青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そのもの~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そっち~ ~そっと そっと~ ~そつ そつ~ その~ そのうえ~ そのうち~ ~そのまま そのまま~
そのもの~
その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば そば~ そもそも~ そり~ そりゃ~ ~それ

「そのもの~」 8881, 82ppm, 1353位

▼ そのもの~ (2285, 25.7%)

149 ような 88 ように 49 中に 41 うちに 21 ために, やうな 20 内に 15 やうに 14 上に 12 中から 11 なかに 10 性質を 9 本質を, 根本的な, 美しさ 8 性質が 7 力に, 本質が, 本質に 6 姿である, 性質から, 本質は 5 ごとく, ためでなく, 価値を, 姿を, 性質と, 性質の

4 [14件] うちには, ことで, ようであった, 下に, 中で, 中へ, 内容が, 内容を, 姿は, 弁証法の, 正体が, 正体を, 生命を, 裡に

3 [28件] ようで, 上には, 具体的な, 内容に, 力で, 否定を, 味が, 味は, 問題が, 問題では, 存在は, 実際の, 感じが, 成長の, 手に, 有つ, 本来の, 本質の, 根本法則である, 構造の, 生命が, 立場から, 立場に, 罪では, 表現である, 象徴で, 質を, 間に

2 [116件] うちから, うちにの, うまさ, ことを, ごとく大切, すがた, ためにも, ための, なんたるを, はたらきも, もって, ようです, ようにとり, 一つの, 上にも, 中からは, 中にも, 人生における, 人間性に, 体に, 作用を, 価値と, 保存に, 全体の, 全体的な, 六十男でした, 内から, 内部から, 前では, 前に, 力であり, 力を, 反映な, 味, 問題である, 在りよう, 声が, 外に, 如く自, 姿で, 姿であった, 姿に, 娘が, 存在が, 存在である, 存在の, 存在を, 実質が, 弾みの, 形が, 形にも, 形式に, 性格に, 性質より, 意味が, 意志である, 意義は, 意義を, 感じと, 持って, 持つ特質, 敗北であった, 方に, 方法にまで, 最後の, 本体が, 本当の, 本性に, 本性上合致する, 本質から, 本質より, 本質的な, 本質的向上を, 構造と, 構造に, 歴史的な, 歴史的なる, 没落を, 深さ, 滅せしに, 滑稽な, 独自な, 現実を, 生命である, 生活を, 発展を, 相である, 眞の, 真理である, 瞳を, 碁を, 社会的な, 立場において, 精度の, 精神は, 純粋な, 罪でも, 美と, 解釈に, 説明は, 象徴の, 責任である, 質が, 連続を, 進歩は, 限界の, 陥つた, 音の, 領域に, 顔で, 顔に, 顔を, 風采が, 骨柄である, 高さ, 魅力も

1 [1358件 抜粋] あいまいさを, あらわれに, いいぶり, いかなる部分, うちにおいて, うつしの, うつりも, うまいこと, お絹, お言葉, きび, ことです, この世には, ごとき尋ねる比丘尼行者, ごとくどうやら, ごとく火炎, ごとく脱ぎすてられて, ごとく飛ばして, じみな, せいだろう, そのままの, とおりに, ないこと, なかで, なしくずし的稀釈作用自身として, はげしさ, ひろい目, ほうが, ほかに, むき出しである, もつ偉力, もつ桎梏, やうだ, やるせない絶叫, ようであったで, ようなすんだ, ような澄み徹った, よさ, わななき進んで, イージイな, シンボル象徴の, デマゴギーも, トリックを, プロットは, メカニズムを, リズムとして, 一つが, 一環で, 一軒だった, 一部を, 一面の, 上達につれて, 不便さは, 不純潔性, 世界においても, 世間知らずであった, 中において, 中にこそ, 中を, 丹波伊賀の, 主観句には, 事は, 事情に, 二重性その間の, 人な, 人柄に, 人民的な, 人生的意義や, 人間生活に, 人類的普遍性とを, 他者性である, 代表者でなく, 伝奇的興趣とが, 位置についても, 体から, 体現者である, 何度も, 使い道が, 使命を, 価値とは, 価値の, 信仰にまで, 個性と, 値打ちを, 値段が, 側の, 價値には, 優劣よりも, 光の, 光景も, 克服でも, 全体から, 全体的価値は, 全體的, 兵数も, 内側にも, 内容な, 内容の, 内的な, 内部にすら, 内部を, 内部的構造であり, 冰れる, 出来る出来, 分析が, 分析と, 切りはなせぬ, 別名とも, 利益から, 制限さえが, 前後異なる, 剣術であった, 創意に, 創造の, 劇的魅力や, 力が, 力より, 動きすなわち, 動きとして, 動機や, 半封建性, 単純き, 危ないこと, 即しての, 原型は, 原理に, 反映であった, 可なり, 右が, 同時性とは, 名であり, 名と, 名を, 名称の, 向上と, 吟味に, 否定が, 否定の, 含む人間性, 吸血鬼墓穴から, 味それが, 味に, 命では, 唯一の, 問題として, 問題に, 問題を, 善悪いかに, 喪失では, 図だった, 在り方云ひかへれ, 地相に, 場は, 壮麗な, 声で, 売れ行きも, 変化は, 外から, 外廓を, 大きさ, 大半は, 大反射, 大手中木戸内門の, 天分が, 奥底をも, 好悪に, 如き家庭教師殿村夫人, 如き撓かな, 如き生活, 如き軍中, 如くいつそ, 如くわれわれ, 如く朴, 姿, 姿として, 娘まで, 存在から, 存在その, 存在との, 存在理由が, 孤立といふ, 完全なる, 完成をも, 実在性と, 実物であった, 実行的な, 実践は, 客観的な, 容態の, 富士山を, 實體は, 尊さ, 對象的性質として, 属して, 崩壊であるであろう, 平らかさにまで, 平和な, 幻覚とも, 廢絶である, 建前を, 弁証法, 弁証法という, 弁証法自然そのものの, 弱さ, 強い感じ, 形は, 形容を, 形態が, 形相だった, 影が, 影響である, 復活を, 心だ, 必ずしも根本的条件, 必然性に, 必然的發露に, 怒鳴するの, 思想に, 性格な, 性格を, 性質うけたまわっ, 性質である, 性質によって, 性質上一般に, 怪奇と, 恥だ, 悪足掻きを, 悲劇をのみ, 情緒を, 意味から, 意味を, 意味必然的として, 意義にも, 愛嬌と, 感じに, 感じを, 感情すなわち, 感謝では, 態度から, 憐れにも, 成立する, 所在への, 所産であり, 手腕が, 批判的精神からも, 技術的建設に, 把握が, 持ち味だけは, 持つ本能的, 持つ生れたばかりの, 探求と, 提示なる, 支配は, 攻勢的跳梁が, 故郷である, 救いにまで, 数が, 文化の, 文化的混淆を, 文学としての, 文学的進化に, 料理の, 新鮮さと, 方が, 方法でなけれ, 日本文化に, 明澄美, 時間の, 書きかた現実の, 最も伝統, 最も美しい, 有する交錯, 有って, 有難ささ, 本体で, 本体を, 本性で, 本性上すでに, 本義には, 本質だ, 本質とは, 本質において, 本質に関する, 本質展望が, 本質的性格が, 条件を, 根づよい力, 根本は, 根本法則に, 根本的の, 根本的性質である, 根柢から, 棟が, 検討にまで, 概念が, 概念を, 構成が, 構造において, 構造や, 様子なり, 権化たる, 機械性冷血に, 機構に, 機能を, 欠点では, 欠陥を, 歌謡を, 正体は, 正體, 歪んだ非, 歴史性の, 歴史的過程に, 死を, 気さへ, 気魄である, 永遠性は, 治療に, 泣きだしそう, 活殺も, 流れの, 浅さ, 消滅である, 混乱頽廃を, 温かさ, 溢るる, 滅亡は, 滋養を, 火にしか, 無条件的な, 無用を, 焦燥を, 爆砕も, 物理的な, 物質の, 特殊な, 特質詩美を, 状態については, 独立を, 狭さ, 率直さ何の, 現われでなければ, 現実とは, 現状に, 理解において, 理解ゆえよりも, 甘さ, 生れるところ, 生命に, 生態は, 生氣, 生活姿態の, 生活現実を, 生産制限の, 界とも, 病弊である, 発展と, 発現としてさえ, 発生的性質を, 発達の, 發展の, 目には, 目標であった, 目的も, 目覚めを, 直接表現自然現象を通して, 直観では, 相異, 相違と, 省察によるよりも, 眞理について, 眞髓に, 真実の, 真理が, 真相を, 眼の, 知識が, 石の, 研究に, 研究上より, 確立によって, 社会性が, 社会的内容を, 社会的自覚が, 神性に, 科学の, 科学的あらわし, 秘密に, 秩序に従って, 稀れなる, 積極的なとらえ, 空気が, 立場の, 笑顔を, 筋書には, 粗雑さの, 精神が, 純粋に, 素質の, 組立ての, 経済状態が, 経験より, 結合は, 結果であった, 絵を, 絶対的権威である, 維持も, 缺陷を, 罪な, 美しい顔, 美の, 美味さ, 老廃物, 耳うちに対して, 肉体的生理的状態と, 肯定としてだけの, 脈絡であり, 腐葉土と, 自分自身による, 自己決定か, 自己矛盾を, 自然な, 自然弁証法の, 自由にまで, 自覚をも, 興味は, 興味をも, 良否である, 色と, 色合やら, 花やかな, 若さ, 苦労を, 薄い大きい片, 薫陶を, 螺旋形上昇とともに, 血肉の, 術を, 表現で, 表現を, 衰亡を, 製造に, 要約的な, 見地から, 規定に, 視覚であり, 観念を, 観想の, 解釈だけから, 触覚だけで, 言語である, 証拠である, 評価をば, 話である, 認識が, 説明を, 課題と, 調子が, 論究は, 豐富さに, 象徴である, 象徴に, 責任では, 貿易の, 賛意が, 質量だけに, 超時間性, 身性である, 転向による, 辯證法的なる, 退屈から, 速度は, 進化に, 進展に, 進歩の, 進歩的展開を, 遂行も, 運命のほどを, 道に, 道理が, 配列の, 重量さえ, 野蛮な, 間から, 関心の, 限界も, 陰謀たとえ, 雪である, 露骨さを, 非人道性, 面から, 音が, 響きは, 頭蓋の, 顔である, 風景, 風雨に, 骨格と, 魂に, 魅力について, 魅力主演俳優コクランの

▼ そのもの~ (1712, 19.3%)

24 一つの 8 私の 6 自分の 5 今日の, 何である, 如何に, 私に 4 このもの, とりも, 一種の, 俺には, 光るの, 当時の, 文学の, 日本の, 本質的に

3 [16件] ものの, 一定の, 何か, 何を, 存在する, 彼には, 彼の, 或る, 文学に, 歴史を, 消滅する, 生きて, 直接に, 穢れて, 立派に, 非常に

