青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そしたら~ そして~ そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~ そっち~ ~そっと そっと~ ~そつ
そつ~
その~ そのうえ~ そのうち~ ~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後 その後~ その間~

「そつ~」 3371, 31ppm, 3735位

▼ そつ~ (2157, 64.0%)

27 覗いて 23 手を 16 自分の 15 拔け 14 して 13 涙を 12 後を, 開けて 11 平次の, 溜息を 10 持つて 9 入つて, 忍んで, 私に 8 家を, 戸を, 耳を, 頭を 7 唇を, 平次に, 私の, 置いて, 袖を, 部屋を, 隱し, 顏を 6 下から, 座を, 彼の, 忍び込んで, 扉を, 私は, 腰を, 近づいて

5 [12件] それを, 八五郎に, 出て, 口の, 娘の, 教へて, 眼を, 脱け, 起きて, 身を, 開いて, 顔を

4 [21件] さ, その手, のぞいて, やつて, 両手で, 二階へ, 二階を, 叩いて, 囁きます, 後から, 拔い, 撫でて, 目を, 立つて, 裏口から, 襖を, 見て, 載せて, 逃げて, 降りて, 障子を

3 [51件] あつしに, からだを, のぞきに, 上るを, 來て, 俺の, 元の, 入つて來, 入れて, 八五郎の, 出して, 口に, 囁いた, 囁きました, 囁くの, 坐つて, 声を, 外へ, 寢か, 席をは, 店の, 彼女の, 彼女を, 後ろから, 後ろの, 忍び寄つて, 掌を, 握つた, 来て, 椅子から, 椅子を, 様子を, 横目で, 此處へ, 母の, 父に, 物蔭に, 玄関の, 盜み, 眺めて, 肩を, 胸に, 脱出し, 腕を, 草履を, 蒲団を, 鍵を, 階下へ, 隣りの, 額の, 首を

2 [158件] あけて, あけると, あたりを, お孃さん, お辭儀, お靜, さはつ, しといて, しの, しまつて, そこへ, そこを, そのお, その中, その女, その遣戸, つけて, つぶやいて, ドアを, ハンカチを, ライターを, 三角形に, 下に, 下唇, 下女の, 下駄を, 主人の, 二人の, 他の, 保つて, 信一の, 側へ, 偸み, 入つて行つて, 其処を, 出し, 出入りする, 取つて來, 口を, 叩いた, 台所へ, 吐息を, 呟いた, 呼び出して, 呼んで, 唐紙を, 囁いて, 囁く者, 四方を, 夜中に, 大事に, 夫の, 姿を, 室内を, 家の, 家へ, 寄つて戸から, 寝返りを, 左の, 席を, 平次を, 床の, 庭から, 庭へ, 廊下に, 引いて, 引返して, 彼は, 後の, 後ろを, 徹男の, 忍び足に, 手で, 手紙を, 抜け出して, 抱くやう, 押しやるの, 押す, 押へ, 拔出し, 指で, 指先で, 振り返ると, 握つて, 握らせて, 撫でた, 旧の, 樣子を, 欠伸を, 歸る, 死體を, 母親の, 母達から, 水を, 江戸へ, 深い溜息, 渡る, 温めて, 滑り込んだ平次, 煙草を, 父の, 物置から, 物陰から, 玄関に, 産屋の, 畳の, 相手に, 知らせて, 私にだけ, 私を, 秘めて, 秘蔵し, 窺つて見る, 箱の, 細い口笛, 縁側に, 置きました, 置く, 耳打を, 聲を, 肩に, 胸の, 膝を, 臺所へ, 菓子などを, 藏の, 街に, 裏の, 裏口の, 見た, 見降ろすので, 覗きました, 覗くと, 触つて, 訊いて, 訊くと, 訊ねた, 訊ねて, 訪ねて, 読んで, 起き出して, 起ち上つて, 起出し, 足を, 足音を, 跟けて, 身體を, 近寄つて, 部屋に, 部屋へは, 錢形の, 鏡を, 階段を, 障子の, 隱した, 隱れ, 頬に, 頭へ

