青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たであろう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たっ~ ~たった たった~ ~たつ たつ~ ~たつた たつた~ ~たて たて~ たで~
たであろう~
たとい~ たとえ~ たとえば~ たなら~ ~たび たび~ たびたび~ たぶん~ たべ~ ~たま

「たであろう~」 1202, 13ppm, 8480位

▼ たであろう~ (298, 24.8%)

4 それが, それは 3 彼は, 彼らの 2 しかしこの, しかし彼, そんなこと, 今の, 多くは, 彼女は

1 [272件] あいにく検察当局, あの建物, あの雑踏, あると, あれだけの, あわれや, あんまり夫婦兄弟, いかにせん, いちばん強い, いまそれが, いまの, いやしくも人生, おそらくはそれ, お八重さん, お島, お角力, お通, お高, かの伝説, けだし新婚, けだし自然価格, こう云わなけれ, この中, この時, この時代, この祝典, この老人, これが, これは, これまた, これも, さすがは, さてそう, しかしあの, しかし一方フランス, しかし事実, しかし偶然, しかし同じ, しかし同一, しかし堂々たる, しかし彼ら, しかし正しい, しかし誰, しかもこれ, しかも時雄, すぐに, せちがらい今日, そういう人, そういう人々, そうした一人, そうして一方, そのため, そのクリストフ, その人, その以外, その努力癖, その場合, その大, その御, その惨苦, その時, その晩, その武名, その秘密, その立ち寄った, その間また, その間も, それからは, それで, それでもなお, それでももし, それでも刈り取った, それでも徳義, それでも詩文, それでも院, それとても, それにも, それほど重き, それらの, それを, ただ自分, たとえ信長公, ちょうど時代, ついにその, つい先日電車, ときどき提琴, とにかくこういう, とにかくだまっ, とにかく五軒間口, ともかくも, どうもできず, どうやら案内, どんな造庭師, なぞと, なまじ予備知識, まあ亡き, また一方, また唐, まだ顔, みじめな, もうあの, もうその, もう北, もちろんその, わが烏啼, わしには, わたしの, カピは, タイワン, タンニン蛋白塩化コロジオンを, トルストイは, ハッハ, バラックの, ロリー氏から, ローマ民族に, 一つには, 一時間ばかり, 一言も, 不幸に, 中には, 主として影響, 主人と, 事実そうで, 事実は, 事実説明は, 二日に, 人の, 人間らしくなっ, 今いっそう, 今それを, 今では, 今は, 今より, 今日では, 今暫く, 仏教の, 他の, 他方出生及び, 仮りに, 伝わって, 佐助に, 何しろ当時, 何と, 何に, 何分にも, 余り効果, 例えばバルチック艦隊全滅, 僕としては, 僕は, 元は, 八丁堀の, 其他の, 其代り氏郷も, 其生活は, 内には, 再び返る, 初日が, 単に法師, 反対に, 同じよう, 同じ姉妹, 同時に世界的, 后の, 周囲の, 品質は, 唄い方, 喃, 四隣の, 地方から, 夕刊の, 多数の, 太后に, 夫人の, 女に関する, 如何した, 妖鬼の, 妹の, 子の, 存八は, 実はそ, 実は彼, 実際には, 密告の, 少くとも, 少なくともこの, 尾張田が, 山歩きに, 左大臣の, 平安朝以後漢語が, 幸いにも, 庸三の, 当時三十七歳の, 彼が, 彼には, 彼を, 彼女が, 後に, 後の, 御身分に, 徹底的に, 心得ぬといった, 怖ろ, 性来の, 意義よりも, 愛の, 憤慨の, 我々は, 我々自身の, 我慢の, 手だけが, 手工藝を, 持久戦争に, 明け暮れそばに, 明智は, 時あたかも, 更衣の, 本来の, 本質的には, 果して千早挙兵, 概してこれら, 正しい取るべき, 残念ながら, 決して彼ら, 河内介が, 清吉めが, 源氏は, 父が, 現在では, 甚七は, 益満は, 眼にも, 短命で, 短艇の, 社会生活の, 秀吉は, 私としては, 私は, 秋の, 積年の, 紫式部という, 細竹で, 結果は, 綾之助を, 考えて, 而も, 耕す土地, 自ら怪物と, 自分の, 自分も, 船と, 芳川家にとっても, 蘆荻の, 衷心から, 衷心非常な, 見つめて, 見れば, 親が, 記憶しない, 記憶に, 贅沢を, 身分を, 軍ごっこ, 辛棒は, 遺品は, 醜い姿, 重兵衛, 錦子は, 鎌倉がたの, 院政, 面と, 頭の, 顔に