2 [102件] あるの, かくの, ここでは, こちらへ, これまでの, すでにこの, すでに一つ, すでに集団的, すべての, そういうもの, そうである, そうな, その中, その本質, その美, その芸当, それに, それを, それ自身の, そんなにも, つまりは, ないの, めずらしいばかり, もって, デカダンスに, 一の, 三段に, 二人の, 人の, 人民の, 人間に, 人間の, 人間的な, 今度は, 伸子に, 何だった, 何の, 何も, 何よりも, 僕を, 初めから, 勝手に, 博物学者の, 又一つ, 否定的な, 吾, 唯一なる, 問題の, 国家の, 国民の, 夫, 始めから, 完全に, 実はこの, 実は人間, 影を, 彼に, 彼女の, 徳である, 必要な, 悪いと, 悪いという, 惡い, 意味を, 意識に, 戦争の, 抑, 文明的の, 既に発明, 昔の, 朝鮮の, 未だ存在, 本来の, 漠然とし, 無限の, 特に歴史的, 画家の, 異なるもの, 目的で, 相争う, 眼に, 社会の, 社会的な, 耐乏の, 肉体を, 自分で, 自分には, 自己の, 自己を, 自然に, 自由に, 自身で, 自身の, 芸術である, 装いなし, 誰の, 賤しい, 運ばれて, 階級性を, 革命的な, 餘り, 馬鹿げたもの

1 [1366件 抜粋] あこがれの, あとまで, あの世へ, あぶれ者で, あらゆる機会, あるであろうか, ある人, ある音楽, いい心持, いかに一代, いかに間違った, いっそう自然, いっぱいな, いつも流血, いつも重々しく, いよいよ明日, いろいろの, おかしいです, おのずからプロレタリア, かえってある, かかる投影, かく宏大無辺, きのうの, くだらなくつて, こういう高級, ここに, こっぱみじんになり, この一事, この困難, この文学主義, この科学, この経験組織, こよなき休息所, これ等の, さけわれるやう, さみしいの, じつは和辻思想, すこぶる妙, すでに, すでにばかばかしい, すでに一炬, すでに信用, すでに利己心是認, すでに客觀的認識, すでに朝倉先生, すでに生, すでに芸術品, すでに苦悩, すでに鬼, すり換えられたの, そうじゃ, そうであった, そこに, そっくりタカラヅカ, そのひと, その下, その危機, その巨大, その性質上, その生成上, その祖先自身, その自力, その鎖, それから以後, それだけだ, それ程ひどく, そんなコンプレックス, ただちに来, たまであり, だめな, ちがって, ついて, つまり科学的精神, とりのぞかれようと, どうしても気, どう見, どれだけの, どんな形, なお伸子, なくなった明治時代以後, なければ, なにもの, にせボート, はりこの, ばかばかしいのに, ひとしお尊げ, ふるえて, ほとんど迷信, まことによろしくない, まず体系的, またこの, またひとつ, また人間, また進歩, まだ全く科学的, まだ愚, まだ階級的存在, まるで一見無駄, みるもの, もう一歩, もう次, もし万一, もつて, もとより恋, やがて神秘的, やはりひろい, ゆかしくも, よき魂, より秩序的, よろしくない, わたしの, われらに, アメリカで, イゴイズムと, インチキな, インテリゲンチアの, エスパーニャとしては, グラグラし, ゴーリキイに, ソックリそのまま, テーマと, ドアの, ニスの, フワフワと, ボヒミア的であった, マルクス主義と, ユニックでも, リアリスティックだった, 一つところに, 一に, 一個の, 一味と, 一応そこ, 一時に, 一面の, 上から, 上流人らしい, 下手人だったら, 不可能に, 不安な, 不完全な, 不断相続する, 不確定, 不自然に, 不要に, 与へる不快, 世界の, 世間の, 中流性に, 主眼評釈は, 主観的契機や, 事實としての, 二十四代剣を, 井上君の, 亦そうである, 人について, 人気投票の, 人間が, 人間的類型を, 今は, 今までよりも, 今時抑, 他の, 他面に, 低まって, 何かしら充実し, 何となく浅はか, 何よりの, 何人かにとって, 何処やら, 何物かの, 余りいい, 作られるに従って, 作品の, 作者の, 保てるか, 俺の, 個性を, 停滞する, 偽りで, 働くこと, 優れて, 儼然と, 元來本質的, 元来擬装的政党な, 充分に, 光づけられる, 全く帝国主義, 全体的に, 全然自然発生, 全部狂う, 共感を, 内蔵し, 再び批判, 凡て斷片的で, 出来たばかりと, 分らないの, 判じ物の, 前期から, 劣等な, 労働者階級を, 動くの, 動揺しはじめる, 包括的普遍的綜合的である, 區別され得, 十日の, 半分も, 卑俗で, 単なる迅速さ, 単調なくりかえしだ, 危うくなるであろう, 危殆に, 却て, 厭な, 又可, 又無限, 反動的な, 取るに, 古い匂い, 古くな, 可哀相だ, 各種の, 同時に僕, 名品でなけれ, 含んで, 呪わしくなります, 咳や, 唄うの, 唯一の, 善であっ, 嘲笑の, 回転する, 団十郎自作という, 固有の, 土俵である, 地上の, 埋沒, 基調を, 堪るまい, 変つてしまつた, 変わって, 変化し, 変質し, 多くの, 大いに変化, 大きな青い, 大体小説の, 大衆課税的な, 太陽みた, 女学校と, 如実に, 嫌いらしい, 子供たちによって, 孔子の, 存在しない, 完全な, 宗教的教義の, 実に男, 実は上代, 実は単に, 実は技術家, 実は近代社会, 実生活である, 客観的現実に対する, 宣伝する, 宿らないの, 實に, 封建性に, 尋常で, 小説を, 少佐の, 居酒屋にな, 山上に, 崩壊し, 巨大な, 已に一種異様, 常識である, 平調を, 年一年と, 廃れたの, 引きずって, 当時に, 彼にも, 彼女にも, 彼等の, 後に, 従に, 徹底的だ, 必しも, 忽ち貪る, 怖くなる, 怖ろ, 性に, 性格の, 恐るべき廃墟, 悩み苦しんで, 悪くなる, 悪質な, 意外であった, 愛より, 懷疑の, 成り立って, 成立せず, 戦争に対する, 戯曲より, 打開され, 折衷的な, 押えつけられたよう, 抽象的である, 拵えたと, 持つ性能, 指導者に, 挨拶の, 摺り換, 政治なら, 政治的自由主義とは, 教えて, 文化の, 文化的重力の, 文学として, 文学思潮的に, 文法的に, 旅疲れで, 既におのれ, 既にひとつ, 既に他愛的, 既に否定的, 既に塵埃, 既に彫刻的, 既に文学, 既に木, 既に歴史的産物, 既に猥褻物, 既に變つて來, 既に間違っ, 日本中の, 旧さ, 時々刻々の, 時間では, 曝露し, 更に改良, 最初の, 最終の, 有態, 未だ成っ, 本当に泥, 本来さうし, 本来ふくん, 村正, 果して細君, 根本から, 根源的には, 森林の, 極くありふれた, 概して昔, 模写という, 機械論的に, 欠乏いたしまし, 欧洲の, 歓迎するだろう, 正しく植えつけられ, 正直でも, 歪曲され, 歴史的である, 歴史観と, 気に入った, 決して本当, 没義道な, 法の, 洩らしたよう, 浄土に, 消すやう, 消滅した, 深ければ, 淺い, 湖岸の, 滑稽に, 火の, 無いの, 無くなつ, 無意味でなく, 無意識に, 無方図, 無残に, 無論歴史性, 煩わしく窮屈, 爬虫類の, 物の, 物語るやう, 特に優れ, 特別の, 珍しいの, 現にまだここ, 現下の, 現代の, 現実の, 球形である, 理想であり, 理解されなかった, 瑞々しいという, 甚だ意外, 生き方の, 生に, 生彩ある, 生活であった, 生粋の, 男であった, 男子の, 疑われて, 病み煩って, 発光体かの, 発見されぬ, 白雲の, 皮肉にも, 目前に, 目附役であります, 直ちに一大目的, 直ちに切字, 直ちに道徳的意味, 直接文学の, 直觀, 相当芝居を, 眞に, 真理を, 眼界から, 知りたいと, 知識慾の, 石器時代曲玉の, 破壊され, 示して, 示唆した, 社会に, 社会問題を, 神社に, 秀吉の, 私たちには, 科学主義的である, 秘密を, 穢れたもの, 空虚な, 空間の, 立って, 粉砕し, 精を, 紛々濛々と, 結局すべてである, 統一と, 繊弱華美を, 美である, 美味くなっ, 美術工芸的作品に, 聖書研究会であった, 自から, 自滅し, 自然の, 臭気と, 船の, 花と, 芸でなけれ, 芸術家の, 若い心, 苦痛な, 茫漠として, 萎縮し, 蒙るもの, 藤吉郎の, 行為的である, 要素的に, 見直されなければ, 観衆の, 記念塔です, 訴えんと, 誂向きに, 語って, 誤訳である, 諸君に, 謂わば, 貧苦に, 質を, 身に, 軽ん, 迷信なりと, 通過の, 進化する, 運動神経を, 違って, 都会の, 醜悪で, 野戦病院みた, 金輪際から, 長い平和, 間違いでは, 陰謀の, 震動した, 非合法であり, 非常な, 音を, 頼朝公の, 馬鹿くさい, 魂の

▼ そのもの~ (943, 10.6%)

6 意味する 5 否定する, 見て 4 愛して, 目的と, 直接に, 示して, 見ること, 見ると

3 [11件] もつて, 味ふ, 指して, 決定する, 知らないの, 神と, 考えること, 見るよう, 見れば, 非と, 非難する

2 [57件] いかに狭く, さへ, そのままに, では, もって, やられて, 一つの, 予想し, 充実した, 分析し, 分析する, 即坐, 否定し, 吾, 問題と, 実質的に, 尊敬する, 尊重する, 形作る限り, 彼は, 忘れるという, 意味すべきで, 愛したの, 感じて, 所有する, 手に, 把握する, 抹殺する, 指すの, 指すので, 掴むこと, 描く, 描寫した, 改造し, 楽しむという, 無限定, 特に, 独立させ, 理想化する, 理解する, 発展させ, 示すもの, 示現し, 私の, 科学の, 第一義と, 素朴な, 經驗し, 見たの, 見るやう, 見出して, 観聞き触れる場合, 離れて, 静かに, 革めつつ, 革めは, 革めること

