青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ぢ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ちょっと ちょっと~ ちょっとした~ ~ちよ ちよ~ ちよい~ ~ちら ちら~ ちらちら~ ~ぢ
ぢ~
~っ っ~ っきり~ ~った った~ ~つ つ~ ~つい つい~ ~ついた

「ぢ~」 30631, 331ppm, 293位

▼ ぢ~ (20586, 67.2%)

4123 ないか 2028 ありませんか 969 ない 713 ないの 334 ありませんよ 329 ねえ 316 ないん 302 ありません 288 ないよ 268 ないかと 237 アない 119 あるめ 112 ないが 95 ないで, ないと 94 ございません 92 なくつて 91 ねえか 80 ないかね 78 なくて, 無いか 75 ございませんか, な 72 ないです, ないのよ 69 ないから 67 ありませんね, ないかしら 66 あるまい, あるまいし 65 が, ないわ 6260 ないぜ 50 ないぞ 48 御座いません 47 御座いませんか 46 ありませんが, あるまいな, て 45 無い 44 アありません 43 ないかな 41 無いん 40 なかつたの, 無いの 36 ないね 3432 なからう 30 ありませんがね, ないかといふ 29 有ません 28 なかつた, 親分 27 あるまいね, ございませんが 26 い, ないだらう, なかつたん, 無えか, 駄目だ 25 無かつ 24 ないさ, ないんで, 無いよ 23 僕は 22 から, ねエ 21 あるまいか, ないわよ 20 ないぢ, ね, のう, 君は 19 仕方が 18 さよなら, なし, なア, 俺は 17 ないけれど, ないな, によつて, の, もの, 言へ 16 ありませんの, ないけど, アよ 15 ありませんぜ, あるまいかと, からな, ないやう, ア, 俺が, 無からう 14 ありませんかね, お前の

13 [12件] あなたは, あるまいよ, あんめえ, お前は, ないからね, ないし, わい, 御座いませんが, 有りませんか, 私は, 私も, 訊くが

12 ありませんわ, ございませんよ, つた, ないつて, アね, 無いが, 無いぜ, 無え, 私が

11 ないといふ, 今日は, 僕が, 僕の, 僕も

10 げな, ないかい, ないこと, なえ, ねえよ, 下手人は, 何を, 私の, 迚も, 間に

9 あるまいと, どうする, ないン, アどう, ア御座いません, 君の, 無いかと, 無いわ

8 [12件] いけない, うぶだ, がお, つたと, で, ないかしらと, ないかも, ないや, なしに, アあるまい, 何か, 勝手に

7 [17件] あるめえな, がその, がわし, これを, さう, ちよいと, なあ, ない人, もつと, ァない, アもう, 仕樣, 何んにも, 無いと, 話に, 錢形の, 頼むぜ

6 [22件] ありませんかと, ありません私, それは, どうした, どうだ, ないからな, ないがね, ないわね, ない私, なかつたか, なかつたかしら, もう一つ, アお, アねえか, 一と, 今は, 何う, 何だ, 手に, 手の, 無いで, 無いのよ

5 [46件] あたしが, あつしも, ありますまい, ありませんから, ありませんや, あるし, あんたの, あ何, いけませんか, え, お孃さん, がな, が今, ないかとも, ないこれ, ないその, ないぞよ, ないて, ないらしい, ないわい, ない俺, なかつたやう, なささうだ, アさ, アなかつた, アなし, アまた, ナ, 三輪の, 今度は, 仕様が, 何んだ, 何處へ, 兎も, 失敬, 居ません, 左様なら, 待つて, 手が, 斯う, 明日の, 濟ま, 無いだらう, 無いです, 無えの, 誰が

4 [75件] ありませぬか, ありませんかねえ, ありませんからね, ありませんわね, ありや, あるまいから, あるまいが, あるまいネ, いへ, おめ, お前が, がと今朝起きぬけ, が嘘ぢ, が女子, けれど, こ, これで, ございませんの, して, それが, だめだ, つたに, つた栢が, でもう, で其, どうしろ, ないあれ, ないかいな, ないかなあ, ないかねえ, ないので, ないツ, ない自分, なう, なかつたが, なかつたつけ, なかつたで, なかつたと, なかつたね, なかつたのに, ねえお, ねエが, ものなう, やら, やりきれない, よかつ, ア私も, 一緒に, 云へ, 人の, 仕やう, 伺ひますが, 何でも, 何も, 俺の, 俺れ, 可かん, 君が, 君も, 唯の, 困るぢ, 困るよ, 埒が, 此の, 濟みません, 無いから, 無いつて, 無いんで, 無えぜ, 無えんだ, 無理も, 行つ, 見當, 貴方は, 面白くない

3 [152件] あつしの, あなたの, あなたも, あの娘, ありますまいか, ありませんけど, ありませんけれど, ありませんな, ありやしない, あるが, あるけれど, いかん, いけないよ, いけません, いつまで, うぶです, おとつ, お前も, お宅, お氣, お父さんは, お話に, お願, かうし, からお前, から僕, から君, から遠慮, が大, げえ, これは, これや, ございませんかしら, ございませんから, ごわせん, さやう, それを, そんなこと, ぞよ, ちつとも, ちやうど, ちよつと, つかんぢ, でな, どうすれ, どうぢ, どうです, どうなる, ないあの, ないかつて, ないかなどと, ないかよ, ないからねえ, ないがな, ないこ, ないこの, ないそれ, ないとも, ないのね, ないは, ないもう, ないもの, ないわけ, ないんぢ, ない僕, ない本当, ない筈, なかつ, なかつたな, なかつたのよ, なかつたんで, なかつた筈, なからうかと, なくな, なさ, なし私, なんだ, なんです, ねいか, ねえかな, ねえそれ, ねえだ, ねえと, ねえ俺, ねえ親分, ねエか, まあ, まあ仕方, またあと, むづかしからう, アおれが, アかう, アこれを, アその, アまだ, アまア, ア仕方が, ア私が, 下手人の, 今の, 仕方ない, 仲, 何うし, 何うにも, 何が, 何です, 何に, 何時まで, 俺も, 兎に, 分つたか, 別れよう, 困る, 困るん, 堪らない, 大急ぎで, 失敬する, 妾が, 御免よ, 御座いませんよ, 教へて, 明日は, 有ますまい, 氣に, 氣の, 油斷が, 無から, 無くて, 無し, 無理だ, 猫の, 相手は, 私と, 私に, 行つて來ます, 行つて来る, 行つて見よう, 親分は, 言ひ, 言ふ, 評判が, 話が, 誰だ, 誰れ, 通用しねえ, 連れて, 間違ひ, 頼んだよ, 食へ, 駄目ぢや, 駄目です, 駄目な

2 [412件] あたしと, あたしは, あたしも, あつしは, あねえや, あの野郎, ありは, ありますまいね, ありませんかつて, ありませんかな, ありませんとも, ありませんので, あるまいかといふ, あるまいかな, あるめいし, あるめエ, あんたも, あんでも, あんなこと, あゝりません, あ今度, あ仕様, あ僕, いけないと, いけねえ, いけやせん, いそんな, いつそ, いと, いやだ, いらつし, うそぢや, うちの, うぶな, おかみさん, おれだ, お供, お先に, お内儀さん, お前さんは, お前さんも, お前何か, お神さん, か, かうして, かなは, からし, からその, から些, から今後, から俺, がお前様, がこの, がこれ, がそれ, がわが, が彼, が恁, が此, が私, が稗飯, が肝腎齋, きつと, きみは, くりながら, けしからん不, げにご, ここで, こちと, こちらへ, これから先, これだけ, ございますが, ございますまい, ございませんので, ございませんのね, ございませんもの, ございませんわ, ごぜえ, ごわし, ごわせんかい, さん, し, しかたが, すに, ぜ, その時, それすら, それで, それと, それに, そんな事, たまらない, ちつと, つたで, つたのです, つまんないわ, てのう, で法華経, で法華經, とてもやりきれない, と説かれ, どうにも, どうにもなるまい, どうも, どんなこと, ないあつしは, ないあんな, ないお, ないお前, ないかしらん, ないかネ, ないけれども, ないしかし, ないそんな, ないつてこと, ないとか, ないところ, ないとは, ないはばかりながら, ないもつ, ないもん, ないわし, ないチヨツ, ないネ, ない五人, ない人間, ない同時に, ない大, ない女, ない女房, ない居る, ない彼, ない樣子, ない気, ない源助さん, ない立派, ない美, ない誰, ない金, なかつたかね, なかつたですか, なかつたよ, なかつたらうかと, なかつたわ, なかつたわけ, なかつたン, なくあした, なくさ, なくても, なくてよ, なくなつ, なくなつた, なささうです, なしさ, なしそれ, なし役場, なぞと, なんでも, なんにも, なんの, ねえあの, ねえかえ, ねえかそんな, ねえかねえ, ねえかよ, ねえか本, ねえか畜生, ねえその, ねえや, ねえやな, ねえ錢形, ねェ, ねェか, ね芳ちやん, のと, また, また明日, まづい, まともな, みて, もう遅い, やつて, やつぱり競馬の, わ, わいの, わからないが, わしが, わしの, わしも, わたしも, んである, んに, んの, ァなぜ, アある, アあんな, アあんまり, アいけねえ, アお前が, アお前は, アこ, アこれは, アございません, アさよなら, アとても, アな, アなから, アマア待つ, ア僕と, ア僕は, ア僕も, ア勝手に, ア又, ア君は, ア失敬する, ア早く, ア有りません, ア歸る, ア無, ア矢ツ張り, ア私は, ア行つ, ア買つて来ませう, ア頼む, ア駄目だ, シェークスピアの, マア遊軍と, モ一つええ, 一寸と, 一寸行つて, 上の, 不可い, 不可ない, 不足だ, 不足な, 世間体が, 中, 些とも, 交番へ, 人は, 人買ぢや, 人間の, 今から, 今夜の, 今年は, 今年も, 今日だけ, 仕事を, 他に, 任せべ, 何うだ, 何の, 何ぼ, 何処へも, 何卒伴れ, 何方に, 先き, 先に, 先へ, 先生に, 先生は, 兎ても, 全く珍しい, 八寸一分, 六づかしい, 内地に, 出かけませう, 出かけよう, 出せまいし, 出掛けようか, 初ちやん, 勉強が, 十手捕, 半身だけね, 厶いません, 又, 又来る, 可哀, 名前を, 君に, 君等は, 命が, 商賣, 困りますね, 困るぜ, 圍ひ, 売つて, 外に, 外へ, 大丈夫です, 大事に, 大人の, 大變, 天井の, 失敬します, 妾の, 妾達も, 姉さんは, 宅へ, 安心が, 容易に, 少しは, 少し話, 居らんね, 左樣なら, 帰りに, 平生より, 役不足だ, 待つてるぞ, 後を, 御主人, 御免下さい, 御姉様, 御座いませんでした, 御座いませんですか, 御座ません, 心もとないから, 心配してらつ, 怎し, 怎も, 恰で, 惡いでせう, 意味ない, 我輩が, 手も, 手を, 手紙が, 手紙も, 扱へ, 折角お, 折角の, 斯うしようぢや, 施けて, 旦那に, 旦那も, 早くお, 早速仰せ, 明日でも, 書けねえもん, 最う古典, 有りません, 有りませんよ, 本當, 案内しろ, 止さうか, 此れ, 此方の, 此方へ, 此次に, 此處で, 歩きながら, 水道の, 水道は, 江戸の, 池の, 海辺へ, 清子さんも, 滅多に, 濟むめえ, 無いけどね, 無いさ, 無いもの, 無いや, 無いわよ, 無い私, 無か, 無くつ, 無し父, 然う, 牛乳を, 田川君私は, 申上げます, 痛快だ, 皆な, 眼許り, 着物を, 矢張り, 私, 私だ, 綺麗な, 縁が, 置いて, 胸が, 自分が, 自分の, 自分は, 行つても, 行つて來る, 行つて參ります, 見られませんね, 親分さん, 親父の, 言はれない, 言ふよ, 訊きますが, 訳は, 話にも, 読んで, 誰と, 誰に, 變な, 貴女方自分の, 貴方が, 貴方吃驚いたしました, 賣物, 酒の, 釣合は, 院線で, 頼みますよ, 餘り, 駄目

1 [4589件 抜粋] ああし, あかへ, あたしに, あつた, あとで, あのね, あの山, あの番頭, あまた欲しい, ありあんす, ありませんあの, ありませんこと, ありませんでしたね, ありません何, ありません現物, ありまやん, あるけれども, あるまいし左, あるまい多分, あれくらゐ, あんなところ, あんまり, あんまり流行らない, あモデル, あ君, あ惡, あ皆さん, あ莞爾, いいこと, いかんぞ, いくらも, いけないとも, いけねえだ, いつぺんやつて, いまどきいくら田舍, いらないわよ, うぶ, うまく仲人, えねか, おそくなつ, おへん, お主さ, お價値, お前だけ, お前達は, お君, お帰り, お昼過ぎ, お父さんも, お篠, お茶の間, お通しづき, お銀, お魚, かご, からそんなに, からなあ, からわし, から伯父, から助, から成り立つ, から是非, から空想, があんた, がさ, がつひぞ見馴れない, がねえ, がもう, が人數, が其, が口熱, が恐らく, が更に, が燒原, が迚, きのこは, けどかうし, けれどの濡れた, こちらが, この世の中, この村ぢ, この騒ぎぢ, これからもう家, これから行く, これも, こんな御, ございませんちよい, ございませんへ, ござんせぬ, さあ行かう, さすつて, さら, しばらくあたれ, すぐ行く, すまないのでね, せめて一本燗, そなた, その中, その新聞, それから後, それにも, それ此の, そんなもの, ぞさも, たえしたもん, だめよ, ついでに, つたの, つた江尾の, つて私随分, てお, てんでに我が, できないこと, といふこと, とかだ, とても, とても突, とにかく結果, と大事さうに頭, どう, どうしてしない, どうして用心, どうぞ, どうにも手, どうも感心, どつ, どんな作家, なあに, ないあんた, ないかお買ひよ, ないからなあ, ないこり, ないそして, ないつていふ, ないとおつ, ないにさ, ないみんな, ないキツプ売, ない一寸, ない不信, ない二度目, ない会話, ない便所, ない円, ない口, ない品川, ない始終, ない少くとも, ない悉く, ない拾つたん, ない早く何ん, ない梯子, ない此処, ない浅黒いとまでは, ない田舎, ない神様, ない罰, ない芸術家, ない許婚, ない邪推, ない静さん, なお上, なかつたけれど, なかつたらこの, なかなか感じ, なくかつ子, なくなる人間, なく僕, なしいふ, なしな, なし全く, なし愛, なし管, なぜ一人, なと心づい, なにを, なるめ, なモシ, な自製, ねえお前, ねえかそん, ねえから, ねえか打つたつ, ねえこれ, ねえぞ大, ねえまご, ねえよさ, ねえ丈吉, ねえ俺ら家, ねえ大名, ねえ引拔, ねえ此邊, ねえ盲目, ねえ詰ん, ねエかヨ, ね今晩, のうそれ毬, の己, はつきり写らない, ひよ鳥や, ほんとの, ま, まあよく来た, まあ那辺, またこの, また来年, まだ疑念, まに, まるで死ん, みみずが, むろん問題, もうゐやしない, もう一盃, もう少しその, もう旨い, もう留めない, もう食べ, やい, やつぱり姉さん悪る, やらう姉さん, やれしんどい, よくお, よとそれ, よ余, ろが, わい坂口アンゴウ, わかるまい, わたし今から, ゐなかつただね, んです, ァせ, アあがらなかつた, アあの, アお前の, アさうな, アどうも, アねえだらう, アやり切れません, アノ, ア下の, ア今夜に, ア何分, ア其積で, ア君の, ア女でも, ア弟の, ア手療治の, ア昼だけ, ア梅廼屋の, ア氣が, ア生活は, ア私とても, ア置きません, ア貴, ア間貸しを, ア駄目です, オレは, コウモリなんか, ストーヴの, ニヤンちやん, ビール一本二百円から, モウ病床に, 一つそれを, 一の, 一円七十銭の, 一寸だ, 一日にや, 一枚借り, 一週間以内に, 万一青い, 三吉の, 上へ, 不作法な, 世柄よく, 中戸川吉二は, 之が, 事実で, 二時から, 云ふたつて, 人のを, 人間で無い, 今に, 今度小学校も, 今晩飯を, 他からでも, 仲人が, 伝はりや, 佐藤春夫は, 何し, 何と, 何にも, 何処かへ, 何故俺, 何時迄, 余り軽い, 信者達は, 俺より, 俺一人だけで, 停車場の, 僕を, 僞首ぢや, 先代の, 全く, 八丁堀の, 八重の, 其の理由, 其細君は, 再來, 出來まい, 刀など, 分別盛だ, 別れたらい, 前もつ, 助か, 勘次さんお, 十五人に, 千吉君の, 危なくて, 去年僕が, 又會, 反つて妹, 叔父さん人間は, 口惜しくたつ, 可哀想で, 名なんかも, 君もう少し, 君済まん, 呼吸を, 唯ごろ, 善人らしくありません, 困つたなあ, 困るな, 地獄に, 堪忍し, 外へも, 夢だつた, 大そう心配, 大変な, 大膳坊倉の, 失敗する, 女ぢ, 好い男, 姉さんばかりが, 始終袴を, 媒酌は, 守公の, 定めし酷い, 家の, 寂しすぎる, 寝ないの, 小い, 少しあくど, 尚ほ荒立てさせる, 居られないぜ, 屹度推しかけ, 左う, 帰つて来, 幣束だ, 年寄猫の, 幾松に, 廻れやしない, 引越してから, 影が, 後で見せ, 御一所, 御嬢さん, 御座いませんの, 御新造の, 御金, 心配し, 怖いと, 恁う, 悪いの, 愈々以つて, 懸賞小説ぢや, 我輩の, 戻せないこと, 手前も, 打つとも, 拙かつ, 按摩稼業が, 搜し, 教室で, 斬り結ぶわけ, 旅といふほどの, 旨くない, 早く帰る, 早速眼, 明日また, 昨夜戌刻から, 晝と, 暫らく此守袋を, 月末の, 未だ歩, 札差が, 来たけれど, 松島確乎せん, 梅子私は, 橋の, 止れその, 此処に, 此頃の, 歸りませう, 死ねないもん, 母さんと, 気の毒ぢやと, 水に, 決して憎く, 泣いて, 洒落にも, 淋しいこんだ, 湯なんて, 濟むまいからそれより, 災難として, 無いか別, 無いね, 無いんでさ, 無い御府内, 無い肛門, 無えと言, 無しそれに, 無ら, 燃す木, 爺がんだ, 物足りないからね, 玉屋へ, 生仏さまぢ, 田村君も, 町内の, 疑ふ氣, 白米を, 皆の, 目鼻が, 直ぐ行かう, 相生町の, 眼は, 知つてるだらう, 破れませんや, 私あ, 私今晩から, 穴へ, 笄の, 粒も, 純ちやん, 組合まで, 縛つて了ひませう, 罪亡ぼし, 考へられない心理, 職人が, 能く解らない, 膳には, 臭いわ, 色男も, 若し, 苦勞しただ, 落語の, 藁か, 血と, 行きませんよ, 行つていい, 行先は, 褒美は, 見ちや, 見張りも, 親分三日ばかり, 解らないねえ, 解説が, 設計し, 話すさ, 読みこなせないもの, 談します, 讀みやう, 責めてた, 貴所から, 買つてやらう, 質受を, 足の, 踊も, 近いうち, 追ひ付く, 途方に, 連添ふ, 道なんか, 那処を, 醜態を, 鈴さんは, 開かねえ, 隆さん明日また, 隨分相談相手位に, 雲華寺といふ, 面洗あ, 頭が, 顏は, 飮んで, 餘ンまりは, 馬鹿には, 驚かないかも, 高飛びした, 鰯の, 黒川さん達は

▼ ぢつと~ (1064, 3.5%)

51 見て 31 眺めて, 見詰めて 30 見つめて 26 眼を 23 耳を 19 目を 13 坐つて, 立つて 12 それを 10 見た 9 見詰めた 8 考へ 7 そこに, 彼の, 待つて, 私の, 考へて 6 動かずに, 息を, 聴いて, 見つめた 5 こらへ, みて, 堪へて, 彼女を, 眺め入, 自分の, 見ま 4 こちらを, 彼を, 押へて, 眺めた, 私を, 若人たちの, 顔を

