青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だつた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~だし だし~ だした~ だす~ ~だった だった~ だったら~ だって~ だつ~ ~だつた
だつた~
~だまっ だまっ~ ~だめ だめ~ だら~ ~だらう だらう~ だらけ~ だらし~ ~だれ

「だつた~」 3220, 32ppm, 3662位

▼ だつた~ (1226, 38.1%)

18 私は 12 それが, 今は 8 さう, それは, 午後は 7 それも, それを, 今度は, 僕は 6 その時, 私が 5 それよりも 4 いまは, この頃, それに, ぼくは, 今の, 今日は, 彼は, 私の

3 [11件] あれは, この時, これも, その彼, その日, それから, 三田は, 宿の, 急に, 斯んな, 母の

2 [51件] いつもの, いやこれ, おばあさんは, かうして, このとき, これで, これは, これを, そのとき, その時分, その晩, その男, それさへ, それだけの, それで, それで何, そんなこと, たうとう, ちよつと, でもそんな, どうした, どれも, もうあと半月そこ, もつと, ソオルの, 下げて, 之が, 今から, 今その, 今日の, 以前此処へ, 何うし, 何も, 例の, 俺が, 僕の, 先に, 其処此処に, 外の, 彼が, 彼の, 後に, 後者は, 或る, 持つて, 照子を, 父親が, 福子の, 色々と, 若い女, 賑やかに

