青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たいそう~ たいてい~ ~たいへん たいへん~ たえず~ たか~ たかった~ たがい~ たがる~ たき~
たく~
~たくさん たくさん~ たくない~ たくなる~ たけ~ ~たしか たしか~ ~たしかに たしかに~ ~たずね

「たく~」 7170, 69ppm, 1648位

▼ たく~ (1267, 17.7%)

61 仕方が 58 たまらなかった 33 たまらないの 30 仕様が 25 たまらなくなった 24 ならなかった 19 たまらなくなりました 15 しかたが 13 ならないの 12 うずうずし 11 たまりません, ならない, 堪らないの 10 たまらない 9 たまらなくなる, ならなかつた, ウズウズし 7 仕方の, 来たの 6 しようがない, たまらなかつた, たまらなくなり, 堪らない, 堪らなかった, 見たくて 5 しょうがない, たまらないので, たまらなくなっ, たまりませんでした, ならなかったの, なりません, 堪ま

4 [14件] こらへられなくなりました, しようが, たまらないが, たまらないこと, たまらないで, たまらないのに, たまらないもの, たまらないん, たまらながってる, 仕樣, 堪らなくなった, 書きたくて, 来たん, 耐らない

3 [16件] しやう, しょうがなかった, しようがなかった, ならない気, ならなかったが, ならぬの, なりませんでした, むず, むずむずし, ゆく故郷, 同じ憂き, 堪らないので, 堪りません, 来て, 話したくて, 逢いたくて

2 [63件] あがりました, あれから, いろいろ考え, お呼びした, ここへ, ここまで, こんなところ, しようがねえ, たまらないから, たまらないと, たまらないという, たまらないよう, たまらない様子, たまらない気, たまらなかつたの, たまらなくなつた, たまらぬ思い, たまらんの, ならないので, ならないよう, ならない矢先, ならなかつたの, ならなくなりました, ならぬ, ならぬごとく, なりたくて, まいりました, まるで潰れた, やって来たの, やりたくて, ウジウジし, 一生懸命に, 人を, 仕方なかった, 仕様の, 会いたくて, 何か, 何度も, 出て, 命も, 困った, 困って, 堪らなかつた, 堪らなかつたの, 大いにあがい, 居ても, 帰りたくて, 我慢が, 手に, 書いて, 毎日, 毎日やきもき, 気が, 涙が, 生きて, 知りたくて, 私は, 笑いたくて, 耐らなかっ, 行くの, 誰か, 飲みたくて, 黒い

1 [592件 抜粋] ああいう, あったのでね, あなたが, あの洋画家, あの骨, あめ売り, あんこうを, いさんで, いた, いたところ, いたの, いたん, いったいなに, いったんだ, いながら, いま学校へ, いやに, いらっしゃるでしょう, いらっしゃるでしょうに, いるの, いる岸本, いろいろ心, うしろ髪を, うずうずしてた, うずうずしてる, うたいたくなるか, うづうづしてゐる, うづうづしてゐる厚唇, うづうづするのに腹の中, おいでに, おひきうけした, お便りいたします, お出, お取り次ぎ, お尋ねした, お母様に, お送りした, お願ひも, かう手紙, かかりたくて, かなわぬらしいが, かわるがわるそっち, きたのに, きっちりと, きゅっと握っちゃった, くどくどやっ, けさは, こがれ死にを, こっちへ, この, この寒, この手紙, この道, こらえられなくなりました, こらえ切れず, これまで, こわごわ近づく, こんなとき, さまざまの, されなかった人, しかもそれ, しかもぶよぶよ, しかも一人, しかも自身, しきりに考え, しびれを, じめじめした, すくんじゃねえ, ずいぶん東京, せずに, せっせとこれ, せつせ, そいつを, そうしたの, そう云い, そう云った, そしてそれ, そして煙草, そのため, それで, そろ, そんなつらい, そんなに云った, たきつけて, たたきたくて, たとえばセザンヌ, たべたくて, たまらずがぶ飲み, たまらずその, たまらずどっか, たまらずソマ, たまらず倉, たまらず時計, たまらず猫, たまらず生気, たまらず遂に, たまらないけれど, たまらないでしょう, たまらないといった, たまらないところ, たまらないね, たまらないのよ, たまらないらしい, たまらない三斎, たまらない不思議, たまらない人々, たまらない実に, たまらない心持, たまらない心理, たまらない性分, たまらない性質, たまらない想い, たまらない時, たまらない樣子, たまらなかつたが, たまらなかつたので, たまらなかつたもん, たまらなかつた君, たまらながっ, たまらなくて, たまらなくな, たまらなくなる馬鹿げた, たまらなく思った, たまらなければ, たまらぬとき, たまらぬの, たまらぬもの, たまらぬよう, たまらんからのう, たまらんと, たまらんので, たまらん男, たまりませんでしたが, たまりませんでしたので, だ何, ちゃんとやった, つきあつ, てんてこ舞いし, でなく全く, どうしても百九歳, どうにも堪えられない, どうも高かつ, どこか, どんなにいま, なかなか徒渉, ならずこれ, ならないが, ならないくせ, ならないこと, ならないわたし, ならない何ん, ならない容子, ならなかったけれども, ならなかったところ, ならなかった折, ならなかつたん, ならなくな, ならなくなるの, ならなくなるのに, ならぬが, ならぬだけ, ならぬ事, ならぬ心, ならぬ性質, ならぬ悩み, ならぬ時, ならんので, なりあがり者, なりませんでしたが, なりませんでしたの, なりませんでしたものの, なりませんのよ, はいなどと, はたらきそれから, はるばると, ひくひくし, ひねって, べそを, ほとほと堪らなくなっ, まいりましたので, またもや悪魔的, またもや惡魔的, またらなかつた, まだ空襲警報, まみつむりひくく飯皿, むかむかし, むづむづしてくるのであつた, むづむづしてゐるところであつた, もじもじし, やった非常手段, やってるん, やって来た, やって来たこと, やみがたかっ, やりきれなかつたから, やるせなくて, ゆき子は, よく同じ, よけいな, わざ, わざわざお, わざわざ一筆, わらいたくて, われと, アド四, ウズウズする, ェ, カビ博士に, キョトキョトしました, サ, スパセニアの, ヂリヂリ込み上げ, ドツコイシヨ唄う, パタパタしてる, ピカピカし, ペンを, ペン百貫の, ムズムズし, ムズムズした, ヤイ, レスアマへ, 一つの, 一ときも, 一人で, 一寸の, 一方の, 上げるの, 上りました, 下さいと, 不愉快に, 中途半端に, 二三度あとを, 二尺の, 云い得ずに, 云ったこと, 云って, 云へ, 五日の, 交わって, 人だかりの, 人に, 人の, 今も, 今日は, 仕方ござらぬ, 仕方ない, 他の, 代々庄屋の, 伊東屋へ, 会って, 会ひたく, 会へ, 会社への, 伺ったの, 何かの, 何だか足, 余計な, 作って, 作者は, 來たんだらう, 修業した, 俺を, 倒れさ, 倒れそう, 僕は, 僕も, 入ったわけ, 全身が, 六時ごろ出かけ, 冷たくて, 出ましたから, 出来ない今, 出来るだけ, 到頭送らず, 前に, 努めて, 労働する, 北側の, 千鶴子は, 危うく口, 参りました, 參りました, 友だちが, 口に, 口の, 呼び寄せたの, 咽喉を, 喉が, 噴き出したくて, 四国という, 困ったん, 困りました, 国を, 圓朝は, 土橋の, 堪まり, 堪らず思わずこう, 堪らないが, 堪らないけれども, 堪らないし, 堪らないで, 堪らないと, 堪らない心持, 堪らない気持, 堪らない無, 堪らなかったが, 堪らなかったけれども, 堪らなかった水, 堪らなくな, 堪らなくなりました, 堪らなくなりましたんで, 堪らなくなると, 堪らぬ, 堪らぬとも, 堪らぬやう, 堪らぬ気持, 堪らんの, 堪りませんでした, 堪りませんで御座いましたよ, 塩野に, 墮ちる, 夜も, 夢中に, 大きい腰巻, 好きでやっ, 如月敏と, 始終樺太, 実はお願い, 家出し, 寄ると, 寢ても, 寧ろウズ, 少し心持, 居りますが, 川へ, 巴里へ, 帰って, 幾度も, 彼の, 彼女に, 待ち構えて, 心が, 心こめ, 思い切って, 息を, 愛だの, 成りませんでした, 或る, 或先生, 戸口の, 手が, 指を, 指折り数え, 掌が, 探しまわって, 携えて, 新しい学問, 新橋, 旅に, 旅行以来一月間私の, 日夜もがい, 旧友の, 普通なら, 暮田正香も, 更にまた, 書いた, 書いたん, 書くこと, 書くという, 書くの, 有るか, 本当に未だ退院, 本気です, 来たもの, 来たらしくすすめられるまま, 来るの, 来るん, 来る人, 東宝本社へ, 案外の, 機会を, 正面から, 歴史を, 死にそう, 死ねない人, 母上を, 氣が, 泣いて, 泣きたくて, 津軽へ, 流石に, 消したくて, 涙ぐましくなつた, 湊座へ, 溜まらない, 溜らない男, 溜らなかったので, 溜らなかつたが, 溜らなくなつ, 溜らぬという, 為様が, 焦げつきそう, 焦れったかった, 然しすべて, 煙ったくて, 燃え立つばかり, 片方は, 狂い遊び, 狂った, 獄窓の, 生れて, 痛たく, 発願入定三七日に, 皆, 皆の, 真面目に, 眼色を, 眼覚めた, 眼鼻の, 知り得ず不安, 研究は, 祈願する, 神楽坂まで, 禁じ難し, 私を, 立ち寄った事, 立ち寄つた事, 笑へ, 筆が, 箱の, 結婚する, 絶え切れなくなった, 罷り出でたと, 耐えきれぬまでに, 耐えられぬ, 耐らず, 耐らなく, 耐らなくなった, 耐らなくなる, 耐らぬ, 聞きたくて, 聴いたの, 職業に, 胸が, 臥て, 自分が, 自殺する, 舞いたくて, 花月劇場へ, 若いとき, 若しフエデリゴ, 落ちたん, 藤山, 血まなこに, 行かれない処, 行きたくて, 行く, 行くやつ, 行くん, 行く約束, 行ったん, 行った時, 行って, 行つたわけぢや, 街へ, 覚えず階上, 言いかねる所, 言うの, 訊ねて, 訪ねて, 訪れる, 読みたくて, 読むの, 読めなかった日本, 読書した, 謀ったよう, 起きるまだ, 越後から, 足踏みし, 跟い, 這入りたくて, 逢はずに, 逢へ, 逢へる, 遊びに, 金曜日に, 鉄瓶に, 隅田川を, 隙を, 電話を, 頬が, 顎が, 食うわけ, 食べたくて, 食わしたん, 飲酒の, 鳴きだしたの, 鳴りたくて, 黒ずんだ唇, 黙認し

▼ たく~ (978, 13.6%)

148 なかった 138 ない 89 ないの 59 ありません 34 ないが 28 ないと 22 ないん 19 なかつた 13 ございません, ないよ 10 ないけれど, ないもの 9 ないか 8 あったが, ないけれども, ないわ, ねえが 7 なかつたの, 無い 6 ありませんでした, ないかい, ないかと, ないから, ないし, ないので 5 ありませんか, へて 4 ありませんからね, ありませんが, ありませんよ, ないさ, ないという, なかつたが, なかろう 3 あるが, ございませんの, ないこと, ないでしょう, ないのに, 存じますが

2 [29件] あった, あったけれど, ありませんから, ありませんし, ありませんな, ありませんね, ありませんの, あるし, ございませぬ, ございませんから, ございませんが, したものの, して, ないかね, ないからな, ないからね, ないがね, ないだらう, ないのよ, ない位, なかったであろう, なかつたけれど, なかつたので, なくなりました, ねえか, ふる事, 御座いません, 思って, 有るまい

