青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ちがい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

だらし~ ~だれ だれ~ ~だろう だろう~ ~だんだん だんだん~ ~ち ち~ ~ちがい
ちがい~
~ちがう ちがう~ ~ちがっ ちがっ~ ちがった~ ちっと~ ~ちっとも ちっとも~ ちと~ ちの~

「ちがい~」 3218, 35ppm, 3366位

▼ ちがいない~ (1464, 45.5%)

104 のだ 76 のです 68 と思った 50 と思う 4034 のである, んだ 32 と思いました 2924 と思っ 1918 ということ 13 がその, と私 12 ことが 11 と考えた 10 がしかし, ぞ, と思い, と思います, んです 9 と, と思われる 7 がそれ, ことを, というの, と思われた, ような 6 という気, と信じ 5 がこれ, が今, さ, と想像 4 から, からである, が自分, ことは, しまた, と考える, ね, のだろう

3 [24件] か, からその, からです, がこの, がもっと, が私, けれどもそれ, ことも, し, という, というん, といっ, とお, とおもいました, と云う, と僕, と彼, と思われました, と推定, と考え, と言っ, のさ, のだった, のを

2 [58件] かね, からそれ, からだった, からであります, があの, がお, がさて, がそう, がそんな, がでも, がなお, がなんと, が武蔵, が若い, けど, けれど, けれども, けれどもこの, ことだった, ぜ, それが, ではない, というところ, というよう, という不安, という期待, といった, とこの, とする, とそう, とその, となぜ, とにらんだ, とわたし, とグレ, と思いこん, と思え, と感じ, と感じた, と推理, と書い, と期待, と申し立てた, と矢代, と確信, と考えました, と言う, と証言, ので, のでそれ, のにその, のになぜ, のよ, ものが, 父の, 疑問を, 自分の, 顔を

