青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たいした~ たいそう~ たいてい~ ~たいへん たいへん~ たえず~ たか~ たかった~ たがい~ たがる~
たき~
たく~ ~たくさん たくさん~ たくない~ たくなる~ たけ~ ~たしか たしか~ ~たしかに たしかに~

「たき~」 1056, 10ppm, 10539位

▼ たき~ (115, 10.9%)

20 して 9 した 5 しながら 3 する間, 見せて 2 さしも兩親, しないで, しました, するよう, 加へ, 忍ぶと, 見た

1 [61件] いたしますって, うけながら, かかる時, こんなにもふと断ち, ごまかしたいと, さしあげると, さしも両親, させながら, したが, したこと, したでは, した後, した時, しない白い, しようと, し労力, し眉, するたび, するの, するま, する人たち, する瞬間, せぬよう, ちらと, つづけて, つれ出して, まざまざと, みなご, やめて, やめ口, 一つした, 二つした, 失って, 奈何せん, 役立ぬ, 得て, 忘れたかの, 怺えて, 悟ったの, 感じたり, 憎んで, 抱いた, 持った兵, 指南した, 浮べて, 消して, 消しもう, 灯に, 無言で, 続けて, 繁くし, 自分の, 見かけて, 見せない, 見せる, 見つめて, 見て, 見まもって, 見る, 討たうと, 預かって

▼ たき~ (97, 9.2%)

2 答えた, 自分の, 黙って

1 [91件] いくらか気色ばん, いま用うる, いま褥の, からだの, けげんそうに, この二つ, する時々, そちの, そっと立ちあがった, そのころ, その教育法, それらの, それを, なか, ねえ, ひかりに, ひじょうに嬉しかっ, びっくりした, まだしもごうつく, もういい, われらが, 一生の, 七夜めの, 下谷長者町の, 二の丸御殿に, 二の丸御殿の, 云った, 人の, 今の, 今日の, 以上の, 何ゆゑぞ云は, 俯向きながら, 光辰が, 光辰に, 光辰の, 光辰を, 冷い, 創作, 友人あるいは, 口を, 古沼, 吉田屋の, 囁いた, 四海同, 坂倉家で, 坂倉斎宮の, 大方らん, 夫婦約束かねは, 女中に, 子供の, 定めの, 屍体の, 山々だ, 山々ながら, 山々なれ, 山菜と, 徂徠なり, 後漢書, 御幼君, 忘れ難き, 思い眼, 恐らく苦労, 感情の, 拙者に, 教師やりたき, 教訓を, 本当の, 松江を, 梅櫻松楓それよりは, 正視する, 法印が, 注意ぶ, 海底戰鬪艇の, 無理か, 眼を, 礼を, 神仏に対する, 老眼鏡を, 考えてから, 若衆姿に, 褥へ, 見兼ねるよう, 親子の, 言つた, 訝しそう, 起き直った, 身ぶりで, 静かに, 頷いた, 鬼王丸めの

▼ たき~ (53, 5.0%)

4 ように 3 ような 2 なかに, ほうへ, もとへ, 不動の

1 [38件] ありか, うちに, おきな, おてつだい, おめ, お北, ところへ, どくな, ひまも, ほか店の, やうに, トニイ・ワルデンの, 一条は, 中婆さんが, 久七という, 人形を, 佯らざる, 兼子ひとりを, 効果を, 勝も, 勢いが, 子供にも, 居どこを, 恋争いのという, 意志を, 手を, 方で, 方を, 死骸は, 由, 男しか, 疑いは, 眼には, 若旦那が, 身代りに, 面前を, 音が, 顔色は

▼ たき~ (50, 4.7%)

13 しないで 7 せずに

1 [30件] あまりしない, しない, しない神経質, しなかった, しなかつた, しめざる蘭麝おの, すれば, せずしげしげと, せずして, せずその, せずぴかりと, せず男, せず真実馬耳東風, せず芸人, せず野田, せで尊顔, つかのま江, ひりも, 一双の, 不自由やろ, 出来ない, 又彼, 取れて, 只一度です, 婆やに, 実際上, 我慢し, 敬神すべき, 爲ず, 自分は

