青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ただちに~ ~たち たち~ ~たちまち たちまち~ ~たっ たっ~ ~たった たった~ ~たつ
たつ~
~たつた たつた~ ~たて たて~ たで~ たであろう~ たとい~ たとえ~ たとえば~ たなら~

「たつ~」 4630, 50ppm, 2319位

▼ たつ~ (2293, 49.5%)

5541 ゐる 35 ゐた 19 宜い 17 それは 16 仕方が 14 ゐるの 12 僕は, 駄目だ 11 ゐると, 構は, 私は 10 それが, ゐて, ゐました 8 さう, それを, 何に, 構や 7 いいぢ, ゐます, 仕様が, 何の, 何も, 俺は, 少しの, 歩いて, 誰も 6 しまつ, 可い 5 あなたの, かまは, 云ふ, 仕樣, 何にも, 好いぢ, 私が, 自分の

4 [11件] え, ちつとも, どうなる, もうこんなに伸びた, 何んにも, 彼は, 私の, 見たと, 誰が, 駄目です, 駄目よ

3 [38件] あれだけの, いい, いいで, いいわ, いいん, いい事, いた, いふん, これは, しまひました, しやう, そりや, みると, もしやぶつ, ゆくりなく横佩家, よさ相, ゐたので, ゐるので, 仕やう, 仕方の, 何でも, 來た, 俺が, 僕の, 可いわ, 宜いや, 少しも, 居る, 居るの, 居る筈, 普通の, 漲り激つ川, 私を, 結局は, 行つた, 見ると, 追つ付く, 駄目さ

2 [114件] あいつが, ありやしない, あるものぢ, あれくらゐ, あれぢや, あれは, あんな馬鹿臭い, いいだらう, いいの, いいわよ, いふところ, いる, おんなじだ, お前の, お前は, くる, これが, そこに, それも, それや, そんなに心変り, そんな事, ただそれ, どうだ, どうにも, どれだけ, なんにも, ほかに, ますから, みなければ, みるの, もうおそい, やつて, やつと, わからなくたつて, ゐたから, ゐたが, ゐたの, ゐても, ゐないのに, ゐること, ゐるのに, ゐるん, ゐる遠く, ゐる部分, 世の中の, 乙姫さまは, 乞食は, 人間三百歳にも, 他の, 何うせ, 何うなる, 何が, 何だつて関, 何を, 俺には, 俺の, 出て, 可ぢ, 同じこと, 同じ事, 同じ事ぢ, 君が, 君は, 地球の, 堪らなかつた, 女の, 女を, 好いわよ, 始まらない, 宜いよ, 寝床から, 實際に, 居た, 平気で, 彼が, 彼らと, 快活な, 我々は, 所詮無理, 手を, 敢へて, 数万言信長の, 新太郎が, 新聞に, 来ては, 来る, 来るの, 構ふもん, 此の, 死んだ, 濡れた足袋, 男の子は, 男は, 碌な, 私には, 純ちやん, 自分が, 舟に, 行く, 行くの, 行はれ, 言ひます, 足早に, 軍議を, 逃がすもの, 途中で, 重要な, 錢形の, 開いて, 風の, 駄目な, 驚きやしません, 驚くもの

