青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~だいぶ だいぶ~ だから~ だが~ だけど~ ~だし だし~ だした~ だす~ ~だった
だった~
だったら~ だって~ ~だつた だつた~ ~だまっ だまっ~ ~だめ だめ~ だら~ ~だらう

「だった~」 27990, 290ppm, 332位

▼ だった~ (7306, 26.1%)

1714 です 1227 である 906393210 でしょう 141 だろう 126 ですが 92 でしょうか 90 だが 8582 では 62 ですか 61 だから, だと 54 であろう, でございます 45 だろうか 44 かもしれない 43 かも知れない, ですよ 40 ですね 38 かい 37 ですから 35 であります 32 だよ 27 かしら, でした 24 だそう 22 であるが 20 だね 19 だろうと, でございましょう 17 でしょうが 16 かも知れません, はいう 15 であろうか 13 ですもの 12 かね 11 かな, だろうが, でしょうね 10 かと思う, かもしれません, が今, だけれど, だという, だな, ですからね 9 であるから, はその 7 かえ, かそう, かそれとも, じゃ, でございますよ, ですって, で御座います 6 がその, だし, ですな, は, を思い出した

5 [12件] かその, かそれ, かよく, か知らん, か私, がつい, が後, が急, だろうという, でございますか, でも, はこの

4 [13件] かと思い, かと思った, かもわかりません, がお, が今度, が御, だからね, だろうね, であろうが, ですけれど, ですけれども, は事実, を私

3 [23件] かあるいは, かしらん, かなあ, かもしれぬ, かも知れぬ, か彼, がまた, が次第に, が気の毒, じゃない, だけれども, だぞ, だった, だもの, であった, でありますが, でございました, でしたが, ですがね, はこれ, も無理, を見, を覚え

2 [97件] かあの, かいつも, かおれ, かこの, かしらと思われる, かただ, かと, かといまさら, かとにわかに, かと初めて, かと心, かと思っ, かと私, かどう, かどうしても, かねえ, かもう, かも知れねえ, かも知れませぬ, か事実, か今, か何, か夢, か本当, か知ら, か知れません, か竹, か誰, が, がきょう, がこの, がしだいに, がぜんぜん, がそれ, が一夜, が何, が時には, が私達, が第, だい, だからと, だこの, だそれ, だって, だとも, だのう, だろうけれど, だろう私, だわ, でありましょう, でありましょうか, であると, であるまいか, であろうと, であろうもう, でございましょうか, でございますが, でございますのよ, でございまする, でしょうけれど, でしょうし, でしょうな, でしょう私, ですかい, ですし, ですってね, ですと, ですわ, でなければ, で御座いますよ, とその, と同じ, ならなぜ, はあの, はそれ, はただ, はもちろん, はやはり, は偶然, は勿論, は彼, は次郎, は河童, は第, は金吾さん, は面白う, をこの, をさいわい, をすっかり, をどういう, をやっと, を幸い, を忘れ, を思いだし, を改装, を発見, を自分

1 [769件 抜粋] あなたその, あれ, あんたは, いまなにか, お家の, かあっちむき, かいや, かい今, かかつて, かこれから, かさすが, かさっぱり, かしばらく, かしらあの, かしらいまさら, かしらとおそるおそる, かしらとたずね, かしらと何心, かしらと思っ, かしらと怪しん, かしらなんだか, かしらわたし, かしら久しく恋し, かしら茶色, かすまない, かそういう, かそのまま, かだんだんはっきり, かちっとも, かといいます, かというよう, かといぶかし, かとうっとり, かとたけしくん, かとたとい, かとふとそう, かとほっと, かとむしろ, かとも思った, かとホッ, かと下, かと久助君, かと云った, かと今さら, かと信吉, かと大いなる, かと夫人, かと始めて, かと巖ちゃん, かと年甲斐, かと彼女, かと思い思い, かと思うであろう, かと思ったら, かと思つた, かと意外, かと我, かと文珠屋佐吉, かと新, かと気がついた, かと気がつく, かと物珍, かと考え, かと聞く, かと胸, かと自分自身, かと褒め, かと見, かと談判, かと頷かれた, かなかなか, かなと思った, かひ, かふと, かまだ, かまるっきり, かもしれねえ, かも分かりません, かも知れず, かよし, からみる, かわからなくなった, かわけ, かィ, かジャングル, かナア, か三四尺, か二階, か伸子, か例, か保, か分らない, か初め, か味方, か夫人, か失敬, か山, か岡田, か師匠, か幾日, か彼等, か思い出した, か或は, か日, か昨夜, か昼間, か本心, か河村, か滋幹, か甲斐, か畜生, か知らなかった, か祖母, か絶望, か自分, か草千里, か菜, か見分ける, か誠に, か道理, か随分, か飛ん, か鬼火, か鼈甲, があなた, があの, がある, があわて, がいちばん, がいつか, がいつしかしっかり, がいつのまにか, がいまや, がいろいろ, がうまく, がかつて, がきのう, がこんど, がごらん, がしばらく, がじつは, がそっけ, がそんなに, がたちまち, がたった, がだんだん色々, がつぎ, がのち, がは一円二十二銭, がふと, がみるみる, がやがて, がわずか, がわるかっ, がガイヨン, がキス, が一, が一九一九年レーリー, が一度, が七時, が七月, が二, が二三回, が二晩, が二種, が五年, が今や, が今朝, が仕事, が伸子, が何より, が信州飯田, が八十銭, が八厘, が六円, が六十二キログラム, が分りました, が北条氏, が十九, が午後, が単なる, が去年, が古く, が召集, が四年間, が土民, が声, が大, が大正, が小僧, が左膳, が幾つ, が彫刻, が悠々, が意外, が改心, が改良, が新兵, が明治元年, が春日荘, が時, が最近, が根作, が案外, が段々, が永, が燃えおちた, が爰, が物資欠乏, が犬, が真黒, が紙屑, が脱却, が自分, が花, が落ちぶれた, が表通り, が解った, が誰, が追い, が酔っ, が零落, が飜, さあと, さだから, さまァ, さ畜生奴, さ私, じゃありません, じゃがそれ, じゃな, じゃよ, そして金, それは, だあらゆる, だいスーリン, ださうです, だそうですね, だただそなたまでも, だったいずこいかなる, だったからね, だとさえ, だとは, だやっぱり, だろうあれ, だろうからね, だろうけれども, だろうなどと, だろうよ, だろう一風, だろう両手, だろう小さい, だろう度胆, だろう握って, だわい, だわね, だ何, だ富士男, だ徳川家康, だ旧, だ誰, て台所, でありそれ, でありました, でありますと, であるか, であるかと, であるしかし, であろうかと, であろう釣洋燈, であろぉ, でございましょうね, でございましょうば, でございますから, でございますね, でございますもの, でございますわ, でしょうお, でしょうかしら, でしょうかと, でしょうそう, でしょうそして, でしょうなんと, でしょうひとり, でしょうもし, でしょう平次, でしょう折返し今年, でしょう火勢, でしょう虎狩, ですあの, ですがなあ, ですそうして, ですその後, ですなお, ですねえ, ですわねエ, です僕, です毎年, です父, でないという, で御座いましょう, とこれから, とさすが, とそんな, とでとうとう, とで傷, となんだかのんびり, とはちがう, と人見廣介, と帰りしな, と日本, と朝, と横浜, と比較, と無学, と父, と私, と間違っ, と階下, ならきっと, ならこれ, ならむしろ, なら何, なんだか普通, におくれ, にちなん, について前日クリストフ, にはびっくり, にはギョッ, には及ばなかった, には思わず, には愕, には相違, には腹, には驚いた, にひきかえ, にも拘わらず, に似, に基く, に対して一方, に比べ, に気付いた, に違いません, はあなた, はいつも, はお, はお蔦, はかれ, はここ, はそうした, はたしかに, はどう, はぷーんと, はまちがい, はまったく, はむしろ, はもしや, はよかっ, はキン, はバタフライ, はレタス, は一つ, は三つボタン, は不幸中, は中, は中性子, は事急, は二匹, は京極, は何と, は備えつけ, は凱歌, は初めて, は前回, は割合, は十一月, は君, は大, は大抵, は奇, は始め, は子供たち, は家々, は山ごもり, は幸い, は幼時土蔵, は当り前, は当然, は後, は悲惨, は政子, は日露戦争中, は星野たち一同, は是非, は最, は本, は本所, は樹, は正餐, は残念, は母方, は無理, は父, は玩具, は申す, は相当, は米国, は組合, は背後, は自分, は若旦那, は荒田老, は見つけ, は親分, は言うまでもなかろ, は誂えた, は軍部, は逃げ足, は遠, は重, は鑵詰類, は長老, は阿弥陀さま, もいかに, もいつか, もまた, もみな, も一奇, も不審, も五, も偶然, も千鶴子, も大して, も孰方, も気, やわ, よりも更に, らしい, をあたし, をうっかり, をおぼえ, をおれ, をそのまま, をたまもの, をのばし, をぱっと, をふたたび, をやめ, をわすれ, をウッカリ気, をハッ, を一時親類, を三十銭価, を世話, を二人, を今, を今年, を今度そちら, を何, を倖, を函館, を危うく, を反っ, を取り戻す, を吻, を和歌, を大岡越前守, を学校, を小林君, を延し, を徳蔵, を思いかえし, を思っ, を救われた, を最近, を止め, を残念, を池, を無理, を痛い, を盆, を矢代, を知っ, を知ってる, を知らなかった, を編集者側, を美妙, を親分さん, を誰, を譲り受け, を轟さん, を近, を馬鹿, を鬼眼鏡, ナポレオンの, マリイ, 可哀想に, 始めて済南, 本当よ, 松永久秀の

▼ だった~ (5056, 18.1%)

61 それが 42 それは 40 彼は 38 それも 37 今は, 私は 29 それを 23 彼の 19 これは, その時 18 彼女は 16 今日は 15 今では, 急に 14 その中, 私の 12 いまは, 今度は 10 そのとき, やがて 9 これが, さすがに, 銀子は 8 何か, 庸三は, 自分の

7 [11件] こんどは, しかしその, そこへ, そのうち, それから, それよりも, そんなこと, どうした, 今の, 彼女の, 誰も

6 [15件] この時, これで, これも, そのあと, その人, その日, その晩, その辺, それには, 二人の, 今も, 他の, 彼が, 心の, 私が

5 [13件] しばらくする, そこまで, その男, それに, やがてその, 二人は, 今夜は, 僕は, 夜に, 帰って, 後には, 次の, 次郎は

4 [26件] ある日, あれは, いつもの, ここでは, こんなふう, しかしそれ, しかし今, そうし, そこに, そのこと, それさえ, ちょうどその, どこか, なぜか, やがてそれ, 今度の, 今日では, 伸子は, 例の, 先生は, 処が, 大阪の, 妙に, 来て, 此の, 葉子は

3 [52件] かれの, かれは, きょうは, ここの, このとき, この人, この日, この頃, こんなこと, すぐに, そうは, そこから, そのころ, その女, その実, その都度, その間に, その顔, それにしてもこの, それらの, そんな風, どういうもの, どれも, ほかの, まだその, やはり私, 中途から, 主人の, 今に, 今まで, 今日の, 俺は, 傍に, 千枝子は, 変に, 実際は, 庸三も, 彼には, 惜しいこと, 惜しい事, 或る, 朝の, 父が, 父の, 父は, 眼の, 秀吉の, 私たちは, 私と, 翌日から, 豹一は, 途中で

2 [225件] ああし, あとで, あの人, あの時, あれが, あわてて, あんなこと, いつかは, いつでも, いまでは, おっか, おらも, おれが, おれは, お君, かくも, かの女, かれが, こうなる, ここで, ここに, ここまで, こっちの, こっちは, ことしも, ことにこの, このごろは, このよう, この夜, この少年, これからは, これを, さてその, しかしこの, しかしさすが, しかしそう, しかしそんな, しかしもう, しかし久慈, しかし今夜, しかし彼, しかし彼女, しかし自分, すすめられて, そいつが, そういうなか, そう言われ, そこには, そこの, そのくせ自分, そのため, そのひと, その他の, その代り, その先, その原稿, その場, その声, その当座, その微笑, その方, その時分, その気持, その理由, その瞬間, その笑い, その糸, その言葉, それからも, それだけの, それで, それでは僕, それでも助, それでも自動車, それにしてもあの, それらを, だしぬけに, だんだんと, ちらと, でもその, とにかくその, とにかく二時間, ともかくも, どういうわけ, どうもこれ, どこへ, どこやら, なんの, はっきりと, むしろそんな, もうずっと前, もう一つ, もう一人, もろくも, やがての, やがて静か, やはり家, やはり相当, よく考え, より以上, わしは, わたしは, ジャン, テナルディエの, 一つには, 一二の, 一人の, 一年の, 上の, 不幸な, 不思議な, 中, 中には, 久三は, 久慈は, 事実は, 亡くなった大, 人々の, 人の, 今じゃ, 今その, 今でも, 会って, 何となし, 何の, 何も, 何を, 何事か, 俄に, 偶然にも, 僕が, 僕には, 僕の, 其中に, 其後は, 冬の, 前から, 北田は, 午後に, 吉田は, 君も, 咄嗟の, 声に, 外に, 夜は, 夫人が, 奥の, 女の, 女は, 好きな, 婦人は, 子供が, 子供の, 安二郎は, 実を, 実際に, 客が, 家が, 家に, 寝て, 尊氏は, 少しも, 山の, 山根さんは, 帰りは, 平気で, 庸三の, 当時は, 彼らは, 恭一の, 新らしい, 旅は, 昨日の, 暗黒の, 暫くする, 槍の, 次郎の, 此度の, 母と, 母の, 母親は, 気分が, 法水は, 泰造は, 流石に, 然し私, 画家の, 登は, 目に, 目を, 相変らず, 相手の, 看護婦の, 真暗な, 眼は, 矢代は, 秀吉は, 細君の, 結局, 翌くる, 考えて, 肌の, 自分では, 自分に, 色の, 若くて, 若旦那も, 苦しくて, 葉子の, 葉子も, 蒲団を, 見れば, 趙雲は, 遂には, 銀子が, 銀子の, 銀子も, 隙を, 隣の, 雪江さんは, 電話の, 青べかが, 順平は, 顔は, 高氏は

1 [3582件 抜粋] ああ十四, あそこの, あとへ, あの噺, あの神経質, あまり低く, あるとき謎, ある日ふろ場, あれから, いかにも処女, いきなり襟首, いささかも, いって, いつしかうっとりと, いつのまにか俊彦, いつの間にヨーロッパ, いつもふらふらした, いまだいまだ話術家, いやおれ, うす暗い所, うとうと一, おかげで, おじぎを, おそろしさ, およそ人間, お前の, お座敷は, お父さんが, お高, かねて右馬介, きっと過労, きわめて重い, けれどもお, こういう結果, こうでも, ここしばらく, ことしの, このてんやわんや, このブルウス・テイラア, この二人, この勝山さん, この大捷報, この家, この方面, この男, この花嫁, この遣り, この黒い, これほどとは, こんなに煙草, こんな抜け, さすがは, さて走らせる, さらに驟雨, さればと, しかしすべて, しかしなお恐怖, しかしもし, しかし今後, しかし勘当, しかし年齢, しかし栄子, しかし程万里, しかし花街攀柳, しかもその, しばらくは, じき泣きだした, すぐさりげ, すぐ欄干, すこしは, すでに秀吉方, せっかちの, そういうもの, そういった言葉, そうした寂し, そうして別れた, そうでなくっ, そう質問, そしてその, そのうえあまり適当, そのうち思い出, そのお爺さん, そのころあれ, そのな, そのまま両手, そのわり, その上, その人物, その備考欄, その勇気, その叔父, その夜彼, その小, その廃屋同様, その後の, その後楠本正隆氏が, その心理, その手, その日一日, その時卅四歳, その柏, その点, その盛り, その箱, その行方, その趣味, その鍵, その隣り, その風, それからは, それすら, それだけに愈々, それでさえ, それでもちアん, それでもやっと, それでも三人, それでも別段, それでも小屋, それでも時たま, それでも男, それでも笑っ, それという, それにしても真っ赤, それに五日, それ以来ひどく, そんな事, そんな穿鑿, ただ一つ, ただ若い, たまたま京, だんだんいろんな, ちいさいながら, ちょっと下脹れ, ついにこれ, つかつかと, でもすでに, でも起ちあがっ, とうとう思いきっ, ところで他, とても駄目, とにかく最後, とりわけ今度, どうしたろう, どうして今日, どうも永続き, どこでも, どの方面, なおさらお, なお順慶, ながいこと無人, なにしろ武松, なんだか随分昔, のこのこ這入っ, はじめての, はっと思い返し, ひととおり死体の, ひょいと見る, ふたたびうまく, ふと二人, ふと気, ぶち込まれるさい, ほどなくまた, ぽちゃり, まずい食物, また反対, まだかつて今日, まだ二人, まだ梅, まだ身持ち, まもなく晴ればれ, みさ子に, むかしの, もうこうなっ, もう一度軒下, もう君, もう第, もし彼, もともと落ちついた, やがてあいまい, やがてとぎれとぎれ, やがてモゾモゾと, やがて出る, やがて年, やがて横, やがて真面目, やがて英語, やがて長い, やっと芳子, やっぱりロシヤ, やはり別れ, よい事, よく意味, わからずやの, わしの, わたしの, イギリスに, エルスラーは, カッキリ半年, キャラコさんは, コンナ容態では, ダリア嬢たちから, トテモ仕様の, ド・エスコバアルの, バスクが, パリーへ, ブルジョアの, マックスは, マリ子は, モスク, ラマルク将軍の, ロックフェラアより, 一人かい, 一同が, 一度も, 一日二日たつ, 一月に, 一種悲痛な, 七年ほど, 三つの, 三四人輪を, 三番とも, 上界から, 不幸大雨の, 世の中が, 両方から, 中世より, 中村が, 丸ビルに, 主従の, 乗組の, 事件は, 二三年前間違え, 二十にも, 二時頃に, 二階へ, 井野老人は, 亭主の, 人形の, 人間は, 今のは, 今届いた, 今思い出し, 今朝に, 今自分, 仕事に, 仙波父子は, 伊皿子へ, 伽藍の, 何が, 何という, 何やら内部, 何度もとの, 余り腐爛し, 使者が, 信長は, 側面の, 僅か六千噸, 兄が, 先刻侮辱を, 光秀の, 全然わからない, 八百七十両にしか, 共犯関係という, 其処に, 内心負け目を, 写真屋に, 出す素質, 分けや, 初めて庸三, 別に恐, 利を, 前もって定め, 加世子には, 勝手口が, 医者が, 十六七の, 千重子の, 午後早い, 南雲一家の, 却って妖気, 反対する, 口先だけ, 可愛相な, 同じアメリカ, 同盟の, 君の, 周馬も, 唯一つ, 嘲けって, 四週間たっ, 土地で, 坂の, 城内との, 塩釜までの, 夕刻激しい, 外見ひ弱, 多鶴子は, 大きな二十畳, 大和守の, 大山は, 大納言実, 天保七年の, 夫人で, 奇態に, 奥様は, 女学校へ, 好奇心とも, 姉さんと, 娘が, 嫌な, 子孫には, 学校を, 宇治は, 官舎の, 実はもう, 実体の, 家は, 家康は, 寄手方の, 対手に, 小判が, 少しずつ, 少時する, 屑籠の, 岩田は, 川風に, 巧かった, 帆村たちの, 帰りには, 帽子は, 平安に, 年暮れに, 幼い時分悪戯, 底を, 座敷へ, 引き裂いた証書, 強情な, 当然城内, 役者買いと, 彼女が, 彼自身は, 後に, 徒刑囚らの, 徳川幕府の, 忠右衛門には, 怒るよ, 思ったよりは, 恐らく母, 悪に, 愈いよ, 愚図愚図し, 我が家へ, 戦闘の, 手に, 打って, 抜きさしの, 推論としての, 故人に, 敵味方とも, 料理に, 新官僚達, 旅の, 日の, 日本を, 旧幕時代には, 明智家の, 春月亭の, 昨秋から, 時には何, 時折垣根を, 暫らくし, 書籍の, 服装の, 朝起き, 未だに独身, 材料の, 杭州湾の, 東郷大将や, 柘植の, 案内者は, 棺桶の, 楳嶺先生の, 横幅の, 次に, 次郎にとっては, 正解が, 武夫が, 死に方, 死別した, 殊に乗換場, 母ゆずり, 気の, 気持ちは, 永遠に, 泣くという, 海底の, 淋しいから, 清逸は, 準備に, 潰れかかった彼, 炭屋の, 無表情の, 然し極めて, 父も, 片上伸先生なども, 特に弁護士, 猪牙舟の, 玉にも, 現場に, 生憎珍, 田中に, 由兵衛に, 畔の, 疫痢という, 発てなくなった, 白い肉, 皆は, 直き, 直後に, 眉には, 真紀子は, 着いたトタン, 矢田津世子に, 矯激の, 磯の, 秀吉も, 私達が, 空地は, 突然どこ, 突然哀れ, 竣工を, 笑顔に, 節を, 紅屋へ, 紫丁場と, 結婚生活の, 結局死体を, 綺麗で, 織物の, 翌年正月生れた, 老職たち, 聞き終ると, 肚の, 腕力では, 自分ながら, 船は, 色つけ玉子を, 芳本は, 苛酷な, 若造の, 草履を, 菜穂子は, 落選した, 薄井の, 虎船長が, 衣服は, 裸身で, 要領は, 覚えて, 親爺が, 言葉は, 試写室に, 話題は, 誰一人起きる, 警察へ, 貝谷は, 赤い糸, 足の, 身分を, 軍略にかけては, 近づいた主, 近来これほど, 逃げまわる天蔵, 途端に, 連中の, 遂に銀行, 道中あまりに, 遺伝的に, 都下の, 酒杯の, 金剛寺坂の, 銀座で, 鎖は, 長くこの, 長謙さんの, 間もなくその, 間もなく額縁, 際限も, 雑貨屋の, 雲が, 靄の, 青木という, 音楽を, 題号が, 顔色は, 風呂へ, 飯も, 驚いたこと, 高等学校の, 黒吉の

