青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ため ため~ ~たより たより~ ~たら たら~ ~たらしい たらしい~ たらしく~ ~たる
たる~
~たれ たれ~ たろう~ たん~ ~だ だ~ ~だい だい~ だいたい~ ~だいぶ

「たる~」 49008, 529ppm, 181位

▼ たるもの~ (3299, 6.7%)

164 なり 127 にし 77 である 70 なれば 64 がある 44 あり 41 があった 38 であった 31 だ, ならん 29 なりと 24 に非 22 です, では 21 なるが 18 にあらず 16 なること 15 だった, であつ 14 でした, なるべし, の如し 13 はその 11 なりき, なる事 10 があります, であろう, というべし, なれども 9 があつ, があり, のごとし, は何 8 になっ, に候, のごとく, の如く, は決して 7 であります, とする, と言うべし, なきに, なし, に非ずし, は実に, を見る, 多し

6 [11件] あるを, であったが, でも, といふべし, と認め, と謂, なの, なるを, にあらずや, は, はこれ

5 [19件] ありと, あれば, かな, だが, であること, でその, とし, となし, となる, なしと, なるを以て, に外, に相違, の魂, は寧ろ, は誰, もあり, を感じる, を見ず

4 [34件] ありしと, ありて, あるは, あれども, か, が, があっ, があったであろう, がありました, がない, ぞ, とす, とすれ, となり, と推定, と見る, と言う, ならば, なる可, なれど, に賞品, に過ぎぬ, の義務, はない, は之, は即ち, は宜しく, は彼, は必ら, もなく, よ, より外, を, 少なからず

3 [53件] ありしかども, かその, があろう, がこんな, がそんな, が卑劣, だつた, だと, で, であ, であったろう, であって, であるが, であるに, でこれ, ですから, となす, と思い, と推測, ならずや, ならでは, ならむ, なりとい, なりや, なりやと, なり斯, なん, にあらざれ, にあらずし, にてその, に似, に過ぎざれ, の中, の夢, の如き, はあらず, はいかなる, はそれ, はただ, は他, は唯, は多く, は孰, は實, は常に, は須らく, をし, をもっ, 多ければ, 少からず, 有り, 無し, 豈に

2 [160件] あらず, あらむ, ありしが, ありや, あり品性高潔, あり閣下, あるが, あるにも, あるを以て, があるだろう, があるであろう, がいつ, がかかる, がこの, がその, が二つ, が再び, が多い, が大きな, が妖怪, が心, が急, が最も, ぞとよ, たりし, たるは, だから, だったが, であったかが, であったから, であったこと, であったらしい, であらう, でありその, であるから, でしょう, でないこと, でなければ, で子供, で少し, というも可, といわざるべからず, といわね, とおぼし, とはいえ, とはいひ, とは言, とやい, と云, と思う, と想像, と比較, と考えます, と見え, と見るべからず, と解釈, と認むる, なかりき, なかりしが, なかりしのみ, なきのみ, なくむばあらじ, なし是, なし閣下, ならず, なりかし, なりという, なりとは, なるか, なるかを, なるぞ, なるに, なるや, にあらざる, にてありし, にて當時, にて耳, になった, になる, にはあらじ, には非, に化し, に御座候, に憧憬, に有, に未練, に比し, に葬らせよ, に過ぎず, に非ら, のほか, の世話人, の務め, の影, の本分, の直接的, の眼捷, の称, の第, の虚無, の道, はあまり, はあるべからず, はかかる, はこの, はさ, はもはや, はよく, はわが, は亦, は人民, は伯, は何ぞ, は僅, は全く, は則, は又, は大隈伯, は如何, は必ず, は既に, は理想, は皆大隈伯爵, は總, は習慣性, は自分, は衆議院, は貴, は造化, までも遽かに侯, もある, もまた, も徒ら, をあ, をいう, をその, を得, を感じ, を感ずる, を挙, を淺野和三郎先生, を準, を用, を見れ, を顯, 亦大, 亦少し, 亦此特質, 亦閣下, 又何, 固より, 多きを, 多し凡そ, 多し閣下, 少なからざれ, 抑も, 特にその, 蓋し亦, 頗る多く, 頗る多し

1 [1398件 抜粋] あにこれ, あらざるなり, あらんや, ありけり, ありだしたとき, あり他方, あり即ち, あり米国, あり邪視, あるに対し, あるゆえん, ある可, いかにし, いずくんぞひとりミルトン, いろいろの, およそ五十年, かかること, かと指折り数, かと疑わるる, かも知れない, から申しまし, か今, か夏時, がうかがわれる, がかの, がございました, がすなわち, がそこら, がである, がなかつた, がなぜ, がまさしく, がわい, が一度, が一醉飽, が事, が人民, が他事, が何程零落, が光っ, が出来, が助けた, が単身, が吐く, が多少, が子供, が安, が少しく, が山上, が庶民生活, が征服者, が忍び込み, が感じられ, が憂愁, が戦争後, が斯, が歌舞伎役者, が死, が深く, が無, が甘んじ, が町奴, が知らず, が縄目, が自分, が至上, が見え参りました, が覚醒後, が調, が迷っ, が金儲, が首, が鴎外, こそ作品, このよう, この蕪雑, これから夢にも他人, さえあり, さね, じゃない, すでにようやく民権, すなわち前, すべからく無菌, そういうもの, その娘たち, その深き, ぞとは神, たれか, だった信長, だといふ, だまって, つまり政治, であったさればこそ, であったであろう, でありそして, でありましたけれども, であり大いに, であり神, であるけれども, であるといふ, であるらしい, であろうあれ, であろうぞ, でいよいよ, でけれども, でございましょう, でござろう, ですが, ですよ, でそれ, でどんなに, でないから, でなかったこと, でなくなったこと, でなるほど悪, でも妙, で人, で右, で女房, で岩上, で所謂郡望, で濁浪, で竜, で言語, と, というの外, というべけれ, という意味, といはる, といふべきなり, とか, とこの, としてうなずいた, としての制限, としてはじめて, としてわれ, として仏者, として土地, として改易, として本, として秀吉, として解釈, とすべきならむか, とせらるべし, とては薄き, となさむ, となすべきなり, となった, との二類, とはいわれない, とは云う, とは思惟, とまた, とやや, と仮想, と信ぜ, と公認, と共に学, と判断, と大方, と定め, と彼, と思し召され, と思つて, と思ふ, と感服, と断言, と有, と異, と研ぎ磨き, と称, と考, と考へざる, と見ゆる, と見るべく, と解すべき, と言わざる, と認むる能はず, と銀, どうしてこんな, なから, ながら火, なくその, なく活氣, なく研究上不便, などよりはずつと口, ならん歟, なりし, なりしこと, なりしを, なりというも, なりなどの説, なり吾輩, なり我ら, なり此自己, なり英国, なるかと, なること釈然, なるにつき, なるべく其存在, なるべし先生, なるやは, なんで, にあらざるべし, にいどみかかります, におもしろき, にこれ, にぞありける, につながれ, にてあれ, にてこれ, にてもハンケチ巻紙, にて例, にて同じく, にて外国伝来, にて実に, にて此慾, にて破綻, にて腰, にて菊五郎, にとっては自己以外, にとり, になり, にはあらざるべき, にはあらず, にはそれほど, にはできる, には千円, には温かい, にほかならず, にも罪, に両手, に候条, に及ぶ, に塗られた, に対してはまことに, に対して必ず, に對, に恵みあれ, に據, に梟首, に浄化, に至つて, に與, に評価, に面接, のうち, のごとく覚, のしたがう, のにほひ, のみが存在, のみに傳, のやう, のよし, の一特権, の上, の事, の代り, の値, の内在化, の切, の半ば, の呻き, の哀れさ, の嘆, の多く, の如くなり, の子孫, の宿命, の心, の必ず, の快, の恵み, の明, の根本的, の気狂, の父, の特権, の相違, の美し, の行うべき, の見好, の詩歌, の貫禄, の身, の遺れる, の霊魂, の面目, の香, はあわせ, はいずくんぞ, はいまだかつて, はおもに, はかの, はじっと, はそんな, はたちまち, はたといいまだ, はでは, はなおさら, はなんぞや, はますます, はまだ, はみな意志, はもっ, はわれ, はゼルプスト・ダルステルング, はニツツアー, はレアリズム, は一日平均二百四十人, は一言, は下等, は世界, は九族, は今にも, は伝道, は使, は光秀, は六三, は出雲地方, は利潤, は前者, は北海, は卿等, は哲学, は外交問題, は多数, は天國煉獄地獄, は夫, は妻, は容易, は富山洞, は小心, は山林中, は平, は弱き, は当然, は御法, は必ずしも, は恋愛, は懼, は承知, は改進論派, は文部省, は日本共産党, は明治二十一年刊行農商務省地質調査所, は朝晩, は枚, は欧米諸国, は武藏荏原郡大森貝塚, は死罪, は毎日洋服, は法学論派, は法王, は犬, は王室, は疲勞, は皆相率, は私, は米友, は絶無, は繁栄, は翌日, は臆病, は芸術, は英雄, は袁紹, は西洋医, は負け, は身, は近来, は遠江豊田郡大栗安村, は食, ばかりで, ひとたび英雄, へ突当っ, ほとんどまれ, またすくなし, また少から, また御茶の水, また緑, まだまだ仕, もあらん, もかしこ, もこれ, もそれでも, もなけれ, も且らく以, も其一, も学理, も少なから, も皆それぞれ, も苦渋, や前, ゆっくりと, よとおもわない, より推測, らしき思ひあらしむ, らしく該自動車, をあくまで, をうち, をさらでも, をつけ, をぬぎ, をば化, をまとめる, をもなるべく, をも定立, をコックリ, をビカー, を一般出品画家, を予て, を人生, を今日今時, を何故, を併せ, を傲り, を出した, を匙, を口, を夢見よう, を存したりき, を實現, を小泉, を左, を律せ, を意味, を感じさせる, を懐中, を我久保田万太郎君, を択べ, を拾い取る, を掲ぐ, を放とう, を斥, を有する, を求め, を淡水, を無条件, を片手, を甘やかさない, を生み出すべく, を眺め, を砲撃, を祭祀, を糞, を統一, を罰, を萌し, を表, を見ざるなり, を覚えず, を観察, を語っ, を貼付, を輕, を道理以内, を録, を顔色, 互いに己, 今や一轉, 今や重ね, 何でそのまま先, 先ず倦まざる, 全く参っ, 即ち伝承, 即ち生命, 即ち素質, 即是神話, 取り出でて, 固に, 多きに, 多くある, 多少の, 好んで, 実に文豪ゴンクウル, 少からざりき, 少しと, 尚ほ, 往々に, 必ず多から, 恐らくは他国, 悟れる人, 感慨なき, 抑いかなる, 拙けれども, 故よろしから, 有りコロボックル, 果して幾個, 決して掩, 無き故, 真に是, 程益々, 第三号, 若きもの, 見るに, 誠に当れり, 諸勇士, 豈曹操, 閉ざされた冬

▼ たる~ (1618, 3.3%)

61 見て 25 見る 17 見るに 14 失はない, 見れば 11 免れない 10 知る 8 もって, 免れぬ, 知るに, 知るべし, 見たり 7 失わない, 見るのみ 6 免かれず, 免れず, 失はずと, 失はぬ, 得る乎, 疑はず, 見るべし, 覚ゆ 5 や, 失わぬ, 得べし, 機と, 着て, 知るもの, 聞く 4 得むや, 得可き, 得可し, 思へば, 憂へず, 知るのみ, 見るなり, 覚えたり

3 [25件] 免かれない, 問はずし, 喜べり, 失わぬであろう, 屑し, 待つ, 得ず, 得たるか, 得るや, 得可く, 我は, 拾ひ, 栄と, 知らざるなり, 知らざるもの, 知らずして, 知れり, 示す, 聞かず, 要しない, 要す, 見ず, 見ては, 覺え, 認めて

2 [100件] いかんせん, さな, そのま, まぬがれない, みれば, めでたき考, よの, われに, 一笑し, 不思議と, 主張し, 主張する, 云ふ, 信ぜんと, 免かれざれ, 免がる, 免れざるべし, 免れないの, 免れませぬ, 取りて, 取るべしと, 問わずまさに, 失はざるが, 失はざるなり, 失はざるに, 失はざるべし, 失はず, 奈何に, 姉に, 密約す, 審かに, 尊敬し, 左手に, 幸に, 幾種と, 待ちて, 待って, 得, 得ざりき, 得ば, 得べく以, 得るの, 得可くむ, 得意の, 忘るべからず, 念ひ, 恥と, 想像せざる, 感じたり, 感ず, 推知する, 新らしい, 望む腐儒俗士, 期す, 歎ずるの, 求むるは, 求めざるが, 激賞し, 疑うべからず, 発見せり, 知って, 知らざるに, 知らざる可, 知らず, 知らない, 知らば, 知りて, 知りにわかに, 知るか, 知る之, 知れば, 示すもの, 称して, 稱し, 耳に, 聞く能, 聞けりとぞ, 行きて, 表すもの, 見いださん, 見し時, 見つ, 見るとき, 見るべく彼等, 見るもの, 見るを, 見る時, 見る未だ, 覚えつ, 覺えぬ, 証明する, 認むべ, 認めざるを, 認識す, 謝す, 讀みて, 賀し, 選べり, 遺憾と, 鹿児島と

1 [1022件 抜粋] あけて, あはれ島田に, あまのりと山云其山の, あやしめる, あれは, いうに, いかにし, いつよりか舟にて, いふ也, いろいろの, うかがい戸, うれしと, おこさんとして, おし直し, お常, かくは, かしさ, き, くれたれば, これに, さこそと, さもあら, しるこころ, そそのかしその, それも, だしかけベラボヲ口, つかひ候, つくらふ, つれて, とる呪術, なかなかかかる, のこなりけり, のせたトラック, のぞみ若, はじめてみ, ば敬ひ, ひそかに, ふと思い出, ふれ知らす江戸, またある, まぬかれぬ, まぬがれず専門, まぬがれまい, みな子は, めで時, もてこの, もてふかく, もどかしとや, もらったよ, ゆびさしました, よしと, よろこぶ吾, わずかに, アーチと, シツポクと, ヘルモナクス魚取らん, ラヘシスと, 一つ一つ埋め, 一度大河, 一本得, 三十二文字乃至, 上等の, 中川様の, 主の, 乱次無く, 予は, 事實と, 二度三度吟じ, 云々し, 云ふならん, 云へる, 人に, 今更に, 仏国の, 以つて薬研堀と, 仰ぐその, 伴ひ, 何です, 余処に, 例の, 信ずるが, 信ずるは, 倦みて, 元明, 免かれなかった, 免れざらむ, 免れずその, 免れず吾輩, 免れないだろう, 免れないよう, 免れなかつたが, 免れぬよう, 八銭に, 出だす呪術, 初めて見, 助け出だし, 勤め車, 十八字乃至, 厭うもの, 厭はず幅広き, 厳制された, 友人知己は, 取らざるは, 取り出でて, 取柄に, 右に, 吉益東洞永富獨嘯庵の, 同じ様, 含める斗, 告ぐ, 告げ己, 味わう時, 呼び戻すマジナイ, 咎めた時, 咎め上奏權, 唯継, 問はず一特長ある, 問わずいやしくも, 問わずすべて生産者, 問わずみな, 問わず人々, 問わず何ら, 問わず品川沖, 問わず学問, 問わず社会, 問わない無名, 喜びつつ, 喜びぬ, 喜び世評, 喜ぶ, 喜ぶならん, 喜べるあまりに, 嘲るに, 国家今や, 堪えがたく思う, 報ずるのみに, 外方より, 夢みある, 大に, 失は, 失はないこの, 失はなかつた, 失はぬと, 失はぬのみ, 失わざるべしと, 失わずですよ, 失わないの, 失わないよう, 失わぬけれども, 奇異と, 女の, 好く見れ, 好む, 妨げず, 妬めば, 妻の, 娶る敍事, 嫌ひ, 完うせし, 宮は, 寒き息, 察しられたでは, 審に, 尊しと, 小屋の, 小蛇, 少年の, 山三郎が, 崇敬する, 工師今しも, 巨勢の, 常見和尚に, 平家の, 幸い切り捲くった, 幸と, 幽かに, 幾たびか, 延長し, 弁えずんば, 弄び仰げば, 引きたぐりてみれば七尺八尺, 形容し, 彼は, 待ちいたるに, 待つから, 待つのみ, 後, 後漢書, 得ざる条件, 得ずと, 得ず專制家, 得た一八〇八年, 得ないわけ, 得べくコメデー, 得ると, 得るなり, 得るのみ, 得る所以, 得祭酒, 復すと, 徴すべき, 心とも, 忘るべからざるなり, 忘れし人, 忘れほとんど, 忘れられては, 忘れ忘, 怒りヂュウス, 怖れ, 思い出し恚, 思うて, 思わしめるもの, 怨ませ給, 怪しとおも, 怪しむ, 怪しむ者, 悟った, 悟りし如くがらり, 悟れり, 悦びて, 悪み讒せ, 悲しまんか, 悼みて, 惧れ, 想ふべし, 想起せん, 意味する, 感じたるなるべく, 感ぜざる能, 感ぜぬ, 愧ぢ金を, 慙じ, 慨しての, 慶するもの, 憂えて, 憫れんで, 憾と, 憾む事限り, 戀ひ, 我に, 戸を, 手にて, 手折らむとする心利, 承知なる, 択び搗きたて, 抱いたる子力, 担ぎしが, 拾は, 拾ふと, 持って, 持来れり, 指すに, 指顧し, 捕って, 掘出す, 推すに, 描けるもの, 揺り出す状蛇, 携えて, 攀ぢて, 敍したれ, 断ず可, 明かさぬ例, 明らかに, 明示する, 暁らむ, 暑き日, 曉れり, 望まば, 望み西, 望む, 望むべき, 望む時, 望めば, 望んで, 未曾有の, 横ぎり歩まし, 機會として, 欣ぶ, 欲す, 欺かない, 歎ずるもの, 歡喜せず, 止めて, 母などが, 気に, 求めこれ, 求め得て, 決せば, 没公徳の, 洗ひ, 活平等相と, 深く残念, 渡りぬ, 漏れない, 父母か, 特色と, 猿に, 甘んじ天賦自由, 甘んずる事, 甘んぜざる者, 甘んぜんや, 用う, 甲と, 男ども面白半分に, 留むるのみ, 異しま, 疎じ, 疑い之, 疑うもの, 疑はむそ, 疑ひきされど, 疑わざる件, 瘠せても, 発見し, 発見する, 發見する, 目撃し, 看取し, 看破する, 着けて, 着たる人, 着紺, 知ず父, 知つて之に, 知らざら, 知らざりしなり, 知らざるがため, 知らざるも, 知らざるを, 知らざる論者, 知らずと, 知らずや, 知らず単に, 知らず子, 知らず己, 知らず甚しき, 知らないか, 知らない連中, 知らなければ, 知らぬ命令, 知らむや, 知らんや, 知りたいという, 知りたるのみにては, 知りよって, 知り十月二十五日, 知り唐僧師弟, 知り外, 知り彌, 知り得ん, 知り早足, 知り給, 知り道理, 知るあたわずしかれども, 知ると, 知るなり, 知るべきである, 知るまた, 知る其奇巧, 知る有様, 知れりと, 示し, 祝し初めて, 秘して, 究むれ, 穿て埒, 笑い, 笑ふなるべし, 第三着, 紙より, 結び着け候, 縁あり, 纔に, 羨まず, 老夫, 考え動かんと, 考証し, 聞いては, 聞き付けでは, 聞くのみ, 聴き次, 背中に, 脱いで, 脱せない決定論的たる, 自ら証す, 自覚せずし, 致す如きもの, 茶漬て, 藩中の, 行窮れ, 補うこと, 裾短に, 要するという, 要せず米, 覆すなり, 見き, 見さらに, 見しこと, 見しのみ, 見ず心, 見た, 見たこと, 見たま, 見た事, 見つけたこと, 見つめました, 見ても, 見また, 見よ, 見ると, 見るべく本草學, 見る人, 見る如く夏, 見る恰も, 見る風物, 見ん, 見侍るに, 見出し得ぬ事, 見大悲心, 見尤め, 見感慨無量, 見林間, 見火事, 見花見頃, 見遁, 視め, 視るべし, 覚えざるが, 覚えずただ, 覚えず信甲二州, 覚えると, 覚え寒, 覚ゆる, 観て, 覺ゆ, 覺悟せざるべからず, 解せざりしに, 解せざる有様, 解せずに, 解せんや, 解釈せん, 言ふ, 記す, 許さざるを, 許さぬこと, 許す能わず, 証する, 証拠立つべし, 証言した, 詳かに, 誇って, 誇りと, 誇顔, 認めき, 認めた, 認めたるなりシエクスピイヤ, 認められなかったから, 認め候, 認め歓迎, 認る, 誤らざるべしジェレミー・ベンサム, 説明する, 論じて, 論ぜられ崖州, 諸神憐, 證す, 證明する, 負い病人, 貴き墨, 買う五尾十五銭, 賜う, 賞め賞られ, 起こし剣鎗, 跨ぎ緑葉, 身材の, 載せあり, 辞するもの, 辞せざる, 辭する, 辱か, 迎ふら, 述べようと, 遁るる, 達破, 遮らんと, 金を, 鎖もて, 間わ, 難じたるなり, 雲に, 非常に, 頂き焦茶地, 頌榮せよ, 頭に, 食わんか, 飾りたるは, 駅員らの, 驚きた, 麻殼の

▼ たる~ (1561, 3.2%)

44 過ぎず 38 過ぎない 29 非ず 27 於て 20 あらず 13 あらずして, あらずや, 相違ない 12 似たり, 過ぎずして 11 於ては 10 在り, 外ならず, 過ぎぬ, 非ざる 9 過ぎざるなり 8 変りは, 拘らず其の, 相違なき 7 外ならじ 6 拘らず閣下, 相違なく, 相違なし, 過ぎなかった, 非ずして 5 あらねば, あり, や, やと, 至ては, 非ずや

4 [13件] あらずと, とどまって, よると, 今は, 付て, 因るなり, 愧じ, 手を, 母は, 過ぎざりき, 過ぎざるを以て, 過ぎずと, 過ぎないの

3 [20件] あらずやと, いかでか, こ, これを, すぎない, すぎなかった, とどまる, ふさは, 不興し, 似て, 反して, 因れり, 彼は, 拘らず彼, 相違な, 見たま, 近かる, 過ぎざるのみ, 過ぎざるべし, 過ぎません

2 [110件] あらざるかと, あらざれば, あらずただ, あらずんば, あらず彼, あらず我が, あらず耐忍勉強, これは, これも, ざぶりと水を, すぎないの, その人, その火, それを, たちまち回転, とどまり古池, ひるみて, ヤマハハは, 不拘, 久しければ, 今日は, 伯は, 似たりと, 似たるも, 似も, 何の, 何故か氏, 侯は, 係らずなお, 出づ, 及で, 及でも, 四足の, 因る, 在す神, 変わりは, 外ならざるなり, 外ならない, 如かずと, 害あらむや, 對し, 左の, 幾星の, 愧じざるなり, 拘らず侯, 拘らず必ら, 拘らず毫も, 拘らず雨宮一派, 方り, 於てを, 於てをや, 松方伯は, 止って, 止まり, 止まり伯, 止まり曾, 止まるを, 止らず其の, 比し以, 比すれば, 水は, 激烈なる, 由る, 由ると, 由るのみ, 由れり, 由れり其の, 由れり切言, 畏みぬ, 留まらず或, 疑なし, 相違無き, 真竹原, 耐えぬこと, 耻じ, 胸に, 胸を, 至りては, 至れり, 見たまう汝, 負か, 貴ぶ所, 足るもの, 身の, 逢ふ, 過ぎざりしなり, 過ぎざること, 過ぎざるの, 過ぎざるべきも, 過ぎざるを, 過ぎざれば, 過ぎずむば, 過ぎず之, 過ぎず夫, 過ぎず或は, 過ぎず是, 過ぎず而, 過ぎず自己, 過ぎないこと, 過ぎなかったが, 過ぎなかつた, 適は, 錯駭し, 鑒たまう, 閣下之を, 非らざりし, 非りし, 顔には, 驚かされて, 鶯の

1 [857件 抜粋] あいぬ, あって, あつた, あはや, あらざるか, あらざること, あらざるに, あらざるも, あらざるを, あらずしかも, あらずもと, あらず人情一般, あらず以下号, あらず吾等, あらず想像, あらず折々, あらず池, あらず足, あらで何, あらねども, あら悲し, ある, あれ見よ, あわや出, いたりしも, いとど可, いまだ射しくる, いよいよ禍, いれられました, いれるの, うたれたそして, おどろく, お新さ, かかはらず隅田川, かかる事柄, かかわらずしかして, かかわらず今, かかわらず今や, かかわらず幾分, かく甲田, かりそめ, くみだした, こしかけも, この女房, この時, こは, さ, しばし見とれたる, しゃーいしゃーい, すぎずして, すぎない有様, すぎなくサクラソウ, すぎん, せよ如何に, せよ後, せよ氣息, そのまま石, その前代, その告ぐる, その堅く, その庭内, その次の間, その答え, その老, そむかぬよう, そも何, それより, たちまちその, だきつくと, ちかし, つぎつぎに, つめて, つれなかりけれ, とどまらず其処, とどまらないむしろ, とどまり将来, とどまり真, とどまるの, どういうこと, なお大金, なにものか, なほ表側の, はたと行きあい, ひきかえ将棋, ひとたび汽船, ふさわしい生きよう, ふさわしい生活力, ふさわしかった, ふと心づき, ふと立, ふと背後, ほかならず, まかせて, まさり冷, ますますその, またもや大吉, まゐ, やうやうしろく, やはり婦人, よく似, よらむ, よる, よれりといふ, わが家の, アダムは, テーブルその, マリウチアは, ランプを, 一同謹み, 一棹は, 一群の, 三人はいり, 三回床を, 不思議にも, 不適當な, 両岸, 予が, 二五二九なる, 二畳の, 亭主は, 人々側より, 人々其し, 今や少しく興奮, 今国王, 今日午後一時過ぎに, 他に, 付ては, 会しただちに, 会ひ, 似たらむか, 似合わぬなにか, 何となく物, 何となく艶, 余が, 余は, 佳味が, 依ても, 依りて, 依り一時鎮静, 依り其結果, 依るもの, 係らずあたかも, 係らずその, 係らず列國, 係らず未だ全く, 係わらず知, 倉子が, 候らは, 値偶せられける, 傍に, 元気づき, 先年その, 入れ死体置場, 入場料一シリング, 六の, 其僅か, 其間一夜の, 写真師が, 出席總數三百四十五票中, 初一首, 別に年稍, 到りては, 前夜同様に, 前廂, 加えて, 十は, 南無三内, 単衣うち, 即時に, 去年秋の, 参軍高巍の, 又跌, 及んで, 反し人間, 反し古今以後, 反対し, 受取た, 叱, 吉兵衛様御, 同かる, 同じ余, 同人も, 同家の, 同教会, 向ひ, 否拙者, 呈味物質は, 嘉助氏と, 因つて而し, 因り希哲, 因んで, 図らず空中, 在す汝, 在らねば, 基づく, 基因す, 堪へること, 境守る, 夏の, 多数の, 大いに之, 大なる, 天下の, 奇なる, 奇麗な, 奥にも, 如かず, 如かぬ, 始まる, 始まるもの, 姫とお, 媼は, 存するのみ, 安心した, 実にこの, 宮は, 家の, 富子さんは, 寺男は, 対面し, 小国さ行く, 少しも, 少時し, 尚大金, 山路にて, 差支なかるべし, 已に四人, 幸いなる, 庶幾い, 庶幾し, 廃刊に, 引き寄せたる磁石, 強く仕かけられ, 当りては, 彼が, 往還を, 徴し, 心づきて, 心付かずに, 心又, 心着き, 必須の, 応は, 忽ち次, 忽ち発売禁止, 思いも, 恥しからぬ, 恥じざる程, 恥じずという, 恥じない性格, 恥じなかった, 恥じるところ, 恥ちず, 恥ぢず, 恥ぢずと, 恥の, 愧じず, 愧じない, 愧ぢざるを, 懐手の, 投馬邪馬臺に, 折悪く, 拘らずこれ, 拘らず其, 拘らず其爲す所, 拘らず戰後十數年, 拘らず煽られれば, 拘らず議會, 拘らず遂に, 拘わらず之, 拠る, 振り返りてに, 擬するなり, 敵国の, 文目も, 新助殿妻, 於いて, 旅僧らしき, 日と, 早く帰, 是れ, 時は, 暮色は, 書きたる句, 最早四時, 最終の, 有心の, 未だ狂女, 林家においても, 果してその, 案じるよりは, 椄木かな, 極まるといふ, 止つた, 止まったの, 止まつたの, 止まらしめば, 止まらんのみ, 止まり事実, 止まり事實, 止まること, 止まるべきこと, 止め作家, 止らしめず斷乎, 止らず今や, 止らないで, 止りて, 止ると, 止るも, 正に手応え, 正面祭壇の, 此処に, 此方より, 此者谷底に, 比すその, 比すべし, 気高き姿, 水戸の, 汝のみ, 汝我に, 汝等の, 河霧たちそい, 海外において, 測らざりき今, 測らずも, 満足する, 源氏を, 滿足せざる, 漆にて, 激昂せるなり, 烏の, 無用の, 熊楠は, 狐は, 独我国に, 獨り, 玉虫殿の, 珠の, 瓜はいぜんとして, 甘ぜん, 甘んじても, 甘んじなければ, 甘んじるひとつ, 甘んぜずと, 甘んぜんと, 田舍酒は, 由れり二十九年進歩党, 留って, 留まって, 留まらば, 留る, 異ならざるなり, 異ならざるや, 異ならずしかして, 異らず, 當つて韓嫣といふ, 病後の, 皆, 直に百度, 相応しくない, 相違は, 相違無し, 相違無しと, 真白に, 石投ぐる者案外に, 福田は, 程近き, 突然南, 突然水, 窓の, 筆の, 等しくイリ, 答は, 答ふ, 紛るべき, 素より異議, 紫斑, 細々と, 終って, 結び懇親, 絶頂に, 繩した, 老中等, 耐えるでありましょうか, 耻ぢず, 聞けば, 背かずと, 背かない, 腹さえ, 自刎し, 自殺し, 至っては, 至らず訳して, 至ると, 至る方, 船中の, 落葉や, 蓮台野のは, 蔽われて, 融合し, 衣の, 衣紋も, 被告は, 見よかの, 見給, 言いたまう, 誇ると, 論なく, 論は, 譬ふべし, 負かず, 負かぬこと, 貴婦人は, 足らずと, 足りる, 足りるか, 足るであろうから, 足る大, 足る才能, 足る教養, 足れり, 足傷み, 足跡炙ぶる, 身を, 軍功あり, 軽跳, 辛くも田原, 近からん乎, 近ししかも, 近所の, 逃げむともせず, 逝に, 逢うその, 連る, 過ぎざりし, 過ぎざりしに, 過ぎざりし不滅, 過ぎざるも, 過ぎざるや, 過ぎざる也, 過ぎざれども, 過ぎずしたがって, 過ぎずその他, 過ぎずといいしは, 過ぎずなんら, 過ぎず云々, 過ぎず凡大体, 過ぎず否, 過ぎず感服, 過ぎず正確, 過ぎないかつて, 過ぎないが, 過ぎないで, 過ぎないであろう, 過ぎないという, 過ぎない夢, 過ぎない筈, 過ぎなかったであろう, 過ぎなくなった, 過ぎぬであろう, 過ぎぬの, 過ぎませんでした, 違ひあらへん, 適したる男女, 適した資格, 適しない, 適しなくなったらしい, 適し司教たる, 適するが, 適するのみ, 適する人口, 適ふべき, 邪魔だ, 醫者は, 銀は, 長さ二尺, 門前に, 閉口せり, 間毎の, 關せす, 障子の, 隣の, 雲北に, 青年どもはじめの, 非す, 非ずん, 非る, 頬返しを, 頭を, 頭脳は, 顔を, 食物漸く, 首肯かざらん, 馬は, 驚きしが, 驚き探り, 驚けば, 鹿野山まで, 黒く点, 黒目がちなる

▼ たること~ (1417, 2.9%)

53 あり 32 なし 15 ならん 1411 あらず, なり, もあり 10 ありき 8 なれば, を忘れ 7 を光栄, を失わない, を知る, を示す 6 ありしも, ありと, である, では, に変り, を, を必要, を承認 5 ありしが, なきは, もなく, を得る, を示し, を認め

4 [17件] ありて, あるを, あれば, でも, なきも, なしと, はいう, もありき, を信ずる, を失はない, を発見, を知らず, を知らない, を自認, を要しない, を誇る, 少なからず

3 [30件] あるは, あるも, あれども, がある, が出来る, だろう, なきのみ, なければ, なの, なれども, に由っ, は, は同じ, は吾人, は明らか, もあらん, もある, もない, もなき, も亦, よ, を得べし, を思ひ, を明示, を期し, を止め, を知っ, を自白, を見, を記憶

2 [101件] あらざりき, ありしと, ありしのみ, ありしを, あり余, あるか, あるのみと, あれど, か, かな, がなかっ, です, なかりき, なきが, なく, なくし, なく内閣改造, なく唯, なく算盤, なしいふ, ならば, なるが, にかわり, にし, にはいかに, によつて, に變, に違い, に間違い, の, のまだ, の惱, の無い, の証明, はあらじ, はかつて, はこの, はしばしば, はすでに, はその, はできない, はなかるべし, はまさに, は云う, は出来ない, は否定出來, は如何, は容易, は必ず, は疑, は誰, もあるべし, もなかりき, もまた, も忘れ, をいう, をなし, をやめ, をよく, を主張, を信ず, を免れざる, を免れない, を全く, を公表, を公言, を否む, を命じた, を妨げない, を学ばずし, を寧ろ, を得, を得た, を得ない, を得よう, を志す, を忘, を打, を承諾, を断念, を明, を明言, を欲, を疑, を看板, を看破, を知らざるべからず, を示さん, を罷, を聞き, を自覚, を要する, を許され, を許し, を認められた, を認める, を述べ, 勿論なり, 申す迄も, 疑なし, 疑を

1 [778件 抜粋] あたかも活ける, あらず思うに, あらず我が, あらば, あらん, ありき然るに, ありし, ありとて, ありとも, ありや, あり帝, あり此奴, あり鶉奔, あるが, あるに, あるのみにて, あるや, ある者, いかばかりぞ, いわゆる強い, おびただし, かえって少なし, かそんな, から自分, か併, があらう, がじき, がせいぜい, ができない, ができないであろう, ができぬ, ができる, がまた, がよく, が出, が出来ぬ, が分かった, が分る, が判らなかった, が動機, が問題, が女性, が如来, が少く, が必要, が忘れられ, が無事, が知られる, が知れ, が知れます, が認められた, が諒解, が道徳, が道鏡, この二藩, しばしなりし, じゃ, すらなけれ, すら知り得なかつた, その聖十字架, その金看板, ぞという烈しい, だけで, だこの, だと, だッ, ついに阿, であ, でありしかも, でありますから, であるが, であるこれ, であろうと, であろう人生, でしょう, ですッ, で尽きる, と, とあわて, とて民子, とて生活事業, とて衆口談柄, とは同, とは同じ, ともの, と千里以外, と定まり, と実際, と思う, と懺悔, と機械製品, と独り, と真, なかりしなり, ながらここ, なきため, なきに, なき男, なき稍, なき美しき大, なくまた, なく一見甚だ, なく主張, なく功徳, なく富有, なく正造, なしされど, なしなど, なしは, なし干鰯, なぞもとより, なども有, など云々, など皆過去, なり難波, なるべし, なるべしだと, なれは, に, にあらずし, において同じ, において大差, において新, において社会主義者, にすぎない, にすぎなかった, にせん, については間違う, について一種, にていかなる, にて候え, にて実に, にて弟, にどうして, にのみ御, にはあらず, には思い到らず, には決して, にや奴さん, によってあらゆる, によってで, によってである, によって個物, によって罪, によりて問題, による, に万が一, に何, に依, に偏倚, に反する, に御座候, に於, に気づかなかつた, に甘んじなかつた, に異い, に知性, に美, に説き及び, に過ぎない, のうれし, のなし, のみが美し, のベルナルドオ, の世, の内的欲求, の口惜し, の喜び, の夢中, の少ない, の止む, の此, の理由, の確定, の至難, の讃歌, の起こる, はあたかも, はいさぎよし, はことに, はさまで, はすこぶる, はたしか, はつねに, はできません, はない, はなかっ, はなくし, ははじめ, ははっきり, はまた, はもし, はやや, はゆるされない, はボンクラ, は一, は一見, は争えない, は事実, は今, は今更, は何等, は先後, は决, は出来ぬ, は到底, は劉端臨, は勿論, は十分確実, は半, は国富論派, は夢中, は妨げない, は定め, は家門, は少し, は彼, は忘れ, は恥, は我ら, は戦陣, は政論, は断る, は日本画壇, は明白, は明瞭, は望まれない, は未だかつて, は極めて当然, は欧洲諸国, は此一條, は此文, は歴史的, は民, は決して, は無, は無事, は爭, は爾後, は申す, は異論, は疑う, は疑わない, は疑われない, は知られつ, は知る, は碑, は確か, は種々, は紛れ, は絶対, は自他とも, は自己, は言えない, は説明, は質素, は過去帖, は難い, への畏服, へ通ずる, ほぼ分明, またいつも, また自, も, もありし, もありたれ, もこれ, もそれ, もできぬ, もなかっ, もなかりし, もなけれ, もやめられた, も一入, も之, も会員, も其官, も出来ぬ, も多し, も多年, も少なく, も幻影, も想像, も無, も知りおられ, も自分, やや久し, や世, や必せり, より生, をあきらめ, をおい, をおもえ, をかえりみず, をきらい, をしやる, をそのまま, をたてまえ, をなさぬ, をなす, をほこり, をもっ, をも思はざる, をやめなけれ, をわたし, をイデー, を一種, を了解, を二代目, を人みな奇怪, を今, を余儀なく, を併せ, を信じ, を信ずべし, を免, を免れしめた, を免れず, を免れ得ない, を全, を分つ, を努めなく, を去っ, を否認, を告ぐる, を告げたれ, を命じたまいました, を問う, を喜ぶ, を回想, を回避, を外, を夢み, を大体確認, を失いませぬ, を失はざるべし, を失わなかった, を妨げ, を学び, を学ぶ, を定め, を宣言, を容易, を常, を引受けました, を強いられる, を強いる, を得じ, を御, を心がけね, を志し, を忘れとる, を忘れぬ, を忘却, を思う, を思え, を思へ, を恥, を悪, を悲しむ, を悲め, を意味, を意識, を感知, を感謝, を打ち忘れ, を承知, を拒否, を指摘, を推論, を揚言, を支持, を教えられずし, を斷, を旃陀羅, を明白, を明瞭, を暗示, を暴露, を望ん, を標榜, を欲せなかつた, を止むる, を此人, を求められた, を決して, を満足, を無視, を甘んずる, を生きる, を畏, を畏れ, を疑ひ得なかつた, を疑わず, を疑わぬ, を発明せり, を發見, を目撃, を目標, を真実, を知つた, を知ら, を知り, を知りません, を知り得る, を知るべし, を知得, を知悉, を確信, を示した, を祈る, を私, を立派, を第, を約した, を経験, を繰り返す, を考えれ, を肉体, を肯定, を脱し, を自, を自然, を自負, を表わし, を表わす, を見ず, を見るべし, を覚悟せり, を言, を言わん, を記した, を許さない, を証, を証し, を証する, を誇, を誉め, を認めさせる, を認めない, を認めるであろう, を認めれ, を誓った, を語っ, を説けり, を説こう, を諾, を證據, を證明, を辞せないだろう, を辞退, を過ぎしめ, を道理, を遺憾, を避け, を鑑定, を離れる, を鞫, 久しかった, 久しかつ, 久し随つて局面展開, 久し隨つて局面展開, 亦察, 勿論その, 即ちクリチシズム・ヲブ・ライフ, 多からん, 多かりしか, 存じおろう, 少からず, 少なしと, 我が思, 明かならば, 明かなり, 最も痛切, 未ださふら, 殆ど疑, 無かりし, 無かれかし, 無き処, 無き由, 無し, 無之候, 甚だ心苦し, 疑あらじ, 疑うべからざる事実, 疑ふべからざる, 疑ふべからざるか, 疑ふべからず, 知らぬうつけ, 第九, 第五, 第十, 能わず, 能わぬの, 若しかの, 見るべし, 言うまでもなし, 論ずるまでも, 遠ければ, 難し

▼ たる~ (1403, 2.9%)

16 何ぞや 12 彼れ, 是れ 9 實に 7 いうまでも, 何の, 及ばざるに, 唯だ 6 則ち, 我輩の, 蕪村の 5 疑ふ可 4 これわが, 世人の, 中肉の, 他なし, 僅に, 実にこの, 彼の, 復た疑ふ, 我輩甚だ, 蓋し亦

3 [20件] これが, これを, なお今日, なし, 事実なり, 何ぞ, 何人も, 何故ぞ, 余の, 大に, 女性の, 彼が, 明白なる, 此の, 決して偶然, 稍, 種々の, 言ふまで, 言を, 論を

2 [113件] あらず大抵, いかん, ことさらとにも, この二人, この時, これ今日の, ございません, その例, その最も, それには, なお及ばざる, なかなかに, なき人, めでたし, もとより古木大樹千年, わが家に, 一に, 上に, 上古蛮勇時代の, 世間何人も, 主として此, 之れ, 之を, 争うべからざる, 事に, 事実に, 云うまでも, 亦止む, 亦此侯, 亦歴々, 亦貴族院, 人間の, 以て, 伯なりき, 伯の, 何もの, 何故だろう, 何故に, 余が, 侯の, 俳人としての, 偶然の, 先に, 全くその, 公然の, 其の愚, 其の最も, 其角なり, 即ち其初志, 即ち可, 及ばざるが, 及ばずという, 古来例に, 單に, 大俗の, 天下の, 天下何人も, 実に近世, 室の, 室内に, 小き, 平民的の, 当座の, 形式上の, 彼を, 快き物, 恰も膏肉, 我なり, 我等諸, 我輩唯だ, 排星運動の, 文運の, 既に斯くの, 日本の, 日本医学史に, 日本立憲政治史に, 明白なりき, 易きより, 更に之, 最適任, 村といふ, 櫻さく春の, 毫も怪しむ, 汝が, 汝の, 決して人心, 沒理想を, 漢詩より, 漸く最近十年間, 無理ならぬ, 無論なる, 独楽を, 猶ほ, 疑うべからず, 疑ひも, 皆軍夫なり, 自由党の, 自由黨の, 芭蕉の, 茶事に, 莫い, 著明, 蓋し新, 蓋し閣下, 蕪村なり, 蕪村以外にも, 誰も, 論ずるまでも, 識者より, 豈に, 近世の, 適, 首相たるの

1 [977件 抜粋] あたかもかの, あらず, あらずもがなと, あるべしと, いかなる心, いかなる考, いかにぞや, いかばかりうれしかり, いずれ先生, いとゆか, いのちを, いは, えも, おそらくは後, およそ千年, お互, かかる所, かく云う, かならず物, かの女, がらくた道具のみ, げにこの, このあたり, この人, この句, この家, この小, この書板, この詩人, これぞ, これなり, これも, これより, これ余が, さる事, した女, すなわちなお東方, すなわち横須賀造船所, そこで, その各, その年齢, その悦, その昔, その白き, その第, その肥れる, その裏口, その間の, そも, そもじを, たしかに人, ただその, ただ一句, たといこの, だれも, どすんとかたい, なおルーテル, なく忠綱, なにゆえぞ, はたして何人, ひとえにわが, ひとり南山に, ほんとに貧相, まことに末, またしばらく, まったくかかる, まったく義貞, まぬがれ難い, みななんじ, むろん政治経済文化, もちろんなれ, もちろん世界, もって, もの心覚えし, よくやや, よく光りました, よく活動, よりより今, わが人民, わが幼き, わが本, わざとに, わびしき宿, われら誓ひ, われ等二人なりしなるべし, アドレーストスと, アメリカ船にて, アンドロマケー, アールケプトレモス, エピストロプォススケヂオス, オヂュシュウス老, クララを, スキピオの, ゼームス・ワットその, ニューヨーク高鉄道これなり, ネストールピュロスの, ハンニバルの, ピストルに, ファラデーの, フラテン伴天連ケリコリ伊留満, プレ神に, プロレタリア文芸の, ボーメンズである, ミケーレ・スコットと, ランスロットか, ロオザなり, 一二一六年にて, 一尾の, 一日一字を, 一昨日の, 一時の間か, 一段の, 一理なき, 一見浅薄, 一面より, 七時頃なり, 三十ばかりの, 三十許の, 下枝に, 不倫と, 不可争の, 不幸に, 不潔を, 不運なり, 世に隠くれなき, 世自ら公論あり, 主が, 主として霞, 主人を, 久しき前, 九州帝国大学精神病学教室本館階上教授室に, 予め今日, 事実として, 事實として, 事實網は, 云ふまで, 五十路に, 五月廿日の, 些と, 人が, 人目忍ん, 今に, 今の, 今や漸く多, 今を, 今日を, 仏国公使レオン・ロセツに, 他の, 以前の, 何う, 何と云つて, 何事ぞ, 何人と, 何等の, 余程寒, 作者の, 依然として同じ, 俳諧の, 倫敦塔である, 偏に吾が, 偶然のみと, 僅かに, 僕の, 儒教なり, 先づ好し, 先王の, 全くこの, 全く無用, 全く韓非子, 八十の, 六十歳前後に, 其の出, 其の功, 其口調好く, 其国暖地なれ, 其此に, 内に, 凡そ一年半の, 利害なき, 則是なり, 前にも, 劇界有名の, 勘定奉行在職中に, 勿証引証論及日記書簡の, 勿論だ, 勿論なり, 勿論の, 北岸にては, 十七夜の, 十二三歳の, 十五歳の, 十貫目錨を, 午前三時なり, 南京の, 単に条約改正, 単り, 即ち前記法律, 即ち此地, 即ち爰, 即ち自然, 厚く御礼, 又た, 又当然, 及ばざる二人連, 及ばずって, 及ばずにも, 反つて俗意, 叡山, 古洋学者, 叱るでなし吟味, 右の, 右門そちの, 同じく苦学, 同じ式, 同人が, 名高き畫, 吾人が, 吾人を, 咀嚼の, 哀れとも, 唯二枚残りは, 問でも, 啻に著者, 善し然, 嘗て手, 固より, 国麿なり, 土蔵の, 城山附近に, 基督の, 声音に, 夏の, 外国交際の, 多からず, 多く得難き, 夜も, 夢もしくは, 大和に, 大抵襦袢一枚, 大正天皇の, 天の, 天鵞絨の, 奇縁と, 奉天文溯, 女王の, 好かりし, 好まぬところ, 妻君の, 妾の, 姉の, 婿殿の, 嬉し, 子爵家の, 学問の, 宇宙万有の, 安政五年九月二十八日に, 宗教史学文芸科学其他の, 実にかの, 実にアダム, 実に予, 実に余, 実に其生存, 実に初期議会以後, 実に安政六年十二月, 実に富, 実に当時印刷事業進歩, 実に後白河法皇, 実に最近, 実に此, 実に此時, 実に法皇, 実質上の, 宿怨を, 寔に, 寛永頃より, 寶玉を, 小柄, 少なからず, 尚及ばざる, 尤も余輩の, 尺八に, 山木梅子傍に, 川柳, 左までの, 巧に, 己と, 希臘悲壯劇の, 常住茶飯事, 干鰯と, 平民週報主筆行徳秋香なり, 年紀は, 幽玄なる, 幾何學の, 幾度も, 当家に, 当時の, 当時人心の, 彼も, 彼女が, 往々本邦, 後の, 従来の, 得ない刻下, 御尤千万, 心に, 必しも, 怪しい事, 恐くは, 恐らくは憲政黨内閣, 恐らく今, 恥か, 悪し, 意外なりき, 愛嬌に, 慕ふ, 慶長の, 憎ましきもの, 憲兵二十警官二百五十餘名埼玉あたりより, 我が射, 我國生糸貿易の, 我家を, 我批評眼より, 我既に, 或は少, 或は進歩党, 戲曲の, 才力に, 拙者では, 拾はずといふ, 掘り出し物を, 採菊山人と, 支那の, 改めていう, 政府當局者の, 教育宗教に, 數年前よりの, 断じて閣下, 新約克の, 斷じ, 既に樂園, 日清戦争など, 明なり, 明治三十年以後の, 明治二十年十二月の, 明治十三年十月出版の, 易の, 春秋時代なる, 是非とも, 昼間の, 時勢の, 景初二年即ち, 暗褐色, 曲中の, 更によく, 最もよく我が, 有益に, 木曾の, 本八丁堀屋根屋新道隠密まわり同心税所邦之助, 本居宣長, 本書が, 松下村塾において, 果してかく, 柚子の, 桜さく春の, 棘にか, 極めて卑, 極めて美くし, 横山赤水小池赤生原調練場の, 次の, 歌麿の, 此れ, 此詩人の, 死し新聞, 殊勝に, 毎度の, 毫も自由党対末松男, 氏が, 氣の, 汚き猫, 汝に, 決して魔術, 治右が, 洋服扮装の, 洽く人, 流石に, 浮石並に, 深く氏, 深淵氏の, 清洒なる, 温かき心, 漣山人なり, 火なお, 烏の, 無しと, 無学の, 然あり, 爾後兩三年の, 独り三河武士の, 猶可, 獨り, 王なり, 現今上流社会台所の, 甚だ不調和, 甚だ賀すべし, 甚見苦しき, 申すまでも, 畢竟するに全く事実, 當時に, 疑う可, 疑ふべきに, 疑を, 病中いささか, 白塔に, 皆之に, 皆既に, 相違も, 眞先に, 真の, 眼に, 知らぬ人, 碧梧桐氏に, 禮より, 科擧なりと, 稀なり, 稀に, 空に, 竹林に, 第二, 第四, 第四議会将, 米人フェノロサが, 粋の, 経済的の, 絶えて, 纔に, 羅馬の, 美しきかも人, 老の, 耳を, 肉鬻ぐ, 胸甲華美の, 自から, 自然の, 自由論派と, 至極賛成, 舞台と, 船子にも, 花束も, 若者へ, 茶の, 荒れたる庭, 華文妙辞の, 落ち着いた徴, 著しきこと, 蓋し前記明治十三年十月出版, 蔡家屯なら, 薩長二藩なり, 蛇の, 蝋塗の, 衣食の, 西洋の, 西洋紀元の, 覚束なき, 解剖の, 言うまでもなくその, 記者の, 誠に手際, 誠に板垣伯, 誤なること, 誤字左傍に, 誰が, 誰知らぬ, 論なく, 諸人折々, 賛成に, 赤シャツ少尉なり, 跫音も, 軽佻浮薄無謀の, 農業に, 途上無益の, 進歩黨の, 道衍が, 遼東還, 醉夢と, 重みある, 錐の, 長さ尋, 附馬牛村の, 隣家なる, 集中多く見るべからず, 離別の, 震い慄, 静に, 非我, 頗る, 頗る驚愕, 額に, 飼鳥に, 高架鉄道に, 黒漆の

▼ たる~ (1169, 2.4%)

48 如し 33 ごとし 29 ために 17 如きは 15 如くに 13 爲に 11 為に 8 ためなり 7 ゆゑに, 故なり 6 ごとく, 上に, 為めに 5 ごとくに, 如きもの 4 ごとき, ためのみ, ゆえなり, 上にも, 多し, 如き心地, 故に非

3 [15件] お力が, ごときその, ごとしと, ため面白き, 今日の, 大方横, 如きも, 如き形, 如き觀, 如く, 如くその, 如しと, 彼の, 故である, 故のみ

2 [57件] いと良き, おいて, ごときあるいは, ごときは, ごときもの, ごとくその, ごとくであった, ごとくまた, ごとくわが, ごとく感, その第, その結果, ためその, ためなりと, ため悪き, はら, ふと眼, ゆゑなり, よほど上品, 中に, 乳の, 今は, 兀然として, 内には, 君の, 多くなかには, 如き, 如きある, 如きに, 如きまた, 如きを, 如き場合, 如き実に, 如き文, 如き観, 如くなるに, 如くなる可, 如く恥ぢて, 如く見ゆれども, 如く言, 如しという, 姿なるなり, 我ながら, 故と, 故にここ, 故にこの, 故にその, 故に之, 故に今や, 故に其人乃ち排斥, 故に古典的時代錯誤, 故に未来派的時代錯誤, 故に閣下, 故也, 最理窟的殺風景, 莞爾と, 遥け

1 [766件 抜粋] あざやかに, あとの, あまり苦かりし, あり女義, あるやんごとなき, いきなりごろん, いづれも, いと深う, いわゆる, うっとりと, おかしげなる, おほし, お吉, かかるをや, かく言, けたたましげ, こう早く, ここにて, この事々物々, この時大声, この濱邊, この玉, こは, これぞ日本, これにても, これは, これを, ころがって, ごときこと, ごときこれ, ごときのみ, ごときまた, ごときも, ごときイタリア, ごときスペイン, ごとき事実, ごとき傾向, ごとき口ぶり, ごとき境涯, ごとき奇談, ごとき女, ごとき学校建築, ごとき孰, ごとき思い, ごとき態度, ごとき模様, ごとき気持ち, ごとき状態, ごとき英国, ごとき観, ごとくいずれ, ごとくかの, ごとくせしめば, ごとくただ, ごとくなるも, ごとくなるを以て, ごとく丈夫, ごとく中風, ごとく俗物論, ごとく到底, ごとく動物, ごとく嘆訴, ごとく学校, ごとく富栄, ごとく彼, ごとく恐怖, ごとく意外, ごとく感ぜしむることあり, ごとく改進論派, ごとく本来, ごとく東洋, ごとく波, ごとく牛羊, ごとく皆, ごとく目, ごとく終歳胸痛, ごとく経済論派, ごとく自然そのもの, ごとく茫然, ごとく記憶, ごとく遠き, ごとく静まり返った, ごとく黙して, ごとしただ, ごとし亡, ごとし何, ごとし耳聾, さすがに, さて朝夕, さて行義, じりじりと, する, そのぐるり, そのままスタチオ兄弟, その不潔, その人, その代り層雲峡, その儘浄書, その前面, その大いなる口, その客, その巓, その後今まで, その排, その春日社趾, その梢, その白き, その突き刺す, その管, その縁, その身材はや, その銀六, それでも疝氣, それほどの, たちまち昏絶倒臥, たちまち淵, ためか, ためなら, ための, ためのみに, ため広く, ため廣, たれか, ちょうど同家, ところどころに, なおここ, ながれついて, ぬいと, はげしき夏, ひとりベルナルドオが, ひとり澗水なめぬ, ふと巡査, ふと思ひ付き, ふと見れ, ふッ, まことに今やその, まさに抜け落ちん, また思い, まだ二分時, ままよ, むき直りて, もろ手に, やがてだしぬけ, やがては, やがて左, やつと, やをら岸に, ゆえ, ゆえにいやしくも, ゆえにここ, ゆえにみすみす, ゆえにわれ, ゆえに動かされぬ, ゆえに得髄, ゆえに然, ゆえに真宗信徒, ゆえに罰, ゆえに阿波, ゆえを, ゆふ, ゆゑなり但し, よいといふ, わが入り來, わずかに, われは, キツと, ゲーレスが, トロイアの, バルバリッチヤの, 一三〇三年に, 一両年この方大分に, 一人心得, 一方は, 一枚被, 七蔵此後愈身持放埒と, 三つだ, 三人の, 三楽其人は, 下宿屋へは, 下手ようように, 不意に, 不明なる, 九州などには, 予算大いに, 二人まで, 五人ばかり, 人間の, 仄見え, 今これを, 今に, 今はじめて, 今度は, 今思へ, 今点ぜし, 仔細なく, 他も, 以上四本の, 何れも, 何事もな, 余が, 作者の, 元より, 先年の, 入口に, 全體純白, 六寸の, 其の中, 其の大要, 其傍なる, 其傍に, 其大要を, 其姿は, 其時分より, 円き木の葉, 冒頭に, 冷き, 出這入りするも, 到る處, 力足らずし, 十五年前と, 南の, 却て, 却り, 原書に, 去年の, 取る年, 只見れ, 名を, 名物の, 吹き揚ぐる川風, 和田垣博士に, 四五人居ならびつ, 四夷部倭國の, 変なり, 多きなど, 多きやう, 多くこれ, 多くさき雜, 多く馬士, 多ければ, 夜明けて, 夜深け, 大きなる, 大坂漬といふ, 天子にな, 天幕に, 夫も, 奥の, 女はずう, 女装し, 如きあたかも, 如きこれら, 如きこれ皆天然, 如きのみ, 如きはた, 如きまたは, 如きもしくは, 如き一株, 如き一種特別, 如き事實, 如き事情, 如き位置, 如き何, 如き処, 如き夜間燈火, 如き大枝, 如き形跡歴然, 如き彼, 如き心地せり, 如き思, 如き新, 如き時勢, 如き歓喜, 如き正確, 如き滑稽, 如き焦躁, 如き状, 如き王粲, 如き短少, 如き紅葉, 如き複雑, 如き言語, 如き迹, 如き革命, 如き香物, 如くうつとり, 如くさ, 如くす, 如くであった, 如くな, 如くならしめたる絶妙, 如くなり, 如くなりし時, 如くなれと, 如くなれども, 如くひたすら, 如くもし, 如く不, 如く今回富士観象会, 如く今回郷里, 如く仮り, 如く何とも, 如く俳諧, 如く卑小, 如く反り返る, 如く姿, 如く廣東, 如く彼等, 如く心, 如く心得, 如く思はれしを以て, 如く思ふ誤即ち, 如く恥ぢしめし時, 如く感じたの, 如く感ずるで, 如く感ぜられ仏教家, 如く推断, 如く朧気, 如く末広, 如く槍天, 如く正吉, 如く瀬戸内海, 如く神功皇后, 如く腰, 如く至粋, 如く虚子, 如く見える, 如く谷間, 如く豼貅五万, 如く遂に, 如く酔えるが, 如く雲散霧消せり, 如し怯憶, 妖怪の, 妻君一, 始めにて, 実はかの, 客を, 小山より, 少女を, 尚当時, 尚聞く, 屋根の, 山伏ども急に, 峰の, 巾を, 年の, 幻影の, 床の, 引添い, 弗と, 当分は, 当時築地に, 征清の, 後前に, 忙しげ, 忽ち小舟, 忽ち涌, 忽ち淵, 恰も夏, 憲ちやん, 我前に, 手垢黒く, 手車と, 折から, 折からの, 揃って, 故では, 故なるべけれ, 故に, 故にこれ, 故にこれから, 故にや, 故に一日, 故に云, 故に傲, 故に儒教, 故に光, 故に善い, 故に婦人, 故に心許なく, 故に愛山生, 故に政府, 故に最も, 故に母, 故に深い, 故に用, 故に諸, 故に謝絶, 故其の, 敵は, 断続し, 日向眩, 旨き, 早や, 昨夜の, 時に其声, 時に口, 時得顔に, 暖げに, 書生の, 最も綺羅, 月明りにて, 服裝を, 未解決, 本年二月大阪の, 本話, 杖に, 枕の, 棲んだある, 楡の, 櫻のみ, 此事件の, 此方に, 此時彼方なる, 歩み寄て, 歩み寄るさま, 死骸今に, 気に, 汝は, 浮世に, 涌出ける, 深山と, 深藍, 濃き五色, 火桶に, 為なるべし, 為のみに, 為めなり, 為めのみ, 爲なり, 爲めなり, 片頬, 特に芸人社会, 狒々という, 独り可笑かりき, 現在の, 理屈に, 甚しき不評に, 男女の, 画の, 白柄の, 皆おの, 相談すみ, 眉は, 真紅に, 眠り居る, 矢よりも, 矢飛白の, 立出でたり, 笑いながら, 笹原の, 篠に, 粕壁の, 結局ハドルスキー氏の, 結局松竹が, 絶えず見舞, 纔に, 老婆は, 老媼の, 自ら, 臼井が, 茎形に, 草を, 薄月夜, 藍に, 裏口から, 襤褸着し, 見る, 見物に, 覚束なく, 謙三郎の, 警察側死者巡査二名重傷者四名軽傷者十二名に, 起つて, 足を, 身を, 車の, 透せば, 途に, 道も, 道化役に, 遽に, 郎等勝栗を, 重井を, 銃剣一閃し, 長く床, 関の山梯子段を, 陰雲漠々九十九里の, 集りて, 雜れり, 雲の, 雲を, 面との, 頓て, 頻りに塵, 願はくは, 馬鹿に, 鬼王丸, 鮮血たらたら, 鳥居の

▼ たる~ (980, 2.0%)

38 なり 25 にし 22 なれば 10 あり 7 は, はその 6 あるを, に非 5 なりと, なるべし, の義務, は決して 4 ぞ, ならん, の如く, は必ず, をし

3 [20件] あらば, ありしが, がかく, が自己, といふべし, なし, なるが, なること, なれど, に有, の如し, の様, の職分, はなし, は一人, は誰, もあり, もなく, を見, 若き者

2 [61件] あらず閣下, ありき, あるに, あるのみ, あれど, がこれ, がこんな, がその, が人, が国, が多い, が後, が親, さえなき, であった, でせう, とのみ存候, とはいえない, と思ひ, なきに, ならでは, なるや, なれども, にあらざる, にてその, にや候, に向っ, に適, のため, のみ, の一, の上, の内, の分限, の受, の如何なる, の子, の役目, の役相立, の行動, の資格, の身, はそれ, ははなはだ, はまず, はもっと, は人, は他人, は其の, は唯, は多く, は天, は子, は常に, は彼, は身, もある, もまた, を見ず, 多し, 豈に

1 [637件 抜粋] あにその, あまりに高, あらずこれ, あらず是, あらんか, ありしなるべし, ありて, ありと, ありとて, ありとも, あり其, あり勇, あり商, あり或は, あり折節千々岩, あり智, あり艦員皆, あるいは貧しき, あるこそ, あるは, あれば, および虚心平気, か, かそれとも, かと怪しまるる, かならず, からいえ, から来る, か怪, があり, がある, があるなら, がかよう, がこんなに, がご, がそんな, がただ, がない, がなすべき, がわが, が一国, が一婦人, が不用意, が之, が乱舞, が亡父, が今, が他人, が何故, が僅, が其女子, が其曲, が其行末, が冷, が味方, が和泉流, が喰い殺され, が声, が大事, が夫, が夫婦, が女房, が学校, が安楽, が小人, が少しく, が彼ら, が恐れよう, が我が, が戦場, が手, が故山, が斯, が新た, が時代, が未曾有, が松原稼ぎ, が歓び, が正面, が死にかかってる, が洞窟, が温泉, が潟, が生ける, が生得権, が稽古, が素知らぬ, が縄, が翌朝, が考え, が自分, が若き, が貸し, が部屋, が酷く, が金銭, が零落, が高官, けだし三百万人, こそあれ, こそなけれ, こそ呉侯孫権, こそ魏延, この地, この覚悟, その中, その多き, その子, だったの, だにあらざるべし, だになし, だに見ず, である, であるが, であること, ではござりませぬ, で特別, というの, というべし, といふ, とおぼし, とし, として当然, とてはなく, とては慶応義塾中一人, となし, との矛盾, とはなし, とは見えざるなり, とも云う, と云う, と信じ, と問答無益, と彼, と殺したる, と知らる, と知るべし, と立ち, と見, と見えざりき, と見ん, と誤解, と論ぜざる, と謂うべし, どもこれ, なきが, なき国, なし祖先, なりしと, なりとも, なりや古来, なり三浦氏, なり汝らこれ, なり汝ら是等, なるか, なること明, なるべけれど, なるべしと, なるを, なん, にあらざるなり, にあらず, においてをや, にさようなお, にせよ, にその, にぞある, にてこ, にてこの, にて余り粗, にて流石, にて理, にて神學, にて老人, にとっては宿命的, にとって何, になり得る, になるでしょう, には五穀, には如何なる, には師, には福建出身, には賛, には足, には金五百円也, にむかひ, にもせよ, にも候, にロー, に其創業, に取らせろ, に問わん, に外, に対しても同様, に対して甚無礼, に対し一般, に少なく, に御座候, に恥, に掲示, に操坦勁, に比し, に法権, に突き当った, に精神上, に絶大, に自ら, に賜, に起りうる, に足, に青年, の, のあの, のいっさい, のこれ, のご, のごとき, のごときほほえみ, のすべき, のする, のひそか, のみ二十人, のみ独り, のもと, のやう, のよう, の万吉, の中, の中汝ら, の他, の住居, の体面, の具備, の出現, の前, の加えられるべき, の唯一最高, の唱える, の嗜み, の執念, の夢中遊行, の大, の奔走, の姿, の娘, の家事, の尊榮, の常, の幾名, の店前, の当り前, の心得なく, の心掛け, の情, の手, の斯, の最大義務, の最高, の次第, の深く, の無上, の片時, の目, の眼, の社会的地位, の空しい, の立派, の素首, の聲, の腰, の自然, の至情, の行これ, の袴, の言葉, の誰たる, の風上, の食べ物, の魂魄, はあえて, はいず, はいたずらに, はおよそ, はけっして, はことごとく, はこの, はこれ, はすなわち, はすべて, はそれぞれ, はたしてよくその, はどこ, はない, はなつかしい, はまことに, はやはり, はよく, はよろしくもっと, はカストリ屋, はトーマス, はマルチン・ルーザ, は一二冊, は一見, は万事, は三代家光, は不幸, は之, は亦, は他, は何処, は優女, は兇器, は其人物如何, は其苦労, は列外, は別に, は千人, は即下, は古, は古今無双, は和順, は唯一度, は善良, は国会, は国政, は墳墓, は多し, は大抵, は大概一度, は大胆, は天子様, は娼婦, は学校, は孰, は実用, は容易, は寥々, は将, は少なから, は平生, は平素, は年期, は当然, は彼女, は徳川, は恋人同志, は悪事, は慥, は我, は手, は抑, は持っ, は新, は普帝, は朝, は朝夕武道, は東国方, は枚挙, は極楽, は権威, は此愛, は死, は死すべしだ, は死に, は死力, は死後天, は死罪, は気安く, は汝ら, は油断, は法, は深く, は済々, は然様, は父, は特に, は特別, は理窟, は甚だ, は生活間, は男, は皇帝, は真, は礼, は神明, は精神的, は綿工場, は繁栄, は織田家, は肉体, は自ら, は自ら一片, は自由党, は興, は芝居見物, は苦しめられなく, は被, は被害民, は親しみ, は誕生日毎, は貴, は過去, は選まれ, は金持, は間出, は顏, は飢えず, への唯一, へ乾雲丸, へ印綬, へ死んだ, ほど怖し, ますます怒らざる, または聞込み, また到底, また重, もあった, もあらん, もありしなるべし, もいる, もこ, もこれ, もたとえ, も亦, も今, も同志之者, も死一等, も無き, も群集, も顔, や常々拙者, や弱き者ら, よくその, よく子, よと思ひ, よりかれ, よりも西洋人, よろしくこの, よ万事, よ我, よ甦るだろう, を, をば汝彼, を不幸, を以て最, を去らせよ, を召し, を召還, を喞筒, を如何, を己, を廻了, を御覧, を忠臣義士, を戴く, を指さし, を救い養われた, を救助, を昏, を求むれ, を求めるなら, を清める, を用い, を空しく, を脅かし, を虫ケラ同然, を見いだした, を見のがした, を見れ, を認め, を認めなかった, を認め得たる, を貢, 亦, 亦尠, 亦必, 何ぞ猛省, 何卒御, 優に地平線的思想家, 出来居るか, 又夫たる者, 多かれど, 多きを以て, 実に彼等, 少からず, 少き所以, 忘れられたる者, 推されて, 故に彼ら, 故年々金銀, 早き死, 死すとも, 段々あり, 無きに, 無し, 苦しめる者, 血ばしって, 豈鬱々, 貧しき者, 進んで

▼ たる~ (704, 1.4%)

12 故を以て 11 資格を 6 中から, 中には 5 ふたを, 中に, 権利を 4 である, 中で, 位地に, 地位を, 時は, 要資, 資格が, 資格は, 道を

3 [13件] そばへ, であるが, なかに, 中へ, 事実は, 事実を, 例は, 例も, 思あり, 性質を, 時に, 本領を, 結果に

2 [60件] だ, ときにおいて, なかへ, はあまりに, ほかは, まえに, ゆえを, を見る, 一事は, 一能力だ, 中の, 事情幾重にも, 人格より, 伎倆を, 分限を, 功に, 功を, 功績は, 勇気を, 勢力資望を, 却つて利口なる, 器局は, 地位に, 太甚しき, 嫌あれ, 実を, 実力を, 幸福を, 役目は, 性質に, 情を, 感が, 感を, 才智とを, 技倆なき, 挙を, 擧を, 日ある, 日ならざる, 時を以て, 本分を, 栄誉を, 準備と, 状あり, 現象と, 矜り, 罪なり, 義に, 職分を, 観が, 觀を, 譏を, 識見と, 責任よりも, 資望は, 資格も, 道である, 適材は, 邦国においては, 風流ありし

1 [459件] お化けみたいな, お面目, か, かがみ板, かたちで, があっ, が人生, が多かろ, が左大臣蘇我赤兄, が汗, が至当, が見えた, が関, が願書, が風, ことあれ, じゃとのこと, すきま, すべての, そこに, そとに, その真価, そばによって, であった, であったとの, であって, であります, であるとの, では, ときにおいてすら, と聞き違えた, なかから, なかで, なれど, なん, に慌てふためき, のちにおいて, のちクック氏および, はた, は一大福, は一層, は何故, は全く, は東北幹線, は構, は甚だ, は金庫, は鳥打帽, ふたが, ふたは, ほうを, ほか人世において, ものにて, やさかいな, やむなきに, ゆえに, よの, よりも遥か, わが命, をつ, を一同涙, を伊太夫, を十二支, を待っ, を机, マルチン・ルーテルは, 一事に, 一事のみ, 一事を, 一事以て, 一人なりき, 一切の, 一因には, 一大事実に, 一大真理の, 一大総括的の, 一点においては, 一点に関しては, 万国公法に, 上で, 上に, 上には, 上座を, 不利は, 世界なり, 両が, 中, 中を, 中身に, 事たる, 事例は, 事実ある, 事実に, 事実も, 事実をも, 事實は, 事實も, 事實を, 事實をも, 事情を, 人である, 人なり, 人は, 人格において, 人格の, 人民に, 今日に, 令出しは, 任務を, 位地を, 体裁を, 体面を, 作用を, 例あり, 例なき, 例を, 例少なから, 俚諺なり, 修業は, 修養も, 光栄と, 内省を, 再活用, 処去, 処本多子爵と, 分限に, 別ある, 別に, 力と, 力量でも, 功徳と, 効は, 効用と, 勇気は, 務めだ, 務めを, 務を, 化けもの, 区別は, 単純さを, 印綬を, 危激なり, 危険などを, 吉兆として, 名に, 名は, 名称を, 名義に, 名誉として, 名誉は, 名誉をも, 名誉を以て, 名譽以外, 哀辞なり, 品位を, 品位をも, 品格を, 商人より, 器では, 器に, 器を, 器量と, 国, 国は, 国体なき, 国体なり, 国土は, 地に, 地を, 地位により, 報告に, 境遇は, 境遇を, 士の, 士一に, 士族は, 声に, 夕ぐれと, 外は, 外見を, 多きを以て, 多幸を, 夢想は, 大洪水出, 天分を, 天才が, 天質を, 奇談は, 始めなり, 姿あり, 姿あれ, 姿勢を, 威厳を, 威嚴を, 威風に, 嫌いありて, 嫌疑は, 学者も, 実あっ, 実いづ, 家を, 尊敬を, 小さき生涯, 小屋あり, 差ある, 差別的待遇を, 已むべから, 希望なる, 幕閣は, 幣に, 平和に, 平民は, 弊害と, 強い感情, 強みを, 当時に, 形式を, 形跡あり, 役儀がらすぐ, 後に, 後予は, 後半夜行人稀なる, 後溯, 後漸く, 御事業, 御勉強, 心地を, 必要は, 忠誠を, 思いあらしめ, 思いし, 思いを, 性も, 性を, 性質上不正確不, 恥辱を, 悦びを, 悪例なり, 悲運に, 情に, 情において, 惨状である, 想いを, 想を, 愉快を, 意, 意では, 意図を, 意志なく, 意気込みを, 意義を, 意識が, 意識我は, 愛と, 感あり, 感ある, 感なく, 感動により, 感情が, 感情にとり, 態度を, 戦争は, 所々先づ以て, 所以而し, 才が, 技術の, 挙に, 挙措あらしめ, 挙措に, 擧に, 擧措あらしめ, 擧措に, 故に君, 故を, 故郷に, 文を, 日なり, 日なれ, 日に, 日は, 日を, 日理想と, 旧称を, 旨を, 時において, 時代ありき, 時代なり, 時代に, 最も大, 有様と, 本分が, 本分たら, 本分なりと, 本領に, 材を, 板を通して, 栄を, 栄光を, 極は, 極遂に明白, 権利が, 権利と, 権威を, 機会は, 機會は, 機能を, 權利は, 權利を, 歓びを, 歡びを, 武士および, 歴史は, 比に, 気位を, 法なれ, 災厄あり, 点なき, 点に, 点において, 無畏, 片鱗を, 版図に, 版図は, 特徴は, 特権は, 特質を, 状, 状なき, 状態である, 現象あに, 理合に, 理由は, 甚しきや, 生涯を, 當時に, 真骨頭, 眼識は, 禮を, 秘報を, 種をば, 立場は, 端緒は, 第二着, 範囲を, 範圍を, 精神から, 素性を, 素質が, 素質を, 経験は, 結果とや, 結果を, 結果也, 結果偶然現, 結果宇宙百般の, 給料によって, 統計を, 罪と, 罪なりと, 罪なりとて, 罪により, 罪は, 罪を, 美を, 義務である, 義務と, 義務に, 義務の, 義務は, 義務を, 習慣, 習練を, 職務を, 能力を, 自覚を, 至誠は, 致すところ, 致せしのみ, 興趣が, 花旗は, 芸十六に, 苦しみから, 苦痛を, 蔑称を, 虚名を, 行を, 術なし, 表標, 製造等の, 要件は, 要素, 覆轍を, 覚悟を, 観あり, 観ある, 観あるべしと, 観なき, 観を, 觀あれ, 觀有る, 言なるべし, 言に, 言また, 証と, 証拠が, 証拠とては, 証拠に, 詩あり, 詩を, 詳細を, 誇りも, 誇りを, 誇を, 語と, 説なり, 説に, 説明を, 談を, 諺で, 謂では, 證と, 譏りは, 警語と, 象牙を, 貨財は, 貫禄だ, 責は, 責を, 責任は, 資格, 資格なき, 資質が, 質は, 跡ある, 跡滅す, 連想は, 道, 道が, 道だ, 道に, 道に対して, 道又, 酒を, 酷しき, 間柄であった, 間禰宜等子細を, 間隙に, 陰謀に, 際にも, 雄略を, 難きを, 難を, 露国に, 面子を, 面目が, 靴下が, 顔を, 類に, 點に

▼ たる~ (493, 1.0%)

9 否や 7 否やを 4 疑いなし, 知るべきのみ 3 かくの, これを, 疑うべからず, 非常に

2 [22件] あだ, あると, その意, アルテミス型の, 一なり, 世間の, 久し, 何も, 例に, 其施設動も, 到らずと, 多くは, 太甚し, 実に驚くべき, 尋常一様の, 必せり, 成るへ, 浅薄至極であります, 海運と, 疑いあらず, 私が, 言語に

1 [413件] あくまでも封建治下, あたかも疝気持, あの男, あまりに広汎, あまりに現実的, あらゆる学問的蓋然性, ありきたりの, あるいはその, ある一つ, いうを, いかにも神速陰険, いずれも, いまにも天地, おそろしいが, お客と, お察し, お話にも, かくして三重, かつて帝都, かの吉良邸, きわめて簡単, ぐらにも, けだし一朝一夕, こうして書き写し, このところ戦々兢々, この所有主, この潮流, この眩暈, この私, これが, さっぱりわかりません, さっぱり実意, さながらに, さらにわが, しばらくの, じつに頭, すこしも生き生きと, すこしも私, すでに常態, すでに玄中, すでに青年, そういうよう, その功大, その肚裏, それが, それは, た, たしかに, ただの, ただ絶命, ちっとや, ちょっと形容, とうていなみ, とても私, とても簡単, とりも, とんと気付き申さず, どうお, どうしてお, どこまでも, ないか, なか, なんともえたい, なんと容れられ, なんと脆い, はなはだしいもの, はなはだ尋常, ほとんど類, ほぼ普通人間, ほんた, まけの, まことに武, まことに没すべからざる, まことに簡単, まことに颯爽, まさに風前, ますます悪く, またすこぶる, また将来, また為し得る, また疑い, また言語同断, まったくこの, まったく歪んだ, みだりに重宝珍器, もしくは革命運動, もちろんこの, もとより, もはや決して賤者, ややもすれば政治論, わが封建時代, わたしが, われ山房論文の, エゾニワトコの, オーストリアを, カムルチ以上である, ハツキリし, ベルリンの, ユウに, レッキー氏の, ロウマ帝国を, 一, 一兵一兵足利方の, 一切の, 一刻も, 一夜の, 一定の, 一朝一夕に, 一等官が, 一通りな, 三等船客と, 上陸せる, 下町にも, 下賤, 不可知的不可思議と, 不可見, 不完全な, 世が, 世にも猛々しく, 世の常の, 主として服従忍辱, 予が, 事新しく説明, 二三年来密かに, 人を, 人倫の, 人心を, 人民皆不, 人災と, 人臣の, 人間すべての, 今のは, 今も, 今日通行者の, 仙台藩の, 件の, 伯父の, 住みにくい, 何と今, 何に, 何れも, 何人をも, 何物です, 何物にも, 余は, 余りに敵地, 信州本場の, 修行の, 偽たる, 偽善から, 僕に, 僕には, 元來一定, 元禄十二年に, 兄甚三そっくり, 充分に, 光線の, 全くこの, 全くこれ, 全く稀, 八八六十四の, 其者は, 其風土を, 冷血動物以下ぼくが, 凡そ見当が, 別人の, 到底六分の配當, 制度政治巡, 前代未聞の, 前述の, 力学の, 十歳の, 千発千中どころか, 卑俗な, 単に呼, 即刻一時に, 古くからの, 各その, 同時に, 君子, 否やは, 否を, 吾が母, 吾人の, 吾人を, 吾目らかも, 啻に本邦古代住民コロボックル, 單に, 四方厚い, 四方山脈に, 四角も, 国民の, 地肌に, 城壁によって, 塞北に, 変な, 多くの, 多ししかれ, 大したもの, 大なり, 大公儀, 大変な, 大変もので, 大変物で, 大抵春は, 大臣の, 大英国, 大過去, 天に, 夫, 夫の, 奇々怪々不, 如何なる事物, 如何なる憂苦困難, 如何にと, 威あり, 学問たるや, 安楽椅子に, 完全に, 定まりたる, 実にどうも堪えきれぬ, 実にわが, 実に博士, 実に困, 実に大きい, 実に巧妙, 実に幕法, 実に憎ん, 実に探偵小説, 実に整然無比, 実に正確, 実に沼, 実に独特, 実に計り知れざる, 実に重大至難, 実は, 容易ならぬ, 容易に, 實に, 小国的に, 少なからず, 山よりも, 山賊の, 己の, 干潮の, 平均を, 当地中学校フライアース, 当然首肯, 形ある, 影なる, 役者は, 彼が, 彼らが, 彼我相似て, 彼自身が, 後々の, 後に, 後をも, 必ず社会, 必定である, 快活奔放當たるべからず, 怖るべき, 恐らく余, 恐らく作者, 恨みなく, 恰も一度遁走, 悉く貴族, 悠々重厚, 想見する, 愈々深く, 意味の, 感覚は, 憎んでも, 我々が, 或は既に, 打ち見やる眼元, 推して知るべしだろう, 換言すれ, 支離滅裂も, 教坊楽とべ, 敢えて対称, 敢へて, 数年前に, 斬るに, 断じて冗談, 斷じ, 既に老人, 日常極, 日本に, 日本の, 明かである, 明かに, 明らかなり, 明白なり, 是れ, 時と, 智を, 最も多量, 最上の, 月並な, 有形なる, 未だ十分, 本に, 本は, 本州の, 本来は, 本物の, 村役場の, 某国大使館内に, 柳生流で, 根本的な, 極めて興味, 極めて高価, 正に, 正月に, 正規の, 死後の, 殆ど直立し, 殆ん, 気まりの, 気候温和風光明媚と, 水に, 水滸伝平, 決して不良, 決して他, 決して単なる, 法外な, 法律に, 海外における, 渇者に, 満目荒涼灰と, 演劇に, 濃淡の, 火を, 無限に, 然うで, 熾烈な, 父母の, 牛肉の, 物として, 独りで, 猛烈で, 現世の, 現今戦勝後の, 現代人の, 理を以て, 甚だしく総理大臣, 甚だまずい, 甚だ武士道, 甚大でした, 生来清盛, 生死の, 甲の, 疑いない, 疑いを, 疑うべからず吾輩, 目見るべからず, 相手の, 真にサラー夫人, 真に度しがたい, 真に感動, 知るべから, 知るべきである, 知るべきなり, 私と, 私には, 私を, 秋の, 第一, 第一手, 筆にも, 等しく遼遠, 粗忽しい, 精神上に, 紐で, 紐の, 細部や, 絵にも, 肉喰と, 自から, 自分が, 至大な, 至極曖昧模糊としてを, 花の, 若くて, 虚強に, 要するに矢野弦光, 見料を, 観察によって, 解する, 解す可ら, 言語筆紙の, 記憶せ, 誰の, 諸氏らわずか, 貴重な, 軽くない, 迅速なり, 返済の, 運動の, 過去の, 道徳的に, 銀山摧くべし, 鍋の, 難中の, 非常な, 頗る珍重, 風の, 飽くまでも, 養母殺し養父殺しと, 駁雜で, 驕慢な, 骨肉を以て

▼ たる~ (492, 1.0%)

18 あり 8 若きも 7 八卦当たらぬ 5 然れ 4 あれば, 哀れなり 3 その土地, 今に, 少からず, 是れ, 月並連に

2 [36件] ありて, ありまた, あるべ, この帽子, これらの, これを, その特色, なほを, またゆえなき, また宜, また尋常歌よみ, また蕪村, 世間啻に, 亦一異色, 亦煽動家, 亦豈, 今や彼, 今一人もながら, 伊藤侯は, 偶然に, 其意の, 反つて, 口惜しまつり, 同じ, 同じ事, 好き衣着たるは, 實は, 心に, 恐らくその, 此に, 此空漠の, 無理ならず, 無理は, 猶ほ, 買ふめり, 閣下等は

1 [359件] あえて全く因果律, あすこまで, ありき, ありと, あり又, あり又は, あり塩鮭, あり戎狄, あり注いだままの, あり髑髏, あるであろう, あるに, ある日本, いまだ公認, いまだ来たらざる, いわゆる空言世, うるさくまた, おかし, おかしきに, おぞまし, おぞや, おのづか, かかる夜, かねを, かの諸侯ら, ここなり, こちたき希臘語, ことごとく心眼心耳, このシガレツト, この主義, この反動, この岩, この時代, この朝, この趣意, これかえって, これが, これによりて, これまた, さらに覚えず, しまひ, そのうち, その人, その地, その宮室, その弊害, その弊習, その強, その意, その時, その書, その母性愛, その神人結婚, その精神, その衆目, その説く, その道理, それが, ただ一人, たちまちに, だんだん近づく, なお当時, なお未だ全く, なお貴族, なか, のきて, のども, はなはだ道理, ひとしく回転, ひとりこれ, まことに由, またこの, またその, また不思議, また値上げ, また奇, また密林, また常, また成らず, また若き, また英国内閣, また面白し, まだ解け, みなこの, もとよりうべなり, もとよりその, もとよりゆえなき, やがて刀, やの, ゆかし, よい, よしと, ココに, バートン・モスに, 一つは, 一の, 一言の, 三藏故, 不入りに, 不幸に, 世の, 両種馬, 両者の, 久しかりけり, 之が, 之を以て, 予が, 予は, 予只今記臆惡く, 事実である, 交れり, 亦た, 亦一種, 亦嬉しい, 亦実に, 亦實, 亦尋常歌よみ, 亦是等艶冶, 亦難い, 今ここに, 今や進ん, 今日に, 今日の, 何か, 何の, 何等の, 例の, 先ず牧塲, 光明の, 光気薄し, 兒林が, 全く無事, 公然とかくの, 其の一現象, 其の目的, 其儘にて, 其最大, 出来得る限り年譜, 力及ばず, 化学に対する, 十時頃まで, 十月五日コマンドルスキー群島付近において, 午後より, 却って健康, 原因の, 又はその, 又人民, 友人等は, 可笑, 右申立は, 同時に日本政府, 同様にて, 同様の, 同様道なし, 君の, 善し, 四五日を, 在朝の, 均しく, 多かりき, 多くを, 多く又, 多し, 多日, 天佑海陸皇軍の, 奇跡的幸運により, 嬉し, 孔明は, 学校の, 守田は, 定まった宿, 宜なりけり, 実にこの, 実は伯, 実は其廉潔, 実は養子, 実業家ならね, 容易くは, 寔に, 實に, 少なからじ, 尚答弁, 尚離れ, 尾の上の, 山海の, 岩沼令嬢の, 左翼仙台師団の, 巧なる, 幸に, 幼きも, 幾度ぞ, 弘法大師神仏調和論を, 強て, 当初は, 彼と, 彼の, 心あり, 必しも, 応用化学に対する, 忽ちにし, 思想の, 怨夢の, 怪しむに, 恋故の, 憲政党は, 憲政黨は, 成らず更に, 我とこの, 我と比古帽, 我にて, 或は若き, 手柄あり, 打ち忘れて, 抑も, 探り得ず, 支庁長不在なる, 支麦以後ようやく, 支麦以後漸く, 政治社会は, 故なき, 教訓する, 数年前に, 斯る, 斯程苦しき, 新火山岩, 日本人より, 旨と, 明以後には, 明治十年頃に, 春章の, 昨年これを, 昨年中同人の, 昨年以来一回も, 是が, 時代の, 晩に, 暴風激浪の, 更に反省, 有らず, 有り, 有り股引, 有るなり, 有頂天です, 未だその, 未だに自由, 未だ何等, 未だ比較神話学唯一, 未だ知るべからず, 本部の, 来れり, 概ねその, 此れ, 此処なりき, 武備の, 死ぬるは, 死んで, 残余の, 民権自由協和論の, 水の, 汝に, 江湖を, 決して人, 法例民法第, 浅まし, 海に, 涼しく隣室, 淋しげ, 滑稽であった, 滑稽なり, 漢の, 漸くに, 火薬の, 灯明を, 無理なき, 無限絶対の, 物を, 犯人は, 猶お, 珍らしからざるべけれ, 現ならず, 甚だ宜し, 甲冑にて, 畢竟するに甚深甚幽, 畢竟身心不二, 皆この, 目に, 知らざりし, 知らで, 知らで胴衣, 知昆伎伊波と, 社会政策の, 神性人性を, 神話学界に, 祟の, 稚なきもの, 空腹なる, 結ぶに, 結局再び, 結果は, 絲瓜も, 総理たら, 總理たら, 纏ふ, 罪業深き, 罵詈の, 臨列の, 自から, 自ら怠り勝に, 至極よき, 興あり, 船体漸次に, 芥川龍之介かと, 若いもの, 若し之, 苦しそう也, 英仏人民に, 英雄の, 范曄は, 蘇峰君なり, 被告人は, 西の, 要こそ, 見えて, 見受けたるが, 計り難し, 訊問後は, 許されるであろう, 誠は, 謂れなき, 謙信は, 豪傑の, 財を, 貴下の, 資本的帝國主義は, 足は, 返事を, 逃げ出して, 這は, 遂げず遂に, 道に, 道理よ, 金銭は, 随筆たるも, 霎時に, 霞な, 静かに, 面白ければ, 面白し, 革命です, 韓非より, 顔面及び, 顧慮する, 風冷ややかに, 風力さらに, 風波いたっ, 飛行機関と, 鬼課長の, 鳥たるも, 鴻の

▼ たる~ (420, 0.9%)

14 なり 10 にし 5 なれば, に憂なし, のまたも 4 あらば, の考 3 ありと, である, なり而, のごとく, の又, はその

2 [40件] あり或は, あるを, いかばかりかは, が目撃, なりき, なり然るに, なり閣下, なるを以て, にその, にてありしなら, にて大隈伯, にて少し, には黎明, に卒然もの, に捧げた, のいのち, のごとし, のその, のよう, の分身, の力, の如く, の帽, の生徒, の申, の群, の腰帯, の言の葉, の言葉, の話, はよろよろ, は來, は常に, は必ら, もさすが, もはや去りぬ, も下, をもっ, を問, を指名

1 [275件] あり, ありしかば, ありしこと, かと見ゆる, か木精, が, がそこ, がひかえ, がコンミシヨンマチヤント, がスコッチ, が何, が廟, が悪女, が手, が死んだ, が浅薄, が火, が王庁, が甦へる, が羽織袴, が自ら, が金州, が面責, こそ眞, こそ真, この理, さえなき, さえ首鼠両端, その侶, ぞなき, だち我, だった, であ, であったらしく旧姓山県九郎右衛門, であり人生, であるによって, であるよう, でさえそれ, でしょうね, で小事, という, とともに神様, と敗戦, と物, と相, と苦しい, と馬, なき空間, などの見なさん, などはた, ならば, なりしが, なり古沢氏, なり古澤氏, なり我, なること, なるべし, なる上, に, にあらず, にあらね, にいひ知らせけれ, にこの, にこれ式, にしあれ, にてこの, にてもいまだ, にとっては楽しい, にはま, には路, にもあらず, によってのみなされる, により, に一杯, に問う, に対する軍隊, に幽, に果し, に殊, に目星, に相違, に答, に聞く, に非, に非ずし, に食, のあと, のうち, のさま, のそういう, のため, のやう, のよく, のよろこぶ, のわれ等, の仆, の信念, の働き, の兄, の切望, の判断, の去り, の句, の名, の唯, の噂, の囁き, の多い, の夢, の大き, の奮闘, の如き, の如くなりき, の如くなる, の姓名, の子, の子孫, の宵, の容貌, の常に, の平素, の年齢, の形, の影, の心, の忘れん, の性格, の氣, の水, の沈み, の男, の目, の目的, の穢れ, の立脚地, の紹介, の考え, の聞く, の胸, の蘇る, の行い, の袂, の見る, の覚悟, の言行, の語りける, の護衛, の資格, の足音, の身, の身の上, の鎧, の間, の霊, の面影, の頭, の顔, の駒, の黒山, はこ, はさ, はすべからく, はたいてい, はたやすく, はない, はなし, はよろ, はアダム, はカルル・グリュン氏, はダンテ, は一日, は一服, は一見, は其半身, は判ずる, は刹那, は可愛き, は吠陀, は唯語學, は国芳, は天下, は天人, は天文, は幸, は後, は必ずしも, は想う, は曰, は更, は更に, は来る, は武蔵, は浄瑠璃, は生きね, は瘠せた, は知るべし, は祈り, は総, は老い, は自分, は自分用, は自己, は落すまじ, は薄き, は財, は過去, は醒むる時, は非常, への愛情, へ誓拝, まだほか, まで大いに, も, もあり, もありし, もある, もあるであらう, もあるであろう, もきかず, もこれ, もなし, もまた, も世に, も其処, も新しき, も有る, も未開, も殉死, も皆, も誤る, も踏み, や夏羽織, や誇り, よと蔭口, よりは崇, より余, よ生命, をおろか, をさし, をし, をその, をたづ, をも物, をも神, を今日銀座, を作る, を便り, を半途, を唐土, を圍, を夢みぬ, を失, を慰めたる, を我, を戴く, を挙げ, を捨て置い, を擧げ, を河原, を現に, を見ざりし, を見立てた, を除き, を面くらわせる, 又は己, 営々汲々, 嗚呼嗚呼世法, 多き西, 或は一向に, 来りて, 正しい洞察, 病める身, 知れぬ変容, 立ちいたり, 選ばれたる人

▼ たる~ (374, 0.8%)

19 あり 12 なし 10 もあり 9 なれば 7 なり 5 に候 4 あれば 3 ありき, なく終, もありし, もなけれ, を承諾, を知れり

2 [25件] あらず, ありと, あれども, とて左, なくまた, なく朝めし喰, なけれど, なければ, なしいそがしきは, ならね, ならん, なれど, のやう, はせぬ, はなく, は再度, は無, もありき, もあれ, も無く, も無けれ, を免れ, を凡て行, を暗示, を証す

1 [240件] あつて, ありこのほど, ありこれ, ありしが, ありしと, ありしならん如何, ありて, ありとか, ありや, ありやと, あるべき理無し, あるを以て, ある嫗, ある時, ある由, ある程, から誤解, が出来なかった, が明らか, が破れた, が顕, くろんぼ同然, しばしこの, しばしばあり, すらも忘れず, すら全く, その随筆, ぞなかりける, ぞ無, だ, である, である必ら, で貴族政治, とてさ, とて前後錯雑序次倫, とて前後錯雜序次倫, とて思ひ切られぬ, とて自ら競争者, とは心付かず, とは言え, とを挙げ, と云, と存じ候, と存候, と察, と御, と牛, なかりしを, なかれ主義, なく世にも, なく人, なし妻, なし攝生上, なし面白き事, など其外色, なら何, なりなど, なりもし, なり今, なり耶教, なるべし, においては疑問, につき, にて車夫, になりし, にはあらじ, にはあらず, には思うべからず, には變, には驚きました, には驚く, にもあらず, にも飛んだる, によって一身, によつて, によりて自ら, に使うまじきや, に加担, に向, に有, に確信, に至っ, のあるべき, のない, のみにあらず, のもとさ, の整, の様, の荒増, の解説, の起こり, はあたかも, はその, はない, はなけれ, はやや, はよく, は一つ, は一葉, は一面, は争い, は似たれ, は余, は免れませぬ, は出来ない, は別項, は勿論, は口碑, は史家, は同君, は君, は容易, は年, は店番, は後, は忘れ, は慥, は有るまからん, は東洋諸国, は無論, は疑ふべからず, は稍心, は苦, は認めるだろう, は誰, は載せ, もあらね, もありけり, もありしか, もありました, もある, もしば, もたま, もなかりし, もなく, もなし, も其後心中, も午後四時発, も既に, も有り, も無し, も門前, よ, よとて雨戸二, よと覚束, よと謙遜, よりはしなく, をその, をつけ加え, をみな一, をジャン, を一切, を云う, を以てせざるべし, を信じ, を免, を免れない, を免れ得ない, を口実, を否定, を報道, を変更, を天職, を失はない, を好ん, を弁明なす, を強いられた, を強要, を得た, を忘れ, を忘れさせたい, を恥ず, を悉く, を悔, を想起せり, を感謝, を憂い, を憂ひ, を我, を承知, を明らか, を次に, を止め, を残らず, を法王政府, を現, を知った, を知らしめる, を知られたら, を知る, を知るべし, を示さざれ, を示さん, を示す, を祝し, を絶賞, を耳, を聞き, を見る, を見聞, を見聴き, を記す, を記載, を証した, を証する, を証明, を誇り, を認む, を認め, を認めたれ, を語りぬ, を説き, を説明, を證, を躍出せしめ, を非難, を饒舌, 勿体なしとも, 勿論なり, 即ち是, 即ち石噐時代人民, 及びこの, 及び其友人荒畑寒村, 及び彼, 口惜し何処, 多し, 多時, 度々なりき, 思ひも, 既に久し, 明かなり, 有り, 有るなり, 未だ一度, 次には, 無きに, 生じ, 疑う余地, 疑ふ可, 見るべし

▼ たるところ~ (328, 0.7%)

6 のもの 5 あり, なり 4 である 3 ありて, がある, だ, にある, はことごと, を発揮

2 [16件] あるも, あるを, があっ, があった, がない, なれば, なん, に, にあり, にし, のある, は電子, へ濡れ滴り, より貯蔵庫, を示し, 多し

1 [258件] ありしが, ありとこそ, ありとしても, ありなどと, ありまた, あるいはこの, あるが, あること, あるによる, あるはなんぞ, あるや, あるをもって, いとめずらかに, いよいよ俗, かもわからない, からまた, から博徒赤尾, から来た, から盲法師, かりにも, があり, がたしかに, がなく, が恐れ入っ, が最近, が無い, が現れ, が窺われる, この直方地方, さ, じゃア, その人, その儀, その及ぼす, その美妙, だから, だけはある, だと, で, であり賞め, であるかも, であるけれども, であれ, でいくら, でしょう, ですが, では, ではまだ, では元来, でひとり精根, でまた, でもあり, でゼントルメン, で性質, で早く, とが或は, とはいえ, と性情, と異, と面白く, なくし, なくた, なしと, など注意, なりき, なりといえ, なりといふ, なりといへ, なるべし, なるほど虫食い, にあこがれ, にいたれり, にいっこう, にてこれ, にては初代長光, にては品物, にて候, にて城, にて特に, にはたとい, には人物, には必ず, にひとしく, により明らか, によれ, にネミ, に供, に依る, に依れ, に出でぬ, に善く, に在り, に就, に屏風, に島, に或いは, に様式上, に無量, に獣, に生ずる, に田舎家二, に田舎家二三軒, に真, に立ッ, に結論, に置き捨てられた, に連行き, に限り, に陽線, に魅力, ねみんな水, の, のその, のもの二, のエンテレヒー, のジェ・ゾンカーワ, の一, の一つ一つ, の一政事家, の不平, の二論派, の代官松, の伊藤伯, の兇器, の兵ども, の功績, の原因, の吾友青山二郎, の和泉屋次郎吉, の国, の多き少き, の奥様, の如き, の平めなる, の幻影, の底, の恩義, の感動, の懐, の所以, の損益, の日本, の本源, の東亜, の溌剌, の私, の精神的, の結果, の著述, の遒麗, の酒場, の金, の金庫, はいと, はいとめでた, はここ, はなかっ, はなく, はやはり, は事ごと, は余り, は俗物連中, は刺戟, は千差万別, は取得, は古来, は四種, は団体, は大抵, は愛山生, は次第に, は氣, は皆無, は見えない, は誰, は貧乏, は速, は道理, へその, へにわかに, へほか, へヤマハハ, へ好物, へ明るい, へ隠れ, ほぼ武士, まことに賭博器, までは確実, もあり, もありき, もある, も察せられなく, や天然, よ, よりすっと, より多分, より首, わずかの, を, をいささか, をお, をきっと, をば必ず, をば既に, をもっ, を京橋警察署, を以て吾人, を以て断ずれ, を似つかわしき, を取り柄, を取り直し, を合せ, を失う, を失ひ, を尋, を弁ぜず, を必ず, を悉く, を挙げおける, を有, を望み, を権助オ鍋一党, を求め, を沙, を発見, を知らず, を示そう, を筆頭, を綜合, を見, を観察, を解決, を記さん, を記せし, を證, を近代, を述, を遠慮なく, 今神仙, 即ち世界, 多かりし, 多く暑さ, 多し又, 実に物外, 少からず, 少なからず, 幸い聴許, 当春来一時流行, 御隔意, 恨み重なる三太夫, 早速御, 有りて, 老将軍, 著明, 譬えば糸, 辷ったり, 遠くし, 遠し

▼ たる所以~ (234, 0.5%)

32 なり 15 である 11 にし 9 のもの 5 がある 4 だろう 3 であると, でなければ, はその, を発揮

2 [17件] だ, だが, であろう, なりと, なり但, にあらずや, の本領, はここ, は一, は其の, は実に, は此, を明らか, を知らず, を知れり, を解説, 即ち高い

1 [112件] かと思ふ, かね, があり, がこ, がない, がなけれ, が一層, が説明, が韻文, さえ判然, ただこの, だった, だったと, だったの, だと, だな, で, であ, であって, であらう, でありそこ, でありましょう, であるの, である処, でしょう, でまことによく, でもある, でもあろう, で感心, で故, とが説明, となる, と云わね, と愚案じ申, と知らずや, なの, ならずや, ならずんば, なりと云, なるべきか, なん, になっ, に通じる, に非, に非ら, のその, のひとつ, の一般性, の力, の尊き, の常識, の態度, の説得力, の諷刺, は, はある, はけだし, はこういう, はそこ, はそれ, は一つ, は世間, は主題そのもの, は仁科氏, は今日わが国, は他集, は儼然, は全く, は再び, は决, は単に, は單, は存在, は彼処, は彼處, は徳川家康, は時勢, は時間, は殆ど, は畢竟するに, は積極的, は至誠, は軍人勅諭, は風俗, もま, も備わる, も解つた, をこれから, をなし, をなす, をほんの, を信じ, を味, を尋, を弁護, を悉く, を指し, を数, を殊に, を發揮, を知っ, を知らざる, を示す, を精窮, を縦横, を自分, を自覚, を論究, を陳, 其の動物, 唯此一点, 甚だ重し

▼ たる~ (211, 0.4%)

5 同一の 4 同じ事 3 するも

2 [15件] おぼし, 並びて, 其趣に, 同じである, 同じ状, 同じ趣味, 同時にまた, 同時に又, 同時に尚ほ, 否とに, 大差な, 思えば, 数たら, 私人たるとに, 謂ふも

1 [169件] あり, いいます, いう, いうが, いえども, いずれか, いひ, いふこと, うらうえ, おぼしき, おぼしけれど, しからざるもの, しめやかなる, その功罪相, その生活, なむ, はた万乗, はれ顔, ほとんど同じ, ほぼ同じ, ほりに, ほり新しき, またある, みたと, キリスト教たるとを, シルレルの, 一つ, 一般で, 一重たるとを, 万世の, 不生産的, 二人を, 云う陽気, 云つた, 云は, 云わぬばかりに, 云人も, 互に相, 亭主も, 人も, 今にも笑, 他の, 仮定す, 仰しゃって, 何の, 俗僧たるとを, 個人的たる, 健康人たるとを, 入れざると, 共産的たる, 其結果に, 其音聲の, 医師の, 半ば青き, 去らざるとの, 同じく, 同じく私, 同じこと, 同じただし, 同じ美しき, 同じ者, 同じ部屋, 同一般, 同一軌の, 同時にその, 同時に人民一般, 同時に何等, 同時に勇敢, 同時に叙情的, 同時に大, 同時に師, 同時に幕府, 同時に沈鬱, 同時に説明神話, 同時に軍神たる, 同様であった, 同様であります, 同様である, 同様なりしなら, 同様なれ, 否ざると, 否とは, 否とを, 吾等の, 味方たるとに, 味方たるとを, 問はる, 問ふ, 問へば, 嘆じた, 器具たる, 囘教徒たるとを, 外たるとを, 外國船たるとを, 大盗たる, 太だ択ばざるべけれ, 女子たるとに, 女子供たるとを, 専門的たる, 将た, 小乘たる, 岡場所の, 已遂たるに, 平たる, 平仮名を, 平面描写たる, 弓馬の, 応用的たる, 思う, 悪霊たるとを, 想ひ, 所謂上意に, 手古ずらされた, 承継的たる, 折々は, 攷え, 敢て, 新句たる, 日々の, 春の風聴く, 春風たるとに, 智的たる, 松井田より, 橘たるとを, 橢圓形の, 歴々たるとを, 比喩ふれ, 毫も異なる, 洗濯石鹸一つづつ前へ, 漢詩家たるとに, 為すもの, 無生たる, 然らざる, 熊蜂の, 燕尾服たるとを, 爲す, 物たるとに, 物理的たる, 眺むれ, 石燈籠の, 立てる容, 繪師たる, 羽二重細工の, 老い先なき, 聾が, 花の, 芸術たるとを, 若いの, 若い者, 若きと, 蕪村たるとに, 被支配階級たる, 見えたり, 見え金博士, 見るまでに, 見物は, 覚しくあたかも, 言うべからず, 詞通り呵々大, 豊かならざる, 趣を, 進歩党たるとを, 都会風が, 醜処, 雅語たるとを, 集産的たる, 韻文たるとを, 魏人たるを, 鵜たるを

