青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ちよ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ちや ちや~ ちょ~ ちょい~ ~ちょうど ちょうど~ ~ちょっと ちょっと~ ちょっとした~ ~ちよ
ちよ~
ちよい~ ~ちら ちら~ ちらちら~ ~ぢ ぢ~ ~っ っ~ っきり~ ~った

「ちよ~」 3683, 40ppm, 2924位

▼ ちよつと~ (2639, 71.7%)

49 待つて 32 の間 21 したこと 20 でも 15 ちよつと, 見て 14 眼を, 頭を 12 見ると 11 来て, 顔を 10 ポストまで 9 前に, 考へて, 間を, 首を 8 口を, 見は 7 覗いて 6 出て, 家へ, 街へ, 調べて

5 [11件] ここで, やそつ, をかしい, 似て, 声を, 手を, 気に, 私の, 街まで, 見ては, 話が

4 [25件] お待ちにな, お目, した事, そこまで, それを, ためら, でいい, のぞいて, 伺ひますが, 出る旅, 変な, 失礼します, 待つた, 意外に, 横に, 歩いて, 気の, 用が, 眉を, 考へ, 聞いて, 舌打を, 言ひ, 言葉を, 話して

3 [42件] おあがりくださいまし, おたずねします, お待ち下さい, こつちへ, さきに, した果樹園, した物, した言葉, で好い, どぎまぎし, わけが, 休んで, 來て, 僕の, 出掛けて, 勝手が, 君に, 変つてる, 小首を, 待て, 心配な, 息を, 散歩に, 断つて, 書いて, 来い, 気が, 気取つて, 考えて, 行つて来る, 見せて, 見たいん, 見たところ, 見には, 許り, 足を, 違ふ, 離れて, 面白いと, 類が, 類の, 風変りな

2 [151件] あつち向い, いらしつて, お寄り, お待ち, お待ちなさい, お手, お時間, お訊ねします, お話しが, お話ししました, お話したい, お話を, お隣り, からだ, ごめんよ, さは, した, したお, したもん, した事件, した何, した動き, した噴火, した奇術, した手入れ, した旅先, した理由, した発見, した空地, そこの, そこらを, その, そのお, そのこと, その中, その珠, ちよつかい, でい, どいて, なんです, のうち, のところ, はいつ, は名, ぼくの, まごつきました, また眼, まどろんだ, みると, わかりにくい, わたしと, 一口に, 不安に, 不愉快に, 二階へ, 他の, 休ませて, 休息といふ, 会釈し, 伺いますが, 作者は, 來い, 出かけて, 出して, 出に, 判断が, 動いた, 口ごもつた, 呼んで, 嗅いで, 変つてゐる, 外へ, 失礼, 妙な, 妻の, 威張つて, 家の, 少女趣味で, 尻尾を, 強いお, 御免なされや, 微妙な, 思ひついたこと, 想像が, 想像の, 憂鬱に, 我慢の, 手に, 斜に, 東京へ, 様子を, 此の, 気まりが, 気を, 氣が, 氣の, 水に, 無氣味, 照れて, 照れながら, 用事が, 用事の, 甲羅を, 皮肉に, 目に, 礼を, 私を, 突立つて, 立ちどまつて, 立ち寄つた, 立つて, 笑へ, 考へたが, 考へても, 考へると, 耳を, 肩を, 胸に, 興味を, 舌の, 舌を, 菫に, 行つ, 行つてま, 行つてゐ, 行つて見, 見, 見ても, 見に, 見るだけ, 見当が, 見当の, 觸れ, 訪ねて, 説明し, 誰か, 警戒の, 躊躇した, 途切れると, 通つた, 過ぎ, 難かしいです, 面喰つた, 面白さ, 頬を, 頭に, 顏を, 驚いて, 驚きました, 黙つて, 鼻の

