青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たつた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たち~ ~たちまち たちまち~ ~たっ たっ~ ~たった たった~ ~たつ たつ~ ~たつた
たつた~
~たて たて~ たで~ たであろう~ たとい~ たとえ~ たとえば~ たなら~ ~たび たび~

「たつた~」 2220, 24ppm, 4849位

▼ たつた一人~ (345, 15.5%)

10 の娘 7 の人間, の女 4 の男の子, 立つて

3 [15件] しかゐない, で暮し, になつ, になる, のお, の人物, の例外, の友達, の妹, の孫, の客, の弟, の母親, の私, 坐つて

2 [23件] つきり, です, でせう, で住ん, で何, で広々, で生き, で誰, で酒場, なの, のその, の主戦論者, の人, の伜, の姪, の御, の時, の父親, の甥, の男, の親, の親友, 歩いて

1 [222件] あつた, いや歩く, お米, か, かう云つて, か二人, がどんなに, しかございません, しかない, しかなかつた, しか來, しか居りません, しか持ちません, その座敷, その翌, だ, だが, だけあと, だけあの, だけが見事, だけもの, だけ東京, だけ階下, だつたこと, だつたよ, だな, だね, つい此頃, で, であつ, である, である奥さん, であんよ, でいい, でいらつ, でお, でお出で, でお隣, でこ, でこの, でこれから, でございます, でしたよ, ですが, でた, でてん, でです, でのそ, でもこの, でも埒, でも怖し, でゐた, でマンホール, で二階, で來, で分け, で吹けば, で夜歩き, で大王, で嬬恋, で宜しい, で寝起し, で小舟, で居た, で居りまし, で居る, で帽子, で平次, で店, で引返し, で待つ, で御百度, で心, で感じ, で散歩, で敵, で斯ん, で方々, で映画, で梯子段, で毒死, で泣きました, で湯, で漕ぎ, で眺める, で神田, で私, で窓ぎは, で置く, で腹, で自分, で覺束, で賑やか, で通つて, で過す, で遣り切れない, で野原, で金, で静か, で飛ん, といふ心細い, といふ風, とり残されて, にし, になつたん, になつて, になります, にはなつた, のお袋, のやう, のオイハギ, のクリスト, のトマス次兵衛, のトメイ次兵衛, の下女, の主人公, の乳母, の人間らしい, の仕業, の令嬢, の伜三之助, の伜半次郎, の伜金之助, の俺, の傍聴者, の兄, の兄さん, の兄弟, の先生, の先覺者, の勇太郎, の叔母, の同胞, の夢, の夫鳥, の奉公人, の姉, の娘戀, の嫁さ, の子供, の孫娘, の孫息子, の家族, の少年, の幸福, の幼児, の座頭, の恋人, の息子, の愛する, の我家, の支那人, の放埒, の救, の日本女性, の昔馴染, の村医者, の杖, の沢田, の泣き役, の澄江, の無聊さ, の犠牲者, の理解者, の瑜伽行者, の生み, の生長史, の産婆さん, の男子駿太郎少年, の知合, の神さま, の稼ぎ人, の肉親, の肉身, の自分, の血, の襲撃, の阿, の頼り, の駅員, ぽつちです, も呑んだ, も戻, も歸, も顏, よりない可愛い, りの, ゐた, ゐるおかげ, ゐるきり, ゐるの, 何やら思ひ耽, 働けば, 出たばかり, 取殘, 御城, 御無事, 御鑑定, 恐いもの, 悩ましいおれ, 悶えてを, 招かれたの, 捨てて, 某作家, 歩きながら, 淋しいの, 淋しく暮し, 淋しく過し, 珍しく白いスーツ, 生き残つたわけ, 生き残つてアフリカ, 目立つて, 置いて, 置きすてられて, 置き残されて, 逃げたの, 連れた切り, 選りに, 際立つて, 静まり返つた町, 頑張つたといふ, 黙つて

▼ たつた一つ~ (200, 9.0%)

8 しかない 4 のこと 3 しか無い, の自由

2 [12件] ある, の什器, の仕事, の例, の大, の希望, の手掛り, の本当, の眼, の私, の脊, 人間らしい情愛

1 [158件] あつた, あの通り奉公人達, ありその, あるホテル, いくら鼻, お淋し, お祖父さま, か, から繁殖, かア, がまつ, が津軽, この逆立, ございます, しかあり得ない, しかない短い, しかなかつた, しかねエこの, しか例, しか手段, しか持たない, しか持つてないらし, しか有, しか無, そのこと, その底, その階下, だ, だけこんな, だけである, だけの意味, だけは望み, だけ似た, だけ僕, だけ携, だけ柿, だけ鑑賞, だけ高い, だけ齢上, ちかり, でい, でお前達, です, でも間違つた事, で澤山, といふ金銀細工, なん, になつ, のいはれ, のしるし, のほん, のもぎのこされた, のもの, のタンク, のランプ, の井戸, の共通, の凧, の制作, の劇場, の原因, の取柄, の同じ, の困り, の場景, の大きな, の失恋, の小説, の希ひのやうに, の弱々しい, の弾, の形見, の役目, の彼女, の彼等, の得意, の心残り, の情事, の意見, の戯曲, の手套, の手段, の手燭, の救, の教室, の方法, の星, の時計, の最後, の望み, の楽しみ, の楽みと, の残存, の氣持, の烏瓜, の無念, の用箪笥, の目標, の目玉, の目當, の目覚ましい, の確信, の肩書, の自分, の自慢, の菫, の行燈, の術, の言葉, の調子, の證據, の財産, の贅沢, の贈物, の赤い, の道, の遺憾, の遺産, の遺稿, の鍵, の集團, の電灯, の電球, の高い, の黒い堅い冷たい, ぽつりと, もそんな, もない, も殘つて, も身, よりない, を捨て切れず, 仕殘, 伺ひませう御, 住み当てた自分, 働くこと, 出て, 動いて, 取り残して, 取繕, 古油壺, 咲いて, 困つたこと, 幾らか出来, 引き受けたの, 忘れられぬ事, 承り度, 敷いて, 明いて, 残されて, 美しいの, 訊きたいこと, 訊き度いが, 返されねえ品物, 閃いて, 離れて, 飛んでも, 黒く消えかけた

