青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ため~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たぶん~ ~たべ たべ~ ~たま たま~ ~たまえ たまたま~ ~たまらない たまらない~ ~ため
ため~
~たより たより~ ~たら たら~ ~たらう ~たらしい たらしい~ たらしく~ ~たる たる~

「ため~」 86198, 855ppm, 101位

▼ ため~ (54189, 62.9%)

272 私は 247 自分の 224 彼は 159 必要な 131 身を 129 彼の 114 働いて 109 私の 106 それを 102 生きて 78 これを 76 何か 72 なること 65 他の 64 非常に 62 来たの 60 彼女は 57 命を 56 ここに 53 して, 出て 52 わたしは 51 多くの 50 私が 49 では, 自分は 47 である, 一つの, 自分が 45 存在する, 心を 44 力を 43 それが, 生れて 42 自分を 41 彼らは, 日本の 40 いろいろの, 僕は 39 ここへ, 何を 38 人を, 苦しんで 36 手を 35 あるの, 人の, 何の 34 そこに, そんなこと, 書いて, 金を 33 二人の, 存在し 32 一人の, 彼女の, 生命を 31 家の 30 だ, です, 努力し, 持って, 気が, 気を 28 こんなこと, われわれは, 少しも, 眼を 27 なって, なるよう, 死んで 26 一生を, 一種の, 今まで, 俺は, 心配し, 急に, 来て, 犠牲に, 道を 25 このよう, やって, 吾, 彼が, 言って 24 必要である, 用意し 23 どれだけ, なるの, 或る, 涙を, 進んで 22 あるもの, それは, 一命を, 全力を, 出來, 家を, 尽して, 戦って, 泣いて 21 いろいろと, それに, なるか, 僕の, 用意された, 祈って, 自分で, 骨を

20 [14件] これらの, するの, わたくしは, 今の, 働くの, 彼を, 書かれたもの, 村の, 殺されて, 生まれて, 見て, 足を, 身命を, 顔を

19 人間の, 何も, 取って, 私たちは, 私に, 私を, 自然に

18 [18件] おれは, お前の, この世に, すべての, 人が, 人間が, 仕事を, 多少の, 多数の, 彼等の, 心の, 最後の, 死ぬの, 死を, 特別に, 酒を, 非常な, 頭が

17 [13件] いろいろな, すべてを, それらの, やって来たの, 働くという, 喜んで, 殆ん, 水を, 父の, 現在の, 種々の, 自己を, 頭を

16 [17件] あなたの, かれは, こんなところ, なると, 人々は, 作られたもの, 出来て, 出来るだけ, 口を, 女の, 彼らの, 我々は, 時間を, 書いたもの, 立って, 自己の, 詩を

15 [17件] いつまでも, ここで, するところ, なる, ほかの, われわれの, 一切の, 人は, 働くこと, 彼女が, 手段を, 故意に, 此の, 用意され, 胸が, 胸を, 身体を

14 [18件] これだけの, そこへ, であった, 一身を, 人間は, 今日の, 努力する, 君の, 大事な, 学問を, 彼等は, 必要と, 急いで, 書かれて, 次の, 殺された, 聞いて, 闘って

13 [25件] あなたは, この家, その人, よくない, 今は, 今日まで, 他人の, 使って, 例の, 奔走し, 女は, 如何に, 小説を, 彼女を, 心が, 戦争を, 死んだの, 残して, 物を, 破壞, 私達は, 筆を, 血を, 行って, 首を

12 [30件] さうし, したこと, するもの, せっかくの, どんなこと, なった, わたしの, 世界の, 人に, 何かの, 何が, 妙に, 娘を, 子供の, 子供を, 家へ, 少しでも, 彼に, 折角の, 書いたの, 歌を, 殺されたの, 特別な, 生活の, 私も, 窓の, 第一, 腰を, 話して, 部屋の

11 [35件] あのよう, あらゆる努力, あらゆる手段, いって, いろ, こ, さ, そのよう, ですか, どのくらい, やってきたの, 一時は, 作って, 努力した, 君を, 国家の, 夜の, 子を, 学校を, 山の, 席を, 後に, 手紙を, 敢て, 歩いて, 死んだ, 無数の, 無理に, 男の, 相手の, 祝盃を, 買って, 身の, 部屋を, 雪の

10 [52件] ああし, からだを, かれら, すること, そうし, たくさんの, だよ, できて, できるだけの, ならぬ, みんなが, やったこと, 云って, 京都へ, 今度は, 伸子は, 体を, 何かを, 使うの, 僕が, 出かけて, 前に, 努力を, 外ならない, 夢中に, 大なる, 大切な, 己が, 幾度も, 戸を, 是非とも, 東京から, 民衆の, 特別の, 犠牲と, 生きるな, 生涯を, 町の, 目の, 真理を, 眼が, 社会の, 腹を, 自分から, 自分も, 自然と, 苦労し, 言葉を, 財産を, 身体が, 過去の, 馬を

9 [69件] あれだけの, お祈りを, かなりの, このこと, この種, これが, これまで, これも, その方, たたかって, どこまでも, どれだけの, ならんぞ, なる事, なんでも, ひそかに, ほかならない, やつて, わしは, 一つは, 一人で, 上京した, 不幸な, 二つの, 今では, 今までの, 使われて, 先生は, 利益を, 勉強する, 右の, 嘘を, 声を, 女を, 妻を, 容易に, 岸本は, 己れ, 帰って, 弁解し, 扉を, 昔の, 書を, 朝から, 杯を, 水が, 水の, 江戸へ, 源氏は, 火を, 熱心に, 生じたもの, 用意した, 目が, 相違ない, 置いて, 自殺した, 船を, 薬を, 訊いて, 誰も, 調べて, 貴重な, 起ったの, 途中で, 道は, 長い間, 食事の, 食物を

8 [85件] ああいう, あなたが, あなたに, あの人, あの方, あるよう, いつでも, お前を, こういうこと, ここまで, この人, この男, さんざんに, じぶん, すぐに, すべてが, そうする, その家, その身, そんな事, とって, ならないこと, なります, なるお話, やられて, わたしが, わたしたちは, わたしを, 一定の, 一緒に, 一部の, 下の, 世に, 二人が, 二人は, 人々の, 他を, 作られて, 使用した, 出して, 剣を, 反って, 奮闘し, 女が, 妙な, 害を, 少しは, 尽力した, 山に, 後には, 従来の, 必要であった, 必要なる, 息が, 教育を, 新たに, 日本に, 書いた, 最大の, 本を, 東京へ, 止むを, 死す, 母が, 活動し, 父は, 犬馬の, 甘んじて, 生きること, 生きるの, 目を, 眼の, 私たちの, 絶対に, 罪を, 考えて, 職を, 色々と, 若干の, 苦しんだ, 茶を, 誰が, 足の, 適当な, 黙って

7 [116件] あなたを, いくらか, お金を, かくの, こうまで, こうやっ, こしらえて, ことさらに, この上, これは, こんな所, さう, そこの, その名, その場, その後の, それも, ついには, つけて, できたもの, どれほど, なりました, ひどいめ, みんなの, もって, よいこと, わざわざここ, わしの, 一言し, 両腕, 事を, 二階の, 人から, 人間を, 人類の, 今も, 今度の, 今日は, 何という, 何にも, 何よりも, 何度も, 余計な, 作者が, 働いた, 僕を, 入口の, 初めから, 動いて, 勝手に, 唇を, 土地の, 外の, 多大の, 夜も, 妨げられて, 宮は, 尽そうと, 左の, 座を, 庭へ, 当時の, 待って, 後の, 心にも, 必死に, 必要で, 恥を, 息を, 持つて, 文学を, 斯う, 新らしい, 時を, 普通の, 最初の, 有利な, 有力な, 歌の, 死ぬこと, 死んだか, 残って, 母の, 泣いたの, 注意し, 海の, 消えて, 火の, 父が, 生きてるの, 生涯の, 皆が, 相手が, 石を, 窓を, 立派な, 精神に, 結婚を, 自分に, 自分自身の, 自然の, 自身の, 苦労する, 苦心した, 血の, 行くの, 起って, 足が, 身体の, 違いない, 重大な, 金の, 階段を, 電話を, 音楽を, 顔が

6 [174件] あったの, あらずして, あると, あれほどの, いうの, お前が, お前は, かくも, この国, この子, この際, これほど, こんなもの, しなければ, しようと, その夜, その日, その部屋, それから, それぞれの, それだけの, それと, だった, だんだんと, ちがいない, ちよつと, つくして, つくすこと, つくられて, できるだけ, できるの, どのよう, なったと, ならない, なるところ, なるもの, なるやう, なる仕事, なる本, ひどい目, またその, よけいな, わざ, わざわざこんな, クリストフは, ロシアの, 一生懸命に, 一篇の, 万丈の, 万歳を, 上の, 上京し, 不思議な, 不断の, 人々が, 人民の, 人生を, 人間に, 仇を, 他ならない, 何事も, 作ったもの, 作曲した, 使用する, 便宜を, 俄かに, 倒れて, 働かなければ, 兄の, 出発した, 別の, 利用し, 力に, 協力する, 却て, 同一の, 同情を, 向うの, 命がけで, 国の, 土地を, 声が, 外に, 大事の, 天下の, 夫の, 失敗した, 奔走する, 奮闘する, 好んで, 妾は, 始めて, 姿を, 娘の, 婦人の, 学校へ, 家族の, 少なからぬ, 尽くして, 幾多の, 庭の, 彼らを, 得るところ, 復讐を, 必死の, 忍んで, 怪我を, 態, 我の, 手足を, 捧げて, 描いて, 損を, 操を, 断って, 明けて, 暇を, 書かれた, 木の, 本来の, 机の, 来た, 来たん, 森に, 椅子を, 死ぬる, 死のうと, 死んでも, 殺されるという, 殺したの, 江戸の, 沢山の, 無意識に, 献身する, 献身的に, 現代の, 現実の, 生れたの, 生命の, 生活し, 申して, 疲れて, 病気に, 相手を, 着物を, 私と, 簡単な, 肩を, 腕を, 自分たちの, 自殺を, 自然を, 船の, 色々な, 苦労を, 見る, 見事に, 計って, 記して, 設けて, 設けられたもの, 読書する, 諸君は, 貢献する, 過ぎない, 都合の, 金が, 鐘は, 開けて, 集まって, 顔は, 馬が, 馬の, 鼻の

5 [275件] あたりの, あの女, あるやう, あるん, あれほど, あわてて, いいこと, いいだろう, いいよう, いいん, いのちを, おまえは, かえってそれ, かれを, ここの, こしらえたもの, こちらの, この, この事件, この人たち, この土地, この大, この手紙, この村, この辺, この部屋, これに, こんどは, こんな事, こんな目, さまざまの, したの, しても, しばらくの, する事, する仕事, そうしたの, そしてその, その, そのお, そのこと, そのため, その国, その男, その罪, つくられたの, どこか, どこへも, どれほどの, なくては, なったの, なにも, ならないと, ならないよう, なりそう, なるだろうと, なるん, ほかならないの, ほんとうに, もつと, やったの, やって来た, よかった, われ, グレゴール, ソヴェトの, ドイツの, ピストルを, 一切を, 一句の, 一家の, 一度は, 一本の, 一枚の, 一般の, 一軒の, 三人の, 不愉快な, 不意に, 世の, 世間の, 之を, 乾杯する, 事件の, 二三の, 今から, 今でも, 他から, 代って, 仲間の, 体が, 何でも, 何と, 作られたの, 作品を, 使ふ, 使用され, 保存し, 保留し, 俺を, 個々の, 個人の, 倒れたの, 健康を, 備えて, 働く, 充血し, 先生の, 光を, 全身が, 全身を, 兵を, 冬の, 出来たもの, 別々の, 利用される, 利用する, 前の, 前後を, 力の, 労働者は, 動員され, 博士の, 双方の, 口が, 口の, 各種の, 各自の, 同じよう, 名を, 君は, 商売を, 喧嘩を, 喪服を, 困って, 国民の, 土を, 外へ, 多額の, 夜を, 大変な, 奔走した, 奥の, 女に, 妻は, 存在したる, 学者の, 完全に, 実際に, 家に, 少しの, 少数の, 尽くそうと, 尽すこと, 尽すの, 山を, 巧みに, 帰郷する, 幕府の, 幾たびか, 幾分か, 幾度か, 建てたの, 建てたもの, 建てて, 建てられたの, 建てられたもの, 弱って, 強いて, 役立って, 彼と, 彼も, 彼らに, 彼等が, 徒らに, 心配した, 必要欠くべからざる, 忘れて, 怒って, 思いも, 悪いこと, 悪を, 意を, 我を, 手に, 指を, 支那の, 支配せられ, 故郷の, 教えて, 敵の, 断わって, 旅行を, 日本で, 日本は, 昔から, 暫くは, 書くの, 有益な, 本当の, 村に, 来るの, 東京に, 東京の, 森の, 正当な, 此処に, 死ぬん, 死体を, 母は, 気の毒な, 氷の, 永久に, 永遠の, 池の, 汽車が, 汽車の, 法律を, 海へ, 無用の, 生きたの, 生まれたの, 生活を, 用うる, 申しあげて, 男は, 町へ, 発熱し, 発見され, 盃を, 目に, 直接間接に, 相当の, 相手は, 真剣に, 眼は, 研究し, 祈りを, 祈れ, 神が, 神の, 私には, 積極的に, 穴を, 節を, 組織された, 縛られて, 美を, 耳を, 胸の, 自分たちが, 自殺する, 自由を, 芝居を, 行ったの, 言った, 設けられて, 話を, 誤って, 説明し, 警視庁の, 貞操を, 起ったもの, 返り討ちに, 送別会を, 逆に, 運んで, 都合が, 重要な, 闇の, 階下の, 非業の, 頭の, 顔の, 髪を

4 [446件] あったよう, あらず, ありも, あれを, あんなこと, あんな事, い, いくつかの, いくぶん, いずれも, いそいで, いっさいの, いった, いつと, いは, いまの, いまは, いやな, いよ, お国, お嬢さま, お島, お話を, お銀様, かような, かわいそうな, きいて, きたの, こちらへ, この世界, この島, この本, この水, この身, これだけ, これへ, こんな処, こんな話, こんに, さまざまな, さらわれて, したん, しらべて, するか, するという, するん, する分量, する天地, せんと, そうしなけれ, そうなった, そうなる, そこから, そこを, その上, その土地, その場所, その声, その女, その生活, それ等の, たいへんな, たがいに, たたかわなければ, ちがいなかった, ですよ, どうか, どうかし, どうかする, どこかの, どんなにか, なされて, ならないぞ, ならないの, ならぬから, ならぬと, なるという, なんの, ひとつの, ひとりの, ふるえて, ぼくの, ぼくは, ぼんやりし, また自分, むやみに, もう一つ, もう一人, や, よいと, よかろう, より多く, よろこんで, よろしくない, りっぱな, わが国の, わが身を, わざとそんな, わざと穫れない, わざわざ出かけ, ゴーリキイは, テーブルの, ノートを, ブル, プロレタリアートの, モスク, 一つには, 一刻も, 一心に, 一応その, 一方が, 一歩も, 一片の, 一生の, 三日の, 上京する, 不利な, 不断に, 与えて, 世人の, 世界に, 両手を, 両眼, 両親の, 並々ならぬ, 中の, 中途で, 乱れて, 乾杯, 二階へ, 京都の, 人殺しの, 今夜は, 今年は, 仏教の, 仕事が, 他人が, 他人を, 他国の, 以前の, 伯父の, 何人の, 何人も, 何時までも, 何等かの, 余の, 余は, 作られたよう, 作られた女, 作家は, 作者の, 使われた, 候, 傷んで, 働かねば, 働きたいと, 働くところ, 働く時間, 働こうと, 僕に, 先生が, 入用な, 全校の, 全身の, 具体的な, 凡ての, 出かけたの, 刀を, 利を, 前途を, 力が, 努めて, 努力が, 努力しなけれ, 労を, 十分な, 十字架に, 危険を, 口も, 周囲の, 呼吸を, 喜んだ, 国を, 国民は, 地の, 地上の, 地球の, 場所を, 壁に, 壁の, 夕飯の, 外ならなかった, 外国へ, 多少とも, 多年の, 多量の, 夜に, 夢の, 大の, 大勢の, 大怪我, 大損害, 天の, 夫を, 失って, 失敗し, 奉仕する, 女房の, 妻と, 姉の, 子供が, 子供に, 存するの, 学校に, 学校の, 実際は, 室を, 家が, 密かに, 寒さ, 寝床の, 實に, 小説の, 少くとも, 少しずつ, 少しばかり, 尽したの, 尽力する, 屋敷を, 島の, 左様な, 市の, 平次は, 平気で, 年を, 幸福な, 幸福を, 幾分の, 庭に, 弁じて, 弁護の, 形を, 役に, 役立つこと, 彼らが, 彼等を, 後を, 御所へ, 復讐する, 心からの, 心は, 必然的に, 必要だ, 必要だった, 必須な, 思い切って, 悩まされて, 悪い, 悪いよう, 悲しんで, 惜しむ, 懐中電灯を, 我々の, 戦う, 戦うこと, 戦ったの, 戦争に, 戸外に, 手が, 手の, 手も, 払う犠牲, 採用された, 探して, 探偵小説の, 提供し, 提供した, 政府に, 故意と, 敬意を, 敵を, 斃れた, 文学は, 斯んな, 斯様な, 旅に, 旅を, 日が, 日に, 日本が, 明日の, 時々は, 時と, 時には, 時の, 曇って, 書いたん, 書かれたの, 最初に, 最初は, 有利に, 材料を, 村, 来たもの, 果つ, 梯子を, 椅子の, 極度に, 欠くべからざる条件, 正確に, 此処へ, 武器を, 歩くの, 死にそう, 死ぬと, 死の, 死んだ人, 死刑に, 残されて, 殺すの, 殺人を, 殺害された, 母と, 母親が, 毎日の, 気の, 汚されて, 派遣され, 無に, 無上の, 熱心な, 父に, 父親の, 物の, 特にこの, 特にその, 特定の, 特殊の, 犬の, 献身し, 生かして, 生きてるん, 生きながら, 生きようと, 生じて, 産を, 用いられて, 用いるの, 用ゐる, 男が, 疲れきって, 発明された, 盛んに, 盛大な, 盡す, 盲目に, 直接に, 真の, 真赤に, 知識を, 破られて, 破壊され, 破壊された, 社の, 祈るの, 祝って, 祝杯を, 神を, 神経が, 神経衰弱に, 科学の, 窓から, 笑って, 箱の, 簡単に, 精根を, 結局は, 絵を, 綺麗に, 緊張し, 罪も, 置かれて, 義を, 義務を, 老人を, 聖寵を, 職業を, 自らを, 自動車を, 自殺し, 舌が, 舌を, 舞台の, 船は, 色々の, 苦労した, 苦心し, 苦痛を, 苦闘し, 落ちて, 葉子の, 虐殺された, 表面の, 要求され, 要求される, 親の, 親を, 言葉が, 訪ねて, 許されて, 話が, 誘拐された, 読んで, 誰にも, 謀って, 警察の, 豊富な, 負傷した, 貢獻する, 貧乏し, 責めら, 走って, 身に, 身も, 車を, 辯じ, 近くの, 途方も, 造ったもの, 造られたの, 造られたもの, 連れて, 過ぎないの, 過ぎなかったの, 遺して, 邪に, 郷里の, 開放された, 電報を, 非常なる, 頭から, 頭に, 食事を, 飯を, 餌を, 魚を

3 [934件 抜粋] あがって, あたしの, あって, あの子, あの通り, あまりにも, あらゆる他, ある, ある物, いいかも, いい事, いまでは, おうかが, おこって, おのれの, おもて, おれが, おれを, お互に, お墓, お経, お角, お雪, お高, かう説明, かえって不幸, かように, かれの, ぐったりと, ここでも, このまま, この一篇, この世を, この作者, この始末, この日記, この物語, この通り, こんな大事, されて, しまいには, じつと, すつかり, するならば, するや, すれば, そういうもの, そう見える, そこらを, そのほう, そのままに, その中, その光, その子, その心, その怒, その本, その血, それによって, それらを, たたかうの, ちょっと顔, つくられたもの, とった手段, どうしても必要, どうすれ, どこかで, どこへ, どれ程, なくなって, なったもの, なにかの, なの, ならどんな, ならないぜ, ならぬぞ, ならんから, なりは, なるから, なるでしょう, なるとは, なれば, なんらの, ひとりで, ふたりの, ふるえた, ほかならぬ, ほんとうの, まず第, また彼, みずからを, みんなに, やったん, やってきて, やって来たん, やつと, よいの, わざとあんな, わざわざあの, わざわざやってきた, わざわざ自分, わしを, わたくしの, わたしに, われわれが, アリバイを, クリストフの, シバイを, スパイを, タクシーを, ハンドルを, マゴコロを, 一個の, 一夜の, 一室に, 一年に, 一所懸命に, 一時を, 一札を, 一週間も, 三日に, 上に, 上等の, 不幸を, 不快な, 不慮の, 不都合な, 世話を, 両親が, 主要な, 乾盃した, 事は, 二つに, 二三人の, 二人とも, 云うの, 京都に, 人々を, 人口の, 人民が, 人物の, 人生の, 人類が, 今この, 今までは, 以上の, 伸子を, 体の, 何かしらを, 何程の, 作ったの, 作る, 作るもの, 作物の, 使用された, 來る, 便利な, 信じて, 俳句を, 偉大な, 偶然に, 僅かな, 働いたもの, 働かずに, 働くよう, 働く者, 元の, 充分に, 入って, 入浴に, 入院し, 全ての, 其処へ, 冤を, 凍って, 出かけた, 出で, 出席し, 出来るだけの, 出発する, 切符を, 利用しよう, 前から, 助け舟を, 努力しよう, 労働者の, 勇を, 勉強し, 勝手な, 医者が, 千里の, 協力し, 南の, 去年の, 参ったの, 友達を, 反対の, 受けた傷, 古代の, 只今の, 台所で, 台所へ, 各地に, 同行の, 君に, 味方の, 呼吸が, 咲いて, 商売し, 問題が, 善を, 四人の, 困難な, 國民の, 在るの, 地を, 地方の, 堕落し, 声まで, 変な, 外国から, 夜は, 大切なる, 大混乱, 大砲を, 大部分, 天皇が, 天皇制が, 夫人は, 夫婦は, 奪われて, 女も, 好いと, 妻子を, 婦人は, 存在した, 学問の, 宇宙の, 宗教を, 実際の, 室内の, 宮の, 家まで, 家出した, 寝台の, 専門の, 少なからず, 尽くすこと, 尽瘁し, 川の, 己の, 巴里へ, 帰りの, 幸福であった, 幾度と, 底の, 廊下へ, 弁当を, 弟の, 役立つに, 役立とうと, 彼等に, 彼自身の, 後世に, 御好意, 微力を, 徹底的に, 心力を, 必要なら, 必要以上に, 思想の, 悪いと, 悲惨な, 愉快で, 意外な, 我慢し, 戦うもの, 戦つてゐる, 戦争の, 戸口へ, 所謂, 払った犠牲, 折れて, 挿入した, 捧げようと, 掘られたの, 支配せらるる, 政府の, 故人の, 敗られ, 教師の, 敷物を, 斃れ, 文芸の, 斬られて, 新たな, 新聞の, 旅行する, 日ごろの, 日を, 日本へ, 早稲田の, 時としては, 時間と, 書き添えて, 書くという, 最も好ましい, 最も有効, 最も重要, 最後に, 有効な, 朝子は, 本の, 来たと, 来た者, 来られたの, 東京を, 枕を, 柱を, 根気よく, 森から, 橋の, 機会を, 欠くべからざるもの, 欧洲へ, 歓声を, 歪んで, 死ななければ, 死ぬるの, 死んだん, 死んだ男, 死骸の, 殺されること, 母親の, 毒です, 毛布を, 民主的な, 気も, 氣が, 水に, 汗を, 河の, 泣いた, 活きて, 流れて, 海を, 温泉へ, 準備せられた, 無残にも, 無理を, 無限の, 熱が, 熱弁を, 父を, 牙を, 物が, 物語の, 特殊な, 犠牲者が, 独りで, 献身した, 玄関を, 現在は, 生きその, 生きるか, 生くる, 生れに, 生徒の, 生徒は, 生活が, 用いて, 用意する, 田舎の, 町から, 町は, 町を, 病気を, 百の, 目も, 相談を, 眠ること, 知ること, 砂が, 研究が, 礼を, 祈つて, 祈る, 祖国の, 祝福し, 神と, 神様が, 神経を, 私たちが, 私共の, 税金を, 空気が, 窒息し, 立てて, 立派に, 第三, 米友は, 粘りついて, 精力を, 糸を, 細胞の, 結婚の, 結構な, 緑の, 繊細な, 繰り返して, 美の, 老人の, 老躯を, 考案された, 職業上の, 背中を, 脳の, 自信を, 自分達の, 興ある, 船から, 船が, 良くない, 色を, 芸術の, 若いもの, 苦しむこと, 苦しむの, 荒らされて, 莫大な, 蒙古, 血が, 血書を, 行くこと, 行動し, 表情は, 表現する, 裁判所の, 裏を, 襖を, 見つけて, 親切な, 親方の, 計画し, 訊いた, 証文を, 試みに, 誠意を, 説明の, 誰の, 諸国の, 諸国を, 講義を, 警察に, 譲歩した, 負傷し, 財を, 貢献しよう, 責め殺されて, 貴様が, 費されたの, 資金を, 起こるの, 躯が, 軍の, 近所の, 返事の, 迷惑を, 造って, 遣って, 部屋が, 酒の, 重吉は, 金は, 金や, 鉄の, 門を, 開いて, 関西へ, 院の, 隣の, 雨の, 雪が, 電話の, 静かに, 非ずや, 靴を, 頬を, 顏を, 顔色を, 風邪を, 飛んでも, 食ふ, 食を, 飮ま, 首の, 骨折って, 骨身を, 魚の, 黒ずんで

2 [3058件 抜粋] ああなったと, あたりは, あとで, あらずや, あるいはこの, ある時, あんなに見えた, いい, いい場所, いくらか心, いっしょうけんめい, いつもの, いろんな形式, うつらうつらし, おおぜ, おびただしい原子爆弾, お亡くなり, お勝手を, お師匠, お春, お米, お雪ちゃんが, かえって作品, かえって非常, かね, きかせて, くちばしを, こうこうした, こう説明, こちらが, この一つ, この事, この地, この差別, この文章, この橋, この行事, この頃, これまでも, こんなに親切, こんな芝居, ご病気, さきを, されるべきもの, したという, しばらくする, じりじりと, すみやかに, する愛, せいぜい鉛筆, そうです, そのあたり, その事, その全力, その剣, その同志, その増加, その当時, その本質, その用意, その習慣, その記事, その道を, そばの, そんなもの, たいていの, だいなし, だんだん崩れる, つかまって, つくられたので, であって, できてる動物, とくに天, どうこうと, どうなる, どこまで, どんなに苦しんだ, どんな犠牲, なされるもの, なったし, ならねえよう, なりましょう, なるといふ, なる人間, のみさ, ひと工面, びっくりさせない, ぶるぶると, ほんとに仕合せ, ます, またそれ, また訊いた, むりに, もう一遍, もどかしさ, やすくおよそ, ややともすれば, よき母, よく日光, よみがえるであろう, わざと子供, わざわざ家, わたくしが, われわれに, インドに, カムパネルラの, グレーヴの, ステンダールの, デカルトは, パリーの, ピク, ブラームスは, ボートの, ムザ, ロンドンを, 一と, 一切が, 一層, 一度に, 一意奮闘し, 一方を, 一時に, 一臂の, 一身の, 万年筆を, 上を, 下劣な, 不具に, 不幸に, 不義理, 与えられて, 世間を, 主人が, 久光を, 乞食は, 予定が, 事実が, 二人し, 二重に, 五〇人の, 京の, 人前だけは, 人心を, 今こんなにも, 今回の, 今日までの, 仕方なく, 仮りに, 会堂の, 伺いますが, 体に, 何事かを, 何時でも, 余も, 作られたと, 作品が, 使うという, 使われようとは, 依怙, 便宜が, 修辞学を, 借金が, 備へて, 働いたの, 働きたいという, 働く気, 僕らは, 兄は, 先ずこれ, 光が, 全くその, 全体を, 公平な, 兵部卿の, 再びその, 冗談を, 凝灰岩が, 出動した, 出掛けて, 刃物を, 判断が, 利害を, 前には, 創造せざる, 努力しない, 勇一を, 動くの, 勢いを, 勾引かされた, 北海道の, 十分考えた, 千住へ, 半途で, 協団の, 印度の, 却って変, 卵が, 又なに, 反対し, 取らないところ, 口実を, 句を, 可哀そうな, 右門が, 同地に, 名まえ, 吝嗇な, 吾人は, 呼鈴を, 唄うの, 善人が, 四匹の, 囮に, 国内に, 国際関係を, 土堤へ, 地獄とよ, 埋めら, 場末の, 増して, 売るもの, 外からは, 多くは, 夢が, 大いに弁護, 大きな金, 大功を, 大奉, 大急ぎで, 大豆を, 天に, 天賦の, 夫婦に, 奉仕した, 奥様へ, 女性を, 好意ある, 妨げられた, 始て, 婚礼の, 子供たちの, 存すと, 安らかな, 宝を, 客を, 室内がも, 容を, 寺から, 尋ねて, 小間物屋を, 尽くした, 尽すよう, 屍体を, 岡田と, 工場へ, 市民の, 帰国を, 帽子を, 幸福である, 幻燈を, 広大なる, 座席を, 建てられた, 引いて, 強ひ, 影に, 役立てようと, 彼女には, 後から, 得た互, 御通夜, 徹夜し, 必ずしも不安, 必要でない, 忠勤を, 思いの, 思想を, 恋愛する, 息子が, 悪かろう, 悲しみを, 惜んだ, 意志の, 感情を, 成功を, 我等は, 戦うの, 戯曲が, 戸棚から, 手渡された金, 打消されて, 括弧に, 捕えられて, 捧げられること, 採るべき方法, 提出された, 支出し, 支配されね, 政治家と, 救われて, 数の, 文学が, 文體の, 新しい基礎, 新らしく, 方々の, 旅行に, 日本人が, 日本画の, 早くも, 明らかに, 明白な, 昨夜も, 昼夜の, 時代と, 暑苦しくストーブ, 更に一, 書かれた文学, 書く積り, 最も簡単, 月々の, 有効である, 朗らかな, 未来を, 材木を, 来たよう, 東京では, 枯れて, 森を, 概ね其作, 横に, 機械を, 次第に出入り, 歎く, 正造は, 歪められて, 死にたいと, 死ぬまで, 死んだ孫六, 死期を, 殺さるべき運命, 殺すこと, 毎夜の, 民衆に, 気持ちが, 永年にわたって, 求援の, 決してまた滅びない, 沈められ滅, 法律が, 泣くよう, 注意を, 津田の, 派遣された, 浪費され, 海底都市は, 消費する, 清国の, 準備された, 滅んで, 潜戸を, 災難を, 無用に, 焼けて, 燈火の, 父母は, 片足を, 物象を, 狂って, 猫の, 玄関へ, 現象が, 甚しき動揺を, 生きよう, 生じたるもの, 生ずる現象, 生れたよう, 生命は, 産後の, 用いるよう, 田舎へ, 男も, 異常に, 病院の, 発狂し, 白状した, 皮膚の, 盡した, 相互の, 真に役立つ, 真面目に, 眼も, 知らない店, 破壊されない, 磯貝を, 祈祷し, 祝すべきであるの, 神田の, 私個人の, 科学を, 秘密の, 空の, 窓が, 立上った, 筆の, 築かれたもの, 米友の, 精出して, 納めといて, 紫玉は, 結婚が, 結集する, 絶えず足, 綱は, 縁の, 缺くべ, 群を, 翌日尾崎士郎から, 耳の, 肉体的にも, 胃腸を, 腹心の, 自ら苦心焦慮憤慨し, 自分としては, 自滅し, 至るところ, 船体は, 良心的な, 若い人たち, 苦しいおもいを, 苦しめられた人間, 苦痛の, 荘田に, 落着き払って, 蒲団を, 薄れては, 蛇を, 血判を, 行なわれて, 行動した, 表面に, 裁縫を, 西洋の, 見せて, 見廻って, 親が, 観照を, 計ったこと, 討死する, 設けられた桟敷, 詫を, 誤解され, 誰かに, 諸國民, 謀ること, 谷の, 財産の, 貴下は, 貸して, 貿易する, 起きて, 起される洪水, 足は, 蹂躙され, 身体こそや, 軍隊を, 辰次に, 迷信を, 逃げるん, 逮捕され, 遊びに, 過ぎないこと, 道庵は, 違ひなかつた, 遣わされたの, 邸の, 都の, 配置され, 金も, 針路を, 錨を, 長兄を, 間を, 闘うところ, 院が, 隅々まで, 随分骨, 隣りの, 難儀する, 震えて, 青春の, 面白半分, 頁が, 頭脳を, 顫えた, 飛び込んだの, 香木を, 駆けて, 鮎の, 鹿を

1 [30638件 抜粋] мояの, あたくし, あの, あの血書, あらざるか, あらゆる竜, あるいは校正, ある省, あんな左, いかなる重み, いさぎよく戦い, いっそう性格, いつの間にか馬の脚, いひたくない事, いらざる娘, いわゆる幸先, うらぶれ出でたの, おけい, おどりあがって, おれたちまで, お姫様は, お泣き下さいまし, お訊きする, かえってうまく, かえって地, かえって薬, かく憂ひ, かなり嫌疑, きた人間, くづれてはゐない, こういう粗野, こうして薬, こってり塗りたて, このテラス, この党, この好機会, この数週間, この牛, この苦しい, この非常, ころす, こんな墓誌銘, こんな酔興, さかれなければ, さらに内, しじゅう忙, しばしば出かけた, しめし合わせて, すぐれたもの, すっかり破滅, すばらしい名称, する行動, せっかく地学, そういうへん, そうして真理, そしてまた金属, そっと泥烏須, その一人, その僧, その哲学的反省, その山そのもの, その捨棄, その洒落, その稀, その裁縫師, その間の, それで地球, そんなに遠い, たいへんいい, たださえ, たとえばひどく, だいぶ時間, ちゃんと一纏め, ついに一命, つかみなおすため, つけた一つ, であると, とうとうこんな, ところどころ穴, とりまかれて, どうしても仕上げなけれ, どちらも, どんなに苦労, なおさら自分, なさる, なにものかを, なら倒れて, なるとき, なんだか不自然, ねんごろ, はたまた, ひいた専用, ひどいアルコール中毒, びしょ濡れだった, ふるわせその, ほとんど旅行, まい日, まず人間, またもやこの, また心, まだかなり雪, まもなく前, みなさんに, むなしくなろう, もう一度突っ込んだ, もしくは常に, もとは, やせるほどの, やはり其の, やりとりする, ようやく各, よけい幅広く, よろしくは, わざとにっこり笑った, わざと祇園新地, わざわざ参った, わざわざ芝居, われら平和を, アルコールを, ウィンパーの, オレを, ギニイ貨を, ゴアが, シャンパンを, スポイルされ, チェルマーシニャへ, トロイア戰爭なる, ノンビリ, パン焼工場へ, フリント船長が, ベラ, ポーズし, ムツとして, リエージュ, ワザワザ白衣の, 一ツ眼の, 一八四九年アメリカに, 一家狂死を, 一層派出, 一心不乱に, 一日滞在する, 一朝に, 一看護卒たるを, 一言半句の, 丁度雪, 三人で, 三浦義連のや, 上部の, 不便利, 不死を, 世にも華麗, 両案, 中秋は, 久我を, 乳を, 事に, 二三枚の, 二度ばかり, 云えば, 五日も, 亡ぼされ津軽郡中, 人力の, 人質に, 今し方左内と, 今日お, 今遽, 他国へ, 仮借なき, 伏せて, 伝記歴史紀行及び, 住家を, 何とは, 何動物の, 余儀なく失職, 作られたトタン, 作品は, 使った防腐塗料, 侍所の, 俗語の, 俳優群の, 借金証書を, 傍へも, 傾注しつくされた, 働き更に, 僧を, 先ず入用, 光線が, 全く物質化, 全體, 六ペソの, 其作の, 内部へは, 写実劇場の, 処々に, 出世も, 出来る雑具, 切って, 別な, 利益の, 前後に, 創立した, 助けたよう, 勅勘の, 動く自由, 勤めるもの, 医学士の, 十分一税の, 千載一遇の, 卓子に, 危うきを, 却って坂, 却つて冷静に, 参りましたの, 友に, 取りのけて, 口惜がっ, 叫び自分たち, 司法当局から, 吉良の, 同社秘蔵の, 君自身が, 告発せられた, 命まで, 唄ったの, 善惡二途の, 喰い詰め者, 四月に, 国司の, 土地が, 地下水系が, 埃は, 堪え得ないの, 壇上の, 壺鉢塩などを, 外は, 多く掠めた, 夜不, 大いに情熱, 大きな結婚比率, 大勢し, 大層役に立った, 大破壊, 天にも, 太郎を, 奈良を, 奮闘努力する, 好い着物, 妙吉だけは, 姫君の, 嫌悪と, 存在しよう, 宅中騒々しく, 官吏を, 実の, 宣伝する, 家内や, 寄与する, 寝床から, 専有されべき, 小さな着物, 小枝, 少々肺病, 少数に, 尽したるミゲル提督, 居るの, 山口へ, 崩れた牡丹, 工業品全体の, 巴ヶ淵の, 帝都一流の, 常に接する, 平岡の, 幸い出発, 幾百万の, 座右の銘とも, 建て増した, 引きずりおろす事, 弱いといふ, 強情に, 当然原作者, 役立ち詔, 彼帆村は, 後ろ向きに, 得た失望, 御答弁, 心から喜ぶ, 必しも, 忙しいふう, 怒ったろう, 思ひに, 性格に, 恨みをのみ, 悩んで, 悲しみも, 惜まざれ, 愛される, 愧し, 憎むなり, 成就された, 或いは他, 戦ったもの, 戸板を, 手工藝を, 打ちあげられて, 承わろう, 折角お父さん, 拍手が, 持つ未来, 捕えたが, 捨る, 控えて, 搖られ, 擧げられず全く, 攻め落された時, 救助さえ, 散乱された, 敵から, 文科へ, 斯く前後, 新五代史, 旅立ちたい旨, 日数が, 旧いなじみ, 明けっ放した, 春情を, 時々急, 普仏戦争の, 暗黒の, 更にどれ, 書かれた一夜仕込, 書物から, 最も醜, 有益であろう, 期待すべき, 本所の, 村長の, 東京横浜横須賀以下東京湾の, 果してどの, 栄養物が, 梅を, 極く悪い, 槍を, 機影を, 次郎が, 止むなくこれによつたといふ結果に, 此家へ, 歩の, 死なば, 死んだとき, 殊にかれ, 殺されかかって, 殿下も, 毎日彼の, 比較的あれ, 気分も, 水氣も, 汗が, 決して症状, 治せら, 泣かないで, 洗いざらい話し, 流俗の, 浮虜と, 涙の, 清い水, 湖の, 滅される, 漱石氏が, 濫費買い, 点字の, 無理し, 然し居住者, 照込みが, 燔祭を, 片足不具と, 特に, 特に濱野氏, 狂する, 猛威を, 王さまと, 現時の, 生々しい苦しみ, 生け捕りに, 生ずる電流, 生徒さんたちの, 甦ったわけ, 用ゐ, 甲板の, 画室に, 當人何事が, 病院から, 発狂を, 白色テロルと, 皿場へ, 目下の, 相手に対して, 真面目で, 瞽者と, 石ころの, 破れたらしい, 礼式中に, 祈り続けて, 神や, 祟られる恐れ, 私にとっては, 租界内の, 積極的干渉を, 突き落す場所ぢ, 立ちつつ, 立法者の, 第二話, 簪の, 精神的に, 紐育から, 終始した, 結局レームスは, 絶えず焚き, 総代を, 縦横無尽に, 羅天大, 義侠的に, 老後わずか, 聖十字を, 肚を, 能勢様へ, 腰へ, 自ら意志し, 自家の, 自身を, 船主は, 色褪せた蒼白い, 若いナースチャ, 苦しみ何, 苦笑を, 荒らされた田方, 落胆し, 蒼ざめるべきではないか, 藤原時代そのまま, 蜀朝廷の, 行くところ, 行進曲を, 袋叩きに, 製糸女工の, 要用と, 見掛けに, 親方筋に, 言うの, 記事の, 設置せられたる, 詮方なく, 語学校に, 読経回向を, 諸人が, 警官隊を, 豚数頭を, 貧血させられ, 買った, 費やすの, 贈り遣わしたという, 起こった事件, 起る悲劇, 跳りかかろう, 身悶へ, 軽率にも, 農業の, 迫害も, 逃げたのね, 通し狂言とは, 造られた巌, 遂にかく, 運動意の, 達ちゃんあっせんし, 遮二無二この, 邑政を, 酒宴を, 重ね重ねひどい, 金吾様も, 鉄びんの, 鋼条の, 長い槍, 門人ふたりが, 間に, 闘った人間, 陥し穽, 隔ての, 集つてゐた, 難問を, 電燈に, 青地の, 面白おかしく, 頗る渋江一家, 顔一面に, 飛び散って, 食堂に, 養家の, 馴染が, 骨まで, 高雄で, 鳴らしたその, 黒くなった

▼ ため~ (5347, 6.2%)

68 芸術 48 もので 39 一つの 31 ように 30 ものである 23 努力を 19 ものだ 17 ものであった 13 ものと 12 基金が, 最後の 11 ものであり, 唯一の, 基金は, 手段として 10 文学の, 本を 9 ものだった, ものを, やうに 8 ものな, 努力が, 基金の, 手段である, 材料を, 私の 7 道具に 6 ものは, 何かの, 努力は, 基金を, 必要な, 手段と, 芸術と, 藝術と

5 [18件] たたかいの, ものであっ, ものでなく, ような, 仕事に, 作である, 原稿を, 哲学, 手段に, 手段を, 方便と, 最上の, 犠牲に, 競争が, 芸術の, 芸術家, 貴重な, 重大な

4 [31件] もの, ものです, ものでなけれ, ものに, ようであった, メモ, 一切の, 他の, 努力と, 協奏曲, 基金と, 彼の, 手段だった, 政治は, 文学を, 方法の, 方法を, 材料の, 準備として, 準備を, 特別な, 特別の, 用意が, 科学に, 第一, 藝術の, 観照, 運動, 運動を, 道具として, 金が

3 [72件] あらゆる努力, たたかいを, ものか, ものでした, ものでない, やうな, ようにも, 不可欠な, 不思議な, 人間である, 仕事は, 任務を, 別の, 努力であった, 口実と, 口実に, 場所であった, 大切な, 強国間の, 必要から, 戦争であり, 手を, 手段であった, 手段では, 手段としての, 批評の, 摸索, 方が, 方便だ, 方便として, 方便に, 方法と, 方法として, 旅行だ, 旅行家, 時間を, 最も有力, 最高の, 有効な, 有効基金は, 杖を, 殆ど唯一の, 活動を, 浄財を, 演劇, 特殊な, 狂詩曲, 生活を, 用意である, 由, 真実基金の, 真実基金は, 種々の, 練習を, 自分の, 芸術である, 芸術という, 芸術は, 荷役, 薪だ, 藝術, 藝術とは, 藝術を, 言葉である, 言葉を, 議論を, 質素な, 足がかりとして, 運動は, 道具である, 道具を, 闘争が

2 [292件] お習字, かざりにと, ことと, ささやかな, たたかい, たたかいは, なんの, はっきりした, ものとばかり, ものなら, やうで, ようだ, ようで, わざくれから, ウダールニクが, ストライキだ, セント・ヘレナは, トリックに, ホテルや, モトデを, ヤリクリが, レコードを, 一時的な, 一種の, 一種自己催眠的な, 丈夫な, 下準備, 不安が, 不愉快さが, 予算である, 事実上の, 二つの, 二人の, 亢奮で, 人間行為の, 仏法修行, 仕事が, 仕事な, 仕事を, 会が, 会見だ, 会話として, 体系でしか, 何らかの規則, 修業だったろう, 修練は, 修練を, 個人が, 偽りの, 備忘録として, 党であり, 共通な, 具でも, 出しものは, 出家ぞ, 前提であり, 前提として, 劇場を, 力に, 努力だけが, 努力で, 努力に, 努力の, 労働に, 効果から, 勉強を, 参考に, 友人, 反感と, 反省の, 口実な, 右翼の, 名であろう, 命令を, 咄嗟の, 嘘である, 器であった, 器では, 四人称は, 囮な, 国民の, 土地は, 基金従っ, 報道として, 場面の, 多少の, 大きい絶望, 失敗だった, 奔走は, 委員会が, 娘たち, 嫉妬である, 子供の, 学問, 学問を, 実験の, 室を, 寒さ, 小手先の, 小細工嫁を, 小説を, 展覧会を, 山籠り, 巧みな, 巨大な, 平和の, 幸福は, 役割を, 彼れ, 復讐, 心づかいだった, 心理解剖から, 必然的な, 悲しさ, 悲鳴が, 意味深い, 愛の, 或る, 戦争が, 戦争だ, 戯曲, 手段だ, 手段で, 手紙を, 手近かな, 技術を, 政府の, 政策論を, 教育が, 教育の, 文学であり, 文学と, 文学という, 文学に, 方便な, 方法である, 方法に, 方法は, 施設として, 旅に, 旅行, 旅行であった, 時を, 時間の, 書棚, 最初の, 本当の, 本道から, 材料に, 椅子を, 概念である, 概念であるだろう, 概念な, 機械の, 機関である, 欲求では, 歌であり, 歌を, 武器に, 死では, 死に対する, 殺害の, 毒である, 毒では, 氷を, 汚らしさ, 法律である, 注射を, 注意を, 活動が, 活動と, 活動に, 活動の, 液體の, 準備では, 溝を, 滑稽な, 燃料と, 物を, 物語の, 特殊の, 犠牲として, 犠牲な, 独立国には, 現在の, 理想の, 理想的な, 理窟では, 理論は, 生々と, 生活の, 生活は, 生産を, 用意, 用意で, 用意として, 用意に, 留置か, 盗みでは, 真の, 真実の, 真赤な, 眼ま, 祈祷に, 神の, 秋の, 科学を, 秘密の, 積極的な, 穴を, 窮命だ, 競争を, 竹籠を, 第一条件, 第二, 箱を, 純粋に, 経済白書という, 経済的な, 経済的基礎と, 結社を, 絢であり, 網が, 美術が, 羞恥か, 義務心から, 臨機の, 自殺で, 自然の, 自然を, 色々都合, 芝居では, 芝居も, 芸術だって, 芸術では, 芸術といふ, 芸術として, 芸術を, 苦しみの, 苦しみは, 苦労を, 苦役な, 苦闘である, 英語だ, 藝術との, 行脚ぞ, 装飾品に, 親切な, 言葉, 言葉だった, 設備が, 許しを, 詩語か, 警察の, 議論みたいな, 買物を, 費用の, 資金を, 足場を, 軍備が, 運動が, 運動の, 運動委員が, 道と, 道具だ, 道具は, 部屋に, 重要な, 金だ, 金の, 金は, 金を, 金策の, 釣舟屋と, 鉄の, 鉄ば, 鍵は, 鎌倉殿の, 鎖を, 長い柄, 閑暇を, 闘いの, 闘争, 闘争の, 陽気な, 雑誌が, 雑誌としては, 鞭と, 頭痛の, 食物と, 食物は, 馬と

1 [3827件 抜粋] М, あらそいが, あらゆる方法施設, あるじもうけを, いけに, いろいろな, えさです, お喋りの, お手当て, お祭でありました, お金, きたない負け惜しみ, こころの, この上, この旅, この質問, ごく特殊, さまざまな, じょうだんも, そしてやがて, その威厳, それである, たたかいに, でたらめである, なかなかいい, はりつけ同然, ほかに, まとまつた金, ものかも, ものであるだろう, ものにな, もの一つそれから, もの電気その他すべてが, ゆえに, よりどころ, われわれマルクス学徒の, アンテナと, ウソだ, カフエー生活だ, カンパニアを, クーデターを, コードが, ジャイロスコピック・アクションに, スケツチを, タオルを, テライや, トリックを, ハッパだつた, ビュイックである, ブランデーを, ベース・キャンプと, ポインツマンの, メカニズムを, リアリズム検討につれ, ロシア語, 一か, 一冊の, 一大過程である, 一政略より, 一条件に, 一生だ, 一群の, 七輪二つそれに, 上座が, 下拵, 不吉で, 不当な, 不滿, 世界の, 丸薬と, 乞食か, 予備試験などは, 争いであり, 事務所として, 二十年間の, 五ヵ年計画, 交通費が, 人体手術は, 人民戦線民主戦線という, 人間を, 仏であった, 仕事にだけ, 仕掛に, 代表者と, 伏線に, 会所が, 会釈を, 住居に, 何な, 余儀なき催促, 作家の, 作者として, 例年の, 価値倒換に, 便法である, 修業と, 俳句, 倫理を, 健康診断を, 備への, 傾向的作品と, 儀式は, 党である, 全国の, 公の, 公民権さえも, 公議所が, 具体的一部として, 内省の, 写真だ, 出師で, 出版であっ, 出血に, 切なさ, 初速度, 利益だ, 刺激と, 前科も, 劇場つまり, 力として, 加工である, 努力だ, 努力な, 努力献身への, 労働学校が, 勇気, 勉強とは, 勝負だった, 匂である, 半, 単なるいたずら, 印ばかりに, 原子力の, 厳しさ, 反対, 取巻, 口から, 口実を, 叫びか, 右門流だった, 合宿部屋に, 同意点を, 名簿を, 呪文な, 和服に, 品物の, 哲学的評論, 問題であり, 喬之, 嘲弄の, 四重奏曲へ, 囮に, 国体明徴, 国際作家大会, 土地を, 土蔵だ, 地所を, 型を, 基礎は, 基金人口及び, 場所は, 境界線も, 声明を, 外交では, 多種多様な, 大きな薪架, 大型の, 大池を, 大衆の, 天の, 夫でなけれ, 契約書が, 女王の, 好条件であった, 委員会と, 娯楽偸安の, 嫌味でも, 孤児院だ, 学問である, 学校が, 学者たちを, 安易さを, 定めだ, 実用として, 実際的, 実験台に, 宣伝であった, 家だけの, 宿と, 寄付だ, 寄附ぢや, 寝室の, 専用道な, 導来物, 小さな家, 小学校中等学校が, 小舟が, 居残り勉強, 山役人の, 工作の, 工夫を, 左劵に, 布置だ, 平和なり, 幻想曲を, 広告文, 廟では, 弓であり, 当日の, 形式としての, 役には, 律法でも, 御教書であったでしょう, 御笛, 徴収金が, 心尽しの, 心理解剖に, 必要上本場の, 必需品的な, 忘れぬ日, 快い調, 思索こそは, 怪我の, 恥なき, 悩み他人, 悪鬼で, 情熱で, 想定勢力であった, 意志的な, 慟哭が, 懐疑であり, 戦, 戦だ, 戦争で, 戦争挑発と, 戦術も, 所作には, 手びきという, 手引としては, 手段いわば全く, 手段としてのみ, 手段は, 手術が, 打撃は, 批判相互否定という, 技術なんか, 抗日, 拵えものに, 指導よりは, 挨拶ぐらいで, 掛け声な, 探求も, 提灯代りの, 摂生だろう, 支出から, 攻城砲か, 政府は, 政策は, 教である, 教育を, 敷蒲団を, 文化運動といふ, 文学である, 文学所謂お伽話という, 文章本という, 斎忌の, 新しい力, 新しい観点, 新居が, 方便であり, 方式である, 方策とも, 施設も, 旅行でない, 旗陣と, 日記だ, 明日の, 昭和維新では, 晩酌が, 智慧は, 書斎でした, 最も実質的, 最も簡便, 最短距離が, 有効基金とは, 服装の, 木箱を, 本なども, 材料として, 条件は, 枕詞に, 栄花が, 案山子として, 椅子が, 極めて便利, 構えだ, 権威ある, 橋が, 機関とも, 欲望充足に, 歓迎宴が, 武器である, 歴史的な, 段階の, 毒薬の, 民衆によって, 水とを, 永代供養の, 池の, 油の, 法律だ, 洞察力を, 浩瀚な, 涙な, 清涼剤でも, 測量師や, 準備で, 準備は, 準決勝戦時代だ, 演説である, 火と, 炊事を, 無意味な呟きだった, 無花果の, 照れかくしといへ, 熱烈なる, 燕麦や, 物交が, 特別席で, 犠牲と, 犯罪である, 狂態であった, 献立と, 王族の, 現実の, 理由は, 理論を, 生きるため, 生活と, 生産へ, 産業の, 用具としての, 用意だったろう, 用語と, 男女の, 異なった手段, 病棟な, 癇癪としては, 百首を, 目じる, 相互の, 相談な, 真理探求, 矛盾摩擦の, 短いスカート, 石炭と, 研究では, 破壊を, 碌々たる, 社交的辞令に, 社会教育委員会その, 祈りを, 神意だった, 祭りぐらいが, 秀吉の, 科学だけを, 科学的注釈の, 種々な, 空前の, 空気焔を, 端の, 第一前件, 第二策, 策略だった, 簡単で, 精神の, 納豆と, 索引に, 組合組織みたいな, 組織委員会が, 経験場と, 統一函である, 絵なら, 絶対的備えは, 総ての, 繃帯であろう, 罪減ぼし, 義務教育を, 考えであり, 職業婦人が, 背景位に, 腐朽や, 臨時兵糧米徴収を, 自慢の, 自然科学的な, 興味のみで, 船という, 良妻賢母とか, 色彩としか, 花の, 芸術でなく, 芸術効果を, 芸術論は, 苦力が, 苦心である, 苦闘の, 荷もつの, 落付きであり, 蔽いも, 薬を, 藝術でなけれ, 虚構だ, 血判を, 行動であった, 行為を, 衣なり, 衣食の, 裁許掛で, 裏打ちとして, 襦袢だ, 見えない, 規則である, 親切も, 観念論的な, 解剖では, 言葉に, 計画, 計画性そのものが, 記号を, 設備だ, 診察で, 評論集, 詩は, 認識の, 誤解なぞも, 読書に, 読物は, 調査料の, 論争芸術理論の, 論理であれ, 諸問題, 諸闘争, 講義では, 警告です, 議論だ, 象徴であっ, 財本の, 貯へを, 費用であっ, 資料の, 賑給と, 贅沢物では, 足で, 踏み台としては, 軍では, 軽騎隊, 農政だ, 追善供養を, 通い索である, 造庭者の, 遅れである, 遍歴かという, 道づれであり, 道具でしか, 道徳を, 道義に, 選挙が, 避くべ, 都への, 酒だけは, 重要なる, 金属学的研究, 鉄棒の, 鋭い視線, 鎮火や, 長尻であった, 開運指導の, 闘ひ, 闘争には, 防御を, 除雪車が, 階級的な, 隠棲であっ, 雑文を, 雑誌を, 電報か, 青年調査の, 非礼を, 音や, 音象効果に, 頭, 願っても, 風邪でも, 食事の, 食物に対する, 養分に, 餌の, 馬小屋だ, 高い潮見燈籠, 魚類或は

