青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ちゃん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ちがう ちがう~ ~ちがっ ちがっ~ ちがった~ ちっと~ ~ちっとも ちっとも~ ちと~ ちの~
ちゃん~
~ちゃんと ちゃんと~ ~ちや ちや~ ちょ~ ちょい~ ~ちょうど ちょうど~ ~ちょっと ちょっと~

「ちゃん~」 13028, 141ppm, 752位

▼ ちゃん~ (3051, 23.4%)

29 いいました 19 それを 17 自分の 15 急に, 私の 14 どうした 11 黙って 10 何か 9 そんなこと, どこへ, 目を 8 びっくりし 7 よろこんで, 頭を 6 お母さんの, すぐに, それが, 学校から, 小さい目, 自分が

5 [13件] ああいう, あわてて, いい子, これを, どうし, どこに, 何も, 外へ, 片手に, 私が, 竜之, 答えました, 顔を

4 [13件] ここに, それに, なにを, まだ小さい, 何が, 何の, 学校へ, 心の, 手を, 持って, 目か, 考えて, 首を

3 [49件] あたいの, いって, うれしそう, お姉さん, お母さんに, ここで, ここの, この貴婦人, そういっ, そう思っ, そこへ, その間に, それから, だまって, どうかし, どう思う, にこにこし, びっくりした, ほんとうに, また顔, まっさおに, 不思議に, 今日は, 先の, 勉強を, 十二で, 大変な, 子供の, 家へ, 帰って, 徳ちゃんの, 思いました, 手に, 手拭で, 梅の, 歯を, 気が, 男の, 相変らず, 眼に, 石を, 私と, 窓の, 笑って, 胸が, 袖を, 見て, 走って, 頭の

2 [182件] あきれて, あちらに, あちらへ, あっちで, あれから, あれで, いいながら, いったいなに, いったの, いつまでも, いつもの, いないか, いろいろの, うちを, うなずきました, うらめしそう, おうち, おじさんの, おとうさんの, お上りさんの, お家へ, お祖母さんに, お説教, お面, かけて, かじかんで, かわいい顔, かわいそうです, ききました, きょうは, こう言っ, ここまで, この機会, この頃, こんな事, ご飯を, さお, しかたなく, じっとその, じぶん, じゅず玉の, そう思った, そこの, そこまで, そのこと, そのそば, その時, そんな子, たしかにこの, どう, どうしたろう, どうする, どこか, なかなかの, なぜか, なにも, ねこが, ねこの, はっとして, ひとの, びっくりしました, ふしぎそうに, ふしぎな, ぼくと, まじめに, みんなの, もうその, もう叔父さん, やめさせました, やんまを, わあわあと, わかったよう, イヤな, ギョッと, コックリを, ゾウの, ピシャリと, ベッドの, ペスを, ボールの, ポケットから, 一人の, 一生懸命に, 三人の, 三日に, 下に, 下の, 不景気だって, 久助さんの, 二人を, 井上くんの, 井上君の, 今までに, 今度は, 今日まで, 今更の, 何と, 何を, 例の, 俺らと, 僕を, 兄の, 先に, 先生に, 出て, 勇ちゃんの, 十九で, 千駄木の, 叔母さんの, 口々に, 口を, 可哀そうに, 吉さんの, 吉坊の, 品が, 喜んで, 器用に, 困ったよう, 夢を, 夢中で, 大変言葉が, 奥の, 女だ, 女の子です, 学校で, 学校の, 安心した, 家に, 小さいから, 小さな妹, 少しも, 帰らないん, 帰りに, 平気で, 床の, 思って, 急いで, 日に, 早くお家, 早くも, 書きかけの, 本気に, 枕元の, 正木に, 死んで, 毎日の, 泣きそう, 泣きやんで, 泣き出しそう, 淋しそう, 狐に, 王女さまの, 町の, 目に, 真実に, 真面目な, 眼を, 磯五と, 私に, 私を, 空に, 立派に, 笑いながら, 耳の, 聞きました, 臆病だ, 自分じゃ, 自分で, 自分でも, 自分も, 艇の, 色が, 話しました, 誰よりも, 貧乏が, 賛成し, 赤いりんご, 重たい口, 長い袂, 非常に, 面白い娘, 顔が

1 [2208件 抜粋] ああん, あいつを, あきれ返って, あたしと, あたらしい, あっさり受け流した, あっと低く, あの年, あの立派, あまりかわいがりすぎ, あらかじめそんな, あんなところ, あんな風, いいましたけれど, いかにも心配そう, いくども, いそいそとして, いっこう醒めず, いったいどうしたら, いったい神様, いつに, いつもびくびくしてる, いつも急い, いつ留守, いないン, いません, いままで, いよいよ弁信, いろんな注文, うちに, うなって, うれしくなっ, うわごと, えんりょのない質問, おいらの, おかしくて, おじぎを, おそいが, おとなしいし, おとなりへ, おばかさんだ, おふろ, おもわずあたり, おれが, お便所, お友達, お床, お母さんや, お父さんに, お爺さんの, お祖父さんの, お薬, かえってせき込ん, かけるの, かねて用意, からたちの, かわいいお, きちきちばった, きっと亡くなった, きのう午の, きめが, きらってるん, くもの, けっして忘れませんでした, こうして日, ここなら, こだわり無く, このお嬢様, このごろ加賀の, この上, この六月, この婦人, この時, この着物, この頃どっか, これから先, これによって, こわくて, こんどの, こんな心持, ごまかすよう, さっきの, さとりました, しおらしくあやまり, しくしく泣い, しとしと雨, しばらくぼんやり, しみじみ, しょっちゅう井上君, じだんだを, じっと考え込ん, すぎ山先生, すぐ泣く, すすめました, すっかり胸, ずっと遠い, せまい往来, そうあわて, そういう父, そうで, そう思う, そう言っ, そっと作爺さん, そのことば, そのま, その傘, その前, その天人姿, その敷物, その日本一太郎, その木更津屋, その着物, その辛気臭く, そばへ, そりゃりこうで分数まで, それで, それにも, そんなに酷く, そんな佐吉, そんな袴, たいへんな, ただ, ただオドオド, たとえば日月, たまらなくこわそう, ため息を, だめ, ちっとも動じない, ちょうせんぶな, ちょっと当惑, ちんどん屋の, つくづく感心, つや子が, とうとうひどい, ときどき机, とっくに大きな, とてもあなた, とにかくどちら, どうしたでしょう, どうしてそうロマンティスト, どうしても母, どうしやした, どうな, どうも土下座, どちらから, どんな, どんなもの, なかなか信じなかった, なげなわも, なぜそんな, なにから, なんだろう, なんとなくそわそわした, なんにも, にやりと笑いました, ねごと, はじめてお目にかかる, はじめは, はにかんだけれども, ひけ目, ひとり上平館へ, ひどくしょげ, ふいと, ふと犬, ぶるぶるふるえ, ほそいてつ, ほろ苦く笑っ, ぼくの, ぽかんと口, まじめくさって, また, またそんな, またも途方, また今日, また弁信, また涙顔, また胴, まだか, まだ二十, まだ小さく, まだ思う, まだ湯本, まだ祇園荘, まだ鉄道, まっ青に, まめで, まん中だ, むしろ敬二郎, むねが, めまいが, もういません, もうがまん, もうずんずん独り, もうちゃんと良, もうガタガタ, もう乳母, もう大きく, もう少しさっき, もう支度, もう涙声, もう起き, もと, もはやご, やがて蒸気, やっと判った, やっと船, やっぱり気持ち, やめました, ようやくそこ, よくその, よろこびの, わけの, わせの, わめきたてながら, わるびれない, キャラコさんの, グレゴリー夫人みたいな, スヤスヤいびきを, ゾーッとして, チョビ安の, ニヤニヤし, ハッと, バスに, パンを, ベッドから, ポコちゃんには, ポッと, ママを, メダルを, リュックサックを, 一人だ, 一人音楽をの, 一寸手を, 一時くらくら, 一番下の, 一等誰が, 一風ある, 三十日の, 上衣の, 下谷の, 不平を, 両手で, 中村警部の, 久助を, 二つに, 二人に, 二十五日に, 二斗の, 云ったじゃ, 井上君に, 人ごこちに, 人力車の, 今まで, 今動物園と, 今年十二だ, 今日どこ, 今自分, 他の, 住居の, 何て, 何にも, 何処までも, 余情を, 侘しそう, 僕が, 僕の, 元気らしい, 先刻姉や, 入営見送りを, 全く所在, 八歳に, 冒險好きな, 出征軍人だ, 初等科三年生な, 別に道庵先生, 前に, 前橋へ, 助けるつもり, 動いちゃ, 勿論として, 十二月の, 千八百円を, 午後三時半ごろ学校から, 卒業し, 却っていん, 及ばずながら, 反則を, 口が, 叫びました, 可哀そうです, 右手の, 同じことば, 命令を, 喋るの, 困ったけれど, 土木技師の, 坊やを, 声も, 夏の, 外を, 夜中に, 大きい娘, 大きな無, 大した目的, 大事に, 大将でした, 大谷さんと, 女であった, 女太宰だ, 妾より, 姉上の, 嬉しそう, 学校からの, 宇宙艇の, 宵の口だけ, 家では, 寂しそう, 寝るとき, 寝過ごしたこと, 小さい手, 小さな指, 小学校三年生でした, 小林少年の, 少しでも, 少年に, 居ないの, 山田を, 島田に, 左右から, 帰ッちまわ, 帽子を, 年若い, 幼少の, 店の, 座蒲団を, 張合いの, 強情だった, 彼に, 後ろを, 得意であった, 心持ち顔を, 必死に, 怒りました, 思いだしたよう, 思った, 思わずためいき, 思わず身ぶるい, 怨むかも, 恥かしい, 悄気ませんでした, 悲しいよう, 感きわまっ, 感歎した, 憤然と, 戸口に, 手の, 手燭を, 承知な, 振りはらい手, 損ばかり, 攻撃に, 政ちゃんを, 教師さんの, 敷きかけた蒲団, 斯う云っ, 方々を, 既に若い, 日当たりに, 早くご飯, 明日間違いのう帰ります云う, 昨夜きりで, 昨日帰った, 時々手, 暑くッ, 月の, 朗らかな, 朝化粧を, 木の下に, 本を, 本能的に, 材木の, 来ないの, 東京へ, 林さんの, 根気は, 棒きれ, 横田さんの, 次郎ちゃんで, 正ちゃんの, 正当防衛として, 歩きながら, 死ぬこと, 残されました, 母に, 毛布を, 気に, 気質の, 水を, 波屋書店の, 泣き出した, 泰子で, 浅草公園の, 浴衣が, 涙ぐんで, 淋しい瞳, 清作さんを, 満喫し, 滅相も, 火箸を, 無事か, 無罪に, 焦って, 照吉さんの, 父の, 物狂わしく, 独りし, 猫に, 現像室から, 用心し, 申しわけの, 畳に, 病院から, 白痴の, 皆に, 盲目だ, 相ついで, 真紅に, 眠って, 眼と, 瞳を, 知らずに, 知らなかったの, 知るかぎり, 砂鉄の, 磯五の, 神に, 私たちより, 稼ぎ人で, 窓から, 立ったまま, 竹の, 笑わないよ, 米友の, 糸を, 素直に, 終始一貫返答ひとつ, 絵を, 綺羅子と, 縁に, 縹致だって, 考えながら, 聞こえないほどの, 背中に, 膝の, 自分ひとりの, 舞台から, 艇外へ, 芝居に, 花形だ, 苦笑しました, 萩原の, 薄着の, 行方不明に, 西洋料理は, 見えないね, 見ものです, 親しく話しかけない, 言って, 詰問した, 読まない方, 諦めました, 負け惜しみの, 赤い帽子, 起って, 身の, 輝の, 近頃評判, 返答に, 遅いのねえ, 道庵先生とは, 部屋を, 重大な, 釣りざおとバケツを, 鉄砲を, 長いたもと, 門の, 隅ッこへ, 雑誌の, 露路の, 青くなった, 順ちゃんで, 頼まれない先, 顔中を, 風の音に, 食べて, 首肯きそれっきり私たち, 駆け出しました, 驚かされました, 髪結いに, 鮎子さんと

▼ ちゃん~ (2185, 16.8%)

40 顔を 39 手を 37 ことを 32 ところへ 22 ような 21 ために 16 ように, 方は 14 方が, 話を 12 ことは 11 おうち, 家は 10 家へ, 持って 9 おとうさんの, お母さんは, ことが, 声が, 家に, 方へ, 頭を 8 家が, 家の, 手に, 肩に, 顔が 7 お母さんが, 面を 6 事を, 前に, 声は, 眼の, 腕を, 言うこと 5 お友達, お嫁さん, ことだ, ところで, にいさんの, 前だ, 名を, 心が, 方で, 肩を

4 [23件] お嫁, お家へ, お父さんが, お父さんの, お父さんを, からだに, ことで, ことです, ことと, そばに, そばへ, ほかに, 三人が, 傍に, 兄さんが, 叔父さんは, 姿が, 室へ, 方を, 耳に, 言う通り, 身体を, 部屋へ

3 [43件] いうこと, いったこと, いったよう, いるところ, お家に, お父さんは, かおを, ことなど, ことばかり, ことも, ところでは, ほうへ, ほかには, ようすを, アパートへ, 二人は, 五人は, 今の, 体の, 傍には, 大きな磁石, 大事な, 好きな, 妹の, 姿は, 姿を, 心持が, 手から, 机の, 来るの, 様子が, 機嫌を, 気持は, 着物を, 言葉が, 話が, 話だ, 話は, 遊びに, 頭に, 顔に, 顔の, 顔は

2 [144件] あとを, いるの, おかげで, おとうさんを, お供を, お姉さん, お家で, お尻, お帰り, お母さんに, お父さま, お父さんから, お父さんかんかん, お父さんだ, からだを, かんこお, こと, ことな, ことなら, ことなんか, ことに, ことばっかり, ことよ, すがた, する通り, それに, たくみに, たよりを, とこへ, ところに, ところも, となりの, ふたりの, ものに, ダイガンを, 一家の, 下駄を, 不安は, 世話に, 両手を, 事ばかり, 云うこと, 云う事, 五人が, 仕事の, 低気圧, 住み込みよ, 写真を, 出征の, 前へ, 前を, 叔父さんの, 口から, 口を, 口癖に, 命は, 唄声で, 唇の, 声で, 声です, 夜具の, 大きく成った, 姉さんが, 姉さんと, 姉さんを, 学校へ, 室を, 家から, 家には, 寝室は, 小父さん, 小鉄, 川上は, 帯を, 後を, 御婚礼, 御結婚, 心の, 心も, 心を, 恐ろしいくせ, 悪口を, 愛を, 所へ, 手の, 手紙に, 手紙の, 手紙を, 新しい下駄, 方から, 方に, 方も, 日本風な, 本当の, 枕許に, 様子と, 様子は, 様子を, 横の, 母親は, 母親を, 気の, 気を, 気持ちを, 気持も, 洋傘でも, 消息を, 父さんが, 父親の, 番, 白い顔, 目に, 目を, 眼には, 眼は, 眼を, 瞼を, 知って, 磁石は, 結婚の, 羽織を, 耳まで, 背中に, 背中を, 胸に, 胸の, 見て, 親父さんが, 言った事, 言葉の, 言葉を, 話では, 説明に, 足に, 足を, 身に, 身の上に, 身の上の, 連れの, 部屋は, 部屋を, 顔には, 顔も, 首の