1 [1476件 抜粋] あいつは, あがるん, あたし, あたしには, あつしの, あなた, あなたたちは, あの分, あの澤山, あの騒ぎ, ありや, あるだらうし, ある朝, あれより, あんな人, あんな渡りもん, あんまり話, いいじ, いいわね, いかなる外的, いきました, いけませんよ, いたのに, いつた経路, いないの, いふぢ, いふわけ, いやつまり認め, いるよう, いろはの, えのよ, おかみさんに, おそくは, おつ, おめ, おれには, おろせるん, お休み, お前とばかり, お国, お母さんが, お父さんのね, お玉さんの, お米さん, お釋迦さん, お面, かうやつ, かんご, きました, くやしくつて, くれたもの, けがも, こいつが, ここに, こちらへ, ことだ, この子, この心, こはれない, これぢや, これほど, こんなに草臥れる, こんな処, こんな變, さうし, さつ, しまはないか, しや, すぐわかる, すむこつて, そうです, そのすべて, その上男, その中, その国民, その技術, その石, その腹, その馬車, それあ, それだけの, それで以, それの, それより, そんなこと, そんなに不名誉, そんなに顛倒, そんな値, そんな重宝, たかが島民, たつた一度隣組, たやすくうかん, たんと読ん, だめぢや, ちかごろの, ちやりん, ちよつくら, つまらないや, つまんないわ, できるだけ用心, ところどころに, とても食, とめる, どういふ, どうせお前さん, どうせ一週間, どうで, どうにもならない, どうもねえです, どつち, どんなに固い, なめられないの, なんか後, なんに, なんの, なんも, はあ決して, はじめてお母さま, はた, ひとは, ひと月に, ふしぎは, ぼくの, まが, まさかあんな, まさか牢屋, また五合庵, また或, また青山, まだ若い, まれなり, みた職業, みんなが, もうがまん, もう武者, もし機会, やうかんが, やつぱり田舎の, やはり伯母, やれと, ゆかねば, ゆくが, ゆくまで, よい, よい方, よかん, よろしいそれ, ろくなこと, わからない, わかりやしないぢ, わけさ, わたしが, わたし爲て, ゐたかしら, ゐたやう, ゐない, ゐないの, ゐない時, ゐなくたつて, ゐるうち, ゐるから, ゐるぞ, ゐるで, ゐるに, ゐるプラツトフオム, ゐる何, ゐる前田荻邨氏, ゐる土台, ゐる宿, ゐる広い広い, ゐる樣子, ゐる畑, ゐる者, ゐる草, ゐる閑靜, ゐる静寂, イザと, オツテルホルムフリイメンサンドフレエゼンストツクホルムが, キラ, スツカリよく, ダメだ, ビツコ馬は, ポツンと, ライピョに, 一つは, 一ぺんそつち, 一向差支, 一度に, 一所に, 一生の, 丁度これ, 三人の, 上がれさうな, 下女は, 不思議な, 与里の, 中, 主人から, 了つた, 事務所に, 二人とも, 二千兩の, 二本差の, 云ひ, 云へば, 亡くなられた人, 人から, 人樣の, 人身御供の, 人間生活の, 今に, 今度は, 今時この, 今私が, 仕舞は, 伊勢喜のどぜ, 何だつて, 何なる, 何んとも, 何人もの, 何物にも, 作者の, 來て, 価値の, 信じられない, 俺たちの, 俺ら見, 倉川の, 僕等のは, 先ず喧嘩, 全くひどく, 公卿は, 其日に, 具合がよ, 兼次は, 冬に, 出せないぢ, 出るものぢ, 出来る筈, 分るもの, 初めて著しき, 別に仁義, 別に生命, 到底もの, 劇的主題の, 動いて, 化学は, 十万億土つていふから, 十年を, 千恵は, 厭な, 参ります, 又お, 又病人, 口が, 可さ, 右の, 同時に辯證法そのもの, 君この, 君感傷に, 和蘭陀夕顔の, 商人は, 四方から, 困つたこと, 図々しいにも, 國には, 墓場を, 外で, 外国商船の, 多寡が, 夜目に, 大きな樹, 大した不自由, 大丈夫だ, 大地の, 大得意ぢ, 大田黒君の, 奉公に, 女の子は, 女学校二年生の, 奴の, 好い心持, 好きに, 妹多津の, 始まらない兎, 嫌はれた, 子供の, 安里が, 宜かつ, 宮中に, 家へは, 容易な, 實際今日以上に, 小染, 少しは, 屁とも, 居た鶴吉, 居ますから, 居りますが, 居る其の, 居る本通, 山を, 岩野氏は, 左に, 己れ, 帰つ, 帶廣へ, 平次の, 平気よ, 平靜で, 幾分なりと, 庭へ, 弱つて, 当人としても, 彼の, 彼奴が, 往生を, 御免蒙る, 忠實にと, 思つたわ, 思ひ出した小谷, 急に, 悟者には, 悶絶する, 意識し, 憚りながら役者, 懇に, 我々を, 戸締りの, 所詮駄目, 手で, 打ち響く山彦, 承知は, 抜け目の, 指環に, 搗くべ, 敗北を, 文句は, 断つて, 新しい時代, 新聞記者に, 日本の, 日當り, 昔なじみの, 昭和十二年三月と, 時には塀, 暑い時, 暮れ以來お, 最も有効, 有名になんて, 木村と, 未だ一同, 本当は兄さん, 来たの, 来るのに, 東京からは, 林が, 栄養不良の, 楽しい笑声, 概念的な, 権力は, 横手の, 欲望を, 止めたが, 此事が, 此娘に, 歩る, 歸ります, 死ぬとき, 殺されるだけ, 母さん用が, 気が, 水が, 水道の, 決してあんた, 汽車は, 沼は, 泣く奴, 涙が, 湿つた道路, 滅多に, 漱石や, 激しく揺れ過ぎる, 灯りは, 無事には, 無理だろう, 無理よ, 無邪気に, 煮て, 片づきやあ, 物言ふまい, 独りぽ, 狸山は, 玉の, 甚だシミッタレ, 用が, 男だ, 男を, 疑つた者, 病院の, 発狂した, 白鳥は, 益には, 直耳, 真実には, 眠れなかつた, 着物から, 矢張り一番大きな, 知らないぞ, 知らん顔し, 研究され, 碎くる波, 私たちが, 私も, 秋川家に, 空は, 立たねえツ, 籍さえ, 納まるもの, 素朴な, 緋と, 縛りやう, 置かれ, 義弟が, 聞えるとき, 聲を, 育てられる幼児, 自分には, 自然以外の, 舞台に, 花火の, 若い未亡人, 若葉の, 茶を, 荒い格子, 蔦が, 藤井は, 行かうと, 行かなくつたつて関, 行きな, 行くにも, 行けないの, 行つてし, 裏山の, 西洋の, 見えないぢ, 見たが, 見つか, 見られやしないの, 見石先生, 親分の, 観音崎の, 解るもの, 触りませんよ, 言ひ過ぎる, 言ふも, 訪れて, 詰り同じ, 話せるもんぢ, 読まうと, 誰を, 讀めないから, 貴様みたいな, 貼付け, 起きて, 転ぶやう, 辯解に, 近在から, 返り咲きを, 追つ付かない, 逃げも, 途で, 過せるわ, 邪魔だ, 醉つた, 金の, 錢だら, 長い間, 長男の, 阿父さん, 陰気で, 隨分念を, 雪子さんと, 露月町の, 青空が, 面会が, 音を, 頭の, 顏色が, 風爽やかに, 飛行の, 飢渇に, 餘まり人を, 馬鹿, 駈けつけて, 驚かないわ, 驚くこつちや, 高が, 鮑廷博の, 鶴吉は

▼ たつ~ (419, 9.0%)

9 彼は 6 彼の 5 彼女は, 急に 4 今度は 3 こんどは, 私は 2 すぐ, また同じ, 三びきの, 女は, 川底の, 彼女の, 武田さんは, 私の, 自分の

