青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「それら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

それでは~ それでも~ それとなく~ それとも~ それなら~ それに~ それにしても~ ~それほど それほど~ ~それら
それら~
それ程~ そろそろ~ そん~ そんな~ ~そんなに そんなに~ ~た た~ ~たい たい~

「それら~」 11250, 112ppm, 946位

▼ それら~ (7560, 67.2%)

119 ものを 117 ものが, 人々の 111 ことを 95 ものは 93 ことは 86 人々は 65 ものの 46 ものに 44 ことが 41 人々が 39 人々に 36 人々を 31 人の 26 人は 23 上に 21 物を 19 ことも, 者の 18 中に, 言葉を 17 ことに, 作品の, 間に 16 すべての, 人達の, 作品を 15 事は, 事情を, 話を 14 すべてを, 人々と, 人が, 作品が 13 すべてが, 者を 12 中には, 人々も, 人たちは, 人を, 作品は, 店の, 町, 者が 11 中の, 事情から, 人たちが, 声は, 者は, 言葉が, 言葉は 10 うちの, もの, ものも, 人々から, 人たちの, 光景を, 点を, 言葉の

9 [12件] すべては, 中で, 事を, 人たちを, 人に, 人物の, 人達が, 作家の, 品を, 多くは, 物が, 物の

8 ことの, ために, 偉大な, 家の, 思想は, 間を

7 [11件] うちには, ことについては, 事情は, 人々には, 品物は, 問題を, 女の, 山々は, 山の, 書物を, 花の

6 [24件] ものと, ものについて, 上を, 不幸な, 人たちに, 人物を, 人達に, 人間の, 凡てが, 名前を, 土地の, 声が, 多くの, 小説を, 本を, 歌は, 点は, 物は, 者に, 花を, 話は, 過去の, 青年は, 音が

5 [33件] うちで, ことから, 一切の, 事が, 事も, 事情が, 二つの, 人たちと, 人も, 人物は, 人間が, 作を, 作品に, 写真を, 各種の, 名前は, 品々を, 品物を, 婦人たちが, 婦人たちは, 手紙は, 手紙を, 景色を, 書物の, 本が, 男の, 秘密を, 者も, 色々の, 言葉に, 貨物の, 間の, 雑多な

4 [54件] あるもの, ことについて, なかには, ものから, もので, ものには, ものに対して, りっぱな, 事件の, 事実は, 事情の, 人達と, 人達は, 仕事の, 光景に, 光景は, 凡ての, 品々は, 品物が, 問題が, 問題について, 問題は, 大部分, 女子に, 婦人が, 婦人たちの, 子供の, 家は, 少女たちの, 山々の, 建物の, 影が, 怪物を, 書物は, 本の, 村の, 条件が, 条件に, 条件を, 点に, 点について, 現象の, 眼の, 結果は, 絵の, 花や, 行為は, 観念が, 言葉で, 記憶が, 費用は, 運動の, 道具を, 音を

3 [120件] いずれでも, いろいろの, ことで, ことよりも, すべてに, ふしぎな, アカシアの, 一人, 一切は, 上には, 下に, 中から, 中を, 事件が, 事実を, 事情も, 事柄を, 人々に対して, 人たちから, 人たちも, 人と, 人びとは, 人びとを, 人人の, 人物が, 人達から, 人達を, 仕事に, 仕事を, 作家たちは, 俳優を, 偉大なる, 全体を, 全部を, 写真は, 凡てに, 制度や, 劇団の, 力を, 動作は, 動物を, 印象は, 品物の, 器具の, 四人の, 国々の, 土地は, 地に, 声を, 女は, 学者の, 家々の, 家々を, 家に, 小説は, 小鳥を, 山々に, 山々を, 山と, 峰の, 希望は, 彫刻を, 思い出が, 思想に, 意味の, 意見が, 感情を, 戯曲が, 批評は, 批評を, 数々の, 文句の, 文字を, 日々は, 景色は, 木は, 本は, 植物の, 様子を, 樹木が, 樹木の, 歌の, 点で, 点については, 無数な, 犠牲と, 現象を, 生活の, 男は, 男を, 町の, 眼を, 知識を, 秘密が, 秘密は, 種々の, 索漠と, 絵を, 線の, 群れの, 群集の, 者と, 船の, 花が, 要素が, 要素の, 観念を, 觀念が, 言葉から, 記事は, 記憶は, 詩を, 貨物を, 連中が, 運動は, 音に, 顔に, 顔は, 顔を, 魂を

2 [451件] あらゆるもの, いずれにも, いっさいの, いろいろな, うえに, うちから, うちでも, こと, ことについての, ことには, ことにまで, ことにも, ごたごたした, さまざまな, さまを, すべてで, すべてを通じて, それぞれの, ところで, どこにも, どれもが, なかに, なかの, ほかの, みじめなる, ものこそ, ものすべてが, ものにおいても, ものによって, もののみは, ものばかりを, ものへの, ものよりも, もの一切を, ようすを, ゴタゴタの, テーマの, フランス人に, 一つが, 一つ一つが, 一つ一つに, 一つ一つの, 一人一人が, 一群が, 一行が, 不便の, 不可解な, 不思議な, 世界の, 世話が, 丘の, 中でも, 主な, 主張から, 予想や, 事から, 事件も, 事件を, 事実から, 事実の, 事情に, 事物が, 事物を, 人々で, 人々とは, 人々にとって, 人々にとっては, 人々に対する, 人たちには, 人について, 人びとほど, 人をも, 人人は, 人夫の, 人影は, 人物に, 人種を, 人間は, 仕事が, 仕事は, 代表作と, 会話を, 伝統と, 余白に, 作は, 作品と, 作品には, 作家が, 作家たちが, 作家たちの, 価値は, 俳優が, 個々の, 健康と, 傑作を, 傾向ある, 像が, 先輩婦人たちが, 光の, 光景の, 兵は, 兵を, 具体的な, 内容は, 写真の, 出来事の, 出来事は, 前に, 劇団は, 力は, 勇士の, 動機を, 印象が, 原因が, 原因は, 友人と, 反対の, 古びたいくつ, 古代の, 古風な, 句は, 句を, 可憐な, 各々の, 各部分, 名は, 名画を, 品々が, 品々の, 商人は, 問題に, 問題の, 善良な, 喝采を, 噂は, 器物を, 困難の, 囲いの, 国々に, 国々へ, 国の, 国は, 土地を, 報告を, 場合に, 場合には, 墓の, 声の, 声も, 変化の, 変化を, 夏の, 外国婦人の, 多くが, 多数の, 夜の, 夢の, 夢は, 夢を, 大胆な, 天才の, 女主人公, 姓名も, 姿が, 姿は, 姿を, 娘たちの, 娘たちは, 娘の, 婦人に, 婦人を, 子供たちは, 子供を, 存在を, 学生の, 孰れ, 完全性を, 実の, 客の, 客を, 客間は, 家々は, 家では, 家具類の, 家庭は, 家族伴れ, 小説が, 小説も, 小魚, 少女らは, 少年の, 屋根の, 山や, 市場の, 帆の, 平和な, 平穏な, 平静な, 幻影が, 幽霊に, 店, 店が, 店を, 廃墟の, 建物は, 強烈な, 彼の, 徒党は, 御馳走と, 徳は, 心が, 心像が, 思い出は, 思い出を, 思想が, 思想や, 思想を, 性格の, 恐ろしいこと, 恐ろしい言葉, 悪鬼は, 悪魔の, 情念は, 想像は, 意味を, 意識を, 感じは, 感情が, 感覚に, 憔悴した, 成果を, 或る, 戯曲の, 戯曲を, 扉の, 手段を, 批判の, 持って, 持主の, 損所の, 文句を, 文字に, 文字の, 文字は, 文章の, 文章は, 断片を, 新聞を, 新運動, 旗じる, 日々が, 日々の, 昔の, 星の, 時代における, 時代の, 時期に, 景色が, 書が, 書物に, 書物には, 書物も, 書類の, 最初の, 最後の, 木の, 材料を, 村, 条件は, 果物の, 根がたに, 根拠を, 森の, 様子が, 歌を, 歌人や, 歴史の, 気持は, 水, 沼の, 注意を, 活溌に, 渦巻や, 源氏の, 灌木を, 点から, 点が, 点には, 無数の, 爆撃機自身に, 物語は, 物音が, 物音も, 物音を, 特定の, 特質は, 獣を, 現実の, 理由は, 生活が, 生活し, 生物の, 生産力の, 用心は, 男たちは, 男や, 男女の, 男女は, 異変は, 疑問が, 白い小さな, 相対価値は, 眠つてゐる, 眺望は, 眼は, 短篇集を, 研究は, 神, 神秘な, 神謡や, 秘密の, 稀少性は, 空席が, 窓は, 窯が, 立木の, 箱の, 箱を, 精神の, 精神過程の, 納めもの, 組織が, 経験と, 絵が, 総決算, 緑を, 罪の, 罹災者が, 美術品は, 羽ばたきは, 羽根の, 考えが, 考証は, 者で, 者どもが, 者どもを, 者にさえも, 者には, 者にも, 職業に, 脚は, 自動車を, 自由な, 舗石は, 色の, 花, 花は, 芸術家の, 若い人々, 若い娘さんたち, 若い娘ら, 苦労を, 苦悩の, 草の, 荷物を, 葉が, 著名な, 蔵書を, 薔薇の, 蜘蛛の, 製作に, 複雑な, 要素と, 要素は, 見物の, 見知らない花, 視線の, 観念の, 観念は, 言を, 言葉や, 計画の, 記事の, 記事を, 記憶を, 記録を, 試みも, 詩の, 詩的な, 話が, 話に, 話の, 詳細は, 語の, 語り手の, 説話の, 諸先生, 諸将, 諸氏の, 諸民族, 諸雑誌, 謎の, 議論は, 財貨の, 財貨は, 貨物が, 貨物で, 資料の, 資料は, 車は, 軍兵を, 輩は, 連中の, 連中は, 運動が, 道は, 邸宅の, 部屋を, 重さ, 鐘の, 関係から, 関係を, 降人, 陳列棚の, 隙間からは, 集合は, 雑多の, 雑誌の, 雑誌を, 雰囲気的な, 雲が, 青年の, 青年らの, 非難を, 音の, 頑是ない, 題目の, 顔が, 顔の, 願いを, 風景が, 風景は, 首の, 首を, 馬車の, 騎兵は, 騒ぎに, 驚くべきもの, 魂の, 鮒を, 鳥を