1 [756件 抜粋] ああいう, あえて賭けず, あつかふ意思, あらわして, ありのままに, いい現, いう, いうもの, いう目, いくら穿鑿, いじって, いぢ, いよいよ抽象的, うたった歌, うたふ, おのが, お賞め, かっさらって, かつぐの, かれは, きめようと, くりかえして, けなすの, この感性的, さえその, さえ情報局的本質, さえ油絵具, さすの, さながら表, ざっと見, しきりに思い出そう, して, じかに掴まなけれ, そのままの, そのまま写した, その一文, その他の, その孤立, それなりで, ただ追っかけ, たねに, つっつくより, つらい役目, てらしました, てんから馬鹿もの, でもあえて, とにかくぼろ, とりちがえて, どのやう, どんなに丹念, どんな意味, どんな様式, ぬすみだすこと, ぬすむかも, ふやさなければ, ぶらさげて, むき出して, もたらしたよう, もっと学究的, もっと有効, やや馬鹿馬鹿しく, ゆがめたり, よく観る, よく読む, より強く, わが手, カバーし, カントの, サボる労働者, シラという, タマと, トリックの, マスターし, ユリとか, レコードなり, 一かたまり抓み込ん, 一応五里霧中, 一日も, 一歩離れ, 万物の, 不安な, 不思議にさえ, 与えざるとき, 与え得ない, 主役として, 予想しなけれ, 事実の, 云い表わして, 云い表わし尽すこと, 云い表わすもの, 云い表わす以外, 云為いたす, 云為した, 代弁した, 以つて自ら任ずる, 仰視する, 伝えようと, 何か, 余り尊敬すべき, 作り意識そのもの, 作る立場, 例の, 侮辱した, 保存する, 信じて, 個人の, 健かな, 働かせた事實, 充分に, 充用する, 先に, 全身の, 全部的に, 内容と, 再検討, 写して, 写すの, 凍らせこれ, 凝視し, 処理しない, 処理する, 初めから, 初めて發見, 利用し, 制定させる, 刻みそして, 動かすもの, 包括し, 十分に, 半以上の, 単にそれ, 単独に, 即刻即座に, 却って教学, 参照されん, 反映した, 反響箱として, 取りあげないという, 取り戻すの, 取り扱ったに, 取扱うこと, 受けいれねば, 向上せしめる, 吟味し, 否定しなけれ, 否定せり, 否認しつづけ, 否認しよう, 含む純一, 呪いたくなる, 味った, 味って, 味つてゐる, 味は, 味ふた雪そのものを, 味ふとき, 味わい飲むよう, 味わって, 咬み砕かんと, 問は, 喪失し, 單に, 回瀾既倒の, 囲んで, 圧倒的に, 増大する, 売り物に, 変える, 変えると, 変へる, 変化させた, 変改する, 変革する, 大量的に, 天才に, 失わなければ, 奪った経験, 好むと, 妨げること, 嫌い避けと, 存在の, 完全に, 完成させよう, 対象と, 封建の, 尚ぶ, 岳神の, 帯せざる美人, 幾分か, 度忘れし, 弄ぼうという, 引きつけるの, 引捕える, 強化する, 弾じ, 形容する, 彼女の, 從つてそれと, 御神体, 心そのもので, 忌み呪, 忌み貴, 忘れて, 忘れるの, 忠實に, 怖れない, 怖れる, 思わせるよう, 性格と, 恐れる風潮, 恐怖すべきで, 悟性に対して, 意味するらしい, 意味せね, 愚弄し, 愛しそのもの, 愛し感得, 愛す, 愛するの, 愛するん, 愛する酒呑心理, 愛翫する, 感じるの, 感ぜしめたこと, 憎まずに, 懐疑する, 成り立たせなければ, 我々の, 批判し, 批判しない, 批判する, 把握せずし, 投げだすの, 抜きに, 抹殺した, 押して, 拒否する, 拘束し, 拝むよう, 持ちあげたらよい, 持つて, 指さし示して, 指すこと, 指せるなり, 指導する, 挟んで, 捉へ, 捕えまして, 捨て去り別, 捲き込んで, 排斥した, 探し出すという, 掴み出そうと, 掴んで, 描いた作品, 描かんとして, 描き痛い, 描写した, 握つて, 揺り動かし怒濤, 改めて直視, 放棄し, 政治が, 教えること, 文化的自由主義と, 文学技術の, 断絶にまで, 方便と, 方法そのものを, 旅といた, 日本の, 明確に, 是非この, 時の, 時代と共に, 更に反省的, 更に生活, 書いたきり, 書きたい気持, 最もよく見抜い, 有りの, 材料的に, 根つ, 棺台と, 検視する, 極端に, 楽しむこれ, 楽しむの, 楽しむより, 楽む心に, 楽器と, 構成する, 樂しまれよう, 樂み, 模写し, 樹立せん, 正しい文化, 正しく理会, 歪曲する, 歯牙に, 死を, 死体から, 死滅に, 殆ど問題と, 母胎と, 毒す保守, 求めて, 決めること, 決定し得るなら, 決定的な, 法規として, 波打つかに, 注入する, 注視し, 活かし發展, 活かすこと, 深く損, 深め温める日々, 源泉として, 溶かしはじめた, 滅茶苦茶に, 無垢に, 無理に, 無視し, 爆弾に, 物, 特に拝する, 特に自覚, 率直に, 玉ガハラという, 珍らしがっ, 現わす, 現實, 理解すべく, 理論として, 生かすが, 生の, 生むところ, 生命の, 生活の, 生産する, 画面効果上の, 異性に対する, 疑うこと, 疑うもの, 発展せる, 発揮し得ない, 発達させる, 發見する, 益すること, 盗み出したという, 目撃しない, 目的としてこそ, 目的物として, 直して, 直接対象と, 直視しない, 直観し, 直観する, 真に恐れ, 真に求め, 眼中に, 知って, 知らないこと, 知らんと, 知る間, 研究した, 研究する, 研究対象と, 破壊し, 破壊した, 磨く, 磨滅させ, 示すこと, 示すだけ, 祀ったもの, 神體と, 私は, 科学的研究の, 空虚な, 空間性として, 突っこんで, 約束し, 紛失させ, 結ばんと, 統一する, 經驗せず, 維持する, 美化する, 美術的に, 老衰させ, 考えると, 考へるとき, 聞くよう, 肯定した, 背負って, 脱却しよう, 脳髄に, 腐敗させ, 腦髓に, 自分たちの, 自己と, 自然概念を, 自由に, 自負の, 良くする, 色に, 花やかに, 芸術として, 若返りの, 表すの, 表わす詩的, 表現すべき, 表現の, 表象する, 表面に, 製造する, 褒貶する, 要求する, 見あげた, 見せて, 見たまえ, 見つけだすよりも, 見つめて, 見ても, 見るには, 見るの, 見る眼力, 見る視角, 見失うところ, 見窮めようと, 見舞ふ, 見詰めたもの, 規定し, 規定する, 観測する, 解体する, 解明すべき, 解決し, 言うの, 言葉として, 許す範囲, 証明し, 詠ひたい, 詰めて, 話の, 認めること, 認識し得る, 認識する, 認識出来る, 語つてゐる, 語るよう, 説明し, 説述せられた, 読めば, 調べて, 調和し, 諦視し, 諷詠し, 讃歎する, 象徴し, 象徴しよう, 賤しい, 超克しなく, 転覆せしめる, 軽ん, 軽蔑しよう, 軽蔑すべき, 迷信と, 追い立てて, 退治する, 逃げるという, 逆に, 通路として, 遊戯化し, 道具としてしか, 選ぼうと, 邪法と, 重りとして, 重んじさせるという, 鉢代りに, 錦に, 間違ってるとは, 関東勢力から, 階級対立の, 隠れ場所, 離れ出して, 難ずること, 露出し, 非常に, 革めるべき時, 頭から, 顧みる余裕, 食うみたい, 馬鹿に, 駆使し, 高めること, 高価なる, 黒くし, 鼻ッつら

▼ そのもの~ (716, 8.1%)

3 あまりよく, どうでも, 一つの, 容易に, 少しも, 彼の, 私の, 私は, 非常に

2 [34件] かなりに, かの蜜, たとへ, どこか, もとの, カントの, 世界の, 主體, 之を, 亦決して, 人間の, 仕方が, 俳優の, 単純な, 大したもの, 少くとも, 廃止され, 悪くない, 手答が, 挿絵では, 日本の, 極めて才気煥発, 構想力の, 泣くこと, 消え失せるはず, 相当に, 真の, 私にとっては, 私には, 第二段, 自然の, 自然史を, 萎縮し, 誰が

1 [621件 抜粋] あえて珍奇, あくまでありのままに, あくまでも天然, あくまで区分, あなたの, あばれ放題, あまりふるはなかつた, あり得ない, あるいは新聞紙上, あるだろう, あわだつ海面, いかなる善行, いかにももつともである, いかにも素人, いかに軽く, いささかも, いっこう難攻不落, いっそう深い, いつでも, いやな, いろいろな, いわゆる天嶮, うたが, およそこの, お銀様, かうである, かえって感傷, かたくい, かたちは, かつて見, きっと災難, きわめて初期, けっしてこんな, けっして享楽, ここで, こつちの考, この女性, この対象, この深沢深, これを, さかなの, さして珍, さすがに, さっそく皇子, しんから, じつに簡単素朴, すぐに, すこし違う, すでにパルメニデス, すでに厖大, すでに品川表, すでに明瞭, すでに罪惡, すでに解脱, すでに謙信一個人, すでに超, ずいぶん古い, そういう力, そうかも, そこでは, そのものであっ, その原, その思想, その点, その芸術, それだけとしては, それで, それでいい, それと, それの, それほど大切, それほど意外, そんなに長い, たいしたこと, たしかに二つ, たしかに魔法博士, ただ, つかんで, つとめて通常, つねに停, つばを, とうの, とるに, どうかと, どうかという, どうせ判りっ, どうせ彼女一流, どうで, どうであろう, どうも秋, どう逃げた, どこかに, どこから, どこまでも, どちらも, どんなに素朴, ないと, なか, なくなっても, なにも, なにものなる, なるべくネパール政府, なんでも, にわかにふえ, ひしゃげた鉄屑, ふしぎな, ほとんど何, まことにたわい, まことに簡単, まさしく妖怪学, まさに小柳雅子, まだしも彼, まだなく, まだ余り賞め, まだ生き, まったくあほう, まづく, まもなく忘れ, みんなから, むしろ強, むしろ悲劇, むずかしくは, もうどこ, もう決定, もう癒, もちろんあの, もちろん国民性, もっと危険, もっと古くから, もとよりの, もとより付近, もはや存在, やけない北海道, やはり穴, やみの, よほど文明, より簡単, ろくに教えない, わかって, わが国の, インドのは, エセックスの, クラシックの, ゴーリキイが, ダメである, ハロッズで, パッと, ピン, フサフサした, ブルジョア的の, マジメな, マルクスによって, ロゴスに, ロゴスの, 一かたまり, 一人の, 一体両面, 一体何, 一向つまらなく, 一向にわからない, 一座の, 一方に, 一種の, 一體何である, 下らないん, 不動の, 不可解の, 不変である, 不親切で, 世間の, 中間に, 主客の, 二人が, 二度と父, 云った, 云ふ, 人から, 人の, 人格論で, 人生の, 人間以外の, 仆し, 今では, 今も, 今挙げた, 今日に, 他の, 他奇, 付け焼刃でなく, 伝統的に, 伝説上に, 伸子たちにとって, 伸子たちの, 何かという, 何ぞ, 何ぞの, 何だか分らない, 何でも, 何とも思っ, 何な, 何ら人命, 何処にも, 何等かの, 何等の, 何等阿片, 作品の, 作物に, 併し, 使用された, 依然としてその, 依然として一本, 依然として存する, 依然として殘つて, 信頼出来る, 俯向い, 俳句の, 健全であろう, 僕に, 僕の, 僞善が, 優しいもの, 全く冗談, 全く因果, 全く綺麗, 全く農民道徳, 全く違っ, 冬の, 分析され得る, 別として, 別に恐ろしく, 劣ると, 動いて, 勝者である, 勿論尋常, 南向きで, 単なる体験, 単に, 単にその, 却ってその, 原始社会の, 反芻に, 叔母の, 古いとしても, 叫んで, 可成, 吉野の, 同じよう, 同情を, 名の, 含まれて, 呼べども, 問題じゃ, 善きも, 喧嘩主義だ, 單獨では, 四つんばいに, 回復され, 因と, 因果的に, 国家の, 国家を, 国民の, 国民生活の, 垂直線を, 埃も, 堪らなく好い, 変つた, 変化しません, 変更する, 外部の, 大きくなっ, 好きだ, 好きだつた, 好ましい基準, 始めから, 存在しない, 存在せぬ, 存在の, 学者の, 宗教方面に, 実に, 実に天才的科学者, 実に痛快, 実は, 実在します, 実際に, 客観的な, 客體的存在を, 宮殿の, 密に, 實際に, 寧ろ吾, 將來と, 小さい七八分の, 少しずつでも, 少なくともそれ, 常にまったく典雅, 常に喜劇, 常に大, 常に永遠, 平然として, 幸いにも, 幼稚な, 度外れでない, 弱りても, 強ち, 当山に, 彼にとって, 彼らにとっては, 彼を, 彼女にとって, 律動の, 心得て, 必ずしも, 必ずしもこの, 必ずしもその, 必ずしも歴史的研究, 急いで, 怪談の, 恋すべきよう, 恐ろしくない, 悪くなかつた, 悪化した, 愛では, 愛の, 戦争が, 抑圧され, 抽象的な, 捨てきれないのに, 支離滅裂に, 政治では, 敗戦国の, 教わらなくても, 文学以外の, 断じてか, 斯界の, 新文学, 既に除去, 日向に, 昔ながらの, 昔の, 暴力である, 最も興味, 最早單純, 有りふれて, 朝霧の, 未来永劫滅しない, 本当だろう, 東京のが, 架空だ, 柿崎隊の, 根本的な, 格別一風変った, 案外な, 極めて感性的, 極めて日本, 極めて無事, 極めて独断的, 概念である, 次元を, 正にそれ, 歯の, 歴史的現, 歴史的社会的に, 歴史的社會的に, 死んだ機械器具, 段々人間, 母の, 毎年規律ただしく, 氏自身の, 水泡の, 永久不変で, 永遠に, 永遠の, 決して単純, 決して変, 決して得難い, 決して私, 決して隣人, 洲崎で, 洵に, 活動する, 流れに, 浅いの, 海上運輸の, 消極と, 消極性の, 激発的で, 火力も, 災で, 無かった, 無くならん, 無論惜しく, 無論決して時間そのもの, 父の, 独自の, 猿田彦命だ, 現在の, 現實的, 生きた現代, 生命が, 申分ない, 町の, 病気の, 皆もともと, 盆地とも, 益々警察, 直接には, 相変らず, 相当レベル, 真理を, 矢張り今にも, 知識ある, 石畳の, 砂浜に, 社会の, 私が, 秋の, 科学性を, 稍, 立ち帰りました, 競争である, 竹やぶや, 等しく自己, 簡単である, 粗末だ, 約二十二億, 純粋で, 統制できない, 絶対の, 絶対的である, 絶対的に, 総て直接でなけれ, 美しい, 美しいもの, 美むべきものなりと, 老人に, 肉体が, 背に, 能書通りの, 膨張し, 自然から, 自然科学自身に, 自身の, 色には, 芸術品では, 苦境であった, 茂みの, 虹ヶ浜の, 行爲の, 表面かたく, 袋の, 見えない, 見えぬ, 見たこと, 見ること, 覚めた意識, 解るし, 解剖学的な, 解剖的な, 計算に, 評判が, 認識論的であり, 誰か, 誰か罪惡である, 象徴の, 資本家や, 賣らないん, 赤いと, 赦せないに, 転変しない, 輝いて, 近代の, 迷信という, 遂げられたが, 遂に捧げられず, 運動し, 過去の, 違いながら, 遠いところ, 遠い以前, 遮断された, 避けがたい, 金に, 長兵衛でも, 附けたり, 霽れ, 面白く思った, 音声の, 頑健に, 頗る複雑, 頭も, 食べたいとも, 飽くまでつきつめ, 飽くまで不変, 飽迄も, 骨ごとよく, 高々二三万石位, 黒の, 黒紋付に

▼ そのもの~ (704, 7.9%)

15 外ならない 10 なって 8 なりきって, 於て 7 あるの, 興味を 6 外ならぬ, 就いて, 興味が 5 内在する 4 ついて, 他ならない, 何か, 化して, 向って, 固有な, 對し, 對する, 於ては, 特別の

3 [15件] あったの, あらわれて, ある, あること, あると, つきては, なつた, 何の, 執着し, 就いての, 就いては, 就て, 根ざして, 欠陥が, 見えて

2 [34件] あった, さへ, して, ぞくするもの, とつて, ならなければ, なる, 人生の, 他ならぬ, 内具する, 向つて, 執着が, 変るの, 外ならなかった, 対して, 就いてばかり, 帰したの, 帰すべきもの, 弁証法が, 手を, 拠る以外, 気を, 溢れて, 熱情を, 生きて, 直ちに肉薄, 神の, 私は, 私を, 良かれ悪しかれ変化, 解決は, 近づいて, 關する, 非常な

1 [473件] あいそが, あくまでエチケット, あこがれて, あずけられた, あっても, あまんじて, あります, あるわけ, ある態度, ある矛盾, ある種, いつまでも, いとわしさ, いやいや貴女, うちから, おもわれて, かかる二元的分離, こういった, こだわろうと, これらの, したがって, しろたっぷり, しろもっと, しろ自然発生的, すぎない, すぎないこと, すぐ裸, すっかりおどかされちゃってる, ぜいたく品と, そういう区分, そしてそんな, そなわっただけの, その価値, そむかずしては, それぞれの, そんな風, ぞくして, ぞくする, ついたこぶか, つかみかかって, つきて, つきても, つきまとって, つけられた名, つれて, では, どだい興味, ない処, なければ, なった, なったと, なったとき, なったよう, なつて, なまなましい嫌悪, なりきる, なりきること, なりきれ, なりたいわね, なり代って, なり切ったもの, なり切って, なり次, なると, なれる, ひそめられて, ふたりの, ぶつつかつ, ほかならないだろう, ほかならぬという, ほとんど畏怖, まけて, まします神, また愛惜, また次, また歌舞伎, まだ酒, まともに, まるで無頓着, みえた, もはや毛, よりかかって, よりて, わけ入って, われとつけ, われわれは, シュトラウスの, ハリキッて, 一つの, 一向社会的, 一定の, 一般的に, 一通りならぬ, 下部組織を, 不吉感を, 不同が, 不純は, 与うること, 与えた深い, 世界中の, 丹念に, 主権の, 主題が, 予備知識の, 争い難い, 事実通用し, 二種類ある, 云い知れぬ魅力, 今日に, 仕立て上げ換え玉, 付与する, 代行する, 似た捕捉, 似た断崖, 似て, 住む人, 何かの, 作者は, 依って, 依らず人間, 個別的因果が, 倦むこと, 働きかけて, 働きを, 優劣が, 先天的に, 先手を, 光は, 児童への, 党派性が, 入つたヒビ割れ, 入らざるを, 全身を, 内在し, 内在せる, 内外共通の, 内属する, 内屬, 出来上がって, 分裂と, 分裂や, 利用価値が, 到着し, 制約され, 刻印した, 力が, 効験ある, 化しただ, 区別が, 半分は, 危険は, 即した善悪, 原因し, 又種々討論, 反対する, 反対なんか, 反對, 反感を, 反抗し, 反抗した, 反抗しよう, 反撃する, 反撥した, 取っての, 受けいれて, 古さ, 合った音声, 名残りの, 向う動的, 向かって, 向けられたる義務, 含まれて, 吾, 呑まれて, 味の, 哀愁が, 問題が, 善悪その他の, 嘘が, 噛みつくよりも, 囚われて, 固有であった, 在った, 在る, 在るかは, 執すること, 執拗な, 基かなければ, 基く処, 基く明白さ, 堪能し, 変りは, 変化と, 外ならず, 多くの, 大きな手ぬかり, 大なる, 大の, 女の, 妙な, 威力あり, 存し, 存するの, 安ん, 安んずるが, 実に不思議, 実演させる, 実質的に, 宿るとして, 寄せて, 密接した, 密着する, 實在, 対応する, 対比し, 對ひ, 對立する, 少しも, 少なからぬ, 就いてさえ, 就いてよりも, 就くしか, 居づらく, 属して, 属するもの, 属する性質, 屬し, 川を, 巣くって, 巨細と, 帰したい, 帰れと, 帰着する, 広延, 弊害が, 弥漫し, 当たるの, 影響し, 影響を, 役立とうと, 從つて與へ, 御しないの, 心を, 心酔し, 必要である, 忠実である, 思わず引きつけられました, 思われた, 思索が, 急なる, 恋を, 悪は, 悸される, 惚れて, 惚れること, 惹かれ出して, 意味が, 愛想を, 愛着の, 感ぜられるまでに, 感心し, 感心する, 感情を, 感触し, 感謝した, 憎しみを, 憧れるの, 成りきろうと, 或る, 戻って, 戻れと, 打たれた, 打たれて, 拘泥し, 持ちこまれて, 指導的な, 捲き込まれて, 接近し, 接近する, 撞着は, 支持され, 支配され, 放火する, 敗北し, 敗北しつづけ, 敵対する, 斧を, 断えざる連続, 新たな, 新味が, 於けると, 於けるまた對, 於ける実在的, 於ける引用精神, 於ける観照, 於ける解釈学的方法, 於てのみ, 明らかな, 明らかに, 映った, 映って, 暫しわれ, 曳きずられるよう, 最も近い, 有難いまう, 未来を, 本も, 本來具, 本来の, 本来男女の, 本質的な, 柔順な, 根ざした絶叫, 根本的な, 格別な, 機械が, 欠点が, 次いで重要, 歓喜を, 歸る, 殺人そのものに, 水を, 求められる, 求めると, 沈潜する, 没入しよう, 流れて, 浸染せんが, 深い関心, 深く立入っ, 清快, 潜む, 澄明に, 無限の, 熱して, 熱を, 特殊な, 猛烈な, 現れて, 理想なく, 生新溌剌な, 生産能力の, 由って, 由来し従っ, 異常に, 疑を, 疑問が, 疑問を, 発して, 直接そっくり, 直接に, 直接唯物論的示唆を, 直接影響を, 直面し, 直面しなけれ, 直面する, 相違が, 真正面から, 着眼しない, 矛を, 矛盾する, 知識ある, 祝福ある, 移し得る唯一, 移行した, 突然行き当たった, 立ち入らねば, 立派な, 童顏の, 第一, 範疇という, 範疇を, 精神し, 純粋の, 紛れも, 終るとして, 組織が, 結び付けられて, 絶望せん, 纏ふ, 罪惡を, 置いて, 置くらしく被告個々, 肉迫する, 脅えたやう, 脅えたよう, 脅かされては, 脅威を, 脈絡を, 自分を, 自潰, 至りては, 興味の, 興奮し, 色々の, 苦しむよりも, 落ちついてこそ, 蒔絵を, 衝たれ, 見えた, 見える, 見えるけれど, 見える父君, 見られる三つ, 見入るよう, 見出されるので, 見送られて, 触れた, 触れたやう, 触れて, 触れる, 触発され, 觸れた, 詮索の, 話題を, 認識を, 語らしめようという, 読者の, 課せられた場合, 謀叛気が, 變化が, 財力は, 責任が, 責任を, 賛揚せられ, 走って, 踏み込むこと, 蹤いた, 身を, 転化し, 近づけようと, 迷わされないわけ, 迷惑が, 連綿伝来の, 過ぎないが, 過ぎなかつたといふ, 過ぎぬであらう, 過去の, 道義的意義が, 達するには, 適うの, 適し得ないの, 適切に, 適用される, 還ること, 還生して, 関わるもの, 関係させられ, 関係した, 関係する, 関係づけられる, 関係の, 関聯し, 關し, 關係し, 附属した, 陥るもの, 陶酔する, 階級性が, 隙が, 集中され, 非ずして, 非力を, 非常に, 非肯定, 面接した, 頼るの, 顔の, 食い入る積極的能動性, 食い込みこの, 體あたりで, 魂も, 魅力を

