青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ちら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ちょい~ ~ちょうど ちょうど~ ~ちょっと ちょっと~ ちょっとした~ ~ちよ ちよ~ ちよい~ ~ちら
ちら~
ちらちら~ ~ぢ ぢ~ ~っ っ~ っきり~ ~った った~ ~つ つ~

「ちら~」 1602, 17ppm, 6592位

▼ ちら~ (1324, 82.6%)

69 見て 43 見た 32 眼を 21 見えた 13 顔を 12 私の, 見たが 11 見せて 10 眼に, 耳に, 見ると 9 彼の 8 視線を, 覗かせて 7 それを, 眉を, 眉根を, 見ただけ, 見たばかり 6 姿を, 横目で, 目を, 眺めて, 頭に 5 動いた, 目に, 見たの, 見やって, 覗いた

4 [14件] 小耳に, 影を, 振り向いた, 此方を, 浮んだ, 眺めた, 私を, 自分の, 見える, 見たよう, 見た時, 見た瞬間, 見てから, 頭を

3 [19件] こちらを, こっちを, それに, 妙な, 御覽, 微笑し, 微笑の, 抹つたセエヌ川, 浮んで, 相手の, 睨んで, 聞いたが, 胸に, 見せた, 見ただけでも, 見た途端, 視線が, 覗いて, 頭の

2 [78件] うごかす雀, お見かけ, そこの, その姿, その男, その駅, のぞいて, 一目調べ, 一瞥を, 乙姫の, 人影が, 光が, 光った, 光ったよう, 光らした, 出て, 向き釣眼野狐, 奥の, 女の, 子供の, 彼を, 後ろを, 後を, 御らん, 微笑みかけた, 思い浮べて, 想い出した, 想い泛べた, 振りむいた, 振向いて, 昔みた, 松木の, 横目を, 浮かんだ, 浮んだこと, 渡すの, 父の, 男の, 目配せを, 眸を, 眺めると, 眼くばせ, 私達の, 笑った, 笑みを, 考えた, 考えて, 聞いたこと, 聞いて, 聞きました, 脇へ, 若い二人, 見あげた, 見えたと, 見えた女, 見えて, 見えるの, 見たその, 見たとき, 見たので, 見た後, 見つけて, 見ては, 見ましたが, 見ます, 見やってから, 見やりながら, 見やると, 見る, 見ること, 警部の, 輝りたる, 鏡の, 長谷川の, 陽子の, 高須の, 鳥影が, 黒目を