1 [3877件 抜粋] あいだに, あまり美しい, あらゆる論告, ある窓, いかにも似, いずれもが, うごきと, うつりかわる自然, おのおのが, おもちゃは, お客様としても, かたみ, けじめを, ことどもも, こと一切を, さかなや, すべてから, たえざる恐怖, たよりは, ところには, どこへ, どの顔, なかにも, はなしが, ひどい悪口, ぼくの, みごとな, もっともくだらない, ものとも, ものばかりは, もの音が, わがままの, ウサギたちが, コッテリした, ジャナリストの, ダリアの, ドサンも, パリー人や, ブルジョア批評と, ベンチは, ミイラと, 一, 一つ一つ点検し, 一人へ, 一匹は, 一時性野次馬性薄情性を, 一羽が, 一部の, 三人には, 上にか, 不便は, 不吉な, 不忠の, 不潔な, 世に, 世間並の, 中国の, 主義から, 乱波隊にも, 事々よりも, 事には, 事件は, 事情で, 事物は, 二三の, 云はば, 交の, 人々からの, 人々と共に, 人々以外の, 人たちへの, 人に対する, 人全部から, 人形どもは, 人物には, 人達に対して, 人間には, 仏像の, 代りに, 仮装馬車は, 企圖それらの, 伝説や, 住所姓名を, 何れにも, 何故, 作られた時代, 作品中には, 作家達の, 作者の, 供述は, 価格においては, 俗間者流とは, 修道院の, 俳優諸君と, 偉大さも, 偶然の, 傲慢な, 傾面の, 儀式は, 兇器は, 先駆者たちに, 光栄は, 全貌を, 公園を, 兵器の, 内容と, 写真には, 凄まじい明暗, 処分法について, 出来事を, 分担地区から, 別荘の, 制度が, 剣道の, 力によって, 努力を, 動きは, 動物の, 北陸平家史蹟は, 卑屈な, 南蛮船が, 危険に, 厳重な, 友人から, 反対や, 口から, 古めかしい顔つき, 古着を, 可愛いもの, 史話が, 同人雑誌が, 名作は, 名称によって, 周公に, 和人が, 品も, 唯物界や, 問いに対しては, 喫殻に, 器に, 囁きを, 団体によ, 固有な, 国々は, 国家が, 土地へ, 地区は, 地方的特性を, 地盤を, 型と, 基礎附け, 場合にも, 塊が, 境遇上の, 壮士が, 売淫営業税を, 外とは, 外界は, 多数は, 大きなガラス, 大コウモリ, 大半も, 大小城の, 大策は, 天国なる, 天神や, 奇怪な, 女たちに, 女子は, 女性たちの, 女神は, 妓に, 妻子や, 姿態について, 婦人や, 子あり, 子供たちを, 字は, 学校の, 官有林には, 実物の, 実験を, 宣伝も, 家へ, 家屋も, 家畜は, 密告を, 實際が, 封書に, 尊大な, 小さな子供達, 小さな鎖, 小工場, 小草, 小説集の, 少しう, 少女達は, 尖端的の, 山々, 山地に, 岩, 峰が, 巡警, 巨人達が, 巻物の, 帰結は, 幸福こそ, 幻覺も, 幽霊は, 底に, 店や, 庭を, 建物や, 弊習も, 弱い醜い貧しい汚い惨め, 弾力ある, 彫刻では, 影をば, 影響も, 往来すべてが, 徒輩には, 徴証と, 心構えは, 心配を, 快楽の, 思出が, 思索家は, 性能が, 怪奇を, 恋人を, 恐怖それらの, 悔恨の, 悪意から, 悲しい人々, 悲壮な, 情景は, 愉しかった, 愛に, 感情から, 感興の, 憂慮に対して, 懐疑を, 戦いから, 所有する, 手を, 手紙から, 打撃も, 技の, 抽出の, 指揮をば, 掏摸は, 插絵を, 故人, 教団の, 数の, 敵を, 文句が, 文学と, 文庫を, 文章が, 料理法の, 新しい社会的現象, 新来の, 斷章中には, 方法は, 旅の, 旗本方は, 日常茶飯の, 旧い習慣, 易断所は, 映像を, 時計が, 景色をば, 暗黒な, 曲解や, 書棚である, 最も困難, 月並の, 有縁を, 木を, 本に, 朽木には, 松の, 果敢なき, 栄誉について, 根深い党争, 椅子の, 楽しい男女, 概念の, 模様についても, 樹木は, 機構と, 欠点が, 欲望を, 歌詞が, 武勇譚が, 武門が, 死人が, 残党どもを, 母なる, 気も, 気障, 汚名を, 法網を, 洞穴の, 活字の, 浮世絵に, 海賊は, 混乱が, 渦の, 準備が, 漢文を, 激烈さに, 灯は, 炎々たる, 点をも, 無政府主義者, 無辺な, 煮炊万端, 片鱗は, 物も, 物品が, 物語を, 特報は, 犬たちは, 狂気染みた, 猟犬は, 現世的勢力秘密結社の, 現象を通じて, 理由の, 生い立ちや, 生命力の, 生物に対する, 用事を, 用語は, 男からの, 男も, 町そこに, 画伯の, 番犬が, 異説も, 疲労が, 発光は, 発達を, 百姓に, 盃を, 目的意識を, 相を, 相談にも, 真実な, 眷属の, 着物を, 知らない人, 石と, 研究と, 破れ物を, 碌々たる, 社会的弱点に, 神変幻術が, 禁令の, 科学の, 秦から, 種種な, 空中樓閣を, 窓に, 窯跡より, 笹の, 答辯を, 粗硬, 紅と, 素敵な, 紳士たちは, 組合に, 経験で, 結果から, 絵画が, 絶望が, 総べてを, 缶詰を, 美しいもの, 美女を, 群の, 群集と, 老婦人たち, 考へは, 者たちとは, 者一同へ, 聞く耳, 職人を, 胃袋を, 脅迫状や, 自治団結は, 舞台を, 良き芽, 色とりどりが, 花器や, 芸術品を, 若いよく, 若い孤独, 若者らは, 英語と, 草や, 荷物までを, 落ちついた緑, 葉簇の, 著述を, 薪を, 薬草を, 虚偽らしき, 蛙の, 行き止まりの, 行手の, 街灯などと共に, 衣類に, 裁断は, 製造業者の, 西洋風建築は, 要素には, 見物人皆が, 視望, 親切と, 観念をば, 言葉では, 言語活動において, 記事に, 記銘に, 訴訟は, 試合は, 詩人を, 詩語には, 詳しい点, 誤解は, 説自身は, 読者を, 談を, 論断も, 諸問題, 諸徳, 諸要求, 謎が, 議論に, 豪の, 財産の, 貪欲な, 費用が, 賊たちよりも, 質問にたいして, 足に, 身振りに, 軸や, 轍の, 近代文学に, 追憶録を, 速度に, 連想は, 運びを, 過ぎ去つた光景, 道具だてが, 違った音同志, 遺留品は, 部屋の, 都会の, 酔漢を, 重荷の, 野薔薇が, 鉄の, 鋭い冷めた, 鐘楼で, 閉ざされた人家, 閣僚は, 關係を, 陳述が, 隙間の, 雄大な, 雑兵や, 雑誌によって, 難語の, 雲と, 電気メッキでは, 露西亜人と, 青年と, 面々が, 面影の, 音楽とか, 音楽会管弦楽団聴衆それを, 響は, 頭に, 題材のみを, 顔形は, 類似を, 風習は, 食物や, 餘震に, 首領らの, 騒ぎが, 高声, 鬼火に, 魚の, 鳴き声を, 黒い影