1 [1217件 抜粋] あいた, あげました, あなたで, あなたを, あの土藏, いだけば, うなづいたり, お, おきて, おしやりました, おとづれる, おもて, おろしたの, お互, お勝手に, お品, お拂, お春さん, お祈りする, お糸, お説きなされ, お願, かう云つて, きて, くすねて, ここらで, こちらを, この愛, この様子, これからお, こんな立入つた, さきでござる, さし置たち出し, さらつて行つたと, しのんで, しまひ, しらべて, すり寄つて老婆と, そこに, そつと, その人影, その動き, その場, その寫眞, その廢宅, その心持, その憐れ, その本, その男, その背中, その袂, その部屋, その露, それに, たか子の, だが颯爽, ついて, つまんで, つれて, ながめて, ぬけでて, ねせて, のぞきこむと, のばしたり, はがすと, ひとりびとりの同人達の, ふいた, ふりかへ, へいご, またのばし, また學校, また鏡, みち子の, わきを, わたしに, カワウソの, ガーゼで, スツポンへ, ダンテの, ドルフの, ハアモニカを, バアテンから, ペンを, ポケツトから, メイスンの, 一伍仔什を, 一瞥した, 三本ばかり, 上げました, 上つて来た, 上半身を, 上瞼を, 下りた旦那, 下りるの, 不發, 中から, 中を, 中腰に, 乘りうつらう, 二人は, 二階の, 亥刻, 人を, 人知れず様子, 今はの, 他へ, 伊留満の, 伸びあ, 何処かに, 佛壇へ, 例の, 保護する, 側から, 側を, 傍へ, 僕に, 元々ど, 入つたの, 入つた六兵衞, 入つて主人, 入られない事, 入ると, 入る筈, 入れたん, 入口の, 八幡丸を, 其上に, 其処から, 其方に, 其處を, 内を, 内股の, 内証に, 几帳の, 出したの, 出た, 出られないやう, 切る, 刻煙草を, 前へ, 動かして, 動き出した身躰, 務めて, 包んで, 匕首を, 千種の, 半身を, 南の, 參りました, 反して, 取つて懐中, 取りのけ弥生, 取り込むつもり, 取出してあつ, 取次いだだけ, 受けて, 古畳, 右の, 司会者に, 同所を, 向ふ, 吹くの, 呑まう, 周子に, 味噌な, 和泉屋の, 唾を, 噛み割ると, 囁いで, 囁くと, 囁やくの, 四圍を, 土藏から, 地上へ, 垣の, 堂内を, 墮胎した, 外して, 外を, 夜に, 夜半に, 大谷道軒の, 夫人の, 奥へ, 女の, 妹の, 姉さんの, 姉弟に, 姪の, 婆や, 守り袋へ, 宗三郎の, 室の, 寄つてき, 寄つて來て, 寄る, 富岡の, 寝台を, 寢かす, 寢室を, 寫し取つて, 尋ねようと, 小指を, 小縁, 山田の, 嵬が, 巧みに, 差し覗く, 布を, 帰られた, 帰ろか, 平安を, 幾島の, 床に, 床几の, 店から, 庭の, 廊下から, 建仁寺垣の, 廻つてあの, 廻ると, 引き出して, 引き返した, 引く白い, 引入れる術, 引揚げた, 引返しました, 引開け, 弟の, 彫像に, 往つて來る, 後ろへ, 御殿を, 微笑を, 徳利を, 忍ばしてあつ, 忍び寄つた女, 忍び寄りいきなり, 忍び込み格子, 忍び込んだの, 忍寄つてのぞく, 息を, 悪戯者の, 懐へ, 懷ろ紙の, 戸の, 扉に, 