1 [1749件 抜粋] あいさつを, あげて, あたりを, あつち, あの上, あの腰つき, あるまい武人, あんたに, いけなかつた, いつて, いやね, うか, うますぎは, おあがりくだす, おじぎを, おどかして, おもしろいね, おわかれ, お伺ひした, お元気, お医者, お宅, お弁当, お待ちよ, お待ち遊ばし, お悔み, お書類, お気の毒みたい, お爺さん, お目にかかりたいと, お縁側, お見かけ, お話が, お辨當, お願, かう姉さん, かしげた顔, かへし, がどうも, ききたいが, くさつて, ぐらゐ, ここでは, こちらの, こつちを, この世の, この感激, この次, こまつたが, これは, ごあいさつ, ごらんに, さかなつり, さびしさ, したいや, したその, したもの, したアツフエア, したミトメ印ぐらゐなら刻, した仕事, した偶然, した加減, した品物, した土産, した宛名たち, した居眠り, した微罪, した感じ, した手品, した挿話, した文藝内容, した時間, した歩道, した洒落, した満足, した用事, した神経熱, した立話, した紛争, した芝居, した行違, した足音, した迷惑, した部屋, した間, した陰謀, した風, した飮, しまひ, し残して, すぎ終つた, そこで, そつち, その前, その日, その熱病期, その親せき, その部屋, それに, そんな噂, ためらいながら, だ, だけ田舎, だまつて, つけ加へる, つまみあげて, ではい, でもそち, でも所謂, でよろし, とぎれた, と居間, どこへ, ない静けさ, なら聞いても, ねえお兄さん, のこと, のつ, の別れ, の所, の落, の間びつくり, の間額, はかりかねてか, はひる, は本当, は駄目, ばかに, ばかり不気味ぢ, ばかり旅館, ばかり違, ひと言わたしから, びつくりし, ふしぎじやないかな, へんだ, ほかの, まごついた様子, まじめに, また妙, まつて, みなさまの, むつかしさうに, や, やつたんぢや, やれること, よい説明, わかりかねる処, わが眼, ゐずまひ, アングロ・サクソン系の, サイズを, スカンヂナヴィア文學の, ドガの, ノートを, ビルマの, ペンを, レンブラントの, 一ヶ月ぶりで, 一息ついた, 一杯, 一目でも, 七円程, 上さ行つて見張, 上の, 下に, 下り気味に, 不安で, 不思議な, 不自由を, 中を, 之も, 予言しませう, 五切ればかり, 京の, 人の, 今日使は, 他人に, 休まうと, 休むと, 会うだけで, 伝染した, 伺ひたいこと, 似通つて, 体を, 余裕を, 使つて見たい, 例外である, 借用し, 傾いて, 僕を, 兄さまらしくない, 光線の, 入口まで, 其の果物屋, 内外の, 冷たいもう, 出かけるから, 出た許, 出来たと, 分らない時, 判らないね, 判らなかつたので, 別れて, 削るうち, 前目を, 割れて, 勇み肌を, 動くにも, 匂ひ, 半町ほど, 厄介だ, 参考に, 口ごもつて, 口の, 可愛い, 可笑しいね, 右寄りだ, 名古屋の, 君早, 吻つ, 唇に, 問題に, 嘗めて, 四角張つたやう, 困つた顔, 困ること, 困る話, 固いもの, 型破りな, 堪らない泣くなんて, 変つた, 外から, 外国語教育の, 大げさに, 大阪へ, 夫の, 失礼致します, 奇抜な, 女の, 好いなと, 好奇心が, 妙じ, 威張つた恰好を, 