青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「つい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ぢ ぢ~ ~っ っ~ っきり~ ~った った~ ~つ つ~ ~つい
つい~
~ついた ついた~ ~ついで ついで~ ~ついに ついに~ つかっ~ ~つかない つかない~ ~つかぬ

「つい~」 23016, 249ppm, 383位

▼ つい~ (14086, 61.2%)

792 いた 702 いる 385 いて 380 いるの 187 来た 148 いたの 132 来て 128 ゐる 118 います 115 ゐた 112 いました 100 みると 89 いった 82 いたが, きた 81 いると 79 いるん 78 きて 76 いるので, 来る 74 いるよう, しまった 65 ゐるの 63 くる, 見ると 58 いるから 54 來た, 居る 53 いること 49 いるが, いるもの 48 いない, ゐて 46 いないの 42 行つた 41 いきました, いって, いなかった 40 である 39 来るの 38 歩いて 37 来い 35 おります, 来たの 32 しまって, 出て 31 ゆく 30 きました, くるの, 出た 29 いるところ 27 いたので, しまったの 26 いれば, きな 25 ゐます 24 いるという 23 いるだけ 22 ゐたの 21 おいで, 来ました 20 來る, 頭を 19 いるじゃ 18 いたから, くるよう, 居た 17 いますから, それを, ゆくと, ゐるので 16 いたと, いたもの, いますよ, きたの, しまう, 来たが 15 いたという, いたり, いるのに, いるはず, いる人, であった, ゐると, ゐるん, 居るの, 自分の 14 いきます, いないので, いるか, いるし, いるばかり, おりました, お辞儀を, しまいました, ゐたが, ゐました 13 いるわけ, こい, 言った 12 いたん, いないよう, いましたが, いるらしい, しまつ, ゆきました, ゐること, 廻って, 来るもの 11 いたこと, いないこと, いながら, いなければ, いますが, いる時, であります, ゐるから, ゐるやう, 來て 10 いても, いる筈, きなよ, くるが, では, 来ます, 来ると, 眼を 9 いるその, いるよ, いる大きな, いろ, それが, ゐない, 私は, 見て, 顔を, 首を

8 [13件] いません, いる女, いる限り, しまふ, みれば, ゆくの, ゐても, ゐないの, ゐれば, 出る, 来いと, 来たまえ, 歩いた

7 [27件] いたところ, いたよう, いますか, いますね, いませんでした, いるかも, いるきり, いるぞ, いるでは, いるとき, いるに, いるのよ, いる小さい, くること, しまうの, そこから, そこに, ゆくこと, ゐたから, 居りました, 居ります, 廻った, 彼は, 来たこと, 来るよう, 歩く, 立って

6 [32件] あたりを, いく, いくの, いくよ, いたか, いたし, いた者, いた血, いったこと, いないが, いないと, いなかったの, いるそう, いるだけの, いるでしょう, いるとは, いる棒, いる男, いる者, いる黒い, おりますから, だ, であって, ゐるか, ゐるもの, 云った, 何か, 参れ, 来たもの, 来たん, 来ること, 行けない

5 [59件] いいました, いくこと, いくと, いたため, いないじゃ, いないで, いないという, いないところ, いらっしゃい, いらっしゃるん, いるせい, いるわ, いる小さな, いる彼, いる様子, いる窓, いる鉄, いる鏡, おいでに, おりません, おる, おれば, きたまえ, きたん, きます, くるので, しまうと, しまったん, たくさんの, みて, ゆきながら, ゐたり, ゐなかつた, ゐるのに, ゐる自分, 出ました, 出ると, 参りました, 参ります, 居たが, 居るから, 居るが, 彼の, 彼を, 御辞儀, 手を, 挨拶した, 来いという, 来たので, 来や, 来るか, 来るから, 来るが, 来れば, 熱心に, 目を, 言つた, 身を, 身体を

4 [76件] あやまった, あやまって, いきますと, いたそう, いたに, いったが, いつた, いては, いないもの, いるうち, いるかと, いるこの, いるだろう, いるスイッチ, いる人たち, いる以上, いる奴, いる家, いる扉, いる方, いる泥, いる部分, いる部屋, いる間, おるから, お礼を, きながら, くると, くるもの, くるよ, くるん, ぐつたりした, ござれ, しまいそう, しまふの, それで, それに, まいります, ますよ, みますと, ゐたもの, ゐたん, ゐなければ, ゐません, ゐるが, ゐる事, 一同に, 一秒ごとに, 來い, 出ずとも, 出たの, 出るの, 女の, 居りません, 居ると, 左の, 息を, 掌で, 来たよう, 来なさい, 来るに, 来るん, 歩くこと, 涙を, 煙草を, 申しました, 礼を, 私に, 私を, 腰を, 見ても, 見れば, 走りました, 遊んで, 離れない, 離れなかった

3 [153件] あたりが, あるの, いくだけ, いくより, いさえ, いそう, いたけれど, いたでしょう, いたとき, いたはず, いたよ, いた人, いた人々, いた手, いた時, いっても, いつて, いてね, いないはず, いないん, いなかったん, いねえん, いましたから, いますし, いますと, いるお, いるかの, いるくらい, いるけれど, いるけれども, いるため, いるとおり, いるとか, いるやつ, いるベル, いる一つ, いる上, いる二人, いる小, いる小刀, いる急, いる玉, いる白い, いる竹, いる自分, いる草, いる釦, いる門, いる電燈, いる顔, いる高声器, おりましたので, おりますよ, おるの, きたこと, きたので, きた蠅, きましたが, くるか, くるに, くるやう, くれ, くれた, こなたへ, しまひました, そこへ, そのま, それから両手, ぢつと, でありますが, ほっとした, ぼんやりと, ゆきますと, ゆくぞへ, ゐたので, ゐなかつたので, ゐながら, ゐるけれども, ゐるとは, ゐる例, 丁寧に, 下の, 了いました, 了う, 人の, 体を, 俯向い, 傍の, 僕は, 参りますと, 又語り出した, 叫んだ, 坐って, 壁の, 家の, 家へ, 居て, 居ました, 居ます, 居りましたが, 居るので, 居るもの, 居れば, 平伏した, 廻つた, 廻つてゐる, 廻る, 往来の, 思案に, 急いで, 急に, 恭, 悠々と, 来たと, 来たり, 来た母, 来ちゃ, 来ては, 来ても, 来ないの, 来ようと, 来るので, 椅子の, 歩きながら, 独り語りが, 獨り, 玄関まで, 畳の, 私の, 穴の, 空を, 考えこんで, 聞いて, 肩で, 肩を, 膝を, 蒲団の, 血が, 行けないの, 行つても, 見える, 見たり, 見ますと, 言うの, 走った, 長火鉢の, 障子を, 離れがたなき, 離れないの, 静かに, 額を, 魚を, 黙って

2 [503件 抜粋] あはて, あべこべに, あやまれ, ありがとうございます, あるいて, ある面, いう, いかなければ, いきながら, いくでしょう, いくよう, いけば, いたかも, いたけれども, いたこの, いたそして, いたその, いたなどと, いたのに, いた一人, いた事が, いた元田, いた写真, いた剣, いた場合, いた大きな, いた奴, いた所, いた未詳, いた私, いた筈, いた膝, いた自分, いた血痕, いた跡, いた通信士, いた釦, いた電燈, いったでは, いったもの, いったり, いつまでも, いないかと, いないから, いないでしょう, いないとき, いないのみか, いないよ, いないらしい, いない一間, いない有様, いない煙草, いない真暗, いない筈, いない限り, いなかったかい, いなかったが, いましたか, いましたので, いましたよ, いますからね, いますけれど, いますぜ, いますもの, いらあ, いらつし, いるあいだ, いるからと, いるからには, いるかを, いるころ, いるぜ, いるそれ, いるだろうか, いるつもり, いるでしょうから, いるといった, いるとの, いるとも, いるなんて, いるね, いるほう, いるほか, いるもう, いるらしいが, いるらしいと, いるらしいの, いるんで, いるテーブル, いるドア, いるハンケチ, いるボタン, いる一株, いる下, いる人々, いる人物, いる人間, いる伸子, いる例, いる八重洲, いる化粧台, いる名, いる壁, いる夢, いる姿, いる巨大, いる帽子, いる店, いる形, いる成熟, いる戸, いる戸棚, いる所, いる手, いる新, いる時計, いる杖, いる枝, いる水, いる灯, いる父親, いる状態, いる真鍮, いる素子, いる細引, いる聴衆, いる葉, いる蓋, いる蜂谷, いる血, いる谷, いる赤い, いる金色, いる針, いる銀, いる銀色, いる鎖, いる長い, いる階段, いる障子, いる電灯, いる額, いる風, いる風景, いる首, いる馬, うつらうつらと, おじぎを, おまけに, おりその, おりながら, おりましたが, おりまして, おりましょう, おりますが, おりまする, おりまた, おり他, おるが, おること, おると, お互いに, お叩頭, お部屋様, お願い申します, かう考へた, きいて, きた少女, くるから, くるじゃ, くるところ, くるとともに, くる人, くれたまえ, くれば, くれません, くれると, くれるの, くわ, ぐったりした, こいという, こう言った, ここで, こちらへ, こない, こないか, こないの, ごまかしながら, ごろりと横, しばらくそら, しまいまして, しまいましょう, しまいますと, しまえば, しまったでは, しまったと, しまったので, しまったもの, しまつて, しまふと, ぜんまいが, そこの, そつと, そのうつくしい, その上, その中, その人, その場, その男, それに何だか, それは, であるが, であるならば, でございますが, ですら, どこか, なにか, はっと思いました, ひとりごとを, ひどいわ, ほかに, ほとばしる, ほんた, ほんとうに, ぼんやりし, ぼんやり前方, ぼんやり書物, ぼんやり窓, まいりましたが, まいりまして, まえが, ます, ますから, また次, また話し出した, まもなくその, まるでそれ, みせる, みた, みたが, みたところ, みた後, みても, みるとき, もう二度と致し, やって, やつた, やるから, ゆきます, ゆきますよ, ゆくうち, ゆくその, ゆくばかり, ゆくよう, ゆくより, ゆくん, ゆく事, ゆけない, ゆけないん, わたしに, わたしは, わるかった, ゐさ, ゐたからね, ゐたこと, ゐたし, ゐないから, ゐないけれども, ゐないと, ゐなかつたと, ゐねえの, ゐますね, ゐますよ, ゐるお, ゐるこの, ゐるこれ, ゐるそして, ゐるため, ゐるだらう, ゐるだらうが, ゐるでは, ゐるところ, ゐる上, ゐる人, ゐる時, ゐる机, ゐる道, んだ, ウンと, グッと, ジッと, ツイ涙に, ベッドの, ペンを, 一つの, 一人の, 一生は, 一週間も, 丁度鼓, 三人の, 上がると, 上った, 上体を, 下から, 下さい, 両手で, 了った, 二三人の, 人が, 今度は, 伸上っ, 低く答, 來ました, 俯向いた, 僕の, 先刻の, 入って, 入口に, 全身を, 冷酷に, 出たが, 出でました, 出ようと, 出る吐息, 出来たもの, 出現した, 到頭めそめそ泣き出し, 動かないの, 参りましたよう, 参ります捨鉢, 參ります, 右の, 右手で, 同じよう, 呆気に, 喜んで, 壁に, 声を, 外に, 大声に, 大汗, 太夫様と, 奥の, 安心し, 安心しなけれ, 宙を, 宙返りを, 実はおれ達, 室内を, 寂と, 寝返りを, 尋ねた, 少しも, 居たの, 居た爪先, 居ない, 居なかつた, 居なければ, 居ましたよ, 居や, 居りますから, 居ること, 居るところ, 居るやう, 居るん, 居る様, 居る煙草, 居る雪, 居汚く, 山の, 巧妙に, 帰った, 帰途に, 平伏して, 廻るから, 廻るの, 廻るもの, 廻るよう, 彼女の, 彼女は, 往った, 待って, 後には, 御叩頭, 息づかいが, 悲しそう, 感心した, 戸が, 手に, 挨拶を, 掌に, 控えて, 昨日まで, 机上に, 来い来い, 来たあの, 来たか, 来たから, 来たところ, 来たよ, 来た侍, 来た宇治山田, 来た者, 来な, 来ない, 来ないで, 来なかつた, 来ましたよ, 来ますね, 来ますよ, 来られては, 来るかを, 来るだけ, 来るだけの, 来るだろう, 来るという, 来るな, 来る人達, 来る様子, 来る気, 来る気配, 来る者, 来る高城, 来給え, 棒杭の, 次の, 次男坊の, 歌申し, 死んで, 殺して, 母親に, 気を, 水平線の, 泣いて, 流れて, 父が, 片手を, 男の, 町の, 畳に, 登って, 盃を, 盛んに, 目で, 眼が, 眼の, 瞬間に, 石の, 碌な, 穴からよ, 窓を, 立ちあがった, 笛を, 笠を, 美女が, 習つたと, 考え込んで, 聞きました, 腹這いに, 自分に, 花が, 若い頃, 荷を, 行きその, 行きたかったの, 行け, 行けなかったの, 行けなくなって, 行つ, 行つてし, 表の, 見せた, 見送って, 言いました, 言つてた, 謝った, 謝れ, 謝罪らね, 走って, 身うちが, 遊ぶの, 道庵の, 部屋の, 銀の, 開けた襖, 降りて, 階段を, 離れぬ現, 雪に, 雲形の, 靜かに, 面を, 頬の, 頬を, 額の, 顔も, 飯に, 驚くところ, 驚く女房, 黄金の

1 [4958件 抜粋] あいた寝台, あしたの, あちらの, あの根, あやまるから, あるいた, ある日, いいかと, いかれます, いくだろう, いく警官たち, いず, いたあるかないかの, いたかった, いたつい, いたね, いたらどこ, いたわ, いたステッキ, いた三千夫少年, いた二, いた侍女達, いた匂い, いた堀, いた宿, いた左右, いた朱柄, いた男, いた糸, いた聖書, いた蝋燭, いた通り, いた電灯, いったお, いった唯一, いつたの, いないし, いないなんて, いないガラ場, いない変, いない漢文, いない赤い, いなかったし, いなくっては, いねむって, いましたし, いますの, います時, いやがるからさ, いらいうだつ, いらっしゃるの, いられると, いるある, いるかがみで, いるからよ, いること等等, いるたくさん, いるつり皮, いるとばかり, いるにも, いるふくろ, いるみたい, いるらしい手応え, いるわよ, いるゴム管, いるバルコニー, いるヨーヨー位, いる一条, いる三階作り, いる久世喜善, いる井戸, いる作品, いる像, いる円い, いる別室, いる化物, いる古い, いる四人, いる埃, いる大型, いる妻, いる寄生虫, いる山松, いる床几, いる彫刻, いる怖い, いる手足, いる揚子江航行, いる星章, いる李儒, いる椅子, いる死んだよう, いる水口, いる深水, いる焔形, いる牌, いる瓦斯, いる目盛盤, いる矢, いる確か, いる窓硝子, いる箸, いる紫色, いる美代子さん, いる膃肭獣, いる薄暗い, いる蚊, いる見られた図, いる護法, いる身, いる量, いる鉄砲, いる鏈, いる離れ, いる霊, いる顎, いる黄ろ, いればこそ, うしろを, うぬぼれも, えらい失敗, おきて, おった, おますか, おらぬだけ, おりこうした, おりましたそう, おりますし, おりやす, おり平たい, おるからだ, おろう, お前の, お歩きなさい, お詫, お願いした, かついで, かわされた, きたが, きたもん, きた上臈たち, きた原士たち, きた男, きた黒犬, きましたね, きれいだ, くださいと, くるかね, くるという, くるわけ, くる働く人, くる客, くる気力, くる靴音, くれねえじゃ, くろずんだ桐, こう云う, ここを, こないで, この六, この湯槽, こられると, こわいよう, ござる猿智慧, さっさと歩ん, さまざまな, しだいに弱, しぼつた弓を, しまうらしいね, しまったという, しまった蠅, しまひ稽古, しゃがんで, じっと横目, すぐ対局, ずんぐりした, そう呼び叫ぶ, そして淋びしそうな笑, そのなごり, その主人, その女, その毛むくじゃら, その葬式, それからあの, それから木, それで覆はれる, たかって, たとえば従三位文部卿, だと, ちょっと見る, つい手, であったが, でご, とたんに闘志, どうした, どつち, なか, ならなかった, にやりと笑った, のっそりと, はいのうを, ひかえて, ひと息いれる, びつくりした, ふっくらと, ふれるところ, ほぐれなかつた, ぼんやりあぐら, ぽつ, まえ一存, ます私, また小声, まっさかえ, まもなくです, みせた, みたり, むりやり薔薇, もう蛾次郎, もどして, やすで, やめました, やること, ゆかずごまかして, ゆき子の, ゆくので, ゆく娘さんたち, ゆく範囲, ゆこうと, よかった, らっしゃるかも, わたしを, ゐたぜ, ゐたら俺, ゐた方, ゐないたしかに, ゐない方, ゐなかつたら私, ゐるあそこ, ゐるその道, ゐるとでも, ゐるらしくからから, ゐる一寸ぐらゐの, ゐる吉野, ゐる子達, ゐる插繪, ゐる灯火, ゐる神祕, ゐる訣, ゐる音, イギリス字で, オイもう, コップを, ジロジロ青木, トロンと, バッと, フラ, ペルリ側で, マンを, ルミ子は, 一つに, 一寸むっとした, 一月寺の, 一緒に, 七処借, 三宅先生の, 上へ, 下った, 与之助は, 中中離れなかった, 乏しく枯, 了つた, 二つの, 二度と悪い, 云つた, 京都に, 仇敵の, 今悲劇, 仕舞った, 以来といふ, 休みながら, 伴藏と, 佐渡の, 何の, 余りのぞましく, 俛首れ, 候ぞ, 兄さんが, 入りました, 八月中旬過ぎには, 其処へ, 写真に, 出たことば, 出た言葉, 出ようとして, 出る擬物的, 出来てるの, 切符売場の, 到頭追いかえし, 助かった, 動かなん, 医者へ, 半分身を, 却ってよかっ, 又語りつづけた, 取出したの, 可愛らしい浦子, 名乗りかけた, 吹くだけ, 呼んだが, 喋りたくなりながら, 四つんばいに, 回るが, 土間に, 坐った, 埃及は, 変わり果てた旧, 外の, 夜も, 大きい息, 大勢で, 大番狂わせ, 夫人も, 女学校に, 娘へは, 孫兵衛は, 宜しくば, 宿の, 寝たころ, 対局し, 小声で, 少しく驚かされた, 居そう, 居た三人, 居ないの, 居らぬ, 居りましょうが, 居るけれども, 居るわし, 居る勝手元, 居る様子, 居ろうな, 山あいの, 岸べの, 工事場に, 帰そうより, 平伏しながら, 床には, 廊下に, 廻つて往々, 廻ると, 引, 当ズッポウ, 彼等の, 御座れ, 心ならずも原始生活, 思うよう, 恨めしそう, 愉快に, 懐中から, 戰地へ, 扉に, 手紙箱の, 拳まで, 振り返ると, 探して, 攀上る, 教えて, 敵の, 新橋演舞場の, 日本左衛門は, 早速には, 時々吾輩, 暫く押し黙っ, 書物を, 朝早く, 机の, 来い荷駄, 来たいよう, 来たその, 来たのよ, 来たらしかった, 来た久子, 来た加奈江, 来た安堵, 来た様, 来た美佐子, 来た順吉, 来ないという, 来にくい, 来ません, 来られるん, 来るぞと, 来るなら来て, 来る事実, 来る幾多, 来る群衆, 来給, 根の, 楊州小唄の, 横倒しに, 歌って, 正直な, 歩いてる人々, 歩くより, 歩み続けた, 殻を, 毛糸の, 永久に, 治療に, 泣きました唯々, 洟を, 消えては, 清澄の, 満足そうに, 炎天の, 煩って, 燃えさかるストオヴ, 片足ずつ, 献上の, 現われるの, 産屋の, 男ばかり, 留守居し, 疲れた足, 痛み入る次第, 白いひ, 百姓を, 直して, 真俯向け, 眺める, 石窖の, 神經衰弱なんか, 空虚極まる, 立ち上り尋問, 立上った, 竹槍鐵砲で, 簑の, 細かくせっせと, 綾の, 縁臺にごろん, 老人に, 考え込む, 肌寒い日, 能楽を, 膝頭で, 自害した, 舟の, 苔も, 茶碗やら, 落ちつかせようと, 蛇を, 血を, 行きたくなくなった, 行けないこと, 行けなくなった時, 行つたが, 行つて俺の, 衛生服や, 襲せかけ, 見える相馬, 見たいといふ, 見るべきであるが, 覗きこんだ, 言ったん, 試みに, 話しかけ, 誰へとも, 謝まるから, 謝罪せず, 賑やかに, 走りタキシ, 起きあがろうとして, 足に, 身の毛を, 転んだ, 近頃では, 追はれた, 逃げ出した, 通譯が, 遊んだ, 部屋が, 重さうに身, 釘勘も, 長い事, 門口を, 阪路にか, 隻手の, 離れなかつた, 雪景を, 静養し, 頬づえのままこんこん, 頼みたいところ, 頽れる, 飛び起きた金井一角, 食卓に, 馬屋では, 騙すつもり, 鬱ぎこんだ, 黄色い斑紋, 黙々たる水

▼ ついこの~ (238, 1.0%)

12 先の 9 頃の 8 あいだまで 7 頃まで 5 あいだまでは 4 近いところ 3 あひだ, 先に, 春に, 近所の, 頃

2 [14件] あいだの, あいだも, お話を, さきの, ひと月ほど, 上の, 下の, 四五日前まで, 夏の, 正月の, 近所に, 頃に, 頃までは, 頬の

1 [150件] あいだあんな, あいだお, あいだである, あいだできあがった, あいだです, あいだは, あいだカテリーナ・リヴォーヴナの, あいだ二月の, あいだ今は, あいだ信州から, あいだ借りた, あいだ僕たちが, あいだ千ルーブルの, あいだ外國から, あいだ東都に, あいだ生れた, あいだ緋おどし, あいだ縫わせた, お正月までは, お角, ことを, ころミュンヘンから, ころ世帯を, じゅうまで, ところ公務の, トランクの, ベンチに, 一カ月ばかり, 一両日前にも, 一月までは, 七月上旬が, 三月二十日から, 三男を, 三週ほど, 下よ, 中も, 二三年前に, 二三日前に, 二三日前弟の, 二三日来の, 二十年くらい, 二週間ばかり, 五六日まえ, 人が, 人に, 人の, 作詞は, 俺も, 兄を, 先, 先きです, 先で, 先にも, 先まで, 先方の, 先日まで, 八九年前から, 六月下旬に, 冬の, 出発の, 初夏に, 前途を, 右の, 味を, 四五日前から, 四五日前に, 四五日前芝神明の, 四月まで, 四月までは, 坂下まで, 場合にも, 夏までは, 夏今の, 夏印度から, 夏弥之助は, 夏結婚した, 夏頃も, 外を, 宿の, 居まわりの, 川上で, 川向うの, 席の, 年の, 年者と, 年頃まで, 床下を, 弊に, 後ろでございます, 御近所, 数週間前まで, 方角へ, 春, 春さき頃かくれ, 春で, 春の, 春までは, 春佃島の, 春先お, 暴風雨に, 月はじめの, 湖岸の, 濠向こうの, 目の下に, 知人の, 石磴の, 秋口鶴喜から, 秋頃まで, 秘密が, 程から, 裏の, 裏通に, 西大久保の, 見世物の, 貧しい純情, 辺で, 辺に, 辺まで, 近くの, 近まわり, 近所で, 通り病人を, 道向こうの, 鎧の, 間抱一の, 際人間の, 隣りから, 隣地の, 青柳町のね, 静かなみちたりた, 頃から, 頃その, 頃です, 頃どこかの, 頃までの, 頃までも, 頃よく, 頃人に, 頃尾張の, 頃新しく, 頃柳の, 頃江戸へ, 頃清子の, 頃石動在の, 頃科学の, 頃見付け出した, 頃貼り代えた, 頃這入っ, 頃銀時計の, 騒ぎの

▼ ついたり~ (222, 1.0%)

31 して 12 消えたり 11 した 7 するの 5 うなされたり, する, ヒッつい, 離れたり 4 しながら 3 きえたり 2 したの, した木, すること, すると, 大きな納屋, 手が, 足で, 酒をの, 金銀の