3 [20件] すわつて, それに, わしを, 三藏の, 凝視めて, 我慢し, 房一の, 椅子に, 此方を, 相手の, 相手を, 聞いて, 聽い, 自分を, 見あげて, 見送つて, 身に, 身体を, 身動きも, 辛抱し

2 [59件] お前の, すまして, そ, その顔, たへて, みつめて, わたくしを, 下を, 仰向けに, 佇んだ, 佇んで, 俯向い, 僕の, 僕を, 兩手を, 其処に, 唇を, 外を, 寢て, 對うてゐる, 座つて居た, 彼女の, 彼等の, 机に, 杜子春の, 汽車の, 浸つて, 瑠璃子の, 眸を, 睨んで, 瞳を, 私が, 空を, 立つたま, 立止まつ, 細君の, 胸に, 腕を, 腕組みを, 腰を, 落ちついて, 薄あかりの, 見つめながら, 見てから, 見ました, 見やつ, 見入つてゐた, 見守つて, 見据ゑてゐた, 見詰めながら, 蹲つ, 車の, 青年の, 静かに, 静まつて, 面を, 頭を, 首を, 黙つて

1 [488件] あゝいふ, うごかずに, うす暗い茶の間, うちに, うづく, うなだれたま, おいよさん, おきみ, おとなしく寢, おもひつ, お家で, お富, からだ, きいて, こちらに, こつちに, こつちを, この不安, この声, この様子, この湖景, この画, この白い, この舟, こみあげて, こらへた, こらへられる, そそいで, そちらの, その, その一部始終, その下人, その不謹慎, その人, その儘寝, その前, その匂, その声, その子, その寝顔, その岩, その帰趨, その影, その後ろ姿, その批評, その方, その杉, その様子, その樫, その母, その眼, その私, その美しい, その薄, その裁判, その話, その踊り, その音, そらを, そんな風, たんぽぽの, ち, ぢつ, ぢつと, つかれたやう, つぐまつて, とまつ, ながめて, なにかを, はいつて, ばかりに凝視め, ふれあつ, またたきも, また杖, まつすぐ, みた, みつめながら, みつめるとき, りと, わが顔, わたしの, わたしを, ウツボの, エリザの, カムパネルラを, ガラス戸の, ストーブに, ソオルの, テラスの, バナナの, バルタザアルを, ベンチの, ランプの, 一つ眼鏡に, 一二分考へ, 一列の, 一尾の, 一所から, 一所に, 一所を, 一方を, 一点を, 一言も, 三毛を, 三藏を, 下から, 下に, 下宿の, 不安の, 両手を, 両膝, 中を, 乞食の, 争ひ, 二人が, 二人の, 人の, 今日も, 他所を, 仰ぎ見て, 仰向, 伏し眼, 休みました, 会葬者の, 伯爵の, 佇みながら, 何か, 何かを, 何時までも, 俯いて, 俯むい, 俯向いた, 傍から, 傾聽し, 僅か一時間程の, 先生の, 入口の, 兵たいを, 其のまま眼, 其の体, 其の美しい, 其の辺, 其二つ, 其人の, 其方を, 其等の, 其齒に, 凝視し, 凝視むる, 凡太と, 凡太の, 前方遠くを, 動かずには, 動かない, 動かないで, 動かないやう, 動かない雲, 動かなくなつ, 反抗的な, 口を, 同じやう, 向けられた二つ, 向ふ, 君の, 周次の, 呼吸を, 噛みしめて, 噛みしめるやう, 土の, 土間の, 坐つたま, 坪庭の, 垂れて, 埼子を, 堪へながら, 堪へる, 堪へるので, 墓表の, 多緒子, 夜の, 夢みて, 大西の, 大越さんの, 大阪屋を, 天の川を, 天井を, 奧さんの, 女の, 妻を, 婆さんの, 客の, 家の, 容態を, 寝て, 寝倒れて, 対うてゐる, 専念に, 小首を, 少年の, 居ずまひ, 山を, 山峡の, 岩の, 島裾を, 川の, 師匠の, 帰ること, 平氣, 幸子を, 底に, 座つてゐる, 廊下で, 弓杖を, 引き締め溢れ來, 彼女から, 彼女に, 待つやう, 待つより, 待合所の, 従兄の, 従妹の, 快い感傷, 思ひふけつて, 思案の, 愛撫を, 感じの, 我慢した, 我慢しなよ, 我慢しよう, 我慢を, 房一を, 扉の, 手を, 手品師の, 打眺めた, 抜いて, 抱きしめて, 押しあてるので, 押し默つて, 押へながら, 押へる, 拜み, 持つて, 指環と, 振り返つて, 据つて居た, 据ゑて素子の, 支へて, 斜に, 新公, 日に, 春三郎を, 書物の, 木蓮の, 杜子春を, 来て, 校長の, 植込の, 楽しんででも, 橋の, 檻の, 欝ぎ込ん, 止つてゐる, 正面で, 此扉の, 此方から, 歩哨の, 歯を, 死を, 死顔に, 母の, 毒瓦斯の, 比べて, 民子の, 水島と, 水面に, 沈默した, 河を, 河原に, 泊まり木にと, 波の, 注がれて, 注意し, 注意深くその, 注視した, 活動館の, 海の, 浸りながら, 深い考, 湿の, 溜つてゐる, 漂つてゐる, 漬つてゐた, 澄して, 澱んで, 火を, 炬燵に, 炬燵を, 無念を, 物影から, 物思ひ, 物思ひた, 犯人の, 狐の, 狙ひ, 独り横にな, 瑠璃子を, 生活する, 男の, 男を, 画面を, 留まる, 白痴の, 盤の, 目に, 相島の, 真弓に, 眺め, 眺めたゆ, 眺めでも, 眺めながら, 眺めやる事, 眺め入る, 眺め入ると, 眼と, 睨みその, 睨みつけて, 睨みつけやが, 睨みつけると, 睨み命令一下, 睨み詰めて, 瞑目し, 瞳が, 瞶めたより他に, 神島に, 私は, 秋草を, 積荷を, 突つ立つた, 突出し, 窓に, 立ちつくしたま, 立ち尽して, 立どまつて, 竿を, 筋を, 素子の, 結局を, 網棚の, 線を, 縮こまつて, 美しい筐, 美奈子を, 老人と, 考へこむいつも, 考へこんだり, 考へたが, 考へてを, 耳傾け, 聞き入つた, 聞き澄し, 聞き澄まして, 聞耳を, 聲を, 聴いてたん, 聴きすまして, 聴きながら, 聴き入るべきもの, 聴き澄まして, 聴き耳, 聴澄し, 聽き, 聽きとれ, 聽耳を, 腕組を, 腰かけて, 腹を, 膝へ, 膝を, 舞台を, 花子の, 苦しみに, 苦痛と, 落すの, 落着い, 葉を, 蒼い水面, 薔薇を, 虫を, 蟇を, 表の, 裁判長の, 見くらべる, 見し昨, 見たの, 見た後, 見つめたなり, 見つめます, 見つめ国民一人, 見つめ頬, 見てて, 見とれて, 見ながら, 見まもる, 見や, 見られて, 見る, 見ると, 見るの, 見るので, 見れば, 見上げた, 見上げながら, 見下して, 見下しました, 見乍ら, 見交し合, 見入つてお出でに, 見入つて亡妻の, 見入りながら, 見入りました, 見入り乍ら, 見入り無言, 見凝め, 見合せる, 見合つた二人の, 見守りながら, 見定めるやう, 見戍つて, 見据ゑた, 見据ゑたが, 見据ゑてゐる, 見据ゑられると, 見比べて, 見詰めたりなんか, 見詰めては, 見詰める丈, 見返して, 見返しながら, 見返りながら, 見送る, 見送るにも, 視つめた, 視る, 視ると, 視線を, 観て, 足もとの, 足許を, 足音を, 蹲つてゐる, 蹲まつた, 蹲まつたま, 蹲りながら, 蹲踞んで, 身體を, 返事を, 追つて, 運命に, 運転手の, 遠くの, 重さうに耐, 金の, 針を, 鋭い目, 鏡に, 鏡の, 長く立, 長火鉢の, 長老を, 門の, 閉ぢて, 閭を, 陰氣に, 險しい, 隱れる, 雨を, 青い射光, 音の, 頸を, 體を, 鬱ぎ込んで, 黄昏の, 黒いヴエヌス, 默つて坐, 默り込ん, 黙んだ唇, 龍子の

▼ ぢ~ (492, 1.6%)

3620 てゐた 18 たの 14 るの 11 られて 10 たので 9 ると 7 の頃, るので 6 てゐる 54 たが, ないで, なもの, のうち, る 3 たつて, てやりたい, て出, なし, られてばかり, られるの, るやう

2 [27件] たがるの, たと, たり, たりした, つ子, てお目にかかりました, て後, て心身, な心, な恥辱, に思はれた, ぬいて, ぬく, はあれ, は此方, ました, もなし, られた, られては, られると, られんは, るから, ること, るといふ, るもの, をする, 殺されて

1 [254件] あるは, あれば, あわてくさ, からかかつて時に, から墜落, から或, から鬼塚, が, がつかない, が薄く, しじう物, すぎるやう, たか, たさ, たし, たといふ, たとき, たとしても, たばかりの, たもの, たやう, たらしいよ, たらその, たりし, たりする, たん, た妻君, た小男, た意気, た時, た村里, た癖, た矢先, た雲, た頃彼等, だ, っから, つくして, つけて, つけられた可憐, つ兒, てあげる, てうまく, てお, ておや, てかなり, てくる, てここ, てその, てた, てつき放さう, ての, てのためし, てのレデイ, ての出来事, ての土地, ての夏, ての洋装, ての途中下車, てはいけません, てみる, てもう, てやつ, てやりませう, てやる, てわたし, てン, て一体全体, て上げ度, て中華亭, て会, て何, て何処, て來, て充分金, て再版, て占, て君, て夜桜, て実在, て微細, て恋人, て我, て昨日, て書いた, て朗らか, て柿, て次に, て泣かせる, て真正面, て知つた頃, て私, て私達, て襖, て見た, て見た消え, て見る, て読んだ, て買つた, て身, て近頃, て遇つた時, で, であつ, である, ですね, でもする, で冷めた, で凡そ, で懐しく, といふん, とし, として善男善女, とはどう, と分つた, どうもセリフ, ない, なかるべし, ながら時に, なき時, なくても, なく始終, なければ, なこと, なさるんで, なしくつ, なふり, なり, なエトランヂェ, な中, な嘆き, な奴, な子供, な宗教, な小さな, な尻尾, な御, な思ひ, な恋, な意味, な暗, な毛虫, な生活, な相貌, な破綻, な顔, な顔付, にいつか, にきい, にしよう, になつ, になります, にはナンシー, にも飢ゑた心, にやなど思ふ, に一度, に動物標本, に旗本, に正しい, に比較, に破壊, に端座, に行く, に運, に駄夫, ぬかれて, ぬくこと, ぬくため, ねえ, ねば, のうち台本, のこと, のなく, のやう, の一週間, の加虐癖ぐらゐのもの, の半年, の張本, の方, の朧ろ, の物語, の話, の金貨, はさう, はしなかつた, はその, はね貴方達, はゴルキー, は同情, は大いに, は村, は無い, は私, ます, もつかぬ, もはつきり, も好い加減, やがつて, やしない, られこづき廻, られたで, られたの, られたら, られたり, られた方, られた覚え, られないで, られながら, られながらも, られや, られる, られるからかも, られる事, られる鴉, られれば, られ通し, られ通して, るいやらしい, るお, るからと, るため, るとき, るなどとは, るのよ, るべきであつ, るものぢ, るもんぢ, るん, るんぢ, るン, る姑婆ア, る時刻, る為め, る積, る話, る頃, を, をし, をしない, をつけ, をはつ, をばいしくも, を作る, を明らか, 付けられる, 忽ち物, 抜かれて, 殺されました, 殺す気, 求むべき様, 申すの, 見せぬ心, 負けて, 過るから

▼ ぢ~ (446, 1.5%)

12 ゐる 11 ゐた 6 しまつ, ゐると 4 しまふ, しまふの, 心に 3 しまひました, ゆく, 居る, 有ける, 涙を, 考へて, 静かに

2 [24件] かすかに, かや, これに, しまった, ゐたい時, ゐた目, ゐても, ゐますと, ゐるの, ゐるやう, スヤ, 以前の, 右の, 同じ町, 居たが, 居るので, 折らば, 暫時やすら, 書を, 考へ, 袖に, 見たり, 頭が, 頭を

1 [330件] あり, ありその, ある, いはず, いふの, うす笑, うつら, うとうとと, うばへる, おかみさん, おど, おはし, かくるるさま, この一間, この大事, この少女, ころころと, しづかに, しまつたといふ, しまつたのです, しまつて大気の, しまつて空に, すぐに, せめて故郷, そして又, そのままに, それから, それから其, それで安全, それに, ぢつと, つくづく過, でも難破船, なほ深々, のびて, ひそめる花, ふところに, ほの, また云, みたが, みよ, もう一遍, やう, やりながら, よくもえた, わが庭, わたしを, ゐたけれど, ゐたけれども, ゐた眼, ゐた私, ゐて, ゐながら, ゐました, ゐるから, ゐるが, ゐるけれども, ゐること, ゐるし, ゐるだけ, ゐるなか, ゐるので, ゐるのに, ゐるもの, ゐる山山, ゐる時, ゐる次第, ゐる満月, ゐる者, ゐる貌, クラクラする, ヂツと, ヂツとして, ピリ, ピリピリと, レナウが, 一冊と, 一切を, 一同悉く, 三藏の, 之を, 了つた谷底の, 了ひました, 了ふ, 了やが, 二つの, 二枚の, 人の, 人住む, 人知れずうき, 人間身を, 今来た, 以来クウルトリイヌの, 低く唄, 何となき, 何にもかも, 何の, 余念も, 來ぬ, 俯けり, 光を, 入れ給はず, 八五郎の, 其山上に, 其日は, 再び眠りはじめ, 冬蛇の, 冷たい土, 凄まじいベル, 別に, 力が, 動かない伊豆, 動かない冷たい, 動かなくなつ, 十字を, 半に, 単身小田原へ, 厳粛に, 去りぬ, 反つて木の葉, 口にも, 可哀想に, 台唐臼の, 君に, 和尚に, 唇を, 唯月, 噴出一時に, 回想する, 土色の, 坐つて, 坐つて仕舞, 垣を, 大勢の, 大菩薩, 天に, 天上天下有縁無縁親疎遠近一切の, 天竜川の, 妹娘はじつ, 始めて懐中, 安らかに, 寄つて来ない, 富岡の, 寢臺に, 實を, 小唄などを, 居たの, 居ります, 居るが, 居ると, 居るに, 屆出も, 山々谷, 山の, 庭内へ, 引返して, 彼女は, 御手, 御覧, 心持だけの, 思ふ, 思へば, 怠屈さうに, 恍惚と, 恭, 悲むこ, 想ひ見るべし, 惺然せん, 憩ひ, 我は, 我詞の, 戸出を, 所化寮に, 扉に, 手を, 手折りて, 打ち臥すなり, 指で, 掛金を, 救ひ, 新長谷寺, 日に, 早速丁寧, 昔の, 時々安, 晴る, 暗い涙, 暫ば, 月の, 有り難い光景, 杜五郎が, 枝から, 椅子の, 椽に, 横臥した, 此方の, 歯を, 死人の, 水を, 汗を, 決してうけ入れない, 沈黙す, 沈黙する, 消しとめた, 漁場の, 激しく首, 点頭きながら, 無常を, 無言なり, 煙りの, 燃る, 燈心草の, 物を, 独り何か, 猛烈な, 甲州裏街道に, 男の, 畢つた, 番組を, 疊へ, 病床近く膳具を, 目やにたまれり, 目を, 直ぐにまた, 直ちに橋, 眉一つ動かさない, 真理を, 眠りに, 眠る, 眠る簟紋, 睡つた風, 睡て, 瞳に, 知らぬ顔を, 確かめたり, 祈念の, 祈祷を, 禪定に, 空氣の, 窓に, 窓外の, 窓際の, 立ちすくまねば, 笛を, 筆を, 篠田は, 紫の, 終身不, 絶頂に, 綺麗に, 考へました, 考へる, 耳には, 耳を, 聞いて, 聴ゐし, 肉の, 自ら赤面する, 自分で, 自分の, 自害を, 自殺の, 自決を, 色うつくしき, 茫然と, 莟を, 落着いた, 葉藏の, 薄笑ひ, 表紙にも, 袂に, 見ずに, 見せたり, 見た, 見ると, 見る我が, 見張番, 親戚の, 解けに, 言なく, 詐と, 話も, 誰批難する, 豆程も, 貫一を, 貰ひ, 賊と, 足音を, 蹲まつ, 身じろぎも, 軒下に, 軽は, 軽率な, 辛うじて我慢, 辨天山の, 近づかぬと, 退場, 退転した, 遍く山巓, 遣る, 部屋に, 部屋一ぱいに, 鈴の, 銀を, 防戰し, 附録の, 隔てた此深雪, 雜草の, 雨の, 雨風の, 露伴先生の, 静かな, 靜かな, 順番を, 頤を, 風冴えぬ, 食卓に, 駈け出したるなり, 駟馬に, 騷ぎ立ち, 驚く様子, 驚く樣子, 鳴かず広, 默つてゐる, 默坐せり, 默然たり, 黙想し, 黙祷し, 鼻で, 齒を

▼ ぢ~ (387, 1.3%)

31 ぢり 25 ばらばらに 22 になっ 16 めんの 9 になった 5 をし 4 でもし, にどこ 3 ぢりさせ, ぢりし, に, になつ, になつて, に遁げ, に雀, に離れ, まは

2 [18件] ぢりした, とその, となっ, と落ち, にお, になり, になる, にわかれた, に分れ, に四方, に子供, の眺め, の芋掘り, の言葉, をする, 不動, 草が, 言葉の

1 [208件] か, かけの, が好き, しか伸び, しません, し初め, そのくせ伝来, たるも, だし, ぢりしました, ぢり痩せる, て飛びぬ, でもした, でもする, でも仔細, で出征, で少し, と, とあと, とからだ, とこみあげ, とつめ寄る, となった, となり, ともせず, とも出来ませんでした, と前, と少し, と差し込んだ, と彼女, と態と, と押, と文壇, と湧い, と焼けた, と燒, と脂, と自分, と苛立ち, と詰め寄る, と赤い, と身内, と鋸形, と鳴きはじめる, ながらおもしろ, ながらどこそこ, ながら側, ながら善く, ながら夢中, ながら帰庵, ながら時々, ながら暫時雑談, ながら母, ながら湯, ながら猥雑, ながら砂, ながら絶えず, にあと, にあります, にかまけ, にくる, にさせた, にさまよわせ, にそこ, にそしてまた, にち, にならない, にならぬ, になりたる, になりました, になッ, ににげ, にほか, にほぐされた, にわかれ, にわが, に一同, に乱れ流れた, に佇ん, に何処, に入京, に分れる, に分裂, に別, に別れ, に別れた, に別れゆく, に去っ, に各々, に吹, に味方, に呼びあい, に嘯い, に噛, に好き, に山田谷, に帰っ, に帰る, に後, に思ひ, に所, に散じ, に散っ, に散った, に明るく騒がしい, に歩きだした, に歸つて, に死ん, に死人, に消え, に異なる, に皆, に立ち去った, に落ちのびた, に血, に行く, に見えなくなっ, に身, に逃げ, に逃げまわる, に逃げ出した, に逃げ出しぬ, に逃げ去りました, に遠い, に遠く, に里, に降り, に馳, のやう, の吹き降り, の好き, の愚痴, の景気, の漢学, の老, の過ぎる, の重苦し, の雨, はじめたら, はじめました, は好まなかつた, は実に, は時々, ばら, ばらばら, ばらばらここらあたり, ばらばらだった, ばらばらと, ばらばらにな, ばらばらの, ばらばら入り込ん, ばらばら呂宋兵衛さま, ばらばら御府内朱引内, ばらばら蜘蛛, または団十郎, まはす, めん, めんだっ, めん人目を, めん桃いろ, めん無垢の, めん福草履八幡黒の, もかう, もぢつて, もなさらなかつた, も夏, をあげ, をじ, をやめ, をやる, を始め, を始めるなら, を森, を続け, を脱し, バラバラに, バラバラようやくの, 二畝耕や, 人の, 仏文学を, 僕に, 出で, 前へ, 合つてトンネルの, 合ふ, 四方に, 奈良へ, 寄つて来た, 寄つて目の玉を, 寄つて真赤な, 寄つて鉄挺を, 彼から, 憂欝にな, 所か, 手まかせ, 方を, 棒など, 泣く泣く各, 痒いやう, 程みじめ, 紅茶を, 緒の, 草とりが, 誠よ, 軍を, 鉢卷に, 顔を, 麓へ