▼ それら~ (1198, 10.6%)

30 いずれも 15 あつた 10 あった 7 どれも 6 ない, 彼の 5 一つの 4 人の, 僕の, 無限の, 私の

3 [11件] あったそれら, いづれも, すべて自分の, ただ一つ, わたしが, われわれの, 何れも, 僕を, 日本の, 私に, 粗末な

2 [47件] きびしく僕, しばしば私, すべてこの, たがいに, ないそれら, みなあの, みな沼か, 一種の, 世界の, 人類の, 今でも, 今の, 他の, 何の, 内攻し, 前と, 同一の, 夫, 座談の, 廻る自然, 彼から, 彼らの, 悲しげに, 或る, 曾て, 次の, 死が, 殆ん, 決して人任せ, 源之助自身が, 理論を, 生活の, 略して, 皆この, 皆その, 皆な, 皆同じ, 確に, 私が, 第一夜, 筆の, 素直に, 裂き取られた布片, 退屈で, 遂に何かしら地球, 静かに, 音と

1 [976件 抜粋] あくまで夫, あたかも油絵, あった人々, あのいちばん年, あまりにはげしく, あまりに著しい, あまり書い, あらゆる技法, あらゆる読者, ある個人, あッと, いかなる個人, いかにも不味く, いかに退屈, いずれ, いっさい省略し, いつまでも, いままで, いま険阻な, いわなくとも, いわゆる秘伝, うるおいない, おのおの一人の, かくて, かつての, かれの, くねくねと, こ, ここに, ことごとくからまり合った, このたつ, この特殊, この略史, さしあたり搜, さほど惜しくもない, さらに右, しかし実に, しかし東京, しばしば大空自身, じつにちつ, すでに出来上がった, すでに嫁入り, すでに私, すべて, すべてありふれた, すべてそれらを, すべてひじょうに, すべてわたしの, すべてロマン派が, すべて一致する, すべて主権者の, すべて人間肯定の, すべて兇蕃の, すべて労働の, すべて大, すべて実際, すべて彼女の, すべて東京が, すべて産業によって, すべて神仏分離の, すべて陽に, すべて龍と, そういう寺社, そこに, その民族, その苦し, それが, それぞれ異なった, それらの, それ自体としては, たしかに相当, ただいっぺん, ただ優越, ただ手がる, ただ會話, ただ雑然と, たわむれて, だんだんに, ちがった時代, ちょっと幻滅的, つとに解放, とても聞かれない, ともかく彼, ともどもに, どうしても出発, どれ一つを, なお相互, なまの, なるほど, ひとつも, ひと目に, ひろ子の, ふくよかな, べつに心, ほかの, ほとんど八十年前, ほとんど皆, ほんの些細, まあいい, まあ例外, まこと立派, まさにわたし, またある程度, また人間, また漠然たる, まだ地方的現象, まだ用, まるで四方, みな, みないずれも, みなから, みなじ, みな一つの, みな七八人が, みな先生が, みな内密に, みな城下の, みな女護の, みな学問的方法によって, みな影に, みな意中を, みな日本の, みな栄二と, みな無事に, みな碌々たる, みな若い美しい, みな運命の, みんなある, みんなおらが, みんなつまり, みんなよろしく, みんなクラウデと, みんな一九〇〇年頃の, みんな冒険を, みんな少年探偵団員の, みんな真に, みんな私にとって, みんな自分の, みんな間違っ, みんな飛散つ, むしろ法に, むす子, もういま, もう安全, もう決してわれわれ人間, もう苦労ずみ, もう遠い, もちろん大いに人, もちろん武門以外, もともと祭場, もはや偶然, もはや現代, やはりハイデッガー, やはり悲しい, よちよちと, わが白鳥碑, わたしより, わたしを, インカの, ケチくさ, テント村から, ヒマーラヤの, ヘーゲルにおいては, ペンであり, ルウス・ジュッドの, 一つに, 一ヵ年分の, 一体どんな, 一切後に, 一家内の, 一応引きつれ, 一斉に, 一枚いくらという, 一部人士の, 一面に, 七人の, 下積みに, 不思議な, 不思議に, 中に, 主として内容, 主體性, 事実の, 二人の, 二対一では, 互いに衝突, 人情風俗の, 人間の, 今は, 今徳次の, 今悠悠, 今日でも, 今日の, 今日散逸し, 他国に, 伸子に, 体の, 何であった, 何である, 何もかも昔, 何を, 何処の, 何處の, 余りに有名, 余り細かい, 価値を, 俳句本来の, 偶然に, 僕らの, 兄の, 光そのものの, 入る前, 全く亡び去った, 全て結構である, 全然目, 全部分子から, 共に当て, 冷笑し, 凡て人間の, 凡て健三の, 凡て慾望の, 初めから, 別に驚き, 別問題, 利己的な, 前に, 前年の, 前述の, 労働の, 動物の, 十人十色である, 十分一税を, 単にわたし, 単に克服, 単に政治, 単に私たち, 占有され得, 原料としては, 又それら, 収入率の, 取り消すべし, 古い箱膳, 古びきって, 各, 各個の, 同じく古代, 同じ階段, 同時に珍しい, 君の, 周囲の, 和衷を, 商業上の, 問題に, 單に, 器官と, 四方へ, 固定資本及び, 国民の, 地上から, 地代利潤及び, 売るわけ, 夏の, 多くの, 多く得られない, 多であっ, 多種な, 夜中じゅう時折り歌い, 大きい石, 大きな兵士, 大きな抗争, 大ッぴらな労働組合, 大人としては, 大変内気で, 大抵, 大抵浮浪者, 大抵若い, 大概通作式で, 大衆が, 天に, 夫の, 奇蹟の, 女の, 女給の, 如何に, 妻だけの, 婦人部屋の, 嫌悪すべき, 学校の, 安価な, 宗達の, 実に感心, 実に虚心平静, 実はみんな, 実際ただ, 宮中服の, 容易だ, 寧ろ作り物, 小田切殿持参された, 少ししわがれた, 少しも, 少年の, 少年同士の, 層を, 島の, 巧言や, 已に冒頭, 常に時流, 幕が, 幾たびも, 幾十年の, 弟子との, 強制的に, 当然なさね, 彼という, 彼によって, 彼らを, 彼女にも, 往々に, 後の, 徐々に彼, 得られない時代, 必ず一度演出者, 必要の, 応用科学または, 恐るべき論告者, 悉く今日, 悉く現象, 悉く障子戸, 意と, 慥に, 我等に, 所謂貧乏旗本で, 折々財産争い, 拷問である, 撫育する, 改善されない, 敵の, 新しく追加, 方程式, 既に名所旧跡, 日本人とは, 日本的と, 早何となく自分, 明かでない, 明治維新と, 普通の, 暫くの, 暴風の, 書いて, 最も緊密, 最近の, 會員達が, 有益でない, 本の, 本来冷血な, 本質的に, 某見, 栄養生殖に, 根強く京都人, 極めて壮麗, 楽しく仲よく, 機会を, 正しいこと, 正成が, 此頃では, 武士では, 死物狂ひ, 残らず笹村, 殿下を, 毎日順について, 比較的年かさ, 水底に, 氷を, 求められること, 決してほろびないだろう, 決して私, 河口の, 波の, 洞穴の, 海上に, 消散し, 深田や, 漠と, 烈しき夕陽, 煉瓦で, 牧草地の, 物の, 特別な, 現代の, 現実だった, 理想の, 生産的用役, 申すに, 男の, 留守の, 疾病放縦などの, 皆お, 皆それぞれに, 皆われら自身で, 皆チベット風あるいは, 皆一升の, 皆両氏の, 皆人手に, 皆人間シューベルトの, 皆何の, 皆各自に, 皆嘘の, 皆城を, 皆大使一行が, 皆殖民地戦争の, 皆海中に, 皆燃え上がり, 皆白色だった, 皆知った, 皆罪悪に, 皆自然である, 皆藍, 皆道路に, 皆閉ざされ, 皆電燈の, 益々激しく, 直ちに鎮定, 直接に, 省いて, 真に子供, 真理子の, 瞬間の, 確かに, 神秘哲学神秘語学神秘数学と, 私たちが, 私たちは, 私と, 私どもを, 私共の, 私達の, 稀少な, 空想もしくは, 粗生, 純粋に, 純粋小説論の, 結合し, 結局, 結局今までの, 絶対の, 総て味覚を, 総て独力で, 緑の, 繰り返し追究, 美しい作物, 美しく装う, 習慣の, 耕作を, 聴く者, 胸も, 自ら苦労し, 自分の, 自然に, 艦上機では, 若し次, 茶番に, 街上の, 西洋人には, 要するに経済的, 見当が, 親父の, 訂正を, 訴えるべき自ら, 証明し, 詳論され, 誇るに, 読者に, 誰も, 論なし, 負であり, 賃貸せられ得る, 質素な, 躯つきとか, 通例ただ, 通常大, 道人の, 遠くから, 野上彌生子にも, 針状羽毛状杯状平板状の, 鉄張りの, 鋸で, 長い間, 長所であり, 隋の, 需要量を, 霊である, 青春の, 静かな, 頭目モーナルーダオに, 飛び歌い翔るそして, 飛散って, 食物が, 高く風, 高級な, 魂によ, 麻川氏の