1 [116件] いたしまして, いたづら, いつ見, いろいろと, うんうん言っ, おはじきを, お辞儀を, かなしいうた, ごまかしたり, したこと, したので, したもの, した事, した覚え, しちゃ, しないで, すすりなきしたり, するところ, するにつれて, するので, するよう, するんでさ, する日本, する物語, する相手, する間, それからば, それとなく人, たいへんな, だましたり, つかなかつたり, ときどき私, とぼけたり, どうしても離れまじ, はては大声, もつれたり, よく見る, よその, わき見を, ドンドン床, ハシャギ廻る, ポンプが, 乗りそこねたり, 争ったり, 五体も, 人が, 他人の, 伍長の, 内證, 切れたり, 別々の, 口が, 吸いついたり, 咥え, 嘆いたり, 土の, 壊れかけた竹垣, 声を, 変な, 夜が, 大袈裟な, 干物を, 幸福そうに, 座敷中を, 思はず枝, 息の, 悲しい顔付, 我々の, 或いは又時, 或は桷, 控へ, 撲ったり, 旗を, 早や, 昨夕は, 昼間針を, 書きつけを, 書物を, 朝露に, 東京にも, 柿を, 楽師どもが, 沖合に, 活溌な, 浪人も, 消えたりも, 涙を, 無断欠勤の, 甘い喧嘩, 直が, 眠れなかつたり, 空威張りを, 終戦前, 罵ったり, 職工体の, 自分の, 苛立ちまぎれに, 草双紙を, 藻が, 足が, 辷べったり, 追いまわしたり, 追ひかけ, 追求し, 遠いところ, 遠巻きに, 酒を, 金の, 金を, 銀子の, 雪の, 頤の, 食いもぎって, 首を, 鬼ごっこを, 魚や

▼ ついその~ (189, 0.8%)

13 気に 6 儘に 3 ま, 儘にな

2 [13件] さかなたちが, ような, 二三日前に, 六七年前時の, 前に, 前を, 場で, 場に, 方に, 氣に, 男の, 言葉の, 辺で

1 [138件] あたりに, あっしの, あとから, あとに, いいえ何, うしろで, うっかりいたしまし, おばさんには, お上品, ことは, ころ中西屋の, さきを, ちょっと失礼, とき自分の, なにした, なんだ, へへ, ほうに, むじゃきな信仰に, よそごとを, わきの, フゥフィーボー博士の, リズムに, ロシア人親子の, 一事も, 一時代前には, 一節に, 三四日以前まで, 上あたりまで, 上に, 上の, 不届者, 事を, 人が, 人を, 今も, 仮面師の, 伸せば, 何しました, 何でお, 何でございます, 傍まで, 先の, 出発の, 刺戟に, 前日私を, 十日程前の, 取つて, 向う前には, 喧嘩に, 土間で, 場かぎりで, 夕方までも, 外で, 夜廻りを, 失礼ながら, 女の, 女を, 女中たちの, 好機会を, 委託金に, 実行者として, 崖上の, 左手の, 幕を, 役にも, 戸じ, 手に, 手紙も, 手続を, 折の, 折も, 挨拶を, 方の, 方を, 昔を, 時の, 時まで, 時機を, 時間に, 框に, 案内記に, 森に, 横町において, 機会を, 死に顔を, 気にな, 気も, 気味の, 氣にな, 水いたずらを, 江戸八百八町のべたら, 河の, 物好き根性が, 生れ故郷の, 番傘の, 癖が, 盛り場へ, 目の, 眼と, 瞬間で, 秘を, 秘密を, 翌る, 翌晩お, 翌朝寝過ごし, 胸一つに, 花だけを, 落し差しの, 親切に, 言葉に, 記憶力に, 訛が, 話は, 賞め言葉に, 足が, 足もとの, 身の上の, 辺から, 辺に, 辺まで, 近くの, 近くまで, 近所な, 近處, 醜さ, 銀座の, 隣の, 隣は, 青年に, 音の, 頃まで, 頃宰相に, 頃法学士さんに, 頃門へ, 風俗生活の, 魅力に, 鼻の

▼ ついそこ~ (168, 0.7%)

6 まで来 4 に見え 3 に見える, の柳

2 [11件] いら, だから, だもの, で, です, にある, の武者, の角, へ来, まで, まで出

1 [130件] から来た, がめざす, がホテル前, が失礼, が町, が竹, が行きどまり, じゃない, たあ, だが, だしかも, だった, だといふ, だよ, だ親分, ついここ, であるのに, でございますから, ですと, ですよ, でへたばっ, で展開, で見かけた, で買った, で逢った, なの, なん, に, にあった, にいた, にいる, におります, にございます, にちょ, にちらつき出す, になく, にまのあたり, に出, に北の方, に太平楽, に掛けた, に木立, に来, に気, に目, に腹, に見えます, に見られる, に辻駕籠, に迎え, に釣り込まれ, に長, に黒, に黒く, のあの, のお, のそれ, のつい, のもう, のもん, のカフェ, のテーブル, の三牧, の上流, の下, の不動様, の中国筋, の佐久間町, の入口, の商人宿, の奈良街道, の尼ヶ崎, の山, の山陽, の岩陰, の岸, の幕, の播磨ざかいまで上ッ, の料亭, の新, の曲独楽, の枯葦束, の柞, の桜井, の椅子, の横町, の橋詰, の水車, の海岸, の渓川, の渡良瀬川, の物蔭, の眉, の眼, の竜王村, の花村, の草, の荷揚場, の藤代町の, の藪かげ, の袖垣, の谷, の足柄山, の路地, の通り, の遊女町, の道場, の陣, の魚河岸, の龍穏寺, は御門境, へかくした, へ上り込ん, へ並木, へ手, へ行っ, へ見え, までご, まではまいっ, までは白みかけ, までほんの, までみそ, まで伸び, まで来かけ, まで来た, まで考える, まで考へなかつた, まで行っ, まで近づい, らしい

▼ ついこの間~ (151, 0.7%)

8 のこと 6 の事 5 のよう 3 の晩 2 まであった, までいた, まで御, まで身, もある, 聞いたん

1 [117件] お邸, からです, から始めた, から知り合い, こういうこと, この畑道, さ, すぐこの, その界隈, だ, だと, でこちら, です, といえ, などは忠勤, なども変, のやう, の事件, の仏頂寺なにがし, の俺, の卒業式, の夜, の履歴, の春, はああ, はもう, は不意, は猫, まで, まである, までお, までおりました, までお雪ちゃん, までこれ, までそう, までそんなに, までちっとも, までのこと, までの日本, まではあった, まではこう, まではこんな, まではまだ, まではまるで, まではやはり, まではダットサン, までは七草, までは大きな, までは洋行, までは疎ら, までは癇癪, までは自分, までは非合法, までは頂上, までドイツ製, までラジオ, まで一人, まで住ん, まで元禄, まで全く, まで六貫, まで初め, まで女, まで家, まで小僧さん, まで小林さん, まで居た, まで居抜いた, まで彼女, まで彼自身, まで攻撃罵倒, まで暫く, まで来, まで極めて, まで水茶屋, まで汝南, まで江戸, まで汽船, まで法律, まで渋谷, まで現役, まで糸, まで続い, まで聖心派, まで自分, まで蜂須賀村, まで観音劇場, まで郊外, まで長い, まで麗らか, もした, もしばらく, もその, もねこんな, も上, も中野實氏, も人形町, も危ない, も嬢さん, も宮家, も彼, も母, も水上さん, も白木屋, も若い, も麻布網代町辺, 会った比田, 出たポドモア, 又十円, 同じ顔, 御逢いした, 思いがけなく隅田川, 書き上げた極, 気に入って, 計らずも, 買って, 降って

▼ ついても~ (96, 0.4%)

2 いいの, いい頃

1 [92件] あいてを, あかん僕, あらぬこと, いいと, いいよう, いいわけ, いくし, いけない, いけないだろう, いざと, いられまい, かまわぬというは, この人, さてその, しばらくは, すぐ落ち, それに, ただもう, だね, だめだ, だめです, だめな, つかない取合せ, つかなくても, つまらないから, とにかく今夜, なお時間, のぼります牛, はじまりません, はっきりとは, びくとも, まさか最後, まだ, まだやまなかった, まだ日, まだ武蔵様, もうでて, やっぱり逢っ, やはり同じ, やれうれし, よいから, よいし, よいの, よい寧ろ, よささうな, わが殿, われ, グシャグシャと, 一向に通じない, 三万何千円が, 主人の, 仕事が, 仕方が, 何に, 何にも, 何時でも, 來なかつた, 全体の, 内地じゃ, 千登世を, 受出そうとは, 多くの, 大丈夫だ, 大丈夫だった, 帰って, 引けない羽織綱上, 後の祭りです, 後悔の, 復命の, 怒鳴っても, 恢復って, 文学だの, 梅玉堂の, 歩かない牛, 歩行が, 無頓着な, 目立たない, 直ぐ枯れる, 知らないと, 知るだけの, 石っ, 神経そのものの, 美くし, 認めたくないの, 誰も, 転がれぬもの, 音も, 飽き足りなき老耄密輸入者レッド, 飽くまで詰責, 駄目じゃ, 駄目だ, 黙って

▼ ついてから~ (94, 0.4%)

2 であった, 一度も, 後の

1 [88件] あまり赤い, うしろを, えづきを, すぐ僕, すみ子さん辛, ずっとそれ, その話, その賑やかさ, そもそも靴屋, それに対する, ただの, だつた, では, でタクサン, なら問題, にわかに異常, のちの, はじめてわが家, ひと月近くにも, まだやっと二年, まだ私, もう十日以上, よっぽどたってからで, 一九〇一年頃に, 一度だって, 一週間にも, 七日目の, 九州でも, 云った, 今日まで, 今日までの, 以来ほとんど, 刃ものの, 十二時間目に, 十五分と, 又言, 又言いました, 反対の, 取った休暇, 口癖であるらしく, 只今までの, 同じ街道, 四十二の, 四十八九日に, 女の, 始終自分, 小菅が, 山で, 床を, 弟の, 強く激しく抱き締め, 後に, 後は, 後も, 後暫く, 心掛けたので, 悠々と, 或る, 抱き合ったが, 散歩された, 日暮里に, 早くも, 村を, 林芙美子の, 正月の, 死に, 父にも, 父を, 申し上げようと, 病気という, 目を, 看護長が, 着いて, 秀吉の, 私が, 程たつ, 竜泉寺の, 竹輪で, 葵を, 西の, 言った, 話す, 読書に, 諭したが, 間もなく, 間もなく叔母, 頭を, 食べたん

▼ ついうっかり~ (74, 0.3%)

30 して 3 忘れて 2 とその

1 [39件] お嬢様の, したもん, しちゃったん, してるうち, でいた, と, とお, とおれ, とこんな, と乗る, と僕, と出, と好い, と来, と美人, と聴き流し, と見のがし, と警戒, と飛んだ, は出来ません, やって, 云って, 口走って, 喋って, 売っちまった訳, 大きな声, 奴さんの, 手紙の, 槇氏も, 相手の, 自分たちの, 衝突った, 言いました, 警戒を, 遠走り, 遣っちゃったんで, 飲んだの, 驢馬を, 鼻の

▼ つい~ (74, 0.3%)

9 に出し 5 をすべらし 3 に出 2 が滑っ, に出した, の先, へ出, へ出し, をつい, を滑らし

1 [43件] から出まかせ, から出る, がすべっただ, がすべッ, が利けなくなっ, が辷っ, が辷った, が過ぎました, が重かっ, にし, にした, にだし, にでる, にもらした, にも出た, に乗った, に出しし, に出ました, に出る, の慎しみ, の端, へ出さなかった, へ出た, まで出かかっ, もきかず, をきり出し, をすべらした, をすべらしたら, をすべらせ, をすべらせかけた, をつぐん, をつけないで, を出, を出さず, を出した, を噤む, を軽く, を辷らかし, を辷らしまし, を辷らせ, を辷らせた, を開け, 辷らせた客

▼ つい~ (73, 0.3%)

27 と鼻 24 の前 7 の先 2 のさき

1 [13件] がくらみ, がくらん, がさめ, が疎い, が眛, が覚めちまっ, で微, につく, に附い, のさき十メートル, をそむけ, を放し, を離し

▼ つい~ (72, 0.3%)

4 の先 3 のさき, の今 2 のさっき, まで忘れ, まで自分

1 [56件] から一月, から二月, から十五六年前, がた死なっしゃれた, さっきまで, しが, したがた, し間柄, だろ, のこと, の前, の瞬間, ほどの失礼, ほども北, までお父さん, までこ, までここ, までご, までそれ, までどう, までなかっ, までなにもの, までの反動, までの恐, までは左様, までは私, までみな, まで三人, まで之, まで云, まで僕, まで寒々しい, まで彼女, まで感服, まで手, まで晴れ晴れ, まで此処, まで気がつかなかった, まで沈ん, まで白シャツ, まで立っ, まで腐っ, まで自分たち, まで酔中夢醒, もいま, もその, もそれ, も知らず, 下御所, 変ったばかり, 振り上げたばかりの, 捕えられた郷士, 泣き泣き丘, 迄此処, 通って, 錠の

▼ つい~ (71, 0.3%)

10 くれた 4 くれ 3 いた, いたが, くれる 2 あげたの, いる, いるの, くれて, くれながら, しまったの, やりました

1 [34件] いたらその, いた金次, いた駒井さん, いった, いるという, いるところ, いる堀家, いる彼女, いる日本, いる男, いる箱火鉢, いれば, おくこと, くる客, くれたコップ, くれたワケ, くれた時余, くれた盞, くれるお茶, くれるでしょう, くれると, くれるん, くれる寧王女, しまって, ふうふう吹い, もらいたいふむこれ, もらいたかった, もらいながら, もらっても, やや格式, ゆくと, よくできた, グッと, 間もなく辺り

▼ つい近頃~ (69, 0.3%)

8 の事 7 のこと 3 になっ

1 [51件] ある雑誌, い, お知合, からやっと, したもの, その武蔵, だと, であった, であると, です, でも朝鮮老婆, のこったが, のやう, のよう, の傷, の堺町, の新参, の新聞, の知合い, の馴染, はどこ, まで, まであった, までいずれ, までその, まではあんなに, までは一杯酒, までは人, までは着, までもその, までアララット, まで八月, まで吉原, まで四人, まで地方, まで夜鴉, まで女, まで生き, まで知らなかった, まで私, まで芭蕉, もちあがった奇怪, も私, も裁判所長, 五月の, 崩れ落ちたらしい者, 延子, 短いたより, 磨がせたばかりの, 私の, 私達の

▼ つい先頃~ (68, 0.3%)

11 のこと

1 [57件] おひきあげ, から, からお, からそ, だった, であったが, の十一月十一日, の田楽狭間, の痛い, の笛吹川画伯, の総, の足利尊氏, はじめてライカ, は身の毛, まであった, までかい, までその, までのこの, までの人権, までの彼, までの櫛比, までの若者, まではあったであろう, まではあんなに, まではいつ, まではその, までは平原県, までは松琴尼, までは浅井家, までは自分, までは風俗描写, までは鶏小舎, までゐた, までドサ回り, までハイカラうどん, までペテルブルグ, まで六条殿, まで口汚, まで大阪, まで御, まで戦争, まで昔, まで書斎, まで流行, まで知らず, まで砂糖, まで私たち, まで自分, まで袁紹, まで議員ソールバ子爵, まで輸入, も久米, も彼, 亡ぼされた佐々木一族, 別れて, 或る, 通ったばかりの

▼ つい~ (68, 0.3%)

8 がつかなかった 6 がつかず 3 がつかない, を許し 2 おくれが, がつかずだった, が引け, になる, やすくなり, をとられ

1 [36件] おくれして, がうきうき, がぐらつい, がたっ, がつかな, がつかなかつた, がつかなく, がつきませんでし, がつきませんでした, がひけ, がめいりまし, が入りすぎ, が咎め, が滅入っ, が滅入った, が立っ, が立つ, が遠く, にか, にかかる, になっ, になつちやつて, に留めなかった, のついた, のつかぬ, の好, の紊, をとられた, をとられる, をゆるした, をゆるし過ぎ, を付け, を奪, を崩した, を引かれる, を急い

▼ つい最近~ (67, 0.3%)

13 のこと 2 に於い, の事, まで戦火

1 [48件] お亡くなり, この町, それとなく目下, ですよ, にあった, になっ, になる, にはドイツ汽船, にもどこ, にやった, に上京, に彼, に有力者, に骨牌, のつまり, の事件, の交際, の話, ひどい喀血, ほんの五年, までこの, までのおばあさん, まではそう, まではブルジョア, までよ, までわれわれ, までイギリス, までニューカルトン, まで一般, まで七十年余, まで兄, まで実は, まで愛人, まで知らなかった, まで第, まで誤解, まで誰一人, も, も教室, よそういう, 出来たもの, 出来た強羅公園, 左様あの, 掘られた痕, 新しく購入, 突然咯血, 読んだ, 遠い旅

▼ つい忘れ~ (66, 0.3%)

15 ていた 9 てしまっ 5 てしまった 3 てい, てゐた 2 て, ている, ておった, てしまう

1 [23件] がちに, たりごまかし, ていました, ておや, ておりました, てき, てくる, てしまい, てしまいまし, てしまいました, てしまひました, てしまふ, てをりました, て了, て云った, て居りました, て思ひ出せない, て数日, て来, て立寄らなかった, て置き, 勝, 易い

▼ つい昨日~ (66, 0.3%)

19 のこと 4 のよう 2 の事, の晩

1 [39件] ある人, かおととい, かきょう, からのこと, その修築, だと, でもあつ, で帰っ, になっ, のぞかれて, のやう, の出来事, の夕方, の大戦終末時, の寝返り武者, の日, の朝, は諸国, まで, まであつ, までいた, までお, まではこの, まではナオミ, までは二人, までは式部官, までは達者, までシャア, まで半, まで夢, まで小姓組二百五十石, まで戦争, まで攪乱, まで日, も, もこんな, も見え, 受け取ったばかり, 起ったこと

▼ つい~ (65, 0.3%)

8 見それ 4 見外れして 2 懐きくださるまま, 耳に

1 [49件] いとしいおいとしい, うわさばかり, たずねしたの, つくうに, つくうも, つくふに, てつだいを, またせして, みそれしました, をつける, 伺いする, 伺いも, 使なんぞ, 処が, 千代の, 友達に, 名も, 向うの, 喋舌りし, 国訛りを, 土産まで, 土産も, 天気が, 姉さんの, 姿を, 届けを, 弟子の, 心持を, 心易立に, 所を, 犬お, 由も, 申しつけを, 留守に, 立寄りしたの, 米と, 芝居に, 花客先の, 見外れ申しまして, 訪ねも, 訪ねを, 調子に, 貞さん見たい, 邪魔を, 銀の, 銚子が, 顔を, 鳥の, 鳥目を

▼ つい今しがた~ (63, 0.3%)

2 この部屋, でございます, のこと

1 [57件] あの人, いい匂い, から, から何だか, きいたばかりの, きわめてふかい, この奥州, この目, その曹操, だったが, だつたの, で餓じい記憶, の事, の何もの, の出来事, の坂の下, の私, は黄, ふわふわと, まであの, まであれ, までいた, までいたんだ, までここ, までこの, までのパーヴェル・パーヴロヴィチ, までの浮き浮き, までは今川, までは何ら, までは皮肉, までジノーヴィー・ボリースィチ, まで人, まで再会, まで客, まで檻, まで示し, まで粘り付い, まで裏庭, まで雨, もう, よ, よったけれど, 出掛けました, 別れて, 前刻, 召し捕られた己, 同じ姿, 帰って, 来たの, 来たばかりの, 湧いて, 現, 見たこと, 起きたばかり, 起き出したらしく私, 迄泥, 降り出した雨

▼ ついそれ~ (62, 0.3%)

2 に誘われ, に賛成, に釣り込まれ

1 [56件] からそれ, から仲, が一番, が出た, が家族, が惜しく, が見たく, が身, が頭, こそ, さえ忘れちゃった, つきり, で柄, とは別, につけ込ん, につり込まれ, につれて勉強おし, にのっ, にほだされた, に会っ, に引きずられる, に引つ, に気がつかない, に私たち, に署名, に醉, はみとめ, は無意識, は知らなかつた, までは不信心, までやって来た, も遂行, も面白く, より先, をあくどく, をし, をしそびれる, をその, をためし, をねお嬢さん, を信じ, を問題, を座談, を忘れる, を怠っ, を手, を挙げ, を政子, を用意, を聞い, を衣裳, を言, を訴, を試みる, を話したい, を鼻

▼ ついさっき~ (59, 0.3%)

2 のこと, までまだ

1 [55件] その店, ちょっと遊び, の二度, の決心, の話, の軽蔑感, の風, はこの同じ, はなれた, まであんなに, までいなかった, までお伽噺, まできわめて, までこの, までこれ, までそこ, までその, までそれ, までの先生, までの憔悴, までの気高い, までの自分, までは御, までは殆ど性, まで会議, まで働い, まで家, まで山木, まで広場, まで彼等, まで明智, まで晴れ, まで気づかなかった, まで決心, まで王様王様, まで胸いっぱい, まで自分, まで苦虫, まで西山教頭, まで見え, もって, も形, も彼, も電話, 何もかも御存じ, 別れて, 叩きおこされるまで, 塗られたばかり, 大判事どの, 思われたよりも, 暴れて, 来たばかり, 来た時, 第一回目, 言った言葉

▼ つい此間~ (57, 0.2%)

2 までこの, まで隠れ, も私, 来た鷲

1 [49件] から草花, さ, その田舎, だつて, だつて母, ですけれど, のこと, の事, の夏, の大雨, の或, の晩, の晩母, の警察, は法廷, まであつ, まであんな, までお, までの日々, までの村, まではあんな, までは紫色, までは駕籠, まで両親, まで住ん, まで元, まで大連, まで帝大, まで庭, まで彼, まで有り難, まで病気, まで知らなかつた, まで茅場町, まで街, まで長谷, もう二三日, もう少しで, ももう, も其村, も小, も手紙, も母, も窕子, 拵えたばかり, 生れたばかり, 行われた伊達家, 迄は浅草, 迄全く

▼ ついそのまま~ (56, 0.2%)

11 にし 9 になっ 3 になった 2 に使いつづけ

1 [31件] いって, おくびにも, そこの, では, で姿, で行, となっ, にお, になつて, にわすれ, に延引, に忘れ, に放ったあった, に明かし, に老人, に致し, の顔, 何年か, 出して, 出て, 別れて, 寝て, 度忘れいたしました, 忘れて, 肩を, 行きちがいました, 行って, 話しこんで, 転載さし, 過ぎて, 長居を

▼ つい~ (56, 0.2%)

45 の先 7 のさき 1 が鼻, っさき, を啜る, を鳴らし

▼ ついては~ (50, 0.2%)

4 ならぬ 2 いけない, いたが, いない, いないの, いる, なりません

1 [34件] いい顔, いけないの, いないか, いないかと, いないが, いないよう, いなかった, いなかったと, いられない, いるが, かたまらない, しないだろう, たまらんと, ならずさらば, ゐたが, ゐないん, ゐるけれども, 一藩を, 吹き荒んで, 容赦は, 居ない, 居りませぬ, 居りません, 怒らせて, 惜しいわけ, 来たが, 来ないの, 来なかった, 来まいが, 父さんは, 男は, 行くが, 行けない筈, 間にあわぬこと

▼ つい近く~ (49, 0.2%)

2 にある

1 [47件] だから, だったもの, だつたので, でこう, でございます, で中断, で冴, で毎日敵味方, で絶え間, にえー, にとまっ, にもう, に一軒, に囲っ, に家, に見える, に飛行場, のよう, の下宿, の伊豆山神社, の何, の入口, の屋敷町, の山鼻, の岳樺, の川, の明治神宮外苑, の杭, の松沢, の橋, の波間, の浅草, の社, の若い, の西本願寺様, の路次, の道路, は近く, へでも行く, までわれわれ, まで大地, まで来, まで行っ, をひょうひょうと, を松林, を長々, 失ったばかりの

▼ つい自分~ (47, 0.2%)

5 のこと 2 でもその, のよう, の勝手, の過去

1 [34件] がこれから, がどこ, が云, が人間, が遅かっ, で起っ, ながらいくら, にはなん, の, のざんげ話, の仕事, の名, の少し, の年, の後ろ十間, の忙しい, の想像力, の感情, の方, の無, の経済事状, の行手, の身の上, の身近, の遅い, の野良犬, の額, の顔, はあさましい, ばかり喋っ, もかね子さん, も見た, をも世間, を幸福