▼ ぢ~ (341, 1.1%)

62 としてゐる 20 としてはゐられない, としてゐ, として居る 16 としてゐた, としてゐられない 7 としてゐない, としてゐられなく 6 とし, としてはゐられなかつた 4 たりし, としては居られなかつた, としてる, として待つ 3 とうづく, とさせ, として, としてゐました, としてゐられる, として動かない, として居ませぬげ, として立つ

2 [20件] たりする, とした, としてはゐない, としてはゐられず, としてはゐられません, としてゐられず, としてゐられなかつた, としてゐられなくなりました, としてをれ, として動かず, として坐, として居, として居た, として居ない, として居られない, として据わつ, として聞い, として読書, とする, のは

1 [81件] たり三八九, たり八五郎, たり普通病舍, たり水夫たち, たり爪, たり羽毛, てみせた, てる, とおさ, とかうし, とこ, としておいで, としてすわつ, としてそれ, としてたんぽ, としてはゐられないうら, としてはをれない, としてはをれないはち切れ, としては坐, としては居られない, としては居れず, としてられる, としてゐたい, としてゐたら, としてゐなかつた, としてゐなく, としてゐなけれ, としてゐねえ, としてゐません, としてゐよう, としてゐられなくなり, としてゐられなくなる, としてゐられます, としてゐられません, としてゐられ無いで, としてゐるで, としてゐるです, としてゐれ, としてをら, としてをる, としてをれない, としてん, として両, として何だか, として余生, として入らつ, として動かなかつた, として女, として寝, として居たら凍え死ん, として居なかつた, として居なけれ, として居ませぬ, として居らず, として居られぬ, として居られよう, として居らん, として居るだらう, として居れない, として居れなかつた, として待ちませう, として据わ, として日, として明け, として椅子, として止まつ, として汗ばみ, として生きぬい, として神, として管, として考, として考へ, として自分, として裏山, として読ん, として身, として雨, として默つて, としとい, としまつ, とどつか

▼ ぢ~ (340, 1.1%)

11 ぼつて 5 やうな 4 ぼつた, ぼること 3 嫩芽と, 御前は

2 [21件] あたま, あなた, おかみさん, しゅうまい, せなか, ふくみたるこの, ぼるほどに, 中を, 光, 唄, 御前, 水を, 界に, 立派な, 糸を, 紅を, 道の, 道通るらし, 類, 香の, 黒い影

1 [268件] あたりを, あと, あね, いふやう, いまはと, おほひ, おやぢ, お前, お客樣, お線香, お茶の, けむりを, ことで, ご本, さまをば, すずしさ, すぢ子, たぐひをもをさめ, たは, だがら, ついた帽子, つく人, つく動作, つらきわざ, つら路頭, とこさ帰れ, とこさ行つたら, ところに, とほ, ない事, ない平和, ぬれ色, はいふ, は蒸餃子, ふみを, ほとりを, ぼつてまで, ぼらうと, ぼらせて, ぼる, ぼるにつれて, ぼる射手座, ぼる汚れない妖魔, ぼる蔓草, ぼる難路, まどべに, みち踏みしめた, ものなら, もろ手を, やうで, やうであるだらう, やうに, やりくち, ゆくへを, ゆるんだ時計, ゆるんだ歯車, より舊, わからずに, わかれては, わたりに, わるい事, をさ, をり, シュウマイ, シューマイである, バスが, マルクス, 一番に, 下なる, 世界へ, 中だ, 乗馬用の, 云ふこ, 五十里に, 人たちに, 代から, 伝はる源氏の, 佛の, 佛頂面と, 信仰を, 偉いところ, 傲岸な, 儘に, 光は, 入った兵隊服, 写真を, 処女詩集に, 出るところ, 又入來, 古帳である, 名なり, 君福山の, 味方にな, 命を, 国経大納言の, 塔や, 外, 大型な, 天の河, 太い綱, 女にも, 姿を, 子なんぢと, 子には, 子らは, 守護から, 家がらな, 家に, 家を, 宿場茶屋みたい, 山々を, 川, 川が, 店の, 庭を, 廊下を, 廻りくねつ, 廻転, 廻転も, 廻転を, 影が, 影を, 後を, 御前の, 御前を, 御髪を, 心に, 恐ろしさ, 悪い道具屋, 悪い雲, 悲を, 愛女放つまじ, 憂愁は, 我国ヒイキ我家ヒイキにて, 或る, 手に, 手の, 振舞を, 支那定食食ひつ, 支那料理を, 文化の, 料理場で, 旗動き, 昨の, 時代息子の, 暗號, 書類を, 木も, 木版下絵を, 末に, 本性をも, 杉田直樹, 枝に, 枝の, 枯葉, 模樣なぞは, 歌, 毛を, 水の, 水吹きいで, 汚い顏, 河が, 河の, 治療にて, 涎が, 涙を, 溪が, 火鍋子を, 烟を, 烽火あがら, 無い女, 焼売沢山食べる, 煙を, 煙立つ, 爛目が, 生きてる中, 生きてる代, 生んだ信升, 疎開先を, 病死以來ぴイ, 病氣か, 白いあ, 白煙が, 皮膚が, 皺を, 盡きず, 盡くる, 目に, 眞似, 石に, 石の, 神, 立腹を, 粉が, 精氣を, 糸かとばかりか, 糸で, 糸の, 紅さ, 紐を, 紙を, 細き藁屑, 細き髯, 紺の, 絲の, 絲を, 絵描いてる, 綱が, 緋の, 線に, 線路が, 線路に, 美点は, 肉身, 肉身に, 肩の, 背中も, 脇差しも, 腰布を, 自負である, 色は, 葉が, 葉の, 葡萄色の, 蔓草, 蔓草も, 言句すべて善し, 設けたま, 評判は, 話が, 誇を, 諫われ知らず, 變化が, 赤い螢, 路, 路が, 路の, 路へ, 追慕の, 這ふ如く, 通つた正しい, 通りは, 速いこと, 過去を, 道が, 道を, 道遥け, 遠ければ, 遣ふ言葉, 遺産と, 部屋には, 野郎が, 銀を, 錦かと, 長いテーブル, 陽の, 隈々迄, 雷鳴の, 青みが, 青葉の, 面に, 音聞ゆ夜の, 類のみ, 香たちの, 骨張で, 髪のみ, 魔も, 黄色のみが

▼ ぢいさん~ (337, 1.1%)

12765 の前, の巨人, はその 4 おばあさん, の言, は大 3 がいきなり, になる, の方, の耳, も山ゆき

2 [18件] おばあさんの, おばあさん炭を, が手, が話, に, にとどけた, になつ, のこと, の家, の言つた, はお, はすぐ, はどう, は大納言, は言, もおばあさん, を待つてた, 涙を

1 [234件] あなたは, い, うんと心配, おばあさんが, おばあさんに, おばアさんで, お午, があ, があまり, がありました, がおばあさん, がぐう, がけら, がころり, がさわぎ立てました, がそれ, がつくつた, がひとり, がぷくんとおこつたやうな顔, がまるで, がみんな, がもう, が一番目, が二番目, が云, が亡くな, が人癲癇, が何, が僕達, が其まんま, が出, が取つ, が安楽椅子, が店, が度々, が後, が心, が拾つて, が来, が楊桃, が此, が町, が石, が笑, が舟乗り, が蝙蝠傘, が言, が負, が贔屓, が迎, が雀, が電車, が面白, が鳩, そのねえ, そんなに, そんなに立つ, だけしかない, だまつて, ぢや, であつ, でお, でつ, ではない, でもい, でも何, で一枚, と, といふ人, とおばあさん, とはい, とふたり暗闇, とも話した, と一処, と一緒, と二人, と仔馬, と呼ばれ, と喧嘩, と小さい, と母様, と無駄話, と称, どうかその, どうだ, なんぞが子供, にお金, にそつくり, にたづ, にねだ, にもやつ, にや, に來, に心, に抱きおこされ, に監禁, に知れる, に石, に見られた, に読ん, に赤い, に髪, ね, のいふ事, のお家, のし, のはず, のみならず, のもの, のやう, の乘つて, の口髭, の名前, の姿, の悲報, の所, の望み, の梟, の目, の眼だま, の肩車, の酔, の顏, の髯, はあの, はあひ変らず, はある, はいちいち, はいつの間に, はいつも, はいよいよ, はからっぽ, はきのふ, はさ, はしきりに, はしはがれ, はしばらく, はそこ, はそつ, はとう, はどこ, はどんな, はにこにこ, はにたにた, はにつこり, はにつこりし, ははう, ははつはつ, はひざ, はぷつとすまして, はぼろぼろ, はまい, はまた, はまだ, はまるで, はもう, はもはや, はゐませんでした, はピイ, は一人, は一生けんめい, は三里, は不思議, は云, は云つて, は他愛, は何うし, は僕, は全然, は前, は唄, は喜びました, は城下, は好く, は子供, は宮城, は寂し, は崖, は左, は御, は心, は恐れ, は恭一, は愈々, は慣れ切つた, は手, は手帳, は教, は文吉, は時々, は此間天神橋, は片手, は独り言, は男, は神さま, は笑っ, は答, は聞きました, は背中, は貧乏, は近眼, は雨, は霧, は顔, は食扶持, は首, は驚い, は高声, ばあさんが, ばあさん夜が, ばアさん, また売れた, また来た, まゐつ, もその, もわたし, も一, も戦闘帽, も行きました, も足, も鐘, をいた, を尊い, を羨んだ, を見知つ, 今度は, 今来る, 何を, 何故藤ちやん, 大変だ, 忽ちの, 気分に, 火たいで, 私たちは

▼ ぢやあ~ (336, 1.1%)

61 ないか 19 ない 8 ありませんか, ないかと 6 ないの, ないん, ねえか 4 ないぞ, なくつて 3 ないかね, ないから, ないです, ないと, なんだ

2 [14件] あるまいし, ございませんか, その間には, ないが, なかつたつけ, なんだつ, ねこんど一ぺん, またどうぞ, 二三千か, 僕は, 無い, 無いん, 物を, 私が

1 [171件] あしたきつ, あなたお, あなたは, あの局長, あの広い, あの新しい, ありましたが, ありますまい, ありません, ありませんかね, あれは, いいや, いけない, いけない五合以上喰, いつそ家, いますむ, うどんの, おいらが, おばあさん, おれが, お前だらう, お前な, お前に, お前の, お前は, があ, きつと, ここで, この人, この黄色い, これは, こんな話, ございませんよ, ございませんわ, ござらぬ, ござんせぬそれ, ごわせん, さう, ずいぶん遠く, ずつと先, そいつが, その上書, その木, それでシェークスピア, たのむ, ちよつと, つまらないなあ, とにかく行かう, と怒つ, どうしよう, どうする, ないおれぢやあ, ないかつて, ないかな, ないからね, ないさ, ないだらう, ないぢやあ, ないて, ないで, ないといふ, ないね, ないのよ, ないよ, ないんで, ない簟, なかつたあ, なかつたかしら, なかつた筈, なくツ, なくハズ, なし, なし大, なにもかも勉強, なんだか少し變, なんにもなりません, ね, ねえ, ねえかあんまり, ねえか争, ねえだ, ねえ不便, ねえ山ン中, ねかう, ねエ, ね九月, ね兎, ね向, ほやほやの, まあ嘸此, またあ, まだです, まるで残酷, もういちど, もうおそい, もう左, もしモン・ブラン, もつと, もらつて, よ, よかつ, わしたちと, わたしの, わたしは, わたしも, アンカウに, オダブツか, スズキに, ソローハ火酒を, チビこほろぎから, ボルシチひと匙口い持つ, 一等どころか, 仕方が, 仕樣, 仲, 何う, 何かい, 何かに, 兄弟なんだ, 出るか, 分らねえつてん, 又あと, 口で, 君に, 大変だ, 失敬, 奥さんは, 好い塩梅, 字を, 家を, 家屋だ, 家賃の, 山は, 屹度だ, 巴里の, 廓外へ, 後生です, 御座いませんか, 改めて一つ, 教父つあん, 斯う, 木造の, 松島の, 構ふこ, 機関車の, 死ぬ間, 無いお前, 無いか, 無いぞ, 無いやね, 爪でです, 知らないわけ, 社會に, 私の, 私は, 紙に, 色の, 莞爾, 蜂は, 行きなさいよ, 裘衣を, 見せて, 見掛けない兒, 誰だ, 貴様だ, 赤十字社の, 足りないぞ, 身體が, 鍛冶屋は, 頂きます, 願ひませう

▼ ぢさん~ (301, 1.0%)

3 のところ, の手, の顏, はいひました, はさ, は俊坊

2 [17件] が, がまだ, が言, でした, とわたし, にさ, の分, の家, の方, の横顏, の眼, の鳥さし, の鼻, は, はまだ, はみんな, は君たち

1 [249件] あげませう, あんまり思案, からぼう, から送, があまり, がある, がお父さん, がさ, がだ, がね此処, がひ, がひとり, がふい, がやはり, がテーブル, がパイプ, が云, が出た, が初めて, が又, が如何にも, が東京, が死ん, が水, が潜ん, が痩せた, が眼, が聞きとがめました, が豆, が貧乏, が送つ, が隨分, が駄賃, このきれ, この通り, そのポケツト, その下駄, その方, たすけてと, だなあと, だよ, だらうぢ, だわ, ですこと, では, でを, といへ, とお, との前, とは三枚, とは平生, とプロフイル, と二人, と半, と呼び, と呼ぶ, と思う, と歌, と相談, どうなす, などは, にあ, にいた, にいただいた, にお, におそ, にきいた, にくれない, にご, にそれ, についてゐる, についてゐれ, にはまことに, にはまだ, には沢山, には閉口, にミトメ刻つて, に何, に前, に奥さん, に扮装, に掴まつ, に教, に知らせる, に笑, に綱, に聞きました, に茶, に見せた, に買つて, に蹴られた, に面白い, に麹町, ぬひめが, のこんにちは, のつれ, のとこ, のふ, のやう, のよこした, のわかい, のギター, のポケツト, の事, の仕事, の前, の動かす, の取りなし, の声, の子, の子供, の屋敷, の帯, の影, の御, の息子, の所, の本, の此一瞥, の気に入る, の目, の眼鏡, の童謠, の答, の耳, の腰, の菩提寺, の長靴, の顔, はいい, はいつ, はいつも, はいろんな, はお, はお話, はぎよつとした, はこ, はすぐ, はそり, はた, はぢ, はできる, はとつとつ, はとても, はひどく悲しさうな, はふと, はふとい, はふり, はぶつ, はへん, はもう, はステツキ, はテーブル, はトランク, はニコニコ, はパイプ, はホイトウ, はポチリ, は一度, は不, は二冊, は今更, は何, は停車場, は先づ冒頭, は先づ口, は半, は又, は右手, は坊や, は多大, は好い, は宝石, は左右, は役所, は忘れつ, は新, は新聞, は旗本, は明日, は時々, は未だよく, は歸途, は死んだ, は毎夕, は永い, は深川, は濡れ, は無論, は燒, は珍品, は私, は笑, は紙屑, は考へた, は肉縁, は自分ひとり, は薬剤師, は蟇, は行止り, は訊いた, は話, は誰, は讃美歌, は遠い, は鋏, は音羽, は驚い, は黙り, またい, また來, もこの, もそれ, もそろそろ, もまた, もやほや, もゐる, も不運, も余程, も克巳, も幾らか, も後, も患者, も或, も滿足, も直, も立ち上りました, も考へた, も認めない, も返事, やらそんな, や眠つて, より外, わたい, をかいはうしました, をたづねた, をばさん, を好い, を睨ん, を能, を見, を見る, 嘆いて, 居るか, 待つとい, 懐しい克巳, 持つてるなら見せて, 死んぢ, 許せゆるせ取っ換

▼ ぢ~ (244, 0.8%)

4 によく, サウザンクロスです, 白鳥の, 近くに 3 そこに, そばに, 近くの, 駄目に

2 [14件] あとで, かへる, にお, に元, に又, に立つ, 一時だ, 側の, 傍で, 帰つて来る, 目の, 眼の, 神さまの, 鷲の

1 [188件] あが, あとから, あとに, あの人, あの杉浦さん, い, おしまひ, お分り, お午, お帰り, お逢, かはく, かへります, この泥岩層, こんなに下る, そこまで, その人, その辺, その飛石, そばの, ぢき, ぢきの御, ぢやけに, て飛び去りぬ, でせう, とどき, どんぐりどもがまゐりませう, にお前, にお父さん, にお祈り, にお返し, にきれい, にし, にしま, にその, にそれ, につかれる, になく, になを, にのど, にべそ, にまた, にむく, にもと, にグルデンフイツシユ, にシバ, にパリ, にピリ, に一年, に七十, に上れます, に不用, に元気, に冬, に出, に出来る, に分る, に勢, に古く, に叱られる, に呶鳴, に坊ツさま, に外側, に始末, に屆, に差し上げる, に影響, に御飯, に慣れ, に払, に月, に村, に梅雨, に止, に正気, に死んだ, に治る, に泣き, に泣きやんだ, に理窟, に生え, に直, に眠, に社, に立っ, に育て, に落ちる, に薔薇, に行燈, に見つ, に見つけ, に訪ねたい, に許し, に診察, に負かされ, に退屈, に過ぎた, に遏, に降りる, に隔て, に雀, に雨, に頭, に額, に顔, また上げ, もうず, もうずうつ, もう東, や, やがて朧夜, やぢ, わきには, をする, 上から, 上つちまわ, 下から, 下に, 不良に, 久助君は, 二つの, 二十四に, 五六歩の, 伊太利へ, 側に, 傍に, 傍の, 兵隊さんだ, 其れ, 其處だ, 其處に, 内に, 冬が, 冬に, 前に, 前の, 医院も, 十二時や, 十字架の, 午後に, 博士に, 厭に, 參ります, 向うの, 埒の, 大人に, 大阪では, 学校へ, 左側に, 帰つて来ます, 廿日鼠といふ, 後へ, 後ろに, 心を, 快うお, 成績が, 手に, 手前三尺とも, 手近に, 日が, 春の, 書院で, 月日は, 横町の, 正午の, 正月や, 歸つて來て, 歸つて參ります, 汽車の, 油臭い, 溝にな, 目の下に, 筋向, 縄が, 背戸の, 蚊帳を, 行つて談判し, 裏の, 試験だ, 足もとに, 近いところ, 近くまで, 近所に, 追ひかけ, 間近にな, 降誕祭が, 陸だらう, 飛す

▼ ぢゆう~ (240, 0.8%)

4 のもの 3 がぶるぶる 2 が熱く, でも一番, で一番, に響き, の全, の埃, の生徒, を歩き, を耳, 泥だらけにな

1 [213件] あけつぱなしなので, あたしと, あたしも, あぶら虫で, あれこれといぢくりま, あんなに攻勢, お奥, お宿, かけ, かけつぱなしの扇風機, からおれ, から何, から我慢, から肋膜, から読み書き, から飛び出し, ががたがた, がす, がその, がぞみぞ, がとろけ, が俄, が大, が女, が寄る, が日暮れ, が明るく, が深い, が火照つ, が特有, が痺れた, が盲, が真赤, が茶の間, が薔薇, が隅々, きいきいと, この薬, この邪慳, ごろごろし, ご厄介, そのままに, その熱, たべたべ, だて, ぢつと, ぢゆう, でいちばん, でいちばん議論好き, でも勝気, でも定評, でも酒, で一ばん長老株, で一番幸福, で一番廣, で別段, で唯一, で多摩川, で最も, で朝, で誰, とてつもない処, とん, と水, どこからとも, なにも, にこびり着い, には充ち, に響き渡る, のあらゆる, のうのうと, のがらくた物, のたくり, のふき, のポケツト, の事, の土倉, の墓碑, の女, の嫉妬, の子供, の小, の小説, の愛嬌者, の文学者, の日記, の星座, の朝夕, の枯葉, の毛, の毛穴, の物, の男達, の砂, の神經, の空気, の肉, の脈, の評判, の誰彼, の陽, はロンドン市民, は包装, は十分, は罪, ふるさとから, へひろがつた, まるきり仕事, まるで攻城砲, もか, をうろうろ, をくし, をしらべ, をその, をひきずり, をま, をわなわな, をガタガタ顫, をマスク, を凝, を固める, を席捲, を掘り出した, を探した, を旅行, を明るく, を時鳥, を清水, を煤, を皺, を笑, を蒸した, を触れ, を赤い, を踊り, を隊, 一ぺんも, 一杯だ, 一遍も, 一面まるで, 七つ但, 働きづめに, 僕は, 元氣, 口の, 各國, 咲き通し, 唾ばかり, 好學, 妻と, 安らかな, 寢られなかつた, 小止みなく, 少女は, 山かが, 川の, 席を, 彼女の, 搜し, 教室で, 新しい, 施療彼是にて, 日陰に, 本の, 村長が, 欝ぎ切つて暮した, 此処に, 此處に, 比叡山の, 気持ちが, 汗に, 汗びつしよりだ, 汗びつしよりになつて居る, 淋しがりやである, 滯在し, 炬燵の, 焚き火を, 画室にと, 痙攣的に, 白粉は, 皺くち, 目の, 眞赤に, 眺めて, 知つては, 石炭だらけの, 祈祷に, 私は, 私を, 結節が, 絶対に, 背中から, 自動車が, 自在に, 色の, 花を, 若い奥方, 見て, 賑やかな, 踊りま, 逃げま, 這ひまはるのを, 邪魔に, 醜い注射, 降りつづい, 随分たくさん, 雨の, 響き渡る, 頭痛が, 髯だらけにな, 鬱々として, 鱈腹食べられる, 黙りこく