嫌ひなだけ, 学問なんか, 学校へ, 完璧な, 寄つて, 寄つて見た, 寒いが, 射した, 小綺麗な, 小間使か, 居る筈, 山口へ, 帰つて見る, 帽を, 年代を, 庄太郎に, 延ばさうといふ, 引用した, 当局には, 形容に, 彼女は, 待ちたま, 待つてらつしや, 待てそいつ, 後ずさりした, 得がたい人, 得意そうに, 御待ち, 微笑を, 心は, 忌々しいやう, 忍ばせて, 応接間に, 思はれないナ, 思ひ出したこと, 思ひ出せない, 思へないで, 急ぐから, 怪しくな, 怯気の, 息ぬきに, 患者会館と, 惜しいもの, 想像は, 愉快で, 意外だ, 意外らしい, 感じたこと, 慾ばりなお, 憎らしかつ, 我慢が, 戸ま, 手か, 手伝つて, 手間どる, 折つ, 拍子ぬけ, 拝借いたしました, 拝見に, 挨拶が, 振り向いたか, 振り返つて, 接吻させ, 握つて, 教は, 散歩の, 斜めに, 新俳句, 日本では, 旧弊家丁髷連を, 明確には, 時機が, 暗い影, 暗然と, 曲つた小, 書添へて, 有毒瓦斯を, 本気を, 来るやう, 東京市内では, 棗, 横川まで, 次の, 止まる, 此処で, 此方へ, 残酷の, 母御に, 気がついたもん, 気の毒な, 気勢を, 気取つた風, 気味の, 気抜けし, 氣ど, 氣取つた手附を, 汗を, 汽車が, 泣くやう, 注意しだした, 洒落れた名, 流行心理の, 浮浪児さんと, 淋しい, 淋しかつ, 渡りかけたが, 溜飲が, 潜かに, 無意識に, 無理な, 煙たさ, 照れた笑顔, 父の, 物を, 狡いこと, 狼狽の, 甘い味, 田丸浩平は, 申して, 申候, 疑ぐつてゐる位, 病氣を, 発見出来ない, 百年も, 目礼し, 相州さまや, 看板を, 眠れさ, 着たの, 瞞され, 知らせて, 短かい, 祖母に, 私どもに, 穴を, 突き刺したつて, 窕子が, 立ちどまつて笑, 立ち止つて, 立ち止まつて傘, 立ち止り大きく, 立寄つた, 立止つただけでも, 立留まつた, 笑つて, 笑ひかけた, 筆を, 簡単に, 紋吉の, 細いくら, 編輯長を, 美しい娘, 群を, 習つた, 考えられませんよ, 考へさせられる, 考へただけでも, 考へました, 耳に, 聞いては, 聽きたい, 胡坐が, 腑に, 腹工合を, 自分に, 自己に, 興を, 色が, 芥川の, 苦い笑, 苦笑する, 草刈りし, 萩寺を, 藤枝の, 行くには, 行つて來ませう, 行つて見る, 表情を, 裁判に, 西洋人臭い, 見あたらなかつた, 見えないけれども, 見かけない, 見せる風, 見たいと, 見たその, 見た所, 見ものだ, 見れば, 見廻しに, 見物した, 見當, 見違, 覘かせ, 親子の, 解らなかつた, 触れた高瀬家, 言ひかぬる, 訊ねたいの, 訪問し, 詩的だ, 話した丈, 話は, 説明を, 誰にでも, 調べただけでも, 譯し, 讀んで, 貴方の, 買物へ, 贅沢の, 趣きが, 距離が, 躊つた, 躊躇された, 車を, 軽井, 農学校に, 近所の, 返事を, 追い歸, 逆に, 逢ひ, 遊びに, 過ぎに, 違ふんだ, 郷里へ, 金目の, 鏡板の, 間が, 附近に, 隣の, 雨宿りを, 電車の, 面くらいながら, 面倒だ, 面喰つたかたちで, 面喰ひます, 面白いで, 面白い話, 鞍に, 頸を, 顔色を, 風変りだ, 風雅に, 食べて, 養生に, 首肯いたきり, 驚いた, 驚いた彼女, 驚きその, 驚ろいた, 高みに, 魔法使を, 鶴の, 黄色で, 鼻で

