青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だいたい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~たる たる~ ~たれ たれ~ たろう~ たん~ ~だ だ~ ~だい だい~
だいたい~
~だいぶ だいぶ~ だから~ だが~ だけど~ ~だし だし~ だした~ だす~ ~だった

「だいたい~」 1194, 12ppm, 8864位

▼ だいたい~ (95, 8.0%)

2 ことは, ところを, プランを, 事情を, 状況を, 見当を

1 [83件] うえにおいて, ことだけは, ことを, ところ人民領土及び, ところ女は, ところ嫌つてゐたらしい, ところ昨日から, ところ洩らし, ところ目星が, ほしが, めぼしが, ようすはしっ, テンポは, プロットに従って, 一段落を, 予定としては, 事だけは, 事情は, 値は, 具体的知識に, 向うの, 問題が, 外形だけ, 大い, 当りが, 形が, 形や, 心は, 意味において, 感じは, 所を, 推測が, 方向も, 方角が, 方針が, 方針を, 時間が, 案を, 様子は, 様子を, 模様は, 比較的の, 気もちは, 温度の, 狙いであるらしい, 環境だけを, 生活とを, 目安を, 目星は, 目標が, 相場を, 眼鼻立ちや, 筋を, 筋書きが, 精神は, 精神を, 素描である, 経路を, 経過の, 経過を, 聴取は, 肉色と, 色と, 薬量が, 装飾の, 見と, 見とほし, 見わけ, 見地より, 見当が, 見当に, 見当も, 見當, 観念を, 解決を, 説明を, 趣意は, 趨勢は, 路は, 進行の, 長さ, 音の, 順序とを

▼ だいたい~ (60, 5.0%)

7 於て 4 於いて 2 以前の, 荒君らが

1 [45件] お祭に, ここは, この八月, この方, この遊び, この風習, これから鬼ヶ岳, これを, ねかせた財産, わかって, わかるもしくは, ウエンチュまたは, ニライカナイと, フツカヨイ的自虐作用は, 九州と, 九州全体が, 今でも, 似た点, 八月上旬中八日または, 南アルプスは, 南部領は, 同じもの, 塊量といった, 奥州は, 少なくなった, 彼は, 日本人の, 明るくまた, 時と, 本来身持ちの, 条件は, 東日本では, 東日本に, 榎や, 正しいという, 沖縄本島を, 発音の, 真理を, 私の, 突飛な, 芸術家とは, 酩酊者の, 関西の, 馬乗式で, 鹿の

▼ だいたいにおいて~ (43, 3.6%)

2 それを

1 [41件] いずれも, いちばん高価な, この寛永, これだけの, その通り, よくその, ニホまたは, ネンという, 一代に, 一般学生の, 両家の, 事実と, 人間の, 人間世界の, 今度の, 保守的な, 個人なり, 協議離婚を, 反対の, 夏の, 小夜子サンは, 常に守勢, 幸福であったらしく, 彼らの, 我々の, 拙い材料, 春の, 春期の, 次の, 正しく見究める, 温帯に, 温帯の, 父親に, 確かめられた, 立論し, 聖ガール寺院, 芸術的と, 貧乏である, 近所近辺でありました, 長い間隔, 間違いである

▼ だいたいこの~ (32, 2.7%)

1 [32件] へんと, ように, ろくろ首いう, 一揆は, 三ツ, 二つに, 五種に, 人は, 会場の, 前の, 叔父細川三之助は, 宴会の, 家は, 小説の, 市では, 形式は, 復興祭なる, 推測は, 文学が, 方面の, 柳生対馬守は, 標準が, 標準で, 死体のは, 江戸家老という, 理論が, 病気は, 神保先生は, 紳士が, 見当であろう, 計算に, 話は

▼ だいたいこんな~ (22, 1.8%)

2 ふうだった

1 [20件] ことが, ことに, ところだ, ふうな, ふうの, ような, ダダっ, 事が, 事だけが, 具合だった, 工合な, 意味の, 手紙を, 晩に, 次第でした, 筋書の, 調子で, 雰囲気の, 面触れで, 鰹一匹満足に

▼ だいたい~ (22, 1.8%)

2 愛妻家の

1 [20件] きまって, こんなもの, ご承知, それで, ほぼ尽き, わかります, 同じ方向, 同一の, 外来語の, 大袈裟に, 想像できます, 推察し, 白地だ, 皆おなじ, 目に, 知れて, 簡単な, 説明が, 読書を, 霜解と

