青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ちよい~ ~ちら ちら~ ちらちら~ ~ぢ ぢ~ ~っ っ~ っきり~ ~った
った~
~つ つ~ ~つい つい~ ~ついた ついた~ ~ついで ついで~ ~ついに ついに~

「った~」 6514, 70ppm, 1611位

▼ った~ (779, 12.0%)

119 である 63 です 6031 では 26 であった 14 でした 1211 だった, ですが 9 だが 8 じゃ, だと 7 だろう, でございます 6 だから, でしょう 5 だろうと, であります, であるが, であろう, でしょうか, ですか, ですよ 4 かも知れません, じゃない, だろうか, は, はその, はそれ 3 かも知れない, か知らん, だよ, であったが, であるから, ですね, はこの

2 [24件] かい, かえ, かさっぱり, かそれとも, かどう, かね, か見えない, がかわるがわる, さ, だい, だそう, だという, であると, でございました, でございますよ, ですから, ですもの, でも, は事実, は彼, は私, を, を承知, を見

1 [253件] かあ, かあるいは, かいくら, かさっき望遠鏡, かしら, かそれ, かちょっと, かということ, かとも思っ, かとも思った, かとも考えられる, かと不思議そう, かと思った, かと考えます, かどうか, かはっきり, かほんとう, かもしれませぬ, かやがていつも, かナ, か何, か僕, か判らなかった, か判らなくなった, か判らぬ, か剣, か協, か叔母さん, か吉岡, か姿, か寒い, か或いは, か知ら, か知らず, か知りません, か自分, か証人, があれ, がうようよ, がこれ切, がそのまま, がそもじで, がほれ, が一番残念, が九時, が二時頃, が八時近く, が初, が初めて, が十一時すぎ, が却って, が向, が変, が夕顔, が巻きしめ, が愚老, が控, が望まれる, が残っ, が残念, が牧野, が白人達, が看護婦, が紙一枚, が胴の間, が虫, が見えた, が見得, が踏み止まりました, が頭, じゃあれ, じゃねえ, じゃ其の, だえ, だけはよろめき, だそこで, だそして, だったが, だったと, だな, だね, だろうかと, だろうそれとも, だろうつい, だ中, だ其の, だ勘弁, だ呆れます, だ四阿屋, だ往, だ清風, だ要するに, でありました, でありまして, であり例えば, であるあはて, であろうか, であろう彼女, であろう泣くより, であろう言わば, であろ姿, でございますから, でござる, でしたから, でしょうかね, でしょうと, ですお, ですからねエ, ですけど, ですしかし, ですって, でなく揶揄, で御座います, と只, などがあります, なんのって, にはさすが, に驚く, はあるいは, はい, はいつ, はずっと, はただ, はどんな, はなんと, ははじめて, はほか, はほど近い, はもう, はやっぱり, はわたしたち, は三吉, は三時, は下宿屋, は不可思議, は不味い, は九月, は今, は何, は余吾, は僅か, は全く, は六月二十九日, は分んねえ, は到, は前, は十一月一日, は十八九, は午前十一時前, は双, は可笑しい, は同じ, は君, は君江, は四時過ぎ, は土耳古, は売薬, は大正十三年, は大正十四年, は天狗, は子規居士, は季節, は宇平, は対馬守, は小柄, は小皿, は小道具物, は常, は当然, は彼女, は忘れ, は恐らく, は惜, は愚, は戊辰, は文明十七年, は日, は昨日, は有難い, は止む, は気の毒, は気持, は無論, は珊瑚樹, は生れ, は生意気, は真実, は石子刑事, は第, は総監, は考え, は自業自得, は舁夫, は金, は飛び出し, は駒下駄, もあっ, もあります, もある, もあるであろう, ももと, も伏見, も信玄, も同じ, も同様, も多分, も当然, も彼, も最近, も此時, も気がつかず, も無理, も琵琶湖底, も甚内, も離れ, やらわからなかった, をしみじみ, をもっ, をも見た, をよくも, を二本, を亭主, を君, を哄, を喜ぶ, を多少, を好く, を悦び, を感じた, を揺り上げ, を樟, を気, を注しましょうで, を笊, を糊, を聞き付け, を聞き届ける, を自分, を蚋, を見すまし, を見た, を見まし, を見付け, を見出した, を見届け, を見計っ, を貰った, を銀, を集め, 何さんが, 何の, 喋舌らぬ, 家賃が

▼ った~ (374, 5.7%)

4 これは, それは 3 そのうち, 今度は, 家の, 気が, 翌日に, 途中で

2 [21件] お島, この時, その中, その後で, それから, それには, どうした, まもなく小さな, やがて法海禅師, 其のうち, 出口が, 女の, 室の, 寺は, 暫くする, 男の, 白娘子の, 私は, 翌年の, 蚊帳の, 許宣は

1 [306件] ある日, いたいけに, いつも腹, いやはや, おわりに, お前たちの, お園, こ, ここで, ここなれ, このやり方, この人々, この点日本文芸院側, こは, これが, これまた, ごくと, さあこいつ, さてお前様, さも横柄, しかしこれ, しかしそれ, しかし眼, すぐその後, すぐそれ, すぐと, すぐに, すぐ一つ, すぐ一家, すぐ帰っ, すぐ引返し, すぐ熱海, すこぶる甘い, そこから, そこには, そこの, そして之, そのとき四十五六, そのままあたかも消える, そのまま二人, そのまま姿, その不機嫌, その二句, その友人, その夜, その夜友達, その女子, その客, その山伏, その後姿, その怒り, その方, その明り, その時闇, その本, その江戸, その第, その結果, その蛇, その驚き, それからお, それから遂に, それから陶, それっきり出, それでも振払っ, それにしても随分, それを, そんな小さなこと, そんな時, ちょっと手間, つと驚いた, でもその, とうとう女, とにかく堀江屋, どうしていい, どうもその, どうも其の, どうも素, どうやら濡, なお筆, なぜか, ひっ返して, ふと涙, へつに, ぺっと道路に, まざまざと, またふた, まだここ, まだ物足りない, みるみるその, もう何時, もとよりそれ, やがてぴったりと, やがて帰っ, やがて引返し, やがて水, やがて紅い, やがて繍, やがて部屋, やがて障子, やっと正気, ややあっ, よかろう, ウマク行かなかった, ガンとして, ピッチが, 一向天気, 一時間近くなっ, 一種不自然な, 一軒の, 丁度其の, 三ノ宮駅も, 不思議な, 之では, 事は, 五郎右衛門の, 人に, 今度こそ, 今晩こそ, 仕事と, 仕様が, 代数も, 会津城が, 佐喜の, 何う, 何か, 何だか後髪, 何だか河野, 何でも, 何に, 何の, 何分にも, 何卒御, 何時でも, 何時の間にか倦, 依然として快活, 修善寺名物の, 兎に, 入りは, 入口を, 其の恐れ, 其の頃, 其処で, 冥土の, 別れる時, 功第, 十六世紀よりは, 十日た, 厭で, 又変, 収まらないの, 叔父は, 口へは, 口よりは, 右手に, 同様である, 向こうの, 向側が, 咄嗟に, 哄笑い, 唯丁年未満, 四五年前まで, 土は, 坂口は, 堅く闔, 堅固な, 夕方には, 夕方また, 外套と, 多すぎる, 大歓待, 奇妙にも, 女は, 妹から, 妻や, 姿勢が, 子供ち, 学生達も, 実に惜しい, 実は今朝パラ, 実は少なくとも, 実母の, 家に, 家へ, 寒い, 小さい方, 小さな階段, 少し登る, 少年は, 山の, 山西は, 巌が, 工事縄張の, 平常の, 平生の, 廷章の, 弁明の, 弁舌では, 弟が, 彼の, 彼は, 彼らの, 彼らは, 彼女の, 径二尺あまりも, 御馳走に, 怕く, 思いが, 恋しき女, 恩人の, 意外に, 慌て, 懐疑そのものは, 我れ, 手掛りが, 敵の, 斯うし, 斯くばかり, 旅館が, 旅館は, 日帰りの, 暗くは, 曳子が, 月初め五六日は, 未だ月, 本文の, 松が, 林を, 棄ておかれぬの, 機を, 次で, 此の, 毘廬禅院に, 気の毒にも, 気を, 水は, 沈着な, 法水は, 海岸へも, 清吉の, 渡辺にも, 為に, 煙山は, 爺さんへんな, 狂言の, 狙われたと, 独り徹夜を, 猴は, 甚内が, 生きて, 申耽, 皆に, 直ぐ傍, 直ぐ店で, 直ぐ跳ね起き, 相手は, 神経痛の, 秀英の, 私ばかり, 私達は, 移って, 第二発目, 米は, 結局恋の, 翌日一人の, 翳せば, 考えて, 肝甚, 胸の, 自分にも, 自分の, 舟の, 茶の, 茶色を, 華陰に, 薄い眼瞼, 藤山が, 蛇の, 血は, 行き過ぎようと, 要するに随感随話, 見えないはず, 見ると, 訳が, 誰一人彼を, 調べの, 軈て何, 酒の, 鉄で, 門口の, 間もなくあわただしく, 間もなく一枚, 間もなく出, 間もなく数十人, 間もなく良い, 間もなく裏手, 間もなく門, 障子も, 雪江さんは, 電車が, 顏は, 馬琴には, 駐在所の, 驚きも, 黄色い歯, 黝ずんだ

▼ ったもの~ (259, 4.0%)

16 である 15 では 8 がある 7 だから 6 だと, です 5 だ, であること 4 があった, ですから, でも, なの, になっ, らしい, を持っ 3 だが, だろう, に相違, のよう 2 があり, が多かっ, が着い, じゃない, であった, であるが, と見え, と見える, はない

1 [133件] かその, かに相違, かのう, か名主, か赤, があっ, がありました, がざら, がたくさん, がない, がなく, がなけれ, が一度, が二つ, が光っ, が入れ, が出来得るであろう, が多い, が沢山, が真に, が飛出した, じゃ, だからな, だけど, だそう, だとは, だよ, だろうか, だろうかと, だろうと, だろうまさか, で, であったが, であったし, であったと, であったに, であったの, でありましたが, であります, であり社会, であるかという, であるよう, である事, である場合, であろうか, であろうかと, であろうと, でこれ, でございます, でございますけれども, でしょうか, ですからね, でその, でそれで, でついぞ, でつまり, ででも, でなければ, でサ, で両家, で今, で将門公, で小さい, で此, で無い, で自我, で苦しい, とした, として, として作品, として見出される, として認められ, となっ, となった, となる, となるであろう, とは全然, とみえる, と思い込ん, と思われます, と考えた, ならいつか, なり, なれば, なん, に, にはすぐ, には槍一本, には自分, にも見え, に感ずるでしょう, に眺め, ね, の中, はこんな, はそう, はどうにも, は三郎, は何ん, は可笑しく, は喜んだ, は安寿, は少く, は彼女, は得がたい, は救われたじゃろう, は是非, は皆, は石川五右衛門, ばかり何遍, へ転向, また故, もありました, もあれ, も見当らなかった, らしく, をひと, をまた, をみんな, を今更ら仕様, を今更ら無理, を俺, を吐出したげ, を売った, を小田, を山, を島村, を書くだろう, を求める, を見た, を返せ, を頭, 古い絵草子

▼ ったよう~ (225, 3.5%)

10 なもの, な気 6 だ, である 5 な顔 4 になっ, に見えた 3 です, に見える

2 [12件] だよ, でも, なこと, なこの, な感じ, な表情, な顔つき, な顔付, になった, になり, に思った, に見る

1 [150件] だった, であった, であったが, であり銀子, でい, でございました, でさえ, でした, でしたから, でしたよ, ですが, ですし, でそれ, でまだまだ, で二人, で内部, で妙, で真に, で破船同様, で音, なもん, な一人, な一団, な一種, な三個, な上京当時, な人びと, な具合, な処, な切って, な叫び, な名, な咳払い, な固い, な地, な声, な女の子, な弟子, な形, な態度, な指先, な挙動, な掌大, な殿中生活, な気イ, な気分, な気持, な気持ち, な気配, な氣持, な演題, な火, な皮肉, な眺望, な眼, な眼付, な硬い, な神經質, な空気, な絶対媒介, な織出し, な耳隠し, な船夫達, な芭蕉, な苦しい, な落着き, な蚯蚓腫れ, な血まなこ, な調子, な足許, な跡, な遊び, な邪悪無情, な陶酔, な静けさ, な顏, な顔色, な風, な鸚鵡, に, にかんじられた, にそこ, にその, になくなっ, にのろのろ, にはしゃいだ, にはねつけた, にひき乱れ, にふるえだした, にぼんやり, にまた, にもう, にもの, にも思った, にブツブツだらけ, にベンチ, に中途半端, に主家, に二段目, に其処, に叫ぶ, に四十, に大体, に天井, に少く, に帯, に広, に忌々し, に思い, に思う, に思えた, に思われ, に思われた, に思われだした, に感じた, に感ぜられた, に憤ろしく, に政府, に此谷, に比羅, に浅草, に燈, に痩せ, に白く, に眉, に硬直, に私, に穴, に立っ, に純粋日本人, に腐っ, に自ずと, に自由, に茫乎, に落ち, に見せかけた, に見受けられる, に見舞っ, に言った, に趣向, に道, に重治, に鎖し, に音, に響いた, に頭, に顔, に髪, に髪の毛, に鮮やか