1 [948件 抜粋] あとで, あには, あの世界, あの時, あの母, あの神経質, ありあはせの, ある時東京, あれなら, あれを, いかにも歯切れ, いざペン, いつだつた, いつに, いつの間にか待つ, いつの間にそんな, いつも古風, いまから, いま此処を, うちで, うちへ, おいしかつ, おひ, おも, おれは, お仕事, お吉, お文, お粂さん, お舟さん, お蝶, かうした特輯, かなしいかな, かんじんの, きいたやう, きりやうは, ここまで, このあたり, この二三回, この人物, この前, この単純, この姉, この定評, この少年, この思ひ, この手紙, この日, この男, この瞬間, この陶酔, これに, これまでのは, こんどの, こんな林, さうし, さては加寿子たち, さも愉快さうに哄笑, しかし以前, しかし楢雄, しかし私, しかし言, しばらくし, すき焼の, すぐ素知らぬ, すこし寝すごした, するとさつき靴, せがれは, そこで時たま, そこには, そして自分, そのじつ, そのとき娘, そのなか, その下, その人, その写真, その力, その卑怯, その原因, その後女房を, その收入, その日向, その気分, その猛, その皮肉, その窕子, その胸, その話, その辺, その間に, その音, その頃, その頃伯父, その魂, それだけにもう, それだけ暑, それでは出, それでもこれ, それでもわれわれ, それでも久しく, それでも何となく, それでも彼, それでも時々, それでも毎年子供たち, それでも道, それにしても最早, それにもか, それまで, それ以来ちよいちよい呼ん, そんなら, そんな夢, そんな理由, た, ただその, ただ何事, たまに家, だん, だんだん強く, ちやうど, でぶ, でもさすが, ときどきぼんやり立どまり, とても謝る, とにかく東京, どうも気, どこか, どなたかの, どんなに遲, どんな詩, なか, なかに, にわかに光り, のぶも, はげしい好奇心, はて面妖, ばら, ひと足外へ, ひどく気分, ふと新橋行, ほつたらかしては, また失敗, また曇つて雪, まだあの, まだひどく, まちに, まるであの, みんなそれぞれ面白い, むざんなめにあはされちやつた, もういつそじ, もうすつかり恢復期, もうそれ丈, もう一人, もう今, もう少し歩, もう駄目, やがてが, やがてちよ, やがてエリーゼ, やがて大正年度, やがて茶の間, やつと, やつぱり一年間とは, やはりずぼら, やはりただ, ゆき子は, りら子, わざと留守, アパートには, イリリヤと, ザポロージェ人たちが, スカートは, ドリアンなら, ネクタイを, フユ子の, プラットフォームから, ヘロ吸引病者の, 一ヶ月に, 一切の, 一寸白けた, 一度崩れた, 一方衞侯, 一日遅れた, 一棟西洋館が, 一面には, 七つに, 丈夫な, 三宅坂で, 三年あまり一度も, 三時には, 上布丈は, 下宿の, 不図森野, 不思議にも, 両側の, 中野は, 九つに, 事実は, 二人の, 二人伴れ, 二回目からは, 二等車は, 互ひ, 人形芝居が, 今ぢ, 今もつ, 今や向う, 今夜は, 今度だけは, 今思つて, 今朝は, 今自分, 仕事が, 仕事は, 他の, 以前が, 伊東に, 伊賀山君が, 会つたのは, 伯父の, 佐太郎は, 何かの, 何だかお, 何となく冷, 何となく誘はれる, 何は, 何やかや手間取つて八時, 何んだ, 何分實際, 