1 [532件 抜粋] あの怪老人, あの男, あれさえ, いやあなた, いやひょっとしたら, いや根, おれは, からお, からお願い, からかねて, からきっとなかなか, からさがし, からそう, からだ, からだれ, からであった, からとこう, からともかく, からね, からの, からまだ, からもしも, からわが, から一つ, から人, から何とか, から姉, から客, から母親, から決して, から油断, から直感, から私, から裁判所, から退, から酒, があれ, がおれ, がかく, がかなり, がぐでんぐでん, がこれら, がこんな, がしたがって, がしょせん, がそれだけ, がそれだけに, がそれでは, がそれでもなお, がだから, がでは, がとその, がとにかく, がどうして, がどうも, がどこ, がどちら, がぬるい, がね, がねじ, がはたして, がひとり, がふしぎ, がふつう, がふと, がまた, がまだ, がむしろ, がもし, がゆるし, がオヤツ, がフランス人, がホン, が一体, が一年三百六十五日, が一言, が三条, が上屋敷, が不愉快, が両親, が主人, が久美子, が二十八, が人数, が今日, が任地, が余り, が信長, が先刻, が判読, が劇, が半分, が右門, が四日, が困った, が国民全体, が城下, が女一人, が妙, が居所, が山国, が岩, が当時, が彼, が彼ら, が搾り出し, が摂関政治, が日本, が普通, が朝暮, が本音, が条約, が果して, が柚子, が気持, が永遠, が江戸, が決定的, が畳, が盛り場, が竹生島, が第, が考え方, が自身, が被害者, が西涼, が要はやはり, が言葉つき, が起き上っ, が近江番場, が長屋, が陪審裁判, が黙っ, くしを, けどそういう, けどたま, けども底, けれどあたし, けれどいちいち, けれどせっかく, けれどそれら, けれどでも, けれどもすこし, けれどもその, けれどももともと, けれども多く, けれども食べる, けれど今, けれど小説, ことである, ことであれ, ことの, この世から, この恋情, こんな気持, さぞかし糞, さびつきの, しかしそれ, しかし私, しかし遊ぶ, しこの, しその, しそれ, しビルマ, し一見苦労, し出れ, し従って, し用心, し禅家, し自身, し隠す, じゃござんせん, すんでの, そいつが, そういう商取引, そういう物品, そうおもい込ん, そうしたいっさい, そうしてここ, そう私, その女たち, その感情, その箱, その美し, その船列中, それは, そんなこと, ただブロック, だから表通り, だが阪井, だれが, ちょうどその, っていう, つまり, つらだましい, て, とい, といいはる, というだろう, というン, という事, という十分の確信, という好意, という希望, という彼等, という気持, という氣, という法律的, という確信, という程度以上, という結論, という者, という観念, という話, といちず, といつも, とおき, とおそれた, とおっしゃる, とおもっ, とおもった, とかしこく, とかよう申されまし, とかんがえる, ときっと, とささやきました, とさも, として, としてそれなら, としてもこの, としても意識, とすくなから, とすれ, とそれ, とそれら, とどなりました, とにらん, との話, との風説, とはかない, とは思い, とは思う, とは思っ, とは漠然と, とは考える, とは誰, とびくびく, とふと, とふとそんなに, とほうぼう, とほとんど, とまず, とまでは言えない, とみ, とも, ともうホクホク, ともさ, とも思われ, とより, とわかる, とわくわく, とアッシェンバッハ, とモルジアナ, と一人, と一軒, と中, と久慈, と予想, と二人, と云い張った, と俄, と信じきっ, と信じきった, と信じます, と先, と出来得る, と判断, と参木, と口, と君江, と呑みこん, と囁かれ, と土蔵, と城太郎, と変身男, と大いに, と奥さま, と安心, と密か, と察した, と島, と弟, と彼女, と彼等, と心から, と心待ち, と心描, と思, と思いこみ, と思いこんだ, と思いなやんだ, と思い出され, と思い出した, と思い込み, と思えた, と思われ, と悟っ, と感じないで, と手わけ, と教える, と敢えて, と断言, と春木, と昨日, と書きたてました, と最初, と梶, と次第にはっきり, と武蔵, と段々, と気, と気づい, と湖畔, と漠然と, と独断, と甲谷, と申, と申す, と町, と直感, と睨まれた, と睨ん, と禿鷹, と簡単, と考えついた, と考えはじめた, と考えられた, と考え込んだ, と自分, と自身, と見, と見た, と言った, と言われる, と話, と話し, と認定, と誤解, と誰, と請けあっ, と足ずり, と金右衛門, なあ, なぜなら, などとまくし立てた, などと云い出す, などと知ったか振り, なケン, にがい薬, に拘らず, のかね, のが, のじゃ, のであっ, のであった, のであながち, のであります, のでした, のでとにかく, のでなんだか, のでまた, ので一度, ので少年, ので幾分どきりと, ので当時, ので煩, ので誰, ので関羽以下, ので雪, ので鴆毒, のに, のになんと, のに二十日, のに彼ら, のに眼, のに絶えず, のや, のよそう, ひと, ひょっとする, ほどの煩わし, まだ異, まるでひとり, むろん住むべき, もうそれ, もの, ものだ, ものだった, もののしかし, よお前, わけだ, わさ, わね, わねまあ, んじゃ, んだろう, ソファの, ハンスの, ファシスト的処世術に, フォン・コーレンの, ンです, 一人の, 一人一人の, 三色菫の, 九鬼が, 二人の, 二十三歳の, 五十を, 人です, 人形が, 人間の, 以上は, 以上もう, 伝教が, 何ものかが, 何故なら, 例の, 僕は, 兄への, 先へ, 勉の, 北海道の, 千鶴子と, 千鶴子に, 千鶴子の, 千鶴子を, 博士の, 土ふまず, 声で, 声であった, 多くの, 大きな物音, 大束の, 奸黠な, 娘さんたちが, 実はね, 対談を, 小川先生が, 屈辱も, 山澄六蔵は, 幾つもの, 彼女の, 必ず, 必殺の, 恐しい, 悪い運命, 悲哀を, 故に君公, 新田と, 方角を, 早く帰ろう, 時にも, 本人も, 森新之助への, 様子や, 橘の, 正直な, 気は, 気分をも, 気味悪さ, 気違い力を, 湯気や, 然しそれ, 然し止む, 現在, 畜生に, 真の, 秋蘭の, 秘密を, 種類の, 立場である, 筈です, 素振りであった, 結婚を, 表情を, 裏あみばかり, 複雑な, 計画を, 話題を, 貴いほど, 足音が, 身共そういう, 軽しめ, 部屋で, 重い滴り, 重力が, 金利生活者とか, 香屋子の, 魚肉の, 麓の

▼ ちがい~ (240, 7.5%)