▼ たきこと~ (36, 3.4%)

3 なり 2 あるとき, がある

1 [29件] ありそ, ありて, ありと, あり今, あり足, あれども, あれば, いと多し, がござる, が胸, ござりまし, と余輩, の候, の多く, はあなた, は与一, は事, は他, は明らか, は氏, は相手, は自分, は金剛智三藏, もあれ, も書き, を云もの, を申, 及び堀井渡米, 多くあれ

▼ たき~ (31, 2.9%)

3 あり, ありと 2 は澤山, もあれ

1 [21件] あって, ありて, あれども, いひ終りて, がある, この三つ, ござりまし, ござる由, ならずや, なり, なれども, に侯, に御座候, の他, は恒藤, は斯, もこれ, もござりますれば, も有, を要求, 云うて

▼ たき~ (29, 2.7%)

1 [29件] あるつて, あろうなどとは, いつもと, きて, そう思っ, へっつい, ゆっくり重く, よばれるが, 一人奥様付きが, 伽に, 入って, 囁いた, 夕飯の, 巻き起つて, 年来の, 彼等を, 急に, 控えて, 故にぜひ, 暗かった, 朧に, 熱心とて, 答えた, 褥には, 見つかりましたぞ, 誤って, 赤と, 起つて, 起らなくても

▼ たき~ (19, 1.8%)

2 いかにもし

1 [17件] ある老舗, して, ひかせて, 一階の, 云った, 付けられた, 会って, 会つて会は, 会ふと, 依つて, 六千由旬を, 及びかつて, 向って, 廻して, 暮れて, 来て, 触れようと

▼ たきもの~ (19, 1.8%)

2 である, と思う

1 [15件] だ, だね, であります, です, と决心此處, と切, と存じ申候, と心, と思います, なり, なれ, にて候, は, は知恵たくさん, よ

▼ たき~ (15, 1.4%)

1 [15件] お帰んなさい, お白洲, のちぬき, わしや, 三村屋の, 伝染せ, 其處の, 勝手に, 家に, 小米の, 帰つたら, 縛つてやらう, 縛らせて, 芝か, 見せて

▼ たき~ (15, 1.4%)

2 の矢竹

1 [13件] あり, しきりに起る, ならひに, なり現代, はあり, は山山, は急き, も, を忍ぶなるべし, を挑まるる, を誘われました, を起されるであろう, を鞭打っ

▼ たきながら~ (13, 1.2%)

1 [13件] そっと指先, ふと沖, パンを, 団欒し, 夜どおし見, 弁当の, 思い出したよう, 火燗の, 話しました, 談笑し, 軽い食事, 返事に, 静かに

▼ たき心地~ (9, 0.9%)

3 こそすれ 1 けれど悲し, し予, ぞする, となっ, なり, 致し候

▼ たき思い~ (9, 0.9%)

6 なり 1 なりです, になる, をする

▼ たきさま~ (8, 0.8%)

1 から妹, にはそれ, の手下, の手柄, の豹変, は罪, は鞍馬山, もくわえ

▼ たき~ (8, 0.8%)

2 ゐたり 1 ありしが, 一人臥したる, 旅人に, 詩を, 静かに, 食わせよと

▼ たき~ (8, 0.8%)

1 があっ, がござる, ござって, ござ候, にこれ, は小生ら, もある, よくよく

▼ たき~ (7, 0.7%)

2 を申請 1 の便り, の電報, 書き送る, 申し来たれり, 申し来るなど

▼ たきたて~ (6, 0.6%)

2 の飯 1 に沢庵, のごはん, の御飯, は奈何

▼ たきもち~ (6, 0.6%)

1 が一ぺん, でほくほく, で制御, で受け容れる, で手紙, で部屋

▼ たきりょう~ (6, 0.6%)

1 だ, だから, だもの, ですよ, でへエ, に生れ付いた

▼ たき~ (6, 0.6%)

1 ぞあり, にも遇, に生れ, や無情, よこの, 多けれど

▼ たき願い~ (6, 0.6%)