1 [190件] あったし, あったので, あつた, あらねど, ありませんかと, ありませんかな, ありませんでしたけれど, ありませんと, ありませんもっと, ありません全く, ありません唯, ありません決して, あり妙, あるまい, あるまいよ, あれど, いいん, いうまでも, いえないの, いつたこと, いろいろな, おもいませぬが, お城, お思い, お母さんと, こんなこと, ございますが, ございませぬけれども, ございませんか, ございませんと, ございませんどうか, ございませんなあ, ございませんなどという, ございませんわ, ございません生きて, ござらぬが, ござらぬぞ, ござんせん, させて, すっかりいい, すっかり出来, すでにすすん, ぞんじて, ちゃんとでき, できた, できないか, ないある, ないおれ, ないからこそ, ないけど, ないけどさ, ないけどね, ないけども, ないけれ, ないこいつ, ないこんな, ないじゃ, ないそれ, ないただ, ないつて思, ないであろう, ないでしょ, ないでしょうからね, ないです, ないですから, ないですからねえ, ないですがね, ないとでも, ないとの, ないどうか, ないなあ, ないね, ないねえ, ないのでね, ないばかりか, ないやう, ないやね, ないよう, ないらしかった, ないわな, ないわね, ないラプンツェル, ない何故, ない彼, ない政治, ない文句, ない死, ない為, ない留守中, ない益々, ない盗人追剥, ない筆, ない筈, ない苦い薬, ない負けたら, ない顏, なえ, なかったろう, なかつたから, なかつたけれども, なかつたそれ, なかつたですけれども, なかつたに, なかつたのに, なかつたのよ, なかつたん, なかつて, なからう, なかろうし, なくそれ, なくって, なくて, なくなった, なくなったん, なくむしろ, なく候, なく古い, なく大尉, なく当分, なく縄, なく自分, なく隠す, なけれど, なし, なし何, ならないかね, ならないでしょうか, なりませんか, ねえし, ねえだらう, ねえだろうな, ねえの, ねえもん, ねえよ, ねえん, ねえトット, ねえトツト, ひて, ふべし, へがないから, へたところ, へたふと, へた一風変つた老人, へた丸顔の, へた日本画家, へなく心, へるそれ, もうちゃんとでき, よかろう, よして, よろし, 倉橋さんじゃ, 夫程の, 子供らの, 存じ候もの, 少しも, 尾花が, 心得て, 思いながらも, 思いませぬ, 思うが, 思うの, 思うまい, 思されぬか, 思ったが, 思ったものの, 思ひましたが, 思ふが, 思ふまい, 思へども, 昔の, 有りません, 有りませんが, 有りません若し, 正反対ね, 河原で, 淺草の, 無いさ, 無いと, 無いの, 無いので, 無いわし, 無かった, 無かつ, 無きもの哉, 猟奇の, 聞きたくないと, 薬種問屋砒霜なんかも, 退かず, 途中で

▼ たく~ (835, 11.6%)

69 ない 43 なかった 19 ないの 13 ないと 11 あるし 10 ないが 9 あった, ありません, なる 8 ないもの, なった, なって 7 あつた, ないから, ないし 6 ある, ないのに, ないわ, ないん, なければ, なるの, なろうじゃ, 何ともない 5 あったが, ないこと 4 あるが, ないけれど, ないという, ないところ, ないので, ないよ

3 [21件] あったの, あって, そこそこに, ない様子, ない水, ない物, ない話, なかつた, なさそう, なし, なります, なるが, なるさ, なるよ, なろうという, なんともない, ねえや, 何も, 容易に, 思って, 生きたくも

2 [43件] あったし, あったので, ありながら, ありませんが, ありませんよ, ありもう少し, あるの, あるまい, あれば, ございますから, ございません, できた, ないどうか, ないのよ, ないよう, ない人, ない吾輩, ない孤踏夫人, ない往來, ない映画, ない本, ない気持, ない珈琲店, ない茶, ない酒, なかつたし, なくて, なったが, なったので, なるし, なるだろう, ねえが, 出られなかろうじゃ, 思った, 思ったが, 暇が, 無い, 無いこと, 無いのに, 碌な, 見られなかった, 起されない, 金なんか

1 [367件] あちらで, あったから, あつたらう, あとには, あば, ありかねて, ありきりたくも, ありそば, ありたが, ありで何だか, ありまして, ありましょう変った時世, ありますし, ありませんね, ありませんもの, ありまた, ありもう, あり助平, あり彼女, あり想像, あり泣きたくも, あり聞きたくも, あり腹, あり行きたくも, あり覚らせるも, あり這入りたくも, あり逢, あり逢いたくも, あり黙って, あるけれども, あるところ, あるなあ, あるまいけれども, あるよう, あるん, あろう, あろうし, あんべ, いそう, いないで, いらないしさ, おかまい申されない, おぬ, おれは, からきし元気溌剌, きけないの, ここまで, この始末, こんな顔, ございませんわ, さう, しなければ, すっかりでき上がりました, すんだと, せねば, そう思う, その道が, そんな余裕, ついにそれ, つかみ合, できて, できないよう, できなかった成都, できなくなって, できましたね, できません, ないあくび, ないあなた, ないうずく, ないか, ないくせ, ないけれどもさ, ないこんな, ないさ, ないしと, ないそんな, ないだいいち, ないだが, ないだけの, ないだろうに, ないだろうね, ないでしょうが, ないでも, ないといった, ないとして, ないな, ないね, ないはず, ないばかり, ないふう, ないほど, ないほめ, ないや, ないやう, ないわい, ないビール, ない下物, ない世間話, ない事, ない二階, ない人たち, ない人形, ない人殺し, ない他, ない便所, ない保険, ない俺, ない兄弟喧嘩, ない兵隊, ない写真, ない処, ない叡山, ない口, ない合宿所, ない咄, ない唐物屋, ない夕食, ない夢, ない奴, ない妙, ない寺, ない延び, ない彼女, ない往来, ない従, ない御殿, ない心, ない忌々しい事, ない恐怖, ない戯れ, ない所, ない手紙, ない挨拶, ない捕虜, ない政治家, ない教会, ない新聞, ない晩飯, ない植源, ない歌, ない気もち, ない江戸, ない泪, ない独言, ない現在, ない生きられる, ない生涯, ない相手, ない硝子窓, ない磯五, ない竹棒渡り, ない絵, ない自分, ない長, ない雑草, ない音楽会, ない顔, ない風, ない風景, ない食事, ない髯, ない麦酒, ない鼻唄, なかったろう, なかつたといふ, なかつたの, なかつたので, なかつたのにと, なかろう, なかろうし, なくたわむれ, なくどう, なくなって, なくなる, なくまた, なく切なく苦笑, なく死にたくなく, なく考えた, なしこの, なしその, なしだろう, なしで, なしという, なしといった, なし学校, なし帰ッ, なし生きた, なし知りたい, なし逢, なし逢わせた, なし食いたく, なったであろう, なったの, なったよう, ならうと, なりました, なりましたが, なりますからな, なりますよ, なりますわ, なるこの, なるし云つて, なるじゃ, なるだらう, なるだろうけれど, なるだろうさ, なるだろうし, なるであらうし, なるであろう, なるでしょうけれど, なるという, なるので, なるのに, なるほど, なるもの, なるわけ, なるワ, なる位, なる姿, なろう, なんにもさう, ぬいもの, ねえから, ねえこつたがねえ, ねえし, ねえの, ねえもの, ねえやそんな, ねえん, ねえ可愛い, ねえ小料理屋, ねえ茶, ねえ蕎麦屋, のせなかったから, はいれないで, また作らせたく, また軍艦, もう見られなかった, もう離れられ, 一同が, 不思議なる, 両方の, 亀は, 亦する, 伝六なぞが, 何にも, 何んとも, 余りに行儀, 信ずること, 出なくなったん, 出られないでしょう, 出られませんからさ, 出来ない, 出来ないね, 出来なかったの, 出来ァ, 動けは, 口実に, 哭くこと, 在つた, 埋められぬと, 売れないといふ, 女院から, 好い加減な, 如何にも旅費, 威張ること, 定むることができぬに相違, 彼女は, 得られず毎日毎夜, 御同様百, 御同樣百, 心から仰ぐ, 思いながら, 思いました, 思い丸, 思うし, 思うの, 思っては, 思つた, 思はかれつ名, 思ひます, 思ひ未練, 思わなかった, 思わなかったこと, 思われた, 思われないだろう, 怨みようがねえ, 感じない, 持ち合わせては, 持合せの, 整えましてな, 日本の, 有らうし, 有り合わせで, 根が, 此の, 歩かれなくなりました, 死なれないよ, 死にたくも, 残っては, 殘つては, 殺されぬ此, 泣き出されないよう, 泣けないの, 泣けないよう, 淋しくも, 無いが, 無いの, 無いもの, 無い博物館, 無い様, 無い気, 無い筈, 無い酒盛, 無えけれど, 無えのよ, 無え世迷言, 無かった, 無げに, 無さそう, 燃え様, 痩せ給, 盛返す隙, 知らせるすべ, 知らるる通り我, 知りたくも, 砂が, 立てないの, 聞かせたくも, 聞かれなくなったが, 聞くこと, 肥え給, 膏薬は, 落せない, 落としよう, 行き届かないが, 行くこと, 表するきっかけ, 被る物, 見せるし, 見たくも, 見つける事, 見られない, 見られなかつたと, 見られなくなった, 見られぬこと, 見られぬ例外, 見られねえ, 見られますまいが, 見られませんね, 見当らぬ, 見当らぬと, 覚えずまくは, 親も, 言出す, 調い大事, 起きられないで, 起こらないね, 途中の, 逢いたくも, 遊び得なかった, 酔わせるだけの, 飲ませたくも, 飲めないよう, 飲めなくなったの, 鳴りたくも, 鳴れないほど

▼ たくなつ~ (302, 4.2%)

18418 たので 9 たが, てきた 7 てしまふ 6 たから 5 たと 3 たこと, たりした, たりする, たわ 2 たり人, たン, てくる, て来

1 [44件] から廢め, たか, たけれども, たぜ, たぞ, たでせう, たとて, たなあ, たね, たもの, たもん, たやう, たよ, たらいつ, たらう, たらしくすこし, たら帰つて, たら帰るさ, たら歩く, たら歸, たら食, たら食べる歩きたくなつ, たり, たりし, たり中, たり強姦, たり怒つ, たり恋, たり死にたく, たり薩摩琵琶, たり酒屋, たり飲みたくならうで, た事, た今晩君, た場合, た時, た程, てき, てしまひ, てしまふらしい, てつづけ, てると, てるの, て来る

▼ たく~ (294, 4.1%)

17 つてゐる 14 つて 13 つたのである 11 つて来た 9 つた 8 つたの, つたのだ 7 つたのです, つてゐた 4 つたと, つたのか, つたのは 3 つたのも, つた私一個の, つてし, つて了つた, つて來て, ッた

2 [18件] あつた, つたから, つたほど, つたわ, つた時には, つた時渠は, つた時若い, つた時酒を, つてお, つてしまつ, つてた, つても, つて來た, つて呼吸も, アる, ツた, ツたり, ツちやツた

