青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「それとなく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~それ それ~ それから~ ~それぞれ それぞれ~ ~それだけ それだけ~ それで~ それでは~ それでも~
それとなく~
それとも~ それなら~ それに~ それにしても~ ~それほど それほど~ ~それら それら~ それ程~ そろそろ~

「それとなく~」 1225, 12ppm, 8987位

▼ それとなく注意~ (39, 3.2%)

15 して 2 を与え

1 [22件] した, したか, したが, したとき, したの, したもの, し始めました, するつもり, するよう, する一方, の眼, はし, もし, をあたえよう, をし, をする, を与, を与えた, を払, を払っ, を払った, を配った

▼ それとなく~ (30, 2.4%)

2 米さんの

1 [28件] かみさんの, くみの, さとしに, たよりは, まんが半蔵に, みつの, 乳を, 促しも, 信さんを, 八重の, 別れに, 君の, 妙が, 宿直の, 捜しに, 断わりいたしました, 琴は, 町奉行の, 竜ちゃんの, 糸にあたり, 耳に, 聞きいたしますと, 艶の, 蝶に, 豊に, 遠ざけに, 銀様見守り, 顔を

▼ それとなく~ (19, 1.6%)

7 をつけ 2 がつく, を付け, を引い 1 が散っ, にかかっ, になつ, のつい, をつけた, を配っ

▼ それとなく様子~ (18, 1.5%)

6 を見 4 を探っ 1 をさぐっ, をさぐれ, を尋ね, を探る, を窺った, を窺われてる, を聞い, を聞き糺し

▼ それとなく~ (17, 1.4%)

1 [17件] が名, にお, に打ち明けよう, に文学上, の二人, の健康, の挙動, の方, の様子, の気色, の訪ね, の身辺, の近況, をここ, を反省, を激励, を諫め

▼ それとなく~ (16, 1.3%)

2 ていた, てゐた

1 [12件] たりし, ています, ている, ておりました, ておる, てまわっ, てゐる, て別れ, て参れ, にきた, に来るであろう, まはす

▼ それとなくその~ (13, 1.1%)

1 [13件] ひとの, 問題に, 囲り, 存意を, 御最期, 散文の, 次第を, 気持ちを, 移居の, 辺を, 顔を, 顔色を, 饗庭の

▼ それとなく探り~ (13, 1.1%)

8 を入れ 1 に来た, をいれ, を入れた, を入れる, 大機

▼ それとなく聞い~ (13, 1.1%)

3 てみる, て見る 2 ていた 1 てごらん, てはみた, てみ, てみた, て貰っ

▼ それとなく自分~ (11, 0.9%)

2 も痴川 1 が身受, に教, に適当, の不明, の実力, の恋, の様子, の行動, を驚かせた

▼ それとなく訊い~ (10, 0.8%)

2 てみる, て見る 1 てみた, てもみた, て見た, て見ます, て見よう, て見り

▼ それとなく探っ~ (9, 0.7%)

3 てみる 2 てみた, てみましょう 1 てみます, て見た

▼ それとなく~ (9, 0.7%)

2 をあ, をつけ 1 の悪い, を付け, を光らせる, を動かし, を見あわせ

▼ それとなく観察~ (9, 0.7%)

4 して 1 した, しだしたの, しできるだけ, すること, するつもり

▼ それとなくこの~ (8, 0.7%)

2 男の 1 一行の, 人に, 屋敷を, 海軍大尉に, 絵図を, 群集の

▼ それとなく二人~ (8, 0.7%)

2 の間 1 の心, の様子, の腹, の身の上, をおこらしめ, を見較べる

▼ それとなく彼女~ (8, 0.7%)

1 に脱出, のあと, の上, の容子, の楽屋, の身の上, をさがした, を観察

▼ それとなく~ (7, 0.6%)

1 が目, とあなた, の帰京, へ知らせる, も見, を警戒, を顧みた

▼ それとなく~ (7, 0.6%)

