青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そのうえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そち~ そちら~ ~そっくり そっくり~ そっち~ ~そっと そっと~ ~そつ そつ~ その~
そのうえ~
そのうち~ ~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば そば~

「そのうえ~」 1219, 12ppm, 9272位

▼ そのうえ~ (156, 12.8%)

2 乗って, 僕の

1 [152件] あなたにまで, あやしい人物, ある諸, いいこと, いた銃手, いること, いろいろ問い, うかんでは, おきつぎ, お金が, きれいな, この武男, こわれた金具, さまざまの, たくさんの, ただよいその, ちゃんとのっ, ちょっとした宿屋, ちらついたり, つぐなん, つめ跡が, です, ならべる夕食, のせスマート, のっけるガラス, のって, のぼって, はいあがった, ふって, ぶくぶくした, ぽつぽつと, まだ何物, まだ働く, もうひとつクレヴァネット, もっとあくどい, もらえるし, よじのぼったん, りっぱな, ガラスを, ガロフォリが, キシロール・ボールサムを, セシルは, ハンノキの, バビロン王ネブカドネザルの, ピシリと, フラスコが, 下町へ, 亀石を, 二つとも, 今朝鞆, 仏を, 他人の, 仲間までが, 例の, 全集の, 兵馬の, 出口を, 函の, 劇作家を, 力の, 博士は, 叔母は, 台から, 吐きかけられる息, 大きなカンバス, 女王の, 娘らしい, 婢や, 巻きつけながら, 年も, 彼女の, 得態の, 思想的な, 感冒性の, 手塚の, 折も, 拡がった気もち, 掛けた, 新田に, 暖い, 曲玉の, 木の, 横臥され, 死体を, 法月弦之, 泡を, 派手な, 深い刀痕, 源一は, 生垣が, 生物が, 生長を, 申せば, 痛快な, 発見する, 眼には, 眼を, 着物も, 移して, 立ったなどという, 立ったの, 紀久ちゃんまで, 組立てた推理, 縫いつけて, 繃帯で, 美しい面差, 美貌でなけれ, 羽織って, 耳は, 職工たちの, 肉は, 背後から, 腐敗の, 腰を, 自動車だ, 自治制の, 船は, 船体が, 色っぽいの, 花骨牌を, 苔や, 薄縁が, 薄茶色の, 薙刀の, 袴を, 袷の, 裸体美人の, 襟の, 見物の, 言うこと, 諸種の, 資料の, 赤い小さな, 赤黒青, 身を, 車座に, 軍用毛布を, 金創の, 鉛筆を, 長岡城を, 附句の, 雀の, 雑草が, 雲が, 震えが, 青くさびた, 面に, 頭を, 飛びのって, 鬚を, 鬱蒼と, 麻酔剤を

▼ そのうえ~ (55, 4.5%)

2 はなかなか

1 [53件] がなしてる, がまた, がもし, が今, が船岡, にはとても, には兄, のこと, のため, の国, の武者姿, の粗暴, はあらゆる, はいつも, はこの, はすぐれた, はすでに, はそういう, はその, はそれら, はまだ, はみずから, はよく, はイタリー, はインド大麻, はフランス, は他人, は出来る, は勇敢, は反抗心, は同じ, は変わり者, は妻, は婦人たち, は宮, は年, は幻, は当時, は恋, は恐ろしい, は村, は母親, は気, は気質, は滑稽, は生まれつき, は知識, は筋力, は自分, は自然, は雑談, は頭, もまた

▼ そのうえ~ (20, 1.6%)

1 [20件] すうと, どんどんと, なめらかに, グイと, 上走り始める, 労働者の, 吹きわたるの, 小さな魚, 川の, 往く, 歩いても, 渡って, 滑れるよう, 無数の, 縫合した, 蔽いどこ, 蠅が, 走られる, 走りだした, 踏むこと

▼ そのうえ彼女~ (17, 1.4%)

3 は自分 2 はクリストフ

1 [12件] が自分, の名宛, の境遇, の心, の道徳, の願い, はいかにも, はもっとも, は夫婦生活, は恐ろしく, は隣り, を雇った

▼ そのうえこの~ (15, 1.2%)