▼ つい先刻~ (46, 0.2%)

3 まであんなに 2 まで私

1 [41件] おそろしい刑罰, おろして, から漏りはじめ, から用, こうやっ, その門, だそう, だよ, と今, になっ, のこと, の中川, の事件, の夜半, の戰爭時代, ほどまでこのごろ静子, までい, までそこ, まではその, までは久太郎殿, までは劫火, までは悲しみ, までゐた, まで一緒, まで八丁堀, まで川島, まで廻廊, まで手前共, まで濡れた, まで町内, まで羨望, まで聞え, まで自分, まで莟, もお母さん, 出て, 出ましたが, 帰ったばかり, 殺されたといふ, 見た一つ, 見て

▼ つい~ (44, 0.2%)

2 の隣

1 [42件] が疎, が眠っ, が眠つて, として気のり, と近づき, に当るだ, の家, の怠り, の気持, の決心, はここ, はこんな, はその, はその後一度, はそんな, はふと, はよい, はクツクツ笑い, は上ずった, は二, は夏, は弱い, は怒り, は甥, は申, は莞爾, までも駈けくだり, まで噴き出し, むらむらと, もこんな, もそう, もその, もそれ, もね何だか, も云いたくなった, も其言葉, も奉天旅順日本海, も妻, も泣きたくなり, も落ちつい, も飛びこん, を真似

▼ つい近所~ (43, 0.2%)

3 にある 2 のお, の洋食屋, の町筋, の銭湯

1 [32件] か日傘, だから, だつたもん, だと, で, ですな, でな, にい, にいる, にございます, に住ん, に姪, に家内, に当分, に来, に着く, の不動, の八百屋, の婦人, の子供, の密林, の待合, の明治座, の神楽坂, の細川護立さん, の蠣浜橋, の貧乏人, へでも若い, への出入, へ来, まで, までよく

▼ ついこんな~ (42, 0.2%)

7 ことを 3 ことに, 事を 2 事まで

1 [27件] あくたいを, ことまで, ことも, ふうに, もので, ものを, 下手な, 不要の, 乱麻を, 亂暴な, 事も, 具合に, 口調に, 嘘まで, 大事件, 性悪を, 悪戯を, 抜かりを, 日に, 時に, 時ひょいと, 歌を, 破滅にも, 秘密を, 言葉を, 間の, 風に

▼ ついちゃ~ (42, 0.2%)

1 [42件] あっしだって, あまりキレイ, あれは, いけない, いけないよ, いずれ日を, いなかったん, いねえが, いねえん, いや, いやよ, いるが, お願いが, ここに, こっちに, この間から, こりゃ懸, ご心配, ずいぶん初, ちィ, まだこうも, もう専門家, わたしは, アいけ, アこちらが, ア大変紳士的な, ア後来何と, ア頭を, ア鬼の, 今夜お目玉を, 凡てを, 半分は, 君は, 好くは, 忰も, 悪態も, 意外な, 物の数には, 異存ありません, 疑いが, 私も, 貴様には

▼ つい二三日前~ (42, 0.2%)

3 のこと, の事 2 の夜, の晩

1 [32件] あの婆さん, からです, から八月, から家, この気勢, こらえ切れなくなって, で百貨店事件, にあつ, にこの, にそれ, にね山, には口惜し, には拷問倉, にふっと, にもちやう, に初雪, に君, に横浜, に聊か, に通りかかった, の日附, の明方, の深更, まですっかり, までそこ, までは一念ただ戦い, までは夏服, までは郵便配達夫, まで私, もね奥様, も寄合, 帰って

▼ ついうとうと~ (39, 0.2%)

4 して, とする 3 とし, となっ 2 と眠った, と睡んだ

1 [21件] いたしましてね, しカンテラ, する, する間, とした, と不覚, と仮睡, と夢, と夢路, と寝入っ, と寝込ん, と居眠っ, と居睡っ, と居睡りしかけた, と眠りかけ, なさったのね, 寝て, 居睡つて, 眠くなっ, 睡魔に, 転寝の

▼ つい~ (39, 0.2%)

11 と鼻 8 の前 4 のさき 3 を熱く 2 の下, を伏せ 1 がしら, がちらちら, したに, につい, に涙, に角, に騙され, の先, をそむけたくなる

▼ ついそんな~ (38, 0.2%)

5 ことを 2 事を, 嘆息を, 田園詩の

1 [27件] ことで, ことなど, ことに, ことまでも, つかぬこと, はすっぱ, ものを, 事に, 事まで, 事情から, 口が, 大罪を, 子供にまで, 愚しい, 時が, 気が, 気がかりにも, 気に, 気にも, 氣にな, 氣を, 皮肉な, 空想も, 言葉を, 調子に, 遠慮の, 風に

▼ ついての~ (36, 0.2%)

2 オッチョコチョイで, 放蕩者で

1 [32件] お多角, お役人, お頼み, ことだろう, その日, そりと, びあがつてづゝと肩まで, バカでも, バクチ打ちの, 人相だ, 俊敏で, 卑怯者かも, 大阪人でない, 彼らの, 惡筆を, 懐疑家であり, 朗な, 氣重の, 河原者では, 浪人, 浪人でござる, 浮気ものに, 浮気者な, 独断家の, 盲目では, 睨み合いです, 腺病質で, 臆病が, 野猪的本領が, 頼みだ, 願いでござる, 馬鹿は

▼ ついうかうか~ (33, 0.1%)

1 [33件] つり込まれて, とあなた, とこの, とこれ, とさまよい出, とひき, とペン, と先, と出, と十日余り, と危ない, と口, と呑ん, と奥深く, と引ずりこまれ, と日, と月日, と歩きだし, と眞, と私, と維摩, と考え込み, と行きたくなる, と辰伊勢, と逗留, と通り過ぎた, と進み過ぎ, と遊ん, と青春, 出席と, 妖女に, 獲物を, 遊び暮し

▼ つい~ (31, 0.1%)

1 [31件] このこと, すみかだ, だ, なりわいと, はずみに, びのびになつていた, まえに, まえには, を差しおろし, 一度だって, 上で, 上へ, 下を, 中へ, 住みかに, 小抽斗, 影で, 影に, 後の, 栖家か, 火に, 火の, 火皿を, 着物で, 着物と, 羽織を, 羽織着物に, 裏手へ, 角で, 近くの, 近所に

▼ つい先日~ (31, 0.1%)

3 のこと 2 の事, も私

1 [24件] から隣組長, その大学病院, のアサヒグラフ, の千部, の御, の新聞, の晩, までかつて, までの, まではその, までは鉄金具, まで南極, まで歩い, まで角館近く, まで長らく, も二人きり, も源氏物語, も雑水, 亡くなつた丹波国何鹿郡東八田村安国寺, 出て, 生れたばかり, 迄はランプ, 迄を知っ, 食べ荒したばかりの

▼ つい~ (31, 0.1%)

2 にもない, にもなく, をゆるし, を許し

1 [23件] がすすまなくなる, が乱れ, が惹かれ, が激, が焦ら立つ, が臆, と手, ない気の毒, ならずそのまま, にあった, にない, にもとめず, のすべて, の中, の平静, はひかれる, は丸太, もゆるみ, よはさ, をとりみだしまし, を引かれ, を惹かれ, 着きませんでした

▼ ついこないだ~ (30, 0.1%)

3 のこと, も

1 [24件] あの赤, から着始めた, から起きてる, そんなこと, の事, の桃, の満州建国, の達磨さん, またお父さん, までこ, までこの, まで一緒, まで教え, まで洟, まで霜柱, もこの, もしてた, も同僚, よ二人, 読みましたわ, 読んだ本, 迄は凍っ, 迄やんちゃ, 面白いこと

▼ つい今し方~ (30, 0.1%)

3 のこと

1 [27件] あんなに自分, お帰り, この山荘, この駕籠, そっと御, でまだ, のこッ, まであんな, まであんなに, までこの, までそこ, までそこら, までその, まで下部たち, まで四五疋, まで屋上, まで座敷, まで緑川夫人, まで誰か, まで陸軍関係, まで高い, 乗って, 帰って, 着いたん, 立ち去ったの, 蔽い布, 言われたばかり

▼ つい四五日前~ (30, 0.1%)

4 であつ 2 のこと

1 [24件] ある外国, からで, から出仕, から参戦, から格子戸, じゃありません, であった, である, にもひ, にも同じ, にモスクワ, に二人, に土木課, に安土城, に新た, に見えた, に足, の夜, の晩, までは不, までは夏, まで船, も門司, 突然あ

▼ つい~ (28, 0.1%)

4 挨拶も 2 隣でした

1 [22件] 下命作に, 交誼に, 器を, 在邸と, 帰りに, 放念だった, 案内も, 無礼を, 留守へは, 見違, 親切に, 言葉に, 詮議の, 近所で, 近所でございます, 近所の, 近所まで, 迷惑に, 迷惑を, 通用門を, 遊歩などと, 過労も

▼ ついふらふら~ (27, 0.1%)

4 とその

1 [23件] っと出来心, と, ととんでも, とねまさに, とばくちなぞに, とやき, と一両二分, と仕込みづえ, と何, と何気なく, と内部, と和やか, と御, と心, と朝寝, と未来, と村尾さん, と歩い, と死ぬ, と気紛れ, と湯女, と起き上りました, と里心

▼ つい~ (27, 0.1%)

1 [27件] がた, が小, が鍵屋, きの, き頃鳥打帽, っきまで, っきやったばかり, つ頃, にし, に手, に来, に栗鼠, に瞳孔, のころ, の先, の方, の者, の路地, の駅, へ提灯, ほどあばた, ほど右門, ほど彼ら, ほど抱い, ほど明智先生, ほど暮れ六ツ, 出たところ

▼ ついそう~ (25, 0.1%)

4 いって 2 云って, 口に

1 [17件] いいかけて, いわせたの, かと思っ, なったなあ, なって, なるの, 念じないでは, 思ったもの, 思わずには, 片づけて, 答えて, 考えるが, 聞きかえさずには, 観えて, 言って, 言つてしまつ, 訊き返さずには

▼ ついてからも~ (25, 0.1%)

2 わたくしの, 少年は

1 [21件] いろいろな, くどくどと, しばしがほどは, しばらく内, すぐに, なおどこ, なかなか寝つかれなかった, まねく様, 何かしら甘い, 別にあやしい, 嫌な, 折々寝返り, 新鮮な, 染福の, 武蔵は, 牧野は, 独り思い煩った, 玄徳は, 白い細長い手, 皷動が, 老人は

▼ つい近年~ (25, 0.1%)

2 のこと

1 [23件] で, である, にいたっ, になっ, には, に至る, の故人, の開港条約, まだ十二三年位, まで, までどこ, までは物, までは畝間, までは運動, までわずか, まで多く, まで実行, まで法事, まで確か, まで農家, まで門司, まで顧みられ, 出て

▼ ついした~ (24, 0.1%)

4 事から 2 ことから

1 [18件] ことが, そそうだ, 事で, 事には, 口うらだ, 咎めが, 愚痴から, 様で, 疎匆, 盗みに, 縁が, 縁で, 縁の, 自分の, 談話の, 間違いが, 音では, 風で

▼ ついまた~ (24, 0.1%)

2 ふらふらと

1 [22件] あまえて, うとうとと, そこまで, つりこまれて, ほかの, ものいいが, ブローチなど, 冷かして, 口が, 口を, 尻を, 快い睡り, 愚痴を, 憎くも, 手を, 最近めんどうな, 空想を, 聞き耳を, 言葉を, 遲く, 飲んだ火曜日, 鼻を

▼ つい~ (24, 0.1%)

2 が長く

1 [22件] がくどく, がその, がとんでも, が入り組ん, が弾ん, が横道, が進ん, が面白く, で遅く, に, にうかされ, にかまけ, につりこまれ, に夢中, に実, のつぎ穂, の方, の調子, もはずん, も長く, を持ち切っ, を間違

▼ つい近ごろ~ (23, 0.1%)

3 になっ

1 [20件] ある映画, にアインシュタイン, のこと, のよう, の事実談, の新聞, の機会主義, まであった, までこの, までそんな, まではわれわれ, までは千本幟, までは奴隷, まで冬, まで存命, まで意識, まで我々, まで数, まで胆吹, も信州

▼ ついきのう~ (22, 0.1%)

1 [22件] からこの, この町, と同じく, のこと, のぼくら, のよう, の朝, は初, は越前, までこっ, までは, までは御, までは生きいき, までひとつ領土, までもまだまだ, までわが, まで斎藤家, まで深い, まで野放し, も播磨, 染め上げて, 起った足利勢

▼ ついてでも~ (22, 0.1%)

2 それを, 思惟するなら

1 [18件] いつも明快, いりゃいい, いるよう, いるらしい, その男, なかった, なくその, もしわかる, やはりそうだ, よく説明, 居れば, 真ッ黒, 絶対ばかりを, 芸術上に, 行ったら否応なしに, 試みて, 課外の, 長い時間

▼ ついこのごろ~ (21, 0.1%)

3 のこと 2 になっ

1 [16件] こんな風, ちょっと疑い, であった, であの, なかま入り, なん, ほんの二, まであの, までお, まで力仕事, まで必死, まで藤堂さま, 作った新体詩, 建てたらしい新, 来た人, 買ったばかりの

▼ つい~ (21, 0.1%)

5 の気 2 うも, もかも忘れ

1 [12件] かにつけ, かの相談, から何, か食べ, して, しまして, でもなく, でも考え, とはなし, べん, もかも申しあげ, もしない

▼ つい~ (21, 0.1%)

2 が廻らず, の達, を振る

1 [15件] が伸び, が出る, が食べる, にかけた, にし, にした, に持っ, の屆, まわしが, を上げ, を出し, を出したくなった, を引っこめ, を触れたくなり, を離した

▼ つい遅く~ (21, 0.1%)

8 なって 2 なりました

1 [11件] なった, なったからさ, なったので, なったもの, なっちまったの, なつた, なつたので, なつて済み, なりまして, までもひきずられ, 相成りました

▼ ついする~ (20, 0.1%)

2 と二人

1 [18件] とあすこ, とロシア, と今, と他, と伊沢, と免, と十八年目, と小作料, と彼, と待合, と怪しい, と掻きあがっ, と次, と猿, と発狂, と神田, と赦し, と遅く

▼ ついてを~ (20, 0.1%)

6 ります 3 りました

1 [11件] つたので, つたらえい, りながら, りますが, りまするで日本, りまだ, りレジスウル, り例, り模樣, る, るの

▼ つい~ (20, 0.1%)

1 [20件] が機会, が気, にばかり質問, のことば, のすぐ, の勇, の向ける, の心, の悪態, の湯壺, の腕白ぶり, の落ちついた, の調子, は使いたく, もうかうか, も武家ことば, らしくも, れの, を敬遠, を訪れた

▼ ついあんな~ (19, 0.1%)

4 ことを 3 ことに

1 [12件] あやまちを, わけで, 事を, 処へ, 大声を, 大言を, 宣言を, 形に, 態度に, 気に, 顔を, 風に

▼ ついまだ~ (19, 0.1%)

2 それを, 昨日の, 解かずに

1 [13件] かえさないで, すんでは, 一カ月と, 一語も, 叔父に, 後の, 忙が, 昨今の, 木村に, 東京という, 自分は, 見舞状も, 買わずに

▼ つい近い~ (19, 0.1%)

3 頃まで 2 ころまで, ところで

1 [12件] ころに, ところに, ところの, 前畷, 庭先で, 自動車まで, 處に, 頃である, 頃までは, 頃大阪では, 頃夫が, 頃東京から

▼ ついあの~ (18, 0.1%)

2 ような, 蜘蛛を

1 [14件] おでん屋に, お話しに, まあどうしたら, ままこの, ままに, 人の, 人を, 会へ, 威勢が, 持って, 時に, 時は, 老爺に, 衆が

▼ ついらく~ (18, 0.1%)

2 して, しました

1 [14件] させたの, したこと, したの, したまま, したん, した二十面相, しないで, しやしませんか, し柘榴, するでは, する刑事, のさわぎのさいちゅう, をはじめた, をはじめたら

▼ つい先ごろ~ (18, 0.1%)

1 [18件] には足利方, の施物, はまた, まであれ, までそんな, まではこんな, までは人中, までは教部省, までは警察予備隊所在地, まで両国, まで千葉県, まで幕, まで病院, まで荒涼, まで華族女学校, も六代目, も復活祭, 知ったから

▼ ついてからの~ (17, 0.1%)

2 ことだ

1 [15件] お雪ちゃんを, ことです, ことなどを, ひろ子の, ものでない, 二人の, 口癖であるらしく, 彼れ, 待遇の, 感じは, 春田は, 曹操は, 玄徳は, 相談だ, 自分の

▼ つい今日~ (17, 0.1%)

1 [17件] あつた, になっ, に至っ, に至る, の夜明け方, の昼, の昼間, はいた, までも騒乱, まで延び延び, まで思つて, まで折, まで挨拶, まで生き, まで過ぎた, まで黙ってた, も誠一

▼ つい十日~ (17, 0.1%)

5 ほどまえ, ほど前 4 ばかり前 1 と経たない, になる, ほどま

▼ つい失礼~ (17, 0.1%)

4 なこと

1 [13件] いたして, いたしてを, いたしました, しちまったの, しちやつて, しました, しますと, ながら怪しき, な返事, を, をいたしました, をした, を致しました

▼ つい知らず~ (17, 0.1%)

3 識らず

1 [14件] ここまで, この白骨, その抜いた, にいた, にゐました, に一, に居た, に踏みつけ, に過ごし, に首, 店の, 度外れに, 感激させられた, 我を

▼ つい通り~ (17, 0.1%)

3 の束髪 2 でありますが

1 [12件] か, こして, だが, なしかも, な返事, に其處等, のことぢ, の客, の巌組一丈余り, の束髮, の返事, の風俗

▼ つい~ (16, 0.1%)

2 の小島

1 [14件] からの関係, にあっし, に帰った, の孟宗藪, の宗慈寺, の年, の年チヤアチル自身, の日, の晩, の結城座, まで新宿, まで関釜連絡船, もお, を通る

▼ つい~ (16, 0.1%)

2 をこぼし, をこぼした

1 [12件] がこぼれた, がで, が出, が出た, さえ落しました, すらこぼし, で編目, などこぼし, のしみ出る, ばかりだった, をつつみ, を禁じえなかった

▼ ついここ~ (15, 0.1%)

2 にある

1 [13件] から一里半, から二つ目, から二タ筋目, で百両, で飲み出した, にだって来る, の清さん, の食べ物, へ来, へ来る, までいっぱい, まで来, まで運命

▼ ついさき~ (15, 0.1%)

1 [15件] に思った, に東京中, ほどまでそこ, ほどまでちゃんと, ほどまでの懸念, ほどまでミシン, ほど三人, ほど帰った, ほど張宗昌, ほど彼, ほど立つ, まで君, まで町, 程どこ, 程は叡山四明ヶ岳

▼ ついとる~ (15, 0.1%)

1 [15件] からこそわし, からのこの, か誰, け安心, じゃない, ぞなと母, という話, に定まっとる, の, のを, べん, ようで, んじゃ, んぢや, 人間どもの

▼ つい此頃~ (15, 0.1%)

5 も朱雀大路 2 になつて 1 になつ, になつて知, のやう, までどうか, も旧, も馬場君, 出来たレヴュウ, 見た事

▼ ついこう~ (14, 0.1%)

2 いって

1 [12件] いうと, して, つけ加えたが, なるの, 云いたくなるの, 呟かずには, 小次郎は, 明け暮れ戦ッ, 簡単に, 胸中の, 自己弁護し, 長くかい

▼ ついてからは~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことにそれ, この社會, ただ父親, たま, 一日も, 人が, 全く芝居, 加藤も, 去年の, 思わぬこと, 村, 海にばかり, 退屈の, 隨分役に立つた

▼ つい一週間~ (14, 0.1%)

3 ばかり前, ほどまえ, ほど前 2 程前 1 まえの, まえ大学, も前

▼ つい其処~ (14, 0.1%)

1 [14件] だし, ついうしろ, にあつ, にむごたらしく, に住ん, に健在, に居た, に死ん, に立っ, のガレーヂ, の山吹町, の斗, の歌舞伎座, まで歩ん

▼ つい数日前~ (14, 0.1%)

1 [14件] さらに船上山, にこの, にも大岡昇平氏, に戦死, に敵味方環視, に自分, に遭遇, のこと, の事, の早朝, ふとしたこと, までは低く, まで行われ, わざわざ花

▼ つい昨年~ (14, 0.1%)

4 の冬 2 の八月 1 でしたが, になっ, の事, の八月ごろ, の暮, まではその, も長い, 迄おられた

▼ ついそれなり~ (13, 0.1%)

4 にし 2 になっ, になつて 1 で, にうち, になった, に不, に雑魚寝

▼ つい二三年前~ (13, 0.1%)

2 のこと

1 [11件] からであった, に汽船会社, に結婚, のよう, までいわゆる, まではあんなに, までは毎年初夏, までわれわれ, まで中村, まで彼, まで春

▼ つい去年~ (13, 0.1%)

2 の暮, の秋 1 の事, の五月, の春, の暮れ, の秋ごろ, の関ヶ原, まで生き, まで碌, まで自分

▼ ついさつき~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの二人, から吹き出した蒙, から潮風, でしたが, の檀, の禁酒, まで, までお座敷, までし, までも思ひ, まで日, まで起き

▼ ついそこら~ (12, 0.1%)

1 [12件] に見る, の家, の草, の藪, の近い, へでも出かける, へまで飛ん, へ出かけ, まで来, まで歩き, まで良人, をちょい

▼ つい御無沙汰~ (12, 0.1%)

3 をし 2 をいたしました, をしました 1 いたしました今日, になっ, に打, ばかりし, 致しました

▼ つい~ (12, 0.1%)

1 [12件] がお茶屋, が辷りまし, が遠く, が遠のい, でふんづける, に突, のむく, をすべらせ, をとどめ, をふみはずし, を向けない, を滑らした

▼ ついいまし~ (11, 0.0%)

1 [11件] がたふたりが, がたまで, がた今宮の, がた向こうの, がた地獄, がた帰りました, がた明智さんが, がた肌着を, がた電灯の, がた頭, 方まで

▼ ついこな~ (11, 0.0%)

4 ひだの 3 ひだまで 1 ひだ先生の, ひだ出した, ひだ堺衆なにがしの, ひだ西洋から

▼ つい~ (11, 0.0%)

2 の品評 1 がをかしく, が目, にも解つて, にやっ, に騙され, の前, の足, を思い出し, を怨ん

▼ つい~ (11, 0.0%)

4 が出 1 から遠く, のこと, の中, の事, の側, もあけ, を留守

▼ つい笑っ~ (11, 0.0%)

6 てしまった 1 て, てしまいました, てしまう, てしまっ, て仕舞った

▼ つい~ (11, 0.0%)

4 を赤く 1 が合っ, だと, をあげ, をそむけ, を出さず, を見せた, を赧らめ

▼ ついいい~ (10, 0.0%)

3 心持に 2 気に 1 仲に, 心持ちに, 気持に, 氣にな, 首尾が

▼ ついこんなに~ (10, 0.0%)

2 遅くなっ 1 ざっかけに押しかけ, 永逗留を, 涙が, 話題を, 遅くな, 遅く上りまし, 長くなっ, 長く書い

▼ ついちゃあ~ (10, 0.0%)

1 あすに, いけねえ, いけねえぜ, こういう意見, 何も, 叶わねえ, 平馬にも, 相談し, 話が, 面白い話

▼ つい一度~ (10, 0.0%)

1 として嬉しき, として笑った, に喫, に食べ, もこんなに, もその, もふれなかった, もやもり, も帝国議会, も帰っ

▼ つい一昨日~ (10, 0.0%)

1 この川, のこと, の出来事, の晩, の晩方, の話, までのお, までは立派, までは苗木城, 明けさせて

▼ つい~ (10, 0.0%)

3 をかけ 1 が大きく, が激し, も掛け, をあげ, をおかけ, をかけただ, を出し

▼ つい此の間~ (10, 0.0%)

2 まで一緒 1 から何時, から学僕, なく成つた, のこと, の事, 出たばかり, 或る, 迎えたばかりの

▼ つい言葉~ (10, 0.0%)

