青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だらけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

だって~ ~だつた だつた~ ~だまっ だまっ~ ~だめ だめ~ だら~ ~だらう だらう~
だらけ~
だらし~ ~だれ だれ~ ~だろう だろう~ ~だんだん だんだん~ ~ち ち~ ~ちがい

「だらけ~」 3313, 34ppm, 3413位

▼ だらけ~ (1526, 46.1%)

43 顔を 24 手で 21 手を 13 顔に 11 男が, 顔で 9 顏を 8 頭を, 顔が 7 手が, 着物を, 顔の 6 匕首を, 腕を, 足を, 頬を 5 胸を, 面を, 首を 4 両手を, 体を, 床の, 足の, 靴を

3 [29件] くせに, ような, クラスメートの, 両頬, 中に, 口を, 女の, 姿で, 子供を, 手, 手足を, 指を, 日本の, 服を, 歯を, 獰猛な, 老人が, 脇差を, 脚が, 足で, 身体を, 部屋の, 醜い顔, 階段を, 障子の, 靴の, 頬は, 顔, 鼻の

2 [86件] ものが, もので, ものである, ように, シャツが, ナイフを, 三十男少し, 上衣を, 中から, 中年男の, 人さし指を, 人間が, 人間たちが, 人間だ, 体で, 前掛, 匕首は, 卓が, 受付に, 右手を, 唐金の, 外套を, 大きな卓, 大馬面, 天井に, 妹に, 家に, 尻尾が, 屋根の, 山を, 巣へ, 左手を, 帯を, 帽子を, 平手で, 手の甲を, 手は, 手帛を, 手紙の, 旗手が, 服と, 杉葉を, 東京へ, 柘榴の, 根元に, 気持で, 水に, 汽船の, 活版本で, 物を, 現在の, 生き方と, 生活を, 白骨を, 眼を, 短刀が, 空を, 窓の, 箪笥が, 老婆が, 肌を, 胸の, 胸へ, 脇を, 腰の, 自分の, 蚊屋, 蟇の, 裾が, 襤褸みたいな, 赤黒い不恰好, 路を, 身体に, 道を, 醜い背中, 長い脛, 障子を, 青年だ, 面に, 頑丈な, 頤を, 顏で, 顏に, 顔は, 馬の, 黄色い顔