1 [15件] うちには, ことばの, さい嫌な, たびは, ちっぽけな, 娘は, 少年に, 方の, 暗さ, 監視人たちが, 社には, 紳士には, 結び方は, 辺は, 間中の

▼ そのうえ~ (14, 1.1%)

2 のまえ

1 [12件] が到着, が病気, の初, の前, の家, の得意, の母, はかく, はもう, は日本語, は良い, をののしり

▼ そのうえ~ (13, 1.1%)

1 [13件] ことだっては, ことと, 主張でなけれ, 事と, 壁に, 妹は, 方に, 本ちょうど, 森は, 相談サ, 蒼空の, 覚悟でのう, 軽口を

▼ そのうえもう~ (9, 0.7%)

3 なにも 1 一つの, 一つ重大任務を, 一人の, 一刻も, 聴衆から, 遅くなっ

▼ そのうえその~ (8, 0.7%)

1 お嬢さんが, 人物が, 妙吉に, 工場の, 時々の, 欠配が, 親切な, 警察犬の

▼ そのうえにも~ (8, 0.7%)

1 きゅうりは, さらに吉野朝廷, なお麻縄, またこの, またちょうど, 後醍醐は, 戦乱の, 破れて

▼ そのうえ~ (8, 0.7%)

2 に背負われる 1 の言, は彼ら, は誰, まで殺す, をからかう, を刺す

▼ そのうえ自分~ (8, 0.7%)

1 がまた, には, のところ, の失礼, の専門以外, の顔, は大, を好男子

▼ そのうえには~ (7, 0.6%)

1 どんよりした, 南部の, 大な, 字も, 書類が, 真っ暗な, 赤や

▼ そのうえまた~ (7, 0.6%)

1 この木の葉, ジュピターの, リーリ・ラインハルトは, 今年の, 帰られる道, 彼女らの, 梁山泊という

▼ そのうえ~ (7, 0.6%)

1 かまだ, か言葉以上, か食べたい, が要る, にも耳, よりも肝心, をつけたす

▼ そのうえ彼ら~ (7, 0.6%)

1 がもっとも, にたいするいつも, にたいする賛辞, の逃げまどう, は不品行そのもの, は身, は騒々しい

▼ そのうえ~ (6, 0.5%)

2 兄さんは 1 よしばあさんは, 役所へ, 気立ての, 雪は

▼ そのうえそれ~ (6, 0.5%)

1 が借地, は彼, は比較的, は特別, は良さん, を波止場

▼ そのうえわたし~ (6, 0.5%)

1 がしだいしだい, に向けられた, の理解力, の言った, はもうまったく, は全

▼ そのうえ~ (6, 0.5%)

1 はこんな, も太田君, 勝手元の, 泣いたせい, 自分の, 迄戦争

▼ そのうえあの~ (5, 0.4%)

1 丹下左膳という, 人が, 恐ろしい番人, 春菜な, 犯罪が

▼ そのうえから~ (5, 0.4%)

1 おっ被さるよう, かけた, だが, 酸素か, 黒また

▼ そのうえこんな~ (5, 0.4%)

1 予告を, 仕事は, 売上金は, 扱いを, 犬の

▼ そのうえさらに~ (5, 0.4%)

1 いけないこと, この門番, その頭巾額, 生者の, 魅惑的な

▼ そのうえここ~ (4, 0.3%)

1 では金銭, には先帝, にまた, はさまざま

▼ そのうえ~ (4, 0.3%)

1 それなる, だかの, 仕方なく, 序詞である

▼ そのうえもし~ (4, 0.3%)

1 お父, このこと, 彼が, 彼女が

▼ そのうえクリストフ~ (4, 0.3%)

1 の疑惑, の自信, はフランス人, は自由思想家

▼ そのうえ二人~ (4, 0.3%)

1 の女, の老人, は一人娘, は非常

▼ そのうえ人間~ (4, 0.3%)

1 でごったがえし, の手, の髪, は野蛮時代

▼ そのうえ~ (4, 0.3%)

1 にいる, にばかりいた, の母さん, は立派

▼ そのうえ~ (4, 0.3%)

2 と足 1 に披, に負えない

▼ そのうえ相手~ (4, 0.3%)

