青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ついた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~っ っ~ っきり~ ~った った~ ~つ つ~ ~つい つい~ ~ついた
ついた~
~ついで ついで~ ~ついに ついに~ つかっ~ ~つかない つかない~ ~つかぬ つかぬ~ つかまえ~

「ついた~」 7533, 81ppm, 1368位

▼ ついた~ (953, 12.7%)

62 である 44 です 3925 はもう 23 であった 1716 だった 12 では, はその 11 でした, は 9 だが, であるが 8 ですが, はこの 7 であります, は夜 6 だと, であろう, でも 5 さ, でしょう, はそれ 4 かい, かも知れません, だらう, であったが, でしょうか, ですよ

3 [15件] かもしれない, かも知れない, だから, だったが, だな, だよ, だろう, ですから, と同じ, はお, はそこ, は十一時, は日, もこの, を幸い

2 [38件] かその, かそれ, かどう, かね, があっ, があった, がこの, じゃな, じゃない, だからね, だそう, であろうが, でございますから, ですか, はかれこれ, はこういう, はそんな, はやがて, は五時前, は何ん, は例, は六月二十五日, は夕方, は手, は正午頃, は流石, は画面, は私, は自分, は茶の間, は長い, も無理, を冠, を持っ, を見, を見た, を見ながめる, を覚え

1 [455件] かあるいは, かかの, かかまう, かくるっ, かさ, かさっさと, かしら, かそれとも, かとそれ, かと君江, かと思い, かと思ふ, かと聞いた, かな, かねえ, かは聞きもらした, かべつ, かまた, かも知れぬ, かわからぬ, か低い, か先方, か分らない, か忘れた, か或いは, か手, か知ら, か見る, か長い, か鮫島, か默つて, が, があります, がある, がいけなかった, がお, がかなた, がかれこれ, がかれこれもう, がこう, がこないだ, がし, がしゃく, がその, がそのまま, がちょうど, がはずかしかっ, がもうかれこれ, がもと, がやはり, がアリー, がイタリー風, がオリウトルスコエ, がモチ, が一, が一徳, が一時半, が一枚, が一足, が三時ちょッ, が不運, が九時, が九時半, が二時半ごろ, が交っ, が何, が八時, が六時すぎ, が六時前, が六時半, が六時半頃, が冷, が出る, が十一時三十五分, が午前二時, が午後, が去年, が同じ, が向直, が善記四年, が四時, が四時十五分過ぎ, が因, が多く, が嫌い, が富戸, が将然, が山, が山崎, が岸, が御, が徳島, が怖, が恥ずかしかっ, が悪い, が暴風雨, が最初, が有りませんでした, が朝, が気, が気に入り, が災難, が生れ, が病みつき, が矢張り君, が米友, が絵, が縁, が自分, が衣桁, が跛, が運, しかお, じゃ, だけれど, だけれども, ださうだ, だし, だその, だったわ, だつた, だつたが, だという, だとばかり, だとも, だなと, だらうと, だらうな, だろうか, だろうかと, だろうと, だろうとしか, だろう人, だろう巴里, だろう黒い, だわ, だ相, ぢやと, でありました, でありましょう, でありません, であるから, であるといふ, である一つ, である先生, である山頭火, であろう今, でございましょう, でございましょうか, でございます, でございますが, でございますよ, でございます吃驚, でござる, でござるが, ですけど, ですってね, ですね, でないこと, でない限り彼女, とやがて, とマクラグレン, と入交, と新, と牛乳, と見え, と転んだ, にかかわらず, に着かえた, のこと, の多い, はあちこち, はあながち, はあなた, はあの, はいう, はいくら, はえらい, はおなじ, はおめでたい, はお昼, はこいつ, はこのごろ, はしかし, はしん粉細工, はすこし, はすなわち, はすばらしい, はずつと後, はずつと此方, はせめて, はそもそも, はそれから, はたしかに, はただ, はだれじゃ, はちやう, はつく, はつまり, はとうにもう, はどの, はなるほど, ははなはだ, はまさに, はみな愉快, はやはり, はアラビヤ, はオタツ, はカーテン, はシャツ, はハノーヴァ家, はパチパチ, はペルシア人, はミンナ, は一つ, は一九二九年, は一個, は一時, は一時四十五分, は一時頃, は一段と, は一真寺, は一艘, は一軒, は丁度, は七月, は三十一日, は三十二三, は三時, は下宿, は並々, は九時半, は九時過ぎ, は二三日前, は二人, は二時, は二時近く, は云, は五時二十分前, は五時頃, は今先, は他家, は仙臺人, は件, は伽羅油, は佐々木道誉, は何かと, は何時, は八ツ, は八時前, は八時半, は六つ, は凡人, は分っ, は別段, は前夜, は前田曙山, は助手, は十一時ごろ, は十一時半ごろ, は十一時過ぎ, は十二日, は十四五, は十時ごろ, は十時半すぎ, は十月, は十月十六日, は午後, は午後二時五十分, は可, は右手, は同じ, は君側, は咽喉, は喜ばしい, は器械棚, は四時, は四時十五分, は四月二十四日, は四月四日, は四軒, は土, は夕がた, は夕飯, は夜中, は大釜, は奥山, は女, は妹菊路, は妻子, は始め, は実に, は室内運動館, は家, は家康着用, は寝, は少し, は屋根, は山毛欅, は岩壁, は左, は巨勢博士, は巳, は巳刻, は庭奥, は弁財天, は弘化四年六月なかば, は弥五兵衛, は彼, は彼此十一時半頃, は彼等, は性慾, は恐ろしい, は慈善切手, は憐, は我々, は扉, は故人, は日本橋長谷川町, は昨日, は昨晩, は晝, は月, は朝, は朝朗らか, は木枯, は本堂, は梅, は横田君, は欄干, は次, は次郎, は正面右側, は母親, は沼, は浅草金龍山下, は深夜, は湯屋, は満, は漸く, は熊, は牀, は田川, は畦道, は白雲, は白雲堂, は真夜中, は矢張り一番, は神棚, は窓, は第, は筋骨, は籠, は約束どおり, は縁, は翌, は翌朝, は老人, は脅かされ, は脱兎, は自分自身, は良人, は落ち, は蔦代, は薄暮, は藤助, は衣桁, は観光客歓迎, は読書, は誰, は贋阿弥氏, は起きなけれ, は越前守忠相, は路, は車, は釣鐘弥左衛門, は鉄管, は鎌, は鏡, は鑵詰工場, は長, は門, は附近, は陰気, は隣り, は集まる, は雨, は雪, は電纜工場, は青い, は非常手段, は飛行島, は鶴子さん, は黄昏近く, もあった, もかまわず, もその, もなかば夢心地, もまじっ, もランプ, も一つ, も事, も事実, も思いのほか, も林檎, も構, も知らず, も覚え, や, やまだ, やビロード, や廉術, よりいや, らしいが, をいつ, をかぶっ, をその, をそのまま, をね, をはなす, をみ, をよい, をよく, を丹念, を二流, を今, を八つ, を写しかけた, を出し, を前, を双眼鏡, を叱責, を大, を島, を引き落とし, を心から, を持った, を有難い, を機, を機会, を沢山, を火, を着, を着た, を窓越し, を締めさせ, を背, を至極, を見つけた, を見る, を見極める, を誰, を選んだ, ア縁側の, 雨が

▼ ついたもの~ (255, 3.4%)

9 である 8 だ, でしたから 7 です 6 がある 5 ですから 4 があった, だと, であろう 3 だから, だが, であった, であらう, と見え, はありません, はない

2 [13件] か, があります, でなければ, でも, となっ, と思はれる, と感じた, に相違, のよう, はありませんでした, は実際, もありました, らしい

1 [153件] ありや, かき, かそう, かそれとも, かという, かと戸惑った, かな, かは声, かまるでまだ, かも知れません, かようやく, からこんな, かボツボツ, か三冊, か学校, か慧鶴, か手古奈, か朱, か知らぬ, があつ, がありました, があるだらう, がない, がまだ, が一人, が多い, が多く, が多けれ, が竜, が精米, が襖, が賀茂川, が驚いた, が黙, じゃ, その脚, だけが哲学, だけは人手, だった, だったの, だな, で, でありたく必然的, であるが, であること, であるし, であるべきなの, であるよう, である神戸なにがし, である限り, でこの, でございますな, でさらに, でしっかり, ですよ, でその, では, でまた, で先生, で国民全体, で太宰, で彼女, で独唱, で第, で羽, で釣る, とある, ということ, といつた, といふこと, としてゆきたい, として感じ, として扱われ, として持っ, としばらく, とすれ, となろう, とは思わなかった, とばッ, とみえ, とも思はれる, とわたくし, と一部, と円筒型, と存ずる, と思いこん, と思っ, と考えた, と見, と見える, と見る, なぞは食べない, などを何時, ならあと, ならわれわれ, なんかありやしません, なんかする, なんか出た, にすぎず, にするだろう, になりません, になる, には朝, に一心, に座蒲団入, に見せ, ね, のため, はそこ, はその, はどっか, はどよめきました, はなかっ, はへや, はみんな体, はボルシエヴイツキ, は井戸, は保子, は切らん, は前夜素足, は十六世紀式, は最早, は相当, は綱, は習わない, は自我, は鎧, は須磨子, ばかりでございます, またその, もあった, もある, やらいろいろ, らしいが, らしいので, らしかった, をきれい, をこの, を一々, を一つ, を一品下, を今更, を口, を好みます, を役者, を持つ, を着, を穢れ, を血, を見, を買つて, を身, を高い

▼ ついたよう~ (246, 3.3%)

97 なもの, な気 5 になっ 4 になった, に見える 3 だ, な声, な騒ぎ, にべらべら, に思う

2 [14件] だから, であった, である, です, なあの, な調子, な赤ん坊, な顔, になる, に思い, に思われ, に泣, に見えた, に走り

1 [167件] じゃ, すでありました, だった, だったが, だな, であったが, であるが, でした, でしたが, ですが, ですぜ, でそれ, では, でトン, で大声, な, なさわぎに, なそれでいて実は, なので, なぱっと, なもん, なレモン, な人, な人影, な佃, な困惑, な外, な女たち, な妄動, な子供, な安心, な小さな, な彼, な心持, な怒りよう, な怒気, な怪異, な感じ, な憎い, な撥ね上がりかた, な期待, な次第, な殺気, な気分, な気持, な焦燥, な熱い, な熱気, な状態, な狂暴性, な獲物, な眼, な穴, な紛議, な翅, な若い, な表情, な青い, な静徹, な音, な風, にあかるく, にあせり出しました, にあつく, にある, にあわて出された, にいっ, にお, にこんな, にし, にしか生きる, にしゃべりだした, にじめじめ, にその, にそれ, になおも, になり, になります, にはねあがっ, にべた, にまくし立て, にめまぐるしく, にめらめら, にもあった, にも見え, にも見えれ, にやっと, にわけ, にオナラ, にギラギラ, にグズつき一寸, にト胸, にベラベラ事件, にホッ, に一団, に一足前, に伝二郎, に伸子, に何, に凡て, に半分, に取上げた, に古い, に叫び, に叫ぶ, に叫んだ, に吠えた, に呟く, に咆, に地団太, に坐っ, に声, に失恋, に威勢, に座敷, に後ろ手, に徳利, に思われた, に思われる, に急く, に息, に悔いられ, に感じました, に懐, に捨て置かれ, に捲し立てる, に明るく, に書い, に歓声, に泣い, に泣きたてる, に泣きだした, に泣きました, に泣き出し, に泣き出した, に泣き出す, に泣き叫びました, に泣き喚いた, に消えません, に烱, に熟れ, に狼狽, に畳, に疼きほてつい, に眉, に空徳利, に立っ, に笑いだした, に考え, に能弁, に苦しん, に見え, に見えました, に言い放った, に起き上り, に足首, に身ぶるい, に身体中, に軽く, に逞, に際限, に雑然と, に雲霧, に駈けずりまわっ, に駈け廻った, に髪, に黄色く

▼ ついた~ (234, 3.1%)

4 それは 3 身の 2 おりから, その時, それも, 二人とも, 今度は, 彼は, 話は, 誰も

1 [211件] あやうく転ぶ, いわゆる, うつかり, お前は, かねてこういう, きょうは, こうなる, このとき, このよう, この厄介払い, この方言問題, この花, この馬, これから先, これが, これは, こんどは, さてこの, さてこれから, さて又新潟, さて現場, さて眠り得べく, さらに部屋, ざつと降, しかしその, しかしわが家, しまいには, すぐ飛び起き, そこで, そのいわゆる, そのお, そのとき, そのとき何者, そのどろ, そのまわり, その中, その夜, その左右, その強敵, その方, その柔らかい, その男, その翌朝, その車中, その間に, その食, それからも, それが, それで, それでも動かなかった, それでも支えきれず, それを, ため家名, ちょうの, でもまあ, とにかく変てこ, とぼ, ともかく美人, どうした, どうもじ, どうやらこの, どこに, なおしたたる, なんだか水木, なんの, ひそかに, ひどい跛行, ふと気がつい, またまた爆音, また立ち上がり, まだすっかり暗く, まだなんだか癪, まだ使われる, もうだれ, もう夜通し身体, やがて思いなおした, やっと辿りついた, よい, よく眠れなかった, よほど大事, わしは, スマートすぎは, フハンは, ポルトガル商船の, 一撃ぐらいで, 一言も, 一軒の, 丁度塩鮭, 三人とも, 上官の, 上野駅から, 上野驛から, 下手人はまるつ, 中, 二人だけで, 今さらすでに出た, 今は, 今年のは, 伊那丸は, 伯母さんは, 何しろほとんどの, 何をか, 例の, 便溺から, 信長は, 俥の, 健に, 全国の, 八年間の, 出なかった, 初めてそれ, 十九の, 又自分, 取消を, 同時に何かしら憑き物, 嘉門は, 嘗て露見, 囘龍だけは, 地の, 夜が, 夜番の, 大したこと, 天窓から, 妙に, 家に, 家見つからず, 容易に, 寝汗という, 山中で, 川手氏は, 帛紗の, 帰国の, 常々それと, 庶務課の, 当時の, 待てよ, 得策か, 思うに, 急に, 恥しいほど, 息が, 恰も長い長い, 悦子に, 或る, 持って, 捕はれて, 放二, 早いか, 明日の, 昼間掃除し, 暑さ, 暗くて, 暫くする, 最前から, 未だ未だ休ん, 本堂は, 椎の木とか, 欄干に, 次第に私たち, 歩くこと, 残雪は, 気に, 泊り客の, 渠は, 湯には, 演出の, 漸くケリ, 無惨に, 無意識に, 爾余の, 町方では, 疲労の, 直ぐに, 眠れない, 眠れなんぞ, 眼は, 着て, 碁盤の, 穂波を, 箸は, 納入の, 総体の, 署長の, 翌日に, 翌日は, 翌朝目が, 肝心の, 肝腎の, 腰を, 自分から, 自分も, 自宅の, 色っぽく見えない, 艶の, 菅丞相の, 薄暗い過去, 表戸, 誰か, 誰知るまい, 起ち上がるが, 途中あちこちの, 途中森林の, 遣り場の, 部屋には, 錯亂症と, 長い間, 間もなくまた思い出された, 間もなく三十センチ, 間もなく老母, 青眠洞は, 頭が

▼ ついたこと~ (197, 2.6%)

14 がある 10 はない 7 のない 6 である, は無い 5 だが, はこの 4 は一度 3 がありました, がない, であるが, ですが, は, はありません

2 [11件] があつ, だけれども, だろうと, であった, でありました, なん, になる, はなかっ, はねえ, もあり, を感じない

1 [100件] かと思っ, から嬉し, があった, があったら, があったら教え, があり, があります, がありません, があるで, がたった, がよく, がら, がわかりました, がわたし, が一つ, が一切, が二つ, が分る, が意味, が有, が縁喜商売, だ, だけは解っ, だった, だらうな, だろうが, であって, であつ, であろう, であろうが, でしょう, でしょうが, でしょうし, です, でせう, でなな, でも, で日吉丸, とさっき, ない人, なので, なんか自分, になっ, にならされぬ, にはなりません, には動, にも気が付かない, によってはしゃぎ出し, に感心, の一つ, はあの, はある, はこんな, はすべて分化, はそう, はその, はたいてい, はなん, はねえだ, はみんな, はわれら, は不思議, は家庭, は市電, は庭, は新聞, は無, は空中, は良い, は阿, もあります, もある, も御座いません, も言わず, や怒り, らしい, をきい, をこ, をした, をめでたく, を一つ二つ, を三成, を二三, を云, を後悔, を思へ, を悟り, を感ぜず, を抑えつけ, を教え, を書い, を次に, を申しあげ, を聴かずし, を見定め, を言, を言っ, を話し, 特に二つ, 申した通り

▼ ついた~ (168, 2.2%)

