青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「だが~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たろう~ たん~ ~だ だ~ ~だい だい~ だいたい~ ~だいぶ だいぶ~ だから~
だが~
だけど~ ~だし だし~ だした~ だす~ ~だった だった~ だったら~ だって~ ~だつた

「だが~」 18281, 197ppm, 510位

▼ だがその~ (1064, 5.8%)

23 前に 22 うちに 11 時は 10 ために 8 ような, 中で, 次の 7 ことは, 代りに 6 声は, 日の, 瞬間に, 結果は 4 あとが, ときは, とき私は, 中に, 中の, 時の, 次に

3 [16件] おかしさ, ことと, ころの, ためには, ほかに, ほかの, 多くは, 日に, 日は, 日も, 男も, 美しさ, 話は, 話を, 謎は, 足は

2 [56件] あいだに, かはり, かわりに, ときには, なかに, まえに, パッカリ, 一面狂詩に, 上には, 上を, 下に, 中には, 人の, 人は, 作には, 前には, 割りには, 力も, 場合は, 夢の, 女が, 女の, 妻の, 姿を, 差異が, 年が, 度毎に, 心の, 態度は, 手は, 新しい日, 方は, 早さ, 時どう, 時に, 時には, 時はじめて, 時まで, 時分には, 晩は, 次には, 決心は, 活動の, 点は, 版図の, 男の, 眼は, 眼を, 瞬間から, 程度が, 言葉も, 霧の, 頃は, 頃彼は, 香りは, 黒田という

1 [748件 抜粋] あいださえ, あいだの, あとで, あとは, あなたの, いたましい血汐, いづれにも, いな, うしろに, うちにも, ぉあれでなけりゃ, ぉパンクし, おり人々が, お姿, かいは, かわりあすこは, かわり今度は, かわり声に, こたえは, ことじゃ, ことで, ことに, ことを, ころには, ささやきは, じぶん, たど, たまが, ためにも, ためシンガポールの, つれづれも, ときこの, ときだった, ときの, とき何故, とき僕は, とき向うの, とき吹き荒れた, とき彼自身の, とき殺気を, とき聞いた呻き, とき船長は, とき鯨は, とたんに, どうにも出来ない, どこまでが, どれをも, なかで, ぬけ穴, ばつが, ひとが, ほえ声, むかしには, もうひとつ, やさしい女性的, わけを, ガスも, ガラスは, タワイの, ツァイスの, ネラの, パイプは, マセきった, ミヘーエフだって, ラマルク将軍が, ルートの, 一つとして, 一つ一つの, 一人の, 一刹那自分の, 一方で, 一方において, 一方何とも, 一杯は, 一陣の, 一際高い, 三年間に, 上から, 上方若, 下には, 下手人である, 下町娘の, 不思議と, 不自由さも, 世話が, 両方ともに, 中へ, 中村武羅夫は, 中止の, 主人は, 予想は, 事で, 事実だけは, 二つの, 二人は, 二十人ほどは, 云へる, 五十に, 人自身に, 人達が, 今が, 今に, 仔細が, 仕上げは, 仕入れ先こそ, 代りその, 代り命ある, 代り庄三郎さんは, 代り更に, 代り用の, 代わり食べさせなけれ, 仲間の, 企ても, 伝統を, 位の, 体力という, 何とも感じ, 何れでも, 使い道を, 個性の, 傷は, 償ひ, 先生の, 光りは, 光秀は, 入口は, 入江達三郎で, 典膳の, 内に, 冠ぢや, 冬米国で, 切実さこそ, 切支丹族の, 刹那だった, 前二年って, 割に, 割合に, 力の, 加増された, 努力は, 労を, 勝家も, 勤め振りは, 医者も, 十全な, 千早館は, 半面に, 原理の, 友禅にも, 反対にも, 反對, 反面自分が, 受けとり方は, 叫び声と, 可笑しさ, 合言葉は, 吉野太夫は, 命令を, 哀愁を, 問題を, 困難な, 図取りに, 固い長椅子, 土地を, 土間を, 地質は, 地金の, 城太郎が, 基礎的な, 報告の, 報告は, 場合あくまで, 場合には, 墓場は, 声で, 声の, 声も, 変化は, 外国の, 夜から, 夜は, 夜更け, 夜武蔵野の, 夢ましい, 大半は, 太鼓持か, 奇妙な, 女たちも, 女とも, 女は, 女学院出の, 姿には, 姿の, 姿勢が, 娘さんたちに, 婚家は, 婦人とは, 子は, 子供の, 存在の, 孰れ, 実はこの, 実二人, 実彼の, 実演は, 実行方法の, 実際の, 客観が, 家から, 対蹠が, 對蹠がかへ, 小魚たち, 少女が, 屋根の, 山伏は, 岡田は, 島も, 左膳は, 巫女は, 幕府は, 年の, 幽霊紳士は, 幾人かの, 幾晩かの, 広い工事場, 底に, 底の, 弟と, 弥五郎一刀斎の, 張飛の, 強さ, 当時から, 当時の, 影は, 彼の, 後ろから, 後半を, 御恩人, 御面相の, 心がけだけは, 心は, 心持は, 心靈は, 忘失も, 忙しい中, 忠実を, 快よい悲歎, 思ひは, 急死と, 怪物には, 怪物は, 恋を, 息が, 悩みこそ, 悪来, 悲しみの, 愈製作, 愉しさ, 意味は, 意味を, 愛には, 愛は, 所作よりも, 手がかりという, 手品師は, 手柄が, 手続きは, 手配の, 技術に, 折武蔵も, 拵え物が, 挑むやう, 描写の, 撤兵問題について, 政治的見解の, 救援隊を, 整理も, 敵は, 文庫は, 文面は, 斑点が, 新免無, 方面の, 日, 日吉は, 日進月歩文明開化の, 昏睡から, 時あの, 時すでに, 時そこから, 時また, 時も, 時を, 時ソロソロと, 時一男少年は, 時下流の, 時丸山勇仙が, 時代は, 時彼は, 時彼女は, 時松火の, 時永代橋を, 時緑さんは, 時計の, 時銃を, 時音が, 晩彼の, 最後という, 最後は, 朝の, 期待は, 木材が, 村の, 束の間の, 林檎の, 某氏は, 検温器は, 極端な, 様な, 様子が, 様子は, 横目たちが, 樹を, 橋の, 機会を, 檢温器は, 次が, 次にふと, 歌は, 歌よりも, 正体は, 武士には, 死顔には, 残照の, 母の, 母は, 民衆の, 気持ちは, 気概に, 氣持が, 泣き叫ぶこと, 洪水が, 深夜の, 清十郎の, 滝の, 炯眼に, 為には, 烈しいもの, 無表情な, 無限な, 焼かれる百体, 父なる, 物音も, 独りぎめに, 玉太郎の, 玉琴の, 現実は, 理屈が, 甚助が, 甚太郎は, 生命力は, 生活という, 男が, 男には, 男は, 町中で, 異様ない, 疑いを, 皺くちや, 目が, 目的も, 目覆ひ, 直接態は, 相談の, 眸の, 眼には, 眼にも, 瞬間には, 瞬間又, 瞳の, 瞳は, 短かい間, 石の, 破天荒の, 社会的, 私の, 私自身いま思え, 程度では, 税金は, 窓の, 窯から, 笑いごえ, 笑いの, 箱の, 節には, 簡単な, 粘りの, 約束が, 約束に, 細工人から, 紳士は, 結婚の, 結果どう, 結果を, 結果判明した, 結果直観主義は, 結果蕗屋の, 継子の, 総てに, 繪は, 羊羹の, 義昭にも, 翌々日男女は, 翌日林野局に, 翌朝に, 者たちが, 肩に, 胤栄も, 脱却が, 腕や, 腕を, 臆病さの, 自分も, 自己は, 自意識の, 自棄気味で, 自棄氣味で, 良郎は, 色の, 色眼鏡は, 芋の, 花の, 若い男, 若者は, 苦しみほど, 茶器と, 茶趣味から, 蔭に, 蜂須賀君とやら, 行先は, 行手に, 行者が, 術を, 表面に, 表題の, 襟に, 要点に, 覚悟は, 親切さは, 言葉の, 言葉は, 言論は, 訳は, 詞は, 試験も, 語気は, 語自身あまり, 諦めも, 諷刺は, 谷川や, 豪奢を, 資金や, 賢夫人が, 跡には, 身元素姓を, 軍人は, 辺が, 逆に, 途端に, 遊びに, 遺児にまで, 酒料を, 醜悪な, 重要物件という, 金は, 鏡に, 鐃鉢を, 阿弥陀様さえ, 阿賀妻は, 隙を, 隙間からだけでも, 際文学又, 際生産関係は, 難問に, 電子は, 露西亜へ, 面影は, 頃には, 頃正造は, 顔だけ, 顔は, 願いの, 食堂で, 驚きは, 高い土地, 高貞は, 鴉は, 黄いろい煙, 黄門の, 齒の

▼ だがこの~ (834, 4.6%)

17 ことは 10 種の 8 ような 6 二つの 5 ように, 築土垣 4 ま, 人の, 人は, 最後の, 言葉は, 関係は 3 俺は, 問題は, 場合は, 時は, 点に, 点は, 男は, 男も, 頃の, 頃は

2 [47件] おれに, ときは, ふらふらの, ふるさとの, ほかの, やうな, 世の中に, 事件に, 事件の, 事件は, 事実は, 二つは, 二人の, 人も, 作品では, 供給は, 俺の, 単純な, 単調な, 告白は, 場合に, 場合の, 場合如何なる, 女は, 子の, 小論は, 少女だけは, 少年の, 悲しい歴史, 意識は, 戦争の, 政治こそ, 政治的形勢の, 日は, 日も, 正月の, 物語の, 理論から, 男に, 第二, 聡明な, 行列に, 街が, 話は, 逃避的な, 部屋には, 鮮麗な

1 [635件 抜粋] うえぬれ, うえまた, おしゃべりを, おれと, お爺さんには, くだりも, くらいの侮辱, くらい悲哀, ことについては, ことには, ことも, さい義貞は, さわぎは, ときから, ときかれ, ときだった, ときには, ときまきが, ときドノバンは, とき二人が, とき外からの, とき思いがけない, とき机博士は, とき蜂矢十六は, とき袋猫, ところと, ところひどく, ところ賢明な, のの, のんきな, はてし, ばばの, ほかに, ほとり近い, まっ暗な, ままあっけなく, ままこの, ままで, ままでは, まま佇ん, まま引っ, まま本艇へ, むす子, もの音を, よき意志, わびから, イソモルフィー・等価関係, カランポーの, カートン氏は, ガラツ八の, キヤノン爺さんは, キューピー人形は, サイラスという, スローガンとしての, センセーショナリズムが, ドイツ文化が, ビルディングの, ピストルには, プロパーな, ペリウドは, ボロ法衣, ミーチェンカには, モラルが, ユダヤ人問題の, ロシアという, ンガクバは, 一つの, 一席の, 一段だけで, 一言が, 三つの, 三人が, 三人は, 不安な, 不思議が, 不思議は, 世界観と, 両事件, 両管領, 中に, 主君の, 主張は, 事が, 事だけは, 事件についての, 事件を, 事実にも, 事情は, 二三年いつ来, 二三日姿を, 二人が, 二人は, 二十坪ばかりの, 云い方, 交換は, 人ごみの, 人を, 人形の, 人物が, 人造人間が, 仕事は, 他に, 会には, 会場に, 会社を, 会話と, 侍は, 信号は, 俺を, 個々人の, 個性主義は, 偉大なる, 傳世傳來といふ, 儀については, 儘そつと, 先どんな, 公式な, 六時間目には, 内根源的な, 冷えたゆき子, 冷やかな, 刀が, 分りかたは, 分析的操作は, 刹那に, 加藤君も, 勇気が, 区別にも, 博覧会には, 原理が, 反技術主義, 叔母さんの, 古典の, 可憐な, 合理主義と, 名称は, 君の, 命題も, 唄では, 問題についての, 問題自身に, 善鬼より, 喜ぶべからざる徴候, 回想は, 囮は, 国に, 国の, 土地は, 地底戦車は, 均衡の, 場合この, 場合さ, 場合には, 場合にも, 場合不幸を, 場合労働対象を, 場合千二は, 場合唯物論的方法は, 場合懼れる, 場面の, 境遇を, 声明が, 夏以来の, 外部的分類は, 夜中に, 夜彼の, 夜更に, 夢を, 大事実を, 大義名分にも, 大衆の, 大部分, 大隅の, 天気だ, 失敗の, 失敗も, 奇謀が, 女には, 女に対する, 女の, 妻女山には, 姉妹や, 娘も, 婚約を, 婦人達の, 子を, 子供の, 宇宙の, 宇治勢多という, 安定面自身が, 完成の, 室に, 室内に, 宮大工上りの, 家で, 家は, 家庭の, 家族制度を, 寒空ぢやあ, 寺内の, 小さい女中, 小事件, 小屋で, 小柄で, 小沼へ, 少しの, 少年のは, 少年は, 屋外に, 屍体を, 岩の, 島の, 希願を, 平野から, 年に, 年の, 年一千トンの, 幼い一本, 幾何学的に, 広い公園, 広い江戸, 弁証法の, 弊害を, 張蘊は, 当面の, 彩色にも, 影なる, 役人は, 後にこそ, 後者の, 心を, 心理が, 応援は, 快楽を, 快適な, 怒りは, 急務を, 怪異な, 恋の, 恐ろしさ, 恥知らずは, 悟性乃至, 悪夢の, 悪臭の, 想像の, 意味の, 意味は, 我々の, 戦争は, 手帖は, 手段, 手紙は, 打撲傷はを, 批判は, 抽象的な, 捕物は, 探偵は, 探求は, 揮毫家は, 政見的お喋りと, 文化専門家は, 文化理論も, 文義的解釈なる, 新しい出発, 新しい意味, 新竹, 新米の, 新聞の, 方は, 旅人は, 日の, 日本型が, 日私は, 日頃の, 早朝, 明りの, 時にこそ, 時には, 時の, 時までに, 時リーンという, 時三時の, 時代に, 時代は, 時何者だろう, 時候に, 時反対の, 時合掌した, 時局的与件の, 時彼の, 時日は, 晩の, 景色とも, 暴風雨に, 曲芸では, 最初の, 期に, 木が, 未練は, 本格的な, 村にも, 東京市に, 案を, 椿岳の, 楽しみを, 概念によって, 概念分析は, 様に, 標準に, 模写が, 機能は, 機関長腹が, 檻の, 欄に, 歌の, 段は, 殺しッぷりは, 母を, 母親は, 毒は, 毒ガスの, 水は, 水も, 水源地では, 水茶屋の, 沈黙の, 洒々落々と, 洞の, 淡い臭気, 深い海, 深謀を, 清正は, 温和な, 湯町の, 満ちあふれる家々, 潮の, 点すでに, 点で, 点については, 無言の, 煙草入れの, 父と, 牢の, 特別な, 特色は, 犬を, 状態を, 独自の, 狼事件は, 現実行動性から, 現状は, 現象を, 理想が, 理智に, 環を, 瓊子も, 生理學上の, 用役の, 男女が, 界隈ぢや, 疑いも, 皮肉な贈り, 盃を, 目を, 相対主義的歴史哲学で, 矛盾的産物は, 石に, 研究様式, 社会主義的建設の, 祖母は, 祖母一市井人として, 神楽坂では, 神経的な, 私の, 私は, 私ひとりにとって, 程度に, 種類の, 空と, 第二版, 箱は, 箱も, 節の, 節は, 簡単な, 粉黛こそは, 精神的な, 紛雑した, 結合に, 結婚披露の, 結果は, 絵図面は, 線の, 線路の, 繪雙紙だけは, 群集の, 老人の, 老子的な, 老将軍, 考え方の, 考は, 考へは, 肖像は, 肝心な, 胆太い, 自分が, 自己に対する, 自己了解の, 自意識が, 自然科学と, 自由主義は, 自由主義的社会主義, 船の, 艇は, 花活ける, 芸妓という, 若い米國人, 茶碗には, 落ちは, 落とし穴には, 葉櫻の, 薄萠黄色お, 蛇を, 行路は, 衰弱した, 要求が, 見方は, 見解には, 観察は, 解りきったもの, 解体の, 解説は, 言葉を, 計画は, 記事が, 訳の, 証明を, 試みは, 詩を, 話だって, 誓言は, 調査施設には, 論争が, 論理は, 論理主義が, 論議は, 論駁も, 議事は, 象徴の, 質問は, 赤煉瓦の, 趣味が, 足の, 転向は, 農村道場は, 辺から, 辺には, 辺は, 通りでございます, 逞ましい, 連環の, 連関が, 道徳的な, 遠いよう, 遠く深い, 部屋の, 都市にも, 野郎白っぱくれ, 金華山沖では, 長たらしい築地, 関宿には, 陰翳に, 階級の, 際だ, 際に, 際の, 際まだ, 際我等の, 際技能の, 際米友も, 電子ストロボ鏡の, 青年が, 青年に, 非常事態が, 頃に, 頃前川氏が, 頑固親爺は, 題を, 顔料は, 類の, 飛行機は, 馬も, 骸骨の, 高らかに, 高地から, 鯛は, 鳥を, 鵜は, 鷲時々, 黄金時代は

▼ だがそれ~ (584, 3.2%)

12 だけで, にし 11 にも拘らず 9 は私 6 が何 5 は, は決して 4 だから, と同時に, はそれ, はほんの, はまだ, は僕, ばかりで 3 がどう, だからと, にもかかわらず, はいつ, はどうも, は全く, は所詮

2 [31件] がこの, がし, がどんな, が自分, だからこそ, で安心, に引きかえ, に較べる, はあくまで, はいったい, はこの, はしょせん, はその, はどう, はどこ, はほんとう, はやめた, は何, は別, は又, は彼, は無理, は非常, まで一人, もほんの, も今, も彼, も長い, よりももっと, を口, を知っ

1 [413件] からさらに, からすぐ, からどう, からの幾年月, からの指揮, からはいつ, からはそれ, からも郊外地図, から二日, から五分, から六年後, から幾刻, から数日, から永く, から間もなく, が, があった, がいくら, がいったい, がきた, がその, がため, ができない, がどこ, がどんなに, がはたして, がまだ, がよかっ, がシャンティリ, がチヤン, が一つ, が一体, が一體どうし, が不幸, が不思議, が人情, が他, が何だか少し, が出来ない, が出来なけれ, が即ち, が君, が女, が実に, が山, が後で, が急, が旅川周馬, が時流, が東西南北, が此の世, が母, が求むべき, が特に, が生活, が確か, が私, が縁, が自然, が誰, が起っ, が間違つて, こそがおれ, こそまさに, さえも出来なくなった, じゃあんまり, じゃァこっち, じゃァ君, じゃ一体, じゃ済むまい, すら忙しい, だけが原因, だけでい, だけでおしまい, だけで安心, だけで逃げる, だって好い, では面白く, でよろしい, で始め, で子供, で果たし, で正しい, で泣い, というの, とそうして, とても有り得べからざる, ともう, と共に, と共にこの, と共に私, と反対, と意見, と知らず, と退屈男, ならそれで, ならば, にした, にしろ, にせよ, につけ, につけくわえ, につづい, には, にはお前, にはやく, にはわけ, には一度, には世界, には二人, には余程, には暗示, には特別, には猶少し, には親方一流, にもか, にも倦, にも増し, によっても人間, によって娘, によって少し, に付い, に対する精確, に対峙, に対応, に屈する, に感心, に輪, はあくまでも, はあたりまえ, はあつ, はあと, はあなた, はあまりに, はあまりにまざまざ, はいっさい, はいつたい, はいつも, はいやしい, はお, はお守, はかえって, はこんな, はさておい, はすでに, はずつと後, はそう, はそれで, はたしかに, はただ, はとにかく, はどうやら, はなかなか, はながく, はなされなかった, はなんと, はひとり河, はほとんど, はほんと, はまあ, はまだしも, はまだまだ, はみな嘘, はみんな, はみんなぢ, はみんな僕, はむだ, はむね, はむりで, はもう, はもしか, はやがて, はよく, はよぼよぼ, はトルストイ, は一体, は一匹, は一瞬, は一種, は一陣, は万一, は不可能, は不思議, は両方, は二十一歳, は人間, は今日, は今私たち, は伊賀倉さん, は伸子, は何時, は俗論, は先, は先生, は六十年, は兵隊, は出来ぬ, は刹那的, は前提, は助手たち, は医者, は十年, は千年, は単に, は博士, は危険, は君, は哲学, は商売もの, は嘘, は国際的共通特色, は声, は多可子, は大きな, は大丈夫, は大抵, は奇妙, は女性, は如何にも, は妥当, は婆, は子供, は宗像君, は実, は実は, は実証主義的, は家, は容易, は小田原, は少将, は島, は島村, は巧妙, は常に, は強く, は彼女, は後, は従来, は心持, は必ずしも, は息子, は悲劇, は意識的, は慌しい, は房一, は手, は承認, は故意, は斎入, は時, は曖昧, は最も, は束の間, は根底, は格別, は極めて, は毒瓦斯, は水の上, は汝, は沢山, は泥坊, は浅草, は浜口家, は無効, は物質的, は猫, は理由, は甚だ, は甚だしく, は疑問, は皮相, は真, は矢張り今朝散々, は突喊, は糠喜び, は結局観念論的, は美佐子, は考へる, は肉体, は芸術, は表沙汰, は表面, は表面筋, は裏街, は西村, は販売品, は貴重, は赤い, は避雷針, は部下, は針, は錯覚, は間違ってる, は静か, は題材, は飛んだ, は飲ん, は驚く, は鳴らなかった, は黒衣婦人, ばかりの爆薬, ばかりは竹童, までいかなる, までだ, までにはこちら, までの戦争ぶり, もあたり, もうそ, もおわり, もこれ, もすぐ, もずいぶん, もその, もた, もだめ, もちがう, もやはり, もよかろ, もよく, も一刻, も五六年前, も伸子, も八雲様, も勿體, も博士, も去年, も向, も地主, も嫌, も実地, も後手, も時代, も案ずる, も極めて, も殆, も深く, も無駄, も現在, も皆, も私, も私たち, も經驗, も腕, も要するに, も見せぬ, も軈て, やあまり不人情, や全く, より, よりもおれ, よりもなお, よりもまだ, よりももっとたいへん, よりももつ, よりもッ, よりも何, よりも信越線, よりも先程, よりも孫, よりも後, よりも明日, よりも氣, よりも綱手, よりも辛い, より何より, より先, より前, らしい人影, をいえ, をいま, をこう, をだれ, をとめる, をどういう, をなんと, をまた, をむやみ, をもっと, を一概に, を一読, を今, を今顔色, を以て日本人, を伝えた, を伝え聞いた, を剥く, を唱える, を実践, を弄ぶ, を捕手, を探す, を生きぬ, を疑う, を眺め, を知らず, を秘す, を聞いた, を聞きただし, を聞きつけ, を聞く, を見送っ, を解く, を説明, を誰, を遂げる, を顔色, を食う, を食べた, 故にこの, 故に却って, 故に支那, 故マルクス主義, 迄になる

▼ だが~ (236, 1.3%)

9 はこの 5 はそれ 3 のよう, の目, はあなた, はその

2 [13件] がこの, がその, とし, にとつて, にはそれ, はあの, はどう, はもう一度, はもつ, は敢, は気, は生, は自分

1 [184件] あついうっかり, が, がここ, がそこ, がもし, が二年, が今, が十九才, が思ひ出した, が松の木, が此処, が死ん, が用うの, が異様, が船, が茲, が陶器, だけはちっと, だってまだ, だって人並み, だつて, だとても, としてはたとい, としては執筆日付, としては家内, などがアメリカ, にいわせる, にとつ, にはそうした, にはどう, にはどうしてもそう, には何, には分らない, には同胞, には妻, には毛沼博士, には永い, には禁酒, には私, には良人, には質問, にまかせ, にも私, に大役, の, のうち, のこの, のとくに, のパノラマ島, の主人, の主眼, の予期, の二人, の今夜, の係累, の信じる, の健康, の兄弟, の単位, の娘, の子供ごころ, の希望, の心, の怒った, の恐ろしく, の意志, の憶え, の所, の方, の日記文, の正論, の気, の注意, の生活, の眼, の考, の胃袋, の表情, の見立て違い, の覚え, の覚悟, の詩人, の身, の送る, の頭, は, はあきれ, はいつも, はいま昔, はおちつい, はかう, はこうした, はこれ, はこれら, はこんなに, はしつっ, はそれどころ, はそれ等, はそんな, はただ, はついに, はどうしても, はどうも, はなかなか, はなに, はのりと, はほんとう, はもう, はやっぱり, はやつぱり膝, はマリ, はレスコフ, は一つ, は一時, は中傷, は二年, は今, は今日これ, は今病, は以後, は佐藤, は何, は何となく, は冬ごもり, は凝, は出来る, は別にそれ程, は創作上, は医者, は同時に, は大, は妻, は子等, は屈服, は帰途, は幸, は幸運, は彼, は彼女, は彼等, は待て, は忘れる, は恥ぢる, は押込み強盗, は敢然, は日本人, は晴雨, は東京市中, は正気, は此事実, は歯, は死んだ, は毎日毎夜句, は決して, は油断, は煙草, は率直, は用心, は真, は眼, は知ってる, は私, は笑えなかった, は純正, は縁側, は脂肪, は腹, は良心的, は若い, は血, は誰, は貴島, は通夜, は都合, は金, は駄目, は髭, もねお前, も何と, も彼, も疲れた, よりもほか, を普通, を苦しめた

▼ だが~ (228, 1.2%)

6 はその 4 はそれ, は今 3 の足, はすぐ, は自分, は遂に

2 [13件] には彼女, の公判廷, の妻, の心, の死後, の目, の眼, の身体, はそこ, はそんな, はもう, は彼, は必死

1 [176件] がお, がこの, がどこ, が上海, が二階分, が云う, が今, が友人, が外見, が実際, が左方, が心, が怒った, が悩まされる, が生存, が笑った, が絶えず, が見たい, としてはもう, とても視覚的, と我と, にとっては, にとって何, にとる, にはそれら, にはただ, には死ん, には珍し, にもただ, に取つ, に哀憐, に解る, のいまわしい, のおぼえ, のこうした, のそういう, のそば, のふところ, のほか, のまわり, のやろう, の予期, の位置, の作品, の個性, の全, の兵, の出来上つた絵, の力, の境遇, の大敵, の天質, の女等, の好き, の幼年時代, の当惑, の待ち, の懸命, の手, の昼間, の最も, の格調, の毎朝, の気持, の潔癖性, の理想, の生きる, の生れつき, の生活, の生涯, の眼光, の瞼, の神, の筆, の素質, の緻密, の肉体, の自ら否定, の船, の行く, の見た, の覚え, の言, の詩, の責任感, の身體, の逞しい, の順番, の顔, の顔色, の馬, は, はあくまで, はあの, はいつ, はいつも, はかの, はきのう, はこの, はこれからどう, はさ, はさう, はさすが, はすてなかった, はそうした, はそこで, はそつ, はたおれ, はつい, はついに, はとうとう, はとても, はどうしても, ははっきり, はひとり置去り, はふと, はまた, はまもなく, はもう二度と, はもっと, はやっと, はやはり, はゆっくり, はガラス, はベッド, はベルリン, はペン, は一つ, は一言, は人, は仔細, は別に, は別段, は加賀, は包まれ, は又, は嗚咽, は壮年, は大, は大いに, は少し, は尾行者, は山口, は弱っ, は彼女, は往き, は恐らく, は意外, は手, は押黙っ, は拳銃, は服罪, は案外, は梨枝子, は森本, は歯, は盃, は短刀, は群馬県, は腹の中, は衝立, は躊躇, は身, は退屈そう, は逢う, は過去, は関ヶ原, は雪, は非常, もただ, も忽ち, や母, れは, をそんな, を失っ, を追う

▼ だがそんな~ (196, 1.1%)

47 ことは 16 ことを 7 事は 6 ことで 5 事を, 風に 4 ことが, ものは 3 ものを, 話は 2 ことに, ことには, ことよりも, オリガでさえ, 事が, 筈は

1 [84件] おかしい話, こた, ことはまるでなかった, ことまで, ことより, こと位ゐ, こと君の, ちっぽけな, ときも, ところが, ところに, のに, のより, はずは, はっきりした, ばかな, ひどいいたずら, ものじゃ, ものの, ような, ピストルは, ベルネの, ムダを, 不愉快な, 事なら, 事蹟から, 人を, 化物みたいな, 区別は, 區別が, 反省に, 可憐しい, 叱咤を, 問題は, 噂が, 因果関係の, 場合には, 奴俺は, 工合で, 幸福に, 強盗を, 心掛けだけ, 忙しさ, 怪談噺よりも, 情けない夢, 按配が, 昔は, 時に, 時の, 気で, 気持だ, 注意を, 洒落た科白, 無茶を, 物の, 理窟は, 疑いあう, 皮肉は, 程度で, 空漠な, 若い頃, 苦痛は, 莫迦気た, 見方は, 言葉ぐらいでは, 試みなどと, 詮議は, 話で, 話なんかは, 誤解も, 負惜, 身装を, 迂濶, 途方も, 酒の, 酔いどれの, 重い石, 金目な, 非難こそ, 風の, 風流気は, 馬鹿な, 馬鹿なこた, 高氏は

▼ だが~ (193, 1.1%)

4 親分 32 お利代, それは, 今日は, 僕は, 君の

1 [176件] あいつは, あっしだって, あとが, あなた様の, あるとき, あれほど, いいかい, いいです, いたずらを, いつもいう, うれしいどころか, え君, え國友君, え宇平さん, え少し, え己ア身体, え親方, え長良川博士, え鳴海, おこつては, おばあさんわしの, おまえに, おれは, お侍さん, お八重さん, お前さんが, お前さんは, お前さん妾に, お前さん独身生活の, お前様だって, お前男が, お前窓に, お十夜さん, お嬢さん洞の, お富士さん, お次, お米さん, こ, こういうこと, このおばけ, このモグラ, この女, この死, この蛇, この頃, これが, これは, これを, さがしたって, せめてはお, そういう貴重, その手, それだ, それでは僕, たとえお伽噺, ちょっとこんな, とにかくぐさりと, とにかくこの, とにかく小刀, どうな, どうも, ほんとにこの, まだまだおどろく, もう一つ, もし芝田さん, やっぱりその, やはり探偵小説, わずか四, アレクセイ・イヴァーノヴィチどうも, カテリーナ・イリヴォーヴナあっしだっても, クヴシンニコフって, ジョリリリリー君は, チチコフ初めの, ニヤンプウ子先生これを, ポコちゃん, マダムも, ヨハナーンや, 一つだけ, 一体全体そうした, 一彦君これは, 中川君君の, 主我的に, 事実が, 人の, 人間に, 今から, 今僕の, 何うし, 何うも, 何より先, 使いの, 信濃屋さんそんなに, 僕が, 僕に, 僕近頃, 兄貴俺等の, 兆二や, 入獄といつても, 八, 八駒次郎の, 内藤の, 千代, 叔父さんつい, 古田君言う, 吉次, 吉里さん私し, 君あの, 君が, 君そいつは, 君は, 君僕は, 君独身生活を, 唖だ, 困るね, 国者に, 堅え, 大原君これも, 大原君の, 失敬だ, 好い死かた, 姉さん彼の, 姉さん此の, 学生は, 學問が, 家元の, 小僧に, 少なくともあっし, 帆村君, 彼は, 御坊變な, 断って, 旦那, 旦那少し, 明智君, 東京の, 格好な, 河合少年, 無利子同様, 熊本君, 牧野さん, 猫の, 猫は, 理屈に, 理想といふ, 生きてると, 用心しない, 田村さん, 皆の, 真理は, 真面目で, 砂糖を, 私に, 私は, 紫錦さんの, 縁談は, 羅風も, 芙美子さん貴女の, 芳ちゃんは, 若し君, 藷は, 親分あっしにも, 親分お, 親分仲の, 親分夕顔の, 親分女房を, 親分正月も, 親分絵を, 親分繪を, 諸君歯磨にも, 豆小僧さん, 酒に, 錢形の, 随分用心, 面白くない, 飢饉は, 飲食店や

▼ だがこれ~ (190, 1.0%)

5 は何 4 だけで, はまだ, は私 3 は一体 2 につけ, には理由, は日本

1 [164件] が, がどうして, がどうも, がよし, がシューバル, が大, が妖婦, が少し, が彼, が悪縁, が樺太, くらいの違い, こそ最も, じゃああんまり, だ, だけでも讀ん, だけの理由, だけの鐘, だけはたしか, だけはどうしても, だけははっきり, だけはまさか, だけは確実, であの, でいよいよ, でお, ではまだ, では猪, でまず, でもまだ, で大原, で思ひ, という計画的, とても決してそうは, とて独創, と反対, と違っ, にはおまえ, にはわけ, に僕, に続く, のみで, はあくまで, はあんなに, はいささか, はうそ, はおよそ, はきっと, はここ, はそう, はたしかに, はただ, はだれ, はちと, はてつきり, はどういう, はなん, はひとり, はほんと, はほんとに, はむろん, はよく, はアリョーシャ, はイヒ・ローマン的, はジャーナリズム, はミュラア, は一般論, は上州長脇差, は不公平, は不可能, は二人, は今, は余り, は俺, は僕, は僕自身, は先刻, は全然, は写真, は別, は単に, は博士自身, は反動, は向こう, は多分, は夢, は大丈夫, は大切, は大河, は孔明, は少々, は少し, は尖端嬢, は巡査, は形, は彼, は彼女, は必ずしも, は性質, は悲しい, は愛すべき, は探偵者自身, は断言, は新しく, は日頃, は暗号, は本当に, は毒々しい, は決して, は源三郎, は病気, は瞞, は第, は等, は精神病, は紙, は肉眼, は菓子, は袋小路, は貴様, は越前守, は遊魂, は長谷川氏, は随分, は頼まれ, は飛んだ, は鬼六, ばかりはさ, ばっかりは争われぬ, ほどの師, ほど晴やか, ほど重大問題, まで, まで一度, もいい, もおまえ, もさほど, もよい, も一時, も一茶さん, も今日, も前世イ, も時代時節, も沢庵, も移住, も経営, も羅馬字, やまあ, や内密, を, をお話し, をひどく, を一体, を例外, を勝負, を彼ら, を我慢, を持ち出す, を突き破, を突き破っ, を聞い, を見, を逆, を飲ん

▼ だがあの~ (171, 0.9%)

7 男は 3 人の, 時は 2 人は, 悲しげ, 時の, 男が, 男と, 男に, 頃は

1 [144件] いけ図々しいおとない, いやな, おやぢ, おりの, お十夜, お房, お方の, お爺さんは, お神籤, お袖, ことなら, ことを, ご大家, ざまは, ちいさい子たち, とおりつりさがっ, ときそれを, ときに, とき先生が, とき泣く, とき行きたくない, とき諸君が, とき透明怪人は, とりすました平気, どうろぼう, なかには, ひとは, ほうせきは, ような, ソーセージは, チェレ, ツーグスピッツェにも, ビルデングを, ブイは, リーザは, 一つの, 一個中隊が, 一寸びっこを引く, 不敵な, 中に, 中には, 乞食も, 二人は, 京人形みたいな, 人あの, 人たちの, 人を, 仏像だけは, 仏蘭西人は, 伝馬勤めの, 側馬は, 元気な, 先生ひとつ懲りさせ, 半死, 古風な, 呟く唄, 四十近い, 園山君という, 坊さんは, 塀の, 墓石に, 夜の, 大天才達, 大蒜には, 女が, 女っ子も, 女には, 女の, 女は, 女も, 女丈夫には, 好々爺の, 妙な, 娘には, 娘の, 娘御, 子どもは, 子の, 子は, 子を, 子供らしい, 字は, 宍戸梅軒と, 宝石の, 家は, 小川は, 小説を, 少年は, 幽な, 引こんで, 当座だけ, 御船蔵, 忌々しい猶, 感慨は, 慾深, 旗が, 日の, 日までは, 時あれを, 時おれは, 時だって, 時に, 時彦太郎が, 時私を, 晩の, 村に, 柄ぢや, 様に, 様子や, 横丁の, 流行は, 滅法無類, 煙草屋には, 片袖, 生れ損い, 男には, 男はから, 男を, 百兵衞といふ, 眼鼻口に, 短刀には, 空き缶が, 笛の, 精神の, 美貌が, 翻訳は, 腐爛は, 船乗りの, 虫を, 血の, 袷は, 計画を, 説を, 谷間へ, 豹は, 辺は, 部屋の, 野郎は, 鉱山奴の, 音いろは男の, 馬鹿者は, 黄金メダルが, 黒い砲弾, 鼓は

▼ だがもう~ (157, 0.9%)

3 それは, 遅かった, 駄目だ 2 いい, そんなこと, そんな時代, 一人は, 声は

1 [138件] あんなこと, いいん, いないさ, おそい, お前さんを, お廃, お生憎, お譲り, きみは, こさえない, これきりであろう, これで, これは, これ以上は, これ位ひで競馬騒ぎも, こんなこと, さびしい諦め, じきに, そいつは, そこの, そこらに, そのうち, その後は, その方, その次, その言葉, それっきりお互いに, それで, それともおさらば, それも, そんな暇, そんな話, たくさんだ, だいじょうぶだ, だめさ, どんな屍, のこりは, ほんのちょっぴり, みんなも, みんな水に, やめよう, よさう, わかった, オソアビアヒムと, グリツプは, ダンスが, 一つ, 一つおどろいた, 一つこの, 一つございます, 一つの, 一つ分らない, 一つ術が, 一とき時が, 一ぺんその, 一人の, 一名は, 一寸という, 一息という, 一杯ぐらいは, 一遍改めて, 二尺, 五時過ぎだつた, 些と, 亡命者と, 今は, 何う, 何うし, 何の, 何を, 何時だ, 俺あ, 僕は, 充分だ, 其記憶も, 内の, 出て, 判った, 十年も, 参りましょう, 古いむかし, 古くさくて, 呪文の, 呼吸する, 四五年は, 土手も, 外は, 大丈夫, 大丈夫だ, 字余りは, 宙に, 帰らなければ, 廊下は, 彼が, 彼の, 彼女は, 御心配, 心配は, 息の根が, 成り行きに, 手おくれだ, 手遅れでございます, 敵で無い, 新子の, 新聞乃至, 春祭りは, 昨日の, 時が, 時間かね, 晩春苫を, 東京附近では, 枝を, 永くは, 海水浴も, 生ける人, 畑や, 百枚近くな, 私が, 私の, 私達の, 肺尖など, 見て, 視力が, 訳が, 話しても, 話は, 趙は, 返して, 追いつかない, 逃げて, 遅い, 遅いし, 遅くなっ, 還るすべ, 関は, 頼むから, 飲み疲れた, 鷲に

▼ だが~ (155, 0.8%)

9 めえ 5 通は 4 綱は 3 通が

2 [12件] ぬしも, 別れする, 半も, 杉の, 浜の, 父様, 米の, 紅は, 絹さんは, 通さん, 高は, 鯉さんは

1 [110件] かげて, さよの持っ, せいは人妻で, ぢさんには, ぬしの, ぬしは, はなしは, ばばお, ひとよし, ひら様, みね世の中に, めえさんだ, もては, 一人暮しです, 三根は, 主が, 久米は, 互にしばらく文通, 互にもう幾日, 互に心, 互に愛しきった, 互に誰, 侍の, 信さんは, 八重は, 兼お前の, 冬どん, 前方は, 十夜さん妙な, 十夜は, 千絵は, 千絵様から, 叩頭を, 吉には, 吉も, 園どん本当に, 大名と, 天氣の, 奉行は, 寿にも, 小夜は, 島には, 広縁先まで, 徳さん洋服が, 悦は, 手先も, 早く願います, 時さん女の, 杉さんが, 杉は, 杉隠居は, 民の, 民を, 気の毒な, 気の毒に, 浜が, 涌は, 清は, 照さん今日は, 燕いや, 燕の, 燕は, 生憎さまだ, 留は, 百の, 砂糖は, 祖母さまは, 神さんより, 祭りは, 秀は, 米は, 粂の, 約束は, 紅には, 綱の, 考え下さい, 自分の, 船が, 芳には, 菊ちゃんの, 蓮の, 蓮様よりは, 蝶さんそれは, 蝶そう, 蝶は, 袖の, 袖は, 見受け申したところ, 角さんとても, 角さんの, 角さんのは, 角は, 言いなさる通り, 言葉の, 訊ねいたしとうござる, 身さまは, 通おれも, 通さんお前の, 通とか, 通とも, 通の, 銀様として, 銀様にとっては, 銀様の, 銀様は, 隅さん本当に, 雪が, 頭は, 願です, 駒は

▼ だが~ (143, 0.8%)

5 は君 4 のなか, の眼, の靴底, はあの, はその 3 にはもう

2 [13件] にはわからない, のどこ, の方, の胸, はそう, はやはり, は今, は伊作, は彼, は探し, は揺すぶられ, は昔, は自分

1 [89件] がきっと, がこの, がその頃, が変, が孤獨, が異常, が街, だって母, だつて, という男, なら魚雷, にそんな, にできます, にはその, にはそれ以上, にはどうしても, にはまるっきり, にはよく, には何, には意味, には遺書, に言わせりゃ, のこと, のこれ, のゐる, のレエゾン・デエトル, の上, の内部, の子, の心願, の怠惰, の意, の現実, の視線, の記憶, の踏ん, の驚いた, は, はあまり, はある, はこう, はここ, はこの, はしばらく, はそのまま, はそれ, はできるだけ, はどうしても, はどんなに, はまた, はもうわりに, はもう一度, はもっと, はもつ, はもつともつと, はゆ, はゆっくり, はわからない, は今度, は其, は卑怯, は叔父, は命令, は困る, は堪らない, は妻, は常に, は日頃, は最初犯人自身, は果して, は案外楽々, は毎日, は無茶, は爲事, は猶, は知ってる, は腹, は行かなかつた, は補充隊員, は軽く, は馬, もそれ, もほんとに, も実は, をごまかし, を信用, を視る, を迎, を迎え

▼ だが~ (140, 0.8%)

4 といっ, にも増し, よりも大事 3 うして, かまだ, と言っ, にし, の為 2 うか, か, かね, かの拍子, から何, だらうね, でもない, のため, よりも先

