青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

それら~ それ程~ そろそろ~ そん~ そんな~ ~そんなに そんなに~ ~た た~ ~たい
たい~
たいした~ たいそう~ たいてい~ ~たいへん たいへん~ たえず~ たか~ たかった~ たがい~ たがる~

「たい~」 52334, 503ppm, 192位

▼ たい~ (16044, 30.7%)

1830 思って 735 思います 680 思う 422 思うの 379 思った 274 思ふ 208 思つた 204 思ひます 180 云ふ 175 存じます 172 言って 168 いって 156 思ったの 148 思つてゐる 144 思ったが 138 云って 135 思いますが 125 思ふの 123 思うが 119 思いました 118 考えて 90 思うこと 89 願って 79 思いまして 78 思っても 77 いうので, 思うん 71 思いながら 65 云うの 64 思つてゐた 61 申して 59 存じまして 57 思うて 55 いう, 存じますが, 思うよう 54 念じて 53 いふこと 52 いふの 48 存じて 46 云った, 私は 44 思ったから 43 思うから, 望んで 42 言った 41 思ったこと, 思ふこと, 言ふ 39 思いますから 38 思いましたが, 考へて 37 思う心 34 思う事 33 思いますの, 思えば 32 思つてゐます 31 言うの 30 思うと, 思うもの, 考えた 28 お思い 27 いふので, 云う, 思ふが 26 願った 25 希望し, 思ひながら 24 いった, 思つ 23 思ってるん, 申すの 22 云うので, 思う人, 思ひました, 思ひますが, 思ふん, 考える 21 思つて居る, 思ひますの 20 いうと, いつて, おっしゃるの, おもって, 云つた, 頼んだ, 頼んで 19 云うと, 思ったので, 思つてる 17 思う時 16 云うよう, 云う事, 彼は, 思いますわ, 思う者 15 思ひまして, 思ふもの, 申します, 言う 14 あせって, 心掛けて, 思うほど, 思ったん, 思ふので, 考えたの 13 いふ, 思いましてね, 思うところ, 思うわ, 思つて, 思ふやう, 考えます 12 おもいました, 云うこと, 云う気, 思いながらも, 思ったり, 思ってね, 申し出た, 言うん, 言つた, 願うの

11 [14件] 云うから, 存じますから, 存じますので, 希って, 心がけて, 思うけれども, 思うね, 思うので, 思つたのである, 思ひましてね, 書いて, 答えた, 言いました, 願ふ

10 [14件] いい出した, いうから, いったの, おっしゃって, さへ, 云うん, 心に, 思いますよ, 思うけれど, 思うだけ, 思ったけれども, 思つて居ります, 熱心に, 願つた

9 [16件] おもう, ひそかに, 云う希望, 存じまする, 思うか, 思った事, 思っては, 思つても, 思ひましたが, 望むの, 申出た, 祈って, 言うと, 言ったの, 言ひ, 願う心

8 [19件] いふと, いふ気, ねがって, 云い出した, 云う人, 僕は, 口癖の, 思いますので, 思うとき, 思う次第, 思ったもの, 思つたのだ, 思つてを, 思つて居た, 思ふから, 申しまして, 考えるの, 言い出した, 言出した

7 [33件] いいだした, いうだけ, いえば, いふ事, おっしゃるん, こう思っ, して, 云う意味, 努力し, 存じながら, 希望する, 思いその, 思いまする, 思い立って, 思うし, 思うたが, 思ってる, 思つたから, 思つたのは, 思ふと, 思ふ事, 思召す, 望んだ, 欲し, 熱望し, 申しますが, 申しますので, 考えるよう, 考へた, 言うので, 言うもの, 言ったが, 願つてゐる

6 [40件] いいました, いうて, いうに, いうほど, おもいます, おもうの, おもった, おもつ, そればかり, ぞんじまして, 云うて, 云えば, 云ったの, 云つてゐた, 仰しゃって, 仰言, 希うの, 希ふ, 彼女は, 心の, 念じながら, 思いつづけて, 思いましたので, 思いますか, 思いますね, 思い立ったの, 思うくらい, 思うならば, 思うよ, 思ってたん, 思つてゐました, 思ひますわ, 申してを, 申しました, 申すので, 考へたの, 言われるの, 頼むと, 願う, 駄々を

5 [49件] いいますと, いうだけの, いうならば, いうより, いったが, おっしゃるので, なると, 云う様, 云う者, 云う願望, 云う風, 云つてる, 仰し, 存じますの, 念願し, 思いそれ, 思うのに, 思うのよ, 思うほどの, 思ったけれど, 思った位, 思ってるの, 思つたのです, 思ひますから, 思ふて, 思ふばかり, 思ふ心, 思ふ時, 思わずには, 思わないでは, 思わなかった, 思われました, 懇望した, 期待し, 源氏は, 申し出ました, 私が, 考えたから, 考えたが, 考へる, 自分は, 苦心し, 言えば, 言っても, 言つてゐる, 話した, 頼みました, 願うもの, 願ったが

4 [84件] いい出したの, いうか, いうし, いったから, いっても, いふもの, おっしゃる, おっしゃるから, おもふ, こんなこと, そればかりを, ぞんじます, ねがうの, 主張した, 主張する, 云いだした, 云いました, 云い出したの, 云う注文, 云う考, 云ったが, 云つたのは, 云て, 云はれた, 云ひ出した, 云ふこ, 仰しゃる, 仰せに, 仰有るの, 切望し, 努力した, 存ずるが, 希う, 彼に, 心では, 心を, 思いいろいろ, 思いつつ, 思いましたから, 思いますけれど, 思いも, 思うても, 思うなら, 思うばかり, 思う人々, 思う位, 思う場合, 思う方, 思う気持, 思ったか, 思ったのに, 思ったもん, 思ったわけ, 思った時, 思つたら, 思つていろいろ, 思ふか, 思ふ人, 思わない, 思わないこと, 思わないもの, 斯う, 望みながら, 決心した, 涙を, 焦って, 熱望する, 申されて, 申しますから, 申し入れた, 申すか, 申出たが, 私に, 考えながら, 考えました, 考えること, 要求した, 言いだした, 言うから, 言つてゐた, 言ふんだ, 話して, 述べた, 願つてゐた

3 [172件] あせるの, あせれば, ある, いうの, いうほどの, いってるん, いふから, いふつもり, おっしゃいました, おっしゃいます, おもいますが, おもったの, お思ひ, お望み, お父さんが, お考え, お葉, お言い, お願いした, かように, かれは, こう思う, このよう, したの, するの, せがんで, そう思う, それだけの, それは, そればっかり, それを, ただそれ, たのみました, たのんだ, たのんで, ならば, ねがった, わしは, 云うか, 云う心, 云う欲望, 云ったとき, 云った時, 云っても, 云つてきかない, 云つてゐる, 云つて來た, 云つて居る, 云ふと, 云ふも, 今でも, 仰しやつ, 仰有って, 伝えて, 前から, 始終思っ, 存じましたが, 存じましてな, 存じますけれど, 宮は, 希った, 希つてゐる, 希望します, 常に思っ, 御新造例に, 心は, 心懸け, 心配し, 念願した, 思いましたけれど, 思いましたの, 思いましたよ, 思いましてな, 思いましても, 思いますこと, 思いますし, 思いますという, 思いません, 思いませんか, 思いまた, 思い出した, 思い私, 思うたから, 思うでしょう, 思うという, 思うとるが, 思うに, 思う仕事, 思う女, 思う心から, 思う心持, 思う所, 思う私, 思う願い, 思っただけ, 思ったほど, 思ってたり, 思ってな, 思ってること, 思つたが, 思つたのも, 思つたほど, 思つて私は, 思て, 思はない, 思はなかつた, 思はぬこと, 思はぬでも, 思ひ, 思ひつ, 思ひましたの, 思ひましたよ, 思ふくら, 思ふけれど, 思ふだけ, 思ふならば, 思ふ位, 思ふ女, 思ふ物, 思へば, 思わないか, 思わないわ, 思わなければ, 思召し, 思召す心から, 感じました, 慇懃に, 手紙を, 折ふし正太に, 望む者, 欲した, 歎願に, 気が, 熱望した, 父に, 申したの, 申しても, 申しましたが, 申しますと, 申し込んで, 申すん, 申出たの, 申出て, 申込んだ, 申込んで, 答へ, 考えたこと, 考へるの, 自分の, 言いだしました, 言い出したの, 言い出しました, 言ったそう, 言ってるん, 言つ, 言ひ出し, 言ひ出した, 言ふと, 言出す, 誰も, 谷村は, 述べて, 非常に, 頼むの, 頼んだの, 願い出た, 願い出たの, 願うところ, 願うよう, 願う者, 願つて居た, 願望した

2 [426件] あこがれるもの, あせりつつ, あったと, あって, いいだす, いいますから, いいますが, いうが, いうならそれ, いうばかり, いったので, いつた, いつても, いつでも, いつも思っ, いはれても, いひだした, いひました, いふため, いふだけ, いふに, いふん, いろいろに, いわっしゃる, いわれました, いわれる, いわれるの, おっしゃいますが, おっしゃっても, おっしゃってるのよ, おぼしめしませんか, おもいまして, おもうこと, おもったが, おもったので, お銀, かすかに, かねがね思っ, かんがえて, こう考え, この数年, これは, しきりにせがんだ, したもの, し子, せがむので, そう云う, そう思っ, そう申し, そこに, そのこと, その時, それだけが, それで実はあんな, それのみ, そんなこと, つくづく思った, つとめたが, どんなに長い, なって, ねがいました, ねがうよう, のぞんだ, ぼくに, まあそんな, もうしでました, もがいて, もがく嗚咽, もだえて, わたしに, わたしは, 一すじに, 一人が, 一所懸命に, 主人が, 事務を, 云いだしたの, 云い出したから, 云い出したので, 云い出しました, 云い張った, 云い私, 云うそれ, 云うたので, 云うに, 云うもの, 云うんで, 云う心もち, 云う意志, 云う気持, 云う激しい, 云う熱心, 云う程, 云う考え, 云う要求, 云う訳, 云う返事, 云う願, 云た, 云ったけれど, 云ったと, 云ったという, 云ったん, 云つてゐ, 云つてゐます, 云つてを, 云つて居た, 云つて来た, 云つて諾か, 云はんばかりの, 云ひ, 云ふそ, 云ふたら厚かましい, 云出した, 仰しゃいました, 仰しゃいます, 仰しゃられるので, 仰しゃるのです, 仰しゃるのは, 仰せられて, 仰有, 仰言って, 伝言を, 位地を, 何度か, 俊ちゃんと, 俺は, 先刻から, 先生に, 切に望ん, 切望いたします, 切望した, 切望します, 前の, 努めて, 努力する, 勝は, 勝手な, 半七, 口ぐせに, 口を, 口癖に, 君は, 呟くところ, 哀願し, 嘆願を, 地主に, 夢にまで, 夢中に, 大将は, 夫人は, 女々しく勝手口, 女御は, 妻は, 子供の, 存じました, 存ずるの, 家内が, 家来共一同その, 富岡は, 少年は, 工夫し, 希い乍ら, 希う人間, 希う心, 希っても, 希つた, 希望した, 希望を, 強く望んだ, 待って, 心が, 心ばかりは, 志して, 志を, 念じた, 念じたの, 念じてを, 念じました, 念じるの, 念ずる, 念願する, 思い, 思いこの, 思いそう, 思いだしたが, 思いは, 思いはじめて, 思いますからね, 思いますけれども, 思いますと, 思いますのでね, 思いますのよ, 思いますもの, 思いますわたし, 思いますん, 思います一日, 思いやして, 思いわざと, 思い乍ら, 思い出すと, 思い既に, 思い立ったこと, 思い続けて, 思い詰めて, 思うあと, 思ううち, 思うかずかずの, 思うかね, 思うからこそ, 思うがね, 思うけど, 思うこころ, 思うこの, 思うその, 思うそれ, 思うた, 思うため, 思うたもの, 思うだろう, 思うであろう, 思うとる, 思うばかりに, 思うもん, 思うよりも, 思うテーマ, 思う人情, 思う声, 思う女の子, 思う子供, 思う憎しみ, 思う書籍, 思う本, 思う点, 思う程, 思う絵, 思う言葉, 思ったくらい, 思ったし, 思ったその, 思ったため, 思ったと, 思ったのよ, 思ったばかり, 思ったわ, 思った品, 思った女, 思った彼, 思った気持ち, 思った甲斐, 思った覚え, 思ってたから, 思ってたのよ, 思ってねえ, 思っての, 思ってるかの, 思ってるから, 思ってるが, 思ってるところ, 思ってるのよ, 思ってるもの, 思ってるわけ, 思ってる事, 思つたくらゐだ, 思つたに, 思つた時には, 思つてあがりました, 思つていました, 思つてわざわざ, 思つて居りました, 思つて爲事を, 思はないもの, 思はぬ日, 思ひだした, 思ひながらも, 思ひますので, 思ひますよ, 思ひ出した, 思ひ又, 思ひ直したわけ, 思ひ路地, 思ふけど, 思ふは, 思ふばかりに, 思ふほか, 思ふよりも, 思ふわ, 思ふわけ, 思ふ一人, 思ふ戯曲, 思ふ者, 思へばこそ, 思わないでも, 思われたの, 思われるの, 思召される, 思召した, 思定めた, 恥を, 情が, 感じた, 懇願した, 所望する, 日ごろから, 日ごろ念じ, 日夜考え, 書いた, 望むならば, 望む人, 望んだが, 望んだの, 期待する, 村の, 楽しみに, 母に, 気を, 求めた, 沁, 注文する, 渇望し, 渇望した, 澄江は, 焦つて, 熱中し, 爺さんが, 申しこんだ, 申しては, 申しましても, 申しますの, 申し上げて, 申し入れると, 申し出たの, 申し出たので, 申し出たん, 申し出でた, 申し込むと, 申すんで, 申す事, 申出した, 申出たので, 申込んだ時, 痛切に, 皆が, 相談を, 祈つて, 私を, 種々手を, 答えたの, 答へる, 結んで, 継子さんは, 考えたその, 考えたので, 考えますが, 考えるが, 考えるもの, 考えるわけ, 考へ, 考へたが, 聞いて, 胸に, 色々に, 葬式の, 薫は, 要求する, 見えて, 言いつづけて, 言い出したが, 言い出した時, 言い出して, 言い出すと, 言い張るので, 言うかも, 言うこと, 言うたが, 言うたの, 言うだろう, 言うて, 言ったと, 言ったところ, 言ったね, 言った時, 言っとく, 言つたら, 言つた事を, 言つて, 言つても, 言つてゐました, 言つてを, 言は, 言ひます, 言われた, 言われて, 言われるより, 計画し, 訴えるの, 話したの, 話を, 認めて, 語った, 説明した, 請うたの, 請求した, 請願に, 辛抱し, 辞退した, 陛下に, 順平は, 頼まれて, 頼まれました, 頼みに, 頼みますと, 頼んだが, 願いながら, 願いました, 願います, 願い出て, 願い旧師, 願うから, 願うて, 願う人々, 願う時, 願ったこと, 願ったの, 願っても, 骨を

1 [3268件 抜粋] あいさつを, あこがれてる賤, あせつて, あせるところ, あったので, あびせたの, あれや, いいたげに, いいなさるん, いい八つ目, いい出しました, いい込んで, いうでしょう, いうなら代, いうのに, いくらでも, いっしょうけんめいにげんこうをかきました, いったらベルリン, いつか仰っし, いつたやるせない, いつもそう思う, いつも念じ, いつも願っ, いはれ自分, いふたらお断り, いふよりも, いふ所から, いろいろ考え, いわないね, いわれて, いわんばかり, おおかた思, おっしゃったお方, おっしゃり難い, おっしゃるならば, おっしゃる哲学科, おぼしめされて, おもいましたの, おもうかい, おもうのに, おもったこと, おもっても, お使, お千代, お松は, お絹, お願いしてる, かう云つて, かねがね口, かねて心, きっぱり申す, くりかえして, こうして参籠, こう思いついた, こう深く, こう被, こっちでも, この長い, こんなに考える, さけ, さぶが, しきりにたのん, しきりに衛門督, しみじみ思った, しょっちゅうそう思っ, する, するテロリスト, する日本人, する読者, せがみます, そういっ, そう仰言った, そう思った, そこの, その後で, その頃, それとなく内記, そんな慾望, たいへん熱心, たれに, つい歩く, つねづねねがっ, ともども気を, どんなに希っ, なった, なら私, ねがい痛切, ねんごろ, のっぴきならぬ, ひしめきあう群衆, ふたたびパン, まず考える, みずから意志する, もくろむ人たち, ゆうがた錯乱, よけいな, わざわざ道, オレは, トラックで, パリで, ロンドンに, 一口ことわっ, 一心に祈っ, 一生懸命に, 三日間の, 丘の, 主人王植が, 乞う者, 二人局員来る, 云いたいので, 云いますし, 云い出した者, 云い張りました私, 云い込んでも, 云うが, 云うなら, 云うなら遣って, 云う下司, 云う傾向, 云う好奇心, 云う底意, 云う忠義, 云う意見, 云う望み, 云う決心, 云う矢先, 云う親心, 云う電話, 云ったぞ, 云ったらいま, 云った伸子, 云った真紀子, 云っとるん, 云つたのです, 云つて伊作の, 云つて家を, 云つて持つ, 云ひだした, 云ふつもりで, 云わなかったの, 云われました, 互に競, 人々は, 今日この, 仏の, 以前から, 仰しゃったそうでございますが, 仰しゃってる, 仰しゃるのですか, 仰しやり出した時, 仰せら, 仰っしゃいますか, 仰っしゃります, 仰ッ, 仰有るん, 会見を, 何処までも, 使いを, 傍に, 先師に, 克子の, 其れ, 冀うもの, 内々誰, 出すは, 切に待つ, 切りだしたところが, 切願し, 力んで, 努力を, 叔父叔母に, 口癖だった, 叫んだ, 向うに, 告げました, 唯此, 嘆息も, 堂々の, 夜昼境内へ, 大原君は, 大願を, 奉行へ, 女優の, 始めて其の, 姫君は, 子供は, 存じそれ, 存じた次第, 存じましても, 存じますによって, 存じます尚, 存じ方々, 存ずる次第, 家で, 寝言にまで, 専念する, 尼君は, 左右の, 希い願ったからとて, 希うほか, 希う真紀子, 希わずには, 帯刀は, 常に念じ, 幕府に, 年来心掛け, 弟に, 強情に, 強請るのでね, 待望んで, 御意なされた, 徳山と, 心から願つて, 心には, 心得土屋様, 志ざしてから, 念じたり, 念じとるわけ, 念じ学問修証, 念った, 思いお尋ね者, 思いせいぜい, 思いだした, 思いつく時, 思いとう, 思いましたけれども, 思いますあの, 思いますけど, 思いますどうか, 思いますんで, 思います今に何とか, 思います無私, 思います貴方, 思いグランヴィル, 思い人, 思い出しました, 思い始めました, 思い居所, 思い心, 思い悲ん, 思い日頃信心気, 思い最近, 思い疑い, 思い立ちました, 思い立つ心, 思い行脚, 思い込んだの, 思い遊び, 思い顔, 思うおっ, 思うからの, 思うこと私, 思うたけれども, 思うた一念, 思うてを, 思うところで, 思うならこれから, 思うなら富, 思うなり, 思うはず, 思うま, 思うものの, 思うハマ, 思う二人, 思う内心, 思う勝見, 思う土地, 思う宿題, 思う当時, 思う怪異, 思う技法, 思う時それ, 思う果物, 思う気持ち, 思う理由, 思う程度, 思う虚栄, 思う記憶, 思う金, 思う食通, 思し召すならご, 思ったかも, 思ったこの大きな, 思ったとしても, 思ったばかりよ, 思ったらこわれるから, 思ったらも, 思ったら東京パレス, 思ったカザン大学, 思った僕, 思った旅行記, 思った程, 思った高山植物, 思ってなんか, 思ってるだが, 思ってるよりは, 思ってネ, 思つたで, 思つたのでした, 思つた井戸の, 思つた本も, 思つた評論感想の, 思つてから, 思つてそれの, 思つてまだ, 思つて今まで, 思つて取寄せた, 思つて嵯峨の屋主人を, 思つて彼は, 思つて手さぐりを, 思つて朝に, 思つて無, 思つて知人の, 思つて誰にも, 思つとる, 思はない人, 思はれたに, 思ひすべきと, 思ひついたので, 思ひますか, 思ひますのよ, 思ひませぬ欝ぐ時, 思ひ一種, 思ひ原稿紙, 思ひ度々, 思ひ木戸銭, 思ひ終に, 思ひ震災以來一度, 思ふけれども, 思ふその, 思ふても, 思ふなあ, 思ふんで, 思ふ其処此処, 思ふ多少, 思ふ尤も, 思ふ故, 思ふ樣子, 思ふ無, 思ふ空気, 思わずに, 思わせるよう, 思わないだろうと, 思わない人, 思わぬこと, 思われたわけ, 思われるなら車, 思われ養父勝成公, 思召しません, 急いで, 悲しんだ, 想つてゐる, 意気込んで, 感服いたしました, 憧れはじめて, 懇意の, 房枝は, 手前勝手な, 押し返して, 掛合つた, 教授に, 断わって, 日頃念じ, 明け暮れそれ, 昨日かきつけ, 時に祈る, 書かれたもの, 書き添えて, 有仰る, 望みの, 望むこと, 望む意欲, 望んだもの, 望んでを, 本当だ, 来りニューグランド, 楽しんで, 欲する, 歌って, 此方は, 毎日そればかりを, 気負い立って, 池部は, 沁みるが, 泣き灯, 消えかかる辻番所, 清原君が, 漠然とした, 無理いう, 焦ったが, 焦心し, 父が, 猶グレる, 生前死後にかけての, 申されましたので, 申しあげて, 申しかけた所, 申したら山田, 申しますで, 申しますんで, 申し入れました, 申し出でながら, 申し出るよう, 申し込みにね, 申す, 申すわけ, 申上げたら, 申出でたので, 申込まれた, 留置場の, 登は, 直接に, 真心こめ, 矢野から, 祈りつつ, 祖母が, 私としては, 私奴に, 移って, 突張ったら, 筆職人の, 策励し, 約束した, 編集局長に, 署長が, 考えたか, 考えだしぬけでは, 考えとった, 考えはじめたの, 考えられた程, 考える一般的, 考え出す, 考え追窮, 考へたからなのよ, 考へます, 耳を, 腐心した, 自分たちが, 至極危険, 若いこころ, 茶屋の, 蔭口を, 衛門督が, 見えステツキ, 言いたげな, 言いだす気, 言いましたそんな, 言います樹, 言い出したから, 言い出す, 言い猫, 言うたあの, 言うとは, 言うよう, 言う念願, 言ったけれど, 言ったふう, 言ったん, 言った本, 言ってたでしょう, 言ってるン, 言つた時, 言つてゐます, 言つて同じ, 言つて気に, 言ひました, 言ふだらう, 言わなければ, 言われぬの, 言出し, 訪ねて, 訴え来るの, 話しますと, 請うた時, 諭せば, 譲吉は, 足蹶, 迫る, 連呼けよと, 郷里の, 釘を, 阿母さん, 陣場夫人から, 需められた, 頭を, 頻りに考へる, 頼み仮, 頼んだら, 願いでた, 願い礼拝堂, 願うだろうが, 願うばかげたしかし, 願う婦人, 願う若い, 願った槙三, 願つてはを, 願ふた, 願われるの, 風船球は, 騒ぐ初夜

▼ たい~ (5959, 11.4%)

869 です 685553 である 342 ですが 282 だが 127116105 であります 101 でございます 81 は山々 76 であるが 60 じゃ 59 だと 51 ですよ 45 でございますが 41 だけれど 40 だろう, はこの 38 だよ 37 では 35 であった, ですけれど 333130 を我慢 29 だった 28 でしょう, ですから 27 ですか 22 だから 20 かい 19 はその, は私 16 だけれども, ね 15 であろう, をこらえ 14 だそう, でありますが, ですがね 13 かね 12 ですって, はあの, はそんな, をじっと 11 が人情, が私, だがね, であったが, ですけど 10 だという, でした, で御座います 9 じゃが, はあなた, は人情, をやっと, を怺 8 は無理 7 だね, ぢや, でございますよ, でござる, ですもの, ですわ, はただ, は僕, をこらへ

6 [13件] が望み, じゃない, だろうか, だろうが, ですけれども, ですと, はここ, はこれ, はそれ, はそれだけ, は君, は日本, を堪え

5 が本心, だし, だつた, でございまする, でも, はこんな, はわが, は彼

4 [26件] かそれ, かも知れない, かよく, が念願, だがと, だな, であって, であるから, であると, ですそれ, ですね, で御座いますが, ならば, に違い, はこっち, はこれら, はもっと, はやまやま, は主として, は今, は何, は実は, は自分, をがまん, を一生けん命, んです

3 [32件] かえ, かな, か分らない, か私, がある, が山々, が当然, が本能, だがねえ, だけど, だったが, だらう, だろうと, だわ, であろうか, であろうと, なら, はあたりまえ, はお, はこう, はほか, はもし, はわたし, は人間, は他, は先生, は前, は父, は當然, は第, は自然, を懸命

2 [116件] かこの, かと姉, かと彼, かと言, かなア, かな八, かはっきり, かもしれない, かもしれません, かよ, か人, か毎日毎日, がお, がかね, がこの, が一パイ, が主, が妾, が実は, が志, が病, が目的, さお, じゃな, だか, だからね, だそして, だって, だとか, だなと, だもの, だ然し, であったから, でありました, でありましょう, でありまする, であるそれ, であろうが, でございましょう, でございますか, でございますけれど, でございますと, でございますの, でござるが, でしょ, でしょうか, ですあの, ですがと, ですそう, ですその, ですという, ですな, ですほか, です恋, でっしゅ, とその, とは違う, とほか, とまるで, と言った, ならお, はこッ, はそこ, はた, はたった, はつまり, はです, はどういう, はまず, はむしろ, はもう, は一体, は三十年前, は事件, は事実, は卓一, は同じ, は同氏, は多く, は女, は女房, は実に, は山山, は山田先生, は当然, は彼ら, は彼女, は御, は愛, は我我, は更に, は最初, は男, は親分, は酒, もありません, も主として, やけれど, ような, よと言, よ私, を, をぐつ, をジッ, を一生けんめい, を凝, を押え, を辛抱, んは, サ, 一心で, 慾が, 洗いづくりは, 美味いところ, 聞きたいの, 頭の

1 [939件 抜粋] あら煮, いいでしょう, うろこは, おかみさんだい, かいくら, かいさあ, かが知りたかった, かご, かしたくない, かその, かそれとも, かという問い, かと念, かと思う, かと聞いた, かと訊い, かどっち, かなだめ, かね正吉君, かぼく, かもしれぬ, かも全然, かも知れん, かわれ, かアア二度目, かクララ, か今, か僕, か困, か富岡, か建てなけれ, か桑, か皆, か自分, があたし, があの, がいます, がおも, がこっち, ができません, がぼく, がわたし, が一番, が三つ, が人, が今日, が何より, が僕, が凡夫, が吾儕, が唯一, が夙昔, が実情, が山山, が希望, が幕府, が当り前, が性分, が愚民, が手前, が本意, が母性, が清十郎, が病みつき, が真意, が私共, が素性, が腹一ぱい, が見え, が親, が變, が過去帳, ことが, さおれ, しれない政治性, じゃああるまい, じゃがこの, じゃが何, じゃこの, じゃろう, じゃろうしかし, じゃ会っ, じゃ其許, じゃ必ず, そうし, そばまで, それで子供, それほど弁信さん, ただ一目, だあの, だおちついたらいずれ, だがなあ, だここ, ださいぜん, だそうして, だそれどころか, だぞ, だったね, だったらあらためて, だったら数学, だってさ, だて, だとうてい, だとの, だなどと, だばかばかしい, だよし, だろうから, だろうに, だ人間, だ君, だ女, だ年, だ承知, だ明るい, だ死ぬまでに, だ生きて, だ用人, だ私, だ自分, だ黙って, ってありゃ, であったらそもそも, であります多く, であるか, であるけれども, であるだから, であるらしい, である人間, である実際, であろうお, であろうから, であろうそれ, であろう甲斐, でございますお願い, でございますけれども, でございますどう, でございますなあに, でございますッ, でございます生きて, でござるよ, でしょうな, でしょう急がずに, ですかく, ですからね, ですがねえ, ですくだらんこと, ですこの, ですそして, ですってね, ですの, ですベッド, です世, です何, です女学校, です手, です決して, です第, です親分, です静か, でなく花, で御座いますからね, と, というの, とお家, とちがう, とで大人気, とはすこし, とハンス, と一寸物識, と何, と口癖, と新吉, と此, と生活費, ないあ, ならいくらでも, ならいっしょ, ならここ, ならさっさと, ならどこ, ならほか, なら二十五座, なら余計, なら兵営, なら勤務, なら御, なら持って, なら晩, なら此, なら私達, なら諸君, なりたいわ, なりを, にとりつく, に仕方, に出来ない, に歩かれない, に飲み, ねえと, ねしょっちゅう, ね叔父さん, はあながち, はあんな, はいざ, はいまどき, はいま私, はうしろ, はおまえ, はお前ん, はお客様, はお父さん, はかく, はかの, はからき, はき, はこういう, はここ數年青年, はこちら, はこッちの方, はそ, はそういう, はそち, はそれ等, はちと, はどうして, はどの, はなに, はねどういう, はほとんど, はまた, はもっとも, はわが国, はわたくし, はわれら, はわれ等, はアリストテレス, はオヤユビくん, はオレ自身, はコヒ, はショウ, はジャガタラ, はソヴェート民衆, はテメエ, はノーブリー, はヒンクマン氏, はファッシズム, はフランス革命, はリンピイ, はロッパ, はロッペ, はローレンツの, は一枚, は一體私, は三傘夫人, は三年, は世評通り, は主義, は二人, は亡くなった, は人, は今日, は仏教美術, は伊那丸さま, は何もの, は余, は侍従一人, は俳人, は僅, は僧侶, は先づむしろもつと具體的, は先月, は全然, は其死, は凡, は別, は創作当時, は勿論, は十万, は卦辭, は古来我国及支那, は右, は吉良家, は吾, は唯今奴隷, は地名, は変, は外敵, は大事, は大学, は女医小川正子さん, は女子, は妾, は娘, は媚, は嬢さん, は学窓生活, は家庭教育, は富さん, は寧ろ, は寧子どの, は小, は小説, は少く, は尚書, は川上, は市長, は帰りたい, は常に, は張遼, は当日, は役者, は後, は御新造さん, は徳藏稻荷, は我々, は我邦, は所謂牛蒡種, は押し, は拙者, は支倉, は政党, は敗戦後, は敬称, は文学, は文芸, は斯様, は日に日に, は日本人, は明治初年, は春木君, は昨夜, は昨晩, は本地垂跡, は本誌, は東亜, は植物學者, は槲, は正義, は此為, は殆ど, は母, は決して, は波子, は海彼岸, は火酒, は物, は狐猿, は現世人, は現今, は理想, は田丸浩平, は登山, は相手, は真, は石神問答, は確か, は礼子, は福代, は福沢先生, は立派, は筆録, は素人, は綾吉, は耳, は職人たち, は腰弁, は花見時, は若い, は茶山, は蕪村, は行っ, は西洋人, は西独逸, は親子, は解剖, は譬, は貴公, は輓近科学上, は道人様, は里見さん, は野外, は金, は鑑賞, は面白い, は養子, は館, は鴉片, ばかりなん, ほうが, ほうへ, もかれ, もちょうど, も人, も何時, も大勢, も枝葉末節, も確か, も自然, や, やが, やったら結婚, やっと辛棒, やれやれ, や角い, よいかに, ようです, よきっと, よそういう, よでも, よね, よウ, よツ, よ単に, よ気持, よ過去, らしかった, をけんめい, をこら, をごまかし, をしいて, をぢ, をなくなす, をみんな, をやつ, をやッ, を一生けんめい唇, を人目, を僅, を千枝松, を噛み殺した, を堪える, を家, を年来, を急, を抑え, を控え, を果たす, を歯, を漸く, を用, を耐, を逢っ, を青谷技師, を飲まない, んで, んやったら, んやったら聞かし, ボウトは, ポケット小ぞうに, 一心でござろう, 一念らしい, 下を, 乞食が, 云って, 人たちで, 仲間と, 伝右衛門御, 何のと, 刺身の, 刺身を, 反則事件の, 味と, 命令で, 唇などを, 大将の, 姿が, 小説少く, 庄屋で, 念が, 悶躁でばかり, 想出話を, 懸け合, 数を, 方に, 方向に, 様な, 欲望のみ, 潮などの, 焦慮る, 焼きざかなにきんとんかまぼこまぐろの, 痂うらみ, 白子なぞは, 目出たくない, 目玉と, 目玉以上の, 知らず識ら, 窮状を, 細作りとか, 背中を, 脇腹一寸四方の, 腹から, 色は, 茂太郎と, 言うこと, 迷信が, 金を, 頭が, 頭を, 願ひ

▼ たいもの~ (3059, 5.8%)

542443 だと 258 である 205 です 10893 がある 78 だが 58 ですね 54 じゃ 44 だね, でございます 39 だな 32 ですが 25 ですな 20 であると 18 だという, と思う 16 であります, と思っ 11 があっ, があります, では, と思います, もある 10 でご, と思い 9 なり, はない 8 だよ, でござる, ですよ, と考え, よ 7 だから, であるが 6 さ, だとか, でございますね, ですから, ですねえ, なの 5 があった, じゃな, だなあ, だなどと, でございますが, でございますな

4 [12件] があつ, じゃない, だて, であった, であるという, でげす, でござるが, とそれ, と存じまし, と思いました, と思った, を見

3 [25件] があったら, がございます, が御座います, が沢山, じゃが, じゃて, だがね, だといふ, だとさえ, であつ, でございますがねえ, でした, ですがね, ですなあ, ですわ, ですわね, と存じます, と心, と念じ, と考えた, の一つ, は勝手, もない, をお, を持っ

2 [65件] があるなら, があれ, がござる, ができた, がない, がまだ, がもう, が何, が彼, が有ります, が胸, だお, だがと, だがな, だぜひ, だとは, だの, だもし, だわ, だわねえ, だナ, だネ, だ純金, でこれ, でござるな, でござんす, ですお, ですと, でその, といま, とお, とこう, とそう, と家, と幾度, と彼, と心がけ, と思つて, と思ふ, と熱望, と私, と考える, と願っ, ね, ねえ, のため, は, はなん, は京都, は今, は何, は山, は平手打ち, は彼, は我々, は見, もあります, をさあ, を必ず, を感じ, を感じはじめた, を抱い, を食べ, 書かずに, 見たいもの

1 [482件] あの腹, いろいろと, か, かい, かな, かね, から離反, が, があらう, があり, がありまし, がありましたら, があるで, がいっぱい, がきまっ, がこの, がご, がございまし, がしきりに, がすぐ, がたくさん, がなんにも, がのこされる, がぶらさがっ, がほしい, がグイグイ, がメラメラ, が一人, が一筋, が二つ三つ, が余りに, が別, が南里君, が多々, が大, が大きい, が幾ら, が御座, が撥ね, が有る, が残っ, が流れ, が無くなったら, が目前, が立ち, が立ちはだかっ, が胸いっぱい, が芽ぐん, が蠢く, が見える, が見つからなかつた, が見る見る, が附着, さなどと天, さね, さねなん, じゃがあるかない, じゃがという, じゃがどう, じゃがねえ, じゃと, じゃとこころがけ, じゃとわし, じゃと云う, じゃと作阿弥一生, じゃと存ずる, じゃと日夜神仏, じゃどこ, じゃなんと, じゃの, じゃのう, じゃ名乗れ, ずきを, その時, だあゝ, だおしまい, だお松さん, だがなあ, だがの, だけは播いた, だけれども, だけを書い, だけ書き上げたら, だけ読ん, だしかし, だそう, だそして, だそれ, だそんなに, だぞ, だただ, だたれに, だだから, だだが, だった, だったろう, だって, だつた, だといった, だとかく, だどこ, だなあと, だなと, だなど, だなんて, だねえ, だねエ, だのう, だテ, だ世界, だ人間, だ借りるには, だ僕, だ勝敗, だ大きに, だ小次郎, だ少なくとも, だ己, だ必ずしも, だ我々, だ捉えたいもの, だ教会, だ正しい, だ浅草中, だ狸, だ私, だ素材, だ自分, だ話して, だ間に合って, だ音, だ飯, だ饑饉年, ぢや, って, であす, であったこと, であったらその, であり又, であり彼女ら, であるから, であるそれ, であるついで, であるとと, であるな, であるらしかつ, である逸品, でお, でおそらく, でかかる, でがす, できないまでも, でございますいかが, でございますから, でございますし, でございますそして, でございますなあ, でございますほんとに, でございます万一, でございます守田座, でございます当人, でございます急, でございます草葉, でさ, でさようさよう, でしたね, でして, でしょう, でしょうかねえ, ですがねえ, ですけれども, ですこの, ですこれ, ですだ, ですわたし, ですッ, ですネエ, です今, です昔, です片一方, です用事, です綺麗, です面, でとか, でとこれ, でなど, ではい, でへえ, でまア, でも, でも探す, でも食わせ, でよく, で二度, で他人, で前祝い, で巧み, で御, で御座います, で御座いますが, で是, で柑子, で此, で毎日, で近頃, で駄目, で魚, と, とあえぐ, という, といった理由, といへ, といろいろ, とうしろ, とお母さん, とこころがけ, とそれとなく, とぞんじます, とたって, とは自分, とひそか, とふたり, とまず, とも考え, と一心に, と一生懸命, と一番, と三根夫, と二, と云え, と伊勢どの, と俺, と先頃, と全身, と商売, と存じまする, と年来, と心掛け, と念願, と思いつづけた, と思いまする, と思い出した, と思わない, と思われる, と悶, と或, と握手, と敵, と日夜それ, と昨日, と書かなけれ, と望ん, と朝, と期待, と来る, と根岸, と機会, と河原, と深く, と無言, と熔岩, と独断, と申し, と申し出た, と空想, と窃か, と考へ, と臥薪嘗胆, と自動車, と荷役, と見えます, と見える, と足, と長い, と顔長, と願う, と願え, などありません, などなかなか, なのよ, ならお, なるや, にご, にございます, にされ, にし, にする, にたいして最も, になっ, になった, になるだらう, にはきまって, には取らせ, には職場, にピタツ, に他, に廻り会えます, に手, に逢う, のあり, のう袋持, のう露月どの, の切符, の圧倒的多数, の多い, の幾つ, の最下位, の渦, の第, の言葉, の誘惑, はあすこ, はありますまい, はありません, はある, はいくら, はうたい, はお, はおどる, はお腹一杯, はきまっ, はこれから, はこんな, はこんなに, はさて, はし, はしずか, はそれ, はたくさん, はたっぷり, はだれ, はちぎ, はって, はと言, はと言った, はどんな, はなかっ, はなんぼ, はのこすでしょう, はま, はまだ, はやはり, はゾラ, はパリー, は一緒, は世間, は主として, は他所, は何月何日, は別れたい, は土, は外, は大いに, は大概, は子供, は少し, は帰る, は後, は懷疑, は捨てなけれ, は整えられた, は文學中, は明日, は書いた, は最も, は本, は本に, は来た, は欧羅巴文明, は歌, は然様, は用意, は畢竟唯, は絵, は総べ, は行かしとけ, は見たい, は誰, は銃, は食いたいです, は食物, ばかりで, ばかりであった, ばかりである, ばかりです, ばかりな, ばかりなり, また発表, もあった, もあつ, もあらう, もありませんでした, もあるであろう, もお, もございます, もなく, もウン, も多少, も少く, も書ける, も甚だ, も置い, も見, も見出さず, も購え, やなあ, や聞きたい, よお前, よと念じ, よと思う, よの, よの切, よまねば, らしい, をあずける, をさう, をたのまずかえられ, をたべる, をとその, をとり, をとりだしました, をと彼等, をと思っ, をと願っ, をどの, をもっ, をもつ, をやる, をウン, を一二, を一枚づゝ, を並べ, を助ける, を卷き附け, を喰, を多く, を感じた, を感じぬ, を感じました, を感じる, を感ぜず, を手がる, を拾, を拾い上げました, を拾い出し, を持ってる, を持つ, を描い, を搜, を撥ね上げ, を書く, を書ける, を死ぬ, を水, を沢山, を注文, を犯人, を着, を着せ, を神通, を私, を統計, を自由, を見せる, を見た, を見ます, を見立て, を観せ, を註文, を読ん, を貰っ, を買いました, を蹴とばした, を適量, を鎹, を飽く, を驚異, 何ぞ名案名趣向名句, 定めし面白い, 書きたいこと, 聞きたいもの, 見たい所