手だけを, 手写し, 手招きし, 打ち明けて, 投げかけて, 投げつ, 抜け出し帽子, 抱いた, 押しあける, 押したドア, 押して身体, 押し開け清々しい, 押へる, 拔いた, 拔出せる, 拾ひ, 持ちあげた, 持ておりる, 持出したの, 指さしを, 指招い, 振りむく, 捉へて, 据ゑた, 掛けて, 掠めるやう, 接吻を, 掻卷を, 揚幕へ, 揺り起して, 摘み洗ひ, 擧げた顏, 放して, 敵の, 旅の, 旅仕度を, 明いて, 易者へ, 時間を, 暗い蚊帳, 書斎に, 月を, 木の, 机の, 板の, 枕元に, 根に, 梯子口まで, 棄て, 森には, 横腹を, 橋下を, 次の間に, 此の, 此方へ, 此處に, 歩くこと, 歩みよ, 歩めば, 歸つて窓から, 歸らう, 死骸の, 殺されて, 母を, 比べて, 水の, 注意され, 洋袴の, 浮べて, 浴室に, 涙が, 涙ぐむの, 清親と, 渡すやう, 源吉の, 滑らせ與左吉, 滑り出ました, 漕いで, 潜るやう, 火を, 煎藥, 燒き捨てる, 父親に, 片付けようと, 片寄せたとき, 片手を, 牢屋の, 物置に, 物蔭へ, 玄関から, 玄龍の, 王宮を, 甜める真似, 申上げたい, 男に, 男を, 留めて, 畳に, 疑を, 病室から, 登つて堤傳ひ, 白木の, 百合子の, 盗み見た, 盜つて聖天堂を, 目くばせしました, 相手の, 眞白な, 眠れば, 眺めました, 眼が, 眼蓋を, 着物を, 石原の, 祈るやう, 禮を, 私が, 突いたと, 窓からは, 窓を, 立ちあがつた, 立ちどまると, 立ち上がりました, 立て, 立上がりました, 笑つて居る, 籠の, 納戸の, 紙屑籠から, 紛れ込む手, 結び文を, 締め, 縁側から, 縁先へ, 續く, 置いた來國俊, 置きそして, 置くがい, 美智子に, 耳打し, 聽き出し, 肱を, 胸を, 脱出した, 腹匍ひ, 自分が, 自分を, 自問した, 與吉を, 舷から, 苔を, 茶店から, 菊次郎に, 落して, 落ちついて, 落ち掛つたこと, 蓋を, 蔵つて置くべき, 蚊帳へ, 蜻蛉の, 行つていろ, 行つて覗い, 表から, 袖の, 袖口で, 裏口に, 裏門から, 襟を, 見せるの, 見に, 見る, 見る詩集, 見上げるの, 見届けて, 見張らせて, 見渡しました, 見詰めた, 覗いた, 覗いた時, 覗きこん, 覗き込ん, 親方の, 解かれる, 触らうもの, 觸つた者が, 言つ, 言ひ附けました, 訊くの, 試験を, 話し合つたの, 誰にも, 調べて, 豚の, 貯めて, 貼りつけて, 赤リボンを, 起きた, 起き出したかと, 起こして, 足場の, 跟い, 踏みます, 踏んで, 辞書を, 近づきました, 近寄つた下手人, 退けて, 逃がして, 逃げ出したところ, 透かして, 這入つて, 通り抜けて, 通れるわけ, 連れて, 遊ばうと, 過ぎながら, 違つた小舟で, 邸を, 重なる, 金に, 釣るほど, 錢箱に, 長い刀, 閉ぢて, 開いた, 開きますと, 開くの, 開けると, 闇の, 除けて, 陰口を, 階子をの, 隠しました, 隣の, 離屋へ, 雨戸に, 電気の, 露台の, 面を, 靴音を, 音も, 頭に, 頼んで, 顏の, 風呂場には, 食つて見る, 飲んで, 餌を, 騙かさうと, 髪の毛を, 鯨幕の, 鷺の, 鼻を

