青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ちょうど~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ちと~ ちの~ ちゃん~ ~ちゃんと ちゃんと~ ~ちや ちや~ ちょ~ ちょい~ ~ちょうど
ちょうど~
~ちょっと ちょっと~ ちょっとした~ ~ちよ ちよ~ ちよい~ ~ちら ちら~ ちらちら~ ~ぢ

「ちょうど~」 9788, 106ppm, 1019位

▼ ちょうどその~ (1036, 10.6%)

35 時に 19 日の 14 日は 10 日に, 時 8 ころに, ように 7 とき, 頃の 6 ときでした, 時刻に 5 ときに, 頃は 4 ときでありました, ときは, 夜は, 日も, 時でした, 時一人の

3 [14件] ころの, ころは, ときその, 時この, 時だった, 時であった, 時です, 時は, 時二人の, 時分に, 晩の, 途端に, 頃, 頃に

2 [52件] ころこの, ころであった, ころ彼は, ころ彼女は, じぶん, ときあの, ときドアが, とき一人の, とき一台の, とき川上から, とき私は, とき見, とき通りかかった, へんに, 下の, 刹那に, 前に, 前を, 反対で, 反対に, 場所で, 夜の, 家の, 屋根の, 年の, 必要な, 日が, 時お, 時が, 時である, 時ど, 時には, 時分, 時分が, 時分の, 時分は, 時扉が, 時期に, 時私たちは, 時私の, 時私は, 晩に, 晩は, 月の, 村の, 瞬間に, 辺から, 辺に, 通りに, 頃が, 頃だ, 頃であった

1 [726件 抜粋] あいだ, ありさま, おりに, おりの, お宅, くらい, くらいになる, ことです, ころ, ころおなじ, ころが, ころこれまで, ころすっかり, ころである, ころでございます, ころにせ, ころひょっくり, ころアメリカの, ころオリヴィエが, ころサーカスの, ころセント・ヘレナに, ころロンドンの, ころ世の中を, ころ中津の, ころ今里保育園の, ころ他国から, ころ兄さんの, ころ六甲山からも, ころ初めて, ころ北方ゲルマニヤに, ころ地上に, ころ大阪の, ころ天下を, ころ山に, ころ庸三は, ころ本所鈴川の, ころ東の, ころ桜場は, ころ沙車の, ころ熊谷の, ころ玄関の, ころ皇后は, ころ社僚の, ころ篠崎君の, ころ経済界に, ころ薫中将は, ころ裏の, ころ読者も, ごとくにも, さわぎのさいちゅうにまっ暗な, じぶん十三四さい, たらたら坂, とおりよ, ときあちらから, ときあちらに, ときいつぞや, ときうつろな, ときから, ときかり, ときこの, ときすみれが, ときそろそろ, ときだった, ときだれが, ときちょうど, ときであった, ときである, ときです, ときはんた, ときふと, ときまるで, ときみすぼらしい, ときも, ときもっと, ときアリョーシャと, ときゲルダは, ときコツコツ, ときサラ・ネルムスという, ときサンドリヨンの, ときデパートの, ときナンガサクまで, ときバルブレンの, ときパイーシイ主教が, ときフリーダが, ときベルリンに, ときラジオの, とき一同は, とき一羽の, とき中津から, とき二人の, とき何かの, とき余は, とき僕が, とき兄の, とき入口の, とき列の, とき前よりは, とき叔父が, とき名, とき園井さんの, とき塔の, とき大きな, とき子どもたちが, とき寝室の, とき小田と, とき屋敷の, とき帰りついた, とき帰る, とき強, とき彼が, とき彼女は, とき往診に, とき怪塔王と, とき息せき切り, とき手すきと, とき新聞紙が, とき旅の, とき暗い, とき望遠鏡で, とき東の, とき森へ, とき機関の, とき止まった, とき海の, とき温室の, とき玄関の, とき町に, とき番頭が, とき知らぬ, とき窓ぎわに, とき舷の, とき藤井先生は, とき警部の, とき路の, とき遊びに, とき運悪く, とき野末を, とき隣室から, とき隣室に, とき雪の, とき雲の, とき青葉どき, とき風が, とき黙々, としの三月末の, とたんである, とたんです, とたんに, ひのきの, ひらき戸, まん中に, やさきへ, プレーグっていう, ページに, 一分前の, 一反の, 一年前から, 一方では, 三人が, 上へ, 下が, 下へ, 下を, 中から, 中に, 中庸を, 中心に, 中心地に, 中間を, 丸に, 予考通りに, 事を, 二三日酷暑が, 二冊の, 五六日前にも, 京都へ, 人たちが, 人たちと, 人は, 人生観が, 仕方の, 位な, 位置に, 八月に, 八月朔日は, 切窓の, 刑事の, 刻限でなかったろう, 前の, 前まで, 前後に, 前後の, 前日場末で, 前面に, 助からない種類, 十二日の, 半面を, 卜を, 反対の, 向い岸に, 向こう側に, 唄の, 四つ辻の, 四条の, 国全体が, 地下室の, 地点に, 場所に, 場所には, 境界の, 声は, 夏至祭も, 夕暮私は, 夜あたりから, 夜にも, 夜わたしは, 大学林と, 大火の, 女が, 女優の, 威勢は, 季節でありました, 安楽椅子の, 家が, 寺の, 射たれた農兵, 小さい孔, 小金ヶ原へは, 少し前, 山に, 山肌の, 峰通りは, 帰りで, 帰り途だった, 年ごろな, 年ごろの, 年頃の, 年齢の, 店さきに, 店先へ, 庭と, 式の, 弾丸の, 当時私の, 形は, 御夏さん, 志学の, 手持無沙汰の, 折であった, 抵抗心が, 掏摸根性の, 教育勅語の, 方向に, 日ある, 日だった, 日にあたる, 日シャアは, 日フィデリオ上演についての, 日出張所には, 日届いた, 日楊松は, 日浅草材木町の, 日菊の, 日金魚屋が, 明くる日です, 時あの, 時おれみたいな, 時けたたましい, 時こちらへ, 時そこへ, 時その, 時それが, 時だ, 時であります, 時なお, 時の, 時ふと, 時ほんのちょっとした, 時まるで, 時アアミンガアドは, 時ガラスが, 時コソロートフの, 時テナルディエに対して, 時ファンティーヌは, 時ブーゴン婆さんは, 時マニーロワ夫人が, 時マリユスは, 時ルブラン氏は, 時ロンドンの, 時一台の, 時一方の, 時下女を, 時中宮の, 時事務室に, 時代の, 時伊馬春部君も, 時促織の, 時俊亮が, 時僕は, 時先生の, 時円陣の, 時刀を, 時分いったん, 時分おれは, 時分から, 時分であったろう, 時分でした, 時分やくざの, 時分やはり, 時分仏蘭西で, 時分他に, 時分夫の, 時分彼女は, 時分文壇思想界は, 時分死にかけ, 時分虎の, 時分鉄橋の, 時分長い, 時刻, 時刻それまでは, 時刻には, 時刻ヴィルプール駐, 時勝入の, 時午後の, 時召使が, 時單四嫂子は, 時四五十歩を, 時地上の, 時夕焼雲が, 時夜が, 時大, 時大沢は, 時女の, 時妾は, 時婦人文芸雑誌記者の, 時子供たちの, 時山は, 時年上の, 時店に, 時庭一パイに, 時彼は, 時彼らの, 時彼女の, 時彼女は, 時後を, 時我々は, 時戦争の, 時折よく, 時担当の, 時日が, 時日曜が, 時月に, 時期が, 時東山の, 時樽の, 時檻の, 時武右衛門と, 時汐見坂の, 時渡瀬の, 時燕児の, 時異, 時病死者が, 時真向いの, 時祖父は, 時私どもは, 時私達の, 時秘密の, 時細目に, 時絹摺れ, 時自動車が, 時自転車の, 時葉子は, 時蓋を, 時表で, 時訪問の, 時起っ, 時道一つへだてた, 時金陵から, 時門付か, 時間に, 時靴音が, 時頼朝は, 時風が, 時馬蹄の, 晩を, 晩今村が, 晩兼六園の, 晩宿直に, 晩来合せ, 暁方の, 暴風雨の, 曲折線の, 曲者の, 最も敏感, 最中に, 朝未明に, 朝銀行で, 木の下に, 本が, 本の, 条件に, 枝の, 梢が, 森の, 横が, 橋の, 機会が, 次の, 歩道には, 水たまりの, 水曜日に, 渦流に, 温良さを, 源泉に, 漁師の, 点に, 点を, 無尽の, 状態を, 狭い路, 琴の, 甲虫の, 留守中の, 疣を, 百姓の, 目に, 目標と, 相手方を, 相激, 真ん中を, 真上から, 真下あたりです, 真下に, 真向かいの, 真横に, 瞬間ピストルが, 瞬間壕の, 瞬間裁判官たちの, 矢さきに, 研究室跡に, 秋の, 種の, 窓から, 窪地の, 総決算を, 緒論だけが, 翌晩に, 臨終の, 舟を, 色雑多な, 苦悶の, 草廬に, 荷担ぎだったといったらいい, 裏の, 裏手でした, 角に, 話を, 赤い船, 足もとまで, 身体が, 辺の, 辺りまで, 途方も, 途端だった, 通りの, 通り路にあたる, 道すじに, 道筋に, 部分に, 釣鐘の, 階下が, 面が, 面に, 頃お, 頃お茶松の, 頃そうした, 頃その, 頃と, 頃までに, 頃モンフェルメイュに, 頃一知の, 頃三条から, 頃佐久間ドロップで, 頃先輩の, 頃咲きかけた, 頃女幽霊は, 頃左枝八郎を, 頃常磐会という, 頃彼の, 頃支那に, 頃東京に, 頃極めて, 頃湯村には, 頃理学部の, 頃神宮外苑で, 頃葵は, 頃谷本富博士より, 順が, 高楼の, 麓

▼ ちょうどこの~ (366, 3.7%)

11 頃の 6 時に 5 時分に 3 とき一人の, 辺が

2 [15件] さわぎの, 二人の, 場へ, 夜の, 大火の, 子の, 日の, 時分の, 時刻に, 次の, 点に, 船の, 要求に, 辺に, 辺の

1 [308件] あたりだ, あたりで, あたりです, あたりを, うちの人たちは, おりからに, お嬢さんぐらいの, お話の, かたが, くらいにし, くらいの振合い, ころ, ころである, ころに, ころの, ころは, ころ両国駅の, ころ私が, ころ近江征伐が, ころ長老の, たび皇太后陛下には, とき, ときあちらから, ときあちらで, ときあちらに, ときいつかの, ときお父さんの, ときその, ときとつぜん, ときどこに, ときまで, ときやさしい, ときわたしの, とき一つの, とき三人の, とき三田村技手が, とき人の, とき備前屋の, とき団員の, とき太陽は, とき奥深い, とき女の, とき小間使いが, とき山塞の, とき帰還した, とき日本で, とき東京駅には, とき灰色の, とき男は, とき町はずれに, とき目の, とき美しい, とき風の音が, とき馬に, ところです, へんで, ほととぎすの, ようでございました, ツクという, バラバの, プリムロウズみたいな, ベルモントが, ヤルカンドの, 三月に, 上あたりで, 上口の, 事件の, 二つの, 二三年前から, 二本杉の, 五六人の, 井戸の, 人も, 人待石から, 人間と, 会に, 会議の, 信じない方, 個所に, 刹那彼の, 前回の, 前後に, 前後の, 前通りかかりました, 十日ばかり, 半分くらいの, 反対の, 収穫祭の, 合戦の, 吉野山の, 唐人小路へ, 喧嘩と, 四人の, 四十年間ほどの, 国と, 国には, 国の, 国へ, 土瓶の, 地方に, 場合だ, 場合に, 場合主客が, 場合算哲博士と, 夏伊部熊蔵が, 夜グルーシェンカの, 夜私は, 女を, 姉の, 娘と, 子ども遊びとの, 子供さんたちと, 季節の, 室から, 宮の台の, 家からは, 家の, 宿屋に, 対いの, 小筥, 少年の, 屋根から, 山の, 山稜を, 島の, 左母二郎の, 年に, 年の, 年配に, 年頃の, 序に, 店に, 店の, 度の, 座敷だ, 建御名方神が, 彫工会発会当時前後は, 思い出の, 戸口の, 手の, 折だった, 捕物の, 推測に, 教育勅語煥発の, 断層の, 方くらいの, 日が, 日であった, 日に, 日は, 日久しく, 日北国街道の, 日妻恋坂では, 日尾州徳川様が, 日武田勝頼は, 日赤坂三会堂における, 春の, 春三月が, 時お隣の, 時さっき死んだ, 時そこへ, 時は, 時アラジンは, 時コルマック・コンリナスは, 時ジャン・ヴァルジャンは, 時フョードル・パーヴロヴィッチが, 時ホノルルの, 時マアガレット・ロフティは, 時ロス夫人は, 時代, 時代から, 時代の, 時兵隊の, 時分から, 時分は, 時分今から, 時分女軽業の, 時分父の, 時分用事あっ, 時分紋太郎は, 時分英国には, 時列車を, 時刻, 時刻ごろ鉢ヶ峰寺の, 時刻でありました, 時刻相良玄鶯院は, 時前の, 時勢に, 時坂下から, 時奥まった, 時平八は, 時急に, 時期に当たって, 時機が, 時玉太郎の, 時町の, 時船長は, 時虫が, 時邸外を, 時門を, 時顛狂病院の, 晩の, 晩移っ, 曲馬団の, 有り様を, 木に対して, 木綿糸を, 木蓮の, 本とは, 村から, 村に, 村には, 村の, 松原で, 格言の, 橋が, 機会に, 機運に, 水牛仏の, 汽車で, 渡し舟の, 温泉に, 湯の谷とは, 甘い夢見心地, 甲州に, 男の, 町へ, 病の, 発明の, 白い触, 白墨について, 百七十七回の, 百貨店で, 目を, 相談が, 真上の, 真下に, 眼鏡の, 瞬間に, 瞬間偶然にも, 瞬間橋の, 石器から, 磐井のを, 神流川の, 秋時分に, 種の, 竜神村の, 端が, 節お上でなさる, 簑虫の, 翻訳が, 老屋が, 腕が, 船が, 船と, 花に, 花の, 花柳界に, 若い女性, 草原には, 荘園の, 裏山で, 角海の, 言葉に, 試作の, 話の, 豪雨で, 超頂点, 辺で, 辺です, 辺は, 辺へ, 辺りまで, 辺を, 辻の, 辻まで, 通りです, 道の, 陶然たる, 際与八が, 際船の, 隣りが, 雑誌の, 雨乞い祭り, 頃からの, 頃この, 頃に, 頃は, 頃を, 頃一軒の, 頃万策尽きた, 頃主殿の, 頃京は, 頃城下外れに, 頃宇和島鉄之進は, 頃森右近丸は, 頃江戸の, 頃江戸長沢町に, 頃美麻奈姫の, 願いが, 食事の, 馬も, 馬車が, 駒形堂から, 騒ぎの, 鳥居前あたりが, 鳩時計が, 黄金塔が

▼ ちょうどいい~ (211, 2.2%)

6 あんばいに, ところだ, ところへ, 塩梅だ 54 や, 時に, 機会だ 3 ところが, ところで, のだ, 折だ

2 [14件] お相手, くらいに締, ことに, じゃない, ところだった, のです, よ, んだ, んです, 処で, 処に, 工合に, 時分に, 相手だ

1 [130件] あんばいだ, いろんな動物, おまえも, お婿さん, お師匠さま, お料理, かどう, からいっしょ, からアンカレージ, から先生, から少し, から首根っ子, が途中, くらいの雪, ぐあいでした, ぐあいにすぐ, ぐあいに船が, ぐらいに考え, けれども誰, ここに, ことが, ことは, この折, ころあいの, さいわい, じゃありません, じゃねえ, ぜ, だけの熱量, だろうと, ついでだ, つごうだ, でしょう, ですよ, というまでに弛みません, という処, という程, ときに, とこへ, ところであった, ところに, と思う, と思える, と思った, ね, ねむけ, のかも, のよ, ほどになっ, ほどの大きな, もので, やね, やネ, ようだ, ようです, よお, わお話, わけである, んだろう, アンバイに, キッカケだ, 久し振りで, 人物が, 人生の, 位置に, 刻限に, 助け舟だ, 勝負などと, 友だちが, 口実と, 坊主が, 報いだ, 場合の, 塩梅じゃ, 塩梅で, 小屋が, 小柄の, 工合いに出る, 工合が, 工合だ, 工合な, 師匠だ, 年ごろな, 幸いだ, 幸だ, 形に, 役だ, 所です, 所へ, 手づるの, 手袋下さい, 手袋頂戴って, 折だった, 按配により, 方に, 時だった, 時でした, 時です, 時刻に, 時機だった, 時節が, 機会です, 気候に, 水明りに, 浅間君, 湯も, 潮時だ, 物も, 獲物が, 疲れかげんで, 相手でした, 相棒であった, 石の, 程度に, 程度の, 者が, 腕だ, 若旦那も, 苦沙弥にも, 菓子は, 話が, 足場を, 遊び道具だ, 道案内を, 遠足で, 都合だった, 都合と, 雨宿りであろう, 頃かと, 食べ頃が

▼ ちょうどそこ~ (187, 1.9%)

3 へ通りかかった, まで来た, を通りかかった 2 いら, にあった, へやってきた, へ来かかった, まで参ります, を通っ

1 [166件] から登る, が三岐, でございます, では沢山, でペン, で養蚕, に, にかなり, にはあの, にはそれ, にはチチルス, には竹, には解脱寺, には階段, にサワ子, に一管, に主人, に二間, に倉地, に唐桟, に小坊主, に居なかった, に居合わした, に居合わせた, に床几, に手, に気味, に海野三千雄, に看護婦, に空いた, に立っ, に美しい, に芝居, に薔薇, に行き合せた, に行田, に見える, に見つかった, に誕生寺, に誠一, に警部, に赤い, に酸漿提灯, に長老, に障子, に露路, に頃合い, のところ, の一塊, の二, の停留所, の処, の柱, の柳並木, の横町, の河岸ッぷち, の縁側, はすずしい, は大きな, は温室, は焼け跡, へあなた, へあの, へお, へおくれ, へお子さまたち, へがら, へこばやし, へさしかかった, へその, へはいっ, へは隣村, へへや, へやって来る, へイワン, へガラッ, へパトロールカー, へフェオドゥーリヤ, へポルフィーリイ, へマチア, へ一羽, へ七郎, へ三郎, へ乙, へ五, へ五人, へ会所, へ僕, へ兼吉, へ出来, へ勇ちゃん, へ勘当, へ医者, へ千太, へ召使い, へ坊ちゃん, へ夕日, へ外, へ大石大尉, へ夫人, へ奥役, へ女中, へ定太郎, へ小さい, へ屋外, へ山本氏, へ庫裡, へ弁慶, へ忠太郎, へ慈悲, へ扉, へ持っ, へ敵, へ旅, へ日野, へ書生, へ村人, へ来あわせた, へ来た, へ来合わしたつじ, へ来合わせ, へ来合わせた, へ林謹直, へ検事, へ正勝, へ正吉くん, へ武士たち, へ毛虫, へ水, へ洞くつ, へ生徒たち, へ町役人, へ疾走, へ真赤, へ石井政吉, へ石原, へ私, へ米屋さん, へ紀州様, へ自動車, へ船内, へ船場君, へ若君, へ薪, へ行った, へ訪ね, へ警視庁, へ警護, へ越中守様, へ足音, へ通り, へ通りかかっ, へ遊び, へ隣, へ顔, へ髪油, までの状態, まで参ってる, まで筆, まで走っ, まで陽, をてらし, を大きな, を掘りさげ, を物, を香川マス

▼ ちょうどそれ~ (142, 1.5%)

22 と同じ 4 のよう 3 と前後, と同時に, に似た 2 だ, だったと, に当る

1 [101件] あの無名沼, から一週間, から一週間目, から三晩目, から丸一年, から四, から四日目, が, が十八世紀ヴュルッテムベルク, が午前九時頃, が合図, が彫刻, が懐中時計, が朝, が水, が田植え, が画家, が終わった, が自分, が薄暮, が遠ざかっ, が陰暦, が陰暦六月十四日, が雨, ぐらいな, ぐらいのもの, ぐらい伐られた, そっくりの, だけである, だけの場所, だった, で, である, でかんかん, とおなじ, とほんの, ともいえる, と反対, と同様, と寸分, なの, なん, におめでたい, にふさわしい, に似, に合う, に当たる, に当っ, に打たれる, に比例, に返事, に適合, のできる, の口火, の正反対, の終わる, は, はあなた, はいま, はきれい, はナポレオン, はマクベス, は一箇, は万人, は云う, は冬至, は別荘, は午前三時, は天気, は太平洋戦争, は妻, は嫌, は子ども, は日, は梅, は毎朝, は癩病患者, は私, は第, は総領娘, は自分たち, は西洋人, は触手, は部屋, は金曜日, は金融寡頭政治, は鋳物, は鏡, をつかもう, をやりとげた, を中和, を合図, を境, を待っ, を書き終った, を程よい, を考え, を良い, を読み終った, を読んだ, を迎え

▼ ちょうど~ (130, 1.3%)

5 の家 3 がその, の前 2 が店, と同じ, のお, の正面, の立っ, の行った, の頭

1 [105件] があの, がかつて, がこの, がこれ, がすがすがしい, がスミス, がチベット, がマールブルク, がリンカ, が一燈園, が乗りました, が二十歳, が今, が修行, が出立, が初めて, が前, が十一歳, が十二, が十二歳, が国語調査委員会, が堤防, が小屋, が帰る, が据わっ, が旅行中, が櫛田様, が永久, が泊っ, が生れた, が病氣, が着きます, が石山寺, が箱根, が考えこん, が自分自身, が自宅, が行ってる, が見, が見た, が通り, が酒, が面, たちのいた部屋, といたしまし, とお, と同志十一人, と同期, と向かい合っ, と向き合う, と私, などが省線電車, には相当, に似合, のあの, のこめかみ, のところ, のやっ, のパリ, の世話, の中学時代, の傍, の入学, の前方, の勤め, の十二歳, の右, の小さい, の年齢, の座席, の弟, の当直番, の心, の方, の方の, の本, の気持, の泊っ, の爪, の父, の父兼松, の真上, の考え, の背筋, の胸, の腰弁時代, の行きました, の製作, の襟首, の視線, の覗い, の訪ねた, の起訴, の身体, の部屋, の頭上, はまた, はケルン, は壁, は家, は関門内, も北町, も泊りあわせた, も米, を指さし

▼ ちょうどよい~ (113, 1.2%)

4 ところへ 3 ように 2 では, 室である, 折, 折とも, 機会だ, 機会である

1 [94件] おりに, お部屋, から昼夜, きりめな, きッかけ, という加減, ときに, ところだ, ところでござんした, ところです, ところに, と喜ばれる, と思いまする, と見た, な, に, のだ, ので, のでございます, のです, のに愛し合わない, のは, ほどに着なれた, ものが, ものを, わ, ユカタが, 事が, 人を, 人口を, 使い, 例だ, 具合に, 分部殿も, 加減な, 加減酒も, 取り合わせで, 土地である, 場所である, 場所を, 塒と, 塩梅に, 家が, 工合に, 年頃の, 情熱と, 所だ, 所で, 手を, 折かも, 折これへ, 折だ, 折でありました, 折です, 折どうか, 折りじゃ, 折共に, 折於松を, 折語っ, 時だった, 時である, 時に, 時刻じゃ, 時刻だ, 時刻に, 木ぐつを, 条件が, 条件を, 来客も, 椅子に, 樅が, 橋渡しが, 機に, 機会が, 機会です, 清吉いた, 煙が, 生き物だ, 男が, 男とは, 相手と, 筈だ, 者が, 芸当です, 話である, 距離の, 遊歴と, 都合だ, 都合だって, 都合でした, 頃に, 頃合で, 首と, 駕が

▼ ちょうど~ (104, 1.1%)

2 化粧を, 月さまが, 月様が, 祭りの, 粥の

1 [94件] あいが, あつらえむき, あとが, いとこに, うちに, かみさんは, たまじゃ, とぎばなし, ない年, ひるごろ, ひる前, ひる頃, ひろが, めえ, やつを, 中食を, 久米が, 今を, 休みの, 会いする時間, 似合に, 使いに, 光が, 八ツ時分と, 勝手口の, 勝手口へ, 医者様の, 午だ, 召換を, 国元より, 墓の, 墓参りを, 夏さんが, 天気の, 姉さんも, 姿が, 孝が, 宅に, 宅の, 宅のの, 富は, 寝みでしたから, 尻の, 帳場に, 庄の, 彼岸の, 手もとへ, 斎の, 日さまが, 日さまの, 日さまは, 春の, 時計が, 民も, 江戸で, 滝が, 灸の, 燗も, 父上は, 町の, 祖母様も, 祖父様は, 秀の, 節句で, 粂も, 粂夫婦は, 経筒の, 聞きしたかったこと, 膳が, 膳ご, 膳の, 花見に, 蝶が, 見えに, 誂えむき, 誂え苔滑, 誂らえ, 身が, 身重でいらっしゃいました, 通ぐらいな, 通さんが, 通りがかりの, 酒が, 酒に, 酒の, 銚子が, 銚子の, 閑暇で, 雛さまの, 雪から, 静も, 風呂が, 饅頭の, 麗と

▼ ちょうど~ (101, 1.0%)

3 と同じ 2 から二年, がその, の自分, 言ったよう, 読んだばかりの

1 [88件] あの交番, あの方, いろいろ討論中, うわさを, おとう, からずっと, から七八十年, から七年前, から三千年, から三年前, から二十四年前, から二月, から五年, から五年以前, から八, から六年前, から十三年前, から十五年前, から十六年前, から十年, から十年前, から四年前, から急い, から足かけ八年前, が人, が夕涼み, が昼飯刻, が見頃, きこえて, こうしてそれ, このこと, この国, この時刻, この私, だと, でなくては, なん, のあたしたち, のお, のよう, の人, の勝重さん, の君, の場合, の慶応義塾, の日本, の時分, の私, の西郷さん, の隣家, はお, はまだ, は季候, は春, は桃園, まで無用視, もありがたい, もきゃしゃ, もドレスデン, も彼, ようやく訊問, より数日, をさかり, イタリア全土に, ゴーデルヴィルに, 三太郎君が, 出かけて, 出来たての, 列車は, 午睡から, 居る, 彼方此方と, 恭, 成功した, 戦争の, 手許に, 教会を, 独木橋の, 眼が, 立ち上がって, 聞いたばかりの, 自分の, 行かねば, 見えたもん, 貴様は, 長生きの, 門を, 青白い顔

▼ ちょうどあの~ (84, 0.9%)

3 ように 2 ような

1 [79件] うぐいすが, うつくしい花籠, お父さんが, かどを曲った, がちょう, くらいな, くらいの速, けがを, それ一葉女史の, とおりに, ときの, はげしく恐ろしい光景, へんを, ニュートンが, ヨーロッパの, 乳母が, 亀の, 人が, 人に, 人を, 仏徒たちが, 倶楽部が, 刻限には, 哲学者の, 土曜日の, 堀割の, 夜この, 女が, 娘が, 婆さんが, 尾生が, 山の, 年の, 店で, 庭の, 文句を, 方の, 日は, 時と, 時の, 時分昆布の, 時捜索に, 時現場ちかく, 曲り道の, 木の下から, 木曜日から, 植木屋さんが, 正香が, 河豚提灯の, 活動写真の, 浅草から, 海岸通りの, 猫が, 猿の, 獣的な, 瞬間に, 羽ばたきは, 行商人の, 裏に, 西洋封筒を, 記事が, 謝肉祭の, 谷の, 路傍を, 車に, 辺, 辺が, 辺だけが, 辺まで, 酒飲みの, 障子の, 音, 頃あの, 頃の, 頃母の, 頃狸穴の, 食物が, 髪の, 黙々とした

▼ ちょうど同じ~ (68, 0.7%)

10 ような 4 夜の, 日の 3 時刻に 2 だ生活力, ように, 日に

1 [41件] くらいです, くらいというあの, くらいの距離, くらい不幸, ぐらいの年恰好, ことが, ことだ, ころおい, だ, であった, でした, ところだ, に安全, ほどであった, ほどに, ものが, ようね, 刻限釘勘が, 大きさ, 小さい無人島, 小仏, 席へ, 年ごろの, 心持でございます, 性質の, 恰好で, 時刻, 時刻であります, 時間に, 晩の, 有様な, 村に, 興奮の, 芸の, 虚無僧姿の, 角度に, 距離に, 関係に, 頃で, 頃に, 頃の

▼ ちょうど~ (56, 0.6%)