1 [95件] うしても, うだ今日, かがそれ, かが僕, かの信号, かの内容, かの勝手, かの機會, かは厳しい, かぽ, かわからない, か僕, か圧迫, か太陽, か妙, か実, か感じ, か服藥, か目的, か私, か紋所, か言いた, か食べたい, がファシズム, が出来る, が彼, だぜ, だって, だってお前, だってお前たち, だって君, だって此小僧奴, だよ, だろう僕等, っ方, て拙い, というきめ, ということ, というデリケート, という不得要領, という人, という巨大, という快感, という怠惰, という恐ろしい, という途方, といふ女, といふ支離支滅, といふ言葉, とし, なの, にする, にせよ, にも余計, にも怖し, にも異状, にも言わない, に書くん, の, のかたち, のこと, のよう, の代償, の便り, の効, の変った, の奇異, の女, の応答, の故に, の本, の気配, の煙草, の爲, の物音, の目的, の職業, ほどのこと, もいわず, もおれ, もする, もやれない, も吾, も急ぐ, も恥, よりも人, よりも大切, よりも嬉しい, よりも彼, をいう, をそんな, を探し, を発見, を私, んであんなに

▼ だが~ (122, 0.7%)

5 となっ 4 はもう 3 になっ, の話, はその 2 にし, 吾, 起きたばかり

1 [98件] あすこを, ある此平安初期, いったこと, から四年前, から考え, が一番, こそそういう, この陰影, すぐこれ, その考え方, ぢや, ではそんな, ではむろん, では学問, では父親同士, では社会生活, では秦, でもそのまま, に見, に話し, のお前, のところ, のゼフリズ, の一刀, の世, の世の中, の処, の右, の君, の天下, の徳川旗本, の所, の朝子, の気分, の水戸, の状態, の社会, は, はいい, はしばらくそう, はじめて仔細, はすぐ, はそれ, はそれどころ, はそれ等, はた, はただ, はだめ, はっきりと, はどう, はまだ, はもつ, は一切, は事情, は今, は仕方, は何, は八戒, は其, は区別, は家光将軍, は少なくとも, は昼, は死ん, は泣きません, は異常, は私, は私たち, は芸人, は読書, までのよう, まで何, まで吉之助, まで見つけ, も云う, ようやくその, わしに, を時めく, エゴール・サヴィチは, ジナイーダの, 一言, 二十万フランなんて, 別れて, 同時に存在, 囘も, 大事な, 怒り出しては, 承は, 正に何事, 渡した五十両, 特に政治的機能, 眼の, 考へるのに, 聞けば, 茲で, 認識の, 足の, 開けては

▼ だがまあ~ (103, 0.6%)

7 いいや 3 いい, いいさ, それは 2 それも, 仕方がねえ, 当分は, 折角の, 考へて, 話して

1 [75件] ありがたいありがたいこと, いいこっち, いいやな, いい父さん, いい證據物なんざあ何, いえない, うまく俺, ええや, おとむらい, おれの, お父さんや, かうして, ここまで, ここらに, こっちへ, この回答, これが, これだけじゃあ, これは, これ以上何も, これ位ひ, したいよう, そのうち, そのこと, その儘, そりや, それで無事, どちらに, どっちに, どんな奴, なんていい, のみこんじまうさ, やって, よかった, よしみ, 一口お, 一寸煙草を, 二十円位い, 今の, 今日は, 仕方ない, 何て, 何とでも, 兎に, 兎も, 分らないもん, 友達同士の, 叔母御, 君たちが, 君の, 商売とは, 堪忍し, 大したこと, 好い本当に, 宜しいと, 客商売という, 床について, 当人の, 念の, 怒らないで, 怪我が, 愉快に, 我慢する, 止した方, 止そうよ, 死んじゃ, 気を, 無事で, 立合って, 続けて, 試しに, 話を, 降られるより, 雨が, 馬に

▼ だがそう~ (100, 0.5%)

7 なると 5 して, やって 4 すると 3 すれば 2 いえば, かと云っ, すること, では, なっても, は云っ, 云っても

1 [62件] いい終ると, いうならば, いって, うまくこちら, かっていくら, かといっ, かと思え, かと言っ, しなけれゃあ, しゃべって, じゃねえこれ, する裏, せくこと, だからといって価値, であれば, でもな, とする, と判っ, と決れ, なったあと, ならば, なる少し, なれば, はいかない, はいかなかった, はいきません, は行かない, まで道具立て, も見えない, 一つに, 上手くは, 云うなら逆, 云う女房, 云う意味, 云って, 凹ましただけ, 叫んだまま, 叱られて, 後腐れが, 思いながら, 思えば, 思っても, 急ぐ事, 掛って, 断定し, 易々と, 決したのち, 決めるなら小敵, 考えながら, 考えること, 考えるの, 聞いて, 聴いた以上, 見えるところ, 見られるほど意気, 言うては, 言う人々, 言う物語りは, 言って, 言っても, 言われて, 遠くまで

▼ だがおれ~ (86, 0.5%)

6 はまだ 5 にはそんな, の耳 2 はここ, はたいへん, はつかまらない

1 [64件] がちょっと, がつけ, が四十面相, が生き, とくびじろの関係, と前田, になん, にはどうも, には行きどまり, に取っ, に口, のほう, のよう, の中, の初手, の名, の手, の指図, の方, の留守, の確信, の身, の遊学中, の部下, の鑑定, の魂, はいつ, はいつも, はいや, はきみ, はきめんじ, はこの, はさめざめ, はすこし, はふい, はまけ, はまほう, はもう, はドイツ語, は一人, は一体, は今, は努め, は嘘, は地方総督, は天下, は少年たち, は思い立った, は気, は真剣, は着物, は神通力, は自分, は自殺, は見た, は詩人, は逃げ, は逸, は頭, は風, は魔法つかい, ももう, も一旦, も少し

▼ だが~ (85, 0.5%)

94 錢形の

1 [72件] あの老人, あんな時俺, いつかは, おい役人, おまえは, お前は, お瀧, こいつは, こうめちゃめちゃ, ことによる, その前, そんな問題, どんな厳重, なえ, またこの, わしが, わしは, ア, アその, オイ若, カシタンカお, 乾老, 乾雲が, 二人で, 人を, 人生かしばっかり, 今度こそ, 伯父さん, 余計な, 俺たちは, 俺には, 俺の, 兄哥悪い, 八お, 八それにしても, 八よく, 八イヤな, 八下水の, 八世の中には, 八今に, 八俺は, 八同じ, 八小田卷直次郎が, 八手前が, 八敷居の, 八無, 八若, 八金や, 国中捜し, 圓朝, 坊やお, 大作, 奴らが, 官兵衛, 寒山, 山吹よく, 平次, 平次とやら, 明日も, 本当に纐纈城, 本当の, 次平, 用心し, 眼が, 私の, 篁世の中は, 色事を, 貴様は, 酒だけは, 鈴源俺が, 銭形の, 隱し

▼ だが~ (81, 0.4%)

17 うした 10 ういふ 5 う言 3 うは, う云, う言う 2 うして, うでは, う思ふ

1 [34件] あらぬ顔, うあら, ういつ, ういつたの, ういふと同時に, ういふ一寸, ういふ日, ういふ程度, うおいそれと, うおもつ, うかといつ, うしても, うしてる, うすると, うすれ, うとは, うなると, うなれば, うなれや, うばかり, う云う, う云つてすゝめ, う五時五時, う先, う変更, う思つた時, う思つて, う見え, う見ない, う言つた, なぶりの, 散所屋敷, 早い話, 熊に

▼ だがもし~ (81, 0.4%)

4 それが 2 あれが, これが, 一切が, 他の, 君が, 自分が, 誰か

1 [63件] あなたが, いずれの, お前が, お前に, ここに, この主張, この単位, この大根, これで, すべての, そいつが, そういうこと, そこに, その情景, その愛, その脱走, その進歩, それでも出, それでも反省, それは, それらの, それを, それ等の, ほんとうの, ぼくが, やり損なったら, チェーホフという, フリントが, ロジェエ夫人が, 万一にも, 下手に, 下駄同様作品の, 主人の, 之が, 之で, 今あらゆる, 仔細に, 仮りに, 作者が, 俺でなかったら, 僕が, 出せと, 北の方へ, 半井桃水という, 吉岡の, 塵芥と, 妻が, 宇宙怪人が, 寛之助様の, 幽霊って, 彼が, 彼等が, 文学作品を, 日本主義を, 桔梗様が, 湿つた空気, 田舎の, 知り得ること, 社大, 私が, 私の, 言葉という, 音楽よりも

▼ だが自分~ (80, 0.4%)

5 のまだ 3 はその 2 が天皇, の強い, の心

1 [66件] から自分, から銅貨, がそれ, がどこ, が国家, が役立ちたい, が悪魔, が有, が漠然, だけはおそらく, だつて, でそう, ではどこ, では好く, で気, で氣, で經驗, で見つけ出す, としてはからっきし, としてはさっぱり, としてはわざわざ, と関係, ながらなんでそんなに, には今一滴, には何, に出来る, のうち, のため, のどこ, の光, の後頭部, の愛し, の態度, の方法, の死期, の独創, の知っ, の知つて, の老い, の肩, の腕, の袖, の財政, の走っ, の越度, はいよ, はいろんな, はここ, はそう, はどう, は今, は俳句, は単なる, は如何, は彼, は放蕩, は民族, は清少納言, は祖母, は素知らぬ, は退い, も褌一つ, よりずっと, をそれら, をとりまく, を大事

▼ だがこんな~ (77, 0.4%)

5 ことは 3 ことも, ことを, のは 2 ことが, ものが, 仕事つまんねえ

1 [57件] あいさつを, おろか者も, かわいらしい少年, きちが, ことで, ことに, ことばかり, ときの, ところから, ところで, ところに, のを, ふうじゃあねえ, みじめな, ものに, ものは, ものを, インチキが, 争いを, 事で, 事に, 事は, 事実を, 仕事は, 以前の, 傾向が, 処で, 古材木, 可愛い子供, 善良そうな, 場合にも, 夢ばかり, 奥ぶ, 女でも, 奴等は, 家に, 家の, 広い邸, 旱の, 時間に, 景気の, 死に, 異体の, 細かな, 者をも, 肩の, 藝者は, 話で, 話は, 誘ひの, 迷信を, 遠方へは, 重要問題の, 風な, 風に, 騒ぎを, 魚に

▼ だが~ (77, 0.4%)

3 はますます 2 の方, はその, はどうして

1 [68件] があんな, が助けよう, が特別, が現在, が見た, が訊く, が負けれ, この土地, その鐘馗, たしかお父さん, といふ肉体, とは又, には息, にも似合わない, のこないだ, のその, のところ, のどんな, のよう, の厄介, の口, の名前, の好奇心, の年齡, の心配, の潜在意識, の理論, の血, の親切, の親父近頃大分若返り振り, の説明, の論旨, の議論, は, はあの, はいい, はいつたい, はいつも, はかなしまない, はかわいい, はこの, はさっき, はそれ, はそれだけ, はほか, はわたし, は今そこ, は今朝, は先達, は兼, は合宿, は吾輩, は少し, は帰らね, は役目, は朗, は現実, は病人, は福, は私, は貧乏人, は酒, もあまり, もいっしょ, もわるい, も亦, も随分, 困るだろ六ちゃん

▼ だがどうして~ (71, 0.4%)

3 君は 2 その女, だろう, 仕事が

1 [62件] ああ日本着物, あなたに, あれほどの, いわゆるおとぎ話, おれが, おれは, お前に, かくも, か駈け, このご, この階, これが, こんな人形, こんな所, こんな重荷, さがすの, そういう誤解, その事, その貨幣, それが, それと, それを, そんな病気, ひっさらおうという, やったかと, れんらくする, イワン, ジャーナリズムとは, プロレタリア作家と, 二百両から, 人目に, 僕にだけ, 切符を, 刎ね, 助け出す, 北村だけを, 受取りが, 君一人が, 失踪した, 奴俺が, 師匠が, 幼虫は, 彼の, 彼は, 彼らの, 急に, 悪病を, 手渡したもの, 拭きとったもの, 推摩居士は, 日本人は, 暇を, 朝鮮人の, 此小僧が, 玉を, 突き止めたもの, 美醜の, 老先生, 自分の, 葉之, 銅銭会員は, 雌牛を

▼ だがここ~ (69, 0.4%)

2 で私, にたった, になお, までである, まで来

1 [59件] からどんなに, から動かしたら, でさえも私, でしくじる, でとくと, ではそういう, では上杉伊豆, では人目, では少く, では巻直し, でもう, で問題, で少し, で屯, で御, で私たち, で話し, にいつも, において, にこの, にこれ, にさりとて, にただ, にはあんた, にはその, には旗本学者, には鎌倉時代, にもう, にもう一度よく, にバー, に一つ, に今夜, に住む, に微妙, に心配, に書い, に流れ, に海底超人族, に繰返す, に葉子, に附い, の, のお, のよう, の場末, の寺, の岡山, の殿様, の紅葉, の連中, の遠く, はかたい, は春日野, は泥, は絆, へ集まつ, まできた, まで来た, まで頑張っ

▼ だがそういう~ (67, 0.4%)

9 ことは

1 [58件] ことが, ことと, ことの, しごと, ときまともに, ものは, ものも, オリジナルな, 一種の, 不景気な, 主観的な, 偶然によって, 光景に対し, 場合の, 外見の, 姉の, 実践の, 常識を, 建築を, 弁解は, 形而上学的な, 忙しげ, 思想的科学の, 性格も, 想像の, 意味で, 意見が, 批評は, 政治新聞や, 方法は, 日が, 明るい社会, 有の, 浅薄な, 点には, 現象を, 理屈だ, 甘い気持, 異例は, 相違点だけを, 真理は, 社会身分の, 私は, 経営法の, 者は, 芸術的価値は, 若く愛らしい人生, 苦渋な, 表情は, 言葉が, 言葉は, 読者は, 諸根本概念, 踏み越えは, 開花の, 階級的区別とは, 雰囲気は, 領民よりも

▼ だがそこ~ (67, 0.4%)

2 にもじつは, へ僕, へ行く

1 [61件] からは唇, からは必ずしも, から実際, から百歩, で云う, にお前さん達, にこそラジオ放送, にはいつ, にはぜひとも, にはなにか, にはまだ, には一応, には何, には別に, には座談会, には往き来, には栗鼠, には誰, にまた, にもなにか, にも人, にも次, に人為, に居合せた, に怪魚, に房一, に松江, に横たわった, に濁った, に矢立, に餘裕, の伝馬牢, の土, の坂, の小, の払い, の犇めき, の鉄橋, はどっち, はまるで, は神妙, は艇, は酔っ払い, へいま没落, へちょうど, へはいるまえ, へは俺, へ下り, へ來, へ来た, へ来れ, へ行つて, まで申し, まで登る, まで行く, もまた, もまるで, をじっと, を切りぬける, を手探り, を次郎

▼ だが~ (66, 0.4%)

5 だけで, も一盛り, も暫らく 4 がほんと, にも曾, 親しみ故 2 すら時として

1 [37件] かと言つて, から溯る, が実際, が彼, が此歌, が民謡, だけに一首, では説ききれぬ, でも此祠, とて皇親, と共に私, と同時に, なら京都, にはあまり, にも曽, にも語, に入る, は一分化, は全く, は後, は意義, は甚又, は知的, は知識, も宣詞, も此, よりもまだ, よりも不思議, よりも先, よりも大事, よりも注意, より大切, れに, れの, れは, を秋祭り, 見たもの

▼ だが~ (59, 0.3%)

2

1 [57件] あまつぴらだな, あ考えた, がこんな, がちら, が切支丹, が思い立ったら, が斬る, だって当る, にとつて, には, にはまだ, には全く, には勇気, には友達, には手, には解る, にもし, にゃもう, にゃペニー不足, に妻子, のよう, の国, の女房, の子, の心, の方, の知っ, の考, の言明, の部下, の頭, はあんな, はいったい, はお前, はこんなに, はそれほど, はそんな, はそんなに, はたしか, はどう, はどうしても, はどうも, は人間, は俺, は危くキャピタリスト, は家, は打, は知らない, は褌, は遠慮, もう命, もこうぶらぶら, もこの, を一度, を加, を呼んでる, ァなあ

▼ だがお前~ (56, 0.3%)

1 [56件] から貰った, がそんなに, がちょっと, がちよ, が下手人, が風守, さえ得心, と佃さん, と口, と紫錦さん, なんか向う, なんぞに話し, にし, にとっ, にはわからなかった, には何, にも恐しい, に政治的権力, に断わり, のお, の主人, の友だち, の家, の恋仇, の母, の芸, の言つて, の面, の首, は, はあの, はこの, はその, はそんな, はそんなに, はまだそう, はもう, はよほど, は一体, は何, は何ん, は出られ, は大分, は将来, は帰れ, は本当に, は源三郎, は疲れ, は真実, は矢張, は石, は良い, は誰, まさかそうして, も空襲, よりは偉い

▼ だがわし~ (56, 0.3%)

1 [56件] が, が動ける, が来た, が死んだ, が牧, が申, とおぬしの間, と政治上, にだけばち, にはとても, のとこ, のトランク, の予言, の亡妻, の命令, の娘, の意志ぢ, の方, の目, の眼, の肉体, の親父, は, はいつ, はおまえ, はお前, はこの, はこれから, はそんな, はつねに, はつまらない, はどうも, はなに, はなんにも, はまだ, はもう決して, はもっと, はやはり, は人間, は今, は何処, は偉く, は国もと, は大名, は心配, は愛縄堂, は承知, は根ッ, は気, は火星兵団, は細木, もいずれ, もおまえ, も監獄, を七兵衛, を宙

▼ だがしかし~ (55, 0.3%)

2 だ, 万豊の

1 [51件] ああいう, お前さんは, お前達には, がなん, このあきれた, このごろは, この事, この通り物資, これを, こんな理想, じつを, そうと, その偵察機, その犬, その老人, それに, それは, です, なぜこの, のっそりと, ひとたび意, まだそれ, もうなんと言っ, やはり彼女, われわれは, レヴェズさんとうとう, 一人の, 中川君ばかり, 二千両持ち逃げした, 人類は, 今日では, 全く別, 大層好い, 姉御内の, 学界は, 家財道具まで, 少なくとも現在, 少なくも貧乏, 後悔さきに, 忍び入っ, 息を, 感じは, 我々の, 我々は, 玻璃窓めは, 目下そういう, 私は, 科学を, 自然科学における, 苦しみだけ, 郵便屋さんだ

▼ だがこういう~ (51, 0.3%)

2 ものを

1 [49件] いわば今, おとなし相, ことが, ことは, ふうに, ような, 世論の, 主張は, 事実に, 事業にたいしては, 人物に, 人生の, 卑俗な, 口争いは, 問題は, 国家状態の, 場合に, 場合には, 妙な, 娘たちに, 小商人, 席上では, 帰郷者や, 常識的な, 思考を, 意味に, 握手, 数学振りの, 数量座標を, 時たとえいかに, 時に, 様々の, 殺気の, 氏神は, 熟語や, 現代の, 社会の, 社会ファシストの, 結論は, 苦しい解釈, 落付か, 行為の, 裟婆気も, 解釈, 言葉を, 試みは, 説明を, 道徳的希望や, 高踏的インテリゲンツが

▼ だが彼女~ (51, 0.3%)

2 はその, は平気

1 [47件] がためらっ, がオワリ町, が清子, が視線, だってそう, にはだんだん, に伝言, の好み, の存在そのもの, の方, の気持, の皮膚, の目, の足, の身の上話, の部下, はいつ, はさすが, はすぐ, はそういう, はそれ, はそれっきり頑, はそれほど, はそんな, はほんの, はまだ, は云っ, は今, は例, は動かなかった, は土間, は実, は彼, は怒った, は断乎, は明智, は独り, は直ぐ, は矢庭, は素朴, は職業, は貧乏, は踏みこたえた, は逃げよう, も屈し, も憐れむべき, を見る

▼ だがそれにしても~ (50, 0.3%)

2 一番人を, 何か

1 [46件] お前たちの, この死骸, この精霊, こりゃあ思いがけねえ, すこし度, その場合, ちっと可笑しい, ばばが, ほかに, まあほんとう, もし俺, ラノン海賊は, 一口で, 三的ゃ酒の, 不思議だ, 事件以来請願に, 京人形を, 今日は, 何と, 何の, 何故こう頭, 俺の, 値が, 僕は, 全く妙, 公式儀礼とは, 和尚さんは, 唯千兩箱を, 女賊は, 家と, 彼の, 彼女は, 心残り千万, 急に, 明日子は, 欝陵島とは, 気に, 決してここ, 河岸っ, 猪の, 皮膚の, 私は, 親権者たる, 隣りの, 黒いトランク, 黒海と

▼ だがよく~ (50, 0.3%)

14 考えて 7 見ると 2 似て, 考へて, 覚えて

1 [23件] あそこまで, あるよう, おちついて, きけよ, この鯨狼, これまで, さように, ぞよく, なってから, まア坑道, みたら労働者, むす子さん, わかるはっきり, 世間を, 尋ねて, 帰って, 按摩の, 気を, 考えると, 考えれば, 見て, 見れば, 調べて

▼ だがこうした~ (49, 0.3%)

2 断片的な, 運動の

1 [45件] ことは, ものさえが, ものは, チェーホフの, ロマンチックの, 一応独立, 一種の, 人造ものは, 俗解は, 内部的矛盾にも, 危機で, 原始人的の, 原始的動機が, 厳重な, 呼び方, 問題, 困難にも, 変遷にも, 大衆性も, 学的方法の, 広範な, 彼の, 思想の, 性質は, 批判主義による, 技術の, 新しい現象, 有頂天な, 概念的の, 現下の, 現在観と, 疑惑の, 矛盾にも, 秘密な, 純然たる, 経済的, 自然の, 自然的運動, 自由主義は, 自由主義自身も, 見地の, 規定は, 言を, 足どめ策を, 連関統一を

▼ だが待て~ (46, 0.3%)

252 よその

1 [19件] よあの, よおれ, よこりゃあ, よこれ, よそう, よそこ, よそれでは, よと心, よどうも, よほんとに, よもっと, よ一概に, よ中川君, よ八, よ奴, よ家康, よ死ん, 一言聞い, 領内の

▼ だがまだ~ (45, 0.2%)

2 三時だ, 僕の

1 [41件] いけないわし, お前は, ここに, この屋上, これで, なぞが, なにも, ねむれない, はとは, ゆだんは, 一つ判らねえ, 一人前には, 三時, 人間は, 口惜しさ, 四人とも, 外にも, 奧さんが, 安心する, 心得て, 怪物の, 息の根は, 断定は, 早い, 早いその, 時期が, 時間は, 来る時刻ぢ, 眠って, 石の, 確かな, 私の, 私は, 筒井は, 粗末な, 結果は, 警察には, 起き上ること, 野本が, 長谷川の, 電燈が

▼ だが一体~ (45, 0.2%)

2 それは, なんの, 何の

1 [39件] あの声, あの手紙, あの血だらけ, あゝし, おれは, お前さんは, お前は, こうする, この二つ, この種, この話, この防共, これは, これらは, こんな時, そういう完璧模写説, その二人, その科学的精神, どういう理由, どこで, どんな足, どんな風, に少年期, 之は, 人々が, 何が, 何だろう, 何です, 何者の, 俺は, 全く, 千蔵は, 和辻氏の, 昨夜の, 火星人は, 科学とは, 胎龍は, 誰が, 誰に

▼ だがあれ~ (44, 0.2%)

4 は何 2 からあし, はなん

1 [36件] からもう, が偶然, が日本艦隊, だけのノート, だけの人数, だけの印象, だけの賑, だけ持っ, だよ, でも気, で仲, とても決してくろうと, にはなかなか, にはギックリ, の人格, はあれ, はきみたちのち, はたしかに, はどこ, はひょっと, は大事, は女中, は家, は河内守さま, は誰, は釣りだされた, ほどの惡黨, ほど評判, までに調べあげた, もいい, も一つ, も貴様, よりも可, をよん, を取, を見

▼ だがどう~ (44, 0.2%)

4 したの 3 にもならない 2 したこと, したもの, したわけ, しようも, 考えても

1 [27件] いふわけ, かな君, したって, したので, したろうネ, したん, したッ, した事, した訳, しました, しやう, しようが, する, すること, する事, する途中, すれば, だい危ね, だい寒, だか, ぢや, でしょうか, です, でも, にもし, 云うお方, 侮辱され

▼ だが人間~ (44, 0.2%)

3 というもの 2 が人間

1 [39件] がちょっぴり, が万物, が相当, が身体, が頭, だから, というやつぁ, として浪費, と云, にそんな, にはまだ, の一切, の何, の小説家さま, の心, の意志, の生命, の生態, の種, の経験, の行動, の衰凋, はいずれ, はいつ, はいつもそう, はそして, はそんなに, はついに, は死ぬ, は永遠, は無籍者, は生き, は生れつき勝負, は神, は色, は身勝手, よほど幸運, をあやつる, を恰好

▼ だがいくら~ (43, 0.2%)

2 何でも, 探しても

1 [39件] いい人, いやだ, おれでも, かわいい小林君, がまんし, くたびれたって, こっちで, しらべて, とんでもあとには, なんだって, にて, 人間国宝が, 伸び出, 力んでも, 厳重でも, 君だって, 呼んでも, 壁を, 射ても, 待って, 待っても, 悪態を, 想つても, 拭いても, 掘っても, 東国の, 根よく, 用心し, 疑おうとしても, 考えても, 考へても, 耳が, 蚊みたいな, 見ても, 詰っても, 豊饒でも, 豪雨に, 貞女だ, 馬鹿げて

▼ だがどうも~ (43, 0.2%)

4 仕方が

1 [39件] あれは, おかしいなあ, おかしいので, おれには, かういふ話, きみは, これじゃァ, さうは, そういうこと, そういうもの, その方言, それだけ, それ以来人を, なア, わからねえ, 不気味だ, 事が, 人殺しの, 仕様が, 俺は, 僕の, 合点が, 困る, 変だ, 大したもん, 安つ, 怖ろ, 息らしかった, 感心で, 敵の, 気が, 気に, 生温い風, 私には, 私は, 米友の, 自分が, 赤木は, 辻つまの

▼ だがいったい~ (41, 0.2%)

3 それは 2 だれの, 何の, 誰に

1 [32件] あいつは, あの女, お通, きみは, この蝶, これは, そのあいだ霊魂, それが, それにしても一学氏, そんなこと, だれが, どういう手段, どういう音楽, どこから, どこへ, どれだろう, ほんとうに, ベーリングは, 代理公使の, 何し, 何という, 何に, 何者の, 君子という, 女が, 女煙術師は, 姉さんは, 犯人は, 私は, 葵ご, 見ず知らずの, 見失った女

▼ だが~ (41, 0.2%)

2 は単に, は單

1 [37件] が万葉ぶり, が皆, だけの輪郭, でも教育者, とて必, ながめ, には練道, のま, の事, の人達, の位, の寒, の急激, の無力感, の男, の第, の色, の通り, はやまと, は不思議, は元, は八重山, は只今当面, は唯, は塚, は大切, は寧順序, は常世, は後, は恋, は根本, は演者, は誤解, は逆, ももう, も亦, も単なる

▼ だがあなた~ (40, 0.2%)

2 はなん

1 [38件] がたとい, が案外, が浮気, が誰, こそ, にはやはり, のよう, の体, の前, の名前, の娘, の御, の薬指, は, はいま仕事, はおっしゃる, はこれから, はすっかり, はその, はそれ, はどうして, はどうしても, はまた, はまだ, はもう, はレクラミーレン, は一つ考え, は亜砒酸中毒, は今どこ, は今晩, は別, は御存じ, は必要上, は相, は私, も冬, を完全, を愛する

▼ だが~ (37, 0.2%)

5 にも拘らず 2 は単なる

1 [30件] がどう, がもはや単に, がスローガン, が人民, が存在, が結局, が西田哲学, だけで, と同時に, ならば, には現在, はいずれ, は今, は全く, は又, は実は, は広い, は弊害, は当然, は彼, は恐らく, は批評, は政治的言論, は毎朝, は無論, は結局生活, は貧乏, れは, れも, を解明

▼ だが今度~ (36, 0.2%)

3 のこと 2 の事件, はいま

1 [29件] かかって, こそは, こそは余儀なく, こそは意, こそは照子, といふ今度, のマルクス文学擡頭, の仕事, の水泳, はいよいよ, はお, はかりそめ, はだめ, はもう, はポケット, は何, は執事, は彼, は意外, は本当に, は生き, は異, は祝っ, は腹, は虹, は迚, ばかりはどこ, もあて, も違いました

▼ だが~ (36, 0.2%)

3 もそれ

1 [33件] あって, か知, だろう, でもが云, でも自分, にでもわかる, にどうして, にも彼, にも言, に今, の罪, の言葉, もいない, もお参り, もが知っ, もこれ, もそこ, もその, もそんな, もほか, もまだ, も医師, も応える, も救っ, も救つて, も本当, も武器, も死ん, も直ぐ, も買っ, も返事, よりも失望, れでも

▼ だがそれら~ (35, 0.2%)

3 はあった 2 のこと, の顔

1 [28件] のすべて, のもの, の一つ一つ, の人々, の人形, の品物, の多く, の小説, の気, の水色, の点, の無数, の物音, の猛者, の理由, の用語, の罪悪, の著作, の表面的, の記憶, の訴, はあ, はあつ, はどれ, は今, は余りに, は常連, は彼

▼ だがやがて~ (35, 0.2%)

2 そのロパーヒン族, 彼は

1 [31件] この国, そのこと, その陶酔, のこと, ジジは, パッタリと, 一条の, 中堂の, 何処まで, 又はなれ, 城内の, 夜が, 彼女の, 彼方の, 戻って, 振仰いだとき, 敵と, 新吉は, 書くであらう, 村, 私は, 空想が, 続いて, 自分に, 蒸汽ポンプの, 通告の, 運ばれる晩飯, 陽も, 随筆の, 雲は, 静思し

▼ だが~ (33, 0.2%)

5 しあの 3 しこの 2 しそれ, し何

1 [21件] し, しここ, しその後, しそれでは, しそれでは例えば, しもし, し事件, し何処, し余, し単に, し問題, し妖術, し実は, し朝, し民間, し生活, し田辺哲学, し私たち, し覚めた後, し錢形平次, し首

▼ だが日本~ (33, 0.2%)

1 [33件] が凱歌, では比較的, で人民戦線, で普通, と満州国, に之, に於ける, に関する本, のこの, のラジオ, の事情, の仲秋, の俳壇, の兵士たち, の唱導文学, の天保銭, の富豪, の探偵小説家, の文化的自由主義, の文学, の歌, の正餐, の海軍, の社会, の警察, の通行人, の青年男女, の飛行機, はいま, は云う, は古く, は満州事変以降, へ来れ

▼ だが相手~ (33, 0.2%)

2 が瓢

1 [31件] があんまり, が周組南, が悪い, が武蔵, が生真面目, が相当, が相手, が胸, には何しろ, のからだ, の大将, の奇怪, の女, の武蔵, の船員たち, の金吾, はこうして, はこんな, はもう, は何, は僕, は右門, は店者, は彼女, は猫, は真面目, は知らぬ顔, は身, は高田実, も依怙地, を呼ん

▼ だが今日~ (32, 0.2%)

2 という今日

1 [30件] からお前, から観れ, では多少, のこと, のやう, のショパン, の事実, の問題, の場合, の夕陽, の宗右衛門, の所謂スポーツマンシップ, の文学, の日本, の読者, の鎌倉武士, はこれから, はずいぶん, はぜひとも, はもう, はもう必ず, は兵馬, は口尻, は呻, は帰っ, は徳次, は特別, まで女, も昨日, 見えたお客二人

▼ だが~ (32, 0.2%)

1 [32件] が働く, が工場, が犯人, だ綺麗, ではない, では二十貫, と知れり, と胃袋, にあんな, にし, には恋, のため, の方, の死ぬ, の群れ, の腕, の風俗, はうまく, はこの, はその, はてこ, はまだ, は別段, は女らしく, は小田島, は本来オシャレ, は男, は目, は退屈男, も早い, や子供ぢ, をかどわかし

▼ だが~ (32, 0.2%)

20 の瞬間 4 の日 2 のよう 1 のこと, の会合, の奇妙, の疑問, の瞬間ゴロちゃん, の駅

▼ だがわたし~ (31, 0.2%)

2 はその, はどうして, は雨

1 [25件] がお, がさういふ, と大田黒君, には疑問, にわからない, の思う, の言う, の身体, はあまり, はいつの間にか, はこの, はこれ, はそう, はそんな, はどんな, はなに, はね亡き, はまだ, はむこう, はもう, はわざと, は今日, は泣きだし, は満足, は絶望

▼ だが~ (30, 0.2%)

3 一に, 三の, 二に, 二の

1 [18件] 一あの, 一と, 一回は, 一回目は, 一土地台帳云々という, 一怪しげな, 一意味そのものは, 一日本主義は, 一普通云う, 一次五ヵ年計画から, 一次欧州戦争の, 一知識という, 三に, 三ばん目の, 三金時丸なり, 三金時丸は, 二部においては, 十号としては

▼ だが~ (29, 0.2%)

8 をいふ 7 をいう 3 のところ 2 を云う, を言, を言う 1 のある, をいえ, を云, を云え, を申します

▼ だがこいつ~ (28, 0.2%)

1 [28件] あこちと, が肝心, だってまんざら, の手前, は, はお, はさ, はどの, はむずかしかろ, はポンピアン, は下手人, は人間業, は人間業ぢ, は内, は冗談, は勇士, は変, は少し, は常時, は牢, は變, は變つて, は飛んだ, もこのごろ, もご時世, もむずかしかろ, も主人持ち, も困った

▼ だがねえ~ (28, 0.2%)

1 [28件] あっしの, あっしら仲間にゃ, あとの, おい俺, お初ちゃんお前は, お前は, お嬢さんや, お雪ちゃんそう, こんなふう, たとえば人間, どういふ, よく考え, われわれの, 一彦君, 仮にゼムリヤ号, 兄ちゃん小, 可かったら, 君僕の, 唯後から, 小林さんゾウは, 文子は, 明智君これは, 春部さん, 私が, 脅かして, 芳さん浮世は, 親分ほかの, 話の

▼ だがやっぱり~ (28, 0.2%)

2 君は, 心の

1 [24件] おとといの, おれには, かわゆい, この眼付き, こわれたマネキン人形, だめ, つづけて, どこと, もとは, わからねえこと, 三郎は, 二人老母が, 女だ, 姿は, 探し求めて, 旅に, 死ぬこと, 生きて, 神前の, 私は, 考えられた, 見つからずじまい, 討ち果たさなければ, 進むの

▼ だが二人~ (28, 0.2%)

1 [28件] がほつ, が同行者, が流し, が立, が群集, が顔, して, ともとはもう, とも変った, とも親譲り, とも黙っ, とも黙りがち, に会えず, のもとめ, の兄妹, の叫び, の娘, の子, の存在, の情熱, の笑, の風流人, はおそらく, はこの, はじっと, はそれ, は親爺, は間違っ

▼ だがこう~ (27, 0.1%)

3 なると 2 して, なって, なっては

1 [18件] いうと, いった山奥, いった程度, と決定, なっても, 上に, 乗りこんで, 云っただけ, 云った限り, 云って, 云っては, 云っても, 冷えて, 思いつつ, 手を, 筋立った, 見るところ, 風の

▼ だが武蔵~ (27, 0.1%)

2 の眼

1 [25件] が, が秩父, としてはこう, とてもこの, にはそれ, に負けよう, のそんな, の真面目, は, はうすうす, はおまえ, はそこ, はその, はそれ, はついに, は二刀, は兇暴, は彼, は怖い, は死地, は漸く, もお, も生き物, や又八, を知っ

▼ だがすぐ~ (26, 0.1%)

1 [26件] あとから, うれしそう, その眼, つぶれちまいますぜ, に会おう, に何, に山ゆき, に帰っ, まじめに, 側に, 別の, 右手で, 彼らから, 後へ, 後悔した, 敵は, 朝野は, 深雪が, 生き身でない, 目の, 背後の, 見つかって, 起き上って, 闇の, 露路の, 顎の

▼ だがどんな~ (26, 0.1%)

3 事が 2 ことが, 風に

1 [19件] ことを, わさびおろし, 事な, 事情で, 人間の, 具体的な, 和紙も, 場合に, 夢だ, 性格をも, 怨霊も, 惡人でも, 拷問を, 標準で, 疑いが, 裁判官だって, 重病人でも, 間拔な, 非難も

▼ だがなんと~ (26, 0.1%)

4 いっても 2 かして

1 [20件] いうけち, いうやせ我慢, いう不, いう不思議, いう乱暴, いう奇怪, いう女, いう幸い, いう穏やか, いう素早, いう花, いう莫迦, いふ親密, いふ青草, しても, もわからない, 云う気狂い, 大きく脹れあがっ, 暗い河, 風がわりな

▼ だが彼等~ (26, 0.1%)

1 [26件] から金, が何等, が出, が危ぶみ, が明, が逃出, が食う, のもの, の中, の問題, の失望, の引き揚げ, の良し, はそうして, はその, はそれ, はそんな, はたった今, はなかなか, はまだ, は俺, は即座, は我々, は未だ真に, は語る, を待っ

▼ だが~ (26, 0.1%)

5 をつけ 4 がつく 2 になる

1 [15件] い附けろよ, が変ったら, が急ぐ, が短, になつて仕方, に懸る, に障り, のせい, をおちつけ, をつけない, をつけられた, をつけろ, を落としなさん, を静め, 附いたと

▼ だがそいつ~ (25, 0.1%)

2 は少し

1 [23件] あ勘弁, あ表向き, があまりに, はこの, はすぐ, はついで, はとても, はなかなか, はなん, はよく, は一体, は他人, は何ん, は俺, は単に, は恐く, は昔, は潜水艦, は空砲, は縁起録, は都合, は風船, を此小僧奴

▼ だがどこ~ (25, 0.1%)

2 まで行っ

1 [23件] かに, かに鮮, かの家, かふみこんだ, からかその, からか忍び, からといっ, か真面目, か空虚, だって同じ, でこれ, にあるだろう, にもない, にも何, にも女, へ, までも建設, までも頑固, まで不幸, もかも白, もひっそり, を見廻し, 迄も運

▼ だがやはり~ (25, 0.1%)

5 廬の 2 遭難者の, 音は

1 [16件] あなたは, いつまで, ここにも, その時, まちがいでは, わからなかった, 七兵衛の, 世界は, 叔父は, 最初あの, 此等の, 気に, 私にだって, 私は, 著者の, 豊志賀の

▼ だが博士~ (25, 0.1%)

4 はそれ 2 はこの

1 [19件] と先生, と死, による, による弁証法, に就い, の弁明, の暴露, の死, の説, はお, はぐったり, はここ, は元来, は大きな, は帰る帰る, は年, は思い停る, は首, も学者

▼ だが同時に~ (25, 0.1%)

2 それは

1 [23件] この少年, これが, そうした日, その美しい, それらの, また前途, やけに, 不正に, 其等の, 多くの, 夫は, 小曲の, 平易でない, 彼が, 彼の, 忘れて, 此詠から, 民衆の, 私には, 私は, 考へなければ, 誰か, 齢端の

▼ だがそうした~ (24, 0.1%)

2 冗談口が

1 [22件] ことの, すべての, のは, 人々の, 人々よりも, 危険とこそ, 取沙汰や, 場合も, 変装者の, 女傑が, 女性特有の, 弱々しい神経, 後の, 志が, 懸念は, 時間も, 気分の, 物陰も, 玉幡の, 真の, 誇りに, 闘志に

▼ だが一方~ (24, 0.1%)

3 に於 2 からいう

1 [19件] から云う, から見れ, ではそれ, ではまた, では下都賀郡部屋村外四カ村, では作者, では古, では和辻哲郎, では崩壊, で太刀川, で奥方, にはそう, には全く別にそう, に小松, の, の浪人, の爛酔, の鍬形, 住吉の

▼ だが~ (24, 0.1%)

1 [24件] がこの, が先, が姉, が家, が居る, が牧, にも母, のこと, の意, の祖神, の若い, の霊前, はじきに, はす, はたしかに, はなか, はむろん, は一生, は反対, は年, は正, は自分, は貧乏, は長生き

▼ だが決して~ (23, 0.1%)

4 私自身の 2 それだけの, それは

1 [15件] これは, ロシアにおける, 一見した, 之に, 君の, 地獄へは, 彼一人で, 気の, 病人に, 病人に対する, 相手に, 科学では, 細民や, 絶望する, 調子に

▼ だがいま~ (22, 0.1%)

1 [22件] あの村, から考へ, きて, じゃあ行く, ではない, というわけ, になっ, に発見, のところ, の一番, の落盤, の調子, はその, はわたし, は戦局重大, は笑う, は邦子, またわたくし, までは剣, みた夢, もお話, 又八

▼ だが一度~ (22, 0.1%)

2 それが

1 [20件] ならず彼女, はそれ, び俯瞰すれ, ランプを, 位失敗した, 作家に, 呼び出して, 唱へる, 彼の, 思い立ったらぐんぐん, 感じた寒気, 方向を, 気付くと, 消えて, 無職の, 知の, 自然に, 落ちたもの, 道に, 金鉱発見の

▼ だがいつ~ (21, 0.1%)

3 までたっ 2 なめた歯跡, 見ても

1 [14件] ておきます, になったら, の時代, までこんな, までもこんな, までもそんな, までも感心, までも膝, までも鞭, まで立っ, 何処から, 火星人たちに, 調所が, 越すか

▼ だが不思議~ (21, 0.1%)

8 なこと 2 でした

1 [11件] だな, だなあ, である, です, ですね, なの, な事, にお, にもその, に元日, や羽根布団

▼ だがあいつ~ (20, 0.1%)

1 [20件] がこの, がこんなに, が生き, が真, には一役, の方, の肌, はただ, はなぜ, は下手人, は大, は心配, は支倉, は東京, は無事, は盗み, は見栄坊, は途轍, もあいつ, も十六

▼ だがさすが~ (20, 0.1%)

2 にその

1 [18件] と思はれる, にこの, に佐伯船長, に呑気, に天堂一角, に武蔵, に用心深く, に自制, に豹一, に霏, に青木, の名人たち, は山県紋也, は拳闘青年, は明智先生, 名剣手の, 大藩だけに, 用心し

▼ だがただ~ (20, 0.1%)

2 のトラブルス

1 [18件] そこだけに, の御用聞, の科学的範疇, の茶漬け, はしねえ, ひとつどうにも, ひとりゴルドンは, イデオロギーを, 一つ, 一つ道が, 一人宗像博士だけは, 一様に, 公儀から, 奪って, 晩涼の, 目撃した, 知ったと, 職場で

▼ だがとにかく~ (20, 0.1%)

