青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つかぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ついた ついた~ ~ついで ついで~ ~ついに ついに~ つかっ~ ~つかない つかない~ ~つかぬ
つかぬ~
つかまえ~ ~つかり つかり~ ~つかん つかん~ ~つき つき~ ~つぎ つぎ~ ~つく

「つかぬ~」 1571, 17ppm, 6711位

▼ つかぬこと~ (146, 9.3%)

11 をお 9 になる 7 をし, をした 4 であつ, を伺う, を承る 3 である, になっ, を言っ, を訊く 2 が多い, もない, をいたしました, をおうか, をお尋ね, を云つて, を言, を訊きました

1 [72件] がありました, がおこる, がこれ, が自分達, が起る, じゃ, それでも一, だ, だが, だった, だと, であった, であったから, であると, です, では, で御座, で我, となっ, となります, となる, などを懇, なの, にし, になつ, になつて, になり, になりました, になるであろう, にもなる, に思い, に思えた, に立ちいたりますれ, に違い, の出来た, はありますまい, はし, はその, はない, ばかりすべて, も多数, を, をいう, をうかがう, をお願い, をきく, をされた, をせ, をなげくまい, をやっ, を上さん, を云った, を云つたの, を伺います, を口走る, を喋りだす, を喋る, を嘆, を指される, を書いた, を申した, を考えぬ, を聞かれ, を聞く, を見, を言います, を言い出し, を言った, を言つて, を訊くで, を述べ, を鹿爪

▼ つかぬもの~ (80, 5.1%)

4 か, であった 3 がある, だった 2 がその, が多い, であったこと, であつ, です, はない

1 [54件] かとその, があった, があつ, があり, がいちめん, がはいだし, が一面, が不思議, が浮い, が薬缶, が転げ廻る, が隠れ, さ, すなわちエタ, だったとは, である, であること, でした, でむしろ, となり, と察し, と気, と私, と見える, にし, になつて, になる, に候, に取りつかれ, に引掛り, に耽つ, に襲われた, のよう, の始末, はふるい落され, は体力, は彼, までも男, らしかった, を作る, を使っ, を使つて, を初対面, を取交す, を悔い, を持っ, を書く, を着, を胸中, を裡, を送る, を頂き, を食っ, 主體

▼ つかぬよう~ (77, 4.9%)

6 なこと 4 になっ 2 では, なもの, な失敗, な色, にする

1 [57件] じゃったが, すでヒョコヒョコ, すで奥, そっとこの, だった, である, なあの, なその, なようす, なるたけちりぢ, なメチャクチャ, な不利益, な人, な全身灰色, な古風, な名称, な困難, な声, な変てこ, な大, な始末, な小柄, な損害, な支那文字, な有様, な気, な深, な状態, な痛憤, な絢爛, な罪, な観念, な醜態, な青二才, にあの, にいそい, にえん, にこの, にし, にしい, にじれ切っ, にそっとう, にとする, にとの社長, にと宇治, に一人, に停車場, に内, に叱り, に埋め, に川尻, に引く, に暗い, に歩い, に決定, に用心, に軟かく

▼ つかぬ~ (50, 3.2%)

4 を訊く 3 を言っ 2 になる, をお, をお尋ね, をし, を訊きます

1 [33件] がよく, が多い, が起る, だったので, でしょう, なれど, になっ, になつてしまつた, になります, になるでせう, はないでしょう, は無から, は無かろう, まで氣, もあり, もなくなっ, をきく, をぐるぐる, をされ, をノート, を云う, を伺う, を伺ひます, を取つ, を呟い, を承, を承はる, を考え, を考え出す, を聞い, を聞く, を言つて, 更に高飛車

▼ つかぬ~ (41, 2.6%)

8 である 7 です 5 であるが 3 であった 2

1 [16件] かも知れません, がある, がそれ, が云, が道理, だ大義名分, つぴき, であるけれども, であろうか, でしたが, ですが, ですよ, はどう, は失礼, は遺伝, を知つて

▼ つかぬうち~ (33, 2.1%)

3 にまた 2 にお, に三日五日, に私

1 [24件] からモー一升壜, に, にいっ, にいつしか, にいつのまにかすっかり, にこの, にと養女, によそう, にサッと, に事実, に二学期, に夜, に年, に御, に猿, に皆, に立枯, に翌, に腕, に速, に雷雨, に食事, はとひとえに, は他

▼ つかぬほど~ (29, 1.8%)