▼ そつくり~ (357, 10.6%)

2318 だつた 10 だと 9 であつ 8 なん 7 して, そのま, である 5 かへる, なの 4 の形 3 かへつて, そのままで, そのままの, だね, であること, です, ですね, ですよ, の顏

2 [19件] かへつた, そのままに, そのまま殘つて, そのまま生かさう, そのまま肯定, その儘, だから, だつたの, だらう, ではない, なので, に描く, のやう, の女, の態度, の顔, 剥いで, 同じやつ, 残して

1 [189件] あつた, うけとること, おとなしい農学士, お借, お借しします, かへし, かへつた主人, この句, この馬車, そのころ, そのままな, そのままなん, そのまま似, そのまま同じ, そのまま安心, そのまま当, そのまま後, そのまま昔通り, そのまま書いたら, そのまま模倣, そのまま殘, そのまま物語, そのまま生かし, そのまま用, そのまま私, そのまま移した, そのまま空, そのまま自分, そのまま蘇つ, そのまま表現, そのまま見知らぬ, その儘白象ぢ, だぜ, だつたが, だつたやう, だとか, だとは, だな, だもん, だよ, だわ, だわね, で, であ, であるし, であるの, でした, ですからな, ですが, ですわ, でせう, でその, でそれ, で一人, で七百萬圓, で微, で旋風, で氣味, で絶えずガリガリ, で若い, で茎, で菅氏, で見張り, で鼻, といふ, としてある, とは行かない, とりまとめて, と思はれる, と柱, と積まれ, と言, と言つた, なこと, なその, なのよ, なやう, な国, な女学生, な感嘆, な様子, な母, な点, な眼, な經驗, な繪ハガキ, な色, な鋭い, な面, にかい, にとがつ, になつ, になる, になれる, にねかうひ, にマント, に妹, に見えた, に遠く, に顔ぢ, ね, の, のうすく, のお, のお方, のもの, のわたし, のハーカー君, のブリキ, のブロンド, の丸い, の乞食, の五六匹, の取り, の君, の声, の天気, の女性, の山畑, の巧み, の建場, の彫り, の悦び, の案, の模倣, の死, の氣持, の派手, の町, の細い, の美しい, の老人, の肌理, の腹鳴り, の貌, の赤銅色, の足, の送り, の鈴本, の青, の面貌, の顎, の風貌, の高い, の鳴き声, はづして曲者, はめて, めりこんで, やぞな, やるから, や言, を十万円, 似て, 其のま, 出て, 包まれて, 取つた句, 取つて, 受け継いで, 同じ意味, 呑み込まれて, 奪はれ, 思いかえして, 成るやう, 或る, 抜けて, 押入れに, 持ち上げて, 持ち去つて, 持出して, 掘り上げて, 描いて, 昔ながらの, 映つて, 書きとめた, 書き込んだといふ, 本當, 渡すから, 盗みとつ, 真似て, 秘められて, 継いだ云, 繰返して, 親分に, 返せと, 返せば, 返つて, 返つて了つた, 馬場の

▼ そつ~ (237, 7.0%)

9 を見た 6 へ歩い, へ行く, を向い 5 にもこつち, を見る 4 へこつち, を振り向く, を見 3 へ行つて, へ近づい, を向く, を見ました 2 ぢや, にある, へ, へおん, へ声, へ気, へ行, を振り向い, を見ます, 此方に

1 [156件] からこつち, から廻る, から来る, がさういふ, がざら, が今, が休め, が出なき, が大事, が好き, が歩き出せ, こそどう, こそどうか, で別に, などにゐ, にはそつ, には奥さん, には耳, には行, にむけ, にもいないらしい, にもか, にもまだ, に出かけた, に別, に向けまい, に寄る, に居, に引きつけた, に悟り, に歩み出した, に祈つ, に移す, に背, に行, に行つて, に見せ, に近, は, はいく, はお, はそつ, はない, はなる, ははばかりです, は出口, は婦人科, は尚さら, は泣き, は見よう, は駄目, ばかりに気, へいつ, へおい, へおしのけ, へちら, へとやつ, へと下り, へと向つた, へと引かれ, へと歩き出した, へと行, へのばし, へは消防官, へは目, へは眼, へは行かず, へは行つて, へは遣らぬ, へまわる, へ二三歩, へ伸ばした, へ傾く, へ出し, へ別, へ去つた, へ向, へ向い, へ向いた, へ向き直つた, へ向き直り, へ向けられた, へ売つた, へ寄つて, へ寄らん, へ差しだした, へ廻し, へ廻した, へ廻つて, へ廻らね, へ廻る, へ廻転椅子, へ引つ掛りこつち, へ引張, へ引越し, へ急い, へ持つ, へ捻, へ来たら, へ棒, へ歩きだした, へ氣, へ注がれた, へ登つて, へ移つたの, へ移つて, へ移管, へ答, へ背中, へ藏つて, へ行き, へ訊い, へ走つ, へ走つた, へ走りました, へ返事, へ遊び, へ顔, へ飛ん, へ駈け出し, もぐる, もどんな, をちよ, をぬすみみ, をのぞき, をふり向きました, をふり向く, をみる, を一氣, を僕, を向いとる, を向き, を引受ける, を或, を振り返り, を振向い, を振向く, を探さう, を望みました, を私, を突き放し, を見あげ, を見あげました, を見こつち, を見ず, を見ない, を見ましたら, を見よう, を見上げた, を見向き, を選ぶ, を避ける, 側だけの, 側の, 此方見せ, 除に

