青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たべ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たであろう~ たとい~ たとえ~ たとえば~ たなら~ ~たび たび~ たびたび~ たぶん~ ~たべ
たべ~
~たま たま~ ~たまえ たまたま~ ~たまらない たまらない~ ~ため ため~ ~たより たより~

「たべ~」 1401, 14ppm, 8008位

▼ たべ~ (753, 53.7%)

30 いるの 23 いる 18 いた 15 いると 12 ゐる, 生きて 10 いました 8 います, しまうと, ゐた 7 ごらんなさい 6 しまいました, しまうの, ゐるの 5 いて, しまって 4 いるうち, しまつて, 下さい 3 いたが, しまったの, みて, みると, 元気を, 居ります, 居ると

2 [44件] いたの, いたら電報, いない, いなかった, いなかった私, いますと, いるとき, いるところ, いるので, いるん, いる間, おなかが, かえる, きょうは, ください, しまいますと, しまう, しまうという, しまった, しまっても, しまつ, しまひました, ひとり谷川, みたいと, みんな子供に, ゆく, よいやら, よした, ゐました, ゐるうち, ゐるやう, 一休みし, 二階へ, 出かけるさかい, 出て, 居た, 居やう, 居る, 居るの, 居る時, 時にはたつた, 来たん, 見たいと, 見ませんか