3 よく似 2 意外な, 美しいもの

1 [22件] きちんとし, であるが, のろのろと, ふるえだし殆, グラ, 仕事に, 似て, 同じよう, 安かった, 小さなもの, 店を, 待ち申して, 戦慄すべき, 拡がって, 昼と, 気分に, 混乱し, 混乱した, 自分が, 苦しんだよ, 複雑に, 豊富な

▼ つかぬところ~ (20, 1.3%)

1 [20件] から一時洛西高雄, から器械的, があります, であった, であったよ, で寺, にあからさま, にいたずら, に余韻, に化物, に変化, に宝塚ホテル, に怪しい, に捨て, に欠点, に注意, へき, まで来, まで落ち, を喋々

▼ つかぬやう~ (19, 1.2%)

2 な小さな, になつ

1 [15件] なおもひ, なもの, な不可思議, な僞物, な大き, な気, な沈黙, な錯覚, にぴつたり扉, に六郎兵衞, に唯, に声, に江戸, に眼, に薪

▼ つかぬ~ (18, 1.1%)

2 あっては

1 [16件] あらば, いうて, いうのに, いふの, いふわけ, なると, みえますな, 思つた, 断る, 申しはるか, 祖母にも, 聞いては, 見えて, 見え馬鹿, 見たの, 言うの

▼ つかぬ~ (16, 1.0%)

2 ともかくも, 折々ひときわ鋭く

1 [12件] あるいは神, ようご, 事実において, 事毎に, 互に同志, 何を, 加賀境へ, 家の, 恐らく飛ぶ, 水の, 私の, 道具屋に

▼ つかぬという~ (16, 1.0%)

2 ことは, のは

1 [12件] こと, ことですじゃ, それだけの, のか, のである, ような, 奇妙な, 意味だ, 有様でした, 段と, 程で, 考え方は

▼ つかぬ~ (14, 0.9%)

1 [14件] こんがらかって, ですが, に徐々に, に歪曲, の出, の四辺, の広, の有様, の自然, 古き世, 多くの, 眞白に, 美しいところ, 腐って

▼ つかぬ~ (12, 0.8%)

3 を出し 1 がもれた, が飛んだ, で鳴き, をあげ, をしぼり出し, を上げ, を出す, を立て, を立てた

▼ つかぬ~ (11, 0.7%)

1 [11件] だね, な仕合, な奇怪千万, な所, な道, にとする, に下車, に事穏便, に考へます, に願, の手入れ

▼ つかぬ異様~ (11, 0.7%)

3 なもの 1 ないでたちだつた, な印象, な叫び, な情緒, な愛着, な男, な表情, な間柄

▼ つかぬはず~ (10, 0.6%)

6 はない 1 であるが, でご, はありません, もあるまい

▼ つかぬ不思議~ (10, 0.6%)

2 なもの 1 などよめき, な商売, な場所, な心持, な感じ, な態, な抹殺, な正体

▼ つかぬ~ (10, 0.6%)

1 が第, に原稿, に犯罪, に隠す, へ埋め, へ意外, へ行っ, もしくは両方, を何度, を漕い

▼ つかぬ~ (9, 0.6%)

3 はなかつた 2 はない 1 です, はあるまい, はなかっ, はなく

▼ つかぬといふ~ (8, 0.5%)

1 やうな, やうに, 万善の, 云ひつたへが, 場合も, 有樣, 風で, 風な

▼ つかぬので~ (8, 0.5%)

2 あつた 1 そのま, 下から, 両方の, 屋根は, 腕を, 軍医に

▼ つかぬほどの~ (8, 0.5%)

1 すばやさ, 例の, 大時代物, 奇麗な, 微細な, 次第に有, 石炭の, 自分一人の

▼ つかぬ感情~ (7, 0.4%)

1 が三人, が胸, であった, でふるえ, のため, の波, を以てテクテク

▼ つかぬ~ (6, 0.4%)

21 はずかしきもの, 人善し, 國といふ, 部屋が

▼ つかぬくらい~ (6, 0.4%)

1 だ, だったあの, である, ひらべったくなっ, 遠い先, 静かに

▼ つかぬ~ (6, 0.4%)

2 燈に 1 しても, 石磴の, 私から, 私の

▼ つかぬ一種~ (6, 0.4%)

1 の制服姿, の感情, の感歎, の日本的風習, の興味, の驚愕

▼ つかぬ~ (6, 0.4%)