1 がある, すぐれた書物, に候え, をも捨てよ, 善き友, 悟ってか

▼ たきみょう~ (5, 0.5%)

1 な動物, な客, な感じ, な星, な服装

▼ たき~ (5, 0.5%)

1 から中, から突き, にかけ金, は西洋竈風, へ出

▼ たき~ (5, 0.5%)

2 で巣鴨中 1 とこの, にいじめられ, にいじめられる

▼ たき~ (5, 0.5%)

1 と足, なり, なりと心, はこれ, は当世

▼ たき~ (4, 0.4%)

1 たき, つげかな, のぞみの, 望みに

▼ たきさん~ (4, 0.4%)

1 がもつ, である, にもこっち, は私

▼ たきとして~ (4, 0.4%)

1 ねりつぶして, まことに腑, 競争する, 見れば

▼ たきとの~ (4, 0.4%)

1 あいだに, ことは, 事なれ, 品好み

▼ たきひとつ~ (4, 0.4%)

1 しないで, しなかったが, するま, 浮べなかつた

▼ たきほどの~ (4, 0.4%)

1 嬰兒さまが, 寒さ, 栄耀し尽くし, 深切が

▼ たき~ (4, 0.4%)

1 のはぜる, もぬらし, をせおっ, 刈るて

▼ たき~ (4, 0.4%)

1 なり, の劇痛, の暖気, もう二十年

▼ たき~ (4, 0.4%)

1 であった, の中, の形, をすえ

▼ たき~ (4, 0.4%)

1 ひなるに, ひに, ひ夜半, ひ鎌倉

▼ たきうち~ (3, 0.3%)

1 かたきうち, は下級, を行

▼ たきその~ (3, 0.3%)

1 傍に, 煙を, 玉よ

▼ たきほど~ (3, 0.3%)

1 きたないもの, なり, 靜か

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 のこまか, の童, の細かい

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 のシ, の實際上, の提案

▼ たき一つ~ (3, 0.3%)

1 しなければ, でさ, の働き

▼ たき久七~ (3, 0.3%)

1 がおびえた, が茶碗酒, の間違い

▼ たき出し~ (3, 0.3%)

1 にあてました, をのせた, をもらっ

▼ たき婆あと~ (3, 0.3%)

1 よぶので, よんだの, よんで

▼ たき希望~ (3, 0.3%)

1 にて計画中, に堪えない, を訴えられぬ

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 思召に, 思召の, 恩を

▼ たき心得~ (3, 0.3%)

1 ではございまする, で墓参り, にこれ

▼ たき心願~ (3, 0.3%)

1 なりし, にて有, 少し偏屈

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 が起らぬ, なり, 漸く押

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 に, を憾み, を過ごしし

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 にはま, に立去る, は過度

▼ たき~ (3, 0.3%)

3 之助

▼ たき立て~ (3, 0.3%)

2 のご飯 1 の暖かい

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 なれば, に御座候, へに御座候

▼ たき~ (3, 0.3%)

3 を忍び

▼ たき要求~ (3, 0.3%)

1 があります, であり燃焼, であるかを

▼ たき~ (3, 0.3%)

1 の手紙來, を頼み候処, 御申出相成

▼ たき~ (3, 0.3%)

2 に甘く鋭し 1 に萎むなり

▼ たきかい~ (2, 0.2%)

1 で人間, の中

▼ たきこと有~ (2, 0.2%)

2 之且つ

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 へし, へ起る

▼ たきそれから~ (2, 0.2%)

2 ビスケットを

▼ たきつもり~ (2, 0.2%)

1 にてその, 貴処

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 一処に, 掛声ばかりは

▼ たきという~ (2, 0.2%)

1 唖娘, 若い夜鷹

▼ たきばかりの~ (2, 0.2%)

2 美しさ

▼ たきよし~ (2, 0.2%)

1 を聞込, 申し候

▼ たき下心~ (2, 0.2%)

1 ありて, なりと推察

▼ たき仔細~ (2, 0.2%)

1 あり今, ござれば

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 に圍みつ, 取り集めて

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 あれば, を忍び

▼ たき叡旨~ (2, 0.2%)