1 [134件] いこつた, いちゅうてなし, けりや, ささうで, ささうな, ささうに, さは, つたせめて, つたそして, つただけ, つたつけかな, つたとでも, つたなア, つたのかと, つたのかなとも, つたのさたまには, つたのだらう, つたので, つたのでした, つたのと, つたのに, つたのね, つたほんの, つたよう, つたアルコールで, つた丈の, つた不幸だ, つた今は, つた動機を, つた御馳走が, つた心持を, つた或は, つた手に, つた手品師を, つた時に, つた時機會さへ, つた煙草も, つた白い, つた看板娘です, つた程, つた自分を, つてあんな, つていきなり, つておし, つてきのふの, つてしづかに, つてそい, つてその, つてそれに, つてそれを, つてだが, つてな, つてなあ, つてなかから, つてなら, つてにや, つては, つてま, つてもう, つてや, つてやらず, つてゐたら, つてゐるせゐ, つてフラ, つて一日に, つて中に, つて二三日後その, つて仕事に, つて仕舞ひました, つて伺つた, つて住友倉庫の, つて佐太郎は, つて何の, つて何処に, つて來たつ, つて來ます, つて來る, つて兄を, つて先づ手はじめに, つて八幡の, つて凧の, つて出かけ, つて参つたのでございませう, つて參つたのでございませう, つて口の, つて口元の, つて喚き出す, つて困ります, つて堪らない, つて大切な, つて女中さんに, つて女部屋に, つて學校の, つて小石川の, つて小笠原に, つて山口へ, つて座を, つて弱つた, つて弱り抜いた, つて急に, つて態, つて慌て, つて暫く, つて来だした, つて来ます, つて来る, つて楊梅の, つて横た, つて此頃は, つて死んだ, つて殆ど一氣に, つて母が, つて浮い, つて涙が, つて溜らなかつた, つて煙草入から, つて用事に, つて私と, つて稍突つ離した, つて窓ぎわに, つて自ら進ん, つて葭の, つて蒲団を, つて道から, つて銘仙の, つて銭は, つて間もなく, つて飛ん, つて飲む, つて黒い, つて默つてゐられなく, ッちまう, ッちまわ, ッてね

▼ たく~ (244, 3.4%)

66 して 10 した 8 しながら 7 ととのえて 5 しました, やんな 3 させて, したの, 始めて, 始めましたもの

2 [11件] させた, しなくちゃ, しなければ, しに, しろ, する間, せい, はじめました, 並べて, 始めた, 急いで

1 [109件] いいつけた, いそいだ, いそいで, いそぐ, いたしたもの, いたしますうち, いつしよ, おし, おやり, おわってから, かためて, こしらえて, ご用意, さしても, させといて, させるから, したいと, したぐれえで小粒, したので, したらいい, した武士たち, しなきゃ, しなよ, しねえか, しましょう, します, しますから, しようと, しようとして, しろと, しろよ, し最初, すっかりととのえ, すっかり済まし, するが, するけれど, するつもり, するという, するとき, するところ, するの, する必要, せぬか, せよと, せられる, そこに, そのままに, ととのえ, ととのえさせた, ととのえさせました, ととのえた, ととのえたこと, ととのえたと, ととのえながら, ととのえました, ととのえ丹沢山, ととのえ即刻, ととのえ逃げるよう, なさって, なさるの, なし得たわけ, ならべて, ならべ枕, ぬかして, はじめた, はじめたの, はじめて身体, はじめましたけれども, はじめる, はじめること, はじめる講中仲間, はじめ旅の, まずは, ヨ, 世話する, 並べたあげく, 並べ甚しき, 云ひ付けた, 作ったり, 出たの, 励ましまた, 向けた, 執行された, 始めかけ, 始めました, 始めましたゆえ, 始める, 始めるだろうと, 引き受け上, 心がける間, 忘れて, 怠らなかったもの, 怠るまいと, 急げよ, 成さられ候え, 手伝うので, 拝見する, 整えながら, 整え客, 早く, 致します, 見つけて, 解くの, 言いつけた, 言ふ, 調えて, 長々と, 長くさせ, 頼んで

▼ たくても~ (231, 3.2%)

5 起せる身分 2 これら植物の, できめ, ゆるされない, 相談には, 笑へ, 行き場が, 金が

1 [212件] あがれないん, あの正面玄関, あの狂人女, あれじゃ, あればっかりは, あわて騒ぐ市民, いつも用事, うどつち, おれが, お母さんを, この恐ろしい, この方面, これでは, これは, して, するわけ, する方法, そういう集, そっと往, その切手, それが, それだけの, だまって, だんだん渋ったくなる, ちょっと自分勝手, つけさせない何もの, できない, できないところ, とうていどうする, とてもまわらない, とても足りない, とめること, どこと, どこの, ない, なかなかそうは, なかなかそれ, ならぬとき, なり得ない事情, なれない, はいれない人たち, はじまらねえこんな, まさかに盆栽, またそこ, みること, みんなは, めつたに, もういない, もうそうは, もう口, もう四日, もう手遅れ, もう涙, もっと上品, もつと, わしが, アトが, コレラ奴にとって, フィンランドの, 一つは, 上の, 上品には, 不可能な, 不得意で, 世間は, 中, 乗れないから, 云えない, 今日の, 仏祖の, 仕事が, 休めないの, 会えなかった, 伺えなし, 住む家, 何か, 何処へも, 使って, 働く口, 八十銭の, 其様な, 出すこと, 出せなくなるは, 出たくなくても, 出来ない, 出来ないという, 出来ない師家, 出来ない相談, 出来まいが, 切れねえ相手, 割り得ない悩み, 助けられやしない, 動かせねえという, 即座に, 取上げられない, 口が, 口へ, 口実を, 唇が, 喰い過ぎられなかったおかげ, 喰い過ぎる心配, 固めよう, 声が, 声も, 変えるより, 変られぬ自分, 外米を, 大儀で, 夫が, 婦人の, 宇宙の, 実の, 容易に, 寝て, 寝床を, 尽す事, 帰れないという, 帰れなかったの, 必らず, 忘れる事, 怺えて, 悲し悲し悲しわたし, 愛情が, 感じられない, 感化を, 我ま, 手套なし, 手足が, 折角それ, 持つこと, 散れぬなんて, 書けず, 書けないことば, 有つ, 本一冊, 来月までは, 松の内でない, 機会が, 此間忠公を, 歩く毎, 死なれぬの, 死にたくない程, 死ねないよう, 死ねない人生, 死ねない矛盾, 死ねなかつたアルコール, 残りさ, 泣けず人生, 派手な, 浴せない, 為方, 無い時, 然るべき手蔓, 生命が, 由なく, 男という, 男子側の, 画布も, 相手が, 私の, 稼ぐに, 笑えない, 老人などの, 考へられなくな, 聞かれぬ事, 自殺の, 興行主が, 蒲団が, 行けないん, 行けぬところ, 見られない, 見られないほどの, 見られない大きな, 見られぬにつけ, 見ること, 触れられよう訳, 言葉を, 説明の, 謝れない性分, 謡ふ, 負けたくても, 貰いたくても, 起つたま, 越えられなかったの, 身動きも, 近寄れないで, 返せない, 迷えんの, 送金を, 通れっこない, 逢われずに, 遠い信州, 適当な, 都合が, 銭が, 降れないと, 隠しきれない境涯, 雇えないの, 顏と, 顔を, 顫え, 顫へて, 飛び出せも, 食えぬ実, 食べるもの, 飲めない時節, 馬鹿らしくて, 馬鹿気て, 駄目だった, 高い家賃, 魚屋が, 黒田さんの

▼ たく~ (154, 2.1%)

5 話が

2 [13件] ことを, さいちゅう, だと, である, できるの, へい, 一文なし, 山笠に, 手を, 整うの, 深切から, 盲目です, 素裸と

1 [123件] お捕り, かたは, げんかんへ, ことなぞを, ことについて, こと日取りの, さいちゅうだわ, さもしい女, しようも, しらふの, しらべは, たから, ために, ため精を, だ, だった, だつた, てれかくし, できて, できよう, ですよ, でも, ところこの, ところこれまでの, ところそいつが, ところそうな, ところバックは, ところ北原ミユキは, ところ私は, ところ若い, とも考えられず, ないやう, ない女, ない若い女, にでも炭, に最も, に苦しめられ, はじまる音, は実に, ひとりで, まわりに, まわりにおいて, まわりへ, まわりを, ような, ように, ボート部は, リアリズムである, 世間知らずだ, 中間づくりで, 主人が, 主人王累が, 事皆私お世話し, 人たちを, 他人に, 付近に, 休日の, 偶然でした, 前の, 勝則さんが, 午後の, 卵形を, 唖である, 唖の, 嘘では, 塀を, 夜に, 夜長らしく深けそめ, 子供で, 子供は, 孤獨がい, 孤獨と, 孤立, 家も, 小兒, 小説なんか, 山の, 庭まで, 廢墟である, 廢墟にな, 御主人, 感じでは, 手業によるか, 持ち馬, 整ったという, 料に, 方が, 方で, 方も, 時でありましたろう, 普通の, 有閑人か, 無一物と, 無感想状態, 無表情である, 燻し出しだ, 犠牲者でした, 猟奇趣味を, 獨り, 田舎者で, 発作で, 空家に, 組の, 絶望の, 薄きを, 薄化粧は, 袋の, 観察は, 言うに, 話夜に, 話萱野十吉氏は, 近くまで, 運転手さんに, 郷里は, 門が, 門の, 門まで, 門を, 間借り人だった, 闇の, 階段を, 靜寂と, 非常時局で

▼ たく~ (91, 1.3%)

3 勝手に, 正太さんと 2 いつでも, 猫でも

1 [81件] あちらへ, あとを, いくさ奉行の, いたせまた, おれが, こ, ここへ, こちらへ, この僧, それへ, ちょっと覗い, ともかくも, ともどもあの世へ, どんなにし, なぜ武士, ならるるまで, なんとも言う, のめしても, まづ, わしを, シーザーの, 一寸覗い, 二寺へ, 亜米利加人が, 今の, 他へ, 何んで, 何処へでも, 何程でも, 何處へでも, 信州を, 俺の, 其の人, 内へ, 出でて, 切れ, 切符を, 半分に, 名乗って, 売り上げを, 屋敷へ, 希臘の, 引張って, 後で見る, 後より, 從來と, 怒っても, 思うさま利用, 所望通り対手に, 打て殺したくば, 拝島の, 採桑老, 早く落ちつく, 時を, 最早家, 木曾路に, 来るが, 此寺に, 武家どもみな礼を以て, 殺して, 殺しねえ, 殺せ, 殿様に, 泣け, 渡らして, 渡らしてやるほどに, 痛い目, 知らせて, 碁盤の, 私の, 私を, 笑うも, 純然たる, 縄を, 胸の, 能登守直々に, 腕ずくで, 自分から, 蜘蛛も, 行くが, 行け今

▼ たく~ (72, 1.0%)

9 できて 8 できた 2 して, できると, 調いましたが

1 [49件] あったと, あったの, あること, いいなら出かける, すっかりできあがっ, すむと, そこに, そろって, たて糸と, つかりした, できあがって, できあがると, できたからと, できたと, できた事, できないからと, できました, できましたと, できましたね, できましたら出かけましょう, できまして, できますけれど, できりゃこの, できるころ, できるの, できれば, どうしてし, なかなか忙しい, ふれだされた, まださつ, よくば, よければ, よろしければ, 倉橋さんだって, 倉橋さんとは, 出来たであろうか, 出来て, 出来るまでの, 夏は, 始まりほか, 始まる, 少しおくれる, 少しぐらいの, 料理は, 終ったとき, 終ってから, 要る, 調うと, 調ったので

▼ たくその~ (60, 0.8%)

7 通りだ 4 とほり 2 時の, 男の, 通り

1 [43件] ことをのみ, ころちょうど, すこしついた, ためである, ためと, ための, ため参上致しまし, へんには, やうな, わけが, 上お, 上で, 上に, 中に, 代り利子は, 企画性を, 作品の, 作成の, 前に, 学校友だちをも, 当座金, 心窩を, 性質を, 才を, 振子の, 時のは, 本質を, 権力を, 為だけでも, 為ばかりにでも, 生ける玄妙, 発達の, 相貌を, 認識を, 足で, 通りです, 通りに, 通りの, 通りほんた, 通り一升借り出しました, 長さ, 附近には, 馬が