▼ だったので~ (1885, 6.7%)

59 私は 39 彼は 16 それを 15 ござります 11 彼女は 5 すぐに, それが, 何か, 僕は, 私の, 私も, 自分の 4 ござりまし, びっくりした, わたしは, 何の, 彼の, 彼女の, 私が, 自分が, 自分は

3 [19件] いつでも, こちらに, これは, その方, それらの, クリストフの, クリストフは, 二人は, 他の, 何も, 夜に, 幸子は, 彼女が, 手を, 昌作は, 皆は, 私達は, 誰も, 非常に

2 [66件] あたしは, いっしょに, いろいろの, おさおさ警戒, お前の, お雪, かれは, きょうは, くれたよう, ここで, このとき, これを, ござりましょう, そのこと, その光, その日, その点, それに, それに私, みんなは, アイスアックスが, カン, ホテルの, 一たび葬った, 一人で, 一人の, 久しぶりに, 人々は, 今の, 今日の, 会社から, 俊夫君は, 元気で, 兄は, 又も, 周平は, 夕方の, 女は, 嬉しかった, 家の, 容易に, 少し遅れ, 庸三は, 彼を, 暫くは, 月の, 東京へ, 次の, 武蔵は, 気が, 水は, 父は, 猫が, 男は, 町の, 目を, 相手は, 矢代は, 私たちの, 自然と, 見て, 訳の, 途中で, 陣十郎の, 首を, 驚いた

1 [1485件 抜粋] あくまでも反対, あっと思う, あべこべに, あらためてとり, あるじは, あれなら, あわてて, いかなる宿業, いきおい佐原屋, いくら松, いちおう厄介, いっそ母, いつもよりは, いつも大, いま, いよいよねどこ, いろいろ異説, いわゆるお, おいおれ, おとうさんに, おゆう, およそ病因, お余野, お前を, お抱えの, お祝, お綱, お駒, かえって妻, かなり億劫, かれあの, ぐっと頸, こうしてぶらりと, こう林蔵, こっそり背後, このとき青年, この人, この夜, この姉, この怪物, この時代, この申し出, この計画, これが, これには, これ以上は, こんども, こんな男, ごちゃごちゃし, ご飯が, さすがに, さすが愚直, さっそく洋館, しばし天候, すきを, すぐその, すぐ包紙, すぐ運命, すっかり安心, すっかり障子, せう, そういう今, そうした気分, そう云い出したら, そう峰吉, そう腹, そしてそういう, そのうち, そのため, そのままそこ, そのまま坐っ, そのまま返事, その健気, その反作用, その和やか, その女, その小さな煙突, その後に, その愛児, その星空, その晩見舞, その決心, その特質, その精神的, その薄い, その通り, その際, そよ風吹く, それから暫時二人, それでお, それでもち, それで私, それは, それまでの, そんなもの, そんな出, そんな軽はずみ, ただ子供, たちどころに数十万円, たった間一日, ためしに, だれをも, ちょうどそれ, ちょっと用件, ついうっかり, ついに人々, つい五郎, つい見過ごし, つまるところ川田, とうとう二人, とうとう買わず, とても輸入相場, とりあえずその, どうして人, どうにもひどい, どちらも, なおいくら, なかなか大きく, なるべく陽, にやけて, はっきりそう云う, はやくから, ひと月も, ひどく早熟, ひょろ松, びっくりしました, ふたりは, ほっと安心, ほとんど生き残る, ぼくは, まさか歩く, まず差支え, また帰り路, まだ余燼, まるで逃げる, みな声を, みんな慕っ, むしろ幸い, もう一人, もう少し事情, もし将校, やがて制服姿, やっぱり棺, やや安堵, よくもそれ, よく揃った, よく覚え, よせば, わずかな, われにも, アイネは, アッと, アリョーシャの, イワンは, ガス口に, クリストフも, ジャックリーヌの, ソプラノの, ゾッとした, チャンドラの, トテも, ナポレオンの, ハッと, ビックリし, フィッタブル行きの, ブラックは, ペンの, マリユスは, リメイも, 一そうあんな, 一切の, 一同は, 一席鮭の, 一年間遅れる, 一度海気, 一日に, 一時姿を, 一時間程, 一眼見る, 一般の, 一足さきに, 一隊を, 万葉という, 三人は, 三浦博士の, 上人も, 下宿を, 世話好きの, 両方忙しい, 並びいる呉, 主に, 久助は, 乾児たちは, 二三週間ヘレーネという, 二十九日に, 二度びっくりだった, 互に頻繁, 井上君も, 京吉には, 亭主が, 人びとは, 人物画の, 人間らしい怨恨, 今は, 今回の, 今晩の, 仕方なし, 以来栄螺の, 休演川口, 住持にも, 何とかし, 何とも, 何一つ家宝, 何時の間にかなくなっ, 使者に, 侍臣は, 信長の, 俺が, 健康が, 僕も, 僧は, 兄や, 先ず先ず押し通せた, 先日の, 全くその, 全聴衆, 六時近くド, 兵卒どもは, 内心嬉し, 冬の, 初々しくさえ, 初め夢想し, 別に恨み, 前々から, 助かったが, 勇ちゃんは, 北へ, 十二時から, 千穂子は, 午後九時から, 単に面白い, 印象が, 厄払いの, 又眠っ, 友人麻川荘之, 友達も, 取りあえず自分, 受附の, 古いが, 吃驚した, 吉次や, 同じ遊蕩児, 名高い僧, 周倉の, 咄嗟に, 唖然と, 啣え, 四人は, 困ったが, 土地の, 土蔵二階の, 埃を, 塩野も, 声も, 夏の, 多くは, 多少固く, 夜が, 夜通し貞世, 大した不都合, 大変喜ん, 大得意, 大粒な, 大覚寺統と, 太田などは, 失敗したら, 奥へ, 女中が, 妙に, 姿の, 婆さんが, 嫉妬し, 子どもらの, 子供に, 子供達や, 孔明が, 学校は, 安心, 宗方は, 客の, 宮かと, 家を, 家内を, 宿屋の, 対米英戦の, 尋ねられた星, 小夜子は, 小田さんが, 少しばかり, 少し持っ, 少し訊ね, 尚更よく遊び, 居合わせた女中たち, 山と, 山木が, 島村は, 工場主を, 市ヶ谷の, 平安時代には, 幼少い, 底の, 店員の, 庸三の, 引きつづき休む方, 弥次, 当人も, 彼には, 彼らの, 彼女も, 後から, 後程伺う, 御夫婦, 御扉, 御祝儀, 徳川家へも, 必定お客を, 思い切って, 思わずおかしく, 思わずカッと, 思わず目と目, 思切って, 性急に, 怪物が, 恐ろしい悲愁, 惣七は, 愕いた, 慎作は, 憎まれて, 成程と, 或いは彼, 戦争が, 打明ける秘密, 担任の, 捕えようと, 撮り直すからと, 支度が, 教会は, 散策子も, 敷島の, 文雄が, 新子も, 方々の, 既に父, 日本と, 旦那も, 早瀬は, 早速ランプルメーヤー, 早速外来患者室, 明日子が, 春子と, 時と, 晩餐が, 替え玉だ, 有名な, 朝廷の, 本当に腹, 杉の, 東屋氏の, 林さんは, 格別不服, 格別驚きも, 梅軒も, 楽しかった, 横浜へ, 次手に, 歌の, 正六時, 此機会に, 歳若い, 毎日毎日帰ろう帰ろう, 民の, 気味悪く思われ, 水夫長という, 江崎の, 江馬兄妹は, 河上君とも, 泣上戸の, 洋灯に, 浜には, 海岸は, 清貧楽愁の, 源三郎自嘲的な, 漠然とした, 濃淡が, 無事たどりついた, 焼けて, 父の, 片側は, 特別に, 猶更, 王が, 現在の, 琢磨氏も, 生きて, 留守に, 畳の, 痔だ, 白い標示札, 白粉ぎらいな彼女の, 皆が, 皆抱腹絶倒した, 直ぐに, 直接話を, 相談の, 真逆様に, 眼が, 矢代も, 知って, 知世子の, 礼子が, 秀吉は, 私には, 私達も, 競争者を, 第一, 箸を, 約束の, 紙に, 終には, 経費は, 給費生の, 絶えず戦争, 総理大臣も, 美しいという, 老校長, 聞き返すよう, 肩車に, 背骨が, 胸中の, 脳に, 自信を, 自分なんぞよりも, 自動車を, 至る所, 良一も, 若い局長さん, 若し其儘, 英蘭銀行へ, 荒木夫人は, 蔵へは, 蛾次郎は, 蟹江は, 袋ものを, 見え隠れに, 見送りに, 親衛隊の, 言い出しやすかっ, 言葉を, 証人として, 詳しくは, 誤解され, 誰もが, 豆店は, 負けて, 貴女に, 赤とんぼが, 趣味や, 足袋を, 蹤跡け, 身支度にも, 辰代は, 遊びに, 運を, 道の, 部屋に, 酔余かい, 重役の, 野の, 金も, 銀ぶらには, 長男の, 間髪を, 陪審の, 随って, 隣りの, 雪に, 霜よけも, 青山練兵場について, 面倒くさいこと, 革命の, 頭が, 頭目顧三五子と, 食うため, 食堂へと, 馬どもは, 驚くまい事, 骸骨の, 魏帝と, 鹿常君の, 黒門町の

▼ だった~ (1785, 6.4%)

134 思う 91 思います 84 いう 61 思うが 34 見えて 29 思った 27 すれば 26 いって, 思って 25 覚えて 20 すると, 思いますが 17 言って 16 いうから, 私は 15 したら, みえて 13 云う事 12 いうが 11 云うの, 云って, 彼は, 見える 10 いえる, みえる, 記憶する 9 ある, いうので, いえよう, 思われる 8 いうじゃ, いうのに, いっても, 申します 7 いわれて, 云うこと, 思うと, 思うの, 見て, 記憶し 6 云うから, 云える, 思うこと, 言う 5 いいます, 云っても, 云わねば, 思いますよ, 思うがね, 思うん, 思われます, 言うの, 言わなければ 4 いった, おもう, したらどう, 云うが, 矢代は, 答えた, 聞いて, 言うこと, 言った, 言っても

3 [31件] いいますから, いうからね, いうだけの, いうと, いえば, したところ, したらこの, 云う, 云った, 云ったが, 今でも, 今に, 思いますか, 思いますがね, 思いますの, 思いますわ, 思うがな, 思うわ, 思えば, 気がついて, 申して, 申しますが, 申すこと, 考えて, 考えられる, 聞くと, 見えまして, 見ること, 言います, 言うん, 話して

2 [67件] あとで, いいますよ, いうだけ, いうて, いうに, いえるの, いふ, いわなければ, いわねば, おもいます, おもわれる, きけば, したらこれ, しますと, する, なると, みえるな, 云います, 云いますから, 云うに, 云うもの, 云えましょう, 云わなければ, 云われて, 伝えられて, 信じて, 信じます, 判ると, 同じに, 同じ様, 君は, 告げました, 報告し, 思いだしほっと, 思いますね, 思い出した, 思うし, 思うね, 思うより, 思う私, 思う骨太, 思ふ, 思わせるよう, 思われて, 未亡人は, 母は, 気がついたの, 源氏は, 申しました, 申す事, 看護婦から, 知った, 知って, 答えると, 考えられるもの, 考える外, 聞く, 見えます, 見えますね, 見え安宅さん, 見られるの, 言いますが, 言うじゃ, 言えよう, 言ったが, 言われて, 記して

1 [584件 抜粋] あっさりいうたら, あるが, あるほど, あれば, いいきること, いいたいけど, いいました, いいましても, いいますが, いい或, いうし, いうでねえか, いうでは, いうならそれ, いうならば, いうね, いうばかり, いうべきだ, いうべきであろう, いうべきもの, いうより, いえそんな, いえようか, いえるが, いえるし, いえるはず, いくらか気色, いったって, いってるん, いっぱん, いろいろ感慨, いわぬばかりに, いわぬばかりの, いわれる, いわれるから, いわれるが, うかがいましたけれど, うなずいたけれど, うなずかれた, おっしゃった, おっしゃるん, おぼえて, おぼしいあたり, おもいますが, おもうが, おもった, おやじも, おれは, お喜び, お思い, お思い出し, お言い, がっかりする, きいて, きく, こうちぐはぐ, こう云う, さとる心持, されて, しいて思おう, した, したならば, したらそいつ, したらそれでも, したらてっきり, したらどんな, したらどんなに, したらね, したらハテ, したら何, したら如何にも, したら彼女, したら母, したら考えて, したら葬儀屋, したら静子夫人, して, しますれば, しようでは, しんから, すぐ感じた, するなら海図, すればの, せせら笑いを, そういう種類, そのわけ, その子, それを, そんなこと, たずねて, ただそれだけ, だれにも, ついには, でしょう, なぜいえない, なんでも, のろくさ呟き, はじめて, はじめて後悔, はっきりは, はっきりわかった, ばかな, ひそかに, ひとは, ふと思った, みえさらに, みえます, みえまする, みえるあ, みえ大きな, みえ大垣岐阜間, みえ意識, みえ昨年, みえ蒼ざめた顔, みえ軍艦, みえ送って, みゆるよ, むしろやや悲痛, もっともらしい, やっとこのごろ, ゆっくり続けた, よくわかる, よく分る, わかったの, わかって, わかると, エンマ大王喜ばす, ライオンスに, 世間からも, 中村啓次郎氏から, 主人が, 主張し, 主張しよう, 久慈は, 云いたい位い, 云いました, 云いましたが, 云いますが, 云い三吉, 云い張った, 云い得る, 云い触らした者, 云うおとなしい, 云うお話, 云うけれども, 云うじゃあねえか, 云うとき, 云うべきでありましょう, 云うほか, 云うまさに, 云うも, 云うよう, 云う事実, 云う他, 云う噂, 云う堀尾一等卒, 云う外, 云う田口一等卒, 云う訳, 云う話, 云う野村, 云えよう, 云えるだろう, 云える人, 云った方, 云ってるぞ, 云ふ, 云わざるを, 云われるよりも, 亡き母, 今さら口惜し, 今さら彼, 今は, 今も, 今思いあたる, 今更口惜し, 仮定しよう, 仮定する, 伝う高麗, 伝えて, 伝説には, 伸子も, 信じこんで, 信ずる, 信ぜられようか, 信ぜられる, 偶合する, 僕は, 出て, 出ベソ, 分りました, 初めて気がついた, 判って, 判明し, 口を, 只これ, 合点された, 同じくバイロイト, 同じ村, 同時に陸海軍, 告げた, 告げるの, 告白した, 周防は, 呼び返す部分, 噂され, 図にまで, 圭子の, 坂田は, 坊さんの, 報じられて, 大声を, 女中に, 始めて意識, 姫路には, 婆さんは, 嬉しく思った, 子供の, 存じて, 存じます, 家の, 審問に, 小野田さんは, 市の, 平気で, 年寄りが, 幸せに, 弦三は, 彼女は, 後で世間, 後に, 後世認められた, 後悔し, 後悔した, 後悔する, 御役目, 復命する, 徳山, 心づき親, 心づくの, 心の, 思いかえして, 思いだして, 思いついた, 思いつき急いで, 思いなおしたの, 思いながら, 思いなせえ, 思いますけれど, 思いますねえ, 思いまする, 思います御, 思いまだ, 思い今日, 思い何だかいろいろ, 思い出された, 思い出し着物, 思い出すの, 思い善心, 思い直したの, 思い知った, 思い込んだ, 思い込んで, 思うから, 思うがという, 思うけれども, 思うそこ, 思うその, 思うでしょうね, 思うところ, 思うな, 思うほか, 思うよ, 思うよう, 思う一度, 思う事, 思う外交官試験, 思う学校, 思う様に, 思う母, 思う水, 思う現場, 思う紅蓮, 思う蓉子, 思える, 思える様, 思える片隅, 思ったが, 思ったとき, 思った時, 思った頭, 思ってるかも, 思ってるの, 思はず笑って, 思ふたしかもう, 思われたが, 思われぬこと, 思われると, 思われるもの, 思われるよう, 急いで, 恥ずかしくなり, 恨んで, 悔いたが, 悟っても, 想いだしながら, 想い出されます, 感じた, 感じるの, 憎らしげ, 憶えて, 承りますし, 拝察さ, 推定される, 推察申し上げない, 放二, 新八は, 早くも, 旭川学芸大の, 書いたけれど, 書いて, 書きましたけれど, 書くもの, 松蔵は, 森半, 横田も, 正直に, 残念でした, 母に, 母の, 気が, 気がつく底, 気附いたことも, 池田は, 沖永良部島では, 泣いたこと, 深く思います, 漸っと, 無造作に, 父は, 片づけて, 瑠璃子は, 生を, 甲斐が, 甲斐は, 申さるるか, 申しても, 申しましたが, 申しましたね, 申しますと, 申すか, 申すの, 申すので, 申すばかり, 申すべきでありましょう, 申せましょう, 申上げたら, 申出る訳, 留守居の, 発表する, 皆が, 眼が, 眼を, 知らして, 知らせて, 知らせれば, 知らぬが, 知ること, 知れた, 知れる, 知れるの, 確信し, 祖母は, 祝杯を, 私が, 私共に, 称しても, 称する変, 笑いながら, 答えたら君, 答えられたので, 答えれば, 結論せざる, 絶讃し, 考えたらしくまた, 考えた場合, 考えはじめたくらい, 考えはじめました, 考えられますので, 考えられるの, 考えるの, 考える事, 考える処, 考え直すと, 考へて, 聞いた, 聞いただけ, 聞いたら親分, 聞いたら驚くであろうのう, 聞いちゃあ, 聞かされたところ, 聞くから, 聞く先代浪華軒, 腹じゃあ, 自供した, 自分たちの, 自分では, 自分でも, 自分に, 自己嫌悪の, 致しましたらその, 舌を, 葉子は, 薫は, 見え, 見えあやしい, 見えた, 見えべた一面, 見えま, 見えますな, 見えよく, 見えるな, 見えるね, 見えるの, 見え兼清博士は, 見え十五, 見え彼, 見え水の上, 見え熱, 見え父母, 見え話, 見え越えて, 見え長い, 見ても, 見よう, 見る外, 見れば, 見破られた時, 観ること, 解り一度, 解ると, 解釈する, 言いきれるほど, 言いたいくらい, 言いましてね, 言いますから, 言いますがね, 言いますし, 言いますぜ, 言いますよ, 言い利七, 言い張り明らか, 言い張る者, 言い得る, 言い得る日, 言い暮らして, 言うし, 言うだけの, 言うので, 言う人, 言えば, 言える, 言えるの, 言ったじゃ, 言ったそう, 言ひたい位今の, 言ふ, 言へる, 言わぬはかりの, 言われた, 言われた祭り, 言われても, 言われなければ, 言われると, 言われるん, 記した, 証言した, 評判しました, 話しました, 誇って, 認めるだろうか, 認め得る時, 語った, 語って, 語り音, 誤りつたえられ, 説明し, 誰が, 諦めるばかりさ, 諦めるよう, 賞めて, 賞めてさえ, 載す, 迂闊と, 達ちゃん大, 非常に, 頷けるふし, 頻りに故人, 飾りも, 麹町まで

▼ だったから~ (1448, 5.2%)

200 である 95 です 6013 私は 9 では 6 だと, であった, でした 5 それが, それを, だが, だった, で, でも, 私の 4 いいよう, であろう, でしょう, なの

3 [13件] ここで, これは, それに, それは, であるが, でございます, よかった, 仕方が, 僕は, 彼は, 母は, 無理も, 私が

2 [36件] うっかり信用, お前が, これも, これを, こんなこと, こんな偉い, じゃ済まん, すぐに, そのつもり, だという, だよ, だろうか, であります, であろうか, であろう他, でしたが, ですが, ですよ, どう見そこなっ, なにも, なんです, ほんのお, 一升壜が, 二人の, 人が, 今度の, 助かったん, 学校が, 彼らは, 愚痴の, 折って, 私も, 笑い話としても, 簡単な, 誰にも, 誰も