1 [697件 抜粋] あいそ笑いを, あいそ笑ひ, あなたを, あのとき, うごかしながら, うごく人影, おこよ, おびえた顔付き, お姿, お秀, お雪, お顔, かすめたの, かなたの, きいた, ききましたので, こちらへ, この女, この態, この肩衝, さし軒ば, さすよう, したから, したやう, したよう, ずるそう, そう思った, そこに, そちらを, そっちへ, そつち, そのうしろ姿, その人, その名宛, その女, その客, その封筒, その横顔, その眼, その絵, その黒い, そばの, そんな噂, たった一度, でもお, ながめた, ながめて, のぞいたが, のぞいただけ, のぞきそこ, ひとつの, ひとみを, ひとめ見た, ひらめいたと, ひらめいた記憶, ひろ子の, ふたりの, ふりかえって, ふり返っ, ほのめかした, ほほ笑んだのみ, またその, また光春, みせると, やって来て, ゆきすぎる, ゆき子の, ゆれて, よしの, わかっただけ, わたしに, カーチャの, コゼットの, スリの, テーブルの, ノートル・ダーム寺院の, フリント君に, マリユスに, 一つの, 一同を, 一目見た, 一眼だけ, 一瞥し, 一瞥する, 上機嫌な, 不吉な, 不平が, 不愉快な, 世の中を, 両方から, 中の, 九太の, 乱して, 了現の, 事情を, 二つの, 二騎の, 互いの, 交わしてから, 人かげが, 人さし指を, 人影らしい, 人浪を, 他から, 令嬢を, 仰ぐと, 伺いきゅう, 伺って, 俊亮の, 保子の, 信忠卿の, 俺の, 偸見た, 僕の, 僕を, 兆したそして, 光ったの, 光ったまま, 光つたのを, 光の, 光らして, 光りて, 光る物, 光を, 入ったの, 入り来る竜, 再び掴みたい, 冠り, 冴子の, 出かけて, 出した卯平, 動いたかと, 動いたの, 動いたもの, 動いた彼女, 動いた皆, 動いた頬, 動いて, 動かした, 動きました, 動きも, 動くの, 動ける異, 動揺の, 匂は, 匂わせられるよう, 卑しく笑い, 卓の, 卯平を, 又さき, 受付の, 右少, 吉次の, 向けた, 呉れるなり, 周平の, 唇が, 嘲りを, 噂でも, 垣根のむ, 垣覗きし, 垣間見たぞ, 外から, 外らされた, 外を, 多門の, 多鶴子が, 大きな瞬き, 大沢を, 太股を, 夫がい, 夫の, 奥さんの, 女を, 娘を, 婦人記者の, 孔子の, 安兵衛を, 客の, 宮崎の, 家の, 寄せて, 富士男の, 富岡の, 射られても, 将軍家の, 小母さんと共に, 小田先生を, 小田島の, 小耳には, 少女を, 尾田の, 差そうと, 差覗い, 市女笠の, 店の, 庭の, 彭の, 彼に, 彼女に, 御入洛, 微笑しました, 微笑を, 微笑をかは, 微笑んで, 心を, 忰の, 思い浮べた, 思い浮べました, 悲しげ, 想い出したので, 想い出して, 愛嬌笑いを, 感じられたので, 感ぜさせら, 戦ぐの, 戸外へ, 扉の, 承ったが, 投げた眼付, 抱いた夜, 拝した, 拝しました, 拝見した, 拝見したら, 振り向いただけ, 振り向いたふう, 振り返っただけ, 振仰ぎながら, 振向いたが, 掠め去ったが, 探るよう, 掻き立てて, 揮りかえった, 揶揄ふ, 揺れて, 摺れちがった年増, 敏子の, 新賀, 日向守光秀の, 映して, 映じた, 映じた時, 映った, 映って, 昨日の, 時二郎を, 時雄の, 暗い目つき, 書きました, 曹操が, 月影が, 望月を, 林間の, 染めるやう, 極り悪, 横から, 横目に, 横眼づかい, 横眼で, 横眼に, 横顔を, 橋の, 次郎の, 正則の, 武男の, 歳太郎を, 残りました, 母親を, 気に, 水車小屋に, 汽車の, 沓脱石の, 法正に, 泛ぶ, 波の, 注意し, 泰軒を, 流し目に, 流し眼, 流れた, 浮べた, 浮んだやう, 滑稽けた骸骨が, 火影に, 灯影が, 無表情な, 父を, 爺さんを, 狐疑の, 猜疑めいた, 理解できた, 甘パン, 甚九郎の, 男女に, 町長の, 畑の, 畫を, 白いもの, 白い顔, 目くばせ, 目まぜ, 直吉は, 直義に, 看破し, 眺めたその, 眺めます, 眺められて, 眼で, 眼の, 眼を通して, 睨みつけるよう, 睨めつけて, 睨めました, 瞥見した, 瞬いたかと, 瞬いて, 瞬きを, 瞳で, 秀吉の, 秀梅の, 私が, 私は, 私共の, 窃み, 窓に, 窓の, 窺く, 窺ったその, 笑い, 笑ひかける, 笑みこぼし, 笠の, 節子に, 素速い, 絹帽が, 美しい人影, 老生を, 考えたり, 考えても, 聞いた, 聞いたので, 聞いた噂, 聞きかじって, 背後に, 背後を, 脳裡を, 腕時計を, 色めいた, 英子の, 茶釜の, 董卓の, 藤吉を, 蝙蝠の, 蟹江の, 表紙の, 見, 見えたかと, 見えたから, 見えたぎり流し, 見えただけ, 見えたの, 見えたのみ, 見えたらしかった, 見えたる夏, 見えた後影, 見えた時, 見えた背, 見えました, 見えますと, 見える青空, 見え出して, 見かけたという, 見かけたの, 見かけた事, 見かけて, 見き, 見せたが, 見せたきり, 見せただけ, 見せながら, 見せられるナオミ, 見せると, 見せ出した, 見その, 見たあの, 見たかと, 見たこと, 見ただが, 見ただけか, 見たと, 見たという, 見たとき敏感, 見たとたん, 見たに, 見たもの, 見たらしいが, 見たる小, 見た刹那, 見た千浪, 見た彼女, 見た怪しい, 見た懐かしい, 見た直吉, 見た眼つき, 見た紙屋, 見た運転手, 見た間一髪, 見た顔, 見た鶴雄, 見てからと, 見ても, 見て取った, 見ぬわかき, 見ました, 見やった, 見やったが, 見やっただけ, 見やつ, 見ゆるただ, 見られた, 見るなり, 見るま, 見上げすぐ, 見上げたお前, 見上げて, 見入った, 見入つた, 見合ったが, 見合った少女, 見向きますと, 見覚えの, 見較べ, 見返ったが, 見返りながら, 見送りながら, 視たが, 覗いただけ, 覗いたよう, 覗いた女, 覗いてる巴里, 覗かす, 覗かせ卵色, 覗きこめる, 覗きながら, 覗き込ん, 覗くそれ, 覗くと共に, 訝るやう, 訴へる, 認めた, 認めたよう, 認めた傷, 認めて, 語った, 語つた, 調べて, 議一の, 讀んだ私, 貴賓に, 赤い旅装, 跳ぶ原始, 身も, 車上の, 輝きました, 辰之助さんを, 追窮する, 送って, 透いて, 通り抜けたの, 通り過ぎるの, 道子の, 遠くから, 部屋の, 釣竿の, 鋭い一瞥, 鋭く眼, 鏡を, 長押の, 閃いた光りが, 閃めいた, 険が, 険しい眼色, 隣の, 震わして, 青い空, 青年の, 青空が, 青空も, 顔いろ, 顔に, 顧みた, 馬田の, 高橋の, 鳴くの, 鶴子さんを, 鶴雄の, 黒い影, 黒眼を, 龍太郎の