▼ ちよ~ (126, 3.4%)

7 とした 4 と, と見 3 とその 2 とこちら, と口, と待つ, と微笑, と手, と氣, と目, と起きたら, と顏

1 [90件] で, とあがり, といや, とお, とお待ち, とさう, とちら, とつき出す, とつれ, とでもほか, とでも歸, とでも皮肉, とでも絶える, とにがい, との間, とひねくれ, とふり返, とふり返つた, とほか, とまごついた, とまごつかされる, とも白髮, とも知らん, とやる, とやわらげた, と下, と不安さうに, と不思議, と二三言, と來, と借り, と兩手, と兩眼, と分らん, と別, と加集, と北斗, と北海道, と十人並みの, と同居, と威勢, と寫眞版屋, と度, と役に立つた切り, と待て, と怪しい, と恨めし, と戰慄, と手紙, と挨拶, と振り返つ, と旅人, と暝目, と有馬, と朝鮮人, と木, と棄てられた, と横ざま, と歸, と歸つて, と氣恥, と氣持ち, と湯, と熱, と物, と當, と直接, と瞰, と立派, と絶えた, と考へ, と聞き, と苦い, と苦笑, と行つて, と裏返し, と見た, と訪ね, と赤く, と赤める, と踏みとまる, と返り見, と途中, と違つたの, と都合, と間, と障子, と雨, と首, 何ぞと

▼ ちよ~ (114, 3.1%)

6 とこ 4 ぽり 3 ぴり 2 ぴりの, ぴり青い, ぺいが, ぺいの, ぺいは, 介を

1 [89件] お生憎さま, きり結びに, こら腰, こら高い, ちよつと, ちよつよ触つた, とかの女, とさう, とさういふ, としてもこれ, としても喧嘩腰, としても日本一, としよう, とすれ, ともいらし, ともの哀れ, ともわかれせ, とも余さん, とも傷, とも変つて, とも家, とも怒, とも拜みや, とも有り難い, とも現れ, とも眼, とも讀まない, とも違つて, とも邪魔, と言い渋る, ぴりおとしておきました, ぴりしたように思う, ぴりした知行取だ, ぴりした髭を, ぴりづゝかじりはじめました, ぴりとした有る, ぴりと下さい, ぴりと接吻した, ぴりと膨れ, ぴりと薄赤味の, ぴりと青い, ぴりながらつてゐる, ぴりねがひますといはれ即座に, ぴりのんでみたいんだよ, ぴりやる, ぴり傾いた, ぴり入れる, ぴり冬の, ぴり包ん, ぴり咲いた, ぴり塩梅を, ぴり幸福を, ぴり急げ, ぴり性慾を, ぴり恨み事を, ぴり意見を, ぴり手柄話を, ぴり抓む, ぴり折つて早速, ぴり撮むだ, ぴり教へて, ぴり残つてゐた, ぴり水面に, ぴり注意を, ぴり生やし, ぴり生やした, ぴり稀には, ぴり臭は, ぴり芽ぶかせ, ぴり苦笑の, ぴり記念の, ぴり買う, ぴり頭が, ぴり飲める, ぴり髯を, ぴり鹽から, ぴり鹽を, ぴり鼻の, ぺい, ぺいがきていよいよその時刻に, ぺいがなにかのことで仲間は, ぺいとも口を, ぺいに, ぺいはそこに待ちかまへて, ぺいはただひとりのちかづきになつたがこちらでは, ぺいはどやどやと出, ぽり載い, ぽり飲む, 俺達にばかり

▼ ちよ~ (65, 1.8%)

3 ちよんと, 切られて 2 ちよん, と停つ, と停る, と飛ぶ, びり飲ん, ぼりと, まげを

1 [45件] がくれ, がらそもそも, ぎいちよんと, ぎつてしまひました, ぎる, と, とさして, とたたい, と堤, と戦闘帽, と置かれ, と音, と髷, と黒く, なは, びりつい, びりシヨウチユウを, びり入れ, びり小遣が, びり焼酎を, びり行乞朝日屋, びり降つ, びり飲み直し, びり飲んだ, ぼりとある, ぼり入れて, ぼり初雪, まげの, やつた, 切つ, 切つた, 切つてさしも, 切られた空しい, 切ること, 切るぞ, 切る手段, 雀が, 雀は, 髷ぐらゐに小さく, 髷だ, 髷なり, 髷ゆつて段々畑耕してた, 髷を, 髷劇の, 髷本多文身の

▼ ちようど~ (57, 1.5%)

