青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ただ~ ただし~ ただちに~ ~たち たち~ ~たちまち たちまち~ ~たっ たっ~ ~たった
たった~
~たつ たつ~ ~たつた たつた~ ~たて たて~ たで~ たであろう~ たとい~ たとえ~

「たった~」 5795, 63ppm, 1827位

▼ たった一人~ (1006, 17.4%)

21 の妹, の娘 16 の女 15 の男 11 の人間 9 でこの, の息子 8 でお, のお, 立って 7 しかいない, しかない, の肉親 6 では, になっ, の兄, の子供, の甥 5 で, であの, でいる, で住ん, の子, の男の子 4 である, です, になった, のお母さん, の客, の母親, の私, 坐って

3 [23件] しかありません, だと, でその, でそれ, で暮らし, で歩い, で留守番, の, の人, の人物, の倅, の兄さん, の友達, の味方, の弟, の御, の恋人, の神さま, の血, 住んで, 取り残されて, 残って, 知って

2 [64件] ある, か二人, しかなかっ, して, だ, だった, であった, でいたかった, でここ, でこんな, でした, でそっと, でそんな, でやって来る, で何, で出, で坐っ, で家, で幾日, で彼, で提灯, で暮し, で淋しくっ, で登っ, で自分, で長い, というの, になる, のお前, のこの, のよう, の仕業, の仲間, の伜, の伯父さん, の例外, の兄弟, の医者, の友だち, の友人, の叔父, の可愛い, の同胞, の大事, の奉公人, の姉, の姪, の娘っ子, の孤独, の孫, の弟子, の時, の淋し, の王女, の相手, の義父, の者, の親, の身, 出て, 取り残された私, 歩いて, 残された, 生き残った母親

1 [570件 抜粋] ああいう, あった叔母, あった女の子, あります, あるきり, あるには, あるの, あるはず, あるばかり, あるん, ある時, いけない奴, いた, いたきり, いつの間に戻っ, いつまでも, いて, いるきり, うす明るい町, おいて, おもしろい人物, お京さん, お滝, かかさずに, かばって, か二人ほか, がぱっと, が入り込ん, が受けたなら, が怖, が早く, が選ばれ, こうして, この壺, この紳士, こんな所, ございました, ご落胤, さ, しかな, しか居ない, しか残っ, しか無い, しか無かっ, しか生まない, しか産ん, しか知らない, しか見付からない, しょうこと, じゃもの, すたすた羅漢寺, そう言った, そのバラ色, そのベッド, その独唱会, その部屋, その部落, だから, だが, だけ, だけおります, だけが生き, だけこの, だけしか使う, だけしんと, だけだった, だけを支える, だけ乳母, だけ例外, だけ子, だけ楽屋, だけ気がつい, だけ穏, だし, だったから, だったこと, だってありゃしなくっ, だよ, だ年, つく, つくねんとし, であったこと, であて, であること, である左門, でい, でいた, でおります, でお出かけ, でお寺, でこれ, でございますが, でさびし, でさびしかっ, でしきりに, でしたよ, でしょうが, ですわっ, ですんで, でちびりちびり, でつかつか, でつきはなされた, でてれくさ, でとじ籠っ, でとり残され, でとり残されよう, でどうして, でなん, でのぼっ, でひょっこり, でふざけ, でもいい, でもおかまい, でもそういう, でもたより, でもだ, でもはや, でも会いたい, でも地獄, でも此の世, でも真, でも聞き手, でも頭, でやたら, でやっ, でゆく, でエンヤ, でクレヴァス, でシャンパン, でションボリ, でダブル, でパルテンキルヘン, でフランス, で一方, で一生懸命鉄槌, で上っ, で下女下男, で下谷, で世の中, で乳母, で五つ, で人力車, で仕事, で伊賀, で佇ん, で住吉, で何時, で俺, で偽名, で傷つきたおれ, で入っ, で出かけ, で出かけた, で出向いて, で出来, で出来上る, で出迎える, で前, で半日, で占領, で取り残されました, で可哀想, で名づけ, で向う, で国, で土蔵, で坐り, で場所, で大きく, で太平洋, で好い, で如何, で姿見, で宜, で実現, で家柄, で寝, で寝起き, で小さな, で小屋, で小田原, で居ない, で崕, で市役所, で常に, で引きうけた, で当り, で御, で思う存分, で思っ, で愛そいう, で我ここ, で或, で手拭, で掃除当番, で散歩, で斃, で昨日, で昼寝, で晩飯, で暮さなけれ, で暮したい, で暮す, で暮そう, で月, で来, で来た, で格納庫焼打, で歩く, で死にたく, で死ぬほど, で死んでる, で死人, で残された, で気, で気持ちよく, で河原, で津軽二十七万石, で海岸, で深山幽谷, で渡, で渡っ, で湯あみ, で炬燵, で無茶苦茶, で無頓着そう, で現われた, で生き, で生活, で田舎, で留守居, で白緒, で真暗, で竜, で笛, で笹, で算盤, で精出し, で経営, で綱取さ, で置いた, で置く, で羽子, で脱衣場, で腹, で行かう, で行こう, で車掌室, で退治, で進ん, で遮二無二, で鍛冶屋, で鏡, で降る, で静か, で預かっ, というしかも, という事, という芝居, となりました, と申し, なら被服, なん, にし, にて何とも, になりたい, になりたかった, になります, に三人掛り, に任せ, に逢っ, のおふくろ, のお客, のお爺さん, のお袋, のさびしい, のじ, のそして, のその, のため, のとき, のともだち, のなまけ者, のひと, のべこの, のほん, のむす, のやもめ暮し, のウソトキ, のエミリイ, のオラ, のジョージ, のバック, のボク, のママ, の一つ, の一粒種, の下女, の下男, の世界中, の人妻, の人民, の令嬢, の伯父, の作曲家, の倅佐太郎, の兄貴, の先客, の先生, の内儀, の判官三郎, の労働者, の医師, の千代子, の半, の博士, の友, の叔母, の叔父上, の可愛らしい, の史実, の同乗者, の図抜けた, の外国人, の大学出, の大男, の夫, の失敗, の女の子, の女僕, の女性, の女房, の女流作曲家, の姉さん, の姉妹, の娘さん, の婆, の実子, の実際, の寝, の小さな, の小僧っ子, の小坊主, の少女, の山出し, の年老いた, の幸田, の従僕, の従兄弟女, の従妹, の心, の悪人, の惨め, の愛すべき, の愛弟, の技師, の掛け, の方, の旅人, の日本, の日本人, の村民, の杖, の東洋人, の武蔵さん, の歯, の母, の淋しい, の王子, の理解者, の瑜伽行者, の生徒あたし, の産婆, の産婆さん, の甲野さん, の留守居, の病身, の痩坊主, の登場人物, の白衣, の目撃者, の知人, の秘密, の絵心, の老僕, の老婆, の老母, の自分, の船員, の良寛様, の若, の若い, の英人宣教師, の茶人, の藤尾, の血縁, の見物, の親分, の親友, の親御, の親身, の話し相手, の貧しい, の貧農シュレンカ, の身うち, の身寄だし, の身寄り, の農夫, の道連れ, の部屋, の重たい, の雇人, の青年, の非, の須磨子, の頼もしい, の頼り, の風, はありました, は困る, は花, ひどく目障り, ふるえながら, ほうりっぱなし, ぼんやり椅子, ぽっ, ぽっつりと, ぽつねんと行く, ぽつんとし, まじって, もいなかった, もこの, もしくは野郎同士, ものすごい剣幕, も兎, も無かっ, も近づけない, も逃げ出そう, やはり軍刀, よりない, を探し出す, を求め, を除い, 上って, 不仕合わせ, 乗って, 佇んで, 偉い人, 全くおかしな, 切り離されて, 取り残されそう, 取残されたよう, 取残された綾子, 取残されて, 坐った老人, 坐りながら, 多少薄気味, 大きくなる, 大きな池, 大きな食卓, 定まった先手, 居ずま, 居たきり, 広い船艙, 御城, 怪しい男, 恐しい, 暗い穴, 有るばかり, 来て, 欠けちゃ, 残されたその, 残したまま, 残ったの, 残った岡崎屋, 決して死なず, 泣き濡れて, 淋しく暮し, 深々と, 生き残って, 生まれた相続者, 畏まって, 目ざめて, 知ってる奴, 立ちどまって, 第一, 置きすてられて, 置き残されて, 若い巡査, 薄暗い密林, 見も, 逃げおくれて, 連れた切り, 進んで, 遅れしかも, 長いアビト, 閉じ籠って, 面くらって, 飛び出して, 駈出してさ

▼ たった一つ~ (654, 11.3%)

17 しかない 13 のこと 11 残って 8 の道 7 の窓 6 あった, ある, だ, の慰め, の眼 5 の, の例, の望み, の楽しみ 4 のこの, のその, のもの, の目的, の言葉

3 [11件] あります, しかありません, だけある, の例外, の共通, の出入口, の小, の手段, の方法, の電燈, の音

2 [31件] あいて, あったの, あるきり, おいて, こういう顔, だった, でもいい, なの, ののがれ, のよき, の人, の人影, の光, の出入り口, の命, の問題, の寝台, の形見, の手がかり, の条件, の楽し, の歌, の灯, の目, の誇り, の銭包み, の鍵, も身, 出来るだけ, 残った, 点って

1 [433件] あったばかり, あった箪笥, あの古銭, あの応接室, あまりに周囲, ありますよ, あるが, あるだけ, あるには, あるのみ, あるばかり, あるん, あるテーブル, ある時, ある頑丈, いわれただけで, うるんで, おとなしく中, お城, かかげて, かけて, かけ離れて, がい, くり返して, こうしてここ, このよう, この小さな事件, ございます, しかあかり, しかなかっ, しかなく, しかのこっ, しか弱点, しか拝見, しか残っ, しか無い, しか無かっ, しか盃, しか覚え, しか違わん, したかの, じゃ無理, ずつの極めて, その癖, その顔, だけ, だけあい, だけあげ, だけあった, だけがいつ, だけしか実, だけのこっ, だけのこと, だけは何, だけは本当, だけまっ黒, だけもっとも, だけよ, だけを聴け, だけを見本, だけアドバイス, だけ例示, だけ入れ, だけ嘘, だけ困る, だけ変った, だけ将来性, だけ心配, だけ残っ, だけ気休め, だけ永久, だけ深い, だけ薄暗い, だけ訊きたい, だけ註文, だけ餓鬼ども, だったの, だった本尊, だっていい, だと, ちょっぴりと, ついて, つつましげ, であった, であった時代, であるから, であること, でしたが, ですか, ですね, でそれ, ではあります, ではなく, でもあれ, でもい, でも僕, でも完全, でよい, でビゼー, で好い, とはどうして, どうした, どうやら熟し, ないの, なって, なん, にきわまった, になっ, のあかし, のあき部屋, のうごく, のお, のおねがい, のお願い, のかくし芸, のかめ, のか弱い, のこされた, のこしかけ, のさいころ, のささやか, のさびしさ, のそして, のそれだけ, のたのみ, のどう, のほんとう, のほんもの, のみやげ, のよい, のよろこび, のわれわれ, のキリシタン, のスイッチ, のスーツ, のチャンス, のドア, のドアー, のプロレタリアート, のプロレタリア作家, のベッド, のボタン, のミステーク, のルビー, の不幸, の世界, の事, の事件, の事由, の二十三夜, の信仰, の俺, の優しい, の入口, の六角, の力, の区, の卵, の原因, の取り柄, の口, の古い, の可能性, の台所, の合同会社, の名, の呼吸, の哲学, の唯物史観, の喜び, の嘘, の四角い, の土地, の土曜日, の地球, の場合, の場面, の変遷, の夢, の大, の大きな, の大切, の大波, の天, の女, の学校, の封書, の小さい, の小さな, の小石, の島, の左腕, の希望, の店, の庭木戸, の建物, の弟, の心, の心楽しみ, の心構え, の思い出, の恵み, の情熱, の想い出, の愛, の感情, の感想, の慈善, の慰藉, の憩い, の戦後, の戸, の戸口, の手ぬかり, の手掛かり, の手掛り, の技巧, の拳, の捕物小説, の提灯, の救命袋, の新聞社, の日本間, の明り取り, の星, の時計, の暗い, の最後, の材料, の林檎, の格子窓, の梯子, の椅子, の楽章, の欠点, の歌劇, の歎, の武器, の歯, の残念, の母, の渦, の炬燵, の点, の無, の煖坑, の物, の現実, の生きがい, の生きもの, の生きる, の田の神, の異人牢屋, の疑問, の白っぽい, の真実, の真理, の確信, の社会, の社会主義共和国家ソヴェト・ロシア, の社会主義国, の私, の秘密, の種類, の突剣, の立ち机, の笠, の策, の箪笥, の節, の罪, の美しい, の美徳, の習慣, の胃袋, の自慢, の色, の花, の草, の荷物, の萩乃直筆, の著名, の街灯, の装飾, の褥, の視覚, の親譲り, の記憶, の証人, の証拠, の詩, の謬着物, の財産, の赤い, の赤皮, の足跡, の迷惑至極, の追求以外, の逃れ道, の通路, の道具, の道楽, の違い, の遺書, の遺言, の邪魔, の部屋, の銀貨, の鋳型, の長, の阿, の阿弥陀如来, の障害, の離れ島, の青春, の頼み, の頼り, の願い, の飾, の首人形, の骸骨, の魅力, の黒い堅い冷たい, の黒点, の鼻, はっきりし, はっきりした, ばかりな, ぴたりと, ほしいと, ほめて, ほんの一つ, ぽつりと, ぽつんと立っ, まだガラッ八, まだ出来ない, まるで夕方, も, もう一つ, も翻案, も資本家, よくわかっ, よこさないもの, より残りません, わからないこと, をぶら下げ, を抱い, を除け, ハッキリした, 丸い軒燈, 丸く白, 仕残した手段, 作ったばかり, 依然として活躍, 入って, 出来ないこと, 判らねえ事, 剥げかけた一閑張, 取り残された赤革, 取遺された建物, 受け取ること, 吊ったサック, 善い事, 困ったこと, 変らないもの, 変らぬもの, 多少の, 大きい不満, 大きい実, 大きな手ぬかり, 大きな船, 大きな過誤, 孵させるの, 守って, 御当家, 恐ろしいと, 悪いくせ, 払っては, 投げ込めば, 持ったまま, 持って, 捨てずに, 探し忘れた場所, 極めて明瞭, 欲しい物, 死ぬる前, 残されたその, 残して, 残す自分, 残った最後, 残った灯, 残った燭台, 残る縁, 汚れなく光って, 浮出して, 淋しそう, 深く心, 点された鈍い, 現われた, 生き残った大きな, 疑えば, 瞬いて, 空いた卓子, 空いて, 置いて, 美しいの, 美しかった, 聞きたいこと, 落しただけ, 行けるところ, 見えるだけ, 見おとして, 見つかりました, 見つけましたので, 見て, 見やられた, 見届けなければ, 見落して, 覚えて, 訊いて, 訊かして, 諦められないの, 赤く光っ, 近寄らなければ, 返されねえ品物, 違うんで, 違って, 遺して, 酔ったとは, 重い空気, 開いて, 開け放された窓, 黒い黒い髪