1 傷が, 失態では, 失策です, 失策を, 恥を, 画像は

▼ つかぬ~ (6, 0.4%)

1 がベンチ, が何, が其処, が其處, とてなす, とて為す

▼ つかぬふう~ (5, 0.3%)

1 であったから, であるの, で相変わらず, をし, をする

▼ つかぬ失策~ (5, 0.3%)

2 をし 1 でありしよ, に毎日毎日, を仕出かし

▼ つかぬ~ (5, 0.3%)

2 な感じ 1 なもの, な文句, な表情

▼ つかぬ想い~ (5, 0.3%)

1 がかえって, で気, に小沢, に私, に重く

▼ つかぬ様子~ (5, 0.3%)

2 であったが 1 でモジモジ, の者, をし

▼ つかぬ~ (5, 0.3%)

4 輪に 1 脚の

▼ つかぬ~ (5, 0.3%)

1 である, に変る, よりも一そう, をし, をする

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 あまた, して, 大学の, 若し僕

▼ つかぬその~ (4, 0.3%)

1 問題が, 物音は, 生命の, 癖年輩は

▼ つかぬばかり~ (4, 0.3%)

1 いつに, だった, では, 平伏した

▼ つかぬふしぎ~ (4, 0.3%)

2 なもの 1 です, な動物

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 がいる, が多い, になれ, はどうか

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 だつた, でございます, でさすが, な少

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 からわざわざ, で感化, に気がつく, は今一方

▼ つかぬ場所~ (4, 0.3%)

1 に身, へじつに, へ隠そう, を選ん

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 な事, な様子, な気持, な笑い

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 がよく, が多く, の奥, や村

▼ つかぬ感じ~ (4, 0.3%)

1 がした, でぴょんぴょん, で日記帳, で皮膚

▼ つかぬ損失~ (4, 0.3%)

1 が来る, だと, でしたから, のやう

▼ つかぬ文句~ (4, 0.3%)

2 が一歩一歩竹藪 1 であった, をそれでも

▼ つかぬ方法~ (4, 0.3%)

1 でないと, で焼く, で現場, で知らした

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 が一人, が多かっ, は頭, もあり

▼ つかぬ若い~ (4, 0.3%)

2 女を 1 女と, 女共が

▼ つかぬ~ (4, 0.3%)

1 にさっき, につや, に細道, を

▼ つかぬいや~ (3, 0.2%)

1 でも書かね, にやにさがった, にナマ

▼ つかぬかたち~ (3, 0.2%)

1 で同じ, で坐つた, で根

▼ つかぬから~ (3, 0.2%)

1 いくつかの, それだけで, だ

▼ つかぬけれど~ (3, 0.2%)

1 この隅, 文代さんが, 若しこれ

▼ つかぬこの~ (3, 0.2%)

1 差当っ, 男の, 長い袖

▼ つかぬこんな~ (3, 0.2%)

1 ことを, 姿に, 微妙な

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

21 諂いはせぬぞ

▼ つかぬとは~ (3, 0.2%)

1 さてさて世帯気, そなた, 僕は

▼ つかぬとも~ (3, 0.2%)

1 いえぬの, 病まないとも, 限らぬ

▼ つかぬばかりに~ (3, 0.2%)

1 たのんで, 礼を, 言うの

▼ つかぬ一日~ (3, 0.2%)

2 が暮れ 1 の苦悩

▼ つかぬ不具~ (3, 0.2%)

2 になっ 1 もの

▼ つかぬ代物~ (3, 0.2%)

1 がな, だから, である訳

▼ つかぬ冷酷~ (3, 0.2%)

1 なそれで, な太, な表情

▼ つかぬ問題~ (3, 0.2%)

2 がある 1 があります

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

3 に見

▼ つかぬ大きな~ (3, 0.2%)

1 事實に, 散財を, 齟齬に

▼ つかぬ奇妙~ (3, 0.2%)

1 な声, な御, な髪

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

1 の本能, の腕, を相

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

1 病気, 立腹を, 顏を

▼ つかぬ微笑~ (3, 0.2%)

2 をうかべ 1 をし

▼ つかぬ挨拶~ (3, 0.2%)

1 である, をしました, を交わし

▼ つかぬ曖昧~ (3, 0.2%)

1 なもの, な態度, な状態

▼ つかぬ有様~ (3, 0.2%)

1 だ, であつ, に曹操

▼ つかぬ樣子~ (3, 0.2%)