1 [1168件 抜粋] あそんで, あとから, あにいが, あの縹致, あるべくして, いい心持, いけないの, いたずらは, いちばんと, いった巻き奉書, いつもの, いのちの, いる乾物屋, いる近く, うしろから, うたうの, うちの, うち知ってる, うわさに, おかあさんは, おけえり, おしりあいの, おじちゃんが, おじちゃんを, おっかさんは, おっぱいだ, おとうさんが, おとうさんは, おにいさん, おばさんここここ, おめめみたい, お人形さん, お使者, お兄さま, お喋りを, お墓, お妾, お守りを, お家じゃ, お家へは, お心入れ, お机, お母さんつまり, お母さんみたいな, お母さん来る, お母ちゃんは, お母様かなんかの, お父さんだった, お父さんに, お父ちゃんや, お産が, お知り合い, お腹を, お蔭で, お話の, お返事, お阿, かいた絵, かおが, かたを, からだから, からだです, からっぽの, かわりに, が一つ, きれいな, こえが, ことだの, ことなんかじゃ, ことについて, ことや, こと何か, こと前便で, こと心配した, このごろの, さけび声, さらわれた林, して, しらふについて, すきな, すすめる座蒲団, そういうの, その一生懸命, その時, その衣裳, そりを, たまです, ためなら, たよりで, たんすの, だいじなの, つい後ろ, であった, ときの, とこだ, ところからは, ところとは, ところは, ところへは, とっちめて, どういう点, なくしたハーモニカ, にせものいまは, のむアスピリン, はっきりした, ばけて, ひっこみ思案, ひとがらから, ひょうが, ふところに, ふりしぼるよう, ほうから, ほうであった, ほうは, ほうを, ほしいもの, まえに, まわりに, もそう, もとに, もよい, やつどう, ゆくえが, ようで, よそゆきであるべき, より形, を念, アパートへも, オカミさんが, キィーキィ声が, ゴタゴタの, シャクレ顔を, トラックと, バイヤーたちの, パパさんの, ピントに, ベッドも, モンペイの, リードで, 一つしか, 一点張りな, 一行に, 三人で, 上である, 上にでも, 下りて, 不安な, 世界さ, 主なる, 乗って, 乳ぶさ, 事なんぞは, 事務長は, 二ひきの, 二人の, 云った, 云って, 人生観が, 仕事も, 仕送りを, 代りを, 以後の, 仲とうとう, 休んで, 住所も, 体に, 何の, 侍い, 借言, 傍を, 兄が, 兄さんの, 免状は, 入学祝いよ, 入院を, 写真お送りいたします, 写真行ってた, 処に, 出るの, 出世の, 出番だ, 分をも, 前じゃ, 前では, 力じゃ, 力に, 助手で, 勉強部屋に, 勝ちよ, 千日前への, 印象で, 危急存亡の, 友人に, 友達は, 叔父さんが, 取ったあの, 取扱いには, 口ずさみを, 口の, 口もとを, 口癖であり, 可哀想な, 名が, 名も, 名披露何日, 味方を, 命を, 命助けん, 唐辛子は, 唾だ, 囃や, 坐り工合からさえ, 報告では, 声と, 声らしい, 壺に, 夕刊配達が, 夢が, 大きく成っ, 大すき, 大働き, 大好きな, 夫で, 奉公旅行から, 女が, 好きそうな, 妊娠は, 妹が, 妹です, 姉さんは, 姉さん一人だった, 姿も, 娘の, 婿にでも, 嫁とり条件を, 子ばかり, 子供子供した, 孤独を, 学校の, 宅に, 実例が, 実感にも, 室へは, 家だ, 家でも, 家な, 家を, 容体を, 寝室に, 寝顔を, 射的場へ, 将来に, 小さな時分, 小さな足先, 小犬は, 居るところ, 屍体は, 山川健作氏が, 島田を, 川上一郎と, 左の, 帯いい, 帰るの, 帰る時, 年なら, 年紀は, 幻に, 店から, 店であった, 店は, 弟の, 弱々した, 強気は, 形容, 役目だった, 待つ弁信, 後姿には, 従兄だ, 御亭主, 御年, 御機嫌, 御気分, 御蔭で, 心, 心では, 心持も, 心細さ, 志願のほどを, 思い出を, 思うとおり, 性格は, 怪我は, 恋人説を, 悲しそう, 悲痛な, 情夫と, 惨殺の, 意地悪, 意志で, 意見である, 愛は, 愛読書である, 憎悪に, 成育も, 手が, 手でなけれ, 手のひらに, 手紙お話した, 手紙でございます, 手腕を, 手許に, 投げたボール, 拡げた新聞, 持つ扇子, 挙動に対して, 挨拶, 振り上げる杖, 提出した, 支那人の, 故郷だ, 教育費に, 文章は, 方だって, 方な, 方はと, 方へわ, 旦那が, 旦那さんです, 旦那さんは, 旦那様として, 昂奮は, 時には, 時計の, 曰くサルトルは, 書くもの, 服と, 本の, 本名を, 机を, 来ること, 核心である, 案内役は, 様子も, 様子ッたら, 次席に, 歌と, 正気の, 死を, 死んだ妹, 死後その, 殺されたこと, 母なる, 母親さんも, 母親などは, 母親も, 毛糸は, 気位には, 気分を, 気持ちも, 汗みずくに, 泣き声が, 洗濯物を, 浴衣が, 海賊が, 清書だの, 潔白と, 炊事なんて, 為に, 熱が, 父では, 父親も, 爺さんが, 爽快溌溂, 片身が, 献身をも, 現代娘は, 甘酒屋を, 用が, 画も, 番人じゃ, 病気で, 病気も, 療治の, 目とが, 目にも, 盲腸は, 看病し, 眼が, 眼をわ, 着代えとりに, 着物の, 知れる限り, 磁石を, 神経が, 稼ぎじゃ, 立って, 立場の, 竹の, 笑顔に, 笛は, 策略でない, 米友の, 粧いは, 紅雀だの, 細い細いほ, 組と, 組に, 結核が, 絵を, 緩慢状態に, 縁談の, 置いた一合罎, 義母さんや, 考えが, 耳にも, 耳もとへ, 肉体は, 肉身の, 肘を, 肥って, 肩へより, 背すじが, 胴に, 胸を, 腕の, 膝から, 膝の, 自然さが, 舞踊の, 芸服を, 苦手でげし, 蒼い顔, 行く所, 行動だった, 表情には, 被布です, 裾に, 襟首を, 要るお銭, 見たという, 見たもの, 見つめて, 親父さんと, 親達は, 角は, 言うなりには, 言う如くチャーミング, 言を, 言葉は, 許へ, 詞は, 話, 話しぶりという, 話す様, 話ようございました, 話大変こころに, 誕生日カイホーローでし, 調子が, 論文は, 警告を, 質問に, 赤ん坊そのまま, 趣味で, 足綺麗ね, 踏みつぶされた逆上, 身が, 身代わりに, 身構えは, 躾方に, 輝びいきどう, 辛苦が, 迷惑そうな, 遊び相手に, 道具, 部屋が, 部屋まで, 重荷には, 金は, 釣りに, 銀杏の, 開店披露の, 青ざめた顔, 面の, 面影は, 須弥山やっかいだ, 頭でっかちの, 頭上から, 頼みで, 顔でも, 願いは, 食い扶持が, 食べるもの, 館の, 馬の, 騒がしい演奏, 高潔なる, 髪は, 鳥羽の, 黒子を, 鼻先に

▼ ちゃん~ (1847, 14.2%)

83 いいました 13 ききました 11 帰って 9 出て, 来て 7 いうと, 何か, 迎えに 6 持って, 来る, 立って, 答えました, 遊びに 5 いう, いて, いれば, 泣いて, 自分の

4 [13件] いいますと, いった, ついて, とんきょう, 一緒に, 井上君の, 叫びました, 来た, 聞きました, 行って, 言った, 頭を, 顔を

3 [20件] いったので, かえると, この頃, それを, そんなこと, 先へ, 入って, 好きに, 妙な, 家へ, 寝床の, 小さい声, 待って, 急に, 教えて, 無罪に, 笑いながら, 笑いました, 行方不明に, 見て

2 [102件] あちらから, あって, あなたに, いいと, いったから, いったよ, いるから, いろいろと, うなずく, おこって, おみくじ, お銀様, かわいそうに, きて, これだけ, さけびました, すきな, そう云う, そう思っ, そこへ, たずねて, たのみました, とりに, どうした, なにを, みつけたの, よくなっ, よく見る, サガレン時代の, トンキョウに, 久しぶりで, 乱暴に, 二人に, 云って, 井戸へ, 今の, 今まで, 代って, 何を, 何処へか, 侍い, 便所の, 口を, 可哀そうだ, 可愛くって, 台所の, 吃驚し, 唄い出すと, 声を, 大きい目, 大きな声, 好きだ, 好きな, 学校から, 少しおかしく, 左の, 帰ってから, 帰らなくなって, 店の, 往って, 思い出して, 戻って, 手を, 打った, 昔の, 来たから, 来ても, 正吉の, 死んだと, 死んだん, 死んで, 殺された時間, 気の, 気分が, 涙っぽく, 火を, 珍らし, 男の, 病院へ, 白いくるぶし, 目を, 目籠の, 真黒な, 磯五の, 稽古に, 羨しい, 考えて, 耳を, 肌を, 肩を, 胸を, 蒲団の, 袂を, 見えないじゃ, 言いました, 言って, 誰かに, 逃げて, 逃げ出しました, 酒を, 雨の, 頓狂な

1 [1330件 抜粋] ああいう, あがってから, あそこで, あちらに, あっけに, あと, あの猛鳥, あぶないかも, あまりの, あるじゃ, あれからという, あわただしいわりあい, あんな男, いいわ, いえば, いくらか気づまりなのですって, いけないって, いじめられて, いたあたり, いたらどんなに, いちばん大きかっ, いっしょで, いって, いつまでも, いないから, いないで, いないという, いなかったらそう, いなくって, いなくなれば, いませんか, いまの, いやな, いよいよたまらない浅まし, いらっしゃるでしょう, いること, いるん, いろいろ軍隊生活, うそを, うちのに, うっとりし, うれしさ, おうち, おそくこの世, おとなしいからさ, おひる, おもしろがっ, お利口, お可哀想, お国流, お婆さんと, お巡査, お杉, お父さんから, お目覚め, お祖師様, お茶を, お軽, お金払う, かえ, かえる, かえる迄は, かちだって, からかって, かりに一緒, かわいそうです, きいた, ききたいよう, きっと縫うでしょう, きゅうに, くる時分, くわしいので, こういう, こういう有様, こうして針, こう言っ, こここの, こたえたので, こっちへ, この土地, この宿, この文句, これからいくつ, これを, これ迄に, こんどは, こんなふう, こんな目エ, さらわれては, しかけて, しきりに日記, したという, した訳, しとやかに, すがりついて, すげて, すこし離れた, すっかりよくなったら, すねたよう, すばやくそこ, するよう, ぜひコック部屋, そういっ, そうやっ, そっとおれ, そない, そのタンク, その傍, その場, その時, その気, その男, そばに, そろそろ稽古, そんなにきらい, そんなひどい, そんな不健康, そんな奴, たしなめる, たまげたよう, たまりかねて, だくと, ちゃんと外し, ちゃんと馬車, ついなんだか怖い, つかまって, つづきました, てんかん持ちだ, とぎれとぎれに, とつぜんでっかい, とびだして, とめました, どういうもの, どうして受かる, どこからか, どんな気持, なげました, なにに, なんだかこの間, にいさんの, にやにやし, ねむそう, のんきな, はげしくふるえる, はちの巣を, はねとばした小さい, ひどいめ, ひろげて, びっくりする, ふいに, ふと林太郎, ふり向いて, へびを, ほい又, ぼくには, まじって, またききました, またぼんやり, またわざわざ, また圧倒, また眼, また笑いました, また笑っ, まだ立ち, みれば, むつかりました, もうちゃんと野村くん, もう一度こちら, もって, ものを, やったらそれ, やって来た, やりました, ゆくえ不明に, よく見えます, よっかかって, よんで, わからねえこと, わたしを, わりこんで, アネサと, インバネスを, エロウ・パウダ氏にも, ガラガラと, キャッと, クロを, サルトルと, ジャンガラ星人に, スミ子ちゃんの, ゾウに, ツガザクラの, ナゼこんな, ニッコリ答える, ネ女に, ハンモックに, バケツを, ヒヤリと, フルート吹いてる, ベンチに, ホーと, ポケットに, モー少し, ワーワー泣い, 一人立っ, 一号, 一号だ, 一段新内を, 一番ために, 一番先に, 丈夫だ, 三四日うちに, 三月二十七・八日頃女学校の, 上野原の, 下手人だ, 不思議がる, 世話に, 主婦の, 久助の, 予診室へ, 二人ある, 二十四枚, 二年出征し, 二階上下する, 云うから, 云ったらお婆さん, 井上君を, 亢奮する, 人さし指を, 人さらいに, 今ちょうど, 今度の, 今日は, 今日川へ, 今来る, 他の, 代わって, 会いたがって, 伸ちゃんの, 何とかつない, 何もかもとりしきっ, 何度も, 俺みたいな, 倒れて, 側へ, 僕を, 兄さんの, 先に, 光ったもの, 入営する, 其様なにし, 出かけその, 出てから, 出る前, 出発したら, 初めてだ, 勝ったとき, 勢い込んで, 十月に, 厭だ, 又から, 友人の, 取り上げて, 受話器を, 叫んだ, 叫んで, 召集を, 可怕, 可愛いなら, 可愛しゅう, 右側を, 同じこと, 名取に, 呑口つくりの, 呼ぶと, 喜ぶから, 嘘でも, 困って, 垂を, 堅くなる, 夏休みに, 夜中に, 夢に, 大きくなったら, 大内へ, 大変岡惚し, 大好きな, 大真面目, 失恋し, 女の, 女学校出の, 好きだった, 好きでも, 好だった, 妊娠し, 始終暗い, 嬉しそう, 存外手間, 宇品を, 宝ものの, 実に実に珍しく, 室内競技場へ, 家の, 宿無し猫みたいじゃ, 寒かろう, 寝ましたからね, 小声で, 少々恥, 少し動いた, 少し笑った, 居なくなったそう, 屋根から, 川の, 工合わるく, 帰ったらおれ, 帰らなければ, 庖丁を, 廊下を, 弁信さんを, 弁信を, 強く出, 往来で, 後ろに, 従順に, 御宿の, 心からか, 心得て, 心配そうに, 忘れられなくなるという, 念を, 思いこんで, 思い切ってずうっと, 思わず真赤, 怪我を, 悪いん, 惨殺され, 愛嬌を, 感傷的な, 感謝の, 戻れば, 手にかけて, 手持ち無沙汰の, 才覚し, 承知し, 抜いて, 拵えが, 指したところ, 振袖姿で, 撮影のび, 教えるまでは, 敷きかけた蒲団, 新しいの, 旅から, 既に老境, 早く帰ろう, 昨日から, 時々稽古, 書き出したの, 書籍を, 最初いった, 朝飯前に, 机がわりの, 来たからって, 来たの, 来たら散歩, 来たん, 来や, 来る時, 板挟みに, 桃色の, 楊枝を, 次の間で, 止って, 正月まで, 此方に, 歩いてるよ, 歯で, 死ねと, 死んだからって, 死んだら貴方, 殺されちゃったの, 殺される日, 殿方の, 毎日の, 気が, 気がねを, 気付くと, 水たまりへ, 水の上へ, 池の, 泊りに, 泣きだしました, 泣き声を, 泣くと, 洋傘に, 洗面器の, 消えて, 淋しがる, 溝に, 濡れ燦, 瀬戸物を, 炭取と, 無線電話で, 焦ったほどに, 燃えてる, 片づけば, 片方の, 犯人であった, 琴や, 田舎であり, 男物の, 画を, 留守や, 疲れて, 病気でき, 病気に, 癇癪を, 目白に, 盲目の, 看護婦に, 真中マーちゃんは, 真剣の, 眠って, 眼の, 着物を, 知ったらどんなに, 知らねえかも, 硝子戸に, 磯五に, 祖父の, 私に, 秋にでも, 穴の, 立ちすくんで, 笑いこけるの, 笑った, 答えた, 答えると, 紀久ちゃんだけの, 素直に, 結婚でも, 絵本を, 綺羅子を, 置いて, 考え深, 聞きつけて, 腰を, 膝が, 自分と, 舌鼓うつ程, 芋虫なら, 若う見える, 落籍される時, 蒲団を, 行く, 行一郎と, 袖を, 見えなくなったの, 見せられて, 見たらどんなに, 見た白い, 見てると, 見んけに, 親切に, 言うもの, 言った通り, 話したな, 誘拐された, 謙遜し, 負けだ, 買い出しに, 赤い道化師, 起きあがって, 起しも, 足もとの, 躍起と, 身不相応な, 近所へ, 述懐し, 追従の, 逃げだしそう, 速達を, 道を, 遠慮がちに, 針の, 鈴江を, 長いこと, 降りると, 階下から, 雅子の, 雪の, 青年の, 預ってるわ, 頭脳優秀だって, 頼みました, 風呂を, 飛び上がって, 食べると, 香を, 高い熱, 默ってる

▼ ちゃん~ (674, 5.2%)

8 向って 6 しても 4 そう言っ, 会って, 限って, 頼んで

3 [11件] そのこと, なって, よろしく, 代って, 会いに, 似て, 何か, 手を, 持って, 話して, 買って

2 [36件] あげて, あげるから, あって, お米, かして, ききました, きまって, それから, 上げようと, 会いとうございます, 向かって, 命じて, 声を, 子供出来たいう, 導かれて, 従いて, 惚れて, 手伝って, 手紙を, 持たせて, 気が, 眼を, 笛を, 聞いて, 聴いて, 見せようと, 言って, 話したん, 負けない, 負けないで, 送って, 逢わして, 連れられて, 酒を, 附いて, 食べさせるの

1 [539件 抜粋] あいたくて, あげましょう, あげよう, あげられません, あげるの, あずかって, あったとき, あなたから, ある当然, あァちゃん, いいの, いいました, いえない事, いった, いつも送っ, いつ云うたん, いつ会う, いて, いま僕は, いよいよ満足, いろいろ買っ, いろんなこと, いろんな形, いわしたら姉ちゃん, いわせると, いわれたの, いわれて, うたがわれたの, うちの, ええこと, おいでおいでを, おきき, おことづけな, おめにかかるべき筈, お会い, お会いです, お向う, お喋りの, お目, お礼として, お礼を, お祝, お聞き, お言いつけ, お話が, お酒, お金を, お餞別, お駄賃, かえして, かえって, がらっと襖, きいた, きいたら途中, きいて, きくと, きっぱりした, くださるわけ, くりかえし注意, くれるくれるッ, くれるの, けがを, こう浴びせかけられる, こちらで, ことわりを, こないだの, こないだ会った, こねえだ会ったらな, この冬あなた, この間逢っ, こぼしたという, これまで, これやらう, こんなに可愛, ささげた愛称, さわぐなと, したの, したら大, して, しなさい, しろきっと, しろぐじぐじした生活態度, しろここ, しろこれ, しろ自分, しろ隆ちゃん, じかに聞く, じきあえる, すがられた作阿弥, すぐやっ, すすめられて, すすめる, そういっ, そうおっしゃっ, そう云われ, そう言う, そう言った, そそがれて, その声, その子, その存在, その頃, そんなこと, そんなになつく, そんな遺物, たずねても, たずねました, たずねる, たのみました, だっこされ, だまさせながら, だまって, ちがいありません, ちがいない, ちがいなかった, ちっとも罪, ちょっと言ったら, つぎの, とばしりを, とびついて, なったせい, なったので, なついて, なにかささやきました, なにかと, なるの, にて, ねだられたん, はずして, はっきりと, ばったり出会った, ひっぱられたまんま三味線, ひょうのかわをぬがせ, ふいと, ふしぎな, べそを, べた惚れ, ほおずりし, まかして, まかせて, まかせるの, まかせハア, また会える, また泣きごと, みせたいもの, めぐり遇え, もう一遍, もう会う, もらったん, やさしかった, やった, やっても, やりました, やりますと, やるお年玉, ゆう子さんが, ゆっくり話し, よくお話, よくこういっ, よくこんな, よくそう言っ, よく似合います, よく呑, よろしくってね, よろしく云っとい, よろしく言っ, わからない, わかる, わけて, わざとこわい, わたしお礼を, わたして, わたしの, わたしました, アンクルトムスや, カブれた, カブトムシの, チョイと, チョビ安の, チンポコなんぞなー, ドイツ語の, ブン殴られ, ホテル約束した, ボクと, ムクを, 一つあげよう, 一応その, 一番しまい, 一目あいたく, 上げたん, 上げて, 上げましょうね, 上げようね, 上げよう白, 上野あたりの, 下品な, 不思議な, 不都合でも, 与えて, 世話し, 世話を, 乙坊という, 云々の, 云いつけられるよ, 云おう思うて, 五円貸すなり, 人蔘一本もらった, 今の, 今帰った, 今度は, 仕えるわけ, 代わって, 会いたいこと, 会いたいし, 会いたいと, 会いたいの, 会いたいやら, 会いたいん, 会いなさい, 会いました, 会うという, 会えて, 会えば, 会った, 会ったですか, 会った時, 会わすまいと, 会わせて, 会わねば, 似あわず心, 似せた案山子, 似た色, 似合わぬ落ち着き, 何かとお力, 何ぞ今日, 何でも, 何にも, 何の, 例によってと, 偶然遭った, 再び会った, 出て, 出前を, 出席し, 出来るわけ, 別れるの, 別れんの, 別れ話を, 前垂の, 化けて, 参ってたん, 取っついたの, 取って, 取られて, 取りついて, 取合わずに, 叱られしまへん, 叱られました, 叱られますわ, 叱られるもの, 合いたい成るたけ, 吉川さんッて, 向い, 向かい, 向けた, 向っての, 向島を, 吸って, 味噌漉を, 呼びかけた, 呼びかけて, 命令した, 喰って, 四十銭と, 四十銭を, 困ったと, 変わって, 多少の, 好く似合う, 始末し, 嫉妬し, 嫌われた腹いせ, 嫌われは, 嬉しいこと, 安心を, 寂しい正月, 富ちゃんに, 対決しよう, 尋ねたらあの, 小さい妹, 小遣の, 就ても, 尾い, 左のての, 帯地を, 引き上げられ右腕, 彼が, 御対面, 御馳走しよう, 御馳走する, 御馳走を, 忠告しよう, 怨まれましょうとも, 恋いこがれて, 恋した, 悪い虫, 悪くない, 惚れちまって, 惚れちゃったん, 惚れてるんで, 惚れとるん, 戻りなさい, 手つだって, 手紙書かない, 払わせて, 扮した, 押して, 持たして, 挨拶した, 捧げてるじゃ, 捨てさせました, 捨てられたと, 接吻を, 摘んで, 撲られて, 改めてたずねられ, 教えて, 教わって, 教材として, 散歩を, 敵意を, 於ても, 施して, 日本一太郎新, 時ちゃんに, 晩かえります, 書いて, 杉夫, 来られた方, 来るよう, 根掛を, 楽屋裏を, 歯が, 殺されなければ, 気がつくと, 水を, 汲んで, 泣き言いっ, 注意した, 浴衣, 渡して, 満足し, 無礼を, 父さんの, 玩具を, 番を, 病気に, 皆な話し, 目か, 目を, 相談いたします, 相談し, 相談を, 相違ない, 相違ねえ, 眼で, 知らせました, 知られては, 知れても, 私, 私たちとして, 笑い消されたにも, 笑われたので, 笑われて, 笑われるわよ, 答えて, 答えてから, 答えました, 答えようとも, 策略を, 約束し, 約束を, 納得し, 細君を, 組みついて, 結ばれたのよ, 絵本送った, 縋りついた, 縫って, 耳うちを, 聞きかえされる, 聞くと, 肩を, 背後を, 腕の, 至っては, 興味を以て, 苛められた, 若旦那が, 英語を, 茂ちゃんに, 落度が, 薬を, 行かれた物淋し, 行って, 行っても, 裏の, 見えまた, 見せたいね, 見せたこと, 見せたの, 見せました, 見せるため, 見習って, 言うつもり, 言ったらいい, 言っても, 言わないで, 言われて, 訊いて, 訊かなければ, 訊きたい事, 訊きました, 訊けば, 訪ねて, 話かける, 話しかけた, 話しかけたの, 話しかけて, 話したところ, 話したら嬉し, 話すこと, 話す種, 話を, 認められたところ, 語ったの, 説明し, 護身の, 負けちゃったよ, 負ける, 負けるもの, 貢いで, 貰ったと, 赤いスウェーター, 起して, 起りそう, 軟かい夜具, 近づいて, 返して, 返そうか, 送らせて, 送りながら, 送るもの, 送る本, 送ろう, 逢いたい, 逢い度い, 逢う, 逢うこと, 逢うの, 逢えただけ, 逢えないと, 逢ったって, 逢ったん, 逢って, 逢っては, 連れて, 連れられては, 遊びに, 遊び事で, 違いない, 遣れって, 都合の, 采を, 釣りに, 間違いの, 関係ある, 阿波屋の, 附添さんが, 限ったこと, 限らず人, 限る, 限ると, 限る鐚ちゃん, 障子を, 電話かけ, 電話かけん, 電話を, 需めた, 青菜一束バター一斤持たせ, 面会なすった, 預かって, 頭を, 頼まれたから, 頼むん, 頼んだに, 顔を, 飛びついて, 食べさせたわねえ, 髪を