2 がそう

1 [54件] がうとうと, がこの, がこんな, がすき間, がちょっと, がもの, がエマニュエル, が五十九, が人, が先妻, が出世, が十九の, が柏, が橋, が炉棚, が窪地, とすれ違う, と同じ, と同じく, と寝台, と私, と顔, にたいする攻撃, には深く, に手袋, の, のいわゆる, の亀岡氏, の前, の口, の声, の家, の寝顔, の平生, の憤怒, の机, の理論, の生菓子, の真, の眼, の破滅, の立っ, の背後, の背面, の膝, の重心点, の頭, の顔, はこちょう, はディーネル, は寝床, は父, は財布, も母

▼ ちょうど自分~ (47, 0.5%)

5 と同じ 2 の家

1 [40件] が今, が佐伯, が居る, が抱い, が捕虜, が観測室内, が道江, くらいの男の子, のうしろ, のにいさん, のよう, のカラビン銃, の乗る, の同, の呼び名, の命, の坐った, の女房, の娘, の子, の容態, の射落した, の席, の構想, の様子, の橇, の正面, の気質, の疑惑, の目, の真実, の真正面, の立っ, の胸, の見落とした, の読ん, の足下, の運命, の頭, はたのまれ

▼ ちょうど人間~ (38, 0.4%)

1 [38件] がうずくまった, がズボン, が何, が前車, が地球, が嫌い, が意思, が様々, が空, が胎児, が豚, が足, ぐらいの仏像, だった頃, でいえ, と同じ, にいう, に手足, に肉体, のあ, の乳, の手, の手足, の掌, の武士, の歩く, の社会, の背, の脳, の血, の談話, の貴い, の身の上, の首, は猿, ほどの太, ほど足, をばらばら

▼ ちょうど好い~ (35, 0.4%)

3 機会だ

1 [32件] から君一つ, がまあたいてい, ことが, じゃありません, だろう, でしょうと, とこでした, とこどした, ところへ, ね, のでげす, やって, ようです, 処です, 処へ, 刻限です, 加減に, 口が, 塩梅だ, 夫婦だ, 工合に, 建物が, 折だ, 時刻で, 月夜で, 相手かとも, 相手が, 程に, 聞きたいこと, 調和と, 都合だ, 食べ頃に

▼ ちょうどこんな~ (32, 0.3%)

5 ふうに 2 なの

1 [25件] ことを, すがすがしい初夏, だったし, だったと, だろうに, のだろう, のであった, ものだろう, ような, 千鶴子だった, 夜さりの, 姿勢を, 寒い十二月, 工合に, 愛嬌を, 星の, 時に, 時分に, 晩だった, 晩に, 粗末な, 腕つきで, 色を, 調子で, 風に

▼ ちょうどあなた~ (30, 0.3%)

2 と同じ, のお, のよう

1 [24件] からも河原づたいに, がおかあさん, がその, がはいっ, が履, が御, が私, ぐらいな年頃, ぐらいの少年, そっくりな, とおなじ, と中山峠, と私, にお目にかかった, にむく, のいられる, のおっしゃる, のした, のところ, の危篤, の崇拝者, の気分, の隣, ほどの年

▼ ちょうどこれ~ (28, 0.3%)

5 と同じ

1 [23件] が一個, が湖畔, が用意, くらいな, で旅, で紙数, と反対, と同様, と対照, にあたる, には気, によく, に答える, はわれわれ日本人, はクリスマス, は図書館, は敵, は映画, は桐生, も席, を利用, を見る, を超過

▼ ちょうどここ~ (26, 0.3%)

2 にある

1 [24件] からまっすぐ, から見る, がそう, で六時十分前, で堰, で日いっぱい, で毎週, で行き, と同じ, にいらっしゃる, に一羽, に三円, に当家秘蔵, に文字, に突立, に適当, の所, の盆踊り, へ押し, へ来合わせた, へ立った, まで引い, まで辿りついた, んとこ

▼ ちょうどよかっ~ (25, 0.3%)

162 たの, たん 1 たのに, たよ, たわ, たわね, た若旦那

▼ ちょうど日本~ (25, 0.3%)

2 から着いた, の東京

1 [21件] から歌舞伎, で天秤棒, にある, には絶えず, に来, に西欧, のお, の一休和尚, の両部神道, の事, の十五円位, の四, の巫女, の形, の政府, の歴史学, の溲瓶, の田舎道, の簫篳篥, の風土, やフランス

▼ ちょうどよく~ (24, 0.2%)

1 [24件] かまたは, こられました, ごく小さな, そこへ, その時, それに, なると, ラフィット銀行から, 出会ったな, 切って, 切れる刀, 収まった, 合うね, 思い出して, 時間が, 暖たまっ, 極を, 火が, 眺められますから, 腰掛けられるの, 衣冠束帯を, 調和します, 釣り銭を, 風土に

▼ ちょうどそういう~ (23, 0.2%)

2 ときに, 時に

1 [19件] ことが, さなかの, とき彼女が, ところに, ところへ, ものであった, ものの, 一事が, 仮死の, 夢想の, 時だった, 時代であった, 時期において, 消滅の, 熱中的な, 生きて, 目的に, 話を, 風に

▼ ちょうど今日~ (23, 0.2%)

1 [23件] あるみに, から四日, から明日, が初日, が家, が満, と言う, のおれ, のよう, の倍, の午頃, の山猿, の戦闘艦, の運動場, はどうしても, はわたくし, は僕, は十三日目, は君, は富, は持たし, は武蔵様, まもなく戻っ

▼ ちょうど~ (22, 0.2%)

1 [22件] がいない, がつっ立ってる, がときどき, がのる, が人格, が居ない, が斬られ, が自分, が額, に大食, に好かれる, の出盛り, の出盛りでした, の好い, の来ない, の死する, の立っ, の立て込む, の肖像, の腕, の食物, を食いたい

▼ ちょうどまた~ (21, 0.2%)

1 [21件] ああいう, お加減, お妃, この溪, そのほう, その川べり, その折, その日, よいこと, 世界の, 伴もつれず, 出来たての, 和泉河内方面からの, 新しい昔, 注射の, 自分が, 花どきの, 行きがた, 金曜であった, 院二十代三十代を, 雨が

▼ ちょうど~ (20, 0.2%)

2 のよう

1 [18件] がいる, がお願い, がこの, がこれから, が一心, とは筋向い, に金, の今, の友人, の坐っ, の室, の方, の部屋, はごらん, は庭先, も品夫, も暇, も雑巾桶

▼ ちょうど幸い~ (20, 0.2%)

2 な事

1 [18件] お菊, その頭, だ, だから, である, です, とでも思った, と存じ, にし, にもあまり, にも一台, に三郎, に公方様, に日蔭町, 大岩が, 小山さん御, 行かずに, 静かに

▼ ちょうど彼女~ (19, 0.2%)

1 [19件] がいつも, が何, が南京玉, が学校, が宿泊, が息, が関係, と同じ, のよう, の側, の前, の家, の寝, の心, の性質, の能力, の魂, は幾年来, を照らし

▼ ちょうどわたし~ (18, 0.2%)

5 のとおり 2 と同じ

1 [11件] が不作法, が教会, が毎日事務, と前後, にも覚え, のところ, の影法師, の真正面, の身体, は京都, は留守

▼ ちょうど去年~ (18, 0.2%)

3 の秋 2 の今ごろ, の今頃

1 [11件] の九月, の今日, の今月, の今月今夜, の今月今日, の冬浩さん, の夏ごろ, の夏以来, の夢, の寒い, の暮

▼ ちょうど~ (18, 0.2%)

2 のはじめ, の初め, の暑い

1 [12件] でした, で縁, になっ, になり, のお, のこと, の休み, の夜, の日, の昼過ぎ, の炎天, も七月

▼ ちょうど子供~ (17, 0.2%)

2 のよう

1 [15件] がおもちゃ, が凧, が幽霊, が新しいすばらしい, が無かっ, が玩具, が耳, が赤, が餡, と同じ, のため, の学校, の病室, をつれ, を相手

▼ ちょうど今夜~ (16, 0.2%)

5 のよう

1 [11件] だという, でございます, の席上, の廻り風, は僕, は内証, は満月, は雪, もそんな, 亡くなったの, 見たよう

▼ ちょうど~ (16, 0.2%)

1 [16件] おじさまに, ブーチャンと, 兄さんと, 匙の, 匙一杯に, 呉服店の, 学校には, 崩壊の, 怪物の, 手前の, 根締めと, 海原の, 蘇芳年の, 都会の, 魚の, 龍が

▼ ちょうど~ (16, 0.2%)

2 もある

1 [14件] が出, が夜空, が西原, のある, のいい, のさえた, の中天, の出, の出る, の十三日目, の形, は西, も落ち, をおおっ

▼ ちょうどいま~ (15, 0.2%)

1 [15件] あの邸, お訊ね, から一ヵ月, から二十年前, が毒薬, が満潮, たずねて, ふと思い出した, 沈もうと, 生憎こちら, 立ったばかりの, 立って, 繋った, 起きたところ, 起こったばかりの

▼ ちょうど一年~ (15, 0.2%)

2 たって

1 [13件] が過ぎ去った, ぐらいになるだろう, してから, たてば, と半歳ぶり, になります, になる, の服喪期, ばかり前, ほどたっ, ほどたった, ほどになる, 待った

▼ ちょうど~ (15, 0.2%)

1 [15件] かとわざと, よくこれ, よく主人, よく偶然, よく内, よく御, よく怯んだ, よく持ち合わし, よく突然, よく訪ね, よく警察署長, よく風上船首, 悪く幕間, 悪しくその, 曲げた真白

▼ ちょうど~ (15, 0.2%)

2 が暮れ, の暮

1 [11件] があちら, がかっと, がくれ, が暮れたです, ぐれに, ぐれ時, に関係, のよく, の上る, の暮れる, の暮れ方

▼ ちょうど昨日~ (15, 0.2%)

5 と同じ 2 のこと, の朝 1 でした, で完了, の話, の黒いちょう, 帰ったという, 広海子爵

▼ ちょうどそんな~ (14, 0.1%)

1 [14件] ぐあいであった, ことを, ふうに, ような, 事を, 仮住み, 企てが, 大きさ, 感じの, 緊急事やら, 苦しみさ, 話に, 話を, 風に

▼ ちょうど~ (14, 0.1%)

1 [14件] から三段目, から上がっ, から焚落し, で誰, にあたる処, にいる, に下水道, に寝, に居た, に置い, の枯れた, の間, を向い, を通った

▼ ちょうど~ (14, 0.1%)

1 [14件] から三つ目, でとまり, にいた, に我が, に来た, に述べた, のお話, のイギリス大使, の年, の往来, の活花, の脇本陣茶碗屋, を歩い, を通っ

▼ ちょうど反対~ (14, 0.1%)

2 のこと, の側 1 したこと, だ, で夏, になった, に埃だらけ, のところ, の動作, の廊下, の話, の隅

▼ ちょうど~ (14, 0.1%)

2 いと

1 [12件] い, いから, いくらい, いその, いの, いほど, いや剃刀が, いわね, い口が, い奉公人, い帰路, い連立たして

▼ ちょうどそう~ (13, 0.1%)

1 [13件] あなたの, して, してるところ, じゃったが, すれば, だった, なりつつ, なるの, やって, 云う状態, 思うて, 言った時, 言って

▼ ちょうど半蔵~ (13, 0.1%)

1 [13件] がすわった, が二階, が妻, が寿平次, が王滝, が郷里, の友人景蔵, の父, はひとり, は供, は昼, は部屋, も隠宅

▼ ちょうど~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいる, が来あわせた, が来る, にここ, に御, のいま, のよう, の下宿, の年, の眼, の舌, の頭, は奈良ホテル

▼ ちょうど~ (13, 0.1%)

1 [13件] からの氏神さま, から女, しの, で言え, の, のローマ, の伝説, の日本, の武士, の源平時代, の農民たち, の陰惨, よくどこ

▼ ちょうど都合~ (13, 0.1%)

3 がいい, のいい 2 のよい 1 の好い, の悪い, よく塀, よく道, 悪くデッキ

▼ ちょうど~ (12, 0.1%)

2 の夜, の末 1 だったので, であって, になっ, の事, の収納, の曇り, の盛り, の頃

▼ ちょうど一月~ (11, 0.1%)

3 ほど前 2 が経とう, ばかり前 1 たった, でございますのよ, に一度, ばかり以前

▼ ちょうど二人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が別々, が抜け出た, で金山, の女学生, の子供, の対岸, の座席, の老婆, の胸あたり, は不如意, 雇って

▼ ちょうど大きな~ (11, 0.1%)

1 [11件] そば畑の, まりの, 円柱の, 十字架の, 卵の, 夏の, 大砲を, 海の, 胡蝶蘭の, 風呂敷を, 鮫の

▼ ちょうど~ (11, 0.1%)

1 [11件] では二十日正月, にい, にいた, の内, の前, の眞向い, の真ん前, の精, の者, の造作, を造る

▼ ちょうど~ (11, 0.1%)

1 [11件] 両親御立会の, 主人夫婦と, 僧と, 入国の, 姙娠中です, 子息が, 手紙を, 来客で, 辺が, 通知の, 金蔵へ

▼ ちょうど我々~ (11, 0.1%)

1 [11件] がいくら, が前便, が春風, が来訪, が駄洒落, のラジオ体操, の国, の太陰, の庭さき, の盆, の間

▼ ちょうど~ (11, 0.1%)

2 のこと, の初め 1 でぼけ, で野, のお, の初, の夕暮れ, の季節, の学期休み

▼ ちょうど私たち~ (11, 0.1%)

1 [11件] がその, が宗教哲学, が尼寺, が帳場横, が飛び込ん, の前, の店, の日本, の枕もと, の真, の身の上

▼ ちょうど~ (11, 0.1%)

1 [11件] からのぞい, から夕日, から雨, の下, の右手, の外, の直ぐ外, の色硝子, の開い, へ頭, を右

▼ ちょうど適当~ (11, 0.1%)

1 [11件] して, であるの, なよう, な仕事, な時間, な構図, な比例, な言葉, に保っ, のもの, の所

▼ ちょうどあれ~ (10, 0.1%)

2 と同じ 1 から一年半余, から社, がこう, が出来た, が役に立つ, くらいの気持, だった, を出ました

▼ ちょうどおれ~ (10, 0.1%)

1 がその, がグルーシェンカ, と君勇, のいる, のうち, のおかみさん, のよう, の部屋, は二度目, もただ一人

▼ ちょうど中間~ (10, 0.1%)

2 にある 1 である, に多良間, のところ, のよう, の位置, の床, の自分, の草むら

▼ ちょうど~ (10, 0.1%)

1 かがささやく, かの打ち合せ, かの用事, かの相談, かの骨, かを地面, か審理, か度外れ, でもお, もかも忘れ

▼ ちょうど手頃~ (10, 0.1%)

3 のもの 1 である, でございますぞ, で好い, なん, な助手, の海水浴場, の石

▼ ちょうど~ (10, 0.1%)

1 から拾われた, から昇る, から霧, に沈もう, のよう, の底, の果, べには五六人, をいく, を渡る

▼ ちょうど~ (10, 0.1%)

1 では米騒動以来, にき, に入っ, のとがった, のまがり角, の外れ, の群衆, の辻, は二日, を朝

▼ ちょうど~ (10, 0.1%)

1 一師団が, 一次五ヵ年計画が, 一次五ヵ年計画の, 二の, 二回の, 二楽章に, 二詩集の, 五番目の, 十回の, 四種の

▼ ちょうど良い~ (10, 0.1%)

1 と思います, 位の, 例が, 修業じゃ, 加減だ, 半熟に, 安息に, 所で, 手合いの, 林学関係の

▼ ちょうど~ (10, 0.1%)

5 の上 1 だけ歩い, のうえ, のてっぺん, のよう, や足

▼ ちょうど~ (10, 0.1%)

1 がそれ, がなかっ, が凪いだ, が天幕小屋, が来ました, が起こっ, の強い, の落ちた, は兵たい, も追い

▼ ちょうどある~ (9, 0.1%)

1 シンフォニーで, 凩の, 回教徒の, 地方の, 大雪の, 年の暮れ大みそかの, 弾丸の, 新聞が, 日の

▼ ちょうどあんな~ (9, 0.1%)

3 ふうに, ような 1 ぐあいだろうなピアノを, 声を, 心もちだ

▼ ちょうどお前~ (9, 0.1%)

2 と同じ 1 が三歳, が首, に尼, の処, の母親, は暇, ん処

▼ ちょうどこちら~ (9, 0.1%)

1 から正面, が押し入っ, が現われ, に晩餐, のお, の空き部屋, の虫送り, の順番, へ来る

▼ ちょうどもう~ (9, 0.1%)

1 あなたの, 一人の, 一週間は, 二年前に, 帰らるる頃, 撥条を, 終ろうとして, 行進が, 見尽して

▼ ちょうど~ (9, 0.1%)

1 から使, から出, でお, に胴, ほどのところ, ほどの河岸通り, ほどの道程, ほどひときわ, ほど過ぎ

▼ ちょうど今ごろ~ (9, 0.1%)

1 お伺い, であったろう, でございました, のよう, の季節, の時候, の風, は柏餅, は野

▼ ちょうど先生~ (9, 0.1%)

1 が, がこう, が入浴中, が海, が部屋, にお目にかかった, のお, の御, は旅行中

▼ ちょうど~ (9, 0.1%)

3 のこと 1 だった, になっ, のあいだ, の初, の皺くちゃ, の終わりだった

▼ ちょうど十二時~ (9, 0.1%)

2 になっ 1 だった, だよ, である, になった, に十分前, を打った, 少し過でありました

▼ ちょうど太陽~ (9, 0.1%)

1 がじりじり, が地球, が彼, が沈みかけた, が直射, が雲, に対するよう, の光, はなに

▼ ちょうど~ (9, 0.1%)

1 がひとり, が化粧, の児, の寝, の屍体, の後方, の復讐, の歩きつき, の白い

▼ ちょうど~ (9, 0.1%)

1 が一番暇, その物, と市, のすぐ, のふもと, の二合目, の先輩杉山さん, の奥, の途中

▼ ちょうど~ (9, 0.1%)

2 が深い, の中 1 いろの, が溢れ, に映っ, をたたえた, を飲ん

▼ ちょうど汽車~ (9, 0.1%)

1 がはいっ, がゴーッ, が動きだした, の列車, の時間, の汽罐車, の煙, はトンネル, よりも二分先

▼ ちょうど~ (9, 0.1%)

4 の前 1 がさめる, にあたってしか, のよう, をさまし, をさます

▼ ちょうど~ (9, 0.1%)

2 の下, の前 1 がさめた, が三ツ, で読ん, のまえ, を落した

▼ ちょうど舞台~ (9, 0.1%)

1 から持っ, だと, では色, と楽屋, になります, に上る, の上, の裏, を下がっ

▼ ちょうどわれわれ~ (8, 0.1%)

1 が明治維新, が熱, が芝居, が酸素, の幸福, の方, の留まっ, も手

▼ ちょうど今頃~ (8, 0.1%)

2 の冬 1 が逃げ出す, そうセル, である, でした, でしたね, は好い

▼ ちょうど~ (8, 0.1%)

1 のお, のブロンド, の小さな, の建築委員会, の怪塔, の時刻, の結婚倦怠期, の赤インキ

▼ ちょうど向う~ (8, 0.1%)

1 から来, から来かかった, から柳, から無, にいた, の方, へ行着いた, を通りかかっ

▼ ちょうど日曜日~ (8, 0.1%)

1 だったの, であったから, でした, でで, でわたしたち, で久々, で校長, と祭日

▼ ちょうど時刻~ (8, 0.1%)

1 から考えあわせ, が少し, にする, はよう, は午前零時三十分, は昼, もお, もはや戌

▼ ちょうど時計~ (8, 0.1%)

2 が十一時 1 が九時半, が十時半, が鳴った, じかけ, のゼンマイ, は十二時十五分

▼ ちょうど東京~ (8, 0.1%)

2 の場末 1 でゴルフ道具, で高等官連中, にて毎月五日, に居残っ, の下町, の音楽学校

▼ ちょうど~ (8, 0.1%)

3 の花 1 がチラチラ, の咲いてる, の散る, の満開, の花弁

▼ ちょうど~ (8, 0.1%)

1 一年の, 一年経った, 七年の, 三年目である, 五カ月めに, 五年半ばかり, 四年, 洲事変が

▼ ちょうど満月~ (8, 0.1%)

2 の夜 1 が昇り始め, であった, でいつも, でただ風, で窓, の頃

▼ ちょうど~ (8, 0.1%)

1 が台湾沖, で清水, に乗っ, に波浪, のかじ, の出る, の噸数, へ跳ね

▼ ちょうど~ (8, 0.1%)

1 が停まった, が動きだした, が坂, の下, の両輪, もきた, を引い, を持っ

▼ ちょうど通りかかった~ (8, 0.1%)

2 のは 1 のでした, 一人の, 乗合自動車を, 時生欠伸を, 職人風の, 車が

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

1 おなりの, なった銚子, 来合せたので, 正体を, 自宅に, 買って, 馬丁の

▼ ちょうどわし~ (7, 0.1%)

1 がこの, が辻ヶ谷, にもお前, の孫, の眸, の瞳, もそういう

▼ ちょうど三年~ (7, 0.1%)

2 になります, ばかり前 1 にし, になりやす, まえで

▼ ちょうど三月~ (7, 0.1%)

1 になる, の下旬, の初め, の初旬頃, の末, の清明, の頃

▼ ちょうど今年~ (7, 0.1%)

1 で二十三年, で八十, で十七年目, の八月, の春芽, は十年, 採ったばかりの

▼ ちょうど四日目~ (7, 0.1%)

2 のこと 1 か五日目, であった, の土曜日, の夜十二時ごろ, の朝

▼ ちょうど夕方~ (7, 0.1%)

1 だ, であったが, でございました, でございますから, ではあり, で食堂, の事

▼ ちょうど季節~ (7, 0.1%)

1 がよかろ, が私, だもの, で血, は十一月, は夏, もよかっ

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

1 に持っ, のとどく, のよう, をついた, を伸そう, を怪我, を挙げろ

▼ ちょうど日曜~ (7, 0.1%)

2 だったので 1 であったその, で久しぶり, と祭日, なので, のこと

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

1 で造った, のてっぺん, の大き, の子, の枝, の立っ, を賞讃

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

1 では金兵衛, の一番最後, の十字架像, の子供, の市場, の石わり様, の髪結い直次

▼ ちょうど正面~ (7, 0.1%)

1 かの男, にある, にいます, にブレフスキュ島, に一人, に見える, を向いた

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

1 がする, が水, ずきで狩猟, のよう, の子, の税, は腐った

▼ ちょうど真夜中~ (7, 0.1%)

2 のこと 1 でしたが, とも思われる, と思われる, と覚しい, の一時

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

1 から青葉, が一杯, が開く, のまっ, の咲く, の比, 散里

▼ ちょうど葉子~ (7, 0.1%)

1 がパフ, が下宿, の向こう側, の年頃, の後ろ, も傍, も来

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

1 で西, になり, に当ります, に終わり, の理由, の順序, 効果を

▼ ちょうど~ (7, 0.1%)

2 のよう, の降った 1 が降り止んだ, の晴間, の止んだ

▼ ちょうどええ~ (6, 0.1%)

1 けど, です, ところだ, な, よってはよ見せ, わい

▼ ちょうどお前さん~ (6, 0.1%)

2 と同じ 1 がした, が来, くらいの妹, のよう

▼ ちょうどかの~ (6, 0.1%)

1 シシフォス, 地蔵堂の, 大師堂の, 小鉄, 濫僧すなわち, 雪峰チーセを

▼ ちょうどきょう~ (6, 0.1%)

1 がお, が六日目, とあした, は七, は町方, 某博士

▼ ちょうどこういう~ (6, 0.1%)

1 ような, 取り越し苦労を, 場合に, 姿勢で, 舞台へ, 都合の

▼ ちょうどさっき~ (6, 0.1%)

2 の鷺 1 とは反対, のよう, の老人, 脱いだ後

▼ ちょうどわたしたち~ (6, 0.1%)

1 がヴァルセ, が海, が雲の上, にお, のまわり, の前

▼ ちょうど三日目~ (6, 0.1%)

2 のこと 1 に当っ, の午後, の暁方, の朝

▼ ちょうど二階~ (6, 0.1%)

2 の窓 1 から下り, が空い, に来客, の手前

▼ ちょうど其の~ (6, 0.1%)

1 日の, 日は, 時でありました, 時中村座に, 時卓子の, 時間に

▼ ちょうど台所~ (6, 0.1%)

1 で一方, で味噌, で炉, の何, の真上, の裏手

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 と左, の大きい, の状態, の談, の高層建築群, を逆

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

2 が明ける 1 が白, のこと, の九時半, の燈火

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 でうなされる, におそわれた, のなか, の中, の洞穴, を思い出す

▼ ちょうど大晦日~ (6, 0.1%)

2 の晩 1 であった, の夜, の真夜中, や元日

▼ ちょうど小さな~ (6, 0.1%)

1 ステッキを, テーブルの, 共和国の, 子供達が, 根が, 橋の

▼ ちょうど彼ら~ (6, 0.1%)

1 がこの, が服, の前面, の外出日, の用いる, は囚人

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 がきた, は享和, は四月, は安政大獄, も時, を打つ

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 がおしまい, のよう, の下, の真ん中, の真中, をかける

▼ ちょうど真下~ (6, 0.1%)

1 になっ, に当る, に置きました, の地下, の室, をとおりかかっ

▼ ちょうど真中~ (6, 0.1%)

1 だった, であった, にこの, には大, に立つ, ほどの場所

▼ ちょうど若い~ (6, 0.1%)

1 人が, 女が, 尼僧が, 師匠の, 樹木が, 軍人たちが

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 が来た, の入った, の室, をのむ, をのん, をはこん

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 かいい, かが万, かが酒屋, かこの, もいねえ, もい合わせなかった

▼ ちょうど部屋~ (6, 0.1%)

1 にい, に場, に灯, の一面, へ引きあげ, へ飛ん

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 あがりの, がしょぼしょぼ, が窓, が降りだし, のあと, の後

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 でも湧く, にかくれ, にかくれた, のよう, の中, や霧

▼ ちょうど非番~ (6, 0.1%)

2 の日 1 だったの, でございましたので, で家, で屋敷

▼ ちょうど頃合~ (6, 0.1%)

1 いなので, だがね, の制服, の新著, の温か, の聴衆

▼ ちょうど~ (6, 0.1%)

1 についてきた, のあるべき, のさき, のふ, の左右, までかかった

▼ ちょうどああ~ (5, 0.1%)

1 いう風, いった工合, 云うよう, 云う風, 言ったよう

▼ ちょうどうまい~ (5, 0.1%)

1 ぐあいに一メートルぐらいの, ぐあいに事務所に, ぐあいに松の木が, 具合に, 折だ

▼ ちょうどお茶~ (5, 0.1%)

1 が入っ, が入った, にいい, の時間, を飲み終った

▼ ちょうどこう~ (5, 0.1%)

1 思った途端, 考えてたリンピイ, 考えてるかの, 自ら言ってる, 言いかけたとたん

▼ ちょうどこれから~ (5, 0.1%)

1 何か, 四日程後に, 犂を, 試験所まで, 起ろうと

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

2 と月 1 と区切り, と昔前, の臂

▼ ちょうど一人~ (5, 0.1%)

2 の女 1 あったん, の男, の自転車乗り

▼ ちょうど一本~ (5, 0.1%)

1 のはん, の木, の煙草, の糸, の菩提

▼ ちょうど七日目~ (5, 0.1%)

1 である, に彫り上げました, の午後, の夜, の昼間興行

▼ ちょうど三十歳~ (5, 0.1%)

1 だったと, である, でしたが, で眼鼻立, となった

▼ ちょうど主人~ (5, 0.1%)

1 に知らし, の帰り, の決心, の猪野, の董紀

▼ ちょうど九時~ (5, 0.1%)

1 だったの, にねよくっ, にコゼット, を指し, 打った頃

▼ ちょうど二十歳~ (5, 0.1%)

2 になる 1 だったからネ, であったが, にすぎない

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 てもよい, て参りました, て行こう, の代り, 役し

▼ ちょうど古い~ (5, 0.1%)

1 クラシックの, 宮殿の, 追憶の, 都会の, 馴染みの

▼ ちょうど女中~ (5, 0.1%)

1 が来合わせた, が襷がけ, が見つかった, のほか, の眼

▼ ちょうど学校~ (5, 0.1%)

1 が休み, が休み続きな, なぞにある, の帰りがけ, の理科実験室

▼ ちょうど小学校~ (5, 0.1%)

2 の生徒 1 の教師, の読本, を卒業

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 が上がっ, のあい, の開き出した, の開く, をあけ

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 の二階, の前, の新, の神山, の者

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 でもあける, のすき間, の節穴, をあける, を押し

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

2 の節 1 で摘み上げた, をさしこむ, をさし込む

▼ ちょうど旦那~ (5, 0.1%)

1 があの, が炬燵, が遊び, に庭石, は留守

▼ ちょうど時間~ (5, 0.1%)