2 あれから

1 [18件] お前さんは, かうして, この中, この勝負, それで, どこか, 三本指の, 今度は, 他人から, 僕に, 古くて, 彼の, 彼女自身は, 明日まで, 解釈学と, 頼んだこと, 食わせる団子, 高円寺の

▼ だが~ (20, 0.1%)

2 の心

1 [18件] がよかっ, が或, が政府, が違います, にしゃぶられ, には云え, に聞く, に言っ, のこと, の好み, の手前つてこと, の氣, の足, の面白, は信じますまい, は問うだろう, を作る, を知る

▼ だが~ (20, 0.1%)

1 [20件] には考へ, にもお前, にもっと, に待っ, に誰, のお客さん, のもう, のもっと, のパーティ, の一般, の二人, の先生, の多く, の帆, の方面, の科学, の認識, の連中, の金, を自主的

▼ だが正造~ (20, 0.1%)

2 はそれ

1 [18件] が二十日, が聴いた, にとってはいよいよ, にとっては当面, の政党, の日頃, の覚悟, の面前, はかえって, はその, はただ, はまた, は周囲, は坐る, は平然と, は意, は満面, は目

▼ だがおまえ~ (19, 0.1%)

1 [19件] がおれ, がチェルマーシニャ行き, が一生けんめい, が何と, が知っ, が酒, ただどなり込ん, どうしてあすこ, のこと, のよう, の方, の結婚, の馬, はあの, はいない, はわし, は未, もそれ, を召捕

▼ だがなん~ (19, 0.1%)

3 のため

1 [16件] しろ海, たること, だすなあ, だぞ, だぞう, だってそんな, だって先生たち, だと, でもかん, でもできる, でも慾得ずく, にし, のこと, の役, の気, の音

▼ だがほんとう~ (19, 0.1%)

2 のこと, の事

1 [15件] におれ, にそういう, にまずかっ, に兎, に助ける, に米櫃, のおれ, のところ, の優美, の太陽, の父さん, の縁談, の藝術, は都会人, を言え

▼ だがまた~ (19, 0.1%)

1 [19件] あとで, ある折, これで, これほど, その声, その持前, みとつて, 一方から, 一方では, 佃島から, 何と, 同じよう, 娘の, 山の, 直ぐに, 稀少性のみ, 米友としても, 辱しめを, 鏡を

▼ だが勿論~ (19, 0.1%)

4 そんなこと

1 [15件] これは, そういう言葉, ユーモアには, レントフスキイみたいな, 今日の, 博士は, 将来と, 広義国防主義は, 思想を, 批評の, 拒むべくも, 此は, 生命より, 私は, 重点は

▼ だが少し~ (19, 0.1%)

1 [19件] おかしい, おもしろいその, じらして, の音, も恥, も驚かない, 不審じゃ, 奇怪でした, 小さ過ぎる, 悲しいの, 意外だ, 我慢しろ, 手伝おうという, 気を, 登ると, 経ってから, 経つと, 罪が, 考え深い

▼ だが少なくとも~ (19, 0.1%)

1 [19件] あなたは, ここで, この仕事, この際, カントに, フランスの, 今の, 今日の, 哲学が, 問題が, 局外文芸批評という, 従来の, 日本ファシズムは, 映画は, 登山的でない, 真理の, 科学的世界の, 経験的な, 近代科学

▼ だが~ (19, 0.1%)

3 の前 2 のあたり, はこれ等すべて

1 [12件] がさめる, だけはたえず, で見た, にだけ異状, の底, の裏, はぐらぐら, は閉じた, をふさぎ, を丸く, を細く, 立つほどの

▼ だがきみ~ (18, 0.1%)

1 [18件] が今, とそこ, にはうてない, にはできない, のおとうさん, のせつめい, のてがら, の解釈, はいったい, はその, はなに, はまだ, は二日, は少し, は黒井博士, もふしぎ, も明智, をとらえる

▼ だがぼく~ (18, 0.1%)

2 はもう

1 [16件] が来たら, なんかざんねんながら, にし, の命令, の心, の様, の目, はこの, はその, はとうとう, はまた, はもちろん, はドノバン君, は夜中, は聞い, は銃声

▼ だがまさか~ (18, 0.1%)

2 笑つた顔も

1 [16件] あの秘密室, おれが, おれを, お前たちだって, ここで, こっちの, こんな地底, そんなこと, 俺が, 其処に, 大学に, 女子供まで, 宮田なんて, 浅野内匠頭の, 私の, 陳大夫が

▼ だが先生~ (18, 0.1%)

1 [18件] がたいへん, が貸し, にしかられる, の値打, の心臓, の押す, の文學, の歌, の目, の造った, はある, はいつ, はいない, はやつぱり先生, はミチ子, は気, は野球, 程の人

▼ だが~ (18, 0.1%)

4 る朝 3 る日 2 る時, る程度 1 る人々, る夜, る意味, る晩彼, る軍部移動評論家, 人の, 晩彼は

▼ だがある~ (17, 0.1%)

1 [17件] ところまで, 一定の, 人は, 夜の, 夜壕を, 夜妻の, 夜遅く, 折妹の, 日である, 日とう, 日映画会社の, 日春だった, 日本田の, 気まぐれが, 男なぞは, 瞬間二人は, 種の

▼ だがいつも~ (17, 0.1%)

1 [17件] なら大, の日, の狩場近く, は送っ, わが国の, 何気なく思う, 勇気が, 同僚どもの, 変らないの, 彼女に, 心を, 柳の, 洟水を, 理解し合う必要, 脅かされて, 蟻田博士の, 親しい気持ち

▼ だがかれ~ (17, 0.1%)

1 [17件] としては張らざる, に従い, のそうした, の行動, の親, はいつも, はこの, はじっさい, はすぐ, はど, ははら, はみずから, は敵, は朝, は校長, は遊戯, らは

▼ だがこうして~ (17, 0.1%)

2 待って

1 [15件] おさえつけて, このあたり, ころがり込んで, こんな場所, どこを, はいられない, バラバラに, 叡山の, 宇津木兵馬も, 殿から, 空中に, 聞く人, 見つけられたらもう, 見ると, 部屋に

▼ だがこれから~ (17, 0.1%)

2 もなお

1 [15件] が見もの, さきは, の彼, はそう, は大きな, は幸福, は日本, は真実, もまた, 人が, 先どう, 女の, 家へ, 皆は, 矢口までは

▼ だがどの~ (17, 0.1%)

1 [17件] くらい深い, へんだ, やうに, ように, 哲学が, 問題提出の, 場合でも, 渡場も, 牛も, 男達も, 町だ, 程度まで, 程度呑みこめた, 舟から, 親も, 話も, 途お

▼ だが世間~ (17, 0.1%)

1 [17件] ではそんな, で氣, といふもの, にこんな, にはまた, にはもう, には好んで, には案外, には沙汰無し, のうごき, の奴等, の金持ちども, は何と, は作者自身, は寛容, は輿論, 附き合

▼ だが~ (17, 0.1%)

1 [17件] から屋上, から私, から見る, が面白く, ではこう, にしかも, になっ, になる, にはあんな, にはこれら, には依然, には此標, に来る, に見る, に詳しく, の例, の言葉

▼ だが~ (17, 0.1%)

1 [17件] のぞみと, 不運な, 主人, 主人も, 亭主が, 勘気の, 安心は, 安心下さいませ, 家老こうして, 当地を, 当番の, 本堂へは, 母さんの, 用心なさりませ, 當人は, 自身は, 隠居

▼ だが諸君~ (17, 0.1%)

2 だがね, は各々

1 [13件] いったいどんな, この問題, こんなこと, それにしても諸君, にし, のうち誰, の自我, はかういふ, よ今, 世に馬鹿, 同じ大き, 笑って, 言ったって

▼ だがあんな~ (16, 0.1%)

1 [16件] のは, よぼよぼで, 上がきで, 下等な, 不気味な, 元気の, 勉強の, 国内戦争に, 壁ばっかり, 女だ, 扮装を, 狹い, 目に, 磊落な, 者と, 風な

▼ だがかの~ (16, 0.1%)

7 女は 2 女が 1 世界の, 人種の, 女として, 女としては, 女の, 女へ, 女等は

▼ だがそれだけ~ (16, 0.1%)

3 のこと

1 [13件] このヒューマニズム, だ, だった, だろうか, ぢや, のもの, の事実, の出入り, の話, ひとりで, 先生の, 典型的な, 殺気が

▼ だがちょっと~ (16, 0.1%)

4 待って

1 [12件] いうこと, お待ちなさい, お待ちよ, きみここへ, この写真, この埃, しといて, はわらえる, 介抱する, 待ちたまえ, 待て, 高氏が

▼ だが一つ~ (16, 0.1%)

1 [16件] いけない男, そのとき, だけは私, だけ不思議, だけ君, だって分け, のこと, の前提, の大事, の文化領域, の結論, の非常, の高い, ふに, わからないの, 何故こんな

▼ だがどうしても~ (15, 0.1%)

2 機会が

1 [13件] この一劃, さっきの, それは, そんな気, ショビケなかっ, 今のは, 様子を, 母親には, 知合いに, 自分の, 頭部の, 顔面に, 駄目だった

▼ だがなあ~ (15, 0.1%)

1 [15件] おい, おい処刑台, この御, ワイコフ, 今夜ここん, 加山おれは, 善助さんこの, 喜惣この, 安てめえの, 男女の, 聞けよおぬし, 親を, 野良へ, 雪さん, 雪之

▼ だがなぜ~ (15, 0.1%)

1 [15件] かうっとうしい, かかの, か佐藤, か追わなかった, そんないたずら, そんなもの, ですか, また北京, ウラーを, クラムは, ヨシ子を, 博士は, 彼は, 後世渡来の, 文学的範疇が

▼ だがもっと~ (15, 0.1%)

1 [15件] あげようと, ひどいもの, みごとな, 他にも, 地味に, 外にも, 悲劇的な, 打ち明けたところ, 案じられるの, 気に, 眼を, 聡明な, 若くなる, 要領よく, 驚くこと

▼ だが~ (15, 0.1%)

1 [15件] さわぎをしたこけ猿の, 亀は, 佛氏が, 公儀は, 凧を, 宇宙は, 斧の, 番頭の, 礼服の, 総督から, 織冠さま, 自然に, 西風が, 都會と, 革命ジャン

▼ だが~ (15, 0.1%)

4 の中

1 [11件] ある人々, だけは安らか, ではハッキリ, というもの, には何物, の一隅, の備え, の底, はおだやか, はまだしきりに, は大きな

▼ だが本当に~ (15, 0.1%)

1 [15件] いい気持, いい音色, そんな船, 仕事を, 危い, 多門兵衛という, 徹底的に, 惚れて, 桔梗様は, 気が, 由雄さんは, 確証が, 美しいこと, 自分は, 誰れ

▼ だが~ (15, 0.1%)

1 [15件] だって食べさせれ, としての私, と弟, についてバンザイ, には顔つき, のない, の不気味, の大, の弱, の打撃, の顔, はおそろしく, はまた, はニコニコ, もマリヤ

▼ だが~ (15, 0.1%)

1 [15件] がお, だろうそりゃ, という奴, の人, の気持, の社員たち, の答, の素性, の結婚, はぽかんと, はもう, は何, は吹き荒ぶ, は実際, を思い

▼ だがあまり~ (14, 0.1%)

5 長く音 1 おどろきすぎて, といえ, の不, 低い声, 急な, 悔いるほど, 手荒らく扱っ, 楽観し, 碧く

▼ だが哲学~ (14, 0.1%)

1 [14件] がこの, が一つ, が単なる, が実証科学, が将来階級, が方法, では大抵, の否定, の理論, の諸, の骨髄, は之, は決してそう, をもたない

▼ だが~ (14, 0.1%)

4 は忽一時 1 の中, の温泉宿, はあんなに, はいま危, は忽ち, は慣れない, は無言, は落着きぶり, へ熊狩り, よ出来得べく

▼ だが最初~ (14, 0.1%)

2 にあげた

1 [12件] からにせものつくり, から果して, から表向き, にばか, に事件, に言っ, のほど, の夜, の日, の駕, は空砲, は自分たち

▼ だが本当~ (14, 0.1%)

5 を云う 3 のところ 1 かどう, だろうか, のこと, の常識, の復讐, の関係

▼ だが私たち~ (14, 0.1%)

1 [14件] が誤解, としてはそれ, のよう, の関心, は, はすぐ, はまた, はもっと, はもはや, はシューマン, は東武電鉄, は注意, は空腹, は舞台

▼ だがいかに~ (13, 0.1%)

1 [13件] この, フランボーが, 万太郎が, 乱世とは, 今の, 強力な, 摂理が, 新九郎が, 痛恨し, 瘤の, 真面目に, 砦造りでも, 良い策

▼ だがこっち~ (13, 0.1%)

1 [13件] からは自分, が芝居, にとれ, には明智先生, の知りたい, はこう, は全身, は右手一本, は好う, は岸隊長以下, は欲ばり尼, へ通し, も病気

▼ だがそれから~ (13, 0.1%)

1 [13件] が変わるだろう, きまって次, どうした, どのくらい, ふたたび多く, もつと, 一二分のちダン艇長は, 先には, 先の, 先は, 先を, 半月たっ, 大阪

▼ だがとうとう~ (13, 0.1%)

1 [13件] うまい工合, おれの, その決心, ぼくが, 僕の, 僕は, 時が, 最後の, 石段まで, 私を, 聞こえ来た, 錦子は, 馭者は

▼ だがまア~ (13, 0.1%)

2 聞け

1 [11件] いいや, これで, そのこと, そんなこと, よくお前たち, 何うし, 好いさ, 弟子入りなんて, 時田に, 行く丈, 金な

▼ だが~ (13, 0.1%)

1 [13件] が著しく, こそ社会主義, だけで, だけの現象, ならば, によって発生, に反し, は先刻, は実は, は神学, は藤次郎, を打開, を清算

▼ だが人々~ (13, 0.1%)

2 はそれ

1 [11件] の一人一人, の中, の体系, の看護, はその, はそれだけ, は彼, は祝, は蠅, は質問, は道端

▼ だが実際~ (13, 0.1%)

1 [13件] では, にそういう, にそれ, には交互作用, の刈り上げ祭り, の問題, の結果, はこの, はどんな, は稽古, 博士は, 問題として, 砂利だけを

▼ だが時々~ (13, 0.1%)

2 は過去

1 [11件] その名刀, コカインを, 人間は, 取り変え事務所, 彼は, 急に, 新鮮な, 深呼吸を, 背後は, 薄曇の, 馬鹿に

▼ だが無論~ (13, 0.1%)

2 之は

1 [11件] お互に, こういう解釈, これは, そういうもの, それは, のこと, 一言声を, 初めから, 彼は, 日本主義的, 私達が

▼ だがかう~ (12, 0.1%)

2 いふ時に 1 いふ事は, いふ傾向は, いふ内心的の, いふ場合に, いふ素晴らしい, したたな, した形も, した考へ, 言つた所で, 言ふ

▼ だがこれら~ (12, 0.1%)

1 [12件] の下剋上, の人々, の他, の出来事, の地味, の強大, の第一線, の賑やか, はホン, は不, は同じ, は昨日わし

▼ だがふしぎ~ (12, 0.1%)

5 なこと 2 なの 1 だ, ですね, と世間, な早口, にわし

▼ だがまず~ (12, 0.1%)

1 [12件] この男, それまでは, ゆくゆくの, 世界の, 以て, 低コスト, 十中八九むだ網だろう, 所謂復興なる, 明らかな, 最後の, 父よりも, 警官たちに

▼ だが~ (12, 0.1%)

1 [12件] あいつの, お三輪坊, お前さんが, お嬢さんどうしても, お米, これから正直, 彼妓の, 私は, 親分, 親分あつし, 親分あの, 錢形の

▼ だが云う~ (12, 0.1%)

11 までもなく 1 より早かっ

▼ だが~ (12, 0.1%)

3 のある 2 の強い 1 が足らない, づくで乱暴, では絶対, なき者, を落しなさん, を込めた, 無い声

▼ だが問題~ (12, 0.1%)

2 はそれ 1 というの, の日, は, はこの, はそこ, はその, は彼ら, は意識, は明後日, は食う

▼ だが~ (12, 0.1%)

3 なこと 2 だな 1 ですな, なもの, な力, な奴, に人見知り, に動悸, に腰

▼ だが子供~ (12, 0.1%)

1 [12件] がうつ, が凡人, では他, なら, なんか射殺, に大切, のこと, のとき, の心理, は九度以上, もう近い, を養成

▼ だが実は~ (12, 0.1%)

1 [12件] この大学, そうで, それな, それは, まだおれ, 一つの, 人いちばい強い, 外ならぬ, 東日が, 歩きたかった, 消えうせたの, 野犬は

▼ だが~ (12, 0.1%)

2 が近い 1 がわるい, が闇, だけは左右, に入る, に見えない, に見えぬ, の前, の届く, は布, を射た

▼ だが考え~ (12, 0.1%)

8 てみる 2 てみれ 1 ても御覧, て見れ

▼ だが~ (12, 0.1%)

1 [12件] だけで戦, だけは片手, で駄目, というやつ, のある, のほか, はなし, はなぜ, は何しろ, は奪った, を出し, を持つてるだらう

▼ だがいい~ (11, 0.1%)

2 色だ 1 かいおれ, ことじゃ, ことです, ことを, ですよ, 加減に, 家柄ほど, 年を, 気持に

▼ だがおそらく~ (11, 0.1%)

1 [11件] あの人たち, おれの, ほかの, テルソン銀行の, ブルンスウィックが, 今度という, 伯爵の, 何にも, 君の, 思惟の, 死んで

▼ だがすでに~ (11, 0.1%)

1 [11件] この事件, この道, 主を, 之は, 在ること, 実は茲, 実験は, 気に, 矛盾は, 船長も, 非常時の

▼ だがすべて~ (11, 0.1%)

1 [11件] が一家三人珠数, のもの, の事情, はさり気, は忽ち, は無駄, は私, は私達商売人, は運命, を知っ, を言語

▼ だがそれでも~ (11, 0.1%)

1 [11件] なお不安, なお正造, まだ王, まだ純粋, やっぱり彼, グロウヴスは, 世間の, 月に, 牧の, 知らす法, 見あたりません

▼ だがともかく~ (11, 0.1%)

1 [11件] この保存会長, もああ, もさ, も今度, も唱導的, も彼, も彼個人, も最初, も聴衆, 彼の, 漫談師という

▼ だが~ (11, 0.1%)

1 [11件] おれが, お前が, お民, びているみぎわちかく帆を, 今朝眼が, 小右京, 弥吉どん何だって, 憎しみ合い, 直義, 考えて, 長二や

▼ だが一般~ (11, 0.1%)

1 [11件] にイデオロギー, にフロイト主義, に価値尺度財, に各, に志士行動, に教科書, に認識, に道誉, の概念, の浮世絵, の画壇

▼ だが丁度~ (11, 0.1%)

1 [11件] うまく彼, その日, その時, その時皆, その瞬間, そんな事, 中世の, 原稿の, 持っとるて, 数学が, 普通選挙の

▼ だが伊織~ (11, 0.1%)

1 [11件] が草, には泣けなかった, には滅多に, にも丑之助, に対してはどこ, はそれ, はまだ, はようやく, は単純, は狡智, は眼

▼ だが其の~ (11, 0.1%)

1 [11件] いづれの, うるさい重荷, 前に, 小鳥の, 様子に, 橋は, 水松は, 紙洗大尉は, 腹巻の, 贅澤を, 頃真弓さんが

▼ だが~ (11, 0.1%)

3 でないもの 1 がする, でその, のする, は繰り返した, ばかりは聞こえ, も揚げ得ず, を裏切つ, を酷使

▼ だが~ (11, 0.1%)

1 [11件] 六から, 六の, 六正勝の, 兵衛, 兵衛が, 初には, 右京を, 左衞門は, 泉と, 藤次の, 馬は

▼ だが小次郎~ (11, 0.1%)

1 [11件] がもっ, が急, が手, には深刻, のほう, の体, の眼, の速, は心得た, も忠明, 必ずその他日

▼ だが少年~ (11, 0.1%)

2 の心, の日 1 の共同一致, の声, の記憶, はぐッすり, は別段, は読める, は黙っ

▼ だが最後~ (11, 0.1%)

1 [11件] に, にこの, に一つ, に一言, に到着, に忠告, に未練がましい, のど, の一人, の三周目, の抽出

▼ だが秀吉~ (11, 0.1%)

1 [11件] からは命, にいわせれ, にいわれ, の意中, の馬上, は, はそんな, はほとんど, は人, は姫路, は当の

▼ だが要するに~ (11, 0.1%)

1 [11件] 世の中は, 之は, 五十歩百歩だ, 反平家, 書いて, 本書の, 獣人だ, 私たちは, 色々な, 評論や, 誰かも

▼ だが~ (11, 0.1%)

3 狭乳母, 狭刀自自身 1 に覚えない, の落目, をかわし, をもがけ, をもちくずした

▼ だがいずれ~ (10, 0.1%)

7 にし 1 あんなこと, にせよ, 一度は

▼ だがおかしい~ (10, 0.1%)

1 じゃない, ぞ, ぞ熊, な, なあ, ななん, ねその, ね君, ほど芝居気たっぷり, 事には

▼ だがお前さん~ (10, 0.1%)

1 が, この女, とはなんの, にはとても, のやり, の目, は一体, は若い, は金, もよつ

▼ だがきょう~ (10, 0.1%)

1 から三日目, こそは宿縁, の家康, の現実, はあいにく, はこれ, は君, は少し, は幽霊船, は森

▼ だがこちら~ (10, 0.1%)

2 の方 1 が怪我, では無, にも吉報, に隙, の山, はまるで, は堆く, もさる

▼ だがしばらく~ (10, 0.1%)

5 すると 2 して, 行くと 1 いくと

▼ だがそんなに~ (10, 0.1%)

1 うまく活動, くわしく坊や, も急い, 手配が, 荒しちや後, 荒らしちゃ, 質の, 閉り, 須山の, 食べると

▼ だがついに~ (10, 0.1%)

1 いわないでは, おそれたその, みつからなかった, 一株も, 元氣, 化けの皮の, 女とは, 宇宙の, 火星人の, 私の

▼ だがどうにも~ (10, 0.1%)

1 おかしいな, おかしなこと, しようがない, それは, そんなこと, ならなくなったの, 歩きにくい, 腑に, 証拠が, 銭がねえ

▼ だがふと~ (10, 0.1%)

1 さう, 吃驚した, 夢では, 妙な, 杯を, 桂子は, 気づいて, 美妙の, 自分の, 陽が

▼ だがわが~ (10, 0.1%)

2 家主さんは 1 ウラル号の, ポコちゃんにとっては, 上杉謙信なる, 伊那の, 艦隊は, 藩に, 解釈の, 邦に

▼ だがわれわれ~ (10, 0.1%)

1 と顔回, の周囲, の食料, はそれ, はやがて, は何, は匹夫, は学窓生活, は政綱, は旗

▼ だが今夜~ (10, 0.1%)

2 はお 1 こそ俺, この野原, のやう, の水掛祝い, はこれ, はそんな, は帰っ, は枕

▼ だが仮に~ (10, 0.1%)

1 そうした自由主義, それが, もおら, ギャング団という, シェストフが, モーロアの, 意識の, 私が, 触れて, 論理が

▼ だが伸子~ (10, 0.1%)

1 が女, にはよく, の方, の眼, の身体, はこたえない, はこんど, はその, は一つ, は涙

▼ だが~ (10, 0.1%)

1 づ, に, に来た, に述べた, に鍔, の大館勢, は宮, は続かなかった, へ進む, を話したまえ

▼ だが全く~ (10, 0.1%)

1 のこと, 厄介な, 困つたこと, 堪らねえぜ, 対立矛盾した, 敗れて, 暑いよ, 癪に, 皆に, 竹刀の

▼ だが~ (10, 0.1%)

2 もつて 1 から前, には悪魔, の両者, の兩者, の錦襴入り, よりなほ気楽げ, よりは妙, 置称語の

▼ だが同じ~ (10, 0.1%)

1 であり得ない不幸, ような, 娘としての, 日本の, 歳月を, 玉虫の, 目的の, 真鯛でも, 色で, 逃げるもの

▼ だが夫人~ (10, 0.1%)

1 がそれ程, にあまり, にどんな, には不利, の明徹, の迷惑, はかの, はしつこく, も負け, をつれ出した

▼ だが~ (10, 0.1%)

1 からの頼み, がお前, がくつ, が居なくなる, になった, はどう, は主張, は他, は反対, は母親

▼ だが安心~ (10, 0.1%)

4 するが 2 したまえ, して 1 あって, するの

▼ だが彼ら~ (10, 0.1%)

1 がそれ, が引受ける, にはそれ, の口, の国土, はそこ, はなぜ, はわれ先, は豊饒, もあわて

▼ だが恐らく~ (10, 0.1%)

1 あなたとしては, この現象, それだけの, カントは, ジャーナリストという, 乗って, 彼女の, 檀園の, 死んで, 西洋劍道精神では

▼ だが我々~ (10, 0.1%)

1 がすべて, とてもそれ, の主人公, の持つ, の相手, はそれ, は博士, は同時に, は生, は神

▼ だが文学~ (10, 0.1%)

1 における小説, について又, に出, に於, の観念それ自体, の道, は内容, は後者, は遂に, を多少

▼ だが~ (10, 0.1%)

2 の人 1 のこと, の俳人歌人, の女, の忠臣, の我々, は事実, は関所, 見たより

▼ だが~ (10, 0.1%)

5 が立つ 1 が来れ, が経つ, すでに遅し, は凡て, は過ぎた

▼ だが~ (10, 0.1%)

2 のうち, の山路 1 から晩, になっ, になる, の食事, はさりげ, 早くから大

▼ だが果して~ (10, 0.1%)

2 そんなこと 1 そういう種類, それが, 一千年を, 世界革命は, 今日の, 大谷は, 夫が, 詩人エセーニンは

▼ だが正直~ (10, 0.1%)

3 なところ 1 で純, な事, な返答, にいいます, に何もかも, に言え, のところ君

▼ だが~ (10, 0.1%)

1 から心配そう, の学術的, の建築家, の弦, の復興, の挙国一致, の欠点, の目標, の芸術家, の茶料理

▼ だが真理~ (10, 0.1%)

4 というもの 1 でもある, とは認識全般, については後, は早晩明るみ, は無論, をわざわざ

▼ だが科学~ (10, 0.1%)

1 と単なる, と生活, の大衆化, の対象, の権利, の論理的規定そのもの, はそれ, を回避, を用いる, を自然科学

▼ だが老人~ (10, 0.1%)

2 の眼, はいつも 1 とは何者, の真摯, はまもなく, は不, は彼, は牛丸少年

▼ だが肝腎~ (10, 0.1%)

2 の顔 1 の, の主, の富士甚内, の所得, の腹, の遭難船, の酒, の鸚哥

▼ だが若し~ (10, 0.1%)

1 この中, この消耗, これが, さう, そんな話, 俺が, 外国人が, 必要な, 此の, 重い本

▼ だが~ (10, 0.1%)

2 でも亦 1 ではその, で吾, で或は, にすでに, には問題, に到, に必要, に氣

▼ だが間もなく~ (10, 0.1%)

1 それが, ジーゼル・エンジンが, ソバケーヴィッチの, ワーシカの, 失望し, 寝こんでしまつたので, 床の, 彼等は, 故郷には, 火は

▼ だがあと~ (9, 0.0%)

2 になっ 1 で思え, になれ, に残った, のペティ・パン, の二つ, の仕事, の半額

▼ だがいよいよ~ (9, 0.0%)

2 やると 1 おまえの, では詩, ジルベールの, 三十歳に, 何日にという, 島の, 探して

▼ だがそうして~ (9, 0.0%)

1 あとに, いじめられて, じっとし, ようやく内, 寺田も, 対座し, 描いた画, 沢山の, 病気の

▼ だがその後~ (9, 0.0%)

1 いささか悔い, でこれ, では, で俺, で彼, の一年間, は断じて, は鈴慕, 間もなく私

▼ だがそれで~ (9, 0.0%)

1 おしまいじゃ, どうしてあれらの, どうしよう, よいだろう, ようごぜえます, 人間の, 余り勢ひ, 凡ての, 終りだ

▼ だがたしかに~ (9, 0.0%)

1 人が, 今も, 今此の, 君のだ, 宰相の, 家は, 彼は, 見えない, 鹿の

▼ だがたった~ (9, 0.0%)

1 こればかりの, ひとつ難が, 一つ変らぬ, 一つ相打に, 一つ電話という, 一と, 一ツ確かな, 一人事件の, 二年の

▼ だがだれ~ (9, 0.0%)

1 かが残っ, かにしゃべられず, かれと, がこんな, が第, が考えた, もいなくっ, もかれ, も口

▼ だが~ (9, 0.0%)

3 私は 1 いって, そうぞうしい市電, 彼は, 待てよ, 思うと, 読者の

▼ だがとに~ (9, 0.0%)

2 角日本の 1 角これ等, 角之は, 角人民戦線たるべき, 角元来, 角日本は, 角肝心の, 角自然科学的実験

▼ だがどうやら~ (9, 0.0%)

1 あの輝く, このおれ, その連中, そんな必要, 土佐侯は, 女も, 小一郎には, 昆虫館主人には, 見たよう

▼ だがはたして~ (9, 0.0%)

1 この本, パイクソンは, 小一郎の, 彼の, 房枝に, 故郷の, 私自身は, 誰が, 警察官な

▼ だが一人~ (9, 0.0%)

1 でも近づく, でよい, のお母さん, の業, の死屍, の母, の辞職, は快く, 残らず皆

▼ だが世の中~ (9, 0.0%)

1 にこれ, には芸術家, の妾, はこの, はすべて表裏, は一寸先, は皮肉, は穢い, を知らない

▼ だが事実~ (9, 0.0%)

2 はこの 1 というもの, になれ, はいささか, はそう, はそこ, はその, はともかく

▼ だが何と~ (9, 0.0%)

1 いおう, いつて, いつても, すばらしい截断, 云つ, 危険な, 猿廻しの, 私は, 驚いた雲散霧消

▼ だが何ん~ (9, 0.0%)

2 だか 1 だぜ, だって彼, だつて, とした, と今年私, にも僕, の理由

▼ だが余り~ (9, 0.0%)

1 の情熱さ, 下らないこと, 口惜しい, 古いこと, 古い時代, 小心に, 表面立つ, 這入り度, 逢わねえが

▼ だが名人~ (9, 0.0%)

1 といはれる, にとって将棋, の明知, の返事, はいかにも, はにこり, はまことになんとも, は事, は黙々

▼ だが~ (9, 0.0%)

1 だと, だね, ですね, なこと, な処, な天気, な火, に憂欝, に持っ

▼ だが~ (9, 0.0%)

6 のため 2 には念 1 の為め

▼ だが忽ち~ (9, 0.0%)

2 彼は 1 こそばゆくなった, のうち, 事の, 僕は, 彼の, 悲しげ, 苦笑と

▼ だが現在~ (9, 0.0%)

1 では富岡, では私, の何黨, の日本, の私, の自分, はニヤリニヤリ, は蓬莱, は違つて

▼ だが現実~ (9, 0.0%)

1 として彼, にそれ, に即し, に即した, に日本, に秩序, の今日, の運動, は少し

▼ だが結局~ (9, 0.0%)

1 そう申しました, それでもいい, そんなもの, のところ, はやっぱり, は新しい, は死ぬ, 決まつたの, 高い澄み切った

▼ だが若い~ (9, 0.0%)

1 叔母は, 女に対して, 女の, 女性の, 将校は, 日本人には, 枝の, 男と, 者よ

▼ だが親方~ (9, 0.0%)

1 いいこと, になっ, にはかなわねえ, は, はそれ, はどう, は偉い, ほんとに今夜, 悪いこた

▼ だが~ (8, 0.0%)

1 んごろ鐘を, 主人, 亭主が, 心配くださいます, 心配はいりません, 辺なら, 辺の, 辺も

▼ だがすこし~ (8, 0.0%)

2 お待ちよ 1 はなれ, ばかり眼, 我慢し, 熱が, 落ちついて, 長く考え

▼ だがその間~ (8, 0.0%)

1 にも土手, にも彼, にも相撲取りたち, に倭文子, に北町奉行, に在っ, に敵, に防寨

▼ だがそれほど~ (8, 0.0%)

1 に実は, に急いだ, の人材, の悪人, の栄養, 冷静な, 思い詰めたん, 智恵の

▼ だがどういう~ (8, 0.0%)

2 わけか 1 ことが, のかなあ, もんだろう, 形而上学に, 理由から, 道を

▼ だがどうか~ (8, 0.0%)

4 すると 2 して 1 この事丈, ほかの

▼ だがなに~ (8, 0.0%)

1 がなん, が初, もヘボ親類, も一時間, も他人, よりもま, より濃厚, をなさる

▼ だがほか~ (8, 0.0%)

1 にはお, に人, に何, に泊る, のこと, の人たち, の人びと, の被告

▼ だがほんの~ (8, 0.0%)

1 すこし, ぽっちり極く, 一瞬の, 五六日も, 推測として, 瞬間だった, 通りすがりに, 遊戯と

▼ だが~ (8, 0.0%)

2 しかしも, 然しも 1 すこし持病, ひとりの, 一つの, 一度問いかえされたら

▼ だがイデオロギー~ (8, 0.0%)

1 という言葉, とか実践, のこの, の中性, の二つ, の概念, の発生, はこうした

▼ だが一寸~ (8, 0.0%)

21 ならいい, 危いと, 待つてて, 御覧なさい, 甘い空想, 言葉が

▼ だが仕方~ (8, 0.0%)

5 がない 1 なささうに, なしに, はない

▼ だが何だ~ (8, 0.0%)

2 神山さんは 1 これしきの, それで家, それは, つてそんな, 帳場の, 旦那も

▼ だが信長~ (8, 0.0%)

1 がここ, が死, とすれ, の越前発向, の遺児功臣多数, はそういう, はそち, よりはもっと

▼ だが~ (8, 0.0%)

2 の商売 1 いたち, というの, の語る, は毎晩, も妹, や安達

▼ だが~ (8, 0.0%)

2 しても 1 他の, 太郎の, 帰る事, 思ひ返して, 槍は, 考えようによっては

▼ だが~ (8, 0.0%)

1 が明ける, だし, と暗がり, になる, にはなる, に入る, の仕事, も明けかけよう

▼ だが工藝~ (8, 0.0%)

2 の世界, は伴侶 1 が藝術, においては用, の理念, はそう

▼ だが~ (8, 0.0%)

1 が腕, たちゃ船, には腑, にゃあまた, のこれ, の逢, はまだ, は今

▼ だが思想~ (8, 0.0%)

1 が充分, には体系, のない, の具体化, の実際, はチラバラ, は決して, を諸

▼ だが~ (8, 0.0%)

1 にとった, に觸つた, は私, をとりあい, をどうか, をのばした, を放した, を焼い

▼ だが新聞~ (8, 0.0%)

1 が自分, にのっ, に対するこうした, のイデオロギー性, の報道, の根本概念規定, の社会的機能, の記事

▼ だが~ (8, 0.0%)

3 が暮れ 2 を経る 1 がくれれ, が暮れる, に百スー

▼ だが貴様~ (8, 0.0%)

1 が来た, が生き, だけじゃ御, には不思議, には何, には気, はいふだらう, はおれ

▼ だが~ (8, 0.0%)

2 の方 1 からの支払物, としての五右衛門, はかえって, はどこ, は死ん, は飛道具

▼ だが~ (8, 0.0%)

1 がどうか, が冴え, のいい, のてっぺん, の中, は見えなかった, をとうとう, をふり

▼ だが高氏~ (8, 0.0%)

1 だけはそんな, のその, の声, の方, はぽつんと, は何, は居眠っ, は止める

▼ だがああ~ (7, 0.0%)

2 して 1 いう邪魔, いった武子さん, それは, 一体全体これ, 俺は

▼ だがあたり~ (7, 0.0%)

1 には家, の光景, はひつそり, はよく, は依然として, は沈うつ, は石ころ

▼ だがかうした~ (7, 0.0%)

1 不幸を, 事は, 取引の, 発想は, 種族の, 自然の, 興味からだけ

▼ だがかすか~ (7, 0.0%)

3 な軽 2 な輕しめ, に言葉

▼ だがこんど~ (7, 0.0%)

1 あらためてあなた, こそはおまえ, はそう, はどう, は従兄, は読ん, やっと魔法

▼ だがせっかく~ (7, 0.0%)

1 ここまで, のこの, 仕組んだ宴遊戯, 十年も, 友だちに, 新しい嵐, 来たこと

▼ だがそれでは~ (7, 0.0%)

1 もう遅, 二匹とも, 存分の, 常識とは, 本田次郎は, 相手の, 眼に

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 うとう僕, うとう熱情, うとう終, うとう這入つ, とひ, ァれ, ッた

▼ だがなにしろ~ (7, 0.0%)

1 ありがたいここ, この数年間, 一度は, 今夕は, 深夜の, 私は, 芝田さんは

▼ だがのう~ (7, 0.0%)

2 お民 1 右馬殿, 櫓下金の, 此奴が, 此方で, 雪之

▼ だが不幸~ (7, 0.0%)

2 にし 1 な人, な終点, にもその, にも三木, にも腫物

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 からはなん, で味わい, にはただ, には或, には案外, はよく, へはいらない

▼ だが主人~ (7, 0.0%)

1 とてもまだはっきり自分, の啓之助, の方, の眼, はみな勝者, は中学生, は私

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 に当っ, の大小, はすんだ, はそれ, を充分, を荒立て, を起さぬ

▼ だが何だか~ (7, 0.0%)

1 それも, ちがう, 分ったもの, 尤でない, 物足りない感, 質は, 足りぬ

▼ だが何となく~ (7, 0.0%)

1 人心の, 刑務所の, 彼の, 曙覧の, 気分が, 盲同士の, 見捨て切れないもの

▼ だが何処~ (7, 0.0%)

1 にも異状, に住ん, に置かれ, の国, の王様, へ, を捜し

▼ だが何故~ (7, 0.0%)

1 この作者, こんなつまらない, だか, です, また二本, 今の, 俺を

▼ だが作者~ (7, 0.0%)

1 がこんな, が我々, の共感, はこう, はこの, は果して, は決して

▼ だが元来~ (7, 0.0%)

1 が批評そのもの, マルクスの, 多遅比, 私は, 科学論は, 身辺小説や, 軍人と

▼ だが先方~ (7, 0.0%)

1 から取る, ではこの, にとっては人, の何処, は手, は玄人, も正直

▼ だが凡そ~ (7, 0.0%)

1 こういうこと, そういう弁解, モダーニズム文学を, 体系から, 官僚的でなく, 批評の, 文芸懇話会や

▼ だが別に~ (7, 0.0%)

1 その体中, 何だろう, 子供を, 気にも, 秘して, 答えは, 聞かせる調子

▼ だが又八~ (7, 0.0%)

1 おぬし, この茶店, はからく, はすぐ, は恥, は手, は拾う

▼ だが~ (7, 0.0%)

2 作品は 1 の智, 作品中素直な, 來厭忌などと, 新聞は, 洋服は

▼ だが大抵~ (7, 0.0%)

1 の場合, の客, はその, は一時間, は呪詞諷唱者, は陰陽師配下, 分つては

▼ だが尊氏~ (7, 0.0%)

1 がやがて, にはこの, にはこれ, には口, の耳, の見る, はすでに

▼ だが小説~ (7, 0.0%)

1 が我慾, という形式, に人生, の大作, は読みません, を書く, を毎日

▼ だが帆村~ (7, 0.0%)

1 としてはそんな, にはまだ, はすこしも, は光枝, は心配, は田鍋課長, は答えた

▼ だが常識~ (7, 0.0%)

1 でも何, として十五年, は決して, は科学的, は遂に, や教養, 特に道徳的常識

▼ だが~ (7, 0.0%)

3 か不幸 2 にし 1 なこと, にもう

▼ だが心配~ (7, 0.0%)

1 しないで, しねえが, するが, すること, するな, だよ, はない

▼ だが戦争~ (7, 0.0%)

1 がたぶん, というもの, の惨害, はおわり, は今後, も感心, をした

▼ だが房一~ (7, 0.0%)

1 の印象, の所, はそれ, はそんな, は念入り, は患者以上, よりも堂本

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 にとっても危ない, のそんな, の所在, はカーチス戦闘機, は二万数千余, は多勢, は遂に

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 らしい性格, らしき日本, フリスコ港に, 八の, 勅撰は, 十郎は, 家庭には

▼ だが暫く~ (7, 0.0%)

3 すると 2 して 1 問答を, 妻と

▼ だが東京~ (7, 0.0%)

1 で有名, とてもあの, に帰っ, に近い, はいつたい, へは帰るだろう, も今頃

▼ だが極めて~ (7, 0.0%)

1 厳格に, 揶揄的な, 浅薄であり, 特殊な, 神経質で, 穏やかな, 細心の

▼ だが次郎~ (7, 0.0%)

1 にとってそれ, にとって事柄, には喋舌, はまだ, はまだやはり, はまだようやく, は耳

▼ だが~ (7, 0.0%)

6 三には 1 教徒なら飛び込む

▼ だが此頃~ (7, 0.0%)

5 の姫 1 になっ, 少しも

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 せる親, の嵐, の時, の痕跡, を思うまい, を決行, を考え

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 が, が自己, が要求, のいう, の書く, の表現, の頭

▼ だが~ (7, 0.0%)

3 の中 1 ではなかっ, に向かう, の底, をうった

▼ だが汽車~ (7, 0.0%)

1 が郊外, と船, にまで棒切れ, に乗っ, はまだ, は仲, は到頭

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 じゃねえ, の眼どころ, はどこ, はなかなか, は動かない, もいれ, も歩け

▼ だが自然~ (7, 0.0%)

1 が作った, というもう, といふもの, なん, に単なる, に愛せる, の蘇生

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 が重く, には, はいつ, はふたたび, は潮流, は遠く, ばし

▼ だが船長~ (7, 0.0%)

1 いいか, となった, にしろ, はすぐ, は早速, は曾呂利, は私

▼ だが言葉~ (7, 0.0%)

1 がわからない, にまさる, に出し, の問題, は丁寧, は凡, をかける

▼ だが課長~ (7, 0.0%)

1 が黄表紙, だけは心配, としては自分, の方, は佐々, は笑い, は間もなく

▼ だが近頃~ (7, 0.0%)

2 その川 1 の時代, は主として, は自分, 私が, 若い男女

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 だった, に個性, に又, に塵埃, に実験装置, に考え, に自己意識

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 がわからなくなっちゃった, が難い, に迷った, はいよいよ, は下向き, は分らなかつた, は遠い