▼ それら~ (857, 7.6%)

9 彼は 6 見て 5 眺めて, 綜合し, 自分の 4 もって, 持って 3 して, 包んで, 善き歌, 完全に, 手に, 私は, 超えて

2 [46件] いちど青べかの, お見せした, すべて彼は, ながめて, ゆっくり片づけ, 一つ, 一冊に, 一括し, 上手に, 使いながら, 列挙する, 取り扱う場合, 含めて, 囲んで, 多くの, 奇蹟の, 存在せしめる, 実際に, 弟に, 彼女は, 忘れて, 忘れること, 抽象的に, 排斥する, 有して, 条件と, 相互に, 眺めた, 統合し, 統御する, 綜合する, 考えると, 考え合わせると, 見ても, 見に, 見ること, 視つめて, 視て, 記憶し, 読んだ, 警護する, 買い取った, 買って, 超越すれ, 銀行へ, 除いては

1 [706件 抜粋] あたかも私たち, あとで, あわせても, いきなり取り崩す, いずれも, いためても, いちいち遺漏, いよいよ明る, いろいろ思い合わせ, うたつた斎藤茂吉, えり分けて, お国, お救いなさらぬ, かすめて, きれぎれにつぎあわせながら, くり返しまた, ここに, こなし得るやと, この上, この目的丈, こばもうと, こまかく観察, こめた夢, ごく具体的, さらにある, したしく御覧, しのばせるよう, しまって, すっかり書きこみ, すっかり登りきる, すべて一家の, すべて取り除いたなら, すべて承知の, すべて用意し, すべて見舞う, せがみ片, それぞれ配置し, それの, た, たがいに, たずさえて, ちっとも怖い, ちらりと見廻した, つつましい心, つつんで, つなぐ長い, つなげ, とくの, どうしよう, どう思い出し, ながめながら, なだめるの, なつかしそう, のぞき見るよう, はぐらかして, はずして, はぶくと, ば余の, ひつくるめ, ひとつのこらず, ひろげて, ひろ子は, ぼんやり照らし, ぼんやり眺めた, また驚き乍ら, まともに, まるで失っ, みなかわいがった, みなやりすごし, みな治める, みんなわきまえ, みんな人々が, みんな退治て, みんな重吉は, みんな集めた, もみな, もらった八百屋, よくしらべ, よく理解, よく聞きわけ, よく観察, より強く, わざと一度, わたしは, シカツメらしく, ジャッカル稀に, スケッチした, ツブサに, ドロシイの, 一々茲, 一いち思いあわせる, 一つずつ, 一つ一つさぐつてみてゐるうちに昨夜夜ふけて, 一つ一つしらべる, 一つ一つひらい, 一どきに眼, 一度見た, 一旦日本語, 一束に, 一目見やっ, 一纏めに, 一通り処理し, 一通り見渡した, 一顧し得る, 万里一条の, 不満だ, 与うる者, 世渡りの, 世間では, 両手に, 並べて, 主導し, 乗せて, 乱読し, 予想し, 二重に, 交ぜあわすの, 今日の, 他家へ, 伝えた西欧人, 伝習する, 何もかも一緒, 余儀なくされ, 便りに, 保養と, 信じるという, 個々に, 健全な, 傷む思いやり, 元の, 入れて, 入れる余地, 全く顧慮, 全部合せ, 其處に, 凝と, 凡て無視する, 処理する, 分類する, 切ること, 別に, 利用する, 制御する, 加えると, 助けて, 勇敢に, 包む夜, 単に作家的思想, 単に巧, 単に書類, 原稿の, 参照されたい, 友達と, 反対者に, 反映し, 取りかこんだ曖昧糢糊, 取りもどしたがった, 取り取り, 取り囲みながら, 取り除くには, 取上げて, 可能に, 合する, 合せて, 同じよう, 否定し, 否定する, 含めた態度そのもの, 含めた綜合博物館, 呼び醒さなければ, 哀れな, 唯一の, 啄みに, 問題として, 喝采するで, 噛んで, 四方に, 回想し, 囲む様, 土産に, 圧するほど, 圧倒しうる, 地上から, 型化せん, 基準に, 基礎と, 外見上持っ, 多少斟酌, 大事に, 夫婦が, 失ったかの, 好きな, 如何に, 嬉々と, 存在の, 実感した, 寄せ集めて, 尊敬しようで, 導く可能性, 尻目に, 尽くそのまま真実, 岸本に, 差別に, 布張りの, 帆布の, 希求しつ, 常数と, 常食として, 幸なき, 広東更紗の, 引き入れること, 引き出物の, 引き抜いた後, 引き附けたり, 彩るたっぷり, 彼女に, 彼女の, 征服する, 得意と, 心に, 忌みきらうよう, 忘れ去って, 念頭においては, 思い出させるよう, 思い出して, 思い出すこと, 思うよう, 思ひ出しつつ, 思ひ返すと, 恐ろしいとは, 悟り得なかった事, 悦ばなくては, 意地わるく, 意識しだし, 意識する, 愛しその, 愛して, 愛撫し, 愛撫する, 愛用してる, 感じ得ないせい, 感傷的な, 慕は, 憎んで, 懸念し, 成就する, 我々は, 戦がせんため, 戸口に, 手足の, 打ちくだき火中, 打ち消した, 批判せず, 抱合する, 拂ひ退けるべく, 担いながら, 招いて, 持つて, 持てり, 挙げて, 挾んで, 探し出すの, 探し求める情熱, 探っては, 接觸せしめよう, 措いて, 描いて, 撃破する, 撃退し, 擴げまたは, 支えてる丈夫そう, 支配し, 支配する, 改造する, 攻撃しなかった, 救って, 教員たちとの, 整理し, 断って, 新しくし, 新しく買つた時, 新生面に, 新聞紙に, 時々宙, 暗示し, 書きとめて, 書こうと, 最も単純, 最初投げ入れた, 服属させ, 木枯しの, 本箱に, 材料に, 果たして, 柵の, 極めて不誠実, 樂しまね, 標準として, 機縁に, 次ぎから, 欲する権利, 正して, 正直に, 残りの, 殘し, 比較し, 気がついて, 気に, 水の, 求めに, 決して区別, 決して単なる, 決定する, 治癒せん, 洩れ聞くにつけ, 活用し, 浄めほろぼす, 混合し, 済まして, 渠の, 渾然と, 溶かしこんで, 滅ぼそうと, 滿たすべき, 漠然と認め得る, 濫用したら, 瀬川は, 無用ならしめる, 煎じつめた機微, 照らして, 熟読し, 片っ端から, 猟を, 獲得せん, 珍しげ, 理解しないでしょう, 環境づける, 生かして, 生きさせようとは, 生み育てて, 生れて, 生存競争の, 発達させた, 白日夢の, 皆ふさい, 皆一樣に, 皆承知した, 目では, 目に, 相手には, 看過し, 真実の, 眺めあるいは, 眺めるの, 眺め感動, 眼下に, 着よごさないため, 督し, 睨みまわして, 知らせたいからばかり, 知らない者, 知ること, 知るため, 知るには, 知る可, 知的な, 研究しよう, 研究する, 碎き井戸端, 確める, 確保しない, 私の, 私も, 積みあげて, 積み重ねて, 空襲の, 竈の, 端の, 笑うべきもの, 笑って, 系統的に, 素肌へ, 細大洩らさず物語っ, 組立てて, 経て, 経過する, 結び付けて, 結合する, 統御した, 統率し, 総合し, 締め殺して, 縛り上げて, 繰り返して, 纏めて, 罩めた, 置くの, 美しくあらしめる, 習得し, 考えたくなかった, 考えて, 考えるとき, 考へて, 考へると, 耳にも, 聞いて, 聞き分けること, 背景に, 脱ぎちらして, 自ずから物語る, 自分たちの, 自分に, 自由に, 自身としては, 蔽うて, 融け焦がしたただ一図, 融合統一する, 表現し, 裏打した, 製造する, 西日の, 要求する, 見た源氏, 見つめ泥, 見ないよう, 見なかったので, 見なければ, 見まもって, 見られて, 見るであろう, 見ると, 見るに, 見るには, 見る機会, 見出すの, 見分した, 見守りながら, 見渡して, 見物する, 覗いて, 観取するの, 解きほごして, 解き明かす, 計算する, 記憶の, 記録に, 詠うの, 話して, 説明する, 調べた, 調べて, 調達する, 論じて, 謄写する, 講誦せしめ, 證據立てる, 貪り読んだの, 貪り食うか, 買いととのえたもの, 買ふ, 賞翫する, 購い来て, 購買すべき, 超えたもの, 超え得るかを, 越えたある, 越えた美, 越して, 蹂躙する, 身に, 輝らしだす恩恵, 迎えた, 迸り出させる, 追拂つた此, 逆様に, 逐一聴き終っ, 連ぬる, 運び去る, 運んで, 遠景に, 選択した, 避けて, 重石の, 重要視する, 金串から, 鋭敏に, 間に合わせに, 除いた上, 除いて, 除去せね, 集めほか, 非常な, 鞄から, 順序なく, 類推し得る, 顧慮する, 風が, 食べること, 餌として, 高級船員が