2 に入れ 1 に入れました, をつまむ, を傾け, を澄まし, を聳

▼ それとなく言っ~ (7, 0.6%)

3 ている 1 ていただきたい, て叔父多門, て見, て贈り物

▼ それとなく尋ね~ (6, 0.5%)

2 廻つて見た 1 てはおる, ては見る, てみた, て見る

▼ それとなく~ (6, 0.5%)

1 に描い, のうち, ひかされた, ひかれて, をおそっ, を付け

▼ それとなくさぐり~ (5, 0.4%)

2 をいれ, を入れ 1 を入れる

▼ それとなく~ (5, 0.4%)

1 出張に, 挨拶に, 止めし, 注意申したく, 融通し

▼ それとなく感じ~ (5, 0.4%)

2 ている 1 ていた, て帰り帰り, て時々

▼ それとなく~ (5, 0.4%)

1 くばせを, にふれる, をつけてるらしい, をつけ初め, を配った

▼ それとなく近所~ (5, 0.4%)

2 へ容子 1 で何, で訊い, の噂

▼ それとなくたずね~ (4, 0.3%)

2 てみます 1 てみました, て見

▼ それとなくほのめかし~ (4, 0.3%)

1 ている, ても構わん, てやった, 彼を

▼ それとなくようす~ (4, 0.3%)

2 をうかがっ 1 を聞い, を見

▼ それとなく一見~ (4, 0.3%)

2 を願, を願った

▼ それとなく~ (4, 0.3%)

1 に伺, の出入り, を出し, を派し

▼ それとなく催促~ (4, 0.3%)

2 をし 1 しても, するよう

▼ それとなく~ (4, 0.3%)

2 ひかけて 1 ひかけられた, を掛け

▼ それとなく小次郎~ (4, 0.3%)

1 にいいきかせ, の希望, の推挙, は様子

▼ それとなく意見~ (4, 0.3%)

2 したこと 1 をきいた, をされる

▼ それとなく~ (4, 0.3%)

1 なずけて, をつけはじめ, をひき, を伸ばし

▼ それとなく監視~ (4, 0.3%)

2 して 1 しなお, する方法

▼ それとなく見る~ (4, 0.3%)

1 と, と安芸, に自分, 為に

▼ それとなく警戒~ (4, 0.3%)

1 したが, して, しとります, 致して

▼ それとなくあたり~ (3, 0.2%)

2 に気 1

▼ それとなくいろいろ~ (3, 0.2%)

1 なこと, のこと, 気を

▼ それとなくわたくし~ (3, 0.2%)

1 と顔, の返事, の頽勢

▼ それとなくわたし~ (3, 0.2%)

1 にお, の意向, の身だしなみ

▼ それとなく別れ~ (3, 0.2%)

2 を告げ 1 を告げる

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

1 に耳, の真否, も聞い

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

2 の松五郎 1 を診察

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

1 に訊ねた, の健康, の夫

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

2 をつけ 1 から行っ

▼ それとなく忠告~ (3, 0.2%)

1 された, され彼, を受けおる

▼ それとなく拝見~ (3, 0.2%)

2 して 1 する機会

▼ それとなく探る~ (3, 0.2%)

1 ことで, ような, ように

▼ それとなく暗示~ (3, 0.2%)

1 して, するかの, する通り

▼ それとなく期待~ (3, 0.2%)

2 して 1 した偶然

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

2 の袂 1 に尋ね

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

1 はれた時, ひ寄るが, ふと

▼ それとなく訊ね~ (3, 0.2%)

1 てみた, てみる, て見た

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

1 のついで, を切上げ, を引出そう

▼ それとなく話し~ (3, 0.2%)

1 いつか花房助兵衛の, ていた, ながら燃

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

1 の行末, をひそめ, を反らし

▼ それとなく避け~ (3, 0.2%)

1 ていた, ている, てしまった

▼ それとなく~ (3, 0.2%)

1 だけ見, をながめ, を見合せました

▼ それとなくいる~ (2, 0.2%)

2 かもしれない

▼ それとなくお父さん~ (2, 0.2%)