▼ たいこと~ (2768, 5.3%)

883 がある 130 があります 88 があっ 81 がございます 77 もある 52 があった 25 があつ 17 はこの, はない 15 があったら, がありまし, が山, です, ね 13 である, は 12 だ, を言っ 11 がたくさん, が沢山, は山, もあります 10 は私 9 は山々, もございます 8 が有る, だった, はある, もあった, もあり, をし, をする 7 があるなら, がござる, が一つ, では, でも, もない 6 があり, があるらしい, がご, が御座います, はこれ, をいっ, を云 5 が, があれ, がございまし, とは, はいくら, はたくさん, を言

4 [14件] がお, が多く, であるが, というの, なの, の一つ, はあの, はその, は何, は僕, は行きたい, もござる, を云っ, を持っ

3 [28件] あるの, がいろいろ, が出来る, が多, が女, が有, が胸, が言, だが, だろう, であった, ですが, でもあった, なん, にあった, の半分, はいつ, はただ, はもちろん, も多い, も言わず, をいわせ, をした, をすっかり, を云いたい, を言う, を言った, を言つて

2 [98件] か, があ, がありすぎ, があるでしょう, があるらしく, がいくらでも, がいっぱい, がいつ, がおま, がございました, ができた, がどうしても, がない, がなかっ, が一つ二つ, が云, が出来, が出来た, が多い, が後, が有ります, が残っ, が胸いっぱい, が自由, が色々, が言えない, が言葉, しかない, だけだ, だけを言っ, だと, つまり作品, でございます, ですって, ない, の三倍, の出来る, はあなた, はいろいろ, はお, はこういう, はそれ, はそれだけ, はそれで, はなん, はね, はほか, はむしろ, はわかっ, は今, は今日, は俳優, は多い, は多かっ, は実は, は少し, は幾ら, は沢山, は現在, は蕨, ばかりであった, もあ, もあっ, もあつ, もせず, もたくさん, も有る, も胸, も言, や口惜しい, や欲しい, を, をあなた, をさせ, をしろ, をたずねました, をはっきり, をひとり, をやっ, を云った, を口, を存分, を意味, を持つ, を控え, を書きます, を母, を申します, を申す, を聞い, を自由, を訊く, を話す, を頭, 乃至言うべき, 知りたいこと, 言いたいこと, 言って

1 [690件 抜粋] あつて, あらねば, あるって, あるねん, いいいい小説, かも知れません, から先, があったけんじゃ, があったら言いなさい, があつたらし, がありすぎる, がありました, がありまする, がありやす, があるだろう, があるらしかった, があんまり, がいあわす, がおます, がかず, がさっぱり, がすこし, がその, がそれら, がたくさん発見, がたまっ, ができ, ができない, ができました, がとても, がどんなに, がほか, がみんな, がもぞもぞ, がモヤモヤ, が一どきに, が一パイ, が一切経, が一杯, が二つ, が今, が内, が出, が出来まし, が喉, が多かっ, が大事, が大分積, が如何に, が御, が御座いました, が念頭, が或, が数限り, が有っ, が来た, が次第にはっきり, が泉, が澤山, が無くなる, が目標, が直接形, が第, が筒井, が胸先, が自在, が見つからなかつた, が言えぬ, が詰っ, が起った, ききたいこと, この一つ, しか云わない, そういうこと, そうなったら, その上, それから彼, そんなこと, ただその, だから, だけいっ, だけは執拗, だけをし, だけを息せききっ, だけを見, だけを言, だけ言う, だぞ, だったが, だって, だという, だの穀物, だろうと, だ理由, って一体, って何, つもって, であったが, であるからと, であるわけ, であろう, であろうが, でお, でおなか, でござる, でござる左様, でござんす, でしたが, でしょう, でしょうが, ですの, ですよ, でと, でのこっ, でもし, で案内, で自分, で誤って, とおっしゃる, とが一致, とされ, とそれから, とてもない, とはどなた, とは何, とモスク, と云う, と人間, と全く, と少し, と思えなかった, と繰返した, どうやら未亡人, なさねば, なぞを勝重ら, など, などはむしろ, なども語りたい, などを伝えた, などを要求, などを話す, など昂奮, など話され, なんかある, にあっ, にちがいありません, にはパリ, には不思議, には私, に呑気, に思う, に急がれ, に悪い, に気がつい, に苦心, ねエそら, ね沁, のあった, のいえる, のいくつ, のため, のひとつ, のみに潜心, の些, の十分の一, の急, の数々, の第, はあ, はあいまい, はあと, はあらゆる, はあり, はありませぬ, はありません, はいくつ, はいくらでも, はいっさい, はいづれ, はいわし, はお前, はかうし, はかうである, はかつて, はかなり, はぎりぎり, はここ, はこころ, はこのごろ, はさうな, はさせる, はし, はすぐ, はすみました, はせっかく, はそういう, はそれ以外, はできる, はとくに, はともかく, はどうせ, はなかつた, はなんで, はねえ, はまだどっさり, はまだ沢山, はまとも, はみんな, はむしろもっと, はもし, はやつ, はやはり, はやり尽した, はよく, はわたくし, はわれわれ日本人, はわれ等, はウン, はソラ, はハス, は一人, は一夜, は一座, は万物, は上来, は乳母, は二つ, は云い尽しました, は云わし, は人, は人間, は今日翼賛会, は仮に, は何もかもよく, は何処, は作中, は信長, は俺, は全, は前掲, は前章, は十一月二十四日, は千手観音, は卑怯, は同じ, は同じく, は君, は国民, は外国生活, は多分もう, は大, は大抵, は奥州地方, は女子, は如何なる, は始め, は宇宙艇, は実に沢山, は将来, は小山内氏, は少年期, は山山, は年来, は幽霊, は広, は彼, は御身, は徳川時代, は我々, は戯曲作家, は支那, は故郷, は敗戦後, は旅行, は日本, は明和八年, は映画, は時代, は書きたい, は最初, は来年, は次, は歌舞伎, は死者, は段々, は毎日, は決つた相手, は演劇映画, は無い, は特に, は現代, は画家, は略, は略云, は真理, は知識, は社会, は科學者, は種々, は簡潔, は終った, は終戦後八年, は胸, は胸いっぱい, は腹一杯, は臆, は自分, は芸術, は苦しい, は萬, は表現, は西洋, は解剖, は言, は詩歌, は話合い, は誰, は諸君, は軍部, は軽重, は郁治, は釣り, は鉄工所, は限られた, は限り, は高尚, ばかしする, ばかりがいつ, ばかりだった, ばかりです, ばかりを考えます, またいつも, も, もありましたろう, もありません, もあるだろう, もいえないで, もいえないでしょう, もいえぬ, もござります, もござりますからと, もすっかり, もなかっ, もジツ, も一途, も云, も云いそびれた, も云えない, も云わない, も今, も充分, も出, も勿論, も多かっ, も居たい, も島田, も後, も思いましょう, も思ひ切, も悪者ッ, も書きさし, も有ります, も積, も見たかった, も言い, も言えない, も言えなくなり, も話さない, やって, やと, やる意味, や訊きたい, や訊ねたい, や頼みたい, よ, をあたし, をあの, をいい, をいえ, をいえない, をいった, をいわん, をお, をおし, をおしまい, をおっし, をおれ, をきく, をきっぱり, をこの, をさ, をしゃべり, をしゃべる, をずばり, をたずね, をため, をだけし, をどしどし, をどんどん, をなし得る, をなす, をなん, をのぞめ, をのべた, をほざき, をみんな, をやつ, をやらせ, をやらせた, をやりとげる, をよく, をスラスラ, を一パイ, を一寸, を万, を予想, を云え, を云つて, を云わせられず, を今夜, を仰有った, を伝へ, を何, を僕, を充分, を全部言, を出放題, を刺戟, を十七字, を半分云, を即興的, を告げた, を告げられた, を呪う, を喋った, を喋りだした, を堪える, を妨げられる, を始めた, を尋ね, を少し, を希望, を彼, を忘れ, を思い出そう, を思ふ, を思索, を手回し, を手帳, を持ち合せ, を教え, を書い, を書きとめ, を期し, を根, を概念的, を母者, を熱心, を牛たち, を犠牲, を理解, を申, を皆云つて仕舞, を看板, を矢たら, を示す, を私, を端的, を考えたかった, を聞き, を胸いっぱい, を落す, を言います, を言い聞きたい, を言え, を言おう, を言わせ, を言わない, を訊いた, を話させ, を話し, を語, を語っ, を語る, を述べる, を適確, を隠し, を願, を願っ, 互いに相, 偉い人, 帰ったら直ぐ, 書きたいこと, 書きたい情景, 次には, 聞きたいこと, 言えない義理, 訊きたいこと, 話したいこと, 頼みたいこと

▼ たいという~ (2487, 4.8%)

94 のが 88 ような 82 のは 52 ことを 48 のである 47 希望を 26 のです 25 のであった 23 のだ 20 ことであった, 人が 19 のか, 気が, 気に 18 ことに, ことは 17 気持は 16 気持が 15 希望が, 私の 14 んだ, 希望は 13 ことが, ことで, ように, 考えが 12 ことだった, ことです, ので, のも, 心が, 考えを 10 欲望を, 気持も, 者が 9 のなら, のを, んです, 事を 8 のだった, ふうに, 望みが, 気持に, 気持を

7 [11件] ことだ, ことな, わけで, 念が, 意味の, 慾望が, 手紙を, 欲望が, 気も, 気持で, 衝動を

6 こと, ことだけ, ことである, 望みを, 話が, 話を, 野心を

5 [14件] ことと, ことも, ものが, わけです, 好奇心が, 希望も, 心の, 抑えがたい, 相談を, 考えで, 衝動に, 願いが, 風で, 風であった

4 [18件] のであります, のでした, 事は, 人間の, 子供らしい, 希望から, 希望の, 彼の, 心から, 慾望を, 方が, 欲望も, 欲求に, 気は, 考が, 誘惑を, 願いを, 風に

3 [47件] お言葉, ことから, ことでございます, ことの, ところから, ところに, ところまで, のかね, のと, ひそかな, ものです, んなら, 一念から, 事だ, 事で, 位の, 夢を, 女の, 好奇心は, 好奇心も, 強い欲求, 心に, 心は, 心持と, 心持は, 念願は, 念願を, 思召し, 慾望に, 望みは, 望みも, 本能が, 本能的な, 欲望の, 欲望は, 欲求が, 欲求を, 気で, 気にも, 気を, 気持ちが, 気持と, 熱心な, 考えである, 考えも, 虫の, 要求が

2 [123件] あなたの, お客様が, お心, お望み, お考え, かねての, ことでした, ことなどを, ことなら, ことをも, そして大和魂, ところへ, とるん, のさ, のじゃ, のでございます, のや, わけか, わけだ, わたしの, んじゃ, んだろう, 一事であった, 下心が, 事です, 交渉が, 交渉を, 人に, 人は, 人も, 仰せだ, 依頼も, 傾向が, 切なる, 切実な, 外に, 大それた, 大望を, 女が, 宗教家の, 客を, 希望であります, 希望と, 希望に, 強い好奇心, 強い気持, 強烈な, 御依頼, 御希望, 心持も, 心持を, 志は, 志望を, 志願者が, 念願が, 念願に, 思いが, 思いで, 情熱に, 意向を, 意味が, 意味である, 意味な, 意味らしかった, 意志を, 慾求から, 所に, 時に, 望み, 望みであった, 望みな, 本能の, 本能は, 本能を, 根性が, 欲が, 欲を, 欲望と, 欲望に, 欲求の, 武州公の, 母の, 母親の, 気分に, 気持, 気持ちに, 激しい衝動, 烈しい欲望, 熱望に, 熱望を, 熱烈な, 燃えるよう, 理想の, 男の, 精神を, 純真な, 素直な, 考えから, 考えであります, 肚も, 腹も, 要求に, 要求は, 言葉に, 言葉の, 話だった, 話であった, 話な, 誘惑の, 贔屓が, 返事を, 電報が, 願いから, 願いで, 願いに, 願です, 願では, 願書を, 願望, 願望から, 願望の, 願望は, 願望を

1 [900件 抜粋] あつかましい無気力, あの兄, いじらしい答え, いつもの, うずく様, うれしい感動, おことば, おはなし, おぼしめしに, お友だち, お方は, お沙汰, お美夜坊, お蓮どの, お話が, お話で, お話私は, お頼み, かれの, けちな, こといくら, ことさ, ことだけが, ことだけで, ことづてを, ことであります, ことであろう, ことでし, ことで御座いました, ことには, ことばかり, ことらしかった, こと其処に, こと自分は, この希望, こんな態度, ご口上, じりじりした, すこし別, そういう意味, そうした腹, そちの, そのあなた, そのこと, その希望, その気持ち, その言葉, その願い, それから, それであった, そろばん, たこと, ただ一すじ, ただ一つの, ためでも, ちょうど魯迅さん, つまり妻や, つもりから, ときに, ところが, ところでしょう, とるが, ねがいでとりとめなくなり町, ねがいを, のお, のだったろう, のであったらしい, のなら会っ, のに, のよ, はかない慰藉, はげしい気持ち, はっきりした, ひそやかな, ひとすじの, ふうだ, ふうな, へんな, まごころ, まちがった望み, みんなの, ものさえ, もので, ものの, ものを, やつが, やみがたい, ようでございました, りっぱな, わけじゃ, わしの, んでした, イクジの, エゴイズムな, タマラナイ衝動に, ミスアンスロフィックな, 一人の, 一同の, 一図な, 一心だ, 一心です, 一言は, 一貫した, 一週間前後の, 下心らしい, 世の中に, 主旨の, 了見に, 事から, 事だけ, 事であった, 事でございます, 事には, 事よりも, 事実を, 二つの, 二次的な, 交渉であります, 人々が, 人々は, 人たちが, 人たちは, 人の, 人へ, 人恋しさ, 人情の, 人私が, 人達を, 人間かの, 以外には, 仰せの, 何者であろう, 使者の, 依頼であった, 信念から, 傲慢な, 優勝慾も, 光秀の, 公平な, 共通の, 其の人, 其の御, 内的の, 内的刺激に, 処女の, 分を, 切な, 切ない願望, 切り詰まった, 切望や, 別の, 力強い衝動, 功利的な, 努力から, 努力だけが, 努力は, 動議が, 単一な, 単一の, 危険極, 友情が, 受身の, 口上であった, 口上である, 口実で, 口調で, 可憐な, 司馬懿の, 各公使ら, 名家の, 名誉心を, 呼び出しが, 商売熱心に, 善意と, 埓も, 執念強い, 基本的希望によって, 場合が, 場合は, 壮気も, 多芸多才な, 大志を, 大谷君は, 天文台の, 奇特の, 女に, 女心に, 好みは, 好奇心くらいは, 好奇心に, 好奇心までも, 好奇的情熱が, 好学的便乗心が, 始末, 婆さんを, 子供の, 学者らしい, 寂しい願い, 小さな希い, 届を, 岡倉氏の, 岸本の, 帆村荘六の, 希いから, 希いを, 希望であった, 希望とか, 希望ばかりに, 希望やら, 希求から, 希願が, 年中行事は, 年頃な, 幸福を, 店員には, 弟との, 弱味を, 強い念願, 強い欲望, 当人の, 得体の, 御思召, 御意見, 御懇請, 御注文, 御話, 微妙な, 心さえ, 心と, 心何かを, 心平さんの, 心持から, 心持すらが, 心持ちから, 心持ちを, 心持である, 心掛けだ, 心掛の, 心理は, 心組に, 必死な, 志なら, 志望など, 志願で, 念に, 念も, 念慮は, 念願, 念願いかに, 思いに, 思いは, 思し召, 思想は, 急な話し, 恐ろしい誘惑, 悪辣な, 悲痛な, 情けから, 情は, 情熱のみ, 意からは, 意を, 意向らしかった, 意味じゃ, 意味であった, 意味も, 意味をね, 意外な, 意志が, 意慾が, 意欲と, 意気と, 意見が, 意見です, 意見を, 意識を, 感じが, 感は, 感も, 感情が, 感情においては, 態度を, 慾と, 慾心から, 慾望これは, 慾望で, 慾望は, 憧憬と, 我ままな, 戦後派娘の, 手紙が, 抗議が, 抱負も, 抱負を, 拙者の, 挑戦の, 掛け合いに, 探訪意識が, 文化の, 文意, 新九郎は, 方針で, 日本の, 日本国民の, 旨を, 晁蓋の, 時には, 暗示的に, 最もいとうべき, 望みであったです, 望みに, 望みばかり, 望も, 望を, 期待が, 未練は, 本能それで, 本能的欲望は, 村民総代一同の, 条件であった, 果敢ない虚栄, 某方面, 根本の, 桜井さんは, 極めて自然, 楽しい馬鹿げたい, 様子が, 様子を, 欲情を, 欲望から, 欲望しか, 欲望だった, 欲望全く, 欲望友達との, 欲求は, 欲求よりも, 母性の, 気には, 気の, 気分で, 気持からだけ, 気持だけが, 気持ちから, 気持ちからでも, 気持ちだ, 気持ちで, 気持ちの, 気持である, 気持であろう, 気持にまで, 気持もし, 気持をも, 氣に, 氣持が, 決心で, 決意を, 注文を, 浪人者或いは, 消しがたい, 渇望で, 源十郎の, 漠然たるけっして, 激しい希望, 激しい感情, 激しい願い, 烈しい衝動, 焦慮が, 焦燥に, 熱中した, 熱意は, 熱望から, 熱望こそは, 熱望です, 熱望は, 熱烈なる, 父の, 特別な, 狡い考え, 猛烈な, 理想を, 理由であった, 環の, 用意は, 由を, 申し入れも, 申し出でを, 申し込みが, 申込みが, 申込みは, 申込みイヤ, 男と, 異常に, 痛切な, 癖が, 発願だった, 盗人根性が, 目的からでも, 目的に, 目的を, 相手は, 真剣な, 真摯な, 矢も, 砂馬に, 祈願を, 私も, 程度なら, 第三, 節子を, 篤志家が, 精神から, 紳士は, 継子さんの, 継母お, 考えきり持っ, 考えそれ, 考えであった, 考えでした, 考えなどを, 考えは, 考えらしい, 考から, 考に, 考は, 考よりも, 者は, 職業意識も, 脚本の, 脹れ上った気分, 腹な, 自分一個の, 興味は, 舞台普請の, 苛立ちで, 若君の, 苦心が, 藩庁の, 虚栄心とから, 虚栄心に, 蜂谷の, 衝動が, 衝動さえ, 衝動的な, 表現は, 要望が, 要望を, 要求の, 要領を, 覚悟な, 親心と, 親類の, 言い渡しでありました, 言葉にも, 言葉も, 計画しか, 記代子の, 訳でしょう, 註文で, 註文であった, 評判でございます, 話, 話さえ, 話だ, 話は, 誘惑が, 誘惑も, 誠に好い, 読者が, 読者の, 請願書を, 責任を, 赤心が, 趣意に, 趣意の, 辻斬とは, 道義心の, 遠来の, 野心が, 野心です, 野望が, 量見, 陵の, 青春の, 非常に, 頼みな, 顔付で, 願いその, 願いであった, 願いの, 願いも, 願い希望, 願であった, 願心が, 願念も, 願望だけは, 願望なぞは, 願望に, 類の, 風だ, 風の

▼ たい~ (1641, 3.1%)

354252 です 139 だが 103 ですが 87 だよ 42 だけれど 35 ですの 34 ですけれど 31 でしょう 30 ですか 27 だがね 25 だろう, ですがね, ですよ 24 ですって 20 だけど 16 だね, ですもの 14 ですけど 13 だから 11 ですから 10 だがな 9 じゃ, だな, でございます, ですつて 8 じゃない, だもの 7 だそう, だって, でございますが, ですわ 6 だわ 5 だからね, だらう, ですね 4 だがなあ, だけれども, ですけれども, でね 3 だってさ, だつて, だろうが, でございますがね, でしょ, ですがねえ

2 [18件] じゃありません, じゃなく, だあと, だいっしょ, だか, だけどな, だけれどなあ, だぞ, だと, だろうと, だ俺, でございますけれども, でございますよ, ですお, ですツ, ならさっさと, ならそう, ならほか

1 [137件] くの, じゃがなあ, じゃないだろう, じゃなかろう, じゃア, だああ, だあれ, だいや, だおれ, だお父さん, だからな, だがねえ, だがネ, だきっと, だきみ, だけども, だけれどねえ, だけれどもと, だげ, だこちら, だこつちは, だこれ, だし, だずっと, だぜ, だそいつ, だそれ, だったら, だったら四, だっていったでしょう, だってえ, だってさクラム, だつたら, だとさ, だどう, だどうして, だどこ, だなどと, だなにか, だなんて, だべ, だまったく, だゆくさきおせん, だらうが, だろ, だろうこ, だろうずたずた, だろうどうせ, だろうどこ, だろうな, だろうね, だろう余計, だわかるか, だわね, だ亭主, だ何, だ僕, だ叔父, だ咽喉, だ多分, だ子, だ実は, だ幕府, だ年, だ恥, だ持ち応えツ, だ私, だ部屋, だ頼むから, であります, でございましょ, でございましょう, でございますか, でございますけど, でございますけれど, でございますの, でございます悪く, でございます皆さん, でしたらお, でしたらほんとに, でしょうあんなに, でしょうけれど, でしょうだから, でしょうと, でしょうね, でしょう見たければ, ですいい, ですかい, ですかね, ですからと, ですからね, ですがなあ, ですがねぇ, ですけれどね, ですけれどねえ, ですけれどもと, ですし, ですしかし, ですすぐ, ですそして, ですつよく, ですと, ですとさ, ですど, ですどういう, ですな, ですねえ, ですのよ, ですゴルドン君, です人, です今後, です伜, です何, です友達, です旦那, です江戸, です済みませんが, です聞きたくって, です話さなくっちゃ, です道具, では, でも, なら, ならいっちゃ, ならして, ならするが, ならその, ならどんな, ならわざ, ならわざわざ, なら何, なら何時, なら先生, なら描く, なら木賃宿, はあっしゃ, をわが身

▼ たいよう~ (1525, 2.9%)

264 な気 154 な気持 54 な心持 43 な衝動 34 な気持ち 22 な顔 16 な, な気分 14 なこと 13 な心持ち 12 に思った 10 なもの 9 な心地, な様子, な気もち, にする 8 だった, です, に思う 7 である, なまた, な思い, な感情, になった, に思っ 6 にし

5 [11件] だ, であった, でした, なその, な心, な眼, な素, な美しい, な顔つき, にも思った, に感じた

4 ですが, ないい, ないらいら, な人, な口吻, な声, な女, な晩, な話, に

3 [20件] でしたが, でも, なお, なそんな, なの, な一種, な希望, な御, な心もち, な恥, な激しい, な目つき, な眼つき, な表情, な言葉, な訳, な誘惑, に申し, に見えた, に見える

2 [61件] すだった, だが, だと, ですわ, でもあった, ないや, などこ, ななんとなく, なふう, なも, なもん, な事, な何だか, な作品, な光景, な反感, な可愛, な可笑し, な場合, な夕方, な夜, な好奇心, な妙, な忌々し, な怒り, な惨, な感じ, な感謝, な景色, な欲望, な氣持, な烈しい, な疲れ, な疲労, な皺, な美し, な親し, な調子, な青年, な面持, な顔付, な風, な風情, にさせ, になりました, になる, にやっ, にやらせ, に云っ, に出来, に心, に思います, に感じ, に暮す, に書きたい, に気, に生き, に生きる, に綺麗, に言っ, ね

1 [488件] いたいよう, かね, じゃ, じゃな, すだ, すだったが, すであった, すであの, すでしたが, すなので, だけれど, だし, だったが, だったし, だったの, だよ, だわ, であったの, であるが, でが, でございますね, でしたよ, でしたヨ, ですね, ですの, でとにかく, で帰り, で打出されたいよう, なあ, なあいらし, なあれ, ないきなり, ないじらしい, なうきうき, なうれしい, なおかしな, なおびやかさるる晩, なおもい, なおもしろい, なかたたち, なかわいそう, なきゃしゃ, なくだくだしい, なくるめく動揺, なこの, なさびし, なさもしい, なしかめっ面, なしな, なそう, なそこらじゅう, なそして, なそぶり, なそれでいて, なそれほど, なだけという, なとき, なときめき, なところ, ななつかしい, なにが, なのんびり, なはじらい方, なぶざま, なへん, なへんてこ, なぼやっと, なまるで, なむかむか, なもうもう, なようす, なよるべ, なわびたいよう, なん, なキッパリ, なグヮン, なコウフン, なコオフン, なタヨリ, なハリアイ, なフザケ, なミジメ, な一見, な不安, な不思議, な不愉快, な不機嫌, な世にも, な乳色, な事柄, な二, な二十歳前後, な人々, な人品, な人間, な低い, な何, な何もの, な余りきらきら, な余裕, な侮りたいよう, な傾向, な優形, な元気元気, な兄, な処, な切な, な切ない, な切ない切ない, な切羽詰まった気持, な刺戟, な力, な力強い, な動作, な勢い, な厳粛, な口, な口ぶり, な叫びたいよう, な可愛い, な可愛らし, な可憐, な可憐さ, な名前, な味方, な和やか, な哀れさ, な哲学者, な唸きとともにが, な商売, な喜び, な困惑, な地獄, な変, な変梃, な大きな, な大入道, な大地, な天気, な奇麗さ, な女らしい弱々し, な好い, な姿態, な娘, な婦人画家, な嬉し, な嬉しい, な子, な子供, な存在, な実, な実に, な実例, な室内靴, な家柄, な容子, な容色, な宿, な小柄, な少年, な居ても, な市役所, な幽, な広場, な広大, な度胸, な建物, な弱, な強暴, な当惑, な形, な影法師, な彼, な彼ら, な彼女, な後, な心得, な志, な快感, な快活, な怒りたいよう, な思い出, な恐ろしい, な恐怖, な恥し, な息苦し, な息苦しい, な恰好, な悔い, な悪戯, な悪魔的, な悲哀, な情, な情な, な情ない, な情調, な惨め, な惨状, な愉し, な愉快, な意向, な意気込, な愛情, な愛撫, な愛着, な感傷, な憎, な憎しみ, な憎悪, な憤りすら, な憤怒, な懐かし, な懐かしい, な懐し, な或は, な扱い, な抱いて, な捨てば, な敬意, な敬虔, な文句, な日, な日々, な時, な杜鵑, な柔かい, な根性, な欲情, な歯がゆい, な死, な死んで, な残忍, な殺気, な母子, な気イ, な気取り方, な気色, な氣, な氣持ち, な沈痛, な沈黙, な沢井, な泣き出したいよう, な泣き顔, な泣くにも, な浅まし, な浮かれ心, な涙, な涙ぐましい, な淋し, な淋しい, な清, な済まない, な渋紙色, な渋面, な漠, な激怒, な激情, な火, な焦, な焦心, な焦燥, な焦躁, な熱っぽい, な物, な狂おしい, な狂暴, な狂躁, な猛獣, な玄徳, な王矮虎, な現実, な理性, な甘, な甘い, な甘え, な生理的状態, な産科病院, な男, な男っ振り, な男子, な異様, な疼きとが, な疼きを, な病菌, な痛, な癇癪, な白髪, な百姓, な目, な盲目的, な眸, な眼付き, な眼附, な神秘, な秀麗, な私, な秘密, な空しいさびし, な空想, な空気, な立って, な立派, な端正, な笑い顔, な素人, な素振り, な素晴らしい, な経験, な緊張, な美人, な美男子, な老, な聡明, な胸, な胸苦しい, な腹立, な自分, な自棄気味, な自虐, な臭気, な興味, な色, な艶, な苛立たしいカゲリ, な若い, な苦しい, な苦悶, な苦痛, な苦笑, な英雄的, な荒びた気持ち, な荒れ方, な荒涼さ, な薩摩兵, な虚無, な虫, な血, な西洋風, な見たくないよう, な親しみ, な親切, な言いがたい, な言いよう, な言うに, な詫びたいよう, な誂え向き, な諸, な貧乏人, な貧弱, な赤, な足, な身ぶり, な辛, な逢いたくないよう, な部分, な野蛮, な陳謝, な雨, な雰囲気, な青黒い, な静か, な頑健, な頭, な顔付き, な顔色, な願い, な願望, な風俗, な風景, な飢餓, な髪の毛, な魅力, な魔術, な鼻, にあの, にい, にいう, にいっ, にうごく, におそるおそる, にかかされない, にさえ思った, にさせる, にさて, にしかしない, にしたら, にします, にすぐ, にすら思う, にそれ, にたもと, につもったら, につもれ, にどならせ, になすっ, になせ, になり, になるし, には出来ない, には暮し, にひとり, にまでなる, にむかつい, にむずむず, にもあり, にもいらいら, にも思い, にも思いました, にも思われた, にも見え, にも見えた, にも見える, にやらせよう, にゆき, によく, にアゴ, にニールス, に一しょ, に一気に, に両手, に二人, に云う, に云った, に云ってた, に人, に任せ, に使っ, に俯伏, に前, に動いてる, に可笑しい, に囁く, に大切, に大将, に底, に引ッ, に弘徽殿, に思いなさい, に思いました, に思ったであろう, に思われ, に思われた, に思われます, に思われる, に恥, に恥しく, に愛らしい, に感じました, に感じられ, に感ずる, に懐しく, に戦, に手, に振舞う, に振舞わせ, に描い, に描く, に暮し, に書かせ, に死ん, に母, に焦る, に物, に申し上げました, に眉, に矢代, に私, に窓, に笑っ, に紫ばん, に美しく尊く, に考え, に胸, に胸苦しく, に自由, に虎之助, に裾短, に見, に見えないで, に見つめた, に見送っ, に言った, に言わせ, に谷川橋, に顔, に首, 読めると

▼ たい~ (933, 1.8%)

29 ために 8 今は 7 何か 6 それは, どうだろう 5 それが, 今日は 4 そうも, どうだ, 何が

3 [11件] これは, それよりも, ためだった, ためであった, ためでありました, ためである, どうした, どうしたら, 君の, 聞いて, 都合は

2 [53件] あんまり忙しい, いまは, お前さんの, お秀, せめて後五日, そうする, そこに, そのほう, それには, それより, それよりか, どうあろう, どうだらう, どうであろう, どこに, ないから, もうおそい, 三河屋の, 中, 今の, 今夜は, 仔細は, 他の, 何う, 何に, 何を, 使に, 僕は, 公儀まで, 叢の, 台州には, 四日前の, 山の, 彼は, 忙が, 思い切って, 悲願そのものに, 手が, 持って, 晩く, 本能でなく, 机竜之, 来て, 残念ながら, 獲れるという, 現はれる, 知れない程, 翁屋の, 自分が, 自分の, 話して, 誰か, 金が

1 [716件 抜粋] ああ癇癪, あいにくで, あいにく何, あいにく切らし, あいにく昨日, あいにく行く, あたしも, あとの, あなたがたを, あなた方は, あのキングさんあんた, あの峠, あの床の間, あの本, あの本所, あの長谷, あり宝石商, あり棒方二人, あれは, あれ以上に, あんたは, あんなならず者, いいかと, いいの, いいました, いかがでござろう, いかがです, いかに十手捕縄, いざ正木, いったいどうしてそう成績, いったい今, いったい将来, いったんこ, いつぞや, いて, いまお, いみてるわ, うつかりし, うんとまけ, ええかい, おかあさんは, おられますか, おれの, お伴に, お前さんと, お前さんところの, お前なんか, お前の, お前も, お前何んか, お妻さん, お嬢様も, お差支え, お清, お許し願えましょう, かかる時分, かけて, きこえて, きたり, きょうの, こう年, こう形勢, こう露骨, ここでは, ここの, ここは, ここ数年も, こっちの, ことによる, こないので, このうち, このまま, この人, この儀いかが, この別荘, この前, この家, この漠然と, この皺くちゃ, この空模様, この頃, この驕慢, これで, これも, こんな古い薄ぎたない, さう, さういふもの, さぞかし菊め, さつき君が, さてこれ, ざんねんながらいっこうに, しかしそれ, しかしみんな, しかし久しい, しかし将軍, じつは九時, すこし落, せめて, せめて明日, そういうあなた, そういう訳, そうしない, そうで, そうは, そこの, そちの, その代り, その位, その前, その可能性, その必要, その手順, その折, その暇, その渦巻く, その理由, その礼, その行為, その言葉, その金, それぎれで手掛りが, それすら, それで, それでは世間, それでは氣, それどころかまるでもう, それどころぢや, それほどに, それも, それ以上あなたの, それ程の, そんなに酔っ, そんな牢屋, そんな質問, たまらなくいい, ため, ためだ, ためで, ためです, ためと, ためのみ, ちと致し, ちょうど鯛, つかなければ, つける知識, てんで組まない, では明日, どういう手続, どういう本, どうか, どうかと, どうかという, どうし, どうしてそれ, どうもそう行きません, どうもそれ, どうも費用, どこか, どこが, どのかつお, どんなもの, なかなかそう思う, なにしろああ, なにしろみんなお腹, なにせい, なるべく普通, なんか婆さん, なんしろ, なんとか許し, のそのそ出, はいって, はたしてうまく, はつきりと, ほかの, ほんとうに, まさかに女一人, まさか鏡, また狸, まだ分るまい, ままそれ, まア六十度, みんな自分の, もうチャン, もう二十四五, もう云え, もう見えん, もしわれら, もし私, やめに, よいだろう, よい名薬, よくもお前, よそう, よろしいだろう, わしの, わしは, わに, わにかくれました, エルガーの, エートもしや, カメの, シェパードと, シカシそう為ようと, ハテ難物, バスが, ピューッと, ヴェルモットの, 一つに, 一人で, 一人の, 一体ここ, 一体どこ, 一大事の, 一寸行く, 一心である, 一所に, 一日の, 一生に, 一生の, 三月の, 三流四流どころだろう, 三百人ばかり, 下女の, 不承知だった, 世間が, 中堂まで, 久作に, 之に, 事実は, 二十二三歳で, 五十円ばかり, 人情此の, 人目に, 今やっと, 今云う, 今度は, 今日だけ, 今日誰かに, 仏事の, 仕官の, 他人を, 他見が, 休養日な, 会えば, 会社の, 何うだろう, 何という, 何となく士気, 何と果し, 何事も, 何処か, 何処へも, 何度も, 何方へ, 何時が, 何處に, 俊基には, 信じられない気もち, 俺の, 偖其歌は, 僧侶などが, 先に, 先にの, 先帝の, 八分強位か, 其夢よりも, 其許様は, 出が, 出来さうに, 出来ないで, 出版先に, 切口上で, 刻は, 剪つて来た, 加茂家の, 労働組合関係の, 勞働組合關係の, 占だって, 参って, 反対に, 口が, 可いわ, 同時にこれ, 向ふ, 君に, 君は, 周囲の, 和あ, 唯物弁証法一般を, 嗚呼癇癪, 四五日先きの当てが, 土蔵の, 土藏の, 境を, 壁を, 声を, 夕刊紙か, 外の, 外蛮の, 多少気味が悪く, 夜も, 夜中に, 夜食の, 大風の, 女も, 如何も, 娘が, 子供が, 子供心には, 子孝なら, 実はこれ, 実はな, 実は八丁堀, 実は只今, 実は娘, 実は寝, 実は必ずしもそう, 実は手前, 実は教えられ, 実は臆, 実は迚, 宮は, 家々によって, 家を, 寸時も, 対岸に, 将軍家にも, 尊意如何, 小判を, 小柄で, 少くも, 少し手数後れ, 尺八と, 届けて, 山々で, 山だ, 山刀が, 差当っ, 差支は, 差支へ, 幽冥界を, 庄吉を, 廣汎すぎる, 弱身, 強って, 当人は, 当分いそがしく, 彼女は, 往来で, 後に, 御得心, 御承知, 御身は, 御都合, 心の, 急ぐゆえ, 恨むらく, 恰好な, 惣ざい料理もごた, 戻ると, 拙者もちと, 拾って, 持ち合せ, 捕れて, 揃って, 教務が, 文なし, 新しいの, 旅の, 旅費が, 早い話, 昔の, 是は, 昼は, 時間が, 時間より, 時間を, 暗くなっちまった, 曲浦の, 最早其, 最早暮, 本が, 本心で, 来られるか, 松村君を, 柄杓か, 校長が, 案内し, 横井さんは, 横綱の, 橋は, 正直な, 此の, 此の度は, 此処だ, 歸れない, 死ねん, 残念だ, 殘念な, 殺してまで, 気が, 気を, 泊めて, 泥水の, 渋川まで, 湯銭さへも, 澁川まで, 為であったろう, 為でも, 為めだったろう, 為めでございます, 無一文だ, 然し柄, 然るべき後見人, 玄海灘を, 現在経済事情その他の, 用意が, 番頭さんお前さんの, 病にて, 百円の, 百姓に, 皇帝と, 相変らず, 眠とうない, 眼が, 着て, 知らない人, 砂糖が, 破傷風にでも, 破門された, 私にとって, 私の, 科学という, 穂高の, 立ちどまらない, 立派な, 竜顔は, 筆頭で, 管, 精充満だ, 精神で, 素人だ, 紹介し, 絵の具は, 緑町の, 縄は, 義務で, 老人だ, 聞いたって, 聞えた, 胸中に, 自分で, 若き二人, 藤沢の, 行けない, 行つては, 袈裟文庫を, 裸で, 要するに彼ら, 要するに最も低地部, 見せて, 見つけ出せませんでした, 見渡したところ私, 親しくない, 親の, 言うには, 言ったが, 調子外れで, 請人が, 貴下に, 買う力, 路用は, 軍師自身は, 軍艦に, 近いうち, 逃げられないの, 遠慮しとく, 遺憾ながら, 都には, 金融は, 鈴木屋さんに, 銃剣肩に, 銭がねえと, 長くなる, 長くは, 長途の, 開くか, 関の山その, 雲仙を, 雲煙霧消, 音を, 頗る地味, 頼んだ金, 風邪ゆえ早う, 飛ぶが, 飲める口, 飲用水には, 馬に, 馴染で, 鼻が

▼ たいから~ (632, 1.2%)

35 である 2816 です 12 なの 11 であった, では 7 それを 6 ですよ, 来て 5 だと, であります, なん 4 であろう, なんだ, 世話を, 別の, 君の, 泣くの 3 であつ, 書いて, 生きて

2 [27件] こちらに, これで, さう, じゃ, すぐに, そこで百姓, だよ, つれて, で, でそして, でも, サイダーでも, 会って, 先に, 出て, 書く, 歩く, 海へ, 私の, 紹介し, 自分が, 自分で, 許可し, 遊びに, 適当な, 都合を, 釣って