1 [1039件 抜粋] あなたが, あひだ, あめとう, いろんな表情, おじいさんでした, おりかの, お上さんが, お爺さんの, お茶っ, からだの, かんなくずを, がさ, がアキラメ, きたない処, ぎしぎしと, くつを, ことを, しなびた葉, ずぼん, その顔, でこぼこの, ところで, ところによる, ところを, どこから, なつめしゆろ, はっきり見分け, ひげ, ひとさしゆび, ほおを, ほんものの, まっ白な, まま件の, まんまひきずっ, みっともない下手, むさい娘, ものだの, ものであろう, やうに, ようで, らんぐい歯を, わざと坊さん, をはい, アイスクリームや, イイ婆アさんサ, オバケの, カツフエの, カンヴアスばかり, カーテンまがいの, ガタガタにな, ガタ普請であり, ガーゼよ, ケダモノの, コオトを, コック長なんて, ゴツホである, ゴボウの, ゴム長が, スカートに, スポンジで, タイヤが, タゴオルの, タバコを, テーブルに, ドネープル河を, ハガキです, バラックに, フィルムを, フトンの, フロツクコオトの, ベンチの, マントウを, メヅサの, ラジオながら, ルパシュカを, ルンペンみたいな, ワイシャツと, 一九四八年の, 一枚の, 上下続きの, 下水は, 下駄を, 不男, 世の中に, 両の, 両手, 中で, 中庭が, 丸いもの, 乗合自動車を, 乞食に, 乞食や, 乾田に, 人の, 人参の, 人形に, 人間であり, 今松, 仏具に, 仕事着を, 代物が, 仮名文字ガラッ, 侍が, 信心家にな, 假小屋が, 傷が, 儘で, 兄イ連しかも, 兒である, 兩頬を, 八丁だった, 八五郎でした, 六疊全く, 具足屋を, 内部へとは, 円顔を, 凡くら相手の, 刀は, 分際で, 切符を, 刺身や, 剃刀を, 勝手を, 匕首の, 半纏を, 卓の, 印刷も, 原稿紙であった, 友吉おやじを, 反古紙を, 口の, 口血だらけの, 古い襤褸, 古ブリキ板, 古帳面, 古行燈, 古雑誌, 向脛, 咽喉の, 哲学者は, 唇を, 器械が, 四人の, 国民服を, 圓朝の, 土に, 土工が, 土蔵で, 地上に, 地面だった, 坂道である, 垂れ幕の, 塀で, 墓の, 壁に, 夜ぞ, 夜会服を, 大きな手, 大きな馬鹿げきった, 大なる, 大地一面に, 大根を, 大男は, 大肌脱, 天井を, 天井裏を, 太い杖, 夫婦の, 女や, 女中さんが, 姿であった, 姿を, 娘の, 婆さんだ, 婦が, 子でもが, 子供の, 学生服に, 定期市の, 宰取, 家を, 寝具や, 寝巻を, 小さいシャベル, 小さな顔, 小僧である, 小汚ない, 少女の, 少年が, 尻に, 尾沢生が, 屍隅田川に, 山で, 山坂路電光形に, 山蔭を, 山途を, 岩を, 嶮しい, 工場そっくり, 巨大な, 布の, 布団の, 幕が, 幹を, 広場に, 床の間を, 床柱に, 庸三の, 廊下を, 引っ掻き傷, 彼の, 御者は, 心得違の, 怖い顔, 急坂を, 恩人の, 悪い部分, 所に, 扇子が, 手がね, 手してる, 手の, 手の平を, 手へ, 手拭浴衣を, 手足に, 折柄衆目が, 拔刀が, 拙い字, 拳の, 指先で, 掘出しものの, 掛蒲団を, 敗戦直後の, 敷石の, 新九郎へ, 新聞紙を, 旅装束の, 旧型綜合雑誌な, 映画へ, 時その, 時代食んだ, 暖簾を, 木つ, 木履も, 本を, 札を, 机の, 来書だった, 東北本線の, 板張が, 板片を, 枸橘の, 柱潮風に, 格子戸造りが, 案内記でも, 梁に, 梅村医師の, 棚から, 棺に, 椅子の, 楕円形の, 標準服を, 横町が, 機嫌だった, 櫓柄を, 武士の, 歩兵曹長, 死体を, 死骸は, 残骸を, 母に, 毎日を, 毛書き筆を, 気持に, 汀へ, 汚な, 沓の, 波打際まで, 泥棒が, 洋服と, 洋服の, 洗いざらしな, 浴衣掛けである, 海で, 海岸を, 渋紙の, 演説より, 漫談を, 無礼な, 煉瓦や, 煤け行燈, 燕尾服を, 爺で, 牛の, 物凄い顔, 犬が, 独楽を, 狭い部屋, 猿臂を, 玄関に, 琉球畳だけが, 生活と, 生活も, 田島町の, 田舎ばばの, 甲板には, 男と, 男の子と, 町に, 町を, 画布は, 留置場か, 疊が, 疎末, 痩せ切った顔, 発表や, 白い朝鮮飴, 白チョッキに, 白足袋を, 白髮と, 皮膚が, 皮膚の, 盤台を, 目と, 真っ黒い天井, 真鍮看板を, 眼で, 着物が, 着物は, 着衣を, 矢の, 短い袷, 短刀を, 石ころが, 石炭を, 硝子張りの, 硝子窓の, 硯箱を, 磯で, 神学者の, 私である, 私を, 稚児だ, 穢い室, 空樽が, 窓が, 競輪雑誌が, 竹村と, 筋張った顔, 箱の, 粗末極まる, 紙などを, 紙片を, 素足に, 細い手, 細帯を, 細頸に, 紺足袋膝ツきり草色よれ, 絵を, 綿ネルシャツの, 縁談は, 繪馬を, 羽織と, 羽織や, 老人紳士が, 老婆の, 老眼鏡を, 老紳士大木, 耳の, 職工が, 肉を, 肉片なども, 肌派手な, 股引き, 背の, 背中を, 胡弓を, 胴金を, 胸も, 脊を, 脚にて, 脛で, 脱獄囚みたいな, 腐つたやう, 腕に, 腕は, 腫瘍も, 腹の, 膏薬貼り, 膝を, 自動車が, 舁夫が, 色眼鏡を, 若い顔, 苦しみの, 英文を, 草鞋で, 草鞋を, 荒涼たる山地, 菜っ葉服を, 蓮根を, 薄い胸, 薄穢い, 藁草履を, 藤吉の, 虫を, 蚊帳を, 蟲つ, 蠅だらけの, 衣を, 衣類と, 袖で, 袖口で, 袷を, 裸に, 褞袍を, 襤褸を, 襯衣を, 記憶を, 記録を, 詰襟服は, 講堂に, 貧民の, 資材を, 赤児を, 足が, 足とで, 足痕で, 足跡で, 身の, 身體で, 込み合った街路, 通りを, 連中ばかり, 運転台へ, 道だった, 道にも, 道路, 達磨みたいな, 部落の, 醜男だった, 里芋の, 重太郎であった, 野原の, 野猿坊みたいな, 鉄によって, 鉢巻も, 銀貨を, 鋭い嘴, 鎮守の, 長半纏, 門柱によりか, 防水幕に, 陸であった, 隅に, 雑木の, 雪沓を, 電燈の, 霜の, 青い顔, 青年を, 青葉, 面の, 面相などとは, 頬が, 頬片を, 頭したる, 頸を, 額には, 額を, 額縁の, 顏の, 顏蟲喰ひ, 顔から, 顔それから, 顔だった, 顔まっ白な, 顔をにや, 顔付の, 顔面を, 飜譯を, 飾窓に, 饅頭を, 首筋を, 馬乗袴の, 馬車を, 骨を, 高原に, 髯を, 鬼婆の, 魚の, 鯊の, 鶏小屋の, 黄八丈の, 黒い人間, 黒い四角, 黒い顔, 黒松が, 鼠いろ