▼ だが道誉~ (7, 0.0%)

1 にたいして難題, にはそれ, の方, の真意, はあきらめず, は元来, は雪風

▼ だが~ (7, 0.0%)

1 が降っ, が降る, に降りこめられ, のとける, はいっこう苦, はいつかう, 之丞

▼ だが~ (7, 0.0%)

2 が冷たい 1 がガタビシ, が猛烈, は全く, は少し, は眼

▼ だがいかなる~ (6, 0.0%)

2 ものな, 危険と 1 勇将猛, 場合でも

▼ だがけっして~ (6, 0.0%)

1 おどろくん, これは, その部屋部屋, ギーザの, 抜き取ること, 犬死にでなかった

▼ だがこの世~ (6, 0.0%)

1 が世, とは夜, には, には真実自由, の上, の冬

▼ だがそこで~ (6, 0.0%)

1 おりて, ジナイーダは, 二十分ばかり, 問題な, 居眠って, 腹を

▼ だがそれなら~ (6, 0.0%)

1 この路地, それで, つとめを, どうしてあいつ, 塀に, 早く手配

▼ だがだらだら~ (6, 0.0%)

4 と日 2 と僕

▼ だがどちら~ (6, 0.0%)

3 にし 1 が本体, も作者, も取りあげられず

▼ だがなかなか~ (6, 0.0%)

1 これが, つかまらない, 声が, 強情な, 悪くない, 消えなかった

▼ だがはっきり~ (6, 0.0%)

1 あるとも, それと, と感じられる, と気がつけ, 女の子の, 申しあげますがね

▼ だがまだまだ~ (6, 0.0%)

1 だ, よかつ, 不十分, 今の, 心配する, 承服しかねる

▼ だがまるで~ (6, 0.0%)

1 この世界, グレゴール, 故意の, 暗い, 糸の, 貴様は

▼ だがもう一度~ (6, 0.0%)

1 この明るい, 僕は, 次の, 法典ヶ原を, 考えると, 聴いて

▼ だがもう少し~ (6, 0.0%)

1 先へ, 日常快活に, 様子を, 考えて, 解剖し, 辛抱を

▼ だが一同~ (6, 0.0%)

1 が救い, の朝礼, の期待, はここ, はこの, はもう

▼ だが一応~ (6, 0.0%)

1 の理由, はそういう, はアマリリス, 当人へ, 自宅へ, 調べて

▼ だが一旦~ (6, 0.0%)

1 ブルジョア社会科学の, 区別され, 手品の, 抗議を, 綺麗に, 靴が

▼ だが事情~ (6, 0.0%)

2 やむを得ずひとりでにそうなった 1 がのみこめる, というの, に明るい, を説明

▼ だが以上~ (6, 0.0%)

1 のこと, の二つ, の話, は単に, は知識, は自然弁証法

▼ だが何しろ~ (6, 0.0%)

1 作家としては, 変つてゐる, 打棄, 清盛って, 相手の, 面白くな

▼ だが信二~ (6, 0.0%)

1 にはその, のそれ, はあと, はまだ, は快楽, は目

▼ だが単に~ (6, 0.0%)

1 之を, 宗教一般である, 庭或は, 技術の, 観念に, 財政経営や

▼ だが~ (6, 0.0%)

2 を開く 1 でこそ二千俵, では冗談, で云う, で云つて

▼ だが多く~ (6, 0.0%)

2 の人 1 の場合, の大事, の官公立, の者

▼ だが多分~ (6, 0.0%)

1 あの女, それが, そんな必要, 今度の, 千年も, 君は

▼ だが大きな~ (6, 0.0%)

1 人だかりが, 働いて, 甘栗屋の, 雨が, 魚の, 鼻だ

▼ だが女房~ (6, 0.0%)

1 の頬, の顔, はその, は俺, は却, を殺す

▼ だが~ (6, 0.0%)

2 は義兄 1 が取り合わなかった, が部屋, はしいられ, はまだ

▼ だが~ (6, 0.0%)

1 の感傷, はあの, はさえぎらない, はもう, は女, は急

▼ だが~ (6, 0.0%)

1 に対する親, は生まない, をたずね迷う, 熊の, 賎の, 鉄は

▼ だが~ (6, 0.0%)

5 は物音 1 に勤め

▼ だが平次~ (6, 0.0%)

1 が矢, はこの, はそれ, は考へました, は躊躇, は頭

▼ だが文芸~ (6, 0.0%)

2 に於 1 が文学, が文芸, におけるこの, の科学的批評

▼ だが日本人~ (6, 0.0%)

1 が不正直, が印度, はこの, はマッチ, は偉い, は遙

▼ だが旦那~ (6, 0.0%)

1 あの妓, このこと, こりゃア, の料簡, は西洋, 黙って

▼ だが時代~ (6, 0.0%)

1 が過ぎ, としてかう, とその, とは元来, の激しい, はさらに

▼ だが曲者~ (6, 0.0%)

2 の方 1 が入, が入っ, の姿, は外

▼ だが最も~ (6, 0.0%)

2 高き知 1 つよい可能性, 主要な, 得意な, 特色的な

▼ だが~ (6, 0.0%)

2 當の 1 とうは, を抱え, 當に, 記者は

▼ だが果たして~ (6, 0.0%)

1 そうだろう, それが, それは, 僕の, 猪古目が, 自分の

▼ だが民衆~ (6, 0.0%)

1 の作, の工藝, の質, はまだ, は清水, は祖国

▼ だが犯人~ (6, 0.0%)

1 が独逸語, の居処, はいない, はたぶん, は何故, は標的

▼ だが直義~ (6, 0.0%)

1 に劣らない, のいう, のこの, の心, はいよいよ, は主張

▼ だが~ (6, 0.0%)

1 たすけて, 変らずの, 変らず体, 変らず手数, 変らず栃木県, 変らず気

▼ だが~ (6, 0.0%)

1 が和ん, にもクロ, はうす白く, も海, を見あげ, 翔けて

▼ だが結果~ (6, 0.0%)

2 は案外 1 から見, に於, はいささか案外, は二三日

▼ だが~ (6, 0.0%)

1 先生には, 先生万一, 博士の, 坂や, 女史が, 鉄は

▼ だが~ (6, 0.0%)

1 が少し, の本当, はそれきり, は孔子, は文学, は明白

▼ だが途中~ (6, 0.0%)

1 であの, でその, で足, で風, の混雑, までわりにすらすら

▼ だが遂に~ (6, 0.0%)

1 その力, はどう, アブばかり, 中津川の, 判らなかった, 詮議に

▼ だが~ (6, 0.0%)

1 が一滴, が好き, に酔っ, のうまかろ, はよい, を飲む

▼ だが静か~ (6, 0.0%)

1 といっ, にし, にそこ, にメーデー行進団, に眼, に聞いた

▼ だがあすこ~ (5, 0.0%)

1 でどんな, の奥方, の桜, はいけない, は人足

▼ だがあんなに~ (5, 0.0%)

1 うちしおれて, して, それまで, 半気ちげ, 身勝手を通して

▼ だがいつの間にか~ (5, 0.0%)

1 この叔母, 大阪から, 私の, 蒼白い顔, 開拓使自身も

▼ だがいや~ (5, 0.0%)

1 にひからびた, に薄ら寒く, 今のは, 確かに, 自害は

▼ だがおま~ (5, 0.0%)

4 へのこと 1 いもひどく

▼ だがおよそ~ (5, 0.0%)

1 ほかと, 女教師, 常識の, 犯罪を, 誰であっ

▼ だがかく~ (5, 0.0%)

1 の如き, までに私, までに紙, ももっとも, 限定せられた

▼ だがかつて~ (5, 0.0%)

1 の南, はその, 天然の, 工人たちは, 教学的精神の

▼ だがきみたち~ (5, 0.0%)

1 にはぜったいに, にもよく, のみかた, の考え, はそれ

▼ だがこのごろ~ (5, 0.0%)

1 そういうこと, では以前, になっ, はそういった, は途上

▼ だがこんなに~ (5, 0.0%)

1 愛して, 打ちのめされた善良, 早くあえる, 早く不, 遠く月日

▼ だがさて~ (5, 0.0%)

1 この谷底, その二人, その無代, どんな風, 出ねえの

▼ だがすんなり~ (5, 0.0%)

5 と手

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 なただけは, なたでさえ, なたと, なたの, なたはも

▼ だがそのうち~ (5, 0.0%)

1 何人が, 像は, 手紙は, 目付かるだろう, 路金が

▼ だがそのまま~ (5, 0.0%)

1 では, 擦れ違った, 次の, 浅原の, 燃え切らせて

▼ だがそれだけに~ (5, 0.0%)

1 この坑山, その話, どっか気の, むかっ腹を, 相手に

▼ だがそれでいて~ (5, 0.0%)

1 さえ吉原, ぼくは, やはり処女, 人間としては, 噂を

▼ だがそれ以上~ (5, 0.0%)

1 にいかなる, に発展, のもの, の意味, 驚かされたの

▼ だがたとい~ (5, 0.0%)

1 トランクは, 不潔だろう, 仕事の, 君が, 巨人が

▼ だがたとえ~ (5, 0.0%)

1 一筋でも, 三倍に, 今, 国禁なりと, 彼の

▼ だがでは~ (5, 0.0%)

1 一体その, 一体ほか, 帽子といふ, 日常性という, 理論乃至

▼ だがどうせ~ (5, 0.0%)

1 おれの, お前には, 歩く道, 立派な, 頭を

▼ だがどっち~ (5, 0.0%)

1 がほんと, が勝った, にし, にしろ, の方角

▼ だがどんなに~ (5, 0.0%)

1 して, 卑屈でも, 多忙だ, 細工が, 鋭敏な

▼ だがひとり~ (5, 0.0%)

1 じぶん, であるだけに, では不安, の部屋, トム公だけは

▼ だがひどく~ (5, 0.0%)

1 利己的な, 悄然と, 落つきの, 身体が, 重大な

▼ だがふたり~ (5, 0.0%)

1 とも衆目, のはいっ, のむつまじ, の持説, の舌頭

▼ だがみんな~ (5, 0.0%)

1 あわてては, が彼, が集まるなら, にけどられねえ, の胸

▼ だがもしか~ (5, 0.0%)

1 したらこれ, したらそれ, したら境内, したら思い違い, したら重吉

▼ だがもちろん~ (5, 0.0%)

1 おれは, すてきな, その冷淡, それは, そんなわけ

▼ だがゆき子~ (5, 0.0%)

1 だけは病気, の土葬, の病状はいぜん, はもう, は加野的善人さ

▼ だがようやく~ (5, 0.0%)

2 人生も 1 のどの, 老探偵, 身體が

▼ だがよくよく~ (5, 0.0%)

2 考えて 1 見ると, 見るならば, 調査した

▼ だがわたくし~ (5, 0.0%)

1 にとって解けぬ, はいま休息, はお, はまだ, は試みね

▼ だがアメリカ~ (5, 0.0%)

1 でもニュー・ディール以来, で精巧, にはまだ, は日本, へ行っ

▼ だがインテリゲンチャ~ (5, 0.0%)

1 がこの, の反動化, の問題, の類型, はつまり

▼ だがグレ~ (5, 0.0%)

5 ゴールは

▼ だが一体どう~ (5, 0.0%)

2 したこと, 云ふも 1 したんで

▼ だが事件~ (5, 0.0%)

1 がない, が多岐, のあった, はもっと, は思ひ

▼ だが何時~ (5, 0.0%)

2 からかその 1 かきっと, ぐらいに飴屋, 迄も同じ

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 によつて, のいかめしい, のらしい, の先輩, の常識

▼ だが先刻~ (5, 0.0%)

1 からの事情, からの話, の取乱した, の短銃, 出た辻斬

▼ だが~ (5, 0.0%)

3 に角 1 に角神楽坂, は少し

▼ だが其姿~ (5, 0.0%)

5 が見える

▼ だが千二~ (5, 0.0%)

1 がふたたび, のこえ, の前, はなに, は彼

▼ だが印象~ (5, 0.0%)

2 から出発 1 が複雑, だけは強く, の背後

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 くたばらせるの, じゃあ真平, じゃ答えねえ, の女, 一つ最後に

▼ だが向う~ (5, 0.0%)

1 から誰一人, が大勢, の森, はあの, は返事

▼ だが困った~ (5, 0.0%)

3 ことに 1 ことが, 事には

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 の朝, の祭り, もやがて, 隣りとも, 隣りの

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 に逃げ道, に通, の男, は真暗, へでも出た

▼ だが大体~ (5, 0.0%)

1 が同じ, に, に於, に於い, もう安心

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 のうめき声, は, はいつも, は彼, よ円舞曲

▼ だが子供たち~ (5, 0.0%)

1 のすく, の声, の様子, はすぐ, は既に

▼ だが實際~ (5, 0.0%)

1 うつくしい目, に, に於, のところ, はそこ

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 が年, と共に彼, に八十両, もわからず, をとったら

▼ だが幸い~ (5, 0.0%)

3 にし 2 なこと

▼ だが庄吉~ (5, 0.0%)

21 には折角, に打明け, はそういう

▼ だが庄次郎~ (5, 0.0%)

1 の無口, の眼, は, はなぜ, は泣い

▼ だが当人~ (5, 0.0%)

2 としたら 1 としては六十幾歳, の志, は何

▼ だが彼奴~ (5, 0.0%)

1 がいくら, がどうしても, の逃道, は黙っ, もつまんねえだろう

▼ だが後者~ (5, 0.0%)

1 においては次郎, に行こう, はいかに, は云う, は最初

▼ だが思う~ (5, 0.0%)

1 だけで, とふき出す, に私, ような, 相手の

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 な流れ, にふたり, に何, に機嫌, に起き上る

▼ だが怪物~ (5, 0.0%)

2 は決して 1 の釜, はその, はびく

▼ だが折角~ (5, 0.0%)

1 だから, のこの, の二人, の蜂の巣, 踏み出して

▼ だが摂理~ (5, 0.0%)

2 はいつも, は不思議 1 の車

▼ だが文化~ (5, 0.0%)

1 に於ける, のこと, の理論, は, や思想

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 ういう氏, うなると, うまで, う云, んなに

▼ だが日吉~ (5, 0.0%)

1 には毎度, の母, の眼, は後で, もお

▼ だが本当は~ (5, 0.0%)

1 それは, ウカツでも, 何も, 犯人は, 須山の

▼ だが本物~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だと, では御免, の熊, の足音

▼ だが~ (5, 0.0%)

5 をとり直し

▼ だが此奴~ (5, 0.0%)

2 なら憶えて 1 はもう, も見よう, をどう

▼ だが此時~ (5, 0.0%)

4 を過し 1 を過

▼ だが歴史~ (5, 0.0%)

2 の動力 1 の日本, の車輪, はここ

▼ だが死んだ~ (5, 0.0%)

2 母の 1 ものは, 小布施の, 筈の

▼ だが江戸~ (5, 0.0%)

1 に残っ, の作者, の街, の都市美, は醒めない

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 が如何, には裏表, には限度, の風味, は正しい

▼ だが物質~ (5, 0.0%)

1 がその, という概念, に対する主観, に就い, はどこ

▼ だが現代~ (5, 0.0%)

1 にそんな, のもの, のジャーナリズム, の作家今ちゃん, の基督

▼ だが用心~ (5, 0.0%)

1 して, しなさいよ, し給え, し給えよ, するが

▼ だが白玉~ (5, 0.0%)

5 の指

▼ だが目のあたり~ (5, 0.0%)

5 見る尊

▼ だが真実~ (5, 0.0%)

2 の事 1 のところ, の愛, を書いた

▼ だが知識~ (5, 0.0%)

1 が独創的, というもの, に滞るなら, はそれ, はただちに

▼ だが確か~ (5, 0.0%)

2 に本 1 か, にそれ, に人声

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 の国人, はすべて, は凡て, は彼, よ魔王

▼ だが私共~ (5, 0.0%)

4 の書いた 1 ではそれ

▼ だが空気~ (5, 0.0%)

1 の震動, はもれない, は乾い, は淀ん, は総て

▼ だが笑う~ (5, 0.0%)

1 と今, わけにも, 妻の, 眉が, 者も

▼ だが考へ~ (5, 0.0%)

3 て見る 2 てみる

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 がスウッ, が悪く, が晴々, に一縷, の鼓動

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 がへる, が空いてる, に砂, の底, は一杯

▼ だが良人~ (5, 0.0%)

1 たる私, としてはもっと, の為, はもう, も良人

▼ だが芸術~ (5, 0.0%)

1 こそ又, の本質, の表現, は社会現象, をする

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 がひどい, と肉, はこぼれ, を流さなかった, を見る

▼ だが要点~ (5, 0.0%)

3 はこの 1 はあくまで, は今日

▼ だが観念論~ (5, 0.0%)

1 が, が新, という邦語, の尻, の形而上学

▼ だが読者~ (5, 0.0%)

1 にも何等, はこの, はまず, は微笑, は決して

▼ だが~ (5, 0.0%)

1 には思想, の重い, はこの, を止め, を濡らす

▼ だが足音~ (5, 0.0%)

1 はだんだん, はゆっくりゆっくり, は引っ返した, も聞え, を憚りながら

▼ だが近代~ (5, 0.0%)

1 での工藝, においてこの, のいかに, の展覧会, の物理学

▼ だが退屈男~ (5, 0.0%)

1 にとって第, は実に, は心, は憎い, は淡々たる

▼ だが郎女~ (5, 0.0%)

3 はつひ 1 はそんな, はついに

▼ だが青年~ (5, 0.0%)

1 が眼, の保, の思い, の艇, は彼女

▼ だが非常~ (5, 0.0%)

1 な罪, にハッキリ, に有力, に背, に骨

▼ だが黒吉~ (5, 0.0%)

2 はその 1 の手, はただ, は汗

▼ だがあたし~ (4, 0.0%)

1 が連れ, には見, の弱, はぞくぞく

▼ だがあんた~ (4, 0.0%)

1 はわし, は一体, は何, も御存じ

▼ だがあんまり~ (4, 0.0%)

1 棚から, 町が, 細工が, 騒々しくせず

▼ だがあゝ~ (4, 0.0%)

1 いふ物は, して, やつて, 神様

▼ だがいかにも~ (4, 0.0%)

1 何らかの弁明, 変な, 後家相を, 職工長らしい

▼ だがうっかり~ (4, 0.0%)

1 したこと, それに, 前へ, 姿を

▼ だがうまい~ (4, 0.0%)

1 ぐあいに行った, ことなど, 水じゃあ, 水では

▼ だがおいら~ (4, 0.0%)

1 にも相当, の父親, の頼み, は嫌い

▼ だがおれたち~ (4, 0.0%)

1 がお座敷, の命令, は今, は失敗

▼ だがお雪ちゃん~ (4, 0.0%)

1 おたがいに白骨温泉, しっかりしなく, に限らず, のよう

▼ だがかうし~ (4, 0.0%)

1 て世の中, て朝, て見る, て進みつ

▼ だがかかる~ (4, 0.0%)

1 場合逃げれ, 念願を, 権勢と, 法則を

▼ だがさっき~ (4, 0.0%)

1 の呼び声, の喇叭, まで自分, も言った

▼ だがしっかり~ (4, 0.0%)

1 した家, した山歩き, した足つき, 目釘を

▼ だがすっかり~ (4, 0.0%)

1 ふたが, 判りました, 機嫌は, 疲労し

▼ だがそち~ (4, 0.0%)

1 がそんな, は一体, は嫁, へも何

▼ だがそりゃ~ (4, 0.0%)

1 あまりに危険, ただらしい, 上っちまうより, 事実でなく

▼ だがたとえば~ (4, 0.0%)

1 ここに, アメリカの, 父親も, 陸軍省の

▼ だがだが~ (4, 0.0%)

1 ハテナ一体社の, ハテナ一體社の, 前から, 激しい陣痛

▼ だがちっとも~ (4, 0.0%)

1 僕の, 幸福で, 祝って, 遠慮せず

▼ だがついで~ (4, 0.0%)

1 にだれ, にちょっと, に私, のこと

▼ だがつづい~ (4, 0.0%)

2 て空襲警報 1 てとび出した, て四天王寺

▼ だがつまり~ (4, 0.0%)

1 お前の, は一週, は能動性, 生れつきあゝ

▼ だがどれ~ (4, 0.0%)

1 だけ新しい, だけ考え, も空っぽ, も綱領

▼ だがへん~ (4, 0.0%)

1 だぞ, だなあ, だね, なこと

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 しかった青まゆ, づド・ロマの, づ罪といふ, ゐつたの

▼ だがまったく~ (4, 0.0%)

1 ちがっても, 同じもの, 異人の, 遺書が

▼ だがもうこう~ (4, 0.0%)

1 なったらおしまい, なった以上, なっては, なりゃおれ

▼ だがもしも~ (4, 0.0%)

1 この宿, これが, 原子力兵器が, 君の

▼ だがもつ~ (4, 0.0%)

1 と古く, と古代, と真実, と長命

▼ だがもともと~ (4, 0.0%)

1 俺が, 生き物の, 自分は, 自然の

▼ だがやっと~ (4, 0.0%)

1 たすかった, の思い, 今日博労の, 読経が

▼ だがわしら~ (4, 0.0%)

1 だって荒療治, のいる, は貧乏, もわかっ

▼ だが~ (4, 0.0%)

4 かしいぞ

▼ だがゴーリキイ~ (4, 0.0%)

2 にとって話したい 1 の子供, はこれら

▼ だがデカルト~ (4, 0.0%)

2 のフランス語 1 が自我, の明白説

▼ だがフランス~ (4, 0.0%)

1 では常に, に於, の寛容, をはなれる

▼ だがボート~ (4, 0.0%)

1 から撃たれた, にし, の中, は半

▼ だがマア~ (4, 0.0%)

1 それでもいい, そんな事, よく考え, 探っただけを

▼ だが一言~ (4, 0.0%)

1 きいて, にし, も云わなかった, 喋るの

▼ だが一郎~ (4, 0.0%)

1 はあまりに, はいう, はその, は逃げ足

▼ だが万吉~ (4, 0.0%)

1 とかいう奴, にはこんな, にも弦, はそれ

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 倖にも, 死人に, 決断に, 確定性原理の

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 にはそれ, に巣立つ, は不景気, は戦雲

▼ だが世界~ (4, 0.0%)

1 の一角, の現下, の資本主義国, は消滅

▼ だが乃公~ (4, 0.0%)

1 はお前, はここ, は滑稽, は足下

▼ だが人生~ (4, 0.0%)

1 にもっとも, の途中, の進路, は手習い

▼ だが今更~ (4, 0.0%)

1 そんなこと, 云うまでも, 大久保や, 逃げだすこと

▼ だが仕事~ (4, 0.0%)

1 となれ, にはさまざま, は一つ, をする

▼ だが他人~ (4, 0.0%)

1 から見れ, にはそんな, の処女, の迷惑

▼ だが何とか~ (4, 0.0%)

1 したいにも, して, なるだろう, なるだろう食えないと

▼ だが俊敏~ (4, 0.0%)

4 な此旅びと

▼ だが僕たち~ (4, 0.0%)

1 の前, の関係, はこの, はこれから

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 にはそういう, のこと, はあの, は切ない

▼ だが兄貴~ (4, 0.0%)

1 のフェリックス, の言葉, らしく呶, を疑う

▼ だが其外~ (4, 0.0%)

1 に河童, に確か, に神代以来, の民間伝承

▼ だが其後~ (4, 0.0%)

3 をり 1 おりおりの

▼ だが其氏神祭り~ (4, 0.0%)

4 や祭り

▼ だが初め~ (4, 0.0%)

4 にも述べた

▼ だが危険~ (4, 0.0%)

1 なこと, な地震, になる, や敵意

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 なり大きな, 怪しいぞ, 愛想に, 愛想にな

▼ だが右門~ (4, 0.0%)

2 はおどろく 1 の忘れ, はいたっ

▼ だが吉岡~ (4, 0.0%)

1 のせがれ伝七郎, のほう, の弟子たち, を相手

▼ だが周囲~ (4, 0.0%)

2 の悲惨 1 の状態, の現実

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 が惜しい, には別状, の恩人, は助ける

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 じゃア, の云, はあまり, はただ

▼ だが~ (4, 0.0%)

4 つた事には

▼ だが困る~ (4, 0.0%)

2 ことには, のは

▼ だが国家~ (4, 0.0%)

1 がそれ, にはある, は何, 乃至共同体

▼ だが国民~ (4, 0.0%)

1 には国民, のかなり, の表情, はこの

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 が時として, に章魚, はそこ, ははっきり

▼ だが大衆~ (4, 0.0%)

1 というカテゴリー, の力, はこの, は何

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 の目的, は必ら, は曲者, を連れず

▼ だが室子~ (4, 0.0%)

1 がそれ, の母親, はそういう, はその

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 にあがれ, に帰った, のもの, はもう

▼ だが家康~ (4, 0.0%)

1 は人々, は伊那丸, は黙々と, も固着

▼ だが寧子~ (4, 0.0%)

1 になら, の胸, はこういう, は水桶

▼ だが幽霊~ (4, 0.0%)

1 でで, のいるらしい, の両手, の書いた

▼ だが当の~ (4, 0.0%)

1 大石医院へ, 弁護士は, 怨敵尊氏は, 谷博士は

▼ だが彼自身~ (4, 0.0%)

2 の心 1 が宿痾, はこういう

▼ だが待つ~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てさ, ても, 人は

▼ だが必ずしも~ (4, 0.0%)

1 その統率者, 之が, 之を, 夫は

▼ だが忽違つた氏~ (4, 0.0%)

4 の語部

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 はし, はべつ, もそれ, もなく

▼ だが息子~ (4, 0.0%)

1 だけには同じ, のそれら, の名前, の身体

▼ だが悲しい~ (4, 0.0%)

2 ことには 1 かな私, 哉と

▼ だが批評~ (4, 0.0%)

1 が制作, が所謂技術批評, するの, は科学

▼ だが技術~ (4, 0.0%)

1 が単に, という言葉, を或, を抜き

▼ だが政府~ (4, 0.0%)

1 がどういう, と憲政党, によれ, はこの

▼ だが既に~ (4, 0.0%)

1 幾度か, 時期は, 東京から, 遅かった

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 のみこみと, まつて, 歌を, 稻田の

▼ だが明日~ (4, 0.0%)

1 こそ帰る, の朝, はいよいよ, は二軒小屋

▼ だが時として~ (4, 0.0%)

1 はかうした, はそうした, は皆目, 小説中の

▼ だが普通~ (4, 0.0%)

1 の場合, の心理, の荒地, は南

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 どころか小雨, のない, の光, の南中

▼ だが条件~ (4, 0.0%)

2 がある 1 がございます, にはおのずから

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 が大体おなじ, などは何と, ふ彼, を自分

▼ だが正夫~ (4, 0.0%)

2 は顔 1 はちら, もいつしか

▼ だが此処~ (4, 0.0%)

1 で一日, には何, にまた, に話

▼ だが此歌~ (4, 0.0%)

1 で見る, などは曙覧, はもつ, は無知

▼ だが残念~ (4, 0.0%)

3 なこと 1 ながらもう

▼ だが母親~ (4, 0.0%)

1 がまた, はグレ, は今夜, は娘

▼ だが沢庵~ (4, 0.0%)

1 がいる, と城太郎, はまだ, は敢えて

▼ だが油断~ (4, 0.0%)

2 は出来ない 1 はできない, は大敵

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 の中, の水, の空想, は濃い

▼ だが火星~ (4, 0.0%)

1 では電気, の宇宙艇, の生物, まで丸木艇

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 のこと, は, はいつか, は逃げない

▼ だが特に~ (4, 0.0%)

1 唯物史観の, 問題と, 後者は, 注意せね

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 が人, に用心, は夫人, は徒に

▼ だが理論~ (4, 0.0%)

1 は一方, は別け, を理論構成, 乃至哲学

▼ だが田舎~ (4, 0.0%)

2 の何処 1 と云っ, の子供達

▼ だが画家~ (4, 0.0%)

1 といふもの, の場合, の絵, はその

▼ だが真に~ (4, 0.0%)

1 強く掲げられた, 新奇な, 正しい工藝, 聰明であり

▼ だが私自身~ (4, 0.0%)

2 にも寧ろ 1 がえり, はどうしてこう

▼ だが笑つて~ (4, 0.0%)

2 は可 1 はいけない, はゐる

▼ だが約束~ (4, 0.0%)

1 の妓たち, は今夜, をた, を違えず

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 なき生活, の為, は生命, よりし

▼ だが~ (4, 0.0%)

4 立ちその他

▼ だが自信~ (4, 0.0%)

2 は如何 1 というもの, といふもの

▼ だが葉子~ (4, 0.0%)

21 が麻川氏, には或いは

▼ だが藤吉郎~ (4, 0.0%)

1 はそう, はそんな, は動かない, は黙っ

▼ だが~ (4, 0.0%)

2 の子供 1 にし, は埋没

▼ だが論理~ (4, 0.0%)

1 という言葉, と存在, と完全, になる

▼ だが~ (4, 0.0%)

4

▼ だが貴公~ (4, 0.0%)

1 がこの, とわし, の落度, は何

▼ だが貴方~ (4, 0.0%)

1 がお, にした, の云われた, はまた

▼ だが返事~ (4, 0.0%)

1 がない, はその, はなかっ, を出す

▼ だが遠く~ (4, 0.0%)

1 にゐる, へは行かない, へは行くまい, 小さく見え

▼ だが部屋~ (4, 0.0%)

2 の中 1 は閉ざす, を出

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 に囚われ, のちまた, へゆけ, もあまり

▼ だが錢形~ (4, 0.0%)

2 の親分 1 のお, はちよい

▼ だが長い~ (4, 0.0%)

2 こと住ん 1 ことで, 藝術道の

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 があっ, の表札, は左右, は開かなかった

▼ だが階下~ (4, 0.0%)

1 には外, の広間, の方, の縁

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 にうなだれ, にぬれ, はなかなか, はひどく

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 だけは聞ける, はすれ, はない, もなく

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 が合った, が解らない, だちは, を見

▼ だが顔色~ (4, 0.0%)

1 に不, は少し, は蒼白い, は蒼白かっ

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 にそれ, は困る, を切られた, を狙われる

▼ だが駄目~ (4, 0.0%)

21 だよ, なん

▼ だが驚く~ (4, 0.0%)

1 ことは, な, にゃア, のも

▼ だが~ (4, 0.0%)

1 がない, では用, の卵, は人間

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 たくしは, だかも, ぷ

▼ だがいか~ (3, 0.0%)

1 なお杉婆, な警察力, にてまえ

▼ だがいた~ (3, 0.0%)

2 しかたない 1 づらに

▼ だがいったいどうして~ (3, 0.0%)

1 お前さんは, ここに, 君は

▼ だがいったん~ (3, 0.0%)

1 囮鮎を, 決意した, 酔いが

▼ だがいつたい~ (3, 0.0%)

1 この戦争, それが, 結論とは

▼ だがおら~ (3, 0.0%)

1 あカブトムシ, あ彰義隊, あ断わっただ

▼ だがお前達~ (3, 0.0%)

1 にはとても, の谷, よそれ

▼ だがお母さん~ (3, 0.0%)

1 が死ん, の佗, 笑ったやつ

▼ だがお蔭~ (3, 0.0%)

1 でお, で薬箱, で要害

▼ だがお金~ (3, 0.0%)

1 がものいわぬ, もなかっ, や宝石

▼ だがかよう~ (3, 0.0%)

1 な問題, な状態, な触角

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 さま, さまなんかに, さまの

▼ だがきっと~ (3, 0.0%)

1 この調書, した低, 長いうち

▼ だがさる~ (3, 0.0%)

2 物識の 1 お人

▼ だがじっと~ (3, 0.0%)

1 して, しんぼうし, それを

▼ だがじつは~ (3, 0.0%)

1 それだけの, どっちも, 半分は

▼ だがその他~ (3, 0.0%)

1 にこう, のすべて, の男

▼ だがその小さな~ (3, 0.0%)

1 汚れた卵, 流れは, 謙遜な

▼ だがそれぢ~ (3, 0.0%)

1 や大丈夫, や弟, や濟むまいぜ

▼ だがそれ等~ (3, 0.0%)

1 の話, の運動, は決して

▼ だが~ (3, 0.0%)

21 あれも

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 がいな, ろぼうが, ッかで

▼ だがどうもさ~ (3, 0.0%)

3 うは

▼ だがなお~ (3, 0.0%)

1 ここで, 取りすがって, 豊不運は

▼ だがなにか~ (3, 0.0%)

1 はしらぬ遠い, ものの, 用かね

▼ だがなるべく~ (3, 0.0%)

1 ばその, 斬りたくないとも, 近所の

▼ だがなんで~ (3, 0.0%)

1 べい, 心配するだ, 捕手に

▼ だがなんにも~ (3, 0.0%)

1 増して, 提示する, 見えなかった

▼ だがはじめ~ (3, 0.0%)

1 に自分, の二つ, は乞

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 ょろ松くどい, ょろ松ここで, よいと

▼ だがひとたび~ (3, 0.0%)

1 不幸に, 敗軍を, 長篠へ

▼ だがひどい~ (3, 0.0%)

1 ことを, 怪我だ, 音を

▼ だがひよつ~ (3, 0.0%)

2 としたら 1 と何処

▼ だがびっくり~ (3, 0.0%)

1 したまま, して, なさんな

▼ だがほど~ (3, 0.0%)

1 なくこれ, なく茂太郎, なく迎え

▼ だがほんとに~ (3, 0.0%)

1 好きだったら, 犯人の, 病気な

▼ だがぼくたち~ (3, 0.0%)

1 の力, はいや, をながく

▼ だがまあそう~ (3, 0.0%)

1 しときましょう, 言わずに, 足もとから

▼ だがまもなく~ (3, 0.0%)

1 帰って, 矢玉の, 頭が

▼ だがむろん~ (3, 0.0%)

1 名聞が, 私たちは, 靴を

▼ だがもうどう~ (3, 0.0%)

2 でもいい 1 すること

▼ だがもしそう~ (3, 0.0%)

1 だと, ならば, なら石原博士

▼ だがもと~ (3, 0.0%)

2 の作者 1 を正せ

▼ だがもの~ (3, 0.0%)

1 には盛ん, の十分, を考える

▼ だがもはや~ (3, 0.0%)

1 彼が, 彼には, 彼の

▼ だがやつぱりおれ~ (3, 0.0%)

3 にはまだ

▼ だがより~ (3, 0.0%)

1 以上見苦しい, 以上驚いた, 窮屈に

▼ だがわが国~ (3, 0.0%)

1 などで最も, の実情問題, の文化ファッシスト諸君

▼ だがエリザベス~ (3, 0.0%)

1 というかつて, の場合, の態度

▼ だがオイ~ (3, 0.0%)

1 お六坊薄情, そりゃア我儘, ほんとにこれからは

▼ だがオレ~ (3, 0.0%)

1 が殺した, の立場, はまだまだ

▼ だがカント~ (3, 0.0%)

1 になる, の物自体, はもう

▼ だがケレンコ~ (3, 0.0%)

1 がはいっ, の肚, はその

▼ だがジャーナリズム~ (3, 0.0%)

1 が現実, とは一体, とアカデミズム

▼ だがチチコフ~ (3, 0.0%)

1 が腹, はもう, は骨牌

▼ だがネルロ~ (3, 0.0%)

1 が身, はだまっ, は大

▼ だがバルナバス~ (3, 0.0%)

1 が最初, のおやじ, はやっ

▼ だがモラル~ (3, 0.0%)

2 も感情 1 をモラル主義

▼ だが一向に~ (3, 0.0%)

1 これはと, 仕事に, 太刀風が

▼ だが一歩~ (3, 0.0%)

1 たりとも, も退く, 退いて

▼ だが万一~ (3, 0.0%)

1 その疑い, の時, 今度の

▼ だが三人~ (3, 0.0%)

1 では, の医者, の近侍

▼ だが世論~ (3, 0.0%)

1 がすでにそう, という民主主義的, としての世論

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 先生の, 岸に, 話の

▼ だが両者~ (3, 0.0%)

1 の間, の関係, はたまに

▼ だが丸木~ (3, 0.0%)

1 の姿, はすこし, はそれ

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 はこの, 殺しを, 脳の

▼ だが二つ~ (3, 0.0%)

1 に未だ, の場合, はただ

▼ だが二十面相~ (3, 0.0%)

1 が人殺し, さえとらえ, ともあろう

▼ だが人形~ (3, 0.0%)

2 にし 1 の起原

▼ だが今さら~ (3, 0.0%)

1 うしろから, なんといった, わしが

▼ だが今宵~ (3, 0.0%)

2 の闇 1 はあの

▼ だが今彼~ (3, 0.0%)

1 が當面, は一兵卒, は三千子

▼ だが今晩~ (3, 0.0%)

1 の歓迎会, は魑魅魍魎, もっと続けたけれ

▼ だが仏像~ (3, 0.0%)

1 には何, に関する三十二相, のどこ

▼ だが仔細~ (3, 0.0%)

1 に見る, に観察, をいえ

▼ だが他方~ (3, 0.0%)

2 に於 1 この合法味

▼ だが仮令~ (3, 0.0%)

1 あの男, 気の, 茂が

▼ だが佐治君~ (3, 0.0%)

1 には毫も, に對, の悄然

▼ だが何人~ (3, 0.0%)

1 もこの, もすべて, も常に

▼ だが使者~ (3, 0.0%)

1 の宿所, の韓胤, は髪

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 の世界, の驚き, は死ら

▼ だが依然として~ (3, 0.0%)

1 この反逆, 行く者, 被害民を

▼ だが倭文子~ (3, 0.0%)

1 にし, は抵抗, は畑柳

▼ だが僕達~ (3, 0.0%)

1 の知らない, の間, は君ら

▼ だが元々~ (3, 0.0%)

1 そんなこと, 猿楽と, 神と

▼ だが元気~ (3, 0.0%)

1 は大した, よく, よくデコボコ路

▼ だが先ず~ (3, 0.0%)

1 それも, 主要な, 是は

▼ だが其處~ (3, 0.0%)

1 でぽつんと, で平次, にだ

▼ だが再び~ (3, 0.0%)

1 何ん, 妾は, 学期が

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 の夜更け, の続き, を越し

▼ だが到底~ (3, 0.0%)

1 修繕しきれ, 反向ふこ, 彼の

▼ だが勝負~ (3, 0.0%)

1 はつかない, はどう, はなかなか

▼ だが~ (3, 0.0%)

2 れた地方 1 まうと

▼ だが千代~ (3, 0.0%)

1 には何等, はいったい, も大きく

▼ だが南原杉子~ (3, 0.0%)

1 にもどった, は懸命, は自分

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 いぞ, かった勇士, ねえもん

▼ だが友達~ (3, 0.0%)

1 がいくら, として一言忠告, の身

▼ だが古い~ (3, 0.0%)

1 この木造, ものは, 齒を

▼ だが君たち~ (3, 0.0%)

1 はとても, は高等生物, を飛ばし

▼ だが呂布~ (3, 0.0%)

1 はあッ, は彼, もこ

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 それだけの, 一つ感心な, 佐治君ばかりは

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 による, に聞く, に違わず

▼ だが四五日~ (3, 0.0%)

2 すると 1 の後

▼ だが困つた~ (3, 0.0%)

3 ことには

▼ だが場所~ (3, 0.0%)

1 が高い, はどこ, は薄暗い

▼ だが大した~ (3, 0.0%)

1 ことで, 罰を, 雪では

▼ だが大丈夫~ (3, 0.0%)

1 だ, でございますよ, でしょうな

▼ だが大概~ (3, 0.0%)

1 にし, は大丈夫, は旅人

▼ だが大阪~ (3, 0.0%)

1 には今, の競輪場, へき

▼ だが天下~ (3, 0.0%)

1 にこう, の大事, の風浪

▼ だが太刀川~ (3, 0.0%)

1 は, はわざと, は無言

▼ だが女一人~ (3, 0.0%)

2 で此路 1 じゃア

▼ だが好い~ (3, 0.0%)

1 あんばいに, 塩梅に, 湯で

▼ だが如何~ (3, 0.0%)

1 うして, して, な彼女ら

▼ だが婆さん~ (3, 0.0%)

1 の息子, の腕前, はケロリ

▼ だが孔明~ (3, 0.0%)

1 はまったく, は一読, は由来

▼ だが学生~ (3, 0.0%)

1 が単なる, の僕, は直ぐ

▼ だが実に~ (3, 0.0%)

1 奇妙な, 妙だ, 美しいもの

▼ だが宮子~ (3, 0.0%)

1 の前, の姿, の眼

▼ だが家内~ (3, 0.0%)

1 はいっこう, はす, はどう

▼ だが富岡~ (3, 0.0%)

1 にはいま, は横, は死んだ

▼ だが小太郎~ (3, 0.0%)

1 に折られ, の眼, はその

▼ だが小樽~ (3, 0.0%)

1 の人, もそれ, や札幌

▼ だが少々~ (3, 0.0%)

1 梯子を, 注文が, 焼き過ぎたね

▼ だが少く~ (3, 0.0%)

1 ともオペラぢ, とも小林紋三, とも現在

▼ だが山奥~ (3, 0.0%)

2 で大きな 1 でもし

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 のあと, はいつ, は勢い

▼ だが左右~ (3, 0.0%)

1 のくたびれた, の仲間, の備え

▼ だが左膳~ (3, 0.0%)

1 のやつ, は木石, もさる者

▼ だが市十郎~ (3, 0.0%)

1 はせっかく, は歩こう, もこんど

▼ だが師直~ (3, 0.0%)

1 が気, はやや, は容れず

▼ だが帰っ~ (3, 0.0%)

1 てくる, てみる, て来た

▼ だが幾度~ (3, 0.0%)

1 その思ひ, もとり出し, 考へて

▼ だが広島~ (3, 0.0%)

2 が助かる 1 へ移つて

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 で縄, の芝生, へおろし

▼ だが~ (3, 0.0%)

3 之丞

▼ だが彩画~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ だが往来~ (3, 0.0%)

1 の人, の旅人, は彼

▼ だが待っ~ (3, 0.0%)

2 てくれ 1 ていた

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 が来た, はなんで, は健康

▼ だが後で~ (3, 0.0%)

1 お主婦さん, やかましいだろう, 貴官

▼ だが思え~ (3, 0.0%)

1 ばそれ, ば可哀そう, ば私

▼ だが急い~ (3, 0.0%)

1 てはいけない, でいっ, で獵師

▼ だが恐らくは~ (3, 0.0%)

1 今の, 女高師を, 百年待っ

▼ だが恰も~ (3, 0.0%)

1 この知識, 今宵は, 実証主義は

▼ だが悪く~ (3, 0.0%)