▼ それら~ (559, 5.0%)

7 私の 5 一緒に 4 今も, 彼の 3 互にはたらきあっ, 自分の

2 [26件] いちめんたくさんたくさん集っ, どれだけ, ゴーリキイの, 一つに, 一つの, 一斉に, 一時に, 一糸乱れず, 主として人, 今は, 全くの, 少しも, 幼いゴーリキイ, 彼に, 必然的に, 想像力を, 明瞭に, 烈しく想像力, 無から, 矢張り衒気では, 第三, 群衆の, 自分と, 表面上は, 賑かさを, 長いこと

1 [481件] あったの, ありさえ, あるひは, いかなる点, いかなる調和, いかに変化, いかに変遷, いくつと, いくらかでも, いずれも, いちめんたくさんたくさん集まっ, いっぱいになるようなことはたまにしかないし, いつそう, いつとは, いつまでも, いつも同じ, いつ何時, いまだに流人村, いまは, いま桂子の, いりくんで, いりまじつて, いろいろの, おそらくキヤンテイ, おとろえきったすえ, おのおの一個, お互, かくも, かもし出すセンシュアル, きっぱりと, ことごとく本筋, この作品, この作者, この旅行, この点, ごちゃごちゃに, ごつちや, さつと掠め, しだいに大きく, すなわち暴動, すべてかの, すべてほとんど, すべて不朽の, すべて字村に, すべて彼の, すべて犯人が, すべて貨幣価値の, すべて隔ての, すべて馬鹿馬鹿しく, すむと, そうなるべき, そっくりサイパン, その光線, その生産, その相対価値, それぞれ稀少の, たがいに, たとへば神經過敏, だん, ちらと, ちらりと見えた, つとめて, つまり日本人, とりあげられずその, とろりと, どういう役, どうしても効果, どうしても達し得ない, どうして尊ぶべき, どうして滅亡, どうしよう, どうはたらき, どうはたらきあい, どこに, どのくらい, どのよう, どの程度, どんなにまあ私, どんなに昨夜, なかなかの, なくなって, なにか渾然, はじめで, ひとしく動い, ひと度彼, ひろくおこなわれる, ふと僕, ほんとうの, ほんとに思わずも, ぼやっとぼやけ, また不, また互いに, また評判, まだいまだに机竜, まだ充分, まだ日常, まったく直観的経験, まとめられて, まるで作者, まるで消えかけた, みな他の, みな力を, みな客を, みな無であり, みな私への, みな遠い, みな雌花に, みんなこの, みんなよく, みんな一つに, みんな交りあっ, みんな今更, みんな同一の, みんな吸える, みんな此處では, みんな白いきれ, みんな紙を, みんな蘇生し, もう一度頭, もっと少ない, やがて地位, ゆら, わが国に, わたくしたちに, わたしたちの, アカシアの, ギッシリつまっ, サルの, スーッと, ソフィストの, ドストイェフスキー独特の, バラ, 一せいに, 一つ所に, 一団と, 一定の, 一廉の, 一旦否定, 一杯機嫌などで, 一番大きな, 一面の, 万寿の, 三つ重, 上に, 不自然な, 与えるか, 主たる関心事, 乗る馬, 乘る, 二に, 二人の, 二列或は, 互いに一致, 互いに対峙, 互には, 互にはたらき, 互にはたらきあった, 交りあっ, 交錯し, 人の, 人目に, 人間の, 今さら思い出され, 今と, 今日から, 今日の, 今自分, 似ても, 何かしら得體の, 何だかしきりに佐和子, 何だか分からない, 何である, 何の, 何よりも, 何れも, 何んで, 何処に, 何年も, 何時もちょっと山陽, 何者かの, 作られた境遇, 例に, 例年の, 保証されざる, 信子の, 俳諧と, 個々別々に, 偶然の, 偽であるなら, 僞であるなら, 元々北米, 充分に, 入り乱れて, 入り混じつて, 全体として, 全体としても, 全部無料な, 全體, 六兵衛の, 共に直, 其処に, 円く丸められ, 出て, 出来上がった, 分離し, 分類され, 別々に, 前世紀, 動機と, 十分残っ, 単に思惟, 単独に, 原子価を, 古く祭儀, 可能の, 各, 各瞬間ごと, 合して, 同一である, 同一の, 同一根柢, 同時代, 唐丸駕籠に, 商品として, 單に, 四五五五六五及び, 四方から, 国家生活の, 土地人民を, 地平線の, 地方的な, 型の, 基づいて, 堪らんほど, 壺に, 変に, 夜中に, 夜來の, 夢である, 大きく大きく, 大気中に, 好奇心や, 如何に, 如何にも可愛かっ, 存在しない, 宛も, 実にすべて, 実に見事, 客観的な, 客觀的な, 密接な, 小さな恒星, 届いた時, 山田の, 嵐の, 帰って, 座敷に, 建てられるの, 強い香気, 強烈な, 当分は, 役人らしい, 彼らが, 彼らの, 後に生物進化, 後世に, 得られ相, 御首, 微分方程式として, 心理的である, 急に, 性器だった, 恐ろしく手, 恰で, 悉く優美, 悉く拙劣, 悉く此作, 悉く菩薩立像, 惨劇の, 意味を, 懐かしく思はれない, 懐く噴火口, 成人し, 我々には, 或は歌, 或は絡まり, 房, 所々僅かの, 打ち合せられた, 挙げて, 採取され, 揃つて日に, 揃ひも揃つて所謂, 揺ぎなき, 支えと, 放射する, 教えるくさ, 教育の, 数知れぬ, 文学として, 文学者自身の, 日々の, 日本の, 旨く纏つて一個, 星と, 昨年の, 時々ブウ, 時に釣竿, 普通の, 暗示しよう, 暴動に, 曇った空, 曇つた空と, 最も原始的, 最も目, 有って, 木更津周辺の, 村人を, 来るの, 根を, 極めて具体的, 概念的に, 橇で, 欠点に, 次々に, 次ぎつぎ, 次の, 次第に繁昌, 武士や, 殆ん, 殊にはっきりし, 残らず自分, 殿様が, 比較される, 気に, 氷の, 汚点と, 泛んで, 海近くの, 淡い光景, 混じて, 溶けあって, 溶解し, 滞りなく, 滲み出して, 火の, 炎を, 無かつ, 無くなったので, 無くなって, 無尽蔵であり, 無数に, 片付いて, 物の, 特種な, 珍奇な, 現れる, 現実に, 理解できなくなる, 甚だ不自由, 生えて, 生まれたの, 生まれ出て, 生れるに, 生命ある, 生憎漠々, 生長し, 用いられた貨物, 申合い, 當時の, 発生した, 發表され, 發見された, 皆いくらか, 皆その後發達し, 皆同, 皆固, 皆夕日, 皆実際, 皆昔と, 皆歩く, 皆活気, 皆独身, 皆礼拝, 皆私の, 直接僕の, 直觀, 相互の, 相寄り相, 相繼い, 眞である, 眞であるなら, 真である, 真であるなら, 真物でなく, 真理であるなら, 眠らうとして, 瞬間彼の, 硝子器の, 確かに, 福田恆存にとって, 禿げて, 私たちの, 私に, 私自身によ, 私自身によって, 私達の, 程よく整ってる, 稚拙である, 種々の, 空中で, 立ったり, 笠原の, 等しいこと, 粗生, 精密な, 精神的, 素晴らしい紙幣びら, 終わると, 組み立てる都市, 経済的に, 絶えず目まぐるしい, 続いて, 綜合せられ, 網棚の, 緑の, 縁側から, 美化された, 老人が, 胸を, 自然の, 舞台を, 花を, 苦痛に, 落ち合って, 蒙ること, 薄暗い光線, 薪を, 虚空へ, 街道を, 衰えきって, 見えるの, 見えるばかり, 見える所, 親と, 記されて, 誘惑しかけ, 語つてゐる, 語り得るのみ, 誰も, 足を, 身を, 車の, 車窓から, 軍用列車を, 輸入国において, 退屈し切っ, 通りの, 造られる粗生原料品, 遠隔諸国から, 重く重く自分, 金比羅舟, 鋭くな, 鏡の, 闇がりに, 降りて, 陳子, 隆吉に, 隙間も, 集つて戯曲を, 雨の, 露西亜人の, 静子に, 静粛に, 順次に, 頻繁に, 騰貴した, 高いか, 高く入り乱れ, 鮮新な, 龍巻きの