▼ だらけ~ (690, 20.8%)

236 なって 109 して 25 なつた 16 なつて 10 しながら, なった 9 なる 6 なるの 5 されて, した, なりながら 4 なったの, なりました, なると 3 なったまま, なったよう, なったり, なった身体, なった靴, なった顔, なりまして

2 [21件] したと, したまま, したり, したん, した女, しや, する, するか, せよ黒塗, なったが, なったこと, なった国土, なった女, なった着物, なりましたよ, なります, なり何, なるほど, なるまで, 成って, 笑い出しまるで

1 [179件] いたした無礼, おなりに, きたならしく印刷, くすぶり返ッ, さいなんで, された粗大, されるより, しいしい一冊, しいつも, したこと, したころ, したところ, したなり, したので, したばかり, したもの, したズボン, した仔犬, した処, した千世子, した手, した火鉢, した若い, した野良着, した面, してさ, してなあ, してはと, してやった, してやったと, しないでも, しなければ, します, しようとも, しろそういう, しキリキリ舞い, しシャツ一枚, しシヤツ一枚, し草鞋, し頬, するしか, するつもり, するの, するまで, するよう, するん, する苦しみ, せし我沓, せし煙管, せずには, なったから, なったけれども, なったこの, なったその他, なったところ, なったねずみ, なったよ, なったズボン, なったソビエット, なったマルコ, なった一羽, なった丸卓子, なった五分刈, なった千代, なった口, なった夢, なった大勢, なった娘, なった寝巻, なった寝衣, なった岩公, なった後, なった手代, なった手拭, なった手足, なった支那紙晨報, なった斬り口, なった新蔵, なった柱, なった火夫, なった物, なった白鞘, なった百姓, なった私, なった紙衾, なった膝, なった自分達, なった自在鍵, なった船そのもの, なった薄汚, なった蛾次郎, なった顎, なった魂, なった麻三つぐり, なっちまいやしないだろうか, なっちまうぜ, なっちまった, なっちゃって, なってが, なっては, なっても, なってるとこ, なってるの, なっとったと, なっとるとに, なつち, なつてる, ならずに, なられたらまわり, なりおった, なりおれども, なりだらり, なりましたので, なりました手, なりました直, なりますぜ, なりますと, なりますよ, なりまた, なりまぬがれぬ脱皮, なりやが, なり一つ, なり上氣, なり今にも, なり凹凸, なり喘ぐこと, なり強い, なり得る, なり或, なり手の平, なり旅行中, なり昭和八犬伝, なり登, なり目付, なり素肌, なり踵, なり這うよう, なり靴, なり馬込街道, なるから, なること, なるし, なるので, なるほどに, なるまつたくやりきれない, なるもの, なる仕組み, なる信濃金梅, なる地下足袋, なる迄, なろうと, よく似, 巻くれあがって, 成った人々, 成ってるから, 成つた儘そつと, 成つた手袋が, 成つて働け, 成つて大, 成つて居る, 成つて漸, 成らうが, 成りますが, 手も, 掻割き, 撲たれたん, 枯れた柳, 泣き歔, 痙攣った, 笑った, 笑って, 結び, 致すより, 見えた, 見えて, 見えるの, 違ひない, 鍔は, 閉して