1 になる, のいかん, の乞児, の承知不承知

▼ そのうえ~ (4, 0.3%)

1 がまだ, が降っ, さえ加わっ, の音

▼ そのうえある~ (3, 0.2%)

1 期間が, 軍隊の, 魚屋の

▼ そのうえこれ~ (3, 0.2%)

1 こそ思い, だけの世帯道具, はまた

▼ そのうえなお~ (3, 0.2%)

1 この前後, クリストフの, 成功した

▼ そのうえよく~ (3, 0.2%)

1 曲馬団で, 物に, 眠れました

▼ そのうえ今日~ (3, 0.2%)

1 はどこ, はまた, は冬

▼ そのうえ~ (3, 0.2%)

1 は肘, を楽しませた, を酔わせ

▼ そのうえ~ (3, 0.2%)

1 助と, 宮司惟直も, 芸術家を

▼ そのうえ本人~ (3, 0.2%)

1 が悄然, のお, は知るまい

▼ そのうえ~ (3, 0.2%)

1 で一生, の言葉, はよく

▼ そのうえ~ (3, 0.2%)

1 から大事, して, は私

▼ そのうえ途中~ (3, 0.2%)

1 で二度, で島前, で気持ち

▼ そのうえあいつ~ (2, 0.2%)

1 は明らか, を引っ

▼ そのうえあまり~ (2, 0.2%)

1 適当でない, 鋭い頭

▼ そのうえいつ~ (2, 0.2%)

1 でも役, までおい

▼ そのうえいま想像~ (2, 0.2%)

2 されて

▼ そのうえおじいさん~ (2, 0.2%)

1 がひじょうに, は体

▼ そのうえおれ~ (2, 0.2%)

1 は夜あたり, は自分

▼ そのうえかれ~ (2, 0.2%)

1 らは, を捕えた

▼ そのうえきみ~ (2, 0.2%)

1 とわたし, は日本一

▼ そのうえけが~ (2, 0.2%)

1 のため, をし

▼ そのうえこんなに~ (2, 0.2%)

1 世間が, 美しい顔

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 ほうびとして, 自分の

▼ そのうえさるぐつわ~ (2, 0.2%)

1 です, をかま

▼ そのうえしばしば~ (2, 0.2%)

1 御借り上げ, 酷い揺り返し

▼ そのうえずいぶん~ (2, 0.2%)

1 お世話に, 歩かしたからなあ

▼ そのうえつい~ (2, 0.2%)

1 いましがた, 今まで

▼ そのうえどこ~ (2, 0.2%)

1 かへとびだしました, とはなく

▼ そのうえなに~ (2, 0.2%)

1 かわたし, より困った

▼ そのうえふしぎ~ (2, 0.2%)

1 なこと, な話

▼ そのうえほか~ (2, 0.2%)

1 の仲間たち, の御

▼ そのうえほとんど~ (2, 0.2%)

1 どこの, 無苦痛

▼ そのうえぼく~ (2, 0.2%)

1 がい, は一日寝室

▼ そのうえシール~ (2, 0.2%)

1 がまくれ, が不完全

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 の種々, を顧

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 にたいするある, の弱い

▼ そのうえ多少~ (2, 0.2%)

1 それを, の才能

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 が近づい, になる

▼ そのうえ妻子~ (2, 0.2%)

1 の枷, を扶養

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 が言った, の行方

▼ そのうえ小さな~ (2, 0.2%)

1 座ぶとんまでも, 横町までも

▼ そのうえ小僧~ (2, 0.2%)

1 が一人, は尾行

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 の影, へゆけ

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 のかたち, を横切っ

▼ そのうえ年代~ (2, 0.2%)

2 が経っ

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 にはふたり, の木戸

▼ そのうえ強い~ (2, 0.2%)

1 ては尋ねなかった, 酒などは

▼ そのうえ往来~ (2, 0.2%)

1 だから, はぜんぶ

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 下屋敷は, 主人は

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 にけさ, に吹きだす

▼ そのうえ早く~ (2, 0.2%)

1 廃盤に, 足を

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

2 の汲み

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 の見事, 持ち金持ち

▼ そのうえ犯人~ (2, 0.2%)