▼ だいたいその~ (18, 1.5%)

2 ように

1 [16件] おもむきが, へんの, ような, 三点を, 地方の, 方向を, 日の, 時代の, 時伸子の, 目的物の, 秘密が, 虹, 西南部が, 見当である, 辺に, 辺へ

▼ だいたい同じ~ (18, 1.5%)

4 ような 2 ように

1 [12件] くらいの年ごろ, ことを, だから少々, でありまして, なら太陽, やうな, 形だ, 意味の, 方向を, 時刻に, 程度の, 話が

▼ だいたい~ (15, 1.3%)

1 [15件] がそれ, が前, が諸君, なら行ける自信, のお話, の想像, の旅, はこの, は今日, は十六七, は名士訪問, は夫婦関係, は月, は酒, を酔

▼ だいたい~ (14, 1.2%)

1 [14件] ざっとわかる, その時刻, トリエステの, 人の, 似たよう, 佐渡みそ越後みそ仙台みそ田舎みその, 婚姻政策という, 小柄である, 屈託しない, 思いたつと, 普及版の, 王仁に, 真理などと, 自分を

▼ だいたいあの~ (11, 0.9%)

2 戦争の 1 つづみの与吉なる, ような, ポマードが, 女は, 客は, 家俺は, 悪鬼の, 気持で, 田丸君つてひとが

▼ だいたいこれ~ (11, 0.9%)

1 [11件] が僕, が刑事被告人, が柘植, くらいにし, ぐらいの時刻, だけのもの, と同じ, と同様, はモスタア, は気象学, までの食費

▼ だいたい~ (11, 0.9%)

1 [11件] がここ, としては満足, にはわかってる, のさう, の並足, の主張, の同室, の考, は何, は岩登り, は日ごろ

▼ だいたい~ (11, 0.9%)

7 のよう 2 のやう 1 のごとくであった, の五つ

▼ だいたいそんな~ (10, 0.8%)

2 ものだ 1 ことに, ことは, ところだったらしい, ところだろう, ふうな, ふうに, ものは, 本の

▼ だいたいこういう~ (8, 0.7%)

1 型と, 心得で, 意味に, 意味の, 態度育ちの, 景の, 調子だった, 順序だ

▼ だいたい~ (8, 0.7%)

1 が強度, が悪い, の疑問, はこの, はひと, はひどく, は何, は考え違い

▼ だいたい~ (8, 0.7%)

3 というもの 1 が不, という奴, は理想主義, は男, 若い女

▼ だいたい日本~ (8, 0.7%)

1 のどの, のプロ野球, の共産党, の家族制度, の政治官僚, の民法, の綜合雑誌, の道徳

▼ だいたい見当~ (8, 0.7%)

2 がつい, がついた 1 がついてる, がつかねえ, がつく, はつい

▼ だいたいそういう~ (7, 0.6%)

1 ふうな, ウチな, 事が, 工合でした, 意味の, 結論だった, 見込で

▼ だいたいわかった~ (7, 0.6%)

1 からすぐ, からそろそろ, ぞ, ところへ, としてもまだ, ような, ように

▼ だいたい人間~ (7, 0.6%)

1 が恋, が生き, の生き, の自然, の良識, の行為, はことに

▼ だいたいそれ~ (6, 0.5%)

1 ぐらいに区劃, で分かった, によるもの, に賛成, をのみこみ, を信用

▼ だいたいにおいては~ (6, 0.5%)

1 それぞれの, 一旦行き詰まりかけた, 共通に, 出発点からの, 平均三台目か, 自然に

▼ だいたいわかっ~ (6, 0.5%)

3 ている 2 ていた 1 ていました

▼ だいたい三つ~ (6, 0.5%)

1 とも符節, にわかれた, にわけ, に分かれる, に分ける, の説

▼ だいたい~ (6, 0.5%)

1 かぞえたの, から二十五万年前, の日本, の歳, まで中学, 見るよう

▼ だいたい~ (6, 0.5%)

5 のよう 1 の論点

▼ だいたい想像~ (6, 0.5%)

2 される 1 がつい, がついた, がつく, はつい

▼ だいたいそう~ (5, 0.4%)

1 だ, だろうと, と相談, 云った宗教的感情, 言える

▼ だいたい~ (5, 0.4%)

