青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「それ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば そば~ そもそも~ そり~ そりゃ~ ~それ
それ~
それから~ ~それぞれ それぞれ~ ~それだけ それだけ~ それで~ それでは~ それでも~ それとなく~ それとも~

「それ~」 372258, 3693ppm, 17位

▼ それ~ (91103, 24.5%)

728 それは 523 私の 445 そうと 432 彼の 318 それと 265 彼が, 私が, 自分の 209 人間の 204 一つの 178 それで 176 そうだ 165 確かに 153 非常に 147 僕の 128 さうと 121 あなたの, 彼女の 120 何か 112 よかった 105 一種の 102 自分が 101 何も 100 何の, 或る 98 そうです 97 兎も 95 私も 92 今の 91 いいが 90 あなたが 85 私に 83 君の 80 女の 77 日本の, 本當 76 何でも, 彼女が 75 例の, 次の 73 お前の, わかって 72 明らかに 71 どうも 70 どういうわけ, 僕が 69 どうでも, わたしの, 人の 66 どういふ 65 不思議な, 大変な 64 私には 63 他の 62 もう, 外でも 61 後に 60 なんの, 何かの 59 どういうこと 58 そうだろう, 誰の 57 實に 56 兎に, 少しも 54 そうかも, そうでしょう, 今から 53 どういう意味, ほんとうに, 昔の 52 ほかでも, 紛れも 51 わたしが, 一人の, 吾 50 多くの 48 お気の毒, 前に, 我々の 47 普通の, 立派な 46 今まで, 仕方が, 当然の, 殆ん, 知って 45 子供の, 此の 44 すべての, ともかくとして, 一つには, 二人の 43 いい, いけない, わからない, 何と, 有難い 42 いけません, われわれの, 何う, 彼等の, 明かに, 本当の 41 彼に 40 いうまでも, ただの, どうした, 今日の, 嘘だ, 彼らの, 自然の 39 ほんとうの, 何という, 分って, 結構だ 38 いずれも, 何です, 大變, 本当か, 父の, 私は, 第一, 誰にも, 誰も 37 いいこと, その人, それとして, 別の, 前の, 私にも, 誰でも 36 いつの, 一時の, 二つの, 僕も, 君が, 当時の, 彼にとって, 知らない 35 何だ, 去年の, 單に, 後の, 結構な 34 こういうわけ, その時, 本当です, 無理だ 33 あとで, いかん, その通り, どんなこと, なんでも, 彼には, 面白い 32 すぐに, とりも, 併し, 彼らが, 私を 31 いつもの, こうである, 云うまでも, 他でも, 男の 30 あまりにも, またどう, 一つは, 大変だ, 現在の, 社会の, 自分でも 29 とにかくこの, 何よりも, 何を, 夏の, 無理も, 自己の 28 おれの, お前が, たいへんだ, とにかくとして, どこに, 先生が, 前にも, 困る 27 いつでも, ここに, ともかくも, わかつて, 僕に, 母の, 疑いも, 誰だ, 非常な 26 どこの, なるほど, 人を, 僕には, 夢の, 気の毒な, 自分で

25 [11件] あの人, そうに, そのはず, ちやうど, なんという, まぎれも, またどういう, 一匹の, 人が, 人生の, 自分を

24 [16件] ありがたい, さう, それなりに, どうで, どこまでも, なぜかと, わたくしの, 今も, 作者の, 先生の, 容易に, 気の毒だ, 確に, 見て, 言葉の, 静かな

23 [12件] こうだ, どこから, また何故, 初めから, 別問題, 夜の, 大丈夫だ, 彼等が, 本当だ, 私にとって, 綺麗な, 誰が

22 いいとして, もう親分さん, 取りも, 彼女に, 最初の, 氣の, 水の, 過去の

21 [14件] そうさ, またどうして, もつと, よいが, わかりません, 一切の, 一般に, 人間が, 何故かと, 容易ならぬ, 彼を, 聞いて, 間違って, 駄目だ

20 [19件] あなたに, ある, いずれに, いったいどういう, さて置き, たいへんな, ちよつと, ない, なにも, なんです, 僕にも, 全くの, 初耳だ, 判らない, 少くとも, 少年の, 村の, 私たちの, 絶対に

19 [20件] あの, その筈, とんでもない, どうだ, もう私, 一個の, 他人の, 伸子に, 何である, 如何に, 心の, 月の, 歴史の, 気の, 然う, 町の, 結構です, 自分にも, 誰です, 面白いな

18 [28件] きつと, しかたが, だめだ, また, また別, わしの, 一体どういう, 二人が, 人々の, 今でも, 今に, 伸子の, 俺が, 俺の, 多くは, 大したこと, 平次の, 彼自身の, 怖ろ, 愛の, 日本人の, 時代の, 無理です, 珍らしい, 田舎の, 申すまでも, 神の, 自分に

17 [25件] かれの, こっちの, この家, これらの, さうだ, どこか, どこへ, ひとつの, ほかの, まあいい, われわれが, 人に, 俺も, 別として, 奇妙な, 宜い, 実際に, 容易な, 我々が, 昔から, 真の, 私達の, 誰に, 違います, 風の

16 [24件] こうな, さっきの, その, どういう訳, どちらでも, わからないが, 何処までも, 何時の, 博士の, 妙な, 妻の, 山の, 御心配, 意外にも, 承知し, 昨夜の, 東京の, 海の, 父が, 物の, 現実の, 生きて, 相手が, 若い女

15 [41件] いいね, いったいどんな, いったい何, おかしい, こうです, これまで, そこに, ですね, ともかく, どう云, どこかの, まあそれ, またなぜ, また同時に, よいこと, よくない, わたしも, 一体誰, 九月の, 余りにも, 先に, 出來, 右の, 困ります, 左の, 当然な, 従来の, 御無理, 敵の, 春の, 昨日の, 有名な, 無理の, 真実の, 知らないが, 私自身の, 秋の, 言ふまで, 話が, 諸君の, 重大な

14 [43件] あの女, おもしろい, おれが, かの女, さきに, そのとおり, その頃, それだけの, たしかだ, だれも, ほんとうか, ほんとうです, 世界の, 主に, 事実である, 云わば, 今は, 他ならぬ, 兄の, 冬の, 出来ない, 出来ない相談, 分らない, 分らないが, 前から, 口に, 可なり, 單なる, 大へん, 大丈夫です, 完全に, 当り前の, 彼自身にも, 必然的に, 忘れて, 母が, 現代の, 私たちが, 私と, 科学の, 結構でございます, 芸術の, 雪の

13 [48件] あなたは, いまの, おまえの, かうである, かれが, この世の, そうでございます, それに, だめです, どうもありがとう, どれも, なんだ, まだいい, よいとして, よく知っ, わたしにも, 一本の, 云ふまで, 人類の, 何に, 何んの, 僕は, 出て, 判って, 問題に, 嘘では, 固より, 地球の, 女が, 家の, 左う, 己が, 悪いこと, 惜しいこと, 慥かに, 極く, 死の, 永久に, 火の, 無理な, 皆な, 私達が, 結構, 老人の, 近所の, 違う, 難有, 餘り

12 [53件] あなたと, いいん, いい考え, お前に, お手柄, お高, こういうこと, ここでは, これまでの, さうかも, そのとき, それこれは, ただに, できないこと, どうする, どうにも, どのよう, わしも, わたくしが, ドイツの, ホンの, 一体どんな, 一国の, 不可能である, 世の, 世間の, 事実だ, 二人とも, 今までの, 伸子が, 何といふ, 何んと, 俺に, 個人の, 出来ません, 判りません, 困りましたね, 多計代, 娘の, 時の, 最初から, 水に, 異様な, 眼に, 確かな, 考えて, 花の, 血の, 西洋の, 読者の, 誰れ, 貴方の, 長い間

11 [86件] あの方, いけませんね, お銀様, かねて, こっちで, この上, そうよ, そのままに, それが, ただ, だれにも, だれの, とにかく, どうかと, どう言, ひどい, ほんとの, ほんの瞬間, また何, もうお, よくわかっ, よろしい, りっぱな, わからぬ, わかりませんが, わしが, わたしに, アメリカの, 一定の, 不可能だ, 不思議だ, 主人の, 事実に, 人間と, 今では, 今度の, 何うし, 何うも, 個々の, 充分に, 出来なかった, 初夏の, 君も, 嘘です, 大事な, 大切な, 大変です, 好いが, 妙に, 存在の, 学校の, 宇宙の, 実際の, 彼と, 彼にとっては, 彼女にとって, 彼女を, 後から, 御免を, 心得て, 必然に, 思ひも, 恐ろしいこと, 支那の, 政治の, 氏の, 民衆の, 気が, 真実です, 知らなかった, 知らぬ, 確かだ, 私から, 私にと, 私にとっては, 立派に, 第二, 自然と, 自然に, 色の, 見事な, 言ふ, 逆に, 遠い昔, 頭の, 駄目です

10 [79件] あとから, ありそう, いいです, いつに, いつまでも, おまえが, お前さんの, お前も, きれいな, こちらの, この事件, この土地, この場合, この男, そうな, そうね, そなた, そのま, そのよう, それを, とにかく彼, とにかく私, どう云う, どんなもの, ひとりの, まあ何, またこの, またそれ, もうこの, もう今, わたしたちの, 三つの, 不可能な, 仕方の, 何かという, 何よりの, 何れも, 何故か, 信じて, 全く私, 分りません, 午後の, 単純な, 博士が, 君は, 問題では, 嘘に, 地上の, 外から, 大変, 太陽の, 妹の, 存じて, 巨大な, 年の, 当って, 当然だ, 思いも, 悪魔の, 戦争の, 日本が, 昨年の, 本当な, 母親の, 物を, 病気の, 直ぐに, 真赤な, 真面目な, 眼の, 石の, 背の, 自分から, 自分と, 覚えて, 認めて, 貴女の, 追, 酒の

9 [95件] あたしの, あつた, あなたも, ありがとう, ある日, いい塩梅, いつかの, いと易い, いろ, お互, お安い, かれら, ここで, ここの, この, この国, ごもっとも, そうでも, そんなこと, ただ一つ, ちつとも, ちょうどその, つぎの, つまり, どんな人, どんな意味, ならぬ, ほんの一瞬間, ぼくも, もう親分, もはや単なる, わけも, わたくしに, フランスの, 一に, 一の, 一羽の, 三月の, 不思議でも, 事件の, 事実です, 二月の, 人間を, 以前の, 余の, 作家の, 偶然の, 僕だって, 出来ないと, 別に, 前述の, 労働の, 各自の, 四月の, 外ならぬ, 大なる, 大人の, 女に, 安心し, 宗教の, 恐しい, 想像に, 日本に, 明治の, 曾て, 最後の, 木の, 止むを, 沢山の, 火星の, 猫の, 番頭の, 相手の, 知つてゐる, 知りません, 簡単に, 耳よりな, 自分も, 良いこと, 表面の, 覚悟し, 誤りである, 誰か, 誰かが, 貴方が, 違って, 違ふ, 鉄の, 長さ, 間違いだ, 間違いです, 雲の, 静かに, 馬の, 魂の

8 [143件] あたりまえの, あの男, あります, ある意味, いったいどこ, いつも私, いつ頃, いろいろな, いわゆる, お父様, お雪, こ, こう云う, この物語, さうで, さうです, さうでは, さておいて, さようでございましょう, ずっと後, そうじゃ, そうであろう, その当時, その男, それだけで, それらの, ちがう, どうもお, どこかに, どんな事, なぜです, なりません, またその, また私, もう間違い, やめて, よい, よかったです, よく知つて, わたくしも, ロシアの, 一日の, 一枚の, 一瞬の, 一般の, 一面に, 上の, 上等の, 事実であった, 二階の, 京都の, 人間では, 人間に, 何, 何ういう, 何から, 何が, 何だろう, 何にも, 何んだ, 作者が, 信長の, 僕にとって, 兄が, 全くその, 八五郎の, 凡ての, 別に不思議, 勝手だ, 十分に, 危険な, 又どう, 又何, 又何故, 古代の, 君に, 唯一の, 困ったな, 国民の, 地の, 外国の, 大丈夫, 大丈夫で, 大間違い, 夫人の, 妙だ, 存じません, 実に驚くべき, 己の, 彼れ, 御苦労, 心に, 必要な, 想像する, 意識の, 感心な, 手の, 日の, 時と, 最初に, 最後に, 有難いこと, 朝の, 朝鮮の, 本当でしょう, 気持の, 氷の, 永遠に, 江戸の, 決して彼, 無理に, 無駄な, 特殊な, 特殊の, 生の, 生命の, 生活の, 疑ひも, 相当の, 知識の, 神を, 神様の, 私共の, 結構なお, 自分たちの, 自動車の, 見る人, 見覚えの, 親の, 親分, 言ひ, 許して, 誰しも, 身体の, 近代の, 部屋の, 重に, 金の, 間違いない, 間違いの, 隣の, 願っても, 飛んだ事

7 [188件] あたくし, あなたには, あなた方の, あのひと, ありがたいが, あるの, あんたの, あんまり, あんまりです, いいとしても, いいの, いけませんよ, いつごろの, いはば, いふまでも, いままで, お君, お延, きのうの, きみの, けだしその, けっこうな, この話, この頃, これからの, さうさ, さすがに, さっきも, しかし, そうで, そうである, その女, その年, だれでも, ちょうど, どうあろう, どういう, どういう理由, どうも仕方, どう考え, どこかで, どんなにか, なか, なかった, なにか, ふしぎな, ふたりの, ほんた, ほんたう, ほんとうかい, ぼくが, ぼくの, まあ, まあお, まちがって, もちろん, よくわかる, よく分っ, れいの, わかる, わけの, わずかに, わたしを, イギリスの, クリストフの, 一体何, 一口に, 一時的の, 一片の, 一面の, 下の, 下女の, 中, 事実の, 人々が, 人間性の, 今迄, 仕事の, 以前に, 何かと, 何故です, 作品の, 信仰の, 俺にも, 僅かに, 僕を, 僕等の, 元より, 先刻から, 六月の, 分りませんが, 別な, 勿論, 十月の, 単にその, 危険だ, 同じこと, 同一の, 向うの, 問題でない, 嘘な, 困ったこと, 困りましたな, 困るな, 変です, 多分に, 大したもの, 大変残念である, 天の, 奇怪な, 女房の, 好い, 妻が, 姉の, 子供が, 存在する, 実に不思議, 寒さ, 尋常の, 少女の, 平次も, 形の, 往々に, 後日の, 御丁寧, 御承知, 急に, 惜しい, 惜しい事, 拙者が, 文学の, 新聞の, 易いこと, 是非も, 最後まで, 有難う, 有難うございます, 構わない, 正直な, 死を, 残念だ, 残念な, 母と, 氣が, 決して, 決してその, 決して私, 済んだこと, 無数の, 無理である, 無限の, 犬の, 現世の, 生れて, 男と, 男性の, 目の, 直接に, 眞の, 確かです, 神聖な, 私だって, 私です, 空の, 空気の, 純粋な, 素子の, 結局は, 結構でした, 胸の, 自分には, 自己を, 自由に, 解って, 詩人の, 誤りで, 警察の, 足の, 身を, 近くの, 途中で, 違うよ, 違ひます, 遠くの, 間違ひ, 青年の, 面白そう, 頭に

6 [258件] ありうること, ありがとうございます, あるさ, ある年, ある時, いいところ, いい思いつき, いかにし, いかんな, いけないと, いったいどうした, いったいなん, いつだ, いまに, いやな, いろいろの, うそだ, おれにも, おれも, お氣, お目, お目出度い, お角さん, お駒ちゃん, かう云, きまって, こちらから, このこと, このよう, この世の中, この人, この女, この手紙, この辺, こまる, これに, さうだね, さぞお, さておき, さて措き, その場, その方, その晩, たしかに, ただその, ただ単に, ただ自分, できない, できません, とにかくその, とにかく自分, どうして, どうです, どうも有難う, どこだ, どちらかと, どちらも, どんな方法, なぜだ, なぜであろう, なぜでしょう, なにかと, なにかの, なんともいえない, はじめから, びっくりする, ほんとうだ, ほんとか, ほんとです, ほんの一瞬, まあ仕方, まあ後, まこと, まず第, また一つ, また彼, まだよい, みんなの, めでたい, もうあの, もう大丈夫, もう彼, もっともだ, よかろう, よろこんで, わかったが, わけは, わしにも, わたくしには, われらの, 一座の, 一日も, 一昨年の, 丁度私, 万, 上手に, 下に, 下男の, 不可能の, 不幸にも, 世界を, 世間で, 両方とも, 中国の, 予が, 事実だった, 事実では, 事情が, 人民の, 人間は, 今までに, 今日に, 代助, 伊太利の, 何とも, 何ともいえない, 何とも云え, 何な, 何より結構, 何んで, 何んという, 何処の, 何故だろう, 何故である, 余計な, 健康な, 僕だ, 僕自身にも, 先刻の, 全くこの, 具体的な, 冗談だ, 出来ないこと, 初耳です, 十一月の, 半分は, 卑怯だ, 単に, 危い, 厳重に, 又, 古風な, 只の, 可哀そうだ, 名案だ, 君たちの, 周囲の, 哲学の, 困った, 困ります実に, 困ると, 壮い, 変な, 変に, 大勢の, 大和の, 大変に, 天下の, 天井の, 天才の, 夫が, 夫の, 夫人が, 奇遇だ, 女性の, 好都合だ, 妾が, 妾の, 子供を, 学問の, 宜しい, 実に恐ろしい, 実の, 客観的には, 幾何学の, 店の, 当然である, 彼にも, 彼も, 彼らに, 徒労に, 御親切, 御随意, 心配する, 心配ない, 怪しからん, 恋の, 悪かった, 悲しいこと, 愛と, 成程, 手に, 承知の, 文字通りの, 日本で, 日本では, 日本人が, 明日に, 昼の, 時間の, 最高の, 未来の, 東京に, 極めて簡単, 極端な, 歌の, 正気の, 死人の, 残念でした, 残念ながら, 母に, 気がつかなかった, 気を, 気味の, 浅草の, 消えて, 渠が, 無理で, 無限に, 無駄だ, 物質の, 珍しい, 申上げられません, 疑問である, 病人の, 皆が, 目に, 神に, 神様が, 私たちを, 結婚の, 緑色の, 考へ, 耳の, 聞き覚えの, 自分ながら, 自分自身の, 自然で, 自然な, 至極尤も, 色々の, 見るからに, 見事に, 言は, 言わずと, 言葉に, 誤解です, 誰でした, 辱け, 銀の, 間違いで, 音楽の, 顔の, 驚いた, 驚くほど, 高価な, 髪を, 鬼の

5 [386件] あきらかに, あたしが, あった, あなたを, あなた方が, あの晩, ありさうな, あると, ある程度まで, ある種, いいだろう, いいと, いくらも, いけないよ, いずれでも, いっさいの, えらい, おかしいです, おまえさんの, おやめ, お前お, お前さんが, お前達の, お雪ちゃんが, かうだ, かすかな, かなりの, かんたん, きみが, きれいに, こういう意味, こういう訳, ここへ, この世で, この世に, この前, この問題, この島, この時代, この部屋, この間の, これを, さうし, さうだらう, さながらに, すつかり, すべてを, ずっと以前, そうとも, そうなく, その中, その価値, その前, その時代, その瞬間, それぞれの, それとしての, たいへん, たいへんに, たくさんの, たしかに一つ, ただこの, ただそれだけ, ただ人間, たった一つ, ちがいます, ちょうどいい, ちょうど夏, ちょっとの, つまり私, できなかった, ともかくこの, ともかく私, どういうの, どういう風, どうすれ, どうなる, どちらに, どっちとも, なんたる, なんである, なんらの, なア, はっきりし, ふしぎだ, ふつうの, へんです, べつの, ほんの僅か, まあ結構, まさにその, まずそれ, またお, まだ, まだしも, まだ私, まアそれ, みんなが, むかしの, むやみに, むりだ, もうその, もっともな, やって, やはり, ゆうべの, よい思いつき, よく判っ, よく判りません, よろしくない, わかっとる, わからぬが, わたくしにも, わたしは, われ, カントの, クリスマスの, ソヴェトの, パリーの, ヨーロッパの, 一と, 一体何者, 一刻も, 一台の, 一家の, 一応は, 一応尤も, 一方に, 一瞬に, 一緒に, 一言で, 一部の, 一頭の, 丁度その, 七月の, 不可能であった, 不必要, 不思議でございます, 不思議でない, 不意に, 世の中の, 世界に, 丘の, 丸木の, 主體, 事実な, 事実を, 京都に, 人と, 人によって, 人も, 人間としての, 今どこに, 今より, 今日では, 今日まで, 仏の, 仏蘭西の, 伸子にとって, 伸子にも, 何かしら, 何かに, 何で, 何であろう, 何よりです, 何らの, 何んです, 何んな, 何人にも, 何人も, 何処へ, 何刻だ, 何時でも, 何等かの, 何等の, 俺は, 倉地の, 偉い, 偶然では, 僅に, 先の, 全く同じ, 全く彼, 冗談です, 刀の, 分らなかった, 分る, 判らなかった, 判らん, 判りませんが, 刻々に, 北の, 半七, 単に言葉, 又それ, 又僕, 又同時に, 友人の, 取るに, 可成り, 各人の, 同時に, 哀れな, 品の, 商人の, 問題と, 嘘だろう, 嘘で, 四つに, 困ったねえ, 困つた, 困つたな, 土の, 土地の, 外の, 多分, 大きな間違い, 大そう, 大抵の, 大阪の, 天然の, 夫, 夫婦の, 失敗に, 失礼ながら, 女中の, 好くない, 始めから, 娘が, 婦人の, 孔子が, 存在を, 完全な, 宜いが, 実に, 容易の, 小さい時, 小型の, 小説の, 尤もだ, 山から, 山と, 嵐の, 帆村の, 幅の, 平凡な, 平常の, 年若い, 幸いに, 幽霊の, 当然すぎる, 彼女にも, 徒らに, 御奇特, 御尤, 御苦勞, 徳川時代の, 忘れも, 恐らく彼, 悪い, 惡い, 想像も, 愉快だ, 愉快な, 意味の, 意外だ, 意志の, 愚かな, 我々に, 房一の, 手代の, 手紙の, 拙者の, 文化の, 文学に, 斯様な, 新たに, 新聞に, 日が, 日曜日の, 日本を, 早くも, 明日の, 映画の, 昼間の, 普通に, 有難いです, 有難い事, 本当, 本当かね, 本当でございます, 本気で, 桜の, 梅の, 森の, 極めて稀, 正月の, 此方の, 武蔵の, 歴代の, 歴史的に, 残念でございます, 残念です, 気に, 永い間, 滑稽な, 無理という, 然うと, 熱心に, 父に, 父を, 特別な, 特別に, 特定の, 犯人が, 現今の, 現実に, 現実を, 現實, 理論の, 甲斐が, 申す迄も, 當然の, 疑問です, 目下の, 相手に, 眞に, 真実だ, 真実な, 研究の, 社会が, 社会的に, 私への, 私一人の, 程度の, 種々な, 空に, 空間の, 窓の, 竜之, 第三, 簡単な, 純粹, 紙の, 素子が, 経験の, 結局, 絵に, 綺麗に, 美の, 翌日の, 肉体の, 若い時, 英国の, 茶いろ, 葉子が, 親しさ, 親切に, 解らぬが, 言って, 記憶の, 誠に有難い, 説明する, 誰もが, 論理の, 諸君が, 貴君が, 貴重な, 車の, 農民の, 途方も, 遠くから, 遥かな, 金と, 長くは, 間違いありません, 闇の, 階段の, 随分と, 隣りの, 雑誌の, 雨の, 飛んでも, 駿介に, 骨の, 骸骨の

4 [770件 抜粋] あたしも, あなただって, あのおそろしい, あの日, あらゆる他, ありがたいと, あるとも, あんまりだ, いいあんばい, いいでしょう, いいもの, いかんよ, いけないね, いずれの, いったい誰, いつかカムパネルラの, いつも同じ, いづれも, いやだ, いろいろある, いわずと, うちの, うまくいかなかった, うれしい, おせい様, おとといの, おまえに, おめでとう, おもしろいこと, おもしろかろう, おやすい, お互いに, お八重, お前達も, お困り, お易い, お松の, お気の毒様, お父さんの, お約束, お若い, お話に, かなりに, かねての, かまわない, きょうの, こうであった, こうでした, こっちから, こっちが, このまま, この作品, この作者, この夏, この大, この小説, この村, この際, これから先, こんやの, さうだつ, さぞ御, さておきこの, して, そういうこと, そうであった, そうで御座います, そう思っ, そこの, そのほう, その人々, その何, その土地, その日, それまでの, た, たがいに, たしかな, たしかにその, ただ彼, ただ私, たやすいこと, だな, だれだ, ちょうどこの, ちょうど人, ちょうど人間, つい昨日, つまり自分, できない相談, とてもできない, とにかくあの, とんだ事, とんだ失礼, どういう事, どういう人, どうぞ御, どうとも, どう見, どう言う, どこにでも, どっちに, どなたでございます, どんな仕事, ないが, なにより, なりませぬ, なんだい, なんだろう, なんといふ, なんな, はっきりと, はつきりと, ひっそりと, ほんとでございます, ほんのちょっと, ほんの少し, まあよい, またあまりに, またわれわれ, また何ん, また後で, まだ東京, まちがいなく, まアどう, むしろ, むずかしいこと, もういつ, もうこれ, もうわかっ, もうわたくし, もう二, もう何, もう夜, もう御, もう自分, もう覚悟, もちろんの, もとより誤り, ものに, ものを, もはや人間, やはり彼, よいお, ようございました, よくわかりません, よく存じ, よく承知, よその, わからん, わずかな, わたしにとって, わたしには, インテリの, スペインの, ベートーヴェンの, モウ, 一ぴきの, 一人で, 一体どこ, 一体な, 一年に, 一度も, 一方では, 一条の, 一生の, 一軒の, 一部分は, 丁度いい, 丁度好い, 七十郎の, 三年前の, 上代の, 不吉な, 不思議で, 不思議の, 丑松の, 世界が, 世間普通の, 主人が, 主観に, 乞食の, 乱暴だ, 予定の, 事が, 事の, 事実か, 事實で, 二人にとって, 二十七八の, 二枚とも, 云は, 些細な, 人口の, 人民を, 人物の, 人間として, 人間には, 今年の, 今彼の, 今日でも, 仕合わせな, 他では, 他人には, 以上の, 佐渡屋の, 体の, 何だい, 何だった, 何でございます, 何ゆえである, 何んとも, 何処から, 何年も, 何故だ, 何物にも, 何處の, 余談だ, 例外で, 俗に, 保の, 個人的な, 偶, 傍の, 優雅な, 光の, 光を, 全く何, 全く別, 全部の, 八, 八五郎でした, 六波羅の, 凡ゆる, 出来る事, 分からない, 初めの, 判らぬ, 前年の, 前日の, 力の, 助けて, 労働者の, 勿論の, 医者の, 十二月の, 十六七の, 南の, 却て, 厄介な, 又別, 反対に, 叔母の, 口で, 古え, 台所の, 各々の, 同時に彼, 名の, 名を, 君にも, 君自身の, 周囲に, 唯此里, 喜助の, 嘘だった, 困りますね, 困るだろう, 地獄の, 地球を, 地面から, 壁に, 変だ, 夕方の, 外に, 多分この, 多分その, 多数の, 夢だ, 夢に, 大きな誤解, 大まちがい, 大丈夫でございます, 大変でございます, 大層な, 大陸の, 天から, 天気の, 失礼, 失礼しました, 奇蹟に, 奥様の, 女では, 女を, 奴めの, 好い事, 嬉しいこと, 子供らしい, 宜かつ, 実に立派, 実行の, 実際には, 客の, 宵の, 家に, 家族の, 将軍の, 少しの, 少しは, 尤もな, 山に, 己れ, 帆村荘六だった, 常の, 平次にも, 平生の, 年齢の, 幸に, 底の, 庭の, 廻り澄む, 弟の, 影の, 影を, 彼らを, 彼女自身にも, 彼自身が, 後世の, 後廻しに, 心が, 必しも, 思うに, 思ひがけ, 恐らく掛引, 恐らく私, 息子の, 恰かも, 悲痛な, 意外な, 意識的に, 感情の, 憂鬱な, 成功した, 我国の, 手も, 承知で, 故郷の, 文字どおりの, 文芸の, 斯う, 既に過去, 明らかな, 昔からの, 昨晩の, 時が, 時計の, 時間と, 晩春の, 曹操の, 最早や, 最近に, 期待の, 末の, 本当かい, 本当で, 本質的に, 東洋の, 栗の, 根本的な, 構は, 横浜に, 次郎の, 正当に, 此方で, 武門の, 殿の, 毎晩の, 氣持の, 永久の, 池の, 決してあなた, 汽車の, 法月弦之, 流れて, 海から, 潮の, 無事に, 無意識の, 無益な, 無論です, 無駄であった, 熊の, 爽かな, 物が, 特別の, 狐の, 現実的な, 理屈では, 理由の, 理窟だ, 生活を, 申し上げられません, 男が, 略して, 異常な, 病院の, 百も, 盆の, 目も, 真夏の, 真実か, 眠って, 矢の, 知つ, 知つて居る, 知らなかつた, 知らん, 知るよし, 社会に, 社会的な, 神が, 秀吉が, 私よりも, 私一個の, 種々の, 空を, 空虚な, 粋な, 粗末な, 精密な, 純粋に, 素人の, 素敵だ, 絶対の, 絶望の, 美しい人, 美しかった, 美濃の, 耳に, 聽いた, 胸に, 腰の, 自分にとって, 自分は, 自然が, 自然を, 自由の, 自身の, 船長が, 良かつ, 芸術を, 若さ, 華やかな, 葬式の, 虫が, 街の, 衣裳の, 表向きの, 表面だけ, 裏の, 複雑な, 見たこと, 見たところ, 覚悟の, 解るもん, 言葉で, 誠に結構, 誤りでは, 誰かと, 誰かの, 誰だろう, 誰で, 誰な, 誰もの, 警視庁の, 豚の, 趣味の, 身に, 造作も, 運命である, 違いますよ, 都会の, 都合が, 重要な, 金色の, 錦の, 鏡を, 間違いでは, 間違ひもなく, 関は, 雀の, 雪が, 面を, 面白からう, 頭と, 顔を, 馬鹿な, 驚いたな, 鳥の, 鼻の

3 [1435件 抜粋] あいつの, あたしに, あちこちの, あなたがたには, あなたにとって, あのお方, あの夜, あの時, あまりに, ありがたいです, あり得ないこと, あるが, あるもの, あんまりじゃ, いいから, いかなるわけ, いけねえ, いたずらに, いつもある, いまから, いま言えない, えたいの, おかしいじゃ, おかみさんが, おたがい, おにい, およし, お前だった, お前方, お困りでございましょう, お城, お察し, お気の, お無理, お石, お綱, お菊, お言葉, かたじけない, かれにとって, きいて, きのうも, けだし彼, こういう歌, こちらで, このもの, この作, この地上, この山, この植物, この身, この青年, これより, こんなふう, ごりっぱ, さうだが, さうでも, さっきから, さのみ, しいんとし, しばらくお, じつに異様, すこしも, すらりと, そちの, そのお, そのため, その分量, その家, その花, それです, それ自身と, たいしたこと, たくさんある, たしかにお, ただ一瞬, たった一度, だんだんに, ちやんと, ちょうど彼, つまらぬ嘘, できること, とにかくこういう, ともかくこれ, とりとめも, どういうふう, どういう次第, どうしてです, どうでもよ, どうも不合理, どこやら, どの位, どんなお, ないの, なかなか立派, なぜである, なんだった, はかない努力, ばけもの, ひどいわ, へんだ, ほかに, ほんとうでしょう, ほんの一時, ほんの表面, まあどうした, まあ大した, まじめな, またこの世, またなんと, また珍しい, また逆, まだほんの, まだ十分, まだ誰, まったくか, まともな, まるで私, みなさんの, むしろ非常, むろんの, もういつもの, もうきまっ, もう二十何年, もう凍った, もう大変, もう申す, もう立派, もちろんです, もはやあの, やはりあの, やはり人間, やめること, よくわからない, よく来, よく知りません, よして, りこう, わかりました, わかるわ, わたくしと, イタリアの, キリスト教と, クラムの, ジャン・ヴァルジャンの, チベットの, テントの, パリに, フランスが, ブルジョア, モスク, 一たい, 一体, 一冊の, 一方から, 一目で, 一箇の, 一見し, 一言に, 三十前後の, 上に, 上述の, 下落するであろう, 不思議に, 不気味な, 世間並の, 中学の, 主人と, 乳母の, 予期せざる, 事実としては, 二三日前の, 二十年の, 二重の, 云えない, 互の, 交通の, 人生を, 人間界の, 今ここで, 今云った, 今夜に, 今彼が, 今朝から, 今迄の, 他で, 以下の, 仲の, 伯爵の, 伸子を, 何でしょう, 何とかし, 何よりだ, 何ん, 何処かの, 何方だ, 何者です, 余人では, 作者と, 例外の, 信仰と, 俺から, 倉地が, 偉大なる, 僅かな, 僕にと, 優しい心, 兄さんの, 先刻も, 先祖の, 全くだ, 全ての, 全身に, 八五郎に, 兵部の, 内から, 冷たい大きな, 出来ます, 分らないけれど, 分りませんでしたが, 初恋の, 別と, 前よりも, 劉, 勝手に, 勿論私, 十八の, 卓見だ, 単にこの, 危ない, 厭だ, 又客観, 反って, 口を, 古来の, 可け, 各国の, 同一人, 同感だ, 向うに, 君子の, 咄嗟の, 唐の, 商売の, 善しと, 四十前後の, 困ったろう, 困りましたねえ, 困難な, 土地から, 地主の, 墓の, 壽阿, 多の, 夢であった, 大てい, 大体に, 大地に, 大変でした, 大方日本, 大石先生の, 天が, 天皇の, 奥さんの, 女には, 好いね, 好都合でした, 如何ばかり, 妻を, 娘に, 孔子の, 学校で, 安全な, 宗教である, 宜かろう, 実に滑稽, 実質の, 客と, 容易で, 寺院の, 将に, 小林君が, 小説を, 少年に, 屋根の, 山中の, 川に, 左右の, 巨大なる, 常に, 平素の, 幾多の, 広巳, 度々の, 弦之, 当人の, 形が, 彼にと, 彼等には, 彼自身に, 後者の, 得意の, 御勝手, 御苦労さまでした, 御迷惑, 必ずしも事実, 忘れた, 思っても, 性の, 恋愛の, 恐らく本音, 恐ろしいもの, 恰で, 悲しみと, 悲惨な, 惨めな, 意味も, 意識を, 愛では, 感情的な, 成功しなかった, 我々は, 我慢の, 戦争が, 所謂, 手前の, 承知した, 折から, 措くとしても, 教へ, 敢て, 文学が, 斯うい, 新らしい, 日本における, 早や, 明白な, 昨日見た, 時によ, 時間に, 暖い, 最初には, 月夜の, 有難い早速, 朝倉先生に, 未完成, 本人の, 本当に何, 本篇の, 本質的には, 机の, 柔和な, 森を, 極めて異常, 極度の, 楽な, 様々な, 樹の, 機械的で, 欧洲の, 止すが, 正しい, 此方から, 歴史的な, 殆ど何, 殺して, 毎夜の, 比較的に, 氣を, 水色の, 決して不思議, 決して単なる, 決まって, 泉の, 洞窟の, 消極的な, 済まなかった, 溪の, 漠然とした, 灰色の, 無に, 無理じゃ, 無言の, 無駄でした, 然し私, 父に対する, 物騒な, 狐か, 玄徳の, 王の, 現在に, 理論で, 生活から, 用人の, 男も, 畑の, 當り, 疑も, 百年の, 皆の, 皮相の, 盛んな, 目明しの, 相変らず, 省略する, 真実では, 着物の, 知っとる, 知ること, 知性の, 硝子の, 確実な, 神さまの, 私たちには, 私どもの, 私自身が, 科学的研究の, 穏か, 空中から, 空間なる, 窓から, 笑いながら, 簡單に, 粗野な, 約束の, 素朴な, 紺碧の, 結婚に, 結果において, 綿を, 罪と, 罪を, 翁の, 考え違いだ, 聞きませんでした, 聞こえなかった, 能く, 自から, 自分という, 自殺する, 自然科学の, 興味の, 船岡の, 良いところ, 良人の, 芝居と, 若い男, 草の, 葉が, 蛙の, 血を, 要するにその, 見る見る大きく, 親爺の, 角の, 言えません, 言葉が, 訳の, 話を, 誠に御, 誤解である, 誰だって, 課長の, 諸国の, 谷村の, 責任を, 貴公の, 貴様の, 資本主義の, 賤しい, 辱い, 近いうち, 迷信に, 途方に, 運が, 道理だ, 違うね, 遠くに, 部落の, 金が, 金堂の, 鉄と, 鐘の, 長くなる, 間違いなく, 関係の, 隣家の, 雪を, 雷に, 電光の, 面白いお, 面白い話, 額に, 願うても, 風見の, 首の, 駄目よ, 驚嘆すべき, 魏の, 鷲の

2 [4844件 抜粋] ああいう, あすこに, あたって, あなたよりも, あの気, あまりひど, あらわな, あるとき, あれほど, あんまり御, いいひと, いう迄も, いかにも嘘, いけない事, いちばん声の, いつごろか, いつもより, いまにも, うしろの, うらやましいたしか, おかしいの, おそらく他, おばさんの, おれから, お人, お前さんに, お勝手, お寺の, お才, お止め, お目出度う, お葉, お雪伯母, かかる場合, かなり長い, がんりきの, きびしく調べられました, けだしこの, こういう言葉, ここには, このわたし, この句, この手記, この船, これが, ごくまれ, ご奇特, さいご, さきほども, さてわれわれ, しぜん, じつにおどろくべき, すこしでも, すなわちこの, するとも, そう, そうなる, そのなん, その個人, その時々, その自然価格, それきりに, そんなもの, たいへん結構, たしかになに, ただに酷い, ただ外見上, ただ真, たま, だれかが, だんだん数, ちょうどハンス, ちょうど馬, つまりある, ですな, とにかくそんな, ともかくあなた, どういうつもり, どうしてである, どうもおかしい, どうも怪しから, どこからとも, どなたで, どんなに小さく, どんな色, なかなか大変, なによりも, なんであろう, にぎやかな, はっきりわかる, ひろ子にとって, ほんとうかね, ほんとに有難う, ほんもの, まあそうでしょう, まことにあやしく, まずいな, また一方, また如何, また最も, まだへ, まだ宵, まだ詩, まったく夢, まなんで, まるで嘘, まアそう, みなお前たちの, むしろあなた様, むずかしい問題, むろん誤り, もうじき, もうみんな, もう九分, もう先生, もう問題, もう心, もう望み, もう男姿, もう親, もう長い, もちろんフランス, もとの, もはや一つ, やっぱり私, やんで, よくし, よく気, より以上, わからないけれども, わかりませんけれど, わたくし好く, われわれを, イデアリストの, エーテルの, クララの, ショパンの, ソノ, トスカネリの, ハイドンの, フィクションである, ペンクラブの, マルサス氏が, モミの, ロンドンの, 一九三〇年の, 一同の, 一挙に, 一時間も, 一目見れ, 一言も, 丁度あなた, 丁度現在, 万人に, 三叉に, 三月三日, 上海で, 不可, 不安心けれども, 不気味に, 世にも不思議, 世界的に, 両方の, 中山の, 主膳の, 九鬼の, 事務所に, 二人にとっては, 二度目の, 云へ, 京の, 人形を, 人生半ばに, 人間以下の, 今しがた蜜蜂の, 今人を, 今晩の, 仕事を, 仙台の, 伯母さんが, 住職の, 何かと申す, 何て, 何とも言えません, 何んだろう, 何処です, 何方が, 何物の, 余りで御座います, 使いの, 俊夫君の, 俳優の, 個人としての, 偽の, 僕な, 僕達が, 先を, 先程の, 全くお, 全く大した, 全て父の, 全然見当, 公園や, 兵卒に, 内心の, 写真機を, 出たらめ, 出来るだけ, 分らなかったが, 初めて聞いた, 判然宗助の, 別段に, 到底語る, 劇的の, 勇敢な, 勘弁し, 勿論だ, 北海道の, 十八日の, 午後十時に, 卒業し, 単に私, 危険です, 原点に, 又いつの間にか, 又怎, 友愛塾の, 口惜しさ, 可か, 可能性の, 合理的な, 同じ日, 同窓の, 向田大尉殿でありました, 吾妻川の, 哲學の, 問うに, 喜びか, 嘘でない, 四人の, 困りますと, 国と, 圓朝の, 地代に対する, 執拗な, 塵埃の, 夕日が, 外道の, 夜であった, 夢でも, 大きなお, 大きにそうだ, 大丈夫でしょう, 大名の, 大失敗, 大柄な, 天井が, 太古の, 失礼を, 女は, 好い心掛, 如何にもあり, 妻という, 姫君の, 婿の, 子どもの, 孝子の, 完成された, 定か, 実にたまらない, 実に妙, 実に繊細, 実現し, 実際自分, 家では, 容赦を, 富江の, 対岸の, 小さいの, 小林少年と, 少々お, 少年少女期の, 山を, 巌の, 巧妙に, 常に同一, 平一郎が, 幸いな, 幽霊に, 床に, 弓町に, 強ち, 当時は, 形式で, 彼に対して, 彼自身を, 後で話す, 従来と, 御存知で, 御苦労な, 心を, 必ずしもこの, 忍びがたい, 快活な, 思いやりの, 性慾から, 恋という, 恐らくこの, 恐ろしい誘惑, 恰も原理, 悪い事, 悲哀と, 愉快に, 愚劣な, 感じて, 戌刻, 我儘な, 或は愛, 戦争中に, 手術の, 技師の, 拙者も, 支那人から, 故人の, 文代さんで, 斯うし, 新たな, 旅を, 日常の, 日本人とは, 早くから水垢, 明治三十一年の, 明確に, 星が, 春秋の, 是非とも, 普遍的で, 暫くお, 書物や, 最前の, 有難う御座います, 木に, 本当だった, 本来は, 材料が, 東都の, 某大学, 格別差支へ, 梟の, 極まりが, 楽しい仕事, 樽野の, 歌詞の, 正しく自分, 正當, 此女の, 死である, 死んだ美, 殆ど不可能, 母さんの, 比較的楽, 気が付かなかった, 水品陣十郎であった, 汚な, 決してさばさば, 決して容易, 決して瘠せ, 沙漠に, 波の, 派手な, 海岸に, 深い横皺, 清水の, 源助の, 滑稽で, 濟みませんでした, 焔の, 無抵抗で, 無用の, 無責任だ, 然し誰, 父母の, 牢獄の, 犯罪の, 猛烈な, 珍しい話, 現存の, 理由に, 瑣細な, 生を, 甥御, 由藏の, 畑に, 疑う余地, 癩病患者の, 白地の, 皆に, 皮肉で, 目を, 相互の, 眞砂町の, 真実でしょう, 眼で, 矛盾かも, 知らず識ら, 知名の, 石川光明という, 社の, 祖先の, 神に対する, 神経質に, 私からは, 私といふ, 私より, 秘密だ, 稼業だ, 空想であった, 窓ごとに, 第一部, 筋道が, 粗末だ, 紅雀が, 素晴しい, 経済関係という, 絵描きの, 綿の, 繰り返して, 美しく咲いた, 義務の, 老衰し, 耳寄りだ, 聡明な, 胎児自身が, 自らの, 自分自身にも, 自明の, 至急に, 舞台効果の, 色彩を, 芸妓だ, 苦しみを, 菊池君で, 蒸気河岸に, 藤野さんで, 蜘蛛が, 衣服の, 製作者の, 要するに自己批判, 見たいな, 見る目, 見當, 親と, 観念では, 言いよう, 計量を, 訳も, 話に, 語ること, 説明が, 誰である, 論者が, 警官の, 貝を, 貴殿が, 賛成だ, 身の, 辰に, 近年に, 退院後の, 連絡を, 過ちの, 道江の, 遠い歴史, 邯鄲の, 酷い, 重吉の, 金属と, 鉄砲を, 鍛冶屋で, 長老が, 間違いであった, 間髪を, 陳宮であった, 隠して, 雌蕋の, 雪に, 電撃の, 靄の, 非公式に, 面白いです, 音が, 頭巾を, 顔立も, 食通の, 馬鹿げたこと, 驚きと, 骨を, 魂または, 鳥さしで, 黒い小

1 [46003件 抜粋] ○○○、○○○○○じゃ, あたかもウイン会議, あったが, あなた様にとりまして, あの大男, あの落書き, あまりに恐ろしい, あまり知られ, ありがとうござります, ある場合, あわてて, いい土地, いかにもざんぶとばかりといふにふさはしい, いかに難しい, いけないぼく, いそがねば, いつか夢に, いつもペン, いづれ明日署長, いやしいこと, いわゆるティタンたち, うまかつ, おかしいと, おそらく夫人, おとなりの, おもしろい遊び, お前お前の, お婆さんか, お死別, お訊ねし, かえってお, かつて先生, かの廃宅, がさがさと, きっと金目, きわめて礼儀, けっこうなお, こうして眼, こないだ蔵前八幡の, この上書, この場末, この文庫, この秋, この雑誌, こんな会話, ごめんこうむっ, さうとも, さっき酒店で, さながら片瀬, しかし一二分間, してやらないほう, じつにふしぎ, すぐ見えなくなった, すでに云う, すなわち陛下, すられた印籠, せんの, そうねと, そのままポウト・サイド, その厚い, その意義, その穿鑿, そもそも国家, それ自, たいへんじゃ, たしかにもと, たしかに真実, ただたんに, ただ夫, ただ理窟, たった一個, たぶん十分, だらだら下り, ちゃんと見抜い, ちょうど屋根, ちょうど貴族, ついこの間, つまらぬ売卜者, つまり相手, でき難い, とても及びませぬ, とにかく今年, とにかく額田, ともかく彼女, どういう魔術師, どうせ教室, どうも御苦労さま, どこにおいて, どんなににぎやか, どんな歴史, なかなかよい, なにかするどい, なんとも思つて, はぎ野, はや去年, ひと束の, ひろ子を, ほとんどはじめての, ほんとうでござろう, ほんの当座用, まあ兎, まことに思いがけない, まさしく彼, ますます露骨, またの日に, また寂し, また矛盾的自己同一, まだはっきりうけあいかねる, まだ吾, まだ空想, まったく危うい, まつたく自分, まるで咒文, まるで貞世, みな一言の, みんなとう, みんな贋物だった, むしろ毒々しい, むろん一つ, もうきっとそう行く, もうどんなに不思議, もう一般社会人, もう凝つた, もう存じ, もう愚昧, もう甚だしく, もう読者諸君, もし貞操, もちろん風雅, もとより大仏師, もはや大, やがてわかるでしょう, やっと彼女, やはりみんな本, やはり甲州, やり過ごして, ようおいで, よく江戸土産, よろしい買えとなら, わが党, わたしとしては, アプレゲールの, イソギンチャクが, エドワード・ハイドの, カアペンタアが, キマリの, グージャール自身の, サボテンでありました, ジグザグ型に, スミス博士のの, タクシーの, ツーロンの, ドクロ, ハイネが, パリーでは, フシギです, プレーシュール街を, ボカ, マナ板に, メルトイユ夫人が, ヨーロッパ全体に, レエヌさんの, ワーナー博士が, 一ト月も, 一人自分だけが, 一向不規則, 一年の, 一日として, 一生懸命に, 一般所得の, 一頃わが国で, 丁度小指位, 七時近くであった, 三十二三の, 三津子の, 上等である, 不安心だった, 不起訴, 丘陵の, 中田博士が, 主として通常以上, 久玉で, 予期され, 二つながら女, 二十四五位に, 二週間ばかり, 五十歳を, 亦当然, 人柄な, 人間生活に, 今シベリア, 今日として, 今私も, 他日また, 仲人伊賀屋源六の, 会員に, 佐久間象山先生に, 何できめる, 何より私, 何度上げ下げした, 何等實, 余程この, 例えば数体系, 俗論という, 俺にゃ, 健康恢復の, 働き手でない, 元と, 先ずファウスト, 先生のです, 入りません, 全く仰せ, 全く感心, 全く誤解, 全裸に, 公家自身が, 兵兒帶の, 内側から, 写しだ, 凡そ今日, 出来ませんのさ, 分るし, 判らねえ, 別段とくに不思議, 刺激されなく, 創口を, 労働階級の, 勝頼の, 勿論根拠, 北野丸の, 十五年遲すぎた, 十種も, 半人半獣の, 南蛮の, 単なる豹変, 単に彼ら, 単に語彙中, 即ち皆川社長, 原子力エンジンに, 又何時, 友達の, 受け持ちの, 古代人が, 可愛い肥つた, 各個の, 同じ平面上, 同時に技術, 名高い魔法使, 吸い取り紙, 和尚さまお, 唯京都文化, 啻に自分, 嘗て聴いた, 四年前の, 困るどうも, 国際裸体婦人同盟の, 地上を, 垂線と, 塚原卜伝であった, 変死体とは, 外見的な, 多分十五年, 夜なかの, 大いばり, 大きな白熊, 大ガメ, 大地震後, 大店, 大概鼻持ちも, 大道の, 天意的な, 太陽で, 奉行役の, 女子の, 好人物の, 妖艶たる, 姿ばかりの, 子供にとっては, 孤児の, 宇治は, 宗廟の, 実につまらない, 実に心, 実に野蛮, 実現せらるべき, 実際直ちに有利, 宵の口に, 寇三娘です, 寧ろ何処, 専門的領域である, 小さな何, 小女が, 小舟です, 少し掻き, 尺八だった, 山手組の, 峨々たる, 左ねじの, 市場に, 常ならぬ, 平を, 年の暮れも, 幽霊だ, 広く四辺, 廊下に, 弥次郎兵衛の, 当らない, 当然明瞭, 彼らには, 律儀一方の, 得意であり, 御立腹, 徳育という, 必ずしも世間, 必ず商買茶人俗茶人, 忘れられぬ経験, 思いがけないひどい苦しみ, 思出の, 怯たるを, 恐らく同名異人, 恐ろしい告白, 恰もフランス革命, 悉く承知, 悲しい調子, 愉しかった, 愛子の, 慢心和尚一流の, 懸け値, 或は紅毛人たち, 所々方々で, 手続きの, 投げ出しうるよう, 拵えた名前, 探検として, 支配階級として, 敏子ちゃんを, 整合であった, 文学作家などが, 断末魔の, 新年の, 旅行馬車でも, 日常的である, 日本語にては, 早く蘆花, 明月の, 昔一家の, 昨日である, 時として突飛, 普遍的であり, 暫く措き, 書物にも, 最初にも, 有りそう, 望楼から, 木立深い, 本当では, 本来造作された, 村内に, 東武線の, 果して働く, 柳枝さんの, 案外広範, 検事たちの, 極内密, 樂し, 櫻木海軍大佐の, 歓楽極まっ, 正に菊科植物, 此神事が, 歴史哲学乃至, 死語と, 段々募集金, 毎日三度きまって, 民主的な, 気筒の, 永いこと, 決してあるまい, 決して口, 決して本当, 決して論争, 河豚の, 泣きたいの, 流れ出して, 海女に, 深い深い溜息, 渓川の, 滅法に, 潰れた赤い, 灯籠では, 無惨にも, 無論云い, 然し今, 熱烈至純な, 牝豹か, 特に諸君, 独活を, 玄蕃允が, 現代において, 理想への, 甚だ危険, 生命が, 甥を, 申分の, 畠と, 疑えないの, 痛む頭, 白と, 的確に, 皆目わかりません, 盛装した, 直ちに徹底的, 相手は, 真丸い, 眼には, 知ってるらしい, 短篇小説では, 碧巌録の, 社大, 神父金鍔次兵衛の, 私だけは, 秋草は, 穀の, 突如と, 竹本駒吉という, 第四版, 米には, 約二時間前, 素人と, 終戦後二年半私と, 結局国粋的な, 絶えず新陳代謝, 総領事の, 罫紙に, 美しい貴い女神, 羨望には, 老師にとって, 聖心女子院とか, 職長が, 脅迫と, 自分でさえ, 自然そのものの, 至極宜かろう, 良いあん, 花が, 若い人, 苦しめば, 草が, 落着きなどといふ, 蕎麦屋の, 藩士の, 蜂の巣を, 行かねば, 表現的と, 褶襞の, 要するに問題, 見ないでも, 規定的判斷力では, 観音様を, 言うまでもなく巨大, 記憶し, 詩文としての, 誠に不徹底, 読書と, 論理的必然性に, 讀方が, 財宝に, 貴方をも, 賢明なる, 赤裸の, 身体を, 輝く太陽, 近ごろ大, 追想に, 逝去られた, 運動不足から, 道理である, 遠方でも, 部屋へは, 重々あやまります, 野蛮に, 針目博士だった, 錨には, 長く続ける, 開元の, 閣下, 陸上に, 隠者か, 雨水の, 霙の, 青龍刀の, 面白くなる, 頗る大した, 顫へて, 食わず嫌いという, 香気の, 驚いたこと, 高地の, 魚容の, 鶏卵を, 黒い蝶

▼ それ~ (77977, 20.9%)

1562 見て 998 見ると 948 聞いて 874 聞くと 522 知って 370 持って 327 自分の 301 思うと 225 手に 205 眺めて 199 読んで 181 口に 177 私は 176 きくと 163 きいて 155 考えて 152 気に 139 もって 133 信じて 125 考えると 108 やって 106 彼は 104 忘れて 99 聴いて, 言って 95 待って, 見ながら 93 持つて 88 私に 85 着て 83 どうする 81 見送って 79 私の 78 取って, 機会に 73 見た 71 見つけて 70 みて, 少しも, 思ふと, 知らずに, 苦に 69 感じて 68 私が 66 機に 64 見つめて 60 拾って 59 して 58 出して, 心配し, 発見した 56 見に, 開いて 55 楽しみに 54 合図に, 見せて 53 利用し, 実行する, 承知で, 自分で 52 彼の, 耳に, 見ても, 黙って 51 受取って, 書いて 50 使って, 察して, 無理に, 調べて 48 彼に, 考へて 47 受けて, 受け取って, 望んで 46 あなたは, 思えば, 感じた, 知ると, 聴くと, 見るの 45 他の, 取りに, 思い出して, 知らない, 認めて, 説明する 44 覚えて 43 読むと 42 中心に, 意識し, 承知し, 教えて 41 きっかけに, 非常に 40 ながめて, 聞きながら, 買って 39 みると, 否定する, 明らかに, 話して, 説明し 38 人に, 僕は 37 しおに, 云って, 求めて, 示して, 種に 36 彼女は, 恐れて, 知つてゐる, 知ること 35 お前は, 眺めながら 34 考へると, 見たの 33 お聞き, やつて, 利用する, 机の, 聞いた時, 避けて 32 そのままに, 手で, 敢て, 見た時 31 一つの, 喜んで, 知らなかった, 聞きつけて, 証明する 30 よく知っ, 取り上げて, 口実に, 実行し, 生産する, 知らないで 29 いいこと, 聞くの 28 もつて, 実行した, 彼女の, 相手に, 聞かして, 聽い, 見ること, 言った, 食べて

27 [13件] するには, やるの, 両手で, 取り出して, 否定し, 心得て, 思って, 発見する, 知りながら, 自覚し, 言は, 逆に, 隠して

26 お前が, 俺は, 僕に, 大事に, 知らないの, 自分が, 自分に, 見ますと

25 ここに, ポケットに, 実行に, 平気で, 確める, 身に, 頼りに

24 [16件] いうの, いって, お前に, ここへ, しないで, やった, 不思議に, 今まで, 僕が, 十分に, 問題に, 彼女に, 我慢し, 抱いて, 発見し, 読んだ

23 [17件] そのま, とって, 一と, 云ふ, 君に, 売って, 大切に, 押して, 案じて, 繰り返して, 置いて, 聞いた, 肩に, 胸に, 見た者, 追っかけて, 集めて

22 [14件] テーブルの, 丁寧に, 何か, 受取った, 巧みに, 根に, 眺めた, 見たとき, 見れば, 見物し, 見送つて, 証明し, 語って, 飲んで

21 [15件] あなたに, 借りて, 先に, 受取ると, 合図の, 吾, 心の, 或る, 携えて, 知つてゐた, 素直に, 膝の, 要求する, 許して, 開けて

20 [20件] どうしよう, 両手に, 如何に, 完全に, 実地に, 実現する, 待つて, 思へば, 指して, 止めて, 殺して, 無視し, 眼に, 知ったの, 研究し, 聞いても, 聞かせて, 聞きますと, 聽く, 誰が

19 [21件] つけて, はっきりと, ひらいて, ふところに, 下へ, 二つに, 助けて, 口へ, 君は, 唯一の, 想像する, 抱えて, 指さして, 目に, 見ようと, 覗いて, 言うの, 迎へ, 部屋の, 静かに, 頭の

18 [26件] ご覧に, じっと見, つかんで, やめて, 利用した, 囲んで, 実際に, 家の, 心に, 抜いて, 探して, 気にも, 渡して, 疑って, 真似て, 聞いたとき, 胸の, 見つけると, 見つめた, 見るため, 見るや, 見詰めて, 訊いて, 讀んで, 追って, 送って

17 [32件] あなたが, お前の, かついで, しなければ, するの, はいて, もらって, よいこと, わたしは, キッカケに, 一種の, 人間の, 今日の, 伝って, 使ふ, 元の, 充分に, 受けた, 提げて, 最初に, 横に, 熱心に, 理解する, 知りつつ, 肯定し, 背に, 自分たちの, 言ふ, 誰にも, 連れて, 運んで, 開いた

16 [31件] あけて, ごらんに, さえぎった, たずねて, ほんとうに, ジッと, 今の, 今度は, 入れて, 制して, 包んで, 取上げて, 君が, 喰べ, 当然の, 彼が, 承知した, 承知の, 披い, 拒絶した, 握って, 正直に, 目あてに, 耳にも, 表現する, 見つけたの, 見るに, 解いて, 許さなかった, 遮った, 金に

15 [42件] しも, すぐに, たよりに, とりまいて, わたしの, 上から, 伺って, 何度も, 俺に, 僕の, 前に, 力に, 受けとって, 口の, 右手に, 嗅いで, 女の, 小説に, 幸いに, 床の, 彼れ, 忘れること, 思ひ出して, 懐に, 手にとって, 拾い上げて, 最後に, 期待し, 用いて, 目がけて, 眼で, 紙に, 聞いたの, 聞かされて, 聞き流して, 自分は, 見た人, 見ては, 読みながら, 誰も, 追ふ, 防ぐため

14 [44件] したの, すること, それを, たのしみに, つたって, ひろげて, わたしに, 二人の, 別の, 取出して, 土産に, 引いて, 怖れ, 思い出したの, 思い出すと, 承諾した, 捨てて, 支持する, 教へて, 日本の, 理解し, 知らせて, 知りたいと, 聞くこと, 聞けば, 聽き, 肯定する, 背負って, 自己の, 自由に, 自身の, 見る, 見るなり, 見上げて, 見付けて, 見物に, 観て, 言うと, 買いに, 越えて, 踏んで, 辿って, 返して, 遮って

13 [41件] いうと, ここで, ひそかに, やつた, やると, 一つずつ, 一口に, 一目見る, 下から, 何うし, 何の, 使用する, 先生に, 勝手に, 外して, 子供の, 忘れては, 急いで, 担いで, 拒んで, 村の, 歌って, 片手に, 獲得する, 理由に, 皆に, 目の, 真に受け, 眼の, 研究する, 続けて, 繰返して, 聞いてから, 肴に, 見送りながら, 試みて, 貰って, 追いかけて, 透して, 開くと, 黙つて

12 [59件] いつまでも, かぶって, じぶん, ぢつと, つれて, とめて, どうした, まともに, われわれの, 一人で, 上手に, 主人に, 他人に, 信ずること, 取つて, 君の, 奪って, 守って, 小耳に, 尻目に, 左の, 左へ, 座敷の, 待ちかまえて, 急に, 拒んだ, 掴んで, 普通の, 書くこと, 構成する, 正確に, 氣に, 渡って, 火の, 直して, 知った, 知ってか, 知らなかったの, 知るには, 笑って, 考へ, 聞くや, 聽か, 自慢に, 自然に, 裏書きする, 見たいと, 見た瞬間, 見つけた, 読むこと, 誰に, 迎えて, 迎へて, 避けるよう, 非難する, 食って, 食べながら, 食べるの, 飲んだ

11 [81件] うけとって, きつかけ, さえぎって, じっと眺め, そつと, た, どこまでも, よんで, わたしが, 下に, 予期し, 云うと, 今ここで, 例の, 信用する, 傍の, 克服し, 出来るだけ, 分けて, 取り上げた, 味は, 呼んで, 大事そうに, 夫の, 尋ねて, 少しずつ, 届けて, 強いて, 彼らは, 彼女が, 恩に, 感じたの, 打消して, 拒むこと, 拡げて, 持ち出して, 探しに, 描いて, 明瞭に, 昔の, 本気で, 本気に, 枕に, 楽しんで, 横目で, 次の, 止めた, 母に, 水に, 消して, 無造作に, 父の, 発表する, 直接に, 相手の, 着ると, 知らせに, 繞る, 聞こうと, 背中に, 表に, 見たが, 見たと, 見たもの, 見るたび, 証拠に, 認めると, 説明した, 読むの, 貸して, 述べて, 追うよう, 途中で, 遮るよう, 遺恨に, 隠そうと, 頭から, 頭に, 頼って, 顔に, 風呂敷に

10 [90件] あの人, うけて, かかえて, くわえて, した, しっかりと, しらべて, じっと見つめ, たしかめるため, ちやんと, つかまえて, つづけて, ながめながら, ほかの, みんなに, やろうと, わたくしに, 並べて, 丹念に, 主張する, 云は, 他に, 仰いで, 信じた, 信じようと, 克服する, 分析し, 制した, 受けとると, 口には, 右の, 否定した, 味う, 嗅ぎつけて, 嗅ぐと, 基礎に, 外に, 女は, 子供に, 左右に, 希望し, 幾度も, 引き出して, 引取って, 弟の, 当てに, 待ちかねて, 御承知, 心配した, 忘れないで, 意識する, 愛して, 感じる, 抑えて, 持たせて, 明かに, 木の, 横から, 欲し, 正面から, 決定する, 焼いて, 煮て, 生かして, 男の, 盗んで, 眺めると, 知つて居る, 知らなければ, 知ろうと, 破って, 確信し, 秘して, 経験した, 維持する, 聞こう, 聴きながら, 自分でも, 見おくって, 見ただけでも, 見た私, 見てから, 見ました, 見守って, 見越して, 覚悟で, 貫いて, 適当に, 頼みに, 飲むと

9 [115件] い, いえば, いっしょに, いろいろに, きいた時, しなかった, じつと, たしかめて, ためして, なして, なんだ, のぞいて, ひきとって, また, みんなが, もつと, やらなければ, やる, 一つに, 一日に, 世間に, 二階の, 今から, 今日に, 伴れ, 何かの, 信じなかった, 傍で, 公に, 判断する, 単純に, 取り巻いて, 受け取った, 受け取ると, 否認し, 嘘だ, 土台に, 報告する, 女に, 好んで, 実現し, 実行しない, 家に, 寝台の, 得意に, 必要と, 念入りに, 想うと, 拾おうと, 捜して, 掌の, 支持し, 整理し, 日本に, 材料に, 楽み, 止めること, 残念に, 決行する, 注意し, 洗って, 潜って, 火に, 無雑作, 町の, 畳の, 疑わなかった, 痛感し, 目標に, 知つ, 知つた, 知つてゐ, 知らないと, 知るため, 知るの, 破壊する, 確実に, 秘密に, 立派に, 箱の, 簡単に, 考えること, 腰に, 表面に, 袂に, 見あげて, 見おろして, 見すまして, 見たこと, 見つめながら, 見とどけて, 見届けて, 見抜いて, 見送った, 見送りました, 観察し, 解決し, 言うこと, 言えば, 言おうと, 許した, 証拠だ, 証拠立てて, 試して, 誇りと, 読もうと, 越して, 近所の, 通り越して, 遂行する, 避けようと, 避けるため, 長い間, 隱し, 面白がっ

8 [125件] あえてする, あからさまに, あとから, いえ, いった, うかがって, おそれて, かくして, きいた, しほに, そうと, ちらと, とめた, まとめて, よろこんで, わざ, 一生懸命に, 一途に, 二つの, 二人で, 云うの, 云った, 今日は, 他人の, 何だ, 信用し, 傍から, 先生の, 切って, 利用しよう, 前の, 動かして, 区別する, 即座に, 取りあげて, 取り上げると, 取囲んで, 受取つた, 可能ならしめる, 告げに, 噛んで, 基礎として, 報告し, 多くの, 奥の, 妹に, 完成する, 左に, 引き取って, 当然と, 待つ間, 後から, 後に, 御覧に, 忠実に, 思い出した, 思ひ出した, 恥じて, 悲しんで, 感じると, 憤って, 打ち消して, 打消した, 承認した, 承認する, 抑へ, 抜こうと, 拒絶する, 拾ふ, 指で, 振り払って, 掌に, 救って, 整理する, 断って, 機會に, 気の毒に, 法水は, 無事に, 父に, 物語って, 現実に, 理解した, 目撃した, 目的に, 知つて居た, 知らないから, 知りません, 知るもの, 知れば, 確かめて, 確めて, 私から, 私も, 綺麗に, 置いた, 考えに, 聞きたいと, 聞こうじゃ, 聴かして, 能く, 脱いで, 舞台の, 裏返して, 見まもって, 見よう, 見る度, 見下ろして, 見出すこと, 見物する, 見遁, 覗き込んだ, 覚って, 親分, 言い出して, 言出す, 許さない, 話す前, 認めたの, 誰よりも, 資本に, 辞退し, 追求する, 開けると, 食べた

7 [194件] あわてて, いい事, いただいて, いやに, うしろに, お目, お角, かけて, ききながら, くぐって, くり返して, ご承知, すると, せずに, そこに, たち切って, だまって, どこから, なすには, ひろって, ぼんやりと, また自分, みつけて, めくって, もとの, やったの, やること, ハッキリと, 一目見, 一目見た, 一緒に, 丸めて, 主張し, 主張した, 乗り越えて, 予期する, 二人に, 云ひ出す, 人々に, 人が, 介抱し, 何う, 作って, 便りに, 信じること, 信用しなかった, 俺が, 側で, 傳へ, 兄が, 兄は, 先生は, 凝視し, 半蔵に, 卓の, 受け取つて, 口で, 右へ, 唇に, 外へ, 夫に, 妻の, 嫌って, 宜い, 実行しよう, 封筒に, 小脇に, 少しばかり, 岸本に, 己に, 市場に, 引き受けて, 待ち構, 後悔し, 忘れずに, 思いこれ, 思いだして, 思い出すこと, 怨んで, 想像し, 意に, 意識した, 感ずると, 感づいて, 憤慨し, 戴いて, 承諾し, 承諾する, 抑えるよう, 押えて, 押へ, 拾い上げた, 拾った, 指の, 掌で, 掻きわけて, 握りしめた, 支えて, 改めること, 敷衍し, 斜めに, 早くも, 書くの, 最初から, 期待する, 材料として, 椅子の, 横目に, 正しいと, 残して, 殿御が, 注いで, 渡ると, 火から, 照らして, 片っぱしから, 率直に, 現わす, 生活の, 監視し, 直ぐに, 相図, 知った時, 知らないでは, 知らない筈, 知られて, 知るや, 確かに, 神の, 穿いて, 突破し, 窓の, 竹の, 粉に, 終って, 縁に, 繰り返した, 考えただけでも, 考えたの, 考えるの, 聞いた上, 聞いた人, 聞くたび, 聽かう, 自分から, 自分では, 自慢し, 自覚する, 要求し, 見たという, 見た人々, 見た刹那, 見ないで, 見るとも, 見るより, 見る人, 見兼ねて, 見捨てて, 見物の, 見込んで, 見送ってから, 覗き込んで, 観察する, 言つた, 言ひ, 言へ, 言葉に, 訊くと, 記憶し, 訪ねて, 話すこと, 誇張し, 認めること, 語ること, 読む人, 読んだとき, 誰かに, 買うこと, 買ったの, 買ふ, 足場に, 軽蔑し, 載せて, 迎えに, 追いかけるよう, 遠くから, 鍋に, 防ぐには, 面白がった, 面白がって, 頭上に, 食卓の, 首尾よく, 鼻に

6 [265件] あとで, あとに, あなたの, いうん, いじって, いつまで, いわれると, おっしゃって, おもしろがっ, おれが, おれに, お互に, お民, かこんで, きいたとき, きっかけの, くりかえして, こっちへ, さして, させて, さへ, しないの, じっと聞い, すかして, そのよう, たがいに, だれが, どうしたら, どうすれ, どう始末, どこかへ, なだめて, のみこんで, のんで, ひらくと, ほかに, ぼんやり眺め, まざまざと, またお, みずから知っ, むやみに, やりながら, やれば, よく理解, よく知つて, よく見る, われわれは, チラリと, 一息に, 三つに, 中に, 云おうと, 云ひ, 人々は, 人の, 人間が, 人間に, 今に, 仰ぐと, 伺いに, 何ぞや, 何よりも, 作るの, 作者は, 信じない, 元に, 兵馬が, 具体的に, 写生し, 凝と, 出すと, 別に, 制止し, 削って, 助けようと, 動かすこと, 卒業する, 卓上に, 参考に, 取り囲んで, 取ると, 口惜しがっ, 否定しよう, 呑んで, 喜んだ, 喰べて, 器用に, 四つに, 基として, 報告した, 境に, 夜の, 夢の, 女中に, 娘の, 学校の, 室の, 宥めて, 封じて, 専門に, 店の, 廻して, 引受けて, 強ひ, 当然だ, 形に, 彼等の, 征服し, 征服する, 待ち受けて, 待ち構えて, 後ろから, 得ようと, 得意と, 忍んで, 応用し, 念じて, 怖れる, 思いますと, 思うて, 意識しない, 意識的に, 感じました, 感ずるの, 慕って, 慰めて, 我々が, 所有する, 手帳に, 手本に, 払って, 批判し, 承知する, 把握する, 抑えた, 抜けて, 押へる, 拭おうとも, 拾うと, 指さしながら, 指すの, 捉えて, 捨て, 採用する, 措いて, 握った, 摘んで, 支配し, 支配する, 断った, 新たに, 日に, 日本人の, 日本語に, 書いたの, 最後の, 最後まで, 本当にし, 枕の, 果して, 模倣し, 横切って, 欲しない, 母が, 母親に, 求めた, 消すため, 渡した, 渡すと, 演じて, 無意識に, 無限に, 片端から, 片附け, 現わし, 生きて, 申上げる, 畳んで, 疑うこと, 痛切に, 発明した, 発表しよう, 百も, 皆が, 看て, 真面目に, 着けて, 着せて, 着た, 知っても, 石の, 祈って, 私たちが, 科学的に, 穴の, 第一, 紐で, 統一する, 綜合し, 繰りかえして, 羨んで, 考えながら, 耐えて, 聞きに, 聞き伝えて, 聞くには, 聽いた, 腕に, 行って, 見せた, 見つけた時, 見てると, 見とがめて, 見やって, 見ようとして, 見るよう, 見下して, 見分けること, 見詰めた, 見送る, 覚悟の, 解くこと, 解決する, 言い出すと, 言い現, 言ったの, 言つてゐる, 言ひ出す, 訊くの, 訊ねて, 許したの, 証明した, 話題に, 詳しく説明, 誇りに, 認めた, 語つてゐる, 説いて, 読み出した, 誰か, 誰かが, 負って, 貴方は, 貴様は, 買ひ, 軽蔑する, 追った, 追つ, 退治する, 送つて, 通って, 遠巻きに, 選んで, 避けた, 酒の, 防ぐこと, 阻止する, 除いては, 除けて, 除けば, 面白がる, 順々に, 顔の, 食った, 默つて見

5 [390件] あけると, あの女, あんたは, いいしお, うっかりし, おきき, おぼえて, お前さんは, お話する, お雪, がまんし, き, きいても, きくの, きめて, こ, ことわって, この男, こらえた, こらへて, こわして, させない, さとると, しないと, しなかったの, しめて, すすめて, すれば, せめてもの, そこの, ただの, ちよつと, ちらりと見た, つかって, つづけた, つまんで, とおして, とりあげて, どうして知った, どのよう, どんな風, なし得るの, ねらって, のぞんで, ひらきました, ふりてらしながら, ぼくが, ぼくに, ぼんやり見, まって, まねて, みずからとがめた, みつめて, みるの, みんなで, めがけて, もう一歩, やらせて, やらないと, やり過して, やるには, やるん, ゆっくりと, よく覚え, わかって, わしに, クリストフに, グッと, コップに, ベッドの, ポイと, マリユスに, 一人が, 一同に, 一度も, 一日の, 一笑に, 上に, 上下に, 上演する, 下げて, 下ろして, 不可能に, 不思議な, 世界に, 世間では, 中心と, 中心として, 主人の, 乾かして, 予防する, 事実と, 二人は, 二階へ, 云ったの, 云つた, 亭主の, 今日まで, 介抱する, 代表する, 伝えて, 伝わって, 何と, 何とかし, 何に, 何も, 何よりの, 何ん, 作った人, 作ること, 使用した, 信じては, 信じないわけ, 信ずるもの, 修正し, 傍に, 兎や, 冗談に, 写真に, 冷やかに, 冷然と, 冷静に, 凌いで, 処理する, 出した, 切り取って, 制すること, 力まかせに, 助長し, 半蔵の, 反古に, 取ること, 取ろうと, 取巻いて, 受取りに, 可能に, 台の, 合理的に, 吟味し, 告げて, 呼びとめて, 唱えて, 地に, 地上に, 埋めて, 基礎と, 売りに, 変に, 外から, 夢に, 夫人の, 好いこと, 妙に, 妨げたの, 嫁に, 子供達に, 守ること, 実践に, 実験し, 家へ, 容れて, 察したよう, 尊敬する, 少しでも, 山に, 己の, 巻いて, 帯の, 平氣, 幸ひ, 幾度か, 床に, 庭の, 引きとって, 弾いて, 得ること, 徹底させる, 心配する, 思い出すの, 思い切って, 思う, 思うの, 恃み, 恐れたの, 悟った, 悟って, 想って, 愉快に, 感ずること, 感謝し, 慌てて, 懐中に, 成就する, 我々の, 我々は, 手がかりに, 手伝って, 手柄に, 打ち消すよう, 打って, 扱って, 批判する, 承知なら, 抑へる, 投げた, 抵当に, 押しのけた, 押し切って, 押すと, 担って, 拔い, 拝んで, 拭いて, 持ち上げて, 持ったまま, 持つと, 指揮する, 指摘し, 振って, 振つて, 振り切って, 捉へ, 捕って, 捜しに, 掛けて, 採って, 採用した, 探し出して, 掴んだ, 掻き集めて, 描くこと, 搜し, 支へて, 救うため, 数えて, 敵に, 敷いて, 断わった, 断行する, 明白に, 時の, 書いた時, 望むこと, 条件に, 松の, 果すこと, 楯に, 極端に, 正当な, 正当に, 歩いて, 歴史に, 比較し, 気づいて, 気づかずに, 池の, 汲んで, 注意する, 洋服の, 活用し, 海の, 渡らずに, 渡れば, 炉の, 炊きたての, 焚いて, 片づけて, 狙って, 理解しよう, 甘んじて, 生命の, 用うる, 用意し, 皆の, 目で, 目当てに, 目当に, 真似し, 真剣に, 眺めた時, 眺める事, 睨みつけて, 知ってるの, 知つてる, 知りたいという, 知りたいの, 知りたかったの, 知るよう, 確かめるため, 確めようと, 示した, 私たちの, 突きとめるため, 立派な, 納めて, 純粋に, 紫の, 経験し, 絵に, 義雄は, 考えた時, 考えては, 考えますと, 聞いたか, 聞いたので, 聞いては, 聞かずに, 聞かないうち, 聞きたい, 聞くとも, 聞く私, 背後に, 背景に, 腹に, 色に, 苦にも, 落して, 葉子の, 葉子は, 表向きに, 表現し, 表現しよう, 裏切って, 見かねて, 見せに, 見せようと, 見たお, 見ただけ, 見たん, 見て取って, 見なければ, 見のがさなかった, 見も, 見入って, 見出して, 見向きも, 見極めて, 視て, 言う, 言え, 言葉で, 訂正し, 記して, 記録する, 許さなかつた, 話した, 話すと, 話すの, 語るの, 読み了, 読んだこと, 読んだ時, 読んでから, 調べた, 調べに, 諸君に, 警察に, 警戒し, 豊富に, 貴方に, 買い込んで, 越すと, 車に, 軽蔑した, 辛抱し, 迎えた, 迎へる, 追いました, 追うて, 逆手に, 逆用し, 通り越すと, 遣って, 邪慳に, 閉じて, 開けた, 離れて, 露骨に, 預かって, 頼んだ, 頼んで, 額の, 願って, 食べると, 飮んで, 飲みながら, 飲むの, 飽かずに, 馬に, 鼻の

4 [701件 抜粋] あきらめて, あげて, あてて, あてに, ありのままに, あんたが, いいかげんに, いうため, いふの, いろいろな, いわないの, うけとると, うちの, うち消す, おつ, おまえは, おも, おもちゃに, おれは, お土産, お始め, お延, お話しする, お読み, お願, かくの, かざして, ききつけて, ききに, きみが, きらって, くやしがっ, くるくる包ん, ここまで, こちらが, こちらの, こちらへ, こっちの, ことさらに, こんなこと, ごまかそうと, さえぎるよう, さげて, させたの, さっして, しなくても, じっと我慢, するため, するに, そのとおり, その儘, その通り, たしかめようと, たしなめて, たどって, たねに, たよって, だれも, ついて, つかんだ, といて, どういうふう, どういう風, どういふ風, どうかし, どうして, どう感じ, どう解釈, どう説明, どこで, なんだって, なんども, にこにこし, はずして, ひっくり返して, ひどく気, ぶら下げて, ほしがった, まぎらすため, また道庵, まに, みた, みつけたの, みても, みながら, むさぼるよう, むりに, もとに, もどかしがっ, やっとの, やめると, よい事, よく承知, よく洗っ, よく聞い, よく見, よそに, わしが, わしは, われわれに, オリヴィエの, キツカケに, チラと, ポケットから, ポケットへ, モデルに, 一まとめに, 一人の, 一刻も, 一挙に, 上って, 上衣の, 下りて, 不審に, 不思議が, 不愉快に, 両親に, 中止し, 主題に, 乱暴に, 乾して, 予想し, 二三の, 二重に, 云うな, 云え, 享楽する, 人は, 今でも, 今度の, 今私は, 代助, 伝えた, 伸子は, 作者が, 使うの, 使おうと, 使用し, 保存し, 信じなければ, 俺も, 備えて, 元へ, 克明に, 公然と, 冗談だ, 冷して, 処分する, 出すの, 判定する, 判断し, 前後に, 前提として, 助けに, 助けること, 助けるため, 卓子の, 厭ふ, 反映する, 叔母の, 取りまいて, 取卷いて, 取寄せて, 受けたの, 受けついで, 受け取る, 受継いで, 口から, 叩いたり, 台所の, 合理化しよう, 吟味する, 否定しない, 吸いながら, 吹聴する, 呑み込んで, 咎める者, 嗤ふ, 嘲笑する, 噛み殺して, 四方から, 土地の, 地面に, 堂々と, 壁に, 壊して, 売つて, 変だ, 大目に, 天の, 好い事, 姉が, 始めた, 子供が, 子供たちは, 学んで, 守らなければ, 守るため, 守護する, 完成し, 実現させ, 実行しました, 実証し, 容易に, 察したの, 尋ねた, 少くとも, 尻目にかけて, 岸本は, 左右する, 左手に, 平気な, 弄んで, 引き受けた, 引き止めた, 引受けたの, 引留めて, 弟に, 当時の, 当然な, 彼らに, 彼等は, 待つより, 後悔した, 得て, 得るため, 御存じで, 御存じです, 御覽, 心がけて, 心で, 忘れないよう, 忘れるよう, 怖れた, 思いだした, 思いだしたので, 思うたび, 思うに, 思った, 思わずに, 怠って, 怪しむもの, 恐れた, 悦んで, 意識の, 愛すること, 感じながら, 感じます, 感じるの, 慰めに, 憂えて, 懷に, 懸念し, 手から, 手も, 打ち明けて, 打ち消した, 打破する, 承って, 承知だ, 折竹が, 抜けると, 披いた, 押し止めて, 押し返して, 拒否する, 拒絶し, 拾い取って, 指導し, 挾んで, 捕えて, 捧げて, 排して, 探って, 探索する, 援けて, 援ける, 撫でて, 放した, 故意に, 教えたの, 敢行する, 文字に, 旦那の, 明らさまに, 更らに, 書いた, 書いた人, 最上の, 最初の, 望んだの, 期待した, 本尊に, 東京の, 枕元に, 栽培する, 棒の, 検査する, 構わずに, 模写し, 横眼に, 機縁として, 欲しが, 欲するの, 歌に, 止めようとして, 此處に, 歴史の, 母や, 母親の, 気づかって, 気の, 水の, 江戸の, 決定的な, 注意した, 活用する, 深い鍋, 測って, 満足に, 準備する, 漉して, 灰に, 無視する, 煙草の, 父と, 片手で, 物とも, 特別に, 玩具に, 現実の, 理由として, 生産的に, 疑う余地, 疑った, 病院に, 痛感した, 発端として, 登って, 發見した, 的確に, 皿に, 盛んに, 直ちに, 相談する, 真にうけ, 真の, 真正面から, 眺めること, 眺める時, 着るの, 着込んで, 知った以上, 知つて居, 知らぬの, 知りませんでした, 知り度, 知る方法, 知る者, 破つて, 確かめること, 示すこと, 祝福する, 神, 神に, 禁止する, 私と, 称して, 移して, 空に, 窓から, 端的に, 答えて, 米友が, 米友は, 紙片に, 統一し, 綜合する, 縦に, 繞って, 繰りかえした, 纏めて, 考えても, 考えてるん, 考えるため, 聞いただけ, 聞いたもの, 聞かされるの, 聞かなければ, 聞きつけた, 聞くもの, 聞く度, 聴きに, 背中の, 背中へ, 興ある, 良いこと, 苦痛と, 苦痛に, 茶碗に, 蔽うて, 薪に, 行うの, 行ったの, 表は, 袋の, 裏から, 裏書し, 裏漉しに, 補うため, 要求した, 見ずに, 見せると, 見それ, 見たいもの, 見つけ出して, 見て取ると, 見ぬいて, 見るが, 見るまでは, 見るやいなや, 見上げた, 見事に, 見出そうと, 見定めて, 見物した, 見破ること, 見逃して, 見附けて, 規定する, 解く鍵, 解釈し, 言いたいため, 言ったこと, 言っても, 言ひ出した, 言わずに, 言出した, 計画し, 訊いた, 訊き度, 記念する, 試みようと, 話したの, 詳しく云う, 認識する, 誓って, 説明しよう, 読みました, 読み終って, 調べるの, 證據に, 讀むと, 讀んだ時, 貴方が, 買い取って, 買つた, 超越し, 超越した, 越えると, 足で, 足の, 身を, 身体の, 迂濶, 述べること, 追いかけた, 追う, 追っかけた, 追つかける, 追つて, 追ひ, 追究し, 追究する, 造って, 過ぎると, 過去の, 遠くへ, 遮つて, 邪魔する, 鍋へ, 開いたの, 防いで, 防ぐよう, 防止する, 隔てて, 隠そうとは, 隣りの, 隱す, 面白が, 預けて, 顧みて, 飛行機に, 食いながら, 食ふ, 飯の, 飲めば, 餌に, 首の, 馬の

3 [1331件 抜粋] あいつは, あたりまえの, あなたにも, あらは, あんたに, いい機会, いかにし, いだいて, いつもの, いろいろの, うまく利用, うるさいと, おいて, おしました, おめ, おろしました, お報ら, お松は, お粂, お花, お許しに, お返しする, かいて, かきわけて, かくそうと, かぶると, かわいそうに, きかせて, きッかけ, くれて, こちらから, このお, この場, この本, こらえて, これまで, ごまかすため, さう, さがしだして, さきに, ささげて, しいて, しない, しまいまで, しみじみと, しようと, じっと見送っ, すつぽ, する人, せずには, そうしない, その人, そんな風, たしなめるよう, たのみに, だれにも, ちょいと, つかむと, つとめて, とめました, とらへよ, とりに, どうとった, どこかの, どちらも, ながめました, なぜか, のせて, のばして, のぼると, はさんで, はっきり意識, ひつくり返して, ひとめ見た, ひッ, ふせぐこと, ほじくり出して, ぼくの, またその, また他, まづ, みなまで, めあてに, もつこと, やったん, やめなかった, よくしっ, わきに, わたくしが, クルクルと, チョッと, フランスの, メッキだ, 一つお, 一つも, 一年の, 一本の, 一歩も, 一言も, 三倍に, 上の, 下段に, 不思議がった, 不思議そうに, 与えること, 世の中に, 世間の, 両腕, 中途で, 事もなげに, 二人が, 二階に, 云いに, 云い出すの, 云う前, 云っては, 享楽し, 人から, 人生の, 今と, 今も, 仏壇に, 他人事, 伏せて, 体得し, 何んとも, 作ったの, 使うこと, 使った, 侮辱する, 保証し, 信じないと, 信じないよう, 俺の, 傍らで, 償って, 兄の, 先生が, 全国の, 兩手で, 公表する, 内に, 冒して, 凝視する, 几帳面に, 出て, 分類する, 切りは, 切るの, 判断すべき, 制しながら, 前へ, 割ろうと, 功に, 包むと, 十二分に, 半分も, 危ぶんで, 友達に, 反駁した, 取った, 取りだして, 取り卷いて, 取り返そうと, 取締る, 受けながら, 受け取ろうとして, 口火に, 右に, 各自に, 合圖に, 吊して, 吐きだした, 向うの, 吸って, 吹くと, 呑む, 味わいつつ, 呼び出して, 咎めること, 問題と, 喜んだか, 嗤う, 圍んで, 土蔵の, 地上へ, 売ろうという, 大きい声, 大勢の, 夫人は, 奥へ, 奨励する, 好きな, 妨げたり, 妨害し, 姉は, 字に, 学ぶこと, 学問の, 守ろうと, 安全な, 実の, 実際の, 宣伝した, 家康に, 審査し, 小さく切っ, 岩の, 巡って, 差し上げた, 己れ, 師匠に, 幸に, 庇って, 庭に, 弁信は, 引き抜いて, 引ったくる, 引受けた, 強力に, 当てて, 待ちかねたよう, 後の, 後廻しに, 後生大事に, 御存知ない, 徳と, 心配してる, 忘れがち, 応用した, 念頭に, 思いだしたの, 思い出したもの, 思い出しました, 思出す, 怪ま, 恐れるの, 恥と, 悪いと, 悲しいと, 意と, 意志の, 意識せず, 感じた時, 憤慨した, 我々に, 戸の, 所望する, 手の, 手伝った, 手渡して, 打消すよう, 払い退けるよう, 扶け, 承知な, 抑えつけて, 投げつけた, 抜くと, 抱くよう, 押えながら, 押し殺して, 拒む理由, 拒否し, 拵へ, 拾は, 拾ひあげる, 持参し, 指図し, 指差し, 振りもぎっ, 捉へて, 捕獲し, 排斥した, 掘りだして, 掩護し, 掻きのけるやう, 握りながら, 搜す, 支えた, 支へる, 政府の, 教へる, 數へ, 料理し, 断わると, 断行しよう, 新らしい, 日の, 日本文に, 昇は, 昔から, 是と, 暗示し, 曲って, 書くには, 月の, 望んでは, 本当と, 本業に, 杖に, 柱に, 根気よく, 棚の, 検べて, 極度に, 樂しみに, 標準に, 機会として, 次郎に, 止めると, 正面に, 此方へ, 歯で, 殆ん, 殺すため, 母の, 比べて, 気付かずに, 求めるため, 汝に, 治すため, 波の, 消そうと, 渡す, 湯煎に, 滅ぼして, 火箸で, 無心に, 無言で, 煙に, 熔かす, 父は, 犠牲に, 犬に, 現在の, 理解しなかった, 生かすこと, 申し上げて, 申上げ, 男に, 疑うもの, 病人の, 癒や, 的に, 目じるし, 目前に, 相手が, 眺めそれ, 眺める, 眼を, 瞶めて, 知ったので, 知った彼, 知つた姥で, 知らない人, 知らぬでは, 知りたいん, 知りつつも, 知る時, 破壊した, 確認した, 示すの, 神尾が, 私たちは, 私達の, 空想する, 突いて, 突きとめて, 窺って, 立証する, 筆記した, 籠に, 細君の, 経験する, 練習し, 繰って, 繰返しては, 美しいと, 翌る, 考えた, 考えるとき, 考え出すと, 耕して, 聞いたと, 聞いてるん, 聞きとがめて, 聞き知って, 聞くだけの, 聞く機会, 聴くの, 聽き流し, 脱ぐと, 自らの, 自分も, 自慢する, 自覚せず, 良人の, 花の, 若い衆が, 茶の間の, 蝋燭の, 行ふ, 被って, 裏切るよう, 西の, 見さだめてから, 見せまいと, 見せろ, 見たくて, 見たとたん, 見たまま, 見た女, 見た途端, 見つける, 見つめたまま, 見てからは, 見と, 見ないわけ, 見ま, 見まいとして, 見まわして, 見るという, 見る度毎, 見わけて, 見付けると, 見守りながら, 見抜いた, 見送つた後, 見逃すはず, 見附けると, 親類の, 観察した, 解決しなけれ, 言い出そうと, 言うわけ, 言つたのは, 言ふと, 言わないの, 言われませんでした, 訊きたいの, 訊き出すん, 許さないの, 訴えた, 訴へ, 証するもの, 詩と, 詮議し, 話しては, 誇って, 認めざるを, 語るに, 読まずに, 読み下して, 読むため, 誰もが, 調べるため, 證明する, 護送する, 讀んだ, 責める, 買い求めた, 買ったもの, 賛成した, 購ふ, 跟けて, 蹴って, 車の, 辞退した, 返しながら, 返そうと, 追ひかけ, 進んで, 運用し, 遠慮し, 適宜に, 適当な, 避けながら, 避けること, 避けるには, 金の, 開いたが, 開くこと, 防がうと, 限りに, 除くと, 隠すの, 隣の, 雀が, 静めるため, 面白がり, 革命の, 順序を, 風が, 食い止めようと, 食べさせて, 飼って, 養うに, 高々と, 麓と, 默つて聽い

2 [4037件 抜粋] 〇五だけ, あずけて, あやしんで, あれこれと, いう調子, いじめて, いちいち算へた事, いま初めて, うけが, うち消した, うるさがっ, おそれたの, おやり, お前さんが, お尋ねに, お望み, お祖父様, お話し致す, かいつまんで, かけると, からだに, きかないで, きこうと, く, くりかへ, けむりの, ことばで, この市, この私, これから研究, ごまかすよう, さえぎりながら, させるの, しごいて, しなけりゃ村八分, しめた, じっと凝視, じッ, すすめた人間, すらすらと, ずばりと, そつくり, その時, それの, たしかめようとは, たった一, ためすかの, だんだんに, つかむこと, つくりあげて, とがめは, とめるよう, とろうと, どうして手, どう云, どう思ふ, どんなにか, ながめようと, ななめに, ぬぐった, のんだ, はっきり口, はね越えました, ひと目みる, ひろいながら, ふりまいて, ほうり出した, ぼくは, まく時, また三つ, また前, また新しい, まだ知らない, みるや, むかえた, もじって, もとめたらいい, やっつけて, やらない, やるに, ゆさぶるよう, ようやくの, よく知ってる, よみました, わが物, わっし, カンヴァスの, グーッと, スケッチした, ッ, ハイネ好みの, ビールに, マリヤンが, 一々ここ, 一つ一つ数える, 一個の, 一度見る, 一晩見, 一片ずつ, 一纏めに, 一通り理解し, 三斎が, 下で, 不器用に, 不満と, 世界の, 中央の, 乱すまで, 予算に, 二十を, 云い出したので, 云はせる, 井戸の, 人前で, 人類が, 今度又, 今茲で, 仕遂げて, 件の, 伸して, 何うして, 何処で, 作るに, 使う人, 便って, 保護し, 信じなかつた, 信じ得るだけ, 信ぜずには, 修理する, 停めようと, 像の, 兄にも, 光栄と, 全体として, 公表し, 其校歌を, 冗談として, 冷やかな, 処理しなけれ, 出ると, 分離する, 切ること, 初めに, 利用しない, 前から, 加えて, 励みに, 動機として, 包み紙, 半紙に, 博士の, 原型として, 又人々, 反省し, 取り上げられて, 取り返したの, 取るには, 取圍, 受けいれること, 受けました, 受けるの, 受け取りに, 受取ながら, 受用する, 口惜しが, 叩き落とされて, 可笑しがります, 各自の, 吐き出したこと, 否みは, 吹き消して, 呪って, 命じた, 咎めなかったので, 唇へ, 喜びながら, 喰べながら, 嘲弄する, 四五人で, 囲んだ, 国民の, 地獄の, 堪へて, 売りたいと, 外の, 夜店の, 大事さうに家へ, 大異, 天鉄で, 失くし, 奥さんに, 奪りか, 好まなかったが, 妨げては, 妾が, 娘と, 嫌がるまいこと, 子供と, 学士の, 守護しました, 定吉が, 実証する, 宮内省へ, 密告した, 察知する, 封書に, 尋ねに, 小屋の, 小野の, 展げて, 崖の, 差して, 巻き上げること, 常に感激, 幸いと, 庇つたのは, 廻ると, 弔鐘と, 引き上げるの, 引っこ抜いて, 引出して, 引率し, 強調した, 形容し, 待ちうけて, 待てと, 得たの, 御心配, 御馳走します, 心には, 忘れたこと, 忘れる事, 思いとどまった, 思い出す, 思うだけでも, 思ひますと, 思ひ返して, 思索する, 怪んで, 恐れたから, 恥とも, 悔いた, 悟らなかつたの, 悲しがっ, 想ひ出し, 愛した, 愛撫する, 感じとって, 感受する, 憐れんで, 懐疑し, 我邦の, 手にと, 手掛けた髪結, 手近に, 打棄て, 払いのけようと, 承つて, 承知しなかつた, 投る, 披き, 抱き起しては, 押しいただいて, 押し切つて, 押し通して, 拂つた, 拒んだの, 拝領した, 拭は, 拾いました, 拾った者, 拾ひ上げる, 持ち帰って, 指し示して, 振り仰いで, 振り放した, 振返ると, 捜し求めて, 掃き集めて, 排斥すれ, 採掘し, 掴むの, 描かうと, 提げると, 搖ぶつ, 撃退し, 攪拌する, 改革しよう, 救ふ, 敵の, 斜に, 断わりきれずに, 日向へ, 早くいわない, 明晰に, 時間的に, 更に彫刻, 書きたかったの, 書く場合, 最も痛切, 有難く思っ, 望む者, 木戸口や, 本質的に, 東京に, 果すため, 根拠に, 森山の, 検討する, 槍の, 横眼で, 欣んで, 歓んで, 止めようとは, 正道に, 殲滅し, 毎日くりかえし, 気付かない, 水銀と, 求める事, 決定した, 治療する, 注視し, 浪費する, 消極的に, 済ませて, 湯に, 滑稽にも, 潔しと, 灰の, 無意味に, 無邪気に, 煎じて, 爆発の, 片ッ端, 物語つてゐた, 犯す事, 獲って, 現代に, 理解させる, 生かせるに, 用いる, 由子は, 申すの, 留めて, 疑い得なかった, 疑るよりも, 発表し, 登ると, 皆で, 盗むの, 目指して, 直観し得る, 看護し, 真似ること, 真面に, 眺め二人, 着たが, 知ったが, 知つてゐない, 知らせること, 知らないはず, 知らぬ顔で, 知りたくなった, 知る事, 研究しなけれ, 破棄する, 確めない, 示します, 神話化し, 私たちに, 空中で, 突き留める必要, 立って, 笑うこと, 笠に, 箪笥の, 粗野と, 納得し, 素早く見つけた, 組み伏せたところ, 統一的理論によ, 綱の, 締めようとして, 繰り返させるの, 置き忘れて, 美枝子は, 老母に, 考えないで, 考える余裕, 耕作する, 聞いた劇場監督, 聞かせられる必要, 聞きすますと, 聞きましょう, 聞くに, 聴かされて, 肌に, 背景として, 脇へ, 腹の中で, 自分にとって, 自家の, 舞台に, 艶や, 苦々しく思っ, 茶店の, 蓋して, 蟻に, 行つてゐた, 表現したい, 装って, 補足し, 見い見い歩いて, 見すますと, 見たある, 見たので, 見た村, 見つけ, 見て取った, 見また, 見られること, 見る機会, 見出した, 見届けた上, 見棄てて, 見詰めました, 見逃しては, 覚えたの, 親分さん, 覺え, 解剖し, 言いながら, 言い出しては, 言うほど, 言ったもの, 言ひきる, 言わないこと, 言明し, 討ち取るため, 許さないだろう, 証拠立てるよう, 詮議しなけれ, 詳しく申し上げる, 認めたい, 認めれば, 語る人, 誤解し, 読みかえして, 読み上げた, 読む事, 誰かと, 調査した, 諫め主君の, 謡曲の, 讀者に, 負担すべき, 貰つた, 買うため, 買は, 越した鉄柵, 距てた, 踏むの, 軒先に, 辞退しました, 近頃に, 追っかけたり, 追及しよう, 通し何, 連絡する, 運転する, 達成した, 遣ると, 遵奉する, 避けでも, 避ける様, 酢に, 金科玉条の, 鋏で, 長くし, 開きそして, 開けようとして, 開放した, 防禦する, 陳列し, 隠しながら, 集めるため, 青年が, 面倒くさがっ, 音ずれず, 預って, 頼母は, 顧みずに, 食えば, 食べるかと, 飲まなければ, 養うべき食物, 駄目だ, 黒シャツの

1 [33153件 抜粋] ああいう, あさましいこと, あてつけがま, あの火, あらかじめ三十, あわれもののふ, いい出そうとして, いきなり国老, いただかれあと, いっただけ, いまいおうと, いやという, うけ入れないこと, うながして, うれしく思い, おさへて, おとし穴, おりたたんで, お前飛ん, お尋ねなさる, お留め, お訊ねなされる, お願いしたくっ, かくして笠, かつぐ時, かんがえて, きかなければ, きみたちに, くどく言い争う, くわしく語っ, こう訂正, ことわっただろう, この女, こは, ごしごしきれい, さおの先, さし引かれ飲み代, さびしがる, しいて払いのける, しっかり据え, しばらく黙っ, し従って, じーっと視凝, すこしづゝ, すつかり乾かすのに, するなら特別, ぜひ言え, そっくり池, そのままもっと表面的, その中間, その胸, たいそうに, たすけるため, ただ立っ, ためすの, ちゃんと知り抜い, つい黙っ, つくったもの, つづけたらいい, てめえ有り難, とっくに忘れ, とらなかつた, どういう形, どうして沈める, どう取出す, どこやら, なおひどく, なしうるといふ, なぜ無理, なんで拙者, ねえさんが, のぼりきると, はじめて考へ, はつきりさせ, ばらまいてから, ひっこめようと, ひどくきらっ, ひろくつたえる, ふと思い出した, ぶん流す, ほめる歌, まぎらかすよう, またここ, また側, また意味, また箪笥, まだこの, まなび殆, みずからおこな, みな丸め, みんな教え, むずかしく云い出します, もう一度賭けたら, もったいないと, もどして, やっつけよう, やめ再び, やりとげるつもり, やる訳, ようやく頼みこん, よく表現, よろこべない複雑, わざわざ報知, アハハシン公, エリーザは, ガラス張の, ケレンコが, シナシロユリ, ソーセージと, トラックで, ハッキリ思い出した, ヒントに, ブーキン夫人が, マグロアールに, ライオンと, 一々ひろげ, 一々読んだ, 一つ二つと, 一人一人乗船させる, 一寸みなさん, 一應認めた, 一枚一枚まくっ, 一瞬に, 一顧も, 三十五スーに, 三等に, 下さる人情, 不平言う, 与えるつもり, 並べながら, 主宰する, 乞ひ得, 争うの, 二人分も, 二箱買つて一つを, 云うべき自然, 云われたらともかく一応, 交えて, 人生的に, 今また, 今批判する, 今神か, 仕立て, 令嬢室の, 伊貝は, 伝へる為, 何うしようと, 何より怖, 何百という, 作り出してるのみ, 使えという, 侵入径路へ, 信じたうえ, 信じ力, 修辞学的に, 假にも, 傳へるべき, 優雅に, 先帝の, 入質した, 全部伯父に, 公表すれ, 具体的には, 再び画架, 冷かした, 出し惜, 分離さす, 切抜けること, 別に気, 制限する, 剛子さんに, 加えると, 励ます気, 勧むることとにのみ彼は, 北極まで, 十坪以内の, 半年分さき払いに, 単純な, 原則的の, 又ここ, 又謝り, 取つて祭具, 取りよせた, 取り扱った, 取る時, 取扱う場合, 受けいれなければ, 受けるであろう, 受け取る前, 受取つてさ, 口にく, 只ごろごろと, 叱ること, 吉左衛門に, 吐き出しました, 否認した, 吹くこと, 周旋した, 呼び起こさんと, 咎め立てする, 問いただして, 喚び帰そうと, 喰い留めて, 嘗て定家, 四五十年の, 囲繞んで, 圧しつける声, 埃に, 堅持させる, 墓標に, 売る店, 多分抜くでしょう, 大きな僥倖, 大変叮嚀に, 大野の, 夫婦と, 奪いかえすため, 女王さまに, 妨げないこと, 姪の, 嬉しが, 学校生徒に, 安ん, 実に大切, 実証的ならしめる, 宮地翁の, 密報し, 寵愛する, 尋ねたら, 小出の, 少しく述べ, 局境の, 岩穴の, 左門が, 市中に, 常識と, 年中続ける, 幾町が, 座談の, 廻って, 引きとめる, 引き締めるの, 引出し偃松, 引返さうと, 強く感じた, 当夜の, 彼所まで, 待ってるの, 後悔します, 御不審, 復したい一心, 心得たよう, 忌避すれ, 応用せらるる, 思いぞっと, 思い出し元, 思ったらどんなに, 思わせる姿態, 怪しむ者, 恕すると, 悔いたが, 悪く言われ, 惜しまないと, 意味あり, 愛子の, 感じながらも, 感歎し, 憂いて, 懐中電灯で, 我軍は, 手ごろの, 手放したくなったらば, 打ちおろしたあと, 打ち砕きそれ, 払いのけなかったら彼女, 承りたいが, 抑えた烏組, 投げ返して, 抜け出す分, 抹殺しえない, 押しのけようと, 押そうと, 拒み續, 拝せよと, 拾いあげいぶかし, 拾つて夜深, 持ち出し得ないの, 持出そうとして, 振りあげざま, 振廻した, 捕獲しよう, 据えその後, 掘り返し黒い, 探すため, 掩い隠す, 揃え畳み封筒, 換言する, 携えた御, 撫軍に, 支える一つ, 改善の, 故意と, 教えようと, 数年間夢想してる, 文筆の, 断然実行, 方々の, 日本間の, 昌一君に, 春団治こそは, 普通なら, 曳こうと, 書いた後, 書き下すか, 書上げる, 最終篇の, 望みそして, 木笛に, 本紙に, 東西両, 枯らして, 格納庫内の, 植えるだけの, 楽しみなく, 横切るのに, 欧米に, 止めさせるやう, 正成は, 歴史小説などと, 殺さなきゃならんから, 毎日少し, 気づかぬという, 水晶と, 汚れたもの, 沈澱させた, 泥濘の, 洵吉自身も, 浴帷子の, 深くお, 清水寺へ, 渡り終つて, 滅するこの, 潔めて, 火花の, 焔の, 無線発信の, 照らす, 燻した, 牧場へ, 犬どもの, 猫車に, 珍しそう, 理論の, 生き通して, 生理學的に, 田中は, 申せば, 異の, 疲労から, 発表し得た, 白昼の, 皆人間に, 盛つた容器の, 目籠に, 相変らず, 真に苦しみ, 眺めてるの, 着せかけた, 瞰あげ, 知ってる, 知つとる, 知らないので, 知られては, 知るのに, 砂糖屋から, 硝子瓶に, 示したいと, 神さまの, 福田氏に, 秘密の, 穩や, 突きとめれば, 窓ぎわに, 竜宮と, 筆頭として, 粉砕する, 納って, 細かい銀貨, 経営する, 統計にかけて, 綜合した, 縁切りに, 繰っちゃあ, 續ける, 美沢に, 習慣と, 考えつかない時, 考へながら, 聞いたらさぞ, 聞いた或, 聞かされたこと, 聞きつけたお, 聞き出そうと, 聞くため, 聴いた人, 聽き出す, 育てる段, 脱ぎ棄てたので, 自ら意識した, 自得し, 興がる君, 芝田さんは, 苦しそう, 草原で, 葉之, 薦げよと, 蜜柑畑に, 行わないの, 被う脂肪, 補い出して, 西北に, 見おくるため, 見せた事, 見たから, 見たミトローニク氏, 見た技師, 見た隆夫, 見つけましたが, 見て取つて, 見ませんから, 見る秋, 見出した人, 見届けようという, 見物してた, 見謬, 見透されるの, 覚らないわけ, 観察の, 解説し, 言い切ると, 言つたら, 言われます, 訊きやい, 設けるだけでも, 許可する, 試みたが, 話してる合間, 誇大する, 認める暇, 語り尽して, 説くべきでは, 読み下しそして, 読むまでも, 読破しよう, 談笑の, 謀るため, 護りとおすには, 豎牛が, 責めると, 買いましょうか, 買ふてやり, 質問された, 起さなくては, 跨ぎ越せるの, 踏む足, 軍に, 輸入した, 迎える準備, 返済する, 追い散らしてから, 追って四人, 追懐する, 逃がさじとして, 通りこす, 連れ戻そうとして, 運んだの, 遠く木魂, 選び取って, 邪に, 里芋に, 金椎に, 鋳物に, 長い長いこと, 開き紙幣, 闘鶏に, 降らせたり, 隔てての, 集めようとは, 電灯会社で, 面憎く感じた, 預かつて, 頼んだ時, 風化現象の, 食ったこと, 食べ乍ら家, 飲むため, 餞別の, 驚いたよう, 高麗村の, 黄粉に

▼ それ~ (55344, 14.9%)

698 ために 376 どうした 365 私の 236 彼の 222 自分の 184 しの, しは 151 すむと 142 しが 134 済むと 123 気に 116 いい 110 非常に 109 ある 106 何の 100 一つの 96 彼女の 93 私には 83 人間の 77 何である 76 終ると 75 為に 74 私に 73 今は 72 何か 69 今の 67 僕の 66 今日の, 出來, 急に, 本当の 63 しに 60 しを 57 なんの 56 ためには 55 何に, 如何に 54 ない, 少しも 50 今では, 他の 49 不思議な, 第一 48 一種の 47 なければ, 何うし, 日本の 46 唯一の, 彼には 45 何かの, 何を, 女の 44 普通の 41 わかって, 例の, 最後の 40 あなたの, お前の 38 何よりの, 私を 37 君の 36 だんだんに, 人の, 或る 35 もとで, 心配で 34 眼に, 自分に 33 今日は, 出て, 自然に 32 あると, どうかした 31 あるから, だん, どうだ, 二人の 30 い, 何だ, 彼等の, 本当なら 29 ほんとうに, 彼らの, 母の 28 あるの, いいそれ, この頃, どんなもの, わからないの, 分って, 父の 27 あるので, いいわ, 僕には, 妙に, 当然の 26 いつまでも, その, ほんとうの, わたしの, 何よりも, 妙な, 真の 25 我々の, 自然の 24 どういふ, なんである, よかろう, 不思議で, 事実である, 彼に, 彼を, 後に, 現在の, 確かに 23 おれの, できないの, 本當, 此の, 誰の 22 ないの, 実際に, 最初の, 本当だ, 済んで, 為めに, 爲めに 21 せめてもの, なくては, わかる, われわれの, 不思議に, 先生の, 原因で, 当時の, 男の, 目に 20 ですよ, なかった, 今まで, 今日では, 出来なかった, 分れば, 嵩じて, 彼女を, 心配に, 自分を

19 [21件] いやなら, その時, ただの, です, どのよう, ないと, なんだ, よい, わかれば, 事実だ, 今度の, 何う, 僕を, 出来ない, 出来ないの, 出来なければ, 変に, 当然だ, 私たちの, 証拠には, 頭に

18 [12件] あの人, あります, いけないの, だんだんと, だんだん大きく, どうなる, はっきりと, 一般に, 俺の, 殆ん, 生きて, 逆に

17 いけない, おわかり, それが, どれだけ, 不思議にも, 何と, 嫌なら, 耳に

16 [14件] あなたに, いいです, いずれも, すべての, すんで, 問題に, 大變, 子供の, 心の, 日本に, 昔の, 消えて, 私が, 私は

15 [30件] あった, いいと, できない, できれば, どんなこと, 一つに, 世間に, 事実と, 今も, 今度は, 僕に, 分らないの, 判れば, 取りも, 吾, 問題だ, 大変な, 家の, 容易に, 当然な, 彼女には, 心に, 手に, 昨日の, 毎日の, 無い, 爲に, 縁で, 習慣に, 自分には

14 [17件] きっかけで, すぐに, またこの, また私, よくわかる, 一定の, 一番いい, 事実なら, 今に, 去年の, 多い, 完全に, 現代の, 現実の, 生活の, 癪に, 立派な

13 [26件] あたしの, あつた, いまの, しども, そうは, できなかった, とりも, どういうわけ, どうでしょう, どこに, わかった, わかるの, わたしに, 世界の, 人生の, 他人の, 何であった, 何であろう, 反対に, 変な, 娘の, 必要な, 文学の, 明らかに, 次の, 終って

12 [32件] いけないん, いつでも, いまは, ここに, この場合, しと, すんでから, た, どうし, どれも, なんでも, ほんとの, やむと, わからない, わかります, 一人の, 人間に, 今年の, 偶然にも, 口惜しくて, 單に, 始めて, 嬉しかった, 必要である, 気にな, 消えると, 私達の, 続いて, 縁に, 聞きたい, 証拠に, 身に

11 [40件] あの女, あんたの, いいでしょう, いつまで, いつもの, お前に, この事件, どういう意味, どうにも, どこから, なんに, ぼくの, また非常, わかると, 一度に, 一緒に, 一般の, 主人の, 何んの, 何故に, 全体の, 出来ると, 出来るの, 出来れば, 分ったの, 夜の, 嬉しかつ, 意外にも, 最後に, 朝の, 氣に, 済んでから, 秋の, 立派に, 第二, 縁と, 自分でも, 自己の, 非常な, 頭の

10 [40件] あの, あるよう, いけなかった, いつの, おかしいの, できるの, どういうこと, どうして, どうしても, どうしました, ひとつの, へんに, また彼, よかった, よくない, わからないから, わかりました, 世間の, 何時でも, 何者である, 兄の, 分らない, 分る, 判って, 可なり, 可能な, 右の, 君に, 因で, 後には, 悪かった, 止むと, 現実に, 癖の, 真実の, 社会の, 落ちて, 見えて, 見て, 誰だ

9 [63件] あること, あれば, いいの, いやに, おめ, きっかけに, きみの, こちらの, この, この家, ただ一つ, ためであった, できないと, できなければ, どうだろう, なかったら, また不思議, わかったの, わかりません, わたしには, 人々の, 人を, 人生だ, 今でも, 今日に, 今日まで, 俺には, 俺を, 偶然の, 前の, 動機と, 十分に, 却て, 口に, 問題な, 夢だ, 実在の, 少しずつ, 己の, 当って, 彼女に, 心配だ, 悲しかった, 明かに, 最後で, 次郎, 現われて, 當り, 癖に, 真実である, 知りたい, 知りたいん, 神の, 行われて, 評判に, 話の, 誰である, 追, 過ぎると, 邪魔に, 部屋の, 間違って, 顔に

8 [72件] あいつの, あなたを, あるという, いいこと, いいだろう, いいよ, いつとは, おわると, この世の, これほど, しには, そうでない, そこに, できると, どうな, どうも, どう云う, どこへ, どのくらい, どれ程, ほんとうなら, まこと, また彼女, また自分, よろしゅうございます, わかったので, イヤなら, 二つの, 二人を, 人間を, 今夜は, 何んと, 出来て, 分らないん, 分ると, 原因と, 厭なら, 可笑しくて, 問題の, 夢の, 妾の, 嬉しくて, 存在する, 実行に, 少しでも, 恐ろしいの, 成功した, 支那の, 新聞に, 月の, 本当な, 本来の, 欠けて, 正しいこと, 正当な, 武士の, 死んで, 段々と, 永久に, 無事に, 真実だ, 知りたいの, 私と, 私自身の, 胸の, 自分で, 若い女, 誰にも, 静かに, 風に, 風の, 駄目な

7 [142件] あたりま, あったの, あの方, あの時, ある時, いいや, いかん, いけなければ, いちばんいい, いったいどうした, いは, いまでは, いやだ, おかしいん, お気に, ここで, この時, この男, しから, すつかり, そうである, そのお, そのま, その人, ための, だれである, できて, できるという, ですね, どういうもの, どうかしました, どうしたい, どうです, どこの, どんな形, どんな風, ないから, ないので, なくて, なにより, はっきりし, はつきりと, また何, また妙, よくわかっ, よろしい, わかつて, わしの, わたくしの, 一と, 一体どうした, 一時に, 上の, 不可能である, 不幸にも, 不思議でならない, 不思議でなりません, 世の, 事件の, 二つに, 人に, 今までの, 他に, 伸子の, 何だろう, 何でも, 何も, 何ん, 何人である, 俺に, 全くの, 具体的に, 出来ないと, 出来上ると, 分るの, 初めから, 初めは, 半七, 博士の, 厭だ, 又, 口を, 可能である, 向うの, 周囲の, 嘘だ, 多くの, 多数の, 夢である, 大人の, 大切な, 夫人の, 好い, 帰って, 幾分か, 当り前な, 当然である, 必要だ, 怖ろ, 悪いと, 持って, 日本人の, 早くも, 昂じて, 昔から, 最初に, 本当である, 東京の, 楽しみだ, 歴史の, 民衆の, 気に入って, 気の, 氣にな, 無かった, 無数に, 特殊な, 現れて, 現実である, 目の, 目的では, 目的の, 真理である, 社会に, 結局は, 美の, 習慣と, 聞えたの, 自然と, 芸術家の, 西洋の, 見事に, 解らないから, 解れば, 詩の, 貴方の, 転じて, 近頃は, 過ぎて, 間違つてゐる, 非常の, 顔を

6 [184件] あたりまえの, あの男, あらわれて, ありません, あるん, いいん, いけないという, いけなかったの, いけねえ, ええ, お高, きょうは, こ, この句, この本, さ, し, しとて, しにも, しょうこ, し自身, すめば, そうで, その夜, その日, そもそもの, たがいに, ためか, ためである, ついて, つまりこの, できないで, できなかったの, できるくらい, どうかする, どうしてお, どうで, どうなっ, どうも気, どこで, どこにも, どんな事, なか, なくなると, なぜだ, なによりも, ほかの, ほんた, また, またいかにも, またどうして, また一つ, まちがって, みんなの, もつと, よくわかった, わからないと, わからなかった, わかるよう, わたしたちの, ハッキリと, 一の, 一体何, 一個の, 一番い, 一番だ, 一番の, 一番よい, 一面に, 三月の, 下の, 不可能だ, 不思議だ, 不意に, 中, 事実な, 事実に, 人間な, 今この, 仕事の, 以前に, 仮りに, 何だらう, 何んな, 何時までも, 何等かの, 偶, 冬の, 出来ないから, 出来ないという, 分った, 判らない, 前に, 動いて, 又不思議, 古代の, 合図の, 同じよう, 問題である, 嘘である, 土地の, 大抵は, 大違い, 夫の, 女である, 宜い, 実際の, 室の, 左の, 年の, 年を, 幾度も, 当り前の, 彼にとっては, 彼等に, 彼自身の, 往来の, 心配な, 思いも, 悪いの, 悪かつ, 愛の, 感じられて, 成功し, 成功する, 成長し, 我々を, 政治の, 文化の, 日に, 明治に, 普通な, 書かれて, 有名な, 次から, 次第に大きく, 正直な, 歴史的に, 残って, 氏の, 水の, 江戸の, 汽車の, 渠の, 火の, 無いの, 無ければ, 物の, 現實, 生命の, 異様に, 直ぐに, 直観である, 相手に, 相手の, 知りたかったの, 知れると, 私にも, 科学の, 簡単に, 紛れも, 絶対に, 聞えた, 聞えて, 腑に, 自分と, 自己を, 自然である, 船の, 芸術の, 苦に, 葉子の, 近づいて, 途方も, 重大な, 金の, 闇の, 雨の, 雪の, 露骨に, 青年の, 静かな, 面白さ, 飛んでも

5 [237件] あたくし, あたって, あたりを, あったから, あって, あるか, ある種, いいね, いかなるもの, いつかは, いろいろの, おいらの, おのづか, お互, お前さんの, お前を, お絹, かの女, かれの, きっかけの, きょうの, こっちから, このよう, この人, これからの, こんなこと, さうし, しとは, しと共に, しなど, しへ, そういかない, そうじゃ, そうだ, その場, その通り, たいへんな, たった一つ, だ, だんだんこちら, ちよつと, で御座います, どういう風, どうしてこんな, どこかで, どこまで, どんなにか, ないとは, なくなって, なぜか, なによりの, なんであろう, なんという, ひとりで, ふしぎな, ほんとうだ, ほんとうな, ぼんやりと, まあ, またお, また実に, また気, もとに, やつと, よくわからない, わからないので, わからなければ, わからんの, わたしを, ハッキリし, パッと, 一ばんいい, 一人で, 一向判りません, 一番よ, 一転し, 下へ, 不可能なら, 不安に, 不平で, 不幸に, 不思議でならなかつた, 事実で, 事実であっ, 事実であった, 人情だ, 人間である, 人間として, 今後の, 以前の, 仲, 何という, 何よりです, 何んだ, 何度も, 何物である, 何程の, 何等の, 余の, 作家の, 俄かに, 元で, 先づ, 先生に, 入口の, 全部の, 冬に, 凡ての, 出来る, 分らぬ, 初めてだった, 初めての, 判らねえから, 判る, 判ると, 刻々に, 又何, 君を, 問題だった, 図らずも, 国家の, 地に, 基で, 夏の, 外の, 多くは, 多分に, 夜に, 大事な, 失敗に, 存在の, 客観的に, 尊氏の, 岩の, 左右に, 幸いに, 幾日も, 店の, 庭の, 彼らに, 彼らを, 後にな, 後の, 後世に, 得意で, 心を, 必然的に, 必要だった, 必要なら, 思うよう, 息を, 悪いこと, 意識に, 意識の, 我々に, 我ながら, 日を, 日常の, 明治の, 昔は, 昨年の, 普通に, 晴れると, 暫く続い, 更に進ん, 書いて, 最初からの, 最初で, 月光を, 有つ, 村の, 根本の, 案じられて, 機縁に, 正確に, 武蔵の, 気がかりに, 気の毒な, 決定的な, 漸次に, 濟むと, 無いと, 無数の, 犯人だ, 生れて, 異常な, 當然の, 発生する, 皆な, 盛んに, 直接に, 相当の, 眞の, 真実なら, 真実に, 眼の, 知り度, 石の, 確かな, 礼に, 私にとって, 空の, 突然に, 窓の, 純粋な, 終わると, 耳について, 聽き, 自分自身の, 自然だ, 自由に, 舞台の, 良人の, 色々の, 芝居の, 芽を, 若しや, 行は, 見える, 見る見るうち, 見る間, 解って, 詩である, 變な, 貴女の, 貴方に, 身の, 近代の, 近所の, 途中で, 間違いの, 面白いと, 頭を, 額に, 餘り, 馬鹿に, 鼻に

4 [433件] ああし, あたりまえだ, あったので, あとから, あなた, あなたには, あの子, あべこべに, あまりにも, ありありと, ありは, あるため, あれの, あればこそ, いいかも, いいで, いかにも自然, いつも同じ, いつ頃, いづれも, いやで, いやな, いよ, うまくいったら, うまく行かない, うまく行け, うるさいので, おかしいと, おかしかった, お上の, お分り, お前たちの, お解り, お通, かくも, かつての, きっかけと, きつかけ, こうな, ここの, ここへ, ここまで, こちらへ, こっちの, このお話, このごろは, この上, この作品, この土地, この日, この物語, この町, この社会, この私, この辺, これまでの, こんどは, さあ, しまいには, すなわちこの, すべてでは, そうなっ, そうならない, そのままに, その後の, その瞬間, その頃, たと, たとへ, たのしみで, ためで, ためです, ちやうど, つまりは, できたの, できないから, できないという, できる, できるか, できるならば, できるよう, どうしてか, どうしてこの, どうして知れた, どうであろう, どうも不思議, どうも僕, どうも私, どうも腑, どっちだ, どのやう, どの位, どの程度, どんなに美しい, どんなふう, どんな種類, ないん, なかったなら, なかなかの, なくなつた, なにを, なんらの, はいって, はじまると, はたらいて, はつきりした, ひどくなっ, ひどく気, ほんとうは, まざまざと, まず第, またある, まただんだん横, またどうした, また他, また何とも, また大, また大変, また恐ろしく, また最も, まるで, ものの, やっとの, よいと, よいの, よくなかった, よく見る, わたくしには, アメリカの, イデオロギーである, オレの, スーッと, ソノ, プロレタリアの, ロシアの, 一かたまり, 一つ残らず, 一人や, 一層彼, 一年の, 一座の, 一方に, 一日に, 一昨日の, 一本の, 一枚の, 一様に, 一番大切な, 一番好い, 一直線に, 三つの, 不可能な, 不思議だった, 不思議です, 不思議でならなかった, 不思議でも, 世の中だ, 世界に, 事実か, 事実でない, 二度三度と, 云わば, 五月の, 京都の, 人工心臓な, 人生に, 人間と, 人間生活の, 人類の, 今いう, 今から, 今こうして, 今だに, 今回の, 今夜の, 今年は, 今朝に, 他人に, 代助, 何であつ, 何でしょう, 何です, 何と云, 何より気がかり, 何れも, 何んである, 何時もの, 作品の, 作者の, 俄に, 個人の, 偶然に, 僕らの, 充分に, 全部で, 出来たと, 出来たら, 出来なかったの, 出来なかつた, 出来ますか, 出来ません, 出来るか, 分かった, 分かって, 分かる, 分かれば, 分るよう, 初めてで, 判らないん, 判らねえ, 判りや, 別の, 前から, 前にも, 原因だ, 又この, 又今日, 又大, 口惜しかった, 可い, 合図だった, 合図と, 君には, 周平の, 哲学の, 商売の, 問題です, 喧嘩の, 嘘の, 国の, 国民の, 地の, 地獄の, 地面に, 塾の, 夕方に, 夕方の, 多いの, 夢では, 夢な, 大きくなっ, 大そう, 大勢の, 大変に, 大評判, 天才の, 夫, 夫婦の, 女性の, 好きだ, 好きだった, 妙齢の, 姉の, 始めは, 子供に, 完全な, 宗教の, 宙に, 宜しゅうございます, 実現される, 実現し, 実現する, 宵の, 家に, 少くとも, 少女の, 少年の, 山の, 工藝の, 巧く, 巨大な, 幻の, 弟の, 当然です, 彼にとって, 彼等を, 後では, 心配である, 恋の, 悪いとは, 悪ければ, 意外に, 意外の, 感じられた, 成功したら, 戦争の, 承知なら, 拙者には, 拡がって, 敵の, 文芸の, 新たに, 日の, 日一日と, 日本で, 日本では, 春に, 春の, 昭和の, 時を, 時代の, 最初から, 最善の, 最大の, 最後だった, 期せずして, 本当です, 本当でない, 本物の, 来ると, 来るの, 東京に, 果して何, 柔かな, 案外に, 機縁と, 次第, 欲しいの, 正しかった, 此頃は, 残念だ, 段々姿, 気がかりで, 気がかりな, 気にか, 気の毒で, 池の, 決まると, 流れて, 流行と, 浮んで, 済めば, 満足に, 源氏の, 滑稽な, 滑稽に, 濟んで, 為めには, 無限の, 爆発する, 父に, 物を, 特別な, 特別に, 独自の, 珍らしい, 現代人の, 生命を, 生理的に, 疑いも, 病人の, 病気に, 病気の, 癖にな, 発展し, 目前の, 直接の, 相当に, 真である, 真理です, 真面目な, 眼を, 知らず識ら, 知りたいと, 神に, 祟って, 私だ, 私とは, 私どもの, 端を, 紙に, 紛失した, 素直に, 終ってから, 絶対の, 網の, 緩やかに, 罪に, 老婆の, 聞いて, 肉体の, 能く, 自分たちに, 自分だ, 自分に対して, 自然な, 良いか, 良秀の, 草の, 血の, 行はれ, 表現的な, 表面に, 見えないの, 見たいの, 解らない, 解らないんで, 言葉によって, 証拠にゃ, 認識の, 誰で, 誰であった, 誰に, 諸君の, 豹一の, 起って, 身を, 辛かった, 運命であるなら, 過去の, 道徳の, 遠くから, 適当な, 適当に, 重要な, 金を, 針の, 鎮まると, 鏡に, 長い間, 霧の, 青春の, 静まると, 面白いの, 面白いので, 面白いん, 面白かった, 面白くて, 頬を, 飛んで, 駄目だ, 駄目なら, 0では