1 がつかまれ, に対してもつとめ

▼ そのうえ用意~ (2, 0.2%)

1 の手ぬぐい, の縄

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 もわずらっ, をすます

▼ そのうえ自己~ (2, 0.2%)

1 の犯罪能力, を守る

▼ そのうえ若い~ (2, 0.2%)

1 細君を, 腕っぷしの

▼ そのうえ菊次郎~ (2, 0.2%)

1 には許嫁, は独りぎめ

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 にきんらん, のこなし

▼ そのうえ近く~ (2, 0.2%)

1 には馬場, の警察

▼ そのうえ近頃~ (2, 0.2%)

1 は左大臣, 見つけ出した欠点

▼ そのうえ追及~ (2, 0.2%)

1 もしなかった, をせず

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 が大きく, もしない

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 には魚, やす

▼ そのうえ~ (2, 0.2%)

1 に攫われかける, は堅

▼ そのうえ高氏~ (2, 0.2%)

1 から約束, は彼ら

▼1* [633件]

そのうえあくどい水いたずらまでも, そのうえあげ潮の, そのうえあすにもご, そのうえあたしはどうして, そのうえあちこちに若い, そのうえあとの文句, そのうえあなたがほか, そのうえあるまい事か, そのうえあんなに白かった, そのうえいうべき別の, そのうえいかに見せしめとは, そのうえいくつかの小さな, そのうえいじ悪で, そのうえいたっての醜男, そのうえいつも地面や, そのうえいつもぎりぎりの生活, そのうえいろいろのいい, そのうえいろんなものが, そのうえうなずいてそれ, そのうええらい由緒の, そのうえおいしそうな, そのうえおかしいことに, そのうえおかしなことに, そのうえおかみさんの両, そのうえおそらくあいつの, そのうえおちついてたばこ, そのうえおとうさんがもと, そのうえおとなになった, そのうえおとなしい人であった, そのうえおなじ日の, そのうえおまえを養っ, そのうえおまえさんはその, そのうえおまけに智慧, そのうえおもいもかけず, そのうえおん子城介どのまでがおなじく, そのうえお姫さまは王子, そのうえお嬢さんからお, そのうえお嬢さんたちはもう, そのうえお菜には三食, そのうえかかって来る, そのうえかくれていた, そのうえかべをとおして, そのうえからだじゅうにダイヤモンド, そのうえかわいそうなこと, そのうえかんじんの引越しそば, そのうえゼルズラと, そのうえきみたちは物, そのうえきわめて社交的で, そのうえきわめて漠然としたその, そのうえくらの入り口, そのうえぐずぐずして, そのうえこいつは黄色, そのうえこういう種類の, そのうえここ幾日を共に, そのうえこのごろはその, そのうえこのほど官位も, そのうえこれらの事がら, そのうえこわれている, そのうえこんどはわし, そのうえごつーんと, そのうえごらんの通り, そのうえしいては問わなかった, そのうえしんみりした催促, そのうえぶんが, そのうえじつはこのとき竹見, そのうえすこしおくびょうな, そのうえとから鉄, そのうえそういう連中は, そのうえそこの大穴, そのうえそちも同意, そのうえそれだけの金, そのうえそれらの苦悶, そのうえそれ自らとして独立, そのうえきぎは, そのうえたった一つの, そのうえたといその話, そのうえたとえ呂宋兵衛が, そのうえたびたび煙の, そのうえたまたま生じた面会, そのうえだいぶ遅くで, そのうえだしぬけにこんな, そのうえだらしのない, そのうえだんだん枝道が, そのうえちかごろ尊氏方の, そのうえちんばになっ, そのうえまえは, そのうえてきぱきした聡明, そのうえたたかって, そのうえである方が, そのうえできが少し, そのうえでぶでぶしたから, そのうえとても耐えきれないこと, そのうえともしつこく天女, そのうえとり乱れていた, そのうえどういう考え方を, そのうえどれもみな当り, そのうえどんな病気にも, そのうえお先にも, そのうえながいあごひげが, そのうえなんの騒ぎ, そのうえなんともいえぬ味, そのうえなんらの事件, そのうえにて如何ようとも, そのうえにやっかいなの, そのうえはからずも座間で, そのうえはじめさんには拾銭白銅, そのうえはるか伯耆船上山の行宮, そのうえひじょうな冒険ずきです, そのうえひとりの少年, そのうえひどいことは, そのうえひどくやつれた心配そう, そのうえふくよかにお, そのうえふたりのなこうど, そのうえふとんが, そのうえぶかっこうでした, そのうえぷーんといいにおい, そのうえ膝頭には, そのうえへたに倹約, そのうえほんとうになつかしい, そのうえぼんやりして, そのうえまさにこういう機会, そのうえまれにみる, そのうえ一人の, そのうえもしもおめ, そのうえもちろん彼の, そのうえもっと大きな理由, そのうえもっとずいぶん彼らに, そのうえもはや考えること, そのうえわらは, そのうえやわらかいベッドの, そのうえよけいわたしを, そのうえろくにその使い方, そのうえわが罪の, そのうえわざと自分に, そのうえわしは過労, そのうえわれわれが現に, そのうえをとびかけりながめまわす波の, そのうえアフガニスタン王のため, そのうえカピにもいくらか, そのうえガラス戸の外, そのうえクロクロ島は洋上, そのうえコレットにたいしては弱味, そのうえコーンはまた, そのうえゴムのよう, そのうえシーツがびりびり, そのうえスパイ団のわる者, そのうえテーブルの下, そのうえネズミの穴, そのうえノロちゃんにしがみつかれ, そのうえノートを無造作, そのうえパアトナーの救援隊, そのうえブラウンの患者範囲, そのうえベートーヴェンの音楽, そのうえマユミさんは寝室, そのうえマルがどこ, そのうえマンツァーメスの, そのうえメルキオルに呼び出される, そのうえラサ府からも病人, そのうえローザは怜悧, そのうえヴィタリス親方のりっぱ, そのうえ一万フランを提供, そのうえ一人はすぐ, そのうえ一勝負に二, そのうえ一度は逃げた, そのうえ一方が大佐, そのうえ一日置きに, そのうえ一目で白痴, そのうえ一般的に言え, そのうえ一頭の馬, そのうえ丁度空気の, そのうえ七つ道具やハト, そのうえ三時にはもうぼうっと, そのうえ三河の一色郷, そのうえ三河党はみな, そのうえ三軒とも薪, そのうえの入歯, そのうえ上半身や左右, そのうえ上赤坂城はすでに, そのうえ不自由の身, そのうえ世界の道理, そのうえ両国の水, そのうえ両者は常に, そのうえ中庭の奥, そのうえ中村警部にばけ, そのうえ丹下の殿様, そのうえ主人は自分, そのうえ主人思いのなにひとつ非, そのうえ乱れ立ったうしろから, そのうえ争う気力が, そのうえ争っていた, そのうえ二つの位牌, そのうえ二十七年の地震, そのうえ二十歩か三十歩, そのうえ二度までも療養所, そのうえ二百両のにせ, そのうえ二百年もたて, そのうえ云いぐさがそんな, そのうえ五人まえとは, そのうえ些かも恥ずる, そのうえ亡夫と一緒, そのうえ人づきあいもあまり, そのうえ人員もついに, そのうえ人心の腐敗, そのうえ今しがた口をきいた, そのうえ仕官の望み, そのうえ代代徳望のある, そのうえ以前にはなかっ, そのうえ仲屋は十年, そのうえ仲間の年上, そのうえ伊達兵部のため, そのうえ似たような, そのうえ何より奇態