▼ たった一度~ (180, 3.1%)

9 でいい 4 しかない, のクリスマス 3 だけ 2 しかなかっ, そこで, だけで, のこと, の油断, 会ったきり, 私は, 若い娘, 見ただけ

1 [142件] あった, ある晩, ある顔馴染み, あれの, うんたった, おありでした, おめ, お会い, お姿, お絹, お訪ねした, お顔, か二度, くらい世話, この時, こんな事, こんな事件, しかあった, しかこれ, しか会わなかった, しか往来, しか成功, しか手, しか水風呂, しか腰, しか見た, しか買わぬ, しか逢いません, しか逢った, じゃ, じゃ逢う, ずつで, そうした望み, その一つ目小僧, その人間, その額, たった一度, だが, だけあたし, だけそれ, だけだった, だけちら, だけで懲り懲り, だけはいっ, だけみな, だけアベック競走, だけ不思議, だけ世にも, だけ会う, だけ側, だけ女, だけ招待会, だけ書かせ, だけ森, だけ着た, だけ耳, だけ聴いた, だけ至って, だけ見た, だけ許し, だけ試写, だぜ, だった, だったが, であり常に, である, でございますが, でしたが, でしたけれど, ですよ, では, でもあの, でもいい, でもお, でもその, でもやさしい, でもゆっくり, でも何, でも村, でも聞きたい, でわからなくなっ, でナエーア, で利く, という, ということ, どこかで, なんだか判らず, に一日中, に皆, のけいこ, のごとき, のそして, のシマッタ, の不吉, の不思議, の事, の交渉, の人造人間デー, の代償, の例外, の偶然, の出来事, の大悟, の失職苦, の嬉しい, の幸福, の往復, の御, の恋, の恋愛, の接吻, の死期, の洋服姿, の湯治, の経験, の裁判, の電撃的, の騒動, も帰らない, も自分量見, ゆっくり話せれ, よりによってその, 会ったこと, 会って, 何かの, 叱られただけで, 大きな声, 山路さんとこで, 極暑, 相見た, 知ったとしても, 聞いた獄人, 聞いて, 聞えたの, 落合った事, 見かけたこと, 見せて, 見たけりゃあもってってもいいって, 見た覚え, 詠んだという, 通った覚え, 飼って

▼ たったひとり~ (130, 2.2%)

6 の娘 4 の力, の妹 3 ぼっちに 2 だったの, で遊ん, のほんとう, の人物

1 [105件] あの岬, あの時室外, いたと, えりぬかれて, おきて, があの, このあばた, しかいない, しかない, ずば抜けた篤志家, そういうふしぎ, その下, だけその, だけでご, だと, だよ, だ小林, で, でおるす, でこんな, でその, でたしかに, でというところ, でとびこん, でなに, でのっそり, でひっそり, でふらふら, でまっ暗, でるす, で乗りこん, で二十面相, で仰向き, で住ん, で凧, で厶, で参った, で口, で国香, で尾行, で岩山, で廊下, で懐かしい, で旅, で森, で死のう, で淋し, で独酌, で畑, で留守番, で砂遊び, で踊場, で踏み越え, で食卓, で駆け出し, とりのこされたよう, とりのこされた感じ, と言われた, なの, なん, なんだかへん, のお, のお母さま, のかあさん, のかわいい, のこっ, のご, のしょうじょだんいん, のしょうじょだんいんです, のほん, のろのろと, のォ, の乗客, の争奪, の人影, の人間, の伜, の佳人, の同僚, の四十面相, の婿取り娘, の専売特許的存在, の少女, の彼, の甥, の男の子行雄, の破牢罪人, の肉親, の足音, の黄金怪人, ぼっちだと, ぼっちでなんマイル, ぼっちで町, ぼっちで誰, ぼっちどこ, ぽっち, ぽつねんとし, を目あて, を追いかけ, 取り残されること, 坐らされて, 帰って, 残ったお嬢様, 残って, 疲れて

▼ たった二人~ (97, 1.7%)

3 だ, の女 2 だけずいぶん, であった, で歩い, で留守番, の家

1 [81件] いうまでも, いた, いまいましそう, お秋, か, からこれ, か三人きり, が入れる, しかいない, しかなく, しかまかりあらぬ, しかも村野, しか居なかった, しか連れ, だけあと, だけあの, だけがそれ, だけで, だけである, だけで守っ, だけで林, だけれども, だけ助かった, だけ残し, だけ淋しく, だけ生き残っ, だけ生き残った, だけ表向き, だけ遠く, ついて, である, であること, でいる, でいるなら, でお, でした, です, ですよ, でそこ, でぬれた, で乗り込ん, で二声, で人目, で充分, で向い合っ, で喫煙室, で対等, で専領, で毎日転手古舞い, で白砂糖, で胡坐, で話, で連立っ, で野球, で魚, として悪魔, と見る, ながらくただ, になりました, のさし, の一味, の世界, の俊髦, の先客, の姉弟, の子供, の暮し, の消防手, の男性, の肉親, の若い, の荒れ, ばかり入用, ほどで, を山上, ポツンと, 人知れず相談, 切り床の間, 淋しく立った, 狭い小さい汚びれ, 連れ立って

▼ たった~ (72, 1.2%)

5 です 4 であります 2 か, かわかりません, だ, だから, だろう, である

1 [51件] かおぼえ, かと思った, かなあ, かはしらない, かもう, か二人, か二分, か二時間, か何, か女, か小林君, か心, か怪しい, か次郎, か覚え, がわからなかった, が三日, だが, だけれど, だった, だな, であった, であったという, であるが, であろう, であろうか, でございます, でした, でしょう, でしょうか, ですが, で御座いますね, はそういう, はそれ, はむろん, は二月, は云う, は兵部, は四月二十九日, は当然, は羽, は豪猪, は高橋秀臣, も無理, を, を知らなかった, を確めたよ, を覚え, を黙々と, 一太刀で, 二十銭で

▼ たったこれ~ (68, 1.2%)

8 だけのこと, だけの事 3 だけ, だけな 2 だけか, だけで, だけの文句, だけの楽しみ, だけの金, ばかりのこと

1 [34件] だけさ, だけしか運ばない, だけじゃ心細い, だけじゃ第, だけでご, だけでした, だけでも女, だけに過ぎませんです, だけの, だけのしかも, だけのひも, だけのもの, だけのもん, だけの事実, だけの人数, だけの問, だけの小, だけの小さな, だけの意味, だけの手記, だけの文字, だけの本体, だけの花, だけの萱野, だけより知らん, だけを見, だけ平次, だけ恐ろしく, だけ顔, っぱちか, っぽち, っぽちさ, っ許, ばかりをよそ

▼ たったいま~ (66, 1.1%)

3 の鳥

1 [63件] あの訝しい, ありありと, おたく, お帰り, かけて, が始め, その地, たかま, だってこの, できたばかりの, です, でも仏像, とおって, とつぜん森川夫人, となっ, はじける程, ふと思いついた, ふらふら起き, まであんなに, までここ, までのあれ, まで思っ, まで教室, まで殺そう, まで男, まで読ん, やくそくしたじゃ, よほど立派そう, 上げた線香, 云ったひと, 使ったらしくまだ, 倒れたん, 出て, 別れて, 刷り出した大, 幽州, 引込んだ関守, 懲りると, 持って, 新知識, 書いて, 本当によい, 来たばかりの, 気がついたん, 気づいたみたい, 申し上げた通り, 着いたところ, 知ったよう, 知らせて, 見た景色, 見た物の怪, 見て, 見られたばかり, 解かれた鉄, 言った一言, 話した手帳, 話しつつ, 認めたばかりの, 読んで, 迄あの, 述べたかの, 飲みこんだ酒, 鳴いたの

▼ たった一日~ (65, 1.1%)

3 のうち 2 か二日, でいい, で完成, のあいだ, の間

1 [52件] かまたは, が何百年, この子, しかあの, しか逗留, しか顔, すわった席, たらずで, だ, だけ, だけでも構わない, だけの不安, だけの代役, だけ展観, だけ死ん, だけ演, だったから, だったが, でこの, でしか, でしたけれど, でとった, でもいい, でも人間, でも住ん, でも禁令, でも良い, でガラリ, でフシギ, で太平洋, で帰る, で稼い, といえ, ねむったと, のお, の不慮, の出来事, の旅行, の暇, の話, の誕生, の辛抱, の革命以来, の飯, もたたない, も忘れた, も若い, よ御, を真, を私, 待って, 遊ぶ事

▼ たった一枚~ (61, 1.1%)

2 しか無い, のハガキ, の着物, 持って, 残って

1 [51件] あけて, あるそう, ぐらいというミニチュア連載小説, こっきり, しいて, しか無かっ, だが, だけたりない, だけで, だけの硝子板, だけをくぐり, でかなり, ですけれど, で三千円, で片付け, というん, と二枚, に入れた, のくさりかたびら, のこって, のまし, の二銭銅貨, の写真, の凄, の凄艷, の切符, の十円札, の唇, の塀, の布団, の板, の毛布, の版画, の穢い, の紙, の羽織, の葉書, の薄縁, の衣, の袷, の見栄え, の雨戸, わが愛蔵, を残し, を頂戴, 主待ち顔, 味わうため, 残ったとき, 残ったの, 着た若い, 着て

▼ たった~ (54, 0.9%)

10 と晩 8 と眼 7 と目 6 と言 5 と突き

1 [18件] きれの, っ葉, てき, てきでいい, とえぐり, とかたまり, と口, と夜, と太刀, と打ち, と月, と目別れ, と粒, と腰, と言い, と間, 撃ちに, 跳びその道

▼ たったある~ (53, 0.9%)

16 日の 5 晩の 4 朝の 2 ばんの, 夕方の

1 [24件] まよ, 午後わたしは, 夕がたの, 夜の, 夜不思議な, 夜更けしょんぼり, 夜私は, 夜貸席の, 寒さ, 日, 日また, 日マタンの, 日園井正一君という, 日大丸の, 日尾羽打ち枯らした, 日彼女から, 日町内に, 日私は, 日難波で, 早春の, 晩アアミンガアドが, 晩僕は, 朝ガードの, 朝目を