▼ たであろう~ (258, 21.5%)

39 思う 32 思われる 13 想像される 8 思います 5 思われます 4 思うと, 思われるの 3 思われた, 思われるが, 思われるほどの, 考えられる

2 [14件] いわれて, 信ずる, 僕は, 存じますが, 思い空, 思うが, 思うの, 思った, 思われること, 思われるところ, 思われるのに, 思われるよう, 想像され, 想像する

1 [113件] いう, いうが, おもって, おもわれますが, お思い, さっきから, そうも, その時, その点, その頃, ふと思出す, めどの, 不審が, 中尉は, 云う, 云うこと, 云う事, 云って, 云われて, 人々は, 信じる, 信ずべき理由, 十二年前の, 十五カ月以来初めて, 同じよう, 哀れに, 大いに期待, 女たちが, 宮の, 察しられる, 察しられるが, 察しられる一点, 察せられました, 察せられます, 察せられる, 察せられるの, 彼には, 心配し, 思いしが, 思いその, 思いながら, 思いました, 思いやられる, 思い続けられるの, 思うしかし, 思うて, 思うであろうが, 思うよう, 思う一句, 思う事, 思う糸, 思う鴛泊, 思える, 思えるの, 思ったの, 思って, 思わるる地上, 思われそう, 思われた薫, 思われて, 思われましたに, 思われますの, 思われようけれども, 思われるありとあらゆる, 思われるある, 思われるくらい, 思われるそれ程, 思われるもの, 思われるアノ, 思われる主人, 思われる切れ, 思われる各, 思われる彼, 思われる血液, 思われる連作的短篇, 思われる郵便代, 思われる風貌, 思われ一般, 惜まれて, 想われる, 想像させる, 想像されます, 想像し, 愚にも, 感慨も, 推定し, 推測される, 改まった鄭重さ, 断言する, 昔の, 書いて, 気の毒に, 皇后の, 瞬間考えた, 知ったから, 私は, 考えた, 考えます, 考えられるの, 考える, 能弁な, 自ら弁明も, 見ると, 言って, 言わるるところ, 誰しも, 誰も, 論じて, 責めたてたの, 述べて, 銀子は, 雲井の, 馬琴が

▼ たであろう~ (77, 6.4%)

2 従って

1 [75件] あっても, あるいは後世, おそらく西洋音楽, かように, きっと大, この名家, そしてもし, そして国, そして実際, そして本書, そのゆえ, その上, その上世間, その人たち自身, それすらも, まして尼, またおよそ, またしたがってかれ, または来, またもし, またソケット, また一つ, また一般, また地代, また女, また学問上, また寺, また専門, また彼, また怒った, また悲しみ, また我々, また散っ, また願望, みにくいもの, もしまた, ファデーエフの, 一部は, 人も, 今も, 以後いよいよ, 偶然では, 先生も, 又これから, 又唐突, 又山脊, 反対に, 大勢の, 官署の, 庸三に, 彼にも, 従わなければ, 或いは彼自身役者, 或は多少, 或る, 日か, 日本人とて, 春琴も, 朝顔の, 栽えて, 武子さんは, 殊に近年, 気の, 渡って, 滝人は, 特にその, 独身者の, 生きて, 甲斐も, 百済観音も, 解決は, 記憶の, 記憶力が, 長崎屋は, 関との

▼ たであろうこと~ (71, 5.9%)