4 その時 3 よかつ 2 い, そのとき

1 [46件] あのあたり, あの午後秋川駿三, あの引越, あの日, いいところ, いい時分, いらしつて, うすつ, お二階, お口, お台所, お宅, お薬, そういう人間, そういう時, そうした少数, そう言つた感じ, そのかたわら, そのころ, そのころブルー, そのころ伊藤, その交番, その年, その日, その春結婚, その時さだ子, その時ドア, その頃, そんなの, ひるの, まもなく田植, まる九日間, 似たりよつたり, 似た立ち場, 好かつ, 帰るところ, 御誕辰祭, 新憲法実施一周年, 本月八日, 来て, 程よい年輩, 第二, 自惚れの, 若い医者, 隣りにも, 飲みすぎ食べすぎるやう

▼ ちよ~ (55, 1.5%)

7 りと 2 と水, の木魚

1 [44件] した七つ, して, するやう, する鼠, つかな, でまことに, で高い, と, とわき出し, と出入, と又, と小, と小走り, と廊下, と歩き出した, と無花果, と真黒, と背, と落ち, と落ちる, と走る, と青草, と鳴つ, な鏡臺, にしました, になつ, に塗つた十, のボールド, の流, の行燈, の鏡臺, まかされてるん, まかされぬやう, まかされやしないかと, まかしたに, まかしたんぢ, まかして, 出て, 流れて, 流れ出して, 流れ出すので, 焼かれて, 臭い三円, 逃げた

▼ ちよ~ (47, 1.3%)

5 女は 4 下女の 3 下女は, 女が, 女中は 2 下女が, 下女に

1 [25件] お首, めかしやは, シャツ一つの, パツュークは, 三女が, 下女です, 下女のであろう, 中年女は, 乳の, 井上正信に, 体を, 内儀さんも, 別嬪は, 口ひげの, 喜代次です, 女の, 女を, 心では, 悪魔が, 悪魔は, 松が, 癖に, 肩を, 豚と, 飯炊が

▼ ちよ~ (42, 1.1%)

2 中を, 放しては, 考へ

1 [36件] お別れ, した金, した雑木林, ほれた, ゆれました, 云ふも, 入りて, 六ヶしい, 内に, 友達の, 呼んど, 失礼, 岡崎先生へ, 広い通路, 彈き, 戴きます, 指さした, 挾む, 気の毒だ, 注意した, 淋しい笑声, 潤んだやう, 瀬川君飯山の, 片頬, 牛肉屋の, 白い顔, 端折つて, 考へたが, 行くと, 見ては, 躊躇した, 車体に, 遠くない, 降りて, 顔を, 鳴きながら

▼ ちよ~ (33, 0.9%)

2 とあなた

1 [31件] しやう, と, とお, とお待ち, とお茶, とぐらゐの時間, とこ, とここ, としか食べない, とそこ, とと引きとめ, とねむりたうなつた, とアチャラカ, とオダテル, とパンパン, と一日つき, と上つてお茶, と分らなかつた, と喧嘩腰, と坐, と声, と席, と待つ, と懇, と手相, と指, と敵意, と痛々しい, と考へ, はしらねえか, よさうよ

▼ ちよろちよろ~ (28, 0.8%)

1 [28件] した七つ, して, するやう, する鼠, と, とわき出し, と出入, と又, と小, と小走り, と廊下, と歩き出した, と水, と無花果, と真黒, と背, と落ち, と落ちる, と走る, と青草, と鳴つ, の流, 出て, 流れて, 流れ出して, 流れ出すので, 焼かれて, 逃げた

▼ ちよつかい~ (25, 0.7%)

13 を出し 5 を出す 2 をかけ, を出された 1 なんか出せる, を出した, を遣

▼ ちよつくら~ (21, 0.6%)

1 [21件] おしんさん, おじき, お待ちなせ, お経, この背中, そのへん, ぢや, はあお目, へえ人夫, 一杯, 先生に, 家いつ, 御機嫌と, 檀那に, 気が, 潜つて遁げべ, 町へ, 背負はせ, 脚が, 遊びに, 難かしいんだ

▼ ちよ~ (17, 0.5%)