1 [366件] ≪エジプトの, あきらめられると, あとの, あとは, あの味, あの夜, ある苺車, いい竜巻き, いうので, いきなり私, いつたとこ, いつとは, いつのまにかまた, いやな, いわれる那古, うず高い, おじいさんの, おりるはず, お庄, お正月に, お母さんが, お筆, かう手, かれは, かんじょうの, がたりと, きつと, きみくる, く, ここの, このあたり, この光景, この国, この島, この港, この監獄, これには, これは, こんなにも様子, さきの, さすがに, さすがの, さを, し, しつが, しようかな, しんと, すぐ手, すっかりおしまい, すっかりなぞ, すっかり忘れ, すっかり破れ, すでにかれ, すべての, ずいぶん根気, せいの, そういうもの, そこから, その人, その光りもの, その十分の二, その座敷, その戸口, その時, その通風窓, その風, その首領, その騒がしい, それが, それは, それも, それを, そろそろ夜中, そんな感傷, だいこんが, だらりと, だんだんに, つのる焦燥, とおくから, どこの, どんな内密, なにか目, なんなく秘密, はいだして, はたしてその, はたしてみんな, はたして鼻, ふわりとな, ぶえんりょ, またあの, またくり, またこんな, またし, またぼんやり, またまた深い, またれい, また仰, また声, また思い出した, また戻, また来る, また習慣どおり, また若草, また見, また隔て, まだ倒れ, まったく彼ら, みな胡坐を, みんなは, みんな影を, みんな忘れ, みんな顔面蒼白と, むつくり起上つて人力車を, もうそろそろむづむづしてくるのだから, もうクリストフ, もう嗤, もう声, もう大, もう登勢, もう相手, もう立派, もとの, もりを, やつて, やはり客, りゅうとした, わたしたちは, われわれの, カシタンカは, クリストフの, ゴオーと, サヨは, シンガポールの, ジャンナン一家の, ジャンナン氏から, ジャンパーを, ジルコーヴィチ氏の, ジーキル博士は, セエラは, セクレタリーの, ハラ, パッと, ヴァルーまでの, 一しょに, 一中隊ぐらい, 一代の, 一年前から, 一時まばらに, 一糸まとわぬ, 七十六号が, 三つに, 三人とも, 三人の, 三人は, 三台の, 三味線を, 三等室に, 上つて来, 中二階から, 丸裸だった, 九十六号の, 乾いて, 亀や, 予定どおりきっと, 事務長の, 二人は, 二百二十四号も, 二百二十日だ, 云う三日前, 云って, 云つて, 云つてゐた, 人間の, 今度こそは, 以前よりも, 仮面の, 伊達さんが, 休暇に, 伸子は, 体の, 何か, 何も, 例の, 俺は, 倒れた後家さん, 倒れて, 倒れるだらうねえ, 元の, 元気もすつかり, 先方から, 全く見向き, 全体が, 全面的に, 六百五十これが, 兵士だけが, 再び風, 制作の, 前と, 前述の, 効能が, 勇ちゃんの, 北条安房守が, 匡の, 医者は, 十の, 十人が, 卵に, 又おっ, 又おばあさん, 又ノコノコ性, 又作業場, 又出, 又新た, 叔母さんは, 吉原の, 同時にその, 同時にドア, 同時に一応解消, 后男子を, 喉の, 喜三公の, 四十五六の, 四月が, 四期分に, 四等室位まで, 夜は, 大きな露わな眼, 大へん好都合, 大声で, 大島の, 大通りの, 女の, 妻が, 子供ら赤い, 孔子の, 孝二くんから, 季節の, 実が, 客が, 小ヴォローヂャ, 小初は, 巨男が, 平々凡々といふ, 平伏したので, 幾枚かの, 庭に, 庭一杯に, 弟を, 役場から, 彼女に対して, 待ちかねた明智先生, 徴用工として, 忘れたふり, 忘れたやう, 忘れた顔, 思うん, 急いで, 息が, 我らは, 戸口に, 戻って, 扉は, 手には, 手を, 技師は, 捨吉から, 支那は, 改版が, 放射線の, 新聞に, 新聞の, 日が, 昭和十三年に, 時計は, 月の, 朝倉先生は, 木の葉の, 木沢医師が, 東の, 東郷大将じゃ, 果たして, 校内には, 案外に, 案外気, 梯子段を, 権助は, 横に, 次第にそれ, 次第に育っ, 止つてあたりは, 正身, 此度は, 母は, 毎日学校の, 泡鳴は, 洪次郎が, 浜田を, 海の, 涙の, 清三は, 渦巻そのものについての, 激しい苦痛, 焼けた芝生, 煙の, 煙山は, 父は, 牛若丸は, 生き返るその, 甲板上に, 男は, 番人は, 當つた響を, 白かね色の, 皇帝は, 目の下に, 直に養母, 直子は, 真吉は, 眼が, 眼尻から, 知らずしらずこの, 知れて, 空を, 突如と, 突然ジョイス, 給仕人が, 編輯長が, 縫い物を, 織田や, 美しい人間, 自分で, 自分を, 自然に, 苧や, 茂樹が, 菓子九つを, 行李の, 表から, 西へ, 見えて, 見えるぜ, 誰でも, 誰にも, 誰一人付きあった, 誰一人顔を, 賀茂の, 車の, 送り返されて, 運平老は, 道路の, 酒宴は, 里村が, 野の, 鍋が, 開き朝日, 雲が, 青いダル, 青塚方面から, 頭が, 顔を, 顔色を, 顛けか, 食べられるカキ, 馬車の, 高さ十尺, 鳥が

▼ たつても~ (170, 3.7%)

3 三百年たつ, 返事が 2 もとの, 何處か, 其糟粕を, 十日たつ, 御返事申し上げませんでした, 照子の, 際限が

1 [150件] おしまひ, おれの, お嫁, かうしたはずみ, きりが, この物, さう, そのため, その糟粕, それは, つきなかつた彼女, どんぐりの, なし, なんにも云, はえな, ほんとうの, みえるんぢ, やはり出, よい頃, よろしうございます, ゐられないらしく間もなく, ゐられまい, ウダツが, ケリが, ゲエテの, トムさんの, 一人ぽ, 一向にゆき子, 一向上達, 一変化する, 一字も, 一月たつ, 三日たつ, 上つて来ない, 二十三だ, 二時間たつ, 二週間たつ, 亮太郎の, 仲, 何も, 何処か, 依然として虱, 信用する, 傑れた, 僕等の, 優れた新劇俳優, 六年たつ, 其の数, 出て, 判るよ, 別れませうとは, 動かなかつた, 動きださうと, 十七八の, 十分たつ, 十年たつ, 去つた女, 取返しが, 口を, 同じレフレエン, 同じ形, 同じ調子, 変らない, 大きくならない, 夫婦にも, 女の, 好からう, 子供の, 子鶉は, 學校へ, 安心する, 容易に, 富岡は, 寝つかれない, 専門的には, 小僧, 少しも, 屆か, 常識が, 廻りはじめない, 彼女は, 御返事申し上げない, 心の, 忘られない, 忘られなかつた, 思ふやう, 我々は, 或は海べり, 戻つて, 捗々しい変化, 新しい, 新らしい, 新劇が, 晴れる気色, 書生の, 本當, 村に, 梨枝子の, 止めさ, 此方の, 歸らう, 死なねえわ, 死骸が, 氣安く, 治りつこは, 泛びあがつてこなかつた, 澁いと, 燐寸を, 王の, 現はれ, 現れなかつた, 生々した, 生まないよ, 生らない, 盡き, 目は, 相手は, 私が, 私の, 私は, 立ち去らぬ, 第一, 結局, 美智子の, 自分は, 草葺の, 蜂は, 裸かの, 見た, 見つめて, 覚えず従つて, 解りは, 詩人だつた, 話さる, 誰も, 貴島は, 起きあがらうと, 足が, 身じ, 近代芸術の, 返答を, 進んで, 金の, 鎌倉東京間の, 隣室の, 雨に, 音沙汰無しで, 風呂屋の, 鳴り止まうとも, 默つ

▼ たつ~ (168, 3.6%)

10 は早い 9 を忘れ 7 です 6 を待っ 4 だ, では, も忘れ 2 がじつに, が遅い, だから, であった, である, は, を悲しく, を意識, を知らず