1 が荒, ではふしぎ, のくせ, のはずみ, のわかる, の勢, は激, もぞんざい, を荒く, を言いまちがえ

▼ つい釣り込まれ~ (10, 0.0%)

21 ていっ, てにっこり, てふき出した, て口, て大いに, て立つ, て笑っ, て見

▼ つい面倒~ (10, 0.0%)

4 になっ 2 さに, だから 1 になった, になつ

▼ つい鼻先~ (10, 0.0%)

1 きの, で, なので, にある, の枝, へ出, へ白い, へ石ころ, まで來, まで持っ

▼ ついこれ~ (9, 0.0%)

1 だけは慎, には引, に近づかない, までならなかつた, まで口, まで延び, まで果せず, まで見えなかった, を兼好

▼ ついだり~ (9, 0.0%)

2 して 1 お茶を, しながら, つがせたり, つがれたりの, 新たに, 火箸を, 花を

▼ ついてと~ (9, 0.0%)

2 同じく習慣 1 ほうも, ほに, ぼとぼと役所, ぼとぼと歩い, 同じく少しも, 同じく明瞭, 問えば

▼ ついどうも~ (9, 0.0%)

1 お耳ざわり, 一生懸命に, 仰せつけの, 失礼を, 好い気持, 思い出されるハハ, 未練たっぷりで, 荒っぽいこの, 飛んだ失礼

▼ ついウトウト~ (9, 0.0%)

1 しかけたり, しました眼, とし, としかけた, としはじめ, とまどろんじまった, とやる, と居, ねむりこんで

▼ つい愚痴~ (9, 0.0%)

1 が出た, が出ました, っぽくなっ, なむせび泣きが, になった, もこぼし, も出る, をいっ, を思うた

▼ つい~ (9, 0.0%)

3 の頃 1 あひだ上野精養軒, のあ, の小僧, の河原, の茗荷谷, の附近

▼ ついあなた~ (8, 0.0%)

2 のお 1 が御存じ, にも訴えた, に何, に結びつけ, のご, の合図

▼ ついうつ~ (8, 0.0%)

2 かり前 1 かり, かりして, かりわれわれ, かり現在, かり禁制, かり答

▼ ついしか~ (8, 0.0%)

2 見ぬお 1 こんな言いつけ, 入ったものの, 双子の, 此ほどに, 荒い事, 親の

▼ ついつりこまれ~ (8, 0.0%)

21 てきました, てしまう, てちょっと, て一寸, て刻, て淋しく

▼ つい~ (8, 0.0%)

4 と月 1 っ走りで駈け戻りました, と口, と筆さらさら, に訊い

▼ つい一時間~ (8, 0.0%)

3 ほどまえ 2 ばかり前 1 かそこら, まえまでは, 程前

▼ つい一月~ (8, 0.0%)

4 ほど前 2 ばかり前 1 も前, 程前

▼ つい今朝~ (8, 0.0%)

1 からのこと, になっ, はまだ, ほどでござった, までは旗本, までも禁裡, まで何かしら, も賭事

▼ つい~ (8, 0.0%)

2 に蓮池 1 だったん, でも八百尺, に, に見, の桝, を通る

▼ つい~ (8, 0.0%)

1 がけに, てゐた, て仕舞った, て来る, て落花繽紛, 來心で, 億劫がる, 會いがしら問いかけ

▼ つい半月~ (8, 0.0%)

4 ほど前 2 程前 1 か一月, ばかり前

▼ つい失念~ (8, 0.0%)

5 して 1 したから, したの, しまして

▼ つい~ (8, 0.0%)

1 がすぎ, をあやまっ, を失, を失っ, を失った, を越した, を過ごす, を過した

▼ つい悲しく~ (8, 0.0%)

2 なって, なつて 1 なった, なったの, なったまで, なるの

▼ つい数年前~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 には織田信秀, まではお, まではわれら, まではメリケン波止場, までは槍組, まで履

▼ つい~ (8, 0.0%)

1 たつの, の経つ, の調子, も忘れ果て, をうつしました, をすごす, をつぶし, を過ごし

▼ つい横道~ (8, 0.0%)

2 にそれました, へそれました 1 にそれた, に這入りました, へ外れた, へ外れました

▼ つい興奮~ (8, 0.0%)

3 して 1 さされて, し過ぎたと, し過ぎて, のあまり, を口走つ

▼ つい誘われ~ (8, 0.0%)

1 ていた, てにっこり, て上, て何, て再び, て同じ, て悲嘆, て門

▼ つい~ (8, 0.0%)

1 でも飮むと, となった, と女, になり, の上, を過し, を過した, を飲む

▼ つい長く~ (8, 0.0%)

3 なって 2 なる 1 なった, なる癖, 坐つて

▼ つい~ (8, 0.0%)

2 の部屋 1 にまで迫つて來, に腰掛ける, の室, の御殿, の隅, へ遊び

▼ ついうっとり~ (7, 0.0%)

2 とし 1 したの, とした, となっ, となった, なる

▼ ついおかしく~ (7, 0.0%)

4 なったの 2 なって 1 なったまでの

▼ ついおそく~ (7, 0.0%)

5 なって 1 なった, なっちゃってと

▼ ついそこで~ (7, 0.0%)

1 いえあの, ござります, 何を, 同僚が, 敵の, 日の, 間宮に

▼ つい先年~ (7, 0.0%)

1 のこと, まではさしづめ, までは斜面, まで大, まで梟, まで清水市史, 新しく建てた

▼ つい先月~ (7, 0.0%)

2 も遊び 1 この船頭, のはじめ, の三日, の中旬, の事

▼ つい先達て~ (7, 0.0%)

1 お國, になっ, のこと, の日, まで日本, 死なれて, 聞きました

▼ つい前日~ (7, 0.0%)

2 のこと 1 にさえ, に摂政宮殿下, まで生存, まで祇園, 長い手紙

▼ つい~ (7, 0.0%)

1 わけも, 三郎と, 叱りつける, 太郎は, 本を, 買ふ, 貸して

▼ つい口癖~ (7, 0.0%)

5 になっ 1 になった, になってる

▼ つい~ (7, 0.0%)

1 それたこと, それた放言, 勝利の, 太刀の, 木戸のだ, 真面目に, 酒した

▼ つい~ (7, 0.0%)

2 なこと 1 なぐあいに自分, な機, な気もち, な結果, に気

▼ つい居る~ (7, 0.0%)

2 に婆 1 ことを, と, もおかし, 下足番の, 燈かげには

▼ つい延び延び~ (7, 0.0%)

4 になっ 1 になってる, になり, に成っ

▼ つい横丁~ (7, 0.0%)

3 のお 1 にお, の家, の裏通り, を一つ

▼ つい気の毒~ (7, 0.0%)

2 になっ, になつ, になり 1 だから

▼ つい~ (7, 0.0%)

1 さか, ていなかった, ています, てしまった, に行きたくなる, 失つ, 恍れず

▼ つい調子~ (7, 0.0%)

2 にのっ 1 だつた, で云っ, にのつて, に乗, に乗っ

▼ つい返事~ (7, 0.0%)

2 とも駭, をし損じた 1 の手紙, も得う出さなかつた, を出し後れた

▼ つい~ (7, 0.0%)

2 に心 1 に目, に窮, を使, を借りられ, を持っ

▼ つい隣り~ (7, 0.0%)

1 のところ, の台所, の外人, の席, の見世物小屋, の見晴らし, まで来

▼ つい黙っ~ (7, 0.0%)

2 ていた, てしまいました 1 てあの, ていられない, て自分

▼ ついいつも~ (6, 0.0%)

2 の癖 1 の冗談, の口癖, の自分, 遠慮し

▼ ついいろいろ~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 な方, の事, の目, 差支えが

▼ つい~ (6, 0.0%)

2 自分には 1 報告しなかった, 近所だつ, 近所に, 近所の

▼ ついさきごろ~ (6, 0.0%)

1 あるグラフ雑誌, の戦争, は北畠具行, は後, までは二合一勺, 迄はた

▼ つい~ (6, 0.0%)

1 ていた, てこう, てし, てそう, て今, て机

▼ ついせんだって~ (6, 0.0%)

1 から昼屋台, のあの, もこの, もふとした, も僕, も牛込

▼ ついちや~ (6, 0.0%)

1 いけねエ, やり切れやしない, ゐましたがね, ゐませんよ, 何しろ僕等先住者, 苦くつて

▼ つい~ (6, 0.0%)

1 に, に靠りか, の, のお, のほとり, の石

▼ ついほろり~ (6, 0.0%)

3 とする 2 とし 1 となり

▼ ついぼんやり~ (6, 0.0%)

3 して 1 と思案, と恍惚, 浸って

▼ つい三四日前~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 に出しました, に着き, の日, の酉の市

▼ つい三日~ (6, 0.0%)

1 ばかり経っ, ほど前, ほど読みそこなっ, まえで, まえ亀千代, まえ書いた次

▼ つい三月~ (6, 0.0%)

4 ほど前 1 ばかり前, まえこの

▼ つい二三ヶ月前~ (6, 0.0%)

1 からはじまつた, に夜店, に鬼倉, のこと, の服部君, までゐた

▼ つい~ (6, 0.0%)

1 に半死半生, に腰掛けた, に針箱, の庭石, へおく, まで来

▼ つい向う~ (6, 0.0%)

1 に見える, のお婆さん, の境涯, の廻沢, 前に, 路地を

▼ つい~ (6, 0.0%)

2 に迷惑, の所 1 が聞い, にも余波

▼ つい~ (6, 0.0%)

2 をつい 1 に花, の白状, をいつ, を云っ

▼ つい四五年前~ (6, 0.0%)

1 この子, のこと, の日清戦争, までこの, までの城太郎自身, まで甲斐東方

▼ つい~ (6, 0.0%)

2 な気 1 なこと, な気持, にもなる, に現れ

▼ つい~ (6, 0.0%)

1 で飲ん, にある, の事, へ出, へ出る, まで案内

▼ つい大きな~ (6, 0.0%)

2 声を 1 こえを, 暗い陰, 聲を, 音を

▼ つい~ (6, 0.0%)

1 のひとり, の地金, の家, の自然, の衣裳, の話

▼ つい彼女~ (6, 0.0%)

1 と共にぼろぼろ, の名, の女, の重, をうなずかせ, を訪ねさせなかった

▼ つい後ろ~ (6, 0.0%)

1 が振向きたくなる, にそそり立っ, の高札場, へつい, へ眼, まで追いつい

▼ つい微笑~ (6, 0.0%)

1 が湧く, して, する, せずには, を持った, を漏らし

▼ つい忘れる~ (6, 0.0%)

1 がフレッドさん, ことだって, ともなく, なんてよく, ほどその, ような

▼ つい昨夜~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 は降, までは, まで気がつかなかった, 知ったばかり

▼ つい~ (6, 0.0%)

1 じゃ信吉, にそれ, に流れ出す, の木, の酒類販売店, を向い

▼ つい無理~ (6, 0.0%)

2 を御願 1 なこと, な仕事, にも本, をする

▼ つい~ (6, 0.0%)

2 を持った 1 がすべっ, がすべつて, が伸び, をとっ

▼ つい~ (6, 0.0%)

2 が立っ 1 がたった, の方, の立つ, を立てた

▼ つい苦笑~ (6, 0.0%)

2 して, すると 1 が顔, せざるを

▼ つい~ (6, 0.0%)

3 につまされ 1 が入らなくなっ, に詰まされ, の引き

▼ つい遠慮~ (6, 0.0%)

2 して 1 が出, が無, という言葉, をしました

▼ ついうかと~ (5, 0.0%)

1 して, そういういいあらわし, つまらぬ話, 御台所の, 本音を

▼ ついうしろ~ (5, 0.0%)

1 にああ, に引ッ, に近づい, のこと, の方

▼ ついお前~ (5, 0.0%)

1 の処, の言葉, の話, の身の上, を困らせた

▼ つい~ (5, 0.0%)

2 うした 1 ういふ, うなるといふ, う云

▼ ついじき~ (5, 0.0%)

1 です, にお, にこく, に立っ, 逢うて

▼ ついせき~ (5, 0.0%)

3 して 1 です, の命令

▼ ついそば~ (5, 0.0%)

1 にいる, に座っ, に置い, の日本銀行, を通った

▼ つい~ (5, 0.0%)

1 こと以外に, のは, のも, のを, ものである

▼ ついちょっと~ (5, 0.0%)

1 の出来心, ソレ銭式の, 前に, 手が, 病室を

▼ ついである~ (5, 0.0%)

1 から裏, が飲みほし, わ足, 主人の, 方へ

▼ ついとろとろ~ (5, 0.0%)

1 した, とした, としたら, と寝込ん, と眠る

▼ ついなん~ (5, 0.0%)

2 の気 1 でもない, でもなく, の氣

▼ つい~ (5, 0.0%)

1 なれば, ひって, ひ詞, ア泣きます, 貧乏勝手に

▼ ついもの~ (5, 0.0%)

2 はためし 1 がややこし, のはずみ, を云っ

▼ ついわたし~ (5, 0.0%)

1 こんなこと, の好奇心, の目, は何もかも, もそれ

▼ つい~ (5, 0.0%)

1 かしくなり, もやし素子, 法印さんが, 見るの, 買ふ

▼ ついウッカリ~ (5, 0.0%)

4 して 1 云ったものの

▼ ついカッ~ (5, 0.0%)

3 となりまし 1 とし, とする

▼ つい一年前~ (5, 0.0%)

1 にあの, には囚人輿, に別れた, まではこの, まで大田

▼ つい~ (5, 0.0%)

2 に居た 1 からおかみさん, の所, の榎

▼ つい二三日~ (5, 0.0%)

1 でそれ, ほど前, まえに, まえも, まえ手紙

▼ つい二年前~ (5, 0.0%)

1 である, ならお前, のこと, の承, の秋

▼ つい二日~ (5, 0.0%)

3 ほど前 1 ばかり前人, まえの

▼ つい~ (5, 0.0%)

2 の女 1 のこと, の分, の男

▼ つい何時~ (5, 0.0%)

2 にもない, までも家 1 もの呟き

▼ つい~ (5, 0.0%)

1 の頭, は冗談, もいろいろ, も手控える, も酔った

▼ つい半年~ (5, 0.0%)

4 ほど前 1 ばかり前

▼ つい可笑しく~ (5, 0.0%)

1 て圓朝, なった, なったの, なって, なつて笑

▼ つい大声~ (5, 0.0%)

2 で笑っ 1 したこと, をあげ, を立て

▼ つい~ (5, 0.0%)

2 がしい 1 いもんだから, がしかった, がしく

▼ つい忙しい~ (5, 0.0%)

1 ままに, ものでございました, もんだ, もんです, 時に

▼ つい~ (5, 0.0%)

2 を忘れ 1 を忘れた, を忘れる, 知らず奥さん

▼ つい手近~ (5, 0.0%)

1 な士族たち, な自分, に移っ, に立っ, の眼医者

▼ つい~ (5, 0.0%)

1 が暮れたら泊っ, が短, のある, をたたせ, を過し

▼ つい~ (5, 0.0%)

2 がなく 1 がなかっ, がなかつた, でもご

▼ つい~ (5, 0.0%)

1 が出, にかられ, にくらみまし, につられ, に目

▼ つい泣い~ (5, 0.0%)

2 てしまいました 1 てしまいます, てしまう, てしまった

▼ つい~ (5, 0.0%)

2 が出 1 になっ, になつて, になる

▼ つい眠く~ (5, 0.0%)

2 なって 1 なったじゃあ, なつたので, なりさ

▼ つい笑い~ (5, 0.0%)

1 がこぼれた, ながら云った, になっ, を忍び得なかった, を洩す

▼ つい答え~ (5, 0.0%)

2 てしまった 1 があいまい, つい話頭, を忘れ

▼ つい~ (5, 0.0%)

1 でも考える, にも云, にも云わなかった, にも母, に宛て

▼ つい間近~ (5, 0.0%)

1 かに迫りました, な足許, にきこえ, に成った, の安土

▼ つい間違っ~ (5, 0.0%)

1 てえ, てナイフ, て東京百貨店, て橋, て首

▼ つい面白く~ (5, 0.0%)

2 なって 1 なくなった, なったカテリーナ・リヴォーヴナ, なる

▼ つい~ (5, 0.0%)

3 の上 1 が当りました, の上近く

▼ ついあと~ (4, 0.0%)

2 まわしと 1 から見る, だったが

▼ ついいっ~ (4, 0.0%)

4 てしまった

▼ ついいま~ (4, 0.0%)

1 あった白い, でも口, 来て, 聞いたもの

▼ ついおくれ~ (4, 0.0%)

1 てしまいました, てしまいます, てしもてまにあいませな, て見送りそこ

▼ ついおれ~ (4, 0.0%)

2 もうつ 1 は些, は涙

▼ ついおろおろ~ (4, 0.0%)

1 した, せずに, と泣いた, と涙

▼ ついかっと~ (4, 0.0%)

3 なって 1 逆上した

▼ ついさいぜん~ (4, 0.0%)

1 ひとりの, まではコトコト, まで河岸縁, 見たばかりの

▼ ついそちら~ (4, 0.0%)

1 に気, の門前, へ引かれる, へ見

▼ ついたった今~ (4, 0.0%)

1 お梅, そこで煙草, また娘, 小舟の

▼ ついつまらん~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 ことでなかまわれ, 戯言を

▼ ついつり込まれ~ (4, 0.0%)

1 て, てひどく, て思わず, て読み入った

▼ ついてや~ (4, 0.0%)

1 おまへ, がるな, しない, しないかい

▼ ついのび~ (4, 0.0%)

1 てしまいました, てしまう, てしまった, て居た

▼ ついほか~ (4, 0.0%)

1 のこと, のもの, の人, の誰

▼ ついわき~ (4, 0.0%)

1 に, にハンス, に佇ん, に放り出し

▼ ついわし~ (4, 0.0%)

1 が石, など進ん, も手荒, も肚

▼ ついわれ~ (4, 0.0%)

1 からも乳母, を忘れ, を忘れた, 知らずお

▼ ついフラフラ~ (4, 0.0%)

1 と, とあの, ということ, とした

▼ つい一ト月~ (4, 0.0%)

2 ばかり前 1 ぐらい前, ほど前

▼ つい一年~ (4, 0.0%)

2 ほど前 1 か一年半前, ばかり前

▼ つい一時間前~ (4, 0.0%)

2 の告白 1 までこの, まで千代子

▼ つい一言~ (4, 0.0%)

1 いって, そんな高価, の飾りつけ, 尋ねたくも仲

▼ つい一週間前~ (4, 0.0%)

1 に来, の短, まではその, まではもう少し

▼ つい下手~ (4, 0.0%)

1 な感想, な感懐, な独逸語, を駛

▼ つい不覚~ (4, 0.0%)

2 の酒 1 な涙, にも涙ぐん

▼ つい二人~ (4, 0.0%)

1 で外出, とも口, の作, の子供

▼ つい二年~ (4, 0.0%)

2 ほど前 1 程前, 経ったという

▼ つい五六日前~ (4, 0.0%)

1 にすぐ, に先, の手紙, までは

▼ つい余計~ (4, 0.0%)

1 と云う, なこと, な口, のおし

▼ つい~ (4, 0.0%)

2 のお 1 の病ひで, の麁忽者

▼ つい~ (4, 0.0%)

1 の口眞, の口真似, の頼み, へも嫂

▼ つい先夜~ (4, 0.0%)

1 の一二, はべつ, も拙者, も玉の井あたり

▼ つい其處~ (4, 0.0%)

1 なり鍋, に見え, の路地, まで

▼ つい出来心~ (4, 0.0%)

1 から, でその, で悪い, で黙っ

▼ つい十年~ (4, 0.0%)

1 ぐらいじゃない, ちかくまで, ほど前, も前

▼ つい夢中~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 で吸って, になった

▼ つい失笑~ (4, 0.0%)

1 した, して, するの, せずに

▼ つい寝坊~ (4, 0.0%)

1 しちやつて, になり, をし, をしまし

▼ つい平生~ (4, 0.0%)

2 のたしなみ, の持論

▼ つい~ (4, 0.0%)

1 が明けられませ, が明けられませんで, の中, の前

▼ つい弱気~ (4, 0.0%)

1 な商人たち, になっ, になろう, に言っ

▼ つい~ (4, 0.0%)

1 から出, から忍ん, にされちまった, の月

▼ つい怠け~ (4, 0.0%)

1 がちと, て, てしまふ, てどこ

▼ つい悪い~ (4, 0.0%)

1 ことも, ことを, 奴に, 心を

▼ つい意外~ (4, 0.0%)

1 だったよう, な失敗, な時間, な長座

▼ つい感心~ (4, 0.0%)

4 して

▼ つい我慢~ (4, 0.0%)

1 ができなくなっ, がならなくなっ, ならず失礼, をする

▼ つい~ (4, 0.0%)

2 もなく 1 もなかっ, を得なく

▼ つい日頃~ (4, 0.0%)

1 おちかづき, の不精, の愚痴, の食

▼ つい昨晩~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 お銀様, でした

▼ つい本気~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 でどなった, んなっ

▼ つい~ (4, 0.0%)

2 の引出し 1 に溜め, の先

▼ つい機会~ (4, 0.0%)

1 がなく, が無かっ, を失っ, を見

▼ つい気分~ (4, 0.0%)

3 が悪い 1 まで欝陶

▼ つい油断~ (4, 0.0%)

2 をし 1 して, をした

▼ つい注意~ (4, 0.0%)

1 が行屆, されて, をひかれたら, を注ぎすぎた

▼ つい用事~ (4, 0.0%)

2 にかまけ 1 が多い, に追われ

▼ つい聯想~ (4, 0.0%)

4 が逸れ

▼ つい~ (4, 0.0%)

1 に親方, に違い, の小さく, の農夫

▼ つい話し~ (4, 0.0%)

1 そうに, てしまいました, てしまった, ながら逆

▼ つい~ (4, 0.0%)

1 すら譲れん, ならぬ欲, に迷う, を間違え

▼ つい釣込まれ~ (4, 0.0%)

21 てほほ笑み出し, て恋人

▼ つい長い~ (4, 0.0%)

2 立ち話を 1 時刻を, 間よもやまの

▼ つい~ (4, 0.0%)

1 にぬらし, のゆるむ, をほころばしたくなった, 笑みかわすの

▼ ついあれ~ (3, 0.0%)

1 なりになっ, もこれ, を抜きたくなる云います

▼ ついうつらうつら~ (3, 0.0%)

1 して, と居睡りする, と眠り始めました

▼ ついおととし~ (3, 0.0%)

1 の夏, の日, の春

▼ ついお前さん~ (3, 0.0%)

1 のうしろ, の前, の鼻

▼ ついお話~ (3, 0.0%)

1 に聴き惚れ, に身, をした

▼ ついお話し~ (3, 0.0%)

1 する気, だけで, のこす

▼ ついお隣~ (3, 0.0%)

1 とまちがえ, の和泉国, の魚屋

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 けちが, ような, 放送する

▼ ついかけちがっ~ (3, 0.0%)

1 て, てお, て一度

▼ ついかわいそう~ (3, 0.0%)

1 と思われ, になっ, になり

▼ ついぐずぐず~ (3, 0.0%)

1 で活きてた, に会う, に奴等

▼ ついこちら~ (3, 0.0%)

1 でも左様, も乱暴, も自分

▼ ついことば~ (3, 0.0%)

1 にも出る, に出し, のはずみ

▼ ついごぶさた~ (3, 0.0%)

1 いたしました, した, 致しました

▼ ついご無沙汰~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ついさき頃~ (3, 0.0%)

1 の新聞, まで熱心, 御安産

▼ ついすぐ~ (3, 0.0%)

1 そこまで, そばの, ですもの

▼ ついずるずる~ (3, 0.0%)

1 になっ, にれい, に妹たち

▼ ついそういう~ (3, 0.0%)

1 ことに, 先人の, 顔付し

▼ ついその後~ (3, 0.0%)

1 の闇, へ馬鹿野郎, も何回

▼ ついたしなみ~ (3, 0.0%)

2 を忘れ 1 も粗末

▼ ついたりなんか~ (3, 0.0%)

2 して 1 しません

▼ ついだまされ~ (3, 0.0%)

21 て縞

▼ ついてあつ~ (3, 0.0%)

2 たが 1

▼ ついてからでも~ (3, 0.0%)

1 ぼくの, 少額ずつ, 数えきれぬ程

▼ ついてさえ~ (3, 0.0%)

1 いれば, おれば, しまえば

▼ ついてしも~ (3, 0.0%)