▼ たくとも~ (48, 0.7%)

1 [48件] こっちへ, しまいに断念, じっとし, せんと, そのため, その原料, それが, それは, できない, でで出ねえ, とり残されぬであらう, なかつた, やはり死ぬ, わが職務, 一望同様式で, 働く仕事, 働く口, 僕にも, 再び逢, 出すまい, 出られません, 出来ないこと, 出来ないの, 別荘には, 可愛がるもの, 同時にこれ, 変れねえん, 好きな, 手の, 手もとに, 持って, 散らかすこと, 敵の, 文句の, 旧名が, 會へ, 温かくとも, 矢張り死ぬ, 耳を, 若い女, 見えないの, 見られない, 見られなかった, 見られるもの, 計画が, 金の, 間違えよう, 鼠が

▼ たく~ (43, 0.6%)

2 たかしとの, 云つ, 存候

1 [37件] いうても, いちばん下の, いっても, いつて, おくの, この間も, そういう御, どんな字, なり合う両, 二十度の, 夫のみ, 存じそれ着物, 存じながら, 存じ候えども, 存じ十二月十四日長兵衞私, 存候え, 存候とか, 存候間御, 彼の, 忽ちもと, 書いて, 書いてから, 申され候, 申し候, 申候, 申出半, 申聞け, 築地の, 粘り付いて, 縁談が, 聖者の, 聞違へる, 親子の, 言つ, 警察とへ, 過ちせし, 魚が

▼ たく~ (43, 0.6%)

3 かかると 2 かかった, かかって, かかりました, とりかかりました

1 [32件] あるいは庭, ある小料理屋, いそいで, いて, かからないで, かかる, かかるという, かかろうとして, からんだこと, ききに, きまって, きゆる事, さしつかえるので, つめて, とりかかったの, とりかかったので, なつた, やって来ようと, ゆくん, 会えると, 会って, 取りかかった, 取りかかって, 取りかかりましたよ, 取りかかり大, 取り掛からせること, 憤慨し, 油は, 立ち上がった, 行った, 言ったわけ, 駆け帰りました

▼ たく~ (38, 0.5%)

1 [38件] かに苗, がそれ, が排斥, といたしまし, とかけ離れ, には彼女, には氣, に與, に話した, の周囲, の心, の所持品, の本性, の良人, の飲み, はわづか, はグレ, はモデル椅子, は一寸, は亀さん, は二つ, は十六, は吾家, は喜ん, は思っ, は早稲田時分, は有しない, は生き, は短篇, は藤村, は豚, は途方, もこの, も作業, も暫らく, より御, を楽しませる, を滿

▼ たくこの~ (28, 0.4%)

2 こと兄上様へ

1 [26件] うちで, ことは, ご恩, わしにと, 作者の, 僕に, 儀については, 土地では, 地を, 地方を, 女は, 子供が, 文を, 村の, 次は, 段お, 段つつしんで, 甚五衛門は, 男は, 画家の, 筆を, 辺りには, 通りに, 連中は, 頃の, 點で

▼ たくつて~ (28, 0.4%)

2 しやう, ゐた

1 [24件] おしまひ, たまらないこと, たまらない癖, たまらなくなりました, づらり, ねそこ, も, もい, もお, もとパンパン嬢, ももう, も仕事, も何, も何處, も出来る, も容易, も居られません, も引, ゐる恐ろしい, をい, をります, 書きたくつて, 痛くない, 行くの

▼ たく~ (27, 0.4%)

3 のもの, の話 2 でした, のこと

1 [17件] だといふ, だとね, です, ですよ, な作業, な小, な方, な祈りかた, な立場, の哀訴嘆願, の或, の方向, の方角, の様, の素質, の道, 問題です

▼ たく~ (26, 0.4%)

3 思いに 2 麗さんも

1 [21件] うつりある, ざらぬ, ぼゆる, ぼゆるま, 互が, 元気で, 医者さまも, 取次ぎ値段, 可愛がりにな, 困りなさるあなた, 安くねえ, 帰り早々ねえ, 招き致そうと, 氣に, 留守に, 目に, 示しの, 米が, 腹が, 近づきが, 連れ致しまして

▼ たく~ (25, 0.3%)

3 へなる 2 うして, すれば, と山, は

1 [14件] うしたなら, かげろふと, が原, とつるし, と置き, になった, のあいだ, のなか, の渦, へおも, へな, へなつ, むらであり, 私もを

▼ たく~ (25, 0.3%)

1 [25件] た, ていた, ていました, ておいたら, てくるれ, てしまった, てしまッ, てしようが, てたまらない, てどんと, てならない, てなりません, てねそこ, ても先方様, ても来られない, てやろう, てソース, てテーブル, て其処等, て堪らない, て堪らなかった, て実は, て急げ急げ, て言われなく, て通う

▼ たくそれ~ (22, 0.3%)

2 だ其何物, にち, は柳

1 [16件] こそはあ, だけが私, で帰っ, とはあべこべ, にはまた, には古人, には遺憾, に女, に対しては大した, はなん, はまだ, はわたし, は今年, は貧弱, は賤, を信じない

▼ たく思召~ (22, 0.3%)

3 したが, して, すの 2 されんとも

1 [11件] された, した, したかも, したこと, したところ, しても, しながら, すお, すふう, す帝, す御

▼ たく~ (19, 0.3%)

1 [19件] が四十, が子, にとつて, にとつて寝耳, には不可思議, に背中, の許, の骨, はこ, はそれだけ, はそんな, は一ト月, は当分, は日々, は狂, は私, は説明, らしく一, を大切

▼ たくこれ~ (18, 0.3%)

2 はいい, また頼入り候

1 [14件] で月給, と共通, と違, に違えねえ, のみ心残り, はた, はどうか, は不思議, は奇態, までお迎え, まで推参, をいえ, を廃止, を指導

▼ たく同じ~ (18, 0.3%)

1 [18件] ことを, だけの力, だつた, に餘, の心理作用が, もので, やうな, やうに, ような, 一人の, 体験を, 動機から, 夜ばかりを, 態度で, 歓びを, 現象を, 運動が, 運動を

▼ たく~ (18, 0.3%)

1 [18件] いもの, にひとしい, 一文とな, 一文にな, 感動である, 感想状態な, 教養である, 智だ, 資格な, 邪氣でも, 邪氣の, 関係の, 関心おれの, 関心であり, 関心とも, 関心な, 關係に, 關心の

▼ たく~ (16, 0.2%)

9 つた 4 つたが 1 つたこと, つたその, つたらし

▼ たくあん~ (15, 0.2%)

2 をかじっ

1 [13件] が半分, に相当, のお, の代金, の水っぽい, をかじり, をまるごと, を出しかけ, を出しかけた, を玉子焼, を買っ, を食い, を食べ

▼ たく思つて~ (15, 0.2%)

2 ゐます, ゐる, 居た彼 1 けれどももはや, この古本屋, ゐた, ゐたこと, ゐたので, ゐた寶物, ゐるの, ゐる位, ゐる所以

▼ たく自分~ (12, 0.2%)

2 は再び 1 でははつきり, では意, でも大, でやって来た, には想像, には自分, のため, は夢見心地, を取卷い, を嘲笑

▼ たくこと~ (11, 0.2%)

1 [11件] あたわず, から思いつい, から煮物, が婦人, そんなこと, とお, のない, はもちろん, も, も知らない, を覚え

▼ たく不思議~ (11, 0.2%)

3 なこと 2 なもの 1 ですつぽん, なくら, な考へ方, な話, な身柄, にお

▼ たくさえ~ (10, 0.1%)

4 なった 3 なって 1 なったが, なった程, 思われた

▼ たく~ (10, 0.1%)

1 いきます, いくの, いくまでは, うかがいます, きてから, はいりこんだの, まいります, 忍び込むの, 自動車を, 行ったもの

▼ たく~ (10, 0.1%)

1 うも, かの奇蹟, にたと, の用事, の目算, の背景, も云, も知らない, も知らなかつた, も認識

▼ たく~ (10, 0.1%)

1 主人に, 同様に, 帰宅なされ, 承知の, 招待致します, 持地所を, 枉駕云々という, 説の, 返上の, 願いする

▼ たく新しい~ (10, 0.1%)

2 方向では 1 人生で, 傾向の, 光明を, 意味で, 意味と, 組合せで, 見地に, 造語だ

▼ たく~ (9, 0.1%)

2 ついて, てならない 1 てもちやん, て堪らない, て堪りますまい, て居る, て爲樣

▼ たく~ (9, 0.1%)

1 なげな微笑, に呟いた, に戻り, の中, ばかりの祝宴, をうたれた, をきめ, をゆるし, 満ちつつ

▼ たく~ (9, 0.1%)

1 が目, で埋まっ, のシャツ, までもことごとく, をし, をしかけたる, をひと, を広げつづけた, を朝風

▼ たく関係~ (9, 0.1%)

2 のない 1 がない, がなかつた, がなく, が無い, ないもの, なくどこ, はない

▼ たくあなた~ (8, 0.1%)

1 が遠く, ときたら, と同じ, に自信, のお, の純潔, は仕事屋さん, よりも洗煉

▼ たくなつたん~ (8, 0.1%)

2 だね 1 さ, だ, ださうです, です, ですね, でそれで

▼ たくなんか~ (8, 0.1%)

3 ない 1 ありませんわ, ちっともない, ないが, ないわ, ないん

▼ たくねえ~ (8, 0.1%)

2 第一 1 あの頭, きこえねえの, 一と, 早く黒, 殺生は, 雨を

▼ たくまた~ (8, 0.1%)

1 ご忠告, すべきであると, 将来は, 巷の, 後の, 秋も, 自分自身も, 親しく申し述べたい

▼ たくもの~ (8, 0.1%)

2 の中 1 がたくさん, はひらひら, をちゃんと, をつけ, をほし, を忘れ

▼ たくわを~ (8, 0.1%)

1 うす暗い中, 取りあげて, 取り心, 地面に, 店さきに, 手に, 見て, 買って

▼ たく~ (8, 0.1%)

1 埓至極である, 必要である, 必要な, 成功で, 機嫌に, 生産的人間だ, 用心で, 識不知あまたの

▼ たく~ (8, 0.1%)

1 いずれ近々別様, この文, さて床, と筆, へども宮島, へども御国ぶり, へども返, 申すも

▼ たく~ (8, 0.1%)

4 がない 1 がなかつた, と見境ひも, のない, をつかむ

▼ たく無視~ (7, 0.1%)

2 して 1 されたかたち, されて, したかたち, したり, しては

▼ たく~ (7, 0.1%)

2 ふが 1 つたこと, つたところ, つて, ふ, ふの

▼ たくそんな~ (6, 0.1%)

2 ことは 1 うまい事, 気が, 気持も, 氣が

▼ たく~ (6, 0.1%)

5 おもはる 1 ある

▼ たくどうも~ (6, 0.1%)

2 お値段 1 かういふところ, ひどいもの, 恐ろしい吹雪ぢやつ, 物質の

▼ たく~ (6, 0.1%)

1 う, うること, なんだ, へた十八の, へ尽き, ゆれば

▼ たく~ (6, 0.1%)

1 ときち, の氣, の面目, は, もあの, もそんな

▼ たく反対~ (6, 0.1%)

1 であります, なもの, な立場, に無神経, のもの, の結果

▼ たく~ (6, 0.1%)

1 だ, と順々, に対していさ, に髭, の中, もえがきたい

▼ たく~ (6, 0.1%)

21 では今, のシナ人, の場面, も小夜

▼ たく~ (6, 0.1%)

1 つた伝統と, つた心を, つた環境の, つた環境や, つてゐた, 樣な

▼ たく~ (6, 0.1%)

21 だ旅, だ浴衣一枚, だ癈墟, であ

▼ たく~ (6, 0.1%)

