青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ちらちら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ちょうど ちょうど~ ~ちょっと ちょっと~ ちょっとした~ ~ちよ ちよ~ ちよい~ ~ちら ちら~
ちらちら~
~ぢ ぢ~ ~っ っ~ っきり~ ~った った~ ~つ つ~ ~つい

「ちらちら~」 1114, 12ppm, 9114位

▼ ちらちら~ (513, 46.1%)

16 動いて 11 降って 8 雪が, 雪の 7 見えて 6 見えた 5 光って, 灯が, 目に, 落ちて 4 彼の, 眼に 3 する, 揺れて, 散って, 眼を, 見えたり

2 [34件] した光線, その葉, 上の, 人影が, 動いた, 咲いて, 居るでは, 提灯の, 揺るる燈, 星の, 映って, 樹の, 波間に, 洩れて, 浮いて, 燃えて, 燃えるやう, 燃えるよう, 燈火の, 瓔珞を, 白いもの, 眼の, 私の, 絶えず雪, 舞って, 蝶の, 見えが, 見やっては, 視線を, 赤くも, 輝いて, 降り出して, 風に, 飛んで

1 [346件] おちつかない影, おどかしを, かかると, かすかに, かつ散る, きらめいて, きらめき遠い, くぐれる時, この友染, こぼれて, こまごまと, さかずきの, さざなみだつ海面, さして, さすので, した中, して, するばかり, する態, する眼, そこに, そこを, その中, その手許, その残照, その炎, その玉, その静か, それも, それらしい, たくさんな, ただやっぱり, ちぎれて, どこかへ, ぬすみ見て, のぞいた, のぞくの, はいった, はげしく土手, ひらめいて, ふって, ふりだしますと, ほのめいて, まい始めた, またたく, また紅, みえかくれする, みやるの, もえあがりました, もみじの, もれて, ゆき子の, ゆらめいて, ゆらめく仏壇, ゆり動かし, ゆれて, ランプの, 一つ影が, 一二度出した, 三浦君の, 三足ほど, 下尾筒の, 不動様の, 交る, 人を, 人家の, 人立ちする, 今も, 今や輝き出した, 先ず映っ, 光ったもの, 光りが, 光りを, 光り灯台, 光り近眼鏡, 光る水, 光る細かい, 光を, 入り乱れて, 出る, 分れて, 切燈籠に, 動いたよう, 動かした, 動くもの, 動く赤馬, 動揺し, 反射し, 合羽の, 周囲を, 咲いた, 咲いた上, 咲くの, 噂に, 噎ぶとき, 囃子の, 四五人ばかり, 回転する, 土間へ, 坊主頭や, 城介の, 姿に, 婦の, 富士春の顔が, 富岡の, 寒い日, 対の, 小刻, 屋根の, 崩れかかる榾火, 川の, 川面に, 川風に, 帆が, 幹の, 幾人も, 床に, 廊下を, 影を, 微笑みました, 心に, 思い浮ばせながら, 愉快さうに, 懐中電燈らしい光り, 懸ったが, 打水に, 投げつづけられる, 捉え難い, 捧げて, 揺いで, 揺めいたが, 揺めいて, 揺らいで, 揺らめいて, 揺れつつ, 揺れる, 揺れるの, 揺れる行燈, 揺れる輝き, 揺れ動いて, 搖曳し出し, 散つた, 散らばって, 散りますこと, 散るが, 散る花, 数瞬, 斑点を, 断ち切ったが, 日かげする, 日に, 日光の, 日光を通して, 映った, 映つて, 映りました, 映りました夢, 映ると, 映る処, 映る小さな, 春風に, 景色を, 月の, 朝の, 木洩れ日に, 来たよう, 来ては, 染めながら, 横なぐり, 横目を, 樹を, 櫻の, 残って, 水が, 水晶を, 水玉の, 水銀の, 波に, 波の, 洩れそれ, 洩れる星影, 流れまする五十鈴川, 流れる水面, 浮いつ沈みつ幻, 浮かびあがる, 浮かんで, 浮き始めると, 海月の, 消えては, 渚に, 漂ってる光, 漏れて, 火花を, 灯れた, 点いて, 点れる, 無頓着な, 煙を, 照らされたり, 燃えた瞳, 燃え上るの, 燃え家じゅうどこ, 燃しながら, 燃ゆる, 燈火を, 燭台の, 牡丹雪が, 物かげを, 玉の, 田丸の, 甲斐の, 町に, 画の, 畝って, 白いの, 白い指, 白い撫子, 白い炎, 白い粉, 白く飛ん, 白毛が, 白菊の, 白露を, 目くばせ, 目の, 目の下に, 目を, 目蓋の, 目配せが, 真紅な, 真青な, 眼前を, 眼瞼の, 瞳を, 砂子を, 空から, 空に, 空明りに, 立ちのぼって, 笠の, 箔が, 粉雪が, 粉雪を, 紅く染めた, 紅に, 紅来り, 紗の, 細く動く, 緋の, 纏わって, 羽が, 羽も, 羽を, 耳に, 耳には, 肩に, 胸の, 膚の, 舞いだしました, 舞つてゐる, 舞を, 花が, 若松屋惣七, 草が, 葉裏を, 蓮歩の, 薄青く, 藤の, 藤色の, 蝋燭の, 蝶が, 表へ, 見えたこと, 見えたの, 見えでも, 見えふいに, 見えました, 見えましたので, 見える, 見えるかと, 見えるのに, 見える昔, 見える街路, 見える黒い, 見え全く, 見え出した, 見え出して, 見え勝である, 見え透いて, 見え過ぎて, 見た, 見た絵, 見へ, 見やりながら, 見られました, 見る目遥, 触れた, 赤く乱れた, 赤く光る, 足もとだけを, 足許を, 軒を, 輝いたの, 近頃聞く, 透くほどに, 通り過ぎる, 遊行なさるる, 遠くに, 遠近に, 金糸の, 鉋屑の, 銀の, 銀鱗が, 鍬の, 長いまつ毛, 閃きはじめました, 閃めかされた, 降ったの, 降ってて, 降つて, 降りかかり冬牡丹, 降りだしました, 降りはじめました, 降るよう, 陽炎が, 隙見, 雨も, 雪である, 雪は, 雪を, 零れかかると, 震えた, 霞を, 靄に, 青く澄んだ, 青く輝きます, 青田に, 顔を, 顫えさし, 飛びめぐり遠い, 高く上った, 髪を, 魚の, 鳴いて, 黄昏の, 黒目を