1 [453件] ああやっと, あげて, あたって, あとで, あとの, あとは, あなたの, いいでしょう, いいよ, いいん, いかんと, いきいきと, いくが, いくの, いけないの, いけよ, いけるだけの, いけるよう, いたあの, いたあまい, いたお, いただかなくっても, いただきたいと, いたとき, いたので, いたら, いたらさち子さん, いたらてっちゃ, いたらジャピイ, いたら信吉来, いたら動物的平和, いたら咲, いたら大家, いたら皆川さん, いたら風土病, いたろうと, いた人達, いた家畜, いた旋盤工, いた板張, いちゃ, いても, いないに, いないの, いないので, いないはず, いないやつ, いないん, いない人間, いなければ, いましたあんまり, いますが, いやう, いらっしゃい, いらっしゃいよ, いらっしゃるその, いらっしゃるでしょうか, いらっしゃるの, いるあいだ, いるいらざる不敬問題, いるかという, いるかめ, いるから, いるからな, いるが, いるこの, いるごはん, いるそう, いるそれから, いるって, いるという, いるひと, いるむかい側, いるもの, いるよう, いるらしい, いるらしいわ, いるらしい一軒, いるらしく思われたから, いるわけ, いるガンたち, いるサジ, いるジャガイモ, いるスイトン, いるン, いる事, いる伴, いる伸子, いる修道院, いる兄, いる夫, いる折, いる重吉, いる間じゅう, いる鼻先, いれば, いろんな仕事, うまい, えとおもったら, おかえりよ, おかみさんが, おくほう, おくれるとは, おつとめ, おとなしく帰宅, おやすみなさい, おりましたが, お役, お櫃の, お腹が, お茶を, かえった, かえって幸子ちゃん, かえりますからって, かえるつもり, かえると, かえる珍しく, きたの, きた者, きのうと, くらした, くるん, くれたの, くれたまえ, ぐう, けんかし, こい, ここに, こないだ見, このうどん屋, これは, ごらん, ご覧なさい, さち子さんが, さっさと七時, さてお, さてそれからと, さて十時頃, しばらくする, しばらく話し, しまいたいよ, しまいたいよう, しまいたくなって, しまいまして, しまい酒, しまい鱈, しまうか, しまうかも, しまうから, しまうぜ, しまうつもり, しまうでしょう, しまうので, しまうのよ, しまうよりも, しまえば, しまおうと, しまおかよ, しまったこと, しまったじゃ, しまったとき, しまったところ, しまったはず, しまったらみんな, しまったわけ, しまった椿, しまってから, しまつたので, すき腹を, すぐ寢, すこしずつ, すこし休ん, すこし元気, すっかり元気, そこへ, そしてここ, そちらへ, そのお, そのたてがみ, その世話, その冬, それから, それからお, それからお客, それからガチョウ, それからズッ, それから一休み, それから又, それから園子, それから康子, それから東京駅, それから泰造, それが, それで, それを, そんなびっこの生活, ただ生き, たべて, ちようどいい, って, では十九日, なでいたわって, ねむくなった, のこりの, のみこんで, のろのろと, のんだあげく, ひとり, ぶどう酒を, ほんとに好い, ますと, またまり, また新しく, みた, みたいの, みたかったわ, みたけど, みたって, みたら実にどうも, みました, みましょう, みようという, みる, もすぐにかへらずに, もらう, もらえずに, もろうため, やすみました, やっと, やらうと, やりたい頬邊, やりましょう, やるからな, ゆかれませんもの, ゆく後, ゆけ, ゆこうという, ゆっくり一昼寝, ゆつくり, よい由, よく寝る, よく眠っ, よく眠りたまえ, ゐたかといふ, ゐたとき二粒ごはん, ゐたの, ゐたので, ゐた時, ゐた葉, ゐなかつた, ゐられたから, ゐるか, ゐると, ゐるところ, ゐるまうへ, ゐるもの, ゐるトマト, ゐる中, ゐる事, ゐる六歳, ゐる夕月, ゐる山, ゐる村人, ゐる私, ゐる雜談, ゲラゲラ笑った, コロコロに, ゴロゴロねたり, タバコを, ヒポクリーニという, ヒルネし, ベツドの, ペチャクチャペチャクチャ, マージャンを, 一がんばりしなく, 一寸したら, 一時すぎ野上さんの, 一服という, 一緒に, 一部屋つい, 上げなさいさも, 上って, 不意に, 九時ごろ野菜の, 九銭の, 乾葡萄を, 了つてゐた, 二年経つ, 五時ごろ出かけ, 人々の, 今日を, 仕舞う, 仕舞つた時ね, 休養しなさい, 來やうと, 元気に, 八十八の, 六十五銭乃至, 出かけようと, 出かける, 出かけるという, 出かけるよう, 出かけるステーション, 出かける着物, 出がけ, 別れる彼, 十一時ごろかえって, 十二時まで, 十分お祝いし, 午後は, 又二三時間, 又昼, 又次に, 又自分, 吻っと, 咲枝の, 啼けり鵯, 喋って, 国さんは, 堺の, 声を, 夕刊を, 夕刻まで, 多賀ちゃんが, 夜いろいろ, 夜なかに, 夜下町へ, 大いそぎ, 大きなお腹, 大変面白く, 女に, 娘や, 子を, 学校へ, 安らかに, 実に外科, 室の, 富士見町へ, 寝こんで, 寝て, 寿江へ, 寿江子が, 寿江子出かけ, 居たが, 居たらなか, 居たらケイオー, 居らっしゃれば, 居るなかば頃, 居るものの, 居るアイヌ, 居るレグホン, 居る人間, 山の手電車の, 帰つ, 帰らない, 帰る, 彼等は, 待った, 御勤, 御覧, 御覧なさい, 思い切って, 恢復した, 戻って, 文藝春秋を, 日暮まで, 日本の, 日本語を, 早速かけこん, 映画が, 昼食に, 暖くして, 暫く休ん, 暮すほう, 書くもの, 有楽町から, 来い, 来たという, 来たの, 来たので, 来たばかり, 来ました, 来ましたから, 来る, 此處で, 歩いてなど, 毒な, 気分わるい, 気持よかっ, 水を, 涼しい果汁, 炬燵の, 片づけて, 生きてたん, 留守を, 白鬚神社から, 目を, 眠りました, 着物きかえ, 私の, 秋肥った, 箸を, 総計十五六人が, 縫物し, 肥って, 胃の, 自分が, 自分も, 自分達の, 自由に, 舟は, 花の, 荷車曳き, 葡萄酒のむ, 薄暗くなっ, 藤澤に, 蛙の, 行かなけりゃならない乙女さん, 行きなさい, 行く, 行くことさ, 行くのよ, 行くよう, 行ぐがら, 行けない, 行った, 行って, 行っと, 衣裳も, 補充の, 見たい, 見たうございますの, 見て, 見な, 見なさいうまい, 見苦しい, 読んで, 谷へ, 財布に, 貰おうと, 辛抱しとこう, 連れあいの, 遠い少年, 門松を, 間に合う筈, 降り路, 頂きたく思います, 頂きましょうお母さん, 須田町へより, 風呂にも, 飽きが, 駅まで, 骨も