▼ ためには~ (5335, 6.2%)

32 私は, 自分の 21 彼は 19 それを 1816 それは, どんなこと 15 それが, 何か 12 他の 11 われわれは, 是非とも, 私の 10 何でも, 命を, 我々は, 自分が 9 すべての, 人は, 多少の, 彼の, 相当の, 非常に 8 それに, どうあっ, 一定の, 人々は, 何よりも, 多くの, 必要な, 私が 7 どんな事, 一つの, 一切の, 人間の, 何を

6 [11件] いつでも, これらの, どうした, どうしたら, まず第, 今日の, 何の, 従来の, 手段を, 第一, 自己の

5 [17件] この上, これが, すべてを, その人, それも, 仕方が, 僕は, 少くとも, 少しも, 日本の, 止むを, 現在の, 現実の, 絶対に, 自分は, 親を, 非常な

4 [35件] いろ, いろいろの, これに, これまで, それらの, どうしてもこの, どのよう, ほかの, まずこの, まづ, もつと, 一方に, 一方において, 一日も, 二つの, 人間は, 今の, 他人の, 何が, 何と, 何も, 何ものをも, 併し, 夫は, 容易に, 彼女の, 彼女は, 彼等は, 我々の, 死を, 犠牲に, 生命も, 私も, 自分を, 身を

3 [70件] あらゆるもの, あらゆる手段, いいの, いって, このよう, この種, これまでの, これより, さう, そこに, それだけの, それ故, たった一つ, たとえどの, どうすれ, どれだけ, どんな犠牲, なくては, なんでも, まずその, もう一つ, わたしは, われわれが, 一人の, 他人を, 何物をも, 作家が, 作者の, 例の, 個々の, 個人の, 出来るだけ, 初めから, 前に, 労働の, 右の, 同一の, 君が, 唯一の, 喜助の, 多数の, 大事な, 夫の, 女の, 女は, 如何に, 婦人の, 実の, 容易ならぬ, 強いて, 或る, 時間は, 次の, 死も, 死んでも, 水火も, 無用の, 特別の, 甚だ気の毒, 生命を, 科学は, 自分に, 自分も, 至極便利, 親の, 身体を, 身命を, 銀の, 随分苦労, 非常の

2 [281件] あくまで食っ, あなたは, あらず, あらゆる種類, あらゆる衛生上, ある意味, いかなる力, いかなる善き, いかなる犠牲, いくらかの, いっさいの, いっしょに, いのちも, いのちを, いやでも, いろいろな, かの女, こうする, こうでも, ここに, この, このさい, このまま, この国, この点, この身, この階級, これは, これも, これを, しかたが, そういう認識, そうしなけれ, そのものが, その国, その夢, その女, その後の, その意見, その方, その概念, その物, それと, それまでの, それ相当に, それ相当の, だ, できるならば, ときに, どういうこと, どういうところ, どういふ, どうしてもあの, どうしてもその, どうしても三四人, どうしても手仕事, どうしても科学, どこか, どこの, どのくらい, どのやう, どれほどの, どんなにで, どんな手段, どんな方法, どんな艱難辛苦, どんな苦労, どんな苦痛, なにも, ならぬ, なんとし, ほとんど存在, まず自分, また自分, もう一歩, やはり狐, やむを得まい, よくよくの, よほど重大, イヤな, オソマツな, オランダの, ノートを, バティスティーヌ嬢が, 一ヶ所に, 一切を, 一命を, 一度は, 一種の, 一般の, 一身を, 下に, 不便と, 不必要, 不都合である, 世界の, 主を, 主人の, 之に, 二人の, 二日か, 云うまでも, 云わば, 亭主の, 人の, 人民の, 人知れぬ, 人間としての, 人間について, 人間を, 今すぐ, 今は, 今日まで, 仕事の, 仕合せだった, 仕合せでした, 以上の, 何かが, 何にも, 何んな, 何事でも, 何人と, 何物も, 余は, 働かなかった, 僕が, 僕の, 先ずその, 具体的に, 凡ゆる, 出生の, 力を, 労を, 十人の, 十分な, 危機の, 即ちその, 即座に, 又と, 友情とても, 古い親友, 可成り, 各一結婚, 各人の, 各結婚当り, 同時にまた, 否でも, 命の, 命も, 喜んで, 国民は, 土地の, 外へ, 多く作らね, 多量な, 多量の, 大事の, 大切なり, 大変に, 天狗の, 夫婦の, 好都合で, 妻を, 妾は, 子を, 子供の, 存在それ自身の, 守り神, 実に親切, 実際この, 実際に, 家を, 少しばかり, 尾張三河駿河を, 屈竟な, 平然たるもの, 幸福な, 幾つかの, 彼女等の, 心の, 必ずしも小説, 必ず何, 必ず自己犠牲, 必要である, 必要でも, 忍び難き, 思想の, 恐怖政治しか, 恩人で, 愛は, 手足を, 批評を, 捨てて, 換言すれ, 敏捷な, 教養が, 斥候や, 明かに, 昔の, 是が, 時として各個, 時には, 最も有効, 最も都合, 最大の, 有効需要が, 極めて重要, 極力注意, 欠くべからざるもの, 死す, 死をも, 死んで, 永い間, 決して子供, 沈着な, 法事も, 無論の, 無類の, 父が, 父の, 特別な, 王をさえ, 現代の, 現在に, 現在を, 甘んじて, 生活を, 用途を, 益, 目を, 相当な, 相違ない, 真実の, 眼も, 着替を, 知らねば, 石の, 硝酸銀で, 神さまに, 神の, 私どもは, 科学の, 科学的に, 種痘を, 穴を, 立憲君主とも, 節度が, 精神的な, 紀念すべき, 絶えず高潔, 義理の, 耕作に, 脛腿腰脊及び, 自然科学の, 若干の, 苦味に, 血で, 表と, 裸体が, 親は, 言葉の, 言葉を, 読者に, 論理を, 財を, 路地の, 身に, 身體を, 都合が, 都合の, 酒を, 金持ちの, 金銭を, 鉄の, 随分泣かされ, 電車で, 需要せられる, 頗る恰好, 願っても, 食を, 高貴な

1 [3850件 抜粋] あいつが, あこがれの, あなたさまの, あのよう, あまりに傾向的, あまりに暖かい, あまりに雑沓, あらずという, あらゆる労力, あらゆる悪辣, あるいは人, ある時, ある限り, いいよ, いかなる価, いかなる権威, いかに外見, いくら事前, いささか嘆息, いつたやう, いつも虚心坦懐, いまだあまりに弱い, いよいよ薬, うれしかつ, おそらく多く, おのずから批評, お互いに, かういふ思想上, かかない, かならず自分, かなり骨, かりに家族, けっして心配そう, こうならなけれ, ここは, このほう, この主張そのもの, この会, この家賃, この必殺, この数年来急激, この概念, この猫, この行動主義, この都市, これこれの, これほど, こんな唐突, ごまかさないといふ, さまざまの, しっとりと, しろき平和, すでに, すなわち真, ずいぶん苦労, せめて私, ぜひとも各種, ぜひ正面, そうする, そこの, そちを, そのどの部分, その一端, その作者, その反対物, その場合, その序列, その感動, その日, その源泉, その眼球, その絲, その苦しみ, その野心, それだけ余計, それらを, そんなにしゃべる, たださういふ詩, ただ人の, ただ私たち, たった一度シャッター, だから一方において, だれかの, ちようどまる, つねに千石千両, できない辛抱, どうあ, どうかし, どうしてもその道, どうしてもやり遂げなく, どうしても事実, どうしても大きな, どうしても左, どうしても自分, どうして下さる, どこかに, どの程度, どんなにでも, どんなに複雑, どんな切り, どんな機会, どんな苦肉, なお弘, なって, なほ重要なし, ならなかった, なるな, なんらか, ばあいによって, ひり込んだ位, ほんとによい, まことに頼り, まずこれら, まず交換者, まず夫, まず母, まず男, まず自己否定, まず雑巾, またより, また誰, まだ十分成熟, まづ仕事, むこうを, むらがる女軍, もう一寸何, もう時間, もっともっと, もっと親しく, もはやトツク, やはりい, やはり同様, やはり本当に死ななくっ, やはり読者, やむを得んこと, よい寝床, よき生活上, よほど勉強, より多く仏, よろこんで, わざわざ飛脚, わるいわ, アッタスンよ, インダクタンスとか, カナバシが, グズグズしてる, サボナから, スミルノーヴァほどの, チキンカレーリリーの, トルーマンも, ニイチェの, フォードだって, プランらしい, マグロアールは, ラマに, 一つを, 一九四五年十月二十二日連合軍総, 一体どんな, 一千二百万の, 一層広く, 一應は, 一時いやな, 一枚の, 一生連続し, 一結婚に対し, 一身も, 七八人ずつ, 三井寺の, 上策であった, 下赤坂を, 不安と, 不自然を, 世の, 世間の, 両者の, 中年男, 主體, 予めこの, 事実権謀乃至, 二八・九キロメートルの, 互いに殺し合う, 五年の, 亭主は, 人口増加率を, 人民一般の, 人類の, 今や世論, 今後専門学者の, 今迄の, 仕合せであった, 他殺より, 仮母器, 伸子の, 何うし, 何かと用事, 何とも仕方, 何よりその, 何らかの副詞, 何時でも, 余の, 作中の, 作者も, 依然として武力, 便宜上この, 信者たちが, 俺は, 借り物の, 偽り苦しみ, 僕を, 充分すぎる, 先ず人間性, 先ず川, 先ず講義, 先づ何を, 先天的の, 党派性なども, 全く形式的, 全体を, 全職員一致, 公債の, 兵部卿の, 内容に, 凝乎, 刀に, 別に, 別居しなけれ, 到底忘れられぬ, 前者は, 力弱い, 勢い叙述, 勿論よく, 匙も, 十万円に, 十年の, 半三郎, 単にタウンスエンド, 博士との, 即ち学問性, 却ってよかっ, 却って部分的, 又四十一年七月十五日, 叔父さんに, 古いサン・ゼルマン, 古賀より, 各人皆臨機応変の, 各自に, 同じ意欲, 君の, 呉清源の, 品質価格双方ともに, 商工業人口が, 喪身失命を, 四年を, 団体は, 国守大名にも, 國として, 在来の, 均一の, 声調の, 外国と, 多数が, 夢中に, 大いに必要, 大きな羈絆, 大の, 大変つよい, 大恩人, 大袈裟な, 天皇を, 夫人は, 女までを, 女性科学者の, 好くない, 如何なる卑屈, 如何なる苦痛, 姙まれた, 嫡出子も, 存在の, 学生が, 安二郎に, 宗教上の, 実に尽大, 実は単なる, 実際あらゆる, 宣教師の, 家庭という, 容器を, 対抗上毒物学の, 尊敬すべき, 小さな救い主, 小説の, 少し位羊, 少なくともまず第, 居村の, 工場の, 己れ, 常に, 常に過去, 平次の, 平野の, 幸福であるべき, 広く天下, 店を, 引き戸が, 当局に, 当然乳母, 役に立つこと, 彼が, 彼ら二人を, 往々に, 従って, 御身を, 心からお, 必ずしも分解, 必ず憎悪, 必要だった, 必須の, 忠実な, 思はず其処, 急いで, 恐らく一つ, 恩人だ, 悪い手段, 惜しげなく, 意志の, 愛をさえ, 懐かしい昔, 我が東亜, 或ひ, 戦争する, 扉を, 手間は, 批評は, 抜いても, 指頭を以て, 揚々たる, 支那満, 政治家とか, 教会の, 教育者は, 数本の, 敵討ものも, 文学それ自身よりは, 斬って, 新しいいろいろ, 新疆, 方法による, 日に, 日本人同士は, 旧藩主, 明敏な, 是くらい, 是非とも源次郎氏, 時にその, 時間の, 暑すぎた, 更にもう一つ, 書かない, 最もつつしまね, 最上等, 最少限度の, 最高政治指導部の, 有力なる, 望ましい, 未来の, 本当に下らない, 本能を, 来るべき新た, 柳圃は, 森林の, 様々な, 機が, 次郎は, 正しいもの, 武蔵は, 死なんという, 残らずの, 殺害し合う, 氏の, 気ちがいの, 水を, 決して無視, 沢庵だけしか, 法律を, 流動資本を, 消燼, 温情美賞主義のみが, 滋養物が, 漫画家は, 火箸でも, 無い方, 無生物体の, 無論或, 焼けること, 熟路である, 父親である, 牧師さんとか, 物質の, 特に婦人, 犠牲なし, 猿楽であろう, 現場の, 現象から, 理論への, 生きて, 生まれて, 生産要素として, 田舎女の, 男子とともに, 異人の, 病人も, 白紙に, 百六十六粒の, 盛大な, 直接彼らと, 相当時間, 真に千僧, 矛盾は, 知らないところ, 短いほう, 破壞, 社会主義的経済生産と, 祈りの, 神学が, 私ごとの, 私を, 科学的批評に, 積荷が, 空間感覚及び, 窓の, 第一着手, 簔虫の, 粉骨碎身を, 糸子の, 純粋ウラニウム二三五だけの, 素子は, 組織的, 結ぶの神, 結局上演科を, 結縁の, 絶えず対外戦争, 綱の, 繋縛を, 美しく崇高, 羽咋川と, 職場で, 肥料の, 能登守の, 自ら傷つかなけれ, 自分自身で, 自弁者たるべし, 自然的生, 自身も, 舗石をも, 色々の, 芸術の, 若い彼女たち, 苦痛の, 莫大の, 葱の, 藩侯も, 血も, 衣食住の, 西洋寝間着の, 見学という, 親御様の, 言語の, 証拠の, 認識過程の, 誰でも, 警察には, 豊饒の, 貨幣が, 資材が, 贖物が, 踏臺でも, 車掌は, 辛うじてベッド, 退いて, 遅くともそれ, 道祖神を, 遮るもの, 部下の, 重要である, 金沢文庫は, 銃殺にでも, 長持の, 陳情人は, 随分尽した, 随分詰まらない, 隣りの, 雪が, 青梅電鉄の, 非行非, 頗る有害, 顕微鏡は, 飢えたもの, 馬鹿と, 高い壁, 鮑叔だ

▼ ためにも~ (1320, 1.5%)

18 自分の 9 私の, 私は 8 よくない 6 他人の 5 これは, なること, 必要な, 日本の 4 これを, それが, なって, ならない, なるの, また私, 人の, 母の, 気の毒な, 非常に

3 [17件] い, いいこと, いいと, これが, これらの, その方, ならないから, ならん, なる, 俺は, 大なる, 彼は, 必要である, 父の, 考えて, 自身の, 音楽を

2 [77件] あなたの, あなた様の, あれが, いろいろの, おかわいそう, かえって悪い, かなりの, ここは, この子, そのほう, その本, それは, そればかりを, それを, たいへんな, だ, です, どうか, どれだけ, ならないよ, ならぬ, なりますから, なるから, なるだろう, なるという, なるよう, なるん, また東西, また自分, よいと, よかった, よかろう, よくありません, よろしくない, 一応は, 人間の, 今度の, 今日の, 仕事の, 俺の, 僕の, 僕は, 利を, 動かされず断然, 可なり, 吾, 味方の, 困ったこと, 大切である, 夫人の, 女の, 家の, 尽力し, 弔合戦を, 彼の, 彼自身の, 後に, 心を, 必ず知る, 必要だ, 必要です, 必要に, 悪い, 悪い結果, 時間の, 望ましいこと, 望ましくない, 済まないこと, 生きて, 生活の, 社会の, 積る, 米友の, 自分は, 良くない, 若い女たち, 読者の

1 [1005件 抜粋] ああし, あなた方の, あの約束, あらざれば, あらずただ, あらゆること, ある個人, いいかと, いいでしょう, いいの, いい事, いくらか, いけないこと, いたずらに, いっしょに, いつまでも, いづれも, いまさら夫, いわざるを, うんと稼がなきゃ, おそらくは一つ, おのづか, お働きなされます, お前を, お慕いする, お滝, お誘いを, お身, お隣の, かえって早昼, かわいそうである, けっこうな, こういう不当所得, こういう親切, こうやっ, ここに, ここまで, こちら側で, ことに女, このくらい, このまま, このテスト, この上なき苦悩, この二股武士, この全体主義哲学, この外, この手紙, この旅行, この点, この祭礼事, この長い, これからの, こんなつまらない, こんな結構, しかるべき者, しっかりし, しばらくの, しみじみ祈りたくなった, すぐに, すこしあと, すでにこの, すでに夫, すでに自然科学的, せまい国土, せめてそうでも, せよ奮闘, せよ武器, ぜひとも娘, そういう人たち, そうし, そう信じ, そしてまた自分, そのほか多く, その事実, その小説, その本来, その無事, その近い, それから先輩たち, それほども, それらの, たいへんよろしい, たたかいぬいて, たよりない, だれか, ちゃんとその, つい出, つくられるけれど, とてもいい, どうせよい, どうでも, どのくらい, どんなこと, どんな役, なくては, なつた, ならず第, ならないと, ならなかった, ならなければ, ならぬと, ならぬ学問, ならねえん, なりさ, なります, なりませぬ, なりませんから, なりまた, なり一般, なり主家, なり他人, なり御, なるか, なるこういう, なるだらう, なるだろうとの, なると, なるべく便宜, なるまいという, なるよ, なる事, なる奴ら, なる番人, なろうが, なろうという, なんにもしなかった, のした一つ, はたまた, ひとりの, まずこの, まず歴史的, またこの, または父, また世安, また単に, また喬さま, また大, また幸福, また御, また次, また眉山, また自ら, また視学官, また風俗, みなの, むしろ幸い, めんどうを, もうそろそろ皆, もう少し自分, もっともっと喜ん, もつともつと偉い, やはり今, やはり日本人, よい, よいし, よいという, よい余技, よい等, ようない, よき兄, よくないでしょう, よく世, よろこびでは, よろしいよう, よろしくたのむ, わが社, わざわざ遠く, わしは, わたくしが, わたしが, わたしたちは, わたしら働く, ウントここで, キキメが, チェリオ, ネクタイなどを, ピエンツアの, マルキシズムに, 一〇五回の, 一つは, 一ぱいいこう, 一個連隊が, 一工夫する, 一度立ち戻, 一度聞い, 一度読み直した, 一生懸命つとめ, 一番よい, 一般読書の, 一通りは, 万全の, 三方への, 下は, 下船後太郎左衛門の, 不倖, 不可欠である, 不安なんて, 不得策, 世の, 中の, 主人に, 主水, 之を, 二年間どれほど, 二重にも, 亦主義, 亦或, 人様の, 人間生活の, 仇たる, 今後は, 仕合わせ, 仕合わせであるらしく思われた, 仰云, 企つべき, 体を, 何かと参考, 何かと由縁, 何かの, 何事かを, 作り人, 作者らの, 便利だろう, 便利である, 信仰事業の, 信長様の, 倉地が, 借金を, 健康に, 働いた, 働きいくら, 僕自身も, 充分それ, 先ずわれわれ, 光栄である, 入口から, 公共の, 具合が, 再縁なす, 分らずに, 利用する, 利益に, 前代未聞の, 力が, 加納屋の, 努力し, 勉強ぶりを, 勿論不幸, 区切りの, 十分であるであろう, 占ったが, 参考に, 又後世, 又歴史, 又相手, 友人仲間で, 双方の, 叔父共は, 叙情詩的な, 可憐そうでならない, 吉本君らの, 同慶であった, 名づけ親, 君が, 君侯の, 哲学的の, 商売事業の, 喜ばしいこと, 喜びに, 器の, 国の, 執筆依頼は, 塾生たちみんなの, 多くの, 多少の, 多数の, 大いによろこばしい, 大きくは, 大きな利益, 大きな手柄, 大変よい, 大息し, 大義名分の, 大難が, 天幕の, 天皇の, 女性は, 好いでしょう, 好かれ悪しかれ, 妻の, 姫君の, 婦人は, 子を, 孔明の, 学校を, 宜かった, 実に見逃すべからざる, 実感しなけれ, 害あ, 家出を, 寒心すべき, 将来非常に, 小間使いを, 少し互いに他所, 少し寝, 少なからぬ, 少女の, 尽したこと, 局面を, 岸本は, 常に我等, 幕府には, 幸いです, 幸福かも, 幸福だったろう, 幸福であろう, 幸福な, 幾分かは, 建築を, 引越すと, 弱味を, 当分それが, 形式上の, 役に立とう貧しい, 役立ったこと, 彼女の, 彼男は, 待って, 得策である, 徹夜は, 心がけられる, 心強い次第, 心配られた, 必ず裏街道, 必要が, 必要だつたらう, 必要であった, 必須の, 念じずには, 恥として, 悩まれたよう, 悪いし, 悪いでしょう, 悪いはず, 悲しいこと, 悲しむべし天下, 惜しまれて, 惜しむべし, 惜しんで, 惡から, 慈父の, 慚愧の, 懇話会は, 我が国体, 戦いには, 戦争に, 手術を, 批評家が, 持つて, 損である, 損失である, 放すこと, 政道の, 数年は, 文学的な, 斯う, 新しい生活, 新聞小説の, 日本劇の, 早く逢いたかった, 明らかに, 是は, 是非個展時代が, 是非必要な, 時間を, 書いて, 書写した, 最善である, 最高道義の, 有害なる, 有益である, 朝暮回向の, 本当の, 梅の, 極めて完全無欠, 極秘で, 次々の, 歌ってるん, 正井のき, 此の際ハツキリ言つ, 此疾患を, 武蔵どのの, 死ぬよう, 死んだほう, 死んでも, 殺す必要, 母上の, 気が, 気分の, 永遠に, 決して存在, 決して気, 決して結構, 泣けなかつた, 洲股に, 湿し薬, 演説口調で, 火は, 無理で, 無駄で, 煩は, 片時も, 現代の, 甚だ惜しい, 生かそうと, 生徒に, 生活を, 用いられ得るであろう, 用ひられた, 申しわけが, 男は, 町へ, 百姓の, 皇帝が, 盡し, 相当重要, 相成るべき旨, 看過すべからざる, 真実を, 知って, 破産の, 礼儀であり, 社会生活の, 祈って, 祈るほどに, 祝おう, 祭日を, 私たちは, 私腹の, 稍しばし, 稼がなければ, 立って, 竹の, 精神的鍛錬の, 細君として, 組織活動は, 結局今の, 結構な, 絶えず詰め切っ, 絶対的に, 縣内の, 美の, 考えついたこと, 聞きたかつた, 自家薬籠中の, 自由主義の, 至大な, 興味が, 船長と, 良いの, 良うない, 苛斂誅求を, 苦しまねば, 葉子の, 蜀軍の, 西洋の, 見て, 覚えてを, 親切な, 言って, 許されないと, 詩の, 誤解される, 誰よりも, 謄本が, 護らなければ, 貴族の, 賀す可, 賭博場には, 身辺に, 軽率な, 辯じ, 逃げ道を, 運開きじゃ, 道庵先生の, 遺念, 避けては, 都合の, 重い傷手, 重宝な, 重要な, 鉄道敷設の, 長髪で, 隊形が, 青木さんの, 面白い人物, 食糧を, 養子夫婦を, 高橋房次氏を, 鬼の

▼ ため~ (973, 1.1%)

14 どうか 8 私は 6 どうかは 5 彼は, 知らないが 4 私の, 酒の 3 どちらか, 今まで, 妙に, 自分の

2 [44件] あるいはそういう, いずれに, いつまでも, ここへ, さっきの, して, そうでなけれ, その裸, それが, それとも自分, それは, それを, わからないが, 一向何, 一度も, 今日は, 他の, 何か, 何だ, 何の, 何んと, 作る者, 働く人, 先生は, 反感などを, 声に, 嫂の, 子供の, 彼の, 彼女は, 或ひ, 気が, 海を, 煙草を, 父と, 生れつきの, 相手は, 真白な, 私には, 肌の, 背に, 胸を, 自分にも, 頭の

1 [827件 抜粋] あっちにも, あの後, あの野蛮, あまり影響, あまり飛ばなかった, あらぬか, あるいはただ機械的, あるいはまた過ぎた, あるいはむしろ, あるいはクロ, あるいは問題, あるいは宗教, あるいは少し, あるいは怖気, あるいは次に, あるいは瞑想, あるいは経費, あるいは近ごろ, あわただしく走り過ぎた, あんなに考え, いきなり異, いくらか, いささかこの, いたずらに, いつもそっち, いつもより, いま瞼を, いや決してそう, いよいよ多く, うんと雪, おきみ, おそらくは決定的, お仙を, お天気, お稲, お転婆な, かえって昔, かえって町, からりと, きためした写生帖, くれた功績, こういう二つ, ここでは, この冬場所, この国, この地方, この方面, この興行, この観音, この辺, この頃妻, この頃盛ん, これも, さして驚いた, さっぱりだめ, さもなければあんな, しかもそんな, しきりにパチパチやっ, しらん, すぐには, すこぶるご, ずっと老け, そう目星, そこに, そこへ, そのいづれ, そのとき中性型, そのへん, そのままで, その前, その問題, その場, その大きな口, その後で, その息使い, その椅子, その白粉, その結果, その豆腐, その頃, その髪型, それから, それぐらいの, それでなく, それともこう, それともそういう, それともほか, それともまだ, それとも中, それとも仕官, それとも何, それとも備考欄, それとも全体, それとも品物, それとも器械, それとも幽霊, それとも本当に, それとも極端, それとも気軽, それとも病苦, それとも真に, それとも罪, それとも藤枝, それとも蝋燭, それとも身だしなみ, それとも麦飯, それとも麻酔剤, そんな懸念, ただしは, たとえば中学生時代女学生, だんだんと, だんだん足, だんだん険, ちょっと分り, ついに破, つい聞く, であった, であろう, とうとう汽車, とくに実, ところどころ水, とにかくほとんどいかなる, とにかく腹工合, ともかく私たち, どういふ, どうだ, どうもそれ以来, どうも賞味, どちらに, どっちか, どの広場, なぜそれほどに, ならずみなごろ, なんとなく田園的, にわかに健康, にわかに冬, はたあまりに簡単, はなはだ平凡, ひとしお妹, ひどくうろたえ, ひどく蚊, ふたたび狂人, ほとんど歴史, または, またはブリューヘル, または余, または便宜, または富者, または気にいった, または法, または社会, または誰, または遠い, また醉, まだ実, まだ肌, まるで別人, めっきり冷えます, めっきり衰え, もしくはその, もしくは自分, ものの, やがて打撲傷, ようやく当の, よくわからない, よほど疲れ, わかってるだろう, わからんよう, わしは, わたしには, アルコールを, ジャンケンを, テキストによっては, ハウスの, プラグを, プラーク郊外トロヤで, リンカーンの, 一つ家に, 一入香り, 一寸先も, 一層蒼白, 一度書き損じる, 一種悲壮な, 一際濃く, 三人は, 三日目あたりから, 上氣し, 下の, 不便であった, 丘と, 両親の, 事が, 二三度大きい, 二人とも, 五色ヶ原の, 人の, 人間として, 人間の, 今では, 今も, 今年の, 今年は, 今晩来なけれ, 仕事に, 他人を, 仙台領には, 伸子は, 似たよう, 佐渡の, 何となく奈良, 何となく弓なり, 何百年たった, 余分の, 作るよりも, 個々の, 僅かに, 僅か五年, 元気が, 元気を, 先生から, 先輩の, 内も, 内大臣まで, 内気な, 内気を, 再び活動, 出雲ほどの, 分らない, 分らぬ, 利口に, 刺客の, 前穂北尾根, 加奈子は, 勝気の, 十二月下旬が, 十日間あまり事務所を, 十日間ほど, 博士と共に, 原田家を, 厳顔にも, 又は寂し, 又は氣位いが, 又目, 反り返って, 口実に, 古来から, 否か, 呉一郎その他一切の, 周章てて, 問題に, 嘉門の, 団十郎の, 土の, 土地に, 埃り, 壕内は, 変な, 外に, 夜見た, 夜露の, 大分神経が, 大学生の, 大小の, 大胆にも, 太刀を, 夫人の, 女は, 女子供多く, 女学生より, 孔子は, 孤独の, 孤独を, 学士が, 実際よりは, 室の, 家にまつわる, 家主も, 容易に, 寒い風, 寝冷, 尋ねる蠅男, 小刻みな, 小次郎の, 屡, 嵐の, 川と, 左の, 巨石の, 市民達は, 布川の, 平生親しく, 年とった, 年頃にな, 幾分か, 幾分の, 店の, 度島の, 座敷で, 弱々しい声, 彼女にとって, 彼女自身の, 往来は, 御新造さんとは, 復一は, 徳川殿の, 心して食, 心臓が, 怒りの, 急に, 恐怖の, 恥骨の, 惑いの, 意識した, 愛する女, 愛情の, 或いはお, 或いは払う, 或は, 或は習癖, 戦争犯罪自体の, 手の, 手仕事の, 手痛い警告, 手紙を, 技芸と, 折角の, 押し返されるせい, 掠り傷さえ, 撃ち損じという, 敬助の, 新作に, 新竹, 旅金も, 早くも, 昂奮した, 昨日から, 時々奇妙, 時々音, 時は, 普通の, 暁子の, 書いた事, 木部の, 未だ若, 村上家から, 柱廊の, 柴田勝家賤ヶ嶽の, 柵へ, 案外に, 棧の, 楽団員たちは, 榮之, 樹, 次第に研究会, 歌舞伎座は, 正坐した, 正造は, 歩けば, 死ぬか, 殆ん, 殊に近頃, 殿様の, 母にも, 母の, 民居耕田の, 気負, 水の上の, 水盤を, 永続し, 江上一帯には, 泊り客は, 泰西の, 流れの, 涙という, 深張傘, 溶けて, 火の, 焼物の, 煤けた軒, 熱心な, 父は, 父男爵の, 特にそこ, 特にとりたて, 犬の, 珍しく身, 現にそういう, 生れる子, 男は, 略して, 病身に, 痩せゐること, 癇癪を, 白い手拭, 白痴や, 白目だけに, 皮が, 目が, 目に, 真剣に, 眼が, 眼の, 着物も, 知らないけれども, 知らぬ, 知らん, 硝子戸を, 碁盤を, 神戸へ, 神秘主義に, 神霊ある, 私と, 私達の, 秦は, 穹窿には, 空が, 竹皮を, 第二期, 筒井から, 紙の, 細川家へ, 終に一聲, 結局彼らを, 総長の, 締めて, 習慣の, 老眼と, 老衰の, 聴衆は, 育ちが, 背中の, 背筋まで, 自分で, 自分でも, 自分より, 自分を, 自動車を, 自然底冷く, 自然色の, 至極太平, 船方でない, 花田の, 若くは, 落ちついて, 薄手に, 蘆の, 血色も, 行乞の, 衣子に, 補助椅子出切り, 視力の, 角は, 誰に対しても, 誰の, 警固の, 貧しい家庭, 資本家の, 身の, 身の毛も, 身もだえする, 軍治は, 転換した, 輸入の, 辷り勝, 逆に, 通例鼠岬と, 過去に, 道を, 道楽を, 遠近の, 選挙時には, 酒で, 酷く眼, 鉄鎚で, 銭が, 長くいた, 長く続い, 門衞所では, 間もなく沖合, 間もなく脇下, 随分世界的, 隨分と, 雨の, 電車開通し, 非常に, 頑丈な, 頬が, 頬を, 頭を, 顎の, 顏色が, 顔色も, 願いを, 風でも, 食事を, 香気を, 驅逐艦は, 高尚な, 鳥は, 鶉の

▼ ため~ (745, 0.9%)

2624 と思う 22 という, ということ 19 と思っ 17 といっ 10 というの 8 と思った 7 ぜ, と言う 6 から, という事, といふ 5 そうだ, とする, と思います, と考え

4 [11件] かどう, かわからない, か知らない, そうです, という話, とすれ, と云う, と云っ, と思え, と私, と解釈

3 [19件] からそれ, から仕方, か私, ぞ, と, とある, というよう, といわれ, とも云う, とより, と云つて, と信じ, と思ふ, と言います, と説明, ね, もの, わ, 己らあ

2 [47件] かその, からと云っ, からと筆まめ, から為, か知らず, が一つ, が養魚池, そうで, つたと, つたのだ, つたらしい, といい, といいたい, といいました, という噂, という説, という説明, といつ, とお, とかあるいは, とか何とか, ときめ, とそう, とも言えます, とわかった, と主張, と云え, と云った, と分った, と嘘, と固く, と存じます, と思い, と思ってる, と思つて, と思はれる, と想像, と書かれ, と答えた, と考へ, と考へた, と聞い, と言っ, な, の, 一緒に, 田圃の

1 [350件] あとの, おれは, お前も, お前等の, お勝手から, か, かあるいはただ, かおれ, かお前さん等, かこのごろ私, かさ独り者, かじっさい, かそいつ, かそこ, かそんな, かちっとも, かてんで, かとにかく, かは知らない, かもシカ, かも知れない, からあたし, からいい, からおれ, からかう, からこう, からこの, からただ, からだ, からといっ, からとてそれ, からなあ田崎君, からなと申します, からなん, からまあ, からやりきれない, からよく, から云う, から何, から僕, から冥途, から別段, から口実, から従って, から悪い, から我慢, から暖, から泣きますまい, から筆写本, から米さ, から苦, から行け, から足場, から電話, かわからん, かわかりませんでした, かを考へる, かオレ, か人, か何, か何だか, か俺, か分らない, か尠, か明, か材料, か燃え盛る, か知っ, か知つて, か知らん, か神さま, か考え, か自分, か見当, か解らない, か鉄道, がいざ, がすると, が住み馴れ, が出語り, が前, が大杉君, が思い切っ, が折, が砂馬, が野蛮, が食器, きみの, ぐらいの気持, ことは, この嬢さん, この河童野郎, さあ掘れ, しあれ, しいま, し仏者, し佃さん, し唯一, し彼, ぜ路地, そうし, そうだった, そうである, そうでなけれ, そのほか人間, その竿, それならどうして, ぞと囁く, ただ小僧, っていう評判, つた, つたかも, つたからかも, つたに, つたのか, つたのだらう, つたのです, できるだけ物, とあと, とある作家, といいなさる, というなら, というわけ, という倉地, という大きな, という忠告, という意味, という点, という私, という非難, という風, といえ, といえましょう, といってる, といはれ, といふはじめ, といふやう, といふ信念, といふ風, といわれる, とおもえ, とかいう理由, とかいう話, とかいっ, とか云った, とか哀れ, とか国家, とか教育, とか有利, とか言っ, ときい, とこの, とございまする, とし, としたら, としてあります, としてもそんな, としても一方, として慶喜, とすぐ, とつけ加える, とね, とのこと, との事, との母親, との種吉, との評判, とはいう, とはいえ, とは彼, とは思う, とは普通, とは気づい, とは気づかなかった, とは氣, とは知らず, とは知らない, とは言えるであろう, とは言った, とばかりで, とばかり思っ, とひとまず, ともいう, ともいえるでありましょう, ともいはれ, ともとれる, とも云, とも思う, とも思へ, とも考えられます, とわかつた, とわかれ, とモスコー, と七兵衛, と二三歩後戻り, と云, と云うなら, と云われ, と云われた, と今, と仏教, と伝えられる, と余りはっきり, と信じます, と信じられ, と俺, と僕, と公言, と分る, と博士, と吐ざいているではないか, と問いつめぬ, と噂, と孔子, と尋ねたら, と左近, と左門, と市次郎, と彼, と思, と思いあきらめ, と思いまし, と思いました, と思い込ん, と思つた, と思はれた, と思ひ込み, と思へる, と思われた, と思われやしないだろう, と思ッ, と思召, と急, と恨む, と意識, と指摘, と推測, と推量, と政府, と書い, と武蔵, と気張つ, と父, と申し, と申しました, と申します, と皮肉る, と直覚, と睨んだ, と矢代, と答, と結論, と考, と考えた, と考えられます, と考へる, と聞きました, と聞く, と自覚, と葉子, と血眼, と裏へま, と見, と見える, と見る, と見当, と言, と言った, と言つてそれ, と言わば, と言われ, と誤解, と赤木, と踏んでる, と軍鶏, なぞという話, なぞと妙, なと僕, なと気がつく, などと云っ, などと云つて, などと思っ, などと考え, などと考える, などと言, などと誰, なんぞとは思った, なんてぬかしやがっ, なんてみんな, なんて誤解, なんどいう, ねどう, のという, ひとう, もの手段なんか, もの自分が, やがてそれ, やつぱりあれに未練が, よくその, よとトゥロット, よと思ったであろう, よハンズ君, よ国家, よ斯, よ義務観念, よ駒井, わよ, われわれの, アな, アね, エ, グルリと, 一つこの, 一つ我慢し, 一つ拝見致しましょう, 人の, 人事とは, 先生は, 前田家の, 原田甲斐は, 同じ我々同胞, 名を, 名誉だ, 喋舌る, 器量三年気心一生ましてや, 国民に, 堂の, 奥田という, 婚礼を, 子供の, 孔明の, 川へ, 差しつかえ, 市十郎の, 平次解った, 従って医者, 恋しいお前, 戦が, 持換へ, 故郷へ, 日露戦争で, 早く撃て, 未完成, 本を, 湯島の, 猫だけの, 行つて見る, 路は, 酒が, 野球の

▼ ためでは~ (704, 0.8%)

118 ない 66 なくて 61 なかった 32 ないかと 28 ないか 25 ありません 13 あるまいか, ないの 10 なくただ 9 なかつた 7 ないが, なく自分 6 なくして, なくその 5 あるが, なしに 4 ないかという, ないでしょうか, ないという, なく, なくむしろ

3 [12件] あったが, ありませんか, あるまい, あるまいかと, ないこと, ないと, ないに, ないん, なかったでしょう, なからう, なかろうか, 無い

2 [30件] ありませんと, あるまいけれど, ございませんでしたか, ないかとも, ないかな, ないから, ないぞ, ないだろう, ないだろうか, ないで, ないであろう, ないとしても, ないので, ないはず, ない全く, なかったであろう, なかったらしい, なかったろうか, なかつたか, なかろうかと, なくスケッチ, なく何, なく彼, なく旧, なく母, なく私, なく雪, 必ずしも無い, 決してない, 無かつ

1 [177件] あったに, あつた, ありませぬか, ありませぬ御, ありませんから, ありませんが, ありませんでしたいつか, ありませんよ, あるけれども, あるまいが, おざら, ございますまい, ございますまいな, ございませぬ, ございませぬか, ございません, ございませんお金, ござらぬかっ, ござらぬゆえ, ござんせぬ, ないおれ, ないかしらん, ないかとさえ, ないかなどと, ないかね, ないけれども, ないこういう, ないただ, ないだらう, ないだらうか, ないでございましょう, ないでございませう, ないでしょう, ないですか, ないどうか, ないないし, ないまこと, ないまた, ないらしい, ないわたし, ない働かせる, ない僕, ない名聞, ない好いて, ない姑, ない孤堂先生, ない当該課目以外, ない心, ない我々, ない我が家, ない日本アルプス登山, ない父, ない理窟, ない笛, ない自己, ない自然, ない鍛錬, なおさらない, なお更, なかつたかと, なかつたらしい, なからうかと, なかろう, なかろうかという, なかろうかとの, なくあなた, なくお金, なくかういふ翻訳, なくこれ, なくしぶき, なくじつに, なくすぐ, なくすべて, なくそういう, なくそこ, なくそのまま, なくそもそも, なくそれに, なくそんな, なくたまたま, なくって, なくとも, なくどこ, なくどんな, なくぬかるみ, なくまた, なくもう, なくもっと, なくやはり, なくわたし, なくインド, なくカッ, なくコティ, なく一般, なく世事, なく主として, なく主婦自ら, なく仕事, なく他, なく他人, なく以前, なく伊達家六十万石, なく佐太郎, なく何ら, なく侵略主義, なく偽り, なく兵部宗勝, なく内容的, なく凡そ, なく却って, なく友情, なく反対, なく各, なく国民全体, なく天, なく夫, なく夫人, なく女一, なく嫉妬, なく子供, なく孔子一人, なく学問そのもの, なく実際, なく寧ろ, なく専念アタリそのもの, なく小児, なく市場, なく常に, なく彼ら, なく彼女, なく彼自身, なく思い出, なく悪, なく文学, なく日本民族, なく明らか, なく時候後れ, なく本当に, なく東太, なく涌谷, なく現代, なく現在, なく生, なく生きる, なく生れつき, なく由子, なく病人たち, なく病躯, なく知識, なく石ブロ, なく祖国, なく私自身, なく積極的, なく突くため, なく罪, なく自分たち, なく自然, なく芥川, なく英国政府, なく親切, なく調教, なく議会, なく身辺, なく過去, なく適當, なく酒, なく露, なく飲むと, なく首席国老, まったくなかっ, もちろんなかつた, 勿論ない, 断じてない, 決して決してなかっ, 無かろうか, 無くて, 無論ない

▼ ため~ (555, 0.6%)

21 思って 18 いうよりも 17 いうよりは 9 いって, 思われる, 称して 8 あれば 7 あって, もう一つ 6 云って 5 いうだけ, いふよりは 4 あらば, いうので, いわれて, 思えば, 言って

3 [12件] あつて, いうより, いっても, すれば, 信じて, 存じまして, 思うて, 思えばこそ, 考えて, 見て, 観念し, 解釈した

2 [31件] あきらめて, あるの, いいながら, いうと, いふよりも, 一つは, 二つには, 云うよりは, 云ふ, 云や, 品子への, 存じます, 常には, 彼女が, 思う, 思った, 思つて辛抱し, 思われます, 教育され, 用意の, 申して, 畳を, 神の, 称しながら, 聞える, 聞く, 自分の, 見做, 解せられる, 解釈する, 言うよりも

1 [316件] あからさまに, あっては, あと半分は, あるからには, あるが, あるならその, あわせて, いいヘンティッヒ, いい大義名分, いう, いうだけの, いうて, いうては, いうなら腰縄, いうに, いうばかり, いうばかりが, いうほど, いうよりか, いうよりもね, いえば, いえるでありましょう, いくらか, いった, いふの, いふわけ, いま一つには, いま一つは, いわないで, いわれます, いわれるかも, いわれること, いわんよりは, おっしゃりたいん, おぼえられず候, おもえ, おもわれますから, おもわれるから, お前さん方は, お思, お浦, お許し下さい, かれの, きまって, こ, この三つ, この二つ, この旅宿屋, この町, さむらい, して, しながら, すきを, そうした社会, そうして惨事, そしていろいろ, そして私, それからあそこ, それに, それを, たぶん金, つとめて汚穢, であったに, であります, である, でした, です, なお多少, なった, なったの, なって, なら小生, なり初め, なると, によつて, のぼせ上ったため, はしらずたつ前, ひとつは, またあまりに, またみずから, また一ツ, また二つ, また子供たち, また形式上, また狩人, また芸者小半, みえる, むくるを, わかつた, わかりました, ゴオドの, ゴロゴロの, ブルジョアの, 一つには, 一には, 一九二八年八月一日に, 一昨夕電報が, 一概に断定, 一石二鳥やはり, 一筋に, 一言で, 一身を, 世上に, 両方に, 両足の, 主張した, 事務の, 云いたがる料簡, 云いたげな感情, 云いながら, 云うから, 云うので, 云うより, 云う世間, 云う事, 云う意識, 云う最初, 云う考, 云う言い訳, 云えば, 云った方, 云っても, 云われる, 云われるの, 云わんばかしに, 人の, 今ひとつは, 今度は, 今春の, 他に, 仰せらるる, 仰っしゃれば, 伝えられて, 俗人の, 信ずるならいい, 傾斜急峻で, 入れずみ, 分った, 判つた, 劉玄徳は, 勉強の, 動物からも, 匂わせて, 危険な, 原料を, 友は, 双方の, 叔父の, 古来区, 同じく細君, 同じく親切, 名利年寄たる, 君の, 問わば, 嘲ったの, 国恩の, 執事の, 堅吉が, 大事に, 女の, 女ばかりの, 妾自身の, 存じまする, 家康のき, 寒さ, 工場を, 師匠の, 当時親師匠の, 形勢を, 形容する, 彼は, 彼らを, 彼自身も, 後々までも, 御読分, 心得るよう, 心配し, 思いこんで, 思いまして, 思います, 思いますが, 思いまた, 思い外, 思い直したもの, 思い誤ったが, 思うが, 思うこと, 思うぞ, 思うと, 思うとった, 思し召すか, 思ったから, 思ったであろう, 思つ, 思つてひそかに, 思つて一寸, 思つて殊勝らしく聞え, 思はれます, 思はれる, 思ふ, 思へる, 思わる, 思われた, 思われたと, 思われては, 思われまする, 思われるもの, 思われる大きな, 恵林寺に, 意識し, 承知いたす, 折角の, 振り向いて, 推測した, 支棒の, 敢えて私, 斉彬公の, 早くも, 早く云え, 明かに, 暗号員の, 暮しを, 書くの, 書しあるいは, 楽しみと, 武門の, 渋った頭, 源氏の, 漕運の, 漠然とは, 火事が, 犯行の, 玳瑁の, 申しても, 発熱し, 発音が, 目を, 直ちに使い番, 眼を, 睨み諸川, 知った由, 知れて, 礼儀の, 神仏も, 私と, 私は, 称えて, 称すること, 答えて, 簡単に, 約束の, 絶望の, 考えたそう, 考えたもの, 考えなければ, 考えられて, 考えられます, 考えられる, 考えるから, 考えるよう, 考へること, 聞きおよびまする, 腹立まぎれ, 自分自身の, 落付い, 虫を, 見えた, 見せかけて, 見せかけながら, 見て取りぬと, 見て取ると, 見られた, 見られたかも, 見られないでも, 見るの, 見るべきでなく實, 見るべきもの, 見る人, 見れば, 解したいと, 解するよりも, 解せられたの, 解釈される, 解釈し, 言いたいの, 言いましても, 言い己, 言い触らして, 言う度, 言えば, 言えよう, 言おうか, 言った方, 言った通り, 言つ, 言ない, 言ふ, 言ふなら, 言へば, 言われた他, 誤解し, 説明する, 読者から, 読者の, 誰が, 誰にも, 謂いつつ, 謂うて, 身の, 銘うつた, 間もなく吹こう, 頭を, 顔の, 風の, 黄金探求の, 鼻を

▼ ため~ (519, 0.6%)

99 あつた 34 あらう 19 あらうか, せう 11 あつて 5 ござります, はござりませぬ 4 あらうが, それが 3 これが, これを, なくして, 何も, 私が, 私は, 第二

2 [16件] あつたらう, あらうと, これは, ござりました, すって, せうか, そのため, そのほか, それを, つまりは, でも, 地震を, 女とは, 平次の, 旦那は, 母に対する

1 [266件] あつたらしい, あつて名, あつて農民自体, あなたはまたちようど, あらうあ, あらうがた, あらうけれども, あらうじつに屡々, あらうその, あらうとの, あらう予等三人, あらう其, あらう典獄補, あらう気の毒, あらう睫毛, あらう蜂, あらねば, ある島, あッた, いいよ, いずれも, いわば相手, いわゆる捨身, うつぶせに, おざる, おじゃるの, お珊, がす, けっして水, げして, げしょう, げす, この安宅, この実質, この屋敷, この思想, この種, これだけは, これまでに, ござりまし, ござりましたら, ござりましょう, ござりまする, さらに今日一日, されば, しかたも, しかもその, しかも彼ら, したがって三流, しばらく御, しようか, じつは大, すかんね, すぐに, すげな, すらない, すると, せうが, せうつて, せう微妙, せう第, そういう彼女, そこもとたちは, そのあと夕方, そのいわゆる仏, そのねばり, そのままで, その上太郎丸, その壁, その後は, その梁, その次, その点, その熱心, その猛毒, その理想, その美し, その行列, それから, それには, それは, それゆえに, それらの, それら真面目な, それ等の, そんなふう, たま, たまたま切支丹, ちょっとでも, ついでこの, つい気, つまり各人, つまり文学少女, でもあつ, どうにも止む, なしに, なぜ皮, はござりませぬ当家, まずその, またそれほど, まだ其時, まったく誤解, むしろかえって命名, もござりましたろう, もござります, もし, もし巣, やがて年, やむを得なかった, やりつけないもの, わずかに, アアチャンも, オシッコを, ファラデーは, ヘソクリを, ベンサムは, マントルピースの, 一方では, 一藩で, 万一危険, 三つ組の, 不吉の, 不潔に, 二人の, 人が, 今にも大いに開け, 今も, 今一つには, 今日しばしば, 今日の, 今日父が, 仕宦, 他に, 以て, 以前には, 以前は, 俗人は, 全くそれ以外, 内蔵助も, 凡そ腹痛下痢, 別にほか, 別に他意, 勢いの, 十二円五十銭ずつの, 博士の, 古代に, 古句, 古義, 吉兵衛に, 同じよう, 同藩, 名聞利益の, 周防の, 味が, 善人らしく, 土蔵の, 地上兵力に, 墨説の, 売るの, 外に, 外には, 多くの, 多くは, 大体遊びが, 大吉たちの, 大地震, 大村喜十郎の, 契を, 始めから, 娘の, 実は先生, 実は此歌, 屏風でも, 工事の, 弦楽四重奏曲では, 当座の, 彼の, 彼女は, 待ち合わせて, 御座り, 心から, 心は, 必ずしも拍節形式, 悪くする, 愛したおぼえは, 愛子を, 我輩の, 或る, 扉の, 支那料理の, 教育家を, 散りも, 文壇的野心が, 文字どおりの, 文学など, 旅の, 日本語に, 明治以後の, 昔流に, 是は, 是も, 曹家の子ついに, 未来の, 本来の, 村の, 殊に大きい, 決してお, 決して剣, 決して暴行, 決して決して実家, 決して自分, 浦舟の, 渋さそのもの, 渋沢栄一も, 溪ぎわへ, 火入れの, 無くても, 無く私, 燈火が, 爪を, 片づけて, 狂喜させる, 現在の, 理想なし, 理窟は, 甲斐は, 病いが父の, 真鍮の, 石川依, 神, 私から, 私の, 種属維持にとっては, 笹枝一家は, 紋之, 終止と, 絶対に, 肺における, 自ら慰め, 自分たちが, 自分に, 菌類の, 蝶々の, 血友病の, 見物は, 言わばそれ, 言わば音響, 計では, 詩人でない, 謂わば, 路ばた, 身許が, 農家では, 連合軍の, 遠く鎌倉を, 酒が, 釋尊を, 金は, 鎖国令が, 長方形の, 隅田の, 隆夫の, 隠元は, 静かな, 額を, 風を