▼ だらけ~ (373, 11.3%)

11 んだ 8 のを, 顔を 7 のだ, のです 5 のである, んです, 手を 4 のは 3 のでございます, 男で, 脇差を, 自分の, 足を, 頭を, 顔には

2 [29件] の, のが, 事を, 五六の, 体を, 匕首を, 古着の, 壁も, 奴が, 手で, 晩め, 槍を, 死骸に, 母の, 毛布が, 男だ, 畳の, 矢を, 笹の, 紙の, 羽目板へ, 翁屋の, 薄板で, 蚊帳の, 足で, 足や, 鍬を, 頬を, 顏を

1 [234件] お嬢さんが, からだを, ことからも, ことを, すみで, そうして例, そして無駄, だけに私, とても大きな, のぢ, のでこんなに, のでそう, ので打った, ので毛脛, ので私, ので雨, ので鶏, ので黒い, のにこの, のにまだ, のに忌々し, のに怖, のも, はげっ, びしょぬれな着物の, みじめな, みっともない女, ものかと, ものであった, ものの, わが家の, わけさ, んじゃ, アイヌが, ウソで, バロック式の, ンだ, 中から, 中で, 中の, 乱世の, 事は, 事実の, 人間を, 何年かが, 佛壇の, 例によって, 先生でも, 八つと, 六波羅でも, 兼松の, 凄じい顏, 凄まじい顔, 刃物は, 前掛, 前掛服, 力の, 助七, 匕首などは, 千之助は, 半面を, 口の, 口ひとつだった, 口を, 同勢を, 周囲を, 土足に, 地面の, 垢染みた, 塊り, 壁とは, 壁に, 壁埋め, 大きなもの, 太い線, 女恐らく, 奴なんぞを, 妻の, 姿を, 子どもを, 子供たちの, 客の, 家である, 小さい家, 小僧は, 山の, 山岳鉄道によって, 山稜に, 山稜は, 山肌に, 山谷へ, 峡谷の, 市長の, 布の, 布団の, 幽霊が, 床の, 床の間に, 廊下を, 性格破産者であっ, 戦場を, 戸の, 手に, 手の, 手紙だらう, 手紙だろう, 拳骨を, 指を, 掌面に, 掴み合いを, 敷物も, 日蔭の, 昼寝を, 暗闇を, 書斎だ, 未整理図書, 本郷の, 札と, 板の間へ, 板へ, 板敷の, 枝を, 柄が, 柄だけ, 格闘だった, 案内者の, 欄間や, 歓楽を, 武者わらじが, 死骸を, 殺し場を, 気の, 気持で, 汚ない, 汚れた躯, 江戸娘は, 法則と, 法被を, 洋服を, 洛内な, 浪宅に, 深刻な, 清玄の, 渋紙を, 満面に, 滿面に, 牛の, 物を, 狐格子の, 生の, 生活で, 生活に, 生活の, 男でございます, 白髪の, 皮膚に, 皺だらけな, 目尻には, 相對性, 着物も, 着物を, 硝子の, 種々な, 穴の, 空地の, 笑い方, 細顏で, 細顔で, 統御を, 絵巻を, 絹の, 緋の, 緩動映画, 縁側の, 美女の, 群集に, 老僧, 老爺さん, 耳の, 肉切り台は, 胸が, 脛まで, 腕を, 膚が, 膝が, 船頭三吉の, 英雄の, 草履を, 草鞋が, 莫大小の, 萎縮的な, 葉の, 蒼い胸, 蔵の, 薄い絹, 藁の, 行為の, 衣を, 衣服も, 袖を, 袷を, 言葉は, 訳を, 諸肌を, 譯を, 護謨靴でも, 足の, 足頸人形屋の, 身体が, 身体を, 辺りとは, 酒樽の, 醜い顏, 醜い顔, 醜態な, 野武士が, 録音ながら, 鍬は, 長靴であった, 靴下を, 頬白を, 頸を, 額に, 顏が, 顔, 顔が, 顔に, 顔の, 食蜃人の, 馬糧小屋の, 髪を, 髷が, 黒い河砂, 黒い足し

