青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ちょっとした~ ~ちよ ちよ~ ちよい~ ~ちら ちら~ ちらちら~ ~ぢ ぢ~ ~っ
っ~
っきり~ ~った った~ ~つ つ~ ~つい つい~ ~ついた ついた~ ~ついで

「っ~」 6464, 70ppm, 1630位

▼ っ~ (852, 13.2%)

121 いる 44 下さい 35 いた 29 いるの 13 いると 12 いるが, くれ 9 しまった, 下さいまし 8 やろうか 7 いるじゃ, おくれ, しまって 5 いること, くれると, やろう, 頂戴 4 いたが, いるよう, やるから, 下さらない

3 [20件] あげるわ, いたの, いって, いるという, いるので, いるもの, いる私, おくれよ, ください, くれないか, くれよ, しまったの, やらあ, やるぞ, やるん, やろうかと, やろうと, 下さいと, 下さいませんか, 行って

2 [33件] あげましょうか, あげようと, あげる, いいよ, いたので, いた処, いるだけの, いるでしょう, いるとは, いるのみ, いるばかり, いるらしかった, いる事, いる程, きたの, きました, くださいな, くださいまし, くれたの, くれないかね, くれるか, ちょうだいよ, どうする, ます, やった, やらうか, やる, やると, 下さいな, 下さいますか, 書いて, 草食ぁせで来, 頂きたい

1 [377件] あげたいわね, あげたところ, あげといたから, あげなさいと, あげよう, あげようや, あげるとさ, あげるよ, あなたは, あの爺, いいかって, いいなさいよ, いいん, いきなり短刀, いくだろうが, いけません, いたけれども, いただいてね, いただきましたが, いただきますから, いたとは, いたら困るの, いたら或は, いたら男性, いたホント, いた万丈, いた万象, いた二ひき, いた二上屋藤三郎, いた何もの, いた少年, いた帳簿, いた従僕, いた気持, いた皮膚, いた窓, いた第, いちゃ, いったって, いってね, いな, いない, いないうえ, いないので, いました, いましたが, います, いますが, いらして, いらっしゃいよ, いるあの, いるあれ, いるか, いるかな, いるけれども, いるさ, いるし, いるせい, いるその, いるそれでも, いるそれら, いるだけ, いるだけで, いるだけに, いるだろうか, いるであろう, いるところ, いるとの, いるなら掻巻, いるなら物質, いるね, いるひま, いるべき彼, いるらしい, いるらしく眼, いるわよ, いるん, いるヒマ, いるワイ, いる中, いる二つ, いる二人, いる以上, いる伊達上杉, いる何故, いる余裕, いる例, いる光, いる光景, いる其窓先, いる処, いる可愛らしい, いる名, いる否, いる型, いる堀割, いる声, いる大, いる女, いる女性, いる女房, いる妹, いる小, いる山, いる彼自身, いる憲兵, いる或, いる所, いる方鼎, いる未開, いる次郎吉, いる深山, いる点, いる物体, いる牽牛, いる癖, いる筈, いる膳, いる読まんでも, いる諸, いる輪, いる長崎随一, いる雪, いる青年, いる風, え, おあげ, おかみさんに, おくが, おくれなさいよ, おくれ江戸, おくん, おしまいなさる, おしまいに, おっか, おやり, おやりよ, おりました, おりまた, おり同一, お仕置きに, お呉れ, お目, お貰いなさい, お酌, お食べよ, きたやつ, きたイカ, きて, くださいね, ください先生, くだすって, くる, くると, くるという, くれたかい, くれたまえ, くれた町内, くれた酒, くれない, くれまいか, くれますから, くれますってよ, くれられる人かや, くれるかね, くれるだろうね, くれるって, くれるならあたい, くれるなら云うとおり, くれるの, くれ其の, くれ夜明かし, くれ未だ, くれ給え, くれ給えこう, くんない, くんなてばよ, こかねい, こよう, さお, しまいなさるの, しまいましたの, しまいますわ, しまう, しまうから, しまうぜ, しまうだろうし, しまうと, しまうん, しまう癖, しまえ, しまおうと, しまったよ, しまったん, しまったんで, しまわれや, しまわれるの, たべて, たまるも, ちょうだい, ちょうだいな, どうしよう, どうなさる, どんどん栄養注射, なだめて, ますわ, また叮寧, また細い, みたまえ, みたり, みようじゃ, みるが, もらいましょう, もらいますわ, もらうが, もらうと, もらえないかという, もらおう, もらった, もらった帰り, もらった時, もらって, やっから, やったの, やったり, やって, やっても, やっと連れ, やらうかと, やらせる, やらないと, やらなきゃあ, やらねえぞ, やりたいよ, やりましょう, やるからさ, やるからな, やるけん, やるという, やるとの, やるの, やるのよ, やるべ, やるよ, やるよう, やれ, やろ, やろうかな, やろうかを, やろうって, やろうや, やんなさい, ゆっくり会わし, よくめんどう, クリスマスを, 一日じゅう遊ばせ, 一緒に, 三月十八日で, 三益を, 上げて, 上げても, 上げなさいな, 上げましょうね, 上げようか, 上げる, 上げるから, 上げるわ, 上げろ, 下さいいったい, 下さいお, 下さいって, 下さいなぜ, 下さいました大変, 下さいまし砂糖, 下さいませんと, 下さいよ, 下さい今夜, 下さい経絡, 下さったなら, 下さらないん, 下さらなけりゃ厭, 下さるでしょう, 下さるの, 下さるわ, 下さるわけ, 下さるん, 下さる事ア, 下されば, 下せえ助太刀, 二三日ママと, 二回に, 井戸水の, 人形が, 休ませて, 何う, 使って, 働けようし, 勝手に, 呉れずば, 呉れた, 呉れねえか, 呉れべ, 呉れよ, 呉れるだらうね, 呉れる耳鼻科, 呑ませる, 土匪に, 売ったら縁起, 売って, 売りました, 売るん, 外国人のらしゃ, 大将に, 奴を, 好い, 姉さんの, 嬶に, 宛てがって, 容子を, 寝かして, 小僧二人を, 少うし, 差上げます, 幾らでも, 引摺り入れた, 御くれ, 御飯たべよう, 徹底的に, 思う存分に, 思ふさま食, 懐中電燈つきつけ, 戦争です, 持って, 挨拶した, 放して, 時々笛, 暴れるん, 来い大事, 来な, 来ました, 此室へ, 殺しました, 泊めて, 波止場で, 波止場附近の, 無理に, 牛乳と, 牛乳を, 牢へ, 程の, 紙を, 自分が, 若に, 若旦那の, 行くにつれ, 行く時, 見せた, 見せなくては, 見よう, 見ると, 親の, 詫ま, 負け出した, 貰えば, 貰ったこと, 貰ふ, 貰わないの, 貴方の, 返せって, 逆さまに, 逢わせろよ, 遣して, 酒なんぞ, 釘を, 頂戴よ, 頼んで, 黄金メダルを

▼ ったり~ (493, 7.6%)

218 来たり 49 して 16 した 8 するの 6 笑ったり 4 する 3 しながら, 戻ったり 2 きたり, こっちへ, すること, する時, ぽっ, またそれ

1 [174件] あまり早口, あるいはまた学問, あるいは彼, いたずらに他, お叩頭, お薬, かなりやを, されちゃ, されながら, したこと, したの, したので, したり, した大きな, した藁束, した頬, しても, してる時, しないで, すこぶる上機嫌, するあの, するだけの, すると, するとき, するなんて, するので, するのみ, するもん, するよう, する人数, する傾向, する処, する多く, する姿, する意味, する所, する術, する音, その花, その間には, それは, つや布巾を, つるさがったり, とても感じ, とにかく岩, ないしは成功, はじたり, ひっかいたり, びっこになると今度は, ふところ紙に, まさに田園, またすぐ, また向, また向う側, また向こう側, やって, よく野茨, よったり, ヒッパっ, ピッケルを, 云わずともの, 人に, 今では, 何か, 倒れて, 別荘の, 勧められたり, 包装し, 南清で, 厳しい眼, 又それ, 友達を, 取ったり, 叫び声を, 咽喉を, 哀れみを, 哄笑によって, 喚いたりの, 喧嘩し, 土の, 坐り直した, 垂直面に, 堤の, 声高に, 夜の, 嫂と, 嬲ったり, 安樂椅子, 安眠を, 官吏なら, 寺参りに, 将棋を, 山へ, 左右へ, 座敷から, 引歪めたり, 張合の, 徠たり, 微塵に, 微笑する, 恐ろしく急, 悪巫山戯, 悲しがら, 意味なく, 憑い, 懼れ, 或は又今や, 手を, 打ち笑みながら, 抜いたり, 抱き上げられて, 摂取し, 散々に, 星を, 時々思い出した, 書生と, 月の, 来たりは, 来たりまでが, 来たりも, 東京に, 果てはシュクシュク, 枝を, 次の, 歌ったり, 此方へ, 歩いて, 比較的堅気, 汽車に, 波打ったり, 浅草の, 浮かべると, 焼いた玉蜀黍, 爪を, 百鬼園的酔を, 目ま, 知られまいと, 禁止し, 私が, 窓帷幄に, 立って, 笑いながら, 笑ったところ, 米国南北戦争の, 縁日を, 肥料を, 肥桶を, 脱っ, 自分で, 草原を, 落葉を, 蠢めいたり, 衣服で, 襟もとを, 西へ, 話したり, 話しを, 身を, 返ったり, 逆に, 道理を, 避けつ払いつして, 酔っぱらったり, 野狐禅的に, 金屑の, 長い長い剣難, 防弾鏡もっ, 降ったり, 顔半分を, 顔面を, 騒いだり, 高価な, 髪なども, 鳥を

▼ っから~ (367, 5.7%)

12 しの 5 みつからない 3 おしまいまで, しが, なかった, わかって, 知って

2 [17件] い水, しで, しまいまで, そのつもり, それは, それを, そんな事, だれが, ないかな, ないん, 云って, 壊れて, 思って, 旦那と, 晩まで, 終りまで, 蛇に