▼ たったそれ~ (50, 0.9%)

8 だけ 5 だけで 4 だけであった 2 だけである, だけです

1 [29件] くらいの事, しか経っ, だけあした, だけこの, だけしかなく, だけしか言わない, だけじゃ手, だけだ, だけでした, だけですんだ, だけでも松岡, だけでも無い, だけで下宿, だけで俳劇, だけで厭世思想, だけで君達, だけで基経, だけで大人ッ, だけで引き立つ, だけで沢山, だけで目, だけで私, だけね, だけの集った, っぱかしじゃなかったと, っぱかり, ばかり, ばやこし, より何

▼ たった一本~ (50, 0.9%)

2 の桜, の蝋燭

1 [46件] ああたった, あるだけの, ある桜, しかない, しか持っ, しっきゃ, だけ, だけが残った, だけな, だけのこっ, だけ残し, であったが, で放火, のその, のコヨリ, の往来, の書面, の枯れ木, の棒, の槲, の毛, の煙草, の照空灯, の竹, の糸, の綱, の緋縮緬, の藤蔓, の鉛筆, の銅線, の長い, ひょろ柳, まじって, 交って, 咲いて, 咲いてたん, 広いドライヴ・ウェイ, 打ち込みさえ, 持って, 摘みとって, 残った母, 残って, 流すが, 淋し気, 灯して, 生えた落葉松

▼ たった~ (48, 0.8%)

17 のこと 3 の地上 2 であった

1 [26件] あの若い, この国, この監視哨, この誤解, ごろりと仰向き, だ, だろうか, でさえエグモント, です, ですが, なの, になっ, にもひそか, に帝劇, に彼, に急, に掘っ, に来, に牛丸少年, に突然, のその, の事, の顔, 再び結婚, 大きい針金, 行くから

▼ たったそれだけ~ (47, 0.8%)

18 のこと 6 の事 2 なの, の言葉

1 [19件] いうて, いって, か, かい, かね, のため, の交渉, の実証的与件, の工面, の時間, の理由, の相違, の眼, の表現, の話, の道具立て, 云ったきり, 聞きこむため, 路上を

▼ たった一軒~ (46, 0.8%)

3 しかない, の宿屋

1 [40件] あるきり, あるカフェ, かと聞いたら, しかない小さい, しかなかっ, しきゃ無かったもん, そういう家, そのお, その名残り, だが, だけこの, だけ人家, だけ数町, だけ立っ, だけ荒物屋, だけ門松, だったね, だという, のバラック, の下宿屋, の和蘭物, の家, の小さい, の店, の旅籠, の旅館兼料理屋, の曖昧屋, の板屋, の温泉宿, の湯, の漁師, の立場茶屋, の芝居小屋, の親戚, の駐在所, ふきとばされたり, よ, 古ぼけたなり, 建てられた西洋人, 焼け残って

▼ たった一言~ (45, 0.8%)

4 でいい 2 いった, だが, 云って

1 [35件] いい度, いえば, いったいここ, いって, いわして, お声, からである, か二言, がその, そう云っ, それで充分, たった一言, だけ言います, である, できれい, でもよい, でも真実, でも知らせ, でも言っ, で好い, で片, によってわたくし, に家臣, の指, も勧め, も聞き洩, わっし, を伝える, 交した切り, 吐き捨てて, 激しくたしなめた, 知らせて, 聞かして, 言い残したい事, 言って

▼ たった~ (36, 0.6%)

2 わからない, わかりませんが, 分らなかったが, 私は

1 [28件] ぐいとその, ここが, しれないが, それとも何時間, たたないうち, たたぬ間, たの, である, はっきりいたしません, ふと彼, ふと眼, よく分かりませんでした, わからないが, わからない古い, ポコちゃんの, 僕は, 八木君は, 分らないが, 分らない大きな, 分らなかった, 分らぬ程, 彼は, 知って, 知らないが, 知らなかった, 知れないほどの, 覚えない, 覚えなかった

▼ たったひとつ~ (34, 0.6%)

2 ある

1 [32件] あぶないの, おたずねしたい, きいて, しかない, その兇器, だから, だけのこと, で如実, ないもの, のあんどん, のこと, の俤, の単語, の取柄, の命, の嫁入り道具, の小説, の抜道, の旅, の望み, の歌, の眼, の箱, の金, の願い, の髑髏, ぼっちのそばかす, ぼんやり点い, を売り, 思いあたること, 情けなく思う, 狭い部屋

▼ たった二つ~ (34, 0.6%)

2

1 [32件] ある, か三つ, しかありません, しかなかっ, しか入っ, しか無かっ, しか食わない, だけある, だけになります, だけ出, だけ取り残された, では何分, とか三つ, ならあんまり, になっちまいました, のうた, のお金, のこの, のそういう, のとき, の不幸, の世, の例外, の唇, の娘, の方程式, の眼, の瞳, の質問, の部屋, の黒い, もう少し世の中

▼ たったよう~ (28, 0.5%)

5 だった 4 な気 2 であった, に思った

1 [15件] だ, である, でした, です, で私, な古い, な大きな, な屋根, な崖, な断崖, な道士姿, にも思われた, に心境, に思う, に猛烈

▼ たった三人~ (26, 0.4%)

2 だとしても, になっ, のさびしい

1 [20件] が地球, が寂しく, が居残った, しきゃいねえん, だ, だけがまだ, である, です, では, で住ん, で遠征, になった, になる, のため, の人間, の会員, の地球人類, の客, の男, 取残されて

▼ たったころ~ (25, 0.4%)

4 でした 3 です 2 には彼

1 [16件] あの変, いよいよ流, から, ぐいと糸, この町, じつにふしぎ, であったと, とうとう大沢, に青扇, の日記, は多少, やっとかくし, やっと思いきった, やっと自動車, ピタリと, 代

▼ たった~ (25, 0.4%)

3 思うころ 2 いうわけ, みえて, 思うと

1 [16件] いうのに, たん, なると, 云うお話, 云う大きい, 云う日, 信じて, 君が, 彼方へ, 思う, 思える頃, 思ったの, 思われる, 思われるころ, 無我夢中に, 見えて

▼ たった一晩~ (21, 0.4%)

3 にし 2 のうち

1 [16件] お屋敷, ぐらいの寂寥さ, だけお立ち, だけです, だもの, でお, でもわたし, でゲッソリ, のこと, のその, の屈辱, の牢舎, ふっと間違っ, 来た外国人, 泊まったその, 遅く着い

▼ たった~ (20, 0.3%)

1 [20件] あの, これも, しょせん勝負, すこしは, ために, どうする, どうもそれ, なんの, リーザの, 任命の, 塾生たちの, 夕方前に, 彼は, 松江は, 武石峠へ, 犬たちは, 痛ましくも, 白い道, 笑い流し, 鈴木桂介

▼ たった~ (20, 0.3%)

3 のこと

1 [17件] いきなりバタバタと, すやすや眠っ, だったろうか, だろうか, ちょっと檜山, であった, であったろうか, でございますが, でした, でしたが, でしょうか, です, ですが, に, にはどうやら, にやっと, 或る

▼ たった一人ぼっち~ (19, 0.3%)

2 になっ

1 [17件] で, でいる, でこの, でした, ですが, で東京, で淋しい, で青天井, なの, にされ, になった, になる, のやるせない, の可哀そう, の孤児, の鴨, はなれた

▼ たった一ツ~ (18, 0.3%)

2 買って

1 [16件] さびし気, だな, ですが, のヒント, の井戸, の信ずる, の安全地帯, の念願, の手がかり, の真, の神, の赤い, 取って, 書かれて, 生き残って, 言うこと

▼ たった一夜~ (17, 0.3%)

1 [17件] でもお目にかかっ, でもその, でもみ, で百何十枚, で英雄, で荷造り, にいくつ, のうち, の中, の安眠, の客, の感傷, の油断, の留守, の違い, の間, 思いがけないこと

▼ たったこと~ (16, 0.3%)

2 がわかった, でしょう, では 1 であろう, でしょうが, で中将, によって恋, に注意, は本当, もあった, もある, も云え, も目立つ

▼ たったこの~ (16, 0.3%)

2 岬だけ

1 [14件] 一つだ, 一つだけ, 一冊だけが, 一度だけ, 一日の, 一語です, 三人だけ, 二た, 二つきりの, 二つだけ, 二つだけの, 偶然によって, 日一日だけしか, 部屋だけが

▼ たったので~ (15, 0.3%)

1 [15件] そう答えました, とうとうまた, もうこの, 一同は, 世の, 元来父, 取りのけられたらしく今, 大王は, 子供を, 山岸少年は, 弟は, 形勢愈々, 手探りで, 案外に, 細君は

▼ たった一目~ (15, 0.3%)

1 [15件] お前等二人に, お逢いする, でも, でもいい, でも生涯, で十分感覚, で直, で胸, で関谷文三郎, で馬鹿馬鹿しい, 彼女を, 拝みさえ, 見ただけ, 見たばかり, 見た印象

▼ たったあれ~ (14, 0.2%)

2 だけのあいだ

1 [12件] くらいのこと, だけか, だけじゃ, だけでもなかなか, だけのこと, だけのひま, だけの事, だけの苦心, だけの調べ方, だけ動いた, っぽち, んぼっ

▼ たったとき~ (14, 0.2%)

1 [14件] だ, であった, でした, にそこ, には山, に急, に死体, の一万六千人, はっと思いついた, まずふたり, またまた船員, 何かの, 堪らなくなって, 突然大声

▼ たった三日~ (14, 0.2%)

2 のうち, の間 1 いたきり, か四日, しかない, たらずわたくし, だけで, であるが, でもと, のあいだ, の後, の辛抱

▼ たった二人きり~ (14, 0.2%)

1 [14件] でいたっ, でその, でわびしい, で一生, で二羽, で差し, で揺蕩, で歩い, で無人島同様, なん, な深夜, になる, の例, の生活

▼ たった二日~ (14, 0.2%)

3 の間 2 のうち 1 あけただけで, か三日, だけ子供たち, です四日, でぼくたち, でも三日, で書いた, の慰安旅行, 歩いたぐらいで

▼ たったかと~ (13, 0.2%)

4 思うころ 3 思うと 2 思われるほど 1 お思い, 思われたころ, 思われるころ, 見るま

▼ たったその~ (13, 0.2%)

3 日の 1 一事だけ, 一言だけ, 一言で, 事の, 仔猫を, 家一軒に, 思想を, 意気張りから, 霊妙の, 頃南方の

▼ たったまま~ (13, 0.2%)

1 [13件] いきなりいった, じゃない, そのうしろ姿, たずねました, でいる, ではいっ, で声, で宏子, となり, びくとも, シューベルトの, 泣いたり, 言った

▼ たった今日~ (13, 0.2%)

1 [13件] この租界, この言葉, では万事, でもどうか, でもまだ, でもやはり, でも人, どうしてなお, の午前十時頃, もいや, もぬかるみ, やっと自殺説, 初めて逢った

▼ たった~ (12, 0.2%)

5 一人で 1 ひとりな, 一人, 一人の, 一人ッ子の, 一方の, 八ツ無論, 糸さんの

▼ たった一人きり~ (12, 0.2%)

1 [12件] ありません, だった, であった, で不幸, で四方八方, で扉, で淋しい, になっ, になる, の娘, の従妹, の牢

▼ たった一遍~ (12, 0.2%)

2 しかない, 見た事 1 だ, だけで可, でご, です, でもいい, のエピソード, の出来事, 済んだ以上

▼ たったあと~ (11, 0.2%)

4 のこと 1 でつぎ, では出版, でもとき, でもひとりでにぞっと, にも姉, の大衆文学壇, はどう

▼ たった独り~ (11, 0.2%)

1 [11件] して, でこんなに, で二階, で島, で立っ, で街, にされた, の老母, は閉口, 寝るの, 残って

▼ たったでしょう~ (10, 0.2%)

71 かそうして, かふたたび, か中華料理屋

▼ たったところ~ (10, 0.2%)

2 である 1 で, でありそれ, でまた, で左衛門橋, にひねくれ, も東京, をもよく, を回顧

▼ たった一匹~ (10, 0.2%)

1 しかいなかった, しか簗, だけ, なの, のため, のルナ・アミーバー, の蚊, の蚤, 持って, 欲しい犬

▼ たった二度~ (10, 0.2%)

1 か三度, だが, だけ, だけであった, だけ会った, でそれ, なん, よ, 程しか顔, 観ただけ

▼ たった今しがた~ (10, 0.2%)

1 その鏡台, でございまする, ですよ, のこと, まで床, まで殺戮, 出ました, 怪しい屋敷, 恐ろしいほどの, 逃げまして

▼ たった~ (10, 0.2%)