12 はもう 7 にはもう 4 には私 2 であつ, にそれ, の彼, はすでに, は日暮れ

1 [135件] あいにく非常, ある若い, いかにも寂し, からこの, からでございます, からでございまする, からは, から常に, から待つ, から隣座敷, がもう, すぐその, その下, だけ寝床, だったアパート, であったから, と同じ, にこの, にすぐ, にその, にそれでも, にはあの, にはいつ, にはくやしく, にはこの, にはすでに, にはそこ, にはその, にはそれ, にはとっくに, にはぴっしゃり胸, にはまだ, にはもうこ, にはやはり, にはやれやれ, にはわたくし, にはわたし, には丁度, には三隅氏, には予, には二時, には五匹, には五百輛, には他, には元気, には全く, には呉葉, には小石川, には嵐, には既に, には決して, には海, には父, には生, には眼, には祖父, には神気, には竹山, には腹, には蓆, には記代子, には雪, には顔面蒼白, にも火の手, にも自分, にトカトントン, にペン, に一散走り, に丸山勇仙, に僕達, に堀部君, に夕霧, に大, に天井, に小舟, に彼, に待つ, に御, に播磨, に神尾主膳, に胸, に虱, に野々宮さん, に隔て心, のあの, のこと, のやう, のよう, の不様, の人情, の心持, の様子, の驚き, はお母さん, はこの, はせまい, はほ, はもうすっかり, はハルシネーション, は丁度, は五時, は何しろ, は僕, は十二時, は半島, は吻, は夜, は大川, は小田君, は少い人, は岩良, は後の祭り, は文字通り, は新九郎, は既に, は書き, は此曠野, は私, は秋, は蓮香, は言, は雨, は馬, まだ一時間, まで, もいい, もう一度娘, を己, ボーッと, 一層凡庸化, 何故自分, 僅かの, 全軍, 思はず取り落した, 荒々しい男

▼ ついた~ (146, 1.9%)

12 見えて 9 みえて, 思うと 7 なると 5 いう 3 いうので, すれば, 思ふと 2 いって, いつて, 云って, 思う時, 思えば, 思つたら, 見えるのう

1 [81件] あれば, いいました, いいます, いうけれども, いうな, いうばかり, いうよりは, いうよりも, いふが, いふこと, いふと, いふので, おもい出して, きくまでは, したところ, したらその, したら観客, する, する彼女, せつせ, なりゃむだ, なれば, みえ, みえるの, みえ夜, みえ盤, みられる天武持統, みると, ウォーキー・トーキーが, 一同は, 云う愉快, 云う方, 云う様子, 云う満足, 云う訳, 云う話, 云つ, 伝え聞いて, 僕は, 分った, 十吉が, 同時に道庵先生, 大騒ぎを, 安心し, 忘れられる, 思いは, 思うころ, 思う気持ち, 思う頃, 思ったという, 思ったの, 思ったらポ, 思って, 思ってるん, 思つてゐます, 思ひねえ, 思ひますと, 思われちゃうわ, 思われるころ, 悲しい報告, 申すん, 知るや, 称して, 考へられ易い, 考へる方, 見え, 見える鍛え疵, 見え巻煙草, 見え素早く, 見え紫色, 見せかけたの, 見たから, 見て, 見ると, 見るの, 見る瞬間, 言うだけの, 言うの, 言って, 言つてよ, 言つて一度

▼ ついたので~ (132, 1.8%)

8 あつた 3 せう 2 それを, 之で, 幽霊の, 私は

1 [113件] あらう益々, あれに, あわれや, いつ廊下, うれしくすます, おつぎ, お坊さん, お葉, お送りいたします, くさむら, こっちで, この子, これから調査, これは, こんどは, こんな戲話, すぐ杖, そういうおまじない, そこから, そのあたり, その儘医者, その内容, その夕方, その娘, その晩書斎, その翌晩, その飲食店, それが, それで, それは, それよりは, ちらと, とりあげた, どんなに子供, なしに, ひどく駭, びっくりしました, まあやっと家, またトボトボ, みんなは, みんな艫の, やがて越前, やりよく, ゆり子ちゃんは, わたくしも, イギリスにも, グラチアは, ハッと, 一同で, 一汗流し, 不安と, 久し振りに, 予定し, 二人が, 今でも, 今も, 何を, 余は, 修治さんは, 円陣の, 初瀬は, 千浪は, 半七, 又菊田, 夕方私は, 大変うれしゅう, 大道具に, 娘を, 安心し, 少女の, 居合わせた者共, 帯の, 庸三は, 彼女は, 忽ち不機嫌, 急に, 慌て, 慌てて, 懐ろは, 振りかけた鈴, 早速申し出ます, 昨年歸つた節當人に, 昭和七年今の, 暗号を, 朝倉先生に, 本当に財布, 格別に, 泣き顔で, 流れ船に, 渠は, 湯屋まで, 源内と, 焦, 玄は, 理由を, 眼を, 知つたのだ, 素子は, 義雄は, 苦痛を, 行燈へ, 見張, 覚えずその, 話を, 詳しく申, 語根に, 野らや, 銀之助は, 長髓彦はけ, 降りたの, 青黒い顔, 鶴富組の, 鷺宮さんは

▼ ついたまま~ (112, 1.5%)

3 だった 2 であった, である, にこりとも, の煙草

1 [101件] あいた片手, いきなり彼, いった, おどる, からだ, このテープ, しくしく泣き出し, しばらくは, しばらく頭, しばらく顔, じっとし, すっかり悄気, そして紺べり, そっくり持参, そっと母, その手, つくねんとし, でいた, でいます, でいらつ, でいる, でこの, でしばらく, でなきゃ花, ではあった, でゐ, で二匹, で今日, で住ん, で無, で矢張り殆ど食事, で立膝, で紫色, というの, なので, なる結城, になつ, にトヨタマ姫, に正札, に輜重車, に順序, のあゆ, のが, のところ, の天然木, の寿女, の帽子, の彼, の性, の懐中電燈, の提灯, の新, の樹, の生, の病人, の脇差, の芋, の行燈, の長い, はっはっと, ふと伊織, ほんの僅か, ぽかんとし, もう顔, ややしばし濁った, わなわなおののい, キチンと, ポイと, 何やら物, 別に床板, 動かなくなった, 動けなくなって, 動けぬもの, 動こうとも, 包み冷たい, 喘いで, 少し開かれ, 思い沈んだ, 怯まない敵, 抜いて, 暫くぼんやり, 枯れて, 横たわって, 決して水, 消え入りたそう, 生き抜くこと, 畏る, 畳まれるよう, 立ちつづけて, 縋りつくよう, 考えて, 考え込むと, 苦しそう, 薄すり緑, 行くさき, 見て, 起きあがらないの, 起きること, 遠ざかって, 離れない, 黙って

▼ ついたとき~ (108, 1.4%)

6 にはもう, はもう 3 のこと 2 はひどい, は飛行機

1 [89件] あわてて, いきなり秋田, から十数ヵ月, から番所, くたびれ果てて, そして半年, そのひなび, ちょうどに, ついに身, なぜそんなに落胆, に, にとっぷり, になっ, にはかなり, にはその, にはたる, にはちょうど, にはもうすっかり, にはエセックスその他, にはトラ十, にはランチ, には両方, には九時十分, には二里, には例, には傍, には完全, には当, には旗男, には既に, には晴れ晴れ, には正面, には海, には白い, には目, には私, には空, には茶の間, には長平, にも穴穂部皇子, にカゴ, にピョイピョイ, に七時, に初めて, に始め, に彼女, に手繰り, に折角, に煙, に睡眠, に私, の可能性ポテンシャリティ, の彼, の彼女, の謝礼, の驚き, はいくらでも, はお, はその, はもうすっかり, はヘトヘト, は一層, は二次元世界, は五千メートル, は今にも, は僕, は出雲守頼門, は地上, は大胆, は既に, は猪檻, は田野, は足, は遅かっ, は部屋, ふと甲斐, ふと見る, もうそこ, もうその, もうテント, もうロシア暮し, もう浅春, もう黄昏, 低い声, 向ふ, 思わず床, 懸わたされた船板, 漸くの, 痩せた自分

▼ ついたやう~ (97, 1.3%)

1232 であつ, な気, な気持, にはげまし, に云, に彼, に泣, に狼狽, に見えた

1 [64件] た印象, である, です, ですね, でわけ, で歩み, なものぢ, な声, な容子, な形, な思ひが, な氣, な生, な虚無, な表情, な譯, な顏, な風, な騒ぎ, にあたり, にお, にかた, にこの, にそれ, ににやりと, にまた, にやがて, にゆき子, に上, に主人鹿右衞門, に二階, に傍, に動かなかつた, に古, に四方, に四辺, に声, に奥, に寢, に小石, に幸子, に思ふ, に押入, に揺れる, に新, に母娘二人, に泣い, に泣いてる, に泣きました, に泣き始めました, に白い, に短銃, に石, に窓, に立ち上つて, に立上つて, に第, に線香, に胸, に萎れ, に蒲団, に走り出した, に金側時計, に離れなかつた

▼ ついた~ (74, 1.0%)

126 です 5 だから 4 だよ, ですかい, ですが, ですよ 3 じゃない, だろう, ですか 2 だね, ですね

1 [22件] かね, じゃありません, ずら, だが, だがね, だそう, だと, だのおおかた, だやっばり突き, だらうと, だろ, だわ, だ駕籠, でございますか, でございますけれども, でしたが, でしたなら誰, でしょう, でしょうが, でしょうと, です四辺, では

▼ ついたから~ (66, 0.9%)

4 だ, である

1 [58件] おれは, お小屋, かなわない, きょうもてっきりまたたずねてくると, このとおり, これからそちら, これから家, すぐそう言った, そこは, その頼み, それで, それに, だが, だだと, だった, だと, だを, ちょっと右門流, であった, であつ, でありかつまた, でしょう, です, でせうね, とりに, もういい, もう占めた, よかった, 一団の, 人目を, 何卒明日, 偉いの, 八時半までには, 危ぶんで, 向きなおる, 堪まり, 大そう, 妻に, 引っ返して, 後まわしに, 御用心, 抵抗し, 明日は, 時々仏蘭西, 本でも, 東京の, 歩き出して, 油など, 皆さんに, 盗んだ, 笑ひ, 茲一両日の, 行って, 親船に, 試みに, 謎の, 面白い, 食って

▼ ついたという~ (64, 0.8%)

4 のだ, のは, ように 3 ことが, ことである 2 形で

1 [44件] あの敬虔, お江戸名代, ことだった, ことで, ことでした, ことと, ことに, ことには, ことの, ことは, ことを, ところです, のが, のであります, のも, ものさ, ものだ, わけだった, わけだろう, わけで, わけであろう, わけです, 事も, 報を, 安心も, 形跡も, 思いは, 意味の, 感じが, 文句は, 日本の, 次第です, 気が, 生徒の, 知らせが, 知らせを, 確証は, 色よい, 落着らしい, 訳です, 説は, 顔に, 風で, 風に

▼ ついたところ~ (59, 0.8%)

52 があっ, さ, であつ

1 [48件] がいい, がない, がほとんど, が露西亜領, が駒飼, だけ申しあげます, であった, でお目にかかっ, でどこ, では証拠, でもう, で人, で仲裁, で従来, で抛り出された, で暇, で来寇, で根, とをあらゆる, なんで, にある, にあるでしょう, にベルネ, に中尾村, に例, のない, はこの, はこのごろ席, はない, はなかつた, はなんとも, は一切, は人間, は安宅先生, は機関室, は海, へ木村, へ海老塚医師, や桶, よ, をいきなり, をいっ, をむしっ, を小柄みたい, を彼, を指さし, を早く, を見る

▼ ついた大きな~ (36, 0.5%)

2 ニッケルの

1 [34件] くちばしは, のが, ガス照明器が, ストーブみたいな, ダイヤモンドの, ランプの, 口を, 台所で, 封筒を, 帽子, 帽子を, 手が, 掌と, 木箱や, 板橋が, 植物蜥蜴甲虫足の, 機械が, 白いゴム毯, 目で, 眼鏡を, 石の, 石油ランプが, 箱が, 箱の, 裾を, 足あとが, 野犬運ぱん用のは, 鍵が, 鍵束を, 門や, 階段が, 電気メスを, 飛行艇は, 食器棚が

▼ ついた帽子~ (35, 0.5%)

6 をかぶり 5 をかぶっ 3 を被り 2 をかぶらず, をぬいだ, を冠

1 [15件] から察, が一つ, といわず, のおかげ, もぬれれ, やユニフォーム, をかぶせられ, をかぶらせ, をイギリスふう, を家, を斜め, を眼, を耳, を脱い, を輝かし

▼ ついたその~ (32, 0.4%)

2 足で

1 [30件] 一息が, 別荘の, 勢いで, 変人ぶりに, 夜激しい, 女の子は, 室は, 寝入りばなを, 寝顔は, 小道を, 幾つもの, 店の, 座席に, 怖さ, 手拭を, 文章を, 横柄さから, 樫の, 歌集の, 母親の, 男は, 絵本を, 綴方を, 翌日も, 翌日午後福松は, 翻訳書を, 薙刀が, 裸島に, 靄の, 頃から

▼ ついたかと~ (31, 0.4%)

14 思うと 3 おもうと, 思ふと

1 [11件] おっしゃる, みるま, 促すの, 思う間もなくたちまち, 思えば, 思ったので, 思った際, 思って, 思ふうち, 見ると, 言ふと

▼ ついた~ (29, 0.4%)

2 小戻り

1 [27件] あの大きな碧瞳, いたく鳴く, え, おつぎ, きっと気がついた, しきりに御飯, して, そのま, その鑑定, まえが, まえの, 一刀わしづかみ, 分りません, 君は, 否かに, 存じません, 少しも, 平次, 彼は, 急所の, 汝桐島の, 知れない, 翌朝にな, 腰を, 葉の, 蚊帳の, 責任が

▼ ついた~ (28, 0.4%)

2 もない

1 [26件] がある, がまた, が今日, だという, で, でご, といえ, にのみその, には自己憐憫, の中, の仕事, の誠實, はありません, はある, はいつ, はお金, はなかつた, は人, は早く, は明晩, は極, もありました, もありません, もそれ, をこんな, を伴

▼ ついた~ (27, 0.4%)

2 蓮様は, 附合の

1 [23件] 乗物を, 人なら, 光は, 妙は, 局の, 島は, 庄の, 延が, 手紙の, 泊り宿の, 泊宿の, 祝ひ品が, 絹が, 羽織を, 艶の, 蝶の, 蝶は, 角は, 豊は, 部屋様を, 錦の, 雪の, 龍の

▼ ついたわけ~ (27, 0.4%)

4 である 3 だ, です, では 2 だが, であるが 1 か, かな, さ, だったが, であった, でございます, でないこと, ではござりませな, でも, なの

▼ ついた~ (27, 0.4%)

3 はあらう 2 のよう

1 [22件] がずーっと, が遠く, こそ何, だけに見つかる, であつ, である, でなければ, ではなかっ, というの, とそう, と云, なの, ならば, のやう, の次女, の芸談, の顔, はあろう, は全く, は必ず, もいる, も鏑木さん等々一二

▼ ついた小さな~ (27, 0.4%)

4 望遠鏡が 2 枝を

1 [21件] うたが, かごが, へやが, ほうの, カップに, グラスに, スリッパが, ナイフを, 交番で, 唯一の, 家に, 帽子を, 柄は, 物で, 絵だった, 象牙の, 部屋仔羊の, 鈴たとえば, 門を, 鞭を, 食器戸棚は

▼ ついた黒い~ (27, 0.4%)

6 シャツと 3 シャツを 2 帽子を, 服を

1 [14件] ガウンの, コートそれから, シャツの, ハイヒールの, マントを, 帽を, 文庫の, 服の, 毛の, 毛織りの, 生繻子, 縁なし, 頭巾を, 馬掛児を

▼ ついたばかり~ (25, 0.3%)

3 であった 2 である, では

1 [18件] だ, だからと, だという, で, であったり, であつ, であわてて, でこの, でしょう, です, ですのに, でその, でなくうれしい, で一窯, で二三頁, で他, で前途, 太陽の

▼ ついた着物~ (24, 0.3%)

8 を着

1 [16件] でさけ, でポマード, で小柄, の裾, もき, をかけた, をこうして, をまた, をもがい, を別, を取, を捻じ込ん, を洗い, を浸け, を着た, 着て

▼ ついたばかりの~ (23, 0.3%)

2 頃から

1 [21件] ころであった, しどけない媚, とき軽く, ところだった, ところだつた, ような, 人々が, 堺の, 室の, 床の, 店の, 新しい電燈, 時には, 東京という, 民主政治を, 町店が, 素子と, 街燈の, 試みの, 鎌倉に, 電燈の

▼ ついた~ (23, 0.3%)

4 にはもう

1 [19件] からこの, からの永い, から夕立, から見る, には平群, には既に, には母親, には私, には私達, には變裝, に実現, のあの, はすでに, はそうした, は例, は連, もはや土地, 既に高田家, 突然前方

▼ ついたころ~ (20, 0.3%)

2 はみんな

1 [18件] からこれら, から彼, から鞍馬, でその, にお, にたいてい, には土肥庄次郎, には小林君, には熱海, には私たち二人, には西南, に死ん, のこと, は十五, は正午, また南, もう日, やはりおなじ

▼ ついた~ (20, 0.3%)

1 [20件] が白く, でこの, で先づその一冊, で水洟, で締めつけ, と感傷的, にかしげ, の仕切, の力, の指, をいきなり, をし, をねじ上げられた, をまるで, をナッパ, を反古, を台所, を差, を放さなかった, を毛だらけ

▼ ついた~ (19, 0.3%)

2 が無い

1 [17件] かよく, から話し, があった, があつ, があります, がある, がしばしば, が澤山, さえある, であろう, にし, は, はない, はなかつた, は無, は隅, を表徴

▼ ついた~ (19, 0.3%)