8 は想像 5 も想像 3 はいう, は容易 2 が想像, である, はその, は確実, も察, も疑い

1 [40件] がまざまざ, が臆測, はそう, はたやすく, ははる子, はほ, はほぼ, はもはや公然, はローザノフ, は今日ユーモア, は君, は否定, は寧ろ当然, は幸い, は彼, は明らか, は書紀, は疑い, は疑い得ない, は考えられるであろう, は見逃し, は言うまでもない, は認め, もおよそ, も女子学習院, も子供達, も庸三, も疑う, も考えない, も考えられる, をそして, をのべ, をまた, をやや, を察し, を思う, を思え, を恐れる, を私, を自分

▼ たであろう~ (52, 4.3%)

2 彼は

1 [50件] あたりに, おりなかったであろうか, こうした掛念, こんなはず, すなわち彼, そういう石, そうだ, そして半井氏, その一連, その時並木, その時月夜, その時露路, それともまた, それともまた互に, それとも当った, どうかという, ふと見れ, また今後誰, まだ生き, もしくは形成, やがてやや常態, やっとこさ心, ウトウトしかけ, スカートの, 一時間ほど, 三十五年か, 併し, 個人に対する, 多分意識的には, 夫とも, 女房は, 存ぜぬか, 幾百人であっただろう, 彩色した, 彼の, 忽然深い, 恐らくそれ, 想像する, 我等が, 推定された, 旅客と, 甚五郎この, 神経の, 紙屋治兵衛は, 自分が, 赤青の, 身体は, 逞しい軍人靴, 道の, 長く下

▼ たであろうという~ (39, 3.2%)

9 ことは 4 ことも 2 ことである, ことを, 事は, 気が

1 [18件] ことが, ことです, ところに, のと, 一事であった, 三位卿の, 事には, 事も, 事実は, 想像が, 想像は, 想像も, 想定が, 意味を, 感じが, 景蔵らの, 気も, 風な

▼ たであろうから~ (34, 2.8%)

3 である 2 それを

1 [29件] お品, ことによる, この二つ, この偽装, この変化, さしつかえなくば, そこでこんな, そのはて, その事情, その言う, それが, たとい歴史, むしろ河内介, もはや我々, シートンの, ポオの, 僧侶が, 再び公, 出生の, 労働に対する, 土地にも, 山を, 従って又, 是で, 母親として, 生きんが, 稀に, 老母を, 順慶の

▼ たであろう~ (26, 2.2%)

3 惜しいこと

1 [23件] おやそさん, そうならなかった, そして来年, その人, なにゆえしかるべき, わざわざ病室, 不幸そのものの, 仂なく, 今は, 仙波と, 何等世, 家の, 富貴に, 少しも, 思いがけなく降りしきる, 日本では, 氏郷が, 流石の, 白河夜船とは, 私は, 箕島は, 而も, 若き娘

▼ たであろうかと~ (18, 1.5%)

2 思うと, 思った

1 [14件] その方, どの学校, 云うこと, 始めは, 心配です, 思ったが, 思われ一掬, 想像し, 歎き悲しむ, 気にか, 気の毒で, 片心, 考えると, 薫は

▼ たであろうよう~ (14, 1.2%)

2 にその

1 [12件] なそういう, なまた, な妖しい, にそうした, に今, に個人的運動, に多く, に察しられる, に文久二年以来廃止同様, に源吉, に窓, に静寂

▼ たであろうけれども~ (11, 0.9%)

2 彼は 1 しかし検討, とにかくその, カピは, 一旦正気, 今云った, 労賃及び, 建設者たる, 彼が, 敵艦に

▼ たであろうその~ (11, 0.9%)

1 [11件] ようにも, 一ツ目橋の, 光線は, 囁きが, 土塊は, 悪魔的悲劇に, 時左側に, 晩は, 流れを, 煩悶も, 船影は

▼ たであろうところ~ (10, 0.8%)

2 のその 1 の, の三行広告, の婦人, の稚, の箕島, の西洋人, の部, も今

▼ たであろうけれど~ (8, 0.7%)