2 です 1 である

▼ つかぬ水蒸気~ (3, 0.2%)

2 の群 1 の一団

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

1 に向つた, の化, まで喰っ

▼ つかぬ状態~ (3, 0.2%)

1 だつた, である, にしばしば

▼ つかぬ程度~ (3, 0.2%)

1 にまで作品, に出来ましょう, に幾分

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

1 があがる, が平次, を出し

▼ つかぬ自壊作用~ (3, 0.2%)

1 が起り, となっ, を起させよう

▼ つかぬ言葉~ (3, 0.2%)

1 が突い, に彼女, を突然

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

2 である 1 をし

▼ つかぬ調子~ (3, 0.2%)

1 で, であつ, でそんな

▼ つかぬ運命~ (3, 0.2%)

1 に落ちいっ, に陥っ, の底

▼ つかぬ~ (3, 0.2%)

1 だつた, である, 育ったとは

▼ つかぬ黒い~ (3, 0.2%)

1 斑点を, 海の, 肉体を

▼ つかぬうすい~ (2, 0.1%)

1 線が, 膜と

▼ つかぬかの~ (2, 0.1%)

1 境目だ, 時分に

▼ つかぬかも~ (2, 0.1%)

1 知れないの, 知れないのう

▼ つかぬからと~ (2, 0.1%)

1 いうて, 怒ったり

▼ つかぬくら~ (2, 0.1%)

1 ゐ素晴らしく, ゐ風体

▼ つかぬくらいに~ (2, 0.1%)

1 なって, 流れて

▼ つかぬとか~ (2, 0.1%)

1 そんなこと, 半端だ

▼ つかぬどよめき~ (2, 0.1%)

1 が起っ, が起つ

▼ つかぬのに~ (2, 0.1%)

1 いつに, 屈託し

▼ つかぬほどに~ (2, 0.1%)

1 入念に, 変わり果てわずか

▼ つかぬまま~ (2, 0.1%)

1 でいる, にうすらさむい

▼ つかぬやう我身~ (2, 0.1%)

2 が頓死

▼ つかぬ一点~ (2, 0.1%)

2 に於

▼ つかぬ不安~ (2, 0.1%)

1 の境, の極点

▼ つかぬ不幸~ (2, 0.1%)

1 が起こります, な人々

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 いつからという, に西暦二百二十三年

▼ つかぬ中途半端~ (2, 0.1%)

1 な存在, な彼

▼ つかぬ事実~ (2, 0.1%)

1 がある, に触れ

▼ つかぬ事柄~ (2, 0.1%)

1 がある, が描かれ

▼ つかぬ事許~ (2, 0.1%)

2 りなので

▼ つかぬ二重~ (2, 0.1%)

1 の想い, の蝶

▼ つかぬ人影~ (2, 0.1%)

1 が右往左往, のたたずん

▼ つかぬ人間~ (2, 0.1%)

1 で善い, の都合

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 死の, 裸体の

▼ つかぬ半ば~ (2, 0.1%)

2 開いた其眼

▼ つかぬ原稿~ (2, 0.1%)

2 は芥川

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 のき, のゆがめ

▼ つかぬ可憐~ (2, 0.1%)

2 なたより

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 を隠し, を隱

▼ つかぬ場合~ (2, 0.1%)

1 が多い, も出

▼ つかぬ大空~ (2, 0.1%)

1 に圧しつけられ, に壓

▼ つかぬ大過~ (2, 0.1%)

1 であった, を犯した

▼ つかぬ失敗~ (2, 0.1%)

1 のやう, を来す

▼ つかぬ奇怪~ (2, 0.1%)

1 な物語, な笑い声

▼ つかぬ始末~ (2, 0.1%)

1 だった, となる

▼ つかぬ嫌悪~ (2, 0.1%)

1 の念, の感じ

▼ つかぬ子供~ (2, 0.1%)

2 の時分

▼ つかぬ巧妙無造作~ (2, 0.1%)

1 な変装ぶり, な変装振り

▼ つかぬ市井~ (2, 0.1%)

1 の噂話, の雜事

▼ つかぬ広い~ (2, 0.1%)

1 緑は, 線は

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

2 は少し

▼ つかぬ後悔~ (2, 0.1%)

1 に追, を招く

▼ つかぬ得体~ (2, 0.1%)

1 の知れない, の知れぬ

▼ つかぬ恰好~ (2, 0.1%)