1 であるぞ, であるぞと

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 が熟, ならなく

▼ たき味噌汁~ (2, 0.2%)

1 をこし, をつくった

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 の掃除, を救急車

▼ たき女中~ (2, 0.2%)

1 などに逢い, のこと

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 あは, あを

▼ たき婆さん~ (2, 0.2%)

1 に庭, をのぞい

▼ たき御事~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ たき心底~ (2, 0.2%)

1 と察し, 篤と聞取りし

▼ たき心持~ (2, 0.2%)

1 とかたる, にも相

▼ たき心願有~ (2, 0.2%)

2 之しかも

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 とは全然, 起こさ

▼ たき意志~ (2, 0.2%)

1 なきや, に御座候

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 をつねに, を献げよう

▼ たき~ (2, 0.2%)

2 に出勤

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 も知り, を詠む

▼ たき気持~ (2, 0.2%)

1 かな, もわきまする

▼ たき気持ち~ (2, 0.2%)

1 がする, になる

▼ たき湯たんぽ~ (2, 0.2%)

2 を足

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 をいい, 仰せられ候まま

▼ たき由申~ (2, 0.2%)

1 により私, 出され候中

▼ たき由相談~ (2, 0.2%)

1 す, に来りし

▼ たき白歯~ (2, 0.2%)

2 とはしたなき

▼ たき~ (2, 0.2%)

2 にし

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 と眼, に思い

▼ たき要点~ (2, 0.2%)

1 は人, は相手

▼ たき親心~ (2, 0.2%)

2 御苦勞

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 に砂さ, を食っ

▼ たき~ (2, 0.2%)

1 なるを, に控

▼1* [272件]