▼ ぢ~ (133, 0.4%)

3 貫き通すため 2 さめいでて, ちやんと, つかんで, はいて, 巻く音, 穿いて, 肩に

1 [116件] あはれよと, いへば, いれ眉, おさ, おろしだまって, おろして, かくばかり, かけて, かけると, くれば, さらすの, して, しないお嬢さん, すゝめ, せぬ鳥, その家, たえゆくへも, たえ行方, たて, つかつて, つかまへ, つかまへて, つけりと, つなぐ, とつた, とつて, どろ, なかばにて, のせ眼, はいた人, はかないでも, ひいたの, ひいた私, ひいて, ひきしかも, まいて, まつ直, まは, むらさき, もつて, マッサージ師に, 一町ほど, 世界の, 云ふ, 伝うて, 入れて, 分入る, 千金に, 卷いて, 去らん時, 味ひ, 喰は, 威したり, 守らん, 張つたやうに, 彫つて犢鼻褌, 御見物, 心に, 忘れたるやの, 慕ふなり, 我国の, 手先に, 拝む事, 拾つて片足に, 捲く, 掻かなくつて, 放して, 敬ひ, 新らしくし, 明かに, 曝さすべし, 曲げ出した何, 曳いたとて, 有つ, 来らせざるを, 染ました粉末, 案山子に, 棄つと, 横ぎりて旅店, 止め更に, 残して, 洞見せられたりけり, 流すうるは, 添へて, 煎じて, 照す, 犯人である, 目の, 知るといつて, 知れ, 示したの, 秋霧の, 突いて, 立てなほし, 脇に, 自分に, 與へる, 見き, 見たが, 見てから, 見ると, 見わたせば, 言は, 語る, 語根として, 責めること, 走つて, 起すため, 送つて行つた晩, 通すだけより, 造って, 過ぎて, 金属の, 頼みし玉, 飛びか, 食はせる

▼ ぢ~ (130, 0.4%)

5 ひを 2 ふちと, やはりもがもが, らを, 垣根を, 我を, 笑って

1 [113件] あざみの, あやしげに, あれから, あんまりくやしく, いがべ, いつでも, いつもの, うまいと, おほか, かたつむりを, こうぼ, ここに, この喧嘩, この雨蛙, これを, さげすむやう, して, すぐペロリ, その度ごと, その頃陸軍, つた事は, つて, とかげの, どうした, どうしてもその, なした, なんぢの, ぬれる, はずには, ひの, ひのみか, ひもいろも, ひ悲しけれ, ふうまさ, ふ氣, まこと, また自分, まつすぐ, まづし, むかし多くの, よきて, ら, らの, われを, キリスト神の, テヱエル河と, ノルマンディイの, ペロリと, 一挺の, 一目見, 不審相に, 云ひました, 他界から, 休業した, 何時までも, 何處を, 例の, 依然として身動き, 健全なる, 僕を, 兩手もて歩く, 冷く, 北海道へ, 十ほど, 又か, 善人で, 大の, 奧には, 嫩いう, 学校も, 家を, 寒さうに焜爐火, 小屋の, 幸運だ, 庭にも, 廻つて旧の, 得意で, 心一つよく, 息子との, 愈々佛頂面, 我をも, 戸を, 捨てられきんせん, 日ごとに, 日月星辰を, 日本で, 村に, 楽など, 樹に, 母上の, 毒蛇の, 涙の, 烟管を, 片方切れる, 生れつき兩の, 真珠で, 碧玉の, 竹筒を, 米と共に, 絶えじな, 織るやう, 聲振り立て, 自分の, 芝居きちが, 親戚に, 辯護士にも, 過ぎし日, 遠きところ, 野ぢに, 錆びて, 鐵縁の, 面に, 面倒くさ

▼ ぢ~ (130, 0.4%)

6 やうに 4 と, やうな 3 ので, のを 2 ことが, ことに, ことは, ぞ, ため, に違, のだ, ように, 音

1 [92件] かまたは, か這上, がり, が好い, ことその, ことだけは, ことなく, ことの, ことも, ことを, さうです, しき変化を, しき變化を, そして花, その内, それは, ためその, でせう, とある, といつ, といふ, とき, ときは, とぐつたり体, とすぐ, とそれ, ともう, と不, と何, と勢, と天主閣, と忽ち, と戸立蜘蛛, と此, と眼, と眼蓋, と瞼, と自分, と色, と蝉, なか, など印度, なんて, なんてちよ, に当, に忍びん, のかと, のが, のぢゃ, のであつ, のであらう, のである, のです, のに何, のは, ばかりで, べとした, もできませんでした, ものだ, もんぢやあない, やうで, ような, よりも先づうまく匿, ん, 事が, 事なし, 傲岸不遜の, 僅かな, 前には, 口には, 圧力が, 序曲と, 心持さへ, 必要の, 必要は, 恐怖で, 所であり, 手を, 時刻の, 時図らず, 時默つて握つ, 松風の, 概を, 樣に, 点に, 程心の, 筈も, 興味の, 蓋の, 覚悟で, 電塔の, 音が

▼ ぢ~ (115, 0.4%)

3 出で

2 [11件] あかる夕, けらし, けり, なつて, みんな雀に, 乱れて, 夏野よこぎる, 染て, 染めかへて, 生肉を, 草片附げで

1 [90件] あかりが, あたるごと, あの人, あまる春, あらねども, おしと, おじぎを, おも, かかつて, ぐつしより汗を, けさや, さへ, した, つかまつて, つけても, つづけて, つながりたい, つながる境涯, なつた, ならなくたつて, なり, ふみまよ, ものこそ, やさしくせよ, よせじつと, 乱れ尾道, 乱れ精神, 云はれ, 交る, 余りて, 來りし, 信じもし, 信を, 候, 光ある, 入りぬ, 冬は, 出がらしの, 出づ, 劣らず美しく, 口を, 同情する, 告ぐ, 呟やく, 噛みくだいて, 土の, 始終ぶつた, 寄せ我が, 尋ねに, 尿放つなり, 差配を, 彼の, 恨みやは, 慈姑生麩松露など, 憎みつづけて, 手を, 教は, 末ツ子として, 歌へ, 死にで, 水ながれ, 水脈を, 求め求めてや, 流れるやう, 流れ込んだ, 添ひたる, 添へて, 溜息を, 澁茶で, 焦れに, 特有な, 疾走する, 白し, 砕かねば, 索を, 緑も, 縦に, 至ること, 見られ度, 觸る, 詩に, 詫びを, 贅澤だ, 足切られた, 迫られヘーレー, 遺つた落ちこぼれ, 雪とけ, 電報を, 霜ふりて, 靠りか

▼ ぢかに~ (102, 0.3%)

2 ぶつかつて, 下の, 坐りわが, 自分の, 見た姿, 触れて

1 [90件] あれば, いた一わ, うか, お姑さん, お渡し, お祝ひ, きこえて, ください, さういふ意味, その手, それを, ちよこんと, ぢつと, つけ兩手, つながつて, なって, ならんで, ぶつかるの, よくお, わかるやう, 伝えて, 來た, 偸立つ, 入れたの, 其関とか, 前において, 受けた燗徳利, 受け取れるの, 君の, 吹きつけた, 吹きつける二月, 土の, 坐つて、ぺんぺん三味線, 子供を, 小石が, 彼等の, 心に, 心臓にか, 意識する, 感じようと, 懲らしめて, 我々の, 戦争に, 打つかる, 拝した, 据ゑることの出来る, 掌面を, 暗澹たる, 東に, 栖鳳氏に, 森林の, 機縁として, 此処まで, 殺された革命党, 水を, 永遠を, 海に, 渡して, 滲み込んで, 火を, 熊吉の, 熱々と, 申しあげたいの, 眼に, 着こみ巻ゲートル, 着て, 神事の, 筋を, 繪具箱と, 置いた沸, 聞えた, 聞き手の, 聴けば, 臣民を, 見るだけの, 見ると, 触れあふ必要, 触れること, 觸れた, 訴へる, 足に, 足坐, 迫って, 迫つてくる, 遊ぶといふ, 遊ぶの, 金を, 附けても, 離れの, 飛び付けない

▼ ぢ~ (99, 0.3%)

5 ぢと, のである 3 のであつ, 目が 2 のだ, ものか, やうな, 其眼の, 帳面を, 眼が, 眼の, 眼を, 瞼の, 闇の

1 [63件] お六, からである, が何, が僕, が別に, が自動車, きり頭を, ことで, ことに, ぢた, ぢである, ところだつた, なり線香, のかしら, のです, ので御座います, のは, のも, ばたし, ばたせず, まつげは, まま今一つの, まま次々, まま玄也の, まま生気の, まま肩で, まんま花弁を, みのるが, もので, ものです, 一冊の, 一册の, 事が, 人である, 何となく尺八, 儘で, 儘一坪の, 先刻の, 其の口, 口を, 唇は, 子供の, 家の, 岩屋の, 平次は, 心臓にも, 悪魔の, 時自分は, 本を, 様に, 洋罫紙の, 物に, 目蓋から, 眦が, 眼と, 眼瞼から, 瞬間ふい, 稿本とが, 窓が, 窓の, 表紙の, 道中記には, 雑記帳を

▼ ぢやと~ (94, 0.3%)

5 云ふ, 言ふ 4 思うて 3 大事さうに頭の 2 いふて, 心得れば, 思はつし, 申して, 言つた, 言つたさう, 説かれ

1 [63件] いうて, いふ, いふの, お待兼, お言, した濁つた気味, した真黒い, ながめて, まあかういふ, わしや, ハツキリいふべし, 万人の, 云うてを, 云ふて, 余念が, 口上に, 名が, 唄はれ, 喞れ, 噂が, 固く信じ, 太都夫は, 師匠が, 心得る, 思うたれば, 思つた, 思つとる, 思はれる, 思ひやるか, 思ふから, 思ふとな, 思へ, 思召し, 承つた故, 暗いなか, 最初から, 欺誑り, 気がついて, 無精ひ, 申ことニて, 申すこと, 申すので, 皆が, 益々僕, 知らずに, 笑つて當人が, 箍の, 落胆した, 見える, 見えるね, 見られても, 言うて, 言つたが, 言つた源右衞門の, 言つてゐる, 言ひなさる, 言ふから諦めとる, 言ふわいなう, 語気あらく, 謂はつしやる, 賞められし, 騒いでを, 髪が

▼ ぢ~ (91, 0.3%)

29 ぢし 6 ぢした 5 ぢする 4 ぢと, ぢとして 2 いくす, ぢさせ, ぢしました, ぢも, 違へ

1 [33件] しないで, その一, ぢさせる, ぢしてた, ぢしてたら, ぢしてる, ぢ云ふんです, ぢ尻ごみする, ぢ立ち上った, ぢ立ち上つた, ぢ訊く, ないとて, なき, なく薄暗がり, なし君, はつきり知らなかつた, びツくりする, 亦ゐなかつた, 全き, 動かしたくない樣, 口に, 垂れ下つてゐる, 少しせいせい, 忘れつ馬, 我に, 我を, 承知し, 氣違ひ, 花も, 蔓を, 見られなかつたが, 過ぎ鳴瀧, 長い龍紋

▼ ぢ~ (87, 0.3%)

6 云ひました 2 いつかさう言つて教, うつくしく見, 出は, 買へ

1 [73件] あつて, ありますか, お父さんだ, この道具, これから, これから家, こんな具合, さう, さんさんと, その頃は, ぞくぞくと, たい門と, ちくりとした, ちら, ないの, ないのね, ないん, はじめてモルトン, へんに, ましきかぎり, また下らん, もう立ちあがりました, もろ人の, やるの, ゐる, アドリヤ海を, スコツトランドカルクシヤイヤに, ブーラブラ, 一切村の, 一番に, 一緒に, 乃ちおれだ, 二錢か, 云つてやがて, 今も, 今斯く, 住めるところ, 出て, 原, 原の, 叱る急げ, 嗜めるお, 嘗て一篇, 大嫌ひだ, 天子である, 始終耐ら, 底深き, 心山腹の, 忽ち加勢, 意志を, 曲意非礼を, 書棚の, 朝日に, 栖に, 欲しい, 汗水たらし, 泣きさうに, 活動を, 病院へ, 白昼突然, 神でなく, 神に, 立つて, 笑つてそれぢや, 緩んでるん, 自分に, 見えて, 詞は, 試験的に, 説法し, 通訳で, 長物語の, 馬で

▼ ぢやつ~ (84, 0.3%)

325 たか, たが 4 たから 3 たかな, たな, たのう, たよ, たん 2 たぜ, たわ

1 [19件] たかなあ, たがね, たさ, たぞよ, たため, たなあ, たね, たもの, たもんぢ, たらう, たらうお前, たらうに, たらおら, たらジワンナ, たら妾, たら死ぬほどの, たわい, てるのね, てるん

▼ ぢらしい~ (84, 0.3%)

3 のだ, やうな, 気が, 蝶類の 2 ものに, 姿でした, 感情に, 男だ

1 [64件] あの女, お芳, から乳離れ, から毎日, ことで, といつ, とは思はなかつた, と共に哀れ, と思, と思つて, と思ふ, と私, のは, ほど質素, もの, ものの, ものは, ものを, やら寂しい, やら涙, センチメント, 一人の, 人達だ, 位ゐ, 処の, 土産に, 女だ, 女です, 女を, 女達を, 姿は, 姿を, 姿態が, 娘で, 娘でした, 娘です, 娘の, 娘を, 子供だ, 小さな緑, 工作を, 後姿だ, 心で, 心臟は, 恰好を, 悩みの, 悲しみの, 悲壯な, 悲惨な, 愉悦と, 感じで, 感傷の, 感情の, 様な, 気にも, 氣が, 犬だ, 私の, 程単純, 程無知, 美しさ, 花よ, 薫子の, 魂の

▼ ぢ~ (82, 0.3%)

5 さんの, の家 4 は云 3 さん, は私 2 ぢいと, の手, はまだ, は黙, ツとして

1 [52件] から聞いた, が居なく, が来る, たちの, たちは, たち漁師な, づれのところよりかきたれる, てはならぬ, て彼, て血, にせがん, に犯された, に連れ, の顔つき, の髯, はあの小さな, はあみ, はいつも, はきつ, はこの, はその, はたちまち, はたは, はな, はふだん, はふだん軽口, はズツ, は一つ, は一番艪, は今, は又, は夜はじぶん, は大口, は家の子郎党, は年, は朝, は物おき小屋, は皆, は祖母, は話しつ, をいかにも, を好い, を好かぬ, を思ひ, パンクの, ーと, 哉ト横目ニテじろりと, 地響きを, 役者連が, 競争がは, 騒ぎで, 髯の

▼ ぢ~ (80, 0.3%)

4 ぢと 2 のもの

1 [74件] おこられてばかり, からだ, から紫色, から逞しく, が滝, が見通される, この娘, こんなところ, こんな風, ぢしてる, ぢとして, でもし, でバケツ, で倒潰, で女学校, で米, と浸し, なつたら, の劇場, の四季, の平和, の水気, の淋巴腺, の筋肉, の脈管, の若い, の路, の飢饉, は, はおろか, はクルマ, は吹き通す, は水, は絶えず, ひとつやき, をかけまわつ, をひと通り, をらん, を土足, を圧し, を大声, を捜し, を揉ませ, を擽, を暴れ回つ, を狐, を見, を見廻した, を見廻す, を逃げ回る, を隈, を飛び廻り, カサカサに, 一緒に, 一面に, 何んな, 僕の, 叔父さんは, 唸られた日, 塗つた事は, 少年や, 差合が, 彼等は, 房一は, 扉の, 持つて, 机の, 松子さんは, 止つてゐた, 火傷の, 灰だらけに, 皆むつまじくたのしく, 起きて, 踊りあかすの

▼ ぢ~ (75, 0.2%)

3 なりに 2 なく煙, なつて, 姪との

1 [66件] いう, うごいて, おふくろが, かたつむりとは, かつは, きては, きめざつくばらんな秀吉, させて, した, すぢ, その妾, それから顔, なくめぐつてゐる単調, なく工場, なつた, なりそこ, 一つで, 一緒に, 不愉快な, 云つても, 云ひ放つ, 云ふ, 体を, 何れも, 先刻の, 医者と, 同じこと, 呼ばるまで, 嘆き鳴き, 壜入の, 始終ご, 幽かに, 弁護士が, 式台に, 思ひて, 我とに, 我と薄命, 我ならじ, 改めた, 日本の, 春の, 永い間, 狸が, 狸とは, 男の, 相談し, 眺めました, 編物の, 肉桂の, 胸とどろかす, 薄荷を, 薄荷糖を, 蝉の, 襖の, 言うた様, 這つ, 酒ばかり, 間違ひ, 陰気らしき, 霧と, 音が, 音を, 顔を, 鳴き立つ, 鳴く庭前, 鳴く蝉草

▼ ぢらし~ (71, 0.2%)

7 さ, さに 6 かつた 5 さが 4 さを 32 さだ, の蒔絵印籠

1 [35件] げに碧水, さうに, さです, さと, さとはその, さは, さわが, てお前, て餌, とこそ歎きし, とてぬき, とても振, と云う, と見つ, にし, になっ, の, のおそろい, のよう, の印籠, の帯, の幕, の提燈, の数寄, の模様, の樣, の煙管, の精巧, の紫紺, の部屋着, の錦絵, ははやらず, はわたしども, やじつと, や十兵衞

▼ ぢつて~ (68, 0.2%)

7 ゐた 3 ゐると 2 ゐたが, ゐるの

1 [54件] ころころと, こんなこと, それから卓, た, は又, は行く, まだ若い, もう生えた, も投げ附け, やりたいほど, るか, ゐたらなんだか, ゐたらほろり, ゐた五郎, ゐた同僚, ゐない人柄, ゐましたが, ゐる, ゐるに, ゐるので, ゐるは, ゐる一人, ゐる女の子達, ゐる時, ゐる樣, ゐる母親, ゐる私, ゐる自分, 大ぴらに村, 居たから, 居たの, 居りました, 居る, 居る手もと, 平然たる人, 暮せ五重塔, 最も小さく, 湧きたちました, 生えて, 立つて, 聞えはじめたと, 行くやう, 見たが, 見たくなつ, 見たくなる, 見たま, 見て, 見ましたけれど, 見るが, 見ろ, 連れて, 遊ぶ, 遊んで, 降りそ

▼ ぢやらう~ (67, 0.2%)

7543 と思ふ

1 [48件] あの戸口, あゝあ心配, かなあ僕, から, から一つ, がな, がの, が今, が何と, が君, が客間, が暫く, が水金鳳, が浪人ぢ, けれど君, さうし, しかしわし, ぜ, その罰当り, それを, ぞ, といふ皆目目当, と思, と思う, と思うた, と思ひ, と思ひまし, と思ひまする, と考へる, と謂, と警察, なあさ, ない, ないどう, な助役さん, のう, まあ, まあみつ, 区長さん, 大きに失敬, 学士に, 松島別段, 槍さびがいゝぞ, 此四品で, 私の, 誠に邪魔, 銀紙ぢや, 餘地は