1 すると, すれば, 思はないで

▼ だが悪魔~ (3, 0.0%)

1 がこんな, にもしろ, は眠つたふり

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 せりは, について知るべき, の巣

▼ だが感覚~ (3, 0.0%)

1 のない, のみにその, は鈍い

▼ だが我輩~ (3, 0.0%)

1 はレイモンド嬢, は常に, も飯山学校

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 には鍵, はビク, は前

▼ だが支倉君~ (3, 0.0%)

1 そんな事, もしその, 当然そうなる

▼ だが政代~ (3, 0.0%)

1 のあの, の方, はその

▼ だが政枝~ (3, 0.0%)

2 の家 1 は寝床

▼ だが教養~ (3, 0.0%)

1 とはブルジョア教育哲学者達, とシステム, の内

▼ だが文明~ (3, 0.0%)

1 とか文化, と文化, は光

▼ だが斉彬~ (3, 0.0%)

1 が薬湯, の声, の急死

▼ だが日中~ (3, 0.0%)

2 は釣人 1 はなかなか

▼ だが日本主義~ (3, 0.0%)

1 はこうした, は何等, は幸

▼ だが早くから~ (3, 0.0%)

2 職業は 1 まづ寿詞

▼ だが明智~ (3, 0.0%)

1 はそういう, は少し, やきみたち

▼ だが昨夜~ (3, 0.0%)

1 から今朝, のこと, また犠牲

▼ だが時には~ (3, 0.0%)

1 何かに, 嵐の, 彼等の

▼ だが時間~ (3, 0.0%)

1 がたつ, が時間, の方

▼ だが智慧~ (3, 0.0%)

1 と技巧, によって宇宙, の林檎

▼ だが暴力~ (3, 0.0%)

2 を職責 1 で人

▼ だが月丸~ (3, 0.0%)

1 の返答, は何, は刀

▼ だが未だ~ (3, 0.0%)

1 一本あしの, 白無垢は, 重要なる

▼ だが本家~ (3, 0.0%)

1 に戻っ, に戻つ, はまた

▼ だが本書~ (3, 0.0%)

1 のよう, の価値, の目標

▼ だが~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の脚

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 がと変, の奥, もない

▼ だが根本~ (3, 0.0%)

1 においては断食芸人, において私, によこたわる

▼ だが案外~ (3, 0.0%)

1 なこと, 手強かった, 逃げた兵数

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 の下, を渡っ, を片手

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 の眼, の顔, はここ

▼ だが機械~ (3, 0.0%)

1 には反復, は疲れず, は補佐

▼ だが正成~ (3, 0.0%)

1 には気の毒, はころす, はどこ

▼ だが正面~ (3, 0.0%)

1 から簡単明瞭, と正面, には二本松

▼ だが此事~ (3, 0.0%)

1 はほんの, はもう, はもっと

▼ だが死ぬ~ (3, 0.0%)

1 ほどうつけ, までも女, 覚悟を

▼ だが死体~ (3, 0.0%)

1 がなくなった, の行方, をどう

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 のほか無言, の他, の他心

▼ だが気の毒~ (3, 0.0%)

1 にもそう, にも呪われ, にも彼ら

▼ だが水戸~ (3, 0.0%)

1 はひとり, は一笑, は首

▼ だが水木~ (3, 0.0%)

1 はそんな, は如何にも, は平然

▼ だが江戸時代~ (3, 0.0%)

1 から最近, でも明治, となる

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 から上つて, の中, の神さま

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 がながるる, が新吉, をため

▼ だが清二~ (3, 0.0%)

2 はすぐ 1 が工場疎開

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 のザンザ, の岩頭, はた

▼ だが~ (3, 0.0%)

2 はもう 1 のない

▼ だが火星人~ (3, 0.0%)

1 の姿, はいつも, はまさしく

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 が本当に, の論理, 雑作に

▼ だが無数~ (3, 0.0%)

1 の君, の無表情, の野花

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 としては人間, はもう, は向かっ

▼ だが父親~ (3, 0.0%)

1 の又右衛門, の罪, の説明

▼ だが片野さん~ (3, 0.0%)

1 は何かと, は力, は来なかった

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 だけは一度, はまた, まで来

▼ だが現に~ (3, 0.0%)

1 あなただって, 一つ, 今日の

▼ だが生憎~ (3, 0.0%)

1 うちの, その日自分, 支配人は

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 にとつて, の兵庫, の顔

▼ だが病人~ (3, 0.0%)

1 ではない, とは見えねえ, にさからっ

▼ だが病院~ (3, 0.0%)

1 の中, の玄関, は随分

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 が這い込む, の顔色, 次代の

▼ だが皮肉~ (3, 0.0%)

1 だねえ, な嘲弄, や諷語

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 ぐにはっとして後に, 胤は, 芳と

▼ だが知らぬ~ (3, 0.0%)

1 ふりで, ものには, 他国に

▼ だが社会科学~ (3, 0.0%)

1 に於ける, の問題, 乃至歴史科学

▼ だが祖父~ (3, 0.0%)

1 が戻, は大胆, は祖母

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 なもの, にはお客, れには

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 のどこ, の外, をあける

▼ だが答え~ (3, 0.0%)

1 て明快, はいらなかった, はない

▼ だが米友~ (3, 0.0%)

1 としては, としても地団太, の気性

▼ だが~ (3, 0.0%)

2 に流れ 1 だな

▼ だが美しい~ (3, 0.0%)

1 というの, 慶子が, 顔を

▼ だが群衆~ (3, 0.0%)

1 の現象, の頭, はすぐ

▼ だが義貞~ (3, 0.0%)

1 には義貞, の反応, の腹づもり

▼ だが翌年~ (3, 0.0%)

2 はとうとう 1 の秋

▼ だが翌朝~ (3, 0.0%)

2 になる 1 はまた

▼ だが老い~ (3, 0.0%)

1 たるベルリオーズ, たる観相家, ということ

▼ だが考えよう~ (3, 0.0%)

1 では, によってはその, によっては山県

▼ だが考える~ (3, 0.0%)

1 ことは, と罪ッ, に随

▼ だが聞く~ (3, 0.0%)

1 ところに, 処に, 方も

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 のすわった, の底, は黒い

▼ だが自分たち~ (3, 0.0%)

1 にとっては好意, のおどかし, の訴え

▼ だが自由~ (3, 0.0%)

1 とは果して, とは行き当りばったり, の国ロシア

▼ だが苦痛~ (3, 0.0%)

1 とは何, よりも阿, を軽く

▼ だが荘子~ (3, 0.0%)

1 はこの, はふかく, はまた

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 か何, の如き, はもう

▼ だが蛾次郎~ (3, 0.0%)

1 は卜斎, は蒲団, よ

▼ だが表面~ (3, 0.0%)

1 から見れ, では平静, 快く宝石商ヴァルダン

▼ だが西洋人~ (3, 0.0%)

1 には聞かされない, の虚無, の鼾

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 の膝, の間違, は男親

▼ だが親父~ (3, 0.0%)

1 が病身, の悠々, やおふくろ

▼ だが親爺~ (3, 0.0%)

1 はそういう, は聖護院八ツ橋, もいいかげん

▼ だが誰一人~ (3, 0.0%)

1 としてその, として動かない, として拷問

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 の向う側, はそれ, は巡査

▼ だが越前守~ (3, 0.0%)

1 の声, の真意, は自己

▼ だが軍部~ (3, 0.0%)

1 のイデオロギー, の述べた, も新

▼ だが農村~ (3, 0.0%)

1 のそういう, の祭り, の被害

▼ だが近所~ (3, 0.0%)

1 の者, の評判, の農家

▼ だが退屈~ (3, 0.0%)

1 といえ, によく, に苦しん

▼ だが逃げる~ (3, 0.0%)

1 ことは, とこんど, なよいざ

▼ だが運命~ (3, 0.0%)

1 というもの, は不可思議, は私

▼ だが過去~ (3, 0.0%)

1 はもう, を天地, 遠い歴史

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 右衛門ナア貴様も, 武は, 譯には

▼ だが釘勘~ (3, 0.0%)

1 そうするとそち, は迷う, も捕り

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 母の, 父さんは, 難は

▼ だが阿Q~ (3, 0.0%)

1 の今度, は一向, は結局

▼ だが随分~ (3, 0.0%)

1 可能性の, 悠長です, 長い旅行

▼ だが電話~ (3, 0.0%)

1 がかからない, はかからなかった, をかける

▼ だが電車~ (3, 0.0%)

1 が広漠, の運転手, を降り

▼ だが面白い~ (3, 0.0%)

1 ところは, には面白い, ものだ

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 には箸, の支度, も味噌汁

▼ だが香具師~ (3, 0.0%)

1 だと, の猪右衛門, も眼

▼ だが馬鹿~ (3, 0.0%)

1 だか, な誰, はおだやか

▼ だが騒ぎ~ (3, 0.0%)

2 はそれ 1 が大きく

▼ だが驚いた~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ことに

▼ だが驚くべき~ (3, 0.0%)

1 ことには, ことは, は尨大

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 時の, 時は, 時も

▼ だが~ (3, 0.0%)

1 だけは無造作, もひ, や形

▼ だが~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 は彼

▼ だがあい~ (2, 0.0%)

1 てのダッタン人, ては星

▼ だがあいかわらず~ (2, 0.0%)

1 口だけは, 異様な

▼ だがあげる~ (2, 0.0%)

1 まねを, ような

▼ だがあっし~ (2, 0.0%)

1 は日本左衛門, は金

▼ だがあっち~ (2, 0.0%)

1 は船長, は鬼門

▼ だがあなた自身~ (2, 0.0%)

2 の幸運

▼ だがあの大きな~ (2, 0.0%)

1 川へ, 樹の

▼ だがあぶれ~ (2, 0.0%)

1 て餓え, ものたちは

▼ だがあまりに~ (2, 0.0%)

1 この点, 静かな

▼ だがあらゆる~ (2, 0.0%)

1 人々は, 日の

▼ だがあわてる~ (2, 0.0%)

1 なと申せ, 事は

▼ だがあッ~ (2, 0.0%)

1 しばかりじゃ, といったの

▼ だがいいかね~ (2, 0.0%)

1 わしが, 己は

▼ だがいう~ (2, 0.0%)

1 だけはいった, までもなく

▼ だがいくらか~ (2, 0.0%)

1 違いましず, 青みを

▼ だがいささか~ (2, 0.0%)

1 テレた, 情に

▼ だがいっ~ (2, 0.0%)

1 ておく, てもいっ

▼ だがいっこう~ (2, 0.0%)

1 両人ともに, 潮が

▼ だがいっさい~ (2, 0.0%)

1 は急ぐ, わからない

▼ だがいったいどう~ (2, 0.0%)

2 したん

▼ だがいない~ (2, 0.0%)

1 のです, 人が

▼ だがいろいろ~ (2, 0.0%)

1 たずねて, な思いつき

▼ だがいわば~ (2, 0.0%)

1 われわれを, 仕事の

▼ だがいわゆる~ (2, 0.0%)

1 ゴーゴリの, 事志と

▼ だがうごき~ (2, 0.0%)

1 すがた, またその

▼ だがうしろ~ (2, 0.0%)

1 からは下流, から蜀兵

▼ だがうち~ (2, 0.0%)

1 の庭, の連中

▼ だがうまく~ (2, 0.0%)

1 うけとめられるかな, 教え込んで

▼ だがおおかた~ (2, 0.0%)

1 の社会, は混合

▼ だがおかあさん~ (2, 0.0%)

1 は稲, は遊ん

▼ だがおかしな~ (2, 0.0%)

1 ことが, 侍だ

▼ だがおせい~ (2, 0.0%)

1 よ氣, よ自分

▼ だがおそらくは~ (2, 0.0%)

1 その真似, 彼女の

▼ だがおとなしく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ だがおもしろい~ (2, 0.0%)

1 お話じゃ, ことには

▼ だがおや~ (2, 0.0%)

1 屋は, 朝鮮人だ

▼ だがお上~ (2, 0.0%)

1 の怖い, の文化

▼ だがお前さん何~ (2, 0.0%)

1 だぜ, の用

▼ だがお前たち~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は同じ

▼ だがお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 も, を隠した

▼ だがお松~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は寧ろ

▼ だがお父さん~ (2, 0.0%)

1 がどうか, はまるで

▼ だがかりに~ (2, 0.0%)

1 これを, 理性が

▼ だがかんじん~ (2, 0.0%)

1 な丹波, の中味

▼ だがぎりぎり~ (2, 0.0%)

1 まで行っ, 結着の

▼ だがくれぐれも~ (2, 0.0%)

1 忘れなさんなよ, 申して

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 のろくで, やつとても

▼ だがこの同じ~ (2, 0.0%)

1 作者が, 現代学生層が

▼ だがこの間~ (2, 0.0%)

1 に長谷川, 来た時

▼ だがこりゃあ~ (2, 0.0%)

1 みんな一時の, 途方も

▼ だがさあ~ (2, 0.0%)

1 たいへんだ, 出かける用意

▼ だがさうかと~ (2, 0.0%)

2 いつて

▼ だがさき~ (2, 0.0%)

1 に信長公, ほどの風

▼ だがさし当たり~ (2, 0.0%)

1 はおれたち, わたしたちは

▼ だがしかた~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, がねえもう

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 ぶんで, ぶんの

▼ だがじつに~ (2, 0.0%)

1 いい天氣, もてないね

▼ だがずいぶん~ (2, 0.0%)

1 痛かろう, 長く会わなかった

▼ だがずっと~ (2, 0.0%)

1 二篇を, 老けて

▼ だがせめて~ (2, 0.0%)

1 北の方でも, 自分だけなりと

▼ だがぜひとも~ (2, 0.0%)

1 かれを, そのお姫さま

▼ だがそうなると~ (2, 0.0%)

1 母親は, 稚市

▼ だがそこら~ (2, 0.0%)

1 が片, へ溢

▼ だがそれ丈~ (2, 0.0%)

1 けのこと, の謎

▼ だがそれ故~ (2, 0.0%)

1 にこそ夫, にこそ我

▼ だがそれ程~ (2, 0.0%)

1 さとりきって, まで洋服

▼ だがそろそろ~ (2, 0.0%)

1 とその, と青年期

▼ だがたいへん~ (2, 0.0%)

1 な損害, 幸運な

▼ だがたき~ (2, 0.0%)

1 とでもいうなれば, 君なら

▼ だがたくさん~ (2, 0.0%)

1 な幕, の武器

▼ だがたしか~ (2, 0.0%)

1 あの大臣, どこかに

▼ だがたつた~ (2, 0.0%)

1 一つ, 一つの

▼ だがだいぶ~ (2, 0.0%)

1 すいて, 日が

▼ だがだめ~ (2, 0.0%)

1 だ, だよ

▼ だがだんだん~ (2, 0.0%)

1 声の, 聞いて

▼ だがちかごろ~ (2, 0.0%)

1 は洋食, 博士は

▼ だがちっと~ (2, 0.0%)

1 は長びくだろう, ばかり神経質

▼ だがちゃんと~ (2, 0.0%)

1 おれは, わかって

▼ だがちよ~ (2, 0.0%)

1 つと可愛い, つと許

▼ だがつぎ~ (2, 0.0%)

1 に口, の瞬間

▼ だがつまらない~ (2, 0.0%)

1 と思う, ものを

▼ だがつれ~ (2, 0.0%)

1 て来, とみえる

▼ だがてめえ~ (2, 0.0%)

1 の挙げ, の首

▼ だがとうてい~ (2, 0.0%)

1 それだけ, 彼は

▼ だがときどき~ (2, 0.0%)

1 にもせよ, 疲れ切った役人たち

▼ だがともあれ~ (2, 0.0%)

1 と, 最後まで

▼ だがどうしてそう~ (2, 0.0%)

1 なったの, 僕を

▼ だがどうもまだ~ (2, 0.0%)

2 ふに

▼ だがどことなく~ (2, 0.0%)

1 落付い, 零落の

▼ だがどっちみち~ (2, 0.0%)

1 この土地ゃあ, 同じこと

▼ だがどのみち~ (2, 0.0%)

1 それの, 娘さんとは

▼ だがなんて~ (2, 0.0%)

1 まあ馬鹿げた, 青い顏

▼ だがにも~ (2, 0.0%)

1 拘らずリッケルト達, 拘らず日本

▼ だがにわかに~ (2, 0.0%)

1 クックッと, 態度を

▼ だがねえお~ (2, 0.0%)

1 八重さんお, 賤さん人間が

▼ だがはじめて~ (2, 0.0%)

1 みた諸々, 彼を

▼ だがはつきり~ (2, 0.0%)

1 と太い, と言

▼ だがばか~ (2, 0.0%)

1 にし, に足

▼ だがふたたび~ (2, 0.0%)

1 いやこんど, ここを

▼ だがふつう~ (2, 0.0%)

1 の人間, の竹

▼ だがふりかえっ~ (2, 0.0%)

1 て時計, て此

▼ だがほとんど~ (2, 0.0%)

1 同情的で, 自我を

▼ だがほん~ (2, 0.0%)

1 たうの, との味

▼ だがぼくら~ (2, 0.0%)

1 が犬, は人間

▼ だがまことに~ (2, 0.0%)

1 不思議です, 残念ながら

▼ だがまさに~ (2, 0.0%)

1 このやり, この業績

▼ だがまたもや~ (2, 0.0%)

1 丁寧に, 溜息を

▼ だがむしろ~ (2, 0.0%)

1 そのよう, ぶきみ

▼ だがもうすこし~ (2, 0.0%)

1 がまんしよう, 落ちついて

▼ だがもとより~ (2, 0.0%)

1 弦之, 返事は

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 しきは, はらかさ

▼ だがやきもき~ (2, 0.0%)

2 と何

▼ だがゆうべ~ (2, 0.0%)

1 は虚無僧, も寝ず

▼ だがよかっ~ (2, 0.0%)

1 たね, たよ

▼ だがわざと~ (2, 0.0%)

1 歪めて, 眼を

▼ だがわざわざ~ (2, 0.0%)

1 この深夜, 物好きに

▼ だがわたしたち~ (2, 0.0%)

1 が世界史, の見た

▼ だがわな~ (2, 0.0%)

2 さ神部

▼ だがわれら~ (2, 0.0%)

1 のむっつり, の名人

▼ だがアイヌ~ (2, 0.0%)

1 である, の生活そのもの

▼ だがアリョーシャ~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, はそれ

▼ だがカサ頭~ (2, 0.0%)

2 は食

▼ だがクリティシズム~ (2, 0.0%)

1 が所謂批評主義, のこの

▼ だがザマニロフカ~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ だがスタンダール~ (2, 0.0%)

2 は常に

▼ だがゼロ~ (2, 0.0%)

1 だと, にはなに

▼ だがソヴェト同盟~ (2, 0.0%)

1 じゃ正月, ではツァー

▼ だがソーンダイク~ (2, 0.0%)

1 が名刺, はそれ

▼ だがトランク~ (2, 0.0%)

1 のなか, をからっぽ

▼ だがトルストイ~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ だがドイツ~ (2, 0.0%)

1 の労働者, は見事

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 この祭礼, 人間にゃ

▼ だがナヂェージダ~ (2, 0.0%)

1 のほか, は彼

▼ だがナポレオン~ (2, 0.0%)

1 にとってはロシア, はヨーロッパ

▼ だがハッキリ~ (2, 0.0%)

1 いとしいひと, と見える

▼ だがバス~ (2, 0.0%)

1 の方, は速度

▼ だがバルザック~ (2, 0.0%)

1 の生きた, を恐怖

▼ だがヒエロニモ~ (2, 0.0%)

2

▼ だがファシズム~ (2, 0.0%)

1 という今日, は世界

▼ だがフロイト主義~ (2, 0.0%)

1 によって個人心理, はマルクス主義

▼ だがブラウン~ (2, 0.0%)

1 ならどうして, は首

▼ だがプロパー~ (2, 0.0%)

2 な意味

▼ だがヘーゲル~ (2, 0.0%)

1 の体系, の弁証法

▼ だがホテル~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ だがマアそいつ~ (2, 0.0%)

1 は後, は考えまい

▼ だがマリヤン~ (2, 0.0%)

1 の実母, の實母

▼ だがマルクス主義~ (2, 0.0%)

1 が退潮, は芸術

▼ だがモウ五分間アノ儘~ (2, 0.0%)

2 で居たら

▼ だがラスキン~ (2, 0.0%)

1 によって讃えられた, はかくする

▼ だがラツール~ (2, 0.0%)

1 はひとり, は姿

▼ だがランプ~ (2, 0.0%)

1 でさえ村, の消える

▼ だがリーロフ~ (2, 0.0%)

1 はくるし, はひるまなかった

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 とたび, と癖

▼ だが一体ここ~ (2, 0.0%)

1 の家, はばか

▼ だが一体全体~ (2, 0.0%)

1 そんな金, 彼は

▼ だが一夜~ (2, 0.0%)

1 に百五十年, 親しく彼

▼ だが一座~ (2, 0.0%)

1 の人々, の空気

▼ だが一日~ (2, 0.0%)

1 か二日, 少くとも

▼ だが一目~ (2, 0.0%)

1 彼の, 見ると

▼ だが一種~ (2, 0.0%)

1 の好男子, の義侠心

▼ だが一見~ (2, 0.0%)

1 して, 粗雑を

▼ だが一身上~ (2, 0.0%)

1 の必要, の都合

▼ だが七兵衛~ (2, 0.0%)

1 には親, は泣い

▼ だが七月七日~ (2, 0.0%)

1 という日, といふ日

▼ だが三位卿~ (2, 0.0%)

1 だけはおのれ, はピン

▼ だが三浦さん~ (2, 0.0%)

1 にし, の場合

▼ だが三瀦~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ だが三輪~ (2, 0.0%)

1 の兄哥, の親分

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の方, までのぼりきる

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 へ下りる, へ降りれ

▼ だが不具者~ (2, 0.0%)

1 の社会, の遍路

▼ だが不意~ (2, 0.0%)

1 と転入, にわれ

▼ だが両手~ (2, 0.0%)

1 はいつも, をついた

▼ だが両方~ (2, 0.0%)

1 とも口, とも自分

▼ だが中心~ (2, 0.0%)

1 たる女房時代以来, になり

▼ だが中田~ (2, 0.0%)

1 の記憶, はもう

▼ だが中野さん~ (2, 0.0%)

1 の調子, はひどく

▼ だが主膳~ (2, 0.0%)

1 がこの, はそういう

▼ だが乞食~ (2, 0.0%)

1 の上州, は悠然と

▼ だが事ここ~ (2, 0.0%)

1 になっ, に至っ

▼ だが事態~ (2, 0.0%)

1 がこんなに, はその

▼ だが二度目~ (2, 0.0%)

1 にひとり, の解剖

▼ だが五郎次~ (2, 0.0%)

1 が落着, は落着き

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 から三河, にのぼる

▼ だが亭主~ (2, 0.0%)

1 の方, を煽い

▼ だが人数~ (2, 0.0%)

1 は一群, は自分

▼ だが人間生活~ (2, 0.0%)

2 を他

▼ だが人類~ (2, 0.0%)

2 の幸福

▼ だが今ここ~ (2, 0.0%)

1 では岡部将軍, で科学

▼ だが今の~ (2, 0.0%)

1 が現実, は酒

▼ だが今や~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 玄竜は

▼ だが今川~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ だが今年~ (2, 0.0%)

1 になっ, の正月

▼ だが今度の~ (2, 0.0%)

1 には, は今

▼ だが今後~ (2, 0.0%)

1 は断然, も

▼ だが今朝~ (2, 0.0%)

1 になっ, は半人半魚

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 がその, のお

▼ だが仏頂寺~ (2, 0.0%)

1 がそう, も面

▼ だが仕合せ~ (2, 0.0%)

1 なこと, な事

▼ だが仲時~ (2, 0.0%)

1 には今, は正直

▼ だが仲間~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ だが伊代~ (2, 0.0%)

1 にはあやまち, には結局

▼ だが伊作~ (2, 0.0%)

2 は群衆

▼ だが伊豆~ (2, 0.0%)

2 の推量

▼ だが伏見~ (2, 0.0%)

1 でも苦しい, の里

▼ だが会合~ (2, 0.0%)

1 の場所, も回

▼ だが会社~ (2, 0.0%)

1 の方, の規則

▼ だが伝蔵~ (2, 0.0%)

1 はむしろ, を召し捕っ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 がすきとおっ, がふらふら

▼ だが何うに~ (2, 0.0%)

1 か抜け, も理由無し

▼ だが何で~ (2, 0.0%)

1 武蔵の, 生けどつたらい

▼ だが何とも~ (2, 0.0%)

1 いそがしいで, 為方

▼ だが何もかも~ (2, 0.0%)

1 お前さんのせゐだ, ひっくり返って

▼ だが何もかももう~ (2, 0.0%)

2 駄目だ

▼ だが何れ~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ だが何事~ (2, 0.0%)

1 もひし, も珍しい

▼ だが何年~ (2, 0.0%)

1 か見きわめ, と見きわめ

▼ だが何故か~ (2, 0.0%)

1 わからないが, 予期した

▼ だが何時も~ (2, 0.0%)

2 忠実に

▼ だが何時間~ (2, 0.0%)

1 およげるね, 経っても

▼ だが余りに~ (2, 0.0%)

1 あらわな, 思いつめて

▼ だが余計~ (2, 0.0%)

1 な事言, な口

▼ だが作家~ (2, 0.0%)

1 にもよる, の内的矛盾

▼ だが作家たち~ (2, 0.0%)

1 の生活, はやって来

▼ だが例えば~ (2, 0.0%)

1 スペインは, ニーチェは

▼ だが俺たち~ (2, 0.0%)

1 も一昨年, も生き

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に妻和子, の傘

▼ だが僕の~ (2, 0.0%)

1 はちゃんと, は極めて

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 は皮膚其もの, より兄

▼ だが兄弟俺~ (2, 0.0%)

1 の脚, は人間

▼ だが充分~ (2, 0.0%)

1 に抉り立てられた, 用心し

▼ だが克子~ (2, 0.0%)

1 の感覚, よ

▼ だが克巳~ (2, 0.0%)

1 はさっぱり, はさつ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 き了解, 工事を

▼ だが全体~ (2, 0.0%)

1 あの時娘, として階級闘争

▼ だが全作~ (2, 0.0%)

1 のコレクション, は全く

▼ だが八五郎~ (2, 0.0%)

1 はこの, は違います

▼ だが公園~ (2, 0.0%)

1 のベンチ, の中

▼ だが兵庫~ (2, 0.0%)

1 は他人, は眉

▼ だが兵曹長~ (2, 0.0%)

1 はすこし, はよほど

▼ だが兵部~ (2, 0.0%)

1 と右京, の心

▼ だが兵馬~ (2, 0.0%)

1 にとっては芝居どころ, はこの

▼ だが其以前~ (2, 0.0%)

1 から既に, から発生的

▼ だが其等~ (2, 0.0%)

1 の人, の本

▼ だが其許~ (2, 0.0%)

1 にはなんの用, のよう

▼ だが内匠頭~ (2, 0.0%)

1 はその, はわし

▼ だが内川~ (2, 0.0%)

1 は例外的, は豹

▼ だが内部~ (2, 0.0%)

1 の浪人群, はもぬけの殻

▼ だが内面的~ (2, 0.0%)

1 なもの, にすこし

▼ だが~ (2, 0.0%)

2 こんな風

▼ だが処々~ (2, 0.0%)

1 にはかつ, にはかつがつ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に仕方, の道

▼ だが力強い~ (2, 0.0%)

1 声で, 手で

▼ だが勉強~ (2, 0.0%)

1 しすぎちゃ, のほう

▼ だが動物~ (2, 0.0%)

1 にし, も人間

▼ だが勘定~ (2, 0.0%)

1 するの, の方

▼ だが勝川~ (2, 0.0%)

1 お蝶さん, のおばさん

▼ だが北支問題~ (2, 0.0%)

2 の結果

▼ だが区長たち~ (2, 0.0%)

2 に案内

▼ だが医者~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の言葉通り

▼ だが十分~ (2, 0.0%)

1 と歩かない, に戦った

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 九郎笑止らしくいった, 刻も

▼ だが博物館~ (2, 0.0%)

1 の前, は休み

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 てかうした, てさう

▼ だが却って~ (2, 0.0%)

1 それが, 静かな

▼ だが原稿~ (2, 0.0%)

1 の続き, は書く

▼ だが叔母さん~ (2, 0.0%)

1 が見えない, はイワン・フョードロ

▼ だが受難~ (2, 0.0%)

1 も来るだろう, を避け

▼ だが古代埃及~ (2, 0.0%)

2 の遺作

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に見, の六項目

▼ だが右手~ (2, 0.0%)

1 が無く, を十分

▼ だが吉次~ (2, 0.0%)

1 は, はゆうべ

▼ だが同じく~ (2, 0.0%)

1 公式と, 書斎人と

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 を附ける, 探偵明智小五郎に

▼ だが向こう~ (2, 0.0%)

1 でそいつ, へ泳ぐ

▼ だが君達~ (2, 0.0%)

1 はこの, はどうして

▼ だが周馬~ (2, 0.0%)

1 は退屈, らしい者

▼ だが味方~ (2, 0.0%)

1 も五十人, をする

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 がない, はこれ

▼ だが唯今~ (2, 0.0%)

1 は丑, は私

▼ だが唯物論~ (2, 0.0%)

1 とは何, は社会的歴史的

▼ だが喜久子~ (2, 0.0%)

1 はいくら酒, はその

▼ だが喜劇~ (2, 0.0%)

1 というの, と見える

▼ だが喧嘩~ (2, 0.0%)

1 はとにかく, をした

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の位置, をかく

▼ だが器用~ (2, 0.0%)

1 だけで, に出来てる

▼ だが四人~ (2, 0.0%)

1 の近侍達, はすっかり

▼ だが土地~ (2, 0.0%)

1 のほか, の奴ら

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に即し, の底

▼ だが地の利~ (2, 0.0%)

1 と嶮岨, は得

▼ だが地上~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, のあの

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 が高い, ごしの杏

▼ だが塙江漢~ (2, 0.0%)

1 は忘れ, もやはり

▼ だが声量~ (2, 0.0%)

1 に驚ろ, の豊か

▼ だが夏珪~ (2, 0.0%)

2 の山水

▼ だが夕方~ (2, 0.0%)

1 でい, になつて隣室

▼ だが多四郎~ (2, 0.0%)

1 とは何者, の後身

▼ だが多少~ (2, 0.0%)

1 とも文化的意義, 鈍重に

▼ だが夜中~ (2, 0.0%)

1 に妙, に自分

▼ だが夜明け~ (2, 0.0%)

1 となれ, まで

▼ だが大事~ (2, 0.0%)

1 なの, な点

▼ だが大人~ (2, 0.0%)

1 だと, の不用意

▼ だが大人達~ (2, 0.0%)

2 がラジオ

▼ だが大和~ (2, 0.0%)

1 の奴, の村

▼ だが大坂~ (2, 0.0%)

1 にも永く, や江戸

▼ だが大変~ (2, 0.0%)

1 って何事, な毒蛇

▼ だが大学~ (2, 0.0%)

1 に行っ, は黙っ

▼ だが大江山課長~ (2, 0.0%)

1 はこの, もまさか

▼ だが大河内氏~ (2, 0.0%)

1 の科学主義, の科学主義工業

▼ だが大祓詞~ (2, 0.0%)

2 は放つ

▼ だが大義~ (2, 0.0%)

1 の道, を取るべき

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 は悪人, も地

▼ だが天才~ (2, 0.0%)

1 は一時代, への崇拝

▼ だが天皇~ (2, 0.0%)

1 はすでに, 御むほん

▼ だが女中~ (2, 0.0%)

1 に銀貨, の話

▼ だが女子~ (2, 0.0%)

1 のあらそい, の方

▼ だが女王~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は彼

▼ だが女達~ (2, 0.0%)

1 は愚か, は相手

▼ だが如何に~ (2, 0.0%)

1 日本的な, 確かなる

▼ だが如何にも~ (2, 0.0%)

1 彼女は, 自然に

▼ だが妙子~ (2, 0.0%)

1 にはいつか, はどうして

▼ だが姉さん僕~ (2, 0.0%)

1 はどうしても, は何

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 御, 御声

▼ だが姿~ (2, 0.0%)

1 はない, はわからない

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 は欲張り女, も爺

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 といふこと, はれ通して

▼ だが子ども~ (2, 0.0%)

1 は, は一寸法師

▼ だが子供達~ (2, 0.0%)

1 には母, はあきらめ

▼ だが宇宙~ (2, 0.0%)

1 には善, に関する近代的理念

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 んじ, 南人の

▼ だが宗教~ (2, 0.0%)

1 の持つ, の真理

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 くねえぜ, く考えて

▼ だが実在~ (2, 0.0%)

1 の任意, の王子ハムレット

▼ だが室内~ (2, 0.0%)

1 の光線, はもう

▼ だが室崎~ (2, 0.0%)

1 と一騎打, の下級生

▼ だが容易~ (2, 0.0%)

1 でない相手, に手

▼ だが富子~ (2, 0.0%)

1 の方, は案外

▼ だが寝床~ (2, 0.0%)

1 さえ拝借, の中

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を言

▼ だが小さい~ (2, 0.0%)

1 一つの, 時から

▼ だが小人~ (2, 0.0%)

1 と異, の小人ぶり

▼ だが小人国~ (2, 0.0%)

2 から大人国

▼ だが小倉君君~ (2, 0.0%)

1 の言う, はどっち

▼ だが小六~ (2, 0.0%)

1 はかえって, は神

▼ だが小林少年~ (2, 0.0%)

1 が来, は虫

▼ だが小田富子~ (2, 0.0%)

1 の名, の顔

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 うしお年を, しめちゃ

▼ だが少女~ (2, 0.0%)

1 はつと, は敏捷

▼ だが少年たち~ (2, 0.0%)

1 はそんな, は必ず

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 溯ると, 考へて

▼ だが屋敷~ (2, 0.0%)

1 のうち, の者

▼ だが山家~ (2, 0.0%)

2 らしい質素

▼ だが岩瀬氏~ (2, 0.0%)

1 がいわれる, は深く

▼ だが岸本監督~ (2, 0.0%)

1 はさすが, はすぐ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の上, の城島台

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 とは見えない, はさっぱり

▼ だが巡査~ (2, 0.0%)

1 とは, の来る

▼ だが工場~ (2, 0.0%)

1 の中, の玄関

▼ だが工藝美~ (2, 0.0%)

1 という概念, を見る

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 当って, 当っての

▼ だが帰る~ (2, 0.0%)

1 なよあちら, 途中で

▼ だが常に~ (2, 0.0%)

1 いつでも, 向ふ

▼ だが幕府~ (2, 0.0%)

1 から普請料, もここ

▼ だが幸運~ (2, 0.0%)

1 というの, にもこの

▼ だが庄谷~ (2, 0.0%)

1 の方, は知らない

▼ だが床の間~ (2, 0.0%)

1 には祖父, の隅

▼ だが廃墟~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ だが弁証法~ (2, 0.0%)

1 というもの, に於

▼ だが弁護士~ (2, 0.0%)

1 は壁, は黙っ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 は取らなけれ, も張り拡げた

▼ だが引き~ (2, 0.0%)

1 さがる, 移るの

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の腕, の高

▼ だが弟子入り~ (2, 0.0%)

1 しようなどとは, はない

▼ だが弾丸~ (2, 0.0%)

1 は悉く, は戸倉老人

▼ だが当時~ (2, 0.0%)

1 はそれ, 実際の

▼ だが彦太~ (2, 0.0%)

1 は何, は彼女

▼ だが彩畫~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 を感心, 兼が

▼ だが彼女ら~ (2, 0.0%)

1 の間, はその

▼ だが往々~ (2, 0.0%)

1 にし, 大人は

▼ だが後ろ~ (2, 0.0%)

1 からだ, を振り返つ

▼ だが復一~ (2, 0.0%)

1 にはまだ, はこの

▼ だが微力~ (2, 0.0%)

2 な作家

▼ だが心臓~ (2, 0.0%)

1 が昂っ, の止った

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 れるに, ろしい

▼ だが思いきっ~ (2, 0.0%)

1 てやらなけれ, てよけれ

▼ だが思へ~ (2, 0.0%)

1 ば思ふ, ば短

▼ だが急ぎ~ (2, 0.0%)

1 ながら, の道中

▼ だが怪我~ (2, 0.0%)

1 の方, をした

▼ だが怪異~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ だが恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 熱い蒸気, 計画的な

▼ だが悪い~ (2, 0.0%)

1 ことは, 時には

▼ だが情愛~ (2, 0.0%)

1 の発露, を以てさらに

▼ だが惇氏氏~ (2, 0.0%)

1 はただ, は笑っ

▼ だが惜しい~ (2, 0.0%)

1 かなまだ, 事に

▼ だが惜しむらくは~ (2, 0.0%)

1 あんたが, どれも

▼ だが惨劇~ (2, 0.0%)

2 の跡

▼ だが愉快~ (2, 0.0%)

1 だ, な形式

▼ だが感心~ (2, 0.0%)

1 なこと, に若い

▼ だが感情~ (2, 0.0%)

1 に激, のうごき

▼ だが慎作~ (2, 0.0%)

1 は何気なく, は祖父

▼ だが憎まれさげすまれる~ (2, 0.0%)

1 ということ, といふ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 程これ, 程その

▼ だが成政~ (2, 0.0%)

1 はいつも, も利家

▼ だが我等~ (2, 0.0%)

2 の主人公

▼ だが或いは~ (2, 0.0%)

1 それ故に, 彼の

▼ だが戦後~ (2, 0.0%)

1 に何, の狂瀾怒濤

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 は鎖し, をあけ

▼ だが戸川氏~ (2, 0.0%)

2 の発明

▼ だが戸籍~ (2, 0.0%)

1 のない, を洗っ

▼ だが房枝~ (2, 0.0%)

1 にはこういう, のああ

▼ だが所謂象徴詩人~ (2, 0.0%)

2 の象徴詩

▼ だが扁理~ (2, 0.0%)

2 の心理

▼ だが手前~ (2, 0.0%)

1 たちゃ駄目さ, は己

▼ だが手前ら~ (2, 0.0%)

1 にゃ手前ら, は駄

▼ だが手紙~ (2, 0.0%)

1 は書い, よりよい

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 から汝南, はあっ

▼ だが拙者~ (2, 0.0%)

1 とても十日後, は腕力

▼ だが挿絵~ (2, 0.0%)

1 はその, を描き得る

▼ だが探し~ (2, 0.0%)

2 ても探し

▼ だが推理~ (2, 0.0%)

1 を今後, を起す

▼ だが提灯~ (2, 0.0%)

1 は三つ, を持った

▼ だが~ (2, 0.0%)

2 の鼈甲牡丹

▼ だが支店長代理~ (2, 0.0%)

1 のところ, は全然

▼ だが支配人~ (2, 0.0%)

1 の養子, はグレ

▼ だが放火~ (2, 0.0%)

1 を挙げる, を擧げる

▼ だが政友会~ (2, 0.0%)

1 は政友会, は本当に

▼ だが敏子~ (2, 0.0%)

1 には会えない, を中心

▼ だが救い~ (2, 0.0%)

1 は, への道

▼ だが敵機~ (2, 0.0%)

1 は本当に, は照空灯

▼ だが文子~ (2, 0.0%)

1 ははたして, は決して

▼ だが文章~ (2, 0.0%)

1 はどう, も表現

▼ だが文部大臣~ (2, 0.0%)

1 がこの, たる以上

▼ だが斉彬公~ (2, 0.0%)

1 の愛, は日本国中

▼ だが斯ん~ (2, 0.0%)

1 な法螺, な途方

▼ だが新子~ (2, 0.0%)

1 はどうせ, はもう

▼ だが新聞紙~ (2, 0.0%)

1 の下らない, はまだ

▼ だが旅先~ (2, 0.0%)

1 だ, の柳斎

▼ だが旅費~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ だが日常性~ (2, 0.0%)

1 というもの, 乃至常識

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 佐竹家蔵の, 著の

▼ だが早朝~ (2, 0.0%)

2 から発せられた

▼ だが明らか~ (2, 0.0%)

1 にあらゆる, に聞えた

▼ だが明晩~ (2, 0.0%)

2

▼ だが明智君おれ~ (2, 0.0%)

1 はおどかし, はやっぱり

▼ だが昔毎日彼~ (2, 0.0%)

1 と顏, と顔

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 じゃない, に率いられる

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 という証拠, は不可能

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の光, の陣座

▼ だが時事~ (2, 0.0%)

1 のドア, のドアー

▼ だが時刻~ (2, 0.0%)

1 は刻々, は移っ

▼ だが時勢~ (2, 0.0%)

1 がどうも, のあらし

▼ だが時期~ (2, 0.0%)

1 から見る, が少し

▼ だが最前~ (2, 0.0%)

1 おて, この小僧

▼ だが最早~ (2, 0.0%)

1 それに, やどうにも

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 というの, 明月を

▼ だが有難う~ (2, 0.0%)

1 ございました, 御座いました

▼ だが望み~ (2, 0.0%)

1 とあれ, のない

▼ だが朝廷~ (2, 0.0%)

1 という名, にせよ

▼ だが朝鮮~ (2, 0.0%)

1 にいた, の文人達

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の枝, 之助

▼ だが木下~ (2, 0.0%)

1 は当主, 大五郎

▼ だが木犀~ (2, 0.0%)

2 らしい硬い

▼ だが未来~ (2, 0.0%)

1 へ逐い込む, をシンテーゼ

▼ だが未練~ (2, 0.0%)

1 といっ, はまだ

▼ だが本人~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は深く

▼ だが本土決戦~ (2, 0.0%)

2 の気配

▼ だが本島人~ (2, 0.0%)

1 の上流階級, はその

▼ だが本当はそう~ (2, 0.0%)

1 では, 云っては

▼ だが本心~ (2, 0.0%)

1 というもの, をつきとめ

▼ だが本質~ (2, 0.0%)

1 が異, はそこ

▼ だが材料~ (2, 0.0%)

1 の収集, はまだ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 て見, て見れ

▼ だが来た~ (2, 0.0%)

1 からにや只, ついでだ

▼ だが来る~ (2, 0.0%)

1 かね, んだ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に向いた, の村

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の樹, は得意

▼ だが染吉~ (2, 0.0%)

1 の作, はその

▼ だが格太郎~ (2, 0.0%)

1 にとっては単に, の仏心

▼ だが森田~ (2, 0.0%)

1 は結局, も変り

▼ だが椿岳~ (2, 0.0%)

1 の市価, は根から

▼ だが権利~ (2, 0.0%)