4 る日 2 日の 1 る夜, る日サムナー博士, る晩, る朝

▼ たったいちど~ (9, 0.2%)

1 お逢いした, その登記所, だけうたわせる, だけきいた, だけ私, でよろしゅう, ほんの二, 思わず右手, 逢っただけ

▼ たったもの~ (9, 0.2%)

1 かとにかく相当, かやはりハッキリ, である, であろうと, でそれ, と知られた, らしい, らしかった, を新

▼ たった一回~ (9, 0.2%)

1 しかない, しか話, だけであった, だけでした, だけ来, だけ艇, の巡視, の謂, より勝負

▼ たった一杯~ (9, 0.2%)

2 の水 1 しかたべなかった, しか飲まなかった, だ, だけ, だけしか啜らない, のカストリ, 飲んだだけ

▼ たった一発~ (9, 0.2%)

1 ずつしか発砲, だけであった, でこれ, で何十万何百万, で尾栓, で打ち倒しました, と安い, の弾丸, の鉄砲

▼ たった一度きり~ (8, 0.1%)

1 あの人, ある, だ, でいい, でさ, です, の女, 逢って

▼ たった一羽~ (8, 0.1%)

2 だけ 1 だから, というもの, になり, の相手, の鶯, 黒い鳥

▼ たった二三日~ (8, 0.1%)

2 のうち 1 この鎌倉, じゃあ, で突ッつき, の中, まえじゃ, よ二三日

▼ たったって~ (7, 0.1%)

1 ありやしない, この醜態, 下男で, 元の, 幸福には, 無駄だろう, 馬鹿に

▼ たったであろう~ (7, 0.1%)

31 かけむり, かもともと, か突然, と思う

▼ たった~ (7, 0.1%)

2 ですよ 1 じゃありません, だが, だな, です, や

▼ たった一ぺん~ (7, 0.1%)

1 そのとき, だけ伸子, で腰, に人気, に土崩瓦解, 会った女, 聞いただけ

▼ たった一冊~ (7, 0.1%)

2 出て 1 か二冊, の創作集, の本, の雑誌, 残って

▼ たった一年~ (7, 0.1%)

1 しかたたない, だけ待っ, で手, で済む, にしかなりません, のあいだ, の縁

▼ たった三十円~ (7, 0.1%)

1 ぐらいです, だ, だったという, です, で嘆い, の月給, 新喜劇

▼ たった三年~ (7, 0.1%)

2 の間 1 にし, にしかならない, のあいだ, の月日, やそこら

▼ たった十分~ (7, 0.1%)

1 か二十分の間, か十五分, か十五分の, ぐらい会った, たった一つ, でできるでしょうか, ほどのあいだ

▼ たった半日~ (7, 0.1%)

1 で天下, で挙げた, に彼, のま, の中, の間, もしくは半夜

▼ たった~ (7, 0.1%)

1 がござった, が入っ, だろう, でもおじいさん, なら相手, の鋭さ, 男に

▼ たった後僕~ (7, 0.1%)

2 は僕 1 は何, は偶然, は土屋文明君, は従兄, は或

▼ たった時分~ (7, 0.1%)

3 でした 2 でしたが 1 だったでしょうか, の出来事

▼ たった百円~ (7, 0.1%)

2 だぞ 1 か, だ, ですからね, のこと, の汽車賃

▼ たったのに~ (6, 0.1%)

1 おかしいな, この大地, まださっき, やっぱり朝, オタキの, 早苗さんは

▼ たった一つ私~ (6, 0.1%)

1 の家内, の悪い, の注意, の耳, の言う, は忘却

▼ たった一行~ (6, 0.1%)

1 それだけ書け, にでも主君, の御返事, の真実, の間, を訳する

▼ たった一語~ (6, 0.1%)

1 この一語, で祭, に, にこめられ, の使いわけ, の意味

▼ たった一足~ (6, 0.1%)

1 しかない, だけ滑らないで歩けた, だけ足らぬ, だけ足りない, でも前, の将監橋

▼ たった三つ~ (6, 0.1%)

2 よりない 1 しかなかっ, である, になる, の違った

▼ たった二時間~ (6, 0.1%)

1 たらずの, だけの相手, だけ私, の交際, ほど鮎川, よ

▼ たった二週間~ (6, 0.1%)

1 しか経たなかった, たらずの, で立派, ばかりで, ばかりで行っ, ばかりの間

▼ たった十七~ (6, 0.1%)

1 だが, だけど, ですぜ, で腰抜け, の女の子, や八

▼ たった~ (6, 0.1%)

1 刻, 時間, 時間で, 時間の, 艇身の, 足盗んだ

▼ たったという~ (5, 0.1%)

1 ふうに, 気が, 秘蔵の, 老酒の, 風に

▼ たったのち~ (5, 0.1%)

1 にそれら, にはこの, には浮舟, に一人, のこと

▼ たったばかりの~ (5, 0.1%)

1 ところへ, 橋の, 赤ちゃんを, 赤子だった, 頃でした

▼ たったひと~ (5, 0.1%)

1 こまの, つき磯崎, 眼で, 眼彼女の, 言いいたいの

▼ たった一ヶ所~ (5, 0.1%)

1 だけしっかり, だけ済んだ, だけ見逃した, にアンダーライン, ピッタリ一致

▼ たった一人娘~ (5, 0.1%)

1 お通, でした, のお, のス, も連れず

▼ たった一個~ (5, 0.1%)

1 あるだけの, ですか, のマッチ, の指輪, 入って

▼ たった一口~ (5, 0.1%)

1 でいい, で済んじまう, で言える, に頬張り込ん, 云えば

▼ たった一台~ (5, 0.1%)

1 あり現場, しかない, になっ, の地底戦車, 残ったトラック

▼ たった一月~ (5, 0.1%)

1 のうち, の巡業, の間, 弱まりきった彼女, 御大礼

▼ たった一粒種~ (5, 0.1%)

1 だったこと, である, で御座いましたが, の女, の隆

▼ たった一組~ (5, 0.1%)

1 の夜着, の鎧, を選ぶ, 出て, 思いがけない知己

▼ たった三人きり~ (5, 0.1%)

2 取り残されて 1 だっていいやした, でお, でした

▼ たった二十~ (5, 0.1%)

1 か三十, ぐらいではない, しかなかっ, の救命艇, ばかりで

▼ たった二本~ (5, 0.1%)

1 だ, だけ, でした, ひょろひょろと, 今龍

▼ たった五分間~ (5, 0.1%)

1 でいい, でした, です, で五円, で終った

▼ たった~ (5, 0.1%)

3 になっ 1 出て, 見て

▼ たった六日~ (5, 0.1%)

2 だったな 1 しかたっ, でとんび, まえに

▼ たった十円~ (5, 0.1%)

2 ばかりの金 1 でうまく, ですが, では

▼ たった十分間~ (5, 0.1%)

1 で乗客全員, で宜しい, の機会, の講義, ほどの会見

▼ たった十日~ (5, 0.1%)

1 がこんなに, のうち, の日, ばかりの中, ほどわずろう

▼ たった~ (5, 0.1%)

1 その日, であった, とうとう叫び声, の心持, またも手紙

▼ たった~ (5, 0.1%)

1 であった, を上った, を図式, を指示, を歩い

▼ たったいっぺん~ (4, 0.1%)

1 だけ久恋, だけ師匠, でいい, どんな途方

▼ たったいま自分~ (4, 0.1%)

1 のいった, の首, をとりとめなくさせた, を痛めつけた

▼ たったとて~ (4, 0.1%)

1 いったい何時, 白いお, 白い御飯, 私が

▼ たったひとこと~ (4, 0.1%)

1 おっしゃって, でいい, 本当に出来たら, 申したまま

▼ たったふた~ (4, 0.1%)

1 いろの, こと, ことおっしゃった, ことが

▼ たった一ヵ所~ (4, 0.1%)

2 しかない 1 だけ焼物, のツツガ虫

▼ たった一人あと~ (4, 0.1%)

2 からやって来る, に残った

▼ たった一分~ (4, 0.1%)

1 しかかからない, じゃア法, で, のちがい

▼ たった一坪~ (4, 0.1%)

1 だから, ですよ, の土地, ほどのせまい

▼ たった一声~ (4, 0.1%)

1 したきり, であった, ですっと, でノド

▼ たった一字~ (4, 0.1%)

1 だが, の中, の動詞, 変えるだけ

▼ たった一時間~ (4, 0.1%)

1 だけ二十年後, のあいだ, ばかり母子, や二時間

▼ たった一片~ (4, 0.1%)

2 のパン 1 でいい, の布片

▼ たった一筋~ (4, 0.1%)

1 でそれ, まだ残っ, を取出し, 射して

▼ たった一週間~ (4, 0.1%)

1 しかいられなかった, でみつかっ, で建つ, ばかり前

▼ たった三十分~ (4, 0.1%)

1 かそこら, で元箱根, にちぢめ, ばかり前

▼ たった三時間~ (4, 0.1%)

1 か四時間, だったの, であった, なん

▼ たった三本~ (4, 0.1%)

1 しかなかっ, だけの巨大, だけ名, 祝うの

▼ たった二三時間~ (4, 0.1%)

1 しか猶予, というふう, のうち, ウトウトした

▼ たった二三行~ (4, 0.1%)

1 あったの, で書かれ, で簡単, の手紙

▼ たった二人っきり~ (4, 0.1%)

1 だって言う, でいずれ, でこの, の遊び相手

▼ たった二人切り~ (4, 0.1%)

1 で家倉, で散歩, の幸福, の親しい

▼ たった二分~ (4, 0.1%)

1 ぐらいのところ, しかたっ, だ, 残って

▼ たった二字~ (4, 0.1%)

1 ですが, にさえその, の形容詞, の色々

▼ たった二年~ (4, 0.1%)

1 しか生き, で捨てられ, の間, 程しか一緒

▼ たった五両~ (4, 0.1%)

1 で死ぬ, で逃出, の鼻グスリ, 奪って

▼ たった五六行~ (4, 0.1%)

1 ずつ書い, で始まるかと, で片, の文章

▼ たった五年~ (4, 0.1%)

1 しか経たない, たった十年, で, の歩み

▼ たった六人~ (4, 0.1%)

1 だけでした, だけ残される, でした, は今更

▼ たった十三~ (4, 0.1%)

1 しかなかっ, しか組織, にしかならない, になった

▼ たった十九~ (4, 0.1%)

1 で十五円, と言う, になった, のお

▼ たった半年~ (4, 0.1%)

1 か一年, か精, だ, 足らず遅かっ

▼ たった~ (4, 0.1%)

1 のこと, の午前, の午後十時, 遅い新聞

▼ たったいまここ~ (3, 0.1%)

1 から逃げだし, で, へまいった

▼ たったいま夢~ (3, 0.1%)

3 であるいた

▼ たったから~ (3, 0.1%)

1 です, ふすま, もう忘れ

▼ たったこの間~ (3, 0.1%)

1 まではみんな, まで目抜き, 撲らうかと

▼ たったころジョバンニ~ (3, 0.1%)

3 は拾った

▼ たったさっき~ (3, 0.1%)

2 までその 1 よあんな

▼ たったそれきり~ (3, 0.1%)

1 だろう, でいず, 少ないこと

▼ たったそれ丈~ (3, 0.1%)

1 け, けという, けの心遣い

▼ たった~ (3, 0.1%)

1 しろあの, 逢う, 過ぎなかった

▼ たったばかり~ (3, 0.1%)

1 だった直次, ですし, で失踪

▼ たったひと言~ (3, 0.1%)

1 だったけれど, でいい, 言って

▼ たったわけ~ (3, 0.1%)

1 でござる, でした, では

▼ たった一こと~ (3, 0.1%)

1 だけ, だった, 欠けて

▼ たった一つ子供~ (3, 0.1%)

1 の持ってる, の足跡, の遊び場

▼ たった一つ気~ (3, 0.1%)

3 の付いた

▼ たった一つ自分~ (3, 0.1%)

1 と同じ, に在る, のため

▼ たった一ぴき~ (3, 0.1%)

1 しか金魚, だけで, のこった牝牛

▼ たった一人ここ~ (3, 0.1%)

1 に居ります, に置い, へ足

▼ たった一人そこ~ (3, 0.1%)

1 に住ん, に取り残され, に立っ

▼ たった一分間~ (3, 0.1%)

1 だ, で見える, ほどが私

▼ たった一刻~ (3, 0.1%)

1 そこそこです, だ, で着い

▼ たった一学期~ (3, 0.1%)

1 の短い, の終り頃, やそこ

▼ たった一年間~ (3, 0.1%)

2 に何 1 だけ辛抱

▼ たった一握り~ (3, 0.1%)