1 [398件] あちらへ, あなたにも, あなたは, あの岬, あやふやな, い, いうん, いっしょに, おいで, お上げ, お前これから, お前さんも, お前は, お名前, お差支, お暇, お百姓さん, お蘭, お雪, かまわずここ, かれら, こ, こういうこと, こうし, こう信じ, ここで, こちらから, こちらが, こつちへ, この手紙, この机, この話, これから五分間, さわらんで, しばらく借し, じゃお, じゃよ, すまないが, するのよ, せめて其, ぜひ受け, ぜひ至急帰っ, ぜひ逢い, そういうこと, そこ, そこらの, そしたらおか, そちらに, そとでが, そのつもり, そのハシタナイ姿, その内, その校訂, その節, その邊, そばへ, そら覗い, それで, それでお, それでわたし一人, それで幸内, それに, それにも, それは, そんなこと言, そんな仕掛, だこの, だった, だという, だとさえ, だまって, だらう, だらうと, だれも, だろうと, だハハハ, だ僕, だ諸君, ちょっと休ん, ちょっと来, ちょっと梯子, ちょっと顔, ぢや, つくるまで, つて宜いか, つて死なれる, てつだつ, であ, であったかも, であったの, でありました, であるが, であるそこで, であると, である又, である煙草, であろうと, でお, でございます, でございます何, でした, でしょう, でしょうか, でしょうが, ですお前, ですと, ですわ, でなくて, ではござりませぬ, でもう, で同時に, で多少, で家兄, とにかくしばらく別れ, とにかく金, ともかくも, どうか, どうかかの, どうか世話, どうか御, どうしても一円五拾銭, どうぞよろしくお, どうぞ健三, どうぞ助太刀, どうぞ船橋, なにか麪桶, なるべく早稻田, なんじゃあ, なんだろう, なんでさあ, なんですっ, にすぎません, ひと晩でも, ひるげ, まあ待ちたまえ, まず題名, まア此処, みんなを, もう一遍, もう暫く女給, もし読ん, やって, やまぶきには, よろしくたのむ, よろしく送金, よろしく頼む, わざと地味, わしの, わたしは, ダイナマイトを, チャンと, チョットお目にかかりたい, ッて, パンパンを, ホテル迄, 一人で, 一人急い, 一寸一しょに, 一層百貨店, 一日二日の, 一番を, 一緒に, 上げるん, 上へ, 上らせて, 上手に, 也, 二丁町へ, 二三日中に, 二十両とか, 二尺も, 二時だ, 云うの, 云って, 五六種送つ, 五日でも, 人払を, 今夜にでも, 今夜一晩此処へ, 今夜来, 今晩よく, 今暫く, 仕方が, 仲間を, 休日に, 伴れ, 伺ったん, 住所を, 住職なり, 何う, 何か, 何とか自然, 何事も, 何処か, 何卒自分, 何卒願います, 余人を, 作ったまで, 俺が, 俺に, 傍へ, 催眠薬を, 僕は, 儲かれば, 入れたり, 六ツ半ごろ眼に, 共に尽力, 内村鑑三全集を, 出した迄, 出席せよ, 出来たら出版, 助けて, 助手として, 勉強した, 十三編書い, 千円ぐらい, 印刷する, 又もう, 取りつくの, 取次いで, 受けて, 可い加減, 君も, 否定する, 呼びかけるの, 呼んで, 和泉と, 唄うのに, 四五日の, 夕飯を, 大阪へ, 奥様へ, 女学校の, 宅へ, 安井家へは, 宜しく頼む, 家が, 少し, 少し急い, 少し此所, 平戸に, 平河町へ, 広場の, 序詩を, 店まで, 度々来る, 廻して, 弟子に, 待って, 後を, 後口, 御在宿, 御持ち, 御朱印を, 御迷惑, 応分の, 急な, 成田さんへ, 我儘が, 戦つたのだ, 手が, 手廻しよく, 手隙に, 承知し, 承知を, 拙宅へ, 持て来いと, 指導し, 描きたいと, 支度を, 教えて, 文句を, 斬るの, 斯んな, 旅費を, 日名子さんが, 日時を, 日曜日に, 日本人イルマンの, 早々呼出せ, 早くゐ, 早く出かけましょう, 明日は, 明日動坂へ, 明日縫ちゃん行かない, 明治学園へ, 是非くれ, 是非二階の, 是非出し, 是非帰る, 是非来る, 時間が, 暇を, 暫くの, 書き作りたいから, 書こうと, 最後に, 月琴でも, 木工場の, 本誌の, 来いと, 来たの, 来たん, 来るん, 来訪する, 東京に, 東京へなんか, 柚木先生自身伸子の, 査証の, 案内し, 梟す, 梶に, 楽譜を, 機会が, 欲しい物, 正しいいい方, 歩いて, 死ぬの, 死ぬ事, 段々話, 毎日新聞社へ, 江戸入りは, 渡り廊下に, 煩悶する, 物干しの, 生きねば, 用も, 用意し, 申しあげたのに, 皆さんで, 皆な, 直ぐに, 直に飛出し, 相手を, 真先に, 着物を, 知った人, 神田へ, 神話に関する, 私が, 空いて, 窃と, 立腹致した, 箱根地方へ, 築地の, 細い道, 結晶の, 考えて, 考える, 考へる, 聞いて, 聞くん, 自分の, 荒療治は, 葬式は, 薬が, 薬を, 行ったの, 見たとは, 見逃して, 親子二人とも, 親子二人共是非足を, 言づてを, 許りであります, 証拠人に, 話して, 話も, 誘いに, 誘蛾燈に, 誰か, 請出されて, 貸して, 賛成し, 踏み止まって, 迎えに, 迎へに, 近日上ろう, 逢うそれ, 連れて, 遊びが, 遊んでるんぢ, 運動に, 遠慮なく選ん, 酒だけを, 金を, 銀座あたりまで, 門下生に, 附き合って, 階下の, 隙を, 電報を, 電話を, 預けて, 頼みますと, 題も, 額は, 食べたの, 黙って

▼ たい~ (574, 1.1%)

179 がある 33 があります 18 があっ 14 がございます 11 もある 9 が有る 8 をし 7 があつ 6 もあった 5 がありまし, があるなら, は山々 4 があった, が御座います, は無い 3 があ, があれ, が山, である, はそんな, は沢山, もあります, も無

2 [24件] があり過ぎ, が一つ, が一ぱい, が在った, が残っ, が沢山, じゃ, する筈, だ, だった, です, でも, で去年, とは恐らく, ね, は, はありません, はない, は澤山, は私, もございます, も有ります, を云っ, を考え

1 [190件] ありやへん, いの, お頼み致したい, から前, が, があったら, があと, がありやし, があるであろう, があるなら仰, があれこれ, があんまり, がいえない, がいえなかった, がいっぱい, がいろいろ, がご, がございまし, がござれ, がそう, がたくさん, がたった, がだ, ができた, がどうしても, がね, が何, が出, が出来た, が出来ました, が多い, が多く, が少し, が御, が御在, が有, が有っ, が有った, が有ります, が無かっ, が胸先, この二つ, その為, だから, だが, だけに熱中, だけをあけすけ, だけ云っ, だけ遠慮なく, で, でございます, ですね, というの, とは, と存じます, と思っ, と思った, と段々, と言わね, ながら聞い, なすべき事, などあ, なんて, にお伽噺, にお伽話, にはもう, に切り, に寄ったら, に於, に落ちる, に話, のあつ, のあらまし, のある, の初め, の沢山, はあっ, はある, はあんめ, はいくらでも, はいたい, はいつも, はいひたい, はいろいろ, はこの, はこれ, はございません, はしちまった, はそれだけ, はたくさん, はたんと, はちっとも, はどし, はどれ, はなくなりました, はなん, はねえ, はもう, はもう少し, はやりつくした, は一向に, は会いたかった, は何ひとつ, は何ん, は何一つ, は作品, は制作展, は厳密, は参りたい, は山, は山積, は御座いますまい, は手, は昔, は是, は有っ, は此, は熱心, は生きてる, は私共, は義経, は衣川, は非常, は麦門冬, ばかりでございます, べ言う, もか, もしばしば, もたくさん, もない, もふえ, も云え, も今さら, も何, も出, も多い, も定め, も山々, も後廻し, も無かっ, も無性に, も省かなけれ, も聞かず, も胸一ぱい, も言えず, も言ひたい事, も遠慮, も黙っ, をあきる, をいっ, をさんざん, をしました, をし行きたい, をどんどん, をやっ, をやった, をやり, をやる, をわざと, をソックリ君, を一ペン, を一人一人, を云い尽し, を云い続けた, を云う, を云おう, を五六段, を併せ, を勝手, を吐かす, を告げる, を思える, を思ふ, を我慢, を書い, を決してそう, を私, を話し, を話したら, を話す, を調べ, を述べる, を願っ, 一度来訪, 出来ないわ, 又はお知らせ申, 書きたい事, 聞きたい事, 若くは, 話したい事

▼ たい~ (481, 0.9%)

76 がする 64 がした 35 がし 22 もする 21 になっ 19 がします 15 になった, もした 12 のする 9 になる 8 がしました, もあった, もし 7 になりました 5 がしきりに 4 がある, でいる, になり 3 がしない, になります, もあったろう, もある, もなかっ

2 [13件] があっ, がいたします, が一ぱいであつた, が起っ, なの, にもなった, にもなる, はあった, はある, もしなかった, も致します, も起る, を起こさせる

1 [104件] ありと, かい, かへと改めて, かも知れない, があり, があれ, がいたしました, がお, がおこらない, がしたらし, がしなかった, がしみじみ, がするだろう, がちょっと, がどこ, がます, がむらむら, が一ぱい, が刻々, が動かされる, が強い, が強く, が急い, が致されます, が致しました, が起った, が起つ, が起らない, が起らなかった, が起ります, が頻り, さえし, さえした, さえする, さえ私, さえ起こさせた, さえ起こる, さえ起し, だ, でおられる, ですから, でな, で居る, で焦つて, なん, なんぞまるで, にさえなる, になつた, になつて, にならない, になりまし, になるだろう, になるでしょう, にはなれなかった, にもならなかった, にもなります, に自分, に駆られ, のした, のない, の弱, の起こった, はありました, はさらに, はした, はしませんでした, はない, はなかっ, はもはや, は不思議, は人, は多分, は大いに, は少し, は起こさなかった, もあっ, もあったかし, もあり, もありました, もありません, もいたさぬ, もされ, もしない, もしました, もしやしない, もなかつた, も一寸, も多かっ, も失せなかった, も手伝つて, も時々, も時に, も薫, も起こらないで, も起こる, も起った, も起らない, も起らなかった, をおこさせ, を彼, を覚えた, を起こした, を起させる, 少からず

▼ たい~ (470, 0.9%)

3211 顏を 6 人に 5 いきさつを 4 人で, 氣が, 男が, 言葉を, 話だ 3 んだらう, んの, 人, 人が, 名前だ, 奴が, 家で, 心持で, 臭が, 顔を

2 [35件] あてこすりみたいな, あーと, ものが, ものだ, やつが, んだって, んです, アと, 二十一の, 人も, 人を, 人物が, 人間は, 人間ばかし, 八, 声を, 女が, 尤もらしい, 御新造, 怖れ, 感じの, 格構で, 氣で, 爺に, 男に, 素直な, 臭や, 芝居の, 話さ, 調子で, 野郎が, 野郎だ, 野郎で, 顔つきを, 高慢な

1 [296件] ああコズメ, あじの, あの船長奴, あの頤, あわて者, あんなでれ, あんなに光, いくらゐ, いけませんか, いちいち恩人さま恩人さま, うそあんまり, おく病ものは, おとなしく洗濯, お京さん, お八ツ代り, お山に, お母さんは, ことは, ことばばかり, このさい, この椅子, こんなこと, ごくごくせまい, さと, しかし我慢, ずっと連れ, そうすれ, そのいじけた, そのよき, その男, だが何, だけどぼく, つぶやきみたい, ところがあつ, ところで親父, ところで頻りに, どうし, どっぷりと, のだ, ばの, ひねッこびた, ふざけ方, まっ黒な, もの, もので, ものに, ものも, ものを, もんで, やつで, やつです, やつ帽子を, やりたいなだ, やナンマンダブ, んだ, んに, アお, アって, アといった, アほんとうに, アツヤは, ア思い切っ, ア行きたい, オーロラが, キラキラが, グロテスクな, ゼイタクを, チョコマン舟の, バラックの, ブルブルツ, ヘッあほらし, ボート見たい, ポーズで, ムツツリ, 一年級は, 一杯やりたい, 万三郎さんは, 上流の, 不器用者は, 不恰好な, 不真面目, 世間知らずは, 乱暴な, 事いふ, 二階で, 人いふたらあれへん, 人です, 人と, 人は, 人悪人かしら, 人間さ, 人間の, 仕掛を, 仕送を, 会話が, 伝二郎が, 位ゐ, 位置を, 何ういう, 何うにも, 何でも, 信州へ, 俳優で, 個人主義者に, 僕も, 僕らの, 優しい娘さん, 兇惡無, 処だ, 出来損ひ, 分別臭い顏, 勢で, 十分の, 卑しい人間, 卷物を, 厄介者は, 厭な, 去年の, 取りとめも, 口つきで, 名に, 名を, 名前の, 吸物椀で, 呑気な, 咽びを, 嗤ひとそして, 回り方, 土落しに, 坑夫たちは, 声しか, 夢を, 天使, 奇怪な, 女だ, 女の, 女は, 女詩人, 奴だ, 奴だった, 奴ぢや, 奴に, 奴等に, 妓の, 妙な, 娘を, 字あらへんたらいふ, 実感は, 家が, 家に, 寮に, 山吹色の, 帶か, 廊下の, 建方だ, 建物が, 形を, 得意らしい, 心持に, 心持にな, 心當り, 心細い話, 怒鳴りや, 思ひに, 思ひを, 息苦しさ, 恰好ぢや, 恰好まで, 恰好を, 悧口者です, 悧巧者です, 悪い話, 悲痛な, 意味では, 感じで, 感情を, 慣れないもの, 慣れぬ足どり, 我儘な, 手付きで, 手術台に, 押えられない力, 指導しか, 方が, 方の, 暗がりの, 暮しは, 望みを, 村井を, 格好で, 桑名の, 様々な, 機能しか, 母親の, 気持に, 気色に, 氣に, 江戸川さんしかり, 没理性状態に, 浅薄な, 浪人は, 無学文盲には, 無神経みたいな, 焼松茸, 煩悶に, 熱さ, 熱湯の, 牛だ, 物凄い勢ひで宙, 狂漢に, 王様の, 生徒が, 生活に, 生活は, 生活を, 男の, 男は, 病氣を, 癪に, 発見けられた, 白々しい心地, 白々しい間隙, 皺くち, 眞實性を, 眼が, 眼ばかりの, 眼を, 矛盾を, 神変を, 私の, 穀潰しにゃ, 突つ, 笑い声じゃ, 笑ひ, 第一柄ぢ, 糸七, 素寒貧について, 紫色の, 絵の, 綺麗な, 練習用の, 縁結びに, 罪人らしい, 羨ましい心持, 老朽とは, 聲を, 脇差です, 臭, 臭いです, 若い衆も, 落第家とは, 蓄音機と, 薄穢い, 藻草だの, 虫だ, 行きあたりばつたりの, 被布を, 見さえ, 見たいな, 親爺の, 言葉が, 記事が, 話が, 話で, 話ばかり, 話を, 贅沢や, 途方も, 野菜の, 野蛮人が, 野郎です, 金だ, 金貨を, 錠剤を, 陽氣な, 隔りを, 静岡に, 面してや, 面白さ, 頓栗眼の, 顏で, 顏に, 顔だ, 顔つきで, 顔つきでぬ, 顔は, 顔や, 風し, 風ぢや, 風に, 餓鬼でも, 首筋を, 馬鹿でねえ, 馬鹿な, 鬼が, 魚を

▼ たい気持~ (467, 0.9%)

25 になった 21 になる 20 だった, になっ 8 であった, でした 7 がある, だ, なの 6 である, でいっぱい, で一ぱい, で一杯, になりました 5 があった, です, になつ 4 がする, もあっ, もあった, もない 3 がし, だったが, だったの, でいた, に駆られた

2 [23件] がうごい, がした, がない, が強い, だつた, で, でいつ, なん, にかられ, にさせられる, になつて, になり, にもなっ, にもなり, はあっ, は強かっ, もある, もする, もなかつた, も別段, をおさえ, をこらえ, を我慢

1 [222件] ああいやらしい, からがぶがぶ, からどこ, から両手, から周魴, から妾, から彼等, から無理, から訊ね, が, があつ, がうずまい, がおのずから, がおれ, がかくされ, がこみ上げ, がしきりに, がたっぷり, がふくまれ, がまだ, がわく, がイッパイ, がハッキリ, が一そう加, が一杯, が京吉, が充分, が判らぬで, が動いた, が多, が奇怪, が年中, が期せずし, が湧き上っ, が激しい, が生れた, が痛切, が私, が絶え間, が自分, が誰, が起った, が起つ, が起らなかった, この二つ, さえある, さえいたす, すら抱いた, そんなもの, だけが分る, だけはいつ, だったあの, だったので, だつたが, だつたもの, だの疑問, であ, であったが, であったらしい, でありましたが, であること, でいま心, でいる, でかなり, でございました, でございます, でしかし, でしょ, でしょんぼり, ですとも, です小生, でそう, でそれ, でまだ, でむずむず, でゐた, でベッド, で一生, で其処, で呟く, で四辺, で居る, で扉, で新釈諸国噺, で火, で父, で犯罪, で白紙, で白鷹氏, で私, で胸, で蝶子, で見, で面, で順造, で駆けつけた, とが彼, とが裏表, とはこの, ともはや, と皆, と自分, と避けたい, なぞがある, なぞは微塵, など私, なのね, ならば, なら同じ, なんかを字, にかられた, にさえなった, にさえなる, にさせ, にさせる, にさそわれた, にされ, にされた, になりかけ, になるだろう, になるでしょう, にはならなかった, には少し, にもちょっと, にもならなかった, にもなる, にようやく, に唆, に成つた, に燃え, に苛, に襲, に襲われ, に襲われた, に襲われました, に誘われた, に身うち, に迫られた, に迫られました, に駆られ, に駆られました, のほう, のよう, の方, の時, の湧く, の満たし, の行き懸り, の逆, はあった, はあつ, はある, はかなり古く, はし, はしばしば, はそのまま, はなほ人並, はもとより, はよく, は今, は分ります, は分る, は動かなかつた, は山口さん, は微塵, は戦勝国民, は書けん, は殊勝, は私, は胸一杯, は解る, は鬼, ばかり, もあつ, もし, もした, もわかる, も凋む, も強かっ, も手伝っ, も無い, も無かっ, も現在, も私, も起らなかった, も起り, やこうして, らしくすこしも, をあおられた, をおこさせた, をおこさせる, をおしつぶす, をかくして, をぐっと, をこら, をじっと, をそそられた, をそそります, をまぎらす, をもっ, を一所懸命, を二本, を何度, を制しかねる, を堪え, を女王, を当時, を感じた, を感じだし, を感じる, を懐かず, を抑え, を押える, を持っ, を持つ, を無理, を表白, を覚えた, を誘った, を起させた, を起させる, を起し

▼ たいやう~ (462, 0.9%)

66 な気 41 な氣 34 な気持 20 な心持 15 な氣持 7 なもの, な衝動, に思ふ 6 な, な表情 5 な心 4 だ, なこと, な御, な気分 3 なところ, な事, な変, な気持ち, な話, な誘惑

2 [21件] である, であるの, でした, なさうかと, なたまらない, などんな, な不思議, な口吻, な寂し, な心もち, な思ひが, な恰好, な愛情, な様子, な樣子, な氣分, な甘ったるい, な考, な顏, な顏つき, な顔つき

1 [172件] だなあ, であつ, であるが, でしたわ, です, ですが, でも, なお, なこの, なこまかい, なしかめつ面, なしたくないやう, なしや, なじれじれした雨, なそして, なその, なそぶり, なそれ, なそれほど, なの, なはなれ難い, なやるせな, なグロテスク, なヂリヂリ, な一種, な不愉快, な不満, な二三, な代物, な低い, な健康, な其様, な切ない, な厭味, な又は, な反抗, な口, な口ぶり, な喜, な喜ばし, な地味, な垢拔, な場所, な壮漢, な夢現, な好い, な妙, な妬まし, な嬉し, な子供, な孤寒, な寧ろ, な小さい円い, な小さな, な小柄, な少女歌劇式場面, な少年, な広いいかめしい, な底, な底冷, な底力, な弾力, な当惑, な心そ, な心地, な快感, な怒気, な恐ろしい, な恥, な悲し, な悲痛, な惨, な愉快, な意, な意気込, な感動, な慾, な慾得, な我儘, な折, な文句, な本, な村, な柔かい, な欲望, な歌, な止め度, な歴, な殺気, な気さ, な気配, な氣もち, な氣持ち, な水, な泣くやう, な浅まし, な涙ぐましい, な清らか, な漠, な激しい, な激怒, な烈しい, な無限, な焦つたい苛, な熱い, な燥, な物狂ほしさ, な狂, な狂暴, な男, な痙攣, な癇癪, な目, な笑ひたいやう, な素振り, な綺麗, な美し, な美しい, な老, な肉親仲間以外, な能動的, な脚本, な色, な色ッポサ, な芝居, な花, な苦しい, な英雄的, な草, な荒い, な要求, な親しみ, な言葉, な誘ひ出されるやう, な調子, な豫期, な遣瀬, な金釦, な雲, な顔, な風, な體, にい, にいい, にさせる, にし, にする, にそ, にも思, にゴオド, に仰し, に可哀相, に夜, に思, に思つて, に思はる, に思はれました, に思ひました, に思ひます, に思召, に悔し, に情なく, に感じられた, に懐しく, に書け, に未だ, に沈ん, に笑, に苦しい, に言, に読み得なかつた, ね

▼ たいため~ (413, 0.8%)

21 であった 19 である, に 8 にこの 7 だった 5 だったの, です, なん 4 であつ, なの, にこんな, にその, にわざと 3 だ, だと, であります, であること, でした, ではない, でもあった, にお, に今日, に何

2 [27件] か自分, でございます, ではなかっ, ではなく, にあせりぬい, にあの, にあれ, にあんな, にお前, にこうして, にここ, にば, にほかならない, にも若い, にわざわざ, に不自由, に女, に妻, に小説, に彼, に或, に詠む, のよう, の器, の自殺, もあった, もある

1 [220件] うまうまと博士, か, かのよう, からで, からであった, さ, じゃ, だかも, だそう, だったおれ, だったからな, だったが, だったし, だったと, だという, だろうか, だ野球, で, であ, であったか, であったこと, であったと, であったろうが, であって, でありその, であり少し, であるが, であると, であるとも, であろうのう, でしたが, でしょうよ, でで, でないか, ではありませぬ, ではなかつた, ではなから, でもあらう, でもある, で御, で神, で酒, とかく多少わざとわき, とひとつ, ともう, と伝えられ, と言, なんとかし, にああ, にあたし, にあなた, にいろいろ, にお前達, にきい, にきょう昼間, にこういう, にこれ, にこんなに, にしめし合わせ, にするなら, にそこ, にそれ, にそれから, にそれだけ, にそんな, にだけでももう, につとめました, にである, にです, にどんな, にね, にのみ死んだ, にのみ長, にはこの, にはちがいありません, にばかり生き, にばかり過ぎし, にまず, にやっ, にやってくる, にやって来た, によく, にイヤ, にグラス, にコピー, にツマら, にレオ, に一杯, に三十円, に三年, に上智大学, に下りた, に不用, に世間, に二円, に云う, に今, に他, に他人, に以上, に作らせた, に來, に傷ついた, に働い, に兼輔, に十分, に危険, に參つたの, に叫んだ, に吾妻, に商売, に土地, に多く, に大, に大正年代, に女優, に好奇心, に小作人, に小川さん, に少なくとも, に尚も, に尤, に已むなく国法, に巴ヶ淵, に弁, に引きとる, に弟, に彼女, に忙しい, に想像, に敢, に文獻, に新しく, に日記, に時々, に時には, に書いた, に書かれた, に有頂天, に朝, に来られた, に正確, に死にたい, に泥棒, に満, に爺, に独逸勢力, に生, に生き, に田舍, に病者, に直接, に眼つき, に祇甲, に神頼み, に私, に私ども日本人すべて, に競っ, に笑, に米友, に自然, に自由, に行う, に要するに, に親たち, に親切, に記者, に話し, に話した, に警視庁, に譲る, に豪華, に貴下, に貴女, に迎え, に退屈, に違い, に重い, に重い重い, に金森出雲守, に関ヶ原, に阿片, に集めた, に難渋, に非常, に飲んだ, のう, のお金, のかこつけだ, のみである, のもの, のやう, の主張, の仕事, の善意, の弁護, の御一新, の必需品的, の悩み, の材料, の理くつ, の盛事, の苦労, の親切, の言葉, の酒, の長尻, ばかりで, ばかりでなく, ばかりにこそあらゆる, ばかりにひとり列, ばかりに動い, また夫, よ, わざわざ不便, わざわざ携え, 即ち競争, 呼んだわけ, 早くこの, 遥々と

▼ たいほど~ (350, 0.7%)

22 だった 8 である 6 でした, です 5 気が 4 だ, であった 3 でございました, なの, 僕は, 可愛がっ, 腹を, 興奮した

2 [14件] くたくたに, じゃがここ, でございます, よろこびました, 不安で, 切なく胸, 口惜しいの, 可愛かった, 嬉しかった, 恥ずかしい, 曰くあり, 気味が悪うございます, 深い仲, 癪に

1 [249件] あわれ, いたましい, いって, いとしらしい, いまは, いら, いろいろと, うずいて, うまそう, うれしいといった, うれしかった, うんざりし, うんざりした, おいしさ, おかしかった, おかしくきこえた, おかしく分っ, お雪ちゃんは, がっかりし, きつい激動, くやしくなっ, ここへ, さびしい貧しい町, さわやかな, しゃくにさわって, じゃ, すべてが, そうね, その味, その男, それが, それに, そんなに名誉, たくさんで, ただ自分, だが, だつた, だと, だのに, つらかった, つらく思った, であつ, であります, であるあんなに, であるの, であるのに, であッ, でご, でございますよ, でございます倩娘, でさえ, でしたの, でしたよ, でしたわ, ですけれど, ですの, ですのに, ですわ, では, でわたし, で鎌倉, とろんとして, なつかしいおなじみ, なつかしい光, なんとなく気がかり, な好い, な心, な思い, な機会, な母性, な気, な狂人, な顔, のどかな, の憐れむ思ひ, ひきたって, ひとの, ひもじいのよ, ひや, ふくれて, ますます感じてる, もの静かな, やたらむしょうに, よう似, イヤな, オレが, ジリジリする, ムズムズし, 一人ぼっちの, 上手に, 不味い, 不快な, 不様な, 不潔な, 不規則を, 乗り込んで, 乱れ狂う, 仕事は, 他の, 代った, 何か, 侘しい気持, 侘しくなった, 侘びしく同情, 優美でした, 元気が, 冷淡な, 千世子は, 厭だった, 口惜しかった, 口惜しかつ, 可愛い男の子, 可愛らしさ, 可憐な, 吉良への, 哀れに, 四方八面に, 声が, 外国人および, 失望した, 女心では, 好きだ, 好きだった, 好きで, 好きである, 嫌な, 嬉しかつ, 嬉しくなった, 嬉しくなりました, 嬉しくなります, 嬉しく神神しくさえ, 嬉しさ, 尊い立派, 小さく美しくお, 平べ, 幸福だった, 幾太郎に, 形の, 彼女は, 御大切, 微弱であった, 忙しい折, 忙しくなる, 怒りの, 思えども, 怨んで, 怨んでるの, 恋しくなっ, 恐縮しました, 恥かしくて, 恥かしくなる, 恥しかった, 恥しくまた, 恥じ入って, 恥ずかしかった, 恥ずかしくなる, 恥ずかしゅうございます, 息苦しくなった, 悔いのは, 悪らしく思った, 悲しい気持, 情なくなっ, 愉快であった, 意気頗豪なる, 愕き, 感動しました, 感動を, 憂鬱に, 憎かつ, 憎くらしい, 憎まないでは, 憎らしいもん, 憎らしいわ, 憎らしかつ, 憎らしくなりました, 懐かしいの, 懐しむ, 故郷へ, 数限りも, 日本贔負の, 日頃の, 明るい生活気分, 暇で, 有難かった, 朗らかな, 枯れた文字, 様子で, 殘念だ, 氣に, 沈滯し, 波打って, 涙が, 淫らな, 清く涼しい音色, 温く私, 無念残念やる, 焦, 熱心なる, 田舎染み, 疲れて, 疲れ方, 痛ましい姿, 痛切である, 痛烈に, 癇が, 目鼻だ, 眼頭が, 私が, 私を, 空腹だ, 絶対な, 絶望的だ, 美くしく, 美しい, 美しい夫婦, 美しい心, 美しかった, 美しく思われる, 羞か, 耻ぢ入, 肉体に, 胸が, 腹が, 腹立たしくなった, 自ら責めた, 自分が, 苛だたし, 苦しかった, 葉子の, 蒸し暑い日, 蒸暑かった, 行きたいなら, 訴訟を, 貰いたかったが, 貴方が, 身の, 軒傾いた, 軽い気持, 退屈な, 重っくるしい, 錆びの, 鍾愛し, 長い思考, 阿呆らしく, 静寂を, 顔も, 高い処, 鮮かに, 麗艶な

▼ たいとは~ (348, 0.7%)

24 思って 19 思わない 10 思うが 9 思はない 8 思わなかった 6 思いません 5 少しも, 思いながら, 思いませんか, 思つた 4 思ったが, 思わないかね, 思わないの 3 思いましたが, 思いますが, 思うの, 思っても, 思つてゐた, 思はなかつた, 思わないが, 思わぬ, 考えて, 誰も

2 [21件] いかなる儀, 存じますが, 思いながらも, 思いますけれど, 思いませんが, 思いませんでした, 思いませんでしたわ, 思うて, 思えども, 思ったけれ共, 思ったものの, 思つてゐない, 思はぬの, 思ひません, 思ひませんか, 思へども, 思わないから, 思わないけれど, 思わないと, 思わなかったし, 言わず又

1 [168件] あきれ果てた未練者, あせるものの, いえ真, いったい何事, いつも思う, いつも思っ, いわないだろう, いわないの, いわぬ, おぼしめさぬか, おもいながら, おもいますが, おもわないかい, おもわぬか, お思い, お思いなさらぬ, お考え, かねてから, かねてから楽しみ, このこと, この人, この場, この家, これまでにも, さらさら願っ, ずっと以前, そのこと, だまされたいと, ちっとも思っ, ちっとも考え, ちょっとも, つゆ思ひません, どういうご, どういう意味, どういふ, なおさら思わなかった, ねがわないが, ぼくらの, まるで思わない, みじん思わぬ, めったに, よくよくの, 一同の, 三十五歳にも, 云ってるだが, 云や, 云わず本郷通り, 云わないの, 以前から, 何だ, 何んの, 先師の, 先生の, 前から, 国を, 土台思っ, 夢にもお願い, 大嘘, 女房の, 如何に, 存じません, 宜く云った, 宮さん好う, 寸毫も, 常に思っ, 平生から, 幾度も, 彼が, 心がけて, 思いたくないわ, 思いは, 思いひょっと, 思います, 思いますがね, 思いませぬ, 思いませんね, 思いませんの, 思いませんや, 思いませんよし, 思う, 思うから, 思うけれど, 思うけれども, 思うたばかり, 思うまい, 思うん, 思う也, 思えなくなりました此の世, 思った, 思ったけれども, 思っては, 思ってるわけ, 思つ, 思つてゐる, 思つてゐるらしい, 思つてを, 思つて居ない, 思つて居ません, 思はないが, 思はないけれど, 思はないだけの, 思はないで, 思はないでは, 思はないの, 思はない屹度, 思はない譯, 思はなかつたが, 思はぬ, 思はぬが, 思はんの, 思ひながら, 思ひながらも, 思ひは, 思ひませぬ, 思ひませんかと, 思ひません若し, 思ふけれども, 思わず堅気, 思わないか, 思わないかい, 思わないかネ, 思わないだろう, 思わないでしょうから, 思わないね, 思わないわね, 思わないん, 思わない揚げたて, 思わない程, 思わなかったが, 思わなかったに, 思わぬか, 思わぬかな, 思わぬが, 思わぬでは, 思わぬと, 思われたけれ共, 思われなくなった, 思わんの, 我々も, 戸村の, 拙斎, 断じて思わない, 時に思う, 更々思いません, 望んで, 村民一同の, 東照宮の, 根が, 毫も思わなかった, 決して思わない, 決して申しませぬ, 決して言わない, 申しませぬ, 申しませんがね, 申しませんそれでは, 私の, 私思わない, 篤胤没後の, 言えなかった, 言わない, 言わなかったぞ, 言わぬ而, 誰でも, 誰もが, 願って, 願わないよう, 願わなかったが, 願わぬまでも

▼ たいところ~ (345, 0.7%)

48 だが 20 である 13 であるが 12 だ, ですが 11 がある 8 です 7 だった 6 だったが, もある 5 なの, なん 4 であった, のもの 3 さ, だけれども, であらう, であろうが, へ行く, をやっと

2 [17件] があります, だから, だけど, だったの, だね, だろう, だろうね, であるん, であろう, でご, でございます, でもあろう, はある, へ行っ, もない, を見, を黙っ

1 [132件] いそがしくて, ううむ, からこういう, からめいめい, から云いたい, があっ, があった, があるです, がいたる, が多, が多く, さなど無礼, じゃ, じゃが, じゃが赤桝, だけお, だけれど, ださうですけど, だったでしょう, だったに, だつたが, だつたので, だと, だほか, だよ, だらうね, だろうしかし, だろうと, だろうどう, だ島原, だ捜したの, であ, であったと, であったろう, であったろうが, でありかの, であるけれども, であるし, である一応, であろうと, でございますけれども, でさえあった, でしたろう, でしょう, ですお, ですから, ですけれど, ですなあ, ですね, ですよ, ではある, ではない, でもあらう, でもない, で市川氏, で話す, なれども, なんで, に留まれ, に行き, に限っ, のやう, の超, は, はいろ, はこの, はその, はない, はないです, はやはり, は十分, は唯, は宮殿, は湖, へいっ, へさわらせろ, へつい, へどこ, へはどうしても, へはみんな, へも行けない, へゆく, へ出, へ出かけられた, へ出ます, へ行くでしょう, へ行けたら, へ行けない, へ行ける, へ行こう, へ追い込ん, へ飛ん, もあっ, もあつ, もあります, もそこ, もその, もちょい, も歯痒, よ, らしいが, らしいの, を, をここ, をすこし, をなにか, をまわっ, をわざと, を光丸, を帆村, を平仄, を御, を感じます, を憚, を我慢, を書い, を書いた, を歩く, を気の毒, を無理, を老, を耐え, を裏長屋, を見計っ, を起された, を辛, を述べる, を逃がし, を逆, を通り越し, を雪姉ちゃん, 相当やかましく

▼ たいといふ~ (289, 0.6%)

14 やうな 8 希望を 6 願ひ 4 考が 3 およし, 人が, 気持が, 気持も, 気持を, 氣が, 考へが, 考へを, 風の

2 [16件] やうに, 小説も, 希望が, 心からの, 手紙を, 欲望が, 氣持が, 氣持には, 熱心な, 理由で, 私の, 考へ, 考へで, 要求が, 話で, 願望が

1 [198件] あたま, あなたが, あの物語, お上の, お気持, かすかな, ことで, この事, その原作, その熱心, その物語, それは, なにしろ考へれ, のぼせた野郎, みんなの, やうでございました, サチ子の, 一事である, 一念である, 一歩進んだ, 下心だらう, 下心で, 下心は, 人には, 人の, 人へ, 人も, 人間なら, 人間の, 仕事そのものへの, 僕の, 優勝慾も, 切な, 努力に, 口上である, 可憐な, 合圖を, 域内で, 夢の, 夢想から, 女の, 好奇心と, 好奇心は, 好奇心を, 娘は, 嬉しい気づかひ, 子供らしい, 子供染みた, 容子で, 富沢に, 希望, 希望だ, 希望も, 希願が, 平次の, 強い望み, 強烈な, 彼に, 彼等の, 微意に, 心から, 心が, 心に, 心も, 心持が, 心理, 心理が, 心細い意識, 志望は, 志望を, 念が, 念も, 念慮の, 念慮は, 念慮も, 念願から, 念願で, 念願は, 思ひは, 恐しい病, 恐ろしい誘惑, 意味の, 意味も, 意味を, 意志は, 意慾の, 意見です, 意見を, 感情の, 慾と, 慾の, 慾望が, 慾望に, 慾望によ, 慾望は, 慾求を, 戯作者が, 手紙も, 打合せが, 文房具の, 方針でを, 明白な, 昔風の, 春からの, 最初の, 望みそれ, 望みである, 望みなどが, 望みを, 望みをも, 望も, 未来の, 本能に, 本能にのみ, 樣な, 欲望と, 欲望に, 欲望を, 欲求に, 欲求また, 母の, 気も, 気持だけは, 気持ちが, 気持は, 氣を, 氣持ちが, 氣持の, 氣持生, 渇くやう, 激しい慾望, 熱望は, 熾烈な, 父の, 物好きな, 狂氣の, 猫の, 申出が, 男が, 痛切な, 目的から, 目的をも, 真摯な, 空漠と, 突きつめた気持, 精神と, 純真の, 継子さんの, 羽織の, 老人の, 考とは, 考にな, 考へに, 考へは, 考へをも, 考も, 脚本の, 腹を, 良心と, 茶汲女でも, 衝動が, 衝動を, 要望が, 要求と, 言葉を, 託宣が, 話, 話なぞの, 話やれ, 話を, 話OKする, 誠に突飛, 読者の, 趣意から, 身に, 身分不相, 身振, 身振りを, 通告を, 連中ば, 運動を, 野武士の, 長い假名書, 長生を, 需要が, 青年が, 青年骨が, 頑固な, 頼みである, 顔つきで, 願が, 願望から, 願望は, 願望を, 風な, 風に, 騒ぎさ, 點に

▼ たい~ (274, 0.5%)

5 違いない 4 ちがいない, 相違ない 3 なって, なる歌, 決って 2 して, なったの, 口を, 笑ひ, 見えるの, 鼻の

1 [240件] あのま, あの相州さま, あの長崎屋, あばれたらそれ, あべこべの, いふし, うつむいて, おぼつかない, お腹が, お話を, かうし, きまって, きまってらア, きまってるそれ, きまつて, こんなにデクデク, されて, したところ, しても, しろ物惜しみ, するりと指, その頃, そろえた細長, たよりない, ちがいは, つけても, できた凹所, どきんど, どこへでも, なった場所, なった時, なっても, なつた, なつちや駄目だ, なつて, ならない前, なりながら, なりますから, なりますよう, なり花袋好み, なり鳴り物, なるから, なるが, なるし, なるぜ, なるという, なるの, なるよ, なろうとは, はからずも出会わした, ひっからびた感情, ふくれてや, ふわりふわりし, ふんだんに第六感, ぶくぶくだ, へまは, むやみに, やるん, よく似, わめくの, アラシ夫婦は, アリ, エライ人でない, カツトした, カラカラに, キヨトンとして, グルグル回っ, サ私達には, シヤツの, チラチラするだ, デリカな, ヌツと, ピチピチした, ブラさげ, 一々御, 一人残らず, 一思ひ, 上眼を, 二人共自分たちの, 人が, 人は, 人を, 他ならぬ, 他人の, 代って, 似て, 体を, 体中から, 何ごとも, 何年越し滅茶, 傍聴者の, 働いたらそれ, 働かせるし, 元氣, 入り込んで, 八十の, 凝つとして, 利口や, 勉強し, 動かすだけ, 叢は, 口も, 嗅ぎ廻したわけぢ, 坂道という, 坂道といふ, 坐つた千代助, 声を, 変質しやしない, 夏場は, 夕日を, 外側だけ, 大きな西洋酒, 大胡坐, 好い加減な, 委せて, 学の, 完全看護は, 家庭では, 寂しい小屋, 寝て, 寝る人, 寝像, 對に, 小波が, 就いて, 幾ら力一杯吹いた, 庭に, 建てられて, 引込思案な, 形がちやん, 彼が, 心配性でない, 思つた, 怠たつて, 惡い, 意味も, 意地の, 慢性病は, 憶えて, 懐しい仏像, 成績を, 扱ふから俺は, 振舞うよう, 振舞ふ, 撓む程, 明るし, 昔話なぞが, 暮して, 暴れられる丈, 月給を, 朝湯に, 枯枝と, 根が, 案内され, 橋板に, 次第に生命, 歌つてゐた, 毎日, 気持ちは, 決つてゐます, 決まって, 汽車の, 泡を, 泳げるん, 洋服姿で, 済ましこんで, 湯の, 満堂激色を, 無責任に, 煙草三服の, 爆発する, 理想化し, 甚だ不体裁, 生きて, 白い眼, 相違ありません, 碌に, 神妙に, 神経が, 突立つて居る, 立てこめて, 竹槍まで, 細い上眼, 細くて, 総称し, 繋いで, 義士たちの, 老耄ちゃ, 職業を, 聽える, 臆病ぢや, 自分の, 色彩や, 薄っぺらな, 虫も, 行くにも, 表情の, 西洋人の, 見えやしないかね, 見える, 見えるのよ, 見た感じ, 見物の, 見覚えの, 覗くの, 言つたん, 言は, 言ひつけ, 言ふ, 訳の, 貴さまが, 路地で, 述べられて, 速やかに, 遅れるねえ, 過ぎない, 違ありません, 違いなかった, 違ひありません, 違ひない, 遠い事, 酔って, 重要な, 銭が, 鏡を, 長ん, 間抜けな, 間拔けな, 青くなっ, 靜かに, 非道い, 頬ペタばかり, 顔を, 飛んで, 食はず飮まず, 首を, 驚いてばかり, 高くささげ, 高く柱, 黒つ