2 つた 1 ひきつて, ひ放つの, ひ渡した三成, ふので

▼ たくあの~ (5, 0.1%)

1 人と, 人の, 瞬間には, 通りに, 頃は

▼ たくおなじ~ (5, 0.1%)

2 である 1 で表, と云つて, 大きさ

▼ たくおなり~ (5, 0.1%)

3 になった 1 でせう, になる

▼ たくたって~ (5, 0.1%)

1 お目にかかれよう, 今じゃ, 便りの, 絵の具が, 這入れないん

▼ たくでも~ (5, 0.1%)

2 なったもの 1 して, しましょうね, 愛用された

▼ たく~ (5, 0.1%)

1 えと, えとその, えと誰, えッて, 上がって

▼ たくので~ (5, 0.1%)

1 きたいでたち, きたこと, きたころ, きた膳, パチパチパチ盛ん

▼ たくひどい~ (5, 0.1%)

1 かぜだ, んだ, 言葉に, 貧乏で, 音響だ

▼ たくほどの~ (5, 0.1%)

3 人人の 1 ことも, 事も

▼ たく~ (5, 0.1%)

2 地方銀行の 1 こまや, なにかに, 待ち時間が

▼ たくわたし~ (5, 0.1%)

1 にしろ, の耳, はそんな, は何処, は何年

▼ たく参上~ (5, 0.1%)

2 したる次第 1 いたしましたと, いたしました次第に, 致しまして

▼ たく~ (5, 0.1%)

1 いくらかでも, それだけの, アンニュイに, アンニユイに, 一生懸命に

▼ たく~ (5, 0.1%)

1 だ, のあはれさ清らかさ, の夕ぐれ, の日, の暑い

▼ たく~ (5, 0.1%)

2 たりがたい, たりがたし 1 たりがたき

▼ たく~ (5, 0.1%)

1 だ, だうら, だ朝寝, ですね, の気候

▼ たく無駄~ (5, 0.1%)

1 であつ, であること, でさ, なこと, な努力

▼ たく独立~ (5, 0.1%)

1 したもの, した意味, した機能体, した永遠, して

▼ たく~ (5, 0.1%)

1 であります, でありますし, であり善, であるから, 白く死

▼ たく~ (5, 0.1%)

1 にも止まらぬ, のさめる思ひ, を円く, を向けなかつた, を塞ぎ

▼ たく興味~ (5, 0.1%)

2 がな 1 ございませんわ, をもたず, を持たない

▼ たくてと~ (4, 0.1%)

1 あいさつなさった, いふの, 云は, 切ない顔

▼ たくなんぞ~ (4, 0.1%)

2 ならないわ 1 なかった, 忘れちまえ

▼ たくよく~ (4, 0.1%)

1 まがる, 合つてゐる, 撮れて, 晴れて

▼ たくわん~ (4, 0.1%)

1 でも洗っ, と, の尻尾, を比較

▼ たく~ (4, 0.1%)

1 と思ひ, にし, に本能的, に自分

▼ たく世の中~ (4, 0.1%)

2 はこれ 1 に名士つて, は宏大

▼ たく~ (4, 0.1%)

1 には夫, のいない, のせい, を笑

▼ たく人間~ (4, 0.1%)

2 のもの 1 が変, の血

▼ たく~ (4, 0.1%)

2 を噤ん 1 が馬鹿, にする

▼ たく~ (4, 0.1%)

1 なもの, に優しい, に出来てる, へてか

▼ たく~ (4, 0.1%)

2 をり 1 しないから, 候えども

▼ たく~ (4, 0.1%)

1 だ, のどん底, の子供, 入れて

▼ たく彼女~ (4, 0.1%)

1 から心, には酷い, に分からない, のゆたか

▼ たく思つたの~ (4, 0.1%)

1 であらう, であるが, に気, はもとより

▼ たく想像~ (4, 0.1%)

1 もしなかつた, も及ばない, をたくましく, を絶

▼ たく意外~ (4, 0.1%)

1 だつた, でした, なほどの, に思

▼ たく~ (4, 0.1%)

2 のさ 1 がおこなわれるでしょう, 覚めては

▼ たく此処~ (4, 0.1%)

1 であんな, に人, の所, の顔

▼ たく確實~ (4, 0.1%)

1 である, ではない, でもなく疑ひ得ぬ, で明白

▼ たく私達~ (4, 0.1%)

2 の前方 1 が蠅, は水車小屋

▼ たく自然~ (4, 0.1%)

1 な状態, のこと, の推移, の間

▼ たく~ (4, 0.1%)

1 ですわ, な氣, な氣持, りなく

▼ たく~ (4, 0.1%)

2 がなつかしい 1 のない, のひどい

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 なし直ぐ, ねえおら, をざめぬ

▼ たくあれ~ (3, 0.0%)

1 が子供, こそ小川氏曰く, に似た

▼ たくうち~ (3, 0.0%)

1 に彼, に愛宕, 揃って

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 ざりませぬ, 苦労という, 許可くださら

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 機ご, 翼を, 首丈を

▼ たくそう~ (3, 0.0%)

1 なの, なんで, 言つ

▼ たくだらし~ (3, 0.0%)

3 のない

▼ たく~ (3, 0.0%)

21 やどんたくぢ

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 ごやっかい, はシツケ, は近頃

▼ たくなし~ (3, 0.0%)

1 といふ, と思ふ, 警視庁行き

▼ たくなぞ~ (3, 0.0%)

1 したが, を始め, を始めた

▼ たくなど~ (3, 0.0%)

1 なった, 整えて, 皆新たな

▼ たくねえと~ (3, 0.0%)

1 思ったら乱暴, 思ったら金庫, 思って

▼ たくばかり~ (3, 0.0%)

1 思って, 思われ公務, 院は

▼ たく~ (3, 0.0%)

2 の筋肉 1 にのど

▼ たくぶす~ (3, 0.0%)

2 まさや 1 ま佐夜具賀斯多尓

▼ たくほか~ (3, 0.0%)

1 にたのむ, のだれ, の国々

▼ たくもう~ (3, 0.0%)

1 人間では, 見る眼, 話には

▼ たくわが~ (3, 0.0%)

1 五七円の, 百姓の, 私の

▼ たく一つ~ (3, 0.0%)

1 には小谷どの, の奇蹟, の繪

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 のなか, の人, を憚

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 もしない, も知らない, 納まって

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 はみられず, 云つた通り何の, 囘卒業した

▼ たく今日~ (3, 0.0%)

1 のよく, の急, は和女

▼ たく~ (3, 0.0%)

2 對の 1 對な

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 哀さうな, 哀さうになつちやふわ, 哀さうになる

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 の, のため, の云

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 と昼, ばかりなん, を日

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 かがり火が, 笑ひした, 違ひだからね

▼ たく大きな~ (3, 0.0%)

1 三合入りの, 声, 暖炉が

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 に付, に付金, のみにて死ぬ

▼ たく子供~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 であつ

▼ たく存じ~ (3, 0.0%)

1 よりもいたしませんでした, をり, 奉つる然しながら

▼ たく安らか~ (3, 0.0%)

1 であつ, な彼女, な氣持

▼ たく思い~ (3, 0.0%)

1 になり, もかけぬ, 迷って

▼ たく悪夢~ (3, 0.0%)

3 だつた

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 がつけられなかつた, が切れ, も足

▼ たく暖炉~ (3, 0.0%)

1 から発生, の四角, の静

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 つぽい, に不自由, のよう

▼ たく無用~ (3, 0.0%)

1 と思はれる, なもの, のもの

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 がほ, がもうもうと, しめらふ朝

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 らしい, らしいばかり, らしいや

▼ たく珍しい~ (3, 0.0%)

1 ことだ, んです, 朝の

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 があいた, に付く, をあげ

▼ たく確か~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 である

▼ たく私自身~ (3, 0.0%)

1 の落ち度, の醜態, への過去

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 がありません, のない, もゆかり

▼ たく自信~ (3, 0.0%)

3 がない

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 が惡, のない, を失いかけました

▼ たく見当~ (3, 0.0%)

1 がつかない, ちが, のつきかねる

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 の仇, もだらし, も遣りた

▼ たく記憶~ (3, 0.0%)

1 して, と異, に残らぬ

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 の置き, は一つ心, を伏せ

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 なやう, な立場, の効果

▼ たく違つて~ (3, 0.0%)

1 ゐるため, ゐるでは, ゐるの

▼ たく~ (3, 0.0%)

1 も立ち, も聞え, をたてなく

▼ たく類似~ (3, 0.0%)

2 して 1 する或

▼ たくあなた方~ (2, 0.0%)

1 は遠足, をだます

▼ たくある~ (2, 0.0%)

1 日とよの, 時老母に

▼ たくいかが~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ たくいま~ (2, 0.0%)

2 のおれ

▼ たくうまく~ (2, 0.0%)

1 いけば, ないです苦い

▼ たくかつ~ (2, 0.0%)

1 は某, は疾病死亡

▼ たくこうして~ (2, 0.0%)

1 引請人が, 東京を

▼ たくさまぎれ~ (2, 0.0%)

1 に小さな, に朝鮮人

▼ たくしか~ (2, 0.0%)

1 できては, 見えないん

▼ たくしろき~ (2, 0.0%)

2 月空に

▼ たくそこ~ (2, 0.0%)

1 から来, の窓

▼ たくそして~ (2, 0.0%)

1 最も熱, 話が

▼ たくそれだけ~ (2, 0.0%)

2 にては愚意

▼ たくそれら~ (2, 0.0%)

1 の代表作, の言葉

▼ たくついては~ (2, 0.0%)

1 御都合, 昔から

▼ たくつた~ (2, 0.0%)

2 そしてたくさん

▼ たくてね~ (2, 0.0%)

1 それを, 丁度脚気

▼ たくては~ (2, 0.0%)

1 いるの, 困ります

▼ たくという~ (2, 0.0%)

1 文句を, 言葉が

▼ たくとの~ (2, 0.0%)

1 ことに, 儀に

▼ たくどう~ (2, 0.0%)

1 いふんで, すれば

▼ たくどうか~ (2, 0.0%)

2 して

▼ たくどこ~ (2, 0.0%)

2 の温泉地

▼ たくどんな~ (2, 0.0%)

1 もので, 士官に

▼ たくなお~ (2, 0.0%)

1 御都合, 費用お

▼ たくなつちや~ (2, 0.0%)

1 しやうあんめえな, ふ

▼ たくなに~ (2, 0.0%)

1 も知らぬ, 云うてん

▼ たくはへ~ (2, 0.0%)

1 そしてそれ, それを

▼ たくはへも~ (2, 0.0%)

1 なくて, なし

▼ たくひそか~ (2, 0.0%)

1 に希つて, に柳原

▼ たくべつ~ (2, 0.0%)

1 な理由, の最中

▼ たくみぞ~ (2, 0.0%)

2

▼ たくもな~ (2, 0.0%)

1 いっ, つてかの

▼ たくわけ~ (2, 0.0%)

1 の分らぬ, は解らなかつた

▼ たくわざわざ~ (2, 0.0%)

1 安国寺から, 故郷を

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 の名案, は植物

▼ たくワクワク~ (2, 0.0%)

2 しながら

▼ たく一人~ (2, 0.0%)

1 でゐる, でアラスカ

▼ たく一人きり~ (2, 0.0%)

1 で暮し, で暮らし

▼ たく一瞬~ (2, 0.0%)

1 に過ぎた, の出來事

▼ たく一種~ (2, 0.0%)

2 の暴動

▼ たく三三九度~ (2, 0.0%)

2 が済む

▼ たく不意~ (2, 0.0%)

1 に殆ど側背, に現

▼ たく不満~ (2, 0.0%)

1 であるとき, で読む

▼ たく予想~ (2, 0.0%)

1 のほか, もせぬ

▼ たく予期~ (2, 0.0%)

1 して, しないところ

▼ たく二つ~ (2, 0.0%)