▼ ちゃん~ (611, 4.7%)

9 繁ちゃんも 5 一緒に, 来て 4 トシ子ちゃんも, 徳ちゃんも 3 いたの, ここに, 大きく成った, 小林君も, 新ちゃん, 気を

2 [31件] あまりの, いっしょに, いらっしゃい, お母さんも, そうだ, そのあと, それを, ついて, びっくりし, よく来た, サユリちゃんも, 丈吉君も, 仕事を, 何か, 冷蔵庫から, 凸坊も, 出て, 口を, 可哀そうな, 可愛がっ, 大酒飲み, 学校へ, 川へ, 御一緒, 私も, 節ちゃんも, 芳ちゃんも, 菊ちゃんも, 行かないか, 遊びに, 鮎子さんも

1 [504件 抜粋] ああちゃん, ああやっ, あたしも, あちらから, あと足で, あの関西弁, あれで, あわてないでは, あわてました, あんなへん, あんな犬, あんな皺苦茶婆さん, あんまり膠, いいでしょう, いいました, いい奥様ぶり, いい子, いい良人, いくらか, いくらか物, いささか凹むだろう, いっしょだ, いったの, いつもそういう, いつも一行, いないし, いないところ, いなくなって, いよいよここ, いよいよわが, いよいよ室さん, いらっしゃいと, いるの, いろいろと, いろいろに, いろいろ工夫, いろいろ御, いろいろ見, いろいろ迷うでしょう, いんま, うなずいて, うまくやった, うれしかった, うれしそう, えびは, おあがり, おいで, おいでよ, おかあさんといっしょに, おかみさん子供, おさかな, おじいさんの, おっかなかったろう, おどろいて, おなかが, おはるさん, おばさんも, おびえて, おまんま, おやすみ, おりの, お休み, お休みなさいまし, お出でッ襯衣買っ, お前にゃ, お寝みなさい, お悦ちゃん, お母さんが, お母様も, お父さんに, お祖父さんに, お美夜ちゃん, お腹が, お達者, かいな, かき消すよう, かわいいめす, きっといらっしゃらない, きっとそんな, きっと時々は, きて, きのう届いた, こいさんも, こういう調子, ここで, ここの, こちらで, こっちへ, このごろは, この人, この節, この縁先, この色, この遠く, この頃, これからは, こわいもの, こんなうれしい, こんなきみ, ごゆっくり, ごらんなさい, さか, さぞ大きく, さっきから, さっき小さい, すこしやつれ, すっかり地, すっかり鉄人, すらすらと, ずいぶん不幸, そうだった, そうです, そうやっ, そう思うやろ, そう聞い, そう見たろう, そこい, そのそば, そのなか, そのほう, そのテーブル, その一人, その他の, その尾, その次, そばから, それが, それぞれおとうさんに, それで, そろそろお家, そろそろねェ, そんなこと, たちまち思い直し, たべて, たまげたよう, たよりよこしましょう, たン, ちびな, ちょうどいい, ちょうどそれ, ちょっと不安, ついでに, ついについて, つい数日前, つづいて, ていねいに, とうに心得, とつぜん四十めんそう, とみ子ちゃんも, どちらも, なかなかでしょう, なかなか引き, なかなか自信家, なきだしました, なにか買う, なれっこ, なんだか悲しく, ねるだろう, はいって, はじめてお, はっきり感じ, はっとしました, ひとりで, ふかく追窮, ふたりに, ぶじです, ほとんど烟, ほめたの, ぼくも, またお母さん, またこの, また最初, また私, まだ学校, まだ知っ, まだ若い, まねしてやり出す, まもらなければ, まアちゃん, みんないる, みんな自転車を, みんな見た, むろんそれ, もうすっかり一人前, もうひとり, もうスッカリ, もう一, もう会えない, もう数刻, もう行ってる, もとの, もとよりその, やつれすこし, やはりめきめきはっきりした, やはり髪洗い, やや安心, やりきれないわね, ゆくの, ゆっくりした, ゆめで, ようやく本心, よかろう, よく元通り, よく来, よし子さんも, よろこんで, よんだらどう, わかって, わかりましたろう, わか姉さん, わがまま言え, わたくしの, アラーと, オベベを, サッサと, ショーユを, スポーツが, セントルイスの, タイトルでも, ナカナカ外交家だった, ニッコリする, ハラハラする, ハーちゃんも, ホッと, マユミさんに, ミイさんも, ミドリちゃんの, ミヨ子ちゃんも, ヨ物ずきじゃ, ルミちゃんも, 一ど, 一年に, 一緒だった, 一緒で, 一緒でしょう, 一言も, 一週間で, 七歳に, 三ちゃんも, 上京し, 不安と, 世の中が, 並んで, 久しぶりで, 二郎ちゃんも, 云いたい話みんな, 井上君の, 今ごろは, 今にどっか, 今には, 今度お父さんに, 今日から, 代議士も, 仰向けに, 仲, 伯母さんと, 何だ, 余所の, 作爺ちゃんも, 例外では, 偉いもの, 健ちゃんも, 働かんならんの, 僕に, 僕の, 元気だ, 元気で, 元気です, 元気に, 光ちゃんも, 入営すれ, 全く胆, 冨美子も, 冬子も, 出かけるかね, 出征したら, 出掛けて, 初めは, 利巧に, 前に, 前田の, 加えて, 助かって, 勇ちゃんも, 医者や, 十七日に, 双眼鏡を, 古藤さんの, 可哀そうね, 可哀想に, 台湾へでも, 吉弥の, 同じ人間, 同じ思い, 同意しました, 同様の, 否応なく, 呼ぼうと, 呼んだけれど, 善ちゃんも, 嘘を, 困って, 坐り奇怪千万, 堂々と, 声を, 多少遠慮, 夜中に, 夜遅く, 大きくなった, 大きくなったら, 大きくなりました, 大きく御成, 大きく成りました, 大分ふかい, 大分元気づいた, 大変スタイルに, 大悦びサ, 大違い, 女だ, 女中なんかは, 好いけれど, 好い児, 好い叔父さん, 好い生涯, 妙な, 姉さんと, 姉さんの, 姉やと, 子供ごころに, 字は, 学校でしょう, 学校です, 学校の, 安心だ, 安雄も, 家へ, 家庭が, 寄っといで, 寒いと, 対手が, 小説読む, 少しきまり, 少し何, 居にくい, 島田で, 帰ったん, 帰りたて, 帰る支度, 年ちゃんも, 幸福に, 幸風邪も, 弁信さんの, 弱くなった, 形なし, 御丈夫, 御満悦, 御留守, 御迷惑, 心当りが, 心残りであろう, 心配げに, 心配し, 心配な, 心配に, 忘れて, 忽ち軽い, 思いがけないよう, 悪いと, 悪いわねエ, 情ない足取り, 慣れるだろう, 手を, 手伝いし, 手伝ってね, 拒みきれないという, 支那大陸の, 敵を, 文子さんから, 新橋へ, 旅から, 旦那の, 昨宵, 時々やる, 有名な, 本で, 杉夫も, 来る, 来ると, 来るの, 林さんと, 桃太も, 梓さんも, 様々に, 歌舞伎へ, 正ちゃんも, 武ちゃんも, 死んだし, 毎日勉強してる, 気持が, 気持よく, 決して兵馬, 泣いて, 泣かないでね, 注意し, 洋裁の, 浅草の, 涼しくて, 火みたいな, 無事, 無事で, 無事でいる, 無論承知, 然うい, 焼けずに, 父さんって, 猿を, 生まれて, 男の子の, 疾っ, 登場せず, 皆たっしゃ, 益々いい, 目か, 相変らず働いてる, 相鎚, 知って, 知っての, 知ってる通り, 知らないという, 祖父の, 私が, 私の, 種痘が, 立派な, 算数が, 米友も, 粋と, 紙風船が, 罪な, 罹災した, 義ちゃんも, 義助も, 翌日から, 老爺さんに, 聞いて, 自分に, 自分の, 船か, 芳衛さんも, 落ち着いてるよう, 落付い, 落付か, 落付く, 虎さんも, 行きたければ, 行きましたから, 行くえ, 行くって, 行くと, 行くところ, 行ったり, 行列を, 西洋間に, 見た, 見に, 見舞いに, 覚えて, 言うんかい, 誘われたけれど, 語らず米友, 負けて, 負ず, 責任を, 赤ん, 起きて, 踊って, 追ん, 逃げようと, 連れて, 遁出す, 遂に他人, 道路の, 達ちゃんが, 達ちゃんも, 酒に, 鉄ちゃんも, 鉄公も, 銀笛を, 長靴ある, 関心の, 隅の, 隅へ, 隙に, 面喰いました, 頂いて, 頼んだよ, 顔色を, 駆け出して, 驚いて, 骸骨志願だ

▼ ちゃん~ (591, 4.5%)

18 つれて 12 呼んで 11 連れて 6 見て 5 さらって, して, 相手に 4 だいて, 助けて, 迎えに 3 おぶって, 可愛がって, 抱いて, 探して, 探しに, 殺したの, 見ると, 送って

2 [33件] おばさんの, おぶった鉄人, かえして, かばうよう, かわいがって, ここへ, ごらんに, さがしに, さらったの, しかりました, たすけて, だきしめて, つかまえて, どこへ, にらみつけました, にらみました, ねらって, 乗せてるん, 出して, 前に, 加えて, 励まして, 大事に, 好きだ, 指さして, 横だきに, 知って, 私が, 自分の, 裂いて, 覗いて, 誘って, 酷い目

1 [427件] あしらったよう, あんなに甘やかし, あんな風, いい娘, いきなり片手, いじめすぎたらしいのよ, いじめたん, いじらしく見せ, いたわりながら, いたわりヒイキ, いろいろな, うらむこと, おかしそう, おしかりに, おたく, おびやかした白木, おぶったまま, おほめ, おまねきし, おもう気もち, おんぶし, お世話し, お伽に, お出し, お前の, お引き受け申し, お得意, お払い箱に, お神さん, お軽, お連れ, お預り, かえしてね, かえりみた, かえり見, かかえた道化師, かかえて, かどわかした怪人, かどわかして, からかうと, かれら, かわいそうに, きらいじゃ, くれると, くれるという, ここに, ここまでに, こっちに, こわがらせては, さがさなくては, さがしその, さきに, ささえながら, さしたの, さしまねいた, さもなつかし, さらいに, さらおうと, さらったり, しかったの, しかったらひどい, しかる気, しずめて, しって, しばって, しんから, すぐこっち, すすめて, せおいあさ, せめました, そっちのけに, その圧服, その家, そばへ, そんな, たしなめなさいました, ただひと口, たってと, たよって, だいじに, だいたうえ, だいたとき, だいた小林君, だいた警官, だきあげて, だきかかえて, だきかかえる, だきかかえ眼, だきすくめこわい, だきとめゾウ, だきとろうと, ちょいと, つかまえたか, つかんで, つぎに, つれさろうとして, つれもどしに, とりまいて, どうお, どうした, どうして下さいます, どこの, どっかへ, どんなに想っ, なぎ倒しふりむいた松山, なぐさめて, なぐるの, なぜ殺さなかった, にらみつけながら, にらんだそう, ねせつけた, ねせつけて, ねむりから, のせたまま, のせてから, はげました, はげましました, はさんで, はじめ北原君も, ひきとめました, ひっかかえ, びっくりさせよう, ほうりこみ自分, ほめて, ほんとうに, また元, みつけたわ, みつめた, みて, みんなが, もてなすつもり, ものに, やりますから, やる決心, ゆすぶったり, ゆすぶりつづけた, よく見, よこして, よこしましょう, よびに, よぶとか, りょうわきにかかえるようにしてだきあげたかとおもうと, わたしました, カフェーに, カフエーに, カンゲイした, クラブまで, グイグイ引っ, コッソリその, ターチャん, チョビ安は, テーブルの, トンガリ長屋へ, パチン, ヘソの, ホテルに, 一しょに, 一人おい, 一人で, 一人ぼっちに, 一度酔っ払わし, 一時喜ばしたい, 一等かわいがる, 一等可愛がる, 三河屋の, 下町の, 不器用などと, 不思議そうに, 両手で, 中心として, 中村家の, 人じち, 介抱すべく, 他へ, 休ませたから, 会計係として, 侮る気, 促して, 借りて, 元気づけながら, 先に, 再び白骨, 出してから, 出すの, 利かせたが, 刺戟しまい, 助けださなくっちゃ, 助けに, 助けるつもり, 動かして, 勝手に, 取去って, 取戻して, 口説いたね, 可愛いがっ, 可愛がらなきゃあ, 可愛がるかい, 可愛がるからって, 可愛がるの, 可愛がるん, 可愛ゆい, 台湾へ, 叱ったり, 叱って, 叱らすん, 吉祥寺駅まで, 呼びかけました, 呼びこんだ, 呼びたて, 呼びつけて, 呼び大抵, 呼ぶに, 呼ぼう, 呼ぼうと, 嚇か, 困らせた, 困らせるよう, 変装させなさい, 大巻の, 失うこと, 失望せしめる, 奥へ, 奪ろう, 好い人, 妹として, 妻わした, 娶って, 嫁に, 嫌いじゃ, 守らなければ, 守るため, 安心さし, 安心させる, 完全に, 宙釣りに, 定めたといふ, 家に, 寝かしちゃ, 導いて, 小わきに, 少し驚かせました, 帰して, 帰すと, 廊下で, 引きよせ両手, 引き留めると, 引っぱり出してえもん, 引っ張り出したお詫び, 引摺り込みました, 張りこませたって, 張りに, 強盗の, 役人が, 待ちながら, 待って, 後から, 御存じでしたろう, 御馳走し, 心から, 心配させ, 忘れて, 怒りつけて, 怖がるん, 思いおこし段々, 思いやるわ, 思い出して, 思うと, 思って, 怨んで, 怪我させ, 恨んで, 悲境に, 想って, 愛しても, 慕うよう, 憎いと, 憎らしいと, 懇に, 懐かしがる, 成立たせない, 手放して, 打つならさあ, 抱いてた方, 抱えて, 抱え込んで, 抱きかかえて, 抱きながらの, 抱き締めて, 押えるから, 押しのけるよう, 押し付けようと, 招ぼうかしら, 振りあおいで, 振る, 振返る, 採用した, 探さないか, 探すため, 救うべく高山, 救ったもの, 早く一遍此処, 朝野は, 本当に, 本当に想っ, 梯子口から, 樽ちゃんと, 歯痒ゆがらせます, 死なせたくなんか, 死刑台へ, 殺しかねないの, 殺したくなること, 殺すつもり, 殺す気, 殺そうとは, 殺って, 気の毒に, 江戸の, 泣かせた記憶, 活用した, 渇仰する, 瀬戸物問屋の, 烈しくゆすぶりました, 熱海に, 片手に, 物に, 狂喜させた, 生かしたいとも, 生かして, 生み落すと, 生んだ時, 生んだ貧乏, 産んだのち, 用意し, 町まで, 畳へ, 疑ぐってるものはありゃしません, 疑って, 病院に, 療養所に, 発見し, 相当話せる, 真先に, 知ってるん, 知らないの, 知りませんか, 磯五は, 神明の, 私に, 私は, 羨ましがらない, 背中に, 良人に, 芝居に, 苛めたと, 苦しいもの, 裏切って, 見い, 見かけて, 見かけなかったかい, 見かけるより, 見すえて, 見た, 見つけちゃったん, 見つけて, 見つけましたが, 見つけると, 見つめて, 見てると, 見ましたよ, 見ること, 見上げて, 見上げました, 見下ろして, 見染たん, 見直すと, 見立てた御用, 見舞って, 見送って, 見送りに, 覚えて, 言葉で, 訪ね引きとめられるま, 試験場の, 話相手と, 誘惑する, 誰が, 請出せば, 讃美し, 負かすと, 貰えと, 貰って, 貴方に, 起しました, 起し多賀ちゃん, 身請し, 車から, 追いかけて, 追いかけました, 追い回したこと, 追っかけて, 追分から, 退引, 送りこんでから, 送り返して, 連れては, 連れに, 遇する如く, 遣ること, 邪魔に, 酔い潰して, 酷く叱った, 里へ, 釣ったわけ, 陰に, 頂きますよ, 預けて, 頼りに, 顎で, 顧みて, 食おうなん, 食べて, 養子に, 駕籠へ, 驚かすつもり, 驚かすと, 驚かす物音, 驚かそうじゃ