▼ たいとも~ (229, 0.4%)

19 思って 11 思った 9 思わない 8 思つた, 思わなかった 6 思ったが 5 思う, 思うの 4 思いません, 思はなかつた, 考えて 3 思いました, 思うが, 思わんの, 考えた, 考へて, 願って

2 [13件] お思い, はいって, 思いますが, 思いませぬ, 思つてゐる, 思はないが, 思ひません, 思ふ, 思ふので, 思わないが, 思わなかったの, 書いて, 言われました

1 [102件] ある, ある時, いいました, いい出せねえ, いわずはたらき, いわず流行, いわない格別, いわぬのに, おもって, かつて冀わなかった, つくづく思う, なんとも, または自分, やって, 云ふてゐ, 云わなかった, 云わなかったの, 亦思はなかつた, 休みたいとも, 何とも, 何とも思っ, 作者は, 先方へ, 別に望ん, 存じますが, 彼は, 心に, 念願した, 思いましたが, 思います, 思いますし, 思いますで, 思いますプラン, 思いませんから, 思いませんが, 思いませんし, 思いませんでした, 思いませんでしたのにねえ, 思いませんなぜ, 思いませんの, 思いませんわ, 思い申さぬやはり, 思うけれど, 思うん, 思ったの, 思ったので, 思っちゃ, 思ってや, 思ってるもん, 思つてなかつた, 思つてゐた, 思つてゐます, 思つて見た, 思はず見れば, 思はないで, 思はないな, 思はなかつたし, 思はなかつたばかりか, 思はなかつた和服, 思はなかつた私, 思はぬと, 思はんの, 思ひまた, 思ふが, 思ふの, 思ふん, 思わずここ, 思わず人, 思わず私, 思わないから, 思わないだが, 思わないの, 思わないのに, 思わない事実, 思わなかったが, 思わなかったし, 思わなければ, 思わぬ, 書いたの, 格別に, 欲しなかった, 沽りたい, 申されません, 申しません, 知れない血, 空想し, 結婚したい, 考えたが, 考えなくなった, 考えられた, 考える, 考えるよう, 考へた, 考へないでは, 言った, 言ったこと, 言わず, 言わずうまい, 言わず結構, 言わなかった, 賑やかな, 願った

▼ たい~ (228, 0.4%)

7 いるの 6 いる 5 いた 3 あるから, いました, みた, ゐるの, 祝って 2 くれる, ゐないねえ, ゐる, んだ, 貰って, 身体を

1 [183件] ありおでん, ありました, あり番兵, あると, あるので, ある客室, いいどころ, いきげん, いたきょうだい二人, いたの, いた治助じいさん, いつもあたたかい, います, いらっしゃるの, いるおばあさん, いるここ, いるせい, いると, いるらしい, いるわけ, いるん, いる噴射燃料, いる始末, いる山下, いる彼, いる最中わたし, いる美佐子, いる部下, いろいろと, いろいろな, うずらを, うまがっ, えいちど, えじゃ, えそんな, えなら見せて, えな者は, えな苦労は, え七段目, え気違い, え話, おいたお, おかかを, おかないと, おく, おさらーい, おみおつけつくっ, おられた, お恨, お握りを, ください, くださいこれ, くれた, くれと, くれました, くれます, くれよ, くれ墓標, こっちの, これを, じっと何, そこで一こと彼女, そのそば, その前, その灰, その高まり, そふだん致し, それから記しはじめた, それが, それを, たべさせた, たべさせて, てお出で, とられた写真, なにかの, はるかに, はるばると, みそ汁つくっ, むせ返り乍ら野川君, もう蒸れた, もしやこの, もらい候者ニ, もらひ餘, やったり, やって, やつに, やる由, よく見る, ら, りょうに, わたしを, ゐて, ゐましたよ, ゐるのみ, ゐる彼, んの, カロリーを, ノーマを, ポンと, モテナシて, 一息に, 下さい, 不寝番を, 丸焼きに, 主人の, 五六十人の, 亡き大将ら, 今すんだら, 仏に, 何か, 入った, 入りいねちゃん, 共同で, 凍えた体, 出すほど, 刑部は, 呉れました, 喋りいろいろ, 土人に, 夜を, 大分水, 大変に, 大騒ぎを, 子供の, 寝た, 少い方, 床几に, 張に, 待ってるがらな, 御経, 御馳走し, 急いで, 怪しい同類, 我は, 払いのけながら, 押寄せて, 持って, 日暮里へ, 昼食を, 暖かくし, 暖かに, 村民に, 村雨松風の, 枕を, 楽しむ世界なぞ, 活溌で, 浩然と, 温まるの, 湯が, 焙る, 煖つて居る, 煙突から, 琴を, 田舎の, 睡りに, 祈って, 祈ると, 祝つ, 私の, 老師の, 自分が, 製造した, 詰らぬ埃, 貰ひ, 買い集めるの, 走って, 辻に, 部屋を, 闇に, 陽気に, 集って, 集まつた人々, 雨戸あけ, 青豆を, 風の音を, 食った方, 食べさして, 食べさせた, 食べて, 食べるの, 食事を, 飯を, 魚を

▼ たいもん~ (228, 0.4%)

5124 だね 19 だな, で 11 ですな, ですね 10 だなあ 9 だと 7 だが, です 4 だねえ, ですが 3 だよ 2 じゃね, だなあと, だわ, だわね, でございます, ですよ

1 [37件] あるねん, さ, じゃが, だおえいには, だから, だがな, だけれども, だぜという, だそれにしても, だて, だという, だなどと, だなんて, だの, だのう, だわい, だ毎晩毎晩雪, だ産婆, でげす, でございますが, でございますね, ですか, ですからね, ですがな, ですがね, ですなあ, ですねえ, ですわい, でね, でねえか, でもし, でゲス, で私, なあ, なら政府, やがなあ, よ

▼ たいので~ (208, 0.4%)

19 あつた 12 ござります 7 ござりまする 4 あらう 3 せう, 私は 2 ござんす醉, して, せうけれど, へい, やかましい宿屋

1 [150件] ああし, あつたらしい, あつて, あらうけれども, あらうし, あんなこと, いっぱいと, いまは, いろ, お前の, お北, お気に, げすが, ここでは, こちらへ, ことさらに, この以上, この原因, これ以上に, こんどは, こんなに早く, こんな機会, ごくおとなしく, ござんす, ござんす酔, さうし, さつき刑事を, した, しつこくきく, してな, してね, すこしの, せうか, せうよ, ぜひ夕飯, そう呼ばれなけれ, そこに, そのたま, そのま, その事, その代り高原君, その履歴書, その御, その手続, それぞれ有利な, それで, それならわたし, それに, それを, そんな出しゃばった, だだを, ついでに, とき, よかつ, わざと不審げ, わざと唐木, わざと当てなかつた, わざわざそう云った, わざわざ誘った, わたしの, ウイを, エゾ国の, コツプに, ナーニご, パヴロヴァの, 一二の, 一向に華々しい, 一寸な, 一度忍び込ん, 一度注いだ, 一杯や, 一生懸命で, 一緒にと, 三人は, 世高の, 中に, 人力と, 人間の, 今日出ました, 仰山らしく, 何だか歯痒く, 充分に, 其運動に, 出ましたと, 加集君にも, 却って混乱, 参りましたが, 及ぶだけ, 困ります, 夕方それは, 夢中だつた, 奈良には, 好きな, 姉さん困りました, 委しく申, 宇乃を, 実は笈摺, 宮守の, 寄って, 小松理髪店へ, 少々の, 山口へまで, 己の, 役所を, 彼は, 忌々しいの, 急いで, 慌てなくても, 手内職では, 手紙は, 日本画洋画蝋作りまで, 早速志願, 明日に, 昔と, 時には, 書きました, 書き初めた, 本郷座へ, 枯らしたいの, 機嫌を, 次の, 歌を, 歸り, 段々其の, 毎日待っ, 注文する, 深々と, 渠は, 湯の, 源因の, 燭を, 社長宛に, 私から, 秋川に, 翌日も, 膝へ, 自分の, 自分は, 薄ら寒い襖, 血の, 行くと, 調停委員の, 貰つた桑摘み人形の, 遂にそう心, 道家も, 重吉が, 野分の, 門を, 頭の, 魚や

▼ たい~ (204, 0.4%)

4 になった, をもっ 3 でいっぱい, を私

2 [16件] があっ, がある, が女, であったが, でございますが, です, で一杯, で汽車, なの, になっ, になる, の激し, の藝術, はかえって, は少し, をしいて

1 [158件] あせらねば, うごめいて, からかねて, からこの, からこんな, からであった, からでありました, からである, からです, からダヴィデ実演, から作った, から妻, から小君, から彼等, から悪者, から斯ん, から更に, から誇大, から非常, から黄村, が, があった, があまりに, があり, がいっぱい, がいつ, がこの, がしきりに, がない, がむらむら, が切り, が募っ, が募った, が厳しく, が左門, が強い, が強く, が憎い, が押えられない, が文学, が歴々, が湧い, が湧いた, が起こる, さえあれ, しきりなり, そのとき, その怖, だった, だと, つよくて, ては用心, であると, でいつ, でうろうろ, でお, でござんす, でそれとなく, では許さず, で一パイ, で個展, で後宮, で燃え, で立ちつくし, といふの, とその, とまだ, とも言, と入れられる, と変り, と宮, と恥, と行きたくない, なれど, にさせる, になりました, にもなっ, による, に今, に外, に弾み, に比べれ, に駆られた, のある, のいっぱい, のおさえられない, の万分の一, の人, の奥, の女, の底, の惹かれる, の現れ, の異体, の痛切, の起る, はありました, はよほど, は今日, は充分, は善い, は山々, は持っ, は満ち, は溢れ, は百, は秀ちゃん, は私, もあっ, もある, もあるらしい, もなかっ, もなかつた, も出, も動い, も強く, も有りました, も湧きます, も私, も覚えた, や, をおさえかねる, をおさえた, をご存知, をしみじみ, をそそります, をそそる, をつねに, をなぐさめる, をめざま, をもたせる, をもった, をも夫婦, をやっと, を一生懸命, を動かされる, を憎ん, を抑, を抑えつけた, を持っ, を持った, を植え, を満足, を現そう, を言った, を語りたい, を起こさせた, を起こす, を起させる, を起さない, を起した, を起しました, を起します, を起すでありましょう, を阻止, を静か, 懸もござりますが, 描きたい情景

▼ たいくらい~ (199, 0.4%)

3315 だった 11 なもの 10 です 9 である 8 であった 4 で, でした, ですよ 3 だったが, だよ, だわ, でしたが, なんだ 2 じゃ, だから, であったが, でご, でございます, 愉快に

1 [74件] あの石磴, いかにもも, いらいらし, うれしいの, これらの, ごろごろし, じゃよ, すべてを, それでいて眉, たまらなかった, だが, だす, だと, だね, だ向, だ酒, であの, であるが, でかわいらしかっ, でこれら, でございまして, でございますのよ, でございますゆえ, でござる, でござんす今日, ですあの, ですが, ですなぜ, です子供, です貴女, でただ, で玄関, で逃げ出して, なところ, なの, なもん, なん, なン, な処, な心中, な気分, な趣, な高笑い, まっとうな, カッと, ブクブクと, ボウと, 不健康な, 京橋の, 俺の, 兄さんを, 半ば気味の, 参いらせられ, 取合われないの, 唾棄せん, 変テコな, 大きなもの, 大切な, 寝たこと, 情けなく恥, 憎らしくなっ, 教えて, 楽々と, 気に, 気持が, 気持ちが, 秀でて, 綺麗だ, 美しかった, 腹が, 自然の, 荘厳な, 邪気の, 驚いた

▼ たいせつな~ (195, 0.4%)

9 ことは 8 のは, ものを 4 ことが 3 ことで, ものが, ものである, ものの

2 [11件] ことである, ことを, たいせつな, ものと, ものに, 事業を, 品物が, 契り雛を, 暗号を, 秘密書類が, 願いを

1 [132件] あんちゃんが, おもちゃだ, お娘, お嬢さん坊ちゃんが, お嬢様の, お客さまの, お客だ, お客様また, お詮議もの, かばんを, ことだ, ことであった, ことです, ことな, ことに, ご親藩, ご詮議, さが, さで, その思い雛恋, たきぎ, たきぎをうんとたく割合, たきものを, ときだ, ところであります, ところは, のだ, のである, ので政治, はだ, ばかりで, むすめ, ものだった, ものって, もので, ものです, ものでも, ものは, んだ, オリザという, 一腰を, 事業が, 二つの, 人で, 人である, 人には, 人形を, 人柱, 人柱これは, 仏像を, 仕事であった, 会社の, 先生が, 先生の, 原稿は, 吟味だ, 命名だ, 品だけは, 品で, 品には, 品を, 問題の, 国よ, 場合に, 夜光の, 女を, 娘に, 娘を, 子どもを, 宝物だ, 宝物でも, 宝物の, 実験な, 客で, 家の, 家宝を, 小画像, 役割を, 役目を, 復讐を, 復讐心だけは, 性質と, 所化様は, 手がかりを, 指を, 方だ, 日光御用を, 日光着手の, 時では, 時間を, 晴れ着だけ, 暗号文書を, 書きものが, 書類が, 書類じゃ, 書類を, 書類箱を, 果心居士の, 極致の, 機密文書を, 油絵や, 片雛, 物の, 物は, 物的調査による, 玉に, 王さまが, 産物だった, 産物に, 用むきで, 用事が, 目まで, 相談が, 真心さえも, 秘密の, 穀倉の, 箇所に, 米でした, 罪人を, 美術品の, 美術品推古仏を, 葬いの, 薬用植物の, 血す, 親指と, 記念を, 資質と, 道具です, 雨水が, 面が, 預かりもの, 食事の

▼ たいとの~ (191, 0.4%)

12 ことで 6 ことであった 5 こと 4 希望を, 望みを, 話が 3 切なる, 念が, 念は

2 [11件] お考え, ことでございます, ことでした, 事で, 事であった, 叡旨を, 希望は, 御所望, 念を, 欲求が, 願いから

1 [125件] おことば, お告げであった, お心, お旨, お言葉, きわめてあっさりと, ことだ, ことだった, ことである, ことです, ことに, こと及び, こと無論, こと結局百円が, ご苦労も, その一言, たっての望み, やさしい要求, 一心が, 一心で, 一念が, 両侯, 了見が, 事, 事だった, 事である, 事でございます, 事です, 事は, 事を, 事何だか, 仰せであります, 仰せです, 依頼状で, 儀でござる, 先方からの, 口上である, 口上でございます, 君の, 問題が, 好奇心を, 希望, 希望が, 希望で, 彼の, 御意であった, 御意なにとぞ, 御意に, 御意ゆえお, 御言葉, 心が, 心がけから, 心であろう, 心を, 心持が, 心願から, 心願を, 志望が, 念から, 念も, 念より, 念願が, 念願でござる, 思い立ちからとは, 思召し, 意と, 意を, 意向である, 意向など, 意向を, 意味が, 意味だ, 意味に, 意味の, 意味も, 意気込みで, 意見を, 慾望から, 懇願, 所望それを, 所望に, 手紙を以て, 抗議を, 挨拶を, 文言に, 最初の, 欲求を, 気に, 気持ちさえ, 気持ちの, 熱心家が, 熱情に, 熱烈な, 爲めの, 申しこみ, 申し入れです, 申し合わせも, 申入れを, 考えから, 考えです, 考えを, 考へから, 自慢から, 興味がに, 言葉を, 計画だ, 話, 説が, 説も, 請願書を, 趣意に, 遺言であった, 野心が, 鉄石の, 頼みじゃが, 頼みだ, 願い, 願いが, 願いである, 願いは, 願ひ, 願望が, 願望は, 願望丁度, 風流が

▼ たい~ (168, 0.3%)

23 がある 42 があります, があるなら, だけ, なの, にも忘れ, の上, は, はいくら, は行っ, は規律

1 [121件] から強いられ, があっ, があった, があったら, があったら行きましょう, がありまし, があるなら喜ん, がいなかった, がかけ, がここ, がご, がございます, がたくさん, が一人, が中庭, が其処, が半分, が多い, が大, が大勢, が小説屋さん, が居, が待ち, が斬りたい, が有る, が来てる, が沢山, が活動, が誰, が貰えなくなったら, こそ単, だけは生きる, だけは聞く, であった, であつ, であるの, です, ですこと, ですね, でもなかっ, といふ人, とは明日, とみえ, なら, なんかいなかった, なんかない, にあった, にくらべれ, にそつ, にとってのみ哲学, にとっては登山路, になっ, になった, にはいい, にはそれ, にはできるだけ, には云いたい, には会う, には勝手, には往々, には無く, にまかせ, にも使っ, によく, に会わせ, に此方, に浮気女, に皆, に褒められたい, に話し, に逢った, の, のあと, のこと, の妻, の心, の手, の持てない, の罪, はありません, はここ, はこれら, はずいぶん, はずゐ, はその, はただ, はどう, はどんな, はみんな私ども夫婦, はインデペンデント, はケムブリツヂ版, はプラン, は他人, は僕, は分明, は呉服屋, は咎め, は売り, は大師, は富士山, は必ずしも, は探す, は新村博士, は業平, は横浜市元浜町三丁目, は此, は確, は秋, は習作時代, は自分, は見, は誰, は買う, もある, もあろう, もやっぱり, も来ます, や竹, を楽しましめる, を殺し, 知れぬ本能

▼ たいばかりに~ (167, 0.3%)

3 僕は 2 いろ, ひどい罪, 主家を, 家も, 幾年間女の, 情熱で, 生きて, 私は

1 [148件] あたしは, あっしは, あなたの, あれ位ゐ, いら, お三輪, お前を, かような, こうして一行, こう呼ん, ここんな, このうつくしい, このみじめ, この旅, こんなに早く, さうし, さされる盃, さまざま努力するだろう, さんざんいっしょ, して, じれて, すぐ筆, すべての, そっと家, そのうつくし, それからという, そんなこと, そんな感心, だまって, ついあなた, つまりその, ですね, とんだはじ, どの位四方, なった, なんの, ひょっと首, またも春画, また汗, わざとやっ, わざと私, わざわざここ, わざわざこの, わざわざフロリダ, わざわざ今度, わざわざ倫敦下り, わざわざ先生, わざわざ早目, わしは, キスを, クニャージの, タングシチュウを, ニコヨンを, ハリイを, パチ, フラシテンの, ポローニヤスと, 一篇の, 一萬兩の, 一週間ばかし, 三吉は, 二度目の, 五も, 今日の, 今日わざわざ, 今迄, 仕たこと, 伝手を, 何やら脅迫, 何時も争, 余分の, 俺は, 傳手を, 働いたこと, 働いて, 光源氏に, 別れるの, 叛将イルマを, 同胞新聞は, 喜久井町の, 土俗の, 大隅を, 天狗へ, 婿の, 嫌や, 家族や, 島津家と, 彼女が, 御父君, 心の, 必死であった, 恋々この, 恋敵の, 恐ろしい思い, 悪戯を, 悲しくなっ, 意地の, 態, 憧れて, 承知し, 拵えた人形, 拾って, 掃くの, 春の, 柱の, 様々な, 殺し難渋, 毎夜私は, 毎日川の, 江戸で, 海から, 深夜客間に, 漸くの, 牢を, 百難の, 百頁の, 盆を, 盲目が, 相沢様に, 相澤樣に, 真弓の, 祝言の, 禁厭に, 私に, 私の, 種々並べ始めた, 紙に, 素晴らしく派手, 羽衣を, 腹の中では, 自分の, 自己の, 若い旧, 薬を, 親すずめ, 親達の, 診て, 貞操ばかりか, 身内の, 身分の, 遊びに, 部下もつれず, 金を, 陛下へ, 雨の, 頼まれると, 飛んだ事, 飾り立てた客室

▼ たいだけ~ (157, 0.3%)

1410 なの 6 です 4 である, なん, 寝て 3 泣いて 2 ですわ, では, 泣くと, 物を, 言って, 食べて, 飲んで

1 [98件] あばれたって, あるいて, いつて, いはせて, お泣き, しや, たべて, たわごとを, だった, だつたか, だと, だ自分, ぢや, で, であれ, でござる, ですと, ですよ, でなく一日, のぞいて, ふざける, もう耳垢, や, やらそうじゃ, わめいて, モンペ論を, 世界を, 二人は, 云うが, 云えよかっ, 云って, 云はせ, 云わして, 伸ばされしなやか, 伸びお互い, 伸びて, 伸び虫, 伸子を, 住んで, 使うん, 使って, 出来るし, 勝手に, 取って, 吸う, 咲けば, 囃す, 回転弾に, 多くを, 大きく向き, 寝かして, 寝たから, 寝た後, 寝た睡りたいだけ, 寝る, 居て, 幾度でも, 待って, 怒鳴って, 思うが, 搾るの, 文句を, 書いて, 歩いた, 歩く余地, 歩けるだけ, 殴れ, 泣いた方, 泣かして, 浮かれられる, 生きて, 眠った六兵衛, 眠つた我儘すぎる, 眠り気, 眠れないいやさ, 睡つた, 茂った中, 行き留まりたいところ, 見せて, 見て, 言わして, 話させすっかり, 買って, 踊ったらいい, 踊れ踊れるだけ, 踏みにじるが, 遊べる天下, 遊んで, 食べさして, 食べさせて, 食べた感謝, 食べた気持, 食べる, 飲みしや, 飲みふざけたいだけ, 飲み食べたいだけ, 饒舌る, 鳴け

▼ たい衝動~ (151, 0.3%)

14 にかられた, を感じた 13 に駆られ 9 に駆られた 7 にかられ 3 にかられる, に駆られる, をどう, を感じ, を感じる 2 がある, がむずむず, で一パイ, にかられました, を幾度, を感じました, を感ずる

1 [65件] から夫人, があっ, がおこり, がからだ, がくすぐったく, が彼, が蠢いた, が起き, が起きる, さえ感じた, さけびあげたい歓喜, で一杯, で両手, で騒ぎたっ, とその, とどんなに, となっ, ともっと, におそわれる, にかられたらしい, にかられます, にさいなまれた, にさえ駆られた, にひどく, にも似, に強く, に悩まされ, に悩み, に惱, に清子, に猟, に襲, に襲われ, に襲われるであろう, に馳, に駆られました, に駈られました, に驅, のあと, のため, は女, をうけた, をおさえかねた, をおさえられなかった, をおさえる, をこそ感じます, をさえ感じる, をしい, をしきりに, をじっと, をむり, をやっと, をジット我慢, を強く, を感じ出した, を懸命, を抑え, を抑える, を激しく, を無理, を紳士的, を覚え, を覚えた, を辛うじて, 或いは死ななけれ

▼ たい~ (144, 0.3%)

3 それに 2 いろいろな, それから女中, また浦粕, 疎開の

1 [133件] あえて異説, あくまでも追う, あっちこっちの, あなたと, あなたの, いつも気, いろいろ生活, おまえも, お嬢さんにも, お杉隠居, きょう午後から, このお, この頃, こんな道楽者, するから, すること, そうかと, そこには, そのほか, その上, その後の, それから, それからも, それが, それだ, それに私たち, それゆえに, それよりも, そんなこんな事情, たのみ少ない, ちょっとお, つながどこ, できること, とても大, とにかくあなた, どうしても洋服, どこか, なつかしい, なにいまの, なにより, なにを, なるべくなら, ぬらぬらした, ひょっとしたら半月, またお, また乱れた, また君ら, また姉, また尊, また敵, また話したい, また黙っ, みんなの, もうすぐ袷, わしも, わたしからは, わたしは, ダンスも, ツタカメン王の, バー, ヴァニティ・ケースも, 世界史的な, 中国や, 久し振, 人をも, 人形さんの, 伊東の, 借金も, 其が, 冬には, 出版取締の, 医者から, 半分は, 南瓜も, 又たとえばケーテ・コルウィッツ, 又たとえば物言わぬ, 又どうしても, 又静養, 同意なら, 同時に君ら救援隊, 品位を, 実にめんどう, 将軍家の, 帝王の, 帰れば, 弟は, 当人側も, 当分は, 彼女の, 徒らに, 思い出の, 手紙も, 持たせても, 故人が, 斉彬公の, 旁, 春さんにも, 朝茶は, 武門の, 残りたいという, 母の, 気まりが, 源三郎も, 無機質の, 片方は, 物も, 王城内外の, 用人の, 男との, 畔草も, 疲れたさかい, 盛んに, 眠くも, 矢張一度行かない, 知って, 知ること, 立ち話も, 義観と, 聞いて, 自分たちと, 自分でも, 自分自身と, 船の, 若い後進, 逢へば, 運動も, 露西亜の, 音楽は, 音楽も, 頭の, 飯も, 馬に, 黄金花さくという

▼ たい心持~ (144, 0.3%)

10 です 7 がする, になっ, になる 6 で一パイ 5 がした, でした 4 になった, になります 3 がし, でいっぱい, で一杯 2 がある, がしきりに, でいた, でしょう, ですね

1 [70件] からだ, から求める, から離れる, があった, がいたします, がおさえ, がせき上げました, がつよい, がつよく, がのかない, がまして, がまるで, がようやく, が動い, が実に, が手伝っ, が残っ, が毎, が潜ん, が相当, が起つた, する, だった, で, でいる, でうなだれた, でかり, でございました, でございます, でしたが, でせう, でもある, で一ぱい, で一ぱいだつたのです, で席, で彼女, で私, というもの, どうかしらという, なの, にでもなった, になつ, になりました, になるだろう, にもなる, に変化, に苦しんだ, に駆り立てられる, のする, のところ, のひと, の同志, の強い, の起る, は一層, は三文, は溢れる, もあった, もする, も起らない, をあてがっ, をおこさせはじめた, をもっ, を制する, を抱かせ, を抱く, を持つ, を考える, を話す, を起させる

▼ たいとか~ (143, 0.3%)

4 いって 2 おっしゃって, 云って, 申して

1 [133件] あなたが, あらぬ理由, あるいは込み入った, あゝいう, いうて, いった浮いた気持, おとなしくせよ, お料理, お考え, お腹の, お訪ねし, かゆいとかぐらい, かれら, きれいな, こういう食器, こせついて, さう, さうい, そういう欲求, そういう気持, そうし, それで, それとなく日頃, それ位ひ, そんな了見, そんな事, そんな積り, ではチツト道楽, となえて, なにか人間, なにを, なんとかいう, なんとかだ, または半襟, または調理, また他, もし万一兄, ダンサーを, チンコロ踏んだ, 一々その, 一時間たつ, 一途に, 一連隊長まで, 上流社会へ, 世の中に, 云い出して, 云う考え, 云う要求, 云う通り, 云ったとか, 云つて訪ね, 云ふ, 人に, 人気を, 人里が, 仰せられたよし, 仲の, 何しろ平凡以上, 何とかと, 何とか当時, 何とか思っ, 何とか文学的修辞, 何とか言いだした, 内儀に, 内匠頭の, 劇場へ, 助かりたいとかいう, 勉強を, 又人妻, 友達附合ひ, 名を, 商売を, 多門を, 天丼を, 学者たちが, 家政婦を, 将来その, 尼さんに, 尾瀬沼へ, 尾白の, 帯は, 思いっきり虐め, 思ふ時, 恐らくこの, 憎まれたいとか, 我が理想, 我儘を, 或は十日替り, 或は大砲, 戦争も, 承知しました, 支那でも, 早く独逸, 是非妹を, 朝廷に, 梅干が, 植物園や, 死にたいとか, 注意したい, 浮世の, 物が, 犬山の, 玄關に, 申しまして, 発句一首ぜひ, 皆思った, 私たち第三者の, 種々の, 種々云い出し, 素直に, 美しいお姫さま, 考えたこと, 考えません, 肝心な, 肩を, 興奮し, 薄情な, 見たいとか, 親分に, 言って, 言つてた, 言葉使いなど, 話しが, 話しを, 話し合った, 贅沢三昧を, 軍隊が, 逢ひたいとか, 陸軍大臣けん, 雪駄が, 雷火に, 高位に, 鶏舎は

▼ たい~ (136, 0.3%)

11 なの 8 のため 6 をし 4 の用, を意味 3 であろう, のこと, を指す 2 か, ができる, がどう, だってジーキル, だろうと, であったろうか, であるかを, の事, をお, を考へ

1 [74件] うしたら, うじゃな, かまた, かやれる, からこの, かコウ品, か仕事, か作つて, か利用厚生, か幸福, か義理, か雪江さん, がある, がその, がはじまった, がもと, がチェーホフ, が何だか, が原因, が残るだらう, が自分達, が表現, が變, が起った, が起り得る, しに, ぜにあの, だ, だってそんな, だらう, だらうと, だろうかと, だろうやはり, だろう松岡, であるか, であるかは, ですか, でも会わせろ, でも連れ, という魚, という鳥, と云, と言, になる, に目, のことだい, のつもり, の上, の役に立つ, の思い, の爲, の目的, の話だい, も登山記, をしてる, をしよう, をする, をたくらんでる, をどう, をやつ, をやりだす, を売りなさるだ, を待つ, を思ひつく, を手伝い, を為すべきであらう, を爲, を生き甲斐, を見る, を観たい, を言つて, を訴え, を読んだら, を食べたい

▼ たいって~ (135, 0.3%)

10 いうん 8 言うん, 言って 5 云って 4 云うの 2 いって, 云うん, 言うから

1 [94件] あたしに, いいますよ, いうから, いうな, いうのに, いうもの, いったいお前さん, いったの, いってたからね, いってたわ, いってるの, いってるのよ, いつもあの, いつもおっしゃっ, え幇間, おっしゃったわ, おっしゃるの, おっしゃるので, お前が, お嬢様の, お祖父さんがに, お話ししたら, お静, きて, こういう話, ことよ, ことを, この間, そう言っ, それで, それは, それも, それを, ちゃんと言ったら, つもりに, とうとう石滝, どうしてでしょう, どんなこと, ねだったん, また値切った, みんなが, よく泣いた, わけだ, イライラした, 三人がかりで, 二度も, 云い出すん, 云い張ったん, 云うから, 云うって, 云うと, 云うわけ, 云う事, 云ったそう, 云ったでしょ, 云ったら毎月, 云ってたっけ, 人が, 人は, 今支度, 仰しゃるんですけれど, 仰しゃるんですよ, 仰有るので, 仰言, 仰言ったのよ, 会社から, 侯爵から, 僕も, 医者も, 唸ってたん, 坊に, 声がか, 奴で, 娘は, 家でも, 往きましたっけ, 書いたと, 書いて, 来たん, 来て, 検事さんの, 殿様に, 申しますの, 真剣に, 言いつづけて, 言い出したん, 言う貴女, 言ったの, 言ったろう, 言った事, 長谷川君が, 雪子に, 革鞄を, 願が

▼ たい~ (133, 0.3%)

3 山々だ, 山々なれ 2 びつくりし, ふぐの, もちろんの, ゆる, 理屈を, 當然なれ

1 [115件] あーあと, いいました, いうし, いきなりぽんと, いまふたたび, いりませんか, うれしくて, おどって, お浦, お父様, お身, きまりの, ここに, この女, ご老師, しなかった, じぶん, そこで十兵衞, その踊手, その造詣, それと, たった今貴殿, だまつてぢいつ, だまつてぢつ, だまつて鉄砲の, ちいさいから, ちか頃稍, づれな気が, どうして食べるべきである, どうなり, どれだけの, どんなふう, ないよう, なんの, ぱたんと鼻の, ひとの, びく, びしやりと水をか, ふぐ以上に, みんな一人一人服も, みんな箱の, もうひきかえした, もしも拙者, もちろんであった, もとお, やまやまだ, やまやまなれ, ゆる坂田将棋, ゆる實録もの, ゆる演技以前, マラリアだの, マンドリンを, 一本足の, 万, 三四五月くらいが, 二人の, 今夜の, 以上で, 伯母さんと, 何処かで, 何故この, 先月の, 全然明石だい, 冷い, 冷たく大きかった, 判つた, 剣難じゃ, 喜んで, 回想した, 好く御, 娘の, 娘もつ, 子どもらと, 少々言い過ぎた, 山, 山々じゃろ, 山々である, 山々でございます, 山々でしょう, 山々です, 山々では, 山々でも, 山々どす, 山々な, 屹度苦味を, 当然なれ, 息も, 戸まどいを, 新しいか, 明石の, 水ぶくれ, 河岸に, 理の, 町奴の, 百五十の, 目の下一尺も, 目を, 目玉と, 笑窪の, 算盤の, 素人目を, 組紐の, 考えつかなかったの, 腰を, 見当が, 見掛け倒しで, 誰も, 貧乏を, 赤いは, 遣りたいが, 関西が, 青くな, 食べたいもの, 骨肉の, 鬼の

▼ たい~ (125, 0.2%)

4 がある, に寝る, に起き, はいつ 3 には親 2 に勝手, に泣き, に食べ, に食べたい

1 [98件] が有った, だ, だったので, つまらない気兼ね, でな, でも知らん顔, と場合, と逢いたくない, にいつ, にうぐいす, にそう, にならなけれ, にはあなた, にはいつ, にはこれ, にはさっさと, にはせめて, にはたらき遊びたい, にはなし, にはやつぱり私, にはわざとあんなに, には人前, には出れ, には別れる, には勝手, には化け, には寢, には思うさま, には我慢, には手, には抱きしめる, には昔風, には時計, には止められる, には沈没, には率直, には袖, には誰, には起き, には逆, にも泣かず, にキッス, にゲタゲタ, に人, に今日, に会いたい, に会い話したい, に会社, に伯父さん, に喰い, に密, に寐, に寝, に巫山戲, に帰り, に歌わなく, に歌わなけりゃならない, に泣いた, に泣く, に演説, に用いる, に笑い, に笑う, に笑われぬ, に自然, に製し, に言いたい, に読めやす, に逢っ, に遊ぶ, に遊べない, に限っ, に限る, に食物, の用意, は, はこちら, はすぐ, はその, はまた, はみず知らず, は主人公, は借りる, は勝手, は唾, は外, は怒鳴る, は手錠, は月, は来, は西洋風, は遊びたい, は飲ませろ, までは必ず, もある, 泣くもの, 瞑ぢ, 笑い泣きたい時

▼ たい~ (118, 0.2%)

1710 である, のもの 7 です 6 だった 5 でした 3 だと, であった, に思った 2 なの, なもの, に思, に思いました

1 [46件] いうれしかっ, じゃ, だが, だったそう, だつた, だわ, だ少し, であ, であるこの, でがす, でございました, ですが, で何しろ, で何用, で有った, なら最初, なん, な目, な走り方, になった, にはい, に先生, に思い, に思います, に思ったろう, に思つて, に感じます, に房江, に考え, に考へ, に苦しかっ, に過ぎなかつた, のもん, の事, の恥し, の意気込, の感覚, の気持, の腹, の見事, の雑沓, は誰, ゐだつた, ゐで, ゐな, 嬉しくなっ

▼ たい一心~ (112, 0.2%)

42 からだ, からであった, だった, で, でそんな

1 [98件] からおのれ, からこれ, からじゃ, からせめて, からそんな, からで, からもう, からわざと, から人, から今, から古屋野教授, から夢, から川, から或, から歌っ, から活字, から産婆, から相当, から祭典, から紋十郎, から自然, から進ん, だから, だけでございまし, だけで生き, だったから, だと, であっさり, であった, であったが, でいる, でお, でこう, でこれ, でございました, でした, ですから, ですからね, ですよ, でとんとんとんと, でなるべく, でね, でもう, でやりつづけた, でやる, でわざわざ, でわれ勝ち, で一生けんめい, で不動尊, で勝手, で危険, で命がけ, で哀願, で土浦, で夢中, で大喝, で女中, で彼, で怖, で思いついた, で恥しい, で悪い, で我勝ち, で打ち明けた, で拳固, で故郷, で死物狂, で殆ど, で火薬船, で犬屋, で玩具, で生き, で甲府, で細々, で膃肭獣, で自分, で薬, で親, とで絞り出した, と我々, におそろしい, にさまざま, につい, にね, に一代, に大急ぎ, に学問, に彼女, に心, に手, に気, に驅, のため, のほか, の楓, は恐ろしい, よ, を祷りつづけた

▼ たい~ (103, 0.2%)

4 鳴く田 3 の思 2 だった, ですが, なの, な心, に思った, 切なかった, 切なくて, 可愛く思はれる, 悲しかった, 腹立たしく感じた

1 [76件] いやな, うまかった, おんつぁん, お踊, かわいくなっ, くやしがった, くやしくなっ, くやしくなる, じりじりする, その写真, それを, だ, だつた, つきつめる, であった, であつ, であります, でございます, でしたが, ですのに, というの, なつかしいの, なのに, な出来事, な快感, な悪戯猫, な温か, な満足, に咲い, に思う, に思ひました, に望ん, に狼狽, に老婆, に腹, に迎え, のい, のお腹立ち, のなつかし, の事, の口惜し, の小説, の心地, の恐怖, の欲望, の気, の気持ち, の満足, の親しみ, の逆上的, の青年学徒, の驚き, の骨折, まずいココア, もしやくしやし, やかましく聞える, ムンムンと, 人々が, 切ない私, 切なく鋭い愛着, 可愛くなっ, 可愛くなる, 心の, 忙しい六七月, 憎かった, 憎たらしく思われる, 憎らしかつ, 涼しく暮れ, 焦, 生えて, 畑の, 癪に, 矢鱈無性に, 美しい, 育って, 荒んだ気分

▼ たいほどの~ (96, 0.2%)

3 気持に 2 ものである, ものを, 品であります, 艶や, 遥かな

1 [83件] あるインスピレーション, うれしさ, お優し, ことが, ところでしょう, ところを, どうしていい, もの美術ずき, よろこびと, 一種の, 不安を, 事も, 侮辱を, 出来凝らず気取らず, 力が, 勢いで, 勢ひ, 厭さが, 口惜しがり, 喜びを, 器量よし, 執着を, 多忙である, 大壮観, 女房に, 好奇心を, 嫉妬と, 孤独感に, 安心と, 寂しさ, 心を, 心持が, 怒りを, 怖しさ, 思いに, 恐怖で, 恐怖に, 恬淡さを, 悦びを, 惨状を, 意気組であった, 意気組みが, 愛着を, 憎悪を, 旅の, 時代に, 暖かさ, 暖かみを, 暴, 極端な, 気に, 気持, 気持だった, 気持であった, 氣持にな, 深い意味, 激情と, 烈しい悔恨, 甘い哀愁, 異郷の, 絶望と, 羨ましい人間, 義憤に, 老爺だ, 者で, 肌寒さ, 腹の, 自己嫌悪を, 興奮を, 若々しさ, 英姿を, 血色和服に, 衝動を, 親しみを, 言い知れぬ兇暴, 豊満さに, 趣が, 軽い気持, 逞しい大, 重大な, 雨気を, 顔や, 魅力が

▼ たいせつに~ (91, 0.2%)