1 あらわすこと, しめ上げさせた, 熟知なされ, 記憶し, 話した

▼ だいたい~ (4, 0.3%)

2 わかりに 1 わかりの, 父さまも

▼ だいたいわかる~ (4, 0.3%)

1 よ, ような, ように, わけであります

▼ だいたい~ (4, 0.3%)

1 に知られ, の判断, の心, を殺す

▼ だいたい以上~ (4, 0.3%)

2 のよう 1 の理由, の範囲

▼ だいたい~ (4, 0.3%)

1 がそんな, でしょう, のはずみ, を許し

▼ だいたい小説~ (4, 0.3%)

2 を読みすぎる 1 と戯曲, に於

▼ だいたい~ (4, 0.3%)

1 体質が, 婦人の, 推察できる, 直参の

▼ だいたい普通~ (4, 0.3%)

1 の中流人, の人間, の犯罪, の言葉

▼ だいたい自分~ (4, 0.3%)

1 でもよく, にこんな, に関係, は理想主義

▼ だいたいあなた~ (3, 0.3%)

1 の今, の手中, はずつと部屋

▼ だいたいから~ (3, 0.3%)

1 いうと, いえば, だの

▼ だいたいこう~ (3, 0.3%)

1 いった古風, いった塩梅, だったよう

▼ だいたいここ~ (3, 0.3%)

1 の仲居, の夫婦, は予約

▼ だいたいどういう~ (3, 0.3%)

1 ことを, 具合に, 意志で

▼ だいたいどの~ (3, 0.3%)

1 一切れを, 事件の, 辺の

▼ だいたいよく~ (3, 0.3%)

1 なったと, わかり賛成, 見まわりました

▼ だいたい察し~ (3, 0.3%)

1 がつく, がつくだろう, ておられる

▼ だいたい~ (3, 0.3%)

1 にはせいぜい, に対して僕, の顔

▼ だいたい芸術家~ (3, 0.3%)

2 のその 1 というもの

▼ だいたい~ (3, 0.3%)

1 はすんだ, はわかりました, もすんだ

▼ だいたい話し~ (3, 0.3%)

1 ておいた, ておきたい, てしまった

▼ だいたいあんな~ (2, 0.2%)

1 ものだ, 小男でなけれ

▼ だいたいあんまり~ (2, 0.2%)

2 本当の

▼ だいたいいつぞや~ (2, 0.2%)

1 のケンネル殺人事件, 申されましたよう

▼ だいたいけん~ (2, 0.2%)

2 とうが

▼ だいたいこれら~ (2, 0.2%)

1 の仕掛, の記録

▼ だいたいすんだ~ (2, 0.2%)

1 のであと, ようです

▼ だいたいそういった~ (2, 0.2%)

1 わけの, 意味の

▼ だいたいつぎ~ (2, 0.2%)

1 のとおり, のよう

▼ だいたいできた~ (2, 0.2%)

1 ころに, のです

▼ だいたいとしては~ (2, 0.2%)

1 大音楽家, 近ごろも

▼ だいたいどこ~ (2, 0.2%)

1 に隠れ, の原始宗教

▼ だいたいみなさん~ (2, 0.2%)

1 にお, には隙

▼ だいたいオレ~ (2, 0.2%)

1 が諸君, はとても

▼ だいたいサルトル~ (2, 0.2%)

2 が書いた

▼ だいたいダンスホール~ (2, 0.2%)

1 へ這入, へ這入っ

▼ だいたい一致~ (2, 0.2%)

1 して, する問題

▼ だいたい事実~ (2, 0.2%)

1 だったよう, に基づいた

▼ だいたい事情~ (2, 0.2%)

1 はわかりました, は明

▼ だいたい二つ~ (2, 0.2%)

1 に分け, のこと

▼ だいたい他人~ (2, 0.2%)

1 に対して血, の姿

▼ だいたい~ (2, 0.2%)

1 ている, 通つてゐる

▼ だいたい健全~ (2, 0.2%)

1 なプログラム, な人間

▼ だいたい~ (2, 0.2%)

1 長者から, 魚は

▼ だいたい大学~ (2, 0.2%)

1 の総長, の講義

▼ だいたい女の子~ (2, 0.2%)

1 が三人, の裸体

▼ だいたい子供~ (2, 0.2%)

1 が少ない, にだって大凡

▼ だいたい恋愛~ (2, 0.2%)

1 など, などというもの

▼ だいたい成功~ (2, 0.2%)