▼ たる~ (192, 0.4%)

8 なり, にし 4 あり 3 なりしが, にて候, を見れ

2 [15件] がある, である, など注意, なりき, なれども, にあらずや, によれ, に善く, の位地, の如く, の希望, は其の, も彼, 之れなき, 少なく理想

1 [133件] あらざる也, あり依て, あり是, あるが, あるに, あるを, あるを以て, から水, から飯, がヨンストン, この樹, こんな古書, さえあり, さすが女, であらう, です決して, でとても, では近々, で欧洲人, で足利時代, と云い, と想像, と知れ, なきが, なきに, なく内気, なし, などには必ず, ならざらん, なりといへ, なり云々, なるが, なるに, なれど, にあり, にかかる, には非, にも著し, によりそれぞれ防禦, により寒中出入, にアンチウム市, にアーマー, にデモクラシー, に作品, に來, に出ず, に卓子, に土, に基づき, に多く, に市街, に従, に於い, に旅館, に樹木, に火光, に異存, に立つ, に落ち, に誰人, に開運寺, に非, に非ずし, のもの, のブレーントラスト, の一二, の人, の原理, の商人, の土砂等, の堤, の変事, の学, の家財調度, の寺院, の性靈集, の或, の木, の海, の澁峠, の米麦, の而, の鞄一個, はない, はみな, はよく, は先祖, は其思想, は分らなかった, は則, は后, は彼, は最, は月光水, は甚だ, は皆無, は目, は面白く, へ, へロイス, へ提灯片手, へ消え失せ, へ董荼奴以下, へ麦篩, もあり, も同じ, より覗け, を, をいう, をも歴訪, を不意, を以て既に, を以て花, を忘れなかった, を成さず, を探り得ん, を理解, を發表, を考え見れ, を聞く, を見せね, を見る, を詠めるなり, を語らで, を説明, を通航, 共に強烈, 及び巷間, 少き二人, 感じたる所, 我が山県公爵, 我が山縣公爵, 殆ど新

▼ たるその~ (190, 0.4%)

5 時の 2 つつましさ, わきに, 両眼, 価格の, 刹那に, 姿いとい, 家の, 態度, 美しきい, 趣は

1 [165件] あとに, うへに, うるさ, かたち, ことから, ことの, ことを, ころの, さま火箸の, すが, すがた, ただ中に, となえ今, のちは, のち恋し, めぐり夫, もとに, をり, デイクションも, 一つ一つに, 一人であった, 一例を, 一念の, 上に, 上にて, 下に, 下の, 中に, 中には, 中にも, 中の, 亀裂を, 事変の, 人において, 人も, 人事には, 人影は, 仕事場で, 位地を, 位置には, 余炎未だ, 信念の, 信用を, 側なる, 光景は, 全部の, 公園の, 処へ, 出処を, 刹那の, 功は, 功を, 功徳は, 功績は, 勇気を, 勢幾ど, 原因を, 友人の, 叔父と, 命を, 囚人は, 土地の, 境遇の, 士人を, 声が, 声の, 声は, 夜絳雪来り, 妻さばかり, 妻の, 姉さんを, 姿の, 姿態は, 威厳を, 婦人が, 婦人に, 嬉しさ, 子供を, 客の, 家に, 容に, 容体自分は, 小子ども, 帰途に, 平穏を, 幹に, 広場に, 座敷に, 廃滅の, 張飛が, 影は, 御者が, 心中の, 怠慢によるに, 所へ, 手の, 指に, 挙を, 新理論, 日は, 日より, 早さ, 明光を, 時も, 時衝立の, 景観を, 暗黙の, 最中に, 本源の, 様, 横町の, 次第は, 民衆は, 源を, 溜息, 片端に, 状ぞ, 状なりし, 状態恐し, 痕は, 盲人なら, 眉を, 真下に, 真心の, 眸凜, 眼光も, 瞬息に, 瞳は, 知慧と, 石の, 社会の, 神の, 禍は, 筋の, 精神的変化の, 結合ここに, 線の, 美しさ, 美しさいずれ, 腕を, 臼の, 苦衷苦節を, 言に, 誤りの, 議場へ, 赫々たる, 跡より, 道服と, 都より, 針ある, 隙より, 際に, 際には, 障壁から, 雲間からも, 青ざめた脣, 面恐し, 音声にも, 頃よ, 頬を, 飛沫, 驚駭は, 高い価格, 高き価格, 黒い煙

▼ たる~ (190, 0.4%)

6 海原の 3 榕樹の, 音響が

2 [17件] なる沼, 往生ぶりを, 恥辱を, 政治家なり, 智識の, 森林に, 殿堂が, 空洞の, 編隊, 自然の, 舞台の, 虚に, 醇と, 鏡に, 音響を, 魚を, 鯛の

1 [144件] さなる, なる書院, なる橋, の男, トランクその, 一座にて, 一統主義を, 丸髷今一人は, 予算に, 事業である, 伽籃の, 佛に, 佛を, 作家を, 公爵より, 内記唐橋在, 刀根岳は, 加美神社である, 加美神社を, 劫運は, 原因と, 原野である, 古墳群に, 名物と, 哲学者と, 地主もつとも, 坑に, 城下町である, 天使をも, 天守が, 天守の, 奈翁に対し, 奸と, 學生の, 宇宙の, 実業家と, 寝台が, 山祇神は, 岩山との, 岩石の, 巖石の, 平原へ, 年増は, 建築の, 弓道を, 弾丸すさまじく, 怪物が, 慈悲心にて, 懸崖, 戦果と, 戦果により, 才の, 掾を, 掾国香は, 散華を, 文章で, 日本興行協会の, 日輪は, 旦那を, 時期である, 景を, 會堂を, 木曽を, 森林が, 楓子油の, 槍は, 歩廊の, 殺人事件を, 毒薬という, 氣と, 水盤あり, 氷原で, 氷原に, 沸小沸ならびに, 洞も, 活機を, 海原を, 湖水の, 満月が, 溝渠, 火災に, 焚火を, 燈籠の, 爆発と, 爆音が, 牢獄の, 狸に, 理の, 理想は, 璽の, 瓦斯塊は, 皇帝の, 盃取り上げ, 石門をも, 砂丘に, 砂原で, 碓の, 祭礼の, 窓の, 竜王は, 筵席は, 精神が, 結社から, 絶壁を, 美術史を, 翼の, 老舗の, 聖人の, 腹に, 舞臺の, 芸術家に, 英国にも, 英雄を, 草原の, 著述である, 虎杖の, 虎神これを, 蜘蛛と, 蝦夷松が, 蟇一匹, 蟹を, 行燈小行燈に, 行者が, 西瓜の, 見識を以て, 規模の, 詩人は, 警鐘が, 豚の, 豫算に, 貴族の, 貴族は, 道路を, 都会の, 都會の, 金字塔でも, 鉱山であっ, 鎌を, 鏡こそ, 雷雨に, 雷雨の, 音響と共に, 音響に, 體の

▼ たる~ (188, 0.4%)

7 なり 3 の事, の心地 2 である, に於, は犯人, または天然, も心から, も母, やさしき手, を以て正さしく

1 [159件] いぶかしく怪しき事, その船, その葉蓬, であって, であつ, でなくては, と, といひ, となす, と神自身, なき今宵, なども私, ならぬ梅花, なりき, なりけれ, なれど, にあたり恐るべき, にあらず, にいかで, にお, において始め, にかわらぬ, にこそ浅, にし, にすら猶, にはその, には之, には乘客, には何人, には余, には僕, には兵道家, には幾度, には必ず, には窃, には竊, にもかの, にも満足, にわれ, に一朶, に下した, に之, に乗せたる, に二老翁, に兵馬, に在り, に始め, に己, に待つ, に朋輩勘十郎, に物, に生ずる, に産, に當, に美, に至り, に色, に草, に身神, に近頃, に鹿島灘, のこと, のごとし, のごまかし, のみは正真, の何時たる, の外, の如, の如き, の如く, の当惑さ, の往来, の心, の性, の愉快, の愛らし, の感慨, の慰藉, の我, の有様, の當惑さ, の盟主, の第, の脳髄, の賑さ, の遺書, の驚き, は, はおの, はこれ, はさすが, はすなわち, はぜひ, はその, はなく, はまだ, はやはり, はわれ, はボトロ, は一般, は一途, は互に, は何人, は何回, は余ら, は來, は前軍, は半ば, は右門, は各, は堕落, は外出, は夜, は実施案, は富, は小, は帝国, は帝國, は当人, は彼等, は心地爽, は我等, は手術, は捕, は既に, は早く, は是等, は朝, は来る, は枕足らず, は水, は熱, は目, は精神上, は著作者, は觀察上, は返礼, は食, までは何人, もありき, もありました, もあれ, もしや誠に足, もなく, も同じ, やや遠き, より既に, を思ひ出すべし, を閲し, 再言, 又は天然, 又は氣, 御近習, 或る, 最も自発的, 漕ぐ人, 這う子, 頻りに睡眠, 黒きもの

▼ たる~ (156, 0.3%)

4 は歌 3 なりき 2 すらも尚, にあらざれ, に非, は該犯罪者, 始めて

1 [139件] あらゆる童子, あらゆる限り, ありとある, ある屋敷, から絶えず, こなたに, ちこれ, ち再び, ち各組廻了, ち第, なお火, なお飽く, なりしを以て, なりし事, においてすら彼, においてた, にその, にて, にてた, にてただ, には今, には以前, には地, には我, には材, にやむを得ず, にカワラケ, にクロニオーン, にランスロット, に一人, に一昨日, に塵飆, に太祖, に川上, に形, に彼, に彼処, に後悔, に於い, に残せる, に熟考, に物, に真理, に纏ふゆゑにしか名, に脂肪, に腹, に自ら, に至り, に詠む, に起るべき, に身, のこの, のみならず, のコゼット, の事, の即興, の吾人, の彼女, の有様, の浜, の甲, の疲れ, の祭, の窓辺, の肖像畫, の良心, の苦しみ, の言, の話, の身, は, はすやすや, はその, はついに, はまた, はやや, は三世, は何, は何もの, は偶像, は全然, は再び, は口, は夕餉, は天下, は太き, は如何なる, は家内寂然, は巨燵, は常に, は張り, は我, は或は, は擬人法, は月延べ月延べ, は火中, は等しく, は精神, は胸一杯, は華燭の典, また蛙, までも痕迹, まで生存, もこの, もその, もなお, もなほ, も一, も先生来問, も吾人一片, も守られぬ, も尚書中, も清川, も清清し, も猶, も舊, も通弁その他, 一段と語気, 再び醒覚, 初めて海, 又た, 又室外, 又食卓, 各, 同十三日大纛, 同報告者, 好める学術, 尚ほ, 広海子爵, 或は一定, 既に思ひ, 更に原文, 更に墻, 最上段, 最早進ん, 柔らかき手, 漸く暴力革命主義, 猶ほ, 辞し帰りぬ

▼ たる~ (148, 0.3%)

5 れの, れは 2 が境遇, が自分, の父, の言, は今, もその, も此, をし

1 [122件] がいちいち, がアントアネット, が不, が如何なる, が工藝, が無関係, が腹心, が詩歌, が足蹴, が身世齟齬, が食指, としてはまさに, とは思えなかった, にこう, にし, にしばしば, にとっては一枚, にとつ, に取っ, に接し, に見, に計った, に賀正, の, のほう, の不利, の人格, の人間, の使命, の偉功, の偉業, の傍, の兄弟, の前, の半面, の卓見, の可, の名, の地位, の外, の妄執, の妻, の姿, の宿命, の少女, の廊, の役目, の恐怖心, の悲願, の敵国, の新居, の方, の極端, の武功, の武裝, の母, の母堂, の気色, の特質, の理不尽, の生存, の目, の目前, の真黒, の眼, の精神, の耳, の肩, の背, の胸, の言句, の説教, の譽, の貴重, の跫音, の運命, の酔, の長い, の阿, の面, の頭, の首, の馬十, はあなた, はからから, はここ, はこの, はどこ, はのち, はまず, はみずから, はグツ, はコゼット, はマルクス主義, は他人, は地下, は大, は學術其物, は実生活, は寝床, は師オリヴィエ, は平生, は弁才天女, は徳, は投機, は毎夜, は自分, は退屈しのぎ, は金銭, は飛ぶ, へむかっ, も今回, も正しい, よりも偉大, れが, れイリオン, れ先, をたがい, をも総立ち, を刺し殺し, を地牢, を馬鹿

▼ たるのみ~ (141, 0.3%)

10 ならず又 5 ならずまた

2 [19件] では, ならず仏教, ならず伯, ならず其の, ならず内, ならず同時に, ならず嚮, ならず推薦者たる侯, ならず更に, ならず直に, ならで, なり, なれば, 人の, 其一利一害の, 彼れ, 愛蘭尚書たるの, 是れ, 而も

1 [88件] いわゆる寡人政府, お吉, しかれども, その他は, それかと, だ, だった, であった, であったが, でなく亦, でなく併せて, でなく師, で平常, ならざるなり, ならず, ならずかく, ならずこの, ならずその, ならずそれ, ならずただちに, ならずひいては, ならずより, ならずトランスバール州, ならずロシア政府, ならず一家三族, ならず世, ならず世界, ならず主権在民, ならず僕, ならず光秀, ならず其生長, ならず動, ならず古木君, ならず図らずも, ならず士君子, ならず大, ならず天下, ならず帶方郡, ならず帷幄, ならず常, ならず従来, ならず復古的革命家自身, ならず徹底的, ならず性格, ならず意欲, ならず意識的語源論, ならず手, ならず是等, ならず時として, ならず法隆寺創建, ならず独り自由党, ならず獨, ならず王荊公, ならず眼, ならず種々, ならず絶妙, ならず自由党, ならず自由黨, ならず荻生徂徠論, ならず言, ならず身体健康, ならず連句, ならず遊廓内, ならず配偶者, ならん, なりき, なりけり, なりしが, なりしなり彼, なりしに, なりし故, なるに, なる存在, なれど, によつて, 但し海, 元より, 居士には, 彼が, 未だ朝鮮, 民選議院設立を, 然れ, 爾来諸君, 盖し, 考へて, 若し粋, 若し通性, 顔の

▼ たるを以て~ (130, 0.3%)

4 之れ

2 [22件] して, す, すと, なり彼輩, 乃ち一は, 任ず, 伯を, 侯の, 公の, 公は, 其内閣は, 内閣組織上の, 唯だ, 政治上に, 政治的新, 新内閣中彼, 是より, 甘むぜずして, 能く, 自己の, 閣下は, 非立憲的動作

1 [82件] これ幸い, すなわち今風, す依て, なり第, まさかに新, 一方ならず, 三十銭に, 之を, 二月二十一日日本學會に, 人口に, 今十四日午後六時出帆定期航路に, 今後は, 今皆之を, 仏公使館の, 余を, 僅に, 先陣として, 児輩の, 其の党首, 其の黨首, 其発表したる, 其發表したる, 其術を, 前後錯綜重複ある, 十分の欣栄と, 十分の欣榮と, 又, 同氏は, 名と, 吾は, 和歌慣用の, 喜んで, 嘉賞する, 嘗て同家, 四軒まで, 多く採る, 如何なる事, 宴會の, 小虫, 尚本年, 常に理性, 幕府の, 平常の, 平氏を, 彼家を, 後に, 思うに, 恨し, 損ずべければ, 支那にて, 数百疋の, 斯く言, 更に此趣意, 未開地の, 柳島の, 楽天の, 樽川の, 殆ん, 注意し, 浴室に, 海軍部内に, 深く知る, 満足し, 無限の, 爰に, 狭山課長が, 現在にては, 現在斯界の, 甘んじて, 生活する, 白色と, 知るべし, 第一, 終に重複, 誅する能わず爵, 調理し, 賞を, 辞を, 近寄る能わず, 逃亡し, 遠からず, 開校間際の

▼ たるこの~ (121, 0.2%)

2 国の, 塔の, 江漢が, 爵位を, 紅ゐ

1 [111件] ときつよに, ひとつの, まっ白な, めつき, わしの, キッカケにも, ハムムラビの, ヒマラヤ山中において, プロレタリヤは, 一事だけは, 上官某と, 中にて, 事件の, 事実は, 事業も, 人, 人さえ, 人にだけ, 人物が, 人物は, 仏林よ, 俺が, 俺の, 兄が, 光栄の, 写真ならずや, 処得右衛門大, 分業的工業は, 十五歳の, 問題の, 四国町の, 図の, 国民の, 土地の, 地は, 垂老の, 大偉人, 大数法則に, 大通りに, 奇特を, 奨励金を, 好運の, 娘を, 媼は, 季節の, 孤屋に, 宗時を, 小屋が, 小径は, 小都市, 屋敷から, 御方の, 心は, 急進論派は, 悪魔, 愚楽老人, 手をば, 手記も, 掴み挿しに, 数枚の, 文化院の, 日の, 時始め, 書斎を, 月見船は, 木の, 未知の, 果し状を, 樹下に, 正しき科学行動, 歴史的, 民衆の, 江漢も, 瀑布の, 照明の, 現象にも, 磯に, 神的愛に, 私は, 科学的エスプリは, 種の, 種類の, 者共を, 肉体の, 芋の, 謎の, 貨物の, 貴族主義的の, 身が, 身には, 身の, 身は, 身を, 返事が, 道に, 都会の, 閑かな日に, 陰陽町に, 雑色の, 離座敷に, 霊魂が, 青年の, 青年は, 非合理的なる, 面は, 革命の, 頃に, 頃の, 魂の, 鳥の, 鼻頭は

▼ たる姿~ (117, 0.2%)

3 です 2 だった, である, に, に驚きぬ, は誰, や東山, をみせ, を現, を眺めた, 不圖見

1 [94件] あり, いと珍, いと珍し, が最後, が見いだ, じゃ, だけだった, で, であった, であつ, でした, でしばらく, ではある, ではなかっ, で一つ一つ, で現われた, で理想, で逃げ帰っ, で馬車, となり, となりゆき, と心根, と清, なくし, などそこ, など話, なり, なれども, にあらずや, において日本的表現, にし, にてはたとい, にて中, にて妙念, にて小さい, になる, には一塵, に似ず, に接した, に歩み出, に見え, に較べ, に通路, のいかに, のなき, のま, の上, の東山, の見る, の金博士, はこの, はただ, はまさに, は其光, は同じ, は喩, は急ぎ, もわざと, やとか, よく見, をいま, をこの, をし, をそこ, をそのまま, をつくづく, をとつ, をもっ, を仰ぎ, を依然として, を写す, を呈し, を後, を怪しむ如く, を政治的見地, を有すれ, を沢辺, を玄関, を現し, を現した, を眼, を見, を見せ, を見せた, を見た, を見たる, を見る, を覚え, を該画工, を長谷, 不図, 優に氣, 見た者, 黄ばみし面

▼ たるとき~ (116, 0.2%)

7 はその 3 の嬉し 2 である, にその, は咄嗟, は家, は必ず, は忽ち, は目, 探りみて

1 [90件] あるいは酔後東西, およびチャールズ五世, およびペロポネソス, こそかの, その作, その妻, その家, であるという, と人々, ならびにフランス, においてはその, にこの, にさらさら, にし, には, にはよほど, には被, には風, に大学頭, に寒冷, に彗星, に戦没, に暦, に起こる, に限る, に鼻孔, のあり, のごとき, のごとし, のみ夢みる, の世界, の余, の年齢, の心, の慰謝料, の我喜, の状況, の用心, はいかなら, はおそらくは, はことごとく, はこれ, はこれぞ, はまた, はデルマ, は両度, は之, は他, は他人, は例外, は六月以下, は創, は十人組, は如何, は安価, は寺, は帰り, は平常, は庭陰, は強き, は御, は手, は撲殺, は日, は本器, は正に, は火, は発議者, は自ら, は骨, もある, もこれ, もまた, もやはり, も同, も得ざりし, も極, も醜き, より生ずる, わが側, 即ち心, 夢みざるは, 夢みるならば, 始めて, 始めて妥当, 始めて川, 或はこれ, 白い烏, 真に確実, 若くは

▼ たる資格~ (97, 0.2%)

5 がない, のない 4 を備 3 がある, を有する 2 はある, はない, は三つ, をもつ, を得る, を持たぬ, を持つ

1 [63件] あること, があった, があつ, さえない, として何, と共に其重要, なきもの, なき者, などは無い, において, においてであっ, においては同等, において影響, には影響, には高い, に加, に欠け, のある, のお方, の上, の中, の内, の所有者, の有無, の無い, はたとえば, はなくなっ, はもっと, は全く, は形式美, は過去, も当然, よりし, をもたないであろう, をもっ, をシャルル, を主張, を作る, を備え, を備えた, を充分, を具える, を具備, を十分, を喪失, を失い, を失いかけ, を失はなかつた, を失はね, を失ふ, を完全, を帯びない, を忘れ, を持つた, を文学, を有, を標示, を欠く, を毫も, を疑う, を要すべき, を要求, を証明

▼ たる~ (96, 0.2%)

7 の事 3 は日本 2 ならでは, はわれ

1 [82件] あくまで彼, かく観, からは一つ, と思い, ならざれば, なり, なれば, にその子劉, にては論語, にては骸, にて世, にて定めたる, にて成, にて打つ, にて持て, にて書くべき, にて未だ, にて活かし, にて申, にて神道, にて釣られ, にやつれ, に今一つ, に偃松, に冷然, に十人餘, に大, に富士, に年ふり, に従来, に手, に斬殺, に於, に書き方子供, に某, に毛布, に稲妻, に膝, に血, の方, の話, の間, はおのおの, はかよわき, はたとえ, はわれわれ, は一人, は三千世界, は世, は之, は人, は人間一生, は俎板, は公, は其事実, は匡衡, は同時に, は君, は土州, は外出, は夫婦, は好し, は婦人, は学術, は家, は家改易, は尋常, は必ず, は政所, は是非, は決して, は直ちに, は習慣性, は許し, へ火鉢, みだりに師範生, よき方, を圧し, を花やか, を踏め, 猶お, 翌十四日朝廷

▼ たる~ (94, 0.2%)

3 車夫は 2 あるいは前, なし, もしくは発狂, カサ頭宿昔青雲の, 將た, 平常の, 蕪村は

1 [77件] あるいは数十年役義, あるいは武芸人, いずれにも, おお人, けさは, ことし, これを, これ大に, さらぬは, その資望, そもそもその, それとも蛇命, たとい信ぜざる, とう, と凄, どうか, はいふまでも, はたしてしから, ひこの, もし判ったなら, よしや我身, わが首, ァた, エヽ腹立し, 一つは, 一斉に, 下人は, 乱心したる, 今において, 今日に, 今更に, 何事も, 兆民居士世を, 又或は猶, 否か, 否らざれ, 天に, 女たる, 如く實際上左, 如く注意, 如何に歩, 将た, 彼我に, 徐晃, 怪しき汚染, 我は, 或は反対, 或ひ, 抑も, 文学世に, 明かに, 是等の, 暑気の, 曰く否, 曰く然, 未だ詳, 案に, 横笛が, 櫂を, 歳も, 殺されたるか, 水戸派と, 爾なく, 知らず, 知らず地図, 知れたこつちや, 終に帰り来らざる, 終に歸, 縦令信ぜざる, 聖尋, 色朱の, 茶番の, 蛇蛙共に, 覚めたるか, 覚めて, 身動きも, 闇中の

▼ たる~ (94, 0.2%)

2 から一条, から新, で, に, に咳唾珠, より半天

1 [82件] から又, である, でも梶派一刀流, で乱舞, で亂舞, で母, なればとて, にあっ, にあらゆる, にある, にうつり, にかく, には必ず, には黒く, にふと, にもなにか, にもの, にもロセツ, によく, によろず, にツウ, に一同万歳, に一箇, に一羽, に二郎, に仏国公使, に倒れ, に先, に光明赫灼, に兩眼, に六七, に別, に半ば裸, に各, に唯, に大, に女, に如何なる, に委し, に家, に屹然, に帝冠, に年, に彼, に時, に本所, に柘榴, に煙っ, に煙草盆, に瓦斯竈三基, に異形, に立っ, に自分, に花崗岩, に虎杖, に酔客, に類想, に高く, のた, の一人, の年, へこれ, へ坐り直し, へ突然, へ紗, より奮発, より爆然, をば飛び, をグルグル, をタイプライター, を一通り, を人知れず, を出で, を押分け, を衣手, を鴉一羽葉, ノ大兄, 山王と, 山王徐達の, 流民が, 老人が, 臣寿詞は

▼ たる~ (90, 0.2%)

137 きは 3 き事, き女, き者, き運命 2 きを, きを以て, き傾向, き意義, き貴族, く其の, く則, しさりながら, し此

1 [40件] きこと, きの由仰出さる, きの由相州大官令等諷詞を, きも, きもの, きものと, きもの盖しなき, き人, き内面的鬪爭, き女神, き山, き担保, き日章旗, き箸墓説話, く, く中空, く候, く其骨, く其髪, く支那神話, く歴史的源泉, く殊に, く殺生石, く比較神話学, く睫毛, く粗茶進上仕度候, く要求, く随つて立憲政友会, く隨つて立憲政友會, く題して, しと, し一人, し多, し多数政治, し政党, し政黨, 惜その, 知的なる, 笑き, 能力の

▼ たるかを~ (89, 0.2%)

3 知るに 2 知らず, 知らずに, 知る能はず, 能く, 見よ, 見よ如何, 見よ斯く, 見よ曰く趣旨綱領中大臣輔弼, 識らない, 識覚せざる

1 [66件] まだ認識, まちがいなく, まづ, よく諒解, 充分に, 先ず批判, 全く知らず, 全然説明, 問ひたらまし, 察すべし, 思想し続け, 推論すべき, 木彫の, 檢査し, 水彩画の, 汝らに, 熟知し, 現は, 理解し得ない, 疑は, 疑ひぬ, 知って, 知つたなら, 知らざるもの, 知らずして, 知らずと, 知らない, 知らないから, 知らないなら私, 知らないバカ者, 知らぬから, 知らぬので, 知らんこと, 知らんと, 知りたいと, 知りぬいて, 知り更に, 知ること, 知るまいもし, 知れり, 知ろうと, 示す, 究めず唯, 端知せ, 考察し, 自ら知る, 自ら覚えざる, 見ずやと, 見そ, 見たる後, 見ば, 見ること, 見ん, 見定めようと, 覚えたり, 解しなかつた, 解し優れた作品, 解せぬ始末, 解せぬ村人たち, 記憶せざるなり, 記臆せよ, 証するもの, 説明する, 調べて, 識らね, 述べて

▼ たるやう~ (89, 0.2%)

43 なり, なりき, に折返し 2 なもの, なりしも次第に, な気, に考へぬ, に聞, の人, の惘れ, の月

1 [60件] でいきまへん, なりし, なりと, なるを, なる多聞博通, なる子供, なる心地, なる月, なる縁, なる者鰭, な學校, な帝舜, な氣, な氣持, な男, にありたし, にお, にし, にてげに, にて庭樹, にて振舞, にて深き, にて逸れ, になつ, にもてなし, に一面, に再び, に呼吸, に富士見西, に彼, に思はる, に打, に朱, に梳り, に満枝, に照り耀, に物, に白き, に白く, に立つ, に腹突出, に落墨, に見え, に覚え, に覚束, に身, に遅疑, に鎭まり, に長く, に間, に飽くまで, に飾竹, の形, の影, の心地, の思ひありき, の柱時計, の笑, の鈍き, 思はる

▼ たる~ (88, 0.2%)

2 であったか, に判る, の姿, の広い, を知らず

1 [78件] があなた, がともかく, が与へた, が如何, が居ない, が改めて, が知つて, が積年, が貴方, だつた, ではない, といえ, に, においてもそれだけ, にこの, にさえも蘇っ, にとってきわめて, にとってはかえって, には, にはよろこばしい, には一種, には一言, には僅か, には格別, に主婦, に内証, に向っ, に実に, に対してはことに, に朝, に法王殿下, に過ぎ, のひそか, の一生, の両, の力, の友人, の唯一, の天職, の帰来, の幸福, の当然, の心, の忠告, の性格, の意見, の感情, の感覺圖, の探偵小説, の為, の生家, の真意, の神殿, の立場, の義兄, の見聞, の講演, の豫想外, の雷観, は, はいくらか, はしばらく, はどうしても, はどうも, はキヨトン, はヤイ夢声ヤイ夢声, は平気以上, は明治, は生家, は若干, も多少, を信頼, を炉端, を見いだした, 即ち島浦英三, 如き一, 快無上, 駆け向

▼ たる事実~ (85, 0.2%)

4 の知識 3 である, を記憶 2 あれば, であった, であります, に拠り, に相違, を思い出ずる

1 [63件] あり, ありしは, ありや, ありやと, から受ける, が動かぬ, が文学者自身, が日英両国, が重々しく, だったの, であり之, です, として同胞, と九州, と暗合, ならびに考証, なり, について看取, に対して何物, のやう, の中, の根源, の発生, の輪廓, はあたかも, はこの, はない, は一点, は保証, は全部嘘, は再三, は実に, は少しく, は尽く, は左, は本人, は独り我輩内国人, もない, よ, より見れ, を任意, を増補, を官吏はつ, を忘れ, を抹殺, を果して, を正式, を無視, を知った, を知つた後, を知ら, を示し, を示す, を表示, を裏書, を記す, を証明, を詳, を認めざる, を諸君, を軽蔑, を述べよう, を鋭利

▼ たる~ (84, 0.2%)

2 もては, もひ, 浪早く, 通の, 通は, 静は

1 [72件] くみは, さとしで, さびしき様子, たが, とぎ女, はさみ箱が, ひとを, ほいへ, もてを, もなる, りくに, 人か, 人が, 使いに, 八重さんという, 前方である, 勢いも, 嘆きは, 国が, 國源次郎に, 園には, 城の, 堂で, 声にて, 天気師の, 奉行が, 妙を, 峯が, 峰が, 役人の, 役目上神前の, 心がけそりゃ, 志も, 志を, 悪癖であろう, 手のうちいざ, 手紙と, 春の, 望みを, 杉は, 檀家の, 汝らが, 濠端の, 熊は, 生命を, 登和嬢が, 登和嬢は, 登和嬢を, 能らしい, 艶今しも, 菊さんだの, 葉の, 藤を, 西お, 諭し, 貞よりも, 賄頭が, 身らが, 身を, 辰め汝も, 辰気高き, 辰白き, 迅さ, 迎いの, 近が, 道具の, 銀様が, 附添の, 雪の, 静の, 顔色だ, 駒と

▼ たる人々~ (83, 0.2%)

2 が廃藩置県直後, なるべし, の正, の間, を石

1 [73件] がいた, がかく, が一度目, が天, が逃走, が集まっ, さえ様々, つまり精神, であるかと, であろうと, とか常に, と反, と同じ, と接する, と自任, なり, なれば, にたいする偉人, にのみ触れ, にも会うた, にも會うた, に交わり, に別れ, に名, に対する需要, に推し倒されぬ, に支出, に新, に皇僕, のあ, のうち, のこ, のそこここ, のため, のよし, の仲間, の作, の動かし, の待て, の性格餘, の有する, の生命呪, の異教, の色身, の顔, はその, はただ, はなん, はみな神, はもとより, は一同, は共通, は勿論苟も, は学術上, は官能, は徒ら, は悉く, は有期流刑, は概して, は窓, は船, へだれ, もその, や実際, よ君たち, を, をあわれむ, を抱擁, を見よ, を見捨て, を通じて真理, を顧み, 皆立ち

▼ たるには~ (82, 0.2%)

5 あらずやと 4 あらず 3 あらざるか, あらずや, 相違ない, 非ず 2 あらざりき, あらざるかと, あらでむしろ, あらねども, 十分の, 寧ろ余, 非ざりし

1 [47件] あまりに多く, あまりに鋭き, あらざるべき沈魚落雁, あらざるべし, あらずかくして, あらずそも天地, あらずと, あらずやといふ, あらずやとおも, あらで, あらでその, あらで短め, あらねど, おぼつかなく三河一色, まず次ぎ, もとより同列, 一層驚かざる, 乍我身ほとんど, 似ず緑, 余りに執着心, 余りに芸術家, 十分だ, 及ばず, 右の, 小さ過ぎる, 年始に, 引換へて, 当たったが, 恥ぢなかつた, 最も適当, 最も適當, 泰助も, 炎熱と, 無之, 男なら, 相違ご, 相違な, 至らざりき, 道成寺に, 違いない, 違いなかった, 遠いと, 適する體質, 適せぬ, 非ざれ, 非る, 餘り

▼ たる~ (82, 0.2%)

5 あり 2 あれば, なり, にし, によれ, に礫, の道

1 [65件] ありて, あるに, いとめづら, いよいよ俗, から左, から独り窃, が却つて敵, が少い, この界隈, だった, では吾国, と思う, なきは, なしさ, などはさびしく, なるが, なるべし, なるや, なれば, なれバ, にあり, にありき, にては唯, にて其夫, にて向い, にて図らず, にて採り, には晴れたる, にひろびろ, にトリエント産, に一匹, に候, に在る, に山畠, に座, に彼六人, に横臥, に海, に真, に真砂路, に非難, に飛泉, に鼻, のある, の訳, はお, はかえって, はこの, は今, は取, は取得, は御茶の水, また別種, もこれ, を人, を形容, を得, を画, を知らずし, を示し, を見せびらかし, を詠む, 両女, 多かりし, 誠にひやかし

▼ たる~ (82, 0.2%)

3 の不幸, の不貞腐れ 2 こそ安けれ, なれども, のお, をもっ, を持ち

1 [66件] がうかうか, がかり, がこの, が何, が心易げ, でありながら, であるから, ですから, で句, で夫, としては懐旧, とやお, とや思ふ, と心, なれば, に, にかなし, にこそありけれ, につき, にてなほ病がち, には偶然, に泌, の, のいのち, のこなしよう, のしろなり, のた, のよろづ物珍, の一人書斎, の一時間内, の一足, の今日, の如何, の姿, の宿業, の常に, の憂, の果て, の果報, の構, の構え, の生甲斐, の経験, の責任, はさりげ, は止まる, ほど心, まさかに此村, も, も世, も亦, よりいづる, をかき抱き, をもつ, をもわすれぬ, を以て自ら, を休めぬ, を始, を寄せ, を暢, を横, を深, を脇息, を貴し, 住む地処, 住む地處

▼ たる~ (79, 0.2%)

3 に形相, の色, を輝かし 2 の前, をもっ

1 [66件] いろに, か, がちょッ, くばりのみ, ざしには, ざしを, して, であらぬ, でマジマジ, で兵馬, で武兵衛, で見入った, と厳然たる, と物, にて私, には人, には何となく, には彼, に思慕, に映る, に目科, のほほ笑むごとき, のほほ笑む如き, の光, の戸惑, の無事, の睫毛, の龍, はうつろ, は七万石, は何, は怖, は開く, は顧みず, ばかりキョロキョロ, や口, より乱, を, をあげ, をくばっ, をくばり, をし, をとぎすまし, をひらき, をひらけ, をもつ, をもて, をジロリ, を以て蛙, を以て遠く, を以て避けし, を伏せ, を光らかし, を向け, を少年, を忽ち, を持つ, を据え, を睨む, を睨反, を袖, を見た, を見開かし, を転じ, を輝かした, を輝かせ

▼ たる~ (75, 0.2%)

43 して 2 せしが, であった, である, の幽, は皆

1 [58件] ありて, いと細く, かそれ, が, がした, が澄ん, が聞え, が聞こえ, が響く, ぞすずしき, だ, であえて, でうたい, でこう, でこんな, でした, でなみいる, でもあった, で一言, で天, で老, で言, で言っ, ときわめて, と茶目, にてわれ, にて謂えり, にとりまかれ, にはあらざりき, に交っ, に力, のいとど, のする, の羨し, は独逸, は耳, もうるさい, もかなしき, もて呻き念じ辛, や怒る, をあげ, をきく, をし, をもて, を出し, を出す, を励, を官兵衛, を張上げ, を放ち, を放っ, を曇らし, を背後, 低く眼, 張り上げて, 張上げ, 振りたてて, 鋭く

▼ たる~ (75, 0.2%)

3 や自己沈潛 2 となり, なきから, なるべし, のとなり, の持主, は樂, をいだい, をもっ, を懐い

1 [54件] ありげ, ありて, ありや, がしみじみ, が身, ざし大地, しましなごみぬ, ぞも, である, でなく真面目, と, とは同じ, と告げ, と王陽明, と自己沈潛, と若き, なりかの, にかあらむ, には協はず, には悪口, には此不滿, には馬耳, にもあらず, に揺めく, に気づく, の一面, の中, の傷, の内, の力も, の叫び, の垢, の寂寥, の影, の旅びとなり, の波, の臟, の飽満, はいかなら, はつゆ, は幾分, は起らざる, もいつ, もそれ, も解け, をはたらかせ, をば呼び起す, をもつ, をも悲しく, を以て読んだ, を抱き, を持っ, を解脱, 辛う我

▼ たるまま~ (74, 0.2%)

2 にてえ, に直立

1 [70件] ある人, あわただしく千鶴子, かの学者, この老, しばし皆無言, その方, その瞳, だったが, であった, である, でこれ, で何, で敢, とりとめも, なるが, にその, にてありき, にていう, にて出入, にて地下, にて往き, にて捨て置きぬ, にて桟橋, にて標縄, にて答, にて豊頃, にて迷う, にて鍋一つ, になし置き, にやをら手, に一人前, に二十日, に動かず, に受取らで, に声, に姿, に宮, に心得べし, に息絶ゆ, に横, に横ぎりて爺, に残っ, に突然, に臥し, に身, に雑草, のひ, の趣, はや正, まおもて, もはや呼び返へす, ようやく席, わづか, を, を夏枕, を妻君, を書き, を紹介, を肯定, 久しく帰り来さりしか, 何とも答えず, 又もやそっと縁, 取り込むこと, 同下宿, 帰らずとの, 帰り来たらず, 続いて, 謡い出し山伏舞, 迎えも, 閉めむともせで

▼ たるより~ (72, 0.1%)

2 して, 俄に, 發した

1 [66件] いかでこれ, かれこれ自分, くしろまで, この二神号, この深更, さらに画工, し殺したる, そこを, ついにここ, なつかしき雛罌粟, なほ惡き, ならむと, ほかの, もしやと, アジアで, 一層美術家, 乃ち妾を, 久々ぶりに, 之を, 二十日以来張詰めし, 今日は, 以上の, 以来最後の, 余を, 來り, 來れり, 其の身, 勝れり, 古く武装, 古の, 同寺, 名付たるなり, 外は, 外仕方が, 大騒ぎと, 山羊と, 故意にか, 数日を, 既に百余年, 既に百餘年, 来り第, 来れり, 横暴日に, 死者の, 殿様役者として, 毳, 気狂ひとなりたる, 流転現象開始さる, 渠は, 湧き出でたり, 激しき燃焼, 生じたる一種, 生ずるの, 神經の, 自殺の, 自然他の, 覚むるを, 謬った, 警官が, 起こる誤解, 起りたる者, 露われに, 静かなり, 顕わ, 騒ぎは, 麓に

▼ たる人間~ (70, 0.1%)

3 たり 2 が, の中, の行為, を虚無

1 [59件] がいかに, がいる, がお, がすでに, がそうむざむざ, がどうして, が休息, が何れ, が入っ, が睡眠後, が遠く, が鉄砲, が鳥類, すなわち原型, であって, であるぞ, であるという, として交わる, として観察, との関係, と人間, と共に頑是, と妥協, なること, にあっ, にし, についてのこと, にとってはバイブル, にとつて, になる, にもこの, にもなかなか, に変っ, に対する情操, の不死, の信仰, の像, の利己主義, の名, の喜劇, の如く, の姿, の子孫たち, の寫眞, の心理, の性情, の正しい, の社会, の表現, の集団, の面貌, の頭脳, の骸骨, はそれ, は則, は天, は有限, を護り, 及び人生

▼ たる~ (70, 0.1%)

3 の身, の顔 2 だから, なり, にあらね, の声

1 [56件] あり, かな, があろう, が並ん, が其夜, が洗濯, が男, が良人, こそ憎く, しか描けない, だったの, つと来, でもそんな, ということ, ともいふべし, と恋, なりけり, なりし, なり役目, に, にて我が, に呼び止められ, のうめき, のただ一人夫, のほそき, の一念, の世, の側, の像, の前髪切り, の姿, の復讐, の懐中, の殘忍, の泣声, の父, の物言ひざ, の真実, の箭, の絵, の走り, の頬, の顏, の風姿, は二十歳, は同じ, は蜀道, や若衆, よろよろと, を思わせる, を悪魔, を抱, を抱え起し, を石, を置い, を見る

▼ たる~ (69, 0.1%)

5 なれば 2 が二つ, も有れ, も死したる, を排斥

1 [56件] ありそれ, かとの疑問, か想像上, が差し當, が水, が犬, が薄墨, であること, で先刻, とて父安房守譲り, と前後, と思はるるなり, と掘, と空虚, と見, なし, なしと, なりと, にし, に一つ, に入れ, の中, の囁き, の美し, の芽, の足もと, の音響, の響, は何まれ心, は寄生菌, は年内, は抑何ぞ, は無常, は男子, は苦, をとらん, をま, をもかた, を傍ら, を善, を拾, を河童, を生かす, を發, を脱, を見る, を認め, を食らい, 取ると, 多くあり, 悉くわが, 有り, 有る事, 正に是, 狂わしい欲望, 遠き処

▼ たる自分~ (69, 0.1%)

2 が文学, が茫然, の父, の立場, の胸

1 [59件] からそんなふうに, が今, が孫, が彼, が殺した, が没収, が英国, その首, とが対等, としても殊に, とは遠縁, にそれ, にとってどうも, にとって到底, にのみあり, にまかせ, に対する一応, のうち, のこの, の不名誉, の不才, の作者, の使命, の功蹟, の姿, の娘, の存在, の家, の尽力, の幼稚, の後, の心, の意志, の気持ち, の氣持ち, の状態, の生涯, の肖像, の舞台, の落度, の要求, の身, の軍服, の運命, の道徳, の面目, の魂, は天, は小道具, は此, も持つ, も歴史, も老い, をつ, を恥, を持, を生かしはじめた, を発見, を階級

▼ たる~ (68, 0.1%)

4 声にて 3 問に 2 廚子の, 由緒あり, 辺の, 馬印を

1 [53件] 一生の, 不自由さか, 先君の, 処分な降されね, 勅諭までさかの, 勘弁料差上げ申しまする, 勝手御, 口調で, 口調でございました, 品格を, 声は, 姫様たらしめたる, 姫様床の間に, 姿は, 姿を, 客なら, 家老では, 屋形と, 心ざまにて, 心細さ, 恩は, 悲歎の, 態度を, 手とり走る, 政道が, 書面また, 望, 様子であった, 決裁も, 灯明皿である, 燈明の, 眼力, 綱栢は, 耳を, 聖旨に, 職務からも, 自信であった, 自負と, 花見と, 苦勞加減は, 裁断は, 言葉なり, 言葉なれ, 話し委細申上, 警固御苦労に, 趣意にて, 趣意の, 辺は, 連中も, 遠慮の, 陣中の, 隠家様, 面目を

▼ たる結果~ (67, 0.1%)

8 に外 2 その心霊的空気, なり, にほかならず, にも非ずし, のみ, は左, は殆ど, も多

1 [43件] が出, が大, が如何なる, この事件, この方面, ついに二元, である, であろう, であろうという, でなく温情的, としてまず, として何人, として同日午後, として女王國, として歡喜, として精神, として自然, とす, とはいえ, とは云え, と見る, なりけむ, なるべきか, なるべし, なれども, にあらずし, においてまったく, についてその, によれ, は万般, は五十八万方マイル, は内部生命, は萬般, やむなく口外, を人間, を伴った, を招く, を総合しきたり, を見せ, を見れ, 同町内青柳某, 或秘密, 起したるこの

▼ たる~ (65, 0.1%)

2 冊子である, 堂の, 灌木半ば枯れたる, 草の

1 [57件] き龕, みちを, ハムレットも, 丘に, 争闘殊に, 事件とのみは, 兒まで, 兒を, 六の, 冊子あり, 冊子が, 冊子だ, 冊子も, 冊子を, 冊子紙質が, 利根川畔一帶の, 刺, 喀血, 地震が, 學教員に, 寺院中にて, 尼公なりき, 庭に, 徑を, 感情の, 戦闘が, 提灯, 文吾が, 断欠を, 時期である, 柱に, 法師は, 浅間の, 猫の, 猿が, 球, 盆地の, 範圍だけにしか, 籠を, 精神が, 紀行が, 花の, 草, 草に, 袿を, 製造家小, 親の, 親も, 資本家小, 赤壁亭が, 足にて, 都市の, 都邑なり, 銅像の, 雑誌の, 鬼大, 鰺うる

▼ たる~ (64, 0.1%)

3 あり, の上 2 あまた, の側, をいかで

1 [52件] うつくし春, かはゆし, が毎月, が緑, が羽織袴, が腰かけ, すこし長, だった, つ振り, であったが, であるから, でもなく, で下積み, で風流気, と女, と添う, なり, なること, なるべし, なれば, なん, に, にありけり, にても嬉しき, に送られ, のあと小走り, のヴァイオリン, の位, の児, の力, の姿, の手, の白き, の真只中, の精神, の袂, の言, の記憶, の顔, の髪, はあたり, はこなた, は折々, は杖, は鰹節, また出, よ, を一人随, を寛, を見し, 及び行人二三, 現れて

▼ たる態度~ (62, 0.1%)

6 をもっ 2 であったと, である

1 [52件] で, であった, でいる, ですね, でそうして, でそんな, でちょっと, ではない, でサーベル, でトイレット, で出, で半身, で同室, で噴水, で墨, で巌角, で手, で理路, で私たち, で立去りたる, で興亡, で遣っ, で飛び込ん, とか毅然たる, と考へる, にて土, には一種, に七分の同感, に圧倒, に壓倒, に帰っ, に接した, のうち, の歌, の裡, は依然として, は威, は怪しむべき, は意氣甚, もいくらか, をつづける, をとっ, をもつ, を以てこれ, を取っ, を取り戻し, を少し, を示し, を示す, を續けた, を装, を見せる

▼ たるゆえん~ (61, 0.1%)

12 なり 7 のもの 3 である 2 なの

1 [37件] かは知らざれ, かも知れない, かも知れません, だ, だったの, であって, であり世の中, であるが, であろう, ですが, ではある, でもある, と申せ, なれども, にし, に至り, のよう, の目的, の要素, はある, はただ, はまったく, は人類, は単に, は明らか, は楽しみ, は色, またこれ, もしくはまさに, もみな, もわが, をお, を明らか, を知るべきだ, を考, を考え, を説き示す

▼ たるわが~ (61, 0.1%)

3 顔を 2 思, 手には, 母君の, 肉の, 胸絞らるる, 頬に, 顔は

1 [44件] こころ, こころの, 三軍の, 円ら眼に, 劉予州の, 友の, 友僚の, 叔父の, 君が, 哀傷の, 哲学界に, 喜はいふも, 喜びの, 在野の, 声は, 大潜水艦隊, 天地なる, 姿つくづく, 導者に, 心かな, 心の, 忠良なる, 思出を, 性のうすら, 手に, 手を, 手亦, 故に, 日本には, 日本の, 歌にて, 流寓の, 父の, 盾を, 箪笥, 罪を, 藩においては, 身なり, 邦の, 露伴先生だ, 青楓眼前に, 顔をば, 願, 馬手なれ

▼ たる~ (61, 0.1%)

7 を放っ, を放つ

1 [47件] があった, があつ, が橋上, が洩れ出す, が還, であり他, ではなく, とが入り交じっ, に, にみちた, に住む, に包まれ, に対して白く, に満ちた, に眩惑, に飛ぶ, のせい, のそこ, のもと, の下, の割合, の国, の塊, の残れる, の穂末, の綾, の裏, はその, はどこ, は寒気, は様子, は真如, は絶えず, をあたえる, をひそめ, を交え, を受けとる, を地上, を失わないであろう, を射出, を帯び, を庭中, を投げかける, を放し, を水, を洩し, を纏う

▼ たる~ (59, 0.1%)

2 なり, なりき, には返り, に映じ, のくれぐれ, の光, は

1 [45件] かな, がこの, が参りました, が来た, しるす, でありましたろう, とは趣き, と異ならざりき, なれば, に, にあう, には一文, には九千九百九十九円, には四方, にも島, に称, に美しい, に遥か, に際して用, のあした, の光くま, の光オーケアノス, の午後三時頃, の夕暮, の如く, の如く網, の幾日, の所, の温気, の空氣, の通行, の食事, はなかっ, は川上, は時雨, は晩, は椅子, まで君, もありき, より病気, をた, を吟詠, を送っ, を首, 遠く外洋

▼ たる有様~ (59, 0.1%)

5 である 3 だ, であった 2 だつた, です, を呈し

1 [42件] が一, が忍ばれる, こそ怪しけれ, だと, であつ, でありました, であるから, でした, で暮し, で真, という以外, となった, などに接する, なのよ, なり, なるを以て, にありし, にある, におどろいた, にたじろぎます, にてその, にてわれわれ, にて老いたる, に御座候, に胸, に野口, のなか, はさながら, はただ, は却つて絶筆, は抑, は磯之丞, は遠く, を人, を叙, を呈した, を呈する, を嘆いた, を想見, を見, を訴, 実に目

▼ たる以上~ (56, 0.1%)

2 はせめて, は人倫, は唯, は我, は賽の目

1 [46件] いかにお, お花, その名, その善後策, それだけの, たかがスポーツ, に主我的, に歴史家, の煩悶, は, はいかなる, はいかに, はこれ, はぜひとも, はまず, はもがい, はカルカッタ, は万有, は下総, は九州内地, は五官, は何一つ, は公使, は其素性, は再び, は努め, は却つて名譽, は吾人, は外夷, は宗教, は御存じ, は心, は懷疑説, は我事, は政党, は政黨, は時々刻々, は最早, は正義人道, は皆誰, は神話学, は精神, は考, は農商, また自家, 入れぬという

▼ たる~ (56, 0.1%)

3 の色, の音 2 とを有する, の面

1 [46件] が人形, が夜目, が欲しい, が流れ, が空, である, で南北, で魂, といいましょう, となり, と空骸, に李, に浮かべ, に縁, に身, のうえ, のしづかさ, のながれ, のほか人, の上, の世界, の中, の味わい, の如し, の底, の暗, の果て, の流れ, の辺, はやむなく, は宛がら一, は海, は淀ん, は潮, は白蓮, へただよい出した, また水, も霞み, よ, をたたえた, を又, を換, を池, を湛え, を飮, 温む

▼ たる~ (55, 0.1%)

2 にて祝福, をゆる, を唇, を洗

1 [47件] あり, あり嫁ぎたる女, うちはらひて, して, でいたずら, ともにわれわれ, とを挙げざるなりき, にだに觸, にて飜, には女, に力, に捧げ来り, に瞼, の中, の入る, の屆, はいざり落ち, はその, は白く, は遂に, もて今や, もて曳く, もて頬, をさしのべ, をはたと, をば放さで, をみる, をもっ, をもつ, をわりなく, を差出し, を引き, を引放たん, を払, を振りほどい, を捧げ奉る, を握り, を放す, を放ち, を止め, を泥鉢, を温めん, を留め, を緊, を翻, 取るに, 錬

▼ たるにも~ (54, 0.1%)

4 かかわらずその 2 あらず, あらん, 似ず俳句, 由る可, 譬へ, 関らず

1 [38件] あらずこの, あらず困じたるにも, あらねど, かかわらずかの, かかわらずそれ, かかわらずついに, かかわらず上下, かかわらず不思議, かかわらず何ゆえ生活必要品, かかわらず俗物連中, かかわらず十数回, かかわらず哲学, かかわらず痛く, せよ, せよ一変, せよ三河武士, せよ正保以前, その飛馬全身, またちゃんと, 係はらず, 係わらず内心, 勝れる価, 勝れる心地, 因るべければ, 増して, 我折つた, 拘はらず我, 拘らずその後, 拘らず国民, 拘らず未だ, 拘らず楽壇, 拘らず清國, 拘らで, 拘わらず其規定, 近い状態, 關はらず, 非ざる中間, 類すべく朝湯

▼ たるよう~ (52, 0.1%)

2

1 [50件] すで夕方, だが, でいまだ決して, でも, なもの, なりき, なる縁, な一働き, な代物, な南天, な笑い方, にきめこん, にし, にその, にて昇降, になった, になり, に亢奮, に分りたる, に和漢, に啼, に四つ, に変じた, に如実, に微, に思いし, に思わる, に感ぜり, に我身, に気, に浪子, に玻璃窓, に知らせ, に窈然, に考, に考え, に聞ゆ, に聞取られ, に色, に見, に見え, に見えし, に見ゆる, に見ゆれ, に覚え, に親, に言う, に顔, の事, 覚えつつ

▼ たる~ (52, 0.1%)

5 をし 4 して 3 をした 2 こなたへ, をさらに

1 [36件] いろを, から憤然, でしかない, でそっと, で茶, とはこの, と共に前, ならん, なり, にか, にかかれる, には木の間, に移行, に笑, のさま, のなか, のま, のみにて善悪, の半, の所有者, の白き白き, の色, はこの, はすれ, は大理石脈, は措き, は非常, も無し, も街, を上げ, を伏せ, を装っ, を面白, 夢見るよう, 見合せて, 附きを

▼ たるため~ (51, 0.1%)

3 なり 2 に, にその, に船

1 [42件] いよいよもっ, しなく平民, しもなし, その人, であった, とし, ならじ, ならじ好, なりと, なるべし, にかえって, にし, ににわかに, にはあらずし, にはさらにもう, には作者, には必ず, には血なまぐさい, には観照, にまた, にやや, にや咀嚼, にや通例社会主義, に三十五万弗, に九日, に人間, に外美術品, に幻覚, に日曜島, に日本, に橋台, に漁夫, に父母, に疫病流行, に白く, に目的地, に自分, に蚊軍, の条件, わがを, 我が軍, 遂に何等得る

▼ たる~ (50, 0.1%)

2 をもて, を以て例年, を以て反, を以て毫も, を以て直に, 面白く被

1 [38件] きっと叱り懲らしましたる, この句, その男, その祟, とせん, ならめ, なり, にし, の名, ぱちぱちと, を以て僅, を以て始終, を以て年, を以て幸徳拘引後種々, を以て我が, を以て賞, を以て金, を詰りぬ, トロイアの, ハ一昨日薩州村田新八山口の, 中村弥左衛門君に, 乾くにつれて, 人を, 伴藏は, 再三古木君, 大当りと, 夫人は, 屍体を, 差し控えて, 斬り捨てましたる次第, 月並調らしく見ゆれ, 猟師これを, 胡孫と, 迷わず進む, 途中で, 陸奥伯の, 陸奧伯の, 雪に

▼ たる~ (50, 0.1%)

2 の乳房, は其儘俊吉, を見出し

1 [44件] があった, があり, が不憫, が病氣, さえ直ぐ, であつ, である, とみえ, と若い, にちがい, にもの, にもよく, に彼, に朝夕, の声, の如く, の如し, の懐かし, の懷, の肩, の胎, の膝下さび, の言葉, はうろうろ, はさすが, はその, はどんなに, はなほ, はまず, は何時の間に, は如何, は密, は山木, は巣, は此時, は目, は貧しい, への気兼ね, へ還ろう, よ, よどうか, をお, をのこし, を慰めたい

▼ たる~ (49, 0.1%)

3 を内 2 と僕, に詫, はそれ, よ知らなけれ, を

1 [36件] がかど, がかなしき, が仕事, が勘定, が大, が情, が歌, が胸, が赤心, と妻君, にて君, には決して, にもはっきり, に先立っ, に先立つ, に巡り会う, に忠義, に此処, に逢ひま, のうち, のお, のこころ, のま, の一, の俳評一読これ, の命, の父, の耳, の譽れ, の面影, はまっ, まず異国人, もはや十分の覚悟, よ, よあの, を憐れ

▼ たる場合~ (49, 0.1%)

3 に於 2 かにおいて多く, 少なきに

1 [42件] が多い, だけである, であらう, でありましょう, であります, では廣, で無ければ, といえ, なかなか多し, にあっ, においてすらも中, においては当局, にし, にすら知らざる, にその, にのぞみ, にのみ即ち, にはたとえ, には仮に, には多く里數, には過料, にほとんど, にわが, に子供, に精神, に精神作用, の如き, の形容辞, はなおさら, はよく, は令嬢, は政宗, は理窟, は通用, またはこの, または現品授受, より結婚當事者, を別, を指し, を考えよ, を除き, 即ち或

▼ たる~ (49, 0.1%)

2 ありけり今, の中, の主人, の難, は先祖

1 [39件] あり, ありけり, ありけりいま, ありさし, からこれ, が己, であつ, なり, なりけり, なるが, なれば, におこった, にては其内, にては神, にのみ住, に居, に移住, のあと, のこと, のなか, ののき干せる, のよう, の一間, の傍, の内, の娘, の玄関先, の私徳, の老媼, はその, は一軒, またいくそばく, もしくは墓場, を借り受け, を出, を後, 久しく人, 尚能らん, 有りけり

▼ たる~ (48, 0.1%)

2 あり, に限る, また山

1 [42件] かづら, かと疑ひぬ, が巨大, が目, が聳え, が道, ぞその, だし, でありながら, で従っ, と山, なので, にし, に於ける, のごとき, のみ現れ来る, の中, の半, の原, の土, の大, の奥, の如くなれり, の小, の峰, の嶺, の巓, の急斜面, の方, の祖神, の腰, の起伏, は闇, ばかり人, やその, や丘陵, や森, を指呼, を望み, を築い, 又山, 多けれども

▼ たる~ (48, 0.1%)

3 あり, して, を帯び 2 が浮んだ, と形, にはあらず, の如く, の衣, もなく

1 [27件] あかき唇, あり物, があった, がハッキリ, が浮ん, が漂う, であるから, となし, となる, と相, と認め, と雄大, なり, に蔽, の仮綴, の総べて, の透る, もありません, よき縅毛, をあらわし, をし, を呈する, を愛づる世の中, を漲らし, を現, を見せざりし, 青き

▼ たるさま~ (46, 0.1%)

5 なり 3 である, もなき 2 の広き

1 [33件] いとことわりなり, えも, がわかる, たとえば今, など殊勝, なりとい, にうっとり, にてわずか, にて岩, にて水, にて首, になり, にも拘らず, に心, の頼り, はこ, はなお, はカラブリア州, は北伊太利, は御, は檢閲, は毫も, は父兄友人, は重き, めずらしと, めづらしと, もいと, を見, を見せん, 何とも知れず, 何とやらん, 更に憐む垂綸, 殊にき

▼ たる~ (45, 0.1%)

2 に夕立, に鴎, のいろ, の下, の中, の感情, の日, を仰ぎ

1 [29件] が急, ながら月, にひ, に白皚々, に群れ, に薄, に覆れたる, のあお, のなか, ののどけき, のみ絶えず, の倦怠, の光, の富士, の殊に, の色, の青嵐, は低く, は夜, は瑠璃色, は遠く三四, は雨, もなき, を仰い, を攅, を煙, を見やり, を見るであらう, を貫き

▼ たる人物~ (44, 0.1%)

2 がある, なり是, なる乎, なれども, なれば, は必ず, は男爵本多政以氏

1 [30件] がすっかり, がその, がキザ, が一種蹣跚, が黒紋付き, だ, だと, だよ, であっても, です, で平民社, との関係, と斉, なりしこと, にする, にても一事一業, に行, のよう, の名, の流行, の石面彫刻物, はあるいは, はおもむろに, はこれ, はその, を写し出す, を拉し, を軸, を鑑別, 例へば管仲

▼ たる気持~ (44, 0.1%)

3 であった 2 になっ, になる

1 [37件] がした, がする, が蟠, だ, であらね, である, でいろんな, でこの, でした, で彼, で此, で燕, で相手, で走り, で足, で酒杯, にさえなった, にさし, になった, になつて, になつて泣きべそ, になり, になるであろう, にもなる, に浸ってる, に襲われた, に誘われる, のみが不安, の主人公, の愉し, は消え失せた, は理解でき, は長く, をわすれ, を与えた, を持ち続け, を覚える

▼ たる~ (43, 0.1%)

17 に於

1 [26件] あり, ありと, から名称, が春雨, では, にある, においては何人, において一句, において一段, において全く, において同じ, において完全, において小林翁, において自分, において軽から, にし, について一, には異同, に照り合わせ, に疑ひ, に立脚, のみを掲げ, はいずれ, もある, も御, を取るなり

▼ たる~ (42, 0.1%)

2 には人, には此樣, には涙, を一段視, を見開い

1 [32件] が大きく, が生まれ, である, で師匠, なざしなりき, にこの, にはこの, には中, には涙滿, に殺気, に見下ろし, に逢った, の光, の深, の見, はひと目, は空, よりはそ, よりはそぞろ, をいからし, をし, をば空く, を俄, を冊子, を拭, を有する, を移さん, を見せ, を見開け, を遊ばす, を開き, を開ら

▼ たる~ (42, 0.1%)

2 は滑岩, をつけた

1 [38件] が用意, し散るなと, とともに女童, となっ, ならむ, なり鳥, につき, には, に山吹, に歌書き, に注ぐ, に譬, のうごく, のやどり, の下, の如く, の寝床, の書, の梢, の環, の色, の顔ばせ, の飛雪, の香, は何となく, は即ち, は詩, は誰, も咲かん, をつけ, をひらいた, をひらき, を拾ひと, を指び, を指折りかき数, を振り, を見る, 咲いて

▼ たる~ (41, 0.1%)

2 ありや, はなし, を挙, 少なからず

1 [33件] あり, ありしを, あること, あるを, がある, がない, しなし, なり, に従, に從, の大杯, の姿, の宗教的情操, の山高帽, の本多忠勝, の腕環, の鳥, はあるまじ, はいくら, ははなはだ, は世間, は多く, は稀, もなき, もなし, もよく, も聞い, も聞かず, を尋, を引き, 少からず, 少しとの, 甚だ多く

▼ たる時代~ (41, 0.1%)

2 であった, なり, にあり, に於, は人文

1 [31件] あり, あること是, だった, だったもの, でありたしか, である, でもなかっ, と人種, なりしが, なりとせ, にし, に産, に相応, の人, の人間, の制作, の大, の帰趨, の産物たる, の精神的産物, の遺物たる, の間, の風潮, の驕児, はない, はより, は象牙, もありき, よ, を顧み, 即ち殷周

▼ たるかと~ (40, 0.1%)

4 存候, 思はる 3 相見え申候 2 問うに, 思へば, 疑はる

1 [23件] おぼえつ, おぼえて, お雪, 云ふ, 口惜しゅうございます, 問ひぬ, 問わば, 存じ申し, 彼此さがし, 思いしが, 思ふと, 思わる, 怪しまる, 怪まる, 想いて, 慄然たり, 申候者も, 疑いつつ, 疑ひ惑, 見受け候, 覚え候, 覚しきばかりの, 訊いた

▼ たる心地~ (40, 0.1%)

12 して 42 もしたりき

1 [22件] おぼゆる, がし, がした, がする, こそすれ, すなり, すれ無残, せず, せらる, ぞする, であった, で見守りました, となり, なり尤も, に茫然, はしつれ, はなかるべきだ, は無き, もせずし, もな, もなく, やしけ

▼ たる言葉~ (40, 0.1%)

1 [40件] か, が無い, こうした資質, こそは恐るべき, だと, つづきの, である, でないと, とは非常, と思ひ, と見ん, なく互に, なり, なりしが, なりとし, なるべしなどと, なるを, にし, にてその, にて云, にて言, の最後, の美し, の配列, は, はここ, は今, は竜, もだ, より推し, をきい, をもっ, をもつ, をも彼ら, を出す, を吐く, を少し, を或は, を投げつけた, を美しい

▼ たる~ (40, 0.1%)

2 に閣下, の空

1 [36件] かの火, から時々, にこの, にただ, にはお, には白き, にも幸, に一切, に低く, に明, に桜花, に毎日毎日, に田鶴子, に積みし, に糸蔵, に羽衣, に草, に著しく, に鵯二三羽, のごとき, は西館ら, へ火口, へ進ん, より, より唯幾旒, より紫色, より細き, わが婿, を与兵衛, を分け, を拔, を旅客, を水, を登っ, を縫い, 常に此任

▼ たるかの~ (39, 0.1%)

2 やうに, 感が, 感なき, 青年は

1 [31件] ごとき奇々怪々, ようであった, アロハは, 一點を, 二階の, 僧院は, 儀式典礼宗教的神話的の, 光の, 土州民権論者は, 夜半に, 大いなるコスタンツァ, 天の, 女に, 如き前, 如くかく, 如くその, 如くに, 少女, 山木ごとき, 帝政論派は, 征服の, 感に, 獣性を, 痛苦は, 真黒なる, 肥大豕の, 腕に, 都こそ, 阿駒, 魂も, 鳥

▼ たる~ (39, 0.1%)

3 譽を 2 なり, に恥ずかしから, を擅, 稱の, 調子で, 鈴の

1 [24件] が見つからぬ, と書い, なりといふ, なりと判ず, なれば, において新協劇団, にふさわしい, によつて, に価せしめる, に恥じない, は一時, も知らぬ, を人, を好む, を恥, を恥ずかしめず, を辱め, を附けられ, 女将と, 探偵には, 稱に, 聲を, 號をば, 醫の

▼ たる~ (39, 0.1%)

2 がいい, その美感, にたどり, は大いに

1 [31件] かえって勢, かへつて勢, がなく, が存命, が財産, こそ樹末, なる火, にあれ, にぞ入りける, にてこれ川, に人目, に向, に対し懸賞金一万円, の漕手答, はたしか, は何, は開函, は雪, へぞ触れられける, へは嬢, へ物, へ走り給, よりがらり, より勝, より風, より鼾, をと思う, をと思ふ, を下, を見さだめよう, を見れ

▼ たる~ (38, 0.1%)

3 に比, の中, を多く 2 は実に

1 [27件] あげて, あり, あるに, ならば, なれば, にて善き, にまさり, に満ちた, の一一, の占象, の如き, の如く, の数, の曲, の濁, はわれ, は實, は必ずしも, は複雑, もあらん, よめり, をつづけ, を以て代, を善き, を聴くであらう, を詠み, 多きは

▼ たる~ (38, 0.1%)

2 なれば

1 [36件] あり, あるも, あれば, いとめづら, おそろしき水牛, から左, が却つて敵, が表れ, だから, とて感慨無量, とて日蓮宗, とのみ思ひし, なるべしとかや, なる深, にいたる, にいたれり, にては夜, には一人, には晴れたる, には菫花, にみちびき, に一種, に散布, に茶菓, に逢, はあらざるべし, は九年畑, は余, は取, は日に日に, より一本道, をさぐら, を傳, を摘み, を極力, を野島崎

▼ たる光景~ (37, 0.1%)

3 を呈し 2 をよく, を呈, を見

1 [28件] がお, が多少, が華麗, ぞや七人, であった, でなければ, で幼心, ということ, とが現われ, と似, なので, に出, に對, に思わず, に満たされた, に眼, はなんと, はまた, は浅次郎, は當時, も知らず, も連想, を呈した, を眺め渡し, を羨し, を見慣れたる, 入り六分強位, 其の醜

▼ たる婦人~ (37, 0.1%)

2 あり, の跣足

1 [33件] が正々堂々, すら案内, とは兄弟, とは同, とは同姓, とは姉妹, とは母, とは父, とは父母, とは親戚, と私, なれば, にし, にてもなほ密か, に不品行, のしかも, の一市民, の中, の声, の大, の泣声, の看過, の種類, の配偶者, はこれ婦人, は家来, は狐, もあの, もまた, を強迫的, を描い, を殺し, を街頭サークル

▼ たる~ (37, 0.1%)

2 時代の

1 [35件] い洋書, なる蝋燭, らしい仕事, 世界とは, 中納言知盛は, 作品こそ, 俳優と, 光景の, 劇界の, 啓示として, 国民文化を, 地球が, 夫人は, 島嶼を, 形式の, 意匠なるべし, 意義に, 愛国心の, 愛國心の, 政党と, 文化が, 文明の, 春野屋の, 東京の, 熟語なり, 独逸を, 王こそは, 理想家には, 発明の, 知識と, 聲は, 論派なり, 資格を, 軍艦ホノルル号が, 風光を

▼ たる~ (37, 0.1%)

4 の上, の面 2 の色, を白帆

1 [25件] あり, が月, が見える, だ大, とそら, と境, と山, にも潮, に出, に浮かみ, のかなた, のよう, の中, の交渉, の如き, の宮, の暗, の極, の流るる, の端, や未踏, や陸地, を漂わした, を目, を見よう

▼ たるとを~ (36, 0.1%)

2 問わずあらゆる, 問わず一切

1 [32件] とわず全て, とわず武人, みしごとく, 問はずいは, 問はずすべて寺院に, 問はず他人の, 問はず各, 問はず多く皆辮髮を, 問はず夢は, 問はず如何なる, 問はず悉く, 問はず支那社會の, 問はず殆ど, 問はず独立に, 問はず當時の, 問はず裸体にて, 問ふ, 問わずいかなる, 問わずいやしくも, 問わずそれ, 問わずひとしく, 問わず人間, 問わず凡て彼, 問わず吹き出したい誘惑, 問わず国民, 問わず尽く, 問わず悉く, 問わず桜, 問わない, 感じて, 記憶する, 説きしを

▼ たる一個~ (36, 0.1%)

2 の説話, の野人

1 [32件] の人格, の人物, の人間, の侍, の俗人, の偉人立ち, の偶像, の僧, の宗教, の小, の島国, の庵室, の怪物, の想像, の柿, の死人, の物体, の目玉, の石, の私, の童話, の細君, の紳士, の縄附, の罪悪, の老, の船燈, の若者, の詮索, の貧翁, の金貨, の金錢關係

▼ たる世界~ (35, 0.1%)

2 への恐れ, を成るべく

1 [31件] が前期化学特有, が空虚, である, ではある, なり, にし, には多分, に一条, に生きる, に突き落される, に遊ばん, の, のほか, のみでなく, のみに限る, の一瞥, の共和思想, の平和, の文化的共同体, の暴力, の海上, の祕密, の総数, の肉体, の雲霧, ははるか, は却つて是縹渺, は魔, をひろげる, をよし, を小

▼ たる~ (35, 0.1%)

2 である, の子, を理解

1 [29件] が性, たり或, であり理想, である輝かしい, であろうか, ではなく, と人間, なり, なりと云う, のうむ, のみ前, の主宰, の児, の児達, の啓示, の子孫, の御意, の法廷, の社殿, の考, の言葉, は七日目, は劣る, は常に, は最早, や仏, を愛し, を面, 或は人

▼ たる~ (35, 0.1%)

3 の上 2 かな, のくだけし, の中, の塊, の色

1 [22件] かとばかり見, かなあの, かないかに, かなと山蛭, かな降り, と墨おろか, におおわれ, に向け, のうれし, のふりつもる, の夕暮れ, の山々, の巌, の広野, の強い, の白山山脈, の膚, の高原, は空地, は辷り落ち, また降り出しぬ, を踏ん

▼ たる~ (34, 0.1%)

1 [34件] が横, が特に, が自作自筆, でさえも村会議員, にあり, にとっては難, には何等, には無理, の作品中, の十二名, の天下公衆, の心, の方, の本志, の気弱, の瞳, の肌, の衣服, の言葉, の面影, はこの, はその, はガニマール, は一矢酬, は今, は少なくとも, は徐ろ, は最も, は此時新た, は疾風, は老父, は顫, もこの, を従え

▼ たる~ (34, 0.1%)

4 を見 2 がある

1 [28件] であった, ではない, という一行, といふもの, となつ, なりこころづくし, なれど我が, になっ, に覆はれ, に酔ひ, に飽き, のやう, のよう, の世, の人, の古, の址, の大いなる, の時間, の朝, の編成法, は今何処, より醒めた, を慕, を湛え, を結びし, を結ぶ, を見る

▼ たる~ (34, 0.1%)

8 樣です 5 樣を 3 樣で 2 樣でした, 樣など, 樣は

1 [12件] を転じ, 樣が, 樣であり, 樣であります, 樣でございます, 樣でない, 樣に, 樣まで, 樣も, 樣宛然一幅の, 樣燦然として, 渡の

▼ たる~ (34, 0.1%)

2 夫の, 将官の, 紳士の, 英雄も

1 [26件] が身, のかばね, の涙, を待つ, ネストール生める, 僧の, 判事は, 博士を, 大医を, 夫は, 将たり, 書生が, 杉の, 梅ある, 梅の, 楽, 楽は, 樂は, 欧羅巴人は, 法師の, 牧師と, 船に, 茄子われ, 詩人です, 馬の, 鷲の

▼ たる~ (34, 0.1%)

3 である 2 ありて, がある, は

1 [25件] が, が先年, が出, が出で, が多々, であるが, と言うべし, などは相成らず, なり, に, にある, にや, に候, の筋道, ははなはだ, は余, は江州犬上郡客中, もたくさん, もまず, もやはり, を紹介, を聞い, を聞く, を越後高田, を遺し

▼ たる~ (34, 0.1%)

3 を撫で

1 [31件] からはその, でまだ, と, とその, には一点, には青玉, に依頼, の上, の持主, の毛, の脳膸, の重げ, はいよいよ, よくも, より, より顏, より顔, をおさえ, をおろし, をけとばす, を左右, を徐, を徐に, を我, を掌, を擡げ, を擡げた, を木, を無益, を風, 少し上

▼ たる~ (34, 0.1%)

1 [34件] あり, があっ, が衣裳, だけだった, ではない, とても厭う, なり, にて傍, にて家内, に化し, に吹きまくられ, に襲, のいと, のいろ, のなか, のわたる, の傷み, の音, は, ものいえば, も無い, も落ち, も野分, も颯と, をはらんだ, を孕んだ, を愛する, を敷き, を生じ, を示し, を装い, を装おい, を装つて, 吹くごと

▼ たる~ (33, 0.1%)

2 の心状, の星亨

1 [29件] と擦り, と筋, にし, の光, の全体, の名目, の命運, の小, の廣, の心, の武備社会, の池, の潜在動機, の石, の精神, の良制, の證據, の譬喩, の鉛錐, の隙, は淫慾, 堆の, 小冊子, 小寰区, 小樹林, 小邦, 小黨, 捻の, 老婦人

▼ たる~ (33, 0.1%)

2 を失し

1 [31件] かな, があつ, が真に, さえ見せ, というもの, という一つ, と爆発, にたいして生存, によってあなた, に充溢, に比例, に燃えた, の一切, の中, の権化, の籠つた, の翼, は一層, は常に, は思想, は我, よ, をば留め, をふた, をもっ, をも認めた, を充分, を揮い起し, を獲る, を研究, を見せる

▼ たる様子~ (33, 0.1%)

1 [33件] がある, が恰度往来, だ, だった, で, であったが, である, でその, で五六人, で帰っ, で椅子, なく今度浅草鳥越, なりしが, なれば, にて, にてさては, にて場, にて大いに, にて随分, になった, になり, にはいかにも, に気, に老女, はし, は五音, もあり, もなく, も無けれ, をした, を憐, を窺い, を見

▼ たる生活~ (33, 0.1%)

2 の理念, をし

1 [29件] があ, がかえって, し以, である, にあこがれ, にひたる, にも責任, に入った, に安, に日夕, に與, に遊ばしめた, の中, の其詩, の必要品, の歴史家, の響, は早く, は色々, をさせられる, をした, をただ, を営ん, を思ふ, を救う, を玩具, を緩和, を續, を要求

▼ たる~ (33, 0.1%)

2 を唯, を速力

1 [29件] かように, である歩いて, ではあり, ではあるまい, ではない, ではなく, と申す, なれど, なればにや, にはなるまい, に奥, に違え, のさま, の尊き, の行き, はどう, は誰, へ出た, も明らか, を哀, を墳墓街, を學ばしめた戯れ, を教え, を散歩, を行く, を跣足, を踏み切った, を蹈, を静か

▼ たる~ (33, 0.1%)

2 のほそく, のよう, の幕

1 [27件] あり雲, がかかる, と海, にあり, にはあらざるべし, に対する思, に閉ざされた, のうち, のかたまり, のたたずまい, のたなびきたる, のちぎれ, のみだれ, のわざ, の冷さ, の凝固, の動き, の形, の敷もの, の月影, の海, の細く, の衣裳, の見えざら, を仰い, を巻き起し, を貫

▼ たる~ (33, 0.1%)

4 を立て 2 がし, がした, がする

1 [23件] がおこっ, が人造人間部隊, が呉一郎, が彼, が闇, すら冬, せしかば, としての単位, となりつ, とびゅう, と呉一郎, なること, のしづか, の流れ, の虫, はあと, はまことに, は町中, ばかりがした, もしめやか, をたて, を聴く, を響かせ

▼ たる~ (32, 0.1%)

2 に霜, のよう, の光, の如く

1 [24件] かと視れ, がある, がかかり, がかがやい, が天, である, では平凡, と日, に向う, に向っ, に横顔, の下, の光り, の出, の夜, の夜道, の如し, の歌, の臈, は今, は暴風雨, ほど意欲, を私, を見る如し

▼ たる青年~ (32, 0.1%)

2 はその

1 [30件] がこの, が処女, が手, が泊まっ, が自分, だった, でありその, で眼鏡, とは思えず, と思っ, なり, に対して今, に対して有益, に贈る, に輓, の, のおお, の会話, の半身姿, の如き, の心, の独学自修, はそ, はもしすでに, は恐る恐る, は某, よ少しく, を同感, を最も, 見るからに

▼ たるにや~ (31, 0.1%)

11 あらん

1 [20件] あらんなど, あらん覺束, これを, その全身, それにしても最う, 似たらむ白砂, 何れに, 余は, 其の意不明, 其創は, 別に学識, 岩の, 後なる, 晝は, 杳として, 笑止とも, 答は, 見えざりしかば, 風雨頻なり, 髮平かに

▼ たる一人~ (31, 0.1%)

3 の婦人 2 なりき

1 [26件] ありわれ, が松明, ぞや, であった, です, では, で同志, なり, なる可, の侍, の天文学者, の女, の女性, の文人, の猟師, の王, の生徒, の老媼, の者, の花嫁, の行者, はうなずき, は大声疾呼, は眉, を, を真

▼ たる次第~ (31, 0.1%)

4 である 3 ではありませぬ 2 であります, なり, なりと申され

1 [18件] でありますから, でございます, といふべし, と例, なりという, なりと言う, なり故, なるが, なれ, にし, には無, はつぶさに, を, を偶然耳, を本年四月十四日, を記さん, 但し余談, 御容赦

▼ たるのみにて~ (30, 0.1%)

2 其の内容, 是れ, 用心深き我心, 而も

1 [22件] いまだ一言, けっして賊, その他には, その後は, その本, 今更驚く, 他の, 何らの, 僧は, 其國の, 嘗ては, 天より, 実は古き, 府県としても, 御坐, 明るし, 校舎には, 止みたるも, 洗ふ, 直ちにこれ, 眞面目に, 糞壺も

▼ たるばかり~ (30, 0.1%)

5 では 4 なり 2 だった, である, でなく

1 [15件] だ, であった, でした, でなく一個, でなく僕自身, でなく芸者, でなく鉱山物産, で艱苦, な驚き, 五十三年に, 何ほどの, 怒った様子, 深い竹, 爛々たる電燈も, 面目なき

▼ たる~ (30, 0.1%)

2 なり, に似, は横巾

1 [24件] あるべきに, が四個, して, であるが, で扨, と見ゆる, なきこと, ならん, においてにせよ, において現, にて残る, に作られ有る, に見ゆる, のみが厳然, のもの, の隆まり, は世, は四天王但馬, をあらためて, をあらわし, をもっ, を具え, を成し, 大

▼ たる日本~ (30, 0.1%)

2 の一詩人, の数学

1 [26件] がその, ではとても, で男女二つ, に居, に見出す, に達し, に露西亜, のどこ, のルーザ, の古語, の国, の土, の女, の恥辱, の批評家たち, の攻撃機数十台, の新, の書籍, の消防, の現実, の生活, の開發, の髪, は, はその, を去るべくし

▼ たる~ (30, 0.1%)

5 に候 4 なり 2 なるが

1 [19件] じゃ, なれば, にて, にて劍岳, にて奇遇, にて島田三郎氏軍備, に伝え承りおり, の報知, の報知來, は前, をくわしく, を告ぐ, を告げ, を聞きつ, を聞く, を言, を言うた, を述べ居る, 語りたり

▼ たる~ (30, 0.1%)

3 の影 2 のみるみる

1 [25件] が観音, けむりや, ぞ走る, つなぐ所, である, と, と正しく, には長浜, にも乗られぬ, に跨つ, に跨り, の一つ, の名所, の如く, の寒天, の春草, の母上, の首, は力, は薄, は馳せ, を引き出し, を棹立ち, を歩まする, を集め

▼ たるあなた~ (29, 0.1%)

2 の大

1 [27件] から腕力, がその, が丁度, が強い, が斬捨て, が自分, につつしん, にはお, には報道, には無論, に向っ, に対して特に, に昨夜, に贈ろう, の一族, の事, の室, の才徳, の知っ, はその, は大いに, へ絶交, も船戦, を公然, を尊重, を拝す, を考える

▼ たる自然~ (29, 0.1%)

2 に無事, の自白

1 [25件] といふ意味, との抱合, について因果的, に対して独り, の一致, の中, の呼吸, の境界, の変化, の山科谷, の恩寵, の恵み, の手, の母, の法則, の真中, の結果, の背後, の風光, の風景, は古今来, も昔, や黙, を描き切つ, を知れり

▼ たるにて~ (28, 0.1%)

2 恐しき

1 [26件] かの綿, このこと, さては水増雲, その動機, その血, その頃竜, わが地位, 候, 候ふ, 其の, 又一層, 只今大阪から, 名に, 夫は, 平ら貝の, 御推量, 所謂怪しき, 此語の, 深く研究, 漸次に, 片端には, 現今の, 矢の根より, 第五十頌, 総ての, 麹町局の

▼ たる~ (28, 0.1%)

2 がある, なりけれ, の海, の色

1 [20件] が落ちた, さえくる, であった, であろう, なりき, にその, の, のあ, のなか, の大川, の帷, の歩調, の沈黙, の淋し, の空, の舞殿, の闇, の露, の静寂, を心得顔

▼ たる~ (28, 0.1%)

1 [28件] がある, して, でとっつき, と云え, なと, なり, なるが, な姿, な者, にうち, にて物, にはあらで, にほのか, にも有らね, に今, に朧, に白い, の始末, の方, は一向に, は実に, は東京, も自ら, をしかも, をながめる, を告白, を目撃せり, を詠む

▼ たる~ (28, 0.1%)

2 は垢つき

1 [26件] かわかしな, きて, ぞ春, になえたる, には瞋恚, に襟, に軟, の上ゆ朝月夜さやか, の其, の裾, はわれ, をいかに, をき, をはずす, をまとい, をまとっ, を売り, を江上, を洗, を炙らん, を着, を織り成せり, を纏, を見, を見よ, 白う花

▼ たるなど~ (27, 0.1%)

2 お宗旨

1 [25件] いかにも奇怪, いとを, なりき, ガラス越に, 一目に, 世話に, 何となく鬼一, 余は, 其の国, 到底思い, 少しも, 恋愛の, 抑も, 歌にでも, 猶お, 皆かつがつ, 皆其の, 皆笞ち, 色々の, 色ある, 西洋の, 見るめ, 見る眼, 言へば, 面白し

▼ たる人生~ (27, 0.1%)

2 の実相, を眺めさせる

1 [23件] あること, が暮れ, が運動場, だ, である, なの, にたいする軽蔑的, に対すること, に對, のうち, のはかな, の一端, の一角, の大, の姿, の必要品, の行路, は容易, も涙, を享楽, を十分, を描き, を美しく強く

▼ たると共に~ (26, 0.1%)

2 伊藤侯復た出で, 又た, 又其の, 室内の, 彼れ, 民間に

1 [14件] また浮世絵板物, 其の韓国, 其の韓國, 又韓国, 又韓國, 実用も, 将来に, 揮毫を, 文学様式の, 神経系統の, 神經系統の, 部屋の, 階級闘争の, 階級鬪爭の

▼ たる~ (26, 0.1%)

2 は勿論

1 [24件] がたとい, が証明, なんぞも不自由, にひとつ, にもらす, に最近, に話しかける, の勇気, の同感, の名, の慰め, の故, の目, の笑止, の精神的自叙伝, の言論, の馬, は別に, は堂, は志賀直哉氏, は歓び, は菊池, は身体, や乳母

▼ たる太陽~ (26, 0.1%)

4 の下 2 のもと

1 [20件] が再び, が林, が沈みかける, が漸く, だけがあった, ならずや, に直面, のうち, のその, の光, の柔らか, の直射, は射る如く, は市街, は灼けつく, は透明, をあび, をも含め, を仰いだ, を潜める

▼ たる~ (26, 0.1%)

2 をし

1 [24件] なれば, にし, にやはあらぬ, に對, に少し, に鬱屈, の悲し, の良人, の運命, はかく, はここ, は捕られし, は此後沒理想論, は火, を, をふたたびこう, をも念, を以て他, を忘れたる, を恨み, を撞き, を斯く, を肯わん, 若く逝くべく

▼ たる~ (26, 0.1%)

1 [26件] が何故, と女, なる神, に反, に未だ, のエフィゲニウス氏, の世話, の名, の左, の忍耐, の敬, の海神, の消息, の立場, の肉落ち骨, の良, はその, は例, は板の間, は鶉坂, も怒り, や母, をいつ, を意味, を捻伏せた, を棄てざりし

▼ たる~ (26, 0.1%)

2 将の, 神の

1 [22件] の事実, の事実相互, 世界観の, 事物間の, 作品の, 先輩の, 友裂かれ, 士に, 大侯によって, 大字が, 大将の, 将で, 性質から, 本の, 條件が, 法典を, 現象を, 社の, 神ひとしく, 葛瑾であった, 要素は, 靈ダンテに

▼ たる~ (26, 0.1%)

1 [26件] あり, ありて, あるが, あるのみにて, あるは, が見え, とおぼしく, とも形容, と思はる, と言い伝え, なりとて林道春, なるかの, にて家族, には秋, にも猶, に残る, の気, は之, へその, も有らん, より大路, を尋ね, を見ず, を隠さず, 真に痛むべし, 豈に

▼ たるあと~ (25, 0.1%)

2 は知らず, を踏みにじり

1 [21件] にて玉, には軽く, にもなお, にエレーン, に吹く, に心狂, に残る, に立っ, に立てし, のおち, のすずし, のわれ, の家, の黄色, はしん, は寂けさ, よりし, よりすぐ, よりその, をしばし, 癒え申せば

▼ たる~ (25, 0.1%)

3 多く候 2

1 [20件] この上, これも, さらに負う, ゆかしき, よきえせ, よきと, 不思議なる, 両人返し戦えと, 余は, 又二人, 吾輩に, 哀なる, 定めて, 思いの外早かっ, 思えば, 此上の, 珍事なる, 目出度き, 豈知らん, 飽かぬ心地

▼ たる地位~ (25, 0.1%)

2 にある

1 [23件] から永久, こそは恐るべき, と面目, にあり, におき, に到達, に大いに, に引下げられた, に生れ, に登らね, の利害, は終始, より罪, をのがれた, を保っ, を占むるや, を占める, を失い, を失う, を得る, を脱する, を譲らぬであらう, を逆用

▼ たる~ (25, 0.1%)

2 の方

1 [23件] がまた, が例, が群がっ, だから, でありました, とともに月夜, と戦った, にけしかけたれ, に於, のよう, の吠え, の妄執, の子ら, の此時折, の警告, の貪り吸う, の食, はその, は奥深く, よりも若い, を救え, を斬りました, を追掛け

▼ たる運命~ (25, 0.1%)

4 を受ける 2 かあきらめよ

1 [19件] がある, であった, というべきであろう, に陥り, に預け置き, に魅入られた, のイタズラ, のカミキリ虫, の方, は, よ, をうけ, をも放棄, を嘆い, を担われ, を背負つて, を見出さね, を説明, を辿る

▼ たる一つ~ (24, 0.0%)

2 の, のミカン箱

1 [20件] の反乱, の史蹟記念物, の命題, の定まった, の容器, の小石, の影, の手, の栓, の次元, の気品, の深度表, の理念, の眞理, の石, の社会的基盤, の良心, の観念, へ火, を省きたる

▼ たる二人~ (24, 0.0%)

1 [24件] あり, が態, が知らない, が膝, と相対, についてみれ, の娘, の子, の子ら, の男, の男女, の者, の耳, の車夫, の間, の青年紳士, は主家, は肉交, は逞ましげ, は齊, を懲戒, を睨廻, を美酒佳肴, を離れ離れ

▼ たる~ (24, 0.0%)

2 なり

1 [22件] あらずほとんど, である, である余, なりしも道理, なり云々, にて, にて候, にて問いぬ, にて始終, にて彼, にて鉢巻, にて長き, には活溌, にもてなし, に先, に持て, に書, に見せかけ, をすこし, を斜め, を見, 何とも合点

▼ たる状態~ (24, 0.0%)

2 である, にある

1 [20件] から身, がある, が決して, だ, であり日本, であるのに, とは反対, にあっ, にあつ, にあり, においては自分, になっ, に外, に於, のおり, のなか, を呈し, を指す, を有, を示し

▼ たる自信~ (24, 0.0%)

5 をもつ 3 をもっ 2 がある, をいだい

1 [12件] があっ, があつ, がない, が巻き起つ, だ, であった, です, と華やか, どころかひと, に自ら酔, のない, を以て郷試

▼ たる面持~ (24, 0.0%)

43 して 2 で眼, で言った, をし

1 [11件] だった, で佇ん, で彼, で戻っ, で目白押し, で空, で立ち, で立ち上る, で衣嚢, にて老生, をした

▼ たる~ (24, 0.0%)

2 なり, なりき, に信さんお前, の月

1 [16件] だった, であった, であつ, なれど, なれば, に思ひ, の興, はいたく, はさまで, ははや, は一天晴む底, は夜, は方様, は日, ゆくりなくも, を見

▼ たるなり~ (23, 0.0%)

92 と云, と謂 1 ければ, とありける, というもまことに, という昔, とかいう, とし, との解釈, とも申, と又, と實

▼ たる一種~ (23, 0.0%)

2 のユスリたる

1 [21件] のバクテリヤ類, のヤソ教, の光彩, の刺激, の呆然, の呪符, の哲学, の形而上学的努力, の徳教, の快感, の星雲体, の温気, の現象, の矢筒, の社会観, の芸術, の苦, の道楽息子, の達人也, の錯覚, の革命

▼ たる~ (23, 0.0%)

2 が口, と思へ, なれば, の直向

1 [15件] が醜けれ, と唱え, と子, などの解釋, なるゆ, の母, の片, の運命, はかぎり, は必ずや, をば腰, を何処, を生み, を穴, を追い返す

▼ たる思想~ (23, 0.0%)

1 [23件] がわきおこっ, が籠, といふ, と文体, にあらざれ, にても日本歌人, の中心, の原形, の固有, の悲劇, の木乃伊, の潮流, の産物, の發生, の量, は先入主, は音楽, を外観, を恥づる, を狹, を現, 乃至論證, 即ちプラトオ

▼ たる感じ~ (23, 0.0%)

2 がし, がする

1 [19件] がかえって, が一パイ, が今, が四方, が彼, が漂い, が起る, で陰鬱, にのみ打たれた, のする, はた, はなかつた, は桃山芸術, もした, より外, を与, を与える, を誘, を起させる

▼ たる感情~ (23, 0.0%)

2 がこの, に襲われ, はただ, を直叙

1 [15件] が心, が私, が自分, が高けれ, と情熱, と教養, の本源性, の流露, の間, や勇気, をもっ, を他人, を向けたまい, を洩らす, を自己

▼ たる~ (23, 0.0%)

2 の梯, は躑躅

1 [19件] あり, が石, なり, にも神, のた, の原, の心, の朝日, の油, の間, の面, は白く, は遠野郷, をもて, を上と下, を犬, を甃, を立つる, を踏み

▼ たる~ (23, 0.0%)

4 一の 2 五層の

1 [17件] 一因と, 一種の, 一長老と, 三の, 三種の, 二の, 二世を, 二回の, 二流の, 二種の, 二面の, 十九世紀の, 十四条, 四壁論であります, 四者を, 四階級と, 四階級に

▼ たる精神~ (23, 0.0%)

1 [23件] ありて, ありとは, が再生復活, が肉体, と行為, なりがある, においては生滅, には一座感動, のない, の力, の動作, の向上, の常態, の時, の無い, の避難所, はその, も亦, より起こりし, を一貫, を挿入, を毬栗頭, を考

▼ たる老人~ (23, 0.0%)

2 あり, は近年

1 [19件] がた, が一しん, だ, であった, であつ, である可, で一代, で老人, で腰, と子供, の名誉, の如し, の屍体, の肩, はぐらつく, はすべて, は唖, は感, は答え

▼ たる証拠~ (23, 0.0%)

1 [23件] あり, がだんだん, だ, だよ, である, であろう, としては三好長春, とせ, ならずや, にあらずや, にはお, にはかの, によって明瞭, に候, に触れ, に違, は歴々, は総て彼, までを見, もなし, を捉, を求めん, を蒐集

▼ たる~ (23, 0.0%)

2 に鬢, を擧げ

1 [19件] が格子, ざし有りし花やかさ, と物語, にさ, に微笑, の色, はいよいよ, は再びぴちぴち, も熟, をし, を上げた, を両手, を回さず, を燈火, を矚, を被り, を見あわせた, を見る, を過

▼ たる~ (22, 0.0%)

1 [22件] ならまし, なりと雖, にわれ, にブレトン, に唯, に此殿, のここち, の事, の仕合わせ, の妄像ら, の悪, の樣, の海, の濁流中, の論, の趨勢, の雜事, の風潮, を, をいかに, を喜ばん, を送れる

▼ たる存在~ (22, 0.0%)

4 である 2 が現在

1 [16件] でありましたが, であるわが, です, で時に, となっ, に英国人, の一領域, の再現再生, はある, はその, も亦, をつづけ, を保たね, を保ち得ず, を保つ, を取る

▼ たる意味~ (22, 0.0%)

1 [22件] がある, でいうなら, での存在, での形而上学, と是, においてエロース, における文化的時間, における自然, にてこれ, に於, に於ける, に用いられる, の世界, の女, の現実主義, の貧乏, もある, をもっ, を以て此等, を有っ, を知らない, 深き事件

▼ たる我が~ (22, 0.0%)

3 かずかずの 2 国民思想の

1 [17件] さまの, 三味線の, 主人の, 今も, 千行の, 嘗て早, 國の, 太陽を, 姓名の, 子の, 心かな, 恋は, 日本と, 目にも, 艦列の, 行脚の, 行衛に

▼ たる理想~ (22, 0.0%)

2 にし, の白鷺

1 [18件] がない, が抱かれ, としての意義, と其健闘, と自己, におなじ, に外, に止る, に遠ざかれる, の前, の剣, の模型, の語, はすでに, は馬琴, を實, を有, を衆戲曲家

▼ たるかは~ (21, 0.0%)

2 固より

1 [19件] とうてい警察, ゆき人を, われ知らず, 今に, 今に怪, 以上既に, 分明でない, 吾人の, 夢想だ, 存じませんが, 安井息軒なども, 尼提の, 後に, 後に言う, 既に前, 考へられぬが, 解老, 読者諸君に, 諸子の

▼ たる事實~ (21, 0.0%)

2 は到底

1 [19件] ありしは, あるを以て, としての死, に尠, に由れ, のやう, はありえぬであらう, は前述, は獨, は當代, を傳, を全然, を含有, を承認, を抹殺, を示し, を示す, を考察, を表示

▼ たる~ (21, 0.0%)

1 [21件] のケルト人, の哲学者, の御代, の那須野原, むしろ圓天井の, 井戸の, 作品は, 儀を, 奚津は, 寡婦の, 幟と, 情小川の, 新聞の, 爰國なるべく, 画家の, 社寺の, 経典の, 袷の, 言海, 鐘を, 雑誌やうの

▼ たる彼女~ (21, 0.0%)

1 [21件] から見れ, が処女, が玉, とを隔てる, にとってはまったく, にも野人, に向, に面, のうち, の独創, の雪, の顏, はこの, は彼, は泳ぐ, は熱烈, をであった, をどうして, を不法檻禁, を抹殺, を真正面

▼ たる思い~ (21, 0.0%)

3 であった 2 がする

1 [16件] がたかまり, が先方, だけが反響, で聞いた, などという女学生, などという背筋, にて早速, にも同じ, のうち, はしかし, は顔, もあった, をこめ, をなさね, を味わわれる, を書きつらねた

▼ たる~ (21, 0.0%)

2 の空

1 [19件] がもう, である, なれども, に備えた, の収穫, の夕空, の夜, の夜半, の憐れ, の扇, の景色, の村雨, の水, の海, の花, の野原, の雛, の雨, は既に

▼ たる自己~ (21, 0.0%)

4 の感情 2 が見聞, の醜聞

1 [13件] のみの生活, の住む, の出發點, の力, の心, の性格, の本体, の理想, の謄写, はあんがい, を罪障, を顯, 即ち認識動作

▼ たる~ (21, 0.0%)

2 ありき

1 [19件] あり, ありてこそ, があっ, がある, がない, して, に候, のある, のほか, のみは本, はない, をみれ, を兼, を捉えた, を書添, を添え来る, を見ざる, を連想, 同じく右歌謡史

▼ たる~ (21, 0.0%)

1 [21件] がもろもろ, が死後, でもある, と烈々火, なの, にたいして愛情, にとつて, にはささげ, には拒み, のうち, の上, の中, の底, の行き通う, はこの, は何, は快く, は明かなる, よ請, を以つて, を見き

▼ たる~ (20, 0.0%)

2 世紀の, 房に

1 [16件] か, がみ, には百年, にまず, に先ず, に挙げたる, に片端, の世話人, の代, 代人と, 句, 房とは, 掻き合せ, 程のみである, 門外の, 髮を

▼ たる勢力~ (20, 0.0%)

2 の鞏固, を擁し

1 [16件] が, とともに不生, と人望, に追われ, の勝利, の結托鞏固, をすでに, を以て各, を失ひかけ, を張っ, を感じさせなく, を抱き, を持っ, を有し, を築き上げた, を行わん

▼ たる~ (20, 0.0%)

2 などこそ古人, 多く新奇

1 [16件] おほし, なり, なること問はず, に, には月, に逢, の下, の中, の殆ど過半数, はむしろ, は各人, は老, を列ねたるなり, を打ち忘れ居たる, を挙げん, を聞き

▼ たる~ (20, 0.0%)

3 の日 2 の四月

1 [15件] かな, と化し, と驚きぬ, に於ける, のあめ, のま, のやう, のゆ, の夜, の季節, の平野, の朝, の波, の花, の風

▼ たる~ (20, 0.0%)

2 の中, の泉

1 [16件] が止まらなかった, が滂沱, とともに手, となっ, と共に水戸, なり血, にあら, に似たる, に頼る, の雨, をたたえ, を出せり, を吸った, を抑える, を押え, を止め

▼ たる父母~ (20, 0.0%)

3 を養

1 [17件] ありて, がご, が予, が子供, と, なりき, に, に告げよう, に寄せかけた, のあの世, のため, の世話, の子, の生, の貧, 及び朋友信者ら, 若くは

▼ たる~ (20, 0.0%)

2 なり如何にも, にした, の上

1 [14件] にお, に本領安堵, に臍, の底, はみにくくかわいらし, より吐く, をかかへ, をし, をゆすつ, を押し, を持っ, を持つ, を撫で, を有し

▼ たる調子~ (20, 0.0%)

3 にて 2 で答えた

1 [15件] が鼻, で, ですが, で吟じた, で崖, で早口, で言い返した, で誦した, なり, にて我, にて物, にて独言, をあたえ, をこめ, を張っ

▼ たるよりは~ (19, 0.0%)

2 水を

1 [17件] その破壊者, むしろその, むしろ修道院長たる, むしろ法王庁内, むしろ流行, むしろ男系相続者, パリーの, 一生奮闘を, 一生奮鬪を, 十州の, 国民の, 天下の, 我を, 椿一輪画きたる, 産むの, 遥に, 露西亜を

▼ たるわれ~ (19, 0.0%)

2 はかつて

1 [17件] ながら見とれる, ならず, ならなく, なれば, にまた, に返った, の盟, はトロアス, は大刀, は思はず, は風, も余り, を, をあわれ, をつれなく, を軽んずる, を遶

▼ たる前途~ (19, 0.0%)

2 の方鍼, を望む

1 [15件] があり, がある, についてさかん, に一道, に必ず, の希望, の考, の考え, をもっ, を思ふ, を思わせた, を有する, を望み, を耀かした, を見透し

▼ たる区別~ (19, 0.0%)

1 [19件] あるに, があつ, がある, がなかっ, がなかつた, が存, の存す, の存在, の目標, はありません, はつけました, はなかっ, はなくなる, をつけなけれ, をば両者, を吾, を持っ, を立てた, 故厳密

▼ たる名誉~ (19, 0.0%)

2 を荷

1 [17件] づけられたる頭, に輝く, はめぐまれてなかった, は二人, は当, も少なく, をはずかしめ, を与えた, を加, を加え, を台無し, を守った, を得たる, を担, を擅, を知っ, を要求

▼ たる武男~ (19, 0.0%)

2 が母

1 [17件] がつづい, が混雑, が粗, と顔, はいささか, はじっと, はただ, はまた, はやや, は今, は倍, は叫びぬ, は子細, は急, は憤り, は浪子, は請う

▼ たる~ (19, 0.0%)

4 して 2 なり

1 [13件] いと可, で一度上, とを兼ね, などを思ふ, ならん, なりけり, なるにぞ, もなく, をな, をなす, を示す, 毫もなく, 見えつ

▼ たる眼光~ (19, 0.0%)

2 を放っ

1 [17件] が新九郎, が現われ, が白覆面, つき出た口, です, でカングリ警部, で照準, に射られ, のすさまじさ, のずんぐり, の彼, は常に, を八方, を持っ, を放ち, を睨めあっ, を輝

▼ たる~ (19, 0.0%)

2 のほとり

1 [17件] に向, に映じ, に立てる, に風, のそば, の下, の外面, の帷, の晴心地, の簾, はいつも, は雨雲色, よりもれ, より何心, より聞, を見, 少し開き

▼ たる~ (19, 0.0%)

2 は自然

1 [17件] が存在, くしき, である, というもの, とをおの, の光, の多い, の息吹, の無, はしき乙女, は良い, をもっ, を嘲り, を外美術品, を愛好, を持つなら, を見いだす