▼ ため~ (448, 0.5%)

31 いた 8 おいて 7 ゐた 6 いるという, 行く 5 いました, いるの, ゐる 3 いる, 答えました, 聞いて, 自分の, 顔を

2 [22件] あるふき, いいました, いたが, いたの, いると, いるのに, いるよう, うつむいて, おいたお金, おくの, お受取り下さいませ, しまって, どうする, ゆくの, 代助, 口を, 子がかかへ, 宗助に, 息を, 父と, 置いて, 聞いた

1 [316件] あったが, あったの, あったもの, あった塵埃, あらぬ方角, ありありと, ある, あるから, あるに, あるん, ある病人, ある石井戸, あわてて, いそう, いたお金, いたじゃ, いたと, いたなか, いたので, いたもの, いたん, いた事を, いた伴天連, いた小金, いた汚れ物, いた洞門, いた涙, いた苦痛, いた金, いた金貨, いった, いつまでも, いて, いなかった, いばってるん, いますぜ, いやがるだろう, いらしたの, いらっしゃいました, いられました, いるか, いるそう, いるとか, いるところ, いるので, いるばかり, いる母親, いる民衆, いる金, いる鈴江, いわゆる京登り, おいた数百ポンド, おいた洗濯, おいた畫幀, おいた貯金, おいた金, おかんと, おがむよう, おきいくども, おきたい, おきなさい, おきました, おきまして, おき水音, おく, おくか, おくく, おくと, おくもの, おく事, おく時間, おく餘裕, おけと, おけないタチ, おけば, おこうって, おっしゃいました, おられたが, おりました, おりますが, お上げ, お前を, お家を, お送りし, かえりましたよ, かえろうと, かみの, きょうは, くる, くれるハム, ぐっと上げ, こう叫んだ, この上, この新しい, この朝, この際, これは, ござるが, ささ, しきりに下, しまうありさ, しまひました, じつと, じめじめした, すと, そっとそれ, その涙, それで会所, それに, それを, ただ黒い, だんだんと, ぢつと, つぶやいて, でご, どうなる, なさるの, なにかもの, のむん, はじつと, ぴしぴし撥, ほとばしるよう, ぽたぽた洟, まえも, また茫然, ものが, ものの, やがて貿易商, やって, やってるたんび, やるぜ, やると, ゆかなければ, ゆきましょう, ゆくたのし, よく眠つて, よろこぶ子ども, わあわあ泣き, ゐたよ, ゐたり, ゐた事, ゐながら, ゐました, ゐます, ゐるちひさい唇, ゐるの, ゐるので, ゐるやう, ゐるやうぢ, ゐるん, ゐる丸山, ゐる伯父, エもんだ, オリヴィエを, チロを, 一種異様の, 丁寧に, 上を, 下さい, 了った, 二三滴膝の, 二人で, 云ひ聞かされた, 五両だけ, 今は, 他の, 仰ぐよう, 佐田の, 何に, 何の, 侍の, 俯向い, 出て, 出来たが, 分類した, 初夏らしい, 十二三円たまった, 十年一つ路地に, 半泣き, 厚ぼったい口びる, 又床, 口惜しがりました, 叫んだ, 右の, 吹落す, 哀願した, 哀願する, 喜びました, 喜んだ, 国に, 大庭春吉に, 大砂糖持ち, 天井の, 夫の, 如何に, 子供を, 学校に, 家に, 尊い話, 小侍従, 小父さん, 小遣の, 居たとか, 居ります, 居りますが, 居る, 岩の, 差上げましょうか, 師の, 帰国し, 帽子を, 幾たびも, 底知れぬ, 弓を, 当時の, 彼女は, 心の, 思い出したよう, 急に, 悲しそう, 惡い, 愚堂和尚の, 感謝の, 懇願した, 戻って, 手を, 抱きつきました, 持って, 掌へ, 故郷に, 書きなぐった心持, 本来臆病の, 机の, 来たお金, 来た作家たち, 横腹を, 正成の, 死刑に, 母親に, 母親の, 毎日五十銭ずつ, 汝を, 洗ふ, 洟を, 浜町へ, 淫らな, 溜息を, 無数に, 無闇と, 熱心に, 父から, 牛を, 独語した, 痛ましげに, 睨んだ, 知らん顔を, 私の, 私を, 突いたの, 立つて, 笑いこけた, 答えた, 罠を, 置いた事, 置いた十七葉, 置いた校友會費, 置いた預金, 置いては, 置くこと, 置くつもり, 置くに, 考えて, 聞かれました, 肉厚, 興奮し, 芸者に, 若旦那只今は, 蒼白めた, 藤本の, 虫をも, 行きます, 行年八十八歳, 袂にも, 見ると, 親方と, 言いました, 言った, 言ひました, 説ききかせた, 読み終った, 誰かに, 貯金通帳を, 貰いながら, 貸家を, 足を, 車の, 近づいて, 追いだされ行きどころ, 遣ると, 里の, 鏡の, 長谷川の, 雨の, 頬は, 頭を, 顔に, 飲むこと, 飲むという, 首差しのべぬ, 馬鹿げた話ささ, 高慢な, 鳥追ひ, 鶏の, 鷄の, 黙って, 鼻を

▼ ためでも~ (388, 0.5%)

29 ある 27 ない 26 あった 21 あるが 17 あろう 13 あろうか, あろうが 9 なかった 8 あつた 7 なければ 6 あったの 5 あったが, あったろうが, あらうか, ありましょうが 4 あらう, あらうが, ありますが, ありまた, あるまいが, ないん, 何でも 3 あったと, あって, あるの, ないの, なくまた 2 ありましたが, ありましょうか, あります, あると, あるん, あれば, ないこと, なくただ

1 [133件] あったかも, あったけれど, あったし, あったであろう, あったよう, あったらしいが, あったろう, あったろうか, あったろう宝亀三年, あつたらう, あつたらしい, あつて, あのバガウトフ, あらう朝食, あり, ありお父さん, ありかつまた, ありこう, ありました, ありましょう, ありますし, ありますまいが, ありませうし, ありませぬ, ありません, ありませんでした奥さま, あり亦, あり享楽, あり今や, あり又, あり森家, あり残されたお, あり社会, あり行く末, あり要するに, あるか, あるかの, あるから, あるし, あるでしょうが, あるでせう, あるといふ, あるまい, あるまいけれど, あるらしい, あるらしかった, ある等, あろうから, あろうまた, あろう六尺, あろう彼女, あろう木々, あろう端麗, あろう粒立って, あろう見台, あろう親子とも, この均衡, ございましょうか, ございましょうが, ございますまいが, ござろう腕, その男, ないあふれる, ないが, ないさしも, ないすべて, ないただ, ないと, ないという, ないのに, ないみんなお前, ないみんな御前, ないみんな自分, ない喧嘩, ない女, ない女らしい感想, ない昔, ない此方, ない母, ない私, ない自分, ない自己一人, なかったらしい, なかつたの, なからう, なかろうが, なくして, なくそれ, なくって, なくひいき, なくむしろ, なく一つ, なく七部集, なく人, なく人間, なく全く, なく又, なく唯, なく天啓, なく御家, なく斉彬, なく異国人, なく私, なく自ら, なく自分, なく費, なく遊興, なく道徳的, なく金, なく顔かたち, なく風光明媚, なし別に, ねえん, また借金, よく社会風規, 他人の, 勉強の, 勿論恋, 医者は, 又男, 好い, 家の, 思ひ出, 悲しいため, 日本の, 有りましょう先祖, 死にたくは, 無いらしい, 神道の, 肉慾の, 自分の, 金の, 金物屋さんたちが

▼ ため~ (337, 0.4%)

57 んだ 55 のだ 37 のか 35 んです 31 のである 26 のです 11 のだろう 8 のであろう 76 ので, のであった, のでした, のよ 5 のでしょう 4 んでしょう 3 のじゃ 2 のかも, のだらう, のであります, のでございます, のは, んでございます

1 [22件] そうだ, そうです, のかしら, のかな, のかね, のかは, のさ, のさあ, のだった, のであらう, のでせう, のなら, のにちがい, のにわたし, のに子守り, のヴィクトル, ら致しかたない, んじゃ, んだい, んだろう, んで, んでしょ

▼ ためである~ (309, 0.4%)

14 ことは 11 ことを 9 という 7 か, ことが, ということ 5 と説明 4 かも知れない, かも知れぬ, と云, と思う, のを, よりも彼 3 がそれ, ことも, と思ふ, と考え, と言う, のか, のは

2 [25件] かそれ, かどう, かのやう, かのよう, かもしれない, が今日, が同時に, が病院, ことに, という点, といっ, といふ, といふこと, とすれ, と云っ, と云われ, と思います, と思っ, と思われる, と罵り, と考えた, と言っ, には余りに, に相違, ように

1 [154件] いつもか, かぎりいままでの, かすぐ, かという, かといふこと, かとはだれ, かどうか, かはだれ, かはともかく, かはよく, かは問詰められ, かまるで, からこの, からそこ, からだれ, からである, からです, から一回, から仕方, から何, から勢い, から大坂, から木剣試合, かを聞き, かを自ら, か乃ち, か何時, か生活, か知らない, か精神, か雪ちゃん, が, がいったい, がこれ, がそういう, がその, が一つ, が人間, が何しろ, が勝家, が哲学, が実に, が実は, が実質的価値, が已に, が後世, が日本鱒, が時折, が最も, が死, が江戸, けれども訓戒, けれども近い, ことまでは, こと東京に, この異色, し八百長レース火つけ人種, そうな, その際彼等, それで円本, ぞと心, だけに, と, というの, という人, という常識, という方, という観念, といった, といわれる, といわれるであろう, とか仇敵関係, とか狩場, とこの, とされ, としたなら, としても勝敗, としても十九, として劉玄徳, として大いに, とする, とのこと, とは, とはいへ, とは知らず, とは知り, ともいい, ともいう, とも思っ, とも考えた, とも考えられる, とも解釈, とも言える, と云った, と云つた, と云つて, と伝えられる, と同時に, と周瑜, と報道, と彼, と思い, と思った, と想像, と感じる, と断じて, と正直, と気づいた, と申すべきです, と磊落, と考えます, と良寛さん, と見, と見る, と見るべきである, と覚った, と解し, と解釈, と言った, と言わなけれ, と言われた, と言われる, と説く, と謂っ, と陰, と首肯かれた, なぞと, にしろ, にちがい, にもせよ, に外, に違い, のかは, はいう, ようにと, センチと, 事が, 以上嘘を, 便通は, 僧堂の, 友は, 場合に, 場合も, 彼は, 故決して, 方面を, 既著の, 此二冊を, 浜路熱心に, 無論盗まん, 自分が, 自分は, 間は, 點に

▼ ためなら~ (270, 0.3%)

15 どんなこと 9 どんな事 7 何でも 5 ば, ば僕 3 ば命, 私は, 自分の

2 [20件] これも, なにも, ばかう, ばこの, ばわたくし, わたしは, んと, 何も, 俺の, 命も, 命を, 家康に, 必ず方法, 愛敬すて, 愛敬捨て, 暴力を, 次の, 水火も, 生命を, 自分は

1 [180件] あたしつらい, あたしどんな, あたしは, いかなる努力, いくらでも我慢, いつでも, おふくろな, おら罪人に, おれは, お猫さん, お祝いぐらい, このから, この一生, この命, この笑顔, ざるは, じいは, じきらくに, そのくらいの, その外, それが, それぐらいの, それこそ, それを, そんなお, そんなへた, たとい無駄死, たとえ人殺し, たぶんあなた, ためと, だけどあたし, で, で暑, で自身, という, とにもかく, と思っ, どうぞお, どうぞ放っ, どこに, どんないや, どんなにも, どんなに思っ, どんなに遅く, どんなもの, どんな困難, どんな大きな犠牲, どんな愚劣, どんな犠牲, どんな苦しい, なにものも, なんだ, なんだって, なんて熱, なんでも, ばいかなる, ばいつ, ばいつか, ばいつなんどきで, ばきらい, ばこ, ばこと, ばこれから, ばそれほど, ばと, ばともかく, ばどんな, ばなん, ばな兜, ばまさか, ばまた, ばもっと, ばわたし, ば今, ば何, ば何ん, ば先決問題, ば入っ, ば如何, ば小学校, ば少量, ば彼, ば後事, ば思想, ば恐らく, ば死する, ば毒, ば水火, ば火, ば火水, ば献立, ば破り得ぬ, ば祭壇, ば聖書, ば自分, ば身, ば身体, ば釈迦像, ば靴, まだいい, まだまだど, む, むさし屋, むと, むとおもひおなじ, もう命, もう結構, もっとよく間に合う, もっと強く, もっと早く, わざわざこんな, わたしたれ, ん, んか, んとの, んも, フォームなぞ, 一切を, 一身を, 争闘も, 二夫にでも, 人は, 今から, 仕方が, 何でも為かねない, 何万金も, 俺ら死んだ, 僕絶対行く, 僕行く, 入院させる, 全人類, 内股膏薬どころじゃ, 力を, 十や, 喧嘩を, 国も, 地球に, 大江山課長が, 女房子も, 妾は, 孝行の, 心配し, 恩人を, 手の, 手段を, 損失などは, 是非も, 智慧でも, 村の, 根作なぞは, 樺太の, 死も, 死をも, 毎日でも, 水戸一藩が, 水火の, 決してじ, 決してむす, 深夜に, 火にも, 無論行きたくない, 特に昆虫, 犠牲に, 犬馬の, 百両や, 眼鏡を, 罪を, 自殺さえ, 苦労を, 蔦なんか, 親だらう, 親兄弟, 言葉を, 許しと, 詮方ない, 諦らめる, 辛抱する, 道人様の, 電車へ, 首は

▼ ためその~ (223, 0.3%)

3 家の 2 備えは, 努力を, 子らが, 筋の

1 [212件] あたりの, あとが, あと仕事が, うちの, おもい子, ためだけに, ときは, とけた時, なかに, のつ, ひとりだに, ほうに, ほうへ, ゆたかさと, ような, わきを, グループと, 一命を, 一枚を, 三は, 上廻した, 下に, 中で, 中に, 乞ふ, 二は, 井戸な, 亡骸を, 人が, 人びとは, 人らしくなりませんでした, 人格および, 人飽く, 代表的な, 仲は, 何故に, 作が, 作中の, 価値を, 修道院に, 個所の, 僕等と, 僧の, 儘と, 先見が, 先頭を, 全力を, 全権使節として, 兵粮が, 冊子中より, 写実主義は, 処置を, 出版が, 制作の, 前の, 前借を, 前夜は, 力は, 動作は, 医王山が, 南部諸市府を, 原則その, 友人の, 反響が, 名を, 品行を, 唇が, 困難さは, 国に, 国への, 土地特有の, 地に, 地名を, 地点へ, 坊さまに, 基礎的團結として, 場に, 場去らず, 夜の, 夜より, 大同団結ばかり, 大略を, 女から, 女を, 女教員の, 妻と共に, 姿をば, 子マンコ・カパクと, 存在や, 学問が, 家が, 家に, 家族たちの, 家臣大金藤八郎と, 少女は, 帆布を, 弊が, 弟家族を, 強い意味, 当時寂びれ, 怖しさ, 息子に, 息子の, 憐れな, 成文を, 戸を, 所有者が, 才能を, 折にも, 挙式を, 揚々たる, 方が, 方向への, 日の, 日は, 日も, 日永眠せり, 時は, 晩お, 晩は, 晩はじめて, 晩病癒えた, 晩隣り, 暦の, 書類の, 朝も, 朝実家へ, 木の本の, 本人の, 柳の, 根底において, 梢も, 機会を, 機先を, 次のを, 歌い手を, 歪める行, 死後には, 母の, 流は, 涙が, 涙を, 温泉地に, 湊港を, 準備やら, 父ラバンの, 片目の, 特長が, 現象の, 生活の, 由来を, 画面を, 疑惑に, 目前にて, 目的を, 相者に, 知人の, 神聖と, 禍根を, 秋風たる, 秘密について, 稽古が, 穴の, 窓の, 筋には, 紐下の, 素地を, 経験を, 結婚を, 結果である, 結果によって, 網目の, 総ての, 縁で, 繁栄一朝に, 罪を, 美しい本質, 翌年の, 聲嗄れし, 肛門に, 茅屋に, 虫を, 表情を, 製作の, 角を, 言人智の, 記録には, 誤謬をも, 請を, 跡を, 身の, 身を, 身体は, 身投げ男の, 身軽な, 農夫は, 辺の, 遠征に, 酔いが, 重みで, 重大光景を, 錯覚で, 電車賃を, 静けさは, 音の, 頃あの, 頃に, 頃の, 頭を, 類を, 首に, 骨董的風致に

▼ ためだった~ (210, 0.2%)

35 のです 20 のだ 17 のか 9 んだ 8 のである 6 のさ, のでしょう 5 か, かも知れない, のだろう 4 かもしれない, ということ 3 が, に違い, のかも, ので, のであろう, んです 2 かも知れぬ, がその, そうです, と思う, に相違, のかと, んじゃ

1 [54件] おれの, おれは, かただし, かとにかく, かなはてな, かは註, かもしれません, かも解りません, からな, か否, か彼女, か或は, がそれでも, がほか, がまだ, が一度, が子路, が実に, が既に, が機, が豹一, が銀子, が高氏, ことが, しこう, そうである, と, というの, といえよう, といえる, とすれ, とは断定, ともいえる, と云う, と今, と告げた, と思います, と確信, と言っ, ね, の, のでございます, ので誘拐団, のにちがい, のに逆, のね兄貴, のは, のよ, よ, ように, ようにも, ろうと一同は, わけです, 事を

▼ ため~ (183, 0.2%)

47 思って 9 思うて 5 思うから, 計って 4 思えばこそ, 考えて 3 おもって, して, 思えば, 謀れば 2 するとき, 一応終った, 思うの, 思っての, 思つての, 願います

1 [85件] あさって, おもいしんじつ忠義, おもう, おもふ, お傍, する必要, なぜ考えぬ, はかりその, はかること, りふし罪人, 使いはじめました, 命ぜられ次第, 図って, 図りたい気, 存じまして, 念じながら, 思い, 思いと, 思いましたので, 思いまして, 思いまた, 思い合って, 思い愛して, 思い極力, 思い筑前どの, 思い自己, 思うからといった, 思うからの, 思うが, 思うこと, 思うことわが家, 思うての, 思うなど, 思うならその, 思うに, 思うのみ, 思うより, 思う一念, 思う善意, 思う気くばり, 思う老婆心, 思う親身, 思ったから, 思ったこと, 思ったって, 思ったやりかた, 思ったらちっと, 思ってね, 思つ, 思つてし, 思つてでは, 思つてストライキを, 思はないわけ, 思ひて, 思ひ妻, 思ひ結局断, 思ふから, 思ふやう, 思ふ人間, 思やこそ, 思わぬこと, 思わぬ欲深, 思わねば, 思ッていう, 想うとか, 持つて, 深く其の, 漁りに, 考えたまえよ, 考えなければ, 考えるなら去年, 考へるならおの, 致さねば, 計った結果, 計つて, 計るの, 計るべきもの, 計るよう, 計れば, 謀て, 謀りて, 謀るの, 謀る者, 願いたいと, 食いつぶして

▼ ためばかり~ (168, 0.2%)

87 では 14 でも 3 だった 2 です, でない, でなくその, でなく右, でなく生来

1 [54件] あさって歩いた, あさる, だから, だからと, だったろうか, だろうか, であった, であったこと, でありません, である, でないこと, でないその, でないといふ, でない原因, でない専門家, でなく, でなくうぶ, でなくこんど, でなくしばらく, でなくせわしく, でなくて, でなくほか, でなくアジア, でなくサークル, でなくモスク, でなく一つ, でなく人民, でなく今日, でなく何, でなく何となく, でなく冷えきって, でなく前後, でなく国内, でなく国家, でなく大, でなく大体, でなく孔子, でなく家族, でなく政治外交軍事, でなく既成政党, でなく木村, でなく自分, でなく貴国, でなく輝子, でなく金, でなく階級的, で無く, なん, らしかった, 思って, 思っても, 思わず人類, 籌るで, 計つて

▼ ためにのみ~ (158, 0.2%)

4 存在する 3 お前を, 存在し, 生きて, 私は

2 [11件] このたび, この世に, でなくまた, やつて, 向けられるべきである筈, 必要な, 早く有名, 書かれる文章, 書くの, 生くる, 生活し

1 [120件] あったとは, あった観, あのよう, あるかの, あると, いは, かきます, かれを, こういう歌, このこと, この挙, この養児, されなければ, すること, そうする, それを, それ自身を, そんな事, ただ建てられた, できて, でも, とどめよ, ひらきたる道, やって来たと, やむをえず要求, やむを得ず諏訪藩, コスモポリタンで, 一変した, 一緒に, 上京した, 今の, 今まで, 休息する, 作られて, 使わねば, 使用せられる, 便利な, 偉大には, 働くもの, 創作する, 創作の, 動いて, 司教であった, 呻吟し, 在るやう, 変化し, 夫を, 姪に, 存在した, 存在す, 学問する, 実人生, 展開され, 建てられたもの, 彼に, 彼等の, 心ならずも共和主義者, 心を, 応召した, 悪を, 情死を, 慰められて, 慶賀すべき, 慾ばった生き方を, 慾ばつた生き方を, 憂えたの, 我々の, 我と我が身, 戯曲を, 播種し, 書いたの, 書いて, 書かなければ, 書かれた戯曲, 書くという, 書くは, 書くよう, 有用な, 本田町辺りへ, 来世を, 根限りの, 死ぬるばかり, 死んだの, 死んで, 汗水を, 流さるべきである, 生きてるよう, 生きること, 生きるならば, 生きるもの, 生き甲斐を, 生れた, 生存する, 生存せる, 用いたいと, 用いられた, 用意された, 眼の, 筆を, 結合した, 美しい蓮, 自分が, 自己を, 芸術は, 苦勞し通した, 蛙を, 行くが, 角力を, 言葉争いを, 計つた, 設けられた, 設備せられ, 読んで, 迎えられると, 造られた真四角, 造られて, 重い体, 長な, 陰惨なる, 魅力を

▼ ため~ (154, 0.2%)

20 ひながら 17 つた 7 つたやう, ひがち 5 ひ勝ち 4 はなかつた, ふやう 3 つたのち, ひの, ふ, ふこと, ふや 2 つたが, つて, はない, ひました, ひ気味, ふが, ふの, ふ勿, へり, へる

1 [55件] かな声, つたところ, は, はう, はずして, はせた, はせて, はで, はれるやう, はれ必ず, ひ, ひあふ, ひが, ひきたれる春, ひしを, ひそ, ひそれ, ひだすと, ひて, ひなきに, ひなく君, ひに, ひましたが, ひや, ひや怖, ひゆけり, ひゐたり, ひゐたりしかど, ひを, ひ一寸後, ひ入りくるや, ひ居けるを, ひ居たり, ひ居るにぞ, ひ居れやと, ひ戦くこと, ふおぞの, ふことは, ふてゐるうち, ふときしか, ふに, ふべきいざ, ふ内, ふ内気, ふ吾, ふ樣子, ふ気, ふ気色, ふ者, ふ色, ふ間もなく, ふ雀, ふ風, ふ體, へどとどむれ

▼ ためであろう~ (141, 0.2%)

266 と思う 4 と思われる 3 と思った 2 がそれにしても, その簾, ぞ, という, と思い, と思います, と思われた, と想像

1 [86件] かその, かと考え込み, かどう, かまたは, から, から同じく, かポケット, か俸禄, か器, か底石, か機関車, か褪せ, か諧謔, か農商務省, か陽, か鮭, が, がことに, がこれ, がこんな, がそこ, がその, がそれ, がともかく, がタイガ号, が一番, が何故, が居付, が戸, が近年, けれど我ら, そういう老人, そうして頻繁, そう私, そのままグタグタ, それほどに, というよう, という考え, といったよう, とそう, とその, とそんな, との事, とまず, とまたは, とも, ともわが, と人, と娯楽, と推測, と推量, と楊儀, と考え, と考えた, と考えられ, と考えられる, と興味, と見受けられた, どうも育ち, のう, ぼうぼう髭, まだ公刊, ネオンの, ホールの, 一回や, 上下の, 人々は, 代官松の, 何か, 全面純白な, 典獄補が, 壁が, 帯の, 彼の, 母と, 満足げな, 片手は, 神殿の, 脳の, 腰の, 若枝, 螺旋状の, 襖一重の, 頭が, 高い嘶, 麻糸の

▼ ためであった~ (138, 0.2%)

11 のだ 96 のである 5 かも知れない 4 ことは, と思う 3 かも知れません, ことを

2 [11件] かどう, からで, ことが, そうだ, そうである, といっ, と弁解, のかも, のであろう, のです, ように

1 [71件] かだしぬけ, かとも疑った, かとも考えられた, かと思います, かと思え, かはた, かまたは, かもしれない, かもしれぬ, かもしれません, から民衆, から現実, かわからない, かわたしたち, か私, か重, が, がじつは, がついに, がもし, が一口, が主として, が二葉亭, が今度, が努力, が多く, が曹丕, が本家, が珍, が空想癖, が結果, けれども来客謝絶, こと, ことであろう, ことと, ことなど, しひとつ, それを, という, ということ, というの, というほか, というよう, という自覚, とか, としか解されない, としても人間一人, とは考えられる, とは言い, とみえ, ともいえる, と彼, と思われる, と考えられる, と聞く, と見, と解せられます, と解れ, と述懐, にしろ, にすぎない, に相違, に違い, の, のか, のだろう, のでこれ, のにこの, 事を, 事をも, 女に

▼ ため~ (135, 0.2%)

18 あって 16 あるが 8 ある, あろうが 7 あろう 5 あったの, あるかも 4 あった, あつて 3 あつた, ありますが, あるの, あろうし 2 ありました, ありましょうが, あります, あるだよ, あれば

1 [38件] あったかと, あったが, あったに, あったよう, あったろうか, あったろうが, あったろう職員間, あつてか, あらう, あらう風, あらんが, ありましたが, ありましょうか, あり三杯, あり又, あり老若男女, あり著しく, あるし, あるもの, あるらしい, あるん, あろうけれど, あんめえ, いくらかある, いちど叡慮に, うしそえます, しなかったので, たしかに, ないこと, ない訣, 一つには, 何れも, 少しは, 御家の, 思うて, 有ろう, 考えて, 親の

▼ ため~ (128, 0.1%)

4 はその 3 は自分 2 が何程, のため, のほう, の喉, の方, はいま, はどんなに, を呼び起した

1 [105件] かに聞き知った, から話した, がなした, が出ました, が孤児, が拵えた, が自分, が附添, であること, とし, と二人, と妻, と貴島, につらい, にはわからない, には一そう, には一層, には最早, にも亦, にも方々, に会いたい, に善, に百円下, に配給, に静か, のいかだ, の一命, の仕事, の体, の半生, の名, の名前, の実見, の心, の心覺, の悲しみ, の意見, の手, の書記長, の死体解剖, の母, の注意, の祖母, の肌, の膝頭, の芸術, の身体, の農場, はいつも, はかつて, はがつかりし, はここ, はしきりに, はすぐ, はただ, はとんだ, はなかなか, はほとんど, はほんとう, はまた, はやせ, はよけい, はシュラー氏, はバラック, はベーカー街, は一生口, は一頃, は三夜, は下宿, は不安, は二人, は例, は先づ, は具合, は勢い, は又, は和服, は夫人, は奮起, は姉, は彼, は彼等, は心, は思わず, は教場, は敵, は斯, は暇乞いかたがた先生, は最初, は株式市場, は植物, は神経衰弱, は肌, は藤夜叉, は行く, は部屋, は顔, へ結婚, までが事件, まで変, もすぐ, も病院生活一ヶ月, よりも認めまいらせ, をきめつけよう, を蹴りつける

▼ ためかも~ (126, 0.1%)

27 知れない 26 しれない 9 知れないが 5 しれません, 知れません 4 しれないが, しれないと, わかりません 3 しれぬと, 知れないよ, 知れぬ, 知れぬが 2 しれないの, しれなかった, しれぬ, 知れなかった

1 [22件] しれないおれ, しれないとも, しれませんけれど, しれませんよ, しれん, しれんと, わからないの, わかりませんよ, 分りません, 判らないと, 存じませんが, 知らずうろついて, 知らぬが, 知れずまたは, 知れないこの, 知れないぜ, 知れないと, 知れぬという, 知れませんが, 知れませんね, 知れませんわ, 知れん

▼ ためだろう~ (123, 0.1%)

203 と思う, と思われる 2 いっしょに, か人, がその, ぜ, ぞ

1 [87件] おまえを, おれが, かとり, かと私, かと考え, かと言う, か一つ, か何, か刀鍛冶, か大きな, か次第に, か深酒, か街角, か言葉, か近年, か頑迷, がさりとて, がふたたび, がほとんど, が仕事, が内地米, が強い, が彼女, が梅, が聴取, が赤く, くどくどと, けれど豚, このまえ, しかし大和守, しぶしぶながら, しもう, しもぶくれ, ぜんたいが, その時, たった一度, という, ということ, というところ, という説, としか思われなかった, と不思議, と寤, と思った, と思われます, と怪しみ合う, と想像, と或, と文吉, と断定, と疑う, と私, と覚悟, と言われ, な, などとそんな, などと考え, ね, ひと月あまり, もともと引込み思案, よ, われながら, ビフテキの, 下唇, 丙は, 両手を, 二人は, 人の, 少し精神, 巌の, 彼自身すらも, 手を, 普請の, 根気仕事なら, 浄瑠璃とか, 牡丹色の, 甲斐は, 窒息し, 色を, 薄黄色い, 言葉は, 逞しい頬, 長屋じゅうを, 階下の, 頭から, 顔が, 鼠色の

▼ ためこの~ (120, 0.1%)

3 ように 2 ことを, 池に

1 [113件] あたりの, あたり一帯の, お金さしあげます, ことが, ことは, とおりの, ところ数日の, ひそかなる, みじめな, よわれる民, わしは, ロクは, 一仕事で, 一座の, 一座は, 一役を, 不自然さが, 不都合が, 予想せらるる, 事件に, 事実を, 二つの, 二日ほどは, 二通の, 介を, 作品を, 俺としては, 公園へ, 前あすこへ, 劇が, 原因を, 句の, 名前が, 喩えを, 四五年と, 四十四年を, 国長いよいよ, 地に, 地の, 地へ, 地フランス王家に, 地方の, 堅いもの, 大仕事, 奈良の, 女は, 媒酌人が, 安らかな, 官兵衛の, 実現に対して, 家の, 封建的存在自身の, 小売商の, 山かく高く, 岩手の, 巡廻, 式の, 意見は, 文が, 方までが, 方も, 方法をのみ, 方面へ, 日から, 日供える, 春職を, 晩は, 最初の, 最期, 木に, 樹を, 次は, 河の, 派経済学の, 海から, 港へ, 物質を, 甥は, 男は, 町へ, 界隈の, 病室は, 発声法は, 発見を, 相場の, 神の, 神は, 祭が, 私までを, 稀有なる, 種の, 窟に, 紬織, 群衆, 舟を, 角に, 誘惑に, 象面の, 辺では, 辺の, 近海へ, 道に, 部が, 都会に, 重大事件は, 鍛冶小屋に, 階段が, 際平常, 際御, 頃は, 頃行われ始めた, 風の, 高木勇名の

▼ ためにと~ (111, 0.1%)

9 思って 5 言って 4 いうので 3 云って 2 いうよりも, また一台新調, 云うので

1 [84件] いうに, いうよりは, いえるの, いって, いふので, いふよりも, おいも, おっしゃられると, おとい警告, お待ちうけらしゅうございました, お思, ここの, それまで, てこの, ばりを, ひとりで, ぼとぼと駅, 丹精し, 丹精した, 乏しい中, 事を, 二人で, 云いかけたが, 云う様, 云う自分, 云う葉書, 云った, 云っちゃ, 云つてゐた, 云ふ, 云へば, 云われると, 仰せ下さるならば, 働きつつ, 兄弟子が, 公爵令嬢マリアに, 半五郎, 口では, 叫ぶ存在, 問はれ, 外の, 大部な, 存じまして, 存じ咋夜, 心がけて, 心に, 思いたいじゃ, 思いまして, 思っただけ, 思わずには, 急に, 手交し, 持って, 旅宿の, 最一度, 最早七八年, 本気に, 毎月費用を, 水口の, 父の, 父母連れ立っ, 申立てる, 短冊でも, 私は, 私へ, 称して, 立止まる, 綾之助を, 置かれた番人, 考えた, 職業安定法労働基準法などの, 臍を, 自ら言っ, 航空中の, 菩提樹を, 表面にぎやかに, 言えば, 評されても, 貧乏徳利に, 述べたり, 過去の, 開放したろう, 陳横の, 香港へ

▼ ためです~ (100, 0.1%)

19964 もの 3 から, からね, ぜ, の, わ 2 からここ, がそれ, 秀吉の

1 [41件] かしら私, かそれとも, かって, からあの, からこれから, からぜひ, からどうしても, からどんな, からめったに, からやりましょう, からわたくし, からケチ, から冷たい, から悪く, から日かげ, から滑り, から甘味, から高い, か或は, か旦那さま, か知れません, が, が最初日本, し勉強, し黴臭い, すべてお家の, ぞ, つて, と言い張っ, どうか御, な, ものなんでも, もの手数だ, よと笑っ, よなど, よもし, よ行っ, よ青天井, わね, ッてね, 順礼に

▼ ため~ (93, 0.1%)

16 をついた 14 をつい 6 をつきました 5 を一つ 4 をし, をつく 3 をした, をしました, をつき 2 をしいしい, をなさいました, をもらし, を吐い, を吐いた

1 [25件] がきこえた, がつまり, が一つ彼女, が漏れる, が聞え, が聞えぬ, だけで, でもつい, でも吐い, とともにつぶやいた, とともに不思議, に似た, に値する, のつける, ばかりつい, をおつき, をさせられ, をする, をつかず, をつきつき, をはずませ, をひとつ, をもらしました, を一つ鼻, を吐き

▼ ためにこそ~ (88, 0.1%)

2 吾, 必要だった, 私は

1 [82件] あらかじめ自然, いよ, こうしたヴァンダリズム, こう截然, この主観, この式, この材料, この秘密, この言葉, しばしば刃傷, すべての, それより, たたかわなければ, ひらけかし, わかい教師たち, わたしたちの, わたしは, われ, コントの, ジャーナリズムは, ロシヤには, 一旦両者, 両者の, 亭主は, 人間は, 企てられる, 企てられるの, 伸ばさなければ, 俺は, 僕は, 兵式体操の, 努力は, 却ってそれ, 却って青い青い, 問題は, 夫は, 奨励されね, 存在する, 孜, 季節の, 宗教は, 家を, 引き立ちも, 当局自身の, 彼は, 御加勢, 必要な, 思想の, 意味を, 意識乃至, 我々は, 我々を, 戦わねば, 抑, 担架の, 文化機関の, 文学の, 旗じる, 日本に, 日本の, 日本文学は, 早くからわざわざこんな, 是非とも, 歴史によ, 活用されるべきな, 為されるべきもの, 父様は, 特に公式, 用意されね, 用意する, 発生した, 発生する, 相対性が, 私共は, 科学的精神という, 科学論が, 稀有の, 自由を, 行くべき道, 要求された, 貧窮も, 餓えたり

▼ ためであり~ (87, 0.1%)

2 二つには, 他の, 他への, 皇室の, 第二

1 [77件] いは, いま裏日本の, かかる時, この小説, これまで, そういう人間, そしてそれ, その内部, その子孫, その目的, それは, それも, それらの, つまりクギ, ていよく, どうしても仕事, またいまさら, またその, またただ魏, また一つ, また彼女, また後者, また民族共存共栄, また私, また行者自身, また金, みずから内に, むろん葬式, もう一方, イナズマを, ナルシスの, リッケルト教授に, レーニンが, 三つには, 下へも, 且つ小豆, 人麿的声調の, 仕事そのもの, 他は, 他方に, 俳句界が, 借金取に, 半ば彼女に, 単にそれ, 即ち中国, 即ち新しき, 又実質上, 同時にこれ, 同時に幼時, 地主の, 実際硝子, 少しも, 布教の, 弥陀の, 彼等の, 暫くすれ, 柔道は, 武術の, 無為に, 無爲, 無責任な, 犬に, 理想のみの, 直接には, 真船豊が, 私心は, 第三, 自分の, 自分は, 若しくは芸, 虚栄の, 西欧ライン地方の, 道江を, 部屋は, 麦の, 黄疸は, 鼻の

▼ ため~ (87, 0.1%)

2 に会いました, の疲れ, は今, は絶えず, は自分

1 [77件] がどれ, が労農特派使節, が激しく, が診察, その昔ここ, と一緒, と戰, に優しく, に時間的, に殺さるる, のため, のよう, の作品, の創痕, の収入, の周囲, の図々しい, の家, の心, の所為, の智嚢, の檻房, の正しく, の歩き出さぬ, の生命, の病室, の眼, の社会, の肩, の自我, の言おう, の通行券, の首, はあらゆる, はうっかり, はその, はそのうえ, はどれ, はひとり, はインカ帝国, はカンフル注射, はビュルストナー嬢, は一日, は不遇, は亡妻, は余儀なく, は僅か, は十四, は卑劣, は単に, は危険, は場所, は外出, は大, は契約書, は家, は屡, は岐阜城, は岩松党, は彼, は彼女, は後年, は急い, は成都, は或, は戸外, は支那四百余州, は暫らく, は曹洪, は熱狂的, は礼儀, は繰り返した, まづ杖, もまた, を助け探り得, を当惑, を追い返す

▼ ためであっ~ (83, 0.1%)

7 てその 3 て人, て決して 2 て, てこれ, てそれ, てただ, てもよく, て今, て後

1 [56件] たり, たり自分, ていろいろ, てかよう, てこの, てしかも, てすなわち, てそれゆえ, てまったく, てもし, ても名目, てイギリス古法, て一名硫黄山, て万人向き, て二つ, て二人, て二党対立, て体, て僅か, て光明, て公, て其許, て円, て別に, て半鐘, て名, て実際, て市中, て床, て彼, て彼ら, て後述, て志願, て政治, て旅行, て概念的, て止む, て濫用, て用, て発見, て知識, て神, て程なく, て穏健, て究竟, て習慣, て肖像画家, て自ら, て自分, て自分一個, て製造業者, て農民自体, て陣場夫婦, て非常, て食う, て駒井

▼ ためという~ (83, 0.1%)

4 ことに 3 ような, 事を 2 ことは, ことも, ことを, のか, のは, ように, 名目を, 理由で

1 [57件] いいまわしを, お加久, ことで, ことであった, ところか, ところへ, のが, のだった, ので, のと, のも, はずか, ほうが, ものさえも, 伝説が, 俗句は, 口実である, 口実にて, 口実の, 口実を, 名に, 名目で, 名目に, 名義の, 建て前からより, 建前から, 形である, 御話, 意で, 意味を, 慾念を, 文句は, 方へ, 条コンナに, 毛ギライから, 気持からとは, 点で, 点においては, 理由によって, 理由は, 理由も, 理由を, 理窟な, 目的意識は, 神聖無比な, 考えの, 考え方すなわち, 自責に, 見地から, 触れ込み, 言葉が, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 誤解の, 風な, 風には

▼ ためまた~ (83, 0.1%)

2 しても, 一つには, 世の中の, 夫人その, 書くため, 自分の

1 [71件] あきらめても, あなた方の, ある場合, お前の, お師匠, かしこに, こっちで, この船, しかするごとく, すべての, そなた, その折, その近親, それ以上に, なにがなし生国, はかの, ばばちゃの, ひそかに, レーニンに対する, 一は, 二つには, 人の, 今日の, 使者へ, 修業を, 値が, 別れを, 博士生前の, 古語が, 呉の, 唖言葉を, 国家の, 大事な, 夫の, 宋統領の, 家族の, 庶民の, 彼の, 彼らの, 彼ら自らの, 愛する者, 打倒尊氏の, 文学団体として, 新らしい, 新田どの, 旅に, 日の, 日光御, 日露の, 更に腹, 朝廷の, 朝鮮の, 櫻木大佐の, 歩行の, 永久に, 熱が, 生前の, 省作の, 県の, 祖父団右ヱ門の, 私の, 私自身の, 腹が, 自己と, 自己の, 著者の, 誤ること, 読んだ, 警察の, 階段を, 風雨に

▼ ためじゃ~ (76, 0.1%)

11 ないか 6 ない, ないの 4 ないん 3 ありません, ないかと, なくて 2 ありませんか, ないぜ, ないよ

1 [34件] あござりますまい, ありませんよ, あるまい, あるまいし, あるまいネ, おまへん, けれどこの, ないおっかさん, ないかしら, ないかね, ないかの, ないだろうね, ないつまり, ないと, ないほか, ないわよ, ない別, ない外国, ない狩野家, なくなって, ねえよ, ほかの, よ, ようにな, アない, アなく, 七五郎達送り届けい, 何う, 呼んで, 当人から, 無いよ, 立寄りましょ, 行って, 諸公がたにも

▼ ためとは~ (74, 0.1%)

7 いいながら 4 言いながら 3 云いながら 2 もとより知る, 云へ, 申ながら, 知らずネオン

1 [52件] いいながらも, いうけれど, いえあまりに, いえかほど, いえこう, いえこうして, いえそこ, いえそれ, いえつい心ならずも, いえ両親, いえ何, いえ勝手, いえ奥様, いえ探偵小説, いえ果たして, いえ殺生, いえ犯した罪, いえ若松屋惣七, いえ貴様, いえ魔もの, いっても, いひながら, どの脳味噌, まったく考ええなかった, 云え筆者, 云え罪, 云ひ切れない, 今川だけの, 受取れない, 可笑しいぜ, 思えず数々不快, 思わずに, 気がつかなかった, 気づかず死んで, 無論思えなかった, 申しながら, 申しましたが, 申し乍ら, 知りませんでした, 絶叫しない, 考えにくい, 見えないの, 言い条それを, 言うものの, 言えないので, 言え普通, 言え陰惨, 言はじ, 言へ, 言わない, 限らないの, 顛倒した

▼ ためとか~ (65, 0.1%)

4 人の 2 申して

1 [59件] あるいは自分, あるひ, いう大抵, いったよう, いって, いやなん, いろいろな, いろいろ仏匠, お芝居, お言いだ, そういう確信, その他いろんな, それ以上に, そんな大胆, そんな用向, どうとかいう, なんとかいっ, ましていわんや国家, または人, クーデターの, 一日も, 世の中の, 云う言葉, 云って, 享楽の, 人類の, 人類文化の, 他人の, 何か, 何とかいう, 佛に, 偉そう, 公益の, 其他一身一家の, 又は露西亜, 友情の, 古來東西, 国家の, 国家や, 形式を, 御国の, 心掛けが, 忠君愛国の, 愛児の, 我を, 文明の, 無愛想で, 甚だ尤も, 申しまして, 申しわけの, 男は, 研究の, 神以外の, 科学上の, 道の, 陛下の, 階級の, 顏が, 風の

▼ ためでなく~ (64, 0.1%)

3 てはならぬ 2 むしろ死

1 [59件] お妹様, お礼の, これを, じつに, そこに, そのとき, その他の, ただ中の, ただ好まし, たまたま当年, て今日, て名, て朝倉先生, て立枯病, て結局, とも一時, とも何, とも絶交, まさにその, みんなお前の, むしろまったく他, むしろ孤独, むしろ孤獨, 主張の, 人の, 今日では, 他の, 他人の, 却って朝倉先生, 垢で, 妹に, 存在し, 富士男君の, 庶民の, 彼の, 恋愛の, 時間を, 本来は, 村の, 民衆の, 漂白し, 現場を, 球根の, 生活能力の, 登山または, 真に戦ふ, 真に死者, 禁酒の, 私が, 私の, 純に, 自分を, 自給自足の, 見物でも, 運命の, 道を, 道楽な, 開国説を, 隣人の

▼ ためそれ~ (61, 0.1%)

1 [61件] から一時間, から長い, がし, がずるッ, が二つ, が体中, が大変, が珍しかっ, が甚だしく, が生じ, が近く, じゃ先方, だけで, でなくても, とし, と同じ, なる死体一見, におどろいた, につれて好き嫌い, に反撥, に対しては何らかの, に対する需要, に押され, に自ら幻惑, の監察, は云わず, は全部到着, は君, は皇家, は言わず, までに執筆, まで御, やこれ, よりもむしろ, をいろ, をこぼすまい, をする, をわざわざ, をテーブル, を公表, を取り返し, を恨ん, を所望, を手, を押し出そう, を捨象, を探し, を昇りきる, を昇り切る, を暗誦, を気, を浜松, を焼い, を知らず, を籠, を苦患, を託し, を調べる, を運転手, を隠し, を願う

▼ ためかと~ (60, 0.1%)

8 思う 6 思われる 3 思った 2 いうに, いふに, 存じまして, 思うと, 矢代は, 言えば, 言へば

1 [29件] いうと, いへば, いわれて, きいたら, わかった, 云うと, 云えば, 問うなら彼ら欧米人, 存じます, 存じますが, 察しられます, 少しは, 彼は, 思いますが, 思うが, 思えば, 思ったが, 思ったの, 思ったまで, 思って, 思つて気の毒がる, 思われたが, 思われるの, 想像された, 想像し, 推せられる, 疑い夜分, 考えますので, 聞くと

▼ ためのみ~ (55, 0.1%)

12 では 5 である 2 であった, ならず日本

1 [34件] しかしてこの, その道を, であったこと, であり自分, であるかの, であるという, でございまする, でなくどんな, でなく自分, でなく袁亡, でも, どうかご, ならず, ならずさすが, ならずその, ならずそれ, ならずた, ならずちゃんと, ならずまた, ならず世界悠久, ならず人, ならず右記, ならず惟うに獄中, ならず我が, ならず教学, ならず日本人全体, ならず更に, ならず楚, ならず荘園, ならず進んで, ならば, ならんや, なれども, 教育さえ

▼ ためにか~ (53, 0.1%)

2 かつた

1 [51件] いきなり末席, いつまでも, ここを, この十六日, しかと握り, すきで, すこし宛, すべてを, そこの, それとも, それともわし, それとも又この, それとも気づかず, それとも目, それとも誇らしげ, そんな懇意, とにかく三本, どうか, どの叢, どんなため, なまめかしい緋縮緬, のめり込まずいる, ひとりで, もしくは人, ような, 世に, 世間的栄誉を, 何の, 何喰わぬ, 候ひけん, 傾斜と, 入らむ, 十組みの, 反って, 君前を, 嘘を, 店の, 或はさ, 或は厚顔無恥, 或は日本美術, 月下の, 無産階級解放の, 獲たるあわれ摩耶, 生活が, 疵を, 皮膚に, 蚊の, 身に, 遺族の, 願は, 食べるため

▼ ためとも~ (52, 0.1%)

2 いえる, 思われない

1 [48件] いえようが, いえるし, いはれてを, いはんか, いわれて, とらず贋物つくり, なくぞっと, なく立ち上つて, なる, また師匠自ら, みられる, わからず急, わからない好き, わからぬ十一本目, 人に, 仕様こと無し, 勝手に, 又は御, 取られましたが, 取れないこと, 合点が, 思い絞らるる胸, 思った, 思って, 思わずただ, 思われます, 思われるし, 思われるの, 悲の, 感傷の, 成るべきこと, 書き添えて, 知らずして, 知らぬ身支度, 知れず, 知れずしきりに, 知れず黙って, 考えられるが, 自覚し得ない, 見せしめの, 見られる, 見られるし, 解らない大きな, 解釈する, 言えなかったが, 言われうる, 言われよう, 説明し得られる

▼ ためらい~ (52, 0.1%)

22 もなく

1 [30件] が相手, なく, なく被われ, などはや, などは無視, のあと, の間, もあまりに, もし, もしなくなっ, もない, もなかっ, もなし, もみせず, もゆるされない, も交じっ, も持たなかった, も消え, も眼, や候うべき, を, をどう, を察した, を抱いた, を救っ, を破っ, を示し, を葉子, を見, を許さなかった

▼ ためにだけ~ (49, 0.1%)

6 生きよ 5 生きて 2 あるもの, そこに, 生きよ僕

1 [32件] うけ入れて, おれは, される帝国主義侵略戦争, ついて, つくられて, わたしたちが, 仕事を, 作られたよう, 利用される, 努力し, 動員された, 取つて, 外へ, 婚姻が, 存在する, 学び研究, 帰って, 役立つよう, 恥なく, 書くよう, 来たん, 献身する, 生きつづけて, 申し上げるの, 私は, 考へてるんぢ, 自分の, 計画性を, 議論する, 質問し, 開場する, 開放され

▼ ため自分~ (49, 0.1%)

2 の方

1 [47件] が思い切っ, が煩悶, が犠牲, では特に, でも思いがけなく, で写し, で脅迫状, と会わなくなった, ながら読書力, に助け, のこの, のため, のため功徳, の主旨, の人間性, の体, の像, の勝手, の名誉, の好奇心, の妻, の威光, の孤独, の尊い, の居間, の弱点, の持つべき, の敏捷, の札, の特徴発見, の病気, の知っ, の知つて, の肩, の足音, の運命, の頭, の風邪, の骨肉形骸, はあくまでも, は学校, は木, は試み, もやはり, をすっかり, を賢い, を静か

▼ ため~ (45, 0.1%)

2 二人の, 国の, 耳に

1 [39件] かぜを, かわいそうな, くには, くみの, 三枝の, 二人様とも, 互に結, 互の, 代官へ, 伺いいたしとうございます手前共, 伺いし, 伺いに, 六に, 品の, 城内も, 多根どのの, 奥に, 子を, 屆け, 引っ返しねがいたい, 慎みに, 慶びを, 探しして, 暇を, 殿様に, 登和さんの, 目出度うござる, 約束の, 経を, 縄にかけて, 肚を, 茂世の, 菊を, 菊殿共々, 見違い, 詣りや, 造りに, 銀を, 静の

▼ ためながら~ (44, 0.1%)

2 前よりも

1 [42件] あの人, あばれるにつれて, いずれも, いそがしそう, おくみ, かぶりを, こう思った, こう言った, ささやくよう, その栓, なき父, なにか堪え, まじまじと, やさしくいたわる, ヒステリカルに, 下宿の, 出て, 哀願した, 四辺の, 家へ, 当時三十三歳の, 心の, 思うまま, 懇願する, 抱きついて, 本陣の, 楽しく仕合せ, 歩きました, 洞穴の, 浮世草紙などを, 爪の, 父の, 猫の, 笑い出しました, 笑い崩れる, 自分は, 言つた, 輝いて, 長いことそこ, 門まで, 青く澄んだ, 黙って

▼ ためここ~ (43, 0.0%)

2 に一言

1 [41件] から十数町, でお, でしばらく, ではそれら, では一人, では与平, では作戦, で待っ, にその, につれこまれた, にはその, には立会え, にもかしこ, に一切, に取りあげ, に奇妙, に当然, に持っ, に数言, に新, に書い, に派遣, に論, に鏃師, に麓路, の地形, の庭, の白い, はひとたび, は風波, へつれこまれた, へ一緒, へ伴, へ参籠, へ曳かれ, へ来, へ来た, へ足, へ降した, まで尾行, をはなれなけれ

▼ ためこれ~ (43, 0.0%)