▼ そのもの~ (212, 2.4%)

3 変って 2 すくすく伸び, また知られ, 人の, 今の

1 [201件] あちこちと, あるが, ある一時的, ある点高級, あんまり上出来, いい大人, いかにも感じ, いかにも自由学園, いっこう悪い, いまだ名分, いろいろな, おいしかつ, かかる祭儀, かような, かれら, きわめてわずかしか, この上, この愛, すこしへん, すつかり, すでに一回是正, すでに萬葉時代, そこに, その一方, その建物, その最初, その根柢, その町, その観念, それが, それを, そんなこと, たいへん世間, ただいま, ただ濁った, たちまち鳩, だんだんと, なかなかさびしい, なかなか美味く, ひた走る, ひとつの, また, またいつ, またかかる, また一字一字, また一段, また人生, また商売, また実は支那, また平地, また彼ら, また既に, また月, また歴史的, また民族, また疑っ, また空, また経験, また辯證法的構造, また運命, また錦, まちがって, まるで段ち, むろん架空, やはり国民一般, よくない, よく出来, よく昔, エキゾチックな, クリスマスの, 一つの, 一人として, 一般に, 万事休む, 不愉快であった, 不断相続する, 不落, 世界の, 事件それ自身も, 亦この, 亦成長, 人間も, 今は, 仏法の, 以前に, 何等胸, 余り好きで, 余り面白く, 作品の, 俗に, 傑され, 光治と, 全く違っ, 六峰に, 兵と, 其本来の, 内側のと, 円形と, 再び表面, 冷か, 冷かで, 分るまいと, 前よりは, 創造の, 動かす分, 十分に, 単一平坦な, 古典と, 史觀によ, 問題に, 変化せぬで, 外観は, 多かれ少なかれわれわれ, 多少は, 大きいが, 大きなデスク, 大に, 大政翼賛会の, 天空高く, 始めて, 嬉しさうに, 学理的と, 実はあんまり, 小さいし, 尾紀水御三家を, 師と, 年とともに, 幾分磨滅, 引きあげること, 影の, 彼の, 徒らに, 微妙だ, 恨めしくなっ, 想像すれ, 或は宋代, 或る, 打潰されず, 批判せられなけれ, 揺れ動いて, 文字通りの, 文献学と, 新井田氏には, 日本画法による, 昔から, 昔の, 春に, 時により, 暗合は, 更に道化化, 本來, 本屋の, 本望でしょう, 本来は, 次第に凋落, 次第に拡充, 武装を, 毎日変化し, 流麗な, 清少納言の, 渓谷の, 無くなって, 甚だ他愛, 甚だ漠然, 甚だ難物, 異国の, 疑わしくなる, 皆紫褐色, 真の, 矢張り他に, 確かに, 確に, 禁止されました, 空想を, 篠村領に, 純然たる, 絶えず自ら, 縄の, 繰り返されるに, 美味かった, 聯關の, 自分が, 自棄的に, 色々と, 苦勞の, 蕾の, 見る見る死相, 記憶は, 貴重な, 起原が, 輪中, 進化する, 遺子の, 醇化した, 鈍つてし, 関係に, 關係に, 随分違っ, 餘り, 高いこと, 魂を

▼ そのもの~ (168, 1.9%)

8 なって 6 いって 3 なる, 混同する

2 [11件] すれば, なつて, 一致し, 云ったよう, 云つた, 全く同じ, 弁証法の, 思い誤まる, 無関係に, 考へて, 表象とを

1 [126件] いいたいふところ手, いうべきであった, いえる, いえるよう, いっしょに, いっても, いつたやう, いひ家々, いわれた総監, いわれて, この所謂世界像, この身, し更に, すること, その不幸, その内容, その現象, その生活, その行動, それに, それの, それを, どの程度, なす所以, なったの, なった手, なりまた, なり従って, なるの, なるべきであります, なる宇宙, なろうと, まづいつた, イヤゴーの, ピッタリと, レベルを, 一しょに, 一しよ, 一つに, 不可離に, 不眠と, 世界像との, 中に, 之を, 二つの, 云っても, 云つても, 人生の, 会うこと, 体を, 何の, 何等かかはる, 何等の, 儒者の, 全く一, 共に古い, 其を, 内的な, 分離し, 切っても, 各会員, 同じくらい, 同じく単純, 同じく当人自身, 同じに, 同じよう, 同じ値, 同一の, 同一視しなかつた, 同一視する, 同席する, 同意義なる, 呼び得るのみ, 哲学としての, 噂に, 境を, 変換される, 宇宙の, 密接な, 密接に, 対象, 思う, 思えば, 思われるよう, 思われる顔, 思想との, 思想の, 文化との, 日本美術院の, 本質的に, 比較する, 混同し, 独立させ, 独立な, 理想家その, 直接に, 直観の, 相並び, 相容れない思想表現, 看做され時間性, 真理の, 社会との, 私との, 空間という, 等値する, 篤と談合, 考えたが, 考へられようと, 自分たち本来の, 自由そのものとの, 見なされて, 見誤って, 親しくなる, 言いたいみごと, 言った男, 言っても, 言つた男少し, 言ふ, 計量そのものとの, 誤解し, 誤認する, 近づきに, 運命を, 違った真剣味, 雖も, 離して

▼ そのものでは~ (138, 1.6%)

31 ない 20 なくて 11 なくして 10 ないの 7 ないか 4 ないが, ないこと 3 ないかも, なかった 2 あるが, ないから, なくその

1 [39件] あるだろうが, あるまいか, あるまいかと, ないからの, ないけれども, ないだらう, ないだろうか, ないという, ないもの, ないやう, ない事, ない併, ない僞瞞僞裝, ない生物, なかったろうか, なかつた, なかつたか, なかろうか, なくいかに, なくそういう, なくその後, なくても, なくむしろ, なくやがて, なくショウブ, なく人間, なく例えば, なく偏, なく元来, なく家, なく戦争, なく政策遂行, なく死, なく無論, なく読物, なく速度, なく道徳そのもの, 断じてない, 蟻の

▼ そのものから~ (127, 1.4%)

14 して 5 出て 2 来て, 段階的に, 汲み取ると, 理解する

1 [100件] ああ島そのもの, いうと, おおよそ発生, おし出され, おのずとわきでた, くるスリル, しっくり味って, すばらしい創世紀, そのもの以上の, その方法論, それが, でなくただ, では, なされねば, はっきり民主的, ほ, また別に, みな選挙権その他市民としての, よき構図, プンプン立て, 一応分離, 一旦離れる, 下りて, 主観へ, 云って, 何かを, 併し, 保護する, 出るの, 出る声, 出る大した, 出発せずし, 出発せね, 出發, 動機し, 区別される, 区別しよう, 區別される, 古風な, 和らげて, 問題が, 嘗て一度, 圧迫され, 変革された, 孤立隔絶した, 導き出されもしくは, 導き出され若く, 展開しよう, 常に刻々の, 引出される利益, 当然そうで, 教は, 日本人の, 来たもの, 来た処, 来ること, 来るという, 来るの, 来るジレンマ, 来る必然的, 来る致命的, 歌い出されて, 民衆結合の, 湧いて, 溢ランした, 現代の, 現実を, 理解しよう, 生きた教訓, 生じて, 生まれ出ようなどという, 生活そのものにおいて, 申しましても, 発せられて, 白と, 直接に, 直覚的に, 真に清新, 眼を, 締出しを, 胎児を, 自己を, 自然史的範疇も, 興味が, 蒙って, 見る限り, 見れば, 解釋される, 解釋する, 触発され, 言えば, 言っても, 言つて悲しむべき, 誤りなき, 論証しよう, 遊離しなく, 離れて, 非常に, 非難される, 顕わにする

▼ そのものとして~ (115, 1.3%)

4 顕わ, 顕わに 3 一纏めに 2 一つの, 大なる, 常に進歩的, 生きて

1 [96件] あるよう, うけ入れられ結合, そのまま受容, では, とりあげられずすでに, とりあつかうでも, どこまでも, のこるの, のびないこと, はなはだ複雑, まざまざと, われわれプロレタリア文学運動を, 一種の, 一纏まり, 一般的な, 人民に, 人間を, 今日も, 個人の, 先験的に, 全く奇怪, 内容では, 切りは, 動いて, 取り出されること, 在るまま, 多少とも, 天上的に, 奉持, 学んだよう, 孫娘に, 完璧の, 実に小刻み, 実生活と, 崩壊しなけれ, 弱いの, 形式的に, 役立つと, 役立てられる可能, 彼らの, 彼女らが, 意味を, 感じとり評価, 成功し, 成長し, 我々にとって, 批評され得ない, 把握する, 持つこと, 捕捉される, 最も特色的, 楽しまれました, 歌う子供たち, 歴史の, 治安維持法の, 活きた性格, 清潔に, 狗肉である, 独自の, 現れ最近三十年, 現実的に, 理解され, 理論されね, 生きられるもの, 生命的で, 申し分の, 発展する, 知ること, 私たちに, 立体的に, 第二, 美しく描い, 肯定し, 肯定を, 色濃いながら, 落ちつかせる性質, 表現する, 見るか, 見ると, 見る場合, 見れば, 規定した, 解消し, 解釈する, 評価する, 誇張した, 認めるところ, 誤つて, 誤りでない, 誤りでは, 豪いところ, 追求せられるべきでない, 進歩的な, 顔に, 顕わにする, 首肯できる

▼ そのもの~ (112, 1.3%)