な, そのうえの卓効, そのうえ侮辱の結果, そのうえ侯爵がたいへん, そのうえ信州の旅, そのうえ信濃での出来事, そのうえ修道女たちはここ, そのうえ個々の場合, そのうえ優しい心の, そのうえ優勢に乗ずる, そのうえの勘三郎, そのうえと影, そのうえ光線をうしろ, そのうえ兎角お城, そのうえ入り口がたいへん, そのうえ全身がわけ, そのうえ具足屋の借財, そのうえ内儀がきりょうよしで, そのうえ内務省と司法省, そのうえ内応の賊将, そのうえ円遊なるもの, そのうえ冬囲いが家, そのうえ冷たい水の, そのうえ凧糸へ水, そのうえ出入りの商人たち, そのうえ出刃庖丁は伝吉, そのうえ出府したと, そのうえ出水の速度, そのうえ刑事さんと犯人, そのうえ刑事頭の自分, そのうえ初めっから, そのうえ別に強談も, そのうえ制服と靴, そのうえ刺身庖丁で首筋, そのうえの日, そのうえ前面の極楽寺川, そのうえ北側は割合眺望, そのうえ十七歳のとき, そのうえ十三四歳の頃, そのうえ十八になった, そのうえ十碗あまりも酒, そのうえ切ったよう, そのうえ千代を嫁, そのうえ千葉秀甫がだんだん, そのうえ南方の人々, そのうえ危険を防ぐ, そのうえ原典は屡々, そのうえ原子放射線によってひき起こされる, そのうえ定は, そのうえ去年の風水害, そのうえ古くは山海経, そのうえなり広い, そのうえ叱りはしなかった, そのうえ吉五郎の言葉, そのうえ同じような, そのうえ同家に一泊, そのうえ向こうはなかなか, そのうえにとって格別有利, そのうえ品行の正しい, そのうえではとても, そのうえ善良な父, そのうえへ止め, そのうえ四時近くになる, そのうえ四百四十枚の大きな, そのうえ四隊個々の上, そのうえ困ったことに, そのうえのはて, そのうえ国家の重職, そのうえ土俵を割った, そのうえ土塀の内側, そのうえ土居先生もあやか, そのうえ圧迫された弱者ら, そのうえ地下室へ降りる, そのうえ地勢のこと, そのうえ城外三十里の野, そのうえ堂々とした, そのうえ壊れた板や, そのうえ壮太郎氏の秘書, そのうえが皺, そのうえ声色の名人, そのうえ売り込みに来た, そのうえ変装の名人, そのうえ外国まで船づみ, そのうえ多年のあいだ, そのうえ多病で病むと, そのうえ大事な話, そのうえ大変気だてもいい, そのうえ大阪城の残党, そのうえ大食らいであったゼルビノ, そのうえ天下の武士, そのうえ天才であること, そのうえ天気は曇っ, そのうえ太い鉄ごうしが, そのうえ太宰さんが金木, そのうえの微笑, そのうえ女の子に就い, そのうえ女みたいな優男, そのうえ女中たち迄が皆, そのうえ女房の怪我, そのうえ女狂いと博奕, そのうえ好男子できれい, そのうえなこと, そのうえ妹さんの所, そのうえの精神生活, そのうえ姉さんみて, そのうえをやっ, そのうえ嬉しい便りをも, そのうえ嬰寧を伴, そのうえ子供たちを家, そのうえ孔明の再来, そのうえ存在といういまわしい, そのうえでは数日間家族, そのうえ官憲のほう, そのうえ実物をつくっ, そのうえ客あしらいがとても, そのうえ客席にいる, そのうえ家主のオイレル, そのうえ宿屋は千人, そのうえ密訴のこと, そのうえ寒く冷たいのでありました, そのうえの財産, そのうえ右京, そのうえ小林君は自分, そのうえ小柄でボロ, そのうえ少女たちは陽気, そのうえ少年たちにはごちそう, そのうえ山の手の場末, そのうえ山ノ手方面には急, そのうえ岩登りが実に, そのうえ川俣久平たちは木村, そのうえ川岸の気分, そのうえ帰国しても, そのうえ帽子がまた, そのうえ幕末維新の中央, そのうえ平和を乱し, そのうえ平気でそれ, そのうえ年暮ごろから酸い, そのうえを剥い, そのうえ序戦にもまず, そのうえのこと万端, そのうえ店員をはじめ, そのうえ廊下