▼ そつとして~ (52, 1.5%)

10 置いて 2 お置き, 置くに

1 [38件] ありますが, ある, おかう, おかうよ, おきき, おきたいと, おきたいの, おきなさい, それには, ゐなければ, ゐるの, 居なくちや駄目, 居る時, 措いて, 機会を, 置いたが, 置いたま, 置いた方, 置いた生活情勢, 置いては, 置かうと, 置かせたんで, 置かなくては, 置きさ, 置きたいと, 置きたくて, 置きましたよ, 置きませう, 置き度, 置くため, 置くの, 置くやう, 置く心持, 置く方, 置く柔か, 置け, 置けと, 考へ

▼ そつ~ (52, 1.5%)

23 を向い 6 を向いた 4 を向き, を向く 3 をむい 2 の方, を向きました, を向きます 1 に灼けるだらう, の遠い, を向け, ペンを, 口を, 大きな声

▼ そつ~ (51, 1.5%)

2 來る, 坐つて, 行く

1 [45件] ありました, いるの, いるルーク大尉, かみの, くだり丘, ぐつすり眠つてゐる, こほろぎの, しまひました, そこへ, それと, ゐるところ, 一人の, 一側住居が, 乞食を, 亂れ咲く, 京橋區内には, 何時までも, 來肩と, 八十名の, 円い水平線, 右へ, 子供に, 居なければ, 山腹を, 幌の, 扉を, 折目の, 暗を, 来た, 来ました, 横た, 歩いて, 歩き始めた, 流れて, 約束の, 美容師が, 芝居に, 行くの, 行届いた世話, 走つたの, 跪いた, 近所の, 逃げだしました, 遠くの, 鶏頭の

▼ そつちの方~ (47, 1.4%)

2 へ歩い, へ行きました

1 [43件] がもつ, が道順, で偸嘴, で待つ, に向, に引つ張られ, に引張られ, に戀人, に眼, に運ん, に黒雲, の仕事, の酒樽, はおま, はどう, へ, へたんと, へと引張つ, へと遣つた, へどんどん, へもど, へゆがん, へ投げ, へ押し, へ自宅, へ行, へ行つた, へ行つて, へ走りました, へ過ぎつ, へ隠し, へ駆け, も矢, をすかし, をそ, をやつ, を向い, を思ひだし, を手傳, を指し, を見ました, を見上げた, ヘと勤める

▼ そつちの~ (28, 0.8%)

8 けで 6 けにし

1 [14件] がにし, がにや房州砂交つてん, けとなり, けにされ, けにした, けによく, けに慌て, けに珍しい, けの大, けの賑, け餌代, みーづは, 大變, 若いガスボデイン

▼ そつ~ (23, 0.7%)

3 なさ 2 ない作品

1 [18件] ある歌, さいであった, ないおさまった, ないところ, ないもの, ない労り方, ない右門流, ない婦人, ない応待, ない書きぶり, ない武士, ない老臣, ない複雑, ない言葉, ない鷹揚, ねえもん, 無いもの, 無い歓待振り

▼ そつ~ (17, 0.5%)

5 ない 4 ねえや 2 ないの 1 ないとは, なかった, なかつた, なくて, ねえん, 無いとしても

▼ そつ~ (16, 0.5%)

2 女で, 街道の

1 [12件] が髷切り, ことを, ときには, みちは, もう板, やうに, 剣などの, 川原湯温泉は, 平たい滑り木, 指の, 男の, 言ひ

▼ そつちで~ (12, 0.4%)

3 もこつち 2 はない 1 いいやう, お茶を, はどうして, また改めて, 占領する, 胴を, 都合を

▼ そつとの~ (11, 0.3%)

2 紛雜が 1 つてる, むくいは, 事には, 優しい言葉ぐらゐでは, 悪口は, 水洗ひでは, 紛雑が, 費用の, 間なら

▼ そつたら~ (9, 0.3%)