20 して 4 しまって 3 持って 2 しなければ, する心, ポケットに, 思って

1 [56件] あそばされましたし, あそばして, あそばすお, あそばすこと, あつかって, いたさねば, いたして, いたしまして, うちかかえ, お働き下さる, お扱われする, かかえて, かしずいて, かわいがって, ご所持, しそれ, したただ, したでしょう, したまえ, してる自由, しなかった老人ら, しなくなりました, しましたが, しろと, すること, すると, するという, する自主性, せよと, たいせつに, つかうよう, な, なさい, なとな, なるわけ, ね, もって, パジャマの, 使わなければ, 保存し, 保存します, 保管され, 保管する, 勤め果たして, 守って, 崇め祀るが, 応待した, 思うという, 思うよう, 思われる私, 所持いたし, 栽培し, 紅雀の, 育てて, 隠して, 飼われるの

▼ たい希望~ (89, 0.2%)

6 を持っ 3 もあった, をもっ, を持つ 2 があった, が私, です, で山上, に動かされた, のある

1 [62件] あり面白い, からこういう, からだ, からであります, があっ, があり, があります, がありませんでしたら, がある, が三ついっしょ, が御, が早く, が生じ, が静か, だ, だつたけれど, だと, だという, であった, であったが, であります, でいる, でした, でしたが, ですが, で作, で大会, とその, と骨折り, などを述べた, など全然, なの, にご, に燃え立った, のこばまれる, の強い, の由, の者, は久しい, は僕一人, は強か, もある, をかね, をもって共産党, を保護者, を側近, を前, を告げる, を小声, を強めた, を抑える, を抱い, を持ち, を捨てなかった, を有し, を洩らし, を申出た, を言い出した, を言っとく, を述べた, を述べる, 又入れ

▼ たい~ (88, 0.2%)

19 な気持 18 な気 3 だ, な心持, な様子 2 になる

1 [40件] だワ, だ事, であったけれ共, な, なお, なかお, ななつかしい, な事, な事柄, な人, な体格, な処, な出るにも, な又, な希望さ, な年頃, な思い, な感謝, な斯, な片手, な細りと, な話しだ, な誘惑, な趣き, な重い, な顔, にさえ思う, にし, になっ, にふる, にも思ったけれ, に思, に思うた, に思えた, に思った, に思ふ, に思われた, に感じまする, に折々, に見える

▼ たいそう~ (87, 0.2%)

4 すれば, です, ですが, 思って 3 だ, だが, なもの, 考えて 2 して, で, ですから, でないと, な文句, 云って, 思うの, 言って

1 [43件] お気にいりだ, したら己, してかの, してやる以上, しないと, しなくちゃ, しなければ, すること, すると, だぜ, だと, だな, だ私, でございますが, でございますね, でどうか, で待っ, な, なこと, なわけ, な口, な庭, な材木屋, な虫, な首ぬき, もない, わたしが, をし, 云っては, 取次いで, 思いつめ求めて, 思うけれども, 思うこと, 思う残忍, 思った, 思ったの, 思った彼, 気の, 聞いては, 若い女性たち, 言われると, 計画した, 願って

▼ たいにも~ (86, 0.2%)

3 本末を, 父の 2 その男, つては, 云うこと, 來られぬ

1 [72件] いう言葉, うごかれぬ状態, うぬぼれられませんもの, お前さんだ, こ, この体, こんな時, しろ生憎, すること, その周圍, その弁当, その方法, その望み, その無念, その身ひとり, それだけの, それも, そんな本, どうしても思い出せない, どうにもその, ない袖, ままに, もう質屋, ものが, 交すこと, 人通りが, 仏蘭西の, 仕事が, 何分ひとつ, 俥賃なぞ, 働く口, 先ず旅費, 其処が, 同情する, 名策は, 土地には, 大金庫, 天下の, 小い, 小諸は, 履き物が, 広い邸, 御本人, 忘れられない忘れるは, 手の, 打ちよう, 拘らずどう, 搜し, 文芸部が, 時の, 更にその, 本郷へ, 機嫌は, 汽車が, 泣けない心持, 無電は, 知つてゐる, 程度が, 立てられません, 竹童めは, 築けん人, 聞えること, 自宅の, 諸外国公使, 資力が, 輸送の, 近傍付近は, 逃げられないこの, 通る人, 逢いたかったが, 間に合わないよう, 駈けたいにも

▼ たい気持ち~ (85, 0.2%)

6 だった, だつた, になっ 3 でいっぱい, でした 2 だ, だったが, である, でいつ, で来た

1 [51件] があっ, があった, がいっぱい, がした, がしました, が一ぱい, が強い, さえも覚え, だったそして, だったの, でいる, でおいで, でこの, でじっと, でゐた, で一, で一ぱい, で一杯, で事, で寛子, で此, で母, で眼, で見おくっ, で話, で遠く, といふ, なぞ何, なの, なり, にさせられる, になった, になり, になります, になる, に動かされた, の匂い出る, はある, はいつも, はなかっ, は十分, は様子, は誰, もあった, やらまた, をさえ自分, をどこ, を代作, を強く, を見捨て, 詰って

▼ たいなどと~ (84, 0.2%)

6 云って 3 とんでもない 2 いって, 云うの, 云ふ, 大それた, 寝床の, 御常談, 思って, 思つた, 申して

1 [57件] ありその, いいあって, いい出したの, いい出すふらち, いったらかえって, いふた処, おっしゃっては, お勧め, くどき続けるの, そんな我儘, そんな気, ほんとうに, わざ, 一度も, 上調子の, 云いだしたが, 云ったが, 云っては, 云つてゐられた, 云つてゐる, 亭主持の, 仰しゃいました, 勿体ぶった言い草, 口では, 太平楽を, 女どもが, 希うこと, 思いながらも, 思うこと, 思うと, 思うば, 思ったこと, 思った事, 思っては, 思つたのです, 思ふけれど, 慇懃口を, 明らさまに, 昨日あたりまで, 書いて, 殊勝らしく, 滝も, 申したこと, 申しました, 申上げる, 申居候, 真面目に, 私に, 私の, 考えたこと, 考えて, 興奮しました, 言った, 言って, 陳情を, 頻りに誘った, 高言し

▼ たいそれ~ (83, 0.2%)

2 でなければ, はどこ, は何処, も自分

1 [75件] からなら, がこの, がどう, がなに, がドギツイもの, が一ばん, が何より, が小作人, が平助, が昨日, が死んだ, が私, が罪, が自分, が至当, さえ出来れ, さえ聞いたら, じゃ出る, だけでもう, だけのこと, でいい, で参, で参上, と共にその間, ならわかった, にお母様, についてはこ, については兄, については金, につけ, にはお, にはおまえ, にはこれ, にはだれ, にはと思っ, には二人, には享保以前, には人馬継立て, には伐つ, には何, には先, には及ばぬ, には外, には姉さん達, には役人, には是, には脳溢血, には貴女, に就, に就い, に煤けた, に経過, に袷, はどの, はなん, は悪い, は承知, は最少限度, は真実, は自分, は誰, は造作, までは何ごと, まで五六日, まで右, も少々, も早く, より来る, をかく, を力, を唱え, を御, を手, を知る, 故に貴殿

▼ たい~ (83, 0.2%)

4 海に 3 ついて 2 ついた, つけて, 買って

1 [70件] いた, うちたおすと, おや指, お部屋, かしらに, がぶりと, ぎらぎらと, ご馳走と, ただで, ぢさんの, ついたり, ついた人自身, つかんで, つきました, つくこと, つくの, つけてから, つけるため, つとめたが, つまみあげて, とっても自分たち, ながめて, のせて, みたり, みながら, みんな腹を, よんで, 一ぴきずつ, 一人も, 一生けんめいに, 並べたこと, 並べて, 主人に, 乗せて, 二人つれ, 云い出した, 借りたやう, 入れて, 口に, 呼んで, 四五月頃何度も, 奇妙な, 実行し, 巴里の, 忘れて, 指して, 材料に, 河岸から, 波の, 泣虫って, 煮る, 煮ると, 申して, 知った風, 繰り返して, 衆人環視の, 見せろ, 見て, 見ると, 貫くもの, 買います, 買うか, 賞味しつづけ, 阿寒地帶と, 集めに, 食いに, 食って, 飲みこんだま, 飽かず賞味, 馬ぐるみお腹へ

▼ たい欲望~ (77, 0.1%)

11 を感じた 2 を彼, を持ち

1 [62件] からだんだん, から出た, から着物, がしきりに, がムラムラ, がロマンティック, が不, が唯一, が彼女, が擡, が死, が残つて, が湧い, が燃えさかる, が胸, が誰, が起っ, が非常, だけだ, とからで, とからであった, として感じられる, とは本来女, と仕遂げる, と恋愛, と神秘, にかられ, につかまれない, にとらわれ, にとらわれざる, にもえる, にもかられる, に刺戟, に引き裂かれる, に強く, に支配, に燃えた, に絶えず, に駆られ, の大, の如何, はこれ, はすべて, は人間, は強い, もある, もない, も考へ, をおさえる, をもっ, をも感ずる, を催した, を充たし, を刺戟, を強く, を感じ, を抱いた, を持つ, を持つた, を起こさしめる, を起した, 即ち世界

▼ たいからと~ (73, 0.1%)

9 いって 5 云って, 言って 4 いつて 2 いうの, 伯父に

1 [46件] いう, いうこと, いうて, いふので, かず枝, ここで, せがんで, そういい捨てる, たのまれる, であつ, またお, 一両二分で, 主人を, 二三年前に, 云うし, 云う叮嚀, 云ったら女, 云っても, 云つた, 云つて急に, 云われて, 仰しゃいますから, 女中を, 婦長に, 媚びて, 市平は, 御願い, 手前どもの, 打合せる, 暇を, 書いて, 申し出た, 申出た, 申込まれましたので, 相談を, 称して, 繰り返し申, 言い出しました, 言うて, 言うと, 言えば, 言つて狹い放ち, 赤坂の, 這入って, 音や, 頼まれて

▼ たいけれど~ (72, 0.1%)

2 今は, 私は, 行けぬ

1 [66件] あなたは, あんまりのぞみ, いつもの, うたは, おからだ, お前が, お歌さんが, お父さんが, きっと明日あたり, ここは, こちらは, このこと, これは, さて強い, しらふでは, せっかく花, そっちの, それが, それでも密室事件, それより, そんな悠長, でもあなた, どうも私, みな商いに, むしろそれ, もうお, やっぱりなかなか思い切っ, よけいな, フリーダさんあなたの, 事情が, 会費三円が, 僕, 僕は, 光線の, 出られないしね, 又この, 口で, 大して得る, 大根畑に, 女の, 妹は, 実はそんな, 實は, 少々ばかり, 座敷で, 役場からの, 指を, 旦那さまの, 此処は, 汽車賃が, 深い愛, 滞留する, 留守を, 留守番も, 神経の, 私には, 稽古の, 窺いたら大変, 罎詰しか, 聞くの, 良人と, 蟻田博士や, 行かれぬし, 行けや, 誰も, 餌が

▼ たいなんて~ (71, 0.1%)

3 のは 2 そんなこと, とんでもない, 思ったこと

1 [62件] あたし望ん, いいきるの, いうから, いうな, いうの, いうん, いう事, いったおぼえは, えんじゃ, え了簡, おかしいじゃ, おまえたちスターて, お願, それは, それや, そんなリンピイ, そんな馬鹿ぢ, ひとに, やめろやめろお前, ッて, 一体どうした, 一度も, 不仕合せな, 云うん, 云う事, 云ったん, 云ってたっけな, 云ってるけれど, 云つてませんでした, 云は, 仰言ったの, 全然思っ, 友人を, 台所で, 君らしい, 嘘つきや, 変な, 宜い, 少しも, 必要で, 思いも, 思うたこと, 思って, 思わずに, 日常その, 本気で, 気が, 気もちは, 気楽な, 無体な, 物ずき, 甘えたこと, 申し上げられませんの, 考えないの, 能く, 言い出したらしいと, 言うて, 言ったら忽ち, 言っちゃ, 言って, 誰も, 身の程を

▼ たいその~ (69, 0.1%)

5 ために 3 上で 2 ことは, 力の, 時の

1 [55件] うちの, お志, ことを, たった一人, ためには, ための, ためもし, つもりで, ときの, ほうが, やつとも, ようす, ように, 一心から, 上に, 上にて, 不動の, 人のみが, 代りいかなる, 代り三度三度食べる, 代り向後, 代り最後には, 仲人は, 価値を, 半死半生の, 天禀星の, 姿を, 希望は, 年まで, 御意が, 心持です, 心持なり, 心持も, 感謝, 指先の, 救う手段, 時は, 望みの, 気持には, 点が, 目的に, 目的の, 石の, 私の, 約束で, 考えから, 自治委員会の, 自由の, 舟を, 船を, 良人に, 苗賣, 裏では, 釣銭信仰を, 隙間を

▼ たい~ (67, 0.1%)

5 です 4 へ行く 3 であつ, へ何方 2 であった, である, なの

1 [46件] からだけ話し, がある, がいる, がございます, が主, が先, だ, だから, だが, だろう, で, でした, でしてな, ですから, ですね, なん, には貸し, にもまた, に急いだ, に行かず, に行く, の人, の側, の耳, はありません, はこっち, はそれ, はとつ, はザラ, は僅, は全集, は林屋辰三郎氏著, へめぐる, へゆける, へ奔流, へ散っ, へ歩い, へ歩きたい, へ行かせ, へ行き, へ行ける, へ靡く, へ駈け, もありませう, もございません, や明日

▼ たい~ (64, 0.1%)

2 である, はいない, は勝手, は死ん, は落ちる

1 [54件] が, がある, がいる, がおります, がこれ, がござる, がやった, が應, が眼病, だ, だけ五人, であった, でご, とは却って, と我が, なら谷, にはレルヒェンベルク, には少しく, には笑わし, には言わしめ, には部屋, に面会, は, はこの, はその, はどこ, はない, はわし, は他, は代える, は先づ物, は全校, は張飛, は手伝え, は承認, は文学者, は来い, は永山氏, は汽車, は清水, は皆, は着る, は聞い, は自分, は落ち, は飲み, ばかりだ, ばかりな, ばかり多い, もあらう, もあれ, も多勢, を愛する, を連れ

▼ たいどう~ (63, 0.1%)

7 したという, したわけ 6 したの 5 なるの 4 したこと 3 して 2 なの

1 [29件] いふの, いふわけ, おっしゃったの, か奔走, か軍医, したらあなた, したらい, したらいい, したらよろしい, したら帰れるだろう, したん, した原因, した風, するつもり, する気, すれば, なさったという, なさったの, なすったの, なったであろうか, なったの, なと, なるんだい, なん, 云う家政, 云う者, 信じて, 解けば, 言つてその

▼ たい~ (61, 0.1%)

3 なの, れの 2 だらう, の物

1 [51件] からでも構, から教, かムク, か来ない, か自分, が, があなた, があの, がこの, がそんな, がつくった, が取らない, が嫁, が批判, が死ぬ, が看, が與, が読み, が鼻, だ, だったの, だという, だね, であったろう, でしょう, でも運勢, と喧嘩, なん, に, にあの, に名誉, に責任, のあ, のこと, のもの, のゆるし, の受持ちな, の子, の家ぢ, の結婚式, の罪, の聲, の門, も居, も来ない, よりも三枝子, をさがし, をです, を侮辱, を殺そう, を相手

▼ たいけれども~ (58, 0.1%)

2 こんなに夢中, 先刻も, 私は

1 [52件] こうなっ, これじゃ, これは, これも, こんなところ, その虫, それと, それに, それは, そんな政治上, どうもそう行かない, どこへ, なかなかあちら, ぼくの, もしお, カトリックは, キャーキャーワーワーで, シャンじゃ, シャンぢや, マア晩の, 世間を, 五郎の, 仕事が, 何うし, 何だか隔て, 何も, 儀式だの, 入れるには, 其の時ゃア私, 削ること, 外せぬ用事, 外の, 如何せん独り身, 影も, 恐らく日本人以外, 恥を, 書けなくなったという, 極りが, 殺せば, 病が重い, 知ってからは, 祖母上が, 私が, 秋以後の, 立つ時, 考えて, 自ら全力を, 若し自分, 親父や, 言えないという, 言ひ, 金が

▼ たい~ (58, 0.1%)

3 ではなく 2 だけど, だった, であった, であつ, に, にお, にわざわざ, に外, に来, に私

1 [35件] いろ, さそり, さそりゃ, せずには, だつた, であって, であっては, であらう, でありました, である, です, でもなく, で御座んした, なの, にあれ, にいろんな, にこんな, にわざ, に五人, に其様, に冤罪, に居心地, に席, に広小路, に彼女, に旅, に東京, に此ん, に独り恁, に自ら求婚者, に過ぎない, のこと, の声, の行為, ばかりで

▼ たいばかり~ (57, 0.1%)

6 なの 4 では 3 だった, です 2 だ, であった

1 [37件] ああ十兵衛, この長い, さまざまお, だつた, だと, である, でここ, ですよ, でそれ, でなくいかなる, でなくそう, でなくその, でなくまた, でなし, でも, で人様, で何事, で俺, で俺たち, で厭, で彼, で此, で毫も, で気まり, で私, で胸, で遊女, で酒びたり, で非業, なん, なんえ, なんで御座います, 可哀そうな, 歯痒がっ, 申さるる故, 目出度がった, 詫びて

▼ たい思い~ (55, 0.1%)

3 であった 2 がし, がする, がふきあがっ, だった, である, でいっぱい, をした, を強く

1 [36件] あがった幸福者, がこみあげ, がした, がします, が微か, が馬鹿, で, であったが, でありながら, でした, です, でようやく, で一ぱい, で焦, で胸, で鉱山保安局, とは又, なさいまして, なの, にそそられだしたらしい, になった, に駆られ, に駆られる, はどんな, はもちろん, は切, もする, も深まっ, や心持, をこめ, をこれ以上, をさせた, をし, を堪え, を抑え, を満

▼ たい様子~ (55, 0.1%)

10 です 5 でした 3 であった, なの 2 である, ですが, なので

1 [28件] がありあり, がよく, が見えた, だ, だから, だった, だったから, だったが, だったし, であったが, でしたが, でどうも, でニヤニヤ, で低, で尊厳, で現在, で男爵, で眼, で起き上がった, なんでさ, の大冊, はさつき, はさらに, もなく, もなけれ, をし, を作っ, を見せた

▼ たいばっかりに~ (53, 0.1%)

3 私は 2 私の

1 [48件] あんなこと, あんな嘘, あんな小さな姿, おいら筋立てを, お前の, ここへ, こちらの, このお, この七兵衛, この筆, こんな山, そこへ, そして不具者, つい手荒, めいめいの, わざわざ病室, フルーツポンチ一杯で, 一生懸命に, 下宿住いを, 事業を, 二人の, 云う言葉, 人を, 今日一日休まし, 伝四郎氏とやらが, 俺は, 千太郎時代の, 君は, 四千哩の, 変な, 女学校を, 家出致した, 巧みに, 彼は, 村を, 次から, 止むに, 現実の, 町を, 真暗な, 自分から, 自分の, 要らざる生命, 見世の, 親達の, 訳も, 連れて, 金も

▼ たい~ (52, 0.1%)

8 がある 7 がご 6 があっ, がござる 5 がございまし 2 があります, がございます, もある

1 [14件] があら, がお, が起りまし, でご, でござるが, でもあれ, で罷出た, は, は関羽将軍, もございます, もございまする, もべつに, も一, をもっ

▼ たいとさえ~ (50, 0.1%)

11 思った 9 思って 3 思いました, 思うの 2 思う, 思うほど, 思うほどの, 思ったが, 願って

1 [14件] いって, 助六は, 思いましたが, 思い焦りました, 思うこと, 思うという, 思うわ, 思う位, 思えば, 清七, 源氏は, 考えた, 考えて, 考えるの

▼ たいどこ~ (50, 0.1%)

5 にある 3 へ行った 2 から来る

1 [40件] からあの, からあんなにぞろぞろ, からこの, からさういふ, からまぎれこんだ, から出, から手, から来, から来た, から自己, から覺, が悪い, が火元, だろう, であろう, にいます, にそれ, にゐた, にゐる, に向, に君, に在る, に求めたら, に花, に隠し, のどなたさま, の家, の海面, の誰, へいく, へつれ, へでもいい, へもつ, へ歩き去つ, へ行きたい, へ行ったら買い戻せるだろう, へ行つたの, まで私, を白眼, を見

▼ たい~ (49, 0.1%)

43 太郎の 2

1 [40件] いやその, おりだ, この刀, したくないか, そして如何, それともいっ, それともこの, それとも雀, ちゃんと詫間, づち, どうかが, どうかだ, どうかを, のかぬと, もしくは私, よく分る, よし読ん, ソソそれとも, ハイ助かりたう, 二つに, 侍に, 分らないん, 又は或, 実は大浦先生, 料理人は, 正当に, 生きたいか, 生きて, 産むの, 町人に, 真人間に, 真面目に, 知れないの, 知れないよと, 神に, 解らない, 話して, 踊る振が, 返答せい, 飲みたいよ

▼ たいほどに~ (49, 0.1%)

3 思われた 2 なった, 思った

1 [42件] うず高く, お恨み致しました, お絹, くんで, なり橋, ひからびて, 口惜しく思いつめ, 可愛がって, 呪わしいもの, 多くの, 大将は, 思いました, 思い子供, 思う, 思うの, 思えた, 思って, 思つた, 思われるの, 思われる事, 悲しかった, 悶えました, 愛されます, 感じました, 感心した, 憎む気, 憎らしいと, 憎らしくなる, 憎悪が, 憤怒しよう, 拳が, 敬意を, 氣遣は, 罵り悔, 美しかった, 胸が, 腹が, 腹の, 苛いらし, 苦痛であった, 薫は, 赤味の

▼ たい~ (49, 0.1%)

7 ない 4 ないこと 2 お葉, ない家康

1 [34件] あんまりいい気, いちど会っ, うたに, かまぼこも, されなかったそう, しばらくだ, そこへ, つこ, どことなく去っ, ないこ, ないこっ, ないご, ないもの, ないもん, ない一儀, ない事, ない人間, ない大将, ない小僧め, ない幻術, ない心配, ない心配事, ない男, ない耄碌, ない苔, ない贅沢, なる, ひらめも, 切り身で, 悪婆, 生活状況の, 見たくないも, 食べたいなあ, 餘ほど

▼ たい~ (49, 0.1%)

10 がある 3 だと 2 があっ, があります, があるなら, がございます, を喰

1 [26件] いろ, がそんなに, が実は, が有る, が果物屋, が買えない, である, では, との境界, などはうち, なんかない, になった, の有った, は何, は持っ, もあり, も着たい, も節約, も食わない, を, を持ち出し, を書く, を答えました, を読み耽った, を食べ, 欲しいものだらけ

▼ たい~ (49, 0.1%)

12 をし 4 をした 2 と厚ぼったい, は削られた

1 [29件] が見たいで, が誓, さえ見れ, して, だった, でにこっ, で眼尻, と小, なども幾十, なの, になった, になる, に嘲笑, に塗り立て, に薄笑い, に逢った, のもう, の黄いろ味, は酒, を, をつきだし, をひきゆがめ, をふりあげた, をぽかんと, を呆, を捜し出そう, を色, を見いだした, を見る

▼ たいだけの~ (48, 0.1%)

21 ことを 5 事を 2 ことであった

1 [20件] ことさ, ことだ, ことで, ことである, ことに, ことは, ために, ものらしい, わがままを, 一心だった, 小慾で, 年頃です, 弁解が, 慾気な, 我ままだって, 気持で, 興味で, 誇張も, 遊びを, 酒すべて現金買いである

▼ たいどんな~ (48, 0.1%)

2 ことな, ことを, ふうに, 人な, 気持で, 用事で

1 [36件] うそを, ことが, ことであった, ことでも, ことに, はたらきを, ものかと, ものかといふ, ものが, ものだい, ものでしたろう, ものです, 事を, 仕事かと, 具合いか, 内容の, 呼吸が, 営みが, 奇妙な, 女な, 妻だって, 形を, 方な, 時にでも, 書物でも, 機み, 機会を, 決心であったろう, 男が, 目に, 者か, 話だ, 返事を, 野郎だ, 面を, 鴨かと

▼ たいのに~ (48, 0.1%)

2 あなたは, そこへ, その心, 私の

1 [40件] いつも焦れ, いつわりは, きょうこれでしょう, この今, さう, しかもわざと, すぎないよう, す早く, それも, それを, どういうかげん, なぜあなた, なぜ止せない, なにかを, もう何, ピアノは, 下関までは, 五時半近く迄, 今朝は, 会へ, 即く, 妻は, 学校が, 定って, 寿江子の, 彼自身の, 忽ち霧, 情けない墨染め, 持って, 此う, 火曜日で, 然うで, 由ちゃんが, 砂糖湯さへ, 碁を, 窒息し, 自分林町の, 過ぎない, 違ひない, 青年が

▼ たい~ (48, 0.1%)

2 がある, である, をあり

1 [42件] があつ, があり, がたくさんたくさん, がない, が残つて, が縮れる, だが, だったの, だな, であった, であったが, であろう, でございますと, です, でなくっちゃ, ではありまする, と漢文調, に居, に行かれ, に行き, の哀訴, はたくさん, は何処, は何所, は何處, は幾ら, は現在, へはすぐ, へはどこ, へ来, へ留つてる, へ行き, へ行く, へ行っ, まで同席, もあっ, もあつ, もいろいろ, も充分, をありあり, を巧み, 迄同席

▼ たい自分~ (48, 0.1%)

3 の心 2 の主意

1 [43件] がいま失職, が一層, が堪能, が洋裁, が第, だと, であること, として今, なの, には子, に何, のこと, のこの, のやう, のよう, の乏しい美し, の仕事, の側近, の好意, の少し, の弱, の息子たち, の悪かっ, の感情, の手, の方, の本性, の気持, の置場, の行為, の言う, の趣味, はどう, はどこ, は万一, は何処, は向う見ず, は子供, は此, もこの, もその, もそれ, より強い

▼ たいこの~ (47, 0.1%)

2 ままで

1 [45件] お志, くらいの縁頭, ほうの, ままに, ままにて, サッポロを, 一株の, 上なんでも, 世の中で, 事も, 二階が, 人と, 会見は, 佐八は, 古代の, 国を, 城下まちは, 夜を, 始末は, 室内に, 家の, 岩石の, 廣大な, 御仁は, 思いあがった, 想ひ, 感じは, 戦争で, 期間中においてすら, 本を, 死骸を, 活きた生活, 活動については, 石の, 確信は, 筆写本の, 胸を, 自分を, 要求が, 誘惑や, 長兄は, 附近は, 頃, 頃彼には, 馬も

▼ たい~ (45, 0.1%)

3 人が 2 心から, 心な, 気持ちに

1 [36件] いくらぐらゐ, ほほ, まいみたい, 丸薬の, 云やす, 互に生きたい, 人を, 仕打ちを, 伊勢参りも, 会いしたいと, 君さんへの, 大尽さま, 孝さん, 徳が, 心, 心では, 心の, 心も, 思召し, 控え下さるよう, 望みか, 椀に, 父様は, 登和嬢の, 考えから, 聞済み下さい, 見せ申しましょうという, 言伝が, 言伝も, 言葉で, 身だ, 逢いすること, 酒がの, 銀様が, 離し下さい, 魚が

▼ たいくらいの~ (44, 0.1%)

9 ものだ 5 ものです 2 ものさ, もので

1 [26件] おもいだった, くやしさ, たまらない気持, ところへ, ものだった, ものだろう, ものである, ものでした, もんだ, もんで, 人の, 人物でした, 人間です, 凄い西風, 哀切な誓い, 夜寒が, 小さな爪, 悦びを, 愛しさ, 憎悪を, 時が, 極度の, 気持を, 珍妙な, 美しいお, 羞恥の

▼ たい~ (44, 0.1%)

7 がした 6 がする 5 になる 3 がし, になりました 2 が一ぱいであつた, になつ

1 [16件] がいつ, が切に, でいつ, にこちら, になつた, になつて, にもなつ, にもなる, に成り, は少し, は無い, もあつ, もある, もした, もし出し, もする

▼ たいなと~ (43, 0.1%)

3 思った 2 思いながら, 思いました, 思う, 思うの

1 [32件] いった欲望, おもった, おもつ, さう, そう思っ, ぼくが, 云つた, 云ふ, 仰っしゃって, 呟く, 思い思い歩いてる, 思うこと, 思うと, 思うなり, 思うひと, 思うもの, 思う時, 思ったが, 思ったとき, 思ったの, 思って, 思つた, 思ふと, 思ふ一杯, 思ふ時, 暫, 注文を, 無性に貴方, 署長は, 考へて, 言ふ, 震えた声音

▼ たい~ (43, 0.1%)

3 ねえ, 私 2 あたしが

1 [35件] あたしだって, あれが, あんたいまどこに, あんな高い, おね, けれどもこの, けれども安来節, こんな雪洞, すじが, そこで十兵衛, それともチャン, そんな顔, たいって, つばめは, どんなお, どんな様子, ねえひろ子さん, もう東京, ア, アあて, 今は, 前に, 失敗し, 女性にだって, 或は十日, 斯んな, 本当に弁護士がい, 泣きたくなるくらい, 看板を, 眞個に, 若しお前, 蚊みたいな, 連れて, 隣の, 鰻を

▼ たいとき~ (42, 0.1%)

1 [42件] があった, が少なく, だけ, だけ影, だったので, であります, にだけうたっ, には, にはおこたらず, にはかく, にはこう, にはぼく, には主人, には買う, にむり, によく, にわたし, に丁度, に両う, に人, に何時, に受け取っ, に喜び, に弾く, に拘置所, に書い, に死ぬる, に睡り, に行きたい, に逢える, に飲む, のめるのに, はなかなか, は出来る, は渋い, は湘南電車, は片, は食べたい, も怒り顔, 作る, 取り出すと, 食うよう

▼ たい~ (39, 0.1%)

2 はそれ

1 [37件] がこの, が同胞, が描いた, が旅, が是, が留守中, が蜜蝋, だから, にも鴨, に関するかぎり, のハズつての, の可愛い, の心, の心がま, の心もち, の念願, の悪癖, の悲しい, の意図, の気持, の考え, の考えじゃ, の身勝手, はあの, はこういう, はその, は何者, は其, は女, は広く, は必ず, は来なけれ, は決して, は私, は身體, は酒, は随分

▼ たい放題~ (38, 0.1%)

7 なこと 3 のこと 2 の事

1 [26件] そんなもの, だ, な事, な悪口, な真似, にいう, に伸ばし, に振る舞う, に振舞われ, に甘やかし, に荒れた, に酒, のとぼけた, の悪事, の我儘一パイ, やって, をいい, をいっ, をし, をも言わし, をやっ, をやった, をやつ, を吐きすぎました, を道誉, 甘えますが

▼ たい考え~ (38, 0.1%)

4 である 3 だった, でおります, です 2 にございます

1 [23件] からだろう, があった, であった, であったが, でありますが, であり孤独, であること, でいた, でおりました, でございます, ですが, ですがね, で一ぱい, で余分, で同道, で大切, で居ります, で玉太郎, で社地, のあった, は持っ, をつよめ, を強めた

▼ たいそして~ (37, 0.1%)

2 童心を

1 [35件] あなたが, この珍奇, そのこと, その後の, その費用, それが, それには, できるならさ, ほんとに聞い, もう後, やさしい返事, わがま, ワガママを, 一刻も, 一晩泊っ, 久しぶりに, 出来たら総会, 刀鍛冶を, 動かない風, 啓ちゃんには, 天下様御, 家に, 将来は, 彼女の, 最少限度の, 末長く, 横浜に, 求むるもの, 私は, 結婚すれ, 絵描きにも, 絶え間なき, 自分も, 自分達を, 銭を

▼ たい気もち~ (36, 0.1%)

3 でいっぱい 2 があった, で一ぱい, になった

1 [27件] かも知れなかった, から東京, がある, がうずうず, がし, が妙, が無性, が胸, さえあった, すらわい, だったの, だ子供, にさえなっ, になる, に充分, に取りつかれ, に駆られ, に駆られた, のほう, の反っ, の方, はわき上がらない, もあった, もある, も動い, を抑え, を持つ

▼ たい~ (35, 0.1%)

3 になっ 2 か, な道

1 [28件] かで水, かに, か行乞相, で, であった, であるし, で浜, といっ, ないく枚, なまま, なもの, な土, な所, な波上, な海, な物, な穀物畑, な道路, な野原, にうずめられ, におどっ, になめらか, にもっ, に世の中, に呼びかけた, に白く, のよう, はさっぱり

▼ たい~ (35, 0.1%)

2 があつ, がある, が自由, は, はどうにか, もなく, を見付け

1 [21件] があっ, があった, があったら, があり, がずらりと, である, のない, の一つ, の二つ, はいくらでも, はなく, は一般, は本, は私, は買い, もいくらか, も出来ます, も手, をえらんだ, を取り, 読まなければ

▼ たい願い~ (35, 0.1%)

2 がある, をもっ

1 [31件] からでありました, がむらむら, がめいめい, が善い, が彼女, だけがつき上げ, だけが高まっ, である, で一杯, で多年研究, となっ, とを持っ, と愛したい, なので, にご, に悩まされた, に胸, に身, のある, のない, のみあっ, は一つ, は近づいた, をもたせる, を伝えた, を失っ, を感じないで, を持っ, を捨てなく, を棄てね, を起こさせないで

▼ たいくらいに~ (34, 0.1%)

9 思って 3 なって 2 思った, 思ったが

1 [18件] かわいがって, がっかりしました, して, それを, 余は, 士農工商それぞれの, 奇麗な, 思うの, 思うん, 思ったけれども, 感じたが, 気が, 滑稽にも, 考えて, 苦しいの, 軽く鮮やか, 頑丈に, 鼻が

▼ たい三昧~ (34, 0.1%)

5 のこと 2 をする

1 [27件] するの, というもの, と享楽主義, なこと, な事, な痴戯, な贅沢, にふるまっ, に走らう, に金, の乱暴, の事, の婆娑羅, の悪口, の果, の狼藉, の生活, の舌, はした, も充分, をあきらめ, をさせ, をし, をしつくし, をし尽した, をやり得, を演じる

▼ たい人間~ (34, 0.1%)

3 がある 2 がございます, というもの

1 [27件] が, がいなかった, がいる, がたくさん, がびく, が五官, が可哀想, だった, であった, でもある, とはいかなる, とは付き合いたく, と云う, に生れ, の心, の憧れ, の気持, の魂, はいくら, は一人, は門口, は頭山翁, ばかりで, を何と, を拾いましたで, を文芸部, を軽蔑

▼ たい誘惑~ (34, 0.1%)

10 を感じた 3 を感ずる 2 を感じる

1 [19件] さえ感じた, すらも覚えた, にかられます, にかられるであらう, に勝てなかつた, に囚, に從つた, に打ちかち兼ね, に打ち勝ち兼ねた, に敗けた, に駆り立てられた, は大きかっ, もある, を感じ, を泉, を烈しく, を禁じえなかった, を覚えた, を退けかねる

▼ たいさん~ (33, 0.1%)

2 に始終, のやり方, の茶色, の顔, はニヤリ, は抱きあっ, は茶色, も宿, も私, も裏

1 [13件] がそんな, がやつ, が小堀さんとこ, が帰, といふの, に贈る, は, はいい, はいなく, はボウダ, は流れる, は結婚, も帰っ

▼ たいわけ~ (33, 0.1%)

13 では 2 じゃない, だ, です, ですから, でも 1 がある, じゃございません, じゃないです, じゃなかった, のご, のわからない, はかよう, は青年, を答え, を話さない

▼ たいこれ~ (32, 0.1%)

3 はどう 2 が夢

1 [27件] がなに, が吾人, が唯一, が夫婦, が本当, が私, が食いたい, でい, と申す, はどんな, はなに, は何, は何ごと, は当り前, は感傷, は関係, ほどの情熱, までのどの, もあなた, もやりたい, も一つ, も当世流行, も言, も食わせ, も食わせたい, をソックリ, を置く

▼ たいつもり~ (31, 0.1%)

5 なの 3 でいます

1 [23件] から東北地方, だから, だった, だったけれど, であった, であったのに, でありますから, である, でいる, でございます, でした, です, ですでに, でその間づっと宣伝, では, で出た, で山, で東片町, で種々, で話し, で電話, なら処刑, なん

▼ たい~ (31, 0.1%)

2 だが, である

1 [27件] から之, があったら, が沢山, が話題, さ, だ, だろう, でがした, ですが, にぞくする, に住ん, に触れ, のもの, はありません, は如何, は特に, へは行く, へ出た, へ指, へ行かっし, へ行っ, もあった, もある, もございます, ものばし, をそれ, をよせ集める

▼ たい~ (31, 0.1%)

6 がある 2 である

1 [23件] があっ, があります, がし, がまとまった, が沢山, だ, ですな, ではなかつた, なん, にはちがい, に乗っ, は, は山, まではしなかった, もきかれなかった, もしたい, も仕切れず, も要求, をし, をします, をする, を先方, を聞い

▼ たいといった~ (30, 0.1%)

7 ような 2 ふうな

1 [21件] そうだ, では, ところが例, ところが西, ところで, ところ博士は, やるせない心持, 具体的な, 小次郎が, 性急さに, 意味の, 時も, 母しかし, 氣に, 氣持も, 為に, 片意地な, 程度の, 空想を, 結果小形ながら, 虫の

▼ たい欲求~ (30, 0.1%)

2 に駆られ, を感じた

1 [26件] からそう, から中途, が, があった, がことごとく, が十二分, が大きく, とに打ち負け, とを二人, と楽しませ得る, にかられ出した, に私, に駆られた, はいっぱい, は感ぜられない, もあっ, も感じた, も手伝っ, も起こる, をさ, をしかも, をたえず, をときどき, を父, を祖国, を覚えます

▼ たい~ (30, 0.1%)

2 だった, である, でした

1 [24件] がある, がすう, がはりつめ, がふいた, が吹い, が彼, が水の上, が花, だったので, だッ, であつ, でしたが, で対手, な樣子, に, に吹かれ, に放牧, に見えた, に見える, の中, の過ぎ去る, もありません, をするごとく, を感じ

▼ たい~ (29, 0.1%)

2 だと, はで, は死ぬ

1 [23件] が一人, じゃの, だけ来れ, なの, なら覗いて, にはせいぜい, には笑わし, にやらしたら, の人形, は, はおれ, はこの, はそれ, はつい, はべつに, は勝手, は同志, は死ね, は盛ん, は裃, は見, は遠慮なく, をくっ附け

▼ たいんで~ (28, 0.1%)

7 せう 2 げして

1 [19件] お願, これまで, ご夫婦, して, してね, してねえ, すけれ共, せうあなた, せうよ, せう何, それの, た, ただそれだけ, へい, へへ, 僕の, 先頃から, 水瓶の, 郷里から

▼ たい~ (28, 0.1%)

3 を告げた 2 言って

1 [23件] その御沙汰, の手紙, の来信, をいつ, を伝言, を希望, を彼, を恭しく, を申し出でた, を申し添え, を申し込んだ, を申出, を申出た, を申出ました, を答えた, を話し, を述べ, を述べた, を電話, を願い出た, 申し出て, 言い出すと, 話す喜んで

▼ たいけど~ (27, 0.1%)

1 [27件] いまちょっと, お返しできない, お金が, きょうは, ここじゃ, この小説, こんな宿屋, しかし犬, でもいつ, ほらこの, もうすぐ日, もう金歯, よけいな, ミンチン先生に, 人間は, 今の, 今日忙しい, 何か, 何度も, 僕も, 家が, 帰って, 打つの, 此奴は, 舞臺が, 言いにくい, 雨が

▼ たいなどという~ (27, 0.1%)

2 ことは

1 [25件] つまらぬ向上心, てれくさい殊勝げ, のは, ものです, 不心得な, 人が, 出過ぎた考え, 息ぐるしい慾望, 意味の, 愛着は, 所存は, 望みを, 欲を, 殊勝な, 気は, 気を, 気持ちの, 気振りを, 洒落た情熱, 洒落れた情熱, 涙ぐましいよう, 端書を, 表現は, 言葉が, 話も

▼ たい一念~ (27, 0.1%)

2 に駆られ

1 [25件] からで, からヨーロッパ, から出た, があれ, が一途, じゃない, だけが生き, だけで仕事, であった馬春堂, で丹後, で実は, で母, で神代川, で超, で逃げ出し, によるもの, に常, に思いみだれた, に燃え立っ, に駆られまする, のみで, は押, ばかりで, より行う, を抑え