2 して

▼ だいたい我々~ (2, 0.2%)

1 が素人探偵, の感じ

▼ だいたい我々貧乏~ (2, 0.2%)

1 な文士, な文士ぐらゐ

▼ だいたい推察~ (2, 0.2%)

1 された, されるし

▼ だいたい推理小説~ (2, 0.2%)

1 というもの, は解決篇

▼ だいたい支那~ (2, 0.2%)

1 で金, というところ

▼ だいたい文化~ (2, 0.2%)

2 に毒

▼ だいたい日本神話~ (2, 0.2%)

1 というもの, と上代

▼ だいたい最初~ (2, 0.2%)

1 に君, の構想どおり

▼ だいたい本書~ (2, 0.2%)

2 の作品

▼ だいたい権謀術数~ (2, 0.2%)

2 の荒ッポイ生活

▼ だいたい正しい~ (2, 0.2%)

2 ということ

▼ だいたい犯罪~ (2, 0.2%)

1 と云う, の動機

▼ だいたい現在~ (2, 0.2%)

1 の新劇, の瞬間

▼ だいたい田舎~ (2, 0.2%)

1 の旧家, の湯治客

▼ だいたい~ (2, 0.2%)

1 といふもの, にダマ

▼ だいたい芝居~ (2, 0.2%)

1 といふもの, をのん気

▼ だいたい裁判所~ (2, 0.2%)

1 なんてとこ, へ出

▼ だいたい~ (2, 0.2%)

1 が誰, も彼

▼ だいたい貴方~ (2, 0.2%)

1 がおいそれと, という方

▼ だいたい間違~ (2, 0.2%)

1 ひの, ひは

▼1* [520件]