▼ ちらちら~ (82, 7.4%)

22 ている 12 ていた 4 てゐる 3 てゐた 2 ていました, て葉

1 [37件] そのすがすがしい, そのため博奕, たりおりおり, たり停電, たり太鼓叩き, たり頭脳, て, てい, ていたでしょう, ています, ている光り, ており, てがまん, てちょっと, てならん, てみがきこんだ, てみの, て仕方, て参った, て呼吸, て奥深く, て居る, て常夏, て暗く, て来ます, て水藻, て爲方, て目近, て見極め, て赧, て遠く, て静, て頭, て黒髪, ながら揺れ動い, ながら熾, はじめ間もなく

▼ ちらちらする~ (77, 6.9%)

5 のを 2 ばかりで, ような, 光の

1 [66件] か闇, ころに, ごとに, ただの, だけだ, とき同時に, とともに物, と思う, と車全体, なあおれ達, ねきっと, のか, ばかりなん, ほど一つ所, ものが, ものに対して, やうな, ようでした, ように, わあ追懸け, をん, 人々の, 凄い好み, 処で, 動きを, 動悸は, 大方鴎, 始末だった, 宵の, 寒さ, 寒さ続き, 幻を, 弱い電灯, 彼女わざわざ, 感じが, 提燈の, 文字を, 旗の, 日には, 日光に, 日影, 時が, 晩は, 景色は, 水と, 水面を, 灯火は, 炉火の, 燭光が, 町や, 目が, 目で, 目を, 眼で, 緑葉に, 色は, 花札を, 葉隠れの, 蘭引の, 蜻蛉に, 蝋燭の, 街路の, 赤い片, 野山を, 雪の, 電灯の