▼ たいつて~ (26, 0.0%)

5 おつ 4 申して 2 いふん, えの

1 [13件] いうから, いひますし, いふこと, いふんで, いふ例, いふ気, いわれるん, お靜, しよつちゆうお, もう先刻, 少らく突, 申しますの, 頼んだらどんな

▼ たい~ (26, 0.0%)

3 こんな溝板

1 [23件] あなたが, あの犬, おまえは, きっと驚く, こうあれかし, そういう今日, だがそれ, ロオマは, 一緒に, 今日だって, 八, 勝という, 向う向きに, 君, 実にたまらん, 彼の, 心掛けだけは, 池貝へ, 親分, 豊ちゃん, 部屋の, 重要な, 食後に

▼ たい慾望~ (26, 0.0%)

2 をもっ, を感じ, を持っ

1 [20件] がある, がいくらか, がかえって, がまだ, が募る, が彼女, さえそんな, さえむらむら, にかられた, にも手伝われ, に燃え, も理由, をおこさせられるだらう, を僕, を圧, を感じた, を感じました, を禁じ得ない, を覚えるであらう, を開放

▼ たい~ (26, 0.0%)

3 がある 2 だ, である

1 [19件] がそこ, が新海氏, だが, だろう, であると, というの, というもの, は先程, は却って, は却つて此所, は岩波書店, は批評自身, は沢山, もなく, をそして, を作者山本有三, を知り, を諸君, 或はまた一番

▼ たい~ (25, 0.0%)

5 せう 4 あらうが

1 [16件] ありく朱欒, いつも十人, えびを, お茶わかし, せうが, せうし, たちなので, ひと部屋, もち場に, 博多は, 家の, 居るん, 待ってるがらな, 笠原邸に, 話すん, 賑ふ

▼ たい何処~ (25, 0.0%)

2 なの, にある, へ行った

1 [19件] からあんな, からこんな, から何, から来た, から発散, から発生, が悪く, が自分, にいのち, にゐる, に触らう, に際限, の人間, へ持つ, へ行, へ行つて, へ隠した, までゆきなさる, をうろつい

▼ たい問題~ (24, 0.0%)

4 である 2 は完全, もある

1 [16件] があった, があつ, がある, が起っ, が起つ, だし, だったと, であらう, で有る, といふの, とかいうよう, はどこ, は沢山, は長命, を持っ, を考え

▼ たい念願~ (24, 0.0%)

2 に他

1 [22件] があつ, がある, がつよまる, が時々, が迸り出る, だから, だったので, であったに, であったの, であつ, であります, である, でいつ, と辛抱, なん, にかられる, に燃え, のやう, を打ちあけた, を抱い, を持っ, 幸い数寄屋橋内

▼ たい氣持~ (24, 0.0%)

2 であつ, なん, になつて

1 [18件] から頭, がしなかつた, だつたが, です, で太田, で町, とが私, となる, にさ, にたま, になつ, になりました, は僕, は要するに, もある, やかうし, を人, を持つた

▼ たいとでも~ (23, 0.0%)

7 いうよう 3 云うの 2 言って

1 [11件] いうふう, いう様, 云うよう, 云ったの, 思って, 思つてか, 思ふたので, 考えてるの, 言うだか, 言うの, 言わるる事

▼ たいない~ (23, 0.0%)

2 な, わ

1 [19件] が, が一ツ十手, くらい純情, なあと思ふ, なと思, なほんに, なまだ, なァむざ, ね, もいやしい, 不動樣を, 仕合せである, 手蹟ぢやけに, 杖です, 殺しです, 程その, 美人で, 言草ながら, 話である

▼ たいあの~ (22, 0.0%)

3 人は 2 ゴミの, 人の

1 [15件] なだらかな, カルメンの, ケースに, 女は, 好奇心と, 山を, 心構えも, 恐竜型潜水艦に, 方の, 栄光に, 爺だ, 老人程, 若いお, 酒場勤めの, 鉄で

▼ たいなどとは~ (22, 0.0%)

1 [22件] ゆめ思わない, 一度も, 云わさない, 仰しゃいませんわね, 何事だ, 元々口, 夢にも思い設けなかった, 夢にも思われない, 少しも, 思いませんでした, 思はないが, 思わずあなたがた, 怪しからぬ, 決していわない, 決して思はない, 爪の, 空疎な, 考えずただ, 考えず良い, 言わない筈, 言わなかった, 身のほど知らずも

▼ たい意志~ (22, 0.0%)

2 のある

1 [20件] があります, がある, があるなら, が動いた, が幕府, が或は, だという, だといふ, となり, なの, にすぎなかった, のいやらし, はそっくり, はアメリカ, は微塵, を再認, を持つ, を明らか, を洩らした, を述べよう

▼ たい望み~ (22, 0.0%)

2 を持っ

1 [20件] ある者, からであった, があれ, が心から, が抑, が湧い, だ, であり古本屋, です, で胸, に憑かれる, に燃え, の充満, も覚えなかった, をだれ, をもらし, を少年時代, を抱い, を持つ, を洩らし

▼ たい言葉~ (22, 0.0%)

1 [22件] がある, がいちどに, が云われた, が全国, じゃ貴公, であった, であったが, である, でしょう, ではない, となる, と声, に腹, のよう, はこれ, はその, はなほ残酷, は古い, もございました, をモグモグ, を先生, を源一

▼ たい気分~ (21, 0.0%)

5 になっ 2 になつ, になる

1 [12件] がある, がし, が濃く深く, だった, だね, でいる, でラエーフスキイ, で扱われる, になった, になり, をおさへ, を満たす

▼ たいあなた~ (20, 0.0%)

2 はどの

1 [18件] がた, が看護婦, にあんな, のため, の名, の商ばい, の喜ぶ, の御覧, はいつ, はその, は何, は先, は出家, は私, まかり間違, を取戻したい, を啓発, を幸福

▼ たいなあと~ (20, 0.0%)

2 仔牛は, 思う, 思って, 思ふ

1 [12件] いうこと, いったこと, そんなこと, つくづく感じた, 思った, 思つた, 思つたのは, 思つた私は, 思ふこれ, 拳に, 灰の, 酒貪

▼ たいまま~ (20, 0.0%)

2 にさせ

1 [18件] しかも無理, な享楽, にし, につとめて, になっ, に放っ, に水, に石ころ, に言わせ, の乱暴, の悪, の悪口, の放, の方角, の気持ち, の道楽, をさせ, を書く

▼ たい仕事~ (20, 0.0%)

2 がある

1 [18件] がしたい, が一ツ, が他, が出来た, が山, が目, であります, というの, に対してはどんな, に膏, のこと, はできない, は出来ない, もあり, もこの, も開け, をも分け, をも分与

▼ たい心地~ (20, 0.0%)

4 がする 2 がいたします

1 [14件] がいたす, がします, が致します, が致しまする, さえいたします, す, するなり, である, でしたが, でその, になり, もする, を力め, を起す

▼ たいとばかり~ (19, 0.0%)

6 思って 2 考えて

1 [11件] あせつて, いう, いって, おもうよう, おもって, 念じて, 思うよう, 思つてゐた, 考えたの, 願うの, 願って

▼ たい~ (19, 0.0%)

3 がある

1 [16件] があったら, が美しい, が褄, だな, であった, であるどころか, で俗, には惚れられ, のため, の全て, の心, の本能, は私, をこっち, を恋する, を物色

▼ たいそういう~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことが, ことだった, ことに, ところから, ふうに, わけな, 不遜な, 場面が, 女性の, 工合, 意味の, 殉教者にも, 気が, 激しい願望, 衝動に, 要求が, 趣味の, 風な

▼ たいそんな~ (18, 0.0%)

2 相談なら

1 [16件] ことまで, ことを, ような, ヤケクソの, 単純な, 孤独な, 心の, 意味だった, 気が, 気に, 気も, 気分だった, 気持で, 気持を, 考えで, 衝動が

▼ たいとて~ (18, 0.0%)

1 [18件] その手続き, その金子, まえ主人柳生対馬守, わざわざこれ, アッセンし, 人手には, 同船し, 夜前この, 実は人生, 尾來りし, 御主君, 或いは後進部落, 歩きます, 歸りよか, 狂的に, 環という, 訪ねて, 闇夜に

▼ たい~ (18, 0.0%)

32 だけど, です, ですつて 1 だから, だが, だわ, ですから, ですけど, ですけれど, ですの, で来なさる, やと

▼ たい~ (18, 0.0%)

1 [18件] 一念が, 主人が, 像の, 希望といふ, 心持が, 意向だ, 意向らしい, 所存で, 承知の, 料簡な, 本心だ, 様子でありました, 様子な, 様子を, 満足が, 自分たちの, 辞退は, 迷惑だろう

▼ たい~ (18, 0.0%)

1 [18件] から出たい, が音, で頭, のひかり, のやう, は丹後さん, を, をのむ, をのん, を互, を入れた, を入れましたら, を噴く, を壜, を柄杓, を汲ん, を酌ん, を飲みたい

▼ たい為め~ (18, 0.0%)

2 であった, なの

1 [14件] だと, でもあつ, にお前自身, にそれ, にと答える, に下車, に他人, に多く, に総て, に翁, に進ん, に閑地, の事, もある

▼ たい~ (17, 0.0%)

4 ういふ 3 うして 2 うしたら 1 ういふ我慢, ういふ相談, お前が, さかな活気であった, できること, ア家内へ, 兄の, 寝たいこと

▼ たいじゃ~ (17, 0.0%)

7 ないか 4 ありませんか 2 ないの 1 ないかい, ないよう, アない, 本もの

▼ たい~ (17, 0.0%)

1 [17件] あの人, あゝ云う, いったんこの, それに, そんなの, だが, つてなあ, ねえ, 万事万端, 丈吉殺しの, 俺は, 待つてを, 拙者も, 本当に, 深い森, 聾者にな, 飛んだ逆上引下

▼ たい~ (17, 0.0%)

2 の心

1 [15件] からで, この子, であろう, の一件, の世の中, の敬太郎, の気持, の芝居, までだれ, までの生活, までの通り, まで何処, 明日尋常六年生の, 松だった, 迄何事

▼ たい~ (17, 0.0%)

3 をなん

1 [14件] が探偵小説, が暗く, なん, にとって何, にとつ, のこと, の人生, はただ, はなぜこう, はストリップ, は君, は好奇心, は東京青山信濃殿町三十六番地谷澤成瀬, も行きたい

▼ たい~ (17, 0.0%)

8 な氣 1 な希望さ, な心持ち, な意識, な態度, な氣持, な空氣, に, に思, に思ふ

▼ たい~ (16, 0.0%)

6 やない 2 やありません 1 したこと, しました, や有, や無い, らしいお, らしい女, らしい悲壯, らしい薫子

▼ たいとまで~ (16, 0.0%)

2 思いました, 思った, 思って 1 こっちでは, もうして, 云ってるが, 仰しやつ, 嘆いた, 思いつめ落ちつく故郷, 思った事, 思はれて, 思われるの, 願う様

▼ たいなぞ~ (16, 0.0%)

2 というの, とは露

1 [12件] という心境, という愚劣, といふ心境, とおっしゃっ, とそんな, とは口, とは私, とまるで, と云, と勿体ぶつ, と猛り立つ, と贅沢

▼ たい~ (16, 0.0%)

1 [16件] が最初, だつたの, であったが, と試合, について書きたい, には全く, のどこ, の人, の焦慮, の風, はその, はどう, は何, は狂人, は賑やか, もし

▼ たい意向~ (16, 0.0%)

2 がある, をもらし

1 [12件] があった, がうかがわれる, が書い, き, であるが, であると, であるという, なの, をもつ, を持っ, を持ってる, を陳

▼ たい~ (16, 0.0%)

2 である

1 [14件] があっ, であるから, であるが, へ, へから作物, へから広告, へから森本博士, へがあつ, へが既に古く, へだつた, へであり, へであります, へです, への大

▼ たいがと~ (15, 0.0%)

3 思って 2 云って 1 あっちこっちを, いったら親心, 中川に, 思うと, 思うの, 相談かけられた, 相談し, 苦慮した, 言ひ込んだ, 頼んで

▼ たいそうして~ (15, 0.0%)

1 [15件] お預かり, だ屯田兵士, 一層阪井, 世間体は, 千載に, 国境いを, 帝王の, 心を, 日夕相親しみ, 早く帰りたい, 永久に, 留守宅の, 自分の, 身の, 願わくは御前

▼ たいばかりの~ (15, 0.0%)

1 [15件] ものである, 一心から, 一念です, 事であった, 傷心に, 夜歩きに, 姫君であった, 彼女には, 惡戲な, 手段でありました, 理窟を, 私の, 端唄の, 身振りです, 願である

▼ たい~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] たら, ていつ, ておっしゃっ, ておら, てそういつも, てどんな, てよ, てわけ, て云っちまった, て今, て旦那, て言っ, て言ってた

▼ たい~ (15, 0.0%)

2 で, と黄色い, をきく 1 が有ったら, ではなに, に猿ぐつわ, ね, の先, は叩けない, をきいた, を利く, を持っ

▼ たい心持ち~ (15, 0.0%)

2 になっ

1 [13件] がし, がする, が湧い, が胸いっぱい, であった, でいっぱい, で夢中, で尚, になつ, もあった, も何時, をおさえられなく, を止める

▼ たい~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] だったただ, だつた, です, といふ意味, なし, なん, の午前, はあるまい, はない, は入れ, もあつ, を加算, を言っ

▼ たい~ (15, 0.0%)

1 [15件] でその, でジロリ, で巡査, で見られ, で見送られ, と口, の縁, の閉, をし, を山門, を気, を湿布, を細め, を逸らした, を閉ぢ

▼ たいなど~ (14, 0.0%)

1 [14件] いう望み, いう考え, いって, いふ私心, もう思わなかった, 一どもかんがえた, 出版を, 夢にも思わなくなりました, 大きいもの, 思ふの, 私が, 続々申し, 考えなくても, 考へられます

▼ たい下心~ (14, 0.0%)

5 があった 2 であること 1 がある, であ, であったが, でもある, で怒ってる, なの, によるもの

▼ たい何者~ (14, 0.0%)

32 であったろうか, なの 1 か, か是非とも, だと, だらう, だろうと, であろうか, です

▼ たい~ (14, 0.0%)

1 [14件] から頼ん, が君, そんな物, なん, の問題, の家, の麗わし, はおれ, はどう, はどうして, はなんだい, は何と, は物, は誰

▼ たい盛り~ (14, 0.0%)

1 [14件] でございますが, ですが, ですもの, で父一人, なのに, なんて自分, に這入, のお嬢さん, のフラフラ, の坊ちゃん, の子供たち, の当時, の溌剌, をああ

▼ たいまた~ (13, 0.0%)

1 [13件] どうして留置場, 一つには, 乗人も, 今監獄, 例の, 城郭等も, 差入れも, 戦争に, 拙者の, 昇殿の, 藩の, 藩侯に, 誰からでも

▼ たい感じ~ (13, 0.0%)

2 がする

1 [11件] がし, が起った, だ, であった, でした, です, ね, のしつかりした, のもの, の強い, や傲然

▼ たい~ (13, 0.0%)

2 が上海

1 [11件] ありとか, が短, だ, だそう, だつけ, だな, であつ, ですら, とはあれ, と思った, よりは男

▼ たいどうして~ (12, 0.0%)

1 [12件] いたか, こんな大金, それを, そんな名前, 人々は, 夜の, 奴は, 手に, 木の葉が, 生きて, 私たちが, 豆潜水艇の

▼ たい~ (12, 0.0%)

2 がしました 1 がある, が後で, だけでも横顔, で, であった, でない陽気, で母, で追, もない, をする

▼ たいかと~ (11, 0.0%)

1 [11件] いうと, おもって, 云うと, 云うので, 云えば, 云ふお, 叱るん, 問われたとき, 思いの, 言つてる, 訊ねられわし

▼ たいぎそう~ (11, 0.0%)

1 [11件] で顔, なあるき, なので, にあけた, にご, にさお, にとって三郎さん, にのろのろ, に手足, に甘酒, に見えます

▼ たいこんな~ (11, 0.0%)

2 ふうな 1 ことが, ことを, ふうに, バタ臭い麗人, 凡庸な, 変な, 忌まわしい座敷牢, 燒野原に, 食器では

▼ たいなあ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの香, いっそ遊び, お姉様, もう十日あまり, 一日も, 勿論遠方, 思てた, 方々の, 明日の, 母上に, 食後に

▼ たいなく~ (11, 0.0%)

1 [11件] てあの, て出来る, て食, もこの, も上樣, も不動明王, も将軍家, も朝湯, も朝酒頂戴, も本堂, も碧血

▼ たいには~ (11, 0.0%)

1 [11件] したいん, その骨, 会いたいん, 帰りたくっても, 往きたいが, 断りたいの, 来たいだろうがな, 異様な, 見たかったの, 見て, 踊りたいが

▼ たいふう~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありと, だが, だった, だったが, でした, でしたが, で家, な話, に見え, に見受けられる, を見せる

▼ たい~ (11, 0.0%)

1 [11件] がただよっ, がみえる, が漂っ, だ, で伸べられた, に知らず知らずひきつけられ, の, の黒い, もありません, をした, を見せる

▼ たい早く~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの子, つまらぬ心配, 実否を, 心の, 日本の, 東京へ, 死なして, 演りたい, 聞かして, 谷へ, 逢たい早く

▼ たい~ (11, 0.0%)

2 と水 1 であった, にあわせる, のはなれた, はさせたくない, をこすりこすりあけ, をし, をした, を念じ, を見ぬ

▼ たい願望~ (11, 0.0%)

1 [11件] がしきりに, がろ, そんな危険, に充たされる, に燃える, のあらはれで, は一般, は誰, や情熱, をもつ, を持っ

▼ たいいつ~ (10, 0.0%)

1 でも人, の世, までも生き, まで待て, まで調べ, 初日な, 来られるかと, 来るっていう, 歿った, 頃までに

▼ たいいや~ (10, 0.0%)

1 しても, それは, どうかし, な隣人たち, 一その, 清算せず, 聞きたい, 自分は, 蔑棄したい, 鏡では

▼ たいここ~ (10, 0.0%)

1 でおさまっ, で何, で煮る, ならだれ, な文壇, には四軒, には牛車, は何ん, は暗い, を捨て

▼ たいたち~ (10, 0.0%)

21 が乗っ, が食べられる, であった, でその, はどう, はぶくぶく, は箱, は馬

▼ たいたり~ (10, 0.0%)

3 して 1 したと, 一升枡に, 根を, 漬け物を, 漬物を, 燈火を, 竹やぶの

▼ たいだれ~ (10, 0.0%)

1 かを喜ばしたい, があの, がいわし, がうたつて, が好, が裁く, だろう, でしよう, とだれ, なの

▼ たいのち~ (10, 0.0%)

1 うつし身, つじょもついて, とおかれた, に参与, に対して, のいぶき, の断絶, もある, を見れ, を頼む

▼ たいもし~ (10, 0.0%)

2 それが 1 できること, できれば, 天が, 支払い能力が, 私の, 糺弾されないなら, 許さなければ, 負けたらば

▼ たい今日~ (10, 0.0%)

2 は面白く 1 の事件, の文学史, の行乞相, はこれ, は休業, は留守, まづ炬燵, までどこ

▼ たい場合~ (10, 0.0%)

1 がある, であろうが, には相手, には税, には非常, によつて, に東西, もあらう, もときどき, 決して調法

▼ たい場所~ (10, 0.0%)

2 で, や訪ねたい 1 があった, でなければ, ではなかっ, はいにしえ, へ来た, も知りません

▼ たい~ (10, 0.0%)

1 ではなく, で手引, で絵はがき, にでる, にぼんやり, のかげ, のよこ, のよこの, は橄欖樹, を出し

▼ たい彼女~ (10, 0.0%)

2 は何と, は癇性 1 の心, の欲求, の母, の頭, は何時も, を朗

▼ たい感情~ (10, 0.0%)

1 が久能, が挑み合っ, で夢中, には読み, の傾き, もある, を反対, を味わった, を母, を経験

▼ たい樣子~ (10, 0.0%)

6 です 1 だつた, であつ, でした, ですが

▼ たい~ (10, 0.0%)

2 であつ, ではない 1 さ, でございました, でもなく, にかういふ, に先生, に腐心

▼ たい~ (10, 0.0%)

3 でも 2 じゃない, では 1 で, のご, もある

▼ たいかにも~ (9, 0.0%)

2 このホテル 1 コムソモール風な, 床しい数奇屋, 春らしい, 江戸つ, 滑稽な, 犬の, 美しい面差

▼ たいぐらい~ (9, 0.0%)

1 だった, だったから, であった, なこと, な羨望, 厭気ざし, 忙しいと, 愛情を, 素早く門外

▼ たいとお~ (9, 0.0%)

5 もひます 1 すえが, もつて, もひ, もふわ

▼ たいどういう~ (9, 0.0%)

1 おつもりです, お話を, わけだろう, わけで, わけな, 人間な, 性格の, 美学が, 量見だ

▼ たいねえ~ (9, 0.0%)

1 おれが, くれいお人好し, さう, ようあたいをけむ, 先生御, 快く, 清さんてば, 特別の, 薄気味の

▼ たいひと~ (9, 0.0%)

1 があります, がある, がたくさん, が来ます, はどうぞ, はどんな, もある, もなく, も愛されたい

▼ たいやつ~ (9, 0.0%)

1 がある, が食べられる, はいくら, はこうして, はこの, はじっと, は勝手, は泳ぎ, 早く取らん

▼ たい一人~ (9, 0.0%)

2 の人間 1 がよう, だけ欠ける, だつた, である, では, となる, の人物

▼ たい~ (9, 0.0%)

1 けのもの, けの為め, け見る, させられる人, 会って, 泣きつくした時, 生かされない苦し, 真に愛せる, 笑わせられる若い

▼ たい好奇心~ (9, 0.0%)

1 が満足, が矢, だけに駆られ, に駆られた, のいよ, もおこる, もなく, も強く, を起こした

▼ たい~ (9, 0.0%)

2 が少し, もない 1 が二里, でやっ, は子供心, も多, を建て

▼ たい心もち~ (9, 0.0%)

3 を感じた 1 でいる, です, とはちがいます, と理由, のある, もした

▼ たい意味~ (9, 0.0%)

1 からも親近, から出る, で, で茶漬け, もある, もあろう, もわかるだろう, を打ち込める, を指

▼ たい要求~ (9, 0.0%)

1 からの悩み, からやった, から毎日, がかなり, に驅, はその, は愛する, をもちます, を感じた

▼ たい風情~ (9, 0.0%)

3 でした 2 です 1 がある, に見えた, を平次, を感じた

▼ たい~ (9, 0.0%)

2 の下 1 で嗅ぎ取る, に皺, の上, の先, もよう, を出来る, 厚い唇

▼ たいかという~ (8, 0.0%)

2 質問に 1 こと, ことが, ことと, ような, 具体的な, 結果として

▼ たいからこそ~ (8, 0.0%)

1 いろんな犠牲, おれは, そしてそれ, その愛, 仕事を, 実生活は, 弱くグラグラ, 話す

▼ たいせめて~ (8, 0.0%)

2 命の 1 あの宮志多亭, もそれ, 一ト眼だけでも, 六尺でも, 小蝦, 我一生だけは

▼ たいても~ (8, 0.0%)

2 いいか 1 いくらの, いつもたき, ちっともあたたかく, ガランと, 指の, 自由だ

▼ たいとかいう~ (8, 0.0%)

1 お望み, ことは, ことを, そうした理性的, ためでは, た用件, 心持が, 時には

▼ たいとのみ~ (8, 0.0%)

2 考へて 1 冀って, 念じて, 思った, 望んで, 考えて, 願つてゐる

▼ たいなお~ (8, 0.0%)

1 人形な, 助けに, 坊さんを, 染といふ, 瀧を, 經を, 部屋へ, 醫者さんが

▼ たいなに~ (8, 0.0%)

1 が危険, が食べたい, をした, をふざけ, を射たう, を手伝う, を騒いでる, 押されて

▼ たいばっかり~ (8, 0.0%)

1 だったん, で, でお, でおい, では, ない智慧, なんだ, 知りたいばっかりに

▼ たいまで~ (8, 0.0%)

1 きたばかりの, である, で五, なの, はた, 日本の, 美食が, 身に

▼ たいめん~ (8, 0.0%)

1 あそばされず引きこもって, あそばして, なされたおり, のため小谷, のとき, の儀, の御, を捨て

▼ たい~ (8, 0.0%)

2 ひらめや 1 かつおなどの, アだから, 嫁の, 役者や, 百姓や, 馬は

▼ たい一事~ (8, 0.0%)

6 がある 1 は張家, は私

▼ たい人物~ (8, 0.0%)

1 があります, がある, だ, なの, にそんな, の一人, は多, も貴公以外

▼ たい~ (8, 0.0%)

2 の下 1 の汽船, は実, もしれぬ, をあげ, を頂いた, 聲も

▼ たい土地~ (8, 0.0%)

3 はふみ 1 から野菜, であつ, なの, の名, の者

▼ たい大きな~ (8, 0.0%)

1 望みが, 気風を, 石碑が, 箱だ, 脣が, 船の, 顔には, 鼻が

▼ たい~ (8, 0.0%)

5 の文句 2 はほか 1 のじょうず

▼ たい~ (8, 0.0%)

1 だから, で, です, で兵隊, にて云々, をたのむ, を示した, を願った

▼ たい~ (8, 0.0%)

1 がやがて, が恐ろしく, といい, のなか, の底, を一層, を上げ, を戦かせ

▼ たい~ (8, 0.0%)

1 であった, であったが, でいた, でいます, ではけっして, でやり出した, もあっ, もあり

▼ たい茶漬け~ (8, 0.0%)

1 が今日, が美味い, と拮抗, なんて関西, にしよう, に対すべきである, は世間, よりまぐろ

▼ たいかに~ (7, 0.0%)

2 老いたま 1 おはすや, してか, 其日を, 多くの, 安かりし

▼ たい~ (7, 0.0%)

1 だ, だけど, だと, であったり, で寝すごし, になります, のこと

▼ たいくせ~ (7, 0.0%)

1 に, にし, にそれ, になんとなく, にわざと, に内海, に危惧

▼ たいしかし~ (7, 0.0%)

1 お金が, もし死んだ, よそへ, 知られるの, 自分の, 解らない知られないもの, 雪の

▼ たいせつ~ (7, 0.0%)

2 の御 1 かちな, でご, にされ, にされた, の御用

▼ たいだけを~ (7, 0.0%)

1 して, ポツリと, 云い書きたいだけを, 書いて, 書くもつとも, 根っきりしゃべった, 言って

▼ たいとして~ (7, 0.0%)

1 おられるもの, しからば, その一つ, 居ました, 愉しく揺曳, 置いて, 頂戴した

▼ たいなぞと~ (7, 0.0%)

1 いい出したら母, いえば, 心細い事, 望まない, 申します, 考えて, 考へたり

▼ たいなん~ (7, 0.0%)

2 でせう 1 であらう, でもあなた, でも成功, のこと, の商

▼ たいばつ~ (7, 0.0%)

1 かりにお前, かりにその, かりにトムさん, かりに命, かりに女學校, かりに追分, かりに鷄

▼ たいほうだい~ (7, 0.0%)

3 のこと 1 なこ, な世, に甘やかし, を止め

▼ たいテーマ~ (7, 0.0%)

1 がいくつ, が職場, である, というもの, について口, の一つ, はかけなくなっ

▼ たい一つ~ (7, 0.0%)

1 であったが, の与えられた, の事柄, の問題解決, の感覚, の芸術, の鼻

▼ たい一種~ (7, 0.0%)

1 のもの凄, の好奇心, の強情, の心理, の解らぬ, の逃避行, の魔力

▼ たい人々~ (7, 0.0%)

1 からは同感, がキリスト教, にも恐らく, に対して示威手段, の参考, は否, よ

▼ たい~ (7, 0.0%)

2 であります 1 があります, がある, がございまし, ではない, とおっしゃる

▼ たい大事~ (7, 0.0%)

2 がある, な事 1 なこと, なござる, な私

▼ たい~ (7, 0.0%)

1 はある, は十分, を封じ, を持った, を有し, を立て, を起す

▼ たい~ (7, 0.0%)

2 が強く 1 があっ, が一杯, が急, に駆られた, は山々

▼ たい所存~ (7, 0.0%)

1 であったところ, であつ, でおります, でござる, でござるが, なので, にご

▼ たい書物~ (7, 0.0%)

1 があっ, がある, は友人, もあった, もそう, を手, を読み耽る

▼ たい~ (7, 0.0%)

2 をもっ, を持っ 1 が起る, に現世, をお話し

▼ たい渇望~ (7, 0.0%)

2 なの 1 があった, が募った, であった, の彼方, を感じた

▼ たい熱望~ (7, 0.0%)

1 が引き剥せない, であろうと, となった, につき動かされ, は堪えがたい, も自分, をもっ

▼ たい~ (7, 0.0%)

5 がある 1 が, なん

▼ たい用事~ (7, 0.0%)

2 があっ, もある 1 があった, がある, も果さなかつた

▼ たい目的~ (7, 0.0%)

1 からこの, がお, でここ, の所, をもっ, をもつ, を以て行かれた

▼ たいああ~ (6, 0.0%)

1 いう人, この風, して, たった一度, 嫌だ, 玉の

▼ たいおれ~ (6, 0.0%)

1 のからだ, のもの, のやう, の心, は何, も武士

▼ たいお前~ (6, 0.0%)

1 こそもう少し, の弟子, の町, は向う, は東京, も心配

▼ たいお方~ (6, 0.0%)

1 がある, がここ, です, は, はありません, は公爵家

▼ たいこういう~ (6, 0.0%)

1 のが, 役を, 感違いを, 方が, 空想的な, 考えから

▼ たいこころ~ (6, 0.0%)

1 からである, が声, で一杯, とそれから, もちと, をジッ

▼ たい~ (6, 0.0%)

2 んだ 1 一念問う, 容子に, 病気といふ, 迷惑は

▼ たいそこ~ (6, 0.0%)

1 たい, には人間, には良人, に何, に新, まで空想

▼ たい~ (6, 0.0%)

1 が洋画, とて東京, ね, わね, 彼等の, 流行歌を

▼ たいどの~ (6, 0.0%)

2 やうな 1 くらゐある, ような, 見当な, 野郎と

▼ たいなんと~ (6, 0.0%)

2 かして 1 いふおんけい, いふこつたね, 冗談にも, 熊本まで

▼ たいねと~ (6, 0.0%)

3 微笑んで 1 うそぶく砂馬, さすがの, 皆が

▼ たいわと~ (6, 0.0%)

1 いうかも, 云う, 云って, 咲枝に, 小さい声, 御仙

▼ たいわね~ (6, 0.0%)

1 あたいなら生んだ, あの先生, あの年頃, えから, そして何だ, 二次会に

▼ たい切な~ (6, 0.0%)

2 さが, さに, さ十五の

▼ たい~ (6, 0.0%)

2 の顏 1 がいる, であった, に怪我, の顔

▼ たい~ (6, 0.0%)

2 の温泉 1 である, の本体, の朽葉, ほどの中

▼ たい微笑~ (6, 0.0%)

2 を浮べ, を浮べた 1 である, となっ

▼ たい思召~ (6, 0.0%)

1 しから, しが, しであった, しと, しを, で

▼ たい性分~ (6, 0.0%)

1 だから, ですさかい, で母屋, なの, なん, らしく絶えず

▼ たい~ (6, 0.0%)

1 の動き, はお, は誰, も無い, を有し, を示す

▼ たい~ (6, 0.0%)

1 でなでた, で私, で黒い, に触れ, は, をし

▼ たい本能~ (6, 0.0%)

2 にさいなまれ 1 から出た, がある, と不意, の働き

▼ たい~ (6, 0.0%)

1 がも一つ, が自分, のほう, は旺ん, を持っ, を擲った

▼ たい氣持ち~ (6, 0.0%)

2 だつた 1 が張りつめ, になつ, になりました, もおこらず

▼ たい~ (6, 0.0%)

1 でも凌げる, に行きたい, の中, の方, の色, を見まわし

▼ たい焼き~ (6, 0.0%)

1 の大安売り, をほおばっ, を食う, を食っ, を食った, 買って

▼ たい現実~ (6, 0.0%)

1 がその, にもみぬかれ, の世界, の前, へ呼びさまされた思ひ, をムキになっ

▼ たい理由~ (6, 0.0%)

1 がある, がわからない, が何ぞ, の一, を持っ, を持つ

▼ たい用件~ (6, 0.0%)

3 がある 1 がおこりました, が出来た, が出来たらしかった

▼ たい相手~ (6, 0.0%)

1 が多数, であった, ではなかっ, にはなかなか, のひとり, はいなく

▼ たい~ (6, 0.0%)

1 で三度, に凭れ, に見惚れ, に頭, の上, の姿

▼ たい秘密~ (6, 0.0%)

3 がある 1 があった, の水滴, を手

▼ たい空気~ (6, 0.0%)

1 がたちまち, に萌黄, に触れる, の中, の澱み, を吸っ

▼ たい若い~ (6, 0.0%)

1 女の, 女性達は, 好奇心とは, 弥生にとっては, 情熱を, 日の

▼ たい~ (6, 0.0%)

3 ひを 1 ひが, ひは, もて

▼ たいかの~ (5, 0.0%)

3 ように 1 原始的諸, 女が

▼ たいからって~ (5, 0.0%)

1 いいか, こうして頼む, 使を, 睡って, 私に

▼ たいからの~ (5, 0.0%)

1 ことであった, ことでありました, 事だ, 事で, 願

▼ たいかを~ (5, 0.0%)

1 書きこむ欄, 正直に, 気に, 私は, 話しはじめた

▼ たいがね~ (5, 0.0%)

1 お前は, わたしだって, 折入っ, 昔は, 然し

▼ たいぐらいの~ (5, 0.0%)

1 いまいましさ, もので, 心持が, 気持であった, 甘い気持

▼ たいこんなに~ (5, 0.0%)

2 美味しさうに 1 世話し, 多くの, 愉快に

▼ たいだけで~ (5, 0.0%)

1 いっぱいで, 変梃な, 既に一ぱい, 狂炎の, 結婚した

▼ たいつて云~ (5, 0.0%)

1 つたさうだよ, つて, ひますよ, ひ出すかも, ふン

▼ たいつて言~ (5, 0.0%)

1 つたらう, つとるし, ひ出したん, ひ續, ふんだね

▼ たいでも~ (5, 0.0%)

2 よい 1 何百匁の, 宜え, 食べて

▼ たいというは~ (5, 0.0%)

1 いかなるところ, 弥吉の, 此の, 浪士らに, 祖五郎も

▼ たいとおり~ (5, 0.0%)

1 にいう, にさせ, にすぐ, にする, に生活

▼ たいなという~ (5, 0.0%)

1 のあなたが, ような, 希望であります, 心持は, 浮気に

▼ たいなんぞと~ (5, 0.0%)

2 口癖の 1 思ったこと, 申して, 申してを

▼ たいにな~ (5, 0.0%)

1 つた叔母さんといふ, つてし, つてゐた, つて居ます, つて思はず

▼ たいはず~ (5, 0.0%)

2 だ, の明治十五年 1 はありません

▼ たいよりも~ (5, 0.0%)

1 のどが, むしろ誇らしい, 働きたい欲, 煙草が, 私に

▼ たい一儀~ (5, 0.0%)

4 がござる 1 がおじゃる

▼ たい人生~ (5, 0.0%)

1 だ, において我々, にとつ, の淙々茫々, 或る

▼ たい何事~ (5, 0.0%)

1 がおっ, が起った, ですか, ですかな, にも負け

▼ たい先生~ (5, 0.0%)

1 だ, というの, に見, の下, や友だち

▼ たい~ (5, 0.0%)

1 が暗紫色, の左右, をきっと, をなめ, をなめた

▼ たい孤独~ (5, 0.0%)

1 な甘, の充実, の威圧, の寂し, の魂

▼ たい実に~ (5, 0.0%)

1 それは, 壮厳な, 感心な, 沢山な, 立派や

▼ たい小説~ (5, 0.0%)

1 があります, がわからない, のテーマ心, はまあそろそろ, はテーマ

▼ たい微意~ (5, 0.0%)

2 でありましょう 1 であ, であるの, に外

▼ たい心願~ (5, 0.0%)

2 にご 1 がある, だから, に燃え

▼ たい悲しい~ (5, 0.0%)

1 動作を, 思ひが, 我儘の, 接吻だった, 秘密で

▼ たい情熱~ (5, 0.0%)

1 が燃え, だけです, である, も起きなかつた, を感じ

▼ たい想い~ (5, 0.0%)

21 でした, をおさえ, をのべる

▼ たい~ (5, 0.0%)

1 がある, とがあろう, は實, ばかりにの, も彼女

▼ たい~ (5, 0.0%)

1 お尋ね致し, か層波目, だ竜神何卒好き檀越, もう少し喋舌, 美味いもの

▼ たい日本~ (5, 0.0%)

1 では縦令再び, の中, の兵隊, の文学者達, の讀者

▼ たい是非~ (5, 0.0%)

1 という頼み, とのこと, なりたい何, 伺はなければ, 何がな一曲奏ん

▼ たい時分~ (5, 0.0%)

3 に親 1 なので, には親

▼ たい~ (5, 0.0%)

1 の伊達, の会社, の儀, の室, の男

▼ たい~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 がしたたる, がスーッ, をタラタラ

▼ たい生活~ (5, 0.0%)

1 がある, の苦しみ, の苦痛, の苦痛そのもの, を送っ

▼ たい積り~ (5, 0.0%)

1 で, であったから, である, で地圖, の東北民族研究中

▼ たい~ (5, 0.0%)

4 ひを 1 ひが

▼ たい興味~ (5, 0.0%)

1 に駆られた, に駆られる, は更に, もあっ, を覚える

▼ たい通り~ (5, 0.0%)

2 にし 1 させて, にする, に遣れ

▼ たい連中~ (5, 0.0%)

1 が何, が小説, であるけれど, のみで, はうようよ

▼ たい~ (5, 0.0%)

1 が飲めぬ, の飲まれない, もつつしめ, を飲まない, を飲ん

▼ たい野心~ (5, 0.0%)

1 があった, がある, なの, もあった, を捨てる

▼ たい~ (5, 0.0%)

1 が牡丹, が降っ, に打たれる, のうつくしい, の降りつ

▼ たい~ (5, 0.0%)

2 をし 1 で細い, をのぼせさせ, を見る

▼ たいあゝ~ (4, 0.0%)

2 嫌だ 1 ありたいと, 喰いたい

▼ たいいっそ~ (4, 0.0%)

1 ひと思い, 刺青を, 死にたいもう, 死んで

▼ たいお話~ (4, 0.0%)

3 でございます 1 でございますが

▼ たいお願い~ (4, 0.0%)

1 がある, が聖意, だから, のため

▼ たいからという~ (4, 0.0%)

1 その使者, 人が, 旧芸術座脚本部, 言伝てだけ

▼ たいからとの~ (4, 0.0%)

1 お話で, 仰せで, 申し入れな, 申出であった

▼ たいくらいな~ (4, 0.0%)

1 あの男, 不思議な, 小林の, 計らいでした

▼ たいぐらいに~ (4, 0.0%)

2 思って 1 なって, 考えて

▼ たいこう~ (4, 0.0%)

1 もし, 念じたが, 言って, 道の

▼ たいこころもち~ (4, 0.0%)

1 があった, だろうか, である, にみたした

▼ たいことそれ~ (4, 0.0%)

1 がクリュシフィクシオン長老, だけを書いた, とお松, はいろいろ

▼ たいこれから~ (4, 0.0%)

1 いかなる行動, どこへ, はまじめ, わが飛行島

▼ たいしと~ (4, 0.0%)

1 いつたやう, かばったところ, 考えて, 言って

▼ たいそれで~ (4, 0.0%)

1 この, どうしても五六千, 政府は, 食扶持を

▼ たいただ~ (4, 0.0%)