▼ ったこと~ (204, 3.1%)

14 がある 10 のない 8 のある 7 があった 5 では 4 がない, はない, もあった, もある 3 があります, であろう, になる, もない, を意味 2 がありません, があるだろう, だから, は何, を思, を知った, を知る

1 [115件] ありませんわ, が, があっ, がありなさる, がありました, がありませんでした, があるでありましょう, がございます, がございません, がなかっ, がなく, が二重, が分かる, が判った, が多い, が度々, が心外, が有, が有った, が有る, さえある, じゃございません, じゃない, だが, だけは判った, だこれから, だし, だという, だろうとも, でありましょう, でありますから, である更に, であろうと, でございました, でした, でしょう, でしょうが, です, ですが, ですし, でも, で男, と安心, と思われる, と恋人, などはいわば, などもその, なの, なんかある, について日野, にもよる, によって引き裂かれ, に感心, に気づいた, はありません, はござりませぬ, はないだろう, はなし, はわたし, は一つ, は久野久子さん, は事実, は人, は僕, は再三, は凡そ, は前, は幾程, は当然, は往, は悦, は掏, は無い, は特に, は独り紫式部学会, は畏, は疑, は積り, は腐る, は近, もありません, もございません, も一度, も一部, も見逃し, やそこ, やはり現代的, や彼, よりも皆, をお, をおっしゃいます, をさせる, をしなけれ, をひどく, をもうす, を一言, を云う, を呉侍, を後悔, を忘れず, を思いだした, を思い出し, を思う, を悔, を書い, を残念, を申, を考え, を考えた, を聞いた, を自認, を興味, を良心, を驚い, 御座いませんの

▼ った~ (199, 3.1%)

8 思った 7 思って 6 見えて 5 いう, いうので, 思いました 4 云うこと, 思うと 3 いうだけの, みえる, 思ったが 2 ある, いうのに, みえて, 云うの, 云って, 同様に, 聞くと, 見ると, 言います, 言えば

1 [126件] あって, ありますよ, いいます, いい漢高祖, いうから, いうが, いうぐらいに, いうだけ, いうだけでも, いうと, いうものの, いえば, いっても, お父さんに, きいて, したら何処, する, すると, する場合, すれば, そう思っ, なると, みえ座, みると, もって, わかって, 云いますよ, 云う, 云うしね, 云うて, 云うよう, 云う名主吉崎惣右衞門, 云う大, 云う朋友, 云う様, 云う者, 云う訳, 云えば, 云ったので, 仮定する, 仰しゃったそうでござりますが, 伝えられて, 伝え美濃, 信じて, 信ずるが, 同じに, 同じ事, 同じ様, 同様な, 呟いたが, 大将に, 後悔も, 御話しなさいました, 心得て, 思い, 思いたまえ, 思いなるたけ, 思いましたが, 思い気, 思い青木, 思うが, 思うん, 思う時分, 思う比, 思う頃, 思え, 思えば, 思ったと, 思ったら今度, 思ったん, 思った晩, 思ってるよ, 思はれる金, 思われい, 思われないので, 思われる, 急いで, 恨んで, 挨拶が, 書いて, 最早その, 本人は, 橘南谿の, 申しましょうか, 申しますのに, 申すこと, 申すの, 申すわけ, 異って, 疑うての, 直ぐ詫び, 眼を, 矢代は, 知ったとき, 私は, 考える, 聞いて, 聞いても, 聞くくらい, 見え, 見えますな, 見えるすると, 見え別に, 見え却って, 見て, 見ねば, 見るまもなくすぐ, 見込んだの, 覚えて, 言い伝えられて, 言うからには, 言うじゃ, 言うの, 言うので, 言う様, 言う若い, 言った, 言ったよう, 言って, 言ふ, 認められて, 語ったが, 誤解し, 賢しら顔し, 非難し, 鬼神が

▼ ったところ~ (140, 2.1%)

4 がある 32 があった, で, であの, でこの, でそこ, でむこう, で大きな, で左側, で後, で聞き覚え

1 [113件] があっ, があるらしかった, がそこ, がない, が今度新製, が得られない, が無かっ, が見え, であった, でい, でいま, でおり, でお雪ちゃん, でかの, です, ですすみません, でそこで, でその, でたくさん, でど, でばかばかしく, でもある, で一つ己, で一人, で一匹, で一疋, で一軒, で下男, で不意, で世高, で他, で何, で停った, で其処, で内儀さん, で前方, で壮, で夜, で大概, で天風, で女, で女郎, で妻, で学生, で小さな, で居酒屋, で山本, で川, で廊下, で廷章, で当分失神状態, で待ち, で微, で必ずしも, で月, で榻, で権兵衛, で樹木, で気もち, で水の上, で海石, で男, で目的, で真面目, で眼, で矢, で石川, で突然, で罪悪, で老, で若い, で草庵, で裸, で見覚え, で諠譁, で走りだした, で閾, で電灯, で領主, で馬, で髪, など何と, にあり, にあります, にある, には巨大, には柳, に右手, に地球, に小さな, に建て, に男, に立ちました, に立ち去り, に赤い, のある, の算題集, の若殿, はありゃしない, はここ以外, はその, はなかっ, へ先日来インネン, へ弾丸, へ田中君, もある, もない, をふるい落した, を五年位, を五度, を目撃, を碗, 渋ったところ

▼ ったので~ (120, 1.8%)

3 僕は 2 ござります, 久し振りに, 有った, 有ります, 私は, 許宣は

1 [105件] いつなんどき召集, お母, かえって傍, くれたの, げすが, すぐに, すぐ引っさげ, すっと立っ, そのため, その仕度, その家, その方, その都度, その間に, それが, それで, それで俺, それで出した, たちまちその, つまり彼, とうとう断念, ふき子の, よく聞き取れませんでした, よく調べなかった, わき眼にも, アルンス, ジョン, ヘト, マーシェンカが, 一知は, 三好の, 三越の, 両方へ, 九州へは, 人々は, 今日は, 仲平の, 会員中の, 何も, 何人かの, 兵士に, 其方を, 初一念, 十一時に, 厭な, 又麻雀, 双方安心する, 古来斑狼, 名残惜しいが, 唯微笑, 困って, 大勢の, 大受け, 天理様へ, 夫に, 女史は, 女房の, 安全ピン一本で, 安心し, 実は公務, 家に, 寒い吹雪, 引き上げた材料, 彼女は, 彼等は, 御自分, 折合が, 敵味方の, 日避け, 早速その, 昨夜, 昨日の, 更に驚いた, 材料の, 梅の, 楽屋で, 概念は, 歌を, 決して約束, 流れただろう誰, 満員の, 無益な, 玄機は, 町猟師として, 異様な, 矢代は, 石子は, 私も, 繋がって, 老先生, 若い奴等, 荻原の, 菊田, 表二階の, 解ります, 誰とも, 退院し, 金剛石の, 阿部さんも, 陸路を, 難破した, 顔も, 颯と流れた, 飛江に, 麦畑の

▼ った~ (98, 1.5%)

1713 です 4 でしょう 3 だから, だが, だよ, ですの, ですよ 2 じゃねえ, じゃア, だろう, ですとさ, ですッ

1 [39件] じゃあない, じゃない, じゃ可, だからね, だけどね, だそう, だそれだけ, だぞ, だったらそれ, だって, だって花嫁, だって言います, だと, だね, だねえ, だもん, だりら, だろうな, だろう尤, だ安, だ彼奴, だ考え様, でございますとさ, でしょうかしら, でしょうね, でしょうねえ, ですか, ですかね, ですから, ですからネ, ですが, ですがねえ, ですって, ですと, ですね, ですもの, ですわ, です素人探偵, ばったん

▼ った~ (81, 1.2%)

4 である 2 であった, にはその, に見る, のこと, は手

1 [67件] この建物, したて物, しなりと, すぐ鼻, その豆, ちょっと竿先, でもまだ, と同じ, と少し, などは早く, なら何とも, なんかに, にいい知れない, にいう, にお, においてすべきだ, にどなり出す, にはもう, には夫, には居合わせた, には幾つ, には昨日, には湖水, にぴしゃア, にも同様, にも早速, にも自分, に何, に出会した, に十二時, に呼ばれた, に大杉, に彼ら, に權六, に目的, に私, に読め, に霧, のお, のが一番, のよう, の割前, の嫋, の彼, の心持, の最初, の胸, の風采, はこんな, はちょうど, は主, は必ず, は悲し, は戦, は水司又市, は流石, は自分, は躍り, は鳥越橋, ほどはうれしく, もある, 大不出来, 寝たの, 忽ち背中, 潰れた家, 篤とこの, 続いて

▼ ったという~ (77, 1.2%)

5 のである 4 ような 3 ことだ, ことは 2 ことも, のです, 事は, 方が

1 [54件] ことが, ことで, ことであった, ことであります, ことである, ことでした, ことを, その断末魔, のだ, ので, のは, のも, よっなこと, わけだ, わけに, わけは, 事が, 事も, 事件が, 事件も, 体を, 例が, 例は, 別れる迄の, 十八十九世紀の, 千両の, 印象は, 可き, 噂が, 場合が, 外は, 大騒ぎ, 奴, 富士の, 得意の, 心持を, 方じゃ, 点である, 田圃路に, 痛恨事に, 眼付を, 義によって, 老父の, 者も, 表情を, 解釈第, 記事を, 話しである, 話だ, 話である, 話も, 話を, 野菜など, 風に

▼ ったから~ (66, 1.0%)

9 である 43 であった

1 [50件] あっしは, あとは, このあいだの, これより, せっせと新, せめて弟, せめて達者, その儘, その解決, それでもう, だを, でありしかも, であり要するに, であるが, であろう, です, どうせ私, なの, またあすかあさって, また今日, もう私, もう聖, わしの, 一二年帰らない, 一時硯友社は, 二合出た, 今お, 今夜遊びに, 仙台堀へ, 何の, 何も, 何を, 余は, 八月松竹座の, 半年や, 叮嚀な, 堪らんと, 大阪へ, 家へ, 帰ったらそう, 帰る, 明日は, 案じて, 生きるため, 生活は, 聴きに, 能く, 追, 食べるの, 飲まない

▼ った~ (50, 0.8%)

3 がある 2 がない, である, であろう, では, のない, はない, もあった, もない

1 [31件] あり今日, があっ, がありましたろう, があります, がきっかけ, が彼自身, が有った, が町奉行, が起き, じゃろう, でこの, でなく二十年已来, と思っ, になっ, のよう, の様, の無かっ, はありますまい, はもう, は二度と, もあり, もまた, もまたなかった, も無い, をつくづく, をもしか, を云う, を報じ, を私, を薄々, を誰一人

▼ った~ (48, 0.7%)

6 の上 2 の中

1 [40件] からは急, がせいぜい, がそっくりそのまま, がトンビ, が一旦, が上融, が両側, が庭, が戦後, が摺れる, が春さき, が芝居小屋, でさえもだ, とその, との隙間, と雪, なんか御存じ, に似合わし, に吸いとられ, に映りまし, のため, の両端, の塊, の森, の滑り落ちる, の白い, の雪解け水, は何, は烈しい, は狭い, も流石, をハタハタ, を引か, を払い払い, を押揺, を見, を見た, を踏みしだき, を踏ん, 即ち積雪

▼ ったまま~ (43, 0.7%)

2 動かなかった

1 [41件] ぐっしょりと, ぐるぐると, しげしげと横, しばし言葉, じくじくと, じっと二人, その鏡, だった, だという, であった, ですよ, なの, なん, になってる, のみすぼらしい, のよう, の扉, の木戸, の気持ち, の眼, の私, の趣, の鐘, の隣家, ふたたびそれ, ぼんやり考える, またグッタリ, 両耳, 云った, 出て, 居眠った, 既に快, 暫し身じろぎ, 暮して, 沈み出した, 疲れた体, 触れるもの, 訊ねました, 詫びるとは, 跳ね上る鯉, 転がらない

▼ った~ (35, 0.5%)

2 が今, の人, は花

1 [29件] があろう, がい, がいる, が一人, が別人, が沢山, だから, だった, ってしっかり, であった, である上, である夫人, で声, で自分乍ら, に酌, の仇, の眼, の身の代金, の返事, は, はじっと, は厭, は少い, は母親, は泣きはらした, は無言, は考え, は華美, をよめ

▼ った~ (35, 0.5%)

3 にある

1 [32件] からまるで, からわざわざ, から察, があっ, が唯, が既に, で家老, で当直, で惜し, で早く, で詰まらない, として有名, と云い, にいちじるしい, にやや, に事務所, に何, に堪へられない, に小さい, に席, に樹, に止め, の特色, はない, はなく, は左團次, は見出せなかった, へと申す, へ来る, へ父親, へ道路, も無い

▼ った~ (33, 0.5%)

2 が云いました

1 [31件] かと思え, かのよう, があった, があります, がある, があれ, が出来た, が土間, が夜中, が居た, が這入っ, が門, だが, だろうと, である, であること, でして, でなければ, でも文句, とは思えぬ, などが, にはおかしい, に会った, のよう, はどんなに, は数年前, は皆, は礫, もある, ももちろん, や氷斧