▼ ちゃん~ (310, 2.4%)

11 二人で 8 一緒に 6 いっしょに, して 4 ふたりで, 並んで, 云って, 呼んで, 遊んで 3 三人で, 井上くんと, 同じよう

2 [17件] いって, した, ついたとか, ゆう子さんは, 勇ちゃんは, 同じこと, 呼ばれて, 富ちゃんが, 徳ちゃんは, 敏ちゃんは, 正ちゃんは, 武ちゃんは, 私とが, 約束した, 結婚し, 結婚します, 結婚する

1 [216件] あっちこっち歩く, あなたの, いいたい気持ち, いいますが, いえども, いったらお, いつもお家, いろいろ話し, おかあさんの, おかあさんは, おせんちゃんとは, おなじよう, おなじ中学, おばさんが, おれとが, お母さんは, お神さん, お銀様, かね子さんは, ここで, このお手伝い, このよう, この拙者, した人, した人間, した典拠, した口調, した本棚, した標準語, した食事, しといたり, すっかり話し, する様, そのほか女の子たち, その一行, その話, その連れ, それぞれの, それは, そんなにちがわない, だったらこんな, どうかした, なら僕, なら結婚, にやにや話し, ふたりきりで, もうれつ, よくにた, よく話, よく話す, よぶ声, わか姉さんという, わたしが, カヤち, トシ子ちゃんは, ノロちゃんの, ハンカチの, ビスケットなどを, フヂエに, 一ちゃんと, 一郎と, 丁度おなじ, 七人の, 丈吉君を, 三万円の, 三人の, 三越まで, 両国手, 並ぶと, 久助さんとが, 久助の, 二つ下でしょう, 二人お, 二人きり, 二人きりで, 二人ずつ, 二人ハアハア, 二郎ちゃんの, 云うの, 云うものの, 云う人, 云った, 云ったその, 云った評判娘, 云われた母, 五時すぎ外へ, 仮の, 仮橋の, 仲が, 仲よくする, 仲良しだ, 伊馬さんと, 俊ちゃんぐらいな, 俺らとの, 健ちゃんが, 健ちゃんは, 光ちゃんです, 光一さんとが, 八重子とで, 冬子の, 出かける, 初対面だ, 別れるの, 前後し, 勇ちゃんと, 原っぱの, 叔母さんの, 可愛がっ, 同じくらい, 同じ年ごろ, 同じ石津隊, 同情し, 同断である, 同時に出征, 向い合せの, 向い合わせ, 呼ばずお雪さん, 呼ばれた小女, 呼びかけること, 呼び交わす機, 呼び合って, 呼ぶの, 呼ぶもの, 呼ぶよう, 善ちゃんは, 喧嘩する, 四方子ちゃんに, 夏休みに, 大屋五郎と, 大笑いしました, 姉やとは, 宇治山田の, 安公は, 安積, 家の, 宿所を, 寿江子に, 寿江子の, 小林だ, 小柳雅子とは, 小母さんとの, 山根寿子親子も, 帰って, 弁信とを, 弥兵衛さんとは, 当面の, 心中する, 抱き合って, 拙者が, 拙者に, 指摘され, 敏ちゃんとは, 木村くんと, 木村ミドリちゃんと, 木村敏夫くんと, 来たらこれ, 森下トシ子ちゃんが, 森谷家の, 正ちゃんとは, 正ちゃんの, 此処で, 歩きながら, 毛は, 池袋で, 河村さん, 清ちゃんが, 清ちゃんと, 清ちゃんは, 物ほし, 用意し, 留守番の, 発ちゃん, 皆が, 相似の, 眼が, 知って, 私とは, 私は, 私を, 競争し, 竹子さんが, 笑いました, 結婚したい, 結婚を, 繁ちゃんとの, 肩を, 船住まいを, 落合って, 蝋小屋で, 行くこと, 見て, 親しくなった, 言い人間界, 言い色, 言うの, 言うよう, 言って, 言っても, 言葉の, 計画し, 訣れました, 話して, 話してたとこ, 踊って, 踊りたい, 踊りたいの, 返事する, 遊びはじめました, 遊べるん, 遊んだ夢, 野崎サユリちゃんの, 隆ちゃんとでは, 雪子が, 青山に, 面を, 鬼火が

▼ ちゃんという~ (142, 1.1%)

10 のは 8 子が 7 子は 6 のが 5 子を 3 女の子が, 子の, 子も 2 のも, のを, ふたりの, ものが, 人の, 人は, 娘が, 子と, 方は

1 [79件] あたしと, あだなで, あだ名で, お方は, かわいい妹, かわいらしい少女, その少年, それは, ついこのごろ, のよ, ものは, ように, れっきとした女房, んです, チビの, パラシュートの, 七つに, 三十歳前後の, 人が, 人である, 人を, 人物は, 保護者を, 児と, 児は, 十歳の, 原子の, 友達を, 可愛いお, 可愛ゆい, 名, 名が, 名である, 名の, 名を, 名前だけでも, 名前な, 名前は, 呼び名で, 女の子を, 妹と, 姉に, 娘さんの, 娘さんは, 娘さんを, 娘だ, 娘である, 娘と, 娘まで, 娘を, 子あの, 子でありました, 子に, 子供が, 子供との, 小さな人間, 小娘を, 少女と, 少女も, 少女を, 少年が, 屋台の, 幼な, 幼馴染に, 息子が, 愛称で, 猫が, 男の子が, 男の子の, 男の子少年悠造大人の, 百合の, 美い, 色は, 若い女中, 若い船員, 近所の, 重い荷物, 風に, 飛行機が

▼ ちゃんには~ (119, 0.9%)

3 それが 2 何も

1 [114件] あげないわ, あの本, いいお客, いっこう返事, いまどの, おきえさん, おことづけ, おっしゃったよう, おれの, かいこが, かえられないでしょう, かえられませんから, かないません, かなわない, かなわないわ, ききわけが, ここよりは, こたえず顔, このにいさん, この飴玉, さっぱりのみこめない, すこしは, そう云う, その話, それほどむずかしい, たった十円, たびたび泣かされた, ちょっとおかしく, つらく当たるだろう, とても敵, とり合わずに, どうする, なか, なさけないの, なにごとも, はっきりと, ひと目で, ひと足さきに, ほんの少し, まことに気の毒, まだお, みんなわかっ, もう会釈, もう着いた, もう自分, よくおなか, よくわかっ, よく受取れない, よく逢います, よろしく言っ, わかって, わからないので, わからなくなって, わたしの, ハッキリと, バンド, 予想外だった, 二三日の, 以後を, 会えるか, 似合って, 何か, 何でも, 何故一つ, 僕の, 光って, 分かりますよ, 叔母に, 受けとれなかったの, 受取れて, 品川の, 唇を, 大いに同情, 大きい少年, 婚礼の, 少しうとましい, 徳ちゃんの, 怖いもの, 意外に, 感ぜられて, 故郷という, 敵わ, 文具, 新聞も, 本と, 毛皮の, 気の毒だ, 浴衣と, 特別五ヵ月月賦で, 目付かった, 真実いとしい, 私も, 立派すぎる, 米友さんが, 罪は, 肩ぶとん, 草双紙が, 荷造りしました, 藤山絶対である, 見えないわね, 見本として, 親方が, 解って, 計算が, 財産が, 赤いリボン, 身の, 近日慰問袋を, 通じなかった, 都会人らしい, 随分いろいろの, 養子を, 骨が, 高円寺行きの

▼ ちゃん~ (113, 0.9%)

3 繁ちゃんの 2 お母さんの, ないの, ゆう子さんの, 二三人の, 勇ちゃんたちが

1 [100件] あかちゃんや, あや子さんや, うまうまを, お仙ちゃんなどと, お仙ちゃんは, お坊ちゃん, お銀様, かつ子さんたちが, かつ子さんや, かね子さんが, かね子さんの, きゅうを, けおこし, こいさんは, これを, しづちゃんや, その他先日来たまっ, その弟, たかちゃんに対して, たかちゃんの, とめ子さんの, と時間つぶし, どうせいわせず, まだ何, もうすぐお昼御飯, よし子さんたちが, よし子さんは, アは, チョビ安は, ペンさんに, ミイちゃんの, ー, 三ちゃんの, 乙坊だって, 今日は, 他の, 何か, 俊ちゃんが, 俊ちゃんだって, 俊ちゃんと, 俊ちゃんとは, 俊ちゃんに, 俊ちゃんの, 俊ちゃんは, 信ちゃんたちが, 健ちゃんの, 光ちゃんは, 八重子の, 八重子達に, 兼ちゃんが, 冨美子お祝いに, 勇ちゃんや, 可憐そうに, 吉雄さんたちと, 哲ちゃんが, 善ちゃんや, 女の子の, 姉さんは, 小柳雅子と, 年ちゃんが, 徳ちゃんたちが, 徳ちゃんの, 徳ちゃんや, 晴ちゃんで, 末ちゃんの, 次郎ちゃんと, 正ちゃんが, 正ちゃんたちと, 正ちゃんと, 武ちゃんの, 武ちゃんは, 武ちゃんや, 洛北の, 清ちゃんの, 父うちゃんはねえいまお, 物事は, 私に, 私や, 繁ちゃんが, 繁ちゃんだって, 繁ちゃんにも, 繁ちゃんは, 繁ちゃんまで, 繁ちゃんも, 義ちゃんとめ子さんたちの, 義ちゃんや, 義雄さんよりも, 誠さんは, 輝が, 輝を, 透さんの, 透さんは, 達ちゃんや, 鉄ちゃんが, 阿母さん, 隆ちゃんの, 隆ちゃんへの, 静ちゃんや, 韓国兵が, 鶏が

▼ ちゃんお前~ (97, 0.7%)

3 という子 2 の方, はこんな, はそれ, はよく, は何時, もお

1 [82件] あの黒ん坊, あんなこと, から話し, がこれ, がまた, がもし, がよく, が喋った, が悪い, が書いた, こそどこ, じゃけに打ちあける, その物言い, だねッて, ちょっとこれ沸, という女, どうしていた, どうしてそれ, なんぞはまだ, にこの, にはいろいろ, にはお, にも少し, に逢っ, に頼む, のいる, のこと, のハンカチーフ, の前, の悪い, の毛, の気, の部屋, の顔, はいつも, はお, はこの, はさいぜん, はその, はそんな, はだいぶ, はどう, はね可哀相, はまるで, はわたし, は一ちゃん, は一人, は一体, は一旦, は今, は何, は叔父さん, は孕んだ, は彼処, は後生, は正直, は母さん, は盗む, は足, また猫, また笛, まで弱っ, もこれ, もたんと, もまた, ももう, も丸髷, も仲間, も帰る, も彼処, も御免, も御覧, も着, も行っ, わかって, 又何, 寒くは, 怒って, 生きて, 行って, 逃げ出す気, 飛べるか

▼ ちゃん~ (76, 0.6%)

5 めえ 3 よしよ, 出 2 押しよ, 遊びな, 馬は

1 [59件] かえんなさいを, けいちゃん, せい様も, たのしみね, はいり, べんとう, まいか, よしなさいそんな, よしなさいね, 一人で, 乗りよ, 人形だ, 偉いです, 出し, 出ばなが, 出掛に, 勉強, 国の, 塩気が, 大事に, 嫁に, 宅に, 寒くなりました, 庄ちゃんと, 床を, 弾きよ, 才はんが, 放しでないよ, 染と, 梅ちゃん奧田さんなど, 棺達ちゃんそれから, 楽しみ, 歌いなさいな, 止しなさいよ, 淋しいでしょう, 燗よ, 父う, 爺ちゃんは, 留守居が, 百合ちゃん, 百合ちゃんと, 祖父ちゃんは, 縫ちゃん, 美夜ちゃん, 聞き, 聞きこの, 艶ちゃんったら, 花でしょう, 茂ちゃん起きない, 菰敷いてる, 蜜柑もっ, 行水を, 裏の, 起きよ, 遊びなさい, 邪魔を, 酒が, 酒と, 酒の

▼ ちゃんにも~ (70, 0.5%)

2 わけて

1 [68件] いっしょに, いわないで, うれしいこと, おかあさんにも, おなじよう, お世話に, お前にも, お土産, お変りも, お祖母さんです, お裾分けしました, かね子さんにも, けんとう, このこと, この細く, すっかり思っ, ぜひいらっしっ, そういっ, そう云う, その位, そんな事, どうか遊び, なかなかいい, なかなかよい, ひと役働い, ゆっくり書き, よろしくお伝え, わかったから, わかるでしょう, ソッと, 一と, 一ぱい飲まし, 一冊ずつ, 一寸話し, 一度会っ, 一言何とか, 云う, 人の, 仕事を, 会えない東京, 似合わないひどい, 何か, 俊ちゃんにも, 出来るだけ, 分けて, 列席し, 勇ちゃんにも, 口を, 合わす顔, 御土産, 意外に, 手伝って, 日本一太郎にも, 月給, 柳ちゃんにも, 次郎ちゃんにも, 済まなかった, 疵の, 相談しました, 行けって, 衣服が, 話したこと, 話して, 読んで, 買って, 送りましょう, 関守氏が, 雑作なく

▼ ちゃんから~ (61, 0.5%)

4 手紙が 2 話を

1 [55件] あなたの, あんじょう話しとい, おもしろい相手, お母さんと, お礼の, お菓子を, きいた話, きき自分, きょう手紙来, こうしてお茶, そんなもの, たびたびきい, だろう, どういうこと, なさい, もらったん, ようすを, エハガキが, ハガキが, ハガキ来, 与えられた珊瑚, 云って, 今日話が, 先程手紙で, 千メートルばかりは, 又五日, 哀求的に, 大屋五郎を, 大急ぎで, 嫌われなければ, 左様な, 巧い, 念を, 思いがけなく先生, 手紙さし上げる, 手紙来, 手紙来ました, 提出される, 水を, 消息まだ, 目を, 祖母ちゃんへと, 聞いた鮎子, 聞かされた白馬, 航空便が, 航空便で, 言伝かっ, 誘われたが, 貰う御, 貰ったの, 返事が, 遠ざけようて, 電報で, 電話を, 頂いちゃ

▼ ちゃん~ (57, 0.4%)

8 はない 6 はなかっ 3 通って 2 はなく, もない

1 [36件] あらと, いい, えらい人気, おしまいに, げすよ, こっちが, さえうからなかった, さえこう, そのため, その場, そんな人, とおって, はありません, はなくなっ, は小さく, は御座いませんでしょう, は無かっ, は随分, もそんな, もまだ, も悪戯, も末子さん, も次郎ちゃん, も言わなけれ, も誰, も連れ, チねえ, 他の, 何しろ天使まがい, 前後の, 威厳を, 持って, 救われたけれど, 朝鮮の, 本当に気, 沢山だ

▼ ちゃんたち~ (49, 0.4%)

2 が遊ん

1 [47件] があそん, がからかっ, がこうもり男, がさっき, がべいごま, がボール, が原っぱ, が帰る, が戻っ, が自転車, が見, が輪, が集まっ, だって買っ, でみんな, といっしょ, とボール, と懇意, にもお話, にやき, に聞い, のお, のかあさん, のこと, のとなり, のれるの, の写真, の参詣, の家, の組, の話, はこの, はライス・カレエ, は三日, は二階, は何処, は大変, は富雄さん, は小山, への慰問袋, へ送る, をお, を御覧, 久しく行かなかった, 時々アブレ, 言って, 買って

▼ ちゃんどう~ (49, 0.4%)

13 したの 4 したん 3 した 2 したんだい, する, だいこの

1 [23件] あの一斉, おしだ, これが, したいお雪ちゃん, したのよ, したらいい, して, してる, しました, だ, だい, だい旅へ, だったい, だったでしょう, だったの, だねえ, だろう, だ乗鞍ヶ岳, でした坊さん, でしょう, ですか, なんだい, 思う

▼ ちゃんとは~ (48, 0.4%)

2 古い馴染

1 [46件] いえないほどに, おそるおそる池, お友だち, お察し, お店, かたみに一間, この家, しばらく顔, その前, そんなこと, たいへん仲よし, だまって, ちがう形, ちがって, ふたりの, まだ何, まっくらやみ, めいめい胸に, よく岸本, 下で, 伊太夫の, 似も, 何者です, 兄妹の, 全く別, 十六違う, 台所で, 味噌汁を, 喧嘩する, 大よろこび, 大変仲が, 太宰が, 夫婦だ, 好き合っ, 御同年, 正反対だ, 私の, 私は, 結婚も, 美津子の, 舌を, 質屋と, 違いますよ, 違うぞという, 金春の, 音信不通に

▼ ちゃん~ (42, 0.3%)

642

1 [30件] から, からお, から話す, から酔っぱらっ, がその, がそんな, が女, けれどね, し君, だってこの, っけ, ということ, と一層, と思いました, と思う, と笑われた, ど, な, なとは思った, ねえ, ねもすさん, のでたった, のと, よおまえ, よお前さん, よねえ, ッて, ネ, 事, 確かに

▼ ちゃんじゃ~ (41, 0.3%)

13 ないか 4 ないの 3 ない 2 ないかしら, ないが, ねえか, アない

1 [13件] ありませんか, あるまいし, あんまりやさし, なあ, ないかい, ないかな, ないかね, ないん, なくて, んけんしよう, アねえか, 厭だ, 有りませんか