54 ように 14 ような 3 ないよう, 女を 2 ことを, ために, もので, 十六である, 弟に, 真似を

1 [154件] あること, あるの, あるまま, ある人物, いい加減な, いちじるしさ, おかみさん, おやじの, お兄上, お内儀さん, お爺さんな, お綱, お部屋様, お願いかも, けたたましい笑い, ことお詫びいたします, ことが, ことし二十一に, ことで, ことである, この息子夫婦, ご兄弟, したの, ところは, ところへ, とさげすん, ない地位, ない夫婦, ひどさ, むすめ, ものだ, ようである, ようにも, ようにや, わけです, クスグリの, ベッドに, 一子, 三助だ, 下人と, 中二階の, 二人の, 二十八が, 二十八で, 二十歳で, 亜流者が, 人が, 今年二十八で, 今年十八で, 他人の, 仲じゃもの, 何かが, 儀は, 兄さんも, 兄に, 兄妹で, 兄妹の, 兄建波邇安王が, 兄弟たちや, 兄弟に, 兄東福寺の, 冷露で, 出鱈目な, 判断を, 努力を, 勉強を, 化物屋敷みたいだ, 呪文の, 味覚であった, 問題である, 問題な, 囈言ぐらいに, 地点に, 場所に, 外に, 大きい二者, 大学者, 大工が, 大物だ, 天然の, 女が, 如く悪魔, 妄想だ, 妄見や, 娘だ, 嫁と, 子三人の, 専門家が, 小さい驚愕, 年上の, 弁難である, 弟さまの, 弟と, 弟な, 弟の, 強烈な, 御きょうだい, 御亭主, 快速度, 悪口も, 悪口を, 悲しさ, 愛国熱で, 感を, 所へばかり, 振りを, 擬字で, 故に腹, 数字であった, 方を, 方面にまで, 最端, 模様が, 水戸や, 深さ, 焼餅だ, 煉瓦の, 理由が, 甚だしいのに, 生じて, 男に, 畏敬です, 皇子などが, 目付が, 相手は, 稚い感情, 空想である, 笑いを, 腰の, 臆断が, 艶子が, 芸者などを, 蘊蓄を, 蜘蛛の, 親子そうした, 親子だ, 親方の, 観察では, 解釈です, 言葉を, 話であっ, 話である, 賛辞を, 身にて, 身を以て, 軍部の, 辺鄙な, 返事を, 酔漢帆村荘六をもの, 金を, 間に, 雑貨商お母さんは, 非難の, 面白さ

▼ ちがい~ (157, 4.9%)

18 ある 6 あります 4 あった, あろう 3 あって, あるの, あるわけ, 生じて 2 あったの, あるかも, あるが, あるだけ, あると, できて, ない, なかった

1 [97件] あったが, あったでしょうか, あったよう, あらわれて, ありは, ありましょう, ありますよう, あり二つ, あるから, あるけれども, あること, あるそれゆえ, あるという, あるとおり, あるところ, あるのに, あるまいと, あるん, あろうとは, あろうわけ, あろう筈, あんまりくっきり描き出され, うつりでも, おもな, かかって, かくもの, かなりはっきり対照, ござりましょう, したよう, すべて消え, するほどよ, ちょっとわかり, どういうこと, どうにも出来ない, どこから, どこで, どんなこと, ないだろう, ないでありましょう, ないと, ないの, ないので, なくては, はしなくも表面, はっきりし, はっきりしない, はっきり出, ひどくてね, ひどくなっ, ひどくなる, ひどすぎます, ひどすぎる, ぼやけて, まさに歴然とそこ, またあばれ出した, やがては, ゆるんだ, よい, よくわかり, よけい二人の, ブルジョア婦人作家と, 両親の, 以前ほどには, 何だか印象的, 内部に, 分って, 分るよう, 又あばれ出した, 同じイギリス人, 在らせられて, 大きすぎる, 大したもの, 大なる, 始終起こる, 常に一つもの, 感じられるだけで, 政府と, 明かに, 書いたよう, 有れば, 極めて著しい, 気候に, 決定する, 無いみたい, 現実に, 生じないため, 目に, 穏かに, 笑ったり, 自然に, 著しいわけ, 著しくしかも, 起った, 起る, 面白いと, 頭から, 駈ければ

▼ ちがい~ (149, 4.6%)

17 ない 6 ありません 5 ないの 3 あっても, あるまい, なかろうと 2 ありませんでした, あるが, ないが, なかった

1 [104件] あすの, あったが, あったとしても, あなたは, ありながらも, ありましょうとも, ありますけれども, ありませんか, ありませんから, ありませんよ, ある, あるだろうけれど, あるの, あるまいと, あるもの, あるよう, あれ管, あろうが, いかにもきわだっ, けっして魔術, こうやっ, この方, こんなところ, ございませぬ, ございません, しない, しないかしら, しないの, しなかったかと, じつはわずかな, すぐに, すまい, ただもの, ちょっと考え, どこまでも, どんな点, ないから, ないがね, ないけれども, ないて, ないであろう, ないと, ないという, ないとしても, ないとも, ないね, ないねえ, ないので, ないはず, ないよ, ないわ, ない位可哀想, なかったろう, なかろう, なかろうがね, なくなって, はっきりと, ふかくも, まあさしもの, まあ大工, やがてまた, よその, アマーリアが, フリーダは, ルケアーノフの, 一つの, 一度も, 一方では, 三角の, 中国で, 争えぬ, 何か, 何と, 何ときびしく, 健康そうだ, 出来たが, 切実に, 土地の, 大変な, 女の, 子供心に, 当初の, 彼らの, 後年の, 御在, 心に, 日本画は, 次の, 気温と, 永い年月, 決してそれ, 消えて, 無数に, 理窟では, 男の, 相当です, 笑うよ, 自然が, 見られないの, 許せ, 誰の, 軽微であっ, 途方も, 餅には