3 はすぐ

1 [16件] にはほとんど, に取, の一瞬, の仕事衣, の口辺, の姿, の気合, の足跡, の顔色, はその, はついに, は今, は夏, は金, は駅, を偲ぶ

▼ ついたといふ~ (18, 0.2%)

2 のも

1 [16件] ことの, のだつた, わけで, わけである, 事實を, 次第で, 状で, 生徒の, 生徒は, 衒気の, 話が, 譯さ, 遭難事件も, 長崎からの, 風に, 馬鹿な

▼ ついた~ (18, 0.2%)

3 何にも 2 いいが, その松

1 [11件] かの壁, こに, さくら屋といふ, しき疵口よりは, どうです, 塀の, 小むろ山, 水車の, 温泉場その, 罌粟菖蒲孔雀草百日草鳳仙花其他梅から, 顔の

▼ ついたなり~ (17, 0.2%)

2 わたくしが

1 [15件] じっと心, ぢつと, でいた, で覗き, まるで動く, ろくに口, わたしの, 俯向い, 数分間身動きも, 父の, 病は, 相手の, 起上る, 鉄瓶の, 馬面を

▼ ついたものの~ (16, 0.2%)

1 [16件] こんな変死事件, ごとくに, ごとくぴくり, ごとく一本独鈷, ごとく微笑, ごとく突然にやりと, ごとく腹, ごとく莞爾, ごとく退屈男, ごとく静か, なんとなく法水, 今後の, 出て, 力で, 義平太は, 難航は

▼ ついた~ (16, 0.2%)

2 扉の

1 [14件] な蝦蟇口, クレムリンの, テーブルの, トラックも, 出刃を, 建ものの, 提灯が, 気焔が, 火鉢の, 章魚水の, 蝦蟇口を, 錨が, 鍋に, 階段が

▼ ついた~ (16, 0.2%)

1 [16件] からむかへに, がありました, があれ, がひとつ, が二つ, が焼かれ, だった, であったが, に住ん, に添う, のスケート, の一部, の二階, の前, よ, を建てない

▼ ついた~ (16, 0.2%)

2 です

1 [14件] がその, でした, でしたが, でなか, で初子, で私, で頭, ともいい得べき, のせい, はいわゆる, は二千七十米, は浜町, へ行った, を境

▼ ついた~ (16, 0.2%)

1 [16件] が次々, が皆, が飛び散っ, すぐ頭, と氷, の上, の塊, をつけ, をはらい, をはらう, をはらっ, をはらつ, をも払わない, を入り口, を払, を突き

▼ ついたこの~ (15, 0.2%)

1 [15件] ナイフが, 一手に, 不可思議な, 人達の, 古い洋館, 国の, 姿を, 密林の, 小座敷の, 峰の, 御殿の, 方が, 方がよ, 旅行記は, 無可有

▼ ついた~ (15, 0.2%)

4 しても 2 相違ない, 違いない 1 したところ, しろそれ, しろとても, しろ大空艇, 今は, 過ぎなかつた, 違いありません

▼ ついた提灯~ (15, 0.2%)

3 を持っ

1 [12件] がお, が軒並, さえあれ, に火, に灯, の一対, の行列, をかつぎ廻る, をつけ, を手, を振っ, を見

▼ ついた~ (14, 0.2%)

2 になっ

1 [12件] から醜い, から音韻変化, がこっち向き, だったので, である, でさて, ですね, でなく現実, となっ, になつて, になる, 醜い女

▼ ついたきり~ (13, 0.2%)

1 [13件] しばらく立てなかった, であった七年, でございますの, でしたし, で日夜底, で樹皮, で生活不如意, で目ぺこ, で身動き, なので, の不運, 動けなかったと, 去りも

▼ ついたとか~ (13, 0.2%)

1 [13件] いって, くッ, そんな風, つかんとか, わたくしに, 人に, 何とか申します, 加代ちゃんと, 怨霊が, 悪疫が, 或は晩酌, 汽車の, 申すこと

▼ ついたほどの~ (13, 0.2%)

2 傷も, 隙も 1 あなただ, すきも, アリスの, 小さな島, 島影も, 微小な, 油断も, 浅い傷跡, 黒点が

▼ ついた時分~ (13, 0.2%)

1 [13件] からでもこの, に, にはす, にはすでに, にはそこ, には月, には老母, に口, に大泉寺, に慢心和尚, に船縁, はちょうど, よ

▼ ついた長い~ (13, 0.2%)

2 竿を, 綱を 1 ゴムホースを, 六畳で, 安楽椅子に, 幟竿の, 棒を, 槍や, 狼の, 竿とが, 麻縄は

▼ ついたって~ (12, 0.2%)

1 [12件] いうと, いうわけ, おもしろおかしくも, とてもよろこんでる, どうなる, はじまりゃしない, ぶっ衝, もんだ, 仕様が, 決して悪い, 知って, 食べるもの

▼ ついた~ (12, 0.2%)

4 枝を 1 卓に, 抽匣が, 窓, 箱を, 粋な, 部屋も, 障子を, 魚を

▼ ついた~ (12, 0.2%)

1 [12件] でなければ, ではある, でふしぎ, で吉岡方, で私, に自由活版所, のやう, の健康, の或, また性欲, やがて左馬介, をこちら

▼ ついた~ (12, 0.2%)

1 [12件] が急い, で, でしんみり, で尖塔, のあと, の背, の跡, をしゃぶる, をぶら下げ, を何, を差し伸べ, を拡げた

▼ ついた~ (12, 0.2%)

1 [12件] おさえや, が沢山, で拵え, にひねった, の片, の花, の財布, はそのまま, を切りぬい, を火鉢, を貼りつけ, 捻を

▼ ついた~ (11, 0.1%)

1 [11件] お孝, からだし, で女房, はそこ, は一つ, は可, は大江山, は片, へ, へ内儀, へ思いがけなく

▼ ついた~ (11, 0.1%)

5 の横佩墻内 1 があった, だつた, だと, の船, まえすらも, も七

▼ ついた~ (11, 0.1%)

2 もあれ 1 が来たなら, じゃあるまい, でそれで, で唯, で耳, になっ, の影, は喚いた, を見る

▼ ついた~ (11, 0.1%)

1 [11件] の性情, の美しい, の肩, はその, はどんな, はまったく, は今, は探照灯, は突然, をのせ, を見あげ

▼ ついた~ (11, 0.1%)

2 を洗つて 1 がごつごつ, が段々, が清らか, のにじみ, も巖, をぬぐひ, をふき, を拭, を鼻紙

▼ ついた~ (10, 0.1%)

1 このたび文筆家, それにあの, 一乗寺釈迦堂町とか, 二三日前役所からは, 塩の, 寸法も, 彼は, 第一, 翌朝は, 面白くも

▼ ついた古い~ (10, 0.1%)

1 双紙を, 品が, 布を, 広間が, 手拭か, 洋服, 胴服を, 苔蒸した, 金魚ば, 陰気な

▼ ついた~ (10, 0.1%)

1 かも知れない, がさんざん, ですから, で不幸, の声, の巡礼者達, の帽子, の旅姿, の着物, の顔

▼ ついた~ (10, 0.1%)

1 があなた, がいい, がよい, が家, が沢山, に傾い, の肩, は負, を口, を年上

▼ ついた~ (10, 0.1%)

1 があった, がある, こそ日本人, であるから, の授受, はた, をそっと, をそつ, を使用, を奪

▼ ついた白い~ (10, 0.1%)

1 かつぽう, ケープを, 台が, 毛糸の, 汽船は, 洗濯物に, 清潔な, 灰を, 腕を, 蛇の

▼ ついた自分~ (10, 0.1%)

1 と業務, の努力, の満足, の箱馬車, の銀時計, の頭, はすぐ, はとっさ, は成人, を子供

▼ ついた小さい~ (9, 0.1%)

1 フラスコと, 両手を, 副望遠鏡, 十本の, 室を, 扉が, 手斧と, 着物が, 虫眼鏡を

▼ ついた煙草~ (9, 0.1%)

1 の先, の小さな, の滓, はしばらく, をもぎとった, を喰っ, を大口, を指, を片手

▼ ついた~ (9, 0.1%)

2 があっ, があつ 1 が一つ, が大きい, の扉, の柱, をとおし

▼ ついた~ (9, 0.1%)

2 に地方 1 でぼんやり, で広島, ののこり, は闇, もしなかった, をし, をジッ

▼ ついたあと~ (8, 0.1%)

1 で, でいくら, にできる, のある, のしずかさ, の最初, はいよいよ, はしばらく

▼ ついたため~ (8, 0.1%)

1 か掠り傷, か熱, しがない, すこぶる活躍, だったろうみんな, だんだんと, という, に見る

▼ ついたんで~ (8, 0.1%)

2 せう 1 お馴染, こいつらアやぶれかぶれ, ちょっくらお見舞い, わざわざ小町改め, 母はんに, 無我夢中に

▼ ついた外套~ (8, 0.1%)

1 がしかし, だった, などは自分, をき, をぬぎ, を注文, を着, を着た

▼ ついた感じ~ (8, 0.1%)

1 があった, だ, だった, で使用, で逆, にこの, のいい, もなけれ

▼ ついた~ (8, 0.1%)

4 の枝 1 があります, なんぞ一本, の大きな, の栓抜き

▼ ついた~ (8, 0.1%)

1 だ, でした, なもん, な気, な顔, な騒ぎ, に, に見えた

▼ ついた様子~ (8, 0.1%)

1 がない, で, であった, であります, でしたが, はなし, もない, を見る

▼ ついた~ (8, 0.1%)

2 だ, 取にがしては 1 だと, です, では, なの

▼ ついた羽織~ (8, 0.1%)

1 でないと, にうしろ下り, に爪皮, に草鞋, もぬがず, をひっかけ, を引, を着

▼ ついた自動車~ (8, 0.1%)

1 がよばれ, がガソリン, が何台, が何台通過, に乗っ, の通行, は出口, を走らせ

▼ ついた部屋~ (8, 0.1%)

1 から毎日宮司, があった, です, にとび込ん, に坐ってる, に母娘, の内側, へ入

▼ ついたかの~ (7, 0.1%)

2 ように 1 ごとく, ごとく呟くが, 女は, 如く見えた, 感深く

▼ ついたけれど~ (7, 0.1%)

1 これは, しばらく心臓, やつぱりどぶむ, 一向睡れ, 未だ青々, 腰が, 腹を

▼ ついたそう~ (7, 0.1%)

4 です 1 だ, だが, でございます

▼ ついたとは~ (7, 0.1%)

1 いえぬ必ず, いわれません, このこと, 思はぬまでも, 思へなかつた, 感心だ, 言へ

▼ ついたナイフ~ (7, 0.1%)

1 がにぎられ, が四挺, が荷物, はない, をこの, をなげつけられ, を持っ

▼ ついた一つ~ (7, 0.1%)

2 のドア 1 の例, の境界, の引出し, の細い, の階段

▼ ついた~ (7, 0.1%)

1 でさて, でゆ, で正式, に先生, に当夜, に読み書き, を燕

▼ ついた匕首~ (7, 0.1%)

3 を振上げ 1 が一本, で刄, をの深く, を犬

▼ ついた子供~ (7, 0.1%)

1 が生れる, にさ, に布団, のいる, のくせ, をでも見る, を側

▼ ついた~ (7, 0.1%)

1 だ, な人間, に, に後, に若しこれから, に連枷, に頻りに

▼ ついた気持~ (7, 0.1%)

1 だろうけれども, であること, でもなかっ, で割箸, で棚, になり, になる

▼ ついた立派~ (7, 0.1%)

1 なはしご, な差別相, な帽子, な桐箱, な鉢, な駕籠, に独立

▼ ついた若い~ (7, 0.1%)

1 ものかねて, 女が, 女性たちの, 巡査は, 狗の, 男女の, 職工が

▼ ついた赤い~ (7, 0.1%)

1 ちりめんの, タルブシュ, ビロードの, ブイを, 天鵞絨の, 小さな金入, 帽子を

▼ ついた~ (7, 0.1%)

1 がとりつけ, が置い, に向っ, のよう, の前, や四角, をのぞきこん

▼ ついた~ (7, 0.1%)

2 のモヘア 1 のビロード, のメリヤス, の着流し, の紋つき, の衣裳

▼ ついたかも~ (6, 0.1%)

1 しれない, しれねえな, 知れない, 知れないが, 知れないのに, 知れなかつた

▼ ついたせい~ (6, 0.1%)

1 かあるいは, かみんな, かもしれない, かも知れない, か多少, でございます

▼ ついただけ~ (6, 0.1%)

2 だった, です 1 でもう一度, なん

▼ ついたはず~ (6, 0.1%)

2 である 1 だ, だから, です, なのに

▼ ついたほど~ (6, 0.1%)

1 だった, であった, 四辺は, 四邊は, 始末に, 嬉しいこと

▼ ついたやつ~ (6, 0.1%)

1 でね, やつしいお, をおじさん, をきゅっと, を着込んだ, を節子

▼ ついた一人~ (6, 0.1%)

2 があります 1 が挑戦的, だ, のじいさん, の男

▼ ついた二人~ (6, 0.1%)

1 の旅人, の武士, はいかに, はだまった, は声, は痴話喧嘩

▼ ついた~ (6, 0.1%)

1 ズボンの, ズボンは, ズボンも, 外套を, 夢斎前田玄以の, 靴に

▼ ついた古風~ (6, 0.1%)

1 な橋, な武家づくり, な波蘭婦人服, な煙草盆, な紋付, な腰掛

▼ ついた大きい~ (6, 0.1%)

1 ものに, 建物だ, 本で, 筒形の, 足袋が, 風呂敷包に

▼ ついた拍子~ (6, 0.1%)

1 に, に一握り, に何, に床, に派手, に身体

▼ ついた握飯~ (6, 0.1%)

1 はまだ, をその, を取り出し, を盗った, を盗ん, を盗んだ

▼ ついた~ (6, 0.1%)

2 を着 1 だのランプ, をき, をぬい, を着た

▼ ついた椅子~ (6, 0.1%)

1 にかけ, にしばりつけられ, に乗った, も珍重, を二つ, を彼

▼ ついた樣子~ (6, 0.1%)

1 が明らか, で, です, で元, で逃げる, もなく

▼ ついた浴衣~ (6, 0.1%)

2 を着 1 がお, にきかえ, を裾短, を身体

▼ ついた~ (6, 0.1%)

1 から黄色, だったなと, なんかいっぱい, の冠, の枝, はガアゼ

▼ ついた~ (6, 0.1%)

2 だという 1 が写真, でで, にも血, もなく

▼ ついた青い~ (6, 0.1%)

1 大きな帽子, 小さな柿, 服を, 水撒車を, 籠の, 葉は

▼ ついたあの~ (5, 0.1%)

1 なつかしいお, ひじかけ, 棒である, 白い岩, 鉄の

▼ ついたきれい~ (5, 0.1%)

2 な着物 1 な品, な布団, な水晶

▼ ついたそして~ (5, 0.1%)

1 すぐまた, それは, とり散らされたテーブル, 何も, 次々と

▼ ついたそれ~ (5, 0.1%)

1 から早速, は大きな, は母親, も膝, を不思議

▼ ついた~ (5, 0.1%)

2 あらう 1 あらうが, がす, げすいや

▼ ついた~ (5, 0.1%)

3 必竟は 1 つかないも, 同然の

▼ ついたもん~ (5, 0.1%)

1 だが, だて, だね, ですから, で太刀打ち

▼ ついた両手~ (5, 0.1%)

1 で顔, の拳, をしゃんと, を拡げ, を拡げる

▼ ついた二階~ (5, 0.1%)

2 の窓 1 があった, の廊下, の硝子窓

▼ ついた人間~ (5, 0.1%)

1 が理, になっ, の死体, は自分自身, や

▼ ついた~ (5, 0.1%)

2 の生活 1 となっ, となつて, まで買った

▼ ついた以上~ (5, 0.1%)

2 はそれ 1 はもう, は彼, は心

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 しの, しは, には, の帽子, の水兵服

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 があんなに, が男, なら眞, に相違, の血

▼ ついた~ (5, 0.1%)

2 じつと 1 を申, 思はず嗚咽, 浮かない顔色

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 の上, の表面, をはたき, をはらいおとし, を草鞋

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 である, で誰, をすくり, を天井, を食った

▼ ついた彼女~ (5, 0.1%)

1 の姿, の鋼鉄, は即座, は小さい, をじろりと

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 に額, の上, を合せた, を嘗め, を眺めた

▼ ついた文字~ (5, 0.1%)

1 で彩られ, を此頃習, を此頃習いたて, を用いた, を辿っ

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 がさ, にややつぱり芸術的衝動, の暮方夕立, の頃, は午後二時間

▼ ついた時彼女~ (5, 0.1%)

1 の口, はそれ, はもう, は当分一人, は掴みつきたい

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 でも読む, をいくぶん, を僕, を取りあげ, を比較的

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 なぞを眺め, のところ, をくれる, をぶら下げ, を数

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 にすがり, を丁と, を地, を忘れ, を突き

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 をたらし, を再びそっと, を切りました, を渡しました, を鍋

▼ ついた~ (5, 0.1%)

2 肱の 1 明りの, 眼鏡を, 輪の

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 が的, でなければ, をうちだす, をどんどん, を奥方

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 に紅葉, の拱, の門, を伝つて, を叩いた

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 一の, 一夜の, 一日に, 一日の, 一番目の

▼ ついた~ (5, 0.1%)

3 の着物 1 のズボン, の財布

▼ ついた途端~ (5, 0.1%)