▼ ちらちらちらちら~ (20, 1.8%)

3 して 2 ゆれました, 光りました, 雪が

1 [11件] と玉, ゆれたの, 吸殻も, 炎だらけ, 燃えて, 白い火, 網に, 通って, 雪の, 青い星, 顫へ

▼ ちらちら見える~ (15, 1.3%)

1 [15件] あれが, それが, のに負け, までに晴れ, ような, 一つの, 人々の, 大きなひらたい, 家並その, 小川や, 工合が, 教会の, 時分始めて, 湖水の, 空地に

▼ ちらちら降っ~ (13, 1.2%)

2 てい, ていた, ている 1 ています, てきた, てきました, てくる, て寒い, て来た, て来る

▼ ちらちらさせ~ (12, 1.1%)

1 [12件] つつ三味線片手, てゐた, てゐる, て上り框, て並み木茶屋, て日, て梅, て見せ, て見た, ながら来た, ながら燃え, ながら走った

▼ ちらちら動い~ (10, 0.9%)

4 ていた 2 ている 1 て, ていました, てそのままじっと, て見える

▼ ちらちらした~ (8, 0.7%)

2 ものが 1 ばかりだ, 主税の, 小太郎は, 燐光的な, 眼付が, 絶え間なく

▼ ちらちら光っ~ (8, 0.7%)

2 ていた, てながれ 1 ている, て受口, て見えた, て走る

▼ ちらちら白い~ (8, 0.7%)

3 物が 2 ものが 1 もので, 火に, 雪が

▼ ちらちら~ (8, 0.7%)

3 の降る 2 が降っ 1 に濡れ, を染め, を降らしはじめる

▼ ちらちら映っ~ (7, 0.6%)

3 ていた 1 ている, てとても, て来た, て来る

▼ ちらちら見え~ (7, 0.6%)

2 ていた 1 たりかくれ, ている, てます, てやがて, て見せ物小屋

▼ ちらちら見せ~ (6, 0.5%)

2 ている 1 て居る, ながらそよぐ, ながら安らか, ながら小さく

▼ ちらちらゆれ~ (5, 0.4%)

4 たり顫 1 て光っ

▼ ちらちら光る~ (5, 0.4%)

1 ものが, 大気の, 撥音で, 眼で, 軒燈の

▼ ちらちら粉雪~ (5, 0.4%)

2 が舞う 1 が降, が降った, の降っ

▼ ちらちら~ (5, 0.4%)

2 ていた 1 ては何やら, てばかりいるだろう, ながら栄介

▼ ちらちら降る~ (5, 0.4%)

3 中を 1 その中, 夕方に

▼ ちらちら~ (4, 0.4%)

2 君を 1 星や, 駒の

▼ ちらちらこっち~ (4, 0.4%)

3 を見 1 の方

▼ ちらちらさし~ (4, 0.4%)

2 ながら勘定 1 てくれ, てひそひそ

▼ ちらちらとして~ (4, 0.4%)

1 さてお, はっきり分らなかった, もう思想, 心もとなくこれ

▼ ちらちら小さな~ (4, 0.4%)

4 波を

▼ ちらちら~ (4, 0.4%)

1 にうつる, の前, をやる, を動かし

▼ ちらちら紫いろ~ (4, 0.4%)

4 のこまか

▼ ちらちら~ (4, 0.4%)

2 のやう, のよう

▼ ちらちらのぞい~ (3, 0.3%)

2 ている 1 てゐる

▼ ちらちら光り~ (3, 0.3%)

1 が浮い, 樺の, 睫が

▼ ちらちら~ (3, 0.3%)