▼ った~ (33, 0.5%)

2 であった

1 [31件] から一日無理, から右, から壮, があり, がありました, がお, が三年, が帰り, が心覚え, が重さん, でこれ, でと思っ, で一分別, で弟様, で涯, で犬, なん, なんぞ何, に一箇, に位牌田, に私, に見受ける, の右側, は我, へ投, へ永代, へ牡蠣, へ還る, へ電報, もあり, よの

▼ った~ (33, 0.5%)

1 [33件] だとも, ちこれ, ち暫時, である, でしばらく, でそこ, でそこら, でまだ, でも赤帽, で三四人, で伯父, で入口, で外, で母親さん, で私, で苦, で蚊帳, で言った, で逃げた, と来, なの, に人生, に改めて, のまた, の事, の松雪院, の自然, はなおさら, びっしゃりなものであった, も亀沢町, も僕, 大きな蝦蟇, 短い竿

▼ ったかと~ (31, 0.5%)

17 思うと

1 [14件] いうと, いえば, おもうと, 云うほどに, 地を, 思いますと, 思いよった, 思ったが, 思ったほど, 思ったよ, 思われた, 目が, 私の, 見える力

▼ った~ (31, 0.5%)

4 なって, 相違ない, 違いない 2 して, ちがいない

1 [15件] いりまじって, きまって, しそれ, したところ, しても, しろ人並, ちがいなかった, なった中, なってる何, 乱れて, 交じって, 反して, 比して, 起こった, 過ぎないの

▼ った~ (31, 0.5%)

3 がまし 2 がこの

1 [26件] からめぐり合わせ, から姿, がしのぎ, がよく, が一人, が増し, が宜, が徳, が楽, が結局利益, が興味, で音, には女, に私, の一文字笠, の女, の男一人, の船頭さん, の雪, は床, は数多く, へひとり朧ろげ, へ二百歩, へ向け, らしく或, をくるり

▼ った~ (29, 0.4%)

1 [29件] いずれも, いまがに, え直ぐ, え禁, さと, して, そしてついに, その船, それが, そんな理屈, どうかが, どうした, もう見えなかった, わからないが, 其が, 判らなかった, 大方家の, 姿は, 忘れた, 悦に入ったか, 捜して, 知れねえのに, 知れやしないそれ, 知んねえかと, 能く, 腰掛窓の, 見せて, 解らないから, 遠い所

▼ った意味~ (27, 0.4%)

2 を有, を有っ

1 [23件] がふくまれ, が生じ, であの, での, での意識, で下宿, で人類, で使われ, で四人, で多く, で生き, で用いられ, で軽い, で頽廃, とを有っ, において組織制度, にまで拡張, のもの, の言葉, を区別, を取違え, を持つ, を注意

▼ った~ (24, 0.4%)

2 をし

1 [22件] が少ない, が貴方, が震え, だった, とわかっ, などいかにも, になり, には縊れた, に戻っ, の小使, の持主, の書生, は少い, は月, は首, もある, をした, をする, をみる, を奥様, を見, 濃い秀でた

▼ ったそう~ (21, 0.3%)

6 である 2 だ, でございます, です 1 だが, だな, だの, で, であります, でそれ, な自分, に呟いた, に顔中

▼ った~ (21, 0.3%)

1 [21件] だこと, だったお, であった, なと, な場合, な桶, な気, な頬付, な風, にし, になる, に一度, に一種異様, に先ず, に思う, に汗, に着い, に見えた, に野本氏, に鉄, も見た

▼ った~ (21, 0.3%)

1 [21件] が, がつい, がまた, が一人, が立っ, が階段, じゃない, ですよ, ではありません, ではない, などが大きな, に洒落, ののっぺり, の低い, の手蹟, はすぐ, は一方, は紛れ, や金ボタン, を見たがった, を見詰めました

▼ った~ (21, 0.3%)

1 [21件] があった, が這入っ, です, で往来, とともに死んだ, にとって命, になる, に限らず, の家臣, の心, の様子, はあまり, はその, はひざまずい, は国史, は年, は忌いましい, ばかりであった, も少なく, を直, 合せて

▼ った二つ~ (18, 0.3%)

2 のもの, の内容, の現象

1 [12件] の世界, の事件, の体系, の妖怪, の技術, の文化系統, の気質, の物理学, の種類, の色調, の調子, の透察

▼ った~ (18, 0.3%)

2 じゃない, を持っ, を見せた

1 [12件] が出来た, ではある, でも女, なら公, なら持ってるの, に幾等, の兜, は安二郎, は少く, を分け, を寄付, を纏め

▼ ったその~ (17, 0.3%)

1 [17件] 一度は, 冷い, 境目から, 壺の, 姿を, 宗家の, 時も, 時隣の, 末が, 様子は, 民族にとっての, 海王の, 男も, 縮緬の, 翌年の, 葉の, 襖を

▼ った感じ~ (17, 0.3%)

2 である

1 [15件] であった, で暫く, で物, のもの, の句, の日, の顔, は持たなかった, もある, を与えられた, を与える, を人, を受けた, を抱く, を持つ

▼ った~ (17, 0.3%)

1 [17件] から眺め, が覗い, ざしの, で撥ね, で眺め, で見る, には涙, に点ずる, のきりッ, のみが空しく, はまる, は吹上, は外見上, や栗毛, をし, を持っ, 異った

▼ ったとき~ (16, 0.2%)

1 [16件] いきなりかれ, からあっ, には道人, に初めて, に朋友, のあの, の幼, は, はいつ, はその, はどうして, は体, は漸く, 好くも, 或る, 起きて

▼ ったわけ~ (16, 0.2%)

3 だ, である 2 じゃない, だと 1 だが, でして, でないのに, では, でも, でもう

▼ った世界~ (14, 0.2%)

2 に住む, の人 1 が含まれ, になった, に住んでる, に何, の人間, の景色, の消息, をつくり出し, を一度, を見出し

▼ った人間~ (14, 0.2%)

1 [14件] がそば, が昏, が杖, くささ, でお, で正体, と歴史, と自然, なら自分, なる一種, に一生, に遇, の心, の性格

▼ ったかも~ (13, 0.2%)

3 知れない 2 しれないが, わからねえ 1 しれない, 判らなかった, 知れない何しろもう, 知れぬ, 知れません, 知れんじゃ

▼ ったばかり~ (13, 0.2%)

3 では 2 で私, なの 1 いささかも, でなく国境い, でなく道徳, でもう, で余, らしい姿

▼ ったもん~ (13, 0.2%)

61 か見当らない, じゃあねえ, じゃありやしない, だがね, でさ, ですから, を返し

▼ った~ (13, 0.2%)

1 [13件] あるいは世間, があった, だの, で足り, とした, のどれ, のほか, は出る, も沢山, らしい依って, を手前, を片付ける, 干台

▼ った~ (13, 0.2%)

2 であった

1 [11件] お雪, からセル, この人, だ, ですが, にはそこら, の年頃, はそう, は前田家, は高瀬, 漸くか

▼ ったあと~ (12, 0.2%)

2 とみえ 1 だるいだるいうつむけ, で, でお, など母, の何とも, の自分, の言葉, はその, はもの音, は私

▼ った~ (12, 0.2%)

1 [12件] 人で, 千が, 妙は, 島は, 庄の, 成座敷の, 才でなく, 春という, 留守居役に, 祖母様が, 祖母様の, 豊においては

▼ ったこの~ (12, 0.2%)

2 人の 1 中では, 二人が, 刀の, 婦人の, 山嶽の, 故郷の, 時傍で, 筋までが, 者を, 鉄砲の

▼ っただけ~ (12, 0.2%)

2 なん 1 あって, だった, である, ですよ, でそれ, で他, 三徳用の, 大真面目, 心残りが, 買って

▼ った一つ~ (12, 0.2%)

1 [12件] ございます, でも完全, の分野, の大きな, の手燭, の沼, の渓流, の理由, の眼, の表情, の誘因, の谷

▼ った~ (12, 0.2%)

1 [12件] でなくては, で問題, で夜食, で婿, にたとえば, にむしろ, に小さな, に風, はこの, は決して, へ時々, をやがて

▼ った気持~ (12, 0.2%)

2 を抱い 1 し, でいた, で向っ, にされ, になり, にわたくし, の中, の記憶, をもう一度, を持っ

▼ った~ (12, 0.2%)

1 [12件] がうつくしく, が瞬いた, が袖姿見, での批評, で川手氏, の冴, の前, の底, は一杯, は異様, をそのまま, を細く

▼ った~ (12, 0.2%)

2 なん 1 じゃ, だ, だが, であるから, でした, です, では, でも, なの, なんで

▼ った~ (11, 0.2%)

1 [11件] いるの, おいで, お上さんが, お内儀さん, さき降り, の彼女, は名, 出て, 急に, 海に, 置いて

▼ った~ (11, 0.2%)

2 は筍 1 の鼻端, はいつも, はさからわなかった, はますます, は一升瓶子, は何人, は呆れ, は流, を見つける

▼ ったなり~ (10, 0.2%)

1 で, でうつむいては, でてくてく, で見れ, どんと又市, 動けなくなった, 宗助の, 死んで, 海の, 面体も

▼ ったばかりの~ (10, 0.2%)

1 この新, ところを, フランスの, ライブラリアンは, 姿, 春の, 時でした, 気分に, 赤の, 頃でしょう

▼ ったものの~ (10, 0.2%)

1 それまでに, なお大阪, 両手の, 人相書を, 今も, 土州でも, 本来の, 病毒が, 荒い不安, 間の

▼ った一人~ (10, 0.2%)

2 の妹, の者 1 の乙女, の旦那, の浪人, の無償労働者, の男, を残し

▼ った~ (10, 0.2%)

2 でした 1 があり, でいくつ, で輸入, のもの, の一条道, の低く, をした, を以てで

▼ った~ (10, 0.2%)

1 が見かけ, に取っ, の後姿, の真っ向, の頭脳, の風貌, は一年, は容儀, は自分, は親方

▼ った様子~ (10, 0.2%)

1 がとんだ, だった, だ早く, であるから, でした, です, で尖った, で津田氏, なれば, は全く

▼ った~ (10, 0.2%)

1 がポツン, にとってはいい, の家, はさしずめ, は一度, は其の, は其処, は転げる, を御覧, を見

▼ ったとか~ (9, 0.1%)

1 きょうは, でお, 云って, 何とかで, 喉を, 炭が, 聖ジョージの, 聞き及んで, 芳村が

▼ ったとは~ (9, 0.1%)

1 それは, どうしても思われぬ, どうにも考えられなかった, わが邦, 云われませんね, 何ぼう哀れなる, 如何にも無惨, 思えないん, 歎息の

▼ ったとも~ (9, 0.1%)

1 いう, 云うこと, 云えず癒ら, 云った, 分らなくなった女, 取り沙汰され, 思わずに, 気が, 言われないこと

▼ ったのに~ (9, 0.1%)

1 一人あとに, 不精しとった, 恢復する, 愛しさえ, 気が, 相違ありません, 褒美てえ, 陀羅尼の, 飯田さんは

▼ った~ (9, 0.1%)

1 が雪, で実は, といえ, の水, は山浦清麿, も多かろ, を上げつ下げつ切る, を取り直し, を持っ

▼ った~ (9, 0.1%)

1 から立ち昇っ, が窪ん, でその, と小さく, に葉巻, のやや, の外, へさらに, を利い

▼ った~ (9, 0.1%)

2 の中 1 の前, の名, の軒端, は人, は半丁, は相模屋, もなく

▼ った~ (9, 0.1%)

1 で灰, にはあの, には本当に, に帰宅, に纏めれ, のこと, の食事, はちょうど, 来た限り

▼ った時分~ (9, 0.1%)

1 から, でござろう, どうやら小屋, にはもう, には全く, には持っ, には極悪, に帰っ, のこと

▼ った~ (9, 0.1%)

1 あり, じゃない, でも無し, で如何, とかがたまたま, になりました, の種, は無い, をし

▼ った調子~ (9, 0.1%)

1 があった, だった, で, であった, でいい出した, でひどく, で尋ねかけ, で言葉, のもの

▼ ったあの~ (8, 0.1%)

1 ような, 大病の, 女房で, 時までは, 気の毒な, 洒, 男と, 読書精神が

▼ ったかの~ (8, 0.1%)

2 ように, 感が 1 ようにも, 如くであった, 如くである, 如く別

▼ ったじゃ~ (8, 0.1%)

4 ないか 2 ありませんか 1 アない, アねえか

▼ ったせい~ (8, 0.1%)

2 では 1 かそれとも, か人, か私, でしょうか, でも, もあろう

▼ った~ (8, 0.1%)

1 で最も, に, には交ら, に二枚, に小, に祖母, へ我, を道

▼ った事情~ (8, 0.1%)

2 にある, の下 1 の上, の区別, もある, や自分

▼ った~ (8, 0.1%)

2 で啼い 1 がそれ, で, で助け, で叫ん, になった, の真似

▼ った生活~ (8, 0.1%)

1 から得た, それからまたやがて, の相, をし, をすれ, を営む, を守っ, を認め

▼ った立場~ (8, 0.1%)

1 から固, がある, が実際, にある, に在る, の代表的, をば適当, を取る

▼ った表情~ (8, 0.1%)