1 から彼, すっかり眠く, に, に加寿子, に考へた

▼ ついた通り~ (5, 0.1%)

4 がありました 1 の方

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 が無くなる, だ, だ足りないもの, の柱, の縫い取り

▼ ついた~ (5, 0.1%)

1 の裏, をはき, をはき目立つ, をばたばた, を脱い

▼ ついた~ (5, 0.1%)

31 だったそう, で見

▼ ついたかは~ (4, 0.1%)

1 うっとりと, 今日と, 容易に, 誰にも

▼ ついたからと~ (4, 0.1%)

1 いうので, いって, 公館に, 言って

▼ ついたくら~ (4, 0.1%)

3 ゐの 1 ゐだつた

▼ ついたくらい~ (4, 0.1%)

1 だ, だった, である, で徳川時代

▼ ついたそこ~ (4, 0.1%)

1 の屋根, の領地, はちょうど, は幾分

▼ ついただけでも~ (4, 0.1%)

1 これだけ, なんだか気の毒, 妻は, 私としては

▼ ついたつもり~ (4, 0.1%)

1 だが, だね, で, のアンリー

▼ ついたとしても~ (4, 0.1%)

1 もし島内, 家の, 彼女は, 果してどの

▼ ついたとでも~ (4, 0.1%)

1 いうの, 云うの, 云ふ, 譬えたいの

▼ ついたのに~ (4, 0.1%)

1 いつの間にか両端, その人々, びっくりさせられた, 気が

▼ ついたシャツ~ (4, 0.1%)

1 とズボン下, と靴, の上, の片

▼ ついたランプ~ (4, 0.1%)

1 がおかれ, だの, をかた手, をさしこん

▼ ついた上衣~ (4, 0.1%)

1 も乗馬靴, をそつ, をつけ, を着

▼ ついた下駄~ (4, 0.1%)

1 がある, がいつ, などが目, の跡

▼ ついた丸い~ (4, 0.1%)

1 ツバの, 手を, 煤の, 眼

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 やら水晶, をつるす, をはずし, を振りあげ

▼ ついた四角~ (4, 0.1%)

1 な火鉢, な箱, な鞄, の箱

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 から眠れなかった, にお, の衣裳, を過した

▼ ついた~ (4, 0.1%)

4 が四角

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 には繍取り, のある, をしめ, をつけ

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 がある, の上, の辺り, を移動

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 と同じ, に向い, の面, を眺め

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 が思いがけずある, のある, の彼方, を思い切っ

▼ ついた手紙~ (4, 0.1%)

1 が来, でないと, は何者, を見せよう

▼ ついた時代~ (4, 0.1%)

1 から見る, だからと, のイギリス, は天正

▼ ついた時彼~ (4, 0.1%)

1 が寝台, はほとんど, はもう, は我

▼ ついた~ (4, 0.1%)

2 にはすっからかん 1 にはすつ, の空気

▼ ついた木履~ (4, 0.1%)

2 をはい 1 をち, を素足

▼ ついた木箱~ (4, 0.1%)

1 が四つ, に腰, の中, の肌

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 の幾本, をたがい, を持っ, を穴

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 が凋, の痕, を出し, を露出

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 がしない, がしました, がします, で書き

▼ ついた煙草盆~ (4, 0.1%)

1 から一服, を引きよせた, を引き寄せ, を膝

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 のあわて過ぎ, の声, の鳴き声, より下劣

▼ ついた看板~ (4, 0.1%)

1 がある, が出てる, が淋しく, を出してる

▼ ついた空気~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 をおれ, を滅茶苦茶

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 に操られ, をおろした, をズタズタ, を指

▼ ついた~ (4, 0.1%)

2 の流蘇 1 の着物, の箱

▼ ついた細い~ (4, 0.1%)

1 坂道を, 杖を, 糸も, 首飾りが

▼ ついた美しい~ (4, 0.1%)

1 両脚を, 主人に, 歯とが, 船の

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 の人たち, の花車, はその, はです

▼ ついた~ (4, 0.1%)

2 の実 1 がある, を指

▼ ついた蝋燭~ (4, 0.1%)

1 が一本, の光, を手, を立て

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 の悲し, の運不運, の針, を恨んだ

▼ ついた軍服~ (4, 0.1%)

1 でズボン, で近衛, にもみえる, を着

▼ ついた部分~ (4, 0.1%)

1 などを掃除, に一つ二つ, の事, を取り壊し

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 のくさり, の扉, の鎖, ばし

▼ ついた~ (4, 0.1%)

1 でもいい, はあまり, よりほか, を母親

▼ ついたかという~ (3, 0.0%)

1 ことが, 歎きであった, 疑問に

▼ ついたくつ~ (3, 0.0%)

2 をはい 1 をぬい

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 おー, それだ, ッ

▼ ついただけの~ (3, 0.0%)

1 ことさ, ことである, ことな

▼ ついたとき私~ (3, 0.0%)

1 はほとほと, は再び, は自分

▼ ついたとき素子~ (3, 0.0%)

1 がとなり, がよこした, のタバコ

▼ ついたとこ~ (3, 0.0%)

1 だった, で兩親同志, なん

▼ ついたとも~ (3, 0.0%)

1 いへる, 思われませんでしたの, 気がつかなかったが

▼ ついたはじめ~ (3, 0.0%)

1 だった, でそれから, のころ

▼ ついたほう~ (3, 0.0%)

1 がよい, が面白い, を

▼ ついたほどに~ (3, 0.0%)

1 寝ころがって, 米友が, 驚いて

▼ ついたまっ黒~ (3, 0.0%)

2 なシャツ 1 な姿

▼ ついたままいつ~ (3, 0.0%)

1 までもひれ伏し, までも売, まで経っ

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 三銭なら, 三錢なら, 幸いそのまま長持

▼ ついたシャンデリア~ (3, 0.0%)

2 がさがっ 1 がさがり

▼ ついたスタンド~ (3, 0.0%)

1 がいつ, が備えつけ, を別々

▼ ついたステッキ~ (3, 0.0%)

1 を手, を持っ, を持つ

▼ ついたスリッパ~ (3, 0.0%)

1 の話, を発見, を脱い

▼ ついたタバコ~ (3, 0.0%)

2 の粉 1 を見物人

▼ ついたナフタリン~ (3, 0.0%)

3 の匂い

▼ ついたハンケチ~ (3, 0.0%)

1 さえ私, で鼻, の白光

▼ ついたマッチ~ (3, 0.0%)

1 の棒, をばらばら, を一本

▼ ついたラッパ~ (3, 0.0%)

1 がちゃんと, よかあさん, を見つけた

▼ ついた一本~ (3, 0.0%)

1 のなわ, の杖, の綱

▼ ついた一種~ (3, 0.0%)

1 のフォーク, の装飾物, の鉄砲

▼ ついた一粒~ (3, 0.0%)

1 の玉, の色, までうま

▼ ついた一行~ (3, 0.0%)

1 が登る, はいよいよ, は下

▼ ついた二つ~ (3, 0.0%)

1 のわく, の山, の眼

▼ ついた二階建~ (3, 0.0%)

1 のがっちり, のロッジ, の家

▼ ついた人たち~ (3, 0.0%)

1 であった, はその, を乘

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 は今夜, は受話器, もけさ

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 がたった, りなの, りを

▼ ついた出刃包丁~ (3, 0.0%)

1 をさ, を持っ, を振りまわし

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 やら蒔絵, をさし, を提げた

▼ ついた切り~ (3, 0.0%)

1 だった, だという, だよ

▼ ついた制帽~ (3, 0.0%)

1 で巻莨, は不, を冠

▼ ついた博士~ (3, 0.0%)

1 がやがて, は坂, は衣嚢

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 のあたり, のあと, 馴れない割合

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 外套に, 帽子を, 銅貨だろう

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 があった, と共に立てられ, に載せた

▼ ついた命令~ (3, 0.0%)

2 を発しました 1 で目

▼ ついた品物~ (3, 0.0%)

1 が上がった, に強く, を口

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 でニヤリ, は少ない, を拭うた

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 も払わず, をはたい, を払おう

▼ ついた場合~ (3, 0.0%)

1 と同じ, には可及的, もあろう

▼ ついた場所~ (3, 0.0%)

1 であつ, といふのはつ, へ置く

▼ ついた太い~ (3, 0.0%)

1 もので, 籐の, 腕が

▼ ついた奇妙~ (3, 0.0%)

2 な形 1 な聖者

▼ ついた姿~ (3, 0.0%)

1 がそこ, でさもさも, はこの

▼ ついた姿勢~ (3, 0.0%)

1 ではねのける, で私, のまま

▼ ついた宏壮~ (3, 0.0%)

2 な邸宅 1 な洋館

▼ ついた客車~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 があるだろう, に湯上り, やそこ

▼ ついた小袖~ (3, 0.0%)

1 が出, に襷, に鞣皮

▼ ついた履物~ (3, 0.0%)

2 のまま 1 から先

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 がいろいろ, の霊, を船山

▼ ついた~ (3, 0.0%)

2 がやさしく 1 の人

▼ ついた広い~ (3, 0.0%)

1 かいだ, 袖口からは, 部屋を

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 があっ, や楽し, を新築

▼ ついた彼ら~ (3, 0.0%)

1 であった, にはいっ, のほとんど

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 から人, の絵, を捨て

▼ ついた心持~ (3, 0.0%)

1 でその, になりました, は何とも

▼ ついた思い~ (3, 0.0%)

1 である, でございます, で家

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 な小路, な階段, 勾配の

▼ ついた想い~ (3, 0.0%)

1 がした, だった, なの

▼ ついた手拭~ (3, 0.0%)

1 が出, は老人, を是非

▼ ついた文鎮~ (3, 0.0%)

1 が足許, と庭, をのせ

▼ ついた新調~ (3, 0.0%)

1 の素晴, の衣服, らしい厚地

▼ ついた日本~ (3, 0.0%)

1 の子供, の文化, の飛行機

▼ ついた松明~ (3, 0.0%)

2 が降っ 1 で蛾次郎

▼ ついた~ (3, 0.0%)

2 の木 1 を二つ

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 のしずく, の香, をぬぐった

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 のもう少し, を払う, を払っ

▼ ついた洋服~ (3, 0.0%)

1 が陰気, をきた, を着

▼ ついた洋杖~ (3, 0.0%)

2 を大輪 1 をかたわら

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 でじりじり, はじりじり, は消された

▼ ついた灰色~ (3, 0.0%)

1 のシャツ, の上衣, の外套

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 じゅす, と鶏頭色, の長

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 の外套, や胸, を縫

▼ ついた眼鏡~ (3, 0.0%)

2 をかけ 1 を持つ

▼ ついた短剣~ (3, 0.0%)

1 が役立った, が歩く, だった

▼ ついた石段~ (3, 0.0%)

1 が穏和, が見え, をのぼる

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 がぴくぴく, に五色, の格子

▼ ついた箪笥~ (3, 0.0%)

1 の, へしまっ, を二つ

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 がこの, のはじ, をピストル

▼ ついた紳士~ (3, 0.0%)

1 があつ, でその, と空色

▼ ついた絵葉書~ (3, 0.0%)

1 がそこ, に京子, を選んだ

▼ ついた綿~ (3, 0.0%)

1 で叩い, は誰, 入外套

▼ ついた老人~ (3, 0.0%)

1 があった, のセミョーン, はお雪ちゃん

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 に息切れ, や盛り, 細く半ば掻巻

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 にも力, に卓, まである

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 がきら, のさめた, を眺め

▼ ついた草履~ (3, 0.0%)

1 のま, をはき, を荷物

▼ ついた葉巻~ (3, 0.0%)

1 をさし込んだ, をふり上げる, を啣

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 が幾重にも, の皺, を着

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 が四つ, はもう, をソーッ

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 だ, では, なん

▼ ついた財産~ (3, 0.0%)

1 がない, である社会的, のやう

▼ ついた質問~ (3, 0.0%)

2 をし 1 だった

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 のよう, は石段, をしたて

▼ ついた重い~ (3, 0.0%)

1 扉で, 拳銃を, 鉄棒の

▼ ついた銀色~ (3, 0.0%)

1 に光る, の燭台, の踊り靴

▼ ついた~ (3, 0.0%)

2 で掘つた 1 を提げ

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 だの釘, のこと, を手渡し

▼ ついた~ (3, 0.0%)

2 除け眼鏡 1 を撫で落した

▼ ついた電燈~ (3, 0.0%)

1 が天井, が皎, の淡い

▼ ついた非常~ (3, 0.0%)

2 に大きな 1 に入り込んだ

▼ ついた飯粒~ (3, 0.0%)

1 をひとつひとつ, を唇, を落とした

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 に釣られた, を海底, を食った

▼ ついた高い~ (3, 0.0%)

1 崖も, 帽子を, 白塀に

▼ ついた~ (3, 0.0%)

1 をやや, を掻き上げ, 剃を

▼ ついた麦藁帽子~ (3, 0.0%)

2 をかぶっ 1 もかぶらず

▼ ついた黒シャツ~ (3, 0.0%)

2 と黒ズボン 1 と黒

▼ ついたある~ (2, 0.0%)

1 日眼ざめていうには, 晩の

▼ ついたお前~ (2, 0.0%)

1 の麥藁帽子, の麦藁帽子

▼ ついたかしらと~ (2, 0.0%)

1 ふと言った, 思ひだして

▼ ついたからこそ~ (2, 0.0%)

1 こうしてきさま, 毒が

▼ ついたかを~ (2, 0.0%)

1 もはや基経, 考える時

▼ ついたくらいの~ (2, 0.0%)

1 ところまでしか, 白い曇り

▼ ついたけれども~ (2, 0.0%)

1 これから夕飯, せっかくここ

▼ ついたこれ~ (2, 0.0%)

1 が八幡, までも藩政

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 つまをなまで, みすといふ

▼ ついたしま~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ ついたじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ねえか

▼ ついたすぐ~ (2, 0.0%)

1 一風呂浴び, 来いの

▼ ついたそうして~ (2, 0.0%)

1 去年も, 屯所が

▼ ついたため貸倒れ~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ ついただけで~ (2, 0.0%)

1 水掻きの, 論議した

▼ ついただけは~ (2, 0.0%)

1 人格的にも, 気持で

▼ ついたといつて~ (2, 0.0%)

2 は笑

▼ ついたとき彼~ (2, 0.0%)

1 は自分, は躍りかかっ

▼ ついたとき船~ (2, 0.0%)

1 からおろし, の人人

▼ ついたとだけは~ (2, 0.0%)

1 言はれよう, 言へ

▼ ついたとて~ (2, 0.0%)

1 いつも女, それでどうにも

▼ ついたとの~ (2, 0.0%)

1 ことぢや, 話でした

▼ ついたなんて~ (2, 0.0%)

1 いつどんな, 偉そう

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 おぢ, だいに

▼ ついたのみ~ (2, 0.0%)

1 であります, である

▼ ついたばかりに~ (2, 0.0%)

1 熨斗を, 男を

▼ ついたひどく~ (2, 0.0%)

1 厳重な, 古風な

▼ ついたふう~ (2, 0.0%)

1 にそう, の容体

▼ ついたふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な形, な正宗

▼ ついたぷんぷん~ (2, 0.0%)

2 とお美味い酒

▼ ついたぼうし~ (2, 0.0%)

1 をかぶり, をくれ

▼ ついたぼろ~ (2, 0.0%)

1 ござをきせられた馬, だ

▼ ついたまで~ (2, 0.0%)

1 でございます, 捨てて

▼ ついたまでの~ (2, 0.0%)

1 いきさつという, 話で

▼ ついたままそこ~ (2, 0.0%)

1 から動けなかった, へ眼

▼ ついたまま下~ (2, 0.0%)

1 から彼, を向い

▼ ついたまま机~ (2, 0.0%)

1 によりかかっ, の上

▼ ついたまま横~ (2, 0.0%)

1 にし, になっ

▼ ついたまま顔~ (2, 0.0%)

1 だけを窓, を擡げる

▼ ついたまま首~ (2, 0.0%)

2 垂れて

▼ ついたまるで~ (2, 0.0%)

2 明治時代にだって

▼ ついたもち~ (2, 0.0%)

1 でありました, を取っ

▼ ついたもと~ (2, 0.0%)

1 の大牢, の部落内

▼ ついたやがて~ (2, 0.0%)

1 汽車は, 花も

▼ ついたゆえ~ (2, 0.0%)

1 であろうが, 討ったの

▼ ついたオルガン~ (2, 0.0%)

2 を買つて貰

▼ ついたガラス~ (2, 0.0%)

1 のよう, の杯

▼ ついたガーター~ (2, 0.0%)

1 を片方紛失, を私

▼ ついたシガレット~ (2, 0.0%)

1 の吸い, を置き放し

▼ ついたテーブル~ (2, 0.0%)

1 が軋んでる, だの特別

▼ ついたハヴァナ~ (2, 0.0%)

2 を啣

▼ ついたパイプ~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を掌

▼ ついたパン~ (2, 0.0%)

1 をお盆, を食べ

▼ ついたピカピカ~ (2, 0.0%)

1 する黄金, 光る円筒様

▼ ついたブラシ~ (2, 0.0%)

2 が置い

▼ ついたブルーズ~ (2, 0.0%)

1 か衿, を着用

▼ ついたマホガニー~ (2, 0.0%)

2 の農民美術

▼ ついたマント~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ ついたリボン~ (2, 0.0%)