1 それだけ, のお話, 他人では, 愛したい

▼ たいたって~ (4, 0.0%)

1 こちらに, もはやとこなつ, 山の, 見られないねえ

▼ たいだけは~ (4, 0.0%)

1 だまつて身動きも, 休んだの, 伸びて, 本文に

▼ たいっていう~ (4, 0.0%)

1 こン, ご用は, 人が, 心だけ

▼ たいつて言つて~ (4, 0.0%)

2 たぢ 1 たじや, 居たくせ

▼ たいとかで~ (4, 0.0%)

1 これへ, ちょうど遊び, 別室に, 尋ねて

▼ たいとこう~ (4, 0.0%)

1 いうん, 思うよう, 考えて, 言って

▼ たいどうか~ (4, 0.0%)

1 して, そこに, 嫁に, 晋太郎を

▼ たいどれ~ (4, 0.0%)

1 だけの差, だけの成功, ほどの血, を

▼ たいなどとも~ (4, 0.0%)

1 いって, 云った, 云つた, 書いて

▼ たいなら~ (4, 0.0%)

3 んに 1 すっかり腹の中

▼ たいにと~ (4, 0.0%)

3 老人じみた 1 來ました

▼ たいほう~ (4, 0.0%)

1 だいなごたく, で, でね, なの

▼ たいもうこ~ (4, 0.0%)

4 の人

▼ たいもう一度~ (4, 0.0%)

2 幼児の 1 この世を, 逢いたい

▼ たいよい~ (4, 0.0%)

1 ものを, 女子を, 屋敷に, 連が

▼ たいら草~ (4, 0.0%)

1 のかげ, の小径, の間, や蓬

▼ たいわたし~ (4, 0.0%)

1 が先, なんぞこそ着のみ着のまま, の血管, は

▼ たいわねえ~ (4, 0.0%)

1 あなたと, おせんちゃん, どうせ内地, 滝さんお

▼ たいんぢ~ (4, 0.0%)

21 やありません, やない

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 とおも, なんかとばかり, 成程, 若い娘

▼ たい世間~ (4, 0.0%)

1 に知れる, のひとり, の甘い, へ出

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 ふこと, ふその, やはりまし, やはる

▼ たい人たち~ (4, 0.0%)

1 がいる, がそろっ, には二里, ばかりであった

▼ たい人情~ (4, 0.0%)

1 が互, が自然, は穏当, もあら

▼ たい人達~ (4, 0.0%)

1 が靄, に見, のところ, を三

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 がある, が出来た, が有, を話し

▼ たい何で~ (4, 0.0%)

1 あらう, あらうか, こんな大, 殺さうつてん

▼ たい何もの~ (4, 0.0%)

1 かを持っ, であるかを, であると, に見せる

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 ない視線, になっ, の欠如, を暗示

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 あのやう, しなければ, その相手, 外の

▼ たい同じ~ (4, 0.0%)

1 の動機や, ように, 値なら, 型の

▼ たい多く~ (4, 0.0%)

1 のこと, の事柄, の人物, の南画家

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 がこめ, だが, と昼, の風

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 な猿, 仕事が, 劇場芝居も, 學に

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 がいた, の意見, の顔, は足軽ども

▼ たい寝床~ (4, 0.0%)

3 へもぐりこむ 1 を眺める

▼ たい尤も~ (4, 0.0%)

1 まだ新聞, ホテルへは, 仕事その, 結納だけは

▼ たい心境~ (4, 0.0%)

2 についても思想 1 が早く, になった

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 がした, たん, てなさった, をし

▼ たい意慾~ (4, 0.0%)

1 があれ, が真心, だけは持つ, を与

▼ たい慾求~ (4, 0.0%)

1 が激しい, でわなわな, は誰, を我慢

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 う, ういう, ういふ, う云う

▼ たい~ (4, 0.0%)

2 に帰りたい 1 のお話, の御

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 が非, は女房, れだけ, れ丈

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 だ, である, なり, やわ

▼ たい次第~ (4, 0.0%)

1 で, である, であるが, でし

▼ たい~ (4, 0.0%)

2 でなく探りすぎて 1 が違う, ではない

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 が嫁い, の日, の眼, も当人

▼ たい清水~ (4, 0.0%)

1 がいつも, が流れ, に手, に糖

▼ たい焼き屋~ (4, 0.0%)

1 がきた, が屋台, に退却, はすぐ

▼ たい熱意~ (4, 0.0%)

1 にかられ, に変り, をいだき, を感じた

▼ たい理知~ (4, 0.0%)

1 に武装, の抑制, をひけらかし, を見た思ひ

▼ たい病気~ (4, 0.0%)

1 である, なん, には神経質, をし

▼ たい発作~ (4, 0.0%)

1 とよく, にとらわれる, に襲われた, のまま

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 がない, だ, だもの, はありません

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 とそれ, と頬杖, の粋, 説明し

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 だった, の中, もなかっ, らしいが

▼ たい~ (4, 0.0%)

1 その胸, の中, の前, をし

▼ たい芝居~ (4, 0.0%)

1 である, の値打, もがまん, を上演

▼ たい親切~ (4, 0.0%)

1 な人, にほかならぬ, はある, もない

▼ たい長い~ (4, 0.0%)

1 コートを, 島である, 年月の, 杵を

▼ たいあれ~ (3, 0.0%)

1 が僕, の暮し, ほど焦れ

▼ たいあんな~ (3, 0.0%)

21 素直な

▼ たいいくら~ (3, 0.0%)

1 あの女, かね, 僕が

▼ たいいずれ~ (3, 0.0%)

1 の御, 万事は, 元亀天正以来

▼ たいうち~ (3, 0.0%)

1 が恋しい, にどこ, は何度

▼ たいお母さん~ (3, 0.0%)

2 あの人 1 を喜ばせたい

▼ たいお茶~ (3, 0.0%)

1 がある, を一ツ, を啜った

▼ たいかも~ (3, 0.0%)

1 しれない, 知れないのに, 知れませんが

▼ たいことば~ (3, 0.0%)

1 があった, もひとりでに, を口

▼ たいさかり~ (3, 0.0%)

1 じゃもん, だから, なん

▼ たいせい~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, であった, であつ

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 が半生, なたは, なたも

▼ たいそうした~ (3, 0.0%)

1 ならば, ならばと, 念願は

▼ たいそこで~ (3, 0.0%)

1 その盆, タヌキ屋へも, 何を

▼ たいそれから~ (3, 0.0%)

1 あの人, 若草花魁と, 英語なり

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 え, えこれら陰気, 今日は

▼ たいだけに~ (3, 0.0%)

1 かえって聞けなかった, 小憎らしいほど, 酒の

▼ たいつて云つて~ (3, 0.0%)

1 たぢ, たよ, たン

▼ たいでなければ~ (3, 0.0%)

1 伊予守様も, 北海道でも, 行き甲斐

▼ たいところぢ~ (3, 0.0%)

3 やが

▼ たいとすら~ (3, 0.0%)

1 思うもの, 思った, 思って

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 で, でした, で幕府

▼ たいどうしよう~ (3, 0.0%)

1 っていうん, というの, とおっしゃる

▼ たいどうぞ~ (3, 0.0%)

1 して, 今後は, 我々の

▼ たいどを~ (3, 0.0%)

1 かえて, とつて, みて

▼ たいなぜ~ (3, 0.0%)

1 でしたらうか, にその, 私は

▼ たいなどといふ~ (3, 0.0%)

1 こともさういふ, ことを, 繰り言も

▼ たいなどは~ (3, 0.0%)

1 ぜいたくな, 南日本海に, 真ッ

▼ たいなにごと~ (3, 0.0%)

1 か, ですかい, につき連合艦隊

▼ たいなんかと~ (3, 0.0%)

1 云う気持, 思ったけれ共, 思って

▼ たいなんぞ~ (3, 0.0%)

1 お菓子ンで, 心に, 馬の

▼ たいについて~ (3, 0.0%)

1 どうぞ父上様, 京都大阪で, 申しましても

▼ たいのう~ (3, 0.0%)

1 ござんす, ぞんぜられ候, 存じて

▼ たいはば~ (3, 0.0%)

1 人性の, 恩人だ, 極めて人生

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 つかしに, つかり, つかりでございます

▼ たいばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんか, あるまい, ないか

▼ たいばっかりの~ (3, 0.0%)

1 一心で, 一片の, 自己主張であった

▼ たいほどにも~ (3, 0.0%)

1 人を, 可愛いの, 機転の

▼ たいまだ~ (3, 0.0%)

1 その時期, 当人に, 新聞にも

▼ たいまでに~ (3, 0.0%)

1 うまいの, 悪汗, 惡汗が

▼ たいやき~ (3, 0.0%)

1 も出し, を十銭, 屋で

▼ たいゆえ~ (3, 0.0%)

1 お居間, に申します, もっとも佳い

▼ たいよく~ (3, 0.0%)

1 お似合いに, きて, 思われたいと

▼ たいより~ (3, 0.0%)

1 いい状態, 他に, 簡単で

▼ たい一パイ~ (3, 0.0%)

1 のところ, の放課後, の鼻

▼ たい一目~ (3, 0.0%)

2 逢いたいと 1 でもかの

▼ たい世界~ (3, 0.0%)

1 かもしれない, で一ばん, は苦悩

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 は栃木縣一縣下, を腰, を諸君

▼ たい了見~ (3, 0.0%)

2 は更に 1 が充分

▼ たい亡者~ (3, 0.0%)

1 があっ, が押す, に逢える

▼ たい仔細~ (3, 0.0%)

1 があっ, がある, は決して

▼ たい何ごと~ (3, 0.0%)

1 かな, だろう, です

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 たい何の, 世人にとって, 體何者だ

▼ たい勉強~ (3, 0.0%)

1 が出来, したいと, を考える

▼ たい商人~ (3, 0.0%)

1 が儲け, すすんでの, といふもの

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 だという, と国, の家

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 である, の感じ, の永い

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 のつづきであった, は少年, 之助

▼ たい姿~ (3, 0.0%)

3 でした

▼ たい娘さん~ (3, 0.0%)

1 がまわり, というの, は入船

▼ たい存念~ (3, 0.0%)

1 から不躾, でご, にございますれ

▼ たい学校~ (3, 0.0%)

1 さえ話さず, の先生, もしたい

▼ たい対象~ (3, 0.0%)

1 じゃない, は実験, を探す

▼ たい小さな~ (3, 0.0%)

1 胸の, 花びらの, 鼻の

▼ たい希望者~ (3, 0.0%)

1 のため, は多い, は申し込ん

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 ではあり, で底拔, を設けます

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 なので, なん, になっ

▼ たい強い~ (3, 0.0%)

1 慾望を, 要求と, 要求を

▼ たい彼等~ (3, 0.0%)

1 たつた一つ, の言葉, を訪ね

▼ たい志望~ (3, 0.0%)

1 でその, でもない, を持った

▼ たい性格~ (3, 0.0%)

1 を囁い, を持っ, を見る

▼ たい情景~ (3, 0.0%)

1 いろいろ出来る, だけは誰, であり内容

▼ たい意欲~ (3, 0.0%)

1 がうごいた, がする, をそそられる

▼ たい態度~ (3, 0.0%)

1 だと, に思わず, をとる

▼ たい~ (3, 0.0%)

2 物を 1 る一つ

▼ たい折角~ (3, 0.0%)

1 のうつくしい, の心づくし, 御馳走するなら

▼ たい拙者~ (3, 0.0%)

1 の眼, は岡崎藩, は覘い

▼ たい新聞~ (3, 0.0%)

1 がよめない, の名, を読めず

▼ たい方角~ (3, 0.0%)

1 に進み, へ歩み出す, へ落ち

▼ たい時間~ (3, 0.0%)

1 なのよ, のやう, もあつ

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 が来る, のこと, の七時

▼ たい本能的~ (3, 0.0%)

2 な欲望 1 な臆病

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 だったの, の弱い, を岡見

▼ たい此処~ (3, 0.0%)

1 にも月夜, はどういう, を御

▼ たい此方~ (3, 0.0%)

1 から行つて, にな, の勝手

▼ たい母親~ (3, 0.0%)

2 と品子 1 の止み

▼ たい決心~ (3, 0.0%)

1 で上京, をのべ, を致しまし

▼ たい深い~ (3, 0.0%)

1 ねがい, 夢が, 精神的な

▼ たい激情~ (3, 0.0%)

1 に襲, を覚えた, を覚える

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 暗に急ぐ, 爲に, 責任の

▼ たい無い~ (3, 0.0%)

1 事する, 場所な, 程の

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 の意嚮, の負っ, はどんな

▼ たい物語~ (3, 0.0%)

1 などのよう, は中村君一流, を何度

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 のくせ, のよう, みたよう

▼ たい生き~ (3, 0.0%)

2 て行く 1 てゆく

▼ たい疑問~ (3, 0.0%)

1 がまだ, は尚書, は胸一杯

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 がある, に, の方

▼ たい程度~ (3, 0.0%)

1 でこれ, にである, の革新

▼ たい~ (3, 0.0%)

2 のたい 1 に入る

▼ たい美しい~ (3, 0.0%)

1 場面であった, 樹や, 秘密だけが

▼ たい老人~ (3, 0.0%)

1 の最後, はその間何, よりは老人

▼ たい~ (3, 0.0%)

2 を手 1 と老母

▼ たい興奮~ (3, 0.0%)

2 で沈黙 1 を危ふく苦笑

▼ たい荷物~ (3, 0.0%)

2 は継ぎ 1 だってある

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 が揺れ, つぱのやうな物, をはぢ

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 だが, に行き, へ行

▼ たい表情~ (3, 0.0%)

1 は微動, をし, を動かさなかった

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 がある, の慈悲, 兄弟でさえ

▼ たい親し~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さだった

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 と好まない, へやっ, を行こう

▼ たい部屋~ (3, 0.0%)

1 にそっと, に端坐, のなか

▼ たい~ (3, 0.0%)

1 のある, を儲ける, を貯め

▼ たい顔色~ (3, 0.0%)

1 で, をし, を示した

▼ たい魂胆~ (3, 0.0%)

1 であつ, などでは更に, の外

▼ たいあたし~ (2, 0.0%)

1 がいつ, ともいっしょ

▼ たいあたり~ (2, 0.0%)

1 でドア, をする

▼ たいある~ (2, 0.0%)

1 人類学上の, 土台を

▼ たいあんた~ (2, 0.0%)

1 が辛い, という人

▼ たいいい~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, 声を

▼ たいいう~ (2, 0.0%)

1 気イあった, 気イある

▼ たいいままで~ (2, 0.0%)

2 何を

▼ たいいやいや~ (2, 0.0%)

1 そればかり, 明日から

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 だからね, んの

▼ たいおばさま~ (2, 0.0%)

1 のばか, は何故

▼ たいおま~ (2, 0.0%)

1 へはそれ, へは何

▼ たいおまえ~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ たいおもい~ (2, 0.0%)

1 が猛然と, である

▼ たいお金~ (2, 0.0%)

1 がほしい, は出す

▼ たいかといふ~ (2, 0.0%)

1 希望が, 箇条書を

▼ たいかなどと~ (2, 0.0%)

1 いろいろ訊く, 分らぬこと

▼ たいかは~ (2, 0.0%)

1 聞かなくとも, 自分でも

▼ たいからだけ~ (2, 0.0%)

1 なの, 腹立てて

▼ たいからでも~ (2, 0.0%)

1 ございました, ございませんただ

▼ たいからとて~ (2, 0.0%)

1 母親の, 養家の

▼ たいからなどと~ (2, 0.0%)

1 催促される, 煽て上げ天下

▼ たいがという~ (2, 0.0%)

1 交渉が, 相談が

▼ たいここち~ (2, 0.0%)

1 がする, だった

▼ たいこんど~ (2, 0.0%)

1 はぬし, は作者

▼ たいさちよ~ (2, 0.0%)

2 をどう

▼ たいざんまい~ (2, 0.0%)

1 をし, を言いあっ

▼ たいしかも~ (2, 0.0%)

1 その功績, 高等文官に

▼ たいしば~ (2, 0.0%)

2 らしだろ

▼ たいずくめ~ (2, 0.0%)

1 におっしゃっ, の背景

▼ たいぜひ~ (2, 0.0%)

1 ともです, 逢ない

▼ たいぜんたい~ (2, 0.0%)

1 どういふ, どんな感情

▼ たいそういった~ (2, 0.0%)

1 気持である, 風な

▼ たいそしたら~ (2, 0.0%)

1 どんなによろこぶだろう, 自分も

▼ たいそれだけ~ (2, 0.0%)

1 です, のこと

▼ たいそれでは~ (2, 0.0%)

1 お前は, この眼鏡

▼ たいそれら~ (2, 0.0%)

1 の煩, の者

▼ たいだから~ (2, 0.0%)

1 どうしても今度, どこの

▼ たいだが~ (2, 0.0%)

1 そう云っ, 鳥では

▼ たいだの~ (2, 0.0%)

1 さばだの, ヨオ蜜柑を

▼ たいちょっと~ (2, 0.0%)

1 斯う, 日本の

▼ たいついては~ (2, 0.0%)

1 別に今月, 大原君の

▼ たいつていふ~ (2, 0.0%)

1 のほんと, のほんとに

▼ たいつて云ふん~ (2, 0.0%)

1 ですよ, なら

▼ たいです~ (2, 0.0%)

1 からがまん, から涙

▼ たいとかいふ~ (2, 0.0%)

1 やうな, 単純で

▼ たいとかと~ (2, 0.0%)

1 口走った事, 思わなかったこと

▼ たいとこ~ (2, 0.0%)

1 だが, だってお父つぁん

▼ たいとこそ~ (2, 0.0%)

1 思え自分, 願え決して

▼ たいとしても~ (2, 0.0%)

1 それらの, 身体を

▼ たいとだけ~ (2, 0.0%)

1 云った, 考えた

▼ たいどうしても~ (2, 0.0%)

1 犯人を, 聞きたいの

▼ たいども~ (2, 0.0%)

1 ふしぎでした, 額の

▼ たいなにもかも~ (2, 0.0%)

1 残らず聞きたいの, 生れ変つて

▼ たいなもの~ (2, 0.0%)

2 ぢや

▼ たいなや~ (2, 0.0%)

1 お手手, づだな

▼ たいなんぞとは~ (2, 0.0%)

1 これまで, 申し上げられた義理

▼ たいなんぞは~ (2, 0.0%)

1 いくら御, 安くありません

▼ たいねん~ (2, 0.0%)

1 し, 言うて

▼ たいのあなた~ (2, 0.0%)

1 と二人っきり, は

▼ たいのぞみ~ (2, 0.0%)

1 が起る, を抱く

▼ たいのみ~ (2, 0.0%)

1 でなく騒動, では

▼ たいはげしい~ (2, 0.0%)

1 欲望を, 欲求をもって

▼ たいはも~ (2, 0.0%)

1 かわはぎふぐ, はぜきすなどは

▼ たいばかりが~ (2, 0.0%)

1 おいらの, 望みと

▼ たいばっかりで~ (2, 0.0%)

1 彼方此方と, 心得違いを

▼ たいひとつ~ (2, 0.0%)

1 の企らみと, の凝視

▼ たいひとり~ (2, 0.0%)

1 で, である

▼ たいぶつ~ (2, 0.0%)

1 たつて, た坊さん数人

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 な騒ぎ, 手を

▼ たいへん~ (2, 0.0%)

1 だたいへん, に叱られる

▼ たいほどにまでも~ (2, 0.0%)

1 思うたが, 思ふたが

▼ たいほども~ (2, 0.0%)

1 そっくりそのままの, 愛しあこがれて

▼ たいほん~ (2, 0.0%)

1 たうなら僕, たうの

▼ たいぼく~ (2, 0.0%)

1 は何, をめがけ

▼ たいまあ~ (2, 0.0%)

1 の革羽織, 何な

▼ たいまい~ (2, 0.0%)

2 に日本海

▼ たいもう~ (2, 0.0%)

1 取返しが, 私どもは

▼ たいもっともっと~ (2, 0.0%)

1 苦しみたい世界中, 違うもの

▼ たいものの~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 屠犬児

▼ たいもの貴君~ (2, 0.0%)

2 に申

▼ たいようす~ (2, 0.0%)

2 を示した

▼ たいよし~ (2, 0.0%)

1 でお待ち, を朝廷

▼ たいよって~ (2, 0.0%)

1 こうし, 貴方二人に

▼ たいよりは~ (2, 0.0%)

1 憶えこませたいの, 自分の

▼ たいらさん~ (2, 0.0%)

1 の顔, 少々センチ

▼ たいわけぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やなかつた

▼ たいわし~ (2, 0.0%)

1 が生徒, は食べさし

▼ たいわたしたち~ (2, 0.0%)

1 の人間らし, の気持

▼ たいコレラ~ (2, 0.0%)

2 にでもなっ

▼ たいモソモソ~ (2, 0.0%)

2 したもの

▼ たい~ (2, 0.0%)

2 何ぞ食べへん

▼ たい一同~ (2, 0.0%)

2 の希望

▼ たい一尾~ (2, 0.0%)

1 のうち, 買うとして

▼ たい一方~ (2, 0.0%)

1 だ, の頭

▼ たい一本~ (2, 0.0%)

1 の歯, を取っ

▼ たい一生~ (2, 0.0%)

1 お遊さん, を通じて何

▼ たい一銭~ (2, 0.0%)

2 でも多く

▼ たい万一~ (2, 0.0%)

1 それを, 天候険悪の

▼ たい不正~ (2, 0.0%)

1 なこと, な権力

▼ たい不用~ (2, 0.0%)

1 の書物, の紙屑

▼ たい主人夫婦~ (2, 0.0%)

1 から目, の帰った

▼ たい主人姓名~ (2, 0.0%)

2 の儀

▼ たい主義~ (2, 0.0%)

1 ですが, なの

▼ たい了簡~ (2, 0.0%)

1 なるか, を誘致

▼ たい事件~ (2, 0.0%)

1 がおこった, の核心

▼ たい事柄~ (2, 0.0%)

1 が出, なの

▼ たい事等~ (2, 0.0%)

1 ありますので, あること

▼ たい事項~ (2, 0.0%)

1 がある, はもう

▼ たい云々~ (2, 0.0%)

1 と認めました, と願書

▼ たい亜鉛~ (2, 0.0%)

2 のベンチ

▼ たい人柄~ (2, 0.0%)

1 であり実隆, です

▼ たい人造人間~ (2, 0.0%)

1 てなん, などたくさん

▼ たい今夜~ (2, 0.0%)

1 の招待, はこれ

▼ たい仕打ち~ (2, 0.0%)

1 が浮ん, に消え行く

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 の理由, 日大原文学士の

▼ たい仲間~ (2, 0.0%)

1 のゐない, も殖え

▼ たい伸子~ (2, 0.0%)

1 のその, は眼

▼ たい但し~ (2, 0.0%)

1 君が, 念の

▼ たい位ひだ~ (2, 0.0%)

1 つた, つたらう

▼ たい位腹~ (2, 0.0%)

1 が立ちました, が立った

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 だ, を白いふと

▼ たい何たる~ (2, 0.0%)

2 ざまだ

▼ たい何とか~ (2, 0.0%)

1 して, 云いたいもの

▼ たい何れ~ (2, 0.0%)

1 に相当, に眞理

▼ たい何ん~ (2, 0.0%)

1 なよい, な蛙

▼ たい何故~ (2, 0.0%)

1 といつ, に同

▼ たい何物~ (2, 0.0%)

1 がある, であるの

▼ たい余りに~ (2, 0.0%)

1 恥を, 深く事実

▼ たい作品~ (2, 0.0%)

1 ですね, の一つ

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 の癖, も有る

▼ たい俳優~ (2, 0.0%)

1 にもなっ, は誰

▼ たい偉く~ (2, 0.0%)

2 したい

▼ たい傍題~ (2, 0.0%)

1 な事, にふるまつ

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 にせしめた, に短く

▼ たい優しく~ (2, 0.0%)

1 ありたいと, して

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 がただよっ, が凝結

▼ たい内容~ (2, 0.0%)

1 はともかく, をその

▼ たい円形~ (2, 0.0%)

1 のシェード, のボール函

▼ たい冥路~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 なる願い, な願

▼ たい切実~ (2, 0.0%)

1 な良心, な要求

▼ たい前歯~ (2, 0.0%)

1 でかつ, の二

▼ たい包み~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ たい北沢事件~ (2, 0.0%)

1 とどう, の今度

▼ たい医者~ (2, 0.0%)

1 というものハ一代きり, という商売

▼ たい千世子~ (2, 0.0%)

1 が友達, はあんまり

▼ たい友人~ (2, 0.0%)

1 がいる, が可

▼ たい友達~ (2, 0.0%)

1 がゐた, はない

▼ たい口ぶり~ (2, 0.0%)

1 であった, らしいが

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 出来るだけ, 確かに

▼ たい吹笛~ (2, 0.0%)

2 の哀音

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 である, を作っ

▼ たい喜び~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を感ずる

▼ たい嘆き~ (2, 0.0%)

1 がいつも, が宿

▼ たい団子~ (2, 0.0%)

1 の食えない, を拵え

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 の低, の肌

▼ たい地面~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 だとか, でも喪主

▼ たい坊主~ (2, 0.0%)

1 になった, も世間

▼ たい場面~ (2, 0.0%)

1 があつ, です

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 には朦朧, に鉄砲

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 なんで, な人

▼ たい外套~ (2, 0.0%)

1 の釦, をき

▼ たい大声~ (2, 0.0%)

1 が出したい, をあげ

▼ たい大理石~ (2, 0.0%)

1 のやう, の卓

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 がいた, につけ

▼ たい夫人~ (2, 0.0%)

1 には良人, の心

▼ たい女性~ (2, 0.0%)

1 にとってどんなに, は皆無

▼ たい好み~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 に往ッ, に遣りたい

▼ たい子供~ (2, 0.0%)

1 は多勢, らしい考

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 も表向き, をひきとりたい

▼ たい実験~ (2, 0.0%)

1 がある, はまずできるだけ

▼ たい家庭~ (2, 0.0%)

1 の喧嘩つてもの, をはなれ

▼ たい容子~ (2, 0.0%)

1 であった, で最前

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 文治そちの, 袿衣よろい直垂などの

▼ たい小屋~ (2, 0.0%)

1 があった, で私

▼ たい小生~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の身分

▼ たい少く~ (2, 0.0%)

1 ともシムプル, とも一度

▼ たい少し~ (2, 0.0%)

1 ばかり暇, 考えること

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 が窓, だ

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 ひだけ, みが

▼ たい平次~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ たい形式~ (2, 0.0%)

1 で生き, で生きる

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 の底, や空気

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 は多, は自然

▼ たい役人~ (2, 0.0%)

1 になりたい, に成りたい

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 の問題, は居眠り

▼ たい心意気~ (2, 0.0%)

1 があった, になる

▼ たい心持一パイ~ (2, 0.0%)

2 で江戸

▼ たい心算~ (2, 0.0%)

1 である, であるし

▼ たい心組~ (2, 0.0%)

1 だと, です

▼ たい怒り~ (2, 0.0%)

1 に燃え, に燃えた

▼ たい思想~ (2, 0.0%)

1 である, であるのに

▼ たい性質~ (2, 0.0%)

1 などが入り交った, の噂

▼ たい恐怖~ (2, 0.0%)

1 の中, の心

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 も笑顏, を掻い

▼ たい悲し~ (2, 0.0%)

1 さだ, さだつた

▼ たい悲哀~ (2, 0.0%)

1 が萌し, が蘇っ

▼ たい~ (2, 0.0%)

2 忍な

▼ たい意図~ (2, 0.0%)

1 を多分, を持っ

▼ たい意気込み~ (2, 0.0%)

1 がどの, だったの

▼ たい意見~ (2, 0.0%)

1 があります, は遠慮なく

▼ たい意識~ (2, 0.0%)

1 がある, だったかも

▼ たい愚痴~ (2, 0.0%)

1 つぽい, は起すまい

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 とわたし, に充ちた

▼ たい愛情~ (2, 0.0%)

2 を反映

▼ たい感覚~ (2, 0.0%)

1 に支配, はすう

▼ たい我々~ (2, 0.0%)

1 の祖先, は毎日午後二時ごろ

▼ たい或は~ (2, 0.0%)

1 役人に, 貴方も

▼ たい手紙~ (2, 0.0%)

1 によつて, はひとつ

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 をあたためる, をそろへ

▼ たい探偵小説~ (2, 0.0%)

1 に出, の何処

▼ たい文学~ (2, 0.0%)

1 もやらせず, をやつて

▼ たい料理~ (2, 0.0%)

2 であるから

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 な舞踏人, らしい運動

▼ たい新聞包み~ (2, 0.0%)

1 です, を引き出します

▼ たい新聞雑誌~ (2, 0.0%)

1 に写真, の挿画

▼ たい方々~ (2, 0.0%)

1 だと, はその

▼ たい方面~ (2, 0.0%)

1 がある, に出

▼ たい明日~ (2, 0.0%)

1 のため, は何

▼ たい映画~ (2, 0.0%)

1 の試写, を見た

▼ たい景色~ (2, 0.0%)

1 が見える, も見えない

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 が四角, さに

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 だつてオデン, に一度

▼ たい月給~ (2, 0.0%)

2 取に

▼ たい未練~ (2, 0.0%)

1 が切実, もない

▼ たい本当に~ (2, 0.0%)

1 可愛が, 君な

▼ たい材料~ (2, 0.0%)

1 がコンナ, をウンウン

▼ たい~ (2, 0.0%)

2 を説明

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 です, ではなく

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 はない, はないだらう

▼ たい横顔~ (2, 0.0%)

2 を見せ

▼ たい欲念~ (2, 0.0%)

1 から先, が起っ

▼ たい歓び~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を押えかねる

▼ たい気性~ (2, 0.0%)

1 から彼, である

▼ たい気色~ (2, 0.0%)

1 を色, を隠す

▼ たい江戸~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ出れ

▼ たい決して~ (2, 0.0%)

1 宝の, 狡さ

▼ たい決意~ (2, 0.0%)

1 だった, をかためた

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 はもう, をこぼしきっ

▼ たい激し~ (2, 0.0%)

1 さであっ, さに

▼ たい激しい~ (2, 0.0%)

1 希ひ, 衝動を

▼ たい灰色~ (2, 0.0%)

1 の大, の布

▼ たい無事~ (2, 0.0%)

2 に飼

▼ たい焦り~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ たい焦躁~ (2, 0.0%)

1 が却って, にかられる

▼ たい然し~ (2, 0.0%)

1 瀬戸に, 迷惑でも

▼ たい熱心~ (2, 0.0%)

1 があつ, のあまりに

▼ たい熱情~ (2, 0.0%)

1 が編輯者, に鞭打たれた

▼ たい燈籠~ (2, 0.0%)

1 の居所, の油

▼ たい爲め~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, に表紙

▼ たい父親~ (2, 0.0%)

1 に頼ん, の膝

▼ たい理想~ (2, 0.0%)

1 もあんな大きな, を実現

▼ たい理窟~ (2, 0.0%)

1 もない, をいっ

▼ たい~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 でグロテスク, な快感

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 犯さないという, 見互い

▼ たい真実~ (2, 0.0%)

1 にそう, の心

▼ たい着物~ (2, 0.0%)

1 がある, も色々

▼ たい瞬間~ (2, 0.0%)

1 があつ, さえある

▼ たい硝子戸~ (2, 0.0%)

2 のそ

▼ たい私自身~ (2, 0.0%)

1 がその, もその

▼ たい程一刻~ (2, 0.0%)

2 も早く

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 のやう, へは多少

▼ たい空氣~ (2, 0.0%)

1 にかぢ, の底

▼ たい竹籠~ (2, 0.0%)

1 から火鉢, だのおよそ

▼ たい笑い~ (2, 0.0%)

1 であります, を派手

▼ たい~ (2, 0.0%)

2 一の

▼ たい精神~ (2, 0.0%)

1 から彼, をもたなく

▼ たい結婚~ (2, 0.0%)

1 したいって, したらパトロン

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 です, はまだまだ沢山

▼ たい罪悪~ (2, 0.0%)

1 の戦慄, を意識

▼ たい美しい虚しい~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 でもつ, をふるはせ

▼ たい聖降誕祭~ (2, 0.0%)

1 だよ, よりももっと

▼ たい肉厚~ (2, 0.0%)

2 な防寒服

▼ たい脚本~ (2, 0.0%)

1 のこと, はいくら

▼ たい腹立たし~ (2, 0.0%)

1 さで, さを

▼ たい自分たち~ (2, 0.0%)

1 のこと, の生活

▼ たい自然~ (2, 0.0%)

1 では, を味

▼ たい至極~ (2, 0.0%)

1 もござりませぬ, もない

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 が長, に舐めさせ

▼ たい芸術~ (2, 0.0%)

1 がある, の世界

▼ たい苦心~ (2, 0.0%)

1 の果, の胸

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 といろいろ, とそっと

▼ たい落胆~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を知

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 を分けた, を吸

▼ たい要点~ (2, 0.0%)

1 であります, ではない

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 ひ方, やはん

▼ たい言い方~ (2, 0.0%)

1 でありますが, ではございます

▼ たい計り~ (2, 0.0%)

1 で腰, に両親

▼ たい~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ たい話題~ (2, 0.0%)

1 があった, を佐々木さん

▼ たい読者~ (2, 0.0%)

1 はどう, はジュウスミルヒ氏

▼ たい課外~ (2, 0.0%)

2 は休ん

▼ たい豆腐~ (2, 0.0%)

1 と言っ, の破片

▼ たい豊か~ (2, 0.0%)

1 なこころ, な心

▼ たい貴方~ (2, 0.0%)

1 は酔わない, を見送

▼ たい距離~ (2, 0.0%)

1 をもった, をもつた

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 ごしら, にかなう

▼ たい身の上~ (2, 0.0%)

1 だから, ですから

▼ たい身体~ (2, 0.0%)

1 を其儘, を十分

▼ たい返事~ (2, 0.0%)

1 にも私, をつぶやい

▼ たい~ (2, 0.0%)

2 がれたい

▼ たい遠く~ (2, 0.0%)

1 から見たら, へ奔

▼ たい野郎~ (2, 0.0%)

1 だが, の仕業

▼ たい銀行~ (2, 0.0%)

2 の頭取

▼ たい闘争意識~ (2, 0.0%)

2 が火

▼ たい限り~ (2, 0.0%)

1 のこと, をうたっ

▼ たい雑誌~ (2, 0.0%)

1 でもある, を発行

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 が食いたい, 之丞

▼ たい青空~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ たい静か~ (2, 0.0%)

1 なよろこびが, な心

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 がまち目的, をし

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 をたて, をたてた

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 の弾力, の細い細い

▼ たい顔付~ (2, 0.0%)

2

▼ たい食物~ (2, 0.0%)

1 は何ん, は持参

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 で飛ばし, に乗っ

▼ たい~ (2, 0.0%)

1 が籠, を精いっぱい

▼1* [1887件]