1 でうずくまっ, で互に少し

▼ つかぬ悲劇~ (2, 0.1%)

1 が持, を生む

▼ つかぬ手紙~ (2, 0.1%)

1 が私, である

▼ つかぬ摩訶不思議~ (2, 0.1%)

1 を行, を行い

▼ つかぬ文字~ (2, 0.1%)

1 であるが, で書き埋めた

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 のこころ, の心

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 の若, の話

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 にはこれ, には会社員

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 な然, な自

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 をあわれな, を多く

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

2 がした

▼ つかぬ気分~ (2, 0.1%)

1 で謙吉, に蔽われ

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 がぽたぽた, をながす

▼ つかぬ深い~ (2, 0.1%)

1 ため息を, 憂愁の

▼ つかぬ灰色~ (2, 0.1%)

1 の混濁, をなすった

▼ つかぬ生活力~ (2, 0.1%)

2 と虚偽

▼ つかぬ田圃~ (2, 0.1%)

2 の中空

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 があっ, 高と

▼ つかぬ結果~ (2, 0.1%)

1 を招く, を生じた

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 であっても, を喜ぶ

▼ つかぬ絵姿~ (2, 0.1%)

2 を心

▼ つかぬ聖人~ (2, 0.1%)

2 の真似

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 のつややか, を讀んだ

▼ つかぬ表情~ (2, 0.1%)

1 が浮かん, で急

▼ つかぬ質問~ (2, 0.1%)

1 をし, をした

▼ つかぬ赤い~ (2, 0.1%)

2 巨大の

▼ つかぬ醜い~ (2, 0.1%)

1 ものとして, 男を

▼ つかぬ鋭い~ (2, 0.1%)

1 嗅覚を, 白刃

▼ つかぬ電光~ (2, 0.1%)

1 の様, の樣

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 が全然, になった

▼ つかぬ~ (2, 0.1%)

1 で階下, をし

▼1* [510件]