2 の白い 1 の特権者たち

▼ たった一文~ (3, 0.1%)

3 に靴片方

▼ たった一歩~ (3, 0.1%)

1 のところ, を誰, 例えばまあ

▼ たった一滴~ (3, 0.1%)

1 だけ血, の涙, の硫酸

▼ たった一眼~ (3, 0.1%)

1 で人, チラリと, 見ただけ

▼ たった一突き~ (3, 0.1%)

1 だぜ, で清正, に刺し殺した

▼ たった一間~ (3, 0.1%)

1 しかない, しかない狭い, の中

▼ たった三円~ (3, 0.1%)

2 の資金 1 のお

▼ たった三軒~ (3, 0.1%)

1 ある家, しかなく, ほどのこった

▼ たった~ (3, 0.1%)

1 た言, た間, 打ち一人

▼ たった二つきり~ (3, 0.1%)

1 しか足りない, ないよ, になっ

▼ たった二人ぎり~ (3, 0.1%)

1 になった, になりました, 淋しいよう

▼ たった二円~ (3, 0.1%)

1 であった, の金, はいっ

▼ たった二回~ (3, 0.1%)

1 しかない, という同志, のお

▼ たった二月~ (3, 0.1%)

1 おそく生れた, の上旬, の十幾日

▼ たった二百円~ (3, 0.1%)

1 で済まし, の決定的, まけても

▼ たった二通~ (3, 0.1%)

1 しかなかっ, なのね, の手紙

▼ たった二銭~ (3, 0.1%)

1 がところで, しか無かっ, の出入

▼ たった五つ~ (3, 0.1%)

1 だあと三十一, の字, の幼児

▼ たった五円~ (3, 0.1%)

1 だけだった, でい, という社

▼ たった五十両~ (3, 0.1%)

2 で手 1 だとさ

▼ たった五十銭~ (3, 0.1%)

1 です, なん, の収入

▼ たった五千円~ (3, 0.1%)

1 で売り, の礼金, ばかりのもの

▼ たった今し方~ (3, 0.1%)

1 までも案じぬい, も申しました, 感づいたところ

▼ たった十人~ (3, 0.1%)

1 か十五人位, ぐらいで出陣, もい

▼ たった十年~ (3, 0.1%)

1 しかちがい, ですからね, ばかりのしかも

▼ たった半月~ (3, 0.1%)

1 かそこら, しか東京, ほどとは言い

▼ たった四人~ (3, 0.1%)

1 だけ拾おう, である, で備える

▼ たった四間~ (3, 0.1%)

1 の家, の小さな, の掘

▼ たった~ (3, 0.1%)

1 なる確信, 屋敷に, 都市の

▼ たった言葉~ (3, 0.1%)

1 である, でたしなめた, ばかりであった

▼ たったあの~ (2, 0.0%)

1 夕方治療に, 銀の

▼ たったいまし~ (2, 0.0%)

1 がたにらみ, がた命ぜられた

▼ たったいま手~ (2, 0.0%)

1 にかけ, をかけ

▼ たったいま目~ (2, 0.0%)

1 が覚め, が覚めた

▼ たったおまわりさん~ (2, 0.0%)

1 がさけび, がそこ

▼ たったきょう~ (2, 0.0%)

1 このシベリア, 顧みれば

▼ たったけれど~ (2, 0.0%)

1 ちっと都合, 作衛は

▼ たったけれども~ (2, 0.0%)

1 倉地は, 私は

▼ たったこれっきり~ (2, 0.0%)

1 だったの, なの

▼ たったころ先生~ (2, 0.0%)

1 はだしぬけ, はやっと

▼ たったすべて~ (2, 0.0%)

1 のこと, のもの

▼ たったそれっきり~ (2, 0.0%)

1 かと呶, ではねつけ

▼ たったっと~ (2, 0.0%)

1 綱に, 舷側へ

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 ようなる, 勝てっこない

▼ たったとき伸子~ (2, 0.0%)

1 がホテル, にたいして憤慨

▼ たったところで~ (2, 0.0%)

1 わるいこと, 顔を

▼ たったなら~ (2, 0.0%)

1 ば僕, ば早速

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 水銀色の, 立ったものの

▼ たったひとり女の子~ (2, 0.0%)

1 がまじっ, がベンチ

▼ たったひと晩~ (2, 0.0%)

1 いて, でいい

▼ たったひと目~ (2, 0.0%)

1 でも, 逢いたいけれど

▼ たったひと足~ (2, 0.0%)

1 で戸口, の違い

▼ たったふたり~ (2, 0.0%)

1 しかのこっ, でいる

▼ たったほんの~ (2, 0.0%)

1 一寸した, 賃銀さえ

▼ たったもう~ (2, 0.0%)

1 一ぺんおねがいです, 二週間しか

▼ たったわれわれ三人~ (2, 0.0%)

1 じゃ, では

▼ たった一そう~ (2, 0.0%)

1 おそなえつけ, で来た

▼ たった一つきみたち~ (2, 0.0%)

1 が見のがし, の手

▼ たった一つこれ~ (2, 0.0%)

1 だけは漁り続け, は確か

▼ たった一つそれ~ (2, 0.0%)

1 がきっかけ, はぐっすり

▼ たった一つわたし~ (2, 0.0%)

1 の洋室, の頼み

▼ たった一つ今~ (2, 0.0%)

1 でもハッキリ, も我々

▼ たった一つ手ぬかり~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ たった一つ灯~ (2, 0.0%)

1 がはいっ, が這入っ

▼ たった一グラム~ (2, 0.0%)

1 の水素, の酸素

▼ たった一ドル~ (2, 0.0%)

1 だと, で

▼ たった一人それ~ (2, 0.0%)

1 がすなわち, に反し

▼ たった一人京都~ (2, 0.0%)

2 に一人

▼ たった一人今~ (2, 0.0%)

1 の電燈明滅, も云った

▼ たった一人山~ (2, 0.0%)

1 の中, へ行っ

▼ たった一人岩~ (2, 0.0%)

1 の上, の壁

▼ たった一人彼女~ (2, 0.0%)

1 だけは米, を家

▼ たった一人日本人~ (2, 0.0%)

1 がいる, として寄宿

▼ たった一人横~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ たった一人芒~ (2, 0.0%)

1 のなか, のよう

▼ たった一人葉子~ (2, 0.0%)

1 だけを除い, にはしごき

▼ たった一人裁縫~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ たった一人野葡萄~ (2, 0.0%)

2 を喰

▼ たった一品~ (2, 0.0%)

1 でも自分, もありません

▼ たった一度わたくし~ (2, 0.0%)

1 は不思議, は父

▼ たった一度何~ (2, 0.0%)

1 くわぬ顔, に感じ

▼ たった一度接吻~ (2, 0.0%)

1 して, ということ

▼ たった一度私~ (2, 0.0%)

1 にお, の甥

▼ たった一撃~ (2, 0.0%)

1 で打ち割られ, で相手

▼ たった一方~ (2, 0.0%)

1 しか開い, に開いた

▼ たった一時~ (2, 0.0%)

1 でも善人, にしろ

▼ たった一時間前~ (2, 0.0%)

1 に行われた, まではあれ

▼ たった一朱~ (2, 0.0%)

1 だから, であった

▼ たった一株~ (2, 0.0%)

1 じゃぞ, で淋しい

▼ たった一疋~ (2, 0.0%)

1 で迷っ, の猟犬

▼ たった一種~ (2, 0.0%)

1 しか持っ, の蠅

▼ たった一箇所~ (2, 0.0%)

1 だけ, であります

▼ たった一粒~ (2, 0.0%)

1 のこった胚子, の丸薬

▼ たった一脚~ (2, 0.0%)

1 それに私, のいつも

▼ たった一足ちがい~ (2, 0.0%)

1 で, に嵐

▼ たった一部~ (2, 0.0%)

1 しかない, の写し

▼ たった一部屋~ (2, 0.0%)

1 の六畳, の城主

▼ たった一銭二厘~ (2, 0.0%)

1 しかありませんでした, じゃない

▼ たった七時間~ (2, 0.0%)

1 しかない, の持時間

▼ たった三スー~ (2, 0.0%)

2 しか持っ

▼ たった三十両~ (2, 0.0%)

1 の端, ばかりの借り

▼ たった三回~ (2, 0.0%)

1 で, にすぎなかった

▼ たった三尺~ (2, 0.0%)

1 という百万円, の盆栽

▼ たった三度~ (2, 0.0%)

1 しかクラム, しか会わなかっ

▼ たった三晩~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのこと, しか泊らない

▼ たった三月~ (2, 0.0%)

1 か半年, 足りないだけ

▼ たった三百~ (2, 0.0%)

1 のかた, 大銭

▼ たった三行~ (2, 0.0%)

1 と云う, ばかり

▼ たった三銭~ (2, 0.0%)

1 である, ですよ

▼ たった三間~ (2, 0.0%)

1 の家, の小さい

▼ たった二ツ~ (2, 0.0%)

1 ありましたよ, の足跡

▼ たった二ヶ月~ (2, 0.0%)

1 でフロウレンス, の

▼ たった二三分~ (2, 0.0%)

1 だった, で行ける

▼ たった二三寸~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ たった二人差向い~ (2, 0.0%)

1 で暮さなけれ, に坐った

▼ たった二人限り~ (2, 0.0%)

1 で散歩, 小さい食堂

▼ たった二個~ (2, 0.0%)

1 しか据えてない, なの

▼ たった二冊~ (2, 0.0%)

1 しかない, だけ入る

▼ たった二十万円~ (2, 0.0%)

1 かといいたい, で雑誌

▼ たった二十円~ (2, 0.0%)

1 のこと, の商品券

▼ たった二十歳~ (2, 0.0%)

1 でも二十二歳, の青年

▼ たった二室~ (2, 0.0%)

1 しかない, しか使っ

▼ たった二日間~ (2, 0.0%)

1 で一瀉千里, を私

▼ たった二条~ (2, 0.0%)

1 ある線路, か三条

▼ たった二枚~ (2, 0.0%)

1 しか葉, だけれども

▼ たった二畳~ (2, 0.0%)

1 である, とはいえ

▼ たった二畳敷~ (2, 0.0%)

1 の浪宅, の納戸

▼ たった二秒~ (2, 0.0%)

2 か三秒

▼ たった二行~ (2, 0.0%)

1 か三行, の文

▼ たった二言~ (2, 0.0%)

1 のこれ, の返事

▼ たった二軒~ (2, 0.0%)

1 しか残っ, だけです

▼ たった二週間前~ (2, 0.0%)

2 に日本

▼ たった二間~ (2, 0.0%)

1 しかなく, の汚

▼ たった五六人~ (2, 0.0%)

1 くらいしかありません, しか見えん

▼ たった五十円~ (2, 0.0%)

1 の金, よ五百坪

▼ たった五千六百万キロ~ (2, 0.0%)

1 だと, である

▼ たった五百騎~ (2, 0.0%)

1 で秀吉, を連れ

▼ たった五里~ (2, 0.0%)

1 か七里, もう里

▼ たった八人~ (2, 0.0%)

1 の彼等, の技術者

▼ たった八頁~ (2, 0.0%)

1 だけれど, の新聞

▼ たった六年目~ (2, 0.0%)

1 で日本人, のバラック都市

▼ たった六年間~ (2, 0.0%)

1 で, でアベコベ

▼ たった六行~ (2, 0.0%)

2 の記事

▼ たった十五円~ (2, 0.0%)

1 で私, ばかりのコート

▼ たった十五分~ (2, 0.0%)

1 だけ白鳥, 程しか経っ

▼ たった十六~ (2, 0.0%)

1 になる, の田舎

▼ たった十六万~ (2, 0.0%)

1 ぬすむの, ぬすむ同じ

▼ たった十四~ (2, 0.0%)

1 ですが, で四千人

▼ たった十年前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の昔日

▼ たった十幾年~ (2, 0.0%)

2 経た今日

▼ たった十日間~ (2, 0.0%)

1 でエンゼル家, のうち

▼ たった十種~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの植物, の植物

▼ たった十銭~ (2, 0.0%)

1 で唄, の賃銭

▼ たった千円~ (2, 0.0%)

1 ですか, 盗んだ

▼ たった四十円~ (2, 0.0%)

1 しか全, の金

▼ たった四十分間~ (2, 0.0%)

1 に人, に隠し場所

▼ たった四日前~ (2, 0.0%)

1 あの明神, の一番

▼ たった四日間~ (2, 0.0%)

1 だった, 病んだきり

▼ たった場所~ (2, 0.0%)

1 であるからと, はさらに

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 で云った, で投げだす

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 のはじめ, の朝

▼ たった夕方~ (2, 0.0%)