1 [106件] ありと, おとし子, かい, か頽廃, がおそろしく, がこわい, がじ, がわからねえくれ, が分らなくなった, が厭, が気, が由之, が癖, が私, が見えた, そんな姿, だった, だよ, だろうと, であって, であるか, であるから, であるが, でした, でしょう, にという, になほらない, にまだ, に加え, に帰っ, はこまるし, はほんとう, はほんとに, は一ぴき, は何と, は全く, は多少, は存外, は実に, は当然, は数え, は早かっ, は正月, は漢文, は理屈, は迅, ふくらかな, みこは, もわすれ, も分りませんでした, も忘れた, も悟らぬ, も物悲しく, も知らなかった, も覚えない, よ, をおどす, をおぼえた, をきめる, をじっと, をすっかり, をぢ, をどう, をもどかし, をやり過す, を喜ん, を当人, を待った, を待つ, を待つた, を忘れさせよう, を忘れた, を忘れる, を怪しげ, を息, を気, を知らなかった, を覚えた, を覚える, 両腋, 両腕, 中に, 二本の, 人々が, 前に, 叫ぶの, 喉に, 場合の, 好む場所, 如きは, 手から, 手を, 指が, 方へ, 王の, 私生児で, 肌に, 腋の, 落とし子などに, 話に, 違約を, 遺児の, 銘撰に, 頭は, 類ひも神の, 髪は

▼ たつうち~ (88, 1.9%)

2 にお, にこの, にどこ, に私, に自分

1 [78件] にいつか憂鬱, にいつしか, におのずから, にかえって, にかれ, にこれら, にその, にそろそろ, にどうにか, にはいつか, にはかなり, にはその, にはその間, にはそれ, にはそれら, にはたちまち, にはたばこ, にはだんだん, にはちょっとした, にはどこ, にはどんどん, にはもう, にはもと, には元, には単に, には夫婦, には始め, には投げ出された, には相当, には肉体, には食卓全体, にまるまる, にもお, にもと, にわたし, にアキ子, にカメ, にクリストフ, に一人前, に三四郎, に不思議, に中学校, に中宮, に伸子, に信吉法師, に八月, に去る, に夫, に女, に学校, に小泉八雲, に廊下, に待合室, に必ず, に思い紛れ, に文学, に旅, に春, に朝夕二回配達, に本陣, に李陵, に次第に, に民主化, に水, に消え, に父, に真実, に笑顔, に経済, に老, に自, に船, に諭吉, に遂に, に阮大人, に雨, に雪子, に青年

▼ たつにつれて~ (72, 1.6%)

2 それは, だんだんと

1 [68件] いくらかずつ, いろいろの, お化けにも, この二つ, この勢い, この騒音, さすがに, しだいにかれ, しみじみ惜しく, そういう芸術上, その嘘, その実行, その感化, その爽快さ, その輪, それが, それらの, だんだんたかまる, だんだんに, だんだんよめる, だんだん冷淡, だんだん效, だんだん本物, はじめほど, ますますお母さん, ますますはっきり見え, ますます深まる, むろんだんだんそれ, やっとある, やみは, ガラスの, クリストフは, ジナイーダは, セエラは, 一々の, 一種の, 何とも云え, 僕が, 全く馴れきっ, 危険とは, 反対は, 塀いっぱいたくさんに, 多少倦, 夜遊びばくち, 学校で, 實際冷吉には, 山荘の, 彼は, 徐々に, 心配に, 忠興の, 恐ろしさ, 悔いは, 憎悪の, 料理の, 新しい愛, 極端な, 次第に容疑者, 次第に密接, 段々インテリ, 気懸り, 海が, 王子は, 発覚の, 私は, 花は, 跡方も, 雌鳥は

▼ たつ~ (64, 1.4%)

2 稀なり

1 [62件] あまり悲し, あわてて, いきなり私, いきなり腕, かいがいしく若君, このとき, この生活, しら波, はい帰っ, はだけた膝, ひどく得意, ぶらんこに, ぶらんこの, ぶらんこを, また腕, めっきり美しくもなった, やっと下り初める, やっと起き上った, よく働いた, マゼランの, 七輪の, 上体を, 上畑の, 両手を, 両腕, 乳のみ, 二度三度と, 体を, 何と答える, 何焚く, 使い歩き, 側に, 僅かに, 全く浮, 公孫樹の, 反りかえる恰好, 変動し, 大きな声, 威勢よく, 実に巧, 平気な, 早いも, 松の, 殺されて, 母に, 気負立った, 水屋の, 満州帰りだ, 煙突の, 直ぐ威勢, 直ぐ追いつき, 私の, 私を, 脚を, 腕を, 膝の, 自分から, 舌を, 若い頃, 言葉遣いも, 赤く顔, 通いで

▼ たつこと~ (54, 1.2%)

3 がある 2 ありうた, になった, になる, もある

1 [43件] うけ, か, があった, がいま, ができます, がわかっ, がわかった, が何, が遠慮, そして着いたら, だった, でしたらどんな, では, となった, にきめ, にしよう, にする, になりました, に致しました, のできない, のもどかし, の二つ三つ, はありません, はけっして, はしませんでした, はない, はよく, は何, ばかりであった, もあった, もあれ, もできず, もできない, もわかった, をし, をやる, をゆるされました, をわめきたて, を拒め, を暫く, を理想, を知, を言っ

▼ たつてから~ (49, 1.1%)

5 であつ 2 である, 今度は, 私は

1 [38件] おいよさん, お品, こう言, こんな乱暴, たまに再演, だしぬけに, だつた, でした, で佛岩, ほんたう, またきます, もういつぺん, もう諦め, わたしの, われわれ二人は, バツグの, 一人の, 一度薫に, 來て, 内科の, 少年は, 年老, 庭の, 廣太郎は, 彼は, 日の, 書きました, 期待し, 次男の, 河を, 漸く一台, 父は, 知人が, 私が, 組んだ手, 自決した, 良平は, 警察から

▼ たつ~ (44, 1.0%)

6 たたないうち 3 たたぬに 2 たたない中, たたない頃, たたぬうち, たたぬかの, たたぬ中, どうか, どうかを, 知らんが

1 [19件] お怒り, お葬式, しれないぜ, しれません, するので, た, たたずである, たたないと, たたないところ, たたないのに, たたない内, たたぬか, たたぬ中身受, たたぬ位, どうかは, 二年持つ, 経たないうち, 経たぬ中, 金が

▼ たつきり~ (39, 0.8%)