つかぬあたりに天草, つかぬあの顔が, つかぬあやふやな感じ, つかぬあらゆる可能性を, つかぬありったけの愛児, つかぬいかにも可愛らしい娘, つかぬいくつかの叫び, つかぬいまの道弁, つかぬいろいろの疑問, つかぬうち肝腎の生き, つかぬえたいの知れない, つかぬおぼこな姿, つかぬおもくるしい空気に, つかぬお喋りを聞き流し, つかぬかと思われる, つかぬきたない子供の, つかぬくらいの身動きを, つかぬぐらい物狂おしく乱れ, つかぬぐらいの人から, つかぬここの気分, つかぬことさへあります, つかぬこと他愛もない, つかぬこまかいこまかいことを, つかぬごま化し顔, つかぬささやかな源, つかぬさすがに母, つかぬざわめきが立ち昇っ, つかぬその人, つかぬしかしその四つ, つかぬしぐさやわけ, つかぬそういう意味におきまして, つかぬそして妙に, つかぬだんまりが反, つかぬちからで兵部, つかぬちんばになっ, つかぬていに沈々, つかぬどういたします, つかぬでたらめな話, つかぬといふはなし, つかぬときだったので, つかぬとの御見立, つかぬなかで時々, つかぬなつかしい甘ったるい匂いが, つかぬなどは甚だ陽気, つかぬには困って, つかぬのっぺりとした, つかぬのみか善と, つかぬばかりかどんなに血, つかぬひとりの侏儒, つかぬふりで, つかぬへんな表情, つかぬほどにしか徘徊し, つかぬぼうっとするよう, つかぬまっくらな, つかぬまったく不思議な, つかぬまでよい影響, つかぬみんな身から出た, つかぬむずかしい旅であっ, つかぬあたりま, つかぬもち竿をかつい, つかぬもどかしさは, つかぬもどかしいもののつき纏う, つかぬものうい音を, つかぬもの静かな態度, つかぬゆえ俗にあらず, つかぬゆゆしい大事が, つかぬようナイフを入れる, つかぬよう壁によせ, つかぬろう人形がちゃんと, つかぬわが望みの, つかぬウインクスを投げた, つかぬウシとこうやすやす, つかぬエゴイズムの妖光, つかぬガラス質のもの, つかぬギニョール風の頭, つかぬグロテスクな世界, つかぬステンカラの粗末, つかぬナンセンスである, つかぬヘチマ様の顔色, つかぬヤケクソの夢幻, つかぬライターをしきりに, つかぬヴァイオリンのこと, つかぬ一大事をひきおこし, つかぬ一種異様な輝き, つかぬ一言であつ, つかぬけに猶, つかぬ三眼が承知, つかぬ三等の赤切符, つかぬ下根であるが, つかぬきりやうです, つかぬ不具者になっ, つかぬ不利に陷, つかぬ不快な臭気, つかぬ不詳の事件, つかぬ不調和な地位, つかぬ世の中になった, つかぬ世界を見, つかぬ中ぶらりんな存在, つかぬ中間階級のもの, つかぬ丸顏の色, つかぬ丸顔の色, つかぬ事態に立ちいたる, つかぬ二つの奇文, つかぬ二三本がそれぞれ一抱え以上, つかぬ二人の二十女, つかぬ五十嵐君に何, つかぬ五時ごろの, つかぬ些事にも一應, つかぬ人々の叫喚, つかぬ人たちだつた, つかぬ人人が嘘, つかぬ人物だという, つかぬ人種ちがいの何, つかぬ仕事をし, つかぬ位奥の間, つかぬ位群がつて, つかぬ低い叫び声を, つかぬ低能児と分っ, つかぬに控え目, つかぬ何かしら規律統制を設け, つかぬ何とも彼とも, つかぬ何処までいっ, つかぬ作物まで利用, つかぬ侏儒が, つかぬ偉大なる説教, つかぬを呪いました, つかぬ傷ものにし, つかぬ光景である, つかぬ兎唇になっ, つかぬ全然の人違い, つかぬ公衆電話というところ, つかぬ六畳の扉, つかぬ其の凄まじい色彩, つかぬ典型的な坊ちや, つかぬ内気なもの, つかぬじい氣組が, つかぬ凄味のある, つかぬ凝りかたを見せ, つかぬ出来事が我等, つかぬ分れ目で行われ, つかぬ切実な感情, つかぬ別人じゃそう, つかぬ刹那である, つかぬ刻印を打ち込ん, つかぬ剽輕な手足, つかぬ動きかたをした, つかぬ動物がやって来, つかぬ十一人の女達, つかぬ十八九の賢, つかぬ卑しげな, つかぬ危険も千鶴子, つかぬにでもお, つかぬ原因に基く, つかぬ反古である, つかぬ取っ付きの六畳, つかぬ口惜しさに, つかぬ口調で言った, つかぬ古い鉄門が, つかぬ叫声がし, つかぬ右門主