3 [871件 抜粋] ああいう, あたしには, あたりの, あったに, あとの, あのよう, あの手紙, あの晩, あの頃, あらはれて, ありますから, ある場合, いいか, いいのよ, いかなる意味, いかんの, いくらかの, いけないよ, いずれとも, いつのまにやら, いよいよかれ, いわゆる, うまく行っ, おかしい, おもしろくて, おれに, おれには, お互いの, お前か, お前には, お嬢さま, お店, お筆, お艶, お銀, お雪, かえって, かえって彼女, かすかな, かなえば, からだを, かれら, きゅうに, きれいに, こういう風, ここを, こちらには, このお, この世の中, この前, この場所, この室, この時代, この歌, これらの, こんなふう, ご不審, さうなつ, しとしては, しばらくする, しも, し一人, すぎると, すこしずつ, すでに一つ, すむまで, そうであった, そのとき, そのよう, その時代, その私, それぞれの, それの, たいていは, ためこの, ためでしょう, ためにも, だめな, だんだんはっきりし, だんだん近づい, だんだん近寄っ, ちょうどあの, ちよいと, つまらないこと, つまり, つらかった, できずに, できたと, できないので, できんと, どういう種類, どうしてだ, どうしても思い出せない, どうして悪い, どうと, どうもおかしい, どうも判りません, どうも疑わしい, どこかに, どこかの, どちらの, どれだけの, どんな内容, どんな意味, ないという, なおいけなかった, なかなかむずかしい, なくても, なぜいけない, なにかの, なんであった, なんです, はじめてで, はっきりしませんでした, ばかに, ばれて, ひどかった, ひどく彼, ひらいて, ぴたりと, ほんたうだ, ほんの少し, ますます彼, またおかしい, またじつに, またたくま, またたまらない, また一種, また今, また同時に, また女, また次第に, みんなで, むずかしい, もう十年, もし事実, やがては, ゆらゆらと, よくわからなかった, よく分っ, よろしいです, よろしうあります, わかったん, わからないん, わからねえん, わかるかい, わかるくらい, わずかな, イヤやったら, トテも, トンと, ピッタリと, ホントに, 一つも, 一体どんな, 一匹の, 一年ほど, 一斉に, 一時的の, 一番よく, 一般的に, 一躍し, 一首の, 三人の, 上に, 上へ, 不可能であった, 不幸の, 不思議の, 不成功, 世間へ, 両方とも, 主人に, 事実の, 二度も, 二枚の, 井戸の, 亭主の, 人手に, 人目を, 人間的である, 今夜に, 仏教です, 他殺でない, 伯父の, 伸子に, 何, 何かは, 何かを, 何であらう, 何な, 何よりだ, 何よりな, 何んで, 何処に, 何分にも, 何故である, 何者かの, 何處から, 余人では, 作の, 來る, 個々の, 偶然私の, 僅かに, 僕たちの, 元来の, 先の, 先生が, 入り乱れて, 全く私, 全身に, 全部では, 冗談に, 出た, 出来ずに, 出来た, 出来ないん, 出来ぬ, 出来ます, 出来るよう, 分らなかった, 分るもの, 切っ掛けで, 初対面の, 判つ, 判りさ, 判りません, 到るところ, 刺戟と, 割れて, 割合に, 動も, 十分ある, 半分に, 半蔵の, 危険だ, 却, 原因な, 原因の, 厭な, 又彼等, 又自分, 反対で, 可笑しかつ, 右に, 各, 合理的な, 向うでは, 唇に, 唯一つ, 商売だ, 善いこと, 嘘なら, 嘘に, 困るの, 土の, 地上に, 地面から, 塔の, 変化し, 夕日の, 外ならぬ, 多計代, 夜風に, 大へん, 大当りを, 大阪の, 太陽に, 夫と, 失敗した, 奇妙な, 奇怪な, 女なら, 女中の, 好いそれ, 好いと, 好きであった, 如何した, 始まって, 嫌ひであつ, 孔子の, 存在しない, 学校の, 実に不思議, 実現しない, 実際は, 家庭の, 寝て, 實に, 尋常の, 少しおかしい, 少ない, 崩れて, 川の, 左程, 己には, 市場に, 師匠の, 平次の, 年々に, 幾つもの, 度重なって, 当り前です, 当分の, 当然と, 当面の, 彼は, 往々に, 後から, 従来の, 心配だった, 必し, 必然の, 必要と, 怖くて, 思いがけなくも, 思ひの, 怪しいと, 恐ろしかった, 恐ろしくも, 恐怖の, 悪い, 悪いん, 悪魔の, 悲しいと, 惡いと, 愈, 愉快な, 意志の, 感傷的に, 成功しない, 成功しよう, 成就する, 成立する, 戦争に, 戯曲である, 所謂, 手紙を, 抽象的な, 拙者の, 揃いも, 日本と, 日毎に, 日課の, 早く死にたい, 昨夜の, 昨夜は, 時折り, 最もいい, 最初だった, 最後だ, 最近に, 月光に, 本当で, 本当であった, 本格的な, 本音だ, 東京である, 果して, 極度に, 楽しみで, 槲の, 次々と, 次第に私, 欲しくなった, 止んだ, 正式の, 残念で, 母と, 気が, 氣の, 永い間, 永遠の, 決定的に, 河の, 法律だ, 浄土の, 海上の, 消費する, 潜在意識と, 無くては, 無くなって, 無邪気な, 父には, 特別の, 特徴の, 犯人に, 現代に, 理由の, 理解の, 甚しく, 生活に, 生長し, 男だ, 男と, 男性の, 異様な, 病の, 発行される, 発覚し, 白痴の, 皆の, 皮肉でも, 目的で, 眞實に, 真実か, 真理の, 知られて, 知りたかった, 知識である, 破傷風の, 禁制の, 私だった, 私にとっては, 科学的に, 積もって, 空を, 空中に, 突然の, 簡単な, 精神に, 純粹, 素直な, 終るまで, 終れば, 絵の, 絶望と, 續い, 罪人の, 義雄には, 耳には, 聞えると, 聞きたいの, 胸に, 腹を, 自から, 自分たちの, 自分に対する, 自分達の, 自然だった, 自身の, 舞台で, 船を, 良いの, 芸術的に, 落城の, 著しかった, 著者の, 血を, 表現の, 袋に, 裏切られて, 見えない, 見えると, 見え透いて, 見たくて, 見るま, 親の, 解けて, 解つた, 解らぬ, 解る, 言えないの, 言ひ, 訊き度, 訛って, 許されない, 証拠は, 誤って, 誤謬である, 読者の, 誰が, 誰であろう, 論理の, 謀叛の, 貴島の, 載つて, 近代に, 近年に, 連れて, 運よく, 都会の, 酒を, 鏡の, 長く續, 門番の, 開裂し, 闇に, 集まって, 雨に, 電車の, 面白いところ, 順々に, 頭脳の, 風で, 食事の, 高じて, 魂の, 鰻に

2 [3014件 抜粋] あいずでした, あたりまえです, あってから, あなたがたの, あの圓朝, ありその, あるだけ, ある人, あわてて, いいもの, いかにもそんな, いかばかり懐かしい, いくらかでも, いずれに, いつからの, いつのまにか, いつもより, いまから, いよいよ一般, いろいろに, うつりました, うるさかつ, おかしいじゃ, おた, おもしろくも, お前さんとは, お増, お春, お組, お近さん, かえって結構, かなり強く, かれに, きまると, こういう有様, ことごとく失われた, このやう, この双子, この始末, この度, この書物, この種, これです, こわかった, こんにゃく屋へ, さかんに, さっぱり見当, しかし, して, しのみは, しゃくにさわった, し如きは, すぐ眼, すなわち謀反, すんだ時, せめての, そのうち, その一件, その女, その江戸, その面白く, それなりに, たくさんある, たちまちに, たま, ためこれら, ため彼, だれだった, だんだん近く, ちょうどその, ついお, つまらないと, である, できないところ, できます, とうとう爆発, どういう事情, どうかと, どうしても佐山君, どうして海, どうも分らない, どうも滑稽, どこかへ, どないし, どれ程の, どんなに恐ろしい, どんな人, どんな生産, ないでも, なお女, なぜである, なんでございます, はじめの, はっきりわかった, はつきりし, ひとの, ひら, ふしぎで, ふわりと, ほとんど無い, ほんとうでしょう, まあ何, またおかしく, またなん, また一方, また今度, また君, また恐ろしい, また生徒, また逆, また非凡, まだ彼, まったくの, まるで夢, みな馬賊の, めちゃめちゃに, もう夜, もし真実, もつ個性, やっとわかった, やはり一場, よいでしょう, よく似合う, よく分る, よく解つて, より多く, わかっての, わからないこと, わからぬ, わかりませんでした, わが國, わっし, イギリスの, ガラスの, シーンと, ズッと, ドンナに, ハッキリ分る, ヘンに, ボクの, ライン遊園地への, 一つずつ, 一つは, 一世の, 一向判り切らない, 一夜限りの, 一層の, 一度も, 一旅人たる, 一時的な, 一段一段と, 一番熱心で, 一番重大な, 一般には, 一週間も, 丁度二人とも, 三つも, 三組は, 上高地へ, 不和を, 不平な, 不思議でならねえ, 不満で, 不足で, 両手を, 中断された, 主君の, 乃ち火を, 予定の, 事実という, 二三十人に, 二回九銭で, 互に交錯, 京都へ, 人情です, 人間としての, 今お話, 今にな, 今度に, 今日までは, 今猶, 仏教である, 以前であったら, 住む一定, 何かしら物足らぬ, 何だか妙, 何とか致した, 何ゆえに, 何処からか, 何故か遠藤, 何時の, 何者だ, 作品に, 保子さんに, 修行だ, 個人的な, 偶然御, 僻地の, 兄弟と, 先生あの, 光圀の, 全く別人, 全体として, 全部である, 六百尺である, 再びもと, 凍って, 出ないと, 出来たの, 出来ないのよ, 出来なくな, 出来るに, 分かったの, 分ってから, 分らないよう, 分りましたの, 初めからの, 判ったもの, 別な, 刻一刻と, 剣術だ, 勃発の, 動機に, 北海道の, 十二人二十四人と, 十台島の, 半ば偶然である, 卑怯だ, 単純に, 即ち小幡, 却って不気味, 却って葛飾, 厄介で, 厭味だ, 又何とも, 又幾分, 又面白い, 反対の, 叔父叔母の, 口惜しかつ, 可分的である, 可笑しいと, 右へ, 合図で, 同じ人間, 向うを, 吾身の, 唯癪, 嘘か, 四年前に, 困ったこと, 国防の, 地主の, 坐る時, 壁の, 外から, 多少でも, 夜ででも, 夢だつ, 大いに得意, 大きなお, 大体に, 大抵十二支, 大蟻, 天に, 天然の, 奈何に, 女を, 如何なる行爲, 如何にも面白, 始めての, 嫌さに, 嬉しさ, 子供雑誌とか, 安かった, 宛も, 実に明白, 実在する, 客観である, 家と, 容れられないと, 富と, 専門家の, 小さくなる, 小説に, 少しどうかなと, 少時続いた, 岩石の, 嵩ずると, 左手の, 己を, 平岡の, 年代を, 幸福な, 幾年か, 広島駅の, 廣く, 弦之, 当てはまらないこと, 形相的にも, 彼のは, 彼女自身の, 後世の, 得意の, 微かな, 心臓に, 必ずしも彼, 必要として, 忠義と, 怖くなっ, 思惟する, 性それ自身の, 恋愛の, 恢復する, 悉く春, 悪意の, 惜しくて, 意外であった, 愚かな, 感傷に, 憎くて, 或日, 戦争中である, 扉と, 手紙に, 抑もの, 接近し, 教えられずに, 敵に, 斉整均等なる, 新らしい, 既に四十歳, 旨く成功, 明智の, 星の, 時としては, 時計を, 暗やみの, 書きうるか, 最も必要, 最後かと, 最終の, 有毒な, 木戸の, 末期だ, 本所の, 本質的に, 来ないと, 林の, 果して真実, 根と, 梯子を, 楽しみな, 樹の, 次第に昂じ, 欧州大戦以後特に, 正しいもの, 正確な, 此頃にな, 死である, 死んでからは, 殺されて, 毎日だ, 気掛りだ, 汗と, 沓脱の, 法水の, 洋画家の, 浜の, 消える頃, 済んだら上京, 温泉都市の, 準之助氏の, 滲んで, 澄江である, 火焔の, 為には, 無いから, 無性に気, 無条件に, 無限に, 爲には, 物に, 特に彼, 狐の, 珍しかった, 現在自分の, 理窟に, 瑠璃子の, 生じて, 生垣の, 用いられて, 男は, 病みつきで, 痛切に, 発表された, 白日の, 的中する, 皆人間, 皇帝の, 目的であった, 直也に, 直角に, 真に迫った, 真相であろう, 眼と, 矛盾的自己同一なる, 知り度いが, 石炭を, 確め度さに, 社の, 神である, 禅僧と, 私や, 秋川の, 稀, 穉い, 空中を, 突然左右, 立つと, 算哲の, 精一杯の, 精神的に, 紛失すれ, 終らないうち, 組織的に, 結局に, 絶えて, 継続する, 綽名に, 罪状の, 義憤に, 老犬, 耳許で, 聞かざるか, 職業化する, 肩を, 胡麻を, 膨れると, 自分は, 自殺する, 至当です, 色々な, 花弁状を, 若し何等, 苦痛で, 荒廃した, 葵の, 藍色の, 血な, 行列を, 被害者の, 見えないから, 見えなくなつ, 見つかれば, 見出せないの, 親分下手人と, 観念の, 解った, 解らぬとは, 解りません, 言へ, 許宣の, 評判と, 話題に, 読書の, 諸遊星, 象の, 賊の, 起因と, 踊りの, 農業に, 近頃この, 透けて, 通って, 遊戯である, 過ちの, 違うの, 遠くに, 部分的に, 酒の, 金魚を, 鐘鳴, 長さ, 間の, 間違つてゐた, 陸の, 障碍に, 雷の, 露顕した, 青木には, 非芸術, 革命を, 順当だ, 頻繁に, 飛騨の, 馬琴には, 騰貴した, 魔の, 黒

1 [29195件 抜粋] ああた, あたかも陸, あっての, あのくれえ, あの椎の木, あまりに多い, あやしい, あるかと, ある標準, あんまりわざとらしい, いい間, いかにも初心, いかにも解け, いかんのさ, いけなかつたの, いちばん味が, いったん引つ込む, いつの間にかかえって来, いつも博識, いまいましくも, いま祖先の, いよいよ桜, うしろへ, うまく図, おいや, おそろしく変形, おまえには, お分かり, お宮さんの, お粂, かえってはっきりと, かかる生産物, かなり露骨, きこえること, きわめて不遜, けたたましいどれ, こう今にもあふれ, ことさら二人, この一瞬間, この問答, この憂鬱症患者, この白痴, この長浜, こわさ, ごくあっさりした, さぞ役に立つだろう, さらに後世, しここ, しに対し, しんから, し願わくば, すぐれた芸術家, すっかりあの, すなほ, すばらしい速さ, すれすれに, せめてシベリア, そこでは, そのままそっくり銚子, その人たち, その後家さんにとっては, その薄倖, それとなく気, たいていいつも細君, たださえ, たちまちあの, たとえ戦乱, ためすべて, ため客観的価値, たんなる巨大, だんだん一軒一軒ひろ, だんだん薔薇色, ちと奇態, ちょうど四月, ちりちりと, つごうの, つまり日本人, できないからこそ, できるもの, ときどき侘びしくふらと家, とにかく一人, どういう動機, どうしてさう, どうして七歳, どうして造られ, どうもよく分らない, どうも長い, どきっと, どれほど悪い, どんなに凄, どんなに華々しい, どんな思い, ないところ, なかなか, なかみまで, なつかしい母, なんだかどなりつける, なんともはやわし, はかりしれないの, はっきりとは, ばかとも, ひとつだけ, ひどく半蔵, ひよつこりこの, ふだんの, へんな, ほんとうでは, まあどんなにすばらしい, ますます太くするどく, またかね, またなまじな, また上層, また原爆被害者達, また始終の, また悲しい, また浪人寺西右京, また自分自身, また隨分, まだ僕, まちがいである, まるでほか, まるで遠く, みな家と, みんなちゃんと, みんな曲りくねっ, むしろ好ましく, もうすっかり見えなくなっ, もう堕落, もしあやまりであるなら, もし私, もとと, やがて口碑, やっと手, やはり中空, やや俯向き, よいもの, よく分らなかった, より以上, わかつた処, わかりませぬ, わしが, アイクを, インテリゲンチャに, オーカミイナリの, キノ, グルグル廻る, サロンへ, ストリヒニンである, ダッタン侵入時代の, トマさんを, ハクルート叢書の, パックリ, フランクに, ホントウの, ミュゾオだった, ランツという, 一々つく, 一つ当たろう, 一人も, 一句の, 一寸困った, 一層複雜, 一応積極的, 一時国民の, 一番ある, 一番法律の, 一般学者から, 一顧の, 丁度監督, 三つとも, 三小柄に, 三秒ほど, 下っただけ, 不十分で, 不当とも, 不自然で, 世界中に, 中世の, 主として生活資料, 久助君には, 予め命ぜられ, 二つか, 二十五日の, 二本溜まる, 互に許し合った, 五時三十分, 享和三年に, 人柄の, 人間的でない, 今すべて, 今一朝に, 今年十八じゃ, 今日わかった, 今次大戦に, 仏蘭西人殊に, 代変り, 会が, 伸餅の, 何うだ, 何だか解ります, 何とも, 何より堪え難かっ, 何代とも, 何故模倣, 何者かに, 余計に, 例へば次, 信ぜられましょうや, 俺達の, 停止される, 僅かの, 元旦の, 先方には, 党派の, 全く無理, 全然気, 八月十一日祥月命日で, 兵法の, 内裡, 写すという, 凡て薄闇い, 出来あがると, 出来なかつたこと, 出来上ったと, 分つたか, 分るくらい, 初めて, 判りゃいい, 利用する, 剣であった, 労働手段の, 勝田さんだった, 十一月五日の, 十字の, 千束の, 卑怯者か, 単にアラビヤ, 印刷所に, 即ち歴史, 却って好奇心, 却つて無気味な, 厭わしい, 又ソヴェート同盟, 又恥, 又黒木, 叔母であった, 口輕な, 可か, 右二十四年の, 合流した, 同一哲学的, 名筆である, 君江には, 命懸けである, 商い物などを, 喪はれ, 四分八裂し, 囮だ, 国民お, 地であっ, 坪三十両に, 堪えられないこと, 墜落する, 変化すれ, 多かった, 夜中だったら, 大きい木だま, 大きな魅力, 大勢な, 大当て違い, 大洪水, 大陸的な, 太古以来の, 奈良においては, 女学校などで, 好く利き, 如何にも單純, 妹に, 娘であった, 子供らしい, 学生だ, 安藤竜太郎の, 宜う, 実に親しい, 実現すれ, 実際生活, 容れられるまでは, 寝室に, 専門語であるなら, 小六正勝, 小説作法な, 少し行過ぎる, 局限せられた, 山本屋という, 崇って, 左馬介光春であった, 帝國主義なら, 帽子を, 年々こうして, 幻想として, 幾日経っ, 度重った, 引いて, 強く働い, 当るまでは, 当観, 彼らにとって, 後々まで, 徒労である, 御馳走や, 心残りで, 必らず, 快い微妙, 怖くなかったら取る, 思われるの, 怪物と, 恐ろしいとか, 恰度青畳の, 悪い道楽, 悲しゅうございます, 愈々活動, 感じられるだけ, 憶い出され, 我が国の, 戯曲の, 手ごたえが, 打出したいよう, 抹殺され, 持続が, 探偵の, 支那に, 救の, 数学と, 文化的に, 文武官僚の, 新しかった, 新選組という, 日光を, 日清戦争ごろまでの, 早過ぎる, 明治維新と, 春吉君の, 時々思わぬ, 時流に, 智恵子の, 曲者と, 書き半端, 最も洗練, 最近さかんに, 有害な, 期待し, 未来永劫に, 本当に客観的, 本能的生活であっ, 杖術だ, 東海林自得斎な, 果して事実, 果して関野君, 根拠か, 桜の, 極めて役立つ, 槓杆の, 機械論的唯物論の, 次第に強く, 欲しくなっ, 正しい歴史, 此の世といふ, 歩く足, 死んだ時, 残念でなりません, 殺人事件である, 毎朝つづく, 気がかりだ, 気懸りで, 水音を, 決して, 沈み行く時, 法律です, 洗練されない, 浅ましいと, 海陸風と, 淫婦の, 済んだと, 港内へまで, 滑稽で, 潰れたらよそ, 瀕死の, 為め雨の, 無作法でない, 無遠慮に, 熊城君実に, 爆薬に, 物である, 特に存在論的範疇, 狐に, 獄の, 現われたが, 現実的あるいは, 瓶を, 生きる自己目的, 生活でも, 田原町二丁目の, 男親である, 異郷の, 痔の, 発揮されなかった, 白色を, 皆ひとつ焦点へ, 皆我々の, 皿の, 目的なら, 直感され, 眉を, 真実だったら, 眼であり, 知らないよそ, 知覺せられる, 破裂する, 社会運動の, 祭文が, 私にとっての, 移り過ぎるの, 穴だらけに, 突然消え, 章坊の, 第三幕, 米倉の, 約一年, 素人考へと, 終り, 経験的意識の, 給仕頭君の, 続く, 縦横に, 羊羹いろ, 羨ましくなった, 老僧, 聞えなくなって, 聽え, 胡弓を, 膝までの, 自家の, 自由さ, 舶来の, 芝田さんの, 苔だらけの, 苦しめる筈, 草原を, 落ち章介, 蓑の, 藻草の, 蝋燭の, 行われた以外, 表現過程の, 裾を, 見えてるので, 見た通り, 見付か, 親という, 解けそう, 解散命令を, 言語道断の, 証拠にや, 誇張でも, 読み下せよう, 論証と, 變ぢや, 貧乏人の, 資本主義的外貌を, 赤棟蛇の, 足りない時, 軍人たる, 農家の, 近江屋という, 逆な, 通名の, 遂に亡び失せた, 過去で, 遠い所, 遺言です, 酒杯の, 重役にでも, 金曜日であった, 鋭い爪, 長かった, 間に, 阿賀妻には, 随分たまってる, 雑賀屋の, 雲母を, 露見を, 面して, 音羽の, 頸と, 風雨の, 飾りも, 騰貴するなら, 高調され, 鳩ちやんの, 黒い趾

▼ それ~ (30140, 8.1%)

360 しては 355 つけても 276 よると 232 反して 181 就いて 175 続いて 155 つづいて 146 応じて 143 答えて 140 違いない 128 比べると 92 乗って, 耳を 88 ちがいない, 気がついて 86 向って, 相違ない 83 手を, 第一 81 連れて 76 對し 68 眼を 67 つけて 66 似て 64 就いては 63 火を 62 自分の 61 依って, 比べて, 気づいて, 気を, 越したこと 59 つれて 55 答えた 52 今日は 50 気がつくと 49 加えて 48 よれば, 就て, 氣が 45 力を, 目を 44 しちゃ 43 比して 42 比例し 41 對する, 準じて 40 したって, 較べると 39 気が 37 伴って 36 ひきかえて, 代って, 合せて 35 引きかえて, 違ひない 34 心を, 返事を 33 合わせて 31 くらべると, 答へ 30 伴れ, 対抗する, 比べれば 29 相当する 28 似たもの, 似たよう, 気づくと, 身を, 違いありません 27 いたしましても, 今は 26 気付いて, 私は, 腰を, 興味を 25 ついて, 倣って, 就ては, 応じた, 答えないで, 調子を, 輪を 24 交って, 依ると, 気の, 致しても, 近づいて 23 くらべて, 伴ふ, 依つて, 従った, 必要な, 相応する 22 して, 較べて, 驚いて 21 いたしても, 反対する, 従って, 気がついた, 答へる, 見入って, 近いもの 20 しちや, つきまして, つづいた, ならって, 就いての, 水を, 相違あるまい, 続いた, 見とれて 19 乗った, 付けても, 同意した, 応えて, 相応した, 續い, 賛成し 18 しましても, 反対した, 和し, 当って, 彼は, 答へて, 自分は, 類似した

17 [12件] しちゃあ, つ, つられて, 乗じて, 人の, 今の, 今夜は, 同意し, 此の, 気づいたの, 私の, 致しましても

16 [17件] あの人, これは, ふさは, 並んで, 今度の, 向かって, 和した, 少しも, 應じ, 成功した, 気がついたの, 気づいた, 気づかなかった, 注意を, 答えるよう, 違いは, 関連し

15 かかって, きまって, すがって, 反対し, 反抗する, 抵抗する, 混って

14 [11件] くらべれば, こたえて, 今まで, 似たこと, 先立って, 匹敵する, 基いて, 対応する, 比例する, 近い, 馴れて

13 [18件] いろいろの, きめて, きょうは, まじって, 加わって, 口を, 固有な, 対抗し, 引かれて, 比較し, 沿うて, 相当した, 自分が, 足を, 釣られて, 釣り込まれて, 關する, 類似の

12 [14件] かわって, したところ, つかまって, 何か, 何の, 家の, 於て, 昨夜は, 相手が, 腰かけて, 賛成した, 附随し, 限る, 頭を

11 [22件] かぶせて, ちが, ちがいありません, ほかの, 一種の, 伴なう, 味を, 因って, 女の, 慣れて, 書いて, 比べては, 法水は, 満足し, 相違は, 答えなかった, 答えるの, 自分で, 酒を, 関係の, 附随する, 顔を

10 [30件] したがって, つけ加えて, つづけて, よりますと, 不思議は, 乗ると, 他の, 促されて, 先生の, 加わった, 参加した, 向つて, 基づいて, 従う, 応ずるよう, 應じた, 抵抗し, 次いでは, 沿って, 添うて, 父の, 相応し, 相違ありません, 相違なかっ, 眼が, 触れること, 該当する, 誘われて, 越した事, 間違いは

9 [35件] あなたは, あわせて, おれは, つづく, のって, むかって, 今度は, 代わって, 何も, 例の, 励まされて, 反撥する, 同意する, 夢中に, 子供の, 対応し, 対立する, 引きかへ, 従いて, 成功する, 比較する, 気附い, 父は, 由って, 相違ご, 相違ございません, 私が, 続く, 触れて, 較べれば, 違えねえ, 附いて, 非常に, 頓着なく, 風が

8 [31件] つきましては, ぶつかって, 主人の, 乗せて, 今日の, 仕事の, 付いて, 何よりも, 倣った, 出て, 反抗し, 同情し, 呼応し, 対処する, 導かれて, 就いても, 就きまして, 尽きて, 従うこと, 応へ, 応へる, 昔の, 気がつかないで, 甘んじて, 答えること, 縋って, 續いた, 續く, 自分も, 関係し, 附け加えて

7 [72件] ああいう, あなたの, いまの, いろ, お前の, くっついて, こ, こいつは, ちげえ, ついちゃ, つけ込んで, つりこまれて, つり込まれて, どうした, なって, ふれて, 不思議な, 付随し, 僕の, 僕は, 免じて, 刺戟され, 動かされて, 参加する, 反対の, 君は, 多くの, 女が, 女は, 就けても, 就ての, 属して, 引きか, 彼の, 応えるよう, 押されて, 普通の, 月の, 服従する, 次いで, 次の, 気がついた時, 氣を, 決めて, 添えて, 特有な, 甘えて, 生命を, 番頭の, 着手し, 答えず, 答えずに, 答えたの, 答えながら, 答えようと, 続けて, 耐えて, 背を, 脣を, 近頃は, 返事も, 連関し, 違ひ, 適合する, 金を, 間違ひ, 関連した, 随い, 雨が, 非常な, 順応し, 類したもの

6 [75件] この男, この頃, したつて, それに, つきては, ひかれて, もう一つ, わたしは, 一つの, 交じって, 今に, 今晩は, 今朝は, 代るもの, 伴なっ, 僕が, 先生は, 前に, 包まれて, 取って, 向い合って, 含まれて, 因んで, 執着する, 夕日が, 多少の, 妾の, 娘の, 子供が, 少しでも, 少しの, 少しばかり, 年も, 心が, 懲りて, 成功し, 拠ると, 接して, 比ぶれ, 気がつかなかった, 気がつかなかったの, 気がつきました, 気が付いて, 気づかずに, 気づかないで, 気附いた, 氣の, 水の, 油を, 湯を, 満足する, 熱中し, 男の, 町の, 異議を, 相当の, 相槌を, 相違ねえ, 穴を, 絡んで, 習って, 腹を, 見向きも, 見惚れて, 負けて, 賛成しました, 近い状態, 近かった, 近づくこと, 近づくと, 近所の, 違いなかった, 適応した, 附け加, 頼んで

5 [147件] あてはめて, あれは, ここに, ここは, こしたこと, したかて, してさえ, しよう, その後の, ちがいなかった, ちがいは, ちつとも, ついて行く, つかまりました, つきましても, どうだ, ならった, ならんで, ひきつづいて, まぎれて, わしは, わたしの, 下男の, 不服は, 並行し, 主人が, 交る, 人を, 人間が, 今と, 付けて, 似た気持, 何と, 何を, 依れば, 先行する, 刺戟された, 劣るもの, 労働の, 及ぶもの, 反抗した, 反撥し, 反比例し, 右の, 合する, 君の, 吾, 囚われて, 執着し, 外国の, 対立し, 尾い, 幇間の, 引かへて, 引きずられて, 引き続いて, 引替えて, 引続く, 当時の, 彼が, 彼女の, 従は, 従事する, 從つた, 心の, 応えた, 悩まされて, 悪いこと, 感動し, 應ずる, 應へ, 手伝って, 手紙を, 抗議する, 拍車を, 拠って, 接吻し, 接吻した, 日が, 日も, 昨夜の, 昨日の, 昼間の, 月が, 木の, 本当の, 村の, 来て, 毎日の, 気がつかないの, 気がつけば, 気が付いたの, 気が付くと, 気づいた時, 気も, 気附く, 氣づいた, 注意し, 注意した, 混じって, 添って, 無関心, 現われて, 異存は, 目が, 目も, 相当し, 相手は, 立派な, 答えました, 答えると, 答える代り, 簡単な, 縋つて, 背中を, 自分を, 興を, 船の, 花を, 見入った, 親父が, 触れるの, 言葉を, 誘はれて, 負けまいと, 近いと, 近寄って, 返辞を, 違ない, 違ひありません, 適当な, 遮られて, 鉛筆で, 間に, 関係した, 関聯し, 關し, 雪が, 順応する, 頓着せず, 頭が, 頭の, 類した事, 類するもの, 飛び乗って, 飽きると, 驚かされて

4 [202件] うちの, おいで, おどろいて, おびえて, お辞儀を, かかわって, きみは, くらべては, こたえるよう, この家, これが, こんなこと, さう, さうし, さそわれて, さっきの, さわって, した処, してからが, たよって, つかまつて, つけては, つづきました, つづきます, つまずいて, ともなって, なるの, なんの, のせて, のりこんで, ひきかえこの, ひきかへ, びっくりし, ふさわしいもの, まちがいは, よく似た, わたしが, ヒントを, 一時は, 一緒に, 不安を, 不平を, 不服を, 並べて, 乗り込んで, 二人の, 人間は, 今では, 今また, 今までは, 代るに, 仲, 会釈する, 伴うて, 似た事, 似た心持, 似寄りの, 使用される, 依りますと, 便乗し, 信じなければ, 兄さんは, 入って, 前述の, 勢いを, 参加し, 反対を, 反對, 取りついて, 同感し, 同感した, 向いて, 和する, 唾を, 圧倒され, 塩を, 変りは, 夕陽が, 外から, 外の, 夜が, 大工の, 夫の, 奉仕する, 如くは, 妙な, 妾は, 姉さんが, 對抗する, 山羊を, 左の, 店の, 廊下の, 引きかえこの, 引きかへて, 引きつづいて, 引き代, 引換えて, 引続い, 弟が, 当るの, 彼女は, 往った, 従いました, 従つた, 従ふ, 従わねば, 従事し, 従来の, 從ひました, 從ふ, 御覧の, 応じなかった, 応じました, 息を, 感じて, 感染し, 慣らされて, 應へて, 成功すれ, 手が, 打たれて, 折角の, 持って, 指を, 斯う, 早くも, 映って, 時間も, 曲者は, 服従し, 未練が, 本づい, 林の, 樫の, 歌を, 母の, 気がついたので, 気がついたもの, 気がつかずに, 気づいたとき, 気づかなかったの, 気づきました, 気付くと, 添へて, 火が, 父が, 生徒の, 當る, 目を通して, 相應, 相手の, 私に, 私も, 答えも, 答える, 紛れて, 綺麗な, 縋りついて, 續き, 考えて, 聞けば, 肺病の, 胸を, 自分でも, 自己の, 良人の, 色々な, 草の, 血を, 親しんで, 触れたもの, 触れると, 話が, 話の, 負けずに, 責任を, 賛意を, 足の, 近頃では, 這入つて, 違ひあるまい, 適当する, 適応する, 酒が, 重きを, 金が, 金も, 釣りこまれて, 関係ある, 関係なく, 関心を, 關聯し, 附けても, 隣の, 電柱や, 頓着なし, 類したこと, 類して, 馴らされて, 馴れると, 騙されて

3 [451件] ああし, あいつは, あすこの, あてて, あなたが, あなたには, あのお, あの子, あの時, あの晩, ある, あんたは, いくらかでも, いつまでも, いやに, いるの, いろいろな, おかしいの, おびやかされて, おるの, お前は, お園, お母さんが, お絹さん, お高, かかった, かかわらずこの, からまって, からみついて, からんで, きまった, きまつて, くるまって, ここの, こたへて, こだ, このごろは, この子, こりて, これらの, これを, こんどは, さっきから, したがった, した所, しっかりとりつきました, しても, しましょう, すがりついた, せよ私, そういない, その人, その男, その頃は, そむけば, たえて, たかって, ちがいありますまい, ちなんで, ついちゃあ, ついで, つきて, つけた, つけたして, つけましても, つづいては, とびついて, なんだって, ひかされて, ひきかえ, ひきかへて, ひっかけて, びっくりした, ふさわしいだけの, ふさわしかった, ふれること, ぼくは, まかせて, まきこまれて, また, むつちりと, めんじて, もぐりこんで, もつと, やること, よく似, わざ, わしが, メリケン粉を, 一つは, 一人で, 一応の, 一指を, 一瞥を, 一脈の, 一致した, 三つの, 上越す, 下から, 下の, 下手人が, 不審を, 不快を, 不服が, 乗せられて, 乗つて, 乗ること, 乗れば, 二つの, 亭主の, 人が, 人間の, 今一つは, 今朝から, 仕事を, 他に, 付随する, 代えて, 伝わって, 伴は, 似かよって, 似た物, 似た現象, 似た話, 似た音, 何らの, 何等の, 価するなるべし, 信頼する, 倚り, 傚って, 優るとも, 兄の, 先生が, 先立つ五箇年間, 先行し, 共鳴し, 冬は, 出席した, 出席する, 出遇, 到達する, 刺戟せられ, 前から, 前の, 加勢し, 労働が, 動かされた, 勢を, 千円の, 博士は, 即して, 去年の, 反対は, 反射し, 反撥した, 反比例する, 叔父さんは, 取合わないで, 合わせるよう, 合槌を, 合致する, 同じて, 同化し, 同情の, 向けて, 君も, 吹かれながら, 呼ばれて, 呼応する, 命を, 和す, 問題は, 喜びを, 因んだもの, 因縁を, 困って, 土地の, 圧されて, 坐って, 堪えながら, 報いて, 声も, 声を, 変な, 多数の, 夜に, 夜も, 夫が, 奥様が, 女に, 姉の, 娘が, 子供は, 学校の, 安心し, 寝て, 対して, 対って, 対比し, 対照し, 小田卷直次郎の, 小田巻直次郎の, 少しは, 少し遅れ, 帰着し, 年が, 引かえて, 引き更, 引っか, 引換へて, 弟の, 当てて, 当る, 当惑し, 当時は, 彩色を, 彼女が, 従うの, 従うもの, 従ったが, 従へば, 從つてゐる, 御存じの, 心も, 応えようとも, 応える声, 応じようと, 応ずるだけの, 応ずるもの, 応ずるやう, 応ずる声, 怒って, 思いを, 怯えて, 惹かれて, 感謝の, 憑かれて, 應じました, 應へる, 懲りたと, 或る, 手は, 手も, 手代の, 手紙が, 抗し, 抗弁する, 抗議を, 抵抗した, 抵抗しない, 抵抗しよう, 拍子を, 拘泥する, 挨拶を, 捉へ, 捲き込まれて, 掛けた, 掛けて, 接近し, 接近する, 掴まって, 支配され, 文字が, 旦那の, 旦那様は, 明日に, 明日は, 映つて, 時間が, 書かれて, 最初に, 最近の, 有名な, 朝日が, 期待し, 構わずに, 次ぐだろう, 次ぐもの, 正当な, 正比例し, 正直な, 正面から, 此男は, 此間から, 死骸の, 殿様が, 母は, 母も, 比すれば, 比較すれ, 気がついても, 気がつかないが, 気がつかないらしかった, 気づかぬよう, 気づくこと, 気付いた, 気付いたとき, 気附か, 気附かず, 氣づい, 水が, 注意する, 洋服の, 父も, 父親は, 特別の, 犬の, 犯人が, 猿の, 珍らしく, 現在の, 生活を, 由来する, 異議は, 畳の, 痛々しい肢体, 目の, 目星を, 盲従する, 直接に, 相対し, 相当な, 相応わしい, 相違ある, 相違なかつた, 相違御座いません, 眼も, 着物を, 知れないよう, 神さまが, 私たちが, 私には, 私を, 空には, 空は, 窓が, 窓の, 第二, 筆を, 答えるかわり, 答えるもの, 答える前, 答える声, 続いたこと, 続いては, 繋がって, 續きました, 續きます, 署名した, 老母が, 耐えること, 聞き入って, 肝心の, 背くこと, 胸の, 腹が, 自動車の, 自身の, 興味が, 興味の, 色が, 色彩を, 芝居の, 花が, 若い者, 若干の, 茶の, 茶を, 藁を, 血が, 血の, 表現の, 表面は, 裏の, 見とれました, 見れば, 見入りながら, 見入るの, 触って, 触れずに, 触れなかった, 觸れた, 訊いて, 託して, 記されて, 説明を, 豚の, 貴様は, 賛同した, 賛成しない, 賛成する, 赤や, 起因し, 較べては, 載せて, 載って, 近いこと, 近いよう, 返って, 返事する, 追従する, 追随し, 通じて, 連なって, 連る, 過ぎないの, 道も, 違いあるまい, 違いなかろ, 違いねえ, 違い無い, 違無い, 遠慮し, 適して, 適合し, 適当した, 還元される, 部屋の, 都合の, 酌を, 酒は, 酬う, 釣り込まれたよう, 錢形の, 鍵を, 長い間, 関係が, 関聯した, 關係した, 關係の, 附属し, 附属した, 附属する, 附隨し, 限ったこと, 陽が, 随う, 随伴する, 雨も, 面白いこと, 頼まれて, 頼めば, 頼りすぎて, 風の, 飛び乗った, 飽きて, 餘り, 驚いた, 驚かされた, 髪の

2 [1474件 抜粋] あきると, あそこは, あたしは, あつしの, あの二三十貫目, あの女, あの爺さん婆さん, あの編笠野郎, あの辺, あべこべに, あやかるため, あれの, うっとりと, うんと返り, おくれまいと, おそれて, おまえが, お元, お姉さま, お桃, お気が, お町, お迷い, かかるの, かかわらずその, かじりついて, かまはず, かれの, かれ等, きき入って, きめた, ぎらぎら光っ, こう申し, こたえた, このごろの, この御, これからは, こんなにたくさん, さえぎられて, さっきも, しがみついて, しちや變, じぶん, する, せよ尊氏, そぐは, その頃, たえること, たった一人, たつた今, だまされて, ちがいございませぬ, つぎ足して, つけ足した, つづく数百万平方キロ, できるだけ, どうかする, どこへ, なかば成功した, ならうこと, なると, なんでも, はかの, はじまって, ひきかえ傑作, ひっかかって, ふさわしい行動, ぶつかった, ほとんど耳, ぼくを, まぎれ込んで, ましたこと, まだそんな, まだ年, みずから気づい, もう夜, もとづいて, やや似た, わしの, わたしも, ゴボー差しに, スェーターを, ビールを, マッチを, ラックスを, 一方では, 一番困った, 一致し, 一行の, 丈が, 下手は, 不思議にも, 不適な, 世間の, 両手を, 中味は, 主人新三郎の, 乗らなかった, 乗りこんだ, 乗りて, 乗る事, 事によつたら, 云い足して, 五六貫目の, 交えた, 人に, 人数が, 人間には, 今でも, 今度東京へ, 今自分, 仕事が, 付帯した, 代つて, 代るだけの, 代わった, 仮名を, 会って, 伴う信仰, 伴ひ, 伴奏する, 似た, 似た他, 似た形式, 似た性格, 似た或, 似よりの, 似通つて, 何より持参金, 作品そのものは, 使うため, 供給する, 依存する, 価値を, 係り合いが, 倚って, 値する, 倦きる, 偽りは, 傚は, 傾いて, 優るとは, 兄哥, 充分の, 先に, 先刻の, 先生を, 先立つもの, 全く身, 八月の, 其目の, 冬に, 凭りかかつて, 出席し, 出発した, 列んで, 利根の, 刺激され, 前後し, 加へて, 加勢を, 劣らず無, 助けられて, 労賃が, 動かされは, 勝手に, 千代紙の, 単純な, 厳重な, 参加しない, 反対しよう, 反対な, 反感を, 取合はず, 台所と, 合わして, 同じては, 同意しなかった, 名を, 向うは, 君が, 呑まれて, 味方し, 呼応した, 品川小町の, 商売の, 喰っ着いて, 因める名, 困らされた, 固有の, 圧迫され, 堪えた, 堪えるだけの, 堪へ得るであらうか, 場所も, 墨の, 変って, 外は, 多賀屋の, 夜中に, 大学の, 大臣の, 大金を, 天気も, 失敗し, 女などといふ, 女中が, 女房の, 如何に, 妾が, 娘を, 嫉妬を, 子供たちの, 守られて, 実が, 室の, 家に, 家中の, 家庭的な, 宿から, 寒いから, 対抗した, 対立した, 小僧は, 小林君も, 少し気, 少量の, 就中注目すべき, 居候の, 属する, 山の, 巻き込まれて, 帝の, 師匠を, 平常から, 年を, 幾多の, 店には, 引かされて, 引きこまれて, 引き摺られて, 引き添ったは, 引っかかって, 引代へ, 引窓は, 当った, 当てはめて, 形が, 彫られて, 役立つこと, 彼自身に, 後から, 従うよう, 従え, 従わざるを, 従わなかったの, 従兄弟たちは, 心づき, 必死に, 応えなかった, 応えること, 応じたの, 応じなかったと, 応じるもの, 応ずると, 応へて, 応対し, 念の, 恣な, 息子に, 悪感を, 愕い, 感心する, 慈悲ぶ, 慣れては, 懲りたか, 成功しない, 打ちこんで, 打ち負けて, 打乗っ, 批評の, 技を, 抗素, 押しかぶせるよう, 拠れば, 指定どおりの, 接すると, 控えて, 擬ね, 支那風の, 故人の, 文句が, 斯んな, 方々から, 既に一つ, 旦那が, 明智に, 映して, 昨夜駒次郎が, 時を, 暗いでしょう, 書きつけて, 最初の, 月も, 本人に, 本統に, 来てから, 植民地根性丸出しが, 構はず續け, 模倣する, 横木は, 欄干が, 止まること, 此處の, 歩調を, 死体を, 残念な, 母親が, 毒湯と, 比べりゃあ, 比較される, 気がついたが, 気がついたん, 気がつかない, 気がつかないなんて, 気がつかなかったり, 気が付いたか, 気が付かないの, 気づいたと, 気づかないまでの, 気づかなかつた, 気付いた人, 気兼ねを, 氣づかなかつた, 汝が, 決つて妻は, 沈湎し, 没頭する, 注いで, 流されて, 浮べた, 涎まで, 添へ, 湯気が, 満足せず, 準ずるもの, 滞在の, 漬物と, 濡れ濡れした淡い, 点火し, 無理に, 煙草が, 熟達する, 熱中する, 片寄り過ぎては, 特別に, 狎れて, 現実の, 生きるとか, 甥の, 用事を, 由ると, 男を, 番号が, 異存の, 疑いを, 疲れて, 登りたくなるもの, 盛られる日, 直れ手討, 相応の, 相違無い, 眺め入った, 着かえた, 着物が, 睨まれて, 矢立の, 石原の, 砂糖を, 硝子細工か, 私たちの, 移った, 積極的に, 空の, 空谷老人は, 立ち向って, 第一お前, 答えてから, 答えます, 答えるだろう, 答える者, 答礼するで, 精神の, 紙が, 紹介しよう, 絆されて, 結構な, 給仕の, 続いた同棲生活, 続くの, 続ける, 縁の, 署名しなけれ, 義弟の, 耐へ, 耳傾け, 聞きとれて, 聴き入って, 肩を, 胆を, 脅かされて, 腰かけた, 自ら気付いた, 自信を, 自分としても, 至っては, 色の, 若くて, 英文の, 蓋を, 藤夜叉の, 蝋燭の, 行先を, 被害情況が, 褊衫を, 見るよう, 見出しでも, 親切な, 触りながら, 触れないの, 觸れる, 訓詁的の, 註して, 証拠は, 誇りを, 読み入って, 調和し, 譲った, 負けては, 負けないよう, 貸して, 賛成だ, 赤ん坊が, 越した喜び, 足が, 跟い, 跳びかかった, 身上を, 車の, 迎合する, 近い者, 近づかうと, 近づくの, 近頃家の, 返答を, 迷わされて, 追従し, 逆らってこそ, 通力を, 遅れて, 道は, 達すること, 違いないだろう, 違げえ, 遺書の, 酒の, 酷使される, 重って, 金の, 釣られたよう, 鉛筆の, 銭を, 錆が, 間違いありません, 関らず, 阿母さん, 附けて, 附隨する, 限定され, 随って, 隣り合って, 集中する, 雨は, 雪子の, 電話が, 面して, 順じ, 頓着する, 頭痛に, 頼みが, 類した物, 類する, 風も, 食物が, 馬車の, 馴れ切って, 驚いたか, 驚かされました, 髪の毛が, 鮎は

1 [14532件 抜粋] ああすれ, あずからずしずか, あてた, あなた方の, あの夜, あの百観音, あまり多, あるこー, あんなによくお母様, いい感覚, いたされる, いつもこの, いま念の, うしろめたい気, うなずいた, おくさ, おとらない凄, おもだった富豪, お前さんたちの, お客様の, お気づきに, お袖, かう暑く, かかわらずここ, かきつけて, かじりついたなり, かまわずいろいろ, からまるお, がんりきほどの, きめましょう, くらは, こういう処, こした祝福, こだわっては, このごろ恭ちゃんと, この人形, この川, この編輯者め, こりかたまったよう, こんなじ, こツ恥かしくて, さからう性質, さっき空気獣で, しがみついた, しちや血, しようと, しん, すぐ気づい, すばらしく美しいです, せよジェイン・グレイ, ぜんたい百姓の, そっくりだ, その二千円つて, その白髪首, それにどうして, たいし地, ただ一ツ心, たばかられるはず, だんだん寒く, ちょうど酒, ついて行くだけに, つかまれば, つけくわえられて, つけ足したが, つづく一九四九年, つづく長い, つめて, できるだけの, とにかく君, とらえられる気づかいは, どうしましょう, どこの, なかなか気性, なにものをも, なれなければ, ねかせじぶん, はいり込まなかった, はっきり自分, ばり一年, ひきかえ厳白虎, ひきかえ需用, ひっかかること, ひどく浮き浮き, ふさわしいうすもの, ふさわしい点, ふたつの, ぶつかるの, ほらこんなに, まけぬ句, またがった孟, まだいろいろ心配, まだ早い, まったく澱粉, むかいあって, もうこれ, もう済ん, もとづいた礼, やす普請で, ゆく, よみふけり巡囘役人, わしも, アザラシの, ウマウマ落ち込ん, カブせる, クラブが, コバルト色の, ジムは, セーサルさんは, チーフメーツも, ドルフは, バターは, ピクニックは, ブツかつて, ポチの, ミリガン夫人にも, ラードの, ロブィトコの, 一万ルーブリ出した, 一寸或, 一撃を, 一番下へ, 一體此の, 三味線から, 上を, 下女一人だけ, 不断に, 与えられるならば, 世界を, 並行した, 中間商人に, 久し振りで, 乗った警官, 乗り気に, 乗換えて, 乱暴で, 二三目といふ, 云い足し, 交つてゐた, 人夫を, 人間各個の, 今夜の, 今日みたいに, 今聞いた, 仕事にも, 付て, 代るべき別, 代る自分たち, 仲間の, 会期中持ち帰る, 伴うてること, 伴う心尽し, 伴う運動量, 伴ふじゆばん帯小物喪服と, 似たマミ, 似た日々, 似た言, 似合う下人, 住民は, 何とか恰好, 何方も, 使うじょうろ, 供えた, 依ること, 係って, 修道者でも, 倣つて作られた, 健康な, 傾きかけたじぶん, 僕婢五人以上の, 元気づきました, 先だって社会的運動に, 先生だって, 先陣の, 入る小判金, 全く氣, 八人という, 其方は, 円盤だけが, 凝ったに, 出そう, 出遇うと, 列席し, 到来物の, 前にも, 功名熱が, 加わるという, 劣らず変化, 劣らぬ代物, 助手としては, 動かずに, 勢ひ, 医師や, 午近くに, 南蛮物の, 原野を, 又あの, 友達同士の, 反対したらしかった, 叔父さんも, 取り巻かれる段, 受身に, 叩きつけた, 叶って, 合わないもの, 同宿の, 名倉の, 向うも, 向つて真一文字, 吸いつけられたもの, 呑み込まれるか, 命名をまで, 品の, 喝采し, 噴水などが, 因んだ話, 国替えを, 地下室に, 坐ったそれ, 執著した所, 基づく技術, 堪え切れないの, 場所は, 声の, 外で, 多少つけ加えるべき, 夢なんか, 大事を, 大徳屋へ, 大阪に, 太閤様以来伊達家だけに, 奥の, 女中も, 好意を, 始終おや, 媚びた, 孟子の, 宇喜多直家の, 宗三郎だの, 実生活の, 家では, 容貌だって, 密着し, 対した後方, 封印し, 小さいけれども, 小勢すぎます, 小耳に, 少し体, 就き御, 屈せずして, 属する空軍, 山鳩に, 川までが, 差し障りが, 帯だけを, 平尾さんの, 年表索引が, 幾度か, 庶務部長や, 引きかえ儂, 引き換え運, 引代えクリストフに, 引越を, 強い性格, 当てはめ私, 当今の, 彫刻する, 往き逢った者, 従うだろう, 従わなくては, 御免蒙る, 復員で, 心中でも, 忍從し, 応じたか, 応じられるやう, 応ずる私, 怎的した, 思つたほどの, 怪しい蝶, 恟み, 悩まされた, 惑溺し, 愛国心の, 感奮し, 慣らすため, 憧れて, 成効し, 戰ひ, 手伝いいきなり, 手袋も, 打ち勝ち一揆, 打見たところ女, 投ずること, 抗議した, 押し込むこと, 拘らず総監, 持ち前の, 挾まれて, 掌には, 接穂を, 揶揄批判諷刺などの, 支度金で, 敗北しつづけた, 敵と, 斉彬の, 新たに, 新聞記者の, 日ごろ尊敬, 旦那あの, 易の, 昨日からの, 時には古い, 暇も, 書かっ, 替つて行, 服するよりしか, 木の芽味噌または, 本も, 朱を, 来年は, 枚数の, 柵が, 桜の, 楯を, 構わず先, 横腹の, 次ぎ米艦, 止るという, 此塀と, 武藝御, 死んだ将軍家, 殿の, 毒味を, 毛が, 気がついたは, 気がつかないほど, 気がつきお, 気が付かなくは, 気づいた者, 気づかれなかったはず, 気付いたの, 気注か, 水車で, 汲んだは, 沖田さんて, 沿つてゆるく, 注意しない, 流れ渡り, 海岸から, 深いところ, 混雑した, 渡すため, 満足させ, 準じる科学理論, 滝三郎の, 濃い紫, 為替が, 無頼の, 熊井には, 爆發物を, 牛乳も, 特別手がけ, 狙はれ, 玉璽には, 現実に, 甚だ同感, 生活から, 用心の, 申しつけて, 留意しなけれ, 疊針は, 病災を, 登校前の, 白足袋雪駄ば, 盛り当った者, 直情径行的な, 相槌打つた, 真物は, 着かえて, 矢崎も, 石屋根の, 確答は, 神出鬼沒の, 私へ, 秩序を, 稼業馴れない, 突っ込んで, 立ち合った, 笑が, 第一本人, 等しいだけの, 答えず悠くり床几, 答えつつ, 答える力, 管営の, 精神と, 納って, 細い組紐, 絆されなさって, 結論を, 絹糸の, 続くはず, 続く異常, 締切も, 縞の, 罐詰の, 美佐子の, 習熟しなけれ, 耐えられるほど, 聞えまする, 職人という, 肯いた, 背広の, 腕, 臆病な, 自分には, 自身が, 舟木の, 芋が, 若い女, 苦しみ産み繋いで, 茶苧の, 菜っ葉汁と, 葦葺き, 薄化粧さえ, 蘚苔が, 蝟集する, 行年何歳かで, 袖も, 裏切られて, 要が, 見える八郎次殿, 見る人, 見識ある, 親子は, 触ると, 触れるよう, 記憶を, 話しかけたり, 誘われないよう, 誰だった, 謡曲や, 變りつ, 負けちゃ, 貰つた, 費したが, 賦与する, 赤黒い顔, 足軽組頭の, 蹴ちらされて, 車内に, 載せられて, 近いうち奥様, 近い戊, 近き例, 近づく速度, 近日中に, 返辞する, 追従せしめられ, 逆らわなかったほど, 通行の, 連鎖する, 過大に, 違いありませんでした, 違約の, 適つた品を, 遺族の, 配しますと, 酷似の, 野火や, 金魚藻を, 鈴木さんは, 錦の, 長谷戸の, 間もなく私, 関係ない, 附き合つた, 附木まで, 限りますよ, 随ってとかいう, 隣つて浴場が, 雑つて人声が, 雪解け水が, 青侍が, 鞍馬の, 順路を, 頼り得る価値, 類した問答, 類する大きな, 風雨に, 食い物や, 飲んだ酒, 香水だ, 馴染まれないの, 驚きません, 高等な, 鮒の, 鷄肉の, 黒手拭の

▼ それ~ (13346, 3.6%)

223 これも 151 そうだ 115 よかろう 104 そのはず 63 その筈 55 一つの 51 よからう 48 今は 39 ある 38 そうです 35 私の 34 無理は 30 自分の 29 ただの 28 いいが 27 長くは 26 い, 仕方が, 彼の, 普通の 22 あるが 21 よし 20 今では 18 いいだろう, そうか, 私には 16 すぐに, 今の, 多くは 15 私は 14 一度や, 考えて, 非常に 13 お前の, よいが, 彼が, 彼女の, 無理で 12 そうじゃ, そうね, できなかった, 初めの, 無理の, 私が 11 いい, ない, よい, わかって, 一理ある, 僕には, 出來, 判らない, 知って, 確かに 10 いいでしょう, この頃, しかたが, 可い, 君の, 忘れて, 消えて, 知らない, 長いこと 9 あなたの, あります, 束の間で, 面白かろう

8 [21件] ありますが, いいな, そうだろう, 一つは, 一時の, 一種の, 人の, 何か, 何の, 僕の, 分らぬ, 初めは, 大したこと, 女の, 宜かろう, 念入りに, 日本の, 止むを, 気に, 結局は, 自分が

7 [27件] あるけれど, あるし, いいかも, いいけれど, お前が, そうかも, その通り, た, ひとつの, ほかの, ほんのちょっと, わからない, 他の, 例の, 出来なかった, 尤もな, 彼には, 或る, 承知か, 最初の, 最初は, 気が, 父の, 知らずに, 聞いて, 見て, 面白からう

6 [33件] あって, そうかと, どうだ, なかった, ほんの一瞬間, よくは, ホンの, 一つには, 一人や, 一応は, 一緒に, 二人の, 人に, 今から, 今に, 他に, 併し, 先生の, 夢の, 宜からう, 後に, 承知し, 殆ん, 気の, 無事に, 男の, 瞬間で, 私に, 結構である, 耳に, 道理で, 重要な, 駄目で

5 [65件] あつた, ありましょう, あるかも, あるん, あろうが, いいさ, いっしょに, こんどは, ごくまれ, ごもっとも, さうだ, そうじゃが, そうでございます, だん, ついでに, はっきりとは, ほんのしばらく, ほんの少し, またお, もっともだ, もっともな, わかりません, わたしの, わるくない, 一と, 今度は, 今日は, 僅かの, 僕が, 分らない, 半分は, 只の, 同じこと, 同じよう, 嘘だ, 存じて, 尋常の, 已むを, 当然の, 彼女には, 悪くは, 是も, 極く, 決して無理, 無い, 無理が, 畢竟は, 疑問だ, 知らないの, 知らぬ, 確かな, 私を, 終った, 結構だ, 結構です, 自分で, 自分には, 貴方の, 途中で, 道理だ, 道理であった, 金が, 長い間, 面倒に, 駄目だ

4 [111件] あなたは, あの人, ありません, あるか, あろう, いいです, いいとして, いけなかった, おもしろかろう, おれが, おれには, お互に, さうだが, さうだと, さうだね, さうぢ, そうで, その, そや, だめだった, だんだんに, だんだんまん中, できない, できないで, ならず, ならずに, ほんのわずか, ほんの暫く, また一つ, また私, むりはありません, もっともで, もっともです, やがては, やめた, よいでしょう, よしこれ, よろしい, わからぬ, 一つや, 一度で, 一日や, 一理, 一理は, 一瞬間の, 主人の, 二三度明るく, 二人や, 人目を, 人間の, 今と, 何も, 俺の, 僅かに, 其筈で, 分って, 十年か, 口に, 可から, 君が, 君に, 唯の, 大抵は, 大方は, 夫の, 好い, 好かろう, 宜い, 宜いが, 家の, 彼は, 後には, 心の, 怖ろ, 所詮は, 承知だ, 持って, 文字の, 旅の, 昔の, 時と, 月の, 次第に薄れ, 武蔵の, 気を, 無理から, 無駄に, 特別に, 理窟だ, 生活の, 直接に, 眼の, 程度が, 立派な, 純粋な, 考えられないこと, 考へて, 血の, 見えない, 言って, 訊いて, 誰にも, 調べて, 道理, 道理だった, 道理です, 違う, 間に, 面倒だ, 面白いと, 面白かつ

3 [187件] あなたに, あまり遠い, あるけれども, あるだろう, あるな, あるので, あろうか, いいで, いい加減, いけません, いつの, いつもの, いまは, いや也, え, おかしい, お前に, ここの, ここへ, この家, ございますが, さうだな, さうだらうが, さうですね, さうね, しばらくの, じきに, せずに, そうでしょう, その当座, それで, たしかで, たしかに一つ, ただその, だめだ, ちがう, つまりは, できません, どうか, どうで, どこか, どこ吹く, ないの, なくなって, ならぬ, なんだ, なんでも, なんの, はじめは, はっきりしない, ばかに, ほかに, ほんとうの, ほんの一瞬, ほんの僅か, ほんの束の間, まあいい, まあよい, またいい, またすぐ, またよい, また僕, やって, やつと, やはり, やむを得ないこと, よからうで, よそに, よろしかろう, わずかに, わずかの, わたしが, 一ツの, 一人で, 一人の, 一流の, 一生これも, 一瞬で, 一瞬の, 主に, 主人と, 事に, 人を, 今まで, 仕方の, 以前の, 伸子に, 何かの, 何を, 余計な, 僕から, 全く無駄, 出来そう, 出来ない, 出来ないと, 出来ないよう, 出来なかつた, 出来なければ, 分らなかった, 判らなかった, 前の, 吾, 單に, 嘘じゃ, 外国の, 多くの, 多分に, 夜の, 夜中に, 夢と, 大事な, 大概は, 女が, 妾は, 宵の, 尋常な, 尋常一様の, 左うだ, 年に, 年を, 当には, 当然で, 当然な, 彼等の, 心得て, 心配に, 思うよう, 思えば, 慣れて, 手を, 春らしい, 時としては, 朝から, 朝の, 本当の, 本當, 束の間の, 東京の, 構は, 此の, 死んで, 母の, 毎日の, 沙汰止みに, 無数に, 無理ならぬ, 無駄で, 然うだ, 父親の, 物に, 珍らしい, 現金で, 産後間も, 目に, 相手は, 瞬く間, 確かだ, 確かには, 私ばかり, 程度の, 結構で, 考えたが, 考えては, 考へたが, 聽いた, 自分から, 自分と, 自分は, 自然に, 若い女, 見えなくなって, 見せて, 見に, 見るま, 覚えて, 覚悟の, 諦めて, 買って, 道理じゃ, 道理彼の, 違ふ, 長続きは, 面白い, 面白いが, 面白いでしょう, 駄目, 駄目だった

2 [759件 抜粋] あいつが, あきまへんな, あたしの, あったが, あったし, あとで, あとの, あなた様の, あの女, あまり気, ありましょうが, あるだらう, あるには, あるナ, ある篤志, いいけど, いいこと, いいや, いいわ, いい気持, いけない, いちように, いつに, いまに, いま思う, いやだ, いやな, いろいろに, うまく行け, ええけど, おおかたは, おかしいでしょう, おのれの, おまけに, おれの, お互, お前を, お若い, お雪, かえっていい, かなりの, かなり深く, きかなくなって, きみに, ここでは, こちらから, この, このごろは, この人, この場, この林彦三郎, この男, これまでの, ごくかすか, ごく小さな, さう, さうかと思ひ, さうで, さうですな, しかし彼, しない, しまいには, しよう, すぐ死ん, すつかり, ずっと前, ずっと後, そうさ, そうだった, そうであろう, そう遠い, そこに, そこを, そのとき, そのままに, その当時, その時分, それ, それだ, たいへん結構, ただ, ただ遠し, たった一度, たつた一人きり, だが, だれの, ちっとや, ちょっとの, つい今朝, つい最近, できかねた, できないの, できなくなって, とうの, どういふ, どうした, どうやら大抵, どうやら怪しく, どこを, どんなこと, ない時, ながくは, なければ, なし, ならずば, ならず今日, なるべく早い, なるべく早く, なんだか馬鹿らしい, はじめの, はっきりは, はつきり, ひところは, ふつうの, へんね, ほんのちよ, ほんのはじめ, ほんの少々, ほんの暫らく, また, またあなた, またその, またたく消えて, またはかり, またよし, また乙姫, また同じ, また大, また平次, また止む, また気, また私たち, また驚く, まるきり電, みな震災の, むだな, むづかしいだらう, むりではない, めづらしかりし, もう仕方, もう彼, もう駄目, もっと後, もとを, やっぱりだめ, やはり世の中, やはり同じ, やはり私, やらなくなった, ゆるゆると, よいだろう, よいの, よからん, よかろ, よく考え, よく調べ, よろしいが, よろしいでしょう, わからないこと, わからなかった, わしが, わたしたちの, コトンと, ポリネシヤの, ロシアの, 一つだ, 一ツは, 一人前の, 一刻, 一定の, 一度ぎりで姿, 一方から, 一方ならず彼, 一日に, 一日毎に, 一理だ, 一理窟だ, 一議なく, 丁度いま, 三四日中には, 三寸くらいの, 三本や, 三河屋の, 三間と, 上から, 下女が, 不可能で, 不思議は, 不意に, 不景気で, 並大抵の, 主として日常, 事実の, 二つや, 二三日の, 五人や, 亡くなりました, 亦まんざら, 亦私, 人が, 今年はじめて, 今日では, 仕事だ, 仕事の, 仕方がねえ, 仕方は, 何だかみち, 何でも, 何事も, 何時まで, 例年なら, 侍たちの, 傍から, 僅に, 充分に, 先方の, 入口の, 全くその, 全く自業自得, 八月の, 其筈主人は, 其筈今朝九時頃に, 内儀さんが, 出来た, 出来ないという, 出来なくなった, 出来ませんでした, 出来るだけ, 分らないが, 分りませんでした, 初めから, 初音か, 判らぬ, 判然とは, 別に, 別段に, 前に, 力を, 助けて, 十分には, 千鶴子と, 午前には, 危ない, 厭きたり, 厳重に, 口を, 只指, 可時と, 右の, 合点だ, 同じやう, 同じ事, 名の, 君は, 咸陽宮の, 唯一週間, 善い事, 善かろう, 嘘かも, 器量の, 埒が, 場合に, 変だ, 夏の, 多分は, 多少ある, 夜に, 夜中過ぎは, 夢だった, 大したもの, 大丈夫です, 大事だ, 大抵の, 大目に, 失敗した, 失望に, 好いだらう, 好からう, 如才なく, 始から, 始は, 始めの, 始めは, 字面には, 存分に, 宜いでしょう, 実際に, 室町の, 宮の, 容易には, 宿に, 實に, 尋常普通の, 小さな平和, 小娘の, 少々持合せ候, 少しの, 尤な, 尤もだ, 尾行を, 屋敷の, 山国から, 工合が, 左樣だ, 己の, 平らげて, 平次の, 年長者に対し, 幾度も, 序に, 当然である, 彼に, 彼自身の, 後で聞きました, 御主人, 御存じで, 御無理, 御詮議, 心易い, 心配する, 心配の, 必要である, 思うに, 怪しいもの, 恐らくは前, 恐らく描きかけ, 恕すべき, 悪いこと, 悪くない, 悪くなかろう, 愚痴だ, 愚鈍の, 所詮カラクリ, 手が, 手の, 承知してる, 承知で, 拙者の, 拾って, 捨てて, 揺れて, 整理しなけれ, 敵の, 新しいの, 新らし, 日の, 日を, 早ければ, 早や, 明日の, 昔からの, 春の, 昼間は, 時の間に, 時代の, 暑いさかり, 暫くする, 最もすさみはてた, 最後に, 本当か, 本所深川あたりの, 本統の, 束の間やがて, 来ず徴用令, 果さず五十七歳, 梅もさなりき, 極めて少量, 構いません, 次第に西, 次郎君が, 正当な, 正確に, 母親の, 毎晩の, 気の毒じゃ, 氣の, 水の, 水を, 永久に, 江戸の, 決まって, 沢山は, 海近い, 清十郎に, 漁師に, 濟んだ, 無理に, 無理も, 無駄でした, 煙草屋とか, 特別の, 狐か, 獨り, 理屈だ, 理由あっ, 生きて, 用件で, 田舎の, 申上げる, 皆な, 相吉一人, 相当の, 相手が, 相手を, 真面目な, 瞬時の, 瞬間, 矢っ, 矢代の, 知らないん, 知りたい, 砲艦長は, 確かでない, 私から, 私たちの, 私一人の, 秋の, 種類が, 空想の, 空腹には, 窓の, 笑ふ, 精, 素朴な, 紫の, 細工で, 終ると, 結局お前と, 結構と, 罪の, 考えましたよ, 考へたの, 聴いて, 職員室の, 肝心だ, 背後に, 自分に, 自分を, 自然と, 自然の, 自身の, 致し方ない, 興味の, 良いかも, 芸術の, 苦に, 落ちついて, 落着い, 薄々は, 西洋の, 見えなかった, 見えなくなると, 見えません, 見つからなかった, 見ませんでした, 見廻るん, 覚悟か, 覚束なかっ, 解けた, 解つてる, 解らない, 言は, 訊き度い, 試して, 詮ない, 誰も, 調和的な, 贔屓の, 身から, 近所の, 近頃では, 過去の, 道を, 道理この, 違います, 遠い昔, 遠くへ, 遠慮を, 酒の, 野々宮の, 間も, 間もなく, 隠語である, 雨の, 露骨に, 青々と, 面倒くさくなっ, 面倒な, 面白い話, 面白かった, 音を, 顔ぢゆう, 馬鹿, 馬鹿らしくなっ, 駄目であった, 駄目と, 駄目に, 駒井の, 髑髏の, 鳥に

1 [8174件 抜粋] ああいう, あたいは, あったな, あなたらしい, あの湯上り, あまりに付会, あまり遠から, ありふれた時計, あるいはそう, あるならひなり況して, あろうな, あんまり大きな, いいしかし, いい縁, いかに悲しい, いけない都合何, いっこう礼, いつごろからの, いつまでの, いまじきに, いろんなむずかしい, うっかりし, うれしかった, おいしいです, おじさんにゃ, おなかに, おわかり, お前さんなんかより, お家に, お気の毒様, お耳, かうまとめて, かく申す, かなわずええ, かれが, きまってあまりにも, きわめて断片的, けっして理くつ, こちらで, このごろでは, この前かい, この次, この集合論, こんなべっぴん, ごく初歩, ございましたけれども, さうかと思, さした効果, さる事, しかしものいうた, しだいに静まっ, しばらく米屋町, じゅうたんの, すぐ沈ん, すすめる訳, すつかり書き込む, する, せいぜい二三間, そうおさせし, そうは, そのあたり, そのまま闇, その子, その狸, それだけで, そんなに重く, たいてい他, ただいたずらに, ただほんの, ただ円い, ただ打ちのめされた, ただ種々, たちまち, たった二輪, たぶん真理子, だらしなく, ちさ汁か, ちょいと, ついに全う, つい忘れ, つまらぬ小細工, できないこと, できること, とっさには, どうかする, どうも常人, どう有らう, どれほどに, なお好都合, なかばは, なく茶屋小屋, なほかつ, ならない気, なるほどと, なんら思想上, はずかしめられたる自尊心, はつきり云え, ひとところ, ひどく激しい口調, ぴつたり歇んでしまつた, ふり仮名つきの, ほとんど武家, ほんとは, ほんの一時的, ほんの數日, まあこんな, まあ問題, まずそのままに, またそれた, またもう, また不, また却って, また失われた, また彼一流, また昔, また直に, また賛成, まだきまっ, まだ少し怪しい, まだ決定, まづ中どこ, まるで猫, みな上様の, みな神様の, みんなドイツ領事の, みんな貴夫に対する, むろん食卓, もうどうした, もう人, もう大丈夫, もう真紀子, もう過ぎ去った, もっけの, ものうくて, やがて小さく, やがて見えなくなる, やっぱりおかあさん, やっぱり欲, やはりあの, やはり兄, やはり彼, やはり諦め, やむを得ない, ゆずりあって, よいわさ, よう勉強は, よく分らない, よしか, よし雨, よろしい自分, わからないと, わが身に, わたくしの, アインスタインのは, オルガンを, コロリか, ズンと, チョット立ち寄る, ネエそう, パリ以来の, ヘクーバから, マトモな, ランプの, 一ぜんお, 一ツシタラへの, 一人二人ずつ, 一刻や, 一因でしょう, 一小, 一応の, 一日だけや, 一時拙者元服する, 一概にその, 一盛りである, 一羽は, 一足跳び, 丁度文面, 万五には, 三四ヶ月する, 三月とは, 上方流の, 下手人の, 不定期で, 不自由しない, 世間の, 中斷, 主として田村麻呂, 久しい, 乱打の, 事実を, 二三日前から, 二年ぐらいの, 二月の, 云うたんか, 五分十分と, 井野老人の, 亦ちようど似合, 亦可, 亦時に, 享け, 人間臭く, 今はたと, 今度会った, 今更どうにもなる, 仕合わせです, 代品ばかり, 伊豆らしい, 佐伯氏を, 何だかわからない, 何となくチグハグ, 何処かへ, 何時迄, 余り無分別, 作品に, 侯爵夫妻の, 俳優を, 停車場附近で, 偽らぬ心, 僕に, 元はと, 先へ, 入れると, 全く無, 全部出来上がった, 六時間たつ, 其時は, 写生し, 出した, 出来ず人頼み, 出来なくな, 出来ん, 分らないこと, 初めしばし, 判りませんので, 別問題であろう, 前ば, 割合に, 助勤, 勿論ただ, 十一時前には, 十分そう, 十歩か, 半ば味が, 半當, 単なる話, 単に秘蔵, 却つて消極的な, 厳密に, 又八を, 取り次ごうと, 古いさかな, 可え, 可能である, 各の, 同じ調子, 名医の, 君やっぱり, 周囲の, 唯うん, 問題だ, 嘘かな, 四方板壁で, 固より, 坐つたとき, 堤防が, 墨だけ, 外的条件に, 多寡を, 夜半を, 夢心地で, 大きな島, 大した熱心, 大丈夫昼間から, 大原さん一人の, 大急ぎな, 大正十二年の, 天下に, 夫婦中が, 奥むきの, 女官に, 好かった, 妥協と, 婚期を, 子の, 存外多く, 宏子の, 実は, 実は遊び半分, 客書院でなく, 家康という, 寅吉に, 将来を, 小児や, 小身の, 少し遠く, 尿意の, 山深く, 崩れ溶けて, 左樣か, 師匠に, 平凡な, 年々故人に, 幾らかあるらしい, 度々し, 廻廊も, 強敵と, 当初から, 彼らにとっては, 彼等には, 後詰めの, 御不満足, 御無用, 徳川時代初期の, 心細くその, 必ずそうだ, 忘れまいぞ, 忿懣の, 思ひも, 急いで, 怪しげな, 恐らく母, 悉く通, 悪くて, 情慾の, 意志の, 感じた, 憚らず, 我等の, 所は, 手答えが, 承知しましたいう, 抛ちあの, 持つてるとは, 推量は, 改めて説明, 救われるべき資格, 数十歩の, 文学史的観点によ, 新墓, 既に死, 日本軍に, 早すぎる, 明治に, 春まだ, 是非とも, 時によっては, 時節柄無理も, 暫しの, 書く上, 最後へ, 有理の, 木の, 本当です, 本筋の, 杞憂に, 東京ではずつと, 果して二人, 栄蔵の, 案ずるほどの, 楢の, 極めて高い, 横目で, 次第に困難, 次郎の, 止まって, 正直で, 武門の, 死前の, 段々と快い, 母親がちやん, 比べるもの, 気まぐれや, 氣息の, 汚れたの, 決して垣, 決して楽, 沢庵へ, 洗った証跡, 海を, 深夜黄金塗りの, 湯の, 漆の, 潔白で, 炬燵に, 無しに, 無理です, 無論そうだ, 然うでございましょう, 照枝の, 爺さんに, 物事を, 特に選ばれた, 独逸の, 獻酬する, 現在の, 理窟詰に, 生々しい記憶, 生意気だ, 由松の, 男ゆえに, 画道の, 當て, 病を, 発覚し, 百化け中の, 皆ヘレネ, 皆自分, 目刺し一尾だって, 直ちに合点, 相当武術, 真っ昼間神宮外苑の, 眠って, 瞬間機先を, 矢張金づくだ, 知らないやう, 知れ渡って, 確かめる必要, 禁厭とか, 私自身の, 程が, 空しい努力, 立ちふさがった相手, 笠置を, 粋な, 純粹, 紳商の, 結局いかにも, 結構, 絶えて, 綾の, 纔かにしか, 美味しゅうございましょう, 羽織と, 考えぬではござりませんでしたが, 考へもの, 聞えないやう, 聞こえないところ, 肚から, 能う限り物, 腹癒せな, 自分にとっては, 自由かも, 至当である, 興なし, 良しさね, 芳公さへ, 苦しいの, 草を, 薫, 血だらけで, 表側だけ, 補充輸卒の, 要するに思ふ, 見えなくな, 見っとも, 見分けられなかった, 見込み無い, 親の, 解らなかつた, 言わなかったらどこ, 記憶が, 試みて, 誠に結構, 誰ゆえみんな私自身ゆえ, 謂わば, 貧乏な, 買い得なかった, 赤坊から, 身内が, 軽くやさしく寄りかかる, 近い頃, 迷信や, 透明な, 造化の, 遊びで, 過ぎ去った事, 道理とは, 道路妨害とかで, 遠くの, 邪ま, 重々拙者が, 金髪の, 鍛冶の, 長くて, 開いて, 間もなく気持, 附近に, 随分無責任, 隻方の, 雨です, 青年たちにとっては, 面倒の, 面白く思い出されます, 頭山先生が, 顔立を, 食物の, 首縊りの, 駈足, 髪結いさんが, 鷹の

▼ それから~ (10009, 2.7%)

141 それへと 127 どうした 84 間もなくの 70 して 67 すぐに 54 二人は 52 それと 39 二人で 36 二人の 33 彼は 32 三日目の 28 急いで 2524 しばらくし, それへ 23 だん, どうなった 21 見ると 20 十日ほど, 数日の, 間もなくであった 19 いろいろの, である 16 どうしました, 一と, 出て, 急に, 言った 15 三日の, 二三日し, 云った, 考えると 14 ふいに, 二階へ, 続いて 13 二人とも, 先の, 帰って, 比べると 12 一週間ほど, 三十分も, 悠々と, 眼を 11 しばらくの, 一年ほど, 二三日の, 十日ばかり, 徐ろに, 黙って

10 [12件] しばらくする, どうする, 一週間も, 三十分ほど, 三日ばかり, 三日目に, 五年の, 十年の, 目を, 自分の, 見れば, 間もなくその

9 つづいて, 一年も, 三人の, 先は, 十分ほど, 四五日経っ, 惹いて, 間も

8 [16件] いろ, だんだんと, であった, 一時間ほど, 三人で, 二た, 二年ほど, 二日の, 二日目の, 二時間ばかり, 戻って, 次々に, 歩いて, 私は, 間もなく僕, 間もなく彼

7 [25件] しばらくは, だった, でなければ, ゆっくりと, 一人で, 一年ばかり, 一時間も, 一週間ばかり, 一里ばかり, 三人は, 三日ほど, 三日も, 二三日後の, 二人が, 二十分ほど, 二日ほど, 二時間も, 五分も, 何か, 少し後, 少し間, 幾日か, 数時間の, 間もなく, 間もなくで

6 [23件] またも, まっすぐに, 一度も, 一時間ばかり, 一種の, 二三日たっ, 二十分も, 何年か, 何度も, 先に, 十五分ほど, 十年も, 十日も, 四五年の, 四五日の, 四日目の, 夜の, 彼の, 神田の, 立って, 間もなくこの, 間もなくだった, 顔を

5 [30件] あとの, いった, くるりと, そろそろと, だと, だよ, どうしたい, またもどっ, まだある, 三年目の, 二三日する, 二三日経っ, 二三日過ぎ, 二十年も, 二度目の, 五六日経っ, 五日目の, 今度は, 低い声, 何うし, 叫んだ, 彼女は, 思うと, 数年の, 数日後の, 段々と, 私が, 笑った, 脱すること, 間もなく死んだ

4 [77件] あとは, しばらくしいんとしました, しばらく経っ, つ, どうなつ, どうなる, どこへ, なの, ひきつづいて, ひっそりと, ふいと, また戻っ, まだいろんな, まだその, まもなくの, わずかに, 一人の, 一時間の, 一本の, 三十分ばかり, 三十分後に, 二三年も, 二三日は, 二三日経つ, 二十日ばかり, 二年目に, 二日目でした, 二時間ほど, 二本の, 二階に, 五六日し, 五六日の, 五分と, 五分ほど, 五日も, 僕は, 先き, 先を, 八年の, 十日と, 半月ほど, 四五人手を, 四五日し, 四五日も, 四人の, 四年の, 始まって, 少しの, 少しは, 少し歩い, 少し離れた, 岸本の, 幾年か, 後は, 思い付いて, 思ふと, 推すと, 数年後の, 数日し, 暫くの, 更に進ん, 江島屋の, 法水は, 私の, 突然彼, 突然私, 立ち上がって, 立ち上った, 色々の, 若い男, 行って, 警視庁の, 近所の, 逃れようと, 逃れること, 長いこと, 間もなく私

3 [126件] ぐるりと, さらに, しばらくそこらあたり, しばらくたっ, すぐまた, すぐ眼, ずっと後, だね, だんだん下, だんだん聞い, だんだん調べ, ちょっと間, です, では, どうだ, どうな, どうなさいました, のがれようと, のちの, ひいて, またある, また何, まだ外, やたらに, ゆっくり腰, ビクターへ, フランシス, モー一つは, 一, 一年に, 一年後の, 一日おい, 一日に, 一時間程, 一月ばかり, 一歩も, 一歩を, 一週間の, 七年の, 七日も, 三十分ばかりの, 三四年の, 三四日後の, 三年の, 三年ばかり, 三年ほど, 三年も, 三日し, 三日後に, 三日目でした, 三本の, 不意に, 二三日経った, 二人し, 二人に, 二人を, 二十年の, 二年の, 二年ばかり, 二年後に, 二年目の, 二度目に, 二日ばかり, 二日目に, 二月ほど, 二階の, 五分ばかり, 五日ほど, 五日目に, 京の, 他の, 以後の, 何年も, 例の, 先へ, 八日目に, 十五分も, 十分ばかり, 十分も, 叫びました, 向の, 四五日する, 四五日たっ, 四五日經つてから, 四十年の, 四辺を, 声を, 外の, 家の, 家へ, 小日向の, 少し経っ, 少し離れ, 帝劇へ, 幾日経っ, 思いついて, 手を, 持って, 振り向いて, 数日後に, 早くも, 本郷の, 来るの, 東宝ビルへ, 枝を, 次ぎの, 毎日の, 湯を, 私を, 立ち上がると, 耳を, 舌を, 色々と, 身を, 進んで, 遠ざかって, 酒を, 長いあいだ, 長い時間, 長い間, 間もなくでした, 間もなく東京, 間もなく若旦那, 離れて, 順次に, 驚いて

2 [541件 抜粋] あなたに, あの虔十, ある時, ある種, いいました, いい加減, いかに現代, いろいろと, お作, こうやっ, この事件, さぶ, さらに云い継いだ, しっかりした, しばらくたつ, しばらく後, しばらく話, じきに, すぐと, すこしは, すこし急, すると, せツ, そうだ, そっと新聞紙, その上, そろ, たぐれば, たぬきって, だつた, だんだんよくなっ, だんだん工夫, だんだん年, だんだん推測, だんだん訊い, だんだん話し, だんだん進ん, ちょっと声, ちょっと考えた, ちょっと言葉, ちよつと, つぎつぎに, でいい, とんで, どうし, どうしたえ, どうしよう, どうと, どうなります, どこかへ, ならば, のがれるには, のけ者に, のちお, はじまった, ひととおりの, ひるやすみ, ぴたりと, ほかの, ほの, ぼうっとした, また, また云った, また坐つ, また立ち上がっ, また立っ, また考へた, また長い, まだ, まだあります, まだ一時間, まだ一月, まだ一週間, まだ斯, まだ面白い, まもなく凡太郎, まるでそこら中, みると, もう一つ, もう咽喉いっぱい, もう歩き疲れ, もどって, ゆっくりという, よほどたっ, わかい叔母, わずか七日, わずか数年, ウンと, チベットの, チラッと, ニヤリと, マカロニイやら, ルウヴル行の, 一しょに, 一ヶ月ほど, 一ヶ月も, 一二年の, 一人, 一人が, 一八七五年八月四日に, 一分とた, 一分ほど, 一刻の, 一刻も, 一年後に, 一年目の, 一年立つ, 一年経ち, 一年経っ, 一年経った, 一年近くも, 一度は, 一日か, 一日二日し, 一時ほど, 一時間する, 一時間程の, 一晩の, 一枚の, 一歩でも, 一町ほど, 一発一発と, 一箇年間は, 一週間する, 一週間たっ, 一週間に, 一週間目に, 一週間目には, 一週間程, 七八年の, 七日の, 七日ほど, 丈の, 三人が, 三人し, 三十キロ四十キロ五十キロという, 三十分と, 三十分ほどの, 三十分過ぎた, 三十年たっ, 三十年も, 三十年私も, 三十幾年を, 三千代にも, 三吉は, 三名の, 三四日し, 三四日経っ, 三峰では, 三年たつ, 三年後の, 三年後元和元年の, 三年目に, 三度の, 三度も, 三日たっ, 三日と, 三日に, 三日ばかりは, 三日ほどの, 三日後の, 三日目か, 三日目には, 三日目永井平, 三日経たない, 三時間も, 三村屋は, 三枚の, 三次兄哥は, 三河屋の, 三番目は, 三藏の, 三階へ, 上の, 上総の, 下って, 下っ引, 丸善へ, 久しい間, 九人前の, 九日に, 二ひきの, 二ヶ月ほど, 二三の, 二三ヶ月経った, 二三人の, 二三分の間は, 二三年し, 二三年する, 二三度遠, 二三日後英倫と, 二三日過ぎる, 二三時間の, 二三時間も, 二三秒も, 二人気持よく, 二十五年たっ, 二十分と, 二十分ばかり, 二十分ばかりの, 二十年, 二年余りも, 二年経っ, 二度三度と, 二度踊つてから, 二日後の, 二日目, 二時間と, 二町ほど, 二週間ほど, 二里の, 二階を, 五人の, 五六分も, 五六日経つ, 五六箇月の, 五分か, 五分間ばかり, 五年たっ, 五年ほど, 五日ばかり, 五日ばかりの, 五歳に, 人形箱の, 今の, 今度の, 伊藤の, 伊達の, 何の, 何十年経った, 何度か, 何處へ, 來た, 僕の, 先が, 免れること, 八五郎と, 六七年に, 六日の, 六日目の, 再びホテル, 再び外, 再び腰, 再び駅, 冷たい水, 出たの, 出たもの, 出た名, 出ること, 出る音, 利益を, 前に, 力を, 北野劇場へ, 十五分程, 十五年の, 十何年の, 十分ぐらい, 十四五年も, 十年幸福な, 十年後の, 十日の, 十日ほどの, 十日程, 十時に, 南の, 厳めしい, 又, 又石, 取り去られ得ること, 受ける感じ, 受ける打撃, 右へ, 向って, 向直って, 四五十分間は, 四五年し, 四五日, 四五日たった, 四五日たつ, 四五日は, 四五日後であった, 四五日後に, 四五日後の, 四五日物も, 四十分ほど, 四年, 四年後の, 四年目の, 四日ほど, 四日も, 四日目に, 四時間の, 四階の, 困るの, 国泰寺の, 坂の, 坂井の, 増田は, 多少の, 夢殿の, 大きく頷い, 大人が, 大原さんの, 大和屋の, 大室山だ, 太い声, 太田は, 奔走を, 奥へ, 女と, 始まるの, 姐の, 子供の, 学ぶこと, 学校の, 宗先生に, 家で, 寄って, 富田屋でも, 寝ころんで, 寝るまで, 少くも, 少しあと, 少しも, 少し下っ, 少し経, 少し経つ, 少し行く, 少し起きあがりました, 少し躊躇, 少し過ぎ, 少し雑談, 山の, 島田の, 常盤橋の, 平岡との, 幸徳秋水と, 幾人もの, 幾刻も, 幾年かの, 幾年の, 幾度か, 幾日も, 床の, 庭に, 庭へ, 廻ると, 引いて, 引き去ること, 引き続いて, 彼等は, 得られる利益, 得るところ, 必死と, 必死の, 怒って, 思いきって, 思いついたの, 思い切って, 思ひがけ, 恐ろしく念入り, 懷手を, 我々の, 手で, 手水を, 押入れを, 揃って, 改まって, 数十年の, 数回両家の, 数年を, 数日たった, 数日経ち, 数日経っ, 数日間は, 数町の, 数週間という, 暫くし, 暫らくの, 更にその, 更に他, 更に川, 書いたもの, 最初の, 来たの, 来た方, 東宝劇場の, 東映本社へ, 林彦三郎と, 森も, 横田の, 檜の, 此の, 段々子供, 段々話し込ん, 母が, 毎晩の, 永いこと, 河内の, 河野義博君の, 泣いてばかり, 洋画家夫婦に, 浜へ, 浦里時次郎も, 淡い煙, 深い溜息, 湯島を, 源助さんは, 溢れるばかりの, 演繹される, 漸っと, 澄んだ三白眼, 無事に, 片品川に, 牛込の, 生じて, 生ずる弊害, 生ずる財源, 生れたの, 生温い水, 甲府へ, 白いお, 白い水潦, 皮を, 直ぐに, 相州の, 眠りました, 研究所の, 硬い板, 神尾の, 神楽坂の, 程遠からぬ, 突然大きな, 突然屋根板, 突然顔色, 立ちあがった, 立ち上って, 笑いながら, 第二, 笹野新三郎の, 笹野新三郎は, 米倉の, 約一時間, 結果する, 縁を, 美濃の, 老婆に, 聞いて, 聴こうじゃ, 脚も, 脱出しえない, 腕時計の, 自信を, 自分と, 見る見る勢, 見知らない一つ, 言いました, 谷川で, 起こったの, 起ったの, 身に, 較べると, 近江の, 逃げ出すこと, 這いあがること, 連れ立って, 那須野が, 部屋の, 長い後, 長く休刊, 間もなくあの, 間もなくである, 間もなくもう念仏, 間もなくわたし, 間もなく世, 間もなく今度, 間もなく何, 間もなく僕たち, 間もなく寝つく, 間もなく帰っ, 間もなく平次, 間もなく父, 間もなく警察, 間もなく越前屋, 間もなく遠く, 間もなく順一, 闇に, 階下へ, 離れること, 電車で, 青山に, 青木さんの, 静かに, 風呂に, 黄色い縮緬, 黙ったまま, 黙り込んで, 1を, 8を

1 [6109件 抜粋] ТРАМ, あとも, あの通り気, ある価値, ある處, いかめしい様子, いくとき, いなずま, いろいろな, うけつがれたところ, うれしくな, おやといふ, お松の, かえったわけ, きいた, ぐつたりと彼は, こう云った, こっち何が, この助手, この間の, さあて, さつさと, さらに二錠づつ, さらに時刻, さらに車, しっかりと, しばらくたってからの, しばらく時間, しばらく障子, しんけ, すぐそちら, すぐ六畳間, すぐ思いついた, すぐ津軽鉄道, すぐ飛び出し, すばやく足, ずいぶん後, そこに, その作意, その歌, それ, たえがたい煩悶, たべるの, だんだんさっと手, だんだん多く, だんだん聞きあわせる, ちっともなくなりませんでした, ちょっとで, ちょっと私, つづけさま, でございますから, でなくちゃ, とび拔, どうしなさった, どうなと, どこかしら, なくなりました, なら自分, ぬうッ, のちすっかり, はじめて検分, ひとり言に, ひらりと, ふとったから, ぽんと, またさあ, またやっ, また坐った, また思ひきり, また生, また見せ, また飲ん, まだそんな, まだ五六日, まだ少し残っ, まだ言葉, まもなくお宮, まもなくなくなった, まもなく少年連盟, まるいつば, みんなみぢかく, もう動かなかつた, もはや一瞬, やはりき, ゆっくりゆっくり着物, ようやく貧乏, わざわざ自動電話, わずか南東, アンデルセンの, オーレ・ルゲイエが, クルリと, ショパンを, ソッと, チャンスと, ドンドン日本橋の, パチ, ビーナン等に, ベルサイユの, マアこれが, モー一つの, リルケは, 一か, 一つ落ち二つ落ち, 一ツ橋, 一ヶ月あまりたっ, 一世紀の, 一二年を, 一人っきりで, 一八二四年には, 一刻あまりのちの, 一合の, 一寸立っ, 一年が, 一年余り後夜伽の, 一年過ぎ私は, 一應の, 一日措い, 一時間ぐらい, 一時間半も, 一晩寝, 一枝ずつ, 一町の, 一箇月半ほど, 一足出る, 一週間その, 一週間後であった, 一里ばかりの, 一齊に, 七十日以上も, 七日七晩蒼い, 七郎は, 三ヵ月以上収監された, 三人を, 三倍の, 三十三年目に, 三十分の, 三十分間後に, 三千年の, 三四年し, 三四百年も, 三年ならずし, 三年経ち, 三度目の, 三日めの, 三日目ガラッ, 三日間ばかりという, 三月の, 三段ぐらゐの仕種に, 三番目, 三箇月間も, 三階で, 上りました本当に, 下谷の, 中一日, 中泉眼科へ, 丸彦の, 久馬だ, 九年後一八三〇年の, 乾, 二ヶ月あまり音沙汰が, 二三分する, 二三回逢った, 二三度帰りました, 二三日後四月も, 二三町の, 二三里上流の, 二人連れで, 二十一歳に, 二十人を, 二十四日, 二十年経っ, 二十日餘り, 二哩ばかり, 二年半ばかり, 二度三度書面を, 二日に, 二日後ミショオ議員が, 二時まで, 二時間割合と, 二瀬へ, 二等三等三角網が, 二週間すぎた, 二頭の, 五万円の, 五六年の, 五六日後の, 五分たたぬ, 五分間も, 五大堂, 五年経っ, 五日目同じく, 五箇年間に, 亡くなられたおかみさん, 人形を, 今日までの, 仙太斯う, 仰いで, 伊藤松雄を, 会うたんび, 低くくすっと, 佐藤君は, 何ともいえない, 何処を, 何年間か, 何日も, 何物かを, 作られる新しい, 傷つけられながら, 優しい事, 先では, 免れる方, 全く長い, 八十年後の, 八時迄, 六カ月間陸に, 六十日程の, 六度も, 六遍続け, 内務省へ, 再びなごやかな風, 再び巨人国, 再び田圃, 再び釜, 処刑までの, 出はいりし門, 出向いて, 切り離して, 利益まで, 劉向劉, 動いて, 北極星を, 十一時前ぐらい迄は, 十九日まで, 十二時に, 十五六年は, 十五日ほど, 十八まで, 十分ほどで, 十四年の, 十年たっ, 十年商売の, 十年餘り, 十日あまりの, 十日位すぎ, 十時頃まで, 千二は, 半年ほどの, 卑俗な, 厨へ, 又二日, 又或, 及ぶ限りルブラン, 取ろうと, 古い仮名, 古賀に, 吃りながら, 吉見の, 呉越軍談が, 唐更紗の, 器ごと水の, 四五十分ほど, 四五日ほど, 四五町奥の, 四十一年に, 四十年を, 四圍を, 四度の, 四日目安城郷太郎の, 四辺に, 土間へ, 埋め合わせを, 場所それについても, 墺太利の, 夕方まで, 多少皮肉, 大きい丸太, 大きな物語, 大原さんに, 大村喜十郎と, 大籠の, 天神下へ, 奥の, 好い躑躅, 始まったわけ, 姫さまの, 宇津木兵馬は, 定まったる人生, 家を, 寒いよう, 寝るん, 導かれたもの, 小さい溜息, 小声で, 小林伊織山本新三郎この, 小石川橋へ, 少しする, 少し上, 少し声, 少し手際, 少し經つて, 少し都合, 尾崎士郎の, 山城の, 山間の, 峰が, 川口松太郎に, 左傳とに, 市長に, 帰るとも, 平安朝の, 幾らも, 幾度も, 幾時間も, 広くも, 建保元年の, 引出して, 張昭や, 彼を, 後藤農相が, 復た沈んだ, 必ず起っ, 怒ったよう, 思うところ, 性質が, 患者等の, 懇ろに, 戻ったこと, 承らにや, 掃くと, 支出し, 散った葉, 数分経っ, 数年来と, 数日後東京市の, 数時間後に, 数種の, 數年の, 斬られた後, 新三郎を, 日活へ, 早速お, 明らかに, 明治初年の, 時々風呂敷, 暑い夏, 暫く口, 更にのび, 更に三十秒のち, 更に南下, 更に本人急死, 更に蔓, 更に驚いた, 月余急逝した, 木原の, 本郷三丁目で, 村内へ, 来る単なる, 来る矜, 東五軒町へ, 東条少佐は, 松平周防守様, 枯淡へ, 栗の, 森の, 槇を, 次々の, 正宗君の, 歩いたん, 死ぬ気, 残ったところ, 段々寫し, 段段近い, 毎日楽しみと, 気を, 水野和泉守屋敷の, 汗と, 沈黙がちに, 河合は, 注意ぶ, 流れ出るやさしい, 消え去る, 深い深い息, 清岡を, 温く私, 湯町を, 滝田この, 火夫の, 熊それから, 片づけなくちゃ, 特派員の, 狭い横丁, 王侍御, 生じる害悪, 生ずる無限, 生れまた, 田中春と, 申し付けられた通り一人一人, 痛い眼, 白い尖塔, 白井の, 百七十年程, 百年経たない, 盛んに, 直ぐ床, 直ぐ鼻翼, 真宗これは, 眠るの, 知らない山道, 石原から, 硝子の, 神尾が, 秘密っぽい, 種々の, 突然, 突然ギヨツ, 突然大声, 突然立, 立ちどまった, 立ったこと, 笑いだして, 簡単に, 約一週間, 細い針, 結ばれて, 縫掛けの, 美濃, 考へると, 胸部の, 脱却する, 自己一片の, 色々母, 芸術座創設から, 茶いろ, 菊池, 葛岡に, 薄い唇, 藤寺の, 藪医者なんか, 行くえ, 裂けるよう, 西洋街道という, 視ると, 触ったり, 話し出すこと, 読売国民の, 警官は, 谷山と, 質屋へ, 起き上がると, 起ったん, 趣向を, 跳びおりて, 転落が, 辻馬車に, 送られなくな, 逃れる術, 連立って, 運転手の, 遠くない, 還って, 重いバスケット, 金さんの, 金銭の, 鋭利な, 長い低い溜息, 長い長い万国旗, 長く眠れなかった, 開始された, 間もなくだつた, 間もなくゴーリキイ, 間もなく一周機, 間もなく何事, 間もなく午後二時, 間もなく大正元年, 間もなく寄宿舎, 間もなく弁護士, 間もなく新造, 間もなく森閑, 間もなく無事, 間もなく病気, 間もなく紹介所, 間もなく草川巡査, 間もなく追悼会, 間もなく霊媒, 阪急デパートへ, 陸稻畑の, 隣りの, 離れまいと, 電話線を, 面白いこと, 頷いて, 飛んだ引合い, 飲んだそして, 馬を, 騾を, 高島屋で, 鬼塚元帥との, 鶴さんの, 黒い木, 黒地の

▼ それ~ (7724, 2.1%)

376 して 178 一緒に 174 同じよう 96 反対に 80 いっしょに 66 同じこと 64 云うの 63 見て 60 知って 52 同時に彼, 同様に 46 もう一つ 45 並んで 41 同じやう 39 気が 38 同時に 36 同時にこの 35 同時に私 33 同じに 32 同時にその 31 全く同じ 27 察して 26 云ふ, 前後し, 反対の, 見ると, 違って 25 一所に, 同じで 24 一しょに 21 同じ事, 同時に自分, 見るより 20 同じもの 19 同時にまた 18 なしに, 知らずに, 聞いて 16 反対な, 殆ん, 気がついて, 見るや 15 しても, 入れ違いに, 同じ意味, 同様の, 申しますの 14 一しよ, 比べて, 気づいて, 言うの 13 反対で, 同時に彼女 12 入れちがいに, 同時に僕, 知ると 11 同じである, 同時に今, 同時に女, 同様な 10 分った, 同じだ, 同じ様, 悟って, 比較し, 知るや 9 よく似た, わかるの, 交換に, 似たよう, 同じです, 同一の, 相対し, 知りつつ 8 わかった, 入れ代り, 同じ程度, 同時に他, 同時に何, 引き違いに, 氣が

7 [22件] いって, しまして, わかって, 並行し, 似て, 全く反対, 判った, 同じい, 同じ頃, 同時に母, 同時に青年, 向き合って, 察した, 察したの, 申すの, 申すも, 知った時, 知られる, 言って, 関係の, 関連し, 闘って

6 [28件] おなじよう, くらべて, これとは, ほとんど同じ, ほぼ同じ, よく似, わかつた, 丁度同じ, 分って, 分ると, 判つた, 同じな, 同じ樣, 同時にあなた, 同時にお, 同時にかれ, 同時にこれ, 同時に一方, 同時に人間, 同時に同じ, 向い合って, 対照し, 少しも, 決めて, 知らないで, 知りながら, 知れた, 言ふ

5 [30件] いうので, いふので, おなじもの, すれば, そっくりの, ちがって, もうひとつ, わかると, 云って, 共通な, 同じ時刻, 同じ気持, 同じ理由, 同じ運命, 同時にそれ, 同時に二人, 向かい合って, 平行し, 殆ど同じ, 比べると, 比較に, 気づくと, 気の, 気付いて, 異なって, 矛盾する, 知った, 知る由, 行き違, 間髪を

4 [44件] いっても, いろいろの, ならんで, みて, わかる, わかるほど, ピタリと, 一つは, 一処に, 交渉する, 全く同一, 同じくらい, 同じ夢, 同じ形, 同じ状態, 同じ道, 同時にかの, 同時にわたし, 同時に又, 同時に日本, 同時に長い, 大差は, 察しが, 思ひ當, 戦って, 手に, 指さ, 歩調を, 比較される, 比較する, 気がつくと, 直角に, 知ってか, 知りて, 知ること, 知れたの, 知れば, 聞くと, 聞くや, 自分の, 話して, 関係が, 関聯し, 類似の

3 [86件] おなじこと, おなじ意味, おんなじに, さとりました, そっくり同じ, たたかって, ならべて, まったく反対, わかったの, 一致した, 一致する, 並べて, 他の, 併行し, 信じて, 入れ違, 全く別, 全然同じ, 分るよう, 分る程, 区別する, 口に, 合して, 同じくら, 同じわけ, 同じ事件, 同じ位, 同じ強, 同じ心理, 同じ手, 同じ方法, 同じ物, 同時にあの, 同時にあらゆる, 同時にいま, 同時にここ, 同時に一人, 同時に一般, 同時に何者, 同時に君, 同時に夢, 同時に妻, 同時に室, 同時に心, 同時に早く, 同時に演劇, 同時に頭, 同様で, 察したか, 察してか, 察しられた, 察しられる, 察しられるの, 引換えに, 彼の, 思しめせ, 悟った, 悟ると, 意識しない, 感づいて, 手を, 明らかに, 気づいたの, 相対した, 眼を, 知ったか, 知っても, 知らずして, 知られた, 糸を, 結びついて, 結びつけて, 結婚した, 考えて, 胸に, 自分が, 行違ひ, 見える, 見て取るや, 見わけられた, 見分けの, 言わずに, 話が, 認められた, 関係は, 関係を

2 [386件] あのお, あべこべに, いうが, いえば, いきちがいに, いひこれ, いふならば, いれちがいに, いわずに, いわないが, くっついた, しも, すぐに, そぐわなかった, そっくりな, ちがう, ちがう意見, ちがったこと, つづいて, つながって, どうじに, どう関係, ひとしく世紀末, ひとしく点景, ほ, ほとんど同時, ほとんど同時に, まるで反対, まるで同じ, わからなかったが, わかります, わかるばかり, わかるよう, わかれば, アナロガスに, マストの, 一つに, 一つには, 一人, 一緒では, 一致し, 一致しない, 一致しよう, 並べ立てられて, 並行する, 並行に, 二つに, 二人で, 云うので, 交代に, 交叉し, 交換される, 交換し, 交換条件に, 交渉し, 今日の, 他者との, 仙太が, 仰々しく述べ立て, 伝わって, 伺いまして, 似たところ, 似た現象, 何の, 入れかわり, 入れちが, 入れ代って, 入れ代わりに, 全く事情, 全く共通, 全く趣, 全然反対, 共に白い, 分かる, 分ったの, 分つた, 分らぬよう, 分りかねた, 分り何, 分るほど, 分る位, 分る顔, 判る, 判るよう, 判る人, 別れること, 利害を, 反して, 反対であっ, 反比例し, 反比例に, 取換え, 同じき, 同じくらいに, 同じくらいの, 同じく人, 同じく唯六人, 同じく小説, 同じく自分, 同じじゃ, 同じだつた, 同じであった, 同じでした, 同じところ, 同じなん, 同じの, 同じ主題, 同じ力, 同じ名前, 同じ場合, 同じ大き, 同じ奇跡, 同じ平面, 同じ心, 同じ心持, 同じ性質, 同じ感じ, 同じ態度, 同じ憚, 同じ手紙, 同じ日, 同じ時, 同じ時代, 同じ服装, 同じ権利, 同じ気持ち, 同じ現象, 同じ眼, 同じ系統, 同じ色, 同じ表情, 同じ訣, 同じ話, 同一である, 同名の, 同時でした, 同時です, 同時にある, 同時にいや, 同時にこいつ, 同時にこれら, 同時にこれ等, 同時にさう, 同時にすでにお, 同時にそこ, 同時にどうと, 同時にどこ, 同時にもう一つ, 同時にわれわれ, 同時にセルギウス, 同時に一つ, 同時に三人, 同時に世間, 同時に今更, 同時に他方, 同時に俳優, 同時に俳句, 同時に先生, 同時に公爵, 同時に再び, 同時に列車, 同時に叔父, 同時に各, 同時に名門, 同時に周囲, 同時に唇, 同時に喉, 同時に外國, 同時に大雨篠, 同時に子, 同時に子供, 同時に家, 同時に己, 同時に平次, 同時に彼等, 同時に心中, 同時に心理, 同時に房内, 同時に扉, 同時に新婦, 同時に暗い, 同時に本能, 同時に林, 同時に極めて近代的, 同時に水, 同時に浴客, 同時に烈しい, 同時に父, 同時に物, 同時に現在, 同時に瑠璃子, 同時に瑠璃子夫人, 同時に白い, 同時に眼, 同時に眼前, 同時に秀, 同時に私達, 同時に科学者, 同時に突き放された, 同時に第, 同時に背後, 同時に若者, 同時に草原, 同時に血, 同時に要, 同時に誰, 同時に諸君, 同時に谷底, 同時に貴方, 同時に赦された, 同時に近所, 同時に連, 同時に部屋, 同時に電, 同時に韮, 同時に黒吉, 同時に鼻, 同様であった, 同様である, 同樣, 同種の, 同等の, 同類の, 名ざす, 名を, 向いあって, 呼吸を, 呼応し, 土地の, 夫婦に, 好く似た, 完全に, 家庭の, 寝たぞと, 察したらしかった, 察したらしく, 察する, 察知できる, 寸分違わぬ, 対して, 対抗する, 対照する, 対照的に, 対立し, 対立する, 対蹠的な, 封筒の, 尋ねて, 少し離れ, 尽きない話, 平行した, 引出された, 彼女の, 微かに, 心を, 思い当ること, 思って, 思わしい方, 性質が, 悟りました, 意識し, 感づいた, 戦うこと, 戦おうと, 戦った, 戦つて居る, 戰つて居る, 手代の, 手繰って, 打って, 抗争し, 接觸する, 推察し, 教へて, 早く言え, 明かに, 果しも, 根本的に, 格闘した, 正反対な, 正反対に, 正確に, 正面から, 殆ど同, 殆ど同時に人々, 殆ど同時に後, 比べものに, 比較すれ, 気がついたの, 気がついたもの, 気がついた時, 気づいたもの, 気づかずに, 気附い, 氣づい, 氣の, 氣付いた, 決めよう, 決定すれ, 没交渉に, 無関係で, 現われて, 男の, 町の, 異なること, 異なるところ, 目に, 直角の, 相手に, 相違する, 眼に, 睨めっこ, 矛盾し, 知ったが, 知ったと, 知ったもの, 知った彼, 知つた, 知つてゐ, 知らせた, 知らぬうち, 知らる, 知られて, 知られないで, 知られる程度, 知りつつも, 知りなば, 知る, 知るやいなや, 知れて, 知れるの, 私の, 競争する, 符合し, 符合する, 等しく人生, 等しく自分, 結んで, 結合した, 結合する, 縁を, 考へ, 聞いては, 聯關し, 肩を, 背中合せに, 背中合わせに, 自分も, 自覚し, 行き違い, 見えた, 見せないで, 見て取った覆面, 見て取って, 見て取つて, 見るなり, 見分が, 見分けられます, 見分けられるもの, 見定めること, 覚しいの, 親通する, 許り, 認めること, 読めた, 調和する, 調子を, 識らず, 質を, 足が, 軌を一にする, 較べて, 通じあうもの, 通じた気, 連関し, 遊んで, 違う, 違ふ, 長吉聲を, 関係し, 闘いつつ, 闘うこと, 離すこと, 非常に, 頷く状, 香の物くらい

1 [3533件 抜粋] あからさまに, あのサスペンス, あの焼跡, ある保守政党, いうと, いくらか似た, いっしょな, いは, いろいろ考え, うすら寒いの, おなじかっこう, おなじはたらき, おなじ目, おもわれる場所, おんなじな, お松とを, お風呂敷, かなり間隔, かんじながら, きまったの, くびっぴきで, ここでは, この人, この槍, こんどの, さして大差, さとって, しいちど, しといて, し圓朝自身, すこしも異ら, すれちがう時, せっかく踏み壊し, そっくりでございます, その作品, その説, たしかめたこと以外, たたかわずに, だいぶ深間, ちがうの, ちっとも変わり, つかず泰平, てこの, とめの, どちらが, ない人, ない様子, ない雑談, なお都合, なし母, なにくれ, なんでも, にらんで, はたしてどれ, はっきり見える, ひとしい生理上, ぴったり結びつく, べつに, ほとんど同, ほとんど同時に彼, ほとんど同時に第, ほとんど変らなくなった, ほぼ時, まざりあうため, また脂肪それ自ら, まつたく違つて, みんな白状し, もう一つ好き, もう一册机, やはり一信徒, よく肖, わからないほどの, わかるお, わかるので, わかる中学生, わかる年々, わかる程, わかる足音, われわれ自身の, サンバイ様との, ハッキリ分っ, ヒエラルキアすなわち, ミミラクとの, レンラクあっ, 一味共通, 一歩の, 一致させ, 一變した, 万能薬の, 上野介の, 両立し, 並べて反古, 並んだ一人, 久助さんどうか, 二つある, 互角な, 交換しうる, 人にも, 今一つは, 仮装用の, 伝って, 似たやう, 似た他, 似た話, 似寄, 何より彼, 併行した, 倶に, 僕一個人の, 入り代, 入れ替えの, 全くひとしい, 全く平行, 全く職能, 共にかかる, 共に止まつ, 共に行く, 共通する, 内在性の, 出て, 分かりました, 分った時, 分つたが, 分らぬ程度, 分りますよ, 分るので, 分る位露骨, 分る拙劣, 分る話声, 判ったとき, 判るほど, 判別した, 判明した, 利益を, 劣らぬ愉楽, 区別できないであろう, 南皮の, 又気がついた, 反対であった, 反對, 取り替えて, 受取れる, 台所用品と, 合点の, 同じかっこう, 同じくインド劇, 同じく俳句, 同じく孔子さん, 同じく智識, 同じく直接人心, 同じく美しく, 同じく諸君, 同じぐらいの, 同じで有り得た, 同じハアプ, 同じ俳優, 同じ可憐, 同じ姿勢, 同じ年, 同じ徴候, 同じ数, 同じ本質, 同じ氣持, 同じ生活様態, 同じ窮迫, 同じ自然, 同じ角速度, 同じ趣意, 同じ鎌, 同じ驚き, 同伴し, 同意味の, 同時であった, 同時にあなた様, 同時にいよいよこの, 同時にお松, 同時にくるくる眩暈, 同時にこんなに前後, 同時にすっかり度胸, 同時にただ, 同時になお, 同時にはじめて七年前, 同時にぴしゃぁんといふ, 同時にほとんど忘れられかかっ, 同時にまだ何一つ思い出した, 同時にもうそろそろお神輿, 同時にもし出来るなら, 同時にやがて一定, 同時にわたくし, 同時にウルフ, 同時にシイメン, 同時にドリアン, 同時にブーン, 同時にメチル・アルコール, 同時にロケット艇, 同時に一層熱心そう, 同時に一軒, 同時に三十四歳, 同時に両, 同時に事件, 同時に人々, 同時に人顔, 同時に伊藤, 同時に何かしら, 同時に作られたらしい, 同時に傷, 同時に入口, 同時に冷え, 同時に前夜, 同時に十数名, 同時に反面, 同時に各自, 同時に命令的, 同時に喜劇名詞, 同時に地震波, 同時に外, 同時に大平さん, 同時に奇蹟的, 同時に奴隷, 同時に娘, 同時に実に辛辣無残, 同時に宿酔, 同時に将軍, 同時に尼, 同時に山岡, 同時に左, 同時に平靖号, 同時に店, 同時に弱い, 同時に後, 同時に忘, 同時に悪魔, 同時に應仁, 同時に所謂, 同時に教養, 同時に文明, 同時に新興国民, 同時に日本流, 同時に時たま仕事, 同時に最も近く悪魔, 同時に木戸口, 同時に村, 同時に概念, 同時に檣頭, 同時に此等, 同時に氣, 同時に油然, 同時に清々しい, 同時に火, 同時に爺, 同時に現今, 同時に産後, 同時に省三, 同時に破門者, 同時に私達二人, 同時に窮乏, 同時に素早く, 同時に練習, 同時に翌, 同時に肉桂棒, 同時に自分等, 同時に良沢, 同時に若干, 同時に藤助, 同時に表座敷, 同時に裏門, 同時に言霊, 同時に講談, 同時に路, 同時に迅雷, 同時に遠方, 同時に野々宮さん, 同時に長十郎, 同時に階級本能, 同時に非常, 同時に顔, 同時に骸骨, 同棲する, 同然に, 同視したる, 名の, 向い合った西側, 向かい合った高楼, 君が, 呼ぶ, 問わず語りを, 国民生活の, 均衡の, 変つて居ります, 変化するであろう, 多少異なる, 大いに意味, 大名の, 大淵が, 失踪と, 娘との, 定かに, 定められるの, 家の, 寝て, 察した時, 察しられて, 察せし, 察せられ弥吉, 寺院なぞで, 対照と, 対談する, 對象との, 小波さんの, 少なくも範疇的, 山羊さんの, 常人の, 座ぶとん代わりの, 引き出される, 引替える, 彼方の, 復活って, 心で, 心付くと, 必然的に, 思いこむよう, 思い定めぬうち, 思えぬくらい, 思ふ邊, 思われるし, 思想の, 悟つたとき, 悟られぬ巧み, 悪くは, 意味が, 感じられる, 感じるよう, 感ぜられる酒, 感づいた時, 感付いた, 或る, 戦う苦し, 戯作者たる, 打ち明けた時, 承知し, 抵触せぬ, 捉え難い, 推し量られ我ら一同, 推測が, 撞着する, 数へ, 新吉さん, 日本画は, 明答を, 時間表の, 書く方, 朧氣に, 東国においても, 根本は, 極めて鮮やか, 横浜生れの, 正反, 此處は, 殆ど同数, 殆同時に, 比べられること, 比較すべき, 気がついたが, 気がつくほど, 気づいたらしい女中, 気づいた時, 気づかないうち, 気づかぬ何, 気づくはず, 気付かず蒸し焼き, 気付き立去った臼井青年, 氣附い, 決まりますれば, 注意しない, 深みに, 混雑する, 灰色の, 無関係だった, 燃え移って, 物との, 独機の, 王の, 瓜二つな, 甲賀侍や, 異ならないの, 異なる, 異らない, 疑われる要素, 百千の, 目星が, 直角を, 相反れた, 相当量の, 相距, 眺めて, 睨みあって, 知ったでも, 知ったらさだめし, 知ったら伊那丸, 知った人々, 知った新吉, 知った聖画商, 知つた男子達は, 知つて八五郎が, 知つて顔を, 知らず秘蔵名代, 知らぬレヴュガール, 知られるまるで, 知られ汽車, 知りまして, 知るだけの, 知れた唐崎, 知れるを, 知れる市中, 砂馬を, 神社の, 秦野屋九兵衛とを, 空間概念とを, 竭きなかつた, 等しいこと, 等しく人間, 等なみに, 米友が, 結ばれて, 結婚さした, 絶縁する, 総理の, 織田武士の, 聊かの, 聞かずに, 聯関し, 肯くこと, 胸轟く, 自分とは, 自認しない, 芹沢が, 蕎麦の, 融合滲透を, 衝突し, 製本の, 見えるばかり, 見える神官, 見せると, 見た体操, 見た男, 見た青年, 見て取った小堀義哉, 見て取らるるよう, 見まがう亀裂, 見る目, 見分けさせて, 見分けられるよう, 見当が, 見紛, 視線が, 覚しい舟, 覚ったお, 覚つてか, 親密に, 覺つてか, 解つてゐられ, 言いかねて, 言つてますます, 言葉には, 話しては, 認むべ, 認めた時, 認められる, 認める位, 誤られる, 読めたが, 談話を, 貴女様が, 足どりを, 辿り渉, 近頃ぽ, 通達し, 連絡してる, 遊ぶやう, 違い極めて, 違った妙, 違つた有力な, 違ひまし, 遽に, 重大なる, 鉛筆を, 門の, 関ヶ原牢人の, 関連する, 闘う準備, 闘つてゐる, 附纏われる, 隣り合って, 雲丹の, 面白くない, 音響狂騷だ, 頷かれた, 類想し, 馴染の, 鳴門の

▼ それ~ (5959, 1.6%)

227 ゐて 181125 いい 70 よいの 63 いいと 59 いいの 54 居て 44 いいじゃ, 満足し 43 よろしい 30 よい 28 安心し 27 いいとして 26 いいでしょう, いながら 25 いいん 24 わかった 23 見ると 19 いいだろう, よいと, よろしいの 18 いいで 17 いいが, 済んで, 満足する 16 やって, 分った, 安心した 15 いいという, いいよ, みると, 話は 14 よかった, 帰って 12 いいさ, いいわ, よいでは, 急いで 11 以て, 安心しました, 満足した, 終った, 話が, 黙って 10 いいかも, いいから, 判った, 生活を, 終りました, 解った 9 いいのよ, よかったら, 出て, 始めて, 生きて, 終って, 足りる 8 あらう, おしまいに, よかろう, わかりました, 宜しい

7 [12件] よいか, よいが, よいとして, ゐながら, 分りました, 困って, 沢山だ, 済んだ, 生活し, 結構だ, 許して, 通して

6 [19件] いいか, いけなければ, いろ, すんで, だね, よいもの, よろしいでしょう, 一緒に, 十分だ, 好いじゃ, 好いの, 居ながら, 思い出した, 我慢し, 我慢する, 終ったの, 見ても, 話を, 読めた

5 [23件] いいけれど, いいそれ, いいです, いいわけだ, おしまひ, たくさんだ, よいという, 充分だ, 宜しいの, 気が, 泣いて, 消えて, 済んだの, 満足しなけれ, 満足な, 濟んだ, 私の, 立派な, 納得し, 自分の, 解つた, 話の, 足る

4 [36件] あらうか, いいかと, いいとも, いいもの, すまして, すんだの, だ, やって来たの, よろしいが, よろしいん, 一応の, 仕方が, 充分に, 分る, 口を, 好いとして, 安心, 彼の, 怒って, 思い出したが, 思ひ出したが, 成功した, 持って, 書いて, 死ぬ気, 済まして, 物を, 終ったわけ, 行って, 足りるの, 途切れて, 通って, 遊んで, 電話を, 飛んで, 黙った

3 [98件] あらうと, いいかい, いいこと, いいそれで, いいぢ, いいなら, いいね, いいので, おしまい, おしまいだ, おしまいです, おしまいという, かれは, きまった, けっきょく, すっかり安心, すんだ, すんだが, だん, はやって, びっくりし, ぶら下って, ほっとした, よいそれ, よからう, よろしいとして, わかったわ, わかりましたが, わかるとして, ホッと, 一段落に, 不足なら, 不足は, 人を, 人間は, 何か, 全部でした, 分ったの, 分ったわ, 切って, 判ったが, 別れて, 十分だった, 十分で, 合点が, 好い, 好いと, 安心する, 安心は, 安心を, 宜い, 宜しいと, 差支が, 帰った, 帰ったが, 帳消しに, 心配し, 忙しいの, 思いきって, 思い切って, 急に, 承知し, 承知した, 押し通して, 暮して, 来たん, 止むを, 死ぬこと, 死んで, 死んでも, 済みました, 済む, 済んだが, 満足だ, 満足である, 満足です, 無くては, 煩悶し, 相当に, 私は, 納得する, 終つた, 終る, 良いの, 螫される, 行かなければ, 見て, 見当が, 説明が, 諦めて, 負けて, 足りなければ, 迷って, 通った, 食いつないで, 食べて, 飯を, 驚いて