1 [301件] あすこに, あたしを, あなたに, あやし気, あゆべよ, ありません, あんたの, あんべ, あんまり身分, いきなりうどん, いくが, いけないという, いっとくもん, いつも男, いなかったん, いるのに, うそを, うなぎを, うまくは, おさえつけられて, お上手, お前, お母さんって, お母様の, お父さんは, お話が, お願いなんか, きまった方, きらって, きれるわけ, くりかえすそれで, こうなっ, ここで, ここに, ここへ, この姿, これを, し, しお互い, しさ, したしくし, した大人, しであった, しと, しなら俺, しに, しめ餓鬼, しらしいところ, すきだった, すっかり音痴メンタル, ずっと友達, ずーっと起きてる, そういうふう, そうと, そう言っ, そこで, その社会生活, そんなわけ, そんな考え, ただの, たのまれて, たのみに, だれも, だわ, ちゃんとわかっ, ちゃんと筋, ついてたですよ, とんちきを, ない, ないから, ないで, ないでは, ないので, ないのね, なかったら, なかなか御, なぜです, ねえば, のせっぱなし, ひどく雨, ふみつぶす面目玉, ぶつからない様, ほんに, まっ暗な, まるでいそがしかっ, まるでお祭騒ぎ, まるで男, まるで諦らめ, もうろくすっぽ口, もっといい, やってるよ, やめちゃ, やらないこと, やらなん, わいわい騒ぎまわっ, わからない, わかれば, キットこう, タイプライターの, ドンドン新しい, バレーの, プラスの, モスク, ヨーロッパの, 一人も, 一升でも, 一句も, 一定の, 一寸五反田, 一通話しか, 三度も, 上機嫌で, 不幸な, 乳母が, 争議なんどやら, 二人は, 二十遍も, 二時頃までは, 云うよう, 今日までの, 仕切りの, 以来だいぶ, 企んで, 会田さんと, 伸子たちの, 何にも, 何の, 何んにも, 何処さあ, 何日目に, 信じて, 信吉は, 俺は, 俺を, 僕が, 僕たちの, 僕発とう, 全然書かれよう, 其方へ, 出す気, 出てるん, 出ねえが, 出ましょうか, 出来が, 出来ないを, 分ってる問題, 分散デモだった, 動坂へ, 十時間ちかく, 千世子は, 厭んだ, 又台湾館, 取り枠, 取入れ口, 吟味を, 呷って, 命なんか, 固く信じ, 土地を, 坑夫に, 型に, 夜まで, 大した希望, 失恋なんか, 失望しつ, 奥さんにも, 奥様が, 好きでなかった, 妙な, 妾宅へ, 嫌悪し, 存在しない, 寄り道する, 小声で, 小石川へ, 小芝居, 小説に, 少し君, 尼さん学校は, 山ばっかり, 左を, 帰んな, 幾度も, 強談判を, 待って, 御気に入らない, 御辞退, 忠臣蔵を, 忰も, 想像し, 愛なんか, 截断し, 戯曲なんかに, 手の, 手まわりの, 支那の, 文化なんか, 料簡違だ, 断ること, 新米でない, 日本橋に, 明智の, 昨日の, 最後の, 月日の, 来ただよ, 来て, 来てるの, 来ない方, 来やしねえ, 東交幹部の, 東京へ, 東京中の, 楠の, 母は, 毎日毎日元気らしく, 気が, 気がついて, 気色の, 池の, 泊まる用意, 注意し, 海尻から, 海岸にでも, 源さんは, 潰す量見, 火星さん火星さん言っ, 父様さえ, 独立な, 現場を, 現状まで, 生じ得なかったろう, 生まれて, 生命がけ, 生顔, 申し上げましょう, 留任運動なんか, 相談し, 眼の, 睨んで, 研屋を, 私と, 私の, 私は, 私共の, 立ち聞きを, 笑って, 絶対反対さ, 繰って, 胡麻の, 臓腑は, 自信は, 船長に, 芝居へ, 苦労を, 茶汁で, 藁に, 蜃気楼なんか, 行方知れず, 衣服も, 裏の, 裏を, 西の, 見つづけて, 見違い, 親子六人が, 角太郎を, 解って, 言って, 言ってるしべ, 計画し, 訳なかっ, 話も, 詳しく話さね, 認めてや, 認めないか, 読了し, 誰な, 誰も, 諒解し合っ, 貞造の, 貴公を, 軒の, 近江泥棒伊勢乞食と, 逃げようと, 逃げる追いかけるワラワラ, 遠吠, 酒に, 酒びたりで, 銚子屋に, 開けっぱなしに, 間違って, 険悪だった, 飛びだして, 飛んでも, 飛廻って, 飲んで, 馬鹿で, 馴れてるし, 駄目な, 騒ぎなんぞ

▼ っ~ (318, 4.9%)

58 はない 48 をし 27 はありません 17 になっ 13 をする 11 はねえ 9 をした 7 をしよう 4 は無い 3 はあるまい, はなかっ, はなし, をしました 2 になった, はある, はないでしょう, みたいな, をしてる, をしない, をすれ

1 [98件] があまり, がありません, がある, が二人, が流行っ, が物見, が祭り, さと, じゃない, であご, でつかまっ, で一体, で平気, として, として一椅子横, にある, にいる, にうずくまった, にうつむい, におい, におしやられ, にかくれる, にかけさせ, にこのごろ, にしゃがん, にたち止まっ, にちぢこまっ, にちょん, になってた, になる, になれ, にひっかかっ, にひっかけられる, にむずかしい, にも隠され, にシャツ一枚, にハッキリ, に三つ, に体, に何だか, に作蔵じい, に四十面相, に坐っ, に夜具, に寝, に寝る, に居た, に居る, に座, に息, に成っ, に用いる, に番人, に白雲, に私, に積み重ねた, に積ん, に立っ, に立て, に結う, に置い, に色, に若い, に青年, に静か, に首, に鼠, は, はありゃ, はありゃしない, はありゃしねえ, はございません, はござらぬ, はないだろう, はなかろうで, はねえだろう, はねえや, は強い, は止められ, は無え, へもぐもぐ, へ乗っかりました, へ身, まで出, や変, や子供, よりもよほど, をいたしましょう, をさせられ, をさせれ, をしましょう, をします, をなさい, をはじめた, を一羽, を始めた, を着てるで, を見る

▼ っちゃ~ (289, 4.5%)

33 んの 31 んが 22 んは 11 んを 10 けて 6 んに 54 アいけません 3 ありゃしねえや, いけないよ, けた泥, ない, ま, アいけねえ 2 いけねえ, おけねえ, だめよ, まから, まが, まは, まを, らして, んがね, んて

1 [129件] ありゃしない, ありゃしねえ, ありやしない, いかんよ, いけないって, いけないと, いけないわよ, いけません, いけませんぜ, いしなやか, いないよ, いので, いました, いますが, いらっしゃらないでしょう, いん, いアバラ屋, い可愛らしい, い行きなされ, い門灯, い靴先, おくたびれ, おらんだろう, おらんので, おりますがね, おりませんし, くちゃ, くって, くっても, くて, くな, くなったと, くなったら, くなって, けたゆるい, けたよう, けた壁, けた山骨, けた抜け毛, けた斑, けた気持ち, けた灰色, けた眼, けた着物, けた紅殻色, けた膚, けた色の, けた顔の, けた髮, けた魚, けてた, こい駄馬, これ持っ, どうで, ないの, ないわ, ないん, なお家, なかった, ならねえ, ねえぞ, まだね, まという, まなので, まに, まの, まも, まわりの, よかけん, らしていたい, らしながら, られて, んあとで, んある, んお, んこそ, んじゃ, んそれは, んだ, んでした, んです, んという, んどう, んな, んなんか, んなんかに, んべ, んも, んよりは, ん十だけ, ん吐く, ん宛のに, ん小僧という, ん早く, ん来, ん芳っ, ァ不可, アありません, アある, アいけ, ア困ります, ア旨い, ア置かれません, ア置けねい, イカン, イカンよ, イケナイって, 一体何ん, 不可ん, 先祖へ, 危険です, 困るよ, 地べたへ, 大変だ, 失礼です, 居らんでしょう, 御慰み, 思われるか, 持っとりゃせんのじゃ, 敵わ, 止って, 毎日虱とっとった, 無いお前さん, 無いですわ, 男は, 知った者, 見て, 長い, 駄目だ

▼ っ~ (215, 3.3%)

7 の吉五郎 4 の子分 3 では身分, の平次, の連中

2 [16件] だって勘弁, である, でその, とか手先, と知っ, などの生活, にし, の下, の口, の家, の手, の手先, の耳, はさすが, は何, や手先

1 [163件] があっ, がいました, がいる, がこれ, がその, がそんな, がもう, がクルクル, が二, が二人, が何, が何とか, が先, が嫌, が実際, が店賃, が思い, が泥坊, が腕, が草履, が逃げ, が逃げまわる, が逃出, が金, が雲, が顔, が飛出した, が鼠一匹, じゃない, じゃねえ, だ, だが, だけで, だそう, だったな, だってみんな神様, だって顔, で, でした, ですが, ではない, でもお前, でも手先, で坐っ, で好い, で逃げ, という商売柄, といっ, として朱総, とに焦らされ, とはあまりに, とは間違えねえ, と前髪, と思う, と手先, と水茶屋, と知れ, と聞い, と見破る, と間違えられ, なしとまで, なぞに探索, などというもの, などにとっては一, など実に, なんかに口説かれる, なんか足もと, なんていう, にあれ, にがんりき, にくれるかくれない, にでも見つかろう, にでも見付かろう, にとってはくみし, にとっては少し, になった, にはこうした, にはめいめい, には勿体ない, に付け狙われ, に化物退治, に少々, に御用呼ばわり, に探索, に時刻, に渡し, に狙われ, に絡ん, に縛られる, に背広, のくせ, のこと, のたぐい, の一人, の三次, の仲間, の半, の友蔵, の台所, の女房, の姿, の子, の常吉, の役徳, の態度, の手あて, の松吉, の機嫌, の清吉, の真似, の眼, の細君, の職分, の色男, の葬式彦兵衛, の触り, の言う, の配偶, の顔, の類, の風邪, はいや, はこうして, は人柄, は他, は原則, は厭, は口, は平気, は店, は手, は早く, は田山白雲, は科, は立去っ, は証拠, は部下, は銭形, は顔, もみんな血眼, も兵法, も好い, も少し, も罪, や下っ, や御用聞, らしいこれ, らしいやつ, らしくない平次, らしくない穏やかさ, らしさ, をし, をした, をやめる, を一寸試し, を勤め, を引っ張り込ん, を憎む, を相手, を縛っ, を見る, を買い被る, を買収

▼ っぺた~ (149, 2.3%)

3 が赤く, の上, の肉, の赤い, を押え, を赤く 2 にくっつける, はびっくり, へ自分, も落ち, を嘗める, を平手, を抑え, を涙

1 [115件] から赤い, から髪, がカッ, がトマト, がブラ, が前, が少し, が忽ち, が膨らん, が落ち, が落ちる, が赧, つまり黄いろい, で乾いた, と同じ, にかかる, には大きな, にブラ, に一つ, に一発, に仏様, に吮, に吸いついた, に押しつけた, に散りかかる, に短刀, に籠目, に舐めつい, に薄, に血, に靨, に黒い, のあたり, のよう, のピオニェール, の一番肉, の両側, の両方, の光る, の厚い, の奥, の広々, の朝, の横, の横顔, の穴, の笑クボ, の膨らんだ, の若い, の雀斑, はきのう, は大気, へ一撃, へ平打ち, へ当て, へ当れ, へ手の甲, まで出す, まで包む, もそれから, をいきなり, をうっすり, をした, をもっ, をイヤ, をギュッ, を一つ接吻, を傷つけた, を兄さん, を刺した, を力まかせ, を匕首, を四角い, を売ってた, を引っ, を強か, を弾き, を当て, を必ず, を思いきり, を思い切り, を打ち, を打っ, を打った, を打つ, を抑えた, を押さえ, を拭き, を持っ, を指, を振りたて, を捻っ, を掻い, を撫で, を撫で歩いた, を撲りつけた, を洗っ, を流れる, を流れ落ちた, を無邪気, を白刃, を真赤, を突い, を突き, を突き廻し, を突つき, を突ッ, を膨らました, を舐め, を舐めた, を軽く, を隠す, を顎, を食わし, 高くふくれ

▼ ったって~ (140, 2.2%)

2 これじゃ, これより, ものさ, 仕方が, 帰る所, 私の, 誰が, 駄目だ

1 [124件] あいまいの, あすこにゃ, あの世に, あんな素性, いいでしょう, いいよう, いいん, いうのに, いられるもの, お出なさらぬ, お前あの, お前お, お前が, お前ここは, お前さん見かけに, お前三百両の, お婆さん, お断りだ, かまわない, こいつあ, こういう人間, こちと, この上, この広, これから先, これでも, こんなに弱っ, こんな雪, して, しょうがねえじゃねえか, じゃどう, そうおいそれとやれる, そうは, そう嫌った, そこは, それが, それじゃ, どうせ構っ, なにも, なれませんねえ, はい守りましょう, べら棒め白浪の, まあともかくも, まさか鉄道, まるで食べず, まア困った, もう何, やがてまた, オリザへ, キーキーキーだけ, マア考え, 一つ一つの, 一人身の, 一杯飲ん, 丈夫な, 三十三秒と, 些と, 今さら何, 今明け, 仕様が, 仕様がねえ, 何の, 何も, 何を, 何んです, 先は, 全く知らん, 出来ない相談, 判らないただ, 別に不思議, 別に答えよう, 呉羽さんは, 地の, 多分に, 大騒ぎな, 奥さんが, 始まらんが, 屋根裏の, 己ア知らん, 帰しまへん, 忘られる, 思想や, 恐い事, 悪いから, 戸棚の, 本当に能, 村方の, 来るから, 構わんじゃ, 此の, 此処の, 段, 毎日が, 毒に, 毛唐の, 決して御, 決して騙されない, 無理は, 燕尾服も, 病気じゃ, 皆に, 知れや, 碁を, 私は, 簡単です, 罪は, 蒙古, 見られん女, 親父が, 親類は, 言うん, 訳が, 調練は, 足りは, 逃げられないじゃ, 違いは, 部品や, 重くって, 限りの, 靴の, 須美子さんだって, 首も, 香具師じゃ, 高が