1 という点, は持っ

▼ だが権威~ (2, 0.0%)

1 ある送信局, なくし

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 だふし, に広い

▼ だが樽野~ (2, 0.0%)

1 の母, はもう

▼ だが機影~ (2, 0.0%)

2 は見えず

▼ だが次第に~ (2, 0.0%)

1 それも, 近づくに従って

▼ だが正三~ (2, 0.0%)

2 はやはり

▼ だが正午頃それら~ (2, 0.0%)

2 の村

▼ だが正太~ (2, 0.0%)

1 には警察, はしずん

▼ だが正義~ (2, 0.0%)

1 の女神, は神

▼ だが武士~ (2, 0.0%)

1 であり剣客, の娘

▼ だが歩く~ (2, 0.0%)

1 に連れ, 力は

▼ だが歴史的~ (2, 0.0%)

1 ということ, な根拠

▼ だが歴史記述~ (2, 0.0%)

2 のこの

▼ だが死ぬまえ~ (2, 0.0%)

1 にこの, にほんの

▼ だが殆ど~ (2, 0.0%)

2 毎朝の

▼ だが残った~ (2, 0.0%)

1 連中は, 郷士の

▼ だが殺し~ (2, 0.0%)

1 といふ現, もせず

▼ だが殿様~ (2, 0.0%)

1 が全く, どう御

▼ だが母さん~ (2, 0.0%)

1 が, が来たら

▼ だが毒瓦斯~ (2, 0.0%)

1 が来る, の効目

▼ だが民弥~ (2, 0.0%)

1 は夢中, は苦

▼ だが気味悪い~ (2, 0.0%)

1 ほどハッキリ, 声であった

▼ だが~ (2, 0.0%)

2 がつく

▼ だが水垢~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 くさくていかん, は出た

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の行動, は愚鈍

▼ だが江漢~ (2, 0.0%)

2 は仆

▼ だが池上~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は首

▼ だが決心~ (2, 0.0%)

1 と憤慨, はついた

▼ だが油斷~ (2, 0.0%)

1 はならない, をし

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 のふち, は腰

▼ だが法律~ (2, 0.0%)

1 と云, は真実

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に動く, のごとくゆれ

▼ だが波浪~ (2, 0.0%)

1 のまにまに, はなんと

▼ だが泥棒~ (2, 0.0%)

1 でさ, はそれ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の国人, 多女

▼ だが流石~ (2, 0.0%)

1 に専門家, のお前

▼ だが浅草~ (2, 0.0%)

1 というところ, の女

▼ だが浮気~ (2, 0.0%)

1 の道, をし

▼ だが海蛇~ (2, 0.0%)

1 などの悪漢, のやつ

▼ だが消え~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ だが深く~ (2, 0.0%)

1 思うと, 進めば

▼ だが温泉~ (2, 0.0%)

1 に行きたい, へは入らず

▼ だが滅多~ (2, 0.0%)

1 にひと, に返事

▼ だが漁業問題~ (2, 0.0%)

2 の解釈

▼ だが漱石~ (2, 0.0%)

1 の生涯, を一個

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 がそろそろ, にまかせ

▼ だが激しい~ (2, 0.0%)

1 世相の, 陣痛の

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の消えた, の消された

▼ だが災難~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ だが無意識~ (2, 0.0%)

1 だから, の間

▼ だが無理~ (2, 0.0%)

1 じゃあねえ, をし

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 う白, した

▼ だが然し~ (2, 0.0%)

1 それこそ, 姉御内の

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の散っ, の散った

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 と足指, のあと

▼ だが爺さん~ (2, 0.0%)

1 じゃあ色気, そりゃたしか

▼ だが物事~ (2, 0.0%)

1 はいや, はいや応なし

▼ だが物質的~ (2, 0.0%)

2 な部分

▼ だが独り~ (2, 0.0%)

1 で寝ちまっ, ぼッ

▼ だが狭い~ (2, 0.0%)

1 から機械, と云っ

▼ だが玉太郎~ (2, 0.0%)

1 と二人, の一行

▼ だが珍しく~ (2, 0.0%)

1 古風な, 四囲は

▼ だが現実的~ (2, 0.0%)

1 な技術, にはただそれで

▼ だが理由~ (2, 0.0%)

1 が解らないで, を聞い

▼ だが瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 考えて, 考へて

▼ だが甘え~ (2, 0.0%)

1 ておく, の時

▼ だが生き~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ だが生存~ (2, 0.0%)

2 の脅威

▼ だが生活~ (2, 0.0%)

1 とは多分, の実感

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の灯, もいい加減

▼ だが疑い~ (2, 0.0%)

1 をのこす, を晴らした

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 なん, にさはる

▼ だが白日~ (2, 0.0%)

2 とは何

▼ だが白昼広島上空~ (2, 0.0%)

2 を旋回中

▼ だが直ぐ~ (2, 0.0%)

1 気が, 頭の

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に憂ふべき, の昏睡時

▼ だが真意~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は嘲り

▼ だが真相~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は彼ら

▼ だが眼八~ (2, 0.0%)

1 の十手, は我

▼ だが着物~ (2, 0.0%)

1 にかくれ, の裾

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 にも眉, を移す

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 っぱり筋道, つ張りもと

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 が不当, は無心

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の歩廊, は三つ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 とした, にこの

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の首脳部たち, 大党

▼ だが社会~ (2, 0.0%)

1 の下部構造, は必ずしも

▼ だが社会学~ (2, 0.0%)

1 が有, 乃至社会科学

▼ だが社会的地位~ (2, 0.0%)

1 がすべて土地, というもの

▼ だが神様~ (2, 0.0%)

1 からこ, は別段

▼ だが神秘~ (2, 0.0%)

1 の龍, を感じ

▼ だが神賀詞~ (2, 0.0%)

2 に比べる

▼ だが私ども~ (2, 0.0%)

1 の人生, の村

▼ だが私の~ (2, 0.0%)

1 は世間なみ, は濡れ

▼ だが私達~ (2, 0.0%)

1 はもうこ, も可哀そう

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の七草, の風

▼ だが秋田犬~ (2, 0.0%)

1 という図抜け, を買いたい

▼ だが科学主義工業~ (2, 0.0%)

1 というそれ, による高

▼ だが科学的~ (2, 0.0%)

1 であること, という言葉

▼ だが科学者~ (2, 0.0%)

1 のいう, は生命

▼ だが科学論~ (2, 0.0%)

1 という言葉, も亦

▼ だが突然~ (2, 0.0%)

1 さきに, わしと

▼ だが窮極~ (2, 0.0%)

1 には自分, のところ

▼ だが竹山~ (2, 0.0%)

2 の云つて

▼ だが竹童~ (2, 0.0%)

1 のつかんだ, は真剣

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 にふくませる, を起す

▼ だが範疇~ (2, 0.0%)

1 は元来, 又は範疇組織

▼ だが紅葉山人~ (2, 0.0%)

2 と同

▼ だが紋三~ (2, 0.0%)

1 のこの, はここ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 と言, と言え

▼ だが素人~ (2, 0.0%)

1 であるだけに, のこと

▼ だが素敵~ (2, 0.0%)

2 に精神

▼ だが素質~ (2, 0.0%)

1 に於, の方

▼ だが細君~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は若し

▼ だが経験~ (2, 0.0%)

1 と省察, はえらい

▼ だが緑色~ (2, 0.0%)

2 の季節

▼ だが練吉~ (2, 0.0%)

1 のひきつ, の妻

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 をはずし, をまたい

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 であり更に, に出

▼ だが署名~ (2, 0.0%)

1 は尊氏, を終っ

▼ だが美佐子~ (2, 0.0%)

1 が私, の方

▼ だが群集~ (2, 0.0%)

1 のこうした, はあまりに

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, の心

▼ だが習性~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ だが習慣~ (2, 0.0%)

1 がつい, のよう

▼ だが考へる~ (2, 0.0%)

1 と, とやはり

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 についで, をかす

▼ だが~ (2, 0.0%)

2 でないもの

▼ だが職業~ (2, 0.0%)

1 といふやつ, として毎日多く

▼ だが背中~ (2, 0.0%)

1 の破れた, の老母

▼ だが背後~ (2, 0.0%)

1 の夫, へ引こう

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 くお前, く考え

▼ だが脇の下~ (2, 0.0%)

2 にはほんとう

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 から下, にも胸

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の関節, ぶしは

▼ だが自分達~ (2, 0.0%)

1 の利潤, の力

▼ だが自動車~ (2, 0.0%)

1 が行き過ぎ, はゴー

▼ だが自然科学~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の

▼ だが自身~ (2, 0.0%)

1 が気がつく, の姿

▼ だが自転車~ (2, 0.0%)

1 なんか買っ, の男

▼ だが舞台~ (2, 0.0%)

1 にのせる, の荒んだ

▼ だが芝居~ (2, 0.0%)

1 でも御覧, とすれ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 しかった, 少し

▼ だが若しも~ (2, 0.0%)

1 彼女が, 細胞が

▼ だが英国~ (2, 0.0%)

1 くらい昔, の顛覆

▼ だが茶碗~ (2, 0.0%)

2 や茶入

▼ だが草鞋~ (2, 0.0%)

1 をしらべ, を売る

▼ だが~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に触れた, をあける

▼ だが蕎麦~ (2, 0.0%)

1 の味, は不思議

▼ だが藤夜叉~ (2, 0.0%)

1 は, よっく胸

▼ だが藤次~ (2, 0.0%)

1 にはその, は顔

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 はやはり, は朝鮮

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 かも知れ, がついた

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 が音楽, をそつ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 と虫, はちつ

▼ だが衣通媛~ (2, 0.0%)

2 の名代

▼ だが被害~ (2, 0.0%)

1 はまず, は書どころ

▼ だが被害地~ (2, 0.0%)

1 ではすでに, の極貧

▼ だが見た~ (2, 0.0%)

1 ため知った, 所よりも

▼ だが見合い~ (2, 0.0%)

1 が難関, なんてもの

▼ だが見物人~ (2, 0.0%)

1 が見世物, の声

▼ だが親分~ (2, 0.0%)

1 どうしてそんな, はどう

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の分らない, を云わない

▼ だが詩人~ (2, 0.0%)

1 というの, にし

▼ だが話し手~ (2, 0.0%)

1 である山下自身, としては秋風落莫

▼ だが説明~ (2, 0.0%)

1 の仕様, をし

▼ だが謙信~ (2, 0.0%)

1 としては可愛い, にはこの

▼ だが警察~ (2, 0.0%)

1 では早く, の保護

▼ だが貧富~ (2, 0.0%)

1 は互に, を超越

▼ だが資本主義社会~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ だが賞与~ (2, 0.0%)

2 さえ出る

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 を選び, 彌の

▼ だが赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 の顔, は生涯

▼ だが趙雲~ (2, 0.0%)

1 に向っ, は苦

▼ だが足りない~ (2, 0.0%)

1 ものが, 物は

▼ だが足軽~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ だが身狹乳母~ (2, 0.0%)

2 の計

▼ だが身狹刀自自身~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 が廻り切れない, 懸とは

▼ だが車軸~ (2, 0.0%)

1 はいつ, を流す

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 よつて, 來接近し

▼ だが近代的~ (2, 0.0%)

2 大新聞

▼ だが逃げ出す~ (2, 0.0%)

1 となる, ひまは

▼ だが~ (2, 0.0%)

2 に一度位

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 が悪く, 悪く出られなかった

▼ だが道場~ (2, 0.0%)

1 ではどこ, を継ぐ

▼ だが道楽息子~ (2, 0.0%)

1 が直, にはち

▼ だが達人~ (2, 0.0%)

1 だなど, は達人

▼ だが違う~ (2, 0.0%)

1 ぞこれ, 私に

▼ だが遠方~ (2, 0.0%)

1 に行く, に行っ

▼ だが遺憾~ (2, 0.0%)

1 ながらそれ, ながら昨夜目測

▼ だが部下~ (2, 0.0%)

1 の兵ら, の巡査

▼ だが郵便局~ (2, 0.0%)

1 にそれ, にでも預けた

▼ だが郷里~ (2, 0.0%)

1 の土, へ引

▼ だが郷里といつて~ (2, 0.0%)

1 も随分, も隨分

▼ だが酔い~ (2, 0.0%)

1 は少し, も消しとんじまいました

▼ だが里子~ (2, 0.0%)

1 は抵抗, は男

▼ だが重ねて~ (2, 0.0%)

2 云うが

▼ だが金さん~ (2, 0.0%)

1 その写真, の身

▼ だが金吾~ (2, 0.0%)

1 が居る, の空

▼ だが鉄砲~ (2, 0.0%)

1 ではない, ならば

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 じゃア, それから銅

▼ だが銀座~ (2, 0.0%)

1 にでかける, の真夜中

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 はなし, をやる

▼ だが錦子~ (2, 0.0%)

1 が煩悶, はいや

▼ だが鎌倉~ (2, 0.0%)

1 はすてる, は真

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に顔, の前

▼ だが長く~ (2, 0.0%)

1 も迷っ, 家を

▼ だが長男~ (2, 0.0%)

1 の袁譚, は棒

▼ だが門口~ (2, 0.0%)

1 に立っ, の格子

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の悪い, も無く

▼ だが関ヶ原~ (2, 0.0%)

1 の一戦, を見

▼ だが関東~ (2, 0.0%)

1 の海, 諸豪

▼ だが関羽~ (2, 0.0%)

1 にはその, の眼

▼ だが閣下~ (2, 0.0%)

1 のおっしゃる, は殺害

▼ だが阪井~ (2, 0.0%)

1 の方, の親父

▼ だが陶器師~ (2, 0.0%)

1 は刀, は動じなかった

▼ だが隊長~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は複雑

▼ だが障子~ (2, 0.0%)

1 は開いた, をあける

▼ だが雪子~ (2, 0.0%)

1 の魅せられた, は羞

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の懐, の閉じる

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 かと眺め, のよう

▼ だが青木君~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ だが面白~ (2, 0.0%)

1 かつたな, そうな

▼ だが須永~ (2, 0.0%)

1 は犯した, は自分

▼ だが頭脳~ (2, 0.0%)

1 の所産, の驚嘆

▼ だが顔付~ (2, 0.0%)

1 では別に, は皆目

▼ だが風浪~ (2, 0.0%)

1 がやまない, よりもわるい

▼ だが食う~ (2, 0.0%)

1 だけの金, ものが

▼ だが飽くまでも~ (2, 0.0%)

1 こういう意図, だ

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の匂, 之助

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 の尻, も跛行

▼ だが馬琴~ (2, 0.0%)

1 が少時栗山, は出身

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 に下りた, に着い

▼ だが騎馬~ (2, 0.0%)

1 にかけては三位卿, の武者

▼ だが高い~ (2, 0.0%)

1 山を, 板敷から

▼ だが高子~ (2, 0.0%)

2 にもまして

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 と云う, には魚

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 がかかったら, なんか捕っ

▼ だが鹿~ (2, 0.0%)

1 とのこれら, は可愛い

▼ だが黒い~ (2, 0.0%)

1 服の, 真綿の

▼ だが黙っ~ (2, 0.0%)

1 てい, てぶるぶる

▼ だが~ (2, 0.0%)

1 が一等きき目, のない

▼1* [4450件]