従がそこ, つかぬ合点がゆかぬ, つかぬ吐瀉物のよう, つかぬ味気無い姿, つかぬ呼声がやけくそ, つかぬ和歌を学ん, つかぬ唯単に合点の, つかぬ賣物, つかぬ問答を續, つかぬ善業を絶えず, つかぬ嘆声を発した, つかぬを立てる, つかぬ嚴重な注意, つかぬ四十すぎの大, つかぬ旧談, つかぬだと, つかぬ地面をたくさん, つかぬ堅心強行の結果, つかぬにいろいろ, つかぬ夕蜻蛉かも, つかぬのうち, つかぬ夜分を選ん, つかぬ大きい傷を, つかぬ大事にたちいたる, つかぬ大切なもの, つかぬ大敗となりましょう, つかぬ大騒ぎとなつ, つかぬ奇体な戦き, つかぬ女声の速射砲, つかぬ好奇心に悩まされる, つかぬ好条件を与えられ, つかぬ如何にも嬉しそう, つかぬ姿だと, つかぬでした, つかぬ婚約のこと, つかぬ嬰児であった時, つかぬ安物であった, つかぬ室數ばかりムヤミ, つかぬ家庭の瑣事, つかぬ容子である, つかぬ寂しい顔や, つかぬさに, つかぬ将来のため, つかぬ小さな陽気の, つかぬ小料理に舌鼓, つかぬ小説の主人公, つかぬ少年の私, つかぬ屋根の歪んだ, つかぬ山畑に一寸, つかぬ工作が始まった, つかぬ左ききになっ, つかぬ巨人になった, つかぬ平凡な女, つかぬ平常着だつた, つかぬ年ごろでは, つかぬ年中行事となつ, つかぬ幻滅を味わわされる, つかぬ幻覚と妄想, つかぬ幼児の顔, つかぬ幽邃な廣, つかぬ幾多の女性, つかぬのワーツ, つかぬ弁解をし, つかぬ弱体に化し, つかぬ強い香りで, つかぬ形相となっ, つかぬ彼女ではありました, つかぬ待遇に甘んじなけれ, つかぬ御難なの, つかぬ微かな憂ひを, つかぬ微粒子となっ, つかぬ心がけをしなけれ, つかぬ心配を呼び起す, つかぬろしい, つかぬ思いで飛びまわり, つかぬ思慕の的, つかぬ性格ができ, つかぬ怪しい舞いを, つかぬ怪しげな服, つかぬ恐ろしいうなり, つかぬ恐ろしい話である, つかぬ悪党どもが自由気儘, つかぬ悪臭が噴きだした, つかぬ悲哀の情, つかぬ悲慘の容貌, つかぬ悶々の情, つかぬ情景をぼんやり, つかぬ想ひがした, つかぬ想像をめぐらせ, つかぬ想念を振, つかぬ愁然たる面もち, つかぬ意外な言葉, つかぬ愚劇なりし, つかぬ愚問を提出, つかぬ愚痴をならべる, つかぬ愛情自体の意志, つかぬ愛惜を感じ, つかぬ感動が鶴代, つかぬ感激の街道, つかぬ感覚であり心境, つかぬ態度で木部, つかぬ念に, つかぬ或は判断に, つかぬ戸口とは利益, つかぬ批評を私, つかぬ拔群の艶, つかぬ振りをし, つかぬ支障でフイ, つかぬ政治的意見に叩頭, つかぬ断案を下し, つかぬ新しさが, つかぬを調べ, つかぬ日本にない, つかぬ明るさが, つかぬ明智の支那服姿, つかぬ明盲にし, つかぬ昏迷の世界, つかぬ昔話をする, つかぬ映画を面白, つかぬ時分に早く, つかぬ晩秋の空, つかぬ景観が出現, つかぬ暗い晩だつた, つかぬ暗がりにキセル入れ, つかぬ暮し向でした, つかぬ曲者である, つかぬ有象無象の描写, つかぬ服装でなかには, つかぬ木蔭につない, つかぬと葭簀, つかぬ枝尺取りなどのごとき, つかぬ柔らかな夜, つかぬ柔らかい霰の, つかぬが枝, つかぬの実, つかぬ格言めいた奇抜, つかぬ梅雨の空, つかぬ森林の香, つかぬ椽先へ降りた, つかぬ極悪非道の行い, つかぬのよう, つかぬ正体もない, つかぬ正直正銘の百円紙幣, つかぬのけばけばしい, つかぬ歪みを見, つかぬ残像の中, つかぬ残酷さで黙殺, つかぬ殘念ながら斷, つかぬ段ちがいの天才, つかぬ母音のない, つかぬ気もちで焦れ, つかぬ気持だった, つかぬ気障っぽいことを, つかぬ氣持で考える, つかぬ水分を受ける, つかぬ決して云ひ, つかぬ決定的宿命的なる事柄, つかぬ油断をくやまない, つかぬのやう, つかぬ泥ンこな兵ども, つかぬ泥仏でその, つかぬ洒落かに之, つかぬ浅く来るか, つかぬ浅間しい姿, つかぬ浪人者の方, つかぬ浴衣だに涼しき, つかぬ涙ぐましい心持ちで, つかぬ深みへ落ち込ん, つかぬ混乱に陥らせない, つかぬ混乱ぶりであった, つかぬ混雑した中, つかぬ演技をし, つかぬ濁音を放つ, つかぬ濛気が冷やか, つかぬなどがあっ, つかぬ炊きたての白い, つかぬに煽られ, つかぬ爲の, つかぬ無意味な風習さ, つかぬ無数の肉音声, つかぬを見出した, つかぬ爽やかなもの, つかぬ片隅で静か, つかぬ物蔭に踞, つかぬで座敷, つかぬ独白めいた口調, つかぬ独立して, つかぬの伸び, つかぬ珍かな音物, つかぬ現代的特長の新しい, つかぬ現実だと, つかぬ理想が出来, つかぬ理由がある, つかぬ甚だ奇妙な, つかぬ生死の運命, つかぬ生活をし, つかぬ生涯を終つた妹, つかぬ生物があっ, つかぬ用心をした, つかぬ用意にシタシタ, つかぬ画家を雇, つかぬで頻り, つかぬ異常な表情, つかぬ痛烈な涙, つかぬ白雲落日の山, つかぬ盆唄を祈祷, つかぬ盤面に指さし, つかぬ盲人になりました, つかぬ盲目にされた, つかぬ相似で貫かれ, つかぬ相談事の中, つかぬ真似をし, つかぬ真夜中に行うべき, つかぬのなか, つかぬ瞬間を窺い, つかぬ矛盾に悩まされ通しだ, つかぬ短夜の物語, つかぬ石塀の隅, つかぬ石炭を大阪, つかぬ破局に導かれた, つかぬ破滅に陥ち, つかぬになっ, つかぬ秀俊慧敏な名, つかぬである, つかぬの霞, つかぬ程手許が逼迫, つかぬ程濛々と煙草, つかぬ程真白に見え, つかぬ程静かに更け, つかぬか隅っこ, つかぬ穴倉の前, つかぬ空ろな視線, つかぬ空地があります, つかぬ空所を中, つかぬ窮屈な境遇, つかぬ立場の私達夫妻, つかぬ笑いが一面, つかぬ笑い声のよう, つかぬ笑皺をよせ, つかぬ笹山千鶴子といふ娘, つかぬ粗末なもの, つかぬ精力になつて, つかぬの附いた, つかぬ紛争を捲き超した, つかぬ素晴しく豪華, つかぬ細かな結晶, つかぬ細長い部屋に, つかぬ絵看板の, つかぬ絶叫をあげ, つかぬ繁昌でしたが, つかぬ美しい声を, つかぬ群生諸思想, つかぬを抱い, つかぬ耳新しい話を, つかぬ肉体になっ, つかぬ胎児のよう, つかぬのときめき, つかぬ脇道から城下, つかぬ自分の空虚さ, つかぬ自殺的行動に突進, つかぬ自転車に乗った, つかぬ臭いが立ち昇っ, つかぬ致命的な欠陥, つかぬで見, つかぬ芸当で時に, つかぬ若葉の樹, つかぬ苦しみを苦しみ抜く, つかぬ苦っぽろい笑い, つかぬ苦澁な雲, つかぬ茫漠とした, つかぬ草原と田畑, つかぬ荒い言葉が, つかぬ荒くれ男は一礼, つかぬ薄い霧が, つかぬ薄明のうち, つかぬ薄笑いのもれよう, つかぬまで見きはめ, つかぬと人体形成, つかぬ血戦が繰り, つかぬ街筋に出, つかぬ裏道にある, つかぬ評論家に堕する, つかぬ詰物なぞを無造作, つかぬ話ぶりだが, つかぬ誤りである, つかぬ払いが, つかぬ講演を聞い, つかぬな樣子, つかぬ豪勢さである, つかぬかな喚き, つかぬ跛犬となり, つかぬ躄者に, つかぬでわずか, つかぬ身扮と違つて, つかぬ身装のうち, つかぬ軽々とした, つかぬ辞表まで書いた, つかぬ迄も只そんな, つかぬ返事をする, つかぬひ犬, つかぬ通行人で東野南次, つかぬさに, つかぬ連中はどこ, つかぬ過ちであつ, つかぬ過誤を抱い, つかぬまで苦労, つかぬ道連の小平, つかぬ遠いとも近い, つかぬ遠くの辻, つかぬ邪道めいたもの, つかぬ部屋の隅, つかぬの街, つかぬ醜態でも演じなけれ, つかぬ金釘流の稚, つかぬ鈍感な男, つかぬ錯誤を今, つかぬ長い長い暗黒に, つかぬ長大息をした, つかぬ門構へ百壽園, つかぬ間違が起っ, つかぬ関係が出来, つかぬとし, つかぬ限り旅費の追加, つかぬ隅々ではどの, つかぬ階級の人間, つかぬ雑巾を踏みにじった, つかぬの原, つかぬ雪江等ではない, つかぬともつかぬ, つかぬ面持の同人, つかぬ面白いところが, つかぬを見上げました, つかぬ顔立であった, つかぬ顔色になっ, つかぬ風守を後嗣, つかぬ風態をした, つかぬ風格で, つかぬ風采の男, つかぬ食事をし, つかぬ飯田という表札, つかぬ飯盛と旅, つかぬ駄弁を弄, つかぬ騒がしい物音の, つかぬ騒動斉興公に従う, つかぬ騒音になっ, つかぬ高嶺の花, つかぬ髪の毛をもしやもしや, つかぬ鬼気を身, つかぬ魅力を持っ, つかぬが入っ, つかぬ鳶色の影