何時でも, 何時帰つたの, 作業は, 使ひ切れない, 信一は, 俺も, 偶然にも, 傍聴席には, 僕との, 充分酒が, 先方は, 先生が, 先頭に, 兎も, 全次郎は, 兩君とも, 八重子は, 公使は, 六時頃には, 其の家, 其事を, 其父毎旦早く, 兼, 円顔の, 冷い, 凌霄花も, 出来上つた木像を, 刀鍛冶は, 別にその, 剃刀を, 加藤高明の, 務めぐちは, 医者も, 十銭は, 午後に, 危いから, 原書, 又こつち, 又滑つて尻餅, 口に, 吉原第一流の, 同時にベシー, 向うの, 呑気ものの, 問ひ返, 器量は, 四通八達の, 固く閉ぢ, 國へ, 圭子が, 変な, 夕方にな, 夜更に, 大きな包, 大兵肥満の, 大分前に, 大正十一年の, 天候も, 天皇は, 夫人と, 奧方の, 女中が, 女子の, 好いあんばい, 姉は, 娘の, 婆さんの, 守吉の, 実は承知, 客間の, 宮城野も, 家へ, 富岡は, 寝床で, 實際何處の, 専ら定評, 小さい島, 小綺麗に, 少し油斷, 島へ, 島本医師は, 左う, 己の, 平常は, 平生だんまりやで, 幸か, 幽閉五年けなげな, 幾も, 庭に, 康子は, 強つ, 当時日本の, 役目の, 彼も, 彼女の, 彼氏自ら苦心考案する, 彼等は, 後には, 御浪人, 御飯が, 心もとない幸福, 心置きない, 性来父に, 恐ろしく固い, 悪い事, 意を, 愛らしい顔, 慰藉料とか, 手品の, 折あしく, 披官さまの, 招牌には, 持點も, 支那人が, 敷金なし, 數日する, 斯う, 新吉への, 旅室で, 日頃から, 早くも, 明日は, 明治卅八年同じ, 昨夜お客さんに, 是は, 昼の, 時間の, 普通の, 晴代に, 暦が, 更に團十郎, 最後の, 最早問答, 朝鮮などは, 未だ何, 本木傳に, 村全体の, 東京から, 林平は, 柔和な, 案外に, 案外無学, 森野は, 楢雄が, 横浜で, 次ぎ次ぎと, 此方の, 此間は, 武生までで, 母には, 母は, 民家の, 気管支も, 氣分が, 永年の, 汽車で, 沢までは, 沼気の, 洋燈の, 流石に, 浅草辺にも, 海の, 海底の, 滝は, 然しあれ, 然しひとつ, 然し内心, 然し長く, 熊五郎の, 父の, 父子の, 父親は, 猿樂町の, 現れる人像, 球は, 生きて, 田舎の, 男の, 町をは, 當時の, 病に, 病人は, 発狂し, 百合子の, 皆恐ろしい, 相当烈しく, 眠つたやうな, 眼は, 矢張り監獄部屋だつた, 矢田津世子に, 知らぬ間, 碓氷峠を, 福は, 私ども, 私も, 稲の, 空は, 窓の, 精神生活においては, 紅梅や, 細君の, 終戦寸前も, 結局ぎやッといふ, 絲が, 群集は, 考へて, 股から, 背丈は, 自分の, 自分は, 自然の, 至急の, 舌の, 船が, 苟くもその, 若くて, 若者は, 荷を, 落着い, 葡萄棚の, 行列にと, 見ると, 親しみの, 話相手に, 説明を, 誰も, 調べて, 貧しい生活, 起きた時, 足が, 軈て鉄瓶, 軍治の, 近ごろは, 近世に, 近頃にな, 近頃大黒屋, 追討軍に, 途中から, 途中に, 通人とか, 遂, 遊佐河内守は, 達者かね, 邪氣の, 部屋の, 酒や, 醤油の, 重い思, 重吉の, 野呂は, 金公の, 釜屋半兵衞殺しの, 長い船旅, 間もなく曇つて陰欝, 院長の, 集中に, 雨夜忽ち, 雪江には, 青年が, 青田風はよ, 頭の, 額に, 顔にも, 風向きが, 飛車落までに, 養子の, 馬越氏は, 馬酔木さんには, 驚いたの, 魏さんは, 麒麟山に