2 うた 1 たん

▼ ついであった~ (3, 0.0%)

1 ぬるい番茶, のを, 一ぱいの

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 ありのままの, 腕を, 退くが

▼ ついという~ (3, 0.0%)

1 そのこと, ところは, 髪の

▼ ついどう~ (3, 0.0%)

1 したって, したの, 忘れを

▼ ついどうか~ (3, 0.0%)

1 したの, した機会, なる気

▼ ついどうしても~ (3, 0.0%)

1 ひつか, よむか, 出かけられないで

▼ ついにっこり~ (3, 0.0%)

1 する笑顔, と笑う, 笑って

▼ ついみんな~ (3, 0.0%)

1 がやめ, が徴発徴発, よりも楽

▼ ついむき~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 になった

▼ ついむらむら~ (3, 0.0%)

1 っとなっ, とした, と不快

▼ ついもう~ (3, 0.0%)

1 そこで, 出られなくなる, 我慢が

▼ ついやつ~ (3, 0.0%)

1 た惡戲, てみた, て了つた

▼ つい~ (3, 0.0%)

3 だん

▼ ついゆうべ~ (3, 0.0%)

1 の惚気, ぶらりと都, までもそこ

▼ ついわたくし~ (3, 0.0%)

1 がかたき, も存じ寄らな, も心

▼ ついウカウカ~ (3, 0.0%)

1 と三十年, と有力, と高利貸

▼ つい一人~ (3, 0.0%)

1 でおしゃべり, の青年, 乗せて

▼ つい一刻~ (3, 0.0%)

2 ほど前 1 まえには

▼ つい一寸~ (3, 0.0%)

1 したこと, した久留米絣, の見物

▼ つい一日~ (3, 0.0%)

1 として好い, のばしに, のばし二日

▼ つい一月前~ (3, 0.0%)

1 であった, に建てた, の美和子

▼ つい三日前~ (3, 0.0%)

1 に死亡届, の夜, の朝

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 三年ほど, 三日前お, 三日前に

▼ つい~ (3, 0.0%)

2 た月前 1 た月

▼ つい二三日前手紙~ (3, 0.0%)

1 があった, があつ, がきた

▼ つい二三箇月前~ (3, 0.0%)

2 にも或 1 に大阪

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 ひたくも, ひ間違, ふの

▼ つい人目~ (3, 0.0%)

2 があっ 1 があります

▼ つい人間~ (3, 0.0%)

1 と共に, の事, の本性

▼ つい仲間~ (3, 0.0%)

1 に引張り込まれ, のもの, の者

▼ つい何度~ (3, 0.0%)

1 かは瞼, も何度, も四辺

▼ つい先ほど~ (3, 0.0%)

1 まで生き, まで眼, もこういう

▼ つい先日私~ (3, 0.0%)

1 の友人, の方, はまたもや

▼ つい先達~ (3, 0.0%)

1 って築地, まで寛永寺畔一帯, まで自ら

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 ま, れきり, れに

▼ つい其の~ (3, 0.0%)

1 儘ずる, 掛行燈の, 自分で

▼ つい前後~ (3, 0.0%)

1 の弁えなく, の考え, を顧み

▼ つい十五分~ (3, 0.0%)

2 ほどまえ 1 ばかし前

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 なこと, な気, になつ

▼ つい同じ~ (3, 0.0%)

1 人と, 物を, 車に

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 を度忘れ, を忘れ, を騙った

▼ つい四五日~ (3, 0.0%)

1 ほどまえ, まえに, まえにでも

▼ つい固く~ (3, 0.0%)

1 なったもの, ならあ, なるヘドモド

▼ つい夫限~ (3, 0.0%)

2 に打ち遣つた 1 に打ち遣った

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 たり, ていた, 呆けて

▼ つい寝込ん~ (3, 0.0%)

2 でしまった 1 でしまう

▼ つい少し~ (3, 0.0%)

1 ばかり前, ばかり話, 前に

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 てサラサラ, て着, 廻りで

▼ つい引き込まれ~ (3, 0.0%)

1 て一緒, て自分, て頬

▼ つい引受け~ (3, 0.0%)

2 て見た 1 てしまいます

▼ つい忘れた~ (3, 0.0%)

1 と云っ, の, んです

▼ つい忘れまし~ (3, 0.0%)

21 て荷物

▼ つい忘れられ~ (3, 0.0%)

1 がちに, たり何, 勝ちに

▼ つい思い~ (3, 0.0%)

1 が迫っ, つつ幾年, に沈ん

▼ つい思う~ (3, 0.0%)

1 のだった, のであった, 通りな

▼ つい意地~ (3, 0.0%)

2 でね 1 きたなく話し話し

▼ つい感嘆~ (3, 0.0%)

2 の声 1 しましたが

▼ つい~ (3, 0.0%)

2 をたたく 1 をしめる

▼ つい持っ~ (3, 0.0%)

1 て来, て行っ, て行った

▼ つい~ (3, 0.0%)

2 う云って 1 う云

▼ つい昨今~ (3, 0.0%)

1 できあがったばかり, の風景, まで僕

▼ つい時間~ (3, 0.0%)

1 がおしく, がない, まで忘れちまった

▼ つい書い~ (3, 0.0%)

1 てしまう, てしまっ, てしまった

▼ つい最前~ (3, 0.0%)

1 とは比較, の自分, まで居

▼ つい本当~ (3, 0.0%)

1 でもない, のこと, の事

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 を生やし, 掘り葉, 掘り葉掘り

▼ つい~ (3, 0.0%)

3 されて

▼ つい此先~ (3, 0.0%)

2 の方 1 まで参ります

▼ つい此方~ (3, 0.0%)

1 からも問わず, の方, 迄物好き

▼ つい此間彼~ (3, 0.0%)

1 が母, と知り, は母

▼ つい殺し~ (3, 0.0%)

2 てはならぬ 1 てしまいました

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 の住む, の法華, へ告口

▼ つい気づかず~ (3, 0.0%)

2 にいた 1 に過ぎ

▼ つい気軽~ (3, 0.0%)

1 になっ, になつ, に買物

▼ つい泣け~ (3, 0.0%)

1 そうに, てしまいました, てまいりまし

▼ つい深入り~ (3, 0.0%)

1 した, して, をし

▼ つい溜息~ (3, 0.0%)

1 が出る, と一処, になっ

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 思慮な, 沙汰し, 沙汰しました

▼ つい~ (3, 0.0%)

2 の感激 1 の代

▼ つい~ (3, 0.0%)

2 にさわっ 1 にさ

▼ つい百日~ (3, 0.0%)

2 ほど前 1 ほどな

▼ つい目頭~ (3, 0.0%)

3 が熱く

▼ つい相手~ (3, 0.0%)

1 が身内, の何, を叱る

▼ つい眼前~ (3, 0.0%)

1 にも湯屋, に現われる, に高らか

▼ つい睡っ~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 て了

▼ つい知らぬ~ (3, 0.0%)

1 まに, ものが, 間に

▼ つい秘密~ (3, 0.0%)

1 が保てなくなっ, にしちゃった, を打ち明け

▼ つい空呆け~ (3, 0.0%)

3 て横

▼ つい立ちどまっ~ (3, 0.0%)

1 てうっとり, て一言, て居る

▼ つい粗相~ (3, 0.0%)

1 で皿, をしました, をば

▼ つい考え~ (3, 0.0%)

1 が胃, てはしまうだろう, のまにまに

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 にし, に入れ, をすまし

▼ つい聞いた~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 んです

▼ つい聞く~ (3, 0.0%)

1 ともなし, のを, 機会が

▼ つい~ (3, 0.0%)

2 が一ぱい 1 が悪く

▼ つい苦しまぎれ~ (3, 0.0%)

1 に資格, に飲みはじめた, のおなら

▼ つい見かけた~ (3, 0.0%)

2 ことの 1 ことが

▼ つい覚え~ (3, 0.0%)

1 ていた, てしまう, てしまった

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 つて, ふんだよ, 出しそびれて

▼ つい言っ~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 てはいけない

▼ つい話しこん~ (3, 0.0%)

1 でしまいました, でしまっ, で思わず

▼ つい話し込ん~ (3, 0.0%)

1 でしまっ, でゐる, で云いそびれた

▼ つい買っ~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, てやる, て見る

▼ つい近世~ (3, 0.0%)

2 の人 1 の野武士

▼ つい近傍~ (3, 0.0%)

1 ではあり, で捕虜, の浜松町

▼ つい遊び~ (3, 0.0%)

1 に出かける, ほうけて, 過ぎて

▼ つい~ (3, 0.0%)

1 ぐる頃中国の, まっては, 勞の

▼ つい酔っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていらっしゃる

▼ つい釣りこまれ~ (3, 0.0%)

1 てさう, て監視, て賛成

▼ つい間違え~ (3, 0.0%)

1 て, てね, て南側

▼ つい隣国~ (3, 0.0%)

1 でこれ, にこんど生け捕り, の新田小太郎義貞

▼ つい面倒くさい~ (3, 0.0%)

2 ので彼 1 から芝居ひとつ

▼ つい面白~ (3, 0.0%)

2 さに 1 がったもの

▼ つい高氏~ (3, 0.0%)

1 の口, はこんな, への取次ぎ

▼ ついああ~ (2, 0.0%)

1 もし, 云ふところでした

▼ ついあすこ~ (2, 0.0%)

1 いら, を利用

▼ ついあそこ~ (2, 0.0%)

1 の曲り角, まで往

▼ ついあまり~ (2, 0.0%)

1 のじれった, の不思議さ

▼ ついいっしょ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に泣きだしました

▼ ついいろんな~ (2, 0.0%)

1 ことに, ことを

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 つかりと, ッかりし

▼ ついおっくう~ (2, 0.0%)

1 になっちゃう, に感じ

▼ ついおまえさん~ (2, 0.0%)

1 のお, を買いかぶった

▼ ついお互い~ (2, 0.0%)

1 に話したくなっ, 話し合うよう

▼ ついお茶~ (2, 0.0%)

1 のお, を上げる

▼ ついかう~ (2, 0.0%)

1 なつちまつ, 意識せず

▼ ついからかっ~ (2, 0.0%)

1 てみたくなった, て見たくなった

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 つくりと, 新しく出来

▼ ついがっくり~ (2, 0.0%)

1 と滑る, 抜けまして

▼ ついくやしく~ (2, 0.0%)

1 なっちまいます, なって

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 なひだ

▼ ついこういう~ (2, 0.0%)

1 機会に, 質問が

▼ ついこのほど~ (2, 0.0%)

1 で始めた, までながい

▼ ついこの間うち~ (2, 0.0%)

1 までかれ, までそんな

▼ ついこの間私~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, が伏姫様

▼ ついさう~ (2, 0.0%)

1 いふ形にな, といひ尽くされぬ

▼ ついさっきそこ~ (2, 0.0%)

1 から出, から落ちた

▼ ついさっき私~ (2, 0.0%)

1 の助手たち, は

▼ ついさつきここ~ (2, 0.0%)

2 はカチカチ山

▼ ついさまざま~ (2, 0.0%)

1 な空想, 思い出しまして

▼ ついじきそこ~ (2, 0.0%)

1 にある, に待ち合せ

▼ ついそつ~ (2, 0.0%)

1 ちばかりに, ちを

▼ ついそのあの~ (2, 0.0%)

2 何でご

▼ ついたりの~ (2, 0.0%)

1 青年は, 題目を

▼ ついたる~ (2, 0.0%)

1 実の, 晴やかの

▼ ついだまされた~ (2, 0.0%)

1 のです, 様な

▼ ついちかごろ~ (2, 0.0%)

1 法師温泉の, 警視総監の

▼ ついちょ~ (2, 0.0%)

1 りません, る

▼ ついつい~ (2, 0.0%)

1 うっかりし, 出来心から

▼ ついついで~ (2, 0.0%)

1 が無かっ, に洩らした

▼ ついつかれ~ (2, 0.0%)

1 て居た, て居る

▼ ついつまずい~ (2, 0.0%)

2 てしまう

▼ ついつまらない~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ ついつられ~ (2, 0.0%)

1 てすっかり, てのっ

▼ ついてか~ (2, 0.0%)

1 へりました, 中尾は

▼ ついてからと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 一日一日と

▼ ついてからという~ (2, 0.0%)

2 考えも

▼ ついてからに~ (2, 0.0%)

1 したいと, した方

▼ ついてが~ (2, 0.0%)

1 つかりして, つしり

▼ ついてさ~ (2, 0.0%)

1 まるでシャール十世, 全くの

▼ ついてな~ (2, 0.0%)

1 そのよう, やって来たん

▼ ついてまでも~ (2, 0.0%)

1 ここへ, 自分の

▼ ついてら~ (2, 0.0%)

2

▼ ついでまわっ~ (2, 0.0%)

1 たりする, ておじぎ

▼ ついとい~ (2, 0.0%)

1 で, でシャツ

▼ ついとろり~ (2, 0.0%)

1 とし, とした

▼ ついとんだ~ (2, 0.0%)

1 ところへ, 羂に

▼ ついどこ~ (2, 0.0%)

1 かへなくなし, か引ッ

▼ ついどさくさ~ (2, 0.0%)

1 いたしまして, して

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 かまに, つい黙っ

▼ ついなっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまう

▼ ついにこにこ~ (2, 0.0%)

1 して, 笑って

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 お白酒, きに

▼ ついのびのび~ (2, 0.0%)

1 と相成り, になっ

▼ ついのんびり~ (2, 0.0%)

1 して, と一人

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 ぢの, ぢを

▼ ついひとり~ (2, 0.0%)

2 で噴き出した

▼ ついふた~ (2, 0.0%)

1 月ほど, 月程

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 ご紙, ンの

▼ ついほだされ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て逗留

▼ ついほんとう~ (2, 0.0%)

1 のこと, の母親

▼ ついほんの~ (2, 0.0%)

1 この間まで, 出来心で

▼ ついむこう~ (2, 0.0%)

1 にミズーリ以下五百艘, に降り

▼ ついやっ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て行く

▼ ついやむなく~ (2, 0.0%)

2 高利貸から

▼ ついやり~ (2, 0.0%)

1 損つ, 損つてし

▼ ついやる~ (2, 0.0%)

1 ことは, ひまも

▼ ついわが~ (2, 0.0%)

1 影と, 恋も

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 てサラサラ, て恩人

▼ ついガラツ八~ (2, 0.0%)

1 におびき出され, の八五郎

▼ ついグラス~ (2, 0.0%)

1 に口, の数

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 ついツ, と小鳥

▼ ついホロリ~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 んつい

▼ ついーん~ (2, 0.0%)

2

▼ つい一両年前~ (2, 0.0%)

1 にこの, に結婚

▼ つい一両日~ (2, 0.0%)

1 前北京, 続きまして

▼ つい一二年前~ (2, 0.0%)

1 からはじめられた, まで見事

▼ つい一二時間前~ (2, 0.0%)

1 にはいつ, に見た

▼ つい一方~ (2, 0.0%)

1 の蝕まれた, を重く

▼ つい一日一日~ (2, 0.0%)

1 と引越, と待っ

▼ つい一日前~ (2, 0.0%)

1 に摂政宮殿下, の灯

▼ つい一昨年~ (2, 0.0%)

1 のこと, まで他人

▼ つい一番大切~ (2, 0.0%)

2 な珍

▼ つい一緒~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ つい一足~ (2, 0.0%)

1 の右手, 出れば

▼ つい一里~ (2, 0.0%)

1 と隔たぬ, の山坂一つ

▼ つい七日~ (2, 0.0%)

1 い十日, ほど前

▼ つい三ヵ月~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, ほどまえ

▼ つい三ヶ月~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, ほど以前

▼ つい三十分前~ (2, 0.0%)

1 までそれ, まで未来永劫

▼ つい三四分前~ (2, 0.0%)

2 まであんなに

▼ つい三四年~ (2, 0.0%)

2 ほど前

▼ つい三間~ (2, 0.0%)

1 とは離れ, ばかりのところ

▼ つい不平~ (2, 0.0%)

1 のノート, を申した

▼ つい不愉快~ (2, 0.0%)

1 にならざる, にならず

▼ つい不用意~ (2, 0.0%)

1 にいった, の言葉

▼ つい不調法~ (2, 0.0%)

1 にも小唄, をいたし

▼ つい中途~ (2, 0.0%)

1 から遊び上手, で流れた

▼ つい二三尺~ (2, 0.0%)

2 離れて

▼ つい二三日前伸子~ (2, 0.0%)

2 と素子

▼ つい二三時間前~ (2, 0.0%)

1 の激情, まで人間

▼ つい二三週間前~ (2, 0.0%)

1 までのよう, まで博士

▼ つい二三間先~ (2, 0.0%)

1 に見え, のところ

▼ つい二刻~ (2, 0.0%)

2 ほど前

▼ つい二十日~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, ほどまえ

▼ つい二日前~ (2, 0.0%)

1 である, のこと

▼ つい二週間~ (2, 0.0%)

1 ほどまえ, まえに

▼ つい二階~ (2, 0.0%)

1 にいる, まで取り

▼ つい云いそびれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て有耶無耶

▼ つい云わず~ (2, 0.0%)

1 とも良い, も良い

▼ つい五六軒向う~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ つい五年~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, ほど前

▼ つい五日~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, ほど前

▼ つい五日前~ (2, 0.0%)

1 からです, に

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 ペンペン草に

▼ つい今しがたお出かけ~ (2, 0.0%)

2 になりました

▼ つい今しがたそれ~ (2, 0.0%)

1 がどこ, について動かぬ

▼ つい今そこ~ (2, 0.0%)

1 から歸つて來, までけえっ

▼ つい今年~ (2, 0.0%)

1 の初め頃, の句

▼ つい今頃~ (2, 0.0%)

1 になっ, 送られる身

▼ つい仕舞~ (2, 0.0%)

1 ひ忘れて, まで本気

▼ つい他人~ (2, 0.0%)

1 との混雑, の物

▼ つい以前~ (2, 0.0%)

1 だつて, の事

▼ つい会う~ (2, 0.0%)

1 事が, 折が

▼ つい何だか~ (2, 0.0%)

1 お前さんを, ここが

▼ つい何事~ (2, 0.0%)

1 にも疑深く, も判らなく

▼ つい何処~ (2, 0.0%)

1 かへ出かけ, やらの下僕

▼ つい何心~ (2, 0.0%)

1 なくどこ, なく大人

▼ つい余り~ (2, 0.0%)

1 の事, 出ませんでしたが

▼ つい余談~ (2, 0.0%)

1 に紛れました, に走つた

▼ つい使っ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまっ

▼ つい信用~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 を云っ

▼ つい億劫~ (2, 0.0%)

1 で, になつ

▼ つい兄さん~ (2, 0.0%)

1 に向っ, は鎖

▼ つい先だって~ (2, 0.0%)

1 もその, 来た時

▼ つい先生~ (2, 0.0%)

1 のお, の脚

▼ つい先程~ (2, 0.0%)

1 まで冗談, まで確

▼ つい先週~ (2, 0.0%)

1 も鍛冶屋, 受取ったばかり

▼ つい先達て写真~ (2, 0.0%)

2 を手

▼ つい先頃新聞~ (2, 0.0%)

1 に出た, に喧しく

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 をぬい, を脱いだ

▼ つい入っ~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見た

▼ つい入口~ (2, 0.0%)

1 に近い, まで来た

▼ つい入口近く~ (2, 0.0%)

2 には土だらけ

▼ つい其所~ (2, 0.0%)

1 ですから, の天水桶

▼ つい其方~ (2, 0.0%)

1 にも計らぬ, の用

▼ つい冗談~ (2, 0.0%)

1 も出る, を言っ

▼ つい出ず~ (2, 0.0%)

1 にいた, にゐた

▼ つい出そびれ~ (2, 0.0%)

1 てやっと, て帰りし

▼ つい出た~ (2, 0.0%)

1 ことばを, 口許を

▼ つい出まかせ~ (2, 0.0%)

1 に, を言った

▼ つい前夜~ (2, 0.0%)

1 の疲れ, までも男山

▼ つい前月~ (2, 0.0%)

1 の口約, も宜

▼ つい創作~ (2, 0.0%)

1 の筆, より翻訳

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 が余っ, が入っ

▼ つい動かされ~ (2, 0.0%)

1 て兎, て近

▼ つい十分~ (2, 0.0%)

2 ほど前

▼ つい十年前~ (2, 0.0%)

1 に出た, までの武将

▼ つい十日程前~ (2, 0.0%)

1 に他, の奇禍

▼ つい十月~ (2, 0.0%)

1 の大徳寺, の終り

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 世紀前までは, 刻ほど

▼ つい半町~ (2, 0.0%)

1 ばかり先, ほどさき

▼ つい卑怯~ (2, 0.0%)

2 な考

▼ つい去年あたり~ (2, 0.0%)

1 まで土用中, まで豆腐

▼ つい友達~ (2, 0.0%)

1 に誘われ, のところ

▼ つい反抗的~ (2, 0.0%)

2 に意地

▼ つい取っ~ (2, 0.0%)

1 ておく, てくる

▼ つい取紛れ~ (2, 0.0%)

1 ていきなり, てこつ

▼ つい向う岸~ (2, 0.0%)

1 に三百人近く, に人

▼ つい吹きだし~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまった

▼ つい吹き出した~ (2, 0.0%)

1 が, 位だつた

▼ つい呟く~ (2, 0.0%)

1 と, やうに

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 ひ馴れて, もわからぬ

▼ つい四五町~ (2, 0.0%)

1 の先, の道

▼ つい四日~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, ほどまえ

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 にのっ, に乗せられ

▼ つい堪りかね~ (2, 0.0%)

1 てふっと, てふつ

▼ つい増長~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つい多忙~ (2, 0.0%)

1 くッ, だもの

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 が明け, を更し

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 にすらみ, の彼女

▼ つい大事~ (2, 0.0%)

1 な一言, に大事

▼ つい大胆~ (2, 0.0%)

1 になった, になり

▼ つい好き~ (2, 0.0%)

1 だもの, だ好き

▼ つい好奇心~ (2, 0.0%)

1 が動く, のため

▼ つい嬉し~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ つい子供~ (2, 0.0%)

1 のせがむ, のよう

▼ つい存じませぬ~ (2, 0.0%)

1 ことで, 故お見舞

▼ つい実行~ (2, 0.0%)

1 ができなかった, の勇気

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 さも, さを

▼ つい小声~ (2, 0.0%)

1 で言った, になりました

▼ つい小母さん~ (2, 0.0%)

2 に御

▼ つい尻ごみ~ (2, 0.0%)

1 して, しまして

▼ つい居睡り~ (2, 0.0%)

1 が襲っ, をする

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の外, を離れた

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の岩, を上

▼ つい帰る~ (2, 0.0%)

1 ことも, のを

▼ つい平次~ (2, 0.0%)

1 もうつとり, を呼ん

▼ つい年暮~ (2, 0.0%)

1 のこと, の十二月

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の外, へはいりました

▼ つい庭先~ (2, 0.0%)

1 にある, の遅咲き

▼ つい彼等~ (2, 0.0%)

1 が全く, の志

▼ つい後で~ (2, 0.0%)

1 断われば, 斷はれ

▼ つい御馳走~ (2, 0.0%)

2 になり過ぎ

▼ つい微笑ん~ (2, 0.0%)

1 でしまっ, でしまひました

▼ つい心から~ (2, 0.0%)

1 さうし, そうした讃辞

▼ つい忘れかけた~ (2, 0.0%)

2 といふ一事

▼ つい忘れました~ (2, 0.0%)

1 がきっと, けれども

▼ つい忙しくっ~ (2, 0.0%)

1 て読みかけ, て身

▼ つい思っ~ (2, 0.0%)

1 たりする, ている

▼ つい怠っ~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, て尋ね

▼ つい急ぎ過ぎた~ (2, 0.0%)

2 ものだ

▼ つい恨み~ (2, 0.0%)

1 がましい, を迷ぐらかされもする

▼ つい恨めしく~ (2, 0.0%)

1 さえなっ, なる人たち

▼ つい息子~ (2, 0.0%)

2

▼ つい悪戯~ (2, 0.0%)

1 をいたしました, を致しまし

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の涙, 張りまして

▼ つい憎まれ口~ (2, 0.0%)

1 がききたくなる, を利く

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 のかぜ, の帆舟

▼ つい懇意~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ つい懐中~ (2, 0.0%)

1 から財布, の緑青

▼ つい我々~ (2, 0.0%)

1 は美術品, まであいつ

▼ つい戦前~ (2, 0.0%)

