, ギリギリと, コソコソと, サイラスは, サーッという, シュミット爺さんは, ゼロオム・オゾリウス僧正の, チビ公は, トラ十が, ナポリの, ハンケチで, ヒイヒイと, ヒョコンヒョコンと, ピンと, プルプルと, ボーイは, ポチは, メガネの, レールの, 一々気, 一と, 一人また, 一室一室と, 一斉に, 一段, 一羽の, 万樹は, 三四軒の, 三郎は, 下に, 不器用にへ, 不愉快限りなく, 世話に, 中津川商人が, 久しく砂糖, 乱暴を, 事実無根である, 云うて, 五十円だ, 人を, 人知れずそっと有る, 今では, 今回の, 今日こそは, 他人事, 仲良くなり, 休之, 低くなる, 体中が, 何かの, 何となくこの, 何もかもみんな, 何冊かづ, 何故あの, 保馬は, 俺は, 傍らの, 傾斜度が, 元結の, 先廻り, 光の, 全身の, 兵庫介に, 其一, 冷たい私, 凄惨の, 出せとは, 刀の, 前の, 前方を, 力が, 効能書を, 動くので, 勝手口の, 化物めいきを, 十手を, 半之, 半蔵の, 博士よりも, 厳粛な, 及んだので, 友情を, 叔父は, 口惜しさ, 可なり, 台取締の, 吉左衛門は, 同じ威し, 向うが, 否定する, 呟いたが, 呼びこまずには, 員数を, 唖は, 喜ぶ者, 嘲笑の, 四十面相が, 固まった, 地上から, 地理に, 場所や, 壁ぎはに, 声が, 変わって, 外方を, 多少脳, 大きい鼻, 大きな塊, 大丈夫, 大抵は, 天上の, 太だ, 夫に対しても, 契約書を, 好学と, 妻君は, 姿を, 媚びる卑し, 子供の, 安い心, 定義が, 客の, 家ぜんたいが, 寂しくわらっ, 寺田先生と, 尋常であった, 小母さんは, 少しきびしい, 少女は, 尾行の, 山野や, 崩れるよう, 川口は, 左側の, 差上げますの, 席を, 常に感じる, 幅が, 幻を, 幾分か, 庄屋として, 庸三は, 弟を, 弱々しい胴骨, 当てが, 彫刻家としての, 彼にも, 彼女たちの, 後悔してる, 得意に, 微笑し, 心にも, 心許なく船, 必ずこう疑っ, 必ず一日, 必ず心, 必ず楊貴妃, 必ず麻, 志保は, 思いがけないところ, 思った, 思わず芋虫, 性善坊は, 息も, 悪魔が, 悶え苦しみました, 想ひ起し, 愛しむ, 感心する, 憎さ, 或は講演, 扉は, 折角安眠, 拙者は, 指を, 捨てなくては, 揺らめきながら, 故人を, 数多く釣れた, 文句にも, 新しいおもしろみ, 新しい部品, 新旧の, 方船は, 旦那から, 昔が, 昼なお, 暗い思い, 曲者の, 書斎の, 月給が, 木ぎれは, 未亡人の, 村人によって, 松雲は, 柄杓が, 桜小紋の, 棒を, 楠木正成公の, 模型は, 櫛の, 次第に口数, 歓喜の, 此方は, 武蔵は, 死骸の, 母ねこが, 毒虫に, 気づいて, 気持が, 氷化し, 汽船は, 河原で, 泡だつ海水, 泣かれるので, 泣く親, 泰軒は, 流石無頓着, 海底の, 涙の, 深い頬, 清次は, 湯殿で, 漠と, 濡らしはじめ淫蕩的, 火焔は, 点滴の, 無花果の, 焦ること一通り, 煙管が, 燦く, 父は, 物音は, 猫皮と, 珍報を, 瓶を, 田舎の, 申して, 町の, 疎らな, 痛んで, 発する微妙, 白い旗, 白い路, 白綸子の, 皮膚が, 直ぐに, 看護婦は, 真理子が, 眼ば, 瞼が, 石を, 碁盤を, 神聖な, 私への, 種子が, 空恐ろしい気, 立ちしゃがむたび, 立ち留まつて, 竹の, 笑の, 答えられないさびし, 紋服を, 経験する, 緑の, 縁起の, 繰り返した, 美が, 羨ましくて, 老人達は, 考えて, 聞えて, 肩や, 背中の, 胸毛が, 脣を, 腥い噫, 腹へ, 膽を, 自分では, 自然と, 舞台には, 船は, 船長は, 色を, 花嫁が, 若くなっ, 苦しみました, 草むらに, 萎れて, 落胆する, 葡萄酒が, 蔵六は, 薮が, 藩の, 蜜を, 街燈の, 袁術の, 裏の, 襟頸の, 見えるよく, 見物し, 観音堂の, 言うに, 記録係が, 詩には, 誰だ, 謡を, 豊後守も, 負けたという, 賞めて, 赤黒い長いした, 起って, 踵が, 身を, 躯ぜんたいで, 車窓から, 近いうち, 追いこされた, 途中で, 通過し, 道路の, 邪慳に, 郷里の, 酸素が, 重吉は, 金兵衛さんの, 釣れて, 銀子が, 長い石甃, 閃, 阿波殿の, 院長は, 隠居所から, 集まつた旅役者, 難渋しなけれ, 雪が, 露八は, 青くひかっ, 静かな, 靴磨きの, 頭も, 額に, 顔に, 飛び出して, 餅をは, 馬の, 駕の, 骨が, 鳴るを, 鷹は, 黄色な, 黒い種子, 黒髪の

▼ たび~ (480, 6.7%)

5 大戦の 4 ことは, 戦争に 3 事件に, 合戦に, 大乱の, 戦争で, 戦争の, 旅行に, 疲れや

2 [24件] お使い, お国入り, ことで, ことに, ころもを, ご出府, 事が, 事は, 儀は, 労作に対して, 合戦こそは, 大厄難突破, 御合戦, 戦争が, 政府の, 日光大, 日光御, 流鏑馬の, 甲州入りは, 老中の, 試合に, 諸声を, 費用は, 騒動の

1 [398件] あなたの, おれの, お人定め, お仕置きは, お便りは, お化粧, お取計らい, お客様と, お役目, お招き状, お旅先, お礼をも, お縄張り, お腹立ちは, お鶴吟味, ことだ, こととて, ことについては, ことには, ことも, ことを, こと並々, こと御, ご出陣, ご尽力, ご拝謁, ご苦戦, すさまじい恐怖, どさくさ紛れに, なんも, は衣裳, まことに無分別, ものは, やや長い, ような, ように, わが行動, わが計, アメリカ大統領選挙の, アメリカ大統領選挙は, オフィリヤの, ストの, ノオトの, パアマネントウェーブは, ミソギ行に, ヨーロッパ旅行に, 一戦こそ, 一戦は, 一挙に, 万歳の, 万歳を, 三府一道三十余県という, 上京こそは, 上方のぼりこそ, 上洛について, 上洛は, 上洛も, 上演について, 上演の, 上申書により, 上総の, 下向は, 下向中政子を, 下江は, 不心得は, 不思議な, 不覚は, 不覚を, 世代りを, 世話役は, 中入りに, 乱に, 事こそ, 事で, 事の, 事を, 事一も, 事件とは, 事件における, 事件についても, 事件の, 事件を, 二編を, 人を, 人増し願いに, 人魚何か, 仕事という, 仕事を, 仕損じに, 件に, 件については, 会津反乱というは, 使いも, 使は, 使命という, 便りである, 催しは, 働きは, 儀徳川内府の, 先生の, 入院は, 全人類, 六十周年は, 冐險に, 冒険に, 処置は, 凱旋では, 凱歌を, 出兵には, 出師に, 出府が, 出征に, 出軍に際して, 出陣こそは, 出陣に, 出陣には, 出陣は, 出陣以後には, 刃傷の, 劇薬自殺事件に, 功で, 功や, 勝ち軍は, 勝利に, 北上の, 千々子さまの, 南征には, 受賞は, 合戦が, 合戦では, 合戦の, 合戦は, 合戦も, 同心は, 和殿の, 和田左衛門尉さまの, 和田左衛門尉と, 和田氏の, 喧嘩の, 国目付は, 園遊会の, 地震は, 壮挙により, 変も, 変を, 変遷を, 夏過, 外遊の, 大乱こそ, 大乱は, 大事に, 大合戦, 大役と, 大戦に, 大戦を, 大戦争, 大戦大勝の, 大戰, 大捷は, 大捷を, 大敗が, 大火にあたって, 大病を, 大統領選挙が, 大議論, 大魔術, 天皇の, 失態は, 失敗に, 失敗は, 失敗ばかりは, 如き会, 如き変, 妖怪地たる, 小国川への, 小言だつた, 就職から, 山中の, 山入りも, 山道に, 山陰道への, 川中島の, 工事を, 市長は, 帰省は, 平和会議に, 序戦ゆえ誰も, 建立の, 役に, 役目ご, 彼女の, 御つかれなく, 御停止, 御儀式, 御出軍, 御出陣, 御出馬直前, 御加増, 御即位, 御吟味, 御帰国, 御悲運, 御成功, 御手簡, 御拝賀, 御指揮ぶり, 御挑戦, 御温情, 御用という, 御継嗣問題, 御縁組, 御罷免, 御西征, 御評定, 御造営, 御道楽, 急逝は, 急難を, 怪事の, 怪事は, 恋情が, 恐怖の, 恐慌によって, 愚かな, 慮外の, 慶事の, 我が旅故郷, 戦いの, 戦いは, 戦いを, 戦の, 戦は, 戦乱で, 戦乱の, 戦争によって, 戦争は, 戦場では, 戦時中八十幾歳で, 戦端は, 房総行は, 手紙, 手紙の, 扱い万端至れり尽せりである, 挙に, 挙は, 挙を, 挙兵は, 探険隊の, 接吻を, 支那事変は, 改選によって, 改革案が, 救済行為は, 敗れは, 敗戦を, 教師を, 教育会には, 文子の, 新しい使命, 旅の, 旅行で, 旅行の, 旅行は, 旅費に, 旅路それを, 旗揚げの, 日光修営に, 日光造営に, 日光造営は, 日光造営奉行たる, 旧婚旅行, 暴動を, 朝比奈も, 未曾有の, 来着の, 東大寺興福寺春日御社参といった, 東征に, 東海道中は, 東照宮御, 業火と, 欧州大戦の, 歌には, 正面の, 武勇と, 水野殿の, 汝の, 池田家の, 決議の, 治安維持法の, 津軽旅行は, 流鏑馬を, 流難などは, 浅慮の, 浦, 海軍の, 海軍拡張と, 災害を, 災禍が, 無茶な, 爆弾は, 犠牲, 生死を, 用紙割当事務庁創設案に関しては, 異人は, 異変に, 痛事を, 発意には, 登山が, 盗難に, 盟約には, 着物も, 矢島の, 祝宴の, 移住の, 第一級, 第二次世界戦争, 第二次大戦, 築城には, 米人の, 紛争の, 経験より, 結婚の, 縁組は, 縁談が, 縁談の, 縁談は, 美挙に, 美術争議を, 羮も, 羽柴秀吉が, 老中評定が, 自分の, 興行に, 興行は, 船出に, 船路には, 芝居見る, 茶会に, 草稿に, 著しい経験, 葬式では, 蔵元屋騒動の, 蝦夷見物が, 蝦夷見物の, 裏に, 裏へ, 西下に, 解散によって, 解散によりて, 計を, 試みに, 試合の, 試合は, 試合済み次第に, 試験は, 論の, 論説は, 謀り沙汰, 講演旅行中いちばん, 講習会の, 警察沙汰が, 議が, 足音, 路用を, 軍備縮小などと, 軍役は, 農地調整とかいう, 追われ心, 造船に, 逸事に, 遅延を, 道づれは, 道中に, 道中の, 選挙の, 選集には, 金座の, 門出にも, 防衛戦という, 降る雨, 陰謀に, 陰謀の, 集, 離反は, 難に, 震災の, 震災は, 露西亜に, 音づれを, 題書に, 食物を, 食糧騒動の, 馬鹿げたふぐり, 騒動で, 驚異的大, 鳴動は, 鶴御成は, 黄村先生の