▼ ぢ~ (61, 0.2%)

20 りと 3 いだ, いて, がず 2 眺めながら

1 [30件] いたが, いた妻達, いだま, いでしまつ, いでそれでも, いでばかり, いで二人, がなかつた, がめ, き木石, ぐすしやへ, つと見つ, と注がれた, と眺め, と眺めはじめた, と自分, と見た, ながめて, りぢろ, りッ, り三太夫, り横目, り眼鏡, り見ながら, んでゐる, 眺めて, 見て, 見るでねいぞよ, 見るものぢ, 見るもんぢ

▼ ぢ~ (58, 0.2%)

3 とす, もない, もなく

1 [49件] このやう, だこと, だ労作, ちょうげ等の, ぢん, でも, とおちつい, とした, とする, となり, と欲せし, にかんじゃう, にくだけ, にし, にする, にちらばれ, になつ, にはねとばし, に分裂, に折れた, に折れる, に砕け, の, の懸念, の葉, も, もお, もごまかす, もしない, もでたらめ, もとどめない, もなかつた, もなく明るい, もゆるがず, も不思議, も危, も愛し, も持たない, も無く, も無けれ, も理窟, も甘い, も自分, も見受けられなかつた, も起らなかつた, も重苦しく, 未来さい, 粉そして, 葉の

▼ ぢ~ (57, 0.2%)

43 ひの 2 すの, せ, せて, ふ

1 [42件] うあまり, うと, うの, う気持, う気色, う色, が命, さやる, された例, しかつた, せたり, せた下, せない, せる, つたり, と同じ, ないで, ないやう, ない方, なくた, なら大きい, に告げん, ぬ結婚, の天, の財, は人, は我, ひ, ひげ, ひながら, ひを, ひ勝ち, ふごとく, ふ固, ふ頬, へだ, や兎, るべき, わず, を息ません, 大きいです, 見たこと

▼ ぢゆうに~ (54, 0.2%)

2 一人も, 油を

1 [50件] おつ, さへ, ちよつと, はかに, ひとりも, ひろが, ひろご, ひろまり詳しい, ひろめようと, みなぎつて來, イワン, オクサーナより, ピシピシ音を, ボツと, 一ぱいになつてしまひました, 印刷所が, 又と, 大へん, 婚礼を, 彼奴らを, 感じながら, 成金が, 成金を, 揉みくづれてゐてぽちやぽちやであつた, 散らばつて, 春蒔麦なら, 本部に, 椰子油を, 水が, 渋皮の, 溢れて, 漂つてゐ, 漂ひ流れた, 火の, 煙が, 疱疹が, 知れ渡つてらあな, 笑ひ, 箒や, 細かい雀斑, 聞え渡る, 萌え出て, 誰ひとり憚る, 誰知らぬ, 足を, 轟ろき渡る, 透明な空い, 鐡道が, 面皰が, 響きわたるやう

▼ ぢいつ~ (53, 0.2%)

3 と見 2 とその, と信一郎, と目, と立つ, と耳, と自分

1 [38件] とうなだれ, ときんの, とこの, とこれ, としてし, として居た, として意地, とそれら, とばら, と一つところ, と三田, と不安, と他, と佇ん, と堪へ, と夜, と女中, と店, と彼, と忙, と掌, と暗い, と暮し, と油, と注い, と田部, と直吉, と眼, と瞑, と考へ, と茫然黄昏, と見つめた, と見凝, と覗い, と覗き, と覗き込ん, と踊子, と顏

▼ ぢ~ (53, 0.2%)

6 てゐる 4 てゐた 2 てゐましたら, てをり, て椎, ながら, ばりの

1 [33件] が, ことあり, たりし, て, てあ, てくれ, てゐました, て下, て何だか, て居た, て帰りけり, て恐縮, て日, て明し, て立つ, て腰, て造れる, ながら云, ながら其處ら, ながら口, ながら答, ながら軽く, ながら隅, ながら頭, にけり, むるには膽だましひ, めんとて, 友の, 山の, 時籾山書店, 池の, 稲株のさ, 草の

▼ ぢっと~ (49, 0.2%)

8 して 3 見て 2 見た

1 [36件] してない小鳥, してるの, してを, その子, なほ天井を, カムパネルラを, 信頼したくなった, 坐って, 天井を, 富沢を, 川の, 廊下の, 彼の, 待った, 微笑を, 悶えを, 手を, 抑へ, 握って, 握り締めて, 朽ちた床板, 椅子に, 河を, 澄まして, 眺めた, 眼を, 續けて, 考へ, 考へ込む, 耳を, 見し外, 見つめて, 見入った, 身動きも, 静かに, 靜まつ

▼ ぢこもつ~ (48, 0.2%)

9 てゐる 6 てゐた 3 てゐ 2 てこの, てしまふ, てゐなけれ, て堪へ

1 [22件] たま, たり彼, てなにか, てなるべく, てみる, てゐました, てゐます, てルオー, て何, て何とか, て原稿用紙, て幾度, て思ひ悩んでる, て數年, て明日, て朝夕, て本, て為す, て生き, て考, て自分一人きり, て風

▼ ぢらしく~ (48, 0.2%)

3 なつて 2 て堪らなかつた, なつた, もある, も恋

1 [37件] いとしく見え, おん痛は, お糸, かはいく, せつないまでに, て仕方, て堪らぬ思ひ, て憎めなかつた, て男つて, て見, ともこの世, また美しい, もあり, もありました, もなれ, も健氣, も固唾, も樹, も歪む, も氣遣, も清らか, も白い, も雲雀, も頽廢, 何んとも, 優しく潤, 可哀さうに, 可愛らしい姿, 可憐に, 奥山恩は, 思つた, 慄へて, 成つて心が, 東京淺草の, 涙を, 痛々しくみえ, 美くしいかも

▼ ぢ~ (44, 0.1%)

3 てぢ 2 て來, て花二つ三つ, て袂, に御座候, ばみんな落ぢ

1 [31件] たり私, てさ, てどうやら, てぬけない, てゆく, てよう寐, てゐます, て些細, て今, て仕舞つて, て暗い, て来た, て枕, て毛臑, て腹, ばたた, ばわし, ば元の木阿弥, ば目と目, ば眼, ば足, ば閉ぢ, も肝, やうと, よぢ, ツたい, ツたくなりました, ツ度い思ひ, 上つた痩脚に, 勝ちの, 合つた

▼ ぢかい~ (43, 0.1%)

2 とは申せ, 小づくりの

1 [39件] から食事, が若い, ころだった, としよりでは, になり下る, 前だった, 北条文化は, 和服の, 土岐左近の, 大兵力, 大男ぞろいの, 太った老, 奔流と, 女の, 寄せ手の, 寒村へ, 小がら, 怪異な, 手下を, 武蔵の, 犬が, 男ざかりで, 男な, 砂丘一帯にまで, 秋の, 空を, 空気に, 翁が, 老母であった, 老躯を, 老齢である, 職人ていの, 肥肉の, 若奧さん, 草相撲の, 萎びかへ, 軽兵, 鋭い矢, 門人が

▼ ぢかく~ (43, 0.1%)

2 なると

1 [41件] あつたらう, からしきりに, だ, であった, である, ではございます, でみた, でみたい, なつて, なること, なるの, なるまでの, において突然, になっ, になった, になつたの, になる, にふと, にもなる, に戻る, に育英舍, に育英舎, の畦道, の静か, ひらめ村へ, ひろつたぞ, までありました, までかかり, まで戻っ, まで睦ん, も二丈, も行った, も途中, 京都守護の, 侍し, 坐らされて, 怠気癖, 聞えて, 花嫁の, 見おろした時, 詰めて

▼ ぢ~ (39, 0.1%)

64 ぢと 2 とし, はしが, ふ, ふ死んぢ

1 [21件] ぢし, とまとまってる, はう, はしと, ふか, ふさ, ふぞ, ふだらう, ふのんだくれ, ふやう, ふわ, ふんだあ, ふ何もかも, へだ, へばいいん, へばそれ, へば画, へるわ, やがった, やがつたな, 屋に

▼ ぢくつ~ (35, 0.1%)

14 てゐる 7 てゐた

1 [14件] たもの, たりし, たり図面, たり時に, た爲, てたがたう, てたんぢ, てばかりゐ, てばかりゐる, てぽき, てゐれ, て居た, て居られる, て見る

▼ ぢ~ (35, 0.1%)

3 ないよ 2 さよなら

1 [30件] あんなおとなしいい, いよいよ餓ゑて, うな, お稲, この身, さう, さうし, さてお, たちまち空, たとへ, ないからねエ, ひるごろ, へ, へ死ん, ほどにこの, まあさう, もし万一の, よござん, ァ何ん, ァ帰り, 仲よくあ, 又ちちと, 又小, 大した相違さ, 少しの, 御座いませんたら, 永くは, 煮切らないという, 着ないも, 遅いや

▼ ぢ~ (35, 0.1%)

2 にきたる, のいま照り匂, のすでに, の巓, は落ちし

1 [25件] しましく, とあらそひふれる, ながる, に似, のおのづと落ち, のこ, のこき, の年, の形, の影, の散らふ, の散りゆく, の散り行く, の栄, は次, もまだ, も黄いろい, や花, よおんみの熱, よりも色, をほこつて, を吹上げたの, を散らす, 流る時雨零, 見るかげ

▼ ぢられ~ (32, 0.1%)

4 て, てゐた 3 てゐる 2 て人

1 [19件] たりした, てこと葉, てしまった, ては難, てゐないなら, て了つて, て口, て哀れ, て大きな, て居た, て居ます, て灯影, て絆創膏, て縦, て行く, て行った, て過した, 悲惨な, 慌しく日

▼ ぢ込ん~ (32, 0.1%)

4 でゐる 2 であつ, でふい, で相手

1 [22件] だり滅茶, でそれ, でも万円以上, で京子, で出た, で四つ, で夫人, で容易, で序, で御, で御座, で怖, で暇, で机, で来, で梅雨, で締め, で置いた, で行, で行く, で行つた, で逃げる

▼ ぢ~ (31, 0.1%)

4 づいた心, ゆく心

1 [23件] がち, きつて, くねつ, たちひさなまゆみ, たままで, ついた, づいて, てる樣, てる私, ない, ないせい, ない予感, なく拵, ぬ奴, やきかつら, 上る渡, 人の, 切つた, 切つてる, 心といふ, 果てそれで, 無く思, 萎びて

▼ ぢやが~ (28, 0.1%)

4 全く文成 3 どうも

1 [21件] あせんお, いもの, いもを, いも一皿沢庵漬, きたり, どうもお, なア, ひよつと, アせん, 三日経つ, 仏説に, 何にも, 君の, 嘘ぢや, 庭の, 当分わしの, 本當, 汝の, 芋と, 金物なら, 黄疸のみ

▼ ぢ籠つて~ (28, 0.1%)

3 ゐた 2 ゐる, ゐると

1 [21件] しまつ, ゐたほどの, ゐた私自身, ゐた間, ゐて, ゐます, ゐること, ゐるには, ゐるやう, ゐる松下博士, ゐる男, 出て, 出なかつた, 固くな, 居るうち, 居る日, 書いて, 滅多に梨枝子, 特に難解, 読んだり, 遠く故郷

▼ ぢこめ~ (27, 0.1%)

3 て, てゐた 2 ておいた

1 [19件] こそこそと, てある, ていた, ておかれる, ておき, ておく, てしまいました, てしまつたの, てその, てみました, てゐます, てドニェープル, て成人, て横, て置いた, て錠, ゐたる首, 石の, 魔法にかけて

▼ ぢまつ~ (26, 0.1%)

32 たの

1 [21件] たからといふ, たこと, たことみたい, たな, たね, たので, たほう, たわけ, た小娘, た方, た時, た者, てい, てからその, てそれ, てるわ, てゐ, てゐない, てゐます, て何千年, て夫れつ切り

▼ ぢいち~ (25, 0.1%)

11 やん 3 やま 2 やんぢ, やんてば, やんば 1 やんお, やんお茶, やんとこ, やん待つてよ, やん酒殘

▼ ぢ~ (25, 0.1%)

10 ひに 2 透きて

1 [13件] いその, かつた, ず, ずと, ずひぢ, ですわ, 余りにお, 火で, 皺だらけの, 蒔きですか, 蒔で, 蒔説を, 蛭の

▼ ぢたる~ (25, 0.1%)

2 きりぎし, 戸毎に, 目を

1 [19件] かた云々, こそよけれ, に在り, に益苛, やうに, を見し, 姉の, 廣間の, 書物の, 様子なりし, 物をも, 眼の, 眼より, 眼を, 眼前に, 瞼を, 胸を, 色あり, 降り出で

▼ ぢ籠め~ (25, 0.1%)

9 られて 2 て置い, られては

1 [12件] たまま, たりし, てあつた, てしまひました, て三度, て御, て来た濡れた, られその, られたんで, られた染五郎, られた錢形, られも

▼ ぢ~ (24, 0.1%)

2 へり

1 [22件] あはれも, ありませんか, お前は, がつて, それが, とにかく預かる, どうも, ないか, ないかね, ないね, ないん, なかつたつけ, なかつたの, ね随分, 其奴を, 旦那は, 渡せねえよ, 秋ちやん, 聞き損ふか, 若旦那は, 近づく女, 附いて

▼ ぢたり~ (24, 0.1%)

5 して 3 した 2 したもの, するの

1 [12件] あけたり, した所, しました, します, するので, するやう, する光, 強い打撃, 急に, 悲んだり, 畏れたり, 開いたり

▼ ぢやさう~ (24, 0.1%)

9

1 [15件] して, しやう, しよう, すべよ, だから, ぢや, でございます, ですが, でもない, なと我, にござりまして, はゆかない, は思つて, 有仰, 言つ

▼ ぢ~ (23, 0.1%)

2 と音, と鳴く, むさく古めかしい金紙銀紙

1 [17件] い, い哉ト横目ニテ, が, と呼ばる, と幽か, と蝉, と鳴き, むさいけれど, むさい匂, むさい姿, むさい握り, むさい蛹, むさく髭, むさげ, むせえ, やあるまい, やない

▼ ぢやら~ (23, 0.1%)

3 ぢやらと 2 ぢやら, つかせ弟妹

1 [16件] うし又, うず, うて, うて坂下, うに, うにと, したの, しなんど, しや, ぢやらさせ, と金を, なる嬌笑, なんだ, らんの, 蝟の, 話すげつ

▼ ぢけて~ (22, 0.1%)

3 ゐる, ゐるの

1 [16件] しまつて, しまふから, しまふに, ゐたり, ゐた若い, ゐて, ゐると, ゐるみたい, 乾からびた, 了つた私は, 人の, 仕事に, 咲ける, 矮い, 醜くかつ, 飛んだ

▼ ぢこめられ~ (22, 0.1%)

4 てゐる 2 てし, てその, てゐた

1 [12件] ていつの間にか, てごらん, てゐたら, て世, て五日, て偶, て大名, て暮し, て生々しい, て食, 一人の, 手足も

▼ ぢくり~ (21, 0.1%)

6 まは 3 廻して 2 廻すの 1 ながらダンスホール, ながら幽霊, ながら急, ながら曾, ながら淋しい, ながら默つて, 廻さないで, 廻したあげく, 廻すべきもの, 廻すもの

▼ ぢ~ (21, 0.1%)

2 とでもいふ, には居られない, に口, 羽根つらね浮き

1 [13件] あたかも己, お前に, ぞなん来, と云, にはゐられなかつた, にゐられない, に寝る, に寢, に繰り返した, ば何, 威あ, 消防に, 皺だらけの

▼ ぢ向け~ (21, 0.1%)

2 てお

1 [19件] て, てからつと, てちよ, てぢ, てみる, てゐる, て右, て少し, て彼, て惚れぼれ, て明かに一人, て眼, て臆病, て見る, て言, て頬, て頻, 方に, 目で

▼ ぢ~ (20, 0.1%)

7 ゐの 2 なぃのか, の花, ゐ, ゐが, ゐは 1 もあつ, ゐも, ゐ色

▼ ぢ~ (20, 0.1%)

5 そこらの 4 其辺の

1 [11件] かし, せんどうしませ, だた, だ匂, ふばん, もい, 寂しくば, 昼でも, 筆措け, 船頭しませ, 若しゴルゴンあら

▼ ぢりつ~ (20, 0.1%)

16 いて 1 いた, いたから, いても, き崖

▼ ぢやも~ (19, 0.1%)

7 ぢや 5 ぢやと 2 ぢやに 1 ぢやとは, ぢやの, 一つきくが, 一つはくよ, 一度やつ

▼ ぢられた~ (19, 0.1%)

4 目は 2 ことを

1 [13件] とき極地の, 儘である, 冬は, 可憐な, 扉の, 時初めて, 点は, 白蓮は, 目蓋の, 眼, 瞳を, 硝子の, 障子の

▼ ぢ登る~ (17, 0.1%)

2 ことは

1 [15件] あらゆる少女並, かでなければ, こと二十余町屡々, と上, と国境, に任す, に過ぎない, のは, のを, 仔羊を, 心掛けを, 日が, 時と, 私の, 者も

▼ ぢかと~ (16, 0.1%)

2 寄って, 明け初

1 [12件] なつた, 今度こそは, 寄った乾雲坤竜, 感じて, 感じながら, 立って, 聞えた, 聞えて, 見せて, 迫って, 頭を, 顔を

▼ ぢ~ (16, 0.1%)

5 んだ 3 んだ踏ん 2 んだ踏んだ 1 がもう, つたがね, つて王さんだ, とかお, んだ踏む, 二本差の

▼ ぢちや~ (16, 0.1%)

6 ん何 2 んお 1 ん, んあの, んおや, んこんど, んぢ, んとこ, んどう, ん大きな

▼ ぢ~ (16, 0.1%)

1 [16件] かたつむりに, せうから, それは, だあ, つるさ, 一國一城を, 叩いた, 息子の, 朝茶でも, 竜宮の, 粟がらを, 自分の, 行る, 通つてゐた, 顔をかば, 飮んだくれ

▼ ぢれた~ (16, 0.1%)

2 んださうです

1 [14件] か, 下で, 向ふ, 心が, 情史を, 時に, 枝を, 楊なども, 気分が, 泥鰌髭を, 糸の, 膜の, 花の, 草の

▼ ぢ~ (16, 0.1%)

3 と見

1 [13件] きかへるよ, てく, とあげ, とこちら, とした, としてはゐられなく, と半ば横目, と双眼, と堪らへ, と所天, と氣, と目, と見つめ

▼ ぢ込められ~ (16, 0.1%)

4 てゐる

1 [12件] てしまつて, てしまふ, てゐた, て仕舞つたの, て却, て居る, て遠洋, またお, 他と, 子供と, 底知れぬ, 演劇不振の

▼ ぢやろ~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] さつ, とおも, と言つて箸, は, まあ足, ゆうべ貴様の, ウ, ウ由何か, ナ今, 仇し, 左様ぢ, 流石に, 然う

▼ ぢやの~ (14, 0.0%)

1 [14件] ぢやは, ウ, メリイが, 云ふ, 人情ぢや, 人生が, 大家ぢやの, 大露西亜人, 感じを, 発音の, 詩人ぢやの, 道は, 頭髪が, 類の

▼ ぢちやん~ (13, 0.0%)

2 が, が来た, に如何 1 がもつ, がをかしい, が馬, とガマとど, の味方, の方, の眼

▼ ぢろぢろ~ (13, 0.0%)

2 眺めながら

1 [11件] と注がれた, と眺め, と眺めはじめた, と自分, と見た, ながめて, 眺めて, 見て, 見るでねいぞよ, 見るものぢ, 見るもんぢ

▼ ぢいと~ (11, 0.0%)

2 祖母との 1 それに, それらの, はすつかり変つた人, 二人同じ, 呼びなれましたが, 暗い空, 私の, 虚ろな, 鳴きたて

▼ ぢ~ (11, 0.0%)

2 ないの 1 ざくに, の実, の芽, ツて, 大波を, 揺れる青バス, 日の, 若葉と, 趣は

▼ ぢこめられた~ (11, 0.0%)

3 やうな, 人間の 1 とき二階の, 切迫や, 室は, 濃霧の, 花の

▼ ぢこん~ (11, 0.0%)

1 [11件] で, でくれ, でこなかつた, でゐる, で三十五円, で停車場, で外, で手こずらせた, で母, で渡, で立上

▼ ぢやん~ (11, 0.0%)

4 ぢや 2 ぢやん 1 ぢやらに, でそれから, と夕飯, 拳で, 拳を

▼ ぢゆん~ (11, 0.0%)