▼ だつたので~ (511, 15.9%)

24 私は 9 彼は 6 富岡は 4 それを, 僕は, 私の, 私も 3 さう, 自分は

2 [23件] いろ, おれは, これは, さすがに, その豪い, それに, びつくりした, ゆき子は, 一時休息し, 三時半には, 今更あんな, 傍に, 夜に, 客は, 引返して, 思はず瞬間的, 教場も, 毎日の, 渠は, 用人達も, 自分の, 誰も, 重吉は

1 [404件] あつた, あつちの警察, あとで, あのやう, あの承, ありつたけ, あるいは草笛, あれは, いろいろ将来, うつかり, おせい, おばさんは, おぼえて, お名残, お師匠さん, お座敷で, お茶漬, お蔭で, かねてから一枚買, きりやう好みで, ぐつすりと昼寝, このホテル, この八月, この姉, この小説, この老人, この自動車運転手, これが, これにも, これも, こんな作品, こんな歌, さういふとき, さうし, さすがの, すぐその, すぐ電話, すつかり, ずゐぶん, そこに, そつち, そのため, そのま, その一隅, その仕事, その仲, その勢, その声, その明る, その晩, その望み, その為, その男, その聯想, その葉, その驚き, それが, それで, それで不, それに私, それは, それらの, それ以上私の, それ以上隆造も, そんなちよ, そんな地味, そんな気, そんな物忘れ, そんな親父, そんな音, そんな騒ぎ, た, ただで, たちまちお, たちまち京阪, だから魯庵, ちようどよ, ちよつと, つはり, とてもこわ, とても思ひ切, どうな, どうも日本人, ひたすら風鈴湯, ひつかけた, ひどく遠く, ふつと, ほんとに釣つて, また私, まつたく返事, みんなが, みんなは, むしろこの, もういく, もう一人, もう一度私, よく互に出入り, よつ, るいさんの, わざと長たらしく, わたくしの, わたしが, われわれは, アメリカ政府の, イヽ加減な, キチン氏は, ニナール姫が, ネル, ビスケットを, プルウストの, ヤケ糞の, ランシング氏は, レントゲンを, ロスチヤイルドは, 一つ時ぽかんと, 一ヶ月分の, 一丁いた, 一人前の, 一囘生に, 一回その, 一層, 一層一ト, 一層若々しく, 一挙に, 一日だ, 一時雅号を, 一本でも, 一本として, 一杯の, 一緒に, 丁度いい, 三人は, 三田も, 不図意外, 与へられた松毬, 世が, 久高島の, 之は, 之を, 二つ返事で, 二人は, 五合庵で, 五間七間乃至, 京都へ, 人々は, 人生に, 人目に, 人麿が, 今だには, 今までは, 今度は, 今度徳三郎の, 今捕虜, 他村, 仲良く遊んだ, 仲間からは, 何か, 何処かで, 何時も一緒, 余も, 余計に, 例の, 俳優の, 僕なんかは, 僕にも, 先へ, 先生に, 先生の, 兎も, 全く途方, 兵隊に, 其の時, 其時には, 其會議に, 内へは, 冨子の, 冷吉は, 出向いて, 初めて會つた時, 別に大した, 到る所, 前髪を, 前髮, 勘定高い坊子, 十メートル前の, 千枝子の, 午の, 午前中などは, 半ば自分から, 又通り, 友吉は, 取りあえず通知, 取るに, 取急いで, 各国の, 各自お, 向ふ, 呆れて, 呼吸を, 啣え, 喧嘩別れした, 図々しく其の, 堅い麦藁帽子, 報告が, 墨色と, 外へ, 多くの, 多分さうだらう, 大いに失望, 大きな心配, 大した神經, 大変我々万葉学の, 天国が, 夫は, 女中に, 妙に, 娘さんも, 子供達が, 安い金, 安心した, 室内は, 宥めすかして, 家が, 家中が, 家内が, 寝ながら, 寢ながら, 寧ろ好いきつ, 尉と, 小学校四年の, 小猫, 少々の, 少し時間, 少し訊ね, 少年は, 届かなかつたので, 屡々業, 山も, 工合がよ, 席の, 帰りの, 平次は, 平素は, 幾らか物足りない, 広小路の, 床を, 引率の, 弥次郎の, 強くさう頭, 役柄も, 彼が, 彼れ, 彼女は, 彼等は, 後に, 従つて出演の, 御米, 心配を, 必ずと, 忽ちの, 思はぬ飛ちり, 急に, 恟々として, 悪い人, 慌て, 憎態, 成程, 或日近く, 戯れて, 房一には, 房一は, 手に, 折角久し振り, 抽籤でなくのめる, 教育を, 数回とも, 新来の, 早速井伏君, 早鞆, 明日の, 昔の, 時々道端, 暫くは, 暫く待つ, 最初は, 會場には, 月の, 月一回近郊の, 朝から, 未だに私, 本家に, 本郷の, 松江地方の, 根が, 極めて迷惑さうに, 樂屋に, 横地といふ, 次兄の, 此らの, 此処では, 此変化が, 此脇方からの, 武一に, 母に, 毎日洗滌の, 毎日藥取に, 氏の, 氣分が, 水の, 河童の, 流石に, 浅草からの, 浪は, 無事に, 無理に, 無論外, 無論薬局, 父も, 爺さんは, 生娘の, 用事を, 田町の, 町の, 町へ, 疎開騒ぎにも, 登校の, 登美子は, 白線の, 皆な, 皇子は, 直ぐ乘車, 直吉は, 直吉も, 相州さまも, 相手は, 眞鍋は, 真木は, 眼を, 眼皮と, 知人の, 神谷は, 程ちかい, 空に, 突差には, 突然テレ, 突然彼, 筆者の, 築地木挽町あたりからの, 精, 紀州の, 絵を, 絹子は, 翌る, 翌年四月まだ, 老人特有の, 肥満した, 腹ち, 自ら女を, 自分が, 自分も, 自殺だ, 自然その, 與田先生の, 舌も, 舞ひと言へば, 色の, 若い牧師, 若い軍醫, 若くて, 荒れしぶく, 荷物も, 薄寒い襟元, 藤枝は, 行李の, 西側の, 見物が, 謙一も, 警官が, 賑やかな, 躊躇する, 身嗜には, 近所の, 近頃は, 近頃余程珍し, 送つて, 遊んで, 道に, 部屋代や, 郷土史の, 都合が, 配給の, 酒に, 金貸しを, 長持の, 障子を, 面會日は, 音田は, 飛んだ儲け物, 飯を, 鬼なり, 鳩は, 默つて差し向, 鼾の, 齲歯の

▼ だつた~ (316, 9.8%)

7 忘れたが, 知ら 5 私は 4 女だつた, 私が 3 アメリカの, 一昨日だつた

2 [17件] あの方, お前は, それも, それを, どうだ, 今では, 今は, 信吾の, 君の, 女を, 想像が, 支那に, 知らないが, 知れないの, 覚えて, 覺えて, 野村君