▼ ちがい~ (120, 3.7%)

37 して 4 したの, もって 2 すること, 説明し, 論拠に

1 [69件] あらわした言葉, あらわして, いたすから, おしでない, きめるの, されたこと, されて, されても, され低俗, しそう, したくらい, したとしか, したもの, したらしく思われるの, した考, しないで, しないとも, しないよう, しや, し重吉, するの, する人間, その中, なさらないよう, なすッていらッ, はっきりと, もう一度改めて考え, もたらした, もちながら, もつ, やっぱりこの, やる事, ようやく気づかせ, 云って, 実際よりも, 彷徨って, 心配し, 忘れて, 恥じざるを, 惹き起すの, 感じさせた, 感じます, 持って, 指摘し, 指摘する, 敏感な, 来して, 正しく区別, 犯して, 理解せず, 生じたわけ, 生じて, 生むに, 生んだので, 発見した, 知って, 知らされて, 示すもの, 笑って, 腹を, 自分一人の, 見たの, 見る, 見出しも, 詫びた, 調べるの, 謝し, 起した, 起すん

▼ ちがい~ (103, 3.2%)

9 なって 5 なったの 3 しても 2 なるかも, 相違ない

1 [82件] あらせられたの, あるく女ら, おどろきよろこびを, お出, お構い遊ばす, きまってらア, させられる, した, して, しろ心づかない間, するの, する奴, ちがいない, ともなうもの, なかから, なったこと, なったと, なった一人, なった憐れ, なった方言区域, なった直接, なった私, ならないもの, なりそう, なる, なるうまれつきらしい, なるな, なるほど, なるん, なれるひとたち, ひょろ松, また地上, やはりその, 下男が, 二分の三強の, 仕えること, 伴う論戦, 何だか平凡, 保を, 傘を, 出たあと, 刃物です, 刃物とは, 又の, 同じ観光団, 増大した, 大空の, 小さい塵, 嵐の, 左右の, 急飛脚, 感度を, 戸惑ッた, 扉際の, 打たれましたなぐり返そうと, 折りたたんで, 新風だ, 早い, 曲んだり, 気がついたとき, 気づきません, 気ぬけし, 深遠巨大な, 激甚な, 狼狽した, 相異, 相違あるまい, 立って, 立てた格子戸二枚, 胸部から, 臥た, 花世が, 蜂ヶ峰の, 衆目を, 見くらべながら, 近い方, 通りかかったの, 過敏すぎる, 関って, 阿古十郎が, 顔を, 飛んで

▼ ちがい~ (60, 1.9%)

1 [60件] あの晩そちら, いたって, うまく滑りこむ, お話しに, かねて計算通り, こうなるてえ, ここを, この厄介者, ござります, ごたごたし, そこもとには, それが, そん時以来男じゃ, なにを, ね, ねえ, まア能う, ガロフォリは, 一夜を, 一言葉少なく, 五九六二〇番だ, 他人に, 何度も, 使に, 共に送らるる, 出征する, 分りかねるそう, 別の, 十三日の, 取逃すとは, 四馬剣尺は, 天井でなかっ, 失礼する, 女工たちの, 婦人として, 実はその, 家中の, 店は, 弁蔵が, 強いて普通, 当らなかった人, 思ったより, 怪塔王は, 文学青年と, 旦那様, 朝廷でも, 歳の, 死なずに, 残念でした, 気の毒な, 渡し舟が, 私は, 結局二馬力のに, 舗道に, 著しい差, 要領を, 見当ちがいを, 逃げられた様子, 音全体としても, 黄金メダルを

▼ ちがいなかった~ (58, 1.8%)

6 のだ 5 のである 4 がそれ 32 からである, からです, のです

1 [34件] からだ, から東野邸, がきょう, がここ, がしかし, がその, がそれでも, がとにかく, がどの, がひろ子, が不思議, が倉, が判断, が勝家, が千鶴子, が和田, が料亭, が自分, が血液, が装飾, が言外, が誤報, が誰, が調べ物, けれどもう, しその, せめてこの, と思い, と思います, と矢代, のであろう, のでそれ, わ, んだ

▼ ちがい~ (41, 1.3%)

4 のだ 2 んだ

1 [35件] いっ, ことであろう, ことは, ご抗議, ところです, ところへ, のだろう, ので極めて, ので笑いださず, のも, ほうに, ほうを, ものか, もので, ものに, んでございます, 努力と, 北へ, 姉として, 安物では, 形でまで, 忠告を, 感じを, 懺悔沙汰と, 或る, 方へ, 歩くにも, 点も, 真似や, 美作の, 自分の, 話だ, 返事だ, 遠景が, 隠語まじり

▼ ちがいなく~ (41, 1.3%)