1 [11件] が唯, が誕生, とは別, に二義, に若返る, の孵る, の語根, はもの, は卵, は生る, 即生れる

▼ ぢよう~ (11, 0.0%)

2 とした 1 たるもの, としても鞄, としてゐた, として気づいた, と思つて, と為, な年, 叩いて, 言うて

▼ ぢらしき~ (11, 0.0%)

2 姿は 1 かな, はお, 人の, 君影草, 姿と, 感傷の, 涙を, 白栗鼠の, 顏を

▼ ぢ曲げ~ (11, 0.0%)

1 [11件] たり或は, てうしろ, てしまひ, ては無造作, てもがく, て勝, て眼, て門, て齒, ながら視線, 一せいに

▼ ぢ登り~ (11, 0.0%)

1 [11件] そこから, て見, て見れ, まさに穴, われらの, ウドや, 一時間ほどに, 主人が, 兵火放ち, 後者は, 片手を

▼ ぢ~ (11, 0.0%)

2 つたきり 1 つた, つたま, つたやう, つたわけ, つて, もつて, もりあるか, もるの, んでゐる

▼ ぢ込む~ (11, 0.0%)

1 [11件] ででもある, で置く, ともう, と云, と叔父さん, と足, のです, のは, やうな, やうに, 事だけは

▼ ぢいさま~ (10, 0.0%)

1 そのめ, なにかは, の時, の陛下, はみんなお金, はわし, は来ません, ばあ, もネこの, アノお

▼ ぢかの~ (10, 0.0%)

1 あらは, うちに, ところに, ニンゲンの, ベンチへ, 小松数馬の, 紅布へ, 谿を, 道しばの, 金座の

▼ ぢやう~ (10, 0.0%)

2 どぢやう 1 おひめある, かな, が少し, なるこの, な前膊, よ, を川, 大不機嫌

▼ ぢやから~ (10, 0.0%)

61 三四十二里私あ, 全く始末, 牛飼君の, 見附かる

▼ ぢやに~ (10, 0.0%)

1 さあさ, なつた, 乱れ片方, 却つてわれにも, 叱られて, 因つてお, 因つて生と, 因つて私が, 早くし, 此処は

▼ ぢ~ (10, 0.0%)

3 ないか 1 ありませんか, ないから, ないん, ない人違ひだ, ねヱ, ま行つて, 困る

▼ ぢあげ~ (9, 0.0%)

2 てぐる 1 てしまふ, て作曲家, て大形, て抛りだし, はしない, やうと, 横ッ腹を

▼ ぢいや~ (9, 0.0%)

1 が庭, といふ程, に委細, に頼ん, のお, のドウナーシヤ, のドウーニヤ, を先, 御苦労だ

▼ ぢくる~ (9, 0.0%)

2 のが, やうに 1 から怪我, のを, ばかりだ, 商売がらつい, 朝雲の

▼ ぢくれ~ (9, 0.0%)

2 てゐる 1 かたで, たるが, て出, て咲き乱れたる, て天, て手, 腕を

▼ ぢこもつた~ (9, 0.0%)

2 きりで 1 がその, きりである, きり出, きり死の, ままいつ, まま窓の, 古典的な

▼ ぢざる~ (9, 0.0%)

1 なり然, にもあらざれ, をえじ, を得ない, を得ん, を想見, 女, 有情は, 盲蛇危かりし

▼ ぢ~ (9, 0.0%)

1 か, といふ訳, やうに, 冬も, 彼女の, 我ながら, 放埒で, 生きかたを, 者は

▼ ぢ~ (9, 0.0%)

2 おんつかひ 1 くさい気分, ぢと, 出て, 友達の, 深い, 深い学生, 深く髣髴

▼ ぢやもう~ (9, 0.0%)

2 おれの 1 ああは, あんな面白い, こ, 上野界隈立ち退かない, 床に, 暫く御, 米が

▼ ぢれつ~ (9, 0.0%)

2 たい男 1 たいが, たい心持, たが, たくさせるの, たくなり大, たさうに, てえな

▼ ぢ倒し~ (9, 0.0%)

3 てその 1 てしまっ, てしまはなけれ, て悲鳴, て膝, て袋叩き, 頭の

▼ ぢきです~ (8, 0.0%)

1 から一寸, から元, から元気, ね, ね全く, よ, よ汽車, わ

▼ ぢつけ~ (8, 0.0%)

1 て佛法僧, て早く, であらう, などしました, に相違, や解釈, を加, 腹を

▼ ぢ~ (8, 0.0%)

1 のか, ば, 對立を, 根性なんか, 気を, 物に, 生き方は, 習癖が

▼ ぢない~ (8, 0.0%)

1 うちと, と云, のは, 如何なる転落, 晝にも, 生活, 積である, 譯には

▼ ぢ~ (8, 0.0%)

2 かま 1 かまの, かまはぎの秋の, かま東都は, き, なは, のあけ

▼ ぢまもり~ (8, 0.0%)

2 の話 1 が, が帰つて, の場合, の時, の橘, は但馬

▼ ぢやご~ (8, 0.0%)

2 ざりません, はせん 1 ざりましねえ, ざりましねえだよ, ざりやせんか, わりませんか

▼ ぢわる~ (8, 0.0%)

1 でしたから, ですね, の, のきん, をしかけられる, をしない, をしました, をする

▼ ぢすきた~ (7, 0.0%)

5 かひ 2 かひこ

▼ ぢつと抑~ (7, 0.0%)

2 へ付け 1 へて, へながら元, へながら訊く, へるやう, ゆるこころ

▼ ぢても~ (7, 0.0%)

1 ゐなければ, 未練がましく, 無駄に, 目は, 目口に, 見ず, 閉ぢても

▼ ぢやあお~ (7, 0.0%)

1 主に, 嫂さんに, 母ちやんは, 父う, 百姓さんで, 貰ひよ, 起著物を

▼ ぢやで~ (7, 0.0%)

5 なう 1 云ふわい, 皆樣

▼ ぢやとも~ (7, 0.0%)

4 言ふ 1 申さうず, 言はれた, 言へるだらう

▼ ぢ曲げる~ (7, 0.0%)

5 やうに 1 ことも, と最初

▼ ぢ登つて~ (7, 0.0%)

1 あの灯籠, しまつ, ゐた野次馬たち, ゐました, 行くと, 行くより, 青い実

▼ ぢ込め~ (7, 0.0%)

1 ておいた, てこれ, て以来, て彼女, て置い, て置く, 毎日時間を

▼ ぢうに~ (6, 0.0%)

1 ある近江國, は小指, ひろめたの, 拡がります, 書きあげなければ, 聞えるやう

▼ ぢ~ (6, 0.0%)

1 が浦, ざるとは, だよ, はまったく, をおもいつきました, をなすった

▼ ぢから~ (6, 0.0%)

1 ある目差, で自分, チツトも, ニッケル側を, 生れるもの, 翡翠の

▼ ぢ~ (6, 0.0%)

2 もつて, 居りませんか, 来ませんか

▼ ぢごく~ (6, 0.0%)

1 にいる, の貪婪, の黒い, はおどろき, は蟻, を引ずりこん

▼ ぢすき神~ (6, 0.0%)

2 と禊ぎと, の事蹟, を学ん

▼ ぢとして~ (6, 0.0%)

1 やがて, ゐたが, ゐる時, 仕事を, 困つた様子, 火に

▼ ぢのぼり~ (6, 0.0%)

1 てはるか, よぢ, 枝を, 棕梠の, 此所に, 紅殼土の

▼ ぢやを~ (6, 0.0%)

1 かしいな, かしくつて, ぢさんと, ぢさんに, ぢさん先刻家から, ばさんも

▼ ぢ~ (6, 0.0%)

1 のことば短, の御, の志, の性急, の書, を説き

▼ ぢ登らう~ (6, 0.0%)

1 かと思案, とした, として手, とする, とせず, と一生懸命

▼ ぢ籠り~ (6, 0.0%)

1 がちだつた, たまひ, オーガスタスに, 客が, 無論学校, 相互に

▼ ぢ込められた~ (6, 0.0%)

1 といふ部屋, ので稍, 様な, 死者たちの, 為に, 虫が

▼ ぢかれ~ (5, 0.0%)

1 てあの, てでも, て瞬間本能的, どほし, 柱の

▼ ぢくれた~ (5, 0.0%)

1 感情が, 松の木の, 状態で, 著物, 襷を

▼ ぢこもり~ (5, 0.0%)

1 いよいよ人間嫌, そしてたつた, その毒眼, ダンスの, 悟りを

▼ ぢさま~ (5, 0.0%)

1 がラッパ, が馬, この土地, に衝, よくご存じ

▼ ぢって~ (5, 0.0%)

1 あちこちの, ゐる屋井, 二十歳前後の, 何とも云, 瓦斯を

▼ ぢなけれ~ (5, 0.0%)

3 ばならない 1 ばなりません, ば暗く

▼ ぢなる~ (5, 0.0%)

2 自分は 1 ペツポを, 論なり, 議官に

▼ ぢには~ (5, 0.0%)

1 まだし, 帰って, 感ずること, 良心つてものが, 鵯

▼ ぢまひ~ (5, 0.0%)

2 ます 1 さうな気, なさい, ますわ

▼ ぢまる~ (5, 0.0%)

1 といふ夢, と全く, と徹夜, の, ものだ

▼ ぢむさい~ (5, 0.0%)

1 けれど私, 匂ひ, 姿を, 握りの, 蛹が

▼ ぢめ拔~ (5, 0.0%)

2 くの 1 いた上, いて, かれて

▼ ぢもの~ (5, 0.0%)

2 雲が 1 リボンが, 光が, 思ひを

▼ ぢゃと~ (5, 0.0%)

1 いつも気軽, よくあきらめ, 思うて, 思ったの, 恨むやう

▼ ぢゃない~ (5, 0.0%)

1 けれどもその, た, たァ, やっぱり地面, 帰れ帰れって

▼ ぢやあねえ~ (5, 0.0%)

2 でごわす 1 かい, ぞ, な

▼ ぢやうさん~ (5, 0.0%)

1 にもらつた, のお, は, はお, はよい

▼ ぢやとは~ (5, 0.0%)

1 えその, 云は, 仮令ば, 知られうぞ, 訣別の

▼ ぢやらん~ (5, 0.0%)

4 ぢやらん 1 ぽうん

▼ ぢやれ~ (5, 0.0%)

1 お湯の, ば, ばしばし, ば山, ば涎

▼ ぢより~ (5, 0.0%)

1 せつかく, ひとりか, わたしを, モンテピンチヨオの, 登るところ

▼ ぢろぎ~ (5, 0.0%)

2 もしない 1 をしない, を忘れ, 留るもの

▼ ぢイさん~ (5, 0.0%)

1 からし, が命名, などいや, にはあたい, を

▼ ぢ上り~ (5, 0.0%)

1 お清殿, て環飾, 一ばんたかい, 山吹の, 石質の

▼ ぢ~ (5, 0.0%)

1 と人, のうといふ語, の嶺, をな, をなせり

▼ ぢい様~ (4, 0.0%)

1 が御, のやう, はほん, は度胸

▼ ぢかけ~ (4, 0.0%)

1 いすに, いすや, がつい, に投げ

▼ ぢかな~ (4, 0.0%)

1 なやましさ, もので, やせぢ, 一人の

▼ ぢかには~ (4, 0.0%)

1 いた半, つきり, ひつて, 持たぬ

▼ ぢかれた~ (4, 0.0%)

1 かたち七分五厘位の, ものか, やうに, 蛙の

▼ ぢかん~ (4, 0.0%)

1 でばかりゐた, でる樣, でゐる, で咲い

▼ ぢきだ~ (4, 0.0%)

31 と思ふ

▼ ぢけた~ (4, 0.0%)

1 のでまあ, のでも縮んだ, 寒がり, 小さな灌木

▼ ぢこもる~ (4, 0.0%)

1 が如き, ことで, のである, やうに

▼ ぢさせ~ (4, 0.0%)

1 てやる, て上げなけれ, て劇, ながら言

▼ ぢした~ (4, 0.0%)

1 がそれ, ことも, つて追付きません, 身振りで

▼ ぢする~ (4, 0.0%)

2 べがな 1 のは, を引つたくり

▼ ぢちぎられ~ (4, 0.0%)

4 て何

▼ ぢては~ (4, 0.0%)

1 ゐるが, 又いつか, 叩き落し, 毎日暖い

▼ ぢながら~ (4, 0.0%)

2 涙を 1 もう一度その, 段々高

▼ ぢなき~ (4, 0.0%)

1 かの嬉しき, ことは, や嚢, 心を

▼ ぢなし~ (4, 0.0%)

1 でどう, といつた, よりはえらい, をがしんと

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

2 ぢの 1 ばならない, ばならなかつた

▼ ぢふせ~ (4, 0.0%)

1 たり習慣, てやります, て靴, 却つて自説を

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

1 すべての, なかつた先生, 來て, 扇子の

▼ ぢみた~ (4, 0.0%)

1 気持すら, 紺がすりの, 芝居が, 顔付な

▼ ぢむけ~ (4, 0.0%)

1 その特徴, て出口, て盤, て顏

▼ ぢゃないかと~ (4, 0.0%)

1 云ったら君, 思ひます, 思ふん, 恐れながら

▼ ぢゃ仕方~ (4, 0.0%)

1 がない, ないお, ないで, ないわ

▼ ぢやあよご~ (4, 0.0%)

4 ざんす

▼ ぢやがの~ (4, 0.0%)

1 その何, わしが, 此方の, 連れて

▼ ぢやけ~ (4, 0.0%)

1 てゐた, にその, にとそれ一點, に水

▼ ぢやとて~ (4, 0.0%)

1 そげなそしらぬふり, 慾ぢや, 昨日の, 芸人の

▼ ぢやは~ (4, 0.0%)

1 いるが, 大蛇の, 室生犀星の, 年より

▼ ぢやる~ (4, 0.0%)

1 と思へ, と申す, ほどに河, わいの

▼ ぢられる~ (4, 0.0%)

1 のが, のでした, よりどんなに, 樣に

▼ ぢりし~ (4, 0.0%)

1 てくる, てゐた, て居る, て来る

▼ ぢりで~ (4, 0.0%)

1 それが, は死地, 人が, 爪先の

▼ ぢれる~ (4, 0.0%)

1 と腹切道具, ばかりで落着けなかつた, やうに, 何で御

▼ ぢろい~ (4, 0.0%)

3 だが 1 だの

▼ ぢろぐ~ (4, 0.0%)

1 かも知れなかつた, 思ひが, 程, 程妻

▼ ぢ伏せ~ (4, 0.0%)

1 たり人間, てしまはう, てグタグタ, て兩

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

1 はせ, はせた見る, ひました, ふの

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

1 ひ其身, れ, れだすかも, れ幼き

▼ ぢ恐れ~ (4, 0.0%)

1 てのみ通, て默つて, なんと云いけれ, 維持力が

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

1 がさす, な彼等, に語り, のついた

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

1 とも若水, に死んだ, の威力, は誕生

▼ ぢ無し~ (4, 0.0%)

1 だ, では到底, の方, よ

▼ ぢ籠る~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことは, と大抵, 安全を

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

2 へいざ 1 ふ国, ふ國

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

1 をふさい, をふさぎ, を塞ぎ, を掩

▼ ぢ~ (4, 0.0%)

1 が湖水, はよく, を彼, を眞直ぐ

▼ ぢ難い~ (4, 0.0%)

2 あの山 1 山の上から, 峰の

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 が一般, である, に見える

▼ ぢあけ~ (3, 0.0%)

1 て一つまみ米, て取, 方の

▼ ぢあげる~ (3, 0.0%)

1 とお, やうな, 者も

▼ ぢあやめ~ (3, 0.0%)

1 とも言, をも手, 咲く

▼ ぢいた~ (3, 0.0%)

1 あとで, のは, 蟻の

▼ ぢいに~ (3, 0.0%)

2 向つて 1 この話

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

2 そる 1 で放送

▼ ぢかな所~ (3, 0.0%)

1 から現, で廊, に立つ

▼ ぢこみ~ (3, 0.0%)

1 さて血走つた, まちへ, 早々に

▼ ぢこめられてる~ (3, 0.0%)

1 こと, のです, クロです

▼ ぢこめられる~ (3, 0.0%)

1 ときも, ともう, もので

▼ ぢしきた~ (3, 0.0%)

2 かひこ 1 かひこね

▼ ぢぢイ~ (3, 0.0%)

1 じみて, でも色けが, は御

▼ ぢつた~ (3, 0.0%)

1 がため, が直ぐに, ので

▼ ぢつつ~ (3, 0.0%)

1 夢みぬる, 大慈大悲の, 醉ひしれぬ

▼ ぢてと~ (3, 0.0%)

1 いひて, 仰有らないの, 眼を

▼ ぢといふ~ (3, 0.0%)

1 ものは, 製本も, 銀座裏の

▼ ぢなれ~ (3, 0.0%)

1 ど己, ばうき, ば強

▼ ぢにな~ (3, 0.0%)

1 つてゐた, つて見たい, つて覘い

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 げの, この王, のに

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 の露, やという文句, やと書いた

▼ ぢほそぼそ~ (3, 0.0%)

2 としばし 1 とあ

▼ ぢまた~ (3, 0.0%)

1 何を, 立てば, 開くを

▼ ぢめさ~ (3, 0.0%)

1 が切なく, へすれ, を始め

▼ ぢめ方~ (3, 0.0%)

3 が足りぬ

▼ ぢめ立~ (3, 0.0%)

2 る譯 1 る訳

▼ ぢゃあ~ (3, 0.0%)

1 あまり遅く, が人間, は人間

▼ ぢゃが~ (3, 0.0%)

1 ご本意, 参ると, 次に爾迦夷

▼ ぢやうぢ~ (3, 0.0%)

3 やし

▼ ぢやけた~ (3, 0.0%)

1 物だ, 砂原で, 砂浜に

▼ ぢやけん~ (3, 0.0%)

1 に手, に歩きだし, 今に誰

▼ ぢやこつ~ (3, 0.0%)

2 ちのお 1 ちのがも

▼ ぢやす~ (3, 0.0%)

1 かい, つかり台湾向き, つかり堅氣

▼ ぢやといふ~ (3, 0.0%)

1 ほかなし, 意志表示を, 風で

▼ ぢやらと~ (3, 0.0%)

1 銭が, 鳴つた, 鳴る

▼ ぢやらの~ (3, 0.0%)

1 三俵法師だ, 男の, 黒い胸衣

▼ ぢゅう~ (3, 0.0%)

1 に, はポッポッポ, 撒かれたなどという

▼ ぢゆうの者~ (3, 0.0%)

1 が帽子, に, は夜

▼ ぢょうちんを~ (3, 0.0%)

2 光らしながら 1 光らして

▼ ぢようの~ (3, 0.0%)

3 をぢ

▼ ぢりさせ~ (3, 0.0%)

2 て居た 1 たり退屈

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 じみて, でも色けが, は御

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 もの

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 っと唇, つとひそん, つと後

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 つた, つたもの, つて

▼ ぢ入る~ (3, 0.0%)

1 樣子で, 次第である, 風情でした

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 つた樣, つた部屋, つて

▼ ぢ切る~ (3, 0.0%)

2 やうに 1 様な

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

2 を歪め 1 にく

▼ ぢ曲げられた~ (3, 0.0%)

1 やうな, やうに, 樣に

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 がにう, の所, をショボショボ

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 さわぎ, さわぎ行くなれど, の去来

▼ ぢ込めた~ (3, 0.0%)

1 ところ裸で, 件を, 家の

▼ ぢ込んだ~ (3, 0.0%)

2 お文 1 革鞄を

▼ ぢ鉢卷~ (3, 0.0%)

1 で肥料, に大, をする

▼ ぢ鉢巻~ (3, 0.0%)

1 に大, の男, をする

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

2 は夕光 1 の尾

▼ ぢ~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひ彼, ひ繁み

▼ ぢあり~ (2, 0.0%)

1 て只, と称し

▼ ぢいさ~ (2, 0.0%)

1 ま, まとおば

▼ ぢいさんだ~ (2, 0.0%)

1 な, なあ

▼ ぢいさん達~ (2, 0.0%)

1 といふの, にそこ

▼ ぢいん~ (2, 0.0%)

1 とした, と躯ぢ

▼ ぢかい年~ (2, 0.0%)

1 だったが, をし

▼ ぢからの~ (2, 0.0%)

1 ある聞きなれない, 話ぢや

▼ ぢかんだ~ (2, 0.0%)