▼ たつた~ (112, 5.0%)

3 出て, 自分が 2 さつきまで, その女の子, 和睦し, 来たばかり

1 [98件] あの凄, あの噴水, あんな憎い, おえて, お心当り, けふ, こしら, この私, これから小屋, さつき一人きりの, さつき合宿の, さんざん紅茶, しゆうとは, そこで会, その晩, その酒場, たしかに小, だ, ぢや, になつて, のうち, のこと, の愚考, の挙動, の話, の驚き, ふらりと, まであなた, までそこ, までその, まで刻々, まで吸殼, まで坊ちやん, まで寢, も廿両, も文藝家協會, も電話, やられたに, グリイブス提督が, ゼツテルベルグさんの, ブラシで, ポイントが, 乗り出した渚, 人を, 何となく家, 停つたバス, 其事を, 其処に, 其鉢へ, 出発し, 受取つたばかりの, 噂された, 大きな麦藁帽子, 夫人に, 定県, 宣讐の, 帰つて来た, 帰ると, 引つぱつたその線, 張つたばかりの, 忍ばせた力, 思索が, 急死した, 悪るいこと, 想像し, 懸念した, 戻つたばかり, 手前が, 打ち明けた銘銘, 朱文公に, 来たといふ, 来た処, 欧羅巴の, 此処へ, 死んだ娘, 気づいた, 無所得証明書, 独りで, 生れた人間, 眼の, 立退いて, 絞め殺して, 經驗した, 罵倒した, 腹部に, 自分に, 読み了, 読むだばかし, 貴僧様は, 起きたばかり, 転ばうと, 迄一枚, 迄誇り気, 通り拔けて, 銀座に, 長い眠り, 電光も, 骸骨の

▼ たつた~ (74, 3.3%)

12 と眼 11 と目 9 と晩, と突き 6 と言 5 と間 4 と口, と太刀 3 と握り 2 と粒種 1 と刻, と声, と打ち, と晩こ, と突, と突き心, と言口眞, の宝物, の胞子

▼ たつたそれ~ (62, 2.8%)

13 だけのこと 6 だけ 4 だけの事 3 だけで 2 だけか, だけです, つきり

1 [30件] だけかと惘れ返, だけこの, だけしかない, だけしか無い, だけだ, だけでした, だけでたいした, だけで澤山ぢ, だけのお, だけのその, だけのつながり, だけの交渉, だけの半, だけの原因, だけの悪戯, だけの惡戲, だけの意味, だけの泡沫, だけの號令, だけの言葉, だけの話, だけの謙遜, だけの證據, だけ何ん, だけ書い, だけ端, つぱかしの怪し気, つぱかり, つぱかりで, つぽ

▼ たつた二人~ (52, 2.3%)

2 になつ

1 [50件] が反, が頼り, さみしくそこ, しかゐなかつた, しか出ない, しか出席, だけで, だけです, だけで小さな, だけで歩い, だけの一生, だけ大, つきり, で, であの, でこの, で事務所, で専領, で植木屋, で滅多, で留守番, で白砂糖, で胡坐, で自動車, で花やか, で行つて, で解し, で語り, で辛い, で連立つ, で静か, で駒形, なん, にすぎなかつた, になつたの, になられるらしく思はれた, になりました, のうち, の世帶, の京都, の仲よし, の女, の店, の男性, の職人, の静か, ゐただけ, 御座います, 淋しいやう, 連れ立つて

▼ たつたひとり~ (48, 2.2%)

2 で住む, で出掛ける, で森, で歩い, で遊ん, の時, ぽつち

1 [34件] が不思議, しよんぼりと, で, でさびしく, でゐる, で寂し, で師匠, で暮し, で杖, で棚, で森蔭, で生き, で自分, で通つて, になつ, のつもり, のび, のほん, の下足番, の倅, の友達, の小さな, の敏雄, の日本人, の死ぬ, の母親, の自分, の親友, ぽつ, ぽつちで, 取り残されて, 実にみすぼらしく, 居るだけ, 投げだされても

▼ たつた一度~ (37, 1.7%)

2 あの中山, だけ, も

1 [31件] あの奥さん, ありました, あること, お千勢, しかない, しかなかつた, しか逢, しか逢つて, だ, だけその, だけ逢, だつた, でい, ですが, でなくほか, でも良い, でよい, で宜し, で自分, といふわけ, なん, のしかも, の命, の幸福, の経験, ふざけたの, や二度遇つて, より外, 受けた黒田さん, 御座いますので, 相見た

▼ たつた~ (28, 1.3%)

4 かなあ 2 かしら, だ, だと, である

1 [16件] かな, か一月, か二時間, か怪しい, か考, か褪めき, か覺, がいけなかつた, であるいつ, です, はこの, はわし, は三年前, は何年, ばんじ, を今日

▼ たつたこれ~ (26, 1.2%)

2 だけ, だけの事

1 [22件] だけいふ, だけだ, だけで, だけでお, だけでございます, だけでした, だけです, だけのこと, だけのことさ, だけのもの, だけの合圖, だけの家, だけの行程, だけの身代, だけの金, だけ何, だけ恐ろしく, だけ訊ねました, ばかりの子供, ばかりの戦ひで, ほどのこと, も好い