22 あつた 6 あつて 3 あらねば 2 何んの, 民族としての, 絵を, 警官の

1 [73件] あつて人間, あつて色, あなたは, あらうか, あらしめて, ある生活, いくつかの, いつも乗馬用, いつも書生袴, おかしく私, およそ特定, かうした愛情, がっしり組ん, この牧師, これという, これは, さ, じかに伸子, すらも自然現象, そのこと, その体つきそのもの, でも, なしに, むかれ新, よりひろい, わかってる話, ディケンズの, 中館公一郎は, 二階が, 五ヵ年計画の, 五百万ポンドはい, 人間そのものである, 全体の, 冷やかに, 刻みだされること, 前文に, 古くから, 哲学の, 好いの, 実証した, 容赦なく, 対せず, 当時の, 彼が, 心を, 恥を, 手入れの, 描きだして, 新しい線, 書くの, 正常な, 毎日の, 比較し, 洵に, 混り, 煩悩邪悪の, 生きて, 直接に, 知らない男, 福松が, 終わって, 耐えて, 育ち今に, 見るからに, 観考え批判, 語って, 語らしめなければ, 語られると, 語られるという, 謝罪に, 谷井秀峰君の, 階級的真理では, 題材と

▼ そのものには~ (99, 1.1%)

6 何の 2 いつも生死, さして乱れ, タイプが, 一文の, 余り多く, 興味を

1 [81件] あまり執着, あまり多く, あまり愛着, ある, いっこうに時代性, お世辞, さして意味, そのうわさ, それほど興味, そんな力, ついに一箸, どう調べ, どこといふ, ない, なんの, びくとも, また一町目付け, まるで関係, キズや, 一点一画も, 不用な, 不自由しなかった, 之が, 人影が, 何か, 何が, 何も, 全く縁, 別に反対, 前後は, 力が, 助力は, 十分の, 同情を, 吹き流れて, 困らないけれど, 変りが, 変化ない, 大した意義, 大した関心, 大して興味, 存在せざる, 帝国議会は, 弁証法を, 必ず裸, 性格は, 意味が, 日本は, 最も切実, 望みは, 本来完全な, 栄養分を, 根本的に, 格別の, 次元を, 気が付かなかった, 決してそういう, 深い浅い強い弱いが, 物質性は, 男なら, 答えず診察, 罪が, 興味が, 興味は, 色の, 色も, 若干の, 苦悶は, 苦痛は, 蕎麦としての, 規範性は, 触れず扉, 詩としての, 近頃油断, 違いない, 重力が, 開落は, 関係なく, 階級性は, 面白味も, 音の

▼ そのものである~ (97, 1.1%)

7 ことを 4 ことが, ということ, ような 3 かのやう, と思う 2 かそれとも, かのよう, ためである, といふ感じ, と我々, のだ, やうな, やうに

1 [56件] か, かさもなければ, かのごとく, かの如き, かの如く思ひこん, かもしれない, から, からだ, からである, から自覚的, から話, かを読者, かを順次, か或は, がこの, がこれ, がそう, がそれ, が死ん, が精神活動, ことそれくらい, ことは, せいか, ぞ, という事実, という姿勢, といふ, といふ感, ところの, とそう, とはいひ切れない, と共に家附, と喝破, と解せん, ねずみを, のでなく, のは, を思え, カワセを, 主我は, 事を, 人は, 人よ, 処の, 勤め人階級であり, 姿を, 従つて一般民衆は, 必要さえも, 戀をも, 日々の, 時当然, 生と, 美和子と, 舌は, 良寛様は, 言論機関としての

▼ そのものよりも~ (96, 1.1%)

2 それを, はるかに, むしろその, むしろそれ, もつと, 強い, 彼の, 看板の

1 [80件] あるいは紙片, いっそう大きな, いろんな男, お銀様, かかる罪悪, きょうまで, ここに, そういう物語, その心, その手紙, その語, その調子, それが, それに, それほどに, にわかに横浜, ひとりの, ぼくへ, まず己, むしろ全く想い, むしろ病気, むしろ科学者, むしろ迷信, むしろ頭部, もっともっと彼女, もっと完全, もっと感情, もっと挑発, よほどすぐれ, ミルクが, 一層民衆, 一層重要, 久保田君が, 事件の, 人生に対する, 人間の, 今は, 他人が, 伸子が, 僕等の, 兄蘇峰氏に, 其処に, 却て, 厭うべき苦悶, 完全を, 実際的, 寧ろ引用, 寧ろ描く, 寧ろ映画, 師の, 弊害と, 強烈な, 彼には, 教育の, 日々を, 日本人の, 暗号を, 暗示に, 死後の, 殺人が, 比較に, 浪費する, 深く潜り, 濃い青, 無論心, 物語つた時の, 猶優越, 生きのび人間, 甲斐, 画法という, 聴衆の, 自分の, 舞台が, 苦しいの, 誓紙に, 遙かに, 遥に, 重大な, 重要と, 鍛冶富を

▼ そのものに対する~ (54, 0.6%)

2 一種の

1 [52件] こちらの, その表現過程, 一人, 不満を, 人間の, 以上の, 作家の, 偶像的礼拝の, 冒, 加療と, 反対を, 古い訓練意識, 史的唯物観, 嫌悪であり, 宗教的感情においてのみ, 寛容な, 巨人の, 応用に, 情緒, 愛であった, 愛といった, 愛情の, 愛着だ, 愛着心の, 感じの, 感じよりも, 感じを, 感嘆だった, 感覚から, 感覚を, 批判のみ, 正しい感覚, 洞察が, 為政者の, 無知から, 無関心, 相対的な, 破壊力と, 社会的偏見の, 立派な, 純粋な, 素朴な, 自然弁証法は, 興味であっ, 興味である, 興味の, 興味を, 評価や, 認識が, 責任は, 鋭い勘, 関心や

▼ そのもの~ (53, 0.6%)

32 からである, つた, ということ, というわけ, な

1 [40件] からねまったく, がお, がそれ, がねおまえ, が之, が古典, けれども人, けれども私, ことに禅宗坊主, し法本, つたから, つたのです, つた彼女の, という, というの, というん, という説, という逆説, といわれ, とかを特許, とか秘密癖, とさえ云わね, としか思えない, とは云, とは長谷川, と云い得る, と云う, と云うべきだろう, と云つてひそか, と云わね, と伊沢, と思っ, と考へ, と聞い, と言, と言われた, と説, ね自分, よ, 無無無といつた方

▼ そのもの~ (52, 0.6%)

17 のである 13 のだ 6 んだ 3 のです, んです 2 ので私 1 のさ, のであった, のであります, のでした, ので二切三切, のよ夏冬一枚, んで彼ら, 新吉

▼ そのものについて~ (45, 0.5%)

2 尋ねられ得るから, 我々は, 私は

1 [39件] ある意味, いいたい冒頭, いい感じ, いちいち解釈, この作物, すな, すなわち私自身, それが, ではなかっ, どれだけ, どんな意見, の立ち入った, みんなと, わたしの, わたしは, 一たい探偵小説の, 一度でも, 一生忘られない, 一言を, 何ら誠実, 例えば新, 及ぶ限り, 吟味し, 吟味しなけれ, 委員会的に, 思ひ出すまま, 改めて感動, 教えられまた, 沈潜した, 深い知識, 疑いを, 研究した, 考えさせるもの, 考えて, 考える段, 自分の, 言うの, 語ること, 述べて

▼ そのものにも~ (42, 0.5%)

2 絶望し, 興味が

1 [38件] あるの, あるわけ, かかわって, かかわるから, この婦人, じかに触れうる, その階層, ちょっと見た, なんらの, まして快い, まだ馴れない, ゆだ, 一種の, 不思議な, 云つてない, 亦その, 別に關係, 反射が, 嘉門は, 土着民である, 少からぬ, 年代が, 忽ち諒解, 感激した, 日常的には, 暗い影, 気に入るだろうし, 氣のせゐ, 注意を, 特に異称, 直観が, 眇たる, 眼を, 美なるあり, 複雑さが, 見えて, 限界が, 雑音が

▼ そのものによって~ (38, 0.4%)

2 文学の, 現代の

1 [34件] あるいは少く, その時代, できて, でなければ彼女, どうこたえられ, ひき起された誤謬, また経済, 一種の, 世の, 保証された, 初めて範疇, 初めて証明, 十分芸術欲を, 却って誤られる, 否定される, 形が, 意欲され, 成功を, 戦争を, 排撃される, 旧い情感, 最も強く, 構成される, 欺かれるから, 殺された人たち, 決定され得なかった, 濃厚に, 生かされて, 生活そのものによって, 自分が, 自己の, 蔽いかくされて, 誤りなる, 読まれはじめた

▼ そのものをも~ (35, 0.4%)

2 意味する, 憎んで, 統一的に

1 [29件] 一切国産を以て, 入れて, 冰らせる, 制し得る考え, 包含する, 卑むようになる, 含むの, 含んで, 変化させ, 変貌させます, 媒介と, 平気で, 忌みきらった, 惠み, 意味し, 意味しなけれ, 排した, 排して, 排除せね, 提起し, 携へ, 棄て去つて行, 滅すること, 肯定する, 認めない処, 跡かたも, 非認, 革めるであらうと, 革めるであろうという

▼ そのものとしては~ (32, 0.4%)

2 相互の

1 [30件] いかにもはっきりと, お噺, さしてわるく, どこまでも, まづわれわれが満足, やはり或, やはり黒く, 不可知, 両者の, 乙下, 何らの, 全く正しい, 動物学の, 取り締る必要, 取るに, 同一で, 否定され, 善意な, 宗教的である, 少しも, 当って, 未だ未踏, 次元は, 知ること, 確定出来ず, 罰せられないわけ, 自分自身の, 表現に, 軽いもの, 顕現しない

▼ そのものであり~ (29, 0.3%)

1 [29件] あるいは芸術そのもの, いさ, いつも家康, しかも今, そして他方, その姿, その方向, それに, たましい, とすれば徳川初期, ながら同時にそのまま, またあらね, 一方は, 一面虚無であり, 且つ又, 全き, 単純そのものであり, 又当然, 問題は, 大地である, 安弘さんは, 微かに, 悟りの, 感情であっ, 明鏡止水とは, 無限に, 璽光尊様を, 省略そのものであった, 風景は

▼ そのものより~ (28, 0.3%)

2 発散する

1 [26件] あの食わせられる, いつその, かえっていわゆる, かもっと, して, じつは花, その書いた, その期間, それは, ほかは, むしろその, 作者の, 即ちこの, 土を, 士魂を, 彼の, 微妙な, 快楽の, 批評評論の, 揺かに, 歌を, 此処の, 箸も, 自分の, 贅沢の, 高いもの

▼ そのものであった~ (25, 0.3%)

2 のだ

1 [23件] かが推測, かは彼女, からだ, からもう, がそれにしても, が古物, ことかと, ことに, しそれ, し他, し又, というふう, というほか, としてもそう, のである, のでなんだか, はずだ, わけで, 初め勘定奉行所の, 学生兄や, 市川粂八の, 矢崎君が, 非伝統的

▼ そのものにおいて~ (25, 0.3%)