1 ために, 心に

▼ ぢがらめ~ (2, 0.0%)

1 にせずん, に縛められ

▼ ぢきし~ (2, 0.0%)

2 て好い

▼ ぢきた~ (2, 0.0%)

1 かられる, りす花の

▼ ぢきちかく~ (2, 0.0%)

2 に町

▼ ぢきで~ (2, 0.0%)

2 ごぜえます

▼ ぢきれ~ (2, 0.0%)

1 さう, さうだ

▼ ぢき出~ (2, 0.0%)

1 て來, て来たくなる

▼ ぢき死~ (2, 0.0%)

1 ぬわい, んで仕舞

▼ ぢけが~ (2, 0.0%)

1 ついて, 出た

▼ ぢけたり~ (2, 0.0%)

1 する, 釉が

▼ ぢける~ (2, 0.0%)

1 のを, 青い柿

▼ ぢけを~ (2, 0.0%)

1 ふるつて, 見せないつもり

▼ ぢこの~ (2, 0.0%)

1 先に, 山本に

▼ ぢこまれ~ (2, 0.0%)

1 て強烈, て正論

▼ ぢこむ~ (2, 0.0%)

1 のである, 見幕である

▼ ぢこむる~ (2, 0.0%)

1 時愚かにもか, 間は

▼ ぢこめた~ (2, 0.0%)

1 のです, まま上目で

▼ ぢこめたる~ (2, 0.0%)

2 窓の

▼ ぢごと~ (2, 0.0%)

2 の明る

▼ ぢさんだつ~ (2, 0.0%)

1 てさ, てわからない

▼ ぢさん何~ (2, 0.0%)

1 か教え, でもない

▼ ぢしてる~ (2, 0.0%)

1 おさだ, のよ

▼ ぢしめ~ (2, 0.0%)

1 そ, よ

▼ ぢせる~ (2, 0.0%)

2 かも

▼ ぢせんどう~ (2, 0.0%)

2 しや

▼ ぢその~ (2, 0.0%)

1 息は, 面会の

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 お, おのかん

▼ ぢたち~ (2, 0.0%)

1 のため, の泣言

▼ ぢぢい~ (2, 0.0%)

1 は家の子郎党, を思ひ

▼ ぢつき~ (2, 0.0%)

1 におぼえた, 怒んだから

▼ ぢつくり~ (2, 0.0%)

1 と腰, と自分

▼ ぢつて其~ (2, 0.0%)

1 が食, を噛

▼ ぢつて煙草~ (2, 0.0%)

2 を吸

▼ ぢつて私~ (2, 0.0%)

1 の妻, の方

▼ ぢてや~ (2, 0.0%)

1 各家戸, 首を

▼ ぢてる~ (2, 0.0%)

1 この可哀想, 彼女を

▼ ぢでは~ (2, 0.0%)

1 焼売と, 表向休業

▼ ぢでる~ (2, 0.0%)

1 べが, んだ

▼ ぢとの~ (2, 0.0%)

1 不和が, 間でを

▼ ぢとは~ (2, 0.0%)

1 喧嘩し, 跡に

▼ ぢなど~ (2, 0.0%)

1 言うたらしい, 食は

▼ ぢなどを~ (2, 0.0%)

1 接尾語と, 考へ

▼ ぢなみ~ (2, 0.0%)

1 こそ, も来た

▼ ぢぬる~ (2, 0.0%)

2 のち何方より

▼ ぢふせる~ (2, 0.0%)

2 には向く

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

2 ぢで

▼ ぢへて~ (2, 0.0%)

1 そればかりを, 詰め寄つて

▼ ぢまう~ (2, 0.0%)

1 か, ともしなかつた

▼ ぢまげ~ (2, 0.0%)

1 て呉れる, 胸を

▼ ぢまげる~ (2, 0.0%)

1 といふやう, には全く

▼ ぢませ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てひたすら

▼ ぢまつたん~ (2, 0.0%)

1 だ, だから

▼ ぢみでた~ (2, 0.0%)

1 天才達の, 珠玉の

▼ ぢむける~ (2, 0.0%)

1 ことが, と奇態

▼ ぢむさく古めかしい~ (2, 0.0%)

2 金紙銀紙の

▼ ぢめたん~ (2, 0.0%)

1 だけれど, だな

▼ ぢめやう~ (2, 0.0%)

1 とした, をする

▼ ぢめられつ兒~ (2, 0.0%)

1 が泣き, のやう

▼ ぢめ私~ (2, 0.0%)

1 の水車小屋, の肉眼

▼ ぢゃないか~ (2, 0.0%)

1 さう, 一体おれ

▼ ぢゃないと~ (2, 0.0%)

1 思った, 思ふん

▼ ぢゃなかなか承知~ (2, 0.0%)

2 しないん

▼ ぢゃなくて~ (2, 0.0%)

1 かへって十字架, た

▼ ぢゃ今年~ (2, 0.0%)

1 は四つ, は方々

▼ ぢゃ生産~ (2, 0.0%)

1 に借金, へだし

▼ ぢやああの~ (2, 0.0%)

1 映画の, 遠い海

▼ ぢやあ君~ (2, 0.0%)

1 の意見, まあ体

▼ ぢやあ後~ (2, 0.0%)

1 で乗せ, で誘ひ

▼ ぢやあ貴~ (2, 0.0%)

1 下方に, 郎は

▼ ぢやき~ (2, 0.0%)

1 ぢやき, に剪つて

▼ ぢやきつ~ (2, 0.0%)

1 といらつ, と胸

▼ ぢやく~ (2, 0.0%)

1 は小説, 的性格に

▼ ぢやけれ~ (2, 0.0%)

1 どうか, 持参金の

▼ ぢやし~ (2, 0.0%)

1 やうが, やうねえ

▼ ぢやちよ~ (2, 0.0%)

1 つとよ, つと過ぎた

▼ ぢやぶ~ (2, 0.0%)

1 ぢやぶ, 渡つていつたら

▼ ぢやへ~ (2, 0.0%)

1 えらねえつちん, ツ

▼ ぢやほどに~ (2, 0.0%)

1 泊つてなりと, 迚も

▼ ぢやらな~ (2, 0.0%)

1 腹の, 裸でした

▼ ぢやるまい~ (2, 0.0%)

2

▼ ぢやれる~ (2, 0.0%)

1 私は, 虫が

▼ ぢやわいなう~ (2, 0.0%)

1 何う, 何と

▼ ぢゆうで~ (2, 0.0%)

1 はいちばん寛大, は其の

▼ ぢようさん~ (2, 0.0%)

1 がきかれたら, がやつ

▼ ぢらしい思ひ~ (2, 0.0%)

1 がし, がした

▼ ぢらつて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 輝く若葉

▼ ぢらとり~ (2, 0.0%)

1 のれ, の男

▼ ぢられたる~ (2, 0.0%)

1 がその大いなる, 亡者も

▼ ぢられぬ~ (2, 0.0%)

1 のを, 旅順の

▼ ぢられね~ (2, 0.0%)

1 ばならなかつた, ばならぬ

▼ ぢら乾葡萄~ (2, 0.0%)

2 をもて

▼ ぢりした~ (2, 0.0%)

1 様子で, 髮の

▼ ぢりたる~ (2, 0.0%)

1 フランス語の, 陳腐なる

▼ ぢりな~ (2, 0.0%)

1 ので彼, ものを

▼ ぢり廻し~ (2, 0.0%)

1 ては惡果, てふと

▼ ぢれ込み~ (2, 0.0%)

1 てヌツ, て夫

▼ ぢろん~ (2, 0.0%)

2

▼ ぢををが~ (2, 0.0%)

2 み迎

▼ ぢダコ~ (2, 0.0%)

1 ができ, のある

▼ ぢーん~ (2, 0.0%)

1 と湯, と腹

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 すぢ, すぢ口

▼ ぢ上る~ (2, 0.0%)

1 冒険者の, 心細さ

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

2 へた

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 と言, の來

▼ ぢ仄か~ (2, 0.0%)

1 に, に黄

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 までの事, 行け胸甲

▼ ぢ伏せよう~ (2, 0.0%)

1 とした, としてゐる

▼ ぢ伏せられ~ (2, 0.0%)

1 て, て概念上

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 つて居ります, つて言葉も

▼ ぢ出す~ (2, 0.0%)

2 手もとに

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 神に, 讀みかけた處

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 ひの, ふの

▼ ぢ向けた~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, と思ふ

▼ ぢ君眼~ (2, 0.0%)

2 は消えしや

▼ ぢ地下室~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 の川瀬, を照らし

▼ ぢ引け~ (2, 0.0%)

1 ば, ばまた

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 と呼びかけ, の許

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 だつてこと, は

▼ ぢ或は~ (2, 0.0%)

1 すぢゃあ, 開き

▼ ぢ故意~ (2, 0.0%)

2 に知るまい

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

2

▼ ぢ曲げたる~ (2, 0.0%)

2 に手

▼ ぢ梅が枝~ (2, 0.0%)

2 の蔦

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 の書かれた, は道理

▼ ぢ残る~ (2, 0.0%)

2 赤い路

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

2 の網代木

▼ ぢ河岸~ (2, 0.0%)

2 の河太郎

▼ ぢ流れ~ (2, 0.0%)

2 てゐた

▼ ぢ濃き淡き~ (2, 0.0%)

2 峰の

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 で多少, なる遠

▼ ぢ登つた者~ (2, 0.0%)

1 があります, がない

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 のきり, の路

▼ ぢ籠つて人~ (2, 0.0%)

2 に面

▼ ぢ籠つて門外~ (2, 0.0%)

2 へは一歩

▼ ぢ細く~ (2, 0.0%)

2 うねりながら

▼ ぢ耀く~ (2, 0.0%)

2 薄おしなべて

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 をグッ, を伏せ

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 の地口, むとす

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 に下れ, を渡り

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 の長しみじかし, を三人

▼ ぢ込まう~ (2, 0.0%)

1 し風, とした

▼ ぢ込み~ (2, 0.0%)

1 ながら黙, をつくる

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 へた, へに

▼ ぢ青き~ (2, 0.0%)

2 しまを

▼ ぢ~ (2, 0.0%)

1 に見える, の大騒ぎ

▼1* [1064件]