2 を点じ 1 らしいもの

▼ ちらちら~ (3, 0.3%)

1 にいたす, にした, に入れました

▼ ちらちら落ち~ (3, 0.3%)

1 ていた, て参りました, て来

▼ ちらちら降りはじめ~ (3, 0.3%)

2 昼ごろまで 1 ていました

▼ ちらちらうつっ~ (2, 0.2%)

1 ていました, てきれい

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

2 うれしいの

▼ ちらちらこぼれ~ (2, 0.2%)

2 て見え

▼ ちらちらさせる~ (2, 0.2%)

1 という特技, とくつろげる

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

1 あらうと, 擁え

▼ ちらちらとしか~ (2, 0.2%)

1 見えない, 見なかった

▼ ちらちら交っ~ (2, 0.2%)

1 て来た, て犬

▼ ちらちら光つて~ (2, 0.2%)

1 ながれて, ゐる所

▼ ちらちら光らせ~ (2, 0.2%)

2 てゐる

▼ ちらちら光れ~ (2, 0.2%)

1 よ小, 小い星

▼ ちらちら姿~ (2, 0.2%)

2 を見せ

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

1 にうかぶ, を焼い

▼ ちらちら映り~ (2, 0.2%)

1 そうだった, ながらこっち

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

1 が見えた, が見えよう

▼ ちらちら燃え~ (2, 0.2%)

1 ている, てくる

▼ ちらちら燈火~ (2, 0.2%)

1 が見える, の点く

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

1 について大皿, の前

▼ ちらちら眺め~ (2, 0.2%)

1 ていた, ながらヴェリチャーニノフ

▼ ちらちら瞬き~ (2, 0.2%)

2 脚が

▼ ちらちら紅い~ (2, 0.2%)

1 色の, 袴が

▼ ちらちら舞っ~ (2, 0.2%)

2 ていた

▼ ちらちら見え出し~ (2, 0.2%)

1 て小さい, て身慄いが

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

1 へうつし, へうつす

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

1 えたり, へた

▼ ちらちら~ (2, 0.2%)

1 にまばたき, に舞う

▼1* [195件]