1 なりお母さん, におすすめ

▼ それとなくきい~ (2, 0.2%)

1 てみた, てみる

▼ それとなくしかし~ (2, 0.2%)

1 力を, 厳重に

▼ それとなくみんな~ (2, 0.2%)

1 で遊び, の動静

▼ それとなくもちかけた~ (2, 0.2%)

2 のは

▼ それとなくわけ~ (2, 0.2%)

1 をたずねた, を話し

▼ それとなくヒント~ (2, 0.2%)

2 を袖の下

▼ それとなく主君~ (2, 0.2%)

1 の御意, の謙信

▼ それとなく乾かし~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ それとなく事情~ (2, 0.2%)

2 の切迫

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 ひ出して, ふわよ

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 かを仰言っ, かを見て取ろう

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 の屋敷, の廃宅

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 に交渉, の身の上

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

2 へ降し

▼ それとなく分る~ (2, 0.2%)

1 ことだ, ような

▼ それとなく千代子~ (2, 0.2%)

1 の一挙一動, の事

▼ それとなく厳重~ (2, 0.2%)

1 な警戒, に眼

▼ それとなく双方~ (2, 0.2%)

1 から軽く, の考

▼ それとなく名残~ (2, 0.2%)

1 を告げたく思う, を惜しん

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 との間, と僕

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

2 かす

▼ それとなく太田~ (2, 0.2%)

2 は聞い

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

2 の様子

▼ それとなく女房~ (2, 0.2%)

1 のこと, や子供

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 の人, を警戒

▼ それとなく屋敷~ (2, 0.2%)

1 の構え, の様子

▼ それとなく巧み~ (2, 0.2%)

1 なる時機, にここ

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 の横, を立つ

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 の周囲, をのぞい

▼ それとなく康子~ (2, 0.2%)

2 の遣

▼ それとなく弁護~ (2, 0.2%)

1 するよう, の労

▼ それとなく引き止める~ (2, 0.2%)

1 やうに, ように

▼ それとなく当っ~ (2, 0.2%)

1 てみた, てみる

▼ それとなく意中~ (2, 0.2%)

1 をうちあけた, を漏らした

▼ それとなく感づいた~ (2, 0.2%)

1 からにほかならない, からに外

▼ それとなく戒めた~ (2, 0.2%)

2 上八五郎を

▼ それとなく扁理~ (2, 0.2%)

2 に娘

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 って見よう, る

▼ それとなく捜し~ (2, 0.2%)

1 ていた, てみた

▼ それとなく探ろう~ (2, 0.2%)

1 として言う, とする

▼ それとなく日頃~ (2, 0.2%)

1 あわれ, の不平

▼ それとなく早く~ (2, 0.2%)

1 取り戻せよ, 行くこと

▼ それとなく暇乞い~ (2, 0.2%)

1 に来た, のつもり

▼ それとなく松原中尉~ (2, 0.2%)

2 の噂

▼ それとなく松原家~ (2, 0.2%)

2 を動かし

▼ それとなく次郎~ (2, 0.2%)

2 の様子

▼ それとなく此人~ (2, 0.2%)

1 の為す, の爲す所

▼ それとなく此方~ (2, 0.2%)

1 の窓, を警戒

▼ それとなく求めた~ (2, 0.2%)

1 に違, に違い

▼ それとなく洩れ~ (2, 0.2%)

1 てゐた, 伺ッたりなど

▼ それとなく清左衛門~ (2, 0.2%)

2 を警護

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 に対する不足, の希望

▼ それとなく牡蠣船~ (2, 0.2%)

2 の勘定

▼ それとなく生徒~ (2, 0.2%)

1 の同情, の父兄

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 視し, 視は

▼ それとなく知らせ~ (2, 0.2%)

1 ておきたかつた, てやった

▼ それとなく秀吉~ (2, 0.2%)

2 にほのめかす

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 から左膳, の方

▼ それとなく窘める~ (2, 0.2%)