1 が拡, で丁寧, で挨拶, と軽快, に見え, をし, をちょっと, を大抵

▼ ったきり~ (7, 0.1%)

1 で判らなくなった, で動かなかった, まもなくわずらいつい, 帰らなかった, 帰らなかったこと, 帰らぬそう, 慌しく引返した

▼ った~ (7, 0.1%)

1 呼で, 好いて, 暴れるから, 背負って, 見て, 象を, 飲んで

▼ ったけれど~ (7, 0.1%)

1 しかしそれ, それは, そんなこと, まだ落着, 何でも, 余は, 油断してる

▼ った~ (7, 0.1%)

1 お互いの, 事実一抔啖された, 如何にも残念, 日頃つややかな, 荷足船で, 違法だ, 骨と

▼ った~ (7, 0.1%)

1 から先, がその, が来, が長, だ, とあの, の後

▼ った場合~ (7, 0.1%)

1 で麻, とあまり, にあらゆる, にし, には故, らしい, 仮令え

▼ った帰り~ (7, 0.1%)

1 だが, です何, と見える, に城下, に神田, に肴, を厭

▼ った方面~ (7, 0.1%)

1 から採っ, から見, から解釈, から駒井, であるから, に発展, へ下る

▼ った~ (7, 0.1%)

1 だ, でした, の俗書, の執念, の者, の驚愕, 彼の

▼ ったそれ~ (6, 0.1%)

1 がため, がペルシャ, だけです, はそれ, ばかりか拙者, を書い

▼ った~ (6, 0.1%)

1 うしろ向く, え, だからアーメン, どこか, 代りに, 私が

▼ った二人~ (6, 0.1%)

2 の男 1 の労苦, の警部補, は常に, は数日後

▼ った口調~ (6, 0.1%)

2 で挨拶 1 で, では誰, で上眼, になっ

▼ った問題~ (6, 0.1%)

1 が発生, である, でもなく, でもなけれ, になる, を持っ

▼ った~ (6, 0.1%)

2 がある 1 が鉛筆位, だと, の慈姑, の職業

▼ った存在~ (6, 0.1%)

1 でありその, であること, ではない, と考えられね, や実在, を展開

▼ った~ (6, 0.1%)

1 でお, で将軍, で而, の中, はいつ, を脅かす

▼ った心持~ (6, 0.1%)

1 で食堂, になっ, になったらしい, らしく低, を他, を持つ

▼ った性質~ (6, 0.1%)

1 となるだろう, のもの, をもつ, を持っ, を有, を示し

▼ った挨拶~ (6, 0.1%)

1 が述べられた, して, であった, などする, をし, をせず

▼ った時代~ (6, 0.1%)

1 からそれ, ですら, のよう, の又, の定位, を経

▼ った概念~ (6, 0.1%)

1 として発見, に属する, に於, のこと, を持っ, を有

▼ った~ (6, 0.1%)

3 である 1 だと, までに寓意, もたくさん

▼ った気分~ (6, 0.1%)

1 が何, で出かけなさる, で生活, によって彼ら, も無く, より圧迫

▼ った~ (6, 0.1%)

2 がある 1 があんまり, はない, を含ん, を指摘

▼ った美しい~ (6, 0.1%)

1 のに遁げ, 帯を, 毛並は, 腕を, 青年は, 顔が

▼ った自分~ (6, 0.1%)

1 だけのこと, であるかの, でどうして, の娵, の心, を恥じ恥じ

▼ った身体~ (6, 0.1%)

2 して 1 が縁側, さ, だけに自分, に公然

▼ った~ (6, 0.1%)

1 の上, の方, をとぼつ, を久し振り, を帰っ, を駒場

▼ った部屋~ (6, 0.1%)

1 だったが, に入る, に居た, に籠っ, のある, の中

▼ ったけれども~ (5, 0.1%)

1 お正, この意味, よた, 純之進, 都会へ

▼ ったため~ (5, 0.1%)

1 しがない, である, に助かるべき, に瑠璃子, もはや空間

▼ ったところが~ (5, 0.1%)

1 おとなしいこと, その男, 冥王は, 足が, 門の

▼ った~ (5, 0.1%)

1 だれを, よもや知らない, ソラいつぞや, 何処へ, 鯨は

▼ った不思議~ (5, 0.1%)

1 な光景, な性質, な感情, な物語, な表情

▼ った~ (5, 0.1%)

1 の見当, は其の, は実に, は猶も, は直ちに

▼ った~ (5, 0.1%)

1 なもの, な店, の世の中, の世界, の人間

▼ った口元~ (5, 0.1%)

1 で段鼻, には才智, に何とも, をもゆるめた, を少し

▼ った~ (5, 0.1%)

1 と頑丈, にも溢れます, に私, は軽い, を思うさま

▼ った地点~ (5, 0.1%)

1 で非常線, なので, にある, に棒杭一本, をばらばら

▼ った~ (5, 0.1%)

1 でございます, になった, に属する, の如き, を出そう

▼ った場所~ (5, 0.1%)

1 でその, と云え, と日時, と時代, なぞで

▼ った態度~ (5, 0.1%)

1 がある, で口, にほっ, に対する反感, を示す

▼ った方向~ (5, 0.1%)

1 に延び, に於, に離れだした, へ外れ初めた, をとる

▼ った時間~ (5, 0.1%)

1 にお, にきまった, にならね, に寝かされ, に蜜柑

▼ った~ (5, 0.1%)

1 につれられ, の身, は何だか, を困らせる, を大切

▼ った母親~ (5, 0.1%)

1 から来る, があっ, こそ猶, は他人, をてこずらせた

▼ った特色~ (5, 0.1%)

2 を有っ 1 がある, が認められる, やらタイプ

▼ った~ (5, 0.1%)

1 であった, というの, のよう, の糞尿, 殺し不当

▼ った~ (5, 0.1%)

1 からいつも, でしかも, なり露地, の方, まで父

▼ った白い~ (5, 0.1%)

1 乳房を, 素足に, 脛が, 足袋を, 顔に

▼ った~ (5, 0.1%)

1 が一つ, と光, の褪めた, の雲, を帯びるであろう

▼ った~ (5, 0.1%)

2 が流れ, を吐き 1 の染まる

▼ った~ (5, 0.1%)

1 と思われる, もまた, や立木, をつくっ, を一足

▼ った~ (5, 0.1%)

1 だけ負っ, にトラ, に蛇, の休息, の空地

▼ った雰囲気~ (5, 0.1%)

1 が材木置場, であります, でした, のなか, の中

▼ った顔つき~ (5, 0.1%)

1 でこんな, で坐っ, になっ, になり, をし

▼ った~ (5, 0.1%)

1 だったが, なぞし, にいかにも, に手, を誇り顔

▼ った~ (4, 0.1%)

1 で見られる, 怖ろ, 癩病なんか, 白い手

▼ った~ (4, 0.1%)

1 今度も, 元気も, 書, 汽車が

▼ ったつもり~ (4, 0.1%)

1 でいた, で伊代, で自分, の蔵

▼ った~ (4, 0.1%)

21 アお, 虹がか

▼ ったなと~ (4, 0.1%)

1 思いながら, 思って, 感じた途端, 自分でも

▼ ったには~ (4, 0.1%)

1 似ない褌, 冷汗を, 違いない, 饒舌りました

▼ った~ (4, 0.1%)

1 たッ, てありのまま, て云う, て斯ん

▼ った人々~ (4, 0.1%)

1 が楽し, に取っ, の生活, は家族

▼ った今日~ (4, 0.1%)

1 ではもはや, では武蔵野, でも生存, まで内心

▼ った~ (4, 0.1%)

1 の人格, の人間的情況, の方面, の立場

▼ った~ (4, 0.1%)

1 の有名, もあり, もない, を挙げます

▼ った印象~ (4, 0.1%)

1 がある, を与える, を人, を余

▼ った~ (4, 0.1%)

1 がある, で呼ぶ, と聞い, を以て呼ばれ

▼ った~ (4, 0.1%)

1 にい, の字, の文字, の樹陰

▼ った大きな~ (4, 0.1%)

1 写真が, 声で, 橋のや, 音が

▼ った姿~ (4, 0.1%)

1 もいささか, も浮ん, を見, を露呈

▼ った~ (4, 0.1%)

1 でもなかっ, で己, に通った, の中

▼ った彼女~ (4, 0.1%)

1 の穏やか, はこんな, は寛治氏, は恩師

▼ った思想~ (4, 0.1%)

1 が埋没, である, に於, をも数えれ

▼ った性格~ (4, 0.1%)

1 をもっ, を以て吾, を有する, 生きかた

▼ った意見~ (4, 0.1%)

1 も出, をもっ, を持っ, を持った

▼ った有様~ (4, 0.1%)

1 とを顧み, を今, を憐れ, を画面

▼ った~ (4, 0.1%)

1 の上, の事件, の書き附け, の様

▼ った~ (4, 0.1%)

3 がした 1 でいた

▼ った百姓~ (4, 0.1%)

1 が軽, でなければ, のそば, はいっ

▼ った眉毛~ (4, 0.1%)

3 の濃い 1 の濃い好い

▼ った真似~ (4, 0.1%)

2 をする 1 しや, をやり了せた

▼ った~ (4, 0.1%)

2 の下 1 には山, を眺める

▼ った空気~ (4, 0.1%)

1 が流れこんだ, の中, は昇る, を吸い

▼ った~ (4, 0.1%)

1 から覗く, の中, の外, の彼方

▼ った結果~ (4, 0.1%)

1 になり, に他, をもたらした, を惹き起こし得る

▼ った考え~ (4, 0.1%)

2 を持っ 1 で眺めね, をもつ

▼ った職業~ (4, 0.1%)

1 すらつかん, になりかけ, の人物, はなかっ

▼ った落葉~ (4, 0.1%)

1 が風, などは其儘, に埋れ, の柔かく

▼ った~ (4, 0.1%)

1 だ, の白い, の黄, や腕

▼ った~ (4, 0.1%)

1 と円み, のあたり, の豊か, を弛ませ

▼ ったお方~ (3, 0.0%)

1 ではござりやせん, には私, は御

▼ ったお父さん~ (3, 0.0%)

1 が一人, のお, はいつも

▼ ったかい~ (3, 0.0%)

1 刺激性の, 坊や, 飯を

▼ ったかという~ (3, 0.0%)

1 ことを, 廉である, 話では

▼ ったからって~ (3, 0.0%)

2 手前の 1 親疎の

▼ ったころ~ (3, 0.0%)

1 はどこ, を見すまし, 漸と

▼ った~ (3, 0.0%)

2 たです 1 たした旅行

▼ っただけの~ (3, 0.0%)

1 ことお参りを, 御挨拶, 話であろう

▼ ったとて~ (3, 0.0%)

1 少しも, 此の, 関うまい

▼ ったのみ~ (3, 0.0%)

1 でありました, では, ならず汽車

▼ ったふう~ (3, 0.0%)

1 であった, に説い, に身体

▼ ったほど~ (3, 0.0%)

1 である, 仏に, 白く映る

▼ ったほどの~ (3, 0.0%)

1 ものが, 事だ, 熱演で

▼ った~ (3, 0.0%)

1 同じ事, 同然如何とも, 覚束なし

▼ ったやう~ (3, 0.0%)

1 なもの, な瞳, にすべて

▼ った一団~ (3, 0.0%)

1 が柳町通り, で駒箱, の兵士たち

▼ った三つ~ (3, 0.0%)

1 の世界, の問題, の炭焼竈

▼ った~ (3, 0.0%)

1 から太い, から黒い, が淵

▼ った主人~ (3, 0.0%)

1 が二人, が経営, はようやく

▼ った事実~ (3, 0.0%)

1 に徴, よりも今朝, を知っ

▼ った~ (3, 0.0%)

1 ですっかり, は爾, ましい運命

▼ った傾向~ (3, 0.0%)

1 が見える, を持っ, を持つ

▼ った~ (3, 0.0%)

1 の事, は向い, は白い

▼ った先生~ (3, 0.0%)

1 がありました, は縞, は黒い

▼ った内容~ (3, 0.0%)

1 で朝子, をもっ, を含蓄

▼ った収入~ (3, 0.0%)

1 が無い, のある, の途

▼ った叔父~ (3, 0.0%)

1 に渡せ, は安堵, を看護

▼ った口許~ (3, 0.0%)

1 が莞爾, で黙っ, に微笑

▼ った唯一~ (3, 0.0%)

2 の法 1 の場合

▼ った土地~ (3, 0.0%)

1 からわざわざ, で暮す, は日本海

▼ った土蔵~ (3, 0.0%)

1 の内部, の石段, は真中

▼ った地面~ (3, 0.0%)

1 に死んだ, の上, の雪

▼ った~ (3, 0.0%)

1 権威の, 集団を, 髭の

▼ った~ (3, 0.0%)

1 だけがやっと, の愛情, を背

▼ った小さな~ (3, 0.0%)

1 沓も, 町の, 門が

▼ った小柄~ (3, 0.0%)

1 が一本いくら, だから, な躯

▼ った山々~ (3, 0.0%)

1 と裸, に響き, のあたり

▼ った形式~ (3, 0.0%)

1 である, に従っていろいろ, を採る

▼ った形態~ (3, 0.0%)

1 について考察, のもの, を取っ

▼ った感情~ (3, 0.0%)