▼ っ~ (139, 2.2%)

15 のよう 82 だから, のなか, の全面, の相場, の腹, の達夫, をかかえ

1 [102件] がいけなかった, がいた, がこの, がこれ等, がす, がつめ込む, がめっかるもん, が河豚, が飽きた, が騒ぐ, が鼻, じゃア, たる気質, たる風采, だけれど, だこと, だった, だったの, だという, だな, だ頼まれても, である, であると, でお, でこの, ですの, でない証跡, ではある, ではなかっ, ではなく, でもそれ, でホテル, で横着者, で納まっ, で自由主義, で通し, で阿, として愛撫, とその, とは違っ, と区別, と猫, などを取られた, などを取り扱った, なん, につかまってる, になっ, にはできねえ, にもそう, に何, に作られてる, に別条, のこの, のまわり, のやる, のハックルベリ, の中, の兵士, の出どころ, の娘, の子守, の恩知らず, の悪太郎, の感化, の我儘放題, の旋毛位, の日蓮上人, の時分, の正体, の殉情, の沽券, の称, の端くれ, の群, の若い衆, の資格, の運命, の面, の音楽家, の風上, の風流, はあきらめ, はうち弁慶, はその, はたあい, は一歩お膝下, は自慢, ももう, も二カ月前, も何, も少し, よ, らしいそして, らしい早い, らしい気持, らしい蒲柳, らしい閃きを, らしい顔付き, らしく斯ん, を上, を以て自認, を受け取っ

▼ っ~ (126, 1.9%)

14 のない 12 にとられ, にとられた 5 のある 4 に取られ 3 なしの, もない 2 がある, などはろくに, にとられる, の多い, の抜けない

1 [63件] あるの, があっ, がございます, がない, が出た, が変, が少い, が快い, が恐ろしい, が抜け, が抜けない, が最も, が有る, が無え, こそ少い, たっぷりの, でも, で思い立つと, で暮し, とがさせる, とが味わわれます, とです, とは縁, と亭主, と放浪癖, ない死, なく静山, なしに, な彼女, にとられました, にまで誘発, にも不足, に取られた, に取られました, に圓朝, のあまりに, のあり, のない浅黒い, のない若い, の伝六, の八五郎, の咽喉, の塵, の奴, の短い, の足りない, はない, はマリア・テレジア, は人間, ばかりになった, もなくなった, もなくなり, も向う見ず, も白粉, を兆した, を出しゃあがっ, を吹きかけられ, を吹き込まれた, を失った, を抜い, を抜かれた, を捨てない, を確か

▼ っ~ (112, 1.7%)

7 の眼 6 の手 4 の足 3 の端 2 だけ剃った, づけられるもの, にかたむき, の松葉杖, の目, の翅, を向い, を向く

1 [76件] から先, から出, から順々, がその, がどっか, が公, が宅, が水たまり, が焼, が百パーセント, が禿頭, が見えました, しか無い, しか要らない, ずつ手, だけ捉, だけ袿, だけ転がっ, だよ, つぶって, では, でも, で仲間, とフィツロイ・シムソンの, にし, にもった, にカトマンズ, に取っ, に逸らした, のずば抜け, のほう, のまっ, のスリッパ, の乳房, の吊, の左足, の皮草履, の耳, の肩さき, の色, の草履, の袂, の貝, の運転手, の靴, の頬, の頬ぺた, の風雲, はさん, はずしてる, はずんぐり, は地声, は太夫, は妙, は海, は眼, へ, へ何, へ向っ, へ寄っ, へ押, へ編入, まで戦, みたよう, も藩士, をかえした, をそういう, をふり切っ, を憚, を手, を抱い, を落第, 外して, 持込んで, 漕ぎ廻って, 飛んで

▼ っさん~ (68, 1.1%)

3 や阿 2 がエスキル, が帰っ, は隠居

1 [59件] おめ, お案じなさらなくっ, お達者, かと澄まし, がああ, がいつも, がけさ, がそう, が出, が商売, が外, が柳橋, が正直, が臨終, が荷揚げ, だ, だ早い, でしたか, と家の, と恭二, と死に別れた, と聞き, どうしよう, にこの, にたのん, には挨拶, にも親孝行, によろしく, に楽, に逢う, のお, のおごり, の事, の仇, の悪口, の方, の機嫌, の生き, の耳, の轍, の遺物, はその, はそれぎりで奥, はどうしても, はほんとに, は御, は田舎, は言いおいた, は青木丹左衛門, までそぎゃ, もあんなに, もその, ももう, も帰っ, も心配, をああ, を怨む, 折角調いかけた, 騒ぎなさんな

▼ っ切り~ (64, 1.0%)

153 だったぞ 2 だ, ですよ, 黙って

1 [40件] が住ん, しかいえない, だから, だけれども, だったな, だまった, だろう女出入, で, ですか, ですから, で先, で持つだ, で終った, となろう, ならいい, になっ, になった, になる, に成る, に日本, に看病, に自宅, に離れられる, のこと, の事, の別れ, の千秋楽, わからず事件, わからず四日五日, わかりませんよ, 変って, 揚りません, 死なれたら何うしよう, 涼しくなっ, 知りやせん, 行詰って, 違ったこと, 違ったもの, 違った人, 黙ってるわけ

▼ っこの~ (61, 0.9%)

6 上着が 3 ような 2 ように, 上は

1 [48件] えらいひと, お琴, くせに, ことだっ, つもりで, ところに, ところ又, ないこと, ないところ, ないの, ない事, ない事柄, ない内容, ない宇宙, ない性分, ない悪性, ない探求心, ない相手, ない細い目, ない陥穽, ねえ, ねえところ, ねえ纐纈城, ぼけ茄子, まま這っ, ようで, トルコ型の, バカシックラを, 世界の, 効果を, 古椅子, 名人さ可笑しく, 噂を, 地下の, 場合の, 学生でも, 寝床の, 影に, 手負を, 方に, 欠けた例, 狼藉者を, 相談まで, 箱に, 襟巻の, 通り殺し, 馬鹿, 馬鹿娘が

▼ っそう~ (61, 0.9%)

26 もない 97 もござりませぬ 3 なこと 2 な私, もございませぬ, もねえ 1 なお, なしかし, なたった今, まい, もござりませぬよ, もござんせぬ, もござんせん, も無い, 重い処刑, 驚いて

▼ っ~ (45, 0.7%)

3 に腰 2 であった, にころがっ

1 [38件] からうれし, から家, がいい, が恋しい, だ, だと, だなんて, でお仕置, ではげしい, ではなかっ, で四五人, で流連, で高い, で鬼, になった, に十人あまり, に大理石, に寝ころん, に寝そべっ, に寝転ん, に降りる, のまんなか, のよう, の一ツ家, の投込場, の非人, は今やひろびろ, は霜柱, ばかりだ, へもこり, へ机, へ遊ん, もある, をご, を歩い, を見降し, を越す, を通っ

▼ っ~ (44, 0.7%)

3 しそう

1 [41件] いそいで, え, えときどき, え先生, くる様, くれはれしまへんの, けらでも, このでれ助, さらん, しいそう, したよう, しんない, すぎた, する人間, ちか要領を, ちのおかあさんと, ちのおかあさんも, ちのように, ちのブイノス・アイレスに, ちの大男が, ちの子を, ちの無精髭を, ちの男は, つきあわない人, でしょう, どのかどに, なかねえけんどな, なぐない, ふゴム, ぶりなどは, ぶりの, りと, りもの, 乗れない, 判んねえわ, 口を, 学問の, 引掻かれたの, 時局物でない, 立寄って, 西洋の

▼ っころ~ (44, 0.7%)

11 のよう 2 だのパン, を詰めた

1 [29件] か, がある, がいる, が何匹, が皆んな鼻, じゃあるめえし, じゃあ判る, だって追い出す, だの小鳥, だよ, です, ではない, でも感動, とおなじ, と云った, と古, など見かけた, にした, にむかっ, の多い, の様, は何匹, やさびた, や虫けら, をけとばし, を投りこ, を相手, を縁, 見たいに

▼ っ~ (42, 0.6%)

4 をデングリ 2 にな, の太, へかじりついた, へしがみつく

1 [30件] があった, がでん, がひっくりかえった, が付いてるでしょう, が太く, で歌う, につかまり, に巻きつい, に抱きつい, のほど, のよう, の大きい, の太い, の小さい, の据, はしっかり, は大丈夫, は大抵, へしがみつい, へしっかり, へぶら下っ, へまでしがみつい, へ一つお見舞, もある, をギュッ, を一人, を冷やさせた, を嗅ぎました, を殴られ, を見せ

▼ っぷち~ (39, 0.6%)

2 の草

1 [37件] だ, で奇妙, で生まれました, と洲崎, などにやって来, につきました, にズリ, に住み, に寄っ, に怪しげ, に捨てられ, に新, に横浜税関, に神奈川県, に空家, に立っ, に見せ物小屋, に近い, に面し, のこと, のタンボ, のレストランみたい, の平, の景色, の歩道, の派手, の渡, の見, の鶴吉, へでも出る, へ真っ白, へ行っ, まで止め, を探し, を方々, を歩い, を通る

▼ っ張り~ (35, 0.5%)

2 が強い, の強い

1 [31件] ありますよ, お休み, がいちばんきらい, ことわられた揚句, するねえ, だからの, つまらない内職, ではある, で容易, とは場面, なん, にや, に似合わない, の強, へえ, グズグズし, 分って, 呟くばかりで, 呼び留めて, 忘れかねるん, 怖いん, 恐露病, 悪いこと, 断る方, 渡らなければ, 然うだった, 煮え切らない答, 甘い香, 皆旅費, 知れません, 蒼いです

▼ っこい~ (34, 0.5%)

2 弾力性の, 石が

1 [30件] のが, ものだった, ヘゲタレ商売とは, 両脚白足袋を, 両足が, 事務など, 亭主だ, 凸額だった, 凸額に, 四つの, 小娘だった, 所です, 承認を, 日吉は, 昆虫めが, 普通の, 根気が, 歯を, 温室できの, 物と, 物アな, 男だ, 目つきで, 腕や, 腰の, 膝の, 色気を, 葉で, 逃げ足で, 顔を

▼ っこなし~ (34, 0.5%)

53 にしましょう, にしよう 2 だぜ, だよ, でさ, です, ですよ, よ

1 [11件] だぞ, だなにつり, だね, でさあ, というの, とにかく田丸, と皮膚, にし, にする, に願います, に願いやしょう

▼ っくり~ (33, 0.5%)

2 して, と唾

1 [29件] しようという, そろった末, っと動かし, とおばさん, とかけ, とつめ, と冷気, と妾, と急須, と登場, と白く, と稲, と若い, と落ちついた, と通りすぎる, と首, と高麗村, のこってる, もっくりさん, 動かさなくては, 寛いで, 揃った剣先, 揃った芽, 立ち上った, 考えこんで, 考えたかった, 苦しがっ, 話すとか, 話すよ

▼ っ~ (30, 0.5%)

5 の長い 2 を出す

1 [23件] が出, が出た, が生え, が躍動, でもある, で畳, のない, のよう, はつかんだ, は柿, へ, へつい, をつかまえられた, をふっ, を出した, を切られる, を巻い, を引っ張っ, を押えよう, を押さえられ打ち殺された, を捲い, を枝, を製造

▼ っ~ (30, 0.5%)

6 をし 2 に蜂, をした

1 [20件] あかくこと, で邸, なんかしてる, になっ, になり, に用, のくっつい, の判官, の猿, の絵かき, の自分等, の頬, は, はいくらでも, もこう, をこう, をしない, を振っ, を有し, を見せい