▼ ちゃんだって~ (41, 0.3%)

1 [41件] あたしだって, あの禽, あれじゃ, いい, いやな, このごろ仲よく, そうそう他, そうだ, そうだろう, そう思うだろう, その姿, だれか, なかなかしっかり者, なにかと, まさかよくなってるだろう, みんなが, みんな落書きしてら, もう喧嘩, やっぱり同じ, やはりその, 今年一杯は, 何だって, 叔父さんは, 可哀想に, 好いもの, 姪と, 家具なんか, 後家さんな, 心得たもの, 急がないと, 悪かった, 意気地が, 来年から, 根負けが, 案外気, 楽じゃ, 源ちゃんだって, 父さんの, 行くと, 買えば, 随分強い

▼ ちゃんもう~ (37, 0.3%)

2 およし

1 [35件] あっちに, いいかげんに, いいから, いいよ, おうち, おじいさんが, おすみ, お互いに, お休み, お帰りなさい, お月様, これで, すんだの, 一つ相談だ, 一つ行ける, 七時半だ, 何時だろう, 喋ったのね, 夜は, 大丈夫だ, 寝んね, 帰りましょうよ, 御ね, 心配しない, 昔の, 昼間でも, 此れ, 沢山よ, 泣いたり, 泣くの, 済んだの, 私なんか, 立って, 起きたかい, 駄目だ

▼ ちゃんあなた~ (35, 0.3%)

2 はもう

1 [33件] ぐらいのそうして, しっかりしなく, すこしは, そんなこと, どうした, どうしてそんな, にこの, にはすまない, には死, に教わっ, に譲りましょう, のその, のため, の珍重, の眼, の馬, はその, はなん, はほんとう, はまだ, は名古屋, は幾つ, は泣かない, は直ぐ, は義姉さん, へよろしく, ほんとにもうお, も, もこっち, もどうぞよろしく, もわたし, 少しお, 聞きちがい

▼ ちゃん~ (30, 0.2%)

2 してるの

1 [28件] いうの, うです大変, うも, かし, か一つ, か御, か聞いた, してる, してんだい, だって, だってお, だってお前様, だってそう, だね, て云った, て名, にも関わず, のお話, の号外, もそない堅, をぼんやり, をみ, を寝ぼけた, を張る, を泣く, を考え込ん, を言ってん, 考えて

▼ ちゃん~ (29, 0.2%)

1 [29件] がアメリカ, が代わっ, が好き, が瀬, が紀伊, この木, すっかり次郎ちゃん, と四人, にこの, のうしろ, のうち急, のお, のはと, はお, はお前, はね近頃, はもう, は君, は安価, は滅びたくない, は葉ちゃん, もいつか, もう八疋, もこの, も不良, よく釣れる, をうしろ, を忘れない, を第

▼ ちゃんです~ (25, 0.2%)

9831 かあんた, からいま, からね, がね困まった, な

▼ ちゃんあんた~ (24, 0.2%)

1 [24件] いい人, かって口惜し, がそんなに, が泣い, が泣いたら, こそ誤解, とが恋仲, と同じ, どうしてこの, どうして健坊, に, に対する自分, に聞い, の気持, は, はあんた, はあんた自身, は死ん, まったく安全, も春子おばさん, を一方, 忘れたでしょう, 栄ちゃんの, 田口の

▼ ちゃん~ (24, 0.2%)

4 あちゃん, え

1 [16件] あいい, あっちへ, うちの, えおやもう, えお入り, お前じゃ, しらん, ちょっと見, どっちか, なんだい, アちゃんと, エ, 困ったなあ, 正ちゃんか, 珍らしい, 誰か

▼ ちゃん~ (24, 0.2%)

2 云うの, 人は, 娘どうして

1 [18件] どこの, どなた, どんな子, のが, のは, のも, まるで正三, 三味線の, 呼んで, 子が, 子は, 小母さんいない, 川本松ちゃん, 書きはりましたさかい, 菊ちゃんの, 言うん, 言って, 言わなかったね

▼ ちゃんその~ (23, 0.2%)

3 人が

1 [20件] お面, かわり姉さんの, つもりで, ぴかぴか光る, ほうへ, まんま寝ちまっ, メダルを, 人から, 人だった, 人には, 人の, 人も, 娘に, 心持で, 息子娘午後から, 指輪どうして, 指輪は, 方が, 病気で, 饅頭を

▼ ちゃんどこ~ (23, 0.2%)

5 へ行った 4 にいる 3 へ行く 2 かしら, へ行っ 1 かへ行く, かアパート, でそんな, でペス, へいっ, へも行っ, 行くの

▼ ちゃんとしては~ (21, 0.2%)

3 お銀様

1 [18件] いい機会, いささか気, この際, そういうこと, それに, ほんとにそうな, まあ開闢以来, 中, 何を, 女王様の, 富雄さんが, 珍しい心, 珍しい感情, 白骨山中の, 笑いこけるほどの, 自分の, 要点に, 見られないほどの

▼ ちゃんとの~ (21, 0.2%)

2 間に

1 [19件] ことなんか, ってかえりました, 世界が, 二人ぐらしで, 二人で, 交際は, 仲に, 仲を, 別れだ, 名乗り合い, 噂が, 小さな声, 影も, 思い出が, 思い出の, 暮しだ, 約束も, 間が, 間には

▼ ちゃん~ (21, 0.2%)

1 [21件] がやる, が縁起直し, このお, そんなもの, とリンさん, と三人, と結婚, にいうた, の云う, の代り, の家, の顔, はどうも, はね頭, はもう, は一寸用, は敗北者, もう一本, もここ, も久しく, 眠ります

▼ ちゃんこの~ (20, 0.2%)

1 [20件] あいだは, お茶うけ, お魚, ことかい, はち, カフェは, ボタン知らない, 人形と, 兄ちゃんも, 問題については, 方が, 方私の, 次は, 海の, 肉は, 車で, 門は, 頃あの, 頃ハンカチの, 風呂敷に

▼ ちゃん~ (20, 0.2%)

2 のこと

1 [18件] から見る, がかえって, がその, が大きく, に進げ, のお母さん, の大きく, の方, の考える, はなかなか, は後まわし, は昨夜十二時すぎ室積, もいらっしゃい, もこれ, も学校, も東京駅, も笑っ, を呼ん

▼ ちゃんだけは~ (19, 0.1%)

1 [19件] いつもうどん粉, うれしがっ, お父さんが, それを, そんなこと, ちゃんともと, どうしても持たなかった, どうやら鼻風邪, べつに教わり, ぼんやり沖, 例によって, 先刻から, 出られるとしても, 家に, 旅から, 気に, 真剣でした, 笑わなかったし, 興を

▼ ちゃんこれ~ (18, 0.1%)

2 はお前

1 [16件] お上り, があなた, がお, さ, だけにし, だと, でええ, なア, に五六年前, はいったい, はしぶい, もっと違った, を架空, を糸, 見て, 読むと

▼ ちゃんへの~ (18, 0.1%)

1 [18件] おせんべつ, お土産, たより島田への, ものは, 不思議な, 伝言の, 悪感情, 愛に, 手紙で, 手紙に, 授かり物, 本, 義理に, 腹いせも, 袋も, 詩の, 送るもの近日中, 速達の

▼ ちゃん一人~ (18, 0.1%)

3 では

1 [15件] かもしれません, が困る, が狼狽, だった, でいい, でさぞ, で困って, で空想, で食べ, なの, に褒められた, の折, の間違い, を置い, 残して

▼ ちゃんあの~ (17, 0.1%)

2 方は

1 [15件] お庭, 人の, 人間は, 娘さんを, 子が, 方の, 曲が, 木の, 津村さんごはん食べてる, 犬を, 男と, 福兄さんが, 賢ちゃんがね, 赤い雲, 電気看板は

▼ ちゃんお前さん~ (16, 0.1%)

2 の質問

1 [14件] お食, その帽子, という人, にまで心配, にもお, に言う, の下駄, の許, はなんにも, は何, は大きく, またな, も将来, 上がらないの

▼ ちゃんなら~ (16, 0.1%)

1 [16件] いつかお, きっと出来る, きっと売れる, さっきチョット, そちらの, たとえ幽明ところ, と彼女, どんな激しい, ば, ばこんなに, ばほとんど, ば入り, へえッ, 弁信も, 本職よりも, 金吾さんの

▼ ちゃんなんか~ (16, 0.1%)

1 [16件] お母ちゃんは, お辞儀を, この際ベルリンあたり, これからだ, びっくりしちゃっ, ほんとにありがたい, 一日に, 何だい, 半日も, 口を, 忘れた方, 東京へ, 殺して, 知らないさ, 行って, 馴染に

▼ ちゃんより~ (15, 0.1%)

1 [15件] おそいや, ずっと多い, そのお祖父さん, もっと小さな, わたしの, 僕の, 名取りの, 四年級も, 多いやろ思う, 少し若い, 本家が, 来信, 私の, 辛棒が, 頭脳は

▼ ちゃん~ (15, 0.1%)

1 [15件] あずかって, がそう, が素敵, が行っ, と判っ, にひとつ, に話したい, の家, はまだ, は中村, は小説, は知ってるだろう, は肉体的, は陰, も行っ

▼ ちゃん~ (15, 0.1%)

2 土産が

1 [13件] きいちゃん御, ゆきちゃんこんな, 一緒だった, 冗談を, 医者様の, 友達の, 城址へ, 大事に, 挨拶を, 精が, 話が, 贔屓が, 辞儀は

▼ ちゃん自身~ (15, 0.1%)

1 [15件] が今, が帰っ, が自分, でもそれ, で書いた, で書く, とふたり, にある, のこと, の善根, の好み, の気持, は白骨, もかなり, も一向

▼ ちゃんそんな~ (14, 0.1%)

4 ことを 1 えらいひと, こと覚え, こと言わない, とこに, んかね, 事したら, 強いこと, 時に, 眼を, 陰気な

▼ ちゃんだった~ (14, 0.1%)

3 のです

1 [11件] かい, かもしれない, かも知れない, ことは, っけね, にちがい, ねと言ったら, の, のである, ので皆, ものだ

▼ ちゃんちょっと~ (14, 0.1%)

1 [14件] あつくし, いらっしゃい, お待ち下さい, ここへ, それを, まって, も痩せ, 出とくな, 外へ, 御供所まで, 来て, 此方を, 考えて, 開けて

▼ ちゃんそれ~ (13, 0.1%)

1 [13件] およこし, じゃア私, じょうだんなんでしょう, でいい, でよろしい, に気イ, はなん, はほんとう, は地, は雑巾, よりもねえもっと, 少し飲んだら, 本当にあんた

▼ ちゃんとして~ (13, 0.1%)

1 [13件] いよいよ要領, お目, このお嬢様, ちっとも泣き, なくては, ゐるん, 坪内先生に, 太郎に, 将来役に, 引上げた, 置きました, 若者たちの, 行ったお客様

▼ ちゃん~ (13, 0.1%)

2 んだ

1 [11件] の, のだ, のである, のなあんだ, のね, のまあ, んか, んざこんな, んで, んです, 先生おばあさんと

▼ ちゃん~ (13, 0.1%)

2 お前の

1 [11件] うく覚え, おい, お前えらかろ, お前は, そない, ウと, ウ兄ちゃんようと, ウ勘弁しなっ, オ, 今にこの, 覚えて

▼ ちゃんあれ~ (12, 0.1%)

1 [12件] からどうして, から後, がかえって, くいて, だから, はあれッ, はどなた, は人造犬, を見, を見ろ, プロペラだ, 人間だ

▼ ちゃんいい~ (12, 0.1%)

2 かい, ものを 1 からお, ことが, だろう, だろうアベック, でしょう, 仔だ, 子だ, 家が

▼ ちゃんここ~ (12, 0.1%)

2 で何 1 から学校, にお菓子, にこんな, に去年炭焼き小屋, の植木, の釦, は地獄, へき, へ来る, よ

▼ ちゃんそんなに~ (12, 0.1%)

1 [12件] おっかない, おてんば, おれの, 写真を, 執念深いかしら, 心配し, 心配しない, 拗ねんでも, 振っては, 泣かなくても, 言うなよ, 言うもの

▼ ちゃんわたし~ (12, 0.1%)

1 [12件] があと, の小母さん, の方, はいま, はこれから, はどうも, はね人間, は今, は今日, は都合, も踊る, を忘れちまった

▼ ちゃんなに~ (11, 0.1%)

2 してんだい 1 あげよう, いってるの, きて, して, もきみ, をし, を拾いました, を考え, を食べ

▼ ちゃんだけが~ (10, 0.1%)

1 いないの, おりません, かけがえの, ずっと一緒, ぼくと, 全く新しい, 帰らないの, 帰らないん, 無言を, 物知りでなく

▼ ちゃんにとっては~ (10, 0.1%)

1 この相手, その大きな鳥, その滝, まあ何, よい機会, 何よりの, 全く案外, 大きなよろこびだった, 実の, 新しいの

▼ ちゃん~ (10, 0.1%)

2 向って 1 おみやげの, だって云, 向けた, 懇, 折入っ, 注意した, 片仮名絵入りを, 電話が

▼ ちゃん今日~ (10, 0.1%)

2 はどうか 1 は, はおしゃれ, はきょう, はどう, はもう, は中, は大丈夫, までね学校

▼ ちゃんがね~ (9, 0.1%)

1 お前の, このお, とつぜん気, また喘息, 息せき切って, 支那の, 早くよく, 昨日から, 風船球を

▼ ちゃんそう~ (9, 0.1%)

2 じゃない 1 お前の, して, 取越し苦労, 思って, 思わない, 恐がらんでも, 貴女の

▼ ちゃんって~ (9, 0.1%)

2 いうん 1 いいとこ, お安く, ものが, 云うん, 君の, 呼びながら, 子の

▼ ちゃんとこ~ (9, 0.1%)

1 でしたやう, と思っ, に沢山, に行きます, に行けなくなったら, へも行ったろう, へ泊る, へ行きましょう, へ行っ

▼ ちゃんばかり~ (9, 0.1%)

3 では 1 でありません, でした, で久助, なんだ, 可愛がるじゃ, 御可愛がりなさい

▼ ちゃんまだ~ (9, 0.1%)

1 かまだ, その前, ねてるの, 仕度も, 寝て, 寝てな, 帰らないの, 着更, 蛙が

▼ ちゃんみたい~ (9, 0.1%)

1 なの, な人, な人間, な顔, にきれい, になり, に上手, に夏休み中, に素直

▼ ちゃんらしい~ (9, 0.1%)

21 なと竜, のです, ものの, 人を, 大きな声, 気が, 顔色に

▼ ちゃんこんな~ (8, 0.1%)

3 ところに 1 人達の, 工合で, 日に, 易しいもの, 遠いところ

▼ ちゃんまで~ (8, 0.1%)

1 ついて, やられたと, 一緒に, 動員し, 殺そうとして, 眼に, 親切に, 起きて

▼ ちゃん~ (8, 0.1%)

1 が一番大事, なにかいった, のうち, までいう, 下に, 帰って, 着て, 電話掛った

▼ ちゃん大変~ (8, 0.1%)

1 だこれ, だよ, でしたね, なこと, な臆病, に宜, よ顔, 遅かった

▼ ちゃんいつ~ (7, 0.1%)

1 からこっち, がいい, でも帰っ, までも帰らなかった, 来たの, 気が, 結婚する

▼ ちゃんしっかり~ (7, 0.1%)

1 おしおまえ夢, おしよ, お投げ, さあぼく, して, しなくちゃ, たのむよ

▼ ちゃんそこ~ (7, 0.1%)

1 にいる, においで, にす, のところ, の火箸, へ坐っ, へ火

▼ ちゃんたら~ (7, 0.1%)

1 いつまで, いつもワニさん, そんな黄色い, とても慘, ね髭すり道具, 変な, 大気炎だ

▼ ちゃんだの~ (7, 0.1%)

1 お喜代, ならい, みいちゃんだ, ナポ公だ, 吉公だの, 小しめさん, 道庵先生だの

▼ ちゃんとも~ (7, 0.1%)

1 あろうもの, お雪さんとも, すさんとは, 仲よく, 会わなきゃなんない, 平気な, 懇意に

▼ ちゃんどうして~ (7, 0.1%)

1 あんなところ, います, そんな脚, 夫婦の, 洋服きない, 浪花節聴かない, 造るの

▼ ちゃんなどと~ (7, 0.1%)

1 いったが, じき隣の, 冗談に, 号するいわゆる, 昔通りの, 歌って, 溝の

▼ ちゃんなんかの~ (7, 0.1%)

1 ことを, こと考える, 仕事は, 所謂影響の, 知ったこと, 紹介で, 若い時分

▼ ちゃんのは~ (7, 0.1%)

1 あとの, あれは, いつも本当に簡単, すばらしく大きいん, だかを, 何と, 最初から

▼ ちゃんまた~ (7, 0.1%)

1 このごろ雲隠れお, クルッと, 台風が, 困ったこと, 堀を, 忘れてる, 追いかけて

▼ ちゃんハーちゃん~ (7, 0.1%)

3 と同じ 1 ですよ, には藤山絶対, は常に, も同じ

▼ ちゃん待っ~ (7, 0.1%)

1 ておい, てくれ, てて, てはる, てよ, てん, て下さい

▼ ちゃん御覧~ (7, 0.1%)

31 なさい私, になっ, ほら向う, 似合ったかい

▼ ちゃん~ (7, 0.1%)

1 っともない, てい, てごらん, て御覧, て来る, に来, に行っ

▼ ちゃんあたし~ (6, 0.0%)

1 が手水, にも, に死ね, のお祖父さん, よ, をどう

▼ ちゃんあんまり~ (6, 0.0%)

1 ひどいじゃ, よ, タマを, 向うへ, 声が, 良ちゃんを

▼ ちゃんでも~ (6, 0.0%)

1 やって, 不思議に, 困ったろうと, 病みつこうもの, 舁いて, 誘って

▼ ちゃんとが~ (6, 0.0%)

1 おそろしい水, たちまち打ちとけ, 二台連結で, 急に, 毎日午後時間を, 話を

▼ ちゃんなど~ (6, 0.0%)

1 半年も, 大谷さんと, 本当に沈潜, 相変らず, 見向きも, 野原の

▼ ちゃんなる~ (6, 0.0%)

1 ことが, その娘, もののいかなる, 哉, 女性とは, 重役先生が

▼ ちゃんわたくし~ (6, 0.0%)

1 が一足さき, の方, はあの, はこれ, はこれから, はそう

▼ ちゃん一寸~ (6, 0.0%)

1 お出で一寸で, お留守居, お見せ, そこまで, 来て, 胸を

▼ ちゃん~ (6, 0.0%)