2 だ, 凄じい勢ひで戸外

1 [35件] いまだに戻らない, さ, だが, だよ, であつ, でしたね, です, ですから, ですつて, ですもの, ですよ, でせう, でハツ, で何, で千兩, で奉公人, で家督, で翌, で覆面頭巾, で身體, なのに, なもん, になつ, のめん, の私, まだ刑, まだ帰つて, まだ戻つ, もう帰つて, ゐなくなつ, 別に気, 戻りません, 未だ帰つて, 死んで, 起られねえん

▼ たつぷり~ (39, 0.8%)

1 [39件] だ, であるお, であるこれ, に浴せかける, に花, に迫つて, に霧, のお爺さん, のジャズ, の事大性, の句, の描写, の断言, の断言ぶり, の絶對安靜, の絹手巾, の花娘, の蟹田川, の表情, の辞書, 入れたもろこしせん餅, 取つて, 受けて, 塗り付けます, 持つたもの, 持つて, 掛けられる, 敷けるとお, 流された, 溢れる情趣, 濡らすには, 炒りつけられるので, 経つたもの, 見せて, 見て, 見ること, 費して, 開いて, 降り灑ぎ

▼ たつ~ (38, 0.8%)

17 したがって 4 随って

1 [17件] あたりながら, したが, したがいお, ちがいなかった, つれそう, つれまして, ぬくぬくと, 従つてこの, 従つて世間一般が, 従つて前よりも, 従ひ, 從い, 從つて些か, 從ひ, 相違ない, 結びつけたの, 随つて僕が

▼ たつ~ (35, 0.8%)

8 一つの 7 一人の

1 [20件] のが, ひとつの, ようだ, 一人かも, 一人だつた, 一人を, 一学期で, 一度といふ, 一本の, 一点が, 一着の, 三つしか, 二た, 二三日凪が, 二人の, 二年半の, 五銭の, 十二歳の, 政治的価値と, 政治的價値と

▼ たつよう~ (34, 0.7%)

3 なこと 2 になっ

1 [29件] で実際, なたくさん, なところ, ならいくらか, なオチョッカイ, なムク犬, な個人的, な怒り方, な思い, な感じ, な教師, な気, な気持ち, な派手, な男, な相手, な美しい, な者, な興奮, な色目, な醜聞, に, にいそい, にしたくし, に使う, に向う, に手慣れ, に顫わせ, 使い果たして

▼ たつほど~ (29, 0.6%)

1 [29件] あなたは, いやな, いよいよ冴え, いよいよ深め, お淋しく, かえってばば, だんだん太く, であつ, な様子, ひとり去り, ほかの, むらがり立って, 口惜しく恨めしい思い, 呂布に, 彼の, 忙しい, 怒る愚, 恋しくなっ, 悲しみの, 悲しむ度, 愚痴も, 泣く, 深刻に, 温まつてるの, 獣林の, 疲れは, 研かれて, 積って, 荒っぽくなっ

▼ たつに従って~ (24, 0.5%)

1 [24件] いかなる尖端, お増, その時, だんだん餒, ほんの少し, ゆるやかに, ベエコンの, 一層その, 一座は, 下層の, 倉地は, 元に, 全国的な, 大きくなる, 大部分, 島全体を, 彼の, 明らかに, 私は, 種々の, 葉子にも, 衰えるどころか, 親しくことば, 長吉は

▼ たつ~ (23, 0.5%)

4 やで 3 やな 2 やでかぼ, やです

1 [12件] それに, だいぶ楽, やだ, やでない, やでほ, やでる, やで暮せ, やなら, やになつて, やるに, イヤな, ポツダム宣言を

▼ たつもの~ (23, 0.5%)

52 では, は私

1 [14件] かという恐ろしい, か自分, があれ, がいろいろ, そなえて, ぞ, であったから, とおもわれます, とは思わなかった, と思っ, にならう, になりたい, に候, を見

▼ たつにつれ~ (22, 0.5%)

1 [22件] いくらかずつ, おた, こうして次第に, そしてお, それが, ちょっとした言葉, どれ程, ゆき子は, わしにとって, 一種の, 二人は, 全市的な, 動坂の, 彼の, 気持ちが, 益々まざまざ眼先, 私は, 行手の, 足の, 追, 隆夫の, 高低強弱緩急さまざまの

▼ たつての~ (20, 0.4%)

3 頼みだ

1 [17件] お言葉, お話でした, ことだ, ことである, この倦まざる, 世界の, 主張に, 事で, 事でした, 偉大なる, 役人たちの, 懇望でも, 月曜日の, 望みと, 苦心が, 道化に, 頼みで

▼ たつていう~ (18, 0.4%)

2 ことを, のは

1 [14件] ことじ, ことだけ, ことで, のあんたそんな, のか, わけ, わけである, んで, んです, 人が, 程度でなく, 話が, 話を, 顔よ

▼ たつ~ (18, 0.4%)

3 は云った

1 [15件] が, が云った, が手招き, が来, と畑姉弟, には聞えなかったらしい, に作っ, の待っ, はその, は指, は振向いた, は苦笑, は頷いた, は首, を見た

▼ たつ~ (17, 0.4%)

1 [17件] いきなり私, いつも見慣れ, いるの, すゞし, そう言った, 事実そんな, 云った, 人間は, 何か, 先き, 早いか, 杵屋勝久満と, 約束を, 面白そう, 顎を, 顔を, 食事の

▼ たつという~ (15, 0.3%)

1 [15件] いまそれを, ことは, ことまでも, ことも, のだった, のは, ふうに, ものだ, ものである, わけには, んです, 愉快な, 晩私は, 望み光栄の, 風に

▼ たつ~ (12, 0.3%)

1 [12件] からかう, こんなに変えた, 口で, 呼ぶ母, 怖れ, 持ち出して, 来訪, 知らずいつの間にか, 知らずそれ, 肩に, 見たの, 見れば

▼ たつ~ (12, 0.3%)

32 です, ですか 1 だから, だね, だらうが, ですよ, ぼの

▼ たつ~ (12, 0.3%)

1 [12件] から威勢, から本日, から自分, が来た, その魚, だ, になんと, には久しぶり, に家, に引っつかん, の名, は羅針盤同様

▼ たつてと~ (11, 0.2%)

1 [11件] いふので, ふ坂山とい, 仰しやれば, 後添ひ, 望まれて, 望むなら仕方, 申します, 眠さうに言, 言つたのだ, 言はれ, 頼まれて

▼ たつては~ (10, 0.2%)

2 彼が 1 それが, た, つねにひとつ, 全体として, 八千五百萬圓の, 友人河上徹太郎と, 是非必要な, 筆も

▼ たつのに~ (10, 0.2%)