、艇の再び, ぢぁにして神なる者, ぢぁ欠げでる油煙, ぢあがるのも, ぢあける音が, ぢあつた, ぢあねえよ, ぢあまり過ぎしは, ぢあやめ地平の線, ぢあるは離れて, ぢいが若いころ見聞き, ぢいがひとり言のやう, ぢいが云ひますので, ぢいが百万年も生きる, ぢいさんたちと北上川, ぢいさんつて変, ぢいさんなら分るであらういや分る, ぢいさんのくびには, ぢいさん貸してあげ, ぢいだいたのぞみも, ぢいっぱいに手, ぢいづれか我舊夢, ぢいて論にかけ, ぢいといつしよにあたたかい, ぢいものだな, ぢいやいまだかみさん, ぢいりの帽子, ぢいる也, ぢいろのあめ, ぢい始め漁師な, ぢい様ぢやない, ぢい様私を曾孫, ぢうあれてゐた, ぢうかぶ雲あり, ぢうすきまも, ぢうだて, ぢうても, ぢうにタルカンを振りまい, ぢうに化粧でもし, ぢうに擴まるやう, ぢうに漂つてゐる, ぢうに現はし, ぢうに蔓りましたから, ぢうむのやう, ぢうめともいふ, ぢおく勿れ, ぢおそるらん, ぢおそいにみおやせ, ぢおそれて走りゐ, ぢおのことでも, ぢおの話なんか時折, ぢおぼろげに浮ぶ, ぢおやの訛, ぢおるちへ, ぢおれの死骸, ぢかい人おなじく三十何年型, ぢかい品のよい, ぢかい頃だった, ぢかかる男女の, ぢかく突然訪れて, ぢかげに人, ぢかげりあり北上川の, ぢかさ雨急にふりきぬ, ぢかつ悔る, ぢかではないけれど, ぢかという話であった, ぢかなところに, ぢかな女中には万人, ぢかにおいていざという, ぢかにつき刺さつて, ぢかになどといふことは, ぢかに会つた上で撰好み, ぢかに駄夫の耳もと, ぢかへ追撃し, ぢかまで引っぱり出して, ぢかむで, ぢかめて丸く, ぢかも端ぢか, ぢからといふ, ぢからに揺られる, ぢからのよわや十歩に, ぢからは程が, ぢかり股の, ぢがけで木綿たて縞, ぢがたいのは, ぢがはの網代木に, ぢがら見当が付かねえ, ぢがり祝に, ぢがり往けといはる, ぢきすんでしまふ, ぢきたなさが, ぢきだしたものらしい, ぢきだぢきだ男だ, ぢきだらうか, ぢきだアな, ぢきだ男だ, ぢきでございますからね, ぢきの御申入れ, ぢきのことであつ, ぢきびしくしろき川ひとつただに, ぢきまへにあの, ぢきもつてま, ぢきやよつて, ぢきやむからけつ, ぢきよるは, ぢきよくなるだらう, ぢきれし音を, ぢきんせんひめじ, ぢきムキになつて腹を, ぢき伐るからな, ぢき別れて了, ぢき別れた細君の, ぢき召し上るものを, ぢき呼んでやる, ぢき已めて仕舞, ぢき帰らないでもい, ぢき帰らなければ, ぢき恐れ入らせたので奴, ぢき明けるだらうからなるべく, ぢき来ますよ, ぢき死んだが, ぢき無く何の, ぢき生れるといふ, ぢき立つて了, ぢき行くから待つ, ぢき起きられますよ, ぢき飛ばす程の, ぢき食べるのね, ぢき飽きるだらうよ, ぢぎれさうな胸を抑え, ぢぎれむばかりゆららゆらら日をいつ, ぢぎれるとまた, ぢくにからまつた, ぢくに紙をまいた, ぢくねりたる木の, ぢくまっている, ぢくも気にいつた, ぢくらずに置け, ぢくらせたくないので書き直させ, ぢくられてはならぬ, ぢくりすぎて困る, ぢくりそれに触れ, ぢくりぢくりそれに触れ, ぢくりとつた, ぢくり囘し石油, ぢくれあがり脚の, ぢぐらゐは屁とも思はず, ぢけさせたり怯えさせ, ぢけし人は父, ぢけず颯爽と, ぢけたところはなく, ぢけたものになぜ, ぢけたももの殻, ぢけたやうな物, ぢけたヘンな気持, ぢけた不自然な憶測, ぢけた体と醜い, ぢけた子供のやう, ぢけた感情は, ぢけた態度で周囲, ぢけた日ばかり送, ぢけた當時の私, ぢけた皺だらけのもの, ぢけた私は怨めし, ぢけた花の一つ, ぢけた親爺がただ一人, ぢけた頑くなな, ぢけた顔を突き出した, ぢけた鼻頭がひつぱたけ, ぢけちやつたん, ぢけちるわれは, ぢけてとかくひつこみ, ぢけてをれば, ぢけむぞ子, ぢければ手足, ぢこきくれなゐになら, ぢこと笑がお, ぢこめあてはめて娘, ぢこめられはてた彼女の, ぢこめるのは, ぢこめ抱いている, ぢこもつたぎり昼でも, ぢこもらせて金將, ぢこもりたいとい, ぢこもるべく汝曰ふ, ぢこれらは髮, ぢこんだものだつた, ぢさして馳せゆき荒浪, ぢさせた常夜, ぢさせ書き掛けた筆を, ぢさま人間ていふ, ぢさんいますぐ戻, ぢさんきのふは面白う, ぢさんところへ行つて, ぢさんどこへ, ぢさんなんどもその, ぢさんらんと, ぢさんハンコ刻つておくれよ, ぢさんライオンは馴, ぢさん一つこのウィスキー, ぢさん一人で手酌, ぢさん云つてたわ, ぢさん今度は一番アピス, ぢさん今晩は, ぢさん僕の小隊, ぢさん先刻家から来た, ぢさん切手持つて, ぢさん四苦八苦の態, ぢさん夫妻に呉, ぢさん守屋三郎さんは支那文学, ぢさん幼稚園の教員さん, ぢさん此頃でも本郷, ぢさん顔の人, ぢさ山葵持て来ぬ春日, ぢざる間にひとり, ぢしい叫声が, ぢしじぬき, ぢしてたがやがて, ぢしてたら腹を, ぢしない身の, ぢしばらく吾が神, ぢしみ眼ひらくただ, ぢしらしらとして, ぢしらずも, ぢしろい光の, ぢや, ぢじみた言葉を, ぢずうっと細く, ぢずして出, ぢずでお訪ねした, ぢず荒れ狂ひ, ぢせいごきすと, ぢねかくれたる, ぢそこに座し, ぢそして耳を, ぢそれを自転車, ぢそれからあした坐り次第直に, ぢたい場所柄も, ぢたてる大爪, ぢたといつた方が, ぢたばたすると汗びつしよりになる, ぢたりとよりはこの死, ぢたる感がある, ぢたればまだ, ぢだの赤松だ, ぢは, ぢちうの死後棺, ぢちりそめにけり, ぢぢいが百万年も生きる, ぢぢぢと音, ぢぢぢぢと音, ぢぢばばと呼ん, ぢぢイぢやない, ぢぢイ歸つて來ると, ぢぢッと焼きつけられた, ぢくりと, ぢっくの力, ぢつおちきましたと私, ぢつきお家へお, ぢつき側へ來, ぢつくつて, ぢつくべく自分の, ぢつけた見方が, ぢつけないでもその, ぢつたのである, ぢつたコートの古, ぢつた海草の香, ぢつた言葉の洒落, ぢつてねこやなぎ, ぢつてモヂモヂして, ぢつて一しよに, ぢつて一番目立つた汚, ぢつて上眼遣ひに, ぢつて寒天のやう, ぢつて改正商買の質, ぢつて横笛を吹奏, ぢつて歌つてから, ぢつて沈澱して, ぢつて煩悶即解脱, ぢつて用もない, ぢつて相手の男, ぢつて笑ひだした, ぢつて縁日の玩具, ぢつて腰をふりつ, ぢつて興味ある典型, ぢつて茶の間の方, ぢつて葉つぱのやうなものも靴, ぢつて障子の外, ぢつとこれから先きの自分, ぢつとこんなにして, ぢつとさうして, ぢつとしばらく相手の, ぢつとまだ耳を, ぢつとみつめば, ぢつと又坐り直した, ぢつまの合, ぢつめたい南の, ぢづと切なさうな, ぢていうのは, ぢてか眞赤に, ぢてから彼は, ぢてがつくりと, ぢてこやれども, ぢてへつらひつ, ぢてをる, ぢであるが爲め, ぢですが實, ぢでねえが, ぢでも喰は, ぢとどぢならぬ, ぢともに燃え, ぢとりて, ぢとを水の上に, ぢと共に袖乞するなら, ぢどう考へて, ぢどーあや, ぢながらの感想だつた, ぢながらもその消え, ぢなくなり累々と, ぢなげきて別れ, ぢなぞガラス越しに, ぢなどが青い葉, ぢなどの考へや, ぢならおしたぢ葱なら, ぢならぬけうらだ, ぢなんかの同情は, ぢにかけて男の, ぢにて夏の, ぢにも捕まるだらうと, ぢによつてその, ぢぬうすものの, ぢのけぶりと, ぢのせゐぢや, ぢのなま心, ぢのばして覗いた, ぢのぼりゆく蛇を, ぢのぼれるの手, ぢのみにてその, ぢのよふ思ひきりて, ぢはじめそれをやらせられる, ぢはねもと港, ぢはへば, ぢはもがもが返事を, ぢばかま尾花, ぢばかりひどい目, ぢばかりが唯一で, ぢばばと呼ん, ぢひとり行く, ぢふせやりとげる奴で, ぢふせられて忽ち, ぢふせられた苦さ, ぢふみわけなく蛍, ぢぶきなり其の, ぢぷつつりと根もとからちぎれ, ぢぷともどきの本が最後, ぢへと吹きゆく風, ぢへの犧牲だつた, ぢへは置けねえから, ぢべたに喰, ぢほど日に, ぢほどの分別も, ぢほどもありは, ぢまえば真暗, ぢまがり瘠せ込んだ私, ぢまきょにあがてくたにあがて, ぢまげた顔の, ぢまげられた不自由き, ぢませた女共が, ぢまってあと, ぢまでがさあれは, ぢまでも真赤に, ぢまと小ぎれいにといふわけにはまいりません, ぢまひ三時宝塚へ帰り, ぢまるで掘上げられた冬, ぢみちはまことに, ぢみなる色を, ぢみな本を何, ぢみな烏瓜などは一向, ぢみな花である, ぢみのま, ぢみの一人が酔ひどれ, ぢみの人ぢやない, ぢみの様な気, ぢみの酒友が仲, ぢと為る, ぢむけたがそんな, ぢむけようと骨, ぢむけられてゐた, ぢむさげな, ぢむさく髭の, ぢむざんに釘うたれたまま, ぢむせえ馬子半天, ぢむところですからここで東京, ぢむとする折しもあれ, ぢむらの騒ぎ競, ぢむるにあたつてこの篇, ぢむ今日の小雨, ぢむ呻吟ありうるならば, ぢめたかどで, ぢめだつて先生, ぢめだつたにち, ぢめていぢめてつき放さう, ぢめようとした, ぢめろ惡者の意地惡, ぢめんに毛布, ぢめんことはさすが, ぢめストック品の古い, ぢめ一寸食ひつき損ったかと, ぢめ創作が志望, ぢめ千万な深刻, ぢめ堀口は八重, ぢめ大塚工藤服部等にとりまかれ, ぢめ大島に上陸, ぢめ大阪の本み, ぢめ彼を砂, ぢめ懲す様も行, ぢめ挙句の果, ぢめ採りゐる, ぢめ文芸部に注意, ぢめ樽野は書棚, ぢめ皆セリフが入ってない, ぢめ目につき, ぢめ笑つたのかと誤解, ぢめ羅馬のつもり, ぢめ胸を叩い, ぢめ舟けふ, ぢめ貧弱にし, ぢめ道徳家も盗人, ぢめ頃だつた, ぢめ鳥のやう, ぢもどして, ぢゃあとのご, ぢゃあなぜ今度も早く, ぢゃありませんかと斯うやっ, ぢゃありませんから御気, ぢゃありませんか今日のところ, ぢゃあるまいしわーいわーい, ぢゃあ三十までに血, ぢゃあ何十円ってたべた, ぢゃあ誰だってできる, ぢゃいけない笑ひ事, ぢゃいつでも種を胡麻化, ぢゃお母さんあの車, ぢゃお願ひするわ, ぢゃかそれを話さなけれ, ぢゃからだは枝, ぢゃきぢゃき刈りとって, ぢゃきつねが人をだます, ぢゃけれどこの店, ぢゃげながたうとう, ぢゃげなでこれからさっそく講ずる, ぢゃこれは爾, ぢゃさう願ひませうか, ぢゃさがし出せない, ぢゃって誰もみよりがない, ぢゃでわしの云, ぢゃと斯う考へ, ぢゃないかしらと康雄, ぢゃないかしらと思った, ぢゃないかほんたうにお前, ぢゃないか一本の樺の木, ぢゃないか元が有っ, ぢゃないか署長は腹, ぢゃないか趾の裏, ぢゃないこれは苔だ, ぢゃないぜ途方もない, ぢゃないどこでも勝手, ぢゃないのだと私は思ひました, ぢゃないんだで紋の付いた, ぢゃない猫のダンス, ぢゃない瓦窯だよ, ぢゃない白堊紀の巨, ぢゃない網膜が感じた, ぢゃなかったらうかジョバンニは思はず, ぢゃなからうかねお前もこの, ぢゃなくて渡り鳥どもがまっ黒, ぢゃならないとふだん, ぢゃなれど今宵とて又, ぢゃな御苦労だった, ぢゃふびんなはなしぢゃ, ぢゃぼんもう一つ, ぢゃぼん四個買って, ぢゃまた遇はう, ぢゃみなの衆た, ぢゃもう承知ができない, ぢゃもぢゃした大きな犬, ぢゃもぢゃした女と私, ぢゃもぢゃに頬鬚を伸し, ぢゃゆゑ阿呆の外, ぢゃゐないよ, ぢゃア兵隊ってなん, ぢゃライオン堂へ行っ, ぢゃーの形, ぢゃ一の悪業, ぢゃ不愍なことぢゃ, ぢゃ二十人でも食, ぢゃ人もばたばた, ぢゃ今の音聴, ぢゃ今年ぁこいつさ砂糖入れるべな, ぢゃ今朝も今朝, ぢゃ仕様あるまい, ぢゃ使はなかっ, ぢゃ僕もう失礼, ぢゃ内に深く, ぢゃ副業に椎茸, ぢゃ声さへ発たう, ぢゃ大変なこと, ぢゃ如是あさましい事, ぢゃ家内ぢうで, ぢゃ小禽の家, ぢゃ巾利だでな, ぢゃ心の合うた友だち, ぢゃ払ひますからね, ぢゃ昼の景色, ぢゃ木さば保ご附く, ぢゃ来月二十六日はみなの衆, ぢゃ林樹は青く, ぢゃ業とは梵語, ぢゃ此処を出, ぢゃ此手合は, ぢゃ汝あの音ぁ何, ぢゃ浮む瀬とてもあるまい, ぢゃ父上は御, ぢゃ白彊病がすく, ぢゃ空の青, ぢゃ米はいくら, ぢゃ腹が癒えない, ぢゃ草鞋作って, ぢゃ蕈の漬物, ぢゃ蟹か, ぢゃ話にならん, ぢゃ雨がはれたら, ぢゃ馬は使, ぢゃ鳥の文明, ぢやああばよ, ぢやあまァまかせる, ぢやあ一時迄と堅い, ぢやあ一緒に何処, ぢやあ一頭かし, ぢやあ不可えよ, ぢやあ二時間も斯, ぢやあ五六百万戦死者がある, ぢやあ他樣へ, ぢやあ帰つてやらう, ぢやあ御上りなさいツ, ぢやあ手拍ちとしよう, ぢやあ手附にこの, ぢやあ接吻させるけ, ぢやあ札を入れとい, ぢやあ気味がわるい, ぢやあ水ッパナの方, ぢやあ盗棒がきたら, ぢやあ頂戴しませうかな, ぢやあ馬が飛び越え, ぢやいな, ぢやうこともあり, ぢやうのかねえ, ぢやう人通りのない, ぢやう約束したで, ぢやかへすよ, ぢやから話は沢山, ぢやけえ先生に, ぢやけにまた年貢, ぢやけふは失敬, ぢやこつちには, ぢやこつちで手伝つてもらつ, ぢやこん夜は, ぢやすまねえぞ, ぢやすみませんよ先方ぢ, ぢやつたんぢやない, ぢやでの私も, ぢやといつておかう, ぢやとおもはる, ぢやとおつしやいます, ぢやとおもて默つてを, ぢやとに角僕, ぢやどんたくぢや, ぢやなんて滅相な, ぢやにとやうに, ぢやねかうし, ぢやのうこれ, ぢやはりひじぢや, ぢやまでなのであらう, ぢやまと呼ばれて, ぢやもんな, ぢやゆはんねえが, ぢやらさせながらミツシヱル, ぢやらしの振事, ぢやらになつたぼ, ぢやりせが一番, ぢやるによつて何とぞ, ぢやれたがるとか, ぢやれつくのも, ぢやろうなあ, ぢやろ去なつし, ぢやわからねえ, ぢやんがら仙人何處の, ぢやんちゆうやは朝鮮語, ぢやナ浜子, ぢや分んねえと, ぢや成んねえ, ぢゅうだのようかんだの私と一しょ, ぢゅうもの何いがす, ぢゅうやおそば, ぢゅうをちぢこめて身動きもしませんでした, ぢゅうをもうあちこちにちらばって一つ一つの小さな, ぢゅう僕たちはおかあさん, ぢゅう襯衣まで飲ん, ぢゅう針のささった, ぢゅう陽のあたらない, ぢふの, ぢゆうつかまり続けた鉄柵に, ぢゆうにぷんぷんと芳香, ぢゆうのあちこちから集, ぢゆうのどの土地よりも直接, ぢゆうの人氣をさらつて, ぢゆうの何処にも風邪, ぢゆうの科學者たちが刻苦精勵, ぢゆうの誰よりも現, ぢゆうわうにとん, ぢゆう揃つて奮鬪的生活をし, ぢゆう書いてゐました, ぢゆう泣いて来る, ぢゆう漂うてゐた, ぢゆう生んでゐたら, ぢゆう睡つてゐる, ぢゆう降つて降, ぢゆう降つてゐる, ぢゆう鳴いてゐる, ぢゆきそのいと, ぢゆくよ, ぢゆさけさきわたし, ぢゆりえつとがある, ぢょうちん光らして, ぢょうちんがあるところへ月光は降る, ぢょうちんで見失わねえよう, ぢょうちんであそこのくい, ぢょうちんは伊豆守様がわざわざ, ぢょうちんをつけた早駕籠, ぢょうぶ甘えもんだ, ぢようちんをもつ, ぢようやくといつ, ぢようゆうしんじやう, ぢようゆきなりの事, ぢよう眼を閉ぢよう, ぢよだたなして逃げ, ぢよとばかり嗤笑ひぬ, ぢよぶよ, ぢよめえね, ぢよりもずつと赤くもつ, ぢよるさう, ぢらい深い娘, ぢらさなきや, ぢらしい悩める魂の, ぢらしい萎れやうでした, ぢらしい顰め顔を, ぢらしがられて居ります, ぢらしがられる程の, ぢらしがりたまひ, ぢらしくなるのであつ, ぢらしく忘れられないのである, ぢらしく思うて連れだし, ぢらしく思はせる何かが, ぢらしく思ひながら彼女, ぢらしく思ふほど彼, ぢらしく泳がしむるの, ぢらしく見たことが, ぢらした上で, ぢらしでなければ賣れなかつた, ぢらすのわつみ, ぢらひも時によりけり, ぢられずにはゐられなかつた, ぢられたいたでを負ふた, ぢられないといふ片目, ぢられ傷めつけられそして亡びず, ぢらユカイだつた, ぢらー手引き手の出ぢらー意地引き, ぢら争でゲヘナ, ぢら今はやき殺されん, ぢら己が先祖, ぢら心に平安, ぢら日を追, ぢら神と財, ぢら翁よそれ, ぢら頭と黒い, ぢりかぢれば, ぢりさへした, ぢりしましたが後, ぢりすぎてゐて何うかと思ふ, ぢりっ毛や, ぢりつくことを, ぢりで繰込むのである, ぢりぬ舞ひぬ, ぢりほうれんさう, ぢりや盆栽のこと, ぢりゆく曳かれ山羊はも, ぢりよせてさ, ぢりりと押, ぢり冷めたい感触を, ぢり出して來, ぢり別れてその, ぢり卷きかお, ぢり居れども, ぢり廻すのを, ぢり散らしその甘, ぢり殺してやれ, ぢり痩せるね, ぢり直し完成, ぢり芽生えるものを, ぢるしく唸りはじめてくる, ぢるべき筋肉の, ぢる送る等等, ぢれくるはせた, ぢれさせてゐる, ぢれもつれるばかりである, ぢれる思ひがした, ぢれんまが, ぢろあたしの顔, ぢろうてゐる, ぢろぎながら相手の顔, ぢろぎましたが直ぐに面白, ぢろぐやうに白黒した, ぢろぐよと見る, ぢろぐ雲の絶間, ぢろぐ雲といへるは, ぢろげばた, ぢろぢろあたしの顔, ぢろぢろ五位の姿, ぢろぢろ客種を觀察, ぢろぢろ彼女の顔, ぢろぢろ相手の顔, ぢろぢろ眺めまは, ぢろぢろ通りがかりの人, ぢろぢろ顔を見る, ぢろ五位の姿, ぢろ客種を觀察, ぢろ彼女の顔, ぢろ相手の顔, ぢろ眺めまは, ぢろ通りがかりの人, ぢろ顔を見る, ぢわるく一瞥の, ぢをぞ見る, ぢをなひ上げやがて, ぢをにぎつてまちかまへて, ぢをばまいて, ぢア仕様がねえと, ぢイぢやない, ぢイーリス疾く行き, ぢイ歸つて來ると, ぢシュウマイが変色イヤ, ぢと焼きつけられた, ぢヤこれではどう, ぢ一つさへうごかさない, ぢ一帯どこを見, ぢ三とせ老い暮れぬさりとて, ぢ上げた原稿を, ぢ上げる奴が, ぢ上つて逃げたさ, ぢ下りて線路, ぢ与へて人間, ぢ且つ自ら憤, ぢ乃ち後より踰えん, ぢ乍らも一方, ぢ事務長のひいき, ぢ二人の間, ぢ云ふんですの, ぢすぢ, ぢに墜ち, ぢ人皆副食物, ぢ青く芽むものがあつた, ぢ今夜は餘, ぢて爭, ぢ付かず尋常極, ぢ仰ぎて懼, ぢ伏せられるところで, ぢ伏せることに, ぢ何故沈勇を, ぢた頃, ぢの木履, ぢ倒したことは, ぢより見居, ぢは実際, ぢ光りてゆらめく, ぢ入らねばならぬ, ぢに開かざる, ぢ兵士を置き, ぢ出してつぎ, ぢ切つてゐるの, ぢ切りたいやうに, ぢ切り棧や輪鍵, ぢ切れさうに歪ん, ぢ動かさずあいた口, ぢ午後二時頃定つて花, ぢ即金の神, ぢ主なき, ぢ又は山わると, ぢ取り三たび揉ん, ぢ取る間なく, ぢ口吸はせて, ぢ叩きひつかき, ぢの掌, ぢ合せたもの, ぢ合つたと思ふ, ぢ合ふからだ, ぢ合掌して, ぢ向けねばならなかつた, ぢ向けようとした, ぢ向けられるやうに, ぢ向けるのと, ぢ向ひではさつき, ぢ四つ越えぬ今, ぢ回したる打, ぢ塞つて恐怖と苦痛, ぢは落ち, ぢ夕食も晝飯, ぢ大戸をおろし, ぢ天使の長等, ぢ天気も曇つて風, ぢ始めなむ, ぢがうすい, ぢを謝, ぢ寄せ集めて, ぢ寝台の上, ぢ尻ごみするばかり, ぢという宿, ぢ岩間の水, ぢを伝, ぢに揺い, ぢ川下の, ぢの言, ぢが道, ぢ幽かにひらき, ぢ幾度も頭, ぢくなる, ぢ廻されるやうに, ぢ廻したのであつ, ぢ引きさせた, ぢ当主治兵衛は新町辺, ぢ彼女の手の甲, ぢ御前に一禮, ぢ徹り遥かなり, ぢを盡, ぢ忠實なる敏感, ぢ思はぬ時に, ぢ急ぎ足に立ち去つた, ぢれて, ぢ息喘ませて, ぢ悪くまきついて, ぢみて, ぢ悲しむ必要は, ぢ悲しんだことも, ぢみて, ぢける目, ぢ感ずるがま, ぢける傍, ぢ懐しいものを, ぢれたるやう, ぢとともに在せ, ぢ我が居れば, ぢひは, ぢ戻すとき娘さんを, ぢ扛げて, ぢつて, ぢ折る歌一首という, ぢ抜かせ給ひ, ぢはぬ, ぢ据ゑ凍れる水, ぢ掛けの官吏, ぢ掛窓此向うより鳥居, ぢ摺石なり佐夜, ぢ撓み繞り, ぢ散りしく野辺の, ぢを出し, ぢ断続して, ぢ施済をする, ぢ昇つて天下の冬, ぢ明けなどす, ぢ是非御送り, ぢ晴れわたつた空吹く, ぢ智謀に富める, ぢ暫しその両, ぢ曲げず一方映, ぢ曲げたやうな, ぢ曲つた野郎の仕業, ぢ曲りでそんな思はせ, ぢの薄き, ぢはわかれ, ぢもあつ, ぢ朱華いろの, ぢを這つて, ぢよかへり咲かず, ぢをさして, ぢ棧道を渡つて, ぢ様今日はお前, ぢ様何うでござんした, ぢ此処に居るべし, ぢを噛締, ぢ気つきたれば, ぢ気疲劇く何, ぢを取り直し, ぢ水煙空に飛ぶ, ぢ水軍のかた, ぢという派出婦, ぢ汽車ぬちに, ぢの一つ一つ, ぢ泣きにけり, ぢ消えかかつてゐた, ぢが頬, ぢ清澄山に上り, ぢ渡瀬の流, ぢ澄めるむらさきに, ぢ躾なる, ぢ焦茶いろの, ぢり梯, ぢはしからだを, ぢ田畑の仕事, ぢ申して居り, ぢ申事ハさらに無, ぢ男何れも此邊, ぢみて, ぢつて, ぢ登つたのでございます, ぢ登つた時渠はあ, ぢ登つた路のある, ぢ登つてそこから馬, ぢ登つて二階の窓外, ぢ登つて來る, ぢ登つて小松原村といふ村, ぢ登つて彼女を捕まへよう, ぢ登つて行つて見ると, ぢ登つて行つて壁へ付い, ぢ登つて足もとへ首, ぢ登らしめ巍々たる, ぢ登らなかつた故に墜落, ぢ登らん為に, ぢ登りかけてははらりと, ぢ登りはじめてゐた, ぢ登りましたが次第に, ぢ登りプラタナの繁み, ぢ登り取りてくら, ぢ登るすがたに, ぢ登れば猟, ぢ登れないでほしい, ぢ白き日の, ぢ白沙に映じ, ぢ白金環さへつくっ, ぢして, ぢを開け, ぢ知るものならず, ぢに上り, ぢが無感覚, ぢ秘境の深き, ぢやわれ, ぢ積みこそ参れ, ぢ穿で雨, ぢを閉ぢ, ぢ窓掛を卸した, ぢ立ち登れ御祭, ぢ立ち上ったま, ぢ立ち上つたままやはり, ぢへて, ぢ箪笥のやう, ぢ籠つたと言, ぢ籠つた後初めて土, ぢ籠つた父は何, ぢ籠つた階下の一室, ぢ籠つて一日考へに, ぢ籠つて倉の中, ぢ籠つて勉強した暮れてから, ぢ籠つて原稿の上, ぢ籠つて呆然としてゐる, ぢ籠つて岔水君が送つ, ぢ籠つて彼の女, ぢ籠つて机に向, ぢ籠つて此様な眞, ぢ籠つて社会から独立, ぢ籠つて自分の心, ぢ籠つて蒲団を被, ぢ籠つて読書するこれ, ぢ籠つて読書三昧多少の, ぢ籠つて謹慎の意, ぢ籠め利助は丁寧, ぢ細み引く茜, ぢ終に鹿野山に, ぢ続いてゐるらしい, ぢ維盛卿の御, ぢではいかぬ, ぢ繩ぢやいけない, ぢ羞づべきに羞ぢざる有情, ぢ群一齊に逃げ出す, ぢ脅喝に, ぢ脚一半を踏み, ぢ自ら城樓に登つて叛軍, ぢ自分に對, ぢ自慢の料理食, ぢ自身とも観じた, ぢ臭く思はれる内地, ぢ色づきにける, ぢ紅し草, ぢ落ちてゐる, ぢ葉みやびをの飲む, ぢ葉燃ゆる神無月, ぢなら葱, ぢもわれ鍋, ぢが釣つた, ぢ蜘蛛の糸, ぢに染み, ぢ行けば都人, ぢ行人漸く稀, ぢ露けき秋, ぢ表現を換, ぢをはいた, ぢ見し人影の, ぢのべて, ぢ訊くと, ぢ評判で随分, ぢ聞いだっけ, ぢの類なに, ぢ豆ちび筆ににた, ぢ貫いてゐる, ぢ走つてゐる, ぢ越えしものの, ぢをよろめかし, ぢ踏みて来る, ぢ辛うじて瀑の, ぢるに, ぢ込まれてゐる, ぢ込みありし娘の, ぢ込みしものと, ぢ込み乍ら飛んで, ぢ込めなければならない, ぢ込められたら氣がちが, ぢ込もうとした, ぢ迄もおのそだて, ぢ遂に三個の, ぢ道唐辛子赤く掛け干し, ぢ遠きこのみち, ぢ野菜つめたき冬, ぢを懐, ぢ釣りさが, ぢよ, ぢを下す, ぢ長くつづいて, ぢ長男捨重同人妻みな, ぢ開けようとして居た, ぢ降る雲こそ, ぢ集めた樣に, ぢ霍山の頂, ぢ青く見える, ぢ青空色のけむり, ぢかに神樣, ぢを垂れ, ぢに手, ぢに, ぢを赤く, ぢ風情に悲鳴, ぢの形, ぢを俯, ぢ踏みしだく山河, ぢける魂, ぢ麺麭のやう, ぢ黒き針金虫の, ぢを抓まん