▼ たる~ (19, 0.0%)

1 [19件] が動いた, が蘇った, が附い, くさき殺戮, しおが, で故意, と涙, にぞ怨恨, に塗れ, に染んだ, のいろ, の痕, の筋, の色つき, の華, の飛沫, をここ一面, をそれほど, を示し

▼ たる貫一~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] が心, なぞ彼, の脚, の面, はあはれ奸婦, は件, は吃, は尋常, は弥, は得堪ふまじく, は横, は殊更, は発作, は瞬, は箸, は障子, を風早

▼ たる~ (19, 0.0%)

1 [19件] か借用, が我国, ではなく, と黒, なるを, について歌, に交, の五ペニウェイト三グレイン, の元, の兜, の果物, の融通付, の輸出禁止, の鎖, はその, はみなこれ, を施す, を自分, を請取

▼ たる~ (19, 0.0%)

5 の中 2 ばかりがあった

1 [12件] いくさ, であったが, である, でその, となった, なの, につつまれ, の世界, の仄か, の外, の彼方, をぬっ

▼ たる響き~ (19, 0.0%)

1 [19件] がする, が見物席, が起こった, が轟いた, が隧道, とともに一発, とともに砂, とともに粉砕, と共にこの, と共に室, と共に鉢, は海, をきき, をたてた, を今一度, を立てます, を耳, を聞い, を聞く

▼ たるだけの~ (18, 0.0%)

1 [18件] タンテイ眼は, 事を, 任務は, 価値は, 公園也, 兵隊を, 力を, 変化さえ, 変化さへ, 多くの, 実験が, 意義に, 熬豆, 物が, 精緻さを, 訳で, 資格の, 音響砲や

▼ たるほどの~ (18, 0.0%)

2 人に, 熱心なる

1 [14件] 不名誉の, 不名譽, 事は, 人物なら, 優雅な, 大じ, 大誤謬, 奇妙な, 女形なりし, 次第にて, 者かくかく, 肩揚し, 身代にて, 頃なれ

▼ たるまで~ (18, 0.0%)

3 である, なり, なれば 1 お通, なりいでわれ, なりき, 也, 尉官は, 恐れて, 調べいたは, 譫話を, 譫語を

▼ たる今日~ (18, 0.0%)

2 に於, に際し伯

1 [14件] から溯っ, でも明らか, にてすら飛ん, にも依然として, に各個, の僕, の吾人, の女性, の日, の時代, の社会, は即ち, まで少し, もう離れる

▼ たる価値~ (18, 0.0%)

1 [18件] あらずかく, ありき中房温泉着, かも知れん, がわかる, が定まる, が発揮, と歓喜, なきに, なき者, において一分一毛, のあり, の一半, は論ぜられない, や風味, を問, を得る, を御, を持ってるで

▼ たる個人~ (18, 0.0%)

1 [18件] およびその, が他人, として外縁, と個人, なり, の上, の不朽, の創意, の天分, の思想, の成長, の指導, の独立行為, の結合, は国家機関, は絶えず, をし, 及び民衆

▼ たる~ (18, 0.0%)

2 の文明

1 [16件] ありて, ぞかし, であったよう, であらう, と悲惨, にし, に生れ, に自由, のみじめ, の物質的一般的幸福, の祭祀, の自壊, はまた, ほど勝味, も候, を挽回

▼ たる~ (18, 0.0%)

2 なれど

1 [16件] づらを, と称す, なり, なるに, には往々, にまき, に安んずべきで, に相違, のあれ, の上, の間, はチリ国, は草木茂生, へ棄, をわけゆけ, を好ん

▼ たる~ (18, 0.0%)

1 [18件] からでも当時, が之, が別れたる, が即ち, であった, といふ女, なればや, に口, に導かれ, に聞き, に送る, のため, の愛情, の真向眼がけ, は依, は貞操, も同意, や娘

▼ たる~ (18, 0.0%)

2 にて頸, の内, の襖

1 [12件] あり, かれに, である, に, にて祈祷, には實, に深刻, のうち, の一隅, の内部, へ手燭, をぬけ出で

▼ たる~ (18, 0.0%)

2 のうち

1 [16件] が生ける, と成り, に包み込まれる, に頬被り, の大きく, の如き, の深み, はツカ, ばかりの身, や紀念, をたやすく, をも納め, を以て宛然魔神, を投げ, を書物, 暗く隙間

▼ たる~ (18, 0.0%)

1 [18件] こそ生命, だった, だつた, である仏教, との賛歌, とはその, について歌, によつて, に熱狂, の女王, の如く, の如何, は, はかく, を一年, を叙, を吝, を失わず

▼ たる~ (18, 0.0%)

2 に囲まれた, の下

1 [14件] から草原, が出来上っ, が有, につづい, に包まれ, に至つて盡, のその, のはし, のよう, の中, はたちまち, より人, をひかえた, を通過

▼ たる~ (18, 0.0%)

1 [18件] の冬牡丹, の家, の島, の幻, の忠三郎, の我が, の日本, の明, の明星, の景色, の暗い, の最上府, の清し, の瞬間, の秋, の第, の都, の雨

▼ たる~ (18, 0.0%)

2 や木, 見れば

1 [14件] あり, だつた, のくき, の刈萱, の庵, の径, の花何, の茎, の莖, の間, は身, むしろしづか, を分け, を水

▼ たる~ (18, 0.0%)

3 こそうれしけれ 2 にむせぶ

1 [13件] がこの, づらの, づらを, になつ, には遅い, に出で, の中, の果て, の花, の面, をば勿, をもどる, を花

▼ たる~ (18, 0.0%)

5 の中

1 [13件] がそこ, がたちこめ, で海, で深, と懶い, と靄, の海, の間, の面, は一度, は雪, を己, を通してほとんど

▼ たるうち~ (17, 0.0%)

2 にどこ

1 [15件] にいまだ, におん身, にて第, にはその, にも八代信明, に一点, に先刻判事, に動乱, に又, に岸, に情熱, に敵兵, に物, に誰, 多少異なる

▼ たるこそ~ (17, 0.0%)

2 可笑しけれ

1 [15件] いとねたけれ, この城, よけれ, よけれです, 人倫の, 利益なる, 善けれと, 嬉しけれ, 愚なれ, 無殘, 病者の, 苦労の, 贈りたる者, 運の, 遺憾なれ

▼ たるをもって~ (17, 0.0%)

1 [17件] ここに, これより, これ偶合の, その心, ただちにその, ついに戦死, ビスマルクの, 今は, 仏教の, 孔子に, 宇宙の, 宗長ら聞き, 弟子相与, 毫も怪しむべから, 満足し, 華表を, 遊歩の

▼ たる先生~ (17, 0.0%)

2 の肉体

1 [15件] が最前, が訂, にお願い, にそう, のこの, の勇猛, の書斎, の書次, の本音, の禿げ, の肉體, の舞台, の英文, の顔, を驚かした

▼ たる国民~ (17, 0.0%)

2 たり

1 [15件] がその, が安保条約, だ大切, に便益, に聞くべきであった, に臨む, に関して明確, のあいだ, の如何, の宇宙観, の眼, の精神, の精神力, の自発的進出, を作りあげる

▼ たる~ (17, 0.0%)

1 [17件] が全, が其一方, が摩擦, と煙, につ, にて鉄漿, に汚, の光, の如し, の明り, の輪, の鳥, はその, は今, は青天, または風, を後世

▼ たる理由~ (17, 0.0%)

1 [17件] があった, がある, だが, でもある, として挙げ, と資格, なり, にし, により, に御座候, はあった, はない, は少し, は此, も亦, をつまびらか, を最も

▼ たる社会~ (17, 0.0%)

2 にし, はただ

1 [13件] にあらずし, における堕落, にぞくす, の個人, の前, の歴史的関係, の為, の罪, を固定静止, を活動, を限り, 焉んぞここ, 豈に

▼ たる~ (17, 0.0%)

3 の如く 2 なりかならずかならず

1 [12件] でなされる, にて包み贈る, に書かせ, の上, の操作, の花輪, もて製したる, を拾え, を見れ, を貼り附け, を貼付, 障四枚

▼ たる~ (17, 0.0%)

2 の恐ろし

1 [15件] がある, その張本人, などと, なり, なれば, により笞うた, により金五万円也, の今, は今, は重々, は鼓, を問, を激しく, を謝する, を負う

▼ たる趣き~ (17, 0.0%)

3 があった

1 [14件] ありと, がある, だ, であらう, で寒い, で活字, なの, にかえる, はある, は十一月廿二日, を呈し, を呈しかけ, を増し, を早く

▼ たる過去~ (17, 0.0%)

2 のすべて, の成績, の文学美術

1 [11件] として葬らしめ, と漠々, に対抗, の世界, の夢, の東京, の残像, の火盞, の罪過, をなつかしむ, を忘れ

▼ たる音響~ (17, 0.0%)

1 [17件] がきこえた, がまだ, がヘクザ館, が起り, とこれ, とともにとうとう, とともに仏像, と共にこの大きな, と共にその, と共に壮烈, と共に宇宙艇, と共に爆発, と共に花火, と濛々, をあげ, を残し, を発せしめる

▼ たる~ (16, 0.0%)

2 へありき, へある

1 [12件] で伸子, はどう, は紅き, びしげな青空だらう, へ何, へ心たしか, へ快から, も沙汰, を振りまい, 一種の, 感傷が, 蠅の

▼ たるとに~ (16, 0.0%)

7 論なく 1 依り地方特有, 向かって, 因り酒乱, 拘らず其兄, 由るのみ, 眼を, 論なく均しき, 関わらず, 関係なき

▼ たるほど~ (16, 0.0%)

3 なり 2 なるに

1 [11件] なりき, なりけり, なりけれ, なりしが, なりしと, なれど, なれば, 人の, 元気で, 強く恐, 眞實いやと

▼ たるゆえ~ (16, 0.0%)

2 なり, に候

1 [12件] かこれ, かの名, この国, であり銘々, である, にまず, に慣れざる, に総身, に非, の威望, 怪しい者, 面白く被

▼ たるよりも~ (16, 0.0%)

2 寧ろ軍人

1 [14件] かうした小国寡民, さわがず思わず, なほかつ, むしろ人間的感動, むしろ意外, もう少し壮大, 一層厚く, 心強く, 暁ちかく, 更に意味, 民族の, 猶お, 筋の, 遥かに

▼ たる一面~ (16, 0.0%)

2 の画図, の絵画

1 [12件] といふもの, に於, のみを抽象, の古額, の大, の平, の焼け武蔵野ヶ原, の麦畑, はそこ, を必ず, を示し, を見せ

▼ たる~ (16, 0.0%)

3 體は 2 體と

1 [11件] が得々, に対するつとめなり, の妻, イエスの, エスは, 觀の, 觀想論とを, 觀想論は, 體の, 體性の, 體的中心に

▼ たる~ (16, 0.0%)

2 に至る

1 [14件] にし, の加藤博士, の姿, の帝, の悲し, の時, の本多子爵夫人, の私, の身, は又, も目, 官一君の, 御用いなく, 忽ち破れ団扇

▼ たる伊藤侯~ (16, 0.0%)

2 に見る, の心事, の死活問題, の門下生, は久しく, は固 1 と相, と相対, に対して今日唯, に對

▼ たる~ (16, 0.0%)

3 の土器, の物 2 なり 1 なり家, にし, にて仆, にて今日, にて幾法, のはまぐり貝, のもの貝塚, を圖

▼ たる~ (16, 0.0%)

2 の日

1 [14件] の初, の午, の午後, の夜空, の女, の女王, の日光, の景気, の朝, の白昼, の真昼, もはじめつ, より知りぬ, 肥りの

▼ たる大河~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこの, が行く手, だ, であった, である, と共に漠々, と成つて, に面, のよう, の上, の形, の流れ, の源, へのぞん, へ駒, を見た

▼ たる~ (16, 0.0%)

2 の顔

1 [14件] が富, と若い, なるべし, に向かっ, に送る, のこと, の命, の声, の嫁, の得意, の情余り, れなりき, を持っ, を毆

▼ たる学者~ (16, 0.0%)

1 [16件] がこれ, が何で, でいる, でないこと, なり, にし, のよう, の仕事, の存在, の淵藪, の考, の議論, はその, はとうてい, は今, を葬る

▼ たる少女~ (16, 0.0%)

2 の顫, わが目

1 [12件] あり, が片, が肩, に引かれ, の姿, の舟, の顔, の首, は此室, は籠, を想, を見

▼ たる幸福~ (16, 0.0%)

1 [16件] である, でなければ, でも, とをもって結婚, なる時間, な人々, のうち, の子, は人生, を互いに, を互に, を取り返, を所有, を満喫, を贏, 及び人口

▼ たる当時~ (16, 0.0%)

1 [16件] と今日, の事, の事情, の位地, の学者紳士, の心事, の意気, の政府, の春廼舎, の社会, の社会状態, の風俗, より見れ, を今, を想い出し, を見よ

▼ たる性格~ (16, 0.0%)

1 [16件] が最も, だから, である, でしばしば, と心理, なの, の呪い, の差, の表現, はまた, をと, をなす, をもっ, を与え, を中庸化, を代表

▼ たる意気~ (16, 0.0%)

2 を示し

1 [14件] から云っ, が青年, に気圧され, に炎, に生き, の上, の噴出, の無言, もとみに, をみせ, を眉宇, を示した, を示せ, 堂々たる威風

▼ たる~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] る一篇, る事実, る人間, る夜, る消息, る米国士官, る過去, る部族, る隠語, 夜は, 条件の, 物が, 物を, 緻密なる

▼ たる故に~ (16, 0.0%)

2 や依りけん, 人は, 候 1 その破, たちまち海, もうこん, や日, 然いいし, 聖人は, 自らひけらかす, 誰も, 辞退の, 非ずや

▼ たる木立~ (16, 0.0%)

3 の中

1 [13件] でその, で深更, と雑草, など相, にとり囲まれ, に囲まれた, のおく, の上, の奥, の幹, の梢, はらひぬ, をさま

▼ たる~ (16, 0.0%)

1 [16件] が天地, が漂った, が犇, じるしに, な相手, になり, に相成, の長い, はひ, も弛み, を以て譬喩, を吐いた, を替え, を漂わせ, を自ら皷舞, 障な

▼ たる現象~ (16, 0.0%)

2 なり, に過ぎず

1 [12件] だけを取扱う, である, にし, に對, のひとつ, のみ, をおそらく, をも把握, を呈し, を表, を誤り認めた, を録せり

▼ たる色彩~ (16, 0.0%)

2 を有する

1 [14件] が十八間, といふより, とにより, と冷静, と外観, と形状, に充, の妙言, の沁み入る, の美, も濃厚, を奪った, を爲, 愛すべき濃淡

▼ たる~ (16, 0.0%)

1 [16件] および歌, としては見る, なり, にし, に只, のうち, の光輝, の旋律, の様態, の道, をしるさむ, を作らざりし, を好み, を度量, を戲曲, 活きたる芸術

▼ たる足どり~ (16, 0.0%)

2 で歩い

1 [14件] でつかつか, ではいつ, で両, で人混, で入っ, で帰っ, で帰つて, で廃屋, で弁信, で彼, で折, で縺れ合う, で茶堂, で頂上

▼ たる~ (16, 0.0%)

1 [16件] かな, なれど, なれば, なればと, にし, に沿, の奥, の果, をこういう, をとり, をひとり, を坦々, を塞ぎ, を撰ぶ, を登り行け, 易第

▼ たる風情~ (16, 0.0%)

2 にて

1 [14件] で袂, にてやをら左, にて彼, にて欣弥, にて汽車, にて牀几, にて頭, にて鼻, のゆえ, の歩き様, は実に, もあった, を見よ, 更に哀れ

▼ たるかな~ (15, 0.0%)

2 山頭火

1 [13件] あら快よき, こんなバカ, だ私, 只だ, 否予て, 山頭火いつまでも, 山頭火しつかりしなさい, 愧し, 文質と, 昨日の, 林光原, 白雲, 衰へ

▼ たる~ (15, 0.0%)

2 がたを

1 [13件] がただ, がたと, がたに, がたにも, がたは, がたをば, だという, に, にぼく, にやられた, に今度旦那様, ぴりっとに, へこの

▼ たるとは~ (15, 0.0%)

1 [15件] いえこれ, いとど惨め, その難易同日, 亦実は, 亦實, 問題でない, 如何にも有, 当家に, 思いませぬか, 是なり, 知らで自, 知らぬに, 誠なら, 貪慾の, 風情異

▼ たるのみに~ (15, 0.0%)

8 して 1 あらざりき, あらず江戸諸般, とどまらずまた, とどまらず二国, 放擲せ, 非ず, 非らず

▼ たる主人~ (15, 0.0%)

1 [15件] です, と差向ひで静, と清から, に向い, に物, の三面, の声癖, の新穀, の肋骨, の言動, はやがて, は仲裁乎, までが浅薄, もまた, も驚き呆れた

▼ たる~ (15, 0.0%)

2 が眼, の今

1 [11件] がまじめ, が彼女, に親しみ, の記憶, の麾下, はこの, は今や, は余り, は後, は手許, も亦

▼ たる人民~ (15, 0.0%)

3 にし 2 なり 1 にファシズム戦争, の気力, の猛, の難渋, の風俗, はすなわち, はせめて, をし, を呼ぶ, 即ちコロボックル

▼ たる~ (15, 0.0%)

1 [15件] が眼, にあらず, のとき, の一派, の一隅, の一面, の例語, の女, の娘ども, の学生, の律法, の物語, の諸, は全く, 阿眞教

▼ たる位地~ (15, 0.0%)

3 に立つ 2 には何, に在りき, に在る, に接近 1 なく制限, に上り, に進まし, に達した

▼ たる位置~ (15, 0.0%)

1 [15件] から自然, にあり, にある, になる, によつて, に於, に根, に立たん, に置き, に達せしめる, も厳然, をもわすれ, を培つたの, を守らしめる, を弊履

▼ たる余裕~ (15, 0.0%)

3 を示し 2 を保つ 1 がある, がない, がのぼっ, の文学, もある, も身, をしめし, をも示し, を持ち得た, を禅杖

▼ たる信念~ (15, 0.0%)

2 に立っ, をもつ

1 [11件] ができ, が彼, でなければ, とその, なりとする, にはよろしく, のもと, の下, は我国民, を以ていきなり, を持っ

▼ たる原野~ (15, 0.0%)

2 の中

1 [13件] が続い, と化し, につづく, に一粒, に対, に對, の末, の自, の遙, へ出た, を横ぎってゆく, を皎, を見

▼ たる~ (15, 0.0%)

2 のひろびろ

1 [13件] である, に息, に根, のひび, の塊, の草, の香, は凍りけり, は陸, を乘, を以て高, を飽く, 煙りその

▼ たる境界~ (15, 0.0%)

4 はない 3 があるごとく 2 がある, があるごとき 1 なり, に追いやられ, はけっして, はどこ

▼ たる多く~ (15, 0.0%)

2 の児ども

1 [13件] のもの, の不幸, の人人, の例, の因果的結合, の姉妹, の婦人, の尽力者, の書物, の男女, の被害民, の論文, の豪族

▼ たる~ (15, 0.0%)

2 の群

1 [13件] が屹立, と岩, と聞く, などは誠に, に立っ, のごとく, の根, の間, の面, ばかりがまっ黒, ばなに, も砕けよ, を屏風岩

▼ たる性質~ (15, 0.0%)

1 [15件] に過ぎず, のもの, の一二, はまた, はもっ, は决, をもっ, を具備, を多分, を失う, を失った, を尚, を帯びる, を有する, を餘計

▼ たる~ (15, 0.0%)

1 [15件] とて笑はる, なり, にあり, に付き, の中, の態, は, は何, もて精進食, をあげ, をきざめり, を取り出で, を取出, を読み, 見ゆ

▼ たる~ (15, 0.0%)

1 [15件] の詫状, は御, をも申し渡す, を口達, を告げ, を告白, を告白せり, を報ぜり, を天下, を宣告, を石田治部, を附記せり, 御用い下さる, 御用い下され, 申しました

▼ たる~ (15, 0.0%)

4 の姫

1 [11件] がやはり, なれば, に, に述べ, のよきつき, は何, やがてその, 終に明朝見本, 遂にわれ東道, 遂に年, 難僻

▼ たる~ (15, 0.0%)

2 監獄に

1 [13件] でら, の父, は得, 作家から, 公爵夫人が, 大阪文化研究者の, 女こと殿宮アイ子, 将軍とは, 漢詩人が, 私立大学生の, 紳士が, 罪人についての, 重罪犯人の

▼ たる~ (15, 0.0%)

1 [15件] に乗じた, に揺られ, に空しく, の, のかなた, の上, の合わぬ, の寄, の岸, の揺動, の搖動, の舞台, はすなわち, は徐々に, を立て

▼ たる~ (15, 0.0%)

3 の中

1 [12件] がふきだし, が立ちこめ, と火消, にめげず, に覆われ, のよう, の方, の有様, の末, の迹, はちっとも, を発生

▼ たる生気~ (15, 0.0%)

1 [15件] があり, がもたらされる, が充ち溢れ, が汝, というもの, に乏し, に浸る, に覚醒むる, の坩堝, を保ち, を取り返す, を失う, を帯びき, を有し, を示す

▼ たる美人~ (15, 0.0%)

5 かな 1 が多い, だな, であったので, で賢明, に化した, に對, に逢, の小, はこれ, を主として

▼ たる義務~ (15, 0.0%)

3 を尽さずし

1 [12件] が欠けます, が示し, だと, としても最初, のない, の下, の念, の感情, は完, も尽した, をいかに, を怠り

▼ たる~ (15, 0.0%)

2 なるか, を用

1 [11件] かと思わる, である, と知る, なり, にあらね, にて一篇, にはあれ, の背後, をすら放つ, を我儘, を用いな

▼ たるをば~ (14, 0.0%)

1 [14件] あはれみ, いかでか, なかなかに, 下鳥と, 如何で, 待ちわびつ, 想ひ測らざりし, 我に, 我も, 未だ忘れず, 熊野舟といふ, 眼前に, 神の, 評して

▼ たる二つ~ (14, 0.0%)

1 [14件] のもの, のチーム, の例, の力, の根こぎ, の根據, の櫓, の犬, の猪口, の眸, の眼, の眼玉, の顔, 有る以上

▼ たる作品~ (14, 0.0%)

1 [14件] があった, が活字, である, であると, に於, はおのずから, よりも書かれざる, を引っつかみ, を彼等, を得る, を書き, を生み出した, を生産, を發表

▼ たる其の~ (14, 0.0%)

1 [14件] 世に, 公園の, 威嚴を, 娘聟に, 弁舌の, 微笑を, 教訓は, 様な, 端に, 聲が, 舉動, 通りに, 首を, 香風の

▼ たる内閣~ (14, 0.0%)

2 に非, の破, の破壊, の遽, は不幸, は能 1 の総理大臣, の總理大臣

▼ たる原因~ (14, 0.0%)

2 となりし

1 [12件] があった, があり, がある, なりし, の一, は一つ, は何ぞ, は外面, は汝等, をはっきり, を見究めよう, を開示

▼ たる場所~ (14, 0.0%)

2 に多き

1 [12件] から多数, だった, にあらずし, にある, には暗闇, により, に居所, に至り, に鼠糞, または死人, を探り抓ん, を超越

▼ たる~ (14, 0.0%)

2 若き女

1 [12件] には木曾福島, にも恥じず, によってその, の一つ, の秋, の紀事, の頃三十四五歳, よ, をし, 既に五十, 若き人物, 若き騎士

▼ たる~ (14, 0.0%)

1 [14件] で, である, とを見渡す, なり, に, に落ち, のうち, のく, のさま却, の前, の小松, の真下, の花, の隈

▼ たる政府~ (14, 0.0%)

3 は日本政府 2 の政, も其の 1 に説き勧め, に迫り, の大, の大胆, の実力, の筋, の針路

▼ たる~ (14, 0.0%)

1 [14件] の議員, ヨーロッパに, 六条のみ, 国なり, 基を, 境を, 日本人の, 東京の, 社を, 稾なり, 空地なり, 自由党たるを, 自由党と, 論派に

▼ たる~ (14, 0.0%)

1 [14件] じめ, だ, なりき, にも猶, に先生斧, に来し, の充実, の合唱, の序曲, の情熱, の野, の陽, の風, の黒髪

▼ たる森林~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, が風, でおおわれ, と聳え立つ, にこのごろ, に囲まれ, の中, の多い, の影, の気, は見る, へ現われた, をなし, を控え

▼ たる武士~ (14, 0.0%)

2 を中心

1 [12件] が見下げ果てたる, であった, というもの, という者, と唱門, にことならず, にし, の, のため, の帷子姿, の本道, の面上

▼ たる~ (14, 0.0%)

2 の知識

1 [12件] せる領主, とを得た, と云う, にぐる, にぐるい, に就い, に狂い見よ, のよう, の時間, の現象, は決して, を不用意

▼ たる民衆~ (14, 0.0%)

1 [14件] から芸術, が自己催眠術, だ, にすみやか, に世界, に課する, の幸福, の日本流, の智識, の欲求, の結束, は強健, は終始, を

▼ たる男女~ (14, 0.0%)

1 [14件] が從犯, が独身生活, が神, と共に深く, のもの, の往い, の様子, の関係, の鼠, は性別, は此, も從犯, を並べ, を点

▼ たる蕪村~ (14, 0.0%)

2 の功, の句, の技倆, の長篇, はその, より始まる 1 を惜, を惜しまずん

▼ たる詩人~ (14, 0.0%)

1 [14件] が之, とは云, なり然して, に擲げ付け, の外, の懐裡, の文字, の為す, の空想, の魂, はかく, はそれ, や無名, を求むる

▼ たる責任~ (14, 0.0%)

2 を忘れ

1 [12件] ある者, が両性関係, に於, に結び付くる, のいかに, の為, の爲, の組織的成長, をまったく, を果す, を解せざる, を辞せり

▼ たる~ (14, 0.0%)

1 [14件] かきあげて, に, のかしら, の下, の乱, の事, の泥水, の端, の色, は活溌溌, を切っ, を合, 悪しき相, 掻き上げ辛ふじ

▼ たる~ (14, 0.0%)

2 のまなこ, 浅し 1 があたり, だ, にてよく, のやう, の価値, の売場, の如く, の種類, は必ず, を引

▼ たるこれ~ (13, 0.0%)

3 が下手 2 を聞かれ 1 でこそ生き, にこそは, は昔蛇, をみる, を修め, を言葉, を頼もし, を頼母

▼ たるそれ~ (13, 0.0%)

4 がし 2 とばかりに酒屋 1 に取囲まれ, の可能性, の種々, も違, も違わぬ, を云, 見よと

▼ たるによりて~ (13, 0.0%)

2 不朽の, 明治時代の 1 いまなほ心に, かりに動物説話, なり, なり古典, なるべし, 度々の, 提起する, 直ちに其日, 自分の

▼ たるのち~ (13, 0.0%)

2 は御

1 [11件] ついには, なれば, においてもいつ, にはじめて, の無限, ふたたび浮び上がる, までもその, まもなく露国, もなお, も幸福, 追へども

▼ たる俳句~ (13, 0.0%)

2 は天明, をつくりし 1 が同, で主として, といふいかに, に移し植えよう, の上, の下品, の母体, の特長, は縦令

▼ たる光明~ (13, 0.0%)

2 を高く

1 [11件] が満ち満ち, にあたり, に信念, に影, のこと, の下, の網變, はやがて, をもっ, を放っ, を有する

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 の夜

1 [11件] から脱却, のよう, の大路, の庭夕さり, の日, の朝青山, の河原, の空, の近い, の里, の野

▼ たる処置~ (13, 0.0%)

2 をとる

1 [11件] が政府, といいます, と言う, に出た, に出でられざる, をきめ, を取られた, を取る, を執る, を宣, を講ずる

▼ たる努力~ (13, 0.0%)

1 [13件] が由子, であった, と赫々, によって打, によつて改造, のみを積み, の一生, の威圧, の跡, への刺戟, もがその, をこめた, を払つた結果

▼ たる問題~ (13, 0.0%)

2 にも極めて, は公 1 であったろう, である, でもない, となり, なん, にならなかった, にもならなかったらしく, に過ぎない, を自分

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 には別に, には曾, に更に 1 にあった, にも種々, に何, に彼等, に穴, は何事, めぼしきもの

▼ たる天地~ (13, 0.0%)

1 [13件] だった, である, に, のあいだ, のなか, の一沙鴎かく, の大, の恵み, の間, の飛騨, は何, は黙示録, よ自然

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 を挙げる

1 [11件] なきに, なり, の凡そ千, の姉様, の形, の父母, を備え, を挙げね, を有する, 世界の, 聞をも

▼ たる宿~ (13, 0.0%)

2 に秋, の桜 1 あり當主, に月, の主, の主人, の寂しき, の差配, の賑, は橘, を照らし

▼ たる~ (13, 0.0%)

4 れの 1 が次女, が精神, が魂, にある, の姿, れに, れを, れ横笛, を見

▼ たる希望~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, が胸, に充ち, に向っ, に対して転た, の告示, の多い, の歓ばしい, はあつ, は凡て痴, は跡, を以ての新た, を彼

▼ たる形跡~ (13, 0.0%)

2 あり, ある旨 1 ありとの, なきに, なく岩形氏所持, なし尚, のある, の明らか, もなき, を示す, を認むるのみ

▼ たる彼等~ (13, 0.0%)

1 [13件] が得意, には五月繩, の不快, の勢力, の命令, の天職也, の座敷, の思想, は不, は幸, は恵まれざる, もまた, も矢張り支那

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 の相手

1 [11件] だったの, でないこと, と何れ, と飽く, にあらざる, に悩ん, の哀楽, の悩み, もた, も尊し, よ

▼ たる意識~ (13, 0.0%)

2 の外

1 [11件] があり, が働い, とも言, ながらそれ, なき思想, の中, の側, の底, もなく, をもつ, を持ちえなかった

▼ たる~ (13, 0.0%)

1 [13件] からここ, からメノコ一人, から他, こそあれ, しもむら雲, しも紙門, しも門, に右, のこと, は親切顔, ふと右, を左, を見

▼ たる樹木~ (13, 0.0%)

2 の山

1 [11件] がその, だ, なくん, につつまれ, に被われた, に覆われた, の梢, の胴体, の路, ばかり, 再び現

▼ たる歴史~ (13, 0.0%)

2 に於, の上 1 ではなく, では煙草, といわざるべからず, となる, の家, の物語, をも民情, を有し, を説く

▼ たる気色~ (13, 0.0%)

2 にて

1 [11件] が全, し連歌, とぞ見る, なるを, にてつれ, にて女, にて銀梨子地, にて障子, に兄, も無, ゆゆしげ

▼ たる気魄~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] があっ, が光っ, が光つて, が短躯, が蘇っ, この時正当如何, におされ, をこめ, を添, を示し, を蔵

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 の上

1 [11件] がもえあがっ, が包ん, が吐き出た, となつ, と化し, に包まれ, に包まれた, に燃やし上げた, の渦, を吹き出した, 飛ぶが

▼ たる~ (13, 0.0%)

3 數の 2 宗教的冷頭を, 形質の 1 が主, 恰好な, 気無力の, 法人とも, 禮尋常に, 雑作の

▼ たる~ (13, 0.0%)

1 [13件] であろう, なり, に較, の根源的事實, の歡喜, の活動, の窒息, へ, を負っ, ニシンや, 大刀生, 大刀生弓矢を以て, 暖き

▼ たる筋肉~ (13, 0.0%)

1 [13件] がもりあがっ, が虫, の盛りあがっ, の見事さ, は古い, をそなえ, をつくっ, をもち, を寒風, を惜し, を持っ, を持つ, を西北

▼ たる美しき~ (13, 0.0%)

1 [13件] すみれの, アモオルの, 噴井ある, 女の, 姿を, 文箱を, 流の, 淨き, 神の, 美の, 花, 詞にて, 貴婦人の

▼ たる~ (13, 0.0%)

1 [13件] にうつる見渡す, に温熱, に熔岩, のあたり, のうち, の内, の動悸今, の氣, の衣, はまた, も物, をした, を姑くも寛

▼ たる自由~ (13, 0.0%)

1 [13件] というもの, と感情, なる魂, の何物, の思想, の権, の生活, の精神, はそこ, はない, は今, を他, を単に

▼ たる芸術~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] が喚起, としての要求, などが激しい, にいつ, のみがわれわれ, の世界, の作品, は他人, を回顧, を見る, 優れたる美術

▼ たる苦心~ (13, 0.0%)

1 [13件] というもの, と混乱克服, と超, に及びませんでした, のもと, の料理, の末, の結晶, もある, をし, をした, を書い, を経

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 の痩せたる

1 [11件] あり妻子, があれ, でもある, に思い, の情, の言葉, の髯, は一層, みを, を記憶, を養わん

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 を破する

1 [11件] となす, なり, なれば, にし, にはあらず, にもあらざる, にもあらず, の評, も成り立ちましょう, を指せるなり, を立つる

▼ たる~ (13, 0.0%)

1 [13件] がるは, に触れ, のきれ, のばしける, の快, の白く細き, の落ちたる, の長き, ははたと, をぞ撫, を休む, を出し, を驢

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 の靄

1 [11件] と肴, なれば, にしあれ, にほ, の効き目, の毒杯, の量, の雫, は, を供, を飲む

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 を眞

1 [11件] に心から, に楪葉, に琴, の前, の稱, や構え, をわが家, を入る, を出で, を敲かん, を真直

▼ たる限り~ (13, 0.0%)

2 に於

1 [11件] なき詩趣, においてそれ自身自然, においては, において観賞, の個物, の内容, の自己, はそれ, はひ, は一種, は人間獣

▼ たる~ (13, 0.0%)

2 にも曾, にも此, は公 1 にこの, には吾ら, には横, には自ら文法, にまず, の満悦, より多少

▼ たる風采~ (13, 0.0%)

2 と面魂, の人 1 が一段と, が教育勅語, であるが, と偉, と態度, と江戸, の持ち主, の杉本, 堂々たるもの

▼ たる~ (13, 0.0%)

6 に於 1 ありと, がある, では共通, で共通, なり, はすべて刪つて, もある

▼ たるある~ (12, 0.0%)

10 ひは 1 文獻を, 蒸し菓子

▼ たるわし~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこの, がそこ, がそんな, にむかっ, に向っ, に眼, に関係, のする, の不才, の命令, は憂えず, もはりあい

▼ たるわれわれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が敵軍, にとつて, になぜ, にむかっ, に向かっ, の一生, の祖先, の精神, の遺憾, は加害者, をさし置い, 何とも見当

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 の立た 1 で蹂躙, に, にあの, に埋もれ, に栗, に黄, の折目, は木津川, を動物園, 葉なりとも

▼ たる作者~ (12, 0.0%)

1 [12件] あっての, がその, が所知者, のはたらき, の主観, の存在, の日々, の父親, の精神, はなつかしく, は地下, も大

▼ たる信仰~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, でなければ, と情熱, に存する, のうねり, のため, の実現, の発生, の自由, は外, は或は, は更ら

▼ たる~ (12, 0.0%)

3 月鴉黄に 2 月, 花に 1 には甘, 剣を, 花の, 花太夫が, 花磔刑柱の

▼ たる勢い~ (12, 0.0%)

1 [12件] が蓄積, こそ浮き足, であった, で窓, にはまことに, に似, に煙管, の折, はやがて, を放ち, を見, 余って

▼ たる~ (12, 0.0%)

1 [12件] とは何, どちか, に代り, に向い, の帰り来る, の胸, の髪, は善く, も認め得ず, を埋め, を見, 第二

▼ たる~ (12, 0.0%)

1 [12件] の種族, 人種各, 個人とは, 方面の, 星の, 節は, 藩の, 藩へ, 藩士及び, 邦の, 部落で, 階級の

▼ たる境遇~ (12, 0.0%)

1 [12件] から漸く, にある, においてもちうる, について不平, にのみある, に沈淪, に生ずる, に育った, に身, もすべて, を勝ち誇る, を實踐

▼ たる大海~ (12, 0.0%)

2 にし 1 だけな, によって取り囲まれたる, のある, のうち, のごとき, の一点, の孤独さ, を日, を望み, 暖かい日

▼ たる大空~ (12, 0.0%)

2 を見上げ 1 の, の内, の広き, の星, の百千, は, は思想, を, をうらやましく, を理想

▼ たる夫人~ (12, 0.0%)

2 の態度, の突然 1 が蒼白, の一声, の顔, は俄然, は強, は彼女, も, を出来る

▼ たる如く~ (12, 0.0%)

1 [12件] して, にし, にてわれ, になった, によそおった, に候, に吠え, に新, に沙翁, に美術, に興奮, に落

▼ たる子供~ (12, 0.0%)

1 [12件] が五歳, が私, であって, であるから, に安固, に於, のはて, の家庭, の身体, はその, は産ん, を葬る

▼ たる平原~ (12, 0.0%)

1 [12件] かすれたよう, であった, であるこれ, と云う, と聯絡, のあいだ, の北方, の向う, の天, の尽く, へ出た, を一眸

▼ たる微笑~ (12, 0.0%)

2 の会釈, を含んだ, を浴びる 1 である, の有様, を含み, を洩らす, を浮かべ, を湛

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 がある 1 いと深く, が場, が浮ん, に満たされてる, はまぬかれない, をいだかず, を与える, を催した, を得た, を誘う

▼ たる文字~ (12, 0.0%)

2 に至り, の外 1 あれども, がある, すらも改めざる, で書かれ, と絵画, の土水, は怪しげ, を充てたる

▼ たる~ (12, 0.0%)

1 [12件] が人生, にあらざれ, においては復, においても当為, においても現象, にはわれら, には全, には恐らく, には空, の国, は, 必ずこの

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 ありそがうし 1 あり沙羅雙樹, が有る, についてすべて汝, のよう, の間々, を写し, を写したる, を択むであらうと想像, を斫, を発見

▼ たる気分~ (12, 0.0%)

1 [12件] からゆう, が出, で詩吟, と合致, になりたい, はどうしても, ばかりで, へ転換, も洗い, より起こる, を漲らし, を追いはらっ

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 なり 1 かアーメン, なるか, なるべし, なるべしと, にあらず, にクセノフアネース, に定, に後, に自ら愁, 忽ち心臓

▼ たる白き~ (12, 0.0%)

2 文字の, 繃帯に 1 富士, 尖塔, 睡蓮, 石なりき, 石を, 石垣に, 絹の, 胸に

▼ たる~ (12, 0.0%)

1 [12件] が勢, の, のプロレタリア作家, の坊主, の本質, の根本的, の責任, の闇, の魅力, 友が, 怪は, 淵景樹を

▼ たる美し~ (12, 0.0%)

4 さは 2 さをも 1 さたとえば, さであり, さと, さを, さ只, さ愛すべき

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 のあたり, もむとて 1 は擦合う, も返りはかるかる, や腰, をとら, をとらえ, を振り放し, を有, を聳やかし

▼ たる~ (12, 0.0%)

5 はざる 3 はざりし 2 はじ我輩 1 はざる所以也, はずんば

▼ たる若い~ (12, 0.0%)

2 娘の 1 一処士にも, 一将が, 党員作家を, 女で, 女は, 娘, 娘それは, 時代が, 甥の, 親族を

▼ たる草原~ (12, 0.0%)

2 が多かっ 1 が見える, であるから, で五, とに飛ぶ, のいずく, のよう, の四壁, は豊富, へ現れた, をともに

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 あけがた 1 おほ, であって, なり, にむかひ, に山, の中, の雪, や流れ, をうしろ, をみおろし

▼ たる面もち~ (12, 0.0%)

2 だった, で, にて何やら, を見 1 でひ, で立ちすくんだ, で鍬, にて階段

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 のあたり汗, はつと 1 が掛っ, して, といふ, には, に幽霊, の瓶, の角, は其の

▼ たる~ (12, 0.0%)

2 野山に 1 さ三百尺の, さ五間幹の, 價なる, 御門は, 椅子のうへに, 櫓の, 清水と, 胸坂に, 草大木は, 襟者流を

▼ たるあの~ (11, 0.0%)

2 悲しいトルストイ 1 ふしぎな, ほとんど銃, 下郎共は, 夕やけの, 恐ろしい熱病, 拳銃だ, 漫々たる, 行進の, 黄昏の

▼ たるなか~ (11, 0.0%)

1 [11件] で一つ, にある, にぽ, にまだ, に佐倉炭, に味, に玉虫貝, に遠く, を行く, を踏みわけ, を逃げる

▼ たるにより~ (11, 0.0%)

1 [11件] わざわざ拝見, パリーにて, 上聞に, 予定の, 勝手ながら, 天は, 山神負けた, 本意と, 横田大審院長は, 残らずお, 為に

▼ たるよし~ (11, 0.0%)

2 聞き及べり 1 しるせるは, など申せし, なり, にてお山, にてその, の謂, 人の, 府内の, 白状したれ

▼ たるをも~ (11, 0.0%)

1 [11件] え讀まず, イリュウジョンに, 今は, 何もかも忘れ, 印したる, 得なかった私, 心得ぬ下司下郎, 泰助は, 猶信じ, 考えざる者, 顧みで

▼ たる一室~ (11, 0.0%)

2 に夥多 1 ありて, であるけれども, でアカシア, にこの, に火炉, のごとき, の正面, は不, へ通った

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 眼を 1 名中ボーシュレーなる, 名打ち喜び, 将軍が, 山の, 眼つるぎの, 眼は, 腕も, 袖を, 鬢は

▼ たる作家~ (11, 0.0%)

2 になっ, や批評家 1 が多数, だといふ, であったこと, のひとつ, の列名, よここ, を明るみ

▼ たる半面~ (11, 0.0%)

5 をも指摘 1 とを左右, と凡人, に心, に興味, は殷紅, をも具

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 に對 1 から勘當, と, に火星, の助け, の原, の命, の蒼く, の賜物, を仰ぎ

▼ たる天下~ (11, 0.0%)

1 [11件] この口実遁辞, その師弟, とともに諸公, と共に太平, にはあるまい, の大勢, の春, の自由児, の蒼生, は温か, をとつ

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 のす 1 あり, ではある, の, のみはさすが, の面, はファウスト博士, は猶, 住めども, 及び娘

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 に対して復讐 1 に対して自ら加, に対して返, の為, は何, は償, もない, を償, を返へす, を酬

▼ たる少年~ (11, 0.0%)

1 [11件] あり, が実生活, こそは狂, と少女, にし, のうち, のこれ, は何時しか, は年, を一人, を惚

▼ たる平野~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, で極めて, なからざるべからざる, に拡がる, に雑草, の上, の中, の正中, は少し, やアカシア, を蔽いつくす

▼ たる幻想~ (11, 0.0%)

2 の世界, の國, の蓮, の裡 1 である, の物語, は漸く

▼ たる幾多~ (11, 0.0%)

2 の建議案 1 の世界, の人物, の改革, の智勇弁力, の村落, の猛, の美談, の誤記誤植, 慓悍なる

▼ たる彼ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] がその, としてはそれ, のたたず, のたたずまい, の事情, の周囲, の家, の手, の頭髪, の高い, はすでに

▼ たる~ (11, 0.0%)

1 [11件] が知れん, だという, に一撃, の将帥ら, の槍, の潜水艦, の討伐, の馬匹九十五頭, はこんな, もわが, も恐怖

▼ たる文化~ (11, 0.0%)

1 [11件] であると, の中, の模倣, の樹立, の現象, の興隆, の華, の象徴物, の遺業, を批判, を育み

▼ たる時間~ (11, 0.0%)

1 [11件] だった, だつた, と空間, に外, に過ぎない, に限られざる, のあいだ, は常に, を一次元空間, を自由, を要するに

▼ たる曠野~ (11, 0.0%)

3 の中 1 だった, であって, と力強い, と怪奇, のあかつきがた, の土, の方角, を沼地

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 な姿 1 さすがに, でとつつき, にて物, にもなく, に作り有る, に描き, の思ひありき, は舞子白拍子, もなく

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 の柔軟 1 が何故, が體, と別, に痛く, の力, の奸策, の息, れと, 仰げり生

▼ たる燈火~ (11, 0.0%)

3 の下 2 の影 1 その光, の光明世界, の巷, の處, は僅か, をもにじませ

▼ たる特殊~ (11, 0.0%)

2 の色調 1 な働き, な独立, の事情, の境遇事情, の寂寥, の才能, の状況, の道, も媒介

▼ たる生命~ (11, 0.0%)

2 の眼 1 があった, がなく, と身體, に関して云々, の諧調, はない, をなし, をもっ, を笑

▼ たる白い~ (11, 0.0%)

1 [11件] 光が, 光を, 幕が, 歯を, 煙が, 物は, 肌に, 花を, 蝶々と, 蝶と, 雲の

▼ たる目的~ (11, 0.0%)

3 のため 2 を有し 1 とは云, にむかひ, の存在, は全く, は始めて, を一歩前

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 を顰めつ 1 と空く凝せる, にいと, に勇壮, に晴れ, のあたり, のゆめ, の尾, をすこし, を隠す

▼ たる~ (11, 0.0%)

1 [11件] がよみがえる, に充たせ, のうち, の光沢, はほとんど, は何, をもっ, をもて, を以て黒幕, を持っ, キラリと

▼ たる~ (11, 0.0%)

3 大きく 1 なり他, なれば, にはあら, によく, の大, の水音, の者, の豪傑

▼ たる立場~ (11, 0.0%)

1 [11件] から親しく, として求められた, にある, によつて下層, によつて益, により, の人々, をすて, を一同, を棄て, を浮出さした

▼ たる~ (11, 0.0%)

1 [11件] なるべし, にて右三本, のひら, の跟, の長, の飾, は姫, は藤, は鬣, は黒天鵝絨, を出し

▼ たる自覚~ (11, 0.0%)

1 [11件] ができかかっ, が起った, こそむっと, と矜恃, は完全, は当局, をもつ, を持つ, を持て, を放棄, を獲得

▼ たる若き~ (11, 0.0%)

2 男の 1 ファンの, 人は, 叔母, 唐人驚き喜び, 女は, 時代が, 男が, 紳士は, 色の

▼ たる行動~ (11, 0.0%)

2 の如き, は一気に, は次第に, を生真面目 1 がみられる, に出でた, を取った

▼ たる表情~ (11, 0.0%)

1 [11件] で体操, で味気, とは地上, にて, にて口, の民衆, は彼女, や瀟洒, をし, をなす, を泛

▼ たる野心~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこもっ, と得られたる, と復古的, と機智, と相, と老, にうまく, また崩壊, もひそか, をもっ, を秘める

▼ たる~ (11, 0.0%)

1 [11件] さとを, さは, さ一寸の, さ三尺の, さ二十二ペークスの, 吏は, 曾我部氏が, 沙を, 防の, 防二州は, 髄彦を

▼ たる~ (11, 0.0%)

5 の音 1 で澤梨, のやまぬ, の中, の力, の空中, また降

▼ たる~ (11, 0.0%)

1 [11件] の恐, 人間である, 人頭支配の, 再建論の, 再建論を, 再建論者諸君に対して, 写実文人西行は, 国家的非, 政党内閣論を, 政黨内閣論を, 論理的政制の

▼ たる~ (11, 0.0%)

2 は室内, を立て 1 が耳, が耳底, が轟きはじめ, が近づき, と共に弦月丸, に打たれ, に男

▼ たる風景~ (11, 0.0%)

2 は私 1 として描き出される, と比べる, の中, は, も眼, も静的, を憶, を私, 崩れた崖

▼ たる黄金~ (11, 0.0%)

21 か, に用, の丸, の光, の琴, の縁, の腕環, や貝類, を卓上

▼ たる黒い~ (11, 0.0%)

2 影の 1 ものが, 影で, 森の, 水平線, 流れは, 流れを, 瞳は, 空の, 髯を

▼ たるしかも~ (10, 0.0%)

1 ばかげた成功, やさしき勇將, 今日その, 今日其の, 力を, 十行内外の, 女に, 極めて徐々, 沈鬱なる, 甚だ困難

▼ たるすべて~ (10, 0.0%)

2 のもの, の国 1 に命, の条件, の死, の特長, の貨幣価格, をすでに

▼ たるにぞ~ (10, 0.0%)

1 ありける, いでこの, かっぷと唾, 小栗も, 心潜かに, 怪しき声音, 推しては, 渠は, 然ら, 蟄息し

▼ たるに際し~ (10, 0.0%)

2 小山田某の, 彼れ, 閣下は 1 ハリスは, 伊藤公が, 侯が, 天も

▼ たる中心~ (10, 0.0%)

2 としてのみ存立 1 としての實, としての自己, として儼然存立, と奧行, に立ち, に立つ, を守り, を有

▼ たる事柄~ (10, 0.0%)

2 は彼等 1 あるいは希望, が一般世間, である, ではありません, なるが, にすぎん, も多かる, も実は

▼ たる人心~ (10, 0.0%)

2 の反映 1 と乱れとぶ, の不安, の変動, の象徴, は自由, を提, を鞭撻, を風雅

▼ たる人類~ (10, 0.0%)

1 の下層階級, の便利, の向上, の情, の權利, の私情, の萼, の進歩, の運命, を犠牲

▼ たる仕事~ (10, 0.0%)

2 が恥辱 1 があった, ではある, ではなかっ, につき, に於, の形態, をし, 多かりし

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 の書斎 1 から打ちあけられる, が或, とその, と分家, に有様, の忠告, の義雄, もみな綺麗

▼ たる光彩~ (10, 0.0%)

2 を放ち, を放つ 1 はもはや, を描き出した, を放ちし, を放っ, を放つた, を燦然

▼ たる光輝~ (10, 0.0%)

2 を放つ 1 ある使命, が照りかえし, が黒闇世界, を今日, を放ち, を放っ, を添え, を発し

▼ たる動機~ (10, 0.0%)

2 の存する 1 があった, がなけれ, であるであろう, ではなかっ, と決して, は小説家, もまた, を繹

▼ たる土地~ (10, 0.0%)

1 である, であるの, というよう, のうえ, の一つ, の半面, の大, の果実, は改良, は諸君

▼ たる契機~ (10, 0.0%)

2 として有, として無 1 であると, としてうち, としてすでに, として内, として將來, となし

▼ たる女性~ (10, 0.0%)

2 の香, はその 1 がこれ, が最も, でもある, とがぽ, に取り, の四股

▼ たる宇宙~ (10, 0.0%)

2 の刺激 1 だ, に於, に比し, に飛び, の一切, の力そのもの, の理, は水

▼ たる~ (10, 0.0%)

1 がその後, が肩頭, が胸, が薄命, が面影, が顔, と熊, のうち, の中, は決して

▼ たる~ (10, 0.0%)

1 が幾筋, のあなたカメロット, のべを, の勢, の流, の音, も少く, や野, をとこ, を悠々

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 の折 1 の如, の弦, の形, は弱, をなげ, を取り, を取りし, 仕に

▼ たる役目~ (10, 0.0%)

1 であって, に立たせた, は容易, は演じ, をごく, をやった, を全う, を勤め, を完全, を背負っ

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 などしみじみ 1 にぽうっと, に一つ手, に力, に接吻, に骨牌緊, の指, の暗き, を竪

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 の光 1 がなけれ, のごとき, のロンド, の影, の空, はもはや, は愁わしげ, を仰い

▼ たる最初~ (10, 0.0%)

1 であつ, の一人, の交通, の動機, の單行本, の目的, の素足, の起点, の起點, は誰

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 を杖 1 の鞘, ひきさげて, もしあら, を垂れたる, を手, を持ち, を持てり, を片手

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 の如き 1 なり, にはあの, のかたまり, のなか, の鏡, の音響, はすべて阪井, を揚ぐる

▼ たる現実~ (10, 0.0%)

1 から発足, に属する, に関する体系的叙述, の一片, の一隅, の光輝, の姿, はまさしく, を云い表わす, を迎えた

▼ たる甲斐~ (10, 0.0%)

2 ありて 1 ありと, なからむと, なくぞ, にか, には余, に唐人, はありけり, はあれ

▼ たる男子~ (10, 0.0%)

1 がその, が肉交, には藩, に女, に嫡出子, に応用, の人格, は寺院, は彼女, は時代

▼ たる~ (10, 0.0%)

1 あり, なるべし尤も, の青, の青々, も多, を印せる, を存す, を留むる物, 有るもの, 有る土器等

▼ たる素質~ (10, 0.0%)

2 を持っ 1 がお, と與, はない, を備え, を持つた, を排撃, を有し, を有する

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 して 1 ありて, にて, にて力, にて歌, のはて, をもて, 張りあげて, 振り絞りて

▼ たる~ (10, 0.0%)

4 に君 2 の光 1 に染む, に重く, のしっかり, を揮はんこと

▼ たる面目~ (10, 0.0%)

2 の以 1 かよ, があつ, がある, もそこ, をたてる, をとり戻し, を伝える, を保持

▼ たる顔つき~ (10, 0.0%)

2 をし 1 が与え得る, です, で小, になっ, をしてる, を凍らせ, を揃え, を示した

▼ たる~ (10, 0.0%)

2 を擡げ 1 から來, の跡, を抬げ, を聯, を見すれ, を見せよ, を鞍, 伸ばし

▼ たる高き~ (10, 0.0%)

1 ところの, クロニオーン降す, 価格が, 円天井広き, 君たち, 天守の, 岩窟に, 木間に, 神来の, 雪山の

▼ たるうえ~ (9, 0.0%)

1 になお, に寺社奉行, に男, はいかなる, はなに, はまた, は必ずまず, は自身, またしたがって業

▼ たること是~ (9, 0.0%)

4 れなり 3 なり 2 れなり星氏

▼ たるという~ (9, 0.0%)

1 のは, のを, ゆえ心中存する, 事なり, 事柄は, 全盛, 畳語の, 表現も, 話は

▼ たるほか~ (9, 0.0%)

2 に何 1 には為す, に袷襦袢, に複雑, に飾, に飾り, はきわめて, はない

▼ たるものの~ (9, 0.0%)

1 いとも慚づべき行, はなはだ取らざる, ひそかな, まさに心得べき, よくなす所, 他人に, 光る松が枝, 再びかえりきたりしものあるを, 殆ん

▼ たる一切~ (9, 0.0%)

2 の発明, の非 1 の事物, の情緒, の生計, の言行, の課税

▼ たる一条~ (9, 0.0%)

2 の道 1 あり, の小便, の水路, の火, の路, の金鉄線, は

▼ たる一間~ (9, 0.0%)

2 なれば 1 あり, に入る, に案内, に置かれ, の床の間, へ通る, より聞えぬ

▼ たる不平~ (9, 0.0%)

1 がこの, がたかい, が恁, と惨, は致命的, をぶちまけた, を懐き, を抑, を抱い

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 で地, の刀先, をそのまま, をふりかぶっ, を其の, を取つ, を投げ棄て, を控え, 抜くより

▼ たる區別~ (9, 0.0%)

1 あるに, がある, がなけれ, なるべし, はいと, もまた, も亦, をつけられない, を設けたる

▼ たる~ (9, 0.0%)

2 より浮きいで 1 にはあい面し, に舞楽, に舞樂, の外, の穴僅, は蔓蘿, 低き竹窓

▼ たる大樹~ (9, 0.0%)

2 が密生 1 ありて, が二重, が繁っ, ともなる, の如き, の萌芽, はまず

▼ たる宗教~ (9, 0.0%)

1 であったならば, である, として主張, にあらず, に向, の形象, の訓, の間, を有せ

▼ たる岩山~ (9, 0.0%)

1 が現われ, であること, で全, で所々, に沿った, のした, のせまい, の孤島, を背

▼ たる意義~ (9, 0.0%)

1 において作家, の流れ, はとら, は左, を保有, を失っ, を恢復, を掻き起す, を擔

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 あわれ, で歯, にて, にて文六, にて落ちつい, になし, を, をなし, を改めずし

▼ たる~ (9, 0.0%)

8 に卓 1 を握り

▼ たる支那~ (9, 0.0%)

2 の孝道 1 に於, の哲学者, の學風, の民族革命, の王族張氏夫妻, の貿易港, は動乱

▼ たる教育~ (9, 0.0%)

1 あり, がその, といふべし, と特徴, なり, の良否, を与ふべき, を受けたる, を含む

▼ たる文学~ (9, 0.0%)

2 多く後世 1 が独自, となった, にはその, の世界, の伝統, の勃, の革命

▼ たる新しき~ (9, 0.0%)

1 人生観が, 否らざる, 女の, 手法の, 時, 智力を, 法被を, 純国民的, 靈を

▼ たる~ (9, 0.0%)

2 なりき, を見る 1 あり, ならずやと, に眼, の多く永樂大典, を秋水出し

▼ たる服装~ (9, 0.0%)

1 して, だったが, でやってき, でやつ, で美しく, と様子, などの当世風, に客たち, をし

▼ たる東京~ (9, 0.0%)

1 が不幸, にし, のバラック, の商業, の市政, の市街, の真只中, の被害実状, をもっ

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 さらさらと, と若き, の下, の繁み, の錢菊, より出, をはらい落とした, を引, を飽かず見上げし

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 なり, にもあらず, のうるわし, の咲き, の枝, の梢, の花ざかり, の葉, を描いた

▼ たる権利~ (9, 0.0%)

1 がなけれ, が無い, と道義, なの, に対して更ら, は名義, を与え, を失はしめ, を失ひし

▼ たる決心~ (9, 0.0%)

2 の色 1 が見え, なの, に達せざる, の籠った, は少し, をもっ, を迫った

▼ たる沙漠~ (9, 0.0%)

3 のよう 2 を隔て 1 で沿線, や原野, や曠野, を見つめ

▼ たる海洋~ (9, 0.0%)

2 の上 1 がだ, だけがはて, の戰, の泡立つ, の辺, は夏霞, を睨み廻しつ

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 あらば, と記入, に猛, のよだれ, の背, を二つ, を描きし, を殺す, 厳しき笞

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 すらこの, だ, なりき, の児, の姿, の顎, はそのまま, ほの, 懶くし

▼ たる獅子~ (9, 0.0%)

2 なり 1 と豺, と鳥, の一團, の一群, の如, の頭, をと見る

▼ たる白煙~ (9, 0.0%)

1 がサッと, が一切, が室内, が薄れた, に包まれ, の噴出, の消える, を上げ, を噴い

▼ たる知識~ (9, 0.0%)

1 しかもっ, じゃない, ではない, に基づいた, に由つて一等国, のみだ, の働, の光明, もある

▼ たる砲声~ (9, 0.0%)

1 がし, がとどろき, が前方, が放たれた, が聞える, が遠く, だ, と寺院, は耳

▼ たる空気~ (9, 0.0%)

2 の中 1 が人々, に満たされました, に触れ得る, の振動, の衣, は重く, を下駄屋

▼ たる窮乏~ (9, 0.0%)

2 及び窮乏, 及び罪悪 1 であらう, と過大, に安, の附加, はその

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 して, にて幕, の波, の研究, ひやう, ひを, ひ声, をば, を湛え

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 にて運びし, のすゑ, の跡, の蹟, の運行, はこの, は再び, は日, を進め

▼ たる~ (9, 0.0%)

1 が峰, が白昼, となれり, になりたる, に包まれ, の色, の草原, 深い窓, 滴らんばかり

▼ たる自我~ (9, 0.0%)

2 の自由, の要求, の責任 1 から引き離し, である, にある

▼ たる芝生~ (9, 0.0%)

2 のなか, の隅 1 に咲き残れる, のある, の上, の庭, の起伏

▼ たる血潮~ (9, 0.0%)

2 です, で昨夜 1 に染ん, のこびり付いた, の汚れ, の飛び散つ, は既に

▼ たる~ (9, 0.0%)

2 の世界 1 あり, ありあに, ありしを以て, あるに, がある, を呈し, を呈した

▼ たる財産~ (9, 0.0%)

3 の不安 1 なり, は国, をば残, をもあるいは, を廢絶, を羨む

▼ たる身分~ (9, 0.0%)

1 において武力, にし, にそういう, に負, に遠慮, のまま, をもっ, を自, を自覚

▼ たる~ (9, 0.0%)

2 の流れ, もまだ 1 の内, は我側, を押, を重, を馬

▼ たる部分~ (9, 0.0%)

1 あり, が程度, にて示す, に圓, はそれ, は全く, へは入, をあたかも, を意味

▼ たる長き~ (9, 0.0%)

1 剣に, 捲毛, 敍事詩の, 橋より, 白紗の, 矛とり, 管を, 街をば, 頭髪は

▼ たる雰囲気~ (9, 0.0%)

1 があった, が用いられる, にたいしてその, によつてわが国, に包まれ, のある, の中, を漂わし, を身

▼ たる青春~ (9, 0.0%)

2 の気骨 1 に関する一片, の姿, の子ら, の心たち, の美, への安全, をこしらえた

▼ たる音楽~ (9, 0.0%)

1 である, のみどり, の世界, の愉楽, の音, の風景画, は人類, よりも既に, を聴い

▼ たるおれ~ (8, 0.0%)

1 か, がこんなに, が他人, が承知, が知っ, の不行届, の命令, の眼

▼ たるけしき~ (8, 0.0%)

3 でせう 1 いとおもしろく, のみ思ひやられ, は見下したるながめ, またなく面白し, をながめ

▼ たるそう~ (8, 0.0%)

21 な生欠伸, に刻ん, に帰っ, に目, に頭, びの

▼ たるにおいてを~ (8, 0.0%)

8

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 しかり隙, つて 1 ああワイ, かの山番, な人間, ふ皆

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 は二十九歳, は喜ん 1 ですよ, やけどな, やさかいな, やもん

▼ たる一群~ (8, 0.0%)

1 ありき, が光輝, なり, の人, の尼達, の説話, の豪傑, の過

▼ たる不幸~ (8, 0.0%)

2 の最 1 なる身の上, な僕, にも出, を悲しん, を脊負, を見れ

▼ たる二個~ (8, 0.0%)

2 の説話 1 の人, の新, の民族, の湯呑, の漁業用爆弾, の面白き

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 なること, にあらざれ, にあらず, に贈る, は何故, は小生, を熟視, を見ん

▼ たる使命~ (8, 0.0%)

2 を重んじ 1 によって戦う, の遂行, を傷, を果さず, を果し, を発揮

▼ たる内容~ (8, 0.0%)

1 が何, が問題, である, の上, の再現, の相, は真理, を即ち

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 もてる 1 の渇き, の苦労, は, もなく, よりも寒き, を取りはずし

▼ たる勇気~ (8, 0.0%)

2 をもっ 1 がいる, であったが, といろいろ, は四肢, も称する, を誇示

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 七が, 俗姿の, 屏風を, 死の, 神をも, 窓にて, 腹に, 自由民が

▼ たる口調~ (8, 0.0%)

21 だった, で云い切った, で戸石君, になり, もて人口, をもっ

▼ たる報告~ (8, 0.0%)

2 を配布 1 が集らぬで, に接し, を参考, を聞い, を選挙区民, を選擧區民

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 に似 1 なり, に對, に門, の下, の前, は立てり

▼ たる多数~ (8, 0.0%)

2 の奢侈, の軍夫 1 の人頭, の旧, の浮世絵師, の職業的婦人

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 が身, の家政, の清子, の面, は迚, をお, をおもい, を門

▼ たる孤独~ (8, 0.0%)

2 の情 1 な妻, の余生, の感じ, の重太郎, を味わい, を感じ

▼ たる容姿~ (8, 0.0%)

2 があの 1 こそ万人, といふ, のどこ, は陽春三月, を訝しげ, 楚々たる風姿

▼ たる小生~ (8, 0.0%)

1 がその, と当事者, にただ, の母, の真似, はただ, は切に, は壱岐殿坂

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 としての幅如何, にはさみ, のよう, の間, やつれたりとも, を曳きし, を添, を首

▼ たる平和~ (8, 0.0%)

2 な家庭 1 あれ, がある, と愛, な小天地, な文化国家, の結晶

▼ たる座敷~ (8, 0.0%)

3 の中 1 にいざなわれ, の方, の欄間, の灯, 仮

▼ たる御方~ (8, 0.0%)

1 から兵, がその, である, には現金三万円, のいかに, は主上, は良人, 見れば

▼ たる心持~ (8, 0.0%)

1 が俺, であった, でない, で盃, にならず, になりました, ののんき, をひらめかし

▼ たる感覚~ (8, 0.0%)

2 に身体 1 が近代感覚, でありながら, の快楽, を忘却, を生ずる, を絶

▼ たる手紙~ (8, 0.0%)

1 あり, が春一, が書きたくなるらしい, さしあげたから, の中, をくわえ, をひとまとめ, 不図

▼ たる挨拶~ (8, 0.0%)

2 あって 1 だつた, というその, として無, の終り, をした, をする

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 に出る, の人, の有り難, の武士, の法衣, の男, をつづけ, を続け

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 のまま, の人, の儘, の御殿風, の我, の武蔵野, の風俗, をしのぶ

▼ たる景色~ (8, 0.0%)

2 であった, を行手 1 がどうしても, に接した, を好もしく, を眺め

▼ たる暗黒~ (8, 0.0%)

2 と悲哀 1 でばば, なる人々, のにおい, の山々, の集団, をのみ予期

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 好の 1 始の, 早くより, 立派なる, 美最, 舊の, 醇なる

▼ たる月光~ (8, 0.0%)

2 の薄 1 が流れた, が雲, にそれ, の下, ばかりが鏡一杯, を刎

▼ たる月夜~ (8, 0.0%)

2 だった, のうろこ雲 1 かな, だ, である, の東山

▼ たる本質~ (8, 0.0%)

1 とは中, の要求, は何, は対立, は所詮, をあらわし, を失っ, を失つて

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 にこと問, にはあれ, の声, の嵐, の木の下, の枝, の梢, の歌

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 にみだれかかりたる 1 がみ, に鐘, よりおちたるき, を形代, を抱え, を持ち行き

▼ たる次第に~ (8, 0.0%)

2 御座候 1 あらず, ござります, 候, 候実は, 候貴君の, 有之

▼ たる流れ~ (8, 0.0%)

1 がまことに, によって永遠, の下, の姿, はまっすぐ, を眺める, を運ん, を隔て

▼ たる濁流~ (8, 0.0%)

2 と浮沈 1 が国土, だろう, であります, の真中, を望み, を見た

▼ たる火焔~ (8, 0.0%)

1 が夜空, が空, が立ちのぼった, につつまれ, にのた打ち廻る, には似れ, に包まれ, を抱い

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 き, 将が, 将の, 攻撃を, 牛の, 牛銅鉄王七世母なる, 狒の, 獸は

▼ たる現在~ (8, 0.0%)

1 しないもの, においては他者性關係性, に安住, のわれわれ, の癩院, の衛侯, の衞侯, 全く孤獨

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 を恨めし 1 が坂道, で牢獄, なお壮者, のうち, は天, をあげ

▼ たる瞬間~ (8, 0.0%)

2 に於 1 である, ならしめば, にのみそ, の痛, までの事情, を味

▼ たる神話~ (8, 0.0%)

1 ありき, なの, にも非, の形, もしくは口誦伝承, をその, を比較, 或は説話

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 の底 1 がある, にし, に圓形, の淺, をもと, 有り出所

▼ たる空想~ (8, 0.0%)

1 である, というもの, なりとは, のなか, の所産, の産物, はまた, をさえ

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 を持ち, を見し 1 ありその, の前, の書付, を持つ

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 客観の, 粹の 1 国民的神話もしくは, 有を, 物質といふ, 粹なる

▼ たる美しい~ (8, 0.0%)

2 世界の 1 おとめであった, 住宅地に, 熱の, 甲冑を, 脚を, 顔を

▼ たる職分~ (8, 0.0%)

2 をのみ見き 1 あらざるはなし, なれば, にて平人, をつくす, を守り, を説明

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 に入れ, のうへかな, の如し, はのぼる, は一つ, を取るべき, を江戸, 流れ行く

▼ たる良人~ (8, 0.0%)

2 も良人 1 と燕, のロジャー氏, の男性, の眼前, をば小僧同然, を持ち

▼ たる英国~ (8, 0.0%)

1 が, においてそれら, の一エージェント, の事情, の状態, の食物公給条例, は同時に, をばその

▼ たる行燈~ (8, 0.0%)

2 の横長きが一つ上, の火影 1 かな, の如き, の油皿, の火光

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 にて切り目, に来, に石碑, に達しない, の聲, は枯松, を西, 筈村の

▼ たる記憶~ (8, 0.0%)

1 あり, あるもの, である, なれば, のなか, はその, をつとめ, を辿

▼ たる調~ (8, 0.0%)

3 が俳句, も有 1 あらば, をこれ

▼ たる~ (8, 0.0%)

3 夫人 1 さは, 夫人の, 嬢に対して, 嬢の, 嬢中にて

▼ たる資質~ (8, 0.0%)

2 あるもの, を具 1 が錬磨, としかも, は如何なる, を失った

▼ たる身体~ (8, 0.0%)

1 のしまり, の一部, の清潔さ, の痛, の重量, は綿, をサンキス号, を此尽

▼ たる連中~ (8, 0.0%)

1 がいかなる, が何故, ですら, などはい, はこれ, は多く, よりも真実, 多くむさぐるしき白髪

▼ たる~ (8, 0.0%)

2 の真実価値 1 の十字架上, の地, の眼一双び, の矢, の箔, はなんぼ

▼ たる電燈~ (8, 0.0%)

2 の光 1 に照, のためいき, の下, の世界, も呼吸, をきらめかし

▼ たる~ (8, 0.0%)

1 です, で平次, はすれ, をし, をみよ, を利助, を振りあげ, を袖

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 たはず, たまで, ひだに, ひだ弥陀の, ひよりそつと, われな, をぞら

▼ たるお方~ (7, 0.0%)

1 がちかごろ, ぞと戒め, に対して賢弟, のかく, の生きる, をお, を手軽

▼ たることこれ~ (7, 0.0%)

4 なり 1 なく候, はなはだ奇, 最も多

▼ たるまた~ (7, 0.0%)

2 たくまと, 宜べ 1 人間の, 無く物すさまじくを, 知るべし

▼ たるやを~ (7, 0.0%)

1 も知らない, 疑わしむるものなり, 示せるよ, 解釈する, 説かねば, 説明し, 説明せし

▼ たる一事~ (7, 0.0%)

1 である, に在り, のうち, のほか何, は決して, は甚注意, を知るべし

▼ たる不思議~ (7, 0.0%)

1 いやなん, なるこの, な性質, な見もの, の出来事, の数々, の真実

▼ たる世間~ (7, 0.0%)

1 に放れ, の手続き, の批評, の批評以外, の父母, の軽薄児, は広し

▼ たる両親~ (7, 0.0%)

2 を扶養 1 がある, がお, に苦労, のこと, は可愛い

▼ たる事情~ (7, 0.0%)

2 の消失 1 がなく, については後, の変化, は推察, を見れ

▼ たる二三~ (7, 0.0%)

3 の例 1 の学派, の強, の新聞, の漁夫

▼ たる人たち~ (7, 0.0%)

2 であった 1 が曲, の想像, の若干, の裁定, よ僕

▼ たる人格~ (7, 0.0%)

2 は其の 1 には胆識雄邁, には膽識, に批判, の所有者, を見る

▼ たる任務~ (7, 0.0%)

2 は忽地 1 があった, に止まっ, をのみ持っ, を果し得る, を買つて

▼ たる俳優~ (7, 0.0%)

1 あり, であるかも, でその, にとっては実に, の中, の才能, は舞台

▼ たる光栄~ (7, 0.0%)

1 ある母性, に浴, に酔っぱらった, の戦信, は御, を得させ, を述べき

▼ たる児童~ (7, 0.0%)

2 の体重 1 がいる, が日曜, のよう, の天真, の本能

▼ たる凡て~ (7, 0.0%)

1 に目, の災害禍難疾病生死, の発展, の神話, の精力, の述作, 懶気

▼ たる動作~ (7, 0.0%)

2 なの 1 が彼, と聲, に眼, をなした, を見詰め

▼ たる印象~ (7, 0.0%)

1 なり, にギョッ, の凝集, は物理的, は起っ, を与える, を描いた

▼ たる吾人~ (7, 0.0%)

1 に説明, のみこれ, は内外交通開発, は大向う, は樣, は無念, をし

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 だと, なりき, のかぎり, は旦夕, よと, をくだしかね, を果す

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 から常に, のほとり, のもの, より白き, より真白き, をつけ, を噛む

▼ たる喜び~ (7, 0.0%)

2 がある 1 だったろう, のうち, の余り, の発揚, 譬えんもの

▼ たる喜悦~ (7, 0.0%)

2 で輝い 1 がある, とも言えるでしょう, の, の涙, の聲

▼ たる基礎~ (7, 0.0%)

3 の上 1 たりしなり, となるであらう, のある, を与へられ

▼ たる大いなる~ (7, 0.0%)

1 もの, 力と, 可能性である, 宮殿である, 猟犬の, 玩具の, 籃と

▼ たる大きな~ (7, 0.0%)

1 川の, 振動が, 歴史と, 真珠を, 老松の, 謎の, 身体を

▼ たる大理石~ (7, 0.0%)

2 の階 1 の上, の宮殿, の巨卓, の柱頭, の粉

▼ たる天才~ (7, 0.0%)

1 が必要, が新た, だったの, だのモデル, です, の片鱗, を世

▼ たる夫婦~ (7, 0.0%)

3 の間 1 の中, の契, の眼, は永久

▼ たる女子~ (7, 0.0%)

2 に医師 1 が齋宮, では釣合, なり, の彼恢復, は男

▼ たる家康~ (7, 0.0%)

1 には頭痛, に撰, の憲法, の眼もと, の胸中, はなお, もかかる

▼ たる小さき~ (7, 0.0%)

2 守刀を 1 もの其生長は, 井戸が, 寺の, 牢獄は, 穴から

▼ たる小説~ (7, 0.0%)

1 あらんに, とを測る, なり, の大本, はいろいろ, よりはよし, を発表

▼ たる山々~ (7, 0.0%)

1 がたびたび, がのしかかっ, が屏風, が次々, の濃淡いろいろ, は星, やその

▼ たる山中~ (7, 0.0%)

2 の村 1 に広く, に来り宿れる, の一ツ家, の幽寂境, の気

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 を片手 1 の上, を戴き, を戴きつ, を紐, を被れる

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 が吾 1 か不幸, であらう, とはいたく, はあらじ, 多きかの

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 境一木一草も 1 奥の, 沢を, 蘭の, 趣は, 靈か

▼ たる形式~ (7, 0.0%)

2 がある 1 だけをえらん, に一歩, の結婚, を取りぬ, を為さ

▼ たる怪物~ (7, 0.0%)

1 が首, であると共に, なり, にし, に勇ましき, の名称, は今

▼ たる恋愛~ (7, 0.0%)

1 などというもの, につき, によつて, の状態, の道, よりも面白し, をもっ

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 入道を, 凡夫いかで, 少年皆吉に, 権力を, 竜の, 趣味に, 闘も

▼ たる悲しみ~ (7, 0.0%)

1 だった, と妻, の日, の裡, は無, もその, を出し得る

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 に交じっ, のため, を含む, を書きつらねた, を書き綴った, を超え, 無かりし

▼ たる情緒~ (7, 0.0%)

1 と乱れ, と清らか, の過, を欠き, を漂, を示した, 傾くまでの

▼ たる~ (7, 0.0%)

3 なれば 2 とをみづか 1 で我々, ひにばかり

▼ たる戯曲~ (7, 0.0%)

1 が文学, が文学的, とは如何なる, の, の全般的研究, の地位, は次ぎ次ぎに

▼ たる提灯~ (7, 0.0%)

1 と竜, に礫, ふと消, をいふなり, を投げ捨て, を持ち, を持つ

▼ たる支那人~ (7, 0.0%)

21 の, の心持ち, の獄, の立場, を識

▼ たる新しい~ (7, 0.0%)

1 世を, 世界, 世界を, 動向である, 和声を, 図書館の, 自然が

▼ たる旅人~ (7, 0.0%)

1 とまた, なの, なり, にすぎぬ, の後, の群, も

▼ たる~ (7, 0.0%)

4 れなり 1 れ来世, を源頼朝, 豈彼

▼ たる書翰~ (7, 0.0%)

21 ならびに評論一編, にいう, にも甲州, に對, の趣

▼ たる最も~ (7, 0.0%)

1 下劣な, 健全勤勉な, 専門的なる, 尊貴なる, 形式的の, 普通なる, 有力な

▼ たる最後~ (7, 0.0%)

2 の一章, の言葉 1 の痛撃, の神婚説話, の限界

▼ たる未来~ (7, 0.0%)

1 ある有為, がわれわれ, と暖味, の間, の騎士, を代表, を語った

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 のうち 1 の木立, の林, の森, の葉, や樅

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 が展開, に囲まれた, の中, の前方, の坂道, の間, をロビイ

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 かなかね, と朝日, のかげ, の中, の枝, の葉末, 散る

▼ たる梅子~ (7, 0.0%)

2 の面 1 の心, の枕頭, の視線, は俯きたる, も絹巾

▼ たる歩み~ (7, 0.0%)

2 を運ん 1 の一歩々々, をこの, を休めさせた, を常に, を見ない

▼ たる死骸~ (7, 0.0%)

1 あるに, であるかも, と先, をかきあげ, を恐しく, を舁ぎ, を見しなり

▼ たる民族~ (7, 0.0%)

2 の歴史 1 が遂に, に非, の神話, の経歴, を尊敬

▼ たる決意~ (7, 0.0%)

1 あり, が反撥的, と化した, にもかかわらず, の色, を口, を迫る

▼ たる海上~ (7, 0.0%)

2 の道 1 にある, に一道, に不意, は波平らか, を眺めた

▼ たる海岸~ (7, 0.0%)

1 であり海岸, に至り, に連, の諸, の道, の陣屋, の風景

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 であり詩, に乗っ, に川幅常, の勢い, の流れ, の迹, 満珠

▼ たる無数~ (7, 0.0%)

1 の宝玉, の武蔵崇拝者, の民衆, の皺紋, の紀念, の魂, の鳥

▼ たる特権~ (7, 0.0%)

2 に依り 1 であり且, によって経済上, に与, を占有, を抛棄

▼ たる特色~ (7, 0.0%)

1 が現, が見いだされる, に他, はどうして, はリズム, を有, を有する

▼ たる犠牲~ (7, 0.0%)

1 であるから, と同, になっ, の念, の生きたる, を出し, を思へ

▼ たる犯人~ (7, 0.0%)

1 が居る, の将来, の行動, はきっと, は五月一日, は当然, は花

▼ たる~ (7, 0.0%)

4 内閣は 1 三遊亭圓馬, 實として, 状態が

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 が走者, の達する, を受け止める, を打つべき, を攫み, を攫み得, を遮り止め

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 すぢ, に住み, の名, の様子, は一筋, をドルンバハ, 崩れた崖

▼ たる画家~ (7, 0.0%)

3 なり 1 たりし, であるとともに, の事, までが忙し

▼ たる病人~ (7, 0.0%)

3 と一般 1 が起こり, なり, のごとき, の口

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 のみを見詰め, のよう, は主人, をも置けり, を取り, を小脇, を持ち

▼ たる眞理~ (7, 0.0%)

2 の優越 1 の, の響, は他, は益, を敬重

▼ たる秋風~ (7, 0.0%)

1 が夜空, に鎗, の吹く, の感觸, の渡る, の音, を松

▼ たる科学~ (7, 0.0%)

1 の光明下, の剣, の基礎, の実証, の範囲, を支柱, を正視

▼ たる約束~ (7, 0.0%)

2 は更に 1 がある, にあらず, は一切, をした, を皆

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 にさく, の瘤, の衣, をむし, を活気付け, を雷霆, 彫の

▼ たる肉体~ (7, 0.0%)

1 にめぐつた血液, に混, の感じ, の自由, は精神, を汚れ, を身

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 もよし 1 に伽羅, の上, の色, を曝し, を露出

▼ たる舞台~ (7, 0.0%)

1 なり, にひらり, に立たせれ, に近き, の上, の真中, を前

▼ たる芭蕉~ (7, 0.0%)

2 は俳句 1 とその, の大, の葉かげ, の面目, は振り向き

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 靄が 1 煙が, 藤の, 野原でありました, 野原は, 黄の

▼ たる裾野~ (7, 0.0%)

2 を有する 1 の中, の方角, の空, をにらみつめ, を辿り行く

▼ たる覚悟~ (7, 0.0%)

2 があっ 1 が誓われ, で勤務, と信念, も勇気, をしない

▼ たる観念~ (7, 0.0%)

1 である故に, なく唯, によって革命派, に基づき, の内, を生徒, を除い

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 さ, なるが, なれば, にこれ, にてその, を申すべし, を知れり

▼ たる趣味~ (7, 0.0%)

2 も亦, をなるべく 1 なり, の燃え, を成るべく

▼ たる農民~ (7, 0.0%)

1 でないという, の婦, の慈悲善根, の負担, はなお, も事実水呑百姓, を卑賤

▼ たる迷信~ (7, 0.0%)

1 ないしは誤解, なること明らか, の二, の対象, の箇条, を率い, を述

▼ たる通り~ (7, 0.0%)

2 取り上げて 1 なるが, に御座候, に有, のこと, の口上

▼ たる部屋~ (7, 0.0%)

1 いつぱい, である, でぜいたく, にこんこん, の中, の隅, は海

▼ たる野原~ (7, 0.0%)

2 である 1 で古, に, にただ, の真中, を過ぎ

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 の音 1 なりその, の声, の響, の鳴った, を撃ち

▼ たる閣下~ (7, 0.0%)

2 の内閣, の晩節 1 に御, の名, の名誉

▼ たる闘志~ (7, 0.0%)

1 が発刺, である, の塊, の現, は夜もすがら, を燃やし, を見せ

▼ たる面影~ (7, 0.0%)

2 あり大隈伯爵 1 があっ, がまだ, が見える, はなく, は失せ

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 ぬぎの 1 の心地, の急く, の跡, の雪, を穿き

▼ たる音吐~ (7, 0.0%)

1 でしたが, で次, で雅文体, とグロテスク, になっ, に一瞬敵味方, を以て演出

▼ たる音調~ (7, 0.0%)

2 もて, をそれに 1 でこたえた, と命令的, の風

▼ たる~ (7, 0.0%)

1 とその, のよう, の花, もいと, を放っ, を湛, を發

▼ たる馬車~ (7, 0.0%)

2 の間 1 に三個, に駕, の響き, は緑, よ

▼ たる黒煙~ (7, 0.0%)

2 の柱 1 があがる, のその, を吐い, を吐きつ, を挙げ

▼ たる~ (7, 0.0%)

2 の表現 1 たかき顔, とキリリ, の下, の高, は朱

▼ たるあたり~ (6, 0.0%)

1 のたたずまい, の容子, はこれ, へ行つた時彼, より二丁目三丁目, をふるはせ

▼ たるあなた様~ (6, 0.0%)

1 にお, にもなんら, のため, の大乗, をおい, を殺し

▼ たるかた~ (6, 0.0%)

2 への壁 1 おのずから忍び, で行く, にくぼみたる, に窪みたる

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 なったとき, なったもの, なった歯ぐき, なって, 二人の, 言いつけて

▼ たるただ~ (6, 0.0%)

1 ずまいとが, のあいさつみたい, の女房車, の無知, 一ツありし, 中学において

▼ たるだけ~ (6, 0.0%)

1 あって, この話, でなく当年, では, ならそれ, 最初は

▼ たるとも~ (6, 0.0%)

1 なんの, 何の, 其一銭限り不, 最早こ, 知らざるか, 知らざる歟

▼ たるにおいて~ (6, 0.0%)

1 おや, なんらの, 一様であり, 余りあり, 和歌と, 愧じる

▼ たるによって~ (6, 0.0%)

1 ここに, この通り, 強いだけの, 当家重大の, 明らかである, 罪を

▼ たるばかりの~ (6, 0.0%)

1 この従妹, 燈心草, 男, 粥を, 足にて, 風呂敷包を

▼ たるもの一~ (6, 0.0%)

3 にし 1 として行政体統, として行政體統, は蕃野

▼ たるようす~ (6, 0.0%)

1 であらわれだし, で半ば氷, で立っ, にはまいらない, をし, をした

▼ たるわけ~ (6, 0.0%)

3 では 1 だて, でも, にてつまり

▼ たるフランス~ (6, 0.0%)

1 であった, の運命, へ逃げ込んだ, をながめ, を確信, 大革命

▼ たるランスロット~ (6, 0.0%)

1 である, の事, はいう, はま, はやおら, よと謳わるる

▼ たる一例~ (6, 0.0%)

1 あるのみ, として観察, とすべし, と言うべし, なり, にても分かるであろう

▼ たる一節~ (6, 0.0%)

2 あり 1 はこの, を, を讀ま, を転載

▼ たる一首~ (6, 0.0%)

4 あり 1 の歌, を読ん

▼ たる事なき~ (6, 0.0%)

1 にあらざりしか, にあらね, により, に反し, はむしろ, は何ぞ

▼ たる事件~ (6, 0.0%)

2 あり 1 があり, じゃない, のみにても充分, をし

▼ たる~ (6, 0.0%)

3 宜ならず 1 彼等が, 怪むに, 職として

▼ たる京都~ (6, 0.0%)

1 の侘しき, の東寺, へ上っ, や鎌倉, を易々, 及び其附近

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 だ, などと申す, なり, にてその, の大, の高

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 かの呪い, が故に, の本質, の産物, の趣味, をか思える

▼ たる余韻~ (6, 0.0%)

1 がある, が低く高く, と愁, の松風, の残る, をひい

▼ たる信条~ (6, 0.0%)

1 であります, とその, と爛, のまま, の謂, を復興

▼ たる偉大~ (6, 0.0%)

1 なご, なる宗教, なる意義, な作家, な功績, な教訓

▼ たる働き~ (6, 0.0%)

1 が仮令, の頂上, はせず, をし, をしなけれ, をする

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 のうた 1 なれば, にも劣らじ, にやありけん, 深き池

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 のあり 1 が人, が岳, の生まる, を現在

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 と白糸, の緒, をいただき, を彼, を戴き, を頂く

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 き本質, 世界の, 欧州に, 財産を, 軍の, 隅にまで

▼ たる刹那~ (6, 0.0%)

1 に, にその, の恐怖的心理状態, の最も, よりすでに, より既に

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 より合理的, 一に, 接戰に, 未だ与えられない, 枇杷の, 難いかな

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 かな, である, にたいしてはいっそう, には哀れ, の外, より出でぬ

▼ たる句法~ (6, 0.0%)

3 の緊密 2 にや候はん 1 にや候わん

▼ たる名称~ (6, 0.0%)

1 から除外, ならん, に相違, はなかっ, を恥ずかしめなかった, を継いだ

▼ たる吾等~ (6, 0.0%)

1 が無事, に参政権, に親しく, の仲間, の眼中, は君

▼ たる命令~ (6, 0.0%)

1 ではあつ, の一下, の火焔, をいい, をだした, を出した

▼ たる唯一~ (6, 0.0%)

1 のもの, の機会, の男, の資格, の賜, の道

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 にし 1 こそ笑止, などは見し, になりまし, の如き

▼ たる国土~ (6, 0.0%)

2 に発生 1 には深く, の上, の義, を見おろした

▼ たる境地~ (6, 0.0%)

2 に何で 1 から身, である, にのみ限らん, を彷徨

▼ たる大地~ (6, 0.0%)

1 に熱愛, の色, をふむ, を小賢しく, を極めて, を看下す

▼ たる大形~ (6, 0.0%)

5 の裕衣 1 の浴衣

▼ たる大洋~ (6, 0.0%)

1 であるが, の水, の面, まで支配, を巨大, を横断

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 が内々, でその, と直ぐ, なり, にて甲斐, を見る

▼ たる~ (6, 0.0%)

3 なる乙女 2 は到底 1 なかた

▼ たる威勢~ (6, 0.0%)

1 が老人, でしたよ, で乗り込んだ, の善き, をもっ, を示し

▼ たる威厳~ (6, 0.0%)

1 であって, とにらみあわせ, に充ち満ち, を侵された, を保たなけれ, を現

▼ たる威容~ (6, 0.0%)

1 はやはり, は上宮太子, をそろへ, を持, を示す, を誇っ

▼ たる嬉し~ (6, 0.0%)

2 さよ 1 さに, さは, さ今は, さ忝け

▼ たる宝石~ (6, 0.0%)

1 が独り幅, の眩, の輝き, の鏤められた, の間, を

▼ たる実に~ (6, 0.0%)

1 よく中, 三回と, 三年の, 儂らの, 匂も, 日本一の

▼ たる実際~ (6, 0.0%)

1 の働き, を見れ, 家が, 家肌の, 的原則は, 的能力を

▼ たる寂寥~ (6, 0.0%)

1 が無限, ぞ, にとらはれよう, に胸, の中, の影

▼ たる小刀~ (6, 0.0%)

1 で教授, には大きい, の柄, まで打ち落され, を引抜き, を振翳し

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 がいた, が小石, が邪魔, と相手, の, の発心

▼ たる山岳~ (6, 0.0%)

2 の如く 1 のやう, の起伏, も, をこえ

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 が根, であったこと, であります, とても其種, の根, は其發

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 のさま, の間, も聳え曲がり, を照す, を照らす, を背

▼ たる平氏~ (6, 0.0%)

2 は却 1 が独特, に劣らず, の家人, は九州四国

▼ たる幽霊~ (6, 0.0%)

1 か, が現出, の事実, の図, の姿, を挙

▼ たる廃墟~ (6, 0.0%)

2 の彼方 1 がなけれ, で一木一草, となっ, の間

▼ たる彼自身~ (6, 0.0%)

2 まで肩身 1 であった, に対するあらゆる, の真面目, は旧弊型

▼ たる御身~ (6, 0.0%)

1 が左様, で, なれば, に課せられた, はさて, を前

▼ たる心境~ (6, 0.0%)

1 で平々凡々的, などちつ, に到達, に陥らず, の一部, を共同

▼ たる怒り~ (6, 0.0%)

1 が渦巻い, が発した, であつ, ではなく, のまなざし, はよく

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 にて, 去りも 1 を水, を為し

▼ たる想像~ (6, 0.0%)

1 から出発, すべし, によりてつくられた, の世界, の力, を造り

▼ たる愛国~ (6, 0.0%)

2 の志士, の軍夫 1 の忠誠, の精神

▼ たる愛情~ (6, 0.0%)

1 に一身, のうち, は肉情的愛情, までも奪われ, をもつ, を七人

▼ たる戦争~ (6, 0.0%)

1 と相互間, において思わざる, に彼女, の機会, はおそらく, は最近

▼ たる~ (6, 0.0%)

3 の前 1 の隙, をコトコト, を敲く

▼ たる批評家~ (6, 0.0%)

2 の言葉 1 でさえも, の多い, の眼力, の花

▼ たる技倆~ (6, 0.0%)

2 を有する 1 ありとも, とおどろくべき, には驚かざる, をもつ

▼ たる攻撃~ (6, 0.0%)

1 となり, によっては何一つ, に対しては従来編輯, に就き, の一, の事

▼ たる放免~ (6, 0.0%)

2 の物語 1 がまた, がもと, が随分, の末路

▼ たる敗北~ (6, 0.0%)

1 この焼野原, だったが, の血, また敗北, をうけ, をとげ

▼ たる文壇~ (6, 0.0%)

1 の小星, の張三李四, の泰斗, の空, の識者, よ職業的

▼ たる明治~ (6, 0.0%)

1 と元禄, の俳人藤野古白, の初年, の官界史, の新, 新短歌

▼ たる書中~ (6, 0.0%)

2 に曰く 1 にも, に左, に詳かなり, の一節

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 を見し, 事件の, 党は, 居宣長また, 集収録の, 黨は

▼ たる材料~ (6, 0.0%)

1 の上, の不自然, の適当, より, をモト, を把握

▼ たる松明~ (6, 0.0%)

1 が空, は長, をつらね, を取っ, を叩き落した, を揚げ

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 に石製, をもて, を以て地, を持ち, を携え, を携帯

▼ たる概念~ (6, 0.0%)

2 である 1 はあれ, は自然, や人生観, を具

▼ たる樣子~ (6, 0.0%)

2 は五音 1 あり未だ, にて同行, を見る, を覗いた

▼ たる武蔵野~ (6, 0.0%)

2 の原 1 に一人, の渺茫, の真ん中, を大風

▼ たる歩調~ (6, 0.0%)

2 で洋杖 1 で大道, で娘たち, で花壇, とのどか

▼ たる殺気~ (6, 0.0%)

1 がある, をみなぎらし, を刀, を持った, を見せた, を身

▼ たる水田~ (6, 0.0%)

2 のほとり 1 が拡がっ, で人家, に鳥, の中

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 と気息 1 くさき錢, の滴, をぬぐいぬ, を靈泉

▼ たる~ (6, 0.0%)

3 の音 2 の穂 1 のうち

▼ たる淑女~ (6, 0.0%)

1 いひけるは, がその, と云った, のはれ, は正しく, は袖つけ

▼ たる灰色~ (6, 0.0%)

1 じゃよ, のうち, の冷たい, の四囲, の空, の雲

▼ たる烈日~ (6, 0.0%)

2 の下, の光 1 のもと, を存分

▼ たる無人~ (6, 0.0%)

1 の会場, の刑場, の境, の大道, の曠野, の高原

▼ たる無限~ (6, 0.0%)

2 の時間 1 の思い, の愛, の感, の神秘

▼ たる煉瓦~ (6, 0.0%)

2 の壁, の竈 1 の色, の赤きが上

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 の深, の癒, は一種奇怪, や甲羅, をきらう, を見つむる

▼ たる牡丹~ (6, 0.0%)

1 かな, といふ牝牛, の大輪, の形容, の老樹, の花

▼ たる物語~ (6, 0.0%)

1 あり, であるが, にほぼ, の如き, の音羽, をし

▼ たる犯罪~ (6, 0.0%)

1 がある, に関する中, のよう, の大, の隠蔽手段, をあばい

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 なす胸, の如き 1 が気の毒, のごとき

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 には何, に似, に似たる, はどんな, を見し, を見出したら

▼ たる画工~ (6, 0.0%)

2 なり 1 がある, この時, に近づく, は最早

▼ たる痕跡~ (6, 0.0%)

1 を止むるのみなる事, を留め, を見ず, を見出し得べし, を遺し, 及び絞殺

▼ たる皇帝~ (6, 0.0%)

2 は侯, を如何 1 に対面, に對面

▼ たる砂塵~ (6, 0.0%)

1 が移動, まで揚っ, も車, をあげ, を捲き立て, を眺め

▼ たる秀吉~ (6, 0.0%)

2 が利休 1 が一騎驅, が天下, は死後, を望み見

▼ たる種々~ (6, 0.0%)

2 の馬鹿らしき 1 なる獻身者, の假面, の場面, の思想

▼ たる空虚~ (6, 0.0%)

1 と自己諂諛, な響, に病みぬ, の感じ, をみつめた, を例

▼ たる立姿~ (6, 0.0%)

2 を今三年 1 はさらに, は一際, は若し, を紅燈

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 なり, のステツキ, の切口, の籠, の葉, は青竹一尺四寸五分

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 すら作る, のうち, の他, の内, を差し上げる, を粥

▼ たる紳士~ (6, 0.0%)

3 であった 1 が婦人, なりけり, は某

▼ たる絶対~ (6, 0.0%)

1 ではないだろう, に対抗, の恭順, の真理, を認識, を説く

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 でそれ, で御, と刺謬, ながら永, に使はる, は無

▼ たる老婆~ (6, 0.0%)

2 が喫煙 1 お録, の面, は早く, らしいところ

▼ たる職業~ (6, 0.0%)

1 がふさわしから, が分化, によって始末, のほか, を以て天子様, を執っ

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 を湿す 1 には侘しき, は見る, をもて, 早く御

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 うどとか, ざむらいの, 中の, 春の, 猫にな, 鷲の

▼ たる若者~ (6, 0.0%)

1 あり, が神, が観音, である, は同時に, を一人

▼ たる英雄~ (6, 0.0%)

1 でありビスマルク的鉄血心, なり, に, の最期, や勝利者ら, 第一

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 を錫 1 の木哉, の花, を一口ゴクリ, を立て

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 のた, のみわずか, の如し, をこれ, を粗, 之助

▼ たる葡萄酒~ (6, 0.0%)

21 のしみ, も酸く, を注ぐ, を飮

▼ たる薔薇~ (6, 0.0%)

2 の花弁 1 の木, の苗さ, の蕊, をまき

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 に還らう 1 に重々しき, ぬけて, の樣, を馳せ

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 を体裁悪げ 1 ぞとは良人, の上, をつらね, 思い切て

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 にも膝, に一人, に大, に寝泊り, に独り沸ら, に白衣

▼ たる言語~ (6, 0.0%)

1 が偶然, に依っ, に粗, は新しき, を離れ, 或は之

▼ たる記者~ (6, 0.0%)

1 がい, である, に自身, の頭, の風采, を罰すべき

▼ たる諸君~ (6, 0.0%)

1 の眼, はイサベラ女王, は大, は考えないだろう, も大, も救

▼ たる貴族~ (6, 0.0%)

2 の病根 1 と僧侶, などの名前, にならね, のため霊

▼ たる農夫~ (6, 0.0%)

2 のゴツゴツ節 1 ではない, では無い, と茅葺屋根, なるが

▼ たる返事~ (6, 0.0%)

1 であります, でしょう, をした, をする, を直ぐ, を齎らそう

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 ありしは, を示さず 1 に孤屋, の如くなりぬ

▼ たる造化~ (6, 0.0%)

2 の一片, は悉く 1 とおなじ, の深き

▼ たる酔眼~ (6, 0.0%)

1 にこの, に強いて, の色, を幾度, を投げる, を瞭

▼ たる銃声~ (6, 0.0%)

2 がひびいた 1 がなりひびき, が耳許, が聞えた, が鳴り響いた

▼ たる~ (6, 0.0%)

3 に間 1 が池, につつまれ, をとほし

▼ たる音声~ (6, 0.0%)

1 であらう, でなかなか, でまた, で鳴門舞, に董卓, をあげ

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 をさ 1 の痩, は無き, を伝わりました, を撫で

▼ たる顔色~ (6, 0.0%)

1 が少し, して, と共に見物人, に落胆, に遍く, も散りたる

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 とは言わず, ならで, なるべし, にもあらず, のもの, は皆氣息

▼ たる風姿~ (6, 0.0%)

1 でどこ, といい, と云, と思い比べ, はいかにも, をはじめて

▼ たる香気~ (6, 0.0%)

1 が発する, すら漾, の事, を帯び, を放てるなり, を発散

▼ たる馬蹄~ (6, 0.0%)

3 の音 2 の響 1 の響き

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 を撫で 1 が, の中, やこけ落ちた, 黒き一人

▼ たる魅力~ (6, 0.0%)

2 の持主 1 がある, にとぼしい, に心, を示す

▼ たる~ (6, 0.0%)

2 に味方 1 あり, の啼き, の如く, を売買

▼ たる黒き~ (6, 0.0%)

1 位牌の, 天鵞絨の, 礼服新に, 禮服新に, 血は, 鉢の子

▼ たる~ (6, 0.0%)

1 の法衣, の群, の足袋, の骸, ばかりでなく, を白頭

▼ たるあらゆる~ (5, 0.0%)

1 ものの, 物との, 生活の, 種類の, 馬車の

▼ たるいわゆる~ (5, 0.0%)

1 エタは, オゾン瓦斯が, 勤王有志家の, 屠者, 雪峰が

▼ たるうねり~ (5, 0.0%)

1 があり, に乗っ, の下, はいまルゾン号, をなした

▼ たるお前~ (5, 0.0%)

1 が字, に再度, の顔, はどうして, を回抱

▼ たるお婆さん~ (5, 0.0%)

1 から自分, が一人, はどうしても, は二度, は肉体

▼ たるかなた~ (5, 0.0%)

1 に, に天使, に横たわる, の雲, より馬車

▼ たること明~ (5, 0.0%)

4 なり 1 かに歴年

▼ たるこれら~ (5, 0.0%)

1 の一切, の四つ, の将校達, の数ページ, 諸感情

▼ たるさかい~ (5, 0.0%)

1 そんなわげ, 何時なり, 洗張に, 涙拭い, 面を

▼ たるすなわち~ (5, 0.0%)

1 不完全な, 日本鎖国の, 本職に, 武士の, 漢語化せられたる

▼ たるとともに~ (5, 0.0%)

1 また傑, 幸福な, 新言語, 海ぞ, 門前に

▼ たるはか~ (5, 0.0%)

1 のいわゆる, の改進論派, の爆弾事件, の猶, へつて

▼ たるはなんぞ~ (5, 0.0%)

5

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 ふんだり 1 ことの, にすべて, らうどたちは

▼ たるまでに~ (5, 0.0%)

31 とどまりしも, ばかであり

▼ たるまでにて~ (5, 0.0%)

1 かくいはね, かくいわね, 前に, 恰も銃猟, 検字に

▼ たるもん~ (5, 0.0%)

1 か入れ毛, がある, だ, ですから, の責任

▼ たるやも~ (5, 0.0%)

2 知る可 1 しれなかった, 一応は, 亦知るべからず

▼ たるよと~ (5, 0.0%)

1 幼心に, 心得て, 思ひつつも, 笑ふなり, 驚くこと

▼ たるわたくし~ (5, 0.0%)

1 がどうして, にその, の胸, は我儘勝手, をのこし

▼ たるアヌンチヤタ~ (5, 0.0%)

1 が胸像, なるが, は早, を棄て, を迎へき

▼ たるシャーマン~ (5, 0.0%)

2 がそれ, の妹 1 が祭主

▼ たるダンテ~ (5, 0.0%)

1 の名, の心, の難, は天使, をし

▼ たるドイツ~ (5, 0.0%)

1 の力, の勤労女性, の医師, の平野, はいかなる

▼ たるピストル~ (5, 0.0%)

1 につまずき, のひ, を取り出し, を拾い取っ, を用いる

▼ たるリズム~ (5, 0.0%)

1 がない, である, の糸, は烈しけれ, も表白

▼ たる一日~ (5, 0.0%)

2 かな 1 の正味十六時間, もやう, 救われたる誤れる方略

▼ たる一発~ (5, 0.0%)

2 の銃声 1 の午砲, の爆音, の短銃

▼ たる上野~ (5, 0.0%)

2 の精養軒 1 の松, の茶亭, へ只

▼ たる下男~ (5, 0.0%)

1 が十人, に連, の声, は銀平, は黒住教

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 合理と, 埓の, 届者に, 必然の, 決定この

▼ たる不安~ (5, 0.0%)

1 に浸, に襲われ, の故に, の程度, を感ぜざる

▼ たる乙女~ (5, 0.0%)

2 でした 1 です, の血, は振り仰ぎ

▼ たる人影~ (5, 0.0%)

1 いよいよ群, が犬, が音, はニヤリ, は後姿

▼ たる人材~ (5, 0.0%)

1 がおのずから, だ, に相違, もあった, をひろいだす

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 がびく, だけあっ, に近い, のよう, は自然

▼ たる他人~ (5, 0.0%)

1 と他人, の人格, の句, の姿, の領

▼ たる以外~ (5, 0.0%)

1 にも亦, に歴史家, に犯人, に百姓怨氣無しとい, のもの

▼ たる作用~ (5, 0.0%)

2 をする 1 を演じた, を演ずる, を演ずるであろう

▼ たる佳人~ (5, 0.0%)

3 であった 1 は山, を見

▼ たる健康~ (5, 0.0%)