▼ たべもの~ (128, 9.1%)

3 になる, の中, をはこん, をひろいました 2 がない, の店, やきもの, やのみ, を探し

1 [106件] があります, がお粗末, がたくさん, がつぎつぎ, がどっさり, がなくなっ, がやかましい, が不自由, が何と, が変る, が忌々しい, が無くなる, が見つからない, だ, だけにまた, だの水, であるイカ, でも, といふもの, とか水, とのみもの, などもむし, などゆっくり, なんかありゃしない, なんかにこだわる, なんて飽きる, なんて飽きるでしょう, にあきた, にこ, にこの, にし, にはさわり, にはなかなか, にはわがまま, にむずかしい, にもきもの, にわがまま, に不自由, に不足, に掛け, に氣, に難儀, のある, のこと, のこまる, のない, の事, の余り, の味, の注文, の通る, はちゃんと, はてん, はどうして, はない, ははじめ, はまえ, はよこす, はパン, は一遍, は原地主義, は店, は手, は舌, ばかりで祝う, まで云っ, もたくさん, もとりあげ, もない, も時に, も送っ, やなど, やのはなし, やはみんな, をあさっ, をいただく, をかくしあっ, をください, をくれた, をくれる, をこしらえる, をこれ, をさがし, をとり, をとる, をのせ, をのみ下し, をひろいあげました, をほんの, をみんな, をむだ, をもっ, をもらったらしい, をもらつ, をやっ, をやりました, を分ける, を少し, を持たし, を持ち運ん, を持っ, を田舎, を発明, を見つけ, を載せた, を部屋

▼ たべながら~ (57, 4.1%)

2 すすきの, 西の

1 [53件] あなたは, おそく迄, かけて, こたへ, このビジテリアン大祭, これから共同生活, ずっとその, そう言いました, その下駄, それを, そんなこと, そんな話, ちょいちょいと, ちょいと, ついて, のむと, のんびりし, ふと胸, ゆっくりお話, ゆっくり御, サークル員が, チラリチラリ頁, 二週間の, 伸子が, 伸子は, 佐保子が, 何か, 兄さんの, 十日の, 向うに, 大仏殿の, 婦人委員会の, 子供たちの, 歌を, 此の, 殆ど涙, 油断する, 私と, 私は, 空の, 考えて, 芝居の, 華族女学校へは, 蚕を, 言いました, 話して, 話すこと, 話そうじゃ, 電話借っ, 霧氷の, 青空の, 飛行機に, 黙つて

▼ たべたり~ (56, 4.0%)

8 して 2 したこと, 休んだり, 汽車に

1 [42件] いまの, いろいろ出来る, お家で, お茶を, お酒, きれいな, した, したあと, したのち, した時, しても, しないで, しないと, しないの, しながら, しました, しましたが, する, するうち, するさ, するの, カフェーをの, 二時間ばかりは, 仲間から, 味噌汁をの, 小鳥を, 帝王に, 御菓子, 御飯を, 本箱や, 氷川様の, 祝杯を, 糠みそ漬に, 草の, 薬草を, 行ったり, 見渡したり, 記念の, 話したり, 貧乏人の, 遊んだり, 麻雀で

▼ たべ~ (52, 3.7%)

3 行った 2 いったり, 出かけた, 来て

1 [43件] いきましょう, いって, かえったん, きたもの, きた鳥, きて, くると, こっちへ, つれて, つれられて, もぐりこんで, もどったがい, ゆかうよ, よる, サヴォイ・ホテルの, ブルックストリートに, 下りひさ, 伯父の, 出かけたり, 出かけようという, 出ないでも, 出ませうよ, 帰って, 或は眠る, 来いと, 来たの, 来たわけ, 来た鳥, 来る, 来るよう, 来る食料品, 町に, 神なる, 行かうとか, 行くけれど, 行けば, 行こうと, 行ったが, 行ったのよ, 行って, 行つても, 街へ, 麻布の