2 のが

▼ それとなく笑っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ それとなく聞いた~ (2, 0.2%)

1 ところでは, ものが

▼ それとなく聞きし~ (2, 0.2%)

1 にそんな, はうろ覺

▼ それとなく聞き探っ~ (2, 0.2%)

1 てみた, てみる

▼ それとなく聞き糺し~ (2, 0.2%)

2 てもし

▼ それとなく聞く~ (2, 0.2%)

1 ことが, とその

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 いて, いてた女

▼ それとなく腹の中~ (2, 0.2%)

2 でフフン

▼ それとなく荘田~ (2, 0.2%)

2 の事

▼ それとなく行っ~ (2, 0.2%)

2 て見

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 の気配, 役人に

▼ それとなく見せ~ (2, 0.2%)

1 ておきたかった, て歩いた

▼ それとなく見たい~ (2, 0.2%)

2 と思ひ

▼ それとなく見張っ~ (2, 0.2%)

1 ている, ておった

▼ それとなく言葉~ (2, 0.2%)

1 をかけ, を交え

▼ それとなく訪ね~ (2, 0.2%)

1 て行っ, て見よう

▼ それとなく話題~ (2, 0.2%)

1 に上, をそらせた

▼ それとなく調べ~ (2, 0.2%)

1 てくれ給え, てみた

▼ それとなく護衛~ (2, 0.2%)

2 して

▼ それとなく貴君~ (2, 0.2%)

2 のお

▼ それとなく身体~ (2, 0.2%)

1 の調子, をかぎためしました

▼ それとなく近づい~ (2, 0.2%)

1 てゐる, て立ち聞き

▼ それとなく逃げ~ (2, 0.2%)

1 てゐる, を張る

▼ それとなく遠慮~ (2, 0.2%)

2 して

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 の様子, の間ごと

▼ それとなく鋭い~ (2, 0.2%)

1 眼で, 鋒先を

▼ それとなく附近~ (2, 0.2%)

2 の模様

▼ それとなく雪子~ (2, 0.2%)

1 の身体, の顔色

▼ それとなく~ (2, 0.2%)

1 を下げ, を傾げ

▼1* [619件]