1 で忽ち, で私自身, で邸

▼ った~ (3, 0.0%)

1 か一家, である, 四十人から

▼ った方法~ (3, 0.0%)

1 がある, では租税, で生き

▼ った時刻~ (3, 0.0%)

1 であるから, に学校, に溪

▼ った時彼~ (3, 0.0%)

1 はこの, はふと, は直ぐ

▼ った最初~ (3, 0.0%)

1 の人々, の恋, の日

▼ った材料~ (3, 0.0%)

1 でやっ, の夫, もあつかっ

▼ った条件~ (3, 0.0%)

2 の下 1 を有っ

▼ った~ (3, 0.0%)

1 の下, の根元, は疎ら

▼ った横顔~ (3, 0.0%)

1 が見違える, は後ろ, を眺め

▼ った次第~ (3, 0.0%)

3 である

▼ った気もち~ (3, 0.0%)

1 でこの, でわたし, で見

▼ った~ (3, 0.0%)

1 つづいて, と母, のひとり娘

▼ った状態~ (3, 0.0%)

1 が履行, に見える, を適当

▼ った~ (3, 0.0%)

1 が若者, じゃ, の声々

▼ った理由~ (3, 0.0%)

1 から鶏, がある, を打ち明ける

▼ った目的~ (3, 0.0%)

1 はない, ももたない, をもっ

▼ った~ (3, 0.0%)

1 だが, である, を呈するでしょう

▼ った~ (3, 0.0%)

1 には確, は玲瓏, を沼

▼ った~ (3, 0.0%)

1 の垣, の皮だらけ, を恐れぬ

▼ った~ (3, 0.0%)

1 で其中, にし, の雪

▼ った粉雪~ (3, 0.0%)

1 が運ばれ, の表面, を払っ

▼ った紳士~ (3, 0.0%)

1 がステッキ, であった, も二

▼ った編笠~ (3, 0.0%)

1 の下, は脱がなかった, へ手

▼ った興味~ (3, 0.0%)

1 がある, に牽かれ, を私

▼ った~ (3, 0.0%)

1 だよ, の舳, も未だ

▼ った色彩~ (3, 0.0%)

1 を帯び, を持っ, を添える

▼ った~ (3, 0.0%)

1 にもあんな, の中, の痛々しい

▼ った~ (3, 0.0%)

1 か何, の形, の身悶え

▼ った要素~ (3, 0.0%)

1 を, をその, をもっ

▼ った角度~ (3, 0.0%)

1 からいくつ, から光線, でながめられよう

▼ った言葉~ (3, 0.0%)

1 かもしれない, の調子, の間

▼ った~ (3, 0.0%)

1 へ唐辛子, もなけれ, を見る

▼ った通り~ (3, 0.0%)

1 お雪, に開店, 話したの

▼ った連中~ (3, 0.0%)

1 はみんな相變ら, ばかりがもう, もある

▼ った都会~ (3, 0.0%)

1 の夜, の歓楽, を装う

▼ った~ (3, 0.0%)

1 ありまた, の傍, を見つめ

▼ った~ (3, 0.0%)

1 から描こう, には有ります, に物

▼ った~ (3, 0.0%)

1 であらう, に武者ぶり, を見せ

▼ った~ (3, 0.0%)

1 から後頭, のみならず, は一層

▼ った~ (3, 0.0%)

1 さで, さの, 帽子まで

▼ った~ (3, 0.0%)

1 は相手, を頬, を食べさせられた

▼ った~ (3, 0.0%)

1 の羽根, は暫く, を殺す

▼ った~ (3, 0.0%)

1 っ先, の孔, を眺め

▼ った~ (2, 0.0%)

1 噂も, 知りませんでしたよ

▼ ったあたり~ (2, 0.0%)

1 に動く, に気

▼ ったある~ (2, 0.0%)

1 人の, 若い音楽批評家

▼ ったあれ~ (2, 0.0%)

1 が頭, と同じ

▼ ったうち~ (2, 0.0%)

1 で最も, 融けた態度

▼ ったくらい~ (2, 0.0%)

1 だ, だから

▼ ったこれ~ (2, 0.0%)

1 は有難い, も紛失

▼ ったさる~ (2, 0.0%)

1 が岩, はこの

▼ ったじゃあ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ った~ (2, 0.0%)

1 何時までも, 親の

▼ ったついで~ (2, 0.0%)

1 にあんた, にその

▼ った~ (2, 0.0%)

1 さっき天符が, 急に

▼ ったとしても~ (2, 0.0%)

1 その苦痛, 破片は

▼ ったとの~ (2, 0.0%)

1 ことである, 通知が

▼ ったどこ~ (2, 0.0%)

1 かに厭味, か冷淡

▼ ったにも~ (2, 0.0%)

1 かかわらず彼一人, せよだ俺

▼ ったはず~ (2, 0.0%)

1 でございまする, です

▼ ったひと~ (2, 0.0%)

1 の例, はみな千早

▼ ったほう~ (2, 0.0%)

1 がいい, がよかろ

▼ ったまま米~ (2, 0.0%)

2 を磨ぎ出した

▼ ったものそれ~ (2, 0.0%)

1 のみならず, を以て律する

▼ ったよりも~ (2, 0.0%)

1 もっと大きな, もっと深く

▼ ったるい~ (2, 0.0%)

1 かわいげ, ぽかんとした

▼ ったるい口~ (2, 0.0%)

1 の利き, を利い

▼ ったるい声~ (2, 0.0%)

1 が出, を出し

▼ ったわが~ (2, 0.0%)

1 樹庵次郎蔵は, 産の

▼ った~ (2, 0.0%)

1 亦頗る, 急に

▼ ったドア~ (2, 0.0%)

1 の内部, の奥

▼ ったド氏~ (2, 0.0%)

1 の友人, は木乃伊発見

▼ ったヒューマニズム~ (2, 0.0%)

1 だと, の他の

▼ った~ (2, 0.0%)

1 だね, だよ

▼ ったヴォルガ河~ (2, 0.0%)

2 の崖

▼ った一度~ (2, 0.0%)

1 ですよ, 行ったこと

▼ った一条~ (2, 0.0%)

1 だ幾等, の路

▼ った両親~ (2, 0.0%)

1 は誰, や沢山

▼ った乱髪~ (2, 0.0%)

1 の中, の間

▼ った人物~ (2, 0.0%)

1 の出入り, はあるまい

▼ った仕事~ (2, 0.0%)

1 が根本, が空虚

▼ った仲間~ (2, 0.0%)

1 のなか, の惣兵衛

▼ った~ (2, 0.0%)

1 である, のイラヒドイところ

▼ った位置~ (2, 0.0%)

1 から見る, にやって来る

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の権衡, まるで花魁

▼ った体裁~ (2, 0.0%)

1 で部屋中ほうぼう, をなし

▼ った~ (2, 0.0%)

1 か道徳的範疇, でも窓

▼ った何儀~ (2, 0.0%)

1 が欲しけれ, を縁

▼ った作用~ (2, 0.0%)

1 を有, を起した

▼ った~ (2, 0.0%)

1 し如何, し猶

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の卑し, の行為

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の情婦, の死体

▼ った兄弟~ (2, 0.0%)

1 であること, ばかり

▼ った其侍~ (2, 0.0%)

1 がその, の姿

▼ った~ (2, 0.0%)

1 からの自己, 生活の

▼ った原因~ (2, 0.0%)

1 はおれ, を知りたかった

▼ った~ (2, 0.0%)

1 帽子の, 草履の

▼ った向う~ (2, 0.0%)

1 へ行きかけた, を張っ

▼ った塵埃~ (2, 0.0%)

1 だと, の中

▼ った境遇~ (2, 0.0%)

1 の人, を備え

▼ った多く~ (2, 0.0%)

1 のもの, の本文

▼ った大地~ (2, 0.0%)

1 である, とそれから

▼ った失敗~ (2, 0.0%)

1 った, った失敗

▼ った奇妙~ (2, 0.0%)

2 な着物

▼ った女たち~ (2, 0.0%)

1 がその, が暑い

▼ った女中~ (2, 0.0%)

1 が井, はやがて

▼ った女房~ (2, 0.0%)

1 が見, の方

▼ った~ (2, 0.0%)

1 のこと, もなかっ

▼ った~ (2, 0.0%)

1 とはおの, の色艶

▼ った婦人~ (2, 0.0%)

1 が一人, のこと

▼ った~ (2, 0.0%)

1 でしてね, でも可愛い

▼ った~ (2, 0.0%)

2 を読む

▼ った家来~ (2, 0.0%)

1 がありまし, がどうして

▼ った小鳥~ (2, 0.0%)

1 なら吹く朝風, にもそれぞれ

▼ った少女~ (2, 0.0%)

1 である, のよう

▼ った山径~ (2, 0.0%)

1 を半, を選ん

▼ った巡礼~ (2, 0.0%)

1 とから別れ, の扮装

▼ った左門~ (2, 0.0%)

1 の姿, の足もと

▼ った~ (2, 0.0%)

1 に愛刀, は翼

▼ った帽子~ (2, 0.0%)

1 のふち, の廂

▼ った建物~ (2, 0.0%)

1 のその, の真正面

▼ った形跡~ (2, 0.0%)

1 が無い, もなく

▼ った恨み~ (2, 0.0%)

1 の荷, を嚥

▼ った意義~ (2, 0.0%)

1 と価値, と形

▼ った~ (2, 0.0%)

1 と真実, の巣

▼ った感想~ (2, 0.0%)

1 があります, をもつ

▼ った我が~ (2, 0.0%)

1 党の, 足が

▼ った~ (2, 0.0%)

1 るジャンル, る別個

▼ った~ (2, 0.0%)

1 は七八寸, をがらがら

▼ った戸口~ (2, 0.0%)

2 をく

▼ った~ (2, 0.0%)

1 が隙間, を通っ

▼ った~ (2, 0.0%)

1 という奴, の響き

▼ った手拭い~ (2, 0.0%)

1 かなぐり捨てベッタリ, の結び

▼ った教育~ (2, 0.0%)

1 は何, をし

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の松田隊, の首級二百余

▼ った文字~ (2, 0.0%)

1 から始まる, を読む

▼ った文学~ (2, 0.0%)

1 にだけ固有, の世界

▼ った文章~ (2, 0.0%)

1 というよう, を送っ

▼ った料理~ (2, 0.0%)

2 はやらず

▼ った旦那~ (2, 0.0%)

1 が一人, という様

▼ った時あなた~ (2, 0.0%)

2 は牀

▼ った時一人~ (2, 0.0%)

1 の僧, の若い

▼ った時期~ (2, 0.0%)

1 にどれ, の所産

▼ った時私~ (2, 0.0%)

1 の母, はそのままじっと

▼ った~ (2, 0.0%)

1 であった, はこの

▼ った~ (2, 0.0%)

1 には日本精神, の睡り

▼ った書斎~ (2, 0.0%)

1 の扉, らしい室

▼ った最後~ (2, 0.0%)

1 の數日, の訓戒

▼ った~ (2, 0.0%)

1 が今, の光り

▼ った~ (2, 0.0%)

1 を出し, を紛失

▼ った~ (2, 0.0%)

1 に気, は夏帽

▼ った~ (2, 0.0%)

1 からは, の中

▼ った~ (2, 0.0%)

1 に累々, に足

▼ った枯葉~ (2, 0.0%)

1 の上, の厚い

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の枝, の葉

▼ った~ (2, 0.0%)

1 が薄紫色, にも秋風

▼ った椅子~ (2, 0.0%)

1 の上, の向う

▼ った歌二首中~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の一首

▼ った歴史~ (2, 0.0%)

1 の内容, の名

▼ った死骸~ (2, 0.0%)

1 がノコノコ, や小さく黒く

▼ った段階~ (2, 0.0%)

1 であったという, で一層

▼ った民族~ (2, 0.0%)

1 のあった, のそして

▼ った気持ち~ (2, 0.0%)

1 になる, の動い

▼ った~ (2, 0.0%)

1 が今, に馴らされ

▼ った津田~ (2, 0.0%)

1 の宅, の挨拶

▼ った洪積~ (2, 0.0%)

2 の赤砂利

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の叫喚, や去年

▼ った~ (2, 0.0%)

1 をさし, を飲もう

▼ った~ (2, 0.0%)

1 に小児, に立っ

▼ った物腰~ (2, 0.0%)

1 の手, の揺れる

▼ った狛犬~ (2, 0.0%)

1 を彼ら, を神

▼ った独特~ (2, 0.0%)

1 なもの, な作品

▼ った~ (2, 0.0%)

1 が, がしづか

▼ った~ (2, 0.0%)

1 だ, のよう

▼ った玄関~ (2, 0.0%)

1 までだらだら, をがっしり

▼ った用事~ (2, 0.0%)

1 のため, のない

▼ った男女~ (2, 0.0%)

1 にはもう, の間柄

▼ った~ (2, 0.0%)

1 が銀色, を一つ一つ手

▼ った癩人~ (2, 0.0%)

2 が云った

▼ った眺め~ (2, 0.0%)

1 でうれしい, を与え

▼ った眼付~ (2, 0.0%)

1 でじっと, に凄い

▼ った砂浜~ (2, 0.0%)

1 の上, の小さな

▼ った~ (2, 0.0%)