1 [891件 抜粋] ああこれ, あそこの, あちらの, あなたが, あのとき, あの位, あの坊ちゃん, あるいは文字, あれから, あんな風, いいが, いうの, いくらかミサ, いったんは, いつも客, いよいよ僕, うかうか遊んでる, うしろから, うんと怒った, おえい, おかしいの, おそらく自分, おのれってんで, おれが, お互いに, お婆さんも, お止し遊ばせ, お絹, お雪, かえって好都合, かぶさった雪, きっと犬, きょうは, こいつは, ここまで, こちらの, ことに感慨, このあたり, この二度目, この先二苦労, この反, この名, この戦闘, この時, この時代, この社会全体, この辺, この部屋, こみいったこと, これが, これで, こんどは, こんなもの, さすがに, さっそく堀邸内, ざっとみ, しかたが, しなかったん, しばしば衝突, しょせんその, すぐなべ, すぐ彼, すぐ応じた, すぐ車, すこしもおそろしく, すべてに, ずっと物静か, せめて娘, そういう方面, そうし, そうだった, そう決心, そう自由, そこで苦しまぎれ, そこを, そちらも, そのお, そのまま欠席, その一女子, その下, その人これ, その他の, その大, その家臣, その当時, その意味, その日, その灯, その縁故, その船, その製造場, その費用, その限りそれ, その頃としては, そばで, それからふと, それこそ, それでここ, それでは話, それほどに, それ下として, そんなこと, そんなふうに見えた, そんな光景, そんな部屋, たいへん好奇心, ただで, たちまちポチ, たちまち大, たぶんここ, だいい, だそう, だね, だれでも, だろうね, ちょうどくらいの, ちょうど今, ついそのままに, ついぞ遊び, つい見舞状, つまり一日延ばし, であったかも, でありそして, でありましょう, であろうが, でいわば, でございましょう, でしょうが, でしょう詳しい, でそれ, で前, で子供, で田舎, とても十五円位, とても尊氏, どうしても十一時半, どうする, どうやらジフレス, どぎまぎし, なかなかあれ, なかなかそんな, なぜふるえ, なので, なんにもしなかった, にすぎない, ばかに, ひとっ走り駒形河岸, ひょっとする, ふと不審, ぷいと飛び出しちゃった, へたなら, ほんとうに, まあ堪忍, まして同じ, まだあと, まだそれほど親し, まだまあそれ, まるで自分ひとり, みずから幻を, みだりに人, むげにお駒を, もうこんな, もう一度声, もう一遍僕, もう二時下り, もっと山家, もろくも, やがて諸, やって, やらせて, よく見る, よく銀三, よほど斬捨て, よほど虚弱, われも, オリヴィエは, クッションの, クリストフにたいする, サンシーと, シュワイツア夫人も, スコップで, ストライキの, ソヴェトの, テナルディエの, トットットッと, パリー風に, ピッケルの, ブルジョア社会科学一般の, ヘヒトも, マダム・ラゴンデールの, モヤの, ルイザは, 一刻も, 一向鞄持ち, 一層の, 一度使う, 一週間の, 丁汝昌は, 万年筆が, 三人は, 三唖の, 三日居, 上陸した, 不思議な, 両親が, 主人は, 久しぶりに, 之は, 乗組員は, 乙女さんの, 二人は, 二十代の, 二十幾年の, 二言なく, 二重に, 二階へ, 井筒屋の, 人, 人々から, 人を, 人数は, 今この, 今に, 今の, 今も, 今少し, 今度また, 今日は, 今晩も, 仏法も, 以後おれも, 仮令酔漢, 伊東の, 会社から, 伝三郎は, 佃も, 何だか変, 何とかし, 何も, 何処にも, 余計に, 作品の, 作家に, 作業の, 俺らも, 偉くない, 僕が, 僧形で, 先ず下, 先生が, 全くツネちゃん, 全然他, 六七十年にも, 六百円坂野が, 兼久は, 再縁を, 写ったか, 出来る方, 切支丹の, 別の, 別段そこ, 前からも, 勉強の, 北条の, 十二尺に, 十分隠す, 千早館の, 半年経っ, 博学な, 危機に, 即時に, 原稿を, 反対の, 口も, 吉原から, 向うを, 否応なく, 吾が妻, 吾輩手を, 味方に, 唾を, 啻だ, 四十三歳に, 四角い皿, 困れば, 圓朝の, 堪りは, 壊れたからとて, 声も, 夏で, 多くの, 多分に, 夜寝る, 大した用事, 大志を, 大抵よ, 大正八年まで, 奈良で, 奴隷仲間で, 妙な, 娘の, 婦人に, 孔子も, 学資を, 守人は, 安心し, 宋江と, 宜しゅうござろう, 実際生活, 家の, 家へ, 容易に, 寝るの, 小僧は, 小銭を, 少くも, 少しは, 少し腹, 尼僧の, 山嵐の, 岡埜の, 岡目には, 工合が, 巧く, 巨人ハルクのう, 帯安の, 平さんと, 幼稚な, 店の, 座敷が, 弟の, 当然会長, 彼が, 彼ついに, 彼らの, 後へ, 従ってその, 従軍作家の, 御様子, 御膳の, 心配し, 心配です, 志願を, 思えば, 思想の, 息子の, 情人を, 愛されないこと, 懐中に, 成金根性への, 我慢し, 我慢した, 或は人, 或は見違えた, 手を, 折衷的とも, 招ば, 持って, 控えて, 改めなかった, 放って, 放送局は, 敵わ, 文化の, 断ると, 新撰組の, 方々へ, 日の, 旧主の, 早くも, 早く締り, 早速曹操, 是非返す, 普通人程に, 最初の, 服も, 本位田家の, 本当に結構, 本気で, 村雲笑子が, 来たの, 東助が, 林冲は, 柘植の, 根掘り, 椎の木の, 横浜や, 止めるもの, 正しいの, 正味寝た, 正直に, 正造は, 死んだの, 殆ん, 母と, 母子二人の, 気の毒な, 水中工事を, 決然語学校の, 河上君のは, 泣きながら, 清潔だった, 潮干狩りと, 瀬戸内海などを, 然う, 特に理窟, 特に目, 猫も, 現世にも, 甘く皆なに欺, 田辺哲学と, 甲板の, 男女に, 町名主は, 病的な, 登勢は, 白崎は, 皇帝に対して, 直ぐに, 相手を, 相談たちまち, 瞬間に, 知るまいが, 碌なごとし, 私たちの, 私だけに, 私より, 私達は, 種吉に, 立教の, 笠支配人に, 紀代子も, 細かいプログラム, 組織的に, 結局が, 結局残る, 緑雨に, 美味いと, 翌日も, 翌日玄石に, 背後に, 臨時に, 自分が, 自分で, 自分を, 自然そのものが, 自然相手の, 舟木は, 良心の, 芝居行きに, 草土社には, 莫迦に, 落語家講談師の, 葬式にも, 虎が, 蛔虫の, 蟹より, 行かれて, 褒めること, 見たところ常, 見る人, 角兵衛が, 言わなかった, 言句も, 訳が, 試験も, 話を, 諸人の, 豊国の, 豹一は, 貪るよう, 貴子は, 足には, 踏み転がる危険, 辰弥は, 農民が, 近所の, 逆浪の, 進んで, 遊んだあくる, 道楽し, 違うの, 野猪狩に, 金の, 金沢が, 長い勅語, 隊員たちは, 雪の, 電燈と, 露子は, 預かって, 頭から, 顧みると, 飯に, 館に, 驚いたの, 魏延も, 黄金としては, 黄金の, 鼠害を

▼ だった~ (1247, 4.5%)

242185 です 67 だね 56 ですか 50 だよ 41 ですが 40 だが, だな 36 でしょう, ですよ 33 ですね 27 だろう 25 ですもの 24 だから 19 ですって 14 じゃない 11 だわ 10 だからね 9 だそう, ですから 8 だぜ, だもの, でしょうか, でしょうね 7 でございます, ですけど, ですの 6 だと, でしょうな, ですがね, ですけれど, ですな 5 だけど, だろうか 4 だけれど, だろ, だろうが, でしょうが, ですからね, ですわね 3 じゃありません, じゃなかった, だからな, だって, だろうと, ですってね

2 [21件] か, かね, じゃ, だからねえ, だがな, だがね, だし, だべ, だろうね, だろうよ, だナ, でしょうがね, でしょうなにしろまだ, ですがな, ですってさ, ですとさ, ですねえ, ですのよ, ですわ, ですネ, では

1 [96件] じゃないです, じゃねえ, た, だあの, だいつぞや, だお前, だからと, だからなあ, だがなあ, だがなァ, だがねえ, だきみ, だけれ, だこの, だしかも, だぞ, だっけ, だってな, だってね, だってねえ, だってね同じ, だってネエ, だって夢, だという, だなあ, だなあと, だねえ, だよという, だろうし, だろうそこ, だろうで, だろうな, だろうねえ, だろう大方, だろう甚吾, だろか, だわと, だア, だネ, だ一銭, だ僕, だ免状, だ寂し, だ己, だ毎日, だ熊谷, だ私, だ船, だ芝居, だ詳しく, だ駿河, でございましょうね, でございますけれど, でございますのねえ, でございますもの, でございますよ, でござんしょうなあ, でござんすのに, でしょ, でしょあんな, でしょうかねえ, でしょうけれど, でしょうその, でしょうねえ, でしょうよ, でしょう四畳半以上, ですお父さん, ですかい, ですかしら, ですかなあ, ですかね, ですかねえ, ですからな, ですからねえ, ですけれどもね, ですぜ, ですだから, ですってねえ, ですて, ですと, ですどんな, ですなん, ですのに, ですのねえ, ですもの先生, です三年, です何しろ, です何年, です本気, です残念, です間違って, でねえか, で御座いますって, ならやったが, なら僕, なら武雄さん

▼ だった~ (747, 2.7%)

11 どうか, 忘れたが, 覚えて 10 私は 7 どうかは 6 それは 4 わからない, 何かの, 忘れて, 知らないが

3 [11件] え, それを, はっきりしない, わからなかった, わかりません, 僕は, 忘れましたが, 想像する, 知って, 知ら, 私の

2 [39件] あなたに, あまりはっきりしませんでした, あるいは一度, おれは, しれない, しれないの, それが, そんなこと, どうかと, はっきり記憶, ふいに, よく分らない, ッ, 一寸忘れた, 一昨日だった, 二人だった, 今は, 伴れ, 何でも, 先生が, 兎に, 分りません, 分るだろう, 君に, 寿衛子が, 彼が, 彼の, 愛の, 留さんの, 知らぬが, 知らんが, 知りませんが, 知れない, 知れないわ, 知れません, 私が, 覚えが, 覚えません, 誰も

1 [564件 抜粋] ああそう, あたいが, あとで, あと二三日おい, あのときわたしたち, あの人, あの橋, あるいはその, あるいは取りかかっ, ある事, ある人, ある夏, いい寝台, いうまでも, いえ九月, いかに祖国, いっしょに, いったろう, いまに, いまは, いよいよきめかねる, うかと手ぶら, うっかり忘れ, おとうさんと, おぼえません, お前知ってるでしょう, お役人, お話しします, お隣の, かくて, かず子は, かの地, けっして詳しく, この仏書, この坂, この羅府, これだ, これは, こんな同じ状態, こんな日, こんな話, ささやいて, さすがの, さらに記憶, しらぬ, しらべさせた, しるしだった, しれないのにね, しれなかった, しれません, しれやあ, しれん, すぐには, すっかり忘れ, すっかり忘れちまった, そういう, そうぞう, そう思う, そこに, そこまでは, そこもとは, そこん, そして又協力的, そっちから, そのとき銀, その人, その前, その名, その女, その日, その日興奮, その時分, その次, その気持, その瞬間, それさえ, それさえも, それすら, それともそういう, それともその, それともツイ今し方, それとも九時, それとも公園, それとも女, それとも女権論者, それとも彼, それとも濃い, それなら最近, それも, そんな事, そんな時代, そんな私, たいへん酔払っ, たしかに印象, たずねて, ただしは, だれか, ちっとも覚え, ちょうどお, ちょっと今, つい忘れ, とにかくそれ, とにかく二人, とにかく彼女, とにかく立派, とにかく首領, どういう自動車, どうかさえ, どうかわかりません, どうしてもはっきりしない, どうだ, どうだった, どうも, どこかの, どんなふう, なかなかわからない, なぐさみに, なんでも, はっきりと, はっきりとは, はっきりは, はっきり覚え, ばかばかしい, ひょろりとし, ひろ子は, またどんな, また病苦, まだ聞い, まったく記憶, まん, みなさんひとつ考え, もうおぼえ, もう今, もう大佐, もう彼, もう忘れた, もう長州ざむれえがやって, ものに, やがてみなさん, やっぱりソヴェト, やっぱり表現, やはり父, よくおぼえ, よくわかりません, よく考え, よく記憶, よく調べ, よッ, ろんより, わかって, わからないが, わからないの, わからなくなるという, わが天才女史, わしも, わずかな, わたくしは, わたしが, わたしは, アルトよ, アルプスで, クレテだった, ケンブリッジの, コレージュ・ド・フランスで, コーンが, スリコギで, ソーニャ・コ, テ構めへ, ドウか, ドーンという, ニコライ・パーヴロヴィチ帝だった, ニューヨークから, ニースの, ノートの, ハッキリとは, バタルチェウスカの, ヒマラヤ山脈の, フィリップスも, フロムゴリド教授が, ブルジョア, ポケットへ, モロ警部, ラジオの, ヴォルフ夫人と, 一と, 一人で, 一人も, 一寸思い出せなかった, 一所懸命枕だい, 一本歯を, 七だった, 七十前後だった, 三共の, 三輪の, 世間も, 丸く酔わない, 九年まえだった, 二十の, 二十二貫も, 二月末か, 五六ヶ月の, 京都の, 人間だった, 今だに, 今ちょっと, 今では, 今どうも, 今に, 今シグナレス, 今朝に, 今覚え, 仲秋の, 伯父の, 伸子に, 伸子は, 何かで, 何だか忘れた, 何の, 何十分だった, 何様か, 何百人だった, 余程長い, 作家の, 借りようとして, 偶然峯子が, 僕には, 僻目だった, 元末, 兄さんと, 兄さんは, 充分に, 先生は, 先達は, 兎も, 入口かに, 八か, 八時だった, 八田校長が, 公判の, 六銭だった, 其時は, 冷静に, 出た所, 出入の, 分からぬかね, 分ったの, 分ったよ, 分らないこと, 分らないねえ, 分らなくなって, 分らんが, 分りませんし, 分るまい, 切支丹の, 判らなくなった, 判らぬが, 判りません, 判るだろう, 制令を, 勇敢な, 北沢さんが, 十一月だった, 卑怯だった, 南極越冬中の, 博士だった, 印刷工が, 厠の, 参禅しよう, 又は彼女, 又は樫よう, 叢書の, 古いこと, 古河や, 台所と, 台風の, 合併相撲の, 同様経験を, 君と, 四五日たっ, 園は, 坂の, 坊城から, 夜一寸出た, 夜中に, 夢だった, 大きな樹, 大隈伯が, 天文学に, 太刀川君今のを, 夫婦は, 奇怪にも, 奥さんの, 女が, 女の, 女中がにや, 女房と, 女房は, 妻は, 妻帯し, 姉の, 委しいこと, 定かでありません, 室内の, 宮中の, 家の, 容易に, 密書を, 小児が, 小林君が, 小池さんは, 小泉の, 尾張町一丁目だった, 居たかと, 屋根の, 巡査だった, 左だった, 左へ, 床の, 彼は, 彼女には, 彼女の, 待ちかねたという, 待ちど, 待ち兼ねたという, 待ち兼ねたといふ, 後ろから, 従兄弟の, 御一緒, 徳さんか, 徳川初期の, 忘れたけれど, 忘れたよ, 思い出せそう, 思い出せなかった, 急に, 悪いこと, 惜しいこと, 想像以上な, 感心しちまった, 憶えて, 或は葡萄酒, 或る, 扉が, 手紙の, 払えば, 押絵だった, 振袖だった, 捕まる時の, 探っちゃ, 支那の, 政宗は, 散々あなたの, 断頭台の, 新潮社の, 日本のじゃ, 日本山岳会の, 明かでない, 春雄が, 昨晩伺った, 昼も, 時の, 晩も, 曖昧模糊と, 書いて, 本だった, 本を, 村の, 村松梢風氏と, 東京へ, 東雲の, 松助だった, 松陰先生に, 柳沢さんという, 校長先生は, 植物園だった, 正司君の, 此家の, 歯を, 母だった, 永田鉄山中将が, 池の, 池畔に, 泌尿病院を, 泰西画廊で, 浅野弥兵衛の, 浜は, 海岸公園へ, 滝蔵だった, 瀧田氏は, 火事に, 無理に, 熟と, 燕尾服だった, 父と, 父の, 父母が, 牛込の, 現代作家の, 生れて, 田鶴子が, 甲州から, 番頭は, 病気で, 白水, 的確に, 盛り場で, 監獄じゅうが, 目黒へ, 直ぐに, 直木氏が, 着て, 知らないかい, 知らないけど, 知らぬ, 知らねえが, 知りません, 知りも, 知る手がかり, 知れないが, 知れないじゃ, 知れないの, 知れぬが, 知れまい, 知れやしない, 知れやしないと, 石川は, 確か要る, 神奈川であった, 私と, 私に, 私には, 稲ちゃんと, 突然, 窓の, 米八だった, 紀という, 素子が, 素子に, 終る, 結城哀草果氏の, 絹地だった, 緊急信が, 聖路加病院で, 肉だった, 能く, 自分で, 自分でも, 自分と, 自分らは, 良人は, 荘重な歌う, 藁きれだった, 蛇の, 行きには, 行ったこと, 西に, 西園寺さんの, 見きわめないうち, 覚えちゃ, 覚えては, 覚えても, 覚えないが, 覚えないただ, 覚えませんが, 解らない, 解ろう筈, 解除に, 討たせて, 記憶が, 話して, 話題が, 読みました, 誰だ, 貴女の, 貴方には, 賢明だった, 足柄が, 近所に, 近頃に, 送って, 通りがかりだった, 部屋いっぱい鳥だらけに, 醜婦だった, 金剛寺の, 金田一京助博士と, 長唄を, 長崎県の, 間違って, 降って, 集めて, 雨が, 雨上りの, 電報だった, 面白いこと, 革命後だった, 顔を, 食事の, 鳥の子だった, 黒川は, NHKを通じて

▼ だったこと~ (547, 2.0%)

12 でしょう 11 もある 10 である 8 か, がある, がわかった, は言う 7 だろう, はいう 6 を思い出し, を思い出した, を知っ 5 が分った, はない, は前, は明らか 4 だ, は言うまでもない, よ, を発見, を私, を覚え

3 [11件] があった, がわかり, が分りました, です, になる, に気がついた, は疑い, は確か, は間違い, もあり, を

2 [39件] があっ, があり, がこれ, がわかりました, がわかる, が分っ, が分る, が判った, が明らか, が証明, が読んだ, だけは確か, だろうと, であろう, どうしても忘, にし, にはまちがい, に変り, に気づいた, のない, はあの, は一度, は事実, は云う, は平次, は後, は私, は覚え, をハッキリ, を告げた, を彼, を御存じ, を忘れ, を思う, を思え, を知り, を知りました, を示す, を証明

1 [295件] いうまでも, から推し, から由来, から硯友社, か知れません, があったろう, があります, がいけない, がうかがわれる, がうなずかれる, がその, がその後, がつくづく, がはっきり, がよく, がわかっ, がわかります, が一つ, が二, が二十度以上, が五郎, が信吉, が分ったでしょう, が分れ, が分ろう, が大分, が大変助け, が始めて, が察, が彼, が後, が後に, が心づかれる, が思い出されます, が想像, が日本, が明かな, が明白, が是, が注目, が漢于仁, が猶, が知れ渡っ, が確か, が純情, が考えられる, が間もなく, が頷かれた, ことに自分, そして殺風景, そのとき, それからどんな, だが機, だけだ, だけはたしか, だけはまぎれ, だけは推測, だと, だとか, であって, でおれ, でございます, でしょうが, でも, で彼, で連尺, と, とかまだなんと, とてもそれ, とを考え, と女, と弦, と彼女, と思い合わせ, と思われる, なぞは思いだす, なぞも平兵衛, など, などが咄嗟, などが来る, などだった, などには勿論, などはけろりと, なども帝, などを思い合わせ, などを話し, など思いだし, など思い出しました, など特筆, なの, なんかもあと, なんか夢, にいよいよ, になっ, になります, になるだろう, には十畳, には底, には背負っ, にもよる, によるもの, に不思議, に今さら, に何, に堪えられない, に心づいた, に思い, に思いい, に気がつい, に気がつかなかった, に気がつく, に気が付きます, に気づかなかった, に気づき, に気づきました, に紛れ, に腹, に間違い, に驚いた, ね, のある, のそう, の外, の祟りであった, は, はあり, はありません, はおくび, はこの, はさらり, はすでに, はその, はそれ, はたしか, はなかっ, はなく, はなし, はなんと, ははっきり, はふた親, はほんとう, はまちがい, はもう, はわかりきっ, はブルジョア文学, はマチガイ, は一日, は三百年来, は今, は今ここ, は今日金, は伝説, は冬, は分ったらしい, は分らなかった, は友達, は君達, は否めない, は否めなかった, は呆れる, は夢, は大枚三万両, は孔明, は容易, は少し, は彼, は彼女, は必, は明かである, は明かです, は海, は珍しい, は申す, は結局道徳律, は聖徒自身告白, は色いろ, は虚誕, は裁判所, は認める, は読者諸君, は諸君, までありあり, もありません, もかえって, もこわされた, もすでに, もその, もちゃんと, もない, もまた, も事実, も何, も分っ, も彼, も忘れ, も新しい, も既に, も時々, も本当, も知っ, も社員, も私, も精神, も考えないだろう, も解った, やそれ, やクリストフ, や怪人, や臨終, よりも後進子弟, をあなた, をあらためて, をあるいは, をいや, をうすうす, をお, をここ, をこの, をさとっ, をしのぶ, をすっぱ抜かれ, をすべて, をたれ, をどうして, をはっきり, をひょいと, をふと, をまだ, をもっ, をよく, をわたし, をわび, をエセックス, をクリストフ, を一毫, を事々しく, を以て, を係り, を信じ, を偲ばしめる, を僕, を口, を告白, を報告, を女中, を妾, を婉曲, を局員, を後れ, を忘れない, を思いだした, を思い出させた, を思い出しました, を思い出す, を思い合せ, を思い起こそう, を思わする, を悟ろう, を想い出し, を想起, を意味, を感ずる, を憶, を憶え, を数枝, を栄介, を根拠, を残念, を現在, を理解, を白状, を知った, を祝した, を美しい, を考え, を考え合せる, を考え合わせる, を自分自身, を苦々しく, を蔽い得ない, を言い訳, を言っ, を許し, を証言, を話し出した, を認め, を認めた, を認識, を語っ, を語る, を銀ちゃん, 強かった, 書きましたろう, 知ってるでしょあたしここ, 話すので

▼ だったかも~ (540, 1.9%)

126 知れない 77 知れません 59 しれない 24 知れないが 22 知れぬ 17 しれません 16 知れぬが 10 知れませんが 9 しれないが, 知れないの 8 しれぬ 7 知れませんね 6 わからない, わかりません, 知れないと, 知れなかった 5 しれないと, 知れないね, 知れないよ, 知れませんよ 4 知れぬと, 知れん 3 しれないし, しれないよ, しれぬが, しれませんね, 知れないわ

2 [11件] しれないという, しれないね, しれなかった, しれませんが, しれませんよ, しれんが, 分らない, 知れないがね, 知れないし, 知れないな, 知れねえ