たきあそばして南無, たきあたりに幻, たきあるはやや赤き, たきいい唄だ, たきぐひすなんといふいつまで, たきうらみそねみの, たきうりの, たきおまえならどう, たき真実の, たきかけすきびたき, たきかまどの下, たきからからぬを, たきぎあつめまきわり魚, たきぎとかめとを運ぶこと, たきぎのたくわえが日ごとに少なく, たきぎのつまれた上にながい赤い, たきぎはでけるしつきあいはいらん, たきぎをうんとたく割合にできる, たきぎをひとたばせなか, たきげんででも云った, たきこと一通りと詞, たきこと久左衛門にいう, たきこと左様ならば, たきこの心情何卒, たきさまたちが急, たきさまらのな, たきざつたらしいものを与へ, たきざつたらしいものを與へなく, たきしきりに啼いて, たきすしたるなせど, たきたまたま和蘭人に, たきだしをし, たきちがいのよう, たきちがい陽気こうし, たきつけと炭, たきつていうと, たきてあらむ, たき答える, たきであり妹の, たきといふ語の, たきところをさすが, たきとでもいうなれば知らず, たきとを殺して, たきと共にじっといた, たきなぞをてつだっ, たきにつき暫時拝借を, たきにと押す手, たきにはまったく理解, たきばあさんがほしい, たきばかりしてる色, たきばばああと, たきひかりの日, たきで焼いた, たきほどもゆるぎません, たきままに荒, たきむね願いたる五重塔, たきむね願ひたる五重塔, たきもの今の客人, たきもの道草もさうな, たきゃけえってもいいがでもすぐ, たきゃんぷ連中に出あう, たきやあ俺の, たきやうなる心地, たきやうだいのやう, たきやつじゃ, たきや使走りの他, たきょうだいだからっておしゃべり屋ばかりじゃござんせん, たきょうだいってものはうれしいじゃ, たきょうだいはみんな似て, たきに聞かすまい, たきろうそくの火, たきわびしげに, たきをなど考ふる, たきをを述べし言, たきはなるべく, たきアお前一人で行く, たきア聖天様に伺ツ, たきコブ茶と玉ネギ, たきコントラストだ, たきコーヒーを飲ん, たきザボンの輝き, たきレールの上, たき一念よりかく, たき一議ござって, たき七つなみおつ, たきから釣るした, たき下ごころがあり, たき久七二人ともぎりぎり, たき乍ら婦公の武林文子, たき乳房かな, たき事どもなりけり, たき事実であった, たき事情を知る, たき事有之候, たき事氷の如し, たき二人が来る, たき交わりの理想, たき人性に戻らざる, たきあり, たき伏せ有り難たがらせ, たき侮辱を感じた, たき儀有之昨夜, たき光栄無上なる, たき出来事が発生, たき刄先噛み乍ら彼, たき助手などやる, たき勝利はまさに, たき十九歳同じく西村新三郎, たきかぜ, たき哀れを催させる, たきを人々, たき商売なり, たき器具名個数等を記し置け, たきなりとの感, たき土瓶をかけ, たきの言葉, たき夕刻から譜代大名, たき夕闇の中, たき多くの時, たきのあと, たき大きな鯛の, たき大事出来そうろうまま, たき奔流不毛の砂地, たき姿を見, たき婆みたいなの, たき婆アにお, たきのやう, たき存在だ, たき宝失へる哀れ, たき宝石に咫尺, たき実感いまより一そう強烈, たき客争いをいどむ, たき宿題でござったが, たきぞと藏め, たき子が, たき少女なる, たき屈辱を無言, たき山々なれど, たき巡礼のその, たきを捧げ, たき幾多の問題, たきで体操, たき弥生のいどころ, たき形見にて涙, たき御代かな我, たき微温のやるせなき, たきを生む, たき志望にこれ, たき思ひ六右衞門に, たき悲哀はわれ, たき情胸を衝きつ, たき惣之助を慕い駈落し, たき愉快の一, たきよりなり, たき惡に, たき憎しみもて左右, たきひに, たき思ひ, たき折々もあれ, たきを手, たき方野菜のきざみ, たき日ゆえ泣くまじと, たき日常の姿, たき二月初, たき旨奏聞したが, たき旨検事に申し出ました, たき旨申来るなど, たき旨申立てたり, たき旨申請し検事, たき旨要請したの, たき旨願ひ候, たき昔日の, たき昼食をする, たき時人を殺し, たき時花を見ん, たき時高位を得たき, たき時高官にのぼりたき, たき景色は例, たきの光, たき本一二冊を御, たきへは手紙, たき東向になっ, たき板の間を引裾, たきかな, たきたきあぶる, たき様子を見たる, たき樣子なり然, たき次第でご, たきよりなり, たきおそるおそる願い出る, たき見たよう, たき毎晩のよう, たきを汲み, たきごしら, たき沙汰とにかくに, たきをかけ, たき洗濯して, たき津瀬がたぎり落ち, たき渇き覚ゆれど, たきをわかす, たき熱望に駆られ, たき熱火となる, たき犧牲をも, たき玉子をかけ, たきを忘れ来ぬ, たき用意万端整えて, たき由上様へ申, たき由懇願せしに, たき由消息有之かげながら, たき由言出でし, たき男女関係は封ぜられ, たき描き大, たきみ, たきをたがやし, たきになる, たきよ, たき白木の金剛杖, たきに逢わせ, たき相好の仏様, たきも柔かく, たき眉毛が立っ, たき石付の松, たき石段の上, たきもわが, たきかな, たきは弁当, たき空さへ見えぬ, たきでバタ, たき結果の一, たき絶望よりのみ生ず, たきをも許し, たき美しさを, たきを尽くす, たき考えであった, たきと肌, たき背理である, たきを進むる, たきなり, たき芭蕉広葉かな, たきを活け, たき若いほうは, たきを覺, たきが有, たきの来りけり, たき要件の出来たる, たき親心御苦労でも学校, たき計画なれば, たきと機転, たき誘惑を受け, たき論点であります, たき趣使を以て申越され, たき趣昨日社員酒井氏を遣, たき趣申聞かせ候, たきの爪さき, たきは岸, たき運用の訓練, たきを出し, たき重要人物なれば, たき金持ちは大きな, たきに爪, たき隆起の力, たき頬白あおじなどの声, たきの色, たきで来る, たき願いそれがある, たき願ひと口癖のやう, たき願ひも叶はず園遊會に物, たき願ひよりやきもきと, たき願望ありながら, たき風情なり稍有, たき風情何処に憎い, たき黒煙をあげ