2 に極めて 1 な新, をもち, を惜気

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 の秋, を作りし, を出す, を地, を安置

▼ たる元気~ (5, 0.0%)

1 のやり場, は欠け, をとり戻し, を保ち, を盛り返し

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 に君子, はまだしも, 最も微妙, 最も美麗, 蒙古

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 じい火である, 壮な, 気を, 色が, 色に

▼ たる処女~ (5, 0.0%)

1 の如く, の如く顔, の家々, の心, の心持

▼ たる制度~ (5, 0.0%)

1 なりしと, なり習慣, なること, よりは非常, を建設

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 ありと, あれば, により莫大, は俳諧史上, は此歌

▼ たる功績~ (5, 0.0%)

1 は決して, をうたわなけれ, をも叙, を有す, を登山界

▼ たる労働~ (5, 0.0%)

1 に対する需要, の価値, の労賃, の強度, の騰貴

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 が食道, が鼻, とでもいいたい, ひが, ひの

▼ たる十字架~ (5, 0.0%)

1 に基督, はその, をわが, を拾う, を捧げさせ

▼ たる博士~ (5, 0.0%)

1 が天賦, とかさ, の気力, は卓子, をすくいださず

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 つぱ, の中, の底, は空しく, を真直

▼ たる又は~ (5, 0.0%)

1 把握され得る, 病める祖父母, 直接に, 組織化される, 組織化されるべき

▼ たる叔母~ (5, 0.0%)

1 のこの, の美しき, の許, は大いに, をたずね

▼ たる古き~ (5, 0.0%)

1 ものよりも, 三味線の, 中折帽は, 心が, 柱頭も

▼ たる同じ~ (5, 0.0%)

1 南の, 国の, 書簡の, 模様の, 樣に

▼ たる同胞~ (5, 0.0%)

1 が互いに, の, の思想, の早く, の近き

▼ たる味方~ (5, 0.0%)

1 に大きな, の影, の機動力, の軍勢, 気負いぬく敵

▼ たる和歌~ (5, 0.0%)

1 と俳句, なぞもある, の上, の中, の浦

▼ たる品位~ (5, 0.0%)

2 は備 1 があった, であった, は庭男

▼ たる啓示~ (5, 0.0%)

2 の集録 1 が他, と全然, を以て完全無欠

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 にあらず, に盛りぬ, の大度, は実に, を備え

▼ たる因縁~ (5, 0.0%)

2 に奪 1 のあるらしい, を全く, を身

▼ たる国家~ (5, 0.0%)

1 に於, の体面, の政治作用, は同時に, を成す

▼ たる地獄~ (5, 0.0%)

1 のお話, の叫喚, の業火, の火焔, の象

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 かも 1 は薔薇, りに, をまきあげました

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 が今, でありますが, と見, の天守, もうつくしき

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 なれば, にて一人物, に導かれ, の榜示, へ來

▼ たる声音~ (5, 0.0%)

31 で話し, にて

▼ たる外国人~ (5, 0.0%)

1 ありしは, の町, の説, はわが, を見ずや

▼ たる~ (5, 0.0%)

4 數の 1 でなければ

▼ たる夜気~ (5, 0.0%)

1 がこっ, ではない, にはや, の中, を映し

▼ たる夢想~ (5, 0.0%)

2 の世界 1 の祝福, は今や, を楽しん

▼ たる大久保利通~ (5, 0.0%)

2 の威望, の理想 1 の身

▼ たる太刀~ (5, 0.0%)

2 の音 1 をながめ, を引っ, を引つ取つ

▼ たる奏楽~ (5, 0.0%)

2 の音 1 がわきあがった, と共に盛宴, は満堂

▼ たる女形~ (5, 0.0%)

2 なり 1 にて名人小団次, にて脱疽, をし

▼ たる女房~ (5, 0.0%)

1 が女, のの, の元, の尻, 堪へかねてや

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 境也, 夜だ, 機会を, 風景得も, 風貌馬上手綱を

▼ たる妖怪~ (5, 0.0%)

1 にあらず, にし, の事実, の意味, を偽造

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 に向, に対しては形, の涼しき, の面, は眞蒼

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 の物語 1 ありて, なり, の身うち

▼ たる孔子~ (5, 0.0%)

1 その高弟顏子, の書, の面目, はこの, は弟子

▼ たる完全~ (5, 0.0%)

1 なる叙事詩, なる合一, なる好著, なる姿, な国家

▼ たる実隆~ (5, 0.0%)

1 がまだ, が飛鳥井家, の見聞, の賛, も公然

▼ たる室内~ (5, 0.0%)

1 に今, の, のさま, の状況, は空気

▼ たる宮の内~ (5, 0.0%)

5 の明り

▼ たる家庭~ (5, 0.0%)

1 について語りました, に十有余年, に育った, の感化, の感化中

▼ たる容子~ (5, 0.0%)

1 ではこの, に候いし, に山木, は云, をし

▼ たる岩石~ (5, 0.0%)

1 の堆積, の外, の間, より成り, を以て圍まれ

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 の名, の背, の高き, を眺むることが, を見出すであろう

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 の上, の山腹, の面, も馨る, 繁る森

▼ たる巨大~ (5, 0.0%)

1 なるロシア, なる外力, なる聖歌, な白眼, の柱

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 に, の如く, を一重, を以て覆える, 彌支

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 かな道である, 庭を, 沙の, 猴また, 秩東作朱楽菅江唐衣橘洲手柄岡持ら皆世を

▼ たる平地~ (5, 0.0%)

1 が一面, なり, に出で, も何もかも, を歩く

▼ たる広場~ (5, 0.0%)

1 であ, であって, にある, は唯, へでる

▼ たる広野~ (5, 0.0%)

1 に彷徨, の中, の心持, の淋し, の積雪

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 の上 1 は, よりそっと, より密

▼ たる当年~ (5, 0.0%)

1 にし, の三河武士, の意気, の早稲田専門学校, の覇気

▼ たる役割~ (5, 0.0%)

2 を演じた 1 を兼ね, を果し, を演ずる

▼ たる従者~ (5, 0.0%)

1 はまた, は本来, は皆昏暈疲憊, や継母, を呼べ

▼ たる悲壮~ (5, 0.0%)

3 の感激 1 な友愛, な戦場

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 もある 1 に解し, を以て語り, を言

▼ たる我々~ (5, 0.0%)

1 があえて, にはこの, に対して世界, は人間らしから, は当然

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 を持ちたる 1 の二ツ, の影, を手

▼ たる手足~ (5, 0.0%)

1 と刀, は麻, を, を恣, を洗

▼ たる技術~ (5, 0.0%)

1 でもある, と回顧, の獲得, を見出す, を象徴

▼ たる挙動~ (5, 0.0%)

1 さえ著し, ならずやとの, なり当時世人, にし, を評し

▼ たる描写~ (5, 0.0%)

2 がことに 1 であります, にのみ終始, は不可能

▼ たる摺鉢~ (5, 0.0%)

4 にても時の間 1 の夏菊

▼ たる政友会~ (5, 0.0%)

1 となれり, の到底, の政府, は決して, を切りくずし

▼ たる故郷~ (5, 0.0%)

2 の土 1 に歸, への郷愁, を逐電

▼ たる文明~ (5, 0.0%)

1 とも離れた, の有様, の民, の諸, を根底

▼ たる文章~ (5, 0.0%)

1 には未熟, の流れ, は事業, も本, も見あたらぬ

▼ たる方法~ (5, 0.0%)

1 によってわれわれ, は一種特別, を採ろう, を改良, を用

▼ たる日光~ (5, 0.0%)

2 の下 1 に浴, は草, を浴び

▼ たる日本人~ (5, 0.0%)

1 が一々, にあらざる, に対しもしも, は世に, も外国人

▼ たる明日~ (5, 0.0%)

1 の問題, の日, の若, は果して, 行なうが

▼ たる春風~ (5, 0.0%)

1 に顔, のため, の伝はるの, は古い, を面

▼ たる時われ~ (5, 0.0%)

2 しらず泣きて 1 はその, は思わず, は肺

▼ たる時勢~ (5, 0.0%)

1 が生み出せる, に処し, の変遷, の歩み, の潮流

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 さかな, さが, 天の, 点である, 道の

▼ たる~ (5, 0.0%)

21 から浮き出す, のほ, の明星

▼ たる書籍~ (5, 0.0%)

1 と同志間, に問, に解題, は四五千乃至一萬餘種, は遺骸

▼ たる未知~ (5, 0.0%)

1 のよろこびな, の兄弟姉妹, の友, の歴史, の男

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 にしがみつき, の上, の下, は尚, を横

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 といふ字, なれど, にて今, のひそ, の小名

▼ たる枯木~ (5, 0.0%)

2 が原 1 なるのみ, のひとり, の丸太橋

▼ たる桜花~ (5, 0.0%)

1 あらぬ春, と無情, のした, の雪, を心

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 の初, の大木, の老木, を折り焚き, 白し

▼ たる極めて~ (5, 0.0%)

1 巧妙なる, 強硬なる, 敢為の, 明快なる, 明敏なる

▼ たる模様~ (5, 0.0%)

1 なくとも, なるが, なるも, にてぽん, の尽き

▼ たる権力~ (5, 0.0%)

1 すら再び, に平均, のつい, の正体, を私

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 の内閣 1 の朝, の答弁, の部屋

▼ たる正義~ (5, 0.0%)

1 と人道, の基礎, は他, を示し, 及び誠実

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 振を 1 を住め, を占め得た, を運ぶ

▼ たる母上~ (5, 0.0%)

2 の病気 1 の上, の袖, をな

▼ たる母親~ (5, 0.0%)

1 の絶体絶命, は一人, は何, は涙, を伴い

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 が一篇, の上, の思想, の雄弁, の風采

▼ たる水音~ (5, 0.0%)

1 が部屋, さえ蒼白い, と静か, に耳, を知る

▼ たる永遠~ (5, 0.0%)

2 の運命 1 の, の流れ, の現在

▼ たる江戸~ (5, 0.0%)

1 だなんて, の市民, の形勢, の雰囲気, へ出し

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 の面 1 の如く, の畔, の辺

▼ たる海原~ (5, 0.0%)

1 が前面, だが, の中, へ船, を想像

▼ たる海面~ (5, 0.0%)

1 から吹き上げ, に鱶, は青色, を望む, を油断

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 に臨み, の底 1 である

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 が眼路遥か, が血, の影, の畔, は水底

▼ たる湯気~ (5, 0.0%)

1 が部屋, に鎖され, に驚き, の出る, をまきあげ

▼ たる源氏~ (5, 0.0%)

1 なり, に対抗, の出動, の家人, の盛世

▼ たる無量~ (5, 0.0%)

1 の勢力, の宝, の法門, の温か, の記憶

▼ たる煙草~ (5, 0.0%)

1 のけむり, のけむりでおまけにいきれた悪臭, の烟, の煙, をシャ

▼ たる熔岩~ (5, 0.0%)

1 から成る, が艾, なり, の崖, の集団

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 つ方, わきに, 眼を, 袖の, 袖を

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 之の戻り 1 の肉, はさらに, 之松

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 太の, 太婦人の, 太教徒の, 太教徒一人を, 太系で

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 のそれ, の六つ, は木, を捕え, を舞台

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 の首 1 にし, の腐肉, の面

▼ たる理性~ (5, 0.0%)

1 と相反, の緻密さ, の覚醒, は信者達, は正当

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 が落ち, の堆き, の山, はその, は落つ

▼ たる生物~ (5, 0.0%)

1 ありて, ありと, であ, であって, の力

▼ たる田舎~ (5, 0.0%)

1 が多く, くさい鈍重, に悪影響, の神主, を出

▼ たる由来~ (5, 0.0%)

1 のあった, は家風, は序文, を以て聊か, を考

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 き背, な羽, 温所撰の, 臣の, 諫に

▼ たる真理~ (5, 0.0%)

1 に目, のほう, の実現者, は未だ, を知るべし

▼ たる眩暈~ (5, 0.0%)

41 の発作

▼ たる眺め~ (5, 0.0%)

1 がひどく心細かっ, であった, である, に被害地, のせゐも

▼ たる短篇~ (5, 0.0%)

1 にもあらわれ, のうち, の戦争, ばかりを載せた, を讀みき

▼ たる石塊~ (5, 0.0%)

2 の山 1 あり, の山野, を見る

▼ たる石塔~ (5, 0.0%)

1 あり, と卒塔婆, と花, を立つ, 又は卒堵婆

▼ たる種子~ (5, 0.0%)

1 ではなく, の収穫, はやがて, は万, は小

▼ たる空間~ (5, 0.0%)

2 を横切る 1 の川, の直観, をみ

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 を如意 1 あり, ありて, の後影

▼ たる竹藪~ (5, 0.0%)

1 あり, が多く, に沿う, の影, の細道

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 その効果, に起因せり, の偶然, の本, 極めて簡単明瞭

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 あり, が聞えた, は翌日, もある, をつけ

▼ たる範囲~ (5, 0.0%)

2 に於 1 に拠っ, の武家屋敷, の興味

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 の片端, はその, は何より, を見ざる, 織りの

▼ たる系統~ (5, 0.0%)

1 からどれほど, の民族, の遺風, を立てる, を続かす

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 の御衣, の毛氈, の袍, の袴, の雪

▼ たる紅葉~ (5, 0.0%)

2 がう 1 は泰然, は照り, は美妙

▼ たる紙片~ (5, 0.0%)

2 を貼 1 に二三行, に推当, を目

▼ たる結婚~ (5, 0.0%)

1 ということ, における慎, に対して与えた, の後, の淵

▼ たる結論~ (5, 0.0%)

1 であって, なり, は避け, を正当, を茲

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 の火, の端, はほろ, を各, を断たん

▼ たる美女~ (5, 0.0%)

1 であった, ではある, と見ゆれ, に化ける, もあり

▼ たる美術~ (5, 0.0%)

1 たらしめしもの, はすべて, は小さな, や小説, を成し

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 とやさしき, と娘, の筆力, は決して, を見捨てる

▼ たる習慣~ (5, 0.0%)

1 があった, と更に, のため, はたとい, より貝殼追放

▼ たる老女~ (5, 0.0%)

1 なりき, なり女, の初, の能弁, は熱心

▼ たる者共~ (5, 0.0%)

21 が堪り兼ね, である, の痩せ損じたる

▼ たる自由党~ (5, 0.0%)

1 が多く, に入りたる, の実際, は今や, は其の

▼ たる自由黨~ (5, 0.0%)

1 が多く, に入りたる, の實際的首領, は今や, は其の

▼ たる自身~ (5, 0.0%)

1 がそれら, の本質, の生活, の盲愛, を自ら捕縛

▼ たる興味~ (5, 0.0%)

1 が尽きせぬ, の対象, を感じない, を有したる, を覚える

▼ たる芸術家~ (5, 0.0%)

1 であれば, として存在, の神来, の苦悩, の進路

▼ たる草木~ (5, 0.0%)

1 の生気, の色, の葉, もて数軒, を描き

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 はいたみたる 1 の苗, の間, も懷かし不動堂

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 のコックリ 1 およびその, の回転, より長く

▼ たる藩閥~ (5, 0.0%)

2 の到底 1 の巣窟, の残党, の殘黨

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 の如し 1 が吼, のごとき, の唄

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 なりかれが, の執着, の鎌首, の頭, の首

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 ないでござっ, ないという, ないに対する, なければ, を為す

▼ たる衣服~ (5, 0.0%)

1 ありと, と解き卸したる, の奢, を脱がせ, を質

▼ たる覇気~ (5, 0.0%)

1 とは常に, と女郎買い, と忿懣, も持っ, を抱い

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 であるの 1 なり, をきかず, を聞け

▼ たる記事~ (5, 0.0%)

1 の続, は逸, をなすべく, を以て満た, を割裂

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 で祈った, に我, に文字, の清子, を文章

▼ たる誇り~ (5, 0.0%)

1 あり, にも安, をもっ, をもつ, を鯨波

▼ たる説明~ (5, 0.0%)

1 なり, に小山, をきき終る, を小坊主, を田山

▼ たる説話~ (5, 0.0%)

1 あり, なるか, にし, の物語られ, は此点

▼ たる議会~ (5, 0.0%)

2 に於 1 が国民, の柔順, を改造

▼ たる貫禄~ (5, 0.0%)

1 をもっ, を備える, を実力的, を示す, を見失い

▼ たる貴婦人~ (5, 0.0%)

2 の項 1 の一人, の眩く, の鏡

▼ たる資本~ (5, 0.0%)

1 の力そのもの, の収入, の有利, は何ら, を有

▼ たる足音~ (5, 0.0%)

1 あり寂寞, が起っ, が近づい, が近付い, の土間

▼ たる~ (5, 0.0%)

4 衞公は 1 衞公

▼ たる近衛公~ (5, 0.0%)

1 の胸中, は政治上, は政治社会, は日本貴族, は極めて

▼ たる逍遙~ (5, 0.0%)

1 が方便, と時文評論記者, には別に, にも絶對, も時文評論記者

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 なの, にさ迷ってる, に佇み, に外れん, に寄せ

▼ たる運動~ (5, 0.0%)

2 を現ぜざる 1 がかく, は平時, を待ち望ん

▼ たる~ (5, 0.0%)

2 の憂 1 のかた, の艷女, の若葉

▼ たる金色~ (5, 0.0%)

1 の円光, の後光, の星, の暈, の雲

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 が来, と真鍮, と磁石, の曲管間, の火箸

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 という品, などあら, のなか, は忽ち, を指し

▼ たる開花~ (5, 0.0%)

2 の方 1 があっ, があつ, の時

▼ たる関係~ (5, 0.0%)

1 すなわち彼ら, でこの, とその, をたどっ, を意識

▼ たる闘争~ (5, 0.0%)

1 の決心, の記録, はいずれ, をながめ, を惹き起した

▼ たる雄心~ (5, 0.0%)

2 をも禁ずる 1 に誰, を蔵, を起す

▼ たる霊魂~ (5, 0.0%)

1 が再び, のやう, は生きた, は追放, を蘇生

▼ たる革命~ (5, 0.0%)

1 であった, に適用, の聖壇, の角笛, の霊

▼ たる~ (5, 0.0%)

4 をあけ 1 をさげ

▼ たる韻律~ (5, 0.0%)

1 に自ら惚れ惚れ, の形式, の機械則, の節奏, の美

▼ たる頭脳~ (5, 0.0%)

1 から好い加減, に筋道, の人々, を惜しむ, を攪乱

▼ たる顏色~ (5, 0.0%)

1 です, の何, をなほさずや, を以て口, を以て言つた

▼ たる風格~ (5, 0.0%)

1 があった, のなか, の然, の要因, も偲ばれる

▼ たる風物~ (5, 0.0%)

3 と同じ 1 と切り殘, の中

▼ たる風貌~ (5, 0.0%)

1 がよく, が紹介, でもなお, になる, は二十四

▼ たる食物~ (5, 0.0%)

1 となる, を以て身体, を作るべし, を受けた, 及び衣服

▼ たる驚き~ (5, 0.0%)

1 に余, に搏, の中, の余り, を増させる

▼ たる~ (5, 0.0%)

1 が, が入れ, のあり, は囀る, を

▼ たるいのち~ (4, 0.0%)

2 に咲ける 1 の宇宙的意義, の表現

▼ たるかしこ~ (4, 0.0%)

4 さよ

▼ たるかたち~ (4, 0.0%)

1 で口ごもった, で立ちすくん, なればなどか, をみせず

▼ たるかなと~ (4, 0.0%)

1 たのもしくぞんじ, 思へば, 感服す, 苦笑する

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 はいを, ふの, ふ日ざかり, 注意した

▼ たるここち~ (4, 0.0%)

1 から自分, こそすれ, して, に

▼ たること此~ (4, 0.0%)

2 に年 1 により, の風習

▼ たるこの世~ (4, 0.0%)

1 においては幸福, に二つ, に生れたれ, を永く

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 が中, が靜寂, なたでは, を数

▼ たるぞと~ (4, 0.0%)

1 そう云う, 云ふ, 問えば, 笑って

▼ たるつもり~ (4, 0.0%)

2 であります 1 なれど, にて得々

▼ たるにても~ (4, 0.0%)

1 引き出すといえり云々, 知りぬべし, 知るべし, 知れ可

▼ たるによる~ (4, 0.0%)

2 なりと 1 なりこれ不善, なりこれ悪人

▼ たるに対し~ (4, 0.0%)

1 これを, 一英人いわく日本人は, 余が, 大王は

▼ たるひと~ (4, 0.0%)

1 の心, はもう, 包みさ, 房を

▼ たるひとり~ (4, 0.0%)

1 のしまり, の同志, の淑女, の麗人

▼ たるまでは~ (4, 0.0%)

1 幕臣の, 手も, 時々刻々に, 決して他人

▼ たるものこれ~ (4, 0.0%)

2 なり 1 が真, を久しゅう

▼ たるもの今~ (4, 0.0%)

1 にし, は党人, は蕪村, は黨人

▼ たるもを~ (4, 0.0%)

3 かし 1 かしと

▼ たるインテリゲンチャ~ (4, 0.0%)

1 が大地, の任務, は今, は如何

▼ たるカムパニア~ (4, 0.0%)

2 の野 1 の瘠土, の野邊

▼ たるクリストフ~ (4, 0.0%)

1 でありたい, はそれ, は論客, を保護

▼ たるピアノ~ (4, 0.0%)

4 の音

▼ たる一匹~ (4, 0.0%)

1 の狐, の蛆虫, の黒猫, を捕獲

▼ たる一幅~ (4, 0.0%)

1 の圖, の好, の画, の絵巻もの

▼ たる一時~ (4, 0.0%)

2 ならむ 1 のす, の感情

▼ たる一書~ (4, 0.0%)

2 あり 1 を取り出し, を淺薄

▼ たる一般~ (4, 0.0%)

1 に幼少, の感想, の誤解, の風潮

▼ たる一話~ (4, 0.0%)

2 が出 1 を申さ, を紹介

▼ たる一隅~ (4, 0.0%)

1 において移り変わりゆく, には幼児, に在り, の地

▼ たる三人~ (4, 0.0%)

2 の軍夫 1 の双生児, はいまだ

▼ たる世の中~ (4, 0.0%)

1 に, には正しき, には男女, を

▼ たる世上~ (4, 0.0%)

1 の争, の商品的小説戯曲, の思わく, の風雲

▼ たる乞食~ (4, 0.0%)

1 が寒, のこと, の姿, はヒョロヒョロ

▼ たる事業~ (4, 0.0%)

1 というべきで, の為め, の重視, を喜ん

▼ たる人形~ (4, 0.0%)

1 あり, つかいの, として流産, の瞳

▼ たる人気~ (4, 0.0%)

2 なき庭 1 の彩霞, を背負っ

▼ たる以後~ (4, 0.0%)

1 に連続, の国民, はおのずから, 見ること

▼ たる伎倆~ (4, 0.0%)

2 あるや 1 はわが, は同日

▼ たる伝統~ (4, 0.0%)

1 の帰趨, の糸, を生み出し得た, を祈り

▼ たる低き~ (4, 0.0%)

2 戸の 1 岩根には, 岸あり

▼ たる何物~ (4, 0.0%)

1 かであった, にも比較, も出, をも怠らず

▼ たる作物~ (4, 0.0%)

1 であるかの, に対してはこの, の不振, の活力

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 は黒い, は齋藤瀧口, を取押えた, 忽ち刀

▼ たる倫理教~ (4, 0.0%)

1 でなくては, となる, において統一, の趣旨

▼ たる傑作~ (4, 0.0%)

1 だった, だつた, でピアノ音楽, よりも声

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 なれば, の下, を返却, 投棄てて

▼ たる僧侶~ (4, 0.0%)

1 が現れ, この家門, なりが手, の次

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 で併, はいか, 何とも恐入る, 深く御

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 の馬丹陽, より是, シャッガァ号乗組軍医長リンデンベルゲル軍医大尉の, 右衞門の

▼ たる先例~ (4, 0.0%)

1 に違背, の一, をあげるなら, を作り得た

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 として避 1 けの記録, の罪人

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 に腕, の今, の光り, を戴く

▼ たる冷たい~ (4, 0.0%)

1 この部屋, 傍観者でも, 光を, 石の

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 は偽, を大分, を忘れ, 即ち石製

▼ たる別世界~ (4, 0.0%)

1 にもなお, まるで浮世, を創作, 全然浮世

▼ たる劇作家~ (4, 0.0%)

1 が出ない, である, としてはその, の昔話

▼ たる力量~ (4, 0.0%)

2 を示す 1 でもある, は彼ヱヌス

▼ たる勇將~ (4, 0.0%)

1 すでに逝きたれ, の屍體, は, またつ

▼ たる勇氣~ (4, 0.0%)

1 は四肢, も稱, をこよなく, をつゆ

▼ たる動揺~ (4, 0.0%)

1 がかくしきれなかった, をつかん, をなす, を無言

▼ たる勤労~ (4, 0.0%)

1 である, とその, とは海岸地方, の生産物

▼ たる匂い~ (4, 0.0%)

1 があった, が水脈, の蕋, を嗅ぎ

▼ たる十七八~ (4, 0.0%)

2 の娘 1 の美人, の農家

▼ たる千古~ (4, 0.0%)

2 の快事 1 の傑作, の謎

▼ たる半身~ (4, 0.0%)

1 が再び, の画像, を後, を求むる

▼ たる単なる~ (4, 0.0%)

1 張り出し建築のみ, 技法や, 生活上の, 資本家でしか

▼ たる友人~ (4, 0.0%)

1 が聲, との二人, に会し, のこと

▼ たる双眸~ (4, 0.0%)

1 にも胆, を中心, を此方, を研ぎすまし

▼ たる反響~ (4, 0.0%)

1 か, が同じ, を残し, を測る

▼ たる古代~ (4, 0.0%)

1 の宗教中, の英主, の葬坑, を喚起

▼ たる古語~ (4, 0.0%)

2 には藤原時代の, も多から

▼ たる右手~ (4, 0.0%)

2 の指 1 の肱矢頃, を頭山満氏

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 時代の 1 令中には, 大学高等地理学院を

▼ たる名声~ (4, 0.0%)

1 があり, を博し, を毀傷, を通じて氏一流

▼ たる君公~ (4, 0.0%)

4 の側付

▼ たる君子~ (4, 0.0%)

1 がテケレッツ, にし, の姿, の心機一転

▼ たる吾輩~ (4, 0.0%)

1 が一生懸命餅, すらこの, の全, は無論

▼ たる周囲~ (4, 0.0%)

1 にかこまれ, に泣く, に流れ込ん, の灰燼

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 あるもの, の忘, はひである, をこの

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 なり今再, にて常々肌身, は商人売買値段, を搬

▼ たる哲學~ (4, 0.0%)

1 と宗教, と自然學, にもあらず, の方法

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 の如く瞠目 1 のごとく, の如く

▼ たる喇叭~ (4, 0.0%)

2 の音 1 が艦上, が隅

▼ たる喬木~ (4, 0.0%)

2 の林 1 の混合林, の蔭

▼ たる因果~ (4, 0.0%)

1 なり, な事, の理法, の規則

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 より厭かぬ, より宜, より怪しむ, より毛

▼ たる国語~ (4, 0.0%)

2 の障壁 1 と協力, を見れ

▼ たる國家~ (4, 0.0%)

2 を形 1 が成り立つ, に於

▼ たる土佐派~ (4, 0.0%)

2 すらも殆ど屏息, は更に

▼ たる土煙~ (4, 0.0%)

2 をあげ 1 があがりました, が噴きだし

▼ たる地上~ (4, 0.0%)

1 に向, の権力, の生活, の雲

▼ たる地方~ (4, 0.0%)

1 に於ける, に遊ぶ, の名族等, の生活

▼ たる地歩~ (4, 0.0%)

1 を占め得ない, を失わなかった, を知る, を築く

▼ たる地盤~ (4, 0.0%)

1 が与へられる, のうえ, をも有しなかった, を作る

▼ たる地震~ (4, 0.0%)

2 に對 1 が最も, は火山性

▼ たる城下~ (4, 0.0%)

1 の地, の市街, の森, の緑

▼ たる報道~ (4, 0.0%)

1 によるにコックリ, の中, を得し, を為すべき

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 たり農, なりしが, の家, は云つた

▼ たる士君子~ (4, 0.0%)

1 にし, に対して申訳, の徳義上, を反映

▼ たる夕日~ (4, 0.0%)

2 の影, は彼

▼ たる外套~ (4, 0.0%)

2 を背 1 を着, を纏

▼ たる夜半~ (4, 0.0%)

1 である, の月, の鐘声, の風

▼ たる夢心地~ (4, 0.0%)

1 で窓下, に堕ち, に居る, に酔

▼ たる大名~ (4, 0.0%)

1 であり山陰, と頼み, なり, の面目

▼ たる大学~ (4, 0.0%)

1 あらずまた, の職員ら, もまた, も昔

▼ たる大将~ (4, 0.0%)

3 である 1 が彼方

▼ たる大石~ (4, 0.0%)

1 に大石, を両手, を推し退け, を燒

▼ たる大蔵大臣~ (4, 0.0%)

2 はかつて 1 およびセラ大学, の椅子

▼ たる大西洋~ (4, 0.0%)

1 に吹き流され, に遮られ, はけろ, を直航

▼ たる大道~ (4, 0.0%)

1 が開け, の存在, を行く, を走る

▼ たる大陸~ (4, 0.0%)

1 にこれ, の土地, の気分, を占むる

▼ たる大隈伯~ (4, 0.0%)

2 に向, の銅像除幕式

▼ たる大隈内閣~ (4, 0.0%)

2 たらしむると否, にはあらじ

▼ たる天皇~ (4, 0.0%)

2 の御 1 が我々, を御

▼ たる太平洋~ (4, 0.0%)

1 の海面, の風雲, へ, を望見

▼ たる失敗~ (4, 0.0%)

1 であろう, に帰した, の児, を贖う

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 が御, と弟, の胸中, 勝てば

▼ たる学問~ (4, 0.0%)

1 から成る, の世界, をし, をその

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 岡の, 質を, 遠艦首, 遠鎮遠相連

▼ たる定義~ (4, 0.0%)

2 にてもし 1 である, にて若し

▼ たる実在~ (4, 0.0%)

1 か何, の側, の表象, を現象

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 と男子, の価値, をもっ, を何せ

▼ たる寒村~ (4, 0.0%)

2 の秋 1 であるが, の路傍

▼ たる寒気~ (4, 0.0%)

1 が大地, の中, の底, をおかし

▼ たる将来~ (4, 0.0%)

1 が約束, すなわち千有余年, とのあいだ, に維持

▼ たる尊き~ (4, 0.0%)

1 勝利の, 心あり, 恋である, 攝理直ちに

▼ たる小人~ (4, 0.0%)

1 と伍, のみで論ずる, の彼, の魂

▼ たる小鳥~ (4, 0.0%)

1 ありて, ならめ, の如し, を指さし

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 こそあれ, と変っ, を掘る, を窟

▼ たる山木~ (4, 0.0%)

1 の車, はしきりに, は手紙, は目

▼ たる山脈~ (4, 0.0%)

1 が長く, に囲まれ, の間, を分ち

▼ たる巡査~ (4, 0.0%)

1 である, と他, なれど, を罵り

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 としての態度, なり, の博士, の病床

▼ たる帽子~ (4, 0.0%)

1 の下, の形, を戴き, を被っ

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 かな 1 は吾等, をおし立て

▼ たる平家~ (4, 0.0%)

1 のうらみ, の一門, の侍共, の運命

▼ たる幸運~ (4, 0.0%)

1 が隠され, とがさがし求め願い欲する, に際会, の平野

▼ たる広い~ (4, 0.0%)

1 改正道路が, 石段に, 谷を, 道路でも

▼ たる庭園~ (4, 0.0%)

1 に面し, のこと, の花鳥, も満

▼ たる建物~ (4, 0.0%)

1 が出来上った, だが, にて誠に, には相違

▼ たる建築~ (4, 0.0%)

3 と建築 1 である

▼ たる当人~ (4, 0.0%)

1 が責められる, ですら, のもっとも, の許

▼ たる影響~ (4, 0.0%)

1 なり, のあろう, の大, を與

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 ありて, に落つる, は踏まない, 有りて

▼ たる後これ~ (4, 0.0%)

1 こそ怪物, を抛棄せり, を檻穽, を歌

▼ たる後姿~ (4, 0.0%)

1 のみはありあり, のみ見え, の女, を見た

▼ たる微風~ (4, 0.0%)

1 が梅樹, に沈痛, に逆, は面

▼ たる心情~ (4, 0.0%)

1 となります, の世界, の意味, の能力

▼ たる心根~ (4, 0.0%)

3 の愁さ 1 を辛くも抑

▼ たる必要~ (4, 0.0%)

1 がない, がなかっ, が教える, は更に

▼ たる思索~ (4, 0.0%)

1 のあまりに, の夢, の果て, の極致

▼ たる悪魔~ (4, 0.0%)

1 になっ, の凄, の甘言, の相好

▼ たる悲哀~ (4, 0.0%)

1 がこもった, が胸, や苦々しい, を感得

▼ たる悲惨~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 なるアンドロメダ, な身の上

▼ たる情熱~ (4, 0.0%)

1 ある精神, においては人一倍, は之, を蔵

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 に濁る, ひが, ひの, ひを

▼ たる意志~ (4, 0.0%)

1 の哲学, の彼岸, をもつ, を示す

▼ たる意見~ (4, 0.0%)

2 は往々 1 あり, があった

▼ たる感激~ (4, 0.0%)

1 でなくし, の中, を彼, を故意

▼ たる憂愁~ (4, 0.0%)

2 いわばそれ 1 のもと, の雲

▼ たる戦場~ (4, 0.0%)

1 ではある, と化し, に, の殺気

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 はガタピシ, をほ, をゆるがし, を引開

▼ たる手前~ (4, 0.0%)

1 が成代, でもそう, に向っ, の手柄

▼ たる手段~ (4, 0.0%)

2 をとる 1 といふべし, をとらなけれ

▼ たる手腕~ (4, 0.0%)

2 は老年議員, を揮つて世間

▼ たる抱負~ (4, 0.0%)

1 とは一人一人, をほのめかし, を伝授, を貫徹

▼ たる探偵~ (4, 0.0%)

1 に高い, の実話, はこの, はただ

▼ たる政界~ (4, 0.0%)

2 の運動 1 の外, の荒野

▼ たる敗戦~ (4, 0.0%)

2 である 1 の味, の泥土

▼ たる敗軍~ (4, 0.0%)

1 の名, の将, の將, をひい

▼ たる教え~ (4, 0.0%)

1 である, なるべし, の一つ, をそのまま

▼ たる教訓~ (4, 0.0%)

2 有象 1 と一々, にし

▼ たる文献~ (4, 0.0%)

2 に名 1 が人, の誠実

▼ たる文芸~ (4, 0.0%)

1 の津波, の流れ, の源流, もまた

▼ たる料理~ (4, 0.0%)

1 その物, の伝授, の稱, やにすき腹

▼ たる方々~ (4, 0.0%)

1 が夜, が心, には先着者, の厠

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 は引, は愛, をば押倒, 閃き動けり

▼ たる日記~ (4, 0.0%)

1 がある, なりとせ, の果敢, を涜

▼ たる日輪~ (4, 0.0%)

1 が大空, が雲, に照, の半身

▼ たる曹操~ (4, 0.0%)

1 がある, ではない, のほう, を討つ

▼ たる有名~ (4, 0.0%)

1 な平氏, な熱電子, の女形, の画家

▼ たる望み~ (4, 0.0%)

1 であった, ならずや, の恐し, を抱い

▼ たる本来~ (4, 0.0%)

1 の剛愎, の意義, の自己, の面目

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 を入れ, を年始, を携帯, を数えまし

▼ たる~ (4, 0.0%)

3 の赤 1

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 に重き, をあげ, を握り, を軽く

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 と柱, のかたはら, を立て, を踐

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 かと噫見, を指, を摘みとり, 相次ぎて

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 の火 1 の中, や木材

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 から梢, にとまる, に朝日, に白雲

▼ たる椅子~ (4, 0.0%)

2 に倚 1 ならべけり, を引起

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 なき若人 1 をお, をもし

▼ たる極端~ (4, 0.0%)

2 の俗語 1 に達し, の説

▼ たる横顔~ (4, 0.0%)

1 に古人, の微笑, をまた, を透かし見

▼ たる樹林~ (4, 0.0%)

1 だつた, に掩われ, に蔽われ, の底

▼ たる樹立~ (4, 0.0%)

1 とその, のつづき, の茂, の蔭

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 を渡り 1 の小舟通, の欄干

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 円形の 1 一派の, 何位

▼ たる死体~ (4, 0.0%)

1 が敷布, が最大, を揺すぶり揺すぶり, を残し

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 につき, は重々, 不届至極, 全く拙者

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 が襲いかかっ, であるという, の観念, や亞弗利加内地

▼ たる民族的特質~ (4, 0.0%)

1 が何等, に適合, の外, を嫌忌

▼ たる気候~ (4, 0.0%)

1 が人, で米, につながる, には発狂

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 は上, を指し, 高い姿, 高き人物

▼ たる氣持~ (4, 0.0%)

1 で足, なきを, の中, を胸

▼ たる江戸趣味~ (4, 0.0%)

1 の一つ, の中, を人々, を捜

▼ たる汽車~ (4, 0.0%)

2 の俄 1 なりけり, に将軍

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 なり 1 とか滝の沢, 越えて

▼ たる法師~ (4, 0.0%)

2 かな 1 のありし, の存在

▼ たる波濤~ (4, 0.0%)

1 のなか, の勇士, の如く, を聞き

▼ たる活気~ (4, 0.0%)

1 である, をば有, を帯, を覚え

▼ たる浮世~ (4, 0.0%)

21 のうち, の塵

▼ たる浮浪民~ (4, 0.0%)

2 をクグツ 1 が農業以外, の研究

▼ たる海波~ (4, 0.0%)

2 を漕ぎ 1 を漕ぎき, を漕ぎきっ

▼ たる深い~ (4, 0.0%)

1 リズムの, 横穴が, 洞察力を, 濠を

▼ たる深林~ (4, 0.0%)

1 があり, と遠く, の上, を越え

▼ たる清流~ (4, 0.0%)

1 があった, のきらきら, のやや, は夕陽

▼ たる清浦曾禰~ (4, 0.0%)

2 の両氏, の兩氏

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 が心中, の樂しみ, の眼色, はいかに

▼ たる漁村~ (4, 0.0%)

1 にはいろいろ, に投ず, に生まれた, に相応

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 なり, の中, の盛り上り, を篠本造士館講師

▼ たる無礼~ (4, 0.0%)

1 か, なりと, な奴, の罪

▼ たる焼け跡~ (4, 0.0%)

1 であったが, にわずか, に立っ, の真黒

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 この盤渦, の人, の為, はものうく

▼ たる熱情~ (4, 0.0%)

1 に乏しい, の波, の直, をいっそうよく

▼ たる爆音~ (4, 0.0%)

1 がつづけ, とともに火蓋, とともに黒煙, と濛々

▼ たる物質~ (4, 0.0%)

2 と勢力 1 の世, は唯心論

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 によってかえって, の傳令, の驚愕, は其の

▼ たる現状~ (4, 0.0%)

1 に対して不思議, を示せる, を見る, を返り見

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 を戴ける, 中空に, 飾を, 飾一つを

▼ たる生涯~ (4, 0.0%)

1 だとは, であつ, は糊塗, を終った

▼ たる生血~ (4, 0.0%)

2 滴る羊 1 ばかりが雪, を以てす

▼ たる男性~ (4, 0.0%)

1 が最も, と起居, の手, の特権

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 が秋水, つ男, なりきいま血, をからり

▼ たる當時~ (4, 0.0%)

1 にあり, の事情, の位地, の攝政

▼ たる白刃~ (4, 0.0%)

1 が握られ, となり, をば貫一, をふりかぶっ

▼ たる白日~ (4, 0.0%)

1 の夢, の奇蹟, の日, の野邊

▼ たる白牛~ (4, 0.0%)

21 に鞍鐙, の

▼ たる白雲~ (4, 0.0%)

1 が青空, につつまれ, は大波, もついに少し

▼ たる白髪~ (4, 0.0%)

2 の翁 1 の老翁, を海風

▼ たる百姓~ (4, 0.0%)

1 とは当然, に立ち戻った, の上, の姿

▼ たる~ (4, 0.0%)

21 を地, を把

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 と兜, なり, の内輪, を取る

▼ たる眼前~ (4, 0.0%)

1 に瞭然, に麗, の景, へ二十人

▼ たる着物~ (4, 0.0%)

1 に白タイツ, に触れ, は米沢, へ縮緬

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 た, にては, の的, をも抜き給はず

▼ たる短き~ (4, 0.0%)

3 調を 1 ものを

▼ たる石垣~ (4, 0.0%)

1 と地下室, のその, の所々, や土手

▼ たる石碑~ (4, 0.0%)

1 とのみ, の建てる, 短册, 立てりと

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 の起伏 1 の上, また見

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 の前 1 なり若し, のさま

▼ たる祖先~ (4, 0.0%)

1 の名, も嘗つて, や父母, 及びその

▼ たる神秘~ (4, 0.0%)

1 のうち, の力, の声, を生む

▼ たる空地~ (4, 0.0%)

1 がある, がひろがっ, へ出た, を火元

▼ たる立派~ (4, 0.0%)

1 なる排列, な作家, な創作, な襟

▼ たる笑い~ (4, 0.0%)

1 が一度, が煙草, はなかりし, をふくん

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 の事 1 じゃない, をもっ

▼ たる策士~ (4, 0.0%)

2 にし, は或は

▼ たる素盞嗚尊~ (4, 0.0%)

1 が國曳, の浮宝, の神話, は恐る

▼ たる経験~ (4, 0.0%)

1 と修練, の手段, を有せざりし, を離れる

▼ たる綿~ (4, 0.0%)

1 と灰, を厚く, 入羽織, 厚き座蒲団

▼ たる緑色~ (4, 0.0%)

1 に燃え, の大空, の巾着, の背景

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 と造花, にて界, は西北, や点

▼ たる美登利~ (4, 0.0%)

2 が夕化粧, みかねて

▼ たる群衆~ (4, 0.0%)

1 である, は今, は何事, を眼下

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 に波, の桃色細毛, の毒, を拡げる

▼ たる者ども~ (4, 0.0%)

1 にとり, の恭敬, の苦悩, はつい

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 にも今さら, に金環, を掩, を貫け

▼ たる聖母~ (4, 0.0%)

1 と二天使, の像, の圖, もこれ

▼ たる聖衆~ (4, 0.0%)

4 が少く

▼ たる能力~ (4, 0.0%)

1 があります, だけは天禀, なれば, を発達

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 どりで這入つて, どりを, に速, はいと

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 から卑野, 國詩文の, 天王を, 覺が

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 の上, の如し, の月, も存在

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 が光っ, しさ, に哀, 消玉

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 なり是, の根, は残らず, や荻

▼ たる花園~ (4, 0.0%)

1 が未知, にまで踏み入っ, に埋れ, の中

▼ たる若く~ (4, 0.0%)

1 はおのれ, は見る, は鳥, ば惡まれ

▼ たる草花~ (4, 0.0%)

2 などの色 1 が虹, 皆芽

▼ たる落葉~ (4, 0.0%)

1 かな, の脆, は廣, 降る

▼ たる葡萄~ (4, 0.0%)

1 と葡萄, と装, の実は, を摘み

▼ たる街路~ (4, 0.0%)

1 ぞ, のその, の樹, より薔薇紅

▼ たる表現~ (4, 0.0%)

1 が識ら, に適し, を強め, を通っ

▼ たる袁紹~ (4, 0.0%)

1 から征伐, のほう, へささやい, をも亡ぼし

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 なり, にクグツ, をかむせた, を両

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 と白紺, に着替え, もたしか, を袖短

▼ たる西瓜~ (4, 0.0%)

1 でだれ, の悪戯, の皮, より紅

▼ たる要素~ (4, 0.0%)

1 がその, の豊富, の量, を備

▼ たる規則~ (4, 0.0%)

1 なり, によるより, に従う, をもっ

▼ たる觀念~ (4, 0.0%)

1 ありと, なく唯, の範圍, はなく

▼ たる解決~ (4, 0.0%)

1 こそこれ, のごとく思われます, の試み, をし

▼ たる計画~ (4, 0.0%)

1 がない, が文芸統制, だった, を語っ

▼ たる語気~ (4, 0.0%)

1 で, に呑まれ, をみなぎらせ, を張っ

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 かひろ, か味, が涙, れか

▼ たる談理~ (4, 0.0%)

1 なり, なり好, の筆, は逍遙子後

▼ たる論文~ (4, 0.0%)

1 と見, に付き, に外, は一つ

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 の人物バラオバラコ, の渦, はどういう, をばかつ

▼ たる議會~ (4, 0.0%)

2 に於 1 が國民, の柔順

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 それ多磨太に, に偶然, 偶然ならず, 此間の

▼ たる貴下~ (4, 0.0%)

1 と師, に取っ, に対してかよう, のため

▼ たる資料~ (4, 0.0%)

1 について不日, によってオウタハイト, に基き, の存在

▼ たる足取り~ (4, 0.0%)

1 で椅子, で進ん, で防寨, で駅

▼ たる足袋~ (4, 0.0%)

2 穿く時 1 や忘れ, をぬぐ

▼ たる追憶~ (4, 0.0%)

2 のそこはかとなく 1 の怡楽, の怡樂

▼ たる進歩~ (4, 0.0%)

1 のため, はこの, は病い, をなし得る

▼ たる遊女~ (4, 0.0%)

2 が絵姿 1 の姿, 同じく長柄

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 さを, 兵衛に, 景が, 武だった

▼ たる野辺~ (4, 0.0%)

2 のつぼ 1 のはし, の景色

▼ たる鉄瓶~ (4, 0.0%)

2 に足 1 の湯気, を春琴

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 次の 1 槍彼を, 次を

▼ たる鋭き~ (4, 0.0%)

2 呼子そを 1 感情現れ, 電光を

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 之丞 1 の器, の柄

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 のいろ, は実に, りに, を招き

▼ たる~ (4, 0.0%)

2 をつくり 1 のわれ, の正面

▼ たる階級~ (4, 0.0%)

1 にある, の上, の文学, はそれ

▼ たる障子~ (4, 0.0%)

1 と板の間, に凭, の外, 破れたる壁

▼ たる雨声~ (4, 0.0%)

2 が耳 1 の恰も, を乱し

▼ たる雲霧~ (4, 0.0%)

1 だ, に四方, は拭, は東

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 に復活体, の, の作用, の讚歌

▼ たる青い~ (4, 0.0%)

1 敷物が, 水で, 画面には, 頬と

▼ たる青海原~ (4, 0.0%)

1 が澄みきった, が陽春, に突き進み, を見遣り

▼ たる青銅~ (4, 0.0%)

1 と, の美麗, の羽根, の花瓶

▼ たる青雲~ (4, 0.0%)

4 の念

▼ たる面色~ (4, 0.0%)

1 して, で静か, にて, にてしばらく

▼ たる頭髪~ (4, 0.0%)

1 と茫々, と金, はふさふさ, を脂

▼ たる首領~ (4, 0.0%)

2 は何時, を要し

▼ たる香り~ (4, 0.0%)

2 にばかり煽られ 1 に仙境, を放っ

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 ぞとどまる, ぞはなるる, の山麓, は揚々

▼ たる髑髏~ (4, 0.0%)

1 と我と, にも暇乞, の緑, も見

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 なり, にて圓, の自ら支, をうる

▼ たる高山~ (4, 0.0%)

1 のよう, の片, の連なり, も見

▼ たる鬼気~ (4, 0.0%)

1 さえ籠, に襲われる, のただ, を帯び

▼ たる~ (4, 0.0%)

1 が青草茂, のよう, を下せ, 古り皺

▼ たる黒服~ (4, 0.0%)

3 の紳士 1 の絶えず

▼ たる黒髪~ (4, 0.0%)

1 のうしろ, はまた, をうつさぬ, を取り返し立ち去る

▼ たるあかき~ (3, 0.0%)

2 色の 1 手を

▼ たるあこがれ~ (3, 0.0%)

1 が鞭, の人, を感じさせる

▼ たるあなた方~ (3, 0.0%)

1 が必ず, だけの意志, に潔白

▼ たるあるいは~ (3, 0.0%)

2 これらの 1 たりし

▼ たるいまだ~ (3, 0.0%)

2 知るべからざれば 1 達せざる者一歩

▼ たるうつくしき~ (3, 0.0%)

2 人の 1 ひと

▼ たるおの~ (3, 0.0%)

1 が次女, が繼母, づから

▼ たるおん身~ (3, 0.0%)

1 からかかる, からし, すら職

▼ たるかく~ (3, 0.0%)

3 の如き

▼ たるかも~ (3, 0.0%)

1 いくぶんか, 知れぬと, 霜の

▼ たるがん~ (3, 0.0%)

2 まの 1 に向かっ

▼ たるこがね色~ (3, 0.0%)

3 の髪

▼ たること疑い~ (3, 0.0%)

1 あらじ, なし産, もありません

▼ たること論~ (3, 0.0%)

2 を俟 1 を竢

▼ たるころ~ (3, 0.0%)

1 この老, とて前後, のこと

▼ たるごと~ (3, 0.0%)

2 に後悔 1 に些

▼ たるさえ~ (3, 0.0%)

1 何とやらん, 心たしかに, 村中一統の

▼ たるしかし~ (3, 0.0%)

1 それよりも, 明らかに, 無を

▼ たるそして~ (3, 0.0%)

1 人を, 尖鋭な, 目下行われ

▼ たるそれら~ (3, 0.0%)

1 のあらゆる, の名詞, の物音

▼ たるためし~ (3, 0.0%)

1 あること, はない, 多し

▼ たるついで~ (3, 0.0%)

1 に必ず, に請, 桜木の

▼ たるてい~ (3, 0.0%)

1 であった, で現れ, を見

▼ たるときこれ~ (3, 0.0%)

1 に添わする, を偶然, を自己

▼ たるところが~ (3, 0.0%)

1 いかにも間, どうした, 地中より

▼ たるとの~ (3, 0.0%)

1 うわさまで, ために, 区別は

▼ たるなどを~ (3, 0.0%)

2 額越しに 1 洋服の

▼ たるについて~ (3, 0.0%)

1 こんな物語, つぎの, 深く子爵

▼ たるにては~ (3, 0.0%)

2 無之 1 無之其方

▼ たるに際して~ (3, 0.0%)

1 他方においては, 幕府を, 著者に

▼ たるのみにては~ (3, 0.0%)

1 何の, 到底その, 普通遊覧の

▼ たるはず~ (3, 0.0%)

1 しからば, の技法, の斉

▼ たるばかりにて~ (3, 0.0%)

1 さして心, われは, 泥つきし

▼ たるひま~ (3, 0.0%)

1 に男, は道士そ, を眞夜

▼ たるふう~ (3, 0.0%)

1 すら示した, では, で振り向い

▼ たるふたり~ (3, 0.0%)

1 の恋人, の童子, の者

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 かりしに, かりしエレアーナ皇女殿下, かりしメラニデス氏

▼ たるほどこそ~ (3, 0.0%)

2 あれいかなる 1 あれ安

▼ たるまなざし~ (3, 0.0%)

1 あやまたずこれ, が静か, に早く

▼ たるもと~ (3, 0.0%)

1 に子, の姿, の部落内

▼ たるもの渠~ (3, 0.0%)

2 の為 1 により

▼ たるわざ~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, なるべし, のす

▼ たるわたし~ (3, 0.0%)

1 の髪, は, は感動

▼ たるわだつみ~ (3, 0.0%)

21 からよみ

▼ たるわれら~ (3, 0.0%)

1 が文明, の小さき, も急

▼ たるをこそ~ (3, 0.0%)

1 ならべて, 卑み, 慕へ

▼ たるイエス~ (3, 0.0%)

1 となる, の伝記, の此最初

▼ たるインデペンデント~ (3, 0.0%)

1 であって, で死ななけれ, なこと

▼ たるウィリアム~ (3, 0.0%)

1 が, とジュスチーヌ, は叫ぶ

▼ たるカント~ (3, 0.0%)

1 においてのごとく, によって基礎, の批判的自然哲学

▼ たるキリスト~ (3, 0.0%)

1 に向い, のため, は思え

▼ たるギヨオテ~ (3, 0.0%)

1 が企, はここ, は近世

▼ たるジャン・ヴァルジャン~ (3, 0.0%)

1 であるとは, は確か, を地上

▼ たるトタン~ (3, 0.0%)

1 に左手, に犬, に靴音

▼ たるパトロクロス~ (3, 0.0%)

1 の墳塋, も身, を認め得つ

▼ たるパリー~ (3, 0.0%)

1 にたいして一民衆, の光景, 広い眼界

▼ たるパン~ (3, 0.0%)

1 くばりアキルリュウス, の切れ, は何故

▼ たるビーコンスフィールド侯~ (3, 0.0%)

1 がその, の力, をし

▼ たるフィルム~ (3, 0.0%)

1 となっ, の長, を一本

▼ たるライオン~ (3, 0.0%)

1 にピンク色, の前, の名

▼ たるローマ~ (3, 0.0%)

1 がピエモンテ, の古着, はシーザー

▼ たる一体~ (3, 0.0%)

1 となり, のうち, の般若

▼ たる一団~ (3, 0.0%)

1 の叢雲, の壮年者, は解散

▼ たる一大勢力~ (3, 0.0%)

1 となり, とは何, とは何ぞ

▼ たる一定~ (3, 0.0%)

1 の人々, の地歩, の諸

▼ たる一少女~ (3, 0.0%)

1 に過ぎない, の訃音, の魅力

▼ たる一本~ (3, 0.0%)

1 の線, の肋骨, の葡萄

▼ たる一枚~ (3, 0.0%)

1 によっても一つ, の映像, は我手

▼ たる一片~ (3, 0.0%)

1 の紙, の花, の視覚

▼ たる一生~ (3, 0.0%)

1 だつた, の予知, を終った

▼ たる一語~ (3, 0.0%)

1 の此, は如何なる, を提

▼ たる一通詞~ (3, 0.0%)

3 の職

▼ たる一部~ (3, 0.0%)

2 の人士 1 に祝部高坏土器

▼ たる一隻~ (3, 0.0%)

2 の眼孔 1 の船

▼ たる万般~ (3, 0.0%)

1 の事象, の御, の統一

▼ たる三個~ (3, 0.0%)

1 の支那説話, の炭, の類型中

▼ たる下枝~ (3, 0.0%)

1 が不運憐むべ, の何とて再び, は消え

▼ たる下部~ (3, 0.0%)

2 に引かれ 1 を蔽

▼ たる不満~ (3, 0.0%)

1 が今や, と寂寥, と時勢

▼ たる丘陵~ (3, 0.0%)

2 の上 1 を左方

▼ たる中尉~ (3, 0.0%)

1 にて男爵フォン, にて男爵フォン・メエルハイム, の墓域

▼ たる中間~ (3, 0.0%)

1 があった, が会釈, が附

▼ たる~ (3, 0.0%)

3 のさま

▼ たる丸善~ (3, 0.0%)

2 の損害 1 の店

▼ たる主義~ (3, 0.0%)

1 なるを, に反する, に左袒

▼ たる主要~ (3, 0.0%)

2 の目的 1 の諸説

▼ たる九月~ (3, 0.0%)

1 のあり, のうち, を選んだ

▼ たる予想~ (3, 0.0%)

2 はここ 1 であって

▼ たる事なんど~ (3, 0.0%)

3 思ふとも

▼ たる事疑い~ (3, 0.0%)

1 なしと, なしわが, を容れず

▼ たる事項~ (3, 0.0%)

1 にそむきし, は時, をも巧み

▼ たる二組~ (3, 0.0%)

1 の人影, の半, の恋人たち

▼ たる二通~ (3, 0.0%)

2 の書状 1 の書類

▼ たる五色~ (3, 0.0%)

2 の球 1 の氈

▼ たる五重塔~ (3, 0.0%)

1 の儀, 思はず母親涙, 思わず母親涙

▼ たる井上伯~ (3, 0.0%)

1 は当時, は自身先づ政友会, は自身先づ政友會

▼ たる亡骸~ (3, 0.0%)

1 の実に, はその, よ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の宿, の山叔母, の悲田院

▼ たる人力車~ (3, 0.0%)

1 が斜め, は次, を麾き

▼ たる人士~ (3, 0.0%)

2 の憎 1 を相手

▼ たる人情~ (3, 0.0%)

1 に搦まれ, の一般, を発見

▼ たる人種~ (3, 0.0%)

1 の間, は文化, よりも優秀

▼ たる人達~ (3, 0.0%)

1 であった, の心, よかからん

▼ たる人間的~ (3, 0.0%)

1 なるとともに, な生活, 主體

▼ たる人骨~ (3, 0.0%)

1 と灰, を, を掘出せり

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 討ちでは 1 の頭巾

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 に付き 1 に面白味

▼ たる伐木~ (3, 0.0%)

2 の音 1 の丁々

▼ たる伯父~ (3, 0.0%)

1 かな, が亡くなっ, に斯く

▼ たる佐伯部~ (3, 0.0%)

2 の長 1 の存在

▼ たる何人~ (3, 0.0%)

1 なりとも, の思いつき, もかかる

▼ たる作者輩~ (3, 0.0%)

2 に対しては傲慢 1 は左母二郎

▼ たる信用~ (3, 0.0%)

1 すべき人物, を以てイヱス, を輕

▼ たる個性~ (3, 0.0%)

1 を尊ぶ, を表わし, を鍛え上げ

▼ たる個所~ (3, 0.0%)

1 には落下, に或は, も作者

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に安倍ヶ城, に杉, を選ん

▼ たる偶像~ (3, 0.0%)

1 としてはつきり其処, の発展, をもっ

▼ たる傀儡子~ (3, 0.0%)

1 と持物, の一種, や遊女

▼ たる傘屋~ (3, 0.0%)

3 の先代

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 にて目 1 の仇

▼ たる僧官達~ (3, 0.0%)

1 は紫天鵝絨, も手, を見

▼ たる先祖~ (3, 0.0%)

2 の遺品 1 が存在

▼ たる光代~ (3, 0.0%)

1 の払い, の顔, は案外

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 法外の, 鹿の, 鹿魚既に

▼ たる共通~ (3, 0.0%)

1 の理念, の理由, の血

▼ たる~ (3, 0.0%)

21 は無慮

▼ たる兼吉~ (3, 0.0%)

2 の老母 1 が浴衣

▼ たる円髷~ (3, 0.0%)

1 に鼈甲脚, の漆, の鬢頬

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 を冠 1 は真田家

▼ たる写真~ (3, 0.0%)

1 のとおり, はあれ, をさ

▼ たる冠衣~ (3, 0.0%)

3 を著

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 き夢, き宝石, き寶玉

▼ たる凄い~ (3, 0.0%)

1 業物, 目を, 眼の

▼ たる凡俗~ (3, 0.0%)

2 は到底 1 の心胸

▼ たる処分~ (3, 0.0%)

1 に出よう, も結局, をいたす

▼ たる出来事~ (3, 0.0%)

1 が引き続き, である, なりとす

▼ たる刃物~ (3, 0.0%)

1 に何, を左, を把

▼ たる分子~ (3, 0.0%)

1 の大き, もなく, を探求

▼ たる分界~ (3, 0.0%)

2 あるが 1 を定

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の理由, 乾坤なりと, 天王と

▼ たる利害~ (3, 0.0%)

1 のごとき, の累索, の鴻溝

▼ たる刺戟~ (3, 0.0%)

1 と刺戟, の意味, よりも刺戟

▼ たる割合~ (3, 0.0%)

1 なり, なれども, に内容

▼ たる功労~ (3, 0.0%)

1 もこれ, を忘, 多きは

▼ たる功名~ (3, 0.0%)

2 の念 1 を遂げた

▼ たる加十~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 の大脳

▼ たる加賀~ (3, 0.0%)

2 の名族 1 の海島

▼ たる勇士~ (3, 0.0%)

1 と東国無双, なれど, のもと

▼ たる勇者~ (3, 0.0%)

1 である, の面, は真直

▼ たる動き~ (3, 0.0%)

1 とパッション, を見せる, を見る

▼ たる動物~ (3, 0.0%)

1 に伝うる, の肉, を忌ん

▼ たる医学~ (3, 0.0%)

1 などというの, の研究, を英京竜動

▼ たる医師~ (3, 0.0%)

1 がい, はこの, は第

▼ たる千々岩~ (3, 0.0%)

1 の顔, は切れよ, は煮え返る

▼ たる半紙~ (3, 0.0%)

3 に筆

▼ たる単純~ (3, 0.0%)

1 なこと, なる, なる後景

▼ たる単調~ (3, 0.0%)

1 なる生活, の下, を破る

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 あったら邪魔, なりとす, を用い

▼ たる印度~ (3, 0.0%)

1 においては屠, の人々, 或は希臘

▼ たる即ち~ (3, 0.0%)

2 是れ 1 漢語化せられたる

▼ たる原子爆弾~ (3, 0.0%)

2 の被害者 1 の研究

▼ たる原書~ (3, 0.0%)

1 の全文, を求め, を翻訳

▼ たる原理~ (3, 0.0%)

1 であれば, なり, は一部分

▼ たる反古~ (3, 0.0%)

1 とりて, の如き, 取りて

▼ たる反古紙~ (3, 0.0%)

3 を手

▼ たる反抗~ (3, 0.0%)

2 を示す 1 になっ

▼ たる叙述~ (3, 0.0%)

1 のみをもっ, の一面, を超え

▼ たる古い~ (3, 0.0%)

1 奴が, 意味が, 理想主義を

▼ たる古今~ (3, 0.0%)

1 の尺度, の濁水社会, の英雄秀吉

▼ たる史料~ (3, 0.0%)

1 に拠つて, は固, は爰

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 の手 1 の手の甲

▼ たる各種~ (3, 0.0%)

1 の内的衝動, の四至説, の思想

▼ たる名前~ (3, 0.0%)

1 であって, に早く, の附け

▼ たる名士~ (3, 0.0%)

1 が挙つて同人, と相対, よりの来状

▼ たる名目~ (3, 0.0%)

1 である, にし, のよう

▼ たる吹雪~ (3, 0.0%)

1 が渦, の野, の音

▼ たる吾が~ (3, 0.0%)

1 女主人の, 所業の, 生夫れ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の健児, の元年, の得意

▼ たる和気~ (3, 0.0%)

1 がたなびい, とを以て満たされた, の立ち籠めし翌年四

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 によつて, に依っ, 又過言

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に仕官, の時代, の開成石経

▼ たる唸り~ (3, 0.0%)

2 を挙げ 1 の声

▼ たる商人~ (3, 0.0%)

1 でありその, でなければ, にし

▼ たる商品~ (3, 0.0%)

1 である, と見なさなく, の充

▼ たる善良~ (3, 0.0%)

1 な労働婦人, な労働者, な巨人

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 で月, をあつめ, を潤し

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 を開き 1 にかけられ

▼ たる団子~ (3, 0.0%)

1 と他, と層, を上げます

▼ たる国々~ (3, 0.0%)

1 だ, にあり, を陥れる

▼ たる国権論派~ (3, 0.0%)

1 と相, の主義, は実に

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に踏み入り, のみどり, の四阿

▼ たる土蔵~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の白煙

▼ たる地域~ (3, 0.0%)

1 である, に紀元前三世紀, はみな

▼ たる地形~ (3, 0.0%)

1 であって, である, の内

▼ たる地点~ (3, 0.0%)

1 にあり, に達す, よりはセント

▼ たる地球~ (3, 0.0%)

2 も太陽系中 1

▼ たる地理~ (3, 0.0%)

1 に関する絵図類, の思想, の書

▼ たる地金~ (3, 0.0%)

1 と引換え, の価格, の価格騰貴

▼ たる地面~ (3, 0.0%)

1 に固有, に対しては容易, を四角

▼ たる~ (3, 0.0%)

3 あり

▼ たる報知~ (3, 0.0%)

1 によるに一, によるに該地, によれ

▼ たる塲所~ (3, 0.0%)

1 に於, に潜, を實踐

▼ たる境内~ (3, 0.0%)

2 のうつくしく 1 は私

▼ たる境界線~ (3, 0.0%)

1 の設定, は決して, を見出す

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 のかす, をもっ, を使わず

▼ たる変化~ (3, 0.0%)

1 なるのみ, にし, を蒙り

▼ たる夕暮~ (3, 0.0%)

1 なりけむ, の欄干, の田園

▼ たる夕餉~ (3, 0.0%)

1 に急, に急ぐ, の膳

▼ たる夜空~ (3, 0.0%)

1 に高く, の下, を眺めた

▼ たる夜色~ (3, 0.0%)

1 に偸まれ, は益す, は黒い

▼ たる大き~ (3, 0.0%)

1 さは, なる立派, やか

▼ たる大事~ (3, 0.0%)

1 な晩, の物, もある

▼ たる大和~ (3, 0.0%)

1 の義, をオオヤマト, を表わす

▼ たる大気~ (3, 0.0%)

1 の中, は遂に, を翹望

▼ たる大江~ (3, 0.0%)

1 あり雨水, の上, の水

▼ たる大江千里~ (3, 0.0%)

2 の月 1

▼ たる大衆~ (3, 0.0%)

1 である, の無情, 向教訓書

▼ たる大隈板垣~ (3, 0.0%)

1 の両, の兩伯, 両伯

▼ たる大雨~ (3, 0.0%)

1 である, と共に雷鳴, は黙々と

▼ たる天上~ (3, 0.0%)

1 の月, の月照, の闇

▼ たる天使~ (3, 0.0%)

1 であると, なん, の存在

▼ たる天命~ (3, 0.0%)

1 であろうか, に制せられ, は知り

▼ たる天空~ (3, 0.0%)

1 に向, の一度内, をあて

▼ たる太平洋上~ (3, 0.0%)

1 ただちにハワイ, に点在, に點在

▼ たる奇怪~ (3, 0.0%)

1 ぞ, な物象, な行動

▼ たる奉仕~ (3, 0.0%)

1 と呵責, の精神, を

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 に白堊塗り 1 の一室

▼ たる女王~ (3, 0.0%)

1 のごとく, の名, は浴湯

▼ たる女相撲~ (3, 0.0%)

3 のやう

▼ たる女郎花~ (3, 0.0%)

2 も時過ぎ 1 が無慙

▼ たる妖気~ (3, 0.0%)

1 を含ん, を見, を見る

▼ たる姉妹~ (3, 0.0%)

1 との間, のこの, の此

▼ たる始め~ (3, 0.0%)

1 とし, なり, なりき

▼ たる始終~ (3, 0.0%)

2 を見し 1 を明

▼ たる威風~ (3, 0.0%)

2 が一毫 1 見るからに

▼ たる婚姻~ (3, 0.0%)

1 のとき, の結合, は後

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に固く, に緩く, の隣

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の形, は麻賀禮, を読む

▼ たる孤島~ (3, 0.0%)

1 で, であて, に拠

▼ たる孤村~ (3, 0.0%)

1 にまで逼, の片辺, は基督

▼ たる学校~ (3, 0.0%)

1 あり, とのありし, の教科書

▼ たる學者~ (3, 0.0%)

1 の如く, は幾, は禮教維持

▼ たる宇宙観~ (3, 0.0%)

3 の変遷

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 ものでした, 南皇帝と, 慶が

▼ たる定見~ (3, 0.0%)

2 なき人 1 あり

▼ たる実例~ (3, 0.0%)

1 あり, または歴史的, もあり

▼ たる実力~ (3, 0.0%)

1 が伴っ, の発揮, を十二分

▼ たる実情~ (3, 0.0%)

2 にて候 1 に歎声

▼ たる実験~ (3, 0.0%)

1 に照らす, の精神, をあらゆる

▼ たる客観~ (3, 0.0%)

2 の事物 1 の描写

▼ たる宣言~ (3, 0.0%)

2 の大要 1 とともにらいてう

▼ たる宿命~ (3, 0.0%)

1 であるか, とこそ思い候え, をつげ

▼ たる密雲~ (3, 0.0%)

1 でとざされ, におおわれ, に夕陽

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 かな, さも, 夜の

▼ たる寒風~ (3, 0.0%)

1 に吹きさらされ, に吹き荒まれ, の吹きこむ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の重き, を失ひし, 非實

▼ たる寺門~ (3, 0.0%)

2 の扉 1 をたたく

▼ たる対象~ (3, 0.0%)

1 なの, に方法, の中

▼ たる将軍~ (3, 0.0%)

1 からその, が片岡中将, の言

▼ たる對立~ (3, 0.0%)

1 を形成, を成し, を認めず

▼ たる小事~ (3, 0.0%)

1 に注, の心頭, もある

▼ たる小僧~ (3, 0.0%)

1 が墓, が襖, は新

▼ たる小児~ (3, 0.0%)

1 とあり, の如く, は本来

▼ たる小座敷~ (3, 0.0%)

2 あり 1 に入り来し

▼ たる小説家~ (3, 0.0%)

1 に對, はチャブ台, は日本

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 數の, 數者の, 歳は

▼ たる少数~ (3, 0.0%)

1 の人才, の人民ら, の工場労働者

▼ たる少数者~ (3, 0.0%)

1 の手, の集団, は

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 よとこれ 1 を突出す

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の羽, は他, を装いたる

▼ たる屋根~ (3, 0.0%)

1 あり, うらの, も森

▼ たる山吹~ (3, 0.0%)

3 の花

▼ たる山容~ (3, 0.0%)

1 と雄渾, は遂に, を呈し

▼ たる山県侯~ (3, 0.0%)

1 の如き, は此, は此等

▼ たる山縣侯~ (3, 0.0%)

1 の如き, は此, は此等

▼ たる山茶花~ (3, 0.0%)

1 の凍れる, の花, 白くこぼれ

▼ たる山路~ (3, 0.0%)

1 につき自由画, の草かげ, を上っ

▼ たる山野~ (3, 0.0%)

1 に住めり, の空, を偲ばせる

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 にハ印, に今, の上

▼ たる島民~ (3, 0.0%)

3 の家

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 多ければ, 多なれ, 見ゆ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の手, の肩, の膝

▼ たる左手~ (3, 0.0%)

2 に坂 1 にて押

▼ たる巨人~ (3, 0.0%)

1 ならずや, のため, は知らず

▼ たる市民~ (3, 0.0%)

1 の側, の子弟, はその

▼ たる市街~ (3, 0.0%)

1 なれば, に鹿, の中

▼ たる布帛~ (3, 0.0%)

1 はふつふつ, を斷, 或いはその

▼ たる平民~ (3, 0.0%)

1 の声, の思想, の資格

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 のみ短く, の列, をぬっ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 がうつむき, ど友禅模様, はつと

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 庭の, 濶なる, 野原の

▼ たる庄太郎~ (3, 0.0%)

1 お糸, さてかく, だしぬけに

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に於, 偉い掛声, 偉い掛聲

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 にし, の漸, を救はん

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 さをも, さ実に, 刀何は

▼ たる形容~ (3, 0.0%)

1 かといへ, するに, をし

▼ たる形相~ (3, 0.0%)

1 の地位, をもっ, を示します

▼ たる役員~ (3, 0.0%)

1 の前, はわが子, は佇めり

▼ たる役者~ (3, 0.0%)

1 あり, を入れない, を描かずし

▼ たる彼方~ (3, 0.0%)

1 から次第に, に見出だす, の實

▼ たる後援者~ (3, 0.0%)

1 であった山内正俊閣下, であった関係, で東洋

▼ たる後藤伯~ (3, 0.0%)

2 は老獪 1 が当時

▼ たる心持ち~ (3, 0.0%)

1 する, である, になった

▼ たる心霊~ (3, 0.0%)

1 が雄壮, の叫, は衆

▼ たる快楽~ (3, 0.0%)

1 の存する, は絶対的, を買う

▼ たる忿怒~ (3, 0.0%)

2 は全く 1 の前

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 なれば, より見れ, を愛し尊ぶ

▼ たる怪しき~ (3, 0.0%)

1 入口に, 婦人を, 洞窟に

▼ たる恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 その迷宮, 揺らぎその, 闇夜であった

▼ たる恐怖~ (3, 0.0%)

1 でも不安, にまのあたり, の念

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 が籠っ, が籠つて, を晴さ

▼ たる悦び~ (3, 0.0%)

1 のあまり, の花束, をいう

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の花びら, みは, をする

▼ たる悲し~ (3, 0.0%)

1 さが, さなかなか, さに

▼ たる情景~ (3, 0.0%)

1 でこの, の中, を見せる

▼ たる情況~ (3, 0.0%)

1 になっ, はこの, はなお

▼ たる情火~ (3, 0.0%)

1 に松島, を発起, を發起

▼ たる惨状~ (3, 0.0%)

1 だらう, の根本, より爾来

▼ たる意外~ (3, 0.0%)

2 でありましたろう 1 ぞやそこ

▼ たる憂鬱~ (3, 0.0%)

2 を深めた 1 を吾

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 さも 1 気な

▼ たる憐れ~ (3, 0.0%)

1 なる善人, なる東洋, なる者

▼ たる憲政~ (3, 0.0%)

1 を求める, 本党大会, 本黨大會

▼ たる懷疑説~ (3, 0.0%)

1 は何處, は出, より見れ

▼ たる成功~ (3, 0.0%)

1 の凱旋門, は一つ, を収め

▼ たる我等~ (3, 0.0%)

1 が心, と共にある, には快活

▼ たる戦勝~ (3, 0.0%)

1 の主, の光栄, の報知

▼ たる戦果~ (3, 0.0%)

1 に報, をあげた, を挙げ

▼ たる戦車~ (3, 0.0%)

1 の上, の後尾, の音

▼ たる所有~ (3, 0.0%)

21 りて

▼ たる手桶~ (3, 0.0%)

1 に蓮, を提げ, 束ねたる枯枝

▼ たる手槍~ (3, 0.0%)

2 の折れ 1 をピタリッ

▼ たる才気~ (3, 0.0%)

1 と洗, によつて一世, はすっかり

▼ たる批評~ (3, 0.0%)

1 である, は持, をなす

▼ たる技巧~ (3, 0.0%)

1 と見る, の堕気, の所有者

▼ たる折柄~ (3, 0.0%)

1 とて直ちに, なれば, 突如と

▼ たる拙者~ (3, 0.0%)

1 に問う, の恥, を遣わさるれ

▼ たる揚句~ (3, 0.0%)

2 の果 1 にきめる

▼ たる損害~ (3, 0.0%)

1 をも贖わしむべき, を与えなかった, を作っ

▼ たる擡頭力~ (3, 0.0%)

3 をこの

▼ たる擧動~ (3, 0.0%)

1 なり當時世人, や, を評し

▼ たる政事家~ (3, 0.0%)

1 がその, の一人板垣退助氏, はただ

▼ たる政党内閣~ (3, 0.0%)

1 をも一たび, を建設, を組織

▼ たる政友會~ (3, 0.0%)

1 となれり, の到底, は決して

▼ たる政治~ (3, 0.0%)

2 は最早 1 の仕組み

▼ たる政治家~ (3, 0.0%)

1 ができ上がる, たるもの, にピット

▼ たる政略~ (3, 0.0%)

2 に比し 1 なし

▼ たる政策~ (3, 0.0%)

1 なりしならむ, の一斑, を行う

▼ たる政黨内閣~ (3, 0.0%)

1 をも一たび, を建設, を組織

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 ははなはだ, は二千八百十人, を改めた

▼ たる数々~ (3, 0.0%)

1 の弁解, の御, を措き

▼ たる数人~ (3, 0.0%)

1 の中, の牧師, は内

▼ たる敵意~ (3, 0.0%)

1 が溢れ, を感じたらしく, を見せ

▼ たる文士~ (3, 0.0%)

1 が生き, の死, を救い

▼ たる文学者~ (3, 0.0%)

1 であつ, の恋人, を交

▼ たる断案~ (3, 0.0%)

1 が何一つ, の示す, を下し得る

▼ たる新聞~ (3, 0.0%)

2 の細長き 1

▼ たる方針~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, を一貫, を取った

▼ たる旅店~ (3, 0.0%)

2 に著き 1 の亭主

▼ たる日本海~ (3, 0.0%)

1 が晴れた, に沈む, はすぐ

▼ たる日本風~ (3, 0.0%)

1 であった, であるかに, を以て任

▼ たる日蓮聖人~ (3, 0.0%)

1 が, が自ら, が自ら施陀羅

▼ たる日頃~ (3, 0.0%)

1 のうっぷん, の悠長さ, の覚悟

▼ たる旧家~ (3, 0.0%)

2 であつ 1 なり

▼ たる明る~ (3, 0.0%)

1 さの, さも, さを

▼ たる時日~ (3, 0.0%)

1 により, はいまだ, は五年正月

▼ たる時期~ (3, 0.0%)

1 がすくなくとも, である, の好例

▼ たる暮色~ (3, 0.0%)

1 が山伏, が立ち, につつまれ

▼ たる曠原~ (3, 0.0%)

1 が待ち, でかつて, の上

▼ たる書斎~ (3, 0.0%)

1 の中, は二千円, へ今

▼ たる書物~ (3, 0.0%)

1 の中, の如く, の知恵

▼ たる書生~ (3, 0.0%)

1 のみ, の大和, の大和一郎

▼ たる書類~ (3, 0.0%)

1 は大抵, また多し, を掻聚め

▼ たる曹真~ (3, 0.0%)

1 が持っ, の攻め口, を励ます

▼ たる曹長~ (3, 0.0%)

1 にはあら, は棚, をやさしく

▼ たる月明~ (3, 0.0%)

1 の下, の夜, の甲州街道

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 を着, を著, を裂きすて

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 なるが, の綱, を抱い

▼ たる木々~ (3, 0.0%)

1 が茂つて, の枝, の梢

▼ たる木の葉~ (3, 0.0%)

1 の塊, は散っ, をかれ

▼ たる本分~ (3, 0.0%)

1 も忘れ果て, を剥奪, を忘れ

▼ たる本多男爵~ (3, 0.0%)

1 さえ日本, も帰っ, も帰つて

▼ たる本能~ (3, 0.0%)

1 であると, に導かれつ, を呼び起す

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 であった, であったから, 広利

▼ たる条件~ (3, 0.0%)

1 だけはま, はこう, を自ら

▼ たる条約改正~ (3, 0.0%)

1 の業, も行, を成就せん

▼ たる松島~ (3, 0.0%)

1 は痛, は舌打ち, 見んとて

▼ たる松林~ (3, 0.0%)

1 がつ, のあなた, の間

▼ たる松風~ (3, 0.0%)

2 の声 1 ぞ吹く

▼ たる果実~ (3, 0.0%)

1 で森枳園, は味, や獣肉

▼ たる枝葉~ (3, 0.0%)

1 が, が大, よりし

▼ たる栄誉~ (3, 0.0%)

1 の蔭, をになった, をば

▼ たる桂内閣~ (3, 0.0%)

2 も乃至 1 ごときでは

▼ たる案山子~ (3, 0.0%)

1 かな, に問, は焼け焦らされし

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の大木, の実, の核

▼ たる森蔭~ (3, 0.0%)

1 にまでつづいた, の小, の小屋

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 のなか 1 ありけれ

▼ たる植物~ (3, 0.0%)

1 の書籍, の着色, の芽

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 の木 1 の枝葉

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 の音 1 に百倍

▼ たる構成~ (3, 0.0%)

1 があっ, である, を損

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 の林 1 の樹蔭

▼ たる標準~ (3, 0.0%)

1 とやや, なの, を以て我國

▼ たる権威~ (3, 0.0%)

1 と四天王護国寺, の嘘, をもっ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の木立, の木闇がり, の頸筋

▼ たる樹立ち~ (3, 0.0%)

1 にからん, に反響, は互いに

▼ たる橄欖~ (3, 0.0%)

2 の林 1 なり

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の音, を執り, を見上げた

▼ たる歌よみ~ (3, 0.0%)

2 には爾 1 にはしか思わるる

▼ たる歌よみども~ (3, 0.0%)

3 は宗旨以外

▼ たる歡喜~ (3, 0.0%)

1 を懷, を經驗, を見出した

▼ たる此方~ (3, 0.0%)

1 に縄, の岸, へ楯

▼ たる武勲~ (3, 0.0%)

1 を敬仰, を負っ, 第一

▼ たる武器~ (3, 0.0%)

1 をもっ, を取り, を把

▼ たる武者ぶり~ (3, 0.0%)

1 であるが, にひきかえ, よ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 を押匿, を漏れぬ, を見せ

▼ たる歳月~ (3, 0.0%)

2 なれば 1 つくばね

▼ たる死際~ (3, 0.0%)

3 の病人

▼ たる母性愛~ (3, 0.0%)

1 である, と見たい, を頭

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 をはたく 1 を嘗め始め

▼ たる気合~ (3, 0.0%)

1 になれ, の術, をこめ

▼ たる気味~ (3, 0.0%)

1 なれば, にて皿, をよび起されました

▼ たる気焔~ (3, 0.0%)

1 には寧ろ, を吐い, を聴い

▼ たる水上~ (3, 0.0%)

1 に清い, の中心, より花間

▼ たる水草~ (3, 0.0%)

1 ありて, に白き, の花

▼ たる水銀灯~ (3, 0.0%)

2 の下 1 の光

▼ たる水面~ (3, 0.0%)

1 から自, に大きな, に静か

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の刃, の渚, の野

▼ たる氷原~ (3, 0.0%)

1 が現われた, が霧, の上

▼ たる沈黙~ (3, 0.0%)

1 と静寂, などを含む, を破る

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 が張りきっ, に廻転, の上

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 のやう, のよう, の中

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 あるとき其法, に従い, を見

▼ たる法律~ (3, 0.0%)

2 となさん 1 とを思いくらべ

▼ たる洋刃~ (3, 0.0%)

1 を手早く, を揮っ, を重蔵

▼ たる洞窟~ (3, 0.0%)

1 から滲み出, また悲惨, を鳴動

▼ たる洪水~ (3, 0.0%)

1 の光景, の折, は天

▼ たる活力~ (3, 0.0%)

1 をそなえた, を持つ, を擢揮

▼ たる浪子~ (3, 0.0%)

1 の顔, は日, は武男

▼ たる浴衣~ (3, 0.0%)

1 の片, の襟, を着

▼ たる海中~ (3, 0.0%)

1 に横, に陥つ, の竜

▼ たる海水~ (3, 0.0%)

1 にも浮氷, の底, を湛え

▼ たる海賊~ (3, 0.0%)

1 の口, の旗風いよ, の血汐

▼ たる深夜~ (3, 0.0%)

1 におきましては遠方, のたたずまい, の庭

▼ たる深山~ (3, 0.0%)

1 に分け, の静寂, を踏破

▼ たる清原氏~ (3, 0.0%)

1 がまた, の占領, の援助

▼ たる渓流~ (3, 0.0%)

1 である, の響, もまた

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 村恭平の, 洲国にまで, 眼の

▼ たる満枝~ (3, 0.0%)

1 が歓喜, の我, の面

▼ たる源泉~ (3, 0.0%)

1 の中, をまで害毒, を瞥見

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 だ, となり, に這

▼ たる漢文~ (3, 0.0%)

1 の書翰, の模倣, は仮名

▼ たる濁水~ (3, 0.0%)

1 に流され, の勢い, の川

▼ たる濃き~ (3, 0.0%)

1 朝霧など, 霧は, 靄の

▼ たる火光~ (3, 0.0%)

1 と黒煙, の中, をいみじくも

▼ たる火神~ (3, 0.0%)

1 は其生, は天然, を生みし

▼ たる炭火~ (3, 0.0%)

1 に掛っ, を熾し, 堆きに

▼ たる為め~ (3, 0.0%)

1 に年々何万円, に生ぜしならん, 頻に

▼ たる父親~ (3, 0.0%)

1 だつた, の家, の癇癪

▼ たる片手~ (3, 0.0%)

2 はわれ 1 を指折り

▼ たる牡丹火~ (3, 0.0%)

3 となり

▼ たる物象~ (3, 0.0%)

1 に似, をわが, を化し

▼ たる特徴~ (3, 0.0%)

2 がある 1 にし

▼ たる特性~ (3, 0.0%)

1 があっ, すなわちこれ, を保有

▼ たる特質~ (3, 0.0%)

1 がある, にはあらざる, を挙げ

▼ たる独立~ (3, 0.0%)

1 した商業一般, せる現在, の人格

▼ たる独自~ (3, 0.0%)

2 な英雄像 1 の芸術

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の如き

▼ たる猛火~ (3, 0.0%)

1 が空, の名残, の裏

▼ たる現世~ (3, 0.0%)

1 と未だ, に対して激烈, に於

▼ たる現代~ (3, 0.0%)

1 に特異, の天皇, の言語

▼ たる現場~ (3, 0.0%)

1 がマザマザ, だ, より森

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 と異に, は哲學, を聞きはつり云う

▼ たる瓦斯~ (3, 0.0%)

1 にでも変化, の火, の霧

▼ たる生産~ (3, 0.0%)

1 の増加, は今日, 諸関係

▼ たる田園~ (3, 0.0%)

2 の黄緑 1 の一隅

▼ たる田畑~ (3, 0.0%)

1 あり出獄後, の青海原, をば親族

▼ たる由縁~ (3, 0.0%)

1 であらう, なりと認め, なれ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 人種異, 象, 香が

▼ たる異体~ (3, 0.0%)

2 のもの一個 1 の知れぬ

▼ たる~ (3, 0.0%)

3 の丈長

▼ たる白人~ (3, 0.0%)

1 が銃, の一揆, の美女

▼ たる白米~ (3, 0.0%)

1 または家財等, を五勺宛, を理不尽

▼ たる白糸~ (3, 0.0%)

1 は持ちたる, を一目, 解きて

▼ たる白菊~ (3, 0.0%)

2 の花 1 の花束

▼ たる白衣~ (3, 0.0%)

1 の人, の影, の神仙

▼ たる白髯~ (3, 0.0%)

1 の奥, の観相家, はふるえ

▼ たる盃盤~ (3, 0.0%)

1 の後, をかたづくる, を振り返り

▼ たる盛装~ (3, 0.0%)

1 の武将, の美人, を凝らし

▼ たる相貌~ (3, 0.0%)

2 は今 1 の計らず

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 をば世, を證, 新しい山吹色

▼ たる真実~ (3, 0.0%)

1 でないという, を少し, 無妄

▼ たる真紅~ (3, 0.0%)

1 から, の晩春, の花

▼ たる眠り~ (3, 0.0%)

1 に陥つた, に陥りました, の中

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 りを 1 を思はず

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 を兄 1 にうつり出

▼ たる砂原~ (3, 0.0%)

1 が多かっ, の上, をあるく

▼ たる砂漠~ (3, 0.0%)

1 には成吉思汗軍, の中, を息

▼ たる研究~ (3, 0.0%)

1 などよりももっと, に導いた, の場合

▼ たる研究家~ (3, 0.0%)

2 でその 1 である事

▼ たる破壊~ (3, 0.0%)

1 から防ぐ, のあと, を通じて男子

▼ たる硯友社~ (3, 0.0%)

1 の一美妙, の中, は忽ち

▼ たる碧血~ (3, 0.0%)

1 が膠, に染め, 全く眼

▼ たる確信~ (3, 0.0%)

1 には驚き, を得, を持っ

▼ たる確証~ (3, 0.0%)

1 が挙っ, が無い, を握っ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 をもっ, をも演べつ, をも演べつ其時

▼ たる社會~ (3, 0.0%)

1 に對, に於, の一員

▼ たる社殿~ (3, 0.0%)

1 が有っ, や木鉾, を潰し

▼ たる祈祷~ (3, 0.0%)

1 の依頼, の式, は虚僞

▼ たる神様~ (3, 0.0%)

1 がたとえ, に, の底

▼ たる神社~ (3, 0.0%)

1 の趾, を合廃, を見る

▼ たる私たち~ (3, 0.0%)

1 にも感慨, に取っ, を環魚洞

▼ たる私自身~ (3, 0.0%)

2 の意気地 1 の絶望

▼ たる秘密~ (3, 0.0%)

1 でもなく, のにおい, の罪悪

▼ たる空氣~ (3, 0.0%)

1 に包まれ, に異ならず, は

▼ たる童子~ (3, 0.0%)

1 の感, の生涯, 実はれい

▼ たる童心~ (3, 0.0%)

1 であります, の日, の校庭

▼ たる竿~ (3, 0.0%)

1 の自宅, の長足ら, は幾百

▼ たる筆者~ (3, 0.0%)

1 が弱り上げ奉った, は胸, や出演者

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 が無い, なり, なれば

▼ たる筋骨~ (3, 0.0%)

1 である, の大丈夫, を見た

▼ たる範疇~ (3, 0.0%)

1 と直観形式, によって高度, はなお

▼ たる築地小劇場~ (3, 0.0%)

1 が如何なる, の旗揚げ, を守る

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 のさま 1 を垂れ

▼ たる~ (3, 0.0%)

3 を天井

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に貨物, の如き, を負

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 な背広の 1 の女王

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 のふさ, の花, の薄

▼ たる紫雲~ (3, 0.0%)

2 を曳き 1 の裡

▼ たる細雨~ (3, 0.0%)

1 は予, は濃, は隙間

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の, の狩襖, 縮みの

▼ たる経営~ (3, 0.0%)

1 である, に浮身, はわからない

▼ たる経路~ (3, 0.0%)

1 すなわちできるだけ, なの, を理解

▼ たる絵図~ (3, 0.0%)

1 の刊行, の数, は依然として

▼ たる絶望~ (3, 0.0%)

1 の光景, の顔, を抱い

▼ たる絶海~ (3, 0.0%)

2 の孤島 1 の魚族

▼ たる經驗~ (3, 0.0%)

1 にし, に深入り, は怨靈

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 かと見える, の如し, は何

▼ たる緋ぢ~ (3, 0.0%)

3 りめん

▼ たる罪悪~ (3, 0.0%)

1 である, の意識, は挙げ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 ではない, に就く, を受

▼ たる美少年~ (3, 0.0%)

1 が鏡, であって, なの

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 を星, を殺す, を足元

▼ たる群集~ (3, 0.0%)

1 の, の中, 及び小さい

▼ たる義仲~ (3, 0.0%)

1 の軍鋒, は一門, は直ちに

▼ たる義理~ (3, 0.0%)

1 づくやら, に立ち寄りぬ, や人情

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 ある童, のかなし, をふるひ

▼ たる羽織~ (3, 0.0%)

1 あり, の片, の紐

▼ たる老樹~ (3, 0.0%)

1 にし, の如し, の間

▼ たる聴衆~ (3, 0.0%)

1 と闘, の精神, は非常信号

▼ たる職人~ (3, 0.0%)

1 として桝取業, のこと, の労働

▼ たる職能~ (3, 0.0%)

1 とは異, と交換, の概念

▼ たる肉塊~ (3, 0.0%)

1 が駱駝, である, を造出し

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 は鮒, をば音, を一ツ

▼ たる背後~ (3, 0.0%)

1 に, にて我等二人, より

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 は夢中, も見, 乾きし頬

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 と団結, の泉, の漸く

▼ たる腦髓~ (3, 0.0%)

1 に鞭, を刺戟, を射

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 の二重 1 とへの字

▼ たる自分たち~ (3, 0.0%)

1 にも計らず, のみが持っ, の運命

▼ たる自由主義~ (3, 0.0%)

1 の宗旨, の民族, は進ん

▼ たる自由論派~ (3, 0.0%)

1 と相, はこの, は泰西

▼ たる臭気~ (3, 0.0%)

2 はその 1

▼ たる至大~ (3, 0.0%)

2 の恩恵 1 の恩人

▼ たる船頭~ (3, 0.0%)

2 の顔 1 と身許不明

▼ たる良心~ (3, 0.0%)

1 に信頼, に従って行動, の光

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 かな, である, の原

▼ たる芝居~ (3, 0.0%)

1 のびら, の印象, へ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の野心, は飲食, をなし

▼ たる芸術的調和~ (3, 0.0%)

3 の世界

▼ たる若衆~ (3, 0.0%)

1 の思いのたけ, の顔, を組織

▼ たる苦し~ (3, 0.0%)

1 さが, ささりとて, さに

▼ たる苦しみ~ (3, 0.0%)

1 です萩原, にみち, をごまかす

▼ たる苦労~ (3, 0.0%)

1 にも懲りず, をした, を笑

▼ たる英國~ (3, 0.0%)

1 の東洋, の高等文官試驗科目中, は何時も

▼ たる草むら~ (3, 0.0%)

2 の山頂 1 の麦稈帽

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 なれば, の枝大方, の泥

▼ たる著者~ (3, 0.0%)

1 の痛苦, の計画, はそういう

▼ たる蒼海~ (3, 0.0%)

1 にし, の一粟, の有様

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 がからみ, のお, を眺め

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 は今, は盛, を打て

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に霜ふり, の束, の火

▼ たる藝術~ (3, 0.0%)

1 と此, に対すれ, をし

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, のそよぎ, や葭

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 のまつ 1 の猶

▼ たる血汐~ (3, 0.0%)

1 が長持, に変えられ, をもっ

▼ たる衆生~ (3, 0.0%)

1 が真, の煩惱, は神人

▼ たる行為~ (3, 0.0%)

1 その表面, によってで, の無い

▼ たる街道~ (3, 0.0%)

1 が真直, とちがい, ばかりとは限らない

▼ たる衣類~ (3, 0.0%)

1 が故, の間, は世の常

▼ たる表象~ (3, 0.0%)

1 であった, のうち, や情緒

▼ たる被告~ (3, 0.0%)

1 の精神上, は突如, を混乱懊悩

▼ たる西~ (3, 0.0%)

1 の城戸, の大空, の山々

▼ たる西郷隆盛~ (3, 0.0%)

2 すらも亦 1 は城山

▼ たる見物~ (3, 0.0%)

1 の男女, の腕次第, はこの

▼ たる規律~ (3, 0.0%)

1 が戦敗崩壊後, のある, を故

▼ たる視線~ (3, 0.0%)

1 でハッキリ, に気づく, の赴く

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 なし 1 へある

▼ たる親子~ (3, 0.0%)

1 あり, の情, の愛情

▼ たる観察~ (3, 0.0%)

1 とを簡約, をもっ, を下した

▼ たる言葉の~ (3, 0.0%)

3 かはり

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 かおの, の事, 畫を

▼ たる証左~ (3, 0.0%)

1 でありそういう, となし, にし

▼ たる評論~ (3, 0.0%)

1 に就き, や論説, を取消すべき

▼ たる詩吟~ (3, 0.0%)

2 の声 1 につれ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 なれば, のごとく, を立たる

▼ たる調和~ (3, 0.0%)

1 にぞ修道女, を望む, を示し

▼ たる調強き調~ (3, 0.0%)

2 などいふ調 1 などいう

▼ たる論派~ (3, 0.0%)

1 とははなはだ, と同じく主として, と英国風

▼ たる諸氏~ (3, 0.0%)

2 の如き 1 がなぜ

▼ たる警官~ (3, 0.0%)

1 の挙動, の非行, は野口

▼ たる豪族~ (3, 0.0%)

1 と離れね, にし, の娘

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 の音 1 の蓋

▼ たる財貨~ (3, 0.0%)

1 の遥か, は豊富, を少

▼ たる貴人~ (3, 0.0%)

1 であろうか, の資格, の驚

▼ たる貴公子~ (3, 0.0%)

1 があっ, であった, であるこの

▼ たる貴女~ (3, 0.0%)

2 と吉野 1 を貴下

▼ たる貴族的~ (3, 0.0%)

2 の現象 1 の大木

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 のみ 1 なれば

▼ たる趣向~ (3, 0.0%)

1 であった, なるが, を与

▼ たる足もと~ (3, 0.0%)

21 の運び

▼ たる車夫~ (3, 0.0%)

1 にて其の, は勢い, は泥

▼ たる軍勢~ (3, 0.0%)

1 の衝突, は何万, 勇み立ち

▼ たる軍器~ (3, 0.0%)

1 で此衝角, の作用, の製造

▼ たる軍帽~ (3, 0.0%)

2 を冠むり 1 をぬい

▼ たる輕氣球~ (3, 0.0%)

1 は印度洋, は水素瓦斯, は遂に

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 はかかる, は自分, は血眼

▼ たる輪廓~ (3, 0.0%)

1 のため, の方便, を胸

▼ たる辰弥~ (3, 0.0%)

1 の髯黒, は例, は迂遠

▼ たる農家~ (3, 0.0%)

1 あり, の冬待ち顏, の座敷

▼ たる逆境~ (3, 0.0%)

2 に堪へ 1 を今

▼ たる過渡期~ (3, 0.0%)

1 にあっ, に於ける, の詩人

▼ たる道徳~ (3, 0.0%)

1 ではない, と知識, は形式

▼ たる遠い~ (3, 0.0%)

1 古を, 疾駆の, 道を

▼ たる部落内~ (3, 0.0%)

1 において限り, に限られたる, に限り

▼ たる酒盃~ (3, 0.0%)

1 とって, とつて源太, を小春

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 さに, 世界を, 美を

▼ たる里程~ (3, 0.0%)

1 と吻合, の標準, は大概漢時代

▼ たる野末~ (3, 0.0%)

1 だ, の庵, の石

▼ たる野良犬~ (3, 0.0%)

1 であったかも, ならずや, の後

▼ たる金子~ (3, 0.0%)

1 の内, を中店, を是

▼ たる金沢柵址~ (3, 0.0%)

1 に通ずる, は金沢本町, まで約

▼ たる金貨~ (3, 0.0%)

2 が一ぱいつまつてゐたといふ 1 や銀貨

▼ たる金銭~ (3, 0.0%)

1 というもの, について歌, のみを標準

▼ たる針葉樹~ (3, 0.0%)

1 がここかしこ, に囲まれた, の梢

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 の音 1 を振っ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 は国, をもて, を有り

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 を受取り, を奪いぬ, を嵌むれ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 で後, の如し, を洗うべく

▼ たる鎧櫃~ (3, 0.0%)

1 の座敷, の間, も充実

▼ たる長い~ (3, 0.0%)

1 努力が, 羽織を, 蛇では

▼ たる長文~ (3, 0.0%)

1 の女文字, の手紙, の滯

▼ たる長椅子~ (3, 0.0%)

2 に姫 1 古びし寝台

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 にてはその, のダンテ, 無く艶

▼ たる陸軍~ (3, 0.0%)

1 の事, の賜物, は破れ

▼ たる隅田川~ (3, 0.0%)

1 とこれ, と此, の流れ

▼ たる雪空~ (3, 0.0%)

1 の日, の裏側, をのがれ

▼ たる電光~ (3, 0.0%)

1 にともなふ, は身邊, を見

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の夜, の結晶, を見

▼ たる青山~ (3, 0.0%)

2 をと異 1 の共同墓地

▼ たる静か~ (3, 0.0%)

2 な美し 1 に淋しく

▼ たる非人法師~ (3, 0.0%)

1 の仲間, の名残, の徒

▼ たる面持ち~ (3, 0.0%)

1 で, で加十, で左膳

▼ たる面貌~ (3, 0.0%)

2 にくらべ 1 を呈し

▼ たる願い~ (3, 0.0%)

1 が滅ぶ, なりける, は仕らず

▼ たる風の音~ (3, 0.0%)

1 かな, のみ宇宙, はその

▼ たる風流~ (3, 0.0%)

1 に身, の故事, を解せざる

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 に過ぎぬであらう, もしくは酒, を食い

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 の前, の花妻, を尋ね

▼ たる馬琴~ (3, 0.0%)

1 および当時, であるから, をし

▼ たる馭者~ (3, 0.0%)

1 だも, の面, は少しく

▼ たる駿三~ (3, 0.0%)

1 がピンピン, が死んだ, は一足

▼ たる騎士~ (3, 0.0%)

1 なり, の姿, の眼

▼ たる騒ぎ~ (3, 0.0%)

1 が持ちあがっ, だ, に一同

▼ たる驟雨~ (3, 0.0%)

1 が伴っ, になつ, に車窓

▼ たる驢馬~ (3, 0.0%)

2 の影 1 に粟食

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 が島, のよう, の如く

▼ たる魑魅魍魎~ (3, 0.0%)

1 が恐怖, に充ち満ち, のひとり

▼ たる~ (3, 0.0%)

2 を冴えた 1 の端正さ

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 が飛ばない, の餌, は巣

▼ たる~ (3, 0.0%)

1 ではうつり, の田, の畑

▼ たる麦畑~ (3, 0.0%)

1 の中, を一文字, を迂回りつ

▼ たる麦酒~ (3, 0.0%)

1 をグイ飲, を混じ, を燗

▼ たる黄色~ (3, 0.0%)

1 のもの, の紙, の艶

▼ たる黒雲~ (3, 0.0%)

1 が待っ, におおわれ, に蔽

▼ たるあいだ~ (2, 0.0%)

1 にあり, に医師

▼ たるあし~ (2, 0.0%)

1 どりで, どりで入って

▼ たるあれ~ (2, 0.0%)

1 は喜八郎, ば萩

▼ たるいつも~ (2, 0.0%)

1 の感情, 目に

▼ たるいろいろ~ (2, 0.0%)

1 の仮面, の小鳥

▼ たるうす~ (2, 0.0%)

1 涙, 笑ひ

▼ たるうつくし~ (2, 0.0%)

1 さいはむ, さいわ

▼ たるうつせみ~ (2, 0.0%)

2 の一身

▼ たるおしろい~ (2, 0.0%)

2 のはな

▼ たるおまえ~ (2, 0.0%)

1 が一言, も共々

▼ たるお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 の女離れ, や小皺

▼ たるお客様~ (2, 0.0%)

1 であった, のお

▼ たるかかる~ (2, 0.0%)

2 さまは

▼ たるかが~ (2, 0.0%)

1 分つて, 分明し

▼ たるかぎり~ (2, 0.0%)

1 必ずなく, 爾いう

▼ たるかとも~ (2, 0.0%)

1 冬日和, 思はる

▼ たるかに~ (2, 0.0%)

1 就き調査, 過ぎない

▼ たるから~ (2, 0.0%)

1 こぼれ落ちますと, 浜ゆふと

▼ たるがまこと~ (2, 0.0%)

2 その人

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 とに釘, を横

▼ たるきさらぎ~ (2, 0.0%)

2 の強

▼ たるきり~ (2, 0.0%)

2 ぎしの

▼ たるくだもの~ (2, 0.0%)

2 でもなく

▼ たるくらい~ (2, 0.0%)

1 だから, な程度

▼ たるけだし~ (2, 0.0%)

1 褄, 重く人

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 は春, は理

▼ たるこい~ (2, 0.0%)

1 ふるさとに, ほうたる

▼ たること一再~ (2, 0.0%)

2 に止らざりき

▼ たること今~ (2, 0.0%)

2 の鯰このしろ

▼ たること前後~ (2, 0.0%)

2 各二囘

▼ たること前後二囘~ (2, 0.0%)

2 其の内閣

▼ たること勿~ (2, 0.0%)

2

▼ たること古老~ (2, 0.0%)

1 の伝, の言

▼ たること明らか~ (2, 0.0%)

2 である

▼ たること能~ (2, 0.0%)

1 はざる, はざるもの

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 身分から, 辺に

▼ たるさまざま~ (2, 0.0%)

1 の手道具皆手, の道具

▼ たるさま喩~ (2, 0.0%)

1 へば源平屋島, へん方

▼ たるざま~ (2, 0.0%)

1 だ, だッ

▼ たるしるし~ (2, 0.0%)

1 なり, なるべくやなど

▼ たるすら~ (2, 0.0%)

1 きわめて少し, 極めて少し

▼ たるせせらぎ~ (2, 0.0%)

1 の前, の音

▼ たるそち~ (2, 0.0%)