1 ことなら, ごとせ, ごどで, どこで, もの向けてる, 事し, 子と, 寄合ひさなんか, 恐ろしいことし

▼ そつちこつ~ (8, 0.2%)

1 ちといきほ, ちと掃き寄せられる, ちと歩い, ちと空, ちと訪ね, ちの大岩や, ちの戸を, ちの樹の

▼ そつちこつち~ (7, 0.2%)

1 あつて居, から持つ, で三両二分, 口掛け, 掃除し, 部屋を, 飮廻つてゐた

▼ そつから~ (6, 0.2%)

1 はあ鐵瓶, わしや, 不承し, 佳味かねえなんて, 俺ら幾らも, 先き

▼ そつくりぢ~ (6, 0.2%)

2 やありません, やない 1 や, やねえか

▼ そつくり其儘~ (6, 0.2%)

2 同じ烟草店 1 だらう, と言つて, の脇差, の見舞状

▼ そつとでは~ (6, 0.2%)

1 とても分らない, 崩れるわけ, 御破算に, 有るまいとの, 死にさ, 行き来の

▼ そつとは~ (6, 0.2%)

4 いつて 1 ひつて, らへば

▼ そつ~ (4, 0.1%)

1 ているだろう, て山の手, て来, て私

▼ そつくり寺~ (4, 0.1%)

3 の所化輩 1 の所化

▼ そつくり自分~ (4, 0.1%)

2 の有 1 の小使, の方

▼ そつ~ (4, 0.1%)

3 なき声は 1 なき声の

▼ そつち除け~ (4, 0.1%)

3 に箸一本 1 にし

▼ そつくり肯定~ (3, 0.1%)

1 されて, した生き方, すること

▼ そつ~ (3, 0.1%)

2 ている 1 ながら煤びたる行燈

▼ そつたらごと~ (3, 0.1%)

1 からお, だ, で百姓

▼ そつちだこつちだ~ (3, 0.1%)

1 で作れねえ, ねえ, やつちや誰よりも

▼ そつちのこと~ (3, 0.1%)

1 でしよう, はよく, ばかり無

▼ そつ~ (3, 0.1%)

1 なかった, なく誰, 無く情理

▼ そつ~ (3, 0.1%)

1 なく言, はない, もなかつた

▼ そつかしく~ (2, 0.1%)

1 なるばかり, 飛んで

▼ そつくりあて~ (2, 0.1%)

1 がつて, はまつ

▼ そつくりあなた~ (2, 0.1%)

2 に進ぜよう

▼ そつくり君~ (2, 0.1%)

1 と同じ, のもの

▼ そつくり拔~ (2, 0.1%)

2 いて

▼ そつくり横領~ (2, 0.1%)

1 して, するつもり

▼ そつちから~ (2, 0.1%)

1 もこ, もこつ

▼ そつちで寝~ (2, 0.1%)

2 てくれろ

▼ そつちの方面~ (2, 0.1%)

1 からなにか, ならいつ

▼ そつちの部屋~ (2, 0.1%)

2 から門

▼ そつち向いたら~ (2, 0.1%)

2 あかん

▼ そつでも~ (2, 0.1%)

1 読んで, 遇はれる

▼ そつとお~ (2, 0.1%)

2 さへて

▼ そつなく~ (2, 0.1%)

1 振舞うよう, 身を

▼ そつ~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ そつ~ (2, 0.1%)

1 を縛つて, 引つこ抜き硯

▼ そつ~ (2, 0.1%)

1 の口, をあからさま

▼1* [182件]