2 [286件] あそこにも, あつた, あなたの, あらう床, いいかしら, いいかね, いいがね, いいだらう, いいって, いいといふ, いいとしても, いいに, いいや, いいわけでは, いいんぢ, いい筈, いくらか気, いらしった, おとなしくし, おまけに, お尋ねし, お話を, かう云, かけて, かれら, かんべんし, くいが, くらしを, けりが, こわがって, さういふ風, しかたが, すっかり気, すっかり気分, すませて, すむの, すらその, すんだこと, すんだと, せう, それは, たくさんな, どうした, なす先方ア, びっくりした, ほんとうに, まごまごし, むす子, やって来たん, やつと, やめて, やんやと, ゆい子, よいこと, よいそう, よいとしても, よかったろう, よくっても, よろこんで, よろしいそれ, よろしいで, よろしいです, よろしいと, よろしいという, よろしいので, よろしい私, わかったよ, わかるの, ダンスに, チョイと, パンを, 一つの, 一ぱいに, 一段落だ, 一番正しい, 万事が, 下宿に, 事が, 二人を, 人間を, 仕事は, 仕事を, 他の, 会話と, 何も, 余らは, 作ったもの, 僕の, 僕は, 儲けた金, 儲けて, 元気を, 充分であった, 充分な, 充分納得, 凍結は, 出かけて, 分ったが, 分ったよう, 切り上げて, 切り上げる外, 切れた, 切れて, 判って, 別れた, 削れる見当, 勝ったと, 勝負が, 包んで, 参ったの, 可から, 合法の, 同情を, 唯菊五郎, 喜んで, 喧嘩しました, 喧嘩を, 営業違反に, 堪忍し, 堪忍を, 変名を, 大抵わかった, 大騒ぎを, 姉様なり, 嬉し泣きを, 子供の, 安堵し, 安心が, 安心だ, 完全に, 実験を, 寝て, 尋ねて, 少しも, 少年は, 尽きて, 差支えないの, 差支なけれ, 帰ったの, 帰ってから, 帰りましたが, 帰るの, 帷を, 平気な, 幾等か, 当って, 彼は, 得心が, 心が, 心配してる, 思いついたの, 思い出しました, 思い出しましたが, 悦しいなら, 意味が, 慰められて, 我慢が, 或る, 戦争が, 探しに, 故障を, 教育者の, 旅に, 昔の, 有る, 本望だ, 村の, 来たの, 来て, 果たして, 様子を, 此の, 歩いて, 死ぬの, 死んだらもう, 母親と, 気を, 注意し, 清々した, 済ませて, 済みましたが, 済むか, 済むこと, 済むと, 済んだと, 満ち足りて, 満足かも, 満足が, 満足したであろう, 満足しない, 満足します, 満足すべきである, 満足だった, 満足であった, 満足を, 準備は, 潤して, 潰れましたが, 澤山だ, 濟んで, 無くて, 煙管掃除の, 父に, 片づいて, 珍重されない, 生活に, 生活の, 生活欲を, 生計を, 用心を, 留守番を, 疲れて, 病人なら, 病気が, 益, 盡きました, 着氷, 知ること, 研究は, 私を, 立派に, 納まったの, 納まって, 納まるか, 終りであった, 終るの, 終れりと, 結晶の, 結構で, 結構である, 考えて, 腹を, 自分は, 自殺の, 自足し, 苦しい中, 苦しんで, 落付ける, 落着しました, 行くの, 行けば, 行こう, 衝突する, 見物の, 覚えて, 観戦の, 解けて, 解ったよ, 解らないの, 解ること, 解るとして, 許されて, 読めました, 誰にも, 調べて, 貯金帳を, 買いに, 買って, 足らなければ, 足りずに, 足りた, 足りないところ, 身動きが, 返事が, 逃げて, 逃げてるの, 通したもの, 通すの, 通せる世の中, 通り彼等, 通ること, 通用した, 通用する, 造作付一円五十銭は, 逢引を, 進んで, 逸れた, 遺憾の, 間にあうの, 間に合うもの, 間に合ったの, 電話で, 非常に, 頬を, 食って, 食事を

1 [2978件 抜粋] あがりましたどうか, あくせくし, あっし達も, あなた方は, あらまし分った, いいありがとう, いいこんな, いいだろ, いいとすら, いいわけな, いい加減いや, いい江戸橋, いくらか, いけなけりゃ仕方, いっぱいなん, いつ夜中, いよいよ気がかり, いろどられて, うなずけるよう, ええといふ, おうかが, おさまると, おちついたが, おとなしく辛抱, おもしろくなる, お互いに, お尋ねする, お産の, お茶を, かういふ混雜, かえったという, かなり蒐集慾, かまわない, かれの, がまんする, きまっただが, くらして, ぐるぐる顔じゅう, ここが, こすりつけるやう, ことごとく皆, この文化, この範疇, こわれたり, さう聞かれると, さしつかえないの, さっそく神産霊神, さわいだ, しめやかな, すぐなおりました, すこし参るらしい, すっかり虫, すますわけ, すみ今度, すむといふ, すらいかに, すらも彼ら, すら三時間前, すら多く, すら確か, すら都鄙, する事, せいぜいであろう, そこなわれましたか, その兄, それまで, たりずに, だろう, ちょっと前, つかれるの, つごう三千ルーブル, つながれたかも, つらぬいたこと, できる限り原書ドイツ訳, ところを, ともかく一人前, どうしました, どうにか工夫, どっと笑った, なおりますから, なぐてさえ, なの, なんとも思っ, はじめて王, ひさが, ひねくれて, ぶつかるの, まあ麦焦し, またフランス, また工夫, また私, まわったよう, みんな馴れ, もう覚め, もっと多く, やった, やっとどうやら廻っ, やむをえず時機, やめに, やられたが, やりくりに, やるらしい, よいかと, よいすぐ, よいです, よいらしい, よい呼んだ, ようやくその, よくどの, よく解りました, よしさう, よすこと, よろしいここ, よろしいやろ, りこう, わかったそれで, わかったわけ, わからなければ, わかるが, わかるんで, わたくしの, アガリという, オチゴカンバという, クリストフは, サイクルホールに, ズルズルに, ドッと, ヒステリー病だの, プラット, リンクの, 一か, 一先ずほっとした, 一座の, 一旦立消え, 一杯だ, 一生を, 一種の, 一躍鰻上り, 万事けりが, 三郎兵衞を, 下された一人, 不満を, 世間並の, 中毒を, 乗せましたら外, 了簡せい, 事件が, 二十八天三十三天と, 云わば, 人間か, 今夜上がった, 介抱は, 代理を, 休みたいも, 伝へる工夫, 何となく愛嬌, 何処までも, 作家, 保たれる, 借金を, 働いちや, 償いは, 兄さんが, 充分である, 充足させられたろう, 先発し, 入学は, 全部だった, 其女に, 凌いで, 凝結核を, 出かける, 出るつもり, 出来たお金, 出来ること, 出来る賄い, 分かったな, 分ったよ, 分らなきゃ世界骸骨化本部, 分りました式, 分散を, 初めて, 判ったわ, 判ります, 別れ其後, 制せられても, 力強くなった, 助かったので, 助けられ大船, 効果が, 動かなくなった, 勝ったつもり, 勝負を, 包み隠すという, 十分だつた, 十分と, 十分快適だった, 卒業席次が, 占ったらわたし, 参って, 又ゆ, 反対の, 取って, 取るべき給料, 口と, 可愛がりいとし, 叱られても, 吃驚りし, 同宿の, 向き直って, 味いの, 命ぜられて, 唄って, 喋り尽きたという, 嚇し切れれば, 困ってるのよ, 困るでがす, 國とか, 埋め合わせようと, 堪能し, 売りだすとも, 変るもの, 多少得心, 大丈夫な, 天下の, 失望した, 好いさ, 好いもの, 妄想に, 威張られては, 嬉しいのよ, 学問が, 安心いたしました, 安心するだらう, 安心出来た, 定められたと, 宜しいから, 宜しいん, 実家へ, 宣しいです, 容れられない時, 寄宿生らの, 寝ましたん, 対抗した, 尋ね尋ねた末, 少しでも, 尽きたの, 届け出たの, 岩波も, 差支えない訳, 希望を, 帰つ, 帰りましたけれど, 帰宅, 平気の, 広告に, 引き取るだからね, 引張られて, 強いてという, 当惑した, 役目を, 往来へ, 徒勞だ, 御用ずみ, 徹したもの, 心配な, 忙しくない, 思いあたること, 思いついたん, 思い出したという, 思い出すの, 思い残すところ, 思ひ出したの, 思ひ合されるの, 恋しくなった, 恐入って, 息を, 悲しむこと, 想い起すの, 慌て, 懐中電灯を, 成功する, 我慢した, 我慢出来ぬ, 戦争の, 戻って, 手を, 打たれたこと, 打ち切りこんど, 打った生蕎麦, 批評だの, 承知なら, 抱きしめ抱きしめながら, 拭いた, 持ちきりですよ, 指揮する, 捕えた小鳥, 掌先を, 掴まつて, 損するん, 改造といふ, 放棄した, 救われでも, 散会した, 文明十五年ごろまでは, 斬り倒す意思, 新しいといった, 新しく引越す, 旅行に, 早く三造, 是非とも, 時間が, 暖まれましょう, 書く墨, 望外な, 本望かも, 村中の, 来ると, 枕言葉を, 柄に, 椅子に, 楽かい, 構わないと, 樣子が, 止まった, 止めて, 正しい, 此度も, 歩行の, 死なれるか, 死ぬとき, 死んだし, 死んだ時, 殆ど勝負は, 殺されたと, 母御様と, 気がついたから, 気づいた, 気付いたが, 永の, 決していい, 決心いたしました, 沢山じゃ, 沸騰し, 沼田様から, 泣き寝入りに, 洋行中も, 活動館の, 浪人者は, 消息には, 清々しいいい室, 済ましちや, 済まなかった, 済むかよ, 済むの, 済んだがね, 渠は, 満点な, 満足するであろう, 満足でございます, 満足よ, 滅法早い, 潜水の, 澤山です, 炭焼藤太と, 無事でした, 煩うん, 片づいた, 片付けて, 特赦に, 珊瑚を, 甘んじて, 生きるか, 生活したい, 生活は, 用意し, 異論は, 病人の, 痛感する, 発電を, 盗んだ金, 相場は, 相談と, 眠られないという, 着物を, 知っとるん, 知れないから, 石鹸を, 破滅に, 神経が, 称び慣れ, 種ぎれではなかった, 立ちすくみに, 立ったもの, 笑う, 約束が, 納まる筈, 紛らしたといふ, 終っても, 終りでは, 終るべき人物, 終わりました, 結えて, 結晶とは, 結構でございます, 結構特に間に合わせよう, 絶えた, 締めたの, 織った布, 美しいの, 考えた末, 耐震に, 聞こえて, 肚が, 脂ぎつた顔を, 自分に, 舟を, 芝居を, 苦しい極み, 苦労が, 茶屋の, 落ち付いた声, 落着けば, 蔽い切れない部分, 行きましょう, 行くならば, 行った, 装置の, 襲撃しまし, 見えるやう, 見なおした気, 見物を, 覚めたが, 観察力の, 解せたぞ, 解りました, 解決が, 解釈する, 言様が, 討てるか, 許せるの, 証書が, 詫びようと, 話しました, 誤解を, 説明出来る, 読んで, 諦めた, 謂わば, 豚を, 責任を, 買えた, 賣り物, 贖って, 起きる奴, 趣きの, 足りそれ, 足りなきゃア, 足りねえ時, 足りるとは, 足るくらいに, 踊るの, 躯が, 迷います, 退屈なし, 逆らわないだけ, 途絶えて, 通ったけれど, 通る世の中, 通用は, 進まないの, 遅れたん, 運べば, 運転手は, 道庵が, 選定試験が, 郷土そのものも, 酸化作用と, 金が, 釣ったの, 鎮まった, 開け地, 間に合うと, 間に合って, 間違ったの, 険しい眼つき, 集まったもの, 雇われること, 雪がれようという, 面白い, 頭が, 願いが, 食えも, 食わないに, 饑を, 駄目に, 驚いた, 高度な, 鳴る鳴子, 黙ったが

▼ それには~ (4804, 1.3%)

45 答えないで 43 何か 41 答へ 33 及びません 30 次の 29 理由が 26 答えず 23 返事を 22 及ばぬ, 答えずに 21 及ばないと 20 それだけの 19 わけが, 答えなかった 18 二つの, 訳が 17 及びませんよ 16 及ばん 15 いろいろな, 少しも 12 何の, 眼も 11 一つの 10 何よりも, 及ばぬと, 私の, 第一, 自分の 9 さすがの, 仔細が, 及ばない, 彼の 8 いろいろの, こう書い, それの, なんの, 何かの, 及びませぬ, 日本の, 目も, 私も, 誰も 7 女の, 条件が, 相当の, 耳を 6 ちやんと, 彼が, 彼は, 彼も, 私が, 私は, 種々の, 耳も, 返辞を, 金が

5 [18件] いろ, およびません, こんなこと, それで, どうしたら, 二人の, 人間の, 何とも答えなかった, 及ぶまい, 君が, 應へ, 或る, 構わずに, 血の, 返事も, 違ひない, 鉛筆の, 黙って

4 [24件] だれも, 一人の, 何も, 例の, 前に, 原因が, 及ばないよ, 多少の, 応へ, 書いて, 気が, 気がつかなかった, 深いわけ, 深い仔細, 深い訳, 異議は, 自分が, 色々の, 見向きも, 触れなかった, 証拠が, 重大な, 頓着しない, 頓着なく

3 [57件] いいこと, いずれも, いって, およばぬ, こうあった, ここに, こたえず, さすがに, すぐ返事, それを, つぎの, どれも, なにも, なんとも答, まず第, また彼女, 一言も, 三つの, 事情が, 人の, 今の, 他の, 何うし, 何と, 何とも答, 何とも答えない, 僕の, 先ず第, 先づ第, 先生の, 別の, 及ばねえよ, 及びますまい, 因縁が, 困りました, 外に, 多くの, 少からず, 幸ひ, 彼を, 従来の, 慣れて, 手も, 手を, 持って, 氣が, 無関心, 目を, 答えが, 答えようとも, 答えること, 自分は, 色々な, 議論の, 返事が, 鉛筆で, 頓着せず

2 [241件] ああし, あなたに, あの女, あらねど, いささかも, いろいろ耳寄り, お互に, お冬, お構いなし, お気が, お浦, お福, かう云, こういう話, こうし, こう書かれ, ここの, こたえなかった, こちらの, この, このまま, この事件, この子, この舟, これらの, さまざまな, それぞれに, それなりの, それに, それまで, たしかな, たしかにそれ, たった一つ, だれか, ちゃんとした, ちゃんとわけ, どういうこと, どうしてもどこ, どうしても図, どうすれ, どう云, なお他, なにかわけ, なんとし, なんとも応, なんらの, はっきりと, ほかにも, ぼくは, まずこの, まずどんな, まず手近, またいろいろ, またそれ, またそれだけ, また一つ, また別, まだずっとお, まづ, まるで気がつい, みんな真っ白い, みんな記号と, もっと別, やはりそれ, よくよくの, わけの, ギョッと, ハンドルが, リヽーちやんを, 一週間ばかり, 一部の, 一部分は, 一面に, 三千子の, 不思議は, 主人の, 二本の, 交換条件が, 人馬継立ての, 今まで, 今日の, 今日まで, 似ざりき, 似るかも, 何が, 何とも答えず, 何とも返辞, 何らの, 何を, 俺も, 充分に, 八月だ, 写真技術の, 別に耳, 前にも, 前の, 単に時間, 又いろいろ, 又それ, 又種々, 及ばないさ, 及ばない小判, 及ばない私, 及ばなかった, 及びませんあれ, 及びませんがね, 及びませんわ, 及ぶまいよ, 反対が, 反対な, 叔父の, 古銅の, 同意を, 周囲の, 唯僕等, 問題の, 困って, 垣も, 多分に, 多大の, 多年の, 多方面が, 大変な, 失敗した, 如何に, 子どもの, 子を, 官吏だの, 家の, 容易ならぬ, 少しの, 左の, 市長も, 平気で, 幾つかの, 当時の, 役者の, 彼女も, 心の, 必ず何, 必ず水垢, 応えず, 応えようとも, 情熱が, 意外な, 成功し, 戦争が, 戦争放棄が, 所々血が, 手が, 指でなく, 指導者が, 支度を, 明白な, 是非ともお, 時を, 時代の, 時候が, 時節が, 時間が, 普通に, 普通の, 曰くが, 極って, 構はずに, 此の, 武器が, 歴然と, 気がつかないよう, 気づかないよう, 気づかなかった, 気も, 永年の, 法水の, 法水も, 洗練された, 深い子細, 瀕死の, 無理から, 無限の, 父の, 現在の, 現実に, 理由も, 生活の, 男の, 畢竟三十八年幾月, 異存が, 皆坂井の, 相手に, 知識も, 確かな, 種々な, 種々訳が, 空想的な, 答えず黙って, 答えも, 簡単な, 純潔な, 経済上の, 絶好な, 絶対に, 絹縮の, 繰り返して, 肯定も, 自信が, 自分と, 自分も, 興も, 興味を, 船を, 複雑な, 親戚の, 観察と, 触れずに, 訳も, 警察の, 負けて, 責任が, 赤い字, 身を, 軍神広瀬中佐の, 返事は, 返辞も, 違いない, 適しない, 金も, 錠を, 鍵がか, 閉口し, 関せず, 関係が, 関係なく, 関西の, 陸軍の, 青年の, 非常な, 非常に, 頓着なし, 餘り, 驚きました

1 [3184件 抜粋] あえて驚き, あなたも, あの愛嬌, あまりいろいろ, あまり氣, あらゆる場合, ある悲しい, いい考え, いくらか, いざという, いったい何処, いつも恐ろしい, いろいろ事情, いろいろ訳も, うすのろ, おとき, おほ, およばないよ, お上役人の, お前方, お心あたり, お母さまが, お触れに, かう云つて, かからないが, かちわたりの, かなり金を, かまわずに, かまわず甚五衛門, きっと, きょうこそ, くどくどと, こういう事情, こういう奇怪, こう云う, ここは, こたえず憮然, このよう, この亭主, この季節, この手, この森, この私自身, この近代精神そのもの, この鳥, これが, こんなきみ, こんな気味, ございませぬ, さしもお, さらに答えよう, しじゅう板, じつはノロ公, すこしでも, すでに一壺, ずいぶんお金, ぜひとも双方, そうしたあたりまえ, そちらへ, その上, その地方, その拠っ, その種子, それぞれの, それへの, たいして考える, たしかに信ずべき, ただこれ, ただ私, たとえば文章, だいたい次, ちがいありません, ちっとも触れ, ちやうど, ちょっとむつかしい, つつんで, できるだけ丈夫, とてもやり切れなかつた, どうしてもいま, どうしても伊那地方, どうしても将軍, どうしても都会, どうにも出来ない, どこぞと, どんなに固く, どんな效能, なかなか気, なにかおぼしめす, なにか秘密, なまじいに, なるべく母親, なんとかし, はなから, ひとつこの, ひまが, ふたりの, べらぼうも, ほとんど注意, ほんとうの, まことに相応, まずアンモニア, まず他, まず宝蔵院衆, まず悪, まず氷冠, まず自分, まず鍛冶富, またしかるべき, またもっと, また人々, また危険, また思い, また浦賀表, また纒綿, まだかなり, まだ大分時日, まだ時間, まだ贅沢病, まつて, みな宝石が, むろん理由, もうまったく逆らう, もう主人, もう時機, もちろん何, もっともの, もっと簡単強力, もはや心配, やっぱり夜, やはりぼくたち, やはり大空, やや委しく, よく同席, よほど探しくたびれた, わが劇壇, わたしが, アザラシの, アルファベットと, エゴイスチッシュな, カルデアの, キヤベツが, コスモは, ジャネットの, チャンと, トンネルの, パノラマ発明者の, ブドウ酒を, ポケツトと, ミナトヤで, ラウダの, レオニドフの, 一々確か, 一メートル四方ほどの, 一体どうしたら, 一向とりあわず, 一場の, 一寸相手, 一応小普請支配, 一月じゃあ, 一点の, 一種の, 一趣向ある, 丁度よく美しく, 七年間苦しい, 三カ所厳重な, 三男一女という, 下の, 不思議な, 世帯道具を, 両端に, 主として音楽そのもの, 久し振りで, 乗らぬこと, 九月に, 争うべからざる古今, 二つとも, 二円八十銭より, 二百人に, 五人の, 五郎造の, 人びとも, 人間ば, 今より, 今日鮒に, 仏教を, 他人の, 仮に第三者, 伐つてから, 低く平ら, 体温さえも, 何だか因縁, 何は, 何れ一と, 何故か答, 余りに多く, 使った形跡, 俗名も, 倹約を, 僧は, 兄者人へ, 先ずロシア語, 先ず小田先生, 先ず薬種屋, 先づ生きる, 先方が, 光の, 全く存在, 全く興味, 八丁堀も, 共に眉, 其の地方, 内部の, 処女という, 分捕品, 別な, 別に答えなかった, 利に, 前者から, 労働団体の, 勤王佐幕両, 勿論先生, 医者も, 十分熟練し, 千葉先生が, 単に感覚的, 原作には, 又なにか, 又道具, 及ばないが, 及ばなかつたらしいよ, 及ばぬもの, 及ばぬ注げ, 及ばんが, 及ばんひとり, 及びませぬして, 及びませんが, 及びません乗物, 及ぶまいと, 友達ながらも, 取りあわないで, 取合わず説明, 古くからの, 古来数ある, 史家の, 合ッ点が, 同意しかねる, 同時にほか, 吐くの, 否定すべからざる, 唐の, 嘘八百が, 団十郎に対する, 国々の, 土中の, 地方によって, 堪え得た, 境木の, 夏中の, 外部から, 多少恩, 大きな字, 大して関心, 大勢の, 大学や, 大殿樣も, 大賛成, 天下一家といふ, 天賦の, 奇妙な, 奥から, 女学校くらい, 妻木右太之, 委しく見る, 嫂も, 子供を, 学校を, 完全な, 実になる, 実家から, 室長の, 容易に, 實際の, 封が, 小さい文字, 小径が, 小鉢物, 少しばかり, 少し許, 少年らしい, 屑米また, 岩本の, 左門からの, 巻煙草よりは, 師範学校へ, 平均を, 幸いお, 幻を, 幾分弛み, 店員で, 廻廊の, 弱ったと, 強い韻律的, 当初からの, 当然帷幕, 彼と, 彼女に, 彼自身も, 後藤氏も, 従軍作家部隊に, 微塵の, 心に, 必ず体質, 必由来が, 応えず後, 忠臣蔵の, 怠惰の, 怪奇な, 恕すべき, 惘れたね, 愕として, 感心し, 懐疑が, 我慢が, 所謂忘れられたる, 手紙の, 折よく, 抱えぬしの, 持前の, 探し様, 撥に, 政治的君主としての, 教師が, 敵は, 文武共に, 新しい墨気, 新聞社の, 旗太郎以下津多子に, 日本人を, 旦那どのも, 昆虫の, 明智が, 昔の, 昨夜怪しい, 昼でも, 時機も, 景雲も, 更に勝重, 最初この, 有らゆる苦肉の策, 朝鮮の, 未だ少し信仰, 本居氏, 朱も, 来ないでも, 果して危険, 根本を, 植込の, 榊だの, 構わないで, 橄欖寺の, 歌が, 正直な, 此地でなけれ, 武田家の, 残った数量, 母も, 毛布が, 気がつかずやがて, 気が付かない, 気づかず宣伝, 気を, 氷でも, 決して明瞭, 治安維持法という, 津田が, 浮かび出て, 消印は, 深い事情, 深く心, 清雅な, 満鉄線, 漱石先生が, 炭火が, 無理も, 無論養家, 無頓着です, 熱情が, 父博士によって, 牧師といふ, 特殊な, 猟銃の, 玉璽を, 甚吉の, 生来の, 田村君の, 男でなけれ, 異存は, 異論も, 疑いの, 発石車を, 白水君が, 百貨店に, 目はしの, 相当しない, 相違は, 眠剤が, 矢張り沢山の, 石川達三中野好夫久保田万太郎丹羽文雄亀井勝一郎横山泰三かつて, 砂糖という, 確か御, 神様の, 私だけの, 私達どんな, 種々原因, 穏やかであり得なかった, 立原も, 竹童も, 第一次ヨーロッパ大戦, 答えずあたり, 答えずして, 答えずドア, 答えず友吉, 答えず必死, 答えず梅, 答えず貝十郎, 答えそれから, 答えんと, 箱も, 糊の, 紋章の, 素子に対し, 細長い短, 経験が, 絶対な, 續きものといふ, 美しき娘, 義貞も, 老祖母さん, 聡明も, 背の, 胸腺について, 腹を, 自分ながら, 自家を, 自説の, 航海中また, 船長ダ・ガマの, 良家の, 芝源助町の, 若干の, 茶褐色の, 萬兵衞の, 蔓草の, 藤枝が, 行ない古し, 装置が, 覗き眼鏡の, 観察及び, 触れたくは, 触れぬこと, 言論自由が, 話の, 誰が, 調査と, 謙遜が, 豚の, 賀茂郷立本寺裏町治右衛門屋敷という, 賛成だった, 赤い窓, 身分を, 農村の, 返す言葉, 透かし彫りの, 週末休日の, 運転手の, 遠からず, 部分部分の, 鄭和が, 重力を, 金紙や, 銘々キュピットの, 鐘鳴, 長州の, 間違ひもなく, 限りません, 陸上トレンチノ線の, 雑夫達の, 雪子の, 露骨に, 非常なる, 韓の, 順序も, 頼んだり, 風の, 飢饉も, 馬役歩行役ならびに, 驚きは, 鬼才ダリア嬢も, 鯰が, 黒インクで

▼ それじゃ~ (3021, 0.8%)

23 あなたは 19 君は 14 僕は 13 きみは, 僕も, 親分 12 お前は, アお, 私が 1110 仕方が 9 これで, 何です, 俺が, 行って, 駄目だ 8 僕が 7 これは, 俺は, 私の 6 あばよ, あんたは, おれの, ない, アあの, アまるで, 一緒に, 何か, 僕の, 私は

5 [11件] あなたの, おれが, お前の, すぐに, どうすれ, ア何か, 君が, 往って, 約束が, 訊くが, 誰が

4 [20件] あれは, おれも, きさま, これを, ないよ, みんなで, わたしは, アお前は, ア何だ, ア此の, 下手人は, 今から, 今夜は, 今日は, 何かい, 何にも, 何の, 僕を, 先生は, 気を

3 [58件] あなたが, あんまりだ, いって, おれは, お前さんは, こうしましょう, こうしよう, ここで, ここは, これだけ, さっきの, しかたが, それじゃ, ちょいと, つまらない, どうした, どうする, どこへ, ないかと, ないん, なにか, ほんとうの, ぼくも, また, もう一つ, わしは, わたしも, アどう, アどうも, アまア, アもう, ア宜, ア手前は, ア本当に, ア私が, ア私は, 二人で, 二階へ, 今の, 今度は, 今日の, 何も, 僕だけ, 僕と, 君に, 困る, 明日は, 本当の, 来て, 私も, 私を, 約束した, 聞いて, 話が, 話に, 銭形の, 頼むぜ, 駄目です

2 [128件] あそこへ, あっしも, あっちへ, あの女, あの野郎, ありませんか, あんまりお, あんまりです, いつまで, いまのは, いよいよあの, おいらも, おじさんは, おため, おまえは, お前さんの, お前も, お父さんに, お酒, きさ, きみたちは, きみの, きょうは, こうお出で, ここから, ここに, こっちの, こっちも, この子, これからすぐに, これから二人, これから僕, これだけの, こんどは, ごいっしょ, しばらくお, せっかくだ, そういうこと, そこへ, その人, それで, てて, どうあっ, どうしたら, どうしろ, どうも気, どこに, なって, なわを, ほかの, ぼくたちは, まあ, まあ御免, また逢おう, まるで話, まるで雲, もう一息, やって, やっぱりそうだった, わしたちは, わしらは, わたしの, アそう, アそうしよう, アその, アち, アつまらない, アな, ア仕方が, ア何んだ, ア其の, ア御, ア斯う, ア申します, ア話が, ア青木が, 一つやる, 三人で, 他の, 何う, 何かね, 何が, 何だって, 何を, 俺らが, 僕らの, 僕らは, 兄き, 兄さんが, 出ようか, 勝手に, 向うで, 君の, 困るよ, 困るわ, 困るん, 大丈夫だ, 大急ぎで, 奥さんに, 好いでしょう, 学校の, 安心し, 巨人だ, 帰りに, 帰りましょう, 待って, 御免蒙ります, 御馳走に, 教えて, 旦那も, 明さんに, 明日から, 昨夜の, 気の毒だ, 水の, 池の, 申しあげましょうか, 男の, 相談する, 約束し, 結構じゃ, 考えて, 自家の, 見て, 話して, 貴方は, 貴様が, 院線で

1 [2170件 抜粋] ああやっ, あおめえ, あたい口笛を, あたしの, あたし死ん, あとで, あなたと, あのとき, あの円盤, あの宇津木兵馬, あの挑戦状, あの晩, あの百松, あまり遅く, あんまり, あんまり惜しい, あんまり芸, あんまり重い, いいますがね, いかにもハア, いけない, いけませんわ, いただきます, いっそ東京, いったい犯人, いつか聴い, いまの, いよいよやりますだ, いらないん, いッそ, おあずかりいたします, おじさんも, おばさん逃げよう, おめ, おれだって, お今ちゃん, お俊姉さま, お切り, お前から, お前さんだ, お前に, お前七日の, お前弁信さん横に, お北, お名残り, お嬢さま, お嬢さんを, お庄さん, お政, お泊, お爺さんも, お篠, お茶を, お話しできません, お辰, お頼み, かえって憑込, かりにクイ先生, きっと月, きみにも, くれぐれもお願い, こうしたら, ここへ, こっちへ, このごろ評判の, このベッド, この剃刀, この帳面, この旅行, この私, この通路, これからお話, これから一緒, これだ, これや, こんな野天, さいご, さようなら, しようがない, すぐ始めよう, すぐ支度, すみませんから, せいぜい保護, せっかくの, ぜひ一度, そいつは, そうしたまえ, そこに, そのくらいに, そのなわ, その事実, その奥さん, その教員, その花岡君, その道, それだけ, そんなお, ぞんざいな, たしかだ, たとい林, だめだった, ちっと手前勝手, ちょっとご免, ちょっと訊きます, つい近所, つまりお, つれて, でどう, とてもかなわん, とても虫, とにかく差し止め, ともかく署, どうしても, どうして用心, どうしよう, どうだろう, どうも欣さん, どっかの, どっちも, どれも, な, ないですかね, なお前, なぜおいで, なぜ食わぬ, なにを, ねえかと, はなします, ひとつ実験を, ひとつ貰っ, ふくらんで, ぼくが, ぼくらの, まあとにかく一番丁, まあ止めよう, まあ通し, ますます地球, またどこ, また会おう, また明日, また近い, まだ中身, まだ来客謝絶, まちがいない, まるでぼく, まるで手前, まるで無駄骨, まんまとあなた, みんな困ったでしょう, もういくら上げたら, もうすこしお話, もう一つ深刻, もう一回注射, もう一度話, もう別に何, もう教えない, もう荷物, もう遅, もしや本名, もし貴女, もっと他, やっぱりあの, やっぱりお前さん, やっぱりもういけない, やっぱり例, やっぱり向う, やっぱり安心, やっぱり芸者, やはり, やめよいくら, ゆうべの, よう御座ん, よろしゅう御座います, わしの, わたしまだ, われわれも, アあっさり, アあっちへ, アい, アお先へ, アお前さんは, アお前を, アお前様アやっぱり, アこいつを, アこまる, アしゃべらない, アてっきり, アない, アなんだ, アひとつ私が, アもう一度, アイダ天流と, アノ姉歯という, ア一盃切りだ, ア三藏に, ア二割引きで, ア交番に, ア仕様が, ア何うし, ア何から, ア何の, ア何卒, ア先へ, ア内の, ア博奕打は, ア地面を, ア夜食でも, ア大工さんを, ア女中部屋へ, ア姐ご, ア実際, ア小田原の, ア己ア家の, ア役目が, ア愚連隊どころか, ア手前の, ア手許に, ア文さん先刻の, ア是から, ア林へ, ア正月の, ア母親さんが, ア永之, ア然うし, ア猿若が, ア番頭さん私が, ア皆な, ア直に, ア私と, ア結婚できねえや, ア脈が, ア行き倒れだ, ア記代子を, ア貴女は, ア貴方本当に, ア送っ, ア首尾よく, インキが, カステラを, クレハさん, シチャード, スッカリ申し上げます, テイクロトロンの, ニヒリズムという, ピストルを, マア人の, モット柔かく, レエヌだって, 一つ, 一つ佃という, 一つ完全に, 一つ着更える, 一体何, 一向にどうもなら, 一度きみ, 一昨日の, 一番復讐戦を, 丁度よう御, 万の, 三人を, 三次でも, 下町へ, 世上の, 中へ, 主観の, 事が, 二円でも, 云いますがね, 五十噸ぐらい, 五重の塔は, 人間て, 今では, 今まで, 今年も, 今後は, 今日様へ, 今朝の, 今迄の, 仕舞ッてから, 任せて, 伝道が, 佐吉を, 何うなさいます, 何だかあたし, 何ぼ, 何故僕, 余まりだ, 使いを, 俺あ, 俺に, 俺達の, 偽首じゃ, 僕のも, 僕達困ります, 兄や, 兄貴あんまり, 先刻バッファローで, 先生あいつが, 先輩です, 全く高, 八こう, 公設市場の, 内藤君お, 出かけて, 出ると, 分る筈, 初から, 別に用, 助かる命, 勝ち過ぎる, 千三つ屋の, 卒業し, 参りましょうか, 反対だった, 只今直ぐ, 同じもの, 名乗って, 君たちの, 君やっ, 呼吸を, 商売に, 嘘だ, 四時を, 困るですね, 囲いの, 均一も, 塩に, 夏女か, 外にゃねえ, 夜明に, 大事に, 大晦日まで, 天下太平な, 太閤さんに, 失礼します, 奉公は, 奥さんは, 奮発し, 好いけれども, 妾は, 子どもたちに, 孫右衛門殺しは, 宗近, 宮永さんに, 家の, 容易に, 寒いだろう, 察する, 小僧に, 小林さんに, 小男や, 少し啖呵, 尚の, 山のぼりを, 岩という, 帆を, 帰るの, 幅が, 店の, 引返して, 当って, 彫物師の, 彼女を, 後へ, 御上り, 御令嬢, 御免下さい, 御前の, 御忙, 御母さん, 御苦労だ, 御貰い, 心快く, 性急すぎる, 恩給を, 愛想を, 戴いときますわ, 手も, 手前銭形の, 投げましょう, 捨てても, 教育程度も, 文代さんに, 斎藤さんに, 日本へ, 旦那が, 早くお, 早く俺, 早く帰れ, 明かして, 明智は, 昨夕わたしが, 昨日晩方にも, 晩方まで, 暫らくの, 替唄, 月賦で, 木村君が, 本当な, 来い夜, 松井君のな, 柳田さんの, 機関車じゃ, 正勝の, 此方へ, 死んで, 毎月七八円ずつ, 気の毒で, 江戸に, 治療代にも, 泰然たる, 清之介君頼みます, 済まねえが, 済むまいぜ, 源さんが, 演説を, 火星です, 無理ね, 燈台守にでも, 片一方, 物置でも, 狸の, 玉屋へ, 生きて, 用事かね, 田舎へ, 申し上げますが, 畑を, 白鷹先生は, 百成綾子の, 皆の, 直ぐ丸の内, 相手も, 矢っ, 確に, 祭文語りは, 私たちだって, 私と, 私斯う, 科学を, 窩人部落か, 竿だ, 第三機械, 算盤に, 素直に, 結局昔の, 総之, 纏めて, 考えものだ, 聞くが, 聴いて, 腹の中まで, 自殺する, 興行的に, 花も, 若様は, 莫迦莫迦しい, 葬式の, 虫が, 蛇王様は, 行きます, 行くん, 表と, 西手からに, 見物し, 親分を, 親分大, 言いにくい, 託り, 証書を, 話そう, 説明し, 誰だい, 警察署へ, 負けて, 貴公も, 貴方の, 貴郎, 赤井君が, 身体でも, 返事を, 逃げたん, 通りません, 過失死とでも, 違ったろう, 遼陽は, 里見さんの, 鉄砲玉じゃ, 銘々に, 関の, 雨の, 電報か, 頂きます, 頼むよ, 風説の, 飽きたん, 馬琴の, 高谷君や, 魚が, 黒姫山の

▼ それより~ (2948, 0.8%)

75 ほかに 63 先に 59 前に 58 外に 45 他に 18 以前に 16 して 15 以上に, 少し前 14 俺は, 大事な 13 ほかの, 後は 12 前の, 後の 11 ずっと前, ほかには 10 お前の, 他の 9 以上の 8 お前は, さきに, もつと, 先は, 外には 7 他には, 僕は, 私は 6 はるかに, 君は, 彼は, 後に, 驚いたの

5 [12件] ほんの少し, 上の, 今日は, 以上は, 以前には, 以外に, 何か, 先へは, 外の, 外は, 早くは, 進んで

4 [14件] あなたこそ, おめ, すこしまえ, それと, まえに, 上に, 上は, 仕方が, 前には, 君の, 大切な, 手を, 数日を, 遥かに

3 [30件] あなたの, あなたは, あの娘, おれは, お前と, すこし前, そこに, ちよつと, どうだ, ほかは, もっと悪い, 以前から, 以前の, 以外の, 以後は, 先き, 先の, 前, 前は, 南の, 奥は, 少し背, 数年前に, 数日前に, 早く, 母の, 私が, 肝腎の, 自分の, 遙に

2 [149件] あたしは, あとに, あなたこの, あなたに, おそくなれ, おまえは, お前が, お前に, お糸, かお主殺しの, かも一歩進め, きみこそ, ここに, ここは, この女, これが, すこし下, ずっとはやく, ずっと若い, どんな者, のぶな, はやくこの, ふつか, ぼうやとう, ぼくらは, まえ私, もうお, もっと先, もっと気, もっと深まった, 一人一人家の, 一寸も, 一層驚いた, 一日も, 一般の, 一足先き, 一足先に, 三年前に, 三日前江戸の, 上等の, 下は, 下手人を, 不思議な, 世才に, 二三の, 二十年も, 二十数年以前すでに, 二年後の, 二日前, 二週間ばかり, 今夜は, 今日の, 今日までの, 他は, 他仕方, 以上口を, 以前にも, 以前楠正勝が, 以後に, 以後藩主の, 以降六千年の, 何です, 何も, 何よりこの, 何よりリヽー, 余計な, 俺の, 僕久し振りで, 先には, 先へ, 先を, 先新米の, 八年後の, 前から, 半年ほど, 南に, 又青く, 口の, 可笑しいの, 君に, 君話ツてな, 四つ五つ若く, 困るの, 多いと, 多くは, 大分前, 太七夫婦, 奈何です, 奧は, 妾は, 安くても, 家中の, 寒き運命, 小さいこと, 少し田, 常吉を, 年の, 幾らか広い, 庭へ, 彼の, 心地あしとて, 急である, 恋愛結婚だから, 悪いこと, 手品や, 拙者の, 数年の, 方法が, 早いと, 早くお, 早くその, 早く気儘, 早く身体, 早過ぎ, 明るいうち, 明日何処ぞへ, 昨夜お前は, 昼夜の, 板倉屋の, 江戸中の, 汽車にて, 浪人者の, 海の, 温めて, 番頭の, 直接心配に, 確かな, 私に, 私の, 私を, 結構な, 脇差の, 自分で, 自分は, 行って, 行方不明, 解る道理, 調べるだけ, 越前屋の, 身にも, 転じて, 遅いと, 遙かに, 金を, 長くは, 難いこの, 面白いこと, 面白いの, 高くする

1 [1860件 抜粋] обед, あたしが, あたたかに, あなたが, あなた御, あの女, あの男, あまり古から, あれは, あんたこそ, あんた胡瓜でも, いい場所, いくばくの, いぜんには, いっそうひどい, いっそ階下, いつも海, いま云った, うえ負け, うちの, おい金, おくれて, おとなしくした, おれが, おれも, お前こそ, お前どこで, お前一と, お嬢様の, お柳, お父さま, お眼, お腹が, お酒, お頭小林, かお前この, かお里さんを, かさあの, かねてかう, かまず差当りエート何ん, きょうまで, けさの, ここの, このお花, このパン, この寝床, この方, この町内, この襖, この貴婦人, こわいという, ごぶさたし, さう, さき埔里武徳殿, さっそく酒, さらに古い, さらに大, しかたが, すこしあと, ずっとあと, ずっと丈夫, ずっと古い, ずっと小形の, ずっと後, ずっと軽い, せめて国語, そのこと, その後から, そろそろ世, たしなみが, たどる東海道, ちっとも純潔, ちよいと, とくと心, どうして君, どこに, どんな質の, なお半, なぜあの, なんだか両手, ねこを, のちは, はじまる無惨, はるか以上の, ひとりで, ひょっとかする, ぶちまけて, ほかすべが, ほかにゃ, ほか方法が, ほんのわずか, ぼく栗を, まあ駈ける, またずっと, また小, また梯子, まだ伺ひたい, まだ百五十年以上, むしろ, むしろ全く反対, もうすぐ甲谷, もう一皮二皮上, もう感じる, もっとおどろいた, もっとでかい, もっともっとしなけれ, もっと上手, もっと以上, もっと前, もっと古く一九三七年ごろ, もっと困った, もっと大事, もっと寒く, もっと強い, もっと愛されたい, もっと栄耀, もっと珍しい, もっと素姓, もっと貧しい, もっと高い, もより厳しく, ゃあ久兵衛さんその, やあ最後の審判の, やっぱり天然居士, ややおくれた, やや小さい, やや明るい, やんごとなき身, よく出入, わたしの, アインシュタインの, ウォーズウォルスの, カハラケと, ガラツ八は, シューマンの, ズボンの, テキが, ハワイを, フローレンスに, マアちゃんどう, メムフィスに, ヤーフの, ヱズヰオの, 一つ年上の, 一両一分また, 一二丁少し, 一切はたき込ん, 一同種, 一層こ, 一層宗三郎, 一層聞き, 一年あまりも, 一年を, 一日おくれた, 一時代後に, 一月あまりに, 一歩て, 一番さき観音さんの, 一週間以内には, 一里奥の, 七十年前出来た, 七月八日まで, 三十二年前貞享三年板, 三千円和歌山県ごとき, 三年の, 三週間以前西からの, 上へは, 上七重である, 上層を, 下に, 下りに, 下手人は, 両国から, 中門へ, 主水正, 久八は, 二つ三つ年上二人とも, 二ヶ月たちまし, 二三日の, 二人窃, 二寸ぐらい, 二日ほど, 二等減じ, 二階の, 五つ年下の, 五年の, 五年前天正十七年五月二十七日に, 交を, 京都東洞院姉小路に, 今かうし, 今千鶴子, 今大切, 今度台湾へ, 今燃えかかっ, 仕方ない, 他のを, 代々の, 以上で, 以上云う, 以上注意する, 以下は, 以前どんな, 以前天台眞言の, 以外へ, 以後愛という, 以来と, 以来当人は, 以西には, 伯爵へ, 低いの, 何ぜ, 何にも, 何よりはじめての, 何より人間, 何より参木, 何より桔梗様, 何事を, 何所か, 余計なく, 倅を, 僅か一年を, 僕らが, 先が, 先づお, 先其方誰が, 先決問題は, 光子の, 全く火の気, 八つほど, 八幡原に, 六七年も, 共に手伝, 内が, 冷水を, 凡そ十年前に, 出すは, 函館付近に, 別の, 前すなわち, 前にも, 前亀, 前怪塔ロケットが, 前能勢弁護人, 力試しここに, 北にも, 北条の, 十一の, 十五六ねん, 十分ほど, 十數年前に, 千年若く, 千辛万苦し, 半日がかりで, 危ないの, 又何年, 取る道, 古い地名, 古い記録, 古くは, 古臭い滑稽談, 同じ作者, 向こうの, 君と, 吟味與力の, 和助さんを, 問題と, 四五メートル手前で, 四五町行きし, 四十年来の, 四百年程, 困つたこと, 圧倒的に, 地蔵さんの, 城楼毎に, 夕御飯どっかで, 外へ, 外当地でも, 多かったであろう, 多く食べる, 夜中ここで, 大きいこと, 大きい子供たち, 大きないちじく, 大分のちである, 大和街道を, 大将首でも, 大穴牟遲と, 大隅薩摩肥後肥前と, 太平洋の, 奥へ, 好物は, 妾癪に, 娯楽を, 安く飲ませ, 実に六年もの間, 実は弱った, 家兄修二佐久間貞一君益田孝君などの, 富士を, 将頼, 小さい二人, 小さい子, 小さな島, 小情婦, 小鼓を, 少しおくれる, 少し上等, 少し優し, 少し卵, 少し太く, 少し歩きませう, 少ない事, 少年は, 尾根へ, 山を, 山道を, 左青根の, 己は, 平地に, 幼い者, 幾年前帝都の, 幾時間と, 床山を, 引返して, 強い理性, 彼女には, 後いよよ, 後より, 後二夜は, 後方の, 得られる収入, 御内方風邪を, 御方と, 御領内, 心岳の, 必要な, 怖いもの, 怪我せん, 恐ろしい女, 悪いの, 惡く, 意味の, 我記憶を, 手ばやに, 手拭の, 抜きん出て, 持参の, 数十年山野を, 数年新しく, 数町に, 數は, 新しいもの, 方角だに, 日本が, 早いところ, 早くいい聟, 早くこんど, 早くわが, 早く不思議, 早く何事, 早く兵庫介, 早く支度, 早く猫, 早く矢, 早く綿入れ着物, 早く荷物, 早く誰, 早く阿蘇, 早く鰐魚, 昏睡し, 時代は, 晝夜瞼を, 更に低劣, 更に多い, 更に東国, 更に美し, 書の, 最早時日, 有望な, 木版画の, 本邸の, 杖笠を, 来年は, 東北一帯にかけての, 柔かいすこし, 根津駒込あたりの, 梨枝ちやんは, 檀那寺の, 正々堂々と, 正確で, 此方を, 段々, 殿が, 母も, 比内まで, 気を, 水を, 汝等せ, 池の, 法水さんこの, 法水君鍵が, 活動へ, 浅草辺を, 海岸の, 深い所, 深入, 渋谷まで, 湯を, 滅切り年を, 漸く諸方, 無くもし, 熊を, 牛丸少年が, 犬と, 猶お, 王の, 現代の, 生きてる者, 生れる人格, 生物各種の, 甲子屋六兵衞は, 留守中の, 病院に, 白い骨, 百年も, 百花園に, 目に, 直接屋敷に, 相川の, 短いとも, 社長こそ, 神経衰弱かも, 私たちの, 私光ちゃんに, 秋に, 程なく予, 立ち戻って, 竜宮に, 第一次世界大戦, 管区監督局へ, 約三百八十余年前, 細い朱, 絶えず進化發展, 綺麗な, 習字本を, 肌襦袢その, 背が, 膠質の, 自分こそ, 自動車に, 舟を, 艶容匹なく, 若いところ, 若くも, 英書でも, 茶屋奉公に, 落着い, 藩内の, 衍い, 複雑の, 覚人君嚮導の, 親御樣市太郎樣は, 解放たれん, 試合は, 話にや, 談新旧の, 諸大名, 貞之助が, 貴公たちあの, 費用を, 踏留まっ, 軍備の, 近いうち, 逃がして, 連立ちて, 遅くおなり, 遅鈍である, 道づれし, 道人より, 遠方の, 適当の, 酒を, 酔ふと, 重大な, 銅山は, 長くて, 長船吉井川也, 間違えば, 陳友諒, 露国人民の, 静かに, 順次左, 飛行機の, 飲料に, 首っ玉に, 馬車なり, 驢を, 高くなろう, 高く買う, 鬼頭少佐に, 黒江町の

▼ それよりも~ (2924, 0.8%)

43 もつと 33 先に 27 私は 25 自分の 18 何よりも 17 前に, 大切な, 彼は, 驚いたの 15 私の, 第一 11 僕は, 私が 10 大事な, 遥かに, 重大な 8 はるかに, 彼が 7 不思議な, 今の, 何か, 前の 6 おれは, 以前の 5 なによりも, もっと大きな, 今は, 以前に, 君の, 君は

4 [13件] あなたの, この際, なお一層, ぼくは, もっと大切, わたしの, わたしは, 人の, 君が, 困るの, 恐ろしいの, 遙かに, 面白いの

3 [24件] あなたは, おっかさんは, こ, ここに, これは, こんなこと, さきに, さらに大切, だ, もっと直接, もっと重大, 一層驚かされた, 僕には, 僕の, 問題は, 彼の, 彼女の, 彼女は, 恐ろしかった, 感心な, 根本的な, 気に, 男の, 遥に

2 [154件] あの時, あらゆる点, いいの, うなの, おどろいたの, おめ, おれの, お仲, お前は, きみの, ここで, このひと, この人, この女, これが, これよりも, さあ黙ってよう, じっとおちつきたかった, すこし前, ずっと以前, ずっと前, ずっと早く, そなた, その時, それから後, それよりも, それを, なおいっそう, なお多く, なほさきに, なほひどい, ひどい, ほの, ぼくたちが, ぼくの, またその, また更に, めらめらと, もしあの, もっと, もっとひどい, もっとへん, もっと前, もっと大きい, もっと強く, もっと悪い, もっと早く, やや大, より悲惨, わしは, わたしが, われわれは, ゴーゴリの, 一人の, 一刻も, 一層身の毛, 一段俗に, 乙やん, 人間が, 人間の, 今から, 今一段と, 今日の, 今日は, 信一郎の, 僕を, 優れたもの, 優れて, 先き, 先程から, 前から, 勇太郎失踪の, 可哀想な, 君に, 困ったこと, 変な, 多かった, 多くの, 大きい, 大きいから, 大事です, 大変な, 太郎は, 奇妙な, 女の, 妾は, 嬉しかった, 子供は, 寧ろ危険, 寧ろ死, 少し前, 少し遅れ, 尚悪い, 峠で, 平次の, 平次を, 弱い人間, 彼女が, 彼女自身が, 心の, 心を, 心配した, 忘れられないの, 怖れた, 思い切って, 悪いこと, 惜しいの, 日本の, 早く奥, 昔の, 更に強い, 更に甚, 本当の, 東京へ, 柚木に, 楽な, 気を, 水路を, 沖の, 津村は, 海へ, 涯かに, 深刻な, 澄んで, 激しい実感, 濃く我, 無味である, 焼跡を, 犯人は, 現在の, 甚しい, 留さんの, 目前の, 短い距離, 短い身長, 確かに, 神田祭の, 私には, 私を, 私達は, 縁側に, 美しいの, 自分を, 自然は, 自由な, 苦しいの, 莫迦者の, 著しいの, 血の気が, 遥かにより, 重要な, 金さへ, 驚くべきは, 高い

1 [2110件 抜粋] あいつの, あすこに, あたしにとって, あなたに, あのいたわり, あの件, あの小男, あの殺人遊戯, あの薩摩, あまりに選名, あるか, あんたは, いいと, いかに探, いささか重かっ, いっそうあわ, いっそう日常坐臥, いっそう鋭い, いっそ塾, いったいその, いまおれの, いま道庵先生が, いツそ, おいっ, おくさま, おとなしい淑やか, おばけガニの, おまはん, お三輪, お前ここへ, お姉さん, お怪我, お母さんは, お父さま, お訊きしたい, お駒, かくれて, かの親しい, ききたいの, けさの, ここは, こっちへ, このごろぢや, この二月十勝岳, この問題, この場合, この家, この弥生, この暗い, この死物狂い, この犬, この荒された, この里, これからわし, これらの, こんな拙, ご臨終, さっき申上げた, さらにわかり, さらに古くから, さらに後, さらに松の木, さらに著しい, さらに重要, じつは見合い, すぐさま船内, すこし長く, ずっとおくれ, ずっとマイダス, ずっと以下, ずっと家, ずっと早くから宿望, ずっと錯雑, せっかくお嬢さん, そういう品々, そこに, そのおくら, そのロケット艦, その千種, その客, その暇, その眼, その裏面, その輝かし, そらお前, そんな空想, たいへんな, たとえ豆, だバラード, ぢかの, つと大きな, つと澤山, つよく目立つ, とにかく短い, どうしてこの, どうだろう, どこか, どんなに悲しかっ, なおがまん, なおヨリ, なお不愉快, なお危険, なお大切, なお彼等, なお恐ろしい, なお欲しい, なお遠い, なにか庭, なほ困る, なるべく船, なんでズバリと, はなびしがにの方が, はるか古に, ひとりで, ひどい洩れ, ほんたう, まあいちど, まあ食え, まずこの, まず何, まず日本人民, またお, また何層倍, また成るべく, まだもつ, まだ大, まだ少ない, まだ立ちまさっ, まづ注意, みんなさぞ, むしろそういう, むしろ九段, むしろ君たち悪, むしろ東京, むしろ自分, もういち, もう一層粗い, もう一週間, もしそんな, もっとおもたい, もっとすぐれた, もっとという, もっとひろい, もっともっとお, もっともっと数多く, もっとも水温, もっとりっぱ, もっとモデル, もっと以前, もっと北川, もっと大きく, もっと嫌, もっと巧妙, もっと彼, もっと怖い, もっと手近, もっと本質的, もっと深, もっと珍しい, もっと盛ん, もっと確か, もっと美奈子, もっと規模, もっと進ん, もっと面白い, もつとずつと, やっと自分, やはり戦略上, やはり自分, やり出すと, よいの, よほど冷淡, より多く, わが国の, わたくしは, われわれとしては, イベットの, ガラツ八の, コーヒーだ, シカゴの, ズッと, ソッと, タオルを, ドウだ, バリトンの, ヘリコプターの, モットモット突込んだ, リーズやなんかと, 一そうの, 一一七対一〇〇の, 一体何, 一叢の, 一寸法師の, 一層すさまじい, 一層人声, 一層多い, 一層引き立たしめる, 一層必要, 一層深刻, 一層純, 一層重要, 一時批評家の, 一桁も, 一生涯あたしゃ太夫と, 一般の, 一面に, 万人が, 上吉田の, 下で, 不幸な, 不気味な, 世間並の, 之を, 予て意中, 事件らしい, 二人が, 二足動物の, 五十銭で, 亦自分, 人を, 人間に, 今こうして, 今でも, 今もっ, 今夜は, 今後の, 今暫く, 今生き, 仕事の, 令夫人の, 件の, 伴直人の, 低く浅く小さい山, 何うし, 何にも, 何処か, 何時どんな, 作品に, 俗文學即ち, 俺あ, 個の, 僕あ, 元の, 兄嫁が, 先ず何, 先ず物, 先刻から, 先生は, 八五郎を, 其の唇, 内地へ, 内輪の, 冷たい, 判断の, 前代の, 劣るとも, 動かぬ証拠, 北村さん今いう, 十五倍より, 十次郎様に, 南の, 却ってその道, 厭に, 友さんお前は, 受話器を, 古い, 古く宋, 可哀相な, 司馬光の, 合は, 名取川の, 君お嬢さんの, 吾, 周さんを, 品が, 問題として, 困難に, 圓蔵が, 地名は, 声を, 多くあった, 多大であった, 大きいくらいの, 大きい体, 大きく長く右手, 大きな幸福, 大きな足跡, 大丸の, 大分長く, 大学の, 大物を, 失望した, 奥様りっぱな, 女房の, 妻女の, 妾ホントウに, 婆さんの, 子路悦ばず, 守人殿ここに, 完全な, 実はキリスト教徒, 家の, 容易であり, 實は, 寧ろ予等, 寧ろ實業界, 寧ろ政治, 寧子に, 将軍の, 小さくなけれ, 小である, 小林団長と, 少しでも, 少し僕, 少し早い, 尚一層不幸, 尚泉原, 山県は, 岸本は, 左褄を, 差当っ, 帝都東京の, 平次という, 年少きが伸上る, 幸福な, 広く行われ, 庸三は, 張を, 強い要求, 当の娘たち, 当面の, 彼らの, 彼等に, 後の, 御出発, 心配な, 急いで, 急務だった, 怪しい事, 恐らく物理学, 恭一さんが, 悲しく頼り, 愉快な, 感じが, 我々は, 戦争の, 扉の, 手数が, 折角犬千代, 掛川で, 支倉君孔雀の, 数多いの, 數倍も, 料理が, 新吉が, 既に多鶴子, 日本から, 早い速度, 早くこの, 早くアッ, 早く卓子, 早く大連, 早く御飯, 早く眼, 早く私, 早く荷物, 早く陸, 明日に, 春秋の, 時の, 時間に, 晴代が, 更にこれら, 更に不思議, 更に哀れ, 更に大切, 更に数層複雑, 更に東, 更に猛烈, 更に石, 更に驚く, 最早夜, 有能で, 木工場が, 未開の, 朱の, 杉弥の, 東洋的香気の, 松竹館の, 根本的には, 楠氏の, 模倣者の, 正体は, 正鵠を, 武蔵と, 残されて, 殺人の, 民衆は, 気に入ったの, 気持を, 汗でも, 沼田という, 注意を, 海賊の, 淨域一帶が, 深く人心, 渋谷の, 湯から, 激しいの, 火山灰の, 無雑作, 爰に, 牧を, 狂わしいまでに, 猶ほ, 玄関へ, 珍事は, 現在僕の, 環境の, 生々しい極彩色, 生ッ粋, 田地を, 男體の, 異名の, 痛いの, 百倍すてふ, 皆別れ別れに, 目だ, 相手が, 真夜中に, 真珠の, 眼前を, 確実性の, 神の, 私たちの, 私らの, 私私が, 秋の, 稍深所で, 穴の, 立派であった, 第一癇癪, 筆を, 精密に, 純正の, 結構な, 綿密に, 美しい幻影, 美しさ, 群れを, 肝心な, 胆を, 自分で, 自宅で, 舞踊的な, 良人を, 芳太郎の, 若し彼, 英さんは, 茉莉の, 萩乃さま拙者は, 著しいフロイス, 虚無と, 衆生の, 被害者の, 見せて, 角三は, 記代子の, 話しかけて, 誰が, 警察権力自身が, 豊年坊主に, 貧弱で, 起こるべくして, 身に, 軍人なら, 辻川博士邸が, 近く全く, 通信簿には, 道夫を, 遠い昔, 遥かに悪い, 都々逸という, 酷い事, 重いと, 重要性の, 金を, 鉄道線路の, 長い間, 関東大震災と, 附近の, 隣組長の, 雨戸の, 非常に, 顔が, 食堂に, 騒いで, 體よく, 高等師範の, 黒く聳え

▼ それ~ (2732, 0.7%)

51 のに私 50 からといっ 36 から私, のに 3432 のにこの 28 それだ 22 のにお前 19 からと云っ, のにその 18 のに彼 17 のに今 16 のにあなた, のに何故 15 のにあの, のにどうして, のに自分 14 からお前, からその 13 からいけない, からこの, から困る 12 から, からあの 11 のになぜ, のに何, ッ 10 からあなた, から僕, とする, のにそれ 9 から今, から君, のに今日 8 からまた, から自分, といっ, のにどう, のにまだ, のに君, もんで, よ八 7 からと言っ, からと言つて, つたのです, もんだ

6 [14件] からお, からといつ, からと云つて, から先生, から彼, という, と言っ, な, のに彼女, もの, ものだ, もんです, わ, ツ

5 [17件] からこうして, からな, からなお, からね, から家, から彼等, から我々, から早く, から自然, と思った, のにお前さん, のにそんな, のにわたし, のに今夜, のに女, のに日本, よその

4 [23件] からおれ, からこそ彼, からさ, からそこ, からどうしても, から人, から人間, から今度, から俺, から旅, から猶, と, ということ, と云っ, と思っ, ね, のにお, のにこれ, のにこんな, のにまた, のにわし, のに人, のに俺

3 [41件] からああ, からいい, からいま, からこそ一層, からこれ, からし, からどう, からどうも, からまず, からわたし, から今日, から何, から又, から娘, から己, から気, から貴方, から馬鹿, がね, それが, つたと, とお, とすれ, と思う, のにあと, のにおれ, のにこういう, のにこんなに, のになお, のにまあ, のに二人, のに人間, のに僕, のに又, のに叔父, のに我々, のに此, のに氏, のに誰, もので, よそれ

2 [144件] からある, からあんなに, からいけ, からいつ, からいよいよ, からおまえ, からお父さん, からかえって, からきみ, からこう, からここ, からこそまた, からこそわれわれ, からこそ或, からこそ松蔦, からこそ私, からこそ芸術的価値, からこれら, からこんな, からそんなに, からたとえ, からだ, からちょっと, からという, からとてどう, からと申し, からどの, からなおさら, からもう, からよく, からわし, からオレ, から不可, から中学校, から二人, から云う, から云わぬ, から兄さん, から先刻, から其詞, から印象, から却って, から同じ, から同時に, から吾輩, から坊主, から多く, から夢, から大, から女, から好い, から婦人, から尚更, から幾度, から御, から文学, から文芸, から日本, から昨日, から此度, から相手, から第, から米友, から素人, から自己, から色々, から苦労, から西洋, から誰, から貴様, から追分, から遁げ, から道徳, から酒, から阿, から魚, が, が多く, しこの, しもしか, その純粋, つても, で私, とある, といつ, と云つて, と妾, と尚, と思い, と直ぐ, と私, と顔, などと言う, によってこの, のにあんな, のにいま, のにきょう, のにそこ, のにたった, のについこんなに, のにどうしても, のになぜこんなに, のになん, のにわれわれ, のにノコノコ, のに不思議, のに世間, のに人々, のに人口僅か十六人, のに今度, のに今朝, のに伸子, のに何だ, のに何で, のに何故か, のに僅か, のに同じ, のに夫, のに如何, のに始終, のに娘, のに子供, のに実際, のに昨夜, のに村, のに歯牙, のに目, のに相手, のに眼, のに知らなかつた, のに節子, のに老人, のに自動車, のに舟, のに若き, のに貴方, は, よ八五郎親分, よ石, よ見ろ, ハンテ困る, 全くそれ, 其何物か, 旦那それが

1 [1338件 抜粋] あから, あれだ, お前は, かよく, からあれ, からいかん, からいのち, からいやに, からいろんな, からうるせえんだ, からおかしい, からお伽噺, からお松, からかの, からかんた, からくすくす, からこそあたし, からこそうれし, からこそこの, からこそみんな, からこそマルクス主義文学, からこそ一日一日, からこそ二十世紀, からこそ僕, からこそ勇士, からこそ国際的, からこそ存在, からこそ宮廷, からこそ弟子たち, からこそ恐ろしく, からこそ戸倉老人, からこそ旦那, からこそ死んだ, からこそ深く, からこそ猶, からこそ監督, からこそ真に, からこそ私たち, からこそ若い, からこそ諸, からこそ阿蘭陀部屋, からこの世, からこの間, からこんど, からさらにいっそう, からすぐ, からそうした, からそれ, からた, からたま, からって自己, からつて, からというところ, からといふで, からとてこっそり, からとて人間生活全部, からとて別に, からとて惜しん, からとて狼狽, からと云つて彼, からと言う, からと言つて一生經つて, からどうっ, からなかなか, からなに, からねえ秋ちやん, からばかりで, からびっくり, からほん, からまずく, からまるまる, からやりきれない, からわからねえ, からわざわざ, からわれわれ, からアポルロン, からウルサイわけ, からゴルスワージ, からヂュパン, からバンギ, からミュトロギー, からヨーヨー, からロック, から一, から一夜, から一本調子, から一般, から一角, から七日, から上手, から丸井, から事, から二十何年, から人情, から今夜, から他所, から何うに, から余計, から作物, から俺らア弱味, から偽善, から僞善, から光也, から其, から其恋愛, から再度, から凡て, から刺客, から千賀子, から即ち, から原子爆弾, から反対, から句法, から可, から各人, から名状, から向う, から君等, から善, から善昌, から国家, から坑, から外国, から大いに, から大写し, から大勢, から大武山, から大阪弁, から太子, から奥伊豆, から女房, から嫌, から子供, から学者社会, から安達, から宝, から寒い, から對象, から尚, から居, から山, から山間, から工場主, から常, から平気, から建築家, から当代, から往来, から心配, から忠作さん, から思想, から恋, から慰問袋, から我慢, から所謂, から捕まえ, から提灯, から故郷, から斯, から新た, から日本労働者, から早く大きく, から映画, から昨日中川君, から景, から書生, から最初, から本, から村民, から東風, から梨地, から機械, から正月, から此所, から此節, から死, から殊に, から毛孔, から気力, から氣, から水棲魚人, から法斎念仏川, から温泉ぐるみ二町, から漱石, から火, から無学文盲, から無駄, から父, から物足りなかっ, から狐, から現実, から申さぬ, から画, から疑, から皆博士, から省作, から知っ, から硬い, から祖父, から神経, から神經, から私ア, から秋山大尉, から竜, から紀久ちゃん, から経机, から縁, から繰返される, から耳学問, から能登守, から船, から若旦那, から苦しい, から茂ちゃん, から葦男さん, から蓄音機, から行こう, から表立つ, から見ろ, から観念, から言わない, から言わぬ, から話, から議論, から貧乏人, から貴公たち, から貴方様, から資本家, から身毒, から農家, から迚, から遠慮, から金, から階段, から雀, から面白い, から頭, から風呂, から駄目, から黙っ, か気, がお父さん, がね俺, がね疾, がまったく, が併, が勘次, が正さん, が武士, が第, が音そのもの, けれど村全体, この人, しただ, し印刷局, し敵, すぐそれ, そうで, そこの, その二人, その四国町, その女一人, その男, その酒, それぎりだ結ん, つたの, つたのだ, つて, つてお, つてくだらぬ, つてなす毎日惡い, つてピストルなんかで, つて別に, つて咳の, つて小原女が, つて日本の, つて結局は, つて頭が, て, でなおのこと気の毒, と〆切, とあんまり, というま, というん, といくら, といふだらう, とお前さん, とか符牒, とこんな, としかし, とその, とたとい, とつて貴君今日, とて暫時, とどこ, となん, とはっきり, とは思つて, とばかり定められぬ, とまではいえない, ともう一度, とわかります, とマグネシウム, と三村竹清氏, と久慈, と云, と今度, と供出, と僕, と十五錢, と叫び出した, と大いに, と失敬, と学校, と少し, と巣鴨, と彼, と後, と思いたくなかった, と思つた, と思ひます, と明言, と決意, と無難, と直, と知っ, と知れる, と翌朝, と腹の中, と自動車, と言, と論文, と邪魔, と難癖, と黒田君, なさっき, なと感づい, なにしろ今, なア, によってこれ, のにああ, のにあなた様, のにあひるさん, のにあんた, のにいそいそ, のにいま俺, のにおお, のにおまえ, のにおれたち, のにお日様, のにお母様, のにお礼, のにけさ方, のにここ, のにこの世, のにこれ以上, のにさ清助汝, のにしばらく, のにそのあらゆる, のについぞ, のにどうこう, のになぜあんなに, のになほ物, のになんだか, のにひろ子, のにほん, のにまるで, のにもはや, のによくも, のにわたくしたち, のにチロオヌ, のにナゼ人, のにバス, のにファッショ打倒, のにペティコート, のにママ, のに一つ, のに一向, のに一方, のに一端文章, のに不幸, のに両人, のに九日間, のに人声, のに今さら, のに今度新た, のに伜, のに体量, のに何処, のに何者, のに借金, のに兄さん, のに全身, のに冬, のに刀, のに判事, のに勘三, のに博士, のに口許, のに右源次, のに右近, のに周さんたち, のに圭一郎, のに夕飯, のに大丈夫, のに好い, のに姐, のに子ども, のに室, のに察し, のに尚も, のに差, のに廃人, のに役人, のに彼等, のに思い出, のに思ひ, のに悟空, のに愛した, のに戦争, のに手前たち, のに捨てられた, のに政府, のに旦那, のに明り, のに昨日, のに曲者, のに未だ, のに本年, のに松造, のに柵, のに梅子, のに植通, のに此頃, のに殺されなけれ, のに母親, のに汽車, のに法水, のに涙腺, のに無人, のに無礼, のに父親, のに現, のに現実, のに男, のに社会, のに禽, のに私ら, のに窓枠, のに粽, のに紙帳, のに結局スーモチカ, のに縁起, のに翌, のに脚, のに自分たち, のに自分達, のに花, のに誘惑, のに警察, のに貧弱, のに貴様, のに賭金, のに辛, のに返事, のに過去, のに金貨, のに開かない, のに靜, のに頭, のに髪, まさしくそれ, ものああ, ものこの, ものちぐはぐに, ものもう, もの困っちまう, もの彼等にとって, もの湯ざめをなさると不可い, や飛んだ, よお, よそれで, よ伯父, よ夢, よ師匠, よ貝六, わさ, わしの, んべな, ッそれだ, ッ無人の, ハハ田の, 串戯じゃねえ, 僕の, 坊は, 小雨の, 拙者が, 究屈を, 表から, 貴殿が

▼ それこそ~ (2508, 0.7%)

18 大変だ 14 大変な, 本当の 11 大変です 9 ほんとうに 8 なんでも, 真の, 私の 7 彼の, 自分の 6 何ん, 私は 5 たいへんな, ほんとうの, 僕の, 大変である, 天下の, 彼が, 私が, 立派な

4 [11件] たいへんだ, たいへんです, たのむよ, ほんもの, 世界の, 人間の, 何にも, 大変, 愛の, 手に, 文字通りの

3 [37件] あなたの, こっちの, たいへんである, ホントウに, 一大事で, 一生の, 不思議な, 二人は, 人の, 今日の, 何か, 例の, 偉大な, 僕は, 取り返しが, 取返しの, 地獄の, 大へん, 大騒動, 天の, 妾の, 實に, 彼は, 恥の, 悪魔の, 本當, 浴びるほど, 猫も, 現在の, 生れて, 真空管の, 眠るよう, 眼も, 素敵だ, 致命的な, 血の, 飛んでも

2 [125件] あなたが, おしまいです, お妻, ぎりぎりの, こっちが, この世の中, さきに, それが, ただの, たつたいま, どうする, どんな事, なんにも, ひとりで, ほんた, まったくの, みじめな, れいの, わたしが, ホントに, ホントウの, 一人だって, 一夜に, 一大事だ, 一生涯の, 一糸も, 一絲亂れぬ, 一網打尽の, 世の, 世間の, 二進も, 人が, 今に, 今の, 何かの, 何も, 何物にも, 余計な, 全く幽明, 冗談から, 前代未聞の, 取返しが, 古語に, 君は, 命が, 命の, 喜んで, 営業違反でしょう, 地団太を, 夢の, 大したもの, 大事に, 大変で, 大変と, 大変よ, 大違い, 大間違い, 如何な, 妙な, 子供が, 子供の, 家の, 後に, 御自身, 愚の, 我々は, 手を, 折ふしは, 文字通りに, 日の, 日本の, 春の, 最大の, 望むところ, 本望, 枚挙に, 梟が, 歴史的だ, 歴史的な, 歴史的よ, 死んだ気, 氏の, 気が, 水の, 清く明るくほ, 火の, 火を, 無限に, 熱心に, 爪の, 物理的集団的性格の, 物笑いだ, 獰猛な, 生きて, 生命がけ, 産れ, 白雲の, 百年目だ, 目も, 眉間の, 真如の, 眼の, 私たちが, 秋の, 絶対に, 罰が, 聞いたふう, 自分が, 自業自得だ, 菩提の, 蚊に, 蜀の, 蜘蛛の, 話にも, 誰も, 贔屓の, 足の, 身を, 途方も, 雲の, 頭から, 風前の, 骨の, 鬼に, 鳥の

1 [1947件 抜粋] あけて, あっしも, あなた達の, あの児, あの杉田玄白, あまりふしぎ, ありったけの, あんまり女, いい加減醜聞, いちぶ, いつまでも, いま過ぎた, いろんなこと, いわゆる, うんざりし, えらいもん, おかしいし, おそるべきもの, おどろいて, おれが, お仕舞い, お前んが, お家は, お恨みします, お気の毒, お終い, お釈迦さまでも, かうした贈物, かたとき, かまやしねえ, がっかりし, きりが, こちと, この上, この世は, この卜斎, この穴倉, この間中, こわいもの, こんな家, さあと, しかたが, しよつちう内, じつに極楽, すずしそう, すべて宋江には, ずいぶん遠く, そのころ, その手紙, その華奢, それを, たいへん少し大げさ, ただもう, たちまち極端, だいぶこと面倒, ついでに, つらい現実, できるだけの, とても素晴らしい, とんだ茶の湯, とんでもない, どうしてよい, どうにかしなけれ, どのやう, どんなにどんなに大きい, どんなに泣くだらう, どんな人物, どんな災難, どんな面倒, なさけない化学者, なんや, ぬけるよう, はあて, ばら色の, ふかし立て, ぶちこわしに, ほとんど恋愛自身, ほんとに味気, ほんとに思いがけず, ほんにまっ暗, ほんのまねごと, ほんの料理, ぼくは, まがいなし, まさしく寂滅牢, まさしく神, まさに天下, まさに眠れる, また濡れ鼠, まだお目にかかる, まったくむざとです, まったく粧った, まっ黒に, まぶたひとつ動かした, まるで水草, みじめでございます, みんなの, もうあっし, もう散歩, もってこいである, もっと偉い, やがて本当, よき善行, わが事, わしは, わたくしにとりましては, われと, アイロニーだ, アフロディーテ侯爵夫人, ア・ラ・パレだ, エリーザに, カリン岬であった, キンギン国建国以来の, グレミン, サンベアットム, ジャランジャラン騒ぎで, チェホフが, テキ面だった, バカみたいな, バラッカキな, フランスに, プロレタリア的な, ボナパルト式自由主義を, ムキになって, モノが, 一つぶよりの, 一分の隙も, 一大事に, 一度姉さんたち, 一文も, 一月で, 一枚絵に, 一番素晴らしい, 一粒種の, 一言で, 一鳥啼い, 万々歳だ, 万事休すである, 万障繰り合わせ, 三四家族十名内外の, 三日も, 三歳の, 上田君から, 不仕合せな, 不幸といふ, 不思議でございます, 世に可憐, 世界じゅうさが, 世間は, 主の, 予が, 二三日は, 二十日鼠みたいな, 五里霧中に, 交渉断絶を, 人を, 人形である, 人波の, 人間を, 仇が, 今では, 今日まで, 仏を, 仔羊よりも, 仕様が, 他の, 代人は, 伝説に, 何もかも, 何よりも, 何十回と, 何百台と, 佞人の, 俺は, 偉さ, 傳統も, 僕たちが, 僧門の, 元は, 先刻の, 入れ代り, 全く反対, 全土は, 八方に, 冗長魯鈍に, 凝としては, 分析表を, 到底敵, 前に, 劃期的な, 化けそこねた大, 十や, 千里も, 半生の, 印度猛, 即ち社會黨禁止, 却つて, 取りかえしが, 取り返しは, 口を, 可笑しな, 同意, 君たちの, 吾, 和女が, 唯一つ, 喜劇だ, 四抱そう, 困りますから, 園芸の, 地びたがめりこむ, 地方文学の, 地衣も, 堪えられない事, 塵一本他人の, 外聞が, 夢とも, 夢にもみた, 夢にも考えられなかった, 大いに研究, 大したお, 大よろこびでござんしょう, 大事件, 大利根博士が, 大問題, 大変だったであろう, 大変どんなに, 大大論, 大層淋しい, 大正の, 大船に, 大酔し, 大願の, 天が, 天下無敵であろう, 天地の, 天狗の, 失敗しよう, 奇妙な, 奇蹟だろう, 女らしいこと, 女房の, 妄想という, 妖怪の, 娘心の, 嬉々として, 季節の, 学界の, 安香水, 宗教は, 宝物の, 実に危急, 実に痛ましい, 実感として, 実際男, 室町公方様などという, 容赦は, 寿命が, 小学校二三年の, 小野の, 少し外国語, 屠所の, 屹度君の, 巌夫が, 巨人の, 常々わたくしの, 平和の, 幸いと, 幾十種と, 庄左衛門と, 弊履を, 弘法様が, 当ての, 彦田博士の, 彼らにとっては, 彼女は, 彼等は, 後が, 御免下さい, 御妻君, 御当家, 御隣, 徹頭徹尾いま, 心外千萬である, 必勝の, 忍び上洛中の, 怖ろ, 思い上った旦那さま的意識, 怪しいん, 恋に, 恐るべきしかも, 恥ずかしい目, 息の, 悪い癖, 情け用捨は, 感違いだ, 戀の, 我国に, 戦慄すべき, 手の, 手鍋下げ, 折角の, 拙者の, 擬ふ, 敏子さまや, 数えきれぬほど, 文化国家の, 文字通り一瞬の, 文殊の, 断じて, 新橋なぞは, 日々の, 日日の, 日本一, 日本文化中央連盟が, 旦那は, 明らかに, 映画に, 昼なほ暗い, 時の, 更に不快, 最も強い, 最後だ, 有頂天だった, 望外の, 朝廷を, 木に, 未決騒ぎが, 本居平田, 本当にし, 本当に並々ならぬ, 本当に斬られる, 本当に生れ, 本当に遠い, 本朝の, 本物だ, 本統の, 杯盤狼藉だった, 松造の, 架空の, 根こそぎみんな, 植木鉢に, 極楽へ, 樽野の, 正しい希望, 正しく哀れ, 正成という, 此方の, 歴史上の, 死に物狂い, 死人が, 殺人的な, 毛程も, 気絶し, 水の上に, 永遠の, 江口が, 沙汰の, 油紙に, 泣き出したいくらいに, 泥沼の, 洵に, 浪路にとって, 海賊としては, 淑女の, 済まない話, 満州か, 滄桑の, 滑稽である, 演劇なる, 濡れずに, 無か, 無際限, 照りかがやくよう, 片手で, 物笑いの, 犬猫の, 独り合点だ, 狼ソックリの, 猿が, 玄徳であろう, 玉の, 珍無類の, 理想的な, 生々たる, 生やさしい, 生皮の, 田鶴子に, 男振りは, 疲れきって, 痛飲できる, 白塗りの, 百姓たちは, 皇国農村の, 目の, 目玉を, 眉を, 真にあさましい, 真に梅花, 真ッ赤, 真正の, 眠られやしないわ, 眼覚むる様な, 矢萩の, 破天荒の, 神に, 神秘で, 秀子は, 私たち自身の, 私にとりましては, 科学の, 種類は, 穴の, 空前の, 竹を, 筋書どおりじゃ, 簀巻に, 紀国屋文左衛門式の, 素晴しく, 素直な, 終生の, 絵の, 縋るを, 罰あたりの, 翠の, 聖人の, 聚楽第の, 肝腎の, 胸を, 腹蔵なき, 自分たちが, 自分達に, 自由自在の, 興味深い読みもの, 艶消しであった, 花岡伯爵家の, 若旦那気の, 茶々の, 落人勝頼の, 葉末殿の, 薪に, 藪から, 虫も, 蛇足であろう, 血に, 袋の, 西洋人の, 見ちがえるよう, 見事な, 親分はじめおれたちの, 親獅子の, 言葉には, 許されぬ罪, 誇張でなく, 誰あろう, 調子が, 謝礼は, 豆腐の, 豚吉と, 貴方の, 足もと知らずに, 跫音まで, 身元を, 軌を一にする, 近づく三隻, 迷惑さ, 造りつけた人形, 運命であり, 過分の, 道義上の, 遺憾であった, 重きを, 野蛮な, 金属, 鉈の, 鐚一文に, 閑話休題である, 阿桂, 陰陽さまざまな, 隣保精神の, 難中の, 雲を, 霊感といふ, 青く氷っ, 非常な, 面汚しだ, 面白おかしく, 頭に, 願わしゅう存じます, 風精天蝎宮, 飛ぶよう, 飛行機の, 首でも, 馬鹿げ切つてる, 駄目に, 骨を, 高氏も, 鳥も, 黄蓋の, 鼻も

▼ それ~ (2420, 0.7%)

124 ように 59 やうに 22 ような, 方が 19 ために 11 やうな, 上に 8 代りに 7 うちに, 本質を 6 ようだった, ようであった, 中に 5 ごとく, 一つの, 或る, 最後の 4 やうで, 上を, 存在は, 實在, 本來, 様に, 現在の, 達成せられない

3 [27件] あること, あるもの, ためには, ついでに, ほうが, ようには, 世話を, 内容は, 出來る, 反對, 吠える声, 存在に, 存在において, 完全なる, 実現を, 實現の, 本来の, 本質に, 本質は, 根柢を, 構造を, 正当な, 直接性に, 眞の, 背後に, 自己實現は, 返事を

2 [124件] あげた埃, かわりに, ことは, ことを, この意義, ごとき, しるしには, すること, ための, できないの, ない所, ない日, ない者, なかに, なかの, もたらし得るあらゆる, もつ意味, やうだつた, ようで, ようであり, モットーである, 一切の, 一端に, 不可能な, 世話で, 中心問題である, 二倍の, 代りを, 來る, 価値を, 光に, 入手を, 全き, 全體, 出て, 十倍も, 半分も, 原因は, 受取の, 口火を, 可能な, 可能を, 周囲を, 唯物主義的特質を, 固定された, 外に, 外は, 大部分, 如くその, 如くに, 如く有限, 存在の, 存在を, 実現される, 実行に, 実行を, 實相を, 實踐の, 對象が, 屬する, 差額たる, 当の対象, 後ろ姿を, 後見を, 徹底した, 心配と, 性格が, 性格を, 意味を, 成立の, 持つ原語, 支配の, 方を, 最も著しい, 最も重大, 最も非, 最初の, 有り方, 望まれない凡庸人, 本質的な, 本質的特徴を, 来るの, 根本的性格を, 根柢に, 様で, 歴史性から, 歴史性に, 深さ, 無いこと, 無いという, 無いの, 無時間性, 特徴を, 特殊性もしくは, 獨立性乃至, 現実の, 現實性, 生成の, 産地だ, 発展の, 発見は, 發展に, 直接の, 眞實の, 眞理性は, 真の, 究極の, 第一, 純粹, 組織を, 綜合から, 置いて, 聞えない世界, 背景と, 見えなくなるまで, 証拠には, 認識の, 認識は, 資本主義的地盤から, 超時間性, 近くを, 進歩の, 運動の, 間に

1 [1731件 抜粋] 〇・一に, あちらこちらに, あとに, ありと, ある人間, ある危険, ある悪習, ある根来, いい渡し, いずれもが, いづれもが, いろいろの, うちにおいて, おすすめが, おわったとき, お客が, お礼と, かかれる精神, かなわない腹癒, きびしい縮圖, ことだ, ごくたっぷりあった, ごとくほとんど, ごとく可憐, ごとく疎ら, ごとく象徴, ごと人の, さけび声, すばらしい発展, すべての, するが, ぞくするもの, つぎに, つけるぞ, できなくなったわけ, できる人たち, とりのけ作業, どれかを, ないの, ない事, ない境遇, なおらないうち, なくなった家, のって, はっきりした, ひろがるの, ほとんど二倍, めぐりを, もたらす被害, もつ妖し, もつ迫力, もみくち, やう全, やり方と, ようだんだん, ような捲, よこたわって, わからぬ者, わずかに, アンティテーゼを, グロテスクな, ディテイルを, フィルミッシな, マストや, 一つだ, 一つは, 一つ一つは, 一刻の, 一契機乃至, 一座に, 一方次第に, 一歩先へ, 一端を, 一行も, 一部分である, 三色写真などが, 上には, 下手な, 不完全な, 不自由さ不自然さ不完全さに対する, 両端を, 中には, 中心に, 主として目指す, 主體, 乏しきも, 乾くやう, 予防法は, 二重性格によ, 交じること, 今後の, 仕上げを, 他者性にも, 代用と, 仲間が, 伝奏を, 伸びるの, 何である, 余り遠い, 作られた時代, 使用によって, 例外では, 便りが, 保持の, 個性としての, 偏狭性と, 側へ, 優れたる先覚者たち, 先に, 光が, 克服を, 入って, 全体性において, 兩方に, 具体化と, 具現に, 内在性を, 内容である, 内容的規定は, 内部に, 内部的構造を, 写しは, 処理法を, 出來た, 出来た境涯, 出来ぬの, 出来る御, 出現は, 分らない男, 分析によって, 分派が, 初冊, 制約と, 刺戟剤と, 前に, 前提に, 前進を, 副演出, 劇的要素が, 効果が, 動いて, 動く間, 勝敗に, 包んで, 十倍もの, 半ばほど, 半額を, 卵子に, 原子核が, 原稿料が, 参る迄, 反れて, 反対だ, 反射だけが, 反映である, 収容に, 口から, 可否についての, 可能性において, 史実を, 吉報を, 吐き出される明るい, 向ひ行く, 否定や, 呪についての, 味わいを, 咲いて, 品評を, 善後処理や, 噂を, 困難とが, 固定を, 地つづきである, 執拗なる, 基本的なる, 基本的意義は, 基礎を, 報告に, 報恩の, 壓迫侵略に, 変形である, 外形をこそ, 夥しい研究, 大将には, 大量性が, 奉行役には, 奴隷に, 好評が, 如き表, 如くで, 如くナセ, 如く主, 如く厳粛, 如く弁証法的形成作用, 如く深遠, 如く瞬間的, 如く諸, 如く震わせ, 始めだった, 姿に, 媒介性において, 嬉しさ, 存分に, 存在理由に, 安定を, 完成し, 完成即ち, 実否を, 実施に, 実践的形態である, 客観的な, 宿に, 實際の, 対比と, 対象と, 寿命であっ, 對象の, 小枝, 少いもの, 少ない処, 居所を, 展覧会を, 巧妙な, 帆の, 帰りな, 年, 年出生に対する, 広告文字の, 底の, 延長性それの, 引きおこす感覚, 引返して, 形に, 形相的規定いは, 往き過ぎるの, 後にも, 後作用を, 得られること, 御料に, 復演で, 徹底化である, 心配から, 必至從つて覺悟の, 必要に, 応用たる, 思いに, 思惟を, 急使に, 性質上家の, 怯えに, 息子娘として, 惡しき有限性と, 意味な, 意義の, 愚かしいこと, 感じられるもの, 憎悪によって, 成らざる時, 成り立ち, 成員並びに, 成立に, 所所に, 所産であります, 所造であり, 手引として, 手段との, 批判, 批判性, 抽象的な, 持って, 持つべき条件, 持つ強い, 持主である, 指導観念の, 排除する, 擬人化を, 改装した, 政治的特質の, 故に畑浦, 敢行される, 数値が, 敷き初め, 文化内容を, 斜面であり, 方に, 方法論とを, 旗手を, 早く萎んだ, 明晰化自, 是非は, 時代及び, 時間的性格として, 景気が, 暗示する, 書かれた時代, 最も必要, 最も確実, 最も頑強, 最近の, 有するあらゆる, 有する純, 有名な, 木材人工などの, 末席に, 本性な, 本然の, 本質では, 本質即ち, 本質的性格を, 村に, 束縛から, 来るまで, 東洋的ないし, 某は, 根拠と, 根柢として, 根源である, 根源的なる, 桎梏にまで, 極致を, 様であった, 模倣の, 権利の, 機械的速記録作成とは, 止まった正面, 正体を, 正式な, 正鵠を, 歴史的, 歴史的認識では, 残りの, 水夫にな, 永遠なる, 決着を, 活動に, 浅葱の, 消化は, 深度を, 済まないうち, 港を, 準備として, 為の, 無くならぬ間, 無形の, 焦熱地獄の, 燗く, 物質的根柢である, 特有の, 特色を, 犠牲に, 献言は, 現われに, 現実主義的本質を, 現実的な, 現段階, 理由と, 理解へと, 生きて, 生ずる前提條件, 生れたとき, 生命に, 生死愛憎と, 生理や, 用意に, 用紙には, 番を, 病気という, 発展に対する, 発達の, 發展を, 監督かたがた大, 目的が, 直すところ, 直接的必然的歸結である, 相談相手と, 省察は, 看護を, 真似を, 真相を, 督促に, 研究に, 破片の, 確實性を, 社会的機能に, 禁令も, 程度が, 稲は, 穗先で, 立てる波, 端を, 第二次, 管理一切を, 粗忽しき義僕孝助の, 系統であったろう, 素描の, 終ったこの, 終るまで, 経済的表現が, 結婚の, 結果によって, 絶対価値を, 続きだった, 総商船トン数, 緒口を, 繰返しだ, 缺陷の, 美しい伴奏, 翻訳で, 聯關の, 背後にあたり, 能力を, 腹痛タの, 自己主張を, 自然性に, 自然的乃至, 舞台を, 色々の, 芝居を, 草稿が, 蓄積に, 虚を, 行くへを, 行われがたい, 行為だろう, 表はれる, 表現が, 表現に, 表現手続きの, 表象汽車や, 裏を, 裾野の, 襲撃と, 見えぬ所, 見地から, 規定する, 視線を, 觀念そのものさへも, 解くる, 解ろう道理, 解決を, 解釈又は, 言葉で, 言論的コピーを, 記憶力による, 訳が, 詞の, 試しに, 詮議に, 話に, 認容される, 誕生の, 誤は, 説明や, 調子を, 論理的困難を, 諸層, 豊凶を, 象徴である, 赤いか, 起らんの, 足がかりに, 身辺小説的な, 軽い徴候, 近い範囲, 近づく様子, 追求並びに, 透明を, 通り過, 通過する, 連続であろう, 運動や, 道具を, 遠吠えは, 邪魔に, 部分的発見によって, 酷い, 重大な, 重要性に, 鎖が, 長い束, 開発に, 間違ひであつ, 附帯問題とは, 除去の, 隠匿の, 集合した, 需要の, 露顕した, 面へ, 面白い部分, 鞄を, 領域に, 額の, 類推的想像と, 飛んで, 駆使については, 高さ, 魂を, 鳴く音, 鼻が

▼ それにも~ (2175, 0.6%)

67 増して 43 関らず 36 かかわらずこの 32 かかわらず私 31 拘らずこの 29 かかわらず彼, 拘らず私 20 拘らず彼 18 かかわらずその, 拘らずその 14 かかわらず 13 拘らず 12 拘らず之 11 かかわらず彼女 7 かかわらず自分, 拘らずここ, 拘らずそれ, 拘らず彼等 6 及ぶまい, 拘らず吾 5 あきて, かかわらずそれ, かかわらずなお, 不拘, 及ぶまいよ, 懲りずに, 拘らずこれ, 拘らず人々, 拘らず今日, 飽きると

4 [12件] かかわらずあの, かかわらずかれは, かかわらずこれ, かかわらず我々, わけが, 彼は, 拘らずあの, 拘らず何, 拘らず科学, 拘わらず私, 私は, 返事を

3 [46件] かかはらず彼, かかわらずあなた, かかわらずそういう, かかわらずわれわれ, かかわらず主人, かかわらず二人, かかわらず今, かかわらず今日, かかわらず作者, かかわらず僕, かかわらず君, かかわらず女, かかわらず少し, かかわらず彼ら, たれて, まして私, ワケが, 一つの, 似て, 何か, 何の, 倦い, 倦き, 倦きる, 優して, 及ぶめ, 拘はらずこの, 拘はらず彼, 拘らずあなた, 拘らずなお, 拘らずなぜ, 拘らず一切, 拘らず一種, 拘らず俺, 拘らず否, 拘らず多く, 拘らず彼ら, 拘らず彼女, 拘らず死, 拘らず誰, 眼を, 答へ, 自信が, 関はらず, 頓着なく, 飽きて

2 [130件] うその, うそろ, かかはらず人人, かかはらず僕, かかはらず彼等, かかわらずいや, かかわらずお, かかわらずこういう, かかわらずなぜ, かかわらずまだ, かかわらずみんな, かかわらずわが国, かかわらずわたし, かかわらずわたしたち, かかわらずハンス, かかわらず一つ, かかわらず一度, かかわらず何となく, かかわらず何故, かかわらず余, かかわらず兄, かかわらず先生, かかわらず実に, かかわらず彼等, かかわらず御, かかわらず日本, かかわらず父, かかわらず私たち, かかわらず笑い, かかわらず美しい, かかわらず老爺, かかわらず読者, かかわらず諸君, かかわらず農場, かかわらず鶴見, かまわずに, くたびれたと, これにも, まして, ましていろんな, まして半蔵, まして弱い, まして心, また血脂, やっぱり赤, 主君の, 二重の, 似たり, 何も, 何んにも, 係はらず, 係わらず事務長, 倦んで, 別段辟易, 劣らないやう, 劣りますまい, 勝し, 及ばず曲者, 及ばないでしょう, 及ばないという, 及ばぬ, 及びますまい, 各々ち, 増したもの, 少年の, 常に変化, 幾多の, 心を, 忽ち失敗, 思い出されて, 惜しかりし, 懲りないで, 拘はらず, 拘はらずその, 拘はらずわれわれ, 拘はらず初めて, 拘はらず私, 拘らずいや, 拘らずお, 拘らずこうした, 拘らずこれ等, 拘らずどの, 拘らずよい, 拘らず一般的, 拘らず事実, 拘らず二人, 拘らず余剰価値, 拘らず前者, 拘らず又, 拘らず同じく, 拘らず大, 拘らず大事, 拘らず夫, 拘らず妥当, 拘らず存在, 拘らず常に, 拘らず弁信, 拘らず性格, 拘らず或, 拘らず日本帝国そのもの, 拘らず晩年, 拘らず机, 拘らず此, 拘らず現代, 拘らず矢張り, 拘らず私たち, 拘らず美しい, 拘らず自己, 拘らず論理, 拘らず鬼, 拘わらずこの, 拘わらずただ, 拘わらず僕, 拘わらず彼, 気がつかずに, 気を, 氣が, 知られぬを, 知らん顔を, 程度が, 種類が, 答えないで, 返事は, 返辞は, 通ふ, 関せず, 關らず, 限度が, 頓着せず, 飽き足らず

1 [1266件 抜粋] あきたの, あなたの, あらで, いい心持, いくらか金, いつしか慣れ, いや味な, いろいろの, いろいろ話が, うんとは, おもひで, お懲りあそばさず, お祝, かかはらずあなた方, かかはらずひと, かかはらず彼女, かかはらず私ども, かかはらず舊, かかわらずあ, かかわらずあいた, かかわらずあまり, かかわらずある注意, かかわらずいま一度, かかわらずいろいろ, かかわらずかく, かかわらずかれの, かかわらずここ, かかわらずこんな, かかわらずすぐれた探偵小説, かかわらずそれぞれ, かかわらずたとえば, かかわらずちらちら, かかわらずとかく, かかわらずどうして, かかわらずどうも, かかわらずのんびり, かかわらずほら, かかわらずより, かかわらずわが子, かかわらずオルチー, かかわらずサイラス, かかわらずセーサル, かかわらずディケンズ, かかわらずノルウェイ, かかわらずフランク, かかわらずプルチネッラ, かかわらずメルキオル, かかわらずレニン, かかわらず一人, かかわらず一定, かかわらず一部, かかわらず三句, かかわらず不思議, かかわらず世間, かかわらず事件, かかわらず人, かかわらず人数, かかわらず今市兵衛, かかわらず今更, かかわらず他, かかわらず伊賀, かかわらず但馬守, かかわらず依然, かかわらず信玄, かかわらず俺, かかわらず元, かかわらず八年ぶり, かかわらず六助, かかわらず円満, かかわらず判例法, かかわらず到る処, かかわらず助, かかわらず北町奉行所, かかわらず収容所, かかわらず口, かかわらず可能, かかわらず各, かかわらず和服, かかわらず唐姫, かかわらず国民文学, かかわらず場合, かかわらず夢, かかわらず大衆文芸, かかわらず失われること, かかわらず宇野千代自身, かかわらず宝物, かかわらず室内, かかわらず容易, かかわらず小作人, かかわらず尾道時代, かかわらず幸内, かかわらず店, かかわらず当時, かかわらず後, かかわらず忠相, かかわらず技術官, かかわらず描いて, かかわらず敷かない, かかわらず新しい, かかわらず日劇, かかわらず旧, かかわらず春子, かかわらず昭和四年五月, かかわらず朝, かかわらず東京市中, かかわらず植物, かかわらず次郎, かかわらず母音, かかわらず気の毒, かかわらず法水, かかわらず涙, かかわらず深い, かかわらず潜ったの, かかわらず爆弾, かかわらず物音, かかわらず現に, かかわらず理想, かかわらず男, かかわらず相手, かかわらず石川氏, かかわらず福沢諭吉, かかわらず第, かかわらず組合, かかわらず結婚生活, かかわらず縁, かかわらず老人, かかわらず耕作, かかわらず自己制圧, かかわらず葉子, かかわらず蜂谷艇長はじめ四人, かかわらず誠三郎, かかわらず謬, かかわらず貰いたくなかった, かかわらず逃げ出す孤児, かかわらず適当, かかわらず醜行, かかわらず鉱業停止, かかわらず長い, かかわらず雪ちゃん, かかわらず首領ら, かかわらず鳥, かかわらずMatsu, かまわずわたし, かまわず皆, かわらで, ぎょッ, こりずドイツ, しいんとする, すぐ倦, すぐ賛成, その時々, たえない, だんだん刺戟, ちゃんとこの, どうやら馴れ, なお隣, なれたころ, のうげに, ふさわしいよう, まけない悲惨, まさるめでたき, まさる聞き物, ました一大事, ました惑乱, ましてあまり見えすいた, ましてすっくとたった姿かたち, ましてたまらなく, ましてキチンと, ましてビードロ, まして二人, まして人間, まして俺, まして喜んだ, まして地本さん, まして奇々怪々, まして平次, まして急がなけれ, まして悲しい, まして日本人, まして父, まして福代, まして良人, まして賢い, まして驚嘆, また地名, また慄然, また男性化, また長い, みあげの, めげずに, やがて無, やはり分業, ようやくに, よるか, イダルゴは, プルートォの, メスを, 一つここでは, 一つここを, 一つ三上は, 一つ皆様方の, 一ノ関の, 一人の, 一向無頓着, 一応理窟, 一杯飲ませよう, 一種の, 乗りたくなかった, 二ヶ月以上の, 二人の, 二通りある, 人の, 今は, 仔細の, 以前程の, 似たらんかし, 似た感じ, 似つる幻, 何かの, 例外に, 係らずあの, 係らずホテル, 係らず大望, 係らず田舎, 係わらずその, 係わらず多数, 俺の, 優る感情, 元康は, 全力を, 出なかった, 別れるだろう, 劣らず切實, 劣らない, 劣らない一面, 劣らぬいや, 劣らぬ愛想氣, 劣らぬ江戸名物, 劣るもの, 勝った大盗心, 勝る憂い, 勝る物音, 十分に, 厭気が, 及ばずぐっすり, 及ばないさ, 及ばないと, 及ばないん, 及ばなかつたよ, 及ばぬと, 及びますまい奥様, 及ぶまいと, 及ぶもの, 合ひ, 同じくこの, 同感だつた, 唇を, 困つた, 堪える覚悟, 増した考, 夏は, 婦人は, 実は及ばぬ, 寺田先生は, 少々事情, 屈ず, 山の, 常にある, 引き会わせるから, 役立つかと, 従う, 従わないの, 徳義が, 心当りが, 忽ち幻滅, 怯まず花栄, 情けを, 慊らず, 懲りずまたぞろ, 懲りず打ち入るかって, 懷疑的なら, 或る, 拘はらずこれ, 拘はらず世話役, 拘はらず再び, 拘はらず四十年後, 拘はらず彼ら, 拘はらず彼等, 拘はらず日本, 拘はらず犬ども, 拘はらず生きて, 拘はらず進んで, 拘らずあや, 拘らずかく, 拘らずこう, 拘らずこれら, 拘らずさて, 拘らずそこら, 拘らずだ君, 拘らずとかく, 拘らずなに, 拘らずはかばかしい, 拘らずまた, 拘らずまったく, 拘らずやはり, 拘らずよく, 拘らずイデオロギー理論, 拘らずカント, 拘らずコント, 拘らずジェームズ, 拘らずトム, 拘らずドストイェフスキイ, 拘らずフランシス, 拘らずマルクス, 拘らずムク, 拘らず一人, 拘らず一度, 拘らず一般に, 拘らず三木氏, 拘らず中, 拘らず中本, 拘らず二人我々, 拘らず人, 拘らず人類, 拘らず今や, 拘らず他人, 拘らず他方, 拘らず何と, 拘らず何故, 拘らず例えば, 拘らず健全さ, 拘らず僕, 拘らず八五郎, 拘らず再び, 拘らず初め, 拘らず前, 拘らず原告, 拘らず古来, 拘らず君, 拘らず唯物論, 拘らず声, 拘らず多義的, 拘らず太子遺族, 拘らず奮い立たさなければ, 拘らず孝行, 拘らず宇治山田, 拘らず実に, 拘らず家人, 拘らず寸毫, 拘らず少し, 拘らず尚, 拘らず広義狭義, 拘らず弁証法, 拘らず当時, 拘らず志村, 拘らず愛ちやん, 拘らず或いは, 拘らず所謂理解, 拘らず手術, 拘らず折角目, 拘らず政治, 拘らず文学者風, 拘らず日本, 拘らず日本型ファッショ的イデオロギー, 拘らず明智, 拘らず昔ながら甚だ, 拘らず時間性, 拘らず普通以上, 拘らず最も, 拘らず有名, 拘らず杜, 拘らず栄介, 拘らず正, 拘らず此山脈, 拘らず歩, 拘らず歴史, 拘らず母親達, 拘らず泰然自若, 拘らず溺死者, 拘らず物理学, 拘らず現に, 拘らず理由, 拘らず生死, 拘らず由良, 拘らず異様, 拘らず皆さん, 拘らず盲法師, 拘らず矢張り一つ, 拘らず知らない奴, 拘らず社会心理学者達, 拘らず私一人, 拘らず科学的概念, 拘らず竹屋, 拘らず米友, 拘らず絵筆, 拘らず綾麿, 拘らず肝腎, 拘らず自分, 拘らず自然法則, 拘らず自由主義, 拘らず芸術, 拘らず茲, 拘らず葡萄糖, 拘らず表面, 拘らず見えない横丁, 拘らず言葉, 拘らず話, 拘らず谷口金五郎, 拘らず起ること, 拘らず身, 拘らず軍隊, 拘らず近代的戦争, 拘らず連関, 拘らず邸内, 拘らず都鄙, 拘らず関守氏, 拘らず院長, 拘らず頭, 拘らず飛んでも, 拘わらずおのおの, 拘わらずこういう, 拘わらずメンデレーエフ, 拘わらず二人, 拘わらず作者, 拘わらず吉住氏, 拘わらず多, 拘わらず山, 拘わらず教会堂内部, 拘わらず此歌, 拘わらず直接証拠, 挫けず幾多, 挫まず又, 新刊紹介が, 明瞭りした, 時間が, 未だ手, 某かの, 構はずずん, 構わず, 構わず善吉, 構わず折角, 構わず行きたる, 死者に対する, 気がつかない風, 気が付かぬふう, 気どらすまいとしての, 気乗が, 消されなかった, 満足である, 濡色は, 無關心, 理屈は, 理由は, 由らず舞臺, 異存は, 疲れた, 直接の, 相応の, 眼鏡を, 科学と, 競争者が, 等しかった, 答えずチラチラ, 答えること, 素ッ気ない, 終止符を, 罹らない, 老樹や, 肖像が, 苛立たしさ, 蔦代は, 見せなかつたん, 見向きも, 触って, 触れて, 訳の, 話が, 負けずに, 負けないやう, 足りないで, 辟易しない, 這人って, 遂に終り, 道理の, 遣らずには, 金一封が, 長さ, 関わず蒲団, 関わらず人間離れ, 関わらず尾, 関わらず薪左衛門, 關はらず, 障子が, 順序によって, 顔が, 飽かずこの, 飽きたので, 飽き足らでや, 馴れて, 高いヘリ

▼ それまで~ (2016, 0.5%)

79 だが 4228 であるが 26 待って 24 である 21 私は 17 ですが 15 一度も 14 です 13 黙って 10 だけれど, 彼は, 私の 8 では, 僕は 7 何も, 生きて 6 一言も, 彼の 5 お前は, だと, でしょう, 住んで, 眠って, 知って, 自分は, 鳴りを 4 なの, なん, 一人で, 奥の, 待つて, 我慢し, 抱いて

3 [29件] うつむいて, おとなしくし, おとなしく待っ, ここで, ここに, そこに, それを, だから, だった, だまって, であります, ですけれども, どこに, 何を, 堪えて, 彼女は, 持って, 無言で, 男の, 眼を, 知らずに, 私を, 笑って, 考えて, 自分の, 自分を, 誰にも, 隠して, 黙々として

2 [108件] あなたの, あまり見かけた, うとうとと, おにらみ, おれは, お互いに, お待ちに, お待ち下さい, かけて, このふるさと, この戦争, して, しばらくの, じっとし, じつと, そばで, だがね, だし, だという, だよ, ちょっとエンジン, ぢつと, であった, でありますが, であるけれど, であろう, でさ, ですけれど, でも, で家康, どうぞねえ, どこで, どんなこと, どんな縁談, なんの, みんなの, もう何, ベッドの, 世話を, 主人の, 二人の, 二人は, 二人を, 他の, 休んで, 何度も, 個性とか, 六年の, 其處らに, 勤めて, 又あらゆる, 口を, 右手に, 吹いて, 呆然し, 命を, 壺を, 外から, 多寡を, 大事に, 家康は, 少し金, 彼に, 彼を, 彼等は, 待たなければ, 待ちましょう, 待つ, 待つが, 待てないかも, 我慢する, 扉を, 手を, 手下達は, 振り払うよう, 新八, 日本に, 暗いところ, 東京の, 楽屋の, 正直に, 気がつかなかった, 気がつかなかったの, 気を, 爪先立ちに, 田舎の, 皆の, 目を, 眠つてゐた, 知らなかったの, 私に, 窓の, 絹子は, 自分が, 自分ほど, 西洋人の, 見たこと, 話を, 誰も, 誰よりも, 誰れ, 貯えて, 辛抱し, 部屋の, 隠れて, 頭の, 風邪を, 首を

1 [1294件 抜粋] あぐらを, あたしが, あった水, あなたが, あなたに, あの店, あまり大切, あまり追究, あわよくば衝角, あんたたちに, あんな美しい, いうて, いかなる整理法, いたとこ, いたよそ, いちども, いつぱいになつてた胸, いばって, いやな, うかとのみ, うとうと眠っ, おあずけ仕る, おずおずと, おとなしく雪, およそ三百年, お判り, お島, お待ちください, お玉さんは, お茶坊主役, お道, お預かり, かつて芝居, からくも, きちんと膝, きまらないでゐた心, きみは, こ, こうし, こちらに, この地方, この太刀川, この弘前城, この猪, この話, この道具, これだけで, これを, こんな強い, ご信念, ご推量, ご辛抱, さぶ, ざいへ, してやって, しゃがんで, じっと堪え, じっと聞い, じつとして, すっかり話, するとは, ずっと一緒, ずー, そうとは, そちが, そのお, その危篤, その場, その富箱, そばに, そんなこと, たいへんな, ただ聞こう, だお前, だけれども, だすが, だといふ, だねえ, だ思うた程愉快, ちいさくなっ, ちょっとした随筆, ついぞ聞いた, つきあは, つひぞ見たこと, であるがも, である死んだ概念, でございますけれども, でございますもし, でしょうが, でしょう幾箱燐寸, ですし, ですもの, でやめ, で無理, とかくぐらつい, ともかくも, ともかく豚, どうしていたんだ, どうする, どうぞ御, どこかに, どこへ, どちらも, どんなに寂しかっ, なお何事, なさらぬでも, なにも, ならお, なり潔く, なるべく手, のきおいこんだ気持, のんきに, はだしで, はなれそめたが, ひっそりし, ひとつ化粧品化学の, ひと言も, ひッそり, ふくらまして, ぶりぶりし, ほとんどうち, ほとんど無言, ほとんど自分, ほんのちょっと, ぼんやり垣間見てる, まあ君心, また進歩, まって, まばゆいくらいに, みんなは, むつつりと, もう二月, もう眼, もぞもぞやっ, やって, やつたんなら, やりますと, ゆっくり休ん, ゆっくり話そうで, ろくな価, わくわくし, わたしは, われわれが, ゐて, アカシアの, アラビヤには, ガンドウの, クリストフの, コーヒーという, サ, ジッと, スウェデンは, ストレートで, ズーッと, チョイチョイ吾輩の, ヅーフを, ハドソン・ロオは, パレットを, ホシを, マレイを, モトムの, ラジオでも, レコードは, 一ばん仲の, 一同から, 一室を, 一年あまり津多, 一心に女, 一杯注い, 一語も, 三人は, 三四時間仕事を, 下の, 不安に, 不慮にも, 世界的に, 中国の, 久しい間資本, 二三度外出した, 二人が, 二十分間と, 二十数人いた, 二葉亭から, 云いかけたところ, 云ふと, 五郎が, 井の, 人々に, 人生の, 仏蘭西の, 仕立物の, 他国に, 仮橋, 仲よくし, 休止し, 住み古し, 何とかし, 何の, 何んの, 何年か, 何時間も, 何遍と, 例の, 保つだろうか, 保留し, 俺のは, 借りて, 側に, 僕の, 先生の, 全くよく寝, 公方の, 六百余年間本州の, 其の小包, 其処に, 内心うじゃうじゃ, 出口に, 分離し, 別々の, 制約され, 勇三と, 勝治の, 化石した如く, 匹夫匹婦の, 十吉が, 千二は, 半蔵は, 南北戦争当時の, 原子を, 受けた恩, 只ぼんやりと, 吃驚した, 同道し, 名人がくづれるやうに駒を, 君は, 吸って, 問題に, 営々と, 四ツ沢の, 四十日間雪を, 四時間余り眠った, 固く握りしめなされ, 国事に, 地上の, 坐って, 堀形の, 堪えに, 墨の, 外で, 外へ, 多く口も, 大した興味, 大ぶ, 大山大川なぞも, 大胆に, 夫人と, 女を, 女中は, 如何なる恥, 妙に, 妻という, 妾に, 婦人は, 存外平気, 学んだ仏, 宗定と, 宜敷く願います, 実質的に, 客間に, 寄りかかって, 寝ようと, 将校の, 小沛, 小説を, 少しは, 尻で, 居させて, 居なかったの, 居眠りを, 岩の, 己の, 帆村の, 帰って, 帰農し, 平尾は, 幼子を, 幾度と, 引籠り, 弱い選手, 当所に, 彼女が, 彼女の, 彼女等が, 待たいでは, 待たぬか, 待っちゃ, 待つこと, 待つよう, 待つ気, 待とう待って, 従順だ, 御滞, 御隠居, 心変りせぬ, 心配したら, 志賀氏は, 怒つて, 思いつめたもの, 怨恨の, 怺え, 患者を, 想像だ, 愉快に, 慶喜に, 我慢しな, 或病院, 手が, 手に, 打ち明けても, 払い物を, 承っては, 拝見すれ, 持ち続けた思想的支柱, 指導を, 握つて, 携えて, 改築しよう, 放すな, 敏子の, 数か月の, 数年間の, 断わるの, 斯波氏が, 既に四度, 日本の, 旦那は, 昔の, 春を, 時節を, 暗く圧しつぶされ, 最もだらし, 木の, 未亡人の, 机の, 来る途中, 板戸の, 栴檀の, 椅子に, 楽しんで, 標本に, 檜物町に, 歌がるた, 正枝, 此処ンち, 死なさねえよう, 死躰に, 殆ん, 母が, 母国は, 毎日の, 毎月の, 気がついたならもう, 気づかなかつたが, 気に入ると, 水中に, 氷嚢は, 永の, 汚れた床板, 江の島には, 沈湎と, 沙汰を, 沼南に対して, 泣く事, 活動を, 海中に, 清水さんは, 湯に, 潔白であり, 濛気に, 焚火を, 無傷で, 無理に, 煮つめるの, 熊本には, 父から, 父の, 物思いに, 犬は, 獄舎に, 現われて, 生きてたら, 生きのびて, 生活の, 申して, 留置場か, 疲労によって, 登城を, 皆んなの, 盛り場としては, 直江津の, 相当細長い, 眉根を, 眠ったよう, 着て, 知らなかった世界, 知らなかった異常, 知らなかつたん, 石像の, 砂利の, 磨いて, 神様に, 私も, 移動の, 空しく物, 窮屈でも, 立ち入るの, 竹藪の, 笑顔で, 糠味噌へ, 糺すの, 約六十年, 細かく知りたい, 絶えずお, 繻絆という, 罷り出でましょうか, 老いの, 考えても, 聞いて, 肱掛に, 背後の, 腰を, 臨時の, 自分ひとりで, 自分自身の, 自己特有の, 自由主義の, 舟は, 苦しみに, 茅ヶ崎の, 荷馬車より, 落ちつき払って, 蒸発し, 蔭で, 蕎麦屋や, 蟷螂が, 行動を, 表面は, 覆うて, 見えなかったもの, 見ず嫌い, 見て, 見合わせて, 覚えも, 観たいかなる, 解つて居た, 訊いて, 許して, 話題に, 読んで, 豆腐屋を, 豊臣恩顧の, 起きて, 身じろぎ一つ, 身を, 軽い愛着, 辛抱が, 辛抱できるでしょう, 近所を, 追いかけちゃ, 逃げ足立っ, 逗留し, 遊戲時間に, 達者で, 遠慮したらしかった, 酒の, 金庫の, 長いあいだ, 長命で, 開いて, 陰性の, 隆々旭の, 隱し, 難解を, 静観し, 預かること, 領土に, 題を, 食いつなぐこと, 飲んで, 養育母に, 饒舌った, 馬車の, 駅で, 鳥渡待つ, 鳶いろで, 麻痺し, 黒川の, 默りこんで, 黙ってて, 黙然と聞い

▼ それ以上~ (1886, 0.5%)

121 のこと 63 のもの 17 は何 16 の事 8 の何物, の説明 7 である, ではない, の深い 6 どうする, に, にこの, に出, に深い 5 になる, を望む 4 には何, に何, に出よう, に追及, の事実, の何者, の大, の幸福

3 [21件] であるか, でもそれ以下, にその, に人間, に出る, に彼, に接近, に深く, に進む, の存在, の心配, の意味, の数, の物, の発達, はどうしても, はもう, は二人, は云, は決して, 立ち入って

2 [122件] かも知れない, その問題, その瘤, だ, だった, だつた, であつ, でした, ですよ, では無い, で買っ, とどまること, なにかからかえ, なの, にある, にいつ, にかれ, にこれ, にこんな, にし, にはなん, には何物, には出, には押す, には見, にもし, にもっ, に僕, に増加, に大きく, に大きな, に大切, に嬉しかっ, に少し, に怖い, に暗い, に有効, に深入り, に物, に発展, に発達, に私, に立ち入っ, に考える, に耽溺, に肝要, に自分, に自尊心, に複雑, に諸君, に追窮, に進まない, に重要, に鏡, の, のスピード, の仕事, の何, の何もの, の何事, の価値, の内容, の再, の分析, の刑罰, の力, の名案, の問答, の問題, の固定資本, の増加, の奇怪, の完備, の恐ろしい, の最も, の深, の激し, の産出, の目的, の立派, の約束, の考え, の能力, の複雑, の言葉, の詮議, の迫力, の追及, の速度, の関心, はお, はきかなかった, は何ん, は出せない, は出せません, は口, は平次, は弟, は想像, は押して, は深く, は訊い, は話, は遠慮, まで生存, もその, も昔, を何, を求める, を聞く, 云うこと, 尋ねるの, 心得て, 知ろうとは, 考えること, 聞けなかった, 見て, 言うこと, 話しませんでした, 踏み止つて, 近づくこと, 進んで

1 [1253件 抜粋] あけること, あるといふ, いいよう, いかに多く, うれしさ, おっしゃるには, お喜び, かくされたもの, かも知れなかった, かれこれ言, かれの, が必要, きく興味, この会見顛末記, この病人, さ, しか眼, しないで, じらすの, すすめること, せがむまでも, その事件, その原因, たいして私, たくましくは, たっては, たり, ちかく迫るで, つっかかって, つづける勇気, であ, であっては, でありうる, であるかも, できないから, ではありません, ではなかっ, でもなけれ, でも無けれ, で深, とかがあっ, とも見える, と想, どうにも私達, ながびいたば, なん, なんとも言えなくなる, なんにもいえませんでした, なんら嫌疑, な徒党, な物好き, にいかなる, にいふ, にうれしい, におそろしい, にかかる, にこれら, にした, にしみる, にそれ, にそんな, にたって, につけ加, にで, になさん, になに, になり, になん, には, にはなに, にはならなかった, にはまだ, にはやらなかった, には全く, には出ない, には前進, には念, には手, には物, には秀吉, には立入っ, には考える, には腹, には説明, には進み得ぬ, には適当, にひっそり, にふえる, にふん, にまた, にもさかのぼりうる, にもっと, にもなりました, にも九段, にも充実, にも増す, にも秀吉, にも複雑, によって妨げられた, にスカンヂナヴィヤ, にハミ, にムリ, に七, に上った, に不幸, に世界, に乱れなかった, に二人, に人, に人間的完成, に何だか, に何物, に俳優, に借り, に偶然, に優, に内面的, に出で, に利口, に劇評それ自身, に危険, に厄介, に及ぶ, に可, に問題, に困却, に坂田, に境界, に多かっ, に夥しく, に奇妙, に奥方, に威力, に学校, に実際, に寒ざむ, に少女, に幼稚さ, に彼ら, に彼等, に心, に心苦しく, に思っ, に意識, に感触, に或, に抽象的, に挨拶, に支那人, に文化的, に新しき, に日數, に時には, に有力, に未だ, に朴訥温厚, に楽し, に歩, に死ぬ, に残酷, に気持, に決して, に洗練, に浪花ッ子, に濃い, に無能, に爭, に現実, に生, に生き, に生存, に白痴, に的中, に知らなけれ, に知識, に種々, に穿鑿, に立入っ, に童貞達, に素朴, に美しい, に老成, に考えられない, に脚, に舞踊家, に英国風, に落付き, に解り, に計, に話し, に趣味的, に迅速, に追求, に進み得ず, に運動, に達する, に重大深刻, に長かっ, に長時間, に面白い, に領地, に風変り, に驚い, に高潮, ねだるよう, のうわさ, のおそろしい, のごとき, のそして, のところ, のどうして, のひどさ, のひろい, のものザラ, のマージン, の一切, の上手, の交際, の人々, の仕置, の何とか, の作曲者, の個性, の儀礼, の冷淡さ, の利益, の助言, の勢ひで増大, の厚, の収入, の古い, の善, の嗜好, の土地, の地方人, の堅い, の境地, の変化, の夜具, の天分, の好奇心, の嫌悪, の学問的, の学識才能, の屁, の常識所有者, の年, の弊害, の役人, の御, の心持, の必要, の急, の恐らく, の悲劇, の想像, の意義, の感激, の慾心, の或, の手がかり, の手厳しい, の打撃, の技法, の掛念, の教訓, の料理屋, の早熟, の時間歌, の暴行, の望蜀, の材料, の権謀術数, の欲, の母, の沈痛気, の湯, の無責任, の物質的補助, の犯罪, の田, の異端, の発展, の白い, の真相, の知覚, の破壊力, の破綻, の私, の秩序, の穀物, の穿鑿, の粘土, の細かい, の緻密, の美し, の聯想, の脚本料, の苦し, の苦悶, の薬, の蠅男, の被害, の要素, の親身, の観察力, の記憶, の証人, の詳しい, の説, の謎, の議論, の資, の質問, の追, の進展, の運命, の邪心, の銭, の関係, の面構え, の頑張り, の食卓, の高い, の高級, の魅力, はあなた, はいかに, はいっさい, はいらぬ, はおっしゃらず, はききただそう, はございますまい, はさぐっ, はっきりした, はどうして, はどうも, はなに, はなん, はふえなかった, はまだ, はやりません, はわからない, はカメラ, はノーコメント, は一つ, は一寸, は一言, は云う, は云わなかった, は人間, は仰有らん, は何ひとつ, は働き, は僣越, は分りッ, は労力, は動かなかった, は勧めなかつた, は問いよう, は執念, は多く, は大きく, は姥桜, は尋ね, は彼, は待たねえ, は御免, は手, は押しませんでした, は支配, は来ません, は止めろ, は混沌, は煙, は生きられない, は番頭, は相互, は知った, は神様, は空想, は絶対, は聞かず, は聴い, は血, は解らん, は言えません, は言わん, は訊こう, は誘惑, は語らない, は跡形, は軍資金, は追いかけ, は逃げ, は進みかね, は音, は飲み, は駄目, は黙っ, ふれさせなかった, ほとんどどうする, または以下, みれんな, もある, もしなけれ, ものたくさん, も与え, も伸, も前, も姿, も睡眠, も続いた, も鳴きつづけた, やろうと, わかるもん, をいう, をなし得なかった, をもとめない, を予期, を学ばしめざる, を少し, を望め, を求めず, を甚内, を考, を聴こう, を蓄積, を見せ, を見る, を言い得ない, を訊かう, 乗せずに, 云いがかり, 云わなかったが, 伸びなくなるから, 何らの, 出なくなる, 別段の, 動いて, 取ろうと, 問い詰めようとは, 喋りも, 大きくならなかった, 尋ねなかった, 尋ねること, 強いて, 強いも, 待つこと, 待つわけ, 怪しいもの, 持ち耐える糧食, 故なく, 書かせるわけ, 欲しくなかった, 歩きまわる力, 求めようと, 深くなる, 深く考える, 深入, 申しませぬよう, 異樣, 知らないこと, 突っ込んだ事, 立ち入ること, 細かい注意, 続ける必要, 美しいひと, 考へて, 耐えられないよう, 聞いてる余裕, 聞きたくも, 聞くまでも, 聞く必要, 聞出し得ずに, 育たなかった, 落ちるべき段階, 表立って, 見るの, 触れたがらない顔, 言う勇気, 言う権利, 訊かれなかった, 訊き返さうとも, 訊く必要, 話す気持, 詳しい説明, 語ろうと, 読み進む勇気, 負けさしちゃ, 走るなど, 近づいて, 近よらず, 追うこと, 進まなかつた, 進もうと, 降ったら万戸洪水, 食えなかった, 驚かされたの, 高くなる

▼ それ~ (1677, 0.5%)

93 のもの 45 の人々 29 のこと 21 の中, の人 16 の事 14 の人達, の作品 13 のすべて 11 の者 10 の話 9 の多く, の言葉 8 の事実, の本 6 の問題, の土地, の家, を見る 5 の人物, の場所, の女, の点, の雲

4 [13件] が皆, のなか, の作家, の器, の客, の家々, の山, の手, の手紙, の絵, はいずれ, は決して, は私

3 [37件] が, のうち, の一つ, の一切, の事情, の光景, の凡て, の労働者, の声, の文句, の方々, の書物, の波, の為, の物, の現象, の男, の神, の秘密, の美, の船, の花, の草木, の葉, の長い, の間, の音, の食物, の魚, は, はすべて, は何れ, は彼, は皆, は要するに, を私, を見

2 [93件] から生ずる, がはいっ, が一つ, が大きな, が語られた, と一緒, に限らず, の, のあらゆる, のいろんな, のどれ, の上, の事柄, の人間, の仕事, の代り, の値, の像, の内臓, の写真, の劇団, の品, の囚人, の図書館, の場合, の墓, の大, の大きな, の天才たち, の女性, の學問, の実, の宿, の小, の島, の希望, の底, の店, の建物, の御馳走, の性質, の意匠, の感情, の慎ましい, の或, の戦場, の指紋, の敵, の時, の時間, の朦昧人, の木, の材料, の樹木, の涙, の特徴, の理由, の目録, の研究, の破片, の美し, の美しい, の考, の自然, の芸術, の製品, の要素, の見, の詩, の語, の論者, の諸, の議論, の足, の鳥, はみんな貴方, は勿論, は実に, は腰, は自分, も亦, も信輔, よりも何, をすべて, をよく, を写生, を征服, を書いた, を研究, を記録, を読んだ, を非常, を頭