1 が馬, の大群

▼ った社会~ (2, 0.0%)

1 と生活, の悲喜劇

▼ った社会的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ った秋田~ (2, 0.0%)

1 の耳, の顔

▼ った種族~ (2, 0.0%)

1 です, の種子

▼ った端麗~ (2, 0.0%)

2 な顔

▼ った~ (2, 0.0%)

1 七感の, 十四聯隊の

▼ った約束~ (2, 0.0%)

1 がある, のごとく

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の旗, の溢

▼ った~ (2, 0.0%)

1 をひらい, 見えねえの

▼ った紙入れ~ (2, 0.0%)

1 には郁次郎, は返します

▼ った紙入れ一つ~ (2, 0.0%)

1 からどんな, があんなに

▼ った経路~ (2, 0.0%)

1 であるいは, によって

▼ った~ (2, 0.0%)

1 をお詫び, を深く

▼ った美少女~ (2, 0.0%)

1 とそっくり, に対して施すべき

▼ った美男~ (2, 0.0%)

1 だ, で格子

▼ った習慣~ (2, 0.0%)

1 から生ずる, の社会

▼ った~ (2, 0.0%)

1 伯爵夫人に, 官女の

▼ った老人~ (2, 0.0%)

1 が縁, の巨大

▼ った職工~ (2, 0.0%)

1 が聞い, や女房

▼ った~ (2, 0.0%)

1 づきの, の歯ごたえ

▼ った肉体~ (2, 0.0%)

1 をリズミカル, を見た

▼ った~ (2, 0.0%)

1 のあたり, をぴくつかせて

▼ った~ (2, 0.0%)

1 のしゃんと, を延し

▼ った~ (2, 0.0%)

2 の檣

▼ った芸術~ (2, 0.0%)

1 の味, の手法

▼ った苗字~ (2, 0.0%)

1 がつい, で呼ばれる

▼ った若い~ (2, 0.0%)

1 女が, 男女の

▼ った苦労~ (2, 0.0%)

1 に打ち負かされ, をどんなに

▼ った苦痛~ (2, 0.0%)

2 となっ

▼ った~ (2, 0.0%)

1 ならば, を彩どっ

▼ った~ (2, 0.0%)

1 がこの, や残る

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の中, を掻き除ける

▼ った~ (2, 0.0%)

1 があの, に一度

▼ った見地~ (2, 0.0%)

1 から新た, で論じよう

▼ った見解~ (2, 0.0%)

1 を有っ, を示す

▼ った~ (2, 0.0%)

1 はよく, を置い

▼ った認識~ (2, 0.0%)

1 のその後, の様式

▼ った~ (2, 0.0%)

1 段階を, 系統の

▼ った警官隊~ (2, 0.0%)

1 が要, の銃剣

▼ った財布~ (2, 0.0%)

1 をお返し, を投げ捨てた

▼ った~ (2, 0.0%)

1 としてはじめ, の違い

▼ った赤い~ (2, 0.0%)

1 服に, 花の

▼ った趣き~ (2, 0.0%)

1 のある, 異った

▼ った~ (2, 0.0%)

1 になれる, の拍手

▼ った軌道~ (2, 0.0%)

1 というべき, を歩む

▼ った農夫~ (2, 0.0%)

1 が云, が云いました

▼ った通り訳~ (2, 0.0%)

2 は憚

▼ った運動~ (2, 0.0%)

1 にまで即ち, はその

▼ った運命~ (2, 0.0%)

1 であると, なの

▼ った道筋~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を物語っ

▼ った遠い~ (2, 0.0%)

1 地方へ, 彼方に

▼ った郊外~ (2, 0.0%)

1 の笹塚, まで行っ

▼ った野菊~ (2, 0.0%)

1 がよく, の花

▼ った雨戸~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, のガラス

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の淵, の間

▼ った静か~ (2, 0.0%)

1 な落ついた愛情, な雲

▼ った面持~ (2, 0.0%)

1 で敏捷, で終り

▼ った~ (2, 0.0%)

1 で眼, と二つ

▼ った~ (2, 0.0%)

1 とゆたか, の下

▼ った顔立~ (2, 0.0%)

1 で恐らく, の中年増

▼ った~ (2, 0.0%)

1 につれ, を上下

▼ った魅力~ (2, 0.0%)

1 で私, を持ち出す

▼ った~ (2, 0.0%)

1 の中, の子

▼ った麦藁~ (2, 0.0%)

1 の安値, を四本

▼1* [1594件]