▼ ちらつと~ (46, 2.9%)

2 こつちを, 見ただけ, 見ると

1 [40件] うごいたやう, お時宜, かくれた, それを, ひかつただけ, また聞え, むけて, 光つたと, 光るの, 動きましたので, 垣間見たその, 大きなた, 寿枝の, 彼女は, 意地惡さうに見ます, 暗い顔, 清作の, 白い歯, 白帝城と, 眺めて, 眼を, 睨んだきり手, 私の, 窓の, 絶望した, 耳の, 聞いたこと, 臭わせて, 見かけること, 見た, 見た美しい, 見て, 見やつ, 見るや, 視線を, 述べて, 酒場の, 金色を, 雪から, 顔を

▼ ちらばつ~ (31, 1.9%)

11 てゐる 4 てゐた, て居る, て見える 1 たりし, てあちらこちら, てしまつた紫外線, てしまふ, てる一つ, てる小さな, てゐない, て釣

▼ ちら~ (18, 1.1%)

4 と見えた 2 と見た

1 [12件] としき, と一瞥, と動く, と彼, と枕屏風, と眸, と聞えた, と若い, と見る, と視線打, と通りました, と部屋

▼ ちらとでも~ (9, 0.6%)

2 覗いたら最後 1 あなたが, 目を, 聞えたが, 見えると, 見たという, 見ること, 開いて

▼ ちらちら~ (7, 0.4%)

1 とくさつた息を, と女, と藤吉, と雪, と黄色い, 散って, 見えたので

▼ ちら~ (7, 0.4%)

2 物みな涼し, 蟆子の 1 その影, 卯月と, 夕暮

▼ ちら~ (6, 0.4%)

4 ッちら 2 つちら

▼ ちらけて~ (6, 0.4%)

2 しまうの, しまふの 1 おく, 散乱し

▼ ちらとも~ (6, 0.4%)

1 付かない迷, 付かない迷い, 映らずあの, 灯火が, 眼を, 雪の

▼ ちら~ (6, 0.4%)