2 を見

1 [41件] が, が必然的, だけ訊いとく, によって同, に米, の事, はあと, はべつ, は大変, は思う, は急い, は肉, へくる, へ出, へ招い, へ来た, へ臨ん, ほど多く, ほど目出度い, までに幾たび, まで参っ, まで役, まで進発, も毎年, より以上, より惡しき群, を, をお預け, をヨブ, を利用, を動機, を厳重, を反動的, を御馳走, を最後, を殺し, を浜辺, を目立たぬ, を種々, を腰, を軍旗

▼ ため~ (43, 0.0%)

16 のため 2 に対して好戦的, を殺す

1 [23件] から種々, に押され, に話しかける, のため大, のため後, のため自分, の世, の世話, の元気沮喪, の子, の心事, の為, の生まるる, の立身, の肉體, の込み合う, は往々, は煩悶, は皆, を招待, を殺し, 目立たぬよう, 知れぬ苦労

▼ ためしがない~ (41, 0.0%)

5 のである 3 のです, んだ 2 がこんど, じゃない, のだ

1 [24件] お絹, さう, ってこと, というくらい貧乏, という伝説, という深い, といふ事情, といふ意味, となあ三十九, と聞いた, ね, のが, のでその, のでたいがい他, ので大観堂, ので文芸時評, ので足, のを, んです, 例えば高安月郊氏, 口を, 女が, 彼は, 昨夜の

▼ ため~ (38, 0.0%)

2 のはじらい

1 [36件] かいたましい, かしてやらね, かしてやりたい, かそれぞれ, かといえ, かにつけ, かは知らぬ, かまた, かまだ, かわれら, かバラバラ, か一つ, か二重, か云っ, か圧迫感, か大切, か職業, か言葉, か購, か踏台, か飛ん, か食べる, が何だか, が正しい, とし, にも御存知, のため, の位, の役, の用, の科, の罪, もたべず, も書かなかつた, をいふ, を喋ろう

▼ ため~ (37, 0.0%)

2 思うたら本望, 詩人を

1 [33件] お冬おのれ, ぜ, そうした事情, その他の, で馴れぬ苦労, と言はつ, ないか, のんで, また眼球光学系, 世間の, 何かで, 修養の, 威張るため, 小さい私情, 恩を, 悪事千里の, 悪意が, 悪気が, 愛人の, 手の, 政府の, 植田様の, 水を, 物好きに, 特にその, 特権者たちの, 環境的な, 私の, 肝腎の, 親子兄弟妻子朋友の, 親類縁者の, 貧しい人々, 食料輸入の

▼ ためしも~ (36, 0.0%)

3 ない, なかつた 2 ないからと, なかった, 無いよう

1 [24件] あります, あり自分, ある, あるでは, あるに, あるもの, あるん, あれば, ないけれども, ないし, ないのに, ない冬亭, なかつたせゐか, なかつたの, なくする気づかいも, なく一日一日, なく単に, なく忙しい, なし, なしはいはい, 世間に, 多かれど, 有之, 要介

▼ ためかえって~ (35, 0.0%)

2 圓朝の, 彼女の

1 [31件] いくたび, そのわずか, その歌, ふだんの, 別れて, 取って, 大胆に, 媒酌結婚が, 彼の, 彼らは, 怪物を, 恐怖心が, 悪化する, 成金の, 昔からの, 月江を, 煩い多く敵, 理想を, 疫病が, 秀吉公の, 私は, 素肌な, 細まり, 苦しみを, 薬品を, 裏切られた, 製作は, 話題に, 誰の, 鎌倉は, 馬鹿に

▼ ためでしょう~ (34, 0.0%)

102 かそれとも

1 [22件] お世継ぎ願い, かこの, かなあ, かね, かまたは, からふるいつく, から私たち, か木々, か祖父, か風, がこれ, その棺桶よう, それい, と, と思います, ね, よ, 一雨で, 口が, 石垣の, 笠を, 頼母木市長が

▼ ためだけ~ (33, 0.0%)

9 では 2 であった, でない

1 [20件] だろうか, でああ, であったらしく一回かぎり, であったろうか, であっても, である, であるよう, でお父さん, でかく, ですか, でそれ, でなくあちら, でなくこう, でなくこの, でなくその, でなく巨万, でなく自分, で給料, ならば, 考えても

▼ ためにばかり~ (33, 0.0%)

4 生きて 2 動いて

1 [27件] ここへ, して, だった, であって, まだ倒れず, めぐって, やって, 仕度あそばされた, 作られたもの, 働いて, 努力し, 尽くして, 必要な, 擦られたの, 書いて, 書くこと, 来て, 深められて, 生活し, 私は, 行なわれるの, 言ったの, 警戒し, 運ばれて, 過ぎし日, 音楽を, 齷齪し

▼ ためだけに~ (31, 0.0%)

1 [31件] いい家庭, ここへ, ささげること, そのよう, ものを, やつて, 人間改造術を, 付けられるの, 作られたもの, 使おうなどとは, 僅かばかり, 僕らは, 努力し, 土地を, 夜を, 存在する, 実際の, 寝床には, 心に, 必要に, 志を, 早くね, 昼間勤め, 書くの, 無数の, 生きるみじめさ, 生命を, 考える, 運転され, 開演する, 集ったの

▼ ためにという~ (29, 0.0%)

3 のは

1 [26件] ことから, ことに, ことには, ことは, ことも, ことを, ひとつの, ように, わけで, スミス船長の, 上の, 信長の, 原因の, 奉仕的な, 子供デーなぞが, 字に, 心がけを, 心持ちで, 意味は, 文化も, 施設は, 本の, 自己表現的なる, 表現で, 註を, 題な

▼ ためらつて~ (29, 0.0%)

4 ゐた 3 ゐたが, ゐると 2 ゐる, 居た

1 [15件] いらつし, からとつつき, から手, から開いてる, ゐたやう, ゐた北京赴任, ゐましたこの, ゐるが, ゐるその, ゐるの, ゐるので, ゐるやう, ゐるらしい, ゐる太郎, ゐる様子

▼ ためでない~ (28, 0.0%)

5 ことは 3 ものは 2 ことを

1 [18件] か, からただただ, から会費二円, だけがさびしい, と, という事, という意味, という点, としたら, とすれ, とは言えない, のん, 事は, 境遇の, 性格の, 方法は, 無産大衆の, 花の

▼ ためにでも~ (28, 0.0%)

2 命を, 幾人かの

1 [24件] あの親猿, ありません, いけないの, したよう, ぜひともお, ない, ない限り益, なく問われかつ, なぜ働かない, わたしは, ナイチンゲールは, 俺の, 俺は, 僕は, 先づ常識の, 将来日本に, 恐らく云う, 擱いた, 此処に, 無条件に, 生きるよう, 社会が, 神戸へ, 閑静の

▼ ためばかりに~ (28, 0.0%)

2 生きて

1 [26件] あるの, そのこと, ひとり列を, よまれるべきだとは, 三寸か, 他の, 動いて, 古い小説, 家出した, 廻って, 弾んだ呼吸, 役立って, 彼は, 心を, 有用な, 殊更に, 犠牲に, 生れた人間, 男子を, 自然に, 設けられた日, 起ったこと, 起って, 重蔵は, 食べる, 骨身を

▼ ためよりも~ (28, 0.0%)

2 時代の, 見られるため

1 [24件] かえつて, その選挙地盤, ただ多く, ただ女房, むしろ伸子, むしろ多く, むしろ恐怖, むしろ私, むしろ種族, むしろ自分, むしろ踊り, やつぱり最初から, 交際の, 人々が, 天において, 天才を, 子供らや, 心配の, 敬語の, 春琴の, 看護人の, 私の, 自己の, 苦痛の

▼ ためわざと~ (28, 0.0%)

2 二部屋毎に

1 [26件] この松原, ご遠慮, それなりに, 三井寺から, 下に, 低目, 借金を, 囲いの, 圍ひ, 声に, 大それた, 子供らしく, 小屋へ, 庸三を, 彼女に, 待てと, 渋谷の, 盲など, 眼をよけて, 砂丘を, 籍を, 置き忘れて, 蒼蠅そうに, 衣食住の, 軽い食事, 食物を

▼ ため彼女~ (28, 0.0%)

2 の痛切, の純愛, の車, の顔, は自分

1 [18件] がそうした, がとっ, がどういう, がはじめ, が帰らなく, が手, のブルジョア気質, の母, の自尊心, の貸し, の郊外, の魂, はこの, はやがて, は一層, は新橋, は美しい, も良人

▼ ためそこ~ (27, 0.0%)

1 [27件] から南都, が三度め, にいる, にも新しい, に多少, に置い, に集まる, の住居, の廊下, の数ヵ条, の空気, の頁, の魚腹浦, の黄楊櫛, はよく, は烏合, へ入れ, へ急派, へ抛, へ落ちた, まで持つ, まで有効, を与える, を出られなくなり, を捜せ, を解散, を通りぬける

▼ ためもう~ (27, 0.0%)

2 一つは

1 [25件] いちど伝令を, いちど承りたい, いちど螢沢へ, お留守, ちよつと, ウォトカは, 一台出す, 一本打つ, 一遍問を, 二十三にも, 京へ, 他国へ, 帰るの, 最後の, 来て, 殆ん, 湯殿では, 社長は, 老年な, 背中に, 胸が, 腰が, 誂えべき料理, 身支度から, 電気灯が

▼ ため~ (27, 0.0%)

1 [27件] から習慣, では高潔, でも弟, のごとき, の世, の中, の住家, の浪人共, はしばらく, は何もの, は全く, は堂々たる, は脱殻, は鳰, までとどまっ, まで下, まで久しい, まで人, まで価値, まで失望, まで申し上げない, もこ, も尚, わずかに, 少しく活溌, 既に罪, 猶茶

▼ ため~ (25, 0.0%)

2 嫁先の

1 [23件] 下向なさる, 別室として, 加護を, 勘当に, 募りに, 同慶に, 呼びです天子様, 城門を, 奮闘ありがたく, 征伐を, 所持の, 本陣へ, 林軍の, 沙汰しねえ, 用金を, 病氣起らば, 盡力の, 老職曾根権太夫様が, 自重ください, 舎弟主水殿を, 處刑前に, 譲位後二十四年一回ずつ, 陣中に

▼ ためから~ (24, 0.0%)

3 言っても 2 だの, であった

1 [17件] ごく内密, たべもの, であったかと, でございますし, でした, でしょうが, でただ, 一瞬, 云って, 云っても, 小牧の, 性格までが, 描写の, 泣き止んで, 生ずる経済上, 言えば, 起る場合

▼ ためついに~ (24, 0.0%)

1 [24件] そういう大官連, その願い, は焼物, は発狂, エズミに, 一度も, 事なく, 人に, 今日は, 仮面を, 包みきれずして, 参列する, 太師へ, 帆村探偵は, 幕府から, 彼も, 戦いが, 書を, 母から, 玄正は, 私の, 自分が, 英国に, 追い打ちを

▼ ためにとて~ (24, 0.0%)

2 これを

1 [22件] こちらの, 中庭に, 取り出して, 呼び還しぬ, 如来二種の, 定額を, 御降嫁, 數十日間工事の, 月給の, 有樂座, 求め来たり, 無理に, 特に案内者一名, 百里の, 真正な, 腕利きの, 自らこれを, 蓄って, 誰が, 財産の, 鎌倉に, 雑誌の

▼ ため~ (24, 0.0%)

6 のため 5 の中 2 を出た, を出る 1 から縁, におちつい, の周囲, はばらばら, は皆, へかえる, へ来る, を出で, を空

▼ ためつい~ (23, 0.0%)

2 て来た, 故人に

1 [19件] うかうかと, お目にかかる折, したそそう, そちらに, その, そばに, 会社組織に, 口にも, 周章てましたよう, 大事に, 大阪まで, 奉伺を, 彼の, 御過労, 心も, 概念を, 浮れ, 牛の, 食べ過ぎた

▼ ため却って~ (23, 0.0%)

2 深く感動, 興ざめなくらい

1 [19件] それに対して, みっともない旅行, 列車は, 後へは, 慌てて, 日本語の, 有名に, 気に, 油断し, 盛らない場末, 筆先が, 美しさ, 自然と, 若い孫権, 読者の, 軽佻でなく, 退け下すよう, 道路が, 骨が

▼ ためわざわざ~ (22, 0.0%)

1 [22件] お小姓, こうした仕掛, こんな不便, こんな山中, 上がって, 不便な, 京都から, 人目に, 俳優について, 召し出されて, 引き出した白洲, 携えて, 断って, 旅順まで, 書きつけに, 来られたわけ, 目さきへ, 石川の, 神戸から, 神祇官へ, 那珂港の, 鰹節けずり

▼ ため~ (22, 0.0%)

1 [22件] なる弊害, に名望, に酒, ジュギュルタ王とは, 不敬罪をさえ, 事件を, 助かりだなぞと, 多忙だ, 多忙を, 工事を, 建築の, 怪我を, 損害を, 柔と, 津浪が, 混乱に, 礼服を, 評判に, 部分の, 部分露出し, 騒動を, 騷ぎが

▼ ためとて~ (21, 0.0%)

2 一遍にても, 精進潔斎させられた

1 [17件] かえって左右, する忙し, ともに出, 仮出獄, 備品として, 地あに, 変った形, 太神宮, 弟子どもに, 念仏一返, 戦陣から, 東国へ, 榛名の, 比較的に, 浜防風と, 若い身空, 軍艦を

▼ ためにしか~ (21, 0.0%)

2 使わない

1 [19件] あらんこと, お食事, ピアノは, 之に対する, 何かを, 傷つけないもの, 出来て, 受け取られない, 咀嚼する, 外へは, 存在しない, 役立たないよう, 役立たぬよう, 彼に, 彼は, 振舞ひ得ない, 書かれて, 流れて, 生きること

▼ ため今日~ (21, 0.0%)

1 [21件] からそこ, からもうそ, では毒水, という日, の俳人鳴雪, の勝機, の如き, の式, の裁判官, はこうして, はベースボール, は一歩, は三十八章三十九節, は朝, は頭, まであまり, までに幾人, までの程度, までほとんど, まで無事, 迄の程度

▼ ため~ (21, 0.0%)

2 を犠牲

1 [19件] に徳付き戸外, に泥, のすぎわい, のため, も生命, をひるがえす, をめぐらせる, を亡ぼした, を休むる, を売った, を惜し, を殉じる, を殺し, を滅ぼし, を砕い, を粉々, を被, を起し, を起せし

▼ ためなれ~ (20, 0.0%)

2 ばこの

1 [18件] ども国語問題, ども法, ばか年齢, ばか梢の, ばこそ, ばこそやっと, ばこそ起った, ばこれ, ばその, ばなどか中途, ばわれ, ば也, ば五人一座, ば他力, ば命, ば幼少青年時代, ば我等, ば無

▼ ため一層~ (20, 0.0%)

1 [20件] その主題, その聖者, ふくよかに, ものごとが, 不安な, 不機嫌, 凄く見える, 凄味を, 強まって, 彼を, 彼女が, 彼女は, 彼等は, 数多く見える, 疲れた, 自分を, 苛立って, 醜くなった, 雄大で, 雄大です

▼ ため~ (20, 0.0%)

2 には全部今, はよく

1 [16件] が貴女, の外, の精虫, はこれから, はずっとよく, はその, はどれ, はどんな, は九月二十九日, は人, は奮闘, は少し, は弁証法的唯物論, は旅, は碌, は過ぎ去った

▼ ため~ (19, 0.0%)

9 やない 3 やありません 2 やなく 1 や, やございません, やつまらん, やよ, や無い

▼ ためにより~ (19, 0.0%)

4 多くの 2 美しく見え

1 [13件] 不利益な, 人間らしい生活, 以上の, 余計に, 劣等な, 劣等の, 必要であり, 有利な, 深き味, 肥沃な, 能率を, 近づいて, 重要である

▼ ためよく~ (18, 0.0%)

2 ござらぬ, 用うる

1 [14件] ここへ, その根原, は判らなかった, 将来の, 小間使いや, 痔疾が, 確めてから, 締って, 育てて, 見えなく薄暗がり, 見ないと, 見ると, 覚えて, 頭に

▼ ため彼ら~ (18, 0.0%)

1 [18件] が放した, に向かっ, のうち頑強, の圧制, の家庭, の生活, の考察, の財力, はその, は一度, は不平, は予定, は助かる, は彼ら, は次第に, は自分たち, は自然, もまた

▼ ため日本~ (18, 0.0%)

1 [18件] が勝っ, においてそれ, に於ける, に派遣, のため社会, のメーデー, の反, の在来, の多く, の学者たち, の官憲, の封建的専制支配, の教育, の軍艦, へ帰っ, へ帰る, へ持つ, へ来た

▼ ため~ (17, 0.0%)

2 の種族

1 [15件] で夜, に比し, に比例, に食われぬ, のソース鍋, の一つ, の一枚, の働き, の参考人たち, の村村, の者, の語, の諸侯, の諸侯伯, へ奔

▼ ため少し~ (17, 0.0%)

1 [17件] ぐらいの費え, でも恭一, ばかりあった, ばかり細々しい, もその, も売れない, も害, 右の, 広い所, 損傷を, 散歩し, 歩きながら, 膝が, 遅れて, 遲れ, 風邪を, 駒を

▼ ため~ (17, 0.0%)

2 のため, の理想, の迎

1 [11件] が泣いた, として働かなけれ, なんかなかつた, にねだっ, にまで与える, のこと, は十二, は遠, へわが, を呼ぶ, を捨てね

▼ ため~ (17, 0.0%)

2 の前, は糸

1 [13件] がくらんだ, が甘え, が見えなくなっ, じるしを, に見えぬ, のさめる, のまわり, の心, をあげた, をつぶらね, を伏せ, を刺戟, を覚まさされた

▼ ためらしい~ (16, 0.0%)

4 のです

1 [12件] から作者, が, がなになに祝い, こと普通その, しまた, だるいから, という話, んだ, 事が, 口吻は, 由です, 言葉が

▼ ため二人~ (16, 0.0%)

2 の姪

1 [14件] でタクシー, で十二時, の人, の会話, の希望, の會話, の気持, の特使, の間, は凡て, は友達, を一緒, を見くらべ, 増して

▼ ため~ (16, 0.0%)

2 入院した

1 [14件] うつくしさ, ひろい展望, 一つには, 人数を, 切符の, 品は, 師の, 悪者を, 捨てて, 教法の, 日記を, 漸く多事, 男の子は, 讀者諸賢の

▼ ため~ (16, 0.0%)

2 も病み, を鬼

1 [12件] ある町人, が緊張, になく, のうち, の憤怒甚, の生命, までが畜生道, まで土民, も体, を傾, を我, を腐らす

▼ ため~ (16, 0.0%)

2 は爾

1 [14件] いはじ, に呼びたる, に女, の強い, はこの, はカミチオン・デ・パッチ, は曳かれ, は汝, は満州, は身, れの, わが戰利, 久しく饑ゑゐたればなり, 若うし

▼ ため特に~ (16, 0.0%)

1 [16件] あとの, パンと, 南シナ海の, 土地の, 地下戦車の, 天より, 女房を, 寄宿し, 心を, 忙しい, 料金は, 旗本の, 用意した, 艫寄りへ, 親交が, 重刑を

▼ ため遂に~ (16, 0.0%)

2 実家は, 破壊し

1 [12件] お屋敷, その書, はよそ, は学校, 不面目ながら, 先生の, 勇を, 思い切って, 法王の, 落選の, 見つかって, 退却した

▼ ためあるいは~ (15, 0.0%)

1 [15件] これが, その他の, むしろ軽侮心, パンの, 一層多く, 何らかの欲望, 家の, 少しも, 屋根葺の, 政略の, 浦賀の, 興味の, 虚名の, 見慣れぬ黒人, 解釈が

▼ ためしがなく~ (15, 0.0%)

2 切符が, 学校から, 鑑賞にも 1 いつもぶく, いわんや何, ただ赤土, とも天地, ダゲナ・アッタサウナの, 島流しと, 歩いて, 現在も, 社会一般に

▼ ためすっかり~ (15, 0.0%)

2 掩いか

1 [13件] からだ, こげて, エルナの, 占領され, 堕落し, 売切れ, 家産は, 我々の, 疲れ未だに, 痩せて, 睡くなって, 貧窮に, 驚いて

▼ ためそんな~ (15, 0.0%)

1 [15件] いつまた, ことには, ことは, ことも, ことを, クソ働き, 事ばかり, 保守的な, 呼び名が, 気味の, 点で, 目に, 結果を, 見ず知らずの, 話を

▼ ためなり~ (15, 0.0%)

2 一つは

1 [13件] されど汝何, とおも, 一味の, 兩者の, 兵卒将校の, 墓参の, 小天地想なる, 彦根城廓内, 持藥たる, 許し給へ, 諸子願く, 階段を, 飽まで

▼ ためにゃ~ (15, 0.0%)

1 [15件] ああの, あ世の中, あ正勝さん, あ生命, あ鬼, これんばっかりも, こんなこと, わしら村の, 仇ばかりよ, 命までもと, 忘れ切れねえご, 結構なこった, 義理の, 順番ぬきで, 食べなくちゃ

▼ ためのみに~ (15, 0.0%)

1 [15件] あらず生来, こうした懲役みたい, こんなふう, ついて, 二七五磅を, 団結した, 大それた, 書いて, 求むるならば, 生きなければ, 生くる, 行動し, 非ず, 非ずして, 齷齪思っ

▼ ためまたは~ (15, 0.0%)

1 [15件] かのよき, その威儀, よく見当, わが国人が, わが夫, 何らかの他, 加工する, 同胞の, 婚資の, 少なくとも一つ, 採樵, 森の, 穀物の, 自分の, 財産横領の

▼ ためわが~ (15, 0.0%)

1 [15件] かしこに, みづから, をりし, 一家の, 何故に, 意に, 指を, 方に, 最愛の, 母我を, 漁れる, 秘密艦隊が, 第, 縄張りを, 願ひ

▼ ためあの~ (14, 0.0%)

2 凄惨な

1 [12件] セルロイドの, 中段の, 人たちは, 可愛らしいおみ足, 場合の, 妙厳寺の, 娘は, 小説は, 心地好いツンツン, 支那料理の, 重囲の, 高い所

▼ ためかとも~ (14, 0.0%)

3 思う 2 思われる 1 おもえるよう, 存じますが, 存じ申す, 思いました, 思いますが, 思って, 思われた, 思われるし, 考えられる

▼ ためただ~ (14, 0.0%)

2 唱へ

1 [12件] いままで, さえ興奮, のガラス一枚, もっぱらあなた, 一ことだけ, 下手人を, 労働神聖の, 単に噺, 形式だけの, 被害者と, 西南の, 負傷させる

▼ ためといふ~ (14, 0.0%)

2 ことに

1 [12件] ことが, ことだ, この心掛け, 一つの, 中心点より, 名分が, 子孫永続の, 看板がか, 立場から, 考へ方, 言葉が, 關係以外を

▼ ためにや~ (14, 0.0%)

1 [14件] このいただき, すりの, よくある, わが熱したる, 分の悪い, 口の, 咀嚼に, 手桶を, 損毛のみ, 有けむ, 犠牲に, 知らねど, 通例社会主義なる, 風も

▼ ためまだ~ (14, 0.0%)

1 [14件] こちらに, こちらへは, この一棟, そこに, ヨロつく, 一度も, 夕方の, 市場の, 戻って, 戻つて, 気が, 水を, 若かった, 鎌倉の

▼ ためより~ (14, 0.0%)

2 貴女の

1 [12件] いい社会, 他に, 先々が, 外ならざる, 多くの, 明日の, 有効に, 深刻に, 用いるため, 発音の, 美しく平和, 言えば

▼ ため先生~ (14, 0.0%)

1 [14件] につれられ, に叱られました, のご, のため, の平生, の情熱, の所, はきっと, はこの, は外, は警察, は遂に, を慰める, を正客

▼ ため~ (14, 0.0%)

1 [14件] から継ぎ足した, にいたっ, になり, にのこっ, にはまた, には行き, には語頭, に付けた, に詐欺, に鎌倉, の世, の事務, の同, をも見ず

▼ ため~ (14, 0.0%)

1 [14件] がよどん, が少し, の中, の流れた, の流通, の音, は片側, は途中, へ漬け, を与える, を吸収, を追う, を驚かした, 汲み隊

▼ ため~ (14, 0.0%)

3 のため

1 [11件] で会っ, のおぼえ, は凍っ, は滝津瀬, をあける, を切り開い, を急い, を説き, を開き, を間違え, 開けわが

▼ ためでなけれ~ (13, 0.0%)

5 ばならぬ 4 ばならない 1 ばあなた, ばこんな, ばなるまい, ば食物

▼ ためとうとう~ (13, 0.0%)

1 [13件] あべこべに, おれの, この僧都, これという, こんな大, そこでは, 乞食とまで, 倒れて, 元の, 先頃わずか, 大変参考に, 帰りそびれて, 股野の

▼ ためもう一度~ (13, 0.0%)

1 [13件] お送りし, 上陸し, 二階に, 全力を, 心付けを, 治郎助と, 浅草の, 登城いたし, 祖先の, 聞き耳を, 苛めて, 要點, 車内を

▼ ため一つ~ (13, 0.0%)

2 はまた

1 [11件] には, には君等, には報恩謝徳, には新, の画, の誇り, の集, はその, は参詣者, は又, は粘液質

▼ ため~ (13, 0.0%)

1 [13件] おそくまで, が陳情者たち, だけは寝, になつてあたり, に入る, の当直, は店, は疲れ, までは帰邸, もさう自由, も厭わせ給わず, も昼, 遅くなる

▼ ため~ (13, 0.0%)

1 [13件] にいずれ, にそこ, に一手, に予備役, に予定, に仕事, に帰された, に年, に旅行, に本省, に盧植, に道, 角度に

▼ ため~ (13, 0.0%)

1 [13件] が漢文, のため, の勘気, の枕元, の良, はいらだたし, はタオル, は一生, は悩み, は母, は潔く, や家来, を明石

▼ ためあなた~ (12, 0.0%)

2 のお 1 にむずかしい, のシナ語, の口, の右, の家庭, の新, は一層, は人相, をあきる, を弓矢

▼ ためあらゆる~ (12, 0.0%)

2 困苦を 1 一般の, 便宜を, 努力を, 卑劣なる, 手段を, 方面からの, 智能と, 虚構の, 適当なる, 風情と

▼ ためかく~ (12, 0.0%)

2 の如き 1 なるまでに, のごとく, の如く, は死んだ, まで御, も労苦, も穏やか, 名づけられたりとの, 壊されしこと, 隣国へまで

▼ ためこんな~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことに, ところに, めに, 奇妙な, 所へ, 晴れが, 無理を, 獣どもを, 真赤な, 見張りが, 野獣の, 非凡な

▼ ためであったろう~ (12, 0.0%)

32 が, と想像 1 がそれにしても, が事実, が夫人, と思います, と思われる

▼ ためとして~ (12, 0.0%)

1 [12件] わたしは, 一度の, 一般に, 任意に, 何一つこの世, 四俵の, 小さな石地蔵, 書いて, 百日の, 自分の, 行われた公定価格つり上げ, 見れば

▼ ためなりと~ (12, 0.0%)

2 いう 1 いふ, こう考え, 得心の, 思って, 本支店の, 称し犠牲, 答う, 答うる, 納涼台にて, 被仰

▼ ため一時~ (12, 0.0%)

2 は気絶 1 にもせよ, の生活, の飢え凌ぎ, はずいぶん, はみな, は井伊掃部頭, は命, は殖産興業, は熱狂, まったく昏倒

▼ ため人間~ (12, 0.0%)

1 [12件] が半分, が奴隷, が平俗, しかも友人, としての心持, になりました, の勝手, の心, の心理, の過ち, は困惑, は頭

▼ ため~ (12, 0.0%)

2 を去っ 1 にくわしい, に留まっ, の中, の形, の方, へガマズミ, へ登った, ほどの仕事, を下り, を穿ちし

▼ ため~ (12, 0.0%)

1 [12件] がすべて, が光, が席, が怒り, が抒情, が民族, が肉欲, とテレウス, のため, の髪, れの, れを

▼ ため~ (12, 0.0%)

2 に臨む, を覚悟, を賭し 1 からのがれる, するに, せるパトロクロス, に臨み, をもっ, 遅れて

▼ ため~ (12, 0.0%)

2 がぼんやり 1 がおかしく, がしびれた, がボッ, が怒っ, に満ち, のはたらき, をぶっつけ, を上げ, を剃りまし, 隠して

▼ ためいろいろ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あやして, と念入, なこと, なもの, な実験, の書物, の邪推, の面, 好い狆, 改築を, 考えること

▼ ためかつ~ (11, 0.0%)

1 [11件] はあまり, はいったん, はチベット文字, は兵士ら, は徳川, は鉄, は馬, ひに, 世間の, 兄自身の, 開いたの

▼ ためしがなかっ~ (11, 0.0%)

81 たけれど, たの, たのよ

▼ ためしばらく~ (11, 0.0%)

1 [11件] 休むといった, 山から, 彼は, 後へ, 忍耐し, 指物仕事とか, 此方に, 水の上に, 滞在する, 発表を, 賜暇を

▼ ためだらう~ (11, 0.0%)

31 いやガソリン, かなど, そこへ, たいへん酔うた, と思はれた, と思ひます, 気の毒でも, 階下の

▼ ため~ (11, 0.0%)

3 の君 1 が湖水, くらいの男, には女だてら, に先, のひとり, へ入, を空洞, 宿りに

▼ ため国家~ (11, 0.0%)

8 のため 1 が勲章, の中, や社会団体

▼ ため必要~ (11, 0.0%)

1 [11件] だとか, なだけの, なもの, なるや, なる用意, なる諸, な不断, な学校, な才能, な用意, の要求

▼ ため急い~ (11, 0.0%)

2 で玄関 1 でいた, でそこ, で実現, で帰る, で彼, で昇降機, で梯子, で汽車, で豊橋

▼ ため~ (11, 0.0%)

1 [11件] に乗ぜられ, の左翼, の殲滅, の艇, の逆茂木, は平野, は用心, も一時, も殺さね, らしいもの, を営中

▼ ため~ (11, 0.0%)

1 [11件] がすこし, が出る, に汗ばむ, のやつれ, の相好, は泥色, をしかめ, を歪め, を真赤, を窓, を赤く

▼ ためいっそう~ (10, 0.0%)

1 いかめしくされた, 凄みを, 大好評, 師匠の, 年月の, 強くなった, 暗くなっ, 猛烈に, 身ぶり手ぶりで, 隠蔽される

▼ ためかの~ (10, 0.0%)

5 ように 1 いずれか, 光が, 時に, 時限爆弾が, 警官はつひ

▼ ため~ (10, 0.0%)

1 あつた, あると, あるべきで容疑者, いたって少ない, おわりましたらば, 一人後れば, 唯一の, 多かった, 私の, 遠くの

▼ ためこう~ (10, 0.0%)

2 やって 1 いったからには, なること, までうれしい, も痛み, 云って, 大袈裟な, 父へ, 自分ばかり

▼ ためだって~ (10, 0.0%)

1 あの髯, いいじゃ, ことが, ことを, ぼくの, むこうから, 云うん, 他人の, 僕らは, 名誉まで

▼ ためであります~ (10, 0.0%)

1 か, かその, から悲しい, から辺文進, がその, がそれ, が私, けれど私, ぞ, 恩愛の

▼ ためとで~ (10, 0.0%)

1 あつた, いつも氏, かえって雪, さすがの, ついついそのままに, 一様に, 他に, 悲壮なる, 汗の, 玄関の

▼ ためどんなに~ (10, 0.0%)

1 あせつても, いいかと, ひどい目, 寂しくとも, 愚弄され, 父が, 現実を, 苦しむかも, 見劣りが, 迷惑した

▼ ため~ (10, 0.0%)

1 いうに, さすがに, したどもな, すみましたか, とにかく糸公, もちろん自分, わがため, 即ちあなた, 大下の, 更に多かろ

▼ ためひどく~ (10, 0.0%)

2 からい目 1 不幸に, 出費が, 嫉妬を, 弱って, 甘い頭, 疲れて, 空転し, 自尊心を

▼ ためほとんど~ (10, 0.0%)

1 だれか, なぶり殺しの, 全滅に, 拍手さえ, 死を, 眠って, 眼窩の, 破産の, 致命的と, 要塞の

▼ ためわし~ (10, 0.0%)

1 が呼んだ, が姿, にこれ, の心, は今, は断じて, へかかるべき, も百日, も見たい, を撒いた

▼ ため~ (10, 0.0%)

1 と通り, には諸子, の笛, は学校, は装飾, は裝飾, は里子, まず大川, も眞, 鞭打って

▼ ため仕事~ (10, 0.0%)

2 に悦び 1 がとかく, が盛, す, と言っ, のしようが, の中, の間, もあまり

▼ ため~ (10, 0.0%)

2 ひは 1 まとまりを, る巨大, る時足首, る璧, る病院, る種, る言語学者に, 感情あり

▼ ため~ (10, 0.0%)

1 いたい目, があきません, が足りなく, なしがっかり, には凍った, に持つ, に笞, を入れるべき, を拱い, を離さず

▼ ためある~ (9, 0.0%)

1 ひは, よ, 人たちからは, 私設鉄道の, 秋は, 章句は, 者は, 避暑地の, 音楽師を

▼ ためいつも~ (9, 0.0%)

1 その持合, 下の, 夫人附き, 心との, 手ぎれいに表面だけを, 無名の, 竹法螺を, 間接に, 頭が

▼ ためしばしば~ (9, 0.0%)

2 人の 1 人に, 六四調や, 出入りする, 呉の, 狙いを, 神泉苑に, 間違われる野村光一氏

▼ ためすぐ~ (9, 0.0%)

1 ここを, 下の, 奪われたので, 引っ返して, 彼の, 後の, 石町へ, 蜀の, 身を

▼ ためそして~ (9, 0.0%)

1 もう一つ, 人に対する, 国民自身をも, 外国生活を, 多くの, 始めから, 日本の, 最後に, 自分を

▼ ためどこ~ (9, 0.0%)

1 かで対外的勝利, かの療養所, からでも目立つ, か厚生省あたり, か感じ, か骨ばっ, でも鄭重, となし, へ行こう

▼ ためなる~ (9, 0.0%)

2 が故に 1 か否, か阿, ことを, にや家づくり, も汝, や, 誓ひも祈りも

▼ ためわたし~ (9, 0.0%)

2 のため 1 の光, の得意さ, の素性, の耳, の責任, は半時間, は楽しみ

▼ ため一度~ (9, 0.0%)

2 は諦めた 1 でよい, ならずモントルイュ・スュール・メール, のろしを, は夢, は魯国当局者, 町の, 美作の

▼ ため~ (9, 0.0%)

1 には気, はそう, はただ, はどんなに, はひとり, はアナ系, は大事, は永い, は野

▼ ため~ (9, 0.0%)

1 がうわずっ, が嗄れ, をあ, をあわせ, をかけ, をふるわせ, を悪く, を高め, 出ず云々

▼ ため学校~ (9, 0.0%)

1 の中, は休み, は当分, ばかりで, へいく, へゆく, へ行った, へ行つた, へ訊き合わせる

▼ ため時々~ (9, 0.0%)

1 はバカ, 下から, 休講し, 卵に, 変った医者, 小銃を, 用候, 道草を, 頭痛が

▼ ため東京~ (9, 0.0%)

2 へ帰し 1 から信越線, から帰っ, では余り, と連絡切れ, に着きました, へ戻りまし, をたつ

▼ ため社会~ (9, 0.0%)

6 のため 1 に裏切る, の公器, は遂に

▼ ため~ (9, 0.0%)

3 のため 1 が弱め, と歩行, に見離され, の手もと, も働き, 兄弟の

▼ ため非常~ (9, 0.0%)

1 なる努力, な不便, な人気, な苦境, な辛苦艱難, な高所, にお気, に愛読, に時間

▼ ためあれ~ (8, 0.0%)

1 からというもの, から京都, が噂, に朝, ほど多く, ほど気, も戦争, よと上

▼ ためこれら~ (8, 0.0%)

1 のこと, のもの, の与件, の二組, の人物, の生産物, を了解, を言い

▼ ためすべて~ (8, 0.0%)

1 がこちら, が右門流, の商品, の施設, の流行, の糸, を婚儀, を抛っ

▼ ためそれら~ (8, 0.0%)

1 で一年中, に必要, のもの, の国, の手帖, の罪人, の規則, は少し

▼ ためだったろう~ (8, 0.0%)

21 がその, が酒, が首謀者, と私, みんなの, 暫くし

▼ ためとしか~ (8, 0.0%)

1 受け取れないほどの, 思えない極めて, 思われない, 思われないし, 思われないよう, 思われない思想, 思われなかった, 思われませぬ

▼ ためにかへ~ (8, 0.0%)

1 つて一種愛すべき, つて二人とも, つて前とは, つて大層好もしい, つて本当の, つて没落転々の, つて生命の, つて看る

▼ ためにの~ (8, 0.0%)

2 口実に 1 おはな会, この鰭, みその, やうで, よき剣術, 詩ね

▼ ためにわ~ (8, 0.0%)

1 ざとあさましくないことをあさましくしてゐる, ざとさうしようとしたのであつたけれども今が, ざわざここへいらしったと言明なさる, ざわざしたこつた, ざわざべんとうをつくることは大変だって, ずらつて, づかの, ッわ

▼ ためのみの~ (8, 0.0%)

1 もので, ものである, 人間に, 出先の, 利益でない, 存在には, 権力に, 生活が

▼ ためまず~ (8, 0.0%)

1 この本山, ご息女, エルサレムに, 内部的に, 同姓である, 第一, 阿片を, 顔に

▼ ためらひも~ (8, 0.0%)

1 せず空色, せず級長, なくこの, なく今, なく即座, なく大智勝観氏, なく水, なく神

▼ ため~ (8, 0.0%)

1 岸に, 後見の, 眼殆ん, 肱に, 脇が, 腕が, 腕を, 袖を

▼ ため人類~ (8, 0.0%)

4 のため 1 の始祖アダム, の文化, の皮膚, をし

▼ ため今度~ (8, 0.0%)

1 の企て, の合戦, はとっても, は会社, は再び, は大尉, は罪, も参加

▼ ため~ (8, 0.0%)

2 なく湿ん 1 が余っ, をかしたい, を尽した, を盡, を貸し, 及ばず

▼ ため~ (8, 0.0%)

1 処に, 商店は, 学年の, 家の, 房の, 職業に, 被告の, 部門それ自身として

▼ ため~ (8, 0.0%)

6 のため 1 のため何, へ帰る

▼ ため外出~ (8, 0.0%)

1 ができない, したその, するとは, する自由, のたび, の際, も出来ず, を見合せた

▼ ため天下~ (8, 0.0%)

7 のため 1 之大事

▼ ため室内~ (8, 0.0%)

1 には不細工千萬, に閉じこもり, の三計器, の気象, の空気, の雰囲気, は明るかっ, へ室外

▼ ため最後~ (8, 0.0%)

1 には誰, に下女, のとっ, の危険, の登城, の荷作り, まで戦つた忠節, まで私

▼ ため~ (8, 0.0%)

2 の前 1 がさめた, が覚めた, のみを動かし, を今輦, を通して見る, 美しくし

▼ ため~ (8, 0.0%)

1 一には, 一は, 一次欧州大戦だけの, 九嚢に, 二が, 二には, 二は, 八の

▼ ため~ (8, 0.0%)

1 がよろめく, が不自由, が棒, が遠のい, の先, の向く, の裏, もためらい

▼ ため適当~ (8, 0.0%)

1 なるモデル, な寄港地, な日本人, な隠れ場所, にその, に処置, に車, の言葉

▼ ためああ~ (7, 0.0%)

3 して 1 いったもの, この雲, 怒るの, 申すので

▼ ためいや~ (7, 0.0%)

1 ある男, おうなく, お前たち一家の, が上, つが, 国家の, 天下の

▼ ためいよいよ~ (7, 0.0%)

1 この僧都, この老人, のっぴきならぬ, もって, 危くなっ, 国家鎮護の, 軍部から

▼ ためさらに~ (7, 0.0%)

1 いはんに, つのって, 印章まで, 忌み嫌うべきこと, 悲しんで, 痛められてる喉, 良策を

▼ ためすでに~ (7, 0.0%)

1 かの穴蔵, 内約の, 加茂へ, 十数年以前より, 彼の, 手籠に, 職を

▼ ためすなわち~ (7, 0.0%)

1 パンの, 仏陀に, 信長を, 我々と, 我が花粉, 敵に, 昔の

▼ ためそれから~ (7, 0.0%)

1 あの有名, お前たちの, ポローニヤス一家の, 伏見へ, 待って, 筋道を, 通帳の

▼ ためだけでも~ (7, 0.0%)

1 そっちの, それを, 帰りたくなった, 早く引越し, 明智さんが, 殆ど眠る, 科学小説は

▼ ためちょっと~ (7, 0.0%)

1 乗って, 動かないよう, 変わった句, 小ぜ, 来た, 絶句した, 聞いて

▼ ためては~ (7, 0.0%)

2 ららきし風も 1 そいつで, ならないこと, 山番が, 新しい十スー, 飲んだ

▼ ためとかく~ (7, 0.0%)

1 に忽諸, 人負けする, 化学染料を, 後者は, 横道に, 気持が, 注意の

▼ ためどんな~ (7, 0.0%)

1 ことが, ふうな, もので, 御奉公, 無能の, 苦しいこと, 苦しい目

▼ ためなどと~ (7, 0.0%)

1 云うより, 口実を, 叫んで, 故人に, 自惚れて, 説明し, 開き直

▼ ためなら死ん~ (7, 0.0%)

4 でもよい 1 でも好い, でも決して, でやりてえ

▼ ためにさえ~ (7, 0.0%)

1 お前より, どれ程, 中島健蔵氏の, 何も, 十分誇張できない, 家出しなけれ, 根づよく闘わなけれ

▼ ためにだけでも~ (7, 0.0%)

1 そういうこと, まづ自分自身, もう一遍, 何人も, 多くの, 悪癖よさなけれ, 私は

▼ ためにだって~ (7, 0.0%)

2 すぐ日本 1 あんなにし, こわいこと, 村では, 決して悪い, 第一

▼ ためもしくは~ (7, 0.0%)

1 そこの, その嫌疑, 外部から, 尻の, 用達の, 知らず知らず男子, 餌を

▼ ためらはず~ (7, 0.0%)

2 に返事 1 かたり, に何もかも, 副馬, 御断言, 為すに

▼ ため一人~ (7, 0.0%)

1 ずつ糺明, であること, で残し, の牧師, の生徒, の立派, 抜けて

▼ ため一応~ (7, 0.0%)

1 先遣隊を, 取次を, 帰国し, 彼女の, 御判断, 縁側へ, 読み返すはず

▼ ため上京~ (7, 0.0%)

2 して 1 されたの, し只今, するの, というの, の途

▼ ため~ (7, 0.0%)

1 あごが, では海面, の, のようす, の寝室, は百姓, を見る

▼ ため世間~ (7, 0.0%)

2 のため 1 からの侮蔑, にはかなり, によく, に知識, は案外

▼ ため京都~ (7, 0.0%)

1 にゆき, に赴かん, のみ休む, の公家, へ急ごう, へ潜入, を立つ

▼ ため他人~ (7, 0.0%)

1 には見えぬ, に盗用, に私, に迷惑, の嫁, の金もうけ, の非

▼ ため全く~ (7, 0.0%)

1 冬を, 凍傷に, 圧倒され, 意味が, 熱中し, 聴きとれないこと, 自己を

▼ ため出発~ (7, 0.0%)

1 しかけたとき, したの, する, するの, のところ, は相当, まえに

▼ ため~ (7, 0.0%)

2 を捨てる 1 の危険, の限り, も惜しまん, をすて, を棄

▼ ため~ (7, 0.0%)

2 ながら自分 1 でも紙入れ, に出かける, に椅子, へはたらき, へは一歩

▼ ため多く~ (7, 0.0%)

2 は投げやり 1 の出版者, の知人, の難船, は筋目, 海に

▼ ため多少~ (7, 0.0%)

2 はお 1 なりお役に立つ事, の損傷, の模様, パ行音で, 逆上の

▼ ため大阪~ (7, 0.0%)

2 へゆきました 1 と東京, に滞在, の川筋, の或, の方

▼ ため~ (7, 0.0%)

1 のため, の歓心, は, は怨, も男, も自分, よりも先

▼ ため子供~ (7, 0.0%)

3 のため 1 がなく, が目, の顔, を産む

▼ ため~ (7, 0.0%)

1 にし, にはわが, 一時間ほど, 御所で, 患を, 義に, 義を

▼ ため幕府~ (7, 0.0%)

1 のお, のため, の命, の政治, の譴責, はさらに, へ嘆願

▼ ため思う~ (7, 0.0%)

3 ように 1 ことが, にまかせず, に地代, 研究の

▼ ため戦争~ (7, 0.0%)

3 の本場 1 など知らない, にいっ, の性質, の深刻さ

▼ ため方々~ (7, 0.0%)

1 でやっ, のお, の器官, の室, へ頼み事, 動き回るもの, 飛び歩いて

▼ ため早く~ (7, 0.0%)

1 この二つ, この寮, も城内, 一千年後の, 損じて, 湯に, 真柴久吉を

▼ ため~ (7, 0.0%)

2 を期し 1 には横柄, のアレキサンドリア総督, の勘定奉行萩原近江守, の王様, 折り模範

▼ ため更に~ (7, 0.0%)

1 大きくなり, 大切な, 巧みに, 有利の, 栗の, 落葉を, 進歩し

▼ ため死ん~ (7, 0.0%)

2 でしまうだろう, でしまった 1 でおわび, でしまいました, でやろう

▼ ため~ (7, 0.0%)

2 へなり 1 に落ち, の上, の青, へ帰っ, へ船

▼ ため聞い~ (7, 0.0%)

1 ている, ておけ, て置く, て置こう, て見た, て見たかった, て見る

▼ ため自然~ (7, 0.0%)

1 と彼女, に日本式, に死ぬ, に發, の要求, 果たされました, 養われて

▼ ため~ (7, 0.0%)

2 でもこんな 1 か教養, が飛び込ん, にも見られ, の記憶, も出迎え

▼ ためあまり~ (6, 0.0%)

2 負傷を 1 かけて, 入りこんで, 愉快でない, 辷らなかった

▼ ためいま~ (6, 0.0%)

1 ある生活, のうち, の為事, は日本, までジッ, まで目的地

▼ ためかなり~ (6, 0.0%)

2 模様を 1 こんだ, 心を, 疲れて, 荒されて

▼ ためこうして~ (6, 0.0%)

1 おとといの, まちがって, 働きはじめたが, 全網, 八方お, 城下の

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 ぼご, 一見くださいません, 主人の, 主君様への, 承諾の, 殿の

▼ ためせっかく~ (6, 0.0%)

1 おいでの, の再起, の御, の支那革命, 案内の, 生捕りに

▼ ためたちまち~ (6, 0.0%)

1 なます, 堤防を, 妹に, 窮境に, 見る間, 魏軍を

▼ ためだけの~ (6, 0.0%)

1 ように, スパイな, 切符取次所だった, 学校という, 目的で, 論理として

▼ ためだつた~ (6, 0.0%)

1 か, が, ので半ば自分, やうだ, よ, んです

▼ ためでありまし~ (6, 0.0%)

1 てす, てそれ故, てわたし, て一般的, て私, て道

▼ ためでした~ (6, 0.0%)

1 か, がお, がならぬ, が中等教員, が爾, よ

▼ ためとしても~ (6, 0.0%)

1 よろしい, 今は, 有利な, 決して悪い, 糸を, 遥かに

▼ ためとのみ~ (6, 0.0%)

2 解釈した 1 信じ切って, 思って, 見たすうっ, 言わぬ

▼ ためとばかり~ (6, 0.0%)

1 思い込んで, 思し召して, 思って, 思込ん, 気取って, 解釈し

▼ ためどう~ (6, 0.0%)

1 かお, した物怪, でもいい, でも好い, と仆, 答えるか

▼ ためどれ~ (6, 0.0%)

1 だけの人間, だけの損失, だけ自分, ほどの人間らしい, ほどやわらげられ, 程以前

▼ ためなお~ (6, 0.0%)

1 その顔, 一層青い, 幾日も, 御軍勢, 研究の, 薄暗い車内

▼ ためならず~ (6, 0.0%)

1 と昔, はおそらくは, 妾は, 皆これ和主に, 等と, 草木の

▼ ためにわかに~ (6, 0.0%)

1 体が, 前の, 富豪に, 彦根の, 親戚近隣の, 豹変した

▼ ためばかりの~ (6, 0.0%)

1 もので, ように, わけで, 世界でない, 熱じゃ, 職業であっ

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 づ普通の, づ海路を, づ男子を, づ目を, づ郷土を, ゐらさば

▼ ためやむなく~ (6, 0.0%)

1 その麾下, 各二名, 呂布の, 宿泊する, 私が, 長屋もろとも

▼ ためよけい~ (6, 0.0%)

1 この鳥, じぶん, せつないおもいを, な大敵, 下界の, 小さく見える

▼ ためわずか~ (6, 0.0%)

1 ずつの水量, に事なき, に当地上陸, の間, ばかりの俸給, 昨日から

▼ ため~ (6, 0.0%)

2 を下 1 と同じ, の専門学校, の桝形, 御政道

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 がべたべた, が延び, に無理, に隙, のため, の均斉

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 の内記たち, の嚊煙草, の無理, の調子, の骨折賃, を前者

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 世界は, 世界を, 人類の, 団が, 篇通読の, 軍まったく

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 は倒れ, をととのえ, をのこし, を分散, を挙げたる, を派し

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 ていこう, で, 京し, 來ば, 來事は, 發の

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 下宿を, 九五年法王ボニファキウス八世の, 会社の, 夜半ふと, 校長を, 語系の

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 が事件, が僕, の同僚, はかえって, は愛する, は生涯

▼ ため女房~ (6, 0.0%)

1 お杉, と行く, にだけ会わせ, は明朝, へも知らせぬ, を持ってない

▼ ため~ (6, 0.0%)

2 のため 1 と老母, の兄, を失っ, を持たぬ

▼ ため~ (6, 0.0%)

2 が生れない 1 ねこは, のため, のため老い, の為

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 が乗っ, の傘, の前, の絶え間, の迷惑, をことわり

▼ ため容易~ (6, 0.0%)

1 に信じられなかった, に寝つかれず, に手, に抱き出されない, に理解, に要領

▼ ため~ (6, 0.0%)

4 の四至 1 では夕方, にもゐられなく

▼ ため彼等~ (6, 0.0%)

1 にをし, のほ, の最後, の疲労, はやがて, は高台寺

▼ ため政府~ (6, 0.0%)

2 が移住者 1 に助力, の人, も明治十四, をも改め

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 から自己, の判例, の庶民, の技能, は船箪笥, より人民

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 が立っ, が遠く, が鬱した, のみはやっ, を吐いた, を落ちつける

▼ ため江戸~ (6, 0.0%)

1 からこれ, から神田末広町, から神田末廣町, の任地, へ下り, まで職人

▼ ため現在~ (6, 0.0%)

1 ではその, では損, のアメリカ政府当局, の東京, の職業, はそれ

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 に対する見方, に捧げまつれる, の御社, の心, の怒り, は賢明

▼ ため諸国~ (6, 0.0%)

1 から無数, の地理, の憐れ, を潜行, を遊歴, を遍歴

▼ ため豹一~ (6, 0.0%)

2 は一層 1 はすっかり, はもっとも, は到頭, は小遣

▼ ため部下~ (6, 0.0%)

1 に命じ, のかた, の影, の技手, の諸, の集合

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 がなくなっ, が又すぐ, が足りなくなっ, に変えられ, の工面, を貰い

▼ ため~ (6, 0.0%)

1 が地, が溶け, が紅, にもめげず, のふる, の近江路

▼ ためいつ~ (5, 0.0%)

1 でもなん, でも次ぎ, でも水道門, とはなし, 煤けたとも

▼ ためかかる~ (5, 0.0%)

1 嘆かわしきこと多く, 噺を, 用にも, 異国の, 話を

▼ ためかは~ (5, 0.0%)

1 いうまでも, 宗門の, 知れぬが, 聞き糺して, 説明は

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 ういふ, ういふ病気, はれ強, ぶは, 時刻ばかり

▼ ためさんざん~ (5, 0.0%)

3 な目 1 な成績, に撃破

▼ ため~ (5, 0.0%)

2 さはに 1 いとおかし, てひどく, 春の

▼ ためたり~ (5, 0.0%)