1 ほくでした, ヘバリです, 心痛です, 憤激です, 明神だ, 満足でした

▼ ちゃん早く~ (6, 0.0%)

1 いらっしゃいな, おいで, しないと, 下りて, 来い, 赤んぼうんで

▼ ちゃん明日~ (6, 0.0%)

1 から病院, の晩, は縁日, も来, 出られへん, 来て

▼ ちゃん父さん~ (6, 0.0%)

1 がお, が待ってるよっ, と御, のところ, の御, は独り

▼ ちゃんおいで~ (5, 0.0%)

41 よこれ

▼ ちゃんおや~ (5, 0.0%)

1 しきには, とり, とりおんちゃん, とりが, 旦那誠に

▼ ちゃんからの~ (5, 0.0%)

1 お手紙, たよりよかっ, ハガキが, ハガキ一枚, 伝授であろう

▼ ちゃんからも~ (5, 0.0%)

1 お礼を, じきに, よくよく, 手紙来ました, 絶えず聞い

▼ ちゃんこそ~ (5, 0.0%)

1 ねぼけて, 一郎を, 三つも, 忙が, 着物を

▼ ちゃんこちら~ (5, 0.0%)

1 にいらっしゃい, においで, のお, へいらっしゃい, へおいで

▼ ちゃんごめん~ (5, 0.0%)

41 よと言った

▼ ちゃんさあ~ (5, 0.0%)

1 いらっしゃい, ねむろうよ, 帰ろう, 着物を, 行って

▼ ちゃんだけ~ (5, 0.0%)

1 お祖母さんの, そいつに, ですね, では, なん

▼ ちゃんところ~ (5, 0.0%)

1 にも遊び, はいつぞや, へは伺わない, へ行こう, へ行っ

▼ ちゃんとしても~ (5, 0.0%)

1 そう卑しい, 単に金銭, 即答は, 多少危惧し, 改まっての

▼ ちゃんなんて~ (5, 0.0%)

1 ふざけやあ, 云うの, 云うもん, 人は, 呼んだら御

▼ ちゃんにだけ~ (5, 0.0%)

1 まるで三人, 聞えるくらいの, 聞こえれば, 薬売り, 赤犬の

▼ ちゃんについて~ (5, 0.0%)

1 一つこまった, 一度も, 廻り昨夜, 林の, 毎日通う

▼ ちゃんひとり~ (5, 0.0%)

1 しかペス, でお, で鼻, ならどう, の先生

▼ ちゃんもっと~ (5, 0.0%)

1 お踊り, 側へ, 奥を, 早く来れ, 食べなさい

▼ ちゃん叔父さん~ (5, 0.0%)

1 が見, に遊戯, の着物, は, は鈴木

▼ ちゃん居る~ (5, 0.0%)

2 かい, の 1 かえ

▼ ちゃん帰っ~ (5, 0.0%)

2 て来ました 1 てきた, てまた, て来た

▼ ちゃん行っ~ (5, 0.0%)

1 ちゃどう, てこと, てみよう, てらっしゃい, て下さいます

▼ ちゃんきっと~ (4, 0.0%)

1 うれしがるでしょう, 上手に, 兄さんは, 変に

▼ ちゃんきみ~ (4, 0.0%)

21 どうおもう, はぶじだった

▼ ちゃんきょう~ (4, 0.0%)

1 のよう, はお前, はラジオ, は障子

▼ ちゃんこっち~ (4, 0.0%)

1 のこれ, へいらっしゃい, へお, へ入っ

▼ ちゃん~ (4, 0.0%)

1 よちゃ, 健康で, 機嫌よう, 自分も

▼ ちゃんさえ~ (4, 0.0%)

1 ぶじに, 安心し, 帰って, 心を

▼ ちゃんすぐ~ (4, 0.0%)

1 にげよう, にもお伽堂, まいります, 艇へも

▼ ちゃんすこし~ (4, 0.0%)

1 かして, ばかり分け, みい子を, スピードを

▼ ちゃんすまない~ (4, 0.0%)

1 が裸, けどねあす, けど裏, わねえ

▼ ちゃんちゃら~ (4, 0.0%)

1 おかしい, 可笑しい, 可笑しくって, 可笑しく見え

▼ ちゃんである~ (4, 0.0%)

2 ことは 1 かどう, ことに

▼ ちゃんとか~ (4, 0.0%)

1 その店, それで, 壺井さんとか, 蕎麦屋の

▼ ちゃんなぜ~ (4, 0.0%)

1 お前さんは, かこんど, 泣く, 泣くの

▼ ちゃんなん~ (4, 0.0%)

1 だって家, ていう醜態, でも若様, なの

▼ ちゃんにとって~ (4, 0.0%)

1 なんとも, 万更の, 丸髷と, 言い知れぬ力

▼ ちゃんによって~ (4, 0.0%)

2 その蓮 1 人間的な, 救われたこと

▼ ちゃんに対して~ (4, 0.0%)

1 すまない事, まあどうやら満足, ハラハラハラハラし, 野心を

▼ ちゃんへは~ (4, 0.0%)

1 しゃれた紙入れ, 先の, 手紙こちらから, 支那語の

▼ ちゃんほどの~ (4, 0.0%)

1 女を, 娘さんが, 娘には, 文才が

▼ ちゃんほんとう~ (4, 0.0%)

2 にお前 1 かい, にどう

▼ ちゃんよく~ (4, 0.0%)

1 きいて, なった, 帰って, 見えるかね

▼ ちゃん~ (4, 0.0%)

1 で何, にお客さん, へ行っ, へ行ってる

▼ ちゃん今晩~ (4, 0.0%)

21 からわたし一人, はさし向い

▼ ちゃん~ (4, 0.0%)

1 の背中, はやっぱり, は疾, んところ

▼ ちゃん夫婦~ (4, 0.0%)

1 があつまり, のため, の仲がい, も呼びましょう

▼ ちゃん学校~ (4, 0.0%)

2 へ行かない 1 のグループ, の方

▼ ちゃん来た~ (4, 0.0%)

21 よ, わ

▼ ちゃん母さん~ (4, 0.0%)

1 が好い, が死んじゃったら, が行かなく, ねやはり

▼ ちゃん~ (4, 0.0%)

1 いつけな, が小さく, が短い, をつける

▼ ちゃん自分~ (4, 0.0%)

1 からカルルスバード, が帯, でかけなさい, の床

▼ ちゃん頼む~ (4, 0.0%)

1 ぜ, よ僕, わ注射, シャツに

▼ ちゃんあすこ~ (3, 0.0%)

1 がいい, に大きな, の引抜き

▼ ちゃんあんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 家却って, 男に

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

1 ておくれよ, らッし, らッしゃい

▼ ちゃんいつも~ (3, 0.0%)

1 いうと, こけて, 家の

▼ ちゃんいや~ (3, 0.0%)

1 だってばよ, なの, ならば

▼ ちゃんいよいよ~ (3, 0.0%)

1 ぼくは, 五月には, 天国へ

▼ ちゃんいる~ (3, 0.0%)

1 お茶うけよ, かと思った, かね

▼ ちゃんおもしろい~ (3, 0.0%)

1 ことを, 言葉が, 話が

▼ ちゃんおんぶ~ (3, 0.0%)

2 して 1 で好う

▼ ちゃんお父さん~ (3, 0.0%)

1 はね次郎ちゃん, は何処, よ

▼ ちゃんかき~ (3, 0.0%)

2 ってなあに 1 って精進料理

▼ ちゃんこういう~ (3, 0.0%)

2 わけな 1 ことは

▼ ちゃんこんなに~ (3, 0.0%)

1 なって, 晩く, 遅く

▼ ちゃんご免~ (3, 0.0%)

21 ね君

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

1 アさ, 兄ちゃんに, 帰りましょう

▼ ちゃんさっき~ (3, 0.0%)

1 うたって, からのこと, から黒川君

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

2 ッかりし 1 ッかりしない

▼ ちゃんすっかり~ (3, 0.0%)

1 きれいに, 大人っぽく, 自由に

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

1 ないいう, ないに, やろ

▼ ちゃんそっくり~ (3, 0.0%)

1 になりました, の声, の少女

▼ ちゃんたいへん~ (3, 0.0%)

1 だたいへん, だよ, なのよ

▼ ちゃんだまっ~ (3, 0.0%)

2 て聞い 1

▼ ちゃんだろう~ (3, 0.0%)

1 か, とおもいます, と思う

▼ ちゃんちょい~ (3, 0.0%)

1 と, とお母さん, とケラーマン

▼ ちゃんていう~ (3, 0.0%)

1 の, んでしょ, 子は

▼ ちゃんであった~ (3, 0.0%)

1 がそちら, と思う, と気がつい

▼ ちゃんとんぼ~ (3, 0.0%)

1 が取れた, が捕れた, をみんな

▼ ちゃんなぞが~ (3, 0.0%)

1 あらわす不良性, いて, 最早立派

▼ ちゃんなんかが~ (3, 0.0%)

1 あの先生, おっ取り刀, そういう意見

▼ ちゃんについては~ (3, 0.0%)

2 面白い話 1 こんな話

▼ ちゃんにでも~ (3, 0.0%)

1 何か, 広島まで, 来て

▼ ちゃんにゃ~ (3, 0.0%)

1 おせんちゃんの, ア一人の, 千人の

▼ ちゃんはね~ (3, 0.0%)

1 あなたきのうから, そりゃ学校, 解散する

▼ ちゃんもう少し~ (3, 0.0%)

1 お話しよ, ここに, そこに

▼ ちゃんやっぱり~ (3, 0.0%)

1 ゆくの, 代筆, 駄々を

▼ ちゃんよかっ~ (3, 0.0%)

1 たこと, たね, たねえ

▼ ちゃん一緒~ (3, 0.0%)

2 に来 1 に行こう

▼ ちゃん二階~ (3, 0.0%)

1 にいるだろう, に行こう, へゆく

▼ ちゃん今夜~ (3, 0.0%)

1 はこいさん, は乳母, は実に

▼ ちゃん何処~ (3, 0.0%)

1 ぞええ, にいる, にゆく

▼ ちゃん先生~ (3, 0.0%)

1 にはほんとう, の下宿, はあんた

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

1 一つ写真が, 来る, 来るからな

▼ ちゃん吾家~ (3, 0.0%)

1 へお, へ行く, へ行こう

▼ ちゃん呼ん~ (3, 0.0%)

1 であげる, で下さい, で頂戴

▼ ちゃん坊ちゃん~ (3, 0.0%)

1 が, と呼ぶ, の事

▼ ちゃん大いに~ (3, 0.0%)

1 やろう, 感謝し, 酔う

▼ ちゃん好い~ (3, 0.0%)

1 ことが, ねえ, ものを

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

2 かえ 1 じゃあねあれごらん

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

1 のお父さん, へ嫁, へ手紙

▼ ちゃん小母さん~ (3, 0.0%)

1 とこの, にポッポッポ, の家

▼ ちゃん死ん~ (3, 0.0%)

1 じゃいや, でくれる, ではいや

▼ ちゃん泊っ~ (3, 0.0%)

1 ていけ, ておい, てもらえる

▼ ちゃん泣く~ (3, 0.0%)

2 んじゃ 1 とおれ

▼ ちゃん済まない~ (3, 0.0%)

1 がお前, が煙草盆, けれど送っ

▼ ちゃん~ (3, 0.0%)

1 が二三人これ, にサービス, の万歳

▼ ちゃん連れ~ (3, 0.0%)

1 ていっ, てゆけない, て行っ

▼ ちゃん遊び~ (3, 0.0%)

1 にきた, は遊び, まちょう

▼ ちゃん隆ちゃん~ (3, 0.0%)

1 にはもう, には二三日, には荷造り

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 たくしゃ葡萄酒, ばよ

▼ ちゃんああ~ (2, 0.0%)

1 ちゃん, 僕苦しい

▼ ちゃんあっち~ (2, 0.0%)

1 で暫く, へ行っとい

▼ ちゃんあぶない~ (2, 0.0%)

1 からよそう, よ

▼ ちゃんあまり~ (2, 0.0%)

1 興奮した, 高い所

▼ ちゃんある~ (2, 0.0%)

1 がゆえに, 時は

▼ ちゃんいけない~ (2, 0.0%)

1 ってば, わ

▼ ちゃんいったい~ (2, 0.0%)

1 ここは, この重力平衡圏

▼ ちゃんいつか~ (2, 0.0%)

1 みたよ, 頼んだ合鍵

▼ ちゃんいます~ (2, 0.0%)

2

▼ ちゃんうち~ (2, 0.0%)

1 のこと何, は皆男の子たち

▼ ちゃんうまく~ (2, 0.0%)

1 お当て, すれば

▼ ちゃんうるさい~ (2, 0.0%)

1 わよ, わよう

▼ ちゃんうれし~ (2, 0.0%)

1 いっ, そうだった

▼ ちゃんえらい~ (2, 0.0%)

1 なあ, 事書い

▼ ちゃんおじさん~ (2, 0.0%)

1 は海, もついで

▼ ちゃんおとうさん~ (2, 0.0%)

1 かえって来, がかえって

▼ ちゃんおばさん~ (2, 0.0%)

1 が何, の帰っ

▼ ちゃんお前どこ~ (2, 0.0%)

1 にいる, へ行っ

▼ ちゃんお前先~ (2, 0.0%)

1 に寝み, へ寝

▼ ちゃんお前様~ (2, 0.0%)

1 と御新造様, のこと

▼ ちゃんお母さん~ (2, 0.0%)

1 に心配, のお

▼ ちゃんお母ちゃん~ (2, 0.0%)

1 に云う, の云う

▼ ちゃんお茶~ (2, 0.0%)

1 でもおいれなさい, をいれない

▼ ちゃんかと~ (2, 0.0%)

1 云て, 思い急いで

▼ ちゃんかや~ (2, 0.0%)

1 おお可い子, ネロちゃんかや

▼ ちゃんからは~ (2, 0.0%)

1 何も, 冬の

▼ ちゃんかんにん~ (2, 0.0%)

2 してね

▼ ちゃんきのう~ (2, 0.0%)

1 の芝居, 行って

▼ ちゃんきれい~ (2, 0.0%)

1 なシト, になっ

▼ ちゃんくらい~ (2, 0.0%)

1 お洒落は, ですね

▼ ちゃんくらいの~ (2, 0.0%)

1 もので, 背かっこうの

▼ ちゃんこうして~ (2, 0.0%)

1 並んで, 俺達の

▼ ちゃんこのごろ~ (2, 0.0%)

1 めっきり暗く, 少し遊びだした

▼ ちゃんこりゃ~ (2, 0.0%)

1 大変だ, 放って

▼ ちゃんこれから~ (2, 0.0%)

1 お前は, どこかへ

▼ ちゃんごはん~ (2, 0.0%)

1 とおみおつけ, まだな

▼ ちゃんごらん~ (2, 0.0%)

1 なさい, よ

▼ ちゃんご飯~ (2, 0.0%)

1 たべて, は

▼ ちゃんすまなかった~ (2, 0.0%)

1 ね, 僕ぁ

▼ ちゃんすみません~ (2, 0.0%)

1 が今夜, 客間の

▼ ちゃんずっと~ (2, 0.0%)

1 ここに, 書いて

▼ ちゃんそれから~ (2, 0.0%)

1 われらの, 伴の

▼ ちゃんそろそろ~ (2, 0.0%)

1 おしっこじゃ, 落付いたでしょう

▼ ちゃんたまに~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃいよ, 泊って

▼ ちゃんだけに~ (2, 0.0%)

1 そんなひいき, 任して

▼ ちゃんだけを~ (2, 0.0%)

1 好きな, 残して

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 から梯子, へ遊び

▼ ちゃんちっと~ (2, 0.0%)

1 休もうよ, 来た時

▼ ちゃんちの三ちゃん~ (2, 0.0%)

2 が井戸

▼ ちゃんてえ~ (2, 0.0%)

1 のは, もんだ

▼ ちゃんてっ~ (2, 0.0%)

2 ちゃん

▼ ちゃんてん~ (2, 0.0%)

1 だ, だって

▼ ちゃんでした~ (2, 0.0%)

1 かいな, けれども鷲

▼ ちゃんでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけない, ばならない

▼ ちゃんといった~ (2, 0.0%)

1 人が, 処へ

▼ ちゃんといふ~ (2, 0.0%)

1 子と, 子中の

▼ ちゃんとうしろ~ (2, 0.0%)

1 から白眼ん, におります

▼ ちゃんとしての~ (2, 0.0%)

1 一日の, 生活に対する

▼ ちゃんとても~ (2, 0.0%)

1 おもいでしょう, 誰に

▼ ちゃんとを~ (2, 0.0%)

1 つれて, 一緒に

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 げにきつかっ, ない云う

▼ ちゃんどうも~ (2, 0.0%)

1 ありがとうございました, 有難うお礼

▼ ちゃんどんちゃん~ (2, 0.0%)

1 が聞え, の囃

▼ ちゃんなかなか~ (2, 0.0%)

1 いいたんか, そらさないそこ

▼ ちゃんなぞ~ (2, 0.0%)

1 夢遊病者の, 察しも

▼ ちゃんなどが~ (2, 0.0%)

1 私が, 集まって

▼ ちゃんなどという~ (2, 0.0%)

1 子が, 安っぽい綽名

▼ ちゃんなんかと~ (2, 0.0%)

1 二度と口, 遊ぶもん

▼ ちゃんなんかに~ (2, 0.0%)

1 きいて, 負けるもん

▼ ちゃんにだって~ (2, 0.0%)

1 相談する, 聞いて

▼ ちゃんに対する~ (2, 0.0%)

1 とその間, 自分の

▼ ちゃんねえ~ (2, 0.0%)

1 ちゃんといった, ちゃんとよん

▼ ちゃんのから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ ちゃんのみ~ (2, 0.0%)

2 ならず女

▼ ちゃんはと~ (2, 0.0%)

1 くいに, 婢が

▼ ちゃんはネ~ (2, 0.0%)

1 いつもあたい, ずっと以前

▼ ちゃんばか~ (2, 0.0%)

1 だな, に好い

▼ ちゃんほら~ (2, 0.0%)

1 このへん, 臼だ

▼ ちゃんほんとに~ (2, 0.0%)

1 ありがとよく, 串談じゃ

▼ ちゃんぼく~ (2, 0.0%)

1 という人間, の身

▼ ちゃんぼくたち~ (2, 0.0%)

1 はめい, は少年探偵団員

▼ ちゃんまあ~ (2, 0.0%)

1 そこらじゅうきれいに, 何でも

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 ィちゃん的読者を, イちゃんの

▼ ちゃんよりも~ (2, 0.0%)

1 昂奮した, 追いかけられる当人

▼ ちゃんりんご~ (2, 0.0%)