1 [41件] いま, かつはみ, こうしたため, この事実, これによって, しいて名づけれ, しかしその, しかし怪奇美, しかも乱歩, したがって凶行, そうしてそういう, そうする, そして言いすて, そのため, それも, てもそれぞれ, てもなにか, ともなに, はては, また一般に, まったく小さな, もちろんあの, もちろんはばかりながら予審判事, もともと小柄, 一九や, 主人を, 事の, 人も, 仲時以下悲腸に, 傷口の, 剃髪の, 同じ動作, 従って自殺, 従来の, 恋愛でない, 此処な, 田沼父子の, 畿内山陰西南海道の, 白子屋お, 莫迦莫迦しい, 赤橋殿も

▼ ちがい~ (33, 1.0%)

32 と思っ, と思われる

1 [26件] かそれ, から, からおれ, から書かない, が凡事, が東京, っけな, とか野村胡堂, としても, とすれ, となれ, とは思っ, とパッ, と云っ, と思う, と気がつきました, と醜態, なも昼間, なんてえ, よ蝋けつ染, 人ちがいだ, 人ちがいだった, 女に, 早くお前, 気ちがいだ, 野獣だ

▼ ちがいじみた~ (28, 0.9%)

2 ことを

1 [26件] かけっこを, ものまでも, イスムによる, カフェーが, 命知らずな, 嚥下物を, 奇妙な, 性格に, 恋と, 有様に, 様子で, 毒気を, 物価に, 男としてしか, 男の, 眼を, 私の, 程の, 空想である, 要求な, 観念に, 言論といった, 計画か, 話だけ, 話に, 量見

▼ ちがいなかろ~ (26, 0.8%)

193 うと 2 うが 1 うけれども, うじゃ

▼ ちがいでは~ (24, 0.7%)

6 ないかと 2 ありませんか, ないか

1 [14件] あったが, ありますまい, あるまいか, ございませんどうか, ないかという, ないかね, ないでしょうか, ないとしても, ない高い日, なかった, なかろうかと, なくて, なさそう, 大事を

▼ ちがい~ (23, 0.7%)

2 多くある

1 [21件] ありますなれど, ある, あるが, いちじるしいが, いろいろ面白く, お愛嬌, するの, ない, ないもの, ないよう, ないらしい, なく戦争, はなはだしいもの, もちろん有るだろう, クラムにとって, 分らない骨折りを, 女性が, 甚し, 自分には, 認められずここ, 面白く思われます

▼ ちがい~ (19, 0.6%)

2 いうほどの, 来て

1 [15件] いっしょに, おもう, なって, なり何とも, 云うが, 云うこと, 呼んだが, 呼んで, 思われること, 申されたの, 申したの, 申しましても, 申すもの, 見女がた, 言おうよりも

▼ ちがいという~ (19, 0.6%)

4 のは 2 ことは, ことも, ものは 1 ことが, ことに, ことを, ものだ, もんな, ような, わけだ, 笑いで, 風に

▼ ちがいじゃ~ (18, 0.6%)

4 ないか 2 ありません, ありませんか, ない 1 あるが, おさまらない, な, ないだろうかと, ないの, なくて, ねえの, 高氏ちがいじゃ

▼ ちがいです~ (17, 0.5%)

42

1 [11件] から, からまあ, が, がな, が医者, が女一人, けどね, ね, の, よあんな, 秀抜な

▼ ちがいでも~ (12, 0.4%)

2 ないの 1 したの, そうだ, ないこと, ない何と, なかった, なぐさめるよう, 一度祈祷, 学校は, 片腕でも, 理解を

▼ ちがいあるまい~ (10, 0.3%)

2 と思う 1 からそれと, が, がな, が柳営, て, ということ, と急, と矢代

▼ ちがい~ (10, 0.3%)

1 あほうみたい, いまだ乗りこん, それともはぐれ, どっちか, アルコール中毒か, 地力の, 或いは諸, 紹介者が, 絵に, 酔いどれの

▼ ちがいだった~ (10, 0.3%)

1 かもしれない, かもしれん, ことが, ことに, と思う, と私, な, のです, のよ, わたしは

▼ ちがいまた~ (9, 0.3%)

1 その寸法, その材料, よく見る, 二者の, 別の, 動物の, 存外に, 考えの, 附着した

▼ ちがいじみ~ (8, 0.2%)

3 ていた 2 ている 1 てしまう, て来た, て見える

▼ ちがいでしょう~ (8, 0.2%)

321 あなたたちの, かね, 僕は

▼ ちがいないだろう~ (8, 0.2%)

21 がこの, がそれ, とあわて, という考え, とつめよる, と思います

▼ ちがいかと~ (7, 0.2%)

1 つくづく思いました, 存じられます, 思いましたが, 思ったが, 思って, 思わせるほど, 狼狽した

▼ ちがいかも~ (7, 0.2%)

2 しれない, しれないと 1 しれないが, しれないけれど, 知れません

▼ ちがいする~ (7, 0.2%)