1 までは南北朝, まで社会的

▼ つい手紙~ (2, 0.0%)

1 がおそく, を不精

▼ つい手荒~ (2, 0.0%)

1 なこと, なまね

▼ つい手許~ (2, 0.0%)

1 が不如意, に無い

▼ つい承諾~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ つい持つ~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, て行つた

▼ つい故人~ (2, 0.0%)

2 に疎遠

▼ つい数時間前~ (2, 0.0%)

1 におれ, にやっと

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 をあなどった, を射ち

▼ つい斯ん~ (2, 0.0%)

1 なもの, な事

▼ つい新子~ (2, 0.0%)

1 と相対, にあんな

▼ つい旅先~ (2, 0.0%)

1 からも送らず, で長く

▼ つい昂奮~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つい明日~ (2, 0.0%)

2 に迫る

▼ つい昨晩酔~ (2, 0.0%)

2 まして

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の食事, までここ

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 まで坐禅, まで目

▼ つい書物~ (2, 0.0%)

1 と書物, や講義

▼ つい最近友人~ (2, 0.0%)

2 が訪ね

▼ つい最近彼~ (2, 0.0%)

1 の小説論, は紀代子

▼ つい朋輩~ (2, 0.0%)

1 と口論, なんかの前

▼ つい未だ~ (2, 0.0%)

1 御尋ねする, 昨日の

▼ つい本心~ (2, 0.0%)

2 といふもの

▼ つい来る~ (2, 0.0%)

1 のでやす, 途中の

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 にない, にもなく

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の其方, の向こう

▼ つい此間中~ (2, 0.0%)

2 から機会

▼ つい此間伊太利~ (2, 0.0%)

2 から求めた

▼ つい此間青年~ (2, 0.0%)

2 と園遊会

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の安, 切れずに

▼ つい気取っ~ (2, 0.0%)

1 ても見たくなり, てメルシ

▼ つい気持~ (2, 0.0%)

1 もとがれ, よく盃

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 になつて, のおちつ

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の中, の向う

▼ つい決心~ (2, 0.0%)

1 しました, もにぶっ

▼ つい泊る~ (2, 0.0%)

1 ことに, 気に

▼ つい洗練~ (2, 0.0%)

2 された自分

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 が落ちる, をかん

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 りとして, れ方

▼ つい浮かり~ (2, 0.0%)

2 口を

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 にばかり浸, の底

▼ つい涙ぐまれる~ (2, 0.0%)

1 のであった, のでございます

▼ つい涙ぐん~ (2, 0.0%)

1 でいま, でしまっ

▼ つい混雑~ (2, 0.0%)

1 に取り紛れ, に紛れまし

▼ つい無作法~ (2, 0.0%)

1 にこう, をいたしました

▼ つい無意識~ (2, 0.0%)

1 にあやまっ, に余り

▼ つい焦れつたくなる~ (2, 0.0%)

2 と漢語調

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 殺して, 麺麭の

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の狂い, を松

▼ つい独り~ (2, 0.0%)

1 であんな, で笑った

▼ つい独断~ (2, 0.0%)

1 で事, 立ち働きいたしました

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 のあと, をたのん

▼ つい疑い~ (2, 0.0%)

1 の眼, も出

▼ つい疲れ~ (2, 0.0%)

1 てときどき, にまけ

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 と一緒

▼ つい皮肉~ (2, 0.0%)

1 な怨言, の一つ

▼ つい目前~ (2, 0.0%)

1 の事物, の樹

▼ つい直し~ (2, 0.0%)

1 が廻っ, の親戚

▼ つい矢代~ (2, 0.0%)

1 はここ, も鼻息

▼ つい知り~ (2, 0.0%)

1 もせぬ, 合つたばかりの

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 を失した, を申す

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 を犯し, を破っ

▼ つい私たち~ (2, 0.0%)

1 までがホロリ, も不愉快

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の下, を明け

▼ つい立っ~ (2, 0.0%)

1 て浜座敷, て牡丹

▼ つい笑いだし~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまった

▼ つい笑つて~ (2, 0.0%)

2 しまつ

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 の手, をつけた

▼ つい細々~ (2, 0.0%)

1 したこと, と語りたく

▼ つい置き忘れ~ (2, 0.0%)

1 てい, ておりまし

▼ つい羨ましく~ (2, 0.0%)

1 なつて, も見たであろう

▼ つい聞い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておかなかった

▼ つい聞かず~ (2, 0.0%)

2 にしまった

▼ つい聞き入っ~ (2, 0.0%)

1 て, ていた

▼ つい聞き落しました~ (2, 0.0%)

2 がな

▼ つい脱線~ (2, 0.0%)

1 したまでの, して

▼ つい自然~ (2, 0.0%)

1 に出, に無意識

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 に乗っ

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, も延びちゃった

▼ つい芝居~ (2, 0.0%)

1 をしたくなる, を見

▼ つい苛立っ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て来ざる

▼ つい荒っぽい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 言動に

▼ つい行く~ (2, 0.0%)

2 気に

▼ つい見た~ (2, 0.0%)

1 ことない, ものです

▼ つい見る~ (2, 0.0%)

1 と仏壇, 気に

▼ つい見落され~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来た

▼ つい言い~ (2, 0.0%)

1 そうだった, 悪かった

▼ つい言い出し~ (2, 0.0%)

1 てしまった, にくくなっ

▼ つい訊い~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ つい記憶~ (2, 0.0%)

1 が怪しく, に浮ん

▼ つい話しかけられる~ (2, 0.0%)

2 と問

▼ つい話しそびれ~ (2, 0.0%)

2 て未だ

▼ つい話頭~ (2, 0.0%)

1 に上らない, を向ける

▼ つい誘われる~ (2, 0.0%)

1 ように, 快い世辞

▼ つい誤っ~ (2, 0.0%)

1 て下, て小石

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 ひ泣き

▼ つい貰い泣き~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ つい貰い笑い~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 ひ度, ひ渋

▼ つい起こり~ (2, 0.0%)

2 やすいの

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 いたら飛びかゝってやろう位, いたら飛びかゝつてやらう位

▼ つい躓いた~ (2, 0.0%)

1 のだ, のよ

▼ つい身体~ (2, 0.0%)

1 が横, が障りまし

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 を誂, を誂え

▼ つい迂闊~ (2, 0.0%)

1 と封, り口

▼ つい近間~ (2, 0.0%)

1 で見, へも寄らず

▼ つい近頃やはり~ (2, 0.0%)

2 当時から

▼ つい途中~ (2, 0.0%)

1 から妙, で寐

▼ つい通し~ (2, 0.0%)

1 の橋上, の渓流

▼ つい連日~ (2, 0.0%)

1 の疲労, の疲勞

▼ つい過ごし~ (2, 0.0%)

1 てしまった, やすい休暇

▼ つい過日~ (2, 0.0%)

1 のこと, までも

▼ つい道楽~ (2, 0.0%)

1 がしたくなる, だもん

▼ つい酔う~ (2, 0.0%)

1 てその, まで飲ん

▼ つい酔った~ (2, 0.0%)

1 ものです, 紛れに

▼ つい長話~ (2, 0.0%)

1 になりまし, をしすぎた

▼ つい降し~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまった

▼ つい隊長様~ (2, 0.0%)

2 なんぞのお

▼ つい障子~ (2, 0.0%)

1 の埃, の外

▼ つい離れ~ (2, 0.0%)

1 がたい主従, て居ります

▼ つい~ (2, 0.0%)

1 を踏みはずし, を踏みはずした

▼ つい顛倒~ (2, 0.0%)

2 して

▼ つい飲んだ~ (2, 0.0%)

1 のを, 焼酎が

▼ つい駆出し~ (2, 0.0%)

2 て仕

▼ つい骨肉~ (2, 0.0%)

1 のお方, の情愛それ

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 り勝ち

▼ つい~ (2, 0.0%)

2 つて仕舞ふ

▼ つい黙り勝ち~ (2, 0.0%)

1 で思はず, になり

▼1* [2489件]