▼ だらけ~ (263, 7.9%)

8 あつた 3 胸の

2 [14件] これに, ござります, さア, どこに, 三十を, 何年にも, 大きくその, 果して推理, 自害した, 蒼黒く, 距離を, 近くへ, 逃げれば, 首も

1 [224件] あつたの, あのこわれ, あらうこと, いい加減な, いかにも馬喰, いく船, いつもニヤニヤ思ひだ, いまでも, うねつ, おまけに, およそ視界, お寺や, お気に, お釈迦様の, かえって来た, かえって来るでしょう, くしゃくしゃに, くちばしが, げすよ, これぢや, これを, さうでなく, ささくれ立って, しっくりとは, して, すこし草, すつかり痩せ, せう, そうしてしくじっ, そう急, そこへ, その中, その爲, そりゃもう, それが, それに私, た, たいへんおもしろく, だから馬鹿, だまって, だんろ棚, ところマンダラに, とてもものごと, とりわけて, どう同情, どこへ, どれに, どんなに繕つて, なお口, ひからびては, ひとには, ひろいひたい, ぶるぶるふるえとる, ほんとうの, ぼんやりしちまつた, まあおっかさん, まことに恐れ入ります, まさかこの, また暗い, まぼし, まるで空, みじめで, もう東京, やっと人ひとり, よその, カヨと, ゲス, ノツポで, ビクンビクンと, フトンも, ポーズが, モスク, 一向政府, 一寸途方, 一日を, 一間とは, 丁度しん吉, 上陸の, 下らないといふ, 丸で, 乱れた髪毛, 乾割れが, 二三丁歩く, 人の, 人を, 仕やうあんめえな, 何うせ, 何だかしきりにしゃべっ, 何でも, 何と愛嬌, 何も, 來て, 凝つとして, 処々鉛筆の, 出て, 出来て, 分らなかった, 到底對話, 前が, 加之に, 友白髪までも, 友達も, 向う岸の, 唐紙の, 啓吉には, 困るので, 地方の, 坐ったまま隣, 坐れたもの, 壁にも, 夜露に, 夢を, 大きい鼠, 奇妙な, 娘か, 安物の, 小さい給仕, 師匠は, 干潟の, 弱りますね, 当分動けない, 恐ろしく有益, 息が, 我家の, 戻ったから, 文字を, 文字通り満身創痍だ, 明けても, 昼間も, 暗いもの, 暮の, 曲者の, 書きとられその, 書き足らぬがち, 有馬だの, 朝から, 木が, 本能的で, 朱鞘の, 来るん, 杯を, 板の, 板壁には, 柔らかくもみほぐされ, 歩けも, 毎も, 気咎めが, 永の, 永年洗い落した, 汚いけれど, 汚ならしかった, 流石の, 淦も, 満足な, 満身創痍辛うじて, 漸, 火の, 灰色に, 炉の, 片足は, 犬の, 痩せた握りこぶし, 皮膚は, 盗ったって, 目も, 眉毛など, 眞心が, 眼と, 着物も, 破綻した, 私は, 私も, 立派な, 粗製乱造の, 紋付羽織が, 素足に, 美人という, 背中や, 背高童子で, 腰かけるところ, 自分では, 良く言, 色の, 芬々たる, 草臥れて, 荒い呼吸, 虫の息で, 蜘蛛の, 血を, 袴の, 襟には, 見えないか, 見る影, 見当が, 誰も, 識別も, 貧弱さと, 赤くて, 赤く燒, 足が, 足で, 足の, 身体中は, 近頃は, 迚も, 途中に, 這出しながら, 過ごして, 附添夫たちもちよ, 随分きたなかっ, 隙だらけで, 隨分灯も, 静脈が, 頤鬚は, 頭でつ, 額が, 顔は, 馬鹿に, 高いところ, 髪は, 髭の, 髯の, 黄色であった, 黒い挫けた

▼ だらけ~ (90, 2.7%)