▼ たびごと~ (389, 5.4%)

1614 に私 12 に彼 9 にその 5 に僕 4 にそれ, に自分, に葉子 3 にあるいは, にいつも, にこの, に何, に彼女, に繰り返す

2 [17件] にいくら, にいよいよ, にするどい, になぜ, に全体, に再度, に出, に家, に少し, に心, に必ず, に思い出す, に急い, に母, に注意, に胸, に足

1 [269件] ころがり廻るたびごと, たいしたこと, つき倒されるたびごと, どうも眼, なんとなく宙, にあいつ, にあなた, にあの, にあわれな, にいい, にいちいち, にいつもいつも, にいわば, にうら若かっ, にうるさく, にお, におこっ, にお姫さま, にお腹, にかすか, にかの, にかれ, にが, にきっと, にぐらり, にさしも, にすこし, にすすめ, にずいぶん, にぜひ, にそこ, にそして, にそっと, にただ, にただ後悔, にたどたどしく, にだんだん, についに, につねに, にとん, にどう, になにか, にのこのこ, にはすくなから, には主人, には自分, にひそひそ, にひどく, にふたり, にへん, にほめざる, にめりめり, にもし, にもつれた, にやさしい, にやや, によみがえった, にわれわれ, にカランコロン, にガヴローシュ, にクリストフ, にグレーヴ, にスーッ, にドイツ皇帝カイゼル, にドノバン, にハヽーン, にピョコピョコ, にブルジョア社會, にポケット, にマジナイ, にマリユス, にムク, にモデスタ, にヤアヤア, に一, に一すじ, に一つ, に一つ一つ, に一銭銅貨, に万人, に万歳, に上, に下水道, に下流, に不意討ち, に不用, に不退転, に事務長, に二つ, に五円, に人, に人間一匹, に仙人, に例, に信子, に倉地, に倍加, に傍聴人, に元気, に内, に内々自分, に出向き, に出品, に切なく, に判断, に動物的, に十万ルピー, に南里君, に吐き出される, に君, に君たち, に味, に喝采, に国家, に園, に売卜者, に多少, に大, に大きく, に姉妹, に子供, に安土, に安斎, に家康, に宿役人どもはじめ, に寝台, に対岸, に小さい, に小さな, に少佐, に山, に左近将監, に市長, に師, に幕僚たち, に幼い, に幾らか, に床, に廊下, に廻っ, に弟, に弦, に彼ら, に御, に必然的, に忌々しく, に忽然と, に忿怒, に思わず, に急, に怪しく, に感心, に懸命, に成長, に或, に戦い, に押しよせ, に探偵, に搖れ, に故人, に故意, に新しい, に新しく, に新手, に新聞, に新鮮, に明滅, に暑気, に書いた, に服, に朝日, に朱文, に机, に根, に案内, に桶, に椅子, に樽, に武士, に歪む, に歯ぎしり, に死人, に母国, に母屋, に気, に汎濫, に法, に泥足, に流された, に海水, に清逸, に減じ, に澄んだ, に濃く, に煮え切らない, に独自, に猛然と, に甲板, に甲谷, に男, に留守, に病人, に病的, に痛む, に発光地点, に発明, に相変わらず, に相次い, に眉, に眼, に神さま, に私たち, に秦漢, に種々, に窓, に立ち寄っ, に笑われ嘲られる, に筆, に米友, に紙, に素早い, に考え, に肉体, に膝, に舷名, に色, に芳秋蘭, に著者, に蜀, に血, に血潮, に裁判所, に襲っ, に見出した, に親しみ, に親切, に言う, に言った, に計算, に記帳, に誤り, に警備隊員, に身, に身の毛, に車, に逢いました, に金, に金属的, に鉄砲, に鉄門, に銃剣, に錠, に門人たち, に限界, に雛, に雪車, に震える, に霜, に風, に飯, に饑饉, に騒騒しい, に高笑い, に魔法使い, に黄色い, に齒, の徴発, の節操, 買うて

▼ たび~ (303, 4.2%)

3 えらい御, 途に 2 あやまたずしたたか, 不朽なる, 主の, 名誉ある, 和衷協同の, 大隈伯と, 御苦労さまでした, 目を, 自ら首相と, 自分も

1 [277件] あきらめよう, あなた様にも, あはれ桂よ, いかにし, いったい何事, いよ, いろいろと, えらいご, おどろきました, おゆるし下さいまし, お三方, お下知, お供できません, お嘆き, お店, かないませんでしょうか, かねて内々, きっとたずね, こちら様に, こっちが, こども砂糖屋の, このくらいに, この矛盾, これで, ご勅使, ご懸念, ご運, さまで, じっさい不思議, すべての, ぜひこの, そういう学生, そちの, その思い出, その意見, その第, その蠱惑, それが, それこそ, たいそうな, ただ勝つべき, ちと遠方, ちと難, とんだお世話, とんだ飛, どうもとんだ, どうも飛んだ, どちらへ, どちらまで, ひくく絶え, ふしぎな, ほんの微行, まことに, まことにすまない, まことに申訳, またいろいろ, またふしぎ, また不束, また御, また社中申, また馬, まア, みんな違う, もう二度とやって来なかった, もっともっと大きく, ゆるさん, よくよく暴虎, よんどころない重大, わけても伊勢, わたしが, アヌンチヤタ又, エネエアスに, ソノ三題話の, ビルダデの, 一人として, 一家心中という, 一方ならぬ, 七百両で, 不出来だった, 不思議な, 中止を, 主として昨年後半期, 二の替りと, 二人とも, 二十年目の, 二度目の, 人の, 他の, 但馬どのも, 何か, 何かと心労, 何とも申し上げ, 何も, 佛籬祖室の, 侍別当をも, 供奉の, 偶然に, 全軍進発, 公儀から, 其許へ, 冷笑し, 初めからの, 初陣にと, 別れて, 到るところ, 前回に, 前回の, 加特力の, 助かるまい, 勝手ながら, 北さんと, 北伊太利を, 北穂にも, 南島文化の, 原稿料三拾円を, 去年の, 又サンタ, 又御, 君一人で, 善を, 喜び一たび, 四つ記され, 四十スーの, 困難なる, 大きな冒険, 天の, 天下様に, 天才は, 女の, 娘が, 嬉しかりき, 宗祇の, 宮路の, 宵より, 家を, 富者を, 将校の, 尊敬すべき, 尋ねて, 小癪に, 少々お願い, 差し許す, 幣も, 店の, 彼の, 彼を, 彼唇の, 彼女だ, 彼女は, 御厄介, 御尊家, 御手紙, 御承知, 御本城, 御苦労, 御苦労であった, 心して近江, 忘れられても, 思いたれども, 思ひぬ, 思をと, 急な, 恐縮に, 息をのみ, 悲しみ心魂持, 惟任の, 意外の, 愚息に, 我これに, 我と手, 我文学界に, 我脊を, 振返らせる, 揺らぎて, 旅行免状をも, 日には, 日本の, 是も, 有難う存じました, 朝早く, 来るそう, 栄吉が, 案内者を, 梁山泊ご, 檜舞台を, 止み, 武力を, 気落ちし, 求めがたき, 汝さけぶ, 沈静し, 沙汰なし, 法隆寺へ, 泣顔せるなり, 泰然としてはかな, 湖の, 源九郎様の, 潮の, 火急な, 烟と, 焔の, 焼芋屋, 熊本城落ちんと, 燃えも, 牛は, 牢の, 玄奘三蔵の, 玄蕃の, 生きて, 甲信二国を, 甲州軍の, 留守し, 留守を, 疑つて, 直に立去らで, 真にどうも有難う, 真理と, 矢代自身の, 石藤左近将監どの, 砂山の, 神が, 神性では, 空中に, 立ち別る, 立て直して, 竜を, 第二回目, 絶え, 織田徳川両, 老骨に, 耳を, 聖母やさしき, 脱線を, 臣の, 自ら省みる, 自ら禁ずる, 自分の, 自動調整に, 自動車どころで, 花見, 裏切りの, 襄が, 見のがして, 見事に, 親分様の, 解体した, 言い放して, 議会の, 議會の, 貫一に, 追分, 逆襲せ, 逢って, 進んで, 遊佐が, 運悪く私, 道づれ, 道中御, 道庵先生と, 道案内の, 釋すべし, 鉄の, 鋭どき, 鋸を, 長びくこと, 長女の, 開いても, 震ひたるやう, 霧が, 青年手に, 青木の, 静かな, 静かに, 非常な, 飛んだこと, 高く一たび, 高松の

▼ たび~ (209, 2.9%)