1 あのとき, いっこう出, そろいも, そんなかわり, どうした, どこの, なんの, 一向発育, 和一郎も, 賢吉君の

▼ たつたり~ (9, 0.2%)

4 して 1 すること, すると, するん, ところどころ大, 林に

▼ たつとき~ (9, 0.2%)

1 から参謀, があります, がある, にあらゆる, にはたのもしい, には必ず, にほんとう, は随分, 返して

▼ たつやう~ (9, 0.2%)

1 だ, なバランス, な花びよりであつたが, な金色, な騒動, に, にその, に感ぜられた, に湧い

▼ たつ~ (9, 0.2%)

1 にいつしか, には今度, に入り, に内, に又, に夜具, に悪魔, に文字通り泥酔, に瞽女

▼ たつから~ (8, 0.2%)

1 あしたくる, おつきあい, この家, ていねいに, なかなか枕, もう気, 次の, 消えてること

▼ たつたか~ (8, 0.2%)

2 判りませんが 1 ずらだけが, と思はれる, と思ふ, のやう, 分らなかつた, 知りません

▼ たつかも~ (7, 0.2%)

1 しれないから, しれないし, しれないの, しれません, しれん, わかりきったこと, 存ぜぬが

▼ たつちん~ (7, 0.2%)

2 だん, でえ 1 だから, でがす, ですから

▼ たつ切り~ (7, 0.2%)

1 この七年間, でございます, ですよ, で可, で本人, の佛樣, 一向出

▼ たつ~ (7, 0.2%)

1 である, で終, という石, になつ, のよう, の祠, は昔臼井竹

▼ たつ~ (7, 0.2%)

1 でなければ, では, といふお, はあるまい, はない, を皆, を選ん

▼ たつてからの~ (6, 0.1%)

1 ある夜, ことその, ことである, こと梨枝子は, 王様の, 私なら

▼ たつ~ (6, 0.1%)

1 かなり応え, すっかりおとなしく, その水, はかなき旅, 何十年たつ, 御恩返し

▼ たつわけ~ (6, 0.1%)

1 であるが, では, でも, になります, にはいきませんでした, のもの

▼ たつ~ (6, 0.1%)

1 こそ涼, であった, とはう, の朝, よめる, 小さな車

▼ たつたこ~ (5, 0.1%)

4 なひだ 1 と所詮

▼ たつづみ~ (5, 0.1%)

5 の与吉

▼ たつばかり~ (5, 0.1%)

2 です 1 だった, でしょうからね, 真白き床

▼ たつぷりと~ (5, 0.1%)

1 いつもは, 入れ乾いた薪木, 出したの, 取り込む, 有り餘つて

▼ たつ~ (5, 0.1%)

1 にその, には寂し, にはS子, に三年, に女

▼ たつ~ (5, 0.1%)

4 もこの 1 はいずれ

▼ たつ文学~ (5, 0.1%)

1 であ, である, は若干, を合理化, を生むであろう

▼ たつ~ (5, 0.1%)

1 にはやはり, には又, に多, に道庵, もない

▼ たつ~ (5, 0.1%)

2 にはあはれ 1 からお, だ会社, になる

▼ たつかを~ (4, 0.1%)

1 なんの, オリヴィエと, 怪しんだ, 闘って

▼ たつてさ~ (4, 0.1%)

1 あいつが, うお邸, うに極, うは

▼ たつところ~ (4, 0.1%)

1 がない, ではない, にお立ち出, や

▼ たつとともに~ (4, 0.1%)

1 いっさいを, だん, 當然である, 私は

▼ たつまで~ (4, 0.1%)

1 あの女, かえってくる, 何だかそわそわした, 私を

▼ たつ~ (4, 0.1%)

1 に頼ん, の身, もある, や人夫

▼ たつ~ (4, 0.1%)

1 にある, の崖, の日, の晩

▼ たつ~ (4, 0.1%)

1 のかさなる, のごとき, の山, の秋

▼ たつ~ (4, 0.1%)

1 と劇好き, と荒れくるう, の煙り, を押え

▼ たつ~ (4, 0.1%)

1 いやらしいもの, かんかんに, ならば, な様子

▼ たつ~ (4, 0.1%)

1 の動悸, をおさえ, をしいて, を両手

▼ たつじゃ~ (3, 0.1%)

2 ござんせんか 1 ねえか

▼ たつだけ~ (3, 0.1%)

1 あって, だわ, である

▼ たつ~ (3, 0.1%)

2 あらう 1 あの坊

▼ たつといふ~ (3, 0.1%)

1 言葉が, 返事を, 風に

▼ たつ~ (3, 0.1%)

1 たたずでもう, 人馬に, 春青柳の

▼ たつ~ (3, 0.1%)

1 が出来ない, にし, になっ

▼ たつ人々~ (3, 0.1%)

1 であった, のなか, を見まわし

▼ たつ~ (3, 0.1%)

1 があるまい, がなかっ, も面目

▼ たつ~ (3, 0.1%)

1 があります, でしょう, に横

▼ たつあいだ~ (2, 0.0%)

1 などというおかしい, に

▼ たつくら~ (2, 0.0%)

1 ゐで, ゐの

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 さう, 自分は

▼ たつころ~ (2, 0.0%)

1 になれ, は河童隊

▼ たつその~ (2, 0.0%)

1 ことには, 直前に

▼ たつたこれつ~ (2, 0.0%)

1 ぽちきり, ぽつち

▼ たつたん~ (2, 0.0%)

1 だね, や

▼ たつつもり~ (2, 0.0%)

1 であった, でした

▼ たつてからは~ (2, 0.0%)

1 よそよそしくな, 一度の

▼ たつてといふ~ (2, 0.0%)

1 お話も, わけぢや

▼ たつてん~ (2, 0.0%)

1 だい, のうころ

▼ たつとは~ (2, 0.0%)

1 思えないわ, 限らないが

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 でからだ, 早いもん

▼ たつので~ (2, 0.0%)

1 ちょうど今, 院は

▼ たつぷり一時間~ (2, 0.0%)

1 かかる或, はかかる

▼ たつぷり墨汁~ (2, 0.0%)

1 を含ませ, を含ませた

▼ たつぷり持~ (2, 0.0%)

2 合せて

▼ たつぷんちや~ (2, 0.0%)

2 つぽん

▼ たつほどこそ~ (2, 0.0%)

2 あれふたたび

▼ たつまき~ (2, 0.0%)

1 じゃあない, なんてそんな

▼ たつまでに~ (2, 0.0%)