1 がある, がきた, がよかっ, だわ, にお

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 の八時, の卯, の御, の散歩, の粥

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

2 の刻 1 の頃, 刻半, 刻半頃の

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

2 ていた, ている 1 ていました

▼ ちょうど来合せた~ (5, 0.1%)

1 のは, 千駄木の, 同心南沢鉄之進の, 呉羽嬢と, 愛吉が

▼ ちょうど母親~ (5, 0.1%)

1 が切れかかった, のスカート, は黙っ, を亡くした, を失った

▼ ちょうど田舎~ (5, 0.1%)

2 の豪農 1 から帰っ, の呉服屋みたい, へ帰っ

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 だから, のお, の休み日, の精霊迎, を伏せた

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 南向きに, 向うから, 向うからから, 東に, 西に

▼ ちょうど着物~ (5, 0.1%)

2 を脱い 1 を着かえ, を縫う, を買う

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 が澄ん, が落ち, に漂う, をこう, を走る

▼ ちょうど米友~ (5, 0.1%)

1 が寝, が柳原河岸, の出口, の座敷, の覗い

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

2 の終わり 1 に余裕, の表面, を幾百枚

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 の上, も空いた, も空き加減, をすかした, を切ろう

▼ ちょうど遊び~ (5, 0.1%)

3 に来 1 にきた, に来合わせ

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 が沼, の中, はそこ, は一緒, もジメジメ

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 が届いた, にでも微酔, にでも酔っ, を持っ, を醸造

▼ ちょうど~ (5, 0.1%)

1 がふるえ, と鳥, の嘶き, を指し, を預け

▼ ちょうど馬籠~ (5, 0.1%)

1 では吉左衛門, の方, の本陣, の祭礼, は秋

▼ ちょうどあっし~ (4, 0.0%)

1 が思っ, が牢, が行方不明, も曲独楽

▼ ちょうどいい加減~ (4, 0.0%)

1 だった, であろうと, です, な距離

▼ ちょうどいろいろ~ (4, 0.0%)

1 な商品, な調査書類, の貴い, 違った音色

▼ ちょうどうまく~ (4, 0.0%)

1 かぶさったの, その老人, やれば, 骸骨おどり

▼ ちょうどかれ~ (4, 0.0%)

1 が忍び, の方, の頭, の飛びこむ

▼ ちょうどきのう~ (4, 0.0%)

1 お帰り, ですご存じ, とおなじ, の朝立ち

▼ ちょうどさそり~ (4, 0.0%)

2 の形, の腕

▼ ちょうどそうした~ (4, 0.0%)

1 日の, 最も困難, 生理的現象を, 話の

▼ ちょうどだれ~ (4, 0.0%)

2 も友だち 1 かが堆肥, も路

▼ ちょうどぴったり~ (4, 0.0%)

1 するもの, とくる, はまって, 合って

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 むかいの, 下は, 向いに, 向かいに

▼ ちょうどまん中~ (4, 0.0%)

1 にいた, にいました, のところ, の辺

▼ ちょうどよろしい~ (4, 0.0%)

1 あたりで, かと存ぜられます, ようです, わよ

▼ ちょうどわが~ (4, 0.0%)

1 人類側からの, 地球とは, 朝の, 邦上方で

▼ ちょうどテナルディエ~ (4, 0.0%)

1 が六フラン, のま, の位置, の家

▼ ちょうど一つ~ (4, 0.0%)

1 おいて, の火花, の雑巾, の駕籠

▼ ちょうど一年前~ (4, 0.0%)

1 ある一人, に巡, に斎藤先生, に起こった

▼ ちょうど一時間~ (4, 0.0%)

1 で王様, ばかり後, ほど前, 進んで

▼ ちょうど一行~ (4, 0.0%)

1 が通りかかっ, に追いついた, の車, はこの

▼ ちょうど一週間~ (4, 0.0%)

1 あること, ばかりというもの, ほど御無沙汰, 休んだ勘定

▼ ちょうど二つ~ (4, 0.0%)

1 ございまして, の時計, の白い, の翼

▼ ちょうど二十日~ (4, 0.0%)

1 が己, の晩, の間, ほど前

▼ ちょうど今時分~ (4, 0.0%)

1 じゃありません, その料理屋, やはりこの, 咲いてる花

▼ ちょうど僕等~ (4, 0.0%)

1 がそこ, の一妻, の乳辺り, の正面

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 のドミトリイ, の太郎さん, の得度, の恭一

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 に女, に彼, の人, ほどセシル

▼ ちょうど入口~ (4, 0.0%)

1 にあたる, のところ, の取着き, の硝子戸

▼ ちょうど出かけよう~ (4, 0.0%)

2 とし 1 とする, と思っ

▼ ちょうど十年~ (4, 0.0%)

1 この四十歳, ね, の後, も馴染

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 七老人に, 世紀の, 世紀前における, 刻

▼ ちょうど半分~ (4, 0.0%)

1 くらいのところ, だ, に当ります, ばかり書き直した

▼ ちょうど土間~ (4, 0.0%)

1 から座敷, の中, の広く, へ曲角

▼ ちょうど夕食~ (4, 0.0%)

2 の時間 1 の済んだ, まえの

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 に遊ん, の涼み台, へならんだ, へ出

▼ ちょうど夜中~ (4, 0.0%)

1 でしたが, になろう, の一時ごろ, の十二時

▼ ちょうど好く~ (4, 0.0%)

1 なって, はない, も何とも, 似合いましょう

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 が伊太利, が子供, と死, の母

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

2 の東西 1 の中央, の奥

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 ジワの, 流れの, 蒸汽の, 雛の

▼ ちょうど小さい~ (4, 0.0%)

2 子供が 1 太郎の, 鏡の

▼ ちょうど小説~ (4, 0.0%)

1 か何, の執筆, の濃厚, を脱稿

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 の上, の間, の面, を走る

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 から岸, のまん中あたり, の岸, をはさん

▼ ちょうど帰っ~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 てい, てきた

▼ ちょうど幽霊~ (4, 0.0%)

1 が宙, のよう, の顎, を追い詰めた

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 に一ぱい, の木, の築山, を照らし

▼ ちょうど庸三~ (4, 0.0%)

1 とは反対, の部屋, は煙草, は用達し

▼ ちょうど我が国~ (4, 0.0%)

1 における楼門, の劇場, の大化元年, の寺堂

▼ ちょうど拙者~ (4, 0.0%)

1 が持ち合し, が釣, と月江様, のよう

▼ ちょうど支那~ (4, 0.0%)

1 で蟒, の, の六朝頃, の隋

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 の正月, 五月四日の, 十月の, 本陣の

▼ ちょうど旧暦~ (4, 0.0%)

2 の盆 1 のお盆, の正月

▼ ちょうど来客~ (4, 0.0%)

3 があっ 1 でもあっ

▼ ちょうど梯子段~ (4, 0.0%)

1 の上り口, の下, の裏, を錦絵

▼ ちょうど正午~ (4, 0.0%)

1 であった, であるから, に郵便局, の頃

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 どめ, のあいだ, のぬけた, の脱

▼ ちょうど死んだ~ (4, 0.0%)

1 ところで, ものの, 魚の, 魚の目の

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 から手紙, がそこ, が歿, の教える

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

2 の辺 1 のまん中, の面

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 から出よう, がわく, に入っ, に行っ

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 がある, と水, になっ, の海

▼ ちょうど玄関~ (4, 0.0%)

1 の式台, の用心棒連, の隣り, を開け

▼ ちょうど生きた~ (4, 0.0%)

1 人間の, 人魂だ, 烏の, 言葉に

▼ ちょうど留守~ (4, 0.0%)

1 であったし, でいない, でございまして, へ入っ

▼ ちょうど皆さん~ (4, 0.0%)

1 が遠足, ご承知, に御飯, の學校

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 にかかれた, のお, のまん中, の中

▼ ちょうど老人~ (4, 0.0%)

1 が子供, が自分, の電話, はそこ

▼ ちょうど試験~ (4, 0.0%)

1 じゃない, なの, の前, の最中

▼ ちょうど赤ちゃん~ (4, 0.0%)

1 がオシッコ, が目, と一しょ, を産んだ

▼ ちょうど近所~ (4, 0.0%)

1 に住む, に売家, の百姓家, へ来合せ

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 からこの, の町はずれ, の空, へ上る

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 に利息, に困り, ののべ, の卵

▼ ちょうど音楽~ (4, 0.0%)

1 が奏せられる, と同じ, における伴奏, の譜

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 が人形箱, が窓, のところ, の色

▼ ちょうど風呂~ (4, 0.0%)

1 からあがった, から上がっ, がまた, に入っ

▼ ちょうど食べ頃~ (4, 0.0%)

1 だ, ですから, という時, に持っ

▼ ちょうど馬車~ (4, 0.0%)

1 がプティー・バンキエ街, が急, が胸騒ぎ, の駆ける

▼ ちょうど~ (4, 0.0%)

1 がトキ, が鳴いた, の咽喉, を入れた

▼ ちょうどいつか~ (3, 0.0%)

2 の時 1 の夜

▼ ちょうどおとうさん~ (3, 0.0%)

1 の誕生日, もにいさん, も帰られた

▼ ちょうどおまえ~ (3, 0.0%)

1 が四つ, が衝突, に似あっ

▼ ちょうどおり~ (3, 0.0%)

1 よくも, よく例, よく近所

▼ ちょうどお母さん~ (3, 0.0%)

1 のところ, のよう, は外出

▼ ちょうどこうした~ (3, 0.0%)

1 御縁, 深処, 見当で御座います

▼ ちょうどこっち~ (3, 0.0%)

1 からその, が迷惑, へ進行

▼ ちょうどその間~ (3, 0.0%)

1 にあの, に大, へ自然

▼ ちょうどどの~ (3, 0.0%)

1 国の, 辺に, 部屋も

▼ ちょうどはいっ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 てきた

▼ ちょうどふさわしい~ (3, 0.0%)

1 女に, 怜悧な, 芸術家だ

▼ ちょうどまる~ (3, 0.0%)

1 一年かかっ, 一年自分は, 二カ月も

▼ ちょうどみんな~ (3, 0.0%)

1 が絶対, が部屋, が食事

▼ ちょうどむこう~ (3, 0.0%)

1 から走っ, の山, の雪

▼ ちょうどゆうべ~ (3, 0.0%)

1 この裏門, のこと, は丑之助

▼ ちょうどよかろ~ (3, 0.0%)

3

▼ ちょうどよろしゅう~ (3, 0.0%)

2 ございます 1 ございましょう

▼ ちょうどアメリカ~ (3, 0.0%)

1 にいる, のペリイ, の刑事

▼ ちょうどイギリス~ (3, 0.0%)

1 でジプシー人, の女, の議会

▼ ちょうどハンス~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の子守歌, やヘンデル

▼ ちょうどラサ府~ (3, 0.0%)

1 に十月中頃, の東, まで百七十マイル

▼ ちょうど一ぱい~ (3, 0.0%)

1 とり何, になった, にのる

▼ ちょうど一台~ (3, 0.0%)

2 の自動車 1 の空自動車

▼ ちょうど一日~ (3, 0.0%)

1 かかる, か一日半, ほどの道

▼ ちょうど一軒~ (3, 0.0%)

1 の一品料理店, の家, 空いて

▼ ちょうど七年~ (3, 0.0%)

1 たったの, ほど前, まえの

▼ ちょうど三年目~ (3, 0.0%)

1 じゃ, だでね, のはじめ頃

▼ ちょうど三時~ (3, 0.0%)

1 の菓子, をさし, を示し

▼ ちょうど上海~ (3, 0.0%)

1 にいない, へ旅行中, を出る

▼ ちょうど両方~ (3, 0.0%)

1 からの依頼, から腕, の間

▼ ちょうど中ごろ~ (3, 0.0%)

1 で正三君, なん, に

▼ ちょうど中央~ (3, 0.0%)

1 に当る, に死首, の命令

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 のあたり, の所, を求むる

▼ ちょうど事件~ (3, 0.0%)

1 の前日, の時, の翌日あたり

▼ ちょうど二年~ (3, 0.0%)

1 とちょっと, と三カ月, と四カ月

▼ ちょうど二度目~ (3, 0.0%)

1 には半, にわたくし, の合図

▼ ちょうど二時~ (3, 0.0%)

1 のこと, を指し, を示し

▼ ちょうど二月~ (3, 0.0%)

1 で如月, の中頃, ばかり過ぎます

▼ ちょうど二週間目~ (3, 0.0%)

1 に死んだ, の夕刊, の朝

▼ ちょうど五日目~ (3, 0.0%)

1 である, の晩, の火曜日

▼ ちょうど五時~ (3, 0.0%)

1 が商売, で家, にここ

▼ ちょうど五月頃~ (3, 0.0%)

1 で未だ, になります, の客

▼ ちょうど井戸~ (3, 0.0%)

1 のよう, の上, の底

▼ ちょうど京都~ (3, 0.0%)

1 にはいっ, の東山, の松茸

▼ ちょうど人々~ (3, 0.0%)

1 が危険区域, が洗礼式, の腹中

▼ ちょうど人通り~ (3, 0.0%)

1 がない, の烈しい, もない

▼ ちょうど今あなた~ (3, 0.0%)

1 がおいで, のお, の話

▼ ちょうど今朝~ (3, 0.0%)

1 ぐらいのうすら明り, の一食, は大蔵

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 には一人, の客, へ往

▼ ちょうど似合い~ (3, 0.0%)

1 の婿舅, の年紀頃, の腕

▼ ちょうど便所~ (3, 0.0%)

1 から出, の汲取口, の舗石

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 なしで, のよう, をかぶった

▼ ちょうど六月~ (3, 0.0%)

1 のこと, の三日, の十七日

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 から出, にい, の仕事

▼ ちょうど十八~ (3, 0.0%)

1 になった, になります, の時

▼ ちょうど十日~ (3, 0.0%)

1 ばかりここ, ばかりたっ, ばかり以前

▼ ちょうど十時~ (3, 0.0%)

1 だッ, です, なの

▼ ちょうど千秋楽~ (3, 0.0%)

2 の日 1 の追出し

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 で私, どきで自然, の八ツ下がり

▼ ちょうど午前十時~ (3, 0.0%)

3 だった

▼ ちょうど午後四時~ (3, 0.0%)

1 に盗難, を指し, 過に

▼ ちょうど午飯~ (3, 0.0%)

1 の時, の膳, を済ました

▼ ちょうど半々~ (3, 0.0%)

1 ずつくらい性質, になっ, ほどになっ

▼ ちょうど半月~ (3, 0.0%)

1 になります, になる, ばかりたった

▼ ちょうど博士~ (3, 0.0%)

1 と合う, の心臓, は地底

▼ ちょうど叔父さん~ (3, 0.0%)

1 がおいで, が帰っ, が店

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 ギリシアローマの, 井戸の, 材木運びだしの

▼ ちょうど同時に~ (3, 0.0%)

1 なるでしょうね, 大阪の, 私は

▼ ちょうど四時~ (3, 0.0%)

1 だったと, なの, をさした

▼ ちょうど四月~ (3, 0.0%)

1 であゆ, の休暇, の終り

▼ ちょうど国境~ (3, 0.0%)

1 のところ, の一里塚, の所

▼ ちょうど土曜日~ (3, 0.0%)

1 で本郷, で雨, のひる

▼ ちょうど地球~ (3, 0.0%)

1 と月世界, の引力, も同様

▼ ちょうど地面~ (3, 0.0%)

1 がその, にある, に雑草

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 の上, の下り口, の中

▼ ちょうど夕暮~ (3, 0.0%)

1 ちかくで, でそれから, にその

▼ ちょうど多吉~ (3, 0.0%)

1 が行きあわせ, は不在, は番頭

▼ ちょうど夜桜~ (3, 0.0%)

1 の真盛り, の雪洞, の頃

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 に梯子, の啓示, の極

▼ ちょうど天気~ (3, 0.0%)

1 もいい, もよかっ, もよし

▼ ちょうど奥様~ (3, 0.0%)

1 がジャム, とおんなじ, とお姫様

▼ ちょうど女房~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, と子供, のおしん

▼ ちょうど好かっ~ (3, 0.0%)

1 た, たの, た飯

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 やが別棟, やさん, やの太郎びいき

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 でも貰った, や姑, を貰う

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 を持っ, を生まない, 家鴨が

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 いここ, い乗っけて, い処

▼ ちょうど宜しゅう~ (3, 0.0%)

2 ございました 1 ございますから

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 がその, がなく, の頭

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 の中, の門, の門前

▼ ちょうど居合わせた~ (3, 0.0%)

1 仁も, 常吉が, 関井さんに

▼ ちょうど屋根~ (3, 0.0%)

1 に接し, の棟, を板葺き

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 の上, の真下, の頂上

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 の上, の中, の端

▼ ちょうど師匠~ (3, 0.0%)

1 が前, と同じ, の家

▼ ちょうど年頃~ (3, 0.0%)

1 が似かよっ, だし, になっ

▼ ちょうど役所~ (3, 0.0%)

1 の退け, の退ける, へ出かけなけれ

▼ ちょうど彼等~ (3, 0.0%)

1 のまん中, の出る, の真上

▼ ちょうど我邦~ (3, 0.0%)

1 の人, の川柳, の葛湯

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 と向き合った, の向う, を叩く

▼ ちょうど手ごろ~ (3, 0.0%)

1 な境界線, の一席, の竹

▼ ちょうど手紙~ (3, 0.0%)

1 を出した, を出す, を書きだした

▼ ちょうど持っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て来い, て来いだ

▼ ちょうど新しい~ (3, 0.0%)

1 といわれる, テーブル, 生活を

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 から入り込ん, から曲馬師, をし

▼ ちょうど日清戦争~ (3, 0.0%)

1 が終局, のあと, の連戦連勝

▼ ちょうど日露戦争~ (3, 0.0%)

1 のじ, の時, の頃

▼ ちょうど明智探偵~ (3, 0.0%)

1 と小林少年, のまう, もいました

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 になっ, の八ツごろ, の食事中

▼ ちょうど昼ごろ~ (3, 0.0%)

1 でありました, に麻布, のこと

▼ ちょうど時代~ (3, 0.0%)

1 に相応, もこの, も同時

▼ ちょうど暗い~ (3, 0.0%)

1 丘の, 切通しを, 暁天の

▼ ちょうど朝日~ (3, 0.0%)

1 が私, に輝い, の射し

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 の上, の後ろ, の高

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 が黒い, のまん中あたり, の真上

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 のよう, の室, の朝

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 六時に, 十二時, 己の

▼ ちょうど正反対~ (3, 0.0%)

1 に一方, の例, の方面

▼ ちょうど正成~ (3, 0.0%)

1 が東門, はその, もその

▼ ちょうど武蔵~ (3, 0.0%)

1 が来る, と伊織, の眠っ

▼ ちょうど死体~ (3, 0.0%)

1 の発見, を引, を発見

▼ ちょうど水中~ (3, 0.0%)

1 にアルコホル, のアルコホル分子, の月

▼ ちょうど活動写真~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 をまわし

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 がやっと, ともし頃, の入る

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 暗滅法, 経験の, 縫塔の

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 が出, が広がっ, が見えませんでした

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 のまう, の在所, はよく

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 にでも憑かれた, の身, の軽重

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 が係蹄, の子, の温泉

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 がしゃくにさわる, のよう, の歩い

▼ ちょうど現在~ (3, 0.0%)

1 の社会, の私, の鉄琴

▼ ちょうど病気~ (3, 0.0%)

1 に倒れる, のよう, の人間

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

2 応ずるもの 1 応じて

▼ ちょうど相当~ (3, 0.0%)

1 して, だわ, な御

▼ ちょうど真ん中~ (3, 0.0%)

1 にひどく, に位, まで来た

▼ ちょうど真上~ (3, 0.0%)

1 にあたる, になりました, に覆いかかった

▼ ちょうど真向い~ (3, 0.0%)

1 が石川淡路守, に見え, に見える

▼ ちょうど知った~ (3, 0.0%)

2 友だちに 1 顔も

▼ ちょうど秀吉~ (3, 0.0%)

1 の帰る, は呂久川べり, は黒田村

▼ ちょうど私共~ (3, 0.0%)

1 が両国近辺, が五年, が当

▼ ちょうど私達~ (3, 0.0%)

1 が慣れた, が来た, が活動写真

▼ ちょうど科学者~ (3, 0.0%)

1 がある, がです, が少し

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 には必ず, の節, の野郎

▼ ちょうど約束~ (3, 0.0%)

1 の一週間, の九時, の枚数

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 なす甍, の樹, の焔

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 から幾分, に出, のところ

▼ ちょうど美しい~ (3, 0.0%)

1 女が, 子供を, 蛾の

▼ ちょうど背中~ (3, 0.0%)

2 を向け 1 にし

▼ ちょうど良吉~ (3, 0.0%)

2 と同じ 1 の顔

▼ ちょうど芝居~ (3, 0.0%)

1 などで見る, の急, の町

▼ ちょうど花見~ (3, 0.0%)

1 とか月見, のころ, の事件

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 が太陽, の尖端, の香

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 に従う, のよう, やライオン

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 か何, の腹, の跳ねる

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 が地面, が大きな, の群れ

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 ごろだ, ていた, てみた

▼ ちょうど警官~ (3, 0.0%)

1 がわたくし, が通りかかった, の一行

▼ ちょうど赤い~ (3, 0.0%)

1 旗が, 旗を, 表が

▼ ちょうど近く~ (3, 0.0%)

1 にランプ, に居合せた, を時々

▼ ちょうど途中~ (3, 0.0%)

1 で才蔵, にある, の伊豆村

▼ ちょうど通り~ (3, 0.0%)

1 か, にとまっ, の向こう

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 がよろしかっ, よくほか, 悪く早朝星

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 を振ってる, を振る, を鳴らす

▼ ちょうど長い~ (3, 0.0%)

1 あいだの, 夢から, 間冬威に

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 あげした鯨, における大名行列, に舟

▼ ちょうど階段~ (3, 0.0%)

1 の天井, の裏, の途中

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 の先生, の家, の巴屋

▼ ちょうど隣家~ (3, 0.0%)

1 に遊び, の円池, の年寄役伊之助

▼ ちょうど電車~ (3, 0.0%)

1 が停っ, が幾台, や汽車

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のかかった

▼ ちょうど食堂~ (3, 0.0%)

1 が開かれた, が開かれよう, にいた

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

1 が一寸法師, のお上さん, 打ち豆

▼ ちょうど~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 や雲

▼ ちょうどあし~ (2, 0.0%)

1 の花, の芽

▼ ちょうどあと~ (2, 0.0%)

1 でお, になっ

▼ ちょうどあなた方~ (2, 0.0%)

1 がおいで, の事件

▼ ちょうどあなた様~ (2, 0.0%)

2 と同じ

▼ ちょうどあべこべ~ (2, 0.0%)

1 であったもの, ですね

▼ ちょうどいいかげん~ (2, 0.0%)

1 に熟れ, の湯

▼ ちょうどいまごろ~ (2, 0.0%)

1 にもこの, の季節

▼ ちょうどおし~ (2, 0.0%)

1 が手まね, べの束

▼ ちょうどおなじ~ (2, 0.0%)

1 だったこと, ときに

▼ ちょうどおまえたち~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ ちょうどお客~ (2, 0.0%)

1 に来, のお婆さん

▼ ちょうどお昼~ (2, 0.0%)

1 どきだと, の前

▼ ちょうどお歯黒~ (2, 0.0%)

1 をつけかけ, を附けかけ

▼ ちょうどお母さま~ (2, 0.0%)

1 が殺される, もいらっしゃる

▼ ちょうどお盆~ (2, 0.0%)

1 の十六日, 少し前

▼ ちょうどお腹~ (2, 0.0%)

1 がいい, にお子さま

▼ ちょうどかつお~ (2, 0.0%)

1 の身, ぶしの

▼ ちょうどきわどい~ (2, 0.0%)

1 ところで, ところであった

▼ ちょうどこの同じ~ (2, 0.0%)

1 時刻, 時刻に

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 んぞも, 講義の

▼ ちょうどさいわい~ (2, 0.0%)

1 当人のて, 警察に

▼ ちょうどさかずき~ (2, 0.0%)

1 の酒, を目

▼ ちょうどさくら~ (2, 0.0%)

1 のまっ, の花びら

▼ ちょうどさる~ (2, 0.0%)

1 が岩, 外国の

▼ ちょうどすぐ~ (2, 0.0%)

1 前な, 卓を

▼ ちょうどそら~ (2, 0.0%)

1 のてっぺん, 高田の

▼ ちょうどつい~ (2, 0.0%)

1 昨日の, 眼と

▼ ちょうどつごう~ (2, 0.0%)

1 の悪い, よく追い

▼ ちょうどつりあっ~ (2, 0.0%)

2 てい

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 ッぷり日が, 言いますと

▼ ちょうどとん~ (2, 0.0%)

2 子が

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 羊羹切っ, 色を

▼ ちょうどなにか~ (2, 0.0%)

1 に弱, 目に

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 げの, げを

▼ ちょうどひる~ (2, 0.0%)

1 ころな, めしごろだった

▼ ちょうどぼく~ (2, 0.0%)

1 が病院, の店

▼ ちょうどまだ~ (2, 0.0%)

1 そこに, 冬に

▼ ちょうどもどっ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来

▼ ちょうどゆりかさん~ (2, 0.0%)

1 がひっこし, の住ん

▼ ちょうどよう~ (2, 0.0%)

1 ございますから, ござんしょう

▼ ちょうどわが国~ (2, 0.0%)

1 の妙義山, の市子口寄せ

▼ ちょうどわたくし~ (2, 0.0%)

1 が過去, の座席

▼ ちょうどアルファベット~ (2, 0.0%)

1 のよう, のビスケット

▼ ちょうどオレ~ (2, 0.0%)

1 が子供, が小僧

▼ ちょうどカーブ~ (2, 0.0%)

1 のかげ, へさしかかった

▼ ちょうどガラス~ (2, 0.0%)

1 の部屋, をふいた

▼ ちょうどガラス戸~ (2, 0.0%)

1 と鉢合わせ, や水差し

▼ ちょうどキリスト~ (2, 0.0%)

1 が人間, の信仰

▼ ちょうどコーヒー~ (2, 0.0%)

1 が沸いた, のお

▼ ちょうどサーカス~ (2, 0.0%)

1 がおわり, の空中美人

▼ ちょうどシナ~ (2, 0.0%)

1 が迎え取った, の陶義

▼ ちょうどトーキー~ (2, 0.0%)

1 となった, のフィルム

▼ ちょうどドア~ (2, 0.0%)

1 のところ, をあけ

▼ ちょうどドイツ~ (2, 0.0%)

1 からイタリア見物, の詩人ら

▼ ちょうどナオミ~ (2, 0.0%)

1 が十八, が彼等

▼ ちょうどナポリ~ (2, 0.0%)

1 の年寄った, の笠松

▼ ちょうどバルブレン~ (2, 0.0%)

1 と老人, のおっ

▼ ちょうどフランス~ (2, 0.0%)

1 の中心, の大統領カルノー

▼ ちょうどベル~ (2, 0.0%)

1 が鳴った, のおしボタン

▼ ちょうどホテル~ (2, 0.0%)

1 の私達, の給仕

▼ ちょうどマリユス~ (2, 0.0%)

1 が苦悶, の正面

▼ ちょうどヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 でシェークスピア字引, においてギリシア

▼ ちょうどラジオ~ (2, 0.0%)

1 で放送, の受信機

▼ ちょうどラプラス~ (2, 0.0%)

1 がガス状星雲, の考えた

▼ ちょうどロシア~ (2, 0.0%)

1 で印形, の解放運動

▼ ちょうどロンドン~ (2, 0.0%)

1 で開かれ, に居られた

▼ ちょうど一年目~ (2, 0.0%)

1 あんな青二才, だ

▼ ちょうど一方~ (2, 0.0%)

1 には法王, の眼

▼ ちょうど一時半~ (2, 0.0%)

1 の汽車, をさし

▼ ちょうど一枚~ (2, 0.0%)

1 ずつ分けられる, の終わり

▼ ちょうど一生~ (2, 0.0%)

1 を穴倉, 食べるだけの

▼ ちょうど一緒~ (2, 0.0%)

1 であった, になった

▼ ちょうど一致~ (2, 0.0%)

1 して, すること

▼ ちょうど一週間前~ (2, 0.0%)

1 からふと, 突然お

▼ ちょうど一週間目~ (2, 0.0%)

1 だと, に体重

▼ ちょうど一里~ (2, 0.0%)

1 ばかり降っ, ばかり離れた

▼ ちょうど一里十六町~ (2, 0.0%)

1 になる, ばかり軌道

▼ ちょうど七月十五日~ (2, 0.0%)

1 の氏神祭, の父

▼ ちょうど三分の一~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのところ, の境界線

▼ ちょうど三年前~ (2, 0.0%)

1 だね, に悲劇的

▼ ちょうど三日~ (2, 0.0%)

1 たって, まえの

▼ ちょうど三郎~ (2, 0.0%)

1 は研究所, も作画

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 から都合, の木屋町

▼ ちょうど上汐~ (2, 0.0%)