92 けれども目, と思う, なあ, 利助親分に

1 [73件] あれに, あんな近藤勇, あ過多, から, からからもう, からそこ, からどこ, からな, からなん, からよろしく, から些, から手, から猛烈, から盗まれる, から私, から静か, があぶなく, がこ, がこんな, がその, が一つ腑, が全体, が及ばぬ, が完璧, が率直, が背, が致命的, けれど, これは, しその, し声, し散, し背中, し袢纏, し足, し顔いちめんにきび, し鼻, それは, それを, つたその, つたのです, つた娘は, つてこんだ, と, というの, というん, という結果, といふ, とかいうの, とこの, と云う, と思わない, と感じ, と腹, と言, と言いました, と高柳君, な, もの, もんで, よう, わ, わあ女, ア, 一尾三厘位こんなに, 当り前の, 懺悔の, 相です, 策動にも, 血だらけだ, 血だらけの, 表へ, 酒も

▼ だらけにな~ (74, 2.2%)

7 つて死ん 6 つてゐた 4 つて 3 つてゐました 2 つた所へ, つて若人たち十数人は, つて若人たち十數人は

1 [48件] つたわ, つた彌, つた怪しい, つた手で, つた着, つておしまひには, つては, つてはたらきました, つてやつて, つてブツ倒れ, つて一座は, つて下から, つて來た, つて働い, つて八五郎が, つて出, つて大, つて居りました, つて居ります, つて帰つて来た, つて床の, つて息が, つて戻, つて搜す, つて樂寢を, つて横た, つて橋の, つて氣を, つて決心しました, つて沸り返る, つて泣き出した, つて生き, つて田の, つて眼を, つて突つ込ん, つて納屋の, つて縁側に, つて花から, つて踊り疲れ, つて轉げて, つて這ひ回り, つて降り, つて隅々を, つて青苔や, つて顏にも, つて驚い, ッて, ツた

▼ だらけ~ (29, 0.9%)

3 しまう 2 いた, ゆくもの

1 [22件] いた公私, いる, こんとんとして, しまった, しまったもの, はや腑, ふやけたやう, ふやけて, ほんとの, ゐたかを, ゐた体, ゐる, ゐる精力, 來た, 來る, 悪意が, 春は, 来た, 来たお, 煤色の, 菊が, 行ったか

▼ だらけです~ (22, 0.7%)

93 から 1 からお, からややもすれば, から俥, がさすが, がそれでも, が例, が此方側, な, ね, わ

▼ だらけである~ (21, 0.6%)

2 からとにかく, ことを

1 [17件] あの鹿沼新田, かという事, かのよう, から手, がこの, がそれでも, が只, が天然, けれども厳めし, ことは, そこへ, としか思われません, と思います, などと云われた, もうあれ, 滅多に, 面目ない

▼ だらけ~ (15, 0.5%)

4 なって 2 なり 1 いうより, いって, なつて, 乱脈とは, 云う感じ, 思って, 思わなければ, 来て, 相成り水

▼ だらけじゃ~ (14, 0.4%)

7 ないか 1 ありませんか, ありませんかね, あるまいか, しかしよく, ないの, ア仕方が, 歩行と

▼ だらけだった~ (13, 0.4%)

1 [13件] からです, がその, がほんと, が床, が眼, そうだ, そうで, って云う, とか蒲焼, のです, んです, 建物の, 頃で

▼ だらけであった~ (10, 0.3%)

2 のである 1 がそれ, がつぎ, が親, この村, し握っ, ものと, ように, 家庭生活が

▼ だらけ~ (9, 0.3%)

7 やない 1 やありません, やあるまい

▼ だらけでは~ (9, 0.3%)

3 あるが 2 無駄骨が 1 あっても, 何の, 有ったろうけれど, 漱石先生の

▼ だらけという~ (7, 0.2%)

2 ありさ 1 のじゃ, 始末, 姿実に, 季節保から, 気分で

▼ だらけであり~ (6, 0.2%)

2 毛蟹とも 1 その手術, 且つ, 次郎の, 無事な

▼ だらけでも~ (4, 0.1%)

1 かまわないもの, 嬉しいだろう, 必要によって, 立役の

▼ だらけでございます~ (3, 0.1%)

2 と顔 1

▼ だらけかも~ (2, 0.1%)