ちらちらあかりが射し, ちらちらあって, ちらちらある頃でした, ちらちらうつつてゐる, ちらちらかいま見ている, ちらちらかきねのすき, ちらちらかげろうが上っ, ちらちらな雪, ちらちらこつちを見, ちらちらこの先の, ちらちらこぼれかかるといった風情, ちらちらこれは最近, ちらちらさして微笑し, ちらちらしだす頃彼女は, ちらちらしてたのん, ちらちらしてるのが, ちらちらしますもので, ちらちらするする度に, ちらちらそっちを見, ちらちらその方を, ちらちらだった雪が, ちらちらちらちら絶えず散って, ちらちらちらついてるぜ, ちらちらであろうと思えた, ちらちらとある紅は, ちらちらとうつつた, ちらちらとうしろを振り返っ, ちらちらとこつちを横目, ちらちらとしてもえ哀し, ちらちらとぶは鳥, ちらちらと腹を返す, ちらちらと金の鎖, ちらちらなぞは突っ, ちらちら昼の, ちらちらついた冠, ちらちらのぞかしてゐる, ちらちらはしり読みするのであった, ちらちらはしり讀みするのであつ, ちらちらひかる様子は, ちらちらひどくちらつくもの, ちらちらひらめいて黒い, ちらちらひるがえしふもとの, ちらちらまたたいている, ちらちらまたたき脚が, ちらちらまたたく光が, ちらちらみえていました, ちらちらえ, ちらちらもつれながら彼, ちらちらもみじが見えます, ちらちらやって来る十一月の, ちらちらやつて來, ちらちらゆすれひばりは, ちらちらゆれたのです, ちらちらゆれだし早い萱草, ちらちら一目見る, ちらちらコスモスの淡紅い, ちらちらジェルテルスキーがタイプライター, ちらちらと見, ちらちら一行の影, ちらちら上眼で従姉, ちらちら中学生が登校, ちらちら乱れる視界の, ちらちら二人を覗いた, ちらちら交ったのを, ちらちらを招い, ちらちら介在する, ちらちらか言う, ちらちらの上, ちらちら偸視して, ちらちらをさす, ちらちら入口の土間, ちらちら写っている, ちらちら刺戟するので, ちらちら刺激した, ちらちら動きの多い, ちらちら動くものが, ちらちら動く光る影と, ちらちらの端, ちらちら右左へ揺れる, ちらちら吸殻も三ツ四ツ, ちらちら咲いて水, ちらちら城下が見えた, ちらちら夜明けまで, ちらちらの中, ちらちら小雪が降っ, ちらちら廊下や教室, ちらちら廻りつつ廻り, ちらちら廻る頃を, ちらちら絡まって, ちらちらがさし, ちらちら思い返してみた, ちらちら戦いてるように, ちらちら揺ぐのでみよや, ちらちら揺らめいていた, ちらちら揺れる水面の, ちらちら散見させて, ちらちらの白襷, ちらちら敵兵の姿, ちらちらが光る, ちらちら日傘が光る, ちらちらつてゐた, ちらちら映ってる掘割の, ちらちら映つて来る, ちらちらの雪, ちらちら書きましたが早熟, ちらちらの光り, ちらちら植物園の茴香, ちらちらに動く, ちらちら横目で見やっ, ちらちらが見え, ちらちら水影を橋, ちらちら沙汰されて, ちらちらになりました, ちらちら洩らすのであった, ちらちら洩れて来た, ちらちら洩れる噂も, ちらちら派手な赤い, ちらちら浮いてるように, ちらちら浮んできた, ちらちらのよう, ちらちら点滅するの, ちらちら燃えるような, ちらちら片手に少し, ちらちら現れると私, ちらちら瓔珞もゆれ, ちらちら男爵を盗み見る, ちらちら白帆も行き, ちらちら白色褐色の民家, ちらちらの見える, ちらちら盗み見するの, ちらちら真紅に黄昏過ぎ, ちらちら真逆様に, ちらちら眺められ候ひき, ちらちら眼先につき出した, ちらちら瞬いて招いてる, ちらちらを見た, ちらちらの虫, ちらちら空気の中, ちらちらを過ぎ, ちらちら窺っている, ちらちら笑いながら言った, ちらちら笑ってるらしいのを, ちらちら紅色のが交っ, ちらちら結婚の話, ちらちら絶えず散って, ちらちらになっ, ちらちら緋鯉もおよぎ, ちらちら考えていた, ちらちら聞えていた, ちらちらの青い, ちらちら舞臺に出, ちらちら良くないこと, ちらちら芝田さんのこと, ちらちら落して來, ちらちら落ちる戸外へ, ちらちら明りの, ちらちら薄紫の半襟, ちらちら蝋燭の煮えます, ちらちら行ったり来, ちらちら見せる貪欲らしい, ちらちら見るのだった, ちらちらて如何にもうんざり, ちらちら覗いてる所や, ちらちら覗かしてる真赤な, ちらちら観察して, ちらちらを聞い, ちらちらいて, ちらちら踊ってた日を, ちらちらやいたにも, ちらちら輝いてゐる, ちらちら輝らしてるのを, ちらちら近づいて来る, ちらちら透いて見える, ちらちら通って行く, ちらちらめくもの, ちらちら閃くものが, ちらちら降ってるのである, ちらちら降りかからうとする, ちらちら降り出して来た, ちらちら降り出したがそれでも, ちらちら降出しました雪が, ちらちら陽炎ったの, ちらちら陽駝鳥は寒し, ちらちら隠見して, ちらちらまじりで降る中, ちらちら震えていた, ちらちら青い星の, ちらちらして, ちらちらの底, ちらちらが見え, ちらちら飛び交うのが, ちらちら飛び交わしている, ちらちら飛んでいた, ちらちら飛石が見え, ちらちらも見えた