1 のつながり, の面

▼ たく云々~ (2, 0.0%)

1 とあった, と主治医

▼ たく京二郎~ (2, 0.0%)

1 は女, は戦争中

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 のなにごと, の人

▼ たく他人~ (2, 0.0%)

1 で私, に使われる

▼ たく代り~ (2, 0.0%)

1 にその, に煙草

▼ たく以下二三言私~ (2, 0.0%)

2 明けて

▼ たく作者~ (2, 0.0%)

1 がその, にある

▼ たく例外的~ (2, 0.0%)

1 な動機, にあなた

▼ たく偶然~ (2, 0.0%)

1 だ, に運

▼ たく~ (2, 0.0%)

2 を与へ

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 であること, なるもの

▼ たく~ (2, 0.0%)

2 たりがたき

▼ たく兄さん~ (2, 0.0%)

2 の所為

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 は御無沙汰, は斯よう

▼ たく光つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐる

▼ たく其の~ (2, 0.0%)

1 家は, 記憶が

▼ たく冗談~ (2, 0.0%)

1 でなし, にのらず

▼ たく冷汗もの~ (2, 0.0%)

1 であ, であります

▼ たく切ない~ (2, 0.0%)

1 のだ, 奴だ

▼ たく初め~ (2, 0.0%)

1 の内, もなく

▼ たく古山~ (2, 0.0%)

2 と合議

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 の通り, までかく

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 つて, はない

▼ たく同時に~ (2, 0.0%)

1 卓一は, 知つたのだ

▼ たく同様~ (2, 0.0%)

1 であつ, である

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 にかけて御, をかけ

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 の如く, をなさない

▼ たく堅い~ (2, 0.0%)

2 何かを

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 にい, には別

▼ たく変つて~ (2, 0.0%)

2 来なければ

▼ たく外国~ (2, 0.0%)

2 の髯

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 の与, も地

▼ たく天国~ (2, 0.0%)

2

▼ たく好い~ (2, 0.0%)

1 気で, 気味だつた

▼ たく如何~ (2, 0.0%)

1 のもの, 樣の

▼ たく妓楼~ (2, 0.0%)

2 へ押しこむ

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 な女, な自信

▼ たく存候~ (2, 0.0%)

2 へども驕り

▼ たく存在~ (2, 0.0%)

1 せずに, を忘れられた

▼ たく完全~ (2, 0.0%)

1 でない故, では

▼ たく実は~ (2, 0.0%)

1 これとて, 悲惨にも

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, の障子

▼ たく對蹠的~ (2, 0.0%)

1 な相違, な笠置シヅ子

▼ たく小田原~ (2, 0.0%)

1 というところ, の天神山

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 に列記, に妖怪

▼ たく希望~ (2, 0.0%)

1 して, の至

▼ たく平生~ (2, 0.0%)

1 の態度, の通り

▼ たく幸福~ (2, 0.0%)

1 だ, でありたかった

▼ たく御多忙中恐縮~ (2, 0.0%)

1 ながら左記条項, に存じ

▼ たく悪魔~ (2, 0.0%)

1 でで, の退屈

▼ たく意味~ (2, 0.0%)

1 の分らない, もなく

▼ たく懐しく快い~ (2, 0.0%)

2 ものであります

▼ たく折鶴~ (2, 0.0%)

2 から飛躍的

▼ たく推参~ (2, 0.0%)

1 致して, 致しました次第

▼ たく斯ん~ (2, 0.0%)

1 な家, な種類

▼ たく新しく~ (2, 0.0%)

1 した, 劇文壇に

▼ たく日本~ (2, 0.0%)

1 に対する興味, の社会

▼ たく日本晴~ (2, 0.0%)

1 だ空, の日本国

▼ たく明け~ (2, 0.0%)

1 はなれた, はなれる

▼ たく明朝~ (2, 0.0%)

1 とも云, 第八時

▼ たく明白~ (2, 0.0%)

2 である

▼ たく是非~ (2, 0.0%)

1 ともご, に我が身

▼ たく~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ たく暗い~ (2, 0.0%)

1 家だつた, 気持に

▼ たく更に~ (2, 0.0%)

1 具體的に, 唐代の

▼ たく月五十錢~ (2, 0.0%)

2 の裏屋

▼ たく朝寝~ (2, 0.0%)

2 だつた

▼ たく本物~ (2, 0.0%)

1 のペチカ, の鐵舟

▼ たく~ (2, 0.0%)

2 かな葉先

▼ たく~ (2, 0.0%)

2 の記

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 反対の, 氣でない

▼ たく正直~ (2, 0.0%)

1 なところ, な目的

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 などが云, にせがみまし

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 がはやい, づかなかつたところ

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 に曇つて, の出る

▼ たく深夜~ (2, 0.0%)

1 ながらお, 押して

▼ たく清らか~ (2, 0.0%)

1 な清水, に矢代

▼ たく潔白~ (2, 0.0%)

1 であると, でございます

▼ たく無我夢中~ (2, 0.0%)

1 であつ, でその

▼ たく無益~ (2, 0.0%)

1 な穀つぶし, に傷つけ

▼ たく熱中~ (2, 0.0%)

1 して, しはじめたの

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 につま, にでも化された

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 のお, を尻眼

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 というところ, は江戸

▼ たく異口同音~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ たく白き~ (2, 0.0%)

2 指のみ

▼ たく相反~ (2, 0.0%)

1 した形態, した悪法

▼ たく眞實~ (2, 0.0%)

1 です, にある

▼ たく真剣~ (2, 0.0%)

1 だった, なもの

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 が明い, にでも潜

▼ たく空想~ (2, 0.0%)

1 ですよ, の産物

▼ たく空虚~ (2, 0.0%)

1 な従つて, な疲れ

▼ たく素人~ (2, 0.0%)

1 であつ, の私

▼ たく素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 のね氣, 黄金の

▼ たく美しい~ (2, 0.0%)

1 あまり高く, と梨枝子

▼ たく美しく~ (2, 0.0%)

1 育って, 育つて

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 も種類, も言葉

▼ たく肉体~ (2, 0.0%)

1 には良く, の交渉

▼ たく自殺~ (2, 0.0%)

1 とはみないらしい, のため

▼ たく自由~ (2, 0.0%)

1 だと, であ

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 もなく, をこしらえなけれ

▼ たく見込み~ (2, 0.0%)

1 がな, のない

▼ たく観念~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ たく説得~ (2, 0.0%)

1 すると, せられかく

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 かと話, か後ろ

▼ たく路用~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ たく退屈~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ たく途方~ (2, 0.0%)

1 にくれました, に暮れ

▼ たく遂に~ (2, 0.0%)

1 こういう朝駈け, 原本虎一郎氏の

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 にそこ, にとおり過ぎ

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 のない, を異に

▼ たく~ (2, 0.0%)

1 の名, の構内

▼1* [1182件]