の突き当り, そのうえ弁天小僧で菊五郎, そのうえ弟子どもの噂, そのうえ強いることは, そのうえ弾丸の射ちこまれた, そのうえ当日の三番浮標, そのうえにも立たない, そのうえ彼奴には張軍団長, そのうえ彼自身も時代, そのうえ彼自身成都を出, そのうえ徒食して, そのうえ御用の提灯, そのうえ心張棒をし, そのうえ心臓もよわい, そのうえが明ける, そのうえ忍耐強くまた, そのうえん馬, そのうえ志保はかれ, そのうえ念入りに千切, そのうえ怖気づきかかってさえ, そのうえ恐ろしいまでにあらゆる, そのうえ恐ろしく気の, そのうえ恐怖と心配, そのうえ悪口を言われ, そのうえ悪擦れして, そのうえ意地わるく大, そのうえ愛しまた憎む, そのうえ慣れない労働と, そのうえ憐れな彼女, そのうえ懐中電灯やこん棒, そのうえ成信には理解, そのうえ戒律を守らない, そのうえ戦うには兵士ども, そのうえ手紙を書き始め, そのうえ手足の指, そのうえ投げ縄に, そのうえがあれ, そのうえ折々にはわが身, そのうえ持っている, そのうえ持明院統には後, そのうえ掛金をしっかり, そのうえに仕え, そのうえ掻き乱れるような, そのうえ支店長の苦しい, そのうえ改造を断行, そのうえ放っておいたら, そのうえ敬二郎を旦那, そのうえがわ, そのうえ文章や文学, そのうえさんって, そのうえ新聞記事をくどくど, そのうえ新規御抱え, そのうえ既に昔に, そのうえ日々の仕事, そのうえ日々聞ゆる兇悪, そのうえ日本人の靴, そのうえ明らかに虐待, そのうえの師匠燕枝, そのうえになっ, そのうえ昨夜と来たら, そのうえ昨日の口争い, そのうえ晁蓋さんまでがあっしども, そのうえ時々タウベが, そのうえ時間まではっきり, そのうえがあれ, そのうえ暗号錠ですから, そのうえ木像もこしらえ, そのうえ木刀でぽか, そのうえ木戸番のお, そのうえもたくさん, そのうえ本間山城ノ入道, そのうえ東京から帰った, そのうえ松やにのにおい, そのうえ林太郎にはどうしても, そのうえ案内人もろ, そのうえの中, そのうえ楠木名和千種などの昼, そのうえ横山属の立場, そのうえ横町の小路, そのうえ橋場で舟, そのうえは詠み損じ, そのうえ正次郎殺しの罪, そのうえ正造が不審, そのうえも周, そのうえ歴々と実印, そのうえ死体は洗い, そのうえ死者もし知る, そのうえ殿様からはたんまり, そのうえは焦っ, そのうえ毎晩九時から十時, そのうえ毎朝早く市場, そのうえ比嘉君はローマ字会, そのうえ氏育ちは争われません, そのうえ民間の明智探偵, そのうえ水道が断, そのうえ永遠にわたつ, そのうえ江州へ立ち, そのうえ江戸邸の中, そのうえ法令の解釈, そのうえ法律と同一, そのうえ泣いたりした, そのうえ注文されなくても, そのうえ流れはまん中, そのうえさえ眼, そのうえ済州の地方, そのうえ満面皺だらけだ, そのうえ源十郎への意趣, そのうえ滅茶滅茶に死骸, そのうえ激しくはない, そのうえ火災に罹った, そのうえ火花を散らす, そのうえ烏丸家でいかなる, そのうえ無口とき, そのうえ無数に垂れ, そのうえ無益なこと, そのうえ煙草入か印籠, そのうえ父君をぐみの木河原, そのうえ父親らはそれ, そのうえ物価騰貴で三枚, そのうえ物腰にどことなく, そのうえ特別に三十円, そのうえがふゆかいな目, そのうえはアングレー伯爵, そのうえ王成を当分ただ, そのうえ現にこうも尾羽, そのうえ現われるだろうと期待, そのうえの外, そのうえ生きて居れる, そのうえ生れ付きによって武勇抜群, そのうえ生憎な考え, そのうえ申しあわせたように, そのうえ申すよう, そのうえ町内のり災者, そのうえ画家はこう, そのうえの小さい, そのうえ異様の臭気, そのうえ病人です, そのうえ病気は労咳, そのうえ病身だし, そのうえ癇性で