1 しれない, 知れませんが

▼ だらけ~ (2, 0.1%)

1 むかしの, 寒々し

▼ だらけきつ~ (2, 0.1%)

1 た身心, た雑談

▼ だらけそれ~ (2, 0.1%)

1 がお, にべた雪

▼ だらけでした~ (2, 0.1%)

1 からひと, がそば

▼ だらけでない~ (2, 0.1%)

1 その新聞, のを

▼ だらけ~ (2, 0.1%)

1 ほんとだけど, 夜汽車で

▼ だらけみんな~ (2, 0.1%)

1 咲いて, 咲いてる

▼ だらけ~ (2, 0.1%)

1 どうした, 覗きこみながら

▼ だらけ主人~ (2, 0.1%)

1 の鉄之助, の鐵之助

▼ だらけ召使~ (2, 0.1%)

2 を呼ぶ

▼ だらけ~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ だらけ帳面~ (2, 0.1%)

1 だってどう, だつて

▼ だらけ泥まみれ~ (2, 0.1%)

2 になっ

▼ だらけ生花茶の湯~ (2, 0.1%)

2 から手

▼ だらけ虫だらけ~ (2, 0.1%)

2 でございますと

▼ だらけ蚤だらけ~ (2, 0.1%)

2 である

▼ だらけ通行人~ (2, 0.1%)

1 の陽気, も泥だらけ

▼ だらけ遠路~ (2, 0.1%)

2 を遠し

▼ だらけ隙だらけ~ (2, 0.1%)

1 である, な事

▼1* [95件]

だらけあぶらだらけ汗だらけ, だらけいやな気持, だらけおそろしく汚い服装, だらけおまけに足袋, だらけかほど痛快に, だらけさ手こそ下し, だらけやない, だらけじゃと戦いたが, だらけじゃろうよ, だらけその上白髪染が, だらけその他たくさん不名誉なきたならしい, だらけだから覗くと, だらけだったりした, だらけだったらありゃしないまるですきあな, だらけだって己も, だらけだつたわ, だらけだろうけれ共, だらけだろうと思う, だらけだ叩かれたり抓られ, だらけだ食えるだけ食ったら, だらけてはいない, だらけであってもその, だらけでしょうからありのまま, だらけでなんてまんがいい, だらけでへツへ, だらけでやお仏壇, だらけで御座いますと笑, だらけといふ気が, だらけとも言えるし, だらけなお松ちやんを, だらけなじぶんの, だらけなる熊の, だらけなんぢやない, だらけにてボタン二つ離れたる, だらけにはなりますまいか, だらけにもしろ三冊, だらけのきはめてせせ, だらけのしかみ面, だらけのでッぷりと, だらけのやなぎの, だらけ秋日が, だらけいうわけ, だらけゆえ孝助は足, だらけ折角の, だらけムダだらけの床の間, だらけ一息吐き, だらけ一風宗匠は十徳, だらけ不思議な素朴さ, だらけ与之助は一番正直そう, だらけ今度の使節, だらけ切つた恋愛に引, だらけ加減に気がついた, だらけ千之助は飛ん, だらけ名所旧蹟だらけで二三丁, だらけがつまつて声, だらけ図体は大, だらけ坊主政治おそろしい始末, だらけ埃だらけ黴だらけだつた, だらけ墓地は草だらけ, だらけはやせる, だらけになる, だらけのくせ, だらけも紐, だらけは草蓬, だらけ御汁といっ, だらけ手足の爪, だらけは埃, だらけを張つた桶, だらけ水だらけになっ, だらけ水だらけ花がうつくしい, だらけ水びたしの中, だらけや佳肴, だらけ油断だらけの分際, だらけ泥だらけになっ, だらけ火鉢はあ, だらけとは名, だらけ煤だらけになっ, だらけ煩悩だらけである, だらけ當分人寄せも出, だらけ矛盾だらけだ, だらけ砂埃其の上蜘蛛, だらけ私のにはツブ, だらけ穴だらけ電車の軌道, だらけはミヽズ腫れ, だらけがうつくしい, だらけ茶渋で錆びた, だらけ血だらけの頭, だらけのよう, だらけ違い棚にあった, だらけ隙間だらけで我家, だらけ電車の軌道, だらけや紅, だらけ高い崖から, だらけ黒坊主それより冷水風呂, だらけ黴だらけだつた