1 もっと強く, 掻きなげく思ひつのりに

▼ たつまでは~ (2, 0.0%)

1 どうする, 一回の

▼ たつまま~ (2, 0.0%)

1 にその, に思い出される

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 しも, をし

▼ たつコーヒー~ (2, 0.0%)

1 の器, をコップ

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 巨豪が, 棋士は

▼ たつ事人間わざ~ (2, 0.0%)

2 には叶

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 どんなこと, の意気込み

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 だが, でわし

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 なら締め殺すの, も立つ

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 がめぐっ, の日数

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 である, や秋

▼ たつ~ (2, 0.0%)

2 の一面

▼ たつ様子~ (2, 0.0%)

1 であつ, に一同

▼ たつ武士~ (2, 0.0%)

1 がこれ, と噂

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 の秋, の風色

▼ たつ深大寺~ (2, 0.0%)

2 の森

▼ たつ熱い~ (2, 0.0%)

1 コーヒーが, 茶を

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 ののどか, を仰ぎました

▼ たつ自分~ (2, 0.0%)

1 の憤怒, の才能

▼ たつ~ (2, 0.0%)

2 のこ

▼ たつ間際~ (2, 0.0%)

1 であつ, に売

▼ たつ~ (2, 0.0%)

1 まだ帰らない, まだ歸ら

▼1* [435件]