1 で川風, の時期

▼ ちょうど上流社会~ (2, 0.0%)

1 で小児, の紳士

▼ ちょうど上野~ (2, 0.0%)

1 から田舎, の子

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 に公, に出

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 組揃った, 肩の

▼ ちょうど両国~ (2, 0.0%)

1 の国技館, の見世物小屋

▼ ちょうど中天~ (2, 0.0%)

1 に近く, の太陽

▼ ちょうど中庭~ (2, 0.0%)

1 に一人, に出

▼ ちょうど中津川~ (2, 0.0%)

1 には宮川寛斎, の医者

▼ ちょうど中頃~ (2, 0.0%)

1 にブラ, の最も

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 僧の, 和絃ばかりから

▼ ちょうど九年目~ (2, 0.0%)

1 の春, の終り

▼ ちょうど九月~ (2, 0.0%)

1 のこと, の末

▼ ちょうど九段~ (2, 0.0%)

1 の招魂社, の祭礼

▼ ちょうど事務所~ (2, 0.0%)

1 にい, をさがしてた

▼ ちょうど二十人~ (2, 0.0%)

1 になる, ほしいと

▼ ちょうど二年前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の大正七年

▼ ちょうど二年目~ (2, 0.0%)

1 だし, だったが

▼ ちょうど二日~ (2, 0.0%)

1 のこと, 経った

▼ ちょうど二時間~ (2, 0.0%)

1 ばかりもお座敷, ばかり眠った

▼ ちょうど二百十日~ (2, 0.0%)

2 の前日

▼ ちょうど二週間~ (2, 0.0%)

1 たって, ほどになる

▼ ちょうど五円~ (2, 0.0%)

1 だけにし, ばかりいりました

▼ ちょうど五年~ (2, 0.0%)

1 ばかり前, 程もかかった

▼ ちょうど五年前~ (2, 0.0%)

1 この地, です

▼ ちょうど五日~ (2, 0.0%)

1 ほど前, 経った

▼ ちょうど五日前~ (2, 0.0%)

1 お小夜, だ

▼ ちょうど五時頃~ (2, 0.0%)

1 にまた, 当り小さな

▼ ちょうど五月~ (2, 0.0%)

1 であったから, の初め

▼ ちょうど五重~ (2, 0.0%)

1 の天守閣, の重箱

▼ ちょうど交替~ (2, 0.0%)

1 の夕刻, の警官

▼ ちょうど交響楽~ (2, 0.0%)

1 が非常, のよう

▼ ちょうど亭主~ (2, 0.0%)

1 が庭, も今

▼ ちょうど人生~ (2, 0.0%)

1 というもの, の表層

▼ ちょうど人目~ (2, 0.0%)

1 にもかからない, を遮る

▼ ちょうど今みたい~ (2, 0.0%)

1 に山, に昼休み

▼ ちょうど今晩~ (2, 0.0%)

1 でまる, はいつも

▼ ちょうど今私たち~ (2, 0.0%)

1 がここ, の休ん

▼ ちょうど仕事~ (2, 0.0%)

1 で忙殺, をする

▼ ちょうど仕掛~ (2, 0.0%)

1 物でも, 花火の

▼ ちょうど仙台~ (2, 0.0%)

2 で笹

▼ ちょうど仲間~ (2, 0.0%)

1 が集まる, の者

▼ ちょうど伊勢~ (2, 0.0%)

1 から東海道, の海

▼ ちょうど休憩~ (2, 0.0%)

1 だ, をし

▼ ちょうど休日~ (2, 0.0%)

1 であった, で当時

▼ ちょうど休暇~ (2, 0.0%)

1 が終わりかける, を取っ

▼ ちょうど会所~ (2, 0.0%)

1 に詰め, の事務

▼ ちょうど伸子~ (2, 0.0%)

1 の小指, の葬儀

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の色, をかくす

▼ ちょうど俳諧連句~ (2, 0.0%)

1 の句, の揚げ句

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 がいる, のはまり役

▼ ちょうど停車場~ (2, 0.0%)

1 か劇場, の構内

▼ ちょうど僧侶~ (2, 0.0%)

1 と平信徒, の読経

▼ ちょうど元日~ (2, 0.0%)

1 が子の日, のしらしら明け

▼ ちょうど兄さん~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, の言われる

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 が地球軌道, の霧

▼ ちょうど入港~ (2, 0.0%)

1 した一艘, する異国船

▼ ちょうど八五郎~ (2, 0.0%)

1 の全身, は下水

▼ ちょうど八日め~ (2, 0.0%)

1 のお昼すぎ, の朝

▼ ちょうど八時~ (2, 0.0%)

1 です, に二十秒

▼ ちょうど八時頃~ (2, 0.0%)

1 にはいつもごたごた, まで歩いた

▼ ちょうど八月~ (2, 0.0%)

1 の中ごろ, の抜穂

▼ ちょうど六つ~ (2, 0.0%)

1 でご, を撞い

▼ ちょうど六人~ (2, 0.0%)

1 あれば, です

▼ ちょうど六人目~ (2, 0.0%)

1 あるいは七人目, と交渉中

▼ ちょうど六斤~ (2, 0.0%)

1 ですね, の蝶々とんぼ

▼ ちょうど六日目~ (2, 0.0%)

2 の午後

▼ ちょうど六時~ (2, 0.0%)

1 でした, のこと

▼ ちょうど兵隊~ (2, 0.0%)

1 が行軍, のいる

▼ ちょうど兵馬~ (2, 0.0%)

1 が通りかかった, の坐っ

▼ ちょうど其処~ (2, 0.0%)

1 いら, に入

▼ ちょうど具合~ (2, 0.0%)

1 よくあの, 良くしっくり

▼ ちょうど写真~ (2, 0.0%)

1 などを返し, の二重曝露式

▼ ちょうど出あい~ (2, 0.0%)

1 がしら, それ以後は

▼ ちょうど出発~ (2, 0.0%)

1 の前, の半月

▼ ちょうど出雲~ (2, 0.0%)

1 の人狐持ち, の方角

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 七日だ, 七日の

▼ ちょうど刻限~ (2, 0.0%)

1 が合ってる, もよかろ

▼ ちょうど前夜~ (2, 0.0%)

1 から少しく, なん

▼ ちょうど動坂~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ちょうど勝手口~ (2, 0.0%)

1 から出, に手塚

▼ ちょうど北極~ (2, 0.0%)

1 のま, はすべて喰

▼ ちょうど北海道~ (2, 0.0%)

1 と同じ, のある

▼ ちょうど十九日~ (2, 0.0%)

1 に自分, の十時頃

▼ ちょうど十二日目今日~ (2, 0.0%)

2 か昨日

▼ ちょうど十二月~ (2, 0.0%)

1 のころ, の中旬

▼ ちょうど十五~ (2, 0.0%)

1 あった, になった

▼ ちょうど十五夜~ (2, 0.0%)

1 でございましたよ, の晩

▼ ちょうど十六~ (2, 0.0%)

1 の七月, の春

▼ ちょうど十六日~ (2, 0.0%)

1 の月, の説教日

▼ ちょうど十分~ (2, 0.0%)

1 ほど前, 経ちました

▼ ちょうど十年ぶり~ (2, 0.0%)

1 で帰っ, ね

▼ ちょうど十年前~ (2, 0.0%)

1 であった, になる

▼ ちょうど十時頃~ (2, 0.0%)

1 だった, でその

▼ ちょうど十枚~ (2, 0.0%)

1 あるはず, になる

▼ ちょうど卒業~ (2, 0.0%)

1 するの, する少し

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 に向いた, の谷

▼ ちょうど南画~ (2, 0.0%)

1 の墨絵, の山水

▼ ちょうど危うい~ (2, 0.0%)

1 時だった, 時であった

▼ ちょうど友だち~ (2, 0.0%)

1 のレミイ, の一人

▼ ちょうど友達~ (2, 0.0%)

1 の車, は夫婦

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のなか, の前

▼ ちょうど合う~ (2, 0.0%)

1 ことに, ほど稼い

▼ ちょうど吉左衛門~ (2, 0.0%)

1 が羽織, は上

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 民族の, 程度で

▼ ちょうど名古屋~ (2, 0.0%)

1 へ出かけた, へ出張中

▼ ちょうど向い合った~ (2, 0.0%)

1 扉が, 窓の

▼ ちょうど向こう側~ (2, 0.0%)

1 に一人, よ

▼ ちょうど向田大尉~ (2, 0.0%)

2 の出

▼ ちょうど咽喉~ (2, 0.0%)

1 が涸, にでも引っかかる

▼ ちょうど四十面相~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の肩

▼ ちょうど四年~ (2, 0.0%)

1 になる, まえ五月

▼ ちょうど四年目~ (2, 0.0%)

1 にあたる, に再び

▼ ちょうど四方~ (2, 0.0%)

2 に窓

▼ ちょうど四枚~ (2, 0.0%)

2 に当たる

▼ ちょうど土井利位~ (2, 0.0%)

1 が寺社奉行, は大坂城代

▼ ちょうど土曜~ (2, 0.0%)

1 が来た, だった普通

▼ ちょうど在宅~ (2, 0.0%)

1 だが, でもあり

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 から湧き出した, のはて

▼ ちょうど地図~ (2, 0.0%)

1 の一二七〇メートル附近, の上

▼ ちょうど地獄~ (2, 0.0%)

1 に堕ちた, の邏卒

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の中, の内

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 にし, になっ

▼ ちょうど境目~ (2, 0.0%)

1 のところ, の線

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の前, 詣りに

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 がたで, だちが

▼ ちょうど夕刻~ (2, 0.0%)

1 から今し方, の六時頃

▼ ちょうど夕立~ (2, 0.0%)

1 がすんだ, が来ます

▼ ちょうど夕飯時~ (2, 0.0%)

1 で馬車宿, なの

▼ ちょうど多く~ (2, 0.0%)

1 の大学生, の石

▼ ちょうど夜明け~ (2, 0.0%)

1 のよう, の寅

▼ ちょうど大仏~ (2, 0.0%)

1 の膝, の青銅

▼ ちょうど大原さん~ (2, 0.0%)

1 の洋行, へ差上げる

▼ ちょうど大学~ (2, 0.0%)

1 の三年, の二年

▼ ちょうど大屋敷~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の角

▼ ちょうど大河~ (2, 0.0%)

1 の堤, の水面上

▼ ちょうど大火~ (2, 0.0%)

1 が町, の盛ん

▼ ちょうど大空~ (2, 0.0%)

1 のお, の澄み渡った

▼ ちょうど大門~ (2, 0.0%)

1 の方, の高札場前

▼ ちょうど大雨~ (2, 0.0%)

1 のあと, の後

▼ ちょうど太平洋戦争~ (2, 0.0%)

1 に突入, の前

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 は取引用, を失った

▼ ちょうど夫婦喧嘩~ (2, 0.0%)

1 のよう, をし

▼ ちょうど奈良~ (2, 0.0%)

1 から初もの, の大仏

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 で晩酌, の室

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のよう, の視線

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のあと, も嫁入り

▼ ちょうど婢さん~ (2, 0.0%)

2 が見えました

▼ ちょうど子ども~ (2, 0.0%)

1 がふざけ始める, のよう

▼ ちょうど孫の手~ (2, 0.0%)

1 といったよう, といった形

▼ ちょうど官兵衛~ (2, 0.0%)

1 はこの, も安土

▼ ちょうど宮本武蔵~ (2, 0.0%)

1 という者, と佐々木小次郎

▼ ちょうど家庭~ (2, 0.0%)

1 で高等, にはまる

▼ ちょうど寿平次~ (2, 0.0%)

1 は正, は留守

▼ ちょうど小林~ (2, 0.0%)

1 が外套, の出

▼ ちょうど小石~ (2, 0.0%)

1 が水, くらいの大き

▼ ちょうど小雨~ (2, 0.0%)

1 がこぼれ, の晴れた

▼ ちょうど小鳥~ (2, 0.0%)

1 にたいするよう, の翔る

▼ ちょうど居合せた~ (2, 0.0%)

1 田山方南氏に, 長畑医師に

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のよう, の東側

▼ ちょうど川口~ (2, 0.0%)

1 になっ, の左岸

▼ ちょうど巡査~ (2, 0.0%)

1 がやって来た, のうで

▼ ちょうど布ぎれのないときでしたからぼくのお母さん~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ ちょうど帝銀事件~ (2, 0.0%)

1 のあった, の直後

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の教説, の鉄胤

▼ ちょうど帰り~ (2, 0.0%)

1 が一しょ, ぎわに

▼ ちょうど年ごろ~ (2, 0.0%)

1 から脊, もあの

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 だ, だ見て

▼ ちょうど広場~ (2, 0.0%)

1 とその, のまん中

▼ ちょうど広間~ (2, 0.0%)

1 のまん中, の入口

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 から立ち上がった, の上

▼ ちょうど店さき~ (2, 0.0%)

1 にいた与, に立っ

▼ ちょうど庚申塚~ (2, 0.0%)

1 です, の先

▼ ちょうど廊下~ (2, 0.0%)

1 に足音, へ一人

▼ ちょうど廻廊~ (2, 0.0%)

1 の曲り角, の真ん中どころ

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 でクラドニ板, のよう

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 か子供, が医者

▼ ちょうど当番~ (2, 0.0%)

1 であったので, の日

▼ ちょうど彼岸~ (2, 0.0%)

1 の入り, へ達そう

▼ ちょうど彼方~ (2, 0.0%)

1 からその, の亭

▼ ちょうど御殿~ (2, 0.0%)

1 の下, へ出仕

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 ではまだ, 悲しかった

▼ ちょうど心臓~ (2, 0.0%)

1 の上, を逆さ

▼ ちょうど恰好~ (2, 0.0%)

1 な例, な状態

▼ ちょうど悦子~ (2, 0.0%)

1 がシュトルツ氏, ぐらいの年頃

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 徒は, 狡い獣

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の抱擁, の掌

▼ ちょうど我が~ (2, 0.0%)

1 子が, 眼の

▼ ちょうど戦争~ (2, 0.0%)

1 が初, のあった

▼ ちょうど戦場~ (2, 0.0%)

1 に出た, の武者

▼ ちょうど手術~ (2, 0.0%)

1 にかかった, の後

▼ ちょうど折り~ (2, 0.0%)

1 ふし花の, 悪しくも

▼ ちょうど提灯~ (2, 0.0%)

1 に灯, を綿

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 レスタア閣下にも, 尚男爵

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 と組み, にでも攻められる

▼ ちょうど日暮~ (2, 0.0%)

1 でその, 狭暗の

▼ ちょうど日没~ (2, 0.0%)

1 で米, の頃

▼ ちょうど明り~ (2, 0.0%)

1 が灯る, の灯

▼ ちょうど明日~ (2, 0.0%)

1 は旧, は葬式

▼ ちょうど明治~ (2, 0.0%)

1 の初め西洋崇拝, の終わり

▼ ちょうど明神下~ (2, 0.0%)

2 から鼠屋横町

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 が砕け, のよう

▼ ちょうど映画~ (2, 0.0%)

1 においてシナリオ, のフィルム

▼ ちょうど春先~ (2, 0.0%)

1 であったが, のこと

▼ ちょうど昨夜~ (2, 0.0%)

1 と同じ, のこと

▼ ちょうど昨年~ (2, 0.0%)

1 の今月, の六月七日

▼ ちょうど昼食時~ (2, 0.0%)

1 だったけれども, で多く

▼ ちょうど昼飯~ (2, 0.0%)

1 の時分, を済ました

▼ ちょうど昼飯時~ (2, 0.0%)

1 だったが, だったので

▼ ちょうど時分~ (2, 0.0%)

1 がよかっ, ですね

▼ ちょうど普通~ (2, 0.0%)

1 の大き, の晴雨計

▼ ちょうど暮れ六ツ~ (2, 0.0%)

1 です, 少し手前

▼ ちょうど最初~ (2, 0.0%)

1 に机弾正, の事件

▼ ちょうど最前~ (2, 0.0%)

1 とおなじ, 古塔

▼ ちょうど朝御飯~ (2, 0.0%)

1 のとき, をたべ

▼ ちょうど木乃伊~ (2, 0.0%)

1 の足許, の陳列会みたい

▼ ちょうど本所~ (2, 0.0%)

1 で起こった, とか浅草

▼ ちょうど材木~ (2, 0.0%)

1 が乾溜, の割安

▼ ちょうど村社~ (2, 0.0%)

1 の祭, の祭日

▼ ちょうど来あわせ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ちょうど来合わせ~ (2, 0.0%)

1 て, ていた

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 と西, の空

▼ ちょうど東京横浜間~ (2, 0.0%)

1 の汽車, は電化

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の大木, の根元

▼ ちょうど松の木~ (2, 0.0%)

1 の上, の皮

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 があの, の中

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のいが, の花

▼ ちょうど格子~ (2, 0.0%)

1 とガラス, のところ

▼ ちょうど桃色~ (2, 0.0%)

1 の金魚, の霧

▼ ちょうど案内者~ (2, 0.0%)

1 が古戦場, に手

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の先, 捩に

▼ ちょうど椅子~ (2, 0.0%)

1 の数, を開い

▼ ちょうど横綱~ (2, 0.0%)

1 と顔, の玉錦

▼ ちょうど欧米~ (2, 0.0%)

1 において宗教, におけるクリスマス

▼ ちょうど此処~ (2, 0.0%)

1 はあなた, までが綱

▼ ちょうど此家~ (2, 0.0%)

1 の庭, の裏口

▼ ちょうど此方~ (2, 0.0%)

1 の御飯, の期待

▼ ちょうど歩い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ちょうど段々~ (2, 0.0%)

1 を降りる, 中継の

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の生え際, 剃九右衛門

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 をうしなっ, 懈い体

▼ ちょうど水仙~ (2, 0.0%)

1 の球根, の花

▼ ちょうど江戸~ (2, 0.0%)

1 と下田, の黒船

▼ ちょうど江戸時代~ (2, 0.0%)

1 の制度, の浮世絵

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の中, の水

▼ ちょうど泊り合せ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ ちょうど浅草寺~ (2, 0.0%)

1 の入相, の闇

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の方, へ出る

▼ ちょうど海岸~ (2, 0.0%)

1 から突き出てる, に立っ

▼ ちょうど海綿~ (2, 0.0%)

1 でも絞った, を絞る

▼ ちょうど温かい~ (2, 0.0%)

1 ものが, 心もちが

▼ ちょうど温泉~ (2, 0.0%)

1 につかっ, の町

▼ ちょうど湯加減~ (2, 0.0%)

1 のよい, を見

▼ ちょうど源氏~ (2, 0.0%)

1 が車, も玉鬘

▼ ちょうど滞在中~ (2, 0.0%)

1 その家, の四月十三日

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 からの使者, から六朝時代

▼ ちょうど潜水服~ (2, 0.0%)

1 と潜水, の鉄かぶと

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 が深い深い, の干満

▼ ちょうど潰れた~ (2, 0.0%)

1 会社の, 空気枕同様に

▼ ちょうど火事~ (2, 0.0%)

1 から三日後, の時

▼ ちょうど無理~ (2, 0.0%)

1 に引っ張られてる, に詰め込んだ

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ ちょうど燃え~ (2, 0.0%)

1 ている, 旺って

▼ ちょうど父親~ (2, 0.0%)

1 のうち, の吾平爺

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の脊, 若丸

▼ ちょうど牢獄~ (2, 0.0%)

1 にいる, に監禁

▼ ちょうど状差し~ (2, 0.0%)

1 のよう, の中

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の眼, の面

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 が樹, の檻

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 をつないだ, 振時計

▼ ちょうど王子~ (2, 0.0%)

1 が眠りかける, の出

▼ ちょうど現われ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てきた

▼ ちょうど現今~ (2, 0.0%)

1 の数学, の日比谷公会堂

▼ ちょうど生き~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ちょうど生活~ (2, 0.0%)

1 に必要, の困苦

▼ ちょうど生麩~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ ちょうど町方~ (2, 0.0%)

1 の家, 見まわり

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 に描いた, を前後

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の作物, の堺

▼ ちょうど白い~ (2, 0.0%)

1 点を, 蝶の

▼ ちょうど百年~ (2, 0.0%)

1 の間けんか, ほど前

▼ ちょうど百年め~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ ちょうど百日目~ (2, 0.0%)

1 の晩, の暁方

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 から査問, が先生

▼ ちょうど目の下~ (2, 0.0%)

1 にある, の海

▼ ちょうど盲人~ (2, 0.0%)

1 が体, の通り

▼ ちょうど直角~ (2, 0.0%)

1 くらいに向ける, をなし

▼ ちょうど相応~ (2, 0.0%)

1 した関係, するよう

▼ ちょうど相手~ (2, 0.0%)

1 が欲しく, ほしやの

▼ ちょうど相談~ (2, 0.0%)

1 が出来あがった, でもする

▼ ちょうど真っ赤~ (2, 0.0%)

1 な夕陽, な花

▼ ちょうど真に~ (2, 0.0%)

1 あっけなく手ごたえ, 迫った地獄

▼ ちょうど真中辺~ (2, 0.0%)

1 だね, で奇怪

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 で畳んだ, 投げひも

▼ ちょうど石原~ (2, 0.0%)

1 の利助, も辷るだろう

▼ ちょうど祭日~ (2, 0.0%)

1 なので, には違い

▼ ちょうど科学~ (2, 0.0%)

1 の時代, の粋

▼ ちょうど空い~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ちょうど空地~ (2, 0.0%)

1 になっ, の東北

▼ ちょうど空車~ (2, 0.0%)

1 かなんぞのよう, を曳い

▼ ちょうど符合~ (2, 0.0%)

1 して, するから

▼ ちょうど結婚~ (2, 0.0%)

1 の時刻, の間ぎわになって

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 司令官大侯に, 選挙前で

▼ ちょうど背後~ (2, 0.0%)

1 のところ, の壁

▼ ちょうど能面~ (2, 0.0%)

1 に適した, の傑作

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 がなっ, のよく

▼ ちょうど自動車~ (2, 0.0%)

1 がその, が来た

▼ ちょうど良かっ~ (2, 0.0%)

1 たと, たん

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のついた, のよい

▼ ちょうど花びら~ (2, 0.0%)

1 かなどの散った, の降りかかった

▼ ちょうど花弁~ (2, 0.0%)

1 でも開く, の風

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のついた, の上

▼ ちょうど若葉~ (2, 0.0%)

1 が美しく, の見頃

▼ ちょうど茶店~ (2, 0.0%)

1 の亭主, の前

▼ ちょうど荷物~ (2, 0.0%)

1 があっ, の包み紙

▼ ちょうど葬式~ (2, 0.0%)

1 で和尚さん, の当日

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の巻葉, の葉

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 にみこまれた, に魅入られた

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の口, の片

▼ ちょうど蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 の子, の糸

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の溜り, を薄めた

▼ ちょうど行き~ (2, 0.0%)

1 の道, 違いに

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 には大名, の開院

▼ ちょうど袖子~ (2, 0.0%)

1 があの, はある

▼ ちょうど被害者~ (2, 0.0%)

1 がたっ, のそば

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 にあたる横丁, の小川

▼ ちょうど複雑~ (2, 0.0%)

1 な局面, の程度二十

▼ ちょうど西~ (2, 0.0%)

1 の方, の空

▼ ちょうど西洋料理~ (2, 0.0%)

1 で牛肉, の濁った

▼ ちょうど見舞い~ (2, 0.0%)

1 に来, に来合せ

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の手, や兄弟

▼ ちょうど親父~ (2, 0.0%)

1 の三回忌, の二代目

▼ ちょうど試合~ (2, 0.0%)

1 の場, 過ぎて

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 がとぎれた, の出た

▼ ちょうど講演~ (2, 0.0%)

1 にお, のいと

▼ ちょうど謝肉祭末日~ (2, 0.0%)

1 なので, の火曜日

▼ ちょうど谷中~ (2, 0.0%)

1 と本郷, の町

▼ ちょうど豆腐~ (2, 0.0%)

1 の蛋白質, を漉した

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の背中, の頭

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 が痛ん, の短い

▼ ちょうど足場~ (2, 0.0%)

1 になる, の好い

▼ ちょうど軍隊~ (2, 0.0%)

1 が野営, で靴

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 のよう, の上

▼ ちょうど通りかかっ~ (2, 0.0%)

1 てねずみ, て遠目

▼ ちょうど通りかかり~ (2, 0.0%)

1 の女中, の駄賃馬

▼ ちょうど適し~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ ちょうど適度~ (2, 0.0%)

1 だ, の火

▼ ちょうど部落~ (2, 0.0%)

1 のはずれ, の入口

▼ ちょうど重力~ (2, 0.0%)

1 と釣合う, を力学的

▼ ちょうど野球~ (2, 0.0%)

1 のバット, の勝抜戦

▼ ちょうど金座~ (2, 0.0%)

1 のま, の横手

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 か芥, で掘

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の塊, の板

▼ ちょうど鍵穴~ (2, 0.0%)

1 のところ, の真

▼ ちょうど鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の御, を引き払っ

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 が前, の前

▼ ちょうど鏡面~ (2, 0.0%)

1 に向っ, に映っ

▼ ちょうど長男~ (2, 0.0%)

1 のマチア, の文雄

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の前, を出よう

▼ ちょうど門内~ (2, 0.0%)

1 から忠作, の庭掃除

▼ ちょうど門前~ (2, 0.0%)

1 での出会い, の往来

▼ ちょうど間に合う~ (2, 0.0%)

1 て, ようにと

▼ ちょうど防寨~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ちょうど院長さん~ (2, 0.0%)

1 がこの間, は御

▼ ちょうど陰暦~ (2, 0.0%)

1 の十五夜, の十四

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の照る, もころあい

▼ ちょうど陽子~ (2, 0.0%)

1 の立っ, の隣り

▼ ちょうど隧道~ (2, 0.0%)

1 に支えた, の出口

▼ ちょうど雨粒~ (2, 0.0%)

1 の大き, を糸

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの品物, を取ってる

▼ ちょうど面会~ (2, 0.0%)

1 の機会, の順

▼ ちょうど面白い~ (2, 0.0%)

1 ところで, やあの

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 か下駄, の底

▼ ちょうど須弥壇~ (2, 0.0%)

1 の下あたり, を正面

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 にその, へかぶせ

▼ ちょうど額縁~ (2, 0.0%)

1 にはまった, を嵌めた

▼ ちょうど食べ~ (2, 0.0%)

1 かげんの, ていた

▼ ちょうど食事~ (2, 0.0%)

1 をし, を終わった

▼ ちょうど食事時~ (2, 0.0%)

1 だこれから, でボーイら

▼ ちょうど食物~ (2, 0.0%)

1 が半分, を料理

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 は噴きこぼれ, をたべ終った

▼ ちょうど飯頃~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 に饑, をやりすぎた

▼ ちょうど饗庭~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の影屋敷

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 なしの, の輪

▼ ちょうど香具師~ (2, 0.0%)

2 が娘

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の前, の階段

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の髄, を折らない

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 さの, 一のみて

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の様, を踏んだ

▼ ちょうど鰻屋~ (2, 0.0%)

2 のタレ

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 が篭, の飛ばない

▼ ちょうど~ (2, 0.0%)

1 の卵位, の眼

▼ ちょうど鹿~ (2, 0.0%)

1 のよう, 鳴館時代

▼ ちょうど黄身~ (2, 0.0%)

1 で白身, も白身

▼1* [3587件]