1 [958件 抜粋] あらゆる物, からは凡そ, から得る, から推しはかっ, から能力, から黄色, がある, がいずれ, がかき立てる, がこわれない, がさう, がすべて外側, がそろ, がともども, がひどく, がまとまった, がみな, がインテリゲンチャ, がグイ, がメラメラ, が一まとまり, が三百年昔, が丸ビル, が二羽, が亜熱帯, が何, が優秀, が動き出す, が嘘, が外囲, が多く, が実感, が彼女, が悉くすぐ, が文学史上, が映画, が未婚, が正常, が泥濘, が漸次, が由緒, が私, が秋, が続い, が若い, が通り過ぎる, が高田, こそは大衆文芸, である, でわたし, とくらべる, とは, とを照, と成立ち, と比較, と自分, にあっ, について何事, について見, には, にはそれぞれ, には多く, には気, にもまして, にも増し, に不足, に交, に便り, に学ばなかつた, に対してわれ等, に対して自ら解答, に対して言うべき, に対する挨拶, に属さぬ, に気がついた, に直面, に相当, に纏, に親しむ, に通ずる, に関してロープ, に関係, に類似, のいずれ, のいる, のおもり, のさかな, のため, のとび出た, のどの, のにおい, のみの故, のものすごい, のもの一切, のもの音, のアフオリズム, のデッサン, のパンフレット, の一, の一人, の一枚一枚, の一軒, の一部, の不幸, の中央, の中番頭たち, の乱暴, の事件, の事物, の二人, の交渉, の人人, の人目, の会社, の会見談, の伝説記録等, の何とも, の作家たち, の作物, の供物, の偉人, の優雅, の公, の内訳, の凄惨, の出版物, の利害得失, の剣道師範, の割目, の効, の勢力, の卑猥, の印, の原料, の友だち, の反撥, の召使達, の可也, の合せ目, の同種産業者間, の名前, の向う, の咲き揃う, の問い, の器械類, の国々, の團體, の地獄, の型, の城, の堪えがたい, の変種, の外交, の外見, の太陽, の女中, の女群, の妾, の委細, の婦人労働者, の孔, の学校, の學, の実例, の寺院, の尊い, の小さい早い, の少女たち, の尺度, の届けもの, の山々谷, の山椒, の巖, の巣, の工場, の巨, の差異, の年寄つた母親達, の幻影, の幽霊, の店先, の建築, の強迫状, の役者, の後, の従業員, の徳, の心々, の思いつき, の恐し, の恐るべき, の悲慘, の慰め, の憎むべき, の戸, の所持品, の打ち明け, の批評家, の投降兵, の拱, の指導者達, の推測, の教師達, の教義, の数々, の文字, の文書, の文芸, の断崕, の新旧, の方法, の旅行, の日本間, の星, の景色, の書籍, の服装, の未知, の机, の松, の植物, の楽, の構造, の模様, の樫, の機会, の機関車, の欠点, の欲望, の此喩, の民器, の気持, の水夫, の氷島人, の活きいきした, の流派, の消え, の混流, の漢字, の火, の無気味, の煉瓦, の煮, の片側, の物体, の物音, の特性, の特質, の獣的, の環境研究者, の生態, の生物, の男女, の画中, の番頭小僧たち, の畫家, の畫面, の病名, の発句, の皺くちゃ, の真珠, の矛盾, の祈願, の神神, の種々, の空骸, の窓掛, の箇所, の管, の米, の紙屑, の細部, の経歴, の総体, の置き, の美点, の義務, の聲, の職業, の背後, の脚, の臭, の船ごと, の若, の苦情, の茶碗, の荒し, の華, の落葉松, の著作, の薔薇, の蜜窩, の血, の表現形式, の裂け目, の視線, の観測値, の言葉たる, の詩句, の詩風, の認識, の談, の論文, の諸賢, の謡い盛り, の貴婦人達, の資材, の赤まんま, の軽い, の迷信, の通り, の逸話, の過激, の遺された, の部屋, の配慮, の酒場, の重要事項, の鉛筆, の門, の階級, の集団, の霊魂, の青年畫家達, の靴跡, の題材, の風物, の馬, の驚くべき, の高貴, の點, はあまり, はあんなに, はいかにも, はいろいろ, はこまかい, はしかし, はすでに, はすべて壺, はすべて日本人, はすべて極度, はただ, はどちら, はほんの, はまだ, はみなわたくし, はみな私自身, はやがて, はわたくし, はイエス, はダンテ, はベドウアン人, はヤハリ少数, は一括, は不幸, は中味, は人, は人格, は何等, は優しい, は先, は全部引, は具体的, は写真, は初め, は労働, は十九歳, は只, は同時に, は国中, は夙, は大体上, は天, は如何なる, は孰, は実説, は寧ろ, は少し, は市, は干潮, は悠くり, は我々, は救, は文学専門家, は明, は未だ, は概して, は此洞穴, は段々, は活動的, は海賊船, は滑稽, は焼けた, は煉瓦, は煩しく, は甚だしく, は皆コロボツクル, は皆假令上手, は皆氣, は盗み取られ, は真夏, は眼, は竹, は管, は絶えざる, は美術, は自, は草, は薄, は見える, は見る見る, は覺, は詐僞, は避けたい, は附箋, は霧, は非常, は餘, もこの, ももとより, もわき見, も今日, も少し, も弱, も武者修業者, よりし, よりも東京駅, より今, より形式, をあり, をかける, をくっつける, をし, をそれぞれ, をただ, をつぐ, をどう, をどんな, をひろげ, をぶら下げ, をみ, をやきつく, をわが, をゼイロク, を一列, を一目, を二時間, を使わず, を入れるべき, を分離, を包ん, を受用, を向う, を吹き散らす, を垣間見させられ, を売り出した, を大抵一通り目, を如何様, を家, を引つくるめ, を忘れた, を思ふ, を想像, を抽象, を指し, を支える, を改めて, を既に, を検, を横, を汚, を決して, を注意, を滝, を熟読, を當然, を眞, を示し, を綜合, を考へまし, を聴き感じ, を自分, を色, を藏つて, を見たい, を見よう, を見張っ, を訴え, を調べる, を跡づけ, を車, を通して屋内, を通観, を選別, を重大視, を鍋, を隠者階級, を顧み, を養つて, 落ちて

▼ それだけ~ (1611, 0.4%)

807 では 64 である 59 であった 4943 でいい 18 だった 16 です 14 で私 13 でございます, でよい 12 でもう 11 でその, ならば 8 であるが 7 だと, でございますか, でよかっ 6 だつた, でこの 5 であって, ですか 4 だよ, で, であったが, であと, であります, でそれ, で彼

3 [11件] だったが, だったの, であろうか, でござるか, でさえ, でした, でほか, で何, で僕, で彼女, で後

2 [31件] だが, だけれど, だという, だな, であるならば, であろう, でございました, でございますかな, でございますが, でしか, でそして, でどんなに, でない, でなかった, でなく, でなくあの, でなくこの, でなく何, でまた, で人間, で他, で俺, で勝平, で又, で坪井, で或いは, で生きること, で自分, で良い, で身体, 書いて

1 [307件] あしたは, あって, あとは, ありゃたくさん, いいこと, いそがしいん, この商売, この安土, この顏觸, この顔触れ, こッちの健康も, じゃ, すぎた, そこに, そして会っ, その効果, その大き, その背景, それだけで, それだけを, だあんな, だお, だから, だからって, だけれども, だそう, だそれだけ, だったらしい, だつたの, だろうか, だ他, だ森閑, だ私, でああ, であったか, であったけれど, であったならば, であなた, であなたたち, でありました, でありますが, であることさ, であるため, であると, であるという, であるやう, であるらしい, である効果, であれば, であろうが, であろうな, でい, でいかに, でいつも, でうまく, でおよそ, でおれ, でがまん, でくせ者大名, でこんなに, でございす, でございましょうか, でございますよ, でございませんでした, でござったかの, でござる, でござるかな, でござる右, でさ, でさえも, でしかも, でしたが, ですが, ですぐ, ですっかり, ですでに, ですと, ですね, ですべて, ですよ, ですら, でそ, でそれ以上, でたしかに, でただ, でたちまち, でたまらなく, でだまって, でだまつて, ででも, でという, でとても, でとろけるやう, でどう, でどさくさ, でないさ, でないふしぎ, でなかったちょうど, でなかつた, でなくあなた, でなくおじいさん, でなくお母さん, でなくかれは, でなくこれ, でなくその, でなくそれ, でなくほか, でなくもの, でなくやがて, でなく今度, でなく信長, でなく哲学, でなく姫山, でなく小林君, でなく帝, でなく帽子, でなく床, でなく彼, でなく慷堂, でなく支那, でなく此時, でなく民族的伝説, でなく自分, でなく試験, でなく軒燈, でなく野良犬, でなく門, でなん, でなんとも, でねえ言, ではたして, ではと, ではね, でひどく, でへ, でほつと, でほとんど, でほんとう, でぼッ, でまちがい, でまつたく独立, でまもなく, でまるで, でみんな, でめでたき, でもうまったく, でもはや, でやりきれなく, でよから, でよろし, でりっぱ, でわざわい, でわたくし, でキレイ, でロマンチック, で一, で三年位齢, で不覚, で主従, で事実, で二十年間三河屋, で人, で仁科六郎, で今, で今度, で他事, で以後, で何だか, で何もかも, で何れ, で価値批判, で信じさせること, で元成, で兇器, で先生, で別に, で劇作家, で勇気, で十分馘首, で十年, で反響, で大, で大して, で大学, で夫, で女, で如何, で妙, で妻, で妾, で学院, で完成, で少し, で尼, で序, で御座いますわ, で志村, で恭一, で意味, で戦う気, で所番地, で接吻, で既に多少, で春日邦之助, で最も, で最悪, で柄, で母屋, で気がついて, で気持, で湯殿, で滿足, で火箸, で無く, で焦痕, で現実, で理窟, で生命, で石山, で立派, で署名, で胸, で芸術愛好者, で補足, で見物, で観念論, で話, で貰う方, で足もと, で身, で身體, で車, で軸, で近所, で運動, で遠く, で限り, で階級, で随分, で静か, で香, で駒井さん, なかなかに, ならさして, ならよい, なら不思議, なら之, なら別に, なら好い, なら昌造, らしかった, アカデミズムは, 一層熊谷, 上州伊香保から, 下町娘の, 世の中の, 之は, 事実上自然と, 互に隔たっ, 今日この, 今日起つた, 他の, 伺って, 何んの, 何事か, 俺たちは, 俺は, 優越し, 先生の, 其處には, 内に, 千坂兵部の, 単純で, 反動も, 四季の, 多く自分を, 子供を, 専門の, 小説が, 川の, 後は, 心理の, 春の, 時々樹明君, 概念の, 水には, 泣いたらいい, 減ったわけ, 生死去来は, 生産費の, 眼を, 社会科学, 私自身に, 立投に, 端つこ, 笑ひたいやうで, 聞き慣れた, 苦しい, 街に, 見えるよう, 言って, 話題に, 論理との, 農村乃至, 退屈し切っ, 露骨に, 風刺的であるべき

▼ それ~ (1503, 0.4%)

37 私は 1916 彼は 9 私の 8 僕は 7 これは, 或る 6 この場合 5 それが, わたくしは, 工藝の, 彼の

4 [11件] ここでは, このよう, この意味, だとは, にこそ又, 一つの, 一般に, 之は, 今の, 私たちは, 空間は

3 [20件] ここで, それは, と言ふよ, にこそ彼, 一定の, 一種の, 人々は, 今や吾, 他の, 何人も, 問題は, 彼女が, 彼女は, 手仕事は, 時に, 此の, 民藝の, 科学の, 自分の, 茲に

2 [70件] この, このラムプ, この推論, この概念, この言葉, この還元, この頃, これに, これより, これらの, これを, すべての, その姿, それらの, にこそあの, にこそまさに, にこそ一層, にこそ初めて, にこそ彼等, にこそ時に, にこそ特に, の, カントに, カントの, 不変量は, 両者の, 人々が, 人間が, 何かの, 何れに, 前者は, 問題の, 因果律を, 如何に, 学問は, 実在の, 家の, 少しも, 庸之, 彼には, 彼女の, 彼女も, 彼等には, 意識の, 手仕事を, 日本の, 時代創造的な, 最後に, 殆ど無の, 民藝とは, 物質の, 現に, 生産は, 用途を, 的確に, 目前の, 福子が, 私が, 私も, 科学が, 空間が, 空間直観の, 縦え, 自然も, 自然科学は, 芸術の, 茲では, 藤次郎は, 誰が, 非常に

1 [1130件 抜粋] あそこへは, あなたがたも, あの名刀, あぶないと, あり得べき最も, ある命題, いかに小さく, いつ描く, いよいよ手, いらざる邪推, お伽噺と, お前は, お宅へ, お金は, かえって装飾, かかる制約, かかる情意, かくして純粋直観, かの第, か何事, きめこまやか, こういうこと, こうして不意, こう云っ, ここの, こそその, このこと, このやう, この一文, この世界空間, この二つ, この仕方, この動機, この団体, この場合学問性, この年, この感激, この方向, この様, この滞在, この皮肉, この種類, この絢爛さ, この総体, この自我, この説明, この通り昼間, この際東京, この順次, こんどお上から, さすがの, すでにしばしば或は, そういう部分, そこで, そこには, そなた, その内容, その唯物論, その幹部候補生, その時, その死顔, その理論, その総体的, その誤解, その音響, それぞれの, それ自身個別的である, ただ空間に関する, たとい或, たびたび真心, たまたま醜悪, であった, とリッケルト, と申す, どうかこの, どちらかと, どの知能分子群, なるだけ, にかかる, にこそいっそう, にこそこれ, にこそそこ, にこそそれ, にこそなつかしい, にこそまた, にこそやれる, にこそスペンサー, にこそ一心籠め, にこそ予言, にこそ人, にこそ今, にこそ君, にこそ善い, にこそ夫, にこそ学校, にこそ彼女, にこそ或, にこそ最も, にこそ死, にこそ現実的, にこそ生産関係, にこそ百ヶ日, にこそ自分, にこそ花野, にこそ誘惑的, にこそ遮られぬ, にこそ電火一閃, にこそ魅力, にはア, に寝る, に間違っ, のご, の御, の独特, の酒肴持參, はたから, はる子は, べこ, ぼくは, まことに, まず影, また剣, まだ私, まるで過去, むしろ利家の, もうこれ以上, もう云うまい, もし吾, もし直線上, もはや一つ, もはや単なる, もはや単に方法対象, よう知っ, よしんば通俗, ろくろく口, わざと御, わたくしが, われは, われわれの, アカデミーは, アガペーの, イデオロギーとしての, エロースにと, カベーの, シェリングに, ジュール, パッと, プラグマとしての, ヘーゲルが, マルクス主義に, モッツァルトの, ユークリッド的計量を, リッケルトに, リーマンの, ロッツェの, 一つは, 一切を, 一定量の, 一寸話が, 一層多く, 一手の, 一方の, 一方陰, 一時から, 一義的で, 一言も, 一面から, 七兵衞さんを, 下凡の, 不断甚だ, 世間は, 丸坊主に, 之を, 事実に, 二つの, 二人手を, 云える, 五形と, 亡書は, 人の, 人間の, 今までの, 今もし, 今や将門一人, 今や明らか, 今小室の, 今後の, 今日において, 今日は, 今日までの, 今理論を, 仏と, 仕事は, 他者との, 以上に, 以前には, 会合へも, 伸子は, 何うも, 何と, 何事にでも, 何枚描いた, 作家は, 使い方によっては, 例えばヘーゲル, 例えば深川万年橋, 例へばキリスト教神學, 信を, 俺は, 個人的作は, 個性美は, 元来批判という, 元来時間性, 先君から, 先生様の, 全体として, 公に, 公理は, 六月の, 其場所なけれ, 具体という, 内容訳文ともに, 凡そ何ものかが, 凡ての, 凡人は, 分けよう, 列強が, 判断を, 前の, 力を, 医学者を, 十九世紀末までは, 単に, 却って相対的, 又もし, 又併, 又理論的, 友子さんの, 叙述の, 古くさいどころか, 古の, 古典的価値と, 史部の, 合目的性は, 同業者は, 呂将軍と共に, 味方大, 品川や, 哲学が, 哲学の, 哲學への, 唯物弁証法は, 啓示は, 噂は, 器の, 図案には, 土塀の, 地質学の, 城下の, 基礎づけ, 塩の, 変換群は, 多くの, 夜中ストウブの, 大きな構成, 大井君の, 大学を, 大正改元の, 大衆が, 大衆の, 天皇は, 夫は, 奈良朝において, 女の, 女性で, 奴隷状態を, 如何に精緻, 妹を, 妾は, 娑婆の, 字義的には, 存在判断は, 学問性の, 宋翔鳳は, 宗教を, 実在に, 実用こそは, 客體の, 宣命には, 家へは, 宿命的に, 対象は, 將來を, 小生の, 少量の, 帳幕中に, 平和という, 年に, 幾何学的直観と, 度々いう, 延長は, 弓矢の, 強ひ, 当時の, 形式的直観は, 形態は, 彼に, 彼はむつくり起き, 彼れ, 彼女を, 往生は, 後の, 後立と書く, 徒らに, 御無沙汰に, 微細の, 心に, 必然に, 念に, 思惟, 思惟によっては, 急に, 恐しい場所, 恰かも, 意識によっては, 感傷を, 憎悪心を, 我が日本, 我我の, 所謂相対主義は, 手紙が, 批判は, 折角の, 支那に, 支那法系の, 教えは, 数学的概念を, 文化という, 文化的生の, 文学者は, 文芸上の, 新らしい, 方法概念の, 旗太郎は, 既成的問題は, 日本でも, 日本上古に, 日本固有の, 早く老い込ん, 明晩も, 昔ながらの, 昔のは, 是非方法に, 時は, 時間そのものを, 時間性を, 普通非難される, 暫くこの, 最近五年以内の, 有限なる, 本分においては, 本書は, 本質的な, 村の, 来るべきこの, 松平家以後は, 椎の, 概念は, 模様は, 歌には, 正しく云え, 正覚は, 此度の, 歴史に, 歴史は, 歴史的資料を, 死の, 殆ん, 段々痛が, 民法における, 気持の, 永遠者の, 求められた解決, 泊つてください, 活動の, 港に, 演芸に, 無理な, 無闇と, 無駄な, 熱海に, 父は, 物理学の, 物理的空間は, 物質, 物質は, 特に芸術的文学, 犬の, 独特の, 王立協会に, 現代の, 現実に, 理解とは, 甚だ種類, 生命は, 生徒たちは, 甲の, 申しつけた通り, 町の, 異質的連続, 病院では, 盗めるもの, 目録學は, 直接に, 真もの, 真理の, 眠元, 着物や, 矢張り歴史科学にのみ, 知覚に, 知識の, 石屋根には, 社会は, 社会科学の, 祖母イヴォンヌが, 神を, 私どもに, 私等は, 私達は, 秘し, 稀少性の, 穏やかな, 空間も, 空間知覚と, 立ち入って, 等質的空間の, 米国に, 精神能力によって, 素人の, 終始敏感, 経験に, 結局浩は, 結果から, 絵画とか, 絶對者は, 罪も, 美の, 翻訳に, 耳かくし, 臆し, 自分に, 自分へ, 自我の, 自然の, 自然乃至, 自然的生が, 自由の, 芳一は, 若しこの, 若者は, 萎縮し, 著作権者対興行者の, 藩地の, 血液の, 装飾が, 要するに程度, 見事な, 覚束ない, 解析的方法によっては, 言い得ない人々, 計量とは, 訪問客たちは, 話が, 認識社会学, 誠に, 論理に, 論理上の, 諸州にわたって, 貨物自動車が, 買出しにも, 質料的存在は, 身の, 近在では, 途中で, 遂に吾, 運動とは, 道徳は, 邦語で, 重さ, 金持でなけれ, 銅像にも, 間もなく新しい, 雑然と, 電子の, 面を, 題なんか, 食堂に, 餘り, 駄夫は, 黒田清隆の

▼ それ自身~ (1428, 0.4%)

27 に於 21 の中 14 が一つ, の内 12 の美 9 が目的, のため, の価値 8 に固有, のうち 7 によって理解 6 がすでに, の仕方, の原理, の性格, の性質

5 [12件] がその, であった, ではない, によつて, に於い, の, の内容, の内部的, の生活, の美し, の重み, を目的

4 [14件] から出, が, が問題, によってある, に価値, のなか, のよう, の力, の存在, の法則, の目的, の立場, は何, は決して

3 [15件] がまた, が全く, が強制, であって, に存在, に興味, の世界, の光, の問題, の尺度, の持つ, の構造, の秩序, の罪, の貧民

2 [85件] が今や, が価値, が又, が吾, が大, が大きな, が彼, が日本, が極めて, が特有, が生活, が私, が興味, が随分, すでに, だけで, であつ, ではなく, で既に, で独立, としては形, としては明, として一つ, として批判, として独立, として見られるなら, とその, なの, なん, においてもっ, において基礎, において完了, において形相的, において愉快, にすでに, には何, にもつ, によってあり, に依っ, に内在, に対する需要, に就い, に於ける, に独立, に独自, に芸術, のもっ, の上, の信用, の分析, の意味, の意志, の水準, の洗練, の活動, の特有, の独自, の獨立, の発展, の種類, の線, の考察, の能力, の自律, の部門, の重, の食物, の魅力, はしかし, はまだ, は不定, は別, は少し, は恐れる, は悪い, は現存, は表象, も亦, も多少, も恐れる, をし, を意味, 少しも, 或る, 誤って

1 [929件 抜粋] ある, ある意味, お宗さん, かの制作, かも, からくる, からは何処, から必然, か若しくは, がある, がいい, がいかにも, がおよび, がかなり, がこれから, がすでに充分, がそのまま, がだんだん, がちと, がまず, がまだそんなに, がやった, がディアレクティッシュ, がロゴス, が一個, が一方, が上属性格, が並存, が人望, が他, が仮象, が何人, が保てず, が傾斜, が全体, が内部, が冒険, が切字, が別に, が劇, が勿体らしく, が印象的, が善, が因, が大洋, が大衆的, が天然, が存在, が宇宙史, が実は, が実践, が崩壊, が延長, が建てられる, が彼女等, が徹底, が悲しみ, が懶うく, が我々, が或いは, が批評, が教育制度, が新しい, が方法, が時代, が書く, が有する, が有害, が本質的, が歌, が歴史, が毫も, が決して, が無意味, が無論, が独立, が現実, が甚だ, が生活自体, が白く, が矛盾, が矛盾的, が社会学自身, が組織全体, が美, が老い, が自分の, が自己矛盾的, が自我, が自然的秩序, が茶色, が表す, が誤っ, が贈賄, が輝く, が運動, が道徳的知恵, が鉄製, が非, が高大, この上ない誇り, ごく日常的, さえあきらめなけれ, さえが自発的, すでに哲学, すでに恋愛以上, すでに時, すでに浄め, すでに表現的, そういう下層, そしてその, その目的, だけで何, だけとして問題, だけに任せ, だけを問題, だった, だったこと, だつた, でありあたかも, でありイデオロギー一般, であるかの, であるそれゆ, であるの, であるよう, である又, でいかにも, ですでに, でたえず, ではなかっ, ではなし, ではまだ, では与り知らない, では何ら, では同じ, では成功, では決して, では独立, では確実, では論理的, でひとつ, で一つ, で充分, で労働力, で四六時中, で完全, で感能的, で正しい, で独特, で直接性, で興味, で面白い, というもの, としてあまり, としてかなり, としてそれ自身, としてどんなに, としての価値, としての概念, としての真面目, としての食物, としてはくだらない, としてはブルジョアジー, としては主観的, としては他愛, としては共同, としては十分, としては少し, としては悪, としては正当, としては理解, としては穀粒, としては自覚, としては良い, としては言葉, としては類概念, としても非常, としてユークリッド, として与, として人間力, として他, として又, として善き, として強烈, として愛し, として排撃, として歌った, として毅然たる, として決して, として現代, として絶対性, として表現, として見れ, として観察, として觀, として限定, とは言, と云っ, と同じく, と矛盾, どうも覚束, なるもの, にあり, においてそれ, においては, において一つ, において吾人, において存在, において完結, において明晰, において満たされうる, において矛盾, において考えられる, において觀, におのおの, におわる, にそこ, にだけプロパー, について言え, にとって殆, にどこ, になか, になっ, になり切らない, には, にはなはだ, にははなはだ, には全く, には常に, には平凡, には旅客, には永遠, には独立, には関わり, には非議, にもおもしろい, にも人口, によって単なる, によって存在, によって明かである, によって明かな, によって真, によって知識, によって考えられる, によって自己自身, によつて眞, によるその, に一定, に了, に他, に何, に作者, に倫理的秩序, に具わっ, に具象性, に別段, に即した, に又, に各, に問題, に基い, に完結, に対していろいろ, に対しては反感, に少し, に属する, に得, に必要, に悪い, に成り立つ, に敬意, に既に, に本当, に欠陥, に永遠, に消滅, に淵源, に特有, に独立性, に王冠, に生甲斐, に節奏, に胸, に自律性, に自足飽満, に誤り, に貴く, に通路, に重大, に関する限り, に集むることが充分, に鯉坂君, のこと, のこの, のどう, のみについて言え, のもの, のやすけさ, のリズム, の一貫, の下, の争闘, の仕事, の体制, の傾向, の儚な, の光明, の光線, の具象性, の内部, の内部的形成力, の出生, の別, の利益, の制限, の労働者, の動き, の動因, の単位, の危機, の厳密, の収拾, の名, の嚴密, の基準, の報酬, の変革, の大きな, の如く思われ, の学問, の実現, の展開, の形式, の影, の必然的, の怒り, の性質上, の息, の意義, の成長発展, の手柄, の抽象的, の政治的追求, の斉合性, の方法, の明瞭, の有する, の本心, の本来, の本能, の栄華, の標尺, の歴史的, の歴史的過程, の毛織布, の法律, の消費, の無力, の特性, の特色, の独自性, の獨自, の生命, の生存, の発展作用, の発達, の相対性, の眺め, の短所, の破滅, の積極性, の精気, の素質, の総て, の罠, の美しき, の考え, の能率, の自己, の自律性, の自然史的運動, の臼, の芸術的完成, の行き, の衰弱, の規範, の視界, の詭辯的興味, の認識, の読まれる, の論理, の論理的構造, の貴い, の路, の軸, の運動, の面影, の革命, の響, の風変り, の魔力, はあくまで, はかかる, はそれ, はそんなに, はたとえ, はひっくり返っ, はわたし, は今, は光っ, は別に, は勿論, は単に, は国家財政学上, は好き, は巨大, は弱体, は彼等, は我国, は曖昧, は根本的, は歴史的価値, は無, は物理學者, は現在, は知覚, は私たち, は科学的, は精神, は自然物, は論拠, は論證, は過去, ばかりで, ひどく大袈裟, へ向っ, また思想, また気, まだ単に思想, までも, もいつ, もただ糸, もまた, もやはり, も中間階級, も少々, も有限量, も結局, も芸術的, やがて矛盾, よりは, よりもずっと, よりも結構, より一層, をしか云い表わさない, をも滅亡, を一応, を二重的, を充分, を取り扱う, を基, を実現, を尊重, を当事者, を或, を源泉, を破裂, を科学, を衣紋竹, を表現, を見る, を配列, 一層速, 力強い抗弁, 却って甚だ俗物的, 又優越性, 又歴史的存在, 同時に実在, 多少相対的, 大きな組立て, 実際的歴史記述, 少し寝, 悪いこと, 悪いもの, 新しいこと, 既に一般化, 既に形而上學的, 最も低い, 極めて経験的, 極めて通俗的, 極めて重要, 決して文章, 滅びるより, 無くなるもの, 甚だ愉快, 異なる目的, 純粹, 素晴らしい物語的存在, 超経験的, 非教育的

▼ そればかり~ (1368, 0.4%)

631 では 34 でない 29 でも 21 ぢや, 心配し 20 考えて 16 でなくその 11 気に 9 考へて 7 でなく, でなくこの, でなく彼, でなく私 6 でなく今, ではござりませぬ, ならば 5 ならまだ, 思って, 氣に 4 であった, でなくもっと, 待って, 心配で

3 [19件] だと, でありません, でなかった, でなくあの, でなくお, でなくそれ, でなくわたし, でなく僕, でなく子供, でなく彼女, でなく自分, でなく隣, でなし, やって, 着て, 繰り返して, 見て, 言って, 願って

2 [27件] だった, であと, です, でないその, でなくうち, でなくここ, でなくさらに, でなくそんな, でなくともかく, でなくほか, でなく国家, でなく我々, でなく時代, でなく時計, でなく此, でなく死んだお, でなく矢田友之助, でなく第, でなく荘田, でなく貴君, でなく近頃, で無く, なの, なら偶然, 案じて, 眺めて, 考えた

1 [388件] いって, うなって, かじぶんも, ぐちを, このごろ思う, じや, だ, だとは, ぢやあ, であつ, であの, であります, である, でお, でこう, でこの, でこんなに, でしょう, でしょうかしら, でないあの, でないかれら, でないこういう, でないこの, でないもの, でないソユズ・キノ, でない今年, でない動物, でない堀口兵部大輔, でない多, でない女好き, でない帰国後, でない彼, でない我等, でない昔, でない気, でない清水, でない犬, でない自分, でない青々, でない高島藩, でなくあるいは, でなくいつとて, でなくいま, でなくいよ, でなくおれ, でなくお互い, でなくお前, でなくお願い, でなくかれが, でなくかれは, でなくこうして, でなくここら, でなくこれら, でなくさ, でなくさまざま, でなくずっと, でなくそういう, でなくそうした, でなくそこ, でなくその後, でなくその間, でなくたしか, でなくだんだん, でなくとうに, でなくどうか, でなくなお, でなくなか, でなくひとたび, でなくぴったり, でなくふたり, でなくふと, でなくまだ, でなくみ, でなくみんな, でなくもう一層, でなくもし, でなくよく, でなくわざ, でなくわたくし, でなくウッカリ赤軍, でなくコップ, でなくデモーニッシュ, でなくナポレオン, でなくファラデー自身, でなくフリーダ, でなくブルジョア社会科学, でなくヘルジンゲエル, でなくマル, でなくミル, でなく一方, でなく一種異様, でなく七月, でなく万事, でなく万次郎, でなく三, でなく三国峠, でなく三島, でなく三木雄, でなく下層建築, でなく中村屋, でなく中江, でなく二, でなく二三日, でなく五円, でなく人, でなく人生習練, でなく今後, でなく今日, でなく仏具, でなく信長, でなく停電, でなく僧侶, でなく先刻, でなく先生, でなく八月十八日, でなく凡て, でなく出て, でなく勝重, でなく十五里, でなく十年前, でなく原, でなく又, でなく反て, でなく各, でなく同時に, でなく向う, でなく周子, でなく咳, でなく品物, でなく噂, でなく在来, でなく外人, でなく多く, でなく大切, でなく太平洋戦争, でなく太陽, でなく奧樣, でなく如何, でなく如才, でなく妙, でなく妹, でなく妻, でなく娘, でなく官軍, でなく実は, でなく家, でなく小さな, でなく小学校, でなく少し, でなく尼, でなく山, でなく山窩, でなく市村座, でなく布施さん, でなく平一郎, でなく当夜, でなく役所, でなく彼等, でなく後, でなく後醍醐, でなく徳川様, でなく心, でなく我国, でなく或, でなく戦時下, でなく抵当流れ, でなく掃除, でなく政一, でなく文, でなく日本, でなく早期埋葬防止装置, でなく昔, でなく映画, でなく普請, でなく最初, でなく最早, でなく最近, でなく有松, でなく朱丹, でなく材料, でなく村長, でなく来年三月, でなく松本, でなく柿沼, でなく楽屋, でなく武家政治, でなく死体, でなく段々, でなく母, でなく氷冠, でなく沼津, でなく泥面子, でなく煙管, でなく熊, でなく熱, でなく父, でなく片, でなく牡鹿山, でなく犯罪者仲間, でなく狼藉者, でなく現実, でなく現実上, でなく甚だしく, でなく生れて, でなく生計, でなく痙攣的, でなく白髪小僧様, でなく皆さん, でなく着物, でなく破片, でなく神様, でなく窮地, でなく箸, でなく築山, でなく終に, でなく結婚, でなく群集そのもの, でなく腹, でなく自分たち四人づれ, でなく自分ら, でなく舞台以外, でなく芝居, でなく若旦那風, でなく葬, でなく藤吉, でなく蝋燭, でなく衣紋, でなく袖子, でなく西山, でなく言葉, でなく詞章, でなく話, でなく豚吉, でなく貴下, でなく身体, でなく迂闊, でなく退屈, でなく過去, でなく遠廻し, でなく都会, でなく重太郎, でなく重縁, でなく野口, でなく野菜, でなく金, でなく鐘, でなく阿夜子, でなく隣りの, でなく電車, でなく青竜二郎, でなく音楽, でなく頭, でなく馬籠, でなく駿河守殿, でなく高, でなく高力家, でなく鬼, でなく鷄, でなく黒い, でなく黒ずんだ天井, でねえてめえ, ではござりませぬよ, ではござりません, ではねえ, でもござりますまい, でよくよく, で人生, で作るわけ, で八島, で夫, で無いん, で胸, で頭, ならいい, ならともかく, ならどうにか, ならまだしも, ならよい, なら何で, なら叔父さん, なら可, なら宜しゅう, ねがって, ねらって, はげまして, みて, 一念と, 三十分も, 云って, 云ふとります, 僕は, 口惜しいと, 口惜しそう, 口走って, 吸ふ, 周りの, 喰べて, 嫌が, 工夫を, 当てに, 待ちあぐんで, 待ちこがれて, 待ち暮した, 待ち望んで, 待ってるじゃ, 心に, 心掛けて, 心配さ, 心配した, 心配しました, 心配する, 心配を, 心配致し, 念じて, 念ずる有様, 念頭に, 思いつめるの, 思います, 思い続けた, 思つてゐた, 思つてゐる, 思ひます, 思ふて, 思われて, 思われます, 恐れて, 愚痴って, 感じられた, 懼れ, 探して, 探りたがった, 日夜考え, 望んで, 期待し, 楽しみに, 楽に, 楽み, 樂しみに, 毎日毎日, 気がかりだった, 氣を, 測って, 焦せって, 狙って, 狙ってるうち, 申して, 申してな, 申し暮して, 目瞼一杯に, 眺め眺めした, 祈って, 祈つて, 祈るものの, 積み立てて, 穿いたらしく底, 繰返した, 考えさせられるよう, 考えすぎたあげく, 考えてるん, 考えない日, 考えるうち, 考えるの, 考え続けて, 考へてるやう, 考へるうち, 自分に, 苦にな, 苦労に, 苦心させられます, 見つめて, 見る, 見守つて, 言いつづけて, 言いながら, 言いは, 言つてあきらめ兼ね, 言つて居た, 言ひ, 話し合って, 読んで, 調べた, 貪ぼって, 陳謝し, 頭の, 頭を, 願つてゐ, 願つてゐました, 食べて

▼ それ~ (1361, 0.4%)

34 向って 24 来て 19 出て 13 手を 12 乗って 11 眼を 9 直れ, 腰を, 足を 8 目を 7 身を 6 来たの, 答えた 5 乗ると, 向かって, 塩を, 玉子の, 自分の 4 でて, 入れて, 加えて, 参って, 登って, 眸を

3 [15件] おいでに, お砂糖, かけて, それへと, ぶつかって, 並べて, 乗った, 何か, 坐って, 火を, 直れっ, 筵を, 近づいて, 顔を, 飛び乗って

2 [62件] うつした, おいた, おいである, おいでの, お坐り, かかった, この手紙, ポンと, 一々銀流し, 世話人が, 両手を, 乗ったが, 乗る, 交ぜて, 人間の, 今の, 体を, 出す, 出ると, 参ったの, 参るぞ, 味を, 坐れ, 塩味を, 塩胡椒で, 大勢の, 女が, 女は, 帯を, 徳利の, 想像の, 持って, 明りを, 来た, 来ると, 案内され, 水が, 水を, 湯を, 灰を, 牛乳を, 直れッ, 直れツ, 直れピカリ, 背中を, 臨んで, 自分で, 荷物を, 見えたの, 覚えの, 言った, 話が, 通達する, 連れて, 酒と, 鋏を, 附いて, 雀が, 頭を, 飛びかかって, 飛んで, 馳け

1 [976件 抜粋] あいさつに, あるく, あんなもの, いちいち朱点, いろいろと, いろいろの, うつして, うなずいて, おいて, おいでなさる, おかけなさい, おかみさんも, おすすめ申しあげ, おとどけもうすでござろう, おひかえなさい, おわたり, お分け, お心づきあった, お掛け, お気づきに, お渡り, お縋りし, お菊, お越し召され, お連れ, お醤油, かかって, かぎりも, かけつらねたビラ幾十枚, かけられた階段, かけろ, かしわに, かぶりついた, きたが, くるまって, こう書い, こだわって, このヤナギ研究, この子, この者, ごろりと俯伏, ご署名, さしかけて, さし出すと, さそう無器用, さらに尾鰭, ざらざらと, じっと熱心, すすんで, すわった門, ずぶりと斜, そそがれて, その代, その席, それに, だった, ついて, つきすすんだ, つけて, つづく一隊, つよく固辞, とびこんで, ともしび, なみなみと注いだ, なんでも, のびその, はいったの, はいりかねまするで垣, はずした, はせて, ひざまずいたまま, ひどく噛みついた, ひらいて, ひらくと, ひろげた, ふすま, ぶつかるの, まいりますが, またいった, またざあっと, また少しの, また松明, また筆, まわりの, むかって, めいめいが, もって, やる前, よじのぼろうと, わしも, ウラルの, キルクの, クリーム二合を, コツプを, スープか, タオルを, ハンケチから, バターと, パンの, ピオが, ラスプーチンの, ヴァイオリンを, 一喝した, 一本宛さし, 一縷の, 一転集中させる, 三州岡崎の, 上って, 上ろうとして, 上眼を, 両手を通して, 主力を, 乗せました枕, 乗ってから, 乗りました, 乗りわかれるまでの, 乗り移って, 乗り組んで, 乗り込み以下, 乗り込んで, 乗れ, 乘る, 二匹飼つてある, 二本の, 二銭五厘の, 五色の, 交じって, 人民の, 人間と, 今度は, 他の, 代るに, 休め, 伝つて実に, 伸びた, 何うし, 何処まで, 供えた麦菓子, 便乗しよう, 俊子が, 倒れさうな, 倚せ, 備えて, 儲けの, 入った, 入り込む前, 入れる刻み葱, 入学させられました, 兵を, 冬の, 冷酒と, 出い, 出された密封, 出す返事, 出る一日, 出來, 出席する, 分れて, 創造工夫の, 加うる, 努めて, 動いた, 勝手な, 包んで, 十能に, 印とか, 参ったは, 参りましたの, 参りましても, 参るは, 参るや, 参る町人, 参る途中, 参上いたします, 取っ捕らまって, 取りかからせた, 取り頒, 口を, 古代の, 古風な, 叩き伏せて, 召しの, 各自が, 合体し, 同じ作業服, 同情する, 吐き出すはず, 向けかえて, 向けて, 向こうを, 向っても, 君江が, 吸収された, 味淋を, 呶鳴ッた, 商売の, 喧伝され, 四号活字より, 国沢君が, 土産にと, 坐った, 坐りなされ, 坐る, 堅い池田炭, 塩胡椒し, 売って, 売込めば, 大きな望み, 大事な, 大匙四杯, 太筆に, 女を, 妄想を, 姉が, 子供を, 宗春卿堂々, 寄って, 寄り集まった, 対するには, 小便した, 小屋の, 小間使の, 展べた, 山葵を, 崩れて, 左手を, 差し出した, 差出した, 差尺筆で, 巻き込まれること, 帰るもの, 平伏して, 廻り道を, 引いて, 引き揚げられた筈, 引き込んだ, 引つ掛ると, 引掛けた, 引越すこと, 当って, 当てて, 影が, 彼女を, 往きたそう, 得意の, 御飯を, 徹え, 心を, 忍んで, 応戦し, 思い出した, 急激に, 怪力線が, 悉く燈, 悶々と, 慰めの, 手が, 手も, 手捜り, 手段を, 打ち乗り谷, 打つかって, 打当て, 折竹が, 招かれでも, 持ち出して, 持参いたされた, 指して, 指を, 振り向いて, 振向くと共に, 掛かったの, 掛けたまえ, 掛けろ, 携へて, 撥を, 攀じのぼって, 攀じ着くべく自分, 攻めかかれ, 教学院の, 数種の, 料紙硯を, 斜に, 新に, 既に頼んだ, 日本左衛門の, 晩酌一本, 書いた返事, 書いてでも, 書き足して, 月が, 朝顏を, 朱印が, 来たが, 来た一群, 来た正木作左衛門, 来た田能平, 来た陳登, 来なかったら仲達, 来りしは, 来るは, 来合わせた春日丹後, 果し合いの, 果も, 栗鼠が, 桃を, 案内を, 梅の, 棚を, 楽屋の, 槍馬士が, 横たわると, 次の, 止めい, 歩ませようとさえ, 殺到し, 毎月ひとつづつ創作を, 毛筆の, 気がついたよう, 気を, 水洗式を, 油を, 泡立てたクリーム, 泡立てた白身, 泣きもだえた, 泣倒れました, 注ぎまぜた, 洗濯物でも, 消耗させ, 混み入った, 満々とついだ, 漆を, 漬け込むの, 火入れを, 灯を, 烏猫の, 無謀な, 煙草を, 照子は, 燧の, 爪印を, 片膝, 犬の, 猛撃する, 玉子を, 現れた浪人, 生きたい一心, 男に, 疑がい, 発足する, 登る階梯, 白く輝く, 白ソースを, 白身の, 皆町内から, 盛られた馳走, 目がけて, 直ると, 直れ手討, 直れ新刀試し, 相談します, 眠り続けた勢, 着かなかった, 短い言葉, 石でも, 石を, 砂糖を, 私の, 移した, 移すやいなや, 移せば, 積極的に, 突進した, 立ちむかった, 立ち止まって, 竹籠の, 笈を, 笑ひ, 筆太に, 答えようとして, 答えるや, 箸を, 粋な, 紅梅色の, 紛れて, 細々と, 細木を, 結びつき, 結び燈台を, 絶句を, 続く, 綿々と, 縋って, 繁殖し, 置かれた, 置く, 署名を, 美濃で, 翼を, 考へること, 聞き伝えて, 聞伝え思い込ん, 肩を, 胡坐し, 腰かけては, 膝を, 臨んだ, 自訴した, 舞いかかるは, 色彩を, 芍薬を, 花やかな, 英人二十人を, 荒く泥絵具, 落ち込んで, 落書を, 葱も, 蒐まった, 蓄音機と, 蕎麦を, 薄っす, 薬を, 蘭丸とは, 螺旋階段が, 行きました, 行くこと, 行くは, 行こうと, 行って, 袖の, 見えるし, 見入って, 視線が, 触れて, 言ふ, 詞を, 詣る者, 話は, 詳しく書いた, 誘いを, 誘われながら, 説教する, 調子を, 講義の, 貢ぎもの, 賛を, 赤鞏の, 走り出て, 跨がり直ぐ, 跳びおりた, 跳びついて, 跳び移り早く, 踏掛ける, 転び出, 軽く手, 載せわけ, 輪を, 近づいたの, 近づくなど, 近づけながら, 近づこうと, 返して, 追いすがった, 這い上った, 這入ると, 通じて, 通泰を, 連絡を, 逸らすべくわざと, 運んで, 部下の, 酒を, 醤油は, 重症の, 金包みを, 銀の, 銚子の, 附けられた札, 附着さす, 限りも, 階上階下から, 雀の, 雑つて, 雲助の, 霰模様を, 面を, 響応する, 頬杖つい, 頼もうと, 額ずいて, 風に, 飛び乗った, 飛び出して, 飛び込んで, 飛込んだ, 飾って, 首筋の, 駈けた, 駈け寄って, 鮎を

▼ それによって~ (1175, 0.3%)

14 自分の 12 彼の 10 見ると 8 私は 7 彼が, 彼は, 日本の, 自分を 5 利益を, 私の 4 我々は, 生活を, 私が, 自分が, 自己の, 自然の

3 [11件] あなたの, である, 何か, 何を, 多くの, 彼らの, 彼らは, 彼女の, 心の, 生活の, 過去の

2 [54件] あなたは, お前は, この土地, すぐに, すべての, つまり男, どのよう, われわれは, シナの, 万事を, 二人の, 人々は, 人の, 人を, 人間が, 他の, 代表される, 作品の, 価格が, 君の, 吾, 国家の, 土地の, 女が, 始めて, 宇宙の, 幾分か, 引き起されたソヴェト同盟, 形成せられた, 彼を, 得るところ, 徳川の, 心を, 思想の, 惹起される, 捜査方針が, 新しい境地, 方向を, 明らかに, 犯人の, 現実を, 相手を, 真の, 社会的集団が, 私も, 私達は, 縁起を, 美の, 自分は, 自身の, 船長は, 荘園が, 象徴される, 養われて

1 [928件 抜粋] あいつらの, あなたが, あの, あの人形, あらゆる用事, ある気位, いい刺戟, いくらかの, いっそう自分, いよいよ自身, いろいろの, いわゆる日本精神, うごく甲軍全体, うまい字, おいで下すった, おそらくは, おのずから国民, お前自身の, お君, かき乱されようとも, こういう週期性, ここに, こっちも, この事件, この加州, この句, この宝掘り, この教団, この海賊, この男, この肉切り包丁, これだけの, これまで, ころんだり, さっきまで, さらに連日運動, せっかくの, せめて慰みたい, そういう者, そこから, そのうち, その人, その倉, その女, その存在, その愛国者, その探求, その淡々, その相対価値, その薬物, その金額, それが, それも, それらが, ただ最高, たとえ徐々, つまり出る, どうしよう, どう顔つき, どちらかと, どちらかに, どっちでも, どれぐらい, どんな影響, なおも利, なにより, はじめて小麦, ひとつの, ぴかぴか光る, ふたたび見取り図, ぼくの, ますます偉力, まず先, また, またいろいろ, また妹, また強く, また自分, まったく説得, むしろ魂, もたらされる身分, やがて迫る, よりよくなされる, より大, わたくしが, わたしが, わたしども主人側の, わたしは, われわれの, インカ帝国の, キリシタン武士の, グルゥバッハ夫人の, スエズへ, トルーソツキイ氏と, ドアの, ドドが, ピロカルピンの, フーフー云っ, ペーピーの, モンセーニュールを, ルコックの, ロイスの, ロオペ博士の, ロンドンの, ヴァイオリンを, 一つ名が, 一人でも, 一切万物が, 一向に救われなかった, 一層高まり, 一方では, 一着または, 三十六万平方キロの, 上代の, 上記の, 不具に, 不思議に, 不消化な, 与えられる, 世の中の, 世を, 世界統一即ち, 世間で, 両面神話を, 主題自身が, 事件の, 事新しく縁, 二人が, 云い表わされる現代, 云い表わされる観念, 交換し得た, 人格が, 人気を, 人界の, 人間に, 人間は, 人間性の, 今さらの, 今まで, 今度陵に, 仕事の, 他をも, 他人に, 他人の, 他物の, 令嬢の, 企業者と, 何, 何より会社主義, 何らかの見解, 何等かの, 作られた人為, 作品が, 作者の, 例えば性慾, 信じられぬほどの, 信頼が, 修理箇所を, 個々の, 個人と, 個別的な, 側面から, 僕が, 僕の, 僕を, 児童教育に対する, 全人格, 全国の, 公共の, 六人で, 具体的の, 兼子の, 内地へ, 再び新, 分かる気, 分析を, 初めてより, 初めて事物, 初めて今, 初めて気づいた, 初志を, 判決が, 刺激された, 前に, 割合で, 創作する, 功を, 動かされて, 動くこと, 動機を, 医界に, 十分に, 半蔵を, 協同動作の, 南国片僻の, 危険に, 却って真に行為, 又この, 又之, 友人たちに, 受けて, 古い物語, 古来各, 可能性の, 各人は, 各自の, 吉利支丹史研究家の, 同じよう, 同姓の, 同時に世界, 同時に自己, 君たちが, 君は, 吾人を, 和平交渉に, 哲学者の, 啓発される, 固有の, 国の, 国内を, 国粋保存主義という, 地位を, 埴輪人形の, 基礎づけられ, 壁の, 変化した, 多少成功, 大いなる統一, 大きい効果, 大勢で, 大物連が, 天下の, 天体の, 天平様式が, 太陽を, 失われればこそ, 女に, 如何に, 始めて夫人, 始めて直観空間, 始めて線, 始めて行われるであろう, 嫉妬の, 存在は, 学び美術価値, 学界の, 完成される, 実現せられよう, 実生活を, 実際この, 察せられる, 尊重すべき, 少しずつ, 少しも, 屋内の, 屍と, 展かれるであろう, 山の, 岸内閣の, 崩壊し, 左膳も, 巨万の, 市政の, 帰国の, 平凡な, 年内の, 幾年かの, 建国された, 弟子に, 強い僻み, 当時の, 形づくられた社会生活全般, 彼も, 彼れ, 彼女は, 彼女も, 得た私有財産, 得られた材料自身, 得られる成果, 得る人口, 御承知, 心然, 心臓を, 必要も, 忍びがたい, 思想家と, 恋の, 恩給の, 恰度自動ピアノの, 悩んで, 悪事を, 感じると, 感激する, 慰められるであろうがと, 慾の, 成員に, 成員の, 成立する, 我が国と, 所謂自然科学と, 手柄が, 抜け目なく, 指導せられた, 探偵は, 撃ち出される弾丸, 支那の, 支配される, 支配せられる, 敗戦を, 敬拝の, 敵の, 文化的に, 文学と, 文章に, 新しい勇気, 新しく人生, 新しく展開, 新な, 新らしい, 旅情を, 日本に, 日本精神の, 明かに, 明かにせられよう, 明智方の, 明治の, 昔とは, 暗示された, 暗黒随伴星の, 更にもう一層自分自身, 書かれた支那, 曹操は, 最後の, 有らゆるもの, 有志が, 未来の, 村老は, 村長さんの, 東洋人とか, 椿の, 様子の, 権威者の, 次々に, 歌を, 正直さと, 歴史が, 歴史上の, 死体は, 残存せる, 殺された者, 民族や, 民衆が, 水の, 決して殖え, 決定され, 河内の, 法悦を, 活かされて, 消し去りたい, 渇を, 測量する, 準備を, 漢石経の, 潤いある, 火夫が, 無仏性, 燃え上る恋, 物体に, 特に新しい, 特殊な, 犯人が, 獣性を, 玄徳は, 王朝の, 現われる一つ一つ, 現在よりも, 現実的に, 生きてる日本, 生き殪, 生き甲斐を, 生じた炭酸ガス, 生れ代る, 生活し, 生活する, 生計が, 男が, 男の, 画され作られて, 画期的の, 異国と, 療術方薬に関する, 発見当時の, 皇室の, 皇室は, 益する, 直観に, 真偽の, 真善美を, 真理の, 眼を, 知らされた, 知られた各, 知るが, 研究を, 示されて, 社会の, 社会状態という, 社会的にも, 社会革新の, 神の, 祭日や, 私どもは, 私達夫妻は, 空間の, 窒息し, 筒井順慶の, 精神の, 約六百万人, 終局安堵の, 経験が, 絵を, 美しい妃, 美女の, 育った菰, 背後の, 自ら望まない, 自分自身に, 自己は, 自己を, 自然哲学という, 自然界が, 自重の, 艇長が, 艶や, 芸術も, 芸術的社会革新の, 苦しむ進歩的人間, 蒙るケンギ, 虚名を, 血球一個の, 行為に, 衣食する, 表わさるべき, 表現される, 表現に, 裁判が, 裁判所に, 西村が, 見ても, 見或は, 規制せられ, 規約された, 親貫, 観念を, 解釈する, 討幕も, 証明さるべき, 試しに, 話を, 語られるその, 説明の, 読者の, 読者は, 諸君は, 貨物が, 貴方の, 購買し得る, 起る肉体, 身を, 身分の, 軍部の, 輸出業者の, 近代の, 追い出しを, 逆効果, 遁世も, 遊ぶ人間, 道元は, 遮りつくされて, 重大な, 鉄砲の, 鎖が, 鑑賞した, 長くも, 長吉は, 間隙は, 防寨の, 限定され, 静かに, 非違に, 非難を, 革紐が, 顔を, 顔立ちの, 食物は, 養われた或, 馬の, 駸々と, 魅力を, 黴毒に

▼ それ~ (1103, 0.3%)

35 や, やお 34 や親分 22 や私 20 やあ 18 やあの, やア, や僕, や君 17 や俺 16 やお前, や何 11 や訊く 9 やあなた, やこれ, やまた 7 やあんまり, やこの, やどう, やもう, や下手人 6 や一, や困る, や明日, や誰, や頼む 5 やあつし, やなん, やまあ, やまるで, や今日, や仕方, や何ん, や兎 4 やどうして, やぶ, や大急ぎ, や御, や親分さん, や貴方, や錢形, や駄目

3 [18件] やあたし, やいつ, やたつた, やちよい, やどうも, やどんな, やね, やア駄目, や今, や伺ひます, や何処, や何處, や後, や御免, や早速, や案内, や行つて來, や言

2 [68件] やあお前, やあなん, やあね, やあまた, やありません, やあわたし, やあんた, やあ二, やおれ, やお先, やお前さん, やお父さん, やお里, やから, やきつ, やこ, やここ, やこれから, やこれからもう, やすぐ, やその, やそれ, やだめ, やなんぼ, やもう一度, やァ, や一つ, や一処, や一日, や三輪, や主人, や今年, や任せ, や何だ, や其の, や其處, や再, や又, や反, や外, や定, や少し, や屹度, や手, や教, や斯, や斯うしようぢ, や旦那, や早く, や暫らく, や橋, や此, や氣, や池, や清子さん, や物, や田川君, や直ぐ, や自分, や若旦那, や行かう, や行つて參, や話, や話し, や遠慮なく, や阿, や院線, や首

1 [471件] ああなた, あもつ, あジエィン, あ其奴, あ大した, あ學校, あ私, あ餘, やああの映画, やあいけない, やあおれ, やあお接待, やあこんな, やあずいぶん, やあその, やあそれで, やあたのむ, やあつ, やあと, やあなた孔雀, やあなんにも, やあほやほや, やあまり, やあまるで, やあもう, やあボルシチひと匙口, やあ仕, やあ口, やあ失敬, やあ家賃, やあ後生, やあ御上りなさい, やあ改めて, やあ死ぬ, やあ知らない, やあ私, やあ貴様, やあ鍛冶屋, やいけない, やいけやせん, やうち, やえ, やおま, やお仕着せ, やお伴, やお嬢さん, やお茶の水二枚, やお茶屋, やお話し, やか, やかう, やかうし, やかうすれ, やが, やきのこ, やきり, やけど, やこちら, やこつち, やこつちで手伝つて, やこぼれる, やこれから直ぐ, やご, やさうし, やさよなら, やすみれ, やせめて, やそいつ, やそこで, やその後, やそれぢ, やそんな, やたまらん, やちつ, やつて, やつまらない, やて, やといふ, やとことん, やとつさん, やどうか, やどうしても, やどうぞ, やどこ, やどの, やどの道, やない, やなに, やなほ更, やに因つて生, やひとつ, やほか, やほんの, やぼく, やま, やまつ, やもうこ, やもつ, ややつぱり, ややつぱりいつまでも混乱, ややつぱりお前, ややつぱり例, ややらない, ややり直し, やわかつた, やわけ, やわし, やア丹波, やア僕, やア失敬, やア文化村, やア旦那, やア梅廼屋, やア百姓, やア私, やア車, やエシオピア王, やカイン, やカーチユシヤ, やガラツ八親分, やストーヴ, やチーツ, やネ, やパパ, やメヂューサ, やヤツトウ, やワケ, や一つ生, や一体, や一体俺, や一向, や一寸, や一昨日, や一杯御馳走, や一緒, や一體, や丁度, や七平, や三分の一くら, や三分植, や三軒ぢ, や下手, や不可, や世, や世上, や世間, や世間一般, や事実, や二三日うち, や二円, や二時, や二階, や些, や人, や人間, や人間界, や今度帰つて, や今晩, や今晩飯, や今朝何ん, や仏縁, や仕様, や他, や仲, や仲よく, や伊三郎, や会, や何だか, や何ン, や何故, や何方, や余り, や余り差はんぢ, や修業, や俺ら, や俺ん, や俺一人, や借り, や借りよう, や偽書, や僞首ぢ, や兄哥, や先, や先づ聽, や先生様失礼, や入れ, や全体どうしたらい, や全快つて, や八, や八五郎, や八五郎親分, や八兄哥, や六錢五厘, や其, や其児, や其兒, や兼次, や出かけませう, や出かけよう, や分らん, や分るまい, や分別盛, や到底, や前, や割, や勘六, や勘定, や勘辨, や勝逃げ, や十時, や千吉君, や卒業論文, や単に, や原田, や原稿, や参りませう, や友吉さん, や叔父さん, や受け, や口, や只今, や名前, や向, や君の, や呼吸, や命掛, や唯, や唯ごろ, や商人, や喧嘩, や嘸, や困ります, や国鉄, や圍, や土手, や売れ行き, や外科, や夜, や夢, や大丈夫, や大事, や大間拔, や失禮, や契約違反, や奥様, や妾, や姉, や始めます, や始終袴, や姐さん, や委員, や婿, や宇八, や安心, や安里さん, や定吉, や宜し, や宮さん, や宿, や富山, や富澤町, や富籤, や寒, や寒く, や寺本さん, や寺社, や小, や小使, や屠所, や岡, や巡視中, や左様, や差引四十一錢三厘小端, や己一緒, や幸七, や幾松, や序, や店中皆んなぢ, や廿四錢, や引つ返し, や引返し, や弟, や当, や彦兄イ, や彼處, や待つ, や後妻, や後見人, や御座いません, や御意, や御苦労, や徳松, や心配, や忍び返し, や恰, や愈, や愈々, や慈海さん, や慰められ, や戸締り, や戻せない, や房吉, や手前, や手附金五十両, や打つ, や折角, や撤回, や故意, や教室, や敵, や文句, や断然, や斯ん, や新造, や日本, や旦那げ謝罪, や明後日写し, や昨夜, や昨夜お前, や昨夜戌刻, や是, や是非, や昼休み, や晝, や暑, や暫く, や暫らく此守袋, や曲者, や木彫, や本当に, や本田蓼白, や材料, や植木屋, や止さう, や此石, や此處, や歩き, や歸, や歸ら, や死ななかつた, や死ぬ, や母者, や毒, や気の毒, や気心, や気狂ひだ, や済みません, や澄子さん, や濟むまいぜ, や瀧三郎, や火星, や災難, や無い, や爲方, や父さん, や父親, や猫, や率先, や玉屋, や現場, や生命保険, や生産, や産婆さん, や申します, や留公, や番頭さん, や當分, や百兩, や百哩, や皆さん, や相手, や相生町, や眞物, や眼, や矢張, や矢張り, や矢張り内, や知, や石原, や石川屋, や祝盃, や私酔ひ, や秋葉, や稼, や突出, や窮, や筍, や答, や素直, や細君, や組織體, や縛つて了, や繪圖面, や翁様, や聞く, や能役者, や腹, や臨時, や自分等, や致し方, や良い, や芸, や若し, や英, や茶, や萬, や葵, や蕎麥粉, や薪雜ツ棒, や行きませう, や行つて, や裁縫屋, や裏, や見ざる, や見世物, や見付からん, や見物, や言ふよ, や評判, や話さう, や話す, や話つて, や詳しく, や誠, や談, や貰, や買, や賄, や賣, や赤井さん佐倉, や足らん, や路地, や辨慶, や辻斬ぢ, や迚, や追剥ぢ, や逃げた, や逃し, や通しません, や通りません, や逢つて來よう, や連れ, や遣つ, や遣らない, や那処, や酒, や酔, や釣, や鈴さん, や隨分御機嫌よう, や雅さん, や雑誌, や雨, や青木君, や面倒, や面白い, や順序, や頭, や頼まねえ, や頼みます, や顏, や飛鳥山, や飯, や餘ンまり, や餘程廣, や駈, や高橋君, や髷, や鬢, や鳥渡研究, や默つて

▼ それについて~ (1021, 0.3%)

20 何か 13 私は 9 一つの, 何も 6 考えて 5 何の, 私の 4 こんな話, とやかく云う, ぼくは, 半七老人, 次の, 知って, 私が, 第一, 語ること

3 [13件] あなたに, いろいろの, 何にも, 僕は, 君に, 彼は, 思い出すの, 意見を, 私に, 私も, 自分の, 自分は, 非常に

2 [52件] あなたの, ある種, いろいろと, お答えする, お願いが, くる, こんなこと, そなた, それを, なんとも, なんの, まず第, ゲーテだ, 一つ御, 一つ考え, 一言も, 不思議な, 伸びて, 何かを, 何にか, 何を, 先生が, 先生に, 先生の, 再びそれ自身, 商量し, 増さんは, 多少の, 妙な, 完全なる, 少しお話, 少しでも, 思いおこすの, 思い当ること, 或る, 曲ると, 溝口医師は, 皆さんの, 精神が, 素子に, 若い船頭, 表象する, 話されるもの, 話しの, 話すこと, 話を, 語られるもの, 論ずる十分, 質疑を, 返事を, 面白いの, 面白い話

1 [775件 抜粋] あおむいた, あたしは, あつしは, あなたがたの, あなたたちは, あなたも, あまり深く, ある実例, ある者, あんさんに, いう, いうよりも, いくら新田先生, いささかお話し, いずれ後でという, いちいちわけ, いちいち批評, いつか, いつもながらの, いつも誇張, いろいろじかにお, いろいろ実験, いろいろ工夫, いろいろ立ち入った, いろいろ考え, いわば, うかがいたいこと, おうたい, おかしい話, おまえに, おもい出しますの, お互いに, お前に, お前には, お前達に, お嬢さん少し, お松お前に, お次さんは, お考え, お話し, お話し致しましょう, お話は, お願いの, かういふ風, かう言, かれこれ言, かんがえる純粋, きた騎馬, くわしく知っ, こう思う, ここに, ここの, こなたに, この赤三角研究団, この間御, これから出来る, これだけの, これと, これも, これ以上くわしい, ご協議, ご注意, ご説明, さらによく知っ, しかと答えぬ, して, しばしば問いあわせ, じつにさまざま, じつはわたし, すまないと, ずっとのち, ぜひともあなた, そちに, その場合, その頃有名な, その顔, だが乃公, ちと注文, ちょっとわたし, ちょっと感じた, つくづくと, でござる, です, とくに強く, とても好意的, とらえ難い, どういう感想, どうしたら, どうでも, どう考へる, どんな特別, どんな癇癪, なおそれ, なお何, なにか, なにか考える, なほ反省し, なら説明, なんでも, なんにも, なんにも知る, なんらの, のべて, はなはだ差出がましく, ひとが, ふしぎな, ふた親の, ふと消えた, ふれて, ほんのわずか, まず理論的, またいろいろ, また可笑しき, また私, まだ話, まだ責任, ままごとの, まるっきり嘘, みじんでも, みっちり研究, もう一つ, もし将軍, もちろん後日, もっと好く, もっと明確, もっと知りたく, ものを, ゆけない者, ゆこう, よく言われ, わしは, わたくしの, わたしたちは, わたしたった, わたしは, われわれに, ゐた, ゐる若い, キッパリした, ズンズンこっちの, ハイと, ペンを, ミサ子に, ロマン・ロランでさえ, 一つ取っておきの, 一体何, 一切口を, 一寸, 一寸お, 一層多く, 一時間ほど, 一生涯考えよう, 一私見を, 一種奇怪の, 一色の, 一言し, 一言費やし, 七兵衛殿お前も, 三ぴん連が, 三七郎を, 下りた, 不服な, 不満が, 世間の, 中村君きみの, 九条殿へ, 了解し得る, 二三人の, 二三批評した, 二三疑問の, 二人で, 二足三足曳かれ, 云いたい, 云い出さないうち, 人から, 人の, 人類は, 今では, 今は, 今一つお, 今日も, 仕出来したる, 他の, 伊緒, 伯爵家からの, 佐々さん火星人は, 佐渡に, 何かの, 何が, 何とかいう, 何とも, 何よりも, 何等の, 余は, 作用が, 使いに, 來ました, 例を, 保と, 保証人が, 俺は, 個人の, 働いて, 兄が, 兄は, 先ず何, 先生どうか, 光枝は, 児玉法学士は, 全会員, 八五郎が, 兵部さま右京さまの, 再び線香花火, 凡てあんた方に, 分析的に, 切支丹屋敷の, 判斷を, 別に何, 別に改ま, 別段夫, 力づよいことを云っ, 労作しつづけた, 動かぬ証拠, 勝入が, 勿論吟味, 十代の, 千蔵の, 又ひとつ, 又八も, 又深く, 友人に, 反省した, 口々に, 口説くの, 可笑いお話, 右へ, 同じよう, 同一の, 同様な, 君たちの, 君は, 告白する, 呼び慣れて, 善い評判, 喧しく云, 四五歩歩い, 団長とけいやくしましょう, 国チクリチクリ, 國友が, 報告を, 外部のも, 多く深く思い, 多少注意, 大いに語りたい, 大きな用意, 大して感謝, 天意が, 天香さんが, 失礼ながら, 奇抜な, 女が, 妾いい, 妾は, 婦人の, 子供の, 実に奇想天外, 実はお前さん, 実は俺, 実は君, 室を, 宮へ, 富士川英郎君から, 尋ねられたですが, 小料理屋の, 小言を, 小説を, 少しお尋ね, 少しばかし, 少しも, 少し許, 少し説明, 川を, 川本も, 左に, 差しあたりなんと, 帆村も, 幸福な, 庭へ, 弁明しよう, 引例を, 引摺られる, 弦之, 当時の, 当然の, 彼が, 彼も, 彼女には, 彼女の, 彼女を, 彼是といふ, 御意見, 御答え, 御縁女, 御願が, 徳義が, 心当りが, 心配し, 思いました, 思い出したよ, 思い出すは, 思い合わさるること, 思い当るの, 思い起こすの, 思って, 思ひ出したの, 思ひ出しますの, 怨みが, 悩むの, 悲しんだこと, 惟光は, 想ひだす, 意見の, 意見は, 憤慨する, 憮然たる, 我々は, 手探りで, 抗議を, 折ふし考えさせられた, 探偵し, 推測を, 数頁の, 文句を, 新らしい, 旦那様たった, 明智さんから, 是非とも, 是非一つ聞い, 是非解決せね, 昼も, 景気の, 更に焦燥, 書いた静か, 書いてる, 書く, 最初に, 最近一つ勉強した, 有無の, 本人の, 来ます, 来る, 柳生家も, 栄さんだの, 極めて自然, 次に少しくお話, 正当な, 母が, 毎々議論, 気づいて, 沈黙を, 浮藻は, 淀みなく, 清澄の, 満支, 滋幹の, 無分別にも, 無意識で, 熟読された, 父が, 物識りが, 特別に, 玉太郎は, 珍譚が, 理性からの, 理論的にも, 田舎と, 町じゅうに, 町では, 痛切な, 皮肉めいた, 相談が, 真に深刻, 真剣に, 知らないから, 知らないもの, 知られん, 知りたいと, 知ろうと, 短い文章, 研究中だ, 研究中である, 秀吉も, 私もつと, 私自身少し, 立つ噂, 立派な, 筆者は, 策あら, 糸も, 細長い板敷き, 縷述する, 老人の, 老人は, 考えたが, 考えた人, 考えなければ, 考えるのに, 考へる私, 考察を, 聞くべきだつた, 聴かされた, 能登は, 自分で, 自分にまで, 自分を, 自分自身の, 自己の, 自然に, 興味が, 興味ふかい, 船長, 花川戸の, 花袋に, 芸術家同士らしく語ったであろう, 若い妻, 落窪の, 藤島取締は, 行けそう, 行けない, 行つて暫らく戻, 行われる観察, 行者の, 裁判所へ, 西の, 視線を, 親しく礼, 言いました, 言う, 訊きたかつた, 訊くこと, 訊ねて, 記さるるすべて, 訴へる, 評議いたそう, 詩を, 話される物, 話しあうこと, 話したいよう, 話して, 話す対手, 話す物, 詳しい顛末, 詳しく訊ねたい, 語って, 語らなかつたそれ以後彼, 語られるの, 語り書く自由, 語るの, 語ろう, 語ろうとは, 説くの, 説明する, 説明を, 読んだこと, 誰いう, 誰に, 調べて, 調査を, 論じて, 諸君の, 謂わば, 責任を, 貴様が, 質問も, 越前に, 身分相当に, 辰五郎という, 近く私見を, 述べると, 述べる前, 送つて, 連想する, 連歌師心敬は, 遂に一言, 郷土の, 配慮した, 重大なる, 重要の, 錯覚し, 阮東は, 随分世間, 随筆の, 面白いこと, 面白い経験, 顔長の, 飛んだお, 餘り, 駆け出します, 駿介の, 駿介は

▼ それとは~ (1009, 0.3%)

51 反対に 43 なしに 31 違って 16 知らずに 14 ちがって, 全く反対, 別の 11 反対の 10 全く別, 反對, 逆に 8 反対な 7 ちが, 別な, 別に, 正反対に, 比較に 6 つきり, 全く異, 少しも, 無関係に 5 また別に, 似ても, 何の, 全く違った, 独立に, 違う, 非常に 4 あべこべに, ちがう, べつな, まるで違う, 異って, 異つて, 違ふ, 関係なし

3 [13件] また別, まるで正反対, 反対で, 性質を, 打つて, 本質的に, 正反対の, 殆ん, 気づかなかった, 趣きを, 違うが, 関係なく, 関係の

2 [54件] およそ反対, つきりと, また異, また違う, また違った, まったく違う, まるっきり別, まるでちがっ, まるで反対, まるで違, まるで違つた, わけが, 丸で, 似て, 全くちがった, 全く反, 全く違, 全く違つた意味, 全然わからず, 全然別, 全然反対, 全然異, 別である, 別にこの, 別にその, 別にまるで突発事故, 別に国際的, 別に私, 別問題, 又別, 大分違ふ, 少し違う, 性質の, 意味が, 根本的に, 極めて異, 比べものに, 気がつかないで, 気づかずに, 無關係, 異っ, 異った, 異なって, 異り, 知らないから, 知らなかった, 示さないよう, 言えないが, 較べもの, 逆な, 違います, 違うの, 違うよう, 違った

1 [504件 抜粋] あの歡喜天, あべこべだ, あまりにかけ離れた, あんな御, いい出せなかった, いい対照, いささか違い, いつも反対, いは, いはぬ詞, いわずに, いわゆる他山の石, およそそぐわない, およそ似, およそ別, およそ対蹠的, お話が, かけ離れたもの, かけ離れて, かなりまで, かなり異, くらべもの, こっちも, ことなる本心, こと変わり, ご存じない, さすがに, すこし違う, すこし違った, すっかり趣, すっかり違った, すべてにおいて, ずいぶんちがっ, ずっと東, そぐわない透き徹った, その原動力, その発生, たいへん違っ, たしかに見きわめ, ただその, たぶんに, だいぶ毛色, だいぶ異, だいぶ間, ちがいます, ちがうご, ちがうの, ちがう京都, ちがう戦慄, ちがったこと, ちがったもの, ちがった国土, ちがった意見, ちがった生活, ちがった硬い, ちがった種類, つきりきめられないうち, つきりその, つきりとは, つきり云, つきり云はず, つきり呉葉, つきり明言, つきり言つて, つきり飲, てんで較べ, どこか, なく問試, なく尋ねたの, なく尋ねて, なく意識, なく獨, なく言いつけられた, なく頻に, なげに, なしの, なんです, なんといふ, はっきり判らなかった, はっきり区別, はっきり気, はつきり言へ, べつだ, べつにもう一つ, べつに明智探偵, べつに道場, べつに颱風類似, ほとんど同じ, ほとんど関係, またすこし, また別個, また別種, また打つ, また稍異つた意味, また話, また違, また違つた意味, また違つた細胞, まったくちがっ, まったくちがった, まったくべつ, まったく別, まったく別に敗戦, まったく反対, まったく手ざわり, まったく異なる, まったく関, まったく関連, まつたく別, まつたく反, まるでち, まるでちがった, まるでべつ, まるで別, まるで反, まるで声, まるで変っ, まるで大, まるで意味, まるで方角, まるで無関係, まるで異, まるで違った, みな逆に, むしろ対蹠的, もつと, よほど似た, よほど立場, わかりましょう, ウラハラに, チョットちがった, ハッキリと, 一つ対象では, 一応無関係, 一緒で, 一致しない, 事かわります, 事が, 事情が, 事情を, 云わずに, 云わない, 云わなかったけれ共, 人が, 似も, 似寄りの, 何が, 何処か, 余りちがいすぎる, 余程種類, 余程要領, 全くあべこべ, 全くこと違つて, 全くちがわなけれ, 全く両立, 全く共通, 全く対蹠的, 全く性質, 全く没交渉, 全く無縁, 全く無関係, 全く異なっ, 全く異なった, 全く異質, 全く線, 全く話, 全く調子, 全く趣, 全く逆, 全く違いまし, 全く違う, 全く違っ, 全く違つた心持, 全く関繋, 全く面目, 全然個々独立, 全然心持, 全然性質, 全然性質のち, 全然意味, 全然逆, 全然違う, 全然違つた意味, 内容は, 凡そうらはら, 凡そ反対, 凡そ対蹠的, 分からぬであろう, 切り離して, 判りかねたと, 別で, 別です, 別にここ, 別にこっそり物, 別にこれ, 別にそこ, 別にちょっと妙, 別になにか胸, 別にね, 別にひとつ, 別にまた, 別にもつ, 別にやっぱり面白い, 別にわたし, 別にクイ, 別にゼイゼイ, 別に一つ, 別に一寸, 別に一郎, 別に今, 別に作者, 別に内藤長十郎殉死, 別に又, 別に大阪, 別に家事, 別に小塚原, 別に広い, 別に息子, 別に気分, 別に演劇そのもの, 別に烏啼, 別に現代, 別に當局, 別に矢代, 別に神様, 別に科学, 別に純文学, 別に能登守, 別に自分, 別に野原, 別に間違い, 別に首領, 別に魔物, 別人の, 別個に, 別種の, 別角の, 到底較べ, 区別し, 又ちがっ, 又違った, 反対じゃ, 反対だった, 反対でござる, 反対でした, 反対でなけれ, 口に, 可なり独立, 同じからず, 同じ肉体, 同情せず, 同日に, 告白ける, 味方の, 喰い違って, 変った清い, 変って, 変わって, 多少ちがった, 夢にも, 大いに違う, 大分違っ, 大分違つてゐる, 大部違っ, 始終会う, 存じませず失礼, 学生時分の, 定かに, 察して, 寧ろ反対, 対置された, 少しく違います, 少しちがった, 少しどうも呼吸, 少し別, 少し異, 少し趣, 少し違, 少し違います, 少し違っ, 少し離れ, 張飛も, 強度を, 御打ち明けなすった, 心づかない君江, 心に, 心付かれぬよう, 心持に, 思いましたが, 思いも, 思い寄らず一, 思って, 思ふが, 思われない, 性質が, 恐ろしく異なった, 想像も, 意も, 意味の, 意味を, 感情において, 或は意味, 截然と, 方面を, 日頃仲が, 時の, 根本に, 根本において, 極めて, 様子の, 様式の, 正反対でありました, 正反対でなけれ, 正反對, 死体の, 殆ど區別が, 殆ど気も, 段違ひ, 比べものには, 比べ物に, 比較が, 気が, 気がつかないでに, 気がつかないので, 気がつかないもの, 気がつかぬらしくその, 気がつかぬ始末, 気が付かれずに, 気づかなかったろうが, 気づかれない, 気づきません, 気の, 気付かずただただ, 氣づい, 氣附かず, 求めるもの, 没交渉に, 没交渉の, 無けれど, 無しに, 無縁の, 無関係であった, 無関係な, 無関係の, 独立にも, 現わ, 理解しあう, 甚だ違つた派生, 異う, 異つたニュアンス, 異つて餘程發達, 異なったもの, 異なった分類, 異なつて, 異なり主として, 異なり真に, 異なる物, 異ふ, 異る, 異質の, 発信人が, 直接の, 直角に, 相反な, 相反れた, 相違し, 真実似, 知って, 知らずいくら, 知らずいつも, 知らずお, 知らずこんな, 知らずして, 知らずニセ, 知らず一旦, 知らず二人, 知らず以來兵隊, 知らず偽, 知らず其路, 知らず別, 知らず声, 知らず失礼, 知らず嬉々, 知らず弥, 知らず掛声諸共鼓, 知らず毒ガス, 知らず父, 知らず道庵先生, 知らず鐚, 知らず門, 知らず飛んだ御, 知らず駒井甚三郎, 知らず鰡八大尽, 知らないで, 知らない二人, 知らない二人づれ, 知らなかったよ, 知らなかった口惜しい, 知らなん, 知らぬ土手, 知らぬ客間, 知らぬ従者役, 知らぬ御, 知らぬ番僧ども, 知らぬ警官たち, 知らねえでおま, 知りながら, 知りません, 知れなかったのみか, 確かに, 確に, 科違う, 秩序, 稍ちがった, 究極は, 等価値では, 縁の, 義貞も, 考え方が, 自か, 自ら径庭が, 自然気あいの, 著き風采, 著しく性質, 著しく異, 著しく異っ, 行きちがいに, 裏は, 見えが, 見えがたく, 見えぬ高等内侍, 見なかった, 見ま, 見分けられねど, 解らないけれど, 言は, 言わずに, 言わない, 言わぬが, 言わんが, 訝ぶから, 語らないが, 趣の, 趣を, 距り, 身分に, 逆で, 違いこそ, 違いこの, 違い長, 違い黒き, 違うかな, 違うて, 違うであろう菊池寛氏, 違うでしょう, 違うと, 違うもの, 違うよ, 違う別, 違う大義, 違う日, 違う歓び, 違った乙, 違った傾向, 違った勝沼, 違った反対, 違った性質, 違った意味, 違った感情, 違った智恵そのもの, 違った暮し, 違った未来, 違った種類, 違った色, 違った見地, 違った見解, 違つた, 違つたある, 違つたもつ, 違つてまた, 違つてイワンの, 違つて今度は, 違つて地方から, 違つて地球の, 違つて夜寐られない, 違つて常子は, 違つて玉の, 違つて美しい, 違つて非常に, 違ひ, 遥かに, 酷似した, 関係は, 離れたもの, 離れた場所, 離れて, 露知らずさんざん, 非常な, 餘程落ち着い, 驚くべきへだたりが

▼ それなら~ (968, 0.3%)

3027 ば私 20 ばお, ばその 17 ばなぜ 14 ばこの 13 ば何故 12 ばどう 8 ばそれ, ば今 7 ば何, ば僕 6 ばあの, ばいい, ばさ, ばと云っ 5 ばそういう, ばといっ, ばよい, ば彼, ば自分 4 ばいっそ, ばなお, ばまだしも, ばもう, ばもっと, ばわざわざ, ばわたし, ばわれわれ, ば君, ば猶

3 [17件] それでもいい, といっ, ばいっ, ばこっち, ばという, ばどういう, ばどこ, ばまだ, ばむしろ, ば今夜, ば俺, ば安心, ば少なくとも, ば御, ば我々, ば早く, ば誰

2 [66件] それでいい, それでお, それでおれ, それでその, それで可, といふ, ばあなた, ばあんな, ばお前さん, ばお話し, ばこういう, ばこうした, ばこそ私, ばこちら, ばこの間, ばこれから, ばせめて, ばそう, ばそれら, ばただ, ばちょうど, ばといツ, ばふたり, ばまた, ばもう少し, ばよく, ばよし, ばわれ, ば一つ, ば一体, ば七円丈, ば仕方, ば元, ば別に, ば力, ば単に, ば原詩, ば可, ば吉之助ひとり, ば喧嘩道具, ば大, ば大変格安, ば太田, ば娘, ば尚更, ば必ず, ば改めて, ば文学, ば易者, ば次, ば此, ば演劇, ば無意味, ば父, ば現実, ば生存, ば益々, ば結構, ば脈, ば至極同感, ば若い, ば要するに, ば試し, ば誠に, ば騒がず, も早

1 [513件 抜粋] そうと, それだけにせめて, それでい, それでそれ, それでちゃんと, それでなぜもう少し, それでなぜもっと, それでなんとか, それではっきりそう, それでもい, それでもう, それでもう少し, それでもよい, それでもよろしい, それでよう, それでよろしい, それで今日, それで僕, それで少く, それで支那, それで裁判医, それで身内, それで陳蕃, それとなぜ, それとはじめ, それとはっきり, ただもう, ただ監視, ちょっとだけ, という, といつ, とす, と上田広, と云っ, と云つて, と云われる, と参木, と反転, と手, と言う, と話し合っ, なくに, ばあくまで, ばあたし, ばあっさり, ばあまり, ばあらゆる, ばあれ, ばいさぎよく, ばいっしょ, ばいったい, ばいつたい, ばいつも, ばいよいよ, ばうれしい, ばおまえ, ばお前, ばお尋ね, ばお話, ばかえって, ばかつて, ばきっと, ばきょう, ばくま, ばくよくよ, ばけっしてもう, ばこう, ばこうして, ばこそおま, ばこそ一つ, ばこれ程, ばこれ等, ばこんなに, ばご, ばさしあたり, ばしかじ, ばすこし, ばすなわち, ばそれぞれ, ばそれだけ, ばそれで, ばそれと, ばたくさん, ばたしかに, ばたった今, ばたとえ, ばたま, ばだいじょうぶ, ばちと, ばちよ, ばできる, ばとあながち, ばとがめる, ばとけろり聞きのがす, ばとこちら, ばとこの, ばとその, ばと云う, ばと僕たち, ばと光代, ばと兎, ばと半月, ばと喜ん, ばと塩田大尉, ばと嬢, ばと引き受け, ばと彼女, ばと思い, ばと思う, ばと思った, ばと新しい, ばと申しまし, ばと腰の物, ばと膝, ばと言う, ばと食頃, ばどうして, ばどうして刻々, ばどの, ばなおさら, ばなおのこと, ばなぜすぐ, ばなに, ばなるべく, ばなん, ばのんき, ばはじめ, ばはるばる, ばひとつ生捕り, ばひとり, ばほか, ばほん, ばぼく, ばま, ばまあ, ばまだいくらか, ばまだまだ, ばもうちゃんと, ばもしや, ばもちろんそのまま, ばもはや, ばやはり, ばよ, ばよう, ばよろしい, ばわざ, ばアカデミー化, ばイヨイヨ大丈夫, ばウソ, ばエーテル, ばカント, ばクラン・マッキンタイア号, ばコチラ, ばシェクスピア, ばヒットラー, ばヒューマニズム, ばフリッシュアイゼン・ケーラー, ばブリュンチュリイ, ばプロレタリア作家, ばプロレタリア文学, ばペン, ばポー博士, ばミダレドモ, ばモウ今朝, ばルノアル, ば一つ手紙, ば一九四九年, ば一命, ば一度よく, ば一時, ば一緒, ば一葉自身, ば一議, ば丁度, ば上演禁止, ば不, ば不思議, ば世人, ば両国, ば両親, ば主軸, ば乃公, ば予, ば争い, ば二人, ば二十一年, ば互いに, ば五月, ば人, ば人間, ば今一つ, ば今回, ば今夜ゆ, ば今日, ば今日生徒, ば仏教, ば他, ば代官所, ば仮に, ば伸子自身, ば何とか, ば何ゆえ, ば余り縁, ば余儀ない, ば余計, ば作品, ば作者, ば併, ば俳優, ば個人, ば優れた, ば儲かる, ば充分, ば充実, ば先刻, ば党, ば全く, ば全然, ば公衆, ば兵卒, ば其の, ば其品, ば内, ば凍上, ば凍土, ば切り離した, ば前, ば前もって, ば助け, ば労働者, ば十六歳, ば十四挺, ば十月五日, ば博士, ば却って, ば原子爆弾, ば又, ば収穫, ば取りかえし, ば台所, ば同じ, ば同じく, ば吾人, ば呉服橋御門内, ば周囲, ば哲学上, ば唱える, ば問題, ば喜美子, ば土地, ば城中, ば城内, ば堂守, ば売った, ば外国文学, ば外国物, ば外套, ば多分, ば夢, ば大事, ば大友, ば大島先生, ば大抵こころ当り, ば大概, ば大衆, ば太鼓, ば如何なる, ば妻女, ば始め, ば安二郎, ば安堵, ば安直, ば実験, ば実験室, ば家, ば密会, ば富田夫人, ば寧ろ, ば将来, ば尋ねる, ば小振り, ば小説, ば少年少女, ば少数, ば尚, ば山道三里半, ば崩れ, ば差支, ば己, ば帰り際, ば帰る, ば幾らか, ば強い, ば当分, ば彼ら, ば彼等, ば彼自身, ば待たしやませ, ば後, ば復讐禁止令, ば心理学的, ば必ずしも, ば思い立った, ば怪我, ば恋愛, ば恋愛結婚, ば悩んだ, ば情涙, ば意志, ば成, ば我, ば或, ば或いは, ば戯曲, ば手づる, ば打明ける, ば承りました, ば折角, ば搗き, ば教え, ば文句, ば文字, ば料理屋, ば新, ば新しい, ば新劇, ば新劇協会, ば日本, ば旦那さま, ば早速, ば明らか, ば明日出立, ば映画製作, ば春子さん, ば是, ば是非, ば暗い, ば更に, ば書い, ば書きすて, ば書ける, ば書物, ば最, ば最初家出, ば最大遺物, ば未だ, ば本場, ば本気, ば机, ば杉浦, ば材料, ば桂子, ば案内, ば森木国松, ば楽, ば欧羅巴, ば欲しい, ば歌子, ば止む, ば止めたら, ば正々堂々, ば武人化, ば死んだ, ば殺し, ば殿, ば殿様, ば毛唐, ば気, ば気温, ば氣, ば泉先生, ば泣き面, ば流派, ば浪漫的演出, ば海蛇, ば海螢, ば消え, ば港町四丁目, ば澄子, ば無心, ば無鉄砲, ば焦燥, ば焼い, ば爪先, ば爲方, ば片, ば物, ば物事すべて, ば特に, ば犯人, ば犯罪型, ば独り, ば猫女, ば現, ば現代, ば現在, ば甘く, ば生活そのもの, ば生物, ば申します, ば申し上げます, ば申し上げる, ば申上, ば男女, ば百合, ば皆出來, ば目, ば直, ば直ちに, ば相, ば看護婦, ば知識社会学, ば確か, ば社会, ば社会政策的, ば祝詞, ば神, ば神酒, ば私ども, ば私みたい, ば私自身, ば科学, ば秘策, ば積算温度計, ば空間, ば窮屈, ば第, ば答, ば米, ば粉, ば約定, ば純粋, ば素人, ば紫御殿, ば結句, ば結婚, ば美沢, ば翁, ば考え, ば聞こえぬ, ば胡, ば至当, ば興行者, ば茶, ば華やか, ば行燈, ば視覚, ば観念, ば討たれ, ば話す, ば説い, ば論者, ば警察, ば財政, ば貴様, ば起き, ば足, ば足跡, ば身分相応, ば身請, ば農民, ば途中, ば進ん, ば遊山かたがた参詣, ば過去, ば道子, ば適当, ば野田, ば金儲け, ば金持ち, ば鎮魂祭, ば長与善郎氏, ば隆吉, ば難, ば露西亜, ば青年男女, ば静か, ば面倒, ば靴, ば風流, ば食事, ば高木さん, ば髪の毛, ば鵜, またそれ, また手段, また次, まだちゃんと残っ, ものの聞きわけ, んと, 一体どんな, 一層の, 何故そう云う, 何故もつ, 何故妖怪, 又吏道, 四人です, 家宝として, 当然な, 果して何處

▼ それからは~ (898, 0.2%)

7 私は 6 何も 5 もう何, 心を, 私の, 私も 4 毎晩の 3 一日に, 妙に, 毎日の, 火を, 自分の

2 [44件] いつでも, いつもその, いろいろな, きもの, だんだん頭, どうした, べつだんの, まいに, まい晩, もうこの, もうだれ, もうほんとう, もう毎日毎日子供ら, もう滅茶苦茶, もう無我夢中, もっといい, 一度も, 三日に, 二人とも, 仏と, 何の, 何を, 何事も, 例の, 外へ, 夢中で, 平次の, 年の, 床に, 彼女の, 急ぎ足に, 急に, 数学の, 昏, 毎日, 毎晩店を, 狐拳の, 由良は, 私を, 良からぬ, 蜘蛛は, 誰も, 足の, 逆に

1 [758件 抜粋] あたくし, あなたが, あなた私が, あまり話も, あんた方, あんまり彼等, あ船, いくらか怠け, いくらでも話, いくら村の, いくら盃, いちども, いっそう心, いつもと, いつもアンリ三世, いなくなったと, いやに, いよいよ何, いろんなこと, おじいさんは, おちついて, おも苦しく悲しい日, お仏間, お前の, お嬢, お父さんの, お父様, かなり注意, きっと一生懸命, こちらから, このビルジング, この娘, この島, この島ワサビ, この東京, この片岸村, この種, この老, こんにゃく桶を, さらにりんり, すぐ水際, すこぶる自由, すっかり信用, すっかり水木, すもうの, すらすらと, ずっとのどか, ずっとひろ子, ずっと木曾街道, ずっと金, ずるずると, せっせと学校, そのやしろ, その井戸, その仇名, その傷, その娘, その島屋, その最初, その気持, その風, それからは, たえず窓, ただ心痛, たとえそれ, だれも, だんだんわるく, ちつとも, ちょいちょい遊び, ついに風, ついまどろみ, ときどきその, ときどき家, とんとん拍子で, とんとん拍子に, どうしても寝つかれない, どうしても睡付かれなかつた, どうもよくありませんでした, どう処分, どこへも, どろぼうども, どんどん流れ, どんなこと, どんなもの, どんな事, なにも, なほも, なるべく, なるべくその, なれて, なんだかおそろしく, ぬけ殻の, のべつ女, ひつそりとして, ふたりで, ふっつりと, ほとんど二, ほんとうに, まいど, まことにおとなしい, ますます成, ますます途絶え, またふつ, また元, また幾, また流浪, また頭, まだお, まっすぐに, まったく一行, まったく義家, まるで三日, みずから鉱夫どもを, みんなで, めちゃめちゃだった, めったにそんな, もうずっと親, もうだれひとり, もうますますあわて, もうむちゅうになって, もう一切, もう一座, もう不思議, もう中畑さん, もう位牌田, もう全く狂気, もう四年, もう変りません, もう夕方, もう屋敷, もう彼, もう手紙, もう朝, もう為朝, もう王さま, もう白い, もう眠り, もう職, もう軍事行動, もう闇, もう雑誌, もっぱらこの, もっぱら玄徳, もとより訓練, やけに速足, やはり原っぱ, ややもすれば坐り直し, よくイドリス, よく木, わけは, わざとそうされる, わたしの, アブ公とも, ガチョウに, ガラッと, サッパリ手紙も, ジャックの, セエラを, ッとして, トントン拍子何しろ, ナガレ目が, ニュースを, ネルロと, ハムーチャの, ピタリと, ブールトンという, ポケットに, モオリスさんの, ヨハンネスを, 一ことも, 一人でなく, 一人でなくっ, 一層その, 一層何とかし, 一擧に, 一方では, 一日じゅうそこを, 一日たり, 一日一刻も, 一晩じゅうひどい, 一直線に, 一般の, 一言も, 一路留守の, 一鞭で, 万事順調に, 三人が, 三人だけが, 下女が, 不平の, 不眠不休すべてを, 両派が, 中に, 主に, 主人の, 乱戦だ, 乳母を, 二つが, 二ワットの, 二度と姿, 二日目か, 二羽に, 二郎次も, 人と, 人形遊びを, 人樣の, 人目を, 今までの, 仕方が, 代々触, 仲, 佐吉が, 何かの, 何もかも他, 何ん, 何人一人参詣する, 何処か, 余り不平, 余り口を, 余り辛く, 信じきれないうち, 値段が, 傍目も, 傭船の, 僕が, 僕は, 元気が, 充分気, 先夜そのまま, 先方も, 光と, 入りみだれて, 全く動かなかった, 全く日本鱒, 全然針, 全身が, 八の, 八幡様が, 公然と, 六平の, 其人が, 出かける勇氣, 出来るだけ, 別な, 別段手足, 刻々の, 前に, 力が, 努めて, 努力した, 千九百七十年五月一日が, 南下し, 単に三, 却って平気, 却って立場, 厳父は, 又鉾, 叔父さんが, 呑む打つで, 嗅がれた, 囈言を, 固く釘, 土で, 地図と, 地牢の, 声を, 夕方に, 多く肇, 多少言葉, 夜も, 夜中や, 夢心地で, 大さわぎです, 大人しく何, 大勢の, 大變, 天下無双の, 天神の, 失心状態でも, 奥様と, 女という, 好く寐, 始終交際, 始終夫人, 学校の, 定めし物思い勝ち, 室内を, 家が, 家人の, 家畜の, 容態が, 寄宿舎へは, 封じて, 専ら松年先生, 専修念仏の, 尋常に, 小さな机, 小畑や, 少しずつ, 少し慎, 少し身, 屡々会社, 岡田が, 岡田は, 島さんと, 巌根こご, 左右の, 巫女と, 平凡な, 幾度も, 広い並木道, 廊下が, 引出し得ないの, 得られない, 御恩返し, 御門前から, 微風つづき, 心にも, 忍び足も, 思いついた以外, 急転直下で, 懲りて, 我が軍, 手に, 手当り放題に, 折々此儘伯林, 折りに, 故郷に, 教師も, 新開町が, 旅行を, 日が, 日に, 旧家の, 昇進が, 明治天皇は, 易京楼の, 昨夜の, 時々内大臣, 時々庭, 時々自分, 時計の, 普通の, 暫く草付, 最徐行, 有中に, 木之, 木枝の, 本や, 本気で, 村の, 村へ, 東京で, 松山の, 果てしの, 柏木の, 柴田木下前田佐々の, 桟道ごとに, 横目で, 機銃を, 次第に出, 次第に減衰, 歌曲は, 正確な, 歩いても, 殆ど雪崩の, 母が, 母親か, 毎夕点燈頃に, 毎夜, 毎年年忌の, 毎日ああ, 毎日け, 毎日その, 毎日一分二分の増減を, 毎日一郎君の, 毎日半日か, 毎日歌を, 毎日毎日菜の, 毎日私が, 毎日頭が, 毎晩平助の, 毎朝ふたりで, 民間の, 気に, 気ばかり, 気を, 池の, 決してお, 泉と, 注射が, 流に, 流れに従って, 渋江の, 湯島と, 滅多に, 濁酒の, 無暗, 煙を, 父と, 父の, 独身で, 狭い裂け目, 猶更以, 猿は, 王子を, 玩具人形殊に, 生きんが, 町内の, 畑道や, 畳を, 疑い懼れぬ, 白い砂浜, 白い砂濱, 白ガチョウが, 白雪姫は, 皆尾が, 皆青田で, 目に, 盲目でも, 眼に, 眼を, 知ること, 石を, 社長は, 秀吉公が, 私たちは, 私と, 竹の, 符牒でしょう, 細かい銀器, 細面の, 続け様に, 編輯長が, 耳長さんは, 脱け, 腰が, 腹の, 自分で, 自斎, 自然に, 至って順調, 與田先生に, 花が, 若く美しい未亡人, 荒れるまま, 荻原の, 薫の, 行くの, 裁縫ばかりを, 要するに自分自身, 見た目にも, 見て, 親が, 親分が, 親方は, 観衆も, 話しも, 話し悪い, 話も, 誠に親切, 読んで, 諦めて, 謂わば, 警報が, 足が, 路を, 身体が, 身体の, 轉が, 追撃戦であった, 追求又, 遠慮も, 郡兵衛の, 酒井左衛門の, 酒酒酒, 金太郎は, 金輪際離れない, 長い旅, 長い苦闘生活, 長い間誰, 長く葭町, 障子を, 雇い人にも, 電燈を, 電車の, 静養に, 非常な, 頗る慇懃, 飮む打つ, 餘り, 馬に, 騎虎の, 高い絶壁, 鬼が, 魂は, 鳥箱先生と, 鳶肩長身傲骨稜々たる, 黒っぽい色, 黙ったまま父娘

▼ それ~ (849, 0.2%)

113 これや 38 これやで 11 そうだ 7 わかつ 6 駄目だ 5 いかん, これやに 4 これやも, わかつて, 僕も, 君の 3 いけませんね, かまは, これで, しかたが, どうも, まあさう, 何かの, 僕が, 無理だ

2 [42件] ある, あんたの, お前の, こそ, これの, そうさ, そうだろう, そうです, その筈, だつて, できないこと, と全, どんなこ, なんの, ね決める, まあ君, むろん, よかった, よかつ, アお, アさう, 不可, 仕方が, 何も, 何んだ, 僕に, 僕の, 出来ません, 可哀想だ, 可哀想です, 君が, 君のは, 大變, 好い方, 昌作さんが, 有難う御座います, 本當, 無理も, 知己だ, 苦しんで, 評判が, 面白い

1 [537件 抜粋] ああいふ, あすこには, あそこなら, あた, あたしだつ, あたしに, あたりま, あなたの, あなたは, あなたも, あなた次第よ, あの女, あの役, あぶないもの, あまり不人情だろう, ありがたいな, ありました, ありますまい, ありますよ, あるしかし, あるだらうけど, あるわ, あんたとは, あんたは, あんたわかり, あんた不義ぢや, あんた知れきっ, あんまり面白, い, いいが, いいけど, いいけどさ, いいです, いいな, いかんな, いかんグウグウ寝, いくらあんた, いくら悪口, いけませんですはい, いざつて, いったいどこぞい, いつたいどう, いつたいどういう, いつの, いつも熱心, いぶかしいな, いやな, いるだろう, いろいろだ, いろんな意地, いろんな点, いわずと, うれしいこと, えらいもん, おかしいのよ, おかしい事, おまい, おめ, おもしろい, おもしろいわ, おれが, お上手, お互に, お仕事以外, お前さんたちが, お前に, お前は, お困りでしよう, お急ぎ, お母さんあの, お疲れ, お経, お辛う, お門違いだろ, お髭, かかる, かかるでしょう, かたづけるまでの, かとても, かまひ, かまひません, かやと, から倍, から呑気, かわいそうなこった, がな, きッかけ, けどわい, ここほど, こそ忠文, この俊基, これ, これせがれどもの, これは, こればかり, これも, これを, これ島後の, これ彼と, これ思い合せる, これ思う, これ鎌倉こそは, ご無理, ご自慢, ご苦労でした, さう, さうさ, さうだ, さうで, さうです, さかいどうして, さかい誰, さも, しばらくならし, しようがない, するさ, ずいぶん盛ん, ずいぶん見もの, せいせいし, ぜひやらに, ぜひ行く, そういうこと, そうした絆, そうじゃろ, そうでしょう, そうね, そこは, そのはず, それに, そんなこと, そんなに日本人, そんな気, たいしたものぢ, たいしたもん, たしかに, たしかにそうだ, だめな, だれだ, だれでも, ちょうどよい, ちよつと, っ子の, つてゐ, つまりませんわ, つまりもう, つまり公儀への, つまるところそう, で, どういうこと, どういふ, どうかと, どうして学校出, どうする, どうせ受身, どうでも, どうもお世話様, どこから, どこだ, どっちも, どんな想像, なによ, なのに, なるさ, なんでも, なんともわかりませんです, ね国, ね男, のにこの, のにそこ, はた夏, はつきりした, ひく手, ひやひやするだろう, ぶしつけだわ, へまを, へんに, ほんとだ, まああなた, まああんた, まあい, まあさうさ, まあその, まあそれ, まあどこ, まあゆ, まあ今, まあ僕, まあ帰る, まあ構, まあ泰平郷建設事務, まあ祖母さん, まあ結構ぢ, まさか迷子, またどう, また大変, また話, むづかしいもんよ, むりだわ, むろん行く, もうあたし, もうご, もう変, もう定, もう山内さん, もう革命, もう駄目, もって, もんの, やむを得ないこと, ややこしいん, よく分ってる, よく気がついた, よって, よってじゃ, よって二人, わかってるわ, わからないけど, わからん, わからんでしよう, わかるさ, わけも, わざわざどうも, わしに, わたしたちで, われわれの, ゐると, アあし男くんの, アこの, アそうよ, アそれお, アなんぼ老人の, アひどい, アむづかしいんですもの, アもう, ア一文ずつ, ア区別が, ア君の, ア承知を, ア書きかけ, ア誰だって, コルシカ島民だ, トム公という, ピエールさんは, ブルジョアか, ヘルンは, ポプラの, マア祖母さんが, マーチ夫人の, ムダじゃ, モウ山内さんなんぞは, 一体なんの, 一体誰, 一體何で, 上品で, 下さるわ, 不届きで, 不思議な, 不思議は, 不自由な, 世の中には, 世間では, 久しぶり大蔵も, 予定が, 二週間でも, 人によ, 人の, 人各々得意あり, 人間が, 今とは, 他人事, 仰っしゃるまでもございませぬが, 仲が, 伯爵は, 伸びるだろう, 伺つては, 伺ふには, 体には, 何し, 何ん, 何んの, 何ンだ, 余りな, 借金が, 偶には, 偽大納言, 僕ぐらゐなものかも知れません, 僕だって, 僕には, 僕にや, 優しいん, 優しい顔, 元気よ, 兄が, 兄さまご, 先生こちと, 先生は, 先生みたいな, 先生詭弁です, 全くだった, 公式の, 兵学家の, 処がね, 出ても, 出来ませんとも, 分らないわ, 分らんよ, 分る, 分るはず, 別れても, 勝手だ, 勿論あなた, 卑怯だ, 危い, 危いね他, 参木君ならず, 参木君も, 参観人の, 又精, 取って, 可哀そうだつた, 可愛想, 吊し上げる, 同じ所, 向うに, 君と, 君どういう, 君に, 君には, 君は, 君余計な, 君少し, 君帰った, 君考えなく, 周囲の, 喜んで, 喧嘩し, 嘘だ, 嘘らしくない, 困ったの, 困るだらうな, 外国語を, 夢で, 大きいさ, 大きな森, 大した内助, 大事さ, 大変です, 大変なのぼせ, 大変よ, 好きな, 好都合だった, 妙に, 妙案, 姉さんは, 姑息な, 委員の, 嫉妬を, 安心だ, 宜いんだ, 左うに違ひない, 己惚よ, 市河三喜さんの, 弱ったけれど, 強硬な, 当然じゃ, 役に立ったさ, 御災難, 御苦労な, 必要よ, 怒るとき, 怪しい, 悪いやつ, 悪党にだって, 惜しい, 惜しいが, 感心し, 手紙では, 拙者に, 拙者も, 拠ない, 文学者の, 日本の, 旦那の, 旨いな, 早川さんの, 早速調べさせ, 映画通な, 是やを, 是非とも僕, 景色も, 暮しに, 本当にやる, 朴訥な, 来るなら来ても, 来るね, 栄養価と, 校長先生より, 欲しくて, 歌に, 此やと, 此れや, 殊勝な, 母さん自分に, 毎日あなたの, 気が, 気味が, 水滸の, 汚いどころ, 河原の, 泣いてよ, 浅からぬ, 消えて, 火が, 無理よ, 無益よ, 無論でございます, 牢番と, 狸, 珍らしい, 男の, 登るだろう, 百合さんか, 真似が, 真剣に, 真面目だ, 眼の, 知ったら逃げられる恐れ, 知って, 知つ, 知らないこと, 知りたいわ, 神仏の, 私さ, 私の, 私んだ, 立派な, 立身する, 米英流の, 素直に, 結構は, 耳寄りな, 聞いた, 聞かなかつた, 聞きたい, 自分で, 自分でも, 自家の, 興奮の, 良いもの, 良い人, 良かった, 色々もっ, 芳公が, 若僧の, 苦しいでしょう, 蛤ぢや, 複雑な, 褒めるだろううまく, 西郷さん余りに, 見たかったな, 見てる, 見合せては, 見栄坊な, 親戚づきあいで, 親父の, 言い抜けぞ, 言えないさ, 詭弁だ, 読みたいどころぢ, 誰だって, 論理かも, 貧弱な, 貫ちやんは, 賛成だ, 足利に, 足助村の, 路傍の, 身体から, 迚も, 造作も, 違ふわ, 酷い, 鎌倉の, 長い間, 間違ひだ, 降るに, 随分沢山要る, 随分珍, 隣組の, 青光り, 面白いです, 面白いな, 餘程の, 馬鹿な, 駄目よ, 驚いたからさ, 驚きましたですよ, 高度次第だらう, 黄金の, 龍耳老人は

▼ それに対して~ (805, 0.2%)

11 彼は 7 何の, 私は 6 自分は 4 責任を

3 [13件] こう答えた, なんの, 何か, 何とも答えなかった, 何も, 何らの, 信長は, 彼が, 彼の, 彼女の, 昔の, 相当の, 返事も

2 [43件] ありのままに, いろいろな, お前は, お筆, この無遠慮, すぐに, どんな表情, イエスと, チチコフは, 一つの, 一定の, 一種の, 一般の, 一言の, 一言も, 人間は, 何かを, 何ごとかを, 何と, 何とか私, 俳壇は, 僕が, 克子は, 全く無, 出来るだけ, 君は, 周囲の, 国を, 地代を, 女の, 心持よく, 我々の, 我々は, 批判を, 抵抗し, 次の, 礼を, 私などに, 私の, 筆者は, 自分に, 貰った方, 非常に

1 [645件 抜粋] ああいう, あの人, あまり冷淡, あまり興味, あらかじめ準備, いいよう, いかに安, いくら私, いたずらに沿岸各地, いつの, いつもいい加減, いまの, いま秀吉が, いろいろ興味, いわば距離, い結婚, うなだれて, おこった文学, おだやかに, お杉, お染, お直, お誓, かすかに, かれこれ言う, かれの, きちんと坐っ, きちんと敬礼, くわしい説明, けっして不平, こう云っ, こう答えよう, こう言っ, こっちから, このとき, この像, これでは, さつ, さへも, さほ, しばらく返事, すこし顔, すこぶる明確, そのまま松崎, その見知らぬ婦人, それと, それは, そんな師範学校, ただうなずく, ただちに抗議, だまって, ていねいに, ともすると苛立たしい, とやかくと, どうする, どうなすった, どう答えた, どの程度, どんな挨拶, どんな方策, どんな返し, なだらかな, なんと答えよう, なんにも返事, にがにがしく, にこりと, はっきりしたたたかい, はっきり社会, ふと他, べつに苦情, ほとんど一言, まことに霹靂, またハンス, また反証的, また電報, むす子, もう起っ, もとの, やや皮肉, ゆけば, わが君, わしは, わたくしの, わたくしは, わたしは, われわれの, ゐた, アマーリアは, エセックスの, オランダの, オランダ人や, コンブフェールは, シュピネル氏は, シュワルツァーの, ジプさんは, ソヴェトを, チチコフが, チチコフも, テナルディエは, ニイチエが, ハッキリした, バルヂピエロの, フランス語の, ブレンヌス, プリューシキンは, プロレタリア作家の, ヘルツは, ベエコンは, ペトゥルーシカは, ペーピーに, ホームズは, ヨブは, ヨーロッパは, ロオペ博士は, ロレンソが, ロレンソは, 一々何とか返事, 一向気, 一向満足, 一度も, 一座まちまちな, 一方に, 一歩譲らなけれ, 一生懸命に, 一葉が, 一葉は, 一通の, 七十郎が, 三箇を, 上官は, 下弦の, 不平が, 与えられるであろう, 与之助が, 中村武羅夫は, 主張する, 久しぶりで, 九人の, 九条家は, 二条派の, 五十銭一円或は, 五師の, 五枚の, 井戸の, 人見は, 人間が, 今お前が, 今日の, 今野弁護人が, 他の, 他人の, 伸子の, 低い声, 何かと悪声, 何とかいう, 何とか早く, 何とも答, 何を, 何んの, 何事をも, 何処か, 何時遭遇し, 何等反対, 余は, 作家の, 作者として, 作者は, 俗人と, 保治は, 信者が, 偉い大僧正, 働いて, 僕の, 僕は, 儼然と, 光春の, 全く彼女, 全く無頓着, 公に, 内面し, 処して, 初めの, 別にマット, 別に何ん, 別段反対説, 前払いした, 割れ目を, 創造神は, 力を, 加えられずに, 動かされる熱意, 動き出た, 十円三十銭だけ, 十分な, 十分に, 十分後悔は, 協力出来る, 博士は, 博士らしい, 厳密なる, 反対し, 反対する, 反対者は, 反応を, 反抗する, 反抗に, 反覆丁寧なる, 叛逆し, 口で, 口髭に, 右翼も, 各人は, 各専門部門, 同じ大き, 同情し, 同情をさえ, 君の, 否とも, 否定的な, 呉の, 周到な, 命は, 唯諾, 善処を, 喜んで, 囂々たる, 団十郎などの, 国鉄詩人の, 圓生は, 在来の, 基地の, 報復を, 報謝の, 多くの, 多くを, 多大の, 多少の, 大いに興味, 大きな大砲, 大原も, 大沢は, 大衆文芸家は, 夫は, 夫人は, 奥方は, 奮闘し, 女とも, 女性の, 好意を, 妙に, 娘の, 子貢, 孔子の, 孔明は, 学校が, 学校も, 学校出の, 宋江も, 実に強い, 客の, 家康は, 将軍の, 将軍は, 小原の, 小賢しい唇, 少々もの申す, 少しでも, 少しの, 山姥が, 山岸は, 山田博士云, 岡倉先生の, 岸本由豆流は, 帯びて, 常に一致, 弁解した, 弟は, 弟子の, 当のソバケーヴィッチ, 当時の, 彼には, 彼にも, 彼女が, 彼女は, 彼等は, 後の, 後者は, 徳川幕府は, 心に, 心を, 心臓が, 必ず反撥, 応戦する, 応答も, 怒りを以て, 思想には, 恐怖の, 恭しくお辞儀, 恭一から, 感情的に, 感服する, 慇懃武蔵も, 憤っと, 憤りの, 房子は, 手向いも, 批評家は, 承知した, 抗いつつ, 抗議したい, 抗議を, 抜からず次, 抵抗邀撃する, 持つ同情, 持つ特徴, 挙手の, 摂州衆, 擲ったおくりもの, 支払わるべき, 支払われる地代, 支給すべき, 改作者側の, 放って, 政治奉行の, 故国の, 敏感だつた, 敏感といふ, 敬意を, 敵も, 敵意を, 文学関係は, 文芸復興が, 文部当局の, 断種協会は, 新王, 新聞の, 施すべき一切, 日本に, 日本は, 日本人の, 明の, 明快に, 明日直ちに, 明治三十二年四月発行の, 明瞭な, 星尾は, 昨今は, 曖昧な, 書記長の, 最初の, 有しなかったであろうか, 有馬の, 有馬頼寧伯の, 朝廷には, 本能的に, 条件的という, 来る批評, 東方の, 松浦は, 柳秋雲が, 桐沢氏も, 植野誠一は, 検出し, 検視の, 権威の, 次官は, 歌舞伎座では, 正当の, 正確に, 武士の, 武者之, 母は, 母も, 比田に, 比較的容易, 毫も弾力, 気を, 気乗の, 決して皆, 沈黙する, 沢山な, 油の, 波多野秀治は, 注意の, 注意を, 消息を, 深く反抗, 深く心, 漠然直感され, 無表情に, 無雑作, 爺さんは, 特に訓練, 特別の, 特殊な, 犬馬の, 猫は, 用いては, 田舎の, 男は, 異存が, 異存を, 疑いを, 百姓達は, 皆様から, 皇后方からは, 目を, 相当な, 相手は, 真名古は, 真田昌幸は, 知識の, 石舟斎は, 磯屋五兵衛も, 社会の, 神経家の, 神近君が, 私が, 私たちが, 種々な, 穴穂王の, 立派に, 竜神家より, 笠間由子は, 第三次吉田内閣, 筆を, 答えたこと, 答えて, 答えられました, 答えられること, 答えれば, 答弁の, 紅海方面への, 給金でも, 絶大の, 編笠を, 署長は, 義鎮は, 老いた役者, 老人が, 老婆は, 老巧な, 考うる, 耳を, 臆病であるべき, 自主的である, 自分たちが, 自分の, 自分達の, 自身が, 至極合理的, 色々な, 色々に, 若い家康, 若者が, 苦しい闘, 菜穂子が, 薬をの, 蜂矢はつぎの, 血も, 血染めの, 西を, 要るだけ, 要助, 言い争ったの, 記代子は, 試みようと, 詩の, 誠に申訳, 誠実であろう, 読者が, 課せらるべき, 諸君も, 警察部長は, 警部は, 責任は, 買い手は, 起した人間, 身を, 軽率な, 返す言葉, 返事が, 返事を, 逆らは, 鄭重な, 金田は, 関羽は, 闘った自立, 陸の, 階級として, 随分皮肉, 隼人は, 雪子は, 需要の, 霞浦の, 頭を, 頼長は, 顔を, 養老金も, 骨身に

▼ それだけで~ (801, 0.2%)

9 私は 8 あつた 6 い, 一つの, 独立した 5 自分の 4 つきるの, 僕は, 十分な, 彼には, 済めば

3 [18件] たくさんな, もう充分, もう十分, もう自分, 何か, 何の, 充分だ, 充分だった, 充分な, 十分に, 彼は, 或る, 止せば, 満足が, 満足し, 私には, 立派に, 終って

2 [42件] あとは, たくさんだ, もう世の中, もう元々涙, もう沢山, もう誰彼, ゆるして, よろしゅうございます, 丁度三件, 三時間位はか, 事は, 価値を, 充分である, 充分に, 全部であった, 別れた, 別れて, 十分, 博士を, 左右に, 彼の, 彼らの, 彼女の, 心の, 本望な, 止んで, 沢山じゃ, 沢山だ, 河童は, 済むこと, 満足です, 滿足し, 独立し, 独立の, 生活は, 病気が, 私の, 立派な, 箸を, 自由主義の, 訝しいと, 非常に

1 [603件 抜粋] あのよう, あの方, あらう, いまの, いわゆる旧, おこった地名, おしまいだった, おすがり, おわるもの, お仕舞, お仕舞い, お仙は, お前の, お座ろう, お得意, げすか, こういう句, こぢれた, このよう, この土人, この狭い, この計画, こんなにま, ござりました, ごぜます, しまいになった, すぐこの, すっかり気, すでに, すでにいい, すでにおどおどし, すでにおろおろし, すでに実在, すでに恐るべき, すでに敗北者, すでに汚い, すでに自分, すべてを, すべて満ち足りる, すまされること, すむ事, すんだの, そのこと, その任務, その日, その男, その語, たいしたこと, たいした度胸, たいへんな, たいへん幸福, たくさんじゃ, たくさんです, たくさんでは, たちまちムッと, たっぷり精力, だいじょうぶかしら, つきる, てれたり, ともかくおしまい, とると, なり立って, なんとなく胸さ, はかれには, はたと留った, ひとつの, ほとんど一般的尊敬, ほとんど十分, まことにゆつ, まず圧倒, またも無言, もういい, もうお婆さん, もうぐんと尊敬, もうたくさん, もうただならぬ, もうひい, もうほか, もうやけくそ, もうわれわれ, もう一種独特, もう今日泊つて, もう仕事, もう何, もう何もかも満足, もう僕, もう充分結構, もう別, もう圓朝, もう圧倒, もう大笑い, もう女, もう少年, もう幸福, もう彼, もう彼女, もう心, もう息, もう恵まれた, もう手のひら, もう明瞭, もう暗, もう本当, もう果し合い, もう気, もう浪岡, もう満足, もう狂はん, もう痛み, もう目, もう確, もう筆者, もう素晴らしい, もう葉子, もう許された, もって, もっとも強壮, もつて, やまずに, よささうな, よろしい, よろしいの, よろしい城内, よろしかろう, わかって, わたくしたちは, わたくしは, アウフクレールングの, アダムが, イプセンの, オレは, カタを, ガンバッて, クリストフの, ゲームが, ジョリクールと, タクサンだ, ナニする, ヒルネの, ヘト, ヘトヘトだ, 一かたまりを, 一と, 一パイな, 一万磅の, 一册の, 一切が, 一切合切だった, 一同取留めた, 一年分を, 一年間尾行につき, 一応この, 一應この, 一般の, 一郷を, 一食すませる, 万上の, 三十円ばかり, 下宿の, 世界を, 中止した, 予算は, 二人は, 二十年間三河屋の, 二尺餘り, 云ふなら, 互に知り, 五十名近くに, 人心を, 人目に, 人間の, 人間は, 仁と, 今日は, 今日まで, 今日も, 今日を, 仏教美術が, 仕方なし, 他の, 伊八と, 伸子と, 何も, 何事も, 何処か, 何等の, 俳劇は, 優に生活, 兄の, 充分この, 充分さらりと, 充分で, 充分であろう, 充分です, 充分よ, 充分大, 充分満足, 先づ滿足だ, 光彩陸離たる, 全体だ, 全通し, 兩君から, 凹んでは, 出すもの, 分かって, 分らなかったら女, 切って, 切り離されてを, 初めであり, 判断される, 別に異状, 別条も, 動物園の, 勢が, 十分いい, 十分さ私も, 十分じゃ, 十分であった, 十分である, 十分とは, 十分人を, 十分幸福だ, 十分消極的に, 十分満足した, 十分満足する, 卓抜な, 危険は, 厭世思想に, 可哀そうな, 同時に技術, 名人には, 君は, 君達は, 問題はを, 善良と, 器を, 基経に, 壱円あまり, 大したこと, 大した気分ぢ, 大へん有利, 大分時間が, 大変な, 大學, 大方見, 大方見当が, 天に対しても, 夫を, 女の, 女は, 女を, 好い心持, 妄に, 嬉しいの, 嬉しくなっ, 存在の, 学術上の, 宇野を, 安んずるよう, 安心する, 安心を, 完全に, 完成し切っ, 宗久の, 官僚という, 小説とは, 小説に, 少しも, 尽きるはず, 尽きるもの, 岸田を, 工藝は, 差支えないこと, 己には, 帰って, 帰るつもり, 帰る筈, 帰宅しました, 帰郷の, 幸福な, 建つ家, 弁証法的だ, 引きさ, 引き立つの, 引揚げる, 当方用は, 彼らは, 彼女に, 彼女らは, 得らるべき, 得意でなけれ, 御簾の, 心が, 忘れられて, 恋愛物語を, 恐ろしい程, 息も, 悪感を, 意義の, 我々は, 手も, 手を, 抜き書きの, 押し通して, 捏ねて, 支えて, 教育の, 敬語と, 敵は, 文化部の, 文学的な, 新興武士階級の, 既にジルノルマン氏, 既に三百枚, 既に備, 既に大した, 既に物, 既に立派, 日々の, 日本の, 昔の, 是非を, 時とともに, 暴威を, 月は, 月評の, 本当に真, 本望だ, 札幌は, 来るはず, 東京全体が, 枯蘆の, 植附本, 機械的に, 止す積りの, 止めた, 止めとけ言うん, 止んだ, 此の, 此処の, 歴史の, 歴史的なる, 歸つていつた, 死ぬの, 死ねます, 死んだという, 死んだの, 死んで, 比較的明らか, 民族の, 決まる, 決定的な, 沢山である, 沢山です, 油断を, 油斷を, 治るという, 法水の, 泡の, 海上の, 消えて, 涼味の, 済まして, 済ませるか, 済まないの, 済まないわけ, 済まぬもの, 済むならまだ, 済むよう, 済むん, 済む筈, 済む自ら電燈, 済んで, 満しきれない, 満足, 満足いたします, 満足される, 満足したい, 満足します, 満足し切る, 満足し得た, 満足する, 満足だった, 満足であった, 満足であり, 満足でした, 満足の, 満足は, 滿足せず, 演劇は, 澤山だ, 濟むまい, 濟んで, 無事に, 熊太郎は, 特殊の, 独立に, 独自に, 現実の, 理解の, 甘んじて, 番地も, 疎遠に, 痛快を, 癇癪の, 発達する, 目を, 直ぐ分る, 相当お高く頂戴, 相良が, 真実な, 社会的使命を, 禅宗の, 秀吉は, 私と, 科学教育の, 科学的と, 移民の, 立派な吸い, 立消えて, 精一ぱいだった, 精一ぱいやっと, 精一ぱいやつとの, 納まって, 納得し, 終つ, 終つてし, 終らなかつた, 終わって, 結構で, 結構でやす, 結構と, 結構午後, 結構長い長い, 絶食, 美談の, 老人は, 老農は, 肯定され得る, 背後に, 自ら満足し, 自信が, 自分が, 自分は, 自分も, 興ったもの, 興奮し, 船は, 色気たっぷりの, 芸術史上に, 茶番な, 荒涼たる岩, 落第悲劇の, 落第者続出の, 行が, 西洋劇が, 見て, 見当つけた, 親子の, 観客を, 観衆の, 解決される, 解決は, 詩人だ, 話は, 説明し得られる, 説明の, 議論に, 象徴し, 負担し切れぬ, 足らず些, 足りないこと, 足りようはず, 足りる, 足れりと, 身の, 身体が, 辛苦努力の, 農奴を, 退学処分の, 逃げて, 逃げるわけ, 通俗的には, 過ぎて, 選曲は, 酒井さまを, 鑑賞せられる, 阿曽を, 雅衛は, 電話を, 静かな, 頭が, 食える, 食ふと, 食糧問題が, 首を, 駒井は, 驚いて, 鳥の, 鵯や

▼ それまでは~ (751, 0.2%)

5 よかった 4 まだよかっ, 私は 3 ここに, どうか, どんなこと, 彼女の, 私も, 自分の

2 [31件] おとなしくし, お互いに, こっちは, そして一対, それについて, てんで鼻汁, ほとんど物理学, 一度も, 一文の, 人の, 何も, 何事も, 君と, 君は, 四五回ばかり, 地下に, 大事に, 学校教育も, 戸を, 授業し, 是非待つ, 時間の, 暗中の, 松永弾正だの, 熟睡し, 私が, 絶対に, 解りませんが, 誰にも, 誰も, 黙って