1 がその, とはともに

▼ たるその後~ (2, 0.0%)

1 においてなお, に素生

▼ たるだけが~ (2, 0.0%)

1 かごの, ぽつんと置い

▼ たるだけに~ (2, 0.0%)

1 愈, 手紙の

▼ たるだに~ (2, 0.0%)

1 これに従い, 思いは

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 やない, やの感じ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 あの人, 仙藏はんは

▼ たるとおり~ (2, 0.0%)

1 でありますが, である

▼ たるときテーブルこれ~ (2, 0.0%)

2 に応じ

▼ たるとき余~ (2, 0.0%)

1 は博士, は蛇

▼ たるところ飛石~ (2, 0.0%)

2 の画趣

▼ たるとて~ (2, 0.0%)

1 何で是, 用にも

▼ たるどよめき~ (2, 0.0%)

1 といみじくも, の中

▼ たるなかなか~ (2, 0.0%)

2 に神

▼ たるなから~ (2, 0.0%)

2 んや

▼ たるなき~ (2, 0.0%)

1 ゆえ古, 一輪の

▼ たるなぞ~ (2, 0.0%)

1 か, で頃あい

▼ たるなどの~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことまで

▼ たるなほ~ (2, 0.0%)

2 いとし

▼ たるなるべく将~ (2, 0.0%)

2 た彼

▼ たるにこそ~ (2, 0.0%)

1 候は, 尊とくも

▼ たるにと~ (2, 0.0%)

2 独語き

▼ たるのに~ (2, 0.0%)

1 何んで, 黙って

▼ たるのみか~ (2, 0.0%)

1 すでに老齢, のめのめと

▼ たるのみと~ (2, 0.0%)

1 すれば, 言え

▼ たるのみの~ (2, 0.0%)

1 ことならん, フォーシュルヴァン氏に対して

▼ たるの分~ (2, 0.0%)

1 を尽くさざるべからず, を誤らざる

▼ たるはた~ (2, 0.0%)

1 怠れる者, 盲ひたる

▼ たるばかりか~ (2, 0.0%)

1 内部においても, 産児制限をも

▼ たるばかりは~ (2, 0.0%)

2 無し美登利

▼ たるふし~ (2, 0.0%)

1 ありわれ, なく情

▼ たるふたつ~ (2, 0.0%)

2 の櫂

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 く候条, マルセイユへ

▼ たるほとり~ (2, 0.0%)

1 の雑草, より天

▼ たるほどに~ (2, 0.0%)

2 心の

▼ たるまことに~ (2, 0.0%)

1 唐の, 歎ずべし

▼ たるまぢかき~ (2, 0.0%)

2 処に

▼ たるまでなりと~ (2, 0.0%)

1 解して, 解し去るべきなれども

▼ たるまでの~ (2, 0.0%)

1 ことに, ものなれ

▼ たるままもの~ (2, 0.0%)

1 もいわない, 言わず

▼ たるまま一言~ (2, 0.0%)

1 もいわぬ, もなく

▼ たるまま両手~ (2, 0.0%)

2 を衣兜

▼ たるまま密~ (2, 0.0%)

2 に遁げ

▼ たるまま山~ (2, 0.0%)

2 より滑り落ち

▼ たるまま甲某~ (2, 0.0%)

2 が方

▼ たるものここ~ (2, 0.0%)

1 が大いに, において衆客

▼ たるものそれ~ (2, 0.0%)

1 は娘, を工藝

▼ たるもの一人~ (2, 0.0%)

1 もなき, もなし

▼ たるもの也何~ (2, 0.0%)

2 となれ

▼ たるもの何~ (2, 0.0%)

1 かの罰, がどう

▼ たるもの何者~ (2, 0.0%)

2 か海賊

▼ たるもの其許~ (2, 0.0%)

2

▼ たるもの十~ (2, 0.0%)

1 の一, の六

▼ たるもの安~ (2, 0.0%)

1 ぞ経世偉勲中, ぞ經世

▼ たるもの尠~ (2, 0.0%)

1 からず, しと

▼ たるもの彼~ (2, 0.0%)

1 が雄文勁筆, れアレース

▼ たるもの故意~ (2, 0.0%)

2 をもっ

▼ たるもの是~ (2, 0.0%)

1 れ実に, れ實

▼ たるもの歟~ (2, 0.0%)

2 然れ

▼ たるもの用~ (2, 0.0%)

1 ゐられしならん, ゐられ肉差し

▼ たるもの直~ (2, 0.0%)

2 なるもの

▼ たるもの而~ (2, 0.0%)

2 して

▼ たるもの赤誠~ (2, 0.0%)

2 を以て其の

▼ たるやに~ (2, 0.0%)

1 記憶せり, 評する人

▼ たるやはり~ (2, 0.0%)

1 大正年間である, 木彫りの

▼ たるゆゑ~ (2, 0.0%)

1 に危げ, に行者

▼ たるよき~ (2, 0.0%)

2 人と

▼ たるよも~ (2, 0.0%)

2 の光景

▼ たるりん~ (2, 0.0%)

2 だうの花

▼ たるわか~ (2, 0.0%)

2 ものの

▼ たるわが国~ (2, 0.0%)

1 と相, の特殊性

▼ たるわが家~ (2, 0.0%)

1 ですから, の月

▼ たるアカイア勢~ (2, 0.0%)

1 の復讐, をあはれ

▼ たるアカイア軍~ (2, 0.0%)

1 の, の陣中

▼ たるアガメムノーン~ (2, 0.0%)

1 に報ぜん, の令

▼ たるアキルリュウス~ (2, 0.0%)

1 のめ, の壯麗

▼ たるアテネ~ (2, 0.0%)

1 があり, についての意見

▼ たるアテーネーヘーレー共~ (2, 0.0%)

1 につぶやきつ, に舌打ち

▼ たるアレース~ (2, 0.0%)

1 もはた, 未だ戰場

▼ たるアロハ氏~ (2, 0.0%)

1 の不運, の方

▼ たるアーサー~ (2, 0.0%)

1 は雷火, をわが

▼ たるイイダ姫~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, は暫く

▼ たるイギリス~ (2, 0.0%)

1 が今, ではドーヴァー

▼ たるイドメニュウス~ (2, 0.0%)

1 は答, を呼ぶ

▼ たるイルミネーション~ (2, 0.0%)

1 と人出, になる

▼ たるインド~ (2, 0.0%)

1 ではこの, では宗教上

▼ たるエタ~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の方

▼ たるオリヴィエ~ (2, 0.0%)

1 の力, の静朗さ

▼ たるカナダ~ (2, 0.0%)

1 においてはその, を押領

▼ たるカラクリ~ (2, 0.0%)

2 のあと

▼ たるギニヴィア~ (2, 0.0%)

1 は腰, を打ち守る

▼ たるクグツ~ (2, 0.0%)

1 との間, の名

▼ たるクララ~ (2, 0.0%)

1 の一門, の金毛

▼ たるクリーム~ (2, 0.0%)

1 の真, をとり

▼ たるクロポトキン~ (2, 0.0%)

1 の紹介, やセエ等

▼ たるクローマー~ (2, 0.0%)

2 を以てせ

▼ たるグレーヴ~ (2, 0.0%)

1 の死刑執行, は七月革命

▼ たるケチ~ (2, 0.0%)

1 くさき名, な小

▼ たるココア~ (2, 0.0%)

2 のひと

▼ たるゴタ板~ (2, 0.0%)

2 の魯廷

▼ たるサルペードーン~ (2, 0.0%)

1 の勇猛, は今死

▼ たるシカチェ~ (2, 0.0%)

1 という所, の辺

▼ たるシバルリイ~ (2, 0.0%)

1 の美玉, は武門

▼ たるシルレル~ (2, 0.0%)

1 などより立, を辨護

▼ たるシーワルド~ (2, 0.0%)

1 が右手, は体

▼ たるジャガ芋~ (2, 0.0%)

2 は丸

▼ たるジョウジ・タニイ~ (2, 0.0%)

1 とがこうして, とは実はこうして

▼ たるスペイン~ (2, 0.0%)

1 の貴婦人, 及びポルトガル

▼ たるタブー~ (2, 0.0%)

2 をすて

▼ たるタマナ樹~ (2, 0.0%)

1 で豪勢, の茂み

▼ たるチセイコロカムイ~ (2, 0.0%)

1 が果して, と多く

▼ たるテーブル~ (2, 0.0%)

2 に向かい

▼ たるトラック地方~ (2, 0.0%)

2 の諸

▼ たるトラック風俗~ (2, 0.0%)

2 である

▼ たるトルコマン族~ (2, 0.0%)

1 とは絶えず, の力

▼ たるトルストイ~ (2, 0.0%)

1 の思想, は寧ろ

▼ たるドニェープル~ (2, 0.0%)

1 の上, の河面

▼ たるドノバン~ (2, 0.0%)

1 はいつも, はのろわれね

▼ たるドライヴ・ウェイ~ (2, 0.0%)

1 をゆっくり, を上下

▼ たるニニヴェ~ (2, 0.0%)

1 があり, やバビロン

▼ たるハツバス・ダアダア~ (2, 0.0%)

1 が講釋, が面

▼ たるバベルの塔~ (2, 0.0%)

1 は其, は即ち

▼ たるバルザック~ (2, 0.0%)

1 が公衆, の文体

▼ たるバンガロー風~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ たるパリス~ (2, 0.0%)

1 その友, は愛

▼ たるパンドラ~ (2, 0.0%)

2 がうなだれ

▼ たるヒマラヤ~ (2, 0.0%)

1 の大, の雪峰

▼ たるファウスト~ (2, 0.0%)

1 に, も自分

▼ たるフェリイブル詩社~ (2, 0.0%)

2 の翹楚

▼ たるプロバビリテエ~ (2, 0.0%)

1 が更に, の加はつ

▼ たるプロメトイス~ (2, 0.0%)

1 は人間文化, は更に

▼ たるヘクトール~ (2, 0.0%)

1 とは母, をトロイア

▼ たるペン~ (2, 0.0%)

2 は直ちに

▼ たるマカ~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ たるマグダラ~ (2, 0.0%)

2 のマリヤ

▼ たるマテリー~ (2, 0.0%)

2 とエネルギー

▼ たるマリア~ (2, 0.0%)

1 でなくては, の像

▼ たるマリユス~ (2, 0.0%)

1 についてはジャヴェル, に頼ん

▼ たるマルクス~ (2, 0.0%)

1 の塔, の廣

▼ たるミクロネシヤ・カナカ~ (2, 0.0%)

2 の典型的

▼ たるミルキ国~ (2, 0.0%)

1 の屍人たち, の死者

▼ たるメネスチュウス~ (2, 0.0%)

1 とスチキオス, のめづる友

▼ たるメーリオネース~ (2, 0.0%)

1 又立てり, 命ずれば

▼ たるモノ~ (2, 0.0%)

1 が即ち, の意味

▼ たるランプ~ (2, 0.0%)

1 の最後, の火影

▼ たるリンチ~ (2, 0.0%)

2 に処せられた

▼ たるロイド・ジョージ~ (2, 0.0%)

1 そのままの, はその

▼ たるロシア~ (2, 0.0%)

1 では, の単調

▼ たるロベスピエール~ (2, 0.0%)

1 はより, もダントン

▼ たるロマンチシズム~ (2, 0.0%)

1 の世界, の作家たち

▼ たるローマ人~ (2, 0.0%)

1 また兎, もその

▼ たるローマ平野~ (2, 0.0%)

1 の中, の波

▼ たるヴェルハアレン~ (2, 0.0%)

2 が郷土

▼ たる一クレオパトラ~ (2, 0.0%)

2 の鼻

▼ たる一光景~ (2, 0.0%)

2 が電光

▼ たる一八四八年六月~ (2, 0.0%)

1 のパリ一揆, の宿命的

▼ たる一冊~ (2, 0.0%)

1 がはたして, を初編

▼ たる一勢力~ (2, 0.0%)

1 として国民, として國民

▼ たる一卒~ (2, 0.0%)

2

▼ たる一原因~ (2, 0.0%)

1 なり, になっ

▼ たる一国民~ (2, 0.0%)

1 にとって不利, の精神的産物

▼ たる一城~ (2, 0.0%)

1 がいつのまにか, の威容

▼ たる一塊~ (2, 0.0%)

1 の瓦斯, の肉

▼ たる一声~ (2, 0.0%)

1 くりかえすと, のラッパ

▼ たる一大主義~ (2, 0.0%)

2 を有するなく

▼ たる一大非行~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ たる一大音響~ (2, 0.0%)

1 が聞え, とともに爆発

▼ たる一如~ (2, 0.0%)

2 の世界

▼ たる一家~ (2, 0.0%)

1 の中, の風格

▼ たる一封~ (2, 0.0%)

1 の書, の書簡

▼ たる一峰~ (2, 0.0%)

1 が半, を指し

▼ たる一律~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ たる一斑~ (2, 0.0%)

1 を左, を知るべし

▼ たる一新機軸~ (2, 0.0%)

1 を出し, を出しし

▼ たる一方~ (2, 0.0%)

1 の将, は雪屋

▼ たる一族~ (2, 0.0%)

1 の光栄, の顔

▼ たる一星~ (2, 0.0%)

2 の火

▼ たる一束~ (2, 0.0%)

1 の秣, の芻

▼ たる一枝~ (2, 0.0%)

1 の山桜, は枝

▼ たる一株~ (2, 0.0%)

2 の躑躅

▼ たる一点~ (2, 0.0%)

1 であります, の妖星

▼ たる一瞬~ (2, 0.0%)

1 がつづいた, に老い

▼ たる一種特別~ (2, 0.0%)

1 の画風, の興奮劑也

▼ たる一章~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ たる一筋路~ (2, 0.0%)

1 が劃然, は伏見街道

▼ たる一箇~ (2, 0.0%)

1 の英雄, の首

▼ たる一縷~ (2, 0.0%)

1 の糸, の細長き

▼ たる一茶~ (2, 0.0%)

1 のほか, の外

▼ たる一茶室~ (2, 0.0%)

2 を有せり

▼ たる一葉~ (2, 0.0%)

1 かな, の夜会招待券

▼ たる一身~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を潔う

▼ たる一郎~ (2, 0.0%)

1 の, よしこれ

▼ たる一陶器~ (2, 0.0%)

1 であ, であっても

▼ たる一階級~ (2, 0.0%)

1 に列せしめた, の民

▼ たる一頭~ (2, 0.0%)

1 の兎, の成牝

▼ たる一馬先生~ (2, 0.0%)

1 すら父多門氏, の殺害

▼ たる一齣~ (2, 0.0%)

2 なりき

▼ たる七十有余~ (2, 0.0%)

2 の老

▼ たる七弦琴~ (2, 0.0%)

1 を取り上げ, を差し出す

▼ たる万吉郎~ (2, 0.0%)

1 にとってそれ, は注射

▼ たる万里~ (2, 0.0%)

1 の太平洋, の空

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の粋, 長き刺子

▼ たる三個人~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ たる三尺~ (2, 0.0%)

1 の鳥居, ばかりの草履

▼ たる三月~ (2, 0.0%)

1 には尾張藩主, のはじめ

▼ たる三歳~ (2, 0.0%)

1 の小児, の皇子

▼ たる三畳~ (2, 0.0%)

2 の暗き

▼ たる上人様~ (2, 0.0%)

1 までがこの, までが此十兵衞

▼ たる上使僧~ (2, 0.0%)

1 らしう威儀, らしゅう威儀

▼ たる上半身~ (2, 0.0%)

2 を起し

▼ たる上手~ (2, 0.0%)

2 ならば

▼ たる上靴~ (2, 0.0%)

2 を穿き

▼ たる不快~ (2, 0.0%)

2 の念

▼ たる不毛~ (2, 0.0%)

1 の国土, の地

▼ たる不滅~ (2, 0.0%)

1 の像, の花

▼ たる不甲斐なき~ (2, 0.0%)

2 ギボンは

▼ たる不義~ (2, 0.0%)

1 の行, の金子

▼ たる不覚~ (2, 0.0%)

1 かな, です二度

▼ たる不貞~ (2, 0.0%)

1 の女, の犬

▼ たる不釣合~ (2, 0.0%)

1 な声, な聲

▼ たる世相~ (2, 0.0%)

1 に一抹, の中

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 からは遠く, で血薔薇

▼ たる両手~ (2, 0.0%)

1 にて卓, も仕事

▼ たる中原~ (2, 0.0%)

1 の春光, の鹿

▼ たる中央~ (2, 0.0%)

2 の狭き

▼ たる中尾~ (2, 0.0%)

1 であったか, の吉備塚

▼ たる中尾氏~ (2, 0.0%)

1 ありとの, があっ

▼ たる中年~ (2, 0.0%)

1 の力, の婦人

▼ たる中村座~ (2, 0.0%)

1 の座主, の櫓

▼ たる中興~ (2, 0.0%)

2 の外務大臣

▼ たる丹波~ (2, 0.0%)

1 の胸中, の言葉

▼ たる主因~ (2, 0.0%)

1 とな, なり

▼ たる主張~ (2, 0.0%)

1 にも似ず, を有

▼ たる乃木将軍~ (2, 0.0%)

1 というよう, の為め

▼ たる乃至~ (2, 0.0%)

1 なりうる内容, 鍛へ

▼ たる九州~ (2, 0.0%)

1 に於い, の富豪

▼ たる也彼~ (2, 0.0%)

2 れは

▼ たる乱暴~ (2, 0.0%)

1 だ, の子供大将

▼ たる乳房その他~ (2, 0.0%)

2 の痕跡歴然

▼ たる乳母~ (2, 0.0%)

1 と勘違い, の手

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 は万年

▼ たる予言~ (2, 0.0%)

1 の中, の今日

▼ たる事なき身~ (2, 0.0%)

1 の釜, 故何ぞ

▼ たる事もと~ (2, 0.0%)

2 よりなれ

▼ たる事今~ (2, 0.0%)

1 においてなほ, にし

▼ たる事例~ (2, 0.0%)

1 の存, 亦尠

▼ たる事実談~ (2, 0.0%)

1 なれば, を集め

▼ たる事態~ (2, 0.0%)

1 の下, は茶話

▼ たる事折~ (2, 0.0%)

2 からお

▼ たる事明白~ (2, 0.0%)

1 でそれ, なるを以て

▼ たる事有~ (2, 0.0%)

1 之候, 之候事

▼ たる事無~ (2, 0.0%)

2 之候

▼ たる事物~ (2, 0.0%)

1 の数値, の無限

▼ たる事相~ (2, 0.0%)

1 に附着, の下

▼ たる事績~ (2, 0.0%)

2 甚だ少

▼ たる事論~ (2, 0.0%)

1 なしと, なしとこ

▼ たる事蹟~ (2, 0.0%)

1 には及ばない, の圖

▼ たる二月~ (2, 0.0%)

1 にて鉛, の春光

▼ たる五六~ (2, 0.0%)

1 の偉大, の猛

▼ たる五月~ (2, 0.0%)

1 の十二日, の十日

▼ たる五%~ (2, 0.0%)

1 では, を超過

▼ たる亡者~ (2, 0.0%)

1 が或は, も亦

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ たる交錯~ (2, 0.0%)

1 せる綱, にあり

▼ たる人なれ~ (2, 0.0%)

2 ども其後長派

▼ たる人中~ (2, 0.0%)

1 の悪魔, の惡魔

▼ たる人口~ (2, 0.0%)

1 の二〇分の一, の力

▼ たる人柄~ (2, 0.0%)

1 です, ではきはき

▼ たる人為~ (2, 0.0%)

1 の国, の至芸

▼ たる人生社会~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ たる人造~ (2, 0.0%)

1 の凹地, の神

▼ たる人間味~ (2, 0.0%)

1 の中, を失っ

▼ たる人首獅身~ (2, 0.0%)

2

▼ たる人馬~ (2, 0.0%)

1 の列, の息

▼ たる今宵~ (2, 0.0%)

1 の逢瀬, の風呂

▼ たる今度~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, の本

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 あれど, の

▼ たる仏人~ (2, 0.0%)

1 とチュートン人種, の利益

▼ たる仏壇~ (2, 0.0%)

1 と死体, を見遣れ

▼ たる他国~ (2, 0.0%)

1 に支払, の不況

▼ たる他者~ (2, 0.0%)

1 に過ぎぬ, より出

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 も政

▼ たる仙禽~ (2, 0.0%)

2

▼ たる代り~ (2, 0.0%)

2 に秩序

▼ たる令嬢~ (2, 0.0%)

1 に対して愛, 麗しい若

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 て優

▼ たる以上いたずら~ (2, 0.0%)

1 に対峙, に見過ごしまする

▼ たる以来~ (2, 0.0%)

2 時々貝原翁

▼ たる仮面~ (2, 0.0%)

1 かそれ, の製作

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 であったが

▼ たる伊勢~ (2, 0.0%)

2 の海

▼ たる伊太利~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の西岸

▼ たる伊東男~ (2, 0.0%)

2 は尚

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 は同時に

▼ たる住居~ (2, 0.0%)

1 であるそして, です

▼ たる体系~ (2, 0.0%)

1 として発表, をなし

▼ たる体験~ (2, 0.0%)

1 の体系, を支え得ざる

▼ たる何もの~ (2, 0.0%)

1 かであ, かより造り出される

▼ たる何者~ (2, 0.0%)

1 かです, かを使い尽す

▼ たる作家生活~ (2, 0.0%)

2 が幾年

▼ たる侘しき~ (2, 0.0%)

1 姿を, 極光の

▼ たる侮辱~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ たる便り~ (2, 0.0%)

1 あり, ね

▼ たる俊雄~ (2, 0.0%)

1 は早, は相手

▼ たる俗俳句~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ たる信條~ (2, 0.0%)

1 と爛, にせよ

▼ たる信者~ (2, 0.0%)

1 はいわゆる, 某女

▼ たる信長~ (2, 0.0%)

1 の感情, の非業

▼ たる信雄~ (2, 0.0%)

1 か信孝, の手

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 は生憎, を乗廻

▼ たる修羅~ (2, 0.0%)

1 の孤屋, の街

▼ たる俳人~ (2, 0.0%)

2 は四

▼ たる俳句幾分~ (2, 0.0%)

2 の和歌臭味

▼ たる俳諧~ (2, 0.0%)

1 は彼ら, は連歌以外

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に向っ, ばかりさ

▼ たる個人主義~ (2, 0.0%)

1 などではなく, 現實主義

▼ たる個人的立案~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ たる個体~ (2, 0.0%)

2 を血

▼ たる倦怠~ (2, 0.0%)

2 を覚えず

▼ たる假面~ (2, 0.0%)

1 の事, を携

▼ たる偉人~ (2, 0.0%)

1 の場合, を拝見

▼ たる健全~ (2, 0.0%)

2 なる同志者

▼ たる傍観者~ (2, 0.0%)

1 の地位, の態度

▼ たる傲慢~ (2, 0.0%)

1 な虚栄, をもっ

▼ たる傳次郎~ (2, 0.0%)

1 の七名, は同年七月郷里

▼ たる僕等~ (2, 0.0%)

1 の及ぶ, よりも道徳

▼ たる僥倖~ (2, 0.0%)

1 かれは, にし

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を一寺院, を貧民

▼ たる價値~ (2, 0.0%)

1 を得る, を持つ

▼ たる儀容~ (2, 0.0%)

1 を崩さなかった, を崩さなかつた

▼ たる儕輩~ (2, 0.0%)

2 も事

▼ たる優しき~ (2, 0.0%)

2 心を

▼ たる先住民~ (2, 0.0%)

1 の或, の総称

▼ たる先妻~ (2, 0.0%)

2 の腹

▼ たる先輩~ (2, 0.0%)

2 の士

▼ たる光子~ (2, 0.0%)

1 の容態, イザという

▼ たる光沢~ (2, 0.0%)

1 なき弱き色調, を帯

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の持物, も亦

▼ たる児ども~ (2, 0.0%)

2 のあり

▼ たる児等~ (2, 0.0%)

1 よ, よ彼等

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 与に, 与を

▼ たる公民~ (2, 0.0%)

1 はみな朝鮮人, は原則

▼ たる公衆~ (2, 0.0%)

1 のいずれ, の心的満足

▼ たる公道~ (2, 0.0%)

1 である, を大手

▼ たる六波羅~ (2, 0.0%)

1 といえ, の府

▼ たる六畳~ (2, 0.0%)

1 の中の間, を覗かせた

▼ たる共産党~ (2, 0.0%)

1 に入党, は労働組合

▼ たる共通分子~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ たる兵士~ (2, 0.0%)

1 となり, の流れ込みたるなり

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 もまた, れ盛

▼ たる其角~ (2, 0.0%)

2 の句

▼ たる典型~ (2, 0.0%)

1 の中歌麿, の形式

▼ たる冀望~ (2, 0.0%)

2 の悉く

▼ たる内地~ (2, 0.0%)

1 の牧師ら, を去っ

▼ たる円形~ (2, 0.0%)

2 或は長方形

▼ たる冬日~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ たる冬景色~ (2, 0.0%)

1 だつた, となり

▼ たる冬木立~ (2, 0.0%)

1 に接し, を眺め

▼ たる冬野~ (2, 0.0%)

1 の中, の空気

▼ たる凄み~ (2, 0.0%)

2 と精緻性

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 べてのもの, ゆる実在

▼ たる凱旋塔~ (2, 0.0%)

2 の神女

▼ たる出品~ (2, 0.0%)

2 の絵画

▼ たる分量~ (2, 0.0%)

1 の減少, の著しい

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の余, を掛

▼ たる切支丹一揆~ (2, 0.0%)

1 だが, ではなく

▼ たる切角~ (2, 0.0%)

1 に頭脳したたか, に頭腦

▼ たる初冬~ (2, 0.0%)

1 の淋し, の象徴

▼ たる初期~ (2, 0.0%)

1 の議会, の議會

▼ たる初秋~ (2, 0.0%)

1 の気, の船

▼ たる判断~ (2, 0.0%)

1 であるが, を下す能わざる

▼ たる別人~ (2, 0.0%)

1 なり, なること

▼ たる別名~ (2, 0.0%)

1 なりとし, にすぎない

▼ たる別室~ (2, 0.0%)

1 に向, に向っ

▼ たる別様~ (2, 0.0%)

1 のひびき, の苦悩

▼ たる利潤~ (2, 0.0%)

1 の争奪戦, の騰貴

▼ たる利益~ (2, 0.0%)

1 になれなかった, はいづ

▼ たる前後~ (2, 0.0%)

1 の暗黒, 両半截

▼ たる前方~ (2, 0.0%)

1 にあたって一軒, にはこの

▼ たる前進~ (2, 0.0%)

1 をした, を続ける

▼ たる前髪~ (2, 0.0%)

1 にふさ, みゆれ

▼ たる剣火~ (2, 0.0%)

1 の旋風, は絶

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 にヤミ屋, に身体

▼ たる創作~ (2, 0.0%)

1 である, であろう

▼ たる創造~ (2, 0.0%)

1 になる, はなされつ

▼ たる劈頭語~ (2, 0.0%)

2 なりき

▼ たる功労者~ (2, 0.0%)

1 となせり, なり

▼ たる功勞~ (2, 0.0%)

1 を忘, 多きは

▼ たる功徳~ (2, 0.0%)

1 であると, 豈得道

▼ たる功業~ (2, 0.0%)

1 もなく, を奏

▼ たる劣情~ (2, 0.0%)

2 より出

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 三が, 六だ

▼ たる劫火~ (2, 0.0%)

1 だけが全, に変る

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に酬, を謝す

▼ たる労働力~ (2, 0.0%)

1 と労働手段, と物的要因

▼ たる労働者~ (2, 0.0%)

1 が年々歳々其度, を見よ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 あって, も思出

▼ たる効果~ (2, 0.0%)

1 がある, は完全

▼ たる勅語~ (2, 0.0%)

1 の, や教育勅語

▼ たる勅語奉答文~ (2, 0.0%)

2 は形式上討論

▼ たる勅諭~ (2, 0.0%)

1 にもお, の御

▼ たる勇敢~ (2, 0.0%)

1 なルイ・ユーゴー大尉, な女

▼ たる勉強力~ (2, 0.0%)

2 とを持ち

▼ たる動詞~ (2, 0.0%)

2 にはあらざる

▼ たる勝利~ (2, 0.0%)

1 は民衆, を与え

▼ たる勲功~ (2, 0.0%)

1 のありし, をたてた

▼ たる北京~ (2, 0.0%)

1 がある, の政情

▼ たる北斎~ (2, 0.0%)

1 の芸術, は和蘭陀画

▼ たる区画~ (2, 0.0%)

1 があっ, があるべき

▼ たる医学士~ (2, 0.0%)

1 の声, は両手

▼ たる医者~ (2, 0.0%)

1 が証人, は一

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のマラー, ばかりの男児武男

▼ たる十三日~ (2, 0.0%)

1 のこと, のころ

▼ たる十二月~ (2, 0.0%)

1 には愈々, の末

▼ たる十人あまり~ (2, 0.0%)

1 の騒ぎ, の騷ぎなれば何事

▼ たる十分~ (2, 0.0%)

2 ほどの静けさ

▼ たる十勝川~ (2, 0.0%)

2 の流れ

▼ たる十四五人~ (2, 0.0%)

2 の軍人

▼ たる十誡~ (2, 0.0%)

1 が百, を遵奉

▼ たる千代~ (2, 0.0%)

1 の仕事, より

▼ たる千葉周作~ (2, 0.0%)

1 の弟子, へ次

▼ たる午前~ (2, 0.0%)

1 のそよ, の二時

▼ たる午後~ (2, 0.0%)

1 の出來事, の出来事

▼ たる卑し~ (2, 0.0%)

2 むべき

▼ たる卓子~ (2, 0.0%)

1 に, の下

▼ たる南太平洋~ (2, 0.0%)

1 の大, の眺望

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 福の, 衣を

▼ たる博愛~ (2, 0.0%)

2 のいかなる

▼ たる印象風~ (2, 0.0%)

2 の景物詩

▼ たる厚き~ (2, 0.0%)

1 古手紙也, 幕は

▼ たる原っぱ~ (2, 0.0%)

1 になっ, を横切っ

▼ たる去年~ (2, 0.0%)

1 の枯葉, の野分

▼ たる友情~ (2, 0.0%)

1 をたたえ, を乗せ

▼ たる友達~ (2, 0.0%)

2 は頼り

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 幕府の, 平氏の

▼ たる受答~ (2, 0.0%)

2 や表情

▼ たる叙情詩~ (2, 0.0%)

1 についても同様, の大家

▼ たる古人~ (2, 0.0%)

1 の労, の説

▼ たる古城~ (2, 0.0%)

1 ありて, の彩石壁畫

▼ たる古文~ (2, 0.0%)

1 によりやるせなく, に吉

▼ たる古木~ (2, 0.0%)

1 の両, をその

▼ たる古色~ (2, 0.0%)

1 を帯びた, を帯び煤けかえっ

▼ たる古道~ (2, 0.0%)

1 の尽く, の盡

▼ たる可憐~ (2, 0.0%)

1 の兒女教育, の鳩

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ありその, なきは

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 なれども

▼ たる司馬遷~ (2, 0.0%)

1 に關, の事蹟

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を見出したる, を見出す

▼ たる各国~ (2, 0.0%)

1 の技術者, の新聞

▼ たる同根~ (2, 0.0%)

1 の枝葉, の観念

▼ たる同郷~ (2, 0.0%)

1 の加藤恒忠氏, の友人

▼ たる吏党~ (2, 0.0%)

1 が民党, だよ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ひの, 疵に

▼ たる向う~ (2, 0.0%)

1 は見えず, より湯気

▼ たる君主的立憲制~ (2, 0.0%)

2 の日本

▼ たる君権完全~ (2, 0.0%)

2 の政治

▼ たる吾国~ (2, 0.0%)

1 では到る, は向後

▼ たる呉一郎~ (2, 0.0%)

1 がかかる, がその

▼ たる呉夫人~ (2, 0.0%)

1 が大病, も呉姫

▼ たる味気~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ たる呼吸~ (2, 0.0%)

1 を止める, 歩み血

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 しならんかとも, し也

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を清水, を潤し

▼ たる咽喉~ (2, 0.0%)

1 の気管, の黒き

▼ たる哀れ~ (2, 0.0%)

1 な男, な群集

▼ たる唐獅子~ (2, 0.0%)

2

▼ たる唯一人~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ たる唯心論~ (2, 0.0%)

1 でありて, の観察

▼ たる唯物文化~ (2, 0.0%)

1 から囚われざる, の偶像

▼ たる唱門~ (2, 0.0%)

1 との関係, の進退

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 賣であります, 賣の

▼ たる商家~ (2, 0.0%)

1 の店, よ中形

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 であります, の時代

▼ たる善後策~ (2, 0.0%)

1 に対して黒田伯, に對

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を敍, を述べ

▼ たる喜楽~ (2, 0.0%)

2 に因り

▼ たる喧嘩~ (2, 0.0%)

1 から, には御

▼ たる嗜好~ (2, 0.0%)

1 は或, は自ら成分

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 つぱち, にかため

▼ たる器それ~ (2, 0.0%)

2 をこそ美しき

▼ たる器械~ (2, 0.0%)

1 のあり, の上下

▼ たる器物~ (2, 0.0%)

1 や装飾品, を置き

▼ たる器量~ (2, 0.0%)

1 である, をそなえ

▼ たる嚆矢~ (2, 0.0%)

1 なり, にて左団次

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 には猶, を我

▼ たる囚人~ (2, 0.0%)

1 でをはり, の血

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 と一, のあざやか

▼ たる四五人~ (2, 0.0%)

1 の少女等, の男

▼ たる四十恰好~ (2, 0.0%)

1 の浅黒き, の男

▼ たる回想~ (2, 0.0%)

1 であらね, を辿っ

▼ たる困窮~ (2, 0.0%)

1 の状況, を救済

▼ たる国民論派~ (2, 0.0%)

1 とすこぶる, を略叙

▼ たる国王紅衣~ (2, 0.0%)

2 のマイニンゲン夫人

▼ たる国賊~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ありクレータ, を棄つる

▼ たる國民~ (2, 0.0%)

1 の内部的活動, 異りたる

▼ たる園田安賢男~ (2, 0.0%)

2 は公然

▼ たる圓髷~ (2, 0.0%)

1 に珊瑚, の漆

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 と其位置, を繰りひろげつ

▼ たる土埃~ (2, 0.0%)

1 の舞, をたて

▼ たる土塀~ (2, 0.0%)

1 で囲っ, の外

▼ たる土塊~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, のなか

▼ たる土壌~ (2, 0.0%)

1 の国, をかなしむなく

▼ たる土用明け~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ たる土間~ (2, 0.0%)

1 に卓子椅子, を礼拝所

▼ たる地下~ (2, 0.0%)

1 の大江, の故人

▼ たる地方行政~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ たる坂下~ (2, 0.0%)

2 よりもの

▼ たる坂路~ (2, 0.0%)

1 のうねり, は丁度

▼ たる坊主~ (2, 0.0%)

2

▼ たる坑夫~ (2, 0.0%)

1 の住ん, の顔

▼ たる埃及~ (2, 0.0%)

1 の濃霧, へ洋行

▼ たる城門~ (2, 0.0%)

1 もそれ, を開け放ち

▼ たる執着~ (2, 0.0%)

1 と深奥, と真摯

▼ たる基督~ (2, 0.0%)

1 の福音, は雲中

▼ たる堂上~ (2, 0.0%)

2 とほり

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の如く, を描き

▼ たる報い~ (2, 0.0%)

2 は覿面

▼ たる場面~ (2, 0.0%)

1 であった, を活気

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の尖, を押しく

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のみ, を手

▼ たる塵心~ (2, 0.0%)

1 にし, より生じ

▼ たる境涯~ (2, 0.0%)

1 に喘い, に在

▼ たる墓地~ (2, 0.0%)

2 に案内

▼ たる墓石~ (2, 0.0%)

1 の下, を押し寄せ

▼ たる墓碑銘~ (2, 0.0%)

2 は左

▼ たる増加~ (2, 0.0%)

1 であった, は生産

▼ たる墳墓~ (2, 0.0%)

1 の中, の地

▼ たる壁画~ (2, 0.0%)

1 の下, を見つめ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ならで, の水

▼ たる士官~ (2, 0.0%)

2 のまだ

▼ たる士気~ (2, 0.0%)

1 を弛めたる, を鼓舞

▼ たる壮佼~ (2, 0.0%)

1 の軒, は一方ならず

▼ たる壮観~ (2, 0.0%)

1 であろうか, を見せ

▼ たる声聞師~ (2, 0.0%)

1 であること, の行くべき

▼ たる夏分~ (2, 0.0%)

2 などは我

▼ たる夕暮れ~ (2, 0.0%)

1 にその, の庭

▼ たる夕靄~ (2, 0.0%)

1 の中, の海上一面

▼ たる外交交渉案件~ (2, 0.0%)

2 である故

▼ たる外交問題~ (2, 0.0%)

2 である故

▼ たる外務大臣小村男~ (2, 0.0%)

2 とは唯

▼ たる外海~ (2, 0.0%)

1 にて快晴, までが見えた

▼ たる外界~ (2, 0.0%)

1 があっ, の存在

▼ たる外観~ (2, 0.0%)

1 の極めて, を持ち

▼ たる夜光~ (2, 0.0%)

1 の玉, の珠

▼ たる夜叉王~ (2, 0.0%)

1 はじめて見, はじめて見かえる

▼ たる夜寒~ (2, 0.0%)

1 かな, の屋内

▼ たる夢幻~ (2, 0.0%)

1 に陥, の跡

▼ たる夢思~ (2, 0.0%)

2 とを恣

▼ たる大人物~ (2, 0.0%)

1 とはいったい, を挙げ

▼ たる大作~ (2, 0.0%)

1 が似, に相違

▼ たる大冊~ (2, 0.0%)

1 となつ, を為すべし

▼ たる大刀~ (2, 0.0%)

1 をぬきはらい, をまで何者

▼ たる大功~ (2, 0.0%)

1 といたく, を奏し

▼ たる大勢~ (2, 0.0%)

1 が涙, を如何

▼ たる大原~ (2, 0.0%)

1 の来迎院, はお昼

▼ たる大奥~ (2, 0.0%)

1 の女共, の浸潤

▼ たる大家~ (2, 0.0%)

1 ででもあったなら, の作也

▼ たる大山咋神~ (2, 0.0%)

1 を山王, を氏

▼ たる大岩~ (2, 0.0%)

1 の袖, を寝

▼ たる大川~ (2, 0.0%)

1 の中流, は

▼ たる大工~ (2, 0.0%)

1 に取, に取っ

▼ たる大晦日~ (2, 0.0%)

1 かな, には一年

▼ たる大望~ (2, 0.0%)

1 にたいして, は已

▼ たる大木~ (2, 0.0%)

1 が無限, の並木

▼ たる大洞ふたり~ (2, 0.0%)

1 の話声, の話聲

▼ たる大火~ (2, 0.0%)

1 の消防, 燃え上ったが

▼ たる大獄~ (2, 0.0%)

1 に関する諸, は瓜蔓葛

▼ たる大砲~ (2, 0.0%)

1 の音, も欲する

▼ たる大臣責任問題~ (2, 0.0%)

1 に関しては公, に關

▼ たる大蛇~ (2, 0.0%)

1 を斬つ, を祭った

▼ たる大西君~ (2, 0.0%)

2 に敬意

▼ たる大隈派~ (2, 0.0%)

2 と目す

▼ たる大額~ (2, 0.0%)

1 が壁間, をか

▼ たる天候~ (2, 0.0%)

1 の折, は意外

▼ たる天分~ (2, 0.0%)

1 に從つてそれぞれ彼自身, に欠ける

▼ たる天品~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ たる天子~ (2, 0.0%)

1 にも孝, 或は貴種

▼ たる天孫民族~ (2, 0.0%)

1 が混在, とこれ

▼ たる天気~ (2, 0.0%)

1 にさはり, は永

▼ たる天職~ (2, 0.0%)

1 にも時々うんざり, を睨みつめ

▼ たる天鵝絨~ (2, 0.0%)

2 の坂

▼ たる太き~ (2, 0.0%)

2 円柱の

▼ たる太く~ (2, 0.0%)

1 して, 逞き

▼ たる太古~ (2, 0.0%)

1 の眼, の社会

▼ たる太洋~ (2, 0.0%)

1 に面した, の波濤

▼ たる夫子~ (2, 0.0%)

2 が弓

▼ たる夫鳥~ (2, 0.0%)

2

▼ たる失策~ (2, 0.0%)

1 だッ, を繰り返した

▼ たる奇談~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ たる奇蹟~ (2, 0.0%)

1 かな, の人種

▼ たる奈四郎~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ たる奈美女~ (2, 0.0%)

1 は七宝, 走り出で

▼ たる奉公人~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかったら, はなし

▼ たる奥さん~ (2, 0.0%)

1 ににこにこ, にもまだ

▼ たる奥様~ (2, 0.0%)

1 にさ, ほど邪魔

▼ たる女性七人~ (2, 0.0%)

2 贈るべし

▼ たる女性全体~ (2, 0.0%)

2 の反抗

▼ たる女神~ (2, 0.0%)

1 なり, の美

▼ たる奴ら~ (2, 0.0%)

1 であろうか, のこと

▼ たる奴國~ (2, 0.0%)

1 と誤解, の下

▼ たる奸雄~ (2, 0.0%)

2 なりとも思はず

▼ たる好い~ (2, 0.0%)

1 土地は, 眺めで

▼ たる如し~ (2, 0.0%)

1 とて国民, とて國民

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 にならびし

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 き少女

▼ たる妙齢~ (2, 0.0%)

1 のもの, の女

▼ たる妻君~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は暫く

▼ たる妻女~ (2, 0.0%)

1 たかは, の胸

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 と叔母, と幼き

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の, を興させ

▼ たる姿勢~ (2, 0.0%)

1 にかえり, のまま

▼ たる姿態~ (2, 0.0%)

1 は当時, や妖艶

▼ たる威信~ (2, 0.0%)

2 を有し

▼ たる娘時代~ (2, 0.0%)

2 を過した

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の顔, を悦ばせん

▼ たる婆さん~ (2, 0.0%)

1 が横, は人間

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に従い, を顧み

▼ たる婦人たち~ (2, 0.0%)

1 がこういう, は文化生活

▼ たる子分~ (2, 0.0%)

1 が反古, が復讐

▼ たる子爵~ (2, 0.0%)

1 は呼べり, は身生

▼ たる孔門~ (2, 0.0%)

2 の諸

▼ たる季節~ (2, 0.0%)

1 の下, の境

▼ たる孤燈~ (2, 0.0%)

2 の影

▼ たる学生~ (2, 0.0%)

1 は滔々, もたちまち

▼ たる宇治山田~ (2, 0.0%)

2 の米友

▼ たる宇陀~ (2, 0.0%)

1 の朗円上人, の朗圓上人

▼ たる安全~ (2, 0.0%)

2 に非

▼ たる宗教家~ (2, 0.0%)

1 だった, の手

▼ たる宗教組織~ (2, 0.0%)

1 あり, あり共和政治

▼ たる官吏~ (2, 0.0%)

1 であったこと, であります

▼ たる官能~ (2, 0.0%)

1 のあるは, を老い

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 にて, を慈善的公共的その他

▼ たる実業家~ (2, 0.0%)

1 に当る, の如き

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の真面目, も書生

▼ たる客観主義~ (2, 0.0%)

2 であるべきだった

▼ たる宮廷~ (2, 0.0%)

1 から離れ, の行事

▼ たる宮闕~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の明星, の月

▼ たる家々~ (2, 0.0%)

1 の壁, は皆財産

▼ たる家家~ (2, 0.0%)

1 の向う, より火起り熾

▼ たる家庭生活~ (2, 0.0%)

1 の単調, を送らしめず

▼ たる家族~ (2, 0.0%)

1 は其の, は沢庵

▼ たる宿六~ (2, 0.0%)

2 の腕

▼ たる寂光~ (2, 0.0%)

1 の土, を浴び

▼ たる寡婦~ (2, 0.0%)

1 おとなしき女の童, の悲

▼ たる實例~ (2, 0.0%)

1 あり, を引き

▼ たる實在~ (2, 0.0%)

1 する主, なるもの

▼ たる寧ろ当然~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ たる寫眞~ (2, 0.0%)

1 はあれ, をさ

▼ たる封建制度~ (2, 0.0%)

1 がその, と我が

▼ たる封建武士~ (2, 0.0%)

1 の世禄, の子

▼ たる将軍家~ (2, 0.0%)

1 の事, の拝領羽織

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 とき導師は

▼ たる尊厳~ (2, 0.0%)

1 の為, を抛棄

▼ たる尋常一様~ (2, 0.0%)

1 の痛撃, の芸人

▼ たる小さい~ (2, 0.0%)

1 ものは, 太つた爺いさん達が

▼ たる小さな~ (2, 0.0%)

1 灯火の, 遊星の

▼ たる小作百姓~ (2, 0.0%)

2 のなりだし

▼ たる小使~ (2, 0.0%)

1 は繰り返し, は苦笑い

▼ たる小児衝~ (2, 0.0%)

2 と開い

▼ たる小太刀~ (2, 0.0%)

1 の陣, は焦らずさわがず

▼ たる小松原氏~ (2, 0.0%)

2 が擅

▼ たる小松殿~ (2, 0.0%)

1 の御, の言葉

▼ たる小石~ (2, 0.0%)

1 の中, の間

▼ たる小船~ (2, 0.0%)

1 が流氷, の中

▼ たる小雨~ (2, 0.0%)

1 の吹き払われ, の葉

▼ たる小高い~ (2, 0.0%)

1 所に, 所は

▼ たる少女ら~ (2, 0.0%)

2 が黒天鵝絨

▼ たる尾崎氏~ (2, 0.0%)

2 の行動

▼ たる居酒屋一つ~ (2, 0.0%)

2 の梯

▼ たる屋敷跡~ (2, 0.0%)

1 に今, に思い出した

▼ たる屋根屋根~ (2, 0.0%)

1 に, や

▼ たる屍体~ (2, 0.0%)

1 が忽然と, の有様

▼ たる屍體~ (2, 0.0%)

1 を剥がん, を盾

▼ たる屏風~ (2, 0.0%)

1 の貼交ぜ, も端

▼ たる山の上~ (2, 0.0%)

1 に回想, を憂し

▼ たる山上~ (2, 0.0%)

1 の孤駅, の山

▼ たる山伏~ (2, 0.0%)

1 の境涯, の扮装

▼ たる山分け~ (2, 0.0%)

2 て閼伽

▼ たる山姫~ (2, 0.0%)

1 の錦, は春

▼ たる山寺~ (2, 0.0%)

1 に, の下

▼ たる山水画~ (2, 0.0%)

1 にあらずや, をな

▼ たる山波~ (2, 0.0%)

2 を仰い

▼ たる山田美妙~ (2, 0.0%)

1 が脱走, の追懐談

▼ たる山谷~ (2, 0.0%)

1 の夜, の道

▼ たる山里~ (2, 0.0%)

1 のさびしさ, の美人

▼ たる山陽~ (2, 0.0%)

1 に対する当然, の道

▼ たる山骨~ (2, 0.0%)

1 の立てるあり, を僅

▼ たる岩壁~ (2, 0.0%)

1 である, にし

▼ たる岩漿~ (2, 0.0%)

1 が地下, である

▼ たる岬角~ (2, 0.0%)

2 が橋

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の巖, の布置

▼ たる島国~ (2, 0.0%)

1 である, である故に

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に等しい, の岬

▼ たる巌石~ (2, 0.0%)

1 を肩, を背

▼ たる工夫~ (2, 0.0%)

1 が彼等, に充ちた

▼ たる左右~ (2, 0.0%)

1 の言, を乗り超え

▼ たる左膳~ (2, 0.0%)

1 の声, へチョビ安

▼ たる巨万~ (2, 0.0%)

2 の富

▼ たる巨木~ (2, 0.0%)

1 ありて, の如くゆるぎなく

▼ たる巷説~ (2, 0.0%)

2 の入りみだれる

▼ たる巻煙草~ (2, 0.0%)

1 の空き箱, を車

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に近づく, は如何に

▼ たる市長~ (2, 0.0%)

1 が知らぬ, の親切

▼ たる布袋~ (2, 0.0%)

1 のその, をそのまま

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ともお, はすでに

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 が悲嘆, を鉄梁

▼ たる師匠~ (2, 0.0%)

1 である, は煙管

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 つたら文句, にはここ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を引き, 窶れたりとも

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の人, の判斷力

▼ たる常に~ (2, 0.0%)

1 は蒼き, 似合わず人

▼ たる常盤木~ (2, 0.0%)

2 の重なり

▼ たる常談~ (2, 0.0%)

1 なり, の云い

▼ たる常識~ (2, 0.0%)

1 は即ち, をもっ

▼ たる幇間~ (2, 0.0%)

1 である, に頼み

▼ たる幔幕~ (2, 0.0%)

1 の吾人, を張り

▼ たる幕府~ (2, 0.0%)

1 の忠臣, は今や

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 が木, の木

▼ たる平凡~ (2, 0.0%)

2 な市井人

▼ たる平氏政府~ (2, 0.0%)

1 が日一日, も是

▼ たる平民的~ (2, 0.0%)

1 の現象, の社会

▼ たる年増~ (2, 0.0%)

1 に抱きつかれ, もその

▼ たる年数~ (2, 0.0%)

1 に近き, をいう

▼ たる幼き~ (2, 0.0%)

1 ものをも, 者を

▼ たる幽暗~ (2, 0.0%)

1 の世界, の中

▼ たる広く~ (2, 0.0%)

2 宇内の

▼ たる広原~ (2, 0.0%)

1 に渇死, の夜気

▼ たる床の間~ (2, 0.0%)

1 の置き時計, の見透さる

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に梅, 破急

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の中, の者一二人

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 かな, のなか

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に依り, を以て我が

▼ たる廊下~ (2, 0.0%)

1 で女中, を抜け

▼ たる廣間~ (2, 0.0%)

1 あり, の内

▼ たる弁舌~ (2, 0.0%)

1 が入用, の科学談

▼ たる弁証法~ (2, 0.0%)

1 ではない, の反対者

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のよう, の形

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 はわが, は弛みはじめたるなり

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 は両, は射

▼ たる張子~ (2, 0.0%)

1 の森林, を翫びと出來たる

▼ たる張本~ (2, 0.0%)

2 は西郷侯品川子

▼ たる張飛~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, の一喝

▼ たる強き~ (2, 0.0%)

1 声音も, 感じの

▼ たる強盗~ (2, 0.0%)

1 の巣窟, を追

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に忠臣, 作の

▼ たる当座~ (2, 0.0%)

1 の常住, の新案

▼ たる当然~ (2, 0.0%)

1 こっちの, の帰結

▼ たる形勢~ (2, 0.0%)

1 は自然, より之

▼ たる影像~ (2, 0.0%)

1 において我々, の灰燼

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 なり, に惱め

▼ たる彼奴~ (2, 0.0%)

1 が女, としてはあり

▼ たる征旅~ (2, 0.0%)

2 の客

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 や經, を帶びた

▼ たる後万人~ (2, 0.0%)

1 の購, の購う

▼ たる後世~ (2, 0.0%)

1 の歌人, の百姓町人ら

▼ たる後更ら~ (2, 0.0%)

2 に自

▼ たる後源太~ (2, 0.0%)

1 はなおも, は尚も

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の目, 多かるよしに

▼ たる従来~ (2, 0.0%)

2 の道徳

▼ たる得三~ (2, 0.0%)

1 の面色, の顔

▼ たる御子~ (2, 0.0%)

1 の御, を産み奉るべし

▼ たる御馳走~ (2, 0.0%)

1 ながら客, は早速

▼ たる徳義~ (2, 0.0%)

1 も人, や良心

▼ たる徳行~ (2, 0.0%)

1 とかいうもの, にも隠れざる

▼ たる心もち~ (2, 0.0%)

1 の底, を医す

▼ たる心事~ (2, 0.0%)

1 になやんだ, に対する慰藉料

▼ たる心地よ~ (2, 0.0%)

1 さよ, さ天より

▼ たる心理~ (2, 0.0%)

1 でした, の急

▼ たる心理遺伝~ (2, 0.0%)

1 の内容, の発作

▼ たる心臓~ (2, 0.0%)

1 は太陽, を感ずる

▼ たる心靈の~ (2, 0.0%)

2 にほ

▼ たる忍術~ (2, 0.0%)

1 のお, の昔

▼ たる忍野氏~ (2, 0.0%)

1 の日記, の責任如何

▼ たる忠孝~ (2, 0.0%)

1 のお話, 及び家系問題

▼ たる忠直卿~ (2, 0.0%)

1 に正面, は自ら三間柄

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 樂を, 男子で

▼ たる快活~ (2, 0.0%)

1 の気象, の氣象

▼ たる怒気~ (2, 0.0%)

1 むらむらと, を発した

▼ たる思入~ (2, 0.0%)

1 にて前, にて寢臺

▼ たる思想上~ (2, 0.0%)

1 の根柢, の現象

▼ たる思想性~ (2, 0.0%)

1 が近親関係, の自覚

▼ たる急流~ (2, 0.0%)

1 である, を湛え

▼ たる急湍~ (2, 0.0%)

2 にかかる

▼ たる性情~ (2, 0.0%)

1 にし, を抱い

▼ たる性的~ (2, 0.0%)

2 の衝動

▼ たる怨み~ (2, 0.0%)

1 の声, や非難

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 か, のもの

▼ たる怪談~ (2, 0.0%)

1 とも縁故, のこと

▼ たる恋人~ (2, 0.0%)

1 と語ろう間, に請

▼ たる恒松某~ (2, 0.0%)

2 が政府

▼ たる恨み~ (2, 0.0%)

1 ぞ, のかず

▼ たる恩人~ (2, 0.0%)

1 でありますから, の殺害者

▼ たる恩恵~ (2, 0.0%)

2 は時間

▼ たる悩み~ (2, 0.0%)

1 があった, が心

▼ たる悪事~ (2, 0.0%)

1 の裏, は自分

▼ たる悪人~ (2, 0.0%)

1 が宮中, の相

▼ たる悪党~ (2, 0.0%)

1 でもない, なり

▼ たる悪夢~ (2, 0.0%)

1 のよう, より離脱

▼ たる悪戯~ (2, 0.0%)

1 なること, に過ぎぬ

▼ たる悪者~ (2, 0.0%)

1 は四五間, を尋ね探し

▼ たる悲しい~ (2, 0.0%)

1 ことでしょう, 喜びの

▼ たる悲境~ (2, 0.0%)

1 に於, の際

▼ たる悲鳴~ (2, 0.0%)

1 をあげる, を挙げる

▼ たる情味~ (2, 0.0%)

1 を与えた, を享

▼ たる情愛~ (2, 0.0%)

1 と貫禄, の表現

▼ たる情趣~ (2, 0.0%)

1 に於, 隠約

▼ たる想像圖~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ たる意匠~ (2, 0.0%)

1 の俄, の如し

▼ たる意氣~ (2, 0.0%)

1 に日毎酒, を想

▼ たる愚か~ (2, 0.0%)

1 な双手, な橄欖

▼ たる愚人~ (2, 0.0%)

1 じゃよ, なりしと

▼ たる愛憎~ (2, 0.0%)

1 の渦, もなく

▼ たる愛蘭尚書~ (2, 0.0%)

2 の位地

▼ たる感傷~ (2, 0.0%)

1 がひどく, を連ねた

▼ たる感興~ (2, 0.0%)

1 を以て読みました, を得

▼ たる感謝~ (2, 0.0%)

1 の一念, の念

▼ たる感謝状~ (2, 0.0%)

2 は早く

▼ たる慈悲~ (2, 0.0%)

1 にてや候, 深いアルテミス

▼ たる慶喜~ (2, 0.0%)

1 の倒れた, を倒し

▼ たる憂き目~ (2, 0.0%)

1 にただよっ, をなめ

▼ たる憎悪~ (2, 0.0%)

1 である, を感じ始めた

▼ たる懷疑論~ (2, 0.0%)

1 では無い, とは云

▼ たる懷疑論者~ (2, 0.0%)

1 は上世, は眞僞

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 しぬたちばな, のごとく

▼ たる成果~ (2, 0.0%)

1 とから眼, に幻惑

▼ たる成績能~ (2, 0.0%)

2 く是

▼ たる我ら~ (2, 0.0%)

1 はかく, は最早

▼ たる我日本~ (2, 0.0%)

1 の國人, は此際

▼ たる我身~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ たる我輩~ (2, 0.0%)

1 の作, は本郷座附

▼ たる戦乱~ (2, 0.0%)

1 の一番, の一番おしまい

▼ たる戦功~ (2, 0.0%)

1 が両, に伴

▼ たる戦歴~ (2, 0.0%)

1 の中, を知る

▼ たる戦術~ (2, 0.0%)

1 をのみ手段, 各隊

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ひ正義, ひ究竟

▼ たる戲曲~ (2, 0.0%)

1 はプラトオ, もあるべく

▼ たる戸毎~ (2, 0.0%)

2 に不順

▼ たる所因~ (2, 0.0%)

1 が存する, である

▼ たる手元~ (2, 0.0%)

1 より夜, 狂いて

▼ たる手弱女~ (2, 0.0%)

1 のその, を欲し

▼ たる手拭~ (2, 0.0%)

1 にて首, を十吉

▼ たる手腕家~ (2, 0.0%)

1 であること, なの

▼ たる才女~ (2, 0.0%)

1 が果たして, が突然

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 扮したれ, 擂の

▼ たる払子~ (2, 0.0%)

1 の先, を逆

▼ たる扮装~ (2, 0.0%)

1 して, で入口

▼ たる批判~ (2, 0.0%)

1 の眼, をくだす

▼ たる技量~ (2, 0.0%)

2 には驚かざる

▼ たる折のし~ (2, 0.0%)

2 のし

▼ たる折風~ (2, 0.0%)

2 と思い立ち

▼ たる抽斎~ (2, 0.0%)

1 が外来, が終生

▼ たる拳銃~ (2, 0.0%)

1 を拾い取り, を持ち

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の痕, を漏り

▼ たる指さき~ (2, 0.0%)

1 よりほとばしり出, を拭く

▼ たる指導者~ (2, 0.0%)

1 であると, も不用

▼ たる指環~ (2, 0.0%)

1 この指環, をだにこの

▼ たる振舞~ (2, 0.0%)

1 なした, や殊

▼ たる挿絵~ (2, 0.0%)

1 の中, もまた

▼ たる探究~ (2, 0.0%)

1 をつづけ, をも審美上

▼ たる摩擦~ (2, 0.0%)

1 から生ずる, が身辺

▼ たる摸樣~ (2, 0.0%)

1 にし, を識

▼ たる擾乱~ (2, 0.0%)

1 の境地, を文壇

▼ たる支那兵~ (2, 0.0%)

2 とは限らない

▼ たる支配者~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ たる放言~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ たる政友~ (2, 0.0%)

2 を有

▼ たる政権~ (2, 0.0%)

1 は無意識的, を幕府

▼ たる政治家たる~ (2, 0.0%)

2 を失はざる

▼ たる政治界~ (2, 0.0%)

1 から音楽界, の傀儡子

▼ たる政治的俳優~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ たる政治的市場~ (2, 0.0%)

2 の取引

▼ たる政治的規準~ (2, 0.0%)

2 である

▼ たる政略的意見~ (2, 0.0%)

2 であるといふ

▼ たる教養~ (2, 0.0%)

1 も礼儀, を受け

▼ たる散文~ (2, 0.0%)

1 として印象, の歴史

▼ たる数十万~ (2, 0.0%)

2 の狂人

▼ たる数名~ (2, 0.0%)

1 の人々, の職人

▼ たる敵味方~ (2, 0.0%)

1 さえ後, の区別

▼ たる敷布襦袢~ (2, 0.0%)

2 などまだ

▼ たる文人趣味~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ たる文体~ (2, 0.0%)

1 が出来たなら, の写実的

▼ たる文化的生~ (2, 0.0%)

1 としてのみ成立つ, の具體的

▼ たる文武教官各位~ (2, 0.0%)

2 の愛顧

▼ たる文部省~ (2, 0.0%)

2 及び松方伯

▼ たる文面~ (2, 0.0%)

2 は男

▼ たる斎藤さん~ (2, 0.0%)

1 が探し出した, の高

▼ たる断言~ (2, 0.0%)

1 なの, を下す

▼ たる方角~ (2, 0.0%)

1 に雪田, を打ち見やれ

▼ たる方面~ (2, 0.0%)

1 をながめ回す, 白きなり

▼ たる施設~ (2, 0.0%)

1 に対しては唯, に對

▼ たる旅法師~ (2, 0.0%)

2 の物語

▼ たる旗幟~ (2, 0.0%)

1 でへんぽん, と馬印

▼ たる旗風~ (2, 0.0%)

1 の声, の波

▼ たる日々~ (2, 0.0%)

1 をたえ忍ん, を持てあまさず

▼ たる日中~ (2, 0.0%)

2 の樹林

▼ たる日常性~ (2, 0.0%)

2 をとりもどし

▼ たる日影~ (2, 0.0%)

1 の蚤くも, は漲る

▼ たる日本人民~ (2, 0.0%)

2 の思想

▼ たる日本伝来~ (2, 0.0%)

2 の家屋

▼ たる日本型ファシズム~ (2, 0.0%)

1 の上昇, は民族精神

▼ たる日本婦女~ (2, 0.0%)

2 の髷

▼ たる日本的~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ たる日英同盟~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ たる日韓協約~ (2, 0.0%)

1 は列国, は列國

▼ たる旧態~ (2, 0.0%)

1 の保守一点張り, を見る

▼ たる早わざ~ (2, 0.0%)

1 でありましたろう, なりしかさらに

▼ たる明るい~ (2, 0.0%)

1 山と, 舞台に

▼ たる明治十一年~ (2, 0.0%)

1 の隠, の隱謀事件

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 が軍旅, に関し

▼ たる昔日~ (2, 0.0%)

1 の如く, の道徳

▼ たる星亨氏~ (2, 0.0%)

2 なるに

▼ たる星斗~ (2, 0.0%)

1 に対する間, の光

▼ たる星辰~ (2, 0.0%)

1 に飾られた, をながめた

▼ たる映像~ (2, 0.0%)

1 をボナパルト, を鮮明

▼ たる映画~ (2, 0.0%)

1 に膝, は御覧

▼ たる春光~ (2, 0.0%)

1 の中, の裏

▼ たる春夜~ (2, 0.0%)

1 の真中, を守りつづけ

▼ たる春日~ (2, 0.0%)

1 に背中, を送っ

▼ たる春枝夫人~ (2, 0.0%)

1 はか, を扶

▼ たる春色~ (2, 0.0%)

1 が十里, が立ちこめ

▼ たる春霞~ (2, 0.0%)

1 の中, をほ

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ たる昼下り~ (2, 0.0%)

2 尋ね来る友

▼ たる時こ~ (2, 0.0%)

1 は自己, を汲み乾せ

▼ たる時これ~ (2, 0.0%)

1 に添, を人家

▼ たる時に~ (2, 0.0%)

1 この崇高, 取りて

▼ たる時ランスロット~ (2, 0.0%)

1 とギニヴィア, の胸

▼ たる時人~ (2, 0.0%)

1 はその, は初めて

▼ たる時刻~ (2, 0.0%)

1 である, においてクイーン・メリー号

▼ たる時無聊~ (2, 0.0%)

2 に堪えざる

▼ たる時田町~ (2, 0.0%)

2 の高利かし

▼ たる時蜜~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ たる時通り掛け~ (2, 0.0%)

1 の写真屋, の寫眞屋

▼ たる晩年~ (2, 0.0%)

1 になった, を思わない

▼ たる普通~ (2, 0.0%)

1 の人, の民衆

▼ たる普遍的世界的~ (2, 0.0%)

2 の理想教

▼ たる晴嵐~ (2, 0.0%)

2 はしん新地

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 あるに, は

▼ たる智恵~ (2, 0.0%)

1 に基礎, の浅い

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 ある心

▼ たる暗がり~ (2, 0.0%)

1 に泌, の可

▼ たる暗闇~ (2, 0.0%)

1 の存在, の底

▼ たる暗黒世界~ (2, 0.0%)

1 なりとて痛心, の実在

▼ たる暮靄~ (2, 0.0%)

1 に包まれ, の色

▼ たる暴動~ (2, 0.0%)

2 は起れり

▼ たる暴虐~ (2, 0.0%)

1 からいかに, の世界

▼ たる暴風~ (2, 0.0%)

1 が暗やみ, はただ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の緑, を革

▼ たる曲者~ (2, 0.0%)

1 のやり口, の仕業

▼ たる書状~ (2, 0.0%)

1 によるに曰く, を見る

▼ たる書簡~ (2, 0.0%)

1 あり, の中

▼ たる最上~ (2, 0.0%)

1 の方法, の結果

▼ たる最善~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ たる最大~ (2, 0.0%)

1 の機会, 最切

▼ たる最期~ (2, 0.0%)

1 が, でありしよ

▼ たる月塀~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ たる月影~ (2, 0.0%)

1 いとを, に

▼ たる月色山影水光~ (2, 0.0%)

2 を忘

▼ たる服従~ (2, 0.0%)

1 とは何ら, の真義

▼ たる木の間~ (2, 0.0%)

1 の影, 隠に

▼ たる木像~ (2, 0.0%)

1 であらう, を安置

▼ たる木像二つ~ (2, 0.0%)

2 を安置せり

▼ たる木曾川~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ たる未亡人~ (2, 0.0%)

1 の姿, の気品

▼ たる未曾有~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ たる未練~ (2, 0.0%)

1 があり, だっ

▼ たる本性~ (2, 0.0%)

1 を遺失, を露骨

▼ たる本篇~ (2, 0.0%)

1 の続篇, の續篇

▼ たる杉孫七郎~ (2, 0.0%)

1 が常真, は忽ち

▼ たる李花~ (2, 0.0%)

2 は病床

▼ たる李陵~ (2, 0.0%)

1 の寡軍, の心

▼ たる材木~ (2, 0.0%)

2 は恰も

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の中, 洩が

▼ たる束髪~ (2, 0.0%)

1 の老, の脳巓

▼ たる条項~ (2, 0.0%)

1 は思ひつく, をあわせ

▼ たる来客~ (2, 0.0%)

1 などやと覚え, は帽

▼ たる来歴~ (2, 0.0%)

1 を一通り説明, を問

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 なり, を下

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に金峰, の天

▼ たる東京市~ (2, 0.0%)

1 の名誉職, の市政

▼ たる東京新聞主筆~ (2, 0.0%)

2 として夙に

▼ たる東京詞~ (2, 0.0%)

1 である, を遣う

▼ たる東国~ (2, 0.0%)

1 から牽制, の山川

▼ たる杵柄~ (2, 0.0%)

1 とやら一束, の覚束

▼ たる松方内閣~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ たる板垣~ (2, 0.0%)

1 の為, の爲

▼ たる板垣伯古稀~ (2, 0.0%)

1 の壽筵, の寿筵

▼ たる板垣氏~ (2, 0.0%)

1 の著, はひとり民権派

▼ たる板戸~ (2, 0.0%)

1 の出入口, の陰

▼ たる林檎~ (2, 0.0%)

1 のいろ, の如き

▼ たる林田~ (2, 0.0%)

1 の助け, はもうちやん

▼ たる枯野~ (2, 0.0%)

1 かな, が真っ白

▼ たる架空~ (2, 0.0%)

1 の世界, の大空

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の音, も氣

▼ たる某氏~ (2, 0.0%)

1 の牧畜場, の許

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 き蒲団

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 には, 碎けたる石

▼ たる柱時計~ (2, 0.0%)

1 である, を巻き

▼ たる柳田國男君~ (2, 0.0%)

1 から有益, がかつて

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の大木, の大樹

▼ たる栄光~ (2, 0.0%)

1 はその, 得て

▼ たる栄華~ (2, 0.0%)

2 の巷

▼ たる栖家~ (2, 0.0%)

1 である, である私

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 になっ, の苔むし

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 とやいふべき, の沼

▼ たる根岸~ (2, 0.0%)

1 の地図, の里

▼ たる根性~ (2, 0.0%)

1 と同情, はその

▼ たる根拠~ (2, 0.0%)

1 のある, の曲線

▼ たる根本~ (2, 0.0%)

1 の大, の資格

▼ たる根柢的~ (2, 0.0%)

2 な意欲

▼ たる格言~ (2, 0.0%)

1 である, 或は箴言

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の木, の芽

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ たる桟敷~ (2, 0.0%)

1 に来り, を見せ

▼ たる梅林~ (2, 0.0%)

1 がある, の間

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ありて, の細注

▼ たる梧桐~ (2, 0.0%)

1 の下, の枝

▼ たる棟割長屋突當~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ たる植民~ (2, 0.0%)

1 に吐け, の必要

▼ たる椰子樹~ (2, 0.0%)

2 が大きく

▼ たる椿~ (2, 0.0%)

1 かな, の枝

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の枝, の梢

▼ たる楓ひともと~ (2, 0.0%)

2 照るばかり

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 取男爵

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 は鏘然音, を取り

▼ たる楼閣~ (2, 0.0%)

1 に住, を起す

▼ たる楽園~ (2, 0.0%)

1 とに似た, を思慕

▼ たる楽天~ (2, 0.0%)

1 にし, の手腕

▼ たる様式~ (2, 0.0%)

1 なりと仮定, を生む

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 しさ, をばつゆ

▼ たる横穴~ (2, 0.0%)

1 は数ヶ所, 有り

▼ たる樹海~ (2, 0.0%)

1 をひかえ, を越え

▼ たる橋杭~ (2, 0.0%)

1 の間, の黒く

▼ たる橋梁~ (2, 0.0%)

1 なり, の

▼ たる機会~ (2, 0.0%)

1 であったかの, に於

▼ たる檸檬~ (2, 0.0%)

1 の殼, を堆く

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 が疲勞, のしづく

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 がうなり出だせし, の大木

▼ たる欠伸~ (2, 0.0%)

1 は女子, は男子

▼ たる欲求~ (2, 0.0%)

1 となつ, を侮辱

▼ たる歌十首~ (2, 0.0%)

2 但し各人

▼ たる歌社会~ (2, 0.0%)

2 に老人崇拝

▼ たる正に~ (2, 0.0%)

1 これ哲人の, これ明治における

▼ たる正体~ (2, 0.0%)

1 を判然明白, を知り

▼ たる此三百年前~ (2, 0.0%)

2 の遺跡

▼ たる此人~ (2, 0.0%)

1 の弟子, をもて

▼ たる此等~ (2, 0.0%)

1 の史的源泉, の文章

▼ たる此身~ (2, 0.0%)

1 かな, つくづくいや

▼ たる武人~ (2, 0.0%)

1 に嫁, の典型

▼ たる武具~ (2, 0.0%)

1 は數, を借るべき

▼ たる武力~ (2, 0.0%)

1 によった, により

▼ たる武家~ (2, 0.0%)

1 の子飼い, の間

▼ たる武将~ (2, 0.0%)

1 であっても, には人いちばい

▼ たる武者~ (2, 0.0%)

1 が年少, である某

▼ たる武者三人網代~ (2, 0.0%)

2 に流れ

▼ たる死人~ (2, 0.0%)

1 の殆どおのれ, をふたり

▼ たる死屍~ (2, 0.0%)

1 その中, は松

▼ たる残り何~ (2, 0.0%)

1 ほどとそこ, ほど木曾谷

▼ たる段実~ (2, 0.0%)

2 もって

▼ たる殺人~ (2, 0.0%)

1 の光景, の現場

▼ たる殺人事件~ (2, 0.0%)

1 が始まる, は本職

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 がどことなく, は

▼ たる殿堂~ (2, 0.0%)

1 の中, の扉

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 にあらずや, を血管

▼ たる毒害~ (2, 0.0%)

2 の数

▼ たる毒泉~ (2, 0.0%)

2 は現に

▼ たる毒虫~ (2, 0.0%)

2 のキラキラ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 なれば, 故に深き

▼ たる比丘~ (2, 0.0%)

1 は寂靜者, は已度暴流者

▼ たる毛脛~ (2, 0.0%)

1 の甲, を叩く

▼ たる民族性~ (2, 0.0%)

1 との一致, の認識

▼ たる気位~ (2, 0.0%)

1 である, で反身

▼ たる気勢~ (2, 0.0%)

1 なり, に貫一

▼ たる気宇~ (2, 0.0%)

1 を持ち, を示す

▼ たる気性~ (2, 0.0%)

1 の寒梅一枝, や母公

▼ たる気持ち~ (2, 0.0%)

1 だけれども, になった

▼ たる気概~ (2, 0.0%)

1 をもった, を胸中

▼ たる気骨~ (2, 0.0%)

1 の政治家肌, の犯し

▼ たる水兵~ (2, 0.0%)

1 に代, はサツ

▼ たる水墨的~ (2, 0.0%)

2 な風景

▼ たる水引~ (2, 0.0%)

1 が揉まれぬ, のかかった

▼ たる水滴~ (2, 0.0%)

2 が濃く

▼ たる水瓶~ (2, 0.0%)

1 など筆立, の中

▼ たる水道~ (2, 0.0%)

1 の址, の柱弓

▼ たる水面やみ~ (2, 0.0%)

2 のなか

▼ たる氷山~ (2, 0.0%)

1 が聳え, の如く擬装

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 こそ御, を長々

▼ たる汚れ~ (2, 0.0%)

1 し寝衣, なき愛情

▼ たる汝二人~ (2, 0.0%)

2 のアイアース

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の岸

▼ たる江戸平民~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ たる沒却理想~ (2, 0.0%)

1 にもあらざる, を唯一面相

▼ たる河川~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ たる河水~ (2, 0.0%)

1 は, はただ

▼ たる油絵具の~ (2, 0.0%)

2 にほひ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の間, をさながら

▼ たる沼間守一~ (2, 0.0%)

2 深く之

▼ たる法制~ (2, 0.0%)

2 を戴く

▼ たる法則~ (2, 0.0%)

1 は批評家, をもっ

▼ たる法廷~ (2, 0.0%)

1 に表白, は室内

▼ たる法華経~ (2, 0.0%)

1 のみ, を留め

▼ たる法衣~ (2, 0.0%)

1 で出かける, のやう

▼ たる波動~ (2, 0.0%)

1 は永く, を起し

▼ たる波間~ (2, 0.0%)

1 にあっ, に隱

▼ たる泣顔~ (2, 0.0%)

1 の一種, を振挙げ

▼ たる注意~ (2, 0.0%)

1 なり, を他

▼ たる洋式~ (2, 0.0%)

1 でしかも, のこし

▼ たる洋服~ (2, 0.0%)

1 に美くし, の胸

▼ たる洞穴~ (2, 0.0%)

1 ありこのごろ, を見出し

▼ たる活躍~ (2, 0.0%)

1 をする, を初めた

▼ たる流罪~ (2, 0.0%)

2 の天女憐むべ

▼ たる浦島説話~ (2, 0.0%)

1 の簡単, も亦

▼ たる浮浪者~ (2, 0.0%)

1 の声, の懺悔

▼ たる浴室~ (2, 0.0%)

1 の右, の外

▼ たる海亀~ (2, 0.0%)

2 のこの

▼ たる海津城~ (2, 0.0%)

1 の後方, を気づかっ

▼ たる海軍省~ (2, 0.0%)

2 と赤門

▼ たる海野~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ たる海風~ (2, 0.0%)

1 に帝國軍艦旗, に散じ

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ たる液体~ (2, 0.0%)

1 が一度, の一滴

▼ たる淋し~ (2, 0.0%)

1 さも, さを

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 さだ, 靴を

▼ たる深山木~ (2, 0.0%)

2

▼ たる混乱~ (2, 0.0%)

1 だけが自分, のうち

▼ たる清吉~ (2, 0.0%)

2 寝惚眼

▼ たる清水~ (2, 0.0%)

1 が湧き出した, を湛えた

▼ たる清水寺~ (2, 0.0%)

1 が延暦寺, に曼珠沙華

▼ たる清浄~ (2, 0.0%)

1 なそしてまた, の地

▼ たる清浄無垢~ (2, 0.0%)

1 の僧侶, の美花

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の波, を描い

▼ たる温き~ (2, 0.0%)

2 情愛をも

▼ たる温泉~ (2, 0.0%)

1 あり, のよう

▼ たる湖上~ (2, 0.0%)

1 に浮ん, に眺め入っ

▼ たる湖水~ (2, 0.0%)

1 が見えた, の態

▼ たる湖沼~ (2, 0.0%)

1 と為, と爲

▼ たる湖面~ (2, 0.0%)

1 には漁舟ひとつ, の夜

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の煙, 坐の

▼ たる湯氣~ (2, 0.0%)

1 と子供達, の中

▼ たる満月~ (2, 0.0%)

1 に照, をいただき

▼ たる滄海~ (2, 0.0%)

2 の一粟

▼ たる滋味~ (2, 0.0%)

1 ある宝玉, をとほし

▼ たる滑稽~ (2, 0.0%)

1 と無作法, に比する

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 がある, の水

▼ たる漁史~ (2, 0.0%)

1 の口, を慰むる

▼ たる漢おり~ (2, 0.0%)

2 来れり

▼ たる漢語~ (2, 0.0%)

1 が今, の鬼

▼ たる漿液~ (2, 0.0%)

1 のうま, を貯え

▼ たる潰滅~ (2, 0.0%)

1 をうけ, をうけた

▼ たる澱粉~ (2, 0.0%)

1 の形状, を

▼ たる激論~ (2, 0.0%)

2

▼ たる灌木~ (2, 0.0%)

1 の叉簇, 疎

▼ たる火山質~ (2, 0.0%)

2 の島嶼

▼ たる火柱~ (2, 0.0%)

1 がぐんぐん, となった

▼ たる火災~ (2, 0.0%)

1 と轟々たる, をば

▼ たる灯影~ (2, 0.0%)

2 すずしく筧

▼ たる炎暑~ (2, 0.0%)

1 の中, 凄

▼ たる炎火~ (2, 0.0%)

2 の裡

▼ たる炬火~ (2, 0.0%)

1 が夜空, となる

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の心地, の粉

▼ たる烏合~ (2, 0.0%)

1 の政団, の政團

▼ たる焚火~ (2, 0.0%)

1 の前, を圍め

▼ たる無名~ (2, 0.0%)

1 の師, の科学的精神

▼ たる無心~ (2, 0.0%)

1 にさそいこん, の瞳

▼ たる無能~ (2, 0.0%)

1 ぞ, な将軍

▼ たる無花果~ (2, 0.0%)

1 などを証人, の木

▼ たる無表情~ (2, 0.0%)

1 でむか, の貌

▼ たる無謀~ (2, 0.0%)

1 だろう, だろうと

▼ たる無辺~ (2, 0.0%)

1 の大洋, の念

▼ たる熊手~ (2, 0.0%)

1 により, 新しきまた

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 さむることもなく三十日ばかりの, を宿した

▼ たる熱望~ (2, 0.0%)

1 と意志, を抱き

▼ たる熱石~ (2, 0.0%)

2

▼ たる熱誠~ (2, 0.0%)

2 とを以てする

▼ たる燈籠~ (2, 0.0%)

1 とを點, を懸け連ねたる

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に火, は並び立てり

▼ たる爆声~ (2, 0.0%)

1 が起った, の如き

▼ たる爆発~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に復, に生ぜし

▼ たる牛乳~ (2, 0.0%)

1 の上, を中央製乳所

▼ たる牛馬~ (2, 0.0%)

1 の, の糞

▼ たる物体~ (2, 0.0%)

1 のレントシェン線検査, は均一

▼ たる物影~ (2, 0.0%)

1 が最初, も迂

▼ たる物理学~ (2, 0.0%)

1 の範囲, を以てすべきで

▼ たる物理的集団的性格~ (2, 0.0%)

2 と情趣

▼ たる物質不滅~ (2, 0.0%)

1 と勢力恒存, の理法

▼ たる特に~ (2, 0.0%)

1 この事件, 声さえ

▼ たる特別~ (2, 0.0%)

1 の装束, の資格

▼ たる特權~ (2, 0.0%)

2 に依り

▼ たる特殊部落~ (2, 0.0%)

1 という, として永く

▼ たる犬共~ (2, 0.0%)

1 は幼, は血迷い尽し

▼ たる狂人~ (2, 0.0%)

1 であって, である

▼ たる狂態~ (2, 0.0%)

1 だらうと, を

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の如く, の群

▼ たる狗奴國~ (2, 0.0%)

1 も亦, を以て王名官名

▼ たる狩野家~ (2, 0.0%)

2 即ち日本十八世紀

▼ たる独木橋~ (2, 0.0%)

1 のあたり, を渡る

▼ たる独身生活~ (2, 0.0%)

1 すなわち親子兄弟, をやっ

▼ たる独造底~ (2, 0.0%)

1 の作品, の完成品

▼ たる狭い~ (2, 0.0%)

1 範囲に, 道を

▼ たる猟兵~ (2, 0.0%)

2 の勇まし

▼ たる獅子王~ (2, 0.0%)

2 の威

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 にも劣れり, に異ならず

▼ たる玄徳~ (2, 0.0%)

1 が入る, を先

▼ たる王冠~ (2, 0.0%)

1 であ, を釣上げ

▼ たる王城~ (2, 0.0%)

2 の粧飾

▼ たる王宮~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ たる珍品~ (2, 0.0%)

2 に相違

▼ たる現実性~ (2, 0.0%)

1 の不足, をもつ

▼ たる現時~ (2, 0.0%)

2 の衆議院

▼ たる理窟~ (2, 0.0%)

1 といふ語, に遭遇

▼ たる理窟的~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ たる理解~ (2, 0.0%)

2 を普及

▼ たる理論~ (2, 0.0%)

1 の包轄, は一つ

▼ たる琵琶~ (2, 0.0%)

1 です, の湖水

▼ たる琵琶法師~ (2, 0.0%)

1 の徒, をし

▼ たる瑠璃~ (2, 0.0%)

1 の礎, の高き

▼ たる瑪瑙~ (2, 0.0%)

2 の寝棺

▼ たる環境~ (2, 0.0%)

1 があつ, に活き

▼ たる瓔珞~ (2, 0.0%)

1 なり, を白妙

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 ばかりである

▼ たる瓦葺~ (2, 0.0%)

2 の高どの

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 寧すら, 川歌枝という

▼ たる生垣~ (2, 0.0%)

1 の穴, を閃

▼ たる生業~ (2, 0.0%)

1 にした, を根強く

▼ たる生活それ~ (2, 0.0%)

2 に対する同感

▼ たる生活力~ (2, 0.0%)

1 の証拠, は萎微

▼ たる生活慾~ (2, 0.0%)

2 の横溢

▼ たる生活描写~ (2, 0.0%)

1 のほう, はかつて

▼ たる生理上~ (2, 0.0%)

1 の反応, の関係

▼ たる産物たる~ (2, 0.0%)

2 に過ぎず

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の御, の政利

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 と申しまする, の世界

▼ たる男の子~ (2, 0.0%)

1 おりて, の顔

▼ たる男振り万人~ (2, 0.0%)

2 が万人

▼ たる画布~ (2, 0.0%)

1 の中, の出現

▼ たる畏友~ (2, 0.0%)

2 の面目

▼ たる留守~ (2, 0.0%)

1 をのみ窺い, を幸い

▼ たる畜生~ (2, 0.0%)

1 のため, の表情

▼ たる番僧~ (2, 0.0%)

1 の露西亜人, はわが

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ たる畫圖~ (2, 0.0%)

1 は我心目, を貼り

▼ たる異国~ (2, 0.0%)

1 から持参, への密航

▼ たる異性~ (2, 0.0%)

1 の屍, を絞殺

▼ たる異様~ (2, 0.0%)

1 の光, の古

▼ たる畳紙とり出だし~ (2, 0.0%)

2 何とはなし

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の下手人, の敵

▼ たる瘠我慢~ (2, 0.0%)

1 の士風, の説

▼ たる発展~ (2, 0.0%)

1 の端緒, を期すべきである

▼ たる発達~ (2, 0.0%)

1 の事実, を導い

▼ たる登場~ (2, 0.0%)

1 はとても, を希望

▼ たる白光~ (2, 0.0%)

1 がさし, が立ち上り

▼ たる白布~ (2, 0.0%)

1 の服, の滝

▼ たる白拍子~ (2, 0.0%)

1 の徒, の舞

▼ たる白熊~ (2, 0.0%)

1 に対してはソビエト探険隊員, の中

▼ たる白石~ (2, 0.0%)

2 の棚

▼ たる白骨~ (2, 0.0%)

1 だけが天日, の堆く

▼ たる百代~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ たる百萬~ (2, 0.0%)

1 の大御, の物音

▼ たる百錬鉄~ (2, 0.0%)

2 の剣

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 の面

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の衆, 我が敬

▼ たる皇統~ (2, 0.0%)

1 を仰ぎ, 第二

▼ たる皮革~ (2, 0.0%)

1 の供給, の原料

▼ たる監獄~ (2, 0.0%)

2

▼ たる監督官~ (2, 0.0%)

1 なれば, はさ

▼ たる目前~ (2, 0.0%)

2 の利害

▼ たる盲目~ (2, 0.0%)

1 の琴手, の鼠

▼ たる直也~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ たる直観~ (2, 0.0%)

1 の稀薄, は上

▼ たる相好~ (2, 0.0%)

1 の, は

▼ たる相対~ (2, 0.0%)

1 の世界, は共和政

▼ たる相違~ (2, 0.0%)

1 がある, であろうと

▼ たる相違点~ (2, 0.0%)

1 があっ, が在っ

▼ たる看板~ (2, 0.0%)

1 の額, を入り

▼ たる看護~ (2, 0.0%)

1 の尼, の深切

▼ たる真夜中~ (2, 0.0%)

1 に牢, も

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 は憑きもの

▼ たる眷属~ (2, 0.0%)

1 おたけび, をたけ

▼ たる眼差~ (2, 0.0%)

1 でそれ, でまたたき

▼ たる眼配~ (2, 0.0%)

2 は深夜時計

▼ たる瞬時~ (2, 0.0%)

1 が大, に於

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 急の, 衣は

▼ たる短冊~ (2, 0.0%)

1 の和歌, 既に面白から

▼ たる短刀~ (2, 0.0%)

1 を引抜きました, を抜い

▼ たる短章~ (2, 0.0%)

2 に過ぎず

▼ たる短銃~ (2, 0.0%)

1 を取出し, を発射間

▼ たる石一つ水~ (2, 0.0%)

2 の面

▼ たる石器~ (2, 0.0%)

1 あり, の稱

▼ たる石柱~ (2, 0.0%)

1 の頭, を掩

▼ たる石炭~ (2, 0.0%)

1 に絹足袋, の山

▼ たる石造~ (2, 0.0%)

1 の室, の山城

▼ たる石鉢~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ たる石門~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ たる砂浜~ (2, 0.0%)

1 がとり巻い, だ

▼ たる硝子戸~ (2, 0.0%)

1 に綿, のま

▼ たる磁石~ (2, 0.0%)

1 であったか, は火打石

▼ たる磐城~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の, を自己

▼ たる社会党~ (2, 0.0%)

1 がとる, の篠田

▼ たる社会組織~ (2, 0.0%)

1 が将来, を作り上げる

▼ たる社會主義者~ (2, 0.0%)

1 なりと傳, の一團幸徳傳次郎等廿六名

▼ たる祈り~ (2, 0.0%)

1 であつ, を書いた

▼ たる祖国~ (2, 0.0%)

1 に関するもの, もやがて

▼ たる祝福~ (2, 0.0%)

1 があった, の國

▼ たる神婚説話~ (2, 0.0%)

1 と根本的, の或

▼ たる神性~ (2, 0.0%)

1 は一者, を顯

▼ たる神曲~ (2, 0.0%)

1 の文, の首

▼ たる神經~ (2, 0.0%)

2 のなまめかしい

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のお, の群

▼ たる禍機~ (2, 0.0%)

1 の破裂, をば氏

▼ たる禰宜~ (2, 0.0%)

1 と家族, の家

▼ たる秋天一碧~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ たる秋田氏~ (2, 0.0%)

1 では, を以て日本民族

▼ たる秋草~ (2, 0.0%)

1 の中, の影地上

▼ たる秋雨~ (2, 0.0%)

1 に遠く, の蕭々

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 により, をもつ

▼ たる科学者~ (2, 0.0%)

1 にはよく, の探究方法

▼ たる稔り田~ (2, 0.0%)

2 になにか

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 が島, ならむ

▼ たる種床~ (2, 0.0%)

2 にひとり

▼ たる種族~ (2, 0.0%)

1 ではない, の獨逸人

▼ たる積り~ (2, 0.0%)

1 なりしと, やのに

▼ たる積極~ (2, 0.0%)

1 なり, なる教育

▼ たる積雲~ (2, 0.0%)

1 がひ, を

▼ たる究竟~ (2, 0.0%)

1 の價値, の真理

▼ たる空しき~ (2, 0.0%)

1 殿堂を, 紙の

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の中, の口

▼ たる立憲政府~ (2, 0.0%)

2 の完成

▼ たる立案たる~ (2, 0.0%)

2 に過ぎざる

▼ たる立脚地~ (2, 0.0%)

1 よりし, を離

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 なら竜, の滑稽

▼ たる童身の丈~ (2, 0.0%)

1 きはめて, きわめて低き

▼ たる竹馬~ (2, 0.0%)

1 なりと翌日, を寡婦

▼ たる笑声~ (2, 0.0%)

1 がおりおり, に変らなかった

▼ たる笑顔~ (2, 0.0%)

1 でそう, を造っ

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ たる筆硯~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の間

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の天, を忍ぶ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を天下, を示した

▼ たる米人~ (2, 0.0%)

1 が今度, の感情

▼ たる米国~ (2, 0.0%)

1 で事, に擬せ

▼ たる粗生生産物~ (2, 0.0%)

1 に対する租税, の価格

▼ たる粟野さん~ (2, 0.0%)

1 の前, はゴッホ

▼ たる精力~ (2, 0.0%)

1 とをもっ, と忍耐力

▼ たる精神上~ (2, 0.0%)

1 の変化, の或

▼ たる精神作用~ (2, 0.0%)

1 はかえって, は一時休止

▼ たる精霊~ (2, 0.0%)

1 の如く, の種姓

▼ たる糸掛け石~ (2, 0.0%)

1 に於ける, も形状大

▼ たる糸瓜~ (2, 0.0%)

1 のふと, の蔓

▼ たる紀元節~ (2, 0.0%)

1 の前日, の當日

▼ たる紀昌~ (2, 0.0%)

2 が知人

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を成したる, を押紋

▼ たる純粋理性的存在~ (2, 0.0%)

1 に負担, よりも原告

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 落ちたるはなびら, 落ちたるはな片

▼ たる紙包み~ (2, 0.0%)

1 を持て扱い, を開い

▼ たる紙帳~ (2, 0.0%)

1 かな, を前

▼ たる紙幣~ (2, 0.0%)

1 とりいで, を軽く

▼ たる素より~ (2, 0.0%)

1 今の, 偶然なり

▼ たる素人~ (2, 0.0%)

1 から成る, がワナ

▼ たる素因~ (2, 0.0%)

1 がスポイル, を忘れ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を截らん, を落す

▼ たる紫煙~ (2, 0.0%)

1 の間, をふい

▼ たる紫色~ (2, 0.0%)

1 の光, の薄

▼ たる紫衣~ (2, 0.0%)

1 をまとう, をまとふ

▼ たる細き~ (2, 0.0%)

1 拇指に, 横町の

▼ たる細径~ (2, 0.0%)

1 を下りゆき, を辿り

▼ たる細道~ (2, 0.0%)

2 を行け

▼ たる紳商~ (2, 0.0%)

1 とやらの一人, なるが

▼ たる紹介状~ (2, 0.0%)

1 は我, を示し

▼ たる経歴~ (2, 0.0%)

1 と大, を隠す

▼ たる経済学~ (2, 0.0%)

1 なるもの, も或は

▼ たる結構~ (2, 0.0%)

1 な賑, を得る

▼ たる統率~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, になけれ

▼ たる絵巻~ (2, 0.0%)

1 の模様, を展開

▼ たる絵画~ (2, 0.0%)

1 のみ, の形式

▼ たる絵画界~ (2, 0.0%)

2 に一生面

▼ たる絶壁~ (2, 0.0%)

1 に面し, の丸木橋

▼ たる絶間~ (2, 0.0%)

1 なき痙攣, なき響き

▼ たる絶頂~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ たる綱雄~ (2, 0.0%)

1 の眼, は浮世

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 であり模様, である

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 名と, 大将の

▼ たる総監~ (2, 0.0%)

1 と四銃士, のそれ

▼ たる總領~ (2, 0.0%)

1 によく, の令孃さ

▼ たる織物~ (2, 0.0%)

1 に緯, の截餘

▼ たる罌粟~ (2, 0.0%)

1 の炎, の花

▼ たる罪惡~ (2, 0.0%)

1 は擧げ, は畢竟

▼ たる罪案~ (2, 0.0%)

2 を決する

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の裘, 飼いたち

▼ たる美濃~ (2, 0.0%)

1 のマムシ, の如き

▼ たる美花~ (2, 0.0%)

2 を以て飾れり

▼ たる美術品~ (2, 0.0%)

1 を得べく, を得べし

▼ たる美躊躇~ (2, 0.0%)

2 なき勢い

▼ たる美麗~ (2, 0.0%)

1 のアラス, の別天地

▼ たる群れ~ (2, 0.0%)

1 と群れ, より離れ

▼ たる義父~ (2, 0.0%)

1 の様子, はこれ

▼ たる義貞~ (2, 0.0%)

1 が低地, の指令ぶり

▼ たる羽虧~ (2, 0.0%)

2 け釜

▼ たる翌年~ (2, 0.0%)

1 なりとす, 死するに

▼ たる翌朝平生~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の如く

▼ たる老兵~ (2, 0.0%)

2

▼ たる老媼~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ たる老学庵筆記~ (2, 0.0%)

1 に次, を見る

▼ たる老師~ (2, 0.0%)

1 かな, が持ち合せるであらう

▼ たる老年~ (2, 0.0%)

1 であること, においてはそれ

▼ たる老爺~ (2, 0.0%)

1 あり双, の背後

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 へのあらぬ, へよりすれ

▼ たる者これ~ (2, 0.0%)

1 について自ら警むる所, 在るに

▼ たる者ら~ (2, 0.0%)

1 にかえって, はアンジョーラ

▼ たる者今~ (2, 0.0%)

1 にし, は蕪村

▼ たる者己~ (2, 0.0%)

1 の生涯, を勝る

▼ たる聖人~ (2, 0.0%)

1 の位, 及び宗教家

▼ たる聖書~ (2, 0.0%)

1 の数章, の販売元

▼ たる聲音~ (2, 0.0%)

1 にて奇怪, に人々

▼ たる肉感~ (2, 0.0%)

1 を眺める, 力強い罵詈

▼ たる肉體~ (2, 0.0%)

1 の聲, を見

▼ たる肖像~ (2, 0.0%)

1 と他, の自賛文

▼ たる肖像畫~ (2, 0.0%)

1 の殘, も日本獨得

▼ たる肺病~ (2, 0.0%)

1 と云, らしい

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の高い, を蛇

▼ たる背景~ (2, 0.0%)

1 の前, の山水

▼ たる胡麻~ (2, 0.0%)

2 と栗

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 という漢字, を着けよう

▼ たる胸中~ (2, 0.0%)

1 が一時, を考えれ

▼ たる能楽~ (2, 0.0%)

1 がその, の神髄

▼ たる脇差~ (2, 0.0%)

1 を捜し出した, を搜

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に金茶地, 低き女

▼ たる脳細胞~ (2, 0.0%)

1 に植継ぎ, を動物園

▼ たる脳髄~ (2, 0.0%)

1 を射, を徹底的

▼ たる腕利き~ (2, 0.0%)

1 がそろっ, であり下関砲撃

▼ たる腕白書生~ (2, 0.0%)

2 たりしに過ぎず

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の低い, を据ゑて

▼ たる腰掛~ (2, 0.0%)

1 に雑然と, より立ち

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の間, を拊

▼ たる膳部~ (2, 0.0%)

1 に対して, を据え

▼ たる自ら~ (2, 0.0%)

1 の命, の真実

▼ たる自分ら~ (2, 0.0%)

1 の献策, をし

▼ たる自分自身~ (2, 0.0%)

1 からし, を彼

▼ たる自意識~ (2, 0.0%)

2 を廃止

▼ たる自慢~ (2, 0.0%)

2 奪られぬ

▼ たる自然人~ (2, 0.0%)

1 ありのままの, に生育

▼ たる自然科学~ (2, 0.0%)

1 に対するとき, の知識

▼ たる自由心胸~ (2, 0.0%)

2 を有すれ

▼ たる自由論~ (2, 0.0%)

2 を迎合

▼ たる至上~ (2, 0.0%)

1 のヂュウス初め, の愛

▼ たる至善~ (2, 0.0%)

1 あり善, の躍り出

▼ たる至悪~ (2, 0.0%)

1 あるを, の跳ね

▼ たる舅姑~ (2, 0.0%)

1 が尚, の方

▼ たる興津~ (2, 0.0%)

1 の一家, へ転居

▼ たる興福寺~ (2, 0.0%)

1 でありますが, の名

▼ たる舎人二人~ (2, 0.0%)

2 ひきつづいて

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の父, を田野

▼ たる般若~ (2, 0.0%)

1 の真, の顔

▼ たる良兼~ (2, 0.0%)

1 ともある, は上総下総

▼ たる良工~ (2, 0.0%)

2 の苦心

▼ たる良心的~ (2, 0.0%)

1 な警告文, の衝動

▼ たる色ハヒビヤクシン~ (2, 0.0%)

2 の傾斜面

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の子, の葉

▼ たる花ふたつ薄~ (2, 0.0%)

2 とりそ

▼ たる花吉~ (2, 0.0%)

1 の変形, は窃

▼ たる花崗岩~ (2, 0.0%)

1 で厳粛, の幾

▼ たる花火~ (2, 0.0%)

1 かな, が発射

▼ たる若僧~ (2, 0.0%)

1 と僧徒妙信, を除き

▼ たる苦しい~ (2, 0.0%)

1 味を, 生活の

▼ たる苦悶~ (2, 0.0%)

1 の呻き, の象

▼ たる苦沙弥先生~ (2, 0.0%)

1 が座敷, のみである

▼ たる苦痛~ (2, 0.0%)

1 に過, の重

▼ たる英人~ (2, 0.0%)

1 とスラブ人種, もまた

▼ たる英国民~ (2, 0.0%)

2 が当時君主

▼ たる英姿~ (2, 0.0%)

1 の底, を現

▼ たる茂み~ (2, 0.0%)

1 が日, の中

▼ たる茂吉~ (2, 0.0%)

1 に芸術上, の日本人気質

▼ たる茶山~ (2, 0.0%)

1 と傾蓋, は神辺

▼ たる茶碗~ (2, 0.0%)

1 との間, は嘗て

▼ たる茶飯事~ (2, 0.0%)

1 だったから, を告げる

▼ たる草稿~ (2, 0.0%)

1 の比, を示され

▼ たる草裡~ (2, 0.0%)

2 に落し

▼ たる荒廃~ (2, 0.0%)

1 した部屋, の風景

▼ たる荒海~ (2, 0.0%)

1 の上, の血汐

▼ たる荒野~ (2, 0.0%)

1 を控, を足

▼ たる荘園~ (2, 0.0%)

1 の未, を調査

▼ たる荷物~ (2, 0.0%)

1 の内, を解き

▼ たる莫らん~ (2, 0.0%)

2

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の花, の花束

▼ たる華美~ (2, 0.0%)

1 なる手輿, の国

▼ たる華麗~ (2, 0.0%)

1 なる, なる舟

▼ たる菱田~ (2, 0.0%)

1 という, の祖父

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 なくば, の中

▼ たる落魄~ (2, 0.0%)

1 の一老爺, の有様

▼ たる葭簀~ (2, 0.0%)

1 の外, の蔭

▼ たる葱色~ (2, 0.0%)

2 の草わかば

▼ たる蒲簾~ (2, 0.0%)

2 をおろせり

▼ たる蒸気~ (2, 0.0%)

1 と臭気, の間

▼ たる蒼波~ (2, 0.0%)

1 に対す, 見るからに

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の実は, の葉

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の長き, を解かん

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のよう, は無い

▼ たる薄き~ (2, 0.0%)

1 灰色の, 蒼髯乱れ生じ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のみ, を寫す

▼ たる薩人~ (2, 0.0%)

2 を以て目せられ

▼ たる薩摩~ (2, 0.0%)

1 と結托せり, のうち

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 まで残らず, を用

▼ たる薬剤~ (2, 0.0%)

1 の口中粘膜, の罎

▼ たる藤十郎~ (2, 0.0%)

1 と顔, の機嫌

▼ たる藩閥者流~ (2, 0.0%)

2 の助力

▼ たる蘆荻~ (2, 0.0%)

1 の間, は自然

▼ たる虎の子~ (2, 0.0%)

1 が本物, をぽつりぽつり

▼ たる處其處~ (2, 0.0%)

1 に今や, に嚴重

▼ たる處置~ (2, 0.0%)

1 は日本, を講ずる

▼ たる虚しい~ (2, 0.0%)

1 思ひに, 毎日を

▼ たる虚空~ (2, 0.0%)

1 の中, の大

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のしめやか, の音

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のよちよち, の跡

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 かな, の如し

▼ たる蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 といつ, や草

▼ たる蝋燭~ (2, 0.0%)

1 の火, もかなた

▼ たる蝦夷~ (2, 0.0%)

1 として徴発, の族

▼ たる融合~ (2, 0.0%)

1 がそこ, の上

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の青空, はこの

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を打つ, 追ふこ

▼ たる血の池~ (2, 0.0%)

1 の面, は静か

▼ たる血みどろ~ (2, 0.0%)

1 な姿, やら謀略

▼ たる血痕~ (2, 0.0%)

1 に染まり, をつけ

▼ たる血糊~ (2, 0.0%)

1 ががこびりつい, がこびり付い

▼ たる血縁~ (2, 0.0%)

1 は之, を有し

▼ たる衆美~ (2, 0.0%)

1 をば垣間見, を見

▼ たる行列~ (2, 0.0%)

1 が曳き栄えられ, をつくっ

▼ たる行者~ (2, 0.0%)

1 はまた, は又

▼ たる行路~ (2, 0.0%)

1 がむしろ, をたどり

▼ たる街頭~ (2, 0.0%)

1 の商児, の市民傍観者

▼ たる表札~ (2, 0.0%)

1 にて明かなれ, の文字

▼ たる表紙~ (2, 0.0%)

2 を憶え

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を垂れ, を払っ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 を背, 造物である

▼ たる被害~ (2, 0.0%)

1 について御, の顛末

▼ たる被害者~ (2, 0.0%)

1 の屍体, の帯締め

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 あり, して

▼ たる裁判~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ たる裁判官~ (2, 0.0%)

1 にもこの, は極力

▼ たる裏町~ (2, 0.0%)

1 にも白首, の明地

▼ たる裸形~ (2, 0.0%)

1 の女人等, は書体風

▼ たる褐色~ (2, 0.0%)

1 の美澤, の裳

▼ たる襤褸~ (2, 0.0%)

1 のつぎ, の綿入れ

▼ たる西人~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ たる西郷~ (2, 0.0%)

1 が正統, の威望

▼ たる西郷侯~ (2, 0.0%)

2 と桂子

▼ たる西郷木戸大久保~ (2, 0.0%)

2 は各々

▼ たる要求~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の性質

▼ たる見せ物~ (2, 0.0%)