だがあいつらのよう, だがあいつ変な顔, だがあいつ等は武装, だがあいにくはじめに, だがあいまい模糊な尊氏, だがあきらかに彼, だがあきらめられないのだ, だがあくる朝その, だがあくる日午餐のあと, だがあけすけに分らない, だがあければすぐ, だがあさはかな奴らが, だがあしたからの来る, だがあす結婚の申, だがあそこなんぞはあれ, だがあたいはやっぱり, だがあたかも彼に対して, だがあたふたと忙裏, だがあなたがたは何人, だがあなた方は私たち, だがあにいには大がい, だがあはれやその同じ, だがあふのけになつ, だがあぶなくお前たちに, だがあまた手下を, だがあめ湯が飲みたい, だがあやしいことに, だがあゆ通の喜ぶ, だがあらかじめもう少し説明しません, だがありやあ平ら, だがありがたいことに, だがありゃもう二, だがあるいはそれ以外に, だがあれぁだれかが悪戯をしてる, だがあわせてこの, だがあわただしく響かせて, だがあんこの上, だがあんたあれが今, だがあんたがたに親切, だがあんた方あ水戸, だがあゝ御空の, だがいあわせた出淵孫兵衛の, だがいい女らしいね, だがいきおい春雄の, だがいきなり二つ目から, だがいくらそうでもとかく, だがいくらどうあんじたところ, だがいくら力を入れ, だがいく日も庭, だがいけないことに, だがいざとなる, だがいしのへい, だがいずれことごとくの国, だがいそがねばならぬ, だがいたいけなもの, だがいたわる方の, だがいっしょに酌みかわさない, だがいったように, だがいったいこう云う風, だがいっとくが家, だがいつかはいつか, だがいつか絶滅する時, だがいつそこのおばアさん, だがいつぞや犬山城の, だがいつのまにかぐっすりと眠, だがいつの間に誰が, だがいつみてもいい, だがいつわれわれは飛行機, だがいのちが刻み出た, だがいぶかしいのは, だがいまいましい奴等だ, だがいまさら現在の, だがいまそこから来, だがいまに化の, だがいまサザンプトンとデエバアス, だがいま勘解由は正面, だがいま和尚さんが烏谷, だがいま彼等の目前, だがいま房枝はそんな, だがいま日本にあり余る, だがいま東京では男山, だがいま棺のなか, だがいま素子の日曜日, だがいやいやそうでも, だがいやだからして, だがいよいよもういけないという, だがすら覚え, だがうさんな旅法師, だがうなぎ養殖者はとかく, だがうらぶれた身なりの, だがえらいやつが, だがおいそれと直ぐには, だがおいらなんざあ怖くも, だがおいアリョーシャいったいおまえ, だがおえつは欣, だがおおよその捜索方針, だがおかげさまでとんだ, だがおかみは, だがおかみさんの顔, だがおくの手は, だがおくれたといつ, だがおこるな, だがおさまらないのは, だがおじさんは用, だがおじさん帽子の縁, だがおそろしく幼時は, だがおちていく, だがおっ母これから, だがおっかさんに一応, だがおっしゃる様な, だがおとといの晩, だがおとなの居留民達, だがおどけと云う, だがおどろいたのは, だがおどろくのは, だがおなじように, だがおののくに, だがおばあさんもそんな, だがおびえ切った六歳の, だがおまえさんが自分, だがおまえ坑夫になりたい, だがおやじになら売れるだろう, だがおやじめ様子が怪しい, だがおらアそのうち, だがおるすならあんたでも, だがおれ達の商売, だがおろして見る, だがお互いのよう, だがお互い命を捨てる, だがお互い様のこった, だがお初どのそ, だがお初ッて奴, だがお前さん一人ぼっちでこんな, だがお前それを承知, だがお前人の心, だがお前何を一体, だがお姫様の病気, だがお客で家, だがお家騷動はする, だがお断りをする, だがお正月と共に万事, だがお気のどく, だがお玉杓子だけは相, だがお笑いなさいまし御, だがお腹を空かし, だがお茶といえ, だがお蔦は朝, だがお詫びの印, だがお話の開山上人, だがお隣の坂上とよ子, だがお雪ちゃんお前さんという人, だがあいそう, だがかういう場合の, だがかう言うては眞實, だがかえだまに, だがかえりしなに, だがかえりつくとそこ, だがかぎがかかっ, だがかけてはいけない, だがかそけきものか弱き, だがかたわぐらいにはなる, だがかたつむりは吾, だがかなしいことには, だがかなわぬ時に, だがかぶきをどり, だがかぶっている, だがからすはりこう, だがかわいた空気は, だがかわったすがたを, だがかんがえてもみろ, だががんまくと, だががんりきをがんりき, だがきいてみる, だがききさま, だがきこうともしない, だがきこえてきた, だがきちんとした生活, だがきつと彼, だがきのうの分, だがきのうあたしは十一羽, だがきびしい軍律の, だがきみたちふたりきりでそんな, だがきみ社会が正しい, だがきょうお前がここ, だがきょうわたしたちすべてが感じ, だがきりあひ, だがぎゃっと声がした, だがくぐりぬけて見廻す, だがくもなく見つかっ, だがくやしいでは, だがぐずぐずして, だがぐらぐらする頭, だがけっきょくは, だがけっしてけっしてそんなこと, だがけつきよく起訴, だがけんめいにふいた, だがこいつぞうさなさそう, だがこいつらがおとなしく, だがこうした見知らぬこの北方の, だがここらがもう, だがここれはあんまり, だがこだわりにこだわっ, だがこつちだつて大砲が, だがことし十四の小次郎, だがことばつきといい, だがこないだなんか朝っぱら, だがこの大きな兵火を, だがこの或る人, だがこほろぎは, だがこら丑之助, だがこりゃ憂お前の, だがこれぁどうも己にゃまるで, だがこれからよく気を, だがこれっきり三人とも死ん, だがこれ代物も此, だがこわいことなんか, だがこわしたと言っ, だがこんどのはどんな, だがごく初期には, だがごまかし屋おまえの言ってる, だがごらんのとおり原中, だがさうなつたら俺等, だがさけるということ, だがさけんで反応, だがさし当って, だがさしあたっては隠岐脱出, だがさしずめ適当な, だがさして意に, だがさぞまあ旦那樣は, だがさっきあんたは犯人, だがさっさと面会を, だがさっと転覆し, だがさっぱり手がかりが, だがさつき僕を感動, だがさつと転覆し, だがさびしくないこと, だがさまざまな貼紙, だがさまで一心同体の, だがさもさも, だがさらに大なる, だがさりげなく見合, だがさればといっ, だがざんねんながらもうそれ, だがしいてさあらぬさま, だがしかしまた法官の, だがしじゅうほとんど付き切りで, だがしずかに考え, だがしたいと思っ, だがしばし考へて, だがしばしば他人からの, だがしぼんだ螢草の, だがしまいにはいまいまし, だがしゃがんだ拍子に, だがしょせんそれは, だがしらがのご, だがじいさまも, だがじきにおちついた, だがじじつそう, だがじたばたしたって, だがじっさい海には, だがじつのところ, だがじゃネ, だがすき好んで, だがすくなくとも詩では, だがすこぶる飄逸な, だがすこやかに沸, だがすごい遊芸です, だがすたすたとやって来た, だがすっぺりと剃り上がった, だがすっぱいな, だがすっぽん養殖者は彼ら, だがすべてこれらの出来事, だがすべてそれ等の配慮, だがすべて夢のよう, だがすべて市井のそんな, だがすべて本質というもの, だがするうち異様な, だがずっととおくでは, だがずるずる滑り落ちて, だがせっかくああして, だがせん子の唇, だがそいつぁ己の流儀, だがそういうわがことよりも, だがそういちいち乞食の, だがそういった七兵衛入道の, だがそうすると熊城君風が, だがそこらあたりにはもう, だがそそっかしいにも程, だがそっぽを向い, だがそのうちなんだかみょうな, だがそのため別に世の中, だがそのちょっとした悪戯よりも, だがその同じ世間は, だがその大きな手柄と, だがその後お金を出し, だがその後彼にかしずい, だがその道条においては二つ, だがその間じゅう横からじろじろ, だがその間相手の紳士, だがそもじの罪障, だがそもそも私たち人間が, だがそりゃあちっと無理, だがそりゃあそうとしてオイ, だがそれあすげえところ, だがそれきり三人の方, だがそれっきり悪夢を口走る, だがそれつきりその, だがそれではまたどんな理由, だがそれでもなお不安な, だがそれとて彼, だがそれとなく得意気に, だがそれなりに走りすぎ, だがそれに使はれる, だがそれにしてもそしてこれは, だがそれはとに角, だがそれゆえに青年, だがそれゆえわしに起て, だがそれらすべては何, だがそれ以後においても相手, だがそんならどうして, だがそんな小さな改良の, だがたいしたことも, だがたいていの奴, だがたかい二階で, だがたかが煙突掃除や, だがたしかめてみる, だがただ物の結果, だがたとへそれ, だがたとえ一旦示談した, だがたぶんこれも, だがたまには面白い, だがためしに売っ, だがためらふ間もなく, だがためらう萩乃は, だがたんと流されや, だがだいじょうぶかい, だがだいたいほんとうの, だがだいぶもう関東でも, だがだからと云っ, だがだれひとり夢と考える, だがだんなあの犬, だがちがったのは, だがちと不思議な, だがちやうど今, だがちやんと戦闘, だがちょいと待っ, だがちょうど同朋衆が, だがちょっとした調査でも, だがちょッと待ち, だがちよいとお待ち, だがやあ, だがぎにふとんをためらうことなくはね返し身体を, だがついしか此, だがつくづく見れば, だがつけ加へてこ, だがつごうのわるい, だがつつましく固くなって, だがつひに乗る, だがつひしか此, だがつぶっていた, だがつまるところいくたび, だがつよく母が, だがてめえ達はなん, だがてんで見当も, だががす, だがであるからと云っ, だができるだけは無言, だがでたらめを言った, だがという大矛盾, だがとかそれは, だがときどきとくに彼の, だがときめきだけが胸, だがとけた雪は, だがとちゅうに, だがとっさに片, だがとっぷり暮れて, だがとどろな, だがとなりの部屋, だがとにかくすっかり中心人物に, だがとにかく何もかもからっぽな, だがとにもかくにも, だがとばすわけにも, だがとびたりなかっ, だがとりあえず僕は, だがとりこでも君, だがとりとめのある, だがとりわけ二つの, だがどうしてこういつまでも, だがどうしてすっかり遁れきる, だがどうしてそんなにたくさん弁護士が, だがどうしてももう逃げられない奴, だがどうせどう捨てても, だがどうぞお入り下さい, だがどうもこう見えて, だがどうもしばらくという, だがどうもそうは思われぬ, だがどうもちょっと困ったな, だがどうもなんだかみんなから, だがどうもやはり人くさい, だがどうもハッキリ分らなかった, だがどきんと心悸が, だがどっこにも, だがどんなに沢山医学博士を, だがどん底の生活, だがないものは, だがなおも自分は, だがなぜそうならそう, だがなぜもちろんなん, だがなどもならんそう, だがなにぶん修繕に, だがなにゆえに什器破壊作業, だがなべての人々, だがなほこの歌, だがなほそこに残つて, だがなる程今迄は, だがなるほど恐縮の, だがなろうことなら, だがなんぞ知らん長谷川氏, だがなんだかお前檀那を, だがなんとか答えなければ, だがなんとかもっと店の, だがなんとなく生きて, だがなんとも云えねえ, だがなんとよくできた蝋人形, だがなんぼなんでも, だがなんらの反応, だがにこやかに少し, だがにっこり笑った, だがにわかにわざわざ申しやる一事, だがにんきなどというもの, だがにんじんは早く, だがぬけちゃうワ, だがねこは鳥, だがねんねこは無い, だがのちの大, だがのろまがのろ, だがア是れ, だがはからず旅帰りの, だがはだしはしかた, だがはっきりそうわかって, だがはるかに中軍, だがばばの気性, だがばば殿此方は何, だがひじょうな難事件ですからねえ, だがひとの秘密, だがひとしく長くはない, だがひとたび船の機関, だがひとつとして取る, だがひとつ俺達も一番改心, だがひとりっきりでは, だがひとり歩きはいけません, だがひと口にうなぎ, だがひと度冷やかな, だがひょっとして, だがひょっとしたらあれでは, だがひょっと目を覚し, だがひろ子はその, だがふたりきりでは不便, だがふところの蕗, だがふとさうして, だがふとしたことから, だがふとぼんやり疑が, だがふり返ると, だがいそに, だがへんこつという, だがべつだん足を, だがべつに見舞に, だがほぐされたものは, だがほこりもて, だがほとばしる嗚咽と共に, だがほり出して見, だがほんとにどうして彼女は, だがほんものの階級的インターナショナル, だがぼんやり眺めて, だがぽかんとして, だがぽつぽつと書く, だがまあこうして, だがまあそれほどいうん, だがまあどうしてここへ, だがまう暫く打つ, だがまぐれあたりで壁, だがまさかに殺されは, だがまさかもう治つたとも, だがまずいうちに, だがまずもう一つの, だがまたさういふことを, だがまたたく間に近づい, だがまた一方米友としても, だがまだこれから棺桶を, だがまだしも仕合は, だがまだだいぶ色気が, だがまだとても苦しいの, だがまだなかなか信濃の, だがまだぷんぷん怒って, だがまだまったく心が, だがまだやっと日が, だがまだ少し時刻が, だがまだ必ずしも専門家には, だがまつすぐに, だがまつたく彼は, だがまてよ, だがまとまった話題の, だがまばたき一つで, だがままにならねえ, だがまるきり金は, だがまんざら計りごとの, だがまァいいや, だがみかどを思う, だがみすみすみかどの御, だがみどりの眼, だがみなさんこれからどんな, だがみんな何をいきまい, だがみんな先づ此の話, だがみんな台所へ引き下っ, だがむかし美しかった, だがむかし鶴見祐輔氏が明政會, だがむずかしかろう, だがむやみと屋根, だがむろんすぐいつものよう, だがめいめい自分のこと, だがめんくらうことは, だがもうけがあっ, だがもうしばらく待って, だがもうすんだ, だがもうすっかり疲れ切って, だがもうなにもかも終って, だがもうほとほと気力も, だがもうもうこれからはけっして, だがもうよしたまえ, だがもう一寸何か, だがもう二度と再びあの人等, だがもう大抵遣い切って, だがもう決してお前達には, だがもがり自体が仮り, だがもし一旦実際に思想動員, だがもし万一あったと, だがもし既に決定した, だがもし本当にそうならば, だがもし果してさうだと, だがもっともっと焼き殺すべきでは, だがもっとよくわかること, だがもとよりそうしたからと, だがもの鳥居の木柱, だがもはやそうと気, だがやうやくの, だがやかましやの親方卜斎, だがやがて少し落着く, だがやくそくも, だがやせたもんだ, だがやって見る, だがやっぱし油断が, だがやつぱり戻らないで, だがやつらはかえって, だがやはりまだ晴々と, だがやはり是非とも触って, だがやや驚くべきこと, だがやりたければやれ, だがやり口がひどい, だがやれやれきょうもな, だがゆっくりもし, だがゆらめくやうな, だがゆるしもなく, だが人の, だがようじんしないと, だがよくまあ達者で, だがよけいなこと, だがよしや汝が, だがよしんば醉っ, だがよもや殺せは, だがりこうな, だがろうやに入れられ, だがわかつたものぢや, だがわかればなしを, だがわが身のうち, だがわけのねえ, だがわしたちはけっして, だがわすれたかも知れない, だがわずか一千たらず, だがわたしゃそっちへ行けない, だがわっしは, だがわなわなと顫, だがわりあひ, だがわる気はない, だがわれわれ素人眼から直感, だがアカデミシャニズムとジャーナリズム, だがアクター・プロデューサーである僕, だがアクチニオ四十五世のうしろ, だがアマーリアはオルガ, だがアムブロアジヌお婆, だがアリョーシカはなんと, だがアリョーシャわしは全く, だがアーサがこの, だがイカバッドは影, だがイギリスだけを知っ, だがイギリスフランスでも数, だがイソップの主人, だがイデオロギー形態としてのイデオロギー, だがイデオロギー性とはそういう, だがイベットが時々, だがインテリを何, だがウォツカを一杯, だがウォーニンを取りはずす, だがウッカリして, だがウラル号とその, だがエセックスがあっち, だがエリザベス毒害などという点, だがエルネスチイヌ姉さんは上履, だがエンジンの音, だがオカネがネダ, だがオキチでもブタ, だがオフィスの前, だがオリムピックのニュース, だがオルガンチノこんな時, だがオーヴェルニュやファヴロール, だがカザンまであ, だがカタカタと軽く, だがカテリーナの眼, だがカピを連れ, だがカフエへ出かける, だがカモシカ号はあの, だがカヨはそんな, だがカリフォルニアの金鉱, だがカリフォルニアン・クリッパーに関する最大, だがカルルはその, だがカルーゾーにとって玉, だがカンナは一度, だがカンバアランド卿の分, だがカードだけで, だがガサガサとうごき, だがガス管はいかに, だがガムシャラな手腕家, だがガラスは紙, だがキキは嚴肅, だがキミ子それも本名, だがキャデイズの占領, だがキャフェ・デュ・ポン・ルウジュにあんた, だがキュリー夫人へのその, だがキンチャコフはどこ, だがキーシュは今, だがギルドを考え得る, だがクイクイの神, だがクイーン・メリー号のなんと, だがクラムからあずかっ, だがクリストフ君はただ, だがグラス持つ手, だがグリーン事件とは, だがグーセフの考え, だがケチとは要するに, だがケレンコ君重ねていう, だがケント老夫人, だがケースに陳列, だがゲオルクは自分, だがコスター初版聖書とは, だがコポオには能, だがコルネをふく, だがコロンブスの卵, だがコンツェルン問題の, だが怒っちゃ, だがサァ空襲だソレ電灯, だがサア其の受人, だがサイゴンに船, だがサイラス・ヒクラーのうち, だがサナトリアムというところ, だがサムもぼく, だがサーシャはその, だがサービスゼロでスープ, だがシェストーフに果し, だがシステムの規定, だがシッソンウイードあたりから仰ぎ見る, だがシベリヤまでは行きつけなかった, だがシュッキングの特色, だがシュトゥンプフによれ, だがシュライエルマッハーのフィロロギー, だがシュワルツァーは執事, だがシリイの近く, だがシローテの説く, だがジジの見知らない, だがジム今はそんな, だがジャック君では, だがジャングルは他, だがジャンジャン書いたか, だがジャーナリストにし, だがジュリアの舞台, だがジードによって指摘, だがジープのようす, だがスクーナー船なんてまるで, だがスコラ哲学的知識の批判者, だがスコールのため, だがステッキの太, だがステージにいる, だがストキこんなこ, だがストームの快, だがスパイダーはサディ, だがスピードの出た, だがスポーツであるに, だがスミス老人はかの, だがスラッグ・ドルガンは, だがスリラアという低調, だがスリル段階はこれ, だがセシルは従兄, だがセルゲイのみならず, だがセードは床, だがゼビエーは本国, だがソヴェトのピオニェール, だがゾシマ僧正やチーホン僧正, だがタイピストとしての陛下, だがタカの知れた, だがタガンローグの町, だがタキノ俺, だがダイの仕度, だがダイアとルビー, だがダニーロは遥か, だがダラ幹に任, だがチェーホフはこうした, だがチチコフ氏の百姓ども, だがチャンと分る, だがチュダークの本質, だがチョイと好男子, だがチョビ安はわからない, だがチロオヌ自身の見解, だがツクヅク考えて, だがテクニカラーを見, だがテナルディエは嘘, だがテルソンには有難い, だがテレパシーならいくら, だがディグスビイという男, だがディーゼルもまた, だがデパートの人形, だがトドハンタアは全く, だがトラホームがその, だがトリックだけで, だがトルストイ伯のドストエフスキイ, だがトルーマンはそういう, だがトントン拍子の時, だがバルは, だがドアには手, だがドイツ科学に対比, だがドウして, だがドノバンらがいない, だがドリアンの魂, だがドルガンは何, だがドロレス夫人の宿, だがドンと降り, だがド・エスコバアルは大変, だがド・ロマは自分, だがナアンだ鏡, だがナイーブなところ, だがナオミちゃんもしそうなれ, だがナゼ表向きコマ村やコマ家, だがナニモ何ですよ, だがナンと言う, だがネ市の字, だがノウ此の心, だがノズドゥリョフは, だがノラよ, だがノーマ号からボート, だがノーラよ眞面目, だがハイデッガーの現象学, だがハイドンは腹一杯, だがハテナ一体社の拡張, だがハテナ一體社の擴張, だがハムレットのほか, だがハルピンて全く, だがハンスは第三者, だがハンドルが無い, だがバクスターがいかに, だがバクスター君だけは幼年組, だがバックの現実, だがバッテイラは下りた, だがバルブレンのおっ, だがバルーさんなら知ってる, だがパイプだけはよく, だがパツュークはジロリ, だがパリへ行っ, だがパリジャンやヤンキー, だがパルメニデスに於, だがパレートの知識社会学, だがパン屋へ行っ, だがヒステリイにし, だがヒステリー的に痩せぎす, だがヒューマニズムの哲学, だがヒョイと目, だがビビビーンと微か, だがビールの一, だがビール正宗は聞きとれなく, だがピアノが鳴り出す, だがピストルをつきつけられた, だがピリケンの三階, だがピート一等兵は蛇, だがファブルの或, だがフォイエルバハの自然主義的唯物論, だがフハンはいっそう, だがフリッシ製であること, だがフリーダのこと, だがフリードリヒは前, だがフロレンスの両親, だがフーシェは嫌い, だがブイの中, だがブルジョアの娘, だがブルジョアジーの支配, だがブルジョア文学も亦, だがブルジョア新聞みずからが自分, だがブルジョア的常識のこの, だがブルジヨア階級が全的, だがブロックがそういう, だがプラスコーヴィヤ・フョードロヴナはああ, だがプラスビイユは, だがプラットがいなくなれ, だがプラトン自身の体系, だがプランの詳細, だがプロバビリティーに基く, だがプロレタリアのジャーナリズム, だがプロレタリアートの現実的, だがプロレタリア作家たちはプロレタリア, だがプロレタリア文学はまだ, だがヘリコプターでいったい, だがヘーゲル自然哲学自身のどの, だがベカントなもの, だがベッドに入る, だがペテルブルグへいらした, だがペトゥローの容態, だがペニイの従妹, だがペンチをにぎる, だがペンベリーもいっしょう, だがホッとする, だがホーテンスの明るい, だがホーベスの負傷, だがホームズの探偵法, だがボースン君が君自身, だがボースン対チーフメーツの関係, だがポチは主人, だがマアお前と逢う, だがマアお父さんやお母さん, だがマアそれは過ぎ去った, だがマアちゃんの名, だがマアマア結構なこと, だがマア君がこれ, だがマア無事で安心, だがマア自慢はこれ, だがマダム三浦あなたの蝶々さん, だがマッチの必要, だがマツチがない, だがマヌエラまだ私, だがマリーの最初, だがマルクスがここ, だがミウーソフは別に, だがミサに行く, だがミシンがなく, だがミチ子は遂に, だがミッツィ蝋燭をもっ, だがミーちゃんはちっとも, だがミーチャは急, だがムクレている, だがムシュー・シャルルお前にはもう, だがムッソリーニが, だがメチルではなかっ, だがメリケンと言い, だがメリメやスタンダール, だがメリーは僕, だがメートルが上がる, だがメートル法がまだ, だがモオリアックなどにはカトリック, だがモスクワそのものを本当に, だがモチーフとは横光氏, だがモヂリアニの絵具, だがモラル論や恋愛論, だがモリスに与えられた, だがモルガンは真心, だがモロはそれ, だがモンパルナスはどこ, だがモーターの故障, だがヤッペもまた, だがヤトラカン・サミ博士は乞食, だがユラユラと左右, だがユリはおれ, だがユーモアは左翼文学, だがヨク聞いては, だがライフは只, だがラジューム温泉の食いもの, だがラック大将は別に, だがラッドの市門, だがラッパチーニに関しては, だがラム・ダスのあの, だがランチは旋廻, だがリスト殿堂の中, だがリットン卿の認識不足, だがリーザは, だがリーマン博士にいわせれ, だがルイザはナポレオン, だがルカーチによる階級意識, だがルソー的な又は, だがルネサンス以後は自由, だがルネサンス以来の所謂ヒューマニズム, だがルピック夫人は彼, だがルポルタージュは文学, だがルミは従順, だがルンペンになった, だがレンブラントの絵, だがレヴェズさん貴方はこういう, だがレーデラーの文化社会学, だがレーニンが住ん, だがロオペ博士は女王, だがロス大佐のあの, だがロチの観察, だがロパーヒンという人物, だがロボットでもない, だがロマン派的な世界, だがロロ公爵もルル公爵, だがロークは大息, だがロープは短, だがワルラス自身さえも第, だがワーナー博士一行の所在, だがヴァランタンは理性, だがヴィデさんだけは泰然, だが一々の作物, だが一たいどうしたら, だが一たいそれは何処, だが一たい何ごとかな, だが一たび冬が去り, だが一たび江戸から解放, だが一たん上機嫌に昇っ, だが一つお気をつけなさい, だが一つ一つの問題, だが一つ二つ君たちに言う, だが一つ大切な点, だが一つ注意して, だが一つ腑に落ちねえ, だが一つ頼みがある, だが一九七九年代のソヴェト, だが一九四〇年代にその, だが一二の例外, だが一二三句はどうしても, だが一二級のかう, だが一代の名, だが一体そちは何者, だが一体どこへ行く, だが一体なぜそれは, だが一体やつらは何, だが一体ファッシズムの怒, だが一体二階にはどんな, だが一体体育とスポーツ, だが一体何時になつ, だが一体何流かしらん, だが一体全体どうしてこんな間違い, だが一体失業とは何, だが一体常陸の国庁, だが一体所謂模写説と呼ばれる, だが一体技術的精神とはどういう, だが一体春はいつ, だが一体科学であろうが, だが一体表現というもの, だが一体警視庁のこの, だが一体鉱山業のこの, だが一処妙に波, だが一切の努力, だが一刻も早く, だが一向なんの, だが一噌でなし, だが一定の期間, だが一家の悲惨, だが一寸法師は明, だが一平は醤油賭, だが一年や二年, だが一式小一郎には君江, だが一彦君一方では, だが一往は室町時代, だが一心はおそろしい, だが一挙にそれ, だが一文なしの, だが一斉に頷いた, だが一時唐化熱の為, だが一曲済まないうち, だが一朝事成れば, だが一木は, だが一本だけ間違っ, だが一杯に開いた, だが一枚めの薄, だが一概にはいえない, だが一概に方法と, だが一歩ごとに物, だが一歩そこの門, だが一歩大宮に入る, だが一水の彼方, だが一生をかけ, だが一生涯こちらの奥様, だが一男は突然, だが一番早い方法, だが一眸に入る, だが一瞬不安がかすめた, だが一緒に歩い, だが一縷の望み, だが一脈凄気, だが一般民衆にとっての反, だが一般的に, だが一般相対性理論によった, だが一行の全員, だが一貫して, だが一足おくれたので, だが一足飛びに常識学派, だが一身を顧み, だが一辺封じ込んで, だが一通り申上げねば, だが一週間ばかりの間, だが一遍さう覚えた, だが一閑はさばけた, だが一面その, だが一體あん畜生は何者, だが一體何を話しつづける, だが一體遊びだから, だが七つ目の干支, だが七万の将兵, だが七人の女, だが七内からは何, だが七内殿も意地悪, だが七瀬はすぐ, だが七草が過ぎ, だが万々一内壁まで破れる, だが万事うまくいった, だが万力という奴, だが万太郎にはそれ, だが万太郎様もう悠々と, だが万更有り得ないこと, だが万民にも信仰, だが万物の霊長, だが万般の事象, だが三つの種類, だが三の酉に私, だが三ヵ月同じ内, だが三位一体がお, だが三匹きりなかつた, だが三十の年, だが三千世界の知識碩学, だが三千尺はうそ, だが三山にかこまれた, だが三平の猛, だが三年はどう, だが三年兵のうち, だが三成も胆略, だが三日めから風, だが三日目の四月十日, だが三木は丘, だが三根夫はついに, だが三次を殺した, だが三歳っ子こんだ当てたな, だが三河守の告げた, だが三法師君はまだきわめて, だが三浦政太郎は飽くまでも, だが三田公冗談ぢやあないぞ, だが三百年来の徳川, だが三谷も三谷, だが三谷さん君はどうして, だが上げかけた頭を, だが上と下との鳥類, だが上体全体にまるで, だが上原君は獰猛, だが上司へはもう, だが上司氏のは帰り, だが上州屋へ嫁, だが上杉殿は先ごろ六波羅解番, だが上海英語英領植民地英語を在, だが上高地から槍沢, だが下っ端の大衆作家, だが下劣な野次, だが下女だと, だが下婢は下婢, だが下手なこと, だが下手人の思慮, だが下水管はまもなく, だが下田の細君, だが下田女史の日本服推賞, だが不安であるから, だが不敬出版物は決して, だが不敵です, だが不断の注視, だが不景気面をし, だが不死身の蠅男, だが不眠なんてこと, だが不眠症になる, だが不肖はいつか尊公, だが不遇にも羆, だが与えられた全体性を, だが与八としても気, だが与八さんおめ, だが与右衛門の熱心, だが丑之助の引く手綱, だが世上の推移, だが世上一般の実状, だが世上人としての經驗, だが世俗的なる普通, だが世態の推移, だが世界中の, だが世界観の実質, だが世阿弥の目, だが両刀を手, だが両国などの熱鬧, だが両家の間, だが両者ともに大砲, だが並び立たざる両雄も, だが中井という存在, だが中仙道へ出る, だが中佐のほう, だが中原に出, だが中国の社会, だが中央の紊乱, だが中央委員の命令, だが中学生もやっぱり, だが中干し干もの, だが中戸川が好意, だが中期以降の国内経済, だが中江にし, だが中途で引っ返し, だが中野はいったい, だが中隊長は彼, だが中馬にし, だがというもの, だが丸井ではなぜ, だが丹下さまより強い, だが丹羽氏はどう, だが主人利藻氏は古い, だが主人持ちの身, だが主君の胸, だが主客というの, だが主我に執する, だが主筋の人, だが主観にも客観, だが主観的印象の主観, だが久しぶりに彼, だが久し振りに逢うた, だが久七はその, だが久保は此方, だが久光を取巻く, だが久助君の目, だが久子の心操, だが久米一の助命, だが久能も青江, だが久馬は答えなかった, だが乗りきれない者の, だが乗客の多く, だが九十郎と幡江, だが九太は伊代, だが九月十日この朝, だが九郎次の一番槍, だが乞食商売をする, だが乱暴しちや駄目, だが乱軍の中, だが乱雑な広間, だが乳房もあら, だが乳母は俺, だが之介, だが予定の行動, だが予審調書の場合, だが予想以上な日, だが争闘の意気ごみ, だが事件捜査はほんとに, だが事務室の柱時計, だが事務所の命令, だが事實は反, だが二ツ三ツうろ覚えのウオーズオース, だが二三ヵ月でその, だが二三人の人足, だが二三年たつて, だが二三日でも船, だが二個の死体, だが二分は持ってるだろう, だが二匹の馬, だが二十七は, だが二十万円には替えられない, だが二十八年二月日本海軍が威海衛, だが二十日の朝, だが二十面相君きみには少し, だが二回三回と辛抱, だが二官の如く, だが二年もぶらぶら, だが二度とは死, だが二応三応と実際, だが二時間やそこ, だが二条伝統の欽定, だが二枚づゝなくては行けないの, だが二留半払えば, だが二瞬とたたない, だが二言三言そんな談話, だが二週間ののち, だが云わずにい, だが五ヵ年計画では更に, だが五両ものこづけ, だが五人を恨む, だが五位鷺やきじ, だが五六七八の四ヶ月, だが五六町も駈け, だが五分と経たない, だが五十日間を夫, だが五十村はどこ, だが五十鈴川の流れ, だが五十銭を五十銭以上, だが五合庵はいかにも, だが五年十年彼らの希望, だが五度や七度, だが五日六日と経つ, だが五条に近い, だが五番の, だが五百万も信者, だが五郎右衛門はそれ, だが五郎権ノ頭, だが井上侯が亡くなる, だが井伊兵部も本多平八郎, だが亜熱帯のそれ, だが交換条件だその, だが交通機関についての意見, だが交運関係では既に, だが京伝はうまい, だが京軍の方, だが京都の人, だが人いちばい無学の其方, だが人かげはべつに, だが人ひとりにも絶え, だが人一人そうたやすく, だが人口が群集, だが人情はふしぎ, だが人殺しに門松, だが人民は苛斂誅求, だが人民戦線への運動, だが人気のない, だが人買の連中, だが人身売買は又, だが人道というもの, だが人間あはれなる哉, だが人間もちィっと身上, だが人間学主義が個人主義, だが人間慾にかける, だが人間発生以前の宇宙, だが人麻呂はた, だが仁科博士は一面, だがれて, だが今おれにはそんな, だが今ごろは教室, だが今さらもう仕方が, だが今しがた自分で御, だが今それがかなった, だが今にあいつも, だが今にどかっとまとまった金, だが今や遂に世界の, だが今われわれはおまえ, だが今一つの方, だが今僕の歩い, だが今出發までにもう, だが今別の面, だが今君はわし, だが今夜なんざあまりいい, だが今夜僕は一切, だが今川家では彼, だが今川焼の売り上げ, だが今度俺等が剣, だが今後どれほどの期間, だが今房一は向, だが今日このごろの者, だが今日国文学が文学研究, だが今日日ぢゃ草鞋作って, だが今日第三者の目, だが今時の若, だが今時分は己, だが今晩のは捕手, だが今森を伐らせる, だが今様合せは歌合せ, だが今煙草やの店, だが今私の心, だが今私達が何, だが今頃になれ, だが仏教的哲学概論や儒教的倫理学, だが仔猫の姿, だが仕切りの扉, だが仕官は俺, だが仕舞にゃ取, だが仕舞つて置いて, だが仕込まれた武芸の, だが他方ライプニツのこの, だが他方文学的自由主義者は経済上, だが他方範疇は実は, だが他面に何, だが他面好都合でもあった, だが仙さんお待ちなせえ, だが仙吉のやつ, だが仙太まだおそく, だが代わりはボースン, だが代地の二人組, だが以前の演題, だが以後の郷土事情, だが仰向いて揺られ, だが仲人はいい, だが仲太郎は俯, だが仲裁裁判によって, だが仲間入の処, だが任地へ赴い, だが伊三郎は五十兩, だが伊兵衛お前はそれ, だが伊兵衛日本左衛門のやつ, だが伊助どん待ちねえよ, だが伊勢路から都, だが伊吹の泊り, だが伊太郎一人の仕業, だが伊藤と比ら, だが伊豆守のわざわざ, だが伊賀にゆかり, だが伊那丸は, だが伍長怨むならあんな, だが会うとあれ, だが会って見, だがは兎, だが伝七郎あまり敵, だが伝九郎は急, だが伝公は小さい, だが伝右衛門はそんな, だが伝統的な思想, だが伝馬牢へ移され, だが伯林はよかつ, だが伴藏さん打明けて, だが伸ばしてはならない, だが伸子お前何じょ, だがている, だが伽藍の中, だが但馬守の悄然, だが位地は今, だが声に, だが低い声を, だが低く地を, だが佐々軍の行く, だが佐久間ごとき無能, だが佐久間佐太郎は豫想外, だが佐久間町の屋敷, だが佐伯はいきなりぎょっと, だが佐伯氏は殺され, だが佐助の眼, だが佐藤の嫁さん, だが佐野には腑, だが佐野松は宵, だが何かしら彼の心, だが何かしら異様な因縁, だが何かしら百城に悪い, だが何かと策を, だが何しろもう永いこと, だが何せ疲れやすい, だが何たる幸な, だが何だかモヤモヤと温い, だが何つて云つても彼, だが何でそうびくりびく, だが何でもかでも私は, だが何となくきっとした声, だが何ものをも命ぜず, だが何よりは刑部, だが何回通っても, だが何度現場を調べ, だが何故かすぐにペン, だが何故こんなに沢山の, だが何方も人, だが何者に, だが何處へ行く, だがしげ, だが余り紙の値段, だがの心, だが作り声は気, だが作り手は知れ, だが作品は書かね, だが作家妄執とはそんな, だが作家等が昔日, だが使わば使え, だがが今, だが例証がない, だが依存される人間, だが依然判らないの, だが侠気があっ, だが侯爵からの進物, だが便りはそっと, だが元平治, だが保険金は手, だが信不信すらも南無阿弥陀仏, だが信仰の根強, だが信州の木曽, だが信念とはどういう, だが信条には立派, だが信濃はそれ, だが信用はできる, だが信者ならそれ, だが信者当人の取り, だが信長主従はもう, だが信頼されては, だが修業はなかなか, だが向いたまま, だが俳諧の好き, だが俺たち貧乏になった, だが俺自身を見る, だが俺達はどんな, だが俺達二人は煙たがられ, だがの帰らない, だが倉賀屋も殺生, だが個々の生命, だが個人をそこ, だが個人作家に現れた, だが個人的または国民的, だが個人的意識の概念, だが個展を前, だが個性に満足, だが倒れた時には, だがいなこと, だが借したのは, だが借問したい, だが値打ちのある, だが倩さんとの関係, だが停車場に乗りつけ, だが健康の人, だがに清水, だが偶然日本の神事, だが偽作にし, だが偽首となる, だが傍路へはいっ, だが催眠剤は勿論, だがができ, だがた一つ, だが働きはどう, だが働くものが, だが僕みたいなもの, だが僕らが警察, だが僕自身にもよく, だが儀作の耳, だが優しい父は, だが元帥の胸, だが元成は彼, だが元来感情や感情, だが元禄期の青少年, だが兄さんはまだ, だが兄上私はただ, だが兄弟あの男, だが兄弟おれがどんなに洗いざらい, だが兄弟子の善鬼, だが兆二郎が加賀, だが兇器は見つかった, だが先ごろから彼, だが先づ煙草を振り撒く, だが先代軍の大将, だが先刻久慈は私, だが先生達の顔色, だが先程から申す, だがに対する感度, だが光栄至極にもわれわれ, だが光秀の口, だが児玉少佐閣下の奥様, だが党派性も亦, だが党派的と云う, だが入口を見張り, だが入浴の主, だが入院するとしても, だが全然眠たくない, だが全身の注意, だが良い序, だが八丁堀はどなた, だが八宝亭事件の如き, だが八幡の様, だが八弥太がそれ, だが八戒と語る, だが八方への狂奔, だが八郎太には聞えぬらしく, だが公儀はそれ, だが六つ齢下の甥さん, だが六年のおわり, だが六郎兵衛はすぐ, だが共に合せて, だが共謀して, だがは凱歌, だが兵助が胸, だが兵隊たちは近寄れなかった, だが其一つ前の暦, だが其中には甚, だが其中家来達は意外, だが其中庵は大丈夫, だが其事實と虚構, だが其他は余りに, だが其兄とさえ昵, だが其処の卓子, だが其変化は自然, だが其後數次手紙は來, だが其時は病氣, だが其為に, だが其短歌とてもある, だが其親しみからばかりで, だが其詞は神賀詞, だが其語自身の性質, だが其頃はまだ, だが具足に五体, だが兼好の逝った, だが兼松を殺す, だがに閉じ籠っ, だが内地で専門学校, だが内山先生彼女に何, だが内心ドノくらい血, だが内心妙な滑稽, だが内藤家の行列, だが内裏へ参内, だが円蓋に足跡, だが再度の失敗, だが冗談は拔, だが写生の語義, だが写真といえ, だが冬子の微笑, だが冬祭りに二通り, だが冴えてはつきり, だが冷かしなら黙って, だが冷厳の錬金術, だが冷静にこうして, だが凄まじい飛沫の, だが凝固して, だが凝然と長い, だが凡下どもの戯れ言, だが凡人にはなおも, だが凡夢は常に, だが凡夫の手, だが処罰が二人前, だが凶作の原因, だがて来た, だが出世はおそくとも, だが出来の悪い, だが出来事はそれっきり, だが出直すにし, だが出羽はこれ, だが出雲を迫っ, だが出雲系と天孫民族, だがの延びた, だが分ったお方だ, だが切られたのは, だが切り放たれた重い, だが切手の蒐集, だが切符がない, だが切腹ときまれ, だが刈入はもう, だが刑事のボンクラ野郎, だが刑部は三成, だが列国帝国主義の憎悪, だが初雪は二十五日, だが判らないと聞く, だが判らねえのは, だが判断以上の何かしら得体, だが別れはしない, だが別れる気は, だが別嬪なんかそんな, だが別府の配所, だが別所一族が七千余人, だが別段問題は, だが利根の激流, だが利根川は太平洋, だが到頭見つかって, だがのある, だが立の, だが前代未聞だ, だが前後の事情, だが前方から近づい, だが前日と変っ, だが前篇がよかっ, だがは守るべく, だが剣法ではそれ, だが剣術本来の面目, だが使役を, だが割合に少, だが劉伶と同じ, だが劉備てめえが俺, だが劉封の戦い, だが劉璋の頭, だが力学が数学, だが力強くいって, だが力点の正確さ, だがを急い, だが加助のよう, だが加奈子はもう, だが加奈江には不満, だが加津美では, だが加賀四郎を加え, だが加賀屋勘兵衞は剛健, だが加野つて男はあれはい, だが造じいさんと, だが助からねえものは, だが労働者のすべて, だが労協の政党化, だが効用はそれ, だが勇坊お前はいけない, だが勇敢な漁師, だが勉強勉強手を取り合っ, だが動かなくなった船を, だが動くかそいつ, だが動作は飽くまでも, だが勘昨夜の今朝, だがに言わせる, だが勝つ勝ちきる飽くまで何事, だが勝てばいい, だが勝てるか, だが勝名はその, だが勝手なもの, だがも嗅がず, だが化けものなんかより魔法博士, だがのお, だが北京はどう, だが北川さんは自慢そう, だが北斗それ自身は遅々, だが北条新蔵, だが北条どのにいわせれ, だが北条幕府では, だが北条氏のこと, だが北海の丘陵, だが北町の, だが医学の知識, だが医学博士の数, だが匿名批評というもの, だが十三日に, だが十五分とも待たない, だが十六歳を頭, だが十兵衛の振り, だが十回位で終るべき, だが十歩ほど手前, だが十輛の客車, だが十間とは走らなかった, だが千三がたずね, だが千之助が何, だが千仭の深, だが千円は頗る, だが千手観音をみる, だが千重子は立った, だが千靱は最悪, だが午後からは晴れる, だが午後四時頃からが彼等, だが半信半疑であった, だが半兵衛は自分, だが半分ずつにし, だが卍巴と降りしきる, だが卒業すると, だが卓一は, だが卓子の向う側, だが南さんは泣いてる, だが南京鼠の巣, だが南方行きの事情, だが南無三, だが南瓜のアンカケ, だが南蛮寺をおまえ, だが南部集五郎こいつも決して, だが単なる事物だけ, だが単純な躾, だが博士それには一つ, だが印度の独立, だが印度棉の勢力, だが印象批評に対する抑, だが印象自身と印象, だが危いところだった, だが危ないものだ, だが危機はいたる, だが危険危険このぼろ自動車, だがで洗った, だが厄介であるの, だが厄介者が一人, だが厚意ある峻厳, だが原因などはわかりっこない, だが原子爆弾の破片, だが原理をそのまま, だがの様式, だが厩舎の傍, だが厳格な服従, だが参木はオルガ, だが又次の, だがは燃料, だが友情というもの, だが友田屋それを僕, だが友釣りはむずかしい, だが双方は手, だが双方意地になっ, だがファシズム綱領を, だが反動とその, だが反動家の歩く, だが反動理論は必ずしも, だが反対にその, だが叔父御には, だが取りも直さず, だが取付を食っ, だが受ける気持ちは, だが受動的もまた, だが受話器をとりあげ, だが叡山はその, だが口付きは笑殺的, だが口元の明り, だが口惜しさは, だが古今東西情は兄弟, だが古代ギリシアの唯物論的世界観, だが古傷は癒されず, だが古典は古典, だが古典的範疇はなる, だが古来哲学はこうした, だが叩き出された十一軒の, だが只今は外出, だが只今申上げた様, だが叫ぼうものなら, だが召使どもが残っ, だが召集の心得, だが可哀そうに鏡太郎, だが可哀想だよ, だが可哀相な僕, だが可能的にさえ制作, だが台所はさっき, だが叱り手を, だが史実から割りだされる, だが史料の中, だが右肺の下部, だが右足に深手, だが右近その者, だが右門主従がいで向かう, だが右馬の頭, だが右馬介とて幼少, だが右馬介高氏はそんなに, だが司令官には誰, だが司令官閣下は出動, だが吃驚した, だが交換者が, だが各所で残党, だが合名会社で綿布類, だが合羽かんじきすっかり山家者, だが吉い事のほう, だが吉乃へは取り縋れなかった, だが吉宗は間もなく, だが吉岡清十郎も話, だが吉川は私, だが吉田にとってまだ, だが吉行エイスケが中国, だが吉野朝時代でございますという, だが同じそういう取りまきでも, だが同席の客, だが同時に二つながら若宮祭りから, だが同時に若し我国の, だが同盟休校をたくらんだ, だが同系語の中, だが同罪に陥ちる, だが同質ではなく, だが名人右門の推断, だが名分はどう, だが名物石焼豆腐の裏口, だが名門名家の末, だが向う側は相当, だが向う岸の待乳山一帯, だが君ぁ又なぜそんなに, だが君ぁたちのよく, だが君あれは夢, だが君それは値段, だが君たちみたいにピストル, だが君のは何だか, だが君今僕の着込んでる, だが君今夜の最大奇観, だが君俺は決して, だが君公の戯れな, だが君大原ほどの丈夫, だが君子には人形, だが君杉山氏は夕方鳩, だが君江はどう, だが君環は普通, だが君等のやう, だが君臣一家の連帯, だが君自身は輸血, だが吹いてるからいい, だがれ歸國, だが吾が白石博士の, だが吾人はこの, だが吾家ではこれら, だが吾等は事, だが呂宋兵衛はずるい, だが呂範もし母上, だが呆然と眼を, だが呉宮の殿堂, だが告子は性可能説, だが告白が許された, だが周三がそこ, だが周子の云, だが周馬一角お十夜, だが呪縛された夢, だがは結構, だが味噌屋の旦那, だが味覚が個人, だが呻き声は, だが呼んでゐる, だが命拾いをした, だが咄嗟に女性, だが和太郎さんはなァにきょう, だが和尚さんも片足ひき, だが和泉屋の若旦那, だが咲き爛れた菜の花や, だが咲くだけ咲い, だがが鎮まれ, だが咸臨丸という船, だが哀れなるたい焼き屋, だが哀れ福助は永い, だが品物は持ち出す, だが哥薩克にとつて, だが哥薩克たちが馬, だが哲学体系としてのクリティシズム, だがひながら, だが唐姫が口, だが唯一人覆面をとらぬ, だが唯物史観のプロパー, だが唯物弁証法的論理こそ本当に, だが唱歌だけはなんと, だが商人の戦い, だが商品は利, だが商業的価値は商業, だが商業資本家展で絵, だが問屋はその他, だが善人が持つ, だがはからから, だが喋舌る種, だが喘息気味で仕事, だが喜びとともにその, だが喜久井氏はその, だが喜兵衛はたしかに, だが喜捨報謝して, だがべ馴れ, だが喰われた人は, だが営業者間の評判, だが嘉兵衛は貧しい, だが嘉門は先, だが嘗て日本では, だが嘘言のてまえ, だが器楽を専門, だが嚴重に切出しました, だが囃しと見る, だが四十二ともなる, だが四十歳にも五十歳, だが四十面相はノメノメ, だが四囲は晴れ, だが四年前に拵えた, だが四肢はくたくた, だが四辺はいよいよ, だが回教には死んだ, だが因果律は本当に, だがより日本, だが国内のジャーナリズム, だが国境沙汰となれ, だが国学者の中, だが国民精神と云っ, だが国道ができ, だが国際文化局という名, だがの方, だが園丁はすっかり, だがは暖かく, だが土台石も夏, だが土岐さんの此本, だが土手の甚藏さん, だが土木だの交通, だが土木技師と間違われ, だが土橋の上, だが土用を過ぎる, だが土藏へおびき出し, だが土鼠には誰, だが圧しつけるような, だが圧力のこもった, だが圭太はその, だが地下道の行方, だが地元の織物組合, だが地底の怪異, だが地形から判じる, だが地方の人々, だがの半ば, だが坊さんああし, だが坊やそれがない, だが坑内で働く, だが坦らな道, だが坪井は少し, だがにはまっ, だが城主の亡んだ, だが城兵は, だが城内の人達, だが城太郎は寝つかれなかった, だが城太郎どのへとは書いてない, だが城市のまん中, だが城砦の辺, だが城門を開かなかったら, だが執事の息子, だが執拗に繰り返され, だが基経はきょう, だが堕ちかけた魂は, だが堕落ということ, だが場外に国技館, だがのてっぺん, だが塔十郎はべつに, だが塩田大尉の目, だが塩釜も松島, だがが云う, だが境内の様子, だが壇ノ浦は木, だが壇一雄氏の, だがが槍, だが壮士の本領, だが売っていい, だが売ったのは, だが売れそうも, だがの脇腹, だが壺井栄さんはただ, だが変化は盛子, だが夏侯惇は曹操, だが夏侯楙の親書, だが夏負けして, だが外国公使がそれ, だが外国船員にあやしい, だが外国貿易にたずさわっ, だが外地へゆく, だが外延利用は利用, だが外来の手法, だが外泊が三日, だが外見はどう, だが外記の心, だが外部の世界, だが數に, だが多年の苦闘, だが多彩な生活, だが多数を率い, だが夜半にかけて山越え, だが夜来の激浪, だが夜汽車でゆられ, だが夢見の通り重態, だが夥しくグロテスクな, だが大ざっぱに一つ, だが大してむずかしいこと, だが大久保氏さっき赤の他人, だが大亀もいった, だが大会へのメッセージ, だが大切な道, だが大利根のほんとう, だが大原君その大食, だが大原御幸のこと, だが大吉たちにはその, だが大嘗祭の時, だが大変耳の悪い, だが大変車が目, だが大学生というもの, だが大寺の声聞身, だが大将も何, だが大局から見る, だが大川の上, だが大御所権現様のエライこと, だが大急ぎというの, だが大文字の金象嵌, だが大杉氏自身の言葉, だが大村は云う, だが大根の皮, だが大森氏が挙げた, だが大泉は平気, だが大津へ着いた, だが大砲の価値, だが大蔵はもうにやにや, だが大蛇は大阪, だが大衆作家が大衆作家, だが大衆化が容易化, だが大西氏に依頼, だが大詰の場面, だが大谷は絶対, だが大軍と大軍, だが大野トシといふお, だが大阪方としては城濠, だが大隅学士の愕, だが大鷲の神経, だが大麦小麦菜種辛菜などの冬作, だが天井の光り, だが天井裏によぢ, だが天国はいかん, だが天地万物と同じ, だが天女の妻, だが天幕はあいかわらず, だが天平の聖観音, だが天心堂は三円, だが天蔵の影, だが天象と, だが傅まだ, だが太刀川君もう一度よく考え, だが太刀川時夫はおちつい, だが太夫お前は兎, だが太子にとって, だが太平洋の底, だが太陽は見えなかった, だが夫婦として暮した, だが失恋というもの, だが奇怪なの, だが奇瑞や予言, だが奇矯人の大食会, だが奇賊烏啼天駆に, だが奈落とはよく, だが奉行の石見守, だが奉行所の獄中, だが奔牛の角, だが奔馬性癩患は二十年三十年, だが奥さんがそんな, だが奥女中姿の裲褂, だが奥書院まで幾室, だが奥村君はまもなく, だが女たちはよほど, だが女中さんの噴き出した, だが女人よ, だが女優の, だが女史は, だが女嫌いの御, だが女将の証言, だが女幽霊のこと, だが奴さんそれでは満足, だが奴さん達まさか抜道, だが奴らの前, だが奴足は早い, だが奸黠な小田切久之進, だが好みとなれ, だが好むと好まない, だが好奇心というもの, だが好意ある私, だが好漢惜しむべしという, だが如何せん三道へ, だが如何なる種類の, だが妻君が入浴, だが妻女を制し, だが姐さんは通らない, だが姓名のわかっ, だがは俺, だが姫様にも深い, だが姿なき声がのべたてる, だが娘さんは私, だが娘達が奴等, だが婆さん肉ならば, だが婦人労働者おれたちの友, だが婦人諸君君たちが安心, だが嫌ひな女ぢやない, だが子どもたちはだいじょうぶ, だが子供だましのトリック, だが子供らはその, だが子供心に妙, だが子供等は一体, だが孔子の心, だがも知らず, だが存在の意味, だが存在者から独立, だが存外御用に, だが助殿, だが季節が寒, だが季節風以外にも風, だが孤児院でいや, だが孤独な老人, だが学問を愛し, だが学士は仲, だが学士院がこの, だが学殖を背景, だが学生向きの講義そのもの, だが学窓を出, だが学術論文は夫, だが孫伍長は小西門, だが孫兵衛は笑っ, だが孫火庭が呼び, だが孫軍曹の弟, だが學術界に取, だが宅助の一念, だが宇乃はまだ, だが宇宙怪人をいれる, だが宇宙艇はびく, だが安倍の動作, だが安宅先生に於, だが安徳帝御事蹟, だが安田徳太郎博士による, だが完全に, だが完全扼殺となる, だが宗像君程のもの, だが宗春は溺れ, だが官僚は天, だが官兵衛もさる, だが官能的表徴は客観, だが官軍も連日, だが定期船は出帆, だが宝永と昭和, だが宝石をたべる, だが宝蔵院衆へ柳生家, だが実によく似てる, だが実業家や政治家, だが実演して, だが実見者の大阪落城絵図, だが実践と実践, だが実際いやに寒い静か, だが実際こうなると, だが実験的という言葉, だがは多く亜米利加, だが客たちはもう, だが宣命の方, だが宣和の盛時, だがの中, だが室蘭に五人, だがの誠意, だが宮内はゆううつ, だが宮崎はその, だが宮津文珠の荒侍, だがから帳, だが宵っ張りの町, だが家々の上塗り, だが家主さんの方, だが家具らしいものの, だが家庭ではいろいろ, だが家政婦の姿, だが家族はだんだん, だが家業がいそがしい, だが家賃との相談, だが容子には少し, だが宿は温泉, だが宿所にはお雪ちゃん, だが宿直員の店内巡回, だが寄りつく大名とて, だが寄場人足がわれわれ, だが富士男はモコウ, だが富田君がいう, だが富農は遊ん, だが寒中に獲れた, だが寒暖計を見る, だがに此, だが寛容であること, だがたり起き, だが寝室にはどこぞ, だが寝転んで考え, だがするに, だが寧ろここでは, だが寫眞ですらも, だが寶搜しと, だが寺田はその, だが寺田さんも黒幕, だが対手は龍耳老人, だが対話を主として, だが対馬守はあれ, だが専右衛門はそんな, だが曹は, だが将軍家が代替り, だが尊台が大事, だが尊氏丈がどうして, だが導き入れたところは, だが小づくりに出来, だが小一郎の表