青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たたい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たくなる~ たけ~ ~たしか たしか~ ~たしかに たしかに~ ~たずね たずね~ ~たずねた ~たたい
たたい~
~ただ ただ~ ただし~ ただちに~ ~たち たち~ ~たちまち たちまち~ ~たっ たっ~

「たたい~」 1046, 10ppm, 10946位

▼ たたい~ (885, 84.6%)

27 いた 20 いるの 16 いる 12 言った 9 いました 8 叫んだ, 笑った 6 いるよう, みた, みました, みると, 見せた 5 います, みせた, みたり 4 いった, いて, おいて, みせました, ゐる, 喜んだ, 声を, 言いました

3 [16件] いたが, いると, いるん, ほめました, みる, やった, よろこびました, 中の, 人を, 何か, 出て, 大きな声, 拍子を, 笑いながら, 笑って, 見せるの

2 [50件] あいず, いいました, いたの, いたん, いましたが, いるうち, いるか, いるところ, いる者, いる舎人, おどかして, お詫びを, くれた, くれたの, くれました, しまった, しまって, それから, それを, ほめそやしました, みても, みましたが, みます, やって, やりました, やるから, よろこんだ, 助けを, 口を, 喜びました, 大声で, 大笑, 奥へ, 嬉しがった, 彼は, 御覧に, 案内を, 歩く男, 渡るよう, 盃の, 笑いました, 答えた, 自分の, 行って, 見せて, 見せる, 見て, 調子を, 走りすぎた, 鳩を

1 [560件 抜粋] あくどい稼ぎ, あげます, あちらへ, あのこえ, あやまった, あわや乗り, あんたそれで, いいかげんに, いい聞かせました, いう, いきます, いたり, いた人, いた表門, いた金持ち, いた雲霧, いちゃ, いましたからね, いやがる, いられましょうぞ, いるから, いるという, いるとしか, いるない, いるらしい, いるらしいので, いる人, いる場合, いる姿, いる連中, うち笑い, うつむいて, うなずいた, うれしがり, おかしな唄, おくれ蹴って, おく日, おしあけた, おったの, おりは, おりました, おりますが, おりますと, おるが, おるごとき関係, おれを, お直, お祈りし, お経, お釈迦様の, かれの, かわいた板, きいて, きたえただけの, ください, くるおじさん, くるもの, くる紙芝居, くれる, くれると, けしかけて, げたの, こういいました, こう命令, こう言った, ここと, ここの, こなごなに, この吉事, この家, この湖, これに, ごろうじろ, さかずきの, さきの, さくらちる, さわぎましょうか, さアこれ, ざしき中, ざっと降出した, しまいました, しらべたあと, しわぶきを, じっとわたし, すぎて, すぐ又走っ, すみました, ずるずると, せめた, ぜひそれ, そうさけびました, そこに, そこまで, そして云った, そつと, その女, その歌, その音, それから今度, たいこの, たたきほごして, たちあがった, ちと早かっ, ちらちらと, つかわそうか, つつましく手, とびださうと, どうした, どうだい, どこに, どなった, どなって, どよめいた, なげきながら, なにも, なんとなく私, なんの, にっこりと, ぬれた裾, ねぎらいその, ねずみの, はげますので, はめこむと, はやしました, はやし立てました, はるかに, はるか北西の, はればれと, ひっかけた, ひどいめ, ふすまご, ぶらりと当り, ほしいの, ほほえみながら, ほめたたえました, まず食べ物, また, またどなった, また酒, まだ眠っ, まっしぐらに, まはるの, まわりを, まアまアと, みせ, みせるほどの, みたがんりき, みたくなったの, みたし, みたつけ, みたほう, みて, みてから, みで, みましたすると, みようか, みようかなあ, みようでは, みようや, みられましたが, みるの, みるほどの, みるまでの, みろ, みんなに, もう立ち上がっ, もう飯, もとびら, やったこと, やったし, やらつし, やりながら, やりますと, やるの, やるん, やる必要, やろう, やんちゃの, ゆすって, よく衿, よろこぶもの, よろこんだユウ子ちゃんのち, わたくしどもの, わらう声, わらった, われわれの, ゐた, ゐたが, ゐるお隣, ゐる栗, オーイと, グッと, コマセ袋に, スーと, テンカンテンカンと, トットと, ヒホドを, ボルネオ言葉で, ポケットから, ポンポンポンと, モンクスは, ヤマベが, ラウオームオーつまり, 一人の, 一座を, 一目散に, 丁寧に, 七八名の, 丈夫に, 上がった, 上げたいこと, 下さい, 下女を, 中へ, 主人の, 乱舞し, 事毎に, 二人は, 二本目の, 二階へ, 云いつけました, 五十年無事に, 京洛の, 京美人の, 仁科六郎の, 今まで, 仲間を, 会所の, 伯父の, 伸び上る, 何を, 何事をか, 何枚わった, 例の, 信長は, 倦きなかった, 傍らに, 兄の, 冬の, 出発の, 刀を, 分らない笑顔, 刷毛の, 前進した, 千なれ, 千枝松は, 卓の, 去るあいだ, 友だちの, 反響を, 口に, 口惜しがった, 叫びつづけた, 叫びながら, 叫ぶの, 叱りつけた, 叱咤した, 合わせる, 同意した, 名刺を, 向こうむき, 呆れる二人, 呼ばわ, 呼び招いたの, 呼んでも, 哀れな, 哀求する, 哄笑し, 哄笑した, 唄って, 唄を, 喜ぶこと限り, 喜んだが, 喜んだこと, 喜んだとおりりゅう, 喜んだ伝六, 喜んで, 喝采する, 嘲って, 嚇した位, 地べたへ, 売りに, 外へ, 大いにわらった, 大きな花, 大助の, 大声に, 大神には, 天狗じゃと, 奥さんお, 奥と, 奥に, 女を, 女中さんを, 妙と, 妹や, 婆を, 子供たちを, 子分たちと, 字を, 安く雇い得る, 安心させる, 宙を, 客室には, 宮の内に, 寝入りたるもの, 将来の, 小さく穴, 小舎の, 少し間, 巻き俄, 師匠に, 帰宅し, 廊を, 廻った, 弟子の, 強いモチ, 当たらなかったらオットー, 彼が, 彼に, 彼女に, 得意に, 御気の毒様, 徹底的に, 心まかせ, 急がされむずかしい, 急に, 怯えた虫, 恐縮させる, 恐縮した, 感嘆した, 感心しました, 慢罵嘲笑する, 慰め顔に, 戸を, 戸外へ, 手拍子を, 指で, 文次は, 日傘を, 時雨が, 暗い月, 最後に, 朗らかに, 末長く, 本心から, 机の, 来るの, 来る夜回り, 検査した, 横の, 橋廊下を, 次の, 歌い出した, 歌い踊りながら, 歓んだと, 正吉の, 正気づかせ, 此歌を, 歩いた, 歩き出した, 歩き回って, 歩き廻りました, 殺して, 殺すので, 泣いて, 泰軒が, 消えんこと, 済みませんあっし, 渡らせたの, 渡るケチ, 演舌した, 火防の, 灰を, 無性にうれし, 無理に, 燃え残り, 狂喜される, 狂喜した, 王さまと, 甚九かつ, 甲高いヒステリック, 申しました, 男の, 町の, 病気では, 相和する, 真物の, 破れ鐘の, 神さまに, 私が, 私を, 秘図を, 秘密に, 空しい収穫, 突きつける男, 立ち上がり, 立ち上った, 立上っ, 竹田が, 笑いこけました, 笑いたいの, 笑い合った, 笑う, 笑う生きた保, 素敵素敵, 練り歩くこと, 置け, 羽織を, 考えた, 聞いて, 職場職場に, 肉眼で, 肩を, 膝を, 自分は, 興じ入ったが, 苦笑いを, 茶を, 草ぼこり, 落ちる飛沫, 薬を, 蟻を, 行きました, 行く, 行くあめ屋, 行くと, 行く雨, 行ったあと, 襟を, 見せます, 見せると, 見た, 見たいと, 見たが, 見ただけでも, 見た上, 見ないと, 見ること, 見丸木橋, 見得, 親しくお召, 言つた, 言葉を, 訊いて, 訊かせると, 訪れる者, 許りゐたつ, 詰めを, 詰め寄るの, 談笑し, 請け合った, 謡い出して, 貰ったの, 賞めそやした, 賞めて, 賞賛した, 赤壁之, 起して, 足を, 踊りながら, 踊りまわる, 踊り歩く, 踊るの, 躍りました, 近所を, 近所近辺を, 逃げたそう, 逃げだそう, 逃げて, 通った, 逸走し, 道ばたへ, 酒の, 酒を, 鋲で, 鍛え上げたばかりの, 闊然と, 陶然と, 陽気に, 隠れた埃, 雷さん, 雷鳴の, 面白がり, 頂きまする, 頂戴しまする, 頼んで, 飛び上がりました, 飛沫を, 飯を, 香奠を, 駈け込んで, 駈込み, 騒ぎ立てたので, 高吟しだした, 鬨の声, 鶴雄に, 麦一升, 黒屋敷の, 鼬が