6 どこの 2 だい 1 だいこの, とし, ともしょせん, と努めれ, と決心, どこ, りよう, わい大山, 笑を

▼ ちよくち~ (14, 0.4%)

1 [14件] よくお, よくと, よくシエレエ, よく來, よく俺, よく嘘, よく芝居, よく通つた, よく通つとる, よく遊び, よく鏑木さん, よく顏, よく顔, よく黙つ

▼ ちよっと~ (13, 0.4%)

1 [13件] お父さんみたいじゃ, した不注意, した突起, した風邪, その質屋, 下まで, 吹雪いて, 拭いて, 燃えるだけで, 物足りない感じ, 目を, 袖を, 長いくらい

▼ ちよ~ (13, 0.4%)

1 [13件] かぶり真黒く, ハイ七階であります, 冠つてゐる, 冠り, 土間に, 帽子を, 撥ねてて, 結へ, 茶を, 葱でも, 被つて, 開いた本, 駕籠すれし

▼ ちよ~ (10, 0.3%)

2 きて 1 きてないて, ゐるくもり, 九月三十日に, 啼く底冷え, 彼の, 日本の, 月の, 要る筈

▼ ちよ~ (9, 0.2%)

1 か行け, がまあ, が可, が洋服, よろしいわし, んぢや, マーさん知つちよるやろ, 光景, 烱眼ぢや

▼ ちようどそこ~ (6, 0.2%)

1 へアメリカ兵, へ使, へ真喜, へ磯村甲吉, へ顔, へ駿三

▼ ちよ~ (6, 0.2%)

2 手つきで 1 丑紅の, 手を, 手附で, 羅馬字で

▼ ちよろろ~ (5, 0.1%)

2 なが, ゆく 1 と光る

▼ ちよいよつ~ (4, 0.1%)

2 ちよい, ちよいと

▼ ちようどそれ~ (4, 0.1%)

1 がまつ, と同じ, は夕方四時すぎ, を僕

▼ ちようど今日~ (4, 0.1%)

4 と言

▼ ちようど其~ (4, 0.1%)

3 が此廬堂 1 が此盧堂

▼ ちようど春分~ (4, 0.1%)

4 から二日目

▼ ちよから口~ (4, 0.1%)

4 を出した

▼ ちよぼく~ (4, 0.1%)

2 れと 1 れちよ, れの

▼ ちよろ川~ (4, 0.1%)

2 に日 1 だまた, の橋

▼ ちようど私~ (3, 0.1%)

1 が一ばん, の一生, の不

▼ ちよから~ (3, 0.1%)

1 ちよい, 野呂が, 飛び出した藤田伝三郎氏

▼ ちよする~ (3, 0.1%)

1 といふ, のであつ, 波ぎはの

▼ ちよちよ~ (3, 0.1%)

1 つと待つ, と, と鳴き

▼ ちよ~ (3, 0.1%)

1 くら, ぴりくすりの, ぴりこう

▼ ちよつかひ~ (3, 0.1%)

2 を出し 1 を出さず

▼ ちよつとどう~ (3, 0.1%)

2 かといふやう 1 なさいました

▼ ちよつとに~ (3, 0.1%)

1 しかならない, しては, ほひをか

▼ ちよ~ (3, 0.1%)

2 すいつちよ 1 なぜに

▼ ちよろちよろ川~ (3, 0.1%)

2 に日 1 の橋

▼ ちようち~ (2, 0.1%)

1 よ, よが

▼ ちようど人形~ (2, 0.1%)

1 が着物, をこ

▼ ちようど今~ (2, 0.1%)

1 から二十二三年前, 来て

▼ ちようど卓一~ (2, 0.1%)

1 と同じ, も来合し

▼ ちようど夜~ (2, 0.1%)

1 のまど, の空

▼ ちようど恰好~ (2, 0.1%)

1 な家, の取れる

▼ ちようど此~ (2, 0.1%)

1 の時, を説明

▼ ちようど秋~ (2, 0.1%)

1 のこと, の末

▼ ちようど稱讃淨土佛攝受經~ (2, 0.1%)