1 つめたくつめたくなりまさる, わたしは, 二人の, 幸そこは, 後世から, 日本の, 自分の, 青年には

▼ たであろうもの~ (8, 0.7%)

31 をとそぞろ, をとつい, を斯様, を父, を運命

▼ たであろうとは~ (7, 0.6%)

1 だれが, 何人も, 夢にも考えられない, 思えないながらも, 思われるが, 果して白雲師匠, 決して考えない

▼ たであろうにと~ (7, 0.6%)

1 ひしと思う, 今更残念, 思いました, 思うこと, 思った, 思われたが, 惜ま

▼ たであろう~ (7, 0.6%)

1 が彼女, はあながち, は多く, を, を信じます, を疑い得ない, を私

▼ たであろうかという~ (5, 0.4%)

1 ことを, 事を, 問題を, 点である, 話である

▼ たであろう~ (5, 0.4%)

1 と口ぎたないはずかしめまでもおっしゃって, と突如, を思う, 半田屋の, 目を

▼ たであろう~ (5, 0.4%)

1 のかの, のこの, のより, の幻怪, の拙い

▼ たであろうそして~ (4, 0.3%)

1 おしまいに, 其真実なる, 史上で, 彼は

▼ たであろうかは~ (3, 0.2%)

1 大分後に, 文芸史家の, 私には

▼ たであろうかも~ (3, 0.2%)

1 はなはだ問題, 知れない, 知れないと

▼ たであろうそれ~ (3, 0.2%)

1 が現在, を思う, を考えない

▼ たであろうほど~ (3, 0.2%)

1 子が, 感激しません, 静かであった

▼ たであろう~ (3, 0.2%)

1 の持っ, は今, は間もなく

▼ たであろう~ (2, 0.2%)

1 師匠様も, 浦は

▼ たであろうこの~ (2, 0.2%)

1 あたりも, 女の

▼ たであろうとか~ (2, 0.2%)

1 そんな噂, 幾人の

▼ たであろうとの~ (2, 0.2%)

1 ことについては, ことは

▼ たであろうほどの~ (2, 0.2%)

1 理想的な, 魔界の

▼ たであろうよりも~ (2, 0.2%)

1 はるかに, より多量

▼ たであろう~ (2, 0.2%)

1 の困難, の従って

▼ たであろう形態~ (2, 0.2%)

1 とは元来, の概念

▼ たであろう~ (2, 0.2%)

1 にこの, に松村武

▼ たであろう武蔵~ (2, 0.2%)

1 の眸, をこれ

▼ たであろう~ (2, 0.2%)

1 のカラクリ, の父

▼ たであろう美しい~ (2, 0.2%)

1 とする, 花も

▼ たであろう自分~ (2, 0.2%)

1 の美しい, はその

▼1* [186件]