▼ たつたひとつ~ (25, 1.1%)

2 だけ時折祈祷, の哀しい

1 [21件] が必要, であ, ですから, で新京極, の, のとりえだ, のイリユージヨン, の人, の仄か, の今, の光, の公園, の土地生粋, の心配, の怖, の態度, の最後, の理由, の生き, の記事, の遊女屋

▼ たつた一本~ (23, 1.0%)

3 の葉巻

1 [20件] ある樅, しかありあしない, しか用意, しよんぼり立つて, だけかなり, だけその, でいい, では, のバツト, の得物, の手紙, の日蔭, の梅, の歯, の煙管, の眞田紐, の竹, の筆, や飲ん, 咲いて

▼ たつた一日~ (18, 0.8%)

2 だ, の間

1 [14件] でお前, でどうも, では, でも漁, で千兩, で最大級, で良い, に白髪, のうち, のそんな, の中, の探索, の稽古, 遅すぎた

▼ たつた一枚~ (15, 0.7%)

1 [15件] あつた, しかない, しか残つて, だけ外, であるが, のその, のよそいき, のマツチ, の他, の文錢, の蒲団, の蚊帳, よりない, 取出した, 持つて

▼ たつたいま~ (14, 0.6%)

2 聞いて

1 [12件] おきたばかりの, のこの, のぼつ, の鳥, よ, 倒れたん, 書いて, 来たばかり, 消えて, 起きたばかり, 起きたばかりの, 述べたかの

▼ たつた一言~ (14, 0.6%)

2 きかして

1 [12件] いつたかと, こう言つた切り, さう言, さう言つて, でも好い, で疑ひ, に直に, も勧め, も物, を云, 書き送つて, 許すと

▼ たつた~ (14, 0.6%)

11 た間 1 た晩, た晩留守, まい宛

▼ たつた独り~ (14, 0.6%)

1 [14件] であんな, でダラット, で一体, で丘, で何時, で半, で天井, で小舟, で暮し, で運動場, で長火鉢, にならなけれ, 取残されるの, 腰掛けて

▼ たつた~ (12, 0.5%)

1 [12件] この, この国, この男, この画家, その霊廟, であつ, であの, である, にでも何時何処そこ, の事, の二劉, は滅多

▼ たつたので~ (11, 0.5%)

2 これも, 悪戯な 1 あつた, こはごは, せう, はつきり覺えて, 云ひ返した, 本橋が, 自分は

▼ たつた二つ~ (11, 0.5%)

2 しかない, よりない 1 ある一つ, しかつい, だけになります, の残りもの, の水晶体, の違つた原料, の金色

▼ たつたやう~ (10, 0.5%)

1 だ, です, な, な気, な気持, な神経, な返事, な音, に思ひました, に船

▼ たつた三日~ (9, 0.4%)

2 の間 1 だけお, だよ, でも姿, でも年, で然るべき, のお, のこと

▼ たつたこと~ (8, 0.4%)

2 がある 1 である, でしたらう私, は極めて, やら分りません, を書く, を言

▼ たつた一夜~ (8, 0.4%)

2 の友人 1 のうち, のかり, の事, の出来心, の悦楽, 止むを

▼ たつた一年~ (8, 0.4%)

1 いやひと月, でも半歳, で何もかも, で帰つて, で濟, の月日, ばかり, ほど一緒

▼ たつた二度~ (8, 0.4%)

1 しかない, しかなかつた, しか手, しか見ない, だけで, でそれ, 御上洛, 程しか顔

▼ たつた~ (7, 0.3%)

2 此時 1 そこでは, なかなか来なかつた, 此度は, 空家せめて, 黙つて

▼ たつたもの~ (7, 0.3%)

1 があります, だつた, であらう, である, に違えねえ, のやう, らしい

▼ たつた一匹~ (7, 0.3%)

2 のスパァニッシュ・フライ 1 が用心深く, では, になる, の蚊, を保護

▼ たつた一羽~ (7, 0.3%)

4 の鶯 1 うつくしく, だけ首, 止まつて

▼ たつた三つ~ (7, 0.3%)

2 になつ 1 しかない, とは何で, になる, 書いた, 溜めて

▼ たつた五十兩~ (7, 0.3%)

2 で手 1 だとさ, で歸, で親許, と言, は變ぢ

▼ たつたある~ (6, 0.3%)

2 日の 1 夜おそく, 日ライオンが, 日曜日の, 晩に

▼ たつた~ (6, 0.3%)

1 思つた, 思つてそれだけ, 思つて非常に, 思ひますわ, 思ふ頃, 手を

▼ たつた一ぺん~ (6, 0.3%)

1 しか見, だけ視線, でも宜, に愛想, の見合ひで, もう一度女房

▼ たつた一人きり~ (6, 0.3%)

2 で暮し 1 でいささか, で不幸, で四方八方, の愛嬢瑠璃子さん

▼ たつた一冊~ (6, 0.3%)

2 の本 1 ある本, か二冊づゝ資料, の歌集, の良い

▼ たつた一晩~ (6, 0.3%)

1 だけ, だけの光景, だけ名, でのみとり粉, の中, の油斷

▼ たつた十九~ (6, 0.3%)

1 で, で大川, になつ, のお, の娘, の嫁

▼ たつた~ (5, 0.2%)

1 あたらなかつたかが, 僕は, 康子は, 彼は, 彼らは

▼ たつたそれ丈~ (5, 0.2%)

3 けのこと 1 けぢ, け顎

▼ たつた一つ私~ (5, 0.2%)

1 としては思ひ, に滿, のよんだ, の前, を散々

▼ たつた一人娘~ (5, 0.2%)