1 ちかくだった, 遅くまで

▼ たった~ (2, 0.0%)

2 一時間それが

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 に七百頭, の秋

▼ たった後保吉~ (2, 0.0%)

1 はまた, は汽車

▼ たった後僕等~ (2, 0.0%)

1 はもう, はやはり

▼ たった後玄鶴~ (2, 0.0%)

1 はいつか, は家族たち

▼ たった栄三郎~ (2, 0.0%)

1 が泰軒, こうなった

▼ たった気持~ (2, 0.0%)

1 だった, だったのに

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 をもらっ, を甕

▼ たった独りぼっち~ (2, 0.0%)

1 で泣い, の自分

▼ たった由来~ (2, 0.0%)

1 を研究, を諒解

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 の道, へもどっ

▼ たった百分の一秒~ (2, 0.0%)

1 とか百分の二秒, の程度

▼ たった私一人~ (2, 0.0%)

1 だけな, だった

▼ たった~ (2, 0.0%)

1 七番て, 二的性質で

▼ たった経路~ (2, 0.0%)

1 がほぼ, はすべて過去

▼ たった近ごろ~ (2, 0.0%)

1 になっ, また同じ

▼ たった通信~ (2, 0.0%)

1 なわ, なわの

▼1* [1444件]

たった〇・六秒しかかかってない, たったばらの, たったあと二人は二階, たったあと次郎からの報告, たったあと浴衣で夜会巻, たったいちどちらと顔, たったいちど夫のところ, たったいちど自動車に乗せ, たったいっぺんふるさとの国, たったいっぺん南地花月北の新地花月, たったいっぺん国芳師匠のところ, たったいまあくびをした, たったいまお松の言った, たったいまからだがあいた, たったいまそこを出, たったいまそちらへお, たったいまもとどおりになっ, たったいまわたしたちのぐるり, たったいまラジオで聞い, たったいま一の鳥居, たったいま一挺の駕籠, たったいま一軒隣の芋屋, たったいま両替したばっかりの, たったいま九十九円七十五銭という小切手, たったいま人を殺し, たったいま仕込み立てのホヤホヤ, たったいま伸子はしみじみ, たったいま何者かに投げられ, たったいま便所の隣, たったいま六波羅の御, たったいま刑場のなか, たったいま十人ほどのお, たったいま十年旧恩の親, たったいま南京街のキールン・ホテル, たったいま喬さまのお, たったいま奉行所から帰っ, たったいま女中の点し, たったいま妙な男, たったいま姿を消し, たったいま尺八を吹いた, たったいま山崎から説明, たったいま己の頬, たったいま師直方から最後, たったいま帰還して, たったいま常盤御前のお, たったいま強盗が押入り, たったいま彼女にかけ, たったいま御不浄から出, たったいま情報部から聞いた, たったいま懺悔によって罪, たったいま投函したばかりの, たったいま教ったばかりの, たったいま敵国の使臣斎藤下野, たったいま朝飯を済ました, たったいま植物採集の旅, たったいま正成から, たったいま江戸からかけつけ, たったいま泣き声出して, たったいま海から上っ, たったいま無理やりに起こされた, たったいま爆撃せられたらしく火薬, たったいま爺さんの入金, たったいま癇にさわった, たったいま眼に見, たったいま突発した事件, たったいま結氷から解けた, たったいま縁切りだ出て, たったいま耳にした, たったいま耳食の昔話, たったいま膃肭獣がいた, たったいま解式が分かりました, たったいま証明せられたごとく, たったいま調印交換をすました, たったいま調室からかえされた, たったいま責任を以て教え, たったいま踏台となった, たったいま退出して, たったいま遁れて, たったいま銅の札, たったいま降誕したばかりの, たったいま電燈のスイッチ, たったいま電車が通過, たったいま風呂にはいる, たったおかみさんにいいました, たったお前三十五銭の板一枚, たったお嬢さんと二人, たったお客たちの視線, たったお母さんと私, たったかが段々に, たったかしらないが, たったかしれませんがふと, たったかたのただ, たったかという事を, たったかな十七文字の, たったかの観が, たったかは忘れたが, たったからってお互いに, たったかれは十六歳, たったきのうのこと, たったきのう一日だけで, たったきょう伸子の心, たったきよからは着く, たったきりですぜ, たったくまは一声, たったこいだけだ, たったことひと通りでは, たったこのごろでは恭一, たったこのごろ伸子とナターシャ, たったこの間伸子がそこ, たったこの間妾と云う, たったこれんばかりの白い, たったこれ一度だけのよう, たったこれ丈けのこと, たったころあとから歩い, たったころこんどはおなじ, たったころどこに本船, たったころアンナ・リヴォーヴナの声, たったころ一つ木の兵営, たったころ俊亮の声, たったころ入り口のドア, たったころ我々はふたたび, たったころ板の間にころがっ, たったころ横溝正史君の家, たったころ洞窟のはるか, たったころ潜航艇はみさき, たったころ船は私, たったころ西洋館の百メートル, たったころ見物席に恐ろしい, たったころ陸上の人々, たったこんにち, たったさきへ行っ, たったさっき正体を見せ, たったさっき知らせがあった, たったしばしの間, たったすきに乗じ, たったすこし前まで, たったせいですか, たったそうだよ, たったそこまでやない, たったそこ一軒だけから返事, たったそれぎりであった, たったそれっきりあんたもあたし, たったそれひとつでございます, たったそれ一つだけで, たったそれ程の事, たったたった八千ルーブルより, たったために全, たったためしはない, たっただけで彼女, たったちょうどお盆の, たったつめたい朝でした, たったとかあるいは天狗, たったときこんどはまっ, たったときてぐす飼いの, たったときフロムゴリド教授が伸子, たったとき僧服のよう, たったとき彼女の, たったとき念入りなごまのはい, たったとき折よく強制疎開, たったとき泰造はふと, たったとき玄関のベル, たったとき真実はその, たったとたんにわが家の, たったとは思われぬなまなましい, たったとも知れないまた, たったどき新しく君たち人類, たったにもかかわらず歸, たったのち僕は白柳秀湖氏, たったのぼせる様な, たったィと, たったひとことあなたに申し上げたい, たったひとこと不憫なやつ, たったひとつあなたには聴い, たったひとつきりそれは, たったひとつ今松は知っ, たったひとつ佐伯氏にたずねたい, たったひとつ効能のある, たったひとつ動きのとれない, たったひとつ妾宅なしで, たったひとつ存在して, たったひとつ平野少年のまわり, たったひとつ方法がある, たったひとつ玩具の小さな, たったひとつ禁句がある, たったひとつ笠森おせんの情, たったひとつ芥子粒ほどのプライド, たったひとつ難がある, たったひとりあとに森, たったひとりいまやったところ, たったひとりお前みたいな馬鹿, たったひとりきり人々の群れ, たったひとりごく静かに, たったひとりばあやが木, たったひとりアドバルーンのごまかし, たったひとりズカズカと入っ, たったひとりトボトボ歩いて, たったひとり仁太がつい, たったひとり児の英雄青年レミンカイネン, たったひとり命を全う, たったひとり唐辛のみは最初, たったひとり年とったラップランド, たったひとり応接室に居残った, たったひとり有明のあんどん, たったひとり本校の大, たったひとり物置きの, たったひとり笑いもしない, たったひとり罪もとがもない, たったひとり記憶して, たったひとり食事を済す, たったひと口なめさせたいと, たったひと声でいい, たったひと声京姫は悲鳴, たったひと掴みほどの雲, たったひと月村の学校, たったひと組だけ採る, たったふたりおれの方, たったふたりきりで水の上, たったふたりっきりだ, たったのお, たったほどこの一角, たったぼろぼろにやぶれた, たったまっ黒な怪物, たったままあたりをながめ, たったままあんぽんたんを見, たったまま変装の川上機関大尉, たったまま小ゆるぎさえ, たったまま微かにふるえ, たったまま微動だに, たったまま書道を教え, たったまま眼を閉じ, たったまま身動きもしない, たったまま釣を邪げ, たったまま銀座はじまって, たったまる一年へ, たったまんま篤は, たったもんだ, たったやじうまたちを押し分け, たったやつは瘠せ, たったよれよれの浴衣一枚, たったらしくどうやらハッキリ遠方, たったわが国未曽有, たったわずかのところ, たったわたしは丁寧, たったんでねこの町, たったエセックスであっても, たったカピとわたし, たったカピ一人だけだった, たったカメリヤや胡蝶一箱, たったナイフ一ツで百九十万円, たったポリニャークの反対側, たったモレロが低く, たった一かんくれえ, たった一ことお話すれば, たった一こと一つのまなざし, たった一こまもとれ, たった一しずくやけそう, たった一すじの化粧回し, たった一つあたしに分らない, たった一つあたり前でないもの, たった一ついっぱいに拡がった, たった一ついやなこと, たった一つおれたちより強い, たった一つお尋ね致します, たった一つお願いがある, たった一つかざりつけをしてない, たった一つきりしか鳴らない, たった一つきれいなもの, たった一つぎりですよ, たった一つそこには見いだされる, たった一つだんなの悪い, たった一つっきりあみを持ってない, たった一つとんでもねえ立派, たった一つぶそっと誰, たった一つへやのすみ, たった一つシロコイエの連中, たった一つディヴァンがある, たった一つドンナお金持ち, たった一つネタが残っ, たった一つフランスに負け, たった一つベッドには白い, たった一つママの愛情, たった一つメグやジョウ, たった一つモオゼのピストル, たった一つ一ト握りの砂, たった一つ丈お願いがある, たった一つ上だとて, たった一つ上伊那郡小野村の年中行事篇, たった一つ不安と言え, たった一つ中がから, たった一つ五十年後になっ, たった一つ五燭の街燈, たった一つ人に話し, たった一つ人穴城へぬける, たった一つ代々伝わる家宝, たった一つ位い此, たった一つ位代表作として展覧, たった一つ何かしら分らない, たった一つ使い歩きだけで, たった一つ例外がある, たった一つ僕のこんど, たった一つ先の尖った, たった一つ共通点がある, たった一つ冷汗三斗の生涯, たった一つ別な人間, たった一つ前回に掲げた, たった一つ厳然としてある, たった一つ和歌を作った, たった一つ喜界島の昔話集, たった一つ嘘がございました, たった一つ地上に承った, たった一つ壁の高い, たった一つ大事な情愛, たった一つ天を拝, たった一つ妙な箱, たった一つ娑婆へ悪い, たった一つ婚約の指輪, たった一つ実を結んだ, たった一つ将軍家光の寝所, たった一つ岡崎十次郎を案内, たった一つ工夫がある, たった一つ己に望み, たった一つ帯揚の無い, たった一つ廊下に通ずる, たった一つ弦之丞, たった一つ当家のお嬢様, たった一つ彼に残された, たった一つ彼女の事, たった一つ彼笠森仙太郎にも支配, たった一つ彼等の眼, たった一つ往来に面した, たった一つ微かにともっ, たった一つ扉に機械的装置, たった一つ文庫蔵が残された, たった一つ時間をのばす, たった一つ曾ての夫喜田川三郎氏, たった一つ最後の最も, たった一つ柳橋まで持運ぶ, たった一つ梨と朝日, たった一つ欠所がある, たった一つ欠点があれ, たった一つ武蔵にとって有利, たった一つ残念だったの, たった一つ殿様の本当, たった一つ毛沼博士の変死事件, たった一つ消し残された行燈, たった一つ清潔な教育, たった一つ無作法なの, たった一つ父の遺物, たった一つ生活であったよう, たった一つ目当てにし, たった一つ相打になる, たった一つ真情です, たった一つ真理らしく思われたの, たった一つ眼だけ笑っ, たった一つ瞬きもせず, たった一つ石榴の実は, たった一つ籐椅子から一間, たった一つ粗末な木造, たった一つ紅の色, たった一つ紛失したの, たった一つ結節が残され, たった一つ絵図面にあった, たった一つ膳を控え, たった一つ自慢できること, たった一つ芥子粒ほどのプライド, たった一つ茶色のシミ, たった一つ蒲公英が咲い, たった一つ蕾を開い, たった一つ褪朱色の火星, たった一つ襖を開け, たった一つ道場のお嬢様萩乃, たった一つ違いの年上, たった一つ金五郎さんに逢いたい, たった一つ鍍金しながら, たった一つ鎗の鞘, たった一つ難にし, たった一つ電気の初期, たった一つ電灯のつい, たった一つ電話という武器, たった一つ非常な難点, たった一つ頭に泛ん, たった一つ駅夫のもっ, たった一ぺんきりさ, たった一ぺんきりそれを見, たった一ぺんこないだの晩, たった一ぺん顔を出した, たった一カ年しかおりませんでした, たった一カ所でしかも, たった一カ所ウソがある, たった一ツ時代を超越, たった一ツ法がのこっ, たった一ツ確かなこと, たった一ト足出て, たった一ヵ所例外がある, たった一ヵ所窓のよう, たった一ヵ月或は二ヵ月, たった一ヵ月未満だった, たった一ヵ月足らずのうち, たった一ヶ所ドブ釣りのできる, たった一ヶ所後ろから左肩胛骨, たった一ヶ所頭の悪い, たった一ヶ月足らずでたちまち, たった一ヶ月間でも後嗣, たった一丁場だが, たった一万七千円かの小切手, たった一万円のため, たった一両もございません, たった一九二八年五月ごろ書き終えられた, たった一事君に言っ, たった一二分でこう, たった一二時間は仕事, たった一人あなただけを尊敬, たった一人いろりに火, たった一人おとうさんを出し, たった一人お前の枕許, たった一人お答えをしない, たった一人しょんぼりとよりかかっ, たった一人っきりお父さんが帰っちゃったでしょう, たった一人どこというあて, たった一人ぽっちになっ, たった一人まじめで勉強家, たった一人むき出しの生活, たった一人アラビヤの言葉, たった一人アリョーシャというロシア, たった一人ウイスキーに酔った, たった一人オシャベリ姫というお姫さま, たった一人クラスを乱す, たった一人タバコをすわない, たった一人チャキチャキの江戸っ子, たった一人ッ切りでいた, たった一人ハマ子というちょッ, たった一人パリへ捨て, たった一人ピストルを今, たった一人ベンチに腰, たった一人一所懸命にやっ, たった一人七兵衛が笠, たった一人上にいる, たった一人上野の森, たった一人下宿して, たった一人世の中に放り出され, たった一人主人の弟, たった一人事件の落着, たった一人二時の汽車, たった一人五郎さんは, たった一人仇打ちの途, たった一人今日まで残っ, たった一人他には誰, たった一人伽藍堂のわが家, たった一人位であと, たった一人何か削り, たった一人佗しく住んで, たった一人余に背中, たった一人信者でない人, たった一人側に置かれ, たった一人兄貴をワクワク, たった一人切りの時, たった一人列を離れ, たった一人列車に落ち付い, たった一人助けにき, たった一人午過ぎの工事場, たった一人去勢術の名人, たった一人及第したという, たった一人反対の赤坂行, たった一人取りのこされ, たった一人口で下, たった一人召使っている, たった一人四円だか, たった一人埃っぽい絵看板, たった一人墓の前, たった一人夜と共に強く, たった一人夢の生活, たった一人大半は映画, たった一人大道ぐらしを続け, たった一人女房のお, たった一人妙な事, たった一人姫君だけが奈良, たった一人孤島に上陸, たった一人安川国松だけが明智, たった一人宗任をお供, たった一人家を出, たった一人寄席へ行っ, たった一人小むすめ, たった一人小使いをし, たった一人小栗桂三郎の自殺説, たった一人山畠の桑, たった一人山道八丁を大平, たった一人岩根村の勘太夫, たった一人幅二十ヤードもある, たった一人年老ったお, たった一人庵主の若い, たった一人彼の若い, たった一人後に取り残し, たった一人御新造がいらっしゃる, たった一人悪夢に襲われる, たった一人戦争もできなかった, たった一人所在なさげ, たった一人手に黒革, たった一人掠奪団にとってはもっ, たった一人断々乎として反対, たった一人末娘のミヤ子, たった一人材木小屋にい, たった一人東京であんなに, たった一人正直に云っ, たった一人気ぬけが, たった一人江戸で生れ, たった一人法師で寝, たった一人浴衣に経木帽, たった一人海水帽をかぶった, たった一人混った自分, たった一人源氏に対して深い, たった一人漁船に救い上げられ, たった一人火の手にあおられ, たった一人火鉢の前, たった一人烏帽子岳の深林地帯, たった一人煖炉の横, たった一人献立が別, たった一人男と云う, たった一人男の子を連れた, たった一人町女房らしいもの, たった一人留守番にし, たった一人番をし, たった一人異教徒席に座っ, たった一人畳の上, たった一人皿洗いして, たった一人真青な顔, たった一人眼をさまし, たった一人矢崎が事務, たった一人碁盤に向っ, たった一人神社の石段, たった一人私たち二人きりの感じ, たった一人空家同然の家, たった一人窓からそ, たった一人立山様に参る, たった一人約束守って, たった一人紫色の仕事着, たった一人縁側に居のこった, たった一人置去りにされた, たった一人美人と言っ, たった一人腕組みをし, たった一人自分だけ姓, たった一人自宅で待っ, たった一人自殺説を固執, たった一人艫の欄干, たった一人茫然と卓, たった一人落のびて, たった一人蝋燭の光, たった一人蟹のため, たった一人貧乏鬮抽いたの, たった一人赤んぼうのケート, たった一人跡に残っ, たった一人路地の外, たった一人蹲まって, たった一人身の僕, たった一人逃げ後れた娘, たった一人逗子の海風, たった一人選みだしたの, たった一人郵便配達夫がくる, たった一人野らに居た, たった一人鉄瓶のたぎり, たった一人銀座出版の升金編輯局長, たった一人陽炎の中, たった一人隅の方, たった一人静かに歩い, たった一人面を出し, たった一人頭の禿, たった一人飯田町駅から列車, たった一人馬に跳び乗る, たった一人馬翁と一緒, たった一人馴染みの安, たった一人髪をてかてか, たった一人麻川氏が居た, たった一体幕末の頃江戸伝馬町四丁目, たった一俵しかなかっ, たった一個所だと, たった一個所以前の乳母, たった一八九七年である, たった一円の包み, たった一円八十銭しか持っ, たった一刀でしかも, たった一匹保存標本として存在, たった一匹巣に止まっ, たった一匹標本的に棲息, たった一升だけ貧乏徳利, たった一升位気ままに自分, たった一台交通規則を無視, たった一台米国から取り寄せた, たった一右衞門違いで五右衞門, たった一合を許した, たった一合名もなき, たった一吋の相違, たった一喝でこう, たった一回きりでそれ, たった一回カツラというもの, たった一夏でも雷, たった一夜代演のこの, たった一太刀だった, たった一寸ばかりフトコロ, たった一寸五分程ゆれた, たった一封度か二封度, たった一小節も作曲, たった一年それは華々しく, たった一年ほか生きなかった子, たった一年余りで彼女, たった一年前から死んだ, たった一年前記者があらゆる, たった一年半で, たった一年父が南, たった一度お松がある, たった一度かわいそうな女, たった一度きり御礼を申しあげた, たった一度しんみり話さえ出来るなら, たった一度それもほんの, たった一度それ極道長屋の鉄, たった一度っきりでそれ, たった一度なにくわぬ顔, たった一度ゴンサカという所, たった一度シノブにつれられ, たった一度シバの女王, たった一度シャッターがきられた, たった一度一しょにシネマ, たった一度一人の人間, たった一度二十六年秋に講和, たった一度二日間の祇園祭, たった一度二月ばかりかかっ, たった一度人が彼, たった一度今から一, たった一度位にらみ合いを, たった一度切りなん, たった一度別れの握手, たった一度千世子はフット, たった一度博士とあった, たった一度去年の春, たった一度双方の白刃, たった一度呉霊壁のあまり, たった一度団体マラソン競走というの, たった一度場末の芸者, たった一度墓詣りという, たった一度変なこと, たった一度夏にきた, たった一度大庭景親の兄景義, たった一度女の手紙, たった一度妻はこれ, たった一度実演するだけの, たった一度客すじから招かれ, たった一度応天門の焼址, たった一度悪事をする, たった一度我軍のタンク, たった一度手に取られた, たった一度文晃の門, たった一度文藝春秋誌の何とか, たった一度早瀬さんのこと, たった一度昼飯後の散歩, たった一度生命とはつり, たった一度由良が体, たった一度盛り場へ行く, たった一度眼も醒める, たった一度紙幣偽造君を怒鳴りつけた, たった一度裏庭でかすか, たった一度見物に行った, たった一度話をした, たった一度談話筆記に来た, たった一度足を踏, たった一度身につけた, たった一度金釘流で六尺あまり, たった一度顔出しをした, たった一度食事をする, たった一所焚き残して, たった一打ちにお, たった一打ち手間暇はいらぬ, たった一揆はなかなか, たった一日一人でいっ, たった一日下手の思案, たった一日俺もグッ, たった一日前のこと, たった一日半夜で宮路山, たった一日庶民生活の中, たった一日恋人だったの, たった一日経過しただけ, たった一日行た切, たった一時間五十五分で行かれる, たった一晩それだけを手がら顔, たった一晩一緒に睡った, たった一晩名残を惜しませ, たった一晩島原で遊んだ, たった一曲で現代イタリー歌劇界, たった一月お世話になった, たった一月前には思う, たった一服で治っ, たった一期間の前, たった一本いくらかは精, たった一本きりでこれから, たった一本テーブルのうえ, たった一本不思議に取り残された, たった一本位出して, たった一本手紙で葛岡, たった一本根を痛められた, たった一本突立って, たった一本竹垣の近く, たった一本鐘巻自斎, たった一条で好い, たった一枚フロック・コオトに勲章, たった一枚三十銭で新, たった一枚両面のレコード, たった一枚他にはどこ, たった一枚壁にかかった, たった一枚幕が残っ, たった一枚彼女の生涯, たった一枚暗号のホゴ, たった一枚梢に残っ, たった一枚物であること, たった一枚真赤な楕円形, たった一枚肉筆の短冊, たった一株峰から押し流された, たった一泊しただけの, たった一点赤い自分, たった一点ひろ子の小説, たった一町だけで, たった一畝残したきり, たった一番だけの距離, たった一番それ以外は舞いません, たった一番ちがいで五九六二〇番, たった一番目でそれ, たった一皿でそれ, たった一目妹を見たい, たった一目弟の顔, たった一目後生だ, たった一目私の恋人, たった一瞬間に看, たった一矢で露, たった一秒まえである, たった一種類しかない, たった一章を, たった一筋空へ上る, たった一箇二銭か三銭, たった一箇所曖昧なところ, たった一箇所犯罪事件に関してはまったく, たった一箇所雑草も生え, たった一箇所Miの音, たった一篇の随筆, たった一粒身に着い, たった一缶とは不都合, たった一羽どこからともなく, たった一羽中洲の方, たった一羽佇ずんで, たった一羽梅花を渡るう, たった一腰しか出品, たった一膳で口, たった一艘の船, たった一艘入港する外国帰り, たった一葉であと, たった一言これは南半球, たった一言それを折竹, たった一言ナムアムダブツそう称え, たった一言二言であれ, たった一言先きに, たった一言其間へ加え, たった一言唇を開け, たった一言彼れの, たった一言彼女と語った, たった一言心の中, たった一言情ある言葉, たった一言私は自分, たった一言自分の耳, たった一言誰が来, たった一言警告を発し, たった一足先へとびおりた, たった一足先廻りをし, たった一足違いでねえ君, たった一軒きりきゃねえその玉ころ, たった一軒それに近い, たった一軒兵隊さんになら, たった一軒家には夜, たった一軒硝子戸を入れ, たった一軒確かに私, たった一軒雪に埋もれ, たった一軒静かな旅館, たった一軒飯屋兼帯の泊まり宿, たった一輪火のよう, たった一輪石竹の花, たった一週間別っこ, たった一週間前に買っ, たった一遍きりしか通った, たった一遍一生涯忘れられないほどの, たった一遍親だと, たった一遍話材にした, たった一部分の都合, たった一部分丈けでも, たった一部屋限りの食堂, たった一銭どこかの家, たった一銭一厘強にしかならぬ, たった一間っきりの家, たった一隻あるん, たった一頁だけ読ん, たった七つの小さい, たった七ヵ月ぐらいのもん, たった七丁だね, たった七人だった, たった七十一時間で飛び渡った, たった七十一頁の小, たった七十俵五人扶持しきゃ貰って, たった七十銭にこの, たった七哩しか前進, たった七年前に死んだ, たった七日の間, たった七百両に減らす, たった七百円ぐらいに五十三円, たった七語の錯列, たった七足か十足, たった三つそれも飛び飛び, たった三まわり輪になった, たった三ツ年長である, たった三ルーブルでもあった, たった三ヵ月少しよ, たった三ヶ月分ですか, たった三ヶ月前に私, たった三万円で手, たった三両の小判, たった三五年八月二十二日調査会は東北振興, たった三人よそ目にはサ, たった三人五徳の脚, たった三人切りでこんな, たった三人千世子のごく, たった三人四人しかピオニェール, たった三人毎夜寝て, たった三代目祐経の方, たった三冊の書物, たった三分でした, たった三分間でかき消すよう, たった三匹しかいず, たった三十元お出しなさい, たった三十センチの筒, たった三十五万石だ私, たった三十八歳で死にました