1 の簾, を結ぶ

▼ ついたレッテル~ (2, 0.0%)

1 に赤い, やキャンデー

▼ ついたロール~ (2, 0.0%)

1 は, は押す

▼ ついた一人前~ (2, 0.0%)

1 の着物, の駐在さん

▼ ついた一切~ (2, 0.0%)

1 のもの, の習慣

▼ ついた一枚~ (2, 0.0%)

1 の白紙, の葉書

▼ ついた一軒屋~ (2, 0.0%)

2 に飛込む

▼ ついた七兵衛~ (2, 0.0%)

1 はまず, は小膝

▼ ついた万年筆~ (2, 0.0%)

1 を贈られた, を風呂敷

▼ ついた三頭立て~ (2, 0.0%)

1 でいつも, に乗っ

▼ ついた上下~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ ついた上着~ (2, 0.0%)

1 だけを脱ぎすてる, を着

▼ ついた上等~ (2, 0.0%)

1 の卷紙, の古代絹

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 から黒足袋, 袴で

▼ ついた不思議~ (2, 0.0%)

1 な厚かまし, な顔

▼ ついた九十八~ (2, 0.0%)

2 の足さき

▼ ついた井戸~ (2, 0.0%)

1 などを思う, は不吉

▼ ついた人々~ (2, 0.0%)

1 の姿, は秋

▼ ついた人形~ (2, 0.0%)

1 と違つて安價, などなん

▼ ついた今日~ (2, 0.0%)

1 この話, になっ

▼ ついた仕事~ (2, 0.0%)

1 であり弟, をやっ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 を故里, を装っ

▼ ついた作業服~ (2, 0.0%)

1 に幾分, を着た

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 や剣, をいつ

▼ ついた入口~ (2, 0.0%)

1 からは自由, を持つ

▼ ついた六畳~ (2, 0.0%)

1 には人々, ほどの広

▼ ついた其の~ (2, 0.0%)

1 同心管の, 故は

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 と緋, と赤い

▼ ついた分銅~ (2, 0.0%)

1 が入っ, を垂

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の蝋燭, 座敷へ

▼ ついた刹那~ (2, 0.0%)

1 は平気, を捉えた

▼ ついた~ (2, 0.0%)

2 のけは

▼ ついた十手~ (2, 0.0%)

2 や捕

▼ ついた古めかしい~ (2, 0.0%)

1 家を, 門である

▼ ついた古代金貨~ (2, 0.0%)

2

▼ ついた合羽~ (2, 0.0%)

1 を着, を身

▼ ついた同じ~ (2, 0.0%)

1 斧を, 道を

▼ ついた名刺~ (2, 0.0%)

1 を出しました, を振りまわし

▼ ついた吸いがら~ (2, 0.0%)

1 は帽子, もなかっ

▼ ついた和服~ (2, 0.0%)

1 で旅行, を棄て

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 との外, はことごとく

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 だ, の醜悪感

▼ ついた器械~ (2, 0.0%)

1 でうつした, をとり出し

▼ ついた四角い~ (2, 0.0%)

1 大学帽を, 小銭入れが

▼ ついた団扇~ (2, 0.0%)

1 で蚊, のやう

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が二目, を払い

▼ ついた壁紙~ (2, 0.0%)

1 がはられた, には卵形

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 で, で笑い

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が一ツ穴, を乗せ

▼ ついた外国~ (2, 0.0%)

1 の散歩者, の本

▼ ついた夜具~ (2, 0.0%)

1 に手, をのっしり

▼ ついた大根~ (2, 0.0%)

1 を洗った, を繩ツ切れ

▼ ついた天井~ (2, 0.0%)

1 からの隈, を結晶ガラス

▼ ついた天井片隅~ (2, 0.0%)

2 に積んだ

▼ ついた天窓~ (2, 0.0%)

2 へ骨

▼ ついた奇麗~ (2, 0.0%)

2 な山

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 のところ, の部屋

▼ ついた女達~ (2, 0.0%)

2 の口

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の身, をろくろく

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 がこんな, の手

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の旅, の顔

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 を使わない, を拾っ

▼ ついた宇津木兵馬~ (2, 0.0%)

1 とお, はとりあえず

▼ ついた守宮~ (2, 0.0%)

2 でで

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 は一人, を失う

▼ ついた宿~ (2, 0.0%)

1 にとびこんだ, の中

▼ ついた寒竹~ (2, 0.0%)

2 の鞭

▼ ついた寝台~ (2, 0.0%)

1 と籐編, を据えさし

▼ ついた寝所~ (2, 0.0%)

1 があった, とをそなえ

▼ ついた封筒~ (2, 0.0%)

1 に唇, を貼つ

▼ ついた将軍~ (2, 0.0%)

1 がじっと, のよう

▼ ついた小型~ (2, 0.0%)

1 のサーチライト, の拳銃

▼ ついた小形~ (2, 0.0%)

1 のい, の聖書

▼ ついた小林平八郎~ (2, 0.0%)

2 の墓

▼ ついた小豆色~ (2, 0.0%)

1 の短, の背広

▼ ついた山松~ (2, 0.0%)

1 の根方, ばかりだった

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の上, は芝二本榎

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の手, の肩

▼ ついた巻煙草~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, をじだらく

▼ ついた帯革~ (2, 0.0%)

1 が一本, をしめ

▼ ついた帳場~ (2, 0.0%)

2 の炬燵

▼ ついた帷幕~ (2, 0.0%)

2 を引繞

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 がひらめい, をめぐらし

▼ ついた平次~ (2, 0.0%)

1 と八五郎, は自分

▼ ついた座敷~ (2, 0.0%)

1 の庭, へ大将

▼ ついた彼等~ (2, 0.0%)

1 にとってちと, はすべて小田原

▼ ついた後宿~ (2, 0.0%)

2 の女中

▼ ついた後自分一人~ (2, 0.0%)

2 が磧

▼ ついた怪しい~ (2, 0.0%)

1 林檎は, 男を

▼ ついた恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 家の, 鉄の

▼ ついた恰好~ (2, 0.0%)

1 でゴソゴソ, の珍妙

▼ ついた感情~ (2, 0.0%)

1 の表現形式, をともなっ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 がズラリ, だなが

▼ ついた手袋~ (2, 0.0%)

1 とを落し込んだ, を脱ぐ

▼ ついた技法~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 住宅が, 助が

▼ ついた新しい~ (2, 0.0%)

1 歌曲を, 知識と

▼ ついた新芽~ (2, 0.0%)

2 にそそぐ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の人, の菅笠

▼ ついた明るい~ (2, 0.0%)

1 ラムプが, 店を

▼ ついた~ (2, 0.0%)

2 の唄

▼ ついた時二人~ (2, 0.0%)

1 ながら, は一度

▼ ついた時彼等~ (2, 0.0%)

1 は言, は言われた

▼ ついた時汽車~ (2, 0.0%)

1 のおかげ, は地獄

▼ ついた時渠~ (2, 0.0%)

2 は半分腰

▼ ついた時私~ (2, 0.0%)

1 はまったく, は何

▼ ついた時自分~ (2, 0.0%)

1 はまた, は突然

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 お雪, なの

▼ ついた暖簾~ (2, 0.0%)

1 がもとどおり, の一枚

▼ ついた最初~ (2, 0.0%)

1 から彼プロレタリア作家, の日

▼ ついた木山~ (2, 0.0%)

1 の生活振り, はこつ

▼ ついた木瓜~ (2, 0.0%)

1 は二十年来, を切っ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 きれを, の上

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 があった, の短い

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の箱, の藥箱

▼ ついた歩廊~ (2, 0.0%)

2 がめぐらされ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 と小作人, らしい人

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 のよう, を手

▼ ついた気分~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は私

▼ ついた水垢~ (2, 0.0%)

2 は出水

▼ ついた水晶~ (2, 0.0%)

1 がそこ, の中

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 をなめた, をなめる

▼ ついた~ (2, 0.0%)

2 ない絵の具箱

▼ ついた汚い~ (2, 0.0%)

1 歯を, 顔を

▼ ついた汽車~ (2, 0.0%)

1 が走る, よりも早い

▼ ついた法被~ (2, 0.0%)

2 を着た

▼ ついた浪人~ (2, 0.0%)

1 に指揮, を先頭

▼ ついた液体~ (2, 0.0%)

1 の中, の汚点

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, のぬくもり

▼ ついた演技~ (2, 0.0%)

1 の伝統, の力

▼ ついた火繩~ (2, 0.0%)

1 とが置かれ, の煙

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 で呼び招いた相手, をいう

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 にそこら一面, 惨酷

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の外套, や母

▼ ついた牝鶏~ (2, 0.0%)

1 に雛, のよう

▼ ついた特別~ (2, 0.0%)

1 なこと, の感情

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が落ちた, のよう

▼ ついた玄関~ (2, 0.0%)

1 の庇, の靴

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 がいくつ, に重く

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が何, は直さう

▼ ついた白地~ (2, 0.0%)

1 の単, の浴衣

▼ ついた白木~ (2, 0.0%)

1 の弁当箱, の揚示板

▼ ついた百米選手~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 のあらい, の丸い

▼ ついた真白い~ (2, 0.0%)

1 上衣の, 着物を

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 にしみる, を細め

▼ ついた着衣~ (2, 0.0%)

1 の処分, の始末

▼ ついた石垣~ (2, 0.0%)

1 と云い, の上

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 をはらっ, をはらつ

▼ ついた礼帽~ (2, 0.0%)

2 をかぶった

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の微か, もなかっ

▼ ついた竹筒~ (2, 0.0%)

1 もある, をぶいぶい

▼ ついた第三者~ (2, 0.0%)

2 の立場

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 である, は見る見る

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 に載せ, や戸棚

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 はその, や楊子入

▼ ついた籐椅子~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, を彼

▼ ついた紙切りナイフ~ (2, 0.0%)

1 が現れ, をもてあそび

▼ ついた紫玉~ (2, 0.0%)

2 の胡粉

▼ ついた紫色~ (2, 0.0%)

1 の外套, の子供

▼ ついた紺色~ (2, 0.0%)

1 の上着, の背広

▼ ついた経験~ (2, 0.0%)

1 がある, はない

▼ ついた結果~ (2, 0.0%)

1 なので, らしかつ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

2 の服

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 をおろす, を右

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 をかけ, を求めさせ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が作りたい, が発揮

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 を捨てなけれ, を覚えた

▼ ついた~ (2, 0.0%)

2 の悩み

▼ ついた肉襦袢~ (2, 0.0%)

1 に包まれた, を着

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 へかなり, を突

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 となった, と心得

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 がによつ, の高い

▼ ついた脱脂綿~ (2, 0.0%)

1 で拭う, で拭っ

▼ ついた腕章~ (2, 0.0%)

1 を巻い, を腕

▼ ついた腕輪~ (2, 0.0%)

1 した仲間, をし

▼ ついた腥くさい~ (2, 0.0%)

1 甃石の, 石甃の

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 こそは先師, をひい

▼ ついた膝当~ (2, 0.0%)

1 をも一つ, を釘

▼ ついた膝股胸~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 とビール, の上

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 のよう, の上

▼ ついた蓄音器~ (2, 0.0%)

1 が廻つて, も木箱

▼ ついた薄い~ (2, 0.0%)

1 坐蒲団, 色の

▼ ついた薔薇~ (2, 0.0%)

1 いろの, を見

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が飛んだ, を持っ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が始終, が相

▼ ついた街道~ (2, 0.0%)

1 にさて, をあの

▼ ついた被布~ (2, 0.0%)

1 をき, を着

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が一枚, に上

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の金具, までも開け

▼ ついた見事~ (2, 0.0%)

1 な大判, な服

▼ ついた角帽~ (2, 0.0%)

1 の庇, をかぶっ

▼ ついた証拠~ (2, 0.0%)

1 だと, には

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 といっ, を聞かぬ

▼ ついた調子~ (2, 0.0%)

1 でいふ, になっ

▼ ついた財布~ (2, 0.0%)

1 からパサパサ, を出し

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 といくつ, のまま

▼ ついた足跡~ (2, 0.0%)

1 も残し, を消し

▼ ついた軍帽~ (2, 0.0%)

1 と赤縞, をかぶっ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 から出発, を探し

▼ ついた道具~ (2, 0.0%)

1 が一つ, を眺める

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の匂, をのまされ

▼ ついた重たい~ (2, 0.0%)

1 ドアを, 鉤竿が

▼ ついた野菜~ (2, 0.0%)

1 の皿, を食べる

▼ ついた金色~ (2, 0.0%)

1 のシャツ, の兜

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 がチリン, をがらがら

▼ ついた鉄砲~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の掃除

▼ ついた銚子~ (2, 0.0%)

1 にいつか, を持っ

▼ ついた錦紗~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 だの, の頸飾

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が木屑, を持っ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 さ一尺ほどの, 杖を

▼ ついた長剣~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 の前, の畑

▼ ついた防寒帽~ (2, 0.0%)

1 をかぶっ, をかぶった

▼ ついた陣笠~ (2, 0.0%)

1 がおい, のよう

▼ ついた階段~ (2, 0.0%)

1 が見え, をくるし

▼ ついた雪屑~ (2, 0.0%)

1 や雪屑, をきれい

▼ ついた雪駄~ (2, 0.0%)

1 が一足, をはいた

▼ ついた青ずり~ (2, 0.0%)

1 のし, の着物

▼ ついた青年~ (2, 0.0%)

1 だった, はまるで

▼ ついた青竹~ (2, 0.0%)

1 だという, なんぞを担ぎ出した

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 が浮き上った, を置かれ

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 と毛帯, を弄び

▼ ついた頃彼女~ (2, 0.0%)

2 を海岸

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 とに恥づる, をうなだれ

▼ ついた頭巾~ (2, 0.0%)

1 と古風, をかぶり

▼ ついた饅頭~ (2, 0.0%)

1 だの, をぱくつく

▼ ついた馬車~ (2, 0.0%)

1 にのせ, は道

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 で楊子代り, の髄

▼ ついた~ (2, 0.0%)

1 一は, 縁の

▼ ついた高価~ (2, 0.0%)

1 な服, らしい名刺

▼ ついた麥藁帽子~ (2, 0.0%)

1 もかぶらず, をかぶつ

▼ ついた黒ビロード~ (2, 0.0%)

2 のシャツ

▼ ついた黒塗り~ (2, 0.0%)

1 のピアノ, の箱

▼1* [2018件]