1 でこの, と牛込中, のこと, の何ん, の私

▼ たつた一目~ (5, 0.2%)

1 で井戸, で判ります, で思はぬ, で直, 見るの

▼ たつた一軒~ (5, 0.2%)

1 たてられた景色, のバラック, の僕等, の大きな, 吹きとばした

▼ たつた二人きり~ (5, 0.2%)

1 でこの, です, になつて, のこの, の時

▼ たつた八卦~ (5, 0.2%)

1 が書けた, だけが現, で世の中, ばかり載つ, を書く

▼ たつた十八~ (5, 0.2%)

2 の娘 1 といふ, の小娘, や十九

▼ たつた後彼~ (5, 0.2%)

1 の詩集, は何, は古本屋, は或, は雪国

▼ たつたあと~ (4, 0.2%)

1 では出版, で漸く, に, はもつ

▼ たつたとき~ (4, 0.2%)

1 たうとう, にはもう, の姿, はじめて形而上学的文学理論

▼ たつた一ツ~ (4, 0.2%)

1 だけ叩きつけ, であらう, とても悪事, の敷居

▼ たつた一人殘~ (4, 0.2%)

2 された娘 1 されたと, る娘

▼ たつた一兩~ (4, 0.2%)

1 だよ, でも奪, で追, とは何

▼ たつた三間~ (4, 0.2%)

2 しかない 1 の家, の小さい

▼ たつた十七~ (4, 0.2%)

1 か十八, だと, ですもの, で素直

▼ たつた四人~ (4, 0.2%)

1 いるだけ, しか答案, では, の客

▼ たつた年月~ (4, 0.2%)

4 は久し

▼ たつた後僕~ (4, 0.2%)

2 は僕 1 の月俸, は或

▼ たつた~ (4, 0.2%)

1 る日, 年の暮れで, 日の, 日トラングボムから

▼ たつた此一つ~ (4, 0.2%)

4 の話題

▼ たつた~ (4, 0.2%)

2 であつ 1 であらう, には上の町

▼ たつたいちど~ (3, 0.1%)

1 しかこの, と囁いた, よごされたの

▼ たつた~ (3, 0.1%)

1 もちやじや, 一人, 一人お

▼ たつたころ~ (3, 0.1%)

1 お午, でした, は

▼ たつたといふ~ (3, 0.1%)

1 ことである, ことは, わけである

▼ たつたところ~ (3, 0.1%)

1 で譲, のうす暗い, を指

▼ たつた一枚きり~ (3, 0.1%)

1 の単物, の短冊, の縮緬

▼ たつた一箇所~ (3, 0.1%)

1 にちら, 出て, 小さい穴

▼ たつた一輪~ (3, 0.1%)

1 の花, の薔薇, 見つか

▼ たつた三尺~ (3, 0.1%)

1 だ, の押入, 開けたところ

▼ たつた三年~ (3, 0.1%)

1 で江戸, の間, ばかり前

▼ たつた二日~ (3, 0.1%)

1 でもいい, でも三日, で初めて

▼ たつた五兩~ (3, 0.1%)

1 だが, であ, もない

▼ たつた五分~ (3, 0.1%)

2 か十分 1 ほどの隙間

▼ たつた今日~ (3, 0.1%)

1 ですが, でも田舍, 漸く出版

▼ たつた今私~ (3, 0.1%)

1 が文字, は務め先, は死ん

▼ たつた十兩~ (3, 0.1%)

1 ですから, もない, 欲しいと

▼ たつた十歳~ (3, 0.1%)

1 しか違, であまり役, なつた

▼ たつた四日~ (3, 0.1%)

2 の思ひ 1 の間

▼ たつた~ (3, 0.1%)

2 りの 1 りであつ

▼ たつた~ (3, 0.1%)

1 が病態, だつた, の姿

▼ たつたから~ (2, 0.1%)

1 きまりが, では

▼ たつたこの~ (2, 0.1%)

1 崖下の, 間まで

▼ たつたこれ丈~ (2, 0.1%)

1 けのこと, けの文字

▼ たつたども~ (2, 0.1%)

2 今迄

▼ たつたのに~ (2, 0.1%)

1 まだ解らなかつた, ビツクラし

▼ たつたふたつ~ (2, 0.1%)

1 この男, の眼

▼ たつた一つ心當~ (2, 0.1%)

1 りが, りを

▼ たつた一つ殘~ (2, 0.1%)

1 る縁, る行燈

▼ たつた一つ王様~ (2, 0.1%)

1 にとつて心配, の人形

▼ たつた一つ違~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼ たつた一とつ~ (2, 0.1%)

1 光りを, 暑い日蔭

▼ たつた一人ぢ~ (2, 0.1%)

2 やありません

▼ たつた一人ぼつ~ (2, 0.1%)

1 ちだと, ち見たいなもの

▼ たつた一人大変親切~ (2, 0.1%)

2 な方

▼ たつた一人子~ (2, 0.1%)

1 の京内, の非業

▼ たつた一人機嫌~ (2, 0.1%)

2 よささう

▼ たつた一人私~ (2, 0.1%)

1 がこの, がそれ

▼ たつた一人親切~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ たつた一人静か~ (2, 0.1%)

2

▼ たつた一冊残つた儘無残~ (2, 0.1%)

2 な紙魚

▼ たつた一口~ (2, 0.1%)

1 か二口, に頬張つ

▼ たつた一句~ (2, 0.1%)

1 のため, の捨台詞

▼ たつた一台~ (2, 0.1%)

1 のタクシイ, の玉台

▼ たつた一度それ~ (2, 0.1%)

1 もあんな, を持ち出し

▼ たつた一度会~ (2, 0.1%)