▼ それら~ (172, 1.5%)

2 [12件] くらべると, まじつて, 對し, 就いて, 就いては, 比べて, 比べては, 満足し, 相応する, 眼を, 近づくため, 魂は

1 [148件] いかなる意義, お気が, かかわらずして, この芸術, これから会い, しかるべく顔, たいし鋭き, はさまれた四カ所, ふさわしく浮世, ふたたび陥る, ました悦び, まじって, まつわってるあの, まみれた空気, まんべんなく感心, よく耐, よると, わずか二倍, ムザムザと, 一々注意深く, 一点不安を, 一瞥も, 与えた, 与へて, 付きて, 付し高度国防国家体制, 付設し, 代用する, 似たよう, 似たテーマ, 何んの, 依って, 便りつつ, 先立つて, 入れ混じり勝川春亭, 共通した, 共通する, 共通な, 共通に, 出会った, 出会って, 勇みを, 勝った, 匹敵し得る, 厳重に, 反して, 反対し, 反対する, 反抗する, 取り捲かれて, 取り縋り巻いて, 古い被布, 君じ, 君たちを, 君臨し, 囲まれて, 太陽の, 媒介される, 安定を, 対抗し, 就いての, 就て, 属する古い, 崩れたものの, 弱いため, 彼女は, 従事した, 心を, 必要である, 必要な, 応えて, 手を, 投げ力, 抵抗し得る, 拮抗し得る, 捧げられた神殿, 接するところ, 新しき光, 方向転換を, 於ける立廻り, 映る万象, 最後の, 本来の, 来られてから, 棲息する, 横の, 正しい方向, 比すれば, 比べられようとは, 水蒸気が, 沁み着いて, 注意深く耳, 深き興味, 混じって, 混って, 満腔の, 煩わされること, 留まらずひたすら, 皆見覚え, 目を, 直接する, 眼も, 示唆され, 私の, 精通する, 結び付けて, 纏まつ, 美装を, 習熟すべきである, 耐えながら, 耳を, 臨んでさえ, 自由な, 至るまで, 興味が, 表われた, 見入つてゐる, 触れて, 訴えるもの, 該當する, 誘はれるやう, 語りかけないわけ, 調和した, 負うてるところ, 負けないでありましょう, 責め立てられる苦し, 軽くう, 較べると, 近い素質, 近づくすべ, 進軍を, 遠ざかって, 遠慮し, 適当な, 遮ぎられて, 遮られて, 金と, 関いもせず, 関係する, 關係付ける, 附属し, 雑って, 頓着が, 頓着なく, 頓著あるべく, 食物を, 餌など, 馴らされて

▼ それら~ (72, 0.6%)

2 長所に

1 [70件] あくまで太平記, あまり大形, ありき, いくらかの, いつか遠ざかっ, いまだにアトリエ, おもしろくない, しだいに空中, すきで, ついにす, また, またお玉, またちゃんと, また各自, また意味, また整然と, また次第に, また流派, また話題, みな全身に, みな蒼然たる, みんな俺と, もちろん色, もはや一つ, もはや今日, もはや恐るる, もはや神, やはりこの, やはり他, やはり公民, イエニーの, キリシタンと, チベット人の, 一時の, 七時を, 亦創作, 到底判然, 吸って, 大なり小, 大体において, 宜いか, 幾らか長, 廃し, 彼女の, 心の, 探り知らずに, 斜陽に, 更に精密, 武者修行者の, 決してこの, 決して忽, 無いよりは, 物語と, 畢竟こ, 皆これと, 皆人生, 皆江戸河越甲府秩父などの, 皆自分, 皆駄目でありました, 石灰化し, 立ち消えに, 華麗を, 蝸牛角上の, 見えず全く, 話の, 詳しく知らし, 読んで, 飼って, 馳せ参じた, 驕慢星の

▼ それらしい~ (63, 0.6%)

14 人の 6 者の 5 人は 4 家が, 者は 3 人を 2 一色彩が, 二三軒の, 人にも, 声などは, 家の, 家は

1 [15件] かげも, 一群が, 一軒の, 二三軒が, 二人づれが間違いなく, 人が, 人には, 人も, 品が, 家も, 所を, 線や, 者が, 者も, 者を

▼ それら~ (55, 0.5%)

2 並ぶ情念, 同時に発生, 比較し

1 [49件] あまりかわった, かけはなれた緑, ここに, たたかい父親, ただ単に, とてもうまく, どこか, わしとを, 一刻も, 一緒に, 並んで, 中央政府との, 交錯させ, 仕事を, 仲よく遊ん, 何の, 併せて, 僕の, 儒教との, 全くちがった, 全く性質, 全く趣, 兵部卿の, 同じく自然現象, 同じしかけです, 同じやう, 同じよう, 同じ流れ, 同じ理由, 同じ若, 同時に発表, 向かい合って, 和する響き, 奇怪な, 思い合わせると, 数日数週ときとしては, 新しい物, 比較する, 混血した, 生活を, 結び合わされた母, 縁遠いといふ, 考え合せると, 関係し, 闘いぬいて, 闘ったその, 闘争しつづけ, 類型を, 體格の