4 頭を

2 [12件] ぐるぐる廻っ, すかして, 彼は, 感謝し, 来たと, 来て, 樹立した, 海外に, 生きかへ, 生死の, 耳に, 解散の

1 [181件] あかずに, あちらを, あったこと, ありました, いく時も, い行, おばあさんを, お父さんや, お礼を, かたちに, かよって, こえて, この地, この群, せざるもの, そう思った, そこに, そのため, その例, その美しい, そんな食料品屋, ために, ためらった後, ついに田辺, はかずに, またこの, また左, また彼女, また彼方, また笑っ, また辞退, よそおいを, わが心, わなを, アルダナを, チエンチイの, ディ・メントーニ侯爵夫人の, トムスキイと, ポルフィーリイとの, モラヂガエタ, 乳を, 二目の, 人心を, 仰天し, 会って, 伺ったうえ, 侵入し, 催促せられ, 兄君の, 光ちゃんが, 六たびも, 冗談を, 出たり, 切れて, 到らず, 剣の, 十字を, 千たびも, 取られて, 口ずさみ候, 叫ばれ前, 同じこと, 同じ調べかた, 呼ばれて, 呼出信号を, 唱ふれ, 圧倒された, 声の, 変ったよう, 女の, 姿あらず, 家族会議を, 小尼公, 平次郎は, 幼稚園の, 広尾を, 廻り歩いた, 引出しましたそう, 強に, 往来した, 心の, 念を, 思ひ計らざりき, 怪物の, 恋の, 惑ひ, 憮然と, 我に, 我行けりせ, 接吻しました, 撫でた, 敗北を, 文を, 文章に, 斯く廣大, 日金が, 旧時の, 春を, 時事に, 曲った, 曲ったり, 曲りましたが, 曾遊の, 杖を, 来りて, 来り問わず, 枕を, 此の, 此島に, 死亡の, 母親は, 水の, 汲みかえたり, 海へ, 涙が, 清鑑堂へ, 潮が, 澱むよう, 牙を, 特に関羽, 理想と, 生かえり, 甲板へ, 申上げました, 男に, 町へ, 留守役を, 疎略に, 疑って, 白雪の, 矢張ハムレット曲中の, 礼を, 神さまに, 私が, 空を, 筆を, 経いわば, 絲を, 続きしかも, 繰り返された, 繰り返し繰り返し, 繰り返すあいだ, 繰り返へ, 考えて, 考えなおさずに, 耳を, 聞かざりし鬱し怒れる良人, 聞くうち, 聴いたが, 胡蝶陣の, 胸に, 茶を, 行きて, 行幸された, 覆りかけたの, 言はず歌は, 許可せられた, 試みられました, 試錬を, 説明した, 読みかえして, 誰何された, 談判に, 起りましたけれども, 踏みましたけれども, 踏むべき麥, 輾転と, 辞したが, 逸早く自首, 遂に弦, 遊びて, 運転手が, 違った顔, 重なると, 閲読した, 面を, 頼朝に, 顯揚され, 飛ぶかと, 高く言, 鳴かざりき

▼ たび~ (158, 2.2%)

2 六た, 崩れる性質, 波浪に, 私に

1 [150件] あったの, あの赤い, あるの, お座所の, かの鏡, くりかえされて, ことし限りと, この山, この時, この第, この綱, これを, そこで, その広間, その形, その鉱山, ついた, つばめが, へりみた, ぼくは, シドニーと, バーグレーヴ夫人に, プルウストを, マルグヴェンの, 一の, 一杯くわされ, 上ったり, 両方の, 二階を, 云ひふるされた, 会合が, 佇んだと, 信仰上の, 倒れて, 停ま, 傷に, 八たびに, 六たびめでした, 六たびも, 内員外員, 出かけるよう, 出会った分かれ道, 分らない, 切れ目は, 包まれて, 危うかった, 取縋られると, 口なづきし, 古戦場と, 右と, 同じこと, 同じたじろぎ, 同席した, 変えぬよそおいと, 変って, 変り最後, 夕焼けは, 夜店の, 大地を, 大杯を, 孔子の, 存亡の, 寝床から, 川の, 巴里の, 帆村の, 幽霊船に, 引越しを, 彼の, 往復し, 従者を, 思ひ捨, 悪船長, 悲しき心, 意見申したれ, 感心を, 懐中時計を, 手を, 打ち叩き, 折られそう, 抜きかかった小柄, 拭きて, 探照灯は, 描きあらためて, 敗けは, 暗礁に, 曲りて, 書き直して, 案じさせた長, 棒を, 楽しきお, 榮枯の, 死なうと, 死なむ, 死に絶え口碑伝承, 氏の, 水を, 河原に, 海の, 演ぜられたであろうという, 狙撃された, 畳かえし, 疑ったほどに, 眠りこけて, 知人に, 立って, 絶望に, 継ぎ足された, 続けてから, 繰り返しその, 繰返された, 老父の, 聞いたこと, 聞えるよう, 聴かされたこの, 聴きぬ, 脇息の, 苦しい寝, 行われた, 見失おうとして, 見返りつつ, 見送りつつ, 触れたもの, 訪れ姫, 試みられた, 誘った, 諸悪奴輩の, 足を, 躊躇した, 躊躇を, 躓いたほど, 転びつつ, 辷り落ちて, 迎える辛くも, 近づいたり, 逃げ道を, 通りがかりの, 遠慮がちな, 都へ, 錯覚を, 雨が, 雨に, 霜に, 鞭もて, 首を, 駆られたこと, 高く嘶いた, 鮒たむろする, 鷲の, 黙ろうと

▼ たび~ (58, 0.8%)

1 [58件] しつこく隙, たいてい同じ, なくうなされた, なくかれ, なくかわる, なくくりかえされた, なくぐるぐる, なくこの, なくさよ子, なくずぶ, なくそう決心, なくその, なくそれ, なくにぎやか, なくみよし, なくよそながら, なくシュピーツベルク, なく世話人, なく六波羅勢, なく博士, なく参っ, なく反省, なく反芻, なく口, なく味わった, なく呼ん, なく喚問, なく変わっ, なく夢うつつ, なく官符, なく専門家, なく往来, なく我が家, なく折れ曲がっ, なく振っ, なく此, なく歩兵, なく歯, なく洗いぬい, なく知り飽き, なく空中, なく立とう, なく細野源三郎, なく繰り返し, なく考えた, なく考え合わせ, なく耳, なく聞き, なく自虐的, なく苦笑, なく蛇矛, なく読ん, なく蹴散らし, なく躓いた, なく門, なると, 見るうち, 重なるので

▼ たびその~ (43, 0.6%)

2 実を

1 [41件] ことが, ことに, ような, 下を, 事を, 人を, 人選を, 候補者の, 原案を, 参加者も, 名を, 啓示の, 国法の, 大道を, 夫を, 姑の, 居を, 幻像は, 御手, 恐ろしい魔, 愛する植物, 手が, 手で, 故郷なる, 水面から, 石段を, 練習に, 職を, 草を, 菜を, 行方を, 角度からだけ, 語原を, 身に, 輿論を, 逆境を, 門を, 面を, 顔から, 願の, 風習が

▼ たび~ (40, 0.6%)

7 に私 3 にある 2 に甲

1 [28件] に, にああ, におかみさん, にかの, にこれ, にこれ等, にごく, につねに, にもし, に一々, に介添, に伊曾, に何, に何彼, に候補, に初音, に判斷, に大師, に必ず, に必然的, に或, に是等, に見, に車, に迷わぬ, に驚嘆, に高い, 羨ましい種子

▼ たびこの~ (30, 0.4%)

2 ところ決潰せむか

1 [28件] さびしい田舎, はさみは, 二階へ, 十七字の, 名簿に, 境界に, 夜の, 夢幻境に, 大大阪, 大規模, 女の, 家に, 崇高な, 差別を, 帽を, 店へ, 手で, 水面に, 神を, 結び松を, 義人録出で, 翻訳に, 能楽の, 葛餅を, 蟻の, 謙信の, 頂に, 魔風に

▼ たび~ (25, 0.3%)

2 に尼提, に起きれ, はあまり, を見合せた

1 [17件] かの正月, だという, になつて, になる, にゃ言いつけた, に云った, に使者, に巨人, に拭い, に曲った, に私, に見舞い, の合戦, の夜, の野草, の電気, を他

▼ たびこそは~ (24, 0.3%)

2 勝敗を

1 [22件] いッ, きっと岡崎, その首級, それくらいな, たとえ西山, わがお, 一期の, 先陣に, 出陣を, 天下分け目の, 幾久敷お家も, 必然並び立たぬ, 快く一大合戦, 敵関羽を, 有無の, 正中, 死の, 決戦の, 決死の, 相違なく, 蛮土の, 討たずには

▼ たび歌よみ~ (24, 0.3%)

16 に与 8 に與

▼ たび重なる~ (24, 0.3%)

2 うちに, につれてその

1 [20件] とあるいは, とし, とともに私, と人間, と叔母, と笑顔, にしたがっ, につれていよいよ, につれてそれ, につれて幕府, につれて次第に, に連れ, ので源右衛門, 不幸で, 不運の, 大しくじり, 失敗で, 失敗により, 災難で, 経験の

▼ たび~ (18, 0.3%)

1 [18件] かわるがわるはき合うた, こえその, つけたまま, なおしてから, はいたもの, はいた華奢, はいて, はかれました, はき茶筌髷, はき顔, 乾して, 何枚も, 再び俎上, 取りだし今, 始と, 江戸への, 脱いで, 脱ぐと

▼ たび~ (18, 0.3%)

2 と喧嘩

1 [16件] が百万長者, に仕事, の, のうえ, のその, の上, の友だち, の復活, の心機, の手, はむず痒, は心, は恟々, は自分, は音楽, を導か

▼ たびこれ~ (15, 0.2%)

1 [15件] がため, が一株, が伝, が甘味, に接し, に触れる, に詞, を土中, を引いた, を引用, を煮, を視る, を試むるや, を読ん, を開張

▼ たび~ (15, 0.2%)

1 [15件] さ, だから, でしたが, というわけ, にはもっと, に彼, に手, に迎える, に逢った, のお産, のとき, の口上, の春, の禅定, は雨

▼ たびには~ (14, 0.2%)

1 [14件] きっとこの, きまってあなた, この, その後も, つい店, ッと, 宿の, 尊氏を, 日頃の, 気を, 私は, 自分の, 身も, 身を

▼ たび~ (14, 0.2%)