1 つたぎりの, つたこと

▼ たつた一度私~ (2, 0.1%)

1 がスペキユレイシヨン, の先々代

▼ たつた一日半~ (2, 0.1%)

2 で七十里

▼ たつた一月~ (2, 0.1%)

1 だわ, でい

▼ たつた一発~ (2, 0.1%)

1 で命もろ, で雀

▼ たつた一突き~ (2, 0.1%)

1 で死ん, に刺し殺した

▼ たつた一粒種~ (2, 0.1%)

1 ですから, の鐵三郎樣

▼ たつた一言云~ (2, 0.1%)

2 はし

▼ たつた一軒家~ (2, 0.1%)

1 の白木槿, へ出た

▼ たつた一遍~ (2, 0.1%)

1 に光子さん, 捕へた

▼ たつた一部屋~ (2, 0.1%)

1 か二部屋, の拭掃除

▼ たつた三人~ (2, 0.1%)

1 さ, で彼

▼ たつた三字~ (2, 0.1%)

1 だけ書い, や四字

▼ たつた三本~ (2, 0.1%)

1 しか入, だけ庭木

▼ たつた三枚~ (2, 0.1%)

1 になつ, のもの

▼ たつた三疊~ (2, 0.1%)

1 の入口, ほどの板の間

▼ たつた二人限り~ (2, 0.1%)

1 で散歩, 小さい食堂

▼ たつた二十枚~ (2, 0.1%)

1 だから, の走り書

▼ たつた二年~ (2, 0.1%)

1 で, も前

▼ たつた二時間~ (2, 0.1%)

1 だつた, なの

▼ たつた二百兩~ (2, 0.1%)

1 で爲五郎, ばかりの金

▼ たつた五六兩~ (2, 0.1%)

1 しか溜まらなかつた, 溜めるやうぢ

▼ たつた五分間~ (2, 0.1%)

1 でさつ, でもい

▼ たつた五千円~ (2, 0.1%)

1 といふ, よ

▼ たつた五字~ (2, 0.1%)

1 が失はれた, だけ記し

▼ たつた五文~ (2, 0.1%)

2 かと思

▼ たつた今あれ~ (2, 0.1%)

1 ほど明らか, 程までに激賞

▼ たつた今さ~ (2, 0.1%)

1 つきはじめて, つき剃つたばかりの

▼ たつた今しがた~ (2, 0.1%)

1 なん, まで予感

▼ たつた今それ~ (2, 0.1%)

1 と知, を思ひ出した

▼ たつた今一首所望~ (2, 0.1%)

2 いたす

▼ たつた今外~ (2, 0.1%)

1 から入, から帰つた

▼ たつた今家~ (2, 0.1%)

2 を出

▼ たつた今彼~ (2, 0.1%)

1 の様子, は既に

▼ たつた先達~ (2, 0.1%)

1 よ, よ自分

▼ たつた六人~ (2, 0.1%)

1 であつ, で芝居

▼ たつた十三~ (2, 0.1%)

1 になつ, ばかりの私

▼ たつた十五分~ (2, 0.1%)

1 に迫つて, 程しか経つ

▼ たつた十六~ (2, 0.1%)

1 だけれど, の娘

▼ たつた十円~ (2, 0.1%)

1 の時代, ぽつち

▼ たつた十四~ (2, 0.1%)

1 だと, といふ

▼ たつた~ (2, 0.1%)

1 ダアスの, 刻此家から

▼ たつた半日~ (2, 0.1%)

1 で嘗める, で擧げた

▼ たつた四五日~ (2, 0.1%)

1 の別れ, の間

▼ たつた四半刻~ (2, 0.1%)

1 のうち, ばかりを恐ろしく

▼ たつた~ (2, 0.1%)

2 になつて眼下

▼ たつた~ (2, 0.1%)

2 縁の

▼ たつた~ (2, 0.1%)

1 の午前, の夕方

▼ たつた~ (2, 0.1%)

1 なまぬるい音調, 突然

▼ たつた~ (2, 0.1%)

1 の一ト口宛, れ丈

▼ たつた此の間~ (2, 0.1%)

1 まで何, まで自分

▼ たつた此間~ (2, 0.1%)

1 も愛妻論, 湿毒

▼1* [616件]