▼ それらすべて~ (40, 0.4%)

5 のもの 3 のこと 2 が広い, は何

1 [28件] があっ, が尊氏, が無効, で表現, に於, のうれしい, の上, の事, の人, の動き, の局面, の心, の意味, の根拠, の根據, の水, の眼, の綜合, の総合, の議員, は伸子, は大変珍, は自己主義, は青年, も仮装仮面, を利用, を忘れ, を過去

▼ それらから~ (26, 0.2%)

1 [26件] いろいろの, かの女, して, 不調和とか, 何の, 作りなされた澤, 働きかけられつつ, 冷やかな, 受けた影響, 多かれ少なかれ治療, 学びそれら, 学ぶこと, 帰納し, 強い誘惑, 推論を, 教えられる道徳, 暗い影, 来る寂し, 棄てられた, 無心に, 生ずる律動, 眼を, 考え合わせて, 脱れる, 覚える素人料理, 謙遜な

▼ それらについて~ (25, 0.2%)

2 私の

1 [23件] うちあわせても, おたがいにたずね合った, お話しする, その良人, とくと考え, どう思われます, 一々こまかく, 三時間半に, 世人は, 云わば, 今は, 何も, 市場の, 思いを, 思ひを, 思考を, 懐かしい何, 最も率直, 検討を, 知らなかったけれども, 知り得るだけは, 知ること, 語ること

▼ それらには~ (25, 0.2%)

2 人けがなく, 触れず秋人君

1 [21件] あらず, いつの間にか銀, それぞれ名まえ, ふれないこと, 一家の, 別に御, 安心し, 度島の, 彼は, 必ず中心, 恕し, 我の, 手も, 構わずに, 汝から, 目も, 眼も, 英国駐, 蔵の, 野趣が, 長い病苦

▼ それらに対して~ (17, 0.2%)

2 恬淡である, 無関心

1 [13件] まるで路傍, もっと現実的, 余輩は, 出来るだけ, 批判的な, 標榜し, 特殊の, 白兵戦を, 私以上の, 自分自身が, 近いもの, 途方に, 高価な

▼ それらとは~ (15, 0.1%)

1 [15件] だいぶ趣, ちがったへん, ちがって, ちっともかかわり, はるかに, またすこし, まるで違った, もはやなんらの, 全く別個, 正反対だ, 比較にも, 状異, 異色が, 直接の, 見わけ

▼ それらに対する~ (15, 0.1%)

2 抵抗力を

1 [13件] 一つの, 努力とにおいて, 味到の, 審美眼が, 感情は, 批評家たちの, 時と, 疑念は, 私たちの, 自棄な, 苦しい考え, 藩の, 警戒平定に

▼ それら一切~ (14, 0.1%)

3 のこと 2 のもの 1 の, の中, の危惧, の情景, の武器, の經過, の繩, を忘れたい, を捨て

▼ それらについては~ (11, 0.1%)

1 [11件] いくらかまとめ, ここでは, さらに項, 一切沈黙し, 万事この, 何とも自分, 何も, 最初から, 知らないが, 私は, 語られて

▼ それら二つ~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, のこと, のもの, の会話, の光り, の場所, の帆, の楽しい, の約, の領域, の魂

▼ それらとの~ (10, 0.1%)

2 関係は 1 たたかいは, ツナガリを, 比較も, 用談が, 連絡を, 間には, 間の, 関係から

▼ それら全体~ (9, 0.1%)

1 にわたつ, のこと, の上, の中, の諸, の雰囲気, はより, を引きしめ, を引っ

▼ それらによって~ (8, 0.1%)

2 柔らげられ 1 ほんとうに, 人間そのものの, 名声が, 影響せらるる, 我々は, 陸地は

▼ それら~ (7, 0.1%)

1 あつて, いっぱいで, てんでにこちら, 一年中の, 尽きたでは, 誘惑される, 静かな

▼ それらについての~ (6, 0.1%)

1 お話を, 是非の, 正しき自覚, 研究は, 簡単な, 認識の

▼ それらよりも~ (6, 0.1%)

1 ずっと立派, もうろうと, もっとも有益, もっと今, 一層熱心, 引きこまれにくい

▼ それら無数~ (6, 0.1%)

1 の人々, の仕事, の巨大, の憐れ, の要素, の鳥ども

▼ それらしき~ (5, 0.0%)

1 ものが, ものに, ものは, ものを, もの漂着

▼ それらにも~ (5, 0.0%)

1 ましていつもながら, まして片手洋食, 劣らず可変的, 届くであらうが, 能く

▼ それらに関する~ (5, 0.0%)

1 智識を, 歴史的研究などという, 法律の, 知識や, 聞き込みなどを

▼ それらさまざま~ (4, 0.0%)

1 な揣摩臆測, の人物, の外見, の要素

▼ それら~ (4, 0.0%)

1 いもの, きものも, さ, さに

▼ それらをも~ (4, 0.0%)

1 一人残らず, 合せたならば, 含めたところ, 含めて

▼ それら多く~ (4, 0.0%)

1 のフランス人, の作家, の喜悦, の者

▼ それら生物~ (4, 0.0%)

1 のほの暗い, の圧迫, の最小, の身体

▼ それら相互~ (4, 0.0%)

2 の間 1 の交渉, の關係

▼ それら~ (4, 0.0%)

2 先輩に 1 先生の, 版の

▼ それらにたいする~ (3, 0.0%)

1 愛好の, 父の, 賛歌を

▼ それらに対しては~ (3, 0.0%)

1 ただ一つ, 信者たちは, 多少私

▼ それらふたり~ (3, 0.0%)

1 の幸福, の男, の間

▼ それらへの~ (3, 0.0%)

1 愛と, 興味は, 関心から

▼ それらより~ (3, 0.0%)

1 後の, 恐らく一時間, 活きた手本

▼ それらよりは~ (3, 0.0%)

1 よほど壮大, 幾層倍も, 遥かに

▼ それらドイツ~ (3, 0.0%)

1 の偉人, の同胞たち, の大家連

▼ それら一団~ (3, 0.0%)

1 というの, の連絡, の顔

▼ それら一群~ (3, 0.0%)

1 の人々, の者ども, の騒々しい

▼ それら三人~ (3, 0.0%)

1 の無辜, の男, へピシピシ平打ち

▼ それら全部~ (3, 0.0%)

1 の救護, への想い, をもった

▼ それら凡て~ (3, 0.0%)

1 に調和, のもの, を輝らす

▼ それら小さな~ (3, 0.0%)

1 君王らの, 専制者らは, 魚や

▼ それら種々~ (3, 0.0%)

1 のはつらつ, の不, の魚

▼ それら総て~ (3, 0.0%)

1 が内容, の歴史, の稚気

▼ それらいずれ~ (2, 0.0%)

1 の場合, も多少

▼ それらからは~ (2, 0.0%)

1 オモチャとしての, 何の

▼ それらしいす~ (2, 0.0%)

2 がたは

▼ それらしか~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ それらしかった~ (2, 0.0%)

1 が裏, のと

▼ それらである~ (2, 0.0%)

1 から新, という

▼ それらでは~ (2, 0.0%)

1 ない, 無い

▼ それらにおいて~ (2, 0.0%)

1 劇の, 頽廃の

▼ それらによっても~ (2, 0.0%)

1 その新た, 証明されました

▼ それら~ (2, 0.0%)

1 あこがれても, 久光は

▼ それらみんな~ (2, 0.0%)

1 大きいメタル, 色づいて

▼ それらをば~ (2, 0.0%)

1 余儀ない事, 自分の

▼ それらを通して~ (2, 0.0%)

1 彼の, 漠然想像し

▼ それらを通じて~ (2, 0.0%)

1 彼は, 編した

▼ それら三つ~ (2, 0.0%)

1 のもの, の頭

▼ それら両者~ (2, 0.0%)

1 に比すべき, は地代

▼ それら人物~ (2, 0.0%)

1 の手中, の黒い

▼ それら個々~ (2, 0.0%)

1 のもの, の問題

▼ それら各々~ (2, 0.0%)

1 の職分, の衛星

▼ それら~ (2, 0.0%)

1 多数の, 芸術家を

▼ それら家族~ (2, 0.0%)

1 の一人一人, の身

▼ それら希望~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ それら~ (2, 0.0%)