そつかしやの奴, そつかしい下駄の, そつかし屋がまた, そつかせた後ろ姿の, そつぎょうして, そつくりおなじです, そつくりお前のいふ, そつくりこちらへお, そつくりそのまま買ひ取られでも, そつくりひつくり返つてゐる, そつくりひとつの動く, そつくりひとまとめにした, そつくりチエホフ劇だと, そつくりプルウストの語られた, そつくり丸損したやう, そつくり久米野の家, そつくり二円で買, そつくり二年半貯めたといふの, そつくり人樣にお, そつくり仕立屋に廻す, そつくり他人にも聞かせ, そつくり保つには応, そつくり保存されそして, そつくり修道院の建物, そつくり僕のゐる, そつくり元のまま, そつくり八路軍に降伏, そつくり其逆を意味, そつくり再現したやう, そつくり冷くな, そつくり出さしたんです, そつくり叔父に渡した, そつくり合致して, そつくり含れて, そつくり嚥み下し, そつくり地面に立てた, そつくり売り手へ届け, そつくり外れるやうな, そつくり外形へ現れ, そつくり大人の現実的, そつくり大原氏に預け, そつくり天平だ, そつくり嫁入道具として持つ, そつくり子に傳, そつくり子供の身の上, そつくり実行もしなかつた, そつくり実践されては, そつくり将軍の舅さん, そつくり尊敬するところ, そつくり小説を書く, そつくり屋敷のどこ, そつくり岩見重太郎の世界, そつくり広の手, そつくり広重だつたとい, そつくり引挙げたの, そつくり彼に移つた, そつくり待合室になつ, そつくり後ろに卷かれ, そつくり怪談ものぢ, そつくり想像のとほり, そつくり戦国どころか源平頃, そつくり手をつけず, そつくり手荷物として預け入れた, そつくり拡大されて, そつくり持つて行き, そつくり昇天させようと, そつくり月の裏側, そつくり有姿のま, そつくり格子が外れます, そつくり此通りで人殺し野郎, そつくり殘して, そつくり河の中, そつくり湯を済ます, そつくり父に当てはまる, そつくり現実の女, そつくり生捕るか, そつくり畑に注い, そつくり當はまる, そつくり盜んだもの, そつくり眞似して, そつくり真似して, そつくり空の鞄, そつくり突き扛げた樣に仄か, そつくり義理の息子浩平, そつくり腹の底, そつくり舊稿を書きうつし, そつくり藥を代, そつくり蟇だ蟇, そつくり見事な銀髪, そつくり譯して, そつくり谷間の姫百合, そつくり貴下と符合, そつくり貴公子のやう, そつくり買ひ取りますからね, そつくり買ひもどして, そつくり貸しでもしたら, そつくり跡を繼, そつくり農夫にくれ, そつくり返して來, そつくり逆になつ, そつくり針ごと渡した, そつくり雨宮紅庵に当てはまる, そつくり鞘と一緒, そつくり頬白に変, そつくり鵜呑みにする, そつくり鹽水が寄せ, そつし出すと前後, そつながらお尋ね, そつぜんと彼, そつたらこつたらその棍棒糞, そつたらごと地主樣にでも聞えたら, そつたら分らねえ話ある, そつちから傳はつて來, そつちから此方へと歩いた, そつちから紙入ぐらゐ, そつちこつちで微かに, そつちこつち仕たつちことだ, そつちこつち歩いて土蔵, そつちさしまつて, そつちさやつから, そつちで無えわい, そつちのけだね彼奴, そつちのことぢやない, そつちのご用が多い, そつちのためには不愉快, そつちのつきあひで外泊, そつちのミヽヅクぢやない, そつちの一員になつて, そつちの三百円私にち, そつちの三頭とを合併, そつちの事件には素知らぬ, そつちの仕度が終つて, そつちの勝手じや, そつちの包にこれ, そつちの周囲のこと, そつちの奴等が避け, そつちの心配を掛けた, そつちの損だ, そつちの方角にある, そつちの演劇の講義, そつちの無疵のと變, そつちの物なら家, そつちの用意は何, そつちの肩を支, そつちの虎を見, そつちの袋には何, そつちの責任は僕, そつちの道を通つて, そつちの都合で何時, そつちの隅の大, そつちの頬を撫で, そつちへよつておつもり, そつちやの事, そつちよがき, そつち持つて, そつち退けの思想家, そつてつた, そつてる箇所は, そつとうしろから手, そつととまつた感じ, そつとどけましたらお月様, そつとには見当りますまいからね, そつともらつて居る, そつとやツりやす, そつとをがんで, そつぱい口の泥, そつぱうへけし飛んだ, そつぱちだよ, そつぱに曲つてゐた, そつぱをあからさまにひどく力ん, そつぶんりやう, そつの蛙, そつを向い, そつぽうから芸格, そつなくこの, そつ夜明を待ち, そつ彦むかし引きならす, そつを並べ, そつと彼, そつが居, そつ苦しがる僕, そつ首引拔き其國