1 [67件] しれずそう, しれないじゃ, しれないぞ, しれないの, しれなかったの, しれぬと, しれぬのう, しれねえ, しれねえな, しれませぬ, しれませんつまり, しれんぞ, しれんと, すこし後で川上貞奴, よく思い出せない, わからなかったほど, わかりませぬ, わかんないし, 不明だ, 主人の, 分りません, 十円か, 忘れて, 思い出さない, 思い出せませぬ, 日日新聞から, 知らない, 知らぬが, 知れず前, 知れないからね, 知れないこうして, 知れないこの, 知れないぜ, 知れないその, 知れないそれとも, 知れないって, 知れないですな, 知れないとしても, 知れないなどと, 知れないもの, 知れないよう, 知れないわね, 知れない気, 知れない訳, 知れぬいや, 知れぬどうか, 知れぬほど, 知れねえが, 知れますまい, 知れませぬが, 知れませぬので, 知れませんうっかり, 知れませんがね, 知れませんでしたがね, 知れませんアハヽヽヽ, 知れません白く, 知れんが, 知れんがネ, 知れんけれど, 知れんぜ, 知れんて, 知れんのさ, 知んね, 聞き忘れた, 解りません, 解りませんが, 随分おそかっ

▼ だったという~ (524, 1.9%)

39 ことが 30 ことを 27 ことは 22 ことに 21 ことである 14 ことだ 12 のです 11 ことです, のだ, のである 9 ことで, ような 8 ことも, のは 7 気が 4 ことをね, のが, ので, んです, 事である, 事を, 話である 3 ことだけ, ことな, のか, のも, 事が, 気も, 話を

2 [28件] ことであった, ことであります, ことでした, ことには, のさ, のなら, ふうな, ほかは, ものも, ように, わけか, んだ, ンです, 事です, 事に, 事実が, 感じは, 方が, 次第です, 見証, 解釈この, 証人が, 証拠が, 証拠は, 話, 話が, 話です, 話に

1 [180件] あの道徳的範疇, いかにも明治初年, いかりの, うわさが, おもいで苦しん, お返事, ことあり, ことから, ことだけは, ことだった, ことだろう, ことでございます, ことと, こととは, ことなぞ, ことなどが, ことなどを, ことについては, ことの, ことや, こと位しか, こと第, この旅館, この明らか, こんで, しかるにツエッペリン, そのよう, その保羅さん, その兄僧, その夫人, その裏, その部屋, ただそれだけ, ところから, ところの, のであろう, のでした, のでしょう, のを, はっきりした, ふうで, ほうが, ほかくわしい, ものが, ものは, わけだ, わけだろう, わけで, わけである, わけです, わけでない, わけに, わけね, トリックには, トリックは, 一構想に, 事だ, 事で, 事であった, 事やがて, 事より, 事実だけでも, 事実である, 事実は, 人である, 人は, 人も, 以上最近の, 以外には, 伝説が, 侯爵の, 便りを, 個人的な, 偶然は, 八郎の, 六十ぐらいの, 其処の, 内海孫兵衛丞などは, 処から, 前身だ, 勝又という, 口碑が, 品の, 噂が, 噂だ, 噂の, 噂は, 噂も, 四十男の, 因縁が, 因縁にも, 場合は, 場合も, 外に, 奴を, 学者の, 定夫は, 家臣が, 小説を, 少しばかり, 山ね, 島野二三夫が, 年輩の, 幻覚な, 底深い, 建物は, 恐るべき滑稽, 悔恨は, 悲しい物語, 想いが, 意味だった, 意味な, 意味も, 意識から, 感じが, 手法も, 折紙つきの, 捨身な, 推測も, 方でしょう, 日赤の, 未開民が, 様な, 此上も, 武蔵と, 気休めは, 気持にも, 満洲浪人, 点から, 点であった, 点です, 点な, 点に, 点も, 点を, 父を, 申立てである, 男を, 町の, 疑惑が, 病人た, 発見が, 真相だけを, 眼付を, 碌でも, 祖父やはり, 種々の, 答えです, 答である, 細君の, 結論を, 老人, 老女の, 考えに, 考えばかりに, 者である, 者も, 自覚が, 舵手の, 見方も, 記述も, 証拠には, 証拠にも, 証明にも, 証跡を, 評判の, 話じゃ, 話だ, 話でした, 話な, 話も, 説が, 説も, 返事でした, 通例の, 長編を, 開港貿易の, 関係上一応, 関階級闘争に, 馬籠峠の

▼ だったそう~ (487, 1.7%)

102 です 4744 ですが 40 である 29 だが 2018 ですよ 17 ですね 107 であるが 6 だな, だね, だよ, でございます 5 ですから, でその 4 じゃない, でそれ, に厶 3 だから, でございますが, ですけれども, では, にご, よ 2 であります, でご, でしたが, ですがね, ですってね, で御座います, なん

1 [75件] じゃあねえか, だがね, だそいつ, だちぐささん, だった, だみんな, だ尤も, であらん限り, でありまして, でありますが, であるから, である松村信也氏, でいつも, でいわば, でございましたわね, でございますね, でございますのに, でさ, でさし当り白, でした, ですけれどもね, ですの, ですわ, でそうして, でその後幾度, でそれ以来, でだから, でつい, でなんだか, でまだ, でやっぱり, でスッカリ, で三度, で下女一人, で両, で二階, で今, で今一手, で何より, で厶, で友達, で土用, で奉公人, で宵, で床の間, で当, で彼女, で恐ろしい, で新聞, で早速, で昭和十八年, で本邸, で来週, で東洋銀行, で栄子, で格別材料, で楠, で母, で江戸, で源次郎氏, で燃, で父, で男っぷり, で盗られた金, で窓, で立派, で維新後, で老いてからも, で舌, で舟木, とも, なと, にございます, 彼は, 質問を

▼ だった~ (461, 1.6%)

16 それに 4 彼は, 或る 3 おまけに, 彼の, 私も

2 [14件] これからも, その後の, だれにも, また彼, また自分, ジャックリーヌは, 君の, 婦人の, 彼女の, 彼女も, 母の, 洋食部の, 痩せて, 第一

1 [400件] あなたも, あの人, あの絵, あれが, あれは, いついつまで, いつも急い, いまだって, いまでも, いろいろな, お前にも, お夏さん, お祖母さんの, お話が, かてて, かよって, かりにも, こうやっ, ことに毒物鑑識, このお, このため, このとき, この後, この怪事件, この酒井家, これから私, こわらしかった, こんどの, こんなにすばしこい, ご診察, さっき思わずカッ, さまざまの, さりとて本音, しかもその, しかも一代, しかも壁, するので, ずいぶんかせい, ずいぶん人目, せいぜい故郷, ぜひやろう, そうやたらに, そこでの, そこに, そしてあの, そしてその間, そのあと, そのうえ今, そのうえ貴重, そのこと, その上, その予備量, その半, その友人関係, その安価, その少ない, その思想, その時, その眼, その財産, その顔, そりゃ内の, それかと, それから内閣審議会, それから殊に, それから生憎, それにいやしくも, それに二人, それに僕, それらの, それを, ただおとなしくっ, ただ風間, たった一人, たとえ意地, たまたま顔, だいいちせっかくの, だらしの, だれも, つづいて, つるさん夫妻も, てんで開かれ, であるべきだが, とてもそれ, とても毎日, とにかく自分, どうあっ, どうかとも, どうもすべて, どこか, どこと, どれも, なにか食べ物, のっぽの, はたして人なみ, ふりかえって, べつに商売, ほぼ三十歳, ぼくは, まあわし, まさか私, またある, またそんな, またどちら, またクリストフ, またグレーヴ, また一緒, また事実そう, また前身, また吉岡, また山男, また後世人, また杉本氏, また楊さん手製, また決して, また著者, また青年, まったく一時, まるで噴き, むしろ平家調, もうこれ, もう少し男達, もしいった, ものが, ゆうべも, ゆっくり来た, よけいやり, りっぱに, わたしも, アントアネットの, クリストフが, ジャンナン氏の, ジュリアンの, スリッパが, タクシーの, トーキーも, バリオ・プレシデントは, ホテルの, ボンド街は, モスク, リイタの, レヴェズの, 一ルーブリ銀貨は, 一民の, 一生食う, 丁度その, 七つ八つの, 三島も, 不自由なく, 与平に, 且つ彼, 且つ職務柄, 中でも某紙, 中学では, 二三日前も, 二川は, 二日は, 五十みんな売っ, 人の, 人中に, 人見知りを, 人間交渉の, 今この, 今でも, 今年も, 今日も, 仕事の, 仕方が, 以前は, 体力を, 何か, 何だかすみませんでした, 何にも, 余りに熱情的, 依田が, 侯爵は, 俊亮は, 俺の, 偏狭な, 元気が, 先方でも, 先生も, 初対面から, 前には, 割合に, 加うる, 勝家も, 勤務先の, 北川氏が, 十八番の, 又きょう, 又何等, 又原稿紙, 又彼等自身, 又遠く, 口の, 叫び出す, 同じお, 向こうは, 和氏らが, 唄の, 四月の, 国中の, 外にも, 外出し, 外国で, 夜である, 夜も, 大きくなる, 大学を, 大山は, 太史令という, 奉行の, 女が, 女の, 好い事, 妙に, 姉夫婦は, 姑という, 子供たちから, 孫娘も, 客間の, 宿へ, 寄って, 小田原へ, 小銃が, 少しぐらいは, 少しませすぎ, 山の, 山小屋と, 山形警部は, 岬の, 市木さんが, 市木さんも, 常に濡れ, 年を, 広庭, 店の, 店は, 当りの, 彼が, 彼に, 彼女とも, 彼自身も, 後生も, 従って他, 御気分, 心も, 心持よかっ, 心霊研究者達からは, 忙しくて, 恋人の, 息子の, 態度にも, 懐中も, 戦況の, 房江の, 手塚さんを, 折も, 教育によって, 文体は, 文化人であろう, 文学では, 新聞の, 新聞社の, 於福が, 日の, 早めに, 明日も, 昼間下宿の, 時刻どおりに, 時刻も, 時折不道徳な, 暑かった, 更にその, 最も空威張り, 最近結び直された, 朋子は, 木下弥右衛門も, 本の, 李には, 桃の, 橘之, 正勝が, 武井の, 武蔵には, 死の, 殊に外, 殊に着物, 殊に私, 殊に食べない, 母は, 母も, 母親が, 母親は, 母親や, 民土一般も, 気持の, 気温は, 汚水売却の, 江戸へ, 池部は, 河の, 泣くにも, 流行っても, 海軍が, 混む日, 無関心, 父の, 父は, 狼狽せず, 現在もみくみ町で, 現金に, 産褥を, 田舎で, 甲斐は, 男って, 男は, 画師に, 當の, 皆も, 皆寝不足, 皇子も, 皮膚の, 盛場の, 県の, 県当局としても, 真面目一方の, 眼ちがいを, 着物なども, 知育の, 短慮だった, 短時間の, 確かに, 確信を, 神父の, 私にも, 私の, 私は, 私自身も, 秦の, 稽古所で, 第一愛嬌, 糸こぶ, 約束を, 素面の, 紫の, 結婚から, 義朝は, 老中からも, 老婆の, 而も, 肩で, 背丈は, 自分から, 自分でも, 自分の, 舅の, 船長は, 色も, 芸人たちを, 若いブラウンド, 英語学校でも, 萩寺には, 薄青い, 行けば, 行雄が, 裁判検察の, 要するにおれ, 許しも, 誰をも, 警察でも, 質量も, 赤い血, 赤毛だ, 赤蜻蛉に, 足の, 足は, 近くて, 近来の, 連絡が, 遠慮ばかり, 邪魔も, 酔うと, 隠退後も, 雨などは, 雨は, 雪の, 面倒だった, 頭の, 頭梁の, 顔にも, 顔中たいへん, 飛行機や, 食べるもの, 食事についても, 首を, 駕籠の, 魚なんて, 黒服の

▼ だった~ (391, 1.4%)

102 違いない 99 ちがいない 60 相違ない 16 違いありません 12 しても, 相違ありません 5 ちがいありません, 過ぎないの 4 過ぎない 3 きまって, 違いなかった 2 すぎない, せよそのままそっと, 相違なかっ, 相違ねえ, 違いないです, 違いなく, 違ひない

1 [56件] かかわらずほとんど, かかわらずむしろ, かかわらず彼女, きまってる, したところ, しろ, しろあたし, しろおれ, しろそれ, しろろくに, しろ中途, しろ大, しろ彼, しろ恐らく, すぎないかも, せよその, せよどこ, せよれい, せよ今, そういない, ちがいありませんが, ちがいありませんね, ちがいあるまい, ちがいなかった, ちげえ, ぽかぽか暖, まあよかっ, 付けて, 入らぬ世話, 基づく, 少くとも, 拘らず代議士, 拘らず新聞, 曹操急に, 疑い無い, 疑無い, 相違あるまい, 相違ございません, 相違なかろ, 相違なく, 相違無い, 行方不明とは, 過ぎないという, 過ぎぬが, 過ぎぬと, 違いありませぬ, 違いあるまい, 違いございませぬ, 違いないであろう, 違いねえ, 違い無く, 違えなかろうが, 違えねえ, 違ない, 違無い, 関らず

▼ だったよう~ (255, 0.9%)

38 な気 2118 です 13 に思う 11 である 7 に思います 6 に思われる 5 に覚え 4 だが, に 3 だね, で, ですが, でも, にも思われる, に思われ, に私, に記憶

2 [11件] であの, でございます, ですから, ですね, なもの, な記憶, に思え, に思える, に思っ, に思われます, に憶え

1 [82件] じゃ, だけど, だけれど, だし, だぞ, だった, だと, だのう, だ柿崎さん, であるが, でございますね, でしかし, でしたけれど, ですな, ですよ, ですわ, でどんなに, では, で僕, で失踪中, で容易, な, なへん, な声, な容子, な御, な心もち, な心地, な日々, な東山, な気持ち, な海, な特殊, な覚, な錯覚, にあり, にいや, にいわれ, におもう, にかれ, にし, にちらりと, にもまたは, にも思い直され, にも思われ, にも考えよう, にも記憶, に不用心, に勿体ぶっ, に十石, に又, に回顧, に園子, に夫, に存ぜられます, に家, に当時, に彼女, に後で, に想像, に感じた, に新しい, に書い, に現在, に生き, に看護, に知識, に科学, に竜, に考えまし, に考えられ, に聞い, に自分, に自然科学, に装った, に見えました, に見えます, に賢造, に車, よ, ネ, 記した

▼ だったもの~ (250, 0.9%)

76 ですから 30 だから 9 である 65 だろう, です 3 でしょう, ですが, と見え, と見える 2 さ, でございますから, ですからね, では, に違い, ね, は地方, らしい

1 [91件] いまごろ大川, かあるいは, か家康公, がいつか, がこの, がそれ, がただ, がついに, がつぎつぎ, がやがてだんだん, がアメリカ, が今, が今日, が余りに, が十円, が彼, が徐々に, が昭和九年, が来世, が秋, が翌年, が軍神, が開城, が革命後, だ, だが, だけを挙げれ, だけを若干列挙, だそう, で, であろう, であろうが, でえ, でこの, でございますし, でございますので, でそのまま, でつい, でまた, でキャッ, で中, で九州, で円天井, で到頭, で喜八君, で室内, で家, で早速, で相手, で間違いました, で飛行機, で鳩山, といっ, とみえ, と感心, どうしてあの, な, なの, にございます, に俳優座, に相違, のみである, のよう, はただ, はインテリ, はスリーピー・ホロー, は千五百万人, は土, は残らず, は海, は町小屋, も多い, も恩, も自分, も自分たち, も食糧不足, らしいが, らしくそれ, をこれ, をすぐ, をと今に, をスタート, をハッキリ, を一層, を一条, を俯, を急, を改造, を見, 故七八人一時, 釣れないだろうとは

▼ だったのに~ (234, 0.8%)

10 違いない 6 ちがいない, 違いなかった 5 私の, 違いありません 4 今は, 今度は, 気が 3 それが, どうした, 反して, 惜しいこと 2 ここでは, そのとき, 今では, 今日は, 妙に, 彼は, 急に, 相違ない

1 [162件] あいつの, あなたは, あべこべと, あんぺに, あんまり評判, いきなり, いったい誰, いつのまにか魔法博士, いつも肝心, いまは, いま伸子たちが, いま残っ, おいらも, お前は, きのうは, きみは, くの, ここで, こっちは, この辺, これから女中, これだけは, これで, こんどは, こんなになっ, こんなふう, こんな風, さんざん彼, じつに残念, すぎない, そういうこと, そういうもの, そうして姫君, そしてその, そのため, その時, その暗, それから後, それどころで, それに, それほど仕事, それも, それを, たった二分, ちがいありません, つい話, とうとう母, どうしてこんなにまた弱った, どうしても一回四枚, どうしてやめた, どうもだめ, なにか勘違い, なまじ死にはぐれる, なんとも不覚, めしあがりは, もううち, もうそうとう雪, もうふざける, もう決して二度とその, もう火, もう落雁, やっぱり天気, やはり一瞬, ゆうべの, ようやく気, よう言えなかった, よく見る, エンゼルの, オリガは, スキーを, マチガイで, ヨコハマ当初の, 一緒に, 三つの, 下働きの, 不審な, 之を, 事実上は, 二円五十銭しか, 二十一の, 云い出そうとして, 亡命貴族の, 今そこに, 今に, 今の, 今年は, 今日に, 今日急に, 今更驚い, 何か, 何の, 何も, 何んと, 個性という, 僕が, 僕は, 先方の, 六時半に, 勢を, 十月二十九日には, 午頃から, 叔母に, 叩けど, 可哀そうに, 可愛想, 吃驚し, 各地で, 圭子姉さんたら, 多計代, 大辻と, 夫人は, 奥様だけは, 妊娠した, 客間の, 家庭の, 屋根の, 山は, 帰り途は, 平壌まで, 思いがけなくこの, 思いがけなく落盤, 恐らく明日, 悪く取った, 摩訶羅は, 日光めざし, 普通の, 曇ってたので, 案外力, 武蔵は, 油断し, 清潔で, 渡し舟までで, 理論に, 生島屋との, 病気してる, 相談も, 石順先生も, 碌三にまで, 神前や, 私が, 私は, 紙帳の, 船影さえ, 苦労しぬい, 落第した, 虎の, 街中の, 逆に, 逆により, 郊外へ, 金の, 長男の, 離れる代り, 零下二十一度にも, 静雄は, 非常な, 非常に, 非常時が, 馬鹿な, 駭いた, 驚いたと, 髻を

▼ だったけれど~ (203, 0.7%)

4 それは 2 こうして林, わたしは, 今は, 僕は, 私は

1 [189件] ああいうじ, あたしたちは, あたしに, あなたを, あの人, あの場合, あの娘, あの証書, あまりにお, あまりにも, あまり服装, いたましい事, いつか伯父さんと, おじさまを, おじさんの, お客に, お父様の, お芳ちゃん, きゅうに, ここだけは, ここ数年来輸入物の, こちらの, このとき, このひと, このよう, この地底, この度, この際, この頃, これあたしの, これは, これも, さて元, しかしここ, しかしその, すぐその, すぐ信じ, すぐ又, すっかり人, ずいぶん長い, そうかと, そうそうその, そのあと, そのため, そのつるはし, そのままいきすぎ, そのまま鎚, そのよう, その呼び掛け, その手紙, その方, その時, その治右衛門, それでもこんな, それにしてもそれほど, それを, そんなに酔って, そんな暮しかた, ただそう, だんだん好き, つまらないよ, とうとう会わず, とまれその, どういうもの, どうして分った, どうにか工面, どんなにかお前さん, なかなか容易, なかなか容易ぢゃないんだ, なぜか, ふと義父, ぽかぽかと, またたしかに, またふ, まるで谷間, もう最後, やがて空中, よく考え, よりによって生れる, わるいばかり, アリシア区を, ベスト, ホテル住まいを, ミーチャと, 一つには, 一番上の, 下からは, 中は, 予て所, 二人ぎりでお交際する, 二人の, 二階へ, 京千代と, 人の, 今から, 今じゃ, 今では, 今どう, 今夜のは, 今日こそは, 仕方が, 他の, 体操や, 何にも, 何を, 俊子は, 先を, 先生は, 兎も, 六月ころ僕丁度, 冷い, 出入りの, 前からの, 半月ばかり, 博士コハクは, 去年までは, 口ばかりは, 命がけの, 唐沢氏や, 喜美ちゃんと, 喧嘩に, 声には, 大地震以来, 大雪の, 天子にも, 太陽の, 奥の, 妙に, 姑は, 家を, 小野たちとは, 巖ちゃんは, 床は, 店の, 当時の, 彼が, 彼女は, 待って, 後に, 思いがけず人, 怪しいベル, 早くで, 曲目は, 村松検事を, 東京に, 東方会の, 松尾の, 根が, 格太郎は, 此処まで, 殊更そんな, 気は, 泊れなかった, 涯しない, 父の, 物売る, 目が, 真一君の, 真実の, 真逆, 矢張り医者が, 確かな, 確かに, 祖母の, 福が, 禿げ上った高い, 私たちの, 私には, 紛れも, 終にそこ, 美妙斎との, 若者の, 落ちついた物腰, 蠅男の, 西は, 詰らねえや, 誰彼の, 警視庁へ, 貧乏も, 赤蜻蛉の, 身の, 遭難ボートにとっては, 重傷の, 門番の, 雨国に, 電燈が, 電車で, 黒い石, 黒江氏は

▼ だったかと~ (115, 0.4%)

11 思う 8 思うと 7 思われる 4 思います, 思うが 3 豹一は 2 いうに, いえば, 存じます, 思いますが, 思うほど, 私は, 覚えて

1 [64件] あっしは, いいとうなる, いうと, うろおぼえ, お粂, きいた, ことしはじめて, どこまでも, ほんとうに, めずらしい気, わたくしそれを, 云うと, 云えば, 云われると, 仰天した, 内容と, 初めてさとった, 判ったが, 又八は, 存じますが, 小田の, 少なからず, 帆村が, 彼は, 心づいて, 思い, 思いあたるよう, 思いましてね, 思いますがね, 思いまする, 思い合せいま, 思うから, 思うこと, 思うその, 思うとにかく, 思うの, 思うよう, 思う土曜日, 思う朝, 思って, 思はれる, 思わせるよう, 思わるるほど, 思われます, 悔い歎, 惣さんは, 改めて知った, 易々と, 気が, 深い溜息, 無理に, 申しますと, 祖母は, 聞かれたこと, 背の, 見て, 見るたび, 観たり, 言ったね, 言われたの, 記憶する, 野村は, 頭を, 驚き呆れて