それとなくあきらめさせるやうに, それとなくあたえる注意であった, それとなくあたしに匂わせなすった, それとなくあたってみよう, それとなくあちこちへ網, それとなくあっちこっち探して, それとなくあの子供の, それとなくいやいや時には露骨に, それとなくか, それとなくおえいのようす, それとなくおしのけて, それとなくおたがいに顔を, それとなくおっしゃるのだ, それとなくお前の反省, それとなくお尋ねして, それとなくお座敷女中入用の広告, それとなくお手本を与えられた, それとなくお話しして, それとなくお越しになられたらしい, それとなくお里と約束, それとなくお雪ちゃんらしいもの, それとなくかばいだてを, それとなくがんりきの前, それとなくきかれるのだつた, それとなくきわめて正確な, それとなくくどいほど注意, それとなくこうこういう議論, それとなくここに祖父江出羽守, それとなくこめられてあった, それとなくこんな皮肉を, それとなく翻意を, それとなくごぶさたして, それとなくさぐってみたい, それとなくさっきから黒住, それとなくぶんの, それとなくすすめたのは, それとなくすべてのこと, それとなくそういう甲斐の, それとなくそれらの人たち, それとなくたえず探り取っ, それとなくたずねたところでは, それとなくためしてみました, それとなくちょっと発しただけ, それとなくつきまとっていた, それとなくつたわってくる, それとなくも真意, それとなくろを, それとなくのぞいて見た, それとなくはずされたようであった, それとなくはつきりきこえるので, それとなくはなれて前, それとなくふところの懐剣, それとなくほのめかさうとする, それとなくほのめかそうとする, それとなくまえから野武士, それとなくまた原稿の, それとなくもう一度相談し, それとなくやるのである, それとなくよい候補者を, それとなくよそ見をする, それとなくわざわざ見まわり, それとなくアッパーカットの身構, それとなくカオルの横顔, それとなくコンパクトを出し, それとなくジッと主人, それとなくジュッド医師をクウネイ弁護士, それとなくストライキを煽動, それとなくセラダの口, それとなくツボ平御夫妻, それとなくドコかのお寺, それとなくナオミの様子, それとなくハンケチを出し, それとなくパリ時代の夫, それとなくフトコロを当った, それとなくヨッちやんの意中, それとなくラスプーチンに吹きこん, それとなくレムを避ける, それとなく一寸外出する, それとなく一所に行, それとなく一言言い及びたいと, それとなく万事の世話, それとなく三枝に左様, それとなくへ降り, それとなく与える意, それとなく世間に見せびらかす, それとなく両親にも別れ, それとなく並んで歩い, それとなくの樣子, それとなく中村に問いただし, それとなく中絶させて, それとなく主人の言葉, それとなく主人公のやう, それとなく主人夫妻にランプ, それとなく了承の意, それとなく了解されその, それとなく予言をうけ, それとなく予防線を張っ, それとなくよせて, それとなく事務長に彼等, それとなく事實を突き留めよう, それとなく二階にはお, それとなく云いつたえことに過去二年九カ月, それとなく云ったことばを, それとなく五人目の姫, それとなく交際させて, それとなく京極家の噂, それとなくの方, それとなく亮太郎からの話, それとなく人々が別れ, それとなく人工流産がし, それとなく仄めかしたつもりだった, それとなく少将が, それとなく今夜にも合戦, それとなく今度の母, それとなく今日のを和げ, それとなく今日殿様に明日, それとなく介抱の眼, それとなく仏像が運びだされた, それとなく仕官の望み, それとなく他人の名前, それとなく仰せになった, それとなく仲間入りの水, それとなく伊兵衛方を探らせる, それとなく伊賀の柳生, それとなく伊香保に滞留, それとなく伝えたい弁明の, それとなく伝公の姿, それとなく伝言して, それとなく伯父様に注意, それとなく伸子に注目, それとなく伺ってみました, それとなく似寄りの人間, それとなく何度も守人, それとなく何時も部下, それとなく余所へ出し, それとなく促すのであった, それとなく保たれてゐなけれ, それとなく傍らを通り抜ける, それとなく僭上沙汰の凉, それとなく優しく尋ねて, それとなく兄さんの声, それとなく充ち渡つて居た, それとなく先客達を観察, それとなく先方へ注意, それとなく先方様のお, それとなく光子と銀一, それとなく光明寺の怪しい, それとなく入っていっ, それとなく入れてもいた, それとなく八橋の身代, それとなく公宗が, それとなく其男の様子, それとなく内々で勘當, それとなく内偵して, それとなく内内で勘当, それとなく内記に言っ, それとなく冬子にも訊ねた, それとなく京を, それとなく出入りの者, それとなく出来る丈け, それとなく出羽守の動静, それとなく別れるため二三日の, それとなく別盃を酌む, それとなく別辞を告げ, それとなく別離を告げ, それとなく利用して, それとなく劉高へはなし, それとなく努めていた, それとなく動揺してる時期, それとなく匂わしておる, それとなく匂わしたのだ, それとなく匂わせて笑っ, それとなく匂わせるだけでエマニュエル, それとなく北村さんに尋ね, それとなく北条方の足軽, それとなく北槻中尉らから聞いた, それとなく医学者の講演会, それとなく千萩の様子, それとなく原稿の事, それとなく厭味を言った, それとなく厳しく注意し, それとなく去来した一日, それとなく反感を與, それとなく叔母に洩らし, それとなく叔父や叔母, それとなく取入っておいた, それとなく叙景にうらづけ, それとなくにする, それとなくの事實, それとなく各国の軍備, それとなく各室の様子, それとなく合図をします, それとなく吉宗の耳, それとなく吉弥の評判, それとなく同情の言葉, それとなく君前へおとりなししたれ, それとなく吹き込んでおい, それとなく呉葉にきかせた, それとなく告げに来る, それとなく呟いたことも, それとなくをお, それとなく和睦の肚, それとなく咎める語調の, それとなく咲子をいたわる, それとなく問い歩いても, それとなく問わず語りに妥協, それとなく善導につとめた, それとなく喧嘩を割っ, それとなくして, それとなく囀りかはす, それとなく四方山のこと, それとなく四辺に気, それとなく因業御殿に張り込ん, それとなく図星を指し, それとなくを責めた, それとなく土肥次郎に頼ん, それとなく在所を知らせさせた, それとなく城内の動静, それとなく堂島の住所, それとなく報告するので, それとなく報酬の花鳥使, それとなく壁際に片寄っ, それとなくをかけ, それとなくからこの, それとなく多代子さんに訊い, それとなく大塔宮様ご一行, それとなく大谷さんにお, それとなく夫婦へ注意, それとなく奉行所内の実状, それとなくへ招い, それとなく奥様に方様大学入門, それとなく奨める幸子の, それとなく奨励したこと, それとなくや女中達, それとなく妻子に別れ, それとなく威嚇の功, それとなく桑伯子についての, それとなく子供に贈る, それとなく孔明に入れ, それとなくの相良寛十郎, それとなくの話, それとなくの中, それとなく家内を見廻し, それとなく家居のさま, それとなく家康の意中, それとなく家扶が注意, それとなく密使を送っ, それとなく密偵の監視, それとなく専門家について聞, それとなく尋ねたようでも, それとなく尋ねようとした, それとなくあたりに, それとなく小夜子サンにも当っ, それとなく小梅の寮, それとなく小耳に挾んだ, それとなく小言をいう, それとなくいて, それとなく尾行して, それとなく展開して, それとなく山原への軽蔑, それとなく岸本は姪, それとなく川口に, それとなく川長へ行った, それとなく左右に眼, それとなく左膳のようす, それとなく希望を述べた, それとなくに奏上, それとなく帰して一人, それとなく平之丞が訊い, それとなく平湯から高山, それとなく幸子の病い, それとなく幽かに皿, それとなく幾らかの分け前, それとなく庇護と便宜, それとなく店中を眺め廻し, それとなくを外す, それとなく弁明これ努めるといふ, それとなく引導は先, それとなく弥次っていた, それとなく強い制限が, それとなく当たってみたら, それとなく当の大敵大塔, それとなく当座の目当, それとなく彼等も聞い, それとなく待ちかねていた, それとなく待ち構えてゐた, それとなく待っていたらしい, それとなく待ったことも, それとなく待つてゐた, それとなく得意気に鮮やか, それとなく御両人を結び合し, それとなく御簾の中, それとなく微笑して, それとなく徳兵衛に様子, それとなく心がけて見つけた, それとなく心づもりをし, それとなく心待ちに待ちかまえる, それとなく忌避の御沙汰, それとなく忍び寄る気配も, それとなく忠直卿に伝える, それとなく忠言しても, それとなくを押す, それとなく急所へ一当て, それとなく恐れてゐた, それとなく悟られ観無量寿経の, それとなく悟りましたからすぐ, それとなくのある, それとなく感じた位である, それとなく感得して, それとなく慰撫するため, それとなく懊悩叛逆の色, それとなく戒められて丘, それとなく房子の口, それとなくの内側, それとなく手首の脈, それとなく打ち明けて万事, それとなく打ち明けた事柄に, それとなく打ち眺めることが, それとなくひのけるのに, それとなく拾い読みをし, それとなく持ちこんでくる, それとなくで突きあげ, それとなく指し示してい, それとなく指先でたたい, それとなく挨拶に来, それとなく捜査を続け, それとなく授けますように, それとなくつて見た, それとなく探していた, それとなく探ったやつさ, それとなく探索して, それとなく推定した通り与里, それとなく推察したが, それとなくる, それとなく支配して, それとなく攻撃の手, それとなく故意に仄か, それとなく敏子と先方, それとなく教えてみせ, それとなく教授の様子, それとなく敬服もし, それとなく文三の肚, それとなく断っておいた, それとなくういう, それとなく新子に早く, それとなく新聞広告にし, それとなくわつたぢ, それとなく方様のお, それとなく方陣を作っ, それとなく於福に向っ, それとなく旦那様にお願い, それとなく時刻を注意, それとなく智恵をつけた, それとなくを取り, それとなく暇乞をする, それとなく書中認めては, それとなく最後の破綻, それとなく最期の覚悟, それとなく朋輩の給仕女, それとなくのこと, それとなく朝倉先生の言葉, それとなく根ほり葉ほり探りを入れました, それとなく案じておられた, それとなく案内人自身にももう一度, それとなく桐渡やその, それとなく横目でジロリ, それとなく機会を覗, それとなくの仕事, それとなく次郎右衛門の希望, それとなく次郎左衛門に訊い, それとなくの四, それとなく此の世の何と, それとなく武蔵に長く, それとなく歩いている, それとなく殺意をほのめかし, それとなく殿にお, それとなく殿様に申し上げ, それとなく母上にお, それとなく母子は圧された, それとなく毎日のやう, それとなく気がついているらしく, それとなく気づいてでもいた, それとなく気ままな自由, それとなく気付いてゐた, それとなく気取らせるような, それとなく気圧されている, それとなくをつけろ, それとなくを向け, それとなくを掛けた, それとなく法律の先生, それとなく注目して, それとなく洩らされたのであろう, それとなく洩らしたるほどなれ, それとなく洩らすことが, それとなく浜屋といくらか, それとなくなましもの, それとなく淑子の姿, それとなく清三の胸, それとなく漂う人間の, それとなく漂っている, それとなく火事の跡, それとなく炊煙の匂い, それとなく無難な方, それとなく独身の社員, それとなくはれて, それとなく現してゐる, それとなく瑣細な挙動, それとなく寧を, それとなく用事をかこつけ, それとなく用意をする, それとなく用立てている, それとなく入れて, それとなく申しあげるとお笑い, それとなく申しふくめられまして, それとなく申し上げておいた, それとなく申し入れましたところ上役の, それとなく申し込んだ時に, それとなく申し述べるために, それとなく男先生を助けよう, それとなく留守のわびし, それとなく異見をしまし, それとなく発揮して, それとなく皮肉を言, それとなくなど重ね, それとなく監督して, それとなく目下の経済的不如意, それとなく目色で会釈, それとなく目顔であいず, それとなく真名古に通知, それとなく真紀子の提出, それとなく矢萩に言っ, それとなく知っている, それとなく知らせたかったのだ, それとなく知らせたくきのふ一日の, それとなく確かめたところでは, それとなく確かめるのが, それとなく磯五が注意, それとなく示している, それとなく示したなら必ず熱心, それとなくをいい, それとなく礼拝しない者, それとなく社長に訊い, それとなく神さんのこと, それとなく福子の話, それとなく私どもへ始終, それとなく秋波を送っ, それとなく秋祭に私, それとなく移っていった, それとなく突き返すような, それとなくがって, それとなく窺ってみる, それとなく窺つてゐたり, それとなく立て廻された六枚屏風を, それとなく之助, それとなく笛村のいつも, それとなくは立て, それとなくを通す, それとなく紅き花みな友に, それとなく紅庵のからくり, それとなく納得させて, それとなく素早い視線を, それとなく素知らぬ素振りで, それとなく結婚を要求, それとなくを張ってる, それとなく縁組のこと, それとなく老婆の眼, それとなく考えていた, それとなく耳打ちをしてやろう, それとなく聞かされたあたしの, それとなく聞かせるつもりらしい, それとなく聞きただそうとしおった, それとなく聞きだしつづり合わせて考える, それとなく聞き伝へた古い町, それとなく聞き出したのであった, それとなく聞き合して比較, それとなく聞き合せてみる, それとなく聞き質して見た, それとなく聞き込んだところに, それとなく聴き出して右衛門さん, それとなく聴耳を立て, それとなく職業を捜す, それとなく胸中の鬱悶, それとなく脇差をひきよせ, それとなくをつない, それとなくを伸し, それとなく臨終のさま, それとなく自己を弁護, それとなく艇長の生存説, それとなく良人の心, それとなく良雄に思い, それとなく芝居は苦手, それとなく花桐の顔, それとなく芳郎のこと, それとなく松屋惣七を, それとなく英子の心, それとなく茶器なぞを拭い, それとなくは友, それとなく薬物に関して他人, それとなくの花, それとなく藤吉は呼び停め, それとなく蟒全部の腹, それとなく行き交う武者などに, それとなく行方を探し, それとなく街頭を注意, それとなく袁紹の心, それとなくをひいた, それとなく袖の下に鼻, それとなく襄陽の会, それとなく要心して, それとなく見あげ時たま大きく, それとなく見えるが内臓, それとなく見せるのだった, それとなく見ながめたがほか, それとなく見合ひを, それとなく見守っている, それとなく見定めようとした, それとなく見廻って歩い, それとなく見送っていた, それとなく見送り縁台に腰, それとなく見送り縁臺に腰, それとなく覗きに来る, それとなく覚悟のほどをいい, それとなく親しい人達への, それとなく親しみの色, それとなく觀察して, それとなく言い出すことも, それとなく言い含めお母さんが, それとなく言うような, それとなく言及して, それとなく言葉少なに転宿, それとなく計らってくれた, それとなく訊かされていた, それとなく訊き質してみた, それとなく訊くと吉良家, それとなく記者の方, それとなく訣別を告げる, それとなく訴えてみ, それとなく診察に來, それとなく詮議して, それとなく話しかけましたところが尉, それとなく話しかける口吻によって, それとなく誇っている, それとなく認め合ふ, それとなく誓わせている, それとなく誘いの謎, それとなく誘い出し口実を, それとなく語ったがそれ, それとなく語るのやら, それとなく説かせてみ, それとなく説き及ぼしてる言葉によって, それとなく読ませたのだ, それとなく読みとっていた, それとなく読んで欲しい, それとなくかに知らせ, それとなく諒解をえ, それとなく諫めたほう, それとなく諷したに違い, それとなく諷示した, それとなく謎ことばを謡曲声, それとなく講座に立つ, それとなく警察で聞い, それとなく警護して, それとなく護ってい, それとなく豫想して, それとなく豫言して, それとなく貰い下げて追い放した, それとなく貴方がまだ, それとなく賄賂を催促, それとなく資料其の他, それとなく質問した, それとなくの御飯, それとなく身分を明かす, それとなく辺りを窺う, それとなく近寄って何, それとなく近隣へチョッカイ, それとなく返した言葉であった, それとなくをつけられた, それとなく追い立ててくれた, それとなく退去を命じ, それとなく逃げ道を探し出した, それとなく途上行人のあいだ, それとなくをふさぐ, それとなく遠ざけられた世に, それとなく遠まわしに触れ, それとなく邪魔をし, それとなく邸内を窺い見, それとなく部屋の様子, それとなく野原をさまよい歩い, それとなく野原さんに私, それとなくを要求, それとなくをかけ, それとなく鎌倉の名物, それとなく長吉の顔, それとなく関羽へ別れ, それとなく闘ってきた, それとなくへ廻っ, それとなく階段の方, それとなく隠しておきたい, それとなくの話声, それとなく離ればなれになっ, それとなく離婚を勧め, それとなく非業の死, それとなく非難されました, それとなく音信も聞きたい, それとなく頼んで引, それとなくを押え, それとなくを見合せました, それとなく顔色を変, それとなくのたより, それとなく風外にちよ, それとなくみ込めるやう, それとなく馬鹿にし, それとなく駅長の細君, それとなく駒井さんに当っ, それとなく髪結やら河岸, それとなく鹿爪らしい咳ばらい, それとなく黄家の人びと, それとなく黒船の様子, それとなく龍口寺まいりの