1 主義新, 時代の

▼ それら様々~ (2, 0.0%)

1 の問題, の段階

▼ それら自然~ (2, 0.0%)

1 の光輝, の風致

▼ それら自身~ (2, 0.0%)

1 にも潔い, に過失

▼ それら諸侯~ (2, 0.0%)

1 の, は乱世

▼ それら諸家~ (2, 0.0%)

1 の軍装, の門人

▼ それら陰惨~ (2, 0.0%)

1 な方陣, な闘犬

▼1* [317件]

それらわれな, それらあるがため, それらいっさいの金具, それらいつさいの, それらいづれも, それら一通り見, それらおおぜい, それらお歴々の三百二十八大名全部, それらからの関係であろう, それらきのふまでの街頭歌曲, それらさえ与えて, それらさえも凌ぐ超絶的, それらしいけはいも, それらしいようすも, それらしい見當が, それらしく白い様, それらしくもない家が, それらぜんぶの声, それらそれぞれの商品, それらがいに, それらだって決して歌留多, それらとて悉く他, それらとてもよく観察し, それらとりどりの植物, それらと共に横に, それらなきいまの, それらなどにも尚侍の, それらなりに仕事が, それらにこそ男は, それらについても経験を, それらにばかりやかましくいった, それらにまつわる伝承資料の, それらによつて媒介される, それらに対し高度国防国家体制の, それらに対してのみ救済の, それらに対してまで菜食を, それらに対してもこの池, それらに関してロープが, それらに関しては再び貴重, それらのうづまく黒雲や, それらのさぎがまた, それらのみが利用が, それらばかりで大阪, それらひそかな情熱, それらひとのせ, それらまさかこの禁忌, それらみな副次的なこと, それらみな海をつくり, それらみな素足のもと, それらもとどこおりなく行き渡っ, それらもろもろの徳性, それらりっぱな人たち, それらをこそ何と勝手, それらスターの最近, それらトド松の間, それらフランス人らの驚くべき, それらラテン精神の統制的威力, それらローマ型の婦人ら, それらワグナー派の学者たち, それら一つ一つの扉, それら一同の者, それら一定の解釈, それら一帯を西口, それら一握りの新, それら一時の友, それら一枚絵の外, それら一瞬の光景, それら一連の山岳, それら一顆の物, それら七人の者ども, それら三ツの陣所, それら三十人ばかりの青年ら, それら積の, それら下層階級の婦人, それら不幸な女性, それら世捨人のあと, それら両面からの問題, それら中国の妻たち, それら九人の骸顱, それら乞食坊主や理性, それら二人を敵, それら二十世紀のフランス人ら, それら二十人余の武士, それら二千百六十八万人の婦人, それら二様の逆, それら二者を離し, それら五人が沢上良太郎, それら五六人の者, それら五十名近くの委員, それらのよい, それら人工材料は天然, それら人格に深み, それら人生の断片, それら人間の髪の毛, それら仕事の道具, それら任侠公平なフランス人, それら供奉の人々, それら価格とは云わ, それら俗流は彼ら, それら俗衆的使徒の数名, それら信徒を大船, それら先人達の本質, それら作品に, それら全ての最, それら八五郎が歸, それらけの罪悪, それら公家衆が総出, それら共和派の結合, それら内容物を判別, それら劇作家のある, それらの発散, それら労働者らの集まり, それら勇敢な行為, それら北斎の, それら十二のブル, それら十二三人の人, それら卑少の歴史, それらの対岸, それら南欧人の不自然, それら単純な人々, それら参陣の武族, それら陶磁を, それら叫び声のなか, それら史料の利用, それら各種の作品, それら善良な市民, それら四人の者, それら四人組みの悪党, それら四季の変化, それら四角張った魂の, それら四通の手紙, それら土人の生活, それら地上の塵埃, それら地下の開鑿者ら, それら坊さんたちの料簡, それら外界の大きく, それら外的な旗幟, それら外部的な事柄, それら多少の善意, それらの音, それら大作の数, それら大家への熱愛者, それら大臣連中が飢餓階級, それら天井を貫く, それら天体の上, それら天国からの訪問者たち, それら姑娘船の娘たち, それら婦人たちの運動, それら嬉々とした, それら宝暦以前の浮世絵, それら実相を知らせ, それら家具類が一どきに, それら家族たちの怨み, それら寂しい人たちの, それら寂寞の地, それら寡婦のうち衣食, それら小人の批評家, それら小型のディドロー輩, それら小学校出身者は特に, それら小宇宙の靜, それら小説中の人物, それら少年の頭数, それら尽くの病体, それら屋台に寂れ, それら峰々のとがり, それら峻峰を取囲んだ, それら工夫のこと, それら工業的近世の光景, それら幸福の埃, それら幾百の人形, それら幾種類の水, それら廃品がむなしく, それら形式の大家ら, それらの人物, それらの幼年時代, それらから後, それら心情的な事実, それら思想の錯雑, それら思想家の無, それら急進的な人々, それら性質量関係等の基底, それら恐るべき悪党どもの, それら恐ろしい死滅の, それら恥ずかしき身なりの, それら悉くが血, それら患者のいわば, それら想像上の恐れ, それら愛情のこもった, それら憐れな者たち, それら應用的部分が全く, それら戯曲中の人物, それら手中のイギリス軍, それら抽象的な論理, それら持ちよりの噂, それら持明院統の方々, それら撃発する火, それら政治家の言, それら数々の考え, それら数千の女工連, それら数数の千鶴子, それら数限りない夢想, それら數篇が相寄つ, それら文豪以外のひと, それら斉彬擁護派の人々, それら新しい詩人の, それら新しき運動に対して, それら既定の法則, それら日常生活の小さな, それら日本国民従って, それら昆虫類のうち, それら時代の三つ, それら暴虐な力, それら最初の日々, それら未知の人々, それら本職ならぬ連歌師, それら東洋の建築, それら枢要の職, それら栖方のし, それらから次, それら武将間の早打, それら武徳の権化, それら死によつて目, それら死骸の土, それら殺された獣の, それら法律的な順序, それら消えうせた人々の, それら淫猥の実行, それら深い永眠に, それら數の, それら無名の詩集, それら無言の石ども, それら熱狂せる同胞, それら燃えたる魂の, それら物理的生物学的心理的現象を一定, それら狂人どもの高話, それら現代語の詩, それら現行法によっても犯罪, それら現象の原因, それら理屈的な狂人, それら町民共のうち, それら異体な人物, それら異様な細民群, それら異質の動物たち, それら其の折, それら皆あんたはんにいただいた, それら皆空々無色の透明体, それら監房の弊害, それらも絢, それら直参の被官人, それら新しい野菜, それら真面目な連中, それら破片の現品, それら社交婦人のほとんど, それら社交界の人々, それら神秘だの魂, それら神聖な大家, それら私闘が原因, それら移民の官費輸送, それら童心の魂たち, それら粗暴な現実主義者, それら精神の入り乱れた, それら結婚上の仕事, それら絶対的精神者の一群, それら絶望の人々, それら縁類の家族, それら美人連の群れ, それら群衆の中, それら老樹の幹, それら老舗の奥深, それら聖歌の多く, それら脂粉の香, それら自然主義の小説, それら自然界の現象, それら自身地方語であり局地的, それら船体の美しい, それらにも台, それら芸術の因襲, それら荒々しい者どもの, それら莫大なる詐欺, それら華奢な婦人ら, それら著作家等の真, それら衝突によって生じた, それら親類の女たち, それら記録の中, それら誠実な人々, それら諸々の作品, それら諸国の異分子, それら諸彦の助力, それら諸氏の言論, それら議論機械のいずれ, それら谷間の湯, それら財物はすべて貧民たち, それら貧乏人の要求, それら賛美者らの馬鹿げきった, それら賢人たちのモラル, それら越後党の味方, それら近代性や尖端的, それら通俗大学の一つ, それら遊星の幸福, それら運動の功績, それら過去の人々, それら遺物は青地, それら部屋部屋の間, それら重量ある古, それら野卑無作法な馬車, それら関西風のすき焼, それら陶工の作, それら隠棲の浪士, それら雪形の名称, それら青年の集会所, それら青年らのうち, それら青春の魂, それら静平な女, それら革命の偉大, それらなくし, それら高名な知人ら, それら高等教育を受けた