▼ っかけ~ (29, 0.4%)

6 の時次郎

1 [23件] がよ, が生返事, が頓狂声, であって, でございますからな, でさんざん, と化した, と言っ, にこう, に乗せ, に裂け, に遍く, に食, のくせ, の上げ壺, の仕返し, の兄, の煎餅, や石ころ, をしこたま, を抱かされちまった, を積み重ね, を見つめ

▼ っくら~ (29, 0.4%)

14 をし

1 [15件] がし, だの, でもしたくなった, でタイム, になる, ばかりし, をさした, をさせとく, をさせよう, をさせる, をしてる, をしましょう, をする, を見せられ, 調べて

▼ っ~ (26, 0.4%)

1 [26件] いんま, うなる, くれ, くれ出てって, くんなさい, こたえた, したよう, まだはあ, 何度と, 刀を, 動いたら足, 叫び態, 喚いて, 地ゆるぎ, 幸福の, 廊下の, 待ち受けたり, 得したん, 戸を, 武蔵の, 眼を, 税金ばかり, 苦痛そのものが, 鈍い音, 鍬を, 音が

▼ っ~ (26, 0.4%)

2

1 [24件] から飛び出し, であるから, でトバ, で八百長バクチ, で振り廻し振り廻し, にだらり, に出, に截, に被さっ, に見えてる, に迫っ, に隠れ, に飛び出し, のひっかけ, の大きな, の耳, の風露草, へいきなり, へ盆蓙, へ突きつけ, へ突付け云わねえけりゃ, や喉, を件, を女

▼ っぱし~ (24, 0.4%)

2 を渡し, を結びつけ

1 [20件] がある, が出, が垂れ下り, が私, が羊皮紙, に換え, に書い, のこと, のよう, の恰好, の海外成功者, の紐, はみなひとまとめ, を入れ, を分け, を取り出し, を暑, を舐めとろう, を頭, 書いたって

▼ っ小僧~ (23, 0.4%)

1 [23件] から一時, がハミ, だの足, で押, と両手, と寝てりゃ, なんか出し, に気, の処, の曲り目, の節々, へにぎりっ拳, へ火, まで雪だらけ, をきちんと, をそろえ, を並べ, を二つ, を出し, を揃え, を揃えない, を擦り剥いた, を隠しました

▼ っ~ (23, 0.4%)

2 のイリーナ

1 [21件] が握っ, で団子鼻, で縮れ, で色, なん, になっ, のある, のチビ, のチョン髷, のボリス, の二本, の兎さんみたい, の前, の大きな, の女中, の眼, の頭, やの太い, や長い, をむしる, を掻きあげる仕

▼ っ~ (23, 0.4%)

1 [23件] から苺, がへった, が大腸, だ, だぜ, で二三軒, にくっつい, にさせ, にし, にしがみついた, には旨かっ, にむやみ, に小石川, に廻っ, に沁み渡る, に酒, の底, ばかりだ, へ庖丁, をえぐり, を中心, を乗り切られ, を突きぬかれ

▼ ったりと~ (22, 0.3%)

1 [22件] した笑い顔, した笑み, し乍ら, 一同心おごりした, 嘲笑うと, 坐りこんだ, 坐り心持脇息, 大きな安心, 室内を, 屠所の, 彎曲し, 徐や, 怨恨骨髄に, 独笑いを, 笑いながら, 笑うと, 笑ったそれ, 緩やかな, 膝を, 落ちつきはらって, 薄ら笑いを, 静かに

▼ っ~ (21, 0.3%)

1 [21件] か何, があります, ががさがさ, が当る, だの, でつづ, でも摘ん, とごみ, に一任, の名前, の提灯, は学校出たて, ほども見えぬ, も同然, や鉋屑, をくくりつけた, をくれる, をちぎりちぎり近づい, を持っ, を縫い, 残りませんけれど

▼ っちゃな~ (20, 0.3%)

1 [20件] ボクさん, 坊ちゃんに, 女の子が, 女の子は, 女の子も, 子に, 子供が, 子供みたいに, 寺の, 手の, 水筒を, 無害の, 煙突から, 煙突が, 神様に, 舌, 輪に, 鞄が, 鞄を, 魚たちが

▼ っ~ (20, 0.3%)

6 の上 2 抜いて

1 [12件] であった, で最も, として考え, のよう, の旦那方, の真中, はひいやり, へ行きたく, を割る, 抜いたそう, 抜かれたら困るだろう, 黒くうかん

▼ っぱい~ (20, 0.3%)

2 であった

1 [18件] でした, になりました, に占領, に右斜め, に吸いこんだ, に地獄, に小説, に当っ, に浴する, に照らした, の上着, 出た油ぎってニチャニチャ, 生えて, 生やして, 白い花, 腥いにおい, 青い空, 飾って

▼ っ~ (18, 0.3%)

2 いっ, 通さあん

1 [14件] 師匠さんの, 師匠様を, 師匠様アっ, 忘れ物っ, 止めし, 渡しする, 父さ, 犬の, 目ざめ下さい, 老母っ, 通さんを, 通は, 通阿, 館に

▼ っかい~ (18, 0.3%)

1 [18件] あたいは, それで, でも向い, に, につかつか, につっかかる, になった, に掛けた, に正宗, に火鉢, に私, に運ん, のかい, 一寸した, 女だった, 布を, 詩の, 間でも

▼ っ~ (18, 0.3%)

1 [18件] か麻, が一人, が一片, が出, が洗濯, が踏みにじられ, でビシビシ, とハム, には気, には相違, のよう, の強い, へぶら下げ, まで行っ, もあった, や古, をぼく, を拾い上げ

▼ っ走り~ (18, 0.3%)

5 して 3 をし, 行って 1 した自転車, だ, だが, だね, の新し, をはじめ, をはじめます

▼ っこう~ (17, 0.3%)

11 ぶちの 2 屋の 1 なるとは, ガメの, 突いたら何, 跣足でございます

▼ っこと~ (16, 0.2%)

2 微笑んだ, 笑って

1 [12件] いう訳, いっては, した, したが, して, ほころばせると, 打ち笑み, 笑い, 笑いて, 笑う, 笑うと, 笑む

▼ っちょ~ (16, 0.2%)

2

1 [14件] か, が仕事, が俺, が手, が来た, が這入っ, だから, だなあ, っても行けるん, っ一寸, とメイン, の処, はバッキンガム, り黒く

▼ っ~ (16, 0.2%)

1 [16件] あの新聞, あの男, いつもの, じっとし, じゃァ, じゃァ表, そういったか, その主人, その用, だけ強い, であった, でだぼ, なところ, 何かと面倒臭い, 寝て, 行った方

▼ っ濃い~ (15, 0.2%)

2 ものの

1 [13件] だけの味, ところは, ところを, のが, ものから, もので, ものは, ものを, もの好きで, トロという, 味粗野な, 感じが, 自分と

▼ っちゃあ~ (14, 0.2%)

3 ない

1 [11件] どうどうッ, ないかい, ないん, ない僕, なし, はかない心持, むずかしいです, 世の中に, 済ません, 置かれめ, 詰らねえいったい

▼ っつら~ (14, 0.2%)

4 をし, をする 1 で彼, にうつる, にもなろう, の私, をした, をしない

▼ っ~ (14, 0.2%)

3 をする

1 [11件] が悲しい, が正義, しに, も断る, をいう, をくだらぬ, をし, をっ, を威張っ, を笑う, んて

▼ っ振り~ (14, 0.2%)

1 [14件] が良い, が見たい, じゃあなん, であった, ではなかなか, なら馬, の中, の飄々たる, はなかなか, も動作, も悪く無し, も支那人, をそのまま, を見

▼ っ~ (14, 0.2%)

1 [14件] でしばらく, で七, で大根, で捉え, に人間一人, に倒れ, に建てた, に通ずる, の往来, の荷庫, は初秋, へ出た, まで行っ, や林

▼ っくに~ (13, 0.2%)

1 [13件] すんだの, その情報, その素晴らしい, また解かされ, 入っちゃって, 分かって, 抜けて, 無くなって, 終り酒, 見えなくなって, 見すかした馬淵, 見抜いて, 過ぎて

▼ っこく~ (12, 0.2%)

1 [12件] ありませんがね, つき纏って, て円い, て江戸前, て滑稽, て為方, なって, ふくれ上って, 光ったよう, 押しつけようと, 見えた, 這い廻り跳ねられること

▼ ったけ~ (12, 0.2%)

1 [12件] じゃあない, のお銭, の住居, の力, の声, の恐怖, の石炭, の蛮声, の衣類, の銅元, を続け射ち, 早くお

▼ っ~ (12, 0.2%)

1 [12件] だった, であったが, であるの, で去年, で料亭, となった, なら何, になっ, のお, のひとり, の指折り, の沽券

▼ っ~ (12, 0.2%)

1 [12件] がニョロニョロ, くらいじゃ駄目, にぶらさがっ, にぶら下がっ, に小さい, に残っ, のはず, のよう, の記憶, を引っ掴ん, を掴まえられ, を見

▼ っあん~ (11, 0.2%)

1 [11件] がそう, が困る, にはありあり, には逢わな, のよう, の事, の仇, は炭焼小屋, やお母さん, を明, を返し

▼ ったま~ (11, 0.2%)

1 [11件] ぎれにあるいは口走った, にすがりつい, に躍りかかっ, のところ, まで, までいつ, までいる, までただ, までとろり, までなかなか, まで身体

▼ っとして~ (11, 0.2%)

1 [11件] あわてて, はねあがろうと, 口を, 夜だ, 心臓が, 息が, 槍の, 歩かないよって, 油を, 立ち止まった, 顔を

▼ っ~ (11, 0.2%)

2 の中 1 がある, なん, になっ, に何百, の向う側, の方, の縁, を包んだ, を突き切る

▼ っ~ (11, 0.2%)

4 の竹 1 がぴくぴく, がキナ, に口, の大男, の禿頭, の竹造, を顔

▼ っかしく~ (10, 0.2%)

1 たって, てあぶなっかしく, て見, なって, なり勝ち, 一度渡っ, 思えたこと, 暗い, 渡ると, 飛び移って

▼ っくるしい~ (10, 0.2%)

2 ところで 1 あんな短い, うちだ, からやじうま, のに河岸, やつだ, 裏小路から, 部屋の, 部屋一杯に

▼ っちゃり~ (10, 0.2%)

2 とした 1 した受口, した娘さん, した少し, した眼, した顔, して, としてやさしい, 肥えて

▼ っとんご~ (10, 0.2%)

7 っとん 2 っとん耳 1 っとん音

▼ っ切れ~ (10, 0.2%)

3 のよう 1 がそろそろ, が突っ, でも心張棒, に節, の削り, を水, を渡し

▼ っ気味~ (10, 0.2%)

4 の悪い 1 がわるく, のわりい, の大きな, の肉, も悪い, わるい

▼ っかき~ (9, 0.1%)

1 だからね, だからのう, で我儘, とみえ, のよう, の具合, の圓太郎, の渡辺, ばかりが目

▼ っかな~ (9, 0.1%)

42 ぐなぃ 1 ぃごとぁ無い, ぐなぃはんて歩べ, そんな水臭い

▼ っちょっと~ (9, 0.1%)

2 つきました, 舌を 1 引っぱりゆっくり, 手ばしこくもと, 手招きし, 指先で, 舌打ちを

▼ っつり~ (9, 0.1%)

2 ですよ 1 が五人, とちがう, とやすやす, と幾たび, と手強く, もこの, もなろう

▼ っぱら~ (9, 0.1%)

1 から縁起, が日毎, で遊ん, に夕月, に飲んだ, の真中, は好い, を散歩, 遣っ付けて

▼ っぱり~ (9, 0.1%)

1 が出, このおれ, で起つ, に似合わず, のブロム, の大層, の強い, 出させると, 出したもの

▼ っ~ (9, 0.1%)