21 かもしれない, なさよう, のか, ほど単純, ほど顔

▼ ちがいそう~ (7, 0.2%)

1 である, です同じ, なの, な鬱陶し, にたまらなく, になっ, もない

▼ ちがいである~ (7, 0.2%)

2 ことは 1 かもしれない, からだれ, が有難く, と同様, 上に

▼ ちがいでした~ (7, 0.2%)

21 がたいへんよく, が毎日, と言っ, ねえ, わね

▼ ちがい~ (7, 0.2%)

1 ぜ, そこから, わ, 文学との, 自分勝手に, 診察ちがいや, 醜美

▼ ちがいであった~ (6, 0.2%)

2 かしら 1 かと思い, からぜひ, ことを, 時には

▼ ちがいながら~ (6, 0.2%)

1 ある共通, しかも今日, 何くれと, 牛を, 窮極の, 花道の

▼ ちがいみたい~ (6, 0.2%)

1 なちがい, なもん, にどなった, にレコード, に笑った, に腹

▼ ちがい無い~ (6, 0.2%)

1 がいつの間に, けれども股引, と思われる, のである, ので御座います, んだ

▼ ちがいから~ (5, 0.2%)

1 きて, また喧嘩, 生じて, 起ったの, 面白くない

▼ ちがいだろう~ (5, 0.2%)

1 ということ, といった, と思った, と思われます, 学校の

▼ ちがいないでしょう~ (5, 0.2%)

1 が, がもともと, が木綿, けど, よ

▼ ちがいばかり~ (5, 0.2%)

1 じゃ, でことごとく, でない天性, でない心持, 起して

▼ ちがい~ (5, 0.2%)

1 来て, 迷うたの, 追手を, 送りだされたという, 駈けて

▼ ちがいこそ~ (4, 0.1%)

1 あっても, あれいずれ, あれ二人, あれ多

▼ ちがいこの~ (4, 0.1%)

1 党だけには, 文学者の, 日は, 野獣が

▼ ちがいしか~ (4, 0.1%)

1 ないの, ないはず, ないもの, なかった

▼ ちがいだけ~ (4, 0.1%)

1 である, であるところ, では, なの

▼ ちがい自分~ (4, 0.1%)

1 だけに絶えず, は前者, は日頃, へのみはすさまじく

▼ ちがい~ (3, 0.1%)

3 ざりませぬ

▼ ちがいざま~ (3, 0.1%)

1 に透し見る, に顔, パッと

▼ ちがいその~ (3, 0.1%)

1 ように, 緻密さと, 頃の

▼ ちがいって~ (3, 0.1%)

1 おとっつぁんが, ときどき川, のは

▼ ちがいでなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばあがっ, ば何者, ば角町

▼ ちがいなら~ (3, 0.1%)

1 おめ, とにかく金子, 世間には

▼ ちがいねえ~ (3, 0.1%)

1 がおじいさん, と思います, んだろう

▼ ちがい~ (3, 0.1%)

1 には特に, のもう, の芸術家

▼ ちがい~ (3, 0.1%)

1 には暴, の地, もそれほど

▼ ちがい~ (3, 0.1%)

1 が手伝った, という, の流れ

▼ ちがいありません~ (2, 0.1%)

1 から殺し, もの

▼ ちがいうま~ (2, 0.1%)

2 にのっ

▼ ちがい~ (2, 0.1%)

1 前方老いたる者や, 宅の

▼ ちがいかた~ (2, 0.1%)

1 だろう, でちがっ

▼ ちがいこのごろ~ (2, 0.1%)

1 の容態, は鉛筆

▼ ちがいこれ~ (2, 0.1%)

1 は耳, をもらう

▼ ちがいこんど~ (2, 0.1%)

1 の夏休み, の采配ぶり

▼ ちがいしたがって~ (2, 0.1%)

1 同じモスク, 経験の

▼ ちがいずっと~ (2, 0.1%)

1 お元気, 明るさ

▼ ちがいそこ~ (2, 0.1%)

1 では見知らぬ, に関係

▼ ちがいただ~ (2, 0.1%)

1 ありふれた三角関係, で兵隊

▼ ちがいでしか~ (2, 0.1%)

1 ない, ない半兵衛

▼ ちがいとか~ (2, 0.1%)

1 家風の, 征服した

▼ ちがいとして~ (2, 0.1%)

1 本人たちも, 自覚され

▼ ちがいとは~ (2, 0.1%)

1 何だっ, 言っても

▼ ちがいないであろう~ (2, 0.1%)

1 から, がそれなら

▼ ちがいないです~ (2, 0.1%)

1 からね, がこんな

▼ ちがいなかつた~ (2, 0.1%)

1 からである, が露

▼ ちがいなし~ (2, 0.1%)

1 と直感, と見

▼ ちがいなぜ~ (2, 0.1%)

1 かしら気, 私の

▼ ちがいなど~ (2, 0.1%)