ったあいつが知ろう, ったあげくにこの, ったあげく七台の人力車, ったあげく右を向い, ったあげく退屈のあまりあくび, ったあっしをつかまえ, ったあとイオプは脚, ったあと大喜利には全員, ったあなただから, ったあまりが太い, ったあんなにお金は, ったいっこくらしい男, ったいや殺されて, ったいわば本当の, ったうえに金, ったうまそうな, ったおいお岩, ったおかげで何, ったおかしな掛け合いが, ったおのれの心, ったおれの教室, ったおれたち家来も馬鹿, ったおん方はただ, ったお初はちり紙, ったお嬢様が一人歩き, ったお方達を下, ったお歴々の連中, ったお祖父さんが先, ったお萩餅をお, ったお袋はそこ, ったかたちで提出, ったかとも察せられるの, ったかどで彼, ったかな此奴, ったかになった, ったかねての相談, ったかはすっかり忘れ, ったからと言って, ったからのことであろう, ったからはあれと, ったかを知りたいらしい事, ったがもしれないも, ったきりいつまでも出, ったきり互いの顔, ったきり口一つ利かないで, ったきり永年開けられること, ったきり血涎れを, ったくつッ伏して, ったけどまだおじさま, ったここで守備隊, ったこと之等がその, ったこと友人と話, ったころ久木男爵はまた, ったころ宿場の六個, ったさきで止められ, ったさまなぞを見る, ったさむらいの, ったしかも一面念入の, ったしっかりした船員, ったしらさぎに別れ, ったしろものな, ったすこしじだらくな, ったそうして死の, ったそこにばかり日, ったそこかしこより観光, ったそこで一般読書子の, ったそれに何の, ったそれ固有の法則, ったたいへんな処, ったため夜二時までとの警察, ったため東西の文化, ったため階下の炬燵, ったたよりがある, っただけがその舞台, っただけで下りりゃ可, っただけは新粉屋, っただけをのこらず懐ろ, ったちょうどその時, ったちょっと類の, ったっきりであと, ったっけのうお直, ったつつましやかな, ったつよい音の, ったといったそうです, ったとかいうような, ったときわたしはクレオパトラ, ったとき丁度道の左側, ったとき亭主は建てた, ったとき千鶴子は槙三, ったとき孫六さんがこの, ったとき彼のお母さん, ったとき正氏はもう, ったとき私の目, ったとこで順作, ったところどころには武装巡警, ったところ一面が真白, ったところ池の中, ったとたんに昼間, ったとでも思うの, ったとばかり思って, ったどうだろう僕, ったどうにも芝居に, ったなごりの餅網, ったなどという話も, ったなまあたたかい空気が, ったなりと見ると, ったなりにそれを, ったなり手を伸ばし, ったなんともいえぬにおい, ったじゃ言う, ったのち上野は人さし指, ったのね今度は, ったはいからな, ったはじめであったろう, ったばかりに渦が, ったひとつの大切, ったひとりの眼, ったひどくおずおずした調子, ったふと包んだ新聞紙, ったふらふらお爺ちゃん, ったべやがあって, ったぽっちりの間, ったまあまあまあ太鼓の, ったまでで実際, ったままあくびの連発, ったままいつまでもしょんぼり, ったままインバネスを着た, ったまま下を向い, ったまま何も考え, ったまま何時間自分は動かなかったろう, ったまま兵庫の後ろ, ったまま口をモゴモゴ, ったまま口笛を吹い, ったまま囲炉裡の傍, ったまま夢の中, ったまま娘が一人, ったまま平気なご, ったまま後ろの荒壁, ったまま急に応えるべき, ったまま惘然とした, ったまま指を折り, ったまま指一本も動かさず, ったまま暫時あおのけに, ったまま朧に静まる, ったまま木綿の兵児帯, ったまま東京へ帰る, ったまま校長のあと, ったまま正木博士のする, ったまま武蔵屋の庭, ったまま無二無三に逃げ廻った, ったまま無言で立っ, ったまま玄関と反対, ったまま目じろぎもせず男, ったまま突伏して, ったまま緋縮緬の女, ったまま背中にとりつけ, ったまま膝でダンス, ったまま茫然として轅棒, ったまま誰もひそか, ったまま身動きもいたしません, ったまま車上の客, ったまま返事をしませぬ, ったまま長者の館, ったまま陣十郎は憎, ったまま陽を浴び, ったまま霎時そこに立, ったまま飢え死にをした, ったもしそれが, ったもっともっと胸が, ったもの山野がその, ったやつが氷河, ったゆえと承知, ったよし意気揚々たる, ったよと悔みの, ったるい聲を出した, ったるい言葉かも知れない, ったるい言葉つき優美な物腰, ったわいと思ひ座, ったわずかな間, ったんでねなんの, ったん西でもどった, ったアトの面倒, ったアト始末が面倒, ったアメリカ印度人は其実, ったアルジェリの帰休士官, ったイデオロギーを持つ, ったイメージにならない, ったインドの仏教, ったウドンを次に, ったウフイと云う, ったオカミさん時々やって来, ったオランダの貴婦人, ったカルバニーの大, ったカレイで, ったカーヴの地点, ったクリの新, ったクリンカーや金糞, ったクリーム色の肌, ったグリンカは自分, ったグリーンの藤山, ったコック達が湯気, ったコフマンの人間意欲, ったコムビなので, ったサア余は何, ったシンジケートの世界的, ったジャックが, ったジルが, ったジーグフリードという, ったスカートで肩, ったススキはまず, ったズボンの膝, ったセヴィラの理髪師, ったソファに腰, ったタキシイがどこ, ったタキシードが五, ったダンスレコードが暑苦しく, ったッけが若え, ったテーブルの白布, ったトタンにめり込んだ, ったドロドロのよう, ったドーブレクにやられ, ったナチス軍の鉄, ったニグロの青年, ったニュアンスを有った, ったハムレットの真似, ったバッグパイプのよう, ったパイプの蔓, ったパパーニンの一行, ったビリビリ云う音, ったビールの大箱, ったピアニストの平賀源一郎, ったファッショ哲学があり得る, ったブルジョアジーは結局, ったブルジョア社会幹部の知能分子, ったプランでこの, ったプロフェッサが一人, ったベルトの掛け, ったホントの理由, ったホールの疲労, ったボロ自動車, ったマケドニアの平原, ったモンゴリア人立派な顔, ったモンブランの峻嶺, ったラ氏は時, ったリッケルトは発達, ったリボンのチロル帽, ったレーニングラード人の笑話, ったロシア語が栗本, ったロッパ・ガールスが, ったロハ台へ私, ったロンドンの市民, ったロープで自分, ったワインやリキュール, った振を, った一つ不思議な願, った一つ失神した人間, った一事である, った一人喜路太夫というの, った一人足元を見, った一刀は宙, った一切の物, った一同の役人並, った一巻を頭, った一年ぶりの挨拶, った一度彼家へ行った, った一抹の新鮮さ, った一昔の前, った一本しか無い細い, った一点の白帆, った一男児をみつけ, った一番初めの原因, った一瞬におそろしく, った一種の趣き, った一種凶悪な態度, った一種特別の暗然, った一箇の盲目物語, った一羽がのこった, った一見して, った一隊がある, った一面のリノリウム張り, った七八つの彼, った七八人連の男, った七兵衛俄に色, った万年屋夫婦は白, ったで後で, ったの牝馬, った三体が同, った三十五の鶏卵, った三十女古典的な眼鼻立, った三味線掘りの手ざわり, った三次夜が明ける, った上杉北条の軍勢, った上気であった, った上短期間の返済, った上草も手入らず, った上陸券を渡し, った下総葛西村の百姓藤十郎, った下脹れの顔, った下郎が蒼, った下駄のまま, った不器用な意気地, った不在に乗じ, った不安とで伸子, った不自然さがあった, った不規則のもの, った不運者だ, ったの巨人, った世界性格的に違った, ったの根, った顎と, った両家の縁組, った中国武士の面, った中年の肥大, った中庭の南天, った中心を作る, った中華民国は浙江省, った丸の内をかこむ, った丹波王母珠ほど紅う, った主人夫婦も当惑, った主体が主観, った主張を固守, った主東京に芸者, った之ぎりの人数, った乳房の高まり, った乳房身体一面に輝く, った乳母やの母, った乳色になる, った亀裂が布, った事アねえ四年前, った事ジャアないよ, った事件であった, った事務に没頭, った事柄を私, った二つ以上の大学, った二三の官憲, った二三日前になっ, った二人連れの坊さん, った二十三十歳代の婦人, った二室のうち, った二日前とか島田, った二番目の息子, った二種の人生, った二種類の活動, った二箇の砂山, った二通の手紙, った二面を代表, った二項の間, った五つの肖像, った五十恰好の男, った五十銭玉はずっと, った亜細亜タンクの附近, った享楽場として余り, った人たちだ, った人影に守られ, った人情味に於, った人格の類型, った人混の中, った人生の局面, った人種はよろしく, った人道主義の作風, った人達の腸, った人間たちが沢山, った今更どうして彼, った今更らもう一つ, った今誘いに来ました, った仏像のこと, った仏様の数, った仕度で迎い, った仕掛けで出来, った仕方を採用, った他人の憎悪, った代りに市気, った以上先生一人が歳費, った以上女のお前, った以来千里眼を得た, ったと, ったもある, った伏眼になっ, った伏見の町, った会津の駒ヶ岳, った伝説を目のあたり, った伯母に世話, った伴奴の連中, った位いである, った住居もない, った佐々木道誉と帝, った体格のよう, った何たる人を, った何と見上げた勇気, った何匹かの猿, った何十通の手紙, った何時間経ったか, った何物かを与える, った何者であるか, った作品と作品, った作家が各々, った作家気質というよう, った作業帽の庇, った作風デカダンスの解釈, った使いの者, った侍どももこう, った俳優が何十億, った倉庫の間, った個体になっ, った借金のあと始末, った停車場までの途すがら俥夫, った側面からで, った傍若無人な行為, った僅かに二三十分, ったへの愛, った僧正が列, った儀式がある, ったその葉子, った儘それきり帰って, った儘口もきけなかった, った優がたの浪人, った兇器で殺害, った先帝の皇太子, ったばかりはどう, った光景そこへその, った全く鴉の, った全裸の男女, った全面の直径, った八丁堀の三人, った公式の上, った公理の上, った兵器曹長の号令, った兵士の縦列, った兵隊さんはこの, った兵隊口調で尋ねました, った其のうちに, った其片割れは何処, った典型であると, った内容性質で作家, った内容規定が盛られる, った内部的なありよう, った円やかな肉付, った冒険の曙, った冠物が暑い, った冬子の顔, った冷たさが, った凄い顔を, った凄味を漂わせ, った処私が送る, った出し物には工夫, った出口の様, った出来事人物の活躍, った刀澄江の上, った刀鍛冶の魂, った分子がはいっ, った分解と帰納, った分量をラジオ, った切線を有, った判断の好い, った別府の新, った別所温泉は信濃路, った利口そうな顔附, った利害をもっ, った到底私の, った刹那に不意, った前代の教育, った前駆の侍僮, った剣山や魚梁瀬山, ったには極めて, った労働量を必要, った効果をあげる, った勇気を振い興し, った動機のため, った動機認識精神のこの, った動物を, った動的な事蹟, ったに恐れ, った勢いで佃, った勢子を足, った匂いが汁, った北山を大阪, った区別の仕方, った医王山という山, った十万人ばかりの労働者, った十二三人でございました, った十余人の一団, った十徳姿の何処, った千両箱が三つ, ったの時, った半四郎の傍, った半島の突端, った半纏着の欣八刑事, った卒業生がサラリーマン, ったの窓, った博士の助手, った博覧に煙, った即ち積雪に, った原っぱの方, った原始の血, った原素から成り立っ, った去年の霜月, った又新に涙, った友だちを持ち, った友達の中, った絵の, った取り扱いを結果, った叢書を作る, った口もと大きな黒い, った口腔内の出血, った古風な実験室みたい, った可愛ゆい子供たち, った台座の巌, った各自の庭, った合歓や槐, った吉凶行事のある, った吉次はその, った同じ根岸の, った同情を持っ, った名作には人, った名称を用い, った吾妻姫を北条家, った周囲に対して驚くべき, った周禎は表, った味いがあった, った味噌摺坊主は手甲, った味覚をもっ, った呼び声を持っ, った呼吸を刻ん, った和尚さんが庭掃除, った和漢洋の書籍, った咲二の小さい, った咳払いの声, った咽喉の傷, ったではある, った品物も見当らなかった, った哲学の数, った哲学思想の潮流, った哲学範疇が存する, った唇これだけを見, った商店の間, った商業中心地帯の真中, った啓示を漏らし, った喜びは勿論, った喜太郎迄がハッ, った喪章の紳士, ったも巧, ったみ残し, った四人を向島, った四人目の乾児, った四馬路の賑い, ったのよう, った因縁がある, った団体及び潮流, った圓生が, ったと空, った土産に好い, った土蔵倉と京都三十三間堂, った地上と天国, った地中海だ, った地球上のところどころ, った地盤の上, った坊さんだから, った坊主は, った垂帳のふっくり, った城楼の屋根, った報恩になる, った場合斯様な誤謬, った場合母上は又, った場面で二人, ったの上, った塀沿いの路上, ったの森, った塗盆に朝顔茶碗, った境地でした, った境遇個性によって得た, ったがあった, った増加を抑圧, った墨色のあと, ったにもたれ, った売店がどこ, ったな香, った夕方に又, った夕飯のお, った外発的のもの, った多少疳癖の, ったと共に強い, った大きさと, った大使の紀行, った大勢の男女, った大夫も二三, った大学生風の男, った大将を打ち取りなされ, った大小を帯し, った大月はそれでも, った大木の松, った大男が用, った大男二人を帝都, った大野順平は目, った大頭宿に達した, った天候の変化, った天塩川の沿岸, った天狗より桃, った天理教信者のおかず媼さん, った太く鈍い銃声が, った太公がキルデーア, った太刀を出し, った太宰治とかいうわかい, った夫人を持っ, った夫婦は一度, った夫婦ものであった, った失策った, った夷顔をてか, った奉公人と申す, ったの二間, った女の子であった, った女中役が出ない, った女中頭が一人, った女客がホール, った女鬼が人, った好みに投ずれ, った妊娠女の死体, った妓楼は稲本, ったな精神状態, った妻女と見知り, った姉妹がありました, った始末書をすぐ, った姓名の人, ったの身, った威権を笠, った娘らの父親, った娘リディア・セイフリナはその, った婦人等の旧い, った嬉しさだろう, った子供等が素敵, った存在論が範疇, った学派がありました, った学生が一人, った学生帽のうしろ, った孫軍はいかに, った宅悦が帰っ, った宇宙を見たです, った宇治山田の米友, った安定感が我々, った完全の道徳, った官軍は月, った定府中に山澄吉蔵, った宝蛇はどこ, ったの父親, った実例がある, った客席では一人, った宮木裁判長の英断, った家々に沙汰, った家中に遠く, った家族を容れる, った家風の違い, った容貌で新興勢力, った宿無を今, った寂しい少女の, った密使の口書き, った富札にもろく, ったにねた, った寝床さえありませんでした, った寡婦がせっせと, ったがある, った対手が素質, った対蹠的な材料, った封建時代の王国, った封緘葉書が来た, った専門的技術上の発見, った尊敬をこの, った鯛の, った小一郎さがしの, った小六がきっと, った小娘の擒人, った小屋で焚火, った小径の上, った小栗である, った小楼の方, った小石を取っ, った小者が先生, った小説になっ, った小路の大川, った小遣いをせしめる, った小野田と一緒, った尤も夜の, った尼さんのからだ, った尼僧が教え子, ったの先, った居心地わるさ, った居酒屋の前, った屋根が見えた, ったや牛, った屑豆は怨めしい, った展開法則に従う, ったの色, った山口屋の前, った山峡の風景, った山峰の牙, った山本と云う, った山脈の何, った山蔭の渓ば, った山西はふと, った山賊と心得, った山骨さえ露骨, った岡山の手, ったがあっ, った岩場を右上, った峡谷は重々しい, った峨峨とした, った島耕二クビになった, ったに添う, った川中島の信玄, った川向いにこんもり, った川村書記さんは大層, った巡査が一人, った巨大な猩々, った巻煙草の灰, った市五郎の向う, った布呂敷包を忘れた, った帆柱の根元, った帰り道でおえい, った帰結を導き入れる, った帰途同伴の石山氏, った常識に立っ, った幅二三寸の汚れた, ったな雪堤, った平たく踏み広げられて, った平らかな岩, った平家方の諸, った平野の果て, ったもあった, った年増もゐた, った年増女が歩い, った年寄の巡礼, った年寄りらしい狼, った年数をもらっ, った年若な労働者, った年齢があるらしく, った幸福の名残り, った幾つかの規矩, った幾何学は恐らく, った幾個かのもの, った幾等泣いても, ったがすこし, った店頭の支那扇, ったを十六夜, った庭園の白洲, った廃線の上, ったへ入った, った廷臣にとっては寵遇, った廿歳の昔, った弟子達も大, ったえもん, った弱い日光が, った強い香りの, った当時の凄, った形式事柄でもよん, った形腰をふらふら, った形貌を具えた, った彫像から噴き上る, った彫刻的な顔立, ったとも思はれた, った役人が云いました, った役割をもっ, った役者のよう, った彼らの肩, った彼岸前の日曜, った後で余は, った後一高前の交番, った後俄かにまた, った後女はもう, った後貞固は, った徒輩と目, った