情, だが小三郎だけは船艙, だが小人島の老人みたい, だが小作料のこと, だが小使室にしょんぼり, だが小倉は自分, だが小原氏は決して, だが小夜どのきのうは他人, だが小姓溜りの年少者たち, だが小学一年生のやう, だが小学校の先生, だが小心だ助けて, だが小方二人あてを両方, だが小松に罪, だが小松敏喬はじめ話を通して想像, だが小林さんにはその, だが小林君少し心配, だが小柳は, だが小橋氏は久し, だが小池君ちょっと待ち給え, だが小男は何者, だが小癪な小僧, だが小石をまとめた, だが小竹さんの態度, だが小西氏は相, だが小説といつてもその, だが小説中の五月, だが小谷には何, だが小谷さんには二日, だが小路へ迷い込んだ, だが小鳥らの囀りで, だが小鳥達はそれ, だが少ないので十兩くら, だが少なくもおれは, だが少佐は少し, だが少将を入れ, だが少尉は腕, だが少年日吉は生活, だが少年期から次, だがくとも, だが就中創造の点, だが就中必要なの, だが就中科學はその, だがをからげ, だがいて, だが尾州家の役人, だが尾張にその, だが居るか居ない, だが居場所は解っ, だが屈しない彼の, だが屈強な者, だが屈辱を強いられた, だが屋敷内は静か, だが屡々あゝいふ, だが山々は真白, だが山の上の雲, だが山上の濃霧, だが山中には越え, だが山伏は手, だが山岸は一寸, だが山岸中尉はまだ, だが山木は言った, だが山梨県へ行く, だが山浦家には不肖, だが山田の顔, だが山田さんの努力, だが山田さん柄は小さい, だが山田春雄のまなざし, だが山目付でもない, だが山脇玄内はそんな, だが山葵を何, だが山門の外, だが山頂の気, だが山鹿の別荘, だが岐阜の里, だが岡崎にもすぐ, だが岡本の場合, だが岡田道彦は, だが岡部伍長は別に, だが岡野には感心, だが岩公は振, だが岩瀬邸の異変, だが岩石の上, だがには港湾, だがの殿様, だが峰丹波はそれ, だが島田もひるまなかった, だが崩れたしゃりこうべのそばには, だが川上機関大尉らしい東洋人, だが川口氏の階級, だが川島のこの, だが川幅一ぱい茶色の水, だがのある, だが巣鴨を出る, だが工場主は, だが工藝家として立とう, だがの乳房, だが左半身の動作, だが左官は皆目, だが左文にとってはそれ, だが左次郎は今日, だが左近を必ずしも, だが左門の行衛, だが左門洞とはいったい, だがく言葉, だが巧みに私, だが差し入れをした, だが差別と平等, だが差当りチェーホフのこと, だが己たちは宝, だがを得ざる, だが巴里の客間, だが巻煙草の外, だが巻頭の辞, だが巾着切って剽きん者さ, だが市之丞の為, だが市井の目, だが市兵衛は古い, だが市場に到着, だが市木さんという名前, だが市郎は心配, だがの破れ目, だがにも廉子, だが師匠に俺, だが師匠運はばか, だが師氏はやがて, だが師穎川の程度, だがはない, だが帰つて何をする, だが帰りには宝石, だがの人, だが常盤範貞も彼以下, だが常識家の大人達, だが幕末の日本軍艦, だが干支を用, だが平二郎は止め, だが平作はオレ, だが平八郎や兵部, だが平均五〇パーセントしか就職, だが平安初期の貴族, だが平岡氏は江戸, だが平常の話, だが平賀甚兵の態度, だが平靖号はさいわい, だが平馬もいうたであろう, だが年がら年じゅう同じもの, だが年代の進む, だが年内には使える, だが年増女のエミリー, だが年寄つた女は唇, だが年寄りの身, だが年暮ではある, だが年月の推移, だが年毎に洪水, だが年甲斐もなく, だが年越しとか正月, だが年頃になる, だが年齢から言っ, だが幸三十四度の温湯, だが幸之助はともかく, だが幸子は冷酷, だが幸村はその, だが幸福とは果して, だが幹太郎の疑問, だが幼いものには, だが幼児の眼, だが幼少から重豪, だが顕と, だが幾ら四万円貰つた所で書物, だが幾ら梅雨だから, だが幾何学を他, だが広い空間を, だが広岡が, だが広島平和都市案は既に, だが広瀬さんは報告書, だが庄三郎は眼, だがには六フィート, だが床下のやみ, だが床柱を背, だがだから, だがのこと, だが度胸にし, だが座敷牢へは入れた, だが庵門はただ, だが庶民住宅というもの, だがい玉蜀黍, だが廉子の胸, だが廊下を曲, だがいて, だが延喜式では前者, だが建介は妻, だが弁信はまだ, だが弁信さんお前さんも了見違い, だが弁公の看病, だが弁証法的論理は事物, だが弁証法的論理学は決して, だが弁証法自身は決して, だが引くことの, だが引っ返す気には, だが引越の疲れ, だが弥之助は少年時代, だが弥右衛門はこの, だが弥吉は間違い, だがつたのは, だが弱い深い複雑な, だが弱くはな, だが弱ったなあ, だが弱音を吐かず, だが張り出しの下, だが張切った艶, だが張飛は, だがひて, だが強いてこの手段, だが強く表現し, だが強硬な反対説, だがにしなさん, だが当ってみなけれ, だが当てにはなりません, だが当分は見, だが当夜の不思議, だが当局者の猛省, だが当局肝煎りの組合結成, だが当時何かの賞, だが当然驚かなければ, だが当面の例題, だがは似, だが形勢は急転直下, だが形式的なもの, だが形象化ということ, だが彦山に一夏, だが彫刻にし, だが彰子の指, だが彰義隊君の期待, だがには立たなかった, だが役付でない鴻山, だが役目だけは果し, だが彼んな物, だが彼女たちの経済力, だが彼女等は気の毒, だが彼女銀子に関してはまた, だが彼奴らがわれわれ, だが彼岸には今, だが彼方にじっと, だが彼方エスペリイドの太陽, だが彼様な人, だが彼等二人の周圍, だが彼等夫婦は他, だが彼翁の作物, だが往々およそ名実伴わぬ, だが往来ばたに, だが待ちたまえ, だが後でよくよく考へて, だが後悔という咄嗟, だが後日になっ, だが後醍醐は父, だが徐々に官能の, だが徒らに途方, だが徒勞だつた, だが徒手ではどう, だが従兄弟の利長, だが従前の学生, だが従来神今食, だが従者もわずか, だが從來の狹, だが御両人ともまさか, だが御存じの通り, だが御意にあまえ, だが御池十郎左衛門はその, だが御用立はします, だが御者はそろそろ, だが御覧なさい, だが復讐観念の伴う, だが微かに, だがは私, だが徳蔵さんの熱心, だが心から寝ついて, だが心して見れば, だが心丈夫ですな, だが心平さんにとってはこの, だが心底は見届けた, だが心願の百, だが必然という緊急普遍, だが必要な問題, だが忌々しい畜生, だが忍川というの, だが忘れ難いの, だが忘れようと焦慮れ, だが忘れるといふ性能, だが忙しいことは, だが応接室へ顔, だが忠利は断念, だが忠明は彼, だが快活をよそおわね, だがの思う, だが念丈ガ岳の東側, だが違った氏, だが怒るにも及ぶまい, だが思いのほか相手, だが思いあたる男は, だが思いがけない軍勢が, だが思い出は坂下, だが思い込んだ男の, だが思つたより長い, だが思想動員は勿論, だが思想文化が一つ, だが思想界の本当, だが思想的な世界, だが思案に余った, だが屈で, だが怠けちやイケマセンぞ, だが急場の支え, だが急所じゃない, だが性格的に物, だがとか物盜, だが訝る者, だが怪しい奴じゃ, だが怪人はまだ, だが怪人丸木はいっかな, だが怪塔はしずまりかえっ, だが怪影の耳, だが怪盗の神速, だが怪艦からは応答, だが怯んでなどいられる, だがう拜ん, だが恁んな靜, だが恋愛に関する限り, だが恋愛小説の傑作, だがかない, だが恐いからで, だが恐れながらも自分, だが恐ろしい番人って, だが恐怖と困惑, だが恒川警部はこの, だがかしいなあ, だが恩恵もある, だが恩智左近は露骨, だが息づまるような, だが悔いてなどいる, だがだくみ, だが悪意の仕業, だが悪戯と乱暴, だが悪運の強い, だが悲壮な心, だが悲歎や愚痴, だが悲鳴は起こらなかった, だが情ないことに, だが情勢がこの, だが情熱的に囁いた, だが情痴読者が多, だが惚れたなら惚れたで別の, だがいこと, だが惜むらくは, だがへば私, だがいの, だが愈々そうなって, だが意味は兎, だが意地となる, だが意外なことば, だが意志がわずか, だが意識とは何, だが意識活動の多数, だがいたこと, だが愚劣をいふなら, だが愚図愚図しては, だが愚堂の感情, だが愛することの, だが愛らしくぴちぴちした, だが感じが違ふから, だが感じる自分の, だが感づいて逃げ出しゃしまい, だが態度には隙, だが慌てて階段, だが慌てるには及ばん, だが慧鶴はここ, だが慨然として呟いた, だが慰みと文学, だがえてるの, だがのふかい, だがやそこ, だが憎むべき天草商事の, だが憐れむべきその小鳥, だが憤ったところで, だが懐中にせめてもう, だが懐旧の情, だが声も, だが戌年の犬公方, だが成瀬九十郎という人間, だが我々捕物作家群と捕物小説, だが我々日本人には皮膚, だが我子の前, だが我意を貫く, だが我慢のできぬ, だが我都市の貧しい, だが戒厳令の政治的効用, だが或いはまた勝負は, だが或は途中で, だがはこれ, だが戦いはあっけなく, だが戦乱はもう, だが戦場へ出, だが戦局は日増しに, だが戦時的な軍令部, だが戦災で飢ゑ, だが戦災都市の人々, だが戸外の空気, だが戸惑いにも程, だが路には, だが戻って来る, だが戻つて来る, だが戻つたところで, だが房子はそれ, だが所詮はどこ, だが所謂それた若い, だが所謂アジア的生産様式は何, だが所謂ゴーゴリのリアリズム, だが所謂ジャーナリズムと雖, だが所謂トロピズムとかタキシス, だが所謂ヒューマニズムの考える, だが所謂中小商業者ということ, だが所謂思想史的記述を以て思想, だが所謂科学主義工業つまり科学的研究, だが所謂自然弁証法の自然, だが所謂自由主義とは云わ, だが所謂行動主義者達は行動主義, だが所謂軍部案による議会政治否定説, だが手がかり一つつかんで, だが手の平の温い, だが手前たちがどんな, だが手前能く尋ね, だが手古舞がここ, だが手品を使う, だが手塚とても無尽蔵, だが手工が優れる, だが手捜りで, だが手際よく煙管, だが手順は幾つ, だが才人は才, だが才気とカン, だが打たれている, だが技巧のこと, だが技師も今, だが技能は事実, だが技術学が哲学, だが折り悪くし, だが折柄空に月, だが折竹は神様, だが折角ぎっしり詰めこんだもの, だが折角金え呉れ, だが抜き合わせた集五郎チャリーンと, だが抜けるどころか一年, だが抱き起こされた三位卿は, だが押入れの中, だが拍手と共に健吉さん, だが拝島まではだいぶ, だが拡声機が上等, だが拡大するという, だが持ってきた, だが持てよ八, だが指定したこんな, だが指紋はまさか, だが挨拶もたいてい, だが向きも, だが振りかえって見る, だが振向いて後ろ, だが挿画画家さんにお, だが捕まるものなら, だが捕吏や兵隊, だが捕物小説を書く, だが捕縛しないじゃ, だが授業の時, だが掘鑿は急がれ, だが掛声によって矛盾, だが探さなくちゃなら, だが接骨木ばかりが蟻, だが掴み出す心には, だが援軍松平勢の縦隊, だが揺籃を見舞, だが撃ってはいけない, だが支倉も子供, だが支倉君君はあの, だが支倉君斯うして, だが支那に埋蔵, だが鷹が, だが放っておい, だが政党人も資本主義日本, だが政党内閣の出現, だが政右衛門は妻, だが政府自身にこれ, だが政所召集は当夜, だが政治には別に, だが政治上の現実, だが政治家としての大名, だが政治的に急進, だが政治的実践と云え, だが故人のかう, だが故障は発見, だが敏腕だったね, だがひは, だが救世主が待望, だが教会堂へは靴, だが教師のその, だが教師オリガは先学期, だが教授によれ, だが教科書がない, だが教育を受けた, だが敦子さんと言え, だが敬四郎はもとより, だが数分間たつと, だが数右衛門のぶとい浪人骨, だが数学の適用, だが数学式や記号, だが数学的存在を主観的, だが数日の後, だが数正には家康, だが敲くのは, だが整然として鋭く, だが敵意と冷笑, だが敷き寝しておっ, だが敷居際でじっと, だが文化上の問題, だが文化技能が意味, だが文化的自由から自由主義, だが文化的領域に於ける, だが文化社会学は単なる, だが文句に注意, だが文壇という組織, だが文太郎はかう, だが文字に書かれた, だが文学作品の中, だが文学的範疇というの, だが文学的表象と云った, だが文学者型の戦争ジャーナリスト, だが文枝さんと僕, だが文献で考へられる, だが文科の奴等, だが文筆生活などをし, だが文芸全体を意味, だが斉彬派の人々, だが斉興は俯, だが斎宮助衆人の前, だが斬ったの斬られた, だが斬られるよりは痛く, だが断じて他言は, だが断っておく, だが断るまでもねえ人, だが斯く考える力, だが新しい国を, だが新しく厳粛に, だが新たな危険, だが新ちゃんを負かす, だが新七おぬ, だが新五郎様と云う, だが新刊の本, だが新吉は美貌, だが新婚夫婦はいささか, だが新左衛門は, だが新田の者, だが新田どのそれくらいはゆるされい, だが新田先生は博士, だが新約は却って, だが新聞現象の根本規定, だが新聞種には面白い, だが新郎新婦の運命, だが方法が科学, だが方言の上, だが於通いったいそんな, だが於通おれとお, だが施粥を楽しみ, だが旅人の通る, だが旅川周馬とかいう奴, だが旅行も近頃, だが旅行者はだまっ, だが旋毛曲りのゴリキイ, だが旗本の地位, だが旗男は見なれない, だがう疾く, だが既にもう秋の, だが既成と無産, だが日ざかりの強い, だが日光の直射, だが日出時の東, だが日向の縁側, だが日常生活ではそんな, だが日当不足となら, だが日本ファシズムに共通, だが日本内地からいよいよ, だが日本攻略にあたってこれ, だが日本文化に於ける, だが日本海と格別ち, だが日本独特の山女魚, だが日本美術院の光彩, だが日本語とは諸君, だが日東男児はいかなる, だが旦那さまそんなこと, だが旦那ただの竹竿, だが旦那坊主も付い, だが旦那方の詮議, だが旦那様もそう, だが旦那私も銭形, だが旧い店だけに, だが旧来の考, だが早う行けよ, だが早くしろ, だが早川は何とも, だが早瀬に囮鮎, だが早苗さんはもう, だが早速に君, だが旻幸子を殺した, だが昆布は少し, だが昌さんはいつのまにか, だが昌幸に邪魔, だがかに普通, だが明るみで見せ, だが明子はこの, だが明智さん手品のたね, だが明智先生にはかなわない, だが明智君どうも変, だが明智君きみは今, だが明智君つくり話だけで, だが明智君二三十分もぐずぐず, だが明瞭に聞き取れる, だが明窯の勃興, だが易々と斬り得る, だが易者も中, だが昔ながらの木, だが昔キリスト教が魔法使い, だが昔フォンタン全部が出, だが星影くらくだれ, だが星影まばらな光, だが星田の指紋, だが星野の言葉, だが映画俳優の来る, だがの夜明け, だが春吉君はそれから, だが春子はまだ決して, だが春木はついに, だが春木少年はその, だが春田打ちは鎮魂, だが春色は大いに, だが春葉氏が亡くなる, だが春隆には大した, だが春雄はすやすや, だが昨夜大隈に会っ, だが昨日教会でつくづく, だが昨晩あれから引き, だが昭公が一緒, だが是位に書かれ, だが昼過ぎの仕事, だが昼間の航行, だが時には無い, だが時事的なもの, だが時日を与えれ, だが時節といっ, だが平一人, だがではない, だがになっ, だが晩飯の時間, だが晩餐まではトランプ, だが普段この三角暗礁, だが景色は段々, だが智子は近頃少し, だが智恵だけなら貸し, だが智者のはかり, だがは遠く, だが暗闇の中, だが暗黒恐怖症の市民, だが暢気なん, だが暦法のこぐら, だが暫らくすると, だが暴慢に似た, だが曲るは曲っ, だが更に藪入りの, だが書いただけで, だが書きおわるとややしばらく, だが書きだすとさ, だが書く場合に, だが書物によつて, だが書生にし, だが曹丕は賈, だが曹仁は, だが曹叡にも一面, だが曹彰の前, だが最う私達は, だが最初本堂の中, だが最初私は個人作家, だが最前万吉が声, だが最大の嘆き, だが最近の進展, だが最近さうした, だが月世界と地球, だが月並の表面, だが月光がさし, だが月子には不思議, だが有ったものが, だが有体に平たく, だが有金は六萬八千兩, だが有髪だという, だが朋子は内山, だが服用して, だがは愛国心, だがかな苦笑, だが朝な朝な東の, だが朝夕こうして同じ, だが朝夕作阿弥が小屋, だが朝子はこういう, だが朝来の天候, だが朝目が覚める, だが朝薫のやまと, だが朝野が突拍子, だが朝顔ももう, だが期限が来る, だが朦朧とした, だが木下勘解由木下助右, だが木俣は心, だが木剣を持て, だが木島は答えなかった, だが木挽と兵隊とど, だが木立の茂み, だが荘の, だが未だかつて人は, だが未だに大地の, だが未見の友, だが末梢の些事, だが本件に限り, だが本会はかかる, だが本因坊のえらい, だが本堂内の狼藉, だが本式の為政者, だが本当によく来て, だが本当は少しも, だが本来は馬鹿, だが本気な闘争, だが本田の家, だが本船の危険, だが札幌へ着く, だが朱実は午すぎ, だが朱砂ハナのほう, だが杉本は気, だがは感じ, だがを出る, だが村上賛之丞, だが村重は, だが村長さんのこと, だが杞憂にすぎなかった, だが来れば安全, だが来世はもっと, だが来臨したまれびと, だが東儀それは江戸詰, だが東北振興調査会はたとえば, だが東国といっ, だが東洋には最も, だが東海の海, だが東遊中の風俗歌, だが東郷五郎左衛門もただ, だが松下もめきめき, だが松木久作の証言, だが松村はそう, だが松洲先生や, だが松蔦の美し, だが板倉屋と白旗直八, だが板場にも女中, だが林さんを引き, だが林太郎は私, だが林檎は方々, だが果物畑といふもの, だがの大きい, だが柏村と鈴木, だが柔道や剣術, だがに下ってる, だが柱時計はこの, だがから渡された, だが柳下空曹長は無類, だが柴田の方, だが柿丘秋郎を永らく, だが栃尾はメガネ, だが栄職は擲たない, だが校長さんも感心, だががない, だが根性の卑しい, だが根本的には小説, だが格別日本よりも, だが格闘でも喧嘩, だが桀溺はもう, だが桂さんそうなる, だがの木, だが桃代はいつもまだ, だが桃太郎はあと, だが桑原家の主人, だが桔梗の方, だが桔梗様は不安そう, だが桜山葉子はその, だが梅ちゃんのよう, だが梅軒はそう, だが梅雪のほう, だが梅麿は父以外, だが梧郎は母, だがのつぶ, だが梯子段を下りる, だがが短い, だがでもさした, だが森君も幸吉, だが森啓之助の方, だが森本は一体, だが椅子へ不, だが椋島技師の死刑, だが植民地臭くは, だが植物のある, だが検事はどこ, だが検事たちの前, だが検閲はどう, だが楮幣にかぎる, だが極楽もあまり, だが楽しい半日も, だが楽しみの郵便, だが概して好人物ぞろいで, だが概念乃至観念, だが構造を見れ, だがを持った, だが槍突きはその, だが様子が変わり過ぎる, だが様式が意識, だが標準は何れ位, だが模型は考案, だが権三今日はひょんな, だが横光では之, だが横光氏よ最悪, だが横浜にはそんな, だが横長の麻布山水図, だが樫田武平は美事, だが樵夫や狩人, だがが密生, だが樹木などはあんまり, だがの梢, だが樽屋になる, だが橋上の趙雲, だが橋場の御, だがをみる, だが機会がなく, だが機械主義に転じる, だが機械論者の云う, だが機関誌の編集方針, だがを把, だががずん, だがかなんぞの厚板, だが欠点が多い, だが次に大事な, だが次男友矩は家光, だが次郎さんお気をつけ, だが次郎君朝倉先生が心, だが欧州においてはまだ, だが欧州大戦を機会, だが欧米の先進国, だが欲することは, だが欲望曲線の性質, だがされたと, だが歌手自身は唱歌手, だがきの, だが歎願も歎願, だが正中ノ変, だが正代という娘, だが正吉はやがて, だが正常に働い, だが正文が恰好, だが正月にもなり, だが正木の老人, だが正男の奴, だが正直一途の貧乏人, だが正確に歩い, だが正義観道徳観で下駄, だが正造独りの胸, だが正造自身は常に, だが此事件は此儘, だが此二つは発生点, だが此人の文章, だが此伝へでは新, だが此分は西行, だが此地で一体, だが此小話ではそんな, だが此島も仲, だが此年寄のおふくろ, だが此形式の重畳, だが此所で御覧, だが此文には江戸, だが此時代の人, だが此時毛利は芸州吉田, だが此派の学者, だが此点はすべて, だが此用語例の場合, だが此由緒は清, だが此男あんがい物, だが此祭り自體, だが此種の作物, だが此等の語彙, だが此話は一面神子, だが此調子ではやがて, だが此邸の奥様, だが此頃それには熱情, だが此頃仕事が忙しい, だが武力も金力, だが武器の撰好み, だが武士大衆の寄せる, だが武子さんは社会事業, だが武家屋敷を攻める, だが武州公を動かした, だが武州公一人だけは火, だが武田博士は負けなかった, だが武蔵どのみすみす負け, だが武藏の二刀流, だが武藤貞一氏の場合, だが武門とはこうした, だが歯ぎれのよい英語で伝声管, だが歳月は流れた, だが歴史上の人物, だが歴史公式をそんな, だが歴史哲学が何, だが歴史社会の問題, だが死刑だけは幕府, だが死期はせまっ, だが死肉は食えまい, だがんど, だが殆ど受刑者のよう, だが殆ど同時に娘も, だが殉情な友, だがつたあの, だが残つた方がずつとい, だが残照の雲, だが段々部屋中を, だが殺さなくてもよかっ, だが殺した證據は, だが殺す程も, だが殺人光線は具体化, だが殺人犯の雨宮潤一, だが殺人罪を犯した, だが殺気は漲っ, だが殿の出羽守, だが殿さまが, だが殿下には用心, だが毅然として少年バルダク, だが母上はどう, だが母子にはしょせん, だが毎日そっちこっちの工事場, だが毎日卵をたべさせ, だが毎晩大きな声, だが毎月五十円ずつ来る, だがの蝶, だが毒殺でないと, だが比企さんが丁度, だが毛唐めが日本, だが氏鉄やその, だが民俗学の一分科, だが民器に潜む, だが民族の発展, だが民藝はそれ, だが民藝品は私達, だが気がついて見る, だが気分なんぞは明るく, だが気分的自由主義の何より, だが気弱な頬, だが気持の良い, だが気概は反対, だが気狂いが火, だが気質や年齢, だが気違のお, だが気違いと常人, だが水上に於, だが水入らずに楽しめ, だが水性の女, だが水滴の落ちる, だが水狐族の部落, だが水量が減, だが水馬の馬陣, だが氷山がこんな, だが永井さんの調子, だが永島にはそれ, だが汎米連邦の軍用機, だが汚穢しくなっては, だが汝らよく理, だが汝ら女同前の輩, だが汝等固有の宿命, だが江口の草笛, だが江戸ツ子の負, だが江戸中の錺屋, だが江戸川氏の近年, だが江戸昌も死に, だがの端, だが池袋のあの, だが汪紹生はちと, だが決してそうとはいわず, だが決定的な手つき, だが決断はつかなかった, だが汽缶を取り上げられた, だが沈黙の代, だが沖縄では必, だが没利害的な純粋, だが没我にし, だが沢山たまつたのを見る, だが河原町ではそんな, だが河合も決して, だが河合氏の弱点, だが河神は肘, だが河豚の毒, だが油揚げの方, だが油絵の依頼, だが治郎左衛門には何, だが沼間は頑強, だがは法, だが法信勘忍して, だが法水さんたしかあれ, だが法水君この奇妙, だが法水君結局犯人の意志, だが法門をこの, だが波田君には菓子, だが波紋が消え, だが泣いていた, だが泣きも悲しみ, だが泣き虫蛾次郎よひと, だが泥坊の方, だが泥濘の道, だが泥酔してるの, だが注意して, だが泰勝院は細川家代々, だが泰道先生十日前に大, だが洗ってからおっぱい, だが洛内進駐の諸, だが洛外を出た, だがの入り口, だが津山進治郎が話し, だが津村は未だ, だが洵吉にもすぐ, だが活動写真や探偵小説, だが流れは早し, だが流言蜚語すると, だが浄瑠璃本の字体, だが浅井の屋敷, だが浪路のこうした, だが浮き世の約束, だが浮世ぐらしのやう, だが浮草のよう, だが海上には何ん, だが海女も三十歳, だが海底都市側ではそういう, だが海棠の花, だが海老蔵自身あゝいふ, だが海蛇どもは失望, だが海軍機にし, だが淡路島や明石, だが深い話は, だが深井氏は決してのらくら, だが深切気のある, だが深刻なる地底耐乏生活百年, だが深川の商取引, だが深谷は級友中, だが深雪は, だが混濁した虚妄, だが添え物がなく, だが清三の頭痛, だが清人は清人, だが清十郎と藤次, だが清吉は, だが清吉兄哥お政, だが清子さんとの結婚, だが済まないのは, だがとしては死んだ, だが温かな親し, だが温度を計ろう, だが渺茫たる大, だがというもの, だが湯屋で時間, だが照寺からの, だが満州にいる, だが之丞, だが源てめえ今日のこと, だが源十てめえに弥生, だが源吉にいわせれ, だが戦時的体制下に, だが溜漉は日本, だが溯り舟は, だが溺れてそう, だが滋幹はそんなに, だが漁夫には網, だが漁師なんぞがお前さん, だがる者, だが演出上から云う, だが演壇の声, だが演芸と云え, だが漢字は構成的, だが漢文調になる, だが漸く彼女の, だが漸次寓意を, だが潜水艦乗りを志願, だが潮内相は同じく, だが澤君も名言, だが濠洲の神話, だが濡れた海水着が, だが火つけや押込み, だが火事ではない, だが火急の事, だが火柱の主, だが火薬が少ない, だがの中, だが災害費と軍事費, だがはじっと, だが烏啼の所在, だが烏帽子こそ乗せ, だが無いとも云え, だが無力の者, だが無地であるから, だが無意識的には反, だが無抵抗で食, だが無条件にそう, だが無気味な音, だが無産運動プロレタリアート文学の本道, だが無用の配給, だが無籍者の私, だが無表情とは無, だが無論そうであるからと, だが無論実際には単なる, だが無邪気になる, だが無電員はそれ, だが無頓着な大, だが無頼の徒, だが無頼漢共を量る, だが無駄と知り, だが焼跡には少し, だが焼野原となった, だが煙草はなかっ, だががひどく, だが煩悩の仏さま, だが熊仲も女犯, だが熊城君犯人は何故, だが熊川君はもう一度, だが熊野三山のうち, だが熱海でのわに, だが燃えてしまった, だがは消え, だが燐寸が見つからない, だが爆弾とすこし, だが爆発はいつ, だが爆破したら君, だが爛酔にし, だが父樣はどうして, だが父百両の金, だがの恩智左近, だが爺さん何の眠つて, だが爾来田中君は, だがにそれ, だが片々に粉砕, だがはまだ, だが牛方は角, だが牛若に剣法, だが牡丹と茶, だがへ曳かれ, だが牢人にし, だが牧田氏は所員, だが物の本性物そのもの物自体については全く, だが物価騰貴が急激, だが物心総動員の秋, だが物理学的物質元素そのものが実は, だが物理学者は夫, だが物質的技術の方, だが物騒な話ぢ, だが特別な例外, だが特攻隊を永遠, だが犀星さんのお父さん, だが犬めは, だが犬千代はその, だが犯罪の捜査, だが犯罪者仲間だと, だが狂乱の人, だが狂人の声, だがはその, だがはれて, だが独りカッシーラーに限らず, だが独善に座り, だが独立の人間, だがの場合, だがの姿, だが猫女はその, だが献帝はまだ, だが蜘蛛は, だが猶予ならないの, だが猿殿のお, だが獄中の後醍醐, だが獅子の舞い, だが玄徳は六十一, だが玄白斎の痩せた, だが玄竜もさる者それ, だが玄関派は無産党, だが王允はその, だが王様だって食わなけりゃならん, だが玲子の台辞, だがらしく映画館, だが現下の支配当局, だが現世の舞台, だが現今の殆, だが現代日本のインテリジェンス, だが現在あなたに自分, だが現在我国には未だ, だが現在男子で健康, だが現場は離れた, だが現役軍人達が所詮, だが現象の類似, だが理屈は抜き, だが理想主義的自由主義は恐らく, だが理解するには, だが理論的なもの, だが琵琶の死んだ, だが琵琶師と云っ, だが瓦斯は散逸, だが甘いものも, だが甘味もなかつた, だが甚だおいしくなかった, だが甚三は帰っ, だが甚太夫ほどの侍, だが甚太郎にも不思議, だがて乱暴, だがきのこつたもんたちが, だが生きた系図は, だが生きんとする, だが生けどりはむつかしい, だが生まれたときから, だが生れつき野性の私, だが生れ土地で地盤, だが生命のこの, だが生命線は長い, だが生徒を入学, だが生来小心者の, だが生殖力の壯ん, だが生活難はすでに, だが生物は之, だが生理学者で之, だが生糸が下落, だが生身のお, だが産業合理化の段階, だがにもたたない, だが用いられる筈も, だが用件がある, だが田中はそれ, だが田作の唐辛子, だが田山白雲がこの, だが田川さん世の中には大風, だが田沼には矢場女上がり, だが田辺博士はこの, だが田鍋は別に大して, だが由公は脆く, だが由兵衛も負け, だが甲州路を通る, だが甲府にいる, だが甲斐守も今日, だが甲賀谷へ抜けよう, だが申し上げたが無理, だが申し合わせたわけで, だが男どうしではその, だが男嫌いの女, だが男牢と違っ, だが男神なる若衆, だが男結びじゃない, だが画そのものとして見る, だが画家たちは構図, だが畑与右衛門には子, だが留さんは急, だが畜生め怪物はどうして, だが畜生貴様の知った, だが畜生頭が痛, だが畢竟は迷い, だが番外とはどういう, だが異人の紙入れ, だが異人さんはそんな, だが異変は起らない, だがのフリードリヒ, だが當時の同人殊, だが畸形児には別, だが疑うということ自身, だが疑問の謎, だが疑念のなか, だががある, だがが癒, だが病友は許さなくなった, だが病妻の側, だが病棟の間近く, だが病気ばかりでなく, だがぐしたが, だが痛くなかった, だが瘠せたねえ, だが発いた事が, だが発病以来すでに幾人, だが登りもしよう, だが登行を果さず, だがは白, だが白い頸の, だが白人の中, だが白暮はつひに, だが白紙の衝立, だが白銀はいない, だが白髯の人物, だが百合子が声, だが百合枝さんとうとう来ました, だが百姓一揆の颱風, だが百尺にも近い, だが百度にちかい, だが皆さんがそう, だが皆三君の方, だが皆此語の用例, だがになる, だが皺一つにも威厳, だが益満が出, だが盗まれた三千両は, だが盗癖ならば, だがにシェストフ, だが盛り場はいろいろ, だが盛り飯の廻り, だが盛子の場合, だが盜まれた三千兩, だが盥位の大き, だが目ざしたその所司代番所, だが目ざす緑色の, だが目下は都合, だが目前にこの, だが目立たぬように, だが目録の挿絵, だが直ちに腕力沙汰に, だが直前に見える, だが直接の干渉, だが直観空間はカント, だが相好が変っ, だが相州とか伯耆, だが相性が違った, だが相木熊楠ほどな, だがの黒い, だが眉宇の間, だが看病の大, だが真っ蒼な, だが真っ先の一騎, だが真偽は知りません, だが真先に女房, だが真柄の領内, だが真物の小次郎, だが真珠がどうして, だが真田視秀の墳墓, だが真紅は出せない, だが真鯛の産地, だが眠っている, だが眼つきに難, だが眼玉はぎろりとして, だが眼球をのみ美しい, だが眼界は開けた, だが眼瞼に血, だが睡魔はおそつ, だが矢ごろには限界, だが矢張りことの本質, だが矢張り極りが悪く, だが矢張り老人は返辞, だが矢張唯物論者に対して大きい, だが矢張川口町へ帰る, だが矢来のそ, だが矢田部氏に至っ, だが矢走千鳥は無事, だが矢野氏の舌, だが知らない人に, だが知吉は入籍, だが知識的労働者といった処, だが短冊に酔, だが短時日にその, だが短時間の間, だが短篇小説は細かく, だが矯風會の運動, だが石井柏亭氏等の後方, だが石山耕平から長谷川, だが石油のほか, だが石田重吉はABC, だが石見銀山を手, だが砂利が正直, だが砂糖はやっと, だが破られて了, だが破れた窓から, だが破局に終る, だが破損したの, だが破裂しなかった, だが確かりつかまって, だが磋磯之介, だが磨墨にはどれ, だが磯崎恭介は伸子たち, だが礁湖には普通, だが社会性なき工藝, だが社会政策の角度, だが社会的現実を倫理的, だが祖国を失つたシャリアピン, だが祖師の眼光, だが祝言の盃, だが神さまの法律, だが神保町を駈けぬけきらぬ, だが神様いまのところ, だが神経のせい, だが神通力といえ, だが祭りの時間, だが祭政一致の体系, だがとは大悟, だが禅坊主のやう, だが禍いはまだ, だが福島縣の須賀川, だが禰衡はあえて, だが禿即童髪にした, だが秀ちゃんのやう, だが秀三郎はもう, だが秀次は顔, だが秀秋の陣, だが秀逸だあの, だが私らは浪花節, だが私見による, だが秋冬の交叉期, だが科学教育をそういう, だが科学的体系をなす, だが科学的実験だけしか考えない, だが科学的精神の意味, だがの関心, だが秦啓源は謂わ, だが稀少性と交換価値, だが経て, だが遅れた時代, だが種子島は遠く, だが稲田で除草, だが稲荷さんといえ, だが稼いでも稼い, だが穏かな面構の四十男, だが穢れるというの, だがのよう, だが究極では混, だが空気服はきゅうくつ, だが空間になる, だが空間自体などというもの, だがつきるとたん, だが突き当りに寺, だが突き詰めて行っ, だが突倒された男, だが突如とし, だが窓ぎははもう徐々に明るみ出し, だが窓硝子はひとり, だがしたが, だが窮民共はこの, だが上った, だが立ち帰ってきた, だが立場をかえ, だが之助, だが竜土会はすべて, だが竜宮といや, だが端艇は一艘, だが竹内てるよさんのよう, だが竹童いまはその, だが竹見はこういう, だが笑いの論理的構造, だが笑つたのは何, だが笑談どころでは, だがのせい, だが笠井直吉にはそれ, だが笠原にはその, だが笠置は陥ち, だが笹尾もつまらない, だが笹部の奴, だが筆者は既に, だが筆記した紙, だがは面白, だがへれば, だが答えられないのでそのまま, だが答礼も終っ, だが算術的能力に鈍い, だが箪笥は錠, だが篠原さんのは洋服, だが簑虫は一度, だが籠城の時, だがや物, だが米吉はどこ, だが米国から帰っ, だが米国人は執念深く, だが米国製の時計, だが粥河氏何ともどうもお, だが精力には限り, だが精神だけは恐ろしく, だが精進とは仏教, だが糞ッ日本の学生, だがをあやつる, だが糸子の声, だが紀州から出る, だが紀律が厳し, だがは, だが納屋の蓆, だが吉は, だが純文学が民衆, だが紙入れはある, だが紙屑にもよりけり, だが紙鳶堂先生なら安永八年五十七歳, だが素人衆は足許, だが素晴らしく大きな釜, だが素朴な湯槽, だが紫錦さんの在所, だが細川へは行くまい, だが細川さんとはどういう, だが細川三之助は相, だが終局に於, だが終生忘られない, だが経済上の社会的強制力, だが経済的の事, だが結句蕨の, だが結局それだからと, だが結局ジェンキンスは, だが結局二・二六事件を見る, だが結局勝利は僕, だが結局彼はそれ, だが結構なこと, だが給仕の男, だがの方, だが絵看板丈けはさすが, だが絶えず迷路が, だが絶対的自由競争はまさしく, だが絶縁状を見た, だが維新の廃仏騒ぎ, だが綱手は, だが綾子は返事, だが総てを忘れ, だが総帥はその, だが緑川夫人は素知らぬ, だが緑青の毒素, だが緞子の大きい, だが編集では餘, だが縛げてみる, だが縣廳では之, だが缶詰製造がはげしい, だが置台の横手, だが羊羹を持っ, だが羊飼は自分, だが美人と話す, だが美女のやつれ, だが美少年はちょっと, だが美沢が何, だが美的と美術的, だが美術学校改革問題では寧ろ, だが美術的な美, だが群つた葉鶏頭は私, だが群臣はなお, だが義不義正邪黒白の判断, だが義仲は若く, だが義挙の軍律, だが義経の来た, だが義観に渡す, だが義詮はだまっ, だが羽根ぶとんはなく, だがる日, だが翌日も起きられなかった, だが翌週私はその, だが翻って考えて, だがをかえす, だが耀蔵の眼, だが老婆にはどう, だが老子の小国寡民, だが老年にはまた, だがへやう, だが考えてたもれ今は, だが考げえりゃ考げ, だが耕介は元, だが耶蘇の教え, だが聖人にし, だが聖林寺の十一面観音, だが聞かずにはいられない, だが聞き逃しのできねえ, だがだなどと, だが聴いてみる, だが聴衆は場外, だが肉中にたくさん, だがの色, だがになでる, だがじゃない, だが胸底はあれ, だが脅かしちやいけない, だがには微笑, だが脳裏を横切つた, だが脳髄の中, だが腋の下に掌, だが腐爛よりもうじ虫, だがに落ちない, だがにかけ, だが膝頭は明, だが雷也は, だが自らがいま, だが自分たち師弟を狂人呼ばわり, だが自分今日もや, だが自分自身を信ずる, だが自家の押入れ, だが自己の体内, だが自己弁護すること, だが自我というもの, だが自棄はいけない, だが自然哲学と自然科学, だが自然科学者が自分, だが自由主義が唯物論, だが自身番で云う, だが至りついて, だが臺所に置い, だが與三郎の死骸, だがをさまたげる, だが興味を持ち得る, だが舞いながらその, だが舞踊の廃曲, だがは, だが舟久がこう, だが舟橋の関所, だが般若丸の名刀, だが船内には貨物倉, だが船員はこの, だが船員たちにはなん, だが船番所の見廻り, だが船長さんはその, だが艇外の大, だが艦隊司令官はいたずら, だが良一はそのまま, だがの冴えた, だが色々試して, だが色情も酒, だが色電気の下, だが芝居気はもう, だが芦田君がもう少し, だが芭蕉はまた, だが花世はまだ, だが花火は子供たち, だが芳秋蘭の姿, だが芸術一般についての, だが芸術上の語彙, だが芸術家の住む, だが芸術社会学にまで来れ, だが芸術評価の尺度, だが芸術雑誌の読者, だが若々しく愛らしく見える美和子, だが若き日に, だが若くして美しかった, だが若しもそうだと, だが若ものの表情, だが若旦那の徳太郎, だが苦労人のお, だが英人に取つ, だが英国紳士と云っ, だが英語にも随分, だが英語国民やフランス語国民, だが茂公の即興, だが茫漠たる地形, だがの味, だが茶人たちは鋭く, だが茶店の前, だが茶漬屋の座敷, だが草かげの鬼灯, だが草叢に殺され, だが草庵は山, だが草雲の耳, だが荒々しいものや, だが荒木は御前試合, だが荒涼としてこれ, だが荒療治をせず, だが荒野にある, だが荷物が厄介, だが荷駄に乗った, だが菅原は少々, だがの香, だが菊路は涙ぐましい, だが華やかなお側女様, だが華岡の口, だが華雄はなお, だが萩乃がいちばん気, だが萬之助はあの, だが萬更有り得ないこと, だが付いた気持, だが落ち果てても, だが葉山氏の場合, だが著者はこの, だが葛岡はだ, だが葛飾は容易く, だが葡萄はまだ, だが葬式に出会った, だが葭簀のすそ, だがは別居, だが蒔田の家, だが蒲団は答えなかった, だが蓑吉は一わたり玩具, だが蔵六は折ふし途中, だが蔵相の所論, だが蕗子の弟, だがはまだ, だが蕪村のポエジイ, だが薄暗い六畳の, だが薄暮の空遠く, だが薪兵衛は気が付かなかった, だがの叔父, だが薬液の効果, だが薬量などはどう, だが藍青の裾, だが藝術評價の尺度, だが藝評といふもの, だが藤六は, だが藤原氏の衰微, だが藤吉郎どのお身, だが藤吉郎殿おぬ, だが藤夜叉さまに痣, だが藤木だってやっぱり, だが藤沢氏はその, だが藩主の前, だが藪八に供, だが藻西は何時頃, だが蘆花氏にはそれ, だが虎之助は顔, だが虎穴に入らずん, だが虎膏は皮, だが虚偽乃至誤謬, だが虚弱なの, だが虫ケラと言っ, だがはいつ, だがとは似, だが蛾次郎おまえ近ごろはなに, だが蜀山人の狂歌, だが蜂矢の想像, だが蜂矢十六はそういう, だが蜂矢探偵と呼ばれた, だが蜂葉は気, だが蜂谷は心づかない, だが蜘蛛はその, だが蜻蛉の場合, だが蝋細工の技術, だが蝙蝠はひらり, だが蝦蟇の方, だがはその, だが蝶々が何処, だが蝶々さんのピンカートン, だが蝶子さんあんたには生涯力, だがの呼吸, だがは青い, だが蟻さんも人生, だが蟻田博士はそんな, だがの動作, だが蠅男を見た, だがの力, だが衆目はそう, だが行きついたその吉原, だが行き倒れみたいな女, だが行けども行け, だが行ってみ, だが行つてみて, だが行先は解っ, だが行徳行の汽船, だがは暗い, だが街道は凄まじい, だが衝突の時刻, だが衝立の蔭, だがで話, だが表向き乗り込んだの, だが表玄関からは敷居, だが表裏いずれとも宗七, だがの横腹, だが被害民の決心, だが袴野は財, だが裁判長として意見, だが裏口の刑事, だが裏長屋に住ん, だが補祭の恐れ, だがから押出さ, だがだけ見え, だが裴元紹は周倉, だが製作はどう, だがが開い, だが西八条の華麗, だが西行ももの忘れ, だが要は銘々が, だがはりは, だが見たまえあしたに, だが見つかっても見つからん, だが見つけられねえかもしれん, だが見つめている, だが見どころのある, だが見ない訳には, だが見ねえでもあの, だが見まするところこの, だが見ようによっては遠い, だが見られたザマじゃあ, だが見る限り一人の, だが見れやあいい若い, だが見ろこんな様, だが見当っても新之助, だが見捨てられてゐる, だが見渡したところ浴室の, だが見物は少々, だが見物人たちはそれ, だが見破られないうちに, だが見込みのつかない, だが規則だから, だが規律の範囲, だが規矩男は今, だが視力は持っ, だが視野の半ば以上, だが覚えておい, だが覚一は後年, だが親しい間柄だ, だが親分お前さんはこ, だが親分さまからの折角, だが親分何のため, だが親分先様あ真悪, だが親分器用な細工, だが親分藩隨院長兵衛水野十郎左衛門のため, だが親分野郎にゃ小指, だが親分高が犬ころ, だが親切の効き目, だが親友の一粒種, だが親子の縁, だが親御たるあなた様, だが親戚の者, だが観察の根底, だが角兵衛はそれ, だが角太夫の信太妻以来, だが角川の若旦那, だが解らない事が, だが解決をつける, だが解釈はやや, だがつとく, だが言うなよこの, だが言うまでもなく青年期の, だが言えないというよう, だが言っておく, だが言わねばならない, だが言葉どおりしかばね, だが言論の積極的, だが訊き取らずにはおけない, だが記代子さんは限られた, だが記紀から判断, だが記者は, だが記者たちはいずれ, だが訪ねて行っ, だが訪れの主, だが許されても涙, だが許すかわりに, だが訳文には必要, だが証言の特異, だが試しにこの, だが試験の時間, だが試験間ぎわの勉強, だが詭弁を弄, だが話している, だが話したいのは, だが話す事と, だが認識活動の触発, だが誓ってこれ, だがなって, だが語ると黙する, だが語尾は次第に, だが語自身疑ひも, だがをか, だが誠に残念な, だが誠実に物, だが読み出して, だが読むのは, だが読めといっ, だが読もうとする, だが読んで或, だが読者諸君この二つ, だが読者諸君そこへ踏みいっ, だが誰もかもジジの, だが誰一人それに応じ, だが誰憚らぬ正気, だが調子の悪い, だが調所の部屋, だが調書には若衆, だが諏訪氏は諏訪氏, だが論文は幼稚, だが論理主義者が非難, だが論理的なもの, だが諷刺的に扱う, だが将は, だが諸君先生を訪うなら, だが諸君心配し給うな, だが諸国の早馬, だがにもほんとう, だがの, だががない, だが證據は證據, だが警官と新聞記者, だが警察署へ訴えた, だが警部はこの, だが警部たちがとびこんだ, だがへである, だが議会に於ける, だが議論は今, だが護国寺宝塔院のさい, だが讀みたくないものを, だがなもの, だが變革期といふもの, だが谷博士はふきげん, だが谷干城を動かす, だが谷村にはピン, だが豆猿の好き, だが豆電灯がつい, だが計らんや, だが豌豆にたかる, だが豚どもは竹馬みたい, だが豹一は何, だが貞夫は落馬, だが貞昌はその, だが貞淑のいかめし, だが負けずにケロリ, だが負傷手当を船, だが財産とか富貴, だが貧しい学生の, だが貧乏人はえり好み, だが貫太のこと, だが貰いはめったに, だが貴下が呼びだした, だが貴僧が沢山, だが貴方ア腰掛で居る, だが貴族院に於ける, だが貴様置き引きが稼業, だが貴様達がそこ, だが貴殿に申し上げ, だが買いものに出る, だが買うものは, だが買って下され, だが買手は私, だが賄賂の問題, だが資本への潜入, だが資本制度下に於ける, だが資本制社会の必然的, だが資金はまだ, だが賞金が出る, だが賢い少佐の, だが賢いすばやい彼女の, だが賢二君はかならず, だが質素な身なり, だが赤松勢には円心入道, だが赤痢でで, だが赤羽主任の推定, だが赤螺三平がそこへ戻っ, だが起伏の夥しい, だが我, だが越前が皆, だが趣味などはどう, だが足るを知る, だが足元には細紐一本, だが足利義満将軍の頃, だが足利譜代の諸, だが足立源五はさき, だが跫音もしなかった, だが路傍の花, だが踏みにじられてしまった, だがに翼, だが身体は追いつい, だが身体つきなどはまだ細々, だが身体一つぢやあつまらない, だが身命を賭し, だが身延の朝霧, だが身贔負でなお, だががたりない, だが軈て呟いた, だが車上には運転手, だが車内でズドン, だが車力はついに, だが車窓にもたれ, だが軍医と上等看護長, だが軍曹はなに, だが軍規はあくまで, だが軍記作者のヨタ, だが軍費は当方, だが軍隊を出す, だが軍隊生活の土産, だが転々として借家住居, だが機関銃の, だが軽率に指名, だが軽部は暫く, だが輪廻はやがて, だが轗軻不遇とやらで, だがの源松, だが轡川は勿論もっと, だが辛いことには, だが辛抱の一面, だが辯護士や書記, だが辰三はそれら, だが農家でもこんな, だが農業精神と名づけられる, だが農民作家の間, だが辺鄙の地方, だが辻ヶ谷君の返事, だが辻中佐をはじめ, だが濶に, だが近い裏道が, だが近づくが早い, だが近世の解釈学, だが近代ブルジョア新聞紙を正直, だが近代社会のこと, だが近代科学的な社会科学, だが近時猫の奴, だが近来は若い, だが近来魚の教育, だが近松の浄瑠璃, だが近衛内閣に対する多少, だが返す言葉に, だが迷路は思い, だが追いつくことが, だが追われるはいい, だが追分大谷一里の道, だが追憶風にはしなかつた, だが退引させず, だが退つ引させぬ, だが送られて来た, だがかる, だが逃がした奴は, だが逃げないでも, だが逃げ出そうにも入口, だが逃走した加害者, だが逆説の解決, だが途端に孫兵衛, だが通してしまったら, だが通信の不調, だが通路の中, だが連れては行かれん, だが週間制度などといふくだらない, だが逸雲はさう, だが遅かった, だがにすこし, だが遊びに行っ, だが遊ぶことは, だが遊客の中, だが遊戯沙汰の文章, だが遊星植民には欠くべからざる, だが飲は, だが過って主人, だが過失の卵, だがしくなり, だが道三様のお, だが道具屋をはじめよう, だが道平の声音, だが道庵の意気, だが道庵先生がドンキホーテ, だが道理のわかる, だが道風は書家, だが遠征そのものはたとえ, だが遠洋航路は履歴, だが遠眼鏡で見た, だが遠縁の掛り人清五郎, だが遡るのは, だがくなつ, だがみ出したこの, だが選ばれたのは, だが遺書がない, だが遺産という, だがの男, だが邪心のない, だが邪教水狐族の秘密, だがの門, だが部分だと, だが都会人の気, だが都合の好い, だが都市と云っ, だが配下の勇士張先, だが酒ぢや御免, だが酒一つさえあまり, だが酒宴を止め, だが酒手の出しよう, だが酒煙草絹はどうか, だがの深く, だが酔ってたんじゃ, だが醉つただけぢ, だが釈尊はこれ, だが重い後味が, だが重ねてわが, だが重吉は, だが重大な秘密, だが重明はそれ, だが重油が流れ出す, だが重点はこうした, だが重苦しさは, だが野原には人, だが野口たちは露骨, だが野呂がお, だが野本君安心して, だが野村オサカズの方, だが野淵君のいう, だが野球は先生, だが野草の中, だが野郎この頃イヤ, だが金アびた一文でも出す, だが金ヶ崎を突破, だが金五円しかしない, だが金博士は汗, だが金右衛門今もいった, だが金太郎という名, だが金属製造などということ, だが金庫へ案内, だが金蓮は放さなかった, だが金藏の戸, だが針目青年にはこれ, だが釣った鯛は, だが釣りは達人, だが釣台を担ぎ込んだ, だが鈴木はこれ, だが鉄さん自身が浅間, だが鉄格子はどこ, だが鉄路のほとり, だがをかけ, だがも消え, だが鉱毒問題はどう, だが銀之丞はどう, だが銀杏は冬, だが銀色の眼, だが銀行は, だがで造つた道具, だが銚子の小町娘, だが銭金には替, だが鋭い威嚇の, だが鋭く呼びかけた, だが錠前の中, だが錢形平次もこれ, だがはニューム, だが鍔競りあいの胴打ち, だがは時々, だが鍵屋の若旦那, だが鎌倉以後もし来られたら, だが鎌倉初期において佐々木系, だがやら何やら, だが鏘然と音, だが鏡葉之助, だがち出しもの, だが長さんほどの水, だが長上衣をさつ, だが長五先刻もいう, だが長兄はせつせ, だが長寿の国, だが長岡佐渡の悔い, だが長崎からここ, だが長崎屋でないこと, だが長州というやつ, だが長平さんや, だが長年のあいだ, だが長政は信長, だが長次お前も十七, だが長火鉢にせよ, だが長谷川はさすが, だが長追は無用, だが門外不出自分で自分, だが門衛の処, だが開けてみる, だが間にあうかどう, だが間諜座へ入る, だが間違いじゃねえ, だが関ヶ原以後たとえ敵方, だが関心の中心, だがの中, だがの煙草, だが闇太郎は売れっ, だが闘うことばかり, だが阿弥仲間の強い, だが阿部氏が指摘, だが阿部白翁のあと, だが附記にも昔杉, だが降り坂に, だが陪審官たちが退出, だが陪臣師直は決して, だが陪観者の中, だが陰々と湿っぽい, だが陳慧君のところ, だが陶工としては未, だが陶然としかた, だがに上っ, だが隅田高橋の二将, だが隆景は当然, だがへ来, だが階段のその, だが階級の上, だが階級性はここ, だが階級的利害は階級的主観, だが随筆家としての一狂言, だがは堀, だが隨分陰欝な顏, だが隼人の意気, だが雅子には会わなかった, だが雅楽頭その人, だが集五郎めどうした, だが雑兵は長い, だが雑器において最も, だが雑巾をよく, だが雑炊が美味い, だが雑誌は月, だが雑誌記者たあ, だが離れるのも, だが難破船にし, だが雨宮青年はだまっ, だが雪子学士のあやしい, だが雲脚に追われ, だが雲表の神秘, だが雲龍寺の事務所, だが雷鳴は少し, だが電気会社当業者, だが電気心働計の説明, だが電燈はつかなかつた, だが露伴翁と菊池氏, だが露八が最も, だが露路内には人影, だが靂西亜の農夫, だが竜王は, だが青二はかなしく, だが青年たちは軍隊, だが青年団消防組の応援, だが青年等は大人, だが青毛布のバケツ頭, だが青虫をにらん, だが青野はあの, だがの子, だが静枝はお, だが面白くないから, だが革命者の立場, だがのかかと, だが音楽家が弓, だが音響砲は頼もしく, だが順序をおっ, だが順路をとっ, だが須堂さんが君, だが頑なにこちこちといじけ, だが頑丈な門, だが頑固な岩, だが頑強に民衆, だが頓興にも程, だがの皮膚, だが頭巾のこと, だが頭領としてはその, だが頸筋が少し, だが頼みって一体, だが頼朝の権力, だがの一所, だがをさ, だが顎紐糞喰えだ, だが顔つきやことば, だが顔丈けはさらしもの, だが顔回のため, だが願いが極めて実際, だが類型という範疇, だが風俗小説などと呼ん, だが風刺文学は畢竟, だが風変りだけにこいつ, だが風外はどうしても, だが風当りの強い, だが風態がそれ, だが風間は生き, だが風間三千子はもう, だが颯爽たる力, だが飛びかかって行った, だが飛び込んだのは, だが飛んで逃げる, だが飛行機は二時間半, だが飜訳は飜訳, だが食べてみたい, だが食べれば病気, だが食ものは簡単, だが食料は半分, だが飢えも寒, だが飢ゑと一緒に存在, だが飢餓なら殆ど四六時中彼, だが飽くなきどんらん性, だが飽くまで伊織が, だがひ親, だが養育費にはまったく, だが餓えと渇き, だが餓鬼のこった, だが首尾よくゆかない, だが首里にのみ現れる, だが首領の, だが香気だけは余り感心, だが馬上せわしく駈け近づい, だが馬春堂ならまだ, だが駒井はこの, だが駕屋さんあれや山, だが駕籠訴をし, だが騙して呼びよせ, だが驢馬はそんな, だが骨太な身体, だが骨組はしつかりし, だが骰子は彼, だが高くて手, だが高千穂の頂上, だが高取と膳所, だが高台の上, だが高名な人, だが高射砲はまだ, だが高時もとどまっ, だが高木氏の考, だが高次の直観, だが高氏ちがいと申した, だが高石老人は僅か, だが高速度鋼のカッター, だがはもう, だが髷切りはよく, だがは鬼, だが鬼子母神様を拝む, だが鬼川自身もこっち, だが鬼頭九八郎は悪者, だがの陣中, だが魔子よ心配, だが魚戸とミミ, だが鮮人は飴, だがの卵, だがの口, だがの方, だがは足, だが鳰鳥はそう, だが鴎外時代になっ, だがの羽虫, だが鶴見へ行く, だがを愛し続けた, だが鸚哥は女, だが麻川氏が前, だが麻布の前, だがに透く, だが黄色をおびた, だが黄金の馬具, だが黒ン坊の三本指, だが黒住は案外, だが黙々たる来訪者は, だが黙していた, だが鼈四郎は蛍雪, だがはこわれっちゃった, だが鼓村師のはまた, だがにはなお, だが龍宮に通ずる, だが龍平にはそんな