1 [14件] が帰朝, が恋, が津軽, の, のウチ, の中学時代, の良心, はあっあっ, はいったい, はだんだん, はまるで, は叉可衛さん, は夢, は車窓

▼ たび~ (13, 0.2%)

3 を開く 2 にした 1 から蛙, にされるなら, より発し, を出, を出で, を拭う, を開かん, 籠りながら

▼ たび~ (11, 0.2%)

1 [11件] だ, と天然, に姦, に嫁, のこ, の面, を啖, を変え, を引張っ, を食う, 知れない苛責

▼ たび~ (10, 0.1%)

1 さやの, たあ, たがい, 嫁に, 役目を, 答へ, 若うなっ, 逢いすること, 邪魔に, 首の

▼ たび重なっ~ (9, 0.1%)

1 ていた, ていつか, てき, てしまいに, ては御, て到頭, て大きく, て申しあげ, て言い

▼ たび~ (8, 0.1%)

2 初めてである 1 三たび連れに, 今朝は, 仕納めだ, 土を, 最後であろう, 江戸表の

▼ たびこそ~ (8, 0.1%)

1 ここの, そう存じました, 上首尾に, 兵糧にも, 司馬懿を, 大事と, 心の, 成政に

▼ たびそれ~ (8, 0.1%)

1 が匕首, が自分自身, に従った, を学ん, を引いた, を意識, を最も, を聞い

▼ たび~ (8, 0.1%)

2 れに, れを 1 を侵し, を受けれ, を承認, を易う

▼ たび~ (8, 0.1%)

1 に触れな, に返った, の手, もそれ, をあざむきし, を棄て, を犠牲, を羅馬

▼ たびだけは~ (7, 0.1%)

1 ゆるして, 初犯五円だけで, 御寛大, 手前どもにも, 朝廷でも, 経俊の, 羅真仙人が

▼ たび江戸~ (7, 0.1%)

1 からこちら, から流入, から解放, に出, に帰った, に来, の家

▼ たびかの~ (6, 0.1%)

1 大霜, 女の, 女を, 蜂起に, 試煉によ, 起伏の

▼ たび~ (6, 0.1%)

1 てこた, てこたえや, と入口, と荷車, 壇に, 開けると

▼ たび~ (6, 0.1%)

2 はない, はなかっ 1 ばし, 逼え

▼ たびまで~ (6, 0.1%)

1 かかる不思議, 改めたの, 書して, 杖を, 立ち入りがてに, 綱に

▼ たび三たび~ (6, 0.1%)

2 して 1 やがて歌, 呼ぶとともに, 抱き上げたお雪ちゃん, 止めしに

▼ たび~ (5, 0.1%)

1 に伝はる, に伝わる, に出, に出な, に現れ

▼ たび四たび~ (5, 0.1%)

2 繰返したが 1 おなじしらべ, では, とたいてい

▼ たび~ (5, 0.1%)

1 休憩の, 当主の, 手數相掛候段不, 本山の, 開港等御

▼ たび~ (5, 0.1%)

1 から礼, にうけた, にちか, に迷, を花鳥風月

▼ たび~ (5, 0.1%)

1 きびしくや, もて揮, をあげ, を叉, を敲く

▼ たび自分~ (5, 0.1%)

1 が東国, の臆病, はきっと, を吹く, を離れ

▼ たび重なり~ (5, 0.1%)

1 いつの間にやら, てあり, 余程熱心, 候へば, 母は

▼ たびあなた~ (4, 0.1%)

1 にあの, の鴻, を思いだす, を思ひだす

▼ たびあの~ (4, 0.1%)

1 ときの, 二階家へ, 大トラ振り, 方の

▼ たびいつも~ (4, 0.1%)

1 するよう, 天気で, 貯めこんだ一万円, 黯然と

▼ たびここ~ (4, 0.1%)

1 で奇異, へ踏み込む, を眼, を見る

▼ たびこそはと~ (4, 0.1%)

1 勇むつは, 存じましたこの, 思うて, 起き上がり主人

▼ たびとも~ (4, 0.1%)

1 お酒, 如来の, 娘が, 限りませんが

▼ たびはだし~ (4, 0.1%)

2 のまま 1 になり, の足あと

▼ たびばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 めぐりましたが, 作り変えられ今の

▼ たびほど~ (4, 0.1%)

1 それは, 事の, 息を, 触発の

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 てからは豊前, ては則, て来, で還らず

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 がにほひある, に逐, を屈せしむ, を現

▼ たび~ (4, 0.1%)

2 を上げ, を出した

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 にあら, に出, に出れ, へ出る

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 に歸, に歸らん, を失っ, を徙

▼ たび~ (4, 0.1%)

2 を出 1 を下り, を見き

▼ たび必ず~ (4, 0.1%)

1 こんな純, どこかで, 浮べども, 私は

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 いたか, かし, きつ, じて

▼ たび~ (4, 0.1%)

2 見んの 1 見しこと, 見て

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 に上る, をとる, を揮, を通俗

▼ たび~ (4, 0.1%)

2 が一杯 1 をいため, を焦

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 を入れかけた, を誤らん, を踏み入れた, を鞍馬

▼ たび~ (4, 0.1%)

1 を以て逃れたる, を潔め, を焚か, を逆

▼ たびこう~ (3, 0.0%)

1 思った, 言って, 言われて

▼ たびこそと~ (3, 0.0%)

1 思うに, 思ふに, 軍備作戦を

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 給べ候えな, 給べ候え八景, 給べ候え御

▼ たびにも~ (3, 0.0%)

1 うまるで心配そう, 常に独り, 馬上から

▼ たびはじめて~ (3, 0.0%)

1 出來, 出来たる足軽, 知りたるなり

▼ たびばかりは~ (3, 0.0%)

1 なんとし, 終に打, 重吉も

▼ たびまでも~ (3, 0.0%)

1 これまでに, 使者に, 繰り返して

▼ たびわが~ (3, 0.0%)

1 呉においても, 塾に, 怪潜水艦が

▼ たびわれ~ (3, 0.0%)

2 を見 1 を伴

▼ たびクリスト~ (3, 0.0%)

1 の髯, を否んだ, を感ずるであらう

▼ たび五たび~ (3, 0.0%)

1 としつこく, となる, も遊び

▼ たび人間~ (3, 0.0%)

1 に下れ, に嫌悪, に生れ

▼ たび~ (3, 0.0%)

2 たらんとも 1 るや

▼ たび去れ~ (3, 0.0%)

1 ばかへる, ば遂に, ば遂にかえって

▼ たび地団太~ (3, 0.0%)

3 を踏んだ

▼ たび学校~ (3, 0.0%)

2 の保証人会議 1 を出ずれ

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 がわれわれ臣下, の御所, の眸

▼ たび幕府~ (3, 0.0%)

1 の倉吏, の命, の室町界隈

▼ たび当地~ (3, 0.0%)

1 で上演, の盧員外どの, へ講演

▼ たび彼女~ (3, 0.0%)

1 が弾いた, の肉体, を見る

▼ たび戦争~ (3, 0.0%)

1 でも起っ, と直面, になる

▼ たび新聞~ (3, 0.0%)

2 の余白 1 の日本震災記事

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 に移され, に至れ, の審問

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 の境界, より逃れ, を決して

▼ たび死んだ~ (3, 0.0%)

1 ひもじさ, 思想が, 過去の

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 にせがんだ, を京都, を門口

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 の有, を怒らし, 悟浄が

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 をくもらす, をひそめつ, をひそめられた

▼ たび虚空~ (3, 0.0%)

2 を拝 1 に退いた

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 たり, たりと言, ても最後

▼ たび見た~ (3, 0.0%)

1 ことは, とて, とて千たび

▼ たび言っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てもいつも, て見た

▼ たび起し~ (3, 0.0%)

1 てより, て詠歎, て重厚荘潔

▼ たび~ (3, 0.0%)

2 を返した 1 を回らし

▼ たび転ん~ (3, 0.0%)

2 でも八たび目 1 でなお

▼ たび遍路~ (3, 0.0%)

2 の身 1 すがた

▼ たび重大~ (3, 0.0%)

2 なる時局 1 な使命

▼ たび~ (3, 0.0%)

3 宜亭

▼ たび~ (3, 0.0%)

1 いろが, を見あわせた, を赤く

▼ たびあざやか~ (2, 0.0%)

2 に笑った

▼ たびある~ (2, 0.0%)

1 にこそえい, 人から

▼ たびいよいよ~ (2, 0.0%)

1 われわれ外国行に, 地球の

▼ たびおなじ~ (2, 0.0%)

1 ことを, しらべの

▼ たびかお~ (2, 0.0%)

1 をあかく, 互に顔

▼ たびくらいは~ (2, 0.0%)

1 この, 欠かさず会いに

▼ たびしか~ (2, 0.0%)

1 いったこと, 会わぬ客

▼ たびした~ (2, 0.0%)

1 こちらの, ことは

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 わ元, 終つて宮中に

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 とへ向けれ, なたの

▼ たびそう~ (2, 0.0%)

1 云うの, 心の

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 記し置かれける, 途絶えたる

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 の遠けれ, を

▼ たびでも~ (2, 0.0%)

1 人間の, 行きか

▼ たびどこ~ (2, 0.0%)

1 かの家, を略す

▼ たびなりと~ (2, 0.0%)

1 先生の, 尊氏の

▼ たびにて~ (2, 0.0%)

1 それさへ, 候そのうち

▼ たびのぼ~ (2, 0.0%)

2

▼ たびはと~ (2, 0.0%)

1 しの, 千種忠顕結城判官親光らは

▼ たびまでは~ (2, 0.0%)

1 お宥, 許すこと

▼ たびもの~ (2, 0.0%)

1 五ヵ年計画を, 試みの

▼ たびわたくし~ (2, 0.0%)

1 のおばあさん, もあの

▼ たびアヌンチヤタ~ (2, 0.0%)

1 と相, を聞きし

▼ たびトロイ~ (2, 0.0%)

2 の城壁

▼ たび一つ~ (2, 0.0%)

1 にまとめた, の高原

▼ たび三蔵~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ たび下り~ (2, 0.0%)

2 しに

▼ たび世にも~ (2, 0.0%)

1 珍らしい, 珍らしき

▼ たび世間~ (2, 0.0%)

2 に暴露

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 妓が, 岸の

▼ たび両国橋上~ (2, 0.0%)