従弟の細君, った両親は, った御礼にかく, った御膳番という役, った心事が身, った心境に私, った心持ちで佇ん, った心構えである, った心理というもの, った心理状態が現われる, った心配が喜び, った応待ぶりを適当, った快感を私達, ったさ, った思いである, った思考のメカニズム, った傾斜である, った性情と異, った性格者として現われる, った怪獣はあるいは, った恋人も無く, った恍惚境にいる, った恐怖を与え, った恥び音だ, った恭吉と云う, った息杖を一振り, った患者がその, った悪人の魂, った悪党だ, った悪意を持っ, った悪玉と悪玉, った悪魔なんてほんとに, った悲傷な諷刺, った悲痛な顔, ったに燃え, った意匠など必要, った意地の悪い, った愛情を感じ, ったを起させる, った感得興奮を顕, った感慨でしみじみ, った感覚があります, った態勢に整理, った慢心和尚は大いに, った懐刀に波, った懐刀月光に顫わせ, った我々は帷, った或いは手先の, った戦場からの身, った房子は膝, った手品の種, った手拭のみが仄か, った手紙を二度, った手肢身長肉付き均斉といい, った棄る, った扮装なの, った扱いはされなかった, った抑制とその, ったの模様, ったを向, った指導方法を考え出す, った振り袖に夜目, った捏造によって書かれ, った探偵は猶, った掻巻を背, った揚句前後不覚になっ, った摺絵がそのまま, った支那服のあちこち, った支那部落に屯, った政友会だから, った政府党の警官たち, った政枝は反動的, った故障が起る, った敏感な霊, った教員あれがもう, った教理の中, った教誨師の坊さん, った数々の恩愛, った数多の存在, った数日後私はまた, った敵屍体の数, った敵方の勇僧, った敵陣へ大砲, った文化に育まれた, った文学論がこうした, った文明逃避ほど危険, った料理人が出, った料理屋の酒, った新しい雪の, った新たな性質, った新発意がその, った新聞社の事, った新興の市, った新造の顔, った方々や色々, った方丈様と小坊主, った施設がなされてる, ったであったか, った旅人の群, った旅僧が自分, った旅商人それから灰色, った旅川周馬は身辺, った旅装束の武士, った日々が前, った日本左衛門がみなぎる, った日露時報の返品, った明りがすぐ, った明晰な口調, った明治の初期, ったの橇, ったの光, ったからは修繕, った時はでなもん, った時パンをお, った時マステルの森, った時一羽の雉, った時三吉は何, った時上野の鐘, った時予は帰朝, った時事の問題, った時二人の手先, った時人の心, った時以前の年増, った時信一郎はやっと, った時君はまだ, った時唯二十五里の海上, った時夕月が梢, った時女はついに, った時宿が天井, った時小学校が嫌, った時少年は襟元, った時屋根屋が屋根, った時心の中, った時急に本, った時我々は加賀屋敷, った時時間と空間, った時村正のおじさん, った時泉原は群集, った時浅越玄隆前田善二郎の妻, った時深井少年の眼, った時湖中の島や遠く水, った時状態が急, った時猪を食べ, った時男がたちまち, った時癩人の方, った時目の前, った時祖母は五年間, った時老人はその, った時葉之助, った時藤十郎のお, った時護身用の利器, った時長太郎は始め, った時雪のよう, った時頭から水, った時鮎を取揚げ, った晩年の馬琴, った景色なのに, った智的な眼, った暁何も彼, った暑気を感じ, った暗い大空に, った暢気な間, った暮しをし, った曖昧な理想, った曠野の中, った曲者の刄, った書類をこんど, った曽我廼家勢蝶でその, った最も有效, った月代を幸い, った月給がない, った有明の入江, った朋友の臆病, った期待を与える, った期間だけ町, った朧月夜で暗い, ったはかわいらしい, った木戸を開け, った木理の眼, った木立の中, った木立ちらしい, った木葉や樹木, った末あんたはほんま, った末部屋の隅, った本人がやっと, った本能をもつ, った朱塗の大, った朱盆のよう, った材木即ち明, った村里に天女, った東海道はかえり, った松尾の兼鍛冶, った板の間もあった, った板塀で半ば, った板屋根だから, った板戸であった, ったにその, った果てかは知れない, った枯れ草の上, った枯れ葉の山, った柄杓で撲られた, った妓が, ったい土, った柔道と草角力, った柘榴口から勘弁勘次, ったや胡桃, った根拠に依っ, った格子をあけよう, った桑島先生の診察, った桑摘乙女の姿, った桑畑の上, った桜山の裾, った梟ヶ嶽梟梟と一口, った棺側に大きな, った植木だけが青々, った植木鉢や古い, った椿の花, った椿岳の画短冊, ったの子, ったの樹, ったや短い, った極意の和歌, った楼蘭だの回乞, った榛の木に近い, った構図を持っ, った様式にすぎない, った模様が熔岩流, った横骨の引込んだ, った機会だ, った機掛に頬辺, った機械を浸食, った機械油だらけの職工, った欠伸噛みしめ, った次元に於, った次郎さんの阿, った欧洲の戦乱, った歌一首という題, った歌三首中の一つ, った歓びといえ, った歓迎の拍手, った正当な権利, った正月の雪, った正木博士はリノリウム, った正義感でつらし, った武士は元来, った歪みを有っ, った歴史性をもつ, ったにそれ, った残留物としてのイデオロギー, った残雪が傾い, った殺人法を悉く, った殿様ぶり天下泰平オーヨーなもの, った毒薬の瓶, った毛脛を撫でた, った気の毒な犠牲, った気層があった, った気風が家, った気高い女性は, った水の上に供舟, った水兵はなん, った水溜りに敷き込んだ, った水面に落ちた, ったの山々, ったに侵入, った江戸児である, ったの方, った決心を彼女, った汽笛が届いた, った汽車の着く, った沢庵が大物三本, っただの, った河原の景色, った治療的特質を持っ, った法則が原子, った泥除をおさえ, った注意や愛情, った洋服の姿, った洋装の青年, った洋車のあと押し, った洋館高い林, った活動形態にすぎず, った浅井に続い, った浅野浪士の一党四十七人, った浪人武士の方, った海上へ夥しい, った海沿いの白い, った海浜旅館を最後, った消防夫に列ん, った涼しさに, った淋しい様な, った深夜の舗道, った清水が湧い, った清葉さんも豪い, った渋江氏との関係, った再び快く, った温顔の孔子, った湖畔は近頃, った庭の, った満月が, った溝口豊後が主, った溶液が, った滋味もない, った滑らかな両手, った滝川一益と水上, った滝縞の綿, った漁夫が答え, った漂流物がありまし, った潮流が澎湃, った濃い翠の, った瀟洒たる一紳士, った灌木や氷, った火縄がたまたま, った灰汁色だ, った炭車の車輪, ったのよう, った無一物から漂然, った無数の毛色, った無残な光景, った無量の生涯, った焦点に立脚, った然し直ぐ思い返し, ったの吐き出し, った熊笹のやぶ, った燈柱の下, った燕尾服の男, った父親を慰め, った爺さんは竹, った牧場に行く, った物ゆえ力の強い, った物許りで詰らない一つ此, った物語は, った物音も聞かない, った特定の問題, った特殊の性格, った特殊科学が生まれ, った特異性を持て, った特許願である, った状況でつづい, った狂言から脱, ったは信一, ったのよう, った狩野永悳先生という老大家, った独楽が唸り, った独立の収入, った狭い横町へ, った狼藉たる蹄, った猟人は鹽原角右衞門, ったの顔, った獣医が入っ, った玄関傍のつ, った玉枝の眼, った玉繍いのよう, った王舅に憑, ったらしさ, った珍しい天分の, った現在の父, った現実のある, った現実日常生活からの面白い, った現象ではない, った理屈を自分, った理性が展開, った瓦斯の見える, った生きもののよう, った生命を持つ, った生活意識を有っ, った生活様式をし, った生物のよう, った生真面目な顔, った用捨のならぬ, った田畠や林, った田舎に運び出す, った男の子の話, った男体女体の美しい, った男性を内, った男達が幾人, ったの一部, った異郷のよう, ったに青カビ, った疲労が一時, った病気をし, った痩さらぼいたる作平, った痩せぎすな眉, ったが出た, った発展段階に属する, った発展系統を定着, った登路が探究, ったの衣紋着, った白水君を持ってる, った白猿をこしらえ, った白紙で木戸, った白衣の裾, った白雪と常磐木, った白鞘の短刀, った百姓夜逃げした百姓, ったが使用, った盛装に草鞋, った監獄の壁, った目標この三つ, った直也は最後, った相乗俥がありました, った相反した研究方法, った相手が知りたい, った相貌に置かれ, った眉根を少し, った看護卒がちょっと, った県令ではない, った真っ白な蚊帳, った真っ白い大道の, った真中に立っ, った真剣さで見られる, った真夜中の深い, った真白な雪, った真綿であるが, ったゆさ, ったへ向っ, った眼もとだった, った眼付きで鏡, った眼差しでなでる, った着流しの武士, った着物だから, った睡蓮の沼, った睫毛のよう, った睾丸がぶらぶら, った瞬間に私, った矢の根は南蛮鉄, った知人から名, った石段の上, った砂利面の上, った砂糖黍の光沢, った研究費で博士, った社会生活の環境, った社会的主観に立つべき, った社会的特色をもっ, った社会的要因がなけれ, った社会連帯によって女, った社会階級のもの, った祖国防衛戦の英雄的, った祖母でなくては, ったに今, った神々しい表情で, った神学説を伝えるで, った神尾主膳はなぜ, った神経を顫, った秀吉の朝鮮征略そのもの, った秀子は其, った私共が軽々しく, ったの午前, った秋安はすぐ, った秋森家の表門, った科学の対象, った種別を述べ, った種類がある, った稲塚の数, ったった, った積りである, ったから白い, った空合では季節, った空間を想像, った空間幾何学的空間となる, った突忽とした, ったった, った窮屈なもの, った立派な才能, った之助, ったは昨日, ったを腰, った笹葉の上, ったの高まり, ったを敷い, った箇所を見つけ出し, ったのよう, った箒売が怒髪天, った節婦になる, った範疇体系にぞくし, った範疇構成が同時に, ったであった, った米友が無性に, った粘着力土の強情さ, った精兵を向け, った精悍そうな面, った系統にぞくする, った紅白の毛甲, った納戸境の柱, った紙屑の中, った素質に立っ, った紫色の帽子, った細そりした顔立ち, った細面に襟, った細顎長い眼, った組み合わせで身, った経済戦線と結びつけられ, った経験を持っ, った結合をなす, った結婚生活への憧憬, った結晶になった, った結果当初の剛健勇武, った結果株でまた, った統計を与える, ったの手巾, ったを握っ, った綿の中, った緊張が眼, ったの箱, った線路の上, ったの廂, った縁者の人々, ったでそれ, った織物でわるい, ったでそれら九人, った羅紗の頭巾, ったい男, った美くしいものだと, った美しさが, った美麗の牝馬, った群別と作用, った羽柴家へ祝い, った翌日必らず大原君, った翌晩主人から意外, ったなき天才, った老婆が帰っ, った老師はのみかけ, ったがあれ, った考え方も自然科学者自身, った者共が魚河岸, ったも発展段階, ったが映った, った聖像の陰影, ったでそう, った聴衆を制止, った職人などは攪廻, った股引ばかりわが, った肢体はいよいよ, った肥大漢のしかも, った肩先で女たち, ったの高い, った背広服に仕事着, ったの中, ったの上, った胸壁を登り続ける, った能登守という殿様, ったをそそくさ, った脳中の思想, った脳漿が眼, ったの青い, ったに両, った自己の力, った自慢の天狗, った自殺であるから, った自殺者のよう, った自然の眺め, った自然概念を人々, った自然要因は不要, った至極健全な, った興津であるから, った興行師の一人, ったはこれ, った舞台面で見せられた, った般若の面, った船此儘左様ならと, った船頭のしゃがれた, った良く動く体, った良人を再び, った花恥かしいカルロ・ナイン殿下, った花房一郎静かに司郎, った花見の目かづら, った芸妓島田がわざとらしい, った芸者を漏, ったを神経, った若芽が芽ばえ出し, った苦悶を描いた, った英国使節クローフォードはシャム王, った茅処の尾根, ったを一息, った茶それを漱がぬ, った茶碗に湯, った草鞋の跡, った荒々しい獣の, った荒い髭の, った菅笠を切り, った菓子でレッテル, った菖蒲の花, った葡萄畑の彼方, った蒼白い横顔に, った蒼白く長い顔の, ったを抛りだし, った蔬菜の雫, ったに床, った蕎麦屋の前, った薔薇色の血, った薙刀を持っ, ったの若い, った藁その他の豊饒, った藤吉の脚, ったなどがその, った蘭丸であった, った蚕室の雨戸, ったは二度目, ったの鳴き声, ったのよう, った蜘蛛の糸, った蜜蜂に歎, った蜻蛉の辰, った蝙蝠安という恰好, った血色の好い, った行事を意味, った行方を見守った, ったであります, った街上に立っ, った街路の上, った街道の横, った衣服を返し, った衣裳の夫, った戸の, ったが直っ, った被害者だという, った裏門の隙, ったも糸, った裾野の土地, った襟飾りを新聞紙, った襤褸の背中, った西の空, った要因であった, った覆面の白い, った規定とそれから, った視線とは異, った親不孝の罪, った親父を置い, った親船らしい艪, った親類筋をたどっ, ったがある, った観客の一群, った観念であるの, った角右衞門の前, った解答を同, った解釈即ち今, った言葉つきで云った, った記憶が例, った証拠に鞍, ったを作っ, った詩人と同じ, った詩吟というよう, った認識理論がある, った読者はそうした, った課題なの, った論理があっ, った論理的矛盾を動力, った謝罪った, ったの下, った谷底にいた, った干は, ったを争っ, った貞之進は隣座敷, った貞盛の主従, った責任は市当局, った資格を持った, ったな町家, った賑やかさでもなく, った賢婦人であったという, った切れた汚い, った赤松一族のあえなき, ったに於, った足軽がい, った跛行の若い, った路地裏の情景, った路次でフト, った路面だったので, った身の上は二人, った身元の穿索, った身支度もせず, った身辺の事情, ったの若い, った車台の下, った車夫たちは人通り, った輪郭の侯爵夫人, った辞令を渡した, った辰爺さんが, った送金の外, った睫を, った透明な兎, った途上できいた, った途中別に仔細, った途端頭上にあたってキラキラ, った通り帳場へ出かけ, った造りものの鐘, った遊びの興味, った遊星に生じた, った運送屋の若い衆, った道化が一人, った道化師の膝, った道庵の熱, った道糸が再び, った避暑地の裏通り, った邦人の客, った部分がたくさん, った郷民でも来たら, った都市と都市, った都市国家の智的設計, った鄭宰相の処, った配列に於, った醤油を前掛, った重太郎は行方不明, った野糞山糞何と景色, った野良着のまんま, った金庫室へ忍びこんだのもたしかに博士, った金額だ, った金高は少い額, った釘靴をはい, った針箱の引出, った針金を解き始めた, った鉄びんのふた, った鉄瓶の湯, った鉾杉の幹, った銀髪のロダン夫人, った銀鼠色の低い, った銅像の見える, ったはジョキリ, った鋭い声で, ったの中, った鍛鉄である, ったの置い, った鎌倉武家政治の影響, った鐘巻自斎, った沙も, った長く丈の, った長太は夢中, った長島と最初, った長所を持つ, った長歌の反歌, った長男周碩とこの, った門人達は熊山, った門前に家臣小者たち, った門番の老人, った関羽を惜しん, った陣十郎はその, った陣営の者, った陰地を掘っ, った陰湿な崖腹, った陳君が出帆, った陸軍士官が杉, った階級の社会性, った隙間に朽葉, ったはなお, ったの坊ちゃん, った隣家の女児, った隻頬に笑, った雅号が書かれ, った集五郎右手からシタシタ, った雑木が睫, った雨脚の激しい, った雪あかりにやっと, った雪の下は氷, った雪渓が五, った雪片は山桜, った電柱の処, った電気スタンドの軟, った電話の壁, った露路の中, ったくさい匂い, った青い水は, った青幇の会長, った青年がこれ, った青年慧鶴は清水, った青葉のてっぺん, ったな屋内, った静寂が夜空, った面影が憐れ, った面白味のある, った面貌の下, った音それは, った音吉の話, った音色でございます, った響きを伝える, った頃ポートサイドを出帆, った頃公園の見晴, った頃奥の老母, った頃妻の力, った頃妾があっ, った頃近所に常磐津, ったの長い, った頭巾と傍, った頭部の方, ったのあたり, った額激情と恐怖, った額越しに七兵衛, った顔色をし, った顔触れのそれ, ったの観念, った類別の方針, った顧客対手にし, った風俗を聞き, った風景を照, った風采この辺, った飛行機はコジンマリ, った食堂にいた, った飼犬に手, った養父鹽原角右衞門様の後添, ったが海底, った香以は山城河岸, ったがその, った馬車からはのろくさし, った駒井はそれ, った駕籠の中, った驚嘆とでも云いましょう, った驚異と昂奮, った骨格のいい, った骨骼と皮膚, った高山に抱かれ, ったを手袋, った魏兵は我先, った鰹節を膳, った鳥冠の額, った鳥打帽を一度, ったの糞, ったを近所, ったを飛ばした, った鶴嘴ナイフの主, った鷺太郎の前, った鷺菅の実, ったのよう, った麻紐の切れはし, った黒い翼の, った黒塗の頑丈, った黒田甲斐守殿は父, った黒装束はピュッ, った鼠色の濃き, った鼻孔を指