▼ だったわけ~ (105, 0.4%)

17 である 1614 です, では 4 ですね 3 だが, でも, なの 2 か, さ, であるが, でしょう, ですかねえ, ですが, ね

1 [17件] だと, だな, であります, であろう, でいろいろ, でございます, ですこの, ですねえ, でそれ, でなん, でべつに, で先達, で山門三千, というの, なん, はない, も伸子

▼ だったけれども~ (99, 0.4%)

2 この頃, これは, それは, 妙に

1 [91件] あっしゃあ, あわてて, いくら若い, いつのまにか奪, いまは, おはる, おばあ, こうなる, このところ, この関係, さすがに, そのころ, その中, その日仕事, そばに, それが, それでも実に, それを, そんな気持, でもその, とうとう落第, とにかく親切, どうせまとも, なにかその, はいって, ぼくたちは, わたしの, キャラコさんは, クリストフは, クワルティーラ五八という, 一年の, 一挙に, 下村さんだって, 二人の, 仕方が, 他に, 何でも, 何と妙, 何んという, 何時頃薬師堂へ, 例の, 兎に, 内心では, 前川さんに, 十時頃に, 合憎, 合衆国銀行の, 寄宿舎を, 少し旅行, 山や, 岡田には, 岸本は, 嵌格子, 座敷の, 当時の, 彼の, 彼女の, 従来彼対犯人の, 御飯が, 微笑には, 思い切って, 悪気の, 文章の, 新教徒, 朗に, 木口などは, 気が, 法水は, 牧師自身が, 男よ, 畦道を, 異様な, 病気の, 真面目な, 確かに, 神様の, 稲の, 綱曳き後押し附き, 肩なんか, 色々考え, 苦しいの, 英語が, 葉子は, 葉末の, 虎の, 行かず, 誰しも, 誰も, 譲原さんは, 金三郎の, 飛山君は

▼ だったとは~ (81, 0.3%)

2 いえ女, ふしぎだ

1 [77件] あわれな話, あんなに知恵, いいながら, いい切れない, いえあなた, いえあまりに, いえすでに, いえその, いえそれでもなお, いえなかった, いえよう, いえ一體どこ, いえ今や, いえ彼女, いえ日本, いえ格二郎, いえ殆, いえ舅, いささか心, いったいどうした, いわせませんよ, お前も, さすがに, して, すぐ知れ, ずいぶんおかしい, その場, どうしても考えられません, どうにも考えられない, なにか運命的, なんという, へんな, まるで笑い話, トーチカ心臓だ, 云いかねたから, 云えああ, 云われない, 今に, 今は, 何事だろう, 信じて, 全然気が付かない, 夢にも気, 実に意外, 思いましたが, 思いませんが, 思いませんわ, 思いも, 思うが, 思えない, 思ったが, 思わない, 思われぬ, 思わん, 教えないで, 断定出来まい, 書くが, 死んだ吾妻屋, 気が, 気づく筈, 申されませぬ, 町の, 知らなかった, 知らなかったよ, 絶対に, 義理にも, 考えられません, 聞かなかったの, 言いだすこと, 言いますが, 言えない, 言えなかったの, 言え宇治, 言え良心, 言って, 認めないの, 誰が

▼ だったじゃ~ (78, 0.3%)

46 ないか 19 ありませんか 6 ないの 5 ねえか 2 ござんせんか

▼ だった~ (76, 0.3%)

2 が後, である, であろう, はいう, もある, をあの, を思い出した

1 [62件] がハッキリ, が今, が分った, が判明, が死んだ, が芬子, が証明, でございましょう, で御座います, など思い出し, においては変り, にはなく, には彼, には気が付きません, に気がつきます, に気が付きました, に気附, はあの, はない, はやがて, はやはり, はわかっ, は一度, は上, は不覚, は云う, は千枝子, は実に, は想像, は救われた, は明らか, は無い, は疑い, は言う, は認めます, は違いありません, までわかりました, もあります, もない, も争えない, も分ります, も忘れ, も忘れた, も想像, も知らない, も確か, や帰, や疲れ, よ, をその, を二十歳, を云っ, を云わず, を公, を割合, を忘れぬ, を思い出し, を発見, を知っ, を知った, を知る, を記憶

▼ だったとも~ (62, 0.2%)

5 いえる 3 いう, いうし, 言えるの 2 いいますが, 云える, 云えるだろう, 伝えられて, 思った, 言えるであろう

1 [36件] いう者, いえようか, いえようし, いえるであろう, いえるの, いえるん, なんとも, 一万五千だった, 云う, 云うこと, 云った, 云って, 云わねば, 云われて, 云われるし, 信じられません, 思いお, 思えませんけれども, 思われません, 思われる, 武家だった, 考えかえって, 考えた, 考えられるの, 見える, 見られるの, 言い得るだろう, 言い羽織, 言う, 言うし, 言えないでしょうからね, 言えましょう, 言えますが, 言えよう, 言える, 言って

▼ だった~ (62, 0.2%)

2 いつの, えっ

1 [58件] あんたの, あんなの, あんな女, い, いだから, いろいろ御苦労, えお前, えと父, お, おそく, お前に, お変りも, お杉, お隣から, こんな所, さっきの, さっき電話でも, それからどんな, それから黒田, だが伴藏さん, つい忘れ, でもまあ, どこに, もう一匹, もう一度やっ, もう少しは, もう帰っ, ゆうべの, わしたちが, ホーキンズ, 一年前位に, 九月の, 二村, 何が, 俺らが, 僕が, 僕は, 八重, 名古屋から, 君, 夏目先生も, 失敬失敬, 婆あやさん, 少しは, 幼い子供, 御免よ, 散歩の, 早く御, 暗号長, 殿様が, 水鉄砲を, 浪さん, 溜屋, 牧田, 番頭さん, 絵葉書に, 総理が, 魚つりには

▼ だったとか~ (58, 0.2%)

2 飲み屋から

1 [56件] あるいは白痴, おなじく有名, かみさんだった, けれどお母さん, これが, しゃべる度, すぐ物, そういった風, そして室, それからここ, それは, そんな食物, です, でそう, でそれ, でどこ, で一時, で時々, で石, で顔, どこどこへ, やっぱり下痢, アイルランド劇の, トントンと, 丁の, 云うだけの, 云う事, 云う話, 云って, 云ってね, 云われて, 今生き, 何かの, 何とか, 何とかけなす, 何とか云い, 卓の, 少くも, 後で聞きました, 恐い人, 情ないとか, 日本の, 昭和三十年頃だった, 暮し向きに, 梅園が, 申して, 皿洗いだった, 聞いて, 良人に, 蒲団屋の, 蒲焼を, 言いましたが, 言う, 言うので, 評判の, 電球の

▼ だったせい~ (57, 0.2%)

5 もあろう 3 もあり, もある 2 かまるで, であろう, でも, もあるでしょう

1 [38件] かこの, かさしたる, かじめじめ, かずいぶん, かばか, かもう, かもしれない, かも知れない, かも知れませぬ, か一層ひしひし, か家光, か彼女, か戛然, か招待状, か旅, か来る, か武蔵, か生れた, か黒眼鏡, だとも, だよ, だろう, だろう近年, でありことに, である, ですか, では, でひどく, でもあったろう, で街, にもよる, ばかりで, もあっ, もあったろう, もありましょう, もあります, もあるだろう, よ

▼ だった~ (55, 0.2%)

3 である 2 が死ぬ, だ, なの, のこと, の名

1 [42件] かと思われます, がある, がいつの間にか, がげっそり, が一時的, が又, が得, が書いた, が気の毒, すらある, だけに夫人, だそう, だという, であったが, でございます, です, ですよ, で世に, で戦時献金運動, といい, と会う, と目, ににわかに, に会う, に身許引受人, ねその, のため, の中, の亡くなっ, の令嬢, の子, の息子, の成り行き, はとても, はない, は皆, は社会, もとても, もやはり, も一度, も三位, を急

▼ だったその~ (53, 0.2%)

2 ころの, 頃には

1 [49件] あとに, おおかたが, お米, くせいたっ, くせ事実は, ために, ような, ように, ボーレンの, 上道楽に, 上面食いだ, 先は, 十一時半を, 叫び声は, 場所へ, 墓地の, 大廻廊, 天井の, 奇怪な, 妹を, 姿が, 媚を, 家に, 家は, 家族の, 小田富子と, 少女が, 年も, 怪物の, 放送を, 日俊吉は, 時の, 時人々は, 時代の, 時分の, 時石に, 気性に, 清ちゃんの, 灯が, 生え際が, 男は, 異様さは, 石田重吉という, 結婚も, 自然の, 部屋は, 青い街燈, 頃大町から, 顔を

▼ だった~ (52, 0.2%)

14

1 [38件] あの人, あれは, あれも, いずれ良い, うん隼人, おたがいに昨日, おまえさん, おれは, お前の, お国, こいつは, こうなっ, これは, さっき俺が, しかし, どてを, なア, もう終っちゃっただろう, よし, アあの, アあゝ, ア丹波を, 丹下, 人間の, 今松さん, 君たちは, 啄木は, 天気が, 天狗なら, 急に, 来月に, 此処は, 番頭さん, 編輯局長は, 若え, 道理で, 雷横達者で, 鶴

▼ だったもん~ (50, 0.2%)

17 ですから 15 だから 3 ですからね 2 だからね, で

1 [11件] だが, でお腹, でこちら, ですっかり, でその, でつい, でね, でスカート, で奴さん褌一つ, な, よなあ笑わし

▼ だった~ (50, 0.2%)

2 はその, を見る

1 [46件] がこんな, が少し, が彼, が往, にはあまり, にはホームズ, に弟子, に済まない, の半生, の姉, の学生生活, の父, の生活, の疑問, の胸, の長男, の額, の顔, はいい, はいつ, はうとうと, はずいぶん, はそれ, はそれ以外, はほんとう, はゆうべ浄妙院, は一層, は到頭, は前説, は千日前, は南国, は和服, は学生生活, は寝, は憶え, は批判的, は森さん, は着物, は裏, は誘われ, は遠い, は銀座, は非常, ばかりの話, もいつしか, を素直

▼ だった~ (48, 0.2%)

118 です 5 である 3 だが, では, なのに 2 じゃ, だと

1 [11件] がない, だから, だし, だそれ, だね, ですから, なの, なんで, の女学生たち, の山名山太郎, よ

▼ だった~ (45, 0.2%)

1 [45件] がようよう少し, が大声, が頓死, であったのに, のこと, の体躯, の十代, の名前, の従兄, の心, の悪戯, の様子, の母, の気分, の父, の眉間, の真面目, の老母, の袂, の顔色, は, はがらり, はこうして, はこれ, はそういう, はその, はその後, はただ, はアルバイト, はアンジョーラ, は今, は夕暮, は容易, は当時, は彼女, は彼等, は急いだ, は政治, は殺人事件, は渡舟, は評議, もさすが, もたしかに, も今, れは

▼ だったため~ (42, 0.2%)

1 [42件] か, かっきり大, か他, か孔子, か正造, しばらく此方, その身軽, でございます, です, でどうにも, ではない, と解せられた, に, にこちら, にその, にそれ, にただ, につい, にふたり, にまるで, にみんな, にもしも, に一時, に今, に伸子, に係官, に共産党大佐, に各, に園長, に好奇心, に官界, に少なから, に彼, に採用, に秘結, に評議, に誰, に運, に飛んだ, もあろう, 多少逆上, 或る

▼ だった~ (39, 0.1%)

2 の感じ

1 [37件] から今日, から彼, から知っ, から貴子, この家, さ, だと, であるし, ですから, ですら, とちがっ, にはと少年少女, にはまさに, には一, には世の中, には駒止橋, にや仲よく, に夜毎, に神田台所町, のお, のこと, のロシア, の名, の地金, の富突き, の己, の智恵子, の社会部, の記憶, の面影, はこれ程, はその道, は湯原元一先生, やはりその, よんで, 一度この, 建てた小屋

▼ だったかは~ (36, 0.1%)

2 忘れたが

1 [34件] いまに, ここに, この文盲群, じきに, その女, ちょっと記憶, ついに明らか, ほぼ想像, また容易, まだ疑問, もっと先, やがてわかる, 今に, 僕は, 分らない, 分りませんが, 判らない, 君達も, 問題に, 忘れた, 思い出せなかったが, 明かでないし, 李逵は, 次の, 直に彼, 知らぬが, 私には, 私は, 覚えぬが, 記憶に, 註を, 誰にも, 諸君も, 遠い記憶

▼ だったって~ (33, 0.1%)

2 ことが

1 [31件] あけても, いうわけ, いつかなんたら言う, えじゃ, えん, かっちゃ, きいた事, そう云ってる, そう仰言っ, それじゃ, だいじょうぶよ, のは, ものさ, わけか, ェが, 一本松だ, 三上は, 云うもん, 云う話, 仕方が, 何が, 後悔し給う, 怨みも, 書いて, 津軽を, 聞いたん, 言うからね, 言うけれど, 言うじゃ, 金は, 騒ぐよう

▼ だったとしても~ (33, 0.1%)

3 それが 2 助けるべきもの

1 [28件] あなたは, あの女, あるいは今回, あんなふうに人, いいさ, この競争, さあさあそんな, そこでどんな, その場合, それこそ, それは, どうぞあまり悪く, まだもう一度考え直し, 一週間の, 七十七両三分で, 二人は, 今おっしゃった, 伸子は, 俺は, 僕は, 十五分乃至, 己は, 彼は, 必ずしもお父さん, 敵城近く, 殺害の, 磯五自身が, 私には

▼ だったところ~ (32, 0.1%)

1 [32件] あの辺, いよいよ大量, かちょっと, から推しはかっ, から次第, がなく, が外交団専用, だが, ですよ, で殴られ, で筋違見附, で良い, なので, には製作所, にひどく, にテント, に残っ, の由, は何軒, は分っ, へかえっ, へまるで, へ不作, へ思い, へ文字どおり百鬼夜行, へ畳, らしい, をぼつぼつ, を三交代, を与謝野晶子, を夢, を見る

▼ だったけど~ (31, 0.1%)

2 あなたが

1 [29件] あなたは, あの味, あまりお, いませんか, いまは, おれちょっと, これが, これで, こんどは, とてもひらけ, どうも, ひょっとする, ひらけて, まだ, よすわ, アダプシォンの, 主人は, 今日は, 今考え, 会社で, 信用できる, 加減がわりいっ, 園子ちゃんが, 妾の, 帰ってから, 戦に, 私一存で, 言わないじゃ, 道を

▼ だった~ (30, 0.1%)

1 [30件] あああ, あそこは, あのフリント, おれは, お前が, それから, それから僕, それでいて賃金, それに, だが小癪, どうして, どうも, ばかに, ふとん, まさにその, わしは, アリョーシカわしは, チュガ公の, 不思議だ, 今の, 八, 勘弁し, 多分, 妹が, 妾に, 従弟の, 爾だ, 物覚えも, 若し見廻さず, 館林様が

▼ だった~ (30, 0.1%)

2 と変っ

1 [28件] かもしれない, から彼女, でしょう, とはまた, とは反対, と同じ, ならすぐ, には君, には真赤, には見る, にゃあ, に丸, に子供芝居, に比較, に牛馬, に物療科, に生, の古, の姿, の心配, の話, の通り, はいかに, は人目, は金色, もある, 実際こんな, 毎々不服

▼ だったこの~ (29, 0.1%)

1 [29件] うえとも, ような, 一九四六, 三人を, 下島の, 事件の, 二人は, 人の, 仮面さえ, 低地の, 児のち英人ニコレツ大尉の, 大石ほど, 大通りだった, 島に, 庭の, 廃墟だった, 弁三が, 才媛は, 数日間それは, 時は, 月曜日です, 歌の, 男が, 男は, 盃で, 繃帯は, 藻は, 青年も, 革命を

▼ だっただけに~ (28, 0.1%)

2 彼は

1 [26件] かえって意味, かかる変化, こちらから, この夏ごろ, ちょっと僕, なおさらだった, まだ皆, もう一つ, よけいに, よほど意外, 一層不気味, 今では, 伸子は, 何かしら黒い, 余計もの淋しかっ, 却って何, 却って異様, 対照的な, 思いがけない壁, 思わず竦み, 打撃が, 猶更仕事, 突然近付い, 竹に, 限りなく, 集った者

▼ だったはず~ (28, 0.1%)

7 である 3 だ, です 2 じゃない, だが

1 [11件] だから, だし, だね, であるが, でしょうが, ですから, ですがね, なん, のビロード, の私, はない

▼ だった~ (28, 0.1%)

2 ほんとうに

1 [26件] あたいあなたに, あたいしじゅう, あたしたちにとっては, え, おとうさんが, お兄様, お医者様, お母さんとの, そこに, でもこれ, でも好き, どうかする, どちらの, ねえ叔母さん, ほんとにもう何, もうやめる, 一尺六十八銭よ, 今日は, 幹子さんお早う, 式では, 慥かに, 時々じいっと坊や, 目白から, 眼なんか, 電車を, 顔より

▼ だった~ (27, 0.1%)

1 [27件] たけさんも, つると, やすさんという, ようの, 人わたしに, 兄さん, 勢が, 咲を, 園さんが, 坊っちゃんだった, 孝が, 富と, 師匠さまが, 敏の, 梶が, 清の, 由利さんの, 甲の, 町は, 直は, 美代の, 艶が, 萱と, 袖たち一連の, 須磨さんは, 高が, 高の

▼ だったかの~ (25, 0.1%)

4 ように

1 [21件] あの首, ような, 中に, 二十五メートル屋内プールが, 伝記について, 全生徒, 囗賞付の, 大嵐の, 大風で, 尤も繁華, 折に, 教師用に, 新聞に, 時に, 時二階堂先生, 時宮城氏に, 時無論, 本やで, 狭い露地, 話が, 話に

▼ だったころ~ (25, 0.1%)

2 に四五年

1 [23件] からこの, から店, この近所, そういう女, と今, どんなに行状, にこういう, にこの, にはこんな, にはどんなに, に親しみ, のこと, のもの, のシオ, の一八八八年, の世の中, はその, はのべつ, はほん, はほんとう, は男, は誰, よくやって来た

▼ だったんで~ (25, 0.1%)

1 [25件] あたしは, あわてましたと, お父さんとの, がしょう, こいつを, たいへんよかっ, だまって, ちょいと, ちょっとひっかかった, とうとう我, どうもぼんやり, ひょいとそんな, ゆっくり話, 一目覗い, 下女なんて, 俺だって, 先程奥さんだけ, 千世子と, 召集を, 橋が, 残念ながら, 牧場から, 米を, 聞かなかった, 船こぎの

▼ だったかを~ (24, 0.1%)

1 [24件] しみじみと, まず話し, みて, わざわざ話す, 吟味し, 問いかえして, 少しよむ, 弾き出されました, 彼の, 忘れたが, 思い今さら, 思い出した, 思うと, 感じいつか涙, 新しく思い出し, 波多野牧師は, 理解した, 知って, 知らせなければ, 私は, 考えて, 証拠立てて, 説明しだした, 調べるには

▼ だった~ (23, 0.1%)

2 である

1 [21件] あ毎晩, からも監視, がさも, この楽神, さえ弱肉強食, ざっと一せい, だろう, でも, と共に江戸表, と思える, なれかつて, に此絵, の口, の子供, の子分, の間, はおなじ, はごく, はない, も外米, を閻魔王

▼ だったかな~ (21, 0.1%)

2 云って

1 [19件] あの吉川先生, いややっぱり, おいらも, だれか, ともかくも, はてな, アという, バイエルン地方だけの, バナナの, 八だった, 初めての, 初雪が, 古梅庵は, 和尚さん, 小説を, 或る, 手紙から, 男だった, 苦沙弥君

▼ だったろう~ (21, 0.1%)

42 が, じゃありません

1 [13件] がな, が結局条件, ではございません, で此話, などと仲間, にさ, にというの, にと僕, にと残念, にね, に徐庶, に惜しい, の方

▼ だった~ (21, 0.1%)

2 の人

1 [19件] がどんな, がみかん畑, が唯, が川, が長屋もの, だ, である, です, としての動揺, と生活, なの, のいらだち, の名, の国文学者, の気持, は一人, は別人, は語る, も家

▼ だったあの~ (20, 0.1%)

1 [20件] かわいらしい子, があお, ころには, ディーネルの, レニンが, 亀さんの, 亀裂を, 問題が, 夢の, 女子だった, 家へ, 彫刻が, 日の, 時の, 時代, 時分の, 未来に対する, 楽しい女学生時代, 男は, 瞳あの

▼ だったとき~ (20, 0.1%)

2 ですよ

1 [18件] そんなとき, である, でさえも常に, どうしたら, にです, にはその, のあの, のこと, のアカグマ国宮廷, の事情, の悦び, の職業, よくつれ立っ, よく強引, 同じ小姓, 多計代, 奪われて, 描いたという

▼ だったには~ (20, 0.1%)

9 違いない 5 ちがいない 1 ちがいないでしょう, 疑無い, 相違ありません, 相違なかろ, 違ない, 間違いない

▼ だった~ (20, 0.1%)

2 だが

1 [18件] かどう, から来た, がこの, が千七百九十二年三月十二日, が夜店, が彼, が来, であった, です, ということ, ながらも今, の悲嘆, はもと, はパラオ本島オギワル村, は何者, は日野有三九, をいきなり, を見くびっ

▼ だったかに~ (18, 0.1%)

1 [18件] あった, ある文壇的, そういう意味, ただ一つ, へらへら焼一名万橘焼, 保ちながら, 倉持は, 僕は, 創作の, 半年くらい, 大津から, 拾われて, 明示され, 気がつくと, 素子が, 襟かけ, 頼まれて, 鯛みそを