1 ったよう, ってい, っていた, っている, ってもいないらしい, ってやっ, ってるに, って歸, って非常識

▼ っ葉みじん~ (9, 0.1%)

1 だ, にうちくだい, にしかり飛ばされ, になる, にやられ, に吹き飛ばし, に無くなっ, に見破られ, の目

▼ っかっこ~ (8, 0.1%)

2 をし 1 が聞い, で, でなくっちゃ, で妙, という面, をした

▼ っ~ (8, 0.1%)

3 ーっと 1 おあがり, は酒, まお米, ま貰, りと

▼ っちと~ (8, 0.1%)

1 いうの, なりました, なり心細く, なる, はあんまり, も云え, も返事, 云う言葉

▼ っちの~ (8, 0.1%)

1 いう事, ついたすこぶる, ついた大黒帽, にどう, も最近, 狭い坂, 知った事, 若い頃

▼ っちゃんと~ (8, 0.1%)

1 丹羽さん, 丹羽さんな, 二時頃まで, 呼んで, 喧嘩しなけれ, 父親を, 直之, 種々な

▼ っ~ (8, 0.1%)

1 だ, だと, でありまして, ですよ, でも決して, といった二人伴, なることおしゃべり屋, のくそ度胸

▼ っ苦しい~ (8, 0.1%)

1 からな, こと夥しい, ひとだ, んじゃ, 四畳半に, 礼を, 返事を, 陰気くさい

▼ っからの~ (7, 0.1%)

1 お陸尺, 不気味な, 乞食の, 仲よしな, 固いお, 控同心, 騒ぎで

▼ っくい~ (7, 0.1%)

2 主水之 1 やつことに, 下手人, 奴のう, 猿面ウーム一あわふかし, 貴様達夫婦が

▼ っここ~ (7, 0.1%)

2 をどこ 1 だよ, はおまえ, は伊吹, を何処, を開けろ

▼ っちょろい~ (7, 0.1%)

1 あこがれなどでは, もので, 兄だろう, 反射本能的な, 文化主義者共が, 男だ, 男では

▼ っ外れ~ (7, 0.1%)

1 だから, でいや, にされる, に泣き喚き, の声, の大きい, の遠吠え

▼ っ払い~ (7, 0.1%)

1 なん, には断じて, に払い捨てた, に日本, のよう, の名人, を働く

▼ っ暗い~ (7, 0.1%)

1 うちに, ので平七, んで, 家の, 建物の, 所で, 時分から

▼ っ~ (7, 0.1%)

1 が腫れ, にかみつい, にはばき, に大, に悪場, へ靴, をしめつけ

▼ っ葉微塵~ (7, 0.1%)

1 だ, とくだけ, と砕け去った, と震え上っ, に打ち砕かれました, に砕かれる, に踏み潰され

▼ っ~ (7, 0.1%)

1 かわし, か来, か来い, か泣い, ぞ早く, だ, に断っ

▼ っ~ (7, 0.1%)

2 だぜ 1 あ据, の強い, の硬い, も案外, を折

▼ っその~ (6, 0.1%)

1 つもりで, んでみよう, 事思い切っ, 男は, 竹刀と, 首を

▼ っペラ~ (6, 0.1%)

1 なところ, な態度, な耳朶, な鼻, になった, の調子

▼ っ~ (6, 0.1%)

2 ぞっ 1 この前, だ, の声, の眼

▼ っ~ (6, 0.1%)

21 ですよ, に二三本, の空, を溌溂

▼ っ広い~ (6, 0.1%)

1 ので一向, のに, 大きな蚊帳, 邸の, 邸地も, 頭や

▼ っ~ (6, 0.1%)

4 てっ 1 てっこれから, てっ弟

▼ っ~ (6, 0.1%)

1 が廻ったっ, だから, でかき廻し, では帰れなかった, の垣根, を拭き

▼ っ早い~ (6, 0.1%)

1 にかけては名うて, ような, 勘次は, 奴で, 奴と, 息を

▼ っ~ (6, 0.1%)

1 な一枚, な垣一重, な赤い, にした, の鼻, れは

▼ っ~ (6, 0.1%)

2 をし 1 につい, はこれ, をし続け, を致しまし

▼ っ限り~ (6, 0.1%)

1 じゃ大した, だぞ, だよ, でかまいません, ですよ, の話

▼ っかさん~ (5, 0.1%)

4 の甥 1 に会っ

▼ っかに~ (5, 0.1%)

1 変ったところ, 悪いこと, 未だ父, 残って, 疲労の

▼ っかへ~ (5, 0.1%)

3 行って 1 お出かけです, 皆逃げっち

▼ っかる~ (5, 0.1%)

1 かも知れない, ちうの, めえ, よ, 音が

▼ っくさい~ (5, 0.1%)

1 おくびが, お話にも, ものばかり, ような, 都に

▼ っくらい~ (5, 0.1%)

1 しないわけ, つみためた時達ちゃん, ですかな, なら一緒, 二日も

▼ っこれ~ (5, 0.1%)

1 が見えぬ, っこれ, っ伝七, はしまった, は祝儀

▼ っこ一人~ (5, 0.1%)

1 いないわけ, いない国技館, いない雨, とおらない青葉, 通らない閑静さ

▼ っこ無し~ (5, 0.1%)

1 だ, です, という, という事, に逢いたい

▼ っさき~ (5, 0.1%)

1 の南, の土堤, へ持っ, へ突きだした, を失った

▼ っさま~ (5, 0.1%)

1 お父, が大患, さち, に灯, や息子

▼ っさら~ (5, 0.1%)

2 って逃げた 1 しかもしらねえ, しなんだからね, って食い

▼ っそり~ (5, 0.1%)

2 とした 1 とお呼び, と言った, と静まりかえっ

▼ っちょこ立ち~ (5, 0.1%)

1 したって, なんかはどう, はアクロバチック, は体操, をしよう

▼ っても~ (5, 0.1%)

1 ええかん, しようがない, だいぶ間, だめ, 手ぎわよく

▼ っどう~ (5, 0.1%)

2 したの 1 したと, だっ, 見ても

▼ っなぜ~ (5, 0.1%)

1 その老いぼれ, そんなこと, わが良民, 縄を, 逃げるの

▼ っ~ (5, 0.1%)

2 くれるな 1 くれるの, なれは, ばんざーい

▼ っぱかしも~ (5, 0.1%)

1 出来そう, 分らねえ奴, 持って, 用いたこと, 間に合わなかったという

▼ っぴり腰~ (5, 0.1%)

1 だ, で危な, で向ったら, で庖丁, の者

▼ っ~ (5, 0.1%)

1 が居ない, だ, に死なれ, らしい狡, らしい眼

▼ っ張り私~ (5, 0.1%)

1 の動く, の唯一, は追跡, を見, 帰った方

▼ っ~ (5, 0.1%)

1 というの, に気, もブン, やらは棄てられね, をやめた

▼ っ~ (5, 0.1%)

2 のよう 1 あたま, そのままだ, に似た

▼ っ~ (5, 0.1%)

1 とがまるで, の痛み, をぽんぽん, を先, を押えました

▼ っ~ (5, 0.1%)

1 か, が生き, だけみ, というやつ, のよう

▼ っ~ (5, 0.1%)

21 でへえ, な畑いっぱい, は

▼ っ貴様~ (5, 0.1%)

1 あかんかん, に用, のよう, は本官, 何だ

▼ っ~ (4, 0.1%)

2 痛っ 1 けちたんていと, ば敬

▼ っからは~ (4, 0.1%)

1 これで, 又元, 毎日だろう, 私の

▼ っかん山~ (4, 0.1%)

2 のきつね 1 では今, のてっぺん

▼ っきき~ (4, 0.1%)

1 だけがもの, ばかりでの最初, ばかりの右腕, ばかりをねらっ

▼ っすら~ (4, 0.1%)

1 わかった, 刷いた, 見える, 輝き出した一幅

▼ っ~ (4, 0.1%)

1 と歩き, なたの, 寝ずに, 面白い

▼ っちょろ~ (4, 0.1%)

1 けた大小落し差し, けの煙突, のお家, の革

▼ ってと~ (4, 0.1%)

1 いうのに, いって, お言いだった, 申して

▼ っどこ~ (4, 0.1%)

1 へおじゃる, へ参る, へ行く, へ行っち

▼ っぱね~ (4, 0.1%)

1 である, のセイカン, の光景, の前兆

▼ っぷし~ (4, 0.1%)

1 が兵助, を充分, を切る, を押しいただい

▼ っぺら~ (4, 0.1%)

2 の様 1 の沓, 燃えのびて

▼ っぺん~ (4, 0.1%)

1 に取っ, に吹き飛ん, に見上げ見下ろす, に階段

▼ っ~ (4, 0.1%)

1 けの力, であったの, になっ, の食物

▼ っ~ (4, 0.1%)

2 せるよう 1 さって, せる八五郎

▼ っ~ (4, 0.1%)

1 だよ, の先, も落っこってた, や菜っ葉

▼ っ張そう~ (4, 0.1%)

1 だったかい, だったの, である, は思っ

▼ っ張それ~ (4, 0.1%)

1 いくらか若宮君, は春, もはじめ, も片側

▼ っ~ (4, 0.1%)

1 が顕れ, の枯れた, もふくれ過ぎ, を足がかり

▼ っ~ (4, 0.1%)

3 をし 1 でもする

▼ っ調子~ (4, 0.1%)

1 でいった, で話し, な大勢, をはりあげる

▼ っ~ (4, 0.1%)

1 っ, っと擦られる, っと擦る, っ颯

▼ っあの~ (3, 0.0%)

1 女に, 綱も, 船には

▼ っあれ~ (3, 0.0%)

1 っ, っ誰, へ

▼ っかで~ (3, 0.0%)

1 見たよう, 見た顔, 逢う筈

▼ っかの~ (3, 0.0%)

1 ごとくいきどおられまして, 締め方じゃ, 蔭から

▼ っかんこ~ (3, 0.0%)

1 なの, をし, をする

▼ っぎいー~ (3, 0.0%)

21 っという

▼ っくき~ (3, 0.0%)

1 下郎, 嘘そんな, 坊主奴

▼ っくどい~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 事を

▼ っくらいの~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 ところです

▼ っくわし~ (3, 0.0%)

1 さえすれ, でもしたら, はしませんでした

▼ っぐるっと~ (3, 0.0%)

1 渦まえた, 生きて, 蠕動を

▼ っころみたい~ (3, 0.0%)

1 なもん, にお前, に腦天

▼ っころ一匹~ (3, 0.0%)

1 も逃さない, 見付かりません, 逃さないよう

▼ っそち~ (3, 0.0%)

1 はわし, は自分, までが予

▼ っそんな~ (3, 0.0%)

1 世間並な, 所へ, 酔ってる人

▼ っちのよう~ (3, 0.0%)

1 な兎, な気, な藁布団

▼ っちゃまで~ (3, 0.0%)

1 ございますか, すねそんな, 困いますよ

▼ っつき~ (3, 0.0%)

1 がよかっ, もなくしらじらしい, をし

▼ っつらし~ (3, 0.0%)

1 てぶつぶつ口小言, てやがら, ながらはげしく

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 が如何にも, きっ脈打つ血管, どっと

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 だから, 文字, 道今は

▼ っはよう~ (3, 0.0%)

1 埒を, 婆の, 斬れ

▼ っぱかりも~ (3, 0.0%)

1 そのこと, 云わねえから, 思って

▼ っぱって~ (3, 0.0%)

1 来ただけの, 来たん, 行こうと

▼ っぱな~ (3, 0.0%)

1 から妙, から警視庁, を啜り上げ啜りあげ

▼ っぴい~ (3, 0.0%)

1 に見, を斥候同然, を見る

▼ っぴどく~ (3, 0.0%)

1 叱られて, 引っぱたいて, 負かして

▼ っぷちの家~ (3, 0.0%)

2 にでも押し込められ 1 ですよ

▼ っへん~ (3, 0.0%)

1 だなと, だね, な歌

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 に御免, の赤い, を引っぱたい

▼ っまた~ (3, 0.0%)