1 [249件] あの髮, あるひ, ある小学校, ある肖像画家, いかなる由緒, いづれ急行, いまだに, おぼえて, お腹が, お話しよう, かう聽, くみ子が, こちらへ, この市, こんな事, さいそくの, さう, ざつと六十貫よ, して, すばらしく立派, そこの, その反対, その時, その頃小石川の, それから, それともその, それともそんな, それとも他, それとも彼, それとも早, それとも浮氣心, それとも淫蕩, それとも翌, それは, たしかフランス, つい見落した, とおも, とても今, とても言葉, どうか, どうかと, どうかといふ, どうかは, どうかを, どうか知りません, どこかで, どこだつた, どの位, なんでも, はつきり目に, はつきり覺えて, はつきり記憶えて, ひよつと, またいつも, まだ金車, まつたく記憶, まるで判らなく, もう三十年, もう解らなく, よくおぼえ, よく覚え, ろくに見, わからなくなつ, わかりません, わすれたが, わたしだつた, アメリカに, オルガンだつた, ロイド・ジヨウジ氏が, 一寸は, 一寸聞い, 一度来た, 三つぶんで, 三四年前の, 不明である, 中島博士の, 中谷孝雄から, 主人佐渡守の, 乃至は, 二つ蕾ん, 五六度も, 亜米利加の, 京都の, 今と, 今どうも, 今年の, 今思ひ出さう, 他の, 何う, 何しろ仕事, 何しろ寒い, 何しろ東京, 何でも, 何時にも, 僕に, 僕の, 六本木の, 其れ, 其次の, 其談を, 分らない, 判らなくなつ, 判るだらう, 利休は, 制令を, 十本だつた, 千葉だつた, 博士は, 卵が, 友達の, 双葉の, 取りに, 只一寸口元に, 同国の, 名前は, 名前を, 否かも, 商務官だつた, 嗅ぎわけて, 四五人ある, 四季亭の, 土地も, 墺太利皇帝フランツ・ヨセフに, 夏だつた, 夏の, 大いに笑つたこと, 大統領に, 大阪に, 大阪教会で, 女がかは, 女史が, 女成金の, 始めて, 娘を, 子供だつた, 季節の, 孤蓬庵だつた, 家内が, 容易に, 小説家の, 届けましたよ, 巡つて, 巡つて來, 待ち兼ねたといふ, 後に, 後年何かの, 徳大寺への, 忘れた, 忘れて, 忘れました, 念入りに, 思ひ出せないが, 悔みの, 想像に, 態と相手, 或る, 戯談紛れに, 手紙を, 攝津が, 斯う, 新潮社の, 新聞に, 日暮に, 日本語でした, 春葉と, 暗い夜, 有島武郎氏が, 林田だつた, 棒杭に, 横山大観と, 歌手だつた, 歩いて, 母だつ, 氏の, 気が, 水の, 法廷に, 洒落者の, 海山が, 清朝の, 滝本も, 演説について, 火の, 父は, 物の本で, 理由は, 甚だ疑, 画かきは, 盂蘭盆だつた, 相国寺の, 相馬氏が, 眉を, 県会だつた, 知ません, 知らと, 知らぬが, 知ら其, 知る手がかり, 知る由, 知れない, 知れなかつた, 福田博士は, 福田徳三博士が, 私達は, 秋月が, 穴打ちを, 突然, 第一, 米国の, 紐育で, 終頃で, 結城哀草果氏の, 自分の, 自国の, 英国通ひ, 茶話で, 莫斯科の, 蒙匪襲撃, 藤屋だつた, 表紙の, 西洋人の, 見向きも, 見定めが, 覚えが, 覚えないが, 解らない, 解りません, 訊かなかつたの, 記憶が, 訣つた, 話題が, 誰か, 謙道師は, 變態心理に, 谷丹三が, 赤入道の, 赤坂帝國館の, 越路と, 輪鍵に, 近松秋江氏は, 逆鉾, 通詞の, 野口から, 附属だつた, 陽春の, 青銅で, 骸骨の, 高い丘陵, 鶴屋旅館の

▼ だつた~ (286, 8.9%)

8339 です 17 だね 13 ですね 12 だらう 11 ですもの 10 だが 9 だよ 8 ですか 7 ですが, ですよ 6 ですつて 5 だな 4 だから, だもの 3 だからな, だがね, だぜ, ですつてさ 2 だからね, だと, だなあ, だねえ, ですから

1 [29件] じや, だいつぞや, だお玉, だからなあ, だけど, ださうな, ださき, だつて, だつてさ, だなう, だなと, だらうな, だらう離縁状, だわ, だ船, だ詳しく, だ間違へた, でございます, ですお, ですかい, ですがね, ですけど, ですぜ, ですそんな, ですな, ですわね, です三年, です死んでから, では

▼ だつたこと~ (197, 6.1%)