2 では

▼ たび中国~ (2, 0.0%)

1 の役, へお供

▼ たび二たび三たび~ (2, 0.0%)

2 して

▼ たび二人~ (2, 0.0%)

1 でここ, の竹刀

▼ たび五たび訪客~ (2, 0.0%)

2 は次第に

▼ たび京都~ (2, 0.0%)

1 は三条小橋縄手池田屋, は兵燹

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 のどこ, の地方

▼ たび他人~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ たび他国~ (2, 0.0%)

1 の握る, の来り侵すべき

▼ たび仲間~ (2, 0.0%)

1 の年寄, の窮迫

▼ たび伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 の四天王

▼ たび休み~ (2, 0.0%)

1 てようよう, て漸う

▼ たび伝わる~ (2, 0.0%)

1 や同地, や挙国震駭

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 か往き来, か済まない

▼ たび佳境~ (2, 0.0%)

2 に到れ

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 の若者

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 の指導行

▼ たび信輔~ (2, 0.0%)

2 に体刑

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 はおかあさん, を論難

▼ たび先生~ (2, 0.0%)

1 のところ, を訪う

▼ たび六たび~ (2, 0.0%)

1 そこで地団太, もあかず

▼ たび其処~ (2, 0.0%)

1 へお, へ行った

▼ たび出で~ (2, 0.0%)

1 てより, て山木

▼ たび出る~ (2, 0.0%)

2 や彼

▼ たび分裂~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ たび刊行~ (2, 0.0%)

1 せられしもの, せられたるもの

▼ たび去った~ (2, 0.0%)

1 のは, 東京に

▼ たび友達~ (2, 0.0%)

2 を呼ん

▼ たび古池~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ たび可決~ (2, 0.0%)

1 されたこの, されたの

▼ たび同じ~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 ゆれば

▼ たび吼え~ (2, 0.0%)

1 て後, て汝

▼ たび呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 とともに帳内, 声

▼ たび呼ん~ (2, 0.0%)

2 で見る

▼ たび啼く~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 に落ちたれ

▼ たび土堤~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 に落つ, を打っ

▼ たび変っ~ (2, 0.0%)

1 て終に, て鬼

▼ たび多く~ (2, 0.0%)

1 の屍体, 中西の

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 の帷, を数

▼ たび大きな~ (2, 0.0%)

1 息を, 桐の

▼ たび大沼公園~ (2, 0.0%)

2 の小雨

▼ たび大阪~ (2, 0.0%)

1 に戦, の役

▼ たび奢っ~ (2, 0.0%)

2 てばかりいられやしない

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 の全身, を呼ばう

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 を娶った, を得たら

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 の為, 羔を

▼ たび定まれ~ (2, 0.0%)

1 ば嗣孫, ば構成

▼ たび実現~ (2, 0.0%)

1 するもの, せられて

▼ たび少し~ (2, 0.0%)

1 ずつ滑った, 隔った

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 を渡っ, を渡つて

▼ たび帰国~ (2, 0.0%)

1 するに, の上

▼ たび建立~ (2, 0.0%)

1 すると, なるところ

▼ たび廻り~ (2, 0.0%)

1 て今日, 血潮の

▼ たび当選~ (2, 0.0%)

2 した

▼ たび怒る~ (2, 0.0%)

1 と肉親, 時万雷の

▼ たび怒れ~ (2, 0.0%)

1 ば海神, ば風浪險惡

▼ たび思った~ (2, 0.0%)

1 かしれやしません, ことでしょう

▼ たび恋愛~ (2, 0.0%)

1 に陥った, に陥つた

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 を決して

▼ たび成立~ (2, 0.0%)

2 して

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 うて三たび, に敗

▼ たび戻りくれ~ (2, 0.0%)

2 よ長く

▼ たび投ずれ~ (2, 0.0%)

1 ば則, ば百たび地

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 が動け, を弾く

▼ たび接吻~ (2, 0.0%)

1 した, すること

▼ たび揉ん~ (2, 0.0%)

2 では某

▼ たび擒人~ (2, 0.0%)

1 にし, にする

▼ たび放した~ (2, 0.0%)

1 という例, 鍵に

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 えたコレスポンダンス, えては

▼ たび新しい~ (2, 0.0%)

1 当劇場主, 悲しみに

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 を前

▼ たび本書~ (2, 0.0%)

1 の新版, を讀んだ

▼ たび札幌~ (2, 0.0%)

1 に入, に入った

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 に帰り, の陸奥

▼ たび東方~ (2, 0.0%)

2 の平和

▼ たび榛軒~ (2, 0.0%)

1 に養, の女柏

▼ たび此問題~ (2, 0.0%)

2 を持把

▼ たび此等~ (2, 0.0%)

1 の諸, の諸点

▼ たび武石峠~ (2, 0.0%)

2

▼ たび武蔵~ (2, 0.0%)

1 からいわれる, のうしろ姿

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 のめぐる, を易う

▼ たび死刑~ (2, 0.0%)

1 の宣告, を宣告

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 をつけ, を失った

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 を打つ, を敲き

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 れが, 到る時

▼ たび決心~ (2, 0.0%)

1 した歸京, しても

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ たび活動~ (2, 0.0%)

1 すれば, を始め

▼ たび涅槃~ (2, 0.0%)

2 に浸り

▼ たび消え~ (2, 0.0%)

1 てついに, て戸

▼ たび渡来候品~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ たび漂泊~ (2, 0.0%)

1 して, するうち

▼ たび熊野~ (2, 0.0%)

2 へさん

▼ たび熱海~ (2, 0.0%)

1 に立ち寄る, に開業

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 に触, 干へで

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 内閣員と

▼ たび理化学研究所~ (2, 0.0%)

2 で団栗

▼ たび生ずれ~ (2, 0.0%)

1 ば張る, ば百

▼ たび生れ~ (2, 0.0%)

1 てこの, て賊

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 ひて, ふ

▼ たび甲府~ (2, 0.0%)

1 の勤番, へお

▼ たび申し上げた~ (2, 0.0%)

2 価値論へ

▼ たび病牀~ (2, 0.0%)

1 にて, を見舞

▼ たび白い~ (2, 0.0%)

2 齒を

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 が覚める, を転じ

▼ たび礼拝~ (2, 0.0%)

1 をなすった, を捧げ

▼ たび社交~ (2, 0.0%)

2 と隔離

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 に獻げ, を見

▼ たび神話的動物~ (2, 0.0%)

2 を発見

▼ たび立候補~ (2, 0.0%)

2 いたしました三高吉太郎

▼ たび結婚~ (2, 0.0%)

1 した以上, をし

▼ たび絶えた~ (2, 0.0%)

1 文孝堂の, 水津氏を

▼ たび繰返した~ (2, 0.0%)

2 が声

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 きて

▼ たび考え~ (2, 0.0%)

1 たりした, てから行った

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 にする, の附根

▼ たび聞く~ (2, 0.0%)

1 と憂, と郷愁

▼ たび自席~ (2, 0.0%)

2 を起つ

▼ たび自由党~ (2, 0.0%)

2 の実権

▼ たび自由黨~ (2, 0.0%)

2 の實權

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 に乗じ, 到ると

▼ たび舞台~ (2, 0.0%)

1 に立たむか, の上

▼ たび荊州~ (2, 0.0%)

1 の内, を得た

▼ たび落ち~ (2, 0.0%)

1 て林, 尽したれば

▼ たび葬った~ (2, 0.0%)

2 自分の

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 はるれ

▼ たび裂き~ (2, 0.0%)

1 二歩に, 木間に

▼ たび覗い~ (2, 0.0%)

1 ても見し, て失望

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 るれば, れて

▼ たび訂正~ (2, 0.0%)

1 されて, のやむを得ざる

▼ たび訪客~ (2, 0.0%)

2 は次第に

▼ たび説い~ (2, 0.0%)

1 て一首, て却

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 葛丞相が, 軍に

▼ たび諸侯~ (2, 0.0%)

1 は九たび, を合す

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 き兒, 乏いよいよ

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 の大き, もなし

▼ たび踏ん~ (2, 0.0%)

2 でみた

▼ たび逢う~ (2, 0.0%)

1 ことが, 場所も

▼ たび進発~ (2, 0.0%)

2 の勅命

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 へまいった, へ召される

▼ たび重なれ~ (2, 0.0%)

1 ばいや, ば阿漕浦

▼ たび重ね~ (2, 0.0%)

1 て御, て東京

▼ たび野心~ (2, 0.0%)

1 という病い, を挾ま

▼ たび鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の風雲急, へお

▼ たび難局~ (2, 0.0%)

2 に逢

▼ たび霞ん~ (2, 0.0%)

2 で来

▼ たび~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 が吹き出す, に吹廻

▼ たび首領~ (2, 0.0%)

1 と為れ, と爲

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 の嘶く, を回らした

▼ たび驚き~ (2, 0.0%)

1 て, また人間

▼ たび高山~ (2, 0.0%)

1 に登っ, に登りたる

▼ たび魔女~ (2, 0.0%)

1 の, の呪詛

▼ たび~ (2, 0.0%)

1 したる火, ぜられし

▼1* [1352件]