だいたいあたしと女, だいたいあたりがつい, だいたいあと七八分でここ, だいたいあれほど学問, だいたいあれ式なの, だいたいあんた世の中なんていい加減, だいたいいいようだ, だいたいいいえ皆が, だいたいいつでもある, だいたいいつごろお米, だいたいいまわれわれが立っ, だいたいうかがわれることと, だいたいうまくいったよ, だいたいおじいさんはぼく, だいたいおなじサイズの, だいたいおのおの十五カ所の代, だいたいおれは思い出, だいたいお前は駄洒落, だいたいお前さんも変った, だいたいお話はわかりました, だいたいかういふ時勢に, だいたいきまっていた, だいたいきまりかけたが故障, だいたいきょう聞いたラジオニュウス, だいたいことのしだい, だいたいことしの天気, だいたいこのごろは何, だいたいこんど雑誌やるの, だいたいういふ, だいたいさぐってある, だいたいすこしシッカリした, だいたいそいつだろうという, だいたいそうした訓練だ, だいたいそのままにし, だいたいそんなに易々と, だいたいたねあかしをおわった, だいたいつきて座長, だいたいできています, だいたいできあがったと思う, だいたいでも分って, だいたい言うの, だいたいとして長く学校生活, だいたいどれくらい入っ, だいたいながらもわかれば, だいたいなんですね, だいたいなんとかなるだろう, だいたいなん刻ごろにお, だいたいには想像し得られる, だいたいにわたっての理屈では, だいたいはのん気である, だいたいばかげた話だ, だいたいひとを馬鹿, だいたいひと月代わりに書い, だいたいへんな夫婦, だいたいほんとうのよう, だいたいぼくはシガ, だいたいまあそんなもん, だいたいみながみな若輩, だいたいみんなかたくなっ, だいたいむずかしいところは, だいたいめぼしのついた, だいたいもうガイヤアル君から, だいたいようすがわかった, だいたいわかり道具にも, だいたいわかりましたけれども私, だいたいわかれば彼, だいたいわが南洋諸島の, だいたいわたしは昼間, だいたいわたしたちの組, だいたいわれらが考え, だいたいわれわれ人民の頭, だいたいアウフクレールングスツァイトで英, だいたいカヨの信仰, だいたいガラス絵だからと, だいたいクニットリンゲンの魔法博士ファウスト, だいたいクリヴォフ様が殺されよう, だいたいグリーン殺人事件がそう, だいたいシェファーの方法, だいたいシナという国, だいたいシナノは犬養, だいたいストライキという手段, だいたいスポーツは御, だいたいセラダは気に入った, だいたいゼロに等しい, だいたいチッポケな山門, だいたいナイル河の水源, だいたいバラック式の家, だいたいパンパンというもの, だいたいパン店と同様, だいたいヒステリーの発作中, だいたいヒダの伝説, だいたいピカデリー劇場は戯曲中心, だいたいフランス料理というもの, だいたいプラン通りに運んだ, だいたいプラーグの万国操人形聯盟, だいたいヘンゼンでもエーワルト, だいたいマルクシズムによっていられるらしい, だいたいヤキモチが好き, だいたい一つの世界一つ, だいたい一レースに千五百円平均, だいたい一ヵ月ぐらいのうち, だいたい一人の半玉, だいたい一千万ボルト程度のもの, だいたい一国の王様, だいたい一定して, だいたい一年を通じて必要, だいたい一年三四ヶ月の長い, だいたい一年間というの, だいたい一度くらいであろう, だいたい一本筋だった, だいたい一様の速度, だいたい一般民間のそれ, だいたい一首の中ごろ, だいたい丁度になる, だいたい七ヶ国から二千名, だいたい七千万キロだった, だいたい七時から八時の間, だいたい七時ごろ家へ帰っ, だいたい七時半前後という一同, だいたい七種類ほどあります, だいたい三とおりの牢舎, だいたい三万人ぐらゐ行列に加はる予想, だいたい三吉の主張, だいたい三年ときめ, だいたい三方とも羽目板, だいたい三段階を経, だいたい三毛に似た, だいたい三点から見られる, だいたい三種の意味, だいたい上り框へどつか, だいたい上役にあった, だいたい上述のごとくである, だいたい下品だ, だいたい不思議なほど, だいたい不自由舎と健康舎, だいたい世間並みに標準, だいたい丸いですよ, だいたい丹下左膳という奴, だいたい主人学の一般, だいたい九十点前後つまり優秀, だいたい乾板などという感光物質, だいたい了解した, だいたい予定の通り, だいたい予定どおりであった, だいたい予期した山形, だいたい事件直後に素人タンテイ, だいたい二十代にその, だいたい二十歳から二十五歳, だいたい二回きりで途切れた, だいたい二月四日頃にあたる, だいたい二百六十個片足だけお, だいたい云いあてられるように, だいたい五つの班, だいたい五万部が単位, だいたい五割くらいは地上, だいたい五十銭という値段, だいたい亭主のだらし, だいたい人生の中, だいたい人間通というもの, だいたい今度の日曜, だいたい今捜査の難点, だいたい今日の予定, だいたい仏蘭西の女, だいたい仕事の上, だいたい代表制民主主義のやり, だいたい代議士