15 は言 10 でせう 4 だらう, もある 3 か, である, は平次

2 [13件] がある, です, はあと, はない, は事實, は云, は何, は彼, は疑ふ, を思はせる, を思ひ出し, を思ふ, を示し

1 [129件] かいかに, から彼女, があつ, がちかごろ, がわかる, が分かる, が分つた, が判つたの, が嬉し, が平次, が思はれ, が思はれます, が急, が想像, が指摘, が明, が泥棒, が知れ, が軈て, その住居, それからさ, だ, だけはいまだに, だけはたしか, だけは事実, だけは是, だけは自ら, だけは記憶, だと, だらうが, だらうな, つたら, で, で私共, で露西亜文法, ともかくも, と存じます, と思はせる, と照, などを云, など話し, にしなき, にすぐ, には, にはその, には彼, には疑ひ, に今更, に何ん, に思ひ, に気がついた, に気づい, に気づき, に気づきました, に気付い, に間違, は, はありません, はいう, はいふ, はいまさら, はお, はおくび, はその, はたしか, はどんなに, はまだ, は並居る, は今さら, は伊太郎, は口, は否む, は咄嗟, は奇蹟, は少女, は当時, は彼女, は必, は或は, は最早, は疑, は知る, は確か, は聖徒自身告白, は自分, は芸, は誰, は間違, まさに鎌倉はじ, もこんな, も事実, よりも隱岐, を, をおぼえ, をおも, をお前, をふと, を信じ, を十分, を報ら, を婉曲, を御存じ, を忘れ, を忘れない, を思, を思いだす, を思ひあはせ, を思ひ合せ, を想, を感じた, を憶, を手短, を数枝, を残念, を照ちや, を発見, を發見, を知らない, を知り, を知る, を示す, を考へ, を聞く, を覚え, を覺, を話し, を話し出した, を認め, 殊に

▼ だつたけれど~ (80, 2.5%)

2 もんは, 今度自分が, 何か, 私は

1 [72件] あれは, い, いいかげんに, この言葉, こわれて, その人, その頃, それから, それから大分月日, それどころぢや, ひどい困窮, ふじ子は, めんどうくさくなつた, もうこれからは, もう少し文学, もう日数, やつぱりよく, ズボンを, ルンチヤンを, 久振, 五日ぶりの, 人の, 人を, 何だか帰りたく, 停つて, 僕が, 先代は, 十時頃に, 咲子は, 女は, 宿の, 小さい家, 少々淋しい, 山の, 常次, 後から, 快晴を, 所謂飜譯家に, 旅に, 日に, 昨夜の, 是非にと, 朝顔の, 東京へ, 案外腰, 死んで, 毎日の, 気が, 気分が, 汽船に, 海からは, 清治のだけは, 球江が, 病院へ, 盜み, 目を, 知らぬ小汚い, 私たちの, 私としては, 緑平老, 聞いて, 自分達が, 蛙の, 行きさ, 要するに拷問, 誰かしら, 釘が, 隅々に, 随分な, 障子を, 隣室の, 高島田さここの

▼ だつたやう~ (76, 2.4%)

10 である 6 だ, です, な気 5 に思ふ 4 に記憶 3 で, に思はれる 2 でございます, な氣, に空, に考へられる, に覺

1 [23件] だから, だが, だし, だな, であるが, ですが, でそれから, でも, で中, で容易, で御座います, なまた, な事, な気さ, な記憶, な顔, にいつか私, に思へる, に虚心, に虚心平気, に覚え, に離れ, に響く

▼ だつた~ (68, 2.1%)

2 プランタンと

1 [66件] あんな, いま眼の, お夏さん, ぐつすりと安眠した, これから私, さうし, その上, その所有者, その結果, それから四十, それに, ちやうど, ぼくは, またさういふ機会, また思ひ返し, まアまア一應逢つて, もう二人きり, よくテニス, タツノは, ダニムの, ダラットで, ツイ先刻は, 一先づ此處に, 一生食ふ, 三尺幅も, 二宮の, 云つた, 今でも, 他人の, 何か, 僕は, 其の頃, 内部には, 加けに, 十一月とは, 十八日の, 又無茶, 四十を, 始めの, 守一は, 家の, 年を, 後には, 思慮の, 態度にも, 戀愛問題に, 戰爭嫌いでした, 文體も, 最後まで, 木の実は, 本も, 樹明君からも, 次兄も, 白粉の, 白粉氣の, 盛場の, 稽古所で, 級も, 終戦の, 結婚出來れ, 自分の, 農民との, 雪子は, 雪子も, 顔色などは, 香港に