5 して 1 したよう

▼ ちらおっ~ (5, 0.3%)

2 ちらと 1 ちらかかえ, ちらかばん, ちらヘリコプター

▼ ちらかつて~ (5, 0.3%)

1 いた, ゐます, ゐる, ゐるの, 紙クズや

▼ ちらくら~ (4, 0.2%)

1 する反抗, と無言, 揺れる光影, 走って

▼ ちらばら~ (4, 0.2%)

1 になつ, になる, に立っ, に立つてる

▼ ちら~ (4, 0.2%)

3 つちら 1 向いて

▼ ちらしてやる~ (3, 0.2%)

2 ヤケを 1 から

▼ ちらぼふ~ (3, 0.2%)

1 なかに, 日の, 骸炭に

▼ ちら~ (3, 0.2%)

2 にむすぶ 1 見せて

▼ ちら付い~ (3, 0.2%)

1 て彼女, て来さう, て来る

▼ ちら~ (2, 0.1%)

1 ッて, 選んで

▼ ちらかつ~ (2, 0.1%)

1 たまさ子, たりし

▼ ちらからとも~ (2, 0.1%)

1 なく黙, なく黙っ

▼ ちらくらし~ (2, 0.1%)

1 ていた, て立てねえ

▼ ちら~ (2, 0.1%)

1 やうと, ようと

▼ ちらけろ~ (2, 0.1%)

2 ちらけろ

▼ ちらちらちら~ (2, 0.1%)

1 とくさつた息を, と黄色い

▼ ちらつかす~ (2, 0.1%)

2 百日紅の

▼ ちらとこつち~ (2, 0.1%)

1 を振り返る, を見た

▼ ちらとの~ (2, 0.1%)

1 影も, 微笑端的の

▼ ちらとは~ (2, 0.1%)

1 いること, 耳に

▼ ちら~ (2, 0.1%)

1 登つて來る, 致しましょ

▼ ちら~ (2, 0.1%)

1 境涯では, 方で

▼ ちら~ (2, 0.1%)

2 をる

▼ ちらひそめ~ (2, 0.1%)

2 つつ

▼ ちらぼひぬ~ (2, 0.1%)

1 これや, ヘリオトロオブ

▼ ちら~ (2, 0.1%)

2 くも惜し

▼ ちらら後~ (2, 0.1%)

2 掻くふり

▼ ちら~ (2, 0.1%)

1 と見た, と見る

▼1* [64件]

ちらえっちらこぎ, ちらえッちら出, ちらお山へ来た, ちらかかえてお, ちらかせてでっぷり, ちらかばんをどこ, ちら勝つか, ちらけるやう何べ, ちらこぎ出す者, ちらこっちら歩き種々, ちらまで, ちらさめや来ん世にかをる, ちらさんには全く, ちらしも大道の, ちらし合っている, ちらし合ったがついに, ちらすぐ頭が, ちらそれに上りはじめ, ちらそんなとこを, ちらちちとしたろうよ, ちらちらちらちらとくさつた息を, ちらちらっと考えて, ちらちらつと絶望, ちらつかしていくら, ちらつけるほど, ちらづかうといふ今日, ちらでんき皿持てこ汁, ちらといふ体言が, ちらとうしろを見返っ, ちらとお高を, ちらとかの女の, ちらとくさつた息をする, ちらとぞ見たる, ちらと金包を見た, ちらにとっても頼み手の, ちらばつたおもち, ちらばつた光を野, ちらばつた本だの, ちらふとちるまいと, ちらお出でどす, ちらぼひてしみら, ちらぼへるヘリオトロオブ, ちらむと奏さまほしき, ちら願って, ちらやっていた骨折り, ちららちららと白雪, ちらら咲き継ぐ, ちらら黄の花, ちらッかな目の前, ちらヘリコプターのほう, ちら三人がブラリブラリ日光見物, ちら付きまして, ちら働いてこんな, ちらて来た, ちら山畑の実, ちら持ち出して来, ちら散っています, ちら歩いて行った, ちら歩きまはつ, ちら背負ッていた, ちら見えたのでそこ, ちら重い俥を, ちら附いて, ちら食器棚へよじのぼっ