ちょうどあいあいの長, ちょうどあいさつでもする, ちょうどあいたかの女, ちょうどあいだくらいのところ, ちょうどあおむけになっ, ちょうどあがり框に, ちょうどあくる日質屋の子, ちょうどあさっての朝, ちょうどあすこだ, ちょうどあそこが真中, ちょうどあたっている, ちょうどあたる条件を, ちょうどあちらの群れ, ちょうどあった泥たんこを, ちょうどあつらえゆきの, ちょうどあと月だから, ちょうどあなたみたいなもの, ちょうどあなた達のよう, ちょうどあの世からやってきた, ちょうどあぶなくなくて, ちょうどあまりよくない, ちょうどいあわせて, ちょうどいいじぶんに, ちょうどいいつり合いになり, ちょうどいい乗っけてもらおう, ちょうどいい寝場所だ, ちょうどいい柔かさの, ちょうどいかめしい重たい漢字の, ちょうどいきちがいにふたり, ちょうどいく十年前の娘, ちょうどいざ出かけようと, ちょうどいたいけな祥子, ちょうどいちばん小さい牛若, ちょうどいっしょに旅, ちょうどいっぱいになった, ちょうどいつでも普通, ちょうどいつぞや入って, ちょうどいつも石太郎の, ちょうどいないもんだ, ちょうどいばらの中, ちょうどいまごろ晩御飯を持っ, ちょうどいまごろ重罪裁判廷でこしらえられ, ちょうどいまランチが一せき, ちょうどいま一株のサラダ菜, ちょうどいま南洋から到着, ちょうどいま太陽が水平線, ちょうどいま柳橋ですが, ちょうどいま網で岸, ちょうどいま花を咲かせ, ちょうどいま貴方のうわさ, ちょうどいま貴殿取押え方, ちょうどのよう, ちょうどうす暗い河岸ぶち, ちょうどうす皮の上等, ちょうどうす青い水の, ちょうどうとうとして, ちょうどうなされた者が, ちょうどうろついていた, ちょうどえびが落ち, ちょうどおいしい夕飯の, ちょうどおいでなれば, ちょうどおきあがっていた, ちょうどおきぬの前, ちょうどおしまいになりかけた, ちょうどおじいさんの帽子, ちょうどおじさんはさ, ちょうどおとし穴の, ちょうどおとついの日暮れ, ちょうどおととしの秋, ちょうどおとなのやる, ちょうどおとなしい人が, ちょうどおばさんのいる, ちょうどおまんは, ちょうどおまえさまの家, ちょうどおまるのよう, ちょうどおめでたい新聞小説と, ちょうどおらが交代, ちょうどおりたところで, ちょうどおわったところじゃ, ちょうどお仕置を見物, ちょうどお伽噺か何, ちょうどお前たちにそっくり, ちょうどお勝手の煮物, ちょうどお召でご, ちょうどお姫さまがお, ちょうどお客部屋の時計, ちょうどお家で白い, ちょうどお寺詣りに, ちょうどお座敷がございます, ちょうどお日様が今, ちょうどお松が出張, ちょうどお湯にはいり, ちょうどお父さんがなくなっ, ちょうどお父つぁんが来, ちょうどお話のよう, ちょうどお越しになっ, ちょうどお通夜で家中, ちょうどお酉さまのとき, ちょうどお隣で断わられた, ちょうどお雛様の宵節句, ちょうどぶとを, ちょうどかかる形象として, ちょうどかぎの手, ちょうどかくのごとき, ちょうどかしわばやしの前, ちょうどかたわらに生え, ちょうどかっきりお約束, ちょうどかみついてるようだった, ちょうどかよ子はそこ, ちょうどからだにいいでしょう, ちょうどかれと同年配, ちょうどかわきかけた血の, ちょうどきあわせていた, ちょうどきかけたつばめは, ちょうどきたない所を, ちょうどきのう紙芝居が立っ, ちょうどきみが明智先生, ちょうどきょう湯島の天神さま, ちょうどきわめて大事な, ちょうどくさむらの, ちょうどくすぶっている, ちょうどくずれおちた屋根の, ちょうどくそ虫の, ちょうどくらいのところだろう, ちょうどぐあいよく江戸に来, ちょうどぐあいよく隣によい, ちょうどぐうぐうおやすみになっているのをさいわいにその長い, ちょうどけむりのよう, ちょうどこくたん, ちょうどここいらで予期どおり, ちょうどこしらえてあった, ちょうどことし七年の回忌, ちょうどことし十五になっ, ちょうどことし妙齢十八世にはあるまじき, ちょうどこども御輿を担ぎ出す, ちょうどこのごろのよう, ちょうどこの小さな散際, ちょうどこぶしの花, ちょうどこれから少し後に, ちょうどこれらの連中, ちょうどころあいなまた, ちょうどころあいを見はからっ, ちょうどこわした彫像の, ちょうどこんがらもせいた, ちょうどこんもりした木かげ, ちょうどごうんごうんと遠寺, ちょうどごく恐れられてる三人, ちょうどごらんになった, ちょうどご用も終った, ちょうどさかりがついた, ちょうどさしかかったのが, ちょうどさし向いになっ, ちょうどさっきろうかのつき, ちょうどさっきリリイのそば, ちょうどさっき岡の上, ちょうどさっき映画で見た, ちょうどさまざまの騒音, ちょうどさんごの, ちょうどさんび歌をうたいおわっ, ちょうどおじの, ちょうどしずもうとした, ちょうどしょい投げをくう, ちょうどしょうがを食べた, ちょうどしんたのむねあたり, ちょうどし終えて猫, ちょうどすぐれた彫刻家の, ちょうどすこし前に, ちょうどすすきの原, ちょうどすずを鳴らす, ちょうどするどいつるぎを, ちょうどすれちがったこの大岡忠相, ちょうどせきをする, ちょうどそういったような, ちょうどそうぞうしい蜂の巣の, ちょうどそこできつねと, ちょうどそちが煩っ, ちょうどそっくりそのままの情景, ちょうどそっと手を, ちょうどそのうちい, ちょうどそのままのよう, ちょうどその同じころ岬の, ちょうどその後二日経った空模様, ちょうどその後大蔵大臣の宅, ちょうどその道こそ原典批判, ちょうどその頃東京では勧業博覧会, ちょうどその頃氏は着色, ちょうどそば近く流れて, ちょうどそれだけの数, ちょうどそれらが發見, ちょうどそれトゥルゲーネフ氏の, ちょうどたくさんいる小使, ちょうどたくさん仕事があった, ちょうどたそがれどきで出かけるつもり, ちょうどたそがれ時であったが, ちょうどたそがれ時人通りが絶え, ちょうどただ今参りました, ちょうどたった今西門の, ちょうどたとえば仕掛け花火か, ちょうどん取, ちょうどだらだら下なり, ちょうどだるまが夕陽, ちょうどちぎれてしまった, ちょうどちんどん屋のいた, ちょうどついた時年よった, ちょうどついでだから, ちょうどつかまえ加減な, ちょうどつかれはてている, ちょうどつまらなそうに, ちょうどつまらぬものだ, ちょうどつらいことどもは, ちょうどまえが, ちょうどであった町人ふうの, ちょうどでしょうそれからお, ちょうどとうもろこしのつぶ, ちょうどところが千住の, ちょうどとっぷり日も, ちょうどとりでが火, ちょうどどこかの粋, ちょうどどなたかとお話し, ちょうどどんな迷信か, ちょうどなぎさの, ちょうどなくなった騒ぎのさ, ちょうどなす色を, ちょうどなって参ります, ちょうどなまけ者が節季, ちょうどなんだな, ちょうどにおいあらせいとうがパリ, ちょうどにんげんが, ちょうどねじをまかれた, ちょうど十五番て, ちょうどいる前, ちょうどはいその荷車, ちょうどはいったとき十時が, ちょうどはくちょうが, ちょうどはげ頭なので, ちょうどはじめてお茶だの, ちょうどはっきりとまとまった, ちょうどはつが来合せ, ちょうどはてのない, ちょうどはまっている, ちょうどはまりますけれども額際, ちょうどはり付けでもした, ちょうどはんのきの梢, ちょうどばらがうずめられた, ちょうどぱらぱらと散っ, ちょうどひき潮ですさまじい, ちょうどひじょうに悪かった, ちょうどひとかどの, ちょうどひとりの人間, ちょうどひと晩でもとの枕, ちょうどひと月おくれで, ちょうどひどい大雨が, ちょうどひょうたんをつないだ, ちょうどびょうぶを二, ちょうどふさわしくまたその, ちょうどふたりのまう, ちょうどふつうの家, ちょうどぶらんこの綱, ちょうどべつな用向き, ちょうどほおのきの花, ちょうどほかの下宿人, ちょうどほどよい高さ, ちょうどほらむく毛が, ちょうどほんとうに人生, ちょうどまあ年かっこうも, ちょうどまえにきた, ちょうどまっ唯中北緯二十度から, ちょうどまっかな傷口, ちょうどまにあって二十面相, ちょうどまばたきでもする, ちょうどまんなかに島, ちょうどみかんは主食, ちょうどみな休業いたして, ちょうどむかし流行せしコックリ様, ちょうどむしゃくしゃして, ちょうどむすめも, ちょうどもちの木坂の下あたり, ちょうどもとお延, ちょうどものにお, ちょうどももんがあの翔っ, ちょうどもらい手を探し, ちょうどやけどのあの, ちょうどやすみ時間で, ちょうどやって来たばかりのところ, ちょうどやって来る二時の, ちょうどやり過ごした意味に, ちょうどゆんべでさ, ちょうどさそうな, ちょうどよいおりぜひお目にかかっ, ちょうどよい明るさが, ちょうどよきところの, ちょうどよそから帰っ, ちょうどよろしうございます鉄瓶, ちょうどよろしき仕上げでは, ちょうどりんごが赤く, ちょうどわが家の庭, ちょうどわざと飛ばしたよう, ちょうどわたしらの真, ちょうどわらさの季節, ちょうどわるく級担任の, ちょうどわれらが便所, ちょうどわれら人類の祖先, ちょうどアノ日の目を恐れ, ちょうどアノ辺に鱶, ちょうどアブ・ハサンが屁, ちょうどアベコベになっ, ちょうどアメリカ人の金銭, ちょうどアラビアン・ナイトに出, ちょうどアントアネットの誕生日, ちょうどイタリー第一, ちょうどイブセンの, ちょうどインド航路が打開, ちょうどウェルズの未来小説, ちょうどウェルテルが悲しく, ちょうどウサギが消えた, ちょうどウロンスキイが自分, ちょうどエイプリル・フールの当日, ちょうどエジプトの昔, ちょうどエスカレーターの最, ちょうどエベレストの頂上, ちょうどエポニーヌが盗賊ら, ちょうどエマルぐらい美しかっ, ちょうどエレベーターに乗っ, ちょうどオシアン物語から出, ちょうどオタツとナガレ目, ちょうどオドラデクという言葉, ちょうどオペラの特等席, ちょうどオヤジと僕, ちょうどオリオン号と相, ちょうどオリヴィエに出会った, ちょうどオルガンとかピアノ, ちょうどオーカミイナリの系図, ちょうどカゴへ乗っ, ちょうどカシムがるすでした, ちょうどカステラの通りでようございます, ちょうどカバンぐらいの大き, ちょうどカプールを発った, ちょうどカモ七が通る, ちょうどカラザースさんが入っ, ちょうどカラーの辺, ちょうどカントが土星, ちょうどガスをつめた, ちょうどガラス絵と同じ, ちょうどガラッ八も, ちょうどガンドウのよう, ちょうどガーネットのよう, ちょうどキャベツの芽, ちょうどキリスト様がわし, ちょうどギリシアがローマ, ちょうどクエカー宗徒のよう, ちょうどクマの子, ちょうどクライフスキーの町, ちょうどクラムの代理, ちょうどクリにおける, ちょうどクリスチャンでなくとも, ちょうどクリストフの室, ちょうどクリスマスであった, ちょうどクリヴォフ様が悲鳴, ちょうどクロールのフォーム, ちょうどクールフェーラックとアンジョーラ, ちょうどグラムダルクリッチはその, ちょうどグルーズの好ん, ちょうどグループの真ん中, ちょうどグージャールが彼, ちょうどゲエテがファウスト, ちょうどゲルダぐらいの大き, ちょうどコキュールの白く, ちょうどコサック馬の演技, ちょうどコマ市が似た, ちょうどコンナ号外が出た, ちょうどゴムのスポイト, ちょうどゴム長の人, ちょうどゴム風船のしなびた, ちょうどゴヤの, ちょうどゴリラの歩き振り, ちょうどゴルドン一行が不在, ちょうどゴーゴンの伝説, ちょうどゴーッゴーッと風, ちょうどサア・クリストファ・ブラウントがウォンステッド, ちょうどサラット先生もシャブズン・ラマ, ちょうどサラット師が帰っ, ちょうどシナ人がむやみ, ちょうどシナ領と法王領, ちょうどシナ風の劒, ちょうどシベリアに伽羅, ちょうどシャリアピンの独唱会, ちょうどシュミットがその, ちょうどシューマンの例, ちょうどショウブと同じ, ちょうどジキタミンの注射, ちょうどジャボール公学絞の, ちょうどジュールダンさんが文法, ちょうどジョンドレットの女房, ちょうどジリジリ照りの, ちょうどジーグフリードの木の葉, ちょうどスタジオ入りの許し, ちょうどスタンドの女, ちょうどスペインの闘牛士, ちょうどスミスさんの死骸, ちょうどスミス警部が船長室, ちょうどスープ鍋が半分, ちょうどズキズキ痛むよう, ちょうどセラに問答, ちょうどセーヌ川の急流, ちょうどゼノアで, ちょうどソフトフォーカスの写真, ちょうどソレそこの上, ちょうどソヴェト同盟の新しい, ちょうどソヴェト社会が社会主義, ちょうどゾウが歩い, ちょうどタイムの場合, ちょうどダシコフがイワノウィッチ, ちょうどダージリンを立っ, ちょうどチチコフがまだ, ちょうどチャップリンが東京, ちょうどチョビ安がこんな述懐, ちょうどツイデだ, ちょうどツブができる, ちょうどツレヅレの折, ちょうどテイジョ河口の三角浪, ちょうどテムズ河の真上附近, ちょうどトゥリローニーが発砲, ちょうどトゥールキン家の前, ちょうどトヤに入っ, ちょうどトランプの人物模様みたい, ちょうどトリオでチャイコフスキー, ちょうどトントンなどというの, ちょうどトンネルの出口, ちょうどドイツ人にとっての新聞, ちょうどドイツ軍がオランダ, ちょうどナーシッサスが自分, ちょうどニュートンの説, ちょうどニューヨークに到着, ちょうどニルヤに往来, ちょうどネコがネズミ, ちょうどネパール政府が五年, ちょうどハレー彗星の尾, ちょうどハンドルをつかむ, ちょうどバターが皮, ちょうどバビロニア人における太陽神マルドゥク, ちょうどバボ作戦の最中, ちょうどバランスがとれ, ちょうどバレイの幕あき, ちょうどバンドをゆるめ, ちょうどパアク・レインへさしかかった, ちょうどパッと堤燈, ちょうどパラパラ落ちて, ちょうどパリーのある, ちょうどパンを捏ね, ちょうどパーヴェル・パーヴロヴィチが留守, ちょうどヒマだから, ちょうどヒリッピン人の会合, ちょうどビクトールを連れ, ちょうどビタミンの注射, ちょうどビルの三階, ちょうどビレラフォンがその, ちょうどビール瓶のかけら, ちょうどピグマリオンに対するガラテア, ちょうどピストル事件が起った, ちょうどピストル強盗といったよう, ちょうどピタリとはまります, ちょうどピラミッド形の叉銃, ちょうどピータア位の身丈恰好, ちょうどフィルムをつなぐ, ちょうどフイルム式の映画, ちょうどフチが此の度, ちょうどフランス発声映画に対すると同じ, ちょうどフリーダがもっ, ちょうどブドリが二十七, ちょうどブラウン運動の記述, ちょうどブランドリーさんが伴船, ちょうどブリクストン附近に落ち, ちょうどブリュジョンについて完全, ちょうどブルームズベリイ広場をぬけよう, ちょうどブレフスキュ皇帝を訪ねよう, ちょうどプラットが帰っ, ちょうどプリズムの面, ちょうどプロペラの真正面, ちょうどプロレタリア文学の萌芽, ちょうどヘビににらまれた, ちょうどベッキイがそっと, ちょうどベルリンから夜汽車, ちょうどホーマーの叙事詩, ちょうどホールにはラグ, ちょうどボクさんの両親, ちょうどボンベイ大学を卒業, ちょうどボートが汽船, ちょうどボートレースに櫂, ちょうどボール投げを, ちょうどポコちゃんの前, ちょうどポルカでも踊っ, ちょうどマクドナルド博士も私, ちょうどマクラの下, ちょうどマグロアールは寝床, ちょうどマッグがこう, ちょうどマルクスの五十年祭, ちょうどマルコが小さい, ちょうどマルセーユの, ちょうどマンナカぐらいである, ちょうどマン中の汽鑵, ちょうどマン中へんに当っ, ちょうどミュンスターベルヒの実験, ちょうどミリガン夫人はじゅうぶん, ちょうどミンチン先生自身がセエラ, ちょうどムッソリニと同じ, ちょうどムンクの老婆, ちょうどメダルのよう, ちょうどモスクワ市の何処, ちょうどモチ竿にとまった, ちょうどモデルでも観察, ちょうどモヒ患者の如く中, ちょうどモロッコ国マザガン港の桟橋, ちょうどモンマルトルの赤い, ちょうどモー正午だ, ちょうどヨハンの故郷, ちょうどヨーロッパ勢力の東方, ちょうどライプニッツのいう, ちょうどラサの野辺, ちょうどラシーヌが昔, ちょうどラジウム二百瓦の容器, ちょうどラムプの芯, ちょうどランク伯爵が上院議員, ちょうどリンゴの実, ちょうどルイ十四世が自分, ちょうどルパンはいなかった, ちょうどルビーのよう, ちょうどルピック夫人が窓ぎわ, ちょうどレコオド音楽の普及, ちょうどレコードは愛馬行進歌, ちょうどレスターの衰頽, ちょうどレブロースの真中, ちょうどレミヤが教会, ちょうどレンズの前, ちょうどロアール川とドルドーニュ川, ちょうどロイドの喜劇, ちょうどロッティと眼, ちょうどロンシャンにおける, ちょうどローマのある, ちょうどローマ字の, ちょうどワグラムの一戦, ちょうどンナにいい, ちょうどヴィーンへ到着, ちょうどヴェニスの運河, ちょうどヴェリチャーニノフが往來, ちょうど一〇〇くらいになる, ちょうど一しきり日本の, ちょうど一つ橋を出よう, ちょうど一カ月で棒, ちょうど一ト風呂浴びて, ちょうど一ノ谷の中盤戦, ちょうど一プロの一瓦, ちょうど一ヶ月ほど前, ちょうど一万年かかって, ちょうど一乗寺村から来, ちょうど一九三七年ころの京大, ちょうど一二年前に彼, ちょうど一人一人がじ, ちょうど一休和尚の伝, ちょうど一切を神, ちょうど一千一百年ばかり前, ちょうど一千二百八十余年以前かの三蔵法師, ちょうど一升あります, ちょうど一周忌にあたる, ちょうど一天才の個人的気分, ちょうど一幕目がおわっ, ちょうど一年あまりになります, ちょうど一年あまり前に私, ちょうど一年おきにしかも, ちょうど一年余り居りましたが, ちょうど一年半目に人間, ちょうど一年振りで二度, ちょうど一心に考え詰め, ちょうど一掴みの煎り, ちょうど一撃のもと, ちょうど一文不知の者, ちょうど一日前に帰村, ちょうど一昨年中村氏が議会, ちょうど一昨日の夕方, ちょうど一昨日武器を取り上げた, ちょうど一時が鳴った, ちょうど一時代だけ後れ, ちょうど一時十分だった, ちょうど一時半オツベルは皮, ちょうど一時頃荷物を整え, ちょうど一月前父母に連れられ, ちょうど一本足の案山子, ちょうど一村が銀世界, ちょうど一村落のよう, ちょうど一杯始めて, ちょうど一流の旗, ちょうど一町半ばかりある, ちょうど一番電車が通った, ちょうど一番鶏の鳴く, ちょうど一皿の焼鳥, ちょうど一種の低, ちょうど一稽古終ったところ, ちょうど一競走終ったところ, ちょうど一箇月前の十月二十日, ちょうど一腹の数, ちょうど一足違い位なもん, ちょうど一週ほどする, ちょうど一週間めのこと, ちょうど一週間前先週の月曜日, ちょうど一里余上りてチスパニー, ちょうど一間ばかり天井, ちょうど一面に散り敷いた, ちょうど丁子風呂の女, ちょうど七つになられた, ちょうど七つ位の子供, ちょうど七ツさがり暑い, ちょうど七ツごろでもう, ちょうど七ツ頃雪が止ん, ちょうど七人目を運ん, ちょうど七代こんなお平, ちょうど七八月時分には遊牧民, ちょうど七刻下がりの刻限, ちょうど七十二になる, ちょうど七十年まだ宿根, ちょうど七十歳である, ちょうど七名いたが, ちょうど七字と十ミニュート, ちょうど七対三ぐらいにわかれ, ちょうど七年前に市野さん, ちょうど七年前先代の旦那, ちょうど七抱え半ある, ちょうど七日お暇, ちょうど七時を打った, ちょうど七時半です, ちょうど七時頃まで歩きました, ちょうど七月の九日, ちょうど七月二十一日の事, ちょうど七月十四日です, ちょうど七枚と見られ得る, ちょうど七番地の家, ちょうど七草の日, ちょうど七面鳥のよう, ちょうど万朶の雲, ちょうどの高, ちょうど丈吉君ののぞい, ちょうど三か月目に不意, ちょうど三つの節, ちょうど三つ違いの兄さん, ちょうど三ツヶ谷や扇ノ山附近, ちょうど三ヶ月と二日目, ちょうど三丁目の所, ちょうど三両二分に相成ります, ちょうど三井寺のうしろ, ちょうど三人の頭, ちょうど三仏堂の前, ちょうど三代なに不自由なく両替屋, ちょうど三代軍学をもっ, ちょうど三倍となっ, ちょうど三円一銭ですね, ちょうど三十の美丈夫, ちょうど三十一年前女のこと, ちょうど三十三年の三月十日チベット暦, ちょうど三十何年目に一度, ちょうど三十前後だろう, ちょうど三十年になります, ちょうど三十年前の閏土, ちょうど三十枚あるでは, ちょうど三十頭ある, ちょうど三千ルーブルだけおれ, ちょうど三千両が蔵, ちょうど三味線堀へさしかかっ, ちょうど三四カ月ほど前, ちょうど三四十人ほどそこ, ちょうど三四十人蔦のかけ橋, ちょうど三四日病気して, ちょうど三字と四十ミニュート, ちょうど三年以前上海へ上陸, ちょうど三年以前千枝子が二度, ちょうど三年前諸国の国状, ちょうど三度ほどそうして, ちょうど三度日比谷を巡回, ちょうど三度目だ, ちょうど三日めにお, ちょうど三日間つづけて, ちょうど三昼夜もつづいた, ちょうど三時ごろよ, ちょうど三時五分になる, ちょうど三時半頃だったと, ちょうど三時間ばかり費やし, ちょうど三時頃だったと, ちょうど三晩の間, ちょうど三月初めっ方, ちょうど三本目の雫, ちょうど三村刑事が戻った, ちょうど三枚になる, ちょうど三枚め畳の裏腹, ちょうど三段尾行である, ちょうど三浦半島めぐりを, ちょうど三番目の, ちょうど三百両と一分, ちょうど三百両一分になった, ちょうど三百円になった, ちょうど三百歳になります, ちょうど三菱船がなかっ, ちょうど三角な帽子, ちょうど三角対峙をなし, ちょうど三角浪のよう, ちょうど三角点に当っ, ちょうど三輪神社から曲りこんだ, ちょうど三週間前ドミトリイ・フョードロヴィッチがある, ちょうど三週間目のある, ちょうど三遍に沢山, ちょうど三,四回目ぐらいです, ちょうど上あたりにぐさり, ちょうど上かげんでございます, ちょうど上がり框の影, ちょうど上がり湯を使おう, ちょうど上げ汐の満潮, ちょうど上って隅田, ちょうど上ったところとは, ちょうど上りが来た, ちょうど上りバスが警笛, ちょうど上り下りの旅, ちょうど上二段活用があります, ちょうど上京中であった星野直樹氏, ちょうど上元の日, ちょうど上玉が一人, ちょうど上衣の丈, ちょうど上野公園で平和博覧会, ちょうど下りくる主人の, ちょうど下り坂になった, ちょうど下層における水蒸気, ちょうど下界であおむき, ちょうど下総の知行所, ちょうど下関の大吉, ちょうど似合いな, ちょうど不治の病にかかった, ちょうど不治の病いにわずらっ, ちょうど不破の関, ちょうど与助が酒, ちょうど与吉の小屋, ちょうど与次郎の家, ちょうどの刻, ちょうど丑満であった来の, ちょうど丑満時甚五衛門は小姓, ちょうど世の中の一つ, ちょうど世界の努力, ちょうど世話物の三幕目, ちょうどの下, ちょうど両側が沼, ちょうど両手をさげ, ちょうど両者の間, ちょうど並んだ隣の, ちょうど中元の頃, ちょうど中入だから, ちょうど中国地方のイノコヅキ, ちょうど中国料理の発達, ちょうど中天真夏の暑, ちょうど中央気象台へ直結, ちょうど中学の先生様, ちょうど中宮の運, ちょうど中村地平と真杉静枝, ちょうど中橋広小路の辺, ちょうど中程のところ, ちょうど中納言が訪ね, ちょうど中華大陸史における北夷, ちょうど中門の上, ちょうど丸一個月前の事, ちょうど丸一年目の日附, ちょうど丸山教の御, ちょうど丸木たちの乗っ, ちょうど丸薬を水薬, ちょうど主治医が町, ちょうど久しく別れて, ちょうど久七も帰っ, ちょうど久米正雄君や菊池君, ちょうど乗合が揃ッ, ちょうど乗合自動車が始まり, ちょうど乗物もあれ, ちょうど九ツの鐘, ちょうど九人か十人位, ちょうど九十年目になる, ちょうど九十日めの朝, ちょうど九年乃至十年前, ちょうど九時すぎごろでございます, ちょうど九時半に彼, ちょうど九時半頃にし, ちょうど九月九日の菊日, ちょうど九月節句前鼠木綿の着物, ちょうど九百七十日目約束どおりこれから先, ちょうど九百九十九本ありました, ちょうど九貫匁ばかりの荷物, ちょうど乾涸びた糒の, ちょうど乾草の上, ちょうど亀裂のよう, ちょうど亀裂だらけになっ, ちょうど予期して, ちょうどの字形, ちょうど二か月後に関東大震災, ちょうど二つちがいになる, ちょうど二つ目の隧道, ちょうど二カ月して, ちょうど二カ月出演したが, ちょうど二カ月前初めて彼女, ちょうど二ヵ年と三ヵ月, ちょうど二ヵ月目でした, ちょうど二ヶ年間に七百十五円, ちょうど二丁目の角, ちょうど二万円の代物, ちょうど二三人ほどの少女, ちょうど二三年前裕八郎が四万温泉, ちょうど二三日前激しく雨水, ちょうど二三日風邪をひいた, ちょうど二三週間前のこと, ちょうど二人づれの守衛, ちょうど二人分の席, ちょうど二倍になる, ちょうど二匹ずつに分けよう, ちょうど二十と最後, ちょうど二十キロメートルすなわちざっと, ちょうど二十一日目の満願, ちょうど二十七八歳にもなる, ちょうど二十七度休みがあった, ちょうど二十三四まさにまさしくべっぴん, ちょうど二十世紀半ばの世界歴史, ちょうど二十九年で, ちょうど二十九日の夜, ちょうど二十五だったからの, ちょうど二十五万法勝ったところ, ちょうど二十五日目だな, ちょうど二十五日目月もこえ, ちょうど二十八分かかったのね, ちょうど二十八年目である, ちょうど二十名になった, ちょうど二十四時間も遅れ, ちょうど二十年もたて, ちょうど二十挺あった, ちょうど二十日鼠がそこ, ちょうど二十時であった, ちょうど二十枚で拾銭, ちょうど二十面相がおそおう, ちょうど二学期の試験, ちょうど二年前一昨年の晩春, ちょうど二年半ばかり前, ちょうど二日前に品川, ちょうど二日目だったそう, ちょうど二時三十分鐘鳴器, ちょうど二時間四十分遅れて, ちょうど二時頃銃声が轟いた, ちょうど二月四日に当る, ちょうど二月守田座には本所, ちょうど二本の木, ちょうど二杯分殘ってるきれい, ちょうど二枚しかなかっ, ちょうど二番がはじまった, ちょうど二百字だ, ちょうど二碗の黄酒, ちょうど二科会と美術院, ちょうど二箇の環, ちょうど二羽の火, ちょうど二週間前でございますが, ちょうど二週間後の頃, ちょうど二里ばかりはなれた, ちょうど二里半ほど山, ちょうど二里足らず登りますと, ちょうど二重人格的な対比, ちょうど五ツ半が四ツ, ちょうど五ヵ月まえ都, ちょうど五万円という話, ちょうど五三事件の記念日, ちょうど五人いた, ちょうど五六軒のテント, ちょうど五分前にあの, ちょうど五分前頃に三人, ちょうど五刻の鼓, ちょうど五刻半ごろ大川の闇, ちょうど五十の坂, ちょうど五十三である, ちょうど五十人ばかりの捕虜, ちょうど五十六丁目の日蔭, ちょうど五十円ほどありました, ちょうど五十四を越えよう, ちょうど五十年に相当, ちょうど五十日前になくなりました, ちょうど五十歳だったな, ちょうど五年目になる, ちょうど五年間先生に師事, ちょうど五徳の足, ちょうど五時ごろだったそう, ちょうど五時半ごろでしたかネ, ちょうど五月まちは端午, ちょうど五月一日から三十日, ちょうど五月中頃でございましたから, ちょうど五月目になっ, ちょうど五月雨が降っ, ちょうど五条まで用達, ちょうど五枚に当たる, ちょうど五枚燦然としてガラッ, ちょうど五百九十五年前の物, ちょうど五百人だ, ちょうど五百文だった, ちょうど井上様がお, ちょうど井桁に家, ちょうど井筒屋へ行っ, ちょうど亜剌比亜から名高い, ちょうど亜米利加人がルーズベルト, ちょうど亜米利加合衆国に使節, ちょうど交叉点のあたり, ちょうど交番焼打の当時巡査, ちょうどと大阪, ちょうど京橋の擬宝珠, ちょうど人さし指の頭, ちょうど人ひとりはいれる, ちょうど人びとが七曲り, ちょうど人丈三つばかりな, ちょうど人力があっ, ちょうど人員は五人, ちょうど人家の窓, ちょうど人影が絶え, ちょうど人殺しの時刻, ちょうど人猿そのもののよう, ちょうど人肌地蔵の上, ちょうど人足四人持ちで大きな, ちょうど人通の少い処, ちょうど人間一人の重味, ちょうど人間世界にエライ人, ちょうど仁王門の手前, ちょうど今ここにいる, ちょうど今ごろ五月の節句, ちょうど今ごろ冬近い日, ちょうど今しがたのよう, ちょうど今そこにゆるんだ, ちょうど今にも何か, ちょうど今はしごまがいの階段, ちょうど今ぼくらが自動車, ちょうど今カルルにはそう, ちょうど今ヘリコン山の頂, ちょうど今一人の男, ちょうど今一台の人力車, ちょうど今一枚素敵に好い, ちょうど今人の形, ちょうど今何か白い, ちょうど今回の地震, ちょうど今塩ビスケットを割っ, ちょうど今夜それを閉め忘れた, ちょうど今夜彼女が開い, ちょうど今夜父が出かけました, ちょうど今宵はみな宴席, ちょうど今寺男は主, ちょうど今店の前, ちょうど今度の婚礼問題, ちょうど今彼方から退出, ちょうど今忍びやかに出, ちょうど今我々が見捨て, ちょうど今日このごろの季節, ちょうど今日ボルネオのパプア人, ちょうど今日三十五日に, ちょうど今日中の上り高, ちょうど今日兄十兵衛の木剣, ちょうど今日府中の火祭り, ちょうど今日明治天皇や大正天皇, ちょうど今日江戸へ入った, ちょうど今日駕にのせ, ちょうど今春から週刊誌上, ちょうど今時はやりの繁文縟礼, ちょうど今時分秋のはじめ, ちょうど今時分釜山沖へかかる, ちょうど今時屯田兵の宿舎, ちょうど今晩嫁を迎える, ちょうど今書き終った手紙, ちょうど今月じゃありません, ちょうど今月今日召捕られまして, ちょうど今朝私が出, ちょうど今朝髪を洗っ, ちょうど今村がその, ちょうど今母子で通っ, ちょうど今私がした, ちょうど今自分の生れた, ちょうど今門を入っ, ちょうど今頃熊谷を連れ, ちょうど今頃自分は福島, ちょうど今首を切られ, ちょうど今馬の鼻面, ちょうど仏手柑のごとく, ちょうど仕かけた房の, ちょうど仕上げました見に来, ちょうど仕合わせにも医者, ちょうど他人を赦さぬ, ちょうど他流試合でもする, ちょうど仙人のいる, ちょうど仙台教会に押川先生, ちょうど代掻きの時期, ちょうど代数の因子分解, ちょうど代診さんの方, ちょうど以前刺を抜い, ちょうど塀の, ちょうど仮装舞踏会のよう, ちょうど仲小路様おいで遊ばした, ちょうど仲店の街路, ちょうど伊之助は木曾福島出張中, ちょうど伊藤松坂屋の前, ちょうど伊豆半島を南下, ちょうど伊須気依媛, ちょうど伊香刀美の頭, ちょうど伏見屋の下男, ちょうど伏見屋伝七の三回忌, ちょうど休むにいい, ちょうど休暇中の久世隆光, ちょうど休職中でため, ちょうどを二つ, ちょうど会社の退けた, ちょうど伜海舟の柔術, ちょうど伝右衛門が懐中, ちょうどれて, ちょうど伴伝の前, ちょうど伴奏さえもつかない, ちょうど伸びた髯を, ちょうど似つかわしく何故是, ちょうど似つこらしい夫婦ゆえ互いに, ちょうど似合っている, ちょうど似合ってる私は, ちょうどとの生活, ちょうど位牌ヶ岳の追分, ちょうど気圧の, ちょうど住吉まで帰る, ちょうど佐野十郎らの供人, ちょうど何かしら人懐かしい折柄, ちょうど何もかも徳川瓦解の, ちょうど何一つ見落すまいと, ちょうど何処からか帰っ, ちょうど何年も顔, ちょうど何日もの時刻, ちょうど余日もすく, ちょうど余興のかわり目, ちょうど作品を少し, ちょうど作左衛門の三十五日, ちょうど作者の結論, ちょうど使用人がそば, ちょうど例えば全軍, ちょうど例年より早くめずらしい, ちょうどが下下, ちょうど便乗という言葉, ちょうど係蹄に陥ちた, ちょうど俊亮が階下, ちょうど俊夫君の前, ちょうどと出刃, ちょうど信仰の目標, ちょうど信吉の芝居, ちょうど信長様がこの, ちょうどがやって来た, ちょうど俯伏になった, ちょうど俯向いて, ちょうどの中, ちょうど倉庫の前, ちょうど倉持の話, ちょうど倉田百三氏の, ちょうど個人がもの, ちょうど倒れた五兵衛どんを, ちょうどがどう, ちょうど停止的人口を維持, ちょうどを通りかかった, ちょうど偶然太陽の方向, ちょうどへ来合わせた, ちょうど備後の鞆, ちょうど傭人達の食事時間, ちょうど傷寒のよう, ちょうど傷病兵でも使う, ちょうど傷痕にでも触れられた, ちょうど働きざかりだ, ちょうど僕たちはお八つ, ちょうど僕らが立っ, ちょうどの順帝, ちょうど元旦であったため, ちょうど兄妹仏のよう, ちょうど兄弟のよう, ちょうどすもの, ちょうど先々月の月半ば, ちょうど先刻の夕立, ちょうど先刻お話したお, ちょうど先帝後醍醐の一行, ちょうど先方にいた, ちょうど先日神尾が凧, ちょうど先月までくらい込ん, ちょうど先週より事務所, ちょうど光り苔の, ちょうど光也の掌, ちょうど光太郎が米遊, ちょうど光秀が小栗栖附近, ちょうど免官になっ, ちょうどのお父さん, ちょうど入ってきた, ちょうど入れ違に, ちょうど入れ交いぐらいな時間, ちょうど入れ替え時な, ちょうど入学という新しい, ちょうど入梅の真中, ちょうど入浴りごろ, ちょうど入笠山あたりのハイキング, ちょうど入院患者のよう, ちょうど全体が見渡されます, ちょうど全国の高等学校入学, ちょうど全身に黥, ちょうど全速力を出し, ちょうど八ぴきの鉄, ちょうど八ツか九ツ時分, ちょうど八ツ橋形に歩行板, ちょうど八丁鼻の荒広介刑事, ちょうど八世紀以前われわれは彼, ちょうど八人だという, ちょうど八分通りでした, ちょうど八十四歳いっぱいになっ, ちょうど八咫の鏡, ちょうど八年前一八二三年のクリスマス, ちょうど八方の眼, ちょうど八日の日, ちょうど八日目のこと, ちょうど八時ごろゆうべと寸分, ちょうど八時幾分かの急行, ちょうど八時間目にやっと, ちょうど八月九日に郷里, ちょうど八月五日のこと, ちょうど八月十五夜の晩, ちょうど八月四日の正午, ちょうど八枚として計算, ちょうど八王子にたずねなけれ, ちょうど八番目のチビ, ちょうど八畳の居間, ちょうど八畳敷だ, ちょうど八百やが, ちょうど公務も閑暇, ちょうど公私の用, ちょうど六か月目にはズンズン匍匐, ちょうど六ツ半ごろのこってさ, ちょうど六ヶ年間松年画塾にい, ちょうど六七歳の時, ちょうど六万四千七百六十九匹の職工, ちょうど六個月以前にあなた, ちょうど六兵衛先生の名, ちょうど六区のはねた, ちょうど六十歳になった, ちょうど六年前の旧暦盆, ちょうど六度続いた, ちょうど六方石のよう, ちょうど六日まえから, ちょうど六日比の月, ちょうど六本指の赤ん坊, ちょうど六百年も前, ちょうど六週間ばかり前, ちょうど六里ばかり歩きました, ちょうど六里ヶ原へ山女魚釣り, ちょうど共同の井戸端, ちょうど兵器工場の前, ちょうど兵部卿の宮, ちょうど兵隊さんが来, ちょうどが此盧堂, ちょうど其許の歯, ちょうど其頃泥粘土を使っ, ちょうど内側になっ, ちょうど内地の奈良, ちょうど内容の中央辺, ちょうど内科医の処, ちょうど内陣の薄い, ちょうど円いものを, ちょうど円本の流行, ちょうど円楯の槍受け, ちょうど円盤が飛ん, ちょうど円貨の切り換え, ちょうど冰水を飲んだ, ちょうど冷たいガラスの, ちょうど凍りついた夕陽の, ちょうど凍死に恰好, ちょうど凭れぐあいがいいのに任せ, ちょうど凱歌でも奏する, ちょうど出はじめたきのこを, ちょうど出る時刻である, ちょうど出会いがしら, ちょうど出会頭のよう, ちょうど出入口ではある, ちょうど出勤したところ, ちょうど出勤時の取引所, ちょうど出口までいった, ちょうど出来上ったところだ, ちょうど出演する十分前, ちょうど出発後四日目のこと, ちょうど出稼人が都会, ちょうど出陣か勝軍, ちょうど函館の戦争, ちょうどの神経, ちょうど刀傷のよう, ちょうど分署長が伸び, ちょうど分銅の速度, ちょうど切目で後, ちょうど切穴の形, ちょうど刈入でこの, ちょうど刊本の, ちょうど列車の網棚, ちょうど初めて自然界の, ちょうど初夏の家, ちょうど初春があった, ちょうど初更の時刻, ちょうど初秋のしっとり, ちょうど初音サンの後, ちょうど別に一軒借りよう, ちょうど別荘から出, ちょうど利三郎は尾州, ちょうど利助親分が銭形, ちょうど刺繍したきれい, ちょうど剃刀の刃, ちょうど前庭に面した, ちょうど前後して, ちょうど前日の今ごろ, ちょうど前日あたり城内へ着いた, ちょうど前芸のお, ちょうど剣道の時間, ちょうど割りきれる数が, ちょうど割り切れる字数でなく, ちょうど割れそうな, ちょうど力強い名匠の, ちょうど加藤さんからそういう, ちょうど加賀さまのお, ちょうど助けやった返礼に, ちょうど助ちゃんが稽古, ちょうど助手の不注意, ちょうど動物園の裏門前, ちょうど勘定が合う, ちょうど勝手の裏階段, ちょうど勝敗の決した, ちょうど勝重らがその, ちょうど勢揃いもととのいました, ちょうど勤め人の帰宅, ちょうど勤め先へ出かかった, ちょうど勤番でもちろん, ちょうどへゆく, ちょうど北の方の千島, ちょうど北大で医学会, ちょうど北山とやらじゃ, ちょうど北村兼子君との, ちょうど北沢が自殺, ちょうど北浜三丁目と二丁目, ちょうど北浦の口, ちょうど北緯三十六度あたりで捕れる, ちょうど北赤道海流の流れ, ちょうど北辺の島, ちょうど北関の裏崖, ちょうど区長を務め, ちょうど医学上の免疫現象, ちょうど医学部の三年, ちょうど医者が注射, ちょうど十一になった, ちょうど十一体の仏像, ちょうど十一日目の晩, ちょうど十一時でした, ちょうど十一時二分前にしずか, ちょうど十一時半になった, ちょうど十一時半頃は按摩, ちょうど十一時四十分を示し, ちょうど十一時頃でご, ちょうど十一月の天長節, ちょうど十七日は東照宮, ちょうど十七時間つづきました, ちょうど十三人であった, ちょうど十三四から人生, ちょうど十三年前に悲劇的, ちょうど十三度を指し, ちょうど十三日普通ならば, ちょうど十三時でございます, ちょうど十九世紀に著しく, ちょうど十九日目にその, ちょうど十二でした, ちょうど十二三のいたずら盛り, ちょうど十二三年ばかり前, ちょうど十二年たったに, ちょうど十二支の子の日, ちょうど十二日の晩, ちょうど十二時半でございましたが, ちょうど十二時半十分前に出来たろう, ちょうど十二時間かかった, ちょうど十二時頃に車中, ちょうど十二月二十八日でございましたが, ちょうど十二月廿四日のこと, ちょうど十五六人ずつ三回, ちょうど十五年も恋愛関係, ちょうど十五日の夕方, ちょうど十五歳になっ, ちょうど十人の子供ら, ちょうど十八九くらいであっ, ちょうど十八九ごろの意外, ちょうど十八年めにあたる, ちょうど十八年目の終り, ちょうど十八日目である, ちょうど十八時のタイム, ちょうど十八歳で生れ, ちょうど十八歳内藤小町とうわさ, ちょうど十八貫私の生涯, ちょうど十六七日ばかりの月, ちょうど十六人の射手, ちょうど十六夜で煙, ちょうど十六夜あたりでしたろうか, ちょうど十六日めの夕景, ちょうど十四の春, ちょうど十四年になっ, ちょうど十回引越しましたよ, ちょうど十字路でした, ちょうど十年目だ, ちょうど十度目の訪問, ちょうど十日以前仕事どころかそういう, ちょうど十日目頃のわずか, ちょうど十日間ばかり全, ちょうど十時五六分さもなければ御殿, ちょうど十時半になっ, ちょうど十時過ぎ山門の鋪石道, ちょうど十月の十五日, ちょうど十歳上に相成ります, ちょうど十町ほどの距離, ちょうど十疋居るじゃ, ちょうど十貫匁余の荷物, ちょうど十里ばかり参ります, ちょうど十間ばかり前, ちょうど破剣, ちょうど千五百年以前のこと, ちょうど千五百年前に比叡山, ちょうど千代ちゃんとあなた, ちょうど千代子が私, ちょうど千手観音の千, ちょうど千葉房枝は頭, ちょうど千葉街道に通じた, ちょうど千駄焚きが, ちょうど千鶴子は大宮あたり, ちょうど升田の寝室, ちょうど午休みで大工, ちょうど午前の授業, ちょうど午前一時を示し, ちょうど午前三時であった, ちょうど午前二時である, ちょうど午前二時頃両眼, ちょうど午前八時が出発時間, ちょうど午前十一時三十分を示し, ちょうど午前四時半でした, ちょうど午後の試合, ちょうど午後一時にあたる, ちょうど午後一時ころにあたる, ちょうど午後一時ごろで冬, ちょうど午後七時五十分であったが, ちょうど午後三時である, ちょうど午後二時半頃一同は引き退りました, ちょうど午後五時ごろ永田町内相官邸では内務外務, ちょうど午後六時頃小さな島, ちょうど午時分なので, ちょうど午過ぎの暑い, ちょうど午頃ぶらりと訪ね, ちょうど半年ばかりになります, ちょうど半年分の送金, ちょうど半月前から試験場, ちょうど半月目である, ちょうど半熟と思う, ちょうど半途だと, ちょうど半開きになった, ちょうど卍形に入りみだれ, ちょうど卒業期に当っ, ちょうどを囲ん, ちょうど南ア戦争の終わる, ちょうど南仏ニースの近く, ちょうど南国の花園, ちょうど南宗画にみる, ちょうど南洋群島附近を巡航中, ちょうど南米の諸, ちょうど南部駒のよう, ちょうど博士論文を書きかけ, ちょうど博多発上り十時一分の終列車が通り過ぎた, ちょうど博徒様の仕方, ちょうど博覧会が天王寺, ちょうど卯の花の真っ白, ちょうど卯刻でした, ちょうど印度の紳士, ちょうど危機を通っ, ちょうど危険が一つ, ちょうどの殻, ちょうどに入っ, ちょうど参り合わせた中川瀬兵衛を, ちょうど参詣のついで, ちょうど警察でも, ちょうど又助がいない, ちょうど又野の両足, ちょうどの隣, ちょうど双方が平に, ちょうど双方必死の最中, ちょうど双眼鏡の度, ちょうど對の, ちょうど反古同様の浮世絵, ちょうど反対側の西北, ちょうど収穫などのすんで, ちょうど叔母と話, ちょうど叔父の狭山, ちょうど取ったのが, ちょうど取りかかっている, ちょうど取引会所が目, ちょうど受付人員九百三十四名と数, ちょうど口もとまであります, ちょうど古くは, ちょうど古代の人々, ちょうど古寺に来, ちょうど古来無数の小説, ちょうど古着屋のまえでした, ちょうど只今見たこの, ちょうど只今お話が出ました, ちょうど只今真如と無明, ちょうど台湾の東方, ちょうど台湾蝶が棲ん, ちょうど台風の中心, ちょうど右府様からもお迎え, ちょうど右手にあたりますだ, ちょうど右腕の肱, ちょうど号外売りが, ちょうど司馬の屋敷, ちょうど合いそうだ, ちょうど合法的無産政党が一般, ちょうど吉原に行っ, ちょうど吉新の方, ちょうど吉日でもあった, ちょうど吉田屋の裏, ちょうど吉良左兵衛邸の辻版小屋筋違い前, ちょうど同じこの禅定寺峠で, ちょうど同じその晩, ちょうど同一ように指, ちょうど同室の沢村さん, ちょうど同家に寄留, ちょうど同居して, ちょうど同年輩の者, ちょうど同日の参府, ちょうど同朋衆が頻り, ちょうど同様の尾, ちょうども可, ちょうど名将が戦い利, ちょうど吐くいきと, ちょうど合いに, ちょうど向いあって立ち, ちょうど向い側が共同便所, ちょうど向い合せの処, ちょうど向う側にアチミアーノフ, ちょうど向う見ずな蛮勇, ちょうど向かい合って床, ちょうど向かい合わせに乗っ, ちょうど向きあって五, ちょうど向側だったから, ちょうど向島の三囲稲荷, ちょうど君たち地球人がいやに, ちょうど吟味与力笹野新三郎を忌避, ちょうど倒れた雨戸, ちょうど吹矢で射られた, ちょうど呂布は眠り, ちょうど呉媽を引張り出し, ちょうど告別をし, ちょうど味噌汁の中, ちょうど和泉屋の女房, ちょうど咲いた花が, ちょうど哀れをしらぬ, ちょうど品夫の父親, ちょうど品川の方, ちょうど唐土の小説, ちょうど唐崎浜の一つ松, ちょうど唐画の点景人物, ちょうど唐紙の隙間, ちょうど唯今さっそくに, ちょうどが一方, ちょうど器械の油, ちょうど器械体操みたよう, ちょうど噴水のすじ, ちょうど噴火山が破裂, ちょうど囚人が爪, ちょうど四つある, ちょうど四つつじですよ, ちょうど四カ月目に懐かしい, ちょうど四ツでした, ちょうど四ツころの騒ぎ, ちょうど四九三十六品になります, ちょうど四五日前の新聞, ちょうど四人の子供, ちょうど四人目に田, ちょうど四六版の本, ちょうど四十になる, ちょうど四十一年になる, ちょうど四十三箇月目に当っ, ちょうど四十九日の法事, ちょうど四十九日目でしたよ, ちょうど四十二歳になる, ちょうど四十五分かかってよ, ちょうど四十円になった, ちょうど四十歳前後の時, ちょうど四十歳近くで漸近的, ちょうど四名ばかり其寺, ちょうど四幕めの幕, ちょうど四幕目の終り, ちょうど四年前の冬, ちょうど四日が命日, ちょうど四時十分ごろです, ちょうど四時過ぎでございました, ちょうど四時間ばかり待った, ちょうど四時頃でもう, ちょうど四月三十日の夕方, ちょうど四月二十九日の夜, ちょうど四月八日の灌仏会, ちょうど四月十八日でございましたが, ちょうど四番原の入り口, ちょうど四畳半敷ぐらいの分, ちょうど四百十六年ばかり以前, ちょうど四百目ほど増し, ちょうど四部合唱のよう, ちょうど四里ばかりにし, ちょうど回復期と同じ, ちょうど回教徒の礼拝, ちょうど回転軸の上, ちょうど団子を重ねた, ちょうど囲炉裏の方, ちょうどさも, ちょうど固い甘酒の, ちょうどの資源, ちょうど国元へ帰る, ちょうど国史の時間, ちょうど国民解放戦争にでも際会, ちょうど国電のガード, ちょうど土佐派の絵, ちょうど土塊をおし分け, ちょうど土手でも乗り越す, ちょうど土日曜にかかっ, ちょうど土用の太陽, ちょうど土用さなかです, ちょうど土用中になる, ちょうど土豪の山屋敷, ちょうど土踏まずのあたり, ちょうど在京中であったので, ちょうど地下の泉, ちょうど地下室への入り口あたり, ちょうど地動説を教え, ちょうど地平線上に来る, ちょうど地曳網をおろした, ちょうど地点が一夜, ちょうど地球儀がまわる, ちょうど地球自身と同じ, ちょうど地蔵の斜向い, ちょうど地蔵盆で路地, ちょうど地震があった, ちょうど地震加藤の幕, ちょうどと同じ, ちょうど坊ちゃんと同じ, ちょうど坐りいい巨, ちょうど垂れることに, ちょうど垢まみれの汚い, ちょうど城下に来, ちょうど執務中なので, ちょうど執拗な鈍痛, ちょうど基礎工事の割栗, ちょうどの塀際, ちょうど堀一つ隔てた向い側, ちょうど堀留にあの大, ちょうど堂守が寺院, ちょうど報告のため, ちょうど塩煎餅を抜く, ちょうどのよう, ちょうど境内の桜, ちょうど墓原に隣った, ちょうど墓場のよう, ちょうど墨絵の夕べ, ちょうどの高, ちょうど壁ぎわの掛布団, ちょうど壁孔から外, ちょうど壁辰は近所, ちょうどが座敷, ちょうど声高に笑った, ちょうど売上げが二百倍, ちょうど売場の向こう側, ちょうどを持っ, ちょうど夏場だ, ちょうど夏川の水, ちょうど夏期大学中青山君が私, ちょうど夏船が二十九艘一時, ちょうど夏草の茂み, ちょうど夏蜜柑売ってるの, ちょうど夕日が一ぱいさし, ちょうど夕暮れのラッシュ, ちょうど夕暮れ前で冬, ちょうど夕月のかかっ, ちょうど夕涼みのさかり, ちょうど夕陽がカッ, ちょうど夕食刻で悪し, ちょうど夕飯をすまし, ちょうど夕餉の炊ぎ, ちょうど外人が日本, ちょうど外国にいる, ちょうど外来患者の診療最中, ちょうど外海から堡礁, ちょうど夜中時分でありました, ちょうど夜光虫のよう, ちょうど夜半の二時, ちょうど夜店の出盛る, ちょうど夜明け前に平面毒竜, ちょうど夜更けのよう, ちょうど夜逃げのふたり, ちょうど夜這いに往, ちょうど夜長を幸い, ちょうど夢みている, ちょうど夢心地で歩い, ちょうど夢遊病にでもなった, ちょうど大人の眼, ちょうど大仏次郎氏の, ちょうど大原の噂, ちょうど大原勅使の供, ちょうど大変名高い馬, ちょうど大変自尊心の強い, ちょうど大学付近でこの, ちょうど大尽の高楼, ちょうど大岡裁判の越後伝吉, ちょうど大師様が来合せ, ちょうど大平氏のお, ちょうど大庭景親も上洛中, ちょうど大手へ曲がりかけ, ちょうど大文字山の中空, ちょうど大森へ移転, ちょうど大橋のなか, ちょうど大正天皇の即位式, ちょうど大波の上, ちょうど大津が溝口, ちょうど大海の真青, ちょうど大牢の美味, ちょうど大石が落ち込む, ちょうど大群に行き当りました, ちょうど大衆向きではあろう, ちょうど大観音の乞食, ちょうど大詰めの幕, ちょうど大通りの並木, ちょうど大量の出版, ちょうど大釜のお湯, ちょうど大門通りへぬける, ちょうど大阪の高台, ちょうど大雪だったので, ちょうど大鳥時計店の奥座敷, ちょうど大黒さまがまつられ, ちょうど天ぷらの衣, ちょうど天上に半, ちょうど天丸の頭, ちょうど天体の端, ちょうど天使が百合, ちょうど天台智者大師の忌日, ちょうど天平の初め, ちょうど天心に到る, ちょうど天文台の下, ちょうど天然の変色, ちょうど天神下の中村様, ちょうど天空からそろそろ, ちょうど太公望のところ, ちょうど太子の姉, ちょうど太陽面の近く, ちょうど夫人のふさふさ, ちょうど夫婦のよう, ちょうど奈良朝の末, ちょうど契沖阿闍梨が古書, ちょうど奥山の猪鹿, ちょうど奧州屋新助, ちょうど女の子が嫁入り, ちょうど女中払底とその, ちょうど女兵隊という型, ちょうど女工の怪死, ちょうど女性ばかり六, ちょうど女湯から出る, ちょうど女王のよう, ちょうど好い加減な柔か, ちょうど好かろうと, ちょうど好都合な状態, ちょうど如意ヶ嶽と東山, ちょうど妊娠して, ちょうど妊娠三ヶ月位の段階, ちょうど妊娠十か月目のおなか, ちょうどが死んだ, ちょうどが十七, ちょうど姉歯早川組の奸計, ちょうど始まるところだった, ちょうど始まろうとし, ちょうど姪浜から程, ちょうど婆さんの御, ちょうど婚礼最中の当家, ちょうど婦人運動をやりたがっ, ちょうど婦人雑誌に小説, ちょうど子供たちが教師, ちょうど子供等の手工, ちょうど子分は留守, ちょうど子午線を横切っ, ちょうど子持ちの乳房, ちょうど子爵とその, ちょうど孔明の遠征, ちょうどというもの, ちょうど孝之進の目, ちょうど獲は, ちょうど孤児たちが庭, ちょうど孤児院あたりで十銭, ちょうど学年の終り, ちょうど学期の終, ちょうど学期半ばごゆ, ちょうど学級主任の小田, ちょうど学齢に達し, ちょうどが, ちょうど宇宙怪人がコンクリート, ちょうど宇治の茶畑, ちょうど宇治山田の米友, ちょうど宇治川の流れ, ちょうど守備兵の交替時間, ちょうど守宮が五寸釘でぶッ, ちょうど珍の, ちょうど安全である, ちょうど安藤飛騨守の屋敷, ちょうど宗教の精髄, ちょうど宗教家が神, ちょうど官符をうけた, ちょうど官舎のほう, ちょうどに橋, ちょうど定員になった, ちょうど宝石のくび飾り, ちょうどのない, ちょうど実写もののフィルム, ちょうど実物大の鼠, ちょうど実現したもの, ちょうど実際に読書, ちょうど客一同のあいだ, ちょうど客人のいった, ちょうど客足が途絶え, ちょうど室内の中央, ちょうど室鰺の盛り, ちょうどが来, ちょうど宮内省からいただいた, ちょうど宮守と鱒沢, ちょうど宮川にのぞん, ちょうどの最中, ちょうど家々の空, ちょうど家具か何, ちょうど家出中の美代子, ちょうど家賃と同格, ちょうど容子のいい, ちょうど宿の上町辺, ちょうど宿つぎに犬, ちょうど宿屋の前, ちょうど宿払いの勘定日, ちょうど寂しい石河岸の, ちょうど合わせた時, ちょうど寄せてはかえす, ちょうど寄手の総, ちょうど寄辺なぎさの捨て小舟, ちょうどの刻, ちょうど富倉町を十二時頃, ちょうど富士の降灰, ちょうど富士山の前, ちょうど富岡老人の平時晩酌, ちょうど富札を一枚, ちょうど寒い雪の, ちょうど寒くはなった, ちょうど寒松院ヶ原にある, ちょうど寒椿の葉, ちょうどがえり, ちょうど寝ころんでメリメエ, ちょうど寝ようとして居る, ちょうど寝入りばなだったもの, ちょうど寝坊をし, ちょうど寝床に入ろう, ちょうど寝棺の前, ちょうど寝転んでストリンドベルグ, ちょうど寸法の書いてない, ちょうど寺院から帰る, ちょうど対岸の山, ちょうど対峙した形, ちょうど対立して, ちょうど対角線上の隅, ちょうど封じ目も切れ, ちょうどごろの, ちょうど射撃演習そっくりに, ちょうど将軍家ご座所前, ちょうど尊氏の流亡軍, ちょうど小使がはいっ, ちょうど小倉と三浦, ちょうど小僧が吊, ちょうど小塚ッ原の土手, ちょうど小学生がよく, ちょうど小屋場の二つ目, ちょうど小川博士の講義, ちょうど小日向台の裾, ちょうど小林少年も来, ちょうど小柄が届いた, ちょうど小田刑事が去られ, ちょうど小立野の下, ちょうど小脇に抱えた, ちょうど小船を導く, ちょうど少し勤労以外の, ちょうど少女のま, ちょうど少女一同を相手, ちょうど少年たちの通った, ちょうど少年時代と同じ, ちょうど少量のぶどう酒, ちょうど尻尾のよう, ちょうど尼ヶ崎のちかく, ちょうど尾津組その他の暴力団, ちょうど居候がドン, ちょうど居合わせずグレゴール自身が, ちょうど居酒屋の入り口, ちょうど屋外から帰っ, ちょうど屋根裏に似, ちょうど屋根裏みたいだった, ちょうど屍体と見合っ, ちょうど属していた, ちょうど山かげになった, ちょうど山がらすが里, ちょうど山の上に一晩夜, ちょうど山中の上, ちょうど山伏峠の上, ちょうど山僧がそこ, ちょうど山坂の真ん中, ちょうど山塞の近く, ちょうど山姥がもう少し, ちょうど山岸少年が通りかかった, ちょうど山崎の合戦, ちょうど山川の水, ちょうど山木の部屋, ちょうど山脈のよう, ちょうど山蔭にある, ちょうど山門のところ, ちょうど山頂から見た, ちょうど岡田の監房, ちょうど岩形氏の死状, ちょうどからボート, ちょうど島田虎之助の背後, ちょうど島野参謀の死亡, ちょうど崩れやすい砂, ちょうどの海, ちょうど嵐山のよう, ちょうどしい大, ちょうど巌流島のすぐ, ちょうど川中へ来かかった, ちょうど川中島の大戦, ちょうど川向うのいま猿, ちょうど川向きのお部屋, ちょうど川岸に枝, ちょうど川底の水虫, ちょうど川本大工も家, ちょうど工合よく川, ちょうどの耳, ちょうど左右両翼軍の中間, ちょうど左官屋の水口, ちょうど左義長をやく, ちょうど左近とタコスケ, ちょうど巨人の喘ぐ, ちょうど巨大な蟷螂, ちょうど巫女たちに見送られ, ちょうど差し向いの代り, ちょうど差渡し三尺ばかりの光り, ちょうどれをのみ, ちょうど巻かせた糸の, ちょうど巻物のよう, ちょうどの方角, ちょうどの場末, ちょうど市吏員が総, ちょうど市造さんが通りかかったで, ちょうどを張っ, ちょうど帆村と怪塔王, ちょうど希望が眠り, ちょうど帝国海軍の水兵さん, ちょうど帝展へある, ちょうど師父は裏, ちょうど師走二十日の夕方, ちょうどを双方, ちょうど帰り道も同じ, ちょうど帰郷ったばかりの, ちょうど帳場に居, ちょうど縁より, ちょうど常陸山や梅ヶ谷, ちょうど幕間で階下, ちょうど幡随院の長兵衛, ちょうど干乾びた梨の, ちょうど干潮時で暗, ちょうど掌が, ちょうど平原のうち, ちょうど平太郎の命日頃, ちょうど平安朝の頃, ちょうど平田が来, ちょうど平行して, ちょうど平衡を失っ, ちょうど平賀鳩渓が神田, ちょうどばえ, ちょうど年寄った召し使いが, ちょうど年寄りのまい子, ちょうど年恰好だ, ちょうど年暮の三十日, ちょうど幸いお前が横合い, ちょうど幸い五郎蔵親分にはあの, ちょうど幸い内弟子書生にし, ちょうど幸い半襟の買入方, ちょうど幸い左右の岩壁, ちょうど幸い扶持して, ちょうど幸い行水の季節, ちょうど幸徳等の逆徒ども, ちょうど幸次郎の来る, ちょうど幻影が消えうせる, ちょうど幼いとき家出した, ちょうど幾十年前の娘, ちょうど幾千という蒸気釜, ちょうど幾台となし, ちょうど広告気球が完全, ちょうど広津をアベコベ, ちょうど庄太郎の初, ちょうどのところ, ちょうど庖丁のある, ちょうど店先へガラガラ, ちょうど店番や書籍, ちょうど庚申の由来霊験, ちょうどに小倉左衛門, ちょうど座敷を出る, ちょうど庫裡の縁, ちょうど庭づたいに出て, ちょうど庭一面に生, ちょうど庭下駄を突っ, ちょうど庭木戸を入った, ちょうどですわ, ちょうどに女房たち, ちょうどの外郭, ちょうど廟所のある, ちょうど延宝年間に納めた, ちょうど建て付けの, ちょうど弁信の立っ, ちょうど弁内が仕事, ちょうど弁天通りの外人向き, ちょうど式部卿の宮, ちょうど引き出しの中, ちょうど引き潮で石垣, ちょうど引き潮時ですという, ちょうど引っ越し前であったから, ちょうど引汐時であったから, ちょうど引潮の海, ちょうど弥勒寺橋の近く, ちょうど弥吉が奉公, ちょうど弥生と豆太郎, ちょうどの要求, ちょうど張った針金が, ちょうど強い雨にでも, ちょうど強健な人, ちょうど強盗が森, ちょうど強迫観念というもの, ちょうど弾丸の飛行, ちょうど当たっている, ちょうど当り出した薄日の, ちょうど当り前の人間, ちょうど当るものが, ちょうど当時ドイツとアフガニスタン, ちょうど彫刻師が花, ちょうど影絵のよう, ちょうど役宅の一間, ちょうど彼女たちが客, ちょうど彼岸ごろでありました, ちょうど往来を私ども, ちょうど往診に出かける, ちょうど待っていた, ちょうど待合室にいた, ちょうど漢の, ちょうど後れて溜, ちょうど後ろにのぼっ, ちょうど後三十一日だ, ちょうど後世のお, ちょうど従僕の番号みたい, ちょうど従兄弟同士ではある, ちょうど御一新まも, ちょうど御用のこと, ちょうど御者はあて名, ちょうど御酒が二三献, ちょうど御門が開い, ちょうど御門前で落ちあい, ちょうど御馳走が出る, ちょうど復興の最中, ちょうど微酔の気, ちょうど徳川時代において素読, ちょうど徳田家の高, ちょうど徹太郎が帰っ, ちょうど必要なとき, ちょうど忌中の札, ちょうど応仁以後から戦国時代, ちょうど応援にかけつけた, ちょうど忠利様の祖父, ちょうど忠孝の対照, ちょうど快適だという, ちょうど念仏を唱える, ちょうど合った若い, ちょうど思うころの, ちょうどを知りそむる, ちょうど恭順も病家, ちょうど患者さんが眠っ, ちょうど悪い日本料理屋で, ちょうど悪夢にうなされ, ちょうど悪寒に襲われた, ちょうど悪戯好きな人間, ちょうど悪魔の面, ちょうど悲しげな, ちょうど悲しみに沈んだ, ちょうど情熱のため, ちょうど惨事が発生, ちょうど愛妻の死骸, ちょうど愛宕山の上, ちょうど慈恵学校の生徒, ちょうど慈父でも慕う, ちょうど慧鶴が清水禅叢, ちょうど憲房も来合せ, ちょうどの刻, ちょうど成人から子ども, ちょうど成都と, ちょうど成願寺の山形古城, ちょうど我々骨董品に何ら, ちょうど我等が初めて, ちょうど我邦現在の牛乳, ちょうど朝少し, ちょうど戦乱がボン, ちょうど戦争中だったので, ちょうど戦勝記念博物館のよう, ちょうど戦地において敵, ちょうど戦後でマルク, ちょうど戦闘開始の喇叭, ちょうど戯曲作家が自作, ちょうど戸口のところ, ちょうど戸塚まで帰っ, ちょうど戸外に向った, ちょうど所持の扇子, ちょうど所用で留守, ちょうど手ぬぐい浴衣もあれ, ちょうど手もとにあの, ちょうど手前どもの主人大蔵様, ちょうど手前達が三島, ちょうど手品師の持っ, ちょうど手拭いを切らし, ちょうど手摺が腰, ちょうど手無しの達磨, ちょうど手網にかかった, ちょうど手許にあった, ちょうど打合せておいた, ちょうど打撃を待っ, ちょうど托鉢の尼さん, ちょうど批評界が歴史, ちょうど技術と模倣, ちょうど技術家が彼, ちょうど投込みごろの小坊主, ちょうど折畳式の写真機, ちょうど抱いて寝, ちょうど押しつぶされるような, ちょうど押入れをあけ, ちょうど担ぎ上げられた樽御輿が, ちょうど担架にのせられ, ちょうど拇指の形, ちょうど招き猫に魅せられる, ちょうど招魂社の祭礼, ちょうど指さしている, ちょうど指図をし, ちょうど按摩を取っ, ちょうど挟み撃ちにする, ちょうど挨拶でもする, ちょうど振りかぶっていた, ちょうど振動感覚の限界, ちょうど振向いた処置捌きが, ちょうど振子のよう, ちょうど振袖銀杏の真下, ちょうど授業のおわる, ちょうど控書として, ちょうど掻巻の裾, ちょうど提げ刀を, ちょうど握り太の, ちょうど摂政宮殿下の行啓, ちょうど摂氏零度ぐらいだろう, ちょうど摂津の堺, ちょうど撒銭のたけなわ, ちょうど撰集の進行中, ちょうど攘夷の非, ちょうど支い物を, ちょうど支店長代理が横切っ, ちょうど支店長室の扉, ちょうど支那事変がはじまった, ちょうど支那人の洋画展覧会, ちょうど改造社の, ちょうど二たちの, ちょうど放蕩息子に金儲, ちょうど放電後の真空, ちょうど政友会の放漫政策, ちょうど政治季節でおもしろく, ちょうど政治界のちょっとした, ちょうど故郷から老父, ちょうど敏行さまがお, ちょうど教会堂の鐘, ちょうど教室の前, ちょうど教部省は文部省, ちょうど散歩に手頃, ちょうど数え年で五つ, ちょうど数多の雪達磨, ちょうど数学に於, ちょうど数寄屋橋を渡っ, ちょうど数日前に物故, ちょうど数珠の玉, ちょうど敷居を上がろう, ちょうど文三の真, ちょうど文代さんが怪自動車, ちょうど文六ちゃんが新しい, ちょうど文壇に評判, ちょうど文明人より原始人, ちょうど文治二年静が鎌倉, ちょうど文法というもの, ちょうど文献を読む, ちょうど文藝復興期において絵画, ちょうど文身の型取りみたい, ちょうど斎藤先生の葬儀, ちょうど料理する時強き, ちょうど斜かいに日かげ, ちょうど斜向いに小さい, ちょうど斜線状に向う, ちょうどで打, ちょうど斬るか斬られる, ちょうど断層の谷, ちょうど断崖の端, ちょうど政府当局者の, ちょうど新たに出版, ちょうど新兵が二年兵, ちょうど新婦の馬車, ちょうど新宿に三越支店, ちょうど新帝が御, ちょうど新御番詰所の, ちょうど新涼の候, ちょうど新聞を書い, ちょうど新聞社の販売競争, ちょうど於菟さんと宅, ちょうど旅客機で飛ん, ちょうど旅行で御, ちょうど旅館の真向い, ちょうど日かげにつつましく, ちょうど日ざかりで遣りきれない, ちょうど日の入り方一時間前ぐらいの山々, ちょうど日下の入江, ちょうど日光が見送り, ちょうど日当たりのいい, ちょうど日影が黄いろく, ちょうど日暮れになっ, ちょうど日本料理に鰹節, ちょうど日本画家の半, ちょうど日本舞踊とバレエ, ちょうど日本行きの船, ちょうど日本語の歴史, ちょうど日本風の炒, ちょうど日比谷の交叉点, ちょうど日没前私はあの, ちょうど日清戦争時分に名古屋, ちょうど日華事変の最中, ちょうど日蓮教徒の折伏, ちょうど日記帳の第, ちょうど日露戦争後の好景気, ちょうど日露戦争時代の兵隊, ちょうど日露戦争頃に先代, ちょうど日頃よく僕, ちょうど旦那様ぐらいなお, ちょうど旧劇批評家の或, ちょうど旧友の鵜飼六太夫, ちょうど旧式な炭坑, ちょうど旧盆に相当, ちょうど旧約の, ちょうど早生れなの, ちょうど旱天に雨雲, ちょうどぶって, ちょうど昆虫の頭, ちょうど昇って三階目, ちょうど昇ったばかりの月, ちょうど昇りかけて庭, ちょうど昇る日の, ちょうど昌一君たちが水, ちょうど昌平橋から両国, ちょうど明ければ昨年, ちょうど明け方の卯, ちょうど明け方近くだった, ちょうど明後日の晩, ちょうど明方でその, ちょうど明智と話, ちょうど明智事務所の客間, ちょうど明朝はおい, ちょうど明治さかんな頃, ちょうど明治三十七年日本がロシア, ちょうど明治三十年の二月, ちょうど明治二十四年の事, ちょうど明治十六年頃までこの, ちょうど明治節だから, ちょうど明治維新時代がそれ, ちょうどえ立て, ちょうど昔ガリラヤの湖, ちょうど昔トニオ・クレエゲルが冷, ちょうど昔彼が一時的, ちょうど昔話の小鳥, ちょうど昔語部というもの, ちょうど星ヶ岡茶寮の林柾木氏, ちょうど星座とそれ, ちょうど星空だ光りましょうぞ, ちょうど星雲と同様, ちょうど映画劇が芸術, ちょうど映画監督編輯者のそれ, ちょうど映画館のよう, ちょうど春分から二日目, ちょうど春挙さんの海浜, ちょうど春日野の鹿, ちょうど春雨の頃, ちょうど昨夜階段口に突っ, ちょうど昨年その頃です, ちょうど昨日ジャンボーの通った, ちょうど昨日兄ドミトリイがアリョーシャ, ちょうど昨日初瀬へ家族, ちょうど昨日政ちゃんが兄, ちょうど昨日石を拾っ, ちょうど昨日越前守がきょう, ちょうど昨日踏破したアルプス, ちょうど昨晩ルーアンの友達, ちょうど昼下がりの八ツ手前, ちょうど昼休をはじめ, ちょうど昼休みになった, ちょうど昼寝をし, ちょうど昼時となった, ちょうど昼時分で腹, ちょうど時候にすれ, ちょうど時期が休暇, ちょうど時間一杯というとき, ちょうど時鳥の山, ちょうど晦日なので, ちょうどであったもの, ちょうど晩めし前で店さき, ちょうど晩方でぴゅうぴゅう風, ちょうど晩景の六つ, ちょうど晩酌の膳, ちょうど晩食を始めた, ちょうど晩食後一時間頃のこと, ちょうど晩飯の真っ最中, ちょうど晩飯時分だったので, ちょうど晩餐時刻だった, ちょうど普仏戦争のよう, ちょうど普通民と賤民, ちょうど晴れ間とみえ, ちょうどの五時, ちょうどさの, ちょうど暑中休暇になった, ちょうど暖かい家庭の, ちょうど暖気と喜悦, ちょうど暗闇で仕事, ちょうど暮れたばかりで, ちょうど暮六つの頃, ちょうど暮方のこと, ちょうど曇った夏の, ちょうどの最初, ちょうど曳馬畷から馬込, ちょうど更衣をし, ちょうど書きものに, ちょうど書物でもくる, ちょうど書生が新た, ちょうど書記のテーブル, ちょうど書面を認めさせ終っ, ちょうど曹操の乗った, ちょうど近代の, ちょうど最も凡俗な, ちょうど最中の月, ちょうど最後の打撃, ちょうど最終列車が出た, ちょうど最近披露目をした, ちょうど月まわりもよろし, ちょうど月代の辺, ちょうど月代りの最後, ちょうど月光のよう, ちょうど月曜だったので, ちょうど月末のこと, ちょうど月輪の連中, ちょうど有名な朝倉星雲先生, ちょうど有料の西洋便所, ちょうど有明の月, ちょうど有栖川宮の先発, ちょうど服用後一時間ほどで, ちょうど朔日の朝, ちょうど望楼と言われた, ちょうど朝ごはんの最中, ちょうど朝倉先生が極力, ちょうど朝倉先生あての手紙, ちょうど朝飯の時間, ちょうど木の実のよう, ちょうど木の葉を浮かべた, ちょうど木剣をかまえ, ちょうど木彫や水彩画, ちょうど木曾路は山, ちょうど木槿垣を一重, ちょうど木橋の上, ちょうど末弘が私, ちょうどにある, ちょうど本堂の方, ちょうど本家の寿, ちょうど本山へおもむく, ちょうど本州の高天原, ちょうど本年の春, ちょうど本書の第, ちょうど本艇は運, ちょうど本陣では隠居, ちょうどを出し, ちょうど札幌の真, ちょうど朱雀方面からこれ, ちょうど机博士の身の上, ちょうど材料がそろっ, ちょうど村はずれの方, ちょうど村境の山, ちょうど村長さんの畠, ちょうどになった, ちょうど来かかった人に, ちょうど来たばかりのところ, ちょうど来合せていた, ちょうど来合わした狂斎という, ちょうど来合わせた巫女が, ちょうど来月は秩父三ツ峰, ちょうど東両国に幼馴染, ちょうど東京方面へゆく, ちょうど東側の壁, ちょうど東北地方がさかん, ちょうど東北大の豊田武教授, ちょうど東北本線の急行, ちょうど東妙和尚や与八, ちょうど東方西方のまんなか, ちょうど東洋銀行へ金, ちょうど東都から京都, ちょうど松井大将絞首刑の判決, ちょうど松平伯耆からの来状, ちょうど松本藩主松平丹波守から派遣, ちょうど松柏の根方, ちょうど松雲和尚は万福寺建立以来, ちょうど林檎の時期, ちょうど林氏が訪ね, ちょうど枯木の林, ちょうど枯葉が渦, ちょうど柏餅です, ちょうど染め物屋の前, ちょうどになっ, ちょうど柔らかな敷物, ちょうど柔術のよう, ちょうど柔道の道場, ちょうどにあたる, ちょうどの新芽, ちょうど柳ヶ崎の間, ちょうど柳橋の妓たち, ちょうど柳沢のする, ちょうどをつんだ, ちょうど栄三郎と食客, ちょうど栖鳳先生が西洋, ちょうど校長は捕手, ちょうどへ達した, ちょうど根府川あたりでの物語, ちょうど根津権現へ参詣, ちょうど格好な対照, ちょうど格闘のあと, ちょうどの木, ちょうど案山子のよう, ちょうどの花, ちょうど桑名で聞き出した, ちょうど桜時で惣門内, ちょうど桜林の入口, ちょうど桜田門停留場まで来た, ちょうど桜花の盛り, ちょうど桟敷のあの, ちょうど梁ぜんたいが揺れ, ちょうど梅林のよう, ちょうど梅林門の地先, ちょうど梅雨後で水量激増, ちょうどと林檎, ちょうど梨の木坂を降りきっ, ちょうど梨畑の横, ちょうど梳いていた, ちょうど棒頭の小便, ちょうどの福助どの, ちょうど森元の通り, ちょうど森川町の神社, ちょうど棺桶の位置, ちょうど植木店の執, ちょうど検視の役人, ちょうど椿原渓谷のダム, ちょうど極東列島のいずれ, ちょうど楽譜をくり, ちょうど楽隊席の方角, ちょうど榊原や本多, ちょうど榕樹の陰, ちょうどをふりあげた, ちょうど之助, ちょうど権三の眼, ちょうど横浜へ行っ, ちょうど横町を通りかかった, ちょうど樽屋の運搬車, ちょうど之助, ちょうど機会よく, ちょうど機械か何, ちょうど機関銃を打ちまくる, ちょうど檜垣の母方, ちょうど欄干の代り, ちょうど次の間まで来, ちょうど次郎と同じ, ちょうど次郎さんもお, ちょうど次郎ちゃんと俊ちゃん, ちょうど欧州大戦が片づいた, ちょうど欧州大戦中であったから, ちょうど欧州大戦後であったので, ちょうど欧州諸国で新年, ちょうど欧洲アルプスでは瑞土, ちょうど欧洲大戦のショッ端, ちょうど欲しいと思う, ちょうど止め度を失った, ちょうど正しく解釈出来れ, ちょうど正ちゃんくらいです, ちょうど正体を看破, ちょうど正午ごろに大きな, ちょうど正午ごろ水平線を見はっ, ちょうど正吉がその, ちょうど正月の松, ちょうど正月興行が蓋, ちょうど正比例して, ちょうど正確な機械, ちょうど正義の刃, ちょうど正雄が来合わせ, ちょうどの時白島山平, ちょうど此の程じゅうのよう, ちょうど此寺のさいかち, ちょうど此所にお, ちょうどの誕生日, ちょうど武内宿禰みたいな上品, ちょうど武士がけらい, ちょうど武家の奥向, ちょうど武蔵野の真, ちょうど歩道の端, ちょうど歯ぎしりのよう, ちょうど歯形に切り刻んだ, ちょうどの初め, ちょうど歳暮のこと, ちょうど死ぬる前の, ちょうど死人がされ, ちょうど死者を葬った, ちょうど死霊が動い, ちょうど残すことと, ちょうど殺し場の書割り, ちょうど殺人のあった, ちょうど殺人事件のあった, ちょうど殺人犯人が審問, ちょうど毅一さんが来, ちょうど毎晩同じ劇場, ちょうどが廻っ, ちょうど毛布を被っ, ちょうど毛馬堤を寒々, ちょうど氏神の祭, ちょうど気候の加減, ちょうど気分の好い, ちょうど水たまりへ落ちた, ちょうど水の手が切れかかっ, ちょうど水墨画の溌剌, ちょうど水平とは四十五度, ちょうど水戸様の下屋敷, ちょうど水戸藩では佐幕派, ちょうど水戸藩主も前後, ちょうど水族館にいる, ちょうど水晶が結晶, ちょうど水泳場と塚山, ちょうど水滸伝の, ちょうど水産調査所官制が公布, ちょうど水脈の血, ちょうど水路の真ん中辺, ちょうど水道橋にかかる, ちょうどのはりつめた, ちょうど氷山のよう, ちょうど永久に公的生活, ちょうど永禄年間に当り, ちょうどの銀, ちょうど江の島のよう, ちょうど江戸末期のころ, ちょうど汽船とおなじ, ちょうど沈んだばかりで, ちょうどから帰っ, ちょうど沙漠のす, ちょうど沢庵漬のよう, ちょうど沢田正二郎君が新しい, ちょうど河上と向い合っ, ちょうど河原で花火, ちょうど河岸で一頭, ちょうどえ湯, ちょうど沸いています, ちょうど沸き上った釜の, ちょうど沸騰すべき時刻, ちょうど油壺一ぱいの椿油, ちょうど油絵の仕組み, ちょうどの原, ちょうど沼島沖で四国屋, ちょうど泊り合わせなすったあの, ちょうど泊り合わせた片柳なにがしという, ちょうど法医学が応用医学, ちょうど法廷の裁判長殿, ちょうど法律のむりな強行, ちょうど法水の乳下辺, ちょうど法然等の仏教, ちょうど法華宗の進行, ちょうど法隆寺の中門以内, ちょうどがなぎ, ちょうど波打ちぎわのところ, ちょうど波止場が今, ちょうど泣いている, ちょうど泣き出した嬰児の, ちょうど泣くことが, ちょうど注文の品, ちょうど洋館の中, ちょうど洗いましょうという処, ちょうど津右衛門どのの死んだ, ちょうど洪水の濁流, ちょうど活きた樹を, ちょうど活動館のうしろ, ちょうど活字の行間, ちょうど浅草に出, ちょうど浅葱色の袷, ちょうど浮世絵様の物, ちょうど海図に錨, ちょうど海尻の金太, ちょうど海峡をわたる, ちょうど海底要塞のまわり, ちょうど海水浴区域とは反対, ちょうど海水着を着, ちょうど海波が磯, ちょうど海津城とのあいだ, ちょうど海神宮の, ちょうど海辺もまだ, ちょうど海道のまん中, ちょうど消えてなくなる, ちょうど消えかけて, ちょうど消え尽そうとし, ちょうど涼しいほどの明り, ちょうど深い眠りから, ちょうど深夜の娼婦, ちょうど深山を旅, ちょうど深川の水, ちょうど清三が弥勒, ちょうど清吉さんも商用, ちょうど清水の底, ちょうど清洌な水, ちょうど渇いてもいた, ちょうど済んだばかりという, ちょうど渓谷の対岸辺り, ちょうど減いたとこでした, ちょうど渡し舟でも呼ぶ, ちょうど渡欧の途中, ちょうど渡鳥が本能, ちょうど渦巻のよう, ちょうど渦巻き流れて来る, ちょうど温泉町と漁師町, ちょうどは発展, ちょうど游泳術が游泳, ちょうどのほとり, ちょうど湯殿のうらで, ちょうど湯気の中, ちょうど満潮を漕げた, ちょうど満足さる機会, ちょうど満開のハリエニシダ, ちょうど源吉の乗っ, ちょうど溝口伊予や七, ちょうど滅多に掃除, ちょうど滑らかな物, ちょうど潮の, ちょうど漁夫等が河, ちょうど漏斗だからね, ちょうど演奏の了わる時刻, ちょうど演説でもする, ちょうど漢口事件のあった, ちょうど漢詩の起承転結, ちょうど潜航中の潜水艦内, ちょうど潮時のよう, ちょうど濁った方解石を, ちょうど濡れた雨傘を, ちょうど瀕死の病人, ちょうどにせせら, ちょうど瀬越との間, ちょうど灌仏会の日, ちょうど火の見柱の下, ちょうど火傷のよう, ちょうど火炎不動の脇座, ちょうど火焔の球, ちょうど火術弩の落ち, ちょうど灯明皿の前, ちょうどの中, ちょうど炉端がぐあいよく, ちょうど炊いてあげます, ちょうど炎天の下, ちょうど炭屋が土釜, ちょうど炭火を熾し, ちょうど点呼をやっ, ちょうど慣れた組織立った仕事, ちょうど為事から帰っ, ちょうど為替機構が世界性, ちょうどの群れ, ちょうど烏天狗の雛子, ちょうど焚き物が, ちょうど無くなる筈な, ちょうど無人であった, ちょうど無学な者, ちょうど無聊に苦しん, ちょうど無色透明で歪み, ちょうど無言のまま, ちょうど焼け残りの, ちょうど焼け落ちたころであった, ちょうど焼死体の腐爛, ちょうど熊谷市と高崎市, ちょうど熊谷高校その他の中学男女生, ちょうど熊野のカラス, ちょうど燈台通いのワーデン, ちょうど燐寸の排斥, ちょうど爆弾のよう, ちょうど爪先で立っ, ちょうど父吉左衛門は家, ちょうど父子のせい, ちょうどの外, ちょうど脚を, ちょうど片仮名のイ, ちょうど片手でつかめる, ちょうど片目の魚, ちょうど牛肉のヒレ, ちょうど牛込見付と飯田橋, ちょうど牡丹の花弁, ちょうど牧人の羊, ちょうど牧場で暴風雨, ちょうど物打のところ, ちょうど物理や化学, ちょうど物理学でいう, ちょうど物理学者のやり方, ちょうど犯罪検挙に於ける, ちょうど狂人の濁っ, ちょうど狂暴な野犬, ちょうど狂犬に追われる, ちょうど狐忠信が御殿, ちょうどが外, ちょうど独乙が聯合軍, ちょうど独逸のヒットラー, ちょうど猟場に罠, ちょうど猟犬のブラッド・ハウンド, ちょうど猫吉の主人, ちょうど猿廻しである, ちょうど猿殿のおいど, ちょうど玄弉の時代, ちょうど玄海へかかった, ちょうど玉太郎の一行, ちょうど玉江さんからも先刻食物研究会, ちょうど王さまのお, ちょうど王朝時代の着物, ちょうど玩具屋にある, ちょうど珈琲も出来ました, ちょうど珍しいお客様も, ちょうど皇太子ごろの, ちょうど現に雨や, ちょうど現代の量子力学, ちょうど現像タンクから引き出す, ちょうど現存人口を維持, ちょうど現実の縮図, ちょうど理科の長田先生, ちょうど理論物理学的論文によって自然界, ちょうど理髪屋みたいな土間, ちょうど瑠美