1 だよ, わるい短慮, 追ン

▼ っもう~ (3, 0.0%)

1 いちどいえ, やられたって, 一言いう

▼ っ何処~ (3, 0.0%)

1 へおいで, へゆく, へ匍

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 あ, はじっと, は恋しい

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 で歌, になりまし, を張り揚げた

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 だ, の土左衛門, の毛唐

▼ っ引風情~ (3, 0.0%)

1 に手, の平次, の銭形平次

▼ っ張り何~ (3, 0.0%)

1 うもお, か心配, と云っ

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 がとん, ねがします, ねとは日一日

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 の一幕, の早い, の芸当

▼ っ欠け~ (3, 0.0%)

1 のビスケット, の地蔵, の私生児

▼ っ殿~ (3, 0.0%)

3

▼ っ気味が悪い~ (3, 0.0%)

1 なあ, や, ような

▼ っ葉一つ~ (3, 0.0%)

1 の陰翳, 留めぬ塋域, 貰い受けるよう

▼ っ辛い~ (3, 0.0%)

1 のです, 大年増, 汗と

▼ っ~ (3, 0.0%)

1 にひったくられ, にぶつかり, をさけ

▼ っ駕籠~ (3, 0.0%)

1 がね, がね町じゅう, の話

▼ っあすこ~ (2, 0.0%)

1 だっ, まで

▼ っあんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, ところに

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 ぬらっ, ぬらの

▼ っおのれ~ (2, 0.0%)

1 っ, ったわけ者

▼ っおまえ~ (2, 0.0%)

1 は爺, やれはやく

▼ っかぎり~ (2, 0.0%)

1 の芸当, 試みた方円流二丈

▼ っからに~ (2, 0.0%)

1 なったらたのしい, なっても

▼ っくらいって~ (2, 0.0%)

1 あば, 汽缶車の

▼ っくらお願い~ (2, 0.0%)

1 がご, したい事

▼ っくり此処~ (2, 0.0%)

1 で話しましょう, へ来う

▼ っくるしく~ (2, 0.0%)

1 しないで, て面白い

▼ っこなし人~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ っこら~ (2, 0.0%)

1 っお, っ鼻ぺちゃ

▼ っこんな~ (2, 0.0%)

1 お母さんて, もの

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 っご, っとたてつづけ

▼ っさっと~ (2, 0.0%)

1 砂浜に, 音を

▼ っじゃ~ (2, 0.0%)

1 ごじゃ, ウイスキーの

▼ っすぐ~ (2, 0.0%)

1 手配を, 来いッ大変

▼ っそこ~ (2, 0.0%)

1 かっ, に

▼ っそ一思い~ (2, 0.0%)

1 に夫婦, に左足

▼ ったい頭~ (2, 0.0%)

1 にのせ, を振っ

▼ っただ~ (2, 0.0%)

1 え, アよ

▼ ったっても~ (2, 0.0%)

1 なにも, 私と

▼ ったりなど~ (2, 0.0%)

1 いたします, して

▼ っちか~ (2, 0.0%)

1 だと, になっ

▼ っちの病気~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ っちゃと~ (2, 0.0%)

2 米沢の

▼ っつい~ (2, 0.0%)

1 のまえ, の火

▼ っつけ~ (2, 0.0%)

1 がましくしわがれた, だの

▼ ってから~ (2, 0.0%)

1 大分に, 翌日くらいまでのは

▼ ってよ~ (2, 0.0%)

1 ねえ金吾さん, 早く早く

▼ っという~ (2, 0.0%)

1 ところよ, 追い立ての

▼ っなに~ (2, 0.0%)

1 をいい召さる, をする

▼ っなん~ (2, 0.0%)

1 だと, だろう

▼ っはやく~ (2, 0.0%)

1 この合羽, 乗れ捜して

▼ っばらっと~ (2, 0.0%)

2 栗の

▼ っぱいに手~ (2, 0.0%)

1 をひろげ, をひろげた

▼ っぱい風~ (2, 0.0%)

2 を浴びよう

▼ っぱかり~ (2, 0.0%)

1 可笑しいが, 飲んだん

▼ っぱた~ (2, 0.0%)

1 の氷, までお迎え

▼ っぱち~ (2, 0.0%)

1 ですよ, を跳ねくらせる

▼ っぱっち~ (2, 0.0%)

1 なんにもなりません, 登っても

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 お刺身, と言っ

▼ っぴき~ (2, 0.0%)

1 があっち, は皆

▼ っぴり侍~ (2, 0.0%)

1 とは不, の屁ッチョロ

▼ っぷちで~ (2, 0.0%)

1 ふと危そう, 寒いが

▼ っぺたが~ (2, 0.0%)

1 くすぐったくて, 搗き立て

▼ っぼーっと~ (2, 0.0%)

1 照しだされる, 蒼白い光りで

▼ っまだ~ (2, 0.0%)

1 あぶない, いるかっ

▼ っろう~ (2, 0.0%)

2

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 ーっ, ーっと

▼ っわし~ (2, 0.0%)

1 が部屋, はこの

▼ っパチ~ (2, 0.0%)

1 いい加減, なん

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 としたらしく, と見つめる

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 埓な, 届者

▼ っ人殺し~ (2, 0.0%)

1 だあ, だーい

▼ っ伏せ~ (2, 0.0%)

1 のあり, を見おろし

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 はさ, はしました

▼ っ先生~ (2, 0.0%)

1 どうなすった, も博士

▼ っ児たち~ (2, 0.0%)

1 のこと, を容易

▼ っ児扱い~ (2, 0.0%)

1 で親爺, にし

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 でさあ, でしたが

▼ っ八幡~ (2, 0.0%)

1 っ, っ八幡

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 を引け, を引けっ

▼ っ切り口~ (2, 0.0%)

1 を結ん, を緘

▼ っ切り相手~ (2, 0.0%)

1 にしない, にもし

▼ っ~ (2, 0.0%)

2 八っ

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 っわが, はこんなに

▼ っ坊師~ (2, 0.0%)

1 って何だか, を見

▼ っ坐り~ (2, 0.0%)

1 して, に肘

▼ っ~ (2, 0.0%)

2 だなあ

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 の男, 馬鹿者

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 の巣, の足し

▼ っ左右~ (2, 0.0%)

2

▼ っ引き~ (2, 0.0%)

1 ぐらいを治す, の車

▼ っ引め~ (2, 0.0%)

1 しゃらくせえ真似, どうしてあんな

▼ っ引二人~ (2, 0.0%)

1 のうち弟分, は少なから

▼ っ引仲間~ (2, 0.0%)

1 でもなかなか, で調べ

▼ っ引共~ (2, 0.0%)

1 の手, を従え

▼ っ引宗七~ (2, 0.0%)

1 がやにわに, と八丁堀

▼ っ張お前~ (2, 0.0%)

1 のため, の縁談

▼ っ張りそれ~ (2, 0.0%)

1 だ, は死体

▼ っ張り今~ (2, 0.0%)

1 の様, 迄の経験

▼ っ張り僕~ (2, 0.0%)

1 ののらくら, は運

▼ っ張り駄目~ (2, 0.0%)

1 だったの, でした

▼ っ張り鼻~ (2, 0.0%)

1 には動的, の表現

▼ っ張わたし~ (2, 0.0%)

1 が馬鹿, にはその

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 旗を, 番城の

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 をかい, をかかせ

▼ っ早く~ (2, 0.0%)

1 やらぬと, 出せ

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 をすすりすすり, を少し

▼ っ浜の者~ (2, 0.0%)

1 っ, っ浜の者

▼ っ濃く~ (2, 0.0%)

1 でくでくに, 炒めたもの

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 っ退がれっ, へ捲きつけた

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 の目, は置い

▼ っ細い~ (2, 0.0%)

1 顔南瓜の, 風呂敷包みを

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 が木, だ木

▼ っ羽微塵~ (2, 0.0%)

1 だ, となっ

▼ っ羽木~ (2, 0.0%)

1 っ羽, っ羽微塵

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 っ, っ肚

▼ っ茶苦茶~ (2, 0.0%)

1 だ, に弾劾

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 か, だ

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 の先, の方

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 されて, ぶされて

▼ っ角山~ (2, 0.0%)

1 にみんな, の上

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 の中, を下

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 ですばらしい, に

▼ っ退却~ (2, 0.0%)

2

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 したかの, すと

▼ っ銅鑼~ (2, 0.0%)

2 を打て

▼ っ阿呆~ (2, 0.0%)

1 っ, 止めいと

▼ っ静か~ (2, 0.0%)

1 にし, にしろっ

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 をぐいと, をここ

▼ っ風邪~ (2, 0.0%)

1 だったん, をひき

▼ っ~ (2, 0.0%)

1 を, をお

▼ っ馬鹿~ (2, 0.0%)

2

▼ っ駄目~ (2, 0.0%)

1 かっ死ぬの, っと

▼1* [1022件]

あたしは忘れちまった, っあっくるしい, っあっちのすみ, っあるかぎりの, っあんがよう知っとる, っあんが楽しみに待っ, っあんが煙草がしん, っあんなそんなそんな腕の, っあんに叱られるよ, っいかがなさ, っいざッ, っいつの間にか銅貨を, っいまの間, っいや先へ行け, っううーっ, っうまいぞっ, っうわーっだ, っへんっ, っおい何を, っおかしな考えを, っおっそろしい大金, っおまえたちどうした, っおまえどこの子, っおまけに粗末, っおやおやどっこいすと, っおやじを, っおらは眼, っおれにも腕, っお出ましだぞ, っお父さんがなくなられた, っかい間に沢山, っかえって手を, っかかッて, っかから庄吉が, っかが曲った廃銃, っかきめが, っかくの一族, っかしく不吉であまり, っかすでした, っかっかっ, っかっこうの形, っかって喧嘩の, っかと思った, っかどです, っかどに来た時, っからかった, っからと言って, っからなまあま, っからもする, っかりに親を, っきいお祖母さんだけれど, っきいのがいる, っきし通じねえと, っきし御用がなくなっ, っきし意気地のない, っきし顔の色, っきみのわるい, っきゃあーっ, っきらいなん, っくした絵, っくせえッ, っくそがわるい, っくにこの地球, っくにシリウス星座あたりへ逃げ去っ, っくに一人前の男, っくに俺がやってる, っくに免して, っくに内定して, っくに姿を消し, っくに平地を遁, っくに新橋へ着いた, っくに椎の木の肥し, っくに気が付い, っくに白髪になった, っくに眼を覚まし, っくに私のそうした, っくに考証して, っくに解決して, っくに金を製造所, っくに雨戸を繰り開けた, っくに頸の骨, っくに食事をすましただ, っくらいが彼らの, っくらいな刀が, っくらお出ましになっ, っくらお尋ね申すべ, っくらきられて, っくら持ちや万引き, っくら隠れん坊すべてそういうよう, っくりさり気なく室, っくりそこに坐っ, っくりフォークを動かし, っくり五条大橋に後, っくり伸び上った沢山, っくり体をやすめ, っくり子供で賑やか, っくり悠っくり, っくり返し染め返したり, っくり髪を切られた, っくろ奴, っぐと並びに其中間, っぐらぐらと煮立て, っぐるっぐるっと, っけらへれば, っこいつがあの, っこい堅い重みが, っこい強さには, っこう様の焦げ, っこき野郎, っこく懶げな, っこぞうまでくらいのもの, っこちたことも, っこっちと同じ, っことしたらしいって, っこと別れの眸, っこと縁の源十郎, っこなし傍へ寄ろう, っこなし明朝練兵場よ, っこなし薬は飲まなくっ, っこなし見覚えのある, っこの間に敵, っこましいの, っころだらけのどこ, っころふうちゃんと蛇骨湯, っころ一つない, っころ以下でなければ, っころ入りの千両箱, っころ十二匹をみんなここ, っこ馬もみんな随, っごろっと石, っさあさあ何を, っさっきから見, っさま薪が濡れ, っさらいも同様, っさらしなことばかりなさる, っさんごちそうになる, っさんじょうだん, っさんたまにゃ菓子, っさんとこへ毎日, っさんどこを向い, っさん厭だ, っさん茶飲まねいかよ, っさん血ってえ, っざーっと鳴る, っしっかりしろと, っしったが仕様, っしばらくっ, っすぐさま引っ立てろ, っせっせとお関, っそいつはおもしろい, っそこどもを好き, っそのんびりしよう自動車賃, っそり侵入したもの, っそれが官軍, っそれでも剣客かっ, っそ二人で追い出され, っそ伊豆山へのしち, っそ木島のところ, っそ毎日屋で豆, っそ白痴に生まれたなら, っそ自信のあるらしい, っそ起請文書いて, っそ酒のん, ったい台のよう, ったかだか数百の小勢, ったかみもすぐ, ったしかに命中した, ったたあ, ったちゅうは蛇, ったってさ俺達が, ったってね皆来い, っためにある, ったりはしないよ, ったわけ者がっ, ったん宝塚へ帰る, っちかそれじゃ治療代, っちからいちんちじゅう目, っちごっちに, っちのかんにお, っちのことで目, っちのサラリーなん, っちの世話には相成ら無, っちの事でそんな, っちの周作はこう, っちの娘だ, っちの山の自然薯, っちの彼を心から, っちの怪我で御輿, っちの持ち前だ, っちの方が朝, っちの方角へ行きゃあがった, っちの時間へ食, っちの爛酔の客, っちの給料でこんな, っちの綿よりほか, っちの腰弁当の細長い, っちの葉がまた, っちの部屋はスチーム, っちの間ですけれども, っちの間違いもない, っちの青年は中野君, っちの頃に習うた, っちの飯なん, っちの高柳君は呼びかけた, っちまたんだな, っちやんだと, っちょうです, っちょどこへ行く, っちょろくて話, っちょ奴え潜り戸, っちらの境涯, っちりを受けさせ, っついで御飯を焚い, っついと白い腹, っつつけて, っつながりになっ, っつまらない予想が, っつり目っつり, っつんと塀の, っていうのは, ってでも殿を, ってとは申しませぬが, ってんだ, っめんこく, っとうとう来たか, っとのさまの, っとんびの略称, っどうかしたよ, っどうしても売らない, っどうしてもかえりましぇんか, っどっちにした, っどとしての誇張と, っどどどん, っどどどどっ, っどにもぐりこみました, っどの外に, っなあ益満さん, っなんぞ死を, っとられた腰, っはようどうかせぬかい, っばかやろう, っばかしでもいい, っばかりだからな, っばかりの金を, っばば様あ, っばらから何, っぱいか半ばい位い, っぱいかかっている物干しやいろんな, っぱいさけんだけれど声には出せなかった, っぱいさしてまっしろな御化粧, っぱいちらばって居る卓子, っぱいちらばって壁に豊まろ, っぱいつめたのを出して, っぱいならべてある御神燈, っぱいにかがやいて居る草履, っぱいにさして散らかった紙, っぱいにして二人のそば, っぱいにして女が立っ, っぱいにためた様にかがやきました, っぱいになった見物人の方, っぱいものがみんな出る, っぱいような美麗なもの, っぱいような顔をし, っぱい僕を愛し, っぱい唾がごく, っぱい宙に向っ, っぱい未熟者だという, っぱい汁が舌, っぱい涙が混, っぱい酒の匂い, っぱい間柄であった, っぱい顔をし, っぱうに飛ばし, っぱかしかといわれたよう, っぱかしじゃなかったと思った, っぱかしだけやって女といえ, っぱかしのことを糺すにも, っぱかしの所にずいぶん, っぱかしの石ですがね, っぱかしもしないで人の事, っぱかしも人に秘密, っぱかりか鄙吝れた, っぱかりしか持って, っぱかりしか文庫に採る, っぱかりじゃどうにも, っぱかりでも言って, っぱかりのバターでスープ, っぱかりの儲けを目当, っぱかりの地面をあなた, っぱかりの月給じゃしかた, っぱかりの疲労も感ぜず, っぱかりの病気に遠い, っぱかりもしませんよこれっぱかりもね, っぱかりもなかったほんとよ, っぱかりも他人に悟られ, っぱかりも口にしない, っぱけなろくでもない頭の中, っぱげた役者の素, っぱしがヒラヒラと, っぱしがあたりの枝にかかっ, っぱしがあたりの茨の上, っぱしが一億円なの, っぱしだけの惚れ合い方, っぱしだとか小石などをその, っぱしでも人間の創造物, っぱしでも後生大事に手文庫, っぱしで久富のセリフ, っぱしで気がちがった, っぱしで溝縁にあぶら, っぱしと古い長靴, っぱしとか糸くずといったもの, っぱしと二通の手紙, っぱしにすぎないとしか思えないよう, っぱしにとまったのはこの瞬間, っぱしのようなものの挟まって, っぱしやその他の破片, っぱしやキャベツの腐った, っぱしり藁店へ出かけ, っぱしをたらしてそれを地べたへ引ずり, っぱしをでも漁りに来た, っぱしを手に入れなけれ, っぱし一つだって入れ, っぱし腕がある, っぱし腕利きの者, っぱし葉の一片, っぱじからさぐってみたり袋町という袋町, っぱじで鼻の白粉, っぱじにしがみついている人々の姿, っぱすから戦争, っぱずれなのであたしは微笑ん, っぱずれなラッパの音, っぱずれな声を張りあげ, っぱずれにしていた証拠だ, っぱずれになった歌が家, っぱたらきすりゃあ又ひかった, っぱだの頬も手, っぱちなやり方は残った, っぱったが動かなかった, っぱっちの寺や場, っぱっちの酒でお前, っぱっているのでいくらどう試み, っぱっているよゴロゴロを, っぱっている馬の立てる, っぱと嬶とばくみっこすりゃがって, っぱなおいいなずけにおそむきあそばしてまでも添いとげたとて, っぱなさず歴史に働きかける, っぱなされたままの瓦斯注入口から死人, っぱなされた二つの駕籠, っぱなされている一台の荷馬車, っぱなしでわるち思って, っぱなだけれどそれがまた, っぱなれがよくってで口前, っぱなれがよくって口前がいい, っぱなれもいい方でし, っぱなをたらした子供やひねっこびれた, っぱにおけると同じに, っぱぬいたのはその席, っぱぬいて聞かせましたが, っぱぬくなんて彼奴の憤慨, っぱねといふ程の景気, っぱのあき地に神輿, っぱのひとりの少年にとってそれ, っぱのやうに露をきらめかし, っぱのような餅たべて, っぱの二三片をその, っぱの千切れたの, っぱはほがらかにひびいたと一旦, っぱみじんに消し飛んじまって, っぱやいとんがり長屋, っぱや鉋屑などがくっつい, っぱゆくなったと見えまして, っぱよりもひどくとり扱う, っぱらいが見られずっと, っぱらいじゃあひけを取らねえ, っぱらいに出した後, っぱらいの大たわけ, っぱらいをも少し, っぱらからでもおまえさんじゃあ油断, っぱらがあるのだそこに小屋がけ, っぱらったがふだんはずっと, っぱらって来たろう, っぱらですか家なんかありません, っぱらで螢が飛ん, っぱらと畑の総, っぱらに家がある, っぱらひやかされ嘲られて, っぱられて行って, っぱりおれの家に残っ, っぱりこで一寸仕事, っぱりこですから人柄がなかなか, っぱりこでとっくみ合って, っぱりこな気持のなか, っぱりご用でかい, っぱりだけ強いやや, っぱりだしたことを滅多矢鱈に滔々, っぱりだす手段はない, っぱりでもと云った, っぱりまわされたと見えて, っぱりゃてっぺんだぞ, っぱり水に流し, っぱり筋道をたぐろう, っぱをとばしながらペーチャとニキータ, っぱ一本拾うで, っぱ微塵に爆破, っぱ持ちのよう, っひもが離れた, っびっくりさせやあ, っびゅーっときのう, っびりっ地ひびき, っぴいがその窓, っぴいが木戸傍で待った, っぴおともが仰せつけられたい, っぴお伴を致したい, っぴがんちゃんでなけりゃならねえて, っぴどい目にあわされた, っぴどくやっつけやした訳でへい, っぴどく客を振り飛ばし, っぴどく小言いわれて, っぴどく恥をかかした, っぴどく油を絞った, っぴのおでこのガニ股, っぴらにある, っぴらごめんだと噛りつきたがるはず, っぴりこうやく, っぴりくすりの水, っぴりたまって居るの, っぴろがりに見えるから, っぴろげではなく土蔵造りのところどころ, っぴ江戸ッ子はこう, っふうっとかかりました, っぶすっと時々弾丸が, っぶりぶりぶり, っぷくって見せるぞ, っぷしは七兵衛の手, っぷしをおのおののふところの中に納め, っぷちだけに見当をつけ, っぷちでうつ伏せになっ, っぷちでタラヒに乗った, っぷちでランチの来る, っぷちで商人が車, っぷちで腕組みして, っぷちとも今年でおさらば, っぷちにささやかな家を構えた, っぷちにそって大小十四棟の御, っぷちにとまっている車のそば, っぷちのおでん屋の屋台, っぷちのそのお湯屋のてんぐぶろ, っぷちのは鳶人足や沖仲仕, っぷちへいそぎもうひとり, っぷちまでの間に多分, っぷちや停車場前のほんの, っぷちより旧市内, っぷちをつたいながら弥太堀の近く, っぷちを上へ上, っぷち千坪ばかりの空地, っぷち薬屋ガールの家, っぷち道をゆっくり, っぷてえ奴だ, っっ, っべっと吐き出しつつ, っぺいを憐れむ, っぺいとはできが違いますので, っぺいばかしでいけませんが何ぞ面白, っぺい水があん, っぺい話