眼, そのうえ発音も一, そのうえ登記も自腹, そのうえ皇帝さまがお, そのうえ皮膚と筋肉, そのうえ目茶苦茶ににじん, そのうえ直き直き, そのうえ相弟子どうしの評判, そのうえ真赤に充血, そのうえ眠くもある, そのうえ矢作の出来事, そのうえ知識階級の者, そのうえは苔, そのうえ砂糖づけの, そのうえ神社まで降り, そのうえを払い, そのうえ空腹を感じ, そのうえの内側, そのうえ笹野新三郎などの表立った, そのうえ精力絶倫で二日二晩窓, そのうえ細川高仁木西条などけじめ, そのうえ給料を一年, そのうえ給金もさしあげます, そのうえ絵図面までも手, そのうえ絶対多数を得, そのうえを打つ, そのうえでも犯させ, そのうえ羅府のオリムピック, そのうえ羅針盤は砕かれ, そのうえ美しくてかしこい, そのうえ美津子さん由子さんあなたはいずれ, そのうえ美術室をからっぽ, そのうえ義理が重なっ, そのうえ老いた母を, そのうえ老人には一人, そのうえ老婆はあまり, そのうえ肝腎の浄瑠璃, そのうえのところ, そのうえにまかせ, そのうえ膝頭にはシルクハット, そのうえもかかりあいで拘えられた, そのうえ自発的に移住, そのうえの番人, そのうえ良人として口, そのうえ芝居というもの, そのうえまで飾っ, そのうえ花嫁と花婿, そのうえ芸者の裸体, そのうえ芸術家を知る, そのうえがほとんど, そのうえ若君が御, そのうえ草木の私語, そのうえ落ち着いて泣く, そのうえ落着いて, そのうえ葡萄酒もビール, そのうえは取り, そのうえ蕁麻はりっぱ, そのうえ藤九郎は夏, そのうえ藤夜叉さん自身にも何, そのうえ虹鱒まであったら, そのうえ蛇行が甚, そのうえと涙, そのうえ血染の匕首, そのうえ街道の耳目, そのうえ被害民自身の運動, そのうえ裁判官には個人的, そのうえの潜戸, そのうえでつかまえ, そのうえ見るとは申しまし, そのうえ見張られている, そのうえ親戚同士であった二人, そのうえ言う事が, そのうえ記者は事件, そのうえを愛し, そのうえ説教壇の石, そのうえ読書は他, そのうえ調理場といわず, そのうえにも瓜, そのうえ講義に疑い, そのうえ護送の列, そのうえ貴重な骨董品, そのうえ走らせまいとし, そのうえまでしばられ, そのうえの背中, そのうえ車庫の前, そのうえ軒燈にはきまった, そのうえそうに, そのうえ近所の仕出し屋, そのうえ追い立てることを, そのうえ追究しなかった, そのうえ退屈なそれら, そのうえ逃路まで教え, そのうえの悪い, そのうえ遠国の場違い, そのうえ遠慮深い性, そのうえ遠距離だから, そのうえ邪魔になる, そのうえを召し食っ, そのうえへ出れ, そのうえ野々宮さんが一家, そのうえもあるらしい, そのうえ金百斤布帛十匹を贈り, そのうえ鉄工場の利益配当, そのうえ銅山製煉所の煙害, そのうえ鎌倉第一, そのうえ長老が兄ドミトリイ, そのうえ門番というただ一人, そのうえ閑居という, そのうえ閑斎は海坊主, そのうえ阿倍野の一端, そのうえ陽明学者として高い, そのうえ随分荒れて, そのうえも重い, そのうえがだんだん, そのうえが邪魔, そのうえ雲霧を掻き起こす, そのうえが鳴り雨, そのうえ電信や電話, そのうえ電気浴という仕掛, そのうえ眉に, そのうえ青年は目前, そのうえ青銅の魔人, そのうえ面白いのは, そのうえ音楽にたいする彼, そのうえをはかっ, そのうえのてっぺん, そのうえ風陰なので, そのうえ飜訳はすでに, そのうえ飢えている, そのうえ飲むといっ, そのうえ駒ヶ林から浜づたいに, そのうえ駒下駄を裏合せ, そのうえ騒ぎ出すような, そのうえ高下駄をはき, そのうえ高射砲の砲弾, そのうえ高徳は守護, そのうえ魯迅に逮捕状, そのうえも島, そのうえ鹿の鳴く, そのうえ麻雀を何回, そのうえはいつも, そのうえは欠け落ち