1 した, するもの, する時, そんなこと, 息子の

▼ ためだんだん~ (5, 0.0%)

1 と村人, 下へ, 健康に, 博士邸より, 熱して

▼ ためでございます~ (5, 0.0%)

1 か, から, が, よ, 皆様の

▼ ためとに~ (5, 0.0%)

1 いち早くあれ, 呼びかけるもの, 書いて, 歌いつづけて, 近藤栄蔵を

▼ ためどの~ (5, 0.0%)

1 位皆な, 店も, 澱粉質にも, 真面目な, 窓も

▼ ためなるべし~ (5, 0.0%)

1 ことさらに, といえ, とてある, 云云, 低きに

▼ ためにて~ (5, 0.0%)

1 ある由, がらを, んや, 殺すため, 苟くも近世の

▼ ためにとは~ (5, 0.0%)

1 いっても, 云うん, 兄者あなたこそ, 絶対に, 言わない

▼ ためにとも~ (5, 0.0%)

1 お父さまお母さま, わからずに, 申しますまい, 私は, 誰にとも

▼ ためにはと~ (5, 0.0%)

1 努力し, 思うと, 眼を, 義金まで, 頭を

▼ ためばかりとも~ (5, 0.0%)

1 思はれない, 思われぬ, 思われぬが, 決められないよう, 言えないが

▼ ためばかりを~ (5, 0.0%)

2 思って 1 考えて, 計られて, 計ろうと

▼ ためまことに~ (5, 0.0%)

1 お待たせした, すまないこと, ゆるしがたい, 寒心すべき, 残念です

▼ ためまるで~ (5, 0.0%)

2 新造船 1 つる草, 気持が, 身体が

▼ ためやはり~ (5, 0.0%)

1 そいつを, 今まで, 大きい目, 山へ, 短剣の

▼ ためよい~ (5, 0.0%)

1 かもしれない, 仲間という, 竹を, 道具に, 鑑にも

▼ ためらしく~ (5, 0.0%)

2 曖昧に 1 ヒクヒク動きます, 五分の一しか, 左門は

▼ ためわれ~ (5, 0.0%)

1 とわが, にもどり, は邪魔扱い, 常に世, 知らず思いついたこと

▼ ためパリー~ (5, 0.0%)

1 からコンスタンチノウプル, から出かけた, に三つ, のオペラシーズン, へ急使

▼ ため~ (5, 0.0%)

4 のため 1 の読書子

▼ ため世界~ (5, 0.0%)

1 が狭められ, で著名, のため大, の医学者, は一千万

▼ ため久しく~ (5, 0.0%)

1 この風, 滞在し, 物置に, 絶えて, 酒に

▼ ため事件~ (5, 0.0%)

1 に対して重要性, の推移, の真相, の重大, は愈

▼ ため二つ~ (5, 0.0%)

1 には主君, には金博士, にゃおまえさんにおけがのねえようにと, に分け, に折れ

▼ ため二重~ (5, 0.0%)

2 組んでは 1 にしめられ, に覆い, に見えた

▼ ため今夜~ (5, 0.0%)

1 のクリスマス, はこれ, ははるばる, は少し, は私一人

▼ ため仲間~ (5, 0.0%)

1 のもの, の人望, の多数, の重立つた, を起し

▼ ため再び~ (5, 0.0%)

1 スポッと, 下界に, 実家へ, 日本空襲を, 芹沢

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 から走っ, になぞ, に掲げた, の哀哭, の晩

▼ ため~ (5, 0.0%)

2 の手 1 からも左, から入っ, にあたり

▼ ため同じ~ (5, 0.0%)

1 人の, 停車場に, 年ごろの, 年ボローニアより, 形同じ

▼ ため大きな~ (5, 0.0%)

1 すいかは, 声で, 木を, 男に, 鼻の

▼ ため実に~ (5, 0.0%)

1 労が, 寒心に, 慨嘆の, 荒いまずい小説, 著しい曲線

▼ ため家中~ (5, 0.0%)

2 の若 1 が二派, に紛争, の者

▼ ため小屋~ (5, 0.0%)

1 に向かっ, に泊っ, に泊つて, の前, は人

▼ ため常に~ (5, 0.0%)

1 出入りする, 市中を, 微かに, 東京に, 第一義的聖線に

▼ ため往々~ (5, 0.0%)

1 に種々, わが範囲以外, 土瓶を, 治者が, 興行主と

▼ ため或は~ (5, 0.0%)

1 世間一般を, 支ふる, 旧弊とか, 無力である, 自由学園音楽団として

▼ ため折角~ (5, 0.0%)

1 そこに, の好, 呉に, 御出, 積んで

▼ ため支那~ (5, 0.0%)

1 で七日, に來, の内情, ほどの美, や中央亜細亜

▼ ため散歩~ (5, 0.0%)

3 をし 1 する, にいった

▼ ため暫く~ (5, 0.0%)

1 この地, の神妙, は生き, 出廷できない, 病舎に

▼ ため最も~ (5, 0.0%)

1 中心的な, 大切である, 弱点を, 美しい花, 誠実勤勉な

▼ ため~ (5, 0.0%)

2 から夜 1 から晩, は星, 早く三井物産

▼ ため止む~ (5, 0.0%)

2 を得ず, を得ない 1 に止まれぬ

▼ ため残念~ (5, 0.0%)

1 ながらあなた, ながらその, ながら再演, ながら我々, なこと

▼ ため父親~ (5, 0.0%)

1 が一札, にせがんだ, の分厚い, の怒り, は思わず

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 が虐げられ, もない, ゐし語, をなさぬ, を果す

▼ ため田舎~ (5, 0.0%)

1 の彼, へ帰っ, へ帰った, へ引っ込ん, へ送られる

▼ ため着物~ (5, 0.0%)

2 がはりつい 1 をなおし, をぬい, を着換え

▼ ため秘密~ (5, 0.0%)

2 な会合等 1 のうち, を守る, を握る

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 に力抜け, の力も, を持ち上げる, を揮う, を首

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 から下, の上, の所, まで没する, を折り屈み

▼ ため自分自身~ (5, 0.0%)

2 のため 1 で何, に腹, の伴侶

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 てお, て来, て置き, においで, 學に

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 ともに, 将を, 新聞の, 新聞は, 民の

▼ ため~ (5, 0.0%)

2 が弱った 1 がふるえ, が弱りきっ, を折り曲げ

▼ ため遠い~ (5, 0.0%)

1 北の, 夏空に, 島まで, 銃声の, 隠岐

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 に残し, の刺客, は海陸, へ出, をあと

▼ ため~ (5, 0.0%)

1 で過し, に溺れ, はほとんど, も煙草, を買わせ

▼ ためあたり~ (4, 0.0%)

1 がま, はそれ, はひっそり, を血の池

▼ ためあと~ (4, 0.0%)

1 に残っ, の諸, は即ち, を追っ

▼ ためいささか~ (4, 0.0%)

1 ご起居, さかのぼりて, 参考の, 粗肴

▼ ためおれ~ (4, 0.0%)

1 が探らせた, は妙, は重く, ばかりでなく

▼ ためお前~ (4, 0.0%)

1 のため, も来た, を呼んだ, を連れ

▼ ためからだ~ (4, 0.0%)

1 の線, をのっとられる, を前, を支え

▼ ためからの~ (4, 0.0%)

1 ことだった, 失業は, 影響として, 漁獲制限が

▼ ためかれ~ (4, 0.0%)

1 はわざと, は危ない, は江戸, を刺す

▼ ためことに~ (4, 0.0%)

1 右に, 大姫君, 宮の, 用意させた

▼ ためすこし~ (4, 0.0%)

1 体が, 汗ばんで, 膝を, 頭の

▼ ためずいぶん~ (4, 0.0%)

1 むりむたいに引張られ, 苦労しました, 行方を, 誤ったこと

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 なたに, なたの, は怪から, やけど

▼ ためそう~ (4, 0.0%)

2 とする 1 言いながら, 遣って

▼ ためそういう~ (4, 0.0%)

1 問題には, 方法の, 決心を, 自身の

▼ ためそれぞれ~ (4, 0.0%)

1 したくを, のお, の固定概念, 志す方

▼ ため~ (4, 0.0%)

2 ものです 1 がいに, 金の

▼ ためたいへん~ (4, 0.0%)

1 つまらぬひとり, な冒険, 便利であった, 骨が

▼ ためたとえ~ (4, 0.0%)

1 その決心, それが, 一摘みの, 肉親の

▼ ためとかいう~ (4, 0.0%)

1 ことは, ところで, 名の, 議論に

▼ ためなかなか~ (4, 0.0%)

1 このオヤク, 出世できない, 忙しい思い, 調子が

▼ ためなるべく~ (4, 0.0%)

1 強度の, 敵地に, 炬燵や, 風あたりの

▼ ためなんて~ (4, 0.0%)

1 いやしませんよ, しらじらしいありき, 考えたこと, 考える暇

▼ ためにかの~ (4, 0.0%)

1 国が, 地に, 女は, 幽閉を

▼ ためにさえも~ (4, 0.0%)

1 あるもの, なお自身, 他に対して, 妻たり

▼ ためについて~ (4, 0.0%)

2 ゐるん 1 ゐるの, 来たの

▼ ためにといふ~ (4, 0.0%)

2 やうな 1 ことは, 名目の

▼ ためにもと~ (4, 0.0%)

1 いうので, 僕は, 思ったもん, 思っては

▼ ためによる~ (4, 0.0%)

2 ものである 1 もので, ものと

▼ ためばかりじゃ~ (4, 0.0%)

1 ないその, ないと, ない少し, なかった

▼ ためばかりとは~ (4, 0.0%)

1 受取れなかったの, 思えない, 思えぬ, 思わなかった

▼ ためひいては~ (4, 0.0%)

1 この国, 国の, 国家の, 粗末な

▼ ためふたり~ (4, 0.0%)

1 が快活, の眼, はまちがい, をおい

▼ ためもはや~ (4, 0.0%)

1 この上, だれが, 真偽立証の, 空間に

▼ ためやがて~ (4, 0.0%)

2 好きな 1 一年あまりも, 日を

▼ ためやや~ (4, 0.0%)

1 おくれて, ヨブの, 変化に, 観念的に

▼ ためよりは~ (4, 0.0%)

2 樺の木の 1 贅沢の, 避難の

▼ ためわれわれ~ (4, 0.0%)

1 がここ, のクラス, の良心, は旅行

▼ ためパリ~ (4, 0.0%)

1 に渡られた, に行け, の市会議事堂, へも急い

▼ ためロンドン~ (4, 0.0%)

1 に出発, に帰つたの, に滞在中, へ出

▼ ため一種~ (4, 0.0%)

1 の, の人道, の気分転換, の野趣

▼ ため一部~ (4, 0.0%)

1 ではあれ, のアカデミー, の将, をボルトリ

▼ ため三人~ (4, 0.0%)

1 の娘, の小頭, の巡査, は安心

▼ ため下女~ (4, 0.0%)

4 のお

▼ ため世人~ (4, 0.0%)

1 が自分, の心痛, は死因, は軽く

▼ ため中国~ (4, 0.0%)

2 に出張 1 から来た, の陣

▼ ため主人~ (4, 0.0%)

2 のため 1 に尾, の知行所

▼ ため人々~ (4, 0.0%)

2 は多く彼 1 の喜捨, はともすれば

▼ ため人道~ (4, 0.0%)

4 のため

▼ ため以外~ (4, 0.0%)

1 には人, には千種十次郎, には活用, の何

▼ ため余計~ (4, 0.0%)

1 そういう心もち, に私, 眠れず長い, 綺麗に

▼ ため使い~ (4, 0.0%)

1 に出し, の往復十数日, を待とう, を立て

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 きの, に中央気象台, に小学児童, に獲し

▼ ため全体~ (4, 0.0%)

1 としての点数, として調子, に力強い, の噺

▼ ため別に~ (4, 0.0%)

1 不敬罪として, 写しが, 努力も, 歯を

▼ ため到底~ (4, 0.0%)

1 だめと, 一朝一夕には, 貧困な, 高級生活者の

▼ ため医者~ (4, 0.0%)

1 から外出, から看護人, の方, は来た

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 て多, て本当, て雲仙連峰, て頭痛

▼ ため又は~ (4, 0.0%)

1 お上の, 小生の, 心配多き, 病虫害で

▼ ため反っ~ (4, 0.0%)

1 て博士, て手間どり, て民衆, て長い

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 がきけない, も身体, をきく, を耳

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 の一度, 圓翁は, 忠言を, 睨み返したまま男

▼ ため呼んだ~ (4, 0.0%)

1 ことが, のだ, わけだ, 斎藤豊吉

▼ ため土地~ (4, 0.0%)

1 のひと, の有志, の蕃人たち, を荒し

▼ ため地球~ (4, 0.0%)

1 がぶち壊され, の表面, の距離, へ帰る

▼ ため~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 といへ, のさかり

▼ ため大変~ (4, 0.0%)

2 に喜ん 1 よろしい, 助かったの

▼ ため大学~ (4, 0.0%)

1 のグラウンド, へ送った, へ運び去られた, も本式

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 から遣わされた, につづける, より下界, より定められた

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 な腰つき, になってる, に悄気, に遠慮

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 と一所, と争い, は二十一, より十二

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 のため, の坐る, の手, は大声

▼ ため子供たち~ (4, 0.0%)

1 のこと, は助力, をつつがなく, を連れ

▼ ため将来~ (4, 0.0%)

1 のおのれ, の出世, の貞潔, を思うなら

▼ ため小さい~ (4, 0.0%)

1 のは, 人々の, 時から, 特殊型空中線と

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 にこの, に出来る, の一節, の頬

▼ ため幾度~ (4, 0.0%)

2 となく 1 か官渡, が撃ち損じた

▼ ため引返し~ (4, 0.0%)

1 てまた, て薬研堀, て駅員, 地図に

▼ ため当時~ (4, 0.0%)

2 の人 1 の学者, 使って

▼ ため思わず~ (4, 0.0%)

1 みんな一個所に, 今日まで, 勝田さんに, 取り逃したが

▼ ため我が~ (4, 0.0%)

1 君この, 教団は, 民族の, 軍の

▼ ため拙者~ (4, 0.0%)

1 におおせつけねがい, は一度, もこの, を使者

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 い作家, 京へ, 修の, 患者の

▼ ため時間~ (4, 0.0%)

1 がおびただしく, が来る, が経ち, を訊いた

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 をとりました, をもらう, をやっ, を出したい

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 の中, 峠を, 打ちを, 緑の

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 にしたら, の名, 会議は, 巻に

▼ ため本国~ (4, 0.0%)

2 へ送られた 1 からは最近, にもちかえり

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 たりしなり, ていた, 村いたした, 道した

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 の三樹交契, の船, の顔, を書きつけ

▼ ため殆ど~ (4, 0.0%)

1 一般の, 夜さえ, 無一物と, 狂気に

▼ ため殊更~ (4, 0.0%)

1 お顎, に戸板, 堅くつめたく寒々, 多数の

▼ ため注意~ (4, 0.0%)

1 がとどいた, して, をし, をした

▼ ため準備~ (4, 0.0%)

1 があれ, するに, の御, はいくらか

▼ ため無理~ (4, 0.0%)

1 からなお, からぬ, な出廷, に発音

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 枝を, 眼を, 輪の, 頬を

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 が書けない, にならず, は濫造, を見る

▼ ため特別~ (4, 0.0%)

1 に多かっ, に美しく, に習慣, の一車

▼ ため玄蕃~ (4, 0.0%)

1 から原田, の切ッ先, は散々逃口上, は疑獄

▼ ため生れ~ (4, 0.0%)

2 て三十何年間 1 ながらの身, 来し如く

▼ ため生活~ (4, 0.0%)

1 が非常, のため, の物質的条件, の道

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 あげて, 上げて, 上げます, 上げ置きます

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 が実社会, のため, は夕方, を惑

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 にうろつい, は焼, へ行く, を出

▼ ため病院~ (4, 0.0%)

1 に対する同情, に自, へ行かれ, を訪れる

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 で心配, のもの, は大騒ぎ, 多少の

▼ ため相当~ (4, 0.0%)

1 に客足, のスピード, の働き, の威力

▼ ため相手~ (4, 0.0%)

1 かまわぬ博奕渡世, がそう, には届かぬ, をわざわざ

▼ ため研究~ (4, 0.0%)

2 のため 1 に来る, をし

▼ ため私たち~ (4, 0.0%)

1 の宿, の筋肉, はだんだん, は風師山

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 から庭, から石炭, とすれすれ, にはほとんど

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 が置い, に投入, の中, は匂い

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 一間も, 千五百メートルから, 四十万の, 壱億五千万円の

▼ ため紫色~ (4, 0.0%)

1 にかわりました, になった, になつ, にふくれ

▼ ため絶えず~ (4, 0.0%)

1 それを, 下痢に, 前に, 危険の

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 が変, のぐあいが, の不安, の筋肉

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 から下, が切な, のた, まで水

▼ ため自身~ (4, 0.0%)

1 が代っ, しめし合わせ, の文学的蓄積, を泥

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 がまだ, の食堂, はぐる, は数日馬公

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 が飾っ, の咲く, の色, の装い

▼ ため若い~ (4, 0.0%)

1 うちに, ご正室, 人の, 心は

▼ ため若干~ (4, 0.0%)

1 のさばき, の城, の小, の金

▼ ため著しく~ (4, 0.0%)

1 その芸術的価値, 改造せらるる, 減ぜり, 窮屈を

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 だけでも拝聴, にいくら, は半分位ほか, もしなかった

▼ ため身体~ (4, 0.0%)

1 が少し, につけ, の自由, をふき

▼ ため~ (4, 0.0%)

1 に向, の指揮, の機密, を三分

▼ ため道誉~ (4, 0.0%)

1 が近江, に帰れ, の手, へお

▼ ため部屋~ (4, 0.0%)

1 の四隅, の窓, を出た, 住みだった彼

▼ ため間違った~ (4, 0.0%)

2 道へ 1 意見が, 方向に

▼ ため食事~ (4, 0.0%)

2 が遅れ 1 はおかゆ, を給与

▼ ため馬車~ (4, 0.0%)

1 と馬車, の下, の二重, はぐっと

▼ ためあちこち~ (3, 0.0%)

1 とゆれる, と出歩く, に倒れ

▼ ためあまりに~ (3, 0.0%)

1 も豊か, 多くを, 知らず顔に

▼ ためあわれ~ (3, 0.0%)

1 この潔癖, 物乞いにも, 翌朝まで

▼ ためあんな~ (3, 0.0%)

1 ことに, 奴こそ, 風に

▼ ためいくら~ (3, 0.0%)

1 か氣, か用心, もいい

▼ ためいっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てみ, ぽんの

▼ ためおのずから~ (3, 0.0%)

1 お留守居番, 思慮が, 言葉使いに

▼ ためお迎え~ (3, 0.0%)

1 に参じました, に行こう, の礼

▼ ためかしら~ (3, 0.0%)

1 ないが, またあんな, 滝人の

▼ ためかね~ (3, 0.0%)

1 ては自分, て病臥, て行き

▼ ためからも~ (3, 0.0%)

1 こうした怪しげ, それが, 新政府

▼ ためきっと~ (3, 0.0%)

1 あらゆる方向, 中学を, 遲れず

▼ ためことごとく~ (3, 0.0%)

1 引返して, 斬刑, 死に絶えて

▼ ためことさら~ (3, 0.0%)

1 に他人, に悠長, めきて

▼ ためさき~ (3, 0.0%)

1 には気がつかず, の家老相馬志津, の言葉

▼ ためさしも~ (3, 0.0%)

1 の典厩隊, の斎藤利三どの, 常胤殿にも

▼ ためさせ~ (3, 0.0%)

1 これを, そちが, てぽっかり

▼ ためさっき~ (3, 0.0%)

1 から持ち出し, の妃, の看板

▼ ためしなく~ (3, 0.0%)

1 かかる任, 平民の, 愛しも

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 やない, やなく, や無い

▼ ためじつに~ (3, 0.0%)

1 ぶざま, 嬉しく自分, 懐しくこの

▼ ためじゃと~ (3, 0.0%)

1 あるまずは, いって, 申して

▼ ためぜひ~ (3, 0.0%)

1 ゆるして, 書庫に, 枉げても

▼ ためそこで~ (3, 0.0%)

1 じっとし, 娘に, 訣別する

▼ ためそのまま~ (3, 0.0%)

1 に破れ, 之を, 録す

▼ ためその他~ (3, 0.0%)

1 あらゆる文明開化, とにかくいちど, の思考

▼ ためその後~ (3, 0.0%)

1 ではきっと, は, を為世

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 おー, かし, 悪しく思う

▼ ためぞと~ (3, 0.0%)

1 しかるべきこと, それも, 思い

▼ ためただちに~ (3, 0.0%)

1 その我が罰せられる, イギリスに, 倒るる

▼ ためたる~ (3, 0.0%)

1 にいれられる, はそもじ, 時は

▼ ためだったら~ (3, 0.0%)

1 どうでしょう, どんなこと, 私なんか

▼ ためだの~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, 久しく両親, 忠義だ

▼ ためって~ (3, 0.0%)

1 ことであっ, そうしなかったら, 貴方の

▼ ためであるらしい~ (3, 0.0%)

1 ことが, 幻聴に, 幻聽に

▼ ためでしか~ (3, 0.0%)

2 ありません 1 ないよう

▼ ためでなかった~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 のは

▼ ためときどき~ (3, 0.0%)

1 それについて, 互の, 大仕掛け

▼ ためとでも~ (3, 0.0%)

1 いうよう, して, 思いちがいした

▼ ためとのみは~ (3, 0.0%)

1 いえない痙攣, いわれまい, 云へ

▼ ためとばかりは~ (3, 0.0%)

1 考えない, 言えず枕籍, 言つてゐなかつた

▼ ためとんだ~ (3, 0.0%)

1 不和を, 御迷惑, 粗相を

▼ ためどういう~ (3, 0.0%)

2 手順が 1 意味を

▼ ためどうしても~ (3, 0.0%)

1 口を, 松虫草と, 熱弁が

▼ ためながらも~ (3, 0.0%)

1 例の, 声の, 微笑まされたり

▼ ためなど~ (3, 0.0%)

1 でなく真底, 念頭にも, 私の

▼ ためなりき~ (3, 0.0%)

1 との流言當時行, またわ, また戀

▼ ためなりとも~ (3, 0.0%)

1 いひ不平, いふ, その罪人

▼ ためにく~ (3, 0.0%)

1 だれるに, づれかゝつた桃色の, ふうされた

▼ ためにって~ (3, 0.0%)

1 こたあ, ことは, 持って

▼ ためにとって~ (3, 0.0%)

1 代られること, 置いたこと, 置かれたらいい

▼ ためにな~ (3, 0.0%)

1 つてを, なぜと, 殿

▼ ためにね~ (3, 0.0%)

1 ぢけて, どれだけの, 保險の

▼ ためによりも~ (3, 0.0%)

1 いっそう小さい, クリストフを, 一層小さい

▼ ためのみには~ (3, 0.0%)

1 あらざるべし, あらず辱, 君ことわり給ひつれ

▼ ためはるばる~ (3, 0.0%)

1 この大阪, 地球へ, 米国へ

▼ ためひどい~ (3, 0.0%)

1 めに, 汗が, 神経衰弱に

▼ ためみんな~ (3, 0.0%)

1 が笑いだした, の手銭, 人間らしさ

▼ ためもの~ (3, 0.0%)

1 かきおきなどに, がいえなかった, を云え

▼ ためやら~ (3, 0.0%)

1 わからないで, わたくしの, 判らない溜息

▼ ためゆっくり~ (3, 0.0%)

1 と鍵, 熱い湯, 考えてから

▼ ためよろしく~ (3, 0.0%)

1 この混乱, ござらぬと, ない

▼ ためわたしたち~ (3, 0.0%)

1 の生活気分, はぜひ, ははたと

▼ ためわれら~ (3, 0.0%)

1 の如き, の父, は死

▼ ためをも~ (3, 0.0%)

1 思う利他心, 考えて, 説いて

▼ ためドイツ~ (3, 0.0%)

1 から持ち帰った, のさる, を逃げ出し

▼ ためピストル~ (3, 0.0%)

1 で撃たれる, をポケット, をポケツト

▼ ためフランス~ (3, 0.0%)

1 にてもイタリア, に遊学, より追われたる

▼ ため一たん~ (3, 0.0%)

1 この地, は強襲, は承諾

▼ ため一体~ (3, 0.0%)

1 どのくらい, になっ, に暗く

▼ ため一切~ (3, 0.0%)

1 の手当, の指導, 知ること

▼ ため一同~ (3, 0.0%)

1 に興味, は麓, 立会いの

▼ ため一命~ (3, 0.0%)

1 を投げすて, を拾った, を拾つた

▼ ため一年~ (3, 0.0%)

1 ぐらいは陸, に二十人, の間内職

▼ ため一日~ (3, 0.0%)

2 も早く 1 に一度

▼ ため一般~ (3, 0.0%)

1 に健康, の定説, の読者

▼ ため一週間~ (3, 0.0%)

1 の製造高, ばかり家, 遅れて

▼ ため丁度~ (3, 0.0%)

2 その時 1 探検航海から

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 にはまた, にはわが, べん

▼ ため上洛~ (3, 0.0%)

1 すること, するの, を許され

▼ ため上陸~ (3, 0.0%)

1 しました, する, を見合わせ

▼ ため不幸~ (3, 0.0%)

1 な生理事情, にし, に断たれた

▼ ため世の中~ (3, 0.0%)

1 に一つ, のため, を渡る

▼ ため両手~ (3, 0.0%)

1 をうしろ, を拡げ, を縛

▼ ため主君~ (3, 0.0%)

1 と中務父子, のお, の信長

▼ ため九州~ (3, 0.0%)

2 を立つ 1 に下り

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 の顛末, は彼女, を仕損じ

▼ ため二度~ (3, 0.0%)

1 と留学, も兇刃, も嫁

▼ ため人口~ (3, 0.0%)

1 が十層倍, に対する予防的妨げ, を充分

▼ ため仙台~ (3, 0.0%)

2 の刑務所 1 で版行

▼ ため以前~ (3, 0.0%)

1 とはがらり, の如く, よりは少し

▼ ため伸子~ (3, 0.0%)

1 の心, はどうしても, は窮屈

▼ ため使用~ (3, 0.0%)

1 したか, しなかった大道具, できない

▼ ため使者~ (3, 0.0%)

1 には理由, を大坂, を遣わし

▼ ため停車場~ (3, 0.0%)

1 で群集, の待合室, を出る

▼ ため健康~ (3, 0.0%)

1 な手足, な肉体, を害し

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 の上方, や痛み, をうける

▼ ため充分~ (3, 0.0%)

1 に利かず, に勉強, の用意

▼ ため全力~ (3, 0.0%)

1 を尽くさん, を尽す如き, を挙げ

▼ ため兵役~ (3, 0.0%)

2 をまぬかれた 1 についての境界線

▼ ため其の~ (3, 0.0%)

1 反對, 女の, 年正月九日長逝す

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 が左, に銀紙, はその

▼ ため初め~ (3, 0.0%)

1 からのこと, から比較的, から終り

▼ ため初めて~ (3, 0.0%)

1 人の, 計画せられた, 赴任

▼ ため前後~ (3, 0.0%)

2 の思慮 1 をまもられ

▼ ため努力~ (3, 0.0%)

1 したよう, して, せねば

▼ ため勢い~ (3, 0.0%)

1 あのまま暁, 牛乳も, 科学と

▼ ため十分~ (3, 0.0%)

1 なるゆえ, にこれ, 纏める暇

▼ ため半分~ (3, 0.0%)

1 くらいもこぼれ, ずつもしくは, の人間性

▼ ため危うい~ (3, 0.0%)

2 命を 1 ところを

▼ ため危うく~ (3, 0.0%)

1 おゆみ, わたしが, 謀殺されよう

▼ ため及び~ (3, 0.0%)

1 その結果, チベット政府の, 物資の

▼ ため叔母~ (3, 0.0%)

2 の宣告 1 の着物

▼ ため各地~ (3, 0.0%)

1 に扶植, の軍病院, を訪問

▼ ため同地~ (3, 0.0%)

1 に警察力, の兵力撤退, は仏軍

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 からし, だ, を記さず

▼ ため呼吸~ (3, 0.0%)

1 が停, でも乱れたら, をし

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 をゆがめよう, を屹, を顫わせ

▼ ため国民~ (3, 0.0%)

3 のため

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 の底 1 に寝た

▼ ため地方~ (3, 0.0%)

2 の経済状況取調 1 との取引先

▼ ため城内~ (3, 0.0%)

1 にぶらぶら, の混乱, へ入る

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 に蛇, に身, はぐーッ

▼ ため夜中~ (3, 0.0%)

1 にぱっと, に彷徨, のお

▼ ため大いに~ (3, 0.0%)

1 伝播すべき, 努力し, 愉快を

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 と一しょ, のため, 異國

▼ ため夫人~ (3, 0.0%)

1 の面, は五千弗, は歎息

▼ ため奔走~ (3, 0.0%)

1 した, して, し暴徒

▼ ため姿~ (3, 0.0%)

1 を変じ, を現, を現さなかった

▼ ため婦人~ (3, 0.0%)

1 のため, の民主的, は最悪

▼ ため学問~ (3, 0.0%)

2 のため 1 の自由

▼ ため安芸~ (3, 0.0%)

2 の国山県郡八幡村 1 から聞いた

▼ ため実は~ (3, 0.0%)

1 いまも, 御不興, 雨でも

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 にもどこ, は九時ごろ, を建て

▼ ため家族~ (3, 0.0%)

1 のため, は心配中, も苦しめ

▼ ため将軍家~ (3, 0.0%)

1 が御, の命, の眩まされた

▼ ため少しく~ (3, 0.0%)

1 その使用法, 技を, 神経衰弱の

▼ ため少年~ (3, 0.0%)

1 のよう, の如く, の頭脳

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 がヌメヌメ, につまずい, の後

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 に繋いだ 1 から五十間あまり

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 の水 1 の中

▼ ため左右~ (3, 0.0%)

1 の像, の谷, を向い

▼ ため巨額~ (3, 0.0%)

2 の資本 1 な借金

▼ ため平次~ (3, 0.0%)

1 はお, は元, は妾

▼ ため幸福~ (3, 0.0%)

1 が増す, な睡眠, のため

▼ ため幾らか~ (3, 0.0%)

1 の学科試験, 前こごみ, 青くなっ

▼ ため幾分~ (3, 0.0%)

1 か降るべき, の安心, 感傷的な

▼ ため強い~ (3, 0.0%)

1 ことを, 降りに, 風が

▼ ため当分~ (3, 0.0%)

1 その整理, の間, 見合せるかも

▼ ため当然~ (3, 0.0%)

1 なこと, の規式, 爲さね

▼ ため従来~ (3, 0.0%)

1 の薄利主義, ほとんど英国, 小資本出版屋

▼ ため心ならずも~ (3, 0.0%)

1 一時菊池の, 妙な, 標準の

▼ ため心配~ (3, 0.0%)

3 して

▼ ため忠実~ (3, 0.0%)

1 に岐脈, に職務, に運転

▼ ため急遽~ (3, 0.0%)

1 ドイツ帝国穀物貯蓄倉庫を, ロアンダに, 大仏殿の

▼ ため怪我人~ (3, 0.0%)

1 が出, や死んだ, を出し

▼ ため悪い~ (3, 0.0%)

1 男に, 者を, 胃を

▼ ため惜しい~ (3, 0.0%)

1 かな賊, のである, 思いでした

▼ ため意外~ (3, 0.0%)

1 にも陣十郎, にトントン, に能率

▼ ため我々~ (3, 0.0%)

1 がギセイ, ごとき物数奇, はまずあらかじめ

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 の後, の軍功帳, はしない

▼ ため手探り~ (3, 0.0%)

2 で辿り着い 1 で障子

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 からのけ 1 からの炎暑

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 なく越度, なり比丘, の勇気

▼ ため敗れ~ (3, 0.0%)

1 たりといえ, て漢中, 夏斗寅軍は

▼ ため教会~ (3, 0.0%)

1 の合唱隊, の資金, へ行かない

▼ ため新た~ (3, 0.0%)

1 に国民党系, に考案, に麻布白金台

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 に上った, の二十日余り, へ出る

▼ ため既に~ (3, 0.0%)

1 この世を, 一帝二皇子を, 罪に

▼ ため早くから~ (3, 0.0%)

1 商家の, 山にも, 此処に

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 かるいライト, と屈辱外交, の景徳鎮

▼ ため是非~ (3, 0.0%)

1 なくフラシテン, 乗らなければ, 欲しいという

▼ ため昼間~ (3, 0.0%)

1 は机, は籾, もアドルム

▼ ため最初~ (3, 0.0%)

1 に死骸, の村, 堂々たる方法

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 の上 1 は一面

▼ ため材料~ (3, 0.0%)

1 が不徹底, の整理, を多く

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 では大, の患者達, を去った

▼ ため来た~ (3, 0.0%)

1 と語り, のである, のです

▼ ため校長~ (3, 0.0%)

1 から諸君, に直接談判, は教授用

▼ ため格子~ (3, 0.0%)

2 へブラ 1 を搖

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 にある, に捻った, のつながり

▼ ため横浜~ (3, 0.0%)

1 に停船, に着いた, へ行った

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 の工合, の欄干, の袂

▼ ため次第に~ (3, 0.0%)

1 位置も, 胸の, 見通しが

▼ ため欧洲~ (3, 0.0%)

1 において幽, へ出張, へ遊び

▼ ため止むなく~ (3, 0.0%)

2 自動車に 1 フィリッピンに

▼ ため武士~ (3, 0.0%)

1 のたしなみ, の省, はいよ

▼ ため死ぬ~ (3, 0.0%)

1 ためだけに, のも, ばかりだ

▼ ため残る~ (3, 0.0%)

2 二つは 1 きっかけを

▼ ため段々~ (3, 0.0%)

1 とお, と彼, 腕の

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 に弟子入り, は今, を導き

▼ ため決して~ (3, 0.0%)

1 他国人の, 好き事には, 良計とは

▼ ため深い~ (3, 0.0%)

1 呼吸を, 山の, 慰めを

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 二年間独国及び, 洲が, 潮時を

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 のよう, は樹, は湖

▼ ため熟睡~ (3, 0.0%)

1 が出来ず, すること, を得られる

▼ ため犠牲~ (3, 0.0%)

1 があれ, になっ, に供する

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 が困っ, の竹, の竹包

▼ ため現場~ (3, 0.0%)

1 に駆けつけました, までいっ, を離れ

▼ ため用意~ (3, 0.0%)

1 いたしたる肴物ご覧, されて, した出刄庖丁

▼ ため町内~ (3, 0.0%)

1 の本道, の湯屋, の職人

▼ ため異国~ (3, 0.0%)

2 より咥 1 の火輪船

▼ ため病気~ (3, 0.0%)

1 だなんて, にさえもなる, を押した

▼ ため痛く~ (3, 0.0%)

1 ないよう, 心を, 悩まされた

▼ ため皇帝~ (3, 0.0%)

1 が鶴子, のひそみ, は南京

▼ ため直ちに~ (3, 0.0%)

1 このクリムスビー, ジョルジュクレマンソオ街なる, 味に

▼ ため真に~ (3, 0.0%)

1 必死の, 美しいもの, 露国人に

▼ ため眼病~ (3, 0.0%)

1 になり, も大きに, を起す

▼ ため矢代~ (3, 0.0%)

1 がその, の見忘れた, もつい

▼ ため祖先~ (3, 0.0%)

2 のため 1 の土地

▼ ため神経過敏~ (3, 0.0%)

1 でその, になっ, になつ

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 ひの, ひを, をこうむられた

▼ ため秀吉~ (3, 0.0%)

2 への迎合 1 から厚遇

▼ ため種々~ (3, 0.0%)

1 なる欠点, の訓, の誤解

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 の星, はいつも, も山

▼ ため突然~ (3, 0.0%)

1 その口, 恩給が, 死去した

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 上った, 上ろうと, 附けが

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 が無くなり, の磨ぎ, や芋

▼ ため紅葉~ (3, 0.0%)

1 の努力, はや, はやや

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 が遠い, に穴, のない

▼ ため義理~ (3, 0.0%)

1 が欠きとうない, に縛られ, の悪い

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 る朝お茶, 一五六七年には, 十三日付を以て

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 グイードは, 腹を, 衲自らその

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 のつけもと, もきこえなくなり, をもつ

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 から下, をか, をかがめ

▼ ため自ら~ (3, 0.0%)

1 抑うる, 登る能, 赴いて

▼ ため自分たち~ (3, 0.0%)

1 の人民生活, の関係, はそれ

▼ ため自動車~ (3, 0.0%)

1 にのっ, のうえ, をもう

▼ ため自由~ (3, 0.0%)

1 に旅行, のきかない, をうしなっ

▼ ため舞台~ (3, 0.0%)

1 が不安, はのべつ, へかかる

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 と舟, に乗っ, は船首

▼ ため良い~ (3, 0.0%)

1 句も, 品を, 馬も

▼ ため良人~ (3, 0.0%)

1 のため, の一族, の元成どの

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 は褐色, を売る, を變ずる

▼ ため色々~ (3, 0.0%)

1 と試みる, の方策, をかしき

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 が流れ 1 をながす

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 の三軒長屋, の武蔵野電車, の流し元

▼ ため西~ (3, 0.0%)

1 から十曲峠, は九州, ゆく者

▼ ため言葉~ (3, 0.0%)

1 は出せなかった, を口走る, を途

▼ ため設け~ (3, 0.0%)

1 しむ, てある, ておいた

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 でもなかつた, りでは, りに

▼ ため警察~ (3, 0.0%)

1 がひそか, の手, の豚箱

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 に遭う, へ下りる, を二つ

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 は書斎, は書齋, を刺し殺し

▼ ため足音~ (3, 0.0%)

2 を忍ばせ 1 を盗み

▼ ため踊り~ (3, 0.0%)

2 を習っ 1 を踊つて

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 のついた, の下, はしばらく

▼ ため途中~ (3, 0.0%)

1 でだいぶ, で倒れた, で猫車

▼ ため連れ~ (3, 0.0%)

1 て来た, て行く, はわれわれ

▼ ため道ばた~ (3, 0.0%)

2 の農家 1 に落ちた

▼ ため遠く~ (3, 0.0%)

1 からで, 離れて, 黒潮に

▼ ため長い~ (3, 0.0%)

1 橋が, 箸を, 間に

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 から出ました, のうち, へ立った

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 にお, の家, へ聲

▼ ため面白き~ (3, 0.0%)

2 者に 1 ものに

▼ ため頗る~ (3, 0.0%)

1 まづい, 不便を, 遺憾と

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 から血, に入れ, をひやし

▼ ため食物~ (3, 0.0%)

1 で悪けれ, をはこぶ, を盗み

▼ ため食糧~ (3, 0.0%)

1 が欠乏, の大, はそこ

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 に使われ, を一箸, 焚きと

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 のうち, の大, の景情頓

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 の骨 1 を露わに

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 が走らなかった, よりはおくれ, を社後

▼ ため~ (3, 0.0%)

1 もなんにも, も帰らぬ, を折っ

▼ ため高野山~ (3, 0.0%)

2 に使いし 1 に赴く

▼ ため~ (3, 0.0%)

2 の口評定所 1 の口

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 あした華やかしい, たくし

▼ ためあきらか~ (2, 0.0%)

1 にし, に老い

▼ ためあくまで~ (2, 0.0%)

1 いいはる勇気, その死せん

▼ ためあっちこっち~ (2, 0.0%)

1 に借金, 歩いて

▼ ためあやうく~ (2, 0.0%)

1 も曹休, やっつけられそう

▼ ためいい~ (2, 0.0%)

1 と思われます, 豆腐が

▼ ためいかにも~ (2, 0.0%)

1 気が, 苦しげ

▼ ためいきつい~ (2, 0.0%)

1 て, ては

▼ ためいったん~ (2, 0.0%)

1 大宛, 御殿を

▼ ためいつの間にか~ (2, 0.0%)

1 トマト姫と, 惰性で

▼ ためいと~ (2, 0.0%)

1 大なる, 深き聖旨

▼ ためいろんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 頭の

▼ ためいわば~ (2, 0.0%)

1 世俗の, 材料として

▼ ためうしろ~ (2, 0.0%)

1 にいた, にしばられ

▼ ためうっかり~ (2, 0.0%)

2 見ると

▼ ためおし~ (2, 0.0%)

1 ためて, のには

▼ ためおそろしく~ (2, 0.0%)

1 不利に, 大きなボンヤリ

▼ ためおなじ~ (2, 0.0%)

1 家光将軍を, 身なりを

▼ ためおよび~ (2, 0.0%)

1 国家の, 思索と

▼ ためお互い~ (2, 0.0%)

1 が共食い競争, に監視

▼ ためお茶~ (2, 0.0%)

1 さえのみません, の接待

▼ ためかつて~ (2, 0.0%)

1 は栗原山, 清風山に

▼ ためかで~ (2, 0.0%)

1 手続きは, 頭が

▼ ためかなり人~ (2, 0.0%)

2 に知られ

▼ ためかねて~ (2, 0.0%)

1 丹羽長秀に, 千葉へ

▼ ためかへ~ (2, 0.0%)

1 つて一層, つて凄ん

▼ ためきみの~ (2, 0.0%)

2 も十二

▼ ためきわめて~ (2, 0.0%)

1 つまらぬものごと, 遅くまで

▼ ためきん夫人~ (2, 0.0%)

2 はとかく

▼ ためくら~ (2, 0.0%)

1 とあの, の手甲脚絆

▼ ためくら縞~ (2, 0.0%)

2 の半纏

▼ ためこうした~ (2, 0.0%)

1 坑道を, 時間の

▼ ためこちら~ (2, 0.0%)

1 で他, にいた

▼ ためこのごろ~ (2, 0.0%)

1 になっ, は小説

▼ ためこれから~ (2, 0.0%)

1 上海へ, 生きるか

▼ ためごかい~ (2, 0.0%)

2 というそう

▼ ためごく~ (2, 0.0%)

1 少額に, 簡単で

▼ ためさすが~ (2, 0.0%)

1 の九郎右衛門, の彼女

▼ ためしかと~ (2, 0.0%)

1 わからず今, 血判いたした

▼ ためしたがって~ (2, 0.0%)

1 大作と, 挿入した

▼ ためじゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないかね

▼ ためじゃろう~ (2, 0.0%)

1 か医学士, で

▼ ためすばらしい~ (2, 0.0%)

1 意義を, 設備が

▼ ためずっと~ (2, 0.0%)

1 家に, 昔に

▼ ためそうした~ (2, 0.0%)

1 場合には, 祝いも

▼ ためそうして~ (2, 0.0%)

1 其眼を, 火星兵団の

▼ ためそしてまた~ (2, 0.0%)

1 スパイの, 義貞輩の

▼ ためそち~ (2, 0.0%)

1 が逆しま, の家

▼ ためそちら~ (2, 0.0%)

1 の意見, へ出向く

▼ ためその間~ (2, 0.0%)

1 には木屑, の谷

▼ ためそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の支度, の時間

▼ ためそれで~ (2, 0.0%)

1 その崩壊, 司法官を

▼ ためそれなり~ (2, 0.0%)

1 になっ, の寿司屋

▼ ためたくさん~ (2, 0.0%)

1 の海, 売れなかった

▼ ためため~ (2, 0.0%)

1 あるよ, 大きい声

▼ ためだいぶ~ (2, 0.0%)

1 困ったらしく大西, 苦しがっ

▼ ためだけで~ (2, 0.0%)

1 一家が, 大体間に合っ

▼ ためだけにでも~ (2, 0.0%)

1 五百や, 相当完備

▼ ためだつたら~ (2, 0.0%)

1 地獄の, 自分の

▼ ためだつたらう~ (2, 0.0%)

1 か, か女

▼ ためちょうど~ (2, 0.0%)

1 官符を, 顔半分が

▼ ためちょっとした~ (2, 0.0%)

1 丘ほどの, 刃物を

▼ ためつまり~ (2, 0.0%)

1 は国家, 一馬先生を

▼ ためても~ (2, 0.0%)

1 かくつもり, 自然マーケット街の

▼ ためであったら~ (2, 0.0%)

1 ああその, 何んで

▼ ためであるなら~ (2, 0.0%)

1 ば実に, 仕方が

▼ ためであれ~ (2, 0.0%)

1 ばウーン, ば勿論

▼ ためでさえ~ (2, 0.0%)

2 あれば

▼ ためでしたら~ (2, 0.0%)

1 祝いは, 身寄りが

▼ ためでないなら~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば学術

▼ ためでなかつたら~ (2, 0.0%)

2 誰に

▼ ためでなかろう~ (2, 0.0%)

1 と俺, と娘

▼ ためでなくっ~ (2, 0.0%)

1 てかえって, て何

▼ ためというのみ~ (2, 0.0%)

1 でとんと, で是

▼ ためといふばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく父母, では

▼ ためとかで~ (2, 0.0%)

1 娼婦の, 物事を

▼ ためとかに~ (2, 0.0%)

1 人に, 何か

▼ ためとき~ (2, 0.0%)

1 でもする, とする

▼ ためとしては~ (2, 0.0%)

1 奴隷を, 盗賊を

▼ ためとても~ (2, 0.0%)

1 この世では, 大事に

▼ ためとにかく~ (2, 0.0%)

2 一度診

▼ ためとの~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 二つが

▼ ためとらわれ~ (2, 0.0%)

2 となり申し

▼ ためとんでも~ (2, 0.0%)

2 ない方向

▼ ためなどで~ (2, 0.0%)

1 このよう, 左右の

▼ ためなに~ (2, 0.0%)

1 もかも, もしない

▼ ためなにか~ (2, 0.0%)

1 それが, ひとつ教養として

▼ ためなま~ (2, 0.0%)

1 の手, 返辞を

▼ ためならざる~ (2, 0.0%)

1 か語, はなしと

▼ ためならずし~ (2, 0.0%)

1 て大, て恐らくは

▼ ためなんか~ (2, 0.0%)

2 では

▼ ためなんかじゃ~ (2, 0.0%)

2 ないん

▼ ためなんぞは~ (2, 0.0%)

1 存外頭, 思ったより

▼ ためなんとなく~ (2, 0.0%)

1 他所行きな, 陣中士気も

▼ ためなんど~ (2, 0.0%)

1 思って, 思っても

▼ ためにおいて~ (2, 0.0%)

2 あるの

▼ ためにが~ (2, 0.0%)

1 つかりして, アが

▼ ためにけ~ (2, 0.0%)

1 づられ, 殺されるかと

▼ ためにすら~ (2, 0.0%)

1 反効果, 反效果

▼ ためにぞ~ (2, 0.0%)

1 ならば, 年も

▼ ためにつけ~ (2, 0.0%)

1 加へて, 易える

▼ ためにとか~ (2, 0.0%)

1 なんとかそんな, 標本を

▼ ためになど~ (2, 0.0%)

1 その原因, ならなく

▼ ためになどと~ (2, 0.0%)

1 古風な, 白状で

▼ ためになんぞ~ (2, 0.0%)

1 苦しむまいとは, 骨の

▼ ためにはも~ (2, 0.0%)

2 早や

▼ ためにばっかり~ (2, 0.0%)

1 使うもん, 生きて

▼ ためにまで~ (2, 0.0%)

1 自分が, 隨時發行せられ

▼ ためによ~ (2, 0.0%)

1 かつた, つて

▼ ためにを~ (2, 0.0%)

1 ふねの, りを

▼ ためのみにも~ (2, 0.0%)

1 その頸, 数万の

▼ ためはからずも~ (2, 0.0%)

1 左膳さまの, 思いが

▼ ためはじめ~ (2, 0.0%)

1 から新しく, のころ

▼ ためはっきり~ (2, 0.0%)

1 その先途, とは聞きとれない

▼ ためはや~ (2, 0.0%)

1 か, この亡魂

▼ ためばかりにさえも~ (2, 0.0%)

1 征服せらるべき, 重じなけれ

▼ ためばかりにも~ (2, 0.0%)

1 一同の, 生き抜いて

▼ ためばっかり~ (2, 0.0%)

1 やろな, 思って

▼ ためばっかりに~ (2, 0.0%)

1 いろいろな, どんなこと

▼ ためひきつけ~ (2, 0.0%)

2 でも起こした

▼ ためひところ~ (2, 0.0%)

2 の栄子

▼ ためひとり~ (2, 0.0%)

1 の人間, 呼べば

▼ ためふたたび~ (2, 0.0%)

1 新たに, 来て

▼ ためふり~ (2, 0.0%)

1 廻す彼ら, 返った時

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 はいって, 解剖から

▼ ためぼく~ (2, 0.0%)

1 はこんな, もいつか賑座贔屓

▼ ためまげて~ (2, 0.0%)

1 お教え, 別天王様

▼ ためまさに~ (2, 0.0%)

1 帰京の, 滅種せんとして

▼ ためまして~ (2, 0.0%)

1 女の, 自分の

▼ ためますます~ (2, 0.0%)

1 縁が, 赤くなった

▼ ためまっ~ (2, 0.0%)

1 赤だった, 赤に

▼ ためまったく~ (2, 0.0%)

1 同人の, 退路を

▼ ためまもなく~ (2, 0.0%)

1 かれら, 仁木細川今川吉良などの

▼ ためむりやり~ (2, 0.0%)

2 に自動車

▼ ためもし~ (2, 0.0%)

1 さもなければ犯罪上, 必要と

▼ ためもっと~ (2, 0.0%)

1 平面的に, 貴重な

▼ ためもと~ (2, 0.0%)

1 は赤米, 民間の

▼ ためやっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て下さった

▼ ためやった~ (2, 0.0%)

1 のん, 自分は

▼ ためやっぱり~ (2, 0.0%)

1 乾いた後, 殆ん

▼ ためやむをえず~ (2, 0.0%)

1 そのままに, 挿入した

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 まず, 女ぜんたいの

▼ ためよう~ (2, 0.0%)

1 としてゐる, 見とどけて

▼ ためよほど~ (2, 0.0%)

1 の重態, 必要な

▼ ためらし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ ためらつた~ (2, 0.0%)

1 が最後, ようだつた

▼ ためらつた後~ (2, 0.0%)

1 に私, 思ひ切つて部屋

▼ ためらひながら~ (2, 0.0%)

1 はいつ, もけれど

▼ ためらふところ~ (2, 0.0%)

1 なく自分, を浴衣がけ

▼ ためられ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ ためりん~ (2, 0.0%)

1 すの, す友禅

▼ ためわが子~ (2, 0.0%)

1 を殺した, を頼朝

▼ ためわけても~ (2, 0.0%)

2 子らの

▼ ためわたくし~ (2, 0.0%)

1 はどれ, を自由結婚

▼ ためイタリア~ (2, 0.0%)

1 に出発, に転地

▼ ためズボン~ (2, 0.0%)

1 が擦り落ち, を脱

▼ ためチチコフ~ (2, 0.0%)

1 はどうして, は頻りに

▼ ためナポリ~ (2, 0.0%)

1 を出, を巡り

▼ ためニールス~ (2, 0.0%)

1 にはこの, はびしょぬれになって

▼ ためバルザック~ (2, 0.0%)

1 の批評, を当時隠退

▼ ためヒョイ~ (2, 0.0%)

2 と眼

▼ ためフィレンツェ~ (2, 0.0%)

1 の受, 破壞

▼ ためベルリン~ (2, 0.0%)

1 でドイツ語, へ来た

▼ ためポケット~ (2, 0.0%)

1 から時間表, に捻込ん

▼ ためムダ~ (2, 0.0%)

1 な労力, な学問

▼ ためヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 でもいく人, に行く

▼ ため一しお~ (2, 0.0%)

1 あざやかな, 別離の

▼ ため一ぱい~ (2, 0.0%)

1 くわされたか, 食わされたかと

▼ ため一ノ関さま~ (2, 0.0%)

1 の発言, へ御

▼ ため一向~ (2, 0.0%)

1 おかまいも, 積もらないの

▼ ため一定~ (2, 0.0%)

1 の日, の法則

▼ ため一寸~ (2, 0.0%)

1 参詣いたし, 肌へ

▼ ため一寸間~ (2, 0.0%)

2 を置いた

▼ ため一方~ (2, 0.0%)

1 にはまた, へかかれ

▼ ため一日一刻~ (2, 0.0%)

2 も早く

▼ ため一時非常~ (2, 0.0%)

2 な矛盾

▼ ため一本~ (2, 0.0%)