2 を千部

▼ ちようど鶏~ (2, 0.1%)

2 が鳴いた

▼ ちようど鷄~ (2, 0.1%)

2 が鳴いた

▼ ちよきん~ (2, 0.1%)

1 と脊骨, をやつ

▼ ちよこま~ (2, 0.1%)

2 かバネ仕掛け

▼ ちよこまか~ (2, 0.1%)

1 と, と地虫

▼ ちよつき~ (2, 0.1%)

1 のかくし, をがつくり

▼ ちよつく~ (2, 0.1%)

1 らちよ, らちよい

▼ ちよつと一杯~ (2, 0.1%)

1 やりたいな, やりませんか

▼ ちよ~ (2, 0.1%)

1 ちびふゆさ, ちびふゆぬ

▼ ちよ~ (2, 0.1%)

1 少しヨチヨチし, 鼻が

▼ ちよ~ (2, 0.1%)

1 なぜ啼き, もう他人

▼ ちよ~ (2, 0.1%)

2 誰つたゆる

▼ ちよ~ (2, 0.1%)

1 やや例外, 妻として

▼ ちよツちよツ~ (2, 0.1%)

1 で, と旅人

▼ ちよ死ぬ~ (2, 0.1%)

2 まで

▼1* [228件]

ちよあれを描い, ちようけんなア, ちようして歩く, ちようどあなたが医師, ちようどお太鼓の所一ぱい, ちようどお祈りをでも, ちようどかたつむりの螺旋形, ちようどかつゑた野獣, ちようどぐらゐだけどもう長く, ちようどここで終り, ちようどこれは敵, ちようどその頃日清戦争が終つたの, ちようどひろ子がとび込ん, ちようどわれわれがあの, ちようどイドリスがのぞきこん, ちようどイワシのカンヅメみたい, ちようどドアが開いた, ちようどピストルの載せ, ちようどモデル難で閉口, ちようどルリが, ちようど一つ大きくさき, ちようど一カ月目の九月十五日, ちようど一茶が長年, ちようど七月に這入つ, ちようど万歳太夫に附属, ちようど三角の一線, ちようど中世紀の歐洲人, ちようど中間に位する, ちようど乗換駅である関係, ちようど二十五人ゐました, ちようど今頃の事, ちようど似合ひの, ちようど偶然やす子が出, ちようど僕がうち, ちようど先日彼からの手紙, ちようど入れ違いになつ, ちようど八時五十二分を指し, ちようど六十年前にフランス, ちようど其間に立つ, ちようど其頃念仏踊りがある, ちようど刑事がすり, ちようど前日から降りつづい, ちようど十一時でございます, ちようど十日にしかなりませぬ, ちようど半月である, ちようど卒塔婆のよう, ちようど博士が花壇, ちようど博覽會へ行つた, ちようど反対の立場, ちようど君がどこ, ちようど四尺七八寸の仔鹿, ちようど地の帶, ちようど夕食にか, ちようど外の人達, ちようど天皇の御, ちようど太平洋戦争の始まる, ちようど夫の掌, ちようど妹の多津, ちようど家にいた, ちようど宿直の樹明君, ちようど小門の開く, ちようど岩国あたりの虫, ちようど幸ひ隣, ちようど彼が死ん, ちようど彼女に対して憎悪, ちようど後世のお伽話, ちようど応接間にでもをります, ちようど念仏踊りを行うた, ちようど扉のない, ちようど手頃なしめくくりだ, ちようど打水のやう, ちようど掏児や博徒, ちようど探偵小説の作家, ちようど日曜日だつた, ちようど映画宮本武蔵の招待券, ちようど春休みで奥さん, ちようど昼の時間, ちようど曙覧の家, ちようど服の上衣, ちようど根津さんの奧さん, ちようど歌留多をとる, ちようど此七年前天保十三年には父五郎右衛門, ちようど氏神様の御, ちようど油虫のやう, ちようど波紋がひろがる, ちようど海人部があま, ちようど無電の電波, ちようど焼酎があつ, ちようど燈のつい, ちようど犬たちの群, ちようど王女のお, ちようど生野島の無, ちようど病後だとは, ちようど百年の昔, ちようど目の前, ちようど神仙説の盛ん, ちようど私たちがはいつ, ちようど私達が秋川家, ちようど称讃浄土仏摂受経, ちようど窓の下, ちようど笠のところあたり, ちようど絵の展覧会, ちようど草津の宿, ちようど蒲公英の葉, ちようど蛇の嫌ひな者, ちようど蜃氣樓のやう, ちようど観音日でもある, ちようど足があ, ちようど郵便飛行機が来た, ちようど酔のでた, ちようど醉つぱらつたような氣持, ちようど野球のグラブ, ちようど鏡の上, ちようど間にあ, ちようど隣室のお客さん, ちようど雨の時, ちようど電車はその, ちようど霖雨の時, ちようど音楽の時間, ちようど風が水面, ちようど食べ頃となつ, ちようど飲酒癖のやう, ちようねる今宵は, ちようのなくも, ちよぶりに, ちよかいを出す, ちよきの櫓を船頭, ちよきんちよきんをやつ, ちよぎつたのは誰だ, ちよくいのあ, ちよくそろへ, ちよくに鰻をたべさせる, ちよちよと, ちよ尤も袷, ちよさうなので福永, ちよされる始末な, ちよつた, ちよちよろと水, ちよちよろちよちよろと水, ちよちよツとやる, ちよつくら休むべい, ちよつくら真似てみた, ちよつくら見て来, ちよつくら貸してみろ, ちよつくら降りてくれ, ちよつたのでサルタン流石, ちよつて遣んべ, ちよつて來ておく, ちよつとうとうとつとしたかと, ちよつとおまいの荷物, ちよつとぐらりとし, ちよつとさはれば, ちよつとそう言うわ, ちよつとどうかすると, ちよつとほろりとした, ちよつとまあ読んで, ちよつとまだ用事が, ちよつとめんくらつた形だつた, ちよつともうちよつと, ちよつともう一度その故, ちよつともう少し見て, ちよつとよくお聞き, ちよつとよろしくしかし男の子, ちよつとギクリとした, ちよつと案外のお尋ね, ちよつと突然な例, ちよつねに見て, ちよつはしれこおらちきしようめ, ちよつよ触つた, ちよとはなし神, ちよにかぶつて, ちよになつてカラッチの, ちよには素つ, ちよはかあいさうに, ちよははよかなかな鳴くよ, ちよびちよびと毛が生え, ちよびひげをつけ山高帽をかぶり, ちよびりと髭, ちよび髭を生やした, ちよど私, ちよふどかいつりの, ちよふむていは, ちよ投げた, ちよにて花道, ちよぼつと摘んだ, ちよぼりとして居, ちよぼんと落ちた, ちよまつには皆子, ちよみかえすと小説, ちよむ山だと, ちよば制服, ちよ寒さうにそこら, ちよにやいかん, ちよらんに, ちよりいで若紫ゆく, ちよるきに上げ, ちよてば, ちよれねえうちは, ちよろちよちよろと水, ちよろちよろとかげの散歩, ちよろちよろ石の上, ちよろづの星, ちよろづごとの誓言もむな, ちよろづ神のかんつど, ちよろとかげの散歩, ちよろろぐ水の音, ちよろろ水けさ見に, ちよろ石の上, ちよろ鞘に納めた, ちよッくり行くものぢ, ちよツくら口を利かう, ちよツくら田圃の方, ちよツけた能代の膳, ちよツとこツちを, ちよツぴりした餘波さへ來, ちよツ不思議といふの, ちよツ何処へでも勝手, ちよツ夢なんぞが宛, ちよツ学校まで取り, ちよツ彼男も余計, ちよツ極りを遣, ちよツ馬鹿言ふな, ちよ二十一赤坂区氷川町清水氏寓伊沢又分家では信治二十一, ちよにてもきり, ちよ寂しきどちよ, ちよ来たか, ちよも飛びすすむ, ちよ走りつきながら何