ついた火が, ついたあい染めの上着, ついたあかがいと, ついたあくる日伸子たちの, ついたあげくは通りがかり, ついたあげく平家の大庭景親, ついたあげく裏へかけだし, ついたあとばたりと, ついたあと不同舎で学んだ, ついたあなたが一人, ついたあやし火の, ついたあるいは一面に, ついたいかにも落着きの, ついたいくらか古びの, ついたいさみの与三爺, ついたいろんな有毒植物の, ついたいわば同門の, ついたいわれであった, ついたうえにその, ついたうきがとりつけ, ついたうしろに小, ついたうつ木の雪, ついたおおかたの単調, ついたおかみは岸本, ついたおしりの蠅, ついたおちょぼ口をし, ついたおもちゃのよう, ついたおりしも天地も, ついたおわんとほうき, ついたお前さんたちの白粉, ついたお守袋を落した, ついたお家が見えました, ついたお松が地蔵堂, ついたお祝いだと, ついたお菓子を貰っ, ついたお金は眉, ついたかきの木, ついたかぎがおり, ついたかすかな跡, ついたかたはござりませなん, ついたかたちであつ, ついたかっこうのいい, ついたかつらを頭, ついたかて先の, ついたかなり古びた提灯, ついたかに見えるが, ついたかね赤星君酷い, ついたかまぼこをお, ついたかよと理右衛門爺さまが, ついたからとも思いませんが, ついたからには二度とこの, ついたからはさらに院政, ついたからよかつた, ついたかんざしは, ついたがとぼとぼと手ぶら, ついたきっかけというの, ついたきりいつまでも立ち上らう, ついたきりオタキは仙友, ついたきり土を踏む, ついたきり湯ものまぬ, ついたぎまん者の危険, ついたくさりかたびらを十一枚, ついたくせにきまる, ついたくろシャツと, ついたくろいシャツと, ついたぐらいのことで, ついたけがれのため, ついたけちなハンカチづつみをとり, ついたことあれへなん, ついたことそれはかう, ついたこと私が今, ついたこと結局この公判, ついたこと腑に落ちぬ, ついたこまかいごみを, ついたこれらの人間, ついたこれ等の陶工, ついたころあいです, ついたころだれか家, ついたころ外はまったく, ついたころ彼女はもはや, ついたごちゃごちゃした地図, ついたごみの一つ一つ, ついたごわごわした青い, ついたさうなとお, ついたさっぱりした紺, ついたさま心から嬉し, ついたさまざまの名前, ついたざくろから先, ついたざっとした針金, ついたざわめきがあった, ついたしかし肉付きの, ついたしかるにきょうしも, ついたしごく具合の, ついたしっかりした瀬戸鉢, ついたしびんのよう, ついたしみを親指, ついたしわがそれなり, ついたじめじめした階下, ついたすこぶる奇抜な, ついたすべてのもの, ついたせまいバルコニーの, ついたそういうものでした, ついたそこで何心なく, ついたそちのこと, ついたそのおかしな壁果樹が, ついたその小さなへやの, ついたそら豆大のほくろ, ついたそれで罰を, ついたぞうりの方, ついたたけながを, ついたためアルキッドが眼, ついたためマッチの火, ついたため勝軍は逆, ついたため永遠に相, ついただけを言つて見る, ついただだっ広い部屋が, ついたちょうがたくさん谷, ついたちょっと食べて, ついたっきりになっ, ついたってというような, ついたってねどうだい, ついたつえをもっ, ついたつつましいところを, ついたつづらを横, ついたつて仕樣, ついたつて言ふの, ついたつるもどきを北側, ついたとある質素な, ついたといったふうに, ついたときそこへ電話, ついたときたいがいその人, ついたときジョンとメグ, ついたとき一同元の位置, ついたとき事態はそこ, ついたとき二つの肩, ついたとき二次元世界では最も, ついたとき人々はせき立っ, ついたとき人造人間エフ氏をお前, ついたとき倉島竹二郎がヤア, ついたとき僕はしきりに, ついたとき共軛回転弾が活動, ついたとき北方の夜, ついたとき坪井は軽い, ついたとき声高くはげしく争う, ついたとき寺田がリュウ, ついたとき心配此上なかった, ついたとき思つたより順さん, ついたとき指揮をし, ついたとき板の上, ついたとき源三郎は座敷, ついたとき澄江は思ひき, ついたとき病院へうつす, ついたとき眼は先ず, ついたとき立会人にえらばれ, ついたとき童子は立ちどまっ, ついたとき警察からの通報, ついたとき鍋に一枚, ついたとき非常に行き, ついたとき馬上六騎のほか雑兵二百余人, ついたとき鮫島は余程, ついたところこの間から河原, ついたところ六ヶ月期間の借金, ついたとたんに先廻り, ついたとたん昭夫の目, ついたろを, ついたどこかの窓, ついたどっちかと云え, ついたあの金襴, ついたなつかしい室で, ついたなと思って, ついたなどいふ記録, ついたなりに顔を, ついたなるべく毎日やらう, ついたには相違ない, ついたのちも泰軒, ついたのち一作氏はなんとなく, ついたのち徐ろに顔, ついたのち静にいった, ついたのねあなたは, ついたのみか袖口で, ついたのらくらもの, ついたはじめての夜, ついたはずみに五尺, ついたーい, ついたばかりと言わなければ, ついたばっかりの僕の, ついたひじかけいす, ついたひとなめの, ついたひとつの窓, ついたひものた, ついたひょうし木, ついたひらひらと引く, ついたぴったり身体に, ついたへんな棒, ついたべたべたした子供, ついたほどにも感じないこと, ついたほども見せなかった私, ついたまたブラリと, ついたまっ赤な, ついたまつ白な馬, ついたまではよかった, ついたままからになった, ついたままきみ悪そう, ついたままこちらを視, ついたままじいッと主水, ついたままついでは飲み, ついたままぶっきらぼうにいい放った, ついたままぼろりと, ついたままぼんやりとして庭, ついたまままっさおな顔, ついたままみんながなに, ついたままわたくしどもの役所, ついたままアー太郎さんヒー太郎さんルー太郎さんみんなグーグーねこん, ついたままガタガタと慄, ついたままワッとばかりに泣き出した, ついたまま一女性と結婚, ついたまま一本一本床下の穴, ついたまま三日でもじっ, ついたまま両手でしきりに, ついたまま何も申さず, ついたまま傲然と自分, ついたまま僅かな詩作, ついたまま初瀬はやや, ついたまま別のところ, ついたまま口をきく, ついたまま口角の微笑, ついたまま向う側の家, ついたまま地面へ顔, ついたまま声のする, ついたまま年とった支那人, ついたまま彼はそう, ついたまま戸の鍵穴, ついたまま放心して, ついたまま敏樹が何, ついたまま明かに興奮, ついたまま朝になる, ついたまま次から次, ついたまま母上には冷たい, ついたまま気が遠く, ついたまま気味のわるい, ついたまま水際をぐんにゃりと, ついたまま洪水がない, ついたまま渾身の力, ついたまま滅多にペン, ついたまま物思わしそう, ついたまま皆の顔, ついたまま目を閉じた, ついたまま真直に煙, ついたまま石のよう, ついたまま硝子戸のそ, ついたまま窓の外, ついたまま窓越しに川, ついたまま立留って, ついたまま置物のよう, ついたまま肩で呼吸, ついたまま胸を大きく, ついたまま脇目もふらず, ついたまま自分の影, ついたまま行列の遠ざかる, ついたまま身うごきも, ついたまま部屋の中, ついたまま金になっ, ついたまま雑談的に感想, ついたまま雷鳴が落ち, ついたまま面を上げなかった, ついたまま髪を結う, ついたまま鼾をかい, ついたまりのよう, ついたまんまの吸殻, ついたみたいに声, ついたむらさきいろの, ついたものぢや, ついたもの下が敬語的屈折, ついたもの先は先, ついたもんぺ裂けたシャツ, ついた邪魔くさいって, ついたよい行儀の, ついたよくある例, ついたよりはいいこと, ついたらくッついたと, ついたがま, ついたわが身の仕合せ, ついたわたくしは昨夜, ついたわたしはただ, ついたアツシユのステツキ, ついたアルバムへ手さぐり, ついたアンサンブルのコート, ついたアンナ・リヴォーヴナの下着, ついたアンパンを取っ, ついたアンピイル式の道具, ついたアンリー・ブランの時計, ついたアート紙に或いは, ついたインバネスを着た, ついたウェッシントン夫人の人力車, ついたウエスで握ってる, ついたエッチングのすり一枚, ついたエハガキに母, ついたエプロンをし, ついたエレベーターで逃げた, ついたオランダ風の水夫帽, ついたオレンジ色の木造家屋, ついたカケ茶碗に毒薬, ついたカッタウェーは小原, ついたカドにより良心, ついたカフェーに寄っ, ついたカミオンに乗っ, ついたカラーは三日月形, ついたカーディガンのツウ・ピース, ついたガラス棒を釜, ついたガラス棚や劇薬, ついたガーゼをあて, ついたキャムプの門, ついたキャラコの黒, ついたキリンが走り, ついたクラーク博士を生徒たち, ついたクレムリンの城壁, ついたクロとはそも, ついたクーパーがびっくり, ついたクーロアールをよじ登る, ついたグロテスクな鰭, ついたケーキを試食, ついたケースをいじり, ついたコツプへ湯沸, ついたコテージの中, ついたコポオの指導, ついたコードを曳きずり, ついたコーヒー茶碗を置き, ついたゴミを拂, ついたゴム製のシャツ, ついたゴーリキイはニージュニ, ついたサツパ舟は艫, ついたサラサのジャケツ, ついたシャモジでもつ, ついたシャンパンの壜, ついたシロモノはない, ついたジュニヤ好みのプリンセス型, ついたスケートは履ける, ついたスコール艇長こそ社会事業家, ついたスタイリストの本領, ついたステツキが立てかけ, ついたスマートな大, ついたズックの管, ついたズボンに似る, ついたセルロイドのおもちゃ, ついたソップをつくり, ついたソースを拭き取る, ついたソーダ水を考え, ついたタイヤが日本中, ついたタオルを襟巻, ついたタキシイドの上, ついたタフタを和服, ついたダイナマイトに近づいた, ついたダブダブの制服, ついたダブルの洋服, ついたダンビラが転, ついたチヨン髷を振り, ついたて, ついたッきりどうしても顔, ついたツァイスのをたのん, ついたツ切何うしても, ついたテングタケは恐ろしい, ついたトゥーラ製の留針, ついたトタン塀になっ, ついたトラクターの大きい, ついたトラックを物珍し, ついたトランクに腰, ついたトルコ帽をかぶっ, ついたトルコ煙管もあれ, ついたトロッコに乘, ついたトーク型の帽子, ついたドアのノッブ, ついたドックの一つ, ついたドレスの一枚, ついたナギナタを持っ, ついたネクタイをし, ついたネットリとしなやか, ついたノアの洪水以前, ついたハンカチが一枚, ついたハンカチフーの包み, ついたハンカチベスはコロン水, ついたハンドルを回し, ついたバターをほじくっ, ついたバチスト麻のハンカチ, ついたバラックを建て, ついたバンガローを建て, ついたパイプ型真鍮製の小, ついたパナマの帽子, ついたヒモがぶら下っ, ついたヒーリング・ウォーターとなっ, ついたビニールをぬった, ついたビロードの服, ついたピアノがおかれ, ついたピンをつき刺した, ついたファウストのグランドマーチ, ついたフタといい, ついたフロックのこと, ついたブックエンドを伊東屋, ついたブラウンのそば, ついたブリキ罐をぶら下げ, ついたベッドの上, ついたベルの鈕, ついたペンをもった, ついたボタンがあった, ついたボンネツトを戴き, ついたボンボン時計がかかっ, ついたボールのよう, ついたポケットの中, ついたポルトガル船や薩摩海岸, ついたポンメノコは急い, ついたマイクをとりだし, ついたマイクロフォンをとりあげ, ついたマツチを手, ついたミルクを手巾, ついたメダルを三つ, ついたモリを打ちこむ, ついたモーニングを着, ついたユーモラスな絵, ついたランチから白い, ついたリズムで衝突, ついたリャボーヴィチはすすめられる, ついたリョーマチだという, ついたリンネルの服, ついたレモン色のセヴィラーナ, ついたレースの覆い, ついたロザリオの鎖, ついたロシヤパンを売っ, ついたロマンチシズムの時代, ついたローソクのよう, ついたロープを鉄棒, ついたワンピースを着た, ついたヴェランダのよう, ついたヴラヂーミル勲章の輝く, ついたけんの, ついた一つるを根から, ついた一事は停車場付近, ついた一個八十五銭ほどの鈴, ついた一冊を躊躇, ついた一刹那タッタッタッと階段, ついた一匹の毒蛾, ついた一区画のなか, ついた一升徳利が四本, ついた一団の自由自在, ついた一家が出来上った, ついた一寸位の辺, ついた一尺八寸の襦袢, ついた一巻十五スーの南京紙, ついた一抱に余る古びた, ついた一方の侍, ついた一方法である, ついた一本レールもみんな, ついた一枚絵がある, ついた一番おしまいの分, ついた一番はじめの晩, ついた一癖ありげ, ついた一軒の仮, ついた一通の古書, ついた一連の長屋, ついた一郎が髪, ついた一銭切手若い働く, ついた一青年将校は私たち, ついた丁度その日, ついた七冊続きであったが, ついた七宝の花瓶, ついた七月二十五日づけの, ついた七歳の時, ついた七輪が來, ついた万歳旛とがずらりと, ついた万能ナイフ虫メガネ錠まえやぶりの, ついた丈夫な索, ついた三つの埃だらけ, ついた三人はいつも, ついた三十五歳の新, ついた三味線の音, ついた三四郎の顔, ついた三尺ばかりしかない, ついた三本脚の黒塗, ついた三角帽をかぶった蒙, ついた三辻のその, ついた三階だての古い, ついた上唇の線, ついた上皇は天下唯一人, ついた上置をそっくり, ついた上草履が誰, ついた下手な字, ついた下着を見つけ, ついた下級警官のこと, ついた不動の木像, ついた不自由さ偽善を持たされる, ついた世にもみごとな, ついたの食指, ついた両足を前, ついたの峠, ついた中学生じみた文鎮, ついた中學の制服, ついた中途はんぱな恰好, ついた丸太が水, ついた丸火屋の石油ランプ, ついた丸紐を胸, ついた丸行燈が明, ついた丸顔でたいして, ついた水正膝で, ついた乗物に乗っ, ついた乘馬服を着, ついた九兵衛は, ついた九輪だったの, ついた乳母は途方, ついた乳母たちは, ついた事情も親父, ついた二つ三つの銀盆, ついた二三ヤードの布, ついた二人両手と両足, ついた二十畳ほどの居間, ついた二室の低い, ついた二尺五寸位の松, ついた二派は名前, ついた二種の子安貝, ついた二重まわしを, ついた二重窓に向っ, ついた二間ばかりの部屋, ついた二間打ち抜きの部屋, ついた二音符の旅館, ついた五人は叫声, ついた五分もすかさぬ, ついた五千八百円が一番, ついた五厘紙凧を上げ, ついた五徳ナイフコップが一つ, ついた五段の入口, ついた五郎八茶碗を手, ついた井師がよく, ついた井戸端で洗濯物, ついた些細なこと, ついた交通路を獣, ついた京都大津間を数える, ついた人力車が東京市中, ついた人的交渉をもマイナス, ついた人相を言った, ついた人自身やはり何, ついた人達がさ, ついた今度の手紙, ついた今日当家を去っ, ついた仏蘭西様の水兵帽, ついた仏蘭西風の窓, ついた仕事着にちょッ切帯, ついた仕種でした, ついた仕立おろしと, ついた仕立て方で襟, ついた仙二の娘, ついた仙蔵は次郎作, ついた以上きれいに親許, ついた以上覚一はきっと, ついた以外の點, ついた以後特に文筆, ついた仮装でその, ついたでありながら, ついたの男, ついた伊藤公がドア, ついた伊賀流の布わらじ, ついた休日が五つ, ついた伝六もしり, ついた伝吉の口, ついた伝説は事実, ついた伯母さんはみんな, ついた伯父さんは警察, ついた伸子が演壇, ついたの顔, ついた位置にいた, ついたかの遺品, ついた何となく寂しい街, ついた何等の新, ついた作品となり, ついた作家たちはめいめい, ついた作法がある, ついた使者は, ついた俎下駄の台, ついた信号燈の色, ついた修行者は自己, ついた俸禄は殆ど手, ついた借用書を用意, ついた傷痍軍人しょんぼりした子供たち, ついたの部分, ついた僕一座が人気, ついた儀作が, ついた儘あとびっしゃりをし立ち上って, ついた儘下から彼, ついた優しい婦を, ついた先入観は容易, ついたの下, ついた光一の顔, ついた光君はその, ついた全くの暗闇, ついた兩脚をし, ついた八分の一が来る, ついた八田機關長を相手, ついた六七歳時分の家, ついた六兵衛へ穏, ついた六所明神の提灯, ついた六畳間で印東, ついた六角柱の氷晶, ついた共有の萱野, ついた兵どもも車蓋, ついた兵卒の軍衣, ついた其丘は近代, ついた其次の男, ついた内屋根をのぞみ, ついた円柱と童話, ついた円錐形のもの, ついた冠木門の屋根, ついたい額, ついた冷やりと, ついた凡下とをひきくらべ, ついたがと言, ついた出語りとで勘次, ついたを突き刺し, ついた刃先をすぐ, ついた刃物でけずっ, ついた房に, ついた切なさに, ついた切り戸から入る, ついた切支丹のお, ついた切株が燃え, ついた切道をすたすた, ついた列車が機関車, ついた初瀬