子を連れ, ちょうど環境の複雑さ, ちょうどの形, ちょうどに生かった, ちょうど甘い果物にでも, ちょうど甘露のよう, ちょうど甚三その人, ちょうど甚内の命, ちょうど生きてるようで, ちょうど生きるだけの鰊, ちょうど生まれた羊児も, ちょうど生みたての玉子, ちょうど生命の行動性, ちょうど生垣がこわれ, ちょうど生埋めにせられた, ちょうど生意気盛りの年ごろ, ちょうど生憎な事, ちょうど生涯の岐路, ちょうど生麦を通る, ちょうど産みつけられた蛆が, ちょうどが出征, ちょうど甥どもを初めて, ちょうどがあっ, ちょうど用事も片付いた, ちょうどの仕事, ちょうど田原屋の唐物みたい, ちょうど田圃道を八分目, ちょうど田植えも始まっ, ちょうど田植え休みの時分, ちょうど田端へ引っ越した, ちょうど甲府の城下, ちょうど甲虫とペンギン鳥, ちょうど申分のない, ちょうどに背, ちょうど男の子がいつも, ちょうど畜犬票が古く, ちょうど番所のある, ちょうど番頭さんや男衆, ちょうどが二枚, ちょうど疲れたとき一瞬の, ちょうど疳持の小児, ちょうど疾風がどこ, ちょうど病室でとなり合わせ, ちょうど病床におりました, ちょうど病気全快して, ちょうど痒い腫物を, ちょうど痛むのは, ちょうど発信所と同じく, ちょうど発車し掛けて, ちょうど登りきった角屋敷の, ちょうど登城して, ちょうど登庁する大, ちょうどと黒, ちょうど白和えのよう, ちょうど白姫の峰, ちょうど白山に懇意, ちょうど白布に掩, ちょうど白椿の下, ちょうど白牡丹の風, ちょうど白百合の花びら, ちょうど白石先生のところ, ちょうど白菜を中指, ちょうど白虎隊の一人, ちょうど白鳥停車場の大きな, ちょうど百たび打った時, ちょうど百五十年前のこと, ちょうど百五十歩の距離, ちょうど百人だ, ちょうど百人一首のお姫様たち, ちょうど百八十度ばかりまわった, ちょうど百円届いて, ちょうど百姓を呪い, ちょうど百姓たちが踊っ, ちょうど百年前だね, ちょうど百年前英国は中国, ちょうど皇帝がそこ, ちょうど皺くちゃにしよう, ちょうどでしょう, ちょうど盛りの卯の花, ちょうど盛りですね, ちょうど盛粧をした, ちょうど盜んだ袋, ちょうどで子供, ちょうど目ざまし時計が, ちょうど目下の道庵先生, ちょうど目通りのところ, ちょうど目釘を押え, ちょうど盲腸からとび出した, ちょうど直方へ連絡, ちょうど相なかばして, ちょうど相互の陣地, ちょうど相川泰二君の家, ちょうど相撲が土俵, ちょうど相馬焼に一ぱい分, ちょうど看守が休憩, ちょうど県下に陸軍, ちょうど県町村の計画, ちょうど真っ白な厚紙, ちょうど真っ黒な金属, ちょうど真ん中ごろと思われる, ちょうど真ン中へん, ちょうど真中あたりに座, ちょうど真中処に昔, ちょうど真名古が花, ちょうど真向かいになる, ちょうど真後ろへ山の上, ちょうど真昼のよう, ちょうど真昼時なので, ちょうど真正面にそっち向き, ちょうど真理に奉仕, ちょうど真綿をちぎっ, ちょうど真蔵が窓, ちょうど眠ったところじゃ, ちょうど眠入りばなを, ちょうどの下, ちょうど眩惑のする, ちょうど眼前に虚, ちょうど眼玉のよう, ちょうど眼隠しをした, ちょうど眼鼻のよう, ちょうど換えが, ちょうど着いたあの渡舟, ちょうど着なれた着物を, ちょうど睡っておった, ちょうどの倉手前, ちょうど知られない世界に, ちょうど石井大使の奥様, ちょうど石井夫人の夫君光次郎氏, ちょうど石廊岬の端, ちょうど石滝の方, ちょうど石炭がもえ, ちょうど石炭屋に見切り, ちょうど石狩川でとれた, ちょうど石鹸球のよう, ちょうど砂地に大雨, ちょうど砂糖から甘味, ちょうど砂糖壺が卓, ちょうど砂金でも振り蒔いた, ちょうど研究には手頃, ちょうど破れ垣の外, ちょうど硫化の鉱山, ちょうど碁盤があった, ちょうど碇泊所のあたり, ちょうど社会に生れた, ちょうど社会主義なる言葉, ちょうど社会問題は一般社会, ちょうど社会批評家としてすでに, ちょうど社用で仙台, ちょうど祇園の夜桜, ちょうど祇園祭りのころ, ちょうど祈りがすん, ちょうど祈り終るように, ちょうど祈祷の最中, ちょうど祈祷書をポケット, ちょうど祖父が時々, ちょうど祝い日だった, ちょうど祝宴の席, ちょうどへの帰依, ちょうど神下しがそんな, ちょうど神主さんの笏, ちょうど神尾主膳の家, ちょうど神意審問の会, ちょうど神田へでた, ちょうど神経が興奮, ちょうどの裏, ちょうど祥雲氏と同, ちょうど祭りの日, ちょうど福太郎がこの, ちょうど福沢先生が熱海, ちょうど禿鷹について鶩, ちょうど私たち一人一人の顔つき, ちょうど私たち学校の入学式, ちょうど私どもがいい, ちょうど私有財産もまんざら, ちょうど私自身が口語詩, ちょうど秋末のこと, ちょうど秋風が枯れた, ちょうど科学界において細かい, ちょうど科長のま, ちょうど秒針のダイアル, ちょうど称讃浄土仏摂受経, ちょうど移りゆく四囲の, ちょうど程々に露わし, ちょうど程よい枝ぶりの, ちょうど子舞い, ちょうど稲ちゃんが来, ちょうど稲作の区切り期, ちょうど稲荷大明神が当番, ちょうど穂薄の野, ちょうどが出来上っ, ちょうど穴一杯に塞ぐ, ちょうど空いたのを, ちょうど空腹も感じ, ちょうど突当りの小, ちょうど突然開いて, ちょうど窒息しかけて, ちょうど窓先からいろんな, ちょうど窓前の空地, ちょうどへでもはいった, ちょうど休らおうという, ちょうど立ちかけて, ちょうど立ち去りながら階段, ちょうど立ち止ったところが, ちょうど立ったのは, ちょうど立場が荒, ちょうど立小便をし, ちょうど立山の連峰, ちょうど立春の節, ちょうど立派な風采, ちょうど之助, ちょうど竜巻のよう, ちょうど童謡の時間, ちょうど笑窪の辺り, ちょうど笠置の北, ちょうど等しいものと, ちょうど等しくなりまたは, ちょうどが乗っ, ちょうどの水, ちょうど算術の場合, ちょうど管弦楽と全く, ちょうど管絃楽団の指揮者, ちょうど箪笥の上, ちょうどの半分, ちょうど箱根の環翠楼, ちょうど節穴から一筋, ちょうど篠崎家に居あわした, ちょうどの見当, ちょうどの中, ちょうどのほとり, ちょうど米絹その他の財宝, ちょうどでも振りかけた, ちょうど精いっぱい力を, ちょうど精巧な仮面, ちょうど精神分析の大家, ちょうど精霊迎えだった, ちょうど糟谷が遊ん, ちょうどを通過, ちょうど紀行が北九州, ちょうどでも流した, ちょうど紅葉の葉, ちょうど紅葉時分で王子, ちょうど納屋を住宅, ちょうど紙入れのなか, ちょうど紙切や旗, ちょうど紙鳶の時節, ちょうど素人のする, ちょうど素麺位な鉄線, ちょうど紫色の花, ちょうど細君に似合い, ちょうど紺屋の藍瓶, ちょうど終った時王の, ちょうど終りを告げた, ちょうど終りかけた時である, ちょうど終わった時小田刑事の, ちょうど終わりのころ, ちょうど終戦時の進駐軍みたい, ちょうどの真中, ちょうど経之が枕, ちょうど結び目の帯留, ちょうど結婚式でも行なわれる, ちょうど結婚後一年ばかり過ぎた, ちょうど結核初感染の患者, ちょうど索の, ちょうど絞殺のよう, ちょうど絵具箱を投げ出した, ちょうど絶えまなく溢れ出し, ちょうど絶滅の論者, ちょうど絶頂だ明日, ちょうど継母の手, ちょうど維持するに, ちょうど維新の真最中, ちょうど維新前後の変動, ちょうどを荒れ回る, ちょうど綱吉が妾, ちょうどがあがった, ちょうど網干場のまん中, ちょうど綿入れの用意, ちょうどりつめて, ちょうど緋縮緬のと並ん, ちょうど緋鹿子の端, ちょうど緑色の世界, ちょうど線路の末, ちょうど編笠の侍, ちょうど編輯会議の例会, ちょうど編輯局の裏廊下, ちょうど編隊のまん中, ちょうど編隊飛行の飛行機, ちょうど緯度の南, ちょうど練習日だったの, ちょうど縁側と反対, ちょうど縁端に大, ちょうど縄文期と弥生式期, ちょうどのよう, ちょうど縦横十文字四方八方に拡がっ, ちょうど置燈籠を半分, ちょうど署名を願い, ちょうど罷工して, ちょうど美わしいもののため, ちょうど美味本位に当たる, ちょうど美妙な笛, ちょうど美智子が彼, ちょうど美松と対角線上, ちょうど美津子ぐらいの大変, ちょうど美濃攻めの激戦, ちょうど美禰子とよし子, ちょうど群衆のなか, ちょうど群集を斬りはらい, ちょうど義元の眼, ちょうど義務教育法案が日清宣戦布告, ちょうど義経の, ちょうど羽布団の上, ちょうど羽柴秀吉の中国軍, ちょうど羽根をぬかれた, ちょうど羽衣を唸っ, ちょうど翌年の旧, ちょうど翌日の昼時分, ちょうどの生えた, ちょうど老人たちがみな急, ちょうど老境にさしかかった, ちょうど聖ニコライの日, ちょうど聖書にある, ちょうど聖母が磔刑, ちょうど聞き込み歩きから, ちょうど聴音機みたいです, ちょうど職員会議が終った, ちょうど肉体の成長, ちょうど肉類のロース, ちょうど肋骨の下, ちょうど肝腎の飴屋, ちょうど肝臓のあたり, ちょうどの所, ちょうど肥後と天草島, ちょうど肥運びのフィリップ, ちょうどの辺, ちょうど肩掛のよう, ちょうど育ちがいい, ちょうど育て上げた息子が, ちょうど肺病などが起りかけた, ちょうど胆礬でも溶かした, ちょうどの高, ちょうど背中合せで川岸, ちょうど背合せになってる, ちょうど背筋の真下, ちょうど胡瓜の季節, ちょうど胡粉を薄く, ちょうどと脚, ちょうど胴の間と艫, ちょうど胴体の中央辺, ちょうどから下, ちょうど能狂言の終り, ちょうど脂肪の皮, ちょうど脅迫に来, ちょうども悪く, ちょうど脈搏の診察, ちょうどの高い, ちょうどをかがめ, ちょうど脚下にとどい, ちょうど脚絆をはいた, ちょうどの長い, ちょうど脳天へ傷, ちょうど脳溢血で倒れた, ちょうど腎臓が悪く, ちょうど腐った杏の, ちょうど腕前の伯仲, ちょうどの曲がった, ちょうど腰掛けの端, ちょうどになろう, ちょうどに向い, ちょうど膳部屋の物, ちょうど膿疱期だから, ちょうど臆病犬が遠吠え, ちょうど臆病窓の下, ちょうど臆病者が酒, ちょうどのところ, ちょうど臨時議会と本, ちょうど臨月であったの, ちょうど自分たちの頭上, ちょうど自分一人でなかったこと, ちょうど自然の美しい, ちょうど自然主義末紀の日本, ちょうど臼杵病院の中, ちょうど與助が供, ちょうど舗道を横切っ, ちょうど舞踏の真最中, ちょうどが墨田堤, ちょうど船尾張出部の下, ちょうど船底で怒, ちょうど船暈の感じ, ちょうど船橋と同じ, ちょうど船着場のよう, ちょうど船頭のなか, ちょうどえ潮時, ちょうど良ちゃんと清ちゃん, ちょうど色盲の人, ちょうど艶麗な女, ちょうど芝公園を走り抜け, ちょうど芭蕉などの時代, ちょうど花ざかりでした, ちょうど花崗石の挽臼, ちょうど花火からとびだした, ちょうど花盛りでした, ちょうど花見寺の裏山, ちょうど花見時でおまけ, ちょうど花頂山や如意ヶ岳, ちょうど芳三は人車, ちょうど芸者屋の出物, ちょうど芸術家がその, ちょうど若い美しい女が, ちょうど若井氏は上方, ちょうど若旦那の頭, ちょうど英ちゃんの上, ちょうど英国の僧侶, ちょうど英国大使館の横手, ちょうど英米に於, ちょうど英雄が大いなる, ちょうど茂公程度の小さい, ちょうど茂山の前田父子, ちょうど茂林か樹叢, ちょうど茶釜が火, ちょうど草鞋の一足分, ちょうど荊州へ攻め入る, ちょうど荷車を曳きまし, ちょうどの花, ちょうど菩薩を繞, ちょうど萩乃源三郎と入れ違い, ちょうど落ちたばかりで, ちょうど落合から是, ちょうど落成しかかって, ちょうど落語家の坐る, ちょうど落雁か何, ちょうどが返える, ちょうどの下, ちょうど蔵前の大きな, ちょうど蔵屋敷砥石店の前, ちょうど薄い蒲鉾形に, ちょうど薄日に照らされた, ちょうど薄暗がりの舞台, ちょうど薬研堀の市, ちょうどを流した, ちょうど藤つつじの盛, ちょうど藤井の叔父さん, ちょうど藩主が在国, ちょうど藪かげに隠れ, ちょうど虎烈剌が流行っ, ちょうど虎豹が林沢, ちょうど虐げられた子供が, ちょうどのよう, ちょうど虫干し武具の修理, ちょうどのよう, ちょうどのよう, ちょうどをつぶす, ちょうど蛋白石のよう, ちょうどのかたまり, ちょうど蛙ヶ鼻と城, ちょうどが糸, ちょうどと青虫, ちょうど蜃気楼のよう, ちょうど蜻蛉の群れ, ちょうどででもつくった, ちょうど蝋細工の新婦, ちょうど蝋質撓拗性, ちょうど蝙蝠のよう, ちょうど蝮蛇をアルコール, ちょうど蝸牛における殻, ちょうどの穴, ちょうど蟒蛇の昔語り, ちょうど蠑螺の穀, ちょうど血刀を提げた, ちょうど血液のよう, ちょうど逢って, ちょうど行き止まりかと思われた, ちょうど行くこと四里ばかりに, ちょうど行列はとまっ, ちょうど行手にヒスパニオーラ号, ちょうど行書草書がまじる, ちょうどに灯, ちょうど街路を一つ, ちょうど街道も参覲交代制度変革, ちょうど街頭討論放送の時刻, ちょうど衝立の前, ちょうど衣川のそば, ちょうど袖の下に俯向, ちょうど袖袂の往通い, ちょうど裁判官が肘掛け, ちょうど裁判所の方, ちょうど裁判所事務局のあった, ちょうど裏表に昔, ちょうど製作室へ泥棒, ちょうどを引く, ちょうど襄陽方面から急報, ちょうど西南の役, ちょうど西南戦争の年, ちょうど西大谷だった, ちょうど西峠と榛原, ちょうど西木家の吐酒石酸, ちょうど西洋の画廊, ちょうど西町時代の初期頃, ちょうど西那須行きの汽車, ちょうど西隅に偏, ちょうど見えていた, ちょうど見たいと思っ, ちょうど見つけたのが, ちょうど見まわり当番に, ちょうど見世物の獅子, ちょうど見事な布, ちょうど見付からぬ小さい娘, ちょうど見合をする, ちょうど見回っていた, ちょうど見回りの男, ちょうど見学したもの, ちょうど規定の刻限, ちょうど覗き眼鏡の種紙, ちょうど覚一小法師, ちょうど親しい心と, ちょうど親たちが息子, ちょうど親分のアラ, ちょうど親指位の太, ちょうど親方がやって来た, ちょうど親鸞七百年忌をかねた, ちょうど頃でございました, ちょうど観世音の裳, ちょうど観音さんのよう, ちょうど観音堂の真後ろ, ちょうど角板とは反対, ちょうど解脱仏母の小, ちょうど言われてから七日目, ちょうど訪ねて来た, ちょうど許章は宮門, ちょうど訳している, ちょうど診察が済んだ, ちょうど証明しようと, ちょうど試し物がある, ちょうど試運転にもいい, ちょうどの韻律, ちょうど詰めていた, ちょうど話しに来よう, ちょうど話題は横浜, ちょうど誂え向きに, ちょうど誂向きにそういう, ちょうど認めたとおり時と, ちょうど説教の席, ちょうど読みきり講釈のデン, ちょうど読書にあきた, ちょうど読者をわざわざ, ちょうど調子が合っ, ちょうど諏訪大社からの二人, ちょうど諭吉がとまった, ちょうど諸君が来られた, ちょうど講義の真最中, ちょうど警報におどろい, ちょうど警察署をかね, ちょうど讃詠の二回目あたり, ちょうどの前, ちょうどを渡る, ちょうど谷川の合流点, ちょうど谷底から一軒家, ちょうど谷間の百合, ちょうど豆板という菓子, ちょうどの歩く, ちょうど貝がらが口, ちょうど貝殻のよう, ちょうど貞之助が帰宅, ちょうどの質量, ちょうど貴女と同じ, ちょうど貴方の背後, ちょうど貴方位の年恰好, ちょうど貴族の女たち, ちょうど貴様と同じ, ちょうど貴様達二人のいる, ちょうど買ったばかりの白い, ちょうど買物時刻の人ごみ, ちょうど貿易のため渡海, ちょうど資生堂の横町, ちょうどながれ, ちょうど質素な生活, ちょうどの川原, ちょうど赤ん坊が母親, ちょうど赤坂口と藤川口, ちょうど赤子を産んだ, ちょうど赤字穴埋め策として立てた, ちょうど赤楽の茶, ちょうど高速の, ちょうど越前と加賀, ちょうど足かけ八年前のこと, ちょうど足かけ十一年になる, ちょうど足もとに咲い, ちょうど足るかまたは, ちょうど足下が面会, ちょうど足利尊氏が最初, ちょうど足利末期の戦国時代, ちょうど足架をかけられた, ちょうどの曲り角, ちょうど路地の角, ちょうど跼んだような, ちょうど踏んでいった, ちょうど踏台の上, ちょうどからだんだん, ちょうど身の丈ぐらいな這松, ちょうど身体中のエキス分, ちょうど身体組織の底, ちょうど身近にある, ちょうど車夫が唐縮緬, ちょうど軌道の降り口, ちょうど之助, ちょうど軍刀を吊っ, ちょうど軍縮で国費, ちょうど軍艦や汽船, ちょうど軍隊式の動作, ちょうど軍鶏が自分, ちょうどにも灯, ちょうど軒下に生まれた, ちょうど軟骨の下, ちょうど輝き始めていた, ちょうど農夫がただ肥え, ちょうど農家や町中, ちょうど農業のいそがしい, ちょうど農業労働者の労働, ちょうど農繁期で地方新聞, ちょうど近い所に, ちょうど近づいてきた, ちょうど近代における鐵砲, ちょうど近日お目にかかりたいと, ちょうど近松の中, ちょうど近頃の塩, ちょうど追い風も得, ちょうど追手の堀秀政, ちょうど退汐時, ちょうど退き潮の, ちょうど退け時間が, ちょうど退け際でもある, ちょうど葬の, ちょうど透きとおった水を通して, ちょうど透き通った美しい外套, ちょうど途中支度して, ちょうど途絶えたその隙, ちょうど通し物と酒, ちょうど通じた電話で, ちょうど通って来た, ちょうど通りすがりに露路口, ちょうど通り蒐った相乗俥, ちょうど通り路にあたる, ちょうど通れるだけのすき間, ちょうど通常人が立っ, ちょうど通行人の腰掛け, ちょうど速力は一時間五十三哩半, ちょうど造作が入った, ちょうど逢う時が, ちょうど連句の場合, ちょうど連絡が切れ, ちょうど連載回数も五百一回, ちょうど遅く学校から, ちょうど運動場にひどく, ちょうど運転手が瞬時, ちょうどぐる永禄四年の, ちょうど過去現在未来なんでも聞い, ちょうど道一つ越して, ちょうど道教が儒教, ちょうど道筋です, ちょうど道路が舞台, ちょうど遠い昔に, ちょうど遠くへ目, ちょうど遠山の春霞, ちょうど遠方シグナルのあたり, ちょうど唐大使丹遅, ちょうど適した言葉である, ちょうど適合するか, ちょうど適量だったもの, ちょうど適齢前の次男坊, ちょうど選手も揃っ, ちょうど避病院の落成式, ちょうど避雷針みたいに吾輩, ちょうど還暦に当る, ちょうど那須野ケ原から日光連山, ちょうど郁子の姉, ちょうど郭嘉が入っ, ちょうど郵便夫の隣, ちょうど郵便局が閑, ちょうど郵便締切日の前, ちょうど郵便馬車や駅馬車, ちょうど郵船の特別三等みたい, ちょうど郷境の林, ちょうど郷里で彼女, ちょうど酒客に対して茶, ちょうど酒宴をし, ちょうど酒泉張掖の辺, ちょうど酒飲が大変, ちょうどの井, ちょうど重々しく沈鬱なし, ちょうど重い牛の, ちょうど重松代議士がい, ちょうどに自然, ちょうど野生の動植物, ちょうど野菜や鳥獣魚肉, ちょうど野蛮民のそれ, ちょうど野間清治の別邸, ちょうど野馬がいる, ちょうど金兵衛は山口村, ちょうど金力やその他, ちょうど金吾も庭先, ちょうど金塊を抱い, ちょうど金屏風に銀, ちょうど金庫の暗号錠, ちょうど金石文字や法帖, ちょうど金魚の背中, ちょうど釣鐘を伏せた, ちょうどを嵌める, ちょうど鈴本の夜, ちょうど鈴虫の親, ちょうどの支柱前方線路寄り, ちょうど鉄橋をくぐっ, ちょうど鉄瓶の湯, ちょうど鉄砲洲への行き, ちょうど鉄網のよう, ちょうど鉄道か警察, ちょうど鉄道馬車の馬, ちょうど鉄鎚で鉄管, ちょうど鉄門が横, ちょうどの背中, ちょうどのさき, ちょうど鉱山へ行っ, ちょうどの鎧, ちょうど銀幕に暗い, ちょうど銀杏の下, ちょうど銀行に金, ちょうど銃器庫の角, ちょうど銃砲店の広告絵みたい, ちょうど銭占屋も遊び, ちょうど銭形平次を書きはじめた, ちょうど錆びくちた鉄の, ちょうどを下げた, ちょうど鍛冶小屋の横手, ちょうどに繋がれた, ちょうどの渡し, ちょうど鐙小屋の神主, ちょうど長いわびしい冬の, ちょうど長い長い堀割の, ちょうど長兄が旅行中, ちょうど長夜の闇黒, ちょうど長安の都, ちょうど長屋の人達, ちょうど長崎医大で開かれた, ちょうど長州藩からは密使, ちょうど長州軍が船, ちょうど長平は上京, ちょうど長旅に出た, ちょうど長火鉢のところ, ちょうど長畑刑事もいらした, ちょうど長老のこう, ちょうど長距離飛行のとき, ちょうど門口から多勢, ちょうど門松と同じ, ちょうど門跡前へ来たら, ちょうどねる頃, ちょうど開業六年目に当る, ちょうどな時, ちょうど間近な縁台, ちょうど関ヶ原の乱後, ちょうど関東大坂手切れとなっ, ちょうど関東震災前後の時代, ちょうど関殿も来られた, ちょうど閻魔の祭日, ちょうどから一寸, ちょうど防弾チョッキみたいに一面, ちょうど剌比亜の, ちょうど阿弥陀ヶ峰の真下, ちょうど降りかかった時雨を, ちょうど降矢木の三事件, ちょうど降誕祭の前, ちょうど限度です, ちょうども過去, ちょうど院長の容体, ちょうど陣馬へ帰っ, ちょうどと日向, ちょうど陰陽電気四対からできあがっ, ちょうど陳列の場所, ちょうど陶酔や麻痺, ちょうど陸上のすべて, ちょうど陸上競走でリレー, ちょうど陽暦の二月二十三日, ちょうど陽炎を追っ, ちょうど陽蔭の花, ちょうどの柱六本目, ちょうどだし, ちょうど障子の間, ちょうど家, ちょうど隠されたように, ちょうど隠居が通りかかりました, ちょうど隣合せの小さな, ちょうど隣室で少し, ちょうど隣席でかなり, ちょうど雄鶏の頸, ちょうど集会の夜, ちょうど雌ひつじが子ども, ちょうど雍涼の州郡, ちょうど雑巾のよう, ちょうど雑木の蔭, ちょうど雨だれの簷, ちょうど雨上がりで水, ちょうど雨上りだったから, ちょうど雨乞い祭りの三日目, ちょうど雨戸のよう, ちょうど雨滴落ちのところ, ちょうど雪がどっどと降り出し, ちょうど雪子もその, ちょうど雪枝さんと弟, ちょうど雪達磨がふとる, ちょうど雲井の雁, ちょうど雷鳴の反響, ちょうど電信電話線の高, ちょうど電気時計と同じ, ちょうど電燈がぱっと, ちょうど電話を掛け, ちょうど電話交換局が都会, ちょうど震災の半月, ちょうど震災前に家族一同, ちょうどと肉, ちょうど霜月でな, ちょうど霜月頃が収穫, ちょうど霜枯れ時の庭, ちょうど霧粒と同じ, ちょうど露地づたいに近所の風呂, ちょうど露子の姉さん, ちょうど露西亜の捕虜, ちょうど青々と茂り合っ, ちょうど青ざめた顔が, ちょうど青年叢書という叢書物, ちょうど青春期にはいっ, ちょうど青森のりんご, ちょうど青竹を切つて使つたの, ちょうど青銅像の下, ちょうど青髪山の峯, ちょうど静かな水面, ちょうど非常にひどい, ちょうど非常梯子が二階, ちょうど革命勃発当時のフランス, ちょうどといっ, ちょうどにおさめた, ちょうど鞠子の宿, ちょうど鞣し革でも, ちょうどをたて, ちょうど音楽会に出始めた, ちょうど音頭取りのよう, ちょうど響板のよう, ちょうど頃あいの声, ちょうど頃加減でございますからな, ちょうど須磨に友人, ちょうどの当る, ちょうど頭山満氏が第, ちょうど頼んでやった, ちょうど頼山陽がそう, ちょうど顔半分が竦ん, ちょうど顕微鏡を御, ちょうど類似して, ちょうど風上に向っ, ちょうど風化作用に骨, ちょうど風向きもよかっ, ちょうど風通しのいい, ちょうど風邪の気味, ちょうど颱風一過後の観, ちょうど飛石を並べた, ちょうど飛行基地から警察電話, ちょうど飛行機の操縦室, ちょうど飛騨の宮祭り, ちょうど食べかけていた, ちょうど食べごろの年かっこう, ちょうど食べるにも都合, ちょうど食卓にすわっ, ちょうど食後の林檎, ちょうど食膳につい, ちょうど食通の料理自慢, ちょうど飢えた旅人が, ちょうど飯場へつく, ちょうど飲み頃に, ちょうど飲む店が, ちょうどか餅, ちょうどを切っ, ちょうど養子になりたがっ, ちょうど餓鬼草紙の貧乏神, ちょうどの北側, ちょうど首府からモンフェルメイュ村, ちょうど香港を真, ちょうど馬場の隅, ちょうど馬方が来ました, ちょうど駅前に駐車, ちょうど駆け付けた利助の, ちょうど駆逐艦太刀風が鹿島灘, ちょうどをもっ, ちょうど駕籠で乗りつけ, ちょうど騒ぎが始まった, ちょうど高い木の, ちょうど高山がやって来, ちょうど高校野球の投手, ちょうど高氏の唇, ちょうど高浜虚子氏及その兄池内信嘉氏, ちょうど高等三年生の時, ちょうど高等中学校を卒業, ちょうど高等小学も卒業, ちょうど高麗村の者, ちょうどを刈り, ちょうど鬱気な猫みたい, ちょうど鬼界ヶ島の俊寛, ちょうど魔法の鏡, ちょうど魔法使が神秘, ちょうど魔法船が陸, ちょうど魚戸がはいっ, ちょうど魯迅さんはそこ, ちょうどが買っ, ちょうどが網, ちょうど鰌屋の近辺, ちょうど鰹魚節を費, ちょうどのよう, ちょうど鳥カゴと同じ, ちょうど鳥居の横木, ちょうど鳥屋のさかり, ちょうど鳥部ノ山, ちょうど鳩麦煎餅という紙, ちょうど鴨池の伏せ場, ちょうど鵜沼と洲股, ちょうど鶏頭の上, ちょうどには矢矧川, ちょうど麝香か何, ちょうど麦湯をつぎ終った, ちょうど麹町の年番, ちょうど剥きの, ちょうど麻布の崖下, ちょうど麻疹のよう, ちょうど麻酔薬をかがされた, ちょうど黄昏どき, ちょうど黄昏時であること, ちょうど黒い石白い, ちょうど黒い大きい田鶴でも, ちょうど黒っぽい苔むした石, ちょうど黒描が跳ん, ちょうど黒死館の城砦, ちょうど黒点のそれ, ちょうど黒船町の御厩河岸, ちょうど鼬ゴッコ式に入り, ちょうど鼻先にじんどっ, ちょうど鼻眼鏡をふい, ちょうど龍翔の看, ちょうど123の数字, ちょうどJOAKの鉄塔