2 が出た

▼ たる見当~ (2, 0.0%)

2 へ首

▼ たる見解~ (2, 0.0%)

1 をなせる, をもち

▼ たる見識~ (2, 0.0%)

1 があつ, が十分

▼ たる覚醒~ (2, 0.0%)

1 との間, をもっ

▼ たる観世音菩薩~ (2, 0.0%)

1 と信ずる, に仕える

▼ たる観音様~ (2, 0.0%)

1 が八月, と頬摺り

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ありしを以て, ある大

▼ たる解釈~ (2, 0.0%)

1 に候, を物語っ

▼ たる言責~ (2, 0.0%)

1 を実行, を實行

▼ たる記念~ (2, 0.0%)

1 にとて持ち行く, を殘

▼ たる記録~ (2, 0.0%)

1 に由っ, は一定

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 りの, り嬉しき

▼ たる許容~ (2, 0.0%)

1 の応, の應

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 なり, なれば

▼ たる証書~ (2, 0.0%)

1 の片々, を現に

▼ たる証迹~ (2, 0.0%)

1 が明, を現

▼ たる詩形~ (2, 0.0%)

2 を用

▼ たる詩思~ (2, 0.0%)

2 の富贍

▼ たる詩想~ (2, 0.0%)

1 をよく, を発揮

▼ たる詩風~ (2, 0.0%)

1 に泣く, はこ

▼ たる認可~ (2, 0.0%)

1 を得, 若くは

▼ たる認識~ (2, 0.0%)

1 ではない, に達しなけれ

▼ たる誤り~ (2, 0.0%)

1 としてのこの, としての虚偽

▼ たる説教~ (2, 0.0%)

1 の声, をち

▼ たる調理人群居~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ たる論争~ (2, 0.0%)

1 である, においてイデー

▼ たる論証~ (2, 0.0%)

2 である

▼ たる論議~ (2, 0.0%)

1 に幼児, をまきおこした

▼ たる諧謔法~ (2, 0.0%)

2 を選ん

▼ たる諷刺~ (2, 0.0%)

1 ならむとのみは推測, にし

▼ たる諸侯~ (2, 0.0%)

1 がお前, 又は天子

▼ たる諸君左~ (2, 0.0%)

2 の如し

▼ たる諸説~ (2, 0.0%)

1 の如く, より其最

▼ たる講筵~ (2, 0.0%)

2 だに往き

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 なり, なれば

▼ たる議員~ (2, 0.0%)

2 もありき

▼ たる議論~ (2, 0.0%)

1 なり, もあった

▼ たる議院~ (2, 0.0%)

1 の権能, の權能

▼ たる議院政略是~ (2, 0.0%)

2 れのみ

▼ たる谷中感応寺~ (2, 0.0%)

1 のどこ, の何処

▼ たる谷子~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ たる谷川~ (2, 0.0%)

1 の岸, の音

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 が声, の上

▼ たる豊志賀~ (2, 0.0%)

1 が新左衛門, の祟

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のごとし, の如く

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 と猴, の如く

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 と労, にはあらずし

▼ たる財寶~ (2, 0.0%)

1 にて生き, を

▼ たる貧民~ (2, 0.0%)

1 は数限り, 多くロンドン東部

▼ たる貧裡半歳~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ たる貨物~ (2, 0.0%)

1 の一般的価格, の価格

▼ たる貫録~ (2, 0.0%)

1 が自ずから, を加え

▼ たる責任上明らか~ (2, 0.0%)

2 に恥辱

▼ たる貴婦人毛革~ (2, 0.0%)

1 の肩かけ, の肩掛

▼ たる貴方~ (2, 0.0%)

1 に恋着, へ隠しだて

▼ たる貴様~ (2, 0.0%)

1 がかれごとき, が小遣い

▼ たる貴殿~ (2, 0.0%)

1 が不審, に手

▼ たる貸家~ (2, 0.0%)

2 などに向

▼ たる賓客~ (2, 0.0%)

1 にわが, は陶然

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のある, は秀吉

▼ たる贄卓~ (2, 0.0%)

1 の火, を見る

▼ たる赤い~ (2, 0.0%)

1 線を, 蝶は

▼ たる赤き~ (2, 0.0%)

1 実も, 火ぞ

▼ たる赤土水~ (2, 0.0%)

2 の濁り水

▼ たる赤橋殿~ (2, 0.0%)

2 の妹君

▼ たる超然内閣~ (2, 0.0%)

2 にも非

▼ たる超然内閣制~ (2, 0.0%)

2 を固執

▼ たる越後~ (2, 0.0%)

1 の七不思議, の城氏

▼ たる趙簡子~ (2, 0.0%)

2 の許

▼ たる趣意~ (2, 0.0%)

2 を述べ

▼ たる足利時代~ (2, 0.0%)

1 が亦, は和歌

▼ たる足場~ (2, 0.0%)

2 をあやまり

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の跡, もて

▼ たる躍動~ (2, 0.0%)

1 なり, を空想

▼ たる身なり~ (2, 0.0%)

1 そのかつて, といひ

▼ たる身の丈豊か~ (2, 0.0%)

2 に神崎

▼ たる身體~ (2, 0.0%)

1 に相, の新生

▼ たる躰面~ (2, 0.0%)

1 を失った, を失つた

▼ たる車上~ (2, 0.0%)

1 の主, の紳士

▼ たる車輪~ (2, 0.0%)

1 の響き, を可

▼ たる軍人~ (2, 0.0%)

1 も居ない, を崇拝

▼ たる軍備~ (2, 0.0%)

1 の急速, をもって上京

▼ たる軍兵二人上下~ (2, 0.0%)

1 よりう, よりうかがい出で

▼ たる軍艦~ (2, 0.0%)

1 に洋館, は恰も

▼ たる軍隊~ (2, 0.0%)

1 であると, の供奉

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の雫さ, は蜘蛛

▼ たる軽薄~ (2, 0.0%)

1 の徒, 何ぞ数

▼ たる軽風~ (2, 0.0%)

2 にのる

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の音, の響

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 鳴と, 鳴起り

▼ たる辛苦~ (2, 0.0%)

1 の量, をなめた

▼ たる辞書~ (2, 0.0%)

1 ではない, となさん

▼ たる農工商~ (2, 0.0%)

1 の人民, は總

▼ たる農業~ (2, 0.0%)

1 に関するもの, の阻害

▼ たる農民一揆~ (2, 0.0%)

1 であるかと, の如く

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 にて天色, に佇み

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ たる近世~ (2, 0.0%)

1 のグラッカス, の芸術観

▼ たる近代人~ (2, 0.0%)

1 の面目, よというよう

▼ たる返書~ (2, 0.0%)

1 なり, を後に

▼ たる追分節~ (2, 0.0%)

1 が宿, が詩興

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 語序である, 語序時代に

▼ たる逆説的~ (2, 0.0%)

1 なる寓意的, な意志

▼ たる逍遙子~ (2, 0.0%)

1 が審美學, が言

▼ たる連山~ (2, 0.0%)

1 の巓, も我等

▼ たる連歌~ (2, 0.0%)

1 の発句, 大発句帳

▼ たる進歩党~ (2, 0.0%)

1 の改革運動, 真に堂々と

▼ たる進行~ (2, 0.0%)

1 のうち, を続ける

▼ たる逸事~ (2, 0.0%)

1 として徳川三百年中東海道, はこの

▼ たる遊蕩~ (2, 0.0%)

1 の兵站, の気風世

▼ たる運河~ (2, 0.0%)

2 第五

▼ たる道庵~ (2, 0.0%)

1 が首実検, は動き

▼ たる道庵先生~ (2, 0.0%)

1 にこの, もこの

▼ たる道教風~ (2, 0.0%)

2 の伝承

▼ たる道理~ (2, 0.0%)

1 にていわゆる, もなく

▼ たる道路~ (2, 0.0%)

1 なのに, の形

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 か, かの空

▼ たる遺書~ (2, 0.0%)

1 が置かれ, を瞠視

▼ たる郊外~ (2, 0.0%)

1 の大地, の澄んだ

▼ たる部下~ (2, 0.0%)

1 に叫ん, の死骸

▼ たる部隊~ (2, 0.0%)

1 に到り, は十三日コッセリア古城

▼ たる都市~ (2, 0.0%)

1 のまわり, の経営

▼ たる都筑馨六氏~ (2, 0.0%)

2 は自ら内閣

▼ たる酒気~ (2, 0.0%)

1 がつき纏う, と囂々

▼ たる酔客~ (2, 0.0%)

1 は, は恚

▼ たる醉心地~ (2, 0.0%)

1 に導い, 快く峯

▼ たる醜悪~ (2, 0.0%)

1 の姉妹, の病気

▼ たる醫師~ (2, 0.0%)

1 は一二語簡單, を求め

▼ たる醫者~ (2, 0.0%)

1 であ, になつて

▼ たる里恵~ (2, 0.0%)

1 と石川牧, 若くは

▼ たる里數~ (2, 0.0%)

1 の標準, は大概普通

▼ たる重太郎~ (2, 0.0%)

1 は全身, も亦

▼ たる重荷~ (2, 0.0%)

1 はいつ, をば辭

▼ たる重要~ (2, 0.0%)

1 なる疑問的特徴, な作曲家

▼ たる重量~ (2, 0.0%)

1 と力量, のため

▼ たる野ら~ (2, 0.0%)

1 までも領ずる顏, までも領ずる顔

▼ たる野分~ (2, 0.0%)

1 かな, のそよぎ

▼ たる野望~ (2, 0.0%)

2 であるかも

▼ たる野武士~ (2, 0.0%)

1 が復讐, の集団

▼ たる野蛮性~ (2, 0.0%)

1 と動物的特質, を満足

▼ たる野路~ (2, 0.0%)

1 の家, も親しく

▼ たる野鴨~ (2, 0.0%)

2 の一夜

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 と考え得よう, の一定不変

▼ たる金剛杖~ (2, 0.0%)

1 を先ず, を浄水

▼ たる金属~ (2, 0.0%)

1 が国内, は労賃

▼ たる金花山海上~ (2, 0.0%)

2 に見

▼ たる金銀~ (2, 0.0%)

1 のメタル, を探し出し

▼ たる金鎖~ (2, 0.0%)

1 が動かぬ, を輝

▼ たる金額~ (2, 0.0%)

1 はけだし, を償わん

▼ たる金鼓~ (2, 0.0%)

1 が鳴り響いた, や攻め貝もろ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の尖, は十四経和語抄

▼ たる釧路川~ (2, 0.0%)

2 に架

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 の刃先

▼ たる鉄棒~ (2, 0.0%)

1 を振翳し, を片手

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に植ゑし大輪, の花

▼ たる銀杏~ (2, 0.0%)

1 の樹, 返の

▼ たる銀行~ (2, 0.0%)

1 の主人, の支配人

▼ たる銅版画~ (2, 0.0%)

1 の, の表紙

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のふくろ, の帯

▼ たる錦旗~ (2, 0.0%)

1 は四天王紋, をも給う

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の物, 煮え越す

▼ たる鍛冶~ (2, 0.0%)

1 のうた, の鉄砧

▼ たる鎌倉~ (2, 0.0%)

1 の甘, を奪還

▼ たる鎌倉幕府~ (2, 0.0%)

1 の将軍, または一般武士

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 でなぎ倒す, をなげすて

▼ たる長刀~ (2, 0.0%)

1 を揮う, を携え

▼ たる長持~ (2, 0.0%)

1 がはや, を私

▼ たる長柄~ (2, 0.0%)

1 の刃, の翳

▼ たる長江~ (2, 0.0%)

1 の両, を懐し

▼ たる門出~ (2, 0.0%)

1 だった, を公約

▼ たる門外~ (2, 0.0%)

2 には柳

▼ たる門鑑~ (2, 0.0%)

2 に依り

▼ たる閑日月~ (2, 0.0%)

1 を楽しん, を送っ

▼ たる間いくつ~ (2, 0.0%)

2 か過ぎ

▼ たる閔宗植崔益鉉柳麟湯~ (2, 0.0%)

2 の輩

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の前, の孫六

▼ たる関五郎~ (2, 0.0%)

2 が何故

▼ たる関羽~ (2, 0.0%)

1 が敵, は私

▼ たる関羽髯~ (2, 0.0%)

1 を剃落した, を表

▼ たる防寨~ (2, 0.0%)

1 の後ろ, は

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の近臣, の院宣

▼ たる院長~ (2, 0.0%)

1 が彼女ら, の息子

▼ たる陣営~ (2, 0.0%)

1 に飼われる, のほとり

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 にこれ, を招かざる

▼ たる陰影~ (2, 0.0%)

1 が有, の中

▼ たる陰翳~ (2, 0.0%)

1 は後, を生ぜし

▼ たる陳腐~ (2, 0.0%)

1 なる歌, なる趣向

▼ たる陶器~ (2, 0.0%)

1 にいれ, を製造

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のミチルちゃん, の子

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 快の, 狸は

▼ たる雄叫び~ (2, 0.0%)

1 である, をあげ

▼ たる雄図~ (2, 0.0%)

1 をいだいた, をもっ

▼ たる雄風~ (2, 0.0%)

1 しかも美男, 堂々たる海軍大尉

▼ たる雉子~ (2, 0.0%)

1 かな, を咬

▼ たる雑草~ (2, 0.0%)

1 が乱雑, の芽

▼ たる雑誌~ (2, 0.0%)

1 に活, の封

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 のおも

▼ たる離別~ (2, 0.0%)

1 の条件, は龍顔

▼ たる離座敷~ (2, 0.0%)

1 とも覚しき, の客

▼ たる難局~ (2, 0.0%)

1 に当り, に當

▼ たる雪国~ (2, 0.0%)

1 であること, の住民

▼ たる雲煙~ (2, 0.0%)

1 にまぎれ込み, の中

▼ たる電子等~ (2, 0.0%)

1 もいまだ決して, も未だ決して

▼ たる電灯~ (2, 0.0%)

1 の下, の明る

▼ たる霊界居住者~ (2, 0.0%)

1 が人間, なの

▼ たる霊界通信~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ たる霊知~ (2, 0.0%)

1 のあらわれ, のある

▼ たる~ (2, 0.0%)

2 の玉

▼ たる青年時代~ (2, 0.0%)

1 に, より美貌

▼ たる青年男女~ (2, 0.0%)

1 の義務的奉仕的勞働, をとらえよう

▼ たる青年画家~ (2, 0.0%)

2 は静物

▼ たる青竹~ (2, 0.0%)

1 に蝮, の矢来

▼ たる青草~ (2, 0.0%)

1 が波, を根こそぎ

▼ たる静けさ~ (2, 0.0%)

1 だろう, にそれ

▼ たる非人~ (2, 0.0%)

1 の徒, を長

▼ たる非行~ (2, 0.0%)

2 は近親

▼ たる非難~ (2, 0.0%)

1 が捲き起った, の矢面

▼ たる面々~ (2, 0.0%)

1 は何れ, は鳴

▼ たる面上~ (2, 0.0%)

1 には次第に, に注がざる

▼ たる面余~ (2, 0.0%)

2 に詩人

▼ たる革命的精神~ (2, 0.0%)

1 が其最, と不屈

▼ たる革命軍~ (2, 0.0%)

1 は百川, を率

▼ たる革新~ (2, 0.0%)

1 の意気, を断行

▼ たる革鞄~ (2, 0.0%)

1 の中, を携

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 おもしろげ, を取る

▼ たる韓暹~ (2, 0.0%)

1 は下, は以前

▼ たる音吐朗々~ (2, 0.0%)

2 のナポレオン

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 ひある句, を踏ん

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 は三方巖石, 高し

▼ たる領分~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ たる頭上~ (2, 0.0%)

1 の松, の火

▼ たる頭光~ (2, 0.0%)

2 で照

▼ たる頭蓋骨~ (2, 0.0%)

1 の中, の鑑定

▼ たる顔ぶれ~ (2, 0.0%)

1 であり実業家, では一挙

▼ たる顔付~ (2, 0.0%)

1 でやつぱりそこに, にて答礼

▼ たる願文~ (2, 0.0%)

2 にこそ

▼ たる願望~ (2, 0.0%)

1 でない, の象徴的描写

▼ たる顛末~ (2, 0.0%)

2 を審ら

▼ たる風俗~ (2, 0.0%)

1 あり, や掟

▼ たる風呂敷~ (2, 0.0%)

1 を顔一面, 包みとりおろし結び目

▼ たる風守~ (2, 0.0%)

1 である, のほか

▼ たる風景画~ (2, 0.0%)

1 である, は晴れたる

▼ たる風雨~ (2, 0.0%)

1 の柵, を美化

▼ たる風雲~ (2, 0.0%)

1 の一槍夫, の上

▼ たる飛行~ (2, 0.0%)

1 の童, の術

▼ たる飛行機~ (2, 0.0%)

1 と科学戦, の墓場

▼ たる食堂~ (2, 0.0%)

2 に入りぬ

▼ たる飢饉~ (2, 0.0%)

1 と不断, の原因

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の柔らかき, の石あはれ

▼ たる養分~ (2, 0.0%)

1 のため漸次, の發

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 取は, 取法師

▼ たる首途~ (2, 0.0%)

1 にある, にも渠

▼ たる香煙~ (2, 0.0%)

1 の脂, はなお

▼ たる馬上~ (2, 0.0%)

1 の勇姿, の衆徒十騎

▼ たる駄菓子~ (2, 0.0%)

2 やの門

▼ たる駄馬~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ たる騎馬~ (2, 0.0%)

1 のひ, の音

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 に酷, も好し

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 あり, は死にたる

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 は憂き, を重宝

▼ たる骸骨~ (2, 0.0%)

1 で両, にいらぬ

▼ たる高い~ (2, 0.0%)

1 天井に, 理想から

▼ たる高原~ (2, 0.0%)

1 である, の地

▼ たる高峰~ (2, 0.0%)

1 もあれ, 軽く見

▼ たる高楼~ (2, 0.0%)

1 と, の怪しげ

▼ たる高殿~ (2, 0.0%)

2 の一間

▼ たる高風~ (2, 0.0%)

1 があり, の如何

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のほつれ, の毛

▼ たる魂等~ (2, 0.0%)

1 はわが, よ

▼ たる魅惑~ (2, 0.0%)

1 というか命がけ, の色

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の敗北, や呉

▼ たる魚屋~ (2, 0.0%)

2 かな

▼ たる魚類~ (2, 0.0%)

1 でも野菜, をそのまま

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 この時, の如き

▼ たる鴉黄~ (2, 0.0%)

1 をのぞみ, を仰い

▼ たる鴨鳥~ (2, 0.0%)

2 の群

▼ たる鴫沢~ (2, 0.0%)

1 の翁はや, の食客

▼ たる鹿~ (2, 0.0%)

1 の価値, の餌

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 き日影, やかさ

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の田, の遠き

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 の袋, は戸

▼ たる麻苧~ (2, 0.0%)

1 が紙, などを幣物

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 き花咲き, と紫

▼ たる黄昏~ (2, 0.0%)

1 の光, の靄

▼ たる黄昏時~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ たる黄金白銀~ (2, 0.0%)

2 の落葉

▼ たる黒土~ (2, 0.0%)

1 に噛みつい, の埃及

▼ たる黒帽子~ (2, 0.0%)

1 をかぶりたる, を被りたる

▼ たる黒田伯~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ たる黒駒~ (2, 0.0%)

1 にまたがり, はがばと

▼ たる黙示~ (2, 0.0%)

1 と称すべき, の鴻大

▼ たる黨與~ (2, 0.0%)

1 に依, を議會

▼ たる~ (2, 0.0%)

1 のチャーナタ, の何たる

▼1* [11070件]