たびああ云ふも, たびあきらめしめよ, たびあくびをする, たびあくる時, たびあっちへも落ちた, たびあつた, たびあなたさまはどっち, たびあらためて噴火を, たびあらん限りの, たびあるいは右に, たびてそれ, たびいい匂いが, たびいくつも投げ, たびいたずらに石塔, たびいちどはわが, たびいっしょになった, たびいろいろな古い, たびうす暗い床の間に, たびうたい出すとすっかり, たびうちおどろきながら, たびうなずいたが, たびおしやるともなるまじ, たびおそろしいほど胸, たびおののくトロイアと, たびおばさんは禿, たびおもいては堪, たびお冠が曲がっ, たびお手本の役, たびお雪ちゃんはこの, たびかう言はれ, たびかくして十方満天の, たびかくれんぼうを, たびかけのこと, たびかならず無意識に, たびからかわれるので, たびからからと木の葉, たびかわが返す文, たびきいたが何事, たびきついご叱責, たびきまッて, たびきまってたくさんな, たびぎよツとした, たびくずれると生徒, たびくりかへせり, たびくりかえしていた, たびけっしてスティックを, たびこちらへ戻りまし, たびこづくと浅吉, たびこの世の欲, たびございましたけれどわたくしそれ, たびごとほかにいそぎ, たびごと堅城の, たびごと女の後々, たびごと階級制度の厳重, たびごらんに入れまする, たびごろっごろ, たびご覧に供, たびように, たびさしおいた茶を, たびさせる軍功もござりませぬ, たびさっと黒い生き物, たびさらへ聞かせ, たびざあつと雨のやう, たびしきりに酔を, たびしする戸を, たびしずかに二人, たびしたいねえ, たびしばし胸の, たびしも春けしきめい, たびじゃないか, たびするを聞か, たびすれども燕王疑い, たび井の, たびせよさらば免さん, たびぜひ殿様に, たびぜひとも博士に, たびそう決心したかも, たびそう簡単にゆく, たびそう解釈すること, たびそこに結痂, たびそこで地団太を, たびそして花冠まで, たびそちが上洛, たびびのあいびきのあとの支払いにも, たびたずねられても出, たびたたば何事, たびただ一人の瞬き, たびだけ免じて, たびだったのである, たびだんだん自分という, たびつくづくアベックで, たびつなぎ留め九月初旬, たびつまってしまう, たびつむじ風のごとく, たびてよと仰せたり, たびであるから判事, たびでございますよ, たびとて一死君恩に, たびとてもまた同, たびとてもそうならぬとは, たびとまでは踏まで, たびとり殺されてたひにゃあ, たびとんでゆき, たびどうしてこんなこと, たびどんでん返して変化, たびなおひからびた両, たびなら格別大和, たびにからだが, たびにからかはないといふ, たびにがいこつが, たびにけふは, たびにぜにさしを, たびにとにもかくにも, たびにどいつもこいつ, たびにへさきを, たびねこが王さま, たびのみにして, たびのみは養子の, たびはしも汝達を, たびはずすことが, たびはなしが藤井紋太夫, たびばかりも繰り返して, たびひいッ, たびひろく讀者に, たびびくびくして, たびびとは馬にのり, たびふぐを前, たびふり返って, たびぶちますとこれ, たびぶってしまう, たびほこりでよごれた, たびまいって帰る, たびまことに憤怒する, たびまだ燃えて, たびまるで自分のは, たびみつかっては叱られ, たびめいめい家へかえった, たびめぐり荒れた墳墓に, たびめざめ明けに, たびもう一つ御, たびもしあの鬼女, たび一人野中の, たびやかたこの落人, たびやがあったが, たびやがて歌は, たびやっても実らぬこころみ, たびやり掛けた事は, たびゆらめき動きて, たびようやく脱稿し, たびよく売れて, たびより河重で, たびこの空色, たびらこじごく, たびら雪を蝶, たびるる者は, たびちきの, たびわしが幼年, たびわれわれ外国行につき, たびゐた者が, たびぼふな, たびアメリカへいかれる, たびイギリス政府とこういう, たびイデーの高き, たびエレーンの名, たびオナラ成仏の功徳, たびカテリーナ・リヴォーヴナがはいっ, たびカンカンに腹, たびガタガタと箱, たびキリストを知らず, たびクラバツクには会つて, たびクロニオーンつねにアテー, たびゲエルと一, たびコシンに這入り, たびザブザブ青水泥が溢れ, たびスタートすると, たびタツソオたりし, たびチクチクと胸, たびチラと艶かしく, たびツボ平へ泊る, たびドスンドスンと音, たびナイフを握り, たびナチスのユダヤ人排撃運動, たびニヤッと天井, たびハッと思った, たびハツバス・ダアダアが手, たびハルレ大学の法律部, たびハンテンをバンド, たびピシャリと坂田, たびフイルムの上, たびプロペラの音, たびポーンポーンと御, たびマオカへ行つた, たびマンダヴィルによって創め, たびミレーの絵, たびロハ台に腰, たびヱネチアの地, たび一人の少女, たび一喜一憂して, たび一廉の働き, たび一時代を震はせる, たび一本の骨, たび万たびその角度, たび万国と条約, たび三たび其鞭を鳴, たび三たび地団太を踏んだ, たび三たび微吟して, たび三たび手を敲く, たび三たび水を敲き, たび三たび浩歎して, たび三たび興に乗じ, たび三たび計算すれば, たび三たび谺を返し, たび三たび驚異の感, たび三保の松原になきあかし, たび三公は五たび, たび三円以上そうする, たび三月に一度, たび三月堂に上れ, たびに補説, たび上がって来る, たび上梓されるや, たびの高氏, たび下ってまた, たび下向の命, たび不利な立場, たび不審にうたれた, たび不快なぞっと, たび不意に殿さま, たび不憫をおぼえた, たび不潔に見え始める, たび与八に向っ, たび世上に歓待, たびの蔭, たび中国入りのお, たび中宮の安産, たび中村の母, たび丸山邸に入, たび丸燒のため, たびをかえた, たび主人へ, たび主家の罪, たび乗り降りするもの, たび九太夫は自分, たび九州に入る, たびるれば, たびの前, たびにねがひ出る, たび事務長をやっ, たびの君, たび二たびお答, たび二万三万ぐらいずつ与え, たび二本傳次に寄り, たび二重橋下に鳳輦, たびふ彼, たび云うのである, たび云っても甲斐, たび五たび甲板の上, たび五六名の青年, たび亜細亜に向え, たび亡びて隋, たび亡びんか日本, たび交えるや如何, たび交代の期限, たび京水を説く, たび人種的な貧弱さ, たび人魚を眼, たびは上中下, たび仏教の専門語, たび仕へて三たび君, たび以上も立ち停っ, たび以後の韻律, たび伊万里の名声, たび伊丹へ来た, たび伊沢分家に婿, たび伊沢氏に養, たび伊豫の湯, たび伊那丸さまのご, たび伐りぬ山の, たび休止して, たび会ったことが, たび伝はるや鉱毒地一帯, たび伝統の外, たび伯母に呼び起こされる, たび伯父錦橋に養, たび低下し上信越三国, たび住むことと, たび住職に拝礼, たび佐渡の着, たび何ゆえにかく, たび何度も逢った, たびの叔父, たび余輩の故郷中津, たび使いに行った, たび使節がワシントン, たび使者をやっ, たび信州の柏原, たび俳諧さへ, たび倉卒筆を採り, たび倒れて無惨, たびへと懇, たび候えと委しく, たび倦怠の瀬, たび倫理学の領域外, たび假名垣魯文のタンペラマン, たびに嚢家, たび備中入りの魁, たび備中麦飯山の植木出雲守, たび催していただいた, たびを抑え, たび僕らをばアルプス山上, たび僕等を, たびのため, たび優勢なる客, たびに帰つて, たび先代一週忌の法会, たび先考の旧, たび光りに触れる, たび光春の首, たび光榮のヘクトール屍體, たび光秀の耳, たび児童の興味, たび入り書生二たび出でて, たび入るや人, たび団地の, たび全集の印刷校正, たび八たびおなじこと, たび八月十五日を迎える, たび公卿の家十六燒, たび六たび空を搏, たび六たび編輯長をその, たび六波羅側は同様, たびをかへり見た, たび其の地を, たび其人の土気色, たび其地を削れ, たび其境に陷, たび其境遇を替え, たび其家を訪おう, たび其巻を繙閲, たび其師を更, たび其槍握り搖る, たび其氏を更め, たび其琴を弾ずる, たび其祝詞を唱, たび其窟墓を窺, たび其詔勅が下れ, たび其鞭を鳴, たび其響き手に至る, たび典膳は喚き, たび内部に足, たび再び出現した, たび写真でも見かけ, たびり老媼, たびが去り, たび冷汗の出る, たび冷然として立っ, たびを易, たび処女を失う, たび凹巷を伊勢, たび出づこれ押韻の際ダンテ, たび出づ法顕また親しく, たび出合つてゐる, たび出来た非常大, たび出版業をはじめる, たび出発し直しても, たび列車のなか, たび初めての庭, たび別れてしまえ, たび利益の之, たび到ってまた, たび到らばこの, たび到ると, たび到れば則, たび刺された代りに, たびしたもの, たびを被り, たびはれば, たび劣情をシゲキ, たび励ましていただきまし, たび勅命をこうむり, たび勇士ら立ち上りまた, たび勇猛の威, たび動いていた, たび動き出したら太平洋上どんな, たび動き出すと敏活, たび入父子, たび勢利の巷, たびの御門, たび北大の高倉新一郎教授, たび北海道で逢った, たび医学館にて其, たび十二階頂上の大観, たび千たびも起りました, たびのお, たび博士の名, たびかりしこと, たび即興詩もて世, たびて浴し返, たび去って永久, たび去つて又, たび去りて幕閣, たび参府の甲比丹, たび又はその平定後, たび双眼鏡をかける, たび叔母のお, たび取って返したのが, たび取次いでおましょう, たび取消ゆれば, たび受けた感じは, たび口説いて聴かれず, たび口走ればどんな, たび古下駄に古, たび古人の歌詠, たび古今の天才たち, たび叫びを立てた, たび召集され私, たび史家の為, たびか左, たび右六個のダイヤモンド, たび新聞に, たび各国視察旅行の途中, たび各地からいろんな, たび各自の家, たびじき書物に, たび同胞と睦合, たびを付け聴き, たび向きを変えた, たび呼んだがそれでも, たび和田左衛門尉義盛の政所襲来, たび和睦の労, たびをせく, たび