たいあいつがお, たいあこがれをいつごろ, たいあそこに井戸, たいあたし等もそれ, たいあつまったようだ, たいあとはまた, たいあとどのくらいです, たいあるいは役人に, たいあわよくばそれによって, たいいかなる目的で, たいいかにして, たいいかにも心に, たいいきさつもよく, たいいくつだと, たいいそがしいときで, たいいたいッ, たいいっしんなの, たいいったん異人さんに, たいいつか行こうね, たいいつもお手紙, たいいのちを引立て, たいいやそれであなたを, たいいろいろなこと, たいいわばあこがれの, たいうす黒いどろ, たいうたやない, たいうたてなどは我々, たいうとましさだけが, たいうなぎが食べたい, たいえらい元気で, たいえらく今日は, たいおいでを願いたい, たいおくさんの, たいおせんの風情, たいおつもりですか, たいおまえさんは何商ばい, たいおもしろう見せて, たいおよそ心中の, たいお互いの見栄, たいお側をはなれ, たいお前いやなら一人, たいお前さんは幸福, たいお前さんあたしがそんなに, たいお前さんなにで切りなさる, たいお前一人で行つて, たいお前俺らがここ, たいお前床を展, たいお店者が朱, たいお母さん僕のお母さん, たいお母ちゃんがない, たいお母ちゃんこれんばかしもない, たいお父さん帰るごと, たいお礼も沢山, たいお祖父さん知ってるよ, たいお許し下さるか, たいお誘い申して, たいかくの如く, たいかけや, たいかごにいわし, たいかぶらと言っ, たいかもの見物記を, たいからずつとうちに, たいからといふ手紙を, たいからとも言つた, たいからなア, たいからにほかならぬと, たいからばかりでなく幾家族, たいからも真珠は, たいかわはぎというところ, たいがといふ問合せが, たいがなあんた, たいがねえ宅から, たいがのう婆さん, たい貴様は, たいきっと遠からぬ, たいきみは何, たいきゃくだッ, たいきょうこのごろ家中がムンム, たいきらいもあろう, たいきりだとも, たいぎがって寝たまま炉傍, たいぎがらずにすぐ起きて, たいぎさうにふうふう, たいぎでおむすびをお, たいぎなのである, たいぎにて又又国元, たいくさ人達が, たいくすぐったさを, たいくらいさ最初から, たいくらいにも業腹を, たいくらいまでに諦めよく, たいぐらゐこの結婚, たいぐらゐでともかく決闘, たい用心し, たいけだし私は, たいけどさそんでも, たいけれどと云いながら, たいこいつあ面白, たいこうしてはいられない, たいこうでんかのぎょ, たいここらで鷺, たいこちらのする, たいこっちへき, たいことこれは戯れ, たいことそれら多少の, たいことつてなかなかできない, たいことに夫に対しては, たいことほかではございませぬ, たいことアラビア人によって葛藤, たいことハスレルのよう, たいこと一方にし, たいこと丈けを云, たいこと今は済まない, たいこと仕事の上, たいこと以外の話題, たいこと何んだって云, たいこと信長出発後は和田惟政, たいこと友交が望み, たいこと問ひたいこと, たいこと国男さんが外国, たいこと地所家屋はトルレス, たいこと山ほどある, たいこと幸いに一人前, たいこと序があつ, たいこと彼女をどんなに, たいこと手紙かくこと, たいこと為たいこと, たいこと発表したいもの, たいこと研究したいこと, たいこと竜造寺領内に会堂, たいこと等を述べた, たいこと表現すべき言葉, たいこと言はね, たいこと言ふし一寸負け, たいこと鬼頭少佐は一応, たいこれからすぐに, たいこれからどうなさろうと, たいこれ等の地下, たいころで竹の子, たいごく肝要な, たいさかひが, たいさかい苦しいなら, たいさくが考え, たいささ小川の, たいささやかなけれど, たいさすがに三浦, たいさてもえらい, たいさもなくば, たいさもしい心もちが, たいさもなければ切腹する, たいざっとこの間七八里と, たいざんまいざっくばらんの無礼講, たいしたがって女と, たいしといふやうな, たいしばらくの間, たいしぶみの亡骸の, たいしゃくさまがどっち, たいしょっちゅうナイフを, たいしをばさまなら, たいしんじつそう思っ, たいしんみりしたいといふ, たいじめじめした所, たいじょうはいやでもやりぬく, たいすなわちわしの, たいすばらしくつめたい, たいすべての考え, たいするでねいぞよ, たいすんなりと春, たいせつそうに洋服, たいせつなからだだつまらない, たいせつなくだもの, たいせつなしんぞう, たいせつなほしのいる, たいせつにしっかりと抱い, たいせわしなく見物し, たいつめいだ, たいぜんたいおれたちはなに式, たいぜんたい何がさう, たいそいつはなん, たいそうするとお前は, たいそっちから来る, たいそのものが質, たいその間にこちら, たいそりゃええ, たいそれからまた左団次君その他とも, たいそれぢや細君, たいそれなのに居ないという, たいそれなりに何処, たいそればつかりに俺, たいそれゆゑに生徒, たいそんなに早く救われたく, たいぞいの, たいたいがいはまず, たいたくさんの事柄, たいたたずまい正月事納の日, たいただ今主人を, たいたった一人の, たいたづらを覚え, たいたとえいっときでも, たいたとえば旗本の, たいためここで待っ, たいためチンとした, たいため一は里子, たいため一つには新, たいため帽子を脱ぎ, たいため御山御用の許し, たいため私へ結婚, たいため興行毎に必ず, たいため馬を社後, たいため馬籠をあと, たいたらいを頭, たいたんびに, たいだからこそ何とかそこ, たいだけが望みの, たいだけしか読んで, たいだけにも吹聴せず, たいだらけだ, たいだろうと思っ, たいちゃならねえという, たいっていうのかい, たいってねえ云って, たいってのそれは, たいっても一度取り次い, たいってやがらあ, たいつけていうん, たいつつ追い求めて, たいつて云つてらつし, たいつまでも失せない, たいつまりお前さんと, たいつり帰へ荘山てれ後分五りよ君井熊, たいつれづれをあるいは, たいつわりの書状, たいづれの言葉, たいづれお金銭の無心, たいづれゆつくりと書きますから, たいては時間が, たいてめえ何をし, たいてやおへん, たいてんで此の, たいであってもふぐ, たいである以上いかなる, たいできるだけ早く手, たいでございますから勝手, たいでないと姉は, たいでなくては美味く, たいで御座いませうからこれから, たいというくらいの時代に, たいというの四人赤軍一人技師, たいといふのぢや, たいとかいうがまだ社会, たいとかいうは虚栄心を, たいとかとなへて, たいとかの希望を, たいときわたしは傍, たいとき結婚するか, たいとき自分からふらふら, たいとさえも感じられないほどの, たいとだけは願は, たいとともにその画中, たいとなり終って, たいとにかくそう言って, たいとねがひはじめたと, たいとはもは京阪における, たいとばかし思われるの, たいとばっかり云った, たいとまでに奮い起たれたの, たいともにしたい, たいとやなぎの, たいどうしてこんなに昏い, たいどがきまりません, たいどころか来ないですましたいと, たいどころぢやない, たいどとことばを, たいどなたが贈っ, たいどにろうばいの, たいどの人に帽子, たいどはガラリと, たいどれ丈の差, たいどれ位の値うち, たいどんなに醜い顔, たいなあにそんなにお, たいなうわっぱり, たいなかのこ, たいなかじいさんが恐ろしい, たいなごやかなものを感じ, たいなすが, たいなぜそうこの, たいなつかしい気持ちで, たいなとりとめ, たいなどとねまじめな, たいなどの交渉は, たいなども漬けないでは, たいなのあけみさんが, たいなもどんなにいいやろ, たいなやけふも朝湯朝酒, たいなりたけいいの, たいなんどと, たいにおいがいたさない, たいにしやち, たいについての思い出の, たいについてはすでに幼稚, たいにて夫ゆゑ御返事も, たいにねだがぬけちゃう, たいにゃ似合わねえ, たいによって今度ばかりは, たいにより父の, たいにんじんたけのこ, たいねずみにでもはいれない, たいねんけど悦ちゃんと, たいのいやな客, たいのおそのという人, たいのおばさんこの子, たいのそこいら, たいのそれは卑怯, たいのち歿き母, たいのでと言った, たいのでという意味の, たいのなんのッ, たいのにと必死に, たいのみんな不仕合せなん, たいのりのなか, たいのれんを分け, たいのわたしは名声, たいのサアー一ぱいついでちょうだい, たいの化ものの言葉, たいの大変に, たいの怨霊が見たい, たいの恩賞にあずかりたい, たいの教えを乞いたい, たいの果報者に, たいの此処へ往, たいの海へ行きたい, たいの社会上の名誉, たいの綺麗な寝室, たいの蛇大好きなの, たいの貴女が御, たいはたにしあ, たいはやく帰りたい, たいはん切りなびけ岐阜, たいばかしにまた鐘, たいばかりかも知れぬ, たいばかりにねそうでございましょう, たいばかりにやッと, たいばっかしに, たいばっかりが目的じゃ, たいぱっとだよ, たいひそかにうらやまれたい, たいひと言だけ云っ, たいひどく滅入つてるぢ, たいひらめふぐなどばかり, たいふと悪るい, たいふところの銘酒屋, たいふところ手でぬう, たいふらふらした白い, たいぶりや立ち, たいべつな目的, たいほうだい踊りを踊っ, たいほかはない, たいほした, たいほとぼりがさめた, たいほどな人柄な, たいほらね流れッ, たいほんとうに帰りたい, たいぼうの手, たいぼう手相見も, たいぼんやりした顏, たいまことに困つたこと, たいまことにのんびりした図, たいまたはたった一人, たいまたもオロシャの, たいまつりたべ, たいまつれどもも, たいまでの事である, たいまるで道釈画か, たいみごとな構え, たいみずからそのべに, たいみたいと思っ, たいみなさんの食事, たいむしろ本当で, たいむねを述べる, たいむね申入れた, たいにはあわせない, たいめしおきけるがきのふ三国, たいもう少しモダーンに, たいもう暫くこのまま, たいもしさいわいにぶじ, たいもちろん決闘でも, たいもっと助郷, たいもつと実力発揮, たいもつともつと違ふも, たいもとの野獣, たいもどかしさから, たいものこれ御覧じまし, たいやつらばかりだ, たいやつ前のよりは少し, たいやみのない, たいやらでお出かけ, たいゑもある, たいゆえあちらのお, たいゆえここで下ろし, たいゆえ支度を, たいよかったらおまえたち, たいよくそう思った, たいよくもないけれど, たいよと云われてからの, たいよろこびと舌打ち, たいよろしいやりませう, たいらくさの小道, たいらさんだらしがない, たいらさん朝来てくれた, たいらめな質, たいりう中はかぎり, たいりっぱな生活, たいりゅうなされました, たいろけが感じられた, たいわかっている, たいわが小民謡集, たいわたくしは物, たいわたくしたちも尾張, たいわって言うだろうよ, たいわとはあっさり云え, たいわよこっちへ, たいわれわれの強み, たいわんさわらい, たいわんぼうずで髮, たいゐんしたあとで, たいんでさアね, たいんでへい直, たいアメリカ映画流儀の気, たいイタリア人の方, たいイムパルスによってと見える, たいウールのアプレミディ, たいエゴイストだ, たいエセックス上りの僧侶, たいオスマシが好き, たいカッとひらいた, たいカフェというところ, たいカワカミなんかに英国海軍工廠, たいカントの自己, たいガラスの箱, たいガラッ八, たいキス猫は椅子, たいクリスマスである, たいコーヒーが欲しい, たいゴマ石を道子, たいサト子はうつ伏せ, たいサナダ紐みたいなもの, たいシャリッとした, たいスロープで寝ころぶ, たいソーセージの缶, たいソーダ水のコップ, たいタイプライタアでも教, たいタオルで膝小僧, たいダルウィン跣足という, たいダンテルで蔽, たいチウのか, たいチップがいくら, たいチンチクリンのおじいさん, たいチーズを出した, たいッなにすんの, たいて言ふん, たいトタン屋根の家, たいトランクを引き出し, たいトントンと都々逸, たいト一心に思詰め, たいドウ云うよう, たいナと思ったのに, たいナイーブでありたい少く, たいて候, たいニュースがあろう, たいニンニク水をグラス, たいほんとにお, たいネと真面目に, たいハジをあばく, たいハダカがいとしい, たいハンペンが人類, たいパンパンもいる, たいヒイキ味噌もない, たいヒステリックな衝動, たいヒューマニストにとってはこれ, たいフィルムがある, たいフランクリンが友人数名, たいヘッ驚きましたな, たいボーイ長は横浜着港, たいボール紙の箱, たいマサカ獨りでは, たいマダム三浦の計画, たいマドマゼエルのよう, たいヨハンの話, たいラサへ帰っ, たいランボオの思想, たいロオラの言葉, たいワシントン駅にハート大将夫人, たいヴアイオリンを一度, たい一あがきのゆとり, たい一ことというもの, たい一こまであつ, たい一むらの籔地, たい一ノ関のこと, たい一個の人体, たい一円以上三円位まで御, たい一句が浮ん, たい一命をも捧げたい, たい一夜を明かし, たい一宿題をもっ, たい一年で足りなく, たい一年余であった, たい一度逢わせて, たい一心なんだよ, たい一念必死であった, たい一日恥を忍べ, たい一時それを平田家, たい一時間でも二時間, たい一枚岩が出, たい一枝と村川, たい一泊のつもり, たい一義がござる, たい一義隠語どうして現われました, たい一羽首尾ようして, たい一話は蘭軒, たい一路に落ち, たい一途であった, たい一重瞼の丸顔, たい一食は米麦, たい一髪の間, たい七日七日に経巻, たい万世後の人, たい万事の相談相手, たい三上は, たい三十八円というわけ, たい三度の御飯, たい三昧一人で勝手, たい三昧我儘をする, たい三昧森啓之助様の思われ, たい三昧身に勝ちすぎた, たい三枝子の手, たい三界無宿天下の乞食先生蒲生泰軒, たい三角形の骨, たいに描かれ, たい上品な感じ, たい下駄を又, たい本意な, たい不動尊は人, たい不動産の方, たい不埒至極の了簡, たい不如意の一つ, たい不思議な誇り, たい不愍な目下, たい不朽の名著, たい不潔さにも拘らず, たい不逞なメチャクチャ, たい不遜さえ感じる, たい与里の勤先, たい且つは作者, たいに喜ばれたい, たい世にただ一つ, たい世の中にはこういう, たい世俗的な評価, たい世界中の弱き女性, たい世話をし, たい世間並になりたい, たい世間欺すばっかりや, たいの小さな, たいのまぶた, たい欧山岳地方の, たい中国カブレの中国讃美論, たい中性的な人, たい串戯じゃねえ二合半, たい丸く固いものが, たい丸石が出, たい丸缶のよう, たい丹下左膳もう濡れ燕, たい主人であった, たい主旨は, たい主題は書く, たい乃至時々それ, たい久し振に, たい乞食になりたい, たい乱暴な気分, たい乱麻の状, たい乳母はこの, たい亀屋のお, たい予備試験がある, たい事だらけなン, たい事前にもやし, たい事実だ, たい事情だけは一応, たい事業がある, たい事等御座居ますので, たい事許り見ると, たい二つのこと, たい二人は僕, たい二十五になった, たい二十円の膳部, たい二階建として早, たい五世紀ごろから七世紀ごろ, たい井戸は何処, たい井戸茶碗も作ろう, たい些少の礼拝, たい亢奮に酔ひ, たい自から, たい亭主が浮気, たい人びとが宣伝, たい人並みでない情けない, たい人名であろうが, たい人生経験といったよう, たい人造石の床, たい人間中の人間, たい人間同様芸術は元々, たい人間孤独の相, たい人間理性の闘い, たい今度の試合, たい今時分あゝさ, たい今時分之を殺し, たい今晩中には手, たい今月は婚礼, たい今頃は誰, たい今頃所帯を持つ, たい仏さまのよう, たい仏勤めもできないでしょう, たい仔犬のよう, たい仕儀なの, たい付き添いの任, たい仙台平の袴, たい代物です, たい以上弟が言っ, たい以前はお, たい仮令指を, たい休息したい, たいというの, たい会社の重役, たい伝馬なんか, たい伯母さんは幾つ, たい伯父さんの姿, たい似たような, たい位いである, たい位ひな淋しさ, たい位体裁が悪, たい位嫌だ, たい位急足で踏出す, たい位日に七度, たい位極りが悪く, たい位気持が顛倒, たい位置名声を揚げたい, たい位自由に注意, たい低劣な心持, たい何だか酷く元気, たい何一つ語らなくとも, たい何人であろう, たい何奴だそれに, たい何所から出, たい何時までも此処, たい何時も誤魔化読, たい何本の煙草, たい何本ぐらゐそれを持つて, たい何處までも降りられる, たい何里あるか, たい作爺さんは言い訳, たい作者役者がない, たい作者自身は自己, たいし基督教式, たい侘しさ私は, たい侮蔑的な彼, たい俎板のよう, たい保安掛りだ, たい信子は無, たい修道僧たちも自分, たい俳優たちはその, たいを侮辱, たい倉矢が仰山げ, たい個人の心, たい假名の, たい健康を悪く, たいっていうもの, たい傍屋から成っ, たい僕等日本人の麻雀, たい優しみを, たい優越を感じ, たいの一心, たい充満した声, たいに行つて, たい先刻の毛, たい光子さんかて死ぬ, たい光明をつよく, たい光景だ, たい入門の儀, たい全くお前さんの, たい全体なにがどう, たい全体汝たちヘロデの後裔どもめ, たい八人で分ける, たい八号を幾枚, たい八月の朝凪, たい八束と結婚, たい公事用が山, たい六十に近く, たいは僕ら, たい共感と反撥, たい兵法の大宗, たい兵隊のあろう, たい其の女の, たい其他數限りなき希望, たい其処で, たい其歌は今, たい其迄に小金, たい円盤が十一個, たい再びチャアトレイの, たい冒険的な気持ち, たい冒頭に私, たい冗談口の限り, たい冬外套をきた, たい凝視はそれで, たい凡俗な顔, たい凡太はこの, たい出家したい乞食, たい切ない限りの, たい刈るとか刈らん, たい世は, たい別に結婚が, たい制止きれぬ心理衝動, たい刹那でしょう, たい刺繍に覆はれた, たいの時代, たい劇団を呼ぶ, たい力持は甲, たい加藤の如き, たい加賀へ呼びかける, たいけたいで, たい勃勃たる好戦意識, たいしくありたいと, たい勇士は少く, たい動きであった, たい動機は單純, たい動物の方, たい勝ちたいの勇猛心, たい勝手なこと, たいでたきつけ, たい勢力ではない, たい勿論私自身も, たい化度したいという, たい北原ミユキのせめてこう, たいのこと, たい十六の時, たい十畳では, たい千代であった, たい午後の時刻, たい半分気億劫半分よ正直, たい半紙を横, たい半蔵が残った, たい卑しい自分らと, たい卑劣な根性, たい単に国民として, たい単純な心, たい印象とは何, たい即ちか, たい卵形の木, たい厄介のない, たい厚く酬はれたい, たい原子病そのものが私, たいの建物, たいな言葉, たい厳かなもの, たい厳粛敬虔の念, たい厳重に監督, たいにはその, たい反感に似た, たい反抗の語調, たい反抗的に行なえ, たい反面にさ, たい受け合つて見たい慾徳, たい口つきで, たい口元をし, たい口惜しさが, たい口振りになろう, たい古典的な美し, たい古書があります, たいを作れ, たいのよう, たい台所で手荒く, たい台湾を知る, たいの三カ条, たいがあるらしく, たい各人に対する土地, たい吉報がある, たい吉岡の処置, たい吉岡どのは近日, たい同志の子供, たい同時にこの文章, たい同門の人たち, たい名前は何, たい名古屋に例, たい名誉の一戦, たい吐いて実, たい向うで待っ, たい向きが方々, たい君たちをみんな, たい君らは村, たい君子になりたい, たい吹聴などは為したくない, たい周善どうしよう, たい周都督にふくむ, たいを一ツ, たい品川という道具立て, たい品物なの, たい哲学者は浮世離れ, たい唯一の人材, たい唯物至上派でございます, たい唾液をグッ, たいであった, たい善光寺に行く, たい善意が感ぜられる, たい善良だ, たい喧嘩したい勝ちたいといった, たい喧騒の中, たい嗣子の慶太郎, たいで雌, たいを慶, たい固い表情を, たい固くるしい物が, たい国家の至上命令, たい国民性が日本, たいは, たいい塚, たい圓朝の希望, たい土地持ちになりたい, たい土橋があり, たい土牛といふ作家, たい土産ひとつ貰うて, たい圧迫が近ごろ, たい地主は早婚, たい地球のどの, たいの組織, たい基督や釈迦, たい場合病気で薬, たい場所柄もよく, たいの外面, たい境地である, たいから出た, たい墓標葬式等の費用, たい墓碑もその, たい増大したいという, たい夕方になれ, たい夕方夕月へ参ります, たい外国人は日本, たい外国語なんぞはさらさら, たい多忙な時期, たい多忙中に猫, たい夜中御苦勞乍ら, たい夜中御苦労ながらその, たい夜具が敷い, たい夜道の上, たい夢中の衝動, たい大きい爪は, たい大きくなりたいと, たい大切の用事, たい大地に腐った, たい大手をふっ, たい大望を懐い, たい大水が出れ, たい大義の兵, たい大臣などというもの, たい大衆文壇というもの, たい天気だなあ, たい天泉をのど, たい天狗様のアンニャ, たい天風のうち, たい太平記のどの, たい太鼓の胴, たい夫婦争いにあまり, たい奉公に出たら, たい奥義というもおこがましい, たい女中がゐ, たい女学校の四年生ぐらゐといふものは, たい女房とどんな, たい女自身の足, たい奴どこかにない, たい如何にお湯, たい如何にも心の, たい如何様な顔, たい妄執のひとつ, たい妄念とたたかいつづけた, たい妓たちも飛込ん, たい妖女には鐘, たいな心持, たい妙子の方, たい妙青寺の畠, たい妥当に出来上っ, たいの死, たいの手足, たい姉さんどうぞ堪忍, たい始末よ, たい御バカ, たい姿勢を示した, たい娘達は, たい婆さんと何, たい婚礼に泣い, たい婦人がある, たい婿殿ともども逢い, たい嬉しいことは, たい嬉野か立願寺, たいがはだし, たい子どもがいちばん, たい子ども心のさせた, たい字母なるもの, たい慮に, たい存分をやっ, たい孝助は私, たい季節ではある, たい孤立であつ, たい学問も止め, たい学生を要求, たい学科だけを修め, たい学者が住ん, たい安さんの下心, たい安堵であ, たい安閑を楽し, たい宋元のうち, たいがあっ, たい官僚風な大臣, たい宜いかえ頼む, たい宝石のやう, たい実はそのため, たい実力のある, たい実子でない長太郎, たい実母もただ, たい実証精神が高い尊い, たいを迎える, たい客人が何, たい客観の批判, たいのよう, たい家主の気持ち, たい宿願で三日前, たい寂しさが, たい密境だった, たい實子でない長太郎, たいの住持松雲和尚, たい封書を私, たい將官になつて聟, たい小さい子供の, たい小山内先生が晩年, たい小心なの, たい小棚から石鹸, たい小舟に世俗, たい小菊ちやんの言, たい小説類をよむ, たい少なくとも深入りは, たい少年らの姿, たい尚又いつの, たいくとも, たいては大菩薩峠, たい尻尾をひらひら, たい尿をする, たいたたまれぬ情けない, たい屋敷へ遊び, たい屋根と白い, たいをさらす, たい山人の特質, たい山口のと同じ, たいの村, たいのよう, たい川上機関大尉はどうして, たい巡査の見, たい工場の中, たい工夫で眼, たい左様お取次ぎ下さい, たい巨大な潮風, たい支いなかっ, たい差当り入用の金子, たいを乗せ, たい巴里というところ, たい巴里人なんかでも一般, たいは市, たい帆影をはやう, たい帆桁のよう, たい希ひも秘められて, たい希ひも高潔でありたい希ひも, たい帝国図書館で相当, たいの伝言, たい師範生も中学生, たい帰心矢のごとく, たい帰朝となる, たい常に自分自身の, たい帽子を冠つたら, たい干渉はごめん, たい平にどうか, たい平日から油, たい平生からの意向, たい年ごろだったの, たい年少者には親しまれたい, たい年歯もいかない, たい年甲斐もなく, たい年譜はワーゲンバッハ, たい年配の人, たい年頃であろうが, たい幸いにこれから, たい幸い島は桑, たい幻影の方, たい幻覚に襲, たい幾つくらいの顔, たい幾人知つてゐたらう, たいの上, たい床板の上, たいに近頃手, たいが形, たい底心の上, たい底意からだった, たい底意地の悪, たい座蒲団の上, たい庭先を見, たい庭石の上, たい廊下のすべすべ, たい建物のみとおし, たい弁慶と小町, たい弁明の意, たいや妹, たい弟子の心やり, たい弥太郎は強い, たい弱点も各自, たい張りを感じる, たい当てもない, たい当人に財産, たい彦根殿の顔, たい彫刻家が土方, たい彫金というもの, たい役割を選ぶ, たい役者てもの, たい彼女らは結婚, たい彼彼は彼, たい待遇を受け, たい後先もない, たい後進の書生輩, たい徒らに生活, たい御前はお気, たい御国に帰っ, たい御息所の手紙, たい御方は植物学, たい御用がある, たい御馳走なんぞ食べさし, たい微温的な感情, たい微衷に他, たい徳山に泊るなら, たい徳川現内閣, たい心からなの, たい心がまえである, たい心づかいから折, たい心切ですでは, たい心底ですから, たい心底其れゆえ, たい心得で罷り出ました, たい心得拙者がお, たい心持安心させたい心持, たい心持自分が愛する, たい心掛である, たい心残りもある, たい心理にかられた, たい心理これは私たちマゲモノ作家, たい心自分にとらわれる, たい必ず達し得ると, たい必要から留守番, たい必要以外にはあまり, たい忍びの術使い, たい忠平の親父, たい念切なるもの, たい怖いもの見た, たい思てるのん, たい思ひをしなけれ, たい思慕の情, たいな用事, たい性情が強けれ, たい怪塔王のほんとう, たい恋しい人と, たい恐るべき芸術的完成が, たい恐ろしさを, たい恐ろしい夢魔を, たい恐怖心よりも彼女ら, たい恨みもお蔦, たいをつける, たい息子がいた, たい息子一種の変りもの, たい息災延命で暮したい, たい恰好であった, たい悔いがあった, たい患者がございます, たい悪人だといふ, たい悪感をむしろ次第に, たい悪戯っぽい心, たい悪戯心が起つ, たい悪魔の姿, たい悪魔的な誘惑, たい悲しいさびしい心から, たい悲壮の心, たいがあるなら, たい情味のある, たい情欲に似た, たい情趣を色読, たいい事, たい惨状であった, たいひは, たい想ひでその徴候, たい想念は意外, たい愉快と満足, たい意思はいつ, たい意気込はもつ, たいに返り, たい愚鈍な顏, たいがある, たい感動の底, たい感激で胸, たい感興をおこさせる, たい感覺の記憶, たい感触を低く鋭く, たい慈悲の本尊, たいであった, たい慾徳は何, たい慾心と世人, たい慾望性慾のなく, たい憂愁家ですね, たい憂鬱な夜行列車, たい憎しみすら持つた, たい憎まれ役なの, たい憎悪がかたまりつい, たい懐かしいと遺言, たい諸同人, たい我等主人胸中には刑部, たい戦地の将士, たい戦闘心の秘か, たい戰慄を傳, たい所以は誰, たい所感の一, たい所爲でもあつ, たい手ざはりと弾力を思ふ, たい手段の一つ, たい手法の一つ, たい手織の木綿, たい手触りを感じた, たい才覚と苦闘, たい扱いをし, たい批判が卓一, たい技術でその, たいとは夢にも, たいにこういう, たい抱き乳母は, たい押並んで歩き, たい拇指の爪, たい拳固の一つ, たい拵えです, たい指先で煙草, たいまえるよりは, たいが自分, たい掌位の小, たい掘出し物が出ました, たい探険隊の秘密, たい支那へ渡りたい, たい改良が一つ, たい放心に落ち, たい放題不義理のし, たい放題遊び放題無理の言いたい, たい放題都の秩序, たい政治をし, たい故俺から去っ, たい故宿下りの折, たい故池の端, たい故衿に固, たい故鳥渡下して, たい敏子さまと言う, たいへてくれ, たい教会の石段, たい教育したいと, たい敬虔な心持ち, たい整つた線の細, たい敵意がこもつ, たい敷石を素足, たい文句などがひ, たい文子の心, たい文弱の傾向, たい文次一人の心持ち, たい文章の冗漫拙劣, たい料簡でございまする, たい斯く申すの, たい斯んな事, たい新しい欲望, たい新年の雜誌, たい新田なら良い, たい新築地その他の劇団, たい新鮮な景色, たい方寸らしい, たい方法で可愛, たい方針となり, たい旁いつかは行つて, たい旅客は平然と早くから, たい旋毛曲りな欲望, たい旗本屋敷の長屋, たい日夜の悲しい, たい日常の経験, たい日本人を負かしたい, たい日本語が分からない, たい日覆を外し, たい旧家の家長本能, たい旨希望して, たい旨諸事家茂の時, たい旨重役をもっ, たい早速お供, たい明快さで槙三, たい明日午後六時銀座ナイルで, たい昔風なところ, たいを真砂, たいよ, たい昨日は, たい是非往ってくれ, たい時ちゃんの瞼, たい時人が寒暖計, たい時代に私たち子供, たい時刻であったけれど, たい時期に起る, たい時機が来る, たい時私は其處, たい時節穴さえある, たい時自然に出, たい晩春もずっと, たい普通会話として常識, たい智馬の譚, たいさだった, たいたかな, たい暗いと怪しから, たい暗闇が彼, たい暗黒の中, たい暗黙の意志, たい曰く驚く人, たい曲者が外, たい書簡の重た, たい書籍の十, たい書肆のある, たい最後の時, たい最愛の娘, たい會社の重役, たい朝夕の食事, たい朝霞の隙間, たい朝風がサッと, たい木の根に伏し, たい木村重吉はどの, たい木田さんは警察, たい木造二階建の瓦屋, たい未開人のよう, たい長く楽, たい本心を披, たい本音を吐かせ, たい本願を裡, たい机博士だった, たい李立いやに不景気ヅラ, たい条件がそろつ, たい来週になったら, たい東京に行きたい, たい東宮の御, たい東野の眼つき, たい松風の音, たい板の間を蹈ん, たいがのせられ, たい果敢ない念慮を, たい枯淡の底, たい柔軟なしかも, たい査問会の内容, たい柾屋がたっ, たい栄蔵はちょくちょく, たい栄養物はちがっ, たい格好のもの, たい案内せよという, たいの箱, たい桟敷も好い, たいの樹, たい棒めとうとう不, たい森厳にし, たい検査官は尤, たい楠本君は適任, たい楽しさで, たい構内人力車取締規則といふやう, たい構想のもの, たい様々の事象, たい模様であった, たい横着心の発達, たい機会をネラ, たいに鶏, たい欠伸をしたい, たい次にあの人, たい欲徳はどう, たい歌舞伎劇の手法, たい歓喜をこらえ, たい止めにし, たい正しく仏道へ, たい正義観念も交っ, たい此んな装置, たい此品だけを納め, たい此奴はまるで, たい此界隈のい, たい此等の聴衆共, たい此絆を斷, たい此處なら誰, たい此處さへ離れ, たい此頃には死人, たい武者心が逸り立つ, たい歴史に名, たい歴史画家は厳密, たい死に水も飲まず, たいには貴方様, たい殊勝の願, たい残念ながら蒲生家, たい残虐な欲望さ, たい殺気を抑, たい殿ゆえ千種どのをさしおい, たい殿御がある, たい殿様どうか願います, たい母様と取詰め, たい毎日毎晩離れっこ無し, たい毒々しさにもな, たい毛唐は出せ, たい気がかりな響き, たい気さへ起し, たい気ぶりも見えぬ, たい気持さへ感じさせた, たい気持一杯でペイブメント, たい気持彼の真意, たい気狂いに, たい気組みである, たい気象がむらむら, たい気骨を眉目, たい氣もちがあつ, たい水平になった, たい水戸を立っ, たい水江の真玉みたい, たいといふ, たい氷点下二十度前後の五色, たいは何, たい江の島が見たい, たいも沼, たい油煙に過ぎず, たい泡鳴氏が清子さん, たい泣虫じゃない, たい泥水のおかげ, たい注意になった, たい洋服の若, たい洋行は年来, たい洲崎へも首尾, たい活字でトップ, たい活気のため, たい浄土へ送りたい, たい浅薄さで生き, たい浮彫りにな, たい消費は独り酒煙草, たい涌谷さまも松山どの, たいを腹の中, たい喜は, たい深山幽谷のいぶき, たい渇望彼のあらゆる, たいが小さく, たい温い情を, たい温かさう, たい温厚な人, たい温泉宿屋のお, たい湖辺湖岸の物騒, たい湯殿のしたく, たい湿気を孕ん, たい満足な体, たい源三郎さん主人公緑平さんは今更, たい源助が薄, たいに遭遇, たいりたいという, たい漫ろ心で我慢, たい激しい女らしい欲求を, たい茶色の, たい瀬戸物の中, たい火急にお, たい火鉢に火, たいになりかかっ, たい点一番得て, たい点一番成長させたい点, たい為暮るるを, たい烈しい衝動を, たい無意味なもの, たい無気力なこころもち, たい無線電話機がほしい, たい無表情がつづい, たい無論御採用, たい無邪気なはげしい, たい無限の欲求, たい焦慮に身悶え, たい焼屋色々な匂い, たいのよう, たいの暗闇, たい煩わしいつきあいや, たい熊本はわたし, たい熔岩の下, たいがなくなっ, たい熾烈な希, たい父上へよろしく, たいうなれば, たいッぱしから, たい片方は生きたいでゐた, たい牢屋へ行きたい, たい牧野さんは私達, たい特殊な問題, たい犯罪のにほ, たい状態にさ, たい狂的な欲望, たい狂言といふもの, たいになりたい, たい独り者の気楽さ, たい猛烈な鼾声, たいかしら, たいりたいと, たいではない, たい玩具を選つ, たい珍品がある, たい珍物がございます, たい現世に心, たい現代劇の撮影所, たい現在世間でライス, たい理性の思付, たい理窟っぽくないお, たい理髪師は商人, たい環境であり得ない, たい瓦町の露地裏, たいを診察着, たい甃石の下, たいも死, たい生き方をやって退ける, たい生れ故郷の西湖, たい生気を鋭く, たい生物である, たい田地を持つ, たい由マルヤへ, たい由乞ひけるに, たい上げたいと, たい申し方です, たい男達は自分, たいもない, たい画因のもの, たい画家などのこと, たい番頭を逐い出し, たい疑いをさし, たい疾病から性, たい病人や老人, たい病気災難を逃れ, たい病熱の戀びとよ, たい病院の夢, たい痛切な社会感情, たい痴川といふ人, たい発作的衝動に駆られ, たい白菜の塩漬, たい白髪の翁, たい百姓の耳, たい皮肉なようす, たい皮膚の弾力, たいの上, たい盛り山村君どうだ, たい盛岡までは自分, たい監獄よりも悪い, たい監督したい装置, たい目金を乗せた, たいかに談判し, たい直ぐにでも, たい直線が南海孤島, たい相場がある, たい相続のこと, たい相貌を好む, たいと眼, たい眉尻の下っ, たい真冬の蝙蝠, たい真心からわざわざ, たい真意は何, たい真紀子の希望, たいつて, たい眠いような, たい眺めだった, たい眼エ擦り擦り起されてしもて, たい眼差を伏せる, たい睡眠の時間, たいで私, たいりあっての, たい矜持をか, たい知り合っていた, たい知意を働かせたくない, たい知識を得たい, たい短気な人, たい短篇小説がある, たい石垣の上, たい石油を採りたい, たい石片とで築かれた, たい石鹸とスポンジ, たい砒石どこから手, たい研物を持っ, たい研究は地球, たい破綻に立つ, たい祖母や母, たいに仕え, たい神明かい両国, たい祭りは皆, たいを転じ, たい福神漬の缶, たい秀子の手帳, たいの夕, たい秋風が一種, たい科白だ, たい秘密性の話, たい程切なかつたこと, たい程家が家, たい程愛の激情, たい程感動した, たい程物を食べ, たい程虫が好かぬ, たい程貧弱な気分, たい程適中したので, たい程饑えて居る, たい税關といふところ, たい種々の事, たい種子がある, たい稽古槍の怪我, たいであつ, たい穏当な名答, たいの下, たい空虚をみたした, たい立派な人間, たいになりたい, たい端初の概念, たいで子供, たい竹の子がうれしい, たい笑名は女運, たい笑顔に変っ, たいはない, たい等がらにもない, たいがあっ, たい筋合は一つ, たい筋合いなれど, たいが掘っ, たいだ, たいがつく, たいだん, たいから巻タバコ, たい築地のお, たい篤実な学者, たい簡単な勤労, たいがほしい, たい米代ぐらいはあるだろう, たいだ, たい粘土細工の饅頭, たい精力オーセイを感じる, たいの苦労, たい糸瓜の蔓, たい紅茶を一杯, たい紅葉の盛り, たいの手持ち, たい素ぶりに過, たい素人でも構わない, たい素振りをした, たい素直になりたい, たい素願を貫かし, たい細君のひたすら, たい細工をしたい, たい細心と美, たい経済学者が自由競争, たい結局はそういった, たい結局日劇あたりを狙っ, たい結論とは何, たい給料として送金, たい絵の具や額ぶち, たい絵画において批評, たい絶景が実に, たい絶望を感じた, たい継母であり異母姉妹, たい綿入羽織, たい総勢二十一人というの, たいいろの, たいがそこ, たい縁日の人ごみ, たい縦しや救う, たいである, たいだみんな自業自得, たい美しさを, たい羨しいの, たい義務感のやう, たい老僕忠助行って, たい考古學といふ學問, たいも高等文官, たいたい話したい種々, たいを有りつ, たい聴衆のマフラ, たいがたべたい, たい肉体的の衝動, たい肉体的欲求を感じた, たい肉食をしたい, たいへ当て, たい肝心の継母, たい胆汁質といふもの, たい背後の何物, たい胴体は西洋婦人, たい胸算用だから, たい胸部まだ脂肪, たい能楽というもの, たい脂手が空, たい腹痛で医者, たい臆病といつ, たい惚と, たい自分年を取りまし, たい自分憎悪する自分, たい自分自身も改造, たい自己を病室, たい自殺の凝視, たい自然主義的な手法, たい自由を返し, たい祷, たい至急帰郷せよ, たい興奮状態にあった, たい舞台の中, たいが水門, たいだ, たい艦長はなに, たい良い人間に, たい良心そういう良心, たい良心神の栄光, たい色々のこと, たい色彩だつた, たい芋粥を水, たい芥川をなにか, たい芬蘭土はほとんど, たい花嫁さんの, たい花市君はあんな, たい花弁には健康, たい花粉が溢れ, たい夫人に, たい若し寺へ, たい苦しいから精神病院, たい苦しみがかぎり, たい苦しみ梅花道人さすがに, たい苦笑を洩し, たいで保護, たい茶碗をこ, たい荒屋で蔦葛, たい菊池君が脚色, たい菩薩と顕れ, たいの穂, たい葉子の仕打, たい蒲団の中, たい蓬莱へ使い, たいが射し, たい蔵ハふだんニハやかましくにくまれ, たい蕎麦も取っ, たい霧の, たいは何ん, たい虚栄心からだった, たい虚空がはりつめ, たいが起った, たいが周章て, たいを自己, たい蛇足がある, たい血なまぐさい身の上を, たい血液を落した, たい行きたいで居る, たい行けと浦人, たい行つては悪い, たい衝動憧憬或いは死ななけれ, たい衝動誘惑或いは死ななけれ, たいを著, たい衣服も皆, たい衣裳がある, たい表情歯を喰いしばる, たい表現といふもの, たいをいつか鏡, たい装置したい脚本, たい裸体を基礎, たいも前, たい襟あしの魅力, たい西村へいったら, たい西班牙ほど結婚, たい西風は幾重, たい要はこうして圓朝打倒, たい要件をもっ, たい要望が一部, たい要職の人々, たい見ものでもなかっ, たい見返りお綱, たい視線を彼, たい親しみをもつ, たい親心の迷い, たい親愛なるラニョン君, たい親類はなに, たい親類づきあいの習慣, たい親鸞をおもい, たい計略かも知れない, たい記念品は馬, たい記憶がない, たいの百分の一, たい詩人であったならば, たい話みんなして, たい語り度いという, たい語学や勉強, たい語気で云った, たい語系にばかり関係, たいへて貴方, たいでもない, たい誰方でございます, たい調子で後ろ, たい諒承した, たいの情, たい講義だけを聴き, たい謡曲の秘事, たいでもなかつた, たい財産は帳面, たい貧相な輪郭, たい貴婦人は最後, たい貴方それは正気, たい貴様何だつて, たい資本家の言いなり, たい賊軍なの, たいなの, たい質感が充実, たい贅沢は年, たい贔負目から, たい赤い傷口に, たい赤坊は何處, たい赤大根みたよう, たい赤彦君の病牀, たい赤煉瓦の製麻会社, たい赤血球の一粒一粒, たい赭ら顔のがさつ, たい赭渋色の岩, たいをそれとなく, たい趣旨であるが, たい跡形を見た, たいを迷っ, たい蹠裏に機む感覚, たい身代も商売, たい身体中がむかむか, たい軸物も時おり, たい軽信はお互い, たい辛抱人に成った, たい辰野家専売の貴重訳, たい農村の若い, たい農業も自家, たい近々家に, たい近いうちに, たい近くに一つ, たい近代のエハガキ, たい近頃は, たい迷いは恋愛的, たい追憶の方, たい退屈させること, たいへ行く, たい通俗さを自分, たい逞しさが, たい逢つて見れば, たい遊びに行きたい, たい違棚のあった, たい遠慮をした, たい遠慮なく子供たちを, たい遠野は何, たい遺骨が欧州, たいに属する, たい部分の右側, たい部分的描写を無視, たい郷愁に襲われる, たい都合を上原, たい都市だな, たい都市上空で墜, たい酒それはわるく, たい酒場へ抵当, たいはれたいの, たい酸っぱい草の, たい醜悪な顔, たい醫者へ行かなけれ, たい大事が, たい重い烟りを, たい重大なこと, たい重臣たちがお, たい野原だけ, たい野山を見た, たい野良猫に扱い, たい野蛮な男, たい金ずくではかなわない, たい金びしゃくにのせナースチャは入口, たい金冬瓜やいろんな, たい金子も自, たい金属板だった, たい金持ちや馬糞, たい金時計その片方, たい金満家になりたい, たい金額にし, たい金高を番頭, たい金魚のお, たい鉄板の如き, たい鉄格子へ両手, たい鉄路を考へ, たい鋭利な刃ざはりの, たい錦葉に歌, たいで小, たい鍛冶屋はどこ, たいの触感, たいとがあった, たい長州一藩のゆえ, たい長方形のつつみ, たい長篇小説と云, たい長谷の大, たいとなつ, たい門出に曇影, たい開発は必至, たい間もなく隈井さんも, たいの中, たい闘牛に対しては西班牙国内, たい闘牛士も闘牛, たい陛下がヨーロッパ, たい陰惨な空気, たい陰鬱な顔, たい階級の興味, たいなの, たいれて, たい雁鍋へ行っ, たい雅量と常識, たい雜誌もある, たい難民を救った, たい雨續きの, たい雪姉ちゃんは見た, たい雰囲気が濃く, たい露西亜負けたい真, たい青い險を, たい青山の家, たい青年よりは青年, たい青江にも死ん, たい青黒い表紙の, たい面倒でも電車, たい面倒臭いいっそ死ん, たい面白い化学の, たい面積がどことなく, たい革財布とともに一冊, たいをはい, たい鞍状地に到着, たい音楽はききたい, たい音樂學校にはひつ, たいよ, たい頃日水族館にて二尺, たい頑強そうな青年, たい頬邊上新の皺だらけ, たい頬骨の尖った, たい頼りない弱い, たい題名がつい, たい題材はいっぱい, たいは疑い深い, たい額付のほか, たい顔かたちだって人並, たい顔つきです, たい願い御殿模様の文字入, たい願ひで十七歳の少女, たい願望一つである, たいなの, たい風景さへもない, たい風景画家は誰, たい飛騨の大, たいを粗, たい食わせものと申し, たい食事をすませ, たい食指いまだに失う, たいの薄, たい餓えをすこし, たいが其の, たい馬丁の冠, たい馬鹿をいえ, たい駕屋だこと, たい驚異がいろいろ, たいはきまってる, たい髑髏が三つ, たい恩に, たい高い鼻を, たい高原の中, たい高麗丸の船室, たい髪の毛を後ろ, たい鬱結した暑気, たい魅力のある, たいが二匹静か, たいを泳がせ, たい鯉がくひたい位は言, たいの鼻骨, たい鳥打ちを少し, たい麗かさだ, たいも蒔い, たい麦酒で祝杯, たい黒緑の葉, たい黒部の現状, たいのよう, たいをかい, たいでもありません, たいでもありません, たい龍之介は晩年