1 [658件 抜粋] あなたに, あの一部屋, あまり人から, あまり嫉妬, あるいは義貞, いいとしても, いくらいい, いっこう無力, いつも前方, いつも味噌汁, いつも外され, いつ背後, いわなくても, うごかさなかった左腕, おさらばじゃ, おとなしくしとい, おとなしく松琴尼, おなかへの, お前さんも, お前の, お勢, お燕, お父さんの, お相手, お身大切, お通夜の, お酒, かうして, かくべつ気, かならず人, かまえて, きかず, きっと出あるく, きれいな, けっしてその, けっして信じよう, こうして薄暗い, このとおり, このまま, この世における, この夜, この家, この当り前, この田舎者, この船, これは, ご一身, ご無念, ご無用, さし迫った仕事, しない, しばしの, しばらく間接的証明, じめじめした, すこし蒸暑い, すべて位封であっ, ずっとお, せめて寝台, そう身近, その人, その増加, その慕情, それは, それほどで, そんなこと, たいてい母, たいへん健康, たしかにご, ただお, ただきまり, ただその, ただひっそり, ただ一時的, ただ信忠, ただ学問, ただ雑然と, たって踊ろう, たとえご, たびたびお, たれにも, だまって, だれが, だれにでも, だんだんいらだっ, ついむっつりと, つまり第, でもお, とうさんの, ともあれ血まなこ, どうか秘密, どうしてもいけません, どうしても生き, どうしても生活, どうする, どうやら無事, どこから, どこで, どこに, どなたも, どれも, どんなに夜, どんなに親しい, どんな事, なくても, なにも, なまじつかな, なんといふ, のんきに, はっきりしてる, ばばァ, ひどい話, ひょろひょろし, ぶっくらけ, ほとんどこの, ほんとに何, ぼくは, まあどこ, まあよかっ, まあ形式, まことに食物, まずまず仲, まずまず預かり置く, まず英気, まだいい, まだしもよ, まだロマンチツク, まだ好い, まだ無難, まだ考へ, まアい, まッ, みな身動きさえ, むごいよう, むざと立ち騒ぐ, もう何, もう寄合う, もちろん絶対, もっぱら睡らせない, やたらに, ゆっくり休ん, ゆるゆると, よかったです, よかつ, よもやという, よわよわと, わかったけれども, わからないが, わざと避け, わたしは, ゐなかつたと, イオニア人の, カルトンという, コンチョーノフさんの, ゼイタクと, ドン, パルプと, ヒロシマの, プロレタリア文学運動に, ボクは, マアゆっくり, ヤンと, ヨウロッパの, ラジウムを, 一の, 一ツの, 一ヶ月帰らなく, 一人ぽっちよ, 一册だ, 一同待機の, 一品レストランでなく, 一文も, 一枚の, 一面に, 七時に, 三十年戦争七年戦争など, 三左も, 下に, 下界の, 下落し得る, 不自然な, 不足ながら, 与えられたる, 世の中が, 並んで, 中剃り, 主に, 久右衛門方の, 久右衞門方の, 予想も, 二方に, 人っ, 人一倍の, 人波や, 人間豹の, 今まで, 今年にな, 仕事だった, 他に, 仮睡んで, 仲間づら, 何ごとも, 何でも, 何の, 何へも, 何を, 何一つ御, 何一つ疑った, 何人も, 何年にても, 何者も, 作家として, 信じようと, 信濃の, 健康舎で, 傍目も, 傷物に, 僕が, 僕何にも, 優しくいたわる, 充分に, 先ほども, 光は, 児玉希望に対しての, 全く不可能, 全く社会, 全然問題, 全部湯屋湯屋で, 公衆の, 六里余り無人の, 兵を, 内々恐れ, 内談という, 出来る限り, 別に気, 到底待ちきれない, 制度そのものよりも, 加賀田の, 勇敢に, 勘定なし, 十一の, 十分に, 十月なかばから, 卑禄の, 単に徳川秀忠, 及ばず, 叔父様に, 口争い一つした, 可い, 史論家も, 右へ, 右翼も, 右門捕物帖も, 同棲の, 向嶋, 君も, 吾人の, 呑むなと, 周防を, 営業人の, 四方八方が, 国交回復は, 地上の, 堂の, 堅い妓, 塚原渋柿園氏が, 外で, 多少抱い, 夜が, 夢うつつで, 大して心配, 大事な, 大師の, 大方信州, 大晦日に, 夫の, 奴さんの, 好人物の, 孤獨である, 学校の, 宇都宮の, 守るを, 客室つきの, 家に, 家人だけの, 寝ねたまわず, 察しが, 寧ろ俳優, 封入の, 専ら劇, 将校の, 尊王攘夷で, 小さい部落, 小屋へは, 小説といった, 小鳥の, 少くとも, 少し間, 少女に, 尻から, 尾州家へ, 屯, 島も, 島原へ, 川へ, 差し控える事, 干渉されたくない, 幸と, 幻影でも, 幽鬼の, 康衢の, 廉子も, 張りつめて, 彼は, 彼はた, 彼を, 彼女等までが, 彼等は, 待たずに, 待たなければ, 待てと, 後生だ, 御用物は, 御身我らに, 心の, 心を, 忘れて, 快活に, 思いも, 思想は, 怺え, 恐らく單純, 愛し苦しめよ, 愼んで, 憚りませう, 我慢し, 戯曲を, 手一杯に, 打ち寛いで, 捜さないで, 捨て置かれてる空間, 提灯であった, 放浪の, 故郷の, 敏ちゃんの, 散髪屋とか, 敵として, 敵に, 文句ばかりに, 文学を, 文通のみにて, 新しく生きる, 新九郎と, 新吉原佐野槌屋, 日夜警固を, 旧主小寺家から, 明日までも, 普通人の, 月に, 朗かに, 朝廷に, 朦朧たる, 未だ活版, 末寺の, 東へ, 枕を, 格別用事も, 極度に, 機会に, 正勝ちゃんは, 死には, 死を, 死んじゃ, 毎日雨で, 毎食に, 気がかりな, 気に, 気の, 氣長く, 水面から, 決して他言, 決して表, 決して貴, 流行歌を, 浪花表の, 海の, 深川仲町で, 満を, 火の, 灰色の, 無えね, 無事だった, 無理な, 無税同様に, 無言を, 煌々と, 父と, 物を, 特にチャンコ鍋, 独り者の, 独房へ, 生きて, 生家の, 用心ぶ, 田舎の, 男女席を, 異存の, 當分詩は, 皆ぼくを, 直接的にも, 相當, 真の, 眼も, 眼を, 矢代は, 矢張りた, 知らなかった, 知らなかつたり, 確かに, 社会的な, 禅堂の, 私たちは, 私どもの, 私実家へは, 種々に, 穢さず清浄, 立ち歩き, 筋骨逞ましい, 素振りにも, 総て単なる, 義務が, 羽黒山伏の, 老鋪と, 考えること, 考える余裕, 耳に, 聞いて, 聞かんじゃった, 自分が, 自分と, 自覚しなかった, 船場の, 艇は, 若い奥様, 苦い顏, 苦い顔, 荒涼なる, 華雲殿の, 葉を, 藤棚から, 行く度, 表向き他, 表立って, 要するにまだわずかな, 見えない, 見えなかったちぎれ雲, 見たまま, 見なかったん, 見得, 言えない, 記憶し, 許可を, 詳しく詮索, 誰一人南極に, 豆腐ん中に, 貧乏以上の, 貴方は, 費用の, 起きると, 趣味としての, 軒下の, 辛かろう, 辛抱し, 辛棒し, 迂濶, 迷わねば, 退屈そうに, 退屈でした, 進みたい, 道楽に, 達者で, 郊外の, 部屋の, 重力のみを, 金儲けの, 鋭気を, 閑余の, 闊達であった, 随分喋々喃々, 随意に, 雑誌の, 離愁に, 雪子の, 霧の, 順調に, 風波と, 飛行機が, 飲むまいと, 魂と, 魔道の, 黒田官兵衛から

▼ それ以外~ (704, 0.2%)

40 のもの 30 に何 23 のこと 16 には何 13 の何もの 9 の事, の何物 7 にはない, に方法 5 に, にもつ, の方法, の目的 4 にこの, になに, の人, の理由, の者, の音, は何 3 にどんな, になお, には, には無い, の時, の点

2 [42件] ではない, にある, にごまかす, にどう, にない, にはどうしても, には何一つ, には何物, には意味, には考えられない, には道, にまだ, にもう, に一つ, に一歩, に仕事, に他意, に何等, に手, に私, に私たち, に考え, に話す, の, のいろいろ, のなにもの, の人々, の仕事, の何者, の動機, の名, の品物, の場所, の多く, の彼, の意識, の戦争, の手段, の物理現象, の生き方, の職業, の部分

1 [400件] いったい猫, お餞別, このハッキリ, ではなかっ, ではツブシ, では祖母, では見る, でも福助, で見た, とかも云え, とは他, ないと, なもの, ならば, なん, な個所, な細か, な者, な隠し勢, にあなた, にあの, にあまり, にいふ, にえらぶ, にお, におれ, にこれ, にしたく, にその, にそれ, にそれ以上, につがえた, にどういう, になかっ, になほ多く, になんとも, にはありえない, にはいつ, にはただ, にはてんで, にはなん, にはなんにも, にははや, にはほんに, にはもう, にはわけ, には不可能, には不愉快, には仕方, には何ら, には何ん, には入, には全く, には別に, には力め, には口, には外, には外傷, には多摩川上流, には大した, には孤独, には家塾, には左隅, には彼女, には恐らく, には扉口, には擦り傷一つ, には施す, には旅, には旅行, には望み, には本, には機会, には殆, には決して, には特別, には理由, には用, には畸形的無能力者, には発表機関, には眼, には立身出世, には絶対不干渉, には考え, には考える, には考へられない, には興味, には袖, には見る, には適用, には陣十郎, には音, には默つて何, にほんた, にまた, にまだもう, にみち, にも, にもあなた, にもある, にもたくさん, にもなお, にもまだ, にもアチラコチラ, にもモット重大, にも予告警戒, にも今どき, にも別, にも埃, にも城下, にも強い, にも我我, にも此, にも特に, にも用いられた, にも胃内, にも色々, にも諸国, にも雨, によき, により明確, にわき, にわたるかも知れません, にわれわれ, にソンゲ, にタッタ一人, にフリーダ, にロスコフ, に一切, に一寸, に一種重要, に云う, に云うべき, に人生, に人間, に今, に今一つ, に何もの, に何ら, に何ん, に何時, に信仰, に偉い, に出る, に出来る, に別に, に別段, に刷りよう, に勝負, に医師法, に名案, に命令, に国, に國民, に多く, に大宝令, に奈良原翁, に存在, に宗碩, に宗祇, に官覚的美感, に家, に家庭生活, に小さな, に山形県, に差当り方法, に帰る, に幾多, に彼等, に御, に心, に想像, に意味, に感じ, に或, に或は, に拡ら, に政治, に救われ, に文化, に文学, に日本, に昇給, に智能欲, に欲望, に正確, に殺された, に気候, に法, に深く, に渠ら, に渡る, に現在, に理由, に生きる, に疑問, に目, に目的, に相手, に睨ん, に種々, に第, に米, に美しい, に考えつかない, に考えよう, に肉体, に能登半島, に芸術, に芸術的価値, に若干, に茶道, に藁蒲団, に表現, に裏, に製法, に観賞, に解決, に話し, に説き, に説明, に誰, に謀反, に送金, に逃げ, に途, に逸すべからず, に逸脱, に遺伝性, に郎党, に郷里, に都会人, に重量, に関心, に附言, に隙間, に靴, に領事館, に頼る, に食物, のあなた, のあらゆる, のある, のあるいは, のおそらくもっと, のすべて, のそれ, のそれ以上, のつけたし, のとき, のどんな, のなに, のなん, のもろもろ, のインテリ論, のコース, のプラン, の一般国民, の一般民衆, の三月余り, の不思議, の事実, の云い, の人びと, の人物, の人達, の仕方, の低級, の何, の何人, の何処, の何月, の個所, の兵, の出来合い, の分析, の別, の労働力, の動植物, の取引, の口慰みもの, の古書, の地方神, の場合, の多数, の奇矯, の女, の女性たち, の如何なる, の姿, の室外, の寄席, の対手, の広い, の形, の形容詞, の彼等, の意味, の感じよう, の或, の捜査, の推測, の文化施設, の新, の明山, の時期, の時間, の書物, の未来, の本, の根拠, の植物繊維, の様式, の欲求, の民族, の気持, の洋橙, の活動, の演出法, の現象, の生物, の真理, の社会改良, の祝儀, の私心, の秩序, の種々, の経歴, の結果, の絵, の絵画, の考え, の考え方, の自分, の色, の芝居, の芸, の菜, の要求, の要点, の要素, の要領, の見方, の視点, の覚悟, の言葉, の話題, の読者, の遊民, の重み, の金, の鑑賞家, の間違い, の関わり, の関係, の隠れた, の雑木林, の雑談客, の非常, の音律, の鹿子色, は, はあきらめろ, はいっさい, はいつも, はいや, はすべてよそ, はたいてい, はただ, はたのみません, はどんなに, はない, はみな事実, はよそ見, は外見, は恐らく, は悉く, は提燈, は渺, は特に, は琵琶湖, は皆ゴマカシ, は皆君, は石, は秀吉, は箱, は考える, は舞いません, は非常, へ閃く, もう一つ, をうし, を含む, を語らず, 大部分, 殆ど夫人, 決して彼女, 深さうに, 答えない, 面白そう

▼ それじゃあ~ (617, 0.2%)

10 あなたは 8 きみは 7 君は 6 私が 5 あばよ, お前は, 仕方が 3 いまの, おまえは, 今夜は, 自分の

2 [29件] あいつは, あたしが, あれが, あれは, いまのは, おめ, おれが, おれも, きょうは, ここの, こっちへ, これ先生に, てめえは, どうする, なんでも, わたしが, わたしも, 何です, 何にも, 何も, 俺の, 俺は, 俺も, 僕は, 妾は, 幡随院の, 腹が, 見せて, 雀と

1 [501件 抜粋] あいつが, あいつだ, あいつ川を, あしたも, あして, あたしも, あっしが, あなたが, あなたがたは, あなたと, あなたに, あなたひとりで, あなた方は, あのホテル, あのポスト, あの丘, あの女, あの女の子, あの子どもこじき, あの西洋悪魔, あの話, あの警察部長, あの連中, あの随分, あんたが, あんたさんこの, あんまりひどい, あんまり月並み, いいましょう, いうこと, いかないよ, いかん, いけない, いったい真実, いつかの, いつ帰る, いまに, いよいよ嬶, いよいよ思い切っ, いよいよ晩, おいらには, おいらは, おしまいには, おじさんが, おとり, おばば, おまえあんまり, おまえさんは, おまえさんも, おまえも, おれの, おれは, おれ一人でも, お分れ, お前が, お前さまは, お前さま御機嫌よろしゅう, お前さんは, お前だ, お勘, お吉さん, お国, お婆さん, お子様の, お書きなさい, お父さんや, お父つぁんが, お経, お近さん, お通さん, お願い申します, お願えします, お食事, かってに, かつ子を, きくがね, きさ, きさま, きさまたち, きみが, きみたちが, きみに, きみを, こうし, こうしましょう, こうだ, ここで, ここに, ここへ, こっちが, ことわっては, この, このうち, このお, このふたり, このヘリコプター, このロシア, この先危, この女, この細, この風体, これからきみ, これが, これで, これは, これを, こんどは, こんども, こんなところ, ごき, ご免よ, ご案内, さっきあの, さっそくお, しょうこ, すぐき, すぐに, すぐには, すぐ上, すまないから, ずいぶんお, せっかくの, そうきまりました, そうさせ, そこまで, そちらで, そのうち, そのかた, その坊さん, その大, その娘, その店員, その時, その男, その積り, その花環, その金庫, そりの, それっきりな, それなりに, それも, それを, ただうんうん, ただの, たった今黒谷, たまりませんや, だめだ, だらしが, だれかに, ちっとばかり, ちっとも君自身, ちっとも手がかり無し, ちょっと金庫, ついそこ, とうとう逃げられた, とても堪らねえ, とても行かれまい, となりの, とにかくこちら, ともかくも, ともかく電話, どういうの, どうかこっち, どうしてお父さん, どうして君, どうぞ留守, どうだ, どうです, どうなさる, どうも仕方, どうも日本人, どうも泣きたくなります, ない, なぜ僕, なぜ牛丸君, なにもかも知っ, なにを, なるべく大きい強, なんだい神か, なんでござん, ぬすっと, ねえお母さん, ねえかしら, ひとつおたがいに, ひとつここへ, ひとつぼくが, ひとつ七十五ルーブリずつに, ひとつ二階へ, ひとつ出, ひとつ心あたりを, ひとつ明智君の, ひとつ盆ゴザを, ふたりとも, ほかに, ほくが, ほんとに御, ほんものの, ぼくが, ぼくじ, ぼく先生に, まあおとなしく, まあ何, また, またあと, また御, また晩, まだ庭, まちがいだ, まるで寄場, まるで鉄仮面, まアすこし, みすみす宝冠, みんなが, みんなこちらへ, みんなこっちへ, みんなで, もういちばん駕籠, もうさがす, もうなんにも訊く, もうひとつ, もう俺たち, もう外, もう用, もう行こう, もしや, もしやあれ, もっと面白い, やっこさんに, やっぱりわたし一人, やっぱり本当, やっぱり深川, やっぱり甲府, やっぱり自分, やっぱり誰か, やはりタンク, わざと端本, わしも, わたしに, わたしは, グルーシェンカは, サーチライトを, スお父さん達は, ノロちゃんを, ホームストレッチなんてっても, マアお嬢さん, ムクを, ムリも, 一っ, 一つ俺も, 一つ警察部長を, 一体とっ, 万事が, 三月末じゃあ, 上げて, 下へ, 下宿屋でも, 不, 事に, 二人は, 二代は, 云うか, 五郎も, 井戸の, 交番へ, 人形も, 人形部屋へ, 人違いかな, 人間になんか, 今も, 今先生, 今夜の, 今度の, 仕方がねえ, 何か, 何かい, 何だか残酷, 何でございます, 何ぼ, 何処からか, 余り待たせ, 使って, 例外です, 俤だった, 俺が, 俺らの, 僕が, 僕の, 僕も, 僕より, 僕を, 先生こうして, 先生には, 先生の, 光井さんの, 入りも, 六人です, 兵隊外套なんぞを, 其処へ, 冬坡君の, 出発, 初めから, 勇一君が, 十枚下さい, 千代乃さん色男に, 参ります, 又あいましょう, 又出直し, 口でも, 合って, 合点しない, 同じ力, 向きが, 君それは, 君たちを, 君の, 君まさか, 君議論は, 味淋酒でも, 商売物だ, 啖い殺されねえ, 喰べ, 嘘では, 四つ裂き, 困るだろう, 困るな, 困るわね, 地下室じゃ, 地震よけに, 夕顔の, 外から, 夜に, 大丈夫です, 夫れで, 奇術は, 奇面城の, 奥さまが, 女たちは, 女に, 妾考えよう, 始めから, 姐御, 実験は, 家の, 家宝を, 宿屋へ, 将棋を, 小使さんは, 小田原近郊でしょう, 少しね, 少し遊ん, 少のうございます, 少年探偵団の, 尻尾を, 尾張様の, 左様なら, 差当りお前に, 帰るが, 帰る事, 年さんの, 幸吉御苦労だ, 廿九日に, 弁護士さんは, 弾かせて, 後髪を, 御免を, 御免蒙っ, 念の, 怒られても, 急行道路は, 想像に, 愛人とか, 手術台に, 承知する, 指せないって, 方角が, 日本人の, 旦那, 旦那が, 旦那また, 旦那様と, 旦那私は, 早く取り, 早速その, 明日の, 明日邸へ, 時々に, 本当のと, 朱実が, 来られない, 来るか, 東京に, 松葉籤だ, 梁山泊の, 楽和さんとかいう, 横浜かな, 次郎君の, 正一君を, 此奴狸寝入りか, 武器を, 武蔵という, 死ぬの, 死んだらどう, 殺しても, 殿様から, 気永に, 気狂いじゃ, 決心しましょう, 治郎君は, 浪曲も, 海嘯は, 済まない, 済まないけれど, 済まないよ, 済まないん, 済まねえ, 滝さんもう, 滝さん毒を, 片づけるん, 牛も, 牧野さんです, 犬の, 犬を, 狐を, 猫を, 生涯ありつけまい, 痙攣かい, 癪です, 百までも, 百円だけ, 皆さんへ, 真逆, 砂を, 神山さんに, 私の, 私も, 私を, 私共も, 種明しを, 竪川でなくっ, 竹の子剥ぎ, 紅かんさんに, 美味かった, 美智子は, 義理が, 聞えやしないわ, 肉屋を, 股野の, 腹水か, 臓物の, 落盤が, 薄い葡萄酒, 虎が, 蝶々さんの, 行き違い, 行くか, 行っても, 解いて, 話が, 話すこと, 話は, 誘い合せて, 誰からか, 誰が, 貴僧は, 貴方の, 貴様, 近い頃, 近所です, 近所の, 退職金も, 逃げること, 連れの, 逮捕される, 部屋の, 酔わされたん, 金子を, 金庫を, 銀座へ, 門番は, 阿母さん, 隣のを, 青銅の, 面白い通信, 頭の, 頭も, 頼みますよ, 頼む, 頼むよ, 風の, 馬に, 駄目, 駄目です, 骸骨男の, 高田へ, 髪結床へ, 魔人が, 鮎川さんも, 鯛を, 鼠が, 鼬かしら

▼ それゆえ~ (600, 0.2%)

12 に私 10 にまた 9 にこの 8 に, に彼 6 に彼ら 5 にその 4 に今日 3 ぎょうてんいたしまし, にこれ, にわれわれ, に今, に何, に過去, に金

2 [33件] かれは, この小説, この点, じゃ, その時, である, にある, にきょう, にこそ今日, にこれら, につい, にひとしお, にまず, に一層, に主人, に今私, に他, に個性, に多く, に天狗, に宗教, に我々, に時, に父, に由子, に神, に筮者, に迷信, の御, もし, 断えず山野, 最も完全, 語られた言葉

1 [451件] ああし, あのつい, あのときはいち, あのみちのり, あの方々, あまり方々, あるいは姉, あるいは行司, ある単位, いかなる芸術, いかに長命, いくらか人さま, いざと, いそぐところ, いっそう私, いっそう艶, いったん共同, いつその, いつも身体, いよいよ蕨採り, うろたえて, おうけいたされぬ, おくにめ, おことばどおり, おそらくお, おなじこと, おもな, およそ察した, およろしく, お取次, かある, かえってそうした, かえってその, かえって俺, かその, かつて一たび飯田寅, かの大, かもしれませぬ, かりに身, かカラ子, か導かれ, こういう事態, こそ彼, こそ浪路, このたび, このよう, このシダレザクラ, この一章, この五郎, この人, この名, この名称, この四つ, この土地, この大震災, この子, この学, この意味, この歌, この花, この農場, この辺, この鍛冶職, この鼠, これからは, これから私, さあとか, しばらくその, じつはそ, すぐに, すこし遠慮, すこぶる懐疑的, すばやく次の間, ずっとさき, せっかく入, せめてこの, せめての, せめても, ぜひにも, そういうこと, そうさせぬ, そのいろいろ, そのとおり, そのフリーダ, その人, その人たち, その働く, その地方, その夫婦ら, その家, その左右, その恐ろし, その悲惨, その株, その死, その物, その翌日, その花, その近く, そもじの, そんな確執, ただこの, ただ功名我慾, ただ純一, ただ紳士荘, たちまち狼藉者, たとい精神, たまらなくお, ちょっと話, てまえ, でご, とうとうせっ, とうとう子ども心, ときおりは, ともすると横蔵, と思え, と申し, どうしても大, どうして俳優, どうぞし, どのよう, どんなきびし, なおさらお, なおさら高給, なおもっ, なお浜松, なお美しく, なつかしゅうて, なるべく多く, なるべく話, なんらかの形, にあえて, にあなた, にあの, にあまり人, にいかに, にいくら, にいっそう速, にいま, にいよいよ, にいろいろ, にお, におっかなく, におまえたち, におりおり, にお上, にお互い, にかえっていっそう, にかかる, にかつて, にかの, にかれ, にこそいささか, にこそいっそう, にこそいわゆる, にこそくぐり, にこそこの, にこそてまえ, にこそといっ, にこそなおさら, にこそまた, にこそわれわれ, にこそ世界, にこそ例, にこそ去年一昨年なん, にこそ名君, にこそ名実とも, にこそ城, にこそ実に, にこそ家康海内, にこそ強く大きく, にこそ思い出すべきだった, にこそ最も, にこそ泥斎, にこそ狭く, にこそ現代, にこそ自分等, にこそ自白, にこそ花, にこそ表, にこそ追放区域, にこそ退屈男, にこそ逢い, にこそ馬, にこんな, にすべて, にその後ローマン, にそれら, にたいてい, にただ, にたとえ, にたとえば, にだ, にだれ, にて世間, にともすれば, になおさら, になんぴと, にひとたび, にまざまざ, にもうよほど, にもし, にもしも, にやはり, によしや, にわかにお, にわが国, にわたくし, にわれら, にクー, にコタツ, にテーモ・リンボチェ, にディオニソス, にノラ, にフィリップ, にモウ一度, にヤコブ, にヨーロッパ, にラファイエット, に一ドイツ人, に一駅, に上, に上古, に不純, に両者, に事業, に人, に人気, に人間, に今度, に今後, に代々養子, に何処, に俗, に信仰, に俺, に個人意識, に倒れかかってる, に僕, に先, に光, に全身泥, に出, に前述, に剛健, に半, に友達, に反省, に口外, に古代, に叱った, に右よう, に名手, に君臣, に呂布, に呂範, に善悪可否巧拙, に喜劇, に嘘偽, に図らず, に埋葬地, に塚, に墓場, に外部, に多分, に大, に大地, に天下, に奇怪, に妹, に存在, に孤独, に学理, に官省, に実は, に宮刑, に尊氏, に少く, に少し, に巧者ら, に常に, に弘子, に彼女, に微妙, に徹底的, に心もとない, に思想, に悩める, に悪魔, に情緒, に意識, に愛, に手, に指導者, に故, に敢えて, に文学者, に斯, に旅館, に日本資本主義, に昨春, に有難い, に服従, に木, に本能的, に杖, に植物学, に樋口三郎兵衛, に機関説, に欧米, に氏, に気温, に流行, に湿地, に無, に焼く, に現代, に男子, に男鹿, に異常, に真, に眼, に社交術, に私たち, に科学的, に立憲君主制, に筑前もち, に紹介状, に美しく, に羨むべき, に背理, に自分, に自分自身, に自身, に芸術家ら, に草, に西洋, に西洋人, に見くびられまい, に詩人, に語られざる, に誤っ, に都鄙雅俗, に重役渡邊外記, に金米糖, に鉄, に阿, に陸, に青年, に非常, に高雅, に鼠, のご, のろくさい女中, の帳外, の悲惨, の慈心, の私, の美, は西北, ひとえに研究, ひと朝, ひもじいの, ふたたび顔, ふとしたこと, まこと, まさに覆滅, またそれだけ, また苦悩, まづ何, まづ行動, まア此処, むしろこの, むしろその, もうお, もう埒, もしお, もしその, もしわれわれ, もし人間, もし衛生学者, もっとたやすく, もとより飯, やむを得ずしばらくの, やらずにおいて, よいか, よう御, より人間, わざと柵, わるいこと, イザと, 一層感動的, 一層楽, 一応は, 一方には, 一見無軌道, 不本意, 今フョードル・パーヴロヴィッチ, 仮に, 冷めたさ, 初めての, 前もって当流, 単に今日, 却ってこの, 又世俗生活, 取り急いで, 取る物, 古い意味, 古拓, 同じく初心, 同じ英国, 喜んで, 多少重複, 大きいレンズ, 女らしさ, 実際の, 少しも, 常に一, 平然とできた, 強いて, 御帰館, 御無心, 御註文品, 必ずしも名, 悲しくも, 斬って, 早く私, 暗らい恋, 暗らさ, 暫しの, 次々に, 死ぬ時, 決まって, 深く官能的, 熱うなっ, 燃えて, 現朝廷, 甚だ常識的, 種々取込ん, 聞くの, 若かさ, 行きつけた赤城, 要は去っ, 語る言葉, 軽くすべっ, 逃げなさったの, 逃げよう逃げようと, 遠からず, 離れるが, 頂きましては, 黙って

▼ それ故に~ (564, 0.2%)

17 私は 9 我々は 8 彼は 7 彼の 6 今でも 4 それは, 人間は 3 それを, ギリシア人は, 人は, 古歌, 存在を

2 [24件] このたび, これは, フィクションは, フォイエルバッハの, プロレタリアートは, 何か, 俺は, 地方の, 孤独者は, 彼等は, 懐疑論は, 我々の, 有限な, 末遂に, 椿岳の, 無産者は, 神は, 私が, 私に, 純然たる, 自明なる, 自然と, 芸術は, 詩の

1 [446件] あなた様方の, あの歩行, あらゆる不如意, いつも空, いま我々は, いよいよ独断的, うき年月, うぬぼれて, お姿, かえって本人, かつて野心, かの女, かような, か或は, がんりきと, げに私, ここでは, ここに, このとき王政, このやう, このよう, この上, この世界, この作品, この佳き, この傷, この場, この外交, この小屋, この山, この島々, この広汎, この御, この村, この歌, この疑問, この科学, この精神, この行事, この言葉, この貴族主義者, これから看板, これらの, これらは, これ等の, こんな歌, さしもの, さらに南米, すでに環境, すべての, せっかく兵馬, そうだ, その一々, その会盟, その外交, その政治的, その部屋, その限り, それが, それらしく見える, それらの, それ故に, そんな点, たった一つ, てまえ, どうかし, どちらが, どちらに, どんなに乱れ腐え, どんなに怖く, どんな父, なおも身, のみ単純, のみ発祥, のみ範疇, はじめの, ひそかに, ひとは, もう半分泣面, もし徐庶, より弱く, わざと山越え, わしは, わたくしは, わたしは, われわれも, われわれ董卓恩顧の, トラヤメス帝の, ネヂソデまたは, ヘヘリカノドまたは, ベンタムは, ボードレエルの, メキシコの, モルトケ戦略の, ランケの, 一切の, 一層お前, 一層そこ, 一層の, 一層嬉しく, 一層深い, 一層真理, 一層陰影, 一朝利害, 一枝の, 一番利害の, 万国共通の, 三人乗っ, 三味線草, 不思議な, 世の中に, 世俗的道義の, 世界の, 世界文明の, 主としてこれ, 主觀者, 久しく廃っ, 九州の, 乾山の, 予め之, 二つの, 二重三重の, 二階或は, 亜米利加の, 交換の, 人に, 人を, 人様へ, 人民こそ, 人道の, 人間における, 人間的本質の, 人集りの, 今では, 今にこの, 今の, 今は, 今度は, 今後は, 今日では, 今日は, 今日自由詩に, 仏の, 仏法者の, 他に, 以上の, 伊太夫の, 会社が, 会計係に, 住まば, 佐伯部として, 何かの, 何もかも整う, 何ら実践的意味, 作品の, 作者は, 作者も, 修辞学は, 俵という, 個人の, 倫理学の, 倫理道徳は, 僅かに, 僕にとって, 價値は, 充分に, 先づ, 其の水滴, 其感化は, 初め鹿田だけの, 初等教育で, 前述の, 創意に, 労働すなわち, 勞働即ち, 医薬よりは, 単純に, 却ってそれ, 却ってインテリ階級説, 却って根深く, 厳密に, 又イデオロギー論, 又一つ, 又人間学主義, 又実際に, 又実際物理学, 又実験, 又性格的, 古の, 古典を, 古風な, 只今こちらから, 史記に, 各人にとって, 同じ操觚, 同窓生は, 名字を, 名高かつ, 君主国を, 吾人は, 哲学が, 哲学は, 唯むつかしい, 唯物論が, 唯物論以外の, 善悪可否巧拙と, 善惡可否巧拙と, 單に, 單純に, 四角の, 国家は, 国家を, 国語を, 坂田将棋は, 外国文学に対しても, 多少寂しい, 夜分を, 大梅和尚が, 天皇を, 女と, 女子が, 女子大学初めは, 好感を, 如何なる口実, 媾和条件は, 子供達の, 存在が, 存在と, 学問的な, 学校に, 學問的な, 安定しすぎる, 宗教が, 実隆も, 実際に, 家族の, 實行の, 實際には, 小学は, 少くとも, 少し荒っぽい, 島田は, 常識化される, 平凡な, 幼ない, 弟妹たちから, 彼に, 彼においては, 彼にと, 彼女の, 後者は, 御方様, 御無沙汰を, 微に, 徹底性も, 思ひ切つた情け, 思想そのものに, 恋いしさ, 恋愛や, 悟性と, 情を, 意識の, 意識形態で, 慰めの, 我等は, 或ひ, 或る, 或画, 手前忰の, 支那を, 政府としては, 敏子に, 敢て, 文学上に, 文明が, 方法の, 既にそれ, 既往を, 日本の, 日本文化を, 日本歌史上に, 昇の, 昔から, 昔の, 春は, 昨年の, 是が, 時代の, 景を, 晴着を, 暑さ, 最も重要, 最古の, 有機体, 未来によ, 本当の, 本来言え, 本来言へば, 朱雋は, 村の, 果たしてチベット仏教, 枝は, 格二郎は, 桜の, 概念的知識と, 横軸及び, 機械主義的な, 欧米に, 歌は, 此の間酔った, 此方を, 死という, 死なすという, 母親が, 氏子は, 気品は, 水莽草の, 求めて, 江差松前では, 河の, 海は, 海上に, 濱口内閣の, 火の, 無法な, 物理学者の, 物理的空間は, 特に国家, 特殊の, 猟は, 猫が, 猶更, 獨逸佛蘭西等の, 王法を, 現代の, 現在の, 現在を, 生物の, 生理學をも, 田舎町に, 画そら, 画家の, 画帖を, 癩の, 発表の, 直接塩を, 直接的なる, 眞理の, 真実であり, 真実なる, 真理を, 眼の, 社会運動の, 神に, 神もしくは, 神尾主膳らが, 祭の, 禹貢の, 私たちは, 私も, 科学は, 積極主義という, 節日時折は, 範疇は, 篤と御覧, 米友が, 純粋な, 純粹, 細杷も, 結局へとへとに, 絵画は, 美か, 美しいの, 義経を, 老いの, 老巧の, 能登守は, 腕の, 自分が, 自分などは, 自分は, 自然に, 自由詩と, 自由詩には, 自由詩は, 舟の, 良心の, 芭蕉の, 芸術の, 芸術至上主義者は, 苗字を, 若し彼, 若し我々, 若し數秒間, 若死を, 草津節の, 菊乃さんを, 菊池氏の, 蒲原さんは, 薩長藩閥が, 蝕まれた心, 行く末わが, 褒美にも, 見えられるの, 親鸞は, 觀念の, 詩に, 詩は, 詩を, 詩人たちは, 誰も, 誰もが, 課外の, 諸君の, 諺は, 謹直で, 豐富な, 貴殿は, 資本家階級なれ, 越後や, 身の, 軍人志望が, 軍器の, 近ごろの, 連句三十六景の, 遅くなりました, 過程的なる, 選挙人は, 遺言という, 郵便局に, 里で, 金と, 金解禁を, 長浜の, 門の, 限界を, 障碍物を, 隱忍し, 露西亜の, 露西亜人の, 青年時代に, 非国民などと, 革命的階級は, 飯を, 鮮しい, 齊の

▼ それっきり~ (555, 0.1%)

482318 です 17 になっ 13 黙って 12 である 10 帰って 8 さ, のこと 7 であった 6 かい, だった, になる 5 なの, なん, の事 4 ですからね, ですよ, にし, のもの, の話, よ, 動かなくなった 3 かえ, だという, でございます, でした, わかりません, 出て, 動かなくなって, 黙りこくって

2 [16件] だが, だろうか, で, でおしまい, でしたか, で二人, どうした, になった, になりました, ひっそりと, 帰りません, 忘れて, 来ねえの, 知れないの, 見えません, 逃げ出しそう

1 [274件] あきらめて, あっしゃ眠らされて, あの店, あわなけれあ, いくら待っ, いまだ面ア, うごかなくなりました, うたうの, うつむいて, うつむいてばかり, おたがいに顔, おとなしくなりました, おまきさん, お冬さん, お嫁, お宅, お店, お手紙, お民, お浜, お銀様, お顔, お駄仏, かと呶, かね, かの怪物体, かれは, きこえなかった, きこえなくなりました, けろりとなる, こないん, この世界, この中, この事件, この半年, この男, この青年, さまだ, しいんと怪しく, しかお, しかなかっ, しかもその, しばらくは, しばらく口, しばらく声, しんとなった, じゃありません, じゃない, じゃ仕様, じゃ余まり他愛, すっかり消え, そのお, そのこと, そのアパート, その人間, その品, その啼き, その地震, その妙, その家, その小娘, その桃色リボン, その話, その話題, だから, だけれ, だぜ, だったという, だったの, だったん, だでね, だと, だまって, だろうじゃ, だ壁, ちっとも動かない, ちっとも音沙汰, ついぞ一度, つい忘れ, であと, であるが, であるまったく, である上, でお, でさ, でさあ, でしたが, ですか, ですかい, ですから, ですからなあ, ですが, です親分, でその, でそれから, でつっぱなし, でどんなに, でなかったら問題, ではこまります, ではなく, ではねつけ, でべつに, でほか, でまあ, でもう, で事件, で会話, で何とも, で八月八日, で出, で別れる, で城内, で家, で引き, で放免, で絶えた, で行っ, で表層, で見た, で言い合した, で軽く, というところ, というの, とは随分, と云う, どうしてもその, どうにも外, どんなに誘い, なかなか帰っ, なのね, ならお代, になったら, にならん, になり, になります, になんぞなる, にも何, ね大抵, の, のお, のことば, のところ, のはなし, のぱあ, のもん, の事柄, の単純, の話さ, ひそと, ひっかかって, ふたたび浮かびあがっ, またしいんと, またしんと, またなんにも, また三晩, また以前, また奥, また眼, また私, また默りこ, また黙りこくっ, むっつり右門, もうどこ, もうなに, もう仙太, もう何, もう十日, もう娘, もう朝ごと, もう極楽, もう直接, もう行方, もう話, もう青い, やって来ない, よあなた, よりつかなくなり, わからずじまい, ガラッ八, 一寸皆, 二度とさわぎ, 二度と彼, 二度と村, 云わなかった, 付いても, 会いません, 会いませんし, 伸びること, 何ともいいませんでした, 何とも思わなかった, 何もかも一瞬, 何一つ尋ねられる, 再びこの, 出ませんでした, 分りません, 判らなかったよ, 判らなくなるかも, 別れました, 別れる, 動かない, 動かなかった, 動く様子, 又込めなけれ, 呼ばない, 大きな声, 寝ちまったん, 尋ねませんでした, 居なくなって, 帰らず五日, 帰らず母, 帰らず気, 帰らないの, 帰らない此, 帰らなかった, 帰らなかったの, 帰らねえそう, 引下がったの, 引離されました, 忘れたよう, 忘れられて, 忘れられるの, 怪しいこと, 戻って, 戻っては, 持って, 振り向いても, 斬られ損, 暫く帰っ, 本当に子供, 来ない, 来ないの, 来なかった, 来なかったよ, 来なくなったの, 来なくなって, 来ねえか, 止んで, 死んで, 沈んで, 浮き上らないの, 浮き上らなかった, 消えて, 消えましたそう, 消え失せて, 淋しく別れ, 深くは, 片づけを, 知らなくなったの, 知られて, 知れずか, 確かめても, 納まるべくも, 細かい手紙, 罷しちまった, 翌る, 老巡礼, 考えても, 聞えなくなった, 聞こえませんでした, 萎んで, 行かないん, 行詰りました, 褪めて, 見ません, 見向きも, 話さず三人, 読めずに, 諦めるよう, 逃げ出して, 逢いは, 進まなくなって, 長い間, 食べようと, 黙り込んで

▼ それまでの~ (533, 0.1%)

17 ことだ 14 間に 9 ことである, 話である 7 こと, ことで, 事だ 5 間は 4 あいだに, うちに, 事で, 彼は, 私は, 話だ, 話です 3 ことです, ことな, ことを, すべての, ところは, ところを, ように, 事である, 辛抱だ

2 [26件] お覚悟, ことは, ご辛抱, つなぎに, どれより, ものである, やうに, 事です, 事情を, 人生と, 兄たちの, 区切りとして, 十五年間の, 女たちが, 己が, 指導の, 日常性を, 日本の, 時を, 様子を, 生活の, 私には, 私の, 長い間, 間が, 間を

1 [351件] あいだあなたは, あいだ小林少年が, あらゆる人間的感情, いろいろな, いろいろの, うち外に, おこらえ, おにく, お命, お心, お志, お指図, お文さん, お暇, お楽しみ, お袖, かよわい抵抗, けわしい泥酔, ここの, ことお前は, ことが, ことそこを, ことだった, ことでありまし, ことまず, ことよ, こと深く, しんぼうじゃ, しんぼうだ, じだらくさや, じめじめと, すべてが, その人, ためらいを, つなぎだ, つもりで, てめえの, ところすくなくとも, ところでは, ところとぎれとぎれに, どのくらいかの, のへ, まっすぐな, ものだ, ものです, ものとは, もんだ, やうで, ようである, ような, わずかな, ん気そうに, カリフォルニアが, ガリレーの, キリスト教から, ケーブエスダンクル軍に, コースは, ゴーリキイ生きる, スワは, ドイツなどの, ネチネチさを, バラック小屋は, プロレタリア文学運動の, 一切の, 一年間ばかりは, 一戦と, 一戰と, 一日一日を, 一時間餘り, 一月を, 一生去るまい, 一週間の, 不安や, 不断の, 不機嫌, 不機嫌と, 不眠症に, 並々ならぬ, 中世的な, 事かも, 事さ, 事でしょう, 事に, 事には, 事べつに, 事もし, 事を, 事サ, 事万に, 事件には, 事情は, 事日本に, 事業が, 二人の, 二十一年間といふ, 二十四時間に, 二日分の, 五日間かれ, 交際の, 人生である, 人間に, 仏法の, 位置より, 何時間かの, 何気なさ, 余り好まない, 侮蔑的な, 信仰は, 修業の, 偶然事で, 僅かな, 僕という, 先生は, 先生方の, 光景が, 処世にも, 出来事を, 功によって, 努力の, 勤めぶりを, 十八日間牢頭は, 十年に, 千万歩よりも, 卑下などは, 単純な, 厳格な, 古い煉瓦, 叱責は, 吾平爺は, 命かと, 命だ, 和算では, 噂や, 四回の, 国々での, 基本的な, 堅苦しさ, 場所に, 声なき, 夢を, 大内山の, 女性とは, 好みを, 如何なる日本人, 妖しき態度, 妖怪めいた, 姫君の, 婦人作家が, 婦人作家と, 婦人作家の, 宮本百合子観を, 寝ぼけたよう, 寿命と, 封建制は, 小学校は, 小説には, 常識と, 平和と, 平静を, 幸福の, 座つなぎ思召し, 座敷へは, 張りつめた気, 彼とは, 彼には, 彼の, 御かたみや, 御心事, 御所存, 御決心, 御猶予, 御高札, 心の, 心を, 心静かな, 必然性が, 必要は, 志望を, 思想を, 怺え, 悟空の, 悠々たる, 愛は, 態度を, 慣習上彼は, 憑かれたやう, 成り行きは, 成績を, 戦いでは, 戦争ぶりは, 戦闘を, 所の, 拷問で, 摂生を, 放逸な, 敗戦主義を, 教員生活から, 数十年は, 数千万の, 数年間の, 数日敏子は, 数時間の, 数時間を, 数週間僕の, 文芸学は, 旗幟は, 日夜の, 日本には, 日本は, 日本歴史には, 時間に, 時間を, 時間妻と, 暗い眉, 最大鉄造船は, 東京からは, 東京生活を, 様相を, 横着そうな, 機嫌を, 機密は, 歌論の, 武者小路から, 歴史に, 段取りは, 気組も, 永い歳月, 決心なれ, 決心を, 沢山の, 浮名である, 混乱が, 濠洲の, 無表情を, 無駄な, 無駄食いに, 生活から, 生活は, 生涯に, 生涯においても, 用意は, 疲労が, 目録は, 盲人と, 短かい, 福沢の, 私たちが, 私という, 稼業柄すべて猪牙が, 空氣を, 空襲の, 立派な, 笑い声や, 筆致の, 箱型の, 簡易釈義書や, 籠城だ, 純大和絵的, 純真さは, 経路については, 経路を, 経過を, 経験からだけ, 経験の, 統一は, 絵画に対する, 縦隊一列を, 美意識を, 習慣だつた, 考えが, 考えの, 脱線は, 腰掛です, 自分の, 自然科学の, 自由民権運動を, 船中の, 良人に対する, 苦労が, 苦労は, 苦労を, 苦心が, 苦心を, 英米哲学を, 落着きを, 薄暗い遊廓裏, 藍色が, 藥價は, 行き掛りなんぞは, 行動は, 行軍序列は, 裏面工作の, 見込みが, 視野の, 覚悟と, 覚悟を, 言語に, 言論出版制圧が, 記事の, 記念品の, 話さと, 話しを, 話な, 話覚も, 話題で, 誤信を, 調査の, 謙信は, 贅沢でございます, 赤ん坊の, 踊りでしょう, 身構へを, 辛抱です, 追憶を, 途中に, 運命と, 過去において, 道は, 道よりも, 道程を, 道筋を, 都市文学に, 長雨忌み, 間, 間お待ち下さいませ, 間くっつい, 間この, 間ずつと, 間だ, 間の, 間わが輩も, 間休養し, 間婆さんの, 間昨晩も, 間知人も, 間私は, 間私を, 関係は, 関羽は, 関羽軍らしい, 闕腋と, 防ぎだ, 陸軍大臣は, 際物問屋漬物屋砂糖屋その, 隠忍黙想は, 顔が, 食いつなぎの, 食ひ, 飲み仲間, 養育料を, 騒し

▼ それだけでも~ (506, 0.1%)

7 私の 5 私は 4 ない, 彼は 3 僕は, 充分に

2 [30件] い, かなりの, できたらそいつ, なかった, わたしたちには, 中, 人の, 何かの, 充分だった, 十分な, 十分に, 大きな意義, 大事業, 大変な, 始末の, 安心である, 彼にとっては, 彼の, 心が, 意味が, 憂鬱に, 掴み出して, 知って, 確かだ, 私には, 身の, 近代の, 金次郎は, 非常に, 面白いと

1 [420件] ああし, あすの, あっぱれ天下の, あなたが, あなたの, あのバッジ, あの人, あの子, ありがたい, ありがたいぞ, ありません, あるまい, いい加減気持ち, いい加減骨, いかに珍しい, いくらかは, いって, いまから, いまでは, うと, うなずいて, うまくゆく, おそらく森林火災, おどろかれるのに, およそその, おれは, お知らせし, お礼は, お返し頂く, お通さん, かなり多い, かなり嵩, きっとお, けっこうな, けっこう見物, こ, ここは, この作者, この場合, この季節, この思慮, この社会, この考え方, この自由主義, これは, ございませんと, じゅうぶんあやしい, すこしいま, すでにありふれた, すでに何とも納得, すでに半ば喪失, すでに怖, すでに意味, すでに態, ずいぶんながい, せいせいした, そのシイン, その日, その語, その辺, それは, たいへん結構, たえがたいこと, たっぷり一箇月, たまらないこと, たまるまい, ために, ちよつと, つれである, ともかく日本語, どうかする, どのくらいの, どんなにみすぼらしい, ないさ, ないと, ない気, なお十分, なかなか大した, ひと目見たらわかり, ふしぎな, ほっと心, ほめ足りなくて, ぼく達は, まあ大層, まず引け目, まだまし, まだ足りねえ, まづやつてみなさい, まアまアいち, むかっと相手, むろん面白い, もうお, もうおれ達, もうが, もうそれ, もう充分, もう前途有望, もう心配, もう日本, もう目星, もしやそうで, やはりちょっと苦しい, よいの, わかって, わかるぢ, わしらかっと, わたしとしては, チョッと, ファラデイの, フリイドリッヒは, フロイト主義を, ペンを, ホリダシモノだ, 一つの, 一冊の, 一生の, 一財産だ, 三田の, 不吉な, 不審な, 世の中は, 世界的な, 世論と, 並大抵では, 中の, 事の, 二割くらいは, 云って, 五千万円のね, 井戸端の, 亭主としては, 人に, 人格的誠実の, 人民疾苦の, 人間の, 今日九州における, 仕合せで, 伊勢屋一家の, 伝右衛門の, 何か, 何だか彼, 何とかなり, 何とかなりやしません, 何やら色っぽく悩ましい, 何倍かの, 何分かの, 作者自身溜飲は, 侮辱せられた, 保たせないでは, 信孝亡き, 信長公としては, 俺の, 俺は, 倒れさ, 値打ある, 偉なりと, 僕には, 優に, 充分だ, 充分であった, 充分である, 充分です, 充分変っ, 充分彼を, 先生が, 六百マルクに, 内乱を, 凡物では, 分った, 判ると, 別人説は, 利口者の, 前の, 前人未達の, 助からないと, 勇気は, 勇猛の, 勿論あなた, 化けいちょう, 十分そう, 十分だ, 十分で, 十分私を, 千五百人その, 半九郎ら, 半蔵は, 協えて, 単なる凹面鏡, 参られぬ故に, 双方の, 取り返す工夫, 可也し, 右衛門には, 吉岡方の, 吉左衛門を, 同君の, 哀れな, 唯事では, 四人の, 堪らないで, 報罪を, 変に, 夏は, 夕刊へ, 多少辟易, 大いに参考, 大きさ, 大きな人間政治, 大きな進境, 大した作家, 大した苦労, 大に, 大体の, 大分むずかしい, 大向うから, 大変で, 大層な, 大變, 大部の, 天下は, 夫に, 女の, 奴等は, 好いには, 妙に, 妻は, 威嚇的な, 嬉しく思へた, 嬉しく満足, 子供たちは, 官軍強し, 家中の, 容易な, 寛大に, 小説は, 少年少女の, 屈伏するだろう, 岸本には, 已に甚大, 師直は, 帰つて貰ひたい, 弱い余, 役人たちの, 彼には, 彼または, 彼らの, 彼を, 彼女から, 彼女に, 彼女には, 彼女は, 御覧に, 微笑を, 徳川様の, 心細いので, 思わすに, 怪しまれようぞ, 恐らく哲学, 悚と, 悪魔の, 悲しいの, 惨憺たる, 想像されよう, 感謝しなけれ, 慰められ元気づけられは, 懐しいのに, 我々の, 戦う気力, 戰爭氣分を, 打ち明けて, 抜群の, 政府の, 效果が, 数頁に, 既に不可解, 既に個別的, 既に尊敬, 既に彼, 既に彼女, 既に私, 既に稀有, 既に至上, 既に興奮, 日本が, 日本人の, 日本文学に, 明らかに, 昔の, 最低賃銀四百五十円は, 最大な, 有効な, 有難い, 有難いという, 有難え, 木曾路の, 村の, 来世は, 東京市民の, 東山道軍の, 松井佐渡守の, 松岡の, 枕を, 栖方の, 校長に, 森本が, 楽を, 止して, 歯痒さ, 歴史に, 死なねば, 死にますよ, 残り止まる, 気の, 気保養だ, 気持よい, 決して科学的, 沢山だ, 沢山な, 洛中は, 活動より, 浅井の, 浮き足だつ, 淋しい谷中, 満足し, 満足出来る, 無いだろう, 無いよりも, 無いん, 爽快な, 物騒な, 独り身に, 猶多く, 獲物は, 王允は, 理が, 甚だしく神経, 男を, 當然即時保釋に, 癇に, 癪に, 百倍する, 相当な, 相当の, 相応に, 相手の, 知りたい, 知りたいの, 知識上の, 確かに, 神様に, 私が, 私たちは, 私に, 私共の, 私大変楽に, 私幾分か, 稍や, 稲の, 結構だ, 罪に, 美しい日光, 耀きを, 聞いて, 聞かせて, 聞きだそうと, 聞く者, 聴いて, 肩身が, 自分の, 自分は, 自殺し, 自殺で, 自殺でない, 自殺者の, 芝居が, 草の, 落ちつかずに, 葉子は, 蠅男の, 血が, 被害者が, 見て, 見とどけて, 見惚れるばかり, 見物の, 覗って, 親族の, 解れば, 訊いて, 訊きたい, 訊き度い, 訊こうと, 許さるべきで, 詮議ものである, 諸人を, 謀反の, 警官の, 豪勢な, 豪快や, 貴方には, 資格の, 返して, 通る人々, 運が, 酷く岸本, 重任である, 長くなる, 門徒には, 関羽は, 随分大騒ぎ, 随分費ります, 離縁せられる, 雲助四人の, 非常識な, 風の, 馬鈴薯などは, 驚くに, 驚く価値, 高氏は, 鴨は

▼ それさえ~ (500, 0.1%)

14 あるに 13 あれば 12 なければ 4 今は 3 わかって, 判れば, 気に, 聞けば, 覚えて

2 [28件] こんどの, ちゃんとわかっ, できれば, なかった, はっきりし, はっきりとは, ほんとうに, わからなくなって, わかれば, 不思議だ, 今の, 出来れば, 分って, 分らなくなって, 口に, 彼には, 彼は, 御承知, 手に, 知らずに, 知らない, 知らなかった, 自分に, 見当が, 覚束ない, 解れば, 誰も, 除けば

1 [386件] あった, あったらかれは, あの笛, あまり悲しゅう, ありがたく思われた, ありません, ありませんでした, ありませんでしたら街道, ありゃおやじ, あるじへ, あるの, あるのに, ある場合, いいだす力, いけないとは, いざと, いまだに不明, いわば台, うつつ心に, うまくいけ, おおすぎる, おっとりし, おどして, おれには, お前が, お前は, お君, お告げ給われ, お差支, かなえて, からきしわからない, ここまで, このごろは, この俺, この山, この数日間, この頃, こわして, ご存知なく, さっぱり覚え, しっかりし, して, しなくなった, しなくなる, じつは意, すこしも気, すでに幻想的, すれば, そうした度, その時, たいへんな, たべたら病気, だんだん弱っ, ちっとも苦, できないと, できなくなって, とある停車場, とうと, とんとわからなくなっ, どうかする, どうしても思い出せない, ない, ないところ, ない一片, なか, なかったなら愛し合っ, なかなかよこしやしない, なけりゃ十日, なけりゃ汝, なにか微笑ましい, ならぬ, なんとも解決, はっきりすれ, はっきりわからぬ, はっきり云っ, はっきり分からない, ひどく墨色, ほとんど不可能, ほんの一二年, ほんの一瞬間, ぼんやりとして, まだわかっ, まるで耳, まるで見当, もうなん, もうはっきりした, もう今, もう通っ, もさせぬ彼等, もしませんでした, もと居たらしい, やがてふたたび真白く, やがて火, やがて聞こえなくなった, やって, やめて, ようよう, よくは, よく見えない, よく覚え, よければ, ろくろくわからない, わかったら自分, わかったら行動, わかってれば, わからない, わからないくらい, わからないの, わからないのに, わからない感, わからなかった, わからなくなった, わからなくなりました, わからねえんじゃござんせんか, わきまえて, わたしは, われわれは, ハッキリと, ハッキリわからぬ, ハラハラさせられ, ロシアと, 一つ書いたら死ん, 一と, 一向そぐわない, 一向見当, 一枚一枚手に, 一疋も, 一蹴され, 下されましたら, 不如意に, 不思議でありました, 不意な, 不所存至極, 不明であった, 不明である, 不沙汰がち, 世辞に, 事実には, 事穏やかでない, 云いたくない兄, 人柄に, 今年は, 今日は, 他郷の, 付ければ, 伴うよう, 伸子は, 伺えば, 何か, 何となくホーム・スウィート・ホーム, 何も, 何んと, 余り興味, 併し, 使いきれぬぐらい, 使えば, 供給が, 侮辱である, 信じたならわし, 像法時代と, 先に, 全く分らぬ, 内へ, 出来たら何, 出来ない, 出来ないという, 出来ぬと, 刀の, 分らずに, 分らず小児等, 分らない, 分らぬ, 分りません, 分れば, 分明しない, 判らなかった, 判らなかったそう, 判定が, 判断しかねる, 判然しやしない, 判然とは, 十ウの, 半分は, 半年の, 厭わなければ, 収容できぬ, 受け取ろうと, 受け太刀ぎみで, 名残惜そうに, 君子は, 含んで, 吹雪が, 呼吸困難と, 嘉門には, 固唾を, 園にとっては, 夕月の, 多生の, 夜中から, 夢の, 大したこと, 大した恐怖, 大丈夫なら, 大敵と, 夫が, 失って, 奪ったら大丈夫, 好ましきに, 妙に, 娘の, 嫌わなければ, 嬉しくって, 守って, 実はそう, 実はハッキリ, 実現できれ, 実行しかね, 家来共に, 寂し気, 尋常ならず, 平次には, 年を, 待ち切れず立って, 待どし, 得せずして, 心づよく見えた, 心細そう, 必死であった, 忘れた, 忘れちゃったの, 忘れなきゃいい, 思いも, 思い切りました, 思い切れば, 思うよう, 怪しいもの, 怪しいよう, 怪しくなっ, 意気は, 感じられなくなった, 慎めば, 成就すれ, 我々には, 我儘を, 我慢すれ, 我慢を, 所がら物寂しい, 手続きが, 打ちあげれば, 打ち払うなれば, 承知いたしますれ, 折々は, 拾って, 持って, 探れば, 推察する, 既に気味が悪く, 日毎に, 明かに, 明らかでない, 明瞭しない, 時々は, 普通のと, 暮れて, 曖昧で, 曖昧な, 書留は, 最後へ, 朦朧として, 本当の, 本望で, 果せば, 根っから面白く, 棄てて, 検分すれ, 止すと, 比較に, 気が, 気がつかないよう, 気味が悪いのに, 気恥しくなっ, 気高く思われた, 汗に, 決定する, 沢山は, 派手に, 派手には, 消化しかねる, 消息が, 消滅すれ, 深くは, 済まば, 済んだら後, 渠には, 満たされるなら昔, 無くなりかけて, 無理な, 現実には, 理解できないであろう, 甚だ疑問, 甚だ飛躍的, 疑いの, 疑って, 疑わしい, 疑わしいと, 疑わしくなった, 疑問で, 痛切には, 白状したら, 的確で, 皆目知れない, 省て, 眼が, 眼に, 眼を, 瞬きを, 知って, 知っては, 知らず, 知らないとは, 知らなかったの, 知られて, 知るまい, 知れない位, 知れれば, 碌に, 確かでなく, 確かな, 確かめられないとは, 神境に, 私たちには, 私には, 私は, 窮し, 節約し, 素直に, 耳に, 聞いたら亡くなった母親, 聞こえなくなって, 胸先に, 腹に, 自分でも, 自由に, 荷が, 行き悩みつつ, 見える, 見きわめが, 見つければ, 見ては, 見てるうち, 見られなかった, 見当の, 見棄てて, 覚って, 解いたら素晴らしい, 解ければ, 解って, 解らない, 解らない心細い, 訝しく思う, 訳が, 説明すれ, 護り切れなくなり眼球, 貧しげ, 貴重品であった, 身に, 辛くも間に合った, 辛抱し, 運べば, 達せられるだろう幾らか, 遮ぎった, 邪ま, 重苦しく感じ, 長くて, 間もなく失わね, 間もなく消えた, 間もなく直った, 間違いなけれ, 雨風を, 雪に, 面倒だ, 頼母しい, 顔を, 颯と涼しい, 食べさせて, 首尾よく

▼ それまでに~ (486, 0.1%)

11 して 4 なるには, 一度も, 何か, 私は, 見たこと 3 何度も, 幾度も, 自分の

2 [15件] いうならば, おれは, しないでも, なかった, もしやと, われわれは, 公に, 小三郎を, 帰って, 彼が, 彼の, 感じたこと, 白馬に, 私の, 願書を

1 [416件] あきるだけ, あった武門, あつらえる品, あとの, あなたも, あの人, あの水牛仏, あの連中, あゆを, あんまり御, いい仕事, いくらも, いさかい一つした, いた四年兵, いつの間に防共思想, いやそんな, いろいろな, おかあさんに, おなりなさいました, おぬ, おもって, お上の, お二人, お増, お庄, お暇, お米, お経, お銀, かかった他, かなりの, かなりむくん, かなり勉強, きこえて, きめて, こさ, こっちは, ことが, この呂布, この広い, この時, この盃, この眼, この簔虫, この魔, こんなポスター, さすがに, しっかり身支度, しなくて, しなくても, しなくとも, しなければ, じゅうぶん具体的, じゅうぶん鋭気, すっかりできあがる, すっかり具体案, すつかり心身, すでに横暴, すでに長く, すまさなければ, するには, する必要, する苦労, ずいぶん金, せいぜい痩せ腕, せめて五百円, ぜひとも壊血病, ぜひとも暗殺, ぜひ一軒, ぜひ美禰子, そういう経験, その人間, その大切, その欽也, たっぷり一時間あまりは, たっぷり五分は, ちょっと御, ちょッと, できるだけたくさん, でき上らない扇, とにかく得, とろとろっと, どうぞ手伝っ, どうなる, どこかで, どれほどの, どんな人, どんな焼物, ないなごや, ないひたむき, ない鋭い声, なくても, なった, なったん, なって, なっても, なつた, なにか, なる, なる動機, なる道順, のこらずまきわく, ひそかに, ひまの, ほかの, まず形, また喧嘩, まだあまりに時日, まだ一名, まだ少し残っ, まだ見出し得なかった, まちがいなく, まったくない, みなさんも, みんなで, めいめいその, もう三度, もう別れた, もう少し何, もう幾度, もう彼, もしわたし, もっとたくさん, もっと深く, もつた三十幾年, やって, やること, よくご, よく休息, よく申した, よく考え, よく考えた, よく見掛た, よんで, わかり過ぎる程, わが刃, わたくしの, わたしたちは, わたしは, わたしもつと, わたしを, われらは, イヌという, グリゴリイは, サイクロレエンに, ストライキを, ゾウリの, プロについて, ミチが, 一つ, 一つあなたも, 一人だけ, 一人前に, 一回も, 一度大学病院へ, 一度面白い, 一生懸命腕を, 一言うけたまわりたい, 万一の, 三度訪ね, 三方ヶ原へ, 三杯の, 主人に, 事好みな, 二三度秋山の, 二人とも, 二人は, 二人三人ずつ, 二十日間の, 二十艘の, 二度も, 二度顔を, 云い聞かせて, 云うならば, 五万円調達しろ, 亡くなったお, 人家が, 人間の, 今一度考へ直し, 今夜籖で, 今度は, 今日までの, 仕事を, 他の, 仰せあるもの, 仰せなれ, 仰っしゃる, 仰っしゃるなら, 仰有るなら私, 会ったこと, 会社の, 会議を, 伯父の, 伸子と, 伸子は, 伺ふわ, 何とかし, 何十回も, 何回もの, 何度か, 何度と, 何等か, 何遍も, 俺が, 働いて, 僕が, 僕は, 僕も, 充分奥様, 入浴散髪などを, 円くなる, 出逢ったこと, 判然した, 別莊, 削りあげた何枚, 十人二十人死んだ, 十囘も, 千両箱が, 千兩箱が, 博士の, 占って, 占つて置い, 危ない中, 又二本, 叔母の, 各所で, 各持口, 味が, 味方の, 商売は, 喰べた頭から, 土地の, 執心なら, 執筆した, 堅固か, 堺へ, 変って, 夕立でも, 大きくし, 大将が, 夫婦は, 女中が, 好い機, 妾は, 姑は, 守り立てた人, 完成したい, 宏壮な, 実に多数, 実験は, 家の, 宿へ, 対抗策を, 少しは, 届けかし, 山の, 左手すなわち, 巧く, 己の, 帰る, 帰るの, 幾たびも, 幾度か, 幾度と, 幾度逃げ出そう, 広島へ, 店員への, 式を, 彼は, 彼らは, 彼を, 御配慮, 心身の, 必ず納入, 必要な, 思うもの, 思って, 思わっしゃるものを, 恋いなされた, 成長した, 我々は, 戻って, 打ち込んで, 支度が, 教育し, 敬って, 旅費の, 既にかなり, 既にモオパッサン, 既に数百, 既に相当, 是非, 昼食の, 時々曇る, 暇が, 書いたもの, 書いた自分, 来た附文, 来る気遣い, 東の, 査べ, 栓が, 横浜と, 殆ん, 民衆としての, 氷山は, 池を, 洋服が, 洞白の, 満洲, 準備し, 漕ぎ着けたと, 漕ぎ着ければ, 漫画家ある, 片を, 片付, 牛や, 牧を, 犯人は, 獲得された, 用いた日数, 用意し, 用意を, 異様な, 疑われ疎まれたる身, 病気が, 病気も, 痛棒は, 発展した, 白石の, 目を, 真実貴方である, 知り得た最も, 研究室の, 確かな, 確かり, 私どもの, 秋川家に, 稼いだ額, 立到らない, 答えを, 粗忽が, 経過し, 縁組みを, 縫つて置い, 羨まれたと, 考えて, 考えといて, 聞いたこと, 聞いたどんな, 育てる苦労, 腹ばいに, 自分で, 自分と, 自分は, 至らない關係, 至らぬとしても, 至るには, 至る努力, 色々な, 芥川が, 苦痛を, 荒しゃあがったんでね, 荷を, 行かずとも, 行くには, 行方を, 西大谷の, 見たどの, 見たどんな, 見たり, 親しんで, 親戚や, 言うならいっさい, 言うならもうすこし, 言ふも, 言葉といふ, 話した様子, 話しつけとくわ, 話を, 誰か, 誰も, 調べて, 調査も, 諸君も, 譜面台や, 貴公は, 貴様の, 費された情熱, 走ったこと, 起った事, 身の, 軍務を, 輸入された, 辞書を, 辿つて, 退院なさいます, 逸早く会費, 達ちゃんが, 部下の, 釣銭が, 鍛えられたどんな, 間に合うよう, 間に合わせて, 間に合わせると, 間隔を, 陸軍は, 随分ひどい, 雨が, 非常に, 顔を, 顕われた, 風呂が, 風呂場をも, 飛行機は, 駅前に

▼ それからの~ (484, 0.1%)

22 ことは 13 私は 8 ことだ, ことである, 事は 7 彼は 6 こと 5 ことであった, 事に, 私の 4 ことです, ことに, ことを 3 ことで, 二人の, 仕事は

2 [19件] ことさ, ことだった, このこと外, 事だ, 事である, 事でございます, 二年間私は, 分に, 君子は, 問答は, 問題だ, 御相談, 手段は, 数日私達は, 村越家は, 連日二十四時間毎に, 酒は, 長い年月, 騒ぎは

1 [338件] あすあすからの, あたしに対する, あたしは, あなたの, あわただしい評議, いろいろな, うごかぬ景色, おしかさん, おれは, お国, お杉, お祖母さんは, お蕗, お角さん, お雪, ここに, ここは, ことであったらしい, ことでしたろ, ことと, ことな, ことへへへへ, こと暗がりで, この男, この騒動, ご苦労じゃな, さわぎは, すべてを, そりと, たびたびの, とぎれとぎれの, ふたりの, べつに, ぼくの, まると, まる五ヵ月, ものであった, ものです, ものらしい, やけの, わずか五, わたしには, わたしは, サスペンスも, シャーマンの, ビリビリバリバリひどい, 一二週間は, 一冬を, 一刻を, 一夜の, 一夜私が, 一室での, 一幕, 一年ちかく, 一年余であった, 一年半の, 一年間かれ, 一年間は, 一日が, 一時間あまりを, 一時間は, 一時間を, 一行は, 一週間には, 一週間は, 一週間程といふ, 丁度一年間私は, 七兵衛は, 七年間東京に, 七年間私にとっては, 七日ほどを, 三人は, 三十分間は, 三四年間つまり, 三年を, 三年間にも, 三年間は, 三日間不良少女を, 三日間毎日一度づゝ靴下祭参詣の, 三時間が, 三百年間に, 上でと, 上に, 不思議に, 世界の, 久しい困窮, 久助君は, 事でした, 事を, 事ダ, 事件の, 事情を, 事業は, 二ヶ月あまり不意に, 二三年がほどという, 二三年間の, 二三年間は, 二三日は, 二三時間は, 二十四五年間に, 二十年だ, 二年間は, 二日間は, 二日間庭園を, 二時山間あまり木村が, 二時間あまり彼は, 二時間前後左右みんなこの, 五年あまりの, 五年という, 五年は, 五日間自分は, 交際だ, 享楽を, 人と, 人類の, 仕事を, 伸子が, 何年かは, 余波が, 信心で, 修業次第で, 偏差として, 偏差とについて, 僕の, 僕は, 先生は, 先行きは, 光圀は, 光秀様の, 八ヶ月間といふ, 八五郎の, 六郷左京と, 刻一刻が, 十三年間の, 十五年で, 十日程という, 十日程といふ, 半日あまりを, 半日ばかりは, 半日ほどの, 収入に, 収入は, 叡子さんは, 可能性の, 右門は, 同氏の, 呂木は, 喧噪と, 囁きは, 四五年は, 四五日間を, 四五日間私は, 回復この, 地方の, 境涯に, 夜膳の, 大車輪っ, 夫人は, 失策は, 女の, 女史の, 奴めの, 如何なる遁, 妾は, 姫には, 孔明の, 存在だ, 宝沢と, 宮の, 家橘は, 寄せ集りで, 小半日は, 山下は, 山坂道では, 山田下の, 山街道の, 山路は, 山道は, 岸本は, 峠の, 師弟の, 帰納的要約が, 帰途は, 平次の, 幾年月を, 延長物と, 弁護士は, 引き続いての, 彼と, 彼への, 彼女が, 彼女達は, 後の, 得意な, 御意見, 思ひも, 恋心の, 悪ふざけであった, 意識が, 感銘が, 態度は, 憂艱難, 成長の, 或る, 手紙は, 抽象物として, 指揮は, 挨拶だ, 捕虜生活に, 放浪です, 敬称である, 数ヶ月あなた方は, 数夜と, 数年は, 数年私は, 数日という, 数日は, 数日も, 数日を, 文句及び, 新吉, 新富座は, 方が, 日々が, 日々なお, 日々の, 日々は, 日以来一日として, 旭茶屋事件には, 春秋は, 昼夜幾回と, 時田は, 暗躍は, 月日の, 月日は, 歓喜は, 此の, 此始末, 残りの, 母は, 毎日, 毎日は, 毎日拜借し, 毎日窓を, 気概りんりん, 水曜日に, 永い夜, 永い間, 治癒の, 泡鳴は, 津軽の, 浜子さびし, 浪士らは, 演繹を, 潰走中に, 激論だった, 煮方, 爪先登りを, 物であった, 物音な, 狂犬が, 狂言も, 狼狽さは, 狼藉は, 生活は, 男の, 男優り, 病院内の, 直接推理によっては, 祖母は, 私という, 私には, 私を, 私達の, 秘密の, 空が, 笠森仙太郎は, 策戦を, 約半刻, 紹介で, 経験で, 縁談な, 義太夫も, 脱出として, 腐れ縁じゃ, 自分が, 自分は, 自堕落も, 芹沢東洋は, 苦しい四晩, 菊次郎さんの, 菱沼さんの, 落ちつきを, 行動は, 行為は, 被害の, 西園寺家は, 観世様は, 話である, 話な, 話には, 話の, 話を, 話題が, 話題は, 談は, 論争な, 議場の, 議論は, 貞之進という, 貞奴と, 足かけ三年という, 足掛三年間妻子を, 軍治は, 辻一作と, 連想, 道を, 都合に, 鄭重な, 重訳で, 長い竹藪, 長い過去, 随伴感情も, 難儀さ, 雪之, 青紫蘇を, 領民の, 頼みで, 顛末を, 騒ぎが, 騒ぎや, 騒ぎを, 騒擾でさ, 騷ぎがどんなに, 騷ぎはどんなに大袈裟で, 鶴の, 黒吉は, 黒船が

▼ それらしい~ (484, 0.1%)

34 ものは 19 ものを 15 ものが 8 影も 7 姿は 6 のが, 人影も, 女の 5 姿が, 影は, 物を 4 のは, 人影は, 姿を, 影が, 自動車が, 跡も 3 どんな素振り, のを, ものも, 女が, 物が, 音は, 顔も

2 [30件] ことを, と感ぜられる, のです, ものとしては, ものに, 乗客の, 何物も, 兇器は, 名前を, 名目なし, 声は, 声も, 女は, 奴の, 姿も, 娘が, 建物も, 形に, 形跡は, 徴候が, 方向には, 様子が, 様子は, 様子も, 死体は, 物の, 物は, 男の, 跡を, 風景は

1 [263件] あなが, お供も, お姿, から元, が, がここ, が閉伊郡, こと, ことが, ぞ, という, ところは, ところを, と云う, と思う, と思った, と思はれ, と教えられ, と気, と考えられる, なにかが, のがを, のに, のには, のに行き当るだろう, のも, のもござりませぬで, ひらべったい石, ものの, もののかげ, やつの, やつは, デスペレイトな, ノンセンス味を, ママコスなぞという, 一つでも, 一端が, 一風変った, 中年女, 予見が, 事は, 事を, 事務所を, 事実も, 井ゲタを, 人かげを, 人声は, 人家も, 人影, 人物, 人物が, 人物で, 人物の, 人物を, 人相の, 人相や, 人間, 人間は, 人間も, 会社は, 位置を, 何にも, 作業衣の, 侍を, 便りも, 傷跡すらも, 傷跡は, 光は, 写本を, 匂いすらも, 匂が, 叫びを, 喇叭の, 噂は, 土の, 地名を, 地点には, 報告の, 場所には, 墓を, 声の, 声を, 多くの, 大門を, 奉書にでも, 女に, 女にでも, 女の子が, 女の子は, 女を, 奴を, 姿さえ, 娘たちの, 娘の, 娘は, 娘も, 婦人に, 字が, 字を, 存在を, 學風の, 実物を, 客を, 小料理屋へ, 小鳥が, 屋根の, 山を, 山影の, 山門は, 平を, 平地は, 平地を, 広告を, 弾力や, 形が, 形を, 形跡も, 影すら, 影にも, 影を, 影像が, 御同勢, 怪しい者, 恋を, 情景が, 情景を, 意図を, 意欲が, 感じは, 感じを, 感傷を, 手がかりも, 手ごたえは, 手紙が, 手紙と, 投降者は, 折も, 拵えの, 故実を, 敵影は, 新しい建物, 新婚の, 旅人の, 旅僧は, 日本語に, 明確な, 曲り角が, 書物が, 有尾人種にも, 木靴の, 本を, 村を, 束髪の, 柳樹の, 格子戸の, 森を, 様式だけは, 模様も, 権威を, 横文字を, 橇の, 武士が, 死骸も, 気も, 気分も, 気勢も, 気振りも, 気色も, 気配さえも, 演説は, 煙の, 煙草屋の, 燈影は, 燈火は, 燈籠の, 物に, 物音は, 物騒な, 特徴が, 現象を, 生活程度を, 用事の, 男が, 番地を, 疑いが, 症状は, 痕が, 痕跡も, 白いもの, 相手の, 真似を, 着物の, 石の, 破れ目でも, 窓を, 竹を, 符合に, 筆を, 籠を, 素振りだけは, 素振りは, 細やかな, 結末を, 美しい島, 翳さえ, 翳さへ, 老紳士, 聯想の, 職人ふうの, 船が, 船は, 船影は, 色と, 花の, 若い身持, 落人を, 虫を, 表情や, 言葉をも, 言葉使ひ, 記憶は, 記録といふ, 証拠が, 証拠も, 証拠を, 話お, 話を, 調子の, 調度が, 議論の, 變に, 足あとも, 足跡は, 足跡までが, 足音が, 跡が, 跡形も, 返事も, 部分に, 部屋が, 鉄の, 銀杏の, 鏑木さんの, 門の, 門を, 陰影すら, 雪を, 雰囲気の, 電車は, 青簾の, 静かな, 面影が, 面影は, 面影も, 靴は, 音が, 響は, 顏を, 風が, 風体の, 風姿に, 香りを, 骨が

▼ それきり~ (483, 0.1%)

25 黙って 16 になっ 15 だった 10 にし 8 帰って 76 であつ, なの 54 です, になった, になつて, のこと, 忘れて, 黙つて 3 お君, だと, であった, で何, で彼, になる, に終りました, 黙った

2 [28件] お麗さん, か僕, さ, だが, だったが, だったの, だつた, だよ, である, でした, でしばらく, でまた, でもう, で私, で私達, で黙っ, なんとも, になつ, になり, ふっつりと, よ, 出て, 戻って, 暫く黙っ, 沈んで, 逢わない, 黙りこんだ, 黙り込んで

1 [281件] あきらめるかと, あの重い, ある小さな, いなくなったし, うや, おやめ, お別れ, お訪ね, お訪ねする, お逢いした, かい, からだ, かれの, かれは, がっかりし, きこえませんでした, きませんでしたから, ぐっすりと, このふたり, この土地, この女, この子, この少年, この騒ぎ, さわぐの, しか三吉, しか召し上らなかった, しか帰らなかった, しか知らない, しばらくだ, しばらくは, じっといき, ずっと忘れ, その人, その声, その女, その娘, その子, その尺八, その支給, その晩, その横穴, その気ちがい, その飛行士, その鷹, だし, だったという, だったろう, だつたが, だまつて, だまりこんで, だまりこんでしまつて, だも, だらう, だらうが, だろう, であ, であったのみ, であと, であるが, であるという, でいず, でうどん粉, でございます, でしたが, ですか, ですがね, ですし, ですの, ですませたかつた, ですむ, ですよ, でずっと, でそれから, でどこ, でなかなか, でなんら, ではなかっ, では済まなかっ, でぷつりと, でべつに, でもうこ, でもの, でやがて, でゆるし, でテルノフスカヤ, で下り, で中止, で人間, で仕舞った, で会わず, で何事, で兄, で兄さん, で吉岡, で吉田, で変らない, で孰, で少し, で年寄り, で彼女, で忘れ, で明朝, で李, で杜, で極めて, で此処, で此方, で泰造, で済む, で済ん, で澄ましこんでる, で男, で病人, で眼, で神, で稍, で終わっ, で縁, で良吉さん, で話, で諦めた, で降, で額, で鬼頭がた, で默つて了つた, とあきらめ, というの, となっ, どうかなっ, どうしても再び出よう, どうしても橋一つ, どうも東京, どっと床, ないよ, なかなか出, なん, な気持ち, にした, にすれ, になっちまいます, にはならず, に別れ, に夏, に成つたの, に活動映画, のもの, のよう, の事, の人, の為, の現象, の生き方, の縁, ぱったりと, ぱったり通信, ひっそりと, ふたすじ, ふっつり母, ふっと一こと, またうとく, またぐっと, またしばらく, またそっと, また言葉, また静まっ, また静まり返った, また默つて, また黙っ, まるで見えなくなる, もうきこえなかった, もうきこえなかつた, もうそ, もうその, もう二度, もう何, もう僕, もう姿, もう帰つて, もう彼女, もう私, やいう, らしかったが, 二度と行かなくなっ, 云って, 会いませんが, 会えないと, 何ともいはない, 何とも云, 何とも言, 作らないので, 全く分らなかった, 再びへたへたと, 再び馬, 出たこと, 出来ません, 判らずじまいでした, 別れました, 動いた樣子, 動かない, 動かなかった, 動かなくなって, 動かなくなりました, 又かれ, 又見えなくなっ, 名探偵, 吠える声, 啼き止んで, 喚かなかった, 埋沒, 堅く口, 多日顔, 寄りつかぬ, 少ないこと, 差し控えて, 帰らずじまい, 帰らず今, 帰らず消息, 帰らないとの, 帰らなかった, 帰らなかったの, 帰りません, 忘れたかも, 忘れられた, 忘れ去られたよう, 思い出しも, 思ひ出せないで, 恐ろしく大きな, 押し黙って, 振り返らなかった, 放捨, 暫く音沙汰, 更になんらの, 来ない, 来ないもん, 来なかった, 来なかったが, 来なかつた私, 来なくなりし, 来ようと, 泣きべそ, 消えるよう, 消え失せて, 測らないの, 滅びても, 無效, 知れなかった, 立ち上れないで, 立って, 答えなかった, 罹らない人, 翌る, 聞えない, 聞えなかったが, 聞えなくなった, 聞えなくなって, 行かうとも, 行って, 見えない恵瓊殿, 見えなかった, 覚えて, 触れなかった, 訪れて, 詠めとも, 諦めて, 買って, 起たなかった, 追いも, 途切れた, 逢えない事, 逢わぬとは, 遂にホテル, 長い間, 青い斑点, 静まり返って, 飛出して, 黙ったまま, 黙ってるので, 黙つた, 黙りこくって, 黙りこんで

▼ それよりは~ (452, 0.1%)

5 もつと 3 今の

2 [14件] その精神的, やっぱり水, 何うかし, 堤の, 少しでも, 年の, 日の, 気を, 江戸で, 男と, 私の, 金で, 音松の, 黙って

1 [416件] あなたとも, あの人, あの秘帖, いかにもし, いかに最もよく横, いくらかよい, いくらか小さい, いっそ, いっそその, いっそと, いっその, いっそ背い, いッそこ, うんと, おかしかった, おとなしく炬燵, おひい, おまえが, おもに隊, おやかた様, おッ母さん, お二人, お体, お前が, お前たち姉妹こそ, お坊ンさん, お帰り, お店, お庭, お目, お神輿を, お茶が, お茶を, お近附, お静不憫, お願いが, かえって騒然たる, きのうそちに, きみの, きれいに, こう, ここ一寸を, こちらから, こっちが, こっちの, このばば, このヴァレリイ, この万太郎, この六, この家, この惣七, この暖かい, この朝臣, この桃里, この殿様, この男, この絵, この舟, この藤夜叉, この身, これといふ, これまでの, ご勘当, さきほどから, さっきお, さっきの, さっそくこれからご, すぐここ, すぐ隣村, すこしも, すこし小さな, ずっとたくさん, ずっと古い, ずっと短く, ずんと高尚, そこに, そちの, そちら様こそ, そっと知らん顔, そなた, その始め, その巨燵, その日, その礎石, それは, たんに友人, ちと反省, ちょうど俺たち, つい今, てめえたち若い, どうかこの, どうか国事, どうして君たち, どうして当家, どこぞ, どこも, どの点, どんどん容疑者, どんなにあばら屋, なぜわたくし自身, なぜ介錯, なにかしら, なにとぞも, なほ一層, なんの, はやく巧奴, はるかに, ひとしほ, ひとり息女の, ふつと, まあ焚火, ましだ, ましな, ましに, まず伺いたい, まず聞こう, またやがて, まだ此樣, まづ自分, むかしの, むしろまったくいかなる, むしろ一人きり, むしろ久子さん, むしろ半ば黒焦げ, むしろ小悪, むしろ息, むしろ日本, むしろ考える, むしろ自分, むしろ馬, むしろ高, もうすこし時間, もう一つ召, もう一度この, もう一度その, もう少し普遍的, もっとずっと重大, もっとずっと馴染, もっと平たく, もっと悪い, もっと新しい, もっと書物, もっと正し, もっと細長く, もつとい, やはり持久, やや先, やや小づくり, ゆっくりお, より多く, わがままに, わしの, わたくしが, わりあい近く, ァ早く, ウンと, グッと, コリンズ以前の, ソンナ空想を, パンを, ブラリブラリと, ルミちゃんも, ワーナー博士一行の, 一九三一年の, 一刻も, 一層陰欝, 一筋に, 一郎三との, 一郎人の, 万事よき, 万吉さんこれから, 三千貫の, 三百五十石の, 下の, 不知哉丸は, 中に, 主君の, 主要な, 久しぶりで, 亀沢町にて, 予が, 事実をもって, 事実を以て, 事実性は, 二三週間でも, 二人にて, 人の, 今は, 今度こそ, 今霎時, 他へ, 仮初の, 低いの, 何か, 何が, 何だ海浪人, 何となくその, 何の, 何も, 何を, 何事が, 何時までも, 例の, 倍も, 働けるもの, 元気を, 先ず差, 先に, 児玉君奥君林大, 全体の, 八が, 其許の, 其隙で, 内職の, 冷たい水, 凝縮し, 出帆まで, 別に師, 前に, 前の, 劇烈を, 力を, 力強く深く怖るべき, 十念なと, 十歳くらいは, 南の, 単に永遠, 厄介だった, 又八お, 叔父が, 古い女郎屋, 可愛が, 合図合図, 吉良殿の, 同じ位, 商売だ, 問題は, 囚われの, 多分に, 夜の, 大きい彦島, 大ぶま, 大事に, 大沢の, 天子から, 奥さんにも, 女弟子の, 好奇心に, 妾奉公を, 姉川より, 姿を, 学校に, 宜しいん, 客を, 客扱い, 室内また, 家中かたずを, 家庭に, 寧ろその, 寧ろ三等車, 寧ろ人々, 寧ろ思う, 小形で, 小牧の, 小説か, 少くとも, 少しも, 少し年上, 少し快い, 少し悲し, 少し自分, 居なくなつ, 屡博奕, 川下に, 平常は, 当分地方へ, 当初の, 形勢一変お, 後々だ, 後から, 後に, 後の, 従来の, 得心し, 御主家, 御入用, 御勝手, 御後室様, 御領内, 心を, 急用の, 怪我のね, 我が自由, 押ッ放し, 拙者が, 持場持場の, 政略的の, 新九郎様貴方の, 新平とても, 新田と, 日々一枚の, 日毎に, 旦那急ぎの, 旦那様前方に, 早う鶴子ちゃん, 早く君, 早速君, 明日の, 時の, 時運に, 更に贅澤, 未だし, 未知の, 未知数の, 本当の, 本當, 村松検事の, 東京住居家族も, 次の, 此島は, 此方が, 此決心を, 此鐵檻車の, 武蔵は, 母君の, 母様方様の, 毎日, 民を, 浅草の, 浮様の, 淋しくそれ, 清作さんあなたは, 漸次快方, 父上の, 牛が, 牛車の, 現場を, 理想を, 甘言を, 生きて, 生き恥たえ, 生まれた子供, 生涯そこの, 異なった意味, 癆咳を, 白紙を, 百年前の, 皆な, 相手も, 眞面目な, 真面目な, 眠るほう, 矛を, 矢張お, 矢張日本料理に, 矢張見馴れた, 石を, 確と, 私が, 私は, 稻妻も, 笹屋へ, 篤一つ一つの, 細かくかつ, 結句どういう, 美くし, 美登利といふ, 老けて, 耳でも, 聖母の, 肝腎な, 肴屋へ, 脊負ふそ, 腹の, 臣らが, 自分で, 自分の, 自分を, 花々しき騒ぎ, 花車を, 草ふかく, 落ちた玄徳, 蒼白くて, 藪原の, 見合いの, 話す間, 諸君が, 讀者個々で, 豪胆である, 貴さまなぜ, 貴様に, 贔屓仕りませぬ, 趣味が, 身近な, 軽快な, 近所が, 進まなかった, 進めないところ, 道場へ, 都会へ, 都合が, 酒でも, 金銀米錢ぞ, 長崎屋の, 隱された, 電話で, 青みを, 頭領王倫の, 頼まれた自分, 風師山へ, 飛脚屋に, 飯でも, 飯を, 飯山あたりの, 鬼の, 默つて十兩お

▼ それへと~ (441, 0.1%)

6 伝えられて, 続いて 5 いろいろの, 伝わって, 種々な, 考えて 4 手を, 続いた 3 いろいろな, 伝わった, 思い続けて, 拡がって, 活動写真の, 流れ渡って, 移って, 考へ始めると

2 [31件] いろ, さがって, 出て, 太田の, 尾鰭を, 巧妙に, 引出されて, 彼は, 思い出されて, 手繰り出して, 探しまわると, 掩い重なっ, 新らしい, 書きつづけたので, 果てしも, 流れ渡った末, 湧き出して, 熱心に, 町じゅうに, 糸を, 紹介を, 続くので, 続出する, 繰り出して, 考えた, 考えると, 話は, 話を, 進んで, 順々に, 飛んで

1 [315件] あつまって, あらはれて, いくつも, いくらでもある, いくら思い出し, いたずらに, いひ伝, いろいろと, いろんなこと, うつって, おもしろくなる, おりて, お種, お銀, ご吹聴, さぐり続けて, ささやかれた, さまざまな, した上, するの, ずるずる彼, そこに, その取扱いかた, その持主, その昔, たずねて, だんだん手, だんだん滑, つづいて, つづき天地, とっぴに, とめどなく思いつづけた, とめどなしに, なかなかつきませんでした, はずんで, はてしがない, ひっきりなしに続い, ひろがって, ぼとぼと擂鉢, ますます拡がった, まるで継ぎはぎ, よくも変事, よく喋る, カラクリを, 一, 一彦少年に, 三角形の, 上演し, 不運が, 丑松は, 九女八も, 二十日ばかりの, 云いつたえられたが, 云う席, 仕事が, 他の, 仰々しく伝えられ, 仲間を, 休みなし, 伝えられたが, 伝えられるよう, 伝へられて, 伝わったので, 伝わり二百里, 何かを, 何処までも, 促されながら, 僕は, 其の一段, 出先を, 列べて, 励行された, 動員し, 募つて行つて, 厳重の, 友達の, 取り留めも, 古いはなし, 句を, 右から, 同好者の, 向つて, 向ひ, 吹聴した, 哮り狂って, 問わず語りに, 喋り抜き二時, 喧嘩の, 噂が, 変った物, 変って, 変災椿事が, 大分探しました, 好事家の, 姉の, 始終巧妙, 娘達は, 客を, 家財を, 容易に, 尋ねあるいて, 尋ね歩くの, 導くよう, 少年当時の, 尽きせずお, 尽きませんでしたが, 尾ヒレが, 屋根づたいに江戸じゅうを, 展けて, 岐路に, 平気で, 幼い日, 広がりました, 広まると, 延びて, 廻転し, 弁護士の, 引越して, 強い根, 弾んで, 当時の, 御用が, 御話, 微禄, 心あたりを, 忙が, 思いうかべた, 思いめぐらして, 思いめぐらすうち, 思い出される事, 思い出して, 思い出しては, 思い出に, 思い浮ぶの, 思い浮べるの, 思い生かして, 思ひも, 思ひ出して, 思ひ出す話, 思ひ返されて, 思を, 悪い事, 悪くごたつく, 悲しい思い, 想い浮かべて, 想ひ出す, 想像にの, 想像を, 我国科学界の, 手ぐりだした記事が, 手元へ, 手紙を, 打ち破ったこと, 拡がった, 拡まっ, 拡まります, 捉えて, 探しあるいたが, 描出された, 撃ちすくめられた, 数えて, 新しい噂, 新築され, 旅の, 昇るべく努力, 暫くの, 曝い, 更にその, 更に七十年, 書いて, 書きもて行った結果, 条を, 来衆, 枝葉を, 條を, 梢から, 棄てがたい, 様々な, 様々の, 樣, 次々に, 正木の, 歩き廻つて, 死霊の, 殖えて, 段々に土, 段々展げて, 毎日同じ, 気が, 泉の, 洩れて, 流れて, 流れ渡つて, 流れ渡るよう, 浮んで, 深まって, 渡って, 渡つてこちらの, 渡り歩いて, 渦を, 溯って, 為に, 燃えて, 燃えひろがる始末, 燃え拡がって, 物語が, 犯罪談は, 独り喋りつづけた, 獲物を, 現れ流血, 用が, 用事が, 疑って, 疑問が, 発展し, 目がけて, 目ざましく発展, 目を, 目先に, 眺め廻して, 眼の, 眼移りが, 瞬く間, 矢つぎ早に, 知合ひ, 禍いの, 私は, 移つて行く, 移つて酒も, 移る, 移るもの, 穴を, 空想し, 空想の, 立て続けに, 紹介し, 絵草紙屋を, 絶えようとも, 続々出, 続くもの, 縁を, 繰って, 繰りひろげられて, 繰り返した, 繰り返して, 繰出して, 繰返して, 纏まらない話, 考えざるを, 考えつづけて, 考えながら, 考えは, 考へ, 考へられて, 考へると, 考へを, 聞きある, 聞きたがった, 聞きたがるので, 聞きつた, 聞き伝えて, 聞き傳, 聯想し, 聯想を, 聴かされて, 脅迫の, 自然に対する, 落ちかかって, 見つづけて, 見物ながらに, 言い出して, 言い継いで, 訪ねて, 詮議し, 詮議した, 話した, 話に, 語り暮したの, 語り続けたの, 読んで, 調べの, 警報を, 變轉滑脱し, 買い取って, 質問を, 起って, 身の, 辛抱し, 近寄り侵し來, 追っ掛けに, 追求急で, 追窮する, 逃げ廻って, 逞く, 連想が, 連想を, 進んだ, 過去に, 道具鳴物を, 遠縁の, 釣りあげました, 闇太郎から, 限りなく, 限りも, 際限が, 際限も, 電話が, 静子の, 順次に, 頭が, 飛び回って, 飛ぶよう, 食卓の, 饒舌り散らす, 駈けめぐるばかり

▼ それに対する~ (408, 0.1%)

6 私の, 需要が 5 自分の 4 意見を 3 一種の, 先方の, 反応を, 反抗とに, 彼の, 抵抗力が, 答えは, 需要を

2 [29件] あなたの, ものは, 一つの, 他の, 兄が, 処置を, 十分な, 反感も, 同感と, 吾人の, 好奇心が, 対策は, 彼れ, 意味深い, 意地の, 感謝の, 方法として, 殆ど嫌悪にさえ, 溌剌たる, 用意が, 真実の, 確乎たる, 答えを, 諾否の, 農民も, 返事は, 返辞も, 鋭いそして, 需要との

1 [305件] あせり, あらゆる抵抗, あらゆる答え, いかなる租税, いたずら書きさしあげ, うやうやしい態度, おこぼれ, お日様の, お鉄, この反逆, なんの, のでなく, ひろ子の, むくいが, やかましい反対論, ような, わたしの, アイヌの, エセックスの, エリザベスの, クエリヨの, ケン悪, シナ人の, テロリストの, ドクタア・ビゲロウの, ナロードニキの, ハインドマン派, ヒステリカルな, マルサス氏の, モーゼの, 一定の, 一策を, 一言の, 万全の, 三名の, 三月分の, 不安の, 不平の, 予備知識が, 二大, 人物は, 今度の, 他人の, 代償を, 位置に, 何か, 何かの, 何らの, 作戦上の, 作者の, 価値に, 信念, 信念を, 個人的な, 僕の, 兄の, 免疫性といふ, 公用語中の, 兵士たちの, 処置じゃ, 処罰の, 分量は, 刑罰すらも, 判断が, 利潤の, 刺戟が, 勝田検事の, 勧告書を, 十倍の, 参加とが, 又自分, 反ファシズム, 反作用として, 反動と, 反対物の, 反対論を, 反応しかたと, 反感, 反感から, 反感が, 反感よりは, 反抗の, 反撥の, 反証は, 叔父の, 受答えが, 口実遁辞逃路に, 右側の, 各方面, 合宿生活に, 同一の, 同感なく, 同盟の, 否定的批判は, 周作の, 周囲の, 唯一の, 善意とは, 嗜好を, 囂々たる, 困難な, 国家的社会的施設が, 地上の, 地球の, 報いを, 報償は, 報酬は, 太閤さんの, 女としての, 好奇心から, 嫉みごころ, 嫌疑者の, 子供たちの, 子規居士の, 孔子の, 孝心という, 学生の, 宗教は, 家の, 対策とが, 封建の, 専門的概念と, 小山内父子の, 居士の, 市場価格を, 希望乃至, 底しれぬ, 庶民的憧憬, 弁明を, 彼らの, 従順さの, 御認可, 復讐的な, 徹底的な, 心がまえを, 心を, 心持が, 心組の, 志願者すな, 忠告を, 忠実な, 恐怖は, 恒星の, 悩みや, 情熱を, 愛の, 愛憐と, 愛着の, 感情の, 態度の, 態度は, 態度も, 慰めは, 慾も, 憎悪は, 憎悪を, 憧憬は, 懐疑並びに, 我が在満, 我当の, 手段などという, 手段は, 手段を, 手紙が, 批判が, 批判に, 批判の, 批判は, 批評と, 批評の, 批評文を, 承諾書が, 抗議が, 抗議さえも, 抵抗の, 拘泥が, 挨拶とも, 挨拶などは, 支払の, 支払能力を, 支配階級の, 敬虔な, 数千万の, 文功章は, 方式を, 施設を, 最大の, 最後的な, 期待が, 期待好奇心は, 木村は, 李徴の, 根本方針などという, 正しい認識, 殆ど痙攣的だった, 毀誉褒貶は, 比重を, 気持は, 気持を, 法則は, 注意が, 泰造の, 津田の, 深い悔恨, 準備を, 無用の, 無限の, 爆笑を, 片岡鉄兵氏の, 物的証拠と, 独自の, 猜疑心の, 現内閣退陣要求, 理解が, 生徒たちの, 用意を, 由兵衛の, 町奉行以下諸, 知恵とに, 研究進行の, 確信が, 社会的な, 神経の, 私は, 租税は, 答は, 答案として, 答申は, 箇人の, 簡単な, 粗忽干, 精確な, 素直な, 結び附き, 絶対完全な, 絶望の, 羅馬軍の, 考えを, 考察が, 聯想を, 自分たち二人の, 自国民の, 自己を, 自己嫌悪や, 自然的比例以上であった, 自覚が, 自身の, 興味です, 興味は, 興味を, 芸術の, 若林博士の, 英子の, 蓉子の, 衷情は, 被実験者, 装置です, 補償は, 要求が, 見舞を, 見解も, 観念がね, 観照の, 解答が, 訓練用意が, 評価は, 評判を, 評語とを, 諏訪栄三郎, 論理的な, 諦めや, 謀が, 警戒が, 議場の, 議論は, 議論を, 責任は, 責任者の, 貴族としての, 賃銀と, 趣味を, 身代金を, 軍医部長の, 軽い驚愕, 軽蔑だの, 返事として, 返事としては, 返事を, 返信を, 返書を, 逆襲を, 過大な, 適当な, 金は, 闘いは, 防御策を, 障害は, 需要に対して, 需要の, 需要は, 露月君の, 青年らしい, 顕治の, 驚きも, 鼓舞の

▼ それと共に~ (407, 0.1%)

8 彼の 5 彼は, 私の 4 僕は 3 一方では, 自分の

2 [15件] 人夫たちの, 今まで, 大きな音, 妙に, 岩野泡鳴氏の, 意味の, 明らかに, 昨日の, 溶け合つてゐる如き, 生きるため, 知識の, 私は, 自己は, 舟の, 重要な

1 [349件] いかに恋ゆえ, いかに聡明, いは, いま自分の, うしろの, お君, お客も, お甲, お雪ちゃんの, かうした場合, かかる兇悪無残, こうした伝説, このこと, このまま何事, この八万二千ホグスヘッド, この嘘, この恐ろしい, この悩み, この時, この時代, この町, この種, こんどの, さきほどこの, さぶん, ずるずると, そういう文明, そこに, その人口, その他の, その名声, その悲叫, その時代, その赤い, その間は, その魚, それが, それらの, たいへんよい, ともすれば岩, どうした, なかなか利口, ひたすら生きる, ふっと堀田, ぼんやりと, またこの, またそれ, またもう, またシャビエル, また一般遊歩者, また前言, また彼ら, また徳川時代, また日本人, また理解, また自分, また轟然, また過去, むしろ何事, もう一つ, もし富士山, もし小, もちろん人口, わずか十日, わたしは, われわれの, クマが, シナ思想にも, チェコスロバキアが, ヒグツヒグツといふ, ピサロは, フランス小唄の, プロレタリア文学は, プーンと, マルクスエンゲルスレーニン, ロイドの, ロゴスも, 一つの, 一つ二つ蓮の, 一変する, 一層鮮, 一層鮮やか, 一方には, 一日でも, 一時の, 一等の, 一變する, 一隊の, 一雨過ぎた, 上にも, 下腹部の, 不安を, 不審の, 不思議な, 世子は, 世界連合会議への, 中央集権の, 主觀, 二人とも, 二人の, 二千人からの, 云いよう, 人生に, 人生は, 人間は, 人間も, 人麿が, 人麿の, 今小浜兵曹長, 今日の, 今迄, 他方では, 仲間で, 体が, 何だか後め, 余は, 信仰意見及び, 信長は, 修辞も, 俳句の, 側に, 僕が, 元へ, 先生に対する, 全く羞恥, 兵卒は, 其の乾燥, 内侍使が, 内部から, 凡そ文学, 別種の, 前方を, 力の, 勃発的に, 動揺の, 十二世紀に, 十常, 千代乃の, 印度まで, 又ソヴェート, 又人格, 又経験, 可愛らしい精靈, 右の, 吉岡方の, 同じくヨウロッパ, 同じ根拠, 同帰, 吝嗇の, 吾, 呉が, 周囲へ, 哄の, 唯継の, 四季折々, 四方の, 四辺は, 四邊は, 因果律が, 固有なる, 国の, 土人と, 土人の, 土地に, 地に, 塵が, 増加すべき, 夢では, 大入道の, 大波の, 太い頸筋, 女の, 妄りに, 妾宅の, 姉は, 存在し, 学問の, 安住の, 實踐を, 対岸には, 小供等, 小芝居的, 少数の, 屡しば, 山の, 山の上からは, 岸本も, 崖の, 崩壊した, 左に, 左の, 希望も, 師の, 平戸に, 年老いたお父さん, 弟の, 彼に, 彼女が, 御堂の, 御方の, 心の, 思い出すの, 思わず一足, 急いで, 怪人集団から, 恐ろしい疑惑, 悔も, 悪夢から, 悪戯を, 手に, 手拭を, 批判的精神が, 揮り伸ばした, 支那学は, 敵の, 斜めから, 新しく連れ, 新らしい, 新生産物, 日本の, 日本主義は, 日本人と, 日本人は, 日本型に, 時々漏れる, 時代が, 時代的に, 最も怪奇, 最近の, 本書の, 来客も, 東妙和尚の, 東武鉄道会社が, 林は, 権家の, 権田原の, 横田氏等の, 橋と, 此章が, 此間の, 武蔵の, 死なうなどと, 母の, 気が, 気づいて, 氣持も, 水谷からの, 永久不変な, 沢子に対する, 浜辺に, 湖水を, 烈風は, 無意味の, 爆裂弾の, 父の, 父も, 狂気の, 献身者は, 玄蕃允は, 現在の, 理論上明かに, 生きなければ, 生徒が, 男女同棲の, 皇室は, 直ちに他人, 看護婦が, 眩く日, 眸を, 神との, 神父たちに対する, 私達の, 突然川水, 窓で, 競争心は, 篇中の, 精細な, 素材の, 結いつけて, 絶望に, 続出し, 維新の, 縷々として, 美しい凪, 美しく湖, 美佐子の, 翳も, 背を, 能登守とも, 自分から, 自分と, 自分に, 自然に, 自然の, 自由は, 船の, 船着場に, 芒の, 花の, 芸妓達は, 芸術的統一の, 若や, 苦汁を, 英国産業によって, 蕎麦売り, 薬も, 行方不明と, 裏の, 襦袢一重に, 見えないの, 観念, 調帯が, 赤外線男の, 身に, 身体が, 近世迄もずつと, 近隣で, 迫害の, 過ぎに, 道助は, 道庵が, 遠巻きに, 都会の, 都市の, 配下の, 酒をも, 重なり合って, 重圧めいた, 金を, 釘勘も, 針仕事の, 鈴子と, 門人玄沢に対して, 障子を, 雲は, 静かな, 音に, 頭に, 頭の, 顔の, 顔色が, 顔色も, 香料の, 駕籠の, 騰貴しなけれ, 魂の, 魔除け, 鶴嘴を, 龍の

▼ それです~ (398, 0.1%)

4616 よ親分 98 からあなた 7 からこの 6 から私, それです 5 からお, からわたくし, ね 4 から, からその, から烏, もの 3 からあの, からわたし, から一日, から米友, がな, がね, わ

2 [20件] かそれ, からここ, からまあ, からもし, から万一, から今夜, から今日, から何, から北上川, から嘉ッコ, から天, から家, から母, から深い, から近所, けれど, と熱心, よこの, よそれ, ッかり

1 [208件] かえ, からいけません, からいっそう, からいつも, からいのじ, からいま, からいよいよ, からおじいさん, からお前, からお母さま, からお詫び, からかえって, からきょう, からこういう, からこつ, からこと, からことし, からこのごろ, からこれから, からごらん, からさしも, からさすが, からしたがって, からそれ, からただ, からたとえ, からたとえば, からたぶん, からってあんな, からつて, からとこなつ, からどうぞ, からどうも, からどの, からない, からなかなか, からねあなた, からねえ, からねだから, からねわからずや, からひと通り以上, からふっと, からほほ, からまさか, からまだまだ, からもしも, からよ, からよく, からわれわれ, からツマリ, からハヤブサワケ, からメンド, からモウ, から一向, から一度, から与八, から九州, から井戸屋, から京, から人民, から今, から今後, から仲働き, から例, から侍, から先生, から刀, から別段, から勇二, から十一時半ごろ, から半鐘, から叔父様, から古い, から吟味与力, から咬み合い, から善女, から困る, から外国, から大方, から奴ら, から娘, から孝行, から学校, から実は, から宮中, から小学校, から少し, から左, から帛, から平安朝, から幻, から幾らか, から延し, から弁信, から弁天島, から弾ずる, から当分, から後, から御, から御国, から心配, から急, から悋気, から悪, から惣身, から憲法, から我々, から新, から方々, から日本, から旧暦, から早く, から明治, から星, から是, から暗夜, から木曽, から本当, から植疱瘡, から正吉, から武士, から江戸, から泥棒, から照彦様, から照正様, から爆発, から父, から物, から男子, から町家, から留守番, から白楽天, から皆さん, から省さん今夜, から私自身, から管, から総て, から老人, から自分, から自然, から船長, から花剌子模, から若し, から薫, から藤吉, から行状, から西洋料理, から見物, から誰, から豊, から貴女, から貴方, から足掛け九ヶ月, から辺鄙, から辻番, から進化, から金, から隠密, から顔, から駕籠屋, か僕達, か西, が, があと, がお, がどうか, がね三輪ちゃん, が今, が彼, が武, が犬, が読ん, それに, て, といふ, と替り目, どうか御, の, のにあなた様, のにこの, のにちょいちょい, のに父, のに達也様, むんぢやないんだ, ものどうぞ, ものもし, もの世間が, もの考え, よあなたそれ, よお, よその, よわたくし, よ世間, よ大江山さん, よ太師, よ新内, わそれ, わよう旦那, んでゐる, んで行く, ッかりおびやかされた, ツかり, 何が, 僕の, 妻籠の, 私は, 警部さん問題は, 長浜の

▼ それという~ (393, 0.1%)

211 のも 86 のは 84 のが

1 [12件] のはね, ように, わけは, 世話を, 勢いで, 声が, 意味が, 時の, 的も, 者も, 負傷も, 間も

▼ それ以前~ (374, 0.1%)

11 のもの 7 の事 6 のこと 4 に, に犯人, の時代 3 から, にすでに

2 [12件] にあの, にまず, にも二人, に日本, に生じた, に私, の, の子供, の学術書, の歴史, の生活, も絶え間

1 [308件] からあまり, からある, からいろいろ, からお, からこれ, からその, からたといいかに, からだいたい, からで, からである, からなくなっ, からの事, からの伝説, からの先住民, からの同志, からの周囲, からの来住者, からの考え, からも春季, からコマ人, からムクゲ, から上野, から上野介, から九州, から人前, から先輩, から冬次郎, から前, から千代, から四十一, から固定, から存在, から安藤, から小間使, から幕府, から必, から摂津, から更に, から根岸派, から深谷, から漢権守, から熱心, から眼, から知られ, から私, から行われ, から親交, から誰, から足利幕府, から野武士, から隣国, から風邪気味, から鼠, が知りたかった, すでに棺台, だと, ではない, でもこれ, でもそれ以後, でも上野, で元正天皇, というもの, といえ, とても幾度, とても親友, とてやっ, とて会え, と云おう, と比べ, と餘程調子, にあった, にある, においてはこれ, においては発音, においてもその, においても日本人, においても聖ルイ, にございます, にその, にそれ以上根本的, にで, にである, にでき, にどう, にどんな, にはあまり, にはいま, にはおそらく, にはおよそ, にはこんな, にはたとい, にはなかなか, にはオボクレ坊主, には久保先生, には事実, には全く, には冬, には力, には存在, には小倉, には水, には組合, には花, には貴方, には貸席, には酒甕, にぼく, にまう, にも, にもあった, にもう, にもすでに, にもそれ, にもそれほど, にもそれ以後, にもだ, にもない, にもまして, にも三味線, にも五十万, にも何回, にも南部ロシヤ, にも彼, にも我が国, にも接吻, にも方程式, にも既に, にも早稲田騒動, にも機械, にも相当, にも約, にやはり, によんだ, にわたくし, にアドルム中毒, にキャヴェンディッシュ, にギブス, にシナ, にディグスビイ, にマリア, にローマ, に一つ, に一人亀背病患者, に一度, に上原老人, に佐佐木, に何, に僕, に別に, に単独, に原因, に吉野, に図書室, に多く, に属し, に引き揚げる, に彼, に忍び込める, に我々, に或, に捕縛, に数学, に敷物, に文学, に文春, に文献, に於, に既に, に日本各地, に書かれた, に死滅, に比し, に気味, に池田勝入, に法水, に流言蜚語, に渡った, に渡来, に溯り得る, に煎じた, に生家, に留守, に異体脆弱, に発表, に私たち, に立場, に籾倉, に考慮, に胎龍, に行, に見られなかった, に誰, に謁見, に起こる, に隠す, に頼朝夫婦, に鰐淵寺, のいわゆる, のたいてい, のどれ, のよう, のイタリヤ, のギリシャ的世界, のドイツ語訳, の三百年五百年, の久しい, の人々, の仏像, の作, の信仰, の凝集, の制作, の前提, の十五年間, の原始, の原始人, の取る, の古い, の合理主義, の合理論, の和歌, の大和平定者, の太古, の奉天会戦, の奥州, の嬌めかしく, の家, の小杉さん, の小説, の巨木, の年号, の年齢, の幾多, の往来, の御, の念仏踊り, の手法, の手紙, の承, の損得, の教養, の数々, の文化元年, の文芸評論, の新, の日本, の日本人, の日記, の旧い, の時期, の本, の歌, の段階, の民主的人生, の気持ち, の法則, の甲州街道, の瞑想, の社会, の私, の絵, の船, の菊池さん, の言葉, の記憶, の話, の語, の貧儒時代, の閣下, の隠れた, の食物, の麻, はこれら, はどう, はどういう, はどんな, はなかつた, ははたして, はわびしき, は両者製法, は人形廻し自身, は仮令, は前記, は太陰暦, は少将, は山岳, は年二回, は悉く, は是, は都, は開港場, までは僕, も同じ, よりご, よりも正確, より睡く, を私, ボロジン夫人, 久しく文壇的摩擦, 及び以後, 少からぬ, 恐らく持統六, 折々読み, 既に彼女, 特にわたくし, 約二週間中隊, 約十年一日, 行われて

▼ それである~ (363, 0.1%)

23 からと云っ 14 が故に 7 からし, のに 6 から, ことを 4 から天皇, がこの, ことが, ように 3 のを

2 [21件] かは見分け, からこういう, からこの, から人民, から今や, から入浴, から可, から君, から日本人, から概念, から真, から自然科学, がこれら, が如く, と, という, ということ, と名, と思う, のか, のにこの

1 [239件] かというよう, かといふ, かと思われる, かどう, かのごとく, かの如き, かの如く喚きちらし, からこそアカデミー, からこそ労働, からこそ却って, からこそ却って初めて, からこそ又, からこんな, からすべて, からその, からそれ, からといっ, からとうてい互いにじゅうぶん, からとくに, からなぜ, からなに, からほか, からまず, からむかし, からもし, からやはり, からわれわれ, からイギリス流, からサブシ, からショペンハウエル, からスクリーン上, からバーグレーヴ夫人, からムウア, から一概に, から一緒, から一般, から万, から世界, から世界空間, から世間, から二人, から人, から人々, から人力車, から今, から今日, から仔鹿, から何, から例えば, から健康, から僕, から兄, から先生, から出版物, から初, から前後相承, から単に, から印度, から古来, から同じく, から吾, から国憲, から地質学, から外国, から外国人, から多, から多少, から大, から天長節, から太后, から姉妹, から始め, から孔子, から学問, から対手, から左団次, から常に, から彼, から往々, から心, から性格, から我國, から我輩, から所謂, から投機思惑, から文化形態, から文部大臣, から旧, から明治天皇, から時として, から時代, から時代錯誤, から最後, から最高善, から東京, から桂屋太郎兵衛, から桂屋太郎兵衞, から極力, から概念的, から構成的概念, から民子, から没落的契機, から法, から法理的, から法隆寺, から爲替相場, から片仮名, から物理学, から現実, から現象学, から理論, から白昼, から皇室, から真偽混淆, から真理, から私, から科学的世界, から級, から縦, から老若男女, から聖徳太子, から肚, から自分, から興味, から英文, から著述, から虎, から衝突, から西欧諸王国, から西郷, から認識論的立場, から語る, から近代, から近所, から道徳的人格者, から金解禁, から黄教, かを判定, か判然, がこれ, がゆゑ, が今, が代々, が換骨, が故にまた, が故に又, が文章, が是くら, が為, が社長, が自分, が良心, ことなどを, ことに, ことや, この作品, これは, これらの, だけでなく, だけに今日, という話, という説, といたします, といふこと, とき私らの, ところの, としたい, としてそれ, とする, とするなら, とともにどこ, とは云われない, とまでわかっ, と云, と云っ, と云った, と先生, と判定, と友吉, と思ひます, と極めて, と考えられる, と考える, と聞く, と言い得られるでありましょう, と言つて, と韓方明, に過ぎず, のである, のにかうした, のになお, のになぜ, のにましてや, のに三人目, のに不思議, のに二三日来, のに人, のに天下, のに往々, のに意外, のに我が, のに現象, のに科学, のに金峰山, のみである, やうに, 一つの, 一人の, 三色旗の, 人が, 人には, 今夜は, 医者の, 印度の, 場合には, 売薬品の, 夜そっと, 富士山に, 小鳥では, 彼は, 日おばさんに, 日アラジンを, 日鏡の, 時, 時お, 時おとうさんに, 時七夕が, 晩あたりに, 期間生き, 此等の, 歴史家が, 点から, 然も, 組は, 結果に, 老人の, 誰の, 諸君も, 點彼の

▼ それだけの~ (350, 0.1%)

29 ことで 8 ことな, 事で 7 ことを 5 ことが, ことなら, もので 4 理由が, 理由で 3 ことさ, ことだ, ことである, ことです, ことは, ために, 事実を

2 [21件] ことか, ことであった, ものか, ものである, 事が, 事な, 事なら, 事を, 値に, 力が, 問題には, 威力の, 必要が, 意味に, 歴史が, 決心を, 理由から, 用は, 言葉が, 資格が, 金を

1 [212件] お信さん, ことかも, ことじゃ, ことだったら, ことであったら, ことであろう, ことでございます, ことでした, ことでも, ことで埋, ことと, こととしか, こととは, ことに, その日, ちがいが, つながりで, もの, ものだ, ものは, ものを, カイナデな, スピードを, トリックを, ヒントを, ロシア語を, 不義理, 世界であった, 主観的制限を, 事か, 事だ, 事であるけれ, 事でございます, 事です, 事に, 事は, 事実では, 事実に, 事柄に対して, 交渉に, 人数でも, 人数の, 人間が, 仕事で, 仕事でも, 代価を, 代物では, 余暇を, 余裕が, 作家では, 便利が, 信念を, 傷で, 償いを, 処分に, 出来事で, 分らぬ理由, 刹那の, 効果には, 効能は, 勇気も, 半オクターヴ, 単純さには, 単純な, 危険性を, 原則を, 原因で, 品位が, 商魂で, 因縁が, 土地を, 地歩を, 埋合せ, 場所は, 増収を, 大きな力, 如何にも川村さん, 嬉しまぎれ, 宗教的な, 実力を, 客観的価値を, 客観的或は, 實力が, 年齢に, 弱味を, 当り前の, 当然な, 影響を, 役に立つもの, 役目らしく, 御奉公, 御用だ, 御馳走として, 心で, 心の, 心安さ, 心得も, 心配が, 思いきりも, 思いだった, 悪戯に対する, 惡戲に, 意味が, 意味さえ, 意味じゃ, 意味だつた, 意味である, 意味では, 愛情を, 手仕事を, 手紙を, 支度を, 教育を, 文句しか, 文字の, 方法で, 昼寝を, 時間に, 時間の, 景色な, 智識を, 暴力を, 根気は, 格式と, 正真正銘の, 武功が, 気力を, 氣持だつた, 水を, 決意を, 法医学上又は, 泡沫の, 泥を, 活力が, 浅薄愚劣な, 深い事情, 準備を, 火花が, 炭団でも, 熱が, 特徴が, 現実しか, 理由かい, 理由では, 理由によって, 理由の, 用意を, 目的では, 目的より, 目的を, 目算を, 相談なら, 知識を, 粉の, 粉へ, 精神が, 純然たる, 経験を, 緊張を, 縁で, 縁故で, 考が, 者が, 肉を, 胆力を, 腕と, 自信が, 自由と, 興味が, 興味と, 苦即ち, 號令で, 要求を, 覚悟は, 言いわけ, 言葉で, 言葉の, 記憶である, 話さ, 話だ, 話である, 話では, 話なら, 話を, 誇りも, 誘惑に, 誠意が, 謙遜な, 證據を, 貢献には, 費用を, 賃銭を, 距離を, 軍を, 運の, 重量の, 金は, 長所が, 間に, 関係な, 陣立てを, 険しい唸り, 隔りが, 集った場所, 非常なる, 面積が, 面魂を, 食物を, 馴染か, 騒ぎを, 骨折を, 魅力が

▼ それ~ (350, 0.1%)

94 のこと 37 の事 15 ひの 10 にし 9 のもの 6 なこと, の金 4 ゐの 3 はありうち 2 その外, だ, では, でよから, なもん, の年月, の研究, の見当, ゐは, 大きくない

1 [146件] あらあ受取れ, ありゃ肴, あるかい, いいぢ, いだから, いなこと, いなら一国民, か, が滿足, きく薬, しか數, じゃ腹, であらう, でありますから, であるから, ですから, でなければ, でなけれや, でよかろ, で丁度, で女房貰, で澤山, で知人, で空しく, で行ける, で見切り, なつまらな, なところが, ならあんた, ならお, ならば, ならまあ, ならもう少し, ならもつと, ならよから, なら全部, なら和歌宮師, なら大した, なら私, なん, な単純, な社會制度, な程度, にこの, にしとかない, になる, に拝まれる, に止まるなら, に考え, に考へ, に難しい, のあ, のあっさり, のごと, のところ, のん, の付加額, の代価, の例外, の修業, の儲け, の利益, の品, の報い, の変, の夢, の女, の小さい, の巨大, の年, の年頃, の度外れ, の弱者, の役廻り, の必要, の恨み, の悪気, の意地, の意気組, の意識, の我儘, の所, の手相, の技巧, の抱擁, の損害, の数, の時間内, の智恵, の未練, の札びら, の気持, の水蒸気, の注意, の特異性, の犠牲, の理由, の生きる, の用意, の矛盾, の石, の算盤, の精度, の細工, の自, の自信, の融通, の血, の見, の覺悟, の請求, の變つた事, の違, の馬鹿馬鹿しい, の高, の高級さ, はとうに, はまだ, は仕方, は安い, は最前, は権右衛門, は着, は遅れ, ひならば, ひに, ひは, ひろい伝統的, ひ気, までゆかなく, やりかねねえ, わからない筈, ゐでも, ゐなら東京, ゐに, ゐ有名, ゐ許して, を恕す, 出来れあ, 取つて, 居たの, 当然だ, 御自分, 書いた, 書ければ, 親しい風

▼ それだけが~ (349, 0.1%)

12 彼の 10 私の 6 唯一の 4 彼女の 3 人生の, 心配だった, 気に

2 [17件] あらゆるもの, あんたの, こっちの, せめてもの, ただ僕, はっきりと, わたくしの, 二人の, 僕たちの, 僕の, 全部の, 原因では, 問題に, 独立し, 私にとっては, 第一, 身上かと

1 [274件] あいつの, あたし心配な, あって, あつた, あとの, あまり上等, あらゆる屈辱, あらゆる風化作用, あるから, いつもの, いつも心配, いつも譲治, いまの, おり, お前の, お気の毒, お気懸りらしい, お羨ましい, お雪ちゃんの, お頼み, かの女, かれの, くぼんで, ぐるりと, この女, この映画, この狭い, ご憐愍, その中, その充分, それだけが, たき火に, ただ一つ, ただ嘆息, ただ心配, たつた一つ, たまらないこと, たれしもの, つらいこの, とうさんの, とくに比較的沈黙, とりえですけれどね, どうかうつ, どうしてそれほど重大, のせて, のっぴきならぬ, のびれば, はっきり君, はっきり見える, ひょっとする, ひろい世の中, ほかの, ほの, ほんとうの, ぼくには, また自分, まだそっくり以前, まだわからない, まだ描いてない, まだ黒, むずかしければ, もう彼, もう諸君, やがて今日, やっと言えた, わくわくし, わしには, わしの, わしは, わずかに, わたしの, わたしを, われらの, ジャズ歌ひ, ハッキリ決定, ヒントとしては, ボキャブラリイである, ラジィゲの, 一つこの, 一つの, 一念でありましょう, 一斉に, 一日の, 一束に, 不便だ, 不安の, 不審そうであった, 不審であった, 世間の, 並んで, 中断する, 云へ, 互いに違った, 京吉の, 人の, 人生か, 人間の, 人間並みの, 今しがたの, 今の, 今伺ひたい, 今度の, 他とは, 他の, 何かの, 作家の, 作用だ, 偶然紛失した, 僅かに, 僕にと, 僕には, 僕自身を, 優れた芸術, 全般的な, 全部で, 全部には, 公休で, 出た, 出来ないと, 分った, 分っただけ, 分らぬという, 切り抜いて, 別れを, 協力なら, 危険な, 厚みの, 取りどころです, 取り柄だった, 取り柄な, 古代の, 同じかい, 君に対する, 唯ひとつ, 問題では, 問題な, 困り者, 大切な, 失業者として, 奇妙に, 妾の, 子供達の, 室内に, 宿直を, 察しかねること, 小圓太, 少し気がかり, 幻の, 幽かに, 庸三の, 彼女に, 彼女を, 心が, 心がかりだった, 心がかりらしく, 心待ちで, 心残りで, 心配だ, 心配だつた, 必要だ, 必要であった, 思い出すと, 急に, 悲しいの, 惜しまれても, 想ひ, 愉しかつ, 手伝いの, 手当の, 手応を, 捉え所, 探偵小説の, 支配力を, 文学者ぢや, 既に一つ, 日本人に, 昆布卷き, 最も確実, 望みだった, 望みでございました, 望みです, 本物と, 本物という, 楽しみじゃ, 楽しみで, 楽しみの, 欧米依存の, 欲しいの, 殆ん, 残ったこと, 残念です, 残念な, 殿にとって, 気がかりで, 気がかりな, 気懸りであった, 氣がかりで, 氣に, 決定された, 法学学習の, 活字の, 流れ入る河筋, 浮んで, 準備の, 災難の, 無論この, 父の, 特長で, 独立した, 玄人と, 現代に, 現実に, 現実の, 理由だった, 理由で, 理由である, 瑕で, 甚しく, 生きるたの, 生き甲斐といふ, 疵である, 癪だった, 目当で, 目標だった, 目的だ, 目的でした, 目的です, 目的では, 目立ったわけ, 目立つ, 目立つやう, 直径八十センチも, 真実であろう, 真実の, 知識の, 研究に, 祈られた, 禅師たる, 私たち門人には, 科学だ, 秩序を, 精一杯だった, 義務だ, 聞こえて, 胸一杯に, 自分の, 自分を, 自殺の, 自然の, 興味で, 苦しいなか, 苦に, 見込で, 語られて, 誤りである, 貫之の, 跳ね廻って, 辛うございます, 這入つて, 違うん, 鉱毒の, 間接に, 陰気に, 非常な, 非常に, 頭に, 頭脳に, 頼りです, 顔の, 願いである, 願われるので, 願望だった, 鷄介を, 麻痺した

▼ それかと~ (345, 0.1%)

110 いって 54 云って 37 言って 14 いつて 8 思うと, 思ふと 3 言うて

2 [12件] いうて, いふて, 云うて, 云つて自分の, 思う, 思うところ, 思うの, 思って, 思はれるやう, 言つてこの, 言つて何一つ家計の, 言つて東京が