ついわれで, ついあおってはまた, ついあかくなりと, ついあきらめて, ついあさはかなことを, ついあしたの峠, ついあせったのです, ついあたしも考へ, ついあたり前のこと, ついあちらで一寸, ついあったことは, ついあばれてみたくなった, ついあらぬ事を, ついありあはせた躾の, ついあるきたくなったもんだ, ついあれこれ時間が惜しく, ついあれ以来会う折, ついあわた, ついあわてたものです, ついいいそびれてしまった, ついいい出しかねていた, ついいい足してしまった, ついいうべき事が, ついいえずにしまった, ついいけませんな, ついいさかいして, ついいじめてもみたくなった, ついいそがしいのに, ついいったことの, ついいつでも来れる, ついいづみ子の噂, ついいぶかしさの, ついいまいましい気分にな, ついいま参詣した蝉丸神社, ついいま口がすべった, ついいも助の方, ついいやといえず, ついいやがらせをいっ, ついいらいらしたので, ついいらだたしく綿々と, ついいら立ってしまう, ついいわずともよい, ついいわせてしまった, ついうかうか話をし, ついうかがいそびれておりました, ついうかされて花, ついうからうからと, ついうけてまた, ついうごいてしまった, ついうたた寝のかりね, ついうつとりとし, ついうつ向いてしまいました, ついうまく座を, ついうらやましくなって, ついうれしくなって, ついうろたえの余り, ついうろ覚えの南部ヘレス産, ついうわさをした, ついうんざりさせられる, ついうんと答えて, ついではありませぬ, ついおうむの口まね, ついおくれましてね, ついおしものこと, ついおすがりした, ついおすんこと言う, ついおそうなり疲れ, ついおだてて見る, ついおとついの日, ついおととい着いた日本, ついおととい頃手に受け, ついおととし頃までは西華門院, ついおどりの仲間, ついおなりがそっくり, ついおべっかを言う, ついおまえのまね, ついおもだか屋にあった, ついおもわず賛嘆の, ついおりがなく, ついお上の叡慮, ついお喋りしちやつたの, ついお婆さんに露払い, ついお嬢様と云っ, ついお座敷へ伺います, ついお昼の御飯, ついお目にかかりたくてお呼び, ついお目にかかる折も, ついお礼を一筆, ついお祖母さんの足, ついお見逸れ致しまして, ついお隣同士が往きかいする, ついお雪ちゃんの気, ついかえっていって, ついかえるのが, ついかがむ乙の, ついかけ離れた冷淡な, ついかの女は, ついからかつて見る, ついがぶがぶと飲ん, ついきいたことも, ついききおとしたが, ついきくのを, ついきのうきょうのよう, ついきのうぼくらも身, ついきのう体験して, ついきのう恥辱を与えられ, ついきのう私たちは自分たち, ついきのふ聞いたばかりさ, ついきまりが悪く, ついきみたちの大, ついきょうの午頃, ついきょう青梅から差し出し, ついきらりと光る, ついきんのうもきんのうでした, ついくすくすと笑つて, ついくたびれて両方, ついくちばしのさき, ついくやしげな, ついくり返した, ついくれてやりたくなります, ついぐっすりと寝込ん, ついぐっと片腹痛く感じた, ついぐつすりと寝込んで, ついぐつたりと寝転んで, ついぐらぐらっとなる, ついけちな考え, ついげきして, ついこいつが後, ついこうした処に, ついこうして話したくなります, ついここ二月ほどご無沙汰, ついことしの三月, ついこないだおいでなすった, ついこないだおれは妙, ついこないだそれこそ湯気, ついこないだミサ子と二人, ついこないだ一本松より一つ先, ついこないだ上京して, ついこないだ先生にそう, ついこないだ朝倉先生のこと, ついこないだ東京の新聞, ついこないだ父に買っ, ついこないだ羽州羽黒山のふもと, ついこないだ自分の家, ついこないだ門倉平馬, ついこのごろここへやってきた, ついこのごろよそから連れ込ん, ついこのごろ上の学校, ついこのごろ国立女学院を出た, ついこのごろ土佐から阿波, ついこのごろ宰相の実家, ついこのごろ家に還され, ついこのごろ東京に着いた, ついこのごろ江戸へ出, ついこのごろ病死したりと, ついこのごろ眉を落した, ついこのごろ紅毛から渡っ, ついこのごろ薬を買い, ついこのごろ豆腐屋の折詰, ついこのほど北大の児玉作左衛門先生, ついこのほど被告の報告, ついこのむこうの, ついこの間あなたの名, ついこの間お越しのお方, ついこの間じゅうまでは吉野山, ついこの間アメリカへ行っ, ついこの間シネラリアといふ優しい, ついこの間フランスからキュリー夫人, ついこの間一つ縁談があった, ついこの間三沢から聞いた, ついこの間今日出海君のお, ついこの間偶然会社の人, ついこの間六十八歳で立派, ついこの間外国へ旅立つた, ついこの間嫁に行った, ついこの間家内の実家, ついこの間幸田先生から朝鮮, ついこの間役者から漫才さん, ついこの間後から腰, ついこの間急逝して, ついこの間敵の重, ついこの間日働きに雇われた, ついこの間早稲田文学の会, ついこの間昔し私, ついこの間暑中休暇で東京, ついこの間本妻が死ん, ついこの間東京から帰っ, ついこの間機会を作つて, ついこの間母親に死なれ, ついこの間生誕百年祭が行われた, ついこの間畳干して, ついこの間研究初演したばかり, ついこの間窓を開け, ついこの間糸七さんともう, ついこの間芝の三田, ついこの間英国から帰った, ついこの間遭つた嶺太郎のこと, ついこの間酒壺をたたき, ついこの間陣の余暇, ついこの間雨が降っ, ついこの間頭を結った, ついこの間首尾よく清川, ついこの間駒井の殿様, ついこの間魚政の女, ついこまかに見, ついこまかくなる段々, ついこれからの激戦, ついこんどのこと, ついごく最近に, ついご不沙汰に, ついさい前まで倭文子, ついさう訊き返さずにはゐられなかつた, ついさきおとついまでにみんな, ついさきごろそれとおなじ, ついさきごろ江戸屋敷からの手紙, ついさきほど自動車の, ついさき見せられた故郷の, ついさくをくぐっ, ついさされる一盞を, ついさしかけられたままで, ついさせたわざなのでござります, ついさそわれてまだ, ついさっきお供のお, ついさっきそれが判った, ついさっきンまで起き, ついさっき事務所へ行った, ついさっき佐柄木が尾田, ついさっき取調室から出, ついさっき右馬介がこれ, ついさっき屋根裏で見た, ついさっき旗もとたちへ豪語, ついさっき曾根少佐に対してとった, ついさっき本丸へお, ついさっき物語のなか, ついさっき癇癪を起した, ついさっき臺所まで運びこまれた, ついさっき華雲殿から典医寮, ついさつきばかに調子づい, ついさつきエミルを痛い, ついさつき十二時が鳴つた, ついさつき旅行から帰つて, ついさつき皆なもう, ついしいんとなって, ついしかけた仕事に, ついしかめっ面をする, ついしたら不倫な, ついしちゃったんだ, ついしばらくの仮, ついしめつけの中, ついしゃがませられてしまった, ついしゃべりこんでしまった, ついしらなかったものです, ついじっと見つめて, ついじゃから因縁じゃのう, ついじゃまっけでした, ついすすめられて二十, ついすべってその, ついずぶずぶと沈ん, ついせっかちとなり, ついせんだって僕は太宰治, ついせんだつてのこと, ついせんだつて一部の話題, ついせんだつて僕は太宰治, ついせんだつて復員したばかり, ついせんだつて根本保枝からの手紙, ついなたと, ついそいつを一つ, ついそうした心易い, ついそうっと首を, ついそそのかされてかく, ついそっちが面白く, ついそねみ心が, ついそのままのんべんだらりと茶店, ついその後野となれ, ついその道向こうのはら, ついそりをとく, ついそれきりにし, ついそれっきり忘れて, ついそれでいいよう, ついそれとなく川口に, ついそれ切りとなった, ついそれ嫉妬を焼い, ついそんなに永く住み込んでしまつた, ついそンな事, ついたぎり五十日あまりも, ついたこけら葺きどこ, ついたこたアな, ついたさうですよ, ついたせゐかみんな, ついただ今あなたから, ついたちどまってききほれ, ついたったいまかけ, ついたつていうの, ついたまらなくなって, ついたまりかねて言い放つた, ついたまり兼ねて放埒, ついたれも万歳, ついだいぶ過ごしました, ついだからといって何も, ついだって飲めません, ついだまっていられなくなっ, ついだらだらと長く, ついだれでも知っ, ついだんだんに水, ついょるけん呉越同舟敵味方全部集まる, ついちやア随分厭, ついちや何にしろ, ついちょっとしたことから, ついちょろうからおばはん, ついちよつと思ひ出せない, ついちろちろと鳥, ついぢくつてたんぢ, ついつかまえる手の, ついつとめても話し, ついつまらぬことを, ついてかがみこんで, ついてからかひとの, ついてからずつと東京に, ついてからといふものは, ついてだけはともかくも, ついてなんかゐられないでしよ, ついてなんて自分は, ついてね流れて, ついてばかりいた, ついてまであやまるとは, ついてよかつたらう, ついてらして自分, ついてらしつちや, ついてわつと泣きだした, ついてナその鍛冶屋, ついて迄自分を, ついであっていずれ, ついでありて金沢, ついできたりした, ついできた玄療院の, ついでたらめをいっ, ついとうおれを, ついとかへりぬひと, ついとった指紋が, ついとっちてしまいました, ついとぼけて遊ぶ, ついとやかく云いたくなってね, ついとらんからな, ついとりのぼせましたために, ついとるじやない, ついとるだあよ, ついとれという, ついとんでもない事, ついおし道の, ついどぎまぎさせた, ついどこぞへ見失うた, ついどんな不用意から, ついないことな, ついながながと申し上げ, ついなっちゃったがあれ, ついなつかしくって, ついなにかにかまけ, ついなにか不安な, ついなの箒, ついなぶるようにも, ついなまけてしまっ, ついなみだが, ついなりそうな, ついなんだか怖いよう, ついなんとなく焼きこんだの, ついなんにも存じませんでうっかり, ついにごんごろ鐘に, ついについて来かねて, ついにんじんはど, ついぬかるみの死体, ついぬれたものを, ついのこのこ出かけて, ついのそのそと立ち上つて, ついのぞき込んで見る, ついのぼせてしもうたの, ついはいってみる, ついはしたないことを, ついはじめにお伝え, ついはずみがつい, ついはなしの面白, ついはまりこみとうとう二進, ついはめを外した, ついはめられてそれ, ついはや好い気, ついます, ついばかげたことを, ついばくさんが困っ, ついばらばらに壊れ, ついひかれて味, ついひかれるともなく, ついひきずられて読ん, ついひっかかって失敗, ついひとりっ子であまえさせたらしく, ついひとりでに音が, ついひと月ほどまえ, ついひょろりとせしめられ余程たって, ついひょんな浮気心で, ついひよつくり快くなつ, ついッと, ついふいておこう, ついふきだす場合が, ついふざけ過ぎてしまいました, ついふっと横を, ついふつつかな娘, ついふともの忘れ, ついふとした心の, ついふりかかるごみは, ついふんぎりがつきかねた, ついあいそに, ついぶつけるともなし, ついぷっと吹き出した, ついぷつと噴き出し, ついへらへらとお喋り, ついぺらぺらと言つて, ついぺろりと舌, ついほだされるものです, ついほほえましくなりました, ついほほえみがくちびる, ついほんきになっ, ついぼくも人間, ついづあそこらがあたり前の, ついまきこまれるだろうと思われる, ついまじめになった, ついまずい面に, ついまちがえてはいけない, ついまちがったことを, ついまぢかであの, ついまつの赤き, ついまどろみも得ず, ついまどろむともなく, ついまのあたり近い峰, ついまりが手, ついみずから傷つけて, ついみな顔を空, ついみんな手まねで話, ついむかむかと良人, ついむごいことを, ついむしゃくしゃして, ついむすめから, ついむずかしいので手, ついむだ話をはじめて, ついむっつりと黙っ, ついめそめそして, ついめまいがした, ついめんどうでいいかげん, ついめんどうくさく外へ, ついおやめ, ついもたれよってフコフコ, ついもつことの, ついもとの武家氣質, ついもらい泣きして, ついやはり人情が, ついやぶ蔭を, ついやめにしました, ついやめるんだ, ついややもする, ついやられてしまう, ついやり過ぎたのだ, ついやるせなさの, ついやる気になりました, ついゆうべ二時ごろまでかかっ, ついゆだんしてしまいました, ついゆっくりしちゃったの, ついゆめごこちに, ついゆるしてしまった, ついよく帰ったと, ついよけいなこと, ついよろこんでほほえみかける, ついよんどころの, ついよんどころないことが, ついよんどころなくと申, ついの襟, ついわがままをし, ついわが子の生命, ついわざとらしいまで不断着, ついわすれていた, ついわすれ起きるとそのまま, ついわたくしめがお気, ついわたしたちも後, ついわらいださずにはいられませんでした, ついわらい出してしまっ, ついわりこみますね, ついわれらどもがご, ついわれわれをその, ついイギリスの船, ついカストリ一杯で消え, ついカラカッて見る, ついキスしずには, ついクスクスと笑っ, ついグッスリと, ついサボってしまいます, ついサンダルのさき, ついシャツを仕替える, ついスラスラと筆, ついズルズルと流されち, ついタキシイを駆った, ついダレてしまふ, ついチベット暦の正月前, ついデモは, ついデモゴグ休へ, ついトソ気分でおなじ, ついドサクサ紛れに主人, ついドーラン化粧をおとす, つい此の, ついノヴァミルスキーの念頭, ついハイボールを手, ついハシを手, ついハムレットさまとこんなに, ついハンコをなくした, ついバスルームの中, ついバットを一枚, ついビールも一本失礼, ついピストルを持つ, ついヘンリーの愛国心, ついペンをとる, ついホロホロと涙ぐんだ, ついボロ屑にも, ついポカンとして鬼, ついポッカリ口を, ついマスクを取った, ついマナイタ橋の横, ついムカムカッと来, ついムキになって, ついムザムザと中身, ついムラムラと, ついムラムラッとした, ついモンは困った, ついヤケ酒という事, ついランドセルには失礼, ついリャボーヴィチを当の, つい一しょになっ, つい一つ二つ向うの丘, つい一つ先の角, つい一つ宿におりまし, つい一つ食つて, つい一ぷくといふ氣, つい一カ月ばかり前, つい一ト月前にも起つた, つい一ヵ月前にすでに, つい一ヶ月ばかり前, つい一ヶ月前から東京キネマ, つい一丁ほどしか隔, つい一両日前からこの, つい一二刻まえあたり, つい一二時間前私たちはドイツ, つい一二週間前十二月になっ, つい一分前まで仲よく, つい一分間前までの沈んだ, つい一口よばれちまったもん, つい一口飲る, つい一句を認め, つい一咋年のこと, つい一回も話し, つい一夜参りましたが, つい一寸拝見させて, つい一寸掛値を言, つい一年二年とは国, つい一年余ほど前, つい一息に終末, つい一日二日と延びる, つい一日二日前に四半年分, つい一昔前の室町幕府, つい一昨年一千三百五十名の整理, つい一昨年頃まで誰, つい一昨日あたりまであき, つい一昨日あたり故郷の静岡, つい一昨日お話をし, つい一昨日パーヴェル・パーヴロヴィチと大, つい一昨日入手したブエノスアイレス特電, つい一昨昨年の夏, つい一昨晩まで夜じゅう恐怖, つい一昼夜以前明智探偵に尾行, つい一昼夜前までこの, つい一晩泊って, つい一月余りの日, つい一月許り前, つい一本が二本, つい一条路のあの, つい一杯飲みたくなって, つい一松斎の足下, つい一桝おごること, つい一歩先のところ, つい一生を書, つい一生懸命私も元気, つい一生涯して, つい一番どうとも, つい一睡に落ち, つい一瞬にす, つい一瞬前に無残, つい一瞬間前まで待つ, つい一石と石, つい一箇月ほど前, つい一般家庭では問題, つい一言二言は口, つい一言口からすべり出た, つい一足上りの上野, つい一足二足と歩い, つい一足歩行いた, つい一部始終を物語った, つい一風呂頂きましたあと, つい七八年か十年位前, つい七八年前のこと, つい七八間向こうのやみ, つい七十日ほど前, つい七日間も外, つい丈夫な身, つい三丁先へ野菜もの, つい三十分ぐらいまえ, つい三十年うっかりと, つい三原山へ行きたくなり, つい三四カ月前にも米騒動, つい三四ヵ月前に来た, つい三四人隔てて, つい三四年前の事, つい三四日お世話になっ, つい三四時間前のこと, つい三四月あたりまで食う, つい三四百年前まで因, つい三四箇月以前サンデイ毎日に出, つい三年前の昭和, つい三日前新田がたの大, つい三郎といっしょ, つい上がられなかったのです, つい上げた瞳が, つい下卑た言葉を, つい勝手な, つい不味い事を, つい不善を心がける, つい不安も生じ, つい不安心にも思われる, つい不憫になっ, つい不断の癖, つい不精から時期, つい不自由ということ, つい不運なある音, つい不遜な言葉, つい与えてしまう, つい与えたのだ, つい与右衛門も頷い, ついの幾十人もの, つい世間なみに外面緊張形式, つい世間一般もたいがい, つい世間話が長う, つい丘子の一挙一動, つい並べてしまった, つい久しぶりに会った, つい久我君がすゝめ, つい乏しい懐中を, つい気に, つい乗った男の, つい乗っちまったね, つい乗りたくなってセエキスピア, つい乗り後れた東洋城の, つい乗り替を忘れ, つい乱暴な言葉, つい乳母や子守, つい了見までがケチ, つい予審判事に戒厳令, ついの起ります, つい事実をあからさま, つい二つ三つ前の驛, つい二の腕のところ, つい二タ晩になっ, つい二ツ三ツ酌の愛想, つい二ヶ月程前, つい二ヶ月前までは其処, つい二ヶ月前空気をひと, つい二三丁のところ, つい二三人引きずりこまれて, つい二三十年前のよう, つい二三寸傍まで寄っ, つい二三年以前阿媽港日記と云う, つい二三年前オポルトウの北方数哩, つい二三日前お盆だと, つい二三日前そこにまいりまし, つい二三日前どこかの場所, つい二三日前バスの中, つい二三日前二度目の便り, つい二三日前伸子たちはつづけ, つい二三日前北海道のある, つい二三日前北軽井沢から小田原, つい二三日前姉の加寿子, つい二三日前宿の下女, つい二三日前帰還になりまし, つい二三日前弟の勉強, つい二三日前敵の飛行機, つい二三日前日本からの便り, つい二三日前是の家, つい二三日前殆ど日を同じく, つい二三日前氏が自分, つい二三日前江戸へ帰った, つい二三日前照吉さんが誰, つい二三日前犬に噛み殺され, つい二三日風邪ひきかげんだと, つい二三歩ばかり離れた, つい二三町ほど隔, つい二三軒離れた近所, つい二三週間のあいだ, つい二世紀前の瀬戸内, つい二十世紀のはじめ, つい二十年位まではこの, つい二十日前のこと, つい二年前大学を出, つい二日前卅二三のすこし, つい二月ばかり前, つい二月ごろのこと, つい二枚とも消費, つい二歩ほどのところ, つい二言三言場所柄をわきまえぬ, つい二足三足前がやっと, つい二週間位前ですかしら, つい二里半ばかりの平井谷, つい二里彼方の敵, つい二重唱に画面, つい云いたい事も, つい云いたくなるんです, つい云ってしまった, つい云ったので何, つい云つてしまつ, つい云わせたのであろう, つい五メートルほどむこう, つい五六丁よ, つい五六分まえうしろ, つい五六年前の話, つい五六年前震災の前, つい五六日前神隠しに遭った, つい五六時間前に少年嬢次, つい五六歩のところ, つい五六間も歩いたら, つい五六間先に大きな, つい五分前まで現場, つい五十時間ばかり前, つい五月雨ごろには内裏, つい五町ばかり先, つい五郎は応じる, つい亡き夫の, つい交つて見る氣, つい京極の大炊御門, つい亭主のいう, つい亭主役も甘く, つい人ちがいをしたらしく思われる, つい人心を収攬, つい人情にとらわれ, つい人様が御存じ, つい人生の裏道, つい人相とか方位, つい今あそこで承わりました, つい今お酉さまに連れられ, つい今さっきまでいたんだ, つい今さっきビレラフォンが下, つい今しがたここを退出, つい今しがたこれらの人間, つい今しがたらんらんと火, つい今しがた三分間に亘っ, つい今しがた主人の弟, つい今しがた二階堂の門, つい今しがた京橋の浅野護謨会社, つい今しがた伸子の留守中, つい今しがた使いの者, つい今しがた例の大海魔, つい今しがた俊夫君から電話, つい今しがた傍にいる, つい今しがた口で言われた, つい今しがた安産した, つい今しがた家具屋の職人, つい今しがた少女の習い出したらしい, つい今しがた山の端を離れたらしい, つい今しがた明智探偵をあの, つい今しがた書きたてのもの, つい今しがた朱華で染めあげた, つい今しがた柵に姿, つい今しがた楊の谷, つい今しがた此奴とばかりに肩口, つい今しがた死人のこと, つい今しがた母胎を出た, つい今しがた牡丹亭とかいふ廣庭, つい今しがた町内の若い衆達, つい今しがた留守になった, つい今しがた真紅な扁桃, つい今しがた石段の滝, つい今しがた箱根の近く, つい今しがた行なはれたばかりの, つい今しがた街道へ働き, つい今しがた袁術からの返辞, つい今しがた途方もない, つい今しがた銀座で一所, つい今しがた食事を持っ, つい今し方お出かけだったの, つい今し方ここへ燭台, つい今し方先に参拝, つい今し方八幡さまの境内, つい今し方叡山からの和睦, つい今し方回向院の八つ, つい今し方壁の中, つい今し方帝のお, つい今し方息を引き取りました, つい今し方柳斎の右馬介, つい今し方武蔵の彷徨, つい今し方洲股から御, つい今し方清水寺から降り, つい今し方眼をさまし, つい今し方自分が虹, つい今し方英國へついた, つい今し方親王のお, つい今し方賓殿の上, つい今し方遽かに道, つい今し方風のよう, つい今し方麓の柵, つい今ちゃんなどといった, つい今先刻吾輩がここ, つい今兵にいたわられ, つい今山田申楽の一同, つい今忠顕から聞かされ, つい今暁まで宿所, つい今朝がたまでちやん, つい今朝方まで八方, つい今朝方藩邸で聞きました, つい今気にかかっ, つい今目が覚め, つい今矢作川の橋口, つい今自分のこと, つい今裏におりました, つい仕事が投げやり, つい仕舞いもせず, つい仕舞い込んでしまった, つい仕草に出, つい他事のみ申し上げた, つい他人行儀に振舞, つい他愛がなくなる, つい付合って重ね, つい代表の一人, つい以前光子と二人, つい寐を, つい仮面作りの根性, つい仰しゃらねえもんでござんすから, つい仰っしゃったものと見えます, つい仲間入りをし, つい伊勢に居る, つい伊香保が気に入り, つい休めをし, ついつて, つい会わずにしまった, つい会社組織にし, つい伸子や素子, つい伺いおくれてしまった, つい伺ふ機会が, つい伺わずにもいる, つい似たもの同志が, つい佇んでしまつたりする, つい佐々木道誉の話し, ついに力, つい何とも知れない快感, つい何ヵ月かくらした, つい余分に製造, つい余所で飲む, つい使つて, つい使いたくなる言葉である, つい使つて仕舞つて借家人が明日, つい係り合いになっ, つい俄師の気持, つい俗事にかまけ, つい元平治, つい信也氏も誘われた, ついの下, つい向いた, ついが創作, つい倒れ込むなら一緒の, つい傍系視されて, つい僕たちが家来, つい僻みが出, つい僻むのだ, つい先々月のこと, つい先々月十九日の暁方, つい先々月頃のこと, つい先々週の木曜日, つい先おとといこの街道すじ, つい先ごろステパニーダ・イリイニシナ・ペドリャーギナという金持ち, つい先ごろドイツにおいて彼自身, つい先ごろ妹の旦那, つい先ごろ結婚したばかり, つい先ごろ編集の手, つい先ごろ裏に味噌蔵, つい先ごろ谷崎さんの卍, つい先ごろ野にかくれた, つい先だって五百八十三万といっ, つい先だって今のよう, つい先だって研究を果たして, つい先の日の柳昇, つい先の日遷化された日置黙仙師, つい先刻お出かけになりました, つい先刻出し抜けに四ツ本, つい先刻彼の他, つい先刻死を決した, つい先刻王座から蹴落された, つい先刻瓶口から駅, つい先刻繩付きになつて, つい先刻酒の店, つい先刻鈴慕をお, つい先刻顎十郎に手紙, つい先夜西片町のとある, つい先年そこの朝倉一族, つい先年首相であった老, つい先方の胸元, つい先方弟子の娘たち, つい先日それがはじめて, つい先日アザミさんが結婚先, つい先日バラの苗, つい先日ビクターから勤続二十五年以上, つい先日一葉全集評釈の筆, つい先日三ヵ月間の証明, つい先日三月三日の雛祭り, つい先日事変公債売出し宣伝のため, つい先日人に見せた, つい先日佐世保に行っ, つい先日出立したと, つい先日午後学校からかえって, つい先日協議したが, つい先日大尉に昇進, つい先日手紙が来, つい先日杉村が小泉, つい先日東京でのダイジェスト日本陶器展, つい先日渋谷の映画館, つい先日灯をつけない, つい先日玉の井辺のうねり, つい先日監獄から帰っ, つい先日耳にはいった, つい先日逗子へまいりました, つい先日電車であの, つい先月五月の初め, つい先月窒扶斯で亡くなった, つい先月頃からのこと, つい先程お出でになった, つい先程小姓衆をつれられ, つい先程手を觸, つい先程旅客課の, つい先週ミーチェンカがある, つい先達て汗だくになつて刈込, つい先達て江戸へ出, つい先達て畳替へを, つい先達婦人会の寄合, つい先達家の前, つい先達暇をとった, つい先達胃の手術, つい先達青森縣木造の有名, つい先頃アメリカにおける英国臣民, つい先頃テニヤンの悲劇, つい先頃ラジオによつて全国, つい先頃一月十日までの供出米, つい先頃七尾の或, つい先頃三善清行博士の門, つい先頃中野重治と戸坂潤, つい先頃伝染病がはやっ, つい先頃偶然みたドイツ, つい先頃公表された最低賃銀男子四五〇円, つい先頃六条の松原, つい先頃吉田内閣ができよう, つい先頃和睦いたして, つい先頃国鉄運賃大幅値上げをした, つい先頃大坂の河端, つい先頃大坂表で会う, つい先頃奉公に上った, つい先頃島崎藤村氏と一緒, つい先頃年の暮, つい先頃後妻にいじめられ, つい先頃手当をした, つい先頃政府が男子三十歳, つい先頃日本プロレタリア文化連盟に加えられた, つい先頃曹洪の前, つい先頃村の酒場, つい先頃某社の記者, つい先頃極北の海, つい先頃殿のお, つい先頃源氏物語図屏風というもの, つい先頃皮肉な逆転, つい先頃紐育で上場, つい先頃結婚して, つい先頃織田軍によって武田そのもの, つい先頃菩提所大林寺に擅徒惣代, つい先頃都で殺された, つい先頃長の旅, つい先頃風邪が原因, つい先頃高畠子爵の二十六, つい先頃鼬の奴, ついつて見る, つい入りやすいから, つい入ることに, つい入学がおくれ, つい全部読んで, つい兩三日前すぐ下, つい八つくちから手, つい八日ほど前, つい八日前の元日, つい八景めぐりなんぞというゆとりがございませんでしたそれを旦那, つい公卿くずれみたい, ついつかしい文字, つい六ヶ月ほどま, つい六七十年前まではそう, つい六七年前まで彼, つい六人目の学者, つい六日前に書いた, つい六波羅牢へ曳き, つい其儘にし, つい其夜の如く, つい其日始めて, つい其誘はれて, つい其足で飛び出し, つい内儀さんを煽い, つい内藤新宿のある, つい冷淡に見のがし, つい凡ての哥薩克, つい処女な娘, つい凹凸が出来, つい出おくれていました, つい出しゃばったことを, つい出るのを, つい出会って問いかけ, つい出入のもの, つい出席すること, つい出無精で行き, つい出版を絶念め, つい出遅れてこれ, ついを抜い, つい刃傷沙汰になっ, つい刄傷沙汰になつ, つい分らずじまいでしたからどなた, つい分らない事までも, つい切って了, ついを入れよう, つい制止できなかった, つい前年の三月, つい前日成都から援軍, つい剣つき声になっ, つい剥がしたの, つい割ってしもうた, つい力づけて上げたい, つい力士渡世のあはれ, つい助けてやる気, つい努力する危険, つい勉強を忘れ, つい動かぬもの動かし, つい勝ちましてございます, つい勝手にかう, つい勢いその根, つい勧められるままに, つい匂うたもんだ, つい化かす気に, つい化物屋敷の事, つい医者を呼ばなかった, つい十一二年前まで家, つい十七八年前まではそんな, つい十二三年まへに, つい十二時すぎまでかかりつめ, つい十二時近くになつて, つい十五六メートル向こうに白い, つい十五六間先の木, つい十何年かまえは, つい十余年前には信玄, つい十四五年まえまで, つい十四五間先にバクダン, つい十数間先を密, つい十日あまりを水, つい十日余の前, つい十日余り前まで迂, つい十日前の闇夜合戦, つい午前中まではおとなしく, つい半年前に讀んだ, つい半年許り前, つい半日ほど並べ, つい半月前まで洛中, つい卑しん坊してしも, つい卑劣極まる考え, つい卑屈なあいそ笑ひな, つい厭味をきかせ, つい去りも得ず, つい去年山葵取りに入りこん, つい去年拝殿に厳重, つい参りましてご, つい及ばなくなってしまう, ついを帰らせ, つい反感が迸, つい叔母の一枝, つい取りはづしたものらしかつた, つい取り乱したと前川, つい取り果さないのは, つい取り逃がしたほうの, つい取急ぎまして飛んだ, つい取逃がそうとした, つい受けた感じを, つい口ぎたない事を, つい口ごもって戸, つい口づての不用意, つい口もとまで出ました, つい口一つ利けなかった, つい口先へ出, つい口幅つたいいひ草, つい口惜紛れに, つい口早になっ, つい口走ってあと, つい口走ったのを, つい口走る怖れ, つい口頭に現われた, つい只今まで日本警視総監, つい可愛い妻子の, つい可愛くなります, つい台帳をごまかし, つい台所に派手やか, つい台所用に女房, つい叱れなくなってしまう, ついの通り, つい司令部の貴重, つい吉宗に見られ, つい吊り込まれて笑っ, つい名人だと, つい名前のみを当て, つい吐露されたよう, ついなので, つい向こう横町の, つい向っ腹を, つい向者はあんなに, つい吹き出してしまった, つい吹き出したくなるのは, つい吹出して大事, つい呑みすぎちまったんだ, つい周囲に気兼ね, つい周瑜に向っ, つい周章てましたような, つい周馬の独り言, ついりました何分, つい呻き声を, つい呼びいいので, つい呼べば来る, ついしく慇懃, つい咎められなくなっていた, ついなどをし, つい咽喉の先, つい品性にわるい, ついになっ, つい唯今戻って, つい啖呵をきっちまいましたら, ついまで出かかる, つい喋っちまって, つい喋りたくなるのです, つい喋るといふこと, つい喋舌ってしまう, つい喜びに心, つい喧嘩には身, ついってしまった, つい営業規則を突破, つい嘆きのあまり, つい嘲笑や皮肉, つい噛み割つたかも知れぬ, つい噴き出したくなる程だ, ついとして呶鳴つて來ちやつたん, ついをし, つい四五ヵ月前までまだ, つい四五ヶ月會はずにゐた, つい四五十分まえに, つい四五年まえ主任検事級, つい四五日あとにお立ち, つい四五日前レントゲン療養所へまで行っ, つい四五日前一しょに芝居, つい四五日前単身奥利根の方, つい四五日前国の親, つい四五日前明かに大谷千尋, つい四五日前町内の差配人さん, つい四五日前税務所のお, つい四五日前自分の買っ, つい四