たついいものは, たついつのまにか屋の, たついねちゃったんで, たつうねりのまま, たつ糸さんは, たつおでん屋の屋台, たつお母さんの着物, たつかぎり秀つ国, たつかしらねえが, たつかたハ霜こほる冬, たつかということを, たつかは知りませんが, たつきりお茶を運ん, たつきりこれも返事, たつきりせつせと, たつきりその後のこと, たつきりグウと伸びちやつたんで, たつきりスーと引つ込んでしまつた, たつきり一と晩歸ら, たつきり三度の食事, たつきり中へ入, たつきり何もし, たつきり堀へ落ち, たつきり夜が更け, たつきり女房も同然, たつきり姿を見せなかつた, たつきり家の中, たつきり左団次氏が武蔵屋, たつきり核までがり, たつきり横になる, たつきり此処へは来やしない, たつきり歸つて來なかつた, たつきり物を言, たつきり町人風の小, たつきり窓外の緑, たつきり行方不明となつ, たつきり行方不知になつてしまつた相, たつきり道人は靜, たつきわみ畳なほる, たつぎはぎだらけのズボンで小さい, たつぎはぎの汚れた襦袢, たつくせにそんな, たつくらいでした, たつくりやまだ, たつくろいものを, たつぐなひをちやんとつけた, たつけぞ其の所爲, たつけねそれからその, たつけれど君達は, たつけれども倉地からは, たつごろごろ, たつこの高塔の, たつもも, たつごとに一年, たつさまも凄, たつしろもので, たつじんだ土瓶, たつそういう便宜を, たつそこにあらう, たつぞうの頭文字, たつたいまできた, たつたくわえはなくなる, たつたせなかが, たつたせゐか腕, たつための具体的前進, たつたらしい夜中腹痛で, たつたらしく凄じい火の粉が, たつたらようがせう, たつたりはしつたり, たつたりをどつたり, たつたんかのう, たつちいんだが, たつちくだつて, たつちく太右衞門どんの乙姫樣, たつちまたの町, たつちやあ寢かしたま, たつちやんのお, たつちや別館の九号, たつちや毒だ, たつつけを履いた, たつつけ姿でそして, たつつけ袴を履き, たつてかへるところ, たつてかのお席書き, たつてつたつて, たつてという場合ある程度, たつてとは申すまい, たつてともおもつ, たつてなあ獲れぬもの, たつてもかへつては, たつてネわたしも, たつといお方ぢやけど, たつといったまことに和やか, たつとい迷信家の巧, たつとき女中は駅, たつとき私は土産, たつともいはず善根を, たつとんだ好みである, たつと共に自分の, たつどころか土蔵や, たつどんあきんどの, たつながき春日を, たつなどに纔かに, たつなども古い書物, たつなに過ぎない, たつなんとか峰は, たつにでもはいって, たつにはいって, たつねつて見た, たつねようと, たつのみだった, たつの概ありしもの, たつばかりにふき上げます, たつぱしからぶんなぐつてやりたくてむずむずしましたが画かきがち, たつひまに畑, たつふうに見せかけ, たつふもとの杉, たつぶりひさしに出でし, たつぷりあつた彼の長髪, たつぷりあつた風呂もわい, たつぷりあびてゐる時に, たつぷりあらうといふ大きいもの, たつぷりあらうといふ名物月見の松, たつぷりあり餘つて居る, たつぷりあるから安心して, たつぷりあるすすみ方であ, たつぷりある両方あつて, たつぷりある髯が腮, たつぷりおけて靜に居心地, たつぷりかかるんやからなあけどおら, たつぷりした長い髪, たつぷりした暮しだなと, たつぷりした水があつ, たつぷりした池の水, たつぷりした表情が動い, たつぷりした資本でもつ, たつぷりした量がある, たつぷりした頭髪を三つ組, たつぷりした髪の毛をひつ, たつぷりしてゐるがあんまり大きすぎ, たつぷりだつたので宿泊料の事等豫想, たつぷりでそれを根気, たつぷりでへんなこと, たつぷりで実行して, たつぷりで誰にでも愛嬌, たつぷりとお金を殘, たつぷりとした彩色的作品といふこと, たつぷりとした肉づきであつ, たつぷりとした胸のふくらみ, たつぷりとした金持ちの娘, たつぷりと暮れ果てた灯火, たつぷりと水をた, たつぷりと水分を含み, たつぷりな卑しい唾, たつぷりなこのカトリックの坊さん, たつぷりな事と言, たつぷりな未練気であつ, たつぷりな笑顔が眼, たつぷりにそう言つた, たつぷりにぴよこぴよこと胡麻白の頭, たつぷりに為組んだもの, たつぷりの思ひ上つた言葉, たつぷりのその眼つきをぴしやりと, たつぷりの名をつける, たつぷりの月並な駄句, たつぷりはひつたバケツと一緒, たつぷり一つまみ摘んだが, たつぷり一年はかかつ, たつぷり一日は歩き, たつぷり三倍三倍にし, たつぷり三刻あります, たつぷり三時間は暇, たつぷり上背もある, たつぷり五升樽の一樽くら, たつぷり半分程はひつ, たつぷり味はせて, たつぷり四半刻もか, たつぷり好奇心は持ち, たつぷり張つた耳盥の水面, たつぷり意味のある, たつぷり愛嬌笑ひを, たつぷり持ち合はせて, たつぷり持合はせて, たつぷり栄養をふくんだ, たつぷり殆んど, たつぷり汚れものに滲み亘る, たつぷり減つてしまつ, たつぷり滿たせ, たつぷり腰までまくる, たつぷり葉書二枚ぶんのをかし, たつぷり衒気いつぱい, たつぷり金を賭け, たつぷり黄金いろした蔓, たつお飯, たつほんとうにつまらん, たつは具合, たつまきみたいになっ, たつまたこそぼり合いしよう, たつまだかい, たつみちに横, たつむりのようにまあるくなって話した, たつもんか, たつもんぢやない, たつやつを唇, たつ北条山の, たつよい牛でありました, たつよう粉骨砕身いたすでござろう, たつより一つ年下である, たつよりは日本の, たつわしを笑わし, たつをも心あらは, たつんで客の, たつウドンのドンブリ, たつウラーがとどろい, たつカスミの中, たつコッフェルを持っ, たつサイクロレエンを眺め, たつパッと燃え上る, たつビルディングが無数, たつペンペン草の群, たつランプともして, たつをこんな, たつ与里に向, たつ世界人主義と区別, たつ中三味線の稽古, たつ丸ノ内ビルディングその他の宏壮華麗, たつ九居瀬が見える, たつ人間をできるだけ, たつになっ, たつ今日までその, たつ仕事をすべきである, たつ仕事ぢやない, たつ仲買といふの, たつ位なんぼ損だか, たつ位厩ん中, たつ位打ん擲ら, たつ位遁げつちや, たつ位酒からツ, たつをつつみ, たつの憚り, たつ作品がこの, たつ作爺さんの問い, たつ偶然なこと, たつ入口のところ, たつ其の日荷物を, たつ切りあとは顏, たつ切り一言も言, たつ切り今朝になつて, たつ切り奧方の百枝樣, たつ切り息が絶えた, たつ切り業平朝臣から先々代染井右近, たつ切り歸らない筈, たつ切り猫の子, たつ切り血潮に染む, たつ切藏つて置くから, たつを感じ, たつ劣情の下積み, たつ勉強である, たつ十人ほどはもう, たつ卵焼きを盆, たつ口もとを引, たつ同性だから, たつ名みやび男の心, たつの一かけ, たつ地べたには穴, たつは遠く, たつ変化がある, たつ夏衣うすくとも, たつ大きな枝垂柳が, たつ大人がこんな, たつ大地はめぐる, たつ大東新報ビルの裏口, たつ大浪のよう, たつ大辻は死にものぐるい, たつ大釜の湯, たつ始末だから, たつよ, たつ姿でどこ, たつ婆さんの凜, たつ婦人作家としてあらわれ, たつ学芸のもの, たつな灯, たつ客寄せの太鼓, たつ家なみのうへに, たつ小声小声の下, たつ山々が時には, たつ山塊の懐, たつ希望と共に祖国, たつ平凡な路, たつ平和だから, たつに関守, たつ幻想曲を吾, たつ幾羽かの小鳥, たつに入る, たつに下り, たつ庭先には荒々しい, たつ影法師もあきらか, たつ後家であるから, たつ魂泡の, たつ心臓の鼓動, たつない若, たつ思ひのない, たつ思想に押し流されまい, たつ悲哀や魅惑, たつ悲惨な難民, たつ意地悪をする, たつ意識的運動であると, たつと努力, たつ感情にモミクチャ, たつ憎いはこの, たつ懶惰は, たつ我身の影, たつ所以です, たつたさぐり, たつ政治家がこん, たつ教育をさせ, たつもわからなかった, たつ敵兵はさすが, たつ文学論の萌芽, たつ文學である, たつが安全, たつ日二十七日に, たつ日向をゆっくり, たつ日東京は濃霧, たつを伝え, たつの人, たつ時浅井は二階, たつい日, たつ木槿の花, たつ木香に酔つて, たつ本陣の将士, たつ朱鷺いろ牡丹籠, たつ材小屋のうちら, たつ村上はべつ, たつ条件はまだ決して, たつ東京が見える, たつ枝柳の濠ば, たつのうす, たつ此男も四十, たつ殺気はある, たつ殿堂のやう, たつ比叡のた, たつになつ, たつ気持を抑えた, たつが重い, たつ水樓のただ, たつ汽船に乗っ, たつで烏賊, たつ沿岸警備員の出張所, たつのなか, たつ泡逆にはひあがる, たつに翻弄, たつ波頭を蹴, たつをほとほと, たつ洪水の凄, たつ浅い川だった, たつ浅葱は添, たつ浪人者が伏せっ, たつ淺葱は添, たつ湯気も見えた, たつ激情無から有, たつ激流をいくつ, たつ火鉢の傍, たつ無頼漢にちがい, たつにつつまれた, たつ熟れみのりたる果物の, たつ物魚をもく, たつの巣箱, たつ生産面にふれた, たつ由蔵も起し, たつたらしめたいと, たつの黒, たつ番茶の土瓶, たつ疾風歓喜空を揺り, たつ瘴気やける霜, たつ白浪の聲, たつ白菊は花みな, たつ監視塔正門からはいる, たつ直前に深刻, たつ相手がいなくなっ, たつ硫黄の溶体, たつ社会へ新しい, たつ神前によびつけ, たつ程度だった, たつ稲田の氈, たつひを, たつである, たつのそば, たつをもてあつかっ, たつ糞尿の中, たつをつき破っ, たつ羽生の町, たつ職人がやはり, たつ色ッポサも一瞬, たつ若々しい生活意欲と, たつ若いふたりが, たつ若者がこともなげに, たつ荒磯にはあれ, たつを持っ, たつや薄, たつからよく, たつに, たつが頭, たつ行動をし, たつ行跡があった, たつゆ親しく, たつ見込みがまったく, たつでも, たつ説明だけで, たつ豊かな循環, たつ豊かそうに人, たつ貴重品だ, たつ資格はありません, たつ質物にならぬ, たつがあつ, たつ道路をまつ, たつ遺産で私, たつ部下になる, たつ野なかの道, たつ野獣であった, たつ鈍い家鳴, たつ間伸子たちの存在, たつ雪煙の中, たつは, たつ霧雨の前, たつ順気が地, たつ祈り雄叫び, たつ騒ぎが伝わっ, たつ高い塔は, たつ高弟十数名をひきつれ, たつの中, たつを煮える, たつ鳥獣のこゑ, たつ鳥獸のこゑ, たつ黄金の王者