1 [87件] おぼしき桜, まが, みゆる翼, 一緒に, 云つていまさら, 云つてお, 云つておま, 云つてこの, 云つてさほど, 云つてその, 云つてそんな, 云つてまた, 云つて一度は, 云つて不快で, 云つて今まで, 云つて何が, 云つて各, 云つて單純な, 云つて女が, 云つて女中を, 云つて平素気が, 云つて強盗である, 云つて彼は, 云つて書画を, 云つて汝ほど, 云つて着物の, 云つて結婚の, 云つて美奈子の, 云つて野口君は, 云つて降りも, 切込まれて, 呑み込んだよう, 定めかねて, 寿女は, 彼の, 待ち暮らして, 思いながら, 思うが, 思うだろうが, 思うほど, 思うよう, 思う島, 思う烟, 思う蓼, 思う足あと, 思った, 思ったところ, 思はるる詩, 思はれるほどにまで, 思ひし木立, 思ふ影, 思へば, 思われまする, 思われる, 思われるのみ, 思われるほのか, 思われるよう, 思われ耳, 暗に訊ねた, 梓は, 気づいた私, 申して, 白糸は, 聞く時鳥, 聞ゆ, 見し山々川, 見ゆる影, 見れば, 覚しきもの, 覚しき店, 言つてかうした, 言つてくわつ, 言つてさ, 言つて何う, 言つて何時まで, 言つて口喧嘩一つやつた, 言つて国学以前から, 言つて家に, 言つて我々と, 言つて来る, 言つて格別仲が, 言つて決して, 言つて牛肉を, 言つて馬之, 許り, 辿つて, 驚喜し

▼ それ~ (335, 0.1%)

5 そうだ 4 そうでしょう 3 いい, そうです, 怪しからん

2 [22件] いいが, いかん, いけませんよ, そうさ, そうだろう, そうと, そうや, どうも, ひどい, もう誰, よかった, トテモ素敵な, ドーヴァー通いの, 何うしたつ, 判らないさ, 判るわ, 嬉しかった, 怖かった, 本当だ, 無理も, 誰でも, 面白いです

1 [273件] あつさりし, あなたまだ, あなた人口が, あなた道路は, あの人, ありますとも, ありますよ, あるが, あるさ, あるん, あんた, あんたあんたは, あんたと, あんな拙い, いいさ, いい乳母, いい事, いい気持, いうまでも, いつたいなんと, いろいろ人は, おまえも, おもしろい, おらも, おれは, お前いわば, お前からは, お前アノ興行王じゃ, お前誰だ, お婆さんの, お母さんが, この, さうさ, さうし, さうだらう, しかし何, そうかも, そうたい, そう云った, その梅本, そんな人, たのしんで, だつて, だつて普段, ちゃんと知っ, つてはじめて, でる, とてもお話し, とても痛かっ, ともかくちよ, とんだこと, とんでもねえ, どうにかし, どちらでも, ねこの, ね何と, はいりますわよ, ひどい着物, ひょんなことからこうして, ほんとに間違, まあそうだ, まあ昔, また滅茶, まったくかい, まったく返っ, まつたくだよ, まるで何, もう, もうあたし, もう万事わたし, もう何, もう何とも云, もう勉ちや, もう変てこ, もう大分あちこち, もう大概どなた, もう御免, もう恰, もう愚劣, もう掘, もう此方, もう甘え, もう行かれる, もっと上品, やって, わかりも, わっしも, イカンね, キチョウメンな, グィードーの, ステキに, トテモ大変な, トテモ恐ろしい, トテモ気の, ドウモは, 一時の, 上手に, 不思議と, 不服だつ, 云ってもよ, 今だって, 今と, 今日か, 今日までの, 仕方が, 仕方ない, 会ひます, 何うし, 何だ, 何ともまだ言われません, 何の, 何遍も, 停車場が, 僕だって, 僕の, 僕は, 兄さんの, 先生が, 兎に, 出たらめ, 判らん, 別に理由, 刺繍や, 前へ, 劍道といふ, 勿論だ, 南京政府の, 博士の, 危険な, 友だちが, 友人といふ, 反対だ, 可いんだ, 可笑しいのよ, 可笑しかつ, 君, 君こそ, 君たち夫婦の, 君という, 君の, 君等と, 君考へ, 哥薩克らしくない, 喰べ, 嘘よ, 回復する, 困つたね, 在るという, 在るには, 変な, 夕陽が, 多いの, 多分生きた, 多勢の, 大きな声, 大した評判, 大丈夫だ, 大丈夫よ, 大変だ, 大変な, 大胆と, 失敬した, 好いところ, 好い気持, 好かつ, 妾の, 学者共は, 実に横暴, 実際不思議, 少々違, 少し乱暴, 少し残酷, 尤も, 左うです, 左程, 平気さ俺は, 平気だらう, 幾らとでも, 幾度も, 御苦労だ, 怠惰だ, 惜しいこと, 愉快だ, 意気地の, 愚図よ, 慾ばりだった, 手ま, 手術さへ, 日本が, 旦那の, 旦那も, 月が, 有り難い, 有難い, 本当か, 本当な, 本当の, 東京の, 梯子を, 構わないでしょう, 死なうと, 残念だ, 母様お, 江戸ッ子の, 沢山ある, 浦塩では, 済むさ, 温柔しい, 無理で, 無理です, 無論あります, 無論かかった, 無論くっつける, 珍らしい, 理窟だ, 生きて, 生きてるの, 男だったら, 町へ, 當らなかつた, 痛いさ, 眞面目よ, 真面目よ, 眩るだろう, 着々遣っ, 知つた, 知つてゐます, 知識人とは, 確かな, 確かに, 私だ, 私も, 笑つてゐる, 素晴らしい煙草, 結構です, 綺麗です, 綺麗な, 美しいよ, 聞えませぬ太宰くん, 背中の, 苦しいです, 草鞋は, 菅原の, 葉ちゃん似合わない, 葵に, 西洋剃刀でしょう, 見ものだ, 見るの, 見上げたもん, 親父や, 解つ, 解りませんがね, 解り切って, 言いますよ, 言うな, 言ふ, 証拠に, 話しても, 話せない事, 誰の, 貰つたのが, 送って, 道徳に, 遮る物, 降りたくなるだらう, 面ぐらいは, 面白い, 面白かってよ, 面白かろう, 饗庭じゃ, 駄目さ, 駄目だ, 駄目よ

▼ それ自体~ (325, 0.1%)

5 がすでに, のため, の中 4 の部門 3 が既に, に於

2 [28件] が, が不合理, が創造, が即ち, が孕ん, が真実そのもの, が私, だから, だなどと, ではなく, で鼻, としての真実, としてはかなり, としては真実, としても奇怪, として真実, として見る, なの, には通俗, に妥当, の実質, の展開, の性格, の情熱, の方, は決して, は馬鹿らしい, を分析

1 [244件] いわば親兄, からわかる, がある, がいは, がいわば, がいわば常に, がかなり, がこの, がそう, がつい, がどんなに, がなに, がますます, がまちがった, がむずかしい, がわれわれ, がエロサービス, がソツクリ曾, が一つ, が一人, が一足, が不断, が並々, が主観的, が人心, が何となく, が例えば, が侵略国, が僕, が力, が史実, が吾, が商品化, が塩っぱい, が天性好き, が弁証法的, が悲劇, が感ずべき, が我々, が戦争, が文芸, が木, が杜, が淘汰整理, が無い, が珠玉, が現代, が生き, が生活, が生産機能, が盗人, が直接, が社会学的, が自由, が自身, が装飾, が詩, が象徴, が負わなけれ, が赤蛙, が軍備, が道義, が重い, が隆景, が革命, が騎士道, が驚くべき, すでに自己, その人たち, その意志, たしかにいい, であり強要, である以外, ですよ, ではつまらん, で完結, で救, で罪, で超越的, ということ, というもの, というよう, として, としていとわしい, としていろいろ, としてたくさん, としての自然, としてはありがたい, としてはさして, としてはホント, としては奇, としては彼, としては暴力, としては概して, としては比較的, としては決定的, としては無, としては独立, としては胸, としてほとんど, としてみ, としてもう, としても決して, としても現在, として他, として何等, として全く, として多く, として存在, として孤立, として当代, として当時紹介, として快適, として悔い得る, として成立, として正しく, として純粋, として豊富, として醜悪, とそれ, なにかくるくる廻転, なる物自体, に, にある, にいろいろ, においてある, においてなお, においては論理, において完了, において考え得べからざる, にかじかんだ, になる, になろう, にはやはり, には何, には大した, にモラル, に三分の疑い, に不安, に何, に内在, に切り, に好戦的, に対する社会一般, に対する考察, に就, に就い, に意義, に既に, に明瞭, に最も, に最大至高, に独存的, に良心, に解決, に逞, のあなた, のうち, のなか, のみを研究, の一部, の世界, の価格, の刺戟的, の力, の勝利, の原質, の大きな, の存立, の実, の弁証法, の性質, の性質上, の意義, の投影, の持つ, の本質, の本質感, の構造, の活動, の混濁, の為, の王国, の生命, の発展, の直接, の直接性, の相貌, の秩序, の立場, の素質, の翹望, の蔭, の行為, の詩的ムード, の語韻, の説明, の重み, の限定, はさほど, はただ, は一体, は不愉快, は中国殆, は何, は何時も, は僕, は利己的, は取る, は悪臭, は悲劇, は支那本土, まさに死なん, もすこし, もぬれ, も今一本腕, も相当, も粗悪, も肥え, よりも実は, をさえ見失いかけ, をより, をスープ, を刺戟, を動機, を完成, を拒絶, を散歩, を楽しん, を目的, を直ちに, を直接, を考察, を見た, を観照, を記す, 一向に発展性, 別に礼儀, 刻々と, 反文化的暴力, 実際ありうべからざる, 決して不純, 無性格, 耐えられない重荷

▼ それのみ~ (317, 0.1%)

71 では 8 ならずこの 7 でない, ならずその 6 ならず私 5 ならず彼 4 ならず先生, 心に 3 苦に

2 [13件] である, でない蒲団, ならず, ならずあの, ならずそれ, ならず今日, ならず去年, ならず当時池長さん, ならず我々, なら未, によつて, 冴えて, 心配罷

1 [176件] だ, だった, であ, でありそれ, でありました, でございまする, でないこの, でない直接間接, でなかった, でなかつた, でなく, でなくいつぞや, でなくおそらく, でなくここ, でなくこの, でなくこまかい, でなくやや, でなくクールノー, でなくフィードレル, でなく事實, でなく二, でなく人間界, でなく作者, でなく単に, でなく單, でなく女, でなく宇和島殿, でなく延徳元年実隆, でなく彼, でなく彼女たち, でなく後世, でなく御, でなく感性的, でなく我々, でなく技術, でなく武蔵, でなく湖水, でなく産所, でなく自分, でなく西洋, でなく非常, でも, で上朝廷, で時代, で滿, で社会, で足るもの, で限り, ならじ, ならずある, ならずいつぞや, ならずおと, ならずかつて, ならずここ, ならずことに, ならずこれ, ならずさき, ならずだ近代, ならずどうして, ならずなぜ, ならずにくい, ならずもう, ならずガマ, ならずシナ皇帝陛下, ならずジャンナン氏, ならずダージリン, ならずチベット国民一般, ならずネクタイ, ならずパテー・カムツァン, ならず一定, ならず一本一本, ならず丈助, ならず上京中, ならず不思議, ならず主人, ならず争, ならず人, ならず人間, ならず今度, ならず令夫人, ならず余裕綽々, ならず來歴, ならず傍目, ならず全く, ならず勃凸, ならず参謀本部, ならず右, ならず周圍, ならず均しく, ならず大学生, ならず夫人, ならず妹, ならず孝子多助, ならず孝経, ならず宗祇, ならず実験上, ならず尾張, ならず彼女, ならず彼等, ならず徐庶, ならず愚弄, ならず愛ちやん, ならず数人, ならず数寄屋町, ならず斯, ならず新, ならず旅, ならず日光, ならず日本地震學會, ならず暇, ならず更に, ならず木曾地方, ならず栄三郎, ならず残して, ならず母, ならず気違い, ならず水飴, ならず河, ならず法王, ならず浪, ならず浮世絵, ならず無断, ならず特に, ならず生活, ならず病気, ならず皆, ならず盟主, ならず神尾, ならず竿, ならず笠, ならず紹介, ならず自分, ならず船乗り, ならず萩原様, ならず葉子, ならず薗八節新曲, ならず蠍座あたり, ならず規則, ならず認めるには, ならず誠に, ならず身共先年御成街道, ならず進物用, ならず遺産, ならず酷く, ならず重傷, ならず重吉, ならず金, ならず銀座通, ならず関ヶ原, ならず風, ならば, ならまだしも, 主人には, 切り放して, 口ぐせに, 唯一の, 待たされた成績通知簿, 待ちこがれて, 待って, 心から感謝, 心痛し, 心配罷あり, 怖れ, 思いつめわれ, 思いながら, 思って, 悲しさ, 昔に, 案じつづけて, 案じて, 気に, 没頭する, 申す可憐, 眞實である, 考え続けて, 音である

▼ それ以来~ (316, 0.1%)

7 というもの 5 のこと 3 少しも

2 [17件] いくらすすめ, お露, この甥, この男, この部落, ずっとその, ずっとテルソン商社, その女, である, どうも松村氏, どんなこと, なの, の神尾家, はこの, はただ, また夢枕, まだみかけた

1 [267件] あさくらどの, あの男, あまり健康, あまり天狗, あらためて自分, あらゆる年頃, いい顔, いかなる場合, いくぶん敬遠, いっそめし屋, いつも迷, いよいよますますぐらつい, いろ, おせき, おそれを, お人形, お増, かえって身すじ, かき乱されて, かくの, かなり無理, かの女, かも知れない, かりたてられて, かれこれ半年, きつい法度, けっして男, こうして他人, この, このラサ府, この中堅会, この二人, この地, この宇宙艇, この宝石, この家, この容貌, この川, この幻影, この時計屋敷, この木, この机, この村, この洞窟, この流, この潮時, この特殊部落, この猫, この簡素, この老, この職業, この若者, この部屋, この頃, こんなにも急激, こんなみっともない, ごしん, ご自分, さう, さらに退屈, しなくなったの, しばしば将来, すこしも評判, すっかり健康体, すっかり気力, すっかり衰弱, すっかり電気気違い, すっかり黙殺, ずいぶん諸国, ずうっと, ずっとこの, ずっとロスコー家, ずっと三十七歳, ずっと今日, ずっと付きっきり, ずっと別居生活, ずっと地中, ずっと日夜おまえ, ずっと独りぐらし, ずっと独り身, ずっと男, ずっと私, ずっと繰り返され, ずっと自分, ずっと諸, ずっと重苦しい, ずつとこの, ずつとなの, ずつと視力, ずゐぶん, そのあたり, そのつもり, そのところ, その丘, その傷, その内容, その名, その女商人, その家, その日記, その某国, その洋画家, その看板, その窯, その老人一家, その蔓, その郊外, その銀側, その青年, たえずこの, だ, だと, だんだん疎遠, ちっとも顔, ちつとも, ちらちらと, つい子ども, つねに朝晩, というもの彼, といふもの, とかくの, ときどき文通, とても考えこん, とんと頭, と云つて, どういう加減, どうぞし, どうなった, どうにもその, どうもおれ, どうも眼, どの恋人, どんなに意久地, どんなに苦しんだ, ながらくの, なくなったの, なるべく計量器, の, のチベット支那, の主膳, の事, の二度, の今日, の寺院側, の快, の日夜, の清水一学, の環境, の細君, の長い, はじめて胸, はすべて, はずっと, はその, はつい, はぼく, はもう, は一しお, は一そう得意, は何, は古稀, は寄宿舎, は彼, は生れ変った, は画, は絶えず, は自分, は藪山, は言い合わした, は養生, ひどくひねくれ, ふっつりと, ほとんど一人, ほとんど台, まさかの時, ますます無口, またばったり, また遷都, まるでうるさい, まる十年, めきめきと, もうかれこれ二ヶ月, もう二タ月あまり, もう妾, もう完全, もう猫いらず, もう行き来, も何かと, も浩平, やすみつきり, やたらと, よろこんで, ノンビリさん, 一層不機嫌, 一層久慈, 一層口数, 一層深く, 一段と身辺多事, 久しく消息, 二度とあの, 二度と原稿, 互に往復, 会って, 何かという, 何かと目, 何となくよそ, 何もかも夢, 余程あなた, 全く床, 全く思ひ思ひ, 全く行方不明, 其の芝居, 凡そ半, 初松魚, 厳しい詮議, 又た, 固く彼女, 大きなもの, 少くとも, 常に敵本的, 常に私, 常に胸, 常に自分, 引つづいて, 当のラングミュア, 当豊明権現, 御後室さま, 忙しい職務, 恥ずかしく思っ, 感じ続けて, 懲りて, 抜け出すこと, 故将軍家幕府, 新しくこの, 時々富士見, 時々訪ね, 更にたゆみ, 更に見なかった, 次第に下降, 次第に内, 次第に研究, 死にもの狂い, 淋しく力, 満洲, 無性に上りつめ, 疑わしい行動, 病み苦しむ事, 益々感情, 知り合, 約一ヶ月, 絶えず見張り, 老医師, 若い仙太, 著しく強くなった, 蒼くふくれた, 見ちがえるよう, 親しくし, 訪ねて, 起こったの, 近しいとも, 逢わぬから, 酔っ払うと, 酬いを, 酷くそれ, 長い間, 長らく枕, 降っても

▼ それにつれて~ (301, 0.1%)

3 他の, 女の

2 [17件] それぞれの, 七人が, 二人の, 今の, 今まで, 仙太も, 口の, 多くの, 支店長の, 断続する, 林中の, 湯揉み, 痩せた肩, 私の, 自分の, 頭を, 高く低く翔り

1 [261件] あたりの, あとの, あなたが, あのチンピラ別働隊, いつぞやの, いろ, おかしくて, おそろしい岩, おっかなびっくりで, お母さんは, お通, かじを, かすかな, かたわらの, かなり離れた, からだを, ここを, こないだ中から, この川, この斑点, この達者, ささえて, ざわざわと, しっぽも, そのころ, その下, その痕, その辺, そんな因縁, どんな新た, なんだかから, ひき出されて, ほかの, ほかのまで, やはり以前通り, ようよう霧, より周密, アメリカという, カイゼルは, キリシタンの, キリシタン迫害の, ゲーッゲーッと, シャアや, ジャブジャブザブンと, テレーズの, ドウと, ナムクシャが, ハラムの, ヤマ甚も, ヨーロッパの, ラジオ加入は, 一同が, 一度ならず, 一所に, 一時それなりに, 一歩前へ, 一行の, 三人が, 上らない, 上下へ, 下落し, 不思議に, 世界の, 久米之, 久米氏は, 二三輪また, 五兵衛は, 五色の, 京子の, 人びとも, 今しがた気絶しかけた, 今迄, 仏語で, 伸子に, 信徒が, 俳優の, 個人の, 傍に, 元気に, 光線の, 全国に, 全身の, 八人の, 兼子も, 写真に対する, 列席し, 初めてようやく微か, 刻み畳まれた皺, 加茂川に, 勉強おしとか, 動く感情, 動揺せざる, 南風も, 号外の, 各地の, 各新聞社, 同じお下げ髪, 同じところ, 同じ運命, 周さんも, 周囲の, 和算に, 咲二も, 四五歩歩き出した, 土砂と, 場内の, 外側から, 多くなった, 大きな斑, 大きな車, 大分大人染み, 大床, 大股に, 天狗の, 奥さんは, 女たちは, 女も, 好き嫌いが, 妙に, 婦人参政の, 嬶や, 家では, 家に, 寝台も, 小四郎は, 少しじ, 少年の, 峻厳に, 左右に, 希望という, 帳の, 帳簿の, 幼ない, 延期する, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼女も, 往来の, 後光は, 心も, 快く踊っ, 思いかえして, 感じさせられた疑問, 憂はしげに, 憂わしげに, 戸の, 所詮日本人, 拓けひろがって, 揺れるの, 支柱の, 文学者と, 斑犬も, 旅の, 日ましに, 明智探偵を, 昔芥川龍之介の, 星の, 暴風圏も, 曲り粗末, 曾根家と, 朔郎の, 本箱の, 村中の, 梢の, 棺内の, 機械的に, 歌い出す, 歌ひ出した, 歌を, 武士制度を, 母の, 母親の, 民法刑法の, 気が, 油断の, 淵の, 清朗な, 湧き上って, 滑稽にも, 漁夫も, 演出される, 濡れた砂, 煙突を, 煮えたつからね, 熾りはじめました, 燃料原料と, 犬が, 狸も, 猿が, 猿は, 玄竜の, 現在では, 現在までの, 生活も, 男女の, 番頭始め二人の, 皆が, 目の, 真一文字に, 真赤な, 真面目に, 睡って, 石燈籠を, 祈祷の, 私も, 種々の, 立上った, 竹竿も, 笑い出そうと, 素早やく, 緊張し, 総町内, 緑にも, 繭子も, 老医師, 考えた, 考えられる男, 聞いて, 肩が, 背中じゅうが, 胴木の, 脈搏が, 自分たちの, 自分という, 自分も, 自然そう, 舞台の, 良寛さんは, 芋蔓の, 花は, 苦しみも, 萎れたまま, 蔵元屋の, 藤六は, 裸女の, 見物たちは, 規制しず, 親馬鹿式の, 足を, 踊るであろうよう, 身体が, 身体中の, 軟らかくうねった, 逢坂の, 違わねば, 野心の, 野村さんは, 鏡を, 附近一帯の, 雄大な, 集つた, 雨乞踊を, 須美子が, 頭の, 頸の, 顔さへ, 顔の, 顫音が, 馬も, 高さ

▼ それでなく~ (298, 0.1%)

7 てさ 6 ともこの 3 つても, てあの, てどうして, ても彼, ッてさえ

2 [12件] ちゃア, てさえ, ては辻褄, てもあの, てもこの, ても狭い, ても私, ても評判, ても顔, て何で, とも近視眼, ッて

1 [246件] おほどかな, さへ, たってだいたい, たってもしも, ちゃいかん, ちゃいけ, ちゃいけない, ちゃいや, ちゃァ, ちゃスッパリ, つてどうして, てこんなによく, てさえいい加減, てさえいわゆる, てさえお, てさえお前, てさえびくびく, てさえみんな, てさえむし暑い, てさえも近頃, てさえも雲, てさえやれ, てさえ且那, てさえ世間, てさえ何, てさえ健康, てさえ切符切り, てさえ十分腹, てさえ大地, てさえ御, てさえ日光, てさえ昨今, てさえ気, てさえ玉井さん, てさえ目, てさえ花火, てさえ財産, てさえ食う, てそんな, ては, てはあれ, てはあんなに, てはいかぬ, てはいけない, てはいけません, てはおのおの, てはお腹, てはかなわぬ, てはかよう, てはこう, てはこんな, てはならず, てはならぬ, てはサヴェジ・チー, ては一国, ては作者, ては到底, ては営業, ては大, ては完全, ては実は, ては彼様なに揃, ては挨拶, ては易学, ては死ん, ては私, ては舞台上, ては解し, てもあなた, てもあふれ, てもいつ, てもいつも, てもお, てもこう, てもこういう, てもこんな, てもし, てもせんだって日比谷, てもその, てもとても, てもなかなか, てももともと, てもよほど, てもわたし, てもアカデミック, てもハチ, てもパヽ, てもビクビク, ても下手人, ても不, ても不安, ても乏しかっ, ても人目, ても今日, ても他, ても体, ても俗, ても僕, ても全国, ても其の, ても冷たい, ても厳しい, ても売れる, ても多事多端, ても夜中, ても大きな, ても大して, ても天井, ても天井裏, ても太陽, ても好奇, ても婦人, ても子供たち, ても家, ても少い, ても布団, ても平常, ても彼奴等, ても彼等, ても怒られた, ても思え, ても息, ても我々, ても攻めあぐん, ても昭和七年頃, ても景色, ても晴れ, ても暑く, ても最近, ても案じ, ても検事, ても殿様, ても母, ても涙, ても漬け, ても漬物樽, ても濃, ても火, ても煩雑, ても牡鹿山, ても犯人寺内説, ても現在これ, ても現実, ても生まれつき, ても疲れ切つ, ても直ちに, ても秋, ても空気, ても窮屈, ても立ち居, ても罹災者, ても老人, ても老母, ても肺病, ても背後, ても膳立, ても自分, ても自由, ても若し, ても荷船, ても華族一代制, ても誰, ても負け惜しみ, ても資本, ても赤穂方, ても身分, ても都人, ても長い, ても陛下, ても陽気, ても隨分, ても餓死, ても鬱憤, ても鯨類, ても黒く, ても黒眼勝, て一時的, て不幸, て固定的, て愛国, て明るい, て自分, て鬼火, とも, ともああ, ともあっし, ともあの, ともあまりに, ともいま自分, ともお, ともかの, ともこんな, ともそれから, ともやつ, ともわたし, ともデッサン, ともバカ, とも一体探訪, とも一日, とも不潔, とも何だか少々, とも例, とも北条, とも十年来, とも外, とも夢中, とも延び, とも心持, とも感傷的, とも手内職, とも拘留中, とも持っ, とも政江, とも時間, とも木戸詰, とも村人, とも欲しかっ, とも氏, とも民衆, とも流行, とも濕, とも甘えツ子, とも生活, とも眩惑, とも笹村, とも編輯長, とも自分, とも装, とも豹一, とも貴様, とも辰之助, とも長い長い, とも陰鬱, とも黒楽, とも鼻翼, ば彼, ば食, もっと高貴, ッちゃ不可, ッては, ッても, ツちやあ, ツちやなら, 大門構え玄関附そういった, 穏やかに, 誰が

▼ それだけを~ (267, 0.1%)

6 私は, 言った 5 いって 4 聞いて, 聞けば 3 信じて, 切りは, 自分の, 見て

2 [11件] みて, 伝えて, 僕は, 待って, 手がら顔に, 握って, 相手に, 知って, 考えて, 聞くと, 願って

1 [208件] ありがたいもの, いいどこ, いうにも, いった, いま実感として, おっしゃって, おふくみ下さいまし, おまえの, お感じ, お断りし, お斷, お明かし下さいましたら, して, するにも, たのみに, たよりに, ちょっとお, とって, とつて, どうか, どんなに自分, のこらずミス, のぞけば, はかって, はっきり申せ, ひと言聞かせ, ぼそり, まつすぐ, みてさ, みとめた, みとめる, みな無念に, みんないっしょに, もらった, やること, ゆっくり歩く, よくよく溶き混ぜ, よく調合, アイヌが, コルトーが, ポツンと, 一々取上げ, 一個の, 一目で, 一組として, 一緒に, 一縷の, 主として採用, 主張するなら, 主張の, 主題に, 云いに, 云うと, 云うの, 云って, 云つた下女の, 五月八日までに, 仕事に, 何とか必死, 何度も, 供に, 信じること, 借用したい, 健に, 傾向と, 先づ完全に, 全体の, 切り抜いて, 切り離せば, 別口の, 取って, 受けて, 口に, 口の, 叫ぶよう, 吉左衛門の, 吐き出した, 唯一の, 喰ふ, 圏外に, 地声で, 基礎に, 夢に, 女一人で, 女体に, 実はお返し, 専門に, 山川正太郎は, 希望する, 平面的に, 強味として, 強調し, 当てに, 彼は, 得た, 得たいという, 心から祈っ, 心がけたいと, 心がけて, 心の, 忘れないで, 忘れるなよ, 念じて, 思い浮べただけ, 思はない, 思わない, 怪しむこと, 恋愛と, 悔いて, 愛し味, 愛用する, 感じて, 感想として, 慰めに, 憶えて, 承知し, 抽出し, 拡大鏡的に, 持ち帰ったの, 持った雄之進, 持出せば, 振って, 排出す, 探して, 支配する, 改めたって, 敏子は, 断定しました, 日本の, 日本へ, 日本女性の, 明瞭な, 是非とも, 書いた, 書いたハガキ, 書いた書置, 書いて, 書くため, 有り合, 材木置場の, 案じたよ, 植ゑたのでは雌蕋の, 残念千万に, 気に, 氣に, 求めるなら単に, 注意すれ, 混ぜて, 物足らず思い, 理由に, 生きがいの, 生きる張合, 生き甲斐として, 申上げたく, 男が, 発行する, 的確に, 目標として, 眼前に, 知つてゐ, 知る端緒, 知れば, 確かめに, 祈って, 穏やかに, 突き止めること, 繰返して, 繰返しながら, 考えたけれど, 考えても, 考へながら, 聞きおくのみ, 聞き出して, 自分から, 船に, 苦に, 見とどけただけでも, 見まもって, 見れば, 見届けると, 見物し, 見込んで, 覚えて, 觀察し, 言いわたして, 言って, 言つた, 言や, 訊かして, 誇りに, 誓は, 誠意を, 読み終わった, 責めやう, 遠慮した, 都合し, 附記する, 隔てに, 隠す必要, 露骨に, 非常に, 非難すべきでない, 頼みに, 頼りに, 食って, 食ふ, 食べて, 鮮かに

▼ それくらいの~ (265, 0.1%)

79 ことは 20 ことで 12 ことを, 事は 9 ことなら 7 ことが 5 ことに 4 事で, 事を 3 ものだ 2 けじめが, ことあ, ことには, ところだ, 事が, 事には, 勇気が, 年頃の, 誠実は, 金は

1 [90件] あせり, おつき合い, お金は, ことお, ことです, ことなら判ります, ことにしか, ことの, ことも, ことやるだろう, ことわしにだって, たくらみは, ところが, ところしか, ところに, ほんの切り詰めた, ものかと, ものさ, ものだった, もので, ものであった, ものである, ものでした, 事でしたら, 事なら出来るだろう, 事に, 仁義は, 仕掛けは, 価値しか, 値打ちが, 倹約を, 償いを, 元気は, 元気を, 力は, 取りしきりが, 嘘は, 報酬は, 大きさ, 差は, 年の, 年配に, 座敷を, 廉い, 心構えは, 忠告で, 怪異は, 惨酷さ, 意味しか, 所業など, 手を, 持合せは, 支度を, 故障も, 時間なんか, 未練は, 机上の, 機微は, 気が, 気まぐれは, 気転が, 犠牲は, 用意は, 甲斐性が, 目に, 相似なら, 相違が, 眼が, 知識で, 短時間内の, 研究費じゃ, 程度が, 穏健な, 精度で, 細工は, 義気は, 考えは, 腹だった, 自信は, 苦心を, 覚悟は, 読み方で, 財産は, 贅沢は, 道を, 違いは, 遠慮は, 野は, 関心は, 額は

▼ それでは~ (262, 0.1%)

42 ない 12 ないか 11 ないかと 9 なかった 6 行って 5 ないの 4 なく, 困ると 3 ないが, なかつた, なかろうか, なくて, 無い

2 [12件] あるまいか, いかぬ, いかん, すまなかった, ないので, なくそのまま, なく洋風, 勿論ない, 日本の, 済まないと, 済まないので, 面白くない

1 [130件] あがり給, あなたが, あり得ないで, あるまいし, あろう, いかぬ十分主觀的, いけない, いけない立派, いけなかった, うまい酒, こだわって, この機会, この話, こまるやって, すまないもの, その紙屑, その良心, たまらぬと, つまらなかった, つまらぬと, つまらぬという, とおらぬ時代, とおるまい, どうあっ, どう致したら, どう関係, ないかという, ないかとも, ないかな, ないこの, ないそれにまた, ないだろうか, ないでしょうか, ないと, ないという, ないもの, ないらしく, ない一月, ない他, ない処理, ない清国, なかつたかと, なくこの, なくこれ, なくさ, なくして, なく一八三〇年, なく何, なく全然, なく堂上, なく大きな, なく妙, なく正に, なく繩のれん, なく自然そのもの, なく鋭い, なく靄, なしに, ならない, ならないたしかに, ならないという, ならない慥か, ならぬ, ならぬさりとて, ならぬぞ, ならぬぞへと, ならぬと, ならぬなどといふ, ならぬ源氏閣, ならん, ひどいこっち, まちがって, やはり昨夜, やらないかと, よくない, 事足らぬよう, 今の, 使われるほう, 出るだけでも, 分からない点, 分らない歌吉, 初めから, 呆気ない人間, 呼ばせて, 呼んで, 困りまする, 困る, 困るそれで, 困るでしょうね, 困るどうかまあ, 困るの, 堪らんと, 売られぬという, 好んで, 少しお, 急いで, 恐れ入るが, 悪いという, 打解けないの, 斬って, 明日の, 求めるもの, 流れると, 浮かばれるの, 済まず木槿, 無いか, 無かった, 物足りないやう, 物足りないらしかった, 短いやろ, 立ちあがって, 納まらず何かと, 行かんすか, 許されぬ, 詰まらないと, 詰らない, 詰らないと, 足らぬと, 足りないそんなに, 足りなかった, 軽い者, 通らないこと, 通らぬ, 間に合わない, 間に合わないでしょう, 間に合わなくなって, 頼朝義仲などの, 風間が, 食えない, 食って

▼ それ~ (261, 0.1%)

58 んです 50 んだ 32 のだ 15 のである 13 のです 9 んで 7 のであった 5 のよ 3 のか, のだろう, んでしょう 2 の, のかと, ので, のであろう, のでした, のでしょう, んでげす, んでございます, 固有の

1 [45件] かまへ, ことは, これえ, そうだろう, そこでコーツ, のあなた, のであっ, のであらう, のでいよいよ, のでございましょう, のでございます, のでせう, のでその, のでもし, のでアンドレー教授, のでジリジリ, ので今後, ので偶然, ので紆余曲折, ので訪れた, ので鎮子, のにその, の憚りさま, らちつ, んだってね, んでね, んでわるい, んで哀れ, んで御座います, んな, んに, んの, んや, ん座に, ん聞き, ん青眼虎李雲であった, ァに, アに, ンです, 三一三十の, 決してその, 汽笛を, 獣を, 病氣ぢやに, 門まで

▼ それについては~ (257, 0.1%)

10 何も 6 一言も 4 口を 3 少しも, 私が, 私は

2 [11件] つねに侮蔑, なんにも, 何か, 何とも, 何の, 僕は, 吉次郎も, 女の, 彼は, 私の, 諸君にも

1 [206件] あとで, あなたが, あまり詳しい, あまり詳しく, いきむとかいきほふとかいふ語, いささかの, いずれの, いずれ後に, いずれ語ろう, いま詳述の, いろ, いろいろゴテゴテ, いわなかった, おのずから種々, お前さんたちよりも, お目にかかりまして, お縫, かくとして, かつて大凡, かつて柳田國男君, きのふ別の, こ, こういう話, このまえ, この像, この論文, これを, こんな話, ごくぼんやりと, さして心, すでに別項, ずいぶんくだらない, それ以上たいして, だんだん考えた, ちつとも, つまらない論文, である, ですね, とても上杉家, どうお, どうしても口, どうも心あたり, どのよう, どんな本, なにも, なほもうしばらく, なんにも言わず, なんの, のちに, ほとんど何ひとつ, ぼくたちの, ぼくたちも, まず従来, まず第, また二つ三つ, また興味, まだ報告, まだ理論的, みずから少々, もう少しあと, もっとあと, やはり龍太, わしは, わたしの, アンケートを, キチガイめいた, バルブレンさんは, ユネスコにおいて, ラジオも, 一こう, 一つの, 一切寡黙な, 一向解らなかった, 一役を, 一行も, 不可知論者じゃ, 不感症では, 世間に, 二つの, 二三日の, 互いに理解, 今しばらく, 他意あった, 以下の, 会ったとき, 何と, 何らの, 何れ, 何れ学者の, 何を, 何んとも, 何んにも, 何一ついわない, 何一言も, 何事も, 何等の, 偏僻や, 僕らに, 元康も, 兄の, 充分慎重, 先ずこの, 先づ各種の, 光一も, 別に何, 別に何事, 別に多く, 別の, 前に, 勿論ほか, 区劃内に, 千重子は, 又こういう, 又ね, 君だ, 喋らなかった, 城に, 城太郎が, 多少の, 大いにお, 大西洋の, 女手が, 始終後悔, 嬉しいこと, 孫徳謙の, 実は前, 少しお, 少し学究, 巴里方面からは, 師匠の, 幾分あたかも化石, 弁解が, 当然何, 彼に, 彼女は, 後で手紙, 後で申し上げたい, 後に, 心からお礼, 心配も, 手前の, 手紙に, 改めてお, 既に他, 既に従来, 日本や, 日本人や, 明日でも, 昨夜の, 是非お, 是非ともひとつあなた, 書いてなかった, 最後に, 本篇に, 次にお話し, 歌舞伎座自身も, 決して積極的, 沈黙を, 注意され, 津浪襲來の, 深い秘密, 満足し, 犯人に, 甲野さんは, 申上げない, 異説も, 疑いを, 皆が, 知って, 知らなかった, 知らなかつた, 石井研堂氏の, 確な, 社会的発言を, 私ども沢山実験が, 私も, 私らは, 私自身の, 秩序の, 空襲下の, 章を, 符の, 素知らぬ顔, 絶えず私, 考えに, 聞いたこと, 聞かして, 自信の, 自分の, 船岡へ, 萱野家だけで, 証明する, 語る人, 読者の, 誰にも, 諸君が, 責任を, 返事も, 返辞を, 追, 郷里の, 金が, 金を, 釘勘も, 面目ない, 默つてその

▼ そればかりか~ (251, 0.1%)

3 あの人, 彼女は 2 からだの, この頃, その時, まえに, わたしが, 一度などは, 彼の, 彼は, 彼らの, 私が

1 [225件] あなたが, あなたの, あのあやしい, あのよう, あの男, ある日, いつしかあの, いまは, いままで, うろうろと, おじいさんは, おそろしいこと, おまい, お妃さま, お父様, お茶, お面全体, かえってその, かっせん, きっともう鳥, こう考え, ここでは, このよう, この一家, この七夕, この女, この弟ぎみ, この池全体, この汽船, この満蒙事件, この物数奇, この猫, この研究室, この糸, この計画, この黒い, これは, こんな人, さしずめこれからの, じりりじりりと, すでに帝, そのあげく, そのうち十体, その中, その善い, その後まもなく, その後も, その時分庄太郎, その無念さ, その絵, その際, それには, それによって, それは, そんな退屈, できること, とてもその, とんでもない, なおいっそう, ながい間夜々己, なんだか手ざわり, はからずも彼, ひょっとする, ふたりで, ふと気, ほしブドウ, まだある, まるでその, むしろこれ, もうすっかり嗜み, もしあの, もし賊, やさしいお母さん, よくお, わが子が, わざわざ秤, わびしい一時雨, ギジャコルペンコといふ, ニコニコし, プロレタリア文学の, ヴェリチャーニノフが, 一丁も, 一同は, 一角獣を, 下腹部が, 不用意の, 両隣り, 中軍に, 事が, 事ごとに, 事件そのものの, 五兵衛さんは, 五日に, 五郎蔵に, 人智の, 今夜は, 今年ロシアが, 今度は, 他の, 何か, 何も, 何んと, 俊夫君は, 俺も, 個人の, 傷口は, 僕たちは, 僕は, 先程念日様が, 其の度合い, 其許の, 内と, 凝視めて, 出羽守は, 力ある, 千賀子までも, 卓に, 原子エンジンは, 取り散らかした小道具, 君普通の, 呂宋兵衛にも, 味も, 唐犬権兵衛夢の, 地方により, 垣根の, 城内二ノ廓にも, 塀の, 多くの, 多年他家の, 夜なかに, 夜に, 夜の, 大将の, 大空艇さえ, 夫人の, 妙な, 妲己の, 妹の, 妾は, 嫉妬に, 子規は, 実を, 実際にも, 少年の, 屋根の, 床に, 建物全体が, 得たりとばかりに, 恋敵の, 恐らく乾き切っ, 息子に, 感激の, 態度が, 慎九郎と, 戻るに, 手まめに, 拙者を, 播磨の, 教会へ, 敵の, 日常の, 日本書の, 明智探偵までも, 春先や, 昨日病院で, 時々に, 時としては, 時には自国, 暗闇の, 服部兄妹に, 梁山泊へ, 機体の, 歩道が, 気が, 海の, 海賊の, 深窓に, 渦の, 無心な, 無終極性, 物を, 現に卓, 生きて, 町民達は, 病余の, 盗品の, 相手が, 相手の, 眼を, 碌に, 秀吉が, 私の, 空気服を, 窓ぎわには, 立者一枚主義を, 竜一や, 給仕さえも, 織田の, 罹災の, 翌朝は, 耳にさえ, 肩も, 自分で, 自分に, 自分は, 艇の, 良寛さんの, 若い人々, 莫大の, 蓮の, 藤堂さんの, 話しかけても, 諸君に, 足まで, 近き将来, 退社後も, 遂には, 運命の, 遠い昔, 選りに, 郊外へ, 部屋じゅうに, 金太郎が, 鑑賞のみの, 高潔な

▼ それすら~ (246, 0.1%)

4 今は

2 [19件] ある, ためらわれて, まだ判然, もしかとは, わからないの, 今日に, 出來, 分らないよう, 夏の, 彼に, 彼は, 忘られ, 手に, 本性不実で, 汚らしく枯れた, 無感覚の, 私には, 見当が, 解らぬ

1 [204件] あえてする, あっけなく踏み越え, ありさうに, ある程度まで, いとわなかった, いよいよ上海, おぼえて, お時, お目, お返しなさらない, かくしにかの, かなわない望み, ぐったりと, この国, さつぱり, さのみ, さのみの, しなかった, すでに大袈裟, そこに, その人, それ以上には, だれが, だんだん途絶え, ちと頭, ちょっと眼, できないこと, ところどころ走り讀み, ないか, なかった, なつかしく思った, のこらず耳, はっきりしない, はっきりとは, はつきりしない, はつきりと, ひとりいずる, ぼかすよう, まだわが, まったくかすん, まったく消え, まったく見失っ, もう殆ど全部山, もう水煙, もしかと, ものの, ももう片方, わからなくなりました, オナリ婆さんの, ガウチョス人上述の, ハッキリと, パーヴェル・パーヴロヴィチの, ロンドンの, 一二句を, 一向に無い, 一向に見当, 一尾釣り挙げし, 三里離れ, 与へずうち, 世界の, 世間は, 事の, 二人の, 云ひ終る, 人の, 人は, 今ここにおいて, 今では, 今年から, 代助, 何とも思わない, 何処かへ, 信じないの, 僕には, 億劫がって, 全く気, 全く無い, 全身を, 出来かねるほど, 出来ない, 出来ない程, 分らない, 分らないやう, 分らないん, 分らない坊ン, 分らない程, 分らなかった, 分らぬの, 分りません, 判らなかつた, 判断できなかった, 勇気を, 動かなくな, 十一屋の, 多少疲れ, 奇怪な, 好くは, 存じて, 完全に, 定かで, 実に疑問, 実行し, 寒月君の, 寥々たる, 小虎, 常にする, 幕府御, 年々減少する, 幸村は, 弁えずに, 弁じ得ん, 当日の, 影も, 彼という, 彼も, 彼等は, 後には, 後世の, 心もとないのに, 必ずしも不可能, 必要は, 忘れて, 忘れはてて, 忘れ去つたやう, 忙しいからと, 思いいたらない, 思い出せない, 思ひ出せない, 恐るヘクトール, 悪くする, 憎むこと, 懐で, 成れなかった, 抑えて, 敢て, 敬太郎には, 敵では, 日夜良心に, 旧套を, 明治の, 時にとっての, 普通の, 最大限である, 有りさうに, 木地も, 極端に, 母の, 気付かぬの, 気持の, 活きて, 深い霧, 満足させられない, 満足な, 無いという, 無いの, 煩さく思う, 父王の, 片鱗も, 独出づること稀なる, 甘い観方, 生の, 疑われた, 疑問であった, 白雲には, 眼に, 知らない, 知らないが, 碌々に, 確かに, 私の, 私は, 空想人物の, 精を, 純造, 紙數の, 経験が, 美しく黄ばんだ, 翁にと, 聞いて, 聞えないの, 聞かしても, 至極曖昧, 苦労人の, 複雑蟠, 見て, 見る影, 見分けられなくなって, 覚束なかっ, 解けなかった, 解らなくな, 解れば, 訊き返す勇気, 許されなかつたの, 跡を, 返辞を, 逃げた澄江, 逃げる準備, 通じなかった, 遥かに, 電池が, 青春の, 飛騨山脈の, 高過ぎる, 黙過し

▼ それ~ (239, 0.1%)

14 けで 13 けのこと 11 の事 4 けぢ, けなら 3 けです, けでも, である, です

2 [15件] け, けであった, けでよう, けに私, けの事, けの理由, け云, け勇ましい, け男, この老い, では優劣, の価値, の金, の音律, 下して

1 [151件] おつぎ, お疲れ, が兎, が分っ, が漸く, くりかえすという, けお, けか, けそう, けだ, けだった, けでございました, けでした, けでもまだ, けでも充分, けでも十分, けでも私, けでも縛れる, けでも随分, けで分らない, けで満足, けという, けとも思はれない, けにお, けにこの, けにとし子, けに凄味, けに孫右衞門, けに廣介, けに彼, けのもの, けの値打, けの制度, けの心遣い, けの恐怖, けの恰幅, けの抵抗力, けの望み, けの業, けの罪, けの草鞋, けの話, けの話ぢ, けの責任, けの金, けは勘辨, けは堪忍, けは白状, けは私たち, けを入れ, けを引き放したら, け下, け價格, け其邊中, け出来る, け分った, け多く, け寄附金, け申, け考える, け聞かし, け自分, け言, け詳しく, け辨次, け顎, だ, だが, であります, でしまひ, でどんなに, ではない, ではなかっ, ではなかつた, では何, では何だか, では理由, でもお, でもかなり, でも中, でも充分処刑, でも口惜しくっ, でも大阪, でモスク, で十分, で己, で忽ちぐるり, で既に, で満足, で自分, で興味, ならいい, なり, にては愚意, になつ, に冬, に又, に村井氏自身, に此山, に色彩, のこと, のねうち, のもの, の人手, の人間, の代, の休暇, の内容, の処分, の家, の広, の忍耐, の收入, の猶予, の理由, の考え, の証明, の調べ, の謎, の間, の隙間, の馬鹿正直さ, はこの, はどうやら, はもう, はやめ, は一寸, は今, は出, は判っ, は常に, は確か, は自分, よ, わかれば, 一方から, 動かし難い, 小さくそれ丈, 強い肉感性, 役立たぬ体, 感じず部分的, 拡がった歓び, 持って, 激しかった, 激しかつ, 買い入れる必要, 軽い, 追われて, 重い, 養いには, 高めると

▼ それはね~ (231, 0.1%)

4 鷺を

2 [13件] あなたが, このひと, ぼくが, わしが, 八五郎親分, 大きな五色, 明らかに, 私の, 私も, 貴方が, 雨が, 電気菓子と, 頭の

1 [201件] あたしだ, あたしだって, あたしの, あなたの, あなたを, あなた玄関の, あの, あのう, あのエハガキ, あの子, あの怪塔王, あの時, あの碁盤, あの第, お前さんが, お嬢様が, お母様が, お母樣, お金に, お頭, きみが, きみたちには, きみたちの, きみに, こういうわけ, こういう方法, こういう訳, こうさ, こうする, この玉川上水, この間塩尻峠の, この頃私, こんな目, ごらんなさる, さっききみたちが, その間に, それは, ただ酒, ちょっと見た, つまり兄さん, ですが納得ずく, とにかく今, どうせ利根, なお一層, なを一層, なんていふ, ほらあそこ, ほらあの辺, ほら先刻, ほら鯛, ほんとにお, ほんとに嘘, ぼくたちは, まず小林さん, まず親切, まづかう書いた, まづさつきお, まる二十五年, ま構っ, むっていらしったらしかった, むろん説明, めくらより, もう一粒, もしも今日, やっぱり女中さん, ゆうべ君が, わたしこう, わたしは, われわれ地球人類でない, をばさん, アメリカへ, インド人が, エアさんロチェスターさんが, エジプトから, クレオソートを, シラアの, ジョヴァンニ君, セロの, バクダッドの, パンパンが, ホラ山野の, ボクを, マツノスケ, リーザ神さまも, リーズさんさっきあなたは, 一つわたしに, 万一事ある, 世界の, 世間態な, 二郎さんお隣の, 人の, 人間が, 今から, 会社を, 佐々刑事だ, 何も, 何千頭という, 信ちやんは, 俳優の, 借金を, 僕が, 僕の, 僕もっと, 兄に, 先日僕の, 光ちゃんが, 内田さんが, 区役所から, 千二君の, 千種嬢と, 右なら, 君ちゃんを, 君の, 君も, 呼出状さ, 唄も, 土けむり, 地上の, 地球は, 坊ちゃんあの, 城の, 外輪船といふ, 夜に, 大利根博士に, 大悪尉, 大洋丸の, 夫己氏の, 奴隷道徳の, 子供の, 学生として, 宇宙探検の, 実に注意深い, 実は系図もの, 家で, 小林君を, 小父さまの, 少しは, 島田から, 川上君君たち地球人の, 巨人が, 帆村君, 帯という, 影の, 彼処の, 我々が, 手で, 折目の, 政府が, 日ごろ毒虫, 旦那さん那谷から, 早く云, 昔外国船の, 昨夜島田の, 暫くは, 書生の, 月見の, 極めて幼稚, 楽しかった, 此の, 水はけ, 氷河の, 測量機械を, 火星の, 熊坂の, 父ちゃん僕の, 犯人は, 猶太人, 玉子の, 男の, 皆んなよく, 盗みや, 目は, 目も, 眼を, 神様や, 私が, 私たちは, 私達が, 第一, 第二報, 羅風君は, 自分の, 船が, 花ちゃんお, 芳さんこう, 英人に, 苺果痘を, 茗荷悪, 蜂だ, 西洋に, 話を, 誰も, 貢さんが, 賊は, 近常さん, 遠くの, 釘と, 餅は, 魔薬を, 黄金どく, 鼻瘤悪

▼ それよりか~ (220, 0.1%)

3 君の, 私が 2 あなたに, お前の, はいと, 今日は, 次の, 自分が

1 [202件] あきらめて, あたし家の, あたし昔の, あなたあの, あなたお, あなたの, あのとおり, あの人, あの六畳, あの松原, あの温順, あの磬, いっそ私, うちの, うちへ, うんと稼い, おいらを, おかみさん, おまえは, お休み, お前さんこの, お前さんは, お前は, お前様腹アすかっし, お母さんに, お母さんの, お照, きょうだいたちおたがいにたすけ, ここには, このお, この間の, これで, これまでの, こんなせまい, こんな事, そのもみじ狩, その力, その懸, そんなこと, そんなに不, たのしい夕べ, たまには, だれか, ちょいと, つき上げて, どうだ, どうだい, どうでしょう, どうにかし, なおその, はっきり話し, ほらこれ, また詩, まだ山, まだ歩い, まったくふしぎ, めずらしい魚, もうじき坊, もう一度呼ん, もう少しおれ, もっとおびやかし, やっぱりあの, やっぱり先, やっぱり口, よけいその, わしは, わたくしは, わたし父の, われわれは, アノ叔父も, オタンチン・パレオロガスを, ミーシャ言い, モツト葉書に, 一たいおばさまは, 一年から, 一所に, 一束に, 一杯行こう, 一羽を, 一里以上も, 万年屋さんお前さんは, 丸窓も, 人様の, 人間は, 今ここで, 今は, 今夜は, 今夜ゆつくりしなす, 今度は, 今日の, 仙太郎さんが, 俺に, 俺らど, 働き過ぎて, 僕は, 僕を, 先刻の, 先生何故, 八重を, 写真屋さん, 初めよう例のを, 南京虫の, 口の, 向うの, 君おそらく, 君だって, 君ちゃんお前が, 君に, 君は, 君も, 君俺の, 君自身の, 唯物理學の, 喜んで, 土手の, 城の, 外国の, 大きなみかん, 大事に, 大阪でも, 奥さまにも, 好きな, 妻が, 嬉しがる, 嬉しそう, 子供を, 宇津木様お, 実際問題, 家へ, 家を, 富士子さんは, 寧ろ山, 寧ろ東京, 小野田さんと, 差別待遇を, 己の, 己は, 帽子なし, 平一郎さんわたし少し, 庭のね, 御前今日は, 悲痛に, 我々が, 拾人の, 斯うし, 早くいいの, 早くおみやげ, 最初から, 最初の, 本当によく電話, 此間の, 毒虫の, 気持を, 泥水の, 海に, 清元の, 清馬, 渋江さんの, 父に, 狐の, 珍しい風景, 瓦の, 生物の, 男は, 病気を, 皆で, 皺の, 盃でも, 相当の, 硝子の, 磯谷の, 礼の, 私あさっ, 精神上の, 素直に, 美しいわけ, 胸を, 自分かってに, 自分の, 自分ひとりを, 船の, 船長の, 菜の, 藤尾さんに, 話の, 読書を, 豊竹屋さん, 象が, 足跡でも, 身に, 逆に, 酔った気分, 鉱石を, 長友先生に, 面白いこと, 顔に, 食糧の, 駆けっくら, 鳥の, 鶏が, 黙ってる丈夫, 鼓が

▼ それ~ (219, 0.1%)

10 きりで 7 きりの 5 きりだ, きりである, きりに, きりにな, きり姿を 4 きり口を, きり行方不明に 3 きりです, きりもう, きり忘れ, きり行方が, 切りで

2 [18件] きりだつた, きりでは, きりと, きりな, きりわからず, きり何んの, きり八五郎は, きり息を, きり歸らず, きり氣を, きり私は, きり行方不知に, きり話は, きり黙, 切りだ, 切り姿を, 切り引揚げ, 切り行方知れず

1 [118件] きり, きりあたしの, きりあとは, きりあの, きりいはない, きりか, きりかと, きりこの世へは, きりし, きりしか, きりその, きりぢつと, きりぢや, きりでございます, きりといふ, きりどこへ, きりなりを, きりもとの, きりウヤムヤに, きり三田は, きり下手人が, きり主人が, きり二階へは, きり会は, きり何とも, きり何も, きり何時まで, きり何處さか, きり何處へ, きり全く, きり出席されなかつた, きり判らなくなる, きり別れました, きり割れ, きり十年も, きり四國屋から, きり固着した, きり好き者の, きり姿は, きり姿も, きり家の, きり家を, きり寢付かれない, きり小僧を, きり小学校の, きり少年は, きり帰つて来ない, きり床着い, きり彼の, きり戻らなかつた, きり戻りません, きり手掛りの, きり手紙の, きり断絶だ, きり朝まで, きり正体も, きり歸らなかつた, きり死骸も, きり泣寢入, きり消え, きり消息も, きり田螺の, きり盜られた, きり眼を, きり知らなく, きり私が, きり私の, きり自分の, きり行方も, きり行方不知にな, きり行方知れず, きり見えなかつた, きり話を, きり誰にも, きり誰の, きり車の, きり迷宮入にな, きり逃げ, きり途絶え, きり通つてし, きり過去一切の, きり錢形平次の, きり音沙汰が, きり顔を, ぱかしの怪し気な, ぱかりで宜し, ぱかり秤に, ぱつち驚く, ぽちの金, ぽつ, ぽつち, 位ゐ, 切りか, 切りで御座いました, 切りもとの, 切りガラツ八は, 切り再び, 切り出, 切り十日ばかり, 切り反抗しよう, 切り帰りませんでした, 切り引下が, 切り影法師も, 切り後ろも, 切り急ぎの, 切り戻, 切り歸つて來ません, 切り歸らない, 切り死骸さへも, 切り水の上へは, 切り江戸に, 切り沈ん, 切り消息を, 切り行方不明に, 切り行方不知に, 切り行方不知にな, 切り行詰りました, 切り見

▼ それ~ (214, 0.1%)

7 しまった 5 しまいました 4 いた, いる, しまう, しまったが 3 いると, しまつ, 行くの, 行つた

2 [13件] いること, いるの, しまいましたが, しまうこと, しまって, ゆきみんな, 唇には, 女と, 女を, 森の, 行って, 走った, 飛ぶ

1 [148件] いくという, いたし, いたら死んで, いった, いったか, いったが, いったの, いった噴水, いった途端, いつたが, いつまで, いないの, います, いるからさ, いるという, いるので, いる仁田, いる老木, おちて, おりまして, おるし, おれは, きたが, けし飛び手中, こちらへ, この小屋, しまいそれでも, しまいましたの, しまいましたので, しまいます, しまったもの, しまつた戻る, しまつて, しまつてすつかり荒んだ, しまつてゐた, すすきの, せまい坂道, その裏, その道が, だれも, とんだところ, どっちの, なか, ます, みかども, やがて跫音, やはり見返り, やぶの, ゆく, ゆくもの, ゐるが, ゐると, ゐる視線, ザンブとばかり, ミルハからも, リュウスと, 一小, 一散に, 一方の, 一面に, 一面の, 下に, 二匹の, 人と, 佐竹ッ原の, 何ぞ風ろ敷包, 傍の, 先走って, 初瀬川の, 別に一小沢, 南京町の, 取損, 右の, 吃驚した, 向うの, 土塀の, 土手の, 坑口の, 垣根に, 執権高時の, 大分むします, 失礼だ, 尾花の, 山の, 山ひだの, 平井太郎から, 弾丸は, 彼に, 往来の, 後に, 急勾配, 恐れ入ります, 意外な, 懐中から, 日本橋の, 暫く行く, 曲りくねった路次, 来たもの, 枝を, 樅の, 権田川原に, 権田河原に, 樹に, 櫓力い, 河岸づたいにまっしぐらに飛ばし始めた, 流れて, 流れるので, 湖岸の, 狭い田舎道, 甲は, 畑を, 発火事件が, 直角双曲線を, 私達の, 空中に, 突き立ったので, 紀久子は, 罵倒し, 考えこんで, 聴衆から, 職業上の, 肩を, 背なかを, 脇に, 舟の, 芹沢東洋の, 草原に, 葦の, 蚯蚓の, 行きながら, 行きました, 行くか, 行くこと, 行くよう, 行ったの, 行つてし, 行方が, 見上げたところ, 逃げ出したから, 通った彼方側, 遂に成るべき, 遊びごとに, 道を, 金を, 金座後藤の, 鍾乳洞の, 雑木林の, 飛ぶ蛍

▼ それでなけれ~ (206, 0.1%)

7 ば, ばならない 5 ばならぬ 4 ばその 3 ばお, ば彼

2 [15件] ばこの, ばこれ, ばぼく, ばもっと, ば一般欧洲人, ば之, ば僕, ば僕等, ば元, ば夜, ば宅, ば彼等, ば男, ば私, ば自殺

1 [147件] ばあ, ばああ, ばあした, ばあまり, ばあまりに, ばあんな, ばいくら, ばいけなかった, ばいたずら, ばいっそ, ばいらない, ばおばさん, ばお前, ばお化け, ばかように, ばここ, ばごく, ばせっかく, ばそちら, ばそれに, ばそんな, ばとてもこんなに, ばどうして, ばどうしても, ばならないであろう, ばなるまい, ばなん, ばまた, ばみんな, ばもう, ばやはり, ばより実際, ばわれわれ, ばカフェー, ばギター, ばコムソモール出, ばシニカル, ばジッ, ばスマイルス, ばペース, ばホテル, ば一つ, ば一層, ば一日外, ば一時間, ば三, ば下駄, ば二十七日, ば人, ば人生, ば今日, ば今頃, ば仕事, ば他方, ば仮に, ば伯父, ば何, ば何故, ば信心, ば修養, ば俺, ば先々, ば入口, ば八重垣姫, ば劇場, ば化石, ば卒然, ば厭, ば又, ば只やたら, ば吉川さん, ば名, ば命, ば唯物論, ば善い, ば嘘, ば土足, ば坊主, ば基督様, ば夕立, ば夜中, ば太郎, ば妹はじめ二人, ば完全, ば宗教, ば小, ば小生, ば市財政全般, ば幸い, ば形式論理学的法則, ば成駒屋はん, ば支那, ば政治, ば新婚三月, ば日本, ば早く, ば昨夜, ば時代的, ば更に, ば楽しい, ば橋本邦助君, ば此アヲギリ, ば死ん, ば殺人鬼, ば民主日本, ば治っ, ば活動, ば淋しい, ば物理的空間, ば犯罪, ば理屈, ば畳, ば盲目, ば相手, ば石灰岩層, ば砂場, ば神慮, ば笑談, ば米, ば統制的官衙, ば美術, ば自分, ば草鞋, ば蔽, ば行かない, ば行路病者, ば許嫁, ば訳者, ば誤謬, ば読者, ば諸君, ば讀者, ば転ん, ば遊廓, ば酒, ば長い, ば長い長い, ば雲, ば駄目, ば高次, ば3, ゃあぶないといっていたのに, やわざわざ, や二人, や生き, や生れた, アお

▼ それとともに~ (203, 0.1%)

5 自分の 4 彼の 2 もう一つ, 一方では, 今日は, 大して広から, 彼女は, 我々は, 私は, 種々な

1 [178件] あくまでペン, あたかも日本, あたりは, あの若き, あの音, ある重大, いい火星人, いろいろな, おれ自身を, お嬢さんの, お艶, かのごく, こういう考え, この三百トン, この事件, この堂内, この灯, ごうっ, さつき煙草を, すぐ眼, すべては, そぞろに, そのワラタ号, その關係, どこかで, なにやら独り言, なんだか轆轤, なんという, なんとも云え, ひとは, ふしぎな, ぷーんとはげしい, また一方, また人, また当時, まったく陰鬱, もう一つ直接, もう決して長く, もつと, ややも, やる瀬, わたしは, コゼットの, チョビ安の, トラックは, トロンペットは, マッチを, メーデーの, ロゴスも, ローマ教会と, 一切の, 一同は, 一心に, 一枚の, 三たび音を, 世界平和に対して, 世間を, 主従の, 主観は, 人間の, 人間生活の, 今まで, 今も, 今日から, 今日まで, 他の, 低い身のほど, 何となし, 何ヶ月振りかで, 信玄は, 倉地は, 倫理学史を, 傀儡は, 働くところ, 先方から, 全身が, 再び彼, 写真術には, 冨山房の, 古い人間, 右舷の, 向うの, 唇は, 嚔を, 国民生活の, 地團駄を, 地底戦車は, 場内は, 売り買いを, 外輪は, 大なる, 大宇宙, 天では, 女とも, 女の, 女を, 女軍を, 実数の, 小樽に, 展け, 工業は, 巨大なる, 廃藩置県以下の, 彼が, 彼は, 後の, 思いだした, 思い合わされたもの, 怪塔の, 我々の, 持て囃されて, 捜査課に対する, 捜査課は, 放逸や, 数人の, 新しい空気, 新しく連れ, 暗かった, 曹操も, 柔かな日の, 橋と, 死が, 死んだもの, 死者は, 水中塔は, 水明りの, 法水の, 波の, 泣じゃ, 泰軒は, 消滅しなかった, 涙が, 深くなる, 清朗な, 渦とな, 滅びていゝものなのです文展開会第, 無数の, 熱も, 爽やかな, 物質なり, 犬婆さんが, 珍しいにおい, 現在の, 生きて, 用意させ, 甲板の, 男は, 画面は, 相手の, 眼瞼を, 瞼が, 私の, 移り行かなかった, 移植されなかつた, 空気を, 空虚に, 竜造寺兵曹長も, 紀州藩の, 給封も, 維新は, 職能という, 肌身に, 自分たちの, 自分は, 自身の, 葉公が, 葉子は, 蓮の, 街の, 課長は, 諸君自身の, 責任も, 遠い行手, 雲岡についての, 音響を, 類癇の, 風も, 馬を

▼ それからも~ (201, 0.1%)

8 一つは 4 私は

2 [12件] しばらくは, ひどく好, ゆるさん, 一人おくれ, 一遍打付けた, 屡々私, 彼は, 彼女は, 持ちこて, 生徒へ, 私の, 続きに

1 [165件] あい傘, あの方, あの町, いくつかの, いちどゆっくり, いちど自分の, いまだに好, いろいろと, いろいろな, うちつづく飢餓, お目にかかるたび, かなり時間, かなり長い, こちら様は, しばしば菊屋, しばらくなん, しばらく殿下, しばらく起き, じっと坐っ, すでにまた長い, ずっと左膳, ずっと長い, その先生, その辺, その通り, そんな広場, たびたび寺, たびたび手紙, たびたび白女, ちょいちょい投吟, ちょいちょい訪ね, ちょくちょく来た, つぎつぎと, つづいて, つづく, つづけられたの, ときどき襲っ, どつてこんど, ないもん, なおさんざん, なおも数奇, ながいこと, のべつまくしたて, ふた言三言, またディルタイ, まだ按摩, まだ音曲, まる一時間, ゆるゆると, よく父, エフ瓦斯の, カン詰類だの, ミス・ヘミングウェーは, ヤリウス様を, 一つお, 一つご, 一つのには, 一つはみ出した, 一つ僻まう, 一つ君に, 一つ彼が, 一つ読者の, 一つ讀者の, 一つ貴方に, 一ツは, 一二遍そんな, 一刻ほど, 一度, 一度あなたに, 一度あらん, 一度へんな, 一度云っ, 一度接吻, 一度私は, 一軒寄っ, 両者の, 久しい間岩木山周囲, 久能は, 二三度姿を, 二人は, 二度と姿, 二度ばかり, 侍臣が, 僕は, 兄に, 出て, 別に, 別に変, 千束の, 南京ねずみは, 友だちに, 同じよう, 夫の, 女は, 嫁ぐ先, 宇津に, 小一時間, 少し礼儀, 岩代の, 布が, 引きつ, 引きつづいて, 引き続き盛ん, 形勢は, 必然的に, 明日の, 時々独り言, 暫くは, 暫く嗚咽, 暫く由吉, 来年こそ, 校内を, 桑名までは, 森バトや, 正成は, 毎日ゴリラは, 毎日一般の, 毎日情ない, 気に, 水面へ, 永いこと炉, 汚く逃げ出した, 沢庵が, 湯の, 男へ, 相変らず, 私たちには, 私たちは, 私にとっては, 空しく一月あまり, 空の, 竹生島に, 絶えず他所, 絶えず書, 続いた, 義雄は, 脱毛は, 船の, 花江さんは, 荷が, 葛藤は, 蔭に, 藤夜叉の, 藤孝は, 行き来を, 訪うたび, 話は, 課長の, 足を, 路は, 身持を, 軽口や, 逢って, 連日苛責は, 道誉との, 郊外地図が, 野に, 金五郎の, 長いあいだ, 長い間歌題, 随分激しい, 雪は, 雪子の, 飛び立って, 飛び立つて

▼ それ~ (198, 0.1%)

5 へある, へあれ 4 へはつきり 3 へ, へ私

2 [13件] へいま, へうまく, へたちまち, へまだ, へもう, へも今日, へも知る, へわからない, へ出, へ知つて, へ見れ, へ許し, へ頼む

1 [152件] あっしが, いい着物, う云, お前さん鶏卵と, そのキャア, その形, その紳士, それと, それを, に肩摩轂撃, へあかい, へあて, へあなた, へあり, へいへ, へかへつて, へし, へずうっ, へちつ, へちやん, へなく, へなけれ, へなるべく, へに悲し, へまた, へもいと, へもお, へもことわり, へものこつ, へもやはり, へも今, へも今に, へも夜, へも姿, へも常に, へも心して, へも忘れ, へも恐れ, へも我々, へも疑, へも知らず, へも知らない, へも確か, へも見ず, へも言語學的, へも過去, へも遠く, へや, へわからなくなる, へわかれ, へをも誇張, へ上田秋成, へ不如意, へ人, へ仔細, へ余り興味, へ例へば, へ全然, へ再び, へ分らない, へ判れ, へ判断, へ剥がれ, へ動揺, へ十人, へ半分, へ卯平が只獨ゆ, へ取り, へ叶, へ吹き荒まれ, へ四足, へ売らう, へ多く, へ夢, へ大尽, へ大目, へ天涯, へ失せ, へ学校, へ完全, へ實, へ山, へ平中, へ平次, へ年, へ徳次, へ心, へ心得, へ快, へ思, へ恨み, へ情なく, へ我慢, へ打ち明け, へ持たぬ, へ握, へ教, へ断念, へ斷, へ既に, へ昼間, へ時, へ暮れ, へ最後, へ未だ, へ材料, へ村瀬, へ樂, へ機関車, へ止めれ, へ正目, へ歳々, へ殆ど, へ満たされない, へ滿足, へ濟め, へ然し, へ狐兎, へ疑はれ, へ皆蝕ひだ, へ知らぬ, へ確定, へ祕め, へ耳, へ華やか, へ蕭条, へ見当, へ見物人, へ覚えない, へ解らず, へ解らない, へ読めない, へ識, へ賣れたら, へ輪, へ近来, へ運べ, へ避ける, へ雜草, へ面白い, へ飼料, まだ墮, もなく, わたしも, 傲慢乃至, 壮い, 彼奴は, 応え, 水飴入, 神妙である, 私の, 結局僕が

▼ それ以後~ (189, 0.1%)

8 のこと 6 は私 4 の私 3 の, のもの 2 かれは, のかれ, の作品, の小説, の平安朝, は彼, は蔭, 何故とも, 新秩序

1 [147件] いくぶん自分, いっそう寛十郎, いろいろの, お互に, かれの, この世の中, しばしば往来, ずっと意識, その着た, ただ山間, たびたびお, だけに国家, だったか, でなくば, では, でもありません, でもしばらく, というもの, においても俗衆, においても相手, においても維持, にできた, にはこの, にはついぞ, にはまた, には何ら, には何等, には弟, には誰, にも存在, に出れ, に外国, に新しく, に於, に起る, に足, のあらゆる, のいつ, のお歌, のこつた, のまた, のクラネク, のマチス, の五山, の人間生活, の人間開花, の伝令, の作用, の俳優, の個人主義的芸術至上主義, の先生, の出來事, の出来事, の分, の動き, の各人, の合戦, の墓所, の変更, の家, の小島氏, の彼, の御, の御作, の徳川期, の思想的傾向, の悲劇, の態度, の新人, の昭和, の本草学者, の様々, の歌, の正成, の毎日, の百星, の研究会はなやか, の私共, の肝心, の表, の西洋, の記録簿, の費用, の通行, の韻律, は, はあきらめ, はこの, はこれ, はてんで, はときどき, は万事滑らか, は不思議, は二本, は人, は佃, は佐多稲子, は入場, は勝手, は叔父, は君主, は大いに, は如何なる, は妾, は宮, は帰郷, は弟子たち, は意識, は技術上, は時, は村, は殴られなくなったろう, は決して, は法名崇鑑, は理否, は發表, は益々, は絶対, は絶滅, は船員, は華々し, は見る, は解き, は賄所, は随分, は食事, までは生存, まもなく二人, まるで別人, めっきりと, もう再び創作, もただ, も彼, よけい愛想, 二度と十万円, 又杳, 大百貨店, 実際世の中, 恐ろしい彼, 掘り下げたこと, 新しい段階, 時々源氏, 更に寛政年間, 段々さういふ, 決して妻, 祟りの, 語られる話

▼ それとても~ (179, 0.0%)

2 一瞬間で, 国府津湯本間だけの, 福子の, 行くとも

1 [171件] あては, あやふやな, いつ誰, いやはや, きまつた方式, この世の, こんどの, そのどこ, その土地, その推定, そまつな, そもじが, それつきり, そんな難事, たいしたこと, たかの, たしかな, つかのまよ, なお一つ, ひとに, ほんのお, ほんの一時, また一つ, みんな表面われわれ兄妹帰りました, アメリカの, イエスキリストを, フランス官憲の, ムヤミに, モスク, ロオマの, 一朝一夕に, 一点の, 一生食う, 一瞬で, 一面の, 上に, 不可能な, 不変常, 不思議は, 不気味でない, 云う迄も, 五人十人御, 五十人の, 交通不便の, 亦彼一流, 人間の, 今と, 今は, 今夜限りじゃ, 今宵の, 今日までの, 今日よりは, 今時こんな, 以前の, 何時誰が, 僅半歳の, 僕が, 僕の, 兵馬から, 其の土地, 出來, 出来ないこと, 別に, 別人では, 制定の, 北国を, 十分に, 千石を, 半分道楽の, 単なる全盛, 口に, 吹雪を, 嚴密な, 国の, 地形が, 大元帥明王の, 大慈大悲観世音は, 太古から, 夫, 奴の, 如何な, 妥協的平和的精神が, 実はまぐれあたり, 実は政治上, 実は昔, 室を, 宿酔の, 尋ねられたから, 小使に, 平生より, 当時の, 影の, 彼の, 彼女が, 恋人と, 息を, 悲哀や, 意志が, 我々の, 所謂鼻ツ張が, 抹香臭い, 敢へて, 日本人の, 昔の, 昭和の, 是ほど, 書画会が, 有り得べからざること, 朝早く, 朧気ながら, 木と, 本当の, 条件の, 棄身の, 楽天地や, 止むを, 武蔵に対する, 死ぬ覚悟, 毎晩ある, 江戸から, 沢山じゃあ, 海士の, 湯浅少佐あたりが, 満ちて, 無学文盲なる, 無駄であった, 無駄でござる, 狭い村, 狹い, 現在の, 理研コンツェルンが, 田楽の, 町中に, 病的だ, 百年内外平均二百年くらいという, 皇室全体の, 目に, 目的は, 真実の, 眼に, 眼界は, 睡むたいやうに朦朧, 知れたこと, 確かに, 私は, 米友が, 素人が, 自分で, 自分の, 花には, 花の, 苦しうござらぬ, 荒廃しきった, 親兄弟, 貴殿の, 赤の, 越前守殿が, 越後武士の, 趣味と, 足もとを, 身体が, 近頃は, 道楽という, 遠い昔, 選択が, 長い間, 間とも, 限度が, 隻手を, 駄目でござる, 鼻を

▼ それをも~ (179, 0.0%)

2 含めて, 拒まないで, 止めて, 計算に, 責めよと, 銭をも

1 [167件] あの人たち, ある程度増減, いかに企圖, いただいて, いちど思い出し, いまは, うちつと, お角さん, お銀様, かきあげた, ぐっと干す, ぐのがしのびないような哀れな, じや, すかさず階段, ただちに忘れ, ぢつて, ぢも, ついでに, とり除いた, なしえないほどの, ひっくるめたとき, ひとことも, また打ち殺し, もう捨て, もぎ離されて, やや詳, やり過ごして, やり過ごすと, よくない, エタと, クグツと, スバーに対する, セセラ笑っ, 一度床, 一度言っ, 一息に, 一条の, 一杯求めた, 上手に, 下げて, 不公平だ, 不思議だ, 亦通俗的興味, 他の, 仲に, 伊勢御前と, 余さないため, 侮る妃, 促進する, 俟つ, 信じなかった, 信長は, 偽瞞, 全く忘れた, 六波羅の, 切りつめようと, 別段苦, 加えた車座, 卑俗と, 厭わずわざわざ, 厭わない浅間, 參考に, 取入れて, 取出した, 受け入れなければ, 受け入れるやう, 含んだもの, 喰いとめて, 多分相, 多少信じ, 失って, 奥さんは, 奪いながら, 完全に, 実は疑っ, 察して, 少し早く, 少時に, 巧みに, 差し控えて, 平然と躱し, 幻覚だ, 引っかわした, 強いて, 強ひ, 彼は, 待ち切れず従来, 得なさざりき, 得為さざりき, 御方の, 忍んで, 忘れ何, 快くむしゃむしゃ, 快く思った, 快く諾, 思い遣りながら, 意に, 愛子ゆえと, 感心し, 我慢するだらう, 手に, 手離そう, 打ち拉いてるの, 打忘れたです, 承知しなかった, 拒むわけ, 拒絶しました, 持出して, 捨てて, 排斥しろ, 排斥致し, 掘り上げること, 撃砕し, 斬り伏せた, 断りて, 断わって, 東から, 梓は, 棄てさ, 極めて落着, 楽に, 止めた, 歴史的な, 殺そうと, 母は, 気取るため, 源松は, 無理に, 無視した, 爆烟と, 率直に, 疑う余地, 発表すべき, 直ぐに, 真心こめ, 禁止する, 私は, 窺いて, 簡便主義だ, 米友は, 考へて, 聞き漏さ, 脱いで, 自ら怪しまう, 見ずに, 見て, 見て取りました, 見のがさなかった, 解いて, 許した, 試みさ, 認めないが, 認めること, 誘つて三人で, 調べて, 諦めて, 身輕に, 載せた, 辞義し, 道鏡を, 遠慮なく消し去っ, 邪慳に, 頓着なし, 飲んで, 餘り喜ばぬ, 魔法使いを通して, 黄色の

▼ それくらい~ (175, 0.0%)

39 なこと 8 な事 4 なもの 3 ならば 2 であるから, でいい, でよかろ, なら何, な気概

1 [111件] あたしだって, あの人, あの男, ありゃ好い, お互いに, かつえて, だ, だから, だっただろう, だと, つづいて, で, であった, であれば, でええ, ですよって, でちょうど, でも, でもう, で消えて, で破れるはず, で結構, なお仕置, なお気もち, なこたあ, なこと誰, なの, ならうちマーさん, ならさき頃, ならなぜ, ならまだ, ならもう, ならファウスト, なら体, なら僕ひとり, なら初め, なら友松さま, なら御の字, なら泊めは, なんでも, な人間, な仕事, な冒険, な制止, な勇気, な勢い, な埋め合せ, な執念, な奉公, な常識, な形相, な意気, な感動, な我慢, な才, な担保, な景仰, な望み, な気位, な気持, な気組, な洞察力, な理窟, な経験, な胆, な胆気, な自負, な要求, な見通し, な観測, な誠意, な金, な陣形, な駄々, もって, よくもの, わかりにくい, 世の中を, 人間が, 傍に, 劇しく, 北方心泉という, 単純な, 危険な, 君, 大きな支配力, 大事に, 好きな, 安く電力, 怒って, 我慢する, 戸の, 新円, 春の, 有るん, 気が, 沈めば, 活きた彼女, 無意味, 甘くなけれ, 病中の, 若い男たち, 虚弱な, 行われて, 解って, 酒好きで, 量が, 陰気な, 離れて, 頭が, 食事には

▼ それでこそ~ (164, 0.0%)

3 あなたは, ほんとうの, 私の 2 お前だ, よいの, 人間は, 共に詩, 君は, 長井君だ

1 [143件] あなたな, あのよう, あの怪しげ, あの腕, ある人, あれほどの, いっしょに, おいらの, おまえは, おれは, お前さんだ, お身様, かえって大きな, さすが立派, じゃ追って申しあげる, そうお, そちも, そのときどき, そのほう, その中, その人たち, その名, どんな不合理, のんびりと, はじめて学問, はじめて意義, ほんとうに, ほんとの, ぼくの, まこと, よろしゅうござります, わが夫, わしの, わたしたちの, われらの, われわれも, ガリレーが, ノラクラ令嬢の, パンパンな, 一夜を, 一校の, 人民は, 人生は, 人間が, 人間だ, 人間生活に, 今だに, 今の, 任務が, 何時までも, 例えば津浪, 俺の, 個人としても, 倫敦も, 兵士は, 初めてその, 初めて上将, 初めて会員達, 初めて民衆, 初めて範疇, 初めて芸術的意図, 前田犬千代, 千恵の, 友だち甲斐が, 君たちは, 君子だ, 四次元振動を, 坂東武者よ, 妾の, 妾は, 始て, 始めて, 学問の, 師たる, 彼は, 後に, 御方は, 必要な, 忠直の, 思想家や, 愛すること, 我が最愛, 我輩も, 撲天, 文学の, 新劇の, 新聞記者らしい, 日本が, 日本人だ, 日本人の, 日本男児じゃ, 日本男児だ, 早瀬は, 昆虫館館主の, 昔から, 暴力団狩りも, 朋友, 本位田家の, 本望, 正成が, 正直だ, 武家方でございます, 死んだ二人, 汝も, 法師の, 満足する, 源家の, 父上だ, 牛も, 特にその, 独仙君だ, 生きる道, 生活を通して, 男, 男だ, 真の, 神は, 秀吉の, 私が, 私も, 立派な, 範覚わしの, 糸公だ, 綺麗な, 義も, 能書を, 自分たちとしては, 自然に, 芸の, 茂頼が, 衆議院における, 見得, 親子の, 読者は, 豊葦原瑞穂国が, 赤橋の, 遙, 銭形の, 錢形の, 頭脳が, 魔法博士も, 鴎外は, 鹽原の

▼ それとも~ (156, 0.0%)

20 知らずに 3 知らぬか 2 帰らないの, 知らず, 知らず左膳, 知らないの, 知らぬ明智

1 [123件] あの老人, あらぬ蔭, ありあまる富, あるところ, いえる, しないか, しらずことやう, しらずせまい, しらずちょうど, しらず台所, しらず運転手, しらないで, しらぬ人びと, そしらぬ顔, ないでしょうか, ない物音, なおせるもの, なく勧め, なく謎, ならないの, なると, ひとつの, みえる微笑, も少し, わからないかい, わからなかったの, シゲに, 一つ今の, 云わない方, 云わなかったかも, 伐られて, 入るか, 出来るかしらん, 出来るという, 分からないと, 分らないほど, 分らぬ迄に, 判らぬ仏, 別れるため, 助かるか, 参らば, 可愛がらないの, 変って, 外れるか, 大概の, 寝るか, 帰るかという, 引きちぎられたか, 待って, 断わるか, 来られるの, 気づかず聞きかえす, 気づかず酒, 気づかないで, 気にいらんの, 気付かずに, 浴びる光, 煽てるの, 生きるかという, 異なるところ, 知らざれど, 知らずあたし, 知らずあなた様, 知らずお, 知らずその, 知らずなく, 知らずますます, 知らず七艘, 知らず丹波, 知らず今, 知らず元気, 知らず先刻, 知らず前進, 知らず去来ひとり, 知らず君, 知らず品川表, 知らず四方, 知らず座敷, 知らず御飯, 知らず必死, 知らず悪魔, 知らず早, 知らず明智, 知らず水中, 知らず水狐族, 知らず玉置, 知らず男女, 知らず私, 知らず紋兵衛, 知らず貝, 知らず養育, 知らず駕籠, 知らないから, 知らない寄手, 知らない貝十郎達, 知らなかったから, 知らなかったの, 知らぬあと, 知らぬお, 知らぬげに, 知らぬボーイ, 知らぬ主人, 知らぬ二人, 知らぬ小僧, 知らぬ当の, 知らぬ彼, 知らぬ曲者, 知らぬ海軍士官, 知らぬ狼, 知らぬ神谷, 知らぬ薬, 知らぬ賊, 知らぬ道庵先生, 知らぬ駒井甚三郎, 知りません, 砕けるの, 考えるまでも, 考へると, 見えぬ痩麥, 言い兼ね, 言わない方, 計っての, 離れる時

▼ それなる~ (156, 0.0%)

2 女が, 女の, 少年の, 手裏剣打ちの, 達磨を, 青まゆの

1 [144件] あるじが, いぶかしき老, うつけ者達の, おかた, お小姓, お箱, かま, からのお, がゆえに, が故に, ご用主の, つづらの, とくり, は春日重蔵, ふたごの, ふた品拝見させ, わきざし, キセルの, ポチを, 一味の, 一式を, 一書は, 七人を, 三人の, 三名の, 三日月形の, 下郎は, 下郎御前の, 不審の, 不意の, 不逞漢弥三郎が, 両名, 中間の, 京人形を, 亭主は, 人形を, 人物は, 仙市宅へ, 兄弟に, 八卦見が, 十人の, 十兵衛を, 千柿鍔の, 吉原幇間が, 呼延灼黄信彭, 問題の, 四人, 四尺八寸の, 四谷の, 土蔵へ, 堀周吉の, 壺を, 夢癆妖女が, 女は, 女みずから腹を, 女を, 女何の, 女犯僧が, 女衆に, 奴を, 妻女も, 娘, 娘を, 家が, 家に, 家へ, 小男が, 少女の, 少女は, 少年が, 少年には, 左ききの, 強力とまれ, 彼女に, 往来へ, 御僧, 御尊師, 御少人, 御方に, 怪人は, 手文庫の, 抜き身を, 書状は, 桐の, 死体一見しょう, 母屋の, 毒矢に, 永守熊仲が, 江戸節上がりの, 江戸錦が, 浪人は, 浪人網は, 浪人輩白昼良民の, 清流で, 湯殿の, 熊仲和尚は, 牛若と, 用人の, 用向き私用でない, 男に, 男は, 町人ちょうだいいたしとうござる, 町人は, 画面は, 疑問の, 盲人は, 相手がたの, 相手の, 真柄家へ, 矢を, 祈祷所が, 秋楓といった, 童は, 絖は, 罪人の, 美形が, 老木の, 老職が, 者が, 者を, 耳の, 腰元が, 花魁群に, 茶の間の, 薄雪, 血まみれ男を, 血染めの, 質屋の, 軸に, 輿の, 近世の, 酒屋の, 銀子二十両は, 雑人輩の, 霧島京弥といった, 非業の, 頼み手が, 頼み言う, 顎の, 首筋の, 馬の, 馬丁が, 鳶頭の, 鳶頭金助が

▼ それ~ (150, 0.0%)

88 あらぬか 6 これかと 2 あらぬかと, やうれひかや, らちや, 有らぬか

1 [48件] あたしそういう, あなたが, あの山林, あらぬ, あらぬかとのみ, あるいはモンパルナス, これなら, さあらぬ, それか, それなら, それには, それは, であって, とおも, どういう, どうか, どんなに取りかえし, なきかに, よく飽きない, らちゅうものは前に, らちゅうものは少しく, らちゅうものは日, らちゅうもんもう邪魔な, らちょっちょっと舌打ちを, らちょっとこざかしげな顔つきを, スリの, 上の, 仮令百歩, 何に, 何んで, 倒叙探偵小説です, 判るかね, 君, 存ぜぬは, 実に声, 己の, 彼女の, 怪しき淫, 普通何, 有ぬ, 汝が, 湯屋の, 知らとうとう, 自らには, 芸州藩か, 莫迦に, 蕪菁という, 非ぬ

▼ それがね~ (146, 0.0%)

9 親分 2 それが, 姉さん, 親分側へ

1 [131件] ああ切り開かれ, あたいは, あっしにだって, あなた遊ん, あの河崎屋, あの連中何処, あゝいふ, あゝ切り開かれ, いきなりおさえつけられ, いっこうにわからない, いつか君にも, いま検事局で, いやこの, ええまあ, え師匠, おかしな話, おれの, お兄さま, お屋敷内, お話しなけれ, お金を, かうなん, ここじゃ, この男, こんどのは, さつきメイちやんから, しょって, ずいぶん變, そうじゃ, その, そのころ, その人, その紫水晶, それです, そんな小娘, たしかにあの, ただ一ツ, ちょうど都合, どうも, どうも変, どうも本妻, どうやら夢, どこかへ, びっくりする, ほんとに馬鹿, ぼくは, ぼくも, まるで手懸り, むつかしいん, もうすこし模様, もし旦那, やっぱりその, やっぱり二十面相, やつぱりさうなんだよ, やつぱりアメリカの, よく分らない, よく見る, わかって, わけが, ハズミつて随分, メロンの, 一寸一切り仕事が, 一寸綺麗, 一本も, 三年前に, 不可ね, 不思議な, 世間には, 丸で, 予想に, 他人の, 何か, 何でも, 余程長く, 僕が, 兄さん, 別段理由, 労働者が, 千束から, 厭に, 可哀そうに, 可笑しいん, 向う門に, 君でなく, 変な, 大丈夫な, 妾のは, 姉さま化粧品の, 姉さん大道の, 姉さん皆金子の, 宗家へ, 実に妙, 実は姫路, 実は照代, 尼寺へ, 岸本さん警察なんて, 従来の, 恥かし, 或日発作, 探検隊とは, 旦那その, 旦那大笑いな, 旦那屹度庄さんは, 時々散歩, 時に嫌疑, 本当にたしか, 残らず二つ, 洵に, 源氏の, 熱は, 特別に, 犯人の, 申しおくれた処, 私あの, 私は, 私個人としては, 素足に, 至急を, 舅姑の, 親分さん, 親分少し, 親分肘を, 親方, 言は, 誠に奇妙, 近常さん, 道夫さんどうも, 郷里に, 酷いん, 面倒くさくてね, 飲酒家の

▼ それぎり~ (138, 0.0%)

9 黙って 8 帰って 5 であった 4 だが 3 で消え, で黙っ, になった, になる, 出て, 切れて 2 だ, だった, である, ですか, で別れ, 寝て, 帰らねえの, 戻って, 暫くは

1 [76件] ずっと引きこもり, だと, であって, であると, でした, でしたが, です, で再び, で御, で忘れ, で急, で止む, で止めた, で止ん, で消えました, で済む, で済ん, で絶え, で聞こえなくなった, で遂に, になっ, になりました, に亡び, に彼, に成った, に成りまする, に顔出し, のこと, の事, の人数, の裏, の馬, また言葉, 会わなかった, 何ともいっ, 何とも口, 倒れて, 再び帰っ, 再び歸つて, 出なかった, 参りません, 又ぼんやり, 多計, 寝る事, 尋ねて, 帰らない, 帰りません, 引き込もうと, 引留められて, 忙しい夕暮, 暗そう, 最早お, 最早一緒, 最早誰, 来ないので, 来なくなった, 来ねえか, 死ぬ, 消えて, 絶えてしも, 考えなくなった, 行きませんが, 行き過ぎた, 行くえ, 見えないので, 覚めてしも, 触れなかったが, 途切れて, 途絶えて, 鎮まった, 飛び退きも, 食い込めなくなった, 黙つて仕舞, 黙りこみ新聞, 黙り込み仕事, 黙り込んで

▼ そればかりを~ (133, 0.0%)

9 考えて 5 念じて, 楽しみに, 気に 4 心配し, 思って, 繰り返して, 苦に

2 [11件] たよりに, 待ち構えて, 待って, 心頼みに, 思った, 恐れて, 案じて, 祈って, 神様に, 頼みに, 願って

1 [71件] あてに, おいのり申し, お祈りし, お附け, じっと見つめ, ちびり, つかって, ねがって, はかない生き甲斐, キヨロ, 丹精し, 二時間も, 仄かに, 今日まで, 余りの, 内心切望し始めました, 切り放して, 力に, 単独に, 口に, 噛むよう, 大事に, 奏して, 専門に, 専門の, 希うてを, 希んで, 当てに, 彼は, 待ちかまえて, 待ち暮した, 待ち暮して, 待つて, 心で, 心まちに, 念願と, 怒ッ, 思いわ, 思い悩んで, 思うよう, 懸命に, 旨そう, 望むの, 望んで, 楽に, 樂しみに, 沁, 無念がりました, 用ひ, 申して, 眺めて, 祈つて, 繰り返した, 繰返して, 繰返すの, 考えました, 考へた, 考へて, 考究した, 職業として, 薊は, 見つめながら, 見て, 訴えたり, 説いて, 読みつづけて, 追つて, 頬張つた, 頼つてゐる, 食べて, 驚いて

▼ それ~ (131, 0.0%)

14 切りか 4 切りだった 3 くらいのこと, 切りだ, 切りで, 切りです, 切りの 2 切りわからず, 切り口を, 切り黙っ

1 [92件] あの手, あれへ, いまの, おいで, おれが, お出ましだ, お渡し, お館, くらいなら, くらいのところ, この世の, この狼藉者, この通り, この間に, これは, こんどは, すぐさま引っ立てろ, すぐ手配, たけの, ばかりか, ぱかしかといわれた, ぱかしじゃなかったと思った, ぱかしだけやって女と, ぱかしのものであったのか, ぱかりのバターで, ぱかりの儲けを, ぱかりの月給じゃ, ぱかり可笑しい, ぱし書いた, ぱっち, まっすぐに, みな殺しに, よしか, 一致し, 今だ, 典医を, 切りしか, 切りだまった, 切りだろう, 切りなら, 切りパッタリと, 切りフイに, 切り元の, 切り呑込む, 切り夫の, 切り息が, 切り揚りません, 切り相手は, 切り知りやせん, 切り行方が, 切り行詰っ, 切り顔を, 合図を, 合戦だ, 城頭へ, 大江へ, 太史慈が, 孫堅を, 将門だ, 左右太, 巨魁を, 弓で, 弾が, 御旗, 思い思いの, 戴宗に, 押渡れ, 早くっ, 森の, 欧鵬の, 母屋へ, 江州へ, 突込め, 窓から, 者ども, 船を, 蕭関へ, 血祭りぞ, 表の, 諸将, 這奴を, 部将輩その, 酔どれに, 銅鑼を, 関羽を, 阜を, 限りじゃ, 限りだ, 限りです, 限りの, 霧谷の, 駕籠を

▼ それ以下~ (130, 0.0%)

4 のもの, の者 3 である 2 ではない, でも無い, に下落, の一般, の人たち, の人間, の動物, の日数

1 [103件] が下町, が結婚, だと, であったとは, であらね, であるか, であること, であろう, であろうと, ですむ, でなぜ, ではてんで, ではどうしても, でもありません, でもない, でもなく, で売っ, で奥, というわけ, とかそれ以外, とも云, ならば, なり裟竭, にある, にあるであろう, におちぶれる, にこれ, になる, になるであろう, になれ, にはなっ, には下らぬ, には下落, には二百以上, には減っ, には降らない, にもた, にもなっ, に分割, に売っ, に於, に異人, に盛っ, に通用, に降るであろう, のいい加減, のこと, のところ, の下級人民, の乞食, の二, の人々, の先祖, の分量, の十四字, の地心全体, の場合, の大少, の安い, の官吏, の宮廷, の寒冷, の少数, の幹, の店, の座席, の心的作用, の擂, の文句, の望遠鏡, の條件, の比較, の男の子, の男児, の白人, の知識内容, の短, の社会, の聞かじり, の職人, の裸虫, の費用, の資格, の身分, の軽い, の軽輩浪人, の輕罪, の輩, の部分, の銅, の韻律, の順序どおり, の額, の高官たち, は亀井戸, は勘定, は無数, は百合, へは巻いた, もしない, を新, を液, 忘れて

▼ それくら~ (126, 0.0%)

85 ゐの 14 ゐに 5 ゐで 2 ゐでいい, ゐな, ゐは

1 [16件] ゐあるだらう銀行, ゐあれば, ゐあれや, ゐかなあ, ゐございましたやう, ゐであるから, ゐなこと, ゐなら僕ひとり, ゐなら始, ゐな精進, ゐキビキビ, ゐ一, ゐ大きい, ゐ待つとも, ゐ押, ゐ銀行

▼ それ相当~ (115, 0.0%)

6 の理由 3 のこと 2 な好意, な尊敬, の修業, の報酬, の興味, の覚悟, の難産

1 [92件] なたしなみや, なもてなし, なもの, な一種, な働き, な因縁, な生計, な用意, な社会的評価, な考え, な身, にあなた, におもしろい, に不親切, に仕合わせ, に受け取り, に店舗, に批判, に速く, に金, のお返し, のしかし, のたしか, のちが, のちがった, のむくい, のやはり, のわび, のリギン, の世間, の主張, の事情, の人格, の価値, の値打, の効果, の反応, の収入, の変った, の夢, の女らしく, の尊敬, の後々, の御, の復讐, の悪魔式, の意味, の態度, の慰労金, の手応, の技法, の技術, の抱負, の持場, の敬語, の方法, の条件, の根拠, の格式, の機械的設備, の歳月, の熱情, の特性, の理窟, の用心, の用意, の由緒書, の療治, の研究, の礼, の空虚, の立, の筋道, の紋付, の組織, の職業, の若, の苦労, の行為, の計算器, の訓練, の設備, の証書, の貢租賦役, の資格, の野心, の金, の長所, の限界, の難題, の飲み代, 手ごわい連中

▼ それ自ら~ (115, 0.0%)

2 [16件] が停止点, が内容, が常に, が解決, としては消極的, として独立, として體驗, に於, に施す, のもつ感銘, の中, の合理性, の存在, の實, の心, の敗北

1 [83件] が不安, が他, が全一, が冬, が却って, が周圍, が定, が息, が抒情詩, が持つ, が本質, が現実, が美, が解き, が詩人, が豪勇無比, が音樂, すでに超, だけで, でありながら, であるかの, ではあなた, で留まり, としていつも, としてすでに, としての矛盾撞着, としてはそれ, としては勿論, としては愛せられる, としては根源的體驗, としては觀念的存在者, として實在者, として顯, とでもいうべき, にいのち, において實, にし, には善, によって肉付き, によつて, に價値, に内在, に変換, に大勢, のいのち, の一, の中央部, の中心, の中心從つて實, の価値, の内部, の力, の天地, の孤獨, の快楽, の明る, の永遠性, の浸蝕, の生活, の純, の詩形, の途, の運行, の重力, の食養, はすこぶる, は他, は依然, は單純, は科学方法論一般, また彼, も凍りつい, を外, を滅ぼす, を至って, 主體, 制して, 反基督教, 同じ悲劇, 既に散文, 既に詩, 正しい時代, 護るべき慧智

▼ それだって~ (110, 0.0%)

2 何も, 結構です

1 [106件] あんなにぴかぴか光らし, あんまりさしつかえありません, あんまり変り, い, いいじゃあ, いいで, いつも附い, おそらく許す, お前, お前なにも, お前危ない, お前時の, お前来, お前滅多に, お秀, お米, かまわないん, ここに, ことよ, この家, これを, こんなにお待ち, しかたが, すぐ判るでしょう, すこしほめすぎ, せんだってじゅうは, そういう旧派, そのカラクリ, その女, その棒手, そんな大きい, たいしたこと, ただ刺戟, とにかく嘘, どうなる, なにも, なんでも, もう五六銭, もしそれ, やって, わからないよって, アメリカから, シビルは, 一種の, 三十前後の, 九年という, 乱暴な, 人の, 人間の, 今時この, 俺が, 僕は, 先生今は, 内所へは, 凄いわね, 別の, 別段耳, 却って胸, 同居人と, 大阪に, 夫婦と, 好いじゃ, 婆さんが, 安くは, 少なくともわたしたち, 帰れば, 平気さ, 廉く, 恐れは, 慌てること, 日本じゃ, 日本の, 本名か, 本当に良い, 本心から, 構わねえ, 様子を, 民さんに, 決して結構, 淋しかった, 無常の, 煎じつめれば, 父娘の, 狂人より, 率直に, 珍しいです, 生活の, 男性通有の, 神の, 私に, 私は, 空な, 素子に, 線路を, 自分を, 良人これに, 花を, 荒だてて, 見違えるほどの, 話は, 誰の, 退屈しきってる, 途中牡丹の, 金さえ, 馬鹿ンつら, 高すぎる

▼ それとの~ (110, 0.0%)

12 間に 8 間には 5 間の 2 どこに, 交渉は, 対比で, 比較を, 比較値を, 関係を, 闘争に, 關係交渉に

1 [69件] たたかいが, たたかいに, レコードを, 一致が, 一致点および, 上手な, 中に, 中央を, 中間的存在だ, 二つに, 二重の, 交渉が, 値段の, 共同において, 同一性先驗的同一性は, 妥協で, 妥協などの, 対比が, 対比その, 対照で, 対立の, 張り合いの, 從つて又, 必然的なる, 戦い疼痛などで, 抗争の, 本質的な, 正しき抱擁, 正当な, 比例で, 比例において, 比率が, 比較が, 比較さ, 比較において, 比較によって, 比較によつ, 活きた聯關, 異同が, 直接的合一は, 相異, 相違する, 相違に, 相違を, 組み合わせ, 結び付けと, 結合共同合一など, 聯關において, 聯關を, 誤聞だろう, 調和統合において, 距り, 連関に, 連関を, 違いを, 間柄と, 間柄は, 間隙と, 関係で, 関係において, 関係においての, 関係も, 関連において, 闘いを, 闘争といふ, 闘争も, 關係において, 關係を, 飽和である

▼ それ相応~ (109, 0.0%)

5 の理由 3 の用意 2 のもの, の扱い, の文句, の生存, の粘着力

1 [91件] な事, な処, な幼稚, な待遇, な理屈, な理由, な申しわけ, な自重心, な覚悟, にうまく, にこじつけた, にし, にその, にひかえ, にやっつけられ, に一々, に内心, に半, に大将, に女, に好意的, に威張ってる, に尊敬, に居場所, に根ぶかい, に気苦労, に源氏, に独殊, に理由, に看客, に立派, に繁昌, に罰し, に芸術, に萌芽, に調子, に選定, に骨, に鬼門, のお礼, のこまかい, のもてなし, のわけ, の予告, の事, の事件, の値段, の先型, の危険, の天職, の安, の安い, の尊敬, の工夫, の役に立つ, の復讐, の必然性, の恋, の意識, の手続, の才学, の才能, の技法, の挨拶, の条件, の来歴, の権威, の欠点, の浮世絵, の満足, の特徴, の特色, の理窟, の理解力, の生活, の礼式, の社会的地位, の程度, の穴, の結果, の色彩, の覚悟, の話, の身分, の都会, の鑑識, の防禦, の需要, の青春, の音, の饗宴

▼ それだけに~ (108, 0.0%)

12 して 4 なって, 過ぎない 3 止まらない 2 しては, すぎないの, とどまらない, なった, 早く幕, 止って

1 [73件] ある香り, いいところ, いっそうぐっすり眠っ, うちこんで, かれを, きまって, こつちから, したところ, しても, しと, しろたとえ, すぎないと, そこに, たしなんだおと, とどまったの, とどまっては, とどまらなかった, とどめて, なったが, なりますと, なること, なるまでの, ひねくれた陰気, 一層さうな, 一層なにか手, 一層光栄, 一層愛惜, 一層碌, 今日の, 仰ぎ見て, 使える人, 備わるもの, 出て, 動かされ易い, 参っちまったり, 又杜撰, 反って, 呻き声, 問題が, 堪らなく嫌, 学ぶ点, 尽きない, 帰して, 引きずられて, 引き摺られつつ, 成るべく無駄, 打ち込まなくつちやダメ, 敏感な, 於いては, 日本流の, 書きにくい, 柔く, 極めて, 止まった, 止まらなかった, 止めるべきである, 独特な, 甘んじること, 田辺博士による, 研究する, 老いても, 見て, 見るほど, 謂わば, 込み入った概念, 過ぎないが, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎなかったので, 長く自責, 限られたこと, 面白くも, 高まったとも

▼ それそれ~ (104, 0.0%)

2 お法衣, がいけない, だ, だから

1 [96件] あの人たち, あの尺八, あの西洋人, あの通り, いつぞや島田先生, うまいはずぢ, おどれ, お浦, お留坊, お葉さん, かわいい女の子, がいかにも, がお, がわからん, がわかれ, がわるい, が女々しい, が敦子さま, が証拠, が闇, このお隣, この山, この見当, この通り, この金袋, ごまし, さう, すなわち推古, そういうこと, そうおい, その, そのはにかむ, そのよう, その事, その伯耆, その夕べあした, その嬉し, その富士太鼓, その小, その戸袋, その手, その方, その森田留蔵, その清姫さま, その湯呑, その節, その衽, その覚悟, その親睦会, それからあれ, それでご, それで犬, それで盗まない, それで私, そんなに不自然, そんなに考えない, たったいま, だその, ですわ, でなくちゃ, とあの, とりあえず仙台城下, と思ひ出し, どうかあれ, にちがい, に働ける, に決った, に聞えまする, に違い, の地方, の寿命, の手蔓, の村, の病気, の道順, もう一つ仙台家, を云う, を忘れ, を決議, を特定国, 今にもう落ちる, 少し仰向い, 御老中差廻し, 果してこの, 死んだ爺さん, 死んで, 申しますと, 見たが, 見たこと, 見な, 見なさい親孝行, 見ろ, 言わぬ事, 転ぶわ, 遠からず, 面白いぞ

▼ それ~ (104, 0.0%)

8 であるが 6 ですが 5 だが 2 である, です, 両三回スキー, 僕は

1 [77件] あっけに, あなたへの, お待ち下さる, ここ数日大活動を, そこに, その男, だ, だけれども, だった, だと, ちっともそれ, なかった, みも, もう一人, ゃ何も, ゐた長崎, ゐろと, ウツラウツラ居眠っ, セリフなど, バラバラに, 一回も, 一度も, 何うです, 何を, 何卒お, 包を, 参り候, 外交官を, 外国の, 家の, 待ち候, 待って, 待つて, 御辛棒, 思ひ惑うて, 意匠を, 抑えて, 新聞に, 日本で, 普通の, 東京の, 棕梠の, 横に, 気が, 気づかなかった坐敷, 永井君の, 汐を, 決してなかっ, 海岸を, 涙を, 珍らしく, 田舎の, 皮膜を, 監視し, 眠れなかつた私, 知らずに, 私は, 米も, 結婚を, 網代笠を, 耳に, 聞きなれたの, 自分と, 自発的の, 良人と, 芸者なる, 見たこと, 話によってのみ, 貝殻だけで, 近づかなかった馬市, 述べて, 道楽も, 達者で, 金は, 響きが, 風呂に, 黙つて二人

▼ それしか~ (100, 0.0%)

15 ない 7 なかった 3 ありません 2 あるまい, ないで, ないよう, 今の

1 [67件] いいよう, いえないの, いえなかった, いわなかった, お答えの, お金が, できないやう, とるべき道, ないか, ないぞと, ないと, ないとは, ないので, ないはず, ない排他的, なかつた, ほかに, やって, よい戦法, 世を, 云いよう, 云って, 今は, 仕方が, 出して, 出なかった, 助かる方法, 商売が, 存在しない, 彼女の, 思わせない余燼, 思惟らしい, 恃むものはない, 恃む兵力は, 恃む途は, 手が, 持ち得ない, 持てないもの, 文字が, 方法は, 書けない, 民心を, 気力が, 注意し, 無いから, 無いの, 無かった, 直義には, 真っ向に, 知らないの, 知らねえの, 答え得なかった, 策は, 経って, 考えて, 考えられない, 考えられないで, 考えられないの, 考えられませんから, 考えられん, 考え出せなかった, 自分の, 見届けぬうち, 見当らない, 言は, 途は, 頭の

▼ それまでには~ (100, 0.0%)

3 なかった, 己らだ, 私の 2 必要な, 非常に

1 [87件] あなたこそ, あの木, いったん月, いろいろな, いろんな幻滅, おおかみ, お米, きっとなおります, こちらも, こっちも, この飛行器, ごく少数, し得なかった, そなた, その悲しめる, だいぶ距離, ちゃんとお, ちやんと, どうあろう, どうしても立退かね, なお数巻, なにも, また一苦労, まだしばらくあいだ, まだなかなか, まだ一度, まだ十五六分の時間, まだ少し時間, まだ時間, よくなる, よほどの, 一時間しか, 争議も, 二十日も, 五時間の, 人家とても, 何とか, 余程の, 倦き, 出来てる, 出来るだけ, 別にこれ, 加勢も, 半月ほどの, 及ばぬ, 及ばん酒, 及びますまい, 及びませぬ, 及び兼ね, 及ぶまいかと, 及ぶまいにな, 古藤は, 地代の, 多少の, 夜具や, 夢にも思い設けなかった, 大坂, 孫の, 少くとも, 尻尾の, 工業に対する, 帰国の, 常木先生の, 年造も, 店から, 後五年ある, 憲法制定の, 成長し, 戦争も, 時間が, 未だ七夜, 民衆に対して, 気が, 治るべ, 無限に, 爽, 片が, 生活の, 病勢は, 相当の, 約四千万年, 見つけて, 費って, 起床から, 運んで, 長い期間, 阿片を

▼ それぐらいの~ (97, 0.0%)

23 ことは 5 ことで, ことを 2 ことが, ことには, 金は

1 [58件] お金は, ことあっ, ことさえ, ことしか, ことそんな, ことだけ, ことだったら, ことなんでも, ことに, ことの, こと僕だって, こと分らん, ところ, ところだった, ところで, ものだ, もので, ものでしょう, ものです, ものに, イタズラせず, イタズラは, ウソは, ウソを, ケイカクは, ケチな逃げ, タンカは, 事で, 人間性は, 冒険が, 哀れな, 品は, 執念です, 堂と, 夢が, 夢は, 女の, 子供の, 寛容さが, 小説作法入門ぐらいは, 島が, 常識は, 度胸が, 文章が, 智恵を, 気慨は, 気象が, 潔癖が, 激しい汚辱, 熱狂ぶりであった, 理も, 生活の, 知識が, 破壊力の, 自覚も, 見分けが, 長さ, 隠しごとは

▼ それへの~ (95, 0.0%)

2 一つの, 怒り, 意慾も, 自分の

1 [87件] きわめて巧妙, または内国商業, 一歩まえ, 一瞥を, 不信任との, 主観的な, 仮の, 何かに, 侮辱と, 信念が, 信頼が, 傾きを, 内面的抵抗を, 冒險征服が, 処しかたが, 動きそのものさえが, 動きは, 即応の, 参加を, 反対が, 反感であった, 反感の, 反抗は, 反撥で, 反撥の, 同意に, 執着は, 嫌厭の, 嫌悪から, 完全移行を, 実行的な, 家康の, 対策を, 尊敬を, 幻想が, 御馳走は, 復歸は, 思慕に, 悔悟と, 悲哀を, 愛は, 愛着と, 愛着を, 憎しみは, 憧れは, 懸命に, 戒心が, 手づるは, 批判者としての, 抑えと, 抗議として, 抵抗である, 抵抗という, 文学的対蹠の, 文芸批評家の, 未練が, 本格的の, 欲望は, 止みがたい, 正しき準備, 武装的布告だった, 歩みを, 直接の, 穿鑿が, 突然の, 端的なる, 答えは, 答えも, 素材の, 編入試験を, 纏綿な, 羞恥感に, 肉付けと, 肉付けに, 視点を, 評価を, 誇らしい反抗, 警告として, 責任を, 足ご, 軽い反撥, 通路, 通路である, 通路としての, 部分的な, 関係について, 陶酔と

▼ それについての~ (93, 0.0%)

3 憤りも, 私の, 自分の 2 意見を

1 [82件] あなたの, いろいろの, いろんな事, お取糺しらしい, お話は, ことより, こまかい話, ごたごたや, しゃれ自慢, たしかな, ほのめかしの, プロスさんの, 事々が, 事の, 事務を, 人間に, 以上の, 伸子の, 僕たちの, 充分な, 具体的方策が, 内省を, 凡ての, 勉強方法の, 十分な, 否定は, 嘆願じゃの, 変更カット等, 妻籠の, 実際うすれ, 対策を, 小生の, 工夫は, 希望的判断が, 弁明とは, 当時の, 心得は, 思い出話を, 思案で, 意図を, 感想かかなけれ, 懇談に, 批評も, 指示を, 挨拶は, 推量は, 文章などにも, 方法等を, 最も本質的, 様々な, 欲求を, 比喩は, 氣持や, 注意を, 熟練を, 物語が, 特集雑誌などを, 疑念なら, 省察を, 知覚を, 知覺を, 知識をも, 研究も, 称讃が, 究極の, 考えが, 興味深い多く, 苦労なら, 著書が, 解釈が, 話で, 話も, 話を, 認識を, 譚全く, 議論らしかった, 返辞も, 追憶記か, 都民からの, 鄙見は, 面接は, 饒多な

▼ それなれ~ (91, 0.0%)

54 ば何 3 ばその, ば私 2 ばこそだ, ば御

1 [72件] ばあの, ばいおう, ばいふ, ばいよいよ, ばかれ, ばここ, ばこそ, ばこそここ, ばこそたと, ばこそたとえ, ばこそともすると, ばこそふと, ばこそまだ, ばこそわれわれ, ばこそドローレス, ばこそ一層, ばこそ上野山君, ばこそ俗化, ばこそ僧, ばこそ前もって, ばこそ子供, ばこそ撫でる, ばこそ異口同音, ばこそ神戸氏, ばこそ私ら, ばこそ花, ばこそ風船, ばこれ, ばこれから, ばさっき, ばそ, ばそれ, ばだ, ばという, ばなお, ばなぜ, ばなに, ばなほ, ばなほ更都合, ばまことに, ばまだ, ばミイラ, ば一体, ば今度, ば仙太郎, ば会わせ, ば何より, ば何故, ば何樣, ば倭文子, ば僕, ば別, ば十二三貫, ば同行者, ば売られませぬ, ば宜しい, ば師走狂言, ば我, ば拙者, ば新着, ば旨, ば早く, ば明日, ば本当に, ば検察官, ば獨逸皇帝, ば粗末, ば誰, ば貴公, ば頭, ば龍泉, ア気楽な

▼ そればかりじゃ~ (89, 0.0%)

29 ない 13 ありません 4 ないん 3 アねえ 2 ありますまい, ございません, ないの, ないのよ, なかった, アない

1 [28件] ありませんここ, ありませんよ, ありません宅, あるまいと, ごぜえ, どこか, ないあの, ないあやめ, ないいま, ないこの, ないちょうど, ないなんだか, ないまだ, ないや, ないらしい, ないらしいね, ないわ, ないわれわれ, ないワザ, ない僕, ない向う, ない話, ない足, なかったね, なく, ねえだ姉さん, ア無い, 有りません

▼ それ見ろ~ (89, 0.0%)

3 といわん 2 あれは, お麗さん逃亡, それは, それ見ろ, 廊下の

1 [76件] あまねく諸国, いよいよどうにもやつ, えらい事, おまえが, お父様御覧, きつねに, この坊さん, この通り, こんな大きな穴, その繩, それが, それじゃ, だからこッとら初手, だから乱暴, だから云わねえ, つまり目黒, といいたげ, というよう, といったよう, といふ, といわぬ, とでもいいた, とますます, と云う, と云つて名古屋, と人, と俺, と内心, と冷評, と喜平, と幾分, と心, と思い, と思う, と思われる, と私, と笑いたかった, と笑いました, と笑いもの, と言わぬ, と言われ, どうだ, な怒られつ, またし, また一人, よ, よあれ, わたしも, ハッハッハ, ポンと, 一度この, 人間が, 何事も, 圖星だらう, 夢じゃ, 後の, 文治は, 早瀬, 昨夜明神下の, 本なんぞ, 林田だ, 気に, 猫や, 直に罰, 筑波見ろ, 結婚しない, 罰が, 至極難題, 言は, 誰か, 貴様だって, 買つて貰へたで, 金仏さまは, 錢形の, 馬鹿に, 馬鹿七の

▼ それその~ (86, 0.0%)

2 おまへと, とおり, ように, 塔なり, 工兵も, 通りだ

1 [74件] おめ, お使, お顔, ことじゃ, ことだけは, これにおけるや, とおり話し, はにかむよう, トヤといふ, 一廓は, 一間を, 三条の, 事でござる, 人の, 伯耆の, 例の, 冠った, 冷露に, 前に, 功名栄利に, 売僧を, 夕べあしたの, 天向きの, 嬉しさ, 富士太鼓, 小親, 山路を, 川だ, 座禪を, 御幣が, 心持ちが, 恰好が, 戸袋に, 手が, 手を, 挙動の, 新組織, 方ども, 時大漁で, 時飛ん, 木の下, 机の, 森田留蔵, 様に, 橋の, 機会あらしめ, 死骸の, 清姫さまの, 湯呑も, 生涯の, 男の, 石の, 石段を, 窓際に, 竜の, 竹の, 笑いが, 節幌馬車の, 蛇よ, 蠅だ, 衽は, 覚悟が, 親睦会が, 証拠には, 通りき, 通りわらわ, 通り二人も, 通り十分に, 隅っこの, 鞄が, 額さ, 顏に, 鯛を, 麁朶を

▼ それを以て~ (86, 0.0%)

4 自分の 2 して, 満足し, 直ちに作者

1 [76件] この, その人, その作品, それを, どうしよう, なされば, もう黄金浪, われら宿老どもが, アイヌの, ケイ女史の, ドレゴの, 一旦中絶, 世を, 世間に, 他を, 他人を, 俺の, 僥せ, 兇惡の, 全部とは, 勝手に, 古文献, 困難若く, 大地を, 大部の, 子女の, 家長の, 小学校の, 己らを, 師を, 彼自身も, 律すること, 得たりと, 心の, 必勝の, 感奮の, 憤然朝日新聞へ, 房州の, 改めて所謂純文学, 新しき詩, 日本人の, 明らかに, 最大な, 最終の, 朝廷を, 母親に, 水野は, 深く心, 満足したらしく, 満足とは, 無上最, 爾雅, 理想境建設の, 甘んじて, 生涯しよう, 町内を, 直ぐ古い, 直ちに現代日本, 直ちに編輯者, 直ちに赤化, 直に詩以外, 秀忠を, 終りを, 自他の, 自分を, 若い女, 被ふこ, 見ても, 見ると, 言外の, 説明を, 輕氣球の, 返事に, 遍満至らざる, 過去の, 魔除け

▼ それ~ (86, 0.0%)

6 という 3 急げ, 逃がすな 2 ていうの, と言, と言う

1 [68件] あの隙, おのおの, おのおのぬかりた, お武家様, ぐずぐずし, この上, この機, この虫けら, ご門前, その者, てえの, てんで威勢, と, とあ, というなり, といっ, とうしろ, とかつぎあげる, とたちまち, とばかりすぐ, とばかりに追おう, とばかりに雲, とばかり一団, とばかり乗りこんだ, とばかり皆, とばかり長蛇, とばかり馬, とひだり側, とワーニャ, と五, と僕, と六波羅, と又, と合図, と周囲, と大刀, と店先, と役人たち, と待ちかまえ, と放たれた, と木川君, と検事, と櫂, と炭, と皆, と皆ハリキ, と目, と直ぐ, と縁側, と船, と言っ, と誰, ぽっち, 取り囲め, 取り押えろ, 大先生, 怪し火, 抜かり給うな, 放しさ, 早くしろ, 早く漕ぎつけ, 畳んじまえ, 目ざす怨敵, 突かんかい, 落ちた, 行け, 行って, 見失うな

▼ それさえも~ (84, 0.0%)

3 知らなかった 2 分らない, 忘れられて

1 [77件] あまり明白, いつしかやみ, いろいろな, お請合い, きこえないこと, きびしくいえ, きまりが, しないで, じっと耐え, すぐ消えた, そうであった, ただ自分自身, つまらぬこと, なかった, なさらないという, はっきりは, はっきりわかりません, まだ見当, やがて見えなくなっ, わからずようやく, わからない, わなわな顫, 一つの, 不明である, 今は, 何かしら, 併し, 出来なくなったこれから, 分からない, 分らなくなって, 分らぬが, 判らぬという, 判然しなかった, 制限が, 十年まえ, 十年以前の, 半額と, 叶わなくなったのに, 夜の, 好くは, 定かで, 実際の, 影を, 彼には, 待てないか, 忘れさせて, 思うに, 感じません, 憎むと, 文学の, 明瞭し, 未だ十分, 材料と, 沖縄の, 現である, 現在の, 理解しかねる, 瞬間に, 私の, 私は, 突発では, 立派な, 第一部, 絶えいろいろ, 綾麿は, 緑の, 罪の, 脅威を, 苦痛の, 茫と, 覚えて, 親類の, 計画し, 過去に, 随意なら, 飲もうとは, 飽きて

▼ それごらん~ (81, 0.0%)

39 なさい 43 なせえ

1 [35件] あそばせ悪女, おお怖い, お銀様, すぐほし, そんなお手本, といいたげな, というふう, と云わぬ, なさいあまり, なさいあんた, なさいあんな, なさいお, なさいその, なさいだか, なさいと, なさいという, なさいといった, なさいどちら, なさいまし, なさいませ, なさいやつぱり東さんぢ, なさいわたし, なさい云わないこと, なさい何だか, なさい坊ちゃん, なさい春子さん, なさい無理, なだから, な仏様, よ, よだれ, よ明後日一杯きり, よ飲みたい, 知って, 苦しいだろう

▼ それといふ~ (79, 0.0%)

42 のも 19 のが 12 のは 1 のを, ひとは, 人が, 個人を, 合図を, 合圖の

▼ それのみか~ (79, 0.0%)

2 床に, 彼の, 遂には

1 [73件] ああいった, あまり一つ, あらかじめ太守, いよいよ放恣, おそらく, お父様, このあいだ房州, この兄, これが, そちの, その眼, とっさに, どうやら彼女, また次, み位, もう一歩夫人, よく見ろっ, ダーウィン, 一声吠えた, 一年の, 不安の, 不意に, 五六ヵ月も, 人を, 今まで, 他の, 仙岩の, 以前の, 侍女に, 信心の, 僕が, 前の, 古手紙から, 向うで, 呂宋兵衛が, 壁から, 夜毎に, 大昔の, 子供達は, 実を, 小賢しい奴, 当の主人たち, 彼が, 彼は, 彼女は, 御主人, 御亭主, 御寵愛, 復讐は, 思いも, 急に, 恬として, 意外な, 戦いの, 折々は, 曹操は, 某事件, 根堅き, 武蔵も, 氏素姓を, 炬燵の, 然様いう, 白いうち, 相手が, 私は, 縫って, 腕ききの, 衣服一枚くれるで, 貴族階級を, 轟九蔵と, 連年戦争と, 門を, 門前町から

▼ それにて~ (78, 0.0%)

3 まえが, よろしく候ひな 2 われも, 牛乳鑵を, 申して, 足るべくも

1 [64件] お待ちねがいたい, お待ちを, お待ち願いたい, お控え, お控えあれ, ごらんくだされ, さへ, なでたるも, やつと, ゆるりと, よろしく候いなん, よろしゅうございましょう, 事済むなり, 事足れりと, 他に, 全く総て, 凌がれん袷, 力づけ給, 十分なり, 十分なるべし, 十分也, 可い, 始めて, 始末は, 安堵いたしました, 宜敷けれ, 差し支えなくば, 式事は, 御勘弁, 御自害, 心なごみき, 思い当りたり, 思ひ合, 悉皆謎, 意味が, 打ちて, 打撃したる, 放免に, 書け, 果る, 求めましたので, 済むべきや, 満足が, 生涯讀み厭く, 申しのべた, 申せ, 申せ大事, 直参旗本の, 立つこと, 紛れを, 罪状明白証拠充分という, 聖マリア彼の, 見物候え, 詩を, 語れ, 読め, 調べよ, 足れりと, 足れり宗教, 足場を, 通り我, 造化は, 鏃を, 頼みしが

▼ それすらも~ (76, 0.0%)

2 この頃, ないの, まだ判らない, 私には

1 [68件] いざと, いろいろの, おたがいに匿そう, かなわなかつた, はっきりとは, まとい得ざるもの, まるでよそ, もどかしくて, よくわかりません, よく解らない, よこさぬとは, わからないの, わきまえて, タンネンに, 一ヵ月余も, 今では, 代助, 出来ないので, 分つて, 分らないの, 分らないほどに, 分らぬ, 分りは, 判らなかった, 判然しなかった, 判然せぬ, 判然とは, 別天地の, 口に, 右門には, 喪って, 困難な, 失はれた状態, 妬ましかった, 弱々しく深い憂いの, 彼に, 得難い, 心当たりが, 思ひやれない卓一, 意識する, 愛情の, 感じないの, 手前には, 振廻す暇, 敢えて恐れなかった, 書けさ, 書けそう, 殆ど見当が, 淋しきを, 満々たる, 漸く持ち帰った, 然し悲しい, 父は, 現在は, 知らなかった, 確かには, 自ら気づいてない, 表面には, 見つからぬお立ち惑い, 見当が, 解き渡して, 言わなくなったどころか, 調はずし, 諸説紛々で, 避けること, 面倒くさくなっ, 頼めば, 黒猫に

▼ それこそは~ (74, 0.0%)

2 セルト種族の, 我々の, 松の

1 [68件] あの不幸, あの有名, あの飢饉, お分り, ぐずり松平, こちらの, ことやうなれ, この作家, この暗号, この蟻田博士邸内, さきの, たびたび聞いた, どうしても解かね, どんな目, ひげ, まさしく同僚あばた, まったく身, もう姥捨山, やさしいもの, よう御存じ, わが生身, ヒルミ夫人の, ヨーロッパ臨終の, 上天の, 世の中, 事実の, 事實の, 人の, 伊予守忠弘が, 伊那丸にとって, 元貴族, 劉備玄徳の, 加亮先生呉用の, 北条治下の, 四年前に, 大きな御, 大変である, 妹の, 安南, 実に小娘, 実に意外, 実に穢, 岡引虎松の, 巷話, 思わざる巡り合わせでした, 我等, 本来この, 本気に, 桂子自身の, 横面は, 次第に冬, 止利曲嘴の, 江戸の, 活火山などよりも, 生きた詩, 神様では, 紛う方, 紛れなく自刃, 紛れも, 至当なる, 興味の, 草葉の, 衆生済度の, 観念論者に, 諸人熱望の, 身を, 逆恨みよ, 青春の