1 とって, 打ち返して

▼ ため一生懸命~ (2, 0.0%)

1 で感情, になっ

▼ ため一緒~ (2, 0.0%)

1 にゆく, に関西

▼ ため一言~ (2, 0.0%)

1 します, にし

▼ ため一足さき~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に帰国

▼ ため一身~ (2, 0.0%)

1 には父母, を棄て

▼ ため一面~ (2, 0.0%)

1 に貝殻, に貝殼

▼ ため一首~ (2, 0.0%)

1 のみを取っ, 活きたり

▼ ため万民~ (2, 0.0%)

1 に代っ, を煩わす

▼ ため三倍~ (2, 0.0%)

1 の, の修法

▼ ため三千二百石~ (2, 0.0%)

1 の家祿, の家禄

▼ ため三日~ (2, 0.0%)

1 おくれました, 延びた

▼ ため三日目~ (2, 0.0%)

1 に使わなけれ, は院

▼ ため三時~ (2, 0.0%)

1 から管理人, におきた

▼ ため下界~ (2, 0.0%)

1 にて紛, は日蝕

▼ ため不貞~ (2, 0.0%)

1 の女, の罪

▼ ため世上~ (2, 0.0%)

1 とかくの, への示し

▼ ため両方~ (2, 0.0%)

1 の手首, の穴

▼ ため両親~ (2, 0.0%)

1 は医師, へは内密

▼ ため中止~ (2, 0.0%)

1 さ, したこと

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 公の, 水が

▼ ため主として~ (2, 0.0%)

1 唐人川尻に, 筆談を

▼ ため久しぶり~ (2, 0.0%)

1 で髪容, の緊張

▼ ため也これ~ (2, 0.0%)

2 も雪国

▼ ため予定~ (2, 0.0%)

1 の休業, を変更

▼ ため事実~ (2, 0.0%)

1 をまげる, を曲げ

▼ ため事情~ (2, 0.0%)

1 によっては無料, の紛紜

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 も御, も男

▼ ため二三カ月~ (2, 0.0%)

2 いると

▼ ため二週間~ (2, 0.0%)

1 の休暇, ばかり病床

▼ ため二階~ (2, 0.0%)

1 の窓, へ案内

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 を目標

▼ ため五十~ (2, 0.0%)

1 に近づく, の手習い

▼ ため亡父~ (2, 0.0%)

1 が身, の故旧

▼ ため交通公社~ (2, 0.0%)

2 は既に

▼ ため京浜電車~ (2, 0.0%)

2 の停留場

▼ ため人形~ (2, 0.0%)

1 のほう, をつくる

▼ ため人民~ (2, 0.0%)

1 のため, を傷つけたくない

▼ ため人知れず~ (2, 0.0%)

1 取換, 取換えて

▼ ため人間社会~ (2, 0.0%)

1 にはいかなる, の中

▼ ため人馬~ (2, 0.0%)

1 の継立て方, を京都

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 された, れるまでは

▼ ため今にも~ (2, 0.0%)

1 ぱちんと音が, 不快極まる

▼ ため今年~ (2, 0.0%)

1 は私, も大

▼ ため今晩~ (2, 0.0%)

1 は此, ゆっくり御馳走

▼ ため今朝~ (2, 0.0%)

1 の汽車, より里

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 助は

▼ ため以後~ (2, 0.0%)

1 の世情, の調査

▼ ため以来~ (2, 0.0%)

1 すッ, はこの

▼ ため仮に~ (2, 0.0%)

1 卑しき婢女, 朝廷で

▼ ため仮面~ (2, 0.0%)

1 のよう, を着せ

▼ ため伏見~ (2, 0.0%)

1 の城, へ向かっ

▼ ため会えなかった~ (2, 0.0%)

2 ということ

▼ ため何だか~ (2, 0.0%)

1 ここで, 口に

▼ ため何時~ (2, 0.0%)

1 かの機會, となく

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に左, は連想上

▼ ため余り~ (2, 0.0%)

1 夕飯を, 熱意を

▼ ため余りに~ (2, 0.0%)

1 夢中で, 夢中であった

▼ ため作った~ (2, 0.0%)

1 ものという, 標本です

▼ ため併せ~ (2, 0.0%)

1 て何かと, て我国

▼ ため使~ (2, 0.0%)

1 ひ尽して, を出し

▼ ため例年~ (2, 0.0%)

1 より二日, より早く

▼ ため便乗~ (2, 0.0%)

1 する関船手形, せる東清鉄道民政部長アファナアシェフ少将

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 かに彼, に参じた

▼ ため俄然~ (2, 0.0%)

1 将門は, 縹緻を

▼ ため信長公~ (2, 0.0%)

1 にもお, へ弓

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 で越え

▼ ため借金~ (2, 0.0%)

1 が出来, をし

▼ ため偶然~ (2, 0.0%)

1 な事情, の持つ

▼ ため働く~ (2, 0.0%)

1 ために, 人が

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の場所, 亀元年四月北陸の

▼ ため先ず~ (2, 0.0%)

1 我々の, 自活の

▼ ため先例~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ ため先頃~ (2, 0.0%)

1 から京大阪, また気まぐれ

▼ ため入院~ (2, 0.0%)

1 したの, した妻

▼ ため全文~ (2, 0.0%)

1 を半分, を引用

▼ ため全然~ (2, 0.0%)

1 無関係な, 類似せぬ

▼ ため全身~ (2, 0.0%)

1 はずきずき, は冷たく

▼ ため公判廷~ (2, 0.0%)

1 に出廷中止, に立った

▼ ため共に~ (2, 0.0%)

1 汚名を, 苦しむ酒

▼ ため兵馬~ (2, 0.0%)

1 のうごき, をそろえ

▼ ため内地~ (2, 0.0%)

1 から遠く, では航空機二千余機

▼ ため内部~ (2, 0.0%)

1 の細胞, はまったく

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の間, は寒く

▼ ため出入~ (2, 0.0%)

1 して, をしない

▼ ため出席~ (2, 0.0%)

1 すること, 出来ずおい

▼ ため出来た~ (2, 0.0%)

1 傷口の, 瘤であった

▼ ため出頭~ (2, 0.0%)

1 しろとの, をもとめた

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に溜め, の一例

▼ ため別室~ (2, 0.0%)

1 にねる, へ入った

▼ ため前々~ (2, 0.0%)

2 から交渉

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に上すべ, 全體

▼ ため功徳~ (2, 0.0%)

1 となる, にもなり

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 もすれ

▼ ため動作~ (2, 0.0%)

2 がぎごち

▼ ため勝っ~ (2, 0.0%)

1 ても勝, て敵国

▼ ため勝家~ (2, 0.0%)

1 の助命運動, の死

▼ ため勝手~ (2, 0.0%)

1 の暗い, の違

▼ ため勢揃い~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ため医師~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, も経過

▼ ため千葉~ (2, 0.0%)

1 に至る, 迄咲

▼ ため半月以上~ (2, 0.0%)

2 も勤先

▼ ため協力~ (2, 0.0%)

2 せず

▼ ため博士~ (2, 0.0%)

1 はだんだん, も他

▼ ため博奕~ (2, 0.0%)

2 を打つ

▼ ため即ち~ (2, 0.0%)

1 珍奇と, 競争の

▼ ため去年~ (2, 0.0%)

1 の冬, 漸く多年

▼ ため友人~ (2, 0.0%)

1 にも親戚, の町田

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 つて事實を, つて嫁き

▼ ため台所~ (2, 0.0%)

1 でばたばた, の板の間

▼ ため右手~ (2, 0.0%)

1 の中指, は爪

▼ ため同胞~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 つ峰, ふは

▼ ため向う~ (2, 0.0%)

1 でも普通, の方

▼ ため周囲~ (2, 0.0%)

1 は森, を地均し

▼ ため味方~ (2, 0.0%)

1 の勝利, の勢

▼ ため唖者~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ ため商人~ (2, 0.0%)

1 のそば, の側

▼ ため商売~ (2, 0.0%)

1 も次第に, をやめ

▼ ため喀血~ (2, 0.0%)

1 したあと失神, をした

▼ ため善良~ (2, 0.0%)

1 なる市民, な村

▼ ため四時~ (2, 0.0%)

1 から八時, きっかりに

▼ ため国内~ (2, 0.0%)

1 の人心, の行軍

▼ ため土人~ (2, 0.0%)

1 の一人, の行動

▼ ため土台~ (2, 0.0%)

1 まで出, まで露出

▼ ため地上~ (2, 0.0%)

1 にからだ, の施設

▼ ため地殻~ (2, 0.0%)

1 の弱点, の温度

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 な形, に心

▼ ため夕方~ (2, 0.0%)

1 から急, の運動

▼ ため夕食後~ (2, 0.0%)

1 までぶらぶら, 出かけなければ

▼ ため外国~ (2, 0.0%)

1 から機械, の大都市

▼ ため外国人~ (2, 0.0%)

1 にはほとんど, の旅行

▼ ため夜二時~ (2, 0.0%)

2 までとの警察

▼ ため大きい~ (2, 0.0%)

1 声きこえる, 船を

▼ ため大事~ (2, 0.0%)

1 に至らずし, の荷主様

▼ ため大分忙~ (2, 0.0%)

2 がしく

▼ ため大切~ (2, 0.0%)

1 なお, な得意先

▼ ため大勢~ (2, 0.0%)

1 という力, の人足たち

▼ ため大塚~ (2, 0.0%)

1 の同, の癌研附属病院

▼ ため大寺~ (2, 0.0%)

1 は憤慨, は此処

▼ ため大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 で, で建築

▼ ため大挙~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ため大王~ (2, 0.0%)

1 は墺国, は普軍

▼ ため大臣~ (2, 0.0%)

1 ともなりうる, のご

▼ ため奈良~ (2, 0.0%)

1 の法師, へ赴いた

▼ ため奉公人~ (2, 0.0%)

1 のため, の数

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 にこぢんまり, の清泉

▼ ため好き~ (2, 0.0%)

1 なの, なので

▼ ため妨害~ (2, 0.0%)

1 されないで, をうけた

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 のため, の由紀子

▼ ため完全~ (2, 0.0%)

1 な人間, に復活

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の路銀, を捨て

▼ ため実際~ (2, 0.0%)

1 以上に, 自分で

▼ ため宮城前~ (2, 0.0%)

2 でとり

▼ ため家康~ (2, 0.0%)

2 の馬

▼ ため家康公~ (2, 0.0%)

2 の御朱印

▼ ため容易く~ (2, 0.0%)

1 その周囲, 櫃に

▼ ため宿~ (2, 0.0%)

1 の主婦, までいっ

▼ ため密か~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に謀り

▼ ため寝る~ (2, 0.0%)

1 事だけは, 前に

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 は前, をさ

▼ ため専門~ (2, 0.0%)

1 の国文学者, の運転手

▼ ため将門~ (2, 0.0%)

1 は刑部省, をし

▼ ため小さく~ (2, 0.0%)

1 てまるい, なったの

▼ ため小谷~ (2, 0.0%)

1 の城中, よりおこし

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 が横扁い, を曳き

▼ ため屍体~ (2, 0.0%)

1 をトラック, を吊り下げる

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 から落ち, に付いた

▼ ため川口~ (2, 0.0%)

1 の脇船, は突如

▼ ため川底~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ ため巡査~ (2, 0.0%)

1 の抜剣, は夜中

▼ ため帝国ホテル~ (2, 0.0%)

1 で三人食事, に車

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 のため, も弟子

▼ ため帰国~ (2, 0.0%)

1 いたしましたが, が延び延び

▼ ため帰郷~ (2, 0.0%)

1 し滞納, する事

▼ ため帽子~ (2, 0.0%)

1 をふった, を脱ぎ

▼ ため平和~ (2, 0.0%)

1 になる, のため

▼ ため平戸~ (2, 0.0%)

1 から福田, を出発

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に二千フラン, は二つちがい

▼ ため幾人~ (2, 0.0%)

1 かの山人, かの役人

▼ ため幾多~ (2, 0.0%)

1 の家士, の禍根

▼ ため幾日~ (2, 0.0%)

1 も船宿, も顔

▼ ため広島駅~ (2, 0.0%)

2 に行く

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の妨害, を構っ

▼ ため店頭~ (2, 0.0%)

1 に点けられた, に點

▼ ため度々~ (2, 0.0%)

1 上府した, 師匠よりも

▼ ため座敷~ (2, 0.0%)

1 に張り, を抜け

▼ ため廃嫡~ (2, 0.0%)

1 して, を宣言

▼ ため廊下~ (2, 0.0%)

1 にはほんの, に出

▼ ため弟子~ (2, 0.0%)

1 の阿闍梨, は独立

▼ ため弱い~ (2, 0.0%)

1 ものを, 隣接民族の

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に無理, を扁平

▼ ため彫刻~ (2, 0.0%)

1 に他, を文学

▼ ため役人たち~ (2, 0.0%)

1 がたがい, の姿

▼ ため役所~ (2, 0.0%)

1 のほう, を離れた

▼ ため待合~ (2, 0.0%)

2 した今戸

▼ ため後陣~ (2, 0.0%)

1 の船, を勵

▼ ため心臓~ (2, 0.0%)

1 の発作, を盗まれ

▼ ため必死~ (2, 0.0%)

1 の努力, の耐熱建築

▼ ため必然的~ (2, 0.0%)

1 にプロレタリア, に次に

▼ ため忠誠~ (2, 0.0%)

1 の立派, をぬきんでよ

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 ひ痩せつる, ひ痩せつる腸

▼ ため忽ち~ (2, 0.0%)

1 くだんの, 議論二派に

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 ていうたげ, てくれはる

▼ ため思ひ~ (2, 0.0%)

1 がけない太い, もかけない

▼ ため思ふ~ (2, 0.0%)

2 て上げる

▼ ため思わぬ~ (2, 0.0%)

1 手違いを, 烈剣を

▼ ため恐るべき~ (2, 0.0%)

1 カレーの, 旅は

▼ ため恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 不安に, 嫌疑を

▼ ため恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 乱脈を, 衰弱し

▼ ため悉く~ (2, 0.0%)

1 やっつけられて, 滅亡し

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 しかりなんと, へ混迷

▼ ため悪き~ (2, 0.0%)

1 もの第, 者第

▼ ため感覚~ (2, 0.0%)

1 が鈍化, が麻痺

▼ ため成功~ (2, 0.0%)

1 したの, せず二十一日攻撃

▼ ため成瀬屋~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ ため我が身~ (2, 0.0%)

1 に構, を肚

▼ ため我ら~ (2, 0.0%)

1 は率先古賀氏, を席上

▼ ため或いは~ (2, 0.0%)

1 あまり有名, 府らしい

▼ ため戦った~ (2, 0.0%)

1 ので, 物でしょう

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 はんずるもの, ふ時

▼ ため房枝~ (2, 0.0%)

1 は爆薬, は胸

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の蔭, をノック

▼ ため手紙~ (2, 0.0%)

1 のその, は出します

▼ ため手許~ (2, 0.0%)

1 にあっ, へ呼んだ

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 ばれしか

▼ ため拳銃~ (2, 0.0%)

1 を放つ, を河

▼ ため持病~ (2, 0.0%)

1 のリュウマチ, の心臓病

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 ざす彼方, の太

▼ ため掠奪~ (2, 0.0%)

1 されたと, を始め

▼ ため推参~ (2, 0.0%)

1 いたしたり, 申したり

▼ ため提灯~ (2, 0.0%)

1 を差し込ん, を打

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 ばかりし, をし

▼ ため播磨~ (2, 0.0%)

1 にある, の国

▼ ため操舵~ (2, 0.0%)

2 に当っ

▼ ため改めて~ (2, 0.0%)

2 新作を

▼ ため改革~ (2, 0.0%)

1 の困難, の気運

▼ ため故国~ (2, 0.0%)

1 で入獄, へ潜入

▼ ため故意~ (2, 0.0%)

1 と彼ら, になせし

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 へて欲しい, へに殉ずる

▼ ため教授~ (2, 0.0%)

1 の嫉妬, は知人

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 て, てその

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 が減り, の力

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 を潤飾, 之丞様

▼ ため文吉~ (2, 0.0%)

1 に思い知らせる, に思ひ知らせる

▼ ため文学~ (2, 0.0%)

1 がもっ, の情操

▼ ため断然~ (2, 0.0%)

1 この団体, 英国を

▼ ため新しい~ (2, 0.0%)

1 文化を, 曲を

▼ ため新しく~ (2, 0.0%)

1 亜鉛板を以て, 輝く金文字

▼ ため新田先生~ (2, 0.0%)

1 と千二少年, はついに

▼ ため新聞~ (2, 0.0%)

1 が四五日休刊, の欄外

▼ ため方向~ (2, 0.0%)

1 の変り日毎, もわからず

▼ ため方角~ (2, 0.0%)

1 もわからず, を間違う

▼ ため旅行~ (2, 0.0%)

1 したとき, をいたします

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の光地, はかげっ

▼ ため日曜~ (2, 0.0%)

2 をさける

▼ ため早口~ (2, 0.0%)

1 にかたり, に順序

▼ ため明日~ (2, 0.0%)

1 の午後誘い, の合戦

▼ ため昨今~ (2, 0.0%)

1 はまったく, は他

▼ ため昨夜~ (2, 0.0%)

1 は各, は明けがた

▼ ため昭和十年~ (2, 0.0%)

2 には完全

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 と夜, は全く

▼ ため時に~ (2, 0.0%)

1 は荘重, 不作に

▼ ため時刻~ (2, 0.0%)

1 はさらに, もかなり

▼ ため時計店~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ ため晩くも六時~ (2, 0.0%)

2 には起きね

▼ ため暫らく~ (2, 0.0%)

2 は語

▼ ため書い~ (2, 0.0%)

1 て書きまくる, て来た

▼ ため書いた~ (2, 0.0%)

1 のであります, ロングウェルの

▼ ため未明~ (2, 0.0%)

2 に起き

▼ ため本人~ (2, 0.0%)

1 の章吾さん, を池

▼ ため来春~ (2, 0.0%)

1 は一万人, を期し

▼ ため松山~ (2, 0.0%)

1 でも残り, にあり

▼ ため某所~ (2, 0.0%)

2 に隠し

▼ ため柳橋~ (2, 0.0%)

1 の平, までのした

▼ ため椅子~ (2, 0.0%)

1 から立ちあがり, がちょうど

▼ ため検挙~ (2, 0.0%)

1 されたこと, されて

▼ ため極めて~ (2, 0.0%)

1 単純な, 大なる

▼ ため極度~ (2, 0.0%)

2 の緊張

▼ ため横町~ (2, 0.0%)

1 の洗場, の洗湯

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 から次, の日

▼ ため次に~ (2, 0.0%)

1 ベルグソンの, 数句を

▼ ため次第~ (2, 0.0%)

1 次第に人, 次第に雁坂

▼ ため欧州~ (2, 0.0%)

1 から野猪, へもちょっと

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 を唄っ, を詠みました

▼ ため歯ぎしり~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ ため歴史~ (2, 0.0%)

1 の公証, の試験

▼ ため死んだ~ (2, 0.0%)

1 ほうが, 農奴が

▼ ため死亡~ (2, 0.0%)

1 した, 致しました

▼ ため死後~ (2, 0.0%)

1 の後始末, を恃

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ ため殺され~ (2, 0.0%)

1 て死ぬ, に之

▼ ため殺された~ (2, 0.0%)

1 にちがい, 者は

▼ ため殿~ (2, 0.0%)

1 のため, りの

▼ ため母親~ (2, 0.0%)

1 が赤ン坊, は毎晩

▼ ため毎年巨額~ (2, 0.0%)

1 の輸入超過, の金

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 がいかなる, は一年前

▼ ため民間~ (2, 0.0%)

1 に施したる, の疫病

▼ ため気分~ (2, 0.0%)

1 が一転, まとまらず

▼ ため水汲みや薪作り買物~ (2, 0.0%)

2 などは増さん

▼ ため水茶屋奉公~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に變, の上

▼ ため永久~ (2, 0.0%)

1 に征服, に育ち得ない

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 干狩

▼ ため汝等~ (2, 0.0%)

1 この天堂, の領地

▼ ため江戸表~ (2, 0.0%)

1 へ出た, へ急

▼ ため沿岸~ (2, 0.0%)

1 の道路, をさぐっ

▼ ため洋行~ (2, 0.0%)

1 する日本, をした

▼ ため津田~ (2, 0.0%)

1 はお, は時間

▼ ため活躍~ (2, 0.0%)

1 して, の自由

▼ ため浪費~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ ため海中~ (2, 0.0%)

1 にしずんだ, の仙妃團

▼ ため海岸~ (2, 0.0%)

1 の人気, へ保養

▼ ため深き~ (2, 0.0%)

1 地獄の, 心に

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に再び, や川

▼ ため滅多~ (2, 0.0%)

1 にしない, 斬りに

▼ ため滞在~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ため滿洲~ (2, 0.0%)

1 に旅行, の開拓地

▼ ため漸く~ (2, 0.0%)

1 熟れ出した葡萄, 通りの

▼ ため漸次~ (2, 0.0%)

1 にその, に生長

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の城頭, はすでに

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 は嚴密, 給金で

▼ ため無事~ (2, 0.0%)

1 だったとは, だつたの

▼ ため無益~ (2, 0.0%)

1 の日, の遠路

▼ ため燃料~ (2, 0.0%)

1 で誤魔化し, をもっ

▼ ため片手~ (2, 0.0%)

1 で少し, を眼

▼ ため牢死~ (2, 0.0%)

2 いたしました

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 がキャン, の如く

▼ ため犬馬~ (2, 0.0%)

2 の労

▼ ため犯人~ (2, 0.0%)

1 が兇行後, が小

▼ ため狂言順~ (2, 0.0%)

1 を入れ, 大いに狂

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 更それを, 此外に

▼ ため玄関~ (2, 0.0%)

1 の方, へ出

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 らしく出世, らしく饅頭売り

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の救助, 体制を

▼ ため現代~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の短歌

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 しく腐敗, しく視力

▼ ため甚だ~ (2, 0.0%)

1 不愉快を, 心を

▼ ため生命~ (2, 0.0%)

1 がたすかった, のため

▼ ため甲斐~ (2, 0.0%)

1 のおも, は品川

▼ ため申し~ (2, 0.0%)

1 ておく, 候さて

▼ ため申し添え~ (2, 0.0%)

1 ておく, 候

▼ ため男女~ (2, 0.0%)

1 の区別, の比率

▼ ため留さん~ (2, 0.0%)

2

▼ ため番人~ (2, 0.0%)

1 がいない, を常備

▼ ため當時~ (2, 0.0%)

1 かくよびなら, の

▼ ため病人~ (2, 0.0%)

1 はもう, は心

▼ ため登城~ (2, 0.0%)

1 いたしますから, した

▼ ため白い~ (2, 0.0%)

1 のだ, 紙きれに

▼ ため白痴~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ ため百余合~ (2, 0.0%)

2 のうち六十二合

▼ ため百日~ (2, 0.0%)

2 ほど辛抱

▼ ため皆樣~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ ため盛ん~ (2, 0.0%)

1 になった, にビール

▼ ため監房~ (2, 0.0%)

1 の入口, は妙

▼ ため目下~ (2, 0.0%)

1 この新大陸, のところそれ

▼ ため直に~ (2, 0.0%)

1 それを, 翌朝南町奉行大岡越前守殿へ

▼ ため相互~ (2, 0.0%)

1 の使者, の間

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に徳川氏, に必死

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の幸福, ッ先に

▼ ため矛盾~ (2, 0.0%)

1 にも此処, にも此處

▼ ため知らず知らず卑近~ (2, 0.0%)

2 に流れたる

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に写った, を浮き上げぼ

▼ ため破壊~ (2, 0.0%)

1 されたの, された家

▼ ため祖国~ (2, 0.0%)

1 のため, を追われ

▼ ため祖父~ (2, 0.0%)

1 はハタ, は何度

▼ ため禍難~ (2, 0.0%)

1 を受け, を我

▼ ため福島~ (2, 0.0%)

1 さして主, の方

▼ ため禿げた~ (2, 0.0%)

1 大野に, 大野にな

▼ ため私ども~ (2, 0.0%)

1 が途中, のため

▼ ため私達~ (2, 0.0%)

1 には渓谷, は山

▼ ため税金~ (2, 0.0%)

1 がめっきり, がめつきり

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 ぼこ, をあけ

▼ ため空しく~ (2, 0.0%)

1 一行を, 光陰の

▼ ため空中~ (2, 0.0%)

1 でとけ, に全滅

▼ ため突如~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 が執れない, を口

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の違った, の違つた腹立

▼ ため筋違見附~ (2, 0.0%)

2 を覗い

▼ ため簡単~ (2, 0.0%)

1 に軽く, に述べ

▼ ため粉骨砕身~ (2, 0.0%)

1 お役, 闘って

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 が山

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 のくくり, をひい

▼ ため紙帳~ (2, 0.0%)

1 が一方, を冠

▼ ため終る~ (2, 0.0%)

1 と, とそれ

▼ ため終わる~ (2, 0.0%)

1 と伝六, と里好

▼ ため結びつく~ (2, 0.0%)

2 ため

▼ ため結句~ (2, 0.0%)

1 には, の

▼ ため結婚~ (2, 0.0%)

1 しないので, を急ぎたい

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 入歯に, 攻撃に

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の重荷, を淨むる者

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に依っ, を唱え

▼ ため義貞~ (2, 0.0%)

1 は前面, もここ

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 が嗄れ, を高く

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 をく, を辞し

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 が肥り, の料理

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 へねばりつき

▼ ため股間~ (2, 0.0%)

2 の一物

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 が凝り, を上げた

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に力, を立てん

▼ ため臨時~ (2, 0.0%)

1 この旅団, に雇

▼ ため自ら命~ (2, 0.0%)

2 をたつ

▼ ため自分ら~ (2, 0.0%)

1 の耳, を先発

▼ ため自宅~ (2, 0.0%)

1 で倒れた, に私塾

▼ ため自家~ (2, 0.0%)

1 が確定, の薬籠中

▼ ため自己~ (2, 0.0%)

1 の幻想, をキリスト

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 のため, を招き

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の絡む, を丸め

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 につ

▼ ため艇内~ (2, 0.0%)

1 の実験室, を見まわっ

▼ ため色んな~ (2, 0.0%)

1 用事を, 病気が

▼ ため芝居~ (2, 0.0%)

1 して, すっかり弱く

▼ ため花火~ (2, 0.0%)

2 は揚らなかった

▼ ため若旦那~ (2, 0.0%)

2 を一

▼ ため英国~ (2, 0.0%)

1 との戦争, にカナダ割譲

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の枕, も満足

▼ ため荷物~ (2, 0.0%)

1 を消毒, を背負っ

▼ ため葉山~ (2, 0.0%)

2 の別荘

▼ ため薄い~ (2, 0.0%)

1 上等の, 鉄板を

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 の酬恩庵

▼ ため虚僞~ (2, 0.0%)

1 の陳述, を使用

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 のやう, の発生

▼ ため血路~ (2, 0.0%)

2 をひらい

▼ ため行っ~ (2, 0.0%)

1 てみ, て聴い

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に出かけた, へ出る

▼ ため衰弱~ (2, 0.0%)

1 し切った若い, し切つた體

▼ ため複雑~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ ため見せ~ (2, 0.0%)

1 ておこう, て置かう

▼ ため覗い~ (2, 0.0%)

1 て見ました, て見る

▼ ため訊い~ (2, 0.0%)

1 てみた, てもらった

▼ ため評判~ (2, 0.0%)

1 の悪い, の琴

▼ ため語頭~ (2, 0.0%)

1 では, にのみ用いられる

▼ ため誤解~ (2, 0.0%)

1 を惹起, を生ずる

▼ ため読む~ (2, 0.0%)

1 人に, 気に

▼ ため読者~ (2, 0.0%)

1 の感覚, は異様

▼ ため調べ~ (2, 0.0%)

1 てみた, て見れ

▼ ため調査~ (2, 0.0%)

1 が終る, は甚

▼ ため諸人~ (2, 0.0%)

1 が苦しむ, のため

▼ ため諸君~ (2, 0.0%)

2 が心から

▼ ため貞盛~ (2, 0.0%)

1 の妻, は憂い

▼ ため負傷~ (2, 0.0%)

1 したと, して

▼ ため貧乏~ (2, 0.0%)

1 になり, の標準

▼ ため責任者~ (2, 0.0%)

2 の砧右三郎

▼ ため貯め~ (2, 0.0%)

2 ておいた

▼ ため貴重~ (2, 0.0%)

1 な時間, な研究品

▼ ため買っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, てやった

▼ ため貸倒れ~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ ため賀茂~ (2, 0.0%)

2 の流れ

▼ ため資産~ (2, 0.0%)

1 を外国, を滅ぼした

▼ ため赤い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 地層の

▼ ため起った~ (2, 0.0%)

1 もので, 悲劇な

▼ ため足場~ (2, 0.0%)

1 を取, を取っ

▼ ため踏み~ (2, 0.0%)

1 堅められた, 外ずして

▼ ため身分~ (2, 0.0%)

1 の低い, を隱

▼ ため身命~ (2, 0.0%)

1 をつくし, を賭し

▼ ため軍事上~ (2, 0.0%)

1 の弱点, 決してこれ

▼ ため~ (2, 0.0%)

2 轍器の

▼ ため軽い~ (2, 0.0%)

1 傷だけで, 眠りに

▼ ため辛い~ (2, 0.0%)

1 目に, 苦労を

▼ ため農家~ (2, 0.0%)

1 には向かず, の労働力

▼ ため近づい~ (2, 0.0%)

1 てみよう, て来た

▼ ため近頃~ (2, 0.0%)

1 は鳥, 米国大西鉄道で

▼ ため迷惑~ (2, 0.0%)

1 する人, を感じる

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 剥ぎ辻斬り, 捕の

▼ ため逃げ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行く

▼ ため逆上~ (2, 0.0%)

1 したに, の気味

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 で行きあった, に当った

▼ ため道江~ (2, 0.0%)

1 はつづい, はどこ

▼ ため遠方~ (2, 0.0%)

1 からの註文, から声

▼ ため遥々~ (2, 0.0%)

1 と尋ね, 奥州へも

▼ ため邪魔~ (2, 0.0%)

1 であるに, をされ

▼ ため郷里~ (2, 0.0%)

1 に置い, へ帰りまし

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 へかえそう, へ行っ

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 と金, の竪琴

▼ ため銭湯~ (2, 0.0%)

2 にゆく

▼ ため鎌倉~ (2, 0.0%)

1 から派遣, へお

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の前, の縁

▼ ため長く~ (2, 0.0%)

1 この地, は歩けなかった

▼ ため長州~ (2, 0.0%)

1 の勇士組, へ下った

▼ ため間に合わなかった~ (2, 0.0%)

1 という, に過ぎない

▼ ため間もなく~ (2, 0.0%)

1 この将軍, 壊れて

▼ ため関東~ (2, 0.0%)

1 の浦賀, へ出征

▼ ため防寨~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, をまたぎ越してる

▼ ため附け~ (2, 0.0%)

1 人として, 加へて

▼ ため陸釣り~ (2, 0.0%)

2 を好む

▼ ため階下~ (2, 0.0%)

1 に畏服, の炬燵

▼ ため階級~ (2, 0.0%)

1 に対しては組織, のない

▼ ため随分~ (2, 0.0%)

1 ひけ目, 特志家でない

▼ ため隣家~ (2, 0.0%)

1 の平屋, をでる

▼ ため隣組~ (2, 0.0%)

1 がそれ, のお

▼ ため雑木~ (2, 0.0%)

2 が少し

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の中, の夜

▼ ため雨傘~ (2, 0.0%)

1 に引く, を翳し添え

▼ ため青年~ (2, 0.0%)

1 のくせ, の多く

▼ ため青木淳~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ ため青白き~ (2, 0.0%)

2 大佐に

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 に紅色, を見

▼ ため面会~ (2, 0.0%)

1 や将来, を謝絶

▼ ため領主~ (2, 0.0%)

1 となった, に請願

▼ ため風船~ (2, 0.0%)

1 の皮, を叩きつぶす

▼ ため風邪~ (2, 0.0%)

1 で気分, を引い

▼ ため馬籠~ (2, 0.0%)

1 の北側, をあと

▼ ため駕籠~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, を差し向けた

▼ ため高い~ (2, 0.0%)

1 代価を, 護謨の

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 の三石, の村

▼ ため黒い~ (2, 0.0%)

1 姿をばかり, 影は

▼ ため黒ネズミたち~ (2, 0.0%)

1 はうえ死, はここ

▼ ため~ (2, 0.0%)

1 は空気, をすゝ

▼ ため鼻血~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼1* [4925件]