1 したくない, するかといった

▼ ちがいなんか~ (2, 0.1%)

1 しないこと, するはず

▼ ちがいなんだか~ (2, 0.1%)

1 変な, 心に

▼ ちがいについて~ (2, 0.1%)

1 作者が, 感動をもって

▼ ちがいには~ (2, 0.1%)

1 注意せず, 種々まだお話

▼ ちがいひとり~ (2, 0.1%)

1 だけ針目博士, でいる

▼ ちがい一年中いつ~ (2, 0.1%)

2 でもきゅうり

▼ ちがい~ (2, 0.1%)

1 はまったく, は初夏

▼ ちがい扱い~ (2, 0.1%)

1 で相手, にし

▼ ちがい沙汰~ (2, 0.1%)

1 だ, であるのに

▼ ちがい~ (2, 0.1%)

1 の心一つ, の想い女の子

▼ ちがい~ (2, 0.1%)

2 でかけあるく

▼ ちがい~ (2, 0.1%)

1 なれば, を造れ

▼ ちがい~ (2, 0.1%)

1 にあらせられる, のかぜ

▼ ちがい~ (2, 0.1%)

1 が内陸, だなと

▼1* [285件]

ちがいあさ子は良雄, ちがいあつかいにし, ちがいあの麒麟児が, ちがいあるいはとつぜん空, ちがいあんたなら耄碌, ちがいあんな太い幹, ちがいいか判りは, ちがいいかにもお気の毒, ちがいいろいろ啓蒙運動や, ちがいおよびその内容, ちがいかえってよけいに, ちがいかかる奇話あるべき, ちがいかくの如く, ちがいかというのが, ちがいかとも疑った, ちがいかに決まって, ちがいかんのん, ちがいくらいにはちがいそう, ちがいぐらいで人, ちがいここの繁華, ちがいような, ちがいされて, ちがいされたか, ちがいざま名を呼んだ, ちがいざま目と目とを合わせない, ちがいて, ちがいしかも出発点は, ちがいしたらしいの, ちがいしみた熱中の, ちがいすこし青ざめた顔, ちがいすこぶる奇想天外大, ちがいすんな, ちがいそして理論家の, ちがいそのもののうち, ちがいその間の二人, ちがいそれが結局, ちがいそれぞれにちがった, ちがいただちに問注所の, ちがいだけが問題じゃ, ちがいだけしかない, ちがいだけで人々は, ちがいだらけであり次郎, ちがいつい父の, ちがいつつアメリカの, ちがいつづきの上, ちがいなんかな, ちがいであったろうか, ちがいでありまたわれわれども, ちがいであるごとき感を, ちがいであろうという噂, ちがいでございましょうが厩橋侯, ちがいでしてねとうとう, ちがいでしょう与えるものの, ちがいでとか聞いて, ちがいでないかどう, ちがいでなかったな, ちがいでなかったらどうぞお前, ちがいでなけりゃ結構だ, ちがいとしての汚名これを, ちがいとしては抉り出されて, ちがいとでもいうん, ちがいとのあらそいである, ちがいとも思って, ちがいと共に当然大きな, ちがいどう見ても, ちがいどうせお嫁, ちがいどころでも, ちがいどのような, ちがいどもの世界, ちがいないして見る, ちがいないすわやもう足利の, ちがいないならおよそ自分, ちがいないらしいがあと, ちがいない分り切った常識であろう, ちがいない怒って乱暴, ちがいない思うに屋根, ちがいない飛びあがるほど苦しい, ちがいなかったであろうと改まった, ちがいなかったなら姉は, ちがいながらにその二人, ちがいなき三角形の, ちがいなくってよ, ちがいなく身じろぎして坐り直した, ちがいなく達しておる, ちがいなどといって, ちがいなどに打たれたり, ちがいなどはねえはず, ちがいなんていうもの, ちがいにおいて発見する, ちがいについても学ぼうと, ちがいにでもなり兼ねません, ちがいにまでしたの, ちがいによって人民生活は, ちがいに対してどんな感想, ちがいに対する町の, ちがいひとまかせに, ちがいぶりもわかってる, ちがいへ間とん間, ちがいべつに飾りも, ちがいほかつくよう, ちがいぼそぼそしたやわらかい, ちがいまことに感情の, ちがいまさあなあ先生様, ちがいまっせ, ちがいまつか, ちがいまでは経験する, ちがいみな一色村から呼びよせた, ちがいむしろこれらの, ちがいめのと罵って, ちがいもうここには, ちがいもしくは思いちがいである, ちがいもっと弱い調子, ちがいもっとぐにゃぐにゃしたゴム製, ちがいやの生