哲学の階級的規定, たびを吐き, たび唱えたのでした, たび唱えられる民種改善学も, たび喘ぐほどだ, たび喘げば自分, たび喚びて九たび違い, たび喜左衛門店のお, たび喝采した桂馬, たび営中の兵, たびじた, たび嘯けば諸, たび四たびつむじ風のごとく, たび四たび妙義の諸山, たび四たび目に巨人, たび四度目の御, たび四辺を見まわす, たび固めた決心を, たび国体の上, たび圓朝はしずか, たび土中に埋もれ, たび土石を飛ばし, たび地上尺余の空, たび地下に瞑する, たび地団駄を踏みました, たび地形を測り, たび地曳式と師檀, たび地獄に降り, たび地球に襲いかかる, たび地蟲が鳴きたて, たび地響きを打っ, たび坪内博士訳の, たび垂直にさがりました, たび埋伏の, たびこくいっ, たび基督を仰ぎ見る, たび基督教に入, たび塹壕の上, たび塾生となった, たびを越える, たびちて, たびは落ち, たび壁上突角にパートロクロス攀ぢ, たびつた, たび変つて鬼の顔, たび変わって仁平二年, たび変わりたっぷり一時間, たび外務参事官の位置, たび外務參事官の位置, たび外国人の山県公爵, たび夜叉の面, たび夢うつつの間, たび地震に, たび大助の嫁, たび大命をうけた, たび大地を揺がし, たび大尉は扉, たび大島を泣かせ, たび大庭景親に徒党, たび大戦にのぞむ, たび大正天皇の奉, たび大王に謁, たび大盃を上げ, たび大磐石の根, たび大空が燃える, たび天上の幸福, たび天下を譲った, たび天堂に入りたる, たび天皇と共に伊豫, たび天草の亂, たび太郎に向い, たび太陽はその, たび夫人となり, たび失せたらむ日には, たび失ったこの女, たび失ひつる絲の, たび失われてまた, たび奇跡を冒したる, たび奈良の法隆寺, たび奉公をした, たび奥州気仙沼は何とか, たび女人を見れ, たび女子に占有, たび女湯に入る, たび奴メは静か, たび如何にも僕が, たび如来のお, たび妖魅せらる, たび妙義の諸山, たびの顔, たび姉さまと顔, たび姉上のこと, たび始終筆者と, たび姿がかき消え, たび威嚇するの, たびの許, たび嫁ぎては夫, たび嫁ぐ小石川の, たび子供等は校庭, たび宇治川の先陣, たび安藝に往つて, たび宋朝廷では皇太子さま, たび完結し次, たび宗教庁の掌中, たび宗教的反省をなしうる, たび宗教的熱気と触るる, たびに流れ, たび定められた真理も, たび実用に用いた, たび宣旨をいただい, たび家業を継い, たび宿住し金剛宝土, たび宿屋へ呼び寄せ, たび寂しげにその, たび寄ろうと思った, たび寄席へはいる, たび富岡は汗, たびて大小数匹, たび寡婦となら, たび将門を襲った, たび將軍御上洛, たび尋ねし勝概こそは, たび尋問するところ, たび小さい自我の, たび小圓太は日暮里, たび小屋の屋根, たび小楠公その人, たび少しく眠つた, たび少女を廻りぬ, たび尾張町の角, たび尾根へ登らね, たび屈して遂に, たび山形県上山町に行き, たび山火事がある, たび山蔭を出, たび山野にも捨てられた, たび岡崎を立退い, たび岡待蔵と称し, たび岡西待蔵と称し, たび岡部美濃守様が天奏饗応役, たび岩国に往つた, たび岩石と粘土, たび岳陽に入れ, たび崇福寺の彭城氏, たび嶽陽に入れ, たび川下の方, たび川島家と縁談, たび左右から看護婦たち, たび巨勢君ここなる美術学校, たび巴里に出, たび市民の半, たび布告された, たび布団をかぶつ, たび希臘廢祠の中, たびを更, たびの間, たび帰りし今日は, たび帰れば彼女, たび帰京しようとして, たび帰省した, たび帳場へやってくる, たび常任中央委員会によって発表, たびの外, たび棹を, たび平和会議に付, たびを重ねた, たびのため, たび幾人かの友人たち, たび幾十年振りかで父母, たび幾多の攻防戦, たび幾字を重用, たび幾度となく, たび幾百たびいろいろな古い, たび幾組かの接吻, たび床上に跳, たびから出す, たびのすぐ, たびを打つ, たび廃寺の廊下, たび廃止された勅語, たび廬舎那仏を拝, たび廻って追いつ追われつし, たびを換え, たび引合ひに, たび引説數行を添, たび弛めば竟, たび張松が上洛, たび強大なる器械, たび強秦を定, たび弾いてみた, たび当年のナロード, たび当所にて催さるる, たび当然の覚悟, たび彼等は頸, たび往いて觀, たび往きて觀, たび往きしのみ, たび往つて見ようと, たび往來して, たび徂徠の古, たび後ろを顧み, たび従四位下参議に補, たび従良したこと, たび御岳に登っ, たび御岳山上の試合, たび御座候やいつ比御座候, たび御身の姿, たび御門入り願い奉り候ところ, たび微吟して, たび徳川どのへ申し入れた, たび徳川侯へ払い下げ, たびされて, たび心契の誼, たび心眼を開い, たび忍苦の血, たび応募されて, たびを押し, たび忽ち私は, たび怒りがこみあげ, たびを致す, たび思い寄る所, たび思いがけなく新聞切抜きを, たび思いたちて上り候, たび思い出すんでございます, たび思はぬではなけれ, たび思議にわたりては詩天地, たび思軒の有, たび急転直下意外のなか, たび性交を經驗, たび怪物の頭上, たび恢復期に向, たびを感ずれ, たびを継ぎ, たび悪魔に憑かれた, たび悲痛な揺れ, たびの為, たび感激の涙, たびを変え, たび憎悪に燃え, たび懸崖に手, たび成れば終に, たび我が行きし時, たび我が身にあまる, たび我國民を嚮導せり, たび我子の顔, たび我性命を救, たび我手に接吻, たび我汝を呼びぬ, たびる學説, たび或は里の, たび戦いに負け, たび戦ぎ立って見える, たび戦って九たび, たび戦慄を感じた, たび戦死したる少尉, たび戻ってきた, たび所謂羽織ごろの運動屋並び, たび所領の役人, たびを叩く, たび手提かばんを明けチョコレート, たび手放しであっけ, たび打った時もうだんだん, たびふに, たび承諾された以上, たび投げて蚊七疋殺, たび下すれ, たび抜擢されたとて, たび抱き上げたお雪ちゃんを, たび抱くような, たび頂いたの, たび拙者も市十郎, たび招きまた車, たびみて, たびを上げ, たび持って出た, たび挙げた春山図は, たび挙場に入った, たび振仰ぐといま歓語, たび捜して人, たび掛け得ればいつ, たびへし, たび揺曳し二たび, たび撓む姿木の, たび撫でまわすと全身, たび播州を過, たびりて, たび支那で棋道, たび改まれば士気頓, たび改変せられて, たび攻めても陥ちますまい, たびあらず四度, たび敗れぬれど終に, たび敗戦の苦, たび教授の多元的宇宙, たび散すれば急, たび散歩したか, たび数百数千の犠牲, たび数萬の兵, たびの球, たび醜を, たび文化生活の端, たび文林の末席, たび文筆家の公職追放リスト, たび文芸部の北山, たび斎藤下野へ仰せつけられた, たび満上流, たびを打ちおろす, たび介の, たび方向を定め, たび旋廻軸に触れた, たびに幾度, たび日光山の寓舎, たび日光造営奉行を拝命, たび日暮れは平家三里, たび日本のファン, たび日本媼の処, たび名古屋情調を, たび稻田文學の, たび早稲田邸の玄関, たび早稻田邸の玄關, たび昇るとも又, たび明智の御, たび明治天皇の御, たび昏倒しかかったか, たび聞き馴れた田舎言葉, たび星巌の西, たびを迎, たび昼夜にかかわり, たび時機を得, たびにも一碗, たび普賢の絶頂, たびを乞, たび暇乞いの言葉, たび曲つて上る路, たび曲り七たびとも, たび更に大いに支那文學に, たびを寄せ, たび書いて来た, たび書物を両, たび書状なし, たび曹操はすぐ, たび最強の敵, たび會所銀をもつ, たびの光, たび服装の動物, たび朝議にかけても一決, たびをながめ, たび本因坊と天下分け目, たび本篇に出でた, たび杉山平助氏ただちに拙稿, たび杉田屋から迎え, たび杏坪が江戸, たびに帰りし, たび村落の中, たびと同棲, たび杜陵に別れ, たび来たまひし, たび来たらんとも, たび来ます君なら, たび来らば十分, たび来られよという意, たび来るや勅命, たび東寺の塔, たび東都または郷土, たびを投げ, たび松前の封, たび松平邸に来つ, たび松本市に開かれた, たびの所生, たび某処に一大利益, たび柳ヶ瀬表の御, たび柳生対馬守さまにおかせられ, たび柳美館の名, たび柴野栗山の家, たび校門を出, たび根源的體驗まで遡つ, たび案内も請わず, たびの雫, たびへ足, たび森沿い小道に出, たび植物のま, たび検挙されると, たび槍ヶ岳や穂高岳, たび権三は六波羅割符, たび樺太の土, たびを失すれ, たび機会があった, たびの家, たび欧洲に入る, たび歇んでゐ, たびでいろいろ, たび歌劇部を設け, たび歌舞にお, たび止めしにベルナルドオ, たび此乳を呑ます, たび此処に来る, たび此場内に入り, たび此寺の遊, たび此論断を肯, たび此門を跨げ, たび武男が米国, たび武蔵野の空, たび武隈の松, たび歩いてし, たび歴然と結果に, たび死したる藝術を, たび死す水戸老公は, たび死ねば構わぬ, たび死屍めぐり鬣美, たび死病にとりつかれた, たび殉死した人々, たび殺されても執念深く, たび殺されるような, たび殿の思召, たびの耳, たび母衣の中, たび毎日のよう, たび比べられる音楽家です, たび比量智を役し, たび毘盧遮那佛を拜, たびの先, たび民主主義の黎明, たび水嵩は増し, たび水戸への使者, たび水面から五寸, たび求めた北海道の, たび汚い人の, たび江北がさわがしく, たび江戸表へ下る, たび池田両分家, たび決するや両派, たび沈黙に返る, たびの中流, たび河べりで眼, たび河原へ廻っ, たび油煙を吹い, たびのほとり來, たびのやう, たび波行下二段に活用, たび洋燈のホヤ, たび流しを出, たび流れてゆく, たび浦賀に來, たび浩歎して, たび浮いては沈み, たび浮び上って来る, たび浴さんとしない, たびに悲しく, たび消しましたけれど消えませんでございました, たび消失せたこと, たび淨まれば即ち, たび淨土を去りたる, たび深く山状の, たび清盛入道上洛の一件, たび