▼ たべ~ (46, 3.3%)

3 のこと 2 になる, は持っ

1 [39件] から, がたんと, が失くなつ, が山, でがまん, でなく父, でもくれ, でも買っ, でも買つて, で釣ろう, としての魚類, とてはありますまい, と水, などもきこし召し, などを乗せ, などを持たされる, なの, にならない, に気, に限らず, のたべ分け, の中, の事, はかめ, はどう, はなに, は置い, は美味しい, ばかりか焚き, や玩具, をあげましょう, をあげませう, をうし, をとっ, をに, をねだった, を稼ぐ, を窓口, を運ん

▼ たべても~ (39, 2.8%)

2 あたらない, たべても, だいじょうぶです, だいじょうぶと, だいじょうぶという

1 [29件] あんまり大食, い, いいこと, いいという, いいとは, いませんでした, いられません, うまいの, うまい酒, おいしいの, おいしく何, このよう, ずんずん消化, そこに, たくさんたべ, たべきれない, たべほうだい, ちっとも楽し, やせこけだ, やめられないで, ようございます, よろしいが, ゼイタクだ, 同じこと, 左程, 構わない, 美味しいミカン, 茄子が, 追ひ付きません

▼ たべては~ (22, 1.6%)

2 お茶を

1 [20件] いけない, いけないから, いけないと, いけないという, いないの, いまいという, お水, お汁, ならんと, ひとり遊ぶ, もぐ, バットを, 平氣, 昼飯晩飯の, 水を, 美味い腹, 行くの, 見いして, 見一, 飴を

▼ たべてから~ (19, 1.4%)

1 [19件] おいく, かえる, きっと帰す, ぐっすりおやすみなさい, ぐっすりと, こんどはかまどを, それを, たべたこと, また探偵事務所, ゆくよう, わたしたちは, 二十五日めに, 十二時迄に, 多賀ちゃんは, 弟は, 後は, 必ずそれ, 歩いて, 海の

▼ たべ~ (8, 0.6%)

2 したり 1 されたら困るには, された桃, されても, してやるん, してやろうかな, すわって

▼ たべ~ (8, 0.6%)

4 をする 2 をし 1 だつたの, を教える

▼ たべものの~ (7, 0.5%)

2 話を 1 けんかで, 礼へ, 紙包を, 美味さ, 色彩なり

▼ たべかた~ (5, 0.4%)

1 であろうと, についての講義, までこまごま, も真似手, をまね

▼ たべそれから~ (5, 0.4%)

1 〆切のせまつ, お弁当, お風呂, そこらに, 一つ一つの

▼ たべ~ (4, 0.3%)

1 おくれやすほんま, くれ, 伏し拝み手, 申来り

▼ たべながらも~ (4, 0.3%)

1 かえりの, たえず荷駄, 伸子の, 茫然として

▼ たべ~ (4, 0.3%)

1 の茶, は早く, も愉快, も益

▼ たべあと~ (3, 0.2%)

1 でねむく, の魚, はお茶漬け

▼ たべごと~ (3, 0.2%)

1 でもなかつた, でも又, 或はのりごと

▼ たべそして~ (3, 0.2%)

1 五十銭で, 帰ったさき, 床に

▼ たべそれ~ (3, 0.2%)

1 から二時間, から壺井さん, から細い

▼ たべちや~ (3, 0.2%)

1 いたいやう, いませうか, 居んだが

▼ たべつつ~ (3, 0.2%)

1 しづかな, しばらく話, 歩いた

▼ たべもの屋~ (3, 0.2%)

1 にはいりました, の主人, の窓

▼ たべ~ (3, 0.2%)

1 をすすっ, をのん, を飲んだ

▼ たべその~ (2, 0.1%)

2

▼ たべたりなんか~ (2, 0.1%)

1 して, しながら

▼ たべ~ (2, 0.1%)

1 ぐりてくるしみければ今日は, しません

▼ たべ~ (2, 0.1%)

1 せずに, せず皿

▼ たべもの店~ (2, 0.1%)