▼ だったなんて~ (18, 0.1%)

2 事は, 云えば

1 [14件] いうん, いかにも明智先生, うちの, おっしゃるの, じつにゆかい, それじゃあ, そんなこと, つまらない噂, とってもしんじられない, まるで信じられない, 事に, 云えた義理, 仰有って, 思えば

▼ だった時代~ (18, 0.1%)

2 がある

1 [16件] その歌, だったので, であるから, ですから, なので, にかかれた, にも劣らず, に横綱, のよう, の一朝臣, の党, の景色, の気骨, の記念品, の話, もあった

▼ だったかという~ (17, 0.1%)

6 ことを 5 ことは 2 ことが 1 ような, 想像も, 訳で, 質の

▼ だったなどと~ (17, 0.1%)

2 私は, 話して

1 [13件] いい加減な, さも満足そう, つれづれさ, どうして云, どうして判じ得よう, なったらあなた, むちゅうになって歩い, 云うの, 噂され, 愉快そうに, 考えて, 自慢する, 言って

▼ だったにも~ (17, 0.1%)

1 [17件] かかわらずしかも, かかわらずひとたび, かかわらずオフェリア, かかわらず五, かかわらず今, かかわらず彼, かかわらず老, せよ, せよその, せよ三十年後, 係わらずこの, 係わらず小使, 拘らず実際, 拘らず次郎, 拘らず矢代, 拘わらず, 拘わらず彼女

▼ だった自分~ (16, 0.1%)

1 [16件] がおしろ, がその, がやっぱり, が丁度, が兎, が助, だけが彼, にはいつ, のこと, の一生, の利害, の姿, の心, の指, の眼, は実に

▼ だったからと~ (15, 0.1%)

5 いって 1 いいました, いうこと, いうばかりが, いうよりは, 云うの, 云って, 循環する, 泣いて, 言うので, 言って

▼ だっただけ~ (15, 0.1%)

3 です 2 だ, である 1 この笑い声, それだけ後, で別人, で艇内, なの, なん, 一旦自白, 彼等を

▼ だったとの~ (15, 0.1%)

5 こと 2 ことで 1 ことだ, ことだった, ことであった, 事でございます, 話, 話である, 話な, 話アンマを

▼ だったなと~ (15, 0.1%)

4 私は 2 思った 1 前に, 思いました, 思い出した, 思い出す, 思うと, 思って, 思ひ出せれば, 私が, 緒方は

▼ だった~ (15, 0.1%)

1 [15件] がウォーズウォルス, にだれ, には少から, の外套, の目的, の追放, はこの, は中学校, は四万, は寄宿舎, は市内, は活動写真, は淋しく悲しく, は爾来大いに, へどっち

▼ だったかしら~ (14, 0.1%)

3 私は

1 [11件] あたしが, いつもで, それとも男, とにかくお, ないが, なんでも, もっと前, んか, ユーゴスラビアの, 僕は, 日曜日に

▼ だったばかり~ (14, 0.1%)

5 では 1 でなかった, でなくある, でなくその, でなく取巻き, でなく私, でなく舞妓, でなく通俗, でなく避穀法, でなく飼ったこと

▼ だった彼女~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいつしか, が学校, が居る, が良人, の健康, の根, の腕, はベレニー伯爵, は今, は療養生活, は私, は華岡医師, をそれなり

▼ だった時分~ (13, 0.0%)

1 [13件] からこれ, からのなじみ, からひそか, ですと, にはいくらでも, にはかくれみ, に父, のこの, のさま, の写真, を愛, 同じく二年生, 書いたもの

▼ だった~ (13, 0.0%)

2 が引き, が急 1 が俄然, が怖く, が浮ん, が眼, が額, のボクン, は俄, をし, を見る

▼ だった人々~ (12, 0.0%)

1 [12件] がみんな, だけを私, と別れ, と知り合い, には残らず, によって建てられ, の足跡, の間, の魂, はほっと, は殆ど, を益々

▼ だった~ (12, 0.0%)

2 だね, の或 1 がこっち, がちり骨灰, がね, だ, でも, の盲目, はだんだん, よ

▼ だった~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, がたくさん, がどうして, がまた, が私, でもあんまり, に伴, の照正, の遺し, は私, も選挙, をいつ

▼ だったからこそ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あれほど, 助った, 却って殺す, 彼も, 成功した, 戦利品が, 最初は, 本当の, 真犯人では, 私たちも, 闘ったん

▼ だったそして~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつの間にか, いろんなこと, こんどは, そのまま暫らく, それは, それを, 今でも, 今震え, 夕方時々, 彼らの, 思わず彼

▼ だったのにと~ (11, 0.0%)

2 思う 1 ホロリと, 今に, 伸子は, 切符を, 後悔した, 後悔も, 思うと, 歎いた, 過ぎ去った秋

▼ だった~ (11, 0.0%)

2 にこの 1 その娘, その生れた, に二十三, に前, に明治, に江戸時代, に現代劇, に腕, 立って

▼ だったかが~ (10, 0.0%)

1 あるもの, おもしろく書い, わかる, 分かれば, 初めて読んだ, 察しられよう, 想像が, 想像できよう, 知れよう, 知れるだろう

▼ だったかね~ (10, 0.0%)

1 お比奈さん, そうそう徳蔵, それとも連れ, ぼくは, もう分らなくなっ, よく覚え, 昔の, 昨夕馬車へ, 見せ給えもう, 見忘れて

▼ だったそれ~ (10, 0.0%)

1 から伊藤, がおじさん, がどうして, が万治, が二百円以上, が私, は, はトゥーケ, は曾, までの

▼ だったのね~ (10, 0.0%)

2 あたし人から 1 きっと, その甘, ほんとは, まあお母さん, もみの, 不朽の, 兄貴は, 私は

▼ だったのよ~ (10, 0.0%)

1 あたいも, お兄様, お祖父さんに, だからと, どうする, もう日本, 家には, 御存じ, 昨夜は, 松川は

▼ だった伸子~ (10, 0.0%)

2 はその 1 がこう, に一匹, に警告, のため, のまじり, のモスク, の下, はきまり

▼ だった~ (10, 0.0%)

1 からもまた, がある, が段々, である, で狭かっ, で発見, へ又, へ生命, を歩き, を渡っ

▼ だった~ (10, 0.0%)

1 からこの, にはそれ, にはつぶれ, にゃこ, にゃ世の中, にゃ十手捕縄返上, にゃ灘, にゃ菱川師宣, にゃ貞女, の芸人暮らし

▼ だった~ (10, 0.0%)

3 であるが 2 である, です 1 ですから, で発見, 大てい

▼ だったなあ~ (9, 0.0%)

1 あの時, あんなに肥っ, いい犬, その方, なんとも好き, まあしかし, 兄弟, 昔も, 芹が

▼ だった一人~ (9, 0.0%)

1 がそう, がのしかかる, が何ら, の兵卒, の女, の婦人, の幇間, の長老, は短い

▼ だった~ (9, 0.0%)

1 からの衣裳, が帰っ, と越智, のよう, の法律的, の血, の顔, をもかなり, を見

▼ だったがね~ (8, 0.0%)

1 たしかに穴, みんな間もなく, むろんわたし, もうこっち, 二階の, 気性は, 生の, 私が

▼ だったこれ~ (8, 0.0%)

1 がお前, が針綱神社, さえうまく, だけの広い, だけ条件, の叔母, は人間, は粘

▼ だったとして~ (8, 0.0%)

2 そのあいだ二人 1 まだ二十幾歳, みよう, 同じ場合, 夷岐戸島の, 直ぐに, 置いて

▼ だったとでも~ (8, 0.0%)

3 いうの 1 いわねば, こじつけ迷説, 云うの, 云うよう, 言うん

▼ だったひと~ (8, 0.0%)

1 が結婚, だけが感じうる, で女性, なん, はお, は持病, やその, を好き

▼ だった場合~ (8, 0.0%)

1 が多い, とはわけ, にその, にはどう, には拙者, には自分, はどう, は長く

▼ だった関係~ (8, 0.0%)

1 からで, からビスマルク, から支倉, から猜疑, から頭取, で小, で弟子, で電気

▼ だったくらい~ (7, 0.0%)

1 あの大理石, ずんずん原稿用紙, だ, だから, でございます, ですから, では

▼ だった~ (7, 0.0%)

3 うです 2 うだ 1 うだよ, うで

▼ だった~ (7, 0.0%)

2 えじゃ 1 えけど, えな, ことでございます, な事, ふは

▼ だったとかいう~ (7, 0.0%)

1 ことが, そうです, のが, 北川という, 市毛の, 様な, 話で

▼ だったわたし~ (7, 0.0%)

1 に地, の世間態, はいまだ嘗て, はやはりこう, はわたし, は日本, も煤

▼ だったわね~ (7, 0.0%)

1 あのゴリラ, あの子, こう暴露, なまじっかの, 一寸きっ, 五時という, 銀座の

▼ だった~ (7, 0.0%)

1 が昨夜, が行く, の心, の自分, の葬式, はその, もさすが

▼ だった~ (7, 0.0%)

1 が壁, が差押えられ, で商売, なんか見, の中, の内, へ急

▼ だった~ (7, 0.0%)

1 かそれ, かも知れない, であろう, につい, にほんとう, に南画, に危

▼ だった父親~ (7, 0.0%)

1 が, が急, に少年時代, の橘家圓太郎, の記念, はひろ子, は病気

▼ だった~ (7, 0.0%)

1 さ, じゃない, でこの, では, でも, で話, も初めて

▼ だったある~ (6, 0.0%)

1 人々も, 公使夫人に, 女が, 女学校長が, 日それを, 非常に

▼ だったお前~ (6, 0.0%)

1 がな, の, のところ, の用件, は嘘, は嘘つき

▼ だったかしらと~ (6, 0.0%)

1 ふとそんな, 何の, 思います, 疑う, 私は, 考え続けた

▼ だったからね~ (6, 0.0%)

1 そして僕, それに, どうも, 七日目で, 実際不親切, 裁判所に

▼ だった~ (6, 0.0%)

2 せう, せうが 1 せう朝五時頃今度, 去年済んだ

▼ だったとさえ~ (6, 0.0%)

2 言って 1 いうこと, 云わねば, 信じたいの, 私は

▼ だったとしか~ (6, 0.0%)

1 思えない, 思えなかった, 思われないん, 思われないパテティック, 思われぬよう, 考えられません

▼ だったなどという~ (6, 0.0%)

2 ことも 1 もんだ, 事も, 喜劇も, 閑文字が

▼ だったほど~ (6, 0.0%)

2 です 1 だから, である, 巧妙に, 広い一角

▼ だった人たち~ (6, 0.0%)

1 が今, が博士, だから, です, はいまみな立派, も皆

▼ だった今日~ (6, 0.0%)

2 の日 1 そんなに急, の道ちゃん, はまだ, は僕

▼ だった~ (6, 0.0%)

1 奴という, 式部さんの, 桜が, 海老が, 藤文次郎先生等も, 部分

▼ だった当時~ (6, 0.0%)

1 のこと, のドイツ, の大, の意気込み, の日本, を追想

▼ だった~ (6, 0.0%)

1 のこと, のロシア, の世, の艶話, はたしかに, を思い出した

▼ だったいま~ (5, 0.0%)

1 でも好き, のおれ, の妻, までが台, よりはもっと

▼ だったおれ~ (5, 0.0%)

2 を憎め 1 がおまえ, の眼, はその

▼ だったかで~ (5, 0.0%)

1 そういう表札, 好い容貌, 読んだの, 読んだ文章, 辰野隆博士にも

▼ だったかとも~ (5, 0.0%)

1 存じられます, 思う, 思われる, 見られるの, 言った

▼ だったかなあ~ (5, 0.0%)

1 もう一人同姓同名, 何に, 忘れたなあ, 親爺の, 電池の

▼ だったがと~ (5, 0.0%)

1 同時にナヂェージダ, 役場の, 思いながら, 思いは, 考え夫婦

▼ だったそこ~ (5, 0.0%)

1 には材木, の土地, の小, へ里見十左衛門, までの狼狽

▼ だったっけ~ (5, 0.0%)

1 が行っ, それにまた僕, 今この, 何でも俺, 奥様お

▼ だったといった~ (5, 0.0%)

2 方が 1 のは, ほうが, ものでした

▼ だったのにか~ (5, 0.0%)

5 あいそう

▼ だった~ (5, 0.0%)

1 その児, タヴェルニエーの, 勿怪の, 奇態だ, 杜若を

▼ だったぼく~ (5, 0.0%)

1 が地下道, にとっては一定, にはこれ, は多勢, は生きる

▼ だった~ (5, 0.0%)

1 だ, だから, だよ, です, ですって

▼ だった人間~ (5, 0.0%)

1 がだんだん, が却って, に不意, の愛情, の発しる

▼ だった~ (5, 0.0%)

1 から, から巳, が漸, の福吉, へ寝る

▼ だった~ (5, 0.0%)

1 の好みらしく, の幸子, の気質, は枕, ももう

▼ だった建物~ (5, 0.0%)

1 だとさ, に大胆, の中, へと入っ, へ連れこんだ

▼ だった~ (5, 0.0%)

2 に覚え 1 です, ですが, に今夜

▼ だった様子~ (5, 0.0%)

2 です 1 でテーブル, に引きかえ, はどう

▼ だった~ (5, 0.0%)

2 で深く 1 からし, が実に, にある

▼ だった若い~ (5, 0.0%)

1 つるだけ, 伯爵だ, 友人は, 時の, 英語教師が

▼ だった連中~ (5, 0.0%)

1 が京都, が企んだ, はすぐ, はほとんど, を静める

▼ だったあれ~ (4, 0.0%)

1 かい, は, はな, を見た

▼ だったからかも~ (4, 0.0%)

2 知れない 1 しれない, 知れません

▼ だったからって~ (4, 0.0%)

1 ひとが, 不自然にも, 大きなお世話, 真似を

▼ だったからな~ (4, 0.0%)

21 そんな怪しい, たんばさんが

▼ だったがな~ (4, 0.0%)

1 そいつが, まるで他家, ア, 橇の

▼ だったそれら~ (4, 0.0%)

1 のこと, のもの皆, の絵, の譲歩

▼ だった~ (4, 0.0%)

2 なし 1 や, やあ

▼ だったでも~ (4, 0.0%)

1 ありましょうが, だんだん見, 宵から, 考え直しましたあたし

▼ だったというしか~ (4, 0.0%)

4 ない

▼ だったところが~ (4, 0.0%)

1 あれは, しからば, すっかり開放, 膨脹させ

▼ だったねえ~ (4, 0.0%)

1 このお礼, もうもう気, 姉さんが, 頼まれも

▼ だったひとり~ (4, 0.0%)

1 が, が公文書, が半, が考え

▼ だった~ (4, 0.0%)

2 え暴風雨 1 えて, す

▼ だったもう~ (4, 0.0%)

2 一つの 1 一艘が, 遅かった

▼ だった~ (4, 0.0%)

31 けの

▼ だった~ (4, 0.0%)

1 ではアイリス, の妻君, まで興, 聞いて

▼ だった博士~ (4, 0.0%)

1 はもうすっかり, はやっと, はルゾン号, も久しぶり

▼ だった友人~ (4, 0.0%)

2 をさそっ 1 が病死, の死んだ

▼ だった~ (4, 0.0%)

1 に疵, の都合, の骨, はけだる

▼ だった~ (4, 0.0%)

1 噂が, 婚礼が, 愛情に対しては, 承知の

▼ だった日本~ (4, 0.0%)

1 から文化, に始め, に対して一種, の軍隊組織

▼ だった殊に~ (4, 0.0%)

1 ジョン, 今ある, 円屋根の, 大阪人を

▼ だった~ (4, 0.0%)

2 がする 1 がまえ, もする

▼ だった祖父~ (4, 0.0%)

1 であるだけに, の名, の家, や父親

▼ だった~ (4, 0.0%)

1 が晴れ, と日光, はぽつり, は忽ち

▼ だった警官~ (4, 0.0%)

1 が命令, が追手, によってぐるっと, の命令

▼ だった青年~ (4, 0.0%)

2 が立ちどまっ 1 からきいた, は急

▼ だったあと~ (3, 0.0%)

1 に余病, に政治上, も畑

▼ だったあなた~ (3, 0.0%)

1 をそのまま, を今, を愛する

▼ だったかなあと~ (3, 0.0%)

1 つぶやいた, 少し意外, 魚容は

▼ だったかなと~ (3, 0.0%)

1 思う時, 思った, 若松屋は

▼ だったからでも~ (3, 0.0%)

1 あったが, ありましょう, ありますけど

▼ だったじゃあ~ (3, 0.0%)

2 ありませんか 1 ないか

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 なんだか用, 自殺の, 長五

▼ だっただが~ (3, 0.0%)

1 世の中の, 命拾いを, 風刺文学は

▼ だったなあと~ (3, 0.0%)

1 声を, 思う, 思った

▼ だったなど~ (3, 0.0%)

1 そんないい加減, 系図に, 言う話

▼ だったなんと~ (3, 0.0%)

1 いうこと, かして, 云うの

▼ だったねと~ (3, 0.0%)

1 よって, 佐八が, 言ったら君

▼ だったゆえ~ (3, 0.0%)

1 ずいぶん疲れた, に山の神さま, に正当

▼ だったよく~ (3, 0.0%)

1 こうしたくすぐり, ねられた, 食べよく

▼ だったろうし~ (3, 0.0%)

2 ことによる 1 第一

▼ だったろうと想像~ (3, 0.0%)

1 されたり, し微笑, する人

▼ だったわねえ~ (3, 0.0%)

1 さあどうぞ, そんなら開いてる, 高輪倶楽部の

▼ だったアメリカ~ (3, 0.0%)

1 の蔓薔薇, の輿論, は

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 あれは, そんな事, 親分

▼ だった三人~ (3, 0.0%)

1 の牢番, もつづい, も無言

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 には諸国, にも何時, に水戸君

▼ だった二人~ (3, 0.0%)

1 の生活, の調和, は当然

▼ だった京都~ (3, 0.0%)

1 の町, は新しく, は罹災

▼ だった人物~ (3, 0.0%)

1 がどこ, になりきっ, を見よ

▼ だった人達~ (3, 0.0%)

1 がズラリ, は大抵, は拝殿

▼ だった信長~ (3, 0.0%)

1 の姿, の眼, も氷

▼ だった先生~ (3, 0.0%)

1 のこと, の助手, の領域

▼ だった古い~ (3, 0.0%)

1 外皮を, 昔の, 村に

▼ だった~ (3, 0.0%)

2 計代の 1 計代は

▼ だった多く~ (3, 0.0%)

1 の, の公演, の悲劇

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 うねりが, 建物の, 邸宅が

▼ だった姿~ (3, 0.0%)

1 がまぶた, のよう, は思い懸けず

▼ だった彼ら~ (3, 0.0%)

1 の不満, の怒り, を背

▼ だった新しい~ (3, 0.0%)

1 作家たちが, 味方からの, 常識なんかという

▼ だった時期~ (3, 0.0%)

1 がある, の日本, はもう

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 で暮らした, のさまざま, の悪童

▼ だった椅子~ (3, 0.0%)

1 に横, もない, を指した

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 ほれぼれ涙, を二つつなぎ, を位碑

▼ だった母親~ (3, 0.0%)

1 が毫も, に死なれた, に近い

▼ だった水面~ (3, 0.0%)

1 に今, に浮きあがっ, に異常

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 がおいら, が瞬く, の旅

▼ だった源氏~ (3, 0.0%)

1 が今日, の馬上, は風流遊戯

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 にプーシュキン, の青年たち, も明智勢

▼ だった病人~ (3, 0.0%)

1 に, の発作, の顔

▼ だった~ (3, 0.0%)

2 です 1 だよ

▼ だった空気~ (3, 0.0%)

1 がしんと, が何とも, は彼

▼ だった素子~ (3, 0.0%)

1 が露台, は海, も蕗子

▼ だった美しい~ (3, 0.0%)

1 お母さまが, 大きな傾斜, 鐘声も

▼ だった記憶~ (3, 0.0%)

1 がある, が散乱, のなくなる

▼ だった証拠~ (3, 0.0%)

1 なの, なん, はまだ

▼ だった~ (3, 0.0%)

3 にはいつか

▼ だった身の上~ (3, 0.0%)

3 です

▼ だった部屋~ (3, 0.0%)

1 から逃れ, だという, の光景

▼ だった~ (3, 0.0%)

1 が夜, が急, の停車場

▼ だったあらゆる~ (2, 0.0%)

1 定理は, 賞美と

▼ だったいつも~ (2, 0.0%)

1 同じよう, 思いがけない余得

▼ だったお蔭~ (2, 0.0%)

1 でいい, に特に

▼ だったかい~ (2, 0.0%)

1 かにも春雪, 今度は

▼ だったかた~ (2, 0.0%)

1 がいくら, だよ

▼ だったかなどと~ (2, 0.0%)

1 平凡な, 彼女は

▼ だったからなあ~ (2, 0.0%)

1 思えば, 骨が

▼ だったからに~ (2, 0.0%)

1 ちがいない, 他ならない

▼ だったからの~ (2, 0.0%)

1 うッ, 嬉しさ

▼ だったがなあ~ (2, 0.0%)

1 その頭, チビ公早く

▼ だったがにも~ (2, 0.0%)

1 かかわらずそれ, かかわらず侮辱

▼ だったがは~ (2, 0.0%)

1 ッきり思い出す, ッと

▼ だったくせ~ (2, 0.0%)

1 に今, に少し

▼ だったこう~ (2, 0.0%)

2 だったと

▼ だったことそれ~ (2, 0.0%)

1 が巌, までわれわれ

▼ だったさまざま~ (2, 0.0%)

1 なも, な小鳥

▼ だったしかし~ (2, 0.0%)

1 いまの, 文明の

▼ だったしかも~ (2, 0.0%)

1 刃の, 武家には

▼ だったすこし~ (2, 0.0%)