ためあいにくどの船, ためあかつきの霜, ためあかりが消える, ためあくせくするの, ためあくまでも戦ふ決意, ためあけるには大して, ためあごでつかわれる, ためあしかれと思っ, ためあたかも水なき, ためあちらこちらさまよつたの, ためあったら十七万石に, ためあっちへいっ, ためあっという間に二人は, ためあと五十余間をのこし, ためあなた声小さい, ためあなた方がストオリイ, ためあなた様の父上市太郎様, ためあなた樣の父上市太郎樣, ためあなた達は, ためあふれるばかりのよろこび, ためあまった人数だった, ためあめりか物語ふらんす物語二書, ためあらかじめ夜具の, ためあらためて今朝赤橋殿へ, ためあらぬ不安に, ためあらましを申, ためありもしない, ためありあわせのバット, ためあるいはまた次なる, ためあわてて飛びだした, ためあわれな民衆の, ためあわ立つ激流に, ためあんぐり口を開けさせ, ためあんな大きな花屋の, ためあゝいふ風に, ためいかな橋本にも, ためいかに説いても, ためいきおいこんで駈けだし, ためいきつくばっかりで, ためいくたびか, ためいくばくの血, ためいさぎよくわざとじ, ためいしくも月詣り, ためいじめられもしなかった, ためいずれも不, ためいたくまどひ, ためいたずらに病苦, ためいたずらにお互いが, ためいたるところに, ためいち速く絲, ためいちいち大切に, ためいちおうその, ためいちどそれぞれの自邸, ためいちど市まで御足労, ためいちばんそんをする, ためいちばん必要になった, ためいっぺん引っぱって, ためいつかうわさも止み, ためいつか当たり前になっ, ためいつか束ね髪で済ます, ためいつか親戚になっ, ためいつの間にやらその, ためいつもぎりぎりの生活, ためいつもそうして, ためいつわって人妻, ためいなかったので朋子, ためいのちとする, ためいふて退, ためいまさらそんな行儀, ためいましがた登っ, ためいまだにぶすぶす内攻し, ためいまなほ神を讚め神, ためいまにも地面に, ためいまや大心配, ためいま一たび聖怒を, ためいま大騒ぎをし, ためいま校門を出, ためいま謹慎中の身, ためいみじき贈遺, ためいやいや意志を, ためいやがらせが思う, ためいよいよこれから本当の, ためいわゆる力の, ためうけたまわりたいがいったいどうしてそう, ためうす黒い陰影が, ためうちではきいた, ためうち顫えて, ためうつさせ候, ためうつらうつらし出した, ためうなずいてみせた, ためうまうまと博士の, ためうまくゆかず横坐り, ためうんかがたくさん田, ためえらい格闘に, ためおいたこの一書, ためおおぜい, ためおき手づか, ためおくさんは, ためおくれて五時十分頃開演, ためおくれた日本資本主義を, ためおそくなりそれ, ためおそらく自己防衛の, ためおそらくは義貞と, ためおそろしい労作だった, ためおっかさんの持もの, ためおとといの夜, ためおのが悪事, ためおまへの唇, ためおまえには貧乏, ためおまけに子供, ためおもしろい野蛮の, ためおもちゃを買いました, ためおれたちにまで役人, ためおれどもが預かっ, ためおんがえ, ためお互い慎重にあくまで, ためお前自身が何者, ためお勝手の落し, ためお参りにいらし, ためお呼びになった, ためお姫さまはなん, ためお寺から貰い, ためお握りジイサンが早朝, ためお断りして, ためお父さんの姿, ためお目見得にもまだ, ためお節の日々, ためお腹が痛く, ためお詫びをかね, ためお話しをする, ためお金を使, ためお陀仏になっ, ためお願いがございます, ためかう思つて専念に, ためかえってきゃ, ためかえってこれから先の, ためかえってつい十年ちかく, ためかえって実際に疎い, ためかえつてあなた, ためかき集めた千々石山木の, ためかくして眠るの, ためかしこに叫びあらしめき, ためかしらとよくよく考え, ためかっきり大潮時, ためかつおぶしを, ためかというところに, ためかとまで考えられるの, ためかなたこなた, ためかなとも思った, ためかなどでああ急ぐ, ためかなり沢山招かれた花嫁, ためかなんぞのように, ためかほどの巌, ためからか面は, ためからからに干上がって, ためからだけでもない, ためからは勿論再婚, ためからばかりでなく好き, ためからりとした, ためかるい嫉妬めいた, ためかわしきれずに桑原甚内, ためかを反省し, ためがんぢがらめに縛められ, ためさま, ためきいて見る, ためききあわすべきよすがもなかっ, ためききますが, ためきびしい物入りだった, ためきびしく監禁され, ためきゅうくつそうだった, ためきょうは一日中, ためぎごちない動作, ためくずれこわれて現在, ためくたびれて間もなく, ためくやしがって, ためくらあんまにもその, ためくら同様で引返すより, ためくりぬかれ下から, ためくるしいめに, ためくろぐろと枝, ためくわをふるっ, ためぐっと下げかじを, ためぐりあわせではなく階級発展の歴史, ためぐりあわせにはなかなか意味ふかいもの, ためぐるぐるまきに, ためけいれんとかすれた, ためけさ行つたのである, ためけずりとられこなごなの, ためけずりとられた土が, ためけるさりとて仕出し頼み, ためけんめいになっ, ためよい正月十五日, ためこいのぼりは, ためこういう結果に, ためこう頭に変調, ためこけおどしみたいに, ためこころに満ち足ら, ためここ二三日中に圭吾, ためこじり出すだけでも予想外, ためことのほか警戒, ためことごとに意見, ためことばにも現, ためこの上ないよい場所を, ためこまごましたもの, ためこれら二つの用役, ためこれ以上の論議, ためこれ以前にも爭, ためこわ張りかけた手足, ためこんどは紅がら色, ためこんなによくしてやろう, ためこんな大きな渦巻が, ためこんな小さな敗残の, ためごく僅かの衣類, ためごらんなすって, ためご苦労するよう, ためさしあたりどっちつかず, ためさすらい居り候えば, ためさすらつたやうに, ためさだめし気を, ためさつきの看板, ためさつき盥へつけた, ためさながら他人の, ためさまざまな書類, ためさもしい考えを, ためさようさようこう云ってな, ためさらわれてしまった, ためされた踏絵や, ためさんざ悩まされた揚句, ためざぶり泥水をかけられ, ためざらざらとした, ためしあってはいかが, ためしかるべき方を, ためしきりに流し目を, ためしたくはした, ためしたたか痛められて, ためしっかりしなければ, ためしっとりと濡れ, ためしねえぞ, ためしのぶべからざる恥を, ためしばらくそのまま置かねば, ためしまいには絵具, ためしまったと思った, ためしまりがつかない, ためしめ出される夕, ためしょうばい第, ためしょっちゅう復讐を, ためしらべさせると彼自身, ためじいんと凍りつく思い, ためじっとすくんで, ためじゃからと云うので, ためじゃったか, ためじゃねえ上流の, ためじゃまじゃない, ためわそれ, ためすかしてある, ためすぐさま医員を, ためすぐさま一杯引っ掛けなければ, ためすこぶる活躍し, ためすつぽんの, ためすべて刑に梟, ためすべて強奪されて, ためすべて消費し尽くされ現に, ためすやすやと二三時間, ためすり減った蹄を, ためするだけのこと, ためするどくなって, ためずかずかと男, ためせいせきはぐんぐん, ためせきこんでしかし, ためせつかくなおりかかつ, ためぜんたいが南, ためそうとう自身を, ためそうやすやすとは中国, ためそちら側に三本, ためそっちへお株, ためそっと北の, ためそのうち五百石余という, ためその道を盡す, ためそばの小高い, ためそら病気でも, ためそれから又決して常識以上, ためそれでは壺皇子を, ためそれに四五両の, ためそれ以後の五山, ためそれ等は全部引, ためそろそろ頭痛の, ためぞんじている, ためたいの味, ためたいして名誉には, ためたいそう燕路さんに, ためたえず立ち上がりながら, ためたかきつけと, ためたがいに識ら, ためたしかなこと, ためただ一幅の幕, ためたぶん今日でも, ためたまっていた, ためためあなた声小さい, ためたるやは智慮, ためたれも断, ためだけかいこんな商売, ためだけにさえも日本の, ためだけにはとりよせること, ためださとられるな, ためだそうな, ためだったさればこそ跡目相続, ためだったらうみんなの, ためだったらよろこんで英国, ためだつてそれ位, ためだつたさうですよ, ためだれにも見とがめられねえ, ためだろう切ってしまった, ためだろう去定の, ためだ忘れやしねえ, ためだ思ひきつて申上げませう, ためだ調べてみろ, ためからお, ためちうことに, ためちからが余り, ためちぎれちぎれになっ, ためちぢれて悲し, ためちっとだんなの, ためちつとも確実さ, ためちと駈けおくれたが, ためちゃいないに, ためちょう念は死に, ためちよつと東京, ためちよいちよい取出して, ためちんちくりんの黒い, ためついいろいろ差支えが, ためついうかとそういういいあらわし, ためついうっかり飲んだの, ためついこう簡単に, ためついぞ露わした, ためついでにコピー, ためつかれたように, ためつかわし候間おとと, ためつきおうてくれる, ためつき添って居なけれ, ためつぎにはハムレットさま, ためつけ加えておきたい, ためつごう二十二発の, ためつつある真最中, ためつつましやかな, ためつづいて走りだした, ためつづけて私, ためつとめて彼ら, ためつまらないことを, ためつらき災難を, ためつりたての魚, ためてあつたと, ためていう言葉であった, ためてっきり元木へ, ためてのお前にも, ためてばかりいると, ためてやがるに, ためてんぐぶろを選んだ, ためてんではからって, ためてんでにピストルを, ためであっただろうかあるいは, ためであったなら甘んじて犠牲, ためであったらしいが北の方, ためであったらしくその研究, ためでありましたが後, ためでありましたろうか, ためでありましょうこの涼し, ためであり従ってまた, ためであり縮むのは, ためであり褒めるのは, ためであるいな人間, ためであるだろうが商人, ためでか帝は, ためでがしたい, ためできている, ためできるかぎり延期され, ためできるだけのこと, ためでございましたらどのよう, ためでございましょうね, ためでございませうか, ためでござるかな, ためでしてね, ためでしたろうさまでの, ためでてまえ自身, ためででもあった, ためでなかったらたぶんもうその, ためでなく死んだ保につき, ためでなく生きるために, ためでなく酔うために, ためではと私達の, ためでやすから兄, ためで御座いましたろうと思います, ためで無かったとわかっ, ためで無からうか, ためといへり, ためというくらいの意気込みを, ためといった方が, ためといふだけの全然良心, ためとお為づくしである, ためとおくへお出かけ, ためとかく多少わざとわきへ, ためとぎれてよく, ためとくにその眼, ためところどころ窓が, ためとにはあらざるべけれど, ためとばかりにてその方法, ためとばすと云っ, ためとまで言って, ためとまではいわんせめて, ためとみに正次は, ためとむらいの行列, ためとめおかれたままで, ためともすると中に, ためとやらにて突然解雇, ためとより外に, ためとりあえず飛び込んだ壕, ためとりかこまれてしまった, ためとりとめがない, ためとりわけ新鮮な, ためとろとろととけ, ためとんと億劫に, ためとんとんと階段, ためいつか一匹素ッ首を, ためどあを開い, ためどうかすると, ためどうして決闘などを, ためどうも強引で, ためどうやらしっかり抱きすくめられたらしい, ためどぎつい色を, ためどころでは, ためどころか却つてその, ためどっちつかずの, ためどれほど各地の, ためどれ位心配をした, ためどろどろととけ, ためどんと咄嗟に, ためどんどん働かなければ, ためなおさらうまいな, ためなおもビールを, ためなかばはふとん, ためなければならない, ためなされますか, ためなすって, ためなすべき大きな責任, ためなぜに愛されたい, ためなぞでは, ためなだれを打った, ためなどから出たもの, ためなどがあるが, ためなどだけなら野犬狩り, ためなどでは決してない, ためなどといふことは, ためなどに使えば, ためなどにだけきちんとする, ためなどの出来るの, ためなどを考える卑しい, ためなにひとつ達せられず遂に, ためなぶられどおし, ためなむ学問なく, ためならいただくのを, ためならかまわないことよ, ためならじ好惡, ためならなんどきでも命, ためならぶたれてもそんなに, ためなら乾いた雑巾から, ためなら売りますよととても, ためなら止して下さい, ためなら止むを得ない, ためなら死ぬことなんか, ためなら死のうとまで思っ, ためなら鞭打たれても構わない, ためなら駈落など, ためなりされば猶, ためなりとて操を, ためなりとの言い習わしあり, ためなりに認めて, ためなるたけ顔を, ためなるべけれど五七調以外, ためなるほどそれは, ためなんでもかん, ためなんぞにもどのくらい, ためなんで賢人を, ためなんとかして, ためなんぼう忍ばれぬ, ためにかはつて頑張つ, ためにかへって青銅で, ためにからだが, ためにかを考えさせられる, ためにごったかえしている, ためにすらもその生活状態, ためにぜがひでも, ためにだけに場面としては, ためにだけはうれしいこと, ためにちゃにちゃする埃だらけ, ためにってなことに, ためにつき飛ばされ或いは, ためにつれ込んだ下宿, ためにとかいふ語が, ためにとかでときどき台所, ためにとかの他は, ためにとにもかくにも, ためになんて読みませんな, ためににゃーにゃ, ためにのみは必ず看護婦, ためにはかやうに, ためにはてまえが, ためにはよつんば, ためにばかりじゃありませんわたし, ためにへご鉢, ためにもかような, ためにもなどと久しく話し, ためにもね働かざるを, ためにものいふある, ためにもべんめいいたし, ためにやにや軽蔑した, ためによって生きる意義, ためによほどの混乱を, ためによりは自分の, ためにわかなご, ために対し神妙に, ために従って又存在自身, ためぬかずいての帰り, ためのくふうで, ためのにちがいない, ためのねぎらひかそれとも, ためののがれが, ためのばしてのばし, ためのみとなり全く, ためのみということが, ためのみにでも有能なる, ためのみによってそれは, ためのみを思う利己心, ためのめるまいと長い, ためのりこんでいる, ためのわざはひではありませぬ以後不吉などといふ, ためはしごをてっぺん, ためはしなくもこの事実, ためはじめフランスへいった, ためはじめ半年位という約束, ためはたらいている, ためはなしをしてやる, ためはなはだ幸運であった, ためはらひたまひきよめた, ためはりさけてしまいました, ためはるか東京の長官, ためばかに手間, ためばかしとはいえない, ためばかりと思うよう, ためばかりにこそあらゆる苦労, ためばかりにでも娘が, ためばかりには歸らなかつた, ためばけの皮, ためばばちゃのため, ためばらばらとかけつけ, ためぱっと燐寸を, ためぱらりととれて, ためぱん形のもの, ためひじょうに珍らしい, ためひたすら針の, ためひつ込みじあんに, ためひと太刀うらもう, ためひとえにそれを, ためひとつ救済事業を起こそう, ためひとりでに目が, ためひとりひとりたずねて, ためひとりぼんやりしてるので, ためひと月以上もこれ, ためひどく気難しくなって, ためひどく若く見ゆ, ためひらひらと遠く, ためひるま仕事を, ためひん曲げられもはやその, ためぴしゃぴしゃする響が下, ためふたつの国家, ためふとした心の, ためふらふら揺れて, ため吉祥などと, ためぶらぶら歩いて, ためぶらぶら病を引き起し, ためぶるっと身, ためへの努力以外に, ためへんな性慾倒錯, ためほかの曲輪, ためほってはおけぬ, ためほんとうはこう, ためほんの一口話を, ためぼくたちははじめ, ためぼんやりして, ためぽつぽつと上京, ためまあともかくもということ, ためまいられたこと, ためまかり出でました次第で, ためまがいものも, ためまき散らされた小麦や, ためまぎらしに仰向け, ためまさかにその辺, ためますますぐったりとなった, ためまたたくうちに, ためまたまた御面倒, ためまだしもの仕合わせ, ためまっ青にという, ためまつたく家庭を, ためまわりに大勢, ためみさおが五郎, ためみすみす長蛇を, ためみずからこれへ参った, ためみずから外征に赴く, ためみずから石に乗っ, ためみどりの袂, ためみな室の片隅, ためみにくく歪んで, ためみやこへ上られます, ためみるみるうちに, ためみんな撃墜されて, ためむざんな敗北者として地位, ためむざんやさすがの清正も忽ち, ためむしろ荘重を, ためむじつの罪に貶され, ためむす子は, ためむちゃをし, ためむつかしい語で, ためむなしく機を, ためむやみに人, ためめいめいの部署, ためめっきり気丈者に, ためめッきり公務がふえ, ためもうこの男女, ためもうすっかり混亂し, ためもうどうしても歩けなくな, ためもうほとんど死んだよう, ためもう少しくだいて, ためもちろん娘からは, ためもっこ部屋の, ためもっぱら信長の, ためやけたあとにも, ためやっつけられてしまった, ためやっつけられたのだ, ためやって来たルイス, ためやっと他人が, ためやっとこさ互いに向い合って, ためやつと許し, ためやのんか, ためやむをえないんだ, ためやむを得ず神田に, ためややこしさぎょうぎょうし, ためややもすれば船体の, ためやるのが, ためやろな, ためやわらかい石けんを, ためつくりと, ためゆうべの風雨, ためゆうべ一夜を過ごした, ためゆうゆうと蝋色鞘, ためゆえだったの, ためゆく末は, ためゆだんしてしまう, ためよういに動く, ためようやく二人の, ためよかれかしと, ためよくよく近よって, ためよしや求められたこと, ためよじ登った見覚えの, ためよそへ行こう, ためよそめにはすこし, ためよってくだんの, ためよと云て, ためよろこばしいことだ, ためよろこびのため, ためらいがちな視線, ためらしい押し殺した低い聲, ためらしく思われた芝を, ためらしく破れていた, ためらつたのはかう, ためらつた後底力のある, ためらつた後彼女は怯づ怯づ眼, ためらつた後薄明るい茶の間, ためらつた後貧弱だが, ためらつた末に, ためらつてあとの田, ためらつてさへゐれ, ためらつて眼をパチパチ, ためらつて静かに歩き出す, ためらはずかつ目に笑, ためらはず宇宙を測る, ためらはず岸を去り, ためらはず戰車を棄て, ためらはず時代をつかんだ, ためらはず鮮やかに断言, ためらひだつた, ためられた少年の, ためられるといふ感じ, ためらッてなどいられなかった, ためろうなかれと, ためろくな手当も, ためろくろく聲も, ためろ彼は寒い, ためがなすべき, ためわがまま気随にし, ためわきにちゃんと, ためわしゃ腸のため, ためわたくしたちの朝飯, ためわたしどもまでどれほど, ためわり込んで泊る, ためわるかごとすっ, ためわれなほ一の事, ためわれら十三名が死, ためわれわれ臣民の常に, ためわれ世に歸ら, ためわれ人は顏, ためわれ間にある, ためをなさりたいとの, ためををしむたぐひ, ためアアチャンが疲れ, ためアクティウムの決戦後, ためアズサの真物, ためアフラ・ベーンという作家, ためアフリカの東海岸, ためアフリカあたりに植民地, ためアマリアは苛立った, ためアムステルダムに送られ, ためアメリカへやって来た, ためアリョーシャと別れ, ためアルキッドが眼, ためアルバムを開き, ためアルメニアから引き返した, ためアレ見よ沖, ためアレキサンドル三世の政府, ためアントアネットは自分, ためイナゴは色彩, ためイブセンは大変迫害, ためイライラさせられたので, ためインフレーションで苦しむ, ためウイをのむ, ためウイスキーを注文, ためウインドヤッケがグッショリ, ためウヂヂに来ます, ためウンヌンを言い, ためエクセントリックな老婆, ためエゾヤマドリの美しく, ためエリカの結婚生活, ためエルクレが標, ためエルナンド・ピサロも一五三九年, ためエレベーターやトロ, ためエレヴェーターで降り, ためエンジンがどうか, ためオジさんを郊外, ためオマケとしてミミイ嬢, ためオランダへ行っ, ためオートバイの警官, ためカイゼル街にしかも, ためカギをかけた, ためカルタゴはその後, ためカロリーネの例, ためカンヅメにされ, ためガクヤに寢泊り, ためガスの火, ためガソリンもタイア, ためガタロウといい, ためガラスの蓋, ためガラス張りになった, ためガンガンとひびく, ためガ行音は語頭, ためキラキラ水玉を, ためキールの砂利, ためクッキリと浮き出た, ためクラムの仕事, ためクリスマスの夜みたい, ためクリミヤのヤルタ, ためクリメーネの許, ためクールフェーラックから五フラン, ためグショヌレ中間ピークより雨, ためグレゴールの, ためケイオーに入院, ためコクカのため, ためコゼットはマリユス, ためコノールの嗣子コルマック・コンリナス, ためコバルトをかける, ためコルテスは自ら一部隊, ためコンソメヴィール・ピカタにアスパラガス, ためコンプレックスを歴史性, ためコースチャやカーチャ, ためコーヒーにウイスキー, ためサッカリンといっ, ためサミユル博士は待ち, ためサヨは涙, ためサルトレーキに途中下車, ためシッカリした者, ためシベリア国立出版所の書記, ためシャンゼ・リゼイの方, ためションボリしたの, ためシンガポールの市場, ためジガレンを打っ, ためジヨチウ菊を燃した, ためスキーに雪, ためスクロドフスキーの娘たち, ためステファアヌ・マラルメが愛でた, ためステーンセン伯爵様御夫妻, ためストライク・ブレーキングが平気, ためストレーカはその, ためスパイがばらまかれ, ためスパイスという混ぜた, ためスペイン王よりこの, ためスレーターは取, ためスワン夫人となつ, ためスヰツチを切つて, ためセットも先有権, ためセメントは一時間, ためセルロイドを取り扱う, ためゼウス神に祈願, ためソンばかりし, ためソヴェトの指導部, ためソヴェト映画の主題, ためタイプライターをうった, ためタヌに引っ立てられ, ためタミノを出した, ためダルメイダは途中, ためチベット人は神聖視, ためチンとした, ためてどういう, ためツークーマンに見, ためテスラ電流を用いる, ためテルマと名, ためディジョンにちよ, ためデモクラシーを重んずる, ためトボンとし, ためトランクをゴム靴, ためトラ十にかぎつけられた, ためトルレスの許, ためトロイア人とアテーネー, ためドアをあけ, ためドストエフスキイの小説, ためドーンドーンと鳴っ, ためナイシイ及びその, ためナイフがぐさっと目玉, ためナブリモノにしてやろう, ためナポレオンは終に, ためのよう, ためニコロの愛欲, ためニーノ・ヴィスコンティを逐, ためネズミがうんと, ためネメア王リュクルゴスに賣られ, ためノックしたらちょっと, ためノルマンディの地方, ためハイキング支度で来られた, ためハイヤ呼んで, ためハッと気がつい, ためハツキリ何割かの損, ためハムレットさまのため, ためハリスの視覚, ためハークネス氏の居間, ためバスは第, ためバタと鰯, ためパイプが破裂, ためパシフェの牝牛, ためパッポディンディを, ためパッスするため, ためパリイに新しい, ためパルマの附近, ためパレスの生活, ためパン焼工場へ行った, ためパール・エンド・ハーミーズ礁の北, ためヒカク的家にこもった, ためピアノと管弦楽, ためピュラケーの地, ためピリリとひびいた, ためフランス国の財政, ためフレンチ医師が往診, ためフロイスに頼ん, ためブオンデルモンテ殺害せられ兩家, ためブドー糖でもうっ, ためブリキトタン御入用, ためブルジョアジーと文武官僚, ためプルチネッラはいつも, ためプレカアノフで通っ, ためプレディカトリ派を起し, ためプロの賭博者たち, ためプロレタリア文学についていう, ためプールの方, ためヒトとの, ためヘクトールを促し, ためヘルメーアスは門, ためベアトリーチェ我をし, ためベカ島の陰, ためベッドへ走っ, ためペインは彼女, ためペテルブルグから引っ張っ, ためペラゲーヤから小言, ためペンを措い, ためホノルルに入港, ためホンの少し, ためボルク号に代っ, ためボンヤリと大きな, ためポウルは決闘, ためポチを何処, ためポリュネイケスに誘はれ, ためポルトガル人と争う, ためマイクロフォンを東部防衛司令部, ためマスクがかぶれない, ためマッチの火, ためマディアンにむかひ, ためマニュエラへ入る, ためマヌエラには猿轡, ためマラッカに着く, ためマリアの懷, ためマルクスとエンゲルス, ためマルグリットは遂に, ためマーシャはテーブル, ためマ元帥暗殺計画を企てた, ためミイラたちは浮き立つ, ためミゲル湾に派遣, ためミス・ジョセフィン・マーチと印刷, ためミヤ子にたのまれ, ためムザムザ討たれたもの, ためメキシコに向け, ためメジュール街の彼, ためモスクワへ帰らなけれ, ためモデルに圧倒, ためモルトケ時代からは特に, ためモンドリ打って, ためヤケ酒を飲む, ためヤッコの語義, ためヤッローはつばさ, ためユリお得意, ためヨネという場合, ためヨルダン川の流る, ためラストのヴァラ, ためリビヤの砂漠, ためリヤカアも二つ作り, ためルチャ国に往く, ためルックザックが途中, ためルミナールを用いる, ためルーテルをし, ためレコードは決して, ためロケットはやぶられ, ためロシアに来た, ためロダンに會, ためロープを付け, ためローヤル・ソサイテーの会員, ため一々開けて, ため一がん張りがん張り出して, ため一さいを掌握, ため一そう事はこんぐらかつ, ため一たび滅ぼされた尼子家, ため一つ不便と不愉快, ため一つ購つて置きたいと, ため一ぱい書物が並べられ, ため一ノ谷が義経, ため一ノ関を訪ねた, ため一ルーブル札を包み, ため一ヶ月ばかり九州方面, ため一ヶ月足らずは花巻町, ため一九二一年までの単一経済組織, ため一九二三年レーニンのすすめ, ため一二九三年シエーナ市にて火刑, ため一二九四年の始めナポリ, ため一二五九年シエーナ人刺客を遣, ため一二分の間に死んだ, ため一二艘波を被, ため一人娘の私, ため一例を挙げれ, ため一個人としての自主的, ため一八○八年スペインに侵入, ため一兵士の魂, ため一冊を綴りしか, ため一刀のもと, ため一分も猶予, ため一刻も早く, ため一句をちょっと, ため一句呈上いたし候, ため一同色をうしなった, ため一向に世間には, ため一回の会戦, ため一国の公, ため一地方のため, ため一夏を茅, ため一夕貴嬢, ため一夕旺なる壮行会, ため一大寺を造営, ため一家の主人, ため一家全滅された由, ため一寝入りさせて, ため一寸一頓挫を来たした, ため一寸口を噤んだ, ため一層こぢんまりした感じ, ため一年近く遠く南, ため一度失敗したという, ため一戸を構える, ため一挙天下知名の音楽家, ため一揆の中, ため一敗地にまみれ, ため一族を率い, ため一日一時間の日光浴, ため一日水へ漬け, ため一日興津川へ遊び, ため一旦双眼鏡を, ため一昨年十一月休職故郷の大村市, ため一時ここを避難, ため一時五体の循環, ため一時延期の状態, ため一時権宜に, ため一時研究を放擲, ため一時禁酒の余儀ない, ため一時組を解散, ため一時絶息したこと, ため一時蜂須賀家を利用, ため一時身を置く, ため一時間でも早く, ため一晩馬籠に泊まった, ため一月くり延して, ため一期の迷, ため一木の釘, ため一札仍って如件, ため一村について六両二分, ため一枚の紙きれ, ため一歩踏み出したばかり, ため一歳に七度奔命, ため一段落つくところ, ため一泊して, ため一瓩の焼夷弾, ため一生いぢめ, ため一生けんめい尽しますって, ため一生けん命働らき毎, ため一生懸命就寝自分は一時半, ため一生泳ぎを知らず, ため一生涯大変な苦労, ため一生貧乏をし, ため一町四方ほど樹木, ため一番大掴みにした, ため一番最後まで残された, ため一目で室内全体, ため一直線に陳列, ため一睡もいたしおらず, ため一瞬にし, ため一種人情に対する警官, ため一種物理的な影響, ため一種独特の明るい, ため一筆啓上仕候, ため一等切符をかっ, ため一粒の飯, ため一纒めに要約, ため一臂の力, ため一般婦人を厭, ため一般市民は公園, ため一般観衆の喜捨, ため一藩のため, ため一行に遅れ, ため一見破格となり, ため一言挨拶する, ため一足退ると, ため一足ちがいとなり, ため一躍高名と, ため一軍の兵, ため一軒の家, ため一週一度づつ通つた, ため一門揃って, ため一間のこらず歩いて, ため一隊で先駆, ため一面機械を錆, ため一頓座を来し, ため一體に不文, ため七十二歳まで生きられない, ため七名の有志, ため七時には出かけよう, ため万々歳です, ため万事オーケーイ式でないため, ため万全の措置, ため万年筆には多少, ため万才の写真, ため万歳を叫んだ, ため万福寺の山腹, ため万端の準備, ため三たび陸奥の任, ため三ヵ月ほど休養, ため三万の兵, ため三人殺しの罪, ため三十二夜眠らず遂に, ため三十分停車いたしまア, ため三十年前五十年前はどう, ため三十歩行くの, ため三千八百の負, ため三名を失い, ため三度の食事, ため三成社を株式会社組織, ため三方へ全, ため三族を捨て, ため三日三夜を一日一夜, ため三時頃迄ね, ため三本の狂言中二本休演, ため三様の変化, ため三段開きとなつて, ため三河以来の名門, ため三浦さんの行動, ため三田の文学講演会, ため三番目の一番, ため三百頭の牛, ため三角点から引返す, ため三週間ほど湯治, ため三里隔てた牧園, ため三重史大馬, ため上げたところへ, ため上と下の二段, ため上下の序, ため上京中で留守, ため上京叔父のもと, ため上品なしつけ, ため上層と擦し, ため上杉武田両家とも別, ため上洛軍の兵員, ため上流へ落ち, ため上甲板は大騒ぎ, ため上納金を差し出せ, ため上総の知行所, ため上總の知行所, ため上達はしない, ため上野から汽車, ため上野さんを東道役, ため上野介は上杉, ため下城はいつも, ため下層の濁った, ため下江したの, ため下男がきっと, ため下積みにされた, ため下總屋に立寄, ため下諏訪に立つ, ため下谷西町の小さい, ため勝手ながら, ため不充分な結果, ため不公平を甘んずる, ため不具な憲法改正草案, ため不利益をこう, ため不可思議なる自動車, ため不合格となった, ため不吉にも彼, ため不在留守を預っ, ため不思議にも私, ため不愉快なこと, ため不愍にも右源次, ため不断に磨き競っ, ため不日南都へ, ため不明な所, ため不正の結婚, ため不毛の地, ため不気味さがますます, ため不浄で重量, ため不測の災い, ため不用心だから, ため不眠に效, ため不義理ばかり重ね, ため不規則な三角形, ため不覚な傷, ため不遇になった, ため不都合にも平田内相, ため与八どのこの女, ため且つまた誤謬, ため且容易ならん事, ため世に見棄てられた医学生, ため世界平和を攪亂, ため世界文化のため, ため世界的大運動, ため世継ぎとなった, ため世話人衆のお, ため世間体だけを官職, ため丙種でした恥ずかしい, ため両国橋の上, ため両家の交際, ため両端の足指, ため両足を膝, ため中堂の役寮, ため中央地方を通じ, ため中央路に降りよう, ため中央集権的支配を容易, ため中尉の死, ため中小商工業者への低利資金融, ため中川高山池田すべての軍, ため中庭へ入っ, ため中止皆がっかりしてるだらう, ため中止解散を命じられた, ため中津から四キロメートル, ため中軍に来, ため中途その目的, ため中通りの郵便局, ため丸く透いて, ため丸の内界隈も騒然, ため丸ノ内へ出掛け, ため丸木は千二, ため主君謙信のす, ため主戦場から兵, ため主義上と言う, ため主題が他, ため乃至芸妓と, ため久しい以前から, ため久子がどこ, ため乍ら時候外れの冷たい, ため乗り込んだようである, ため乗客は生命, ため乗組員の半数, ため乗船した前夜, ため乗降客は多い, ための方, ため九十郎を討ち取る, ため九州探題の下, ため九年母を代用品, ため乞食にまで身, ため乱れがちになる, ため乱暴な狂人, ため乱筆の儀, ため乱闘のさいちゅう, ため乳母と二人, ため乾分に任せず, ため乾杯せざるを, ため亀戸までいっ, ため亀裂が入りかかっ, ため亂戰中に倒れしむ, ためりて, ためはいよいよ, ため予め軍部に対して, ため予備行為を怠り, ため予備軍とし, ため予想外に日数, ため予期した十分の一, ため事ごとに憂き目, ため事務所へ帰っ, ため事務的な連絡, ため事変と共に任地, ため事実上歌界の元締め, ため事故が多, ため事業そのものの発達, ため事毎に人々, ため二ヵ月とた, ため二三の物, ため二三人が軽い, ため二三十分おくれて, ため二三回宙を回った, ため二三度投げ出された, ため二三日の旅, ため二三日前すでにそこ, ため二人偶然話し合う事, ため二六分の一という如き, ため二十一度の霜, ため二十四時間水中に浸す, ため二十日あまり流人村の見廻り, ため二十枚ほども書いた, ため二十歳の人, ため二千両の寄進, ため二号艇に乗組ん, ため二商品を, ため二回までも破壊, ため二年目の秋, ため二日も三日, ため二日二晩碇泊して, ため二月十日と申します, ため二本の電線, ため二本めの酒, ため二条の院, ため二浮世絵日本古代の美術, ため二百八間の大橋, ため二箇大隊は選ばれ, ため二羽の若, ため二言三言軽い言葉, ため二重回しの裾, ため二重瞼が薄, ため云々を素朴, ため云うておく, ため互いに調和的に, ため互に相会う, ため五ギニイであり四箇年, ため五万年の後, ため五丈に近い, ため五人ずつの従者, ため五代目菊五郎伝を見たら, ため五六日見舞いの使い, ため五兵衞始めの口書, ため五十日の手鎖, ため五千銀ルーブリを寄附, ため五右衛門の受, ため五回めに心臓, ため五年前に隱居, ため五年間行うこと, ため五度も尋ね, ため五日かかって, ため五日週間を採用, ため五時に一時, ため五更の頃, ため五月中旬から六月中旬, ため五月末から外, ため五本の足指, ため井上侯を今日, ため井筒屋手代万八と中買勘造, ための餘地, ため些少の賃, ため些細な点, ため亞細亞の和戰, ため亡ぶ日を, ため亡ぼされ怨みを, ため交互射撃の方法, ため交番をめぐる, ため交通が途絶, ため京助が悲鳴, ため京子の眠る, ため京都中を奔走, ため京都奈良堺などの唐綾, ため人あだ名して, ため人口一人当たりの富, ため人家は多く, ため人心が自由, ため人情を外しとうない, ため人情風俗がよく, ため人柱を立てる, ため人為を越え, ため人物から来る, ため人生のため, ため人目を避け, ため人相までは覚え, ため人穴城の殿堂, ため人込みから離れた, ため人通りも荷馬車, ため人違いにしろ, ため人里離れた広漠, ため人間的なつながり, ため人間苦の象徴, ため仁人の君子, ため仁君子が苦しめられ, ため仁王門を過ぎ, ためを報ずなれ, ため今ここにその, ため今それを存在論的, ため今や新たな, ため今一つには紫, ため今一度買った八百屋, ため今一度そなたに, ため今一度ふり返って, ため今一度二人の顔, ため今夜私は日本, ため今日お家へお, ため今日入学試験に対する問題, ため今明けがたになる, ため今月は御, ため今朝解剖によって直接, ため今赤間ヶ関に御, ために逢わなかった, ため仏国及び外国, ため仏国巴里に渡り, ため仏寺の取払い, ため仏教は印度, ため仏米両国に使節, ため仏蘭西へ渡航, ため仕合せですから, ため仕度をし, ため仕方がない, ため他国の勝ちえた, ため他所からの食糧運搬, ため他方の権利, ため他日私をし, ため他面に芸術家, ため代ってお答え, ため代官所へ引き渡す, ため代官自身に認めた, ため代理にダルメイダ, ため以下のテンマツ, ため仮りにこれ, ための虫, ため任地のシャルトル, ため任意の二商品, ため伊丹城の外, ため伊兵衛と馬春堂, ため伊勢平氏たる平正盛, ため伊勢正とは縁, ため伊太利カプリ島の友人, ため伊尹これを桐宮, ため伊織の襟, ため伊藤のあと, ため伊豆の西海岸, ため伊達の家臣, ため休みになっ, ため休館になっ, ため会堂に青い, ため会所のなか, ため会話が上手, ため会館の門外, ため伝えておく, ため伝六をゆで, ため伝統的に外冦, ため伝習所という, ため伯母さんはまつたく, ため伯爵のもてなしぶり, ため伯耆の大山, ため伺いますが, ため伺候して, ため但し異説あり, ため住吉船を勅許, ため佐久間騒動などという一揆, ため佐伯氏が彼女, ため体力がついた, ため体操をしなけれ, ため体操器械のある, ため体躯が柔, ため体重が減っ, ため何かと修繕代の, ため何くれとなく, ため何でお妻, ため何となくみずから発言権も, ため何とも判断できない, ため何もかも忘れて, ため何らかの手段を, ため何一つ本物には, ため何代も住み続けた, ため何十万の源氏, ため何十人前と注文, ため何十回も集会, ため何年にもした, ため何度も危ない, ため何時も話は, ため何本も踏切り, ため何物をも髣髴, ため何者も見, ため余り人々の注意, ため余り経験がない, ため余裕の精神, ため余韻おのずからに, ために逢, ため作られてい, ため作られしものと, ため作られた話だろう, ため作家の泣き, ため作曲の際相当やりくり, ため作物が少ない, ため作者ひとりのため, ため作衛はいや, ため使ったという浴堂, ため使節差し越し候, ため例えば保田与重郎氏が, ための親類, ため供述を終え, ため供養すること, ため侵入者をふせぐ, ため侵略軍のため, ために請, ため便宜のない, ため便所を見せ, ためがす, ため俊夫君が非常, ために云, ため俘虜になっ, ため保護しようと, ため保養かたがた暢気を専一, ため信ずることを, ため信仰的自殺を遂げし, ため信号がなかなかそう, ため信子の父, ため信心深きテルラ, ため信忠以下は驚愕, ため信憑するに, ため信濃に要塞, ため信玄御坊と数度, ため信玄方では見当, ため信者達は特別献金, ため信越より東北, ため信近の気にいりで, ため信長の第, ため修一の話, ため修繕を延し, ため修行のため, ため修行十分に屆, ため俯いて他, ため俳優の職能, ため俺たちは俺たち, ため個人企業である玉井組, ため個性を欠く, ため倒壊するに, ため借受町村また図書館, ため倦み疲れて新しく, ため倦怠頭痛眩暈耳鳴などを, ため倫敦大学派遣のエムメット・スティヴンス教授一行, ため健三に向っ, ためへは人, ため傍らにやはり, ためなしの, ため備前熊山を去った, ため傷められたに相, ため僅かに数日間, ため働いている, ため働いた牛や, ため働かずにはいられない, ため働きたいという, ため僻陬の地, ため優秀なる地下戦車, ための何進, ため兄さんに対してだけは妙, ため兄上重蔵殿の一生, ため兄弟のため, ため兄弟別れ別れに敵味方, ため兄弟子の多, ため先づ悪魔同志喧嘩をさし, ため先んじて今夜, ため先代信秀から平手中務, ため先刻あの馬車, ため先妻のお, ため先年病後の床, ため先年肋骨を八本, ため先廻りをし, ため先日から金, ため先見の明, ため先頭に立っ, ため光榮と, ため光源氏の派, ため光秀を介し, ため光線反射の原理, ため克明に鳴門一帯, ためを射る, ため兎角ぐらつきそう, ため児孫のため, ため児玉は警察, ための支持, ため兜岩に赴き, ため入口の扉, ため入棺はその, ため入水した伝説, ため入洛を思い立っ, ため入港中の船, ため入獄せる戸主解放, ため入費が嵩ん, ため全ての国民, ため全員が宿命的, ため全員麦飯をたべる, ため全壊し又, ため全島の樹木, ため全快出来ぬらしい, ため全滅されて, ため全部十八通であったという, ため全部発表したもの, ため全部経験の意義, ため八合目より一旦, ため八幡に行っ, ため八度尾をもて, ため八月七日ノルマンディーに赴き, ため八重の一派, ため八重自身の口, ため公儀の物入り, ため公卿か富裕, ため公園及び湖畔一帯, ため公有になつて, ため公爵夫人の顔, ため公衆に見せたい, ため六十余州を回国, ため六十日余りを床, ため六十日餘りを, ため六四八六等の破, ため六国は奔命, ため六年間天皇は日向, ため六時間行程の登山, ため六月十九日の公演, ため六条河原で首, ため六波羅では北殿, ため六百山の裾, ため六箇月間に五〇〇人, ため六隻の軍艦, ため共々内蔵助に, ため共産党の取締, ため兵三千騎を附し, ため兵力の大, ため兵士たちは休息, ため兵庫から御, ため兵気はみだれ, ため兵粮武具を捨て, ため兵道のため, ため兵隊を後方, ためとし, ため其事が行われなかった, ため其処で娘, ため其方が名, ため其災なき地理, ため其甲斐なく遂に, ため其處を潔め, ため其要のため汝ら, ため具体化せずして, ため典医近侍勝手方雇女を見張る, ため典蔵に不義者, ためて恩顧, ためを一応, ため内科の方, ため内縁関係にし, ため内職等に精力, ため内臓ぜんたいに脂, ため内輪にひとつ会議, ため内陣の天井, ため円タクに乗ろう, ため再縁はもとより, ため冠婚葬祭の四, ため冥罰により, ためい留置場, ため冷えきつた, ため冷たいやうに, ため冷水摩擦のた, ためれた気持ち, ため凍死しそう, ため凡てに沖縄, ため処刑前に祝言, ため処置されました, ため凱歌をあげましょう, ため凶作時の価格, ため出あるかねばならなかった, ため出かけたことなどが, ため出かけることの, ため出そびれてし, ため出たら目に, ため出仕もならず, ため出仕事にまわされ, ため出勤しおりし同校書記, ため出家遁世の姿, ため出張すると, ため出来なくなるバタは, ため出来る限りかかる, ため出版業者の出版方針, ため出獄の後, ため分けては遠き, ため切り離された右手は, ため切支丹に有利, ため切支丹屋敷のお, ため切符は売らず, ため切花の芍薬, ため列車の出発, ため列車八割削減といふ記事, ため初々しい羞恥が, ため初年度において二十ドル以内, ため判りにくいかとも, ため判断を下す, ため判読するの, ため別口の預金, ため別院の内, ため利かぬ両手を, ため利用すること, ため利益のため, ため到頭ひどく身体, ため刺し殺されたので, ため刺撃の力, ため刻々に物資, ため剃ることも, ため剃髪した男, ため前年よりは大, ため前後二三の停車場, ため前方の四号病室, ため前歯二つ反つて, ため前線から敗走, ため前者の方, ため前記のかんじ, ため前進せしむる, ための奉納額, ため王の, ため副作用として湿疹, ため割合に灯, ため劇化したの, ため劇団の騒動, ため功績もあった, ため加瀬谷少佐の前, ためかつた, ため助かりしと申さる, ため労働についての色々, ため労働者や下層階級, ため労働者一人の賃金, ため労働者農民を何十万人, ため勇気のため, ため動く能わざりしを地中, ため動員されて, ため動物をし, ため動物共は二回, ため勘定奉行の荻原近江守, ため勘当せられて, ため勝たねば我身, ため勝祈りまでなされ, ため勝軍は逆, ため勢いそうならざるを, ため勧進の山伏, ため勾配もカーヴ, ため勿体らしく中空へと, ため勿論このよう, ため匂宮のお, ため匆々東京へ転入, ため化学会では, ためのほう, ため北斎北渓らの間, ため北条家のむす, ため北満の開発, ため匡正せらるること, ため区々一言を発す, ため十一時すぎかえったので, ため十七日に山, ため十三の時, ため十九歳で死ぬ, ため十二時に撮影所, ため十二首採られたが, ため十五歳で京都, ため十人の雛妓, ため十八世紀中には遂に, ため十兵衛の声, ため十分哺むことが, ため十名ばかりの火星兵, ため十字架の犠牲, ため十年ぶりにこの, ため十座の唱門, ため十数年もしくは数十年, ため十時にハネ, ため十月十七日にはプラーク, ための兵, ため千之助は無意識, ため千寿王さまの補佐, ため千恵はほんとに, ため千登世の健康, ため千種殿の方, ため千鶴子だけ先, ため午前のロケ中止, ため午前九時に皇帝, ため午前六時頃出発しカンバ, ため午前半日をとうとう, ため半井桃水という文学者, ため半分歩きゃあ又, ため半年の喪, ため半日しか日, ため半端物や古着, ため卑しく見える顔, ため卑怯になった, ため卒中で仆, ため卒倒した, ため協議して, ため南京虫退治にどういう, ため南京赤絵という特別, ため南印度の國王捺羅僧伽補, ため南巣の野, ため南御殿の入口, ため南極大陸の景観, ため南洋交通に關, ため単独の判断, ため単独射撃は一斉射撃, ため単身城を脱し, ため単身米国を漫遊, ためく深く考察, ため博多には一色, ため印刷すること, ため印刷工組合と友愛会支部, ため印度流の言葉, ため印籠の細工, ため印象づけるためすべての, ため危いところを助けられ, ため危くも将門, ため危く跳ね付けられようと, ため危急の場合, ため危機にあった, ため危篤におちいり, ため危険を冒す, ため危険予防上指揮刀を必要, ため危難を免れた, ため即刻即座の反響, ため即座に退散, ため即時釈放の交渉, ため却ってなにか疾患的不気味さを, ため却つてかの者, ため却つて中身の空, ため却つて埋み火のやう, ため却つて壞滅の道, ため却つて変に貧し, ため却つて成程と首肯, ため却つて本来の芸術的純粋さ, ため却つて自然と足, ため却つて詫の詞, ため卵巣切開手術をうけるべく, ため厄月ではない, ため厚化粧のお, ため厚意の波, ため原っぱへカン, ため原子エネルギーの活用, ため原書の篇名, ため原産地のベン・ガジ地方, ため原田どのの意見, ため原稿紙ののっ, ため厳粛な歓迎会, ため厳罰に処し, ため厳重な取調べ, ため定は, ため去年京都を去る, ため去年雨期を持ち越した, ため去年頃から適当, ため参るにも参られず, ため参上致しまして, ため参内するところぢ, ため参右衛門の妻女, ため参考になる, ため参賀いたしかねますについては, ため参館したこと, ため又四郎以下三百人はことごとく, ためのため, ため友軍二タ手が先, ため双方で心細く, ため反り腕になっ, ため反撃せらるる危険甚大, ため収入の道, ため収穫時のさ中, ため収録された作者数, ため取りかえしのつかぬ, ため取引者同士の結婚, ため取押えられ処刑された, ため取替せざりしかば膿したたか, ため取調べてみる, ため受刑者はすぐ, ため受取り仕舞いなく, ため口上左様, ため口中は渇い, ため義の, ため古くは見える, ため古めかしくいでたって, ため古代より人, ため古川さんが友情的, ため古手紙をため, ため古来不明な植物, ため古格を保つ, ため古河に加担, ため古語の穿鑿, ため古谷局長の検閲, ため古風なたんざく, ためが詩情, ため只今の試練, ため召し捕ってやろう, ため恐い悪い病が流行つて, ため可愛い夫の, ため台本を離れた, ため叱ったり気苦労, ため右側の隣室, ため右大将を辞した, ため右往左往する人々, ため右翼は潰滅, ため右馬介は顔, ため司令塔のうち, ため各々の子弟, ため各国のもの, ため各国別にそれぞれ適任者, ため各社間の競争, ため各自が一層, ため合体尊攘即行に望, ため合理的な叡智, ため吉之助様へお, ため吉次にいいつけ, ため吉浜真鶴早川口, ため吉田親分に顔, ため吉良細川の二将, ため同乗せられた大山さん, ため同人はもがき, ため同僚の彼, ため同国幡多郡佐賀村大字拳ノ川の山路, ため同家へ寄っ, ため同志を糾合, ため同族の女性, ため同時に幼い兄姉たち, ため同書を携帯, ため同様に模写, ため同級生は悉く, ため同行せんとの, ため同類と疑われ, ため名乗り申すが奥州青葉城, ため名前も出さず, ため名古屋支社図書館の方, ため名望高い一門, ため名誉ある曲, ための宮, ため吐血し忽焉, ため向い側の富山鉄道, ため向う一箇月間休場いたします, ため向う三軒兩隣を當つて, ため向島まで出向いた, ため君子も近く, ためひ着いて, ため吸入これつとむ, ため吸収される分量, ため吹きとばされその一本, ため吹きとんでしまい, ため吹きまくられたのだった, ため吹込の方, ため吾等は始め, ため呂布を扶, ため呂曠呂翔も惨敗, ため呆然としたらしかった, ためのため, ため呉侯孫権のご, ため呉家の固有, ため告げよ失せし子を, ため告解や聖餐, ための武王, ため周さんに直し, ため周三はその, ため周泰どのには甲, ため周馬はかえって, ためも風味, ため味噌蔵にいれられた, ため呼び出されたからこう, ため命がけで叫ん, ため和子の将来, ため和歌六首を咏まれ, ため咽喉を丈夫, ため哀れにいたずら, ため品川で降ろされ, ため品川沖合いの位置, ため品物を粗悪, ため品行が忽ち, ため哨舎の中, ため哲学の分裂, ため唐突な召喚, ためも新, ため一つの, ためを吐く, ため商人達が金, ため商況が俄, ため商賈と工人, ため問合せてみる, ため善いことは, ため善からじと, ため善七の部屋, ため善人と語り, ためを鳴らしはじめ, ため喜ぶべき實を, ため喜劇におわっ, ため喪服は着ける, ため喰い切られてしまった, ためがパッ, ため四ツ匐いになっ, ため四ツ目の親分, ため四五日に西下, ため四五日宿下りして, ため四五日検察当局の中, ため四六時中酒を煽り, ため四十歳にし, ため四国西国へ遍歴, ため四天王寺の内, ため四散して, ため四方田又兵衛も光秀, ため四時びけの処, ため四時頃風呂へ行っ, ため四月上旬東京美術倶楽部で書画骨董, ため四次元世界にとり残され, ため四百七十トン百二十馬力の汽船, ため四種が一時停止, ため四要品を摺写し, ため困窮のあまり, ため図書館に勤め, ため固く眼を, ため固有名詞などデタラメ, ため国体の本義, ため国力の衰, ため国民的精神と言える, ため国民皆兵で誰, ため国法を破っ, ため国王陛下の御, ため国産奨励のため一つ不便, ため国立国会図書館の礎, ため国語を写す, ため国貞門下の或, ため国防献金を奨励, ための名港ネープルス, ため國元へいらせられ, ため國友の影, ため土佐房昌俊たちの襲撃隊, ため土壌の生産物, ため土屋君は頭上, ため土岐左近を用い, ため土蔵の階下, ため圧死したほど, ため在庫品をしらべし, ため在来と異なった, ため在来日本の読者, ため地ならしをする, ため地下より起ちあがらん, ため地中へにげこんだ, ため地中海沿岸の遊楽地, ため地主の彼等, ため地図の道, ため地廊の丸天井, ため地形を利用, ため地形図の間違っ, ため地方人の陳情団, ため地獄で巨岩, ため地球上でも赤道, ため地震が起こり, ため地震力が蓄, ため坂崎家は断絶, ため坂道で足, ため坊さんにもなれず, ため坐っていられず, ための内, ため垢付きの家宝, ため立つ道, ためを繞, ため城下は兵, ため城下端れまで, ため城中無数の男女ども, ため城壁にはさらに, ため城外の馬場, ため城戸夫人と二人, ため埠頭にある, ため執事の謝, ため執権職を罷め, ため執筆したるもの, ため堀井十二時に来た, ため堂宇悉く倒壊, ため堅めると, ため堅牢を誇っ, ため堕すことも, ため堤防を築く, ため場合によっては先生, ため場所へ出向いた, ため場面が急, ため堺屋の妻, ため堺港が灰, ためをたて, ため塗料をぬりました, ため塩代だけ汽車賃, ため墓ときめし場に材, ため墓碑の篆額, ため増長天王はしばらく, ため墜落の力, ため墨汁一滴を認むる能はず, ため壁一ト重の情, ため壇下にわが, ため壊血病にかかった, ため士官のうち, ため士族と商人, ため壮年に達した, ため売り渡され検挙された, ため売る物は, ため売れなくなったの夥し, ため売名のため人, ため売買から利益, ため壺屋出来の在来, ため変名して, ため変態心理を寓, ため変更した, ため変装された女性化主義, ため夏日の残雪, ため夏道が出, ため夕方近く台所に出, ため夕立らしい勢, ため夕雲の鮮, ため外交に廻って, ため外交界でよく, ため外務省へ出頭, ため外国品一切売るところ, ため外国文章の句法辞法, ため外国船が日本, ため外国著作権の侵害, ため外国著作権者から告訴, ため外廓にひび, ため外気の暑, ため外洋へ出る, ため外見は完全, ため外観は出来る, ため外部よりみえざりし, ため外面どこといつ, ため夙に散所, ため計代は, ため多分蝋を, ため多大の損害, ため多市の様子, ため多忙をきわめ, ため多摩川の向, ため多数の人, ため多鶴子は若い, ため夜すがら眠りにつけない, ため夜どおし外に佇立, ため夜の目も寝られない, ため夜会も国家, ため夜勤の労働者, ため夜十時頃帰宅した慎作, ため夜半までは営中, ため夜半物干台, ため夜学に行く, ため夜島にはいあがる, ため夜明前から交通公社, ため夜更けまで, ため夜話の伽, ため夜通し町の辻, ため夜間追跡をうけ, ため夜陰に乗じ, ために大日様, ため夢中になっ, ため夥しい血と, ため大きなるうつ, ため大きく口を, ため大久保の扮装, ため大体に於, ため大内の皇居, ため大半はへた, ため大喝したり, ため大地は万物, ため大坂表へ御, ため大声揚げて, ため大変金がいる, ため大変骨を折っ, ため大奥からお, ため大字である, ため大学内に自治運動, ため大学病院の裏側, ため大学講師を辞任, ため大将も淑景舎, ため大小幾十そうの船, ため大崎から救援, ため大師は腹, ため大慶この上, ため大抵は仕組まれた, ため大損である, ため大敗をこうむっ, ため大方の市民, ため大日本帝国のため, ため大村氏の家, ため大村附近へ出張っ, ため大根人参の類, ため大概の人, ため大正三年に鈴木文助氏, ため大牢から出し, ため大石を砕い, ため大砲などをかれこれ, ため大磯にかくれすん, ため大義を天下, ため大衆文芸家の作物, ため大軍を送りだした, ため大連から汽車, ため大野城を出た, ため大金必要となり, ため大阪お祖母さんと呼ん, ため大隅の方, ため大隈は廟堂, ため天使ガブリエル神より遣, ため天保以降彼の手, ため天国を持参, ため天地も覆える, ため天子に拝謁, ため天帝が恐ろしい, ため天智帝が造営, ため天正八年以来因幡の鹿野城, ため天正十年から寛永九年, ため天皇のため, ため天皇陛下のため, ため太く職を, ため太刀先が折れ, ため太守のまわり, ため太平洋従来の捕鯨業, ため太政官の政務, ため太郎なんかのため, ため太陽の光, ため夫アダムと共に樂園, ため失態を演ずる, ため失敗ばかりした, ためは奇, ため奇計をもっ, ため奈川渡より自動車, ため奉られた単純なる, ため奉仕週間を作る, ため契約がふい, ため奥さんが愛想, ため奥州地方へ長らく, ため奥筋から順に, ためへる彼, ため奮って世, ため奮然として闘う, ため女中が冠ら, ため女優代る, ため女優第一人者を誠意, ため女史に贈った, ため女学校へ教, ため女湯の方, ため女王には自身, ため女賊となり, ためはついに, ため奴僕に鶏, ため奴国の宮, ため奴小万が戸迷, ため好い加減に積み重ね, ため好んで浪人, ため好学の青年, ため如何に足掻いた, ため如何せん君の, ため妨げられてしまった, ため妹エリーとともにウィーン, ためは七転八倒, ため姉妹のため, ため始めて市中, ため始め絲をもて, ため始終に眩惑, ための縁談, ため姫路止りであります, ため威儀を正し, ため威圧的でない程度, ため娘たちのため, ためやさん, ため婦人委員会というもの, ため婦人通信員養成婦人作家獲得のため, ため婦人部隊がまた, ための悪口, ため嫁御寮の変死, ため嫉妬と飲酒悪癖, ため嫌疑を受けた, ため嬌臭及び嬌味薬, ため子供連れの物見遊山, ため子分の重立つた, ため子孫繁栄のため, ため子爵のため, ため存在して, ため存外宿へ, ため孝之進の出京, ため孤立の苦境, ため学園の同窓会, ため学生は皆, ため学習院の遠足, ため学者はその, ため学識と創造力, ため学費に便宜, ため孫三郎が申, ため孫乾にさずけ, ため孫堅は部下, ため孫文黄興等は一時, ため學校を出, ため宇佐から八幡社, ため宇治川より木曾勢, ため宇津木一家のため, ため宇都宮に一泊, ため安いことは, ため安全な家屋, ため安全灯を作ろう, ため安土へ参向, ため安心のため, ため安楽椅子に腰, ため安眠出来ないの, ため宋清もあたら, ため宗助より後れ, ため宗太から頼まれ, ため宗観寺という禅寺, ため宗道へ行く, ため宗門の一部, ため官吏の専恣的行動, ため官能的表徴は感覚的表徴, ため官能表徴と感覚表徴, ため官船の廻漕, ため官軍のほう, ため官途が勤まらない, ため定められた黄書画師ならびに, ため定刻より早め, ため定規で神経, ため定雄も千枝子, ため宝盒抄略といふ書物御堂, ためをとった, ため実力は十分, ため実家に帰つて, ため実現出来ませんでした, ため実用品を, ため実行に移る, ため実質的な学問, ため実隆を訪うた, ため実隆邸を訪い, ため実験に少から, ため客たちはフリーダ, ため客観的価値が大分下落, ためを用意, ため室町のお, ため室町時代には動詞, ため宮中はここ, ため宮本武蔵は家老木下将監, ため宮本百合子中野重治その他の作品発表, ため宮様御降嫁, ため害されたその身体, ため害毒は比較的, ため害虫の繁殖非常, ためのくち, ため家主はまた, ため家事不取締, ため家伝を倍加, ため家元から破門, ため家具の始末, ため家内のもの, ため家司の重臣二人, ため家名を失い, ため家名再興の志, ため家庭の平和, ため家庭内にかえって, ため家扶を遣し, ため家族的の交際会, ため家来と共に五百マイル以上, ため家畜とされ, ため家督になおった, ため家臣のため, ため家計はむしろ, ため家財道具とも賣り, ため宸襟をなやませられ, ため容態を悪化, ため宿泊者を殺し, ため宿舎割の苦労, ため寄りつけもしない, ため寄合席へ下げられた, ため寄場の中, ため寄手は自分たち, ため密封して, ため密書をば軍用犬, ため富五郎は悉皆, ため富永が傭, ため寐付の惡, ため寒暖計が何度, ため寒水と同じ, ため寒風肌を裂く, ため付の, ため實相は掴めない, ため寧ろ遠慮すべきであろう, ため審配の甥, ため寺方に上った, ため寺男が道路, ため対抗策として品質, ため対立的に視られ, ため寿命をちぢめる, ため専ら古典の, ため専一に云々, ため専売局の眼, ため専門以外の部門, ために唇頭, ため将官の任, ため将軍家光にちかづこう, ため将軍日光社参延引を令し, ため尊氏の勢力, ため尊氏自身かくては一大事, ため尋ねて置く, ため小さなランプを, ため小人の姿, ため小僧働きの環境, ため小判小つぶ取りまぜての, ため小利口な慶喜, ため小塚ガ原のたまり, ため小売店に出さず, ため小姓で私, ため小学校へ通っ, ため小屋もろとも埋められ, ため小屋番の残し, ため小島様も服部様, ため小当りに当っ, ため小梅田圃などへ参られました, ため小樽病院に入院, ため小次郎の心, ため小浜兵曹長はついに, ため小生は絶對的, ため小田滝三は魅入られる, ため小紋も次第に, ため小者にあと, ため小説を書こう, ため小頭組合として三菱, ため弐妙恵の, ため少からず心, ため少くともその間, ため尺八を取っ, ためを持ち込まれ, ため尻尾があの, ため尼さんにならせる, ため尽さねば国民たる, ため尾根を取違え, ため尾道を私, ため居ないのと, ため居りませぬ故か, ため居残りをし, ため居眠りもしばらく, ため居間のドア, ため居館領土を焼きつくされ, ため屈みこむ度ごとに