▼ それでない~ (74, 0.0%)

6 と私 3 ことは 2 と何時, と僕, と申しあげ

1 [59件] かとじっと, とああ, とあたし, とお前, とくせ, とする, となんだか, とほんとう, とぼく, とまったく, とやり切れまい, とよく, とわたしうち, とわたし達, と一雄, と世界, と世間, と今, と今にきっと, と仕事, と何だか, と充分, と公然, と却つて, と又, と取返し, と可哀想, と困る, と大将, と学年試験, と宅, と実に, と小説, と張飛, と往き, と戦, と拙者, と授業, と本筋, と東京, と気迫, と決して, と湯気, と物, と親類付合い, と話, と警察, と途中, と遂に, と青い, と餘, にし, のぢ, ので, のは, 人は, 場合でも, 小説の, 表面の

▼ それとして~ (74, 0.0%)

2 一廉であり, 伸子の

1 [70件] いちばん葉子を, お置き, この家, この物語, その君江, その平面, その後私は, その農民, まずきゃつ, ストラトフォードの, ニコラスの, 一つの, 一定の, 一種の, 人々を, 今は, 今日の, 今日は, 会を, 価値の, 俗物としては, 偽りの, 十分認め, 南部氏よく, 博士は, 反省の, 唐寺の, 完成し, 心理の, 意義の, 意識され, 描写し, 文化的な, 明日は, 時代の, 次の, 此等の, 民弥殿は, 火を, 現実の, 現象的に, 理窟が, 理窟を, 生活の, 産だ, 男の, 発展させ, 百姓弥之助の, 祝う意味, 秋川が, 納得し, 聞けば, 膳の, 自分で, 自立させ, 自身の, 興味ふかい, 草の, 虹の, 要求されるであらう, 話は, 認識される, 読物である, 貫徹されね, 運転され, 面白く, 飯が, 館林様の, 鳰鳥とかいう, 默つて見送らね

▼ そればかりは~ (74, 0.0%)

2 どうか, わからないが, 今でも, 判りませんよ, 申上げられません, 親分さん

1 [62件] あの子供, いえませぬ, いくらあなた様, おきき, おゆるし, おゆるし下さいまし, かんにんし, ごめんください, せめてもと, せめてもの, とって, どうしても云われない, どうぞ, どうぞご, どうぞ何, どなたにも, よしてよ, わかりませんでしたから, わしにも, わたくし, 何とも申しわけ, 何分にも, 僕にも, 出来ませんでした, 勘忍し, 勘辨し, 半蔵も, 可哀想と, 君の, 妻として, 始終思われ, 威勢が, 子供には, 尋ねずにおいて, 尋ねないで, 当時の, 後生です, 御用捨, 念頭を, 思い停ったが, 思ひ止, 思ひ止らせ好ましく, 教へて, 日に, 書いて, 曾て, 決して御, 猶其後少時, 竹童にも, 腹の, 親分の, 觸りませんでした, 言えません, 言へ, 許されないの, 諦めた方, 諦らめた, 遠慮します, 錢形平次も, 面白さうに笑, 頑として実, 骨と

▼ それをば~ (74, 0.0%)

2 南の, 正当なり

1 [70件] あたかも我が, ごらんに, さまたげるもの, その細胞, なおどこ, にやにやと, ひたあやまりに, また町, みんなが, もう来る, スミスは, ズタズタに, ピンセットの, 一層その, 下腹に, 世上の, 今日まで, 他の, 何で先頃, 何の, 何や, 刈払い, 刈払ひ, 化学の, 叔父上が, 取集めあれ, 口惜しが, 合羽かむ, 合羽かむった, 命とや, 唯だ, 土手に, 如何に, 寓意として, 常に口僻, 平気に, 幸いに, 思はで我が, 悪者が, 撫子にも, 新らしい, 普通並の, 正吉の, 正直正, 此の, 此頃あの, 母子は, 決して彼, 海上遙かな, 無慙にも, 無理無体に, 片一方の, 眼中に, 知って, 竹の, 第一, 紙型に, 聞かなかったか, 聞くの, 聞手の, 覚えて, 諸車止, 踏み付けて, 軽忽, 通りがかりの, 長吉は, 長火鉢の, 闇を, 阿関, 頻と

▼ それによ~ (73, 0.0%)

2 つても, つて包括され, つて自分らの, つて限定され

1 [65件] つて, つてありし, つていづれ, つてお, つてその, つてどの, つてのみ, つてまつたく, つてロシアに, つて不快に, つて代表される, つて作業の, つて価値づけられました, つて侮辱の, つて全, つて前景を, つて労働愛好心を, つて動く, つて包括される, つて古き, つて只そつくりそのまま, つて喝采される, つて多くの, つて大なる, つて定まる, つて實現せられる, つて封建領主から, つて慰められ, つて慰められた, つて或, つて投藥した, つて支へ, つて支配し, つて救はれる, つて新しい, つて書いた, つて毎日の, つて永遠性は, つて決定した, つて特殊なる, つて現, つて現実的な, つて生活の, つて生活を, つて痛快の, つて益, つて直接な, つて相当の, つて眞理の, つて眼覚め, つて祖国を, つて總括せられ, つて自分の, つて自然を, つて芸術的生命の, つて處置し, つて行動する, つて行爲に, つて表現さる, つて規定された, つて觀念を, つて誤, つて静かに, つて頑固に, つて魅力を

▼ それ~ (73, 0.0%)

2 いい, そうと, ね

1 [67件] あたしだって, あなたでしょう, あなたの, あの坊主, あの男, ある, あんまり意気地, いいが, いいです, いうと, いかん, いけない, いけないそれ, いけねえ, いろんな心配, うそだ, おかしい, おさまるには, お前も, こちらの, さうです, すこし口, そうかも, そうでしょう, そうです, そうねえ, そこで, ちょっと言えない, ときに, どうしてもお, どうも, ね旦那, ね長い, のどかだった, もう, もう仰有る, もう帰る, もう覿面, よくない, わかるさ, 不思議だ, 何か, 何の, 何事だ, 冗談だ, 勿論そうよ, 可愛かった, 君あんまり, 困るよ, 大変だったろう, 大抵じゃ, 女です, 好都合でした, 嫌だ, 山木が, 当節の, 心配した, 本当な, 本気か, 無理だ, 百二十八歳の, 薄情だ, 見逃して, 豪儀だ, 身投げでなく, 銀座通の, 随分出来ない

▼ それこれ~ (71, 0.0%)

12 はこれ 3 の話 2 の色, を持っ, を禁じ, を見

1 [48件] がお, がその, が咲ちゃ, が第, が軍用金, が風, するうち, だこれ, でお, で暫く, とくらべ, となく, と当時, と考え, に同情, に頓着, の事指図, の勘定, の心労, の聯想, の費用, はお, はお前, は先日, は当座, は礼, もある, も順調, より高緯度, をなに, をなんとかいわんや, を何と, を出す, を思い合せまし, を思い合わし, を思い合わせ, を愛する, を憶, を考え合わす, を考究, を讀んだ, を顧みる, を食え, 思い合わせれば, 思ったら子供, 思ってると, 考えて, 考えながら

▼ それ見た~ (71, 0.0%)

24 ことか 14 ことかと 4 事か, 事かと 32 かと言わぬ, まえ

1 [18件] かあんな, かというよう, かという顔, かといったよう, かといわない, かといわぬ, かといわん, かと云, かと云う, かと云わぬ, かと白い, かと言わない, かと言わん, が可, ことかとも, さに, 事かという, 事かといった

▼ それがしも~ (67, 0.0%)

2 手に

1 [65件] おり多く, かように, こうして密, この友情, すでに四十, ぜひあなた, その天下, その趣向, その頃, そんな気, ただいま二, ついだいぶ過ごしました, つらつら思う, どこぞ, また子, また少し, また彼ら, みんなが, むなしく眺め, もとよりで, よく覚え, 一個の, 一個数正どのも, 一応宿, 一首つかまつります, 不才を, 世話効い, 五万三千石の, 亥の, 人間と, 仔細を, 何とぞお供, 先刻から, 共どもに, 共に平原, 共に願う, 内ない懸念し, 刀の, 初めてだ, 友人の, 同様御, 同罪です, 国許に, 城太郎も, 夜に, 好む道, 帰陣したら, 引廻され, 弾いて, 彼の, 彼を, 御助力, 心の, 悪徒, 満足, 漢の, 義胆を, 聞いて, 肝胆を, 行軍参謀として, 見せて, 貴軍, 退くであろう, 遥々北国, 酩酊しました

▼ それはと~ (64, 0.0%)

33 に角

1 [31件] いうので, がむべ, すぐ見当, その作家, ちの実ぐらい, とどめかけた, に角表面上, ほうも, ほく海, まつて, 一句あとへ, 一同が, 云えば, 云つて横から, 卑しい笑い, 吃った, 善平は, 大不敬罪, 女房は, 彼は, 新八は, 私たちの, 窮る, 行き詰まって, 言いました, 言えば, 言つた, 錦子は, 驚いて, 驚くだらう, 驚くだろう

▼ それ以来私~ (64, 0.0%)

2 の両親, は何

1 [60件] が道楽半分, にはみなさん, には宗吾郎, のずっと, の不仕合せ, の前, の天地, の小説, の心, の耳, は, はあんなに, はいかに, はいくた, はいくらか, はきょう, はこの, はすみ子, はずっと, はずつとここ, はてんで, はアメリカ, はハンス, はミイラ, は人事不省, は人猿達, は今, は何故か, は判り切った, は別, は前, は卵, は吹きおとされた, は地主さ, は寄宿舎, は幾度闇夜, は度々, は彼女, は彼等, は明, は明暮, は明石, は時折暗示, は東京桜木町間, は毎日, は毎日毎日, は流言飛語, は無実, は狸, は男, は直接法帖, は碑, は祖母, は私, は筆, は米, は絶望, は韓国宮内府, も礼, も詩

▼ それに従って~ (63, 0.0%)

2 変化する

1 [61件] いろいろな, きりもりしよう, よほど学問, 一行を, 下って, 下りました, 下落する, 他の, 会津侯へ, 作るところ, 動いて, 動くよう, 又方法論, 右や, 各種各様の, 同じ河岸, 吾, 国内の, 大人たちも, 奥へ, 学生層の, 寝床の, 左右されるであろう, 常識が, 幾何学は, 広く少なくとも, 彼の, 思い出したよう, 戦法の, 新居に, 明らかに, 映画の, 来たの, 次々に, 歌う, 正直に, 治療も, 注意深く含まれたる, 甘寧, 甚しく, 生きたいと, 租界の, 緊張し出し, 練習生が, 置く, 置こうという, 聖母像は, 肉体的には, 自殺を, 行こうと, 行動し, 複雑に, 規定し, 解決し, 貰うべきこと, 起る利子率, 足並みを, 近所の, 返事を, 進みました, 高くする

▼ それに関する~ (62, 0.0%)

2 いろいろの, 知識を, 記録を, 話は

1 [54件] あらゆること, いっさいの, ことは, ことを, もので, レーリーの, 上原稔の, 丹念な, 予想を, 事実を, 事態の, 亮の, 人の, 伝説を, 何事にも, 取引も, 取調べは, 各自の, 妄想とが, 孔子の, 御記憶, 思惟が, 手がかりは, 批評, 抽象的な, 数多の, 文献である, 文献は, 既知の, 書物を, 消息を, 準備事務を, 理論が, 瑣末の, 環境を, 町の, 知識の, 研究書などを, 科学論は, 統一的制度を, 著書も, 言葉が, 計算とは, 訓令を, 記事は, 記事を, 記述は, 記録に, 評論を, 警告を, 通信文を, 部分だけの, 雑誌が, 飜訳の

▼ それのみが~ (61, 0.0%)

4 唯一の 3 私の 2 勝つ道, 只だ, 穀物の

1 [48件] この事物, しんぱいです, すべてでは, それ自身の, ライフに, 一つの, 一縷の, 今の, 今日の, 仏に, 個別的である, 僕らに, 充足である, 公民であっ, 原動力とは, 可能なり, 問題である, 女の, 定められた約束, 少し案外, 彼らの, 御心痛, 必然な, 懸念で, 指し示し得るという, 新らた, 是認される, 本当の, 正しい, 流行する, 清潔な, 独りよく, 目的では, 真実であり, 真実の, 真理である, 私を, 素子では, 臨終の, 芸術的であり, 苦労に, 苦慮され, 藝術を, 豊富で, 迦羅奢, 閑暇を, 靈感を, 高く聳え

▼ それゆゑ~ (61, 0.0%)

2 このカチカチ山, この瘤取り物語, に, に今日, に彼, に斎, に日本

1 [47件] いつも文庫本, おまへの, この, この文章, この本, その, つい書き, どうかしたら, にもともと, に人間, に先生, に大きな, に女, に尊い, に彼素問識霊枢識, に心中, に恐るべき, に我国, に時として, に枳園, に樹木, に生徒, に社会人, に種痘, に翻訳的, に自然, に途次, に重荷, に非常, に鬱積, の母, まづ何, もうかう, もつとも生彩, 一層切なく, 刻々の, 同じ庭つくり, 報いられないと, 大きい方, 常に怏々, 忍んで, 正精, 死ぬ気, 自強し, 誠に困る, 遣らずに, 飽くまで黄疸

▼ それ~ (60, 0.0%)

4 通りだ 3 食べ 2 法衣の, 見やれ, 酌を, 頭が

1 [45件] つう見, どれと, ほみそ, よこし, わかりにな, 主達も, 二人には, 人が, 代わりだ, 使いという, 具体的に, 内儀さん兩方へ, 内儀さん卯平は, 出と, 出なり今日, 取り, 受けあれや, 呉れ, 役人の, 後を, 愛嬌で, 手水の, 歳玉に, 殺して, 気の毒, 水それお, 洗足の, 浦を, 渡し致すが, 特得の, 留坊神官の, 突きで, 突だ, 米を, 聞きなさい大海, 葉さん即ち, 薬お, 袖さんの, 見そう, 覚悟ならいつなり, 責め遊ばす, 賽銭を, 通めが, 間違いじゃ, 頭の

▼ それだけは~ (60, 0.0%)

2 不便に, 仕方が, 安心し

1 [54件] いいえお笠, いつでも, いわないで, お釣り遊ばし, きっと確か, この池, こらえるの, しないで, しなければ, のめますまい, やめて, よしお, オペラ座の, 一人で, 不思議に, 事実の, 二度と口, 云いかねて, 云って, 云わなかった, 云わなくとも, 信じて, 冷えた夜, 勘弁し, 取って, 変りが, 如何なる破, 守らねば, 当人の, 御勘弁, 思い止まった, 感じますかい, 感心する, 手まめである, 手放すまい, 撤回させ, 止めた方, 気がつかなん, 浪之, 無いやう, 真当の, 聞かされて, 言つて楢雄は, 言わせて, 言わないで, 許して, 誰も, 買えないのよ, 遂, 野生では, 隠して, 頼んで, 首肯しかねる, 馬春堂も

▼ それであり~ (60, 0.0%)

2 またそれ, ようはずの, 而も

1 [54件] そして正に, その強烈, その後期, その源泉, だから執拗, ながらまた, ながらエセックス, ながら二人, ながら何らかの, ながら先生, ながら切地, ながら古代ギリシャ, ながら母, ながら洞穴, ながら立派, ながら自分, ながら需要量, また今日, また同時に, また外, また機械的, また第, もう一つ, イギリス的解答であり, ニラの, ヴィナスは, 人の, 今一, 他は, 価値の, 全部の, 十二月の, 即ち経験的, 史的唯物論, 單獨孤立を, 帝政の, 形式は, 後にも, 後者の, 後者は, 我が家にも, 播州石の, 昌造らを以て, 木鼠小僧の, 民族の, 流行の, 海を, 狂言の, 臨終の, 近畿一帯で, 阿蘇山が, 雲切仁左衛門も, 非常に, 飛騨の

▼ そればかりが~ (60, 0.0%)

6 気に 5 心配で 3 苦に 2 唯一の

1 [44件] お京, お願いだ, それからの, 不振の, 不知火でも, 今は, 借金じゃ, 僕には, 冥途の, 出て, 原因か, 原因では, 娯しみだった, 寝ても, 幻影の, 彼の, 彼女の, 心だ, 心残りな, 心配でございまし, 心配でございます, 心配でした, 心配な, 恐ろしゅうございます, 悩みの, 悲しき涙, 愛情の, 書かれては, 望みです, 楽しみでございます, 残念だ, 気がかりであった, 気にな, 気懸り, 氣がかりで, 氣に, 眞理である, 祈られる, 私を, 聽きたい, 話題に, 頭に, 頭の, 頼みに

▼ それにたいして~ (59, 0.0%)

2 正成が

1 [57件] あまりいばれない, いったいわれわれ, かるくうなずいた, なお武装, なんという, またべつ, より高, りっぱな, ギンネコ号は, クリストフは, 一日でも, 一種の, 一言の, 一體何を, 七八名の, 京都の, 代るべき泉, 何かの, 前より, 労働組合の, 十分の援助を, 千早には, 博士は, 反動的な, 反感を, 寄手は, 少しも, 常に警戒, 彼は, 彼女は, 恐れを, 恨みを, 憤慨する, 批評を, 持って, 攘夷論者という, 日本人が, 晁蓋からも, 武装し, 無策では, 無関心な, 犬養氏は, 玄蕃盛政は, 現代の, 用意が, 秀吉は, 私が, 自分は, 蔦之, 警戒する, 軍部では, 軽蔑的な, 返答に, 道徳の, 適切な, 頭を, 食うため

▼ それよか~ (57, 0.0%)

2 あんたの, 今日は

1 [53件] あきらめたん, あすこんと, いっそ柳屋先生, おとうさんがの, お前こそ, お前今に, お前早く, お母, お母さんがな, こな, そらほんま, そろそろ引き上げ, どうでしょう, どっかへ, ぼつぼつ支度, まあお聽, まだちつとばし, もういちどカイちゃん, もう一二年, もう収まつた, もう早く, もしおじいさん, もっとめ, もっと重大, もつと, やはり一局二百円, クララは, 一寸こちら, 一寸電話, 二日も, 人に, 何か, 何より棺桶, 先生は, 入口の, 君あしたいっしょに, 善光寺の, 奴の, 妾の, 安次の, 工場が, 思ひきつてぶつ, 手紙を, 斧を, 旦那あ, 早く父, 此間貸し, 爺さんちょっと, 物騒な, 疲労れ, 第一福本, 自分の, 豹ぼんの

▼ それであれ~ (56, 0.0%)

4 ばこそ吾 2 ばこそ之, ばこそ人々

1 [48件] これ迷っ, ばいっそう, ばこう, ばこそお, ばこそこの, ばこそそういう, ばこそその, ばこそキレイ, ばこそソフィスト, ばこそフランス, ばこそ一般, ばこそ三木思想, ばこそ今日, ばこそ例, ばこそ元来, ばこそ先, ばこそ学問的, ばこそ常識的概念, ばこそ弁証法, ばこそ性格, ばこそ愈々益々, ばこそ感化力, ばこそ感性界, ばこそ或, ばこそ所謂, ばこそ搾乳婦, ばこそ文学作家, ばこそ日本, ばこそ机, ばこそ検閲, ばこそ此等, ばこそ特定, ばこそ現象学的方法, ばこそ画竜点睛, ばこそ真理, ばこそ空間, ばこそ第一義的, ばこそ経済学, ばこそ自己, ばこそ自然科学, ばこそ論理, ばこそ路傍, ばこそ農民, ばなお, ばよい, ば無電連絡, ば自分, ば面白い

▼ それ迄に~ (56, 0.0%)

3 一度も, 見たこと 2 こまごました, 私は

1 [46件] いろいろの, こんな風, すっかりいろいろすませ, つくった四十篇, どうか云う, どれ丈けの, なるには, もう二回通つて, エリオット・フィッシャー会社製の, 世間を, 二三度入りこんだ, 僕に, 切符は, 勤続約, 取替えて, 取極め候必要相, 外国人が, 外国人を, 少しづゝ書き, 屍を, 屹度お, 帰って, 帰つてる, 帰るの, 引移っ, 懺悔なさいます, 採集した, 旅中の, 書いた自分, 材料を, 果して留守, 歸つてる, 気の, 沢山集っ, 治して, 火事場へ, 父なし, 田舎への, 私としては, 経験した, 腕足類で, 見たものの, 見た犬, 見た舟, 顕微鏡も, 鴈治郎と

▼ それぐらい~ (55, 0.0%)

5 なこと 2 だったが, なもの

1 [46件] あいつでも, お茶の子サイサイであったろう, だ, だという, であった, であるが, でいい, でちょうど, でよい, で失われやしない, で白河近く, ならもう, なら一区劃いくら, なら何, なら出して, なら化粧マワシ, なら母親, なら泥棒, なら自分, な変化, ぶらぶらすれ, やよって, やりかねない, わかってる者, アロハは, サモシイ料簡の, 伐られた跡, 具体的に, 力が, 君にも, 変ると, 寝ても, 放二, 歩いて, 残って, 現実的で, 用心深い人, 申訳が, 真剣なら, 積る, 精分が, 花袋は, 見当を, 話しても, 距った, 飲んだの

▼ それそこ~ (55, 0.0%)

3 にある, に居る 2 にいる, に父様, へ坂本

1 [43件] から海水, から真珠, がおかしい, がそそっかし, がそれ, がです, が切, が可笑しい, が君, が性分, が日本, が早, が武士, が瀬川君, が苦労性, だ, だいや, だよ, だッ, で千三屋, で言っ, に, にいます, にすばらしい, にそれ, には鮎, にスヤスヤ, に今私, に先生, に寝, に流れついた, に立っ, に緋, に豆腐屋, に追っかけ, のベンチ, の大, の庭, の瑠璃杯, は天祐, は御, へ, へ第

▼ それ~ (54, 0.0%)

3 秋の 2 今宵よりは, 板を

1 [47件] あすこに, あなた様に, いつもの, おもしろきは, かお使い立てし, かお店を, かなしきわが, こせやれよ, この使い, これよ, そこが, そこを, そのうるせえ, そのこと, その若, その誠意, それに, それを, やさしき妹, わしが, ゴールの, 一二三, 一言, 今日は, 佐々木勢だ, 勝助, 回顧一番笑っ, 壱岐殿坂で, 師直は, 忠義の, 思ひ出, 思惑汝, 手紙は, 持明院統の, 新助, 朝かりし, 気を, 海から, 玉揺, 現実, 白ばらは, 矢張り此の, 私は, 芸術といふ, 草菖蒲, 長戦に, 阿佐ヶ谷村の

▼ それ~ (54, 0.0%)

2 もう, 何でご, 可笑しい, 苦しいです

1 [46件] あるだろう, い, いい, いいこツちや, いいね, いけねえ, いたづら, おかしいのよ, この壺, さう, さうだ, さうだね, そういやそんな, その二つ, その筈, たぶん美濃清, どうした, ねえ僕ら, はア, ひどいこと, またそれ, また何, もう僕, もう彼奴, わるかつ, 今流行, 何とも云え, 何よりだ, 出来ないん, 勿論それ位, 喧しいもの, 困ったナ, 困つたな, 困るだね, 堅い家, 宜い, 有りがたい, 濁つた後, 狡いわよ, 疲れるさ, 随分, 随分出来ない, 随分酷い, 飛んだ履き違い, 飛んだ御, 飛んでも

▼ それあの~ (53, 0.0%)

5 山部の 2 娘が

1 [46件] お嬢様には, お時計, お芳茶屋, さっき来た, ものたちに, よく貸し本屋, ザフレービニンの, モルスカヤだの, 人たちは, 何とかいう, 何と云, 初さんのだ, 厭な, 四阿屋だ, 女の, 女を, 妙な, 子さ今, 小部屋, 尺八の, 島だ, 忠兵衛の, 時分浮名の, 晩お前を, 晩忍び込んだ, 森の, 気性だろう, 無名沼な, 燭台の, 爺さん, 物音は, 男さ, 男は, 疑問符が, 系図さと, 舌の, 船だ, 花笄の, 衣桁の, 裾に, 西洋人の, 親子し, 通り得意満々たる, 里さ, 金剛や, 門を

▼ それ~ (53, 0.0%)

5 やまるで 2 しんは

1 [46件] ぁ二人で, ぁ俺は, ぁ山へ, あ一つ, しんが, ゃあせっかくのおひいさまも半分は, ゃあるめえか, ゃおとっさんにすまないじゃありませんかと言い, ゃこちとらは陪臣の, ゃなんぼかせいだとて米の, ゃのべったらに寝てる, ゃはいっているがほんとうにあぶのうござんすよ, ゃもういくらもありませんわね, ゃわっちたちを, やあ, やあと, やあの, やあやつぱり, やあ一体どう, やあ己, やお客さん, やきく, やさ, やすこし, やせつかく, やひと, やひとつ, やまずい, やもう, やわし, やアお前明日, や一旦, や伊達君, や何, や余計, や僕, や娘, や嫌疑, や矛盾, や肝心, や舟, や船, ょうだんなんでしょう, ア道具が, ャこれでは, ャ旦那様も

▼ それがさ~ (51, 0.0%)

2 木の, 活きた心地, 骨に

1 [45件] あたしたちは, あたしは, あん時迄は, おとしより, おとどし, お前さんを, さう中, すぐ可能, その下っ, た, ほんとに鬼魅, まあお, まだ遺書, まるでど, やっかいな, わしにも, 一件じゃから, 七十に, 世の中には, 中学校の, 今も, 今日南条さんが, 他で, 何だか分る, 俺にも, 俺より, 僕にも, 半さんどう, 同じキンタマ, 喜十が, 変に, 奥へ, 妙な, 実に面白い, 実際やっ, 当人には, 彦次は, 御両人, 御亭主, 昨夜も, 石地蔵と, 西丸の, 誠に云い, 貧しい旅, 馬

▼ それ一つ~ (50, 0.0%)

4 だけで 2

1 [44件] がまた, が理由, が眼目, が禍い, しかございませぬ, しか出来, しか残され, しか著書, だけがどこ, だけが破格, だけのもの, だけは生, だけは聞かし, だけを取り上げ, だけ他, だったの, であった, である, でこの, でござる, でしかない, です, ではなかっ, でも士気, でも頼朝, で月丸, とは限らない, なの, にかかっ, にこめた, に取り憑かれた, に期待, のため, のみが意志, の準備, も願, よ, を仕事, を伸せ, を天, を諸君, を離す, を飾り, 欲しいばっかりに

▼ それ御覧~ (50, 0.0%)

24 なさい 4 なさいな 2 じ, なさいだから, なさいませ

1 [16件] お米, じませ此, じ御前, それならお前, な, なさいお前さま, なさい阿母さん, なさい震えてるじゃ, なせえ, なそんな, わけないだらう, 言いあて, 遊ばせ, 遊ばせそんなに, 遊ばせやっぱり, 間違ってるだろう

▼ それ迄は~ (50, 0.0%)

2 死なないで

1 [48件] いいそれ, いうても, くれぐれもただ, このマサキノカズラ, これから向島, とても眼, どうか此處, ほとんど毎日, ソハ, 一言も, 人家は, 今迄, 体の, 何も, 信州で, 出羽郡であった, 別にこれ, 単に憎悪, 只で, 各自村限りの, 名聲, 唯一色のみにしか, 大人数, 奧儒者の, 妾は, 幾分遊戯気分, 引写しばかり, 彼の, 彼らの, 愛想の, 日本といふ, 更地だった, 此の, 狭くとも, 現状を, 生きられまいと, 百姓も, 知らなかった時間的, 碌に, 私の, 私は, 自ら洗礼を, 葡萄酒を, 蒸気の, 行かない, 話も, 難は, 餘裕の

▼ それやあ~ (48, 0.0%)

1 [48件] あなたの, あんまりだ, いい, いいこと, いっその, えらい山路, お前いくら, お前こんな, お前さまんと, お母さんだって, ここまで, しかたが, そうだ, そうでございましょう, どういう理, どっちでも, どっち途銚子へ, まあ旦那様, まだ君, むかしは, もとより俺, よかった, わしたちには, 何九叔という, 侍に, 俺の, 先生が, 先生だれにだって, 出るだろうよ, 初めて知った, 問題が, 幕府の, 惜しいこと, 断られるに, 有難いが, 此処は, 浅くねえ, 済まなかった, 申楽師も, 知って, 私が, 秋繭の, 董卓将軍さ, 資本は, 農家も, 造作も, 関わないが, 限りが

▼ それこの~ (47, 0.0%)

3 通りだ 2 一番狭い, 引上げが

1 [40件] あいだの, あいだも, あいだ見た, うえは, お隣の, とおりだ, とおりの, とおり聖餅を, ほかでも, み山, 世界が, 事に, 五十ターレルを, 人殺し火つけの, 前の, 創を, 合の手として, 国の, 城から, 女よ, 子が, 山から, 書が, 杖に, 橋を, 機を, 次の, 瓶は, 皇国を, 笠を, 紐で, 者未だ, 見当じゃ, 通りお, 通りお前の, 通りちょいちょい, 金袋が, 隙に, 霊感の, 高慢と

▼ それでも~ (47, 0.0%)

2 信じるほか, 去らなかった

1 [43件] いい訳, いかん, かまわないよう, だ, だうやら, だお前, だん, でかけるか, できる限り, ない, やっては, よろこんで, わからなかったら大学, わからねえの, われること, 出掛ければ, 出来るだけ, 削られる場合, 喰いあきぬと, 困ったこと, 失われずに, 捨てるの, 改めること, 止まない一つ, 止まらないで, 残って, 気に入らないで, 気負って, 知れるが, 行かせて, 解らないから, 負われて, 貴方の, 起きること, 足らないよう, 足りない, 足りないの, 足りなくて, 追い迫って, 通じるかと, 間に合わない場合, 頑張って, 食えないって

▼ それのみを~ (45, 0.0%)

2 待って

1 [43件] ありがたくお礼, いきがい, おそれます, せめてと, ただただ弓矢, ただ執念, ひたむきに, 一言にて, 働かすと, 剛毅に, 夜と, 夢見つづけて, 女と, 宛てに, 尊重し, 当てに, 待ちつ, 御老母さま, 心掛けて, 念じて, 念じ上げまいらせます, 怕れ, 思ひ煩うて, 惧れ, 惧れます, 望みに, 末期まで, 案じて, 楽しむため, 気に, 生命と, 直感させる, 祈って, 祈りまする, 祈る気持, 繰返した, 考えて, 考へつ, 考へて, 苦に, 語ること, 願って, 願ってすら

▼ それ以上何~ (45, 0.0%)

4 も言わなかった 2 が必要, とも云わなかった, もいわなかった, も知る, も言わない

1 [31件] か面白い, がいりましょう, がいる, と云う, にも知り得なかった, にも要りません, にも言う, にも言わなかった, の憚, の手, もいはない, もきかない, も云, も云う, も云わず, も云わなかった, も分らなかった, も及ぼす, も書こう, も望みません, も知らなかった, も聞きませんでした, も聞く, も見, も見えなくなった, も言わず, も訊かない, も訊ねなかった, を喋ろう, を望ん, を説かれ

▼ それ以来彼~ (43, 0.0%)

1 [43件] にとつ, に可愛がられる, の, のガール, の厠, の境遇, の女, の性格, の手もと, の日々, の生涯, はかつ子, はその, はたえず, はたった, はだれ, はぼんやり, はもう, はクリストフ, はジャックリーヌ, は一晩, は今日, は何, は何処, は余り物, は僕等, は全, は前, は塞, は多年, は嫌忌, は寝食, は小川, は敬愛, は時計屋敷, は晩, は殊に, は毎日何, は無, は異常, は稽古, は積極的, は芝居

▼ それによる~ (42, 0.0%)

2 ものである

1 [40件] といもの, とかういふ状景, とけさ, とつ, ほかない, ものだった, 乱波の, 人は, 人間の, 人間行動の, 刺激作用が, 勢位, 収入とを, 同色化傾向の, 国際性の, 変と, 失敗の, 失業者を, 客の, 害は, 密輸に, 幸不幸の, 引力を, 徴収高を, 心理的イメージとが, 思はぬ失態, 恩賞と, 戦闘の, 損傷は, 最初の, 最後の, 氣質顏つき皮膚の, 税務署の, 緊張とにより, 自由さいかばかり, 色彩の, 財物の, 転変と, 限り必ず, 驚きや

▼ それに対しては~ (42, 0.0%)

1 [42件] ある程度まで, うんともす, しかるべき心得, それに, ただ, ただはね返る, どうする, まだ一度, むしろ向う見ず, わたしも, ロレンソが, 今から, 何とも答えなかった, 何も, 何らかの解釈, 何らの, 何んの, 兄からも, 全身の, 初から, 善意悪意の, 報酬を, 大した実例, 大抵の, 客体と, 彼は, 彼も, 必ず需要, 恐らく当時, 批判が, 極めて周到, 極めて平凡, 権叔父が, 機会ある, 気の, 猶予は, 真剣に, 私は, 至って平気, 辛辣に, 陸の, 非常に

▼ それであっ~ (41, 0.0%)

2 て, て今

1 [37件] しも安心, しも小屋, しゃこう思う, てこそ人間, てすなわち, てその, てそれ, てそれら, てはなるまい, てもこれ, ても別に, ても彼, ても決して, てシロ, てロラン, て使役, て兄の, て到る, て前者, て原物, て寧ろ, て形式的, て彼, て彼等, て後, て恐るべき, て懐, て杓子岳, て果実, て皆韓地, て直観空間, て私, て私達, て給料, て英国, て野呂, て魅力

▼ それ切り~ (41, 0.0%)

7 になっ 2 ですね, になつ

1 [30件] か, さ, しか無い, しばらくは, その妓, その消息, だった, だってこと, でお, で他, で実現, で家, で済ん, とある, となった, になり, になりました, のこと, のもの, の芽出度, の話, 亡くなるでない天, 何も, 何もかもわからなくなりました, 其のこと, 居所を, 帰らなかった, 棄てい, 消える響き, 黙って

▼ それ~ (41, 0.0%)

8 からの 4 體, 體が 3 からを, 體に 2 體の, 體微弱感を

1 [15件] からである, から全的, 運の, 體で, 體としては, 體において, 體においては, 體は, 體を, 體一つの, 體性が, 體有機的な, 體歴史的である, 體獨立に, 體遊びでは

▼ それなし~ (40, 0.0%)

3 では, には人間 2 で済ます, にウッカリ女, に生活

1 [28件] ですごした今, ですますとき, ですます方, ですませた, ですませた人々, ですまそうと, というべからず, というもまた, としない, とはせぬ, と当局, にはだれ, にはどんな, には一日, には伸びられぬ, には傾斜地, には先生, には文章, には正直, には治安, には済ませなくなる, には目, には落ちつい, には貴方, にも維新政権, に国, に文学, に書ける

▼ それでございます~ (39, 0.0%)

732 酷い目

1 [27件] いかにもおっしゃる, かそれ, からこの, からどこ, からな首, からねわたし, からもうもう, からわたくし, から一日, から世間, から二条大宮, から二條大宮, から元, から此間食物, から申し, がな, これが, とも, な秋, よその, よ行く末, よ障子, 凡人の, 悪政は, 渡の, 親分さん泉屋一家ばかり, 親分さん私も

▼ それ~ (39, 0.0%)

2 でありますか, なの, や

1 [33件] あの貸した, うだあ, うもはい, うも凛々しく, かあらん, か来た, か落っこった, じゃ, するところ, する者, だ, だと, だろという, ていう題, て食, でも好き, という, という騒ぎ, といふ蝶々, に, にも芸, に逢いやした, のお話, のこと, のまね, の手帖, の歌, の注射, の真似, やわし, よ, を食べる, んでまた

▼ それきり何~ (38, 0.0%)

4 とも云わなかった 3 もいわなかった 2 の便り, も云わず, も言, も言わなかった

1 [23件] とも云われなかった, にも云え, にも云わなかった, にも問, にも言わなかった, のこと, の変り, の気, の気配, の沙汰, の音沙汰, もいわず, もない, も云, も云はず, も云わない, も云わなかった, も云われない, も分らなくなった, も問わなかった, も後, も教, も言はず

▼ それだった~ (38, 0.0%)

8 のです 6 のだ 4 のである

1 [20件] かも知れない, がこの, がさりとて, がしかし, がだめ, がでも, が彼, ことが, じゃない, といえる, といっ, といわね, と言っ, のか, のかも, ので, のでしょう, のに, んでしょう, んです

▼ それにおいて~ (37, 0.0%)

5 ある世界 4 自己を 3 主體 2 過つところ

1 [23件] ある環境, ある真, それを通じて, はじめて完, はじめて明瞭, もしくはそれ, やがて一切, 人間的存在の, 他と, 個々の, 又それ, 彼の, 後続する, 後續する, 後者が, 成立つの, 我々が, 或ひ, 生成の, 薄き時, 行は, 表現し, 関係する

▼ それに対し~ (37, 0.0%)

1 [37件] ああいう, いささかも, ふんがいして, われは, われわれは, ヤニレまたは, 与えようと, 与えること, 丑之助は, 二カ条の, 何も, 何らの, 僕も, 先生に, 勝な, 反対の, 大河内博士の, 尊氏直義の, 常に七二〇磅, 我が国は, 払い来った崇敬, 支払を, 支払手段を, 某夫人, 比較的弱く, 泣寝入りで, 消費者は, 減債基金を, 無数の, 男が, 異議を, 相当の, 真に不利, 秀吉が, 聯合軍は, 見出され得ないから, 需要の

▼ それまでにも~ (37, 0.0%)

1 [37件] お増, かれこれと, すぐ近く, たくさんなされ, ちょいちょい小, セルギウスは, ニールスは, 二三度顔を, 二度も, 人の, 何か, 例が, 内輪では, 再々参った, 妙に, 始終手伝っ, 小さな町, 屡々現, 屡々現われ, 屡々近代的, 師について, 幾たびか, 度々そんな, 彼が, 彼らは, 春一は, 時々医者, 時々同じ, 母が, 烈しい不安, 甲斐には, 碁の, 祝い日などに, 約二千, 絶えず人, 色々の, 言つた

▼ それについても~ (36, 0.0%)

1 [36件] いろいろの, お互に, お松ほどに, かねて, ちょっといっ, なんの, ぼくは, ぼく自身思い出され, また私, 一つお願いし, 亦いろ, 何も, 僕が, 僕は, 写真や, 古賀が, 地平は, 多計代, 大体著しい, 大和屋お前さんに, 太閤は, 定めて, 実習の, 少し材料, 彼には, 急に, 憎きは, 教えて, 料理という, 書いて, 物語が, 現代の, 私は, 種々の, 考えなくては, 言いたいよう

▼ それとを~ (35, 0.0%)

3 比べて, 比較する, 混同し

1 [26件] くらべると, 一緒に, 仔細に, 何気なく見比べる, 併せて, 全く別, 区別する, 取り替えようぞ, 合せれば, 同じ一つ, 同一視すべき, 同時に比べ, 対比したら, 思い比べて, 比較し, 比較検討し, 混同しよう, 確実に, 結びつけて, 結び付けようと, 綜合し, 考えあわせれば, 自分でも, 見出したこと, 買つて帰り, 較べて

▼ それにより~ (35, 0.0%)

4 かかって 2 かかるよう, 多くの

1 [27件] いかにし, かかった, かかったよう, かかったり, さっそく全員, 一家を, 一眼の, 二千人近くだった, 仏教の, 共通で, 利益を, 博士が, 土地が, 多く似てる, 実行する, 市町商い所に, 往々に, 我々は, 手の, 拡大され, 旧奉行, 永久に, 生存し得る, 考えられた期間中, 資朝を, 適当に, 養われる人口

▼ それゆえ私~ (35, 0.0%)

1 [35件] から見る, がどんなに, が成り行きしだい, が美しい, が芸術家, には朝, の之, の心, の書いた, はいかなる, はここ, はこのごろ, はその, はできうる, は今, は作者, は倹約論, は再婚, は半ば人, は大きく, は天才的, は少年, は或, は決して, は消費者, は独身生活, は現在, は生産者, は社会問題, は私, は精進, は自分, は色さまざま, は苦しむ, は論

▼ それを通して~ (35, 0.0%)

2 彼の, 物を

1 [31件] この絵, そう言つた日本, ひそかに, ギギーという, 一般の, 上の, 主僧, 光が, 全知全能なる, 冷たい光線, 前, 大きな地割れ, 太陽は, 帽頂に, 庭の, 彼女の, 日が, 時代の, 朝鮮の, 漏り来ること, 父が, 直接に, 相手の, 私どもは, 種々の, 精神文化を, 行はれる, 読者に, 進展し, 陶器の, 魂の

▼ それだけしか~ (34, 0.0%)

3 覚えて

1 [31件] おれは, お悦, ここには, しないよう, とまらなかった杉本さん, とれなくて, ない, ないの, ないので, ない金, なくあと, わしが, 云えない, 人間には, 居なかった, 思いめぐらす本能, 恥じること, 書いて, 書いてない, 歌えないけれども, 無い, 父は, 知らなかつたので, 答えません, 習わない文章, 考えないよう, 聞こえなかった, 見えない, 解らん, 言わないの, 話せないの

▼ それのみに~ (34, 0.0%)

5 心を 2 眼を

1 [27件] あこがれて, ございます, ござりまする, ござりますれ, たよれない, とどまらずその, とどまらなかった, とどまるならば, マゴコロこめ, 依て, 出かけ今年, 則るわけ, 力を, 因ること, 奔り, 奮いかかること, 委ぬるなり, 強味を, 御座候, 日夜心を, 止まらず紅雨, 止まらなかつた, 止めた何故, 気を, 注意を, 満足しない, 繋がって

▼ それまでも~ (34, 0.0%)

2 それに, 二三度そんな

1 [30件] あの女, あるいは地震計, お留守, こんな集り, ご看破, すこしあやしい, とかく健康, なく雨戸, ほとんどささやく, まだいい, わたくし腹中を, ワナワナと, 世の, 何か, 何かとご, 何かの, 含めて, 地図に, 太郎は, 家は, 度々やっ, 彼の, 彼は, 感ずる自分, 望むん, 武力に, 母親の, 父と, 生き殘つて, 紙芝居を

▼ それ迄の~ (34, 0.0%)

2 ことです

1 [32件] ことだ, ことである, さしゑ時代に, ものとは, ような, ように, 事です, 人々とは, 何日かの, 例で, 各様な, 命じゃ, 哲学は, 平静さへ, 徑路は, 所は, 手前甚しく, 日本が, 日本には, 歴史的な, 研究についても, 経験によって, 話, 話だ, 辛抱が, 辛抱だ, 道程は, 長い時代, 間という, 間にも, 間を, 關係を

▼ それある~ (33, 0.0%)

10 がため 3 が故に 2 が爲, のみ, のみだった

1 [14件] かな, が爲め, ために, のみさね, のみと彼, のゆえ, は偏, ばかりです, ひとが, ゆえに, をみる, を予期, を知り, 罪の

▼ それやさう~ (33, 0.0%)

4 だけど 3 でせう 2 さ, だ, だらう, よ

1 [18件] かも知れません, さ僕だ, すれば, だが, だらうが, だわ, でございませうとも, ですとも, ですよ, とあなた, とあんな, とお前, とわし, と今朝, ね, ねといふ返事, ね第, よこの

▼ それでさえ~ (32, 0.0%)

1 [32件] あの後家さん, いよいよ入学, いろんなこまかい, おかみに, こうして印刷, こうは, そう言った, その女の子, その時代, やった方, やはり四分, クウィーン・シャアロット・サウンドの, 一寸妙, 全くコンミッション, 圧氷に, 塒は, 実は修正, 工合を, 年に, 彼は, 御馳走だった, 心待ちに, 支那でも, 文庫の, 時々は, 求人の, 沙金には, 生きて, 筑紫へ, 精神的には, 聞けよ, 間に合わないほど

▼ それにゃ~ (32, 0.0%)

2 及ばないよ

1 [30件] あまた, あ仲, あ俺, あ先ず, あ及ばない, あ及ばねえ, あ及ぶ, あ百五, あ違えありません, あ違えねえ, あ間違えなし, お誂え, ここに, まずすこし時刻, ァ及ぶまい, ア, ア毎月小百円はいります, 兄貴仔細が, 及ばないや, 及ばねえ, 及ばねえって, 及ばんから, 国の, 本宅の, 気が, 浄海入道も, 蔓が, 評判の, 違えごぜ, 違えねえ

▼ それを通じて~ (32, 0.0%)

2 他の

1 [30件] これが, それらの, わかる, わかる白入道, 下知する, 主體, 予感した, 何人かが, 垣間見ること, 封建制の, 把捉せられた, 支那の, 文学を, 漸く近代国家, 無は, 物を, 研究する, 私たちの, 美しき人間性, 美をも, 脈搏つ, 自己を, 自己實現は, 自己實現を, 語られて, 過去の, 院内とも, 面会する, 音声が, 風浪の

▼ それかって~ (31, 0.0%)

2 このまま

1 [29件] あの人, お前, このまま海, すぐに, また出, 一寸訪ねる, 今ここに, 今後の, 今更すごすご帰っ, 何か, 別な, 別に面白い, 友人との, 取澄し, 呼び出す方法, 坐を, 山の神へ, 年とってる, 彼女を, 後の, 恋とか, 悔いも, 普通とは, 東京に, 椅子に, 結婚する, 職工みたいに, 財産が, 鯰の

▼ それ自身一つ~ (31, 0.0%)

2 のイデオロギー, の最後, の模倣

1 [25件] の世界, の企業, の価格, の創作, の原理, の哲学, の哲学的態度, の団体, の実践, の客観, の巨大, の性格, の技藝, の歴史的限界, の独自, の生物, の直観, の矛盾, の社会的事件, の空想, の統制, の美徳, の虚偽, の誹諧, の超越的

▼ それ~ (31, 0.0%)

7 給へ 32 たまへ, てい, なはれ

1 [15件] さつ, ている, てて, てみろ, て下さい, て独り, なこれ, なッ, な皆んな白状, な谷中, に行け, やアがれ此, わけの, イな, イ僕は

▼ それっと~ (30, 0.0%)

11 いうので 2 云うので

1 [17件] いうと, いうン, いって, こいつが, これが, 一斉に, 号令を, 合図した, 合図の, 大勢が, 子供が, 懸け声, 手下の, 現場に, 繰り出す手筈, 言ったらふん, 飛んで

▼ それでなくっ~ (29, 0.0%)

2 てもこの

1 [27件] ちゃいけません, ちゃこんなに, ちゃ損, ちゃ駄目, てさえあの, てさえ手, てもあたし, てもいっこう, てもまた, てももう, ても一度, ても上野, ても僕, ても先刻, ても実際, ても当人, ても春, ても昼間, ても栄さん, ても次男, ても浮気もの, ても見込まれる, ても貴方, ても辛抱, ても重い, て無理, て醤油

▼ それッきり~ (29, 0.0%)

2

1 [27件] うつむいて, おやめ, かい, かネ, さっぱり見かけない, じゃあない, じゃが土地, じゃア, だぞ, だったが, だつた, です, でわかれ, で可ん, で坂田氏, で治まった, で目, ということ, になった, になってる, まことに頃日, よ, 出て, 危うございます, 来ないわ, 返さないの, 逢わなかったの

▼ それ~ (29, 0.0%)

8 りでは 5 りぢ 2 ではない, りが, り心 1 りだが, りでない, りでない涙, りでなくメリンス, りでなく猫, りでなく研究, りなの, りなら未だ, りに, りを

▼ それだったら~ (28, 0.0%)

1 [28件] こういう蔑めた, これは, すぐに, ずいぶんなさけない, その慷堂先生, どうだ, なぜ止させなかった, むしろ始め, もう文句, もしかしたら, 一つ牛肉でも, 三下みたいな, 今までに, 今夜も, 何も, 別の, 大変だ, 実につまらない, 文句なく, 母も, 火花が, 相手の, 私も, 科学という, 簡単です, 自意識過剰という, 詳しいでしょう, 遠慮なく言う

▼ それであります~ (28, 0.0%)

4 からし 2 からこれ

1 [22件] からじつは, からできるだけ, からどんな, からよく, からわれわれ, からロシア, から一切経, から一宗, から今木神, から内容, から冬, から外國, から極, から正, から此, から殆ど, から芳賀博士, から近畿地方, が中尉, が何故, が名分上, のに今

▼ それによつ~ (28, 0.0%)

5 て彼 3 て我々 2 てわたし, て僕達, て己, て私

1 [12件] てこれら, てだまされた, てはじめ, てはじめて, てまた, てみ, て何, て僕, て動かされる, て同時に, て私共, て遊ばせ

▼ そればっかり~ (28, 0.0%)

6 考えて 2 祈って

1 [20件] だったの, でした, ですの, でなくなりました, では, ねがって, 存じて, 待って, 心配し, 心配に, 念じて, 思って, 期待し, 楽み, 気に, 私は, 聞いて, 苦に, 見てるん, 頭に

▼ それであった~ (27, 0.0%)

2 ように

1 [25件] か, かと思い合せ, かと胸, かも知れない, かも知れぬ, からだ, からである, から自分, が女, が現下, が第, が青物, ことは, ことを, しその, しまた, すなわち天皇, と思う, と考え, と見られるであろう, に違い, のか, のでしょう, 丈でも, 話に

▼ それみろ~ (27, 0.0%)

2 といわぬ, と言った, ッ

1 [21件] あんな所, いくら優勢海軍, おまえ転ん, お前だ, お前は, すぐ片づい, ただの, と云った, と何, なんでも, やっぱり一番違い, やはりかまい, わしでも, ウフトムスキイの, 云は, 余計な, 四国訛じゃ, 女の, 政ちゃんは, 旨そう, 銭形の

▼ それ~ (27, 0.0%)

1 [27件] そうだ, そうだろう, そうでやす, そうね, どうしてもそういう, ぶこちゃん, もうどうした, もう遠い遠い, もちろんそうな, もちろんぶ, わかるん, 云うまでも, 何ともいえ, 何よりの, 全然作り, 勿論許し, 又誤報, 待つも, 心がけて, 早速あした藤堂君, 泣きましたさ, 知りませんでしたな, 置いときなされ, 行かれるとも, 読んでるもの, 違わんで, 面白いわけ

▼ それ~ (27, 0.0%)

1 [27件] から, から君, にお松, にかえっ, にくたばる, にここ, にどたばた, にもう, にもお話, にも陽気盛ん, にわたし達, に一応, に云っ, に可愛い, に山影氏, に標語, に汝, に狛犬, に田舎, に知らせ, に舌, に若, に訳し, に誰, に達ちゃん, に陳, の奴

▼ それからずつと~ (26, 0.0%)

2 後に

1 [24件] のち何氣なく, ハノイの, 丈夫で暮し, 今年の, 右手に, 吉林の, 向うの, 君の, 大きくな, 小説を, 岸の, 後になつ, 後の, 微熱が, 探りま, 時代が, 此方へと, 疏水の, 百姓を, 素人にな, 鉅万の, 長く兵衞佐, 飛んで, 麥畑が

▼ それ~ (26, 0.0%)

7 ではない 2 かあの, ではなく

1 [15件] かもつともつと, かよく, か国籍, か支倉, か明い, か最も, か沢, か爺, か相当, か眤, か礼, か私, ではありません, ではなかっ, の騒ぎ

▼ それがねえ~ (25, 0.0%)

1 [25件] あまりひどい, あんまり自信, いっこうとりとめ, うちは, おばさんの, お父様, さっぱり匂い, じゃア交番, その男, たいへんな, とてもそれ位, どうもまるで聞いた, なかなかそうは, なんでも, まるでけん, もうぱっぱと湯水, 五十両が, 叔母さん, 困っちゃったん, 困るん, 大木は, 大隅さん, 神山君の, 穴の, 親分

▼ それくらいに~ (25, 0.0%)

13 して 2 思って 1 しなければ, なすって, なったと, なると, 不足な, 口が, 成ってるだろうとは, 止まって, 簡単に, 見える美しい

▼ それにさえ~ (25, 0.0%)

1 [25件] きょとんと, しまったと, ぞっとした, ほとんど青色, 一息し, 乃公は, 何か, 何と多い, 値しない人間, 女工を, 少からぬ, 差し支えなかったらどう, 当惑し, 惑いきって, 慣れて, 手を, 気がついて, 気づかずに, 気づかないふう, 美味を, 耳を, 興味が, 貴方法衣の, 迷って, 遠慮を

▼ それゆえ彼~ (25, 0.0%)

1 [25件] には友人, には対象, の出方, の有名, はきい, は一九〇九年, は不当, は事, は事情聴取, は人々, は今, は八十二歳, は已む, は常に, は新井田氏, は毎日, は物売, は第, は紹介, は自ら, は自分, は蛍雪館, は言った, も不破, を指し

▼ それとしての~ (24, 0.0%)

1 [24件] しきたりも, 不便が, 他より, 価で, 価値で, 又自覚, 味も, 完成を, 定規も, 小鏡, 形を, 必然に, 標本として, 歴史が, 洗煉された, 消長を, 理由が, 発達進歩と, 矜り, 美と, 自分この, 通用性を, 限界の, 面白さ

▼ それみずから~ (23, 0.0%)

2 の力, の情趣

1 [19件] がいつのまにか, が又, が濡れた, そしてそれ, ただちに価値, にいろいろ, に人々, のうち, の上, の中, の位置, の内, の凡情, の態度, の構造, の裡, の見, を主張, 自全

▼ それ~ (23, 0.0%)

52 覽なさい

1 [16件] ぞんじで, らん, 一同の, 代参で御座います, 土産だ, 巡邏隊が, 所望の, 承知の, 挨拶, 松茸, 案内を, 相談で, 老中差廻しの, 覽お, 覽な, 覽旦那ぢや

▼ それ故にまた~ (23, 0.0%)

2 利己主義者を

1 [21件] あらゆる主観芸術, この日, すべての, その暫時的, その波紋, ウツシグサとも, オシラ様は, 一層メランコリック, 一段と我々, 人間の, 信州北部から, 将来の, 將來の, 彼は, 杉の, 深夜の, 精神生活に, 蕪村は, 訳された原詩, 重吉は, 類なく

▼ それつきり~ (22, 0.0%)

3

1 [19件] お宅, お目, かい, この事件, しつかりした, そのま, また先, よ, わけの, 友吉の, 大した騷ぎに, 平次は, 後は, 林太郎の, 泊つたやうです, 眠つて畢つた, 自轉車, 阿倍川町を, 靜かにな

▼ それなくし~ (22, 0.0%)

2 ては私

1 [20件] てその, てなん, てはありえなかった, てはありえなかつた, てはこの, てはその, ては一日, ては何, ては学問, ては得られない, ては恐らく, ては成, ては歴史, ては百倍, ては真理, ては研究, ては顧客, て単に, て小説, て生産

▼ それ聞い~ (22, 0.0%)

5 て安心 3 て安堵 2

1 [12件] ていささか, ていた, てくれ, てこの, てそれ, てたすかった, ては許す, てひそか, てほんま, て今, て少し, て身

▼ それ見る~ (22, 0.0%)

9 がいい 6 が宜 4 がい 2 が好い 1 がごとき

▼ それくらいは~ (21, 0.0%)

1 [21件] あすの, いいだろう, いいとしても, かかる本, しかたが, しまいこまれて, するじゃろう, まだなん, まだ優しい, みて, ゆるされい, 仕方なかった, 何でも, 出すだろうしかし, 出て, 夫婦らしく, 来て, 私も, 聞いて, 見て, 集まり縁日小屋

▼ それとが~ (21, 0.0%)

2 どちらが

1 [19件] あります, うまく結びつく, それぞれ異なれる, はっきりと, 一所くた, 人間の, 今度の, 全く一致, 全く同じ, 全く違った, 各, 大分隔たっ, 小さな鏡, 正義の, 混同され, 落ち合って, 衝突した, 調和せられ得る, 離れて

▼ それどこ~ (21, 0.0%)

6 じゃない 4 でなくカムパネルラ 2 でお 1 かのやう, か人, が面白い, じゃありません, じゃねエよ, じゃ無い, でない, のさわぎで, やあれ

▼ それはな~ (21, 0.0%)

1 [21件] あなたこの, おれが, お通, きさま, きみは, さいぜんそれ, しばらくお前, ちっとばかり, なるほどそんな, ゆうべの, わての, 三途河の, 世の中が, 伝右どの, 思いがけないところ, 支那問題のせゐだ, 残酷という, 空の, 調笑が, 都合によって, 首へ

▼ それらしく~ (21, 0.0%)

2 はない

1 [19件] おたか, ちらほら見えた, て勇ましい, と突兀, なくて, ね, まともな, も見えぬ, も見えます, メーキアップしなけれ, 住所は, 割りに, 変化させ, 愚楽老人が, 感応する, 時雨が, 服装を, 紅葉の, 細くし

▼ それ~ (21, 0.0%)

2 ぽツちのこと

1 [19件] て言, という警報, といふ, とばかりに雲, とばかり間道, と云, と取卷く, と店先, と船, と言, はじまつた, ぽつちなら, もう一遍, 急げ急げ, 持つて, 畳んで, 逃すな, 速く, 駈けろや

▼ それ以來~ (21, 0.0%)

1 [21件] あの男, いつも彼, かつて正しい, かれ等, この家, その彼, つねに認識論, といふもの, なんだか物騷, のこと, の友人, まる五年, わが生れた, 何となく心, 全く彼女等, 再びこの, 大熱心, 暫く私, 殆ど毎日, 積んで, 終始一貫救癩事業

▼ それがよ~ (20, 0.0%)

3 つぽ 2 かつた, 家庭の

1 [13件] あん時女中の, うくわかる, かりそう, ござんすね, なに戸惑いとは, はじめの, ウどう, ッく, 二十一日の, 仮りにも, 此の, 閑山は, 雨上りの

▼ それっきり何~ (20, 0.0%)

2 の声, もわからなくなっ, も云わない, も言わない

1 [12件] だってあんな, とも言わなかった, にもありません, にもいわない, の変った, の答え, の音信, の音沙汰, もいわなくなっ, も言わず, も言わなかった, をいっ

▼ それっきり姿~ (20, 0.0%)

3 を見せません 2 を晦まし, を消し, を見せず, を見せなくなった 1 が消えました, をみせなくなりました, を見せない, を見せねえ, を見せませんでした, を見た, を隠し, を隠しました, を隠す

▼ それ~ (20, 0.0%)

5 つかりは 3 ッかり 2 つかり考へて 1 それば, つかりでこの, つかりで私, つかりはと, つかり思つて, ツかり, 抱えて, 新家の, 王城の, 見て

▼ それまた~ (20, 0.0%)

2 例の, 姉さんの

1 [16件] お株を, 一票フイと, 一興不審の, 不通の, 何となく上品, 余勢で, 危ない, 吹くは, 吹くわ, 射ますぞ, 束の間であった, 洋服なんて, 理窟だ, 続いて, 軍用鮫なく, 鐘が

▼ それをこそ~ (20, 0.0%)

2 美しき作

1 [18件] かいて, ぎ落し, むしろ未熟, わが文学, われわれは, イタリーとは, 共同謀議の, 大人は, 封建的悪風といふ, 川上は, 懸念せし, 挙げるべきだ, 書きたいという, 最大の, 正しい工藝品, 正しい文化, 無益な, 知りたいもの

▼ それをすら~ (20, 0.0%)

2 今は, 識らなかっ

1 [16件] いだかせました, なお大胆, よく傳へた, 土民の, 好條件, 強いて, 強ひ, 忍んだ, 手に, 抑えて, 押し除けて, 持つこと, 知らないで, 空けたよう, 見ようとも, 飯の

▼ それ~ (20, 0.0%)

1 [20件] がいない, にあ, には七癖, に自愛心, の, の一生, の世, の使, の友, の国, の心, の恐るる, の死, の美徳, は主我的, は利害, は自, を斬っ, を見, 各

▼ それ限り~ (20, 0.0%)

3 だ, になっ

1 [14件] かい, じゃない, だそれ, だった, でした, ではない, で散会, で自分, なひと声, のもの, の人, の強, の虚栄, はたとやんだ

▼ それいぜん~ (19, 0.0%)

1 [19件] お互いに, から, からたれいう, から山上, にご, にその, には清水寺, にひどく, にまた, にみな行宮, に一ばい士気, に共犯, に北畠顕家卿, に後村上天皇, に自分たち, に蹴, の探題英時時代, は何, 亀山上皇の

▼ それこそが~ (19, 0.0%)

2 共産主義者の

1 [17件] あなたの, おれの, きょうの, ほんたう, むしろ演劇芸術, クリティシズムの, 一つの, 人間生活の, 劇作家の, 危機であるだらう, 最も日常的, 有機体, 欲しい唯一, 武門の, 生命の, 眼目で, 重大だった

▼ それとて~ (19, 0.0%)

1 [19件] あやふやな, 一口に, 一瞬の, 不審はござりませぬ, 名ばかりで, 大丈夫でござる, 彼は, 急がずともの, 日本の, 日本左衛門の, 曰くは, 条件が, 果して充分, 浪人論決して, 絶対には, 自分自身の, 覚束ない, 軽い意味, 重罪だ

▼ それに対しても~ (19, 0.0%)

1 [19件] いま, くるしく思う, た, ただちに神秘的, ただ笑い顔, また一種, エヘラ笑いと, 余りに強い, 充分の, 内蔵助は, 吾, 寂しく笑った, 情熱が, 次郎は, 秀吉は, 耳さえ, 返事が, 青木は, 魏王の

▼ それ~ (19, 0.0%)

3 の果

1 [16件] あがりとしても, あがりの, がくろ, が必要, が振舞い, たる値打, だったという, だったのに, であっただけに, と見た, のする, の果て, はそれ者, も生粋, らしい飛躍, を家

▼ それお前~ (18, 0.0%)

2 も知っ

1 [16件] がおはこ, しっかりする, とは縁, によく, に見せ, の, のお母さん, のところ, のぱっちの血形, の親友, の靴, は下敷き, は日本晴, は踊らなく, も覚え, 知って

▼ それからかれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] はおどろくべき, はかけ, はくちびる, はこの, はすっぱ, はそれ, はもう, はわたしたち, はエチエネット, はハイカラ, は事情, は出立, は宿屋, は朝食, は歩い, は落とし, は階段, 以上に

▼ それきり二人~ (18, 0.0%)

3 はまた 2 とも黙っ

1 [13件] とも口, とも行っ, とも長く, の声, はその, は再会, は口, は容易, は小田切大使, は暫く, は黙っ, は黙った, は黙り込ん

▼ それだけとしては~ (18, 0.0%)

1 [18件] そんなに深刻, なんの, ばかばかしいもの, べつに恐れない, もうなん, 一方で, 充分無害, 客観的な, 当って, 悪い計画, 正しい, 猶多少合点, 異議の, 莫大な, 観測されない, 言うに, 適確ね, 間違いでは

▼ それであろう~ (18, 0.0%)

52 と思う

1 [11件] が, が母, し西, とそう, とは知らなかった, とも小さな, と世界じゅうどこ, と予想, と揣摩, と深く, な

▼ それでしたら~ (18, 0.0%)

1 [18件] あなたは, あの娘, うちの, お部屋, このたび, ちょうどお, ば, 今までに, 内海さんも, 千円です, 又何ん, 四人でも, 家庭裁判所に, 御心配, 昨夜たしか, 辞退させ, 都合の, 鍵盤の

▼ それによっては~ (18, 0.0%)

2 明らかに

1 [16件] このふじヶ根, たった一つ, まだ事実, まだ吾, 二十五日に, 代理として, 何ら特別, 増加されないであろう, 幾何学が, 必ずしも人間的見識, 性格概念の, 直ちに牙, 種々なる, 経験的知識の, 船岡の, 阻害されないであろう

▼ それはずつと~ (18, 0.0%)

2 後の

1 [16件] のちまで, 以前から, 以前の, 前だ, 前に, 大昔の, 天上に, 後に, 後にな, 後世の, 心の, 昔し, 昔の, 町の, 蔵つて置いた, 西洋人よりも

▼ それはよ~ (18, 0.0%)

11 かつた 2 うく私, かつたです 1 うく承知, くさう申します, けれど弾

▼ そればかりの~ (18, 0.0%)

4 一念が 2 ことで, ことに 1 ことも, ことを, ために, ように, 手ぬぐいを, 爆薬で, 目的でなく, 空気では, 肉ぢや, 趣旨では

▼ そればっかりは~ (18, 0.0%)

2 どうぞ

1 [16件] いえぬという, いけませんいくら, お許しくださいまし, お隠しだて, ご免下さい, だまって, どうか, どうしても, どうしても出来なかった, どうぞ堪忍, まだ疑い, 勘弁出来ない, 堪忍し, 強情張っ, 申し上げられませんね, 疑いなし

▼ それへは~ (18, 0.0%)

2 行かず旗鉾

1 [16件] いつたの, いるには, いる時, ひつた, ひる前, また暗い, 何, 入ること, 向わないで, 張遼を, 手を, 斬り下さずクルリ, 早舟を, 普通の, 法皇が, 越後新田党の

▼ それ~ (18, 0.0%)

3 じゃない, ではない, ではなく 2 じゃア 1 か, か実は, か新劇, ですか, ではなかつた, では無い, の話

▼ それからという~ (17, 0.0%)

13 ものは 1 もの毎日むしろ, もの絶えず, もの良人の, 事に

▼ それ~ (17, 0.0%)

2 てすみません, て居りました

1 [13件] ちやつて, ていました, てしまった, ては高利貸め, て失礼, て飛んだ, ゃのあがりらしい女房が, やのはて, やの果, やの果て, やの浴衣, やの粋, 風船は

▼ それそれそれ~ (17, 0.0%)

2 がいけない

1 [15件] がいかにも, がわかれ, が女々しい, が闇, その小, だ, だから, ですわ, でなくちゃ, とあの, にちがい, に決った, に違い, を決議, 見な

▼ それどころ~ (17, 0.0%)

5 の騒ぎ 3 の話 1 じゃなく, のこと, のさわぎで, の場合かい, の手輕, の沙汰, の身の上, の騒ぎぢ, の騷ぎではありません

▼ それにても~ (17, 0.0%)

2 飽き足らず

1 [15件] あのよう, なおかない, なお憤り, なほ落ちつかぬ, よければ, よし, 一朝事ある, 大事ござらぬ, 好しと, 御疑念, 忽ち売れ, 武門の, 見事其處に, 足りずば, 馬の

▼ それかも~ (16, 0.0%)

3 知れない, 知れぬと 1 しれないと, しれんなあ, わからねえ, 分りませぬ, 判らない, 知れないと, 知れない彼ら, 知れぬ, 知れねえ, 知れません

▼ それきり口~ (16, 0.0%)

7 を噤んだ 3 をつぐん 2 を噤ん 1 はきかない, をあまり, を利かず, を噤む

▼ それ~ (16, 0.0%)

1 [16件] まさしく目ざした, わが兄, 右門の, 大手の, 少華山, 掻き立て, 敵土埋, 日なら, 正しく三成, 死よ, 殿の, 源之, 町中で, 神なるべき, 箕輪の, 音羽の

▼ それっきり行方~ (16, 0.0%)

7 知れずに 1 がわかりません, が知れず, もわからず, も判らなくなっ, を晦まし, 知れず, 知れずガラッ, 知れず生きて, 知れず石原

▼ それはか~ (16, 0.0%)

2 うだつた, へつて芥川

1 [12件] あいそう, あつと, がやかに, とりの, はいさうぢ, へつておのれ, へつてそれら, へつて僕, へつて双方, へつて徳次, へつて旦那様, へつて自分

▼ それまでを~ (16, 0.0%)

1 [16件] いわなくても, ことわる心持, たれにも, レーンは, 一人で, 元禄の, 全訳する, 孔明とて, 少佐は, 振り切ること, 総じて原版, 見終ると, 記憶する, 通算する, 馬鹿, 馬鹿馬鹿しいと

▼ それみた~ (16, 0.0%)

9 ことか 5 ことかと 1 かと心, ことが

▼ それ行け~ (16, 0.0%)

2 それ行け, ッ, ツ, 八 1 で執達吏, と谷中, と馬, ッあの, ツあの, ワ, 助太刀助太刀, 救へで

▼ それだろう~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] お前は, ということ, というわけ, とも思った, と察し, と思う, と思われる, と推した, と私, と鑑定, なあ, 口真似を

▼ それにたいする~ (15, 0.0%)

1 [15件] あせりも, クリストフの, スパイの, ボルシェヴィキの, 一つの, 声も, 感謝の, 汽船の, 河内どのの, 老人の, 自分の, 諸階級, 謝罪な, 責任を, 返事としては

▼ それにつき~ (15, 0.0%)

1 [15件] もう一杯, 動かされて, 又モメ, 合わされる, 従う二三, 従ってヘトヘト, 思ひ出すの, 改めてお礼, 文学部の, 添うて, 添った牛, 添って, 私が, 野生も, 鴎外の

▼ それはど~ (15, 0.0%)

7 つちでも 2 つちに 1 つさり払, つちが, つちの意味, つちの方, つちの方角, つちも

▼ それはも~ (15, 0.0%)

2 早や

1 [13件] うい, うた, うてまえの, これはも, つけの, ほや單なる, ッとも, 一つの, 一ツの, 一度位, 少し年, 少し程度, 糞も

▼ それ~ (15, 0.0%)

2 へ余

1 [13件] へお, へにその, へヘルバルト氏, へ固, へ宇宙, へ意思, へ是, へ毫末, へ活動, へ矢張唯絶對的自然力, へ進化, へ食, ゑもしも

▼ それをさえ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お前は, すっかり忘れ, 中心に, 儂は, 充分に, 忘れて, 恩に, 抹殺した, 止めようと, 溌剌とは, 知ること, 聞いては, 自然と, 誰何した, 足に

▼ それをね~ (15, 0.0%)

1 [15件] お嬢さんも, お松さんと, けだるそう, しなしなと, すっかり思いちがい, だまって, ぢつた, ウイちゃんと, ダーシェンカそんな, 両方へ, 天幕の, 姿見を, 窓に, 話すひと, 長崎へ

▼ それをもって~ (15, 0.0%)

1 [15件] 京極の, 利家の, 外出した, 奥儀と, 安二郎が, 宋江を, 察すれ, 日帰りという, 根岸の, 正造を, 満足する, 満足せず, 維持され, 行為的指針と, 購買を

▼ それかの~ (14, 0.0%)

8 ように 1 ものの, ようどこに, ような, 今日に, 女は, 生れし

▼ それからが~ (14, 0.0%)

1 [14件] またいけなかつた, 不了簡, 今日聞い, 例によ, 反対に, 呑込めぬ, 多いでしょう, 大分違う, 大変で, 大変な, 失敬さ, 往昔羅馬皇帝トラヤヌスの, 災難で, 繁昌で

▼ それじゃァ~ (14, 0.0%)

1 [14件] いま, こっちの, まだいま, チョコは, 可哀想だ, 君ん, 君由良一座は, 引っ込, 当人が, 矢っ, 知ってるだろうお前, 立つ瀬がねえ, 解いて, 通らねえん

▼ それだけとして~ (14, 0.0%)

4 見れば 1 今度は, 働いて, 取扱ふこ, 抽出される, 政治的, 極端に, 横たわって, 止って, 考えた時, 自己感応する

▼ それどう~ (14, 0.0%)

2 いふ意味, しや, 云ふこ 1 したのよ, したん, するため, だ, だ友造, なさるの, 云う訳, 言うん

▼ それにつれ~ (14, 0.0%)

1 [14件] うえの空気の, はっきり分り, また千鶴子, 一方で, 佐々の, 千鶴子の, 口惜しいこと, 昨夜も, 添ふお, 私の, 種々の, 羽織と, 誦経も, 鎌倉中の

▼ それにばかり~ (14, 0.0%)

2 気を

1 [12件] こだ, ついて, ぴつたり執しすぎる, 夢中に, 氣が, 没頭する, 没頭せしめた, 熱中し, 男の, 見恍, 関係してる, 頼ること

▼ それに関して~ (14, 0.0%)

1 [14件] なの, オルガンチノの, 二十の, 云い表わす術語, 今日まで, 具体的な, 極めてかすか, 獄中の, 用談が, 知らないか, 私の, 蒐集された, 賛否いろいろの, 長々しい

▼ それ~ (14, 0.0%)

2 親分だ, 親分だって 1 あすこだけ, お前だ, お前樣も, なんでしょう, 八五郎親分も, 可笑しくなるでせう, 此庇から, 親分には, 言は, 路地を

▼ それ以上追及~ (14, 0.0%)

2 しなかった, しませんでした 1 しさ, しそう, したところ, しようとは, すること, する様子, する樣子, する氣, する興味, せずに

▼ それ以来彼女~ (14, 0.0%)

2 の舌

1 [12件] にはへん, の身支度, はその, はもはや, はよい, はパリー, は一生, は僕, は夫, は寛永寺橋, は彼, は額

▼ それいらい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ここに, そのれつ, の直義, は両, ゼフリズは, 一通の, 両者は, 伊那丸も, 垢離堂の, 家では, 彼は, 私は, 長いあいだ

▼ それここ~ (13, 0.0%)

1 [13件] から見える, に, にありました, にみんな, に入り口, に小さな, に木の根, に柳, に籠, に紐, に通っ, へおく, をこうして

▼ それにのみ~ (13, 0.0%)

2 存するところ

1 [11件] ある清澄, たよるやう, つないで, 偏しない, 奔る, 心を, 愛情を, 注意し, 熱中し, 限ったわけ, 限ること

▼ それによっても~ (13, 0.0%)

1 [13件] おた, また低められる, また水, 人間は, 何者かが, 分るほど, 古来いかに広く, 察せられるよう, 彼が, 推量される, 文章の, 明瞭である, 知られるよう

▼ それよりもずつと~ (13, 0.0%)

1 [13件] あらは, きれいな, 余計に, 前である, 効力が, 洗練され, 組織立つた不自由, 緻密な, 良い方法, 落ちると, 貧弱な, 遠い処, 遠い昔

▼ それよりや~ (13, 0.0%)

1 [13件] それだけの, もう寢, アまア, アも, ア僕を, ア君, 先づ鍋, 別れて, 君の, 早く正教員, 案山子代りに, 機嫌を, 社宅の

▼ それツ切り~ (13, 0.0%)

2 で, にした, になる 1 いくら手紙, お鳥, だつた, だらう, で義雄, のこと, 反對

▼ それきり私~ (12, 0.0%)

2 は彼女 1 の左, はお, はす, はその, はイエ, は会えなかった, は太宰, は彼, は籠球部, は黙りこん

▼ それぐらいは~ (12, 0.0%)

2 覚悟の 1 あるかも, しかねませんとも, しても, まだええ, むずかしいこと, 大胆に, 心得て, 物の数では, 相当さ, 貰わな食

▼ それじゃけに~ (12, 0.0%)

1 [12件] お目付, その手先, ともかくも, 事が, 今の, 俺あ, 喜多流は, 地謡は, 愛国社の, 戸塚が, 本家本元の, 鯨は

▼ そればかりに~ (12, 0.0%)

2 気を 1 かかずらって, こだわって, 一昼夜を, 屈托し, 没頭し, 牽され, 眼を, 腐心し, 迷は, 頼る時

▼ それひとつ~ (12, 0.0%)

2 あれば 1 が欠け, だけで十分, だけをもつ, でございます, でなく, でも和解, でも女王さま, でも武, に彼女, のため

▼ それまでと~ (12, 0.0%)

1 [12件] あきらめて, いいながら, すっかりちがった, なって, 同じよう, 思いきり国, 思い出かけて, 恥を, 湯の, 澄して, 違った一変, 駒を

▼ それもさ~ (12, 0.0%)

1 [12件] うつづけ, こっちばかり, そうばかりも, まゆみちゃんの, リャンコだ, 今度は, 他人の, 俺が, 刻んだの, 山県紋也さんの, 自分の, 街道を

▼ それやったら~ (12, 0.0%)

1 [12件] いっその, いつや, ええが, ちゃんとその間ア, よけい教え, 一寸だけ, 一番分る気づかいないいう, 今日置いたら, 何処ぞから, 問題に, 声掛け, 罪は

▼ それ~ (12, 0.0%)

1 [12件] おかげで, か他, くらいのこと, ばかしの金, ばかじゃ, ばかりの元金, ばかりの物, ばかりの研究, ばかりの謎, ばかりの金, ばかり返し, ばっちどう

▼ それ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が二十粁, にし, のべっかっこ, の内, ひと息だ, もおっしゃった, も気, んなつ, 看守の, 言った通り跣足, 起こった, 逃げたばかり

▼ それ自身独立~ (12, 0.0%)

2 したもの 1 した評価, して, しては, な他, な商品, な根源的, な進路, に出来る, の根源性, の活動

▼ それあさう~ (11, 0.0%)

2 だ, でせう 1 いふ極端な, さ, だらう, ですとも, と何, と此間誰か, に違

▼ それからでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] いいだろう, いいで, いいわ, ごゆるり, ざっと二十年, 半道や, 家で, 小説は, 思いどおりの, 数年間は, 遲く

▼ それっきり口~ (11, 0.0%)

3 を緘 1 をきかない, をきかなかった, をきき, をつぐん, をつぐんだ, を噤みました, を噤ん, を噤んだ

▼ それなりけり~ (11, 0.0%)

1 [11件] じゃない, でも構いません, と, という, となっ, となる, になツたん, に夢, の千秋楽, の寝乱れ髪, 気が

▼ それのみの~ (11, 0.0%)

2 ために 1 こと, ための, 世界という, 完成にても, 影なり, 撤廃を, 目的では, 秋で, 願なりし

▼ それへも~ (11, 0.0%)

1 [11件] こう答えた, すぐ命じた, ひとつ案内を, ぶつかった, 一言すら, 兵三千を, 名刺を, 心を, 頷いた, 顔を, 骨肉を

▼ それまでとは~ (11, 0.0%)

1 [11件] あべこべに, ちがって, まるでちがった, まるで違った, 何んだ, 全く別個, 全然違った, 変って, 打つて, 比べられないほど, 際だって

▼ それよりゃ~ (11, 0.0%)

1 [11件] てめえの, またちょいちょい, ア初めから, ア畑の, 上げ潮を, 二等に, 俺が, 俺にゃ, 僕は, 手や, 桔梗屋だ

▼ それ全体~ (11, 0.0%)

2 を野鼠 1 があざやか, が一, が一つ, が微笑ん, が既に, が瘤, への疑ひや, を包む痩せた, を背負っ

▼ それからといふ~ (10, 0.0%)

4 ものは 1 ものどうしても, もの一度も, もの奥田氏に対して, もの彼は, もの次第に, もの毎日の

▼ それがかへ~ (10, 0.0%)

1 つてかの, つてこたえた, つてよか, つてよろしい, つて不調和な, つて不遇な, つて厭味を, つて清潔に, つて私の, つて窮屈だつた

▼ それだに~ (10, 0.0%)

1 かく後れ, なお君, なしうれば, 因って, 容易には, 得せず, 愉快で, 懐かしいもの, 早や, 里の

▼ それによりて~ (10, 0.0%)

1 光を, 八十大臣の, 出たらめ, 可能性の, 名誉を, 方法を, 水戸と, 生理学は, 緯書その他の, 起りし苦し

▼ それはい~ (10, 0.0%)

2 つたいどう, はゆる 1 ぢらしい, つたいなぜ, つたい誰, づれはさういふことになるだらうとは申し, づれわかることでございませう, わるべきもの

▼ それはよう~ (10, 0.0%)

2 わかる 1 ございます, ございますでは, ござります, わかって, 分る, 御座いましたねえ, 心得て, 来て

▼ それまでという~ (10, 0.0%)

3 ものは 2 ことで, ことに 1 ものおかあさんは, もんだ, 話である

▼ それもね~ (10, 0.0%)

1 た, なにかあの, わたしが, 居場所といった, 旦那様まともに, 最初お代先生の, 玄関番の, 理屈から, 継母で, 良助に

▼ それゆえ自分~ (10, 0.0%)

1 からこう, などに対しても自然丁寧, にも晏起, のからだ, の判断, の身, はかれ, は平常, は連れ, もこの

▼ それよく~ (10, 0.0%)

1 ありません, この頃新聞, そこい, 分らなかったから, 惑わすところ, 考えて, 見えるで, 見えるでしょう, 言うでしょう猫, 言うやつ

▼ それ以来僕~ (10, 0.0%)

1 が毎日毎日, とトヨ公, に対して敵意, の乗る, の心, の提供, の誠実さ, は, は先, は銀座通

▼ それ~ (10, 0.0%)

2 の著書 1 ぞなどいふ, だって先刻, と一緒, と僕, に向っ, のところ, の所, の気

▼ それ~ (10, 0.0%)

9 來の 1 當か

▼ それ独特~ (10, 0.0%)

2 の歴史的発展形式 1 な技術, のもの, の弱み, の正義観, の臭み, の表現, の表現形式, の話しぶり

▼ それ申しました~ (10, 0.0%)

2 と云っ, よ 1 お面, が, とすごすご, どうぞ此方, よマア, 御苦労様でございます

▼ それ相應~ (10, 0.0%)

1 なむくいを, に一々, に佛, に女, に氣苦勞, に野邊, の品位, の恰好, の悦樂, の飼養上

▼ それ~ (10, 0.0%)

1 があの, がのその, のお父さん, のヴェール, の抒情的世界, の方, の日本語下手, の申さぬ, は四尺足らず, をし

▼ それかて~ (9, 0.0%)

2 此の 1 あたしが, ほんまの, 浜寺の, 田舎に, 立ったなり, 自分で, 袋帯や

▼ それかとも~ (9, 0.0%)

1 ききあやしみて, 思ふ影, 思われつ, 梶は, 見える, 見えるし, 見め黄, 見ゆるに, 見ゆる影

▼ それからと~ (9, 0.0%)

2 云ふも 1 せがんだもの, とめども, 云うもの, 云ふ, 申すもの, 胸に, 見る見る心ゆくばかりに

▼ それがち~ (9, 0.0%)

5 つとも 4 やんと

▼ それぎり何~ (9, 0.0%)

1 ともいわなくなった, とも云わなかった, にも云わなかった, の応え, の気, もいう, もいわず, も云わなかった, も知りません

▼ それぐらいに~ (9, 0.0%)

1 しても, たじろぐ気持, やらないと, 凄い意気合い, 区劃し, 安く見積もらなきゃ, 思ったでも, 見える瞬間, 過ぎなかった

▼ それご覧~ (9, 0.0%)

6 なさい 1 な, なせえましいううち, になります

▼ それさん~ (9, 0.0%)

3 ならミルクホール 1 にかて, にかて聞い, のところ, はなぜ, は少し, 御茶

▼ それすらが~ (9, 0.0%)

1 中断されたる, 出来な, 刻みを, 大いに疑問, 実は啓蒙活動, 容易ならざる, 殆ん, 癪に, 葉子には

▼ それだけじゃ~ (9, 0.0%)

1 ありません, ありませんよ, いけません, ないと, ないん, ない萬一僕, 手の, 済みません, 野毛山が

▼ それだつたら~ (9, 0.0%)

1 この私, オレ達は, 二階へ, 口説きが, 座員はも, 私は, 私達の, 自意識過, 貴方探し

▼ それっ切り~ (9, 0.0%)

1 また停頓, 人間に, 何ぼたたい, 何も, 何事も, 何処へ, 元の, 此方から, 洋装の

▼ それにすら~ (9, 0.0%)

1 かれは, みたされぬ魂, 名残りが, 安易を, 答えないで, 見せぬつもり, 迷った, 階下で, 黙つて

▼ それにつけ~ (9, 0.0%)

3 加へて 1 また人々, 信長は, 加へ, 加へれ, 彼に, 思いおこします

▼ それにと~ (9, 0.0%)

2 ぢ籠められ, つては 1 いって, ちくるいは, つて救濟である, なった薬局, まつて

▼ それに対しての~ (9, 0.0%)

1 与右衛門の, 強い反撥, 意識が, 感情は, 感覚を, 某氏の, 第二段, 答弁は, 返事は

▼ それもう~ (9, 0.0%)

2 そこに 1 一つ, 一つ仙台家に, 一と, 一弾, 伊豆屋だ, 実を, 著いた

▼ それよりの~ (9, 0.0%)

1 うわ手, ことなれ, 一飯も, 丹精今, 夜な, 昼夜, 見る目横, 解放は, 解放を

▼ それらしき~ (9, 0.0%)

1 人影が, 人物を, 御容貌, 武家風の, 死骸も, 痕も, 発作の, 知性人や, 風は

▼ それをめぐって~ (9, 0.0%)

1 あらゆる, 動くこと, 十本あまりの, 小さな森, 策動する, 蠢めく, 複雑怪奇に, 近来異常な, 黄ばんだ葭

▼ それをよけて~ (9, 0.0%)

1 その向こう, コップを, 右へ, 文学理論上の, 歩かねば, 洞窟の, 淋しい方, 窓を, 見送って

▼ それ以上彼~ (9, 0.0%)

1 にとって不利, に抗議, の事, の心裏, の説得, は何, は有吉, れこれ, を起そう

▼ それ何とか~ (9, 0.0%)

1 いいますねえ, いう地口, いう西班牙, いったな, さんよ, その方, って山中暦日, 云ったっけ, 伝三熊の

▼ それ~ (9, 0.0%)

1 たのしく陰鬱, どういふ, ふさがったで, 急ごうぜ, 或は然, 殺される大, 水たまりでござる, 浮いた, 變な

▼ それ本当~ (9, 0.0%)

2 でせう, のこと 1 かい, かも知れない, でしょうね, の木綿もの, よ

▼ それ来た~ (9, 0.0%)

3 ぞ, っとみな 1 っと玄関, と俊雄, よ

▼ それ申し~ (9, 0.0%)

1 ちゃ困る, て, てお, てすみません, て了, て済まない, て相, て飛んだ, にこれ

▼ それあもう~ (8, 0.0%)

1 あんたが, これを, その筈, ほんとにそうです, 何とも彼, 旦那様の, 無論の, 金輪際誑ら

▼ それいじ~ (8, 0.0%)

1 ょうすすめなくなりましたので, ょうたって, ょうに速く, ょうの, ょうのおそろしいことが恐竜島には, ょう何も, ょう夜ふかしを, ょう言う

▼ それがずつと~ (8, 0.0%)

1 使はれ, 向ふ, 後に, 後まで, 數日前の, 熱くな, 狭斜らしい, 窓の

▼ それがと~ (8, 0.0%)

3 いうと 2 言つて今は 1 つくりと, ほうも, まつた

▼ それがな~ (8, 0.0%)

1 こういう理由, どういうもの, もし若い衆, 敦子さまから, 本当に変梃, 紋着の, 美しか, 路之

▼ それきり顔~ (8, 0.0%)

2 を見せなかった 1 がなかなか, もみなかった, をひっこめ, を見せなく, を見せなくなった, を見た

▼ それじゃね~ (8, 0.0%)

1 こうしたら, これからいくらでも君, そのピン, それじゃね, ましょう阿母さん, みんなで, 小学校に, 晩に

▼ それそう~ (8, 0.0%)

1 おいでなさるだろう, おうに, じゃ, だ, でしょう, ですとも, 人を, 言われるから

▼ それただ~ (8, 0.0%)

1 かくの, ここにおいてか, 一つである, 一つでしか, 世界第, 敵に, 新国なる, 積誠これを

▼ それたり~ (8, 0.0%)

1 した, するので, なぞする, ぱっとあと, 大地に, 妙に, 左へ, 見えなくなるほど

▼ それだからといって~ (8, 0.0%)

1 こういう所, この別離, その愛, 人間を, 手を, 日本も, 此書の, 言句を

▼ それだけには~ (8, 0.0%)

2 止まらない 1 ちがいない, 大変敏感に, 映して, 止まって, 知らせても, 答える義務

▼ それっきり私~ (8, 0.0%)

1 にチョッカイ, の体, の母, はしばらく, はだまっ, は孝行娘, もつい, も何

▼ それなども~ (8, 0.0%)

1 つまりは, またこの, もうちょっと先, 乱の, 何か, 彼の, 或はこういう, 明治文学の

▼ それにの~ (8, 0.0%)

1 いくら腹, そりと, つて出かける, つて行きました, みこだ, 刃物を, 耳は, 鷺はの

▼ それによってのみ~ (8, 0.0%)

1 あらゆる理論, である, 彼は, 愈々多幸, 生活は, 発見する, 私達凡ての, 自己の

▼ それに従う~ (8, 0.0%)

1 問題の, 従わないは, 必要は, 極めて従順, 正しい実行, 紺看板が, 行動とを, 返答し

▼ それのみは~ (8, 0.0%)

1 お忘れあそばす, とんと定か, 分らなかった, 初めて知った, 彼の, 掌を, 独ります, 陛下申し上げ

▼ それはかの~ (8, 0.0%)

1 おとわ, お角, 呉羽之, 柿の木金助が, 清月亭の, 無窓国師, 玉藻の, 飯田の

▼ それみづか~ (8, 0.0%)

3 らの 1 らぞ, らに, らにおいて, らを, ら經驗の

▼ それゆえこれ~ (8, 0.0%)

1 が歌, に対する外国, に身, はどうしても, は実, を実話, を読ん, 迄も屡々

▼ それゆゑ私~ (8, 0.0%)

2 は日本一 1 が四つ五つ, のふるさと, のほか, は単に, は決して, も幾度

▼ それよりもね~ (8, 0.0%)

2 貴女が 1 これを, ぼくは, りら子さん, 妾今晩は, 源どん, 肉體の

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 おもしろいやれ, アイヌに, 堂々たる産殿, 夫婦協力し, 宗教人としての, 本来鮭の, 自分の, 鮭である

▼ それッ切り~ (8, 0.0%)

1 だ, だった, だべよ, でそれ, のこと, のよう, 分らなかった, 泣けて

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 の, の小姓, の彼, の白痴殿, の白痴殿ぢ, の良い, の読心術, の鬼王丸

▼ それ其処~ (8, 0.0%)

1 にある, にバケツ, に小さい, に立っ, に見なさい, の柱, へ, をそう

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 である, ですが, でその後コッチ, で外, で第, の事, 動かなくおなり, 帰らない心持

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 が逃げた, といふもの, の力, の淺, らしい, を引っ, 大名の, 師匠が

▼ それ~ (8, 0.0%)

1 がその, とはなんぞや, なるか, のみ旨, の御子, の震, は一位, は完

▼ それ等すべて~ (8, 0.0%)

1 が怪奇, のもの, の感情, の新奇さ, の美観, の観音, を極めて, を熱湯

▼ それあすこ~ (7, 0.0%)

1 がコルシカ島, だからね, に人, に又, に立っ, のかた, へついた

▼ それあそこ~ (7, 0.0%)

1 にミンミン蝉, の土手, の椅子, の矢来, の背後, へお前, へゆく

▼ それ~ (7, 0.0%)

1 さ, じょうはにげられません, じょうはひらかない, じょうは乗れない, じょうは気に, じょうは話さない, つやの

▼ それからかう~ (7, 0.0%)

2 云つた 1 も云, 云ひました, 云ふ, 云ふです, 言ふんだ

▼ それがも~ (7, 0.0%)

1 うた, しなくなる時, やに, ツとも, 一度さう, 少し進む, 早や

▼ それきり彼~ (7, 0.0%)

2 は彼女 1 のす, の姿, はおそらく, はもう, も山

▼ それぞと~ (7, 0.0%)

1 ふ眼, 思うばかり, 思う人影, 思ふばかり, 思われる人物, 汝も, 見るや

▼ それだけじゃあ~ (7, 0.0%)

1 すまなくてよ, どうかな, ない, ないずいぶん, ねえな, 済みますまい, 納まるめえ

▼ それだつ~ (7, 0.0%)

2 て何 1 てい, てどうにか, てみなそれぞれ, て皆, て私

▼ それでさえも~ (7, 0.0%)

1 ただお, なお一方, なお動き始めた, 又眼, 小鮎, 或る, 戦争が

▼ それでなかったら~ (7, 0.0%)

1 お前, たといどんな, 仲の, 冷たい供え膳, 海水浴場の, 筒井は, 縁が

▼ それでなけりゃ~ (7, 0.0%)

1 あいけ, あいつでも, あうそ, あ土地, あ歯, あ罪人, 己も

▼ それとばかりに~ (7, 0.0%)

2 酒屋へ 1 人目を, 志免と, 昨年の, 私たちは, 菅谷君は

▼ それなどは~ (7, 0.0%)

1 リリアン, 些細な, 今では, 少しも, 某氏の, 確かに, 著しいもの

▼ それにや~ (7, 0.0%)

1 お前が, しかし反, もちつと金肥, 一向意味, 借金を, 及ばねえよ, 習える

▼ それのみで~ (7, 0.0%)

1 われらの, 一郡一村を, 人間の, 他人に, 倦き足りない, 天地は, 生活し

▼ それのみには~ (7, 0.0%)

1 あらずして, よらぬこと, 尽きなかったの, 止まらなかった, 止まらなかったの, 限らない, 飽き足らず常に

▼ それはや~ (7, 0.0%)

2 はらかな 1 くにたちそうも, どかり, まめと, みぬ, ッと

▼ そればかりじゃねえ~ (7, 0.0%)

1 あの野郎, その夫, 大勢の, 日が, 藩の, 親分寺社の, 諸国の

▼ そればっか~ (7, 0.0%)

4 しかい 1 しじゃ, しに, じゃねえ

▼ そればっかりじゃ~ (7, 0.0%)

2 ない 1 ありません, ないの, ないのよ, ないわ, 御座いませんよ

▼ そればっかりを~ (7, 0.0%)

2 楽しみに, 眺めて 1 たのみに, 楽しみの, 気に

▼ それほんと~ (7, 0.0%)

1 かね, です, ですか, ですのよ, ときき返した, なの, よ

▼ それ~ (7, 0.0%)

2 たまえ 1 さっせいあの, てみろ, てわらいだす, にいこ, 給へ

▼ それもはや~ (7, 0.0%)

1 今日では, 十年の, 十年も, 徒花鶴子を, 模糊として, 自分から, 近ごろは

▼ それもよ~ (7, 0.0%)

1 からむ, この女, ござんせう, ご両人の, その又, 行儀なら, 見ろ下さ行けば

▼ それをの~ (7, 0.0%)

1 しんと, どのおく, のかん, べつに, めと, んだ, 透かし透かし山際に

▼ それをのみ~ (7, 0.0%)

1 さっきから, 下したと, 唯一の, 希つた, 念じて, 楽しみに, 繰りかえし繰りかえしいまでは

▼ それをは~ (7, 0.0%)

1 あ此, ぎとつてそこに現れた, づしてみる, づしてやるとまた, づす, づすと彼は, づす事が

▼ それをよ~ (7, 0.0%)

1 うく念頭, うく知っ, けるが, けること, けるに, けるはずみ, ける様

▼ それアそう~ (7, 0.0%)

21 さ, ださ, だろう, ですけど, ですけれどもね

▼ それ以上なに~ (7, 0.0%)

1 もいう, もおしえ, も言わない, をする, を云う, を望む, を聴こう

▼ それ以上云~ (7, 0.0%)

2 ふことは 1 はなかつた, ふこと, ふと純, へなかつた, へば爭

▼ それ以上私~ (7, 0.0%)

1 に食べもの, のため, の前, の年, はあなた, は人, は石川

▼ それ故第~ (7, 0.0%)

1 一に, 一の, 一巻の, 三に, 二に, 二の, 四に

▼ それ~ (7, 0.0%)

1 がとぼつ, が嘗める, だ火の粉, のよう, の理, は薪, をつけろ

▼ それ特有~ (7, 0.0%)

1 な批評性, の合目的的機能, の必然的, の性格, の擬神妄想, の歴史的運動条件, の立派

▼ それ~ (7, 0.0%)

5 の衆 1 が生ける, 豪い

▼ それ相當~ (7, 0.0%)

1 に四人, の値段, の禮, の繁劇, の罰, の聯想, の賃金

▼ それかく~ (6, 0.0%)

3 のごとし 1 いうは, のごとき, のごとく

▼ それがは~ (6, 0.0%)

1 しなくこんど, だか, づれたのである, ひらないわけ, ふり落ちた今度, ァ棒

▼ それきり眼~ (6, 0.0%)

1 が見えなくなった, ばたき, をあかず眠りつづけ, をさまさない, をそらした, を閉じ

▼ それきり話~ (6, 0.0%)

1 がまた, が女, が途切れた, は他, は進まなかった, をやめた

▼ それぎり口~ (6, 0.0%)

2 を噤ん 1 をつぐん, を利く, を噤んだ, を閉じた

▼ それぎり話~ (6, 0.0%)

3 を切り上げ 2 を外 1 をやめ

▼ それぐらいな~ (6, 0.0%)

1 ご実行, ハンパな, 将来は, 度胸が, 気持で, 用は

▼ それしゃ~ (6, 0.0%)

1 とは見え, と見える, にはまた, の上り, の果て, 上がりの

▼ それだけだって~ (6, 0.0%)

1 ぼくたちは, 危険だ, 変って, 実に呆れ果てしまう, 言や, 許し難い

▼ それだけより~ (6, 0.0%)

2 存じません 1 ほかに, 以外の, 出來, 多く資本

▼ それっきり二人~ (6, 0.0%)

1 ともつぎ穂, の姿, はわかれ, は別々, は電燈, は黙っ

▼ それでし~ (6, 0.0%)

1 くじつたのだ, くじつてはる, さいが, ていつも, ゅから, ゅそれでし

▼ それでしょう~ (6, 0.0%)

21 がね, な何, ね, よ

▼ それでです~ (6, 0.0%)

1 な, な事務上, ね, ねえ今日, ねこう, ねまァ

▼ それでと~ (6, 0.0%)

1 あなたが, 云うても, 初江さんは, 御前は, 心がけて, 金の

▼ それでのう~ (6, 0.0%)

1 てさえ内, てはこ, ては辻褄, てもあの, てもわし, ても競争

▼ それとしては~ (6, 0.0%)

1 あまりに仰山, うその, 片岡鐡兵を, 理窟が, 理窟を, 解決の

▼ それなん~ (6, 0.0%)

1 だ, だと, のこと, の事, の呪禁, の話

▼ それにまつわる~ (6, 0.0%)

1 かすかな, 一篇の, 余談の, 幾多の, 歌との, 私の

▼ それに関しては~ (6, 0.0%)

1 なにも, 一語も, 余りに恬淡, 冬次郎様へ, 最早一点, 真空中の

▼ それはじぶん~ (6, 0.0%)

1 にすく, の境遇, の想像, の慚愧, の生いたち, の用事

▼ それはた~ (6, 0.0%)

1 いくつなんぞ, うとう云ひだ, これを, にし, 消えぬ, 異香

▼ それはの~ (6, 0.0%)

2 そりの 1 びちぢみが出来, 大きい兄さん, 聞くところ, 言うわけ

▼ それはわ~ (6, 0.0%)

1 ざとさうされたのでしつかりした, づかな間, づかに, づか三, づか八畳, づらは

▼ そればかりじゃあ~ (6, 0.0%)

1 ありませんあっし, ない, ないわねえ, ねえん, 判断が, 無い奉公

▼ それほんとう~ (6, 0.0%)

2 ですの 1 かい, でございます, でしょうか, ですか

▼ それまではよ~ (6, 0.0%)

6 かつた

▼ それやもう~ (6, 0.0%)

1 えらい評判, ごもつ, ようやくの, 分に, 病気だ, 空気は

▼ それゆえわたくし~ (6, 0.0%)

1 に答えた, はここ, はた, は漢籍, もつい, もまた

▼ それゆえわたし~ (6, 0.0%)

1 が, がおまえ, がトム, はわずか, は大地, もす

▼ それゆえ今~ (6, 0.0%)

2 の二人 1 において新た, のポン教, はその, も私

▼ それ一人~ (6, 0.0%)

1 が手頼, でそんな, でも私, でも私ども兄妹, といえ, は光圀様

▼ それ今日~ (6, 0.0%)

1 においても常備兵, の世界, は優勝劣敗, は改革, は早くから, も七里

▼ それ以上口~ (6, 0.0%)

1 で説きふせる, をあく, をきかう, をきかなかった, をきく, を利かず

▼ それ以内~ (6, 0.0%)

1 しか経っ, にあの, にある, にふたたび, に入る, の遊星

▼ それ以後私~ (6, 0.0%)

2 は馬場 1 の家, はずっと, は氏, は腸管拷問法

▼ それ以来二人~ (6, 0.0%)

2 は夕方 1 はかなりしばしば, は他人, は居所進退, は無二

▼ それ以来今日~ (6, 0.0%)

1 が日, に至る, までまる, まで引, まで狂おしく, まで約

▼ それ~ (6, 0.0%)

1 かぶに, なり, なるかなと, まごつきさ, 史学者は, 賢愚に

▼ それ~ (6, 0.0%)

2 の一つ, の被害 1 が地, が幾つ

▼ それ故に又~ (6, 0.0%)

1 か, この心理法則, 之は, 却って今更三木清論, 注目すべき, 私は

▼ それ故実~ (6, 0.0%)

1 はアリストテレス自身, は一般化, は大衆, は救われ, は継起, 用品の

▼ それ自身ひとつ~ (6, 0.0%)

2 のイデオロギー 1 の正し, の歴史的, の虚栄, の虚榮

▼ それ自身矛盾~ (6, 0.0%)

2 した概念 1 してるよう, なしに, のある, を包ん

▼ それ~ (6, 0.0%)

2 ではない 1 か却つて, か彼女, か私, の勢

▼ それ~ (6, 0.0%)

1 か肉, が, が流れ, が袴, の完全, の文字

▼ それ~ (6, 0.0%)

2 はないこ 1 ひ換, ひ易から, ふで, やはつ

▼ それ~ (6, 0.0%)

1 から来, か引, に云う, の子, の持ち家, よりも先

▼ それ~ (5, 0.0%)

2 美しいん 1 いけません, よかった, 行かないの

▼ それあたし~ (5, 0.0%)

1 に譲っ, のこと, のよ, の大好き, もつい

▼ それあれ~ (5, 0.0%)

1 ばこそ今日, ばこそ他国, ばこそ彼女, ばこそ恒藤権右衛門, よ

▼ それいつか~ (5, 0.0%)

1 の, の晩あなた, の潮干, 煽風機, 話した兵學

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 へん, 出え, 己がに, 聞かねえと, 聞くと

▼ それお前さん~ (5, 0.0%)

1 のあの, はいと, は婿どの, もご存知, 反魂丹

▼ それがなあ~ (5, 0.0%)

1 あないし, ほんまに, 晝日中でも, 汽車の, 行て

▼ それがの~ (5, 0.0%)

1 そっの, た打ち廻って, べつに, 今度松本先生の, 川淺瀬で

▼ それがを~ (5, 0.0%)

1 かしいと, かしいといつて, かしかつ, かしき, りを

▼ それきり姿~ (5, 0.0%)

2 を見せなかった 1 も見せない, を消し, を見せませんでした

▼ それきり消息~ (5, 0.0%)

2 がない 1 をだれ, を知る, を絶った

▼ それきり言葉~ (5, 0.0%)

1 がとぎれ, が続かなかつた, が途切れた, は途切れた, をとぎ

▼ それきり默つて~ (5, 0.0%)

3 ゐた 1 しまつ, もうすつかり秋めいて

▼ それぎり姿~ (5, 0.0%)

2 を見せません 1 をみせない, を消し, を見せませんでした

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 ましお, 承知で, 承知の, 覽なさい, 返盃ッ

▼ それした~ (5, 0.0%)

2 わね先生 1 おゆるし, な, のです

▼ それじゃあね~ (5, 0.0%)

1 もう一度行っ, わしが, プティー・ピクプュスの, 今湯, 俺らは

▼ それじゃと~ (5, 0.0%)

1 いうて, すぐに, 思って, 皆申しおる, 言って

▼ それそのまま~ (5, 0.0%)

1 が, が生々しい, では, な態, に

▼ それだっても~ (5, 0.0%)

1 さんざん私, 世間での, 他人では, 無銭じゃあ, 私は

▼ それだら~ (5, 0.0%)

1 お休み, たくさんきれいな, 些と, 何う, 省さんが

▼ それだらう~ (5, 0.0%)

1 か, とのこと, と思つて垣根, と思ふ, と推した

▼ それっきりあと~ (5, 0.0%)

2 はなん 1 どうなった, は故郷, を発展的

▼ それっきり引~ (5, 0.0%)

1 揚げたの, 揚げて, 揚げました, 揚げるより, 揚げ二三日

▼ それっきり気~ (5, 0.0%)

2 を失っ 1 をうしなっ, を喪っ, を失いかけた

▼ それって~ (5, 0.0%)

1 あんたさん一体, えの, ことは, なんの, ものは

▼ それつと~ (5, 0.0%)

1 いつて, ばかりに織, 言ふ, 許り, 飛んで

▼ それつ切り~ (5, 0.0%)

1 あとは, お處刑, その品, 何にも, 何を

▼ それでした~ (5, 0.0%)

1 から家不相応, ことだらう, それが, ね, 怪我なら

▼ それでの~ (5, 0.0%)

1 うてあげな, うてせえおりゃ重い, うて彼, そろそろ後生, 君は

▼ それなど~ (5, 0.0%)

1 とても及ぶ, なくた, 功と, 各職場, 愛して

▼ それならぬ~ (5, 0.0%)

1 善き事, 国士の, 姉様が, 渚の, 生素麺

▼ それについてね~ (5, 0.0%)

1 あたしあ, あんたに, お母さん御, ぼく少し, やっぱり色んな

▼ それにとり~ (5, 0.0%)

2 囲まれて 1 うち帽子で, 残されながら, 縋つて

▼ それはいちめん~ (5, 0.0%)

4 黒い唐草 1 に蝋色

▼ それはかま~ (5, 0.0%)

3 はない 1 ひませんけれども, やしません

▼ それはず~ (5, 0.0%)

2 ゐぶん 1 うっと, うつと, しんと墜ち

▼ それはとも~ (5, 0.0%)

2 角として 1 角としても, 角倭文子の, 角国技館前は

▼ それまでが~ (5, 0.0%)

1 そなた, そのままで, わたしの, 今度の, 女史の

▼ それまでじゃ~ (5, 0.0%)

2 ありませんか, ないか 1 有りませんか

▼ それゃあ~ (5, 0.0%)

1 あんまりです, 分って, 困るよ, 御人品, 殺すと

▼ それやつ~ (5, 0.0%)

2 たら大事 1 つけろ, てきた, と口

▼ それよりずつと~ (5, 0.0%)

1 むかし明治二十年前後の, 前に, 古い時代, 後れて, 顏を

▼ それア私~ (5, 0.0%)

2 の方 1 が転倒, だって何, だつて人間

▼ それ一方~ (5, 0.0%)

1 であ, では諂う, においては無限, に力, の煩悩

▼ それ人間~ (5, 0.0%)

2 も鱶鮫 1 のさかい, の目, の知識

▼ それ以上増加~ (5, 0.0%)

1 しても, し得ないけれども, し得ない時, する力, する可能性

▼ それ以上説明~ (5, 0.0%)

1 ができる, する面倒, のしようが, を求めよう, 出来ない直接さ

▼ それ以来わたし~ (5, 0.0%)

1 があなた, の心, はついに, は引きつづい, は桜ん坊

▼ それ以来自分~ (5, 0.0%)

1 から思い立っ, が気, が神様, のところ, を敬遠

▼ それ喧嘩~ (5, 0.0%)

1 がはぢまつ, だ, だと, だッ, だツ

▼ それ専門~ (5, 0.0%)

1 に百姓, の木型屋, の牧場, の職人, の良心

▼ それ幸い~ (5, 0.0%)

1 と宮方, と飛び出し, にさい, にすぐ, のよう

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 がいわゆる, が調和的, の人, の仕事, の蜻

▼ それ~ (5, 0.0%)

2 が来れる 1 に怒らん, に悪因, に死

▼ それ持っ~ (5, 0.0%)

1 てけ, て帰りなさい, て往け, て来, て逃げ

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 ういう, らば, り然, るのみ, る後

▼ それ独自~ (5, 0.0%)

2 の価値 1 の思想, の持ち味, の法則性

▼ それ~ (5, 0.0%)

1 一に, 三は, 二種の, 八の, 十九世紀の

▼ それ考えたら~ (5, 0.0%)

1 あの, 僕は, 全然夫, 無理も, 石油が

▼ それ自身僕~ (5, 0.0%)

1 には情, には情なかっ, には苦しかっ, に息苦し, の淪落

▼ それ芝居~ (5, 0.0%)

1 で作者, なぞで, になかなか, の科白, を好き

▼ それ行く~ (5, 0.0%)

31 ぞよ胸板, ぞツ

▼ それ見ねえ~ (5, 0.0%)

2 此方で 1 おれの, な躄, やっぱり厄介

▼ それ見よ~ (5, 0.0%)

1 と父母, 也, 俺の, 女という, 春家

▼ それ見給え~ (5, 0.0%)

1 あれは, この写生帖, そういう芸, ブラッシを, 僕の

▼ それ言わぬ~ (5, 0.0%)

2 事か 1 ことか, ことで, 事で

▼ それ逃がす~ (5, 0.0%)

31 なと追いかけた, なッ

▼ それ~ (5, 0.0%)

2 かへ肴 1 の趣, を出せ, を飲め

▼ それあまた~ (4, 0.0%)

2 ほんとうの 1 どんな長上衣, ひどい

▼ それあまり~ (4, 0.0%)

4 同情ない

▼ それあんた~ (4, 0.0%)

2 も知ってるやろ 1 の本心, んでしよ

▼ それいう~ (4, 0.0%)

3 のん 1 てくれへん

▼ それいつぞや~ (4, 0.0%)

1 お馬, それ四年後の, のお話, 島田先生の

▼ それからず~ (4, 0.0%)

3 ッと 1 ーッと

▼ それからずうっ~ (4, 0.0%)

1 と, と下, と床, と遠く

▼ それがら~ (4, 0.0%)

1 ううそれがら, うう電信, おうぢ, どうした

▼ それがネ~ (4, 0.0%)

2 親分こんなに 1 大分文章の, 斯う

▼ それきり帰つて~ (4, 0.0%)

3 来なかつた 1 来ず窓

▼ それきり誰~ (4, 0.0%)

1 も何, も出, も口, も現

▼ それぎりで~ (4, 0.0%)

1 しきりと, しばらく落ち, 又しばらく, 格別いつもの

▼ それぎりにして~ (4, 0.0%)

1 切り上げた, 帰って, 置くより, 裂いて

▼ それこっち~ (4, 0.0%)

1 の親玉, へ来た, へ行った, を見

▼ それさえが~ (4, 0.0%)

1 はっきり見え始めた, 今日の, 実は疑問, 恐らく一時的

▼ それしました~ (4, 0.0%)

1 と土下座, と引上げ, と挨拶, はない

▼ それじたい~ (4, 0.0%)

1 がいかに, が一つ, が朝廷, はちっとも

▼ それじゃによって~ (4, 0.0%)

1 おれは, そなた, その強, 尼寺でも

▼ それそっち~ (4, 0.0%)

2 へ行った 1 へ, へ逃げろ

▼ それそれで~ (4, 0.0%)

1 ござりました, 犬が, 盗まないという, 私も

▼ それそんなに~ (4, 0.0%)

1 不自然に, 巧くお, 考えないで, 薄情な

▼ それっきりなに~ (4, 0.0%)

2 もわからなくなっ 1 も云わなかった, も浮きあがらなかった

▼ それっきり默~ (4, 0.0%)

3 ってしまった 1 っていた

▼ それっていう~ (4, 0.0%)

1 のが, のも, 場合は, 独立の

▼ それでかう~ (4, 0.0%)

2 して 1 した文章, した音樂

▼ それでござん~ (4, 0.0%)

2 す, すが

▼ それでた~ (4, 0.0%)

1 いくつし, うとうそつ, うとうひとり奉公, うとう露顯

▼ それでなかつたら~ (4, 0.0%)

1 世界に, 何であれ, 海水浴場の, 町の

▼ それで御座います~ (4, 0.0%)

1 よ, よ旦那, 親分さん泉屋一家ばかり, 親分さん私も

▼ それとてもまだ~ (4, 0.0%)

1 ほんとうに, 確乎たる, 証明し, 風の

▼ それとばかり~ (4, 0.0%)

1 合図を, 武士たちは, 背中と, 采配を

▼ それなお~ (4, 0.0%)

1 刺身の, 夜行の, 竜の, 館舎の

▼ それならさう~ (4, 0.0%)

1 と承知, と早く, と致しまし, と言

▼ それなんぞ~ (4, 0.0%)

1 しらべて, 何年ぐらいで, 我を, 見えるよう

▼ それにつれての~ (4, 0.0%)

1 ことな, インド王族らに対する, 物腰とが, 通俗化猥雑化と

▼ それにては~ (4, 0.0%)

1 中川様への, 余の, 先方へ, 西人の

▼ それにとって~ (4, 0.0%)

1 代った野間さん, 代わって, 大切である, 救済である

▼ それに従い~ (4, 0.0%)

1 あるいはもし, 他の, 初めた, 彼の

▼ それはなあ~ (4, 0.0%)

1 お雪ちゃんいやなら, ついこの間, もちろん伊達家, 外では

▼ それはネ~ (4, 0.0%)

1 あたしと, あんたも, この話, どうせ些

▼ そればかしの~ (4, 0.0%)

1 ことに, 事で, 傷は, 間隔は

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 をす 1 ことの, 主人が

▼ それまでさ~ (4, 0.0%)

1 うした, うやつ, う惡くも, アクセクする

▼ それみんな~ (4, 0.0%)

1 こやつ, ちょっくら, 叩き切っちまえ, 来いみんな

▼ それゆえそれ~ (4, 0.0%)

1 が豊産, だけで, は常に, を残念

▼ それゆえわし~ (4, 0.0%)

1 に起て, の留守宅, の真, は折檻

▼ それゆえわれわれ~ (4, 0.0%)

1 の公私, はただに, は個人的, は彼

▼ それゆえ人~ (4, 0.0%)

1 がよく, に笑われ, を怖, を訪問

▼ それゆえ今日~ (4, 0.0%)

1 ではもはや, の急務, の文明, まで髀肉

▼ それゆえ由子~ (4, 0.0%)

1 に会, は卓一, は小鳥, を我物

▼ それらしくない~ (4, 0.0%)

1 ことに, ので誰, よ, 陰欝な

▼ それをか~ (4, 0.0%)

2 ぶつて 1 たみとして, へり見やう

▼ それをさ~ (4, 0.0%)

1 おささせ申しましてね, 房枝さんたら, 民さんだの, 目え

▼ それをなんぞや~ (4, 0.0%)

1 においばかりかが, 博徒風情が, 決闘とは, 血に

▼ それをよけ~ (4, 0.0%)

2 ようと 1 たんです, 構内へ

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 に權詐, に鳶の者, の婦女, は泪雨

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 を如何せん 1 が心, をいかんせん

▼ それ以上彼女~ (4, 0.0%)

1 が求める, の行方, を懲らす, を責めたく

▼ それ以上言葉~ (4, 0.0%)

1 が見つからなかった, ではもう, を交す, を返す

▼ それ以上話~ (4, 0.0%)

1 もせず, を続ける, を進めない, を進めよう

▼ それ以上追求~ (4, 0.0%)

1 するの, せず, は不可能, もしませんでした

▼ それ以外何~ (4, 0.0%)

1 の勉強, の理由, もいう, も聴こえなくなっ

▼ それ以来今~ (4, 0.0%)

1 に至る, のよう, までにどんな, もって

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 がお, が持ちましょう, に見せ, も同感

▼ それ其處~ (4, 0.0%)

1 に, にある, にバケツ, に寢

▼ それ向う~ (4, 0.0%)

1 から, へ大股, へ逃げ, 河原の

▼ それ引いた~ (4, 0.0%)

4 それ引いた

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 を取れ 1 があっ, をはなした

▼ それ故お~ (4, 0.0%)

1 あとを, 君は, 打ちあわせに, 柳を

▼ それ故人~ (4, 0.0%)

1 に対する時自分, の出入もさ, の虚偽, は今や

▼ それ旦那~ (4, 0.0%)

2 があんなに 1 が俺, の頭

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 う, の人, の粒, の通り抜けぬ

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 はいたり 1 が止まつ, をくん

▼ それ火事~ (4, 0.0%)

21 だと, よと騒ぎ立て

▼ それ~ (4, 0.0%)

21 が来た, の形

▼ それ~ (4, 0.0%)

4

▼ それ申した~ (4, 0.0%)

1 がお前, がそれ, がね, わけであった

▼ それ皮肉~ (4, 0.0%)

3 ですか 1 でお

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 怪は 1 の意味, の禍

▼ それ~ (4, 0.0%)

2 の日 1 たけた野, の夕なんど天

▼ それ聞いた~ (4, 0.0%)

1 かて出来る, かて死んだ, ときわたしうれしい, 時の

▼ それ~ (4, 0.0%)

1 ある鷹, く国家, く夢, く点

▼ それ自身一種~ (4, 0.0%)

1 の, の栄養不良状態, の見識, 低度

▼ それ自身以外~ (4, 0.0%)

3 のもの 1 の要素体系

▼ それ自身抽象的~ (4, 0.0%)

2 なる永遠性 1 である, なもの

▼ それ行っ~ (4, 0.0%)

2 てみろ, て見ろ

▼ それ親分~ (4, 0.0%)

2 だつて 1 だって驚くでしょう, を討たす

▼ それ迄には~ (4, 0.0%)

1 こんなスキツ, 例の, 勿論双方, 及ばぬという

▼ それ~ (4, 0.0%)

3 に音 1 を叩く

▼ それあいつ~ (3, 0.0%)

1 たいなんだね, でもいい, を弓

▼ それあちら~ (3, 0.0%)

1 とおきよ, に見えます, に見える

▼ それあなた~ (3, 0.0%)

1 の本当, の無邪気, の猫

▼ それあ新~ (3, 0.0%)

2 教育も 1 発見だ

▼ それいい~ (3, 0.0%)

1 か, ぢや, わよ

▼ それいまだ~ (3, 0.0%)

3 今日より

▼ それおい~ (3, 0.0%)

2 でなすった 1 すすぎを

▼ それお出で~ (3, 0.0%)

1 なすった, なすつた, なすツ

▼ それお客様~ (3, 0.0%)

1 お目覚め, がおいで, 御案内

▼ それからき~ (3, 0.0%)

1 ぱきぱした口調で, よろきよ, ッと

▼ それきりあと~ (3, 0.0%)

1 は濁し, は物, は鳴かないらしく見える

▼ それきりいつ~ (3, 0.0%)

2 までたっ 1 まで待っ

▼ それきり便り~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, もない, をし

▼ それきり彼女~ (3, 0.0%)

1 は消え, は黙っ, を見る

▼ それきり後~ (3, 0.0%)

2 がどう 1 は茶カス

▼ それきり気~ (3, 0.0%)

1 が遠く, にもしない, を失っ

▼ それきり父~ (3, 0.0%)

2 の目 1 は滋幹

▼ それきり默~ (3, 0.0%)

1 つたが, り込んで, るまで

▼ それぎりで二人~ (3, 0.0%)

1 には再, は往来, は話す

▼ それぎり二人~ (3, 0.0%)

1 の間, は口, は背中合せ

▼ それぎり私~ (3, 0.0%)

1 の家, は父, も別段

▼ それぎり音~ (3, 0.0%)

3 も沙汰

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 さあ, さ一度で, やつを

▼ それこう~ (3, 0.0%)

1 でも, やって, 持って

▼ それしっかり~ (3, 0.0%)

1 ひっぱれいい, 投げろ, 頼むよ

▼ それじゃから~ (3, 0.0%)

1 云うて, 俺は, 馬鹿じゃという

▼ それじゃに~ (3, 0.0%)

1 そなた, 依って, 因って

▼ それじゃも~ (3, 0.0%)

1 一度やり直そう, 少し塩, 少し寝

▼ それそっくり~ (3, 0.0%)

1 のもの, の言葉, 賭けるのよ

▼ それぞとも~ (3, 0.0%)

1 眼に, 言い分けが, 言ひ分け

▼ それたる~ (3, 0.0%)

1 一条土間に, 事に, 竹落葉

▼ それだけずつ~ (3, 0.0%)

1 おいて, 太陽に, 遅れて

▼ それだけって~ (3, 0.0%)

1 ことに, ことは, 旦那

▼ それだけにては~ (3, 0.0%)

1 この損失はつぐなひがたし出版契約書, ただちに良画, 大雪山の

▼ それぢやあ~ (3, 0.0%)

1 ない, ない私, 頂きます

▼ それっきりいつ~ (3, 0.0%)

2 までたっ 1 まで経っ

▼ それっきりどこ~ (3, 0.0%)

1 かへいらっしゃった, にもある, へ行った

▼ それっきり声~ (3, 0.0%)

1 はとだえる, は絶え, をたてませんでした

▼ それっきり学校~ (3, 0.0%)

2 をやめた 1 はやめた

▼ それっきり家~ (3, 0.0%)

1 へは帰らなかった, へは帰りませんでした, へ帰らない

▼ それっきり影~ (3, 0.0%)

1 も形, も見えなくなる, も見せぬ

▼ それっきり彼~ (3, 0.0%)

1 とはまだ, は牢, は黄昏

▼ それっきり手紙~ (3, 0.0%)

1 も葉書, をよこさなくなった, を貰う

▼ それっきり言葉~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 にもならず

▼ それっきり静か~ (3, 0.0%)

1 で何, なもの, になっ

▼ それっくれ~ (3, 0.0%)

1 えの, え手前, え気

▼ それっとばかりに~ (3, 0.0%)

1 女を, 朝鮮軍を, 辰と

▼ それっぽ~ (3, 0.0%)

1 ちでは, っち, っちの怪我

▼ それつらつら~ (3, 0.0%)

1 いろは四十七文字を, おもんみれば, 古今の

▼ それては~ (3, 0.0%)

1 いなかろうくらい, ならないと, 駕籠を

▼ それでしか~ (3, 0.0%)

2 ない 1 なかった

▼ それでなきゃ~ (3, 0.0%)

1 アテニハの, 唐の, 誰か

▼ それというも~ (3, 0.0%)

1 みんなお前さんへの, 実を, 拙老

▼ それとしか~ (3, 0.0%)

1 思えなかった, 見えない蔡大臣, 闇の

▼ それとそ~ (3, 0.0%)

3 つくり同じ

▼ それとても決して~ (3, 0.0%)

1 一方的, 本格的な, 無視する

▼ それどういう~ (3, 0.0%)

1 ことさ, ことです, 意味な

▼ それどうか~ (3, 0.0%)

1 あれを, したの, なすったの

▼ それながら~ (3, 0.0%)

1 あなおぼつかな, 玉鬘いかなる, 空おぼれする

▼ それなく~ (3, 0.0%)

1 ては信長公, ては折角, て何

▼ それにあたる~ (3, 0.0%)

1 ギリシア語の, 個所, 訓を

▼ それにかけて~ (3, 0.0%)

1 悔いなかつたその, 甲源一刀流の, 胸の

▼ それにかけては~ (3, 0.0%)

1 お猿さん, 気楽だ, 負け勝ちだ

▼ それにとも~ (3, 0.0%)

1 なふ, なふ奥さん, なふ経済上

▼ それにまで~ (3, 0.0%)

2 銀流しを 1 変質された

▼ それによっての~ (3, 0.0%)

1 みその, 厳正なる, 現実の

▼ それに対するだけの~ (3, 0.0%)

2 土を 1 理由を

▼ それのみにても~ (3, 0.0%)

2 我れ 1 価値ある

▼ それのみによ~ (3, 0.0%)