1 人通りの, 頭の

▼ だったそこで~ (2, 0.0%)

1 知己の, 耳を

▼ だったただ~ (2, 0.0%)

1 その中, どっか歩きまわっ

▼ だったというの~ (2, 0.0%)

2 かい

▼ だったとだけ~ (2, 0.0%)

1 いって, 云って

▼ だったどんな~ (2, 0.0%)

1 ぐあいだったかつ子は, もので

▼ だったなどとも~ (2, 0.0%)

1 思う, 考えられて

▼ だったによ~ (2, 0.0%)

2 なにが

▼ だったのう~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, 婆さん

▼ だったのでね~ (2, 0.0%)

1 しかしたぶん, その頃僕

▼ だったのみ~ (2, 0.0%)

1 では, ならず古い

▼ だったばかりに~ (2, 0.0%)

1 心にも, 見も

▼ だったばっかりに~ (2, 0.0%)

1 この不祥事, ちょうどこの

▼ だったひろ子~ (2, 0.0%)

1 はキャラメル工場, も自然そこ

▼ だったほんとう~ (2, 0.0%)

1 に, に感心

▼ だったもし~ (2, 0.0%)

1 それが, 時間を

▼ だったもしくは~ (2, 0.0%)

1 なし難い, 或る

▼ だったものの~ (2, 0.0%)

1 暗がりと, 独学で

▼ だったやっぱり~ (2, 0.0%)

1 そういう折, ヌーッと

▼ だったよと~ (2, 0.0%)

1 仰有ったでしょう, 彼が

▼ だったりっぱ~ (2, 0.0%)

1 な一本, な死に際

▼ だったわが~ (2, 0.0%)

1 弦が, 心の

▼ だったわと~ (2, 0.0%)

1 うれしそう, 今さらながらの

▼ だったゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 が人民主義者, の生き

▼ だったバラさん~ (2, 0.0%)

1 が二日, の男の子

▼ だったヒダ人~ (2, 0.0%)

1 が御岳サン, も千年

▼ だったマルソ~ (2, 0.0%)

2 に会いました

▼ だったヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 が火, も既に

▼ だった一つ~ (2, 0.0%)

1 の力づよい才能, の通路

▼ だった一夜~ (2, 0.0%)

1 のうち, を描写

▼ だった久しぶり~ (2, 0.0%)

1 でしろ, にまた

▼ だった久慈~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, も矢代

▼ だった事柄~ (2, 0.0%)

1 も何一つ, をたどっ

▼ だった二階~ (2, 0.0%)

1 では, へ上っ

▼ だった亡父~ (2, 0.0%)

1 と話し合った, の残し

▼ だった人声~ (2, 0.0%)

1 がし, は次第に

▼ だった今夜~ (2, 0.0%)

1 の少年, は

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 である, のもの

▼ だった佐渡~ (2, 0.0%)

2 かもしれねえ

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 か理, も貰えなかった

▼ だった何だか~ (2, 0.0%)

1 分らない破れッ, 雨の

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 の水車, の画家

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 が母, もまじえ

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 が死ぬ, は水

▼ だった六畳~ (2, 0.0%)

1 の畳, の腰窓

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 の季節, も過ぎ

▼ だった列車~ (2, 0.0%)

1 がとうとう, に間に合った

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 の晩, 海軍相シャルル・ド・カストリ侯爵だった

▼ だった千鶴子~ (2, 0.0%)

1 の顔, は訊ねた

▼ だった~ (2, 0.0%)

2 八の

▼ だった叔父~ (2, 0.0%)

1 のゴットフリート, の上杉憲房

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 九谷の, 箪笥から

▼ だった喜び~ (2, 0.0%)

1 に満ち, もなかなか

▼ だった国ツ神~ (2, 0.0%)

1 を祭った, 亡びた豪族

▼ だった場所~ (2, 0.0%)

1 に築, はありません

▼ だった大杉栄~ (2, 0.0%)

1 と伊藤野枝, も出入り

▼ だった夫人~ (2, 0.0%)

1 が遺言, のお嬢さん

▼ だった女の子~ (2, 0.0%)

1 が急, に

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 に日本舞踊, はいつも

▼ だった婦人~ (2, 0.0%)

1 でしかも, を狎れ狎れしく

▼ だった学校~ (2, 0.0%)

1 が四月, はいまやがやがや

▼ だった小さな~ (2, 0.0%)

2 痩せたおふくろ

▼ だった少く~ (2, 0.0%)

1 とも変則, とも綾子

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 が鳴り, の爺さん

▼ だった山登り~ (2, 0.0%)

2 もふっつり

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 といい, のない

▼ だった徳さん~ (2, 0.0%)

2 がな

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 になった, 惹かれる淋しい

▼ だった志保~ (2, 0.0%)

1 はからだ, はしずか

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 るお, る夏

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 から細君, もあろう

▼ だった旦那~ (2, 0.0%)

1 がそんな, が急

▼ だった昨日~ (2, 0.0%)

1 に引かえ, の面影

▼ だった本当~ (2, 0.0%)

1 です, の落ちついた

▼ だった松江~ (2, 0.0%)

1 が写した, そのかわいそうさ

▼ だった柳家連中~ (2, 0.0%)

2 の獅子舞

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 がご, も巣くっ

▼ だった正成~ (2, 0.0%)

1 の家族ら, は

▼ だった武蔵~ (2, 0.0%)

1 の弾傷, の血

▼ だった江戸~ (2, 0.0%)

1 の御影堂, へ帰る

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 は独り, を守りし

▼ だった為め~ (2, 0.0%)

1 でございましょう, にすぐ

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 が未, の影

▼ だった皮膚~ (2, 0.0%)

1 の荒れた, の表

▼ だった~ (2, 0.0%)

2 の柱

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 でぎろっと, の前

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 が一点, 覚めを

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 八十議会の, 十潜水艦

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 の影, の美し

▼ だった美し~ (2, 0.0%)

1 さだった, さに

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 女優の, 妻が

▼ だった老人~ (2, 0.0%)

1 とともに, は白髯

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 から下, も肉

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 の根, を焼いた

▼ だった良人~ (2, 0.0%)

1 をある, を戦争

▼ だった葉子~ (2, 0.0%)

1 が床, はなんと

▼ だった藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 の頃, は天下

▼ だった藤田嗣治~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ だった過去~ (2, 0.0%)

1 の方法, の記憶

▼ だった重吉~ (2, 0.0%)

1 が祭礼, は自分

▼ だった野原~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ だった金庫~ (2, 0.0%)

1 はこの, はその

▼ だった関係者~ (2, 0.0%)

1 が菰田邸, の

▼ だった青江三空曹~ (2, 0.0%)

1 の最期, も鬼神

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 にほのぼの, は微弱

▼ だった頃一緒~ (2, 0.0%)

1 に旅, に歩いた

▼ だった~ (2, 0.0%)

1 ですもの, の中

▼ だった飛行機~ (2, 0.0%)

1 がモンテヴィデオ行き, が前方

▼ だった髪の毛~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, はご覧

▼1* [1456件]