1 が多く, にはビール

▼ たべわたし~ (2, 0.1%)

1 はうれし, はパフパフ

▼ たべコーヒー~ (2, 0.1%)

2 をのん

▼ たべバット~ (2, 0.1%)

2 を買う

▼ たべ時には~ (2, 0.1%)

1 砂浜に, 苦労を

▼ たべ~ (2, 0.1%)

2 いろの

▼ たべ水筒~ (2, 0.1%)

1 から水, の水

▼ たべ途中~ (2, 0.1%)

2 で十円

▼ たべ電車~ (2, 0.1%)

2 で田蓑橋

▼ たべ~ (2, 0.1%)

1 よ, を逃す

▼1* [132件]

たべいかでか無辜, たべいたどりをたべ, たべいと尋常に, たべいろいろ喋り十二時頃, たべおかずも一, たべおらとこの, たべお気にいった, たべお湯をのむ, たべお茶をのみ, たべかわせみはお, たべきっとあなたの, たべこれをかき出しました, たべごろの焼, たべさしのまま, たべさしたるねんと坂田, たべさもなければこの頃伸子たち, たべすいばをかじった, たべすぎのうえ, たべすこしばかり本, たべすんでからお, たべそうなえさ, たべそこなった三千夫少年, たべそこでしばらく話し, たべそちらの噂, たべそろそろ寝仕度, たべめ, たべたりなんぞどうして出来る, たべたりのんだり, たべちやつたんだもの, たべちょる, たべてからというので, たべてしもたのん八時, たべてとこしらえたもの, たべてばかりいました, たべてやはらかい, たべでもしましょう, たべとつたところ, たべながらのあの立廻り, たべながらはひつて, たべながらわさわさと, たべなやぃ, たべにはいる, たべにばっかり来るという, たべふろしきに包んだ, たべぶりを見る, たべほうだいである, たべまた私が, たべもの夜店の発明品, たべ梓の, たべやすいという友子, たべの, たべゆっくりして, たべよいように, たべようの巧緻さ, たべりっぱな馬車, たべわが造物主, たべわれみずから露となっ, たべオレンジ水をのん, たべサンドウィッチをつまみ, たべタオルで汗, たべッくらする, たべニールスはたべ, たべバスで高田, たべピーナツをつまみ, たべブブノワさんのところ, たべ一寸眠り二時, たべ下痢を起し, たべ乍ら面白いこと, たべ九時すぎかえったらあの, たべ九時半に出た, たべ九時半頃になっ, たべ九時夕立の後, たべ九時頃眠たア, たべ九段からずっと, たべパンたべ, たべ今日がすんだ, たべ今皆ひき上げたところ, たべをし, たべ何時でも出発, たべもお蔭, たべばう, たべ候パンと申物, たべ出発の身仕度, たべ十一時頃から七時すぎ, たべ午後野上さんの処, たべ眠った, たべ収穫をはじめて, たべ同じ寝具に, たべ国ちゃん珍しく送っ, たべな黒海, たべ大変それでもよろこん, たべ実に呑気で, たべへかえりました, たべ寿送って, たべ山の上まで荷, たべにあがっ, たべ帝劇にミニヨン, たべ弁当までこさえ, たべ引茶氷というの, たべは談笑, たべ愉快に茶, たべ手紙に押し, たべ新聞をよみ, たべ日本橋甚兵衛で夕食, たべ昼ごはんをたべ, たべ時間があれ, たべをすこし, たべ東洋キネマにゆき, たべんど, たべの水, たべ消耗の少い, たべも口, たべ物ぢやない, たべ物屋横町は安, たべ独歩集をよむ, たべ玉子もたべ, たべ砂糖なしの, たべ紅茶をのんだ, たべ美しい着物を, たべ美味かった, たべ自分ぐずぐずし, たべ蚊帳の中, たべ行李と夜具, たべをする, たべ賑やかなのに, たべ達ちゃん二階へゆく, たべ醉うた漁師達の網, たべ出来なかった, たべ銅貨を四五枚, たべを聴き, たべ風呂に入っ, たべ鳩居堂の可愛い