じないよう, ちがいやら信長は, ちがいよそゆきらしい薄い, ちがいよほど小さかった, ちがいよりますのう, ちがいよりも怖いの, ちがいわが麾下では, ちがいわがまま者で困ります, ちがいわが家の領土, ちがいわたしは格子, ちがいわりあいに細く長かっ, ちがいわれらに於い, ちがいイロの間, ちがい実は月, ちがいサルジニアに在る, ちがいスタンダールとのちがい, ちがいパッと眼, ちがいメスのかわり, ちがいリアリスティックな筆致, ちがい一人の婦人作家, ちがい一冊のアイヌ神謡, ちがい三分の二程度に置いた, ちがい三木城は勇兵, ちがい三本五本と立てる, ちがい不覚といわれ, ちがい世間の眼, ちがい主として初期の, ちがい二三人の若い, ちがい二人の顔付, ちがい五ヵ年計画で生産, ちがい人生に対する態度, ちがい人間生活に於ける, ちがい仏餐を賜わっ, ちがい佐々木は予防注射, ちがい体質と角度, ちがいと僅か, ちがい個々の旧家, ちがいかもしれず, ちがい元気では, ちがい先君の御, ちがい入り乱れる数知れぬ, ちがい八幡祠の諍闘, ちがいの人気, ちがい内務省の役人, ちがいならぬこと, ちがい処世の考え方, ちがい勤労者らしい淡泊さ, ちがい明白に, ちがい各人様々のモメント, ちがい各国公使がそれぞれ, ちがい名だたる関羽と, ちがい向さまは由, ちがい和やかな春風, ちがい唯今では君側, ちがいのちがい, ちがい国幣小社の社格, ちがい地侍の被官, ちがい坂東武者はみな気, ちがいから帰る, ちがい大将これをみ, ちがい奇妙な形, ちがい女性への感情, ちがい学生はよく, ちがい宇宙旅行をする, ちがい官渡の流れ, ちがいは土間暖簾, ちがい家庭が異なれ, ちがい家庭的の人, ちがい容貌も違っ, ちがい宿の朝ごはん, ちがい小路に住ん, ちがい少しくらいの風, ちがい屈辱に忍ぶ, ちがい山師坊主の怪力, ちがい巫女たちが気味悪, ちがい干戈を以て互に, ちがい平常でも武勇, ちがい平板です, ちがいも若く, ちがい茫水平線を, ちがい弓長柄など物々しく, ちがい弾力が何, ちがいにたたぬ, ちがい従って人間, ちがい従って闘争の, ちがい息子がい, ちがい手もとをはなれ, ちがい折所の多い, ちがい揉むように, ちがい敵前敵中の十七, ちがい文学の精神, ちがい新発田あたりだけはまるで, ちがいからも生活様式, ちがい於通は嘘, ちがい旅すがらの途中, ちがい日ごとにふえる, ちがい旦那のお, ちがいは大丈夫, ちがい時速十万キロメートルぐらいは楽, ちがいさの, ちがいの世界, ちがい木曾も西, ちがい末代までの家名, ちがいでよん, ちがい本家の方, ちがい染みている, ちがいに似てる, ちがい極めて旧式な, ちがい次郎とは一つちがい, ちがい武田麟太郎氏がいう, ちがいの張らない, ちがい気候が不順, ちがい永禄十一年生れのこの, ちがい江戸という, ちがい斎きちがい, ちがい洛南洛西方面の様相, ちがい洛陽船はひと目, ちがい流動するが, ちがい流星のよう, ちがい清盛は頑健, ちがいがもの, ちがい無かったがさて, ちがいいめ, ちがいはいけない, ちがい物々しく陣を, ちがい狂人には誰, ちがい玄徳が微, ちがい理化学は途中, ちがい生々しくどぎつい感じの, ちがい生命保険にあらかじめ, ちがい生活のちがい, ちがい生還を期さない, ちがいの米饅頭屋, ちがいのぐるり, ちがい病院なの, ちがい白皙の美丈夫, ちがい着物気ちがいのよう, ちがい知識人と一般民衆, ちがい礼以上な詫びる, ちがいも多かっ, ちがい秀吉の姉婿, ちがいやからくり, ちがいの跡, ちがい筑前のかみ, ちがい納得ちがいをした, ちがい純正なる, ちがい締り方も異, ちがいはどうか, ちがい自主性をもっ, ちがい至って生来無慾恬淡の, ちがいのよう, ちがい芸術が人々, ちがい蓄積されるもの, ちがい衝突すること, ちがいにしん, ちがい赤橋は最も, ちがい舸の, ちがい近いなら送って, ちがい遠距離へ飛ぶ, ちがい野郎はなに, ちがい陸戦用のもの, ちがい陽気こうし, ちがい青い刃が, ちがい頭髪の容, ちがい頸すじに梳かし流し, ちがいに笑み, ちがい馬籠峠の上, ちがい馭者は酔払い, ちがい駈けちがい軽舸, ちがい高等植物系統の生物, ちがいから履物, ちがいでさえも左