でいけねえ, っぺえなああくがあっ, っぺえなあ駄目だあ, っぺえ話で面白く, っぺがいないんで腐ってるのね, っぺさんにおって貰って, っぺし込んで, っぺしょってくるくると縛りつけたの, っぺたがちぎれる程おいしく, っぺたがときどきピクピクとつる人, っぺたがとけたような心持であった, っぺたがひっぱたかれたように赤くなっ, っぺたがふっくりと膨らんで, っぺたがまるく目が人形, っぺただの額だの唇, っぺたと大きな, っぺたとそこへおちてる, っぺたとへ一どきに自分, っぺたと同様に厳冬, っぺたと喉の境, っぺたと耳との間, っぺたと顋とへやっと, っぺたにあててどなりますすると正面, っぺたにある赤いさし毛, っぺたにおしあててうらがえしの, っぺたにお民の手, っぺたにがあんと一発横びんたが飛んだ, っぺたにこびりつけた菌が少し, っぺたにさわってべたべたに脂だらけになった, っぺたには白く光る, っぺたにむちが来る, っぺたに力を籠め, っぺたのみもち, っぺたのあたりを鳥肌たてながらおくれない, っぺたのはたん杏色はいっそう, っぺたのひろがったその犬は最初, っぺたのような天真爛漫な率直さ, っぺたの下の方, っぺたの眼の柔和, っぺたの色は日に日に, っぺたの髪の房, っぺたへかけて瓦斯の焔, っぺたまでかみ切られて, っぺたも赤くて, っぺたや口のまわり, っぺたや胡坐のかき工合, っぺたをうったんじゃ手の方, っぺたをおさえながら右手を大きく, っぺたをおっ附けるよう, っぺたをした太った横著者共, っぺたをしてずんぐりした, っぺたをたたいたらうれしそう, っぺたをちょっとお貸しわたし, っぺたをつめたい窓硝子に寄せる, っぺたをはたかれたハルレキンのよう, っぺたをはりつけてかれの, っぺたをひっぱたかれたからそれでこうして暴れ出し, っぺたをひっぱたかれるや否や悲鳴, っぺたをふくらまして微笑んで, っぺたをふくらませたる彼は前, っぺたをぶたれたら左の頬, っぺたをぶたれれば左もはいっ, っぺたをぼりぼり掻き出した, っぺたをもやしていたのだからくまもよりつかなかった, っぺたを一匙喰べて見, っぺたブラさげて, っぺた縦に来た, っぺのこ掻っ潰されなよと, っぺらなんだ広いなあ, っぺらのような物を持, っぺらの面をし, っぺん新橋の橋, っぺん病室へ引っ, っぺん病院へ引っ, っぺん私の手, っぺん箱根へ戻れ, っほんとうにひっくりかえり, っぼくっと, っぽっぽっである, ってっもう, っみな殺しにし, っめずらしいじゃない, っもしッ, っものいわすな, っやあいっ待てえっ, っやかましいっ, っやかましいやい, っやはり死ぬ気, っせったら, っよく眠った, っよしか, っよしない事, っりんりりっりん, っわが君, っわたくし今夜は思い余っ, っわれに反, っわんっ, っコキで十人以上, っコリッコリコリッカリッ, っゴンゴラ総指揮官, っジャックきさま, っチョに冠, っテエ事がある, っトボケてやった, っパラ悪態ついたよ, っピイか, っピストルがこわく, っピリとうかん, っベルが鳴っ, っペらで紙細工, っペイはこの, っペラさやモーロク, っペンに二十円, っボートがなくなった, っーきょうーとつづけ, っっ走り, っ一人で歩く, っ一喝を喰らわせ, っ一寸小便めびっくりし, っ一致して, っ一角だな, っにし, っ丁寧な挨拶, っ上出来っ, っ不愍だが, っ丹波栗のお, っうんだもの, っ二つに切っ, っ五六七っ, っ人殺しイっ, っ人騒がせな奴, っ仁十っ市助, っ今ごろは砂糖水, っ今夜こそ警察, っに出なさんし, っの頸, っ仕様がねえ, っ仙波八郎太が一期, っ仮借いたすなっ, っ仲間へ触れりゃ, っ似非坊主の沢庵, っ位気分がよく, っ佐太郎だなっ, っ佐太郎待てっ, っ何たることを, っ作内っ, っ威張りやあ, っせ志士, っ偽者返辞をせぬ, っ児さんお前はひとり, っ児どもが政治上, っ児ひとりいなかったという, っ児ぶりは許すべき, っ児みたいな気焔, っ児らは小石, っ児中文壇に縁, っ児天下の助五郎, っ児時代の記憶, っ児末代までの恥, っ児気質のお, っ児的である, っ児相手のこと, っ児肌が返っ, っ児詩人の詩, っ児鉄火のよう, っ入りしたん, っ其奴っ, っ典医を呼べっ, っでよ, っ出ろっ, っ刃抜きと思っ, っ切に往かないから, っ切りパッタリと来なくなりました, っ切り元のうとうとしい, っ切り包丁抜いて, っ切り呑込む外, っ切り夫のある, っ切り察しようがなかっ, っ切り息が絶えた, っ切り此処へ来ない, っ切り気風が違っ, っ切り眼のない, っ切り見当もつきません, っ切り誤解して, っ切り顔を見せませんでした, っ刎ねたが, っ刻申上げた通り, っ前歯が折れ, っ動揺する貴様, っの袖, っ千二こりゃえらく, っ卑怯っやあ, っ卑怯者っ, っ卑怯者不孝者待たんかっ, っ卑法者っ, っ卯木っ, っいっ放せっ, っ原それからひろい, っ右手へ逃げい, っ合図を, っ合戦だ, っ名折れだぞ, っ呆けてやり込めた, っが出, っましい, っしたもの, っをいえ, っりの, っ四ツ本卑怯者っ, っ地ひびきがおわった, っがいるで, っ坊め下らぬごたごた, っ垂れの大, っ城将の三郎進, っ城頭へ駈け上っ, っ堀上の島西代荒川河役前四ツ谷前など数里, っ堅気じゃあるめえし皆さん俺, っ変化愚かな狐伎, っだったの, っ大丈夫か, っ大江へ行け, っ大金持ちになりたいだ, っ太い奴が, っ太史慈が出た, っ太郎左衛門殿っ, っ妓たちは総, っ妙子っ, っを打った, っ姉さんっ, っの細首, っっ, っ嫌いだ, っ孫堅を生, っ安政っ, っ将門だぞ, っ尋常に勝負, っ小作やって, っ少しは戦, っ屋根ぶねの, っだ底, っまでとっとと, っ巨魁をのがす, っ市助っ, っのよう, っ布片で包まれ, っ平に賄賂を, っ庄吉が, っ庄次郎面目などと人, っい手拭, っ度い草色の股引, っ座りになった, っ引その他の御用, っ引どもが来, っ引め俺が怪しい, っ引らの報告, っ引一同に対してかれ, っ引勘次の眼, っ引大根畠の金太, っ引奴どこへ眼玉, っ引将軍様の前, っ引彦兵衛の頭, っ引御用聞が投, っ引早耳三次が手がけた, っ引本能がジッ, っ引根性が出た, っ引留五郎の家, っ引葬式彦兵衛は鶏, っ引藤吉の岡, っ引釘抜藤吉が乾児, っ引釘抜藤吉乾児勘弁勘次に葬式彦兵衛, っ弥惣っ, っ弱い奴だ, っ張お嬢様と何処, っ張お玉の方, っ張ここの方, っ張そこにうぬぼれ, っ張それぎり返事を差し上げない, っ張どこか心細い, っ張ぼんやりして, っ張りあんたの云う, っ張りおれの安否, っ張りお父さんは偉い, っ張りすべてはお, っ張りナカナカな打撃, っ張り三万円が欲しく, っ張り三千代の事, っ張り今度来た人, っ張り会社の, っ張り何んやナ, っ張り兄貴がお, っ張り内からは返辞, っ張り各自に考えさせられ, っ張り君もそう, っ張り四五十人になる, っ張り夫れさ, っ張り失敗になる, っ張り妙な恥, っ張り容易ならぬ事, っ張り将官と佐官, っ張り左様じゃ, っ張り平常の様, っ張り平生の代, っ張り彼の時, っ張り後をつけ, っ張り恩を感じ, っ張り懸賞の金, っ張り手蹟が好い, っ張り旧来の通り, っ張り昔しの平岡で今, っ張り普通の顔, っ張り本当だったわよ, っ張り本性違わずだな, っ張り極らないわ, っ張り横着な態度, っ張り檻なの, っ張り江戸に対して, っ張り江戸ッ子たるを免れなかった, っ張り洋服を着た, っ張り滝壺の中, っ張り片附けて, っ張り現代的滑稽の標本ぢ, っ張り男がいた, っ張り町奉行の品格, っ張り空家さ, っ張り立派な小説家, っ張り結婚が先決問題, っ張り縁が有る, っ張り自分で負わなけりゃならない, っ張り藤野から泣き付い, っ張り術で出した, っ張り詩や小説, っ張り運のない, っ張り道楽でならった, っ張り雲の中, っ張り電話は要らない, っ張り露西亜文学を鼓吹, っ張二長町仕込はいう, っ張今度の話, っ張何かほっと, っ張何んのかの, っ張僕一人かも知れない, っ張夢のよう, っ張媒人口だなあ, っ張宿の主, っ張年をとった, っ張律儀だ, っ張恰好がつかねえ, っ張書置をたて, っ張最後まで読ん, っ張朴の花, っ張此日記を私, っ張殿だ, っ張法を説く, っ張田代が長命寺, っ張発句のほう, っ張私と同じ, っ張笛を吹い, っ張紅殻塗りの古い, っ張自分の思った, っ張誰にも理解, っ張頭の君, っ強いといばった, っ強うがす, っ強情な奴, っ途も, っ彼処に一人, っ彼方へ行ってろ, っの証拠, っ徐庶っ, っ心配すな, っ忠信っ, っ怖いのか, っ思慮なし, っ怪し火じゃと, っ怪我をしなかった, っ恐ろしく御機嫌が, っ戸外へ, っが閉まった, っ手前こそ何, っ手向いを, っ扱きである, っ渡れ, っ拂いの先生, っ拳一つじゃ斬り結ぶ, っって行き, っかっ, っ斎木っ, っ方山との対陣, っ方脱けおちて, っの者, っ旗本の家, っ日前に帰っ, っ旦那様っ, っ小僧だ, っ早もう重心方向が, っ昨夜から何, っもその, っ時瞑想の後, っ時違いですでに, っ見上げた才子, っ晴れと感じた, っ晴れ神君御血筋, っ暗かった, っ暗くなって, っらしの, っ曲者っ, っ曹操を, っ引っちぎる, っ板の間に壁, っ枯しの爛熟し切った美女お金, っこの座さね, っ棟方どのっすぐ, っ横着なやつ, ってたの, っ正直というの, っ此奴を退, っ武士かっそれでも, っ武蔵っ, っ武蔵さんっ, っ死がいがし, っとしてなぜ, っ母屋へ跳びこん, っ比べをし, っ毛団栗眼の, っ毛大兵肥満の大, っ気味が悪くなったの, っ気味悪い坊主の, っ気味悪くて堪, っ気無しの病人, っはもう, っ水水水が, っなく思わないでは, っは元来, っ沢庵っ, っい生活, っ泥棒っ, っ洟これが十二万五千石, っ海尻の喜助, っ垂らして, っ溜飲が下っただろう, っ潰しにし, っすぎるかも, っが, っ火の手が, っ炎上とは御所, っ無用の鉞, っを立て, っじゃ, っ物見の者, っっ, っが出る, っっお, っ玉だらけの細帯, っ玉一つで青銅, っ町人とはちがう, っ番士きっと護衛, っ疾く帰れと, ったっ, っ盗っ人猫みたいに女房, っがまわる, っ直に申上げねえかっ, っ相手が違うっ, っ張り牧, っ破片ぶっかい, っ確乎りせい, っ稼ぎだ, っない存在, っから外, っ端一本散らかって, っをやっさもっさ, っ粒これだけのもん, っ素ッ裸でかじりつくた, っ素浪人の痩浪人, っ細引を, っ縁うっかりすると, っを解い, っりの, っ賊, っ老母をおい, っに蓋し, っ腹位捕って, っ腹切ッてお, っ膚足に朝露, っ臭い山の, っ臭くなっちまって, っだ, っを出せ, っ船頭の分際, っ苦しすぎる, っ苦しくおっしゃられると, っ茶けたコートを着, っ茶けた光の中, っ茶けた建物の窓, っ茶けた木綿の上着, っ茶けた襖の前, っ葉天狗さ, っ葉微塵姿は消え, っ葉悪魔ぐらいにしか見えなくなっ, っ葉旗本貧乏御家人のその, っ葉武士なの, っ葉武者に追, っ葉野郎どもを投げ飛ばした, っな顔, っの者, っ蕭関へ, っ薩摩隼人は死ん, っを割った, っ薬湯を持っ, っ虫食い瓜まだ帰っ, っに呑まれ, っ血祭りぞ, ったの, っで罪滅ぼし, っばき, っりだと, っ許しが無く, っ将, っ警察へ突きだし, っ貂蝉っ, っ貴様何者だっ, っ船屋の, っ走り報せに行っ, っ走り馬喰町の吉野屋, っえ棺桶, っ返しや横ちょ, っ逃ぐるなかれ, っを寄れ, っ道誉が, っ遠慮致せ, っ部将輩その船虫みたい, っ酔どれに愚図愚図, っえこった, っ野郎っどう, っで戦, っ鉄砲隊にあれ, っ開門っ, っ間道へ向え, っ関羽を押し出せ, っをくだれっ, っ阿呆右へよけろ, っしか来ねえ, っ陪臣の身, っ隠密だと, っ霧谷の岩牢, っっ, っがしなくなった, っ頓興に発展, っの傷, っにその, っ飛行機にのっ, っ馬印をこれ, っ馬車を止めい, っ馬鹿馬鹿馬鹿っ, っけろっ, っ高崎行が出る, っをでんぐり返し, っ鼻ぺちゃ向かんか, っ鼻赤ら顔に縮れっ