▼ たたいたり~ (92, 8.8%)

19 して 7 した 2 しながら, しました, する, 何か, 手を

1 [56件] あらゆること, いたしました, お尻, けったり, げんこを, さんざんに, したそう, しないで, しましたが, します, しゃべったり, するかと, すること, するごく, するだけの, すると, するので, する者, そして鞍馬, ちょっと手伝い, つねったり, つまらないもの, ひっかいたり, ひっくり返って, またわれわれ, や, インキを, ピアノを, ブラシを, 一方が, 俗歌や, 叫んだり, 呼びかけたり, 大声で, 定使い, 形の, 押したり, 指さしたり, 撫でたり, 時には, 松葉の, 案内を, 申し合せしたり, 白湯を, 笛を, 笠を, 聴診器を, 腹を, 舌を, 茶碗を, 足を, 邪気の, 鉦を, 雑巾がけを, 面白がっ, 顎を

▼ たたいても~ (44, 4.2%)

5 こはれない 2 声を, 誰も

1 [35件] あいかわらずなか, ええほんに, きこえずやっと, くわんくわんと, こっち向く, さけんでも, それは, たたいて, たたいても, たたきば, たまらないいい音, だめだ, つぶせないこと, とがめる音, なかなか直らない, ひらかなくなりました, ぼくには, まるで夜半, よいだが, よし庭, ドアの, 何も, 別に悟り, 動かしても, 反応ない, 家は, 打っても, 決して揺らぐ, 聞えないし, 返事が, 返事を, 銭の, 開きそう, 音を, 魚や

▼ たたいてから~ (8, 0.8%)

1 それを, わずか一秒, 上機嫌で, 何物かを, 再びタイプライタア, 急に, 静かに, 音が

▼ たたいては~ (6, 0.6%)

1 うたったかの, おどるの, ペコリと, 焼いて, 落して, 鐘の

▼ たたいてや~ (3, 0.3%)

1 がら, はらかくして, らっしゃれば

▼ たたいたりは~ (2, 0.2%)

1 しないの, どうなる

▼1*

たたいたりもして, たたいちゃへん, たたいてさえくれなかったら, たたいてははははと大口開け, たたいてばかり居る癖, たたいどがきまりません