諸公は策, だいたい伊勢平氏忠盛と子, だいたい伊東というところ, だいたい休みということ, だいたい伝えんがため, だいたい似かよっている, だいたい脳な, だいたい何しろ二度三度と, だいたい何ポンドあれば, だいたい何世紀前後の氷, だいたい何事でも言葉, だいたい何故扉の, だいたい何月何日ごろに到着, だいたい作中人物の言葉, だいたい信じられている, だいたい信仰の根, だいたい俳優教育のメソード, だいたいをかい, だいたい健全者の夢, だいたい先刻の, だいたい先夫遺伝といえ, だいたい先生が蓑笠, だいたいの副, だいたいの忍緒, だいたい全員の中, だいたい八時ごろでしょう, だいたい公判廷なぞ写真, だいたい六ツ時頃までに轡, だいたい六世紀頃にインド, だいたい六人から八人くら, だいたい六十年という長い, だいたい六千フィートくらいにきまっ, だいたい六週間位聴いて, だいたい共謀かどう, だいたい共通して, だいたい凍結時間と似た, だいたい出来たようであった, だいたい分かっている, だいたい分ってきた, だいたい分ったとしてつぎ, だいたい分りますが, だいたい分るのよ, だいたい分裂病の症状, だいたい判断できるだろうと, だいたいにも示談契約, だいたい加室さんからおき, だいたい包囲形を作っ, だいたい化学方程式さえ読めない, だいたい北海道の真中, だいたい医者が医学上, だいたい十一時半ごろということ, だいたい十一時半前後には嵐山, だいたい十一月から二月, だいたい十二時から二時, だいたい十二時ごろでございます, だいたい十対四ということ, だいたい十年にわたって分布, だいたい十年間にわたって分布, だいたい十月一ぱいぐらいで打ちきる, だいたい十銭が原則, だいたい半分であった, だいたい半年に一度, だいたい半月あまりの短時日, だいたいから北, だいたい南アメリカのアマゾン川, だいたい卸値の二倍, だいたい原っぱだ, だいたい原野がやっ, だいたい去年の夏ごろ, だいたいを訪ねる, だいたい双生児というもの, だいたい受驗準備書としてでき, だいたい古今集の讀み, だいたい只今お話したよう, だいたい召使などというもの, だいたい右側通行というの, だいたい方面の, だいたい合っていた, だいたい吹雪の時, だいたい周期というもの, だいたい呵責と云う, だいたい問題の笛, だいたい喧嘩に弱く, だいたいのある, だいたい込んだが, だいたい困ってもおりません, だいたい固い雪の, だいたい壁炉というもの, だいたい売り切れてい, だいたい売れてきた, だいたい変りはない, だいたい夏道通り進んで, だいたいへも出たがらない, だいたい大いに乱れるという, だいたい大丈夫だろう, だいたい大学講師の停年, だいたい大島の方角, だいたい大隈と相談, だいたい大館では朝晩一時間, だいたい天気には無頓着, だいたい太陽系の内, だいたい失敬じゃない, だいたい嬶天下らしいが, だいたい学校というもの, だいたい実家の方, だいたい実行した, だいたい実際の殺人事件, だいたいが湧い, だいたい家政婦というの, だいたい家臣同様の格, だいたい察しられたが香木五十八種, だいたい寺院建築には家庭, だいたい専門家というもの, だいたい資本の, だいたい小さな人家が, だいたい小型日本犬に似た, だいたい小屋は使えない, だいたい居酒屋で食べさせる, だいたい屋外の物音, だいたい屍体に対する特殊, だいたい山々の五千メートル, だいたい岡ッ引などやろう, だいたい川棚といふところ, だいたい左寄りに広い, だいたい左様なもの, だいたい左門と同じ, だいたい差配というもの, だいたい市岡自身にそうした, だいたい希望して, だいたい幕府方では九月, だいたいというやつ, だいたい干支というもの, だいたい平家栄花時代と義仲, だいたい幼年期からの傴僂, だいたい座談会の速記, だいたい庶民性をまったく, だいたい廻転椅子がどう, だいたい強調の意味, だいたい当りはつい, だいたい当初のもくろみどおり, だいたい当時の流行, だいたい当直人の昼間, だいたいだけのそう, だいたい彼女は何, だいたい待つといふ気持, だいたい得心が行きました, だいたい御身分相当な奥深い, だいたい微風さえもない, だいたいのハタラキ, だいたい心得ている, だいたい応援団の雰囲気, だいたい思いきりのいい, だいたい怪談が好き, だいたい悠揚せまらぬ顔付, だいたい悪魔の尿溜, だいたい情報の内容, だいたい感づいてる筈だった, だいたい憑着性の強い, だいたい戦法としても特攻隊, だいたい戯曲としてはつまらない, だいたい手口が同じ, だいたい打ち合わせを終えた, だいたい拍手もタメイキ, だいたい捜査官の権威, だいたいで飲まう, だいたい推理というもの, だいたい支倉君二つの甲冑武者, だいたい政党に従属, だいたい政府にし, だいたい政府攻撃の立場, だいたい教祖の言辞, だいたい教養としての知識, だいたい散文芸術で血迷, だいたいを二十名程度, だいたい整備されて, だいたい文学にそっくりそのまま, だいたい文学形式としての, だいたい文学的