1 をあげよう, をさる

▼ ちゃんをも~ (2, 0.0%)

1 気の毒に, 永遠に

▼ ちゃんシッカリ~ (2, 0.0%)

1 やろうぜ, よ

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 て人, て探してる

▼ ちゃんママ~ (2, 0.0%)

1 がきっと, だよ

▼ ちゃんロン・ウウ~ (2, 0.0%)

1 が商品鞄, の小舟

▼ ちゃん一体~ (2, 0.0%)

1 こりゃまお前さん, その誰かさん

▼ ちゃん一家~ (2, 0.0%)

1 は徹夜, もう保田

▼ ちゃん三河屋~ (2, 0.0%)

2 へゆく

▼ ちゃん今度~ (2, 0.0%)

1 はいつ, はお前

▼ ちゃん以外~ (2, 0.0%)

1 にはなかっ, にはやれない

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 のとき, の処女

▼ ちゃん俺ら~ (2, 0.0%)

1 は考えた, もようやく

▼ ちゃん元気~ (2, 0.0%)

1 は, を出し

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の手紙, へ床

▼ ちゃん八重子~ (2, 0.0%)

1 の三人, を友だち

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 にいる, の猫

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 に今夜, は尼さん

▼ ちゃん出かける~ (2, 0.0%)

1 かもしれません, よ

▼ ちゃん危ない~ (2, 0.0%)

1 よ, ッ

▼ ちゃん参ちゃん~ (2, 0.0%)

1 て書きはりました, でえらい

▼ ちゃん叔母さん~ (2, 0.0%)

1 が一人, と叔父さん

▼ ちゃん堪忍~ (2, 0.0%)

1 おし, して

▼ ちゃん大きく~ (2, 0.0%)

1 なったのね, なって

▼ ちゃん大丈夫~ (2, 0.0%)

1 かいしっかり, よ

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 の死骸, は女同士

▼ ちゃん如何~ (2, 0.0%)

1 いしてたの, なさったの

▼ ちゃん安心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ちゃん富ちゃん~ (2, 0.0%)

1 お楽しみ, にはバンド

▼ ちゃん少し~ (2, 0.0%)

1 亢奮したらしく, 戴いたら

▼ ちゃん左様~ (2, 0.0%)

1 ならかえったらどうぞ, ならまた

▼ ちゃん帰った~ (2, 0.0%)

1 の, のです

▼ ちゃん御飯~ (2, 0.0%)

1 まだでち, をお

▼ ちゃん心配~ (2, 0.0%)

1 いらないさ, 御無用

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 はどう, を出し

▼ ちゃん手紙~ (2, 0.0%)

1 よこして, よこしましたか

▼ ちゃん承知~ (2, 0.0%)

1 して, するやろな

▼ ちゃん本当に~ (2, 0.0%)

1 ミツ子こと小包に, 大きくなった

▼ ちゃん東京~ (2, 0.0%)

1 に行っ, へ行っちゃった

▼ ちゃん橋本~ (2, 0.0%)

2 の伯母さん

▼ ちゃん母さま~ (2, 0.0%)

1 はここ, はね

▼ ちゃん母親さん~ (2, 0.0%)

1 が御, に御

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が来ました, は

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 で友人, の洗下げ髪

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 あるよ, ちゃんといっ

▼ ちゃん生意気~ (2, 0.0%)

1 だね, な口

▼ ちゃん田舎~ (2, 0.0%)

1 の友達, へいく

▼ ちゃん病気~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 で今あなた, な帰って

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が見えない, をつぶっ

▼ ちゃん着物~ (2, 0.0%)

1 がどう, を着変え

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 うまいのね, はきっと

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がこわれ, はこわれたらしい

▼ ちゃん行く~ (2, 0.0%)

1 ことに, ようでしたら

▼ ちゃん行こう~ (2, 0.0%)

1 か, や

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 と同, りなら子供

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 ぞに見られたら, にも言わない

▼ ちゃん貴方~ (2, 0.0%)

1 は, 持って

▼ ちゃん贔屓~ (2, 0.0%)

1 であったの, は大

▼ ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がほしい, の主

▼ ちゃん邪魔~ (2, 0.0%)

1 しないでよ, すると

▼ ちゃん風呂~ (2, 0.0%)

2 へはいっ

▼ ちゃん駄目~ (2, 0.0%)

1 だよ, やわ

▼ ちゃん黒い~ (2, 0.0%)

1 紋服袴で, 衣類に

▼ ちゃん黒ちゃん~ (2, 0.0%)

1 すごかった, てば

▼1* [993件]