減って行った, たびを見, たびに舟, たびに漬かる, たび湯隆は連れ, たび洲の, たび満州問題に付い, たび源三郎婿入りの引出もの, たび源三郎様におわび, たび滅ぼされた尼子家を, たび滝田君に厄介, たび演説をつづけはじめた, たび潜戸の中, たび激しく追ひ迫る, たび濃霧の中, たび濡れた目へ, たび灌ぎて池となり, たびがハゼ, たび破を, たび焚きて木, たび無益な血, たび焦土に化した, たびりといった, たび煙客翁が張氏, たび熬錬を経れ, たびせられて, たび熱い涙が, たび熱涙を抑えた, たび燃え立つ火を, たび燈光を点け直し, たび燈火を呼びしか, たび燦爛の楯揮, たび爆発すれば, たび父ひでよしことさしさわり, たび片栗粉のやう, たび狭い母屋の, たび將奮然と, たび猛然あやか夫人, たび猛獣毒蛇の危害, たびの眼, たび獄庭に聞える, たび玄英と称し, たび王后となり, たび王政一新万機朝廷より仰せいだされる, たび王様が賢者, たび王軍黄巾の賊徒, たび珠簾サラサラと, たび現実に快楽, たび理解しそれ, たびを享, たび生みの親なる私, たび生れた兒を, たび生れ代っても野郎四人, たび生れ変ってもこう, たび生死の関, たび生活によって濾過, たび生活法といふ点, たび田口君の手, たび田舎の生活, たび由良の人気, たび甲府勤番支配を承った, たび甲斐氏を冒し, たび甲板の上, たび申しわけがない, たび申せど, たび申合せ候者ども四十八人にて斯様, たび男子に身, たび畜生と俺, たび畫工に隨, たび異国船渡り来り候, たびあるを, たび病んで後, たび痛々しく痩せて, たび痛快がって, たびの烙印, たび見せられわたくし, たび発して百たび, たび発すれば是, たび発向にあたり河内, たびて, たび登りて千里, たび登ると, たび登壇して, たび登州守備隊から, たび百たびおしやるとも, たび百両の金子紛失, たび百軒二百軒と焼けるんじ, たび百首の一つ, たび皇叔と親しく, たび皇太后陛下には京都におい, たびを飲み乾した, たび盗みだしたろうか食いたい, たび目差すバヴアリアの, たび直立しかけると, たび相對なる衆理想, たびに向っ, たびねば, たびの負債, たび真剣な生活, たび真紀子と会おう, たび眠られぬ夜の, たび眼病に罹り, たび督促しなければ, たび矢代の母, たび短剣をひらめかせた, たびの床, たび石田三成の主, たび石臼の目立て, たび石門をさぐり, たびを放っ, たび破られている, たび破る時, たび破れながらもなお, たび破壊しなければ, たび破綻を来たした, たび破裂すると, たび磯屋をそっくり, たび礼子から呉, たび祁山の嶺, たび祈れるアカイアの, たび神様となる, たび神田との縁, たび神足を失し, たび禁制となり, たび禁断の果, たび福太郎は幾つ, たび福永書店の手, たび秀吉方の寄手, たびの芒, たび移された痳毒が, たび移る時廣き, たび小次郎は, たびを搏, たび空想を出で, たび穿きて脱ぐ能わず, たび突き飛ばされて二間, たび突然に驚かれた, たび窮地に立ち, たび立ちましてそう, たび立ち上ろうとして下, たび立直っている, たび之助, たび竜動に旅, たび笑わずにいられない, たび十一号は, たび筑前が決意, たびを画し, たび節録したが, たび米友が勧告, たび米粥を食い, たびを巻い, たび紅白の, たび納屋橋に立つ, たびにくるん, たび紛々を重ねる, たび細かい神経を, たび結ばれた師弟の, たびへ, たび絶えし縁は, たび絶つなどとは司馬遷, たび絶叫と血, たび絶望の境, たび総会に提出, たび総督として松平伊豆守, たび線路添ひの, たび編輯長をその, たび緩むと彼, たびあつて, たび繰り返されてゐる, たび繰返しても詮, たび繰返すと万葉時代, たびの快, たび罷り下るうえは, たび美術学校の前, たびをうち, たび羽将軍が攻め下っ, たび羽尾ひろげなば, たび羽柴どのと事遽, たびを張り, たび妻に, たび老中に呼ばれ, たび考察をここ, たび怒を, たび聞いても前言, たび聞いたことか, たび聞けるもの, たび聴いてい, たび聴いたことの, たび肉体を離れた, たびを張れ, たび肩身がせまい, たびを病ん, たび背後から噛, たびをうかし, たびを折つて良医, たびを草廬, たび臨まば誰, たび臨むとき木偶には, たび涜を, たび自動車にぶつかり, たび自己の胎内, たび自己以外のもの, たび自訴し出, たび至る時警察当局は, たび興ってそれ, たび舎利弗を顧み, たびふもある, たび舞い歌って大, たび舟行の客, たび般若という大きい, たびを占めし, たび船内を捜索, たび艦船をかえ, たび良媒ありて, たび良心はつくし, たび花剪る今日, たび花房のこと, たび花火のよう, たび花瓦斯の灯, たびの下, たび苦痛を訴え, たび英京ロンドンに来, たび英武のアキリュウス, たび茘子の熟, たびを戴く, たび荒く揺れぬ, たびに入れ, たび落ち込んでは終に, たび落成したので, たびして, たび薄氷を踏む, たび藝妓たりし, たび蘭方を用, たび蘭軒の孫女, たび蚊帳を振返る, たび蜘蛛の擒, たびを捉え得た, たび血気の誘惑, たび衆生済度のため, たび行きか, たび行ったことか, たび街亭の守り, たび衝突して, たびを訪ねた, たびもてま, たび衰運に向, たびにしのばせ, たび製紙所に入り, たび褒める代りに, たび襲撃試みて, たび西洋に知られ, たび西洋人の避暑地, たびを揺かせ, たび見えてゐる, たび見かけて覚え, たび見かけたから君, たび見たるは先づ, たび見つかった故にそれ, たび見つけて何, たび見つるもの忘る, たび見つる思ひかねては, たび見覚えのある, たび視界に入, たび覚醒せんか, たび観取する処である, たび覺めてはまた, たびるべきめでたき, たび解けて長く, たび解釋したると, たび触るれば忽ち, たび触れて忽ち, たび言い出すと決して, たび言い言いしていた, たび言葉を切っ, たび計算すれば, たび討呉の一戦, たび討平を向け, たび訓練を経, たびひしのみ, たび訪問して, たび評判の館林, たび試みに亜洲, たび話して居ります, たびを起し, たび語りてもなお, たび誤りてあらぬ, たびしたれども, たび説いたのは, たび読みおわりてまた, たび読みされば屑籠, たび読んでも面白い, たびか親戚, たび論ずらく, たび諸君が腕, たび諸国の大名, たび謙三郎と相, たび警吏に追跡, たび警察の人, たび讀むべき詩も, たびが吠える, たびを返し, たび負けて逃げる, たび貴国へ参りました, たび賭けて三たび, たび賭物持ち來, たび赤座のところ, たび赤沢君を訪うた, たび赤道をよぎり, たび赤面逆上大混乱, たび赦免の令, たび起たば何事, たび起ち上つ, たび起っている, たび起つてゐる, たび起つべき策も, たび起草委員会で定まり, たび超人倶楽部へ遊び, たび越えたのは, たび越野氏の話, たび足利が出陣, たび足駄の藩士姿, たび返りて, たび蹉跌と悪, たび躍って中らずん, たび身体ごと打ちこむよう, たびを換, たび軽く爽かな, たび輝けば大, たび轟烈爆然火を噴く, たび辞職を勧告, たびぜず, たび辻立ちの武者ども, たび近づき飛びかゝる, たび近代思想社から文芸評論集編纂, たび近江の国, たび返辞に困った, たび迫り來し, たび迷宮入りとなつ, たび逃れて却って, たびに捻じれ, たび通わなければならない, たび逝きて遂に, たび速舟のへさき, たび造りぬ橡, たびはぬ, たび逢って五たび, たび連れになりし, たび進められている, たび進める大跨, たび進んで敵軍, たび進歩党を去ら, たび進歩黨を去ら, たび遂に決意し, たびはぬ, たびぐれども, たび過ぎては, たび過ぎ去った意識現象は, たび過去として眺める, たび過誤をおかし, たびを誤った, たび道づれの諸兄, たび道理を説け, たび道筋へ出る, たび違い今は如何, たび違った人の, たび遠い地平へ, たび遠くから吹く, たび選ばれ遂に特赦, たび選挙で多数, たび還って来る, たび邪魔するだらうこと, たび邸内の諸方, たび郡内に起これる, たび部下の士気, たび都合により吉祥寺, たび酔うて今, たびなつて, たび重なったのだ, たび野蛮な決闘, たびに触るる, たび金博士の許, たび金語楼あたかも活惚坊主, たびを投ずる, たび鳴を, たび鉱蔵ひょこひょこと, たびどい曲折, たび錦橋を插叙, たびの中, たびの音, たび鐵梯を攀ぢ, たび長吉のこと, たび長崎に至り, たび開けて文士, たび開化せんため, たび開戦の報, たび開設せられたという, たび閑話休題座談会は私, たび閑院内裏御竣工, たび間接の手段, たび関藤藤陰を往診, たび閣下夫人が天涯, たび阿部邸の長屋, たび陣頭に半兵衛, たび陰気を得, たびりて, たび陸奥の任, たび随兵に加, たびった心, たび隠れようとした, たび隠退したこと, たび雄犬の影, たび雇い入れんとする, たび雑具部屋に帰り, たびの中, たびの流れ, たび電燈が消えた, たび露国の手, たび青くひらめける, たび靡き三たび立直っ, たび面会された時, たび鞍壺にかじりつい, たびのうち, たびをあげた, たび音信があった, たび音楽会へも出かけました, たび頂戴して, たび頼み聞えしには, たびの汗, たび顛覆党となる, たび顧みるときは, たび顰めることある, たび風呂の中, たび風邪には新薬ノムトナオル, たび飄然と中学, たび飛んでしまった, たびへり, たび食って見たなら, たび飯田寅之丞, たびひ得るも, たび養い得るも時, たびを買い, たび首尾よく相, たび首筋まで赧, たび首里おやぐに, たびに随つて福山, たびけば, たび驚かされて了, たび驚くのでありました, たび驚異の感, たび高く静かな, たび高音を張つて, たびを握つ, たびの毛, たびを揚げた, たび鬨の声をあげさせ, たび魔神の呪詛, たび鳴き交い, たび鳴らすまでスクルージ, たび鳴尾村の家, たび鸚鵡の籠, たび鹿児島の英吉利騒動, たびのごとき, たび黄巾の賊, たび黄檗に道, たび黒い森や, たび黙って後戻り, たびに当て忽ち