に向, ついた別嬪をつれ出した, ついた制服のよう, ついた刹那伸子はこれ, ついたに居る, ついた前垂を両手, ついた前後も明らか, ついた剣術着のよう, ついたが人間生活, ついた努力を致そう, ついた動物どもを手, ついた勝軍藤の鞭, ついた勢いというもの, ついた化粧台が若い, ついた北条左内は憑かれた, ついた十二月の十日すぎ, ついた十二畳のその, ついた十六日の朝, ついた十円札へ目, ついた十月なかばといふ, ついた千人針をサイ, ついた千代子は幾度, ついた千鶴子のその, ついた半纏を着, ついた半蔵の事件, ついた卓子には二人, ついたの藤波友衛, ついた南京虫を元, ついた南京豆ほどの奇妙, ついた南天の根もと, ついた単物よりかた, ついたなんでさ, ついた印形を帯, ついた印籠の一つ, ついた印象や直覚, ついたを買っ, ついた厖大な顎, ついた厚い綿入れの, ついた厚ぼったい外套その, ついた厚顔さをそなえ, ついた原料を扱う, ついたな日, ついためしい玄関付, ついた友木は簡単, ついた友禅模様の金紗, ついた叔父の姿, ついた口ひげをていねい, ついた口唇の横, ついた口調で, ついた古代切入りの箱物, ついた古金網ねじ曲った鉄棒, ついたにもならない, ついた可也上等の, ついた可愛いおちょ, ついた可愛いい黒靴, ついた可能を発見, ついた台上に置い, ついた台詞である場合, ついた台詞これは今日, ついた司法主任は松永博士, ついた吃驚するほど, ついた同じく濃紺の, ついた同志たちはまた, ついた名前の人, ついた名簿に眼, ついた吸いかけの光, ついた吸ひさしの巻煙草, ついた吸盤のよう, ついた呉服屋の廣告, ついた周次が新聞, ついたである, ついた和洋の習慣, ついた和製のコンパクト, ついた咽喉を咳ばらい, ついた唐匕首を突刺され, ついた唐辛子三把を食った, ついた唯一の人物, ついた商人は, ついた商家の裏手, ついた問題だと, ついた善男善女がやがて, ついた嘉門次は崖, ついた噴水なども見られた, ついた噴泉が虹, ついた四つの長い, ついた四つ五つ時分から親たち, ついた四五艘の釣船, ついた四十がらみのまだ, ついた四斗樽が幾十, ついた四枚刃のあの, ついた四間四方の船牢, ついた回転棒がある, ついた団十郎もしきりに, ついた固体表面に衝突, ついた圓卓子の端, ついた土ほこりをはたき, ついた土地の猟師, ついた土地柄は金次郎様, ついた土埃のため, ついた土左衛門とお, ついた土手の上, ついた土製の洋壜, ついた地下足袋をぱたぱたと叩き, ついた地勢でないもの, ついた地名がある, ついた地方が無, ついた地紋になり, ついた地階の天井, ついた地震戸の棧, ついた地面が, ついた坂道をのぼりました, ついた坊さんの開いた, ついた埃及煙草を出し, ついた堂々たる家を, ついたの下, ついた塗柄の団扇, ついた塩辛声を腹, ついた境界ば忘れち, ついたを向い, ついた墨塗の木履, ついた壜づめの麦粒, ついた売り場に妻子, ついたな能弁, ついた外交官を知つて, ついた外国船はカトリ丸一艘, ついた計代からの, ついた多くの華奢, ついた夜叔父の田巻左門, ついた夜目にも雑草風景, ついた大して見事で, ついた大つきだ, ついた大人の前途, ついた大型の煎茶茶碗, ついた大型懐中時計の指針, ついた大形な表紙, ついた大河無門, ついた大理石の煖炉, ついた大臣はそれ, ついた大鋸で夫, ついた大黒帽の従弟みたい, ついた大黒柱のよう, ついた天鵞絨表のをやる, ついた太い長いロープを, ついた太くて真黒, ついた太刀で, ついた女君の中, ついた好い役だった, ついた好色隠居はそれ, ついた如何はしい, ついたがいました, ついた妖婆がそれ, ついたに閉め込んだ, ついた妙作であった, ついた妹娘のお, ついたの肌, ついた始末ですよ, ついた威嚇や小心さ, ついた婆様が一人, ついた婦人たちも二十五年昔, ついた婦人用のシガレット, ついた嬰児が見られ, ついた子供たちをまんべんなく, ついた子息が五人, ついた子馬が其の, ついた学帽をかむ, ついた学校だと, ついた孫兵衛がふりかえっ, ついた學校だと, ついた宇治山田の米友, ついた守り袋を垂げ, ついたものの, ついた安楽椅子の中, ついた宏子を見る, ついた宗太を打ち励まそう, ついたの意企, ついた官吏の住宅, ついた宝くじ屋さんは七カ所, ついた宝石の一つ, ついた実になって, ついた実在の山, ついた実践であらう, ついた客室用ランプから穏やか, ついた客席今日の昼, ついた家具だの高価, ついた家族をか, ついた容子でその, ついた宿命のやう, ついた寝室へ入っ, ついた寝室用スリッパの片方, ついた寝小屋には尼, ついた寝巻一着だけという方, ついた封建の溝, ついた将士の目, ついた小さい丸い麦藁帽の, ついた小さい白い海水浴旅館だった, ついた小僧ゴーリキイは皆, ついた小六は愚かしい, ついた小刀をもつ, ついた小判を一枚, ついた小娘を怒らせ, ついた小娘時代から三十四歳, ついた小山内玄洋の長子, ついた小枝はぐる, ついた小浜縮緬の紫, ついた小田原提灯を渡し, ついた小石や斷層, ついた小粒の花, ついた小紋に山, ついた小艇はどうしても, ついた小銃弾をほか, ついた小麦粉を陽, ついた小鼓に打つ, ついた少ない髪を, ついた少年が姉さん, ついた少年時代から今日, ついた少年期の成人, ついた尻上りの口調, ついたをそちら, ついた尾翅をぎらぎら, ついた屋敷の生活, ついた屋根越しに昔ながら, ついた屑切なんか取散らかし, ついた山の手の人, ついた山口が訪ね, ついた山城守様を子, ついた山林官の姿, ついた山神の祠, ついた山裾を歩い, ついた山高帽子をかぶっ, ついたつづきで田, ついた岡崎藩の美少年, ついた岡本しづ子が真, ついたで一休み, ついた左手に屑屋, ついた左膳は小走り, ついた巨大な船体, ついた取車, ついた市場じゅうを歩きまわった, ついたをつけたら, ついた布卓の上, ついた布団など, ついた布製の袋みたい, ついた帛紗をよこし, ついた帯地のちりめん, ついた帯留や指環, ついた帯皮をしめた, ついた帳面や色鉛筆, ついた帽子學校の名入り, ついた帽子袋とか籠, ついたの広い, ついたを立て, ついたひもが, ついたは弘, ついた年ちゃんがいった, ついた年増を突飛ばす, ついた年頃に今, ついた年齢だから, ついた幸福だけで生き, ついたに払われ, ついた幽かな笑い, ついた幾つもの命令書, ついた幾枚もの写真, ついた広告が出, ついた広子は急, ついた広袖を着た, ついた広間に人影, ついたを磨き上げた, ついた庖丁で頭, ついた店先はひつそり, ついた店員が追っかけ, ついた座席に身体, ついた座蒲団を自分, ついた庭下駄をはかせられ, ついた庵号だつた, ついた庸三はふらふら, ついた廊下が左右, ついた延珸はスキ, ついた廷珸はスキ, ついた建物で塔, ついた弁当が十五銭, ついた弁当箱をみやげ, ついた弁慶橋で一, ついた弄具の風車, ついた服すがた, ついた式部小路の内, ついた引例や多量, ついた引幕の揺れ, ついた弘法大師の朱色, ついた弧線すなわち弓形, ついた張扇の音, ついた弾丸を又, ついた当人ならば, ついた当夜である, ついた当座からかわり, ついた当時は人民, ついた彫りのある, ついた彫刻入りのメダル, ついた役柄のやう, ついた往復葉書で手紙, ついた往来へ出, ついた後光の板, ついた後差しをさした, ついた後社長から嫌味, ついた後頭部を撫ぜ, ついた従者の一名, ついた得意でも持っ, ついた新調とを, ついた御召があった, ついた御影石の門, ついた御殿のこと, ついた御簾のかかってる, ついた御飯粒を箸, ついた微妙な樂しみ, ついた思わず手に, ついた急行の三等車, ついた性分なら仕方, ついた性癖であるが, ついた怪獣と同じ, ついた恋愛を云う, ついた悲しみを, ついた惟任光秀ともあろう, ついた想ひでとうとう彼, ついた想像だつた, ついた意匠で飾つて, ついた愛らしい服装が, ついた愛子はやがてようやく, ついた慇懃な荘重さ, ついたにいたし, ついた態度も別に, ついた態度口調で話, ついた慰労に招い, ついた憲兵の服, ついた懐中をとりだす, ついた懐中時計を右, ついた懐中電灯をひったくった, ついたをし, ついた我々は境遇, ついた我が家にうち, ついたる程度, ついた戦蹟巡覧のバス, ついた戸棚がとりつけ, ついた所嫋々として長く, ついた所持品しらべの, ついた手のひらや指, ついた手の甲で左, ついた手前でも言えなかった, ついた手前木津さんに合わせる, ついた手古奈はやをら彼, ついた手垂げ袋を持っ, ついた手太鼓をポン, ついた手巾を持つ, ついた手帳と一緒, ついた手拭紙が捨て, ついた手柄話を楽し, ついた手筥があるだろう, ついた手術具や医療器械, ついた手足を洗い, ついた手車で楽屋入, ついた手頸までつつまれた, ついた手風琴を背, ついた手首にその, ついた技術と云, ついた投縄や分銅, ついた折衷式軍艦は表面三千メートル平方, ついた抜身の槍, ついた括り枕と塗り枕, ついた持役は大概, ついた指ずれの少し, ついた指先を拭う, ついた指導理論をみんな, ついた指環だった, ついた指痕を見る, ついた指紋も死者, ついた按摩でありました, ついた挾箱長い柄, ついた捕物道具が並べ, ついた捕縄を口, ついた捨吉が閉じた, ついた掃除道具をもっ, ついた揚句ここで無, ついた握り太のステッキ, ついた握り飯を持っ, ついた摺物が時々, ついたがある, ついた撮影機で観客一同, ついた擬行者ぢや, ついた支那料理屋の二階, ついた支那風石橋がかかっ, ついた放れ馬のよう, ついた放射状のひび, ついた放送を聞いた, ついた救急箱を持っ, ついた救護班のトラック, ついた教室に入る, ついた教授ぶりで謄写版刷り, ついた教養の意味, ついた散銭の中, ついた数カ条を御, ついたを追いこめ, ついた敷居がある, ついた敷石を五, ついた文久通宝子まるまっちい蝙蝠安, ついた文作は着のみ着のまま, ついた文化としての内容, ついた文句で買われ, ついた文机でした, ついた文章も記念, ついた文鎮ガラスのペン皿, ついた斜子の黒紋付き, ついた断髪の後姿, ついた新吉の身, ついた新田義貞はかた, ついた新聞を手, ついた新酒というん, ついた方法で彼, ついた旅客の馬, ついたがひるがえっ, ついた日傘とを取った, ついた日和下駄を片手, ついた日常生活のこと, ついた日本人の一, ついた日本座敷で日曜学校, ついた日本座敷みたいにこちんこちん, ついた日本海沿岸に出た, ついた日本軍の飛行機, ついた日蔭の石仏たち, ついた九月に, ついた旧式の室内帽, ついた駕四ツ手が, ついた早い話が, ついた昂奮もなく, ついた明りがまた, ついた明智はゆっくり, ついた明風建築だが, ついた星前立細鍬形の兜, ついた映像に見, ついた昨今の彼, ついた昨日の新聞, ついた時あまりのま, ついた時これを正そう, ついた時どこにもその, ついた時スミス少佐がふるえ, ついた時上り口には男下駄, ついた時丘の正面, ついた時佃さんがあなた, ついた時何か商売, ついた時僕は言っ, ついた時先生は内ヶ崎君, ついた時分外はさらさら, ついた時分玄関はまだ, ついた時分空中から唸り, ついた時列車はごろ, ついた時刻になる, ついた時博士は社会, ついた時土手を一散, ついた時大正十三年正月これも朝鮮, ついた時家の者, ついた時富岡は, ついた時島村は少し, ついた時年よった悪魔, ついた時弁信の耳, ついた時接吻しに, ついた時方は, ついた時明智が尋ねた, ついた時時間はまだかなり, ついた時津田はさらに, ついた時無意識にあの, ついた時父の世阿弥, ついた時田宮はあとさき, ついた時番兵は驚い, ついた時真喜は大声, ついた時筏に組ん, ついた時自分達は何とも, ついた時誰言うと, ついた時警部は, ついた時豹一ははっと, ついた時赤ン坊は死ん, ついた時間厳守の習慣, ついた時風が出た, ついた時餘りに, ついた晩近所のうすぎたない, ついた晴紅色の斑, ついたにはさだめし, ついたさで, ついた暖かい外套を, ついた暗号帳を私, ついたなぞが貼付, ついた更紗の上着, ついた書斎を空, ついた書物がめちゃくちゃ, ついた書生の返事, ついた書留郵便が届い, ついた書簡箋がところどころ, ついた曹操は帰還, ついた曾呂利のあと, ついた最も小型な, ついた最上等献立て酒, ついた最中らしい, ついた最大の特長, ついた最後はやっぱり, ついた有様を考え, ついた望遠鏡かこれ, ついた木扉が両方, ついた木製の西洋パイプ, ついた木造の家, ついた本屋の受取り, ついた本物のボール, ついた本箱がある, ついた本能なので, ついた朱塗り蒔絵の枕, ついたの葉枝, ついたを松さん, ついた机掛の上, ついた杉本も子供たち, ついた杉村はそこ, ついた杉田二等水兵はその, ついたはもとより, ついた条約とりかわしの, ついた東京の富裕階級, ついた東京ハイキング中の記事, ついた松富屋といふ木賃二十五銭, ついた松明獣油の雨, ついた松本は急い, ついたをあげ, ついた果物の箱, ついた枝折が挟ん, ついたに入れた, ついた枯れ葉を北風, ついた柄杓を添えた, ついた柔らかい半円形, ついたの立っ, ついた柱時計や掛額, ついた柳屋の店先, ついた柳行李や籐, ついたの葉, ついた柿色の肩衣みたい, ついた栗毛の馬の脚, ついた校正刷をと, ついた根もとから造作, ついた根本概念即ち範疇, ついた桃割をじっと, ついた桃色の肉襦袢, ついたの花びら, ついた桜姫の胴体, ついた梅三爺の瞳, ついた梟首を押, ついた梨地の印籠, ついた梨枝子の洋装, ついた棍棒だの長い, ついた棒みたいな物, ついた棕櫚の毛, ついたの下, ついた植民地的収奪の生活, ついたの葉, ついた椶櫚箒を使, ついた椿事です, ついたのお, ついたを腕, ついたの類, ついた槍まつ青に錆びた, ついた標柱を見よう, ついた標章を持っ, ついた標題は小歌, ついた権助は麩, ついたの三色旗, ついた横須賀の方, ついた横顔を見せ, ついた樺色なやつ, ついたがかかつて, ついた橋廊がかかっ, ついた機会をとらえ, ついた機械がおい, ついた機械人間が相, ついたを握っ, ついたの実生, ついた欄干の眼, ついた欄間のガラス, ついたの角, ついた欠点は言っ, ついたの朝, ついた次男どのには飛, ついた次第です, ついた欧州航路の優秀船, ついたはよく, ついた八角形という, ついた武芸について世間, ついた歴史的なもの, ついた死神とメス狐, ついた母親の浴衣, ついたを人さし指, ついた毛だらけの腹, ついた毛糸屑を手早く, ついた気儘頭巾ではない, ついた気圧計に眺め入った, ついた水夫帽をだらり, ついた水灯のよう, ついた水着からは滾れる, ついた水色の紋付, ついたを取り除いた, ついた汗取りを下, ついた汗拭を垂げ, ついた汚なさだ, ついた汚点として厭, ついた汚穢は堪らなかった, ついた江戸の便船, ついた江戸城の礎, ついた汪洋たる水, ついたの先, ついた河口のイシカリ, ついた油タンクは火勢, ついた油燈が出, ついた油障子の蔭, ついただ, ついた泥土をはらっ, ついた泥地が洲, ついた泥臭がきれい, ついた泰軒も乗りだす, ついた洋傘と路, ついた洋服姿でそこで, ついた洋服紳士はオーバー, ついた洋盃を下, ついた洋装の娘, ついた洗面台が一つ, ついたをそこら, ついた津田は腹の中, ついた派出な色, ついた流行型のパラソル, ついた黄いろの, ついた浜縮緬の単, ついたのあと, ついた海女を兵部, ついた海水着からはハッキリ, ついた涎掛がつけ, ついた淡い水色の, ついた淡赤い泥に, ついた深い急勾配, ついた深夜の教室, ついた深紅色の錦, ついた混凝土の小さな, ついた清正公の此処, ついた清潔な上布, ついた清澄の茂太郎, ついた渋い好いメリンスの, ついた渡り鳥の本拠, ついた温気の世界, ついただと, ついた湯帷子を出し, ついた湯本へでも行, ついた湯殿であること, ついた湯飲茶碗を持っ, ついた湾入かそう, ついた満員電車が僕, ついた満足で私, ついた源十はジュン, ついた源氏を女, ついた溜息と共に追, ついた滑り車で吊りあげられました, ついた漁船をもっ, ついた漂流者に譬, ついた演壇の方, ついた漱石の姿, ついた潮水がぽたぽた, ついた濃い茶色の毛織, ついた濃紺の短, ついた火焔菜も, ついた火種を入れ, ついた火縄と種子島銃, ついた火鉢を引きはなした, ついたもこの, ついた灯火をつけ, ついたを叩き落とし, ついた災いを其, ついた炊事場でポンプ, ついた炭俵を投げつけ, ついた炭団は壊れたぎり, ついたが三匹, ついた無数の獣, ついた無縁帽をかぶっ, ついた麺麭が, ついた焼肉がころがっ, ついた煎餅を音無, ついたやいろいろ, ついた煙草工場がしきりに, ついた煤だらけの格子戸造り, ついた照明の下, ついた照明燈が道, ついた煩悶をし, ついたは剥いた, ついた燃えさしの木切れ, ついた燈光に迎えられた, ついた燈火を置い, ついた燐寸の軸木, ついた燭台に一本, ついた燭臺に照らし, ついた爆彈を背負つて, ついたうす紅, ついた爪さきの平たい, ついた父親は子供ら, ついたは夜具包み, ついた片手で押え, ついた牛蒡を洗っ, ついた牛酪をそのまま, ついた物々しい寝台が, ついた物体のよう, ついた物音は神馬, ついたみたやう, ついた犬みたいに狂暴, ついた犬同然珠を頂いた, ついたに裾模様, ついた狭い汚い間で, ついた猪苗代湖の面, ついた玄人のそれ, ついた玄心斎雪のよう, ついた玉太郎は夢, ついたの後, ついた王家の紋章, ついた玩具であったという, ついた玻璃であった, ついたらしいもの, ついた珍しいものであった, ついたを女, ついた現代はかかる, ついたにも人情, ついた理由は鼻腔膜炎, ついた瓦屋根や大陸風, ついた瓦葺の屋根, ついた生業を営まず, ついた生活の技術, ついた用意はあつ, ついた田代に小倉, ついた田地なども荒れる, ついた田畑が多く, ついた田舍廻りの撃劍遣, ついたで珍しく, ついた由今日御送り, ついたを戴き, ついた甲州方の者, ついた男達は私, ついたの塗屋, ついた町名の書かれた, ついた画面から漂っ, ついた畔道に打, ついた留金でとめ, ついたを下げ, ついた番兵もわずか, ついた番士一統と源助町, ついた番小屋があっ, ついた畫題は水車, ついたった世界, ついた異人の船, ついた異様な人影, ついたの上, ついた疲労の表情, ついた病人の肉體, ついた病室が待っ, ついた病気前の若, ついたまでつい, ついた痕跡があたかも, ついた痛いことばに, ついたを吐きます, ついた痰壺の穴, ついた癈兵が一人, ついた発想法というもの, ついた発明はこれ, ついた登山服姿であり靴, ついた白々しさに, ついた白塗り両開きの大, ついた白壁とを突, ついた白木槿が根, ついた白綾子なぞに比べる, ついた白足袋を脱い, ついた白髪の老人, ついた白髪頭の腰, ついた白鳥の母, ついた百合子さんだ, ついた百姓の衣, ついた百数十人の選手, ついた皇子のよう, ついた皮張りで叩い, ついた皮肉で頓智, ついた皮膚が気味, ついたや洋燈, ついたを細い, ついた直後軍部の天津会議, ついた相違はと言え, ついた省線のガラス窓, ついた眞矢がズブリ, ついた向うの, ついた真ちゅうの香炉, ついた真中だけがいびつ, ついた真新しい湯沸を, ついた真珠のよう, ついた真紅の水浴着, ついた真青な翅, ついた真黒のシャツ, ついた真黒い四角な, ついた眼生気と血色, ついた眼鏡越しに眺め, ついたの長い, ついた瞬間に釣台, ついた瞬間目の前, ついた瞬間素子は男, ついた知らせです出発, ついたかい白い, ついた短い少女服の, ついた短刀をあの, ついた短刀数々の贓品, ついた短靴をはい, ついた短靴みたいなスリッパ, ついた石下の町, ついた石井鶴三の宮本武蔵, ついた石榴の梢, ついた石欄がある, ついた石灯籠ばかりお, ついた石燈籠などは未だに, ついた石碑がまめ, ついた石苔が損, ついた石造りのりっぱ, ついた石鹸の氣味惡さ, ついた石鹸バコライオンはみがき, ついた砂ほこりを叩い, ついた砂利の小径, ついた砂時計が備えられ, ついた砂糖の袋, ついた硝子の破片, ついた硝子障子はことごとく, ついた硝酸がご用, ついた硯箱だよ, ついた磁石を取出し, ついた磨硝子の引戸, ついた礼拝堂礼拝堂の壁, ついた社交辞令でとにかく, ついた社会の前進, ついた神経などなく, ついた神經や疲勞, ついたとを取りおろした, ついたが塊, ついた種々の髪, ついた種子はやはり, ついた稲それにさし通った, ついた積りだ, ついたから消えた, ついた穴山の残党, ついた穹窿形の門, ついた空馬車にアチミアーノフ, ついた突堤のそば, ついた窓硝子にまっ青, ついたの火, ついた之助, ついたの方, ついた竹づつからほそい煙がす, ついた竹籠に何, ついた竿の勢い, ついたを背負っ, ついた笑いが急, ついたで第, ついた第一歩に負傷者, ついた笹村は毎日, ついたっぽを, ついた筒井の智慧, ついた箇所は余人, ついた箱みたいなタキシ, ついた箱入の餌, ついた箱棚があっ, ついたを切る, ついた簑虫であった, ついた簡素な旅行, ついたを指した, ついたの粉, ついた米友は森, ついたを払い, ついた粉ひき車がその, ついた粒皮の大きい, ついた硬な, ついた粗朶垣の中, ついた糸屑を丹念, ついた紅い蕾が, ついた紅白の布, ついた紅色の顔, ついた紋羽二重の長襦袢, ついた納簾の紐, ついた紙屑入れをつくり, ついた紙巻煙草があった, ついた紙幣をつかった, ついた紙風船がもう, ついた素人としてのマックリーシュ, ついた素晴らしい馬車を, ついた素燒の菓子皿, ついた素袍を着, ついた紫びろうどの鞍被い, ついた紫ビロードのマント, ついた紫蘇までが, ついた細々したもの, ついた細かい物を, ついた細ひもでその, ついた細君の振り袖, ついた細工物をし, ついた細身の匕首, ついた細長い尖つた円莢, ついたのワンピース, ついた紺飛白の單衣, ついた経済窮乏から生じる, ついた結果兄さんや嫂さん, ついた給仕と低い, ついた給仕服で小使部屋, ついた給料を家, ついた絨毯のしかれた, ついたや婦人, ついた絵日傘が浮かぶ, ついた絵本を送っ, ついた絵紙をはつ, ついた絹地の紐, ついた絹服を着た, ついた絹糸を編み込ん, ついたの羽織, ついた經帷巾が二枚, ついた經籍志であるが, ついた継母はわざと, ついた継竿などを用意, ついた綺麗なもの, ついた緋ビロードの服, ついた緋縮緬の長襦袢, ついた緋色の洋装, ついた総領事の自動車, ついたを作る, ついた線香をもたせ, ついた緞子の古, ついた緞子張りの長椅子, ついた緩やかな廻転式, ついたなしの, ついた縁側へ出た, ついた縁者といっ, ついたの重み, ついた罪ほろぼしをした, ついただよ, ついた羅紗の防寒帽, ついた羅馬鼻というよう, ついたが丸い, ついた羊かん持って, ついた美人の祖母, ついた美貌は彼女, ついた義昭は万端信長, ついた義男の方, ついた義龍に討たるる, ついた羽二重の素袷, ついた羽子とをお前, ついた羽目の白壁, ついたる朝, ついた翌日だったか, ついた翌日尾崎士郎の奥さん, ついた翌日私にも直ぐ, ついた翌朝のこと, ついた習字帖のこと, ついた習慣がある, ついた梅の, ついた老人義足の少年, ついた老婆は足, ついた考えではまだ, ついた者たちを見る, ついた者童顔の翁, ついた者足に鎖, ついた聖者像が一つ, ついた職業に従事, ついた肉塊であった, ついた肉色のシャツ一枚, ついた肩粗暴でゐ, ついた肩衣が虫喰, ついた肱掛け椅子が並び, ついたの高い, ついたの廻り, ついた胴抜の媚, ついた胸当をし, ついた胸衣を着, ついた脱衣戸棚と天井裏, ついた腐れ縁燃え盛る噂, ついたを火鉢, ついたの疼, ついた腰かけと天井, ついた腰巻きをつくね, ついた腰高窓に改造, ついた腹掛から鬣, ついた腹掛けから鬣, ついた腿長靴を穿き, ついた膚襦袢がからみつい, ついた膝当てはもう, ついたでも構はず, ついた臆病連中ばかりであった, ついた臨時の客, ついた自作の小説, ついた自信はある, ついた興味からでなく, ついた舞台の上, ついた舟宿から出し, ついた舶来らしいもの, ついた船印の旗, ついた船員帽黒い縁とり, ついた船舶に乗船, ついた船長の紳士姿, ついたの皮, ついた芝居をやった, ついた芥川の居どころ, ついた花床は美しかっ, ついた花櫛も, ついた花環をつけ, ついた花車な左手, ついた芳香を風, ついたを松次郎, ついた芸娼妓に違い, ついた芸術のはなつ, ついた苗字が二つ, ついた鶏の, ついた苦しい花片は, ついたの中, ついたのコップ, ついた草土手の反射, ついた草花を一本, ついた荒い麦稈帽です, ついた荒武者との別れ, ついた荒縄がギリギリ, ついたなど引きとれねえ, ついた荷橇の跡, ついた荷物を持っ, ついた荷馬車に座布團, ついたの手提げ, ついた菅笠であった, ついた菊桐の御, ついた菊池半助, ついた菜っぱを妙, ついた菜っ葉をさげた, ついた菜葉服の上, ついた華やかな壇, ついた落ちつきで靡い, ついた葡萄畑で素敵, ついたの鬘, ついた蒲公英に出逢った, ついた蒲団が昼, ついたをとっ, ついた明りの, ついた薄い白いレースか, ついた薄っぺらな本, ついた薄暗い饂飩屋であった, ついた薄毛の円髷, ついた薔薇根のシガアレット・ホルダー, ついた薩摩上布に銀鼠色, ついた薩摩芋で, ついた薬品棚がずつと壁, ついた薬師寺には東洋美術, ついた薬瓶を持つ, ついた薬莢さえあれ, ついた藁屋根の下, ついた藍色な礼服, ついた藍鼠の縞小紋, ついた藝ごとの味, ついたは枝, ついた藤紫の羽織, ついた藥鑵には飴色, ついた虎虎年ですから, ついたへ, ついたをとつ, ついたをとる, ついたを振い落す, ついたを取っ, ついた蛾次郎はいたい, ついた蜘蛛のよう, ついた蜻蛉の頭, ついた蝋山教授はこの, ついた融通の利かない, ついた蟋蟀がそこ, ついた行儀のよ, ついた行李の上, ついた行燈を取っ, ついたでは氷, ついた衣服で小柄, ついた衣類や紛失, ついたの廣間, ついた表玄関の手前, ついた表現とでもいひたい, ついた表現法であること, ついた表紙のや三角帽, ついたを振っ, ついた袋戸棚のやう, ついたを着, ついた装飾にすら僕, ついたなぞはすっかり, ついた裏宿の七兵衛, ついた裏庭の古, ついた裳裾がみえた, ついたの背中, ついたのつぼんだ, ついた褐色の着物, ついた褐色小帽子に目, ついたの低い, ついた襯衣を着た, ついた西洋臭い化粧台, ついた西洋人が近々, ついた西洋人蔘を咥, ついた西洋紙を逆, ついた西洋蝋燭の行灯, ついた西洋間に黒塗, ついた西洋風の抽斗台, ついた西瓜の皮, ついた見附のすり鐘, ついた親戚の家, ついた角頭巾でもなけれ, ついた角髪で反, ついた言葉をはく, ついた記事をよむ, ついた訛りのある, ついたりで新居, ついた診察着が這入っ, ついた誇りと恐怖, ついた語句をいか, ついた誤植をただす, ついた説明も其, ついた読者の範囲, ついたもが勧める, ついた課題を引き出し, ついた論理という形式, ついた諭吉は桶屋町, ついた謡本になじみ, ついた譜代の臣, ついた警備第六潜水艦隊, ついた警官の帽子, ついた警察の雌犬め, ついた議院の議事課, ついた豊太郎にもおきよ, ついた豚みたいだ, ついた豪州とアフリカ南部, ついた貞世は飯, ついた貧弱なの, ついた貨幣を我々, ついた貨車の軋り, ついた貴い琴とを, ついた貴方はどうか, ついた買い手は破談, ついた買手がこつ, ついた賑やかな握手, ついた質素なカフターン, ついたと黒, ついた赤児のやう, ついた赤壁の十畳, ついた赤橋守時の実弟, ついた赤煉瓦の塔, ついた赤貝を採る, ついた赤門をくぐれ, ついた足がかりをのっしのっし, ついた足どりでその, ついた足一っぱい, ついた足袋のあった, ついた足音を忍びやか, ついたがある, ついた跛者の武士, ついた跛行者に向かっ, ついたは崖上, ついた身体を受止め, ついた身体全体はまるで, ついた身分相応な杖, ついた身裝りを, ついた車めはがたがた, ついた車室にいる, ついた車輛を列車, ついた軍刀をさげた, ついた軍士を召集め, ついた軍靴を発見, ついた軒下の露台, ついた軟かな土, ついたからふと, ついた騎兵の, ついたにそんな, ついたが二つ, ついた輿は四十人, ついた辨慶橋で一, ついた農家は母屋, ついた辻斬の人, ついた途方もない, ついた通い索を船, ついた通行人の幾人, ついた造作と見, ついた連中が驚い, ついた連名の昼鳶, ついた遊びのよう, ついた運搬機がいまだかつて, ついた運転手帽をかぶっ, ついた道庵の袖, ついた道者笠は月, ついた道路標識を越し, ついた違い棚がある, ついた適切な警告, ついた適当な箱, ついた遮光硝子がつけられ, ついた邪神の像, ついたに向つた垣根, ついた郊外の住宅地, ついた部落内に団結, ついた都会を愛する, ついた酒計器ですぐ, ついただった, ついたさう, ついた重ね箱が積ん, ついた重吉は十三年前ひろ子, ついた野性の浅はか, ついた野良犬のよう, ついた野郎を憎い, ついた野郎どもがよく, ついたを急, ついた金具の掃除, ついた金冠や金, ついた金口煙草の小, ついた金屏風で極彩色, ついた金時計とスカーフ, ついた金槌をもっ, ついた金碧さんらんたる壁画, ついた金羽根が長押, ついた金髪娘が日本娘, ついたが咽喉, ついた針金の柵, ついた釣針を乗せ, ついた釣鐘が千斤, ついた鉄格子にし, ついた鉄棒か斧, ついた鉄火の勘次, ついた鉄球をつかん, ついた鉄瓶だ, ついた鉋屑なぞを卷い, ついたのもつ, ついた鉛筆はころがっ, ついた鉢ヶ峰寺の鐘, ついた鉱物でも見る, ついた銀時計金貨で五ソヴリン, ついた銀鼠のきっちり, ついたを股, ついた銘仙の丹前, ついたを出し, ついたでおなじ, ついたのよう, ついたは非常, ついた錠前ばかりぎっしり, ついたの御, ついた錨正宗というふしぎ, ついた鍛冶屋である, ついた鍵裂の傷, ついた鐘巻自斎, ついた長い赤いマントを, ついた長めの皮, ついた長屋のあった, ついた長州兵に過, ついた長方形の浅い, ついた長竿でいちいち, ついた長靴でいつも, ついた門地の高, ついたにちら, ついた間隙との声, ついた防毒マスクを被っ, ついた阿波守はそこ, ついた降伏なの, ついた限りでいへ, ついた陣太鼓のよう, ついた陣幕がめぐらし, ついた陣羽織があった, ついたのまわり, ついた陶器のこと, ついた陶器製の洋盃, ついたの方, ついた階級的抵抗力をもつ, ついたもない, ついた際窮して, ついた障子の中, ついた隠居は衆, ついたが案山子, ついた雌犬のよう, ついた雌馬の樣, ついた雑草の根, ついたに早く, ついた雜誌なぞを讀む, ついた雨戸を閉め切ったら, ついた雪道を辿っ, ついた雰囲気を顔, ついたはすぐ, ついた電柱で, ついた電気はもうとう, ついた電灯の下, ついた電車が小さくのろく, ついた霊帝はまだ, ついた霊魂を放さない, ついたのよう, ついた露台に出られた, ついた青大将だと, ついた青木が一本, ついた青札を手, ついた青漆つづらが三つ, ついた青白い顔を, ついた青磁のかめ, ついた青葉のした, ついた青銭を掌, ついた静かな六畳, ついた人間な, ついた靴プロテクターすねあて, ついた靴下の踵, ついた鞄一つさげた留吉, ついたを振りまわし, ついたの頭, ついた頃佛壇が開く, ついた頃名誉大使に進級, ついた頃家に歸つて來, ついた頃親爺は貧乏官吏, ついたに二十二日, ついた順序に書き附け, ついたを緊張, ついた頬杖で, ついた頭巾帽をかぶっ, ついた頸根っこを見せ, ついた頸脚が美しい, ついた頸飾りに手, ついた額入りの写真, ついた額縁にはいってる, ついたや頑丈, ついたは茶店, ついた顔容でしばらく, ついた顔掩ひを, ついた顔掩いをし, ついた顔皮をびっしょり, ついた顕家はそこ, ついた風俗と華奢, ついた風呂敷で顔, ついた風情よりも折々, ついた風船玉が持たせ, ついた食卓に待つ, ついた食器洗ひ髮洗, ついた食堂のドア, ついたを買う, ついたをつけ, ついた飾りピンをとり, ついた餅芝の太, ついたが落ちる, ついた首かざりに見とれました, ついた首筋がいやらしく, ついた首飾りをつける, ついた香ひなら墓場まで持つ, ついた香水のにほひ, ついたの本, ついた馬みたいに荷馬車, ついた馬乗提灯を下げ, ついた馬勒を用意, ついた馬子は食, ついた馮習の陣, ついたの構内, ついた駒井甚三郎はやがて, ついた騷ぎでした, ついた驃騎兵服が苦労, ついた驚きを味わわず, ついた高坏といふよう, ついた高杯で微塵, ついた高橋健二その他の人々, ついた高麗村の次郎, ついたの頭, ついた魔法の上着, ついたの歯跡, ついただったの, ついたのかたち, ついたのやう, ついた鯨鞭を持った, ついた鱚鈎だったん, ついたの糞, ついた鳥さしの老人, ついた鳥の子紙の証書, ついた鵜殿新一も呑気, ついたはひとまとめ, ついた鹽鰤の味, ついた鹿の骨, ついた鹿爪らしくも, ついた麦束を片手, ついた麦畑桑畑そこに六百年, ついた麦藁を鎌, ついた麦藁編みの小さな, ついたの手巾, ついた麻綱をまず, ついた黄木綿の財布, ついた黄色い財布は, ついたをどう, ついた黒ごまと鼻汁, ついた黒ずくめの姿, ついた黒っぽい外套を, ついた黒っぽい重たそうな, ついた黒チョッキ黒上衣といういで, ついた黒吉は上ずった, ついた黒塗の須彌壇, ついた黒板塀で囲われ, ついた黒檀の杖, ついた黒革の長靴, ついた黒鳥毛の鎗, ついた鼈甲の簪, ついた鼓動がとまらなかつた, ついた鼠とりを知らず, ついた鼠色の制服, ついたを指し, ついた鼻筋にきかぬ