1 つて尊い, つて我等の, つて望む

▼ それはから~ (3, 0.0%)

1 だの, であった, のらくらし

▼ それはさ~ (3, 0.0%)

1 ほどに深刻, ほどの大事, 思召したで

▼ それはたと~ (3, 0.0%)

1 ひ徐ろ, ひ虚榮, へ無意識

▼ それはつ~ (3, 0.0%)

1 きりいつて, ひこの間, ひに

▼ それはて~ (3, 0.0%)

1 うどよい, まえの, もなく

▼ それはという~ (3, 0.0%)

1 すきな, のは, ふうに

▼ それはもう~ (3, 0.0%)

1 かの潮干狩, ね, よつ

▼ それはを~ (3, 0.0%)

1 かしいほど, かしい才能, ぢいさん

▼ そればかりで~ (3, 0.0%)

1 出来るの, 承知が, 投出したという

▼ そればっかりが~ (3, 0.0%)

1 残念でなりません, 私への, 胸に

▼ そればつ~ (3, 0.0%)

2 かりを 1 かりに俺

▼ それほど~ (3, 0.0%)

3 でも

▼ それまだ~ (3, 0.0%)

2 番頭の 1 源作叔父様が

▼ それまでで~ (3, 0.0%)

1 あっさり思い切れ, ざっと済む, にげられるん

▼ それみい~ (3, 0.0%)

1 あれば, その眼, 叩けば

▼ それみな~ (3, 0.0%)

1 のもの, 使ったわ, 高御曹司

▼ それみろいいう~ (3, 0.0%)

3 うちに

▼ それもかへ~ (3, 0.0%)

1 つてこの, つてよろしい, つて悪く

▼ それもから~ (3, 0.0%)

1 っ駕籠, つきし, 身では

▼ それもしか~ (3, 0.0%)

1 との判斷, とはわからぬ, とは分かりませぬ

▼ それもち~ (3, 0.0%)

3 よつと

▼ それもと~ (3, 0.0%)

2 も困る 1 思うて

▼ それゃア~ (3, 0.0%)

1 さして, ないでしょう, もう

▼ それやっ~ (3, 0.0%)

2 て宜 1 ている

▼ それゆえあなた~ (3, 0.0%)

1 の大胆, の靴業, は表情

▼ それゆえいつ~ (3, 0.0%)

1 だったか, でもできる, までも低い

▼ それゆえいま~ (3, 0.0%)

1 この火打袋, のうち, の持主

▼ それゆえすべて~ (3, 0.0%)

1 が決せ, の姦淫, もともとに

▼ それゆえ一定~ (3, 0.0%)

1 の住居, の実践的方面, の操作

▼ それゆえ主人~ (3, 0.0%)

1 は根本的, は相当, は閑

▼ それゆえ君~ (3, 0.0%)

1 はいま, はすぐ, はその

▼ それゆえ彼ら~ (3, 0.0%)

1 にはその, の衣, の音楽

▼ それゆえ彼女~ (3, 0.0%)

1 が私, に対するおもいやり, も

▼ それゆえ彼等~ (3, 0.0%)

1 は外敵, は悠久, は日本人

▼ それゆえ母~ (3, 0.0%)

1 のため, はわずか, をなくした

▼ それゆゑこれ~ (3, 0.0%)

1 だけで, はた, は日本

▼ それゆゑ彼女~ (3, 0.0%)

1 との無, の本名, はこの

▼ それゆゑ彼等~ (3, 0.0%)

1 の流れ, の間, は出征

▼ それよし~ (3, 0.0%)

1 かそこ, か其所, と裁可

▼ それよと~ (3, 0.0%)

1 即坐, 疑はず, 疑わずなりて

▼ それよりかも~ (3, 0.0%)

1 あたし昔の, つと, 折角到来

▼ それよりね~ (3, 0.0%)

1 おとうさん小林さんは, そんな事, 主任

▼ それわたし~ (3, 0.0%)

1 の父, はすっかり, もそう

▼ それをが~ (3, 0.0%)

1 いねん化する, ちゃりと, ちゃんと下

▼ それをけ~ (3, 0.0%)

1 ころして, なれがって, ものと

▼ それをな~ (3, 0.0%)

1 その負債, ほして, 直写し

▼ それをや~ (3, 0.0%)

1 ぶつた, ッと, ッぱり私自身が

▼ それを通じての~ (3, 0.0%)

1 外に, 外には, 話を

▼ それア僕~ (3, 0.0%)

2 は乞食 1 は家

▼ それ一本~ (3, 0.0%)

1 が若者, しかない, でゆかう

▼ それ一番~ (3, 0.0%)

2 いけない 1 恐がってて

▼ それ三五郎~ (3, 0.0%)

2 をた 1 をたたき殺せ

▼ それ上古~ (3, 0.0%)

1 において平民主義, において野蛮人, の時勢

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 で喚いてる, のふたり, の町

▼ それ二階~ (3, 0.0%)

2 の窓 1 の欄干

▼ それ以上何ん~ (3, 0.0%)

1 にもわかりません, にも引出せ, にも訊く

▼ それ以上気~ (3, 0.0%)

1 にかかる, にとめる, に掛けませんでした

▼ それ以上自分~ (3, 0.0%)

1 に取っ, のこと, はこの

▼ それ以來私~ (3, 0.0%)

1 には躑躅, はいく, は老

▼ それ以後今日~ (3, 0.0%)

1 では大分カナ書き科名, までもそう, まで三十八日間

▼ それ以後彼~ (3, 0.0%)

1 の粗暴さ, はもう, れの

▼ それ以来一度~ (3, 0.0%)

1 もその, も思出, も木登り

▼ それ以来人間~ (3, 0.0%)

1 はいかなる, はこの, は永遠

▼ それ以来俺~ (3, 0.0%)

2 は毎日 1 は一度

▼ それ以来学校~ (3, 0.0%)

1 の往復, は決して, を出

▼ それ以来急~ (3, 0.0%)

1 にお年, に有名, に詩情

▼ それ以来杳~ (3, 0.0%)

1 として姿, として行方, として銀笛

▼ それ以来母~ (3, 0.0%)

1 との間, の前, は彼女

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 たっ, ましたぜ, りて

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 にくれや, の手際, れがに

▼ それ兄さん~ (3, 0.0%)

1 お志, にお, 早く

▼ それ入り~ (3, 0.0%)

3 まする

▼ それ出し~ (3, 0.0%)

1 てよ, て御覧, 次郎が

▼ それ出た~ (3, 0.0%)

1 それ出た, ぞというよう, また出た

▼ それ利くで~ (3, 0.0%)

3 あしょ

▼ それ十銭~ (3, 0.0%)

1 しか出, だ, 上げる

▼ それ占めた~ (3, 0.0%)

1 といふ, 清吉ッしっかり, 清吉ッ確乎しろ

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 とわめき散らす, の手, の諸

▼ それ向こう~ (3, 0.0%)

1 に丘, の河原, へ逃げた

▼ それ固有~ (3, 0.0%)

1 なセンス, の對象, の法則

▼ それ国家~ (3, 0.0%)

1 が富ん, の目的, は人民

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 がするだろう, が掛った, も無き

▼ それ宜しく~ (3, 0.0%)

2 ば仰せ 1 な日夜

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 た何, た安, 応用自在な

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 でお, の腹, も倒れ

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 のみ己, の紋所, より一切

▼ それ幽霊~ (3, 0.0%)

2 の談 1 が出た

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 ですね, なん, にしこまれ

▼ それ彼處~ (3, 0.0%)

1 に其の, に此處, に白い

▼ それ忠兵衛~ (3, 0.0%)

3 の夢

▼ それ戦争~ (3, 0.0%)

1 かの大量生産式, に敵する, ほど高価

▼ それ打つ~ (3, 0.0%)

21 のだ

▼ それ承知~ (3, 0.0%)

1 とあら, なら僕, やったら叩くなと

▼ それ~ (3, 0.0%)

2 は果て 1 の気安

▼ それ早く~ (3, 0.0%)

1 往って, 漕げ, 逃げろ子供

▼ それ更に~ (3, 0.0%)

1 なしどう, 一歩を, 職場や

▼ それ書い~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てしまう, て頂戴

▼ それ未だ~ (3, 0.0%)

1 吾人の, 知るべからず而, 見出しませんか

▼ それ本来~ (3, 0.0%)

2 の条件 1 の性質

▼ それ松陰~ (3, 0.0%)

1 が松下村塾, の罪案, をし

▼ それ果して~ (3, 0.0%)

1 いづれか, この寝棺, 循環するなり

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 え足んねえ, にし, 智の

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 が姿, が死ん, が腹鼓

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 にし, をわんわん, を拾

▼ それ申しまし~ (3, 0.0%)

1 てとんだ, て失礼, て申しわけ

▼ それ申しやし~ (3, 0.0%)

1 て, てとんだ, てへっ

▼ それ申す~ (3, 0.0%)

1 ぢや, 顏では, 顔では

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 の下, の視る, 立つべき内証

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 が射出, だどこ, は李湛

▼ それ者上り~ (3, 0.0%)

1 そういったもの, のよう, の女

▼ それ自ら一種~ (3, 0.0%)

1 の, のメロヂイ, の有

▼ それ自体悪~ (3, 0.0%)

1 だ, である, で富裕

▼ それ自身何~ (3, 0.0%)

1 かたつた, かもっと, か神秘的

▼ それ自身俘囚~ (3, 0.0%)

2 の種 1 であると

▼ それ自身完全~ (3, 0.0%)

1 なもの, なる知識, な美

▼ それ處ぢ~ (3, 0.0%)

1 やない, やね, やねえ

▼ それ見なさい~ (3, 0.0%)

1 その通りあんた卑劣, やっぱり綿貫, 親孝行の

▼ それ読ん~ (3, 0.0%)

1 でみ, でみる, で字

▼ それ證據~ (3, 0.0%)

1 にや俺ら, にや屹度自分, にや酒飮ん

▼ それ~ (3, 0.0%)

2 に得 1 久しからん

▼ それ迄と~ (3, 0.0%)

1 いうので, 思って, 言ふも

▼ それ迄にも~ (3, 0.0%)

1 學者が, 我々は, 日本の

▼ それ迄も~ (3, 0.0%)

1 ないと, 私を, 見たこと

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 なの, の有難味, はいずれ

▼ それ~ (3, 0.0%)

2 になつ 1 かね

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 がけし飛ぶ, は鵝毛, は鵞毛

▼ それ~ (3, 0.0%)

1 だ, のすず, は日

▼ それぁもう私~ (2, 0.0%)

1 なんかは, はどうせ

▼ それぁ己~ (2, 0.0%)

1 にゃわかってる, もいつ

▼ それあおま~ (2, 0.0%)

1 へが醫者, への妄想

▼ それあっ~ (2, 0.0%)

1 てこそはじめて, ての織田信長

▼ それあっち~ (2, 0.0%)

1 から旅人, へ行った

▼ それあに~ (2, 0.0%)

1 ひとり傍観者たる, 久しきを

▼ それいかに~ (2, 0.0%)

1 しても, 国権を

▼ それいずれ~ (2, 0.0%)

1 のところ, の日

▼ それいたしまし~ (2, 0.0%)

1 てたいへん, て只今

▼ それいつ~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ それいつも~ (2, 0.0%)

1 こういうふう, のとおり

▼ それいと~ (2, 0.0%)

1 聖なる平安, 隠れた事実

▼ それいま~ (2, 0.0%)

1 ぞ鉄, のうち

▼ それうち~ (2, 0.0%)

1 が教, やったかも

▼ それうまう~ (2, 0.0%)

2

▼ それおぼえ~ (2, 0.0%)

1 てか君さま, てか君様

▼ それおまえ~ (2, 0.0%)

1 のすき, の鼻

▼ それおれ~ (2, 0.0%)

1 がまだ, は今

▼ それお腹立ち~ (2, 0.0%)

2

▼ それお話~ (2, 0.0%)

1 したこと, のお

▼ それかい~ (2, 0.0%)

1 八, 綺麗だろう

▼ それかきならす~ (2, 0.0%)

2 玉琴の

▼ それかぎり~ (2, 0.0%)

1 であきらめよう, であと

▼ それかつて~ (2, 0.0%)

1 おつ, 村人達から

▼ それかとばかり~ (2, 0.0%)

1 心得て, 氣が

▼ それかばかりか~ (2, 0.0%)

1 その病院, マッタク博士の

▼ それからす~ (2, 0.0%)

1 うつと, ぐにここにもどってきていいのよ

▼ それからすつかり~ (2, 0.0%)

1 個性を, 寢正月を

▼ それからずう~ (2, 0.0%)

1 と上, ッと

▼ それからだけでも~ (2, 0.0%)

1 この無数, 推察し得られる

▼ それからだって~ (2, 0.0%)

1 い, いいだろう

▼ それからはずつと~ (2, 0.0%)

1 健康でゐる, 別れ別れに

▼ それから程~ (2, 0.0%)

1 経って, 経っての

▼ それかれ~ (2, 0.0%)

1 の心事, めを

▼ それがから~ (2, 0.0%)

1 こんから, だったので

▼ それがて~ (2, 0.0%)

1 がら次第で, まえには

▼ それがど~ (2, 0.0%)

1 つと寢, つと雪崩

▼ それがら兎~ (2, 0.0%)

2 を百疋

▼ それがら牛~ (2, 0.0%)

2 も連れ

▼ それがら青~ (2, 0.0%)

2 ど両方のぶぢ

▼ それがり~ (2, 0.0%)

1 こうなやり, ら子にと

▼ それがわ~ (2, 0.0%)

1 ざとらしくもいやみにもならずにお遊さんの, づかでも

▼ それきい~ (2, 0.0%)

1 ちゃもう, て松平伊豆

▼ それきた~ (2, 0.0%)

1 ぞ, コケコッココケコッコ

▼ それきりもの~ (2, 0.0%)

1 もいわず, も言われない

▼ それきり一言~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, も云わなかった

▼ それきり何処~ (2, 0.0%)

1 かへ行っ, へ行った

▼ それきり僕~ (2, 0.0%)

1 にあっ, の噂

▼ それきり兄~ (2, 0.0%)

1 からは何, は家

▼ それきり声~ (2, 0.0%)

1 が聞え, は沈黙

▼ それきり家~ (2, 0.0%)

1 とは縁, へ帰っ

▼ それきり巳之助~ (2, 0.0%)

1 はなに, は眼

▼ それきり手~ (2, 0.0%)

1 を切っ, を触れる

▼ それきり手紙~ (2, 0.0%)

1 も寄越さず, をよこしません

▼ それきり母~ (2, 0.0%)

1 の姿, はなんにも

▼ それきり沈黙~ (2, 0.0%)

1 のうち, をつづけ

▼ それきり発展~ (2, 0.0%)

1 しなかつたアイデア, せずに

▼ それきり電車~ (2, 0.0%)

1 に飛び乗っ, を降りる

▼ それきり静か~ (2, 0.0%)

2 になりました

▼ それきり音沙汰~ (2, 0.0%)

1 がない, がなかっ

▼ それぎりで息~ (2, 0.0%)

1 は絶えた, を引き取っ

▼ それぎりで話~ (2, 0.0%)

1 はすこし, を途切

▼ それぎりなんにも~ (2, 0.0%)

1 言いませんでしたが, 言いませんでしたけれど

▼ それぎり一度~ (2, 0.0%)

1 も姿, も顔

▼ それぎり代助~ (2, 0.0%)

2 は筆

▼ それぎり先~ (2, 0.0%)

1 へは進めぬ, へ進めなかった

▼ それぎり声~ (2, 0.0%)

1 は激しい, は聞こえなくなった

▼ それぎり大杉~ (2, 0.0%)

1 は姿, は来

▼ それぎり彼~ (2, 0.0%)

1 と彼女, は父

▼ それぎり彼女~ (2, 0.0%)

1 は帰っ, を見る

▼ それぎり後~ (2, 0.0%)

1 を云わなかった, を推しませんでした

▼ それぎり斯様~ (2, 0.0%)

2 な話

▼ それぎり永久~ (2, 0.0%)

2 に中有

▼ それぎり発展~ (2, 0.0%)

1 しずに, しないで

▼ それぎり良平~ (2, 0.0%)

2 は使

▼ それぎり蘇生ら~ (2, 0.0%)

2 ないの

▼ それぎり話題~ (2, 0.0%)

1 に上らなかった, に上らなかつた

▼ それぎり顔~ (2, 0.0%)

1 も見ない, をみせねえ

▼ それくらいが~ (2, 0.0%)

1 このごろの, よい所

▼ それくらいしか~ (2, 0.0%)

1 不機嫌, 考えて

▼ それくらいな~ (2, 0.0%)

1 ご決意, 自信が

▼ それくらいにまで~ (2, 0.0%)

1 主君の, 育って

▼ それぐらいしか~ (2, 0.0%)

1 書けないので, 本が

▼ それぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 分つて, 当然の

▼ それぐらゐの~ (2, 0.0%)

1 役に立てば, 思ひやりは

▼ それぐれ~ (2, 0.0%)

1 えのことは, エの

▼ それこんな~ (2, 0.0%)

1 のと, 風に

▼ それごと~ (2, 0.0%)

1 お千世, 呑みこんで

▼ それごらんそれ~ (2, 0.0%)

1 がわしども, が間違い

▼ それさながら~ (2, 0.0%)

1 の人間, の表情

▼ それしろ~ (2, 0.0%)

1 公おんぶしなよ, 公だって

▼ それじしん~ (2, 0.0%)

1 が影, さまざまな

▼ それじゃあの~ (2, 0.0%)

1 呉一郎の, 堀さんの

▼ それじゃー~ (2, 0.0%)

1 あんな事ッ, 我輩が

▼ それすぐ~ (2, 0.0%)

1 に変, 枯れますよ

▼ それすっかり~ (2, 0.0%)

1 整理した, 締め切ってしも

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 なたの

▼ それそいつ~ (2, 0.0%)

1 がいけない, がよく

▼ それそういう~ (2, 0.0%)

1 ことに, 顔を

▼ それそうとう~ (2, 0.0%)

1 働かなければ, 常識的な

▼ それそのもの~ (2, 0.0%)

1 としては軽い, の触覚

▼ それそれこれ~ (2, 0.0%)

1 だこれ, は先日

▼ それそれそ~ (2, 0.0%)

2 なたの

▼ それそれら~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ それそれわたし~ (2, 0.0%)

1 はすっかり, もそう

▼ それそんな~ (2, 0.0%)

1 こン, 傲慢な

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が向う, のか

▼ それだから~ (2, 0.0%)

1 であらう, 奢りますよ

▼ それだけにも~ (2, 0.0%)

1 ふとこんな, 見えた

▼ それだけにより~ (2, 0.0%)

2 多くの

▼ それだま~ (2, 0.0%)

1 が当たっ, はなく

▼ それだらだら~ (2, 0.0%)

1 と砂, 垂ツらあ

▼ それっきりしん~ (2, 0.0%)

1 とし, として物音

▼ それっきりふたり~ (2, 0.0%)

1 が口, はまた

▼ それっきりもの~ (2, 0.0%)

1 を言う, を食べなくなっ

▼ それっきり他所~ (2, 0.0%)

1 に出なかった, へお

▼ それっきり何ん~ (2, 0.0%)

1 にも云わなかった, にも私

▼ それっきり先生~ (2, 0.0%)

1 の顔, は何

▼ それっきり外~ (2, 0.0%)

1 に出た, へ出ました

▼ それっきり婚礼~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ それっきり子路~ (2, 0.0%)

1 が何, が何と

▼ それっきり床~ (2, 0.0%)

1 に就く, 着いてよ

▼ それっきり後~ (2, 0.0%)

1 のこと, もみず

▼ それっきり死骸~ (2, 0.0%)

1 さえも現われない, も上がらなかった

▼ それっきり永久~ (2, 0.0%)

1 に消え, に遣っ

▼ それっきり相手~ (2, 0.0%)

1 にならない, の住み

▼ それっきり私たち~ (2, 0.0%)

1 の附, は一言

▼ それっきり翌日~ (2, 0.0%)

1 も翌々日, 迄戻らなかった

▼ それっきり自分~ (2, 0.0%)

1 の役, の部屋

▼ それっきり行方不明~ (2, 0.0%)

1 で次第に, になっ

▼ それっきり話~ (2, 0.0%)

1 がしまいに, を交す

▼ それっきり誰~ (2, 0.0%)

1 にもその, の目

▼ それっきり音沙汰~ (2, 0.0%)

1 がない, が無い

▼ それっきり顔~ (2, 0.0%)

1 を見せず, を見せませんでした

▼ それっとばかり~ (2, 0.0%)

1 ぐいっ, 矢庭に

▼ それつつ~ (2, 0.0%)

1 うが, プツリと

▼ それつて~ (2, 0.0%)

1 えも, ば小米さん

▼ それても~ (2, 0.0%)

1 朝の, 痕跡は

▼ それでき~ (2, 0.0%)

1 げんを, さいの

▼ それでござる~ (2, 0.0%)

1 かな, が

▼ それですつかり~ (2, 0.0%)

1 なくなつた, 仲な

▼ それでなかった~ (2, 0.0%)

1 かどう, ことを

▼ それではと~ (2, 0.0%)

1 女房らに, 言って

▼ それでばかり~ (2, 0.0%)

1 出歩いて, 動き取れねえな

▼ それでや~ (2, 0.0%)

1 すり紙を, ッて

▼ それといった~ (2, 0.0%)

1 ような, 脈絡も

▼ それといふも~ (2, 0.0%)

1 実生活側が, 恐らく通俗小説

▼ それとか~ (2, 0.0%)

1 なりまで, はりて

▼ それとき~ (2, 0.0%)

1 かえました, まつて

▼ それとてもすぐ~ (2, 0.0%)

1 に三人, 止んで

▼ それとても別に~ (2, 0.0%)

1 しるしが, コレといった

▼ それとても実に~ (2, 0.0%)

1 はかない安心, 漠と

▼ それどこぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ それどっち~ (2, 0.0%)

1 からの話, へ廻っ

▼ それどないする~ (2, 0.0%)

2 ねん

▼ それどんな~ (2, 0.0%)

1 気持, 発明な

▼ それなどを~ (2, 0.0%)

1 いへるか, 当時の

▼ それなに~ (2, 0.0%)

2

▼ それならず~ (2, 0.0%)

1 ば, 舞踏の

▼ それならね~ (2, 0.0%)

1 ど, ども何

▼ それならやります~ (2, 0.0%)

2 よ親分

▼ それならわかっ~ (2, 0.0%)

1 ています, てます

▼ それなら知っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ それなるつじうら売り~ (2, 0.0%)

1 はご, はどの

▼ それなんぞも~ (2, 0.0%)

1 焼けて, 頗る危険

▼ それにか~ (2, 0.0%)

1 はる他, へり度

▼ それにかは~ (2, 0.0%)

1 つた, つてあらゆる

▼ それにから~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ それにく~ (2, 0.0%)

1 ふうを, ッつい

▼ それにたいしても~ (2, 0.0%)

1 ギンネコ号は, 彼は

▼ それにだけ~ (2, 0.0%)

1 一致し, 忠実な

▼ それにつれては~ (2, 0.0%)

1 種々公事訴訟等, 芸術的な

▼ それにでも~ (2, 0.0%)

1 暖りた, 満足し

▼ それになんぞや~ (2, 0.0%)

1 科学を, 肝ったまの

▼ それになんて~ (2, 0.0%)

1 いったって, 返事なす

▼ それにはと~ (2, 0.0%)

1 はげしく拒否, 思って

▼ それにはを~ (2, 0.0%)

1 かしい二重, かしい様

▼ それにぶ~ (2, 0.0%)

1 ッつけた, 器量お

▼ それにもは~ (2, 0.0%)

1 いと答え, ッと

▼ それに対すると~ (2, 0.0%)

1 いかなる猛者, 私は

▼ それのみかは~ (2, 0.0%)

1 おそらくすべて, 恐らくすべて

▼ それのみじゃ~ (2, 0.0%)

2 ございません怪我

▼ それのみと~ (2, 0.0%)

1 あれば, 生きて

▼ それはう~ (2, 0.0%)

1 でぐらい長, はべだけのこと

▼ それはが~ (2, 0.0%)

2 い骨

▼ それはけ~ (2, 0.0%)

1 しからぬこと, ものや

▼ それはじつ~ (2, 0.0%)

1 さいの, と耳

▼ それはじめ~ (2, 0.0%)

1 に道, の一冊

▼ それはねぇ~ (2, 0.0%)

1 お姉様, ヨハナーンや

▼ それはのう~ (2, 0.0%)

1 久光斉彬は, 今は

▼ それはは~ (2, 0.0%)

1 いるの, ぎれのよい男の

▼ それはま~ (2, 0.0%)

1 がふべく, だら模様

▼ それはやく~ (2, 0.0%)

1 そくして, 医者を

▼ そればかし~ (2, 0.0%)

1 でなくお, では

▼ そればかしは~ (2, 0.0%)

1 御勘弁, 御勘辨

▼ そればかりしか~ (2, 0.0%)

1 考えないが, 考へないが

▼ そればかりと~ (2, 0.0%)

1 されて, 思えない

▼ そればっかりはと~ (2, 0.0%)

2 拝んで

▼ それほん~ (2, 0.0%)

1 とか, との愛

▼ それほんま~ (2, 0.0%)

1 でっかいや, に違い

▼ それまでながら~ (2, 0.0%)

2 哀れな

▼ それまでにゃ~ (2, 0.0%)

1 あ奴ら, 死にますやろな

▼ それまでにや~ (2, 0.0%)

1 無く成つち, 醒めるよ

▼ それまではと~ (2, 0.0%)

1 また懐, 言って

▼ それまでより~ (2, 0.0%)

1 少しは, 羽を

▼ それまでよりは~ (2, 0.0%)

2 一層容子

▼ それまア~ (2, 0.0%)

1 楽み, 江戸子同士で

▼ それみずからリポート~ (2, 0.0%)

2 をおのれみずから

▼ それみずから集団的構成~ (2, 0.0%)

2 としての見る

▼ それみたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, に朱

▼ それみよ~ (2, 0.0%)

1 それほどな, 禍いは

▼ それもがと~ (2, 0.0%)

1 ましもがと, 今朝開けたる

▼ それもけ~ (2, 0.0%)

1 ふだけは, ふ初めて

▼ それもっ~ (2, 0.0%)

1 てなえらい, て貴

▼ それもっと~ (2, 0.0%)

1 あとに, 圧搾空気を

▼ それもて~ (2, 0.0%)

1 まえの, 遊び給へど

▼ それもの~ (2, 0.0%)

1 つけに, の女中め

▼ それゃあ大喜びな~ (2, 0.0%)

2

▼ それゃどこ~ (2, 0.0%)

1 に居るん, の札

▼ それゃ不憫~ (2, 0.0%)

2 じゃありません

▼ それゃ何~ (2, 0.0%)

2 だね

▼ それゃ俺~ (2, 0.0%)

1 のもの, の勝手

▼ それやか~ (2, 0.0%)

1 はいさうな, まひは

▼ それやきつ~ (2, 0.0%)

1 と土用干, と空

▼ それゆえおと~ (2, 0.0%)

1 よが家, よの事

▼ それゆえおまえ~ (2, 0.0%)

1 がどこ, の行為

▼ それゆえこれら~ (2, 0.0%)

2 の動物

▼ それゆえそ~ (2, 0.0%)

1 なたが, なたは

▼ それゆえクリストフ~ (2, 0.0%)

1 の打ち明け, はだれ

▼ それゆえ一揆~ (2, 0.0%)

1 へ加担, 起すについても

▼ それゆえ二人~ (2, 0.0%)

1 とも浅間, の武士

▼ それゆえ人間~ (2, 0.0%)

1 のくま, への悲心

▼ それゆえ今後~ (2, 0.0%)

1 ある機会, は自力

▼ それゆえ僕~ (2, 0.0%)

1 はあの, は不満

▼ それゆえ商売~ (2, 0.0%)

1 の利幅, をする

▼ それゆえ女~ (2, 0.0%)

1 が玄関, の左

▼ それゆえ恋~ (2, 0.0%)

1 のうるささ, の真実

▼ それゆえ文子~ (2, 0.0%)

1 がい, と恋

▼ それゆえ昔~ (2, 0.0%)

1 から数代, は無

▼ それゆえ椿~ (2, 0.0%)

1 には実は, は

▼ それゆえ止め~ (2, 0.0%)

1 じゃと仰せられい, はしなかった

▼ それゆえ此~ (2, 0.0%)

1 の庭, の長兄

▼ それゆえ秋~ (2, 0.0%)

1 の日和, の野

▼ それゆえ著者~ (2, 0.0%)

1 はもっとも, はもろもろ

▼ それゆえ諸君~ (2, 0.0%)

1 は仮り, は諸君

▼ それゆえ迷信~ (2, 0.0%)

1 によって民, を打破

▼ それゆえ部下~ (2, 0.0%)

1 の敬愛, も焦心

▼ それゆゑわたくしは~ (2, 0.0%)

1 直に書, 過を

▼ それゆゑわたくしは此~ (2, 0.0%)

1 にその, に先

▼ それゆゑ僕~ (2, 0.0%)

1 が株式市場, はこれ

▼ それゆゑ女~ (2, 0.0%)

1 の服従, の面相

▼ それゆゑ山陽~ (2, 0.0%)

1 の来り投じた, は江戸

▼ それゆゑ日本~ (2, 0.0%)

1 の新しい, へ來

▼ それゆゑ日本人~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の愛国心

▼ それゆゑ滑稽笑止~ (2, 0.0%)

2 である

▼ それゆゑ狸~ (2, 0.0%)

2 が婆さん

▼ それゆゑ茶山~ (2, 0.0%)

1 の目, は

▼ それゆゑ蘭軒~ (2, 0.0%)

1 の妻, の男

▼ それよっ~ (2, 0.0%)

1 か家, て

▼ それよりはと~ (2, 0.0%)

1 いふので, 主水正

▼ それよりはの~ (2, 0.0%)

1 同族どもと, 師直

▼ それよりもかの~ (2, 0.0%)

1 おさよ, 島村抱月先生の

▼ それよりもねえ~ (2, 0.0%)

1 もっとふしぎ, 彼奴の

▼ それらしい住み~ (2, 0.0%)

1 家は, 家も

▼ それらしく思われ~ (2, 0.0%)

1 てならなかった, て贈った

▼ それらしく見える~ (2, 0.0%)

1 ことの, 場合も

▼ それ~ (2, 0.0%)

2

▼ それわが~ (2, 0.0%)

1 邦人なる, 金甌無欠の

▼ それをから~ (2, 0.0%)

1 だから, 車を

▼ それをずつと~ (2, 0.0%)

1 おしひろめて, 下へ

▼ それをと~ (2, 0.0%)

1 やかうお前, ッこに

▼ それをとが~ (2, 0.0%)

1 むるであろう, むるよりも

▼ それをとや~ (2, 0.0%)

1 こうお前, こう言う

▼ それをばかり~ (2, 0.0%)

1 苦に, 讀んで

▼ それを通じてのみ~ (2, 0.0%)

1 古典美への, 永遠は

▼ それア何~ (2, 0.0%)

1 かのハヅミ, たって

▼ それア先ア~ (2, 0.0%)

2 さうだ

▼ それア安藤先生~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ それア本当~ (2, 0.0%)

1 かね, だよ

▼ それア違~ (2, 0.0%)

2 ひますよ

▼ それサ辞世~ (2, 0.0%)

2 の歌一首

▼ それダマ~ (2, 0.0%)

1 になっ, をくらっ

▼ それッ相手~ (2, 0.0%)

2 は一人

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 どういふ, な

▼ それ一体~ (2, 0.0%)

2 何の

▼ それ一個~ (2, 0.0%)

1 の荷物, をつつん

▼ それ一冊~ (2, 0.0%)

1 だけで, なの

▼ それ一昨年~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ それ一枚~ (2, 0.0%)

1 でもいい, につつまれ

▼ それ一枚きり~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ それ一策~ (2, 0.0%)

1 である, を恃ん

▼ それ丈けが~ (2, 0.0%)

1 お願, 少し不釣合ひな位

▼ それ丈人目~ (2, 0.0%)

2 を惹き

▼ それ丈勝平~ (2, 0.0%)

2 に対する侮辱

▼ それ丈天才的~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ それ丈彼~ (2, 0.0%)

2 の憤怒

▼ それ丈花嫁~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ それ丈親しみ~ (2, 0.0%)

2 易い軽い藍色

▼ それ三輪~ (2, 0.0%)

2 の親分

▼ それ世人購求~ (2, 0.0%)

2 の神速

▼ それ世界~ (2, 0.0%)

1 の気運, は造物主

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 れは, を図れ

▼ それ乙姫さま~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ それ二人~ (2, 0.0%)

1 とも水, ながら麻

▼ それ五円~ (2, 0.0%)

2

▼ それ以上あなた~ (2, 0.0%)

1 にお目にかかっ, の今夜

▼ それ以上ここ~ (2, 0.0%)

1 から出し, で藤吉郎

▼ それ以上それ~ (2, 0.0%)

1 が科学的, を知ろう

▼ それ以上どこ~ (2, 0.0%)

1 へも動く, まで行く

▼ それ以上はるか~ (2, 0.0%)

1 に甚, に重大

▼ それ以上もの~ (2, 0.0%)

1 をいう, を言

▼ それ以上一こと~ (2, 0.0%)

1 もいわせない, もいわない

▼ それ以上一言~ (2, 0.0%)

1 も聞き出し得なかった, も言わなかった

▼ それ以上傾きよう~ (2, 0.0%)

2 がなくなる

▼ それ以上初学者~ (2, 0.0%)

2 が構図

▼ それ以上奥~ (2, 0.0%)

1 へいく, へはいる

▼ それ以上彼ら~ (2, 0.0%)

2 を眼下

▼ それ以上感傷的~ (2, 0.0%)

2 であると

▼ それ以上捜索~ (2, 0.0%)

1 しようとも, も致しませぬでした

▼ それ以上根本的~ (2, 0.0%)

1 な, な言葉

▼ それ以上発展~ (2, 0.0%)

1 しなかった, の余地

▼ それ以上詮索~ (2, 0.0%)

1 しないで, は無用

▼ それ以上追究~ (2, 0.0%)

1 したり, は出来

▼ それ以上関係~ (2, 0.0%)

1 したくないと, を進行

▼ それ以來今日~ (2, 0.0%)

1 までの間, まで本家

▼ それ以來天南~ (2, 0.0%)

1 は全く, は父

▼ それ以來自分~ (2, 0.0%)

1 はあの, を先生

▼ それ以外彼~ (2, 0.0%)

1 れにとって, を追求

▼ それ以後二人~ (2, 0.0%)

1 は互に, は文通

▼ それ以後父~ (2, 0.0%)

1 がめっきり, なく家

▼ それ以来きみの~ (2, 0.0%)

2 は家

▼ それ以来ここ~ (2, 0.0%)

1 でも一度顔, へ来る

▼ それ以来これ~ (2, 0.0%)

1 に代わるべき, までほとんど

▼ それ以来すべて~ (2, 0.0%)

1 は大, をこの

▼ それ以来それ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を見た

▼ それ以来わたくし~ (2, 0.0%)

1 は地図, は朝

▼ それ以来クリストフ~ (2, 0.0%)

1 はその, は新た

▼ それ以来ズーッ~ (2, 0.0%)

1 と独身, と黒田様

▼ それ以来一年~ (2, 0.0%)

1 にもなる, に一度

▼ それ以来人~ (2, 0.0%)

1 が変った, を見る

▼ それ以来他~ (2, 0.0%)

1 のどんな, の門番衆

▼ それ以来伸子~ (2, 0.0%)

1 は時々, は現在

▼ それ以来僕等~ (2, 0.0%)

1 はずいぶん, は団結

▼ それ以来元気~ (2, 0.0%)

1 がなく, がなくなった

▼ それ以来冬~ (2, 0.0%)

1 の末, はやらない

▼ それ以来大~ (2, 0.0%)

1 に, に同情

▼ それ以来夫~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, に対して一層

▼ それ以来庄造~ (2, 0.0%)

2 の可愛

▼ それ以来心~ (2, 0.0%)

1 に微塵, に烙

▼ それ以来新進作家~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ それ以来智恵子~ (2, 0.0%)

2 の息吹

▼ それ以来村~ (2, 0.0%)

1 に住む, の漁師

▼ それ以来松王さま~ (2, 0.0%)

2 のお足

▼ それ以来氏~ (2, 0.0%)

1 からの消息, は夏蜜柑

▼ それ以来気~ (2, 0.0%)

1 にはかかり, をつけ

▼ それ以来父~ (2, 0.0%)

1 と娘, は生きた

▼ それ以来芝居~ (2, 0.0%)

1 というもの, を観

▼ それ以来軍人~ (2, 0.0%)

1 でない軍人的タイプ, と云う

▼ それ以来金曜日~ (2, 0.0%)

2 とか土曜日

▼ それ以来青年~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ それ位い~ (2, 0.0%)

1 のこと, の程度

▼ それ何だか~ (2, 0.0%)

1 判るか, 薄り

▼ それ何処~ (2, 0.0%)

1 で売つてる, を見てるだらう

▼ それ何處~ (2, 0.0%)

1 の家, を見てるだらう

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 てきた, 養生の

▼ それ分ったら~ (2, 0.0%)

1 えらい評判, どない

▼ それ切り物~ (2, 0.0%)

1 の気勢, を言

▼ それ助けよ~ (2, 0.0%)

2 とて近隣

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 だら錢出, やったら僕

▼ それ去年~ (2, 0.0%)

1 の夏, の春

▼ それ吾人~ (2, 0.0%)

1 が先祖, の用

▼ それ呼べ~ (2, 0.0%)

1 という, といふ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の, ひとつと

▼ それ商業~ (2, 0.0%)

1 なるもの, もまた

▼ それ嘗て~ (2, 0.0%)

2 丑の

▼ それ多い~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, たくらみを

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が明けた, に入っ

▼ それ大変~ (2, 0.0%)

1 だ, だ逃げろ逃げろ

▼ それ大野屋~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 のみか, の王國

▼ それ如何~ (2, 0.0%)

1 との感想, に世態変化

▼ それ如此~ (2, 0.0%)

1 であるただ, である無邪気

▼ それ始まった~ (2, 0.0%)

2 ぞ始まった

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 の看板

▼ それ容姿~ (2, 0.0%)

1 よかりき, よかりけれ

▼ それ容姿麗~ (2, 0.0%)

1 かりければ, 美しと

▼ それ封建社会~ (2, 0.0%)

1 において官途, は忽然と

▼ それ少し~ (2, 0.0%)

1 仰向いて, 飲んだら

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 の中央

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に手ずから, を掃け

▼ それ彼方~ (2, 0.0%)

1 からまた, には建築用材

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の問題, の証拠

▼ それ御存じ~ (2, 0.0%)

1 の待合事件, はない

▼ それ御家~ (2, 0.0%)

1 の格子, の系圖

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に信, に疚しい

▼ それ心配~ (2, 0.0%)

1 しねえで, するほどの

▼ それ忘れ~ (2, 0.0%)

1 てなります, やアせん

▼ それ忠吉さん~ (2, 0.0%)

2 とか忠次郎さん

▼ それ急げ~ (2, 0.0%)

1 てん, と言

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 というやつ, は思案

▼ それ恐るべき~ (2, 0.0%)

1 かな, ものあるなり

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 でない

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 だ春秋

▼ それ愁へま~ (2, 0.0%)

1 をさ, をせ

▼ それ愉快~ (2, 0.0%)

1 がるよう, じゃない

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 によりて起る, の最も

▼ それ或は~ (2, 0.0%)

1 三羽か, 反動化する

▼ それ戦い~ (2, 0.0%)

2 にあたる

▼ それ拙者~ (2, 0.0%)

1 が言わない, もそう

▼ それ捕ま~ (2, 0.0%)

2 へて了

▼ それ提灯~ (2, 0.0%)

2 が出た

▼ それ政治~ (2, 0.0%)

1 の則る, の問題

▼ それ故に例えば~ (2, 0.0%)

1 同じ一立方米, 音楽家は

▼ それ故各~ (2, 0.0%)

1 地方の, 時代に

▼ それ故無~ (2, 0.0%)

1 内容と, 終極性としての

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が征め, が後ろ

▼ それ旅籠~ (2, 0.0%)

2 を下し

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 を振れ

▼ それ日本~ (2, 0.0%)

1 の将来, は東洋

▼ それ日本一~ (2, 0.0%)

1 の学校, の學校

▼ それ日本人~ (2, 0.0%)

1 の呂宋, の気質たる

▼ それ智慧~ (2, 0.0%)

2 多ければ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がたい, の果して

▼ それ本気~ (2, 0.0%)

1 で云ってる, の話ら

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の御館, 去西来

▼ それ格子~ (2, 0.0%)

1 を開けたらう, を開けたろう

▼ それ案の定~ (2, 0.0%)

1 あとから, 天井睨みの

▼ それ梯子~ (2, 0.0%)

1 よ縄, を下ろし

▼ それ此処~ (2, 0.0%)

1 にあ, にある

▼ それ此間~ (2, 0.0%)

1 に, も感情教育

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に抵, は再生

▼ それ死人鬼~ (2, 0.0%)

1 となるあたわざる, となるあたわざれ

▼ それ殿~ (2, 0.0%)

1 がお立ち, につづけ

▼ それ殿様~ (2, 0.0%)

1 に遅れる, の前

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がに柿, の婿

▼ それ洗う~ (2, 0.0%)

2 てやん

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 をさあ, をそれ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 の順序, を搏

▼ それ物象~ (2, 0.0%)

2 を明示

▼ それ狂犬~ (2, 0.0%)

1 がまた, だア

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がいる, に穴

▼ それ玉脇~ (2, 0.0%)

1 の, の住居

▼ それ申しやした~ (2, 0.0%)

1 よ, 道理で

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が寄っ, の方

▼ それ畜生道~ (2, 0.0%)

2 の地獄

▼ それ異人~ (2, 0.0%)

1 が来た, の夫婦

▼ それ百姓~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ それ真に~ (2, 0.0%)

1 受けるいうの, 学に

▼ それ真実~ (2, 0.0%)

2 の教

▼ それ着物~ (2, 0.0%)

1 だと, の浸

▼ それ知っ~ (2, 0.0%)

1 てかよう, てながら黙ってたら

▼ それ石卵~ (2, 0.0%)

2 は敵し

▼ それ社会~ (2, 0.0%)

1 の情勢, の神経

▼ それ福造~ (2, 0.0%)

2 の手紙かいな

▼ それ等一切~ (2, 0.0%)

1 のもの, の行

▼ それ約束~ (2, 0.0%)

2 して

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ それ紅丸介抱~ (2, 0.0%)

2

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 がぬれる, を描く

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 がぬれる

▼ それ考え~ (2, 0.0%)

1 てお, ても人間

▼ それ聞き~ (2, 0.0%)

1 にくら, に参った

▼ それ自ら感情~ (2, 0.0%)

1 であり烈しい, としてのイデヤ

▼ それ自ら散文~ (2, 0.0%)

1 の一種, の形式

▼ それ自ら疑問~ (2, 0.0%)

1 し去る, し来り永劫

▼ それ自ら表現~ (2, 0.0%)

1 である故に, の鼓動

▼ それ自ら詩的精神~ (2, 0.0%)

1 である故に, の本質

▼ それ自ら音樂~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の拍節

▼ それ自体一つ~ (2, 0.0%)

1 の文学, の闘われるべき

▼ それ自体不純~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ それ自体微弱感~ (2, 0.0%)

2 を起させる

▼ それ自身さ~ (2, 0.0%)

1 へはかない, へ一つ

▼ それ自身フィクショナル~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ それ自身一個~ (2, 0.0%)

1 のイデオロギー, の水準

▼ それ自身人生~ (2, 0.0%)

1 の花鳥風月, を深く

▼ それ自身人間的感性的活動~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ それ自身価値~ (2, 0.0%)

1 の尺度, を生じる

▼ それ自身思想~ (2, 0.0%)

1 というもの, の色合

▼ それ自身意識的~ (2, 0.0%)

2 である処

▼ それ自身技術的~ (2, 0.0%)

1 であり固有, で操作的

▼ それ自身文化~ (2, 0.0%)

1 と思想, の内容

▼ それ自身方法~ (2, 0.0%)

1 のこと, を意味

▼ それ自身独自~ (2, 0.0%)

1 の大学講座, の歴史的発達

▼ それ自身社會的歴史的~ (2, 0.0%)

2 に規定

▼ それ自身立派~ (2, 0.0%)

1 な入門書, な理由

▼ それ自身純然~ (2, 0.0%)

2 たる女

▼ それ自身自然~ (2, 0.0%)

1 では, の宇宙時間的発達

▼ それ自身虚偽~ (2, 0.0%)

1 にぞくする, の論理

▼ それ自身虚無~ (2, 0.0%)

1 に帰し得る, に歸

▼ それ自身表現的~ (2, 0.0%)

1 である, なもの

▼ それ自身進化主義~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ それ自身過去~ (2, 0.0%)

1 と未来, に屬

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 に屋形船, を浮べた

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, を出す

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 やワラ, を毟れ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 だの獅子, と見

▼ それ行つて~ (2, 0.0%)

2 見ろ

▼ それ裏金~ (2, 0.0%)

2 が無い

▼ それ見たまえ~ (2, 0.0%)

1 ちんぴらの, 君が

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が恋しく, に知れる

▼ それ言う~ (2, 0.0%)

1 のである, 通りあんまり

▼ それ計り~ (2, 0.0%)

1 ではありません, で夕食

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 と俳諧

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 たらお前, てくれはります

▼ それ諦め~ (2, 0.0%)

1 て帰っ, て歸つて

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 あもん, はう

▼ それ貰おう~ (2, 0.0%)

2 じゃない

▼ それ貴下~ (2, 0.0%)

1 から預かっ, の一件

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が現われた, だと

▼ それ軍隊組織~ (2, 0.0%)

1 の元気, は強迫

▼ それ近く~ (2, 0.0%)

1 ついて, 打たされて

▼ それ返し~ (2, 0.0%)

1 ていただく, て又

▼ それ逃がし~ (2, 0.0%)

1 てなる, てはと二千

▼ それ逃す~ (2, 0.0%)

1 な, なッ

▼ それ過去~ (2, 0.0%)

1 の欧州世界, は遠し

▼ それ鉄砲~ (2, 0.0%)

1 とえらい, を

▼ それ~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 だ, の手

▼ それ隠し~ (2, 0.0%)

2 てはりまし

▼ それ面白~ (2, 0.0%)

1 がりなさって, や

▼ それ面白い~ (2, 0.0%)

1 ぞ手, わ

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 が大, も聞えるだらう

▼ それ頼まう思う~ (2, 0.0%)

2

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 いと好, へ傘

▼ それ風呂敷~ (2, 0.0%)

2 か何ん

▼ それ馬市~ (2, 0.0%)

2 で銭

▼ それ馴染~ (2, 0.0%)

2 の病人

▼ それ驕奢品~ (2, 0.0%)

1 なるもの, は必要品

▼ それ鹿~ (2, 0.0%)

2 来て

▼ それ黄金~ (2, 0.0%)

1 の鎖, は士気

▼ それ~ (2, 0.0%)

1 たれそっちゃへどけ, を打たれまい

▼1* [4430件]

それぁいまこそ少し, それぁきっとして下さると, それぁきっとよく捕れるん, それぁここにゃ見えねえ, それぁとても駄目ですよ, それぁなるほど礼拝堂じゃねえ, それぁほんとの言葉だよ, それぁもうずいぶんお世話, それぁわっしも隠しやしません, それぁアンダスンとそれから, それぁビリーだな, それぁ仕方がない, それぁ俺の名, それぁ右の頬, それぁ君問題だぜ, それぁ大抵はこの, それぁ姉さんにだって鈴岡さん, それぁ幅が利く, それぁ明けっぴろげで何, それぁ無理だァ, それぁ神様が己, それぁ私だってまるく, それあぁ泣くわけ, それああ危い, それああっしみて, それあいいだろうよ, それあいけないな, それあお互ひ, それあきまつてる猟銃だ, それあけちゃ困り, それあげよ, それあすげえところ, それあたしたち伺ひたいの, それあてに見せ, それあなんですよ, それあな人間に物, それあぶないとよける, それあぶねえぞ, それあまアそうだ, それあやしいなあよう, それあらためてみよう, それあられもない, それありというも色質, それあるいは然らむ, それあわてて逃げ出したらう, それあんたさんのお祖母さん, それあゝ危い, それあ何だつてさう, それあ大出来でした, それあ無邪氣な, それあ然ういふ人, それいうたらほんまに, それいかがなるべき, それいかなるものたる, それいくばくぞや, それいくらか若宮君の, それいたして失礼, それいたします私自身も, それいただき物な, それいってとっつかめ, それいつか妾の愛刀, それいつか陣場さんの持っ, それいづれをか執らん, それいまだにあなたは, それいまだ実際に戦端, それいま発起人の言った, それいやですわ, それいよいよ打って出るぞ, それいらないの, それいろいろ考えました, それ持って, それうごいたぞ, それうそないか, それうそうそとまた, それうつかりしないで, それうまいはずぢや, それうまいうまい団子だ, それうまく虎列剌と, それええだおら, それえと日毎に, それおしもの着類, それおしめそれ着代えと大, それおたがいに坂東武士の, それおなかが空いたろう, それおのづから善, それおのれの首, それおのれみずからに対して皮肉, それおもひでに, それおもかじだ今度, それおもちゃなの, それおやじのかい, それおよそ夢は, それおら知ってんけ, それお化けや買うたろ, それお召し替え, それお嬢様の一番, それお寺様からおいで, それお株がはじまった, それお母さんが叱つ, それお気に入っ, それお爺さんに飛びかかっ, それお玉が逃げる, それお産のこと, それお腰やりなおしそら御, それお茶よ, それお茶それお使い, それお茶佛壇の南天, それお菓子それお茶よ, それお触れが出た, それお迎えに出ろ, それお釈迦さまのおっしゃる, それかう云ふ, それかかったらしいのです, それかかる例証を, それかぎり熊なき詮議お先, それかごへ, それかたがたお伺い, それかち貨物駅と, それかとぞ見る白露, それかとて筋だけを, それかとにほふ春, それかなわぬとあたりつけ, それかねそれは, それからうす赤い線, それからうす明りの倉前, それからかぶとを, それからからだ一面, それからくすぐつたい, それからげそりと, それからしか結果し得ない, それからしかとした調子, それからずつともどつて來, それからってえもの, それからといふもの女房と, それからねお姉様, それからはばかりから出ると, それからもじや, それかわいい女の子が, それがかやうに, それがかへって今では, それがかべにうつったたけしくん, それがくびじろだとは信じられなかった, それがくびばかりになったのは一まいガラス, それがけけけけふんと, それがずつとずつと古い代, それがた易く得られる, それがたい松行列の, それがたんつぼの, それがつつッと, それがで御座ります, それがというのも, それがとに角総, それがとのがたの, それがなといって, それがにゅっとくびを出しました, それがにも拘らずどういう, それがねエあなた厭らしい, それがのうこの年, それがのみ込めないので, それがはがいいのよ, それがべいの, それがほど経てから, それがもの哀れに, それがらお母さんおりゃの, それがらみんなして, それがらララ電信ばしら, それがら吾眼は光つて, それがら塔も倒さ, それがら家さ戻ったらお母さんさ, それがら屋根もとばさ, それがら木折ったり, それがら樹折ったり, それがら稲も倒さ, それがら風車もぶっ, それりすつかり忘れ, それきかばもう, それきりあたりがしいんと, それきりおこえもか, それきりおじゃんになっ, それきりおれのところ, それきりお前はうん, それきりお父さんは帰っ, それきりぐうの音, それきりこいつは私, それきりしんとした, それきりそこの縁, それきりそっぽを向い, それきりその後は手, それきりだれも出, それきりぢやまだ, それきりつるを見ない, それきりどこかへ姿, それきりばつたりラタム号, それきりふたりとも黙りこん, それきりわしは見た, それきりわたしは彼女, それきりわたしたちは紳士, それきりイデンに来なく, それきりガクリとゆれ, それきりノートの数, それきりプツと音, それきりモルガン氏も日本, それきりリヴィングストーンの消息, それきり一六八二年まで再び, それきり一切金魚は止めました, それきり一刻もたったろう, それきり一寸言葉がと切れた, それきり一尺も寄りあわない, それきり一年の餘, それきり一度も訪ね, それきり一語もなかっ, それきり三人の方, それきり上へあがろう, それきり上野まで黙っ, それきり下を向い, それきり世に知られぬ, それきり両方とも同じ, それきり中川は現れず, それきり中野さんの耳, それきり二人共黙り込んで, それきり二年も三年, それきり二度とは燃え上らなかつた, それきり云つて眼を伏せた, それきり人事不省に陥っ, それきり今に至る, それきり今日までハズ, それきり仕事も手, それきり他の方面, それきり仲直りしなかつたの, それきり仲間の運命, それきり会話が跡絶え, それきり伯爵邸へは行きませんでした, それきり伴れて, それきり何事もなかっ, それきり俛首れて, それきり俯向いて, それきり傍へ寄る, それきり元のもくあみになる, それきり八重のこと, それきり再発したこと, それきり冬近い日没, それきり劇作の筆, それきり勇吉はだまっ, それきり北村さんはだまりこん, それきり千枝子はいくら, それきり友子に会わなかった, それきり双方の肝要, それきり向こうに駆け, それきり君は東京, それきり吹雪のなか, それきり呼吸が止つて, それきり和一郎は佃, それきり喜代子は黙り込ん, それきり夕食の時, それきり外に出かける, それきり外交官は姿, それきり多くを母自身, それきり夜に別れました, それきり夜明まで猫, それきり夢は醒め, それきり大井増二郎は口, それきり夫人のほう, それきり失踪して, それきり奥の間, それきり女奴の蝦夷萩, それきり妙に行, それきり姉とは逢えなかった, それきり学業を廃, それきり守田座へは足踏み, それきり安子と相, それきり安藤との交渉, それきり宋江の至誠, それきり官途もやめ, それきり実家に押えられ, それきり容易にうごかなかった, それきり寐付かれずに, それきり寢つくこと, それきり小僧とは別, それきり少女はもう, それきり尼の影, それきり岸本啓介の耳, それきり幾日もなく, それきり床について煩った, それきり影も見せ, それきり後日談もなかつた, それきり後絶して, それきり急に黙っ, それきり息が絶えた, それきり意識を失っ, それきり投石は止まった, それきり指井と自分, それきり敗戦の責任, それきり料理屋の方, それきり断念したこと, それきり日吉のこと, それきり日記に現れ, それきり春先になる, それきり最後まで貴島, それきり束髪を止めさせられた, それきり杳として沙汰, それきり松江の噂, それきり横を向い, それきり横浜へも帰らず, それきり次のことば, それきり歌子はぽつんと, それきり歴史文学のこと, それきり殆んど, それきり民さんとはあわず, それきり気絶して, それきり氣まづく, それきり水の中, それきり永久に別れ, それきり浮きあがりませんでした, それきり清子はそれ, それきり滅多に村, それきり無効になる, それきり爭議團の方, それきり牛蒡か人參みたい, それきり物音もしませぬ, それきり犬の八公, それきり男からは絶え, それきり皆黙って, それきり相手の将校, それきり知覚を失っ, それきり碌に口, それきり禿鷹はあっ, それきり私達は切符, それきり秦啓源には逢えず, それきり空間に消え, それきり立ち消えてしまっ, それきり笠のこと, それきり答礼もせず, それきり粟稈の中, それきり素子のところ, それきり絵は戻つ, それきり考へこんだ, それきり耳が聞えずなった, それきり腰も立たず, それきり自然に義姉アイネ, それきり自身はこの, それきり船にのる, それきり草場の中, それきり葉子の消息, それきり藤夜叉の名, それきり蜂谷は息, それきり行方が知れなくなった, それきり言づてをすることもやめて翌朝早く帰っ, それきり読書を中止, それきり谺もしない, それきり豆店へは帰っ, それきり貂蝉のこと, それきり起居もよろよろ, それきり踵をかへし, それきり身体が発育, それきり身動きもしない, それきり返事をしませんでした, それきり返辞もし, それきり連絡も絶え, それきり金だけねこばば, それきり銃音はしなかった, それきり門内の声, それきり電話もかからず, それきり面談をする, それきり音は歇, それきり音止めをやっ, それきり頭が上がらなくなりました, それきり首を振った, それきり鳴り止んで, それきり黒犬の吠える, それきり默つて僕を見, それきり默つて煙管を持ち, それきり鼬の道, それぎりあの楽屋へは商い, それぎりお嫁さんの世話, それぎりお島婆さんとも交渉, それぎりお帰りにはなれませぬ, それぎりお民は口, それぎりお目にかかれなく, それぎりかい君のいう, それぎりかなり長い間, それぎりけっして出て, それぎりけっしてその事を云い出さなかった, それぎりこの事件について話, それぎりこの二人を忘れ, それぎりしか出来て, それぎりしか口を利かなかった, それぎりしばらく口を利かず, それぎりその墓を見た, それぎりその話はやめ, それぎりだ結んで, それぎりだったのが出立の二日前, それぎりだったので準会員, それぎりついに帰って, それぎりてんでとり合わない, それぎりでぐったり倒れたよう, それぎりですそれぎりです, それぎりでたれもなんとも言わない心, それぎりでとうとう十月ほどし, それぎりでは済みそうにない, それぎりでひっそりと鎮まって, それぎりで一人も戻っ, それぎりで三人は黙っ, それぎりで何事も起こらない, それぎりで僕はこの, それぎりで品物に執着, それぎりで問答の声, それぎりで声はやんだ, それぎりで夫婦は再び, それぎりで奥へはいっ, それぎりで婆の姿, それぎりで客へは何, それぎりで弥次右衛門, それぎりで後のな, それぎりで手持無沙汰と知り, それぎりで樗牛はえらい, それぎりで気を失っ, それぎりで物も言, それぎりで目が醒めた, それぎりで表はひっそり, それぎりで跡を絶った, それぎりとなったが緑雨と私, それぎりどうしたか後にも先, それぎりどうしても寢附かれないやう, それぎりどこへどう, それぎりなんだが今日はやつ, それぎりにして直接重吉のこと, それぎりにするのも飽き足らなかった, それぎりにする事もある, それぎりになってしまったがわたしの知っ, それぎりになつてやがて二人は坐, それぎりになる代りに一所, それぎりの話でその, それぎりひっそりしてしまったのはもうどこ, それぎりほかの方へ気, それぎりぽかんと何か考え込ん, それぎりまるで逢わなかったの, それぎりもう阿兄, それぎりもうぱったり来なくなったので, それぎりもう二人はそんな, それぎりろうそく屋をやめ, それぎりわたしたちは言葉少なに箸, それぎりわたしは二年の間, それぎりナルシサスの合図, それぎり三人は黙, それぎり下へ落ち, それぎり世に出る, それぎり中へ這入っ, それぎり二度と乗ろう, それぎり云はない, それぎり今日まで何とも, それぎり会話を切り上げよう, それぎり何事もなく, それぎり何処へ行っ, それぎり元のやう, それぎり内幸町へは足, それぎり別々の方角, それぎり勝重は半蔵, それぎり勾配の急, それぎり半蔵は山林事件, それぎり反故にした, それぎり受話器の中, それぎり国へかえっ, それぎり夢はさめ, それぎり大井を閑却, それぎり夫の噂, それぎり奥へはいったらしかった, それぎり奥さんの厭, それぎり娘のところ, それぎり宅の誰, それぎり小説の事, それぎり少時は夕影, それぎり屋敷へ帰らなかった, それぎり岸本はもう, それぎり席を立っ, それぎり幾年か音信不通, それぎり座を立とう, それぎり当分の間, それぎり役所を出, それぎり彼等はそれ, それぎり往復は絶え, それぎり往生しても, それぎり徃生しても, それぎり念頭に置かなかった, それぎり恋を口, それぎり手紙の事, それぎり敬之進は床, それぎり断念して, それぎり景蔵は口, それぎり書類について語らなくなった, それぎり歸つて來ない人, それぎり母ねこの姿, それぎり気をかえたらしく, それぎり水は高まっ, それぎり沈黙を守つて, それぎり消息が絶, それぎり無事にすみました, それぎり照子はそんな, それぎり物も言わず, それぎり百合子は姉さん, それぎり皆なの, それぎり眼を転じ, それぎり立消に, それぎり立ち消えになっ, それぎり筆を投じ, それぎり節子の消息, それぎり米屋へは帰らない, それぎり細君から洋服, それぎり美妙とは会わなかった, それぎり耳を貸さなかった, それぎり自分の店, それぎり舞台に見えない, それぎり茶の間はしん, それぎり蝋燭屋をやめ, それぎり街のほう, それぎり言葉が途絶えた, それぎり誰にも云わなかった, それぎり身を起す, それぎり返事を差し上げない, それぎり連れの方, それぎり部屋を出, それぎり重湯というもの, それぎり鍼医は参りません, それぎり離れ離れになった, それぎり青年画家の行衛, それぎり静かになった, それぎり音信不通であるので, それぎり頓挫して, それぎり首を列車内, それぎり高木の傍, それぎれで手掛りがない, それくすぐつて遣れ, それくらいかも知れんな, それくらいつつしみの, それくらいにしかわからないか, それくらいにはなろうなあ, それくらいまでの不自由な, それくらいもあろう, それぐぐとためてゐるとすぐ水面, それぐずぐずして, それぐらいでしかないの, それぐらゐでも我儘をいつ, それぐらゐで閉口するやう, それぐらゐなら真ッ, それぐらゐにして浪人者は何ん, それぐらゐのことに気がつく, それぐらゐのことはお前さんにも分つ, それぐらゐのことはよく分つて, それぐらゐのことはチャンと見ぬい, それぐらゐのことは先刻こちらが知つて, それぐらゐのことは當り前, それぐらゐのことを考へて, それぐらゐのことをしてやらなきや清吉も顏, それぐらゐのこと君も覚悟, それぐらゐのこと大概の人, それぐらゐの所だらうと, それぐらゐの技巧がない, それぐらゐの智恵をしぼり, それぐらゐの用意はある, それぐらゐの腕がなき, それぐらゐの覚悟を持つ, それぐらゐはそのま, それぐらゐ平気になつ, それぐらゐ彼處では兩方, それぐらゐ氣位高く強く明るく, それぐれえの借金, それけい子御案内, それこいつだ, それこういう工合に, それこうしてやらあ, それこそかどのとれた, それこそにいさまたち, それこそねあの貴, それこそも少し真面目, それこちらから先, それこの間殺されたお, それこの間吉原遊びというの, それこの間感冒に罹っ, それこびっちょの男の子がつくられた, それこれからの仕事, それこれくらゐ, それこれらの天, それころり徃生である, それこんだ小舸, それこんなに埃が, それこん畜生口をこっち, それござんなれと鎧兜, それごとテンピの中, それごと鍵穴の中, それごらんお前が早く, それごらんわたしを連れ, それごらん手までこんなに, それごらん神さまなんてう, それごらん誰の世話, それごらん餌を食べたい, それごらん駐在さんの耳, それご存じのとおり, それさあなあ, それさい察して, それさうでねえと, それさうだからえ, それさえずうっと下, それさっきも話した, それさね早三十五六年にも, それさまたげがあっ, それさらに病の, それさらば実で, それさる事ながら, それさんこうして, それざつと三杯を一合, それしかく詩調を, それしかりわが邦, それしたら一文も, それしだいということ, それしないでいきなり, それしますわ, それしも手から, それしょびくでの, それしよびくでの, それじいッと眺めてる, それじたいビクともしない, それじまいよ, それじゃあしも行って, それじゃあてまえが, それじゃあとはおらが, それじゃがいもの皮, それじゃけ永田本人を, それじゃったわい, それじゃで是非が, それじゃとはなんだ, それじゃネ萩の, それじゃ香を嗅ぐ, それじやねトムちや, それすこし不健全だ, それすすめるならなぜ昨日, それすなわち推古だ, それすらもがおよそ不審, それすらやさみしこのごろ, それすらをすべて解脱した, それすることは, それすゑてくれ, それえ御承知, それそこで馬の, それそこらを見廻せ, それそちのいつも, それそちらへと納戸, それそっと一両握らし, それそつちこつち仕たつちこと, それそりゃ昨日の, それそれあそこにミンミン蝉, それそれおれは今, それそれお前は下敷き, それそれお召し替え, それそれからあれ, それそれこびっちょの男の子がつくられた, それそれそいつがいけない, それそれそこにそれ, それそれそれそいつがいけない, それそれそれそれその小, それそれそれ若衆が山伏, それそれへたにとぼけた, それそれみどりして, それそれわたくしにはお, それそれッ突き倒すぞ, それそれ両手が動く, それそれ乾盃あれに限る, それそれ二度迄申されました, それそれ今日も七里, それそれ何んでまた, それそれ何処を見てるだらう, それそれ何處を見てるだらう, それそれ別であるが, それそれ匂強き味覚, それそれ奥州の涯, それそれ心配するほどの, それそれ扉を開ける, それそれ手水鉢糸目の椀, それそれ拙者もそう, それそれ日頃源空が言った, それそれ昨晩お使, それそれ次の時代, それそれ母ちゃんが待っ, それそれ気がきく, それそれ気性によって違うだろう, それそれ火がとぼつ, それそれ煙が見えとるだろう, それそれ生理心得草に水, それそれ私の申さぬ, それそれ羽織の裾, それそれ胡弓ひきがひきだした, それそれ若衆が山伏, それそれ菊亭右大臣という公卿屋敷, それそれ証拠は目のあたり, それそれ軍服のこの大きな, それそれ通りがかりの人目, それそれ造化の大道, それそれ違つてゐて, それそれ配置よく植えられる, それそれ鼻たれそっちゃへどけ, それぞとは決められないが, それたがりがちだ, それたがるには我, それたくあんを買っ, それたちを見, それたったいま懲りる, それたとい顔を, それたまたまで顔, それたりになんらか, それだきゃ根堀り, それだけかと惘れ返つて, それだけかも知れない, それだけがよかつたです, それだけさえ口へは, それだけさえもできない日, それだけずつを一口当りに, それだけでがつかりした何と, それだけでもって客を, それだけということが, それだけとしまして次へ, それだけにしかもはや彼女, それだけによって判断する, それだけもこれだけも, それだけやないみたい, それだけりこうな, それだした事が, それだったら会って話し, それだったら考えてみ, それだってよそれでもよ, それだつたんです, それだのこれだの, それだら明けて這入りな, それだれの娘, それだ分ってます, それちかごろは警戒厳重, それちがうさっきの, それちゃいましてね, それちゃんとその了簡, それちょいと色気, それちょうどそこに, それぢゃあ何十円ってたべた, それぢやあ一時迄と堅い, それぢやあ君の意見, それぢやあ帰つてやらう, それぢやあ後で誘ひ, それぢやあ接吻させるけ, それぢア困る, それぢヤこれではどう, それっきりあたりはまた, それっきりあなたは生害, それっきりあんたもあたし, それっきりいちども私たち, それっきりいまのいびき, それっきりおれはそんな, それっきりお互いに一こと, それっきりお客がつかず, それっきりお父さんというの, それっきりからだを二つ, それっきりきょうも姿, それっきりきれいに忘れ, それっきりくろがね天狗は江戸市中, それっきりぐうぐう大鼾, それっきりこの世から姿, それっきりご飯のお代り, それっきりしずかだ, それっきりすべての事, それっきりそれっきりぼくは何, それっきりなんの音さた, それっきりねこのこと, それっきりひとことも口, それっきりぷつんと笑いの尾, それっきりぼくは何, それっきりみたいなもの, それっきりむだな問い, それっきりめったに出っくわす, それっきりゆくえがわからなくなっ, それっきりゆくえ不明になった, それっきりわたしは譲原さん, それっきりわたしゃ何が何やら, それっきりアンの姿, それっきりクロロフォルムの甘い, それっきりスリなど廃そう, それっきりドクトルは黙りこんだ, それっきりヘンデルを見捨てた, それっきりミシリともしなかった, それっきりリーロフの姿, それっきりルゾン号がフランス本国, それっきりロンドンを訪問, それっきり一こともいわず, それっきり一度も顔, それっきり一族のもの, それっきり一言も口, それっきり一通の手紙, それっきり一週間も御, それっきり三日社を休ん, それっきり下へ降り, それっきり下手人が判りませんでした, それっきり両手を支い, それっきり中富坂の家, それっきり中戸の奥, それっきり二十年間わかれて, それっきり五十三か四, それっきり京子は彼, それっきり京都へは帰らなかった, それっきり人の世, それっきり人ッ子ひとり通らない, それっきり人影が庭, それっきり人造人間エフ氏の姿, それっきり今日までついに, それっきり今朝まで私, それっきり他の女, それっきり他人になる, それっきり以来十箇月桜の花吹雪, それっきり何事もいわれなかった, それっきり何年も忘れ, それっきり何時まで待っ, それっきり俺あ仙太公, それっきり僕は草田, それっきり兄さんは帰っ, それっきり八五郎は来ず, それっきり八十助の知覚, それっきり再建しないので, それっきり再読の機会, それっきり写真のこと, それっきり勘定をとり, それっきり十数年間帰郷しなかったの, それっきり十日ばかりろくに, それっきり千二は気, それっきり博士はもう, それっきり友人の方, それっきり反抗しようとも, それっきり取り返しがつかない, それっきり右の耳, それっきり名人は本来, それっきり呻り声, それっきり唇を噛ん, それっきり固着したよう, それっきり夏の海, それっきり夕飯のとき, それっきり外国の話, それっきり多鶴子は口, それっきり夜おそくまで, それっきり女だけが助かりました, それっきり妻とも妹, それっきり安岡は病気, それっきり家中の者, それっきり宿所も告げず, それっきり尋問調査を切りあげ, それっきり小僧を逃がし, それっきり小林君とはぐれ, それっきり少女は顔, それっきり尻切蜻蛉になりました, それっきり平次の手, それっきり弁天様の足, それっきり当人もとうとう, それっきり影覗きもしやがらねえ, それっきり彼らとは逢わない, それっきり彼女には逢わなかった, それっきり彼等は無言, それっきり後ろも見ず, それっきり微動もしなかった, それっきり念仏を唱える, それっきり怒りっぱなしになった, それっきり急ぎの仕事, それっきり怪人のす, それっきり怪塔ロケットの行方, それっきり息を引取, それっきり悪夢を口走る, それっきり悲鳴は聞こえなかった, それっきり戸のあいた, それっきり手を引きました, それっきり手拭を返し, それっきり手掛りの糸, それっきり振りむきもしない, それっきり支那服も黒眼鏡, それっきり救援の飛行機, それっきり敵の方, それっきり断絶だ, それっきり旅の者, それっきり昨夜は帰っ, それっきり昨晩は何とも, それっきり杳として判りません, それっきり松の木の話, それっきり棒がうごかなくなった, それっきり権六も小僧, それっきり次の言葉, それっきり欧羅巴のどこ, それっきり殿下ももう, それっきり母はまた, それっきり江戸に姿, それっきり江戸っ子の関心, それっきり沈黙して, それっきり沖縄へ帰る, それっきり河原は音, それっきり沼間氏の一族, それっきり活動を中止, それっきり浪はもう, それっきり消息を断っ, それっきり火事のこと, それっきり無言であった, それっきり父子は姿, それっきり物音が致しません, それっきり男の姿, それっきり病人らしい気持, それっきり発展もせず, それっきり皆を置いてきぼり, それっきり目が冴え, それっきり直人は四日, それっきり眼を廻し, それっきり知覚をうしなっ, それっきり禁煙を誓った, それっきり穴のふち, それっきり立消えがし, それっきり筥崎網屋町の自宅, それっきり絵をあきらめ, それっきり縁側へ出, それっきり老人の声, それっきり考えごとをし, それっきり自由を奪われ, それっきり船と別れ, それっきり苦笑いを噛み殺しました, それっきり蝦蟇は私, それっきり行方不知にな, それっきり褥を取ろう, それっきり見返りもしなかった, それっきり詫まりに来ない, それっきり質屋の蔵, それっきり足踏みをし, それっきり跫音も咳, それっきり返事をしない, それっきり迷宮入になっ, それっきり透明人間はどこ, それっきり釜吉に背, それっきり陽の目, それっきり隆夫はうち, それっきり音はやんだ, それっきり頑くなに, それっきり鷺太郎の視界, それっきり默りこんだ, それっきり鼬の道, それったたんじまえッ, それっやっつけるんだ, それっやるな, それっ分れろ, それっ切りで打ち切ってしまえ, それっ切り出て来なかった, それっ切り来なくなってしまった, それっ切り立ち縮んでしまった, それっ切り訪れる人間は, それっ取ってかえせ, それっ持ってゆけ, それっ放しでございます, それっ獲ったぞ, それっ近づいてきた, それっ追い討ちにかかれ, それっ駈け上って満山, それつかまえろッ, それつきつか, それつきりさと云, それつつしんで退出した, それつてばねえ五十嵐さん, それつとめよ, それつねに籠城の, それてまで殺意を, それてめえたちの左右, それてめえ達の居所, それであったならどんなこと, それであったらおもしろい恋, それであったらしいのです, それであったればこそ当時, それであったろうが作人, それでありたいような, それであるからさういふ點より, それであるべき何物かを, それでかき雑炊は, それできたら貧乏でも, それでこそとお母さんも, それでございましてお湯, それでございましたから今日, それでございましたらただ今承りました, それでしたら捜す必要ない, それでしつくり合つてゐた, それでしんごん, それでじぶんの, それでじゆんもそこ, それですぎて次, それですつかりふいになつ, それでとは思わなかった, それでなかつたことだけは, それでなきやいけない, それでなくちやあ埋まらない, それでなくなっていった, それでもかの女は, それでよけりやあ幾日, それで御座んす常日さ, それで無くとも眠れぬ, それといっただけでは, それといふのもさう, それとからうたいはじめられて, それところじゃない, それとしてのねうちが, それとだけ考えて, それとちがひ, それとちつとも関係, それとって下さらない, それとてもあまり気を, それとてもいろいろ種類が, それとてもすっかり身体を, それとてもたいして深入りを, それとてもたいてい紋切形の, それとてもときどきそこの, それとてもどうにか言いこしらえること, それとてもはっきりしたこと, それとてもひとしきりでたまった, それとてもぴったり身については, それとてもやがて又何, それとても全く余りに途方も, それとても別段に藤六, それとても大して気には, それとても必ずしも米友の, それとても時々つゆは, それとても果して月心院で, それとても無論軽い其場限り, それとても直ぐその直前, それとても真に隣人と, それとても突然とし, それとでまた弾薬, それとでは心理的影響において, それとでも比較し, それとに違ったものの, それとに対しまた支那人, それとに対して正しい見解, それとねまきを, それとはかわッて, それとはずつと離れた浅い, それとばかりもありがたがって, それとまで混同し, それともいぢめた, それともうぬが, それともきゃつらが結果, それともくすぐつたい, それともすみよしへ, それともらつた複寫紙とを, それとやかくいう権利, それとより言いようの, それとりあえず仙台城下高橋玉蕉先生の, それとるぞ, それと共にかやうな, それと共にどたりと倒れる重, それと共にもうかれこれ午近く, それと共によけいきいきいする, それないして, それどうしてもって, それどうせ印旛沼だ, それどころか恙が, それどのくらいの大き, それなぐれそれ叩け, それなぜ食わないん, それなどが主な, それなどを通じてこの學校, それなめりと竹, それならありますよ, それならあり得ないことで, それならあるワ, それならあんじることは, それならおぬしも死ぬる, それならしる粉くれ, それならず解けぬ心に, それならできないことで, それならとちゅうでさんざん, それならやってやる, それならわかるぞ, それなら上ってきい, それなら云ってしまおう, それなら出来ると思ひ, それなら分っております, それなら分りますが今度, それなら分るような, それなら勤まらぬことは, それなら帰りますよ, それなら思いあたらぬでもない, それなら教えよう造作も, それなら断わりましょうかと云う, それなら有るんだ, それなら止めるばかりだ, それなら泊ることに, それなら知ってるよ, それなら行っておい, それなら送った品を, それなら逃げる許りだ, それなら関わないじゃありません, それなら食ってはならない, それなるふすまを, それなる替え難い浄財, それなる残った駕籠が, それなんか知ら, それなんかはくだらない出来, それなんぞと関係が, それなんだいぼくにちよ, それなんてお菓子, それなんでおくれを, それなんめりと, それなん別人に非, それなん宋江その人, それなん鎌倉の執権高時, それなーにとのぞきこんだ, それにあたってとろとろと, それにあたり出した時, それにあたりは森閑として, それにおいての内的事実として, それにおいてはこれより, それにおいてもある時, それにおけるごとく問題, それにかけ渡した金属板, それにかべというかべには, それにがした, それにこそ存在の, それにずつと我儘で, それにたいしての礼儀私も, それにたいしては前ほどは, それにたいしてまでクリストフは, それにだって同じだ, それについてな宮本村の, それにつれてがたりと動く, それにつれてね十五年頃あなたが, それにとに角お前, それになつたので, それになんぞさっきから, それにのう太夫はたから, それにはてまえごときもの, それにはというところから, それにはも一つそれを, それにばかりかかつてゐた, それにへツ, それにもかはらで, それによってこそ行進した, それによってだけ確保される, それによってのみしか位置の, それによりかかつた, それによりましてはこのおやじめ, それによるに唯裸, それによるまでもなく藩内, それに対していう場合の, それに対するの応戦計画として, それに当たって地に, それに当たるヘブライ名は, それに従いまして遠慮なく罷り出ますでございます, それに従うのほかない, それに従ってはいけないという, それに関しての作法も, それぬきで十二分, それぬけ穴だっ, それねむの浜, それのがすなッ, それのせゐに相違, それのみしかない, それのみとして完成された, それのみとは決して言, それのみにては御慰み, それのみを以て満足しない, それはあてっこする会, それはうらがわに, それはかへつて愉快ぢや, それはかるはずみであった, それはくはしく, それはくみちやん, それはぐッと, それはけぢめもなし, それはけふ東京の, それはごきげんを, それはござりますよ, それはさんせいです, それはしもうた, それはじょうだん, それはたして然らば, それはた今や我と我が古帽, それはた更につらか, それはてよく肖た婦人, それはとて大幅で, それはとのさま方結構な, それはなんて店です, それはねかうなんでございます, それはねすりむいたとこから, それはねねらった鳥が, それはねひめごとという, それはねもつとかう, それはねエお母ちゃんが, それはね教えてあげます, それはね行って見れ, それはね阿父さんが, それはばたんと閉じこめられた, それはべんとうを, それはべんとう箱を, それはもの言は, それはやりはしない, それはらしゃめんという, それはナ天下の, そればかされていましょう, そればかしでなしに, そればかりからでは, そればかりじゃがあせんその, そればかりでも行かぬと, そればかりとはいえないよう, そればかりとも言えないもの, そればかりも飽きますから, そればさ野火と, そればっかりの金で, そればっかりやあれへん同性, そればってんが, そればってん誰かが欲, そればってん顔が, そればやこし, そればらばら一緒に, そればんざあい, それひとつきりなの, それひるも偏狂の, それツと, それぶちのめせってひどい, それぶった斬ってしまえ, それへたにとぼけた, それへとかはつて, それいじゃ, それほうりますよ, それほかしらない五つ, それほか道のない, それほどにしたくは, それほどにも感じないの, それほどの所なら, それほんとに妾だった, それほんの一瞬で, それぼんこれはどう, それまあー仕方の, それまさに死せん, それまでかも知れませんが, それまでから欠いて, それまでじゃあないか, それまでずつと病院に, それまでだってただの, それまでてまえの, それまででもあって, それまでといふ冷めたさ, それまでとして遊びの, それまでにおける世間の, それまでにて滅茶, それまでやわらんで, それまでよと思ひさだめ進み近づく熊, それまでよりも十倍も, それまま帰途についた, それまん中の水ぎわ, それみい一名欠けて, それみい煙草と, それみい玄徳はかえる, それみい賞められれば, それみずから人間的である, それみずから変容して, それみずから宗教的である, それみずから次のごとき, それみずから発展する自主自足, それみずから類型を異に, それみたまえオンドリ君, それみどりして, それみな一致して, それみな云えないだろう, それみな俺の云, それみな貴様の悪戯, それみると, それみろいったとおりだったろう, それみろかかあは, それみろつて言われたくない, それみろやられたぢや, それみろやればできる, それみろ答えられんだろう, それみろ聞いたかいま, それみろ言わないこっちゃない, それみんなそこにおちてた, それみんなふたをしめろ, それみんな平家蟹のこと, それむずかしい顔に, それめめをさました, それもかやくの, それもかべだけでは, それもからかひ過ぎて, それもぐッと, それもちやんと人, それもつと声高, それもな滅多にそんな, それもねえ大きな声, それものう元唄, それもほどなくもう, それもも早や, それもをかしい, それゃあなたは初めて, それゃあなたは専門だから, それゃあほかならね, それゃあもうよくわかるんですがなにしろわっち, それゃあ私があそこ, それゃうそでさあ大工もほんの, それゃうわべが似て, それゃお前の身, それゃお母様はいざ, それゃそうだけど能く頼め, それゃそうでなくちゃ伸子が困ります, それゃどうか分らんぞ, それゃどっからかっぱらって, それゃね無理強いするよう, それゃまあそうです, それゃまた別口だ, それゃわたしだってよろこん, それゃわたし一人ぐらいはなんとか, それゃアあたしだってピラシャラ, それゃアチャンフーの買った, それゃアモウお前さんは自分, それゃア人さまにゃア, それゃア当座四五日はち, それゃ一寸はおいで, それゃ不思議なもの, それゃ且那様俺等もそれ位, それゃ中にゃ有る, それゃ事情を知らない, それゃ人間の体, それゃ仕方がありません, それゃ何事だ, それゃ便利に使える, それゃ偽札じゃない, それゃ内地へ帰る, それゃ君泥棒猫だからさ, それゃ情実ですよ, それゃ我慢するん, それゃ日本人の面汚し, それゃ残念だね, それゃ民間の女, それゃ気になった, それゃ水揚げ水車でもなん, それゃ男の方, それゃ私たちは大きく, それゃ結構だけれどもね, それゃ羽左衛門のおっかさん, それゃ苦労したろうが, それゃ表面のこった, それゃ裏書ができ, それゃ間には合う, それゃ駄目だよ, それやあおまへは自分, それやあご先祖の, それやあそうだろうが, それやいつたい恋愛の, それやがて呉服橋を, それやくみちや, それやけに紅粉を, それやこたへるわ, それやずつと楽に, それやったら会うた方が, それやっつけろぶった切れ根っこを, それやっと口から, それやっぱり京女は, それやでに嫂, それやならしてやらうと仰, それやなんなるぞとても, それやむべからざるものなり, それやもうじれつたいといふ, それやもうなんです, それやもう急いじやいけない, それやもう見ちやゐられませんでした, それややはり高さん, それやら博奕場帰りやら, それやれと仕度, それやろといや, それゆえあけすけに申しまする, それゆえあれほどの名作, それゆえあんさんもその, それゆえうそいつわりの, それゆえおれは何, それゆえお上を欺く, それゆえお前にも悲しい, それゆえお迎えに参りました, それゆえここでもし, それゆえこちらも恩返し, それゆえこれ以上安心して, それゆえごはんもたべたくなくなっ, それゆえさっき死体解剖の結果, それゆえさまでは, それゆえそうなくってさえ, それゆえそこに生え, それゆえそれらの窯, それゆえだんなの江戸五郎, それゆえつぎの屈辱, それゆえどこの誰, それゆえにんじんは胸, それゆえひとたび解散の声, それゆえひとりでいる, それゆえふた親は自分, それゆえまじめになっ, それゆえみんなは何日, それゆえわたくしどももこの, それゆえわたくし始め村の者ら, それゆえわれらは生物学, それゆえアラスへ行き, それゆえイトコ同士の結婚, それゆえイナゴが蟻, それゆえキリストの理想, それゆえコンブフェールの見解, それゆえサチ子の言葉, それゆえストックホルムに, それゆえスリルの段階, それゆえセリは種子, それゆえトコロを野老, それゆえドナウの沿岸, それゆえバルザックの浄らかさ, それゆえファラデーが喜んだ, それゆえフランスは彼, それゆえフリーダにいくら, それゆえベエコンの夢見る, それゆえマスケリーも自分, それゆえマルクス五十年祭を記念, それゆえルルを呼びました, それゆえロンドンを立っ, それゆえワグナー協会がなすべき, それゆえヴェルノンでできるだけ, それゆえ一九三八年ごろフランスでナチス, それゆえ一五九六年六月の末, それゆえ一朝事情が変ずれ, それゆえ一週に一日, それゆえ万ガ一の場合, それゆえ万葉に用例, それゆえ下女が毎朝, それゆえ不審はまず, それゆえ世人一般はもとより, それゆえ世間が憎く, それゆえ中村屋の基礎, それゆえ主君ご直参, それゆえ二週間を経, それゆえ二重の空虚, それゆえ二階に登る, それゆえ五年前の救護所, それゆえ五百は彼, それゆえ些末な日常的事件, それゆえ人種衛生学とか社会衛生学, それゆえ人類の滅亡, それゆえ今日いずれの文明国, それゆえ今日民種改善に関する研究, それゆえ今生一生の業, それゆえ代価も他, それゆえ以下のべるところ, それゆえ以前ほどの勢い, それゆえ仮りにかう, それゆえ仰せなれど, それゆえ伊兵衛を召捕っ, それゆえ会長になれ, それゆえ伝記を書く, それゆえ伸子の蒼白, それゆえ何よりもまず, それゆえ何事も知らず, それゆえ何時でも望み, それゆえ余りのうるささ, それゆえ余り盛んにもならない, それゆえ作物から当然, それゆえ使用人も主人, それゆえ保は矢島優, それゆえ信条のない, それゆえ個々の訴訟, それゆえ個人はそのまま, それゆえ個人商店にこれ, それゆえ僕たちはその, それゆえ先月二十人ぐらい解雇, それゆえ先生は, それゆえ全力をふるっ, それゆえ其様式もあまり, それゆえ内心ほくほくし, それゆえ出し物ももっぱら, それゆえ出征した時, それゆえ切腹に代え, それゆえ初めから余, それゆえ初心者には解せぬ, それゆえ力で押さず, それゆえ勇気を出し, それゆえ動物では生存, それゆえ千両の財産, それゆえ卓一は澄江, それゆえ協会へも相当, それゆえ単純な子供, それゆえ友人に頼み, それゆえ叔母さんが往, それゆえ右の唇形科品, それゆえ各々の分, それゆえ各自には一週間僅か四時間, それゆえ同一の種類, それゆえ商人はわけ, それゆえ土地は変つて, それゆえ地表での物体, それゆえ堀はほとんど, それゆえ塩田大尉は涙, それゆえ変屈男と評判, それゆえ夕方は昼間, それゆえ外部からみれ, それゆえ多感な郎子たち, それゆえ大作を一人, それゆえ大騒ぎいたしまして, それゆえ天元五年に成っ, それゆえ太平洋戦がはじまる, それゆえ失礼ながらこの, それゆえ奉行の一存, それゆえ女性に対した, それゆえ妾は申し上げ, それゆえ始めの間, それゆえ娘は自分, それゆえ娯楽的な家事的, それゆえ婆様も私, それゆえ子供は眠っ, それゆえ子孫のため, それゆえ孟子は恒産, それゆえ孤児を励まし, それゆえ孤児仲間は世界的, それゆえ学校事業は独立事業, それゆえ学窓を出, それゆえ安火を入れる, それゆえ宿を貸す, それゆえ寒山詩にも老翁, それゆえ専門家が必要, それゆえ射撃を行なう, それゆえ小牧山からもどる, それゆえ小説も書けない, それゆえ尾は小さい, それゆえ山葡萄のよう, それゆえ川に架け渡した, それゆえ市区改正のため, それゆえ師の光悦, それゆえ師匠の歩み, それゆえ年期中は給与, それゆえ幼児には外形, それゆえ幽霊と共に偕老同穴, それゆえ幾千年の後, それゆえ床の上, それゆえ弁護士のやり口, それゆえ当人も自分, それゆえ心許されぬと, それゆえ必然的な治癒, それゆえ志賀の辛崎, それゆえ感度の高い, それゆえ我国最初のこの, それゆえ戦争なるもの, それゆえ所謂大魯迅, それゆえ手すきの夜業, それゆえ手軽なある, それゆえ折檻はこれ, それゆえ拙者はこの, それゆえ拙者馬か駕籠, それゆえ指導者を選ぶ, それゆえ掩護の船列, それゆえ故意と眉間, それゆえ敵の名, それゆえ文部省から贈られた, それゆえ断乎として排撃, それゆえ断定しなければ, それゆえ斯うして, それゆえ明治時代の学者田中芳男氏, それゆえ是非ともわが国, それゆえ書物を板木, それゆえ本当の恋, それゆえ李陵とともにここ, それゆえ東京人の喝采, それゆえ東京人中国人などは材能, それゆえ染物の鑑定, それゆえ校舎の二階, それゆえ検事局に何, それゆえ樗の方, それゆえ樺太のもの, それゆえ次のよう, それゆえ欲いと申されました, それゆえ歯のわるい, それゆえ死の前, それゆえ死人の顔, それゆえ殺害の行われた, それゆえ毎に無常迅速, それゆえ毎年毎年江戸へ来る, それゆえ毎日かけ廻って, それゆえ汎濫の去った, それゆえ汐田は彼, それゆえ洒落になっ, それゆえ流沙河の水底, それゆえ流石は武芸者, それゆえ清子も, それゆえ滅多に外出, それゆえ演出家の経験, それゆえ火鉢のそば, それゆえ無量光無辺光無対光, それゆえ熊城にはそれ, それゆえ父もこと, それゆえ犯人はまたもや, それゆえ犯人自身も教会, それゆえ狐は頭, それゆえ独力で文明, それゆえ猿の団体, それゆえ現金は戴かず, それゆえ理知の裏付け, それゆえ生存競争のはげし, それゆえ生駒というお, それゆえ申上げますこと, それゆえ男は暗いい, それゆえ皮を剥ぎ, それゆえ砂糖は二倍半, それゆえ確信の反対, それゆえ礼を厚う, それゆえ社会問題の解決, それゆえ神仙山の半分, それゆえ私どもは人生, それゆえ私有財産を有する, それゆえ秣草を買わなく, それゆえ空想力も甚だ, それゆえ空間に固有, それゆえ笑ひの, それゆえ笑いの高, それゆえ笠井さんは油断, それゆえ粂の顔, それゆえ約束もある, それゆえ紫外線に当て, それゆえ結局は学問, それゆえ統制はなるべく, それゆえ維新のあと十年, それゆえ罪悪を防ぐ, それゆえ美妙斎とは何年交際, それゆえ義貞は陣, それゆえ老人の後, それゆえ耶蘇教の伝道者, それゆえ背後にも油断, それゆえ胞衣を玄庵, それゆえ胡陣に亡げ, それゆえ能く年余, それゆえ腫物の上, それゆえ臨時の仕事, それゆえ自然を論ずる, それゆえ自身難に当らん, それゆえ致しました此処に, それゆえ舎外生から舎内生, それゆえ花嫁の衣裳, それゆえ苔虫類のよう, それゆえ葉子が世間, それゆえ虎を連れた, それゆえ虚をつい, それゆえ蜘蛛なども死んだ, それゆえ蝋燭とは離れた, それゆえ裁判所側の文書, それゆえ裏切りがある, それゆえ襲名の事, それゆえ親房自身明日はここ, それゆえ親方の言, それゆえ訴訟において外面, それゆえ詮じ詰めて, それゆえ誇張として私, それゆえ読者諸君は女主人公滝人, それゆえ誰かそれ, それゆえ諸国の交易, それゆえ謎となつ, それゆえ負担のない, それゆえ貧乏は人間, それゆえ貧富の区別, それゆえ貴女ほど信実, それゆえ貴方がお, それゆえ貴様の家, それゆえ資本と大, それゆえ赤堀先生もあやぶみまし, それゆえ赤外線は最も, それゆえ身不肖ながら主人, それゆえ通常世人が称する, それゆえ進歩した姿, それゆえ運搬して, それゆえ道徳性の弛緩, それゆえ邊幅を飾らず, それゆえ郷土の特色, それゆえ野々宮に対しても文子, それゆえ針金を動かせ, それゆえ銭の入らない, それゆえ鎌倉の明月, それゆえ鎌倉屋への使, それゆえ長八は病, それゆえ関東学者と私, それゆえ陽が昇っ, それゆえ陽球内の電子, それゆえ階級本能の発達, それゆえ隠語ではそれ, それゆえ雲母坂道ともいう, それゆえ頭巾を被りました, それゆえ題なんかありません, それゆえ顔を見知られぬ, それゆえ風に抵抗, それゆえ食堂でお待ち, それゆえ鶏が闘っ, それゆえ鼈四郎のいう, それゆえ鼈四郎夫妻は次の間, それゆゑあれこれと年少, それゆゑおれにとつては作家こそすべて, それゆゑこの地境, それゆゑせめては間接に此時代, それゆゑその任用, それゆゑその人はその, それゆゑそれが結局, それゆゑちよつと見方, それゆゑどうかして一日その姿, それゆゑなかば巫山戯けて, それゆゑなほの事, それゆゑにこそわれらの勝利, それゆゑにこそ金柑は泣い, それゆゑにずつと親しまれるので, それゆゑにまたいくらかは道徳的に, それゆゑにわたくしは諸山陽伝中山陽, それゆゑにわたくしは山陽が同一, それゆゑにわたくしは此書に史料, それゆゑに兄榛軒は己, それゆゑに君を戀, それゆゑに社會から之, それゆゑわたくしの言ふ所, それゆゑわたくしは傍にあつ, それゆゑわたくしは嶺松寺の墓石, それゆゑシローテが常に最も, それゆゑデカダニスムは私, それゆゑリアリズムからの離脱, それゆゑ一切の希望, それゆゑ一方に十種以上, それゆゑ一時代一地方の微妙, それゆゑ三百篇の註, それゆゑ不景気時代の学校, それゆゑ不羈独立の精神, それゆゑ世上に正弘, それゆゑ主人が重病, それゆゑ予言の能力, それゆゑ人にも反撥, それゆゑ今までのところ, それゆゑ今日の, それゆゑ件のごとく, それゆゑ値打が低い, それゆゑ健康不健康はその, それゆゑ兄芸庵の第, それゆゑ先づこれを, それゆゑ先駆的であると, それゆゑ其医方を, それゆゑ十四年に江, それゆゑ却て平和, それゆゑ厭な妖怪, それゆゑ名を桃花猫, それゆゑ咲子は人, それゆゑ国民の一人, それゆゑ壽阿彌, それゆゑ変哲もない, それゆゑ夏の享樂場, それゆゑ大勢に於, それゆゑ大宝元年の学令, それゆゑ太郎の着物, それゆゑ安心して, それゆゑ安里とマダム・クラビンスキイ, それゆゑ家茂は病, それゆゑ小説はいくら, それゆゑ已むことを, それゆゑ当時最古の刊本, それゆゑ彼の自殺, それゆゑ後に山内氏五百, それゆゑ忠宗が婚礼, それゆゑ文武両道とは職能, それゆゑ柏軒所著の書, それゆゑ榛軒は此年天保丙申, それゆゑ此二書には重複, それゆゑ民衆自身の手, それゆゑ汐田は彼, それゆゑ煩を厭, それゆゑ熱のさめはじめた, それゆゑ特別な待遇, それゆゑ相手の陶醉, それゆゑ看護人ほどの自由, それゆゑ砂糖でころす, それゆゑ碩学鴻儒の故, それゆゑ私共が貝塚, それゆゑ結婚後歯科医の免状, それゆゑ絵本の画伯, それゆゑ絶望し敗北, それゆゑ総ての人, それゆゑ繪本の畫伯, それゆゑ義務がこれ, それゆゑ考古學の上, それゆゑ背後にも油斷, それゆゑ自我は實, それゆゑ芝葛盛さんに乞う, それゆゑ荷物もつく, それゆゑ落語の真髄, それゆゑ行儀が悪い, それゆゑ西洋の者, それゆゑ誰でも自分, それゆゑ豪放と云, それゆゑ跡は残らない, それゆゑ道夫は儒, それゆゑ金持ちが羨ましい, それゆゑ金沢文庫の零本, それゆゑ阿部家の如き, それゆゑ青年は情念, それゆゑ魂即ち精神, それよいか驚く, それよう往かないでしょう月夜, それよそれよ程, それよね姪が, それよりかなもうちっとわが身, それよりずつとお高いだれ, それよりぞ東に, それよりどつかの, それよりなあビール壜と, それよりねえ斎木さんあんたは, それよりはな主膳, それよりはもッと, それよりももッと, それよりもわッと, それよりもをかしいの, それよりより一層俺, それよろしいか開ける, それよを不断に, それらしくありませんしまた, それらしくしてくれ, それらしくない疑って見れ, それらしくなって来た, それらしくなったのは, それらしく似かよわせてわざと, それらしく出来て居る, それらしく動きまわる気配も, それらしく思われたが迂, それらしく思われるので半兵衛, それらしく感じられるのだ, それらしく振舞うに到った, それらしく振舞っている, それらしく描きだすことが, それらしく描き出されてゐ, それらしく結い上げてゆこう, それらしく見做された, それれいの數物, それわかつてもらわん, それわかりますか, それわかるのかい, それわさび田に害, それわしが友達, それわしげ任せて, それわずかだが, それわたくしにはお, それわらじがけそれ笠の台, それわんら食へ, それをかはして, それをかへした, それをかへて貰ふ, それをからかひながら, それをしか思わせるに, それをしも御承知, それをぞろ, それをだに君が, それをちゃあーん, それをつつかけて, それをてがらに, それをとなかいのくびにあてて, それをどぶへ, それをにはかに, それをのみを彼女の, それをへンリー二世と, それをべんべ, それをめぐっての有閑者流な, それををどりに, それを以てと言付けて, それを以てもこの首, それを通しての結婚の, それァあたくしだって, それァご無理って, それァ安南皇室の, それアお前さん二分じゃない, それアお前さん先は名誉, それアそれどころじゃない, それアそれア私が転倒, それアようござんすね, それアんだわ, それアウギユストもお辞儀, それアキマリ切って, それアダムは前, それアノ何じゃそれからまた, それアンタのアレ, それア一目でチャン, それア不可能じゃない, それア不思議だ, それア何処でもね, それア何度云っても, それア余りですよ, それア俺だって, それア其通りだうち, それア冗談だが, それア君大変だぜ, それア変な男, それア大変だ, それア妾んですわ, それア岸野さんにチィ, それア己はやる, それア弁当屋の出前持, それア手前がドヂ, それア明日にでも仕様, それア昔の美談, それア機會ある毎, それア気の毒だ, それア無理よ, それア狂言によりけり, それア狐ぢや, それア理窟に合わない, それア相当なもん, それア稀有だこと, それア穏密方が来, それア素晴しい自負, それア腹は綺麗, それア誰だッ, それア鄭重なもん, それア餘りですよ, それイキゴトに至つて, それイサミがくる, それイヤやったら大阪い, それイランイランの花, それウォータア・カールなの, それウオツカと乾葡萄, それ定めし心配, それオレんだよ, それカバカワの何物, それガラ又グワツグワツ, それガラ田畔サあが, それキネオラマをやる, それキバナノレンリソウとでもいう, それクルツプ砲となる, それケレンのない, それゲルマンは宗教改革, それゲーテのそれ, それサン作文を書きなさい, それサ己も先刻, それシナはその, それシネマへそれ, それジワジワとおい, それスパイに買収, それスピノザのそれ, それズンズン行って, それズーッと奥, それタシケントトムスク鉄道にし, それタニシらかね, それタバンへ, それダージリンで差込, それッあいつだ, それッお先へおや, それッかたがたはやく門, それッきりどんぶり大川へでも落っこちたら, それッきり五日の間行方, それッきり人には見せず, それッきり会ッちゃおりません, それッきり何処まで行っ, それッきり声も聞えなくなっ, それッきり往来もない, それッきり御免なん, それッきり歴史上からケム, それッきり物音ひとつきこえないから, それッきり発育がとまつ, それッきり登校しないの, それッきり私は世の中, それッきり細君も妬かない, それッきり腰を抜かした, それッきり行方が知れない, それッぱかしのことにもう泣くなんて, それッぱしの余技, それッひとりもにがす, それッ一刻も早く, それッ一同かかれッ, それッ二人ばかりの素町人, それッ今だッ, それッ位無駄がつい, それッ列をみだす, それッ包囲せよ, それッ北岸へ役人, それッ天魔太郎後がない, それッ女を先, それッ帆綱をひけ, それッ幽霊が塀, それッ彼奴の細首, それッ後はご, それッ手捕りに, それッ打ッた斬れ, それッ時刻の過ぎぬ, それッ曲者でござるぞ, それッ木剣でも槍, それッ武士ども董承の, それッ武田の落人, それッ気が付いた, それッ江戸の廻し, それッ法莚の奴ら, それッ法達だ, それッ無頼者を引ッ, それッ獄門の御, それッ皆飛び出せッ, それッ突き倒すぞ, それッ縄を打て, それッ苫をはねろ, それッ親分に続け, それッ限です, それッ陣を開け, それッ頭領をうたす, それッ高麗村に案内, それツきり飛び出したん, それツきり取返しにも来ない, それツきり東京の家, それツばつかりウワ言, それツ位ゐ行くわ, それツ切りどちらからも言葉, それツ切り世の中から忘れられた, それツ切り二人は共に, それツ切り何にも語らず, それツ切り彼は, それツ切り會はない, それツ切り横を向い, それツ切り歸らないしろ物, それツ女王様のお召, それツ氣が付いた, それツ火事だ, それツ突喚だ, それツ軽便が来た, それデウス如来はスピリツアル・スブスタンシヤ, それデパートの女, それくるりと, それトゥルゲーネフ氏の, それトロイア軍中に進み入らん, それトントントンと段々に, それドロドロなどいっ, それナイルの下流, それニーナと書かれ, それハバネラが, それハッキリいうて, それハリキれイエス, それハ薩州に送り来り, それパン屋が來, それヒフのミ, それビールだ酒, それフィオレンツァはその, それフランスへ持つ, それペルシアの前途, それペン皿よ, それホントですか, それボク食べるのね, それポーツと来た, それマノンの歌, それママの幾歳, それミツちやんの弓, それミルクなの, それミーのじゃ, それムクが来た, それメモをごらん, それリベルテーの語, それレコードコンサート又は新, それロシア更紗のガウン, それワッカナイじや, それヴェトウェンが大工, それ一ぃ二の三, それ一ついくらなの, それ一つぢや濟, それ一つ一途に, それ一つ楽しみに命, それ一つ説明出来ないでは, それ一ツが聞きとれた, それ一ツ独立の対象, それ一事にかぎらず, それ一人息子だ, それ一億一心民主主義といえ, それ一冊きりしかない若い, それ一刻もはやく, それ一升ビンそれビールだ酒, それ一同表へ廻り, それ一回だったし, それ一回きりのつもり, それ一国の生活, それ一如に範衛, それ一字だけいつ, それ一家の主婦, それ一度きりである, それ一念で山牢, それ一族を縛め取れ, それ一昨日の晩ぢ, それ一本きりです, それ一本みんな俺の頭, それ一杯も飲まなくっ, それ一枚切りだから, それ一滴の雨水, それ一瀬になっ, それ一献受けたり, それ一番大切のもの, それ一着しか持つ, それ一種の籠詰, それ一等じゃない, それ一筋で繋ぎ, それ一箇が得難い, それ一羽私には他人, それ一芸あるもの, それ一葉女史の書いた, それ一通に籠つて, それ一面に, それ一颯に目, それ一點張りさ, それ七月は, それ七歳の時, それ七輪の火, それ七面様だの, それ万年青がよ芽, それ丈けが俺の意識, それ丈けが楽しみの晩酌, それ丈けしか云, それ丈上手でした, それ丈不幸に遭遇, それ丈人の金, それ丈人間が食べ, それ丈仲の好い, それ丈余は更に, それ丈信念がない, それ丈兄よりも近付き, それ丈刺戟が男, それ丈堕落させられた訳, それ丈多量だが, それ丈女には先天的, それ丈廻転が渋滞, それ丈徒に神経, それ丈接近しなければ, それ丈気もちが好, それ丈真実な愛, それ丈精神的均斉がとれた, それ丈自分の知識, それ丈苦心したの, それ丈語つた, それ丈都会の風俗, それ丈量に於, それ丈頭を無駄, それ三十三錢それからこれ, それ三名して, それ三年前堤方村の葭簀張り, それ三昧朝の飯喫うに, それ三界はた, それ三番鶏だから, それ三社様に至っ, それ上古貴族的の社会, それ上流において駐, それ上衣にまで血, それ上質下質, それとして上, それ下世話にもいう, それ下方といっ, それ下界へ蹴おとされまい, それ下駄屋のさき子, それ似合やれ, それ不健全いうたらあんた, それ不具根性僻んだ事, それ不心得なの, それ不意の雨, それ不正工事といふ奴, それ与八その巌, それ丑松が蓮華寺, それ世上人間の世界, それ世間でも生みの親, それ両手が動く, それ両方のお, それ並びにそれに, それ並木の外, それ中ごろの折助, それ中国にいたっ, それ中学二年という年頃, それ中途で盲目, それ中間においてはいわゆる, それ丸いものが, それと親, それ主たちの廻り, それ久しきを保たん, それ久慈さんのこと, それ九谷焼の大瓶, それ乱暴者だと, それ乾盃あれに限る, それこそ出, それ事物を信ずる, それの物相, それ二つしかない, それ二の矢三の矢, それ二人連の病人, それ二十年前の大勢, それ二度迄申されました, それつて, それ云わんときなさいや, それ五十両旅用の金, それ五風十雨の太平, それ井上さんと銀座, それ井戸は隣, それ亡き人の義理, それ交合の交, それ亭主が妬く, それ人数だと, それ人生は夢, それ人目を忍ぶ, それ人身は一天地, それ人造人間戦車の設計図, それ人類の力, それ今どこにある, それ今にもう落ちる, それ今夜のよう, それ今度の木曜日, それ今時薩摩や長州, それ仏僧は乞食托鉢, それ仏眼とやら神通力, それ入たつ, それ仕事だ仕事, それし女, それ他人に対する親, それ付合せのお, それ仙人というもの, それ代り蛇とっ, それ以上あぜんとした, それ以上いくらでも出来る, それ以上いま駈引き, それ以上いやとは言えなかった, それ以上いろいろなこと, それ以上うたがいも, それ以上お力になる, それ以上お腹がすかない, それ以上くよくよしたって, それ以上この間からのこと, それ以上これらの三人, それ以上せんさくをする, それ以上そこに居る, それ以上その他に頼る, それ以上ぢやない, それ以上どうしようもない, それ以上のは有名無実, それ以上のちからのあら, それ以上はまとひつ, それ以上びつくりした顏付, それ以上ほんとうだと, それ以上オタツを説得, それ以上フランス画壇の最新, それ以上プリューシキンはつづけ, それ以上ミチはなん, それ以上ミンチン女史の愚痴話, それ以上ラテン的頭脳と相容れない, それ以上ルピック夫人が打つ, それ以上上手にはまた, それ以上下落するの, それ以上不足を感じなかつた, それ以上世の中を愛し, それ以上並河に出させます, それ以上中を覗き, それ以上仕事をきたなく, それ以上仕方はありません, それ以上伊貝から確定的, それ以上何ごとも知らぬ, それ以上何事も云, それ以上何物をも要求, それ以上作者が美しい, それ以上僕に鬱屈, それ以上具体化する事, それ以上冷酷な道子, それ以上冷静を装っ, それ以上分割出来ないよう, それ以上分解すること, それ以上刑事は追求, それ以上勉強ができなかった, それ以上博士から奇怪, それ以上印象そのものの分析展開, それ以上危険な相手, それ以上厳密に失神, それ以上口数をききたくない, それ以上君を引っ, それ以上喰べられなくなる, それ以上固執すること, それ以上執拗には尋ねなかった, それ以上墜落しないですん, それ以上多くを求める, それ以上多数のこの, それ以上大切です, それ以上大将や中将, それ以上夫を押さなかった, それ以上奇異な感じ, それ以上女の体, それ以上姿を現, それ以上学校へやる, それ以上客のこと, それ以上家屋は建築, それ以上将校に語らせ, それ以上山中に入る, それ以上幅四五インチの非常, それ以上廃帝の原因, それ以上延焼すること, それ以上弥次質問, それ以上強制も出来ず, それ以上強烈に清子, それ以上彼等の喜び, それ以上後方に突出, それ以上微塵もその, それ以上必要であること, それ以上怪塔王の死, それ以上怪我のしよう, それ以上慾を言う, それ以上戸を叩かず, それ以上戸籍簿からは何, それ以上技巧呪術の習作, それ以上拡大するため, それ以上拡張し得なくなるであろう, それ以上挨拶が続かず, それ以上搜して, それ以上支店長代理が現われた, それ以上敵兵のほう, それ以上文学的人間的感動をもっ, それ以上斉彬に云え, それ以上料理を考え, それ以上日が立て, それ以上日数がかかる, それ以上明らかだから, それ以上時間的に現, それ以上机に向っ, それ以上杉野さんに就い, それ以上検束すること, それ以上武人の鉄石心, それ以上武蔵の新, それ以上殆ど話はなかつた, それ以上気まり悪さうに, それ以上氷原を転がらなく, それ以上注意して, それ以上津田を押さなかった, それ以上深入りすること, それ以上深刻にも精細, それ以上深追いすること, それ以上滝は何とも, それ以上滞在すること, それ以上滞留するわけ, それ以上火花も散らず, それ以上無下によこせ, それ以上熾烈な研究慾, それ以上物を言, それ以上犯罪に属する, それ以上理屈は通らぬ, それ以上生徒のならぶ, それ以上生産しなくなるまでは, それ以上田辺は言わなかった, それ以上申上げるワケ, それ以上町屋の間, それ以上発展性がない, それ以上百万クヲタアの小麦, それ以上皆までは云, それ以上相手をどう, それ以上看護婦のこと, それ以上研究の進め, それ以上礼いう必要, それ以上私達に目, それ以上秘密が保たれ, それ以上積極的には出ない, それ以上突込まないの, それ以上突ッこまなかった, それ以上突込んで聞く, それ以上答へたがらぬ, それ以上素姓も語らず, それ以上細分すること, それ以上経験を積ん, それ以上老婆に食っ, それ以上考えつめなかった, それ以上考え様ともしない, それ以上耳を塞い, それ以上職長にはどうにも, それ以上肉体上の空想, それ以上能ふべくんば, それ以上臆面もなく, それ以上自説を固持, それ以上芝居をぶち, それ以上蟻の巣, それ以上要領を得る, それ以上言及する必要, それ以上詮議の要, それ以上調査すること, それ以上諫言のことば, それ以上譲歩すると, それ以上質問を続ける, それ以上足を留めよう, それ以上距離のある, それ以上車では進めなかつた, それ以上軍人のほとんど, それ以上辞退する力, それ以上追窮する面倒, それ以上進行しないって, それ以上適切な例, それ以上適当ないかなる, それ以上適當ないかなる, それ以上還元出来ない最後, それ以上鋼鉄の機械, それ以上陳腐にみえる, それ以上隆造も追究, それ以上雑多な人数, それ以上電話でそんな, それ以上面倒な商量, それ以上顔を見合わしかね, それ以上風景に対してのびやか, それ以上馬鹿にし, それ以上騒ぎが大きく, それ以上騰貴せしめるかも, それ以上魔法にやられ, それ以下幾多の武門, それ以下菅公和気公楠公新田公織田公豊臣公近来の諸, それ以來あなたの愛, それ以來ほかよりもいくら, それ以來ようとして消息, それ以來ボルドーは一種, それ以來ルリさんから追いかけられ, それ以來三十何年間いやはははは, それ以來三度に一度, それ以來三月だが, それ以來三田は會社, それ以來乘氣になつて, それ以來人が變, それ以來人間はいかなる, それ以來今迄にどんな, それ以來僕は自分, それ以來全力を擧げ, それ以來其歌を誰, それ以來其病院と通信, それ以來冬の末, それ以來助勢を乞, それ以來千數百年の間, それ以來呼馬にも氏, それ以來唐あたりまでは樣式, それ以來多くの發光バクテリア, それ以來天國に遊ぶ, それ以來妙に銀簪, それ以來子供を連れ, それ以來家の人たち, それ以來年長の生徒, それ以來彌生の性格, それ以來急に内部革命, それ以來我々はボーイ, それ以來文通を續, それ以來是非一枚あの牛肉屋, それ以來有名になつ, それ以來杳として銀笛, それ以來此度久しぶりで仙子さん, それ以來此池をお, それ以來毎年の審査會, それ以來片山の消息, それ以來犬の話, それ以來猿と一, それ以來獨りでゐる譯, それ以來當分は芝居, それ以來祖父はずつと蝙蝠, それ以來隨分苦しい努力, それ以來顏を合せ, それ以前ナポレオンによって連戦連敗, それ以前一切の研究, それ以前一匹の巨竜, それ以前去年の秋頃, それ以前堰溝という灌漑用水, それ以前小林多喜二を記念, それ以前幕間にでも殺され, それ以前平安朝から或は, それ以前日暮里夫人のところ, それ以前沢正の傍若無人, それ以前湯槽を御, それ以前糸七が小玉小路, それ以前鎌倉時代より元弘年間, それ以前開港地では邦人, それ以前雑文集として出した, それ以南の島々, それ以后けふ, それ以外ほんとの雁, それ以外何者でもない, それ以外北米合衆国にこれ, それ以外東京のいたる, それ以外滅多に魚鳥, それ以外社会に真実, それ以後おれの記憶, それ以後お礼心の積り, それ以後げんざいまで続い, それ以後ここで数回落ち, それ以後だれも決して, それ以後のどをかきとる, それ以後ぷつつり黙りこんで, それ以後めつきり弱, それ以後レンブラントの名声, それ以後一切厳秘に附した, それ以後一本立ちで働きこみ, それ以後一生を通じてその, それ以後五代にわたるヒダ王家, それ以後五代拓宋拓元拓明拓といふやう, それ以後五六本の手紙, それ以後五十年ぢかくなる, それ以後五十年近くなるまでの, それ以後余りチヤーチル物を売らう, それ以後作家に限らず, それ以後作文は私, それ以後保養のため, それ以後内匠頭は家臣, それ以後再発したこと, それ以後別々になった, それ以後唖のやう, それ以後四十軒にも殖えた, それ以後国経は八十一歳, それ以後失意となれ, それ以後学校の風呂, それ以後寝室にも茶室, それ以後尊氏の胸, それ以後幼児について余り, それ以後幼兒に就, それ以後後藤先生は益々, それ以後御所の人たち, それ以後徳はおとろえた, それ以後心臓を悪く, それ以後意識的に自由主義思想, それ以後数人の友人, それ以後日本国民もジェンナー, それ以後機械説なるもの, それ以後歌劇女優女流声楽家等いう各種, それ以後此の方に竜樹菩薩, それ以後毎日見て, それ以後江月欠伸子深草の元, それ以後清は玄関, それ以後湖に残る, それ以後滅多に詰襟, それ以後王室はつづい, それ以後真野博士は電車, それ以後禅のぜの字, それ以後福田博士は羽織, それ以後縁の欠けない, それ以後自分の責任, それ以後藁の人形, それ以後辻川でもそういう, それ以後野呂から僕, それ以来СССРの標語, それ以来あそこでは買い物, それ以来あなたの健康, それ以来あなた様は私, それ以来あはれなピストル, それ以来いつになっ, それ以来いろいろな境涯, それ以来うちの事業, それ以来おれは母親, それ以来お母さまをひどい, それ以来お雪ちゃんの看病, それ以来かなりの歳月, それ以来がらがらと彼, それ以来ここらの高原農業, それ以来こちらへ憑, それ以来ことに目立つ, それ以来ざつと二年間私はヴィユウ・コロンビエ, それ以来そこは私, それ以来ただの一度, それ以来だいこんはひどい, それ以来だれもかれ, それ以来ちよつぺいはただひとりのちかづきになつたが, それ以来ちよいちよい呼んで, それ以来ちりぢりに, それ以来といつてもいい, それ以来どのくらいの日数, それ以来なにをきい, それ以来ひそかに畏敬, それ以来ひとが変った, それ以来ひと月あまり経つても, それ以来ぷつつりと口を閉ぢ, それ以来みかんの食い, それ以来みんなで相談, それ以来わが国では新, それ以来わしは不幸, それ以来われわれの自白, それ以来アントアネットの魂, それ以来エルンストはいつも, それ以来ゲオルクは父, それ以来コワリョーフ少佐はまるで, それ以来コーヒー茶碗の数, それ以来シゲ子にさえおどおど, それ以来スッカリ自棄気味となり, それ以来セエラを嫉ん, それ以来トラックの助手, それ以来ドリアンはことごと, それ以来ニコリとも笑わなくなっ, それ以来パッタリ市中へ出ない, それ以来ヒューマニズムと唯物論, それ以来フランスの春, それ以来ポーランドのその, それ以来マリユスはリュクサンブール, それ以来マントは高く, それ以来ムク犬は使命, それ以来ラジウム化合物はヘリウム, それ以来ラテン語希臘語ヘブリウ語と言, それ以来ルイは美しい, それ以来レエヌさんはなにか, それ以来レミュとジャンヌ, それ以来ロシア劇ことに, それ以来一ヶ月半ズッと毎日, それ以来一人も見, それ以来一八九〇年明治二十三年から五月一日, それ以来一八郎めほとんど野獣, それ以来一味となり, それ以来一定の政治的目的, それ以来一家は零落, それ以来一日も早く, それ以来一歩も部屋, それ以来一知はいよいよ, それ以来一種形容の出来ない, それ以来万事が好都合, それ以来三井君は私, それ以来三十五年ばかりになる, それ以来三十何年間いやはははは, それ以来三度に一度, それ以来三日にあげず, それ以来下町へ用足し, それ以来不眠というもの, それ以来世間へこの, それ以来両人は大佐, それ以来両家の仲, それ以来中平が到着, それ以来久世氏の評判, それ以来久能は青江, それ以来乗気になっ, それ以来九里丸の頭, それ以来乞食は急, それ以来乳母と一, それ以来事務室へ新聞, それ以来二三カ月の間何, それ以来二三日彼は胸苦しい, それ以来二三日病院を見舞う, それ以来二度ともう, それ以来五年あまりだんだん様子, それ以来五百目も増, それ以来京野等志の身辺, それ以来今度が始め, それ以来仲弓の身分, それ以来仲間とあそぶ, それ以来任生員はいなくなった, それ以来伯魚の姿, それ以来住所不定となっ, それ以来佐山某の書く, それ以来何人もその, それ以来何年目であらう, それ以来何枚絵をかい, それ以来作の顔, それ以来信太妻伝説の背景, それ以来信徒になる, それ以来信長を主君, それ以来健康をお, それ以来僕たちは面, それ以来兄弟不和となっ, それ以来公爵家の無二, それ以来六十年の間, それ以来兵部卿の宮, それ以来其方ばかりで, それ以来内ヶ崎先生には逢わぬ, それ以来内山と朋子, それ以来再起不能になり, それ以来写真機をぶら下げた, それ以来刀のメキキ, それ以来切断された足先, それ以来初級の少女達, それ以来別人のやう, それ以来前後七年私は党, それ以来剛子はキャラ子さん, それ以来力のある, それ以来十何年とか経っ, それ以来十八世紀の初期, それ以来十吉は英文, それ以来十数回の御, それ以来千代は様子, それ以来千早館の話, それ以来半年ばかり永代, それ以来南太平洋の戦局, それ以来南平にたのむ, それ以来博士は二度ともう, それ以来印度というもの, それ以来去来は何, それ以来反動として極端, それ以来口実を設け, それ以来各地を転々, それ以来吉利支丹宗は厳禁, それ以来吉原は今, それ以来吉田竜太郎の名, それ以来吾妻川の上流, それ以来呂布は城, それ以来呉清源の行方, それ以来哲学者に限らず, それ以来唯々諾々として一言, それ以来喜三郎は薬, それ以来四ヶ所に門, それ以来四五日は兵さん, それ以来四千年というもの, それ以来国内ではぱたっと, それ以来土曜日曜にかけて帰っ, それ以来地上から姿, それ以来地方の新聞, それ以来坊や辛いの, それ以来坊主が斉広, それ以来堰堤から上流, それ以来声楽家としての寿命, それ以来変に意識, それ以来夏の日, それ以来外出もしなかった, それ以来外国商船や捕鯨船, それ以来多くの作家, それ以来夜分はいっさい筆, それ以来夜毎の酒盛り, それ以来夢を見る, それ以来大分心が変わったらしい, それ以来大勢の前, それ以来大隈は薩長人, それ以来太陽系中における地球, それ以来夫人は必死, それ以来夫婦の行い, それ以来失明したから, それ以来奥様は気味が悪くっ, それ以来女は, それ以来妙に銀簪, それ以来妙子は今日, それ以来妻帯もせず, それ以来姿を隠したぎり, それ以来宇佐美へは自然, それ以来安部は石黒, それ以来安里の顔, それ以来宗右衛門の泰松寺通, それ以来宗室丸は暫く, それ以来定家卿について更に, それ以来宮へお, それ以来家では大いに, それ以来寒中に近江, それ以来寝小便がとまった, それ以来小母さんたちがちょっと, それ以来小碓命のきつい荒い, それ以来少年は二度と再び, それ以来少年たちは急, それ以来尾関は江原, それ以来山嵐はおれ, それ以来山淵父子の奉公ぶり, それ以来山科でも拾翠庵, それ以来峰から峰, それ以来島田とは絶交状態, それ以来巡査たちは幽霊, それ以来左次郎は醤油賭, それ以来幕末まで日本人, それ以来平四郎は萩井家, それ以来平田氏は屡々, それ以来年長の生徒, それ以来幸なこと, それ以来幾はかうして, それ以来幾月というもの, それ以来店のこと, それ以来廉一は外, それ以来引きつづいて, それ以来弟の南宮敬淑, それ以来彼和田武夫氏は我が家, それ以来彼等の祖先, それ以来往来に立つ, それ以来待ちに待っ, それ以来後悔の念, それ以来御方の性格, それ以来必要な時, それ以来急激な変調, それ以来急速に親しく, それ以来怪飛行機の追跡, それ以来悪がおれ, それ以来意識的なお喋り, それ以来愚劣な人生, それ以来手紙が表現, それ以来批評家らははなはだしく, それ以来折合がわるい, それ以来拙者は何, それ以来播州東部から神戸, それ以来攻撃手加減が変っ, それ以来政右衛門は甲斐, それ以来政雄は夜, それ以来数十回のご, それ以来数年を直吉, それ以来文字どほり男親, それ以来文戦の一員, それ以来断えて, それ以来方針を一変, それ以来旅から旅, それ以来旗下八万騎の一人, それ以来日に幾たび, それ以来日本で子供, それ以来日本人に化けた, それ以来明智探偵はもちろん, それ以来明暗だけは分る, それ以来明治維新まで連綿, それ以来普通人よりも天才, それ以来暇がある, それ以来最近の数年間, それ以来月に数回, それ以来朝野の人々, それ以来本を読む, それ以来本姓の内田, それ以来村長家ではドリアン, それ以来東沢の奥, それ以来松本は, それ以来梅軒は武蔵, それ以来楽器を手, それ以来楽曲の音, それ以来樋口一葉をはじめ, それ以来此の二三日, それ以来歩行があんまり, それ以来殿上から聞きつたえ, それ以来母親はまた, それ以来母親たちはあたかも, それ以来毎年の秋, それ以来毎日役所から帰る, それ以来民衆の圧力, それ以来永久に我々, それ以来江の水, それ以来江東地区の労働運動, それ以来池に落ち, それ以来沖縄には複雑, それ以来河野君はこんな, それ