▼ だつたもの~ (42, 1.3%)

54 だから, ですから 2 である, です, らしい

1 [23件] か, か家康公, がその, が中途馬喰町, が今, が傷, が神聖, が秋ぐち, が見る, だ, だが, だがな, だと, で, であらう, でございますから, でほくほく, と信用, と考へ, と見える, にする, も食糧不足, を戰爭中

▼ だつたかと~ (31, 1.0%)

6 思ふ 2 思ふが

1 [23件] いふこと, いふと, いふに, せめてもの, その晩, 一時改めて, 一緒に, 今更に, 初めて知り, 安心した, 思います, 思つて僕は, 思はれたと, 思はれる, 思ひますが, 思ふと, 思ふほど, 思われかねないわね, 気が, 気がつくと, 気が付くと, 氣が, 私は

▼ だつた~ (29, 0.9%)

95 です 4 である 2 だが, であるが, なの 1 だから, だし, だつたね, でその, の辰三

▼ だつたけれども~ (28, 0.9%)

1 [28件] おばあさんが, この方, しかも一番道綱, その中, その夢, そら森文部大臣, それが, それでも畳, それは, よい事, 仲人を, 佛蘭西語も, 出札の, 居眠りも, 岸田全体の, 微笑には, 早苗が, 時々長五郎, 本式の, 本當, 母も, 私は, 窓を, 自分の, 與田先生の, 西陽を, 都會の, 鷄介は

▼ だつた~ (25, 0.8%)

2 婆さんの, 親分

1 [21件] あの時, いつたい誰, お千, お銀さん, たいへんな, ところで新之助さん, ところで昨夜, ハヽヽ, 何の, 俺今でも, 兎も, 全く, 八, 八重, 君が, 君のは, 水鐵砲を, 番頭さん, 芝居で, 赦して, 隣の

▼ だつた~ (19, 0.6%)

2 全く突然で

1 [17件] あの光景, あの時, お前さんと, ここから, それでは一つこれ, ちよいと, ウ, カテリーナ, ピンピンし, フフフ, 三月にな, 八, 少くとも, 牢屋に, 着せて, 話しは, 誰にでも

▼ だつたかの~ (18, 0.6%)

3 やうに

1 [15件] その母, なかの, 九州行きに, 女, 小学校へ, 懸賞に, 所に, 晩その, 歌うたひ, 淡窓の, 瑜伽紀行を, 立見に, 言葉に, 議員候補に, 雨声会に

▼ だつたわけ~ (17, 0.5%)

7 である 3 では 2 です 1 か, だが, であるから, ですね, でも

▼ だつたんで~ (17, 0.5%)

12 せう 1 しば, せうか, せうが, せう梯子段, 毎年の

▼ だつた~ (16, 0.5%)

3 だよ 2 だけど, ですよ 1 ださうですね, だつて判, だらう, だわ, ですか, ですがね, ですのね, ですのよ, でせう

▼ だつたかを~ (13, 0.4%)

2 覚えて

1 [11件] 思ひだすこと, 思ひ出せない人達, 思ふと, 感じいつか涙, 知つ, 知つてゐない, 知りそして, 知る期, 確かめた, 考へた, 買つて円タクに

▼ だつたかしら~ (12, 0.4%)

1 [12件] あたしが, さうだ, そんな歌, どこだつたらう, エビ掬ひ, 伝七が, 和蘭屋敷で, 壁だつた, 安南, 少しは, 春だつた, 絹子は

▼ だつた~ (11, 0.3%)

2 である 1 であらう, ではない, でもある, に, にほんたう, に南画, に好奇心, に急, に話さず

▼ だつたかな~ (10, 0.3%)

1 これに, たぶんさうだ, ひがみの, 何でも, 僕は, 學校の, 完全に, 最後に, 江戸へ, 違つたら

▼ だつたところ~ (10, 0.3%)

1 からそれ, から縁, だつたので, であまり, である, であれぢ, でお, にローラ, に残つて, の礦石

▼ だつたかは~ (9, 0.3%)