たつたあれだけでもう, たつたいつぺん叱られたこと, たつたいまここでみせ, たつたいまみがきをかけた, たつたいま一の鳥居, たつたいま一度も美人, たつたいま古賀があるい, たつたいま君達の日本, たつたいま夢であるいた, たつたいま夫人の運ん, たつたいま幽霊のお, たつたいま教つたばかりのフランス, たつたいま暗夜の叢, たつたいま甲州から歸つた, たつたいま臆病な私, たつたいま血を洗, たつたいま證明せられた如く, たつたお前一人ぎりだ, たつたけれど決してそれ, たつたこの間十年ぶりで本, たつたこれくらゐの, たつたこれ一ツしか授からない, たつたころぐつと絲が引かれた, たつたころジヨバンニは拾つた活字, たつたさつき坂の上, たつたしかもあの東京, たつたそれきりだらう, たつたそれ一本が若者, たつたやア, たつたつめたい朝でした, たつたあらう, たつたという方も, たつたとき喉をさする, たつたとき杉村は逃げる, たつたところどころが丸く, たつたひととこだ, たつたひとこと言つてやらうか, たつたひとつ何もはひつ, たつたひとつ可能の態度, たつたひとつ条件をつけた, たつたひとつ残つた星もある, たつたひとつ狂ひの, たつたひとつ知つてるよ, たつたひとつ野牛がいまいましく, たつたひとりぼつちに, たつたひとり俺だけはこの, たつたひとり殘つた息子に急, たつたひとり汗を流し, たつたひとり浅瀬のところ, たつたひとり茎も葉, たつたひとり馬鹿面をかぶつ, たつたひと言おだやかに笑み崩れ, たつたふうで, たつたアな, たつたまま霧粒を眺め, たつたむつとする, たつたひとつの, たつたもう一つ質問し, たつたようにみえた, たつたわけがわかりました, たつた活けし樂, たつたポンプの水, たつただよ, たつた一こと低いが, たつた一つあきらめ安いの, たつた一つあなたにお, たつた一つお父さんのこと, たつた一つかすかに乾い, たつた一つきりだつた, たつた一つここに困つた, たつた一つしきや無, たつた一つそれはた, たつた一つぢかに栖鳳氏, たつた一つミスがイギリス人, たつた一つヨハネと違, たつた一つ丈お願, たつた一つ久六が橋場, たつた一つ今度といふ今度, たつた一つ例にあげた, たつた一つ例外がある, たつた一つ内儀のお, たつた一つ別な人間, たつた一つ半間四方の小さい, たつた一つ命だもの, たつた一つ年下の姪, たつた一つ廊下の行き止り, たつた一つ彼れの, たつた一つ後ろの首筋, たつた一つ御家人の株, たつた一つ打萎れて, たつた一つ方法が私, たつた一つ曾ぞ自分, たつた一つ最初の手口, たつた一つ朗かに冴え, たつた一つ朝五時半までも寝床, たつた一つ此の人, たつた一つ此處で伺ひます, たつた一つ残つてゐたの, たつた一つ氣のついた, たつた一つ父の遺物, たつた一つ物置の隅, たつた一つ犯人が女, たつた一つ発見したん, たつた一つ真白なちぎれ雲, たつた一つ眠つた港の灯, たつた一つ確かなこと, たつた一つ確信したこと, たつた一つ窓は下, たつた一つ笠に這つて, たつた一つ紅絹の犢鼻褌, たつた一つ美しかつたの, たつた一つ肛門に油, たつた一つ自動車だけは好かない, たつた一つ花の内, たつた一つ落ち殘つて居る, たつた一つ藁屋根の頂點, たつた一つ術がある, たつた一つ變つたのがある, たつた一つ貴様の仕業, たつた一つ身にも家, たつた一つ違いだという, たつた一つ醉つたとは言つて, たつた一つ鉢植の蘭, たつた一つ電燈がつい, たつた一とこと言, たつた一ぺんきりそれを見, たつた一わの, たつた一ヶ所指の跡, たつた一ヶ月といふ短, たつた一ヶ月前まで位, たつた一二番の勝負, たつた一人あとはやり兼ねない, たつた一人お母さんの妖女, たつた一人ここへ足, たつた一人この世に殘, たつた一人これは宵, たつた一人そつと溜息, たつた一人それもおとなしい, たつた一人づんぐり肥つた州執行官の老人, たつた一人まごまごして, たつた一人グラリクラリと乗込ん, たつた一人一番年齢の若さうな, たつた一人三味線弾きだけは, たつた一人上野の森, たつた一人主人の弟, たつた一人二人の仲, たつた一人二階にやつ, たつた一人京都へ取り残されたい, たつた一人仏間に閉ぢ, たつた一人仲のよい, たつた一人仲間を離れ, たつた一人俥に揺られ, たつた一人切りで坐つ, たつた一人勝田蔵相ばかりは流石, たつた一人午過ぎの工事場, たつた一人及第したといふ, たつた一人反対の赤坂行, たつた一人取り殘された十八, たつた一人四円だか, たつた一人土藏の間, たつた一人妹娘のお, たつた一人家に留りました, たつた一人小使ひを, たつた一人小型の叢書, たつた一人山路を喘い, たつた一人岩の上, たつた一人川の向, たつた一人広小路の真ん中, たつた一人広岡浅子女史のみは洋装, たつた一人座敷の隅, たつた一人徹夜して, たつた一人心當りが, たつた一人念入りに見つ, たつた一人息子の清治, たつた一人悄んぼり, たつた一人成金のお客, たつた一人斡旋役の小川, たつた一人暮し取次も主人, たつた一人暮らしてゐる, たつた一人曉方までお, たつた一人朧の中, たつた一人東条操さんと言, たつた一人林田がやはり, たつた一人林田英三君にはいつか, たつた一人梅玉だけは熊本, たつた一人歸りそびれて, たつた一人残つてゐるそして, たつた一人殘つた伜の竹松, たつた一人殘つた岡崎屋の血統, たつた一人殘つて居たお, たつた一人毛色の変つた男, たつた一人氣のつかない, たつた一人水面を眺め, たつた一人王戎のみは仲間, たつた一人生恥を曝した, たつた一人町湯へ行つた歸, たつた一人留守番さしては, たつた一人異様の人物, たつた一人真白な面, たつた一人素晴しい體格, たつた一人素面だつた, たつた一人絶命せし故, たつた一人置いてきぼりにされた, たつた一人自分丈が白鷺, たつた一人若衆で交つて, たつた一人葛城の女神, たつた一人藏の中, たつた一人血の上, たつた一人行燈の前, たつた一人裏庭へで, たつた一人足が一本, たつた一人蹲まつて, たつた一人随行して, たつた一人頭をか, たつた一人鼠に引かれ, たつた一例だから, たつた一個の桃, たつた一個所も病的, たつた一個所斯んな文章, たつた一個所此処でわが, たつた一円だつた, たつた一刀の下, たつた一切我今皆懺悔しつかりしろ, たつた一刻この切詰めた, たつた一刻半恐しく早い, たつた一囘使用したきり, たつた一字違ひでね, たつた一学期教へられた, たつた一室の中, たつた一尾小さな魚, たつた一幅売り残された九霞山樵, たつた一年前のこと, たつた一年間背負ふために三百六十五日, たつた一度きりだね, たつた一度きりぢやない, たつた一度きり口をきい, たつた一度ちよつぴりと接吻, たつた一度なつたけれど, たつた一度ほん物と見, たつた一度アメリカのニュース映画, たつた一度ジロリとレシイナ, たつた一度フューザン会の時, たつた一度何かのこと, たつた一度別れの握手, たつた一度口をきいた, たつた一度呉霊壁のあまり, たつた一度屋根へ登つたの, たつた一度彼女に会, たつた一度支那料理店で逢, たつた一度東京で彼等, たつた一度此處で聽, たつた一度無理な出逢, たつた一度芋泥棒をした, たつた一度親分に内, たつた一度間違つたこ, たつた一度隣組の人, たつた一文字を修正, たつた一日位のこと, たつた一日違ひで時機を失つて了, たつた一日違ひで自滅して, たつた一日飼つてゐたばかりの, たつた一時間半に七百三十九頭, たつた一時間半ぐらゐどつち, たつた一時間髪薄き老, たつた一晩きりでした, たつた一晩それだけを手がら顔, たつた一晩此處へとめられた, たつた一本きりのやう, たつた一本きり黒ずみ疲れはてたやう, たつた一本根を痛められた, たつた一本殘つた母の形見, たつた一条走つて, たつた一杯だけたべた, たつた一杯づつ飲むやう, たつた一枚二錢か三錢, たつた一枚寄したきり, たつた一枚眞新しい文錢, たつた一枚著て居る, たつた一枚身にま, たつた一機だけがこ, たつた一滴私の針, たつた一点を改造, たつた一疋でないて, たつた一疋雨欲しさうに鳴き立て, たつた一眼でわかります, たつた一着しか持つ, たつた一瞬間でいい, たつた一種しか例, たつた一種類の草, たつた一筋の東京, たつた一箇所學問的に言, たつた一箇所後ろから左肩胛骨, たつた一箇所行儀の良い, たつた一篇彼の処女作, たつた一粒の実, たつた一羽どこからともなく, たつた一羽切りで, たつた一羽時をり, たつた一羽金泥の上, たつた一聲だけで, たつた一行だよ, たつた一行半あまり醜く, たつた一言お歌も結構, たつた一言言つたきり, たつた一言返事をした, たつた一語に, たつた一足しかない, たつた一足残つたのだと, たつた一軒それも入口, たつた一軒急造の日の丸, たつた一辺あんな騒ぎ, たつた一辺何の迷ひで, たつた一通も亦, たつた一遍丈で可, たつた一遍予科の二度目, たつた一遍戰爭に敗けた, たつた一遍豫科の二度目, たつた一邊かいだばかり, たつた一銭五厘だ, たつた一鍬だけがつくり, たつた一間だけ建つ, たつた一間きりの六疊, たつた一隻で荒ばれ, たつた一雫も残つて, たつた一音だつた, たつた一頭の種豚, たつた一題の處, たつた七人だけになつ, たつた七十銭にこの, たつた七日でも泊つて, たつた七浬位ひなんだが, たつた七篇の戯曲, たつた三つしきや, たつた三つほか残らん言うとるが, たつた三ヶ月間の旅行, たつた三人切りか, たつた三人家族の一人娘, たつた三人残つたばかりだ, たつた三円と云, たつた三十兩の元金, たつた三十六萬兩即ち今, たつた三十円で嘆い, たつた三十分前に盛子, たつた三千円のこと, たつた三四両のことぢ, たつた三四分の間にね, たつた三四尺の流れ, たつた三年前のこと, たつた三度であつ, たつた三日日眼を切つて, たつた三日目に亡くなつた, たつた三晩しか泊つて, たつた三月の間, たつた三月くらゐの, たつた三杯かところで, たつた三歳の子供, たつた三百円旅費を下げ渡され, たつた三百円貰ふきりだ, たつた三百年先きで死んで, たつた三行ばかり, たつた三行半であれ, たつた三軒の家, たつた三遍だけです, たつた三間裏長屋らしく見すぼらしい感じ, たつた三隻の小舟, たつた三頁ばかりの小品, たつたを揃つて, たつた中學の大きな, たつた丸山薫津村信夫堀辰雄及び日塔聰, たつた九つしみつ垂れた餅屋, たつた二つそれにお勝手, たつた二つ下出戻りですが, たつた二つ切りで青磁, たつた二つ私の願, たつた二三カ月でまるで, たつた二三回である, たつた二三夜無理をした, たつた二三銭のキヤラコ, たつた二人ぎりで朝夕二度宛道場の扉, たつた二人ぎりで牢の中, たつた二人一人は塩務官, たつた二人切りで散歩, たつた二人厄介な因縁, たつた二人奉公人と小判, たつた二人奧の稽古部屋, たつた二人差し向いになつ, たつた二人戸にも障子, たつた二人散歩に出る, たつた二人暮しですよ, たつた二人染五郎とお, たつた二人殘る娘, たつた二人氣まづく, たつた二人相對しました, たつた二人荷物を間, たつた二人藤兵衞の身, たつた二人限散歩する約束, たつた二円で売つて, たつた二冊たづさへて, たつた二匹でい, たつた二十キロの山道, たつた二十一中氣, たつた二十両でもやられ, たつた二十二なの, たつた二十八兩その時, たつた二十八歳これからと, たつた二十分たつた, たつた二問題ぐらゐしか出ないと, たつた二字が認め, たつた二室の淺間, たつた二年足らずではある, たつた二度それも一日, たつた二度そん時が三度目, たつた二度年寄の不機嫌, たつた二度目に会, たつた二斗の酒ぐらゐに牛, たつた二日それも一日みたい, たつた二日一夜の間, たつた二日前に老, たつた二本の枝, たつた二点しかない, たつた二疋の遅れた, たつた二百円で女, たつた二百圓か, たつた二種あつた, たつた二軒それがやられる, たつた二週間ぽつちです, たつた二間しかない, たつた二頁しか出, たつた五ひきしかゐなかつた, たつた五両と云, たつた五六間歩くのに, たつた五円だつた, たつた五十圓餘りの, たつた五千圓どもしかあり, たつた五坪とは思はせない, たつた五年じア, たつた五里もう里, たつた五銭お代りするの, たつた五階六階まで登る, たつたで新興日本, たつた今あなたはもう, たつた今おれの哥薩克帽, たつた今お前の国, たつた今さつき落した帽子, たつた今しがた受取つた母親の手紙, たつた今すしを御馳走, たつた今そちは何と, たつた今わきにおいた, たつた今わたしあなたから去つ, たつた今クビにする, たつた今一人の人間, たつた今七八分前まで現に, たつた今七八十人の同勢, たつた今三十二錢で買つて來, たつた今伴れて, たつた今傍らの初瀬, たつた今別れの目礼, たつた今助役さんに云, たつた今医者が戻, たつた今十兩に利子, たつた今地ひびきをたて, たつた今坂路の上, たつた今嫌疑がはれ, たつた今役人に一, たつた今彼等がそこ, たつた今日當時の騷亂, たつた今春松は嫌, たつた今棟領から, たつた今泰平郷分譲地全体に亙, たつた今現在この場, たつた今病院へ連れ, たつた今私達が出発, たつた今笑つてゐたぢ, たつた今自分達の見, たつた今船から上つたん, たつた今藤村は山, たつた今行つたのよ, たつた今被つたばかりの, たつた今都会へ馳, たつた今酒場のお, たつた今金を返し, たつた今雨の音, たつた今頭が痛く, たつた今駐在へ知らせ, たつた仕事場のあと, たつた他家で或, たつた俺ひとりにより他, たつた先刻の事, たつた八十五騎とは心細い, たつた八時間の持時間, たつた八種ほどの絵具, たつた八銭やない, たつた六冊物の読本, たつた六時間の短い, たつた六疊ですが, たつた六種の新聞, たつた六箇所あるだけ, たつた六篇の喜劇, たつた其意気張から十兵衞, たつた北原ミユキは手術, たつた十ヶ月で為る, たつた十七字の活殺, たつた十三年でこの, たつた十九字でその, たつた十二だつた, たつた十二円だけ貰, たつた十五になつ, たつた十五ぢやお前, たつた十五里の道, たつた十兩缺けただけ聞いた, たつた十八色の淺黒さ, たつた十六さこのあつし, たつた十分でよ, たつた十四行書くため, たつた十語で済ます, たつた十銭とは, たつた千兩との答え, たつた卅過ぎやそこらで貧乏ばかりし, たつた半年で振り捨て, たつた半年足らず遲かつた, たつた半歳か一箇年, たつた四つしか無い, たつた四つ今から考へる, たつた四五日懷の中, たつた四五枚の障子, たつた四人暮しの肉親, たつた四十八万円ばかりの金, たつた四十圓で持つ, たつた四十秒のこと, たつた四文字で出来, たつた四日前のこと, たつた四時半ごろだつた, たつた四題にすぎません, たつた土藏のところ, たつた地面を力一杯, たつたがう, たつた大きな巖である, たつた大昔のエジプト, たつた大空を昇る, たつたならとにかく, たつた寒村を川上村, たつた山嶺は遠く, たつたからくれない, たつた廿両だ早く, たつた後わたしは同じ, たつた後三男は蕗, たつた後僕等は実際, たつた後妻とそこ, たつた後彼女は何, たつた後彼等は東京, たつた後是等の紙袋, たつた後最高点を採つた, たつた後汽車は薄, たつた後給仕は僕, たつたでキヤツ, たつた慎重な研究, たつた故郷の田圃側, たつた数人の侍臣, たつた数個の果実, たつた数年で戻つたの, たつた數十字のもの, たつた數箇の語詞, たつたが遙, たつた明治二十九年五月で一葉, たつた昨夜の事, たつた時一度はノモンハン, たつた時代クフといふ王様, たつた時僕は或, たつた時洲崎の辨天樣, たつた時私の下宿, たつた時間でございますよ, たつた月八圓ばかりで, たつたの空, たつたはづれ, たつたが咲い, たつた此丈けを云つた丈, たつた此印度洋中の孤島, たつた此銅貨一ツになつ, たつた洋装の女, たつた温い日栄蔵は, たつた濃藍色はどんなに, たつたをその, たつた百二十石お禮, たつた百五十兩だ, たつた百五十騎とは案外, たつた百円の月給, たつた百梃の鐵砲, たつたで十一人, たつた程度のもの, たつた童謠詩人を思ひだす, たつただが, たつた緑平老をお, たつた縁側でいま受取つた郵便物, たつた自覚と情熱, たつたが一つ, たつた芭蕉一人である, たつたぶきの, たつた荒壁のうらで, たつた蜜柑畑なので, たつた熊が, たつた親子二人ぎりでした, たつた赤い茄子畠は, たつたはそれら, たつた酒一升がまま, たつた酒三升で濟, たつたをか, たつた頃それまで何時, たつた頃森を出外れた, たつた頃私は或, たつた頃自動車は角屋, たつたを光らせ, たつた香爐一つと言, たつた馬場孤蝶先生のつ, たつたは惜しい, たつた鹿が細い, たつた鹿二頭を得た