たくああちゃんは, たくあおい煙りそうして, たくあしからず御容赦, たくあちらに差, たくあべこべになつて, たくあまたにつつむ, たくあまりあまり人に, たくあやふやだと, たくあるいは語学の, たくあれぢや外, たくあれ等二人の婚禮, たくいずれ拝面万謝申しあげます, たくいつなりと, たくいつの間にかしらそんな, たくいつも考へて, たくいやな気持, たくいろいろ尋ねたり, たくいろりのそば, たくいわばその元気, たくうつくしい親しみふかい, たくうるさい世の中では, たくうれしい身心が, たくおそすぎたぐらゐのものだ, たくおそろしくこの家, たくおなじ科とおなじ, たくおまけに出来る, たくおれは何, たくおれたちはあの, たくおろかなり, たくおんなじだわ, たくお前というひと, たくお召なくとも, たくお新さまを, たくお産なんていふ, たくお立ち寄り願わしゅう存じます, たくお願いする, たくかがり火を見, たくかくは戦場, たくかすかな物影, たくかたがた御健勝ぶりをも拝, たくかたがた御機嫌伺いに上るでございましょう, たくかつて一度も, たくかねて調査の, たくかの城こそは, たくかまどのかたわら, たくから出たといふ, たくきのふの彼, たくきのふ一日の行動, たくきれいでした, たくくらやみだ, たくくれぐれもねんじ上げまいらせ候, たくぐうたら山頭火だつた, たくむりがほそぼそとあがっていました, たくけれどもこうして部屋の, たくげに坐つて, たくこういう商売には, たくこの世からなる, たくこよなう嬉敷ぞんじ, たくこんにち, たくこんどこそ命がけ, たくこんなにも待ち遠, たくごぶさたしたまま, たくごま塩をかけ, たくご存じない間, たくさびしい荒野の, たくさもなくば, たくさ紛れに養女, たくさ転がつた間, たくしかも陽気な, たくしどろもどろな思ひで, たくしんと靜まつた, たくすぎいつか道誉の姿, たくすでに書き溜めの, たくすべてを理解, たくすべてのか, たくすらなるの, たくふするうち, たくそういう寿の, たくそこですぐには, たくその大きな火の, たくその間で光っ, たくそりやひどい, たくそれぞれ調べ中に候, たくそれぢや貰, たくそれに僕の, たくそれゆえお迎えに参りました, たくそれ丈にては愚意, たくそんなに云った, たくそんなに永らく異端の, たくたかだか二百三十六名で未曾有, たくただ一面残暑の, たくただし深沼家に, たくただただ驚歎する, たくたのもしいもので, たくたよりないわね, たくだけでいい, たくだれかが夢, たくちゃん喰べてね, たくちょうで説明, たくちよいちよいと難なく, たくぢら見たこと, たくってなそれで, たくついでに其處, たくつて一巡目を通した, たくつて仕様がねえ, たくつて來たの, たくつて來たんだ, たくつて實は先日, たくつて我慢が出来ぬ, たくつて疊の上, たくつて硝子戸へぴしやツ, たくつて窓から捨てる, たくつとめてゐても, たくつまり圧縮した, たくつめたき鱗が, たくづるくづすのくづははたしてくゆとおなじ意味, たくづれて雨が降つ, たくてかへつて, たくてささつきも, たくてなぞかけるん, たくてなんてうまいこと, たくでございますか, たくといふ動詞の, たくとうとう一日を, たくところをこさえ, たくとは味気ない, たくどうしてあんな狂人, たくどうにもいやはや, たくどちらも遅く, たくどのような, たくどんどん呑んだ, たくどんなにあれが, たくない思ひやりが, たくないし顔も, たくなかったん, たくなつかしい少年の, たくなつたくらゐだつた, たくなつたら何時でも遠慮なく, たくなつたんぢやある, たくなつちやうのですもの, たくなつちやつたんですよ, たくなにとぞこの老, たくなにひとつ心をときめかす, たくなの努力と, たくなんかありゃあしないちっとも, たくなんてえの, たくなんといふ苦痛, たくなん此のわざはひにあひて, たくにおいても手落ちは, たくにて万右衛門殿はじめとりどりかけはしる, たくにはつい近ごろ, たくにも五月節句の, たくぬるりと濡れる, たくねえというケチな, たくねえななぜご, たくねえやといった, たくねたお召の着物, たくねエから心配すん, たくのにずっと時間, たくのんだくれの父, たくはえ二九太の眼, たくはじめてといつ, たくはばかりながら今夕五ツ刻拙宅まで, たくはへは多くし侍らず, たくはへをきし味噌, たくばかりが明らかに, たくばのこうさしゃれ, たくひなしと, たくびじろの姿が, たくびすじが見えました, たくびわをはめ, たくふうのあり, たくへどもどした, たくべやにはせ向かいました, たくべやの明け荷の, たくほこりの中, たくほんとの子, たくぼんやりして, たくづトレグュイエでは, たくまずは右の, たくまちがひと, たくまつ白の蝶下, たくまともな女, たくみじめな頼り, たくみなみな首, たくみんな異樣, たくむずむず身悶えし, たくめどその事, たくもしまた数字, たくもしくは自分と, たくもんがない, たくやら勝重を, たくやるせなくて参, たくや立戻りて, たくように顔, たくようすが変, たくよくも焼けたもの, たくよって当時京都大学に, たくよろしくお願いいたします, たくわかわかしくさえざえしい初夏, たくわきへそれ, たくわざということ, たくわたし達にはうつ, たくわはまことにいいくわだ, たくわらひました, たくわれら寄り寄りに, たくをすら忘れて, たくアデェルはフェアファックス夫人, たくアベコベに考える, たくインデアンは半分, たくウンザリしたもの, たくエンジンの音, たくオヂサンであ, たくカマキリであつ, たくキリストの生涯, たくサァヴィス百パアセットですよ, たくジッと見つめ, たくスキャチャード先生の氣, たくストーブの用, たくスポツト・ライト氏の云, たくスラリとし, たくスワの赤い, たくス共の方, たくズンズン扉口の方, たくセンチメンタル不幸になる, たくゼロといつてもよい, たくソーダのかけら, たくダメです, たくヂンギスカン鍋はうま, たくトキ子に負けた思ひ, たくトツオイツ考えて, たくドイツの雰囲気, たくネクタイ一本でも誰それ, たくノロマだでなあ, たくハガキ一枚もだせない, たくパッカードセダンの, たくフランスの現代作家, たくホテル・ヴェレビュへ着く, たくホロリとする, たくボロをみせない, たくマゾー伯爵ではない, たくミン平は何, たくムキなん, たくヤブ蛇であつ, たくヤマが窺, たくヤンは何處, たくユウモアを欠いだ, たくユダヤの顔, たくヨシ子は眠っ, たくヨチヨチ動いて, たくヨーロツパ文明にくらいとすれ, たくレーニが商人, たく一ヶ月ぶりの外出, たく一代の失策, たく一億一心のす, たく一先ず江戸表へ, たく一刻もそこ, たく一変した, たく一山とり出させて, たく一年ぶりで學, たく一度高松へ, たく一文なしだ, たく一族の譽, たく一日も早く, たく一日両親を伴い, たく一枚の質物, たく一睡もできなかつた, たく一筆認めました, たく一言自分がたべる, たく一類眷属悉く引率, たく一驚した, たく万一それに, たく万事はお目もじ, たく万事宿六の方, たく万端の用意, たく万端手落ちのない, たく三方四方面白くなく, たく三日三夜なりとも, たく上の空で聞い, たく上手な絵描きぢやつ, たく上瞼に薄, たく下手な文章, たく下手糞なやり方, たく下田詰合二人では, たく不健全矛盾きはまるもの, たく不可分の関係, たく不可分的であるといふ, たく不可能なの, たく不合理であるといふ, たく不味かつた, たく不和だつた, たく不安な顔, たく不幸だと, たく不意打ちと言つて, たく不明瞭にボンヤリ, たく不案内で醍醐, たく不機嫌なメフィストフェレス, たく不眠蛙のコーラス, たく不自由に不公平, たく不躾ながら手慣れ, たく世に双人なかりき鑑真和尚の, たく世界に類, たく世界歴史に類似, たく世間師殺しの天候, たく両立しないもの, たく並々ならぬ出來, たく並べていた, たく並べる機会が, たく中年までこの, たく丸裸で暮し, たく久兵衞を切捨ん, たくに反, たく九刻頃そっと忍び, たく乞食に見えた, たく乱暴なこと, たく事ごとに心, たく事変とは関係, たく事実に反する, たく事情が違, たく事態はち, たく二個の木像, たく二号には吉屋信子, たく二度と村へ, たくやあ, たく五人代わる代わる立ち, たく交渉のない, たく享楽その日ぐらし, たく京都なる弟又次郎宅, たく人々が真似, たく人材を求めた, たく人殺しにて骸, たく人目に觸, たく人間らしい人間が, たく人間界の饒舌, たく仁王の真似, たく今夜は残らず, たく今宵忍んで, たく今度ばかりはお客好き, たく今日ぐらゐ角度をかへて物, たく今自分の頭, たく他愛ない妄想, たく仮装行列の出たら, たくが悪く, たく伝来の紋服, たく伝染性のもの, たく伺候いたしまして, たくのこと, たく低い鼻の, たく何とぞ何とぞ悪しからず思召のほど, たく何ともして, たく何びとの予測, たく何んにも無い, たく何ンにも厄介, たく何一つ眞でない, たく何処にも見出す, たく何分大役仰せつけ下されまする, たく何卒湯一ツ賜れ, たく何年ぶりで冬, たく何物も何等, たく何等の感官, たく何處にも見られない光り, たく余技の如く, たく使ひ道, たく使用後はそのまま, たくのない, たく例外に属する, たく保姆さんの言, たく修業した, たくはあの, たく倉橋さんッて言う, たく倉田の言, たく候ご覧のごとく, たく候そなたが, たく候ひとへに御, たく候まま何事も御, たく候今生の果報, たく候得バ土佐の御用達, たく候手筈予て治定, たく候朝夕よきこと, たく候間さっそくにも, たく停頓し秀吉, たく健康だつた, たく偶発して, たく傲慢ふてぶてしい粗暴無礼, たく僅かしか見出されない, たく優雅で教養, たく先祖と兩親, たく光沢のある, たく光澤がなかつた, たくに角三人, たく児玉家の一部, たく入道のやう, たく兩漢以後歴代の支那官憲, たく八五郎の言, たく六十の手習, たく共通な點, たくなので, たく其上にまた, たく其処の土堤, たく其處は申分, たくに浜町公園, たく内心つとめて, たく円いリンゴよりは, たく再三書簡を以て, たく冗談事として, たく冷やかな眼, たく冷汗三斗の思ひ, たく冷淡で頑固, たく冷静だつた, たく冷靜に云, たく凝視して, たく凱歌の裡, たく凶賊は人, たく出歯大きく頭, たく分明では, たく切々に思う, たく切れて彼ら, たく切截したよう, たく切支丹に縁, たく初犯の手口, たく判明に知覺, たく別々な方向, たく別にお頼み, たく別ものの生きた, たく別世界でございますからね, たく別人の誕生, たく別個の今, たく別派のもの, たく別種の存在, たく利害の相反, たく剃刀のやう, たくもつて, たく前例がない, たく前後不覚であつ, たく前途に見えてる, たく劃時代的であつ, たく劇しきをもて, たくがぬけき, たくかつた, たく勉助さんとやらのこと, たく勘定と云, たく勝手なこと, たく勝算があつ, たく勿体ない話さ, たく匂いがする, たく北山をわざわざ, たく北緯七十五度西経百七十度といふ氷海, たく區別せられた概念, たく十三日の晩, たく十五歳だつた, たく十分に訓誡, たく千差万別である, たく千里の旅路, たく卑しげに, たく卓一に言, たく南町奉行所のほう, たく危うございますで, たく即ち表面上尊姉より, たく即興的な振付け, たく去年の古着物, たく反撥せずに, たく取りえのない, たく口誦みながら, たく古い箴言に, たく古典的な精神的風景美, たく可能の日本人, たく右懇願つかまつり候, たく右科中に英語, たく右要用まで, たく右門お願い申し上げまする, たく吉野山らしい景觀, たく國な, たく同一だつた, たく同人は役, たく同情を表した, たく同感であり敢, たく同時であつ, たくをこのみ, たく向う岸の野原, たくへもしない, たく吾等の友, たくって見たく, たく呼吸ぐるしくなったよう, たく命がけの仕事, たく命令しコキ使, たく咄嗟の考, たく和尚の物凄, たく問題が別, たく啖呵を切った, たくを絞る, たく嗚呼何となく厭, たくとは思えない, たく四角に締め, たく四面重圍, たく国民大衆の教養, たく国辱である, たくく延ばし, たく土器が二つ, たく土地の人, たく土用だよい暑, たくにはりつい, たく地主に追付く, たく弛んで, たく執着がない, たく堂々とし, たく堂々たる威嚴を, たく堅くなつて, たく堪え性のない, たくしつけて, たく壓搾されるの, たくされて, たく壯觀でフツ, たく変型された新しい, たく変形した薄色, たく夏日風景であつ, たく外国語の授けなくし, たく外聞が悪い, たく多感な男, たく夜明けに村, たくではない, たく大きく見えた, たく大してはね, たく大人たちの普通, たく大切にいつくしみ居り, たく大抵の場合一室, たく大空に浮き出, たく大臣の命, たく大阪表よりまかりこし, たく天下一と拝見, たく天品だ, たく天文学者が新星, たく天照大神が天, たく太吉の右, たく太陽に射られた, たく夫婦になった, たく失禮千萬なやり方, たく奇妙な廻り合せ, たく奇態な風習, たく契合する點, たくはれて, たく奮つて御出席, たく女つてやつは手, たく女性に對, たくあなんと, たく奴隷化された卑屈, たく好奇心の荷重, たく好色がすべて, たく妖しさに, たく妹千代乃となにか, たくの許, たく始めての経験, たく姿をかくし, たく姿勢を変え, たく威勢のいい, たくの白い, たく婚儀は整いました, たくだ, たく存じ候にも御領内一同, たく存候間御迷惑, たく存居候えども, たく孤立する, たく学校へ帰った, たくのできる, たく孫弟子の品川常樂院, たく宇宙そのものですな, たく実になさけない汚い魂, たく実力以下のこと, たくのくさき, たく家屋一棟の竣工, たく家庭を顧みる, たく容易のこと, たく宿六の守銭奴, たく宿命の唯一, たく寂しい場所でございます, たく富子はもう, たく寒い町だつた, たく対立緊張するため, たく封介に, たく専門外のこと, たく尊兄の創造, たく尊台まであらまし, たく尊君様より皆々様, たく對手があなた, たく芳は, たく小さくとも激湍, たく小生の機敏, たく小説の道, たく數の, たく少しのこと, たく警戒法について, たくては娘, たくの様, たくかなくなる, たく屋根うらの, たくける河原, たく山ぢやもの, たく山びんに入れ, たく山買ふて戴いて, たく山陰の西, たくと岩, たくにつけ, たく川蒸気に乗っ, たくはぬ, たく師匠を見遣った, たく帰りが遅い, たく帰朝せられし身, たく帰農の念, たく常にグッと一息, たく常識的なドラマ, たく平生人のゐない, たく平穏無事のやうぢ, たく平衡を失した, たく幸い国許より, たく幼いものに, たく幾度も菊地, たく幾重かに皺ばん, たく広い感じが, たく淋しく待ち, たく度々あの家, たくせられぬ, たく弾力を失つて, たく当時はお, たくをと, たくもかたち, たく彼等と同じ, たく往生を遂げた, たく律気であり人, たくに存在, たく御新造さんや奥さん, たく御苦労さまですよ, たく御飯は水, たく復興局の人達, たく徳川中期から明治年代, たく心構を入れ, たく必然的に次, たく必要さえ認められた, たく志願の至り, たくられた形, たくがしかつた, たく忠義を当主, たく飲快, たく思つてあなたのお, たく思つてお前はさつき, たく思つて法律家に話しかけた, たく思つて私がその, たく思召さないの, たく思召すとのこと, たく思召すようですから, たく思召す心から院, たく思案に暮れた, たく性格の反対, たく性質のちがふも, たくのよう, たく恋しい心は, たく恋愛結婚にアセ, たく恐怖と寒気, たく絶えて, たく悟性のうち, たく虫を, たく悪戦苦闘である, たく悲しいことだ, たく悲痛といふより, たく情けなかつた, たく情熱の欠け, たく情熱家だから, たくまされ打ち碎かれた, たく愉快になつ, たく意識を失つて, たく愚作の連続, たく感謝しなければ, たく態と金六を, たく態度が違, たくひて, たく憐れな奴隷, たく懇請奉候, たく懇願するところ, たく戀ゆゑに迷, たく成つて畢つて他人から却, たくれより, たく我々が把捉, たく我人ともに突放し, たく我慢できなくなっちゃったから, たく時は, たく或いは曲がりくねり或いは, たく或は観に, たく戦禍を蒙らずし, たく戯談だけれど, たく手入れがと, たく手業によるかでなければ, たく手段はない, たく手紙では兎, たく打算をはなれる, たく批評なども申しつ, たくすくめ, たく抵抗力を欠く, たくつかぶさると, たくけ殼, たく邸まで, たく拙者参上いたしたの, たく拙者当地へ参っ, たく持合せがなかつた, たく振舞ひはじめたの, たくえどころ, たく攝理を示し, たく支度をした, たく改めて奉願上候, たく放棄し徒ら, たくはれたやう, たく散漫至極なもの, たく数日前に飯山, たくへば, たく敷金も数, たく文字どほり, たく文字通りのお供, たく文献等を注意, たく斯樣の儀, たくらしかつ, たく新興芸術のため, たく日ごろ彼の, たく日に日に弥増さり行く, たく日和見主義の小人物, たく日夜焦慮苦心まかりあり候, たく日本人らしからぬこと, たく日本人独得の生活観, たく日本晴蠅も出, たく日本的であ, たく日野春あたりを散策, たく日頃は倅, たく街道を, たくを奉じ, たくすぎた御飯, たく早速吟味を, たく明るくなつた頃やう, たく明治大正の女, たく明瞭だつたので, たくなら, たく映画に縁遠い, たく春信の絵本, たく春好日好日大好日, たく春日和だつた, たく春雨だその, たく春風のまんなか, たくだけに使っ, たく時代不知とお, たく時機あれかし, たくたりがたき, たく晝間の光り, たく晩年の作, たく普段に変らない, たくがあり過ぎる, たくみ, たく暗い寂しい笑ひであつ, たく暗示して, たく暮れたる, たくつらねました, たく最初から偶然, たく最近まで不自由, たく月五十銭の裏屋, たく有難くお禮申, たく有頂天にした, たく服装だけじゃ分らない, たく服装丈ぢや分らない, たく期待を懐かず, たく木の葉草の花, たく木曾道中記とはなづけぬ, たく末永う御懇意, たく本局勤めなんてどこ, たく本当でさつき, たくまでお, たく東京新聞は私, たくの音, たくも葉, たく案内なしに, たく咲きて, たくが這つて, たくとしてゐる, たく植物性とでも云, たく楽屋のあたり, たくな下らない, たく樂しみでした, たく権利を有し, たくに続いてる, たく欧米依存の精神, たくに詠み, たく正体を失つて, たく正反対である, たく正法の聞き, たく正直者さ, たくは直接噺, たく此一文を草する, たく此家族の一日, たく此方がいや, たく此處の所, たくの一筋, たく死去仕候, たく死滅し別, たくには母上, たく殊に圧えた, たく残酷な仕打, たく殺害されし者, たく母上からでも少し, たくが顛倒, たく気味が悪, たく氣狂ひの, たくと雪, たく永い間思い, たく決意をかため, たく沈黙の勝負, たく河原の青じろい, たくの上, たく泣笑の人生, たく泥棒性もその, たく泥酔した, たく泥醉状態になつ, たく注文が多, たく注目すべき知識, たく洋裁などは好もしく, たく津軽の歴史, たく浅ましい体を, たく海水とひたひた, たく消息を絶つ, たく涼しくなりましたわね, たく添寝もしたい, たく清潔で美しい, たくで, たく温室を拵え, たくへてゐた, たく溜息つく雰囲気, たく溜飲のさがる, たく滅茶苦茶である, たく滑稽だつた, たく演劇興行者に背, たくは綺麗, たくに下車, たくであろう, たく炎天の花, たく烈しい日の, たく無えや, たく無えげっとも, たく無一文である, たく無事に落着, たく無力化したか, たく無名時代に, たく無定見のやう, たく無慙に疲れき, たく無所属展覧会へは何処, たく無知であつ, たく無縁な繁栄ぶり, たく無邪気の悪戯, たく無量無辺四劫に亘る, たく無関係であるのみ, たく無限の円形, たく無駄足にすぎなかつた, たくうなんでございますか, たく焼印を押され, たく煙草がなく, たくも老年, たく父親似では, たく特典と云つて, たく犬さんのいつた, たくひが, たく独力でここ, たく独特な修練, たく独自な環境, たく狼狽して, たく猛暑だ油蝉熊蝉, たく獨得のもの, たく珍しくこの言葉, たく珍奇な事, たくの中, たくはれない一切, たく現在其処に住ん, たく生垣から二階, たく生意気なこと, たく生活と同一體, たく生産されて, たくわけございません, たく畑宿を出, たく異様な品, たく疎遠になつ, たく病人だつた, たく病人たちに奪, たく痛いほどで動く, たくになつ, たく発言権を与へられないでしまつた, たく白い羽虫の, たく白粉を塗り, たく白紙といつてもいい, たく白鳥と, たく百枚ほど購, たくの衆, たく皆樣によろしく, たく目下はそれ, たく目新しい現実であり, たく直接の利害関係, たく相似た表現, たく相容れない信仰に, たく省さまわたしはこの, たく真夏の天地, たく眠りで苦し, たくが赤い, たく知識階級といふもの, たく石みたいで彼, たく確たる証拠とては, たく確実なこと, たくを述べ, たく社交に慣れ, たく祖國日本にとつ, たくをほめたく, たく神仏の御蔭, たく神社はまだまだ, たく神経的な悸, たく神経質になつ, たく秀吉公のご, たく秀林院様のお, たく私みたいな子, たく私ア子供には心配, たく私一人の心, たく私賛成ですわ, たく秋雨だ, たく科学的なん, たく秘密主義で自分, たく稚拙で単なる, たく種類を異に, たく空々漠々たる虚しい, たく突如とし, たく窃かに柳原, たく窓外の空, たく帰りました, たく立て続けに飲ん, たくから見, たくふと大きな, たく笑つたことのなかつた, たく笑つて答えた, たく筋肉労働である, たくを見, たく箱庭の泥, たく節句と関係, たく粒々辛苦だ, たく樽を, たくがつきる, たく紀元を劃する, たくりがたい, たく純真にそれ一方, たく素子にとつ, たく素敵もない, たく素朴な雄弁, たく素的な酒, たく細い躯つきや, たく終りをつげる, たく給養の道, たく統一されて, たく絶對のもの, たく絶望状態に陥つた, たく絶縁も同然, たくを裂く, たく総理大臣並びにこれ, たく編輯者のつける, たくのながき, たく繃帯が巻い, たく缺點がない, たく置座の半分遠慮, たくいよ, たく美しいたいまいをも, たく美味しいものが, たくじ怖, たく羨しいと思ふ, たく翻訳なんてもの, たくあらば, たく老人についてなら, たく老婆に甘えかかる, たく老師だ慈師, たく老母もひたすら, たく耳よりな話, たくを退く, たくに滲みた, たくもはりさける, たく胸底に燃え, たく脅迫で一度, たく脚本を書く, たくがたつ, たく腹這いになっ, たく臆病になつ, たく臣下の礼, たく臥床を出る, たく自ら創めて立てた, たく自分たちの生活, たく自分のは削らない, たく自分上京の折, たく自然即座の返答, たく自覚の外, たく致命的な酒, たくを鳴した, たく舞台をはなれ, たくを釘, たく良子のこと, たく色々尋ねたが, たくめき, たく芝居から引き, たくも散, たく若葉のころ, たく苦慮するの, たく茫然とし, たく荒々しくお成り, たく荒い空気に, たく荒凉たる場所, たく菊池流ではない, たく萬一右等の儀, たく萱屋が軒, たく付いて, たく落付払つてゐて, たく落伍者であつ, たく落第書生のヤケ酒, たく蕭々たる初冬, たく薄い木片を, たく藁のもゆ, たく藤井は噴き出したかつた, たくの煙, たくを衝かれた, たく虚構であり虚妄, たくが家, たくいづち指, たく血の気を失っ, たく血液的なもの, たくはなかつた, たく行儀が悪, たく行政の立場, たく街頭の延長, たく衣紋をつくろっ, たく衣裳のなか, たく衣類には氷柱下り汐, たく泰子, たく表情のない, たく表現はし, たくがもどっ, たく被害がなかつた, たく裁縫学校へ入学志願, たくのまま, たく裸木となり, たく西欧的な演劇, たく見えつるはまつ, たく見とがめられん罪も, たく視力を失つてしまつたの, たく覚えのない, たく親切づくであなた, たく親父は酷い, たくへ候, たく解放せられた自己自身, たく言つてゐた, たく言葉を無視, たく討死しても, たく評判が悪, たくにもならぬ, たく認識しないといふ, たく誘惑せられる, たく誠忠の致す, たく誠意がない, たく謂ツたら頑固, たく講談倶楽部を入れ, たく議論といふもの, たく變つた調子で云つた, たく豪勢なもん, たく豫想しないし, たく貝十郎お願いいたしまする, たく貧乏人はみじめ, たく貴い人を, たく貴君の物, たく貴意伺い上げそろ, たく貴殿も万障, たく貴重な人生, たく質問が咽喉元, たく質朴な人, たく質素な黒い, たく贅澤を言, たく赤くなって, たく趣きが違, たく趣味上の問題, たくの工合, たく身の上相談の先生, たく身ひとつの寡婦, たく身悶えをし, たく身震ひを, たく身體または心, たくの朝顔, たく近く歳暮の儀, たく近代の常識, たく近代文学が彼, たく近郷の方々, たく近隣の方々, たく返事を出した, たく追ってその解釈, たく追放しないと, たく退屈そのものだね, たく逆らはずに頷い, たく透明なきれぎれ, たく途上の仁人, たく進歩など望め, たく進退両難, たく遊離した作品世界, たく運命の手, たく違つたやり方でジョン, たく違つた型の女性, たく違つた形であるが, たく違つた性質の手紙, たく違つた雰囲気のなか, たく違ふからで到る, たくしない, たく遺憾ですな, たく郷里の土, たく都會人として郷土, たくは毒, たく酒狂だ虎, たくはされた, たく酷いんで決して, たくはされた, たく重々しい顔付に, たく重要なもの, たくはなりぬ, たく野山ならしと, たく野心のため, たく野蛮な扮装, たく野風呂である空, たく金絲雀そつくりだ, たくの蓙, たく鋭い不思議な, たくすぎる二年間, たく長崎通詞は, たく門違ひにて, たく閉会になりました, たく閑暇さえ得られるなら, たく關係なく自分, たく院長の考, たく隊伍一切の編成, たく際限もなく拡がつ, たく隠遁したやう, たく隱遁したやう, たくをわんぐりと啣, たく雄鶏の鳴き声そつくり, たく雑木と萱草, たく雜誌の經營, たくかしい仕事, たくとなり, たく電報を出し, たくかつた, たく青年の不幸, たく青木を相手, たくかです, たく靜かに通りぬけた, たく面喰つた, たく面白い対照だ, たく面食らッたぜ, たく音沙汰がなかつた, たくを振りました, たくと胸, たくもあった, たく顔立もよい, たく願つてゐる, たく願ひと言ふは, たくに乗つた, たく風変りな戦, たく風邪と云っ, たく颯爽たるもの, たく飛行郵便にて玉稿, たく食糧薪水に缺乏, たく飯盒焚火の上, たく餘計なもの, たくまで即刻お越し, たく饑饉状態に陥る, たく馬耳東風の文字通り, たく馬鹿でしたよ, たく駄目かな, たく騒々しいお茶つ, たくの色, たく高橋警部の云つた通り, たく鳥獣の多寡, たく鳴りを沈め, たく麦わらもにぎやか, たく黄色い嘴だ, たくの羽織, たく鼠みたいな尻尾, たくはうごめきぬ, たく鼻梁の秀でた