, ため屈折されて, ため屈辱の極, ための棟, ため屋島前後はほとんど, ため展望車の特別室, ため屠殺せられるとき, ため屠殺場へ曳かれ, ため屡々墜落しよう, ため山々は, ため山伏は土橋, ため山地は土, ため山崎に在る, ため山崩れが起こり, ため山形を失い, ため山林にかくれ, ため山猫減じ野鼠, ため山田の沢, ため山芋のトロロ, ため山陰に敗れ, ため山陽へ下った, ため山頂に滞在, ため岐阜の城下, ため岡山公園なる観楓閣指, ため岡田は太, ため岡野敬次郎さんの口利き, ため岩かげにかくれた, ため岩壁と斜面, ため岩登りの下手, ため岩魚は石, ための尖端, ため岸伝いの航海者, ためのため, ため島々には今, ため島津のため, ため島津家のお, ため島田家へしらべ, ため崩れかかった家屋の, ため崩壊前の地球, ためというもの, ため川上機関大尉に特命, ため川下へ急い, ため川流の岸, ため川蒸気に乗, ため巡洋艦エムデン号イルティス号ほか数多の潜水艦, ため巣鴨の病院, ため巣鴨方面から水道橋, ため工事をお, ため工人達から責任, ため工兵隊が来, ため工場へ押しかけた, ため工業家の大会, ため左半面見る影, ため左大将はそれ, ため左様な御, ため左陣は生, ためな詐欺手段, ため巨木の幹, ため已むを得ざる, ため巴里を出立, ため巻きちぢめればペッサリー, ための附近, ため市ヶ谷の同家, ため市ヶ谷刑務所から仮, ため市中の宿舎, ため市之丞殿を土牢, ため市井の雑事, ため市内にお忍び姿, ため市内郵便というもの, ため市民がセーブ, ための面, ため帆村探偵の案出, ため帆柱が折れ, ため帆綱や舵, ためがご, ため帝位を董太師, ため帝国劇場に幸四郎, ため帝国劇塲に赴き, ため帝國海軍のため, ため師匠のため, ため席亭が重んじない, ためのあいだ, ため帰されたので, ため帰り道は行く, ため帰れなくなる店員を, ため帰任する幕府国目付, ため帰宅した, ため帰村せんとて, ため帰校をのばす, ため帰着するまでに, ため帰路の汽船, ため帰還後お姉さま, ため常春の碧瑠璃海岸, ため常盤橋の猪之吉, ため常識の整理, ため幇間グナトオを介し, ため幕府方で外国御用, ため平たく言えば, ため平伏して, ため平凡となる, ため平壌で停っ, ため平安朝になっ, ため平家方では上流, ため平常は犬一匹, ため平日の経済上, ため平生よりも熱心, ため平生そこだけはとばし, ため平等な史観, ため平素はノート, ため平行棒のところ, ため年々尠なからざる, ため年々年貢のおとり, ため年々費用出費はかさむ, ため年貢の苛斂, ため幸いにも私, ため幸四郎はいつも, ため幸村を人質, ためは太く, ため幹部が寄附, ため幻術の囲い, ため幼少の時, ため幽かな力, ため幾千の月, ため幾回苦慮したであろう, ため幾年か休学, ため幾枚かを用, ため幾部分汚されてるが, ため幾重の衣, ため広く世の, ため広大無辺の慈悲, ため庄兵衞日雇ひとなり細き, ため庄左衞門らに英語, ため店内に居並ぶ, ため庚申の夜, ためから諸州, ためを立った, ため庫裡へ運ん, ためをまわり, ため庭あらたなる心地, ため庭園に植えられ, ため庶子や私生児, ため庶民まで上, ため庶民精神が横溢, ためからあふれ落ちる, ため廃土肥料となる, ため廃墟のよう, ため廃学致候ものなる事御覧, ため廊下傳ひに, ためく世人, ため廣庭設け其, ためいては, ため延びて午後ロケ, ため延引して, ため建てたると覚しく, ため建物精神規律の末, ため建立して, ため建築上の強固さ, ため建造られキャビン, ため廻り家内の騷動大方, ため弁じて置きましょう, ため弁疏する事, ための場, ための柳生, ため取って, ため引いては明治維新, ため引きかえして北航, ため引き返してスイス, ため引留められて出る, ため引責辞職の決心, ため引込保養をし, ため弘前驛で次ぎ, ため弥勒の代り, ため弥吉は鐙櫃, ため之丞, ため腸の, ため弱くて不可, ため張りめぐらされて, ため張番させて, ため張韜という廷臣, ためひても, ため強いて今人の, ため強き切を, ため強く又彼, ため強制残業がつづきすぎ, ため強力な軍隊, ため強奪した財宝, ため強硬の談判, ため弾丸は脳, ため弾正の質問, ため彌勒の世, ため道の, ため当の相手は, ため当分そこに逗留, ため当分休刊の由, ため当地において逝去, ため当所へ下り, ため当方よりも何, ため当日の騒ぎ, ため当時欧洲に滞在中, ため当番兵のはからい, ため当面の職務, ため形勢が一変, ため彦根地方へ行商, ためが綺麗, ため彭義の家, ためというもの, ため影響が薄い, ため役人方に手数, ため役場から役場, ため彼ら兄弟も無下, ため彼処の水亭, ため彼女自身たること, ため彼我をこの, ため彼方へ足早, ため彼等自身が爆死, ため彼等青年男女の個性保護, ため彼自身の体, ため往復して, ため往来の人随所, ための幅, ため待たせていた, ため待ち設けなかった御来光が, ため律法をたて, ため後々万吉がどれ, ため後に家康は, ため後れながらも参りたる, ため後ろから自転車, ため後ろ姿が癇, ため後世の名, ため後列の一側, ため後刻お殿様, ため後園で畑, ため後日他の場所, ため後脳をひどく, ため後見の役目, ため後輩のため, ため後顧せず安心, ため後鳥羽上皇は隠岐, ため徐々に身体を, ため徒歩で逃げ帰った, ため従ってまた, ため従って体が, ため従来一時間に五十部, ため従業員のストライキ, ため従軍のゆるし, ため御堂に七日間おこ, ため御大奧から千兩, ため御家に累, ため御寺内を拝借, ため御山の金天聖廟, ため御山御用の許し, ため御岳へ参った, ため御方の父, ため御者はめちゃめちゃ, ため御苦労ながら彼等, ため御覧下さい, ため御返事申おくれました, ため御館の密室, ため復古時代から七月革命, ため復命が遅れ, ため復習した, ため徳川には外様, ため徹也という愛児, ため徹夜をしました, ため徽宗の宋朝廷, ため心中ごころの一念, ため心外の至り, ため心持もすまず, ため心神が錯乱, ため心胆の錬磨, ため心血を灌, ため心身は疲憊, ため心身共に極度, ため心身疲労の極, ため必ず営養の, ため必然にロシア帝政史, ため必要以上に香, ため必要最小限度の專制, ため必要最少限の制限, ため忌日追福の営み, ため忍び男の朝臣, ためがあっ, ためるべからざる辱しめ, ため忘れていた, ため忘れまいぞっ, ため忙しそうに, ため忙殺され疲れきって, ため応援を乞い, ため忠言して, ため忽然と現はれた, ため忿怒の一刃, ため忿然としてオヂュシュウス, ため怖い位に, ため思いぞつもる, ため思いきってでかけた, ため思い切ってそれ, ため思い込んだが身, ため思ったよりも今日, ため思わない熱さ, ため思念もとまれば, ため思惟の心, ため思想のため, ため思想對立だの社會混亂, ため急いでるときちょうど, ため急ぎ上って, ため急行で引返す, ため急設された仮, ため急速に貧困化, ため急速所属鎮守府へ廻航, ため性来音楽好きでありながら, ため性格を変え, ため怪しくも間, ため怪しまれることなく, ため怪人丸木氏にまつわる謎, ため怯みがちな, ため恋しき人生みし, ため恋人のため, ため恋愛もまとも, ため恐しい悪い, ため恐らく彼女は, ため恐竜がわれわれ, ため恩人のあなた, ため息づいたりいらだつ, ため息づまるように, ため息子の霊, ため恰も舌足らずの, ためゆるなく, ため患者が懲り, ため患者たちはびりびり, ため悪かれと思っ, ため悪し吉兵衛も, ため悪人を罰した, ため悲しい思い出を, ため悲しむべき事である, ため悲堂だけを招いた, ため悲痛を為す, ための心, ため情報官もそれ, ため惜しまれるからである, ためき者, ため惨劇には遭, ため惨敗して, ため惰気やね, ため意志薄弱になっ, ため意斷たるること, ため意識を失った, ため愚民はますます, ため愛国のため, ため愛蔵の盲小せん, ため感冒ふたたびもと, ため感情が苛, ため感想や随筆, ため感覚的の具体, ため態と宮野邊源次郎と, ため慎しみふかくし, ため慎重でない態度, ため死す, ため慶応病院へ, ため慶祝し度い, ため慶賀に堪へない, ため憂い叫び論じ, ため憎い源次郎を, ため憔悴した相貌, ためる筋, ため憲兵や警官, ため懇切の心, ため懐しさに, ため懐中電灯を空, ため懷紙で拭い, ため戊辰戦争のさい, ため成人式を行, ため成績次第では大学, ため我々コムソモールは全力, ため我々兩人參て候, ため我がままをやる, ため我が国に於, ため我ためををし, ため我なほ語を繼, ため我ら二三の重役ども, ため我彼をみし, ため我日本へ向はん, ため我玉ひろふ沖, ため我知らず顔を赤く, ため我等いよいよ疑, ため我経済界のため, ため我読書界のため, ため我輩は蜀, ため戦後のドイツ外科医学, ため戦況は有利, ため戦犯となり, ため戦闘機の行動半径, ため戦闘艦にエルネスト・ルナン, ため戴宗を曾頭市, ためをあけ, ため戸塚警察から呼び出し, ため戸外に出る, ため戸棚をあけ, ため戸毎に勤労奉仕, ため房州に謫, ため所謂生活派と称する, ため扇ヶ谷のかなり, ため扇子へ絵, ため扈成は命からがら, ため手の平のあぶら, ため手出しはおろか, ため手前じきじき御返事を伺う, ため手前名代でとりあえず, ため手力疲れ織りたる衣, ため手引をする, ため手洗鉢に厚い, ため手燭を借り, ため手狭でこまった, ため手箱に入れ, ため手苛く笞懲, ため手袋をはめた, ため手軽に, ため手配はしてやる, ため手間のかかる, ため手際よく解決, ため打ちにピシャリ, ため打ち切らねばならなかった, ため承っておきたい, ため抄録して, ため把手を廻し, ため鬱病か, ため投げられたガウントレットを, ため投身した男女, ため折々訪ううち, ため折り荒されしなり, ため折柄南禅寺の山門, ため折柄開庁した函館, ため折檻をうけられ, ため抛り落されそうに, ため抜き合わせて斬死, ため抜け目なく紐, ため披見して, ため抱擁されて, ため抵当に取られた, ため抹殺的施政や文化運動, ため押されたり火, ため押しつぶされて小さく, ため押して今日まかり出ました, ため押し切れなく成りそれで, ためり開いた道, ため招く禍の, ため招待に応じなかった, ため招状あるや, ため拝ませるという寸法, ため拠ろなく筆を, ためを握り, ため拳固で寝台, ため拷問する芝居, ため拾い易い所, ため持って居た, ため持参せし折, ため持參した御, ため持物洋服などもそっくり, ため指揮台に上がった, ため指揮者は船尾, ため指環を男, ため指針がつよく, ため挑むにも作戦, ため挙式は取り遅れましたなれ, ため振子の運動, ため挿絵をかき, ため捕うる事大流行で, ため捕えられあの程度, ため捕虜になっ, ため捜しに行っ, ため捜したものの誰, ためつるこの, ため捨ててやり直さう, ため捨ておけずとなっ, ため捨てさせておい, ため捨てるために, ため捨て置かれぬとあっ, ため捨吉の申し立てる, ため捨身奉公負くるも, ため捲取機を, ため授業開始や放課, ため排尿が困難, ため排日のビラ, ため掘つたもので, ため掠め取られる惧れ, ため採り帰って, ため採算上廢絶するに, ため探りを放っ, ため探偵学も進歩, ため探検隊を組織, ため接収され比島戦線, ため接待役の僧, ため控えを取っ, ため控所の煉瓦敷, ため推定しがたい, ため描き改めたと申すで, ため描写を研究, ため提携は比較的, ため揚州に鎮守, ため援助に対する報酬, ため損つきはしますまい, ため損傷をうけ, ため携えて行った, ため摩耶はあらん, ため摺鉢窪へ下っ, ため撃つために, ため播州に近い, ため擴げ屍體の占むるすべての地, ため支那伝来の文化, ため支那全土に排日, ため支那巡査の許し, ため攻撃して, ため放り出し過ぎたのと, ため放射線をかける, ため放棄しなければ, ため放生月毛は彼, ため放縦な性欲, ため放蕩にし, ため放蕩防止のため, ため政夫のため, ため政治統帥の関係, ため故障になっ, ため敏速に芸能活動, ため救われたので少年, ため救助の飛行機, ため敗戦後建物を返され, ため敗軍の常, ため教えてつかわそう, ため教区に依頼, ため教師として雇われ, ため教授コバレフスキーと旅券結婚, ため教界を腐敗, ため教科書の程度, ため教育と学習, ため教養ある人, ため所の, ため散々に害, ため敬二郎の腋の下, ため敬太郎の好奇心, ため敬遠されて, ため数えてみる, ため数人の男, ため数十台が迷惑, ため数年前と些, ため数日の暇, ため数日ここに泊っ, ため数日妻を見舞わなかった, ため数日来東奔西走したが, ため数月間土人用の寝, ため数箇月の後, ため数軒の酒屋, ため敵陣に赴き, ため數十帖に一部, ためれ死んだ者, ため文化促進のため, ため文士くずれの, ため文字通りそれを作り捨てた, ため文学上の経済的条件, ため文学的な面白, ため文学者仲間のあいだ, ため文明のため, ため文明十九年に近江征伐, ため文枝さんは私, ため文海の動静, ため文章記号や言葉, ため文箱の中, ため文芸運動を起します, ため斉彬と打合せ, ため斉彬公のため, ため斎藤豊吉を入れる, ため斜陽の光, ため斟酌なく狩り, ため斬ってしまえ, ため斬りまくられている, ため斬り付けた北条美作の, ため斬死なされた方, ため断ったのか, ため断つておく, ため断るが銑吉, ため断わっておくなら, ため断乎として迫った, ため断頭に処, ためうして, ため新しき皇妃十八歳の, ため新一は駿河台, ため新劇の大同団結, ため新劇関係の人々, ため新子と準之助氏, ため新宅と言つて, ため新福に徃, ため新聞班の係長, ため新規の増員阻止, ため旅人は路程, ため旅先にて短篇, ため旅団長を尋ね, ため旅客は皆こ, ため旅立たせていた, ため旅行中片時も手許, ため旅鞄を持込む, ため旋律の構成, ため既得生活權の主張, ため日々が実に, ため日々当てもなく, ため日々数千人の参詣者, ため日の出を見たくなった, ため日増しに今川古流は, ため日夜悪い空気, ため日夜神仏に祈願, ため日常生活と云, ため日数も費, ため日暮れまでその, ため日暮れごろなりしもその, ため日本人死するもの続出, ため日本全国を巡廻致します, ため日本婦人の貞淑さ, ため日本字値段之脇, ため日本左衛門がこッそり, ため日本料理界の建てなおし, ため日本的なもの, ため日本陶磁界は完璧, ため日本領事館へ行った, ため日照り坊主をつくっ, ため日記帳もなに, ため日課の, ため日除笠の緒, ため日雲閣へ斬りこんだ, ため日頃茶道などに心入れ, ため旦那のため, ため旧居は弟, ため駕よりも, ため早めた容子は, ため早朝にもう, ため早起き十時にすきや橋際, ため早速銃を, ため昆虫館は昔, ため昇る者並び行く, ため昌次郎梅二人の年齡, ため昌造氏の購求, ため明るい大通りの, ため明るく平坦な, ため明和六人男と呼ばれた, ため明後年度からに延期, ため明日子は手, ため明日正午から一時, ため明朝は左官, ため明治四十五年五月博文館發行の, ため明白に自然, ため昏倒して, ため昔あなたと夏休, ため星辰の光, ため映画フィルムに全, ための霜, ため昨夜ここへ来ました, ため昨夜小勢の兵, ため昨夜来やや速力, ため昨夜百七八十名ばかりの知人, ため昨年改易されて, ため昨日までは全く, ため昭和六年五十倍の地震計, ためが非, ため是非あなたに進上, ため是非一言申上げたいと, ため昼すぎは湯, ため昼食の料理, ため時たま上京し, ため時には命も, ため時に多少不備な, ため時代の流れ, ため時期を遅らし, ため時流に投じ, ため時節を見計らい, ため時計に注意, ため時間制となった, ため時間後一人残らず食堂, ため時間表を繰つ, ため晋人の筆, ため晒し物とした, ため晝間はいつも, ため晩年は振, ため普通の事, ため晶子女史晩年の門人, ためと技, ため智慧のつく, ためとなる, ため暇乞に来る, ためさも, ため暗い池へと, ため暗澹たる江上, ため暗躍する不良分子, ため暗闇にまぎれ, ため暗雲の晴れた, ため暫くじっと耳を, ため暫らく川に臨んだ, ため暴軍と堕し, ための殿上, ため曲げて輪縁, ため曳航中宮島沖で沈沒, ため更にいとはじ, ため更にもう一発を, ため書きうつしてき, ため書き改めたものである, ため書き添えておく, ため書き留めて置く, ため書けなかつたといふ, ため書斎へ向い, ため書状を托し, ため書類は山積, ため曹操はまた, ため寄の, ため最前屏風のかげ, ため最早戦闘には, ため最近迄籍, ため最高三ヵ月の賃借料, ため最高価で購われた, ために一遍, ため月々仕送って, ため月々千枚の表紙, ため月々給与の約, ため月代を剃る, ため月十五円を支給, ため月日とともに地位, ため月曜に東宝事務所, ため月百円以上償還して, ため月給も上がらず, ため有る本が, ため有名な, ため有機体の生活, ため有益なる図書, ため服毒用の瓶等, ため服用したキニーネ剤, ため朝夕の食べもの, ため朝家御安泰, ため朝憲紊乱の罪, ため朝敵乱賊などと一たん, ため朝方には全くふらふら, ため朝来ここに, ため朝田の待っ, ため朝鮮戦争が勃発, ため木の間に張っ, ため木場道をくだらせた, ため木戸の監視, ため木曽家との国争い, ため木曾街道の宿, ため木見家の裏手, ため未だ世に, ため未だに無事です, ため未亡人の血迷った, ため未来の世, ため末代まで庶民階級, ため末高に石, ため本場の花魁, ため本多少佐の頓死, ため本屋から大変迷惑, ため本州から船, ため本年は威勢, ため本庁の附属船, ため本式に乾杯, ため本当に困ったこと, ため本当はどこの, ため本所の芥川家, ため本文の取捨, ため本日は不参, ため本日原籍校に差し戻され, ため本来の専門, ため本来清浄な性, ため本石町四丁目の大和屋, ため本社演劇部へ, ため本船のまわりいちめん, ため本質的な思想家, ため本隊に続行, ためが分れ, ため朱印をベタ, ためにすがっ, ため朽ち折れたのを, ため杉本氏にはせっかく, ため杉本画伯の手もと, ため李典の陣形, ため李陵は車, ため材木をつみあげ, ため村全体でない家, ため村落に近い, ため村重をその, ため村長を馘, ために無理, ため条件のただ, ため来られず日赤の, ため来りし刑事に対し, ため来る配役中, ため来月初旬まではどうしても, ため来朝しおる, ためを打つ, ため東亜の現状, ため東亜連盟結成のため, ため東京中の飮食店, ため東京市中や市外, ため東京帝大の大野博士, ため東北を動かなかった, ため東北方面に向かった, ため東大梶浦教授の診察, ため東宮の後宮, ため東本願寺の光瑩上人, ため東海道五十三次を僞, ため東荘へ下っ, ため東西の文化, ため松井くんは慌て, ため松公がああ, ため松前対馬琉球の地, ため松山病院というの, ため松川第一トンネル, ため松明もつかえず, ため松沢へ行こう, ため板の間の上り端, ため板鉛を使う, ため枉げて御, ため枕元にキリギリス, ため枕辺へ寄り添います, ため林中に入る, ため林冲はまったく, ため林田が関係, ため林道の作成, ため林間に拡声器, ため果さざる月が, ため果し合ひ, ため果してどの辺, ため果し兼ねて越え, ため果てはもう, ため枯れ萎びて縺れあい絡みあっ, ため枯草や木, ため枯葉の様, ための過ち, ための母, ため柑子に變りき, ため柳ヶ瀬表へも御供, ため柳生家から免許, ため査證を取り, ため栄えさせようため今度の, ため栄三郎とあの, ため根岸の方, ため根岸根搦と同じく, ため根来に殉ぜず, ため格別の反応, ためえたりしも, ため桂月氏の簡潔, ための実, ため案内者という案内者, ため桑畑が一面, ための若葉, ため梅若太夫の首, ためを三十銭, ために振っ, ため棕櫚で拵えた, ため棚板が外れ, ため森成さんを特別, ため森閑として人気, ため植源を出, ため植物を擦り砕く, ため植物学上では, ため検断所から何やら, ため検束された, ため検非違使等の役人, ため椰子の実に, ため楊任はふたたび, ため楠木家では山田申楽, ため楠氏の直, ため楮幣拒否のかどで捕えた, ためとなっ, ため極力生活を, ため極秘にこの, ため極秘裡に直ちに, ため極端から他, ために午後四時頃秋岡, ため楽しいこの瞬間, ため楽屋へ引, ため楽隊の囃し, ため概して軽浮, ため構内はうすぐらく, ため構成がなくなり, ためを抛り投げた, ため槍刀創を体じゅう, ため様々の思い, ためを渡し, ためまで萬六波羅樣, ため権家へ送与し, ため横さまにアディーチェ, ため横暴なる赤馬車, ため横浜左右田銀行に勤務, ため横淵教頭から破門, ため横線を並べた, ため横臥する能はず, ため横道ながら注解的, ためや草, ため樹林は根こそぎ, ため橙皮舎利別を加える, ため機械は明らか, ため機械的描寫に依る, ため機能停止したるもの, ため機謀ことごとく敵, ため機関車は壊れ, ためをむりにも下, ため欠くべからざるものだ, ため欠勤中とのこと, ため次ぎにこんな, ため次官にしかなれなかった, ため欣喜にたへぬ, ため欧州旅行の途中ベルリン, ため欧州遠征の途上, ため欧洲連衡の力, ためひの, ため欺いて美しき, ため欺かれたりヘーレー, ため歌舞伎劇の本質的, ため歟両様混雑して, ため歟衣冠制度のため歟, ため止むなくかなりの数を減じ, ため正しい目的を, ため正弘が命, ため正直に手間, ため正行の訪れ, ため正道の鍼, ため正面舞台の映画, ため此上も無き, ため此処で停車, ため此句を自由, ため此小西屋の店, ため此所に記し, ため此状到着次第印鑑証明をお送り, ため此處に竹行李, ため此足輕といふ階級, ため武力の進歩, ため武器庫として不, ため武士道のため, ため武男のため, ため武蔵は腹, ため武蔵めには都合, ため武装的平和を維持, ため武道教練に精進, ためけど歩, ため歩いてもまるで, ため歩き出したがその, ため歪められるか或は, ためを食いしばっ, ため死するは何, ため死のまぎわ, ため死人のよう, ため死体はともかく, ため死刑の宣告, ため死罪遠流追放などの犠牲者, ため死骸を見せ, ため殆ど水浸しであつ, ため殆ど独断的に定め, ため殊に貴女の, ため残りその間に, ため残暑になやんでるらしかった, ためれたの, ため殲滅的な敗北, ための湯王, ため竜騎士の, ため殺さるるも少なから, ため殺人を犯した, ため殺害者の罪, ため殿上役人なども御所, ため殿軍して, ため母体の条件, ため母夫人は不安, ため母里太兵衛は片, ため毎号改良の点, ため毎夜細糸を以, ため毎年我國民の膏血, ため毎日上等の食物, ため毎日午後湯がわかされる, ため毎日尺八を一曲宛, ため毎日歌壇に最後, ため毎日移動される, ため毎日蜂須賀様のお, ため毎日電車で通うた, ため毎月三四十円をお, ため毎月何百円かを私, ため毎朝そこで, ため毎朝念仏唱名して, ため毎週一回公衆に同社, ため毎週二三度は新郎新婦駒, ため比叡山へ分け登った, ため比較するの, ため比較的取締に, ため毛利方では運送船五隻, ため毫も抑えられは, ためはいつのまにか, ため民俗古朴, ため民衆は怨嗟, ため民衆的な表現, ため気の毒ながら病死, ため気付かれずいるものが, ため気味の悪い, ため気息奄々たる有様, ため気狂いになった, ため気管に甚だしい, ため気風のため, ためは甚だしく, ため氣質的に憂鬱, ため水もろとも穴, ため水兵杉田にこれ, ため水夫室の頭上, ため水戸一藩が破滅, ため水曜日の連中, ため水盤の中, ため水管が焔室, ため水谷の店, ため水軍の, ため水道浄溜池破壊せし故, ため水際をかため, ため之丞さん斬られた, ため永いこと停車した, ため永正六年に歿, ため永眠した, ため永遠に相, ため氾濫を起し, ためを帯び, ため汝らを, ため汝衆人の前, ためのほとり, ための大, ため池袋にマーケット, ため汲み棄てるばかりで, ため決定がわかる, ため汽船は沖, ため汽車で行く, ため沈衰の傾向, ため沈重なる努力, ため沈黙の間, ため沙汰無しでいました, ため沙門と謂, ため沢庵を二切, ため沢田がトラック, ためは川幅, ため河岸がダラダラ, ため河川関門の徴税, ため河止めというよう, ためがこなれ, ため治水對策ははかばかしく, ため治療が中途半端, ため沿道地方に働く, ため泊って来た, ため泊りとなろう, ため法服をつけ, ため法水にまったく, ため法王庁大使スウィス大使を, ため法華経千部の転読, ため波子は, ため波打際の方, ため泣いたのだ, ため泣きし男なり, ため泣く眞似, ためが車, ため泥水稼業に堕ちた, ため洋服箪笥のところ, ため洋粉砂糖等の主, ため張りさ, ため洛北に一宇, ため洛外に鳳輦, ため洞穴の中, ため津田君に聞い, ため活力節約の行動, ため活動的な買手, ため派手な色, ため派遣されて, ため流されてしまった, ため流しつづけた熱い汗, ため流失す再び, ため流水管の出口, ため浄光明寺に入った, ため浄化されて, ため浦和中学のため, ため浦塩哈爾賓間を数度往復, ため浦戸へ入港, ため浪速くんだりまで参った, ため浮いた金額は, ため海底ふかくひきずりこまれた, ため海戦には出なかった, ため海水帽の鍔, ため海苔選定にはどうも, ため海路河北潟の沖, ため海軍力の劣勢, ため海風が吹きつける, ため消える思ひがする, ため消化不良であ, ため消毒しなければ, ため消防に十分の實力, ため涌谷で戒名, ためを揮つて猛犬稻妻, ため涙ぐみて渋民, ため液化して, ため淋しがるの, ため紫のを, ため淡路守を仮親, ため深い深い紫色に, ため深沢さんという猟師, ため淳于丹をもっ, ため混雑して, ため清岡は十分相手, ため清次は身の毛, ため渓流の護岸工事, ため減退して, ため渠らの手, ため渡って来た, ため渡來之異船而已, ため渡来したこと, ため渡海した者, ため渡米したいという, ため渡米帰国してからは, ため温かい潮を, ため測定し得られないという, ためにか, ため湯治が出来る, ため満員とはならず, ため満州のある, ため満州国国防完成のため, ため満州建国の精神, ため満身に毛, ため満載のまま, ため源女のその後, ため準之助の身体, ため準備書類を一, ため溜息をつい, ため溯りて一, ため溺れ去る官兵はかず知れずだ, ため滅ぼされ斑鳩宮も, ため滑稽なほど, ため漁師や学生, ため漁船をおろし, ため漂つてゐるやう, ためで真黒, ため漢字制限のワク, ため漢文にて認め置き, ため漢水の流れ, ため漬物にし, ため漱石に比べ, ため潜り戸は厳重, ため潤める目にも, ためのため, ため澄んだ叫び或は, ため澱んだ水が, ため激動して, ため濁されて居る, ため濁って見える, ため濡れて殆, ため濶然たる秋, ため瀬田は通行, ため火の手は一部, ため火宅へ取って返した, ため火星人の殻, ためを掘っ, ため灰燼に帰し, ため災いたるべしと, ため災害防禦に関する一学究, ため災禍を甚, ため炎天の下, ため炭坑に入り, ため炭酸水か何, ため為政者が更始一新, ため烈しい感動を, ため無代進呈するもの, ため無念をのん, ため無意識のうち, ため無残にも踏み殺された, ため無理やりに運転台, ため無理矢理回数を, ため無用の長物, ため無試験で会社, ため無謀な攻撃, ため無辜の人, ため無量義経を説き, ため無電に故障, ため焦眉の御, ため焼き爛らした, ため焼けてしまった, ため焼亡した笠置寺, ため焼失して, ため煖房とか料理法, ため煙幕を張っ, ため煙草盆の火, ため煤煙防止も恋, ため熊さんの面影, ため熊井青年の死, ため熊本から一度上京, ため熟兎を移す, ため熱力学第二方則, ため熱心に働き, ため熱狂的努力を払った, ため熾んに燃しつづけた, ため燃えるように, ため燃焼しつくされたの, ため燈台沖まで伝馬船, ため燈臺迄はのぼらず, ため燐寸箱を積み重ねた, ためかれし身, ため燔祭を献ぐる, ため爆発が起ったらしい, ために火, ため爪バンをおし, ため爪先が見えなくなった, ため父兄がそれ, ため父君の御, ため父子は非常, ため父母の見送り, ため父祖伝来猛牛, ためかなる, ため爾後漸く其中心地方, ため爾来その男, ため片っ端から広葉, ため片づかないで困っ, ため片意地では, ため片時もそれ, ため牛丸は春木清, ため牛乳車の運転手, ため牛小屋へほうりこまれた, ため牛角を伸, ため牢人方と見れ, ため牢獄の赤い, ため牧場の自動車小屋, ため物価は暴騰, ため物寂しくさえも思われた, ため物憂げに, ため物言はんとてほどよく, ため物頭ども一同へ達しおく, ため特別舞踊を上演, ため特定の学課, ため犀川に退却, ため犬吠崎へ参りました, ため犬歯はそん, ため犯罪者の心理, ため狂った番組を, ため狂人になった, ため狂犬病の予防注射, ため狙いがはずれ, ため独りで汗, ため独特の印象, ため独自の文化, ため独身の生涯, ため独身生活を続け, ため狭い空を, ため狭き階段を, ため狸小路に案内, ためが人, ため爆を, ためを飼いました, ため猫捨坂は多少, ためを厩, ため猿若町の三座, ため獄中へお, ため獄中生活が一生, ため獅子奮迅の勢い, ため獅子頭や胴幕, ためを胸, ため獣人どもはそれ, ため獣医を呼ん, ため獻身的に働い, ため王双は逃げきれず, ため王妃さまのため, ため王立協会が有名, ため珍しく親子三人で, ため現代文化そのものにそれぞれ, ため現品が年々滅絶, ため現地へ派遣, ため現実から追い捲くられ, ため現実離れがし, ため理不尽にも執務中, ため理想郷に入る, ため理由を夫婦, ため理科大学の野々宮さん, ため琉球へ輸入, ため琉球諸島最も便, ため琳派や土佐画, ため瑕瑾が付く, ため瑞々しさの, ため瓜生野村に赴き, ため甚吉の右, ため綿を, ため生きて人, ため生きる世渡りの, ため生まれた烏川や, ため生れた赤ん坊が, ため生前のおも, ため生存競争の興味, ため生捕りにされ, ため生殖するため, ため生殖器のもつ力, ため生活能率増進のため, ため生涯妻帯しなかった, ため生理的にも今, ため生産力そのものはにわかに, ため生肝を生, ため産科の医者, ため産額や生産, ため用いる工藝は, ため用事多く落, ため田中は木村, ため田山君も館林, ため田沼先生のお, ため田沼意次この地, ため田畑少々開け, ため田舍暮しを餘儀, ため由々しい事態が, ため由々しき大事である, ため甲賀家の再興, ため申しあげときますがねボリース・チモフェーイチ, ため申しおくならばその, ため申しそえておきます, ため申し添えたいことは, ため申す愈々此, ため男おんなに愛され, ため男子一生の童貞, ため男色流行の寛永年間, ため町医にはかかれない, ため町奉行の権威, ため町民一同に代っ, ため画家はただ, ため画面外には人間, ためにたおれた, ため留守であったそれで, ため留守がちだつたが, ため留守居の重役, ため留置場で急性中耳炎, ための方, ために芍薬, ため番屋廻りに時刻, ため樣な, ため異人の少女, ため異常なくらい, ため異性の身体, ため異様に際立つ, ためをあげよう, ため當夜娘と一緒, ため當山始まつて以來, ため當惑もしなけれ, ため疑われたのでござる, ため疲らせることは, ため疲れを治す, ため疲れ切ったと見え, ため疲労で弱っ, ため疾病がはなはだ, ため病みて死, ため病床に寝, ため病弱修学に堪えざる, ため病氣になつ, ため病的になった, ため病者は少なから, ため痛みを感じない, ため痛感はない, ため痩せるまでの煩い, ため痩せ衰えている, ため瘠せる思いを, ため癈人になるだろう, ためは腋下, ため癩者の現実, ため発した法令は, ため発作的に気, ため発禁にならなかった, ため発芽力が強, ため登山したとの, ため發想の動機, ためひげ, ため白く化粧し, ため白っぽくかわいたアスファルト, ため白井家の現在, ため白人移民に欣, ため白峰や赤石山, ため白川村の人口, ため白木屋の店頭, ため白木綿のところ, ため白河と襄江, ため白色人種が奴隷, ため白血球減少を来した, ため白銀の炎, ため白馬山におくられ, ため白髪の男, ため白黨多く殺され, ため百トンばかりの小舟, ため百ポンド拝借いたしたし, ため百万クヲタアだけ不足, ため百両の金, ため百合さんに頼ん, ため百合子は体じゅうアセモ, ため百地三太夫殿にお, ため百姓ばらを財宝, ため百年千年の計, ため百点たる可, ため皆んな打ちあけて, ため皆腰拔の歌, ため皆頑丈を旨, ため皇太子の稚, ためする宵, ため益々積極的な, ため盗みさられたと知ったら, ため盗賊詮議という名義, ため盛りあがって丘, ためしたる, ため監獄に入れられ, ため監視をつけられた, ため目下アピアに来, ため目付手附の卒, ため目印として自分, ため目張りされストーブ, ため目玉が飛び出してる, ため目的を果たす, ため目黒富士の苦心, ため盲小せんから江戸っ子, ため直ぐにも攻め上ろう, ため直ぐに小船に, ため直して食, ため直接削封, ため直接照準爆撃が出来ず, ため直接釜に触れる, ため直政は家康, ため直義の軍, ため流し可, ため相当時間がかかった, ため相手国を攻略, ため相談役にでもなっ, ため相違なければ, ため相馬大作津軽公を討, ため省略する, ため看護卒となっ, ため看護婦室へ来る, ため真っ赤になっ, ため真宗の, ため真実とは思えない, ため真犯人はほか, ため真面目な職業, ため眠ってるヒューマニチーの, ため眠らずとのこと, ため眠り覺めて後, ため眠る時間が, ため眺望というもの, ため眼科出の杏丸, ため眼鏡がふい, ため着いた人々の, ため着付に来る, ため瞑るならず耳しひ, ため瞬く間に, ため瞬間が引, ためもかくれ, ためをかわした, ため矢張り乾いた後, ため知ったために, ため知らしてまいりましょう, ため知らず識らず, ため知らせることが, ため知らぬ地方を, ため知らぬ顔の半兵衛, ため知る人も, ため知人が心配, ため知己朋友が集まっ, ため知能分子の生産量, ため短刀で刺された, ため短波は遠方, ため短銃にて射殺, ため矯正院へ送る, ためのよう, ため石原表は漸次, ため石川らの道場, ため石油缶がたくさん, ため石膏のよう, ため石見娘子と名づける, ため石郷時之丞, ため砂嚢の位置, ため研究室に入った, ため砕心する諸賢, ため砕花氏ののみこん, ため砲尾に身体, ため家に, ため破門いたす, ため硫黄色に焼け爛れ, ためばり躯が, ため硬い物は, ため硬度のより, ため碇泊いたし明朝出帆, ため碓氷殿は朋輩, ため確かには宮, ため確保して, ため磁石砲という機械, ため示された時刻に, ためこそいえ, ため社会そのものが自分, ため社会主義的な脚本, ため社会事情によって惹き起された, ため社会事業でもし, ため社会党は安保条約体制, ため社会本能や階級本能, ため社長は社員達, ため祈りにより, ため祈祷とか読経, ため祈願いたして, ためへの太祝詞, ため祕密會を要求, ため祖先子孫のため, ため祖母の前, ため祝福さるべきであろうと, ため神々しく見える, ため神伝夢想流の先生, ため神保氏張に全, ため神前供養のため等, ため神林は伐られ, ため神林全滅し砲兵, ため神棚に燈火, ため神様にお祈り, ため神武帝御山陵, ため神殿の床下, ため神田講武所といふ土地, ため神社跡地の樹林, ため神願をたてた, ため祠僧が密か, ため祷った由見える, ため禁煙を決心, ため禁裡へ召され, ためをし, ため福住は浪, ため福島総管所が百方周旋, ため福袋を頒, ため禿げている, ため秀郷の軍, ため私たち八人のもの, ため私のは燒, ため私みな寄つて見るには, ため私一個人としては先ず, ため私共の立場, ため私情に紊, ため私等の創作, ため私自身に嘘ッパチ, ための紅葉, ため秋山要介, ため科學者は新ら, ため秘書になっ, ため秘結せしと, ため租税で取り立てた, ため秩序を保つ, ため移ったときの, ため程奉行の悪政, ためを払い, ため種々苦心し色々, ため稻子には一言, ため穂高の小屋, ためる怨み, ため積んで来た, ため積極的にここ, ため究真のためすべて, ため空中擾乱を起す, ため空想を要しなく, ため空気の圧力, ため空虚はさらに, ため空鉄砲を放つ, ため空陣の袋, ためとしてこう, ため突貫して, ため窒息して, ため窩人と呼ばれ, ため窩人達が人, ため窮余の一策, ため窮地にいる, ため窮屈の度, ため窮通の策, ため窶れてはゐた, ため立たせておい, ため立ちかけて, ため立ち上がったのだった, ため立ち上がるのだった, ため立ち並んでいた, ため立ち入つた話を, ため立ち去る前に, ため立つよりはやく, ため立働きし故か, ため立寄ったまで, ため立山の室堂, ため立志伝の逆, ため立派な真打, ため立鏡にうつる, ための身, ため章編の数, ためをゆく, ため端公のふところ, ため端艇快走船船舶など多く, ため競ッて敵方, ため竹町の渡し場, ため竹細工の技, ためと律, ためと書し, ため筑前博多に出向い, ため筒井川路に隨從, ためへること, ため箱根へ行っ, ため箱館へ行, ため節義のため, ため築地から越前堀あたり, ため築山のうしろ, ため篠垣ばかり連, ため簡潔と明快, ためをする, ため籍もろとも実家, ため米国へ何トン, ため米食時間は五時, ため粉屋はこんな, ためを出し, ため精一杯振っても, ため精力的な活動, ため精神に変化, ため精神朦朧となり, ため精進料理をこしらえる, ため精霊がおまえ, ため糧食を身, ため紀州様から髪, ため紅い唇や, ためを切った, ためがやぶれ, ため紙燭を持っ, ため紛擾の絶える, ため素直に哀悼, ため紫ばんでなんとなく, ため紫夫人のため, ためを楠木家, ため細かく破砕した, ため細君を助け出す, ため細君同伴で亜米利加, ため細菌に食われ, ため紹介して, ため終れば板, ため終わってそれ, ため終わった手紙の, ため終夜冷たい床, ため終生他力本願専ら, ため終身醜名を負う, ため終電が早, ため組合民主化運動と称する, ためとぞ思ふ, ため経営として強い, ため経済は安定, ため経済学はある, ため経済方面の記事, ため経済的な負担, ため結び上げた総角, ため結城紬を用, ため結局その接吻, ため結局夫人の所, ため結局漢の高祖, ため結核になっ, ためふとぞ, ため給仕に向っ, ため給金も半分止め, ため統一がおくれ, ため統制を行つて, ためを身, ため絵具代を損する, ため絵図を御撰定, ため絶え間なく悶え, ため絶大な貢献, ため絶好の手本, ため絶望のどん, ため絶頂までの半分, ため継嗣の争い, ため継母をつれ, ため続いては親仁, ため続飯用の板, ため網膜はいまだに何だかキラキラ, ため綿を出し, ため綿製品の製造, ため総帥たる者が手, ため総計約九十万枚, ためと藍, ためってい, ため編集部へは再び, ため練兵場に並んだ, ため練習艦明石は早朝, ためを持参, ため縄つきのま, ためをうけた, ため縛りつけられたのを, ため縦横無尽に活躍, ため縫物を出し, ため總體に實, ため繁みの深, ため織田家百年のため, ため織田有縁の近親, ため繪付をし, ため罰せられるわけには, ため署長さんに永く, ため罷り越えてござる, ため罷り越したと申し, ため罷り越せしと申せ, ため羅馬法王との平和, ため羊毛の服, ため美味しい臓物も, ため美文も人, ため美術記者連盟の控室, ため群集心理や社会, ため義仲史料は極めて, ため義弟としらずし, ためを汝, ため羽織と著, ための姻戚関係, ため翌年四月になつて出發, ため翌日その封印, ため翌日落成すべき建築, ため翌朝に到り, ため習字を課せられ, ためを支, ため老いのため, ため老大家のモデル, ため老婆は気違い, ため老婆心をもっ, ため老朽し車体検査, ため老職の輩, ため老若男女によって多少, ため老親の短き, ため考えついたというところ, ため考え方としての方法, ため考案せられたもの, ため耳袋を養っ, ため聊か順序を, ため聖像を踏ませる, ため聖書の差入れ, ため聞えないけれども粒, ため聞きおくわけじゃが, ため聞せてと云, ため聴衆は先, ため職業の一部分, ため職権をもっ, ため肉弾になろう, ため肝心の書斎, ため肝腎なところ, ため肝要らしい所, ため股五郎をできるだけ, ため肥やさんとて去勢, ためや膝, ため肱木に代り, ため胃の腑の中, ため胃病を起し, ため胆嚢と腎臓故障, ため背中の凄まじい, ため背伸びをし, ため背後の方, ため背負おうとしたら, ため背負っている, ため胎児と子宮壁, ため胴体の下部数箇所, ため胸中に酒食, ため胸部に三個所, ため胼胝のいでたる, ため脚本を読む, ため脚気みたよう, ため高く掲げしか, ため脱いだ帽子を, ために方角, ため脳中不愉快の度, ため脳震盪とかを起こされた, ため脾腹を蹴られ, ため腐りどろどろの, ため腕疲候而やめ申候, ため腹蔵なく話し, ため腹部以下の筋肉繊維, ための肉, ため膨れぼったい瞼が, ため膳部の者, ため臨幸あらせられた際, ため刄し, ため自ら三たび船内を捜索, ため自ら室内操櫓器と名, ため自ら放棄して, ため自ら永遠にこの, ため自ら発明せる飛行船, ため自ら責むるその事をもて, ため自信と安心, ため自刃つかまつる, ため自分丈のため, ため自動車道路もひらけ, ため自国領土内へ侵入, ため自尊気質の支那, ため自己研究の題目, ため自己自身のため, ため自暴自棄におちいり, ため自業自得ともいおう, ため自殺候様御推量, ため自然ここに注意, ため自然せつ子の訪れ, ため自然不要に帰し, ため自然動きは文壇内, ため自然淘汰がやん, ため自然蕪村の本質, ため自然配合物の力, ため自由主義よりも更に, ため自由精神を尊び, ため自衛のため, ため自身これを書き改め, ため自重して, ため臭気堪え難し, ため至大な用, ため至急に面会, ため臺人も恐入りたる, ため與三郎の部屋, ため興味索然と致候, ため興行毎に必ず, ため舊鳥取藩で築いた, ため舌触りに荒い, ため舞踏も国家, ためと艫, ため舵把りへも, ため舷側に砕ける, ため船体をまっ, ため船客各位に対する重要告知, ため船室や船底, ため船底に積, ため船腹に大きく, ため船艙におりし, ため船長に報告, ため船長室へとびこん, ため船頭と共に丘, ため艦外へ飛ばされ, ため良人周三と法律上離婚, ため良心とか自由意志, ため良民さえも暴徒化, ため良沢と玄適, ためが取れません, ため芦屋警察の前, ため芦峅の案内, ため花崗岩の表面, ため花色といふ色, ため花蓋と呼ん, ため芸妓幇間をずらりと, ためや流れ, ため若しくは蘭語から, ため苦しくなったか, ため苦労して, ため苦境にたち, ため苦心して, ため苦悶中発見され手当, ため英国南岸ブライトン附近に仮寓, ため英米の読書界, ためん袋, ため茶だんすの引き出し, ため茶屋四郎次郎がお, ため茶色がかった織物, ため草双紙読本その他寛政天明の通人たち, ため草鞋をはい, ため荒々しく作った三間, ため荒れた林さながら, ため荒寥し早晩畑, ため荒廃せざら, ため荷造りやなに, ため菊花香しからず, ため萎えしわが, ため萬葉は常に, ため落ちた斜面に, ため落伍する者, ため落着きを失い, ため落魄して, ため之助, ため著者は円本出版屋, ため葛岡に向っ, ため葡萄酒を二杯, ため董卓が昇殿, ため董相国に反, ため葬れ我を, ため葬式の費用, ため蒸れるほど暑かっ, ため蒸暑さや, ためのはし, ための働き, ため蔭影を作っ, ための中, ため蔵書も何, ためがはり, ため蕩児の様, ため蕪村自身その取捨, ため黒く焼かれ, ため薄らぐようであった, ため薔薇色になっ, ため薩摩に使いし, ためがお, ため薬名や何, ため薬園の高い, ため薬湯代りに折々, ため藝能關係の客, ための花房, ため藩士だけに金魚飼育, ためが多く, ためやから, ため虎斑のよう, ため虚心坦懐な西欧人, ため虹ヶ浜で一日のんびり, ため蛇の目を肩, ためもいなくなった, ため蛍籠を橋, ため蜀兵もうごく, ため蜂谷艇長の一行, ためもいなくなった, ためのごとく, ためは頬ぺた, ため蠅男の立居, ため血圧が高く, ため血液循環が楽, ため衆議の中, ため行かなかったロペス・デ・カルバリョなど, ため行き二時近く迄, ため行くところに, ため行つて聽いて, ため行列して, ため行脚僧に姿, ため街路に残った, ため衣套をおさえ, ため衣服として着, ため衣裳はしおたれ, ため衣食に困っ, ため表彰したいにも, ため表情が類型化, ため表面に凸凹, ため表面信仰裏面密謀ふたつの仮面, ため袁更生の一味徒党, ため袋だたきに会わされ, ため被害が少い, ため被害民のため, ためをつかん, ため裁判所の厳重, ため装置部もまるで, ため裏口の方, ため裏通りを歩い, ため補充の途, ため補給が困難, ためにし, ためっている, ため製作をこころみる, ため複視的に重なり合った, ため褐色を眺める, ため褥中に書, ため西内堀に直された, ため西国巡礼に出た, ため西村の死体解剖, ため西洋流の兵営生活, ため西洋鍋や西洋道具, ため要るのだ, ため要請したもの, ため見えたり隠れ, ため見えざる流体化した, ため見えなくなっている, ため見たいような, ため見たれども血, ため見つからず先ず米国砲艦イロユイス, ため見つけたものといった, ため見はぐりて残念, ため見ましょうか, ため見ようと出かけ, ため見られず四の, ため見事にやっつけられ, ため見届けに来, ため見廻りしている, ため見物も散り, ため見舞客も少く, ため見識が下, ため規則通り二分の鋳造料を受取る, ため視界のうち, ため覗かせて置き, ため覚えをし, ため覚書の事, ため親しい友人が, ため親子夫婦姻戚のつながり, ため親戚へ走っ, ため親父が出, ため親類じゅうの騒ぎ, ため親類会議の真中, ため親類縁者のため, ため観念に於ける, ため観測中止を余儀なく, ため観照に於ける, ための交番, ため角笛を吹きし, ため解散したの, ためつて, ため言い換れ, ため言い開きをしなけれ, ため言うのだった, ため言っときますが女, ため言葉少なに宮, ため言論や宣伝, ため訂正はし, ため計りわれの, ため計略ここに出た, ため訊かせて下さいませ, ため訊くと, ため訊ねてみましょう, ため訊問の際, ため討ち洩らしてござる, ため討死仕つり畢ん, ため記しておいた, ため記事は煩瑣, ため記念塔を特に, ため記憶なし, ため記録して, ため記録類を燒盡, ため訣別のあいさつ, ため訪ねて行っ, ためく, ため訴訟の進行中, ため註しておく, ため証言して, ため評定が中途半端, ため評定所へは出ん, ため試みた最後的努力である, ため試作品ということ, ため試問しよう, ため試験を受け, ため試験管をとっ, ためは全く, ため詩人等道をかの, ため話しながらときどき, ため誇大にいいふらしおる, ため誇張や歪曲, ため認知されない父, ため誓約件の如し, ため誓願をなす, ため誘惑に便利, ため語らざるを得ない, ためは作左衛門, ため誠に有難い刺戟, ため誠一も妹, ため誠心誠意多大の犠牲, ためつて初代と, ため読経致しそれ, ため誰一人近づく事, ため調書の一部分, ため調練不充分で自然, ためふこの, ため論文は実践的, ため論証を省いた, ため諸侯に遊説, ため諸家の批評, ため諸戸は無念, ため諸所山崩れがあっ, ため諸方へ行っ, ため諸物に及び, ため諸種の条件, ため謀って王, ため謁見できずに, ため謂わばまだ, ため謄本には明治四十年一月二十五日生, ため講釈も何, ため警察前の方, ため警部モロがポーニン氏, ため譫言申したので, ため譬喩倒れに, ため護衛兵でも雇っ, ため護送されて, ため變裝して, ため谷中の人民, ため谷間の気流, ためを少し, ための利用法, ため豪快華奢なルイ十四世, ためて知合, ため豫め一定の罸金, ためを拾, ため貝殻散りたる深川, ため財政的負担は甚大, ため財産の一部, ため貢税の時務, ため貧者に施さん, ため貧農になり下った, ため貯蓄銀行の与える, ため貯金を費, ため貯金全部を引き出し, ため貴様のため, ため貴殿にお, ため貴重品のこと, ため貸本を藏, ため貸本屋から嚴談, ため費用を省く, ため資本の使用, ため資産状態が可, ため賛成したの, ため賜暇を得, ためというもの, ためは漸次, ため購求されたの, ため贋狐憑となり, ため贋病気の差し込み, ためや緑, ため赤く腫れ上った二つ, ため赤井は寮費, ため赤旗を街頭, ため赤爛れに爛れた, ため赤耀館へ帰る, ため赤色の危険信号旗, ため赤馬だの赤髪鬼, ため赤鬼青鬼の迎え, ため走る足が, ため赴いたという事実, ため起つ能わずそこへ, ため起る波紋であった, ため起居動作からし, ため越境の譏, ため越後国高田に赴き, ため越軍も信濃, ため趣味に遊ぶ, ため足どめにあい, ため足利軍は総, ため足名椎は早速, ため足拍子にあわせ, ため跡部長坂の小人, ため路傍の花, ためる疾さ, ため留った潮田春樹, ため踏みつけるたびに, ため踏みにじられやしないかという一事, ため踏抜きをし, ため蹂躪されその, ため身一つ捨てんと, ため身代金欲しさ, ため身体全体の格好, ため身心の用意, ため車列一団になっ, ため車窓も換気窓, ため車輪の塵, ため軍事的政治的に最も, ため軍人の間, ため軍使を派し, ため軍備の力, ため軍兵をつれ, ため軍功帳にのぼらず, ため軍務を離れ, ため軍葬の礼, ため軍需工場を狙った, ため軒下に立っ, ため転地した, ため転落しその, ため軽便を降りた, ため軽便天測具を持ちだし, ため軽率にうごき, ため軽薄無情な女, ため載せるべくして機会, ため辛くも血路を, ため辞書の並ん, ため辞職したので, ため辞表を提出, ため農務省の発行, ため農商務省でドイツ語, ため農民を尊敬, ため農産物価格の激落, ための口, ため辻番で訊い, ため迂廻して少なから, ため迂遠な答, ためふる為, ため迎え申したと言っ, ため縣で, ため近々に御, ため近い雪を, ため近く広島へ行つて, ため近ごろでは自分一人東京, ため近ごろ桑名にいる, ため近代の破れ衣, ため近在では, ため近寄って邸内, ため近所の世話役, ため近所同業に迷惑, ため近日の中, ため近日ロンドンを出発, ため近日彼国に出馬, ため近来の大, ため近藤土方ら先輩の力, ため近衛が天皇, ため近頃全く面目を, ため迷いに迷っ, ため迷って金糞, ため迷信をおこし, ため迷路のよう, ため追い出されホテル・マルノへ, ため追い着いて参った, ため追い討つことを, ため追撃して, ため追討の手, ため追跡がいよいよ, ため退いたが, ため退がって行った, ため退学届を出す, ため退庁がおくれ, ため退職を命ぜられました, ため退院後は無理, ため送ったのが, ため送られたものである, ため逃げた拙者感付かぬ, ため逃げ場は屋根, ため逃げ道を開き置く, ために私, ため逆立ってぷつりと, ため逆臣と世間, ため透明な心持, ため逐次抵抗の, ため途上の神仏, ため途中出来心でどんな, ため途中松井田でおり, ため途絶した困ったどう, ため通りすぎたのに気, ため通信兵に廻された, ため通常の心理状態, ためかに武裝, ため速力が増し, ため造られしものに, ため造りしところ燦爛の, ため造りものの鐘, ため連日のメリー号失踪, ため連歌の会, ため連署血判をもっ, ため進路をはばまれ, ため逸早く宗皇帝を, ため逸見先生と試合, ため遁げ出したの, ため遂に何等得るところ, ため着した, ため遅くなったの, ため遅れてしまっ, ため遅れたのだ, ため遅参の者, ため遊歴中の身, ため遊覧旁博士連の診察, ため運び去られて, ため運動がへた, ため運搬車にのせられ, ため運賃は以前約束, ため運転手等は一人, ため過労して, ため過去の伝統, ため過敏になっ, ため道中の乗物, ため道傍に落ち, ため道具の宿直, ため道具屋のほう, ため道士にたいする信仰, ため道家に入れられた, ため道灌山の一図, ためり行くこと, ため走りは, ため遠大なる距離, ため遠征隊を組織, ため遠祖は藤原鎌足, ため遣わした一行が, ため適度の運動, ため適當なもの, ため遷都の発足, ため選ばれる者よりも, ため選抜兵の一部, ため遺している, ため遺しおき候口上書一通写し進じ, ため遺しおく口上書とは, ため遺憾ながら手控, ため遺留品の写真, ため遼陽攻撃が始, ため遽雨となる, ため避けがたく生ずる, ため邁進し速, ため道村の, ため邸内の道場, ため部屋中に煤煙の, ため部署がみだれるだろう, ため部落のなか, ため部隊長岩井佐太郎白川代役二人ともよかっ, ため郵便局へ出かけよう, ため郷党のため児孫, ため都下一流の商店, ため都会へ都会, ため都近くのそんな, ため都鳥を射, ため鄭重な夜食, ため酒井雅楽頭が代理, ため酒席といえ, ため酒気が切れる, ため酔いつぶれて寝ころがっ, ため酔っ払いのよう, ため酔眼朦朧いつも村人, ためにひたした, ため醫者にも診せました, ため采女町の店, ため里子は男, ため里子制度をもう, ため重代の宝器, ため重傷を負い, ため重力が減っ, ため重大使命をおび, ため重心を失う, ため重態に陥った, ため重慶を追われ, ため重臣の会合, ため重臣団にたいして反感, ため重要な要素, ために鼠, ため野州小山の陣中, ため野獸に食, ため野良猫の三毛, ため金五郎夫婦は原田, ため金八に見, ため金十万円の寄付, ため金堂がどれほど, ため金庫から貨幣, ため金森家の嫡々, ため金甕のうなりなり, ため金瘡の口, ため金米糖を席, ため金色になっ, ため金融統制政策をバック, ため金銭上のこと, ために湯, ため針仕事はもとより, ため釣銭に手間どつ, ためは伯母さん, ためを求め, ため鉄串か箸, ため鉄棒にて撲り潰さ, ため鉄道に要する, ためでは用, ため銀座へ働き, ためは天井, ため銃殺にあいまし, ためを打て, ための穴, ため錠前の外れる, ためを入れ, ための移り香, ため鎌倉どのの譴責, ためのよう, ため鎮静水薬とを処方, ため鏡台の前, ため鐘楼へ縛りつけました, ため鑑賞玩味の興, ため承, ため長久の計, ため長吉のありのまま, ため長州藩が利用, ため長年の歴史, ため長期となる, ため長男の霊, ため長窪まで出陣, ため門人野村和作が家禄, ため門前で斃, ため門歯は食物, ため開いた胸の, ため開き見れば射込む, ため開式になっ, ため開拓使の問題, ため開拓使庁に出頭, ため開鎖に関する京幕, ために強いられた, ため閑却しがち, ため間取りを見る, ため間近う拝み奉る事, ため間違いが少い, ため関ヶ原の合戦, ため関係は疎き, ため関所で少年姿, ため関東軍と密接, ために紅, ため闘う立場に, ため阪地を経, ため防ぎ矢少々, ため防疫は消極的, ため防禦的兵科を實習實行, ため阿倍川町へ出かけ, ため阿波へ入国, ため阿賀妻はふところ, ため阿部のため, ため添いを, ため附記す, ため附近一帯二百五十人ほどの者, ため陋劣なる手段, ため降り行かんと, ためもまた, ため院内を回っ, ため陣やすみという触れ太鼓, ため陣頭に, ため陣馬ヶ原で討ち, ためでは非難, ため陰湿だ, ため陰謀の疑い, ため陳情人たちは, ため陶器以上のおもしろ, ため陸海軍その他の戰力, ため陸軍大臣が総て, ため陸軍省令第五七〇九号, ため隆中の岡, ため階上迄水, ため階上階下に院展, ため階段の形, ため随筆二枚書く, ため随行としては宿将, ため隠したものは, ため隠密組の法規通り, ため隠岐の島前, ため隠遁したの, ため隣室の人, ため隣村の地主, ため隼人佑に先手, ための足, ため集団的階級的な形態, ため雑器など云う, ため雑費はかさむ, ため離婚の訴訟, ため離縁せられたる婦人, ため難破して, ため難解に墜落, ため雪子が入った, ため雪解のしずく, ためが異常, ため雲梯も衝車, ため雷洋丸が艫, ため電極に集る, ため電気帽をかぶらされ, ため電気看板の方, ため電波管理は恐ろしく, ため電鍵をたたきつづけ, ため震災後東京を立つ, ためを地, ため霊的本能主義は神, ため隠という, ため露西亜文学を渉猟, ための原, ため青島に渡る, ため青州へ行っ, ため青年同盟が採択, ため青年将校の動き, ため青服は家主, ため青江機にのっ, ため静かなこんもり, ため静養して, ため非常警戒となり, ため非業の最期, ため非難するもの, ため面変りして, ため面白く聞くわけ, ため革新のため, ため鞭打教の宗旨, ため音信の実際, ため音律的には極めて, ための毛, ためを狂, ため順平に知らせ, ため順序を狂, ため順番にめいめい, ため頑として法を, ため頑丈な金網, ため頑張ったのだ, ため頓に歌舞伎俳優の, ため領事が暗殺, ため領内から美人, ため領國のため, ため領地を失う, ためと喉, ため頭痛がする, ため頭部に受けた, ため頻繁には会わなかった, ため頼まれる用事も, ため頼朝がこれ, ため頼朝像はよけい, ため顔色は窺う, ため願ってもない, ため類例の法, ため類題集が必要, ため顧みなんだ, ために煽られ, ため風呂沸かず据風呂, ため風呂場の中, ため風守をキチガイ扱い, ため風情を増しました, ため風浪に浸蝕, ため風陰になる, ため風雨を凌ぐ, ため飛んだ無駄骨を, ため飛行場まで樋口君一人, ため食い止めなければならない, ため食えないのを, ため食料その他あらゆるもの, ため食欲がなく, ため食気がない, ため飯場にもぐりこんだ, ため飯田町で小さな, ため飲んだだけ酔っ, ため飲料水濁りまた, ため飲食を掠, ため飲食困難となり, ため飼った鳥類の, ため養う所の, ため饗庭の屋敷, ため饗応でもする, ため馬一匹に供, ため馬匹購入の機関, ため馬屋へ閉じこめられ, ため馬来人は猿, ため馬籠本陣の裏二階, ため馬鈴薯掘りは一時間, ため馬頭観音の像, ため馬鹿な真似, ため馳せつけてまいる, ため馴れないうちは, ため駈け廻っておりました, ため駈け込まうとして一二間, ため駿河台にその, ため騎士等が多く, ため騒ぎは愈々, ため騒動が起こらなけれ, ため騙かられて無念, ため驚きはその, ため驚くべき巨浪が, ため骨折った中津が, ため骨身を惜しまず働こう, ため骸骨を接吻, ため體量も増加, ため高き木間に, ため高くにある, ため高まりのため, ため高倉山のふもと, ため高山父子は非常, ため高所にある, ため高時の旧館, ため高松市に行く, ため高氏の兵馬, ため高瀬の家, ため高級品の販売絶無, ため高級船員の椅子, ため高齢の人, ためをぼうぼう, ため鬪爭を展開, ため鬼仏洞は大切, ため魏延の陣地, ため魏陣の一角, ため魔法で呪っ, ためをつった, ため魚屋の前, ため魚市場騒動が起っ, ため魚松のお, ため鮎子は私, ための腹中, ため鮮鯛を奉る, ため鯉幟の説明, ためが発達, ための群, ため鳥肌になった, ため鳳輦が用いられ, ための相手役, ためむらがりて, ため鴻山もすぐ, ためを飼う, ため鶴岳宮にお参り, ため鹿児島湾内に伏せ, ため麦粉一千プードとお金, ため麹屋ではくるみ味噌, ため麻布の本邸, ため麻痺すると, ため麻雀ガールの豊乃, ため黄島長官のもと, ため黄浦江から敵前上陸, ため黄粉餅を作った, ため黎明前に起き, ためさと, ため黒く焼けて, ため黒田如水と浅野弾正, ため黒田官兵衛生駒甚助明石与四郎などの手勢六, ため黙々と働く社会主義者, ため黙って聞い, ため黙殺または罵倒, ため黙過すべからざる重大, ため黴菌の巣窟, ため鼓動して, ため鼻糞をため, ため龍虎山の全, ためNGが出