2 求めら, 無抵抗の

1 [21件] きりはなすこと, この自由, さへも, すでに非, であり一つ, まず歴史的, またそれ, 再出発, 分析綜合し, 区別される, 區別される, 同感され読まれ, 多分の, 成全する, 整理した, 死滅させる, 漸次形づくられ, 生新な, 美的趣味を, 起こる現象, 進歩的な

▼ そのものさえ~ (24, 0.3%)

1 [24件] ごく観念的, それと, どんなにない, まともに, 二十世紀に, 今日の, 否定しなけれ, 味気ない, 支え難く, 数的に, 有益でしょう, 歴史の, 殆ど私, 消えて, 相対的関係の, 純粋であるなら, 絶滅し, 自分を, 艶めかしい, 見せなければ, 貴族に, 蹂躙し, 軍事目的を, 違って

▼ そのものに対して~ (23, 0.3%)

2 興味を

1 [21件] では, どういう理論上, なんの, なんらの, 一つの, 不謹慎である, 人道などを, 仮説的な, 企らむところがあってのことらしいとそういう, 何と申しましょう, 執られるの, 如何なる態度, 差別観念を, 復讐する, 押しが, 燃え立って, 生殺与奪の, 秋子が, 科学が, 自分が, 賦課せられよう

▼ そのものとは~ (22, 0.2%)

2 全く別, 別の

1 [18件] あの村, いいかねる, ならぬであろう, 何かという, 何らの, 全く別個, 全く独立, 全く異, 別な, 別に文中, 別に時世, 区別さるべき, 區別される, 往々に, 無関係な, 縁の, 要するに, 関係は

▼ そのものへの~ (21, 0.2%)

2 愛情に

1 [19件] くい入りかた, 一定の, 乱酔が, 仕上りの, 侵犯としか, 分析が, 問い, 屈伏である, 意欲とに, 愛では, 懐疑と, 抗議と, 理解を, 疑問記号を, 軽蔑が, 追求以外に, 過剰な, 郷愁も, 鑑賞が

▼ そのものでも~ (20, 0.2%)

3 ない 2 あった, なければ

1 [13件] あったの, あり鬼火, あるが, ある様, あろう, ない習俗, なくそれら, なくジャーナリズムそのもの, なく今, なく形成, 権力闘争そのものでも, 見方によって, 道の

▼ そのものとの~ (20, 0.2%)

2 ために, 間に, 間には

1 [14件] たたかいが, たたかいは, 一致は, 不即不離の, 人類的格闘と, 仲介者として, 内部的な, 即ち角, 接触感も, 本来の, 連鎖を, 関係として, 関係を, 限界に

▼ そのものでなく~ (17, 0.2%)

1 [17件] たんに形式, てその, てなん, てはならない, てはならぬ, てはなりません, て何, て行動, て鬼瓦, まさに支配階級, 全く骨董品, 却って自分自身, 却て, 望まずし, 物に, 神の, 風流そのものでなく

▼ そのものまでが~ (17, 0.2%)

1 [17件] いっそう世間, いとわしくおなり, この外部, つめたくなっ, 亡くなつた感じ, 何か, 動いて, 場違いな, 好きな, 彼の, 歩みを, 犠牲に, 現代では, 異人では, 病菌で, 直ちに理想, 頭上から

▼ そのものだった~ (16, 0.2%)

3 のである 2 のであります, よ 1 しあの, し初対面, それまでの, に違い, のかも, のでラスコーリニコフ, 兄弟が, 浪士も, 神様が

▼ そのものです~ (15, 0.2%)

5321 がなんと, が八五郎, けど埒, むしろ蒙昧, わ

▼ そのものすごい~ (14, 0.2%)

1 [14件] いびきの, かっこうを, ぎょうそう, ことお話に, ことと, ことは, こと氷刃の, 光景を, 唸りごえ, 形相から, 形相を, 火の, 脅迫の, 角面堡を

▼ そのものすら~ (14, 0.2%)

1 [14件] いかに危殆, そのままで, それらの, つまりは, まれだ, 売り物に, 存在しない, 忘れ去らるるの, 既に断崖, 殆ど輪郭, 荒れ廃れた, 變りつ, 身動きの, 離間策に

▼ そのものとしての~ (14, 0.2%)

1 [14件] レベルは, 世界では, 世界の, 価値等級を, 存在を, 性格を, 新しい意味, 歴史的な, 特性を, 現実性を, 第一義的な, 統一が, 絶間なき, 限度を

▼ そのものでなけれ~ (13, 0.1%)

4 ばならない 3 ばならぬ 1 ばすぐれた, ばならず, ばならなかった, ばならなく, ばなりません, ばなるまい

▼ そのものとも~ (13, 0.1%)

1 [13件] いいたい白菜, いうべき器械, いうべき性格, いうべき真名, いふべき花, 云ふ, 密接な, 形容すべき, 言いたいお, 言いたいこの, 言いたいほど, 言いたいマドマゼエル, 言うべき諸

▼ そのものについては~ (13, 0.1%)

1 [13件] あんまりたっぷりした, 不確定, 事前に, 他所にも, 作者として, 別個の, 大した期待, 懸念の, 案外すこぶる平, 深く考える, 茲に, 起伏した, 非常に

▼ そのものであっ~ (12, 0.1%)

1 [12件] て, てその, てそれ, てそれら, てそれ以外何者, てなん, てもかまわない, てヒルガオ, て他, て単なる, て真実, て雅美風流

▼ そのものに関する~ (12, 0.1%)

1 [12件] のでなけれ, むしろ否定的, ソレでなく, 原理が, 原理である, 問題な, 思惟も, 感情構成が, 真理の, 秩序において, 若干の, 迷信と

▼ そのものまで~ (12, 0.1%)

1 [12件] いつしか機械的, なにか西欧的, ふみやぶられて, 下卑て, 吹きとばされて, 姿を, 寒くなる, 撃滅し, 溶けて, 灰色に, 眉を, 静的な

▼ そのものだけを~ (11, 0.1%)

1 [11件] 事実として, 享楽してる, 取り立てて, 売つた金, 持ち出して, 樂しまう, 歌ってるの, 直視し, 空裏に, 見れば, 遺して

▼ そのものによ~ (11, 0.1%)

1 [11件] つてある, つてよりも, つて作られ, つて克服される, つて初めて, つて却つて壞滅の, つて基礎付けられ, つて根源的に, つて欺かれる, つて減少されたい, つて規定され

▼ そのものだけ~ (10, 0.1%)

3 では 1 ぢや, である, でなくすべて, でまだたしかに, で活動, で老, ならこれ

▼ そのものという~ (10, 0.1%)

2 ような, 感じであった 1 ことに, ほかには, ものは, 統一体から, 観念が, 顔で

▼ そのものよりは~ (10, 0.1%)

1 むしろルクレチウス流, 何かに, 功の, 同僚を, 存在の, 度胸が, 微妙な, 日本人の, 目に, 酒の

▼ そのもの自身~ (9, 0.1%)

1 がす, が一つ, が必ず, において具象化, において存在, のため, の懷, はかたく, ばかりでなく

▼ そのものさえも~ (8, 0.1%)

1 あるか, すでに時代, それを, 二人の, 否定した, 天が, 当時あった, 東京の

▼ そのものとを~ (8, 0.1%)

1 全く同, 分離しなけれ, 合併し, 峻別する, 引合いに, 比較する, 示唆し, 裏切るもの

▼ そのものによる~ (8, 0.1%)

2 批判 1 のである, 他政綱に対する, 分類法を, 外は, 教育統制は, 証明

▼ そのもの~ (8, 0.1%)

1 せっせと注ぎ込む, 乃至信仰, 対して, 生身で, 用といふ, 示唆を, 背を, 迷信を

▼ そのものをさえ~ (8, 0.1%)

1 おびやかして, よろこびをもって, 器楽と, 忘れさせて, 無用に, 疑い否定する, 皮肉に, 破壊し

▼ そのものからの~ (7, 0.1%)

2 抽象の 1 やうに, 反省的な, 抽出物として, 照りかえしであり, 相対的独立性を

▼ そのものからは~ (7, 0.1%)

1 フランスに, 少しかけはなれた, 少しも, 強い印象, 独立した, 独立に, 芸術は

▼ そのものこそ~ (7, 0.1%)

1 もっと現代社会, 哲学に, 此の, 絶滅されなけれ, 芝居を, 言葉通りに, 香ひらしく染み出し

▼ そのものじゃ~ (7, 0.1%)

2 ないか, ないの 1 ありませんか, ございませんか, なくって

▼ そのものにまで~ (7, 0.1%)

1 一般化し, 信仰の, 反感を, 向わなかった, 徹底させなく, 移さねば, 高まって

▼ そのものに対しては~ (7, 0.1%)

1 むしろ同情, ツンとも, 全く主観的, 珍らしく, 相当根本的, 粗略に, 驚くべき

▼ そのものまでも~ (7, 0.1%)

1 たまと, 之を, 別の, 多彩の, 易々として, 立派に, 転換し

▼ そのもの以外~ (7, 0.1%)

1 に存在, に費され, のすべて, の何物, の内容, の大きな, を否定

▼ そのもの~ (6, 0.1%)

1 へも, へも文化, へも歓楽化, へも毫も, へ僕等, へ消え

▼ そのものたち~ (6, 0.1%)

1 が酔つて, が醉つて, とならべる, と同じ, にどなった, の窘窮

▼ そのものでしか~ (6, 0.1%)

3 ない 1 あり得ない, なかった, ふさげられない空虚

▼ そのものといった~ (6, 0.1%)

1 ところです, ような, 態度で, 眼で, 顔だちだ, 顔つきを

▼ そのものについても~ (6, 0.1%)

1 まったくの, もうすこし深く, 少からざる, 憂慮を, 殿下の, 経典のみによって

▼ そのものにとって~ (6, 0.1%)

1 なにより, 価値ある, 固有でない, 必然な, 根本問題な, 正気に

▼ そのもの~ (6, 0.1%)

1 そのこと, それからぢ, 同僚の, 子供たちについて, 歴史社会そのものに関する, 民族そのものが

▼ そのもの~ (6, 0.1%)

1 ではじめて, にぢ, に驚いた, の遠, の響き, を聞き

▼ そのものだけが~ (5, 0.1%)

1 一切を, 呪いと, 大抵ありのままだ, 総て, 街頭に

▼ そのものであろう~ (5, 0.1%)

1 か, がそれ, とそんな, と思います, と説かれた

▼ そのものみたい~ (5, 0.1%)

2 なもの 1 に子供, に服, に見事

▼ そのものだけの~ (4, 0.0%)

1 ような, 力で, 持つ謙遜, 高さ

▼ そのものでさえ~ (4, 0.0%)

1 あったであろう, あり而, どんなに矛盾, ひとたび一定限度

▼ そのものとしても~ (4, 0.0%)

1 また一層, 好い思いつき, 意味の, 明治時代の

▼ そのものと共に~ (4, 0.0%)

1 ダラしなく, リムセと, 学ぶという, 流動させる

▼ そのものにおける~ (4, 0.0%)

1 労働の, 勝利の, 政治性を, 発展で

▼ そのものについての~ (4, 0.0%)