だったね, だったあいだはあなた, だったあすこの往来, だったあそこのお, だったあたしは夕暮ぢ, だったあたりにほんのり, だったあばら家に一部屋発見, だったあぶないことを, だったあまりその太刀, だったあんなへまな, だったいかにして, だったいくら天才児だと, だったいつの間にやらこの, だったいわば我々日本人にとって, だったうえに自分, だったうちの娘, だったうまくいったか, だったうんあの小, だったおそのはよく, だったおとねさん, だったおとうさんに教えられ, だったおまえはもう, だったお前たち三人を生ん, だったお座敷の戸, だったお方である, だったお母さんは叱りだした, だったお爺さんがこのごろ, だったお祖母さんまでがみんな, だったお蔦に優る, だったかおせいだったか, だったかくらい初めから, だったかさえ記憶しない, だったかしかとは覚えて, だったかすかな遠い, だったかすら今の, だったかってきくん, だったかでも査公に, だったかというぐらいは問うて, だったかといふのらしかった, だったかなあをぼんやり繰りかえし, だったかなじゃない, だったかなどについて訊問し, だったかについては多分に, だったかねえお伝の, だったかねと聞いて, だったからか因果と, だったからだって云った本当, だったからというような, だったからとて之を, だったからともいって, だったからばかりでなくその, だったからもある, だったかりにも男, だったかわりにあの, だったかナなんぞと思う中, だったかネ何だか大変, だったがなと思ったから, だったがなんぞはからん私, だったきりぎりすは跛, だったぐらいすぐに, だったぐらいにして, だったぐらいにしか考えないが, だったナア, だったけがおらあそんな, だったけなあとの, だったけや家を, だったけれどとは言えわたし, だったけれどもネちょっと東京, だったこいつを一番利用, だったこうして知ってるん, だったこころもちを複雑, だったことに君の, だったことゴットフリートから助け, だったこと丈けは間違い, だったこと並に声, だったこと今では歌沢, だったこと僕と妻, だったこと医者の石沢閑斎, だったこと心をなやました, だったこと板張が砕けた, だったこと気短でしかられるとき, だったこと私はこの, だったこと笹尾は一人, だったこと行事習慣などに特殊, だったこの小さな子供が, だったこれから先は, だったころ夜おそくまで, だったころ学校から伊勢参宮, だったころ彼女の知人たち, だったころ毎日のよう, だったころ江戸府内で鶉, だったころ無難な仮, だったころ父母に連れられ, だったこんがら兄哥の居所, だったこんな愚劇ばっかり, だったさながら夢魔の, だったさる芸者との, だったしかるに余り侮り過ぎて, だったしと幕を, だったしねそれからきみ, だったしるしに山賊, だったすっかり洗いぬいて, だったすなわち月が, だったすなわちただきらいだ, だったすると馬田が, だったずっと前に, だったせつ子であれば, だったぜという調子で, だったそいつは, だったそうして今は, だったその後熊野十津川から日高奥, だったそれで罰を, だったそれでもう十分, だったそんな話の, だったぞと吼えまわったの, だったたくさんのレントゲン実験写真, だったたとえエミリーが, だったたぶん勝算に, だったためあと五十余間をのこし, だったためお父さんの姿, だったためしはない, だったため事件の重大, だったため事実上歌界の元締め, だったため入棺はその, だったため幕府はさらに, だったため弾正の質問, だったため月日とともに地位, だったため細菌に食われ, だったため草双紙読本その他寛政天明の通人たち, だったため雪が溶け, だっただからそんな恐ろしい, だっただけじゃわからない, だっただけのことさ, だっただって数回の, だっただめだったか, だっただれかとその, だったっけか暫くだった, だったっけと思い出した, だったっていう噂だ, だったっていうの少くとも, だったついには本心, だったつきものがこう, だったつやも生まれ代わった, だったではなぜ久しい, だったとある路傍の, だったというくらい故楓, だったというももっともで, だったといふことである, だったとおしのは, だったとおりにいま, だったとかで私を, だったときジュノオが, だったとき一人の同級生, だったとき一年したの, だったとき伸子は保, だったとき何か筋, だったとき嘉十はおじいさんたち, だったとき樹の間, だったとき父につれられ, だったとき開成山に一緒, だったとき陸奥の国, だったところこの間新しいオペラ, だったところ十八日にツゴウニテカエリ一九ヒトナル電報, だったとばかりは言えないかも, だったとばっかり思って, だったとやらで義太夫, だったいうこと, だったどこから飛びつく, だったどっしりした研究, だったどもこんな時あれ, だったどよめきが流れ, だったどれちょっとおれ, だったないというよう, だったながいこと見なかった, だったなぜなら娘, だったなぞというのは, だったなつかしい故人マルトの, だったならず者の影, だったなるほどいつか文楽師匠の, だったなんていう向き, だったなんぞということが, だったなァ勤めたの, だったにおいてをや, だったにたいして連雀も, だったにわかに不安が, だったねなどいって, だったねには閉口し, だったねははははここで, だったねエ浪さん, だったのにとは言うものの, だったのねえクニッペルに, だったのねなどとひとりで, だったはるかなる日, だったばかりかこのうえ, だったばっかりでなかったの, だったひさし髪はひきつめられ, だったひとたちも序文, だったひとりひとりの太刀筋, だったひょいとしたはずみ, だったひろいガラス屋根が, だったふじ子は車, だったふたりの女, だったほどにその死体, だったほんとにな, だったまさをは決して, だったまだ日は, だったまでだ, だったまゆの下, だったまゆみがおっとり, だったまるで烏賊の, だったみんなみんな愛情だった, だったみんな蒼白になった, だったむかしにもどし, だっためでたしめでたしと本当, だったもう世にない一人, だったもっとも織田は, だったもっともはなはだ瞬間的の, だったものそれが今, だったものたちも入れ, だったもの下職だったものたち, だったもの二人ばかりを手伝わせ, だったもの寂しさの, だったもの自分の行為, だったやがて判明した, だったやらも憶えて, だったゆえおまえが灯, だったゆえ乳母の心配, だったゆえ足利領も無事, だったよしみにちっと, だったよとか上京の, だったろうし同様にし, だったろうし夜は酒, だったろうと悔しくなる, だったろうと一同はうなずいた, だったろうと人々は云っ, だったろうと今思います, だったろうと君は思う, だったろうと記憶して, だったわけてもお杉, だったわしは深夜ただ一人, だったわずかに五, だったわたしたちには思われました, だったわよあの怒った, だったわよと言った, だったんでね父さん, だったん人がふらふら, だったアイスクリームをたべた, だったアカシになる, だったアッタスン氏が商店, だったアパートの入口, だったアメリカ人に福音, だったアリヤ語に鋭利, だったアングルの橙色, だったアンナは音楽家たち, だったアールト・デ・ヘルデルそれにも等しかっ, だったイザ行って, だったイタリーでも相当, だったイルマンのペレイラ, だったウクライナのその, だったウスノロの声, だったエピミーシウスは言いました, だったエマニュエルはよく, だったエレーナの父親, だったオオ最う何, だったオルガンまでその, だったオルレアン家のルイ, だったオンドリもついに, だったギヤマンの懐中鏡, だったギリシア人とは文化史的, だったクリヴォフ夫人の顔, だったグスタフス王を暗殺, だったグリッフィンだよ, だったグレゴールをはっきり, だったグレプニツキーだったの, だったゲーテに恋着, だったコンジエ氏がそこ, だったシェーンが死にました, だったシャポワロフは原始キリスト教, だったシンクレーヤーという人, だったシンドラーは確言, だったジャックはその, だったジャックリーヌはもう, だったジョリクールはわり, だったジョルジュは立ち止まった, だったジル・マックァサーのこと, だったスキー靴も寒, だったステーンセン伯爵に見初められ, だったストルキオは私, だったスミスの弗箱, だったスールディー枢機官の弟, だったセエラはいきなり, だったソヴェト同盟の本屋, だったタイヤも倍, だったタカムラはとうとう, だったチョビ安が先生を迎え, だったチンセイは空魔艦, だったツレアイを課長, だったデニー博士も遂に, だったドアがこんなに, だったドンバスで一九二八年大陰謀, だったナポリの宮殿, だったニットーレコードが上京, だったネッドまでが奇異, だったネーまってたん, だったハガアスさんなん, だったハンカチで汚れた, だったバカでかいベッド, だったバッシン氏の夫人, だったバットも肺, だったバルナバスが何, だったパッサージの屋根, だったパティが羨し, だったパリは, だったパリーの人々, だったパン焼職人の若い衆仲間, だったパーカーを御存じ, だったパーマーのアミ, だったビフテキを食べる, だったビルバオ市のこれ, だったピアノの教授, だったピエールの学者, だったフォーディングブリッジの消印, だったフランスの印象派, だったフランス人のノエル, だったフリントの船員, だったブルブルと今, だったプラットをなき, だったペレペンジェフの野郎, だったホオムにあの, だったポールトンは光学器械, だったマエケナスが驢児, だったマターファの没落, だったマダムも案外, だったママのこと, だったミツネは忘れられ, だったミロメニル氏のこと, だったメラネシア諸島のあいだ, だったモスタアとダグラス, だったモデスタは死にたく思う, だったモリス踊のホッビー・ホールス, だったモリノー男に贈り, だったモーツァルトやシューベルト, だったラスコーリニコフ開会の辞, だったリサを想い, だったリット少将もおわり, だったルーズベルトを中心, だったレンズの隙間, だったロオペ博士は二人, だったロシア大使を歓待, だったロンネに送られね, だったローマのカイゼル, だったヴィクトリア朝からジョージ六世, だったヴェーゲラーの孫たち, だったヴブノワさんの由, だった一ノ関が明らか, だった一万一千の悪魔, だった一万数千の俸給, だった一人ぽっちだった, だった一例だけあげれ, だった一俳優が開会, だった一同の上, だった一名はこの, だった一学がもう, だった一定の流通, だった一将が答え, だった一少年が先師, だった一巻でその, だった一族の子孫, だった一昨夜まであすこ, だった一歩も敵, だった一生に兄, だった一番先きに, だった一発の音, だった一葉のそういう, だった一詩人が彼自身, だった一風颯と, だった一高の入学, だった七十郎もそれ, だった七宝寺の住持, だった七郎兵衛に向かっ, だった万両分限の佐野屋正兵衛, だった万兵衛に金, だった三人分の食器, だった三十位の男, だった三十六よ緩, だった三十年以上も昔, だった三千夫少年もこの, だった三味線楽家はこの, だった三土忠造でさえ, だった三宅定太郎とは安政三年春以来兄弟盃, だった三宅幾三郎君と私, だった三島であるが, だった三浦が多少, だった三浦さんの真情, だった三男がそれ, だった三重顎のクラウデ, だった上夫の道路工夫, だった上山満之進という人, だった上月豊蔭また後上京, だった上泉伊勢守は川中島, だったへ来, だった下條文相をやめさせる, だった下男にいいつけ, だった下草はこし, だった不平武士でもある, だった不意に表, だった与吉とお, だった丑之助も, だった世の中はいい, だった世田ヶ谷で小学校, だった世界文学に自分, だった世界観をば意識的, だった世相に才人, だった両国橋の欄干, だった両手両脚を出し, だった中世ヨーロッパにどれ, だった中国の女学生, だった中尉はその間一言, だった中斎先生も近来, だった中村楼の雨傘, だった中流層の経済力, だった主人は社交シーズン, だった主婦のおその, だった久米が二十七歳前, だった久美子もなつかしい, だった亀戸の天神様, だった事々が行われる, だった事実を知らず, だった事池の夜景, だった事蹟であるが, だった二つの交響曲, だった二三の家来達, だった二代目古今亭今輔俗にめっかち, だった二十も年上, だった二十一歳の重吉, だった二十年まえの, だった二反を風呂敷包, だった二羽一ところにト三羽一ところ, だった二葉亭はその, だった二間つづきの, だった五十男の男, だった亡友の, だった京山は一種, だった京極家に仕えました, だった亭々たる幹, だった人たち十人をたのん, だった人情深い男, だった人損ばかりし, だった人柄に返っ, だった人民に属する, だった人間万事塞翁の馬, だった今度は変死, だった今度ッからもっと, だった仏蘭西へ洋行, だった仕事はうんと, だった代りにはその, だった代表が興奮, だった仮装中国汽船の平靖号, だった伊予守忠弘は早速, だった伊豆の伊東, だった伊阪という金物屋, だった休息から今, だった会員達も多く, だった会津に居た, だった伝六が真に, だった伴大次郎が今, だった伸子さんに代っ, だった伸子たちのうしろ, だったをのこし, だった低地の家根並, だった住所はやはり, だった佐々の家庭, だった佐々木が近頃, だった佐久間甚九郎は信雄, だった佐吉が秀吉, だった佐枝竹蔵の息子, だった佐藤さんとおなじみ, だった佐野一彦氏がその, だった余五郎はやや, だった作家の八木義徳, だった作者が抱いた, だったし玄関, だった使いで進言, だった侮辱的な記事, だった係員十名の警官, だった保身的批判理論もどちら, だった信用の出来る, だったは眼, だった俺らが城, だったの竜吉, だった健坊と云う, だった僕等は電車, だった兄弟がまるで, だった兄弟パーゲルをぱっと, だった先代の弟, だった先代小さんつまり禽語楼小さんさん, だった先祖のマルグリット, だったの粉, だった光太郎の祖母, だった光秀は自身, だった児島氏の家, だった児玉さん三菱の社長, だった入りのい, だった八住衡吉に以前, だった八月十八日の変, だった八荒坊の影, だった公使大島圭介を急遽, だった公卿が牛車, だった公卿主従への面当て, だった公卿僧侶へも一せい, だった六カ月の間彼, だった六十三のこれ, だった六右衛門さんにし, だった兵事の権, だった兵士が幾組, だった其上学校の時計台, だった其内利助も朝草, だった其時のあの, だった具簡はこの, だった兼子を呼び, だった内儀さんの指さき, だった出会いの後, だった分子が仮り, だった初代小さんはこれ, だった初代松旭斎天勝の晩年, だった利権を売っちゃっ, だった刺戟を感じる, だった前ぶれなしだった, だった前方からかすか, だった前身時代でございます, だった割合にゃぞうさなくねたがあがるかもしれないな, だった加奈子が今, だった加茂競馬や神泉苑, だった勇太郎だ, だった動機から遠ざかっ, だった動物は考え出した, だった勘定になる, だった勿論秋の, だった北方の私, だった医学の知識, だった十二ヵ月のなかば以上, だった十代のお, だった十四歳の私, だった千束守に乗り換えられ, だった千草煎餅の知っ, だった午後の日差し, だった午後三時ごろであったか, だった午後九時すぎも戸外, だった半生にくらべ, だった半田屋は戸, だった南亜戦争当時でさえも後送距離, だった衣羽織の, だった単に自分が, だった博覧会が来, だったい命, だった危機が彼, だった原信子さんが浅草, だった原田夫人のため, だった去年汝が己, だった友人達わけても私, だった友子さんと云う, だった友情の名, だった友松なので, だった友達の写真, だった友野がにやにや, だった双葉山がとりこ, だった反面彼の, だった叔母は二三度僕, だった口実としても甚だ, だった右馬介なればこそ, だった合法的肯定とはまったく, だった吉保が次, だった吉原であること, だった同志が前後, だった同時にまた発見, だった同行の菊五郎, だった名コンビは私, だったの位, だった君言をもっ, だった吾輩が組ん, だった呂布征伐の実現, だった味噌久は大亀, だった味方は果然, だった呶号的エロキューションや集団的演出法, だった和久半太夫, だった品川の圓蔵, だった唯一の希望, だった唯一つの机, だった商人がふとした, だった啓介の様子, だった之助, だったも隠し, だったの腐った, だった噴水と胡桃, だった四人の者, だった四十がらみの旅, だった四方の山々, だった四谷の大通り, だった四郎馬鹿の写真, だった図画も乙, だった国広屋が米, だった国民に統治, だった園部晋吾という者, だった土岐氏の家名, だった土方だよ, だった土肥庄次郎は藩, だった地主の三男, だった地方が温帯, だった地球はいつの間にか, だった地蔵尊が大正十三年一月十五日, だった地蔵様が負われ, だった坂田が未練, だった坂谷はちょっと, だった城中の陰々滅, だった基道の筋, だった見克礼, だった堀平田加藤の諸氏, だった報告はできません, だった場内を揺り動かす, だった場合こちらがほん, だった場合佐渡行の汽船, だった場合君はよもや, だった塙団右衛門直之はいつか天下, だった塚原靖島田三郎合訳と署, だった士官の様子, だったを出した, だったな感じ, だった変化が認められなかった, だった夏吉の心, だったから四日目, だったは見た, だった大きい横溢を, だった大きく戦きながら, だった大きな一棟が, だった大井久我之助, だった大人どもの試合, だった大学へも落着, だった大寺警部もこの, だった大岡忠相でした, だった大岡昇平が自分, だった大極殿の儀式, だった大正中世にも根津あたり, だった大正大震災前後も一年, だった大江山捜査課長は一日向こう, だった大股で入口, だった大胆さで行われた, だった大臣たちに一冊, だった大谷刑部の家中, だった大阪は京都, だった天文年間にはもう, だった天気は名残, だった天職の意志, だった太郎左衛門が現在, だった太陽の光, だった夫婦の気分, だった失望すること, だった奥さんたちいまごろアメリカ, だった女たちは次の間, だった女中がネ然, だった女主人岩太郎は今, だった女弟子ももうこ, だった女性の骨, だった女房がもう, だったさ, だった好色の狼ども, だった如安法王の伝, だった妙テコリンの出来損いが, だった妙子を独りぼっち, だった姉さんはどう, だったは彼女, だった娘不びんとの親心, だった娘達が大胆, だったの方, だった子駄目になりました, だった季節の感, だった孤独な詩人, だった学士が白い, だった学生の時分, だった学課の上, だった宇乃はそのまま, だった宇宙観人生観を有, だった宇津木秋子と木兵衛, だった安政一分銀すらもう, だった宏子が珍しく, だったの事, だった実父が亡くなりました, だった実際かれには, だったは先達て, だっただ, だった室内へ急, だった宮本の弟達治, だった家庭にたくさん, だった家柄の長男, だった家筋でもっと, だった家臣にも一応, だった容貌にもどこ, だった宿屋なん, だった宿屋暮らしだっただけに, だった宿泊料が四晩, だった寒かったろう, だった寡婦とその, だった寧斎殺しの野口男三郎, だった寿女の母親, だった将軍夫人が不意, だった小倉にはその後, だった小室を見せ, だった小宮山麗子という霊媒女, だった小屋のあたり, だった小木まで陸続, だった小杉老先生, だった小柳津氏の前, だった小柳生の城, だった小栗の死, だった小橋蔵人であったが, だった小説家が郊外, だった小高い芝山の, だった少し肌寒い位, だった少なくとも二年待て, だった少年が九十九, だった屋敷にこけ, だった山々の間, だった山口先生ににてはいる, だった山家の人, だった山屋敷の仲間, だった山田健と云う, だった山颪嶽右衛門は体量四十一貫, だった岡喜七郎氏が関, だった岡安と馬鹿, だった岡野の顔, だった岩田の息子, だった島田政雄は日本, だったからの近道, だった嵯峨善兵ての, だった川上糸子の家, だった工夫の三人, だった左部彦次郎が正造, だった巨人が三人, だった巨大な力, だった市島春城翁政治上の同輩, だった布施は皆紫夫人, だった帝都の空, だった師団に服, だった師範学校のね芳さん, だった常友が甚だ, だった牢へ, だった平凡な女, だった平吉の前, だった平家方の意向, だった平手でぱんと, だったのあった, だった年増の芸妓, だった年長者の声, だった幸子とは泡鳴, だった焦げた枝, だった広岡の家, だった広重にあんな, だった庄七は由, だった床屋へも精出し, だったを硝子張り, だったがあり, だった座間が近づく, だったで上, だった庭面の月, だった廃鉱の山, だったの命, だった弥生座のピエルボイズ, だった弥陀を来迎, だった弦三が自作, だった当時田舎屋を借り, だった彦兵衛から高利, だった彰子の手, だった役人のこと, だった役員を連れ, だった役得のあらゆる, だった役者が酒宴, だった彼女たちと庭, だった彼女ら姉妹におどろくべき, だった彼自身の悲しみ, だった後僕の守り神, だった徐枋は家, だった従妹の智恵子, だった従来の既成作家, だった御存じの通り, だった御手洗君はそう, だった御方ですから, だった復讐の念, だった微細な点, だった心持を思い出す, だった心持ちをああ, だったにフラフラ, だったなどという感情, だった恐ろしく真摯だった, だった悲しい事実を, だった悲劇である, だった情景を思っ, だった惟光は, だった惨害によるもの, だった意識喪失症状なんか起し, だった愚かな女, だったも痴, だった愛吉はちょい, だった感情はいつか, だった感激だった, だった態度とはほんとに, だった慶北丸の来島運転士, だった懐しかった, だった懐紙を取っ, だった成戸六松というその, だった戦闘ぶりをちょいちょい, だった戸浪が相当, だった戸田様は七万八千石, だった房さんが神田祭, だった所以ね, だった所有者階級はたくさん, だった手代の金助, だった手軽くいえば, だった批判であったそんな, だった批評がなぜ, だった押勝のたてた, だったも今, だった按察使大納言の娘, だった捕手に逃げ口, だった捕物にかかろう, だった探偵王だった, だった提灯がそう, だった摩頭羅国の名, だった播州の佐用郷, だった操縦ぶりは演習, だった操觚をし, だった支倉が飜然自白, だった支店長代理はただ, だった支那人のボオイ, だった改進党の横尾輝吉以下, だったもあろう, だった故二人はいえ, だった故人波多野氏の肖像画, だった故国民今に重, だった故田原藤太といいし, だった故私はますます, だった故郷は判らない, だった故長者大いに喜ん, だった救世軍の木藤大尉, だった教育をする, だった数人の僕, だった文句を一つ, だった文吉に今や, だった文壇というところ, だった文字春さんの家, だった文学の階級的基盤, だった文学サークルの一部, だった文学者があつまった, だった文芸評論も, だった斑鳩宮の址といわれる, だった料理だけで献立表, だった料理屋カフェーを漁り, だった新井章吾の壮士たち, だった新劇かぶれしたの, だった新吉と象, だった新宿は今や, だった新蔵からすれ, だった方々の土地, だった方向に活かそう, だった旗太郎とセレナ夫人, だった日本人の父, だった日本生産力の殆ど, だった日田町の田添夫人, だったオリョール劇場の, だった斬りの, だったと恋, だった明日は休ませっ, だった明智がいま, だった明石志賀之助は身, だったが澄ん, だった星座を暗記, だった映画俳優某の方, だった春暁の光, だった時代富田基度のため, だった時何の不平, だった時分修学旅行に行った, だった時分窮迫して, だった時分金歯にし, だった時分釣船屋風情の娘, だった時分隣に眠っ, だった時同僚として知り合っ, だった時夜足駄を履い, だった時彼の地理, だった時微行すると, だった時火で自殺, だった時燕に帰らん, だった時真宗の賜わった, だった時苦労して, だった時計面とを見せ, だった時間にカキ, だったにその, だった普通の授業, だった景気も一, だった景色のいい, だった智子はその, だったがさわがしい, だったを北風, だった曲馬団の踊子, だった書生の名, だった書画骨董はそれぞれ, だった曹真は彼, だった月明に月琴, だった有家も四首, だったのこと, だった朝雲がまだ, だった朝鮮の労働者, だったっ葉武者, だった木材とがその, だった木村市郎って名, だった木美子は可哀そう, だったについに, だった本尊がつまり, だった本意なさ, だった本来座興的にそんな, だった本職の手, だった本間さんは午後九時何分, だった札幌原野の昔, だったの色, だったの若木, だった杉浦権之兵衛, だった李西涯が篆書, だった村ソヴェトの役員, だった村安は上方, だった村田の髪, だった村田君は私, だった条件のなか, だった東京とその, だった東山道軍の七千, だった東歌だの, だった東畑精一氏の世話, だった松之助という変り者, だった松本烝治だけが五十円, だった松浪錦洋て奴, だった果物屋がみかん, だったとしての任務, だった柳桜の名前, だった柳田だの藤川, だった栄三郎は鼻, だった校舎内が俄, だった校長先生も同情, だった格式の高い, だった桂子に私, だった桐庵先生がそれ, だったもあんまり, だった梓さんが死体, だったのある, だった梶井さんにお願い, だった森田部落も今, だったをあけた, だった植木屋の倅重吉, だった検事団はこの, だった楠正位氏が生前, だった楽しい天気だった, だった榎本武揚もこの, だった様記憶する, だった標木の前, だった標本もわが子, だった模様を喋舌, だった権太楼君と故, だった横堀千吉だった, だった横田甚右衛門とか広瀬美濃, だった次第です, だった次郎が急, だった歌舞伎を熱心, だった歓びと生れ, だった正中の頃, だった武智光秀の面相, だった武者小路氏の戯曲, だった武雄が今度, だった歩兵第五十五連隊, だったと云う, だった死人は沈ん, だった残党軍が一角, だった残務が殆ど一日おき, だった残念をした, だった殿下と何, だった母方のその, だった毛繻子の時代物, だったが打っ, だった氏子にまかせた, だった氏家竜太郎に向く, だった気分は変化, だった気持でこの, だった気球はあべこべ, だった気軽さの, だった水夫たちはオール, だった水挿を無事, だった水車場のほとり, だった永井さんまでがやはり, だった永井岩之丞, だった永享から文明年間, だった永遠に俺, だった求めもしなかった, だったに見せ, だった池上の脚, だった沖老人が三島, だった沢村紀久八がお, だった河童も親, だった河野という人, だったで黒い, だった波瑠子は五時, だった波越八弥が昔, だった注文して, だった泰造が平常, だった洋盃を大隅学士, だった洋館地帯をのぞけ, だった浅川岸一を慰めた, だったに立派, だった浜子来年は箏, だったをみつめ, だった浪士もちょっと, だった浪士たちが次々, だった海老団治は, だった海道丸に逢う, だった海面が飛ぶ, だった海面一帯はもの, だった深堀龍造寺相良杉富光などの小武族, だったはいつも, だった渡辺芳助は胸, だった源次たちの仲間, だった溝板の上, だったの水, だった滝太郎の面, だった滝田節子のかくし子, だった演説など思い, だったの上, だった潮見博士は快活, だった火事装束が刀影, だった火辻軍平のからだ, だったが二つ, だった炎天と私, だった為め番号札は読めなかった, だった無口な男, だった無花果の木, だった然しあれを, だった焼き林檎とそれから, だった煉瓦造りを占領, だった煎餅屋の悴, だった熊城は神経的, だったに僅か, だった父ちゃの方, だった父上の御, だった父宇右衛門のころ, だった父年に一, だった父正成の誠忠, だった父母の太陽夫妻, だった父法主が急, だった父親ドクトルに連れ立っ, だった爺さんの室, だった片鱗もどうか, だった牛蒡の種, だった牢番の者三人, だった死んで, だった物足りなさを, だった特徴で自分, だった特異性やその他, だった犯人は案外, だった犯罪者の最後, だった状態に今, だった狭い褪せたあと, だった太国が, だったや鹿, だった玄竜でさえもっと, だった玄関のほう, だった王美人の生んだ, だった珍奇なもの, だった現に昨年の, だった現実への態度, だった理性が即ち, だった理想の通り, だった琴子が照子, だった甘い寄りどころない, だった生命を素裸, だった生活からいきなり, だった産業資本主義発展期の当年, だった田万里は殺生, だった田丸主水正, だった田疇という者, だった田舎の旅, だった由おかげでロケーション出発, だった由ミシュレーが言った, だった由今日は再度, だった由会田さんが来, だった由東京市民の娯楽, だった由目下は戦災者, だった由良をたすけ, だった男の子が十いくつ, だった男ぶりにちょっと, だった町人の側, だった町役場に出, だった町田忠治というよう, だった画家との間, だった番町へのし, だった疫病と毒ガス, だった疲れがぬけきらなかったら, だったに自分, だった白葡萄酒を飲み, だった白面の貴公子, だった白髪はひどく, だった皇后の禧子, だった盗人が素早く, だった目的地をまだ, だった目礼を交わした, だった目鼻立ちの美し, だった直次はこれ, だった相客は老, だった相馬月輪組は木戸, だった眉毛を思い出させる, だった看護卒が防寒服, だった真砂座はもう, だった真面目なね, だった眼つきでまわり, だった眼差しやひきのばした, だった眼色にやさし, だった着物を着た, だった矢代の方, だった石ころだらけの, だった石井十次さんは, だった石割苗太郎と朝枝, だった石山詣でもできなくなり, だった石鹸を大量, だった砂場嘉訓がイギリス, だった研究考察は到底, だった硫酸や硝酸, だったを打ち, だった碇健二さえ右腕, だった碧海湾の水, だった確かにマリユス, だった磯五のほう, だった礼子が終戦後, だった社交の生活, だった社会が婦人, だった祖母に愛された, だった祖父びっくりして, だった祝言やない, だった神官の一人, だった神様が急激, だった神田鍋町の御用聞, だった祭りばやしが山, だった福島慶子さんの, だったの浦三右衛門, だった秀麗な容貌, だった私たちの生命, だった私達の背後, だった秋ちゃんは侘し, だっただ, だった種々な供物, だったを見せはじめ, だった穂積さんと云う, だった空室を間, だった突如カン声が, だった突然一人の, だった窮屈さを一気に, だったや蛟, だった竹中半兵衛様とはいったい, だった竹村は素子, だった竹童はいつか鼻, だった竹籔の音, だった笑い声までつれ, だった符号を朗々, だったの香, だった笹尾はよく, だった筆力を殺し, だった米国コリンス会社を完全, だった米捕鯨船遭難者の救助, だった米谷と古内, だった粉雪は彼, だった粗忽かしいから, だった粗末な手ぶん, だった精神も, だった精神力をたけだけしく, だった精神生活の部分, だった紀行や地誌, だった紀貫之も任地, だった紅く血が, だった紅葉の, だった紅葉山人が同居, だった納屋の中, だった紐育自由新報記者ヘンリイ・フリント君は社会部長マックレガア, だったにはどっぷり, だった紙片があらわれた, だった紙鳶に結びつけ, だった素人指物師のグレーブ・ブトィガ, だったの球, だった細君連もちがった, だった細川家の家来, だった終電車に後れたら, だったのうち, だった経営者も純白, だったは, だった絵双紙屋の店先, だった綾子が, だった綾子さんがまるで, だった編輯者の死んだ, だった繁代に何ん, だったであった, だった署長はもう, だった美青年である, だった羽織に草鞋, だった老女が愛素, だった老臣ばかりである, だった者百十四名を捕らえ, だった耕吉は浦幌, だった職人の腹掛, だった肉マンジュウや郷土料理, だったにちっとも, だった肩掛というの, だった育ての親, だった肺病でなかった今更, だったが段々はっきり, だったがにわかに, だった腐敗物の傍, だったは鳴った, だった膝頭が冷, だった自分達の後, だった自己の正月, だった自慢はもう決して, だった自殺のお, だった自然科学はつまり, だった舞台がまわる, だった船長はもう, だった艇夫長の松下梅造, だったも砂, だった色白のすらり, だった芦田均などは今, だった芭蕉にその, だった花田の姿, だった芸者が二三人, だった芹川さんは女学校, だった芹沢派の清掃, だった芽立ちと夜, だったを裂い, だった若殿のいどころ, だった若者が二人, だった若者たちの中, だった若衆ぶりに名, だった男らしく自分, だった英人技師の宿泊所, だった英国人の一狂人, だった茂庭佐月の死んだ, だった草原がすっかり, だった荒川巳次君宅へ寄食, だった荷物はしかし, だった荻島です, だった菅忠雄君が報知, だった菊池寛の言った, だった菊鶴と云う, だった菜穂子さんのお母さん, だった華々しい末期だった, だった葉茶屋を続け, だった蔵屋の亭主, だった蕪十二三銭ホーヨークリーム八十銭だったの, だった薬屋の子, だった藍色のの, だった藤三郎一と通り武術, だった藤原家の人々, だった藤原道長の妻, だった藤村が最初, だった藤田敏郎氏よりロンドン在留大倉喜三郎氏宛て, だった虎鰒を絶壁, だったの音, だった蝶子さんに対して言っ, だったの大漁, だった蟻田博士なん, だった行在所でつまり, だった街路が淋しく, だった衣服も靴, だった表情の間, だった被害地出身の政党人, だった裁判官のペップ, だったからは見る見る, だった襤褸の巾着, だった西国合信氏の, だった西門慶ももうふらふら, だった西鶴はまた, だった見知らぬ男の, だった覚えはない, だった親たちの環境, だった親戚のロバアト・マアカム, だった親類たちに示し, だった親類縁者が忽ちに, だったがある, だった角田という先生, だった言葉つきとを唯一, だったではない, だったりでなく今, だった証左のまるで, だった詩人ハイネがいた, だった詭弁にすぎない, だった誕生日に鈴見, だったで従二品, だった読書への趣向, だったかべつ, だった誰かが突然, だった課長はすき, だった論理性の鋒鋩, だった諫言だった批判, だった重臣に, だったをとく, だった講堂がきゅう, だった譲治さんあたしの踊る, だった豆餅を自分, だった豹子頭の林冲, だった貝柱が青かびだらけ, だった財産というの, だった貧しさを, だった貴婦人は我が身, だった貴子とその, だった貴方の悪知恵, だった貴族たちに完全, だった資本いらずに, だった賞金の残り全部, だった賢吉君が日, だった赤いくつをぬい, だった赤星朝暉翁の胸像, だった足立京子のなれ, だったの野原, だった踊りだからな, だった身体は不思議, だった身内が五六人, だった身許がわかった, だった車夫でさえ顔, だった軍主脳部こそは千, だった軍事的イデオロギーを反映, だった転々と私, だった農民組合が叩きつぶされた, だった近世の作家, だった近世初期には日記, だった近所合壁の騒ぎ, だった近江屋のお, だった逆上の色, だった途中で年寄った, だった逗子の町, だった逸話だの, だった過酷さが改正, だったが今, だった遠く当代島の方, だった遠藤琴子だと, だった遺風で神威, だった郁文館の中学生, だった部下を自邸, だった酋長だけがこの, だった酒問屋で新川, だった重大な要件, だった重役より上席, だった金五郎の気持, だった金色の額, だった金龍寺の門番, だった鈍重な窓がらす, だった鉄格子の窓, だった鉄砲玉のロック, だった銀杏の樹, だった銀髪赭顔の老, だった銭形が延々, だった鍋谷や宗保, だった鍵タは日, だった鎮西将軍韓遂からそっと, だった長五郎の遺物, だった長女のお, だった長崎では私, だった長老桂枝雀も一夕, だったこの処置, だった間口が今度, だった関係上日本海海戦の話, だった降参の将, だった隊長の子ウイリー, だった階下に移し, だった際どいところを, だった隣室の客, だった雁金検事や大江山捜査課長, だった集団が幾つ, だった雇人などの気, だった雑誌が運転, だった難民の間, だった雨谷に南画, だったが帰途, だった雪子は針助, だった雰囲気のうち, だったの峰, だった電車未開通説, だった霍峻というもの, だった青い着物を, だった青年時代の彼, だった青年紳士である, だった青面獣の楊志, だった静枝までが船着き場, だった静粛でしょう, だった非常につらかっ, だった面持で, だった革命家です, だった靴型工の一犯人, だった取の, だった音声が目, だった頃しんから時間, だった頃そこは確か葱畑, だった頃そちらから縁談, だった頃わたし開封の都, だった頃メトロポリタンのがらん, だった頃一六六八年にマルケット, だった頃伊勢の山奥, だった頃伸子が旅立ち, だった頃制服というもの, だった頃哲学書を読み耽った, だった頃己の傷つき, だった頃幾人かの知人, だった頃憑ものがした, だった頃父の傍, だった頃異母兄の朝, だった頃祖父の家, だった頃竹川のお, だった頃自身は閣僚, だった順序である, だった須永孝が犯人, だった須美子は伸子たち, だった領下の諸, だったはこけ, だった頭髪とその, だった額足がある, だったから喉, だった顔いろは明るく解れ, だった顔つきはゆがん, だった顔付は急, だった風変りな指環, だった養父も正に, だった養蚕をこの, だった首尾はうまく, だった香いが仄か, だった馬琴は黙然, だった馬鹿だった, だったにどの, だった駕籠の行列, だった驚きにしばらく, だった高円寺に住ん, だった高本という家, だった高石老人は豪宕, だったのなか, だったの大, だった魚銛発射手の一人, だった鮮かさがあった, だった鮮やかさには敬服, だった鳥屋の女中, だった鵜沢総明氏がまだ, だった鷺太郎が言葉巧み, だった鹿はそっと, だった麻川氏が今, だった麻雀で追悼, だった黄巾賊の勢力, だった黄昏の色, だった黄金の水, だった黒吉は目, だった黒鹿毛がなにゆえ, だった龍覚房の智, だったPPPが急