五日前西国の海辺, つい四五日気の付かなかった, つい四五時間僕はこの, つい四五軒離れて, つい四年ばかり前, つい四年前に輿入れ, つい四年前おん年三十一で万乗, つい四日前朝日新聞紙上によんだ, つい四日程以前から私, つい四時間か, つい四角へ出, ついを追っ, つい団長はだいじな, つい困って手, つい国府の三島, つい土台石の下, つい土曜日なんかにうち, つい地鉄を仕入れる, つい地面内へ少し, つい坂一つあっちの春江, つい坂本の近く, つい坊主にだまされ, つい坐って呼吸, つい坐つて呼吸さ, ついま見たく, つい堅くなる, つい堕落して, つい堪えかねてわっ, つい堪へかねて小便, つい堪へきれないでちやん, つい堪らなくなつて, つい堪らなくなったから横, つい堪りかねたと見え, つい報告して, つい墓参りをした, つい墮落するわ, ついの取着き, つい夕刻頃ようやくこれ, つい夕方まで叔父勝家, つい外すというわけ, つい外れてしまった, つい多かった, つい多くの人達, つい多寡をくく, つい多少の無理, つい夜明け前まで敵, つい夢地に入った, つい夢心持になっ, つい大きい声を, つい大きくなるので, つい大人げなく頭, つい大切のこと, つい大名心理が出, つい大和へ旅立つ, つい大変な事, つい大局を見失っ, つい大晦日の晩, つい大森の家, つい大森さんに対してすまない, つい大正の初, つい大正年間先に云った, つい大阪まで乗り越し, つい大願苦行の目的, つい天下堂の前を通り越し, つい天気を気, ついか友達, つい夫婦喧嘩にまで爆発, つい失禮して, つい奉伺を怠りまし, つい奉公までする, つい契り合うてしもうた, つい奮発すること, つい女々しくイヤミッたらしく, つい女店員たちは何日, つい女性の繊手, つい女気で紅い, つい好戦的になっ, つい妄想だけでも疲れはてる, つい妙技につりこまれ, ついらしくない口, ついに向っ, つい始めてみました, つい始終忙しいもん, つい姿を崩し, つい娘自慢になりたがる, つい婆さんも怒る, つい嫉妬に口, つい嫌味なこと, ついを諭し, つい子どもへも口ぐせ, つい存じもよらなかった, つい存ぜぬ事ゆえ失礼を, つい存在の程, つい季節の錯覚, つい学問の方, つい学校の方, つい安易な気持, つい安逸に馴れ, つい宗教の事, つい実感に余っ, つい実業家や医者, つい実際以上にも, ついがございました, つい室町幕府の末, つい宮本村と私, つい宵の口に通った, つい宵闇へ去っ, つい家事をする, つい家令にいっ, つい家情も出, つい容貌で人, つい宿へ着かなかった, つい宿外れまでさまよっ, つい宿賃も差上げる, つい寄ってにこにこ, つい寄らねばならない, つい寄り損つてゐる, つい寄りかかってゆく, つい寄附させられて, つい寛いでしまう, つい寛大に流れ, つい寝すごしまして, つい寝そべってしまった, つい寝ちまって, つい寝ちゃって, つい寝つかれずにいた, つい寝忘れて失礼, つい寝込んだかそれとも, つい寝過ごし枕一つを, つい寝過ごすもんだ, つい寝過して一番列車, つい寝過したのじゃ, つい寝食も忘れ, つい寢物語りの調子, つい寵用する, つい寸秒前に行われた, ついは切られ, つい封じ目が切れまし, つい尊名を逸した, つい尊敬を欠く, つい尊氏へも多く, つい猫を, つい小さな欠伸を, つい小代谷へ下った, つい小僧から又聞き, つい小半時まへまで, つい小半町行くか, つい小岩から市川, つい小牧以来会う折, つい小町御門でと口, つい小細工になる, つい小説のほう, つい少女の名, つい少年が中年, つい少時前舞台, つい尻尾をだし, つい尻込みをし, ついもためらわれ, つい居り舞ふ, つい居る見れば, つい居心地のいいわけ, つい届きませんもんで, つい屋敷をまちがえまし, つい山上にい, つい山崎が夫人, つい岡田の氏名, ついしい返事, ついの南, つい川下流だ舟, つい川向うが釧路, つい巡査さんにはい, ついのゆるい, つい左様でごぜ, つい巻き込まれて怠け, つい布団にくるまっ, つい紐解いて, つい帰路を忘れた, つい帽子屋へ入っ, つい平凡なやう, つい平生お寺で人, つい平生胸に溜まっ, つい平素より度, つい平馬のうしろ, ついを取っ, つい年月を過し, つい年長者の傲, つい幾度となく, つい幾日前まで同じ, つい幾月かをなす, つい広小路から近い, つい広言のてまえ, ついのうち, つい店員を励まし, つい府中の料理屋, つい度外視される傾向, つい座敷に上り込ん, つい庭さきまで浮かぬ, つい延引になっ, つい廿分前とそれから, ついのはじまる, つい引かれて讀ん, つい引きいれられてその, つい引きこまれて, つい引きずられて遊ん, つい引きとめられていたらしい, つい引き入れた悪婆, つい引き入れられながらその, つい引き摺られてしまう, つい引き込まれるように, つい引くに引かれねえ, つい引ツ込んで, つい引張り出されただけの旅, つい引込まれてその, つい引込思案になる, つい弱腰をはたと, つい張りつめた男氣が, つい弾みでも超え, つい当人より後でハッ, つい当局は忘れ, つい当座の嘘, つい役所で聞き覚え, つい役目を忘れ, つい彼地の癖, つい彼女らの運命, つい待たされがちだ, つい待ち呆けの, つい後先になっ, つい後方にばかり気, つい後月丹後の湧井郷, つい徒らに遠く, ついふては, つい従うては下されぬ, つい御不沙汰と, つい御免なせえ, つい御前の事, つい御門前がやかましい, つい復讐魔を聯想, つい徹夜をする, つい心ならずも酒を, つい心得ておりませな, つい心易立から浸, つい心細くなッ, つい必要を措い, つい忍び足になる, つい忘せてしもうた, つい忘れかけていた, つい忘れさせる現実的な, つい忘れたぎり夕方まで, つい忘れようとした, つい忘却して, つい忙しいま, つい忙しくて訪ね, つい応じる気に, つい快い眠りに, ついのため, つい念入りにこの, つい念頭からはなし, つい怒り声を出した, ついつたわけ, つい思いあまって目黒, つい思いたくなって来る, つい思いたつてしまつたの, つい思いちがいをし, つい思いついたまま呶鳴りました, つい思いつかなんだ, つい思いつきで古着屋, つい思いやりが足らなかった, つい思い余った容子で, つい思い出しましたので, つい思い出すのだった, つい思い出せない向うでも, つい思い合わせましてあの, つい思い浮べては三味, つい思ったのだ, つい思はれるといふ位, つい思ひ出しも, つい思ひ浮かぶことだけを, つい思ふのあまり, つい思わぬ無用な, つい思慮もなく, つい思案に余っ, つい怠ったまま打ち, つい怠り勝に成る, つい怨む心も, つい恁んなこと, つい恋愛を結婚, つい恍惚となっ, つい恟々と眸, つい恥しい気が, つい恭子に無心, ついゆるよう, つい悠久な時, つい患者の傷, つい悪事を犯し始め, つい悪口を言つて, つい悲しく長い眉を, つい悲惨な結果, ついにひかされ, つい情況がさうさせた, つい惘然いうだが, つい惜しいことを, つい惡戯がし, つい想い出すのである, つい想像が浮ん, つい惹かされて六花以外, つい惹かれての処置, つい惹きこまれて身, つい意地わるなこと, つい意志を鈍らせ, ついにもつかぬ, つい愚図愚図して, つい愛相が言, つい感傷的にならない, つい感情的になつ, つい感投詞を奉呈, つい感興にまかせ, つい慌ててしまいまし, つい慌てたものだ, つい慰めるように, つい慰安の意味, つい憂さはらしに, つい憂さ晴らしにこんな, つい憂鬱な日, つい憤然と色, つい懇願的になる, つい懐ろの写生帖, つい懐柔策などにひかれ, つい我知らず外をながめた, つい戦争中の頃, つい戦陣の夢, つい戯曲から遠, つい戰前頃まではずゐ, つい戰場に於ける倒れた, つい戴く氣にな, つい戸口へ来, つい所々筆を入れたらしく, ついの外, つい手出しをする, つい手前にかまけまし, つい手前勝手でお前さん, つい手折りとうなるほどな, つい手早く探照燈, つい手渡しする事, つい手術室の次ぎ, つい手軽に仕度, つい遣つて, つい打ったりなんかし, つい払って上げよう, ついひ兼ねるので, つい扱き方が, つい投げたことばに, つい抗弁をし, つい抗議めいたこと, つい戴いて, つい押し気味に, つい拍手に乗つ, つい拙者も疑う, つい拝んでしまう, つい拭きもせず, つい拾い読みをした, つい拾って来た, つい持ち切れずとうとう力負け, つい持ち前の業腹, つい持ち忘れてござる, つい挨拶をしそびれちまった, つい挿すのを, つい捕えそこねた由で, つい捨てようとしました, つい出物をとの, つい探してみる, つい控え目になった, つい握りつぶしてしまった, つい揶揄を弄, つい撫でつけて上, つい播磨沖までご, つい支払ひを, つい放ったらかして置きましたら, つい放心したまま, つい故郷へも, つい散歩に出る, つい数ヶ月前に破棄, つい数分まえに, つい数分間前まで平和, つい数刻前まで人, つい数年前死去するまで, つい数日まえには, つい数日前人を斬っ, つい数日前寸言周都督に逆らえり, つい数日前自分が胆吹山, つい数日前長野市外の善光寺温泉, つい数日前露艦がこの, つい数歩向うの窓, つい敷居が高く, つい數ヶ月前ロシヤ使節の軍艦, つい數日を過ごし, つい數日前まで彼, つい文学の話, つい斬ってしまった, つい斬り棄ててしまう, つい断るのを, つい断わってしまった, つい新聞に大, ついで御座いました, ついが長く, つい日本語が出, つい日間取って, つい旦那さまに突当りました, つい旦那様のお世話, つい年中は, つい旧交の情, つい旨く行かないと, つい飲込みに, つい早くなおしたくなるの, つい旬日前のこと, つい明治の中ごろ, つい明治二十三年の洪水, つい昔名が口, つい昔話の面白, つい昨今あれへ参った, つい昨今急激な軟化, つい昨夜僕は古い, つい昨夜夜中はちっと, つい昨夜楠木の郎党, つい昨夜焚火をした, つい昨夜發病したばかり, つい昨日あたりまで此斜面, つい昨日きょう染まったもの, つい昨日ここの修道院, つい昨日エスパーニャから歸つて來, つい昨日ママにそういった, つい昨日今日のよう, つい昨日今日彼は聴い, つい昨日処分をすませた, つい昨日刑務所を出た, つい昨日堺港を出た, つい昨日摂津の御影, つい昨日旭日にうつる, つい昨日正午近くに亡くなった, つい昨日耕地というもの, つい昨日蜀の皇帝, つい昨朝のこと, つい是非分別せずに, つい昼間の疲れ, つい昼飯を食わず, つい時々おてんば, つい晩酌の本, つい景観となっ, つい暑苦しくなった, つい暗いので部屋, つい暫く前その, つい暴いことを, つい曲げられて不徳不仁, つい曳きずられて行く, つい書きものの, つい書きたくなってしまった, つい書きもらしたが五月下旬, つい書けずにしまいました, つい書生扱いになり, つい最近これも召集, つい最近主役で成功, つい最近二三日以前の出来事, つい最近伯父を頼つて一人, つい最近公使館で二三, つい最近十年ぶりで日本, つい最近名古屋の工場, つい最近外国でアルカロイド剤, つい最近大沼博士からちよ, つい最近新築されたもの, つい最近明治の末期, つい最近田舎から出, つい最近私が江戸, つい最近縁を切られ, つい最近美濃一国を驚倒, つい最近舟辰の口からふと, つい最近退職したばかりの, ついの目, つい月日を過し, つい月日さへ數, つい意識無意識の, つい有難うございますと, つい服従すると, つい朗らかになった, つい望まれるま, つい朝寝をし, つい木立をかき分け, つい本性が出た, つい本物になつたの, つい本町の角, つい然を, つい机辺においても失くし, つい杉葉のきれた, つい村岡夫人の顔, ついてしまつ, つい来そびれてしまった, つい来たくなったというの, つい来よう来ようと思つて, つい来損なっちまったんです, ついの縁, ついへ走った, つい東京で空想, つい東隣の小学校, つい松太郎は云い切った, つい松明を取, つい枕許まで近く, つい枕辺ではざざんざ, ついの小道, つい果さずに過ぎ, つい果さずいるうちに, つい果たさずに入院, つい染まったとみゆる, つい染着心でも出来, つい栃木県まで引き還し, つい栗鼠の毛皮, つい根岸から脱, つい格天井や橋架, つい桜田本郷町まで乗り越し, つい桶狭間の一戦, ついに持たせ, つい梅水の長く, つい椅子を倒した, つい楊雄の作, ついつく張り共, ついになる, つい楽しいのである, つい楽しくなつて, つい概念を持ち出す, つい構わずにどの, ついを燃した, つい橋袂に酒場, つい機械に故障, ついと相談, つい歌留多をやり過ぎちゃった, ついきに, つい歎息が口, つい止まるのを, つい止めてしまった, つい止められなくなるもんだ, つい止め処がなくなる, つい正体を失う, つい正味の自己, つい正成の顔, つい正気で物, つい正直に打ち明け, つい正直者と思っ, つい此の間仕事が山, つい此の間六十八九歳になる, つい此の間江州伊香郡古橋村の在所, つい此の間知つたばかり人気俳優沢田正二郎君, つい此の間私がお前達, つい此の間長野の町, つい此家さまへ駈けこんだ, つい此新甞祭の当日, つい此春までドイツ, つい此程もうち, つい此程倫敦へやってき, つい此程内の女児, つい此程私はある, つい此間うちの姉達, つい此間クリスマスの二三日前, つい此間人の金, つい此間人伝に話, つい此間今と同じ, つい此間僕は銀座, つい此間函根に行く, つい此間友達に貰, つい此間埠頭場で彼等, つい此間満里子君は私, つい此間熱海から届いた, つい此間自分も蟇口, つい此間行はれた伊達家, つい此間親不孝な男, つい此間買つたばかりのスタウト型インヂアン・オートバイ, つい此頃ピザの郊外, つい此頃僕は大変, つい此頃婚礼のあつ, つい此頃食ふに, つい此頃食糧品と換, つい武具の風入れ, つい武蔵もともども, つい歩みながら二, ついの間, つい歯型を比べさせ, つい死にもせず, つい死ぬふつかまえ, つい死んで行つて了つた, つい死んだ直木を, つい殺されたので, つい殺す折が, つい殿上まで行かね, つい母上には甘え, つい毎々でご, つい毎晩になっ, つい気づかないでいた, つい気ままなんで, つい気取るように, つい気合いがへえりすぎた, つい気味のわるい, つい気味が悪くなって, つい気弱な返事, つい気後れがし出す, つい気怯れが, つい気炎をあげ, つい気色を和げ, つい気色ばんで言い争う, つい氣もちがいい, つい永い間忘れ, つい永くなって, ついを快い, ついになる, つい汚れが目立つ, つい汚れがちにもなりやしょうで, つい江戸にはこん度, ついの向う島, つい池本氏へより平さん, つい決し兼て, つい決めかねておる, つい沙汰するの, つい沙汰止みになつて, つい河岸でくれ, ついつて, つい泊っていっ, つい泡盛を一杯ぐいと, つい泣いたでがん, つい泣きながら寝込ん, つい泣き出してしまった, つい泣饒舌をし, ついが着い, つい洋服の癖, つい洛中のお, つい洛外においで, つい津居山の漁場, つい洩らして城太郎, つい流行にかぶれ, つい之助, つい浮かぶ通念に, つい浮かれずには居られぬ, つい浮かれた余りいい, つい浮かれでて浴衣, つい浮き浮きして, つい浮世いろいろな苦患ばなし, つい浮気になりたがる, つい海苔佃煮玉子などということ, つい浸される姿だった, つい涙ぐましい気持ちに, つい涙ぐまずにはいられなくなりました, つい涙ぐみそれで声, つい涙ぐむやうな, つい涼しいまぎれに, つい涼風にうかと, つい淀橋の近所, つい淋しい顔を, つい淡路や津, つい入する, つい深々眠って, つい深い感慨に, つい深く眠って, つい深みへ堕ち, つい深海へも降り, つい深酒をし, つい混同しやすい, つい清さんも気, つい渋い顔に, つい渋っていた, つい温泉まで行っ, つい湿って来た, つい源介も真面目, つい源氏は関係, つい溢れるものが, つい滑りだすような, つい滑り落ちとたんに股間, つい滞留しがち, つい滾してしもうて, つい滾せば, つい漏らす呻き声の, つい演説口調になっ, つい漢字をたくさん, ついした余り, つい激してかく, つい激しい言葉を, ついつぽく, つい濡らしたとか言, つい瀬戸内の向う岸, つい火気で目, ついが途切れかかった, つい烈しくしめたこと, つい無くして了, つい無人だもの, つい無口になる, つい無心できかかる人, つい無沙汰のまま, つい無精になつ, つい無聊のまま, つい無茶をやる, つい無造作に切り込んだ, つい無遠慮にもおとない兼ね, つい焦り気味になっ, つい焼きすてるのが, つい煩惱も生じる, ついの入った, つい熱き涙が, つい熱心に見, つい燃えつき易く一唇, つい燈火を見, つい爆発して, つい父さんも泳い, つい膝折っ, つい牧長の小, つい物腰がぎごち, つい物費も少く, つい特長ある口元, つい犠牲になっ, つい狂って王妃さま, つい狂態が續, つい狎れてその, つい独り言となっ, つい独り身なもん, つい独語のやう, つい独身ものの気弱さ, ついのよう, つい玄徳を逃がし, つい玄関の前, つい王さまのおる, つい王様といふの, つい珍しげに, つい理窟をいつ, つい甘えたり不平, つい生かしちまうんでね, つい生き延びて本年, ついがあっ, つい用向についてぼんやり, つい用意の足りない, つい申して了, つい申しおくれましたが, つい申しそびれて, つい申しましたがお, つい申しわけのない, つい申し上げたのでございます, つい申し上げるの忘れ, つい申し忘れたんです, つい申すのを, つい申上げ残しましたが, つい町娘らしい小唄, つい畏れを忘れ, つい番地も町名, つい疎漏に流れた, ついはなく, つい疑ったのは, つい疑はれるぢや, つい疲れちまって仮, つい疲れちまつて仮, つい病体の思う, つい病気したり, つい癇しゃくを起しまし, つい発展せずに, つい発表しずに, つい登ってしまいました, つい登様の御, つい白い齒も, つい白女に本心, つい百メートルほど先, つい百姓の方, つい百歩ほど先, つい百済観音の讃歌, つい皆さんの足, つい皇子を目のあたり, つい盗み出せともったいらしく, つい盗んでやりたくなります, つい盛り違えをした, つい目さきに又, つい目の下まで来, つい目先きのようだが, つい目鏡のこと, つい盲目な力, つい直ぐ隣りの, つい濟ま, ついの上, つい看病疲れで少し, つい眞面目に取消す, つい真夜中になる, つい真物の発狂沙汰, つい真面目に拝聴, つい眠たものと, つい眠ってしまいまし, つい眠った時などに, つい眠り入って, つい眠りえずにいた, つい眠白様の憎しみ, つい眩惑され勝ち, ついてくる, つい着いたばかりに発信, つい着る気に, つい着物の裾, つい瞋恚に燃え, つい矢ごろの距離, つい矢立を取っ, つい知ってしまった, つい知らず知らず乗出して仕切, つい知らず知らず眠ってしまいます, つい知らせる隙が, つい知らないような, つい知り合ったばかりの女性, つい知れてはお, つい短冊へ句, つい石山まで来, つい石滝とかの山, つい破ってしまう, つい破戒して, つい硝子窓の外, つい硬くなった, つい祝いも申さ, つい神戸を多く, つい神経質な悩み, つい福島は目, つい秀子へ口, つい私どもの隣, つい私ア肚ア立ちやして, つい私一代の懺悔話, つい私事の余談, つい科学の悪口, つい程近く絃歌は夜々, つい種々のこと, つい空惚けた挨拶を, つい空腹のまま, つい突っ放すように, つい突込んで置いた, つい突迫めまして面目次第, つい窓越しに眼, つい立ち寄らせていただきました, つい立ち寄るいとま, つい立ち至ったのでございまし, つい立つことを, つい立てたるが如し, つい立て替えさせてしまった, つい立上つて結局仏像の前, つい立花よりは政樹公, つい童子のこと, つい端近にこの, ついの下, つい竹山という実際, ついひ顔, つい笑いかけるのであった, つい笑いだしたような, つい笑い出したまま答えなかった, つい笑い出したくなったがやはり, つい笑い出すと, つい笑い声も立てました, つい笑ったが信長, つい笑っちゃったの, つい笑みを漏らした, つい笑わされるのである, つい笑わざるを得ざる, つい笑わないではいられなくなった, つい笑談に押す, つい笑顔になっ, つい一舞台へ, つい笹村の帰っ, つい管輅が教えました, ついを作る, つい箱崎あたりまでも深追い, つい米友の目, つい粗忽を致した, つい精しくなったの, ついが切れ, つい糸底に落ち, つい約してしまった, つい約束は御破算, つい之進は, ついに向い, つい紙上へは杳, つい紙入れと一緒, つい紛らされてその, つい紛失して, つい素子に質問, つい細かいつまらぬ仕事, つい細君の英語, つい終ってしまったらしい, つい終りまでいわせ, つい絆されやすい人情, つい結構な活計, つい給金を呉れない, ついの話, つい絵かきつてものを信用, つい総括的になり, つい編輯の方, つい緩怠しやしてね, ついの下, つい繕い切れなくなって女軽業, つい言に, つい纏りさうぢ, ついの深間, つい置き忘れたんです, つい美和子の居る, つい義妹の梅代, つい義理で判, つい義雄はそれ, つい習慣が出, つい老いの目, つい考えだしていけません, つい考え及んだわけである, つい考え込む弱い習性, つい考へ事に, つい考へようとしない, つい耳もとでどうどう, つい耳許に若い, つい聞えなくなつて了つた, つい聞かないふりを, つい聞かなかったものと, つい聞きもせず, つい聞きそびれていた, つい聞きそびれたがこの, つい聞きもらしたか或は, つい聞き糺して見なかった, つい聞き耳をとられ, つい聞こえよがし, つい聞入って真顔, つい聞洩して, つい聞知らずに, つい聞耳を立てる, つい聴いて来る, つい聴きのが, つい職業意識にまけ, つい職業柄お仕事, ついのうち, つい肱枕をした, つい背後に控え, つい胴忘れして, ついを天井, ついを伸ばし, ついをあげ, つい腰折が出ました, つい腹一ぱいいただいて, つい腹立ちまぎれに失礼, つい膝許の稚い, ついのない, つい臆面もなく, つい臨終の席, つい自分たちの社会, つい自分のを見ず, つい自動車のほう, つい自国の我流, つい自宅の患者, つい自己嫌悪しちゃいましたわ, つい自然そこへ持っ, つい興がって買う, つい興味を持ちまし, つい船乗りの習慣的, ついをなした, つい色々と凶, ついに心, ついを引き, つい花どきだもの, つい芳本を選んだ, つい芸者という言葉, つい若松屋のほう, つい若気の至り, つい若葉が出はじめた, つい苦しくって堪りません, つい茫然と聞き惑っ, つい草叢をかき分け, つい荒々しく払ひのけたくなる, つい荒療治もせ, つい菊五郎氏の蕎麥好き, つい菊王めを捕り逃がしまいた, つい落ちてゐた, つい落ち着いて見る, つい蒐集家の悪口, つい蕭照は老, つい薄手を負った, つい藤夜叉へ与え, つい藤沢で閑, ついを見たくなっ, つい血なまぐさいかさかさした, ついの勢い, つい行かなければならない, つい行きかねますから, つい行きそびれている, つい行きそびれちゃってね, つい行き届きませんで, つい行けないでいます, つい行儀を作っ, つい行動を穏和, つい行徳へ流れついた, つい行方知れずに, つい衝動的に握っちゃった, つい衣冠束帯のお化け, つい衣紋が摺っ, ついをはく, つい裏通りですの, ついをひろげ, つい複雑にし, ついの彼方, つい襟元から盤, つい西北原の方, つい要らざることを, つい要領が悪い, つい見かけないようでした, つい見かねて, つい見とれていました, つい見なんだ, つい見なかったの, つい見なくてしまっ, つい見のがしてしまった, つい見はぐしたよどう, つい見よう見まねに, つい見られてならなかった, つい見合いまですまし, つい見境もなく, つい見失うてご, つい見惚れて一緒, つい見慣れぬ風景に, つい見棄てかねて取合っ, つい見習いて誰, つい見舞うても上げぬ, つい見舞状も出さなかった, つい見落しが出来, つい見落したのが, つい見逃してしまう, つい見透かされたもんだ, つい見過ごしていた, つい覗きたくもなります, つい覚える気持に, ついんで一日, つい親しみのまま, つい親心でご, つい親父の死んだ, つい親身な気持, つい観察しないで, つい解いて彼方, つい解けかかる襟もとを, つい言いそそくれておしまいの, つい言いそびれちまいましたから, つい言いのこしている, つい言いまくられた形で, つい言いますと葛岡, つい言い出しかねておりました, つい言い出しそびれてしまった, つい言い出せなかった喉の, つい言わなくともいい, つい言ッちまったのよ, つい言葉少なになつて行, つい言訳らしい事, つい計算に気, つい訊かないでこまった, つい訊きたくもない, つい訊き返すとにがりきった, つい訊くのを, つい記録して, つい訪うていなかった, つい訪れも欠い, つい訪問の答礼, つい試みてゐない, つい話しかけてみたくすらなつ, つい話しこみかけている, つい話合いになっちまった, つい誇らしい気持に, つい誇張して, つい誘い込まれて茶の間, つい誘かされて人目, つい誘はれて昼過ぎ, つい誘われたような, つい誘惑に勝てなかった, つい語りすぎてしまった, つい語尾を砕け, つい誤診しました, つい読まずにしまっ, つい読み損って, つい誰彼の見, つい諭吉に家, つい警戒の眼, つい警視庁の鼻, つい警護も疎か, つい議論になっ, つい谷向うの岩窟牢, ついがおこる, つい貝殻を買う, つい貞操と云う, つい負けて出し, つい負けん気を出し, つい財布の底, つい財政を整, つい貧乏暇なしだ, つい貴女に逢, つい貴婦人らしい作法, つい貴方に訴えた, つい買いこんでそれ, つい買いたい気が, つい買いたくなって買う, つい買う気に, つい買つてしまつ, つい買わないで通っ, つい買物をし, つい貸した本を, つい貼りかへる, つい賄賂を飼われた, つい賞品を出す, つい質問に身, つい購買で拵える, ついくなっちゃった, つい起そそくれ, つい起つのが, つい足もとからバタバタ, つい足イ遠くなっ, つい足下を北西, つい足元が御, つい足利党の耳, つい足許から同じ, つい足踏をした, つい路傍の足許, つい踊るのだ, つい踏み外ずして, つい蹌踉けなりに梯子段, つい躍り上がった心が, つい身祝いの気持, つい身近にそいつ, つい軍務に忙しく, つい軒下に立っ, ついりと, つい転た寝をした, つい軽くかきます, つい載せてゐた, つい輪郭のはつきり, つい農村を羨み, つい込み入った話に, つい処に, つい近くつて安宅丸の古跡, つい近く失つたばかりの肉親, つい近ごろこれと同様, つい近ごろどこかのデパート, つい近ごろやといいれたお手伝いさん, つい近ごろアメリカで巻き, つい近ごろロシアの古い, つい近ごろ上野公園西郷銅像の踏んばった, つい近ごろ二三新聞に, つい近ごろ仔を生んだ, つい近ごろ任命されたばかりの, つい近ごろ日本である, つい近ごろ発見した, つい近づいていっしょ, つい近代までの学者, つい近作ばかり集める, つい近年徳川家の手代大久保長安, つい近所帝大前の中村屋, つい近日田島幽峯君, つい近辺の銭湯, つい近頃一町歩まとめて, つい近頃僕は吹田氏, つい近頃北陸の城下町, つい近頃友人のうち, つい近頃変り者にまた, つい近頃子供らの傅人, つい近頃小者からやっと, つい近頃本屋の棚, つい近頃歿したと, つい近頃父を失った, つい近頃腸を病ん, つい近頃行つた勘次の事, つい近頃西洋から輸入, つい近頃覧たの, つい近頃近所の人, つい返すのを, つい返辞はし, つい迷いを起し, つい迷うておりました, つい迷惑をする, つい迸って眸, つい送つてやれなかつた, つい送らずじまいに, つい逃げてしまった, つい逃げたのは, つい逃げばを失う, つい逃げられへんやろ, つい腹を, つい逗留十数日を過した, つい這入って行け, つい這入る氣に, ついの人, つい通い廊下を縦, つい造ってしまった, つい逡巡して, つい逢いたくなって遣っ, つい連れにはぐれた, つい連れ出される事が, ついまったこと, つい遂げたいばかりの一心, つい遅れておりました, つい遊んぢまつたんだ, つい過ぎてからも振り返った, つい過していた, つい過ちを犯し, つい過ってお, ついもなかっ, つい道理でといふ顔付, つい道端の戸口, つい道草を食, つい遠いのでひさしく, つい遠からぬ頃, つい遠まわしにそんな, つい遠慮がちになり, つい遥かまで行っ, つい適当な機会, つい那女の事, つい邪道に陥った, つい郷里を出る, ついを離れる, ついに居た, つい酔いすぎて, つい酔っ払って寝込ん, つい酔つた紛れの時, つい酔わされてしまう, つい金吾が春子さん, つい金銭の出惜, つい釣られて自分等, つい釣り込まれるよ, つい釣込まれたかし, つい鈍るので翁, つい鉢前の菊, ついでジョキジョキ, ついを取落した, ついの方, ついの前, つい長上に対して失礼, つい長尻をし, つい長居して, つい長廣舌になつて, つい長浜にいた, つい門先の地面, つい門前の雑木林, つい門外の三田通, つい閉め残したもので, つい開くと芸術的, つい曳く気, つい間違いの因, つい間違えまして申しわけ, つい間違ったことを, つい間隔のこと, つい関ヶ原の夕方, ついが高, つい附近の富農, つい陶然ともなっ, ついのある, つい険しい声で, つい障子外まで忍び寄っ, つい隣りだのにからり, つい隣りでマルセイユハンブルクアビシニヤごとき, つい隣合ったのなどは, つい雑言を吐き, ついるるとも, つい雨戸を開けた, つい雪渓一つを隔てた, つい電話を信用, つい電話口で洩らし, つい電車を乗り越す, つい電車路ぐらいまで行きました, つい電車道を横切っ, つい露命もつなぎかね, つい露西亜の真似, つい青年の話, つい青木学士にわるい, つい面倒臭がつて, つい面白い原稿だ, つい面白くって家, ついが走っ, つい音信をしない, つい順路を間違え, つい須美子の話題, つい預かっていた, ついけてやっ, つい頼りなくなっちまったん, つい頼る気に, ついを赤く, つい顔色にも現れる, つい風景とか自然, つい風邪を引い, つい風雨に打ち消され, つい飛び込んで踊っ, つい飛び込んだんです, つい飛んでもない, つい飛んだものです, つい食はず嫌ひみたい, つい食べ過ぎてすつかり通じ, つい食べ物のこと, つい食違って一つ盥, ついまされた惡酒, つい飮む飮めば飮むほど心配, つい飲まずにはいられない, つい飲みすごしてしまう, つい飲み過ぎてある, つい飲み過ごしたから今夜, つい飲み過して了つた, つい飲むように, つい飲んでいた, ついがいう, つい馬上にて受礼, つい馬公なんて失礼, つい馬鹿な事, つい馬鹿咄がはずん, つい馴れませぬ事は, つい馴れませんので, ついぼらが, つい駄菓子箱のふた, つい駈け足に, つい駈け交うところであった, ついを四つ, つい騎士倶楽部風の言葉, つい驚きのため, つい高い声に, つい高じて女房, つい高橋様のお, つい高津さん気にかけ, つい髪結床へ腰, ついを吐い, つい鬱ぐの, ついに向かっ, ついの愛想, つい鸚鵡でもからかつて, つい鹿島の洋, つい麦酒を五六杯, つい黄昏時篠原堤へかかる, つい黒木博士のさそい, つい黒甜郷裡に遊んだ, つい鼻さきに生き生き, つい痒くな