1 不安で, 理解が, 知識が, 鋭い好奇心

▼ そのものにと~ (4, 0.0%)

2 つては 1 つても, つて構成的である

▼ そのものにとっては~ (4, 0.0%)

1 いずれも, むしろ, 三次元を, 不必要

▼ そのものにより~ (4, 0.0%)

2 全部否定する 1 近く歩み寄る, 銀行は

▼ そのものに関して~ (4, 0.0%)

1 さらにまた, である, では, 圧巻であった

▼ そのものばかり~ (4, 0.0%)

1 でなく周囲, でなく政策, でなく自然科学者, では

▼ そのものズバリ~ (4, 0.0%)

1 で, でありまして, の表現, 即座に

▼ そのもの以上~ (4, 0.0%)

1 に, に孤独, に素早く, の何物

▼ そのもの自体~ (4, 0.0%)

1 が十分, にだけしかあり得ない, の中, の恩恵

▼ そのものからが~ (3, 0.0%)

1 品よく, 廉価で, 涼しいの

▼ そのものさえが~ (3, 0.0%)

1 まだハッキリと, 危いと, 哲学であり

▼ そのものすらが~ (3, 0.0%)

1 一面で, 見違えるよう, 音楽の

▼ そのものだけで~ (3, 0.0%)

1 すでに十分, 世間に, 吾

▼ そのものだけに~ (3, 0.0%)

1 多少の, 就いて, 自分の

▼ そのものだけは~ (3, 0.0%)

1 充分だ, 立派に, 遠くの

▼ そのものといふ~ (3, 0.0%)

1 ことにも, ものが, ものは

▼ そのものとさえ~ (3, 0.0%)

1 いえるくらい, なって, 原則上は

▼ そのものども~ (3, 0.0%)

1 が宗門神, の見聞, はいかなる

▼ そのものにおいては~ (3, 0.0%)

1 九州などは, 前後の, 基礎附けられ

▼ そのものにさえ~ (3, 0.0%)

1 つやと, 及んで, 性格的な

▼ そのもののみ~ (3, 0.0%)

1 である, である良寛様, で値打ち

▼ そのもののみを~ (3, 0.0%)

1 攻撃しない, 求めて, 現実として

▼ そのものはと~ (3, 0.0%)

2 に角 1 いえば

▼ そのものもしくは~ (3, 0.0%)

1 之を, 他の, 純粋感覚と

▼ そのもの~ (3, 0.0%)

1 が云こと, に仕事, もまた

▼ そのもの及び~ (3, 0.0%)

2 他の 1 その結果

▼ そのもの活動そのもの~ (3, 0.0%)

1 と云, と云った, の本質

▼ そのもの真理そのもの~ (3, 0.0%)

1 でなくまさに, の危機, をいよいよ

▼ そのもの若しくは~ (3, 0.0%)

1 文学そのものに関する, 文學そのものに, 生そのもの

▼ そのものあるいは~ (2, 0.0%)

1 感情においても, 結果そのものは

▼ そのものいわゆる~ (2, 0.0%)

1 物自体が, 物自体は

▼ そのものかも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れない

▼ そのものからも~ (2, 0.0%)

1 その職業, 手を

▼ そのもの~ (2, 0.0%)

1 しには, しに一種

▼ そのものしか~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ そのものしたがって~ (2, 0.0%)

1 彼ら自身の, 肉体に

▼ そのものすなわち~ (2, 0.0%)

1 思想が, 生の

▼ そのものすらも~ (2, 0.0%)

1 当時は, 感じ得ない

▼ そのものそれ~ (2, 0.0%)

1 の形それ, より心

▼ そのものそれとも~ (2, 0.0%)

1 神によ, 神によって

▼ そのものたる~ (2, 0.0%)

1 や形, や有形

▼ そのものつまり~ (2, 0.0%)

1 先生であり, 穂高神社そのものが

▼ そのものでありまし~ (2, 0.0%)

1 て, て訓練

▼ そのものであり生きぬく~ (2, 0.0%)

2 人間の

▼ そのものでない~ (2, 0.0%)

1 かしら, 以上彼は

▼ そのものにおいても~ (2, 0.0%)

1 必要である, 神代の

▼ そのものにしか~ (2, 0.0%)

2 過ぎず又

▼ そのものにすら~ (2, 0.0%)

1 なって, 到達した

▼ そのものにたいして~ (2, 0.0%)

1 でなければならん, 憐憫の

▼ そのものにとっての~ (2, 0.0%)

1 危機と, 日常不可欠な

▼ そのものに関しては~ (2, 0.0%)

1 却ってその, 寂寞も

▼ そのもののみの~ (2, 0.0%)

2 本質に

▼ そのものまでを~ (2, 0.0%)

1 一種の, 藝術化し

▼ そのものらしい~ (2, 0.0%)

1 肖像画だった, 肖像画だつた

▼ そのものをすら~ (2, 0.0%)

1 確保する, 罪する傾向

▼ そのものをば~ (2, 0.0%)

1 その方法, 狭義保健の

▼ そのものをまで~ (2, 0.0%)

1 悪いもの, 灼き殺すところ

▼ そのものを通して~ (2, 0.0%)

1 上からしか, 過去世未

▼ そのもの全体~ (2, 0.0%)

1 が次第, の御利益

▼ そのもの思い~ (2, 0.0%)

1 の呵責, は彼

▼ そのもの意識そのもの~ (2, 0.0%)

1 が新た, の生れる

▼ そのもの~ (2, 0.0%)

2 來の

▼ そのもの物自体~ (2, 0.0%)

1 については全く, を順次

▼ そのもの若く~ (2, 0.0%)

1 は文学そのもの, は純

▼ そのもの衰弱そのもの~ (2, 0.0%)

1 と云, と云った

▼ そのもの豊艶~ (2, 0.0%)

2 で色ッ

▼ そのもの~ (2, 0.0%)

1 の性質, は緊張

▼ そのもの静か~ (2, 0.0%)

1 な森, な黄昏

▼1* [173件]

そのものあの青臭く焦, そのものあるひは, そのものいいがちょっと, そのものいのちそのものなん, そのものいひを少し, そのものいふ機を與, そのものおとにおどろいた, そのものおもそぉ呼ぶ, そのものおよびその部会, そのものかのやうに, そのものからさえよろこびを, そのものがぞつぷりと, そのものぐるひにも, そのものこそが偽装的挙国一致だ, そのものこそは天が下の, そのものごしの静かさ, そのものさえの増大従って, そのものさえもが究極は, そのものやない, そのものなは, そのものする字や, そのものずきな人達, そのものずばりにはっきり, そのものそのま, そのものだけとして独立させ, そのものだけについて観れば, そのものだけには懐かしまずには, そのものだって肯定出来るだろう, そのものだの真実そのものといふ, そのものや, そのものであったならなあと考え, そのものであったろうかなどそんな, そのものでありましたのでザヴィエル, そのものであるならばそれ, そのものである従って例えば, そのものでございますよへい, そのものでござる人を, そのものでさえが己れ, そのものでさえも伸子の, そのものでしょうか, そのものでなくなるのであります, そのものといへるほど, そのものとしか思われなかった, そのものとしてさえ把握出来ない, そのものとしてしか事実上与えられ得ない, そのものとしてよりも原始宗教心人類の, そのものとだけなって, そのものとても溶けつつ, そのものとでも言ふべき, そのものとともに忘られ, そのものとによるのだ, そのものと共にのみ排除され得る, そのものなら君が, そのものなりや否やを, そのものなる御墨付の, そのものにおいてさえも足が, そのものにかへつて小説らしくない, そのものにさえも慈悲を, そのものにたいしてもおのずから私, そのものにたいする洞察力と, そのものについてこそ云われべきもの, そのものについてさえ彼は, そのものについてすらかつて三高在学中, そのものについてだけ云うならば, そのものにでもなったよう, そのものにとってこそ必要な, そのものになつて見せ, そのものにのみ実際の, そのものによっては尽すこと, そのものによってよりもそのうち, そのものによつてそれ, そのものにをはるであらう, そのものに対し専門家或は, そのものに対しての本質的な, そのものに対してのみならず更に, そのものに対してまで人道的な, そのものに対してよりも私が, そのものに従って変革し, そのもののと言うより, そのもののねうちそれを, そのもののみが告知る, そのもののみにて何ら目的物, そのものはつひに, そのものはなんぞと問わば, そのものはにはかには, そのものひいては演劇芸術そのものに関する, そのものへしか導かないそれ, そのものへではない, そのものやを少しくき, そのものよまでが私に, そのものらしさに, そのものらしくていい, そのものわかりよさ, そのものをかやうに, そのものをこそ彼女に, そのものをしか考へないから, そのものをとつて, そのものを以て立場の, そのものを通じて偶像を, そのものジットリヒカイトを見出す, そのものハーレムという語感そのもの, そのものヒューマニチイそのものを紛失, そのもの主體性實在性そのもの, そのもの乃至古典的文書の, そのものひたげな, そのもの云いたげなしかし, そのもの享楽そのものかも知れない, そのもの人々の心, そのものが今回, そのものさと, そのもの凄い顔が, そのもの凄く咆哮する, そのもの努力そのものがその, そのもの化学そのものの原理, そのもの古色蒼然まつたく退屈そのもの, そのもの同様な蒼白, そのもの哀訴そのものが戯曲, そのもの国家社会を組織, そのもの均斉そのものであるといふ, そのものさは, そのもの変心して, そのもの女学生そのものについていい, そのもの媒介体そのものを刻み, そのものが気に入りません, そのもの宇宙に生活, そのもの宇宙そのものを經驗, そのもの寫眞よりも描いた, そのものいては, そのもの從つてそれの構成要素, そのもの從つて死そのものが完全, そのもの復讐行為そのものに走っ, そのもの必ず水に, そのもの必ずしも排斥する, そのもの必死の気魄, そのもの悲痛そのものとも云, そのもの或いは少なくとも思想, そのもの教育そのものに至り, そのもの文学そのものを疑い得る, そのもの時そのもの從つて死そのものが完全, そのもの本来の味, そのもの村そのものも打, そのもの柔らかな言葉, そのもの案じがお, そのもの欲望自体ではなく, そのもの歴史そのものとして理解, そのもの物そのものを知る, そのもの犬そのものが厭, そのもの珍しげに瞠, そのもの社会そのものを決定, そのもの神祖の御, そのもの神采そのものでなくて, そのもの私たちの奥底, そのもの空間自体ではあり得ない, そのもの二は, そのもの精神侮蔑まるで人, そのもの自らも永遠, そのもの自己の存在, そのもの自己そのものの自己矛盾, そのもの自然界そのものの秩序, そのもの自身飛躍しつつ, そのもの若い作者達及び, そのもの葡萄酒そのものに意味, そのもの血そのものではない, そのもの表現そのものへの追求以外, そのもの語りたるあらましを, そのもの説明そのもの哀訴そのものが戯曲, そのもの足らなさを, そのもの足りなさ, そのもの迄が可嗤, そのもの述懐そのもの説明そのもの哀訴そのものが戯曲, そのもの退治に現場, そのもの長髪をざっと, そのものだけで歩きたい