たるああ刻き, たるあえもの変じ, たるあかつきは翌, たるあからさまなる事実, たるあすなろの枝, たるあたり土の色, たるあちらの警備, たるあとフルヘッヘンドをなし, たるあと八つの爆発, たるあと小松なるべし立替, たるあなた様以外にはない, たるあの恐るべき国家的抑圧の, たるあまりうつくしさ, たるあらはれに, たるありさまが, たるあり絞の浴衣, たるあゝに變, たる眼つきに, たるいいことある, たるいかなる場合にても, たるいかにして, たるいくじのない, たるいじらしさ, たるいずれ盛衰記の, たるいたづら女, たるいただき近き寺, たるいちいち証明を, たるいちめんの火, たるいとあはれなり, たるいとしの従弟, たるいぶかしさでありましたろう, たるいまのがれること, たるいまさら恨み言えた義理, たるいま一人はそれ, たるいま国宝の一つ, たるいやうな, たるいろは屋文次が江戸中, たるいわば公衆に, たるうしろ姿を見送っ, たるうそも言いかね, たるうち嫁はなれぬ, たるうち火取虫に洋燈, たるうつろの心しづか, たるうなじめぐらし, たるうらみの行水, たるぞ松, たるおかげと思ひ切, たるおこえで, たるおごそかな顔, たるおしおは, たるおすがたには, たるおそのと一所, たるおそろしき水牛テヱエルの, たるおとなひすごき, たるおなじ扮装の, たるおのずからなる堤防, たるおのれにもっとも, たるおのれみずからの認識, たるおまへも其心, たるおもかげは, たるおもしろみあるに, たるおもしろい話が, たるおもてなしがご, たるおやじの中将綱誠, たるおりから, たるおりしもわが前, たるお互いの眼, たるお代嬢四辺を見廻し, たるお伽話の国, たるお前さまは修行, たるお力が化粧, たるお召と女, たるお嬢さんがたを全部, たるお嬢さんたちだ, たるお客さんには即金, たるお母さんは決して, たるお湯にも溶けぬ, たるお祭によって象徴, たるお蔭なりと誇り顔, たるお雪ちゃんに対して野心, たるかぎり倫理的意義を有する, たるかぎり火を近く, たるかげを苔, たるかすみのほらなり, たるかすら知らなかつた白石, たるかた興深く張飛, たるかつ大なる, たるかつら川そこなる影, たるかとばかり雲間に, たるかなかまくら道に出戸, たるかなしげな, たるかなという風でも, たるかなどと逆に, たるかな木枯にう, たるかな瑞穂の国, たるかな風采花嫁を祝する, たるかについては余は, たるかに探り入り呆然自失のよう, たるかに言及し其巧妙, たるかねの声々, たるかまたは旅行中, たるかもよ梢の, たるかも人生の苦, たるからだに肌衣, たるからにかへつて調の, たるからのひが, たるからはむかしの, たるかをさえ弁えぬ, たるかをも知らぬと, たるがいとほしく, たるがけふは, たるがさまであった, たるがため廣大なる樂, たるがというに, たるがらんだう, たるがをぢが, たるきがよしんば如何, たるきのふけふ, たるきり手である, たるきんのたいやう, たるき朽ち下層の, たるぎり挨拶さえどぎまぎ, たるくぎを打ち, たるくしている, たるくすっきりと, たるくすしのみか, たるくだくだしい言い方だ, たるくちうたは, たるくつてし, たるくらしつくにな, たるぐあいというものは人見知りをしない, たるけしきひとへにわ, たるけしき仙源に入りたる, たるけはひなり, たるなり, たるげに袖口からに, たるげんこつは宙, たるこいこいふるさとに, たるこういう記銘が, たるこえで呼びかける, たるここではせめて, たるこころにしめす, たるこころよさのみという, たるここ上野の池, たるこしかたにお, たるこしらえでも自然, たるこそはくちを, たるこだまなし夜烏, たるこっちとらが社会, たることこれ両者の間, たることさへ一度, たることその他平常心頭, たることどもをわすれぬ, たることに少壮の, たることばにて語る, たることまちがいない, たることまれなり, たることわが身ながら腑甲斐, たることノアとドイカリオン, たることバイロンスヰフト等が叙情詩, たること万目の公認, たること三四日行程に至る, たること世みな知る, たること久しかりしが, たること二十年小通詞, たること云ふ迄も, たること五十余年であつ, たること五百年ぶりと云ふか千年振り, たること人間と動物, たること仏説に拠つて因果, たること以外にはまったく, たること作者が能, たること僅に二年, たること其聖十字架を思はし, たること分明だ, たること勇蔵が遺物, たること十七日の日, たること南蛮渡来の玻璃鏡, たること古今に無双, たること古来の先輩, たること吾人の能, たること四五町ばかりだ, たること垂仁紀八十八年に見えたる, たること多く類を見ず, たること夜々に多し, たること天下折り紙つきのむっつり, たること天正年間の地子帳, たること孝助の忠実, たること室町殿日記に見え好事家, たること宮島にて紅葉, たること尋常ならざりき, たること尠なからず, たること尾崎発言に関する事実調査, たること尾崎發言に關, たること幾何ぞ, たること幾回なるを, たること幾度なりしを, たること幾百年ぞ, たること延いて, たること忘却せらるる時, たること戦後税務吏員の中, たること数知れず或, たること日本現時の文壇, たること旧記に見え, たること旧記中に見え, たること明白となり, たること明瞭だ, たること星岡窯に持ち帰ったる, たること此二点は白鳥処女説話, たること歴々としてなお, たること歴史伝説の上, たること死せるが, たること殆んど, たること殆ど七年公正廉潔を以て聞ゆ, たること残念に候, たること決定的では, たること清らかな水, たること満足の至り, たること玻璃鏡のごとき, たること発覚したれば, たること眼の光, たること稍しばしなりし, たること等が話題, たること絵にかける, たること芝山内また上野などにまさり, たること蘭軒の説, たること路傍にすくすくと, たること近ごろ奇特の至り, たること通説なれども, たること遲し, たること長享三年以来足かけすでに十八年, たること鮮少ならず, たるこまごまし土は, たるこま下駄も, たるこれぞ佐太郎が, たるこれ当時一般の状態, たるこれ等を打ちやっ, たるころ後の方, たるこゑを思はせた, たるこッたろうここ, たるこーい水飮, たるごとき心持ちで, たるごとく駕籠は, たるさあ一緒について, たるさうながほんま, たるさえも今は, たるささやかなる風呂敷包, たるさとしかしこみ国出づと母, たるさながらわざとした曲, たるさびのついた, たるさびしさ, たるさまいにしへのノア, たるさまこの世に有るべき, たるさまこれはそれ, たるさま一雙の屏風, たるさま傍なる木, たるさま只だ戲, たるさま唯だ蔓草, たるさま大路の上, たるさま天台一萬八千尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, たるさま彼の作品, たるさま春夜の如し, たるさま田家の庭, たるさま画としても人, たるさま花よりも却, たるさま誰が目, たるさま風趣あり, たるさもしい心だろう, たるさりとては訝し, たるやれなり, たるしっかりした歩調, たるしづかなる時たち, たるしなやかなる振を, たるしぶきの中, たるしゃくにさわる, たるしらかべの, たるしん粉はお, たるじゃないの, たるすこぶる執着心の, たるす中に仕上がる, たるそぞろ歩きを続け, たるそのまま手を, たるその他微細の変化, たるその間には見, たるそよ風吹いて, たるそら行く舟, たるそれぞれの穴, たるそれら美人連の群れ, たるぞとて姉川を, たるぞとばかり一山の, たるぞの瞳の, たるぞや乃至此, たるうときうつくしきかの, たるたおやかなる風采, たるただ一軒の破ら, たるたった一つの, たるたとえば囚徒の, たるたびたびの送金, たるためそれとし, たるためキールの砂利, たるため一週間の製造高, たるため一體に不文, たるため三にはまた, たるため上層と擦し, たるため主義上と言う, たるため些の餘地, たるため其とし, たるため外国品一切売るところ, たるため幾部分汚されてるが, たるため放蕩にし, たるため横浜に停船, たるため機能停止したるもの, たるため欧洲連衡の力, たるため毎号改良の点, たるため清次は身の毛, たるため皆腰拔の歌, たるため翌日落成すべき建築, たるたよりなさ, たるたらの芽, たるたわけ者ゆゑ此の如く, たるたわ言共をかき集めたる, たるよ, たるだけでなしに, たるだけにて一年の, たるだけにはとどまらん全, たるだけはややうるさい, たるちいさき虫を, たるちから声と共に烈しき, たるついぢの, たるつき当たりの暗黒, たるつくつくし都は, たるつくりごと御賢察, たるつつじの花, たるつとめてなどは世に, たるつねに全社會の, たるつゆを見すらん, たるつよい恋だった, たるつよき逸話この, たるてと記録に, たるてにをはと言語の, たるですばい, たるでたらめの妄想, たるといなとの差別, たるというもみな坊間の, たるといふ譯では, たるとうときうつくしきかのひと, たるとおり拙者の主論, たるとかいうことを, たるとがより解, たるときあなたさまに一日, たるときわれは何處, たるときわれ穉き物語, たるときわれ等はかの, たるときエレーンは父, たるときソルデルロ彼をひきよせ, たるとき一人足らざりしかば, たるとき下枝は胆, たるとき人間にかなしき, たるとき作譜者これにて好し, たるとき先生特に駕, たるとき六月の月夜, たるとき其内部を窺, たるとき医者にも見せず, たるとき右手の拇指, たるとき妻が看病, たるとき姫は頭, たるとき家女と結婚, たるとき将に暴れん, たるとき将軍家を目, たるとき彼の軍艦咸臨丸, たるとき彼等の憚り, たるとき心にはむかしサンタ, たるとき我はその, たるとき我胸は躍りぬ, たるとき教師盤上に記し, たるとき旅館の下女, たるとき東京の紳士, たるとき江戸定府とて古来江戸, たるとき演芸中の太夫, たるとき看客のうけ, たるとき耻ずかし, たるとき調理場でゴミダメ, たるとき迹かたもなくなる, たるとき飛沫は我等, たるとき鼠小僧墓所石構えの裏手, たるとこの島, たるところおのづから一幀, たるところがまた闘牛中の, たるところのはだ, たるところ不届き至極の鬼王丸め, たるところ九時までなんとも, たるところ今なお巍然, たるところ仏道修業の用具, たるところ何物ぞと斯く, たるところ余が此篇, たるところ先生におかせられ, たるところ其處には乞食, たるところ半ば客観的に叙したる, たるところ卑怯にも矢部殿, たるところ土佐の政府, たるところ坦々たるところ, たるところ堤に柳, たるところ多くあり, たるところ大学教授の大学教授, たるところ小生の到着, たるところ山がかすん, たるところ志を同じ, たるところ折柄洋上には密雲, たるところ拝謁仰せつけられ忝なく, たるところ故障が起った, たるところ斯般の妙趣, たるところ朝日将軍の墓, たるところ本日又最愛, たるところ東京なる吾妻橋, たるところ枝ぶり面白く海, たるところ深夜忽然とし, たるところ玄蕃儀持病さし起り試合大儀の様子ゆえ, たるところ理の当然, たるところ百穂君か芋銭君, たるところ皆この歌, たるところ私の後, たるところ興味浅からず, たるところ若干ぞと問え, たるところ袋探偵の買った, たるところ読者の記憶, たるところ運わるく非常識, たるところ都の騒乱, たるところ駒ヶ岳の絶巓, たるところ鷹を逃がし, たるとぞ仰せられける, たるとなんぞ択ばんこれ, たるとによりて毫も信ずべき, たるとのみによりて名誉を, たるとばかり目を, たるとやいふべき, たるとをば一々認むといひたればなり, たるちや知り, たるなお祥の, たるなかれ廉直なる, たるながれで旅の, たるなごりにや, たるなごり惜しみの情, たるなぞのみでしたから, たるなつかしさわが, たるなどは全く范曄, たるなどもをかしく久米駿公の, たるなにをもっ, たるなにがしの女, たるなべてが空, たるなまけものになった, たるなみだにかきくれた, たるならば下劣, たるなるべく又永初, たるなるべくはた彼が, たるなればもとより, たるなんらかの得物で, たるにおいては吾輩しばらく, たるにかと世にも人, たるにかの餅見えず, たるにくさ, たるにさえ焚籠めて, たるにしかざるの, たるにっぽんの背景, たるにつきこれは, たるにもの言ひ, たるによつてなり, たるにをさなき, たるに対して吾輩は, たるのうしろからまっ黒, たるのちブラジルの地, たるのち何時の世, たるのち内相よりその, たるのち居所を定めず, たるのち虔ましく居ずまいを, たるので已むなく舟に, たるのみぞ昔の, たるのみであらうと, たるのみといったとあるに, たるのみを見て, たるのりとは一, たるのり物にだにも, たるのんきさ加減は驚き入りたる, たるの側ありと, たるの相だ, たるはけしからぬこと, たるはたと言ふ, たるはてにまぎれ込ん, たるはなしと茶音頭, たるはなびらあり, たるはな片あり, たるはまことの病, たるはみな圧制政府, たるはよかりしも, たるはるか後にいずれ, たるばかりじゃない, たるばかりと見られるばかり, たるばかりなりと覚しく手, たるばかりに驚いて, たるは解け, たるひとえに心境の, たるひとつの難件, たるひとみで味方, たるひとり者でとうとう, たるひと群の客, たるひと間のみ, たるひどい濕つた風に, たるひろき空洞の, たるふぐを条件, たるふた葉ひらき, たるふちをた, たるふところ手半ば禿げたるわが, たるふみ子の肩, たるふりは知る, たるへきと存事, たるべかりきと, たるべにがらに, たるほうで一流, たるほか饗応すべきもの, たるほたる, たるほどにてかかる恐ろしき, たるほどにも思はれ候, たるほのかに見, たるぼくが正しい, たるぼろぼろ着物の, たるぼろ畳の上, たるまずい戦, たるまたは銀行の, たるまだ頑是ない, たるまでぞと何事も, たるまねするを, たるままかなはぬ, たるままツとそこ, たるままハタと擲ち, たるまま一座を見回し, たるまま下枝は膝, たるまま中将も立ち上がり, たるまま主の気, たるまま二人の顔, たるまま何事をか深く, たるまま傍らに立つ, たるまま先生の教え, たるまま光代にも告げず, たるまま公にせられざれ, たるまま十年も臣下, たるまま半ば刀を抜きかけ, たるまま右左より骨, たるまま合掌して, たるまま呆然として佇立, たるまま夜を込め, たるまま天に昇り, たるまま妻の顔, たるまま宇品より今, たるまま寂として声, たるまま寝台の上, たるまま床に帰り, たるまま引上げて左, たるまま弥左衛門は刀, たるまま当惑の眉, たるまま後手つきて, たるまま微動だに, たるまま心ここにあらずで, たるまま息絶えぬ, たるまま手をも挙げざりき, たるまま押入より蒲団, たるまま末席の五, たるまま枯木は冷然, たるまま横臥し朝風, たるまま橋の欄, たるまま檀那寺の世話, たるまま此方を見向かん, たるまま涙を払っ, たるまま火燵に片, たるまま物いはず, たるまま玄関の障子, たるまま目を, たるまま粛然として帯, たるまま絶命せるもの, たるまま縄もて後手, たるまま胸に臨める, たるまま腕を延べ, たるまま苔蒸すまま, たるまま荘重にこれ, たるまま行方を知らずなり, たるまま身さえ眼, たるまま遁れんとする, たるまま酒店に置き, たるまま静止し又は, たるまま面目分明ならねど, たるまま黙然として物思えり, たるまめ男自らは千鳥足, たるまろうどたちはこ, たるみすがたたどる眼, たるみそとりにやる, たるみそはぎをたくわえおき, たるみどり子のやがて, たるみなみの陵, たるむきも少く, たるむさくろしき二階の, たるむさぼりくらへば, たるむづかしげなる福草履とかいふめる, たるむなしきもの, たるむら雲がくれ, たるもうぢんの, たるもけふ始めて, たるもしその所在, たるもしくは流寓, たるもしなみなみの人, たるもちて鹽, たるもっと適切に, たるもどかしさ, たるものあと逐ひ來, たるものいかんぞその, たるものこれらの外国人, たるものこれ地に關, たるものすべて汝の聞きたる, たるものそれ幾人かある, たるものぢやない, たるものなんどおさなき時, たるものみな喜ぶ, たるものゆゑに幽か, たるものクリスチヤンゴットロープハイネを以て第, たるものグロテスクのもの, たるものシドーンの少女, たるものダーとならざる, たるものパリスぞわれ, たるものヒン曲げられたるもの, たるものローマ宗新教派, たるもの一つは個性, たるもの一つ英語で諸君, たるもの一人二箇に命中, たるもの一人他は僅, たるもの一千三百二十六万七千四百二十一円信徒の寄付, たるもの一変して, たるもの一度は家, たるもの一日も晏如, たるもの三尺の剣, たるもの上は国持, たるもの世俗の義務, たるもの世間はなはだ多く, たるもの久しかりし乞食僧, たるもの之を称し, たるもの乍ち国家統一, たるもの也傘よりはとて菅笠, たるもの事業をなしたる, たるもの二人ありたり, たるもの二十箇村に達し, たるもの人の妻, たるもの人衆二万ほど竜田越, たるもの今度の事件, たるもの他人の話, たるもの以て瞑すべしだろう, たるもの仰天せざるを, たるもの何ものか自ら高貴, たるもの余の見し, たるもの個性であったが, たるもの兆民居士を以て最, たるもの公武に拘らず, たるもの其名目のみを以て満足, たるもの其額上にいちじるし, たるもの処世に於, たるもの刺激されないでは, たるもの前にマルコ・ポオロ, たるもの匈奴が婚, たるもの十余人を呼び集める, たるもの十余句あり, たるもの十手を携えたる, たるもの合法的良心重罪公訴などあらゆる, たるもの四人の申立, たるもの四十余巻ありと, たるもの夕に出, たるもの多くは天然, たるもの大切の文書, たるもの失望落胆せざるを, たるもの失職してる筈, たるもの女房が蛆, たるもの如何んぞ, たるもの如何程も御座候, たるもの妻たるもの, たるもの嫣然たるもの, たるもの子または孫, たるもの家を起したる, たるもの家臣たるもの, たるもの尋常一様の封建政治, たるもの小石氏の如き, たるもの平和の極意, たるもの平地ありて, たるもの年々増加するとき, たるもの幾人かある, たるもの幾冊の多き, たるもの心あらざるべからずと, たるもの心配せざるを, たるもの忽にし, たるもの恋愛は人類, たるもの恍惚たるもの, たるもの恐縮どころか却つて, たるもの感激せざるを, たるもの戦場で死ぬ, たるもの所謂る教訓句集, たるもの挙て数, たるもの換言すれば, たるもの支那事変や大東亞戰爭, たるもの支那小説の古, たるもの数カ所に見えし, たるもの数冊の多き, たるもの数首あれば, たるもの整理されたるもの, たるもの敵地にあっ, たるもの數人法皇と贄卓, たるもの文壇時評一篇のみ, たるもの暁台闌更により, たるもの暫久しゅうす, たるもの曰くスペインの事情, たるもの本篇の原書, たるもの本郷丸山の風俗, たるもの枕を高う, たるもの枚挙に遑, たるもの根を掘らん, たるもの正確なる歴史的考證, たるもの此を大国主神, たるもの此亦戮せられぬ, たるもの此冊子を成す, たるもの汚穢なる人界, たるもの波洗ふ岸, たるもの無心を言われる, たるもの物干棹, たるもの狐の提灯, たるもの猫柳の枝, たるもの男子として大丈夫, たるもの画狂人葛飾北斎に如く, たるもの百人を限っ, たるもの百姓は是, たるもの皆顔を青く, たるもの真の愛慕, たるもの社会信仰の神格, たるもの社會は生活苦, たるもの祕密なる, たるもの穉きものあまたあり, たるもの竟に死なず, たるもの竦然たるもの, たるもの等の言葉, たるもの簡明なるもの, たるもの職人の本分, たるもの職業ぐらいはなん, たるもの胸中いささかおだやか, たるもの能く記臆, たるもの自己を主張, たるもの花の頃, たるもの落伍者は極めて, たるもの蜘蛛の糸, たるもの西南洋に輻輳, たるもの觀來つて一種の詩趣, たるもの誰か徒為, たるもの財を積みたる, たるもの超越的なるもの, たるもの足を団石, たるもの身を救, たるもの通計七首である, たるもの造次顛沛の間, たるもの鈴木三樹三郎篠原泰之進藤堂平助毛内有之助, たるもの鉄道敷設の免許権, たるもの鎖につなぎ止められたる, たるもの鎖襦袢をガッシリ, たるもの閉鎖されたるもの, たるもの降参せざるを, たるもの限定されたるもの, たるもの雪月花の外, たるもの青筋を立てる, たるもの顱巻をしたる, たるもの風光明媚風暖かに碧波, たるもの髪結いたるあり垂れたるあり十八九, たるやがつくり島田, たるやがての春, たるやたらに奇麗, たるやつだ, たるやという, たるやなどとありますとおり, たるやの観ありき, たるやはすでに分かりたる, たるややエロティックな, たるやり方にレヴィー・クール, たるやを汝の詞, たるへなるべし, たるゆえここにはこれ, たるゆえわれらはおどろき, たるゆえ人体内部の気, たるゆえ内部へ入り, たるゆえ左らば寧児, たるゆえ己れの, たるゆえ我もこれ, たるゆえ死苦等のごとき, たるゆえ途中で逢っ, たるゆえ鳴門に取り, たるゆふぐれを, たるゆるい芝生の, たるゆゑならずしてその天界の最低, たるゆゑ強ひて, たるゆゑ故郷にて, たるよう上流の流れ, たるよう月を蔽い, たるよからぬ癖, たるよな人も, たるよなど其悪み, たるよりの風雅の, たるよろずの興, たるらんぷと杉の葉, たるりりしき眼の, たる刃を, たるれいとして私しが, たるれっきとしたマリーの, たるろうそくに火, たるろぢの類, たる汝は, たるわが子いはけなく未だ, たるわくら葉に横たへよう, たるわたしたちは自主的, たるわび人我さへあはれ, たるわらべの袂, たるわれら末輩まで心強う, たるわんぱくもの, たるをとのたまふ, たるをもってのゆえなり, たるををかりぎぬのしりに, たるを以てにあらずや, たるは有, たるアイアース四つの角, たるアイデアに吾, たるアウグスチヌスは本書, たるアウムストロング・シドレイ式三八五・四二五馬力冷空ジャガア・エンジン三個により推進, たるアカイヤ軍の堅き, たるアガペーにおいては主, たるアガメムノンは轟々たる, たるアガメーデーは彼, たるアクロン号は武蔵野平野, たるアゴウ族はほとんど, たるアザのごとき, たるアシネー及びヘルミオネー, たるアジア大陸の荒野, たるアスファルトの鋪道, たるアスフアルトの大道, たるアズミ氏だから, たるアッシェンバッハにとって既知, たるアテネ人らはあたかも, たるアテーネー天妃ヘーレーもろともに, たるアトリエとして建築, たるアナーキー性の爆発的言辞, たるアネサはさらに一段と, たるアフガニスタン境界論のごとき, たるアプロヂーテーヂュウスの子, たるアプロヂーテー來りなば, たるアポルロン古代の力士, たるアマテラス・オオミカミは日そのもの, たるアミュントールは我, たるアメリカ全国民, たるアラビア人の掠奪, たるアラビーパシャに倣い, たるアラベスクを現出, たるアラメダ街を一過, たるアリナレの流れ, たるアルキメドーンは第, たるアルセーヌ・ルパンかの猛, たるアルファの残した, たるアレクサンデルである, たるアレクサンドロス彼の主張, たるアレース彼を勵, たるアンジョーラは人々, たるアンチステネスのごとき, たるアントニオよ, たるアントロポロギーは發見, たるアンナを歓ばせる, たるアンニユイの凡て, たるアンモナイツの多種, たるアーラルドが素手, たるアーンチロコス今着けり, たるイエニーの愛情, たるイエーソーンピュプシピュレーは彼, たるイオニア様式で殊に, たるイギリス領各州の共進会, たるイギリス風なあるもの, たるイスラエル人を誘導, たるイゾルデ姫だ, たるイリオニュースの父母, たるイリオンを, たるイルコックウエップグロースの三人, たるイワン・フョードロヴィッチの唱道, たるイヱスキリストとを比較, たるインクの罎, たるインスピレーションが稲妻, たるインテリゲンツが探偵小説, たるインド風のデカダン, たるイーリス使とし, たるイーリス共に呼び出し, たるウィルヘルムはいま心しずか, たるウイツチならず, たるウインソア橋に近き, たるウェストミンスター・アベーを拝観, たるウェリントンはまだようやく, たるウゴメキを現しはじめた, たるウメはかかる, たるウラニウムがない, たるウルヴシとプルラヴァス, たるウンドが哲學系, たるウ氏はカイロ, たるエクスタシイである, たるエクスタシーを味, たるエゴイスチックなもの, たるエジプトの女王, たるエジプト人らが数千年前, たるエッタがまた, たるエディ・ホテルが安定, たるエデンの園, たるエフィゲニウス家の奴隷クレテ, たるエフィム・ペトローヴィッチ・ポレーノフの家, たるエマルソンが盛, たるエミイル・ファゲエ氏同氏も亦, たるエミシに対して天孫民族, たるエミリーによろしく, たるエラトスを打ち倒しぬ, たるエルサレムはチツス, たるエルザレム中の歌, たるエレヂイの桟道, たるエロチシズムとナンセンス文学, たるエングレル及びブラントル, たるエーテル波の漂う, たるオイリュウスの子, たるオオミタカラが先住民, たるオカミサンが値切る, たるオセロの武勇, たるオヂュシュウスの敵中, たるオツペケペーの川上, たるオトリュンチュウスは彼, たるオノコらは手, たるオペラも自分, たるオホーツク海のただ中, たるオホーツク海一面の反射, たるオボイの響, たるオメカケ型の女, たるオモムキがあっ, たるオランダ及びスウェーデン, たるオランダ人追放の請願, たるオースチン師の言葉, たるカクテルではある, たるカザルパック族ブカリア族ペルシア人トルチェメン族カルマック族及びロシア人, たるカタパルトを彎いた事, たるカックーカックーという美しき, たるカテリナのいふ, たるカテリーナ・イワーノヴナをすて, たるカトンはサルジニア総督時代, たるカドにより怒っ, たるカナンの地, たるカピ君が鼻, たるカブト虫とならんだ, たるカブールに往来せり, たるカミキリムシや鋏, たるカメロットの館, たるカラーをつけ, たるカリフォルニアン・クリッパーについて語らね, たるカルセーヂは暫く, たるカルタゴがきらい, たるカルハース未來を悟り, たるカルモチンを需め, たるカレートールを敵, たるカント学徒によって独断的, たるカーラブリアの僧都ジョヴァッキーノ, たるガエタの灣, たるガラスをよく, たるガラツ八の眼, たるガラ族及びシャンガラ族, たるキチガイ坊主じゃ, たるキマイラを敵, たるキューナード嬢を救ひだ, たるキリシタンの十字架, たるキリスト教徒の手, たるキリスト論派に賛, たるギャソレンの煙幕, たるギュイヨオ君であります, たるギヨーテが戦陣, たるギリシア軍を迎, たるギリシャ神話中の人物, たるギリシャ詩人後者は通俗詩, たるギルドである, たるギンネコ号の横腹, たるクインツィオ及びデーチ, たるクウリンは一夏, たるクエーカー宗以外の人々, たるクグ製の袋クグツ, たるクジラを追放, たるクラクズーが姿, たるクラフト君の協力, たるクリストの軍隊, たるクリスト教徒でもない, たるクリトーン自身のため, たるクリュセースは堅甲, たるクリーニング氏の場合, たるクルスを取りいだ, たるクルディ僧は矢, たるクロという鷲, たるクロニオーン立ちて, たるクロポトキン其他の著書學説, たるグラン・トリアンにおいては敬虔, たるグリフォンを, たるケットを取り, たるケルンよ, たるケーニヒスベルクに着し, たるケーン・ウードを徘徊, たるゲルマン帝国のごとき, たるゲルマン民族の科学的興味, たるゲーテやシルレル, たるコイラノスアラストールと, たるコオル・ヂプロマチックを形, たるコケンをはずかしめぬ, たるコスモとしてはある程度, たるコセンツァの牧者, たるコッた帰れ帰れ, たるコップを左手, たるコトレー師に向かっ, たるコブデン氏の説, たるコペルニクスガリレイブルーノ等はみなヤソ教, たるコポオの演劇論, たるコマ五郎一党に向っ, たるコムソモール労農通信員たちの日常生活, たるコラムは霊, たるコリオリ・デスピヌーズ侯爵愛嬌のある, たるコルコバド山上に登臨, たるコルスターワース村字ウールズソープをたずねん, たるコロップの無き, たるコロボックルの昔, たるコンクリート道路をバス, たるコンスタンツァの原野, たるコンセプシオン市の要港, たるコントラストを見せ, たるコンパクトそのものである, たるコン吉とタヌ, たるコートは雫, たるコーヒーの集散地, たるゴリラの測り知られぬ, たるゴルチーンの石壁法, たるゴルファーはめったに, たるゴロツキ性乱暴の弁護, たるサイタヅマという不思議, たるサイフォンの瓶, たるサクソンの表現, たるサスネー侯爵シャール・ザントアンヌという匿名, たるサト子の目, たるサビーニ人であった, たるサムライが私, たるサラダか珈琲菓物, たるサラダロアイヤルは林檎, たるサルト族及びトルコマン族, たるサルペートリエールの一郭, たるサルペードーン答へ曰, たるサレルノ街道其背後の暗, たるサロオメの心, たるサロメのこと, たるサンカモノの名, たるサント・クレール・アン・ボーリユー修道院があった, たるザヴィニーティボーの法典争議, たるシインだ, たるシエイクスピア用語辞典の編纂, たるシゴキを盗み取られた, たるシドニーに入港, たるシドーンの人, たるシベリアの野, たるシャウ氏来訪あり, たるシャロットの女, たるシャンデリヤの下, たるシヤボテンの樹, たるシュクでい, たるシュワルツの企図, たるシヨツペンホウヱルも或は, たるシルウェットがありあり, たるシルクハツトをのせ, たるシーソー的な方法, たるシーンや彼, たるジェスチュアや服装, たるジォフロア・サン・ティレールが言った, たるジオン・ホスたらずんば, たるジサ祭はこの, たるジブラルタルにアフリカ, たるジャム鬢付のやう, たるジャン・クリストフの面影, たるジャヴェルがそこ, たるジャーヴェスは欧州人, たるジヤベリンの弾道, たるジュパーンや高価, たるジューベールが剣, たるジユウル・ルナアルが持株, たるジロンド黨の徒, たるジードにとってどこ, たるスウイフトも恋愛, たるスウェデン語で書かれ, たるスウェーデンですら十六世紀, たるスクリーブやカプュス, たるスコットランドの山々, たるスコラ的形式論理の分析的演繹, たるスタイルは前, たるスタチスチクの表, たるスティヴンスンのこと, たるステッペンやパンパス, たるステーションにある, たるストックマンには私, たるスパルタがあり, たるスピノザは歴史, たるスペイン革の覆い, たるスペクトルの分析, たるスポーツに於, たるスーダン熱沙の大, たるスープの價, たるスールディ公爵夫人のもと, たるスールー海のどの, たるズボンをあたら, たるズボン一着だけは値, たるセイレーネスの如き, たるセソストリス時代の記念塔, たるセントヘレナ島と南アフリカ大陸, たるゼルマン卿の書信, たるゼ・シムプルであつ, たるゼー・エス・ミルになろう, たるソクラテスの心境, たるソテツの精虫, たるソテロもそれ, たるソフアの辺, たるゾラならむとは, たるタイガ号の姿, たるタウンゼンド氏はハムレット, たるタカマガ原が日本, たるタタール人をば今, たるタマセと云う, たるタミの語, たるタンテイ眼による, たるダイアモンドはさせる, たるダイコンの歌, たるダイヤに驚い, たるダリヤの大輪, たるダヰツトの事, たるダントンとの間, たるダヴェイナ・アラビア人はインデディデマ, たるダ・ヴィンチが数学, たるダーウィニズムを叙, たるチベットラマの風, たるチベット法王に与える, たるチャムポロの奸智, たるチャールス王もやむをえず, たるチヤスチチイの処女, たるチヤブ屋女の歓会, たるチュウクロス避けて, たるチロがあり, たるヂオメーデース祈り曰ふ, たるヂッケンスやサッカレー, たるヂュウスは之, たるヂレスリーの亜流, たるツォイスの行為, たるツクナイに又, たるツル子の瞳, たるツロギリシアの諸, たるテナルディエは同じく, たるテナルデイ軍曹だ, たるテムポです, たるテルモピレにおいてした, たるディクサンにおいては唯一, たるディレツタントの前, たるディーツゲンを, たるデカルトスピノザ等はみなヤソ教, たるデスペレートな利己主義, たるデニー博士はこの, たるデビーに敬意, たるデマゴギーの方, たるデモーネンの謂, たるデルフにおいてし, たるデーモクリトスは其適例, たるトタン屋根の倉庫, たるトットがこれ, たるトムの死骸, たるトラックの列, たるトラムペットが試合開始, たるトルコの爲, たるトルコ人と隣人, たるトロイアの, たるトロイア勇將は, たるトロイア勢は其時, たるトロイア双馬御し, たるトロヤの女等, たるトンガタブウにおいては豊富, たるローンの, たるドイツ人は高慢, たるドイツ国民的感情を喚醒, たるドイツ皇帝ヘンリー四世と衝突, たるドイツ軍の戦績, たるドニェプルの模型, たるドミトリイ・フョードロヴィッチはいまだに, たるドーブレクに対抗, たるナイトの服装, たるナイル河荒漠たる, たるナップに移っ, たるナトアールという画家, たるナブ・アヘ・エリバでなかったら恐らく, たるナプキンを捧呈, たるナポレオン声を以て詳しく, たるナポレオン聲を以て詳しく, たるナンセンスをさえ感じる, たるニイチェから分れ, たるニッケルのカップ, たるニッケル鍍の, たるニユーヨーク州立図書館長メルヴイル・デユーイ氏いわく不動公立図書館を各, たるヌカルミの, たるヌー・シカゴのこと, たるネウチなの, たるネオ極楽広場の人混み, たるノラの方, たるノールカップに向かい, たるハゲがすり, たるハドルスキー氏は自ら繃帯, たるハノホを撰べ, たるハリッチ海軍根拠地のある, たるハリ・ドレゴはまだ, たるハルトマンに対してハイデッゲル, たるハンスル夫婦が漁師小屋, たるハンドルの前, たるハートに希望, たるバイロン我れ之, たるバウール・ロルミヤン氏の所, たるバカ若殿大, たるバケツなどもあり, たるバビロンはアレクサンデル, たるバベにほかならなかった, たるバベルの原野, たるバラックの屋根, たるバラック街に強盗, たるバラック都市の裡面, たるバラルダの廻転, たるバルヂピエロは恐らくは, たるバルン氏を論ずる, たるバンガロー式の小, たるパイプの煙, たるパエル氏はヴィル・レヴェーク街, たるパッシーフの側, たるパナマ帽子背広の服, たるパピロスであった, たるパリサイ人を罵れり, たるパリー人中でそれら, たるパリー貴婦人の面目, たるパリ峡に遊ぶ, たるパルナシアンの夢幻境, たるパン屋のパン, たるヒガミ根性を抱かしめず, たるヒキ岩といへるは, たるヒステリー症の女, たるヒダへ逃げこん, たるヒナ人形のみであった, たるヒペーモルゴイ住める郷, たるビエルヂバブには遮二無二, たるビジテリアンの仏教徒諸氏, たるビラ撒きを, たるビングの依頼, たるビーカーの中, たるピアツツアヂトレヰイに曲り出でし, たるピエートロとパオロ, たるピサロはじめてその, たるピュラケーの舘, たるピュローン及びセクストゥス・エムピリクス, たるピユウリタンであること, たるピラトに聞かなけれ, たるファッシズムの道, たるファラデーを眼下, たるファンの魂, たるファンテジイと鷹揚, たるファールファレルロにむかひ, たるフアウストも自分, たるフアウヌスに輓, たるフアビアニといふ士官, たるフィフテ氏といえ, たるフィレンツェの家族, たるフイイーの考案, たるフェリックス・ヴェールに助力, たるフォアのよう, たるフォルムに到達, たるフォークとナイフ, たるフテブテしい目, たるフュアルデス事件については, たるフランス兵士の目的, たるフランス古典劇と近代劇, たるフランス自身の権化, たるフランス語の春本及旧, たるフランス革命はすべて相, たるフランソア・ド・ヌーシャトー氏はポンム・ド・テール, たるフランソア・マリー・ハスレルがやっ, たるフランチアは盲婦カテリナ, たるフリをした, たるフリツクを斃, たるフロック姿を現, たるブライト氏が去年六月, たるブリイセーイスを奪, たるブリキの蓋, たるブリキ蓋は曇りたる, たるブリズベーン市まで九マイル, たるブリュッセルの繁栄, たるブルジョアジーの壓迫, たるブルジョア個人のため, たるブルジョア政党反民主政党, たるブレトンの女, たるブロードウヱーを歩み, たるプォイニクスすぐれし勇士, たるプティー・ジェルヴェーより奪いし, たるプライドが如何に, たるプラカートや絵, たるプラトオが理想, たるプラトンのエロス, たるプログレムを出し, たるプロシヤの頭, たるプロパーな領域, たるプロペラの響, たるプロメシウスの弟, たるプロレタリア文学運動に対してその, たるプンタアレナス港に入り, たるプールの中, たるヘクトール憤然として叱り, たるヘラクレスの伝記, たるヘル・プロフェソルは近眼鏡, たるヘレネー女今一つからカストル, たるヘレネー答へて彼, たるヘンリが毎晩, たるヘンリーは起っ, たるヘープァイストス呼びて, たるけれど本来氷, たるベアトリチエとの戀, たるベディッグトン以外の何者, たるベラン氏も見えなかった, たるベルサイユ体制は反動的, たるベルナルドオを取りし, たるベルヌ条約の第, たるベルリオーズはそれ, たるベンサム氏が最大無類, たるベーツ氏の記載, たるベートーヴェンもオッサ山の上, たるペッティイ・ブルジョアだから, たるペトラルカを見ずや, たるペリボイア彼と契れり, たるペルリ氏の当時, たるペレニウス一族の末裔, たるページにおいては不可能, たるペーネレオースすぐれたる, たるペーリュウス身を慇懃, たるホクチ樣のもの, たるホラなどあり, たるホール・ピイクロフトと云う, たるボアソナード案の法典, たるボケナスだタコスケめ, たるボコボコのピアノ, たるボリュームが髣髴, たるボルシェヴィク作家の存在, たるボルテイアとなり, たるボロを打捨て, たるボロン山の堡塁, たるボーイス師は一日議会, たるポネヒル二連発銃の銃身, たるポリュイドス屡, たるポルトガルは切支丹, たるマアセルの私生活, たるマイエルの説, たるマイッチャにおいてはもしいやしくも, たるマコーリー氏の古屋, たるマザーにし, たるマタギには山辞, たるマターファに譲る, たるマドレエヌ・ベジャアルの娘, たるマドレーヌでありジャヴェル, たるマドレーヌ氏はいよいよ, たるマドロスも鼻唄, たるマナを人, たるマネキン嬢である, たるマネーヂヤーは幾ら力, たるマブーフ氏の死, たるマホメット教に敬意, たるマランとい主人公です, たるマリイこれも岸, たるマリー失踪前後の記述, たるマルクスルーゲハイネ等の入国, たるマルクス主義から独立, たるマルクス主義者がプロレタリア政党, たるマルクス自身の始め, たるマルコの紀行, たるマルサスの所見, たるマルセイユ人の手籠, たるマルタのみも三尾, たるマルチの像, たるマルボントース若紳士, たるマンデスが言った, たるミゲル提督ならびに部下, たるミステリーの靄, たるミネがカンヌキ, たるムルタックよ天地, たるメキシコドルは粗末, たるメスを取り, たるメフイストフエレエスの哄笑, たるメリンスを縫いつけたる, たるメルキオルは一刻, たるメロデーを奏でる, たるメンデル・パスまでの自動車道, たるメーリオネース槍投げの, たるメーリオネース答へ曰, たるモオラリストである, たるモッカを飲み, たるモッブの類, たるモナドの発展, たるモリスは自ら工匠, たるモントニーグロの如き, たるモントルイュ・スュール・メール市長マドレーヌ氏を逮捕, たるモン・ブランなにほどのこと, たるモーラル・センスの批判, たるモールス氏は此貝塚, たるヤカラをみんな, たるヤツガレも一安心, たるヤンキーとしか思われませぬ, たるユダヤの地, たるユダヤ人どもに反抗, たるユダヤ民族の豊か, たるユダヤ系の風貌, たるユダ剣と棒, たるユトランドは復活, たるヨニーと称する, たるヨハネス・スパイスなる伝奇作家, たるヨハンの姿, たるヨバヒトではない, たるラウド・スピーカアの響き, たるラウペパに比べ, たるラザフォード・オルコック氏がさきごろ露国, たるラッパの音, たるラツパの音, たるラテン文化からほとんど, たるラテン詩と恋歌, たるラテン語の傾向, たるラプラスはこう, たるラプラタ川を望み, たるラマが不, たるラルゲットのため, たるラローズ氏が, たるランドル七十五歳生誕日の翌某, たるラーオトエーの生める, たるリアリティーに対応照応, たるリア王のよう, たるリオ群島は屏風, たるリザベッタ婦人は答えた, たるリチャード・ミューア卿が自分, たるリネツトは其士, たるリモオジュの町はずれ, たるリュシアン・レヴィー・クールだった, たるリリスムの域, たるリンカクだけは少し, たるリンガのはなはだしく, たるリングを被っ, たるリンネンの敝布, たるリヴィングストーンの徳, たるリード男の直話, たるルイ・ゴンスはけだし, たるルス嬢とベラント氏, たるルソン島にあり, たるルチーフェロにし, たるルッソオは純粋, たるルマランという男, たるルンペンに較べたら, たるルーファスの一家, たるルーミスの書物, たるレアリズムは俳句, たるレクラム文庫を恥ずかし, たるレゼー翁の墓前, たるレボレトリーの化学者, たるロオドスタアがキキキキ, たるロココの後, たるロゴスにさかのぼる, たるロザレを伴い, たるロシア的不便さだ, たるロスチウスが聲, たるロゼルの転訛, たるロティイも不思議, たるロテイには致命傷, たるロドペーアもまた, たるロマンチシズム文学の只中, たるロマンティシズムを感じた, たるロミオを先, たるロレンツオは高, たるロロー殿下は博士, たるローンツリー氏らの標準, たるワグナーとは異なっ, たるワグネルも若い, たるヱスタの神, たるヱヌスの像, たるヴィヌラフ宮殿の上, たるヴィルドラックはその, たるヴェニスは再び, たるヴォルガ河を下り, たるヴォルテール集という題, たるヴルカーノの工場, たるヴルカーノ島をローマ, たる一々を一々, たる一〇〇〇磅のみならず, たる一〇クヲタアであろうが, たる一つ一つの音, たる一つ羽はそれ, たる一ときのま, たる一むらの夏木立, たる一七九七年以前の長い, たる一七九八年の遅き, たる一七五九年に終る, たる一七八九年七月十四日であり, たる一丈天其の衣, たる一世界である汝, たる一両の金, たる一二ヵ条おろかの者, たる一人乗を横付け, たる一人声振り上げ, たる一人拂ひ思はず頤, たる一人旅の悲し, たる一代の奇矯児寿安老人, たる一代言といへり, たる一來法師もかく, たる一個七八歳の娘, たる一個人は肉, たる一個壮年のドクトル, たる一党の勇士たち, たる一八・二クヲタアにそして, たる一八四四年より六〇年, たる一具子を作る, たる一刀が月光, たる一分野を開き得たら, たる一切経がどういう, たる一列供養のみち, たる一千三百餘里が即ち, たる一卓あり, たる一原子にすぎなかった, たる一台の植物性, たる一合の二合, たる一名の大将, たる一向上人の活動, たる一命をもて, たる一喝の下, たる一団体の如く目さ, たる一国を支配, たる一圓柱の趺, たる一地域の産, たる一埒何とも申訳, たる一場の光景, たる一士官あり, たる一壮夫が私, たる一声くりかへす, たる一夜をともかく, たる一夜旧友の遠き, たる一大悪兆なり, たる一大万華鏡の観, たる一大事実なり, たる一大企業として経営, たる一大原因なり, たる一大原野にし, たる一大商業国の平民社会, たる一大妨障なりき, たる一大學派の創始者, たる一大惡兆なり, たる一大敵国を成す, たる一大有機体なり, たる一大火雲のごとくに盤旋, たる一大碧瑠璃の世界, たる一大総合体を形作り, たる一大艦隊と雖, たる一夫人あるを, たる一奇談がある, たる一女性にあつまる, たる一女神の像, たる一好々爺になりすました, たる一存在としての自信, たる一學究に過, たる一宇の堂内, たる一客あり陽春三月, たる一宿儒を以て朝野, たる一寒村に過ぎざる, たる一寰区が作られ, たる一寸坊が赤き, たる一寸法師舞ひ出, たる一将軍の栗毛, たる一將校なり, たる一小事にも籠る, たる一小党は閣下, たる一少尉は微笑みつ, たる一尺八寸の仏像, たる一尾に笑靨傾, たる一屋を過り, たる一山僧の身, たる一帶の土, たる一幀の南画, たる一平家に心, たる一幻界に外, たる一座の興, たる一廓を形づくつ, たる一性質のみである, たる一戦終了したる一日, たる一技師は須臾, たる一抹の影, たる一拶に結ばぬ, たる一敵國たりき, たる一文は参考, たる一文人へ貴下, たる一文學雜誌なれども, たる一文筆の吏, たる一日父は我が, たる一日軍国の崩壊, たる一旦の拍子, たる一映像や都鳥, たる一景さへこれ, たる一曲はこれぞ, たる一書天下に流伝, たる一月の晴天, たる一朶の鼈甲牡丹, たる一条件があった, たる一条土間に居たまいたる, たる一杯の水, たる一枚摺錦絵あり, たる一枚絵に時として, たる一條を難, たる一椿事に過, たる一楼あり, たる一構をなし, たる一樹の柳, たる一橋慶喜を将軍世子, たる一歩といふべきであり, たる一氣であるが, たる一水にし, たる一派ありしも, たる一浪子の愛, たる一爆音を発し, たる一王国があっ, たる一現象に過, たる一環を以て自ら, たる一画の塋域, たる一番右の初め, たる一発物置の屋根, たる一白点に外, たる一睨みこうなっ, たる一知覚を真理, たる一石を投じ, たる一禿翁乱山落日を呑み, たる一種不可思議の巨船, たる一等船匠兵アイグナウ・ロトラァはその, たる一節切を山風, たる一篇を見出す, たる一粟のわが身, たる一系といふもの, たる一紳士がさながら, たる一線を引く, たる一美人を左手, たる一群れの観客, たる一群戲に相, たる一群攘ひ退くるごと, たる一羽の鷹, たる一老人若しその, たる一老人下り來りお茶, たる一聯の感情, たる一致を見なけれ, たる一般死亡表では出生, たる一般民の貧困, たる一般的結論にし, たる一般的貯財はある, たる一色に隠れ, たる一苦痛を秒ごと, たる一萬二千餘里なるもの, たる一薄倖児と云, たる一蝶の筆致, たる一衆議院議員の質問演説中, たる一行が乗込む, たる一言なり, たる一言一思一行が原因, たる一語一語に不抜, たる一論が偶然, たる一諸侯の勢力, たる一貴族の重罪, たる一身蕭然たる四境, たる一軒の番小舎, たる一軒家では褌一本, たる一軸誰あろうおまえ, たる一輌は驀地, たる一通の血染, たる一遍上人智真である, たる一道の穴, たる一道士を装い, たる一部分に過ぎない, たる一部落の煙, たる一郭の中, たる一配達夫は無意味, たる一門の栄華, たる一門親族も, たる一間通しの四本襖, たる一阜丘で當年, たる一陣の風, たる一雨のあと, たる一鞭を加え, たる一頁であった, たる一項を抜載, たる一飜案が發行, たる一駅に着い, たる一駆逐艦の身, たる一高の入学試験, たる一黒点に外, たる去に, たる七万余騎の大軍, たる七二〇〇〇〇〇に減少, たる七二〇磅に等しく, たる七兵衛の身の上, たる七十封度を保有, たる七少女氷まもりぬ山, たる七律を賦す, たる七月の午後, たる七条にさして, たる七福神の画, たる七箇条は民法, たる七蔵を手, たる七蔵爺ようやく十兵衛, たる七藏爺やうやく十兵衞, たる万事は破竹, たる万古の沙漠, たる万国寝台車の貴賓食堂車内部, たる万国平和の肖像, たる万字楼のあたり, たる万有引力なるもの, たる万民が塗炭, たる万葉調なり, たる万象はことごとく, たる丈余の灰色, たる丈八の矛, たる丈八郎が黙っ, たる丈夫の面, たる丈長を顫わせ, たるうね, たる三〇シリングと交換, たる三つの形式, たる三つ葉葵のご, たる三ツ眼の怪物, たる三一億二〇〇〇万円を承認, たる三与力のうわさ, たる三五の少女, たる三五弱分の一, たる三体詩一巻これは何れ, たる三兒皆勝る, たる三円天国死んで, たる三勝どのを疾く, たる三匹目の馬, たる三十サンチの大, たる三十六禽が化け, たる三十前後の小作り, たる三千代夫人にも無心, たる三千八百万をも失う, たる三千年以上の昔, たる三原太兵衛が家業, たる三句が同じく, たる三合会や哥老会, たる三味の撥, たる三善清行の目, たる三四の峰頭, たる三国三教人はいずれ, たる三好は顔, たる三尺二寸五分の愛刀で対し, たる三崎歌集である, たる三態の雲, たる三日月は惜し, たる三昧聖の徒, たる三時かな, たる三月十四日はちょうど, たる三木の性情, たる三条により詩人的才能, たる三枚続に, たる三條の樋の口, たる三沢校長初め三十数名の高等, たる三河の家康, たる三河譜代の八万騎, たる三百年間にたつた, たる三着の水浴着, たる三種の誤解, たる三葉模様をさす, たる三角帽を頂ける, たる三角形の鰭, たる三谷が七分の酔, たる三軍の心, たる三重と和歌山県, たる三銭の郵便切手, たる三間柄大身の槍, たる三階の上, たる三首の如き, たる三馬が一日, たる上これを非我, たる上やつとの事, たる上下にある, たる上下幕の前, たる上京を以て作者, たる上代の一致, たる上代人の生活, たる上代日本人にとって, たる上作でした, たる上原元祐, たる上古の文明, たる上右により両親, たる上同年十一月一日各被告人, たる上品下品の型, たる上多くは我, たる上天下土, たる上奥様にもお, たる上宮紀に皇女たち, たる上宮聖徳法王帝説の記事, たる上小使錢さへ客, たる上層の雲, たる上層建築としての多少, たる上州沼田へ実地踏査, たる上帝宇宙の神聖, たる上戸の酒, たる上支配人は用心深く, たる上杉が実隆, たる上杉鷹山公嘗てその, たる上框へ腰, たる上武鉄道の終列車, たる上水あり, たる上沓を拾う, たる上洛の兵, たる上海の夜景, たる上海新聞の切抜, たる上滝嵬氏にし, たる上火打道具さへ帶びたれば, たる上田三平君の報告, たる上田博士も緑雨, たる上着を着, たる上石の獅子, たる上石塚氏を使い, たる上等のサラダ, たる上蔀めきたる卍字, たる上衣の一片, たる上被告全部を特別刑事部, たる上足を縛り付け, たる上面を離れ, たる下司のしらべ, たる下司根性恥かしいとは, たる下司法師があらゆる, たる下女のまた, たる下女唯一人帳場に据, たる下女麦酒の泡, たる下宿の二階, たる下層の雲, たる下田条約にし, たる下田歌子さんに交付, たる下田氏の家, たる下町へゆく, たる下町気分の狭斜, たる下界が存在, たる下等動物中STEGOCEPHALIAを象徴, たる下腹をおさえる, たる下道の清く, たる下駄の音, たる不人情なこと, たる不信任案に對, たる不健全なヤカラ, たる不健康と不道徳, たる不充分にし, たる不公平なれども, たる不可見の, たる不可侵の境界線, たる不可思議の月日, たる不可知論者がいる, たる不可解の疑問, たる不可逆性は全く, たる不埒にあらず, たる不夜城の壁, たる不孝のこと, たる不安動揺の世界情勢, たる不徳漢が所詮, たる不徳行為に原因, たる不快嫌惡の情, たる不思議さよと眼, たる不思議そこに居る, たる不思議なんたる惑わしさ, たる不成績であった, たる不敬の数々, たる不敵の腕, たる不断の侵略, たる不明の笹縁, たる不条理不従順, たる不正を公, たる不死の薬, たる不毛地のやう, たる不法檻禁罪なりし由, たる不生不滅者は, たる不眠恐怖症には是等, たる不破の関守氏, たる不空羂索の真言, たる不自然の観察, たる不良ぶりというもの, たる不遇の高, たる不道徳家も白蟻, たる不都合なること, たる与八は自家, たる与里の母親, たる丐兒にわたされず, たるの時, たる丑満の前後, たる世の常の女, たる世もとより定評, たる世上幾多の人, たる世人の耳朶, たる世俗の流輩, たる世家となった, たる世情になっ, たる世捨人の薦僧, たる世界一の発明兵器, たる世界万有のなん, たる世界人類を以て連帯責任, たる世界名奔利走の, たる世界從つて一切の事象, たる世界觀從つて一切の事象, たる世襲以外の智勇弁力, たる世襲者が憲法改正, たる世評の如き, たる世話事や人, たる世話人は腹立ち, たる世辞などいひし, たる世間並みのおき, たる丘上はこれ関城, たる丘山の上, たる丘陵地帯を縫っ, たる丞相の任, たる丞相府の一旗下, たる両個の木片, たる両刀を脅迫観念, たる両国花火猫は鯰, たる両脚は牧家数代, たる両足をば膝, たる並松の梢, たる中三権頭兼遠の人物, たる中共は呪うべき, たる中央織田の大軍, たる中宮の御輿, たる中将の膝, たる中尾山の一点, たる中岳は南北, たる中島商相自身が来年, たる中年者の来襲, たる中心實在的中心, たる中心實在者としての中心, たる中心点は何処, たる中性子陽子アルファ粒子陰電子や原子核, たる中村弥四郎のごとき, たる中正の道, たる中武帝の壽盡, たる中江篤介あるを, たる中産階級のため, たる中空の月, たる中立聯盟の同志, たる中軍の外, たる中部を離れ, たる中部大草原の中, たる中風患者の有様, たる串柿を噛み砕い, たる丶大や防禦使, たる丸の内の原っぱ, たる丸ビルの一室, たる丸太や竹, たる丸山作楽が憤り, たる丸部家から買い取った, たるの党, たる丹沢山の面影, たる丹沢山塊と大群山, たる丹生津媛神を守護神, たる丹絵臙脂絵漆絵の類, たる丹青目を眩し, たる主上に仕へる, たる主人たちはほとんど, たる主人中将はこの, たる主人大炊之助, たる主人懶惰にも眼, たる主動者たりといふべきなり, たる主婦のお, たる主客二人の声, たる主家の運命日, たる主従関係が生じ, たる主意ならん, たる主教の法服, たる主権と自由, たる主治医の家, たる主観でなくより, たる主観主義の文学, たる乃公の支配下, たる久しき準備と, たる久保田彦作の仕業, たる久吉に預け, たる久宝寺町の井筒屋, たる久良伎翁は已に, たる久遠の像, たるを伝うる, たる之等の人々, たる乗客の中, たる乗組艦と運命, たる乙事物の甲形態, たる乙女等五七人それなるべし, たる乙點よりは寧ろ, たる九・一クヲタアに減少, たる九一九八〇〇〇人とは異, たる九人の左右, たる九十六年の破裂, たる九寸五分を口, たる九尾の怪獣, たる九条家父子が殺害, たる九段坂上の夜, たる九郎右衛門の娘, たる九重の府, たる九頭龍河畔の輪奐, たる乞丐の益, たる乞兒二三人あり, たる乞食僧の人物, たる乞食坊主のえせ, たる乞食姿で哀れ, たる也不道徳の人, たる也実を忘れ, たる乱髪のやせさらばえた, たるが玉, たる乳房ならびに性器, たる乳白色のなか, たる乾ものなり, たる乾坤にわれ, たる乾燥した砂礫, たる乾田の菱畦, たる乾酪の上, たる乾面上に錐, たる亀田の家族, たる亂心にも君, たる亂暴の子供, たる亂舞に狂, たる了見にて企事, たる予らにはなおさら, たる予備兵執拗なる冷静, たる予後の諸, たる予感をのけたら, たる予等が善, たる予自身を憫, たる争いの後, たる事どもなど云, たる事なきところなり, たる事なきわれつらつら思う, たる事なき御身なれば, たる事なき異状なる出来事, たる事なほ男子の杖, たる事アビシニアの馬途中, たる事ハ其長州でた, たる事一切を今爲, たる事三年ののち女いわく, たる事並に絵本, たる事何にてもあれ, たる事余別に, たる事僅少ならず, たる事前に言, たる事勝国勝長狭は, たる事唐土の華山, たる事実等を綜合, たる事尠からず, たる事政宗方に名生, たる事明らかなり, たる事春の如し, たる事時人の知る, たる事業家であった, たる事業慾を押える, たる事様々に申, たる事殆と疑ひ無く, たる事理が十分理解, たる事由を審さ, たる事發覺し右五名及連累者二名, たる事等によりて同志, たる事能はざら, たる事舊説通りだらう, たる事象を人, たる事跡を物語る, たる事遥に陶器, たる二〇クヲタアでありそして, たる二つ小奇麗なる顔, たる二万年よりももっともっと, たる二三本の刀, たる二三蛇俟ちおり女巫, たる二人前の料理, たる二代目三遊亭圓生は茶, たる二代目圓生が双手, たる二八ばかりの令嬢, たる二劉にさ, たる二匹のマムシ, たる二十七日大坂表出発水陸通行同夜伏見表に止宿, たる二十九の胆, たる二十九日まで延期, たる二十九歳の小山内薫, たる二十五の女, たる二十五六の婦人, たる二十五歳の一青年, たる二十八珊の弾丸, たる二十六日の朝, たる二十四五の学生, たる二十日の朝, たる二千六百年間の出来事, たる二句から成立, たる二名であったから, たる二堂開帳す経堂, たる二天門を見上げたる, たる二巡査の亡魂, たる二席についてのみ最初, たる二心の佞臣, たる二支那人の評言, たる二日月すでにはやく, たる二時間だけ待っ, たる二本の柳, たる二条の澪, たる二柱の慈親, たる二様生活を行なわん, たる二派のもの, たる二流の分界, たる二点の温度, たる二疋の馬, たる二百人のうち, たる二百十日の海, たる二等煉瓦の楽住居, たる二色摺の出たる, たる二重盃手にとりぬ, たる二階は二間, たる二階家まず数段, たる二階屋の中, たる二階建なり, たる二霊魂が合し, たる二面の夜中電報, たる二頭の馬, たるひ換, たる云々の詮索, たる云はんかたなく美し, たる五〇磅が購買, たる五つの風船玉, たる五七人の乗客, たる五万七千名ばかり名ばかり七十, たる五体は燈心, たる五個の村落, たる五六艘の船, たる五十三歳の明治二十四年, たる五十前後の頑丈造り, たる五十年これらの大作用, たる五十路に近き, たる五十鈴川上にくらべ, たる五十音はやはり, たる五千にも満たぬ, たる五厘もあり, たる五名は未明, たる五味の調和, たる五尺の身, たる五山文学の学芸, たる五州は自, たる五月人形が飾り棚, たる五月十二日を期し, たる五月花つみな玉, たる五月蠅さと気の毒さ, たる五枚錣金の竜頭, たる五瀬命の運命, たる五百の蝦夷これ, たる五百樽の酒, たる五目流の早, たる五穀を得る, たる五竜の峰, たる五行の説明, たる五輪の塔一つ, たる五郎作が音, たる五郎窪橋に至り, たる五采孔雀のごとし, たるありしが, たる井上毅は金子堅太郎, たる井伊掃部頭様が御, たる井戸の傍ら, たる井戸ひとつ銀杏の古りたる, たる井手のせせらぎ, たる井月句集の編者, たる井筒に新調, たる亜細亜の魂, たる亜細亜洲の旧慣, たる亞流の徒, たる亞米利加なりき, たる亞細亞風の譬喩, たる亞鉛管及銅管を通じて海水中, たる亡き母の, たる亢奮を覚えた, たる交情も不逞, たる交感の裡, たる交渉が行, たる享楽主義が天下, たる京友仙の美しき, たる京城の音譯, たる京師の空気, たる京極の内容, たる京橋に打って出, たる京水は宗家, たる京流吉岡の名折れ, たる京都四条坊門なる紫雲山光勝寺, たる京都市街の復興, たる京都弁で何とか, たる京都御所のかしこき, たる京都紫野大徳寺孤篷庵に寄贈, たる亭主は急ぎ, たる人々これが為, たる人々どもいずれも下, たる人々みなこの處, たる人々左のごとし, たる人々急に飛び出し, たる人さへ火, たる人ざわめきを照, たる人なみの懐旧, たる人ひとりも聞え侍らぬ, たる人まれなり売り物, たる人世の荒野, たる人事のうち, たる人事生活篇を下巻, たる人事風物が点綴, たる人人を呼び出す, たる人他国にも間々, たる人体ようの影, たる人倫關係乃至は, たる人口増加をもたらす, たる人口政策であ, たる人口理論の中, たる人喜バん惜しくも, たる人土居画伯の暴力, たる人家と葡萄圃, たる人家屈曲したる川, たる人少なしとて, たる人形仕立てであり清元, たる人彼地へ渡りし, たる人情本に変ぜん, たる人手で調査, たる人教皇だか, たる人数にすぎない, たる人数ハ梯の段, たる人業の浅き, たる人此理を知ずん, たる人民革命の, たる人父子同名なる故, たる人物性格によって一種, たる人物画である, たる人生それらを詠う, たる人生派文学の逸品, たる人生観は性的関係, たる人種市場の如き, たる人群をなし, たる人肩摩るほどに, たる人胆の採取, たる人自らが生き, たる人見とまだ, たる人誰か罪業, たる人身長大にし, たる人道問題の領分, たる人道的精神の影響, たる人間全体を指摘, たる人間共がやぶれ, たる人間失踪の不思議, たる人間性の精神的要素, たる人間様も犬, たる人間生活一般の精髄, たる人間的愛の像, たる人間的自負を特に, たる人間的離愁がただよっ, たる人間的魅力とを備, たる人間眼を以て説明, たる人間詩を高く, たる人間誰かは懼然, たる人間黒犬とあの, たる人類住ひ居れり, たる人類学者の風習説, たる人類愛しかも明らか, たる仁人の言, たる仁王像を感心, たる仁王門を見上げ, たる仁義礼智信の五常, たる暗き鐵燈籠, たる今一個人の事, たる今出川堀川の北川, たる今夜の冒険, たる今年も個展, たる今幾日尋常誰と与, たる今日かくの如き, たる今日これ以上立ち入って, たる今日御身を驚かすべき, たる今日敵機の襲来, たる今朝の横雲, たる今頃をわ, たる介山居士が背負っ, たる介添の何, たる仏乗に出た, たる仏具が眩しい, たる仏国の文豪, たる仏国有名の小説, たる仏堂を有し, たる仏師のこと, たる仏式模倣から漸次, たる仏弟子の仲間, たる仏教徒でもなけれ, たる仏法の教理, たる仏画にし, たる仏菩薩を叱咤指揮, たる仏蘭西婦人を直ちに, たる仏蘭西窓を左右, たる仏陀のごとき, たる仔細のある, たる仔鹿の如く, たる仕丁はそこで, たる仕事ぶりに豪華, たる仕事責任ある家庭, たる仕合わせぞ, たる仕合者だと, たる仕方は前述, たる他殺の痕跡, たる付け方徳山の棒, たる付近の村, たる仙台弁を用, たる仙女も此領地, たる仙波学士と名乗った, たる仙波小太郎の儀, たる仙界的雅趣は寧ろ, たる代々の皇帝, たる代官に向っ, たる代官町の通, たる代物だろう, たる代物一体なら此奴豪勢, たる代表的なお嬢さん方, たる代表的新聞記者としてのアーニイ・パイル, たる代議士でだれ, たる令息は篤実一偏, たる令息英一氏の遺言, たる以上ゲーテミケロアンジェロバルザックなどよりもむしろ, たる以上下級人民の立場, たる以上不行儀者の御, たる以上世の実業家, たる以上人間として難しい, たる以上俳優とは何者, たる以上平家の武家政治, たる以上我の態度, たる以上日本人だけの手, たる以上籐椅子と雖, たる以來國民が一日, たる以太利は遂に, たる小屋は, たる仮にこれを, たる仮作譚を速記, たる仮定説を闘わさず, たる仮屋の隅, たる仮想の第三者, たる仮装マネージャーが前, たる仰せにて候, たる仲時にさえ今, たる仲間のもの, たる仲麻呂がここ, たる任侠であったという, たる任地の墓, たる企業化した資本家, たる企業家でもなかっ, たる伊丹兵庫頭のお, たる伊井をし, たる伊勢斎宮の群行, たる伊呂波短歌などいふ, たる伊太利議会の写真, たる伊太利議會の寫眞, たる伊太夫の黙認, たる伊平忠藏はかけ込み, たる伊東甲子太郎の残党, たる伊波文學士の, たる伊豆のホテル, たる伊達という男, たる伊達兵部少輔, たる伊達姿で上り下り, たる伍長の職業的, たる休泊所なり, たる休養所で懇意, たる会則を一読, たる会合以外に出席, たる会員は急霰, たる会津侯や桑名侯, たる会田安明が関流, たる会衆の間, たる会話が際限, たる会話故意に笑わそう, たる会議に暮らし, たる会釈の笑, たる伝公とは調子, たる伝兵衛に父, たる伝内を一目, たる伝奇の上, たる伝来の感情, たる伝染病と幼児, たる伝法堂は橘夫人, たる伝統剛健な古木, たる伝統詩形の和歌, たる伝説ながらけだし恐らくは, たる伝説的人物の力, たる伝馬舩に席, たる伯楽の略称, たる伯母は雪, たる伯母がりとはむ, たる伯爵クータール将軍が正装, たる伯父錦橋初代瑞仙が死んだ, たる伯耆まで冷遇, たる伴リュウコスを, たる伸子の居らざる, たる伽羅のにおい, たる佃高蔵からはもし, たる但馬出石の神寶, たる低劣な, たる低廉はもし粗, たる住人はきつ, たる住宅は隣家蔦屋, たる住家にも物忘れ, たる佐々木照山も蒙, たる佐世保に就, たる佐伯宿禰統率のもと, たる佐佐木夫人に対するや慇懃, たる佐分利は甘糟, たる佐太夫を主観的, たる佐太郎を見, たる佐治君に對, たる佐渡はかなしき, たる佐田介石師が, たる佐竹君の百五十枚, たる佐竹義宣が石田三成, たる体操もしくは滑稽踊, たる体格を具, たる体落だった, たる体裁は寺院宮殿劇場等, たる体貌を有する, たる体質を有する, たる体面はその, たる何ぞ怪しむに, たる何らかの関係の, たる何学士と申す, たる何曜日何時には何, たる何某とかやいへりし, たる何某面目を施し, たる何福は兵, たる余りなるべし, たる余り勝家はそれ, たる余り火焔山下の大, たる余光なりとて進まぬ, たる余寒あり, たる余徳を今日, たる余気なるべし今, たる余自身の精神, たる余裕洗煉された動き, たる余輩の研究, たる余音を断たない, たるの弟子, たる佛法の教理, たる作り物語りとは思われざるなり, たる作他日よそ人に譽めら, たる作曲家連中の間, たる作者達のしば, たるし最も, たる使は皇朝, たる使徒となっ, たる使用される範囲, たる使用人だから, たる使者とし, たる例これありと, たる例句によりて知る, たる例枚挙に遑, たる例証はこれ, たる侍医グッデンこれを救, たる侍大刀の柄, たる侍女三四人ばかりを従え, たる侍女等皆ひれ伏す, たる侏儒の一, たる侏儒抔いたく姫君, たる侏儒等現れ以下, たる依田学海翁の如き, たる依頼を拒まれぬ, たるなしと, たる価値そのものに即した, たる価値意識を捨てよ, たる侯爵ステパン・カツサツキイが為め, たる便法は写生, たる俄分限生涯人らしきもの, たる俊爽の態度, たる俗世俗人に対してすら彼, たる俗争の間, たる俗人の考, たる俗吏は丈夫, たる俗客を脚底, たる俗心の底, たる俗法師の亜流, たる俗物と申さね, たる俗説にし, たる俗調の上, たる俗論党の故郷, たる俘囚頼時が安倍姓, たる保守的退嬰的微温的官学主義者であります, たる保育場の一, たる保証を与え, たる保護を受け, たる保障を求むべきである, たるの山川, たる信仰内容も具体的, たる信任を彼, たる信托会社と裏書人, たる信教を復活, たる信濃の国, たる信玄の遺臣, たる修史のこと, たる修業に志した, たる修業者が方々, たる修理工事の間, たる修行をした, たる修辞である, たる修道女もいる, たる俳句云々といふを以て俳句, たる俳句集となさん, たる俳客の意, たる俳諧連句である, たる俵一つ赤銅の撞鐘一口, たる俵六つ或は八つ, たる倉子なるに, たる個々の文字, たる個人中心の考えかた, たる個人主義自由主義の氾濫, たる個人作家の任務, たる個人収入の国家収入, たる個人生活に没頭, たる個人的並びに詩人的, たる個人的精神是なり, たる個人祈願になっ, たる個想なり, たる個条を必ず, たる個物に適, たる倒波の如きあり, たる倔強の良馬揃, たる候補者ばっかりが出, たる値打があるなり, たる値打ちをまだ, たる倫理感とがある, たる倫理教科書の如き, たる倫理論なり, たる倭國の習俗其他, たる倭國女王卑彌呼の事, たる倶楽部に出席, たるの住居, たる假造の人物雅俗折衷, たる男子を, たる偉い俊寛を, たる偉人傑士はことごとく, たる偉人梅津只圓翁の略歴, たる偉人高士であったと, たる偉容を作れる, たる偉業にし, たる偉観と規模, たる偏局の氣風, たる偏屈な一面, たる偏狭なる自家一箇, たる偏盲に嗟嘆, たる偏見に充ち, たる停車場の電光, たる健かさと明徹, たる健児たるの所以, たる健康人に特有, たる健筆に欽羨, たる健脚を伸ばさ, たる偶然は実は, たる怪の, たる偽りは悪から, たる傅士仁も軽薄, たる傅安を留め, たるの窓下, たる傍らに若干, たる傍若無人の振舞, たる傑作品たるのみに非ら, たる備前兼光の太刀, たる備前鍛冶長光の刀, たる催促があった, たる傳式説氏や趙正平氏, たる債券は率先, たる傷あとは日本, たる傷害として不愉快, たる傾きである, たる傾向あり, たる像二つあり, たる僕以上の人, たる僕自身の偉い, たる僞物と鑑定, たる僧兵の不平, たる僧尼令にいわゆる, たる僧庵に如何なる, たる僮僕あまた立てり, たる僮出で迎, たる儀右衞門夫婦待ちわびしきは, たる儀山禅師その刹那, たる儀来河内へ還, たる儀此一事にても分明, たる儒教も徳川氏, たる儒教道徳をさ, たる儒論取るに, たる儘卓上に横わり, たる儘梅子は瞬き, たる儘身體の置塲, たる儘默然として言, たる償金に紀州, たる優勝者を決定発表, たる優越をもっ, たる優越的地位を失うなら, たる優越階級となり, たるたる現実, たる兀鷹空を舞い, たる元子について物語ろう, たる元就の言分, たる元禄時代の放胆, たる元素なれども, たる兄君のお, たる充実の空虚, たる充實の生活, たる兆しなりといい, たる兇悪の気, たる兇漢の由, たる兇漢遊女博徒不具者覆面の武士, たる先人もなし, たる先代円馬が手ほどき, たる先代圓の門人, たる先供あるが, たる先導者に代る, たる先覚者たちは彼ら, たる先駆的傾向を封じ, たる光りをうち, たる光体にする, たる光俊の歌, たる光妙ある事, たる光明世界そして声朗らか, たる光明優婆塞の容貌, たる光暴力によってあがなわれたる, たる光流をほとばしらせ, たる光焔の中, たる光熱を吐く, たる光燦然として漲る, たる光琳が花鳥, たる光線を硝子天井, たる光縞が描きだす, たる光耀を伴う, たる光野に一閃, たる光量子との, たる光雪の如き, たる兎二つ弔り下げたり, たる児童たちに今, たる党人を指導, たる党員七十六号遠山勝男が親子, たる党弊を革むる, たる党派の政治, たる党派性と科学的究明, たる兜角なく冠毛, たる入りである, たる入口を示せり, たる入日に鋼線, たる入水の覚悟, たる入江につづく, たる入江杉蔵に向っ, たる入浴ぶりに全, たる入相の鐘の音, たる全く従来の, たる全て外部の改善, たる全一なるもの, たる全文左の如し, たる全曲の敍, たる全校生徒の実に, たる全滅をこうむった, たる全知全能偏在の存在, たる全能の神, たる全身像惚た眼, たる全部なり, たる全部生命の抱合, たる兩伽藍なり, たる兩刀を脅迫觀念, たる兩義を合併, たる兩足踏みのばせし心, たるの字鬚, たる八ヶ嶽を上, たる八個の鋭利, たる八公熊公の徒, たる八円のステッキ, たる八十歳の老人ミールポア司教, たる八十神を征服, たる八十艘の楫, たる八尺の大, たる八州の平原, たる八幡大菩薩, たる八幡神に対しては精霊, たる八年前のふるさと, たる八橋に三津五郎半四郎歌右衛門, たる八百八狐付添て己, たる八百屋の娘, たる八重なりけり, たる八重錦の羽子板, たる公伊藤侯井上はその, たる公党が出来, たる公共事業の経営管理者, たる公冶長であっても, たる公判の經過等, たる公卿たちである, たる公卿将卒に前後左右, たる公卿顕官の策動, たる公園に来, たる公子の住, たる公孫樹の雄姿, たる公孫賀のごとき, たる公条のこと, たる公樹のこと, たる公武合体航海遠略, たる公武合体論の先鞭, たる公民会及び余, たる公民会派すらも氏, たる公民會及び餘, たる公民會派すらも氏, たる公然の宗旨, たる公爵ら帰国せる者ら, たる公爵家家族の住居, たる公職にある, たる公議輿論をもっ, たる公黨が出, たる之丞, たる六七または八%, たる六十ばかりの親仁, たる六十有余の支那芝居中, たる六十歳に達し, たる六天山塞の地下巣窟, たる六層の觀棚, たる六方晶系の縦, たる六月三十日と定め, たる六月下旬の若葉, たる六月二日を期し, たる六月六日の前日, たる六月号だ, たる六枚の翅, たる六波羅武士の腸, たる共同においてはじめて, たる共同便所ともいふべき, たる共和主義者である, たる共和党の大会, たる共産主義に対しては各自, たる共産制度の面影等, たる兵一人も持ち合わせぬ, たる兵力しか数えられなかった, たる兵卒に殊, たる兵器とある, たる兵彼廂此廂一時に興り, たる兵数の問題, たる兵数名をつけ, たる兵曹はつと, たる兵気がみなぎっ, たる兵法となり, たる兵法上の智識, たる兵燹に罹った, たる兵車の上, たる兵馬の列, たる其いにしへを忍び, たる其うつそみは, たる其上飛びて, たる其儘に, たる其処の敷居, たる其刹那に児, たる其勞遂に空, たる其原因は父母たる者, たる其報は女子, たる其婦人が配偶者, たる其子君の系, たる其宵の印度更紗, たる其影は武藏野, たる其心今少し早く, たる其心労は果して, たる其成跡は果して, たる其戸他神, たる其文は左, たる其方は得, たる其方行末の出世, たる其日の如くあれ, たる其時の活劇, たる其時君はわ, たる其最中に突然, たる其槍に, たる其樣は如何なる, たる其武具敵は剥がん, たる其片端には手ごろ, たる其由て居る, たる其禍は足らざる, たる其第三日に敵軍, たる其罪を咎むる, たる其脛甲を其, たる其許ではござらぬ, たる其音声の清し, たる其音聲の清し, たる其麓の小高き, たる具体的事件を法的, たる具象との間, たる典獄迄がその, たる兼松石居が已に, たる内乱の師, たる内儀の拳, たる内務農林逓信の三省, たる内国における真実価格, たる内奥の夢, たる内宴の席, たる内密な寸簡, たる内心の信念, たる内攻のこと, たる内職をし, たる内臓の臭気, たる内藤氏で当時, たる内部に立ち入らない, たる内閣不信任の決議案, たる内面的基礎を缺, たるの月, たる円卓のはし, たる円卓子に将士, たる円本出版を呪わざる, たる円柱を繞ら, たる円錐状を成し, たる円陣で取かこまれ, たる冗漫さといつたら, たる冗長な言葉, たる写しによる, たる写実でありながら, たる写実家なり, たる写本である, たる写生の精神, たる冥界の消息, たる冬山を, たる冬日いつはつべし, たる冬枯の野, たる冬枯れの景色, たる冬田の中, たる冬空の下, たる冬籠のうち, たる冬雪の皚々, たる冬霞のうっすら, たる冷たい暗と沈黙, たる冷やかな風付き, たる冷徹そのものであった, たる冷氣がいつ, たる冷水灌漑を実行, たる冷氷の如き, たる冷淡な趣き, たる冷語の中, たる冷静の脚, たる冷風谷より吹き上り, たる冷魂の銹, たる凄まじさです, たる凄まじき声をも, たる凍死状態に比ら, たる凛々しい御尊顔, たる凝った品々であった, たる凝りやうです, たる几帳のすき, たる凡人に対して話, たる凡弟子然として, たる処ここに在り, たる処一面の御, たる処世の方針, たる処古雅妙いふべからず, たる処奇抜なり, たる処女多人数諸方より来り集い, たる処女林に鳴り渡り, たる処女闇の中, たる処屋敷から通知, たる処役者絵始まりて, たる処文壇内閣欄に於, たる処日蓮上人と呼べる, たる処有之興味, たる処正午近き頃, たる処甚調和を得, たる処病気と欺き参らん, たる処発掘されしは, たる処皆この歌, たる処農政行届き民心, たる処重役の為, たる処雨やめたま, たる処鮮からず, たる凭掛の椅子, たる凱歌を上げた, たる凶饉たらしめるの, たる凸凹道を物思い, たる凸版地図の如き, たる凹凸の武悪面, たる凹地にも明治四十二, たる出世がその, たる出來事が絶えず, たる出入りの襖, たる出入口あり, たる出刃を取り直し, たる出刃庖丁を提げ, たる出女の油垢, たる出来事中原因の発覚, たる出版物はけだし, たる出生の減少, たる出生死亡及び結婚, たる出発に護身用, たる出羽奥州藤原の秀衡, たる出雲大神宮の神寶, たる出雲殿の代理, たる函数表においてはすでに, たる函縁側に見, たる函館山の容姿, たる刀中身は天正, たる刀剣さえ帯, たる刀林をどよませ, たる刀禰河あたりの渡船, たる刀自古郎女, たる分析的演繹の論理, たる分業制は最初, たる分解に供す, たる分離を心理的, たる切図とを合せ, たる切手の如き, たる切抜を郵送, たる切支丹の記録, たる刑事の記録, たる刑事弁護士の大月対次, たる刑法の卷, たる刑罰であるという, たる刑罰位には替えられぬ, たる刑罰法の一種, たるに加, たる列仙伝中の人物, たる列伍は歴史的, たる列臣のあいだ, たる初めより, たる初めての獅子吼, たる初夏の畑, たる初太郎自身が後, たる初心さ小春俊雄は語呂, たる初心者はいったい, たる判事は衝, たる判事団は之, たる別天地半鐘がジャン, たる別嬪さんが馳, たる別府の記事, たる別種でなくどうも, たる別離の悲しみ, たるは終に, たる利剣を揮つて, たる利口者は, たる利害関係においてでなく, たる利己かである, たる利根川信濃川等の本, たる利益心と伴随, たる制限はあった, たる刷ものは來賓, たる刹那該艦の両, たる刺叉袖がらみ錆槍そのほか種ヶ島, たる刻限に二人, たる前後四回に及べり, たる前歯動き地に手, たる前科者を利用, たる前線の雰囲気, たる前記の東洋米化政策, たる剔出その集団的性格, たるらしき人, たる剛力どのには水, たる剛勇無雙, たる剛柔流の宮城長順氏, たる剛造の勢, たる剣丸尾の怪異, たる剣名を耳, たる剣客刺客の厚紙, たる剣工として社会, たる剣法であったの, たる剣舞の夢, たる剣術使いで自分, たる剣道にかけては宮津京極丹後守, たる剣陣を作っ, たる剣魔の殺, たる割籠から食残り, たるあり, たる創作ものはどう, たる創作力を次第に, たる創作熱にはいつも, たる創口が再, たる創業の意気, たる創造前にあり, たる創造的勢力の醸生, たる創造的能力に万人, たる劇場主は興行者, たる劇場内部の図, たる劇界功労者の一人, たる劇的皮肉ぞ, たる劇的美を確立, たる劇詩人久保田万太郎の登場, たる劈頭に加え, たる劉曄はすくなから, たる劉玄徳を伐ち, たる劉表がなお, たる劉郎の大胆, たる劍太刀の, たるを握り, たる力こぶを隆起, たる力一杯鍛いたる, たる力瘤胴締まって, たる功勲にかがやく, たる功業徳澤を成さる, たる加害者の悪事, たる加工の労力, たる加治木中學校長田代善太郎氏の通信, たる加藤虎之助も附近, たる加賀金沢の古びた, たる加部錬之介, たる劣等にし, たる劣等学生だつた余, たる助太刀を頼もしく, たる助教授教授などは元来, たる助高屋小伝次は三十二年, たる労働価値論は彼, たる労働者街の自然, たる労働者階級の意識, たる労働要具の体系, たる労力および費用, たる労務者や馬力人夫, たる労苦を経験, たる労賃の騰貴, たる勁矢は之, たる勁骨を以て信仰, たる勃興の真髄, たる勅奏任官の減俸, たるを作, たる勇士亂戰の中, たる勇壮と遂げられたる, たる勇夫健卒も何時の間に, たる勇姿もなかっ, たる勇姿あたりをはらった, たる勇将を揃え, たる勇將槍飛ばし, たる勇心の流す, たる勇気不撓不屈の精神, たる勇猛なる耶蘇, たる勇蔵もすでに, たる動きがちつとも, たる動乱の機, たる動力の幾倍, たる動坂三郎が訊ね, たる動搖の間, たる動植の各, たる動物本能に駆られる, たる動物的遺物にし, たる動的表現係の各, たる動脈であって, たる動音の, たる勘兵衞當てもなく隣り, たる勘十郎に向, たる勘太郎はたちまち, たる勘定なり, たる務めとの為め, たる勝久の如き, たる勝先生は血気, たる勝報に心, たる勝安房氏の輩, たる勝川春英を失ひ, たる勝算あるもの, たる勝間田の池あらたむる秋, たる勝頼が長袴, たるに酬, たる勞働階級の利益, たる勞力の一部, たる勞苦によつて獲得, たるに駈られ, たる勢ひでしがみついて, たる勢ひで集つて来た, たる勢力家の一人, たる勤人階級の参加, たる勤労青年により, たる勤勉が加わっ, たる勤皇の大志, たる勤皇精神に於, たる勤直ぶりであったから, たる勲功者のため, たる勲章よりもヨリ以上, たるとぞ歌, たる勾配でもない, たるれ, たる勿らんや, たる勿躰なき罪, たるを引攫, たる化物屋敷さ, たる北原賢次でありました, たる北山のふもと, たる北斗星の光, たる北極海を望み, たる北欧的苦悶はイプセン, たる北田博士を一言, たる北畠信雄とか神戸信孝, たる北畠親房の苦心経営, たる北竜村の西島清太氏, たる匠人の刻, たる匡衡朝臣もおとなしく, たる匪首の貫禄如何, たる区劃を置い, たる区劃線を引く, たる区域あるにおいては, たる医官二名出張し来りて, たる医官等も最早, たる医者信用なき商人, たる十一月の浜辺, たる十一面観音立像はおそらく, たる十七日の暁天, たる十二ヶ瀬を渡ろう, たる十二三の小僧, たる十二三歳の少年, たる十二人は悉く, たる十二光仏の微妙, たる十二月二十五日はすでに, たる十二畳はわれ, たる十五六とも見ゆる, たる十五夜の月, たる十人の支配人, たる十八日を期し, たる十分の矜恃を必要, たる十分の証拠だという, たる十分學問の力, たる十刹海の遊園, たる十回の集会, たる十坪ばかりのところ, たる十字の紋章, たる十字軍の大, たる十数人の男女, たる十数冊の書類, たる十数名の剛力, たる十数日の物思い, たる十月革命の幕, たる十本の剣, たる十河存保が怒った, たる十畳の間, たる十筋右衛門は略画, たる十返舎も一個, たる十郎蔵人行家が彼, たる十露盤に突い, たる十首の歌, たる千々岩安彦の名, たる千代三とは似, たる千坂杢之介成政であった, たる千年の佳松, たる千年一日の如く, たる千態万状を日記体, たる千曲の川, たる千篇一律風致なく神韻, たる千里の馬, たる千鳥足御自慢, たる千鶴子は急ぎ足, たる午すぎよ, たる午前中の精神, たる午時の街, たる半世の歴史, たる半人半馬神が求道者メランプ, たる半分の行方, たる半夜孤影凝然と机, たる半弓に矢, たる半弓石瓦の類, たる半次郎が猿寺, たる半生の過, たる半纏を着, たる半纏着の壮佼, たる半身像は彼女, たる半身斜に狭き, たる半鐘の大砲, たる半面さへやはり, たる卑しき行の, たる卑む可き危険人物, たる卑彌呼及其居城邪馬臺等の考定, たる卑彌呼女王の人物, たる卑怯の名, たる卑漢が渇し切つたる, たるや榻, たる卓子掛けに包まれ, たる卓然たる地歩, たる卓見はわが, たるは大川, たる南伝馬町の稗史出版社, たる南城上野雄図馬が, たる南天の影長, たる南子夫人の姿, たる南宗画でなければ, たる南岳追悼発句会に赴く, たる南方のフランス, たる南欧に注がれ, たる南洋説話の一例, たる南瓜かな, たる南郷谷の水, たる南都北嶺をし, たる単に我々の, たる単一家族であって, たる単位時間のなか, たる単彩の板画, たる単細胞が次第, たる博多に繻子, たる博学の士, たる博学精識その空想, たる博學の士, たる博物舘前を大き, たる博物館である, たる卞氏であった, たる印刷カードの普及等, たる印度希臘両民族の神話, たる印度更紗の窓紗, たる印度洋の眞中, たる印度洋中に二人, たる印度語で何かしら, たる印旛沼を控, たる印画数葉を插, たる印綬を帯びた, たる危巌を見ず, たる危惧の底, たる危機にたいし, たる危難や彼, たる物的な, たる即答が浮かん, たる即興的小説の型, たる卵殻の二片, たるの情, たる卿相四十余人の官職, たる厚い板戸を, たる厚塗の立烏帽子, たる厚恩のなみ, たる厚総を掛け, たる原上の秋, たる原作者は或, たる原告に慰藉料, たる原因無しに起るべき, たる原地人は幅, たる原士と堀田伊太夫, たる原始の美林, たる原始文明主義者を以てする, たる原始林に取り囲まれた, たる原始的の響き, たる原始的魅力を想像, たる原本の各, たる原板画よりもむしろ, たる原案賛成演説には次, たる原田徳次郎君からあった, たる原稿意外に多く, たる原稿料金百弐拾五円を返済, たる原野中の古, たる原野以外の地球, たる厭世自殺ならむかとも, たるたる思想性, たる厳粛な調子, たる厳粛さであろう, たる厳重な城門, たる正池田家譜, たる参加や等々, たる参政後藤庄次郎共小弟に面会, たる参考書は教師, たる及びその何故, たる友だちと我, たる友人たちを裏切る, たる友人各位就中男爵菊池大麓博士織田萬博士および船山曄智君, たる友人連知らない筈, たる友禅の帯揚, たる友船へ示す, たる腕を, たる双六谷の天狗, たる双眼を新九郎, たる反古あまた取り出で, たる反対や不平, たる反対危険なるしかも, たる反対妨害罵詈讒謗をもの, たる反感とによって次代, たる反省はいかに, たる反覆とを抑制, たる反証の供述, たる反骨がある, たる収入の予算, たる収賄役得による酒池肉林, たる叔父の悲, たる叔父叔母の輩, たる叔父甥三人は良兼, たる取引はさながら, たる取沙汰なの, たる取締りという程, たる受け言葉が間々, たる受取書に楷書, たる叙事詩或は呪詞, たる叙事詩精神の爆発, たる叙写のよう, たる叛軍の旗, たる叛逆である, たる叡山の威光, たる叡智とを示す, たる叢林のした, たる叢竹の間, たる口づけには, たる口ぶりで答えた, たる口元を引, たる口吻をよく, たる口気に接し, たる口碑第二, たる口紅さへ常夏, たる口語であつ, たる口語体で書かれた, たる口頭の辭禮位, たる古めかしき一册の, たる古今無比の句, たる古代人等は, たる古代希臘純歴史派と等しく, たる古典主義時代とも稱, たる古典的作品における歌, たる古典的地位を贏, たる古典科出身の, たる古墳を尋ね, たる古学社会を見れ, たる古家なれば, たる古寺の姿, たる古松の下, たる古池があつ, たる古河力作當時東京監獄に勞役場留置中, たる古流にし, たる古社神林を棄市凌, たる古色味の空気, たる古跡此住持洞谷禅師と申, たる古鏡の如し朧月, たる只一つの道, たる叫びをきけ, たる叫聲の中, たる召使らのまん中, たる可笑しき節々を, たる台頭の前, たる史上の人物, たる史学が一朝, たる史學會の大, たる史実厳存す, たる史實が我が, たる史的源泉を批判, たる右府様にも禁門, たる右門の明知, たる右門一流の疾風迅雷的, たる号令が聞え, たる号外売る鈴, たる司城貞子を主, たる司法官までがこの, たる司馬光の如き, たる司馬懿その人, たる各々方が一旦, たる各国演劇史の一巻, たる各地の被害, たる各地有志の諸君, たる各地管轄の区裁判所判事, たる各自の権利, たる各項を敷衍詳解, たる合作ということ, たる合口を抜く, たる合奏をなし, たる合祀の悪, たる合祀請願書は取り消さざる, たる合葬場の設備, たる吉凶禍福に心, たる吉宗自身の安, たる吉日でしょうか, たる吉林省の曠原, たる吉田も強い, たる吉田松陰は出, たる吉田首相の統率力, たる吉良一族の前途, たる吉野君は昂然, たる吉野甫が明治四十一年昭文堂刊行, たる吉野葛壱箱携へお, たる同じく分離派風の, たる同人雑誌がもし, たる同化融合の実は, たる同地の有志家連, たる同家は見る見る, たる同封中に猫, たる同市警察署長某氏に比する, たる同年同月にてありし, たる同志である, たる同憂の士, たる同族を見, たる同期生山崎大熊両君を訪ね, たる同校構内に校外, たる同様の現象, たる同氏の美しき, たる同盟策が濶達勇悍, たる同胞主義はそれ, たる同胞愛のもっとも, たる同行の青年, たる同行者が必要, たる名主蟇六など忽ちに, たる名作だ, たる名利の境, たる名刹であるが, たる名刺を拾うた, たる名勝を集め, たる名医の治療, たる名古屋の地, たる名古屋因幡守は主筋, たる名吟ならずや, たる名品を掘出さね, たる名士羅列するを, たる名将として鳴り, たる名工山浦内蔵助を世, たる名所絵並に花鳥, たる名月の光, たる名残か, たる名残りでご, たる名状し難き, たる名目太陽神話とは同じ, たる名紙といふもの, たる名聞より出る, たる名詞だけ発音, たる名跡でよそ, たる名門の諸氏, たる名龍私が又, たる吏黨が民黨, たる吐息そこはかと水面, たる向う見ずに猪突, たる向上的闘争を見る, たる向島区城東区本所区深川区を空襲, たる君たちがこんな, たる君ちゃんは女, たる君らに要求, たる君主即ち黄金時代, たる君主専制の陋弊, たる君等に, たる君臨は一般的, たる君誰なればしか, たるなりき, たる否定は常に, たる否定者を見た, たる吸引的な死潮, たるれを, たる吾らはその, たる吾妻は側, たる吾妻路の, たる吾妻鏡の如き, たる吾子初台に住む, たる吾等村民を駆, たる呂凱の任, たる呂常などの考え, たる呂律が川波, たる呉下の旧, たる呉井嬢次対狭山九郎太の個人, たる呉国色をここ, たる呉家の土蔵, たる呉服の数々, たる呉青秀の手, たる周公の超, たる周公旦の如き, たる周囲みな海にし, たる周圍の樹木, たる周室が全く, たる周泰がすこし, たる周閣下も陸戦, たるも試, たる呪いです, たる呪咀となる, たる呪詛の文句, たる呪詞が非常, たる呪詞唱文に就い, たる味わいが出, たる味噌汁に, たる命令者もなく, たる命脈が持続, たるが大きく, たる和尚の物腰, たる和尚様随喜の涙, たる和文調で草木, たる和服姿が左翼, たる和楽の天地, たる和歌山県に全国最多数, たる和氣とを以て滿, たる和泉屋の若い, たる和洋料理の食道楽, たる和田山哲学堂に宿し, たる和風の中, たる咲まひがほ, たる咳唾なり尋常人, たる咽喉部を撃ち貫かれたる, たる哀しき姿を, たる哀しむべきの至, たる哀せつの生活, たる哀れさよ, たる哀怨の辞, たる品々を腕, たる品格ありて, たる品格ちょうものを吾人, たる品物である, たるひを, たるあら快よき, たる哉古今五尺の小, たる哉天壌寥々たる哉古今, たる哉学校を出でし, たる哥薩克の母親, たる哲学を持たなけれ, たる哲学的精神の甚, たる哲学的見地に立ち, たる哲学者とは永遠, たる哲學者なりと笑, たるをうたい出した, たる唐人の若者, たる唐家花園に落ち着いた, たる唐招提寺の建築, たる唐本の御, たる唐棣花久方の雨うち, たる唐櫃を奉, たる唐画の古蹟, たる唐紙及上下左右に詰めたる, たる唐船に大君, たる唐草が彫り付け, たる唐金の花瓶, たる唯一個の巨人也, たる唯物史観における唯物論, たる唯物論と雖, たる唯物論的弁証法の切れ味, たる唯美主義の標号, たる唱門ヶ辻子の南側, たるのべに, たる商人体の壮者, たる商人農夫を保護, たる商売道具の小, たる商工業の範囲, たる商工都市になっ, たる商店の物陰, たる商業行なわるるあたわざるなり, たる商業資本の下, たる問いその形式, たるを拭, たる啖呵を切りました, たる啼泣を發, たる善事の結果, たる善人にし, たる善凡夫なを, たる善如竜王が憤っ, たる喜三郎の兇刃, たる喜劇的場面に描い, たる喜多村河合の名, たる喜左衛門は一時, たる喜色は想像, たる喝采をば姫, たるも思い出され, たるの影, たる喫煙もその, たる喬木林の間, たるなる對他性對外性, たる單位の恐怖, たる営中に何かしら異様, たる営業体は他, たる嗅神経の異状, たる嗚呼大いなる燔祭, たる嗜好品有りしやも, たる嗜眠状態のなか, たる嘲罵は全く, たるのなか, たる噐具も出, たる器物調度図書典籍を蒐め, たる器用人と言, たる噴井の匂, たる噴水の露盤, たる噴煙に交っ, たる嚢家の門, たる囃子の音, たる囘教建築を見物, たる囘數により, たる囚吏なり宿因, たる囚牢の中, たる四〇シリングに下落, たる四つの穴以外, たる四つ五つの子, たる四つ手かな, たる四万の闇, たる四五本の檜, たる四位の少, たる四個の大, たる四元空間中においてある, たる四十のマダム, たる四十あまりの女入り, たる四十かっこうの市民, たる四十歳を過ぎた, たる四十許りの, たる四十起氏と暗い, たる四境自然の清福, たる四壁のうち, たる四天王が貞観年間山陰諸国, たる四季袋を引っ, たる四寸角の穴, たる四布蒲団のごとき, たる四月一日新婚旅行を兼ね, たる四望の間, たる四民同権の一新世界, たる四海兄弟の原則, たる四番室の前, たる四百年前の最大, たる四郎にも妙, たる四里の溝渠, たる四阿屋の簷傾, たる四隻の手, たる因果律や矛盾, たる因果身の不仕合せ, たる因襲なり, たる団々たる明月, たる団体葬儀であろうか, たる団員の数名, たる団栗のふつふつ, たる団欒の中, たる団飯を取出, たる困難の下, たる囲いをめぐらし, たる囲壁のなか, たる図中その瓦, たる図書の購入, たる図書館または町村, たる固体液体および気体, たる固有の大和言葉, たる固有特色なの, たる固陋なる観念, たる国体観を知る, たる国債もまた, たる国劇樹立の緒, たる国司等の下位, たる国周の錦画開化三十六会席, たる国家人民にはこれ, たる国家問題に属す, たる国家的若しくは世界的, たる国富論派より来たる, たる国書を持, たる国栖人が好ん, たる国極度の食料不足, たる国歌が吹奏, たる国民生活の全体, たる国民的統一国家の建設, たる国王なりき, たる国粋の芸道, たる国粋的戯作風のもの, たる国語調査会の委員諸公, たる国貞国芳国直ら豊国門下の画工, たる国造が居る, たる国道の群集, たる国郡をムザムザ手, たる国防を全う, たる国防予算は少し, たる国際学友会館は西大久保, たる国際民間使節の下, たる国際聯盟の前, たる国麿は危き, たる國民黨の一角, たる國無限の國家的信用, たる國造等がとり行うた, たる國道山と海, たる園守が, たるき大, たる圓喬がつたえた, たる圓柱の廊, たる圓盾ひやう, たる土ぼこりでかぶと, たる土まみれの生活そのもの, たる土人を虐待, たる土俵なの, たる土偶を翫, たる土台があり, たる土噐にて最も, たる土器の中, たる土地ここをぬける, たる土居大炊頭利勝に送った, たる土居大炊頭利勝本多上野介正純は私, たる土岐氏の子孫, たる土岐頼芸を国外, たる土師人は自然他, たる土師連は野見宿禰, たる土師連家は早く, たる土彦も糸路, たる土手あらんや, たる土方歳三は同, たる土星に胆嚢, たる土木家である増田長盛, たる土木築造のごとき, たる土民であつ, たる土洋々たる海, たる土版の出所, たる土産物を貰いし, たる土肥権右衛門が池田勢, たる土製の小さき, たる土豪本多氏の私有, たる土鼠の如くなる, たる圧制者の下, たる圧搾にほかならない, たる圧迫の中, たる圧迫傷害に基く, たる京都の, たる地上生活の悪用, たる地下室をながめ廻し, たる地下道の溜井戸, たる地中海を渡り, たる地中海行特急第七九五号列車, たる地主神が威霊, たる地也その柳原, たる地代の発生, たる地位片々たる財産, たる地名は日高國靜内郡下下方, たる地図に之, たる地圖で略上, たる地域外にその, たる地平線のわたり, たる地方委員と地方図書館員, たる地方裁判所も第, たる地熱がやがて, たる地理學の知識, たる地理學家の言たる, たる地紙と血潮, たる地蔵堂の前, たる地蔵鳳凰白根の連脈, たる地質調査所の四十万分一予察図, たる地面遠山その陰, たるの者, たる坂井の口, たる坂本牧場に鳴く, たる坂東地方にあっ, たる坂東寿太郎や二代目三十郎, たる坂部岡江雪斎を捕え, たる坊さんというの, たる坊ちやん二人, たる坦道とはおもっ, たる坪内君に対して公然, たる坪内氏が経営, たる垂れ枝が微風, たる垂髪の, たる埃及王の名, たる城主もない, たる城兵五六人そっと出, たる城塞の観, たる城壁が見える, たる城外の濁水, たる城山の空しき, たる城廓であること, たるに達し, たる執念の眼, たる執権職なん, たる執着心やら悪漢, たる基三個本基および投者, たる基手を取っ, たる基督教の信仰, たる基督者が自殺, たる基礎方程式を通してのみしか流体, たる基隆埠頭の一情景, たる基隆港についてちょっと, たる埼玉県と同様, たる埼玉縣兒玉郡山王堂村に移轉, たる堀江の賑江亭, たる堂々の御, たる堂宇の屋根, たる堅き誓の, たる堅固さを知ってる, たる堅忍さとを彼, たる堕落振りでした, たる堤上に佇ん, たる堤燈さし出して, たる報恩の一端, たる報酬はかく, たるしよを, たる場内を出, たる場所それがトポス, たるの中, たる塊氷のなか, たる塊石も年長, たる塔婆を造る, たる塗り破れし母衣, たる塗り盆をいただかせ, たる塚田巡査の角燈, たるの山, たる塩谷郡の南, たる塵中の人, たる塵事を超越, たる塵毛を引きとどむる, たる塵毛中やや長く, たる塵煙の中, たる塵芥腐った女, たる塵芥聚の中, たる境内危そうな象形文字, たる境遇等の順序, たる境遇近似せる主義, たる墓域の氣分, たる墓場にさしかかれり, たる墓標のめぐり, たる墓碑の中, たる墨片は師匠, たる墨痕の中, たる墨色の線, たる墨蹟を残し, たる墺太利軍の一偵察隊, たる壁訴訟をし, たる壁際には幾著, たるに上りぬ, たる士人とその, たる士心の不屈さ, たる士族に非, たる士民ばかりともろとも, たる士氣を鼓舞, たる士流の間, たる壮佼どもなり, たる壮士の手当て, たる壮士連はだんだん, たる壮年血気の輩, たる壮志を抱いた, たる壮烈な最期, たる壮語叱咤万億の火筒, たる声ふり絞りて, たる声一様に振り向く, たる声価も定まり, たる声調で, たる声障子を開け, たる壱岐対馬五島より始め, たるな天然, たる変りがあろう, たる変りようでしょう蝙蝠安, たる変容によってしだいに, たる変態性慾ばかりになっ, たる変更に適用, たる変物の名, たる変若水い取り来て, たる夏侯惇には, たる夏外套を少女, たる夏姿と比較, たる夏空に, たる夏草を露けき, たる夏野にさしかかっ, たる夕ぐれの路, たる夕ごろもかな, たる夕べのなか, たる夕宮はその, たる夕月をながめ, たる夕貌の花, たる夕闇がある, たる夕陽の景甚佳, たる夕雲のし, たる夕顔の花, たる外交ぶりはざっと, たる外交上の一大過渡, たる外光でもない, たる外出の自由, たる外史は松平定信, たる外国風の興行法, たる外形律が既に, たる外物によりまた, たる外貌に蠱惑, たる外道がある, たる多しといへる, たる多士の觀, たる多大の利益, たる多幸を思ひ, たる多淫の娼婦, たる多神教に対し現世的問題, たる多血質の人物, たる多読時代であった, たる夜中のねむ, たる夜具の上, たる夜店のあたり, たる夜曲を奏する, たる夜更の遠見, たる夜牛込神楽坂浄瑠璃坂左内坂また逢坂なぞ, たる夜目にも爽, たる夜稼ぎの車夫, たる夜行には都合, たる夜語りに時間, たる夜雨の音, たる夜風がふたり, たる夢中の音響, たる夢中遊行の存在, たる夢窓国師なの, たる夢路を歩ん, たる夢遊心理を誘起, たる夢遊行動中にも亦, たる大あむしられの, たる大いに公衆の, たる大きいわざわいが, たる大きからぬ雲, たる大上段から無可, たる大久保彦左衛門の子孫, たる大事實に非, たる大人の疑問, たる大会堂を村, たる大伯母ましき敢, たる大伴家持の作つた物, たる大佐は暫時, たる大使にも気の毒, たる大兵肥満にて彼, たる大円髷より水, たる大冊数十巻をなし, たる大切の御, たる大判のもの, たる大利根の下流, たる大剛と雖, たる大力の大男, たる大助はかく, たる大勇を深く, たる大勝の報, たる大友皇子殺害事件が偽装, たる大口の山路, たる大同江上の怪米船ジェネラル・シャーマン号, たる大名紋の幔幕, たる大和七宿のうち, たる大和介谷森種松と筑前守鈴鹿勝芸, たる大和民族の血, たる大国の一つ二つ, たる大国主の概念, たる大坂の商賈夫妻, たる大坂表のうち, たる大型バスをでつ, たる大垣町長の斡旋, たる大塚さんの夫人, たる大学卒業者の就職, たる大宮人のま, たる大家さんはひとり, たる大審院の横田院長, たる大将たちが七, たる大小の兵船, たる大小属僚の密議所, たる大小屬僚の密議所, たる大岩壁が甲鉄, たる大巾の白布, たる大広間だ, たる大廈石室なりその, たる大徳を管仲, たる大悪無双の, たる大月ありその, たる大本がある, たる大杉となり, たる大根を臺所, たる大業なり, たる大槻博士の, たる大橋宗金から初段, たる大殿の股間, たる大気中に在る, たる大江丸旧竹, たる大沢にお, たる大河一つあり此河, たる大沼を出現, たる大波は沸, たる大流となつ, たる大滝を見, たる大滝庄兵衛の主人, たる大瀬の官林, たる大王にし, たる大目村に向かいし, たる大石乱立したる間, たる大石柱の遺蹟, たる大社にて只今, たる大福帳を引きよせ, たる大穴が一つ, たる大策をお, たる大箱と衣, たる大罪が箇条書, たる大義をきく, たる大義名分の精神, たる大胆者讐返ということ, たる大舟小舟は徐かに, たる大船が海上, たる大菩薩峠は記録, たる大蔵省にし, たる大藏大臣の椅子, たる大藏省にし, たる大藩といえ, たる大行山脈に住ん, たる大詔の下りし, たる大賊の首領, たる大路の寂, たる大輪を描い, たる大農的耕地であるから, たる大逆の罪, たる大通中の大通細木香以, たる大道矢のごとく, たる大都市が十年, たる大野の或, たる大野郡を指す, たる大量であろうか, たる大量生産のミジメ, たる大量集団が仮に, たる大金を快く, たる大鐘は物凄い, たる大阪の空, たる大阪弁の使, たる大隈と板垣, たる大隈板垣兩伯に向, たる大難の日, たる大雪と化し, たる天下之を為す, たる天下幾干か, たる天下殆ど覚悟のない, たる天下皆然り, たる天下真偽雑駁善悪混同いずれを是, たる天主堂に夜, たる天主教の聖器類, たる天主閣をそびやかした, たる天主閣下が千畳敷, たる天井を見上げし, たる天人は漁郎, たる天人花戦いの象徴, たる天佑の一つ, たる天保元年は実に, たる天元術も了解, たる天国を持っ, たる天地分離の説話, たる天地有にもなく, たる天地英国の大, たる天地運行の中, たる天地限なく窮, たる天壁海碧を囲繞, たる天変地妖に対してもまた, たる天変地異に依る, たる天女の音楽, たる天女たちとは事, たる天女廟の門衛, たる天妃よ, たる天工の奇句, たる天幕を張りたる如し, たる天平様式が出現, たる天数何で小さい, たる天文学者の一行, たる天晴快き見得なる, たる天楽が不断, たる天然居士の再来, たる天照大神の代表者, たる天狗クラブ党中の闘将, たる天狗党シャニムニ踏み破り蹴散らさんと, たる天界が目前, たる天皇家の日本, たる天皇暗殺企畫者管野すが宮下太吉, たる天皇機関説ではない, たる天皇自身でなければ, たる天皇親政は頼朝以来, たる天真な笑顔, たる天真師を見, たる天窓のみやがて, たる天竺の末期, たる天糸は本, たる天草女よあ, たる天菩比命であると, たる天蓋の下, たる天蚕糸の魚, たる天賦の御, たる天運を増大, たる天野博士の東洋経済新報社, たる天野猪子の両, たる天風はおもむろに, たる太刀音がし, たる太古ぼうとして知るべ, たる太史令司馬遷は天漢三年, たる太夫なり, たる太子の御, たる太宰主神よりは高官, たる太平の一士人, たる太沖の中, たる太腿は行く, たる太陽一つを空, たる太陽神も単に, たる太陽神崇拝の時代, たる太陽神話説の夫自身, たる太鼓の音, たる太鼓三段に打ちひびいた, たる太鼓腹の下, たる夫人堂の大, たる夫人樒柑の皮, たる夫婦こころ合わでも, たる夫婦こころ合はで, たる夫婦関係は肉体, たる夫思いの細君, たる失踪者からは一言, たる夷狄の称, たるも亦, たる奇しきえにし, たる奇剣のいわれ因縁, たる奇峰あり上毛, たる奇怪さでありましたろう, たる奇怪物現れ出でて, たる奇抜さ非常な食欲, たる奇特の論派, たる奇獣にて顕微鏡, たる奇異の現象, たる奇縁でしょう, たる奇術の実演, たる奇話かこれ, たる奈良坂春日祠造営費を大和全国, たる奈落の中, たる奉答をした, たる奉行がいたずらに, たる奉行職の御用駕籠, たる奏楽裡玄徳は国主, たる契丹人の壓迫, たる契冲以下を輕視, たる契約のない, たる奔命や自分, たるぞ詩人, たる奥上州の山名, たる奥庭には燈籠, たる奥方の詞, たる奥深さが, たる奥田義人が代っ, たる奥野後良もう逃げ腰, たるに進めり, たる奨励たるもの, たる女一人立てり, たる女丈夫鳰鳥であればこそ, たる女中というところ, たる女主人は問, たる女乞食二人枯芒の原, たる女人のし, たる女人形のた, たる女傑が軍, たる女優に演ぜしめ, たる女先づ横になる, たる女兒をば夙く, たる女塾内には呉一郎母子, たる女大学なれば, たる女大学評論の第, たる女奴隷が立っ, たる女子どもを見る, たる女将軍が後ろ, たる女差俯向きて床, たる女役者としてその, たる女性それは虐げられさいなまれ, たる女性たちはどう, たる女性スキーヤァを見たかったら, たる女性謙遜なるしかも, たる女房おとま片膝立て, たる女房時代以来の文芸顧問, たる女歌手との最近, たる女歌舞伎の舞踊, たる女流才人を打っ, たる女流画家に伍, たる女湯の天井, たる女王國の領地, たる女神バワリアの像, たる女竹の手水鉢, たる女等のいと, たる女貫一は両個, たる女達磨の絵, たる女酋の例, たる奴等でこそあれ, たる奴隷であって, たる奴隷經濟であります, たる奸婦玉梓なり, たる好々爺として今日, たる好き地あるべくも, たる好人物の表情, たる好奇心からあの, たる好奇的な形, たる好戦意識を燃した, たる好機として真, たる好者として完全, たる好転である, たる如く出で, たる如く立籠むれば, たる如く長椅に跨り, たる如信上人で親鸞面授, たる如是閑とは如何なる, たる如此きを, たる妄執が彼, たる妄想に過ぎざる, たる妓女インドにあり, たる妓小玉の営む, たる妓雛丸とやらを伴, たる妖女の頭, たる妖姫の身, たる妖怪屋敷を見る, たる妖怪談はたいてい, たる妖怪迷信中には全く, たる妖相にみち, たる妖精はつくづく, たる妖術を解かん, たる妙味ありと, たる妙境に耽らう, たる妙策ならずや, たる妙趣はあれ, たる妙音が我身, たる妙齡の處女, たる妬さ憎さ, たるあらば, たる妹わらわがとこう, たる妹君へそっと, たる妻たちはこういう, たる妻女山の西方, たる妻妾の三曲合奏, たる妻子と共に紀州白良温泉, たる妻母は夫婦, たる姉分のお, たるなり, たる始末を細々, たる始祖には慰藉, たる姓名にし, たる姙娠というもの, たる姙娠現象は必ずしも, たるの面, たる姪清常のため, たる姫路に帰り着いた, たる姫路城の人, たる姿今幾日見ら, たる姿薄紫の色, たる姿見にふと, たる姿観にけり, たる威儀ある紳士, たる威力を借る, たる威霊を以て奉仕, たる娑婆の風味, たる娘さんであり平々凡々, たる娘たちのこれ, たる娘姿です, たる娼妓を見, たる婀娜者あり, たる婆さん皺首を伸ばし, たる婆様の挨拶, たるの一人, たる婢どもはさすが, たる婦人列をなし, たる婦人同情会は女囚携帯乳児保育会, たる婦人同情會は女囚携帶乳兒保育會, たる婦人樋口一葉君の人物, たる婦女共なれば, たる婿と舅, たる媼出でぬ, たる嫉妬心といはばいふべし, たる嫌悪の情以外, たる嫡男が居らぬ, たる嫩草の緑, たる嬌声を捕へる, たる嬌音をもっ, たるはただ, たる嬰児の将来, たる子あれは風船屋, たる子たちや貞節, たる子だくさんの場合, たる子アゲーノールは斯く, たる子デームウコスの膝, たる子トレーポレモス丈高き, たる子供さん方皆が精神的, たる子供たちはその, たる子力足らねば, たる子女及び既婚, たる子守女三人あり, たる子年齒最も若けれ, たる子弟を時代, たる子息倒されぬメーリオネ, たる子息ペリモスとエピストール, たる子息メゲースは, たる子爵品川弥次郎の徒, たる孔夫子がこの, たる孔雀玉の紫, たる孕石は身, たる字下栃内に普請, たる字句の校定, たる字躰の毫も, たる字面の謬, たる存在理由はまさに, たる季孫氏の手, たる季氏が勝手, たる季氏陽貨微子, たるつなるは, たる孤灯の下, たる孤独感を味, たる孤軍長駆を以て突, たる孤軒はなだめる, たる孤高の宿命, たる学事会に任し, たる学位獲得よりも人間的, たる学円この時密, たる学制により, たる学制調査会設置案の如き, たる学問性の実践的規定, たる学問的体系乃至その, たる学堂法相の著書, たる学士と聞きたる, たる学徒である, たる学校世界に引, たる学校友だちのこと, たる学校病院工場博物館図書館止宿所孤児院等を巡見せり, たる学校音楽は日本国民, たる学派争いの如く観, たる学界公認の人物, たる学究的政治家信西入道が袞竜, たる学者たちがその, たる学者博士の意見, たる学者団は女史達, たる学者教育家の不, たる学者肌で無慾, たる学而郷党の二篇, たる学舎は停止, たる学術上の青年結社, たる学説が文書, たる孩児の扶助料, たるが師榛軒, たる孫先生がこの, たる孫叔敖と莊王, たる孫悟空の如し, たる孫桓は先頃, たる學制調査會設置案の如き, たる學問修行をば塵芥, たる學徒のもの, たる學校音樂は日本國民, たる宅地の地主, たる宇宙人無数なれども, たる宇宙神の自ら化生, たる宇野氏に何, たる守りの兵, たる守宮なり, たる守衛かな, たる安住を見出さん, たる安倍氏が次第に, たる安倍氏出羽山北の俘囚長, たる安倍貞任の如き, たる安倍野の塚, たる安土への裏切, たる安居楽業を得さし, たる安心をし, たる安息日なり飽食, たる安房国長狭郡東条郷, たる安政五年三月五日調印の期日, たる安日の後裔, たる安然の悉曇藏, たるに起つた, たる宋代の帝后像, たる完璧の出来, たる宗介天狗の拝殿, たる宗勝は父子, たる宗厳へ心から, たる宗右衛門の身の上, たる宗堯の世, たる宗家ではなく, たる宗徒の面々, たる宗教改革の気運, たる宗教登山で一歩, たる宗教的事実は神話, たる宗教的先人をわれら, たる宗教的意識でなければ, たる宗教的經驗を代表, たる宗派にし, たる宗湛に執っ, たるをうる, たる官僚の規矩, たる官僚高官がヤミ天, たる官公吏の罪冥, たる官吏政治家等の筆蹟, たる官吏社会より観れ, たる官員の中, たる官場と化し, たる官立のもの, たる官職を辞め, たる官軍が蝦夷, たる定数に過ぎざる, たる定明が深く, たる定量にて十日間, たる定額を省くべき, たる宛名を書い, たるい身分, たる宝冠を戴き, たる宝女地中より生じ, たる宝暦より明和安永年代, たる宝玉は歳, たる宝網のごとし, たる実事談なり, たる実体を誇示, たる実在的なる友情, たる実家に行きし, たる実感の生, たる実権を握っ, たる実父の横死, たる実現の方法, たる実生活味や誹諧趣味, たる実用品最も美しく, たる実績があっ, たる実行を伴う, たる実行意志が黙せる, たる実証が挙げられる, たる実践もまだ決して, たる実験的所産でないという, たる客人を見, たる客圍み坐せり, たる客気はなにもの, たる客船なり, たる客観性や中立性, たる客観的にし, たる客観的関係を味うの, たる客觀である, たる客體であり主, たる客體的存在を保つ, たる客體的形象即ち符徴記號そのもの, たる室堂であっ, たる室町の古語, たる宦官の廢止, たる宮処見れば, たる宮崎の空想, たる宮廷楽師の朱色, たる宮殿に, たる宰我の口, たる宰領を奉じ, たる家あるじは女房, たる家の子の一名, たる家の子郎党の内, たる家人奴婢らが単に, たる家元の鞭撻指導, たる家内に返り, たる家屋堂宇のため, たる家屋電車の轟, たる家庭ぶりの中, たる家庭争議がついに, たる家庭的の仕事, たる家庭音楽になっ, たる家康篇を読みはじめた, たる家持の歌, たる家斉の孫家定, たる家族制度から結論, たる家族的な和, たる家族道徳の主義, たる家来らが容易, たる家来島太夫は眼, たる家柄の資格, たる家業の外, たる家橘や染五郎, たる家法を失い給うべからず, たる家火を発せざる, たる家畜が絶体絶命, たる家相学者であること, たる家相心得を示さ, たる家禄と定まりたる, たる家筋とその, たる家老その他の役人, たる家臣を深川八幡前, たる家譜に, たる家賃を始め, たる家運を誇る, たる家長の名, たる家領ことごとく譲りあた, たるは実に, たる容体とは思ひ, たる容易い仕事であった, たる容積の機能, たる容貌を連想, たる宿屋組合で未だ, たる宿怨もわすれ, たる宿敵蜀を伐つ, たる宿老の御意, たる宿願をかけ, たる寂しさを, たる寂寞さであろう無辺, たる寂滅の大道, たる寄宿舎生活をかえりみ, たる寄居蟹の殻, たる寅香とばかり呼ばれる, たる密命大使であること, たる密林の中, たる密集家屋と不十分, たる富之助を頤使, たる富井博士はこれ, たる富人として一生観音, たる富國經濟の道, たる富士の峰, たる富士ここからもなお, たる富士山を見る, たる富子た, たる富山の奥, たる富岡製糸所にいたる, たる富嶽三十六景及び諸国滝巡り等, たる富豪の家, たる富貴名利の外, たる寒き夜も, たる寒暖計と橙, たる寒月の下, たる寒月子と打連れ立ち, たる寒氣の中, たる寒流は雪, たる寒風雲霧を捲き, たる寛容の面もち, たる寛政の改革, たる寛永承応, たる寝台行李等を多く, たる寝室に踏み, たる寝棺をかつぎこむ, たる寝物語の里, たる寝顔は我が, たるご, たる寢牀あり, たる寢衣を纏, たる寢覺の分別, たる實業家の如き, たる寨柵を結いまわし, たる審美學の果實, たる審美論豈ひとり斥けられ, たる審配はたえず, たる寫眞電信映畫, たる寶座の上, たる寶石いろの, たる寶貝は盡, たる寺塔は寂しげ, たる寺壞れたる門, たる寺院教育を受けたる, たる対敵行為であるという, たる対照があり, たる対話を初めざる, たる対馬守の顔, たる寿限無寿限, たる封建の頑民たる, たる封建制にははなはだしき, たる封建制根底者的富農の資格, たる封建時代の御殿様, たる封建社会の自, たる専制の政府, たる専制制を振りかざし, たる専制政治を有し, たる専横の徒, たる専門の学者, たる専門化されたる空間概念, たる射的場となっ, たる僚を, たる将士は久しく, たる将星ばかりだった, たる将門の悪評, たる將軍ヘクトール悲哀に堪へず, たる專念を要求, たる專門棋士の胸中, たる尊敬せられたる名誉, たる尊氏義貞が地, たる尊王の念これ, たる尊王賤覇に到着, たる尊貴の道徳, たる尊長の居らぬ, たる對象の權利, たる導火線なりける, たる小さはしい, たる小さい卑しい人物の, たる小丈夫のみ, たる小人島騒動に激, たる小人輩がた, たる小作収入では計算, たる小倉中学校長文学士伊東尾四郎君はわざわざ, たる小児遺棄とそれ, たる小冊を刊行, たる小判何の紛れ, たる小品六篇のうち, たる小国である, たる小型のスポイト, たる小城一つに犠牲, たる小天地に身, たる小天地想なり, たる小太刀潜入飛燕の術, たる小姓が控え, たる小娘は左, たる小学校の学齢, たる小室に蟄居, たる小室翠雲は勿論, たる小宮氏の語学力, たる小宮氏輩が非難, たる小寺政職やら老人たち, たる小屋者であった, たる小山が此方, たる小山内薫が外遊, たる小山檢事正及び大賀, たる小山田筑前は悪戦, たる小山田義国の輩, たる小山足利の両雄, たる小川の流れ, たる小形の箸, たる小役故敢, たる小径を攀じ, たる小心より来る, たる小手の下, たる小料理屋で出会った, たる小早川秀秋の陣, たる小春の声, たる小杉天外君が初めて, たる小松の内大臣重盛卿, たる小林一三大人は来客, たる小林權太夫殿へお, たる小林玄竜の受け寺, たる小次郎の太, たる小河のあさき, たる小滝あり, たる小火騒ぎやら無聊, たる小牧山をながめ, たる小生等が骨, たる小男の眼鏡, たる小町の事, たる小祠とその, たる小穴數多散在し其大, たる小笠を取り, たる小策をたのみ, たる小篇に屡々, たる小腹を束ね, たる小舟の後, たる小著では, たる小袖に納戸小紋, たる小説家批評家戯曲家を呼ぶ, たる小説家等に比し, たる小説汗牛充棟もただならぬ, たる小説評論を読む, たる小論で言語, たる小車に乘, たる小鳥一羽ありて, たる小鳥峠の上, たる小麦粉が漂白, たる少々御転, たる少く共幼稚なる, たる少く美しき士官は, たる少女心をおもいみ, たる少年俊雄をわれ自ら, たる少年奴隷の供給, たる少年時代の歌稿文稿, たる少年村井は小脇, たる少時後に不思議, たる尖端芸術の渦, たる経は, たる尺八の音, たる尺度の制, たる尺振八氏の家塾, たる尻端折雨傘打並べて歩み行く, たる尼公等あり, たる尼君のお, たる尾の上に, たる尾峰の彼方, たる尾州家に宿相続救助, たる尾張の地, たる尾張様の家臣, たる尾張水戸越前に蟄居, たる尾花野菊女郎花の間, たる局面がなく, たる屈指の武士, たる屋台店を食, たる屋島壇の浦, たる屋敷も幾世紀, たる屋敷うちに流れる, たる屋敷町を流星, たる屑竹は, たる展望を描き出す, たる展望室に出入, たる展覧会の目録, たる展開でなければ, たる属僚の絶望, たる属性としてでなく, たるを形成, たる履物の杖, たる屬僚の絶望, たる屯営の深く, たる山の手の街, たる山ひつじとおも, たる山ひとつマハベリガンガと云, たる山下の村落, たる山中商会が, たる山代大兄王を殺し, たる山代王にも当る, たる山伏坊主の冒険小説, たる山内駒之助という, たる山口の街頭, たる山名方は一色, たる山国川の姿, たる山坂に磨墨川, たる山坡の上, たる山奥から湧い, たる山女魚やはや, たる山少女湖ぞひゆけ, たる山尾殿こそ私, たる山岳地帯を控え, たる山岸を苦しめる, たる山峡は益々, たる山峰の積翠, たる山崩れと共にその, たる山巒を指し, たる山径を攀じ, たる山後方を見, たる山懐中で追いつ追われつ, たる山本村の清水, たる山本正雄はその, たる山村を選んだ, たる山林になる, たる山根氏にまかせ, たる山桃ゆゑにそのよき姥を, たる山桜の妖精, たる山椒の芳香, たる山椿の大樹, たる山気を通してどうどう, たる山水の墨絵, たる山河を桑, たる山猫でござい位, たる山男もまた, たる山畠の小家, たる山県伊藤両公, たる山県内閣の与党, たる山県崇拝家と為れり, たる山県系統として閣下, たる山祇の, たる山縣大貳, たる山縣伊藤兩公も時として, たる山縣内閣の與黨, たる山縣崇拜家と爲, たる山縣系統として閣下, たる山羊どもは彷徨い出, たる山羊ら小馬ら, たる山背大兄王を斥け奉り, たる山腹を過, たる山襞のきわまる, たる山西兩系の政治的均勢明白, たる山貌を咫尺, たる山道沃野都市部落一望のうち, たる山門は聳え, たる山間小流の湊合, たる山間谿陰に連日, たる山陰諸国へさっそく, たる山険を負う, たる山霧が潮, たる山頂の池, たる山魅人妖異類のあまた, たる山鹿素行熊沢蕃山山崎闇斎等は漢学, たる屹水下からは海潮瀧, たる屹立は, たる岐蘇川の下流, たる岑威が討たれる, たる岡安を完全, たる岡崎氏を棄て, たる岡崎総吉と申す, たる岡本半翠氏は予て, たる岡野金右衛門が色仕掛, たるの隈, たる岨道を俥, たる岩倉公は欧米回覧, たる岩倉大使の一行, たる岩出山の城主氏家弾正, たる岩城のこと, たる岩場やまかり間違え, たる岩尾根に新, たる岩峭の不壊力, たる岩島海豹島こそは彼女ら, たる岩村高俊氏は辛うじて, たる岩根を踏め, たる岩田氏のこの, たる岩畳作りの長火鉢, たる岩石晴天には槍, たる岩積みが見え, たる岩等はある, たる岩絵画的な舟, たる岩脈と雲, たる岩間には高根菫岩爪草, たると谷, たる峠路を伊那, たる峭壁があっ, たるをぎらぎら, たる峰々も間近, たる峰丹波と申, たる峰勢飛動せんと, たる峰岳を貫い, たる峰嶽を貫い, たる峰巒を飾る, たる峰巒半霄に磅, たる島々や, たる島々谷の風光, たる島田の障子, たる島田髷も少し, たる峻嶺を想像, たる峻嶺面を壓, たる峻烈な試練, たる崇高は自然, たるの上, たる崖上に立ちたれ, たる嶄岩の堆積, たる嶄巌を錯峙, たる嶮崖の底, たる嶮隘な道, たる巉巌の尖頂, たる巌壁の間, たる巌根を踏み, たる巌森とした, たる巌熱川温泉に安宿, たる巖端に城, たる川べりの藻, たる川口の島, たる川島家との通路, たる川島未亡人はやおら, たる川崎も矢部, たる川幅であった, たる川床に再び, たる川柳久良伎翁はその, たる川越の内田家, たるの認定図書館, たる巡回文庫により地方在住者, たると徐, たる巣林子われその濃, たるは深く, たる工事はすべて, たる工人と見え, たる工学士某氏の思慮, たる工業方面にある, たる工藝は自, たる工藤曾我等の諸氏, たる左中将義貞はいまだに, たる左右平等は日, たる左団次の足跡, たる左宗棠が奏議中, たる左翼の方, たる左舷西方遥か水平線の彼方, たる左記第二回, たる巧みに海津城, たる巧句を得べし, たる巧笑にわが, たる巨人族もかつて, たる巨勢が頭, たる巨岩の錯峙, たる巨幹をささえる, たる巨腕を示した, たる巨蛇アペプを剄, たる巨象をすえ付け, たる巨鐘無窮のその, たる巨頭伝統を護っ, たる差配の太助, たる己様だぞ, たる已に久し, たるがここ, たる巴里における七月, たるを走りぬ, たる巷談屋に彼ら, たる巻き葉に在, たるを下げ, たる巾着より鍵, たる市さんを呼び寄せ, たる市中の眺望, たる市女笠折れたる台傘, たる市村羽左衛門氏夫妻は目下ピカデリイ, たる市辺押磐皇子の従者, たる布施經濟の習性, たる布片ありや, たる布石の相, たる布類と思った, たる帆前船の働き口, たる帆木綿に, たる帆村荘六はさっき, たる希臘型で頬, たる希臘詩人の永生, たる帝国ホテルは弾痕, たる帝国主義者の云為, たる帝国党の領袖, たる帝国大学に対しては民間私学, たる帝国大学生袖口ぼろぼろ蚊, たる帝国芸娼院の面, たる帝國の力, たる帝國海軍士官の服裝, たる帝國黨の領袖, たる帝座は又, たる帝政論派の遺, たる帝王のうらやむ, たる帝紀と本, たる師団長会議で述べ, たる師家が指導, たる師範の子, たる帰結と云う, たる帰途くだんの場所, たる帰途赤坂見附の上, たる帳場にはあらず, たる帷子の人, たる帷幕から物々しく, たる常世の国として懸, たる常世神が感謝, たる常備軍をも養わざるべからざれ, たる常友にこの, たる常春の楽土, たる常磐木の草寮, たる常識天を畏れざる, たる常識概念に於, たる常陸介でもやはり, たる帽子阿弥陀に戴ける, たる乱すと, たる幇間的骨董商の軽, たるを二つ, たる幕僚の将たち, たる幕将たちの眼もと, たる幕府方の人間, たる幕府時代の文学史, たる幕政を挽回, たる幕末の時代, たる幕黄金を鏤めたる, たる干満を私, たる干瓢なんどいずれも美味, たる干鱈と佃, たる平井山の陣営, たる平原さ利根がはるか, たる平原曠野に出ずる, たる平原都市の大路, たる平和建設の困難, たる平和談判開始の警告也, たる平均ではなくし, たる平塚さんたちのみの責任, たる平家物語を一貫, たる平常のパリー, たる平易より発する, たる平次狼汁をし, たる平正盛忠盛父子を御, たる平民的思想は人間, たる平民的短歌の史論家, たる平民者流の自然, たる平治から初めて, たる平泉の藤原氏, たる平泉汀凍れる衣川, たる平清盛は相, たる平生この美童, たる平田門人山吹春一は不幸, たる平癒も共に, たる平知康を愚弄, たる平賀の右衛門朝雅さま, たる平門の栄華, たる平静を天, たる平静さをそなえ, たる平面に還元, たる年の瀬を越し, たる年代に關, たる年増交りに, たる年寄さながら驚い, たる年寄りの主人, たる年少士官等と語り, たる年月のいつ, たる年浪は立, たる幸十郎は最, たる幸徳井家でそれ, たる幸徳秋水管野すが等, たる幸福感に恵まれ, たるを追う, たる幻影の中, たる幻滅の象徴, たる幻界に馳せ, たる幼い自分を, たる幼子だからこそ, たる幽邃の境, たる幽霊談は先年発行, たる幽霊鬼神を論ずる, たる幽香に護られ, たる幾つかの箱部屋, たる幾万の豼貅, たる幾万年の後, たる幾何学的宇宙の宮殿, たる幾分の安き, たる幾十の卿相, たる幾十万を算するで, たる幾千の罪人, たる幾叢の枯薄, たる幾回ぞ五十余人, たる幾株の柳, たる幾泉あひ, たる広原大沢のごとし, たる広告の囃子, たる広告料の収入, たる広場船大工の小屋, たる広大なる蠢動, たる広岡の庭, たる広橋家を通じての武家, たる広漠の世界, たる広間の電燈, たる庄司利喜太郎を入廷, たる庄司弁吉海保半平井上八郎塚田幸平これらの儕輩, たる庄司署長快刀乱麻を断つ如く, たる庄太郎障子に映る, たる庄屋生島四郎太夫から外国領事, たる床しきマント忘られぬ, たる床屋の中, たる床板の落ちたる, たる床間に山百合, たる序曲を奏する, たる序詞役共は幸, たるの作物, たる底光をはなっ, たる底気味わるき調子, たる底流の上, たる店一軒あり大学教授, たる店口の障子, たる店口ちよつと風雅, たる店相並びて, たる店頭を防御, たるにすわった, たる座蒲団よりすべり, たる庫裡の方, たる庭木を引起, たる庭舟に沈, たる庶民階級の好尚, たる康津郡は一大窯業地, たる廃屋でも何, たる廃船の二つ三つ漂, たる廃藩置県の一英断, たる廃都には鶏犬, たる廃頽的情味を形, たる廉価な日本紡績, たるには世, たると今なほ二, たる廢嫡云々が自分, たるき面, たる廣さをもつ, たる廣庭の中央, たる廣濶なる全, たる延岡町の高等小學, たる建てようのいと, たる建て石がある, たる建場の茶屋, たる建文元年七月より恵帝, たる建文四年六月までは烽烟剣光, たる建札を立てあり, たる建武中元二年に支那, たる建物中で新式印刷機, たる建築場の中, たる建築家の, たる建築様式は希臘, たる建築美術を興し, たる廿四名は今朝, たるで演舌, たる弊制悪法を除去, たる弊害の例, たる弊風をば根本, たる式台の戸外, たる式紙一面に敷き渡し, たる弐師将軍にし, たる弑逆の風習, たる弓なりの丘道, たる弔笛を流し, たる弔詞のもと, たる引札には怖, たる弗列戛艇の事, たる弘布者であったばかり, たる弟又次郎の世話, たる弟子や男衆, たる弥之助が昔, たる弥勒菩薩の座像, たる弥陀の山越, たる弥陀ヶ原に比べる, たる弦差と田楽法師, たる弱きこころに, たる弱音をはき給う, たる張儀の建言, たる張紙にこの, たる張遼徐晃などという旧, たる強い戯作臭の, たる強い深い意志の, たる強兵たるの露国, たる強制一点張がへん, たる強圧が彼等, たる強賊化して, たる弾丸である, たる弾正先生は疾うに世, たる弾痕の壁, たる彎曲線の末, たる当世の西陣織, たる当世小説家よなどと言, たる当世才子高慢の鼻, たる当世風の花簪, たる当初の意思, たる当夜の志, たる当局を全く, たる彗星である, たる形ヰナカびて見ゆ, たる形体を固守, たる形女陰にいとよく, たる形容詞のやう, たる形状なく定まり, たる形而上學の立場, たる形象の鮮やかさ, たる形跡これあり似より, たる形跡顯然と, たる形迹はおそらくは, たる形風情あり, たる形體を持たない, たる彦兵衛の顔, たる彦火火出見尊, たる彩光は炳乎, たる彩文は, たる彩氈は唯, たる彩色が施, たる彩色板刻ならずして, たる彩色画でこれ, たる彩車は聖ピエトロ, たる彫像家某氏をし, たる彫刻は従っ, たる影水彩を薄, たる影法師がいた, たる影静なる水, たる彷徨である, たる役人はあるいは, たる役料にて一銭, たる役目上大久保家ではこの, たる役者絵を以てこれ, たる役行者が葛城山, たる彼さへ幾度, たる彼ら自身を彼ら, たる彼万国平和の慈仁, たる彼九郎右衛門は其壮年時代, たる彼人の許, たる彼仙太郎はこうして, たる彼女らから受ける, たる彼女自身は普通人, たる彼媼の心根, たる彼我の艦隊, たる彼等二千五百の鉱毒被害民, たる彼等夫妻の前途, たる彼自分の魂, たる往復の書面, たる往来に背広, たる往還をサイン, たる征夷大将軍の意義, たる征服のこと, たる征服慾娘たち殊に姉娘, たる征服階級と被, たる征驂をと, たる径二寸ほどの物, たる径約一寸長さ四尺一寸余, たる待遇を受ける, たる律動の勝利, たる後ちの所感を申し, たる後れ毛をじ, たる後ろ手の母, たる後ろ髪を引く, たる後われに交付, たる後ダイゴ帝が水, たる後ファウスト中世騎士の宮中服, たる後ブラツデイ氏宅へキネスコープ, たる後一枚絵にてその, たる後上京し株式, たる後丸の内附近より上野駅附近, たる後乳の下, たる後二十五日午後に至り, たる後代の禍根, たる後令妹のピアノ, たる後何物か我胸中, たる後余に古松, たる後傷をだ, たる後僅かに数日, たる後兄弟をたずねるべく, たる後先日の百両, たる後先生又僕, たる後光が照り輝い, たる後其翌日は起床, たる後切腹しようと, たる後十分ばかり何, たる後南船北馬東奔西馳熱心にその, たる後博士クローレイはさらに, たる後博文館または春陽堂, たる後台所に忍び寄り, たる後君たち文章を書かん, たる後四年を経, たる後団中の一人, たる後団体の制裁, たる後塒に歸, たる後夕暮深き紫, たる後女はわが, たる後妻のた, たる後姿隣の室, たる後宇多天皇にお, たる後家に帰っ, たる後寛政八年頃より司馬江漢, たる後就寝したるもの, たる後巻末に歌麿, たる後帯の結め, たる後引き下して, たる後彼が空, たる後得右衛門はなお, たる後急に延, たる後怪しげなる身, たる後憲政本黨, たる後懺悔僧を呼戻し, たる後放免せられて, たる後明治二十五年の二月, たる後明治十三年発布の刑法, たる後昏倒する, たる後昨年七八月頃までは増税, たる後本人は他, たる後東京市北部及び西部, たる後楽園の樹木, たる後樂園深く煤烟, たる後毛の先端, たる後深草には何, たる後瑞垣に憑, たる後穏かならぬ, たる後自転事を飛, たる後興奮のすぎ, たる後蕋に凝る, たる後藤新平氏も, たる後被告の財産, たる後見は為, たる後貴重なる指環, たる後辻聴花先生にお礼, たる後運動や線, たる後郷里の父母兄弟, たる後金あまた得たらむに, たる後靴を脱せずし, たる後鳥羽院の御, たる徐氏には, たるを進みぬ, たる徒刑囚らのそうぞうしい, たる従って性格でない, たる従卒はお, たる従来日本政府が施政, たる従軍記者もこうした, たる得右衛門は少し, たる得物を突きつけました, たる從つて純粹, たる從來日本政府が施政, たる從卒數人乘りたり, たる從者辛うじて到る, たる御井の眞清水, たる御仁躰なり, たる御代には太刀, たる御国もごく, たる御子将門どのよ, たる御家騒動に基き, たる御寮が汽車, たる御嶽山は暮れ, たる御幣のごとき, たる御歌よみ恥ぢ入りつつも, たる御殿風の屋根, たる御籤の文句, たる御苦労加減は恐れ, たる御衣はもう, たる御身等はそれ, たる御返事であった, たる御館藤原氏が院宣, たる復帰を開始, たる復讐の形, たる復讐的手段なりといふも亦, たる循環か, たる微光が射し, たる微塵群の天幕, たる微酔の感, たる徳利では無論, たる徳富猪一郎氏は翁, たる徳川一類の身, たる徳川光圀の如き, たる徳川家康が西方, たる徳川幕府も定命, たる徳川政府は早く, たる徳川政府最後の将軍慶喜公, たる徳川時代の家並, たる徳川覇府の余威, たる徳松であろうとは, たる徳永商店に逃込ん, たる徳義上の問題, たる徳義操行において天下後世, たる徹底的なる意義, たる心もとなき心地す, たる心ゆ来れり, たる心中事件の意味, たる心中察するに, たる心労も例えば, たる心地台所の方, たる心地更に深く, たる心外さ口惜さ, たる心平さんに一応, たる心微塵もなけれ, たる心性の活動, たる心我はうれしき, たる心掛け大に感ずべき, たる心構えと努力, たる心泉がある, たる心海の波動, たる心理経過を一々, たる心理表現の観察者, たる心理解剖作家である, たる心細さに, たる心遣いは最も, たる心酔の階段, たる必然の結果, たる必然さ人間のただ, たるはしき聲, たる忍姿を落人, たる忍従棄権の悟り, たるはあつ, たる志七生忘れられず官軍, たる志士仁人の熱烈, たる志気も示され, たる志道軒常友正司幸平ならびに久吉, たる忘我と興奮, たる忠一は急所, たる忠兵衛の言う, たる忠利のさま, たる忠君愛国の実, たる忠清は馬鹿者, たる忠興の妻, たる忠行の行, たる忠誠が殆, たる忠誠騎士団はそれら共和派, たる快きを覚, たる快感が伴われ, たる快男児旭川市を根拠, たるを起し, たる念情はこれ, たる念流の当主, たる念流左太夫を討ち取った, たる怏々は吾心, たるれや, たる思いがけないその素顔, たる思い出を回向, たる思い出みたいで面白く, たる思い思いの叫声, たる思い過ぎであろうか, たる思惟抽象の世界, たる思想的貧困がこの, たる思想警察についてもこの, たる思考の中, たるな下り, たる急所一声号びて仰反る満, たる急進派の敗北, たる急進自由の率先者, たる性慾の撰択権, たる性格描写の作品, たる性格解剖などには犯罪, たる性欲のみの発動, たる性癖までも星, たる性的関係中より世界, たるの敵, たる怨念の跡, たる怨敵の肉, たる怨言を聞け, たる怪しき白い霧赤い, たる怪事がそれ, たる怪事実あり, たる怪影は関の山, たる怪火の炸裂, たる怪煙と異臭, たる怪異であろう, たる怪談劇は容易, たる怪賊の烏啼天, たる怪魔人は踪跡, たる怪鳥の爭, たる恋しさを, たる恋ゆえのおおし, たる恋仲なの, たる恋情が潜ん, たる恋愛学慈悲友誼愛国の如き, たる恋愛曲線を得たい, たる恋愛詩の詩人, たる恋愛論に対して生じ, たる恋歌の著しく多き, たる恐しき叫声, たる恐るべき証言に対して, たる恐ろしき茸にも, たる恒久の佳人, たる恒子さんも共に, たるがある, たる恥知らずの直接, たる恥辱の白日, たる恩地小左衛門のかかり, たる恩寵を御, たる恩師古川の推挙, たる恩田杢は此時, たる恩義に酬, たる恩賞目当の進退, たるを静か, たる息子の, たる恰好に自分, たる恵心の指示, たる悄々たるさま, たるあり, たる悔恨も, たる悠長なる平民, たる悩ましさと, たる悪声であった, たる悪夢等の覚醒後, たる悪寒に身体, たる悪弊にて夫婦親子, たる悪戦苦闘をする, たる悪業がある, たる悪漢か屍衣, たる悪玉でなく寧, たる悪臭だろうか, たる悪行の甘, たる悪評が立っ, たる悪逆無道の老, たる悪霊の為め, たる悪鬼の舞台, たる悲しき經驗を, たる悲愁か, たる悲慘を現出, たる悲憤に打たれる, たる悲歌を聞いた, たる悲痛の叫び, たる情けなさだった, たる情けないことだろう, たる情勢のなか, たる情婦を首尾, たる情怨のこもれる, たる情感に身, たる情操は与えられたる, たる情緒燃ゆる思慕, たる惠果が梵字梵語, たるのた, たる惡少年皆吉になつて, たる惡戰だ, たる惡業は猶, たる惡玉が, たる惡習慣に對, たる惡黨なり其故, たる惡龍の如く, たる惨めなこと, たる惨事あり, たるみを, たる想いというの, たる想像力を満足, たる想念と合致, たる愁思を漂わそう, たる愁懐を蓬, たる愁艶であろう, たる愁雲を払, たる愉悦はほか, たる意味内容である, たる意図神のよざし, たる意志表示や行為, たる意志表示何かの行動, たる意欲よ, たる意気地のない, たる意気組もプライド, たる意識的と無意識的, たる意識的自己ということ, たる愚人ぢやよ, たる愚作が多かっ, たる愚楽老人の言葉, たる愚痴にとらわれ, たる愚者の夢視, たる愛人は無論, たる愛国的奉仕とはいつ, たる愛国義胆の維新改革先達, たる愛嬌なさ, たる愛子は蕩児, たる愛慾の闘士, たる愛着をもっ, たる愛知県下に出張, たる感動なりとかや, たる感受をなせ, たる感受性の新鮮さ, たる感念を其儘筆, たる感性によって特色, たる感想断片が私, たる感慨ではなく, たる感應篇や日常生活, たる感懐をリリカル, たる感有之候也, たる感覚活動をなし得る, たる感覺を持つ, たる感觸を寫す, たる慈悲心風雅な淑, たる慈悲心鳥の名, たる慈親が初めて, たる態あはれにて襤褸衣服, たる態度明敏果断なる処置, たる態度明敏果斷なる處置, たる慓悍さのうち, たる慣例は愚か, たる慣習あるため, たる慷慨家の公良孺, たると色氣, たる心を, たる憂いを抱き, たる憂きおも, たる憂目を見せられる, たる憎々しきもの, たる憎げな怜悧小僧, たる憎しみの光, たるの目付, たる憐憫を少し, たる憤怒と悲痛, たる憤激となれり, たる憧憬や其他, たるれむべ, たる憲問篇孔子管仲の仁, たる憲法政治のもと, たる懇迎を謝, たる懊悩の影, たる懊悩なぞは思ひ, たる懐しき同情者を, たる懐中より取り出し, たる懐中物を恐る恐る, たる懐剣が光っ, たる懐疑者の声明, たる懦弱だか, たる懲役人の一群, たる懷劍を拾, たる懸念や配慮, たる懸隔をその, たる懺悔録ならば, たるを懐き, たるの刻頃, たるは有, たる成人の日, たる成島柳北先生より彼, たる成文神話は其の, たる成文神話中には多く, たる成績取調べしに, たる成金根性を発揮, たる成長過程の類似, たる我々風情のすまじき, たる我が国排ソの重囲, たる我ひとり横に長く, たる我世界は何年, たる我北陸の革命軍, たる我句は, たる我国の如く, たる我國王の御名, たる我執と傲慢, たる我外は泡立つ, たる我夫を憐, たる我子の決心, たる我弦月丸の運命, たる我手に当り, たる我文学は, たる我日本武士の気風, たる我晴衣はとり出されぬ, たる我畫反古を見, たる我皇統を歴史上, たる我耶蘇基督に祈る, たる我胸には言, たる我藩屏と信じ, たる我評に詳, たる我詞章に耳, たる我身おん身に請, たる我身なりふさはずあらじ恋, たる我邦復讐の事, たる或いは憤激せる, たるは今日, たる戦いにおいて撃破, たる戦い任意行動のいっさい, たる戦争行為だとか, たる戦人の見, たる戦力増強のため, たる戦国時代ではなまじ, たる戦国武士に対しちと, たる戦場声のおも, たる戦塵がまきあがっ, たる戦士はかの, たる戦士エセルレッドはいまや, たる戦後の野, たる戦意がなかっ, たる戦時体制に入った, たる戦死の様, たる戦死者負傷者より爾来, たる戦気を帯び, たる戦略に同じ, たる戦野の死屍, たる戦闘であったが, たる戦闘的態度の利己主義, たる戦闘的本能奮激してる若々しい, たる戦闘裡に世界, たる戦雲の所々, たる截石の將, たる戯作者の文章, たる戯曲家ヴィルドラックはその, たる戯曲構成の論議, たる戯画である, たる戰利品オヂュシュウスの手, たる戰功に伴, たる戰正に今, たる戰略に同じ, たる戰裝我は整, たる戰馬捕へて, たる戸口の中, たる戸畑を相手, たるに入り, たる房奴は客, たる所々にしろ, たる所すべて是くの, たる所ハ此四月頃宇和島候より長州, たる所一羽の雉, たる所三間許を踏崩, たる所並に余等, たる所中川謙次郎氏の居所, たる所二三を補, たる所今度の号, たる所以それ安くに, たる所以イデオロギー性が論証, たる所以二百年来水戸人士のこれ, たる所以人の人, たる所以作品をし, たる所以動物界の永久, たる所以彼が革命, たる所余の尤, たる所信を以て次, たる所半ば客観的に叙したる, たる所半ば客觀的に敍, たる所存傍聞する女房, たる所彼等は頓, たる所志しみじみ嬉しく, たる所業をし, たる所気の毒なる見張人, たる所為にいとど, たる所目科の名前, たる所稚気紛として近づく, たる所行なりなど屡, たる所謂十字の鐵牌, たる所謂因縁きいても, たる所謂山家などという類, たる所謂政治小説が最高文学, たる所謂最後の通告, たる所謂特殊部落に関した, たる所賤夫馬を草, たる扇子にて, たる扇面を行幸, たる扉前に立ち, たる手がかりがない, たる手ざわりとそれ, たる手つきをかし, たる手ハなき父, たる手付姿勢態度を研究, たる手代のみ, たる手古奈は猶, たる手心にてよき, たる手技で例えば, たる手指をそう, たる手提の燈火, たる手摺なき長い橋, たる手枕解きて, たる手柄もののよう, たる手柬に彼, たる手桶柄杓を取り上げ, たる手槍抜刀の片, たる手法を用い, たる手燭を消し, たる手答がない, たる手簡ならびに二氏, たる手続に客, たる手続き儀式が企望, たる手綱もて衆, たる手織機業の復興, たる手續を以て蘭字活版, たる手術台なる伯爵夫人, たる手術室は階下, たる手長猿この世に生き, たる手際は称すべき, たる手鞄を取直し, たる手頸とをえ, たる才学なしと, たる才智とを兼ね, たる才能の上, たる才識がある, たる才鋒を早くから, たる扣鈕が二列, たる批評家たちの短歌, たる批評眼の前, たる批難が学界, たる技倆シエクスピイヤが詩, たる技力はない, たる技芸の鍛錬積り, たる技藝品鋪の前, たる技術そのものとは要するに, たる技術師ありても, たる技術自体と見る, たる技術院総裁の言明, たる把握歩行等の事, たる抑え難き誇り, たる抑制のため, たる抑揚をその, たる抒情の語, たる投書の一欄, たる投書批評を標準, たる投身の人, たる爭と, たる抗争はみごと, たる折しも昨夜の, たる折ふしお秋, たる折二箱あり, たる折柄官憲にて支那人, たる折柄扉を排し, たる折節に候, たる折衷主義の沼, たる折衷民権派なりき, たる折衷民権論派はその, たる折衷的論派はまったく, たる折際より空しく, たる抜きあしの態, たる抜け裏娘の姿, たる抱擁の熱, たる抱車夫の御用, たる押入の塵, たる押韻や脚韻, たる抽象は無意義, たる抽象的一般性の真, たる抽象的普遍は固, たる抽象的概念である, たる拍子にはたと, たる拍子木の音, たる拍節は極めて, たる拒否だった, たるけ裏, たるさ情無, たる拙い一枚の, たる拙きものより, たる拙者一人のみなれ, たる拝殿に入り, たる拡大を妨害, たる拱梁もなく, たるへ言, たる拵えの中, たる拷問の事, たるひて, たる持主として非難, たる持場において及ぶ, たる持説である, たる指のちからの, たる指南車という, たる指導があっ, たる指導一切の偏向, たる指揮能力を有する, たる指頭よりほとばしり出, たる挑戦の気魄, たる挑燈の, たる挙句の果て, たる挙措の底, たる振りで酔っぱらっ, たる振動と芸者連中, たる振袖を裂き, たる振袖小袖帶やら襦袢, たる挿画ごときは, たる捏造だ, たる捕吏や役人, たるを徐ら採り, たる掛地をかけ, たる掛橋は小柴, たる掛汁を添え, たるなるを, たる探偵吏なり探偵吏, たる探偵小説なるもの, たる探偵小説それも創作方面, たる探偵的態度をもっ, たる接吻に気, たる接穂なさ, たる接触が愛, たる推定ではない, たる推度の裡, たる推測なり, たる推理穿鑿に耽ろう, たる推移には気づかず, たる推論の如き, たる推進をさまたげる, たる措置を以てその, たる描法によってよき, たる提燈を弔, たる提籠を携えたる, たる揚幕に吸わるるごとく舞込み, たる換言すれば, たる握飯を食ら, たる損益平均の表, たる摂政太子の身分, たる摂生法を守る, たる摩利亞を神, たる摩利支天峰と北岳, たる摸倣時代より進ん, たる撃退目的の痛棒, たる撫物はすぐさま, たる撰十の思い出す, たる擂鉢の夏菊, たる攘夷を命じ, たる攘夷尊王説の発達変化, たる攘夷論者の言分, たる攪乱策が証明, たる支侵同十六年, たる支倉常長の一行, たる支度甲斐甲斐しく百姓ども, たる支持と鞭撻, たる支持者を一人, たる支那事変を通じ, たる支那内地に居住, たる支那史書の中, たる支那和蘭さえその, たる支那大陸の曠野, たる支那少年です, たる支那市場であって, たる支那帝の使, たる支那式だよ, たる支那文典はドミニカン派, たる支那智識の内容, たる支那説話の如き, たる支那通で然, たる支那陶器の模様, たる支配人はその, たる支配者たちがこの, たる改進論派に反対, たる攻勢に利, たる攻撃的指導軍事的戦術の確立, たる放哉が転がり込んだ, たる放射性物質やこれら, たる放射線欄と云い, たる放心の状態, たる放浪の徒, たる政事軍務等のごとき, たる政体を以て最上, たる政党は始めて, たる政党員のなか, たる政団に非, たる政團に非, たる政府党には非, たる政府当局であると, たる政府黨には非, たる政治教育となり, たる政治的技術によってはどう, たる政治的機能がある, たる政治的評価にのみたよる, たる政治的評價にのみたよる, たる政記を完成, たる政論の運動, たる政論派中当時に至る, たる政黨は始めて, たる故事をさては, たる敍述及び解釋, たる敏感な表現, たるひの, たる敗北以前の日本, たる敗滅の一歩, たる敗走者が国境, たる敗退を強いられた, たるは其の, たる教えぶりのため, たる教会侵入の怪少年, たる教会十分一税が年々幾何, たる教会教社はなはだ多し, たる教化も育成, たる教員一家が住宅, たる教師ハツバス・ダアダアのボルゲエゼ家, たる教授が二人, たる教法の使徒, たる教祖の心中, たる教科を教, たる教科書屋だけに漸次, たる教義あり, たる教育者でしかも, たる教頭の野蠻, たる敝布から化學作用, たるて喋々, たる散歩に相, たる散歩街や歴史的由緒, たる数万の軍兵, たる数個の説話, たる数十名の者, たる数十篇である, たる数千歳を経た, たる数台の馬車, たる数四の同志, たる数多き舞台芸術家を, たる数多く臥せり, たる数字にし, たる数学こそ実に, たる数学的脳髄は田口君, たる数学的要求に従った, たる数日を過ごした, たる数朶の花, たる数百万の苦悩, たる数箇の岩室, たる数篇の論文, たる数萬の人, たる数行の文字, たる数頃を, たる整理がつい, たる敵兵の首, たる敵国に遣, たる敵將の膝疵, たる敵影を見た, たる敵心をつつむ, たる敵愾心を燃えあがらせた, たる敵手はこの, たる敵軍も敗者, たる數百の人, たる數百歩の中, たる數篇の, たる文人はヨリ以上冷静, たる文人自身は余り衝突, たる文化人であるところ, たる文化意識の心, たる文化文物は針一本, たる文化映画で黄河, たる文化活動以外のもの, たる文化的主體, たる文化的精神を織りこん, たる文化職域とは云, たる文化職能が含まれ, たる文化職能人がこれ, たる文及此頃の文學界, たる文句の中, たる文句中には通俗, たる文名を馳せた, たる文壇風景を弁解, たる文士緑川順が他殺, たる文学オリンピツクをどう, たる文学史上の地位, たる文学士である, たる文学形式であるから, たる文学理論を体系化, たる文学的精神を以てこれ, たる文家は三文, たる文庫に対しては公立図書館, たる文彩迫撃砲の如き, たる文房用の装飾品, たる文教の力, たる文數篇を獲たれ, たる文明的混血児なれども, たる文明論之概略, たる文殊菩薩に髣髴せり, たる文王といつた, たる文界に偶, たる文芸協会は二月十七日, たる文華の程度, たる文藝倶樂部に於, たる文角が言葉, たる文語に關係, たる文部大臣に対し小生, たる文部省学生部も思想局, たる文鎮には歴然と, たる斉広が金無垢, たる斉泰はた, たる斎串が珍重, たる斎藤一もこの, たる斎藤内大臣高橋大蔵大臣渡辺教育総監に対して深厚, たる斎藤君の歌集, たる斎藤茂吉に芸術上, たる斑らに鮮, たる料理其物のため, たる料理屋の座敷, たる斜面に吉野山, たるを揚げ, たる断崖の上, たる断片の珍奇, たる断簡零墨を憑拠, たる断言ぶりにカングリ警部, たる断面は半, たる断食などは御, たる斯くの如き, たる新たなる自我, たる新た代の御, たる新任駐英公使モットレイ, たる新作の謡曲, たる新作狂言は八十余種, たる新劇精神に養, たる新古の小説雑書, たる新城新蔵飯島忠夫の両, たる新声社の羅馬字綴り, たる新太郎が迎え, たる新婦の手, たる新式の設備, たる新政黨と爲らむ, たる新日本が生まれ出ずる, たる新旧幾多の接吻頬ずり, たる新月がかかりました, たる新村出博士の研究, たる新来の神, たる新樹の枝枝, たる新橋の妓, たる新派劇を主流, たる新潟や秋田, たる新田義貞はどこ, たる新田融新村善兵衞の二人及奧宮健之, たる新聞屋の小僧, たる新聞紙の香, たる新聞配達は相, たる新聞雑誌に言う, たる新聞雜誌等の一時, たる新興プロレタリアートは, たる新興精神が瀰, たる新鋭気鋭の青年, たる斷片的諸智識, たる斷食の日, たる方三尺の監房, たる方位において起こる, たる方其美感を現す, たる方却て勢, たる方向を正しき, たる方安全らしく思はれも, たる方安心なりと, たる方幾十尺の不, たる方方のもっと, たる方私の好み, たる方程式の近似解法, たる方策なくし, たる於次秀勝から紫野, たる施策と御, たる旅亭の主人, たる旅人二人に一杯, たる旅寝の夜, たる旅情である, たる旅籠にて, たる旅絵師の眼前, たる旅行団が山神信仰時代, たる旅衣しほど, たる旅衣田蓑の島, たる旅順には凶変, たる旋律を詩, たる族長家だから, たる旗一旒に一味徒党, たる旗印を九本, たる旗印地から降った, たる旗幟鮮明となり, たる旗本だったの, たる旗本八万騎も単なる, たる旗桂の枝, たる旗色を明, たる既に八九年以前よりの, たる既にいとあはれなる, たる既婚婦人らのまわり, たる日々夜々の生活者, たる日がらだなと, たる日ごろの御, たる日の丸の國旗, たる日の本将軍安東氏を以て仮り, たる日仏両国の水兵, たる日付裏切りによって覆滅, たる日光図幅の正確, たる日光群山桑畑の鶏, たる日出雄少年の頭髮, たる日員は多く, たる日夜を送る, たる日巌の上, たる日常生活のうち, たる日数約三百日, たる日星の大, たる日曜日なり, たる日木社會黨は安寧秩序, たる日本アルプスの連峰, たる日本上古史に就い, たる日本主義は駸々乎, たる日本国も彼ら, たる日本国中すぐった大, たる日本国民の痛切, たる日本国民史を見た, たる日本國現在書目にも其の, たる日本堤夜景の図, たる日本大学というべし, たる日本婦女皆これにし, たる日本室であった, たる日本左衛門が今, たる日本建築を見る, たる日本想の, たる日本文壇未この, たる日本文明そのものに原因, たる日本海軍のハワイ海戦, たる日本犬の習性, たる日本画家は鸚鵡, たる日本神話の復活, たる日本紙は, たる日本詩人を見る, たる日本語になつ, たる日本軍ですよ, たる日本鉄道の汽車, たる日汝達は, たる日牝馬慾火に身, たる日當りの, たる日程だが, たる日興に奪われる, たる日蓮上人は自ら旃多羅, たる日蔭へ入る, たる日蔽はこれ究竟, たる日露の問題, たる日露戦争直前に生, たる日高川の絵巻物, たる旦那を前年度, たる旧き絵入, たる旧宅を退き, たる旧式教育の祟りなるべし, たる旧来の白丁等, たる旧蹟これぞ伊勢, たる旧都はふたたび, たる旧領を守っ, たる旨判明なお市外十軒屋, たる旨同行者に語れり, たる旨寛斎宛同人書翰に見え居候, たる旨訂正したり, たる稻田大, たる早乙女主水之介, たる早稲田の学生, たる早稲田大学の驚くべき, たる早馬が成都, たる旭日が昇つて來, たる旭日将軍もかくして, たる旭昇の勢い, たる昂奮のまま, たる昆虫が百貫目, たる昇亭北寿と一勇斎国芳, たる昇煙は, たる昇降機が通じ, たる昌谷彰君に有, たる明らかなる知恵, たる明りで碇泊, たる明るみの後, たる明星は, たる明月は彼, たる明朗さに一切, たる明朝の碩儒方孝孺, たる明治二十二年であったと, たる明治大正詩人の口吻, たる明治天皇の御, たる明治文明の赴く, たる明治時代の發展, たる明燈たるべきもの, たる明證なり, たる明鏡なり, たる明障子を颯と, たる昏迷中にあった, たる易風社の主人, たる昔時の日本人, たる星夜の空, たる星宿となる, たる星山へは登っ, たる星月夜です, たる星空を背景, たる星野博士の同書解題, たる星雲の当初, たる星雲地にあり, たる春信出でて, たる春山に唯一人驢馬, たる春山弁造以下脱走士の為め, たる春岳はこれ, たる春日山の主, たる春日町一丁目の空家, たる春日野峠にさ, たる春昼をただ, たる春来たれば, たる春江とのよい, たる春雨に, たる春靄に包まれ, たる春風亭柳枝のところ, たるのかげ, たる昨年の一月号, たる昭明太子統の第, たる是山ぬしと, たる是等の角噐, たる昼なほ暗きところ, たる時これらの場合, たる時イデーより, たる時ヘーゲルに毫も, たる時ミリヤアドは呼吸, たる時ワイルドの私生活, たる時一座のものども, たる時一方の狗熊, たる時一書の題簽, たる時一道士来りて, たる時三十六人の巨擘, たる時不如意に候え, たる時不思議なる笛太鼓, たる時乃ち○○○○○○〔大変革, たる時之を避けざれ, たる時事解説を神妙, たる時代一面福本主義的政治理論の文芸理論, たる時代不安を抱い, たる時代分を見る, たる時代別を実に, たる時代的卓越性がある, たる時代粧よ, たる時代錯誤であった, たる時伯父にあたる北山あたり, たる時僅に輕, たる時兄の中川, たる時先刻より一言, たる時八蔵ぬっと顔, たる時前足を躍らし, たる時劫の外, たる時又諫べし, たる時叔母は早く, たる時右翼の側, たる時吾人は一, たる時地の回転運動, たる時夜は未だ, たる時天が下に数多く, たる時天朝は恢復, たる時妾は実に, たる時宜と便宜, たる時家の鶏, たる時家女と結婚, たる時小野梅舎をし, たる時局長のいはる, たる時幕に潜める, たる時平の後裔, たる時廟廊の上活氣横溢, たる時形も声, たる時彼も九州, たる時彼らは殺人, たる時復讐の意, たる時感じ給ふ心地好, たる時我にもあらず, たる時我ひとり冷えたる苦茗, たる時我蔭の消, たる時支那日本という国, たる時政へ責任, たる時敬慕の情, たる時文時もまた, たる時文評論記者と絶對に對, たる時星をも吹き落とし, たる時春山と呼ばれたる, たる時期到来して, たる時朧にひかる, たる時来客代る, たる時森先生のい, たる時横合より, たる時深夜雪を踏ん, たる時滝の上に月, たる時狗の鈴, たる時町を通り掛かりし, たる時異常の美し, たる時目前にある, たる時目尻でこう, たる時相手の客, たる時老いたる父母, たる時自由党すらも亦, たる時自由黨すらも亦, たる時花子がかすか, たる時計を出だし, たる時計台上に意外, たる時許りやさしく, たる時誰がそれ, たる時谷風の与四郎, たる時路のほとり, たる時途轍も無き, たる時間概念だと, たる時間空間は別, たる時限なき幸, たる時限弾の一個, たる時頽廃に帰した, たる時騷ぎ立ちたる人々, たる時高柳は感じた, たる時鳥を余, たるの手, たるの葛洪, たる晨星のごとき, たるに限り, たる晩冬の野, たる晩春初夏の景色, たる晩秋の夜更け, たる普遍の道, たる普遍的な偉大, たる普遍的自我である, たるいとよし, たる景勝が連接, たる景況を示さ, たる景淨は曾, たる景状あり, たる景色眼も眩む, たる景色見えしに, たる景親殿と軍監, たる景観だった, たる景觀の線, たる景調はあたかも, たる晴やかの女着, たる智勇弁力の徒, たる智恵助に, たる智情意を満足, たる智慧の樹, たる智慧袋呆れ返った無心沙汰, たる智者の師, たる智識をば一旦, たる智識才能を指す, たる智識道徳趣味が現代, たる智識道徳趣味等は果して, たる智識階級の, たる暁色の中, たるかな, たる暑き夜の, たる暖潮暖帶の生物, たる暖簾のかげ, たる暗いヴェールの, たる暗たんの命数, たる暗号電報に対し殿下, たる暗夜である, たる暗室内に俯向き伏, たる暗澹たる灰色, たる暗闇政道をただし, たる暗雲が十重二十重, たる暗鬼に就, たる暗黒時代に一縷, たる暮しを営ん, たる暮れの月, たる暮天の鐘, たる暮烟につつまれ, たる暴びの戰具整, たる暴力団に過ぎないで, たる暴政が突如, たる暴風期を衝き抜けなけれ, たる暴風警戒の球標, たるを待ち得, たる曙光がある, たる曠野草莱いたずらに茂っ, たる曲嘴の妻, たる曲庇遂に何, たる曲玉とは其性質, たる曲線を描い, たる曲線的に来, たる曲阜に曲阜學堂, たる更に重要に, たる書一卷をあら, たる書上の理窟, たる書中其録する所, たる書体清勁暢達直にその, たる書冊埒もなく, たる書冊書画の代金, たる書割の張物, たる書匠である, たる書家であつ, たる書庫を傍, たる書棚を置き, たる書法なり, たる書生体のもの車夫, たる書生型で院長, たる書目につき諸, たる書簡箋にペン, たる書籍巴里より到着, たる書記の態度, たる書院の一室, たる書面或は足下, たる書風につき, たる曹丕であります, たる曹休曹洪のふたり, たる曼珠沙華さみしく, たる曾根としては出来る, たる曾良の身, たる最上先生も御, たる最上義光の山形, たる最中にも時として, たる最古日本説話の一, たる最大図書館は二十余万冊, たる最奥の紅玉石, たる最新の学説, たる最終の全, たる最近の古, たる最高の立場, たる最高執政者につた, たる最高貴族エフィゲニウス家の愛娘ロゼリイス姫, たる最高雪峰ゴーリサンガも一際, たる會則を一讀, たる會津街道の通じ, たる會津黒川即今の若松, たる月あかりで虫, たる月さし昇る, たる月下の篠田, たる月丸が遺児, たる月人をとこ, たる月哉われもし, たる月天に返り, たる月安息を求め, たる月宮殿の記事, たる月日を過す, たる月桂樹平和の象徴, たる月槻の巨木, たる月満々たる水, たる月界に入らん, たる月読神と融化, たる有位の人, たる有信の立てた, たる有志はじめワキツレ囃子方まで打, たる有望の俳優, たる有様身の毛もよだつ, たる有機感覚としての地上的喜び, たる有益なる報告, たる有限の独立変数, たる有難い世だ, たる有難きご諚, たる有頂天の姿, たる朔風は門内, たる朗かさを持っ, たる望月黄金の船, たる望楼は屋根裏, たる望郷の涙, たる朝ぼらけかな, たる朝廷の密謀, たる朝廷方を粉砕, たる朝方卿や親, たる朝明には, たる朝眠の後, たる朝臣の一員, たる朝野をここ, たる朝顏に水, たる朝顔の五十あまり, たる朝鮮人街である, たる期間人間の文化的生, たる期限は, たる朦気の立ち上っ, たるの骨, たる木の下蔭のやや, たる木の実かな, たる木の実のにほひ, たる木乃伊にはあらず, たる木偶に中世クグツ, たる木刀を一振り, たる木彫地蔵尊を本尊, たる木曾の峠路, たる木曾地方の事情, たる木曾谷と福島, たる木札を打ち, たる木材を噴火坑内, たる木村の姿, たる木村巽斎の恩恵, たる木枯らしの風, たる木深き森の, たる木目を撫で, たる木石禽獣または人類, たる木綿かづらかも, たる木綿衣は汗, たる木賊の上, たる木造にし, たる木陰に狸, たる木魚庵ただ一つ見えうぐひすぞ, たる来世に, たる未來がある, たる未醒君立留まって, たる末かくも母, たる末やうやくに火, たる末ネー花子さん先だつての, たる末主義普及の手段, たる末件の巡査, たる末句反乱の癖, たる末意外にも余, たる末梢的非難を眼中, たる末藻西夫婦が事, たる末路にただよった, たる末遙なる海原, たる末頸部に重傷, たる本丸を闇, たる本人には罪, たる本件に関し審問, たる本件犯罪摘要によりて無, たる本堂の扁額, たる本多子爵と一夜墨上, たる本多男爵さへ日本, たる本当の名人, たる本心孟子のいう, たる本所停車場の傍, たる本所絵図をひらき, たる本文が元, たる本文僅かに廿七葉, たる本木昌造先生の名, たる本条純八, たる本流輝く白, たる本然の性質, たる本能的共産主義ではあつ, たる本草家があっ, たる本質的生命に於, たる本道である, たる本郷弓町を離れ, たる本郷西片町は開けた, たる本陣の間近, たる本領を発揮, たる本願寺を討ち, たる本願寺派の信徒, たる札荅蘭族の山寨, たる朱塗の楼門見事, たる朱溝の鞘卷逆手, たる朱色の日本漆器, たる机竜之助, たる杉山家の一軒, たる杉松の密林, たる杉林になつ, たる李儒が彼, たる李光明一派と通謀, たる李夫人の幽霊, たる材料等を或, たる村上来島等の水軍, たる村学にし, たる村松春水氏並に唐人, たる村田の耳, たる村越欣弥はついに, たる村道になっ, たる村里の女房, たる村重を臣, たる杖槍もちゃんと, たる杜鵑花の麗, たるを日, たる束の間に禿筆, たる束縛されたる隷属, たる束藁は取り除けられ, たるに述べた, たる条下はまた, たる青閣旧蔵の, たる来し方も, たる来世を考え, たる杭州西湖ともなるだろう, たる杯盤の間, たる東亜新秩序建設, たる東京朝日新聞によれ, たる東京湾の中心, たる東京育ちの書生, たる東京開成学校では明治七年, たる東人であって, たる東北地方の地方色, たる東大寺の境内, たる東夷の富豪藤原秀衡, たる東安市場の吉祥茶園, たる東方の位置, たる東西文化優劣論のごとき, たる東西芸苑の盛観, たる松が枝ごとき岩畳作り, たる松ヶ枝根に上り, たる松吉の方, たる松声は日本男児, たる松声夢魂を繞, たる松子一つ得させつ, たる松山画伯にし, たる松島海軍大佐は不審, たる松平定信も国防, たる松平輝高に搦め捕られ, たる松平隠岐守定勝公に桑名, たる松本楼に登る, たる松村個人とがある, たる松枝ごとき岩畳作り, たる松火の火, たる松籟に唱和, たる松茸を盆, たる松葉を竈, たる松韻蟲語の如き, たる板刻絵本類の挿画, たる板敷なり, たる板縁欠けたる椀, たる板谷峠をも越えた, たる板間より漏る, たる林家に仕えた, たる林檎なんどなりき, たる林檎のにほひ, たる林田英三に対する紳士的礼儀, たる林間には雪, たる果報めでたき大将, たる果報者だと, たる果実のにほひ, たる果實を共に, たる果樹も実, たる果物の息, たる果物籠の中, たる枝さし出でたるべし, たる枝態葉相これでは生命, たる枝梯もてど, たる枯れ桜の, たる枯林が連続, たる枯枝などあり, たる枯草伏し且つ, たる枯菅の原, たる枯葉の行方, たる枯骨にも譬, たるありて, たる架空性に陥らざる, たる柏屋本店は北向観音堂, たる柏軒に嫁, たる某君の国家主義論, たる某国の謀略, たる某国侯爵家の要求, たる柑子地に委ねたる, たるという女, たる柔軟性というよう, たる柔順やか, たる柳生の道場, たる柳生対馬守が判定者, たる柳眉玉頬の佳人, たる柳里恭に比べれ, たる柴垣に庭下駄, たる柴田勝家や滝川一益, たる柴野栗山に到底, たる柴門へようやく, たるをつつみ, たる柿の木も伐っ, たる柿主の女, たる栂尾の明恵上人, たる栄えがある, たると盆, たる校長閣下の心事, たる栴檀の二葉, たる根岸派の俳人, たる根岸石子渡辺の諸, たる根底に如何, たる根本動機の純, たる根柢を築く, たる根気の程, たる根芹洗ふに, たるからいっ, たる格子となし, たる格子戸は恋人, たる格子造り美々しき一搆, たる格式をもっ, たる格調上の技巧, たるなし海松, たる桂冠を摘み碎かん, たる桂川の上流, たる桂文楽君が若手, たる桃山時代を出現, たる桃源洞裡の逸眠, たる案内人や好, たるの箱, たる桐油を掛け, たる桔梗河原には五町余り, たる桜痴福地先生が王道論, たる桜間金太郎に寄す, たる梅園に向, たる梅子今まお熊さ, たる梅屋の一棟, たる梔子燃るが, たるを左手, たる梯子の頂, たる梵雲庵の画房, たる梶原景時は元, たる棕櫚に似, たるの上, たる棟割長屋突当りの, たる棧敷の邊, たる森三右衛門を使, たる森林地に入り込んだ, たる森林地帯を通り抜ける, たる森林幾百年に亘り, たる森枳園の祖父伏牛, たる森田節斎は里恵, たる森羅の裡, たるに芳しき, たる椀形のもの, たる椀竹の片, たる植木師のわざ, たる植民地の空, たる植民地民族を助け, たる植物園の森, たる植物学者で一八二四年, たる植物的親愛の聖, たる植物精霊説話をその, たる植物説話に於, たる椎の木故に庭, たる椎根津彦と一, たる椎骨の上, たる検束力ありや, たる検閲官諸氏の門, たる検非違使庁の下部, たる椽大の筆, たる椿年派であって, たる楊柳と萋, たる楕円の四隅, たる楕円形のうち, たるの微笑, たるの葉柏, たる業物は備前, たる業物うちの技能, たる業績の積, たる極ついに彼を, たる極彩色の滝, たる極意かも知れん, たる極楽のよう, たる楼上の間, たる楼門虹の如き, たる楽しさが, たる楽しき特権に, たる楽しみや苦しみ, たる楽天観をいう, たる楽屋のところ, たる楽章を成し, たる概念的公式的の除幕式, たる概念的方向である我々, たるの小暗く, たる榕樹の梢, たる榮光に, たる榮落に, たるあり, たる構えでさ, たる構成的な特質, たる槍襖を戞矢, たる様々の夢, たる様子月の光り, たる様相はいつのまにか, たる様西行の歌, たる樂園の木, たる樂天主義の賜, たる樂天厭世の情, たる樂浪郡の徼, たる樋守が家, たるとしてこの, たる標尺となっ, たる標式は独り島津斉彬, たる標本で思慮分別, たる標札に, たる樟樹の, たる模倣たること明, たる模型日本の環境, たる模樣なるも, たるなり私, たる権兵衛でみれ, たる権力そのものを指す, たる権力的社会統制はその, たる権勢家の手, たる権義の舞台, たる横列は何事, たる横寺町の本, たる横波は初期微動, たる横穴三箇の發掘, たる横笛を萍, たる横笛哀れや紅花緑葉, たる横道の茶店, たる横道政治家の金儲け, たる樵夫はこう, たる樵路を連, たる樹下の隠, たる樹庵の姿, たる樹木の間に彼等, たる樹潺湲たる水, たる樽野は自分, たる橄欖色となす, たる橋本は平気, たる橋本少将柳原侍従が錦旗, たる橋柱黒き影, たるのごとき, たるの腰, たる機会是なり, たる機嫌にぐんにやり, たる機智の妙, たる機會に於, たる機械其の他, たる機械文明は見られなく, たる機械産業の特徴, たる機械的な働き, たる機械的強迫的分業制が全, たる機械音が闇, たる機構のなか, たる機運が醸され, たる機関の響, たるの葉, たる檀香とも言うべき, たるの板塀, たる檜垣衆は日増しに, たる檜皮葺の家, たる檢事の如き, たる檣燈にて今や, たる檳榔子の逞, たる檻内に咆哮, たるや赤樫, たるの色, たる櫻木海軍大佐は籠手, たる櫻樹の下, たる欄干や, たる權利はない, たる權力そのものを指す, たる權威でもある, たる欠乏の圧迫, たる欠伸一は恋愛, たる欠伸生命に倦みたる, たる欠点を露骨, たる欠点弱点をたちまち, たる欠陥である, たる次の間の鏡台, たる次男の利政, たる次男甚吉表から帰っ, たる欧化論派の中, たる欧州諸国を見よ, たる欧洲列国中に一個, たる欧米社会においてもおよそ, たる歌人たちを歌会, たる歌声が流れ出した, たる歌声闇黒に呑まれ, たる歌大阪毎日新聞大阪朝日新聞に公, たる歌川派の画工, たる歌川豊春の如き, たる歌社會に老人崇拜, たる歌舞伎の舞台, たる歌舞伎劇はとかく, たる歌謠者絃を彈, たる歌題はわが, たる歌麿の山水, たるきの, たる歐洲との交易, たる歐洲外の國, たる歐米諸國, たる歓会の醒め, たる歓喜の総量, たる歓喜仏にはあらず, たる歓声が湧い, たる歓楽の絃歌, たる歔欷では有りません, たるが分るで, たる正宗寺で一回, たる正岡子規及びその, たる正式の婦人共有制, たる正弘の旨, たる正当の職務, たる正方は年甫, たる正月や婚礼, たる正月遊びになっ, たる正木博士の声, たる正木敬之とは吾が, たる正直質樸のもの, たる正義以外のもの, たる此一幅の圖, たる此一身に取, たる此事件も殆ど, たる此二つが此頃, たる此二十里の大, たる此作物を奨む, たる此兩時代の間, たる此古代人民の風俗, たる此問に倉子, たる此問題は一般國民, たる此場の光景, たる此子かな, たる此室ぞかの人形, たる此家の店番, たる此小舍は, たる此小舎は, たる此平原はおの, たる此度の大役, たる此庵は夜陰, たる此文の作者, たる此時に南部, たる此景に対して静か, たる此書の如き, たる此果今は金輪崩, たる此殊勝なる中, たる此気分よ, たる此神の治療, たる此等小動物社会の生活, たる此等楽聖が深潭, たる此精巧の帶, たる此花狭くるしき此庭, たる此英雄神の事業, たる此言葉は充分, たる此貴重なる手紙, たる此道得たる此果, たる此青年英雄の叔父, たる此頃木の間伝ひの, たる此頃窗の樹影, たる武備の妖星, たる武具もろともに彼, たる武則は天武天皇, たる武功に汚, たる武勇に圧倒, たる武勇絶倫の輩, たる武名は事実, たる武士道と嘆かれる, たる武士達が法衣, たる武夫をばその, たる武官あるいは羽織袴, たる武将たちの間, たる武将連である, たる武州大塚村の形相, たる武帝の評価, たる武彦君である, たる武技も有名, たる武断的政府は徳川氏, たる武智の姫君皐月, たる武田の二家, たる武田家その物, たる武知隼之助, たる武總平原中間の岡, たる武者一騎鍬形打った冑, たる武者二人馬に乗れる, たる武者小路実篤氏の影響, たる武者立の細竹, たる武芸者であるから, たる武蔵太郎の鞘, たる武蔵守もそこ, たる武装をし, たる武裝に其身, たる武門同士の協約, たる武陽丸に相, たる歩きぶりだ, たる歩兵は何ら, たる歩兵見習士官ゴロロボフの自我, たる歩武を進め, たる歩道で, たる歪みたる逆説的, たる歯根を揺がす, たるにし, たる歳末の市中, たる歴史小説ではなく, たる歴史批評は美事, たる歴史的の人物, たる歴史的意義を見出す, たる歴史的現在が生産様式, たる歴史的運動に寄与, たる歴史的過去時代に属する, たる歴史神の道路, たる死刑を欣ん, たる死刑台の柱, たる死牛馬をいち早く, たる死物の道徳, たる死者に對, たる死霊の物語, たる死靈の物語, たる死體を見, たる殆ど物語の, たる殉教者の光, たる殉道的赤誠を有せし, たる殊に目ざましくぞ, たる残りの餅, たる残余の五六名, たる残欠頁の拓本, たる残絶酷絶の刑法, たる残虐な切り方, たる残雪を有し, たる残骸がつくった, たる殖民大臣チャンバーレンの郷里バーミンガム市, たる殘躯の色, たる殘餘ならん, たる段お詫び申上げ奉りまする, たる段不埒につき三日, たる段慶賀至極恐悦のこと, たる段神妙に思召さる, たる段鼻は日本人, たる殺し合ひやら, たる殺人鬼の毒血, たる殺伐を演ずる, たる殺気それが歌声, たる殺気陰惨たる殺気, たる殺陣が行われ, たるの友, たる殿原は女学校, たる殿堂内に金襴, たる殿守をかえりみ, たる殿様に招かれる, たる毀誉の如き, たる毀誉褒貶の声, たる毀誉褒貶庸愚の才, たる母只一人あるのみ, たる母屋づくり木の香, たる母屋造木の香, たる母性としての特別任務, たる母衣とを以て一頭, たる母親千世子が後向き, たる母親有之候, たる毎日だつた, たる毒々しい華だった, たる毒塚で吹きつのっ, たる毒弊なり恋愛, たる毒杯を一人, たる毒瓦斯を放った, たる毒素も持たざる, たる毒艸の匂, たる毒藥として存ずるなら, たる毒蛇をそっと, たる比良おろし吹かれて, たる毘沙門が富, たる毛人に接触, たる毛利島津等の外樣大名, たる毛利氏も天, たる毛布を取っ, たる毛留して, たる毛髪の外, たるのつばら, たる毬栗頭と一種独特, たるを敷く, たる氏上が時々, たる民主国においても時として, たる民党のかれ, たる民友子の金言, たる民家のうち, たる民政党も亦, たる民族主義者流の間, たる民族的理想の一日, たる民族自主の意識, たる民望をはやく, たる民権自由論は仏国革命時代, たる民権論にいわく, たる民権論派の萌芽, たる民權自由論は佛國革命時代, たる民窯の遺, たる民間の小さな, たる気もちだ, たる気力にし, たる気構えは今様一心太助, たる気流がある, たる気落ちの色, たる気象は彼女, たる気質とは略一途, たる気軽さで, たる気配が面, たる気韻がありました, たる気風を一掃, たる氛囲気に包まれ, たる氣分の韻律, たる氣合の恐ろしき, たる氣樂さとは事, たる氣色もなく, たる氣風が當時創業期, たる氣魄がその, たる水の手に水がれ, たる水中灯の光, たる水兵等も吾等兩人, たる水加減天気工合の申し分, たる水司又市でございますから, たる水呑百姓といふ體裁, たる水墨畫がさう, たる水声を耳, たる水夫が後れ, たる水干につけ, たる水平線の彼方, たる水平線上に豆, たる水底は, たる水彦のところ, たる水戸家の用達, たる水松が屹立, たる水桶倒れ水, たる水氣の類, たる水泳着の足, たる水無神社に当る, たる水牛の頭, たる水茶屋の前, たる水菓子バナナ一本を取りあげる, たる水蒸気が立ち, たる水蒸気のへだて, たる水蔭は本, たる水藩が率先勤王倒幕, たる水野仙子集にはをしくも, たる水野和泉守忠精は蘭方, たる水野越前守は廃蟄後, たる水野錬太郎氏が該質問, たる水量を最も, たる水陸出入の衝, たる水雷火その魚鱗火, たる水靄とかの, たる氷六だの棄児, たる氷河期に見舞われた, たる氷稜あり雪崩, たる氷雪を打, たる永き歴史を, たる永久の覚醒, たる永久的満足のため, たる永久的自我を実現, たる永井啓夫に正蔵君, たる永代橋下の猪牙舟, たる永楽大典の成れる, たる永生が自分, たる永福寺の七堂伽藍, たる永遠者との關係, たる永阪教会の長谷川某, たるを喰, たるはしき損害, たる汚名も着ず, たる汚濁臭穢の空気, たる汚点を天井, たる汚辱にぶつかり, たる汝ら猛き剛勇, たる汝生命失ひて, たる江上の闇, たる江州長浜六まん, たる江心一艇の闇, たる江戸ッ子の故郷, たる江戸三座劇場の看板及番附, たる江戸川の妙見島上流, たる江戸絵の壁, たる江木千之氏は内務省, たる江水は虹, たる江水天に漲り, たる江水誰が為, たる江漢が断じて, たる江漢先生のお, たる江藤氏は佐賀, たる江見の月, たる池ノ平に再び, たる池水を指し, たる池田分家並に又, たる池田勝入斎, たる池田鑑三郎さんと相, たる決定が奪われます, たる決戦の日, たる決死の姿, たる決議案の日程, たる汽車道に出で, たる沃地汝のため, たる沃野を横ぎり, たる沈鬱な口調, たる沒理想の詩, たるにこそ, たる沓脱の処, たるに望む, たる沖縄の王都, たるに下り, たる沙羅の花木槿, たる沙羅樹は枯, たる沙羅雙樹の花, たる没落の悲運, たる沢庵のさま, たる沢柳政太郎博士総長たり, たるのみ見れ, たる河内の一郷士正成, たる河内山に対して平常並々, たる河原者坂の者, たる河口へ向, たる河合武雄によって継承, たる河床は層, たる河浪は怒, たる河童が専ら, たる河童小僧がミヅシ, たる河鍋曉斎を以てし, たる河面から湧き上った, たる油ゑの具の錫筒, たる油桶を地, たる油煙明らかに人面, たる油燈のみなり, たる油画にあるは, たる油畫にあるは, たる治国の宝典, たる治安の確保, たる治療術の基礎, たる治癒の快, たる泉小次郎親平, たる泉水あり, たる法住寺殿に弓, たる法典はアスールバニパル時代, たる法典編纂をもっ, たる法典編纂委員に対してもし, たる法医学者達が二つ, たる法学を承け, たる法学者であって, たる法官は顕われ, たる法家學派と互, たる法師たちの顔, たる法師一人念仏詣りて, たる法師首を獄門, たる法式により, たる法性月毛の十寸六寸, たる法憲を守らざりし, たる法成寺座を, たる法文に拘泥, たる法曹の説, たる法然頭はどっさり, たる法王の口, たる法王集権論ですよ, たる法理の概念, たる法界節の二人連, たる法皇十四人その外數千, たる法皇授福の木板畫, たる法華僧は喜ん, たる法言の事, たる法隆寺の火災, たる法養寺では二十九日, たる波上には六千四百噸, たる波寄せたり, たる波止塲の附近, たる波浪悲壮なる帆影, たる波紋や泡, たるの香, たる泥まみれです, たる泥溝の中, たる泥足の跡, たるのうち, たる泰助は, たる泰平な面もち, たる泰衡らのこと, たる泰軒の声, たる泰軒ふところをさぐっ, たる洋学を後進生, たる洋学者へ草稿, たる洋海をなす, たる洋漆を全面, たる洋燈の周囲, たる洋癖家となり, たる洋盃を取った, たる洋装の男, たる洋風に飾られ, たる洒脱の風, たる洒落工合が一寸, たる洒落本戯作の類, たる洗たくものをとりいれ, たる洗練東京の, たる洛中を剣槍, たる洛外天ヶ丘のす, たる洛陽に入れり, たるの国, たる津村久太郎等は常に, たる津津浦浦よ, たる津田与三郎等の陣, たる津軽を依怙贔屓, たる洪水説話を外, たる洪邁一人について少々, たるなど見, たる洲崎という所, たる活力発展の状, たる活動の千, たる活動写真飛行機自動車のエンジン, たる活動的絵画の中, たる活差別相を個物的, たる活平等相を法律, たる活版摺の通知, たる活畫圖を當時, たる活躍振りが想像, たる派手やかなる大紋広袖, たるも山端, たる流れ多摩川も鮎, たる流俗に抗する, たる流行唄の移植, たる流行病により低く, たる流言である, たる流転の相, たる流風上下を靡かし, たる浄土となっ, たる浄瑠璃本などに因っ, たるみどり, たる浅き箱あり, たる浅はかさよ, たる浅ましき風情と, たる浅井了意が, たる浅尾の咽喉, たる浅慮者だろう, たる浅木の不, たる浅草の誓願寺, たる浅草オペラの楽屋, たる浅草市羽子板ねだらせたを, たる浅草森田町の勝四郎, たるの火, たる浜子なれば, たる浜木綿の日向, たる浜田の従弟, たる浜田健次郎その下, たる浜田吉兵衛なり, たる浜田弥兵衛が台湾, たる浦島子は墨吉, たる浩さんに劣らん, たる浪人たちの思想, たる浪人ものが狼狽ぎみ, たる浪人生活が三十年, たる浪形に, たる浪曼的風潮にも合致, たる浪漫派への正面攻撃, たる浪花風流の少女, たる浪路のうへ祈れ, たる浮き袋を括り, たる浮世小路です, たる浮世絵の今や, たる浮世絵名家展覧会のため, たる浮世絵風景画の前提, たる浮図としての意義, たる浮島に似, たる浮気であって, たる浮洲が鰐, たる浮浪漂泊性の部族, たる浮浪生活の域, たる浮浪階級を持ち, たる浮絵遠景図に帰し, たる浮華虚礼の影, たる浮華虚禮の影, たる海外の何処, たる海女のかこち, たる海峡を捗り, たる海峨々たる巌, たる海島へも渡ります, たる海島文化の歴史, たる海底の死闘, たる海底都市の市庁ホール, たる海景画が生気, たる海棠に廊下, たる海気三寸の胸, たる海洋是地獄なる觀念, たる海港の明るい, たる海潮音のやう, たる海神の女, たる海老色の洋傘, たる海豹島の遠景, たる海軍の長官, たる海軍大佐の盛裝, たる海軍大尉朝田某は多数少壮士官, たる海軍拡張の予算案, たる海辺であった, たる海霧の中, たる消息を知る, たる消極なる批評, たる消極論派も内政, たる消費者にとって不利, たる涙泉の前, たる液面は良電導体, たる涼しさいはん, たる淋しき灯なし, たる褐色の, たる淡く軟かき緑色と, たる淡彩の色, たる淡彩画なり, たる淡水河が河, たる淡路流の短い, たる淨蓮大禪門, たる淫欲を辭, たる淫蕩奢侈の風俗, たる淮西節度使の高, たる深きいはれを, たる深みを自ら啓示, たる深刻なる暗示, たる深刻痛切なる性慾, たる深川の新道, たる深幽は自, たる深更の剣気, たる深江の里, たる深紅色の我目, たる深谷に広がれり, たる混合物から無数, たる混和物の上, たる混沌時代の産物, たる混血児のこと, たる混血兒のこと, たるはかさ, たる添景の中, たる淡雅致, たる清三は全く, たる清原姓を名乗っ, たる清味を湛, たる清国は今や, たる清姫の心, たる清家の少女, たる清新さとは私, たる清書草紙まだ手, たる清水坂の坂, たる清浄心の発現, たる清潔さが漂っ, たる清秀とも鮮麗, たる清長の歿後鳥居清峰二代清満, たる清長栄之歌麿三家, たる清閑を領, たる渋江氏の事蹟, たる渋茶にひもじ, たる渓口の雲, たる渓谷を縫い, たる減少せる率, たる渡し舟の船頭, たる渡辺党亦算, たる渡辺老女の瞼, たる渡部伊蘇夫は澄み渡る, たる渡頭のこと, たる渦巻かとも思われ, たる温厚の人物, たる温室あり, たる温室内で天下, たる温雅な風懐, たる測候所の観測, たる測量部の五万分一図, たるの朝, たる港内の火, たる港湾裁判船は日々三十件以上, たる渾沌がある, たる湖心に家, たる湖月亭の宴会, たる湖龍斎に至りますます, たる湯呑の中, たる湯山隆信を吾, たる湯本温泉は小山, たる湯烟にとざされ, たる湯葉をわれ, たる湿っぽい岩石ばかりが, たる湿地にて菅, たる湿気流れ出でて, たる満州国の独立保全, たる溌剌さを内, たるの泉, たる源三郎のゆえん, たる源六郎もちろん愚昧, たる源太おおそういう, たる源太応左様いふ, たる源家の呉児, たる源平時代の御, たる準備の功績, たるの瀬, たる溪川が流れ, たる滅亡を告げ, たる滋潤強壮の効力, たる滑かにも美しき, たる滑稽美に満ちたる, たるあり, たる滝沢馬琴の故, たる漁師はその, たる漁舟に乗り出, たる漂泊旅愁のリリック, たる漂泊生活の最, たる漂泊者あの饒舌, たる漂白工紡績工及び機械工, たる漆色の夜, たる演出家と詩人, たる演劇の領域, たる演奏である, たる演奏会を開催, たる演奏者はぐるり, たる演技の呼吸, たる演技指導の巧拙, たる演芸協会なる者, たる演説口調を二言三言, たる漢学諸生, たる漢学塾の論講, たる漢籍の整理, たる漢詩文が再び, たる漢語一切を除い, たる漫画家が三人, たる漫画画工として看過, たる漬菜のいろは, たる潔白である, たる潜水飛行艦隊の数, たる潮流から見れ, たるの顔, たる激励の声, たる濁世にもなお, たる濁水社会にチト変人, たる艶な, たる濃密な大気, たる濃霧の白一白, たる濫僧とは別, たる濫觴にし, たる濱島武文の特別, たる濱木綿の花, たる瀟洒さで出現, たるの水音, たる瀧口が心, たる瀧口入道なり, たる瀬尾教授と彼女, たる瀬戸の港西小學校, たる火の手が見える, たる火事の現場, たる火傷のあと, たる火光千万の物音, たる火光千萬の物音, たる火勢の音, たる火器と共に同時に, たる火山灰の定性分析, たる火影が見えない, たる火桶くれけるを, たる火気をフーフー, たる火炎を抱い, たる火煙が起った, たる火片しづかに降り, たる火花をちら, たる火輪の光, たる火避地がある, たる火野葦平によっておのれ, たる火鉢の灰, たる火鉢夏の中仕舞, たるの色, たる灯りに恥じらうごとく, たる灯明皿のはいった, たる灯火の見ゆるを, たる灯虫かな, たる灰煙の降りそそぐ, たる灰燼にそぞろ, たる灰白の骨, たる灰神楽のなか, たる灰色ぢやよ, たる灰藍色の山峰, たるあり一日, たる炉中へころがり込む, たる炊事場に行き, たる炎天下には閑却, たる炎天俄にかきくもる, たる炭俵の間, たる炭塊を十分, たる炭火吹起し孤燈, たる炭焼が金屋子さん, たる炭酸瓦斯も猶, たる点々光流出柳箭けだし参, たる点尠からず, たる点自ら泰西美術の傾向, たる為め将来独立して, たる為山姥の怒, たる為形の美し, たる為政篇には夏殷周, たる烈々たる僧兵, たる烈公は再び, たる烈火の壁面, たる烏啼の奴, たる烏島及び其東南, たる烏有のささやき, たる烏菟を飼えり, たる烙印である, たるはあたり, たる烟華の地, たる烽火の台, たる無上の残忍感, たる無住の凍原, たる無力感やそれ, たる無双の美少年俳優, たる無名不遇の天才, たる無帽の人物, たる無形無臭のもの, たる無形的幽霊あるいは衆人, たる無念しごくだろうという, たる無情でしょう南那珂郡福島, たる無想の構え, たる無意味なる礼儀三千, たる無意識或は有意, たる無意識家であつ, たる無感覚でちっとも, たる無法にこの, たる無産者の文学, たる無産階級を層一層, たる無益な時には, たる無知を押し立て, たる無礼傲慢もう勘弁相, たる無神経や燃える, たる無秩序に帰る, たる無籍者です, たる無能ぶりはこれ, たる無色の天地, たる無邪気を以て発, たる無邪気さであろう, たる無頓着さで事, たる焦土でございまする, たる焦慮などには少し, たる焦熱のやみ, たる然し深甚な, たる然るべき人の, たる野原を, たる焼け山や焼け河原, たる焼け野原となり, たる焼土から, たる焼跡にほかならない, たる焼酎なり, たる焼野に建物, たる煉獄の女, たる煌星の姿, たる煙波をへだて, たる煙火の明滅, たる煙管の羅宇, たる煙草入を所持, たる返を, たる照明の襞, たる煽動を持ち込まなけれ, たる熊物語の幾種, たる熊猫なり, たる熊笹を蹈, たる熊野から大和, たる熊野神明に其眷属, たる熔岩塊が興味, たる熟蝦夷がいた, たる熱いものが, たる熱き力もて, たる熱伝導率だよ, たる熱光の下, たる熱国の香料, たる熱帯の草木, たる熱帯林や渺茫, たる熱帯植物の叢, たる熱帯樹に蔽われ, たる熱帶樹に蔽, たる熱湯の中, たる熱烈な確乎, たる熱血を仏国四千万, たる熱風のうち, たる立つごとき紅, たる燈明のひかり, たる燒物の顏, たる燒野原にながき, たる燕人張飛とはすなわち, たる燦碧金襴の門扉, たる燧山城の要害, たる燭台は其蝋燭, たる燭涙は黒き, たる燭臺にけふ, たる燻製見本を一つ, たる爆発物が抛, たる爆発音が聞え, たる爆發藥は普通魚形水雷, たる爛熟せる色彩, たる爪先の雨, たる爪拔けざれ, たる爲め一部は水, たる爲記憶に訴, たる爲説明更に合はず, たる父上兄上には別れ, たる父上自身が孔明, たる父君の感謝, たる父君メラニデス・エフィゲニウス氏の悲嘆哀傷, たる父圓太郎はフラリ旅廻り, たる父母今からは親, たる父母家の事情, たる父母達の苦難, たる父祖の余沢, たる父頽齡に衰, たるにて候, たる爽快味を感じる, たる爾ら爾らのいかなる, たる爾林の如き, たると見るべし, たる片すみにまだ, たる片便も行くべき, たる片割れ月は柱, たる片岡中将と顔, たる片掛村を過ぎ, たる片田舍で日本, たる片足をぶら下げたる, たる片辺に里寺, たる片隅の, たる版図に於, たるを與, たる牛の首あげたるごとき者, たる牛乳パンジヤム等にて昼食, たる牛店を背景, たる牛蒡鯛の小串, たる牛込の里, たる牛込馬場下界隈の年中, たる牛頭大仙人, たる牝牛を食う, たる牝馬が絶え, たる牝鹿の如く, たる牡丹去年は咲かず, たる牡丹台をたずね, たる牡丹我のみぞ知る, たる牡丹昨日の夕風, たる牡丹花の飾, たる牢獄と云, たるに羊, たる牧人と, たる牧人四人牛を逐, たる牧場をや, たる牧畜の知識, たる牧畜民族の間, たる牧畜生産物に対する需要, たる牧者を寫し, たる牧野博士は, たる物どもを御, たる物まねの生命, たる物みな残る, たる物一としてこれ, たる物上り来る, たる物也前書委候へば略し, たる物二三本と兎, たる物二個有り, たる物価の不, たる物共を皆運び, たる物具つけた武士, たる物凄まじい響きを, たる物品を販売, たる物学びし猿, たる物寂しさを, たる物思いに沈んだ, たる物情である, たる物抔とは思ひ, たる物燃ゆれば, たる物理学上の新, たる物理学的の予報, たる物理学者たちの登場, たる物理的対象をも意味, たる物産陳列所郵便局それから中央, たる物皆悉く頒, たる物等も正しく, たる物置小屋であった, たる物腰で十年一日, たる物腰雅致があっ, たる物見遊山もまた, たる物語文芸を控え, たる物識よ, たる物象観が明瞭, たる物質主義素町人主義は皆排, たる物部のよそ, たる物部氏の東征, たる物魚類の骨, たる特典の姿, たる特命使節を派遣, たる特徴等によりて具体的, たる特有の山貌, たる特権階級であったこと, たる特殊負荷であって, たる特殊部落改善せられたる特殊部落, たる特異な法城, たる特長を四民和楽, たる犠牲者の死体, たる犬一匹われ一矢にて射, たる犬小屋若しくは糞, たる犬神が離れ, たる犬神人は甲冑, たる犬豕を生ずる, たる状師あり, たる状彼自身宛然たる, たる状況を呈, たる狂い火が蹴破られた, たる狂乱した仕業, たる狂人解放治療場の, たる狂想に耳, たる狂暴の沙汰, たる狂瀾のごとく, たる狂言なりしよ, たる狐偃は之, たるありて, たる狗あとに附き, たる狙撃聯隊の楽人, たる狙撃連隊の楽人, たる狩りごろも葎茂, たる狩人があっ, たる狩猟場の真ん中, たる狩猟家である, たる狩衣を着け, たる独り言なの, たる独人との間, たる独創造の作品, たる独国の海軍根拠地ウィルヘルムスハーフェン, たる独壇場だもの, たる独断教と何等, たる独眼政宗も今, たる独立創見は滅多, たる独立国とならし, たる独語を始めた, たる独身者の意味, たる独逸の国民的自覚, たる独逸祖国歌は非常, たる独逸船ヘレーン号, たる狭山課長の苦心, たる狭間の川, たる狭隘なる圏外, たる狭霧は恰も, たる狷介な面持, たる狼星を見上げ, たる猛火海を照, たる猛烈の健闘, たる猛獣である, たる猜疑嫉妬の小, たる猟銃を戦き, たる猪口をイエ, たる猪目透二字切の手突矢, たる献身と老い, たる献身的大努力, たる猿どもを撫ずる, たる猿子眠りだ, たる猿廻し御幣を肩, たる猿田彦大神を青面金剛, たる獄中はまことに, たる獄囚を放免, たる獄室は世の常, たる獅子數頭は電光石火, たる獣王の花々しき, たる獣類または異人, たる獨特の文化, たる獨立國にし, たる獨逸や佛蘭西, たる獲物ぞかし, たる獸骨器と等しく, たる玄人の廻り, たる玄妙不思議なるところ, たる玄恵法印や河内, たる玄海灘を望む, たる玄関が霧, たる率直さの苛辣, たる玉いかんともする, たる玉キヤベツいつくしき, たる玉井金五郎の後, たる玉女天外にひかり, たる玉琴は那須, たる玉盤のひびき, たる玉章手にもち, たる玉葉集などにも止つて, たる玉葱のにほひ, たる玉蜀黍の莢, たる玉質水晶の縄, たる玉類の中, たる王たち聞き歡び, たる王メネラオス悠然と, たる王ラティーノを見き, たる王位に敵対, たる王侯將帥誰なりや, たる王允でも董卓, たる王子を若返らせ, たる王室の権力, たる王平張嶷のほう, たる王府井大街, たる王政復古論を唱, たる王朝時代の残党, たる王朝餘弊を生活, たる王殿さして歸, たる王等聞き歓び見喜びて, たる王者の勝利感, たる王賊の名, たる玩具普請に過ぎぬ, たる玻璃性の音響, たるらしい人物, たる珍しき大霧, たる珍書であったが, たる珍現象であ, たる珍聞ぢや, たる珍説を恥, たる珠光を示した, たる珠数の事, たる珠玉を偲ばせる, たる珠運ゾッと総, たる班将軍が壮志, たる現下の國體擁護, たる現代人のドギモ, たる現代物理学の業績, たる現化が問題, たる現実それが目的, たる現実実在を絞る, たる現実的な滑稽, たる現実的効果がある, たる現象我々の視覚, たる現象界の科学的理法, たる球根悉く芽, たる球空に飛ぶ, たる理化學の方面, たる理合と云う, たる理想主義の利, たる理想的美人を描き出さん, たる理想言ひ換, たる理智的の概念, たる理知の工作, たる理研コンツェルンの諸, たる理科的精神を養成, たる理窟一点張の人, たる理義如何ぞ菅公, たる理解力を示した, たる理論化学とか相対性学説, たる理論家を選び, たる理趣六波羅蜜多經, たる理路整然たる詩, たる理髪所の隣, たる琉球臺灣の彼方, たる琴声を聞き, たる瑜伽の道, たる瑠璃岸国のある, たる瓊瓊杵尊との關係, たる瓦斯ストーブにて高, たるの下, たる甃石も君, たるの色, たる甎爐あり, たるを取りおろし, たる甘く清き露なりし, たる甘露の液, たる甚だ少くまた, たる生れのいい, たる生命感の上, たる生存威嚇であるという, たる生得と独合点, たる生活必要費の最, たる生活材料も追憶, たる生活様式があり, たる生活法となる, たる生活苦が骨, たる生活表現を心がけ, たる生物学的社会観の依然, たる生理学者はそこ, たる生理的要求であるから, たる生産奨励金は貨幣地代, たる生産手段の改良, たる生産能率増進のため, たる生産過程の反作用, たる生田川のほとり, たる生石灰の石, たる生粋のロシア人, たる生糸の根元, たる生胆を一眼, たる生蕃のみを指し, たる生首の相, たる産声をあげ, たる産所の者, たる用人の一人, たる用法の由来, たる用語術語の觀念, たるを眺め, たる田の神或は野, たる田ンボの中, たる田中正造君を撰定, たる田原が聞, たる田圃を越え, たる田園生活の印画, たる田山白雲のため, たる田村や金山, たる田村氏は北海道, たる田村義雄の鑵詰談, たる田端への大通り, たる田舍の小, たる田舎ものの財布, たる田舎出のもの, たる田舎大名が茶, たる田舎家である, たる田舎町荒海の路傍, たる田舎調子にて御前, たる田辺新之助君及び其病妹, たる田面を見渡す, たる田鶴見良春その人, たる由昼前八重次来りいつ, たる由書越された手紙, たる甲冑七個の武器, たる甲州街道を江戸, たる甲斐有って思わず, たる甲斐源氏の一党, たる甲板上の光景, たる甲田美郎奥様非常にお, たる甲鱗の魚類, たる申し子であるが, たる申子はすでに, たる男ども竿の尖, たる男ぶりだった, たる男らも眠り, たる男一僕を隨, たる男下手より来り, たる男二人對ひ居て, たる男児の声, たる男兒の聲, たる男冷笑ひて, たる男吾人は面, たる男声で歌, たる男大なる槌, たる男子一と度郷関, たる男性ブラーマの形骸, たる男性的気魄において他, たる男我らを誘い, たる男振りに思わず, たる男最後の一撃, たる男特使ベラントはリード商会, たる男等の首, たる男籠を背, たる男船童をよび, たる男走り來て手, たる男銀六の衣, たる男霧の中, たる男露西亜人とも見ゆる, たる男項を屈め, たる町人でもなかつた, たる町内を持っ, たる町外れで時たま, たる町村においてはその, たる町歩みたる道, たる画像に私, たる画名を市, たる画工此の時, たる画工自身の事, たる画師としての画嚢, たる画策は大抵, たる画面が寒, たる画題の範囲, たる画風のもの, たるの薫, たる界隈の田野, たる畑中に鳴く, たる畜類の歩み, たるが写った, たる番付は早く, たる番傘を開く, たる番匠風を防ぐ, たる番号のごとし, たる番手桶の水, たる番頭の始末, たる畫中の景, たる畫工は廓外, たる畫策は大抵, たる異人は顏, たる異地山高うして上求菩提, たる異教国として存在, たる異母姉に面したる, たるの上, たる當初の意思, たる當年の豪傑兒也, たる當時世人の看, たる畸形の素因, たる疎林の中, たる疑いを容, たる疑惑であった, たる疫病に帰せ, たる疲れをお互い, たる疲労の中, たる疳癪の雲, たるの上, たる疼痛だけが残された, たる疾病を生ずる, たる疾風驀地に, たるのごとくなれ, たる病中驚いて, たる病氣の足, たる病的な存在, たる病者あるとき, たる病象の一部分, たる病院の高き, たる症状を続け, たる痕跡歴々として余り, たる痛快淋漓の段, たる痛涙はながした, たる痛苦に対しては無限, たる痩法師なり捉, たる痴情のはかな, たる痴漢ぞやほとんど, たるを描き得, たる癖論家よ民友子大喝, たる癡呆の一書生, たる発明賞が同君, たる発火と共に煙, たる発見的存在である, たる発酵時代を代表, たる白く耀やくもの, たる白シヤツに赤黒, たる白ビソ米ツガ落葉松などの下, たる白丁等はこれ, たる白光下に照, たる白前垂掛けたる下女, たる白土の道, たる白堊の城砦, たる白堊校堂裡鹿爪らしき八字髯, たる白塗の, たる白墨の粉, たる白大理石の宮殿, たる白妙の苦悶, たる白小倉の背広, たる白帆の外, たる白張の提灯, たる白提灯が風, たる白旗採つて馬上, たる白昼の強姦, たる白木綿の胴巻, たる白根が岳, たる白楊の木, たる白檮の木の下, たる白氷の高山, たる白沙の松, たる白泡は木綿, たる白烟を噴出, たる白玉の吾, たる白珠のわが子古日, たる白百合の花, たる白眼にも刻々, たる白竜が銀鱗, たる白粉のため, たる白紙を撚り, たる白胸シヤツを頭, たる白色の中, たる白色燈を掲げたる, たる白花を下界, たる白萩の花, たる白蓮の花幾点, たる白衣それに背, たる白金布の蝙蝠傘, たる白金臺町相違なく尋ね, たる白銀の世界, たる白銅あり, たる白雪を認めた, たる白雪陽春の格調, たる白雲紅火の円柱, たる白露ぞ高き, たる白面純情蝶ネクタイいやしからぬ好, たる白馬の連峰, たる白髪二三束あり, たる白鷹齎し来て, たる百万の物音, たる百人夫長が陣中, たる百千の文, たる百千言詞は巧み, たる百合のひそや, たる百姓家だった, たる百姓町人の少, たる百川はそれ, たる百種の夢, たる百舌の大き, たる百般の光景, たる百鳥の中, たる皆さんが, たる皆彼が此直線的, たる皆我心を苦むるものなりき, たる皆様への敬意, たる皇国の国策並国防計画要綱, たる皇国観念に徹した, たる皇室を以て君主, たる皇恩と国恩, たる皇謨は無限, たる皮下出血です, たる皮肉な出来事, たる皮膚がある, たる皮袋より取り出し, たる皮革製造雪駄直し下駄直し, たる皮靴を穿き, たるの波, たる盃洗の水, たる盆地になっ, たる盆大の明光, たる益田国司福原三太夫の首級, たる盛唐ですらも, たる盛政のこと, たる盛況は久しく, たる盜人の手足, たるかな, たる目じりにかけ, たる目すべて希望と信頼, たる目つきであり愛, たる目付でかつ, たる目口鼻など大路小路, たる目尻にキツ, たる目明かしを使役, たる目標を掲げた, たる目次あり, たる目潰しを喰つて, たる目的論的学説に反抗, たる目色を客, たるの乞兒, たる盲人の龍宝法師, たる盲女の琵琶, たる直広肆八口朝臣音橿小山下壱伎連博徳と, たる直後にこの, たる直情径行の驕児, たる直接的衝突を意味, たる直接経験の事実, たる直江志津の銘刀, たる直線流の言葉使い, たる直行は金壺眼, たる直覚だ, たる直観一般の多様, たる直観形式も亦, たる直道が顔, たる洋は, たる相対的真理にすぎない, たる相当広き物, たる相模の北条, たる相模国の事, たる相沢がけふ, たる相澤がけふ, たる相良惣蔵が浪士, たる相談ありたるらしくそれ, たる相貌それらが各, たる眉宇と里見無念流, たる眉山の翠, たる眉状して, たる眉色さえ見せ, たる看守とのみ, たる看守どもの一図, たる県当局では残酷, たる県立高女の廃屋, たる県立高等女学校長森栖礼造氏は失踪後, たる県道であると, たる眞夜中に, たる眞實は凡て, たる眞晝の空, たる眞言密教を金剛智三藏, たる眞諦は恰も, たる眞鍮の燈, たる眞面目の語, たる真っ只中に, たる真に眼前に, たる真ん中を駆け抜け, たる真人の語, たる真価を発揮, たる真剣の眼, たる真剣美そのものの現われでなけれ, たる真名古明, たる真向からまんざら, たる真四角の煙艸工場, たる真夜中私はふと, たる真実正直の旨, たる真情によって諒解, たる真昼へと戻りめざめる, たる真昼時だつた, たる真珠の如く, たる真理部分は真理全体, たる真田勢を一気に, たる真白な毛, たる真相を知る, たる真空である, たる真言の祈祷師, たる真諦は恰も, たる真鍮の燭台, たる真鍮巻の木刀, たる真面目の語, たる真面目顔言葉の流れ, たるを輝, たる眩暈三度くわつとして, たるが展けた感じ, たる眼つきをしか期待, たる眼光お客が何, たる眼光仁王様のごとく怒鳴りたて, たる眼光鬼神も縮み上る, たる眼差し日頃主君を畏敬, たる眼目ではない, たる眼蔓樣のもの, たる眼鏡を掻き上げ, たる眼閃めき頽, たる眼鼻立の青年, たる着実らしき事, たる着実さその微妙, たる着衣がするする, たる着附金時計をさげ, たる督促にたいし, たる睦田老人の事, たる睦言を語らふ如く, たる睨みを一つ, たる睫毛と眸, たる瞑想に沈みました, たる瞬時女の手, たる瞬間自らおさえかねる能弁, たるを溢れ, たる矛盾を去る, たる矛盾撞着の中, たる矜持を失うまい, たる矢の根一本献るこの, たる矢の根形の利噐, たる矢先に忽然と, たる矢田部教授が日本語, たる矢部藤十殿に鞘当て, たるを開かず, たる知事を会長, たる知事風情の恩義, たる知人あり当年, たる知力の方, たる知力水底の泥土, たる知名の大, たる知念へ始め, たる知性の輸入, たる知的遊戯私はこれ, たる知盛の幽霊, たる知者らが民衆, たる知行を自身, たる知覚の形式, たる知識人のみ, たる短剣を投げつけた, たる短文にも, たる短篇中に其の, たる短篇小説などよりどれ, たる矮小なる影, たる矮少なる自然, たる石ころ路を坂, たる石剣の如き, たる石噐の事, たる石坑の一つ, たる石塀を溢れ, たる石山に取囲まれた, たる石川主殿へ何と, たる石川島造船会社の職工兼吉, たる石川忠総の外護, たる石径を舞, たる石材はこの, たる石柱頭と石臂石脚, たる石棺ありて, たる石橋に蹄, たる石欄に仕切られ, たる石燈籠の外, たる石燈籠手水鉢石鳥居はことごとく, たる石片角片の遺跡, たる石版に注げり, たる石狩平野の中, たる石畳の上, たる石窟に蠢, たる石笠のラムプ, たる石英の如く, たる石輕み, たる石鏃の如く, たる石陣にも自ら整, たる石階を登れ, たる砂上を踏ん, たる砂丘まじりの, たる砂塵一陣駆けつけて, たる砒石の素, たる研究企画がある, たる研究劇の域, たる研究的態度を以て隅, たる研究資料を提供, たる研鑽の結果, たるの中庭, たる砲列の中, たる砲員は憤然, たる砲撃を開始, たる破れをここ, たる破れかぶれの大功, たる破れ厩屋根の端, たる破局的な場面, たる破屋の底, たる破滅に追いこむ, たる破片を机上, たる破門者となっ, たる硅藻の種類, たる硝子より弊私的里, たる硝子張りの箱, たる硫黄ヶ岳のかなた, たるに題する, たる硯箱を見る, たる碁会所を立出, たる碁石の音, たるあり, たる碓井小三郎君の好意, たる碓井峠彼方に関所, たる碓氷も過ぎ, たるい碧, たる碧空に去来, たる磁力を感じてる, たる磁気指力線の数, たる磊落闊達を害する, たるの草, たる磯屋平兵衛がその, たる磯山の松, たる磯部四郎花井卓藏今村力三郎の三氏, たる礫みち色蒼白く, たる礼装をなしたる, たる社二三あり, たる社会ファシスト乃至殆, たる社会主義者や僧権論者, たる社会主義都市計画によってつくられた, たる社会党一本の姿, たる社会多数人民の利益, たる社会民主主義労働党の前身, たる社会的なもの, たる社会的ジャーナリストは自分, たる社会的不満をひとしく, たる社会的教育はいかなる, たる社会的組織化と大衆, たる社会運動にまた, たる社員だわ, たる社會面の生活苦, たる祇園閣の下, たる祐吉自身にさえ今, たる祕法を試むる, たる祖宗の家業, たる祖母は浦賀, たる祖母上のこの, たる祖父母より以上曾祖玄祖, たる祝詞の声, たる神サマをかぎあてる, たる神人の如き, たる神仙の奇山, たる神使の如き, たる神名の, たる神命を奉ぜざる, たる神壇近く前方の右, たる神変不思議の人物, たる神女を以て海神, たる神官僧侶のいつしか, たる神宮の参拝客, たる神尾は繰返し, たる神工その時彼, たる神工答へて彼, たる神巫寺の傍, たる神庭には唯, たる神意果して如何, たる神慮や定め, たる神戸氏の御, たる神易でありましょうか, たる神書とわし, たる神楽坂署長庄司氏は年来, たる神楽歌というもの, たる神樂催馬樂の體, たる神権の帝王, たる神權の帝王, たる神武天皇であること, たる神父は主として, たる神田の某, たる神秘的な土地, たる神童の飛行, たる神籠石を山号寺号, たる神経状態に陥った, たる神聖なる感激, たる神聖者永遠者を顯, たる神色とは洶, たる神話学上の種々, たる神話的伝承に従って之, たる神話説話の如き, たる神輿を持ち, たる神道の要旨, たる神韻なるもの, たるには狐, たる祭典が行われ, たる祭壇の蝋燭, たる禁令とその, たる禁制の掟, たる禁斷の果, たる禁止不法の批難, たるを世, たる禅宗はかかる, たる禅語にて即興, たるにより, たる禍いは逃, たる禍惡に對, たる禍福の理法, たるを我が, たる福原を以て政権, たる福地氏をもっ, たる福岡医科大学が第, たる福島の関所, たる福澤福地両先生高見卓識, たる福砂通を歩い, たる福神が入れ, たる禮物更に加, たる禮裝をなしたる, たる禽獣行のみ, たる禿山にされ, たる秀吉方をし, たる秀吉非難が滝川, たる秀忠は家康以上, たる秀才を同好, たる秀景が掲載, たる秀茂せる森林, たる秀逸の吟咏, たる秀郷蜈蚣射たる矢の根一本献, たる秀麗な山地, たる私それらはすべて, たる私らの功業, たる私一人となった, たる私一個の立場, たる私党ではなく, たる私共は惡, たる私塾の気魄, たる私塾教師の規則, たる私服警官の多数, たる私案及び貴店編輯部案, たる私生活の面, たる私黨ではなく, たる秋さんさへいひ, たる秋光の浜, たる秋山先生と猪, たる秋山廣吉氏の宅, たる秋岡陣風斎に愛され, たる秋空の下, たる秋花の木の間, たる科人に異ならず, たる科学工業こういうもの, たる科学文明に依, たる科学的の研究, たる科学的分類法ではない, たる科学的叙述はそう, たる科学的宇宙観の変遷, たる科学的態度をその, たる科学的知識とはその, たる科学者連中が, たる科白劇であり西欧, たる秘史の翻案, たる秘密室には一面, たる秘密書類の写し, たる秘密結社に反逆, たる秘密訊問に相違, たる秘密階段でさらにまた, たるを出す, たる秩序と体系, たる称号ならむか, たる移動商店はその, たる移行およびその, たるき肉羹汁, たる稀世の名剣客, たる稀代の品物, たる稀少は一切, たる稀有の不思議, たる稚き技巧の, たる稚気とを振い起し, たる稜線の空, たる種子島の懐中鉄砲, たる種族エトラスケール人であるという, たるの穂, たる稲妻はきらめきだした, たる稲葉伊予守の面目, たる稽古用の薙刀, たるのごと, たる穀物輸出制度によるもの, たる穀精の信念, たる穂高の峯, たるき基督, たる穉子などいづれ, たる積極政策の権化, たる積翠雲表に閃く, たる積雪を照らし, たる穏波を截, たる多寺, たる穢土となった, たる穴だらけだろう, たる穴倉の中, たる穴山入道を討ちもらした, たる穴毎に煙, たる穴迫谷の大きな, たる究極よりこれ, たる空々しい人生の, たる空き地の中, たる空中に母艦, たる空壕破屋秋草茫々のうち, たる空山の夕べ, たる空想家の心, たる空想的意義をもつ, たる空模様の中, たる空気ラムプの前, たる空気中に入れし, たる空洞に響く, たる空白で而, たる空藹々たる土, たる空言にし, たる空閑地であり古池, たる空間座標を意味, たる空間概念を見出す, たる空間渺々たる海上, たる空間美に呀ッ, たる空間関係の知覚, たる空際は歴史, たる空霊の気, たる突撃に比すべく, たる突然行わんと, たる窓櫺の下, たる窓硝子にも, たるに出でぬ, たる窩氣は沸, たる窪地にて草原, たる窪田らの心, たる窮地に陥つた, たる窮屈さこうなれ, たる窮策を告げ, たる立合いの人々, たる立場概念それが立場, たる立居振舞トンマそのものの性質, たる立憲帝政論派これなり, たる立春大吉の文字, たる立札あり上, たる立法者にも役者, たる立烏帽子に布衣着, たる立脚点の上, たる立葵の二株, たる竜の鬚の坂道, たる竜女が人, たる竜樹ありと, たる竜神さんの後, たる竜神大字へ合祀, たる童一人小車の裡, たる童謠に形態上, たる竪穴有り, たる竪穴數多存在する事, たる端船覆没して, たる端艇は一等船客, たる競争を思い止まらせる, たる競呉服にて今, たる竹抱牛血大蒜人参獣肝茯苓草のた, たる竹根の鞭, たる竹童のこと, たる竹竿をもち, たる竹籠の底, たる竹製の耳掻き, たる竹門あり, たるしたる夏, たる笑みは元, たる笛竹にさ, たるを投げ上げました, たる第一人者であった, たる第一流の戦い, たる第六感の意義, たる第六感以外に人間, たる笹谷の街道, たる筆力を示し, たる筆墨巍峨たる結構, たる筆法である, たる筆立に絵筆, たる筆致の作品三つ, たる筆蹟にて墨黒, たる等身人形にし, たる筋書を芝居, たる筋肉名工の刻んだ, たる筋道と発表, たる筋骨鼻髭で隠し, たるに入れ, たる筒口俊雄はこのごろ喫, たる筒落米をはき, たる筒袖の篠田長二, たるを算出, たる答えに接した, たる答案に過ぎん, たるだと, たる策戦を練る, たる策謀はいよいよ, たるのすそ, たるかな, たる筵屏風あるに, たる箇所新旧凡そ二十許り裂けたるま, たる箇条は読ん, たる箒目の痕, たる箕作麟祥博士を始め, たる箕子が道統, たる算盤うやうやしく取上げ, たる算額を集め, たる管仲の引渡し, たる箱取り出で, たる箱根のいただき, たる箱物を一つ, たる箱菓子を入れたる, たる箱車を牽く, たる節婦孝子の篤行, たる節操は守ろう, たる節約は製造貨物, たる範囲内の事件, たる範圍より外, たる垣の, たる築地座は言, たる築山あり, たる築造でなければ, たる篝火をたき, たるのそよぎ, たる篠村八幡宮祠前に於, たる篠田はやがて, たる篠田方の二個, たる篠田長二君が何ぞ, たる篤学であろうと, たる簒奪者の上, たる簡素さがまったく, たるの尖端, たるの椅子, たる米友は隠れたる, たる米国一新聞の青年記者, たる米国巡回文庫中の一節, たる米国式の論弁法, たる米国聯合艦隊の陣容, たる米屋の店, たる米支間横断汽船用の貯炭所問題, たる米沢の宿営地, たる米粒の多き, たるが舞い, たる粉付地蔵というの, たる粉薬をとり出す, たるが宿る, たる生生産物, たる粗き竪縞の, たる粗忽者神仏も怒り給はん, たる粗生原料品の下落, たる粗相とを謝す, たる粗石の蔭, たる粗野な夢, たる粛殺味も見えない, たるで米, たる精力的な精力, たる精巧なる挿画, たる精悍そのもののよう, たる精気が一種, たる精神そのものにより, たる精神主義であること, たる精神意慾ロマンチツクな詩的感激, たる精神欠陥を救う, たる精神病患者であること, たる精神的危機に瀕, たる精神的指導者たちは時間性, たる精神的爆裂弾なり, たる精米ありこれ, たる精霊洞奥の下界, たる糜竺は玄徳, たる糸掛換へるが, たる糸杉や橄欖, たる糸枠に金色銀色, たる糸萩も笑まし, たる紀州家を相手, たる紀州熊野を攻略, たる紀念塔の建立, たる紀行あり, たる紀行文家の花袋, たる紀霊がその, たるを忘れず, たる紅き林檎の, たる紅塵のなか, たる紅玉の日, たる紅球燈の光, たる紅白瑠璃の花, たる紅羽の蝶, たる紅色と緑色, たる紅花の爛々たる, たる紅頬の, たる紅顔を何時, たる紋付羽織とのため, たる紋御召の袷, たる紋様がある, たる紋章を知らざる, たる紐育展覧会目録の外, たる純文学の作者, たる純潔は自, たる純潔そのものを侮辱, たる純粋美術について言う, たる純粋認識の主観, たる紙クズになっ, たる紙一枚や父, たる紙入れを突き出したる, たる紙屋をそういう, たる紙牌の白し, たる紙玉を詰め置き, たる紙筒を堆く, たる紙門の陰, たる紙頁の上, たる素より宜なり, たる素人研究家の矢ヶ島君, たる素戔嗚の尊, たる素振りなり, たる素朴と, たる素材をもっ, たる素裸の若者ひとり, たる素首見も, たる素馨のなげき, たる紫メリンスの風呂敷, たる紫檀の牀, たる紫袈裟の破戒法師, たる紫裏の吾妻コオト, たる紫金山莫愁湖の雨景, たる紫電の光, たる細井平洲, たる細君は遅く, たる細大遺す所, たる細工ぶりこれがあの, たる細工ぶり此が彼不器用, たる細徑は荊榛, たる細毛と同様, たる細民部落改善協議会席上に於ける, たる細瀑小瀑の珊, たる細行の集積, たる細路地を, たる細身の鼻下, たる細長き穀倉などの, たる紳商某は足, たる紳士制服着けたる武官, たる紹興酒から来た, たる紺碧の波, たる終りの一喝, たる終局的に思惟, たる絃楽のその, たる組み立てなり, たる組成のある, たる組織を有し, たる組織理論といふもの, たる組織的瞞着の諸種, たる経世の大, たる経世武略の人物, たる経信以来皆たけを高める, たる経済上の研究, たる経済学者なるもの, たる経済学者らから気長, たる経済的の事実, たる経済的基礎を擁護, たる経済論派にし, たる経過を経験, たる経験的事実を見失わぬ, たる結婚公然たる姙娠, たる結晶体となるであろう, たる結果たるに過ぎざるなり, たる結果三百六十日の間, たる結果二年以内に巡回書庫, たる結果五箇年内に三十五館, たる結果人々皆高きを, たる結果八月十日払暁の閣議, たる結果哀民の飢凍悲慘, たる結果増加の差額三千六百六十七円, たる結果左の如し, たる結果当該本人の首, たる結果彼の秘蔵, たる結果爽な雨, たる結果相互の諒解, たる結果陰謀に參與, たる絞首行為の前後, たる給仕の心入れ, たる絨毯の上, たるの如く, たる統一である, たる統制会として日本出版会, たる統計力学の内容, たるはこ, たるをこれ歌, たる絵まきものみな, たる絵具を以て塗りたる, たる絵巻物今巻き, たる絵筆の勢, たる絵葉書数葉を手, たる絶叫の後, たる絶壁半天に懸れり, たる絶好の対象物, たる絶妙の変化, たる絶対主義と天皇制, たる絶対関門のうち, たる絶對的主體といふ觀念, たる絶島に於, たる絶望感とに沈湎, たる絶望的な気持, たる絶縁物内に正負相, たるを以てする, たる絹布を用い, たる絹物の袷, たるの羽織, たる經机を置く, たる經歴談は印度洋, たる經濟上の事情, たる經籍訪古志のごとき, たる經驗則なり, たる継承者として盲目, たる維新の功業, たる維茂をここ, たるを握り, たる綱領中に, たる綽名の一, たる綿羊のごとく, たる綿衣に替え, たるの輪袈裟, たる緋縮緬の池, たる緋羅紗の上衣, たる総代其外十二名と古河市兵衛, たる総督政府から供給, たる総称なるもの, たる総裁だって予知, たる総量が幻, たる総領によく, たる総額は二百円, たる総高殆んど, たる緑葉に埋もれ, たる緑蕪の間, たる緑雨の作, たる線路は日脚, たる線香の煙, たる編み余しの, たる編み物或は木の葉, たる編片の古, たる編輯者の手紙, たる編集物が一つ, たる緩急を取り得ない, たる練兵場へ現れた, たる練絹に汽車, たる練習曲のうち, たるなれば, たる縁談にも注意, たる縁起マジナイと心性作用中連想, たる縦横倶楽部という右傾学生, たる縫物の下, たる縫物師の針眼, たる縱波に比較, たる繃帯はほぐれ, たる繊塵を飛揚, たる繊細なる梅子, たる織田長益などにいいふくめ, たる繩墨の覊絆, たる繩墨彼に於, たる繪入の小, たる繪畫を點綴, たる繰返しである, たる罐土瓶茶碗などが載せ, たる罪人は所定, たる罪名とは孰, たる罪囚の梟首, たる罪業を償わん, たる罪過と見る, たる罪障深きもの, たる罫紙を綴ぢ, たる置文の声, たる署長がもたらすであろう, たる羅漢なり, たる羅甸語の, たる羅馬の市, たる羅馬教の胎内, たる羅馬美人ありて, たる羊牛の群之, たる羊皮紙を読め, たる羊羹に楊枝, たる羊食となし, たる美しく気高き貴女天守夫人富姫, たる美丈夫であったの, たる美事さであったと, たる美人ヘレナは即ち, たる美人三日眼前にちらつき, たる美人像ではない, たる美光の品, たる美妙の位置, たる美妙斎へも寄稿, たる美姫を擁し, たる美婦の夫, たる美少女に合わされ, たる美形美禰子に箝め, たる美徳はとりわけ, たる美林につづく, たる美校男子の水, たる美男美女ではフランシスフォード, たる美目に魂, たる美称であって, たる美術院に失望, たる美観を造る, たる美話佳談, たる美貌の閨秀詩人オウジエ嬢, たる美辞が連なっ, たる美辞麗句みたいになっ, たる美音で柄, たる美風の一端, たる羚羊の親子三人, たる羞含しさ, たる群峯の迫り, たる群星は未だ, たる群議を排し, たる群集雑沓の状, たる群鳥の相, たる義務兵役と其義務兵役, たる義務感をもっ, たる義務権利と結合, たる義経を隠, たる義雄に對, たる義龍が親, たる羽団扇で膝, たる羽子板にも劣り, たる羽山が積極的, たる羽柴麾下の一将, たる羽根扇を擬し, たる羽衣説話と共に一対, たる習性が変形遺伝, たる翠竹はことごとく, たる翠露のかかる, たるでもない, たる翻弄を受ける, たる翻訳の可能性, たる翻訳家は時勢, たる翼生ひたり, たる老公の前, たる老女入口に現れ, たる老婆急病にて去る, たる老婆風呂敷包背負ひたる女房, たる老婢は半, たる老婦の写真, たる老木の梅, たる老松は水の上, たる老松尾根の上, たる老眼にも紛れなく, たる老臣がたの御, たる老舗なり, たる老衰せる大脳, たる考えとして叱られた, たる考察にし, たる者この間に生れ, たる者すべて暗黒のうち, たる者だれか驚, たる者一つ臀を掩, たる者一つ都合二つあり, たる者一二にし, たる者一人その縄, たる者之を容れぬ, たる者二三名の家禄, たる者二十四名負傷したるは, たる者二千五百と注せられぬ, たる者二名を京, たる者二百円普通百円の割, たる者代りて次, たる者以て彼, たる者其左右に立たり, たる者力を竭, たる者十余句あり, たる者及忘れられたる者, たる者唖然とした, たる者唯宜しく異, たる者大約三百万人に及べり, たる者天下に是, たる者孫子呉子を知らん, たる者宝の山, たる者實に進退, たる者尠からざりしなるべし, たる者怒気を発せず, たる者戰鬪の, たる者手に唾, たる者押静め先づ下, たる者政府の官吏, たる者数人あり, たる者暁台闌更により, たる者最後なり, たる者有之候え, たる者本日巡り逢いましたを, たる者此二譚を讀, たる者此理を知らざるべからず, たる者此革命なり, たる者残忍酷薄の人, たる者汝何故兇暴, たる者治者たる者は, たる者沿革変遷の上, たる者群り候うち, たる者自ら心に疚しき, たる者自己と他人, たる者貴殿は当家, たる者適當の言, たる者重荷を負, たる者顏を後額, たる而已ならず憂国, たる耳新しき実利主義と, たる耳環一箇銀の大, たる耶教一派の先輩, たる耶蘇は今, たる耶蘇のをさ, たる耽美主義の畠, たる聊さか驕慢, たるである, たる聖セバスチアノの像, たる聖フランシスの生活, たる聖域としての, たる聖壇の一, たる聖徒の身, たる聖徒等は少しく, たる聖徳太子の希望, たる聖服をつけた, たる聖浄は自, たる聖者は疲れ, たる聖者たちたとえばか, たる聖職をその, たる聖職者の一人, たる聖飾をつけた, たる聖魚が懸, たる聯珠眼中人なき天狗心, たる聰き長老と, たる聲障子を開け, たる聲音文字を用, たる聴手の側, たるを重んずる, たる職人どもちらりほらりと, たる職人共ちらりほらりと, たる職位を持たなく, たる職分上諸君の悪, たる職務上の遠慮, たる職員の場合, たる職工の仲間, たる職業作家になつて, たる職業意識が起っ, たる聾唖を守りきっ, たる肉一団何かある, たる肉体そのものを大量的, たる肉体労働だ泊銭, たる肉体夢の様, たる肉体美から云っ, たる肉化の苦心, たる肉声が黒く, たる肉感性を捕捉, たる肉慾の片, たる肉線が現われ, たる肉身から叫べ, たる肉躰上の苦痛, たる肉霊合致の全, たる肉食の風習, たる肉食そのものも仏法, たる肉骸を覆う, たる肋骨なり, たる肌ざわりの荒い岩, たる肌着をつけ給, たる肖像等を浮世絵末期的手法, たるを燒, たる肢体を痛ましく, たる肢體構成の力, たる肩書にたいして敬意, たる肩章に波, たる育児院に異例, たる肴物ご覧くださるよう, たる肺臓は砂, たる胃腸を全く, たる胃袋よ, たるにこたえ, たる胆嚢にのっ, たる背広等を著, たる背打ふるえ髪ゆらぎ, たる背景風俗と共に幕末, たる胎内潜りをやっ, たる胚種が生命, たる胡蝶のよう, たる胡蝶陣の名, たる胡軫の首, たる胡麻塩の髪の毛, たる胴裏の紅冷, たる胴金造りの脇差, たる胴震ひに, たる胸甲彼を守り得ず, たる能はずやと, たる能動の態度, たる能楽道に於, たる能楽野郎あいさ, たる脅威にさらされた, たる脅迫状に当時奉公中, たる脇屋殿と神保様, たる脇立の青, たるより汲み出せり, たる脈絡の存する, たる脊椎を擡げ, たる脚疾が早く, たる脚美はしきダナエー, たるもめげず, たる脳裏には何等, たる腕力に自信, たる腕力国なるにも, たる腕力武力がギャング, たる腕組みをし, たる腕聳立ちたる肩, たる腰つきを描写, たる腰弁当で浮世, たる腰高障子の間, たる腸すゝがんなど思う, たる腸づめの肉, たる腸詰肉を柱, たる腹掛に左, たる腹掛けに左, たるの上, たる膏薬練の西, たる膝栗毛に鞭打ち, たる膳夫輩には調理, たる膳椀をも有, たる臀脛足踵これをば朱, たるを引き放さん, たる臂さし伸べて, たる臆説を排し, たる臓器の獲得, たる臓腑を洗い清めまし, たる臙脂色のカーネーション, たる臣民道の自覚, たる臥龍梅を一瞥, たる自他融合の境地, たる自作の脚本, たる自信家の烏啼天, たる自分達は新しい, たる自動浮沈機の作用, たる自動車の運転手樫尾初蔵, たる自動車用電球らしいもの, たる自嘲の筆法, たる自国詩文の技巧, たる自失に見舞われ, たる自家の影, たる自尊を, たる自尊心がまざまざ, たる自己主張に過ぎない, たる自己内生の問題, たる自己否定のうち, たる自己廣告をせん事ちや, たる自己建設者だ, たる自己性は人間的生, たる自己政党の総裁, たる自己現在の境遇, たる自己肯定の苦い, たる自得の悟道, たる自恃の色, たる自我孤独なる自分, たる自我肥大症をもっ, たる自殺を彼, たる自殺用短剣はその, たる自然主義作家がさうで, たる自然価格にまで引上げ, たる自然価格自然労賃及び自然利潤, たる自然派の小説, たる自然的生の落着, たる自然科学者や技術家, たる自生であると, たる自由主義的国家理論は国家, たる自由信仰ありデンマーク自生, たる自由平等がこの, たる自由平等博愛の旨義, たる自由思想家である, たる自由性を見失っ, たる自由意志の, たる自由競争を禁じ, たる自称天下無双の兵法者, たる自給経済の時代, たる自説を強調, たる自軍と対等, たる自転車おびたゞし, たる自適然たる, たる重至尊, たる至尊至親の老, たる至愛を以て自ら, たる至粋を歴史, たる至誠奉公といふ精神, たる致し方で老公, たる臺詞ありて, たる舂屋で所謂川金, たる興味中心の髷物, たる興行の空気, たる興行法が一般観客, たる舊家にてカッチアグイーダ, たる舊理想家を排し, たる舊自由黨と提携, たる舊自由黨たるを見る, たる舊街道を上る, たる舌汝の常に, たる舗石が指定, たる舞台姿を回想, たる舞台的生命を保つ, たる舞台監督の助言, たる舞台面が展開, たる舞衣のごとまろ, たる舞蹈の機会, たる舟ゆゑに浪, たる舟人あり, たる舟人六人未だ海, たる舟子一人にて舟, たる舟橋あり, たる航海術の講義筆記, たるの軋む, たる船上に残る, たる船中三人死し他, たる船員運搬夫機械工及び鍛冶工, たる船子の握れる, たる船燈はもはや, たる船長は矗立, たる船陣をし, たるは直ちに, たるだが, たる艨艟は眼, たるさを, たる良い作品だつた, たる良き夜に, たる良三は天保八年生, たる良民たる者, たる良港なり, たる良策が立つなら, たる良致男爵を選考, たる良風俗あり, たる良馬の如く, たる艱難もなし, たる色々な料理, たる色どりの空, たる色ガラス暗の, たる色彩構成の伝統, たる色摺板物の名称, たる色気は隠すべく, たる色気万策つきたら俺, たる色相とデスペレート, たる色硝子の, たる色若衆と思しく, たる色街らしい艶, たる色調の撒布, たる色香尚濃, たる艷女とは僻める, たる芋田耕作だけは除外, たる芍薬にもあらず, たる芒原の中, たる芒原団々たる夜, たる芝原氏へにこやか, たるの中, たる芥子の如く, たる芭蕉塚に興, たる花ふぶきを散らし, たる花ふり落す大川楊, たる花中の, たる花傘となし, たる花合戦花馬車競技ももはや, たる花婿権四郎だった, たる花婿権四郎めに譲る, たる花子さんを滅, たる花子ハツと思ひ, たる花容も囀, たる花扇千思萬考すれども, たる花月の塀, たる花村甚五衛門その人, たる花村甚五衛門宗房こそすなわち, たる花束を持たせ, たる花束一つ我掌に留りぬ, たる花束二つ三つ力なげに, たる花漬衣脱ぎかえて, たる花片の, たる花瓶に活け, たる花立ての花, たる花簪が引っかけ在る, たる花苑に導き, たる花衣脱するだけ, たる花道の揚幕, たる花陵島へといそぐ, たる花香をかぐ, たる花馬車宝石にも紛う, たる花鳥を無視, たる芸人の末, たる芸娼院の方, たる芸者の衣裳, たる芸能を天下, たる芸術価値のみを目標, たる芸術動機から創作, たる芸術哲学を創造, たる芸術家根性にちよ, たる芸術家科学者等の自発的参加, たる芸術的作品によつて表現, たる芸術的品位を帯び, たる芸術的完成を示し, たる芸術的立場より脚本, たる芸術的興味に基き, たる芸術的表現に達し得ない, たる芸術観のみに就, たる芸術談でもない, たる芸風は維新後, たるの花, たる芻秣をばえ, たる苅萱道心の一節, たるのうつくし, たる若ものは榮譽幸福上, たる若君がお, たる若子は面, たる若州の守護, たる若干の金子, たる若手の武将, たる若林だろう, たる若林博士が九大医学部長, たる若武者はあえなく, たる若者たちを氣, たるを果し, たる苦心研究を積ませられた, たる苦悩を経験, たる苦戦に立っ, たる苦楚を嘗めた, たる苦笑を起す, たる苦茗を啜つ, たる苦行をこめ, たる苦闘を続け, たるをかけ, たる苫屋の燈, たる英仏に多大, たる英信も上京, たる英吉利宣教師ヘンリイ・タウンゼンド氏はこの間, たる英吉利種の大, たる英名を利用, たる英国バックランド氏の説, たる英国ロンドン万国仲裁平和協会の調査, たる英国人すら承認, たる英国公使参内の当日, たる英国監視艦のため, たる英米の兩市場, たる英雄らを彼, たる英雄ブルの絶大, たる英雄気取りの気負, たる英雄豪傑を引摺出し, たる英霊漢である, たる茂み上手に冬, たる茂りをながめ, たる茂徳のあずかり知らない, たる范曄は支那史家中, たる茄子を持参, たる茄子大根の新, たる茅原か又は, たる茅屋ありて, たる茅舎を一変, たる茎漬のいろ, たるが薄暮, たる茶別儀もなく, たる茶器の理解, たる茶室に男, たる茶屋場などはまた, たる茶筅の徒, たる茶羅紗のチョッキ, たる茶色で眉, たる茶褐色の髪, たる草の根を鼠, たる草卉が春風, たる草地一面霜枯れて, たる草庵あり, たる草廬の君子, たる草木各自の體, たる草案に拠り, たる草稿一冊を呈し, たる草莽の怪傑, たる草藁をも亦, たる草鞋の片足, たる荊州地方を何, たる荒原と爲, たる荒地の中, たる荒尾は飽くまで, たる荒尾譲介は既に, たる荒屋あり, たる荒涼のこと, たる荒砥の硯, たる荒野原で井戸, たる荘一清と汪紹生, たる荷積汽車にのせ, たる荷車よりもズッ, たる荷馬車ありき, たるの浜, たる莎草製の袋, たる莢皆裂けて, たるの煙, たる莨盆は子細, たるれ, たる莫迦だろう, たる莫連女某が一等船客, たるの堤也, たる菅原道眞の主張, たる菅笠の乱れし, たる菊めの罪科, たる菊塢が廃園, たる菊桐の大, たる菊池氏も亦, たる菓子をわが, たる菓子その他の食物, たる菓子パン等を売り, たる菖蒲皮の提煙草入, たる菜飯かな, たる菩提樹がクッキリ, たる菩薩かな, たる菫色の稜線, たる華文是なり, たる華族会館に相応わし, たる華紋は吾少時, たる萋草晝尚ほ暗く, たる萩乃さまお墨つき, たる萩原様のお, たる萩桔梗などの匂, たる萬事は破竹, たる萱原にけふ降り積る, たる萱菰に撓み, たるのみ見, たる落ちつきとは度, たる落ち着きをもっ, たる落着きぶりを一時, たる落葉銀鱗の如く, たる落語の作品, たる落雲を破っ, たる落雷のひびき, たる葉っぱのこと, たる葉巻は火鉢, たる葉書とりいだして, たる葉桜の緑, たる葉毎に幾千万, たる葉石はいう, たる著作の徴証たる, たる著作物に関し同盟国, たる著名の弁護士カラン, たる著書と画, たるなり, たる葛藤をつくり, たる葛西左京太夫晴信が使, たる葡萄圃の中, たる葡萄圃行人絡繹たるサレルノ街道, たる葡萄大谷の脇屋殿, たる董太后も今, たるのやう, たる葬礼の行列, たるの玉鉾, たる蒐剣狂愛の相馬大膳亮, たる蒔繪の架, たる蒸し風呂である, たる蒸氣の中, たる蒹葭とのある, たる蒼い蒼い光りに, たる蒼白な面, たる蒼空が底, たる蓄音機と速, たる蓄髯の漢前衛, たる蓮房の形, たるの上, たる蔓艸は幾箇, たる蔡和蔡仲を巧み, たる蔦かづらのため, たるにやすらひたる, たる蔵幅家であること, たる蕚湧立つ蕊, たるをぞ摘む, たる蕨蓬を選びわけ, たるし屋, たる蕭寺の中, たるの姿, たる薄倖の詩人, たる薄命の歴史家, たる薄地のセル, たる薄墨の色, たる薄墨色の世界, たる薄暗き床の間に, たる薄笑ひを, たる薄金はさら, たる薔薇花なり, たる薦僧が沢庵, たる薩州邸へ入込む, たる薩隅両国にも他, たる薫化がこういう, たる薫風吹き渡り彼ら, たる薫香がプン, たる薬品悉皆を, たる薬瓶あり, たる薬草を摘み, たる藁屑など散乱, たる藁紙草鞋蹄鉄片その他凡百の塵芥類似, たる藁縄に喉頭, たる藍光の目, たる藍色を用, たる藝者あり東京, たる藝術品を排斥, たる藝術觀のみに就, たるを見つ, たる藤なみの花よみ, たる藤井氏の趣味, たる藤原明衡は之, たる藤原時代ともいえる, たる藤原氏の人々, たる藤原清衡の援助, たる藤原粛はその, たる藤原維幾が将門, たる藤原鎌足の子孫, たる藤吉郎からし, たる藤堂家の墓所, たる藤堂藩は幕府, たる藤新の亭主, たる藤枝の家, たる藤次郎政宗さんから実は, たる藤田東湖に至り, たる藤色の衣, たる藤門往年の豪華, たる藩中の異論, たる藩主のこの, たる藩財を又, たる藪林に分け入り, たる藪畳があっ, たる藪鶯の声, たる藻西太郎の飼犬プラト, たるに雀, たる蘆薈の太く堅き, たる蒙の, たる蘇国語を使っ, たるの二本三本, たる蘭軒の裔, たる虎狼のご, たる處傅ふこれ勿來關址, たる處固よりたくみ, たる處女の目付, たる處女マリアの詞, たる處子なり, たる處座生沼に臨める, たる處最も巧, たる處皆此歌の勢, たる處絶代の工事, たる處雨やめたま, たるは天体間, たる虚偽の御, たる虚妄の世界, たる虚子の選者吟, たる虚構を顔, たる虚無思想を胎生, たる虚礼そのもののお茶, たる虚礼虚儀の凝塊, たる将夏侯楙, たる號鈴器はリン, たる虫語は武蔵野, たるをわら, たる虹汀喜三郎の腰, たるにふくるる, たる蚊帳かな, たる蚊遣の煙, たる蚯蚓膨れに, たる蚯蚓膨に一日, たる蛇あらはれて, たる蛇体の一部, たる蛇笏君の憫笑, たるいろの, たるを畔, たる蛮人ローマ人とスパルタ人, たる蛮陬夷落虜陣戎庭であった, たるを防がん希い, たるや猫柳, たる蜜柑を皿, たる蜜蜂の大き, たる蝋梅を見る, たるの日, たる蝗等はわ, たる蝙蝠傘を持ち, たるの精, たる蝦夷人の顛末, たる蝦夷松と椴松, たる蝮蛇の卵, たる蝸牛角上の傲児, たる融合鮮明なるイメージ, たる融和こそ今日, たるの所為, たる螺声金鼓の音, たる螺旋形の揚上機, たる螺旋状をなせる, たるのお, たる血一同の眼, たる血吸鬼なの, たる血塊童子でござい, たる血戦です, たる血気横溢の如水, たる血涙せきもあ, たる血液構成である, たる血腥き画図や, たる血色を示し, たる衆人の中, たる衆戲曲家には終身一篇, たる衆軍は彼, たる行いなるかの, たる行ききするの, たる行くえを, たる行事形態を物みな, たる行人は耳, たる行動期の一特色, たる行勢なり, たる行家はかくして, たる行徳をもっ, たる行手の方, たる行政官庁の職責, たる行政官廳の職責, たる行書なり, たる行楽のため, たる行潦の水, たる行爲の能, たる行者衣を鎧, たる行進を続けた, たる行進曲をみずから, たる街上の遊び, たる街亭附近の地図, たる街樹の幹, たる街衢の囃子, たる街路樹の間, たる街道すじを練っ, たる衝動から勇んでした, たる衣着たる父母, たる衣紋の綾先づ謂はんやう, たる衣紋竹すでに枯木, たる衣著け一茶, たる衣装にて商家, たる衣食のため, たるを一同, たる表現力を兼ね備え, たる表装用きれ地, たる表通蕎麦屋の軒, たる衰弱をした, たる衰滅の運命, たる衷甸両牡, たる衷甸兩牡の車, たる袁術に対してさえ常に, たる袈裟の色, たる袖とらへけり, たる袖引き結へる古, たる被告人らである当, たる被告人氏家直国氏は憤然, たる被衣をぬぎ, たる裁縫師なり, たる裂目よりは竹萱草, たるなり, たる装いをほぼ, たる装飾癖が現われ, たる裏住居の生活, たる裏口の戸, たる裏山の雜木, たる裏戸をあけ, たる裏打ちを施す, たる裏長屋に飛び込ん, たる裕かさが家中, たるを振, たる裝飾に首, たる裳面倒とクルリ端折つてお花, たる裸体男など滑稽, たる裸体画を検する, たる裸体美人を以て充満, たる裸美人ならむや, たる製造用の道具, たるからの一寸, たる裾模様を台上, たる褶痕と鬱血, たる襖しとやかに明き, たるは没収, たる襟元を気味悪, たる襟巻の, たる襟度を持, たる襟脚の手, たる襤褸紙で樹皮, たる襲衣黒漆に銀泥, たる西南群島もしくは葡萄牙, たる西印度のジャメイカ, たる西原君は郡長, たる西國順禮の稱呼, たる西山の嶮峰, たる西川の日記, たる西帝の使, たる西欧三大種族, たる西比利亜を疾走, たる西洋の落語, たる西洋人の評論, たる西洋人情噺の諸, たる西洋崇拝熱と共に鵜呑み, たる西洋独活出でたり, たる西洋造の十畳間, たる西洋風の劇場, たる西洋館の窓, たる西源四郎も同じ, たる西澤之助氏也, たる西班牙生れの少女, たる西軍は此, たる西郷党を残滅, たる西郷黨を殘滅, たる要点の凡て, たる覆面のため, たる覇力と名声, たる覇業をよぶ, たる覇気一味の野性, たる見せ場もない, たる見れば, たる見事な風情, たる見所があれ, たる見方である, たる見込ありての, たる見込捜索に移りたる, たる規定がない, たる規準はめったに, たる視野がある, たる親しき人々が, たる親しみの程度, たる親並に菴室, たる親交の醍醐味, たる親仁交りたり, たる親分の道庵先生, たる親分的性格を有っ, たる親分連中のたむろ, たる親切振りは独り映画, たる親子兄弟夫婦朋友恋人の仲間, たる親御もあり, たる親愛恩情の一斑, たる親愛恭敬の遺徳, たる親木を蝕, たる親父などは女の子, たる親船巍然として晴れたる, たる親藩と関ヶ原役以前, たる親衛兵にかこまれ, たる親鸞僧正がまのあたり, たる観世物の中, たる観客はまさに, たる観察者として科学的精神, たる観念ほか有しては, たる観想されたる存在, たる観照主義で正しく, たる観照本位の芸術, たる観相家は奇怪, たる観衆は結局, たる観音などの像, たる観音さまは愛憐, たる観音勢至両菩薩, たるえなし, たる覺えござなく其道, たる覺束なき足もと, たる觀念的存在者はそれ, たる觀想に在る, たる觀棚など當時, たる觀音三十三所を巡, たる角燈の間, たる角面堡の四壁, たる解体新書を上梓, たる解散権を自己政党, たる解答を与える, たる解釈学にまで行かなく, たる触発の場合, たる言句正しかり, たる言葉これが文芸作品, たる言行を示す, たる言語容貌がすべて, たる言語文字の了解, たる言語歴史宗教を研究, たる言論程極端, たる言論蔑視の倫理, たる言辞は悉く, たる計り其筋の人, たる計画的な犯罪, たる計算を記さん, たる討議や評論, たる訓戒である, たる記事文に過ぎません, たる記念碑なり, たる記文ありて, たる記紀の記述, たる設計が施される, たる許可を取消す, たる許多の異名, たる許嫁のえ, たる許都の府, たる訳語はわれ, たる訴えはなく, たる訴人から訴, たる訴訟記録に意見, たる訴訟記録及意見書を調査, たる訴訟関係は当, たる診断を下し, たる証人数人の申立, たる証拠調べに対し検事, たる証拠顕然なるもの, たる証跡がある, たる評価的条項以外の条項, たる評判嘖々たりし, たる評家はこの, たる評議廳の官人, たる詠嘆辞をよみあげ, たる試しなし, たる試合の約, たる試練もきりぬけ, たる試験を始めよう, たる詩中にも, たる詩人らについてはなんら, たる詩人トック君の旧居, たる詩人トツク君の旧居, たる詩人浜島なにがしを愛し, たる詩壇の気運, たる詩心を感ぜしめた, たる詩情を描き出し, たる詩歌各一首, たる詩的正義に対する満足, たる詩的精神の文学, たる詩眼を蔽, たる詩稿は曾, たる詩篇なの, たる詭計を擁護, たる話鶴千年龜萬年人間常住いつも月夜, たる該撒の使, たる詳報は同人等, たる認定を經ざる間, たる認識論によれ, たる誓書あるに, たる語中元鼎, たる語勢なりといふべき, たる語学上より見, たる語調で云った, たる語辞をもっ, たる誠に皎として, たる誠実の言葉, たる誠実さのうち, たる誠忠組の天下, たる誤字の中, たる誤解にし, たる誤解者の言, たる誤謬と云, たる説得の文句, たる読人の中, たる読会省略説の歓迎, たる読書嫌ひであつた, たる読書青年がかよう, たる読経の声, たる読者の連想, たる課役忌避の偽, たる課長はほんとう, たる調べがある, たる調子それは知っ, たる調査所の日光図幅, たる調査立法考査局はその, たるである, たる談林が更に, たる談話に身, たる論拠が有る, たる論林羅山文集に見え, たる論語とセルフヘルプ, たる論調と共に長者, たる論議評隲に於, たる諧謔にあらずや, たる諧謔味その霊麗, たる諭旨を録, たる諸国散亡, たる諸子は不可解, たる諸家蒐集品陳列会絵入目録の出版, たる諸山岳に對, たる諸平文雄を圧する, たる諸生党を, たる諸種の器械, たる諸般の事情, たる謁見室にあっ, たるはれが, たる謎遊びを覗い, たる謙抑とを感ずる, たる講義に接した, たる講話等によって新, たる謝源はその, たるの声, たる謡声も聞きませぬ, たる謡曲の中, たる謡曲文学に至り, たる謹者をし, たる證劵市場が大, たる證迹を現, たる識者は智慧, たる警備の魂, たる警句とによって前後二十七ページ, たる警察は自ら暴力, たる警察官の行績, たる警察権力も無下, たる警察精神を以て非常時一たび, たる警察署へ行く, たる警戒の閃, たる警視総監高星威信子爵が外務省機密局長松平友麿男爵, たる警鼓の音, たる譬へば囚徒の, たる譬喩は全く, たる譬喩的説話にし, たる議事は必ず, たる議会主義を無視, たる議場の方, たる議長が何やら, たる護国神社の太鼓, たる護摩壇は如何にも, たる護謨枕の如し, たる護身の機智, たる讀會省略説の歡迎, たる讀者諸君のため, たる變化極まり無き物語, たる谷あいに橋梁, たる谷地で柏, たる谷崎潤一郎氏の, たる谷底へ落ち, たる谷窪の奧, たる谷間田の笑顔, たる谿間の見ゆるが如く, たる豆柿は鼠, たる豆相房総沿岸を巡検, たる豈宜ならずとせむや, たると呼ばれた, たる豊かさをひびかせ, たる豊作と平和, たる豊原まで二十余里, たる豊富なる人類, たる豊島さんでも, たる豊後国府内に赴かれた, たる豊麗を与, たる豐麗を與, たるも本, たる象形的幻想を主として, たる象徴性を取返へす, たる象徴的具象的な観念, たる象徴芸術の立場, たる象牙の如し, たる象皮の学校鞄, たるの者, たる豪傑がおったじゃ, たる豪犬を見る, たる豪胆無比の御, たる豪興を回復, たる豪華な佛具, たる豫備海軍大佐櫻木重雄氏は一昨年英國, たる豫審判事東京地方裁判所判事潮恒太郎同河島臺藏, たるが住ん, たる貝塚人種の居住, たる貞子の家, たる貞操の意義, たる貞烈の思想, たる貞雄が約束, たる負け景色であるが, たる負け目を背負つて, たる負債を払う, たる負傷の友, たる負傷者の風, たる財嚢にて在世, たる財宝に対する人間, たる財布を持たしめ, たる財産学理の前, たる財産關係に對, たるの子幾, たる貧しき百姓達, たる貧乏と画三昧, たる貧交行の中, たる貧困にあらう, たる貧家の孤, たる貨幣の流通部面, たる貨物船と注意, たる貪婪の心, たる貪欲爪と顎, たる貫名次郎重忠の第, たる貫目がある, たるは免れず, たる責めの軽から, たる責任上同氏から鹿爪, たる貴兄に語りました, たる貴公子的な風采, たる貴女魔に似たる, たる貴族エフィゲニウス氏と当地一般市民, たる貴族團體の小作人, たる貴族某との坐, たる貴族的精神によつて, たる貴族院の議員, たる貴族院研究会すら宣言及綱領, たる貴族院研究會すら宣言及綱領, たる貴金属類の比較的, たる貸本屋である, たる貿易自身もほとんど, たる貿易運上の權, たる賀茂葵祭の放免, たる賃銀は資本家, たる賃錢を紅樓, たる賄賂の沙汰, たる資力は自, たる資料不足にし, たる資本主義生活の外貌, たる資本家は固, たる資本家階級理論とする, たる資材をますます, たる資格さへない, たる資格試験をパス, たる資産家なり, たる資財をうけつぎ, たるの衣, たる賊団の秘密, たる賊徒で現在官吏, たるはひと, たる賑かさもなく, たる賛否の中, たる賛辞なり, たる賜ものなりけり, たるを領し得, たる賠償を出し, たる賢人は駿馬, たる賢者たちがその, たる賢者愚者をし, たるの山住, たる賤しき者として疎外, たるに, たる質問演説から始まる, たる質実なる清新味, たる質料となし, たる質的発見は一度, たる購買組織とする, たる賽銭は日本, たる賽銭その他種々の寄付金, たる賽銭箱にかたく, たる贅沢無慾の釣師, たる贈り物の一書, たる赤ん坊を数, たる赤光を放つ, たる赤兒泣いて, たる赤城風雨ごとき者, たる赤子は彼聖者, たる赤子橋の角, たる赤岩に生物, たる赤新聞を一瞥, たる赤旗を白晝, たる赤松の五, たる赤松則村など官軍, たる赤條で旗, たる赤熱熔岩を溢流, たる赤穂義士などの採った, たる赤紙の第, たる赤絵に集中, たる赤色となれる, たる赤道直下においておよそ, たる赤銅色の戦士達, たる赤黒き空氣の, たる赦免状の件さ, たる走者をまず, たる起伏の形容, たる起請文を送り, たる個體的の, たる越すに越されざりし, たる越前の山中, たる越前自身の犯した, たる越知家栄が畠山義就, たる趣簡素にし, たる足がかりを得る, たる足つきで顔, たる足下が当然, たる足下其平生に反し, たる足元に竹影娑婆, たる足朱目が言葉, たる足跡を探るべく, たる足踏みの音, たる足軽は超, たる足音門前に起り, たる足駄の前, たる跡ところどころにあり, たる跡右岸にあり, たる路傍の柳, たる跳躍の中, たるなり, たる踊りの舞台, たる踊場の有様, たる踏歌の聲, たる踏歌節会の夜, たる踏絵の一列, たる蹄鉄を拾う, たる躍進が著しい, たる身の上でありながら, たる身の上哉と漫, たる身ぶり手つきその他一切の科, たる身一つにて逃れ, たる身今更ら返らぬ世, たる身体髪膚を妄り, たる身分柄を以て助勢, たる身分柄中途半端の来り, たる身口意の諸, たる身振りにて舞う, たる身體髮膚を毀傷, たる躯一ツ坐せり, たるにもてなし, たる車内に, たる車塵を浴び, たる車声万籟死せる深夜, たる車夫徳藏は妻恋坂下, たる車燈の影, たる軌道を出, たる軍事的能力が最も, たる軍事費は国費総額, たる軍人気質の標本, たる軍人氣質の標本, たる軍容粛々とあたり, たる軍略家は神経, たる軍神マルスが自分, たる軍配の大詰, たる軍靴のご, たる軒燈を掲げ, たる軟泥はいつの間にか, たる転化の傾向, たる転法輪寺の大, たる皇子を, たる軽き建築ゆえわざわざ, たる軽井沢や戦場ヶ原, たる軽焼煎餅は大原, たる軽羅をば掛け, たる軽蔑を示す, たる軽薄何の数, たる軽薄才子になりたい, たる輜重の行軍, たる輜重隊を率い, たる輝きを示した, たる輪廓中の一小片, たる輪廻転生説の科学的研究, たる輪郭の外形, たる輸入説である, たる輸出向の陶器漆器, たる輿馬情何んぞ紛, たるが現れ, たる轟きが私の耳, たる轟刑事第一報告, たる轢殺の戦慄, たる辛らき夢, たる辭書となさん, たる辭職を勸告, たる辭色はそれ, たる辰年二月まで三か年間五割増し, たるを被らざる, たるになれ, たる農其人の土, たる農商務省である農商務省, たる農園牧場を見る, たる農夫たちがひとたび, たる農夫二人石垣の下, たる農村が郡山, たる農業危機をバック, たる農業國であるが, たる農民たちむしろよそ, たる農牧村落を興し, たる辺土の領国, たる辺陸測五万, たる辻潤の酔態, たる辻聴花先生あり, たる迂遠さでせう, たる迄に候, たる迄にて斯くいはね, たる迅雷の響き, たる近世俗語体の短詩, たる近代の家庭悲劇, たる近代主義的傾向に走らず, たる近代生活を単に, たる近年の例, たる近藤氏であった, たる近衛士官の制服, たる近隣の飼犬, たる返報には唯心的, たる返答に出会っ, たる返答ぶりでありました, たる述懐の為, たる迷宮入りにし, たる追放なり, たる追随を戒める, たる退化状態がありました, たる退却節約されたる予備兵, たる退屈さだらう, たる送り詞を契約, たる送別の句, たる送電線を雪, たる逆子を誅す, たる逍遙子無二の眞理, たる透明主義の洗礼, たる透谷に対しては常に毫も, たる透間少し有りたる, たる途上の口吟, たる途端走り寄って, たる逗子の夕べ, たるとか粋, たる通り今夜二更の頃, たる通り妾は必ず, たる通り法言の例, たる通り石器時代とは人類, たる通り聖武天皇が紀伊国岡, たる通信にて田島さん, たる通信記事の内容, たる通常率以下への労働, たる通航の自由, たる通訳者なしには, たる通貨の大, たるさにおいて, たる速瓶玉命の靈場, たる造兵廠の影, たる造営奉行の肚, たる造営物に過ぎない, たる造船所第一台場, たる連れの男, たる連嶺が次第に, たる連歌以後幾多の句, たる連着懸, たる連絡の存, たる進化の連鎖中, たる進歩主義者であり且つ, たる進歩人類の成長, たる進歩性の敗退, たる進歩黨の改革運動, たる進潮の如き, たる進軍曲を吹奏, たる逸材を発見, たる逸物なん, たる逸見先生とが武術, たる遊び人らしき男一人, たる遊佐は色, たる遊廓外の素人, たる遊戯になる, たるあり, たる運動家型の青年, たる運動性と過程, たる過去世期の諸, たる過失を, たる過激論派の先駆, たる過程としてで, たるもなかっ, たる道づれは, たる道中にも汽車, たる道中ぶりに眼, たる道也はこの, たる道也先生を残し, たる道人何某を召出し, たる道元において顕揚, たる道具の總稱, たる道具床几二脚程重ねあり, たる道右は溜池, たる道士もみまかりぬ, たる道士等は悉く, たる道得がすでに, たる道楽物の心意気, たる道楽者や冒険者, たる道火を解脱, たる道義を相互, たる道義的意義にあった, たる道行を演ずる, たる道長の時代, たる道馬も駕籠, たる達見は趣味, たる違法であり而, たる違警罪の罪跡, たる遞進機とを使用, たる識と, たる遠からぬ頃, たる遠征の後, たる遠景に融かしこん, たる遠見岸には葉桜, たる遠見梅松の奥三尺障子, たる遠近法は個々, たる遠野郷にもし, たる適用の方法, たる遭遇をする, たる遮光器の原料, たる選手が常時相対峙, たる選抜試験ではない, たる選擇は生, たる遺伝のある, たる遺子をさがし, たる遺物なれば, たる遺蹟を見る, たる遼河の流逆しま, たる遼陽の塔, たるに認めた, たる邑人の勞苦, たる那珂氏の説, たる那須ヶ原の北端, たる那須野ヶ原を横断, たるにおいてはいかに, たる邦原君もその, たる邪悪の思想, たる邪馬臺國が筑前, たる邪魔立を満, たるの様子, たる邸宅とを持った, たる郎党米友のこと, たる郎等は実に, たる郡中作法の中, たる郡市懇話会之れに, たる郡市懇話會之れに, たる郡長の案内, たる部分的方法的なる物, たる部室の前, たる部将一同にここ, たる部落も工場, たる子儀, たる郷党篇は全然, たる郷土精神の文学的表現, たる郷愁に結びつい, たる郷里へ問い合わせ, たる郷里松山近くの島山, たる都会特殊の芸術的感情, たる都市疾病に荒らされた, たる都心の大, たる都督仲達が駒, たる都筑平田安広等の頑夢派, たる都筑平田安廣等の頑夢派, たる都髷という, たる都鳥とぶ隅田川, たる鄭永寧氏等をし, たる酋長だったと, たる配偶者の一方, たる酒人辻潤さんの酔体, たる酒場の中, たる酒月園丁長に対する賞品, たる酒楼にてその, たる酒甕の唐黍, たる酒類の澱み, たる酒香が間断, たる酔いを眸, たる酔余の客妻君, たる酔声を発し, たる酔歩に向かい, たる酔漢を真似, たる酸鼻には堪えられた, たる醉歩が醉, たる醉眼の前, たる醜悪無双の怪物, たる醜態を曝露, たる醜状か, たる醜行不倫の女子, たる醫學士の聲, たる釈氏虚無の道, たる釈迦の教え, たる釈迦牟尼仏の像, たるなれば, たる里芋賣りゐたるを, たる重い固定貨幣租税を, たる重き疵口を, たる重し共は無数, たる重ね厚の一刀, たる重井の虚名, たる重任を負っ, たる重傷ではない, たる重傷者のその, たる重宝的価値ばかりでなく, たる重態でもなく, たる重罪嫌疑を以て過般檢擧, たる重罪犯を摘発, たる重職にある, たる重臣が主家, たる重臣方なの, たる野々宮の心, たる野中右門という, たる野卑俗調の戯作, たる野口は時々, たる野太刀を持ち, たる野寺かな, たる野山村里の秋景色, たる野師らは磧, たる野性だけでも成就, たる野性ぶりとは違つて, たる野火の煙, たる野猪は無論, たる野猫の児分, たる野猿山羊の羣, たる野生狸の交配, たる野花を見ず, たる野蛮にし, たる野蛮島の交易, たる野趣は, たる野道をとぼとぼ, たる野馬となった, たる量そのものをも意味, たる金三のかかる, たる金之介の足音, たる金五百両は其方様, たる金五郎の責任, たる金井半兵衛も吉田, たる金剛液を一つ, たる金剛石がぎらり, たる金十郎も同行, たる金味があり, たる金子幾百万両とも知れず, たる金山なり不毛, たる金扇の下, たる金持どもが利巧, たる金柑頭を有し, たる金沢柵址踏査に出かけた, たる金溜塗りの重, たる金澤氏に給, たる金無垢の生, たる金環が輝い, たる金瓢の馬印, たる金田富子嬢を優に, たる金看板にも, たる金碧もまさに, たる金箔厚き厨子, たる金繍の帯, たる金色円満の仏陀, たる金融資本家の夫, たる金袋を拾い, たる金製の群像あと, たる金貨百円を三郎, たる金貨補助貨幣たる銀貨, たる金銀品物もその, たる金魚養う女房, たるづけに, たるの下, たる針葉樹林に取り, たる針葉闊葉の大, たる釣師の数, たる釣戯まるで私達, たる釣日和に非, たる釣瓶なんどを用い, たる釣談に包囲攻撃, たる鈍才孔明ごときが, たる鈎爪を研い, たる鈴木氏の宣伝, たる鈴木藤十郎その人, たる鈴木隆助只今はじめてうけたまわった, たる鈴蘭燈やシャンデリヤ, たる鈴虫なくなど, たる鉄主馬之介, たる鉄壁である, たる鉄屑となっ, たる鉄扇に力, たる鉄柵のうへに, たる鉄案にあらずや, たる鉄槌を奪う, たる鉄橋は英国, たる鉄炮の上手, たる鉄砲を重視, たる鉄道は何れ, たる鉄道国有法案が中ごろ同一事情, たる鉄鎖に軋らせ, たる鉄鞭に仗, たるの上衣, たる鉢割の広き, たる鉢巻きのし, たる鉢形村といえる, たると同じく, たる鉱山の歌, たる鉾大明神部落のあった, たる銀価の下落, たる銀側の時計, たる銀座四丁目の交叉点, たる銀煙管にて煙草, たる銀白の, たる銀盤が一つ, たる銀色の夜會服, たる銀貨量目も品位, たる銀鍍金の徽章, たるを拾い上げん, たる銃後国民の覚悟, たる銃音金庫室をこもる, たるをもっ, たる銅像日本が数箇, たる銅線の如く, たる銅色人が初めて, たる銅角を吹き, たる銅鐸と漢代, たる銘刀であるので, たる銘新池がある, たる銚子を引き, たる銭塘にも居らず, たる銭物を分つ, たる鋒子先プンと血, たるを用, たる鋭い慧眼でしたろう, たる鋳物であらう, たるの屑, たる鋼板若くは, たるの痕, たる錦絵がほろびた, たる錦繪を見れ, たるに縛む, たる錫杖取る手, たる錯覚をドヤ, たる錯誤と評, たる錯雑撞着の律例, たる鍛練の妖気, たる鎌倉幕府それ自身であつ, たる鎌倉武士らは相, たる鎌足の息, たる鎖国の苦, たるを地, たる鎧下色々糸縅, たる鎧光をあつめた, たる鎮西八郎為朝は島民, たる鐘楼が沈む, たる鐘紡の煙突, たる鐵卷をよそ, たる鐵路の涯, たる鐵道國有法案が中ごろ同一事情, たる鑑賞家は地上, たる鑒識をさ, たる鑚火法の類似, たる鑵詰を噬, たる長兵衛殿を応用, たる長剣五寸横手四寸の業物, たる長唄を吟じた, たる長堤を辛く, たる長壁脆く弱くし, たる長安で死刑, たる長官が何, たる長屋を借用, たる長崎の売人, たる長州の壮士連十余人, たる長州薩州の間, たる長持氏と行, たる長方形の木地, たる長槍を荷, たる長沢亀之助をし, たる長浜の城, たる長浜播磨その他の占領地, たる長男は不具者, たる長秀は信長, たる長範が二つ, たる長篇の辛うじて, たる長篇大作でげし, たる長老に命ぜられ, たる長者の風, たる長谷川牧師の夫人, たる長野は日本, たる長閑の空, たる長靴をはき, たる長髯を靡かせ, たる門人の明治, たる門倉平馬, たる門前町に變化, たる門地を打ち建て, たる門徒の人々, たる門徒勢力が錯綜, たる門松を早, たる門歯と犬歯, たる門灯に照, たる門者立てり, たる閃光が起った, たる開化というもの, たる開化一夜草の如き, たる開化党は多く年, たる開国一偏の説, たる開闢の時, たる閑古鳥が啼く, たる閑地に文七, たる閑天地を発見, たる閑居物さびたる異地, たる閑庭異様なる花香, たる間もなく同家の, たる間我は限, たる間抜け面などはそしてしかも, たる間接上我か國民教育, たる間断なき流れ, たる間柄を緊め, たる間者である, たる間違ひなれども, たる間部詮勝と長野主膳, たる関係上表面上共同の責任, たる関取連が腕力沙汰, たる関数は個々, たる関東平原の東隅, たる関東平野だ, たる関白殿を政宗, たる関羽将軍には呉, たる関船では間に合わない, たる闇夜だ, たる闘ひであつて, たる闘争文学における真に, たる闘士である, たる闘志年がいも, たる闘犬の声, たる闘魂を示し, たる關係から生じたる, たる關東州事情上下二卷の出版, たる關東武士が野馬, たるの響, たる防備さえあれ, たる防備さへあれ, たる防禦を有つて, たる防禦軍が遂に, たる防空着を洗, たる阿修羅の蜂, たる阿呆は痛く, たる阿弥陀如来が静まりかえっ, たる阿蘇の噴火口, たる阿部井と云, たる阿部眞之助, たる附加物が中心, たる附属物をもっ, たる附髭に雪, たる陋巷に窮死, たる陋習というべく, たる降り出でてこ, たる降服勧告についてはとうとう, たる限り挨拶さへどぎまぎ, たる限り自分のうち, たる陛下が仇, たる陣地の跡, たる陣形を作っ, たる陣竹の原, たる陣羽織物々しき武士, たる陪賓なり, たる陰欝と沈痛, たる陰気さとでもいう, たる陰謀の網, たる陰陽師の徒, たる陰雨の中, たる陰鬱と沈痛, たる振東, たる陳情書をつくづく, たる陶義近が罵る, たる陶酔の気持, たる陶酔者でもなく, たる陸上の人数, たる陸地測量部の輯製二十万分一図日光図幅, たる陸海空各方面綺羅星, たる陸軍中尉の妻女, たる陸軍大将の太刀, たる険しさの, たる陽あしを浴び, たる陽ざしのなか, たる陽春の気, たる陽気な所, たる陽盛りのもと, たる陽線がこんな, たる陽虎という野心家, たる陽電気を帯びた, たる隅々を知っ, たる隅田の川水, たる隆まり有り, たる隆一言下に正体, たる隆三の顔, たる隆興の機運, たる隆起に相違, たるを生む, たるの足下, たる隊列は標語板, たる階上の一室, たる階級的倫理教養が一切, たる階級的肉薄は感じられない, たる階路をことごとくよく, たる随筆を論ずる, たる隕石の鉄, たるに艮方, たる隙虚に正しく, たる際在所を探ねる, たる際被告となりし, たる障壁と, たる隠し刀の抜身, たる隠れ里で人間, たる隠士の居, たる隠居さんを私, たる隠者のよう, たる隠語は一王国, たる隣座敷へ無法, たる隣邦白耳義に神秘主義, たる隱所は今, たる隱者のやう, たる隷属の生活, たる隻眼の大将, たる隼人また貴紳, たるがね, たる雁金の, たる雁金八郎と山下久内, たる雄偉なる先人, たる雄姿を現, たる雄姿動作の俊敏, たる雄弁快論, たる雄篇鉅作は問, たる雄風凛然四辺を払つて, たる淡に, たる雅文もや, たる雅致がある, たる雅量あり, たる集合概念を抽, たる集団的性格である一九三二年度, たる集書あるに, たる集録は法救, たる雇傭は労働, たるが腹, たる雌鼠を油, たる雍姫が進退, たる雑具の上, たる雑戸の徒, たる雑書何ぞ信ずる, たる雑木に蔽いつくされ, たる雑物を以て装飾, たる雑艸までが立派, たる雑草数ふるに, たる雑誌戯曲がいかに, たる雑誌発行の一件, たる雛雀とも言はん, たる雛鳥を投げ捨て, たる雜兵の眼, たる雜具の上, たる雜巾をさし, たる雜草に, たる離れ座敷に人, たる離れ鵜も風, たる離婚に至った, たる離家の, たる陀竜王を, たる難問題を解決, たる難破船の信號, たる雨戸は折柄, たる雨柱となり, たる雪中りん, たる雪原がただ一面, たる雪夜の景, たる雪子の印象, たる雪子学士はそう, たる雪峰の間, たる雪景色に二三羽, たる雪模様の空, たる雪片と異ならず, たる雪舞ひ立ちて, たる雲かげは, たる雲ちゃんをつかまえ, たる雲の上の榮華, たる雲外の鐘, たる雲天にあり, たる雲海の下, たる雷神の滝, たるを染め, たる電信の柱, たる電信三通婢を呼び立て, たる電光艇は此時徐かに艇頭, たる電光艇用の秘密藥品, たる電子はそれ, たる電氣の影, たる電氣暖爐の銅板, たる電火的革命家も今, たる電燈輝き出で, たる電車通りをやつ, たる電魂の虚空, たる需要の増加, たる霊光の人, たる霊南台の上, たる霊地である, たる霊域の奥, たる霊山とを黄昏, たる霊彩を放てる, たる霊性を善, たる霊怪は物理的説明, たる霊感の, たる霊活にはあらざるなり, たる霊物ではない, たる霊薬と称する, たる霊魂不滅論なり, たる霊魂生滅論に関して述, たる霊魂達から成れる, たる霜夜かな, たる霜葉の映え, たる霧島火山脈と直角以上, たる霧浪千寿が座っ, たる霧渓二世瑞仙の家, たる霧煙の中, たる霧町を埋め, たる露人との間, たる露伴の詩骨, たる露台を染め, たる露国をし, たる露国最後の運命, たる露國と開戰, たる露肆の側, たる露路で何世紀, たるを遠く, たるの中, たる靈山寺山長野峠の錦繍, たる靈魂は實, たる青き遠山を, たる青ぐさの展開, たる青二才どもがクリストフ, たる青山播磨は伯母, たる青嵐も今日, たる青年弁士の降, たる青年独立党員が舞台, たる青年者は実に, たる青年記者アーニイ・パイルの通信, たる青年諸君はすべからく, たる青年輩が処世, たる青摺の衣, たる青木の叫声, たる青玉の壺, たる青白い光線が, たる青竹數竿を鉾, たる青色釉のやかましい, たる青葉の蔭, たる青葱色の眼, たる青蚊帳をす, たる青衣も毛皮, たる青銅胸像が白布, たる青銅製の戦車, たる静けさ準備されて, たる静寂これを孤独, たる静止こそ絶頂, たるかに返つた, たる靜寂が海濱, たる非人法師等の闘争, たる非人部落があった, たる非常に堅牢緻密, たる非常信号はそも, たる非常時の広場, たる非常策を施さな, たる非運の連続, たる非道の所行, たる面倒も起こらず, たる面子が道徳生活, たる面差晴々として眼瞼重げ, たる面構へは色, たる面構えはわいわい, たる面白味は畢竟, たる面黒の眼, たる革命党員だよ, たる革命派でなしたる, たる革命自由の手, たる革命詩人と成長, たる革命風雲児の魁, たる革新家として現われる, たる革紐彼の手, たる革行李の凹, たる革財布あはれなる金, たる靴音を二つ三つ, たるを置かせ, たる鞏珍の著, たるのごとく, たる鞭面白げに鳴らしぬ, たる韃靼の輩ら, たるはき, たる韓猛は数千輛, たる韓説の軍, たる韓非子が社會, たる音律なしには, たる音楽中にも最高, たる音楽強健な聖チェチリア, たる音楽的天才の発揚, たる音楽的幻想を起させる, たる音樂である, たる音聲にて誦, たる音色をもっ, たる音韻の艶, たる音響もろとも風, たる韻文を掲ぐ, たる韻語を學び, たる響き異常なる壮観, たる響大砲ではない, たる響灘を望む, たる響諸共に船底微塵, たるを作る, たる頂上をつたいつたい, たる頂邊に夕月, たる頃下のかた, たる頃忽然堰を切られた怒, たる頃窓方の明るみ, たる頃風とせし, たる項羽すら之, たる順序によってなさるべきである, たる須本太牛は鈍, たる須磨の浦を現, たる頌文の大, たる預言者なりと認む, たる頑健児と言っ, たる頗る難事業, たる頗色をあら, たる領域があっ, たる頬白見れば, たる頬糸よりも細き, たる頭脳永久誓願の牢獄, たる頭顱は滑, たる頸城の山嶺, たる頸輪をはづす主婦, たる頼もしい処が, たる頼時は娘, たる頽唐の紅, たる頽廃の感情, たる題材の範囲, たる題目にし, たる額越に窺, たるの肉, たる顏付を見る, たる顏囘は孔子, たる顏腹の大き, たる顔さしのぞくごとく, たる顔付きをし, たる顔彼はまさに, たる顔面並にやや, たる顕微鏡どんな細かい, たる顕著なる結び目, たる願人坊主がやがて, たる類品甚多し, たる類型を模傚, たる顧客らの眼, たる顧慮の一塊一塊, たる風俗なんど絵に書き取り, たる風呂敷包とりおろし結び目, たる風土と人心, たる風土記稿にしるせる如く, たる風山田に青く, たる風度が洵, たる風情敷波の花, たる風流才人を見るべく, たる風流烏鷺のたたかい, たる風琴の忍び, たる風致あり, たる風説を登録, たる風雨小江の秋, たる風雲児が庸三, たる風韻を耳, たる風騒の子, たる飛球を攫み, たる飛白に繩, たる飛砂となり, たる飛翔は三度, たる飛行基地の砂塵, たる飛行場を横切っ, たる飛鳥のカンナビ山, たるを供, たる食べ物で腹, たる食事公給条例の趣旨, たる食事回数もおそらくは, たる食卓ながら横, たる食道楽会は単に, たる食餌を暗鬱, たる飮料の直, たる飯櫃の蓋, たる飯田安石の逸事, たる飯茶碗がどうして, たる飯馬の尿, たる売り服, たる飼猿を我と, たる飾りを失い, たる飾磨河絶えむ日, たる餅様の物, たる養父母の恩愛, たる養老律は唐律, たる養親の文角, たる餌箱を恭しく, たる餘韻がある, たる館柳湾の詩, たる館長は非常, たるえと寒, たる饒舌に変わり, たる饒速日命と神武天皇, たる饗宴とはいかなかった, たる首相安藤対州を襲撃, たる首筋を拭い, たる首級は, たる首縊りに就い, たる首領ぶりだった, たる香かすかに匂, たる香彩を開く, たる香料は化学工業, たる香氣を發散, たる香水これは西京, たる香港の港, たる馬丁の濁声, たる馬丁店頭に銅貨二銭, たる馬二頭立ちて, たる馬匹の揃う, たる馬印の金簾燦風, たる馬場先門の大道, たる馬場財政が復活, たる馬子達もひたすら, たる馬延と張, たる馬煙が立, たる馬脚を現, たる馬荷物以下改出すもの, たる馬超は当然, たる馬車隙なく賑, たる馬鈴薯あるのみと, たる馬鈴薯二百瓦即ち五十匁, たる馬鞍刀槍も是唯泰平, たる馮玉祥の子, たる駆逐艦としては大鷲, たる駒井はそれに, たる駒守が天罰, たるに乗り, たる駕籠をかきあげる, たる駱駝帽を被っ, たる駿足が, たる駿馬脚速く彼, たる騎兵にあう, たる騎兵まさきに進ましめ, たる騎手のごとき, たる騎馬精鋭をもっ, たるめきである, たる騒ぎ唄の合方, たる騒壇に遇, たる騒擾とをもっ, たる験温器を取り出し, たる驅足にせよ, たる驕慢にし, たる驚ことばに現すべから, たる驚嘆すべき戦勝, たる驚愕恐怖歓喜その他の心境, たる驛路では難儀, たるありジユウゼツペ, たる骨がらの持主, たる骨太の掌指, たる骨格がない, たる骰子の賭金, たる體貌を有する, たる高下駄に緋天鵞絨, たる高人の風, たる高僧の左右, たる高利貸の渡辺仙蔵, たる高千穂峯にも高天原, たる高尚なる平民, たる高山危峰のごとし, たる高山右近も入, たる高巍は言, たる高度国防国家完成の不可欠, たる高所を持ち, たる高札で黒衣, たる高橋健三で翻訳課長, たる高橋朝臣は真に, たる高津はしばし, たる高潮の如き, たる高熱の火, たる高田早苗に内々, たる高知県士族武市熊吉以下八人のもの, たる高等の動物, たる高等小學生の方, たる高等進化をすべて, たる高級の紺サアジ, たる高級精霊信仰は低級信仰, たる高級遊戯セツトの発明, たる高萩の猪, たる高言を聞き, たる高貴の姫君, たる高輪田長三さえ見た, たる高野山眞言祕密の靈跡, たる高野聖の俤, たる高閣雲に聳え, たる高麗村郷士の者たち, たる髪の毛と共に彼, たる髪筋を出し, たる髪結の日暮, たるの色, たる髮惡しき相にはあらね, たる髯面を炎熱, たるとも冠, たる鬘物は同時に, たる鬚髯の間, たる鬣狗の檻際, たるに打, たる鬪爭と危險, たる鬼丸其の時, たる鬼哭が聞える, たる鬼女の口, たる鬼女清姫いずこ, たる鬼方の保護区, たる鬼村博士の調子, たる鬼気人を襲う, たる鬼気凛々たる殺雲, たる鬼氣にふれ, たる鬼火の中, たる鬼蛇父母なりまた, たる鬼門金神等の方位説, たる魁偉の状貌, たるを得, たるがしき都, たる魔力の所業, たる魔境に墜ちる, たる魔派詩人の谷崎潤一郎氏, たる魚怪がある, たる魚鱗の備え, たるを背部, たる鮒釣の竿, たるの子, たるの腹, たる鮫島老雲斎先生, たるのカン詰, たる鮮人留学生らしき屍体, たる鮮卑の建てた, たる鮮畫は箭, たる鮮血を噴い, たる鮮魚買ひ來, たる鮮鱗以外大なる獲物, たる鯖色の光輝, たる鰡八大尽が費用, たる鰹節を鍋, たるを拾い上げし, たる鳥井峠の麓, たる鳥俎の上, たる鳥居派二世の絵師清倍, たる鳥屋の外, たる鳥打帽子を被り, たる鳥籠を懸けたる, たる鳥羽と死人, たる鳥雀の類, たるの啼き, たる鳳凰山と富士山, たる鳴き声に, たるが徒労, たる鴎外でさえ, たる鴨川夫人がかつて, たる鴻雁なれども, たるの, たるの足音, たる鶏卵の成分, たる鶏頭四本ばかり植ゑ添, たるの声, たる鶯声もみな宇宙, たる鶴屋南北の作, たる鷄卵を並べ, たる鷲尾順敬博士も博士, たるの眼, たる鸚鵡がせっかく, たる鹽原の家, たる鹽鮭の肉鹽鮭何, たる鹿児島藩から十万石, たる鹿子が驚き, たる鹿島さんには聖賢相, たる鹿島灘があります, たる鹿爪らしき古, たる鹿野苑を統治, たるに塞がれ, たる麗わしい日, たる麗空麗光麗色に眩暈, たる麝香鼠を創世神, たる麥生かなたに一帶, たる麥酒の壜, たる麦粉の価値, たる麪包を乞, たる麻酔薬の影響, たる黄充吉副使の金誠一ら, たる黄土の大陸, たる黄帝に假, たる黄忠の首, たる黄河の流れ, たる黄茅に蔽, たる黄華は般若, たる黄赤にしてたいまい, たる黄道の虹, たる黄金それを掘り出す, たる黄金丸なるに, たる黄金色のもの, たる黄金郷の主, たる黄銅をもっ, たる黄駝の喜び, たる黄髪の頭, たる黄鳥は丘隅, たる煙り, たる黒土原と数限り, たる黒塗の臺, たる黒奴もこれ, たる黒木の森林, たる黒毛に殕つきたる, たる黒沢豊前守, たる黒烟先づ見えつ, たる黒牛の背, たる黒猫なりき, たる黒田清輝や好事, たる黒皮の懐中蟇口, たる黒船をきょとん, たる黒色を用, たる黒蛇は, たる黒衣の宰相, たる黒装束が再び, たる黒褐の頭, たる黒部の峡谷, たる黒霧がたちこめ, たる黒餡の餅, たる黒髯あら, たるの鉄, たる點修養によつて向上, たる黨弊を革むる, たる鼈甲の眼鏡, たるぞ冴, たる鼓角が鳴りひびき, たる鼠どもは毒草, たる齋藤時頼瀧口入道と法, たる齋藤茂頼齡七十に近けれ, たるに受苦聖母, たるabcdなどを求めね