生活だと, だいたい文明開化なぞと云っ, だいたい文筆に未熟, だいたい新聞の報ずる, だいたい方角もついた, だいたい既成の人々, だいたい日向もはずれ, だいたい日曜日を休み, だいたい日本アルプスくらいの厚, だいたい日本人はいろいろ, だいたい日本婦人の不, だいたい日本式のニギリコブシ, だいたい日本潜入を決意, だいたい日本語で片づく, だいたい日本酒の半値, だいたいおひる, だいたい明かになつて, だいたい明治三十二年女学校令というもの, だいたいの姿, だいたい昨日で艦, だいたい普通どおりに働く, だいたい晴れというよう, だいたい書いてしまっ, だいたい書き上げたものを, だいたい書斎は北向, だいたい有名になりきる, だいたい本人ということ, だいたい条件のそろつた, だいたいを向い, だいたい東京はもう, だいたい東洋人がわれわれ白人, だいたい東西に走る, だいたい松島めぐりという, だいたい根性が卑しい, だいたい検屍官なんてもの, だいたい楽器の心霊演奏, だいたい機上から見下した, だいたい読みとか, だいたい正しく解説され, だいたい此地方では見あたらない, だいたい歴史を見る, だいたいだけが呼び起し得る, だいたい死ぬと思われなかった, だいたい残飯生活の一人当り, だいたい段取りがきまった, だいたい永久凍土層そのものの性質, だいたい決まっている, だいたい沮授がよく, だいたい流浪者はお昼, だいたい浮浪者で窃盗常習者, だいたい海産物の中, だいたいさの, だいたい深夜のメイ想, だいたい渋田がやっ, だいたい温泉町というもの, だいたい漁船というもの, だいたい演劇の種別, だいたいの力, だいたい火焔を鎮め, だいたい思慮無, だいたい無口だし, だいたい無神経だ, だいたい焼酎を私, だいたいという人物, だいたい父系に開幕, だいたい片づいたところだった, だいたい犯人の芝居気, だいたい現世的な俳優, だいたい現在日本の一本立ち, だいたい現実をありのまま, だいたい理屈っぽいよ, だいたい理由もない, だいたい理由書にはなんと, だいたい理解できるよう, だいたい生活能力のあたえられず, だいたい田舎者は数理観念, だいたい男女の肉体生活, だいたい男女関係が公式, だいたい発表の年代順, だいたい発足した時, だいたい登山などと申します, だいたい百姓の酔い, だいたい的中したの, だいたい皇族から出られる, だいたい目星はつきました, だいたい直角に當, だいたい直角三角形で配達, だいたい真直になっ, だいたい睨み合って無言, だいたい知っている, だいたい知った時まさしく, だいたい石川先生の話, だいたい石油カン一ツのハキダメ向け, だいたい砲弾に尾翼, だいたい硫黄列島とラサ島, だいたい碁打というもの, だいたい社員に向っ, だいたい神妙に毎晩学生食堂, だいたい私みたいなスローモーション, だいたい穴吊しといふ刑, だいたい籠屋のいった, だいたいがそろつ, だいたいの四分の一, だいたい精神病というもの, だいたい紋書きが見た, だいたい素人タンテイ式に疑わしい, だいたい素行については悪評, だいたい紡錘形をした, だいたい終ったので本日, だいたい終わったと思う, だいたい結構ですが, だいたい統計的には一定方向, だいたい緊張から解放, だいたい美しい字を, だいたい習作的なもの, だいたい老境にはなやみ, だいたい考えて見りゃ分る, だいたい職工的です, だいたい胆吹王国に身, だいたい脚本を書く, だいたい自分のと同様, だいたい自問自答というやつ, だいたい自我というもの, だいたい自殺などというウチ, だいたい良心と常識, だいたい色事はそんな, だいたい芸術といふ最も, だいたいには視, だいたいのよう, だいたい衆議はまとまりかけた, だいたい表通りに向った, だいたい裁判というもの, だいたい装飾灯が再び, だいたい補充すること, だいたい西園寺家のもの, だいたい見本が一ツ, だいたい観照生活というもの, だいたいはせて, だいたい評論にしろ, だいたい語り尽したやうにも, だいたい説明を終りました, だいたい読んでおります, だいたい読んでる次第です, だいたい諦めて金持ち, だいたい諸君はわし, だいたい警官の訊問, だいたい警察のやり方, だいたい貧しい人で, だいたい賛成か, だいたい音波なんて, だいたい身の毛のよだつ, だいたい転向作家の問題, だいたい逃げ出した気狂いは, だいたい透明に近い, だいたい進歩思想家として一貫, だいたい針葉樹と扁葉樹, だいたい鎌倉時代くらいの氷, だいたいには洋琴みたい, だいたい鐘楼の点鬼簿, だいたい開化天皇が自分, だいたい間違いはあるまい, だいたい限りがあります, だいたい階下の窓, だいたい隠されたものという, だいたい青酸加里なんて小学生, だいたい静かでない年, だいたい静止して, だいたい面白く無事に, だいたいに似, だいたい革命とか最後的, だいたいの円い, だいたい顔役のいる, だいたい食後三時間か三時間半, だいたい養殖真珠をやっ, だいたい首肯されるが, だいたい高潔らしい, だいたい鹿児島県は行乞, だいたい黒い色を