ちゃんあいつのあと, ちゃんあいつらはいつか, ちゃんあいつ等はお前, ちゃんあけて見せろ, ちゃんあそこに誰, ちゃんあたしきょうここを出る, ちゃんあたしたちはもう, ちゃんあたしゃアもはや一滴, ちゃんあっしはね虫, ちゃんあっせんして, ちゃんあてに手紙, ちゃんあなたわたしのお, ちゃんあなた田沢さんの真似, ちゃんあなた誰かしっかり, ちゃんあなた阿片見たこと, ちゃんあやまっておくれよ, ちゃんあらあらかしこを現代語, ちゃんあれペリスコープだよ, ちゃんあんたいつまで足洗, ちゃんあんたそれァ何, ちゃんあんたなにをする, ちゃんあんた人が悪い, ちゃんあんた今日倉持さんのお母さん, ちゃんあんた何を見, ちゃんあんた先に検番, ちゃんあんた弟にちょい, ちゃんあんた猿は嫌い, ちゃんあんた自身には知れない, ちゃんあんた靴を脱がし, ちゃんあんばいはどう, ちゃんいいかげんにし, ちゃんいかがでしょう本当にどう, ちゃんいくら私たちが, ちゃんいざり勝五郎や, ちゃんいじめを抛擲, ちゃんいそがしくて保田, ちゃんいたの, ちゃんいたずらしちゃいやよ, ちゃんいためませんからすこし, ちゃんいっちゃいや, ちゃんいっしょに, ちゃんいったいどうしたっていうの, ちゃんいつか仕合して, ちゃんいつか私あなたに私達, ちゃんいつのまにかほく, ちゃんいまお前はここ, ちゃんいまのはすべった, ちゃんいま時分だれがくる, ちゃんいま染丸さんに怒られ, ちゃんいらっしゃいよ, ちゃんいらっしゃいッて, ちゃんうさぎがいい, ちゃんうっかりそんなこと, ちゃんうぶもいい, ちゃんうれしいかい, ちゃんえらくなれなかったら僕, ちゃんおいていく, ちゃんおいおい泣いて, ちゃんおいらがおりんさん, ちゃんおかしい人ね, ちゃんおきておくれ, ちゃんおくれね, ちゃんおせんちゃんと呼び交わす, ちゃんおそくなると, ちゃんおそろしい女蜘蛛, ちゃんおたがいに白骨温泉の, ちゃんおっさんの子, ちゃんおとなしいので, ちゃんおはよう雪だるまは, ちゃんおばあさんのところ, ちゃんおばさん今日から一日, ちゃんおぼえておい, ちゃんおまえくりねずみといったの, ちゃんおまえさんがふった, ちゃんおまえなにをする, ちゃんおりてみよう, ちゃんおりますかいうたら, ちゃんおれたちもキャッキャッ, ちゃんおんちゃんかちあるかい, ちゃんお上がんなさい, ちゃんお先においでよ, ちゃんお前お嬢さんを呼ん, ちゃんお前お母さんを気, ちゃんお前お腹が減っ, ちゃんお前ここにいた, ちゃんお前こないだの友さん, ちゃんお前さんお茶でも持っ, ちゃんお前さんそう幾日も幾日, ちゃんお前さん今のうち, ちゃんお前ばさまの名前, ちゃんお前シュタイン夫人て知っ, ちゃんお前一足さきへかえっ, ちゃんお前今度の鎮守祭, ちゃんお前宇都の宮, ちゃんお前役者になる, ちゃんお前斯ういう, ちゃんお前気をおつけ, ちゃんお前純子さんてひと, ちゃんお化けの正体, ちゃんお姫様からじきじき, ちゃんお客さんのふり, ちゃんお客様がッ, ちゃんお宮へいっ, ちゃんお家まで送っ, ちゃんお待ちよ珠数, ちゃんお待ちッてば, ちゃんお正月早々病気だったん, ちゃんお母さん一日ぐらいお, ちゃんお母さん弟が新宿, ちゃんお湯へ行かない, ちゃんお祖母さんの言う, ちゃんお腹減って, ちゃんお襁褓の世話, ちゃんお詫びをし, ちゃんお隣には黄色い, ちゃんお願いだから, ちゃんかいしばらくでした, ちゃんかえったらすぐコップ, ちゃんかえって来て, ちゃんかえれるというわけ, ちゃんかげんして, ちゃんかしておき, ちゃんかちあるかいかち, ちゃんかって死んで, ちゃんかて今日は, ちゃんかねてのぞみ, ちゃんかねちゃんやー, ちゃんかねちゃん今帰って, ちゃんからじゃないか, ちゃんからだぐらい処女, ちゃんかわったねえ, ちゃんがたの遊び, ちゃんがっかりしなかった, ちゃんがてちょうの, ちゃんがらがらと大きな, ちゃんイちゃんて, ちゃんきいてくれる, ちゃんきくちゃんて菊ちゃん, ちゃんきまりがわるい, ちゃんきみみたいに前, ちゃんきみバッジもってるかい, ちゃんぎりを入れた, ちゃんくつはあんな, ちゃんぐらいよく出来た, ちゃんぐらいな男の, ちゃんぐらいになれば, ちゃんけさの都新聞, ちゃんけっしてすなお, ちゃんこいさんによろしく, ちゃんこそは全く身, ちゃんこないこない, ちゃんこのごろあなたはあの, ちゃんこの間うちちっとも来なかった, ちゃんこの間お出かけになる, ちゃんこらお臀を, ちゃんこれからちょくちょくお見舞, ちゃんこれからどうする, ちゃんこれ切手はらないでいい, ちゃんこれ百合の花, ちゃんこれ秘密だけれど, ちゃんこわがることは, ちゃんこんちは, ちゃんこんどの午, ちゃんこんやは一つ, ちゃんごく丈夫そうです, ちゃんごっそり壁が, ちゃんごめんなさいね, ちゃんさあさあおはやく, ちゃんさい承知やったらもしも, ちゃんさすッて, ちゃんさっき君の家, ちゃんさびしいですか, ちゃんさようなら夢で, ちゃんさようならご縁が, ちゃんしかられたっていい, ちゃんしけてふくれ, ちゃんしばらくだったな, ちゃんしょんべん, ちゃんょじ, ちゃんじきに晴れる, ちゃんじっとして, ちゃんじゃってどない, ちゃんじゃァないそこ, ちゃんすきなゲルダちゃん, ちゃんすけべいと云われ, ちゃんすげえ球, ちゃんすごいわねエあんなに, ちゃんすごかったわよ, ちゃんすごく張り切っちゃって, ちゃんすなわち小歌で, ちゃんすばらしいとは思わない, ちゃんずるいやいっしょ, ちゃんッせ, ちゃんそいつは無理, ちゃんそのものの実体, ちゃんその他とムサシノ, ちゃんその後眼の方, ちゃんそばへいける, ちゃんそら氷, ちゃんそりゃアいけない, ちゃんそれぞれがと云われ, ちゃんそれでいいの, ちゃんそれでも草履を, ちゃんそんなら行って, ちゃんそッち, ちゃんいくつだ, ちゃんたいそうおそかったです, ちゃんたこをかい, ちゃんたすけてくれ, ちゃんたちまちいまし方, ちゃんたち組合と近所, ちゃんたち閉口すると, ちゃんたっしゃか, ちゃんたった今帰りましてよ, ちゃんたとい千ちゃんだって, ちゃんたら泣いている, ちゃんだいぶ神経質に, ちゃんだからいけませんあんまり, ちゃんだけには安心し, ちゃんだけの意志で, ちゃんだっこして, ちゃんだったら何を, ちゃんだめじゃない, ちゃんだれか犬, ちゃんだんぜん買わせっちまえよ, ちゃんちいと吸っ, ちゃんちっとも来て, ちゃんちゃんとやって, ちゃんちょっとパッサージへ, ちゃんっていう女の子とが, ちゃんついでにも少し, ちゃんつきあわないか, ちゃんつや子ちゃんどこにいる, ちゃんつれて来ました, ちゃんづけにし, ちゃんてばッまだ, ちゃんであり二人が, ちゃんでございましたねほんの, ちゃんでないことは, ちゃんでないならば自然, ちゃんでなくてはならない, ちゃんでなけりゃならねえての, ちゃんではわたしが, ちゃんで呼びさました, ちゃんで御座いますか, ちゃんとうさんが行っ, ちゃんとうとうきみが, ちゃんとおねにならない, ちゃんとかいうお嬢さんが, ちゃんとってくれない, ちゃんとで片づける, ちゃんとでは情感の, ちゃんとばかりよばれるよう, ちゃんとめ子さんたちのかわいらしい, ちゃんともども偲ぶの, ちゃんとやらの行った温泉, ちゃんとやらもフザケた, ちゃんとられても, ちゃんどいてい, ちゃんどうしてこんなにおそくなった, ちゃんどうぞもうかまわずにね, ちゃんどころか僕をも, ちゃんどちらへと云っ, ちゃんどっかへ引越す, ちゃんどれがいい, ちゃんどんちゃん遠くからはやし, ちゃんながいあいだお世話に, ちゃんなぞの思いも, ちゃんなどの顔では, ちゃんなにかよほど心配な, ちゃんなにぼんやりしてるの, ちゃんなら持って来いだ, ちゃんなりとは気がつい, ちゃんなるほど可愛い児, ちゃんなんかだって泉ちゃんや, ちゃんなんかにはこんな商売, ちゃんなんかより自分の, ちゃんなんぞ一たまり, ちゃんなんぞにこうして持たせた, ちゃんなんぞの読むもん, ちゃんなんぞは顔が, ちゃんなんぞを取られて, ちゃんなんだかまるできいて, ちゃんなんとかして, ちゃんなんぼ下手ち, ちゃんにおいてをや, ちゃんにがしてお, ちゃんにさえあんなこと, ちゃんにさえもとどかないの, ちゃんにだけはこんなに打ちとけ, ちゃんにと少しでも, ちゃんにとっても自分の, ちゃんにまでそんなイヂ, ちゃんにもようく云っとき, ちゃんにやにやして, ちゃんに対してはこないだ溝に, ちゃんに対してもすべて控え目に, ちゃんに従って行こうとは, ちゃんぬきに別, ちゃんあれは, ちゃんねえさんが上手, ちゃんのかあいい, ちゃんのくらい運の, ちゃんのちえという, ちゃんのに違いない, ちゃんのねまきの, ちゃんのぶのきくま, ちゃんはかぶりを振っ, ちゃんはじめましょう, ちゃんはずうっと, ちゃんはちの巣があっ, ちゃんはっとして言葉, ちゃんはっきり断わらなきゃ駄目, ちゃんはどないして, ちゃんはなんて可愛いい美しい声, ちゃんははちになんか, ちゃんはぶざまな行李, ちゃんはへいきな, ちゃんはわあっと泣き出し, ちゃんばかりがわたしでは, ちゃんばかりじゃないか, ちゃんばかりは人の, ちゃんばかりを当てに, ちゃんばっかりいい迷惑, ちゃんばっかりは生きて, ちゃんひっそりして, ちゃんひとが足りない, ちゃんひどい風だった, ちゃんひもじかったでしょう, ちゃんびっくりして, ちゃんびっこの馬は通った, ちゃんふしぎな気, ちゃんふしぎそうな顔, ちゃんへえ美代吉, ちゃんへと眺めながら, ちゃんへにゃしないねい, ちゃんへんじをしない, ちゃんいを, ちゃんべいごまのこと, ちゃんほしそうだった, ちゃんちゃんと岩, ちゃんぼけてしまった, ちゃんまあちょっと此処へ, ちゃんまじめな話, ちゃんまださっぱりせず床, ちゃんまでも口を, ちゃんまでをこんなこと, ちゃんまんまと一杯食った, ちゃんみいちゃんなぜ泣く, ちゃんみいちゃん道具箱を肩, ちゃんみっちゃん, ちゃんみんなで手分け, ちゃんっけた, ちゃんもうこうなったら逃げること, ちゃんもうすこしあそんで, ちゃんもうちょっと待って, ちゃんもう一度でいい, ちゃんもう一度そう呼ばして, ちゃんもし夜なか行く, ちゃんもしそうなれば, ちゃんもしもの時, ちゃんもしやお母さんに, ちゃんもって来ました, ちゃんもつれて出かけました, ちゃんももうじゅうのひょうになってみたいとはおもわないかね, ちゃんもよこんなところ, ちゃんやけに大人しいね, ちゃんやって呼んだら, ちゃんやと言うと, ちゃんやんな, ちゃんゆうべの船, ちゃんゆずをもい, ちゃんゆっくりして, ちゃんゆるしてちょうだい, ちゃんよしよ, ちゃんよせそんなこと, ちゃんよりかもいいでしょう, ちゃんよりは一年上の, ちゃんよろしくひとつ頼んます, ちゃんらしかったと云う, ちゃんらしき世界を, ちゃんらしくもなく気取っ, ちゃんらしくない妥協的な, ちゃんら何にやった, ちゃんわからないのです, ちゃんわけをお話, ちゃんわたしゃ糸をつむい, ちゃんわたし今夜はもう, ちゃんわれわれがかたまっ, ちゃんをてまつくし, ちゃんをよこだきに, ちゃんアルプはいけません, ちゃんイカサマをやっ, ちゃんエイコちゃんと七人, ちゃんオトナにし, ちゃんカチカチカチだよ, ちゃんキッと顔, ちゃんキットあれはなくさず, ちゃんゴロちゃんって呼び, ちゃんサルトルをうまく, ちゃんシイコが出ます, ちゃんジュクでパンパン, ちゃんスターになりました, ちゃんストップと陰気, ちゃんソンナこというもん, ちゃんタチバナ屋へ泊らず, ちゃんチクオンキやる, ちゃんチビの鮎子さん, ちゃんチューインガムよ, ちゃんチョビ安の大小四人, ちゃんチョビ安さんのため, ちゃんチリリンヤへいっ, ちゃんツラかったかい, ちゃんニコリともせず, ちゃんニャアといっ, ちゃんハモウニカに唾, ちゃんハーちゃん千客万来である, ちゃんバカないバカ, ちゃんバットを一つ, ちゃんビイルをおくれ, ちゃんピッチャーはどんな, ちゃんピンセットはない, ちゃんフヂエがあんな, ちゃんフルートは上手, ちゃんブウちゃんなどが集まっ, ちゃんブウブウに乗りましょう, ちゃんプチブル党だけが行っ, ちゃんベッドへね, ちゃんペスが帰っ, ちゃんボートこぎに遊び, ちゃんポコちゃんじゃない, ちゃんポロポロ汗を, ちゃんマメちゃんの御, ちゃんミツキちゃんエイコちゃんと七人, ちゃんミツ子をいびってないだろう, ちゃんムクはどう, ちゃんメチルではにゃア, ちゃんメロンが, ちゃんヨシ子という女, ちゃんラジオ体操にゆかない, ちゃんリボンの数, ちゃんリュックに子供たち, ちゃんワンワンにおかし, ちゃん一つ中里真杉静枝円地だけ, ちゃん一つ水晶の珠, ちゃん一人丈夫そうにぴんぴん, ちゃん一件に取りかかった, ちゃん一個の女, ちゃん一匹釣れたら帰ろうね, ちゃん一口もものいわな, ちゃん一寸台所に御, ちゃん一寸話がある, ちゃん一日だけの我慢, ちゃん一日何して, ちゃん一日暇やねんわなあ, ちゃん一服煙草を吸わない, ちゃん一流のたどたどしい, ちゃん一目でその, ちゃん一遍姉ちゃんに書い, ちゃん一遍軽井沢で蕎麦, ちゃん一銭おくれよ, ちゃん一風呂ざっと流し, ちゃん七日の夜九時十分, ちゃん七時近くおかえり, ちゃんは自由, ちゃん三四日家へかえします, ちゃん三月に結婚, ちゃん三枚のプログラム, ちゃん三郎であった, ちゃん上京するなら家, ちゃん下りていらっしゃい, ちゃん下手に跳ぶ, ちゃん下駄を貸し, ちゃん不意打ちなんて卑怯, ちゃん与太者だけど, ちゃん両人を外国, ちゃんへ入っ, ちゃん久しぶりだな, ちゃんれに, ちゃん乗れ君は, ちゃん乱暴な事, ちゃん二十九日にかえった, ちゃん云う人が, ちゃん五六月頃には渡支, ちゃん五月にかえり, ちゃん京ちゃんどこへ行った, ちゃんをつねっ, ちゃん人形だの, ちゃん人気者が来た, ちゃん仁王さん猿面冠者に清正公, ちゃん今のをもう, ちゃん今家にいます, ちゃん今年は一年ぶり, ちゃん今朝は大変, ちゃん仔細らしくちょっと, ちゃん仕方がありません, ちゃんにし, ちゃん付きの連中, ちゃん仙吉に会わせ, ちゃん伍長になる, ちゃん会計や帳簿, ちゃん伯母さんにその, ちゃん何ぞお望み, ちゃん何だかお嬢さん臭い, ちゃん何で行ったの, ちゃん何とかお云い, ちゃん何時ごろかしら, ちゃん何時頃だったっけね, ちゃん余りおそくない, ちゃん佳い目が, ちゃん便所すました, ちゃん俊子さん等と行きましたら, ちゃん俺らお前さんに餞別, ちゃん俺ア死んでも, ちゃんせ者, ちゃん停車場まで送りましょう, ちゃん健ちゃんや, ちゃん偵察しに, ちゃん僕いまきたばかり, ちゃん僕えびをとっ, ちゃん僕たちの住ん, ちゃん僕先へ帰る, ちゃんは犬, ちゃん儀めまぐろしい旅, ちゃん元禄が濡れる, ちゃん兄弟を誘い, ちゃん入れるものは, ちゃん入浴しなければ, ちゃん入隊したわけ, ちゃん八千代が便所, ちゃん公園知って, ちゃん其方の戸外, ちゃん冬子さんはもう, ちゃん冷えてはいけない, ちゃん凄いのよ, ちゃん出たらどちらに, ちゃん出られますから, ちゃん出世しや, ちゃん出来たのなら, ちゃん出発の知らせ, ちゃん出羽さんにいた, ちゃん判るの, ちゃん別嬪さんを連れ, ちゃんへ立つ, ちゃん助けて下さい, ちゃん勇ちゃんちょっと来, ちゃん勉強しようという, ちゃん勘弁して, ちゃん勝則さんのおっ, ちゃん十人もいる, ちゃん千代ちゃんとそれ, ちゃん千代ちゃーんどこにいる, ちゃん千客万来である, ちゃん午前十時四十分の急行で出立, ちゃん愛人の, ちゃん単純生活をかり, ちゃん厄介なこと, ちゃん原っぱへいっ, ちゃんなこった, ちゃん友人の結婚, ちゃん古物じゃない, ちゃん古藤さんがお, ちゃん台処の方, ちゃん叱られはりますし私, ちゃんの頬, ちゃん吃驚しちゃ, ちゃん吉川先生がきた, ちゃん同様の道庵, ちゃん同様あなたの御, ちゃん君審判になっ, ちゃん否やに及ばず, ちゃんをやる, ちゃん品川まで来た, ちゃん唐辛子ぬいだん, ちゃん商品に限っ, ちゃん問題にならないだろう, ちゃん喫茶のノブちゃん, ちゃん言ってらあ, ちゃん大きくおなり, ちゃん四名の者, ちゃん困った事が, ちゃん地金を丸だし, ちゃん坊城松方僕の五人, ちゃん報知に来, ちゃんじゃない, ちゃん夕飯代二人分一円もらって, ちゃんは明, ちゃん外聞が悪い, ちゃん多賀子こちらはお母さん, ちゃん大じょうぶでしたか, ちゃん大久保だよ, ちゃん大分長いこと, ちゃん大分御念入だねなんて, ちゃん大屋五郎とはどう, ちゃん大層おみおおきく, ちゃん大手柄だ写真, ちゃん大抵でなし, ちゃん大沢君って偉い, ちゃん大瀧一家やけ出されて, ちゃん大笑い帰りに盲滅法, ちゃん失敗しちゃった, ちゃん奈良漬がすき, ちゃん契約が目出度く, ちゃん奧田さんなど皆, ちゃん女給が足りない, ちゃん好きなん, ちゃん好く来て, ちゃん好みできっと, ちゃん姉ちゃんの前, ちゃんに持つ, ちゃん嬉しいでしょうえ, ちゃんなので, ちゃん子供をさがし, ちゃん子供みたいですけれど, ちゃんは, ちゃんがある, ちゃん安心おしきっと助け, ちゃんにおかき, ちゃん家おっさんと男の子, ちゃん富麿さんさようなら, ちゃん寒いよ耳, ちゃん寝ようや, ちゃん寿江子私で歌舞伎, ちゃんゆびを, ちゃん小さな手で, ちゃん小僧というん, ちゃん小屋の方, ちゃん少うしじッ, ちゃん尼さんだって七十八十, ちゃん居眠りなんかし, ちゃん屏風に張っ, ちゃん山ノ井少年はポコちゃん, ちゃん岡さんがいらし, ちゃん岡田も呼ぼう, ちゃん島田で手つだう, ちゃんをのぼっ, ちゃん嶺美佐子君から聞いた, ちゃんへ魚, ちゃん川上さんという家, ちゃん川上少年も艇外, ちゃん工藤等来り会す, ちゃん巨億の富, ちゃん市子ちゃんこらお臀, ちゃん市蔵ちゃんと云っ, ちゃん師匠には黙っ, ちゃん帰らなくては悪かろ, ちゃん帰りたくなったら誰か, ちゃん帰りましたの, ちゃん帰りましょうよ, ちゃん帰るのは, ちゃん常々の御, ちゃん平家というもの, ちゃんは幾歳, ちゃん幾代という名代, ちゃん幾歳に成る, ちゃんを敷い, ちゃんにいる, ちゃん弁当箱ってなあに, ちゃん弁慶蟹ねなに, ちゃんに前, ちゃん引いたので, ちゃんの看護, ちゃん弱虫ねえ, ちゃん当分あっちから通う, ちゃん彼方のお家, ちゃん待たせちゃったわね, ちゃん後生だから, ちゃん御免なさいと, ちゃん御前さんが帰っ, ちゃん御新造様と一所, ちゃん御遊びなという友達, ちゃん忘れないでおい, ちゃん怒ったからもどりましょう, ちゃん怒らないでね, ちゃん怠けるのも, ちゃん怪我をし, ちゃん恐かったよ, ちゃん恐くはない, ちゃん恐ろしい人だす, ちゃんをはずませ, ちゃん息子おばあちゃん, ちゃん悧巧そうだって仰云ったでしょう, ちゃん悲観しちゃ, ちゃん愉快にやっ, ちゃん意気地がない, ちゃん愛ちゃん貞ちゃんと呼ぶ, ちゃん感心に所帯, ちゃん成戸はまだ, ちゃん我慢するのよ, ちゃん戦争がすんだ, ちゃん戦争中は皇大神宮, ちゃん手伝って敵, ちゃん手袋持って, ちゃん打つのは, ちゃん投げキッスの, ちゃん拙者をはじめ, ちゃん拾ったのだろう, ちゃん掘って見よう, ちゃん撃剣ごっこをしよう, ちゃん散歩に行こう, ちゃん斯うしようじゃあない, ちゃん新年お目出度う, ちゃん日本刀でバッタバッタ, ちゃん旦那がこれ, ちゃんよしいでわ, ちゃん早く艇へ乗り, ちゃん明日あたいと踊っ, ちゃん明日あたり島田でしょう, ちゃんが来る, ちゃん春ちゃんが朝飯前, ちゃん昨夕は, ちゃん昨夜事故を起し, ちゃん昨日の話, ちゃん昨日どこへ行った, ちゃん是非聞きに, ちゃん昼すぎから来, ちゃん時々手紙を, ちゃん時計ラジオ屋のトンちゃん, ちゃんになっ, ちゃんやったら迎い, ちゃん曰クきょうは湿度, ちゃん最早お寝み, ちゃん有れば仕方, ちゃん望みが叶う, ちゃんは早い, ちゃんはやっぱりすこし, ちゃん本当でしょう道庵, ちゃん本当にそうです善良そう, ちゃん本気で云ってる, ちゃんてくれ, ちゃん来うや, ちゃん来たら待って貰っ, ちゃん来るとき頼んだ, ちゃん来国男が午無事, ちゃん来母上が私, ちゃん松葉で掻きよせ, ちゃん栄さん林町うちは勿論, ちゃん栗栖君を何と, ちゃん根性をもっ, ちゃん桃代は亡くなる, ちゃん案外に早く, ちゃんの実, ちゃん梅ちゃん済まないが, ちゃん構わないから手足, ちゃん横ちょを通してはいや, ちゃん横川へついたら, ちゃん次第さ, ちゃんうたって, ちゃん歌えと言っ, ちゃん止しなよこんな, ちゃん正直におっしゃい, ちゃんの通り, ちゃん此奴の帯, ちゃん此間あってよ, ちゃん此頃姉さんと約束, ちゃん歩いて青山, ちゃん歯医者だの挨拶, ちゃんは勝利, ちゃん死にそうだ, ちゃん死んだユーゼニ・ダビの, ちゃん残るのつまんない, ちゃん殺されるのいや, ちゃん殺すんだったら, ちゃん母子きょうかえりいれちがいに, ちゃん毎日ハガキで家, ちゃん毎日何をし, ちゃん毎晩画を御, ちゃん氷レモンだぜ, ちゃん汚い風を, ちゃん池上さんが退屈, ちゃん汽車がてんぷく, ちゃん沢井の道場, ちゃん油断しては, ちゃん泊めてくれる, ちゃん泣いたって仕様, ちゃん泣かなくってよ今日, ちゃん泣き声をはなっ, ちゃん泰ちゃんたら, ちゃん泰軒小父ちゃんこれはいったい, ちゃん洋食か支那料理, ちゃんへ出, ちゃん浜田君が来, ちゃん消防の服装, ちゃんあこぼしてた, ちゃん淋しい夜道に, ちゃん清葉さんの長襦袢, ちゃん済みませんが行燈, ちゃん澄ちゃんなにあげよう, ちゃん無邪気な生, ちゃんとまるで, ちゃん焼鳥の屋台, ちゃんうちゃん, ちゃん父ちゃんが帰った, ちゃんがいた, ちゃんは切上げ時, ちゃん死なん, ちゃん玩弄物も着物, ちゃん珍しく送って, ちゃん生国魂さんの獅子舞, ちゃんがある, ちゃん用心しなけりゃいけないよ, ちゃん申しています, ちゃんを拵える, ちゃん男の子の鮎子さん, ちゃんにお化け, ちゃん留ちゃん大丈夫かいしっかり, ちゃん番町の先生, ちゃん疎開しないの, ちゃん病んでいる, ちゃん病院の先生二人, ちゃん白状しないと, ちゃん的読者を欣, ちゃん相川さんのあの, ちゃん相手の機嫌取り同然, ちゃん眠っちゃ駄目, ちゃんがさめた, ちゃん眼鏡をかけ, ちゃん知ってるんだろう, ちゃん知ってるやろいつも見合い, ちゃん知りゃはれしまへんのか, ちゃん確りしないと, ちゃん福ちゃんッて探してる, ちゃん私いやだわ, ちゃん私たちの心, ちゃん私山崎の小父さま, ちゃん私氷が飲みたい, ちゃん私越智さんと結婚, ちゃん稲ちゃんそこにおいで, ちゃんから外, ちゃん之助, ちゃん竹スダレのことお話し, ちゃんの伴奏, ちゃん等特別出演としたい, ちゃん等皆々様にたく, ちゃん箒吉はアンナ風, ちゃん米子ちゃん店にいる, ちゃん紅子さんて誰, ちゃん紋也さんが危篤, ちゃんをやる, ちゃん紹介しよう, ちゃん経過は最良, ちゃん継母じゃあない, ちゃん綾子さんも, ちゃん美枝ちゃんちょっと開け, ちゃん羽織でも着かえれ, ちゃんだ, ちゃん聞いて貰いたい, ちゃん聞いたことある, ちゃん聞えないかい, ちゃんをもん, ちゃん胡桃餅でも拵え, ちゃんがへった, ちゃん自分あとより出かけ, ちゃん自分皆何とちがうでしょう, ちゃん自身男のくせ, ちゃん自転車の走りっ, ちゃんを漕ぎ寄せる, ちゃん船長さんのお, ちゃん良き旅行を, ちゃん良ちゃん鉄ちゃんの五人, ちゃん芍薬の芽, ちゃんじゃない, ちゃん花ちゃん顎紐をかけた, ちゃん芳ッちゃんってお, ちゃん芸術家で食っ, ちゃん苦しくはない, ちゃん英語がよめる, ちゃん草臥れたろうもう一息, ちゃん荒木の郁さん, ちゃん落着いて, ちゃんちゃんとあたし, ちゃん葉ちゃんと呼ん, ちゃん葉ちゃん誤解しないで, ちゃん葉子だよ, ちゃん葉子さんの写真, ちゃんを入れない, ちゃん蕪村の句, ちゃんを集め, ちゃん虚無は最後, ちゃんの泳いでる, ちゃん捕りに, ちゃん行かんいうてはじめ, ちゃん行ったことあるん, ちゃん入っしゃい, ちゃん製材所のあった, ちゃん見えもしない, ちゃん見せようと思っ, ちゃん見たいにあばれたら, ちゃん見つかると叱られ, ちゃん見つけたら一緒に, ちゃん見ててくれ, ちゃん見てたの, ちゃん見るだけ見とい, ちゃん見物がてら買っ, ちゃん見落さないように, ちゃん親子とがお客, ちゃん親方は, ちゃん言うねん, ちゃん言っていた, ちゃん許してね, ちゃん試験どうしやした, ちゃん試験勉強の為, ちゃん話してごらん, ちゃん誠さん年ちゃんたちが集まっ, ちゃん誠にまア久しく, ちゃん誤解しないで, ちゃん豆蔵のこと, ちゃんそうに, ちゃん貞ちゃんと呼ぶ, ちゃん貞ベエ話して, ちゃん貰って来た, ちゃん貴女誰と帝劇, ちゃん買って来た, ちゃん賑やかだった景気, ちゃん赤ずきんちゃんとばかりよばれる, ちゃん起きたのかい, ちゃん起きないの, ちゃん跣足で息, ちゃん踊ってごらん, ちゃん踊り出さないわたしでさえも, ちゃん辛抱してな, ちゃん辻艇長の特別スイッチ, ちゃん返しておくれよ, ちゃん追っかけてきた, ちゃん逃がしておや, ちゃん逢いたい人に, ちゃん逢わなくって, ちゃんかりし由良之助, ちゃん遊びましょうジュクジュクジュク, ちゃんに落ち, ちゃん道具箱を肩, ちゃん達ちゃんにいつも, ちゃん達者で暮らし, ちゃん遠くからはやし, ちゃん遠眼鏡のほう, ちゃん郁ちゃんどうした, ちゃん都合によって代り, ちゃんをし, ちゃん酒問屋のハンちゃん, ちゃん金ちゃんじゃア, ちゃん金ちゃん仁王さん猿面冠者に清正公, ちゃん金ちゃん金ちゃんじゃア, ちゃん金十郎金ちゃんの須弥山やっかい, ちゃん金太よ俺, ちゃん金太ちゃんあの, ちゃん金魚がへん, ちゃんに糸, ちゃん釣りになんかゆく, ちゃん鈴木の兄さん, ちゃん鉄ちゃんの五人, ちゃん鉄ちゃんブウちゃんなどが集まっ, ちゃん金花, ちゃん長さんも即座師, ちゃん長命寺のさくら餅屋, ちゃん父さんは, ちゃん陣場さん知ってるやろ女学校時分, ちゃん隆ちゃんうちは皆男の子たち, ちゃん隆ちゃんたちへの慰問袋, ちゃん隆ちゃん富ちゃんにはバンド, ちゃん障子を張っ, ちゃん隠したって駄目, ちゃんのお, ちゃん雛勇はんとは段々, ちゃん電報だ, ちゃん電気つけようよ, ちゃん電燈を電燈, ちゃん露ちゃんああ僕, ちゃん青木さん知らない, ちゃんにし, ちゃん面チョーで大変, ちゃんをすっかり, ちゃん順ちゃんが苦しん, ちゃん頑張って頂戴, ちゃん頑張んなさいよ, ちゃんっぺた, ちゃん頭脳の具合, ちゃん顎紐をかけた, ちゃんをね包ん, ちゃんをひく, ちゃん風呂場はどこ, ちゃん飛びあがるようにして一緒に裏, ちゃん食事等なかなか厳格, ちゃん飲もうか, ちゃんの数, ちゃん髪結ってやろう, ちゃんちゃんとその, ちゃんの方, ちゃん鶴さんが熱, ちゃん鶴ちゃんと可愛, ちゃん鶴子さんが死んだ, ちゃんなんていやしません, ちゃん黙っていない, ちゃんの下