1 ほぼ推察, また八條村, よく覺, 分るだらうね, 存じませんが, 川路自身の, 推賞に, 決し難い, 言はずとも

▼ だつたけど~ (9, 0.3%)

1 もう, やつぱりこれだけ, やつぱり言つと, 一人行つて來ました, 一人行つて来ました, 可愛い顏, 可愛い顔, 婦人代議士みたいな, 離婚し

▼ だつたかといふ~ (8, 0.2%)

2 ことが 1 ことも, ことを, やうな, 事は, 事を, 話は

▼ だつたかね~ (8, 0.2%)

1 おつか, お比奈さん, それとも年寄, たしか, もう解らなく, ハヽヽ, 先生に, 周子さんが

▼ だつたから~ (8, 0.2%)

2 無理も 1 あるいは彼, まはり, 元気がよ, 出て, 又はひつ, 無理に

▼ だつたため~ (8, 0.2%)

1 そのわき, である, でつまり, で文学, に前夜, に胃袋, に自然, 恰も舌足らず

▼ だつたもん~ (8, 0.2%)

4 だから 3 ですから 1

▼ だつた~ (5, 0.2%)

1 昔から, 矢ツ張りあたしが, 確かハテ, 道が, 電車を

▼ だつたかなと~ (4, 0.1%)

1 この男, たつた今, 森林官として, 考へて

▼ だつたかに~ (4, 0.1%)

1 あつた, 加藤忠広が, 役者の, 自分と

▼ だつたかも~ (4, 0.1%)

1 わからない, わからないけど, 知らないが, 解らない

▼ だつたこの~ (4, 0.1%)

1 お祭り騒ぎに, 二間ぶち, 新橋ステーションの, 歌を

▼ だつたせい~ (4, 0.1%)

1 か今朝, か車, でそんな, よ

▼ だつたその~ (4, 0.1%)

1 一隊の, 地方で, 時の, 鮮美な

▼ だつたかとも~ (3, 0.1%)

1 いへる, 思われる, 考へて

▼ だつたかなあ~ (3, 0.1%)

1 何んだ, 吉寅で, 杉村さん地元から

▼ だつたからと~ (3, 0.1%)

1 いつて, 云ふ, 園の

▼ だつたころ~ (3, 0.1%)

1 のやう, の父, 丁度学年試験

▼ だつたよう~ (3, 0.1%)

2 な氣 1 な錯覺

▼ だつたあの~ (2, 0.1%)

1 あなたに, ころの

▼ だつたからよ~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ だつたがと~ (2, 0.1%)

1 森野は, 考へながら

▼ だつたがを~ (2, 0.1%)

1 かしいこと, り悪しく

▼ だつたとき~ (2, 0.1%)

1 したやう, の屋根下

▼ だつたねえ~ (2, 0.1%)

1 さあ, そして髮

▼ だつたはず~ (2, 0.1%)

1 だから, の潤太郎さん

▼ だつた~ (2, 0.1%)

2 すか

▼ だつたわと~ (2, 0.1%)

1 こんなこと, 可笑しがり

▼ だつた~ (2, 0.1%)

1 そんな事, 親分

▼ だつたンぢ~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ だつた~ (2, 0.1%)

1 る突角, 小説の

▼ だつた~ (2, 0.1%)

2 でしたから

▼ だつた~ (2, 0.1%)

2 でせう

▼1* [32件]

だつたうちである, だつたかしらと暫く戸迷, だつたかについては多分に, だつたかをも示して, だつたかナなんぞと思ふ中, だつたがとに角一週間ほどの, だつたがにつと微笑, だつたがもぢも, だつたがやにはに立ち上つて窓, だつたけども汽船が, だつたことお化け若衆の滅法, だつたこと古の句, だつたこと御座所はここ, だつたこと私の母, だつたころ二三度逢つたこと, だつた親分, だつたため控所の煉瓦敷, だつたため港にか, だつたため細君を助け出す, だつたとき嘉十はお, だつたところ想はぬ, だつたねといつたが, だつたのでがつかりして, だつたつかりで無かつ, だつたままの家作り, だつたもののやはり第, だつたよといふぐらゐに止る, だつたわが青春と共に, だつたわをとつひ, だつた為転倒して, だつただから, だつたとは云