たであろうああいう事, たであろうあたかもその頸, たであろうあたりを見まわした, たであろうあの深夜の, たであろうあらゆる生命思想文明は, たであろうあるいはもし私, たであろういかなる意味で, たであろうおそらく彼は, たであろうお祖母さんオリガの嘗て, たであろうかが実感された, たであろうかなどと源氏の, たであろうかの恋人に, たであろうかを明らかに, たであろうがなどと姉君を, たであろうがのあんたと, たであろうきわめて些細な, たであろうこういう考えは, たであろうこうした無意義な, たであろうことにツーロンにおいて, たであろうこれは同じ, たであろうころの想像, たであろうしかるに漢語においては, たであろうそうなれば, たであろうそち達一睡の後, たであろうそれほどにもわずか, たであろうそれらの爪, たであろうたよりない性格, たであろうだが吾, たであろうちょっと清心丹でも, たであろうといった程度の, たであろうところが常陸介は, たであろうとさえ言われるくらいまでに, たであろうとも語った, たであろうどうぞして, たであろうどんなに心細い日, たであろうそれは, たであろうなぜなら神, たであろうなどと心を, たであろうなどということも, たであろうなどとも院は, たであろうにも拘わらず一週間, たであろうのにこんな手近, たであろうのにと思った, たであろうのみならず現在, たであろうほどな大喝一声, たであろうほぼ半月ほど, たであろうまして遠い遠い所, たであろうまたさびしかったであろう, たであろうまだ熟さない青い, たであろうもし私に, たであろうゆえかならず当世, たであろうゆえに確かに, たであろうワッハッハ, たであろうよく芸の, たであろうわしのよう, たであろうニュートンが仮説, たであろうバルザックはつれなき, たであろうヒルミ夫人の立場, たであろうピラミッド工事の当時, たであろうミジメな彼女, たであろうロスコー氏の突然, たであろうリツキイに, たであろう一つの変化, たであろう一人の同感者, たであろう一座の中, たであろう一羽七十円のセキセイ, たであろう一間ばかり前途, たであろう万一その火, たであろうにこの, たであろう事業が消え, たであろう二人の掏摸, たであろう二階の階段, たであろう五里と七町, たであろう交際が始まった, たであろうと永久, たであろう人形町通りや, たであろう今や春琴の, たであろう仏教なり神道, たであろう休息するよう, たであろうに詳細, たであろう佐助が自ら眼, たであろう何となれば, たであろうしそれ, たであろう侍女達はすっかり, たであろうの玉座, たであろう先生の淋しい, たであろう光景はさながら, たであろうも蛇, たであろう兵道の威力, たであろう勝負がよい, たであろう千二少年は, たであろう午飯を彼, たであろう反応を見きわめる, たであろう古戦場をつぶさに, たであろう惜良材が, たであろうだ惜むら, たであろう商売人あがりの, たであろう噴水があっ, たであろう地変の為, たであろう夏子を秀子, たであろう多くの人, たであろう大学も高等学校, たであろう奈良朝以後シナの鞏固, たであろう女子の閲覧人, たであろう姉君の意志, たであろうを待たせ, たであろう学校の出席率, たであろう定めし居耐, たであろう実に残忍極まる, たであろうの四つぶ, たであろう容子はその, たであろうのない, たであろう寺院の鐘, たであろう少なくももっとおくれたであろう, たであろう尤もそれだけとしては, たであろう就中て私, たであろう屋内柵を過ぎる, たであろう年輩の蝋燭, たであろう幾人かはジャン・ジャック・ルーソー, たであろう張飛はほっと, たであろうがどうして, たであろう彼女は派手, たであろうに彼女, たであろう後年盲目となり, たであろう薬園預りの, たであろう心窃に苦笑, たであろう忠顕の顔, たであろう恐らくは何も, たであろう恐るべき事故, たであろう恐怖です超大, たであろう感動をわたしたち, たであろう成功を収め, たであろう手紙がある, たであろうを思う, たであろうのまま, たであろうの彼岸, たであろう時期に深い, たであろうにとって必要, たであろうや杉, たであろう検校と云え, たであろう極めて小さな臙脂色, たであろう様子を想像, たであろう歟其中或は死, たであろう歟生死孰れが, たであろう武術者たちの目, たであろうの事, たであろう母親のす, たであろう消失して, たであろう深林の中, たであろうよりもいくらか, たであろう点道子がほんとう, たであろう熊掌のこと, たであろうの餘, たであろう理想とはまだまだ, たであろう理由を会得, たであろう目的なしに, たであろう瞬間の感情, たであろうの指, たであろうな飛躍, たであろう笹川の姿, たであろう紋也はにわかに, たであろう絵巻物の魔力, たであろう絶好の方法, たであろう美妙にハッ, たであろう老媼の姿, たであろう色々な材料, たであろう芝居物真似田楽狂言民謡又は神楽, たであろう若い婦人たちを, たであろう見物は声, たであろう触覚の世界, たであろう計画や行為, たであろう贈り物の由来, たであろうにまた, たであろう農民たちの心事, たであろう通りにその, たであろう通り外ならぬ河内介, たであろう通力自在姐娘の腕, たであろう道中は, たであろうの紐, たであろう長井の門地, たであろう附近の医師, たであろう音楽や人, たであろうには, たであろう風説であり言葉, たであろう飛鳥人が必ずしも, たであろう鳥打帽を右