, たった三十六スーしかもらえなかった, たった三十分のあいだ知って, たった三十分の間に資性穎悟, たった三十分前に船医, たった三十分汀をぶらつく, たった三十四字のもの, たった三十回自動車へ乗せた, たった三十間堀に面し, たった三千ルーブルだけおれ, たった三千円しか用意, たった三千四百円でしたよ, たった三升ほどの米, たった三口で干し, たった三名だった, たった三四人しかいない, たった三四十年前ですけれども, たった三四尺の流れ, たった三四日で飯田町, たった三四箇月で駄目, たった三夜で書きあげた, たった三年りゅう宮にいた, たった三日ロンドンにいただけよ, たった三日間の出来事, たった三杯か四杯, たった三枚と云った, たった三歳だからね, たった三町ばかりの間, たった三町場ぐれえ, たった三百メートルしかない, たった三百万円です, たった三百両が残り惜しくっ, たった三百円の本, たった三百年にしかなりません, たった三穂だけの稲, たった三粒ありました, たった三羽だけ, たった三軒切りないの, たった三週間で完成, たった三里くらいの彼方, たった三里行きさえすれ, たった三階しかなく, たった世馴れた人が, たった地方に, たった主人公である, たった乙女二人だけであった, たった九ノットの速力, たった九十五カペイキお買いなさい, たった九十仙だった, たった九本しか見つかりませんでした, たった九百円か, たったを深く, たった二ぜんずつ食った, たった二つほか年の違わない, たった二へん高座から喇叭, たった二セントか三セント, たった二ドル位で電話, たった二レースだが, たった二ヵ月でした, たった二ヵ月足らずを二人, たった二三丁であるが, たった二三人の人物, たった二三十分しかたっ, たった二三十秒の間, たった二三字でも読んだ, たった二三年の狂い, たった二三時間二三枚の紙, たった二三本の納豆, たった二三枚だけ書いた, たった二三枚封入するの, たった二三歩のところ, たった二三発撃ったくらい, たった二三週間です, たった二三間の距離, たった二串だと, たった二人ぎりになった健三は見馴れない, たった二人位であれ, たった二人囲炉裏を挟ん, たった二人姉妹ではあった, たった二人戸にも障子, たった二人散歩に出る, たった二人暮しだったの, たった二人曠野の真中, たった二人染五郎とお, たった二人相対しました, たった二人自分達丈が歩い, たった二人荷物を間, たった二人親類からも友達, たった二人酒を汲みかわし, たった二人限だったら, たった二人限散歩する約束, たった二冊ポケット型のポー, たった二冬の経験, たった二分間ほどだった, たった二匹ぼっちの鳩, たった二十ことにもみたない, たった二十カペイキで買う, たった二十キロしかない, たった二十七歳で死んだ, たった二十万人だ, たった二十世紀で自身, たった二十九年足かけ三十年ばかりの昔, たった二十二フラン足りないだけ, たった二十二ルーブリしか掛けてない, たった二十二枚ですけれども, たった二十五トンか三十トン, たった二十五文で買っ, たった二十五歳だ捨てろ捨てろと, たった二十五銭しかやりゃしない, たった二十人が岩, たった二十余年ぎりである, たった二十倍の尺度, たった二十八貫になった, たった二十八騎です, たった二十分の間にサイラス, たった二十分間で決議, たった二十四銭の一種, たった二十年位の間, たった二十日ばかりで, たった二十枚の走り書, たった二十燭のあかり, たった二十秒間ほどしかきこえませんでした, たった二千ルーブリに負けとく, たった二千五百浬でもう, たった二千六百余年の昔, たった二千円しかもらわなかった, たった二千金か, たった二口さ, たった二台しかありませんでした, たった二合ずつ買い, たった二品か三品, たった二回きりのバス, たった二宿の道程, たった二寸の鏡, たった二幕の短, たった二年前と思えない, たった二度きりですが, たった二度わたしの年老いた, たった二度乗合自動車が通る, たった二度御飯を一緒, たった二度目に会った, たった二斗の酒, たった二日ちがいである, たった二日っきりか傍, たった二日三日口説いて, たった二日目だと, たった二時間半で二百五十円とり, たった二月許りで自分, たった二枚万年筆の達筆, たった二枚財布の底, たった二棟のウチ, たった二機だけであった, たった二歩じゃあしょうが, たった二点の油, たった二百万円じゃお話, たった二百二十五円しか入っ, たった二百六十字しかありません, たった二百字の暗号文, たった二百年も過ぎれ, たった二百年前の同じ, たった二皿だけか, たった二種類しかない, たった二筋だから, たった二箱で大抵, たった二組ずつのため, たった二羽でさまよい歩く, たった二艘の舟, たった二言三言ばかりで, たった二輪だけ款冬, たった二週間めに鉄工労働者, たった二針縫って, たった二隻の舟, たった二騎に口取, たっただ, たった五くしのこっ, たった五ツと云う, たった五両わけがあっ, たった五人では, たった五六坪ほどの池, たった五六度呼ばれたお客, たった五六本ほかなくそれ, たった五六町の広っぱ, たった五六間あたりにはきれい, たった五分だ, たった五分前までは生き, たった五匹ですのよ, たった五十五円しか大学, たった五十五歳だ, たった五十人だけ選ばれる, たった五十円だい四五年みっちり働け, たった五十年の間, たった五十歳でそんな, たった五千メートルの距離, たった五名の同勢, たった五噸の爆弾, たった五尺二寸の小男, たった五年前の昔, たった五年目六年目でもう, たった五日笑っただけ, たった五日漬って青い, たった五日目に早々, たった五日間横浜にい, たった五時間分だ, たった五枚かとげっそり, たった五百キロの距離, たった五百円賭けという, たった五粒の丸薬, たった五階六階まで登る, たった五露里しきゃないん, たった五騎であった, たった人々を大きな, たった人声がする, たった今しがたおまえとひと足違い, たった今しがた伝授されもの, たった今しがた都はかよう, たった今し方われらが父庄右衛門, たった今し方私に話し, たった今し方紋也が寝, たった今やそれまでという, たった今川ン中へ引越します, たった今日向う半ヵ月のお, たった今生捕ったばかしの, たった今町から出, たった今網で岸, たった今頃九太の事, たった仏像が生き, たった仙二は年寄, たった代議士にも落選後, たった以上どこで誰, たった以上ふだんよりは相当, たった伊賀勢一人が駈けぬけ, たった伸子の父一人, たったをしるし, たったへ私, たった先刻まで陣十郎, たった先程までお前, たった光の丘をのぼる, たった入道は, たった八ツの神, たった八人それもあまり, たった八円しかし私, たった八十メートルかい, たった八十戸焼失の火事, たった八千ルーブルより出しおらん, たった八台です, たった八名一万両がとこ, たった八年間それも一年, たった八日間に僕, たった八月に中大兄, たった八枚ぶん差しだした豪, たった八百字ぐらいの短文, たった八百法で買った, たった六つの窓, たった六フランでパン代, たった六七人でな, たった六七年である, たった六七間を隔てた, たった六人きりでしかも, たった六円九十銭ぐらいのお金, たった六冊物の読本, たった六十四文でも割返し, たった六十銭の本, たった六名の記者, たった六回で穴, たった六寸五分だ, たった六年前と今, たった六年足らずで戦前, たった六度二分です, たった六日間にど, たった六時間と少し, たった六片で冷たく, たった六畳ほどの地下室, たった六畳一間にお勝手, たった六畳二た間, たった六里だ, たった六銭の金, たったのはじめ, たった凄い男が, たった分家の百姓, たった初日一日が一世一代, たった力強い生命を, たった勝利者の占領地, たったぐらいかと思われる, たった十いくつの植物, たった十カペイキ占いさせて, たった十ドルで生命, たった十ミニュートで駈けられる, たった十一になった, たった十一こいつはみんな日本, たった十一スーしか持たなかった, たった十一戸にすぎない, たった十一文の銭, たった十一日間にしろ, たった十七文字ですからね, たった十七歳の少年, たった十万でしょう, たった十三両二分でもあれ, たった十三志なの, たった十九ポンドを引き出し, たった十二ページの本, たった十二三円の月給取り, たった十二三時間のちがい, たった十二分間でこの, たった十二時間しかない, たった十二枚のレコード, たった十二歳のお, たった十二畳の狭い, たった十五でその, たった十五日間に平次, たった十八インチの高, たった十八目の差, たった十六ルーブリの月給, たった十六人の郎党, たった十分の一秒の違い, たった十分前が摂氏二十度, たった十名しか乗っ, たった十四五のその, たった十四人になった, たった十四文字か十七文字, たった十四時間と月曜, たった十四枚の本, たった十坪の青, たった十数人しかいない, たった十日あまりの不在, たった十金だから, たった千五百円か, たった千五百部しか売れなかった, たった千騎か, たった午前十一時五十五分になっ, たった午後クマはのっそり, たった午後一人の男, たった午後十時頃自室で読書, たった半年今目の前, たった半年社会は急激, たった南向きの障子, たった原稿紙二枚の文章, たった女房の, たった向う半月か, たった吠声をはっきり, たった四つになった, たった四つ今から考える, たった四カ月でアーチ, たった四シリングの身代, たった四セント払えば, たった四セント半をとる, たった四一年にはぐるり, たった四万石の石田三成, たった四五丁です, たった四五人で他, たった四五分で終了, たった四五十分前のこと, たった四五名の兵, たった四五日のこと, たった四五行しかなかっ, たった四人切りで外, たった四円八十銭では, たった四冊しか出, たった四匹よウ, たった四十だのに, たった四十七日間しか提琴, たった四十二で彼那, たった四十五銭ですからな, たった四十六七日でしか, たった四十分じゃありません, たった四十分の後である, たった四千四百四十四人なん, たった四半刻のうち, たった四屯という惨状, たった四年ばかりしかたっ, たった四度しか参りませんでした, たった四日の滞在, たった四日目でした, たった四時間半ぐらいな, たった四月お金を無心, たった四枚のあれ, たった四畳の室, たった四畳半ぐらいの一室, たった四艘だったの, たった四軒右側の二軒, たった四里しかない, たった四頁の引札がわり, たった四題にすぎません, たった場内の喝采, たった場合は昔, たった墓場のよう, たった士卒については一言, たった夜源吉は又, たった夢にも忘れ得ぬ葉子, たった大きな筒を, たった大声をはりあげ, たった大変だ大変, たった大軍はどっと, たった天馬空をゆく, たった太平洋中の小さな, たった奈良井の宿, たった女一匹のため, たったに対して余り, たった姉弟二人で弟, たった始祖男女の故郷, たった姿かたちが胸, たっただ, たった婦人雑誌の傾向, たったりぼっち此島, たった実に物凄い雪, たったの影, たった家中は電話, たった寂しい陰気な, たった対岸で首, たった小さな鉄ば, たった小刀一本今度は避ける, たった小判一枚だと, たった小姓の藤巻石弥, たった少しの間, たった屍体から血, たった山々はゆるやか, たった山嶽的な気風, たった岩壁がいきなり, たったの真下, たった崖縁の上, たった左方の翼, たった左膳がふたたび, たった左膳急にあわて, たった差別待遇が間違っ, たった年産千トンの鉄工場, たった廊下一つでつながっ, たった廖化のため一刀, たった弐円はいっ, たったのそば, たった彼おのが心身, たった往復一本ずつの線路, たった後なにもかも, たった後一人の人, たった後二万噸の, たった後仁科六郎は阿, たった後僕らは実際, たった後妙子はとうとう, たった後手拭を頭, たった後最高点を採った, たった後白は貧しい, たった後祇園精舎に参った, たった後給仕は僕, たった後風呂がわいた, たった一人な, たったが急, たった心持ではない, たった快い食後の, たった急激な彼, たった想像と心, たったで議論, たった拾円ばかりの金, たった敗戦の六年後, たった数万円の金, たった数人のお客, たった数年で戻った, たった数年前武士がすべて両刀, たった数日前福世氏が一晩, たった数時間前二百名の兵士, たった数町の海上, たった数行で片付けられた, たった数言の考え, たった文化三年になっ, たった文学の確立, たった断崖の中腹, たった新開農場の一軒家, たったが見える, たった旗本だった, たった日々の落着き, たった日ひろ子をひとしお, たった明るい室で, たった明治二十八年の夏, たったからの宿, たった昨夜一晩の内, たった昨夜息を引き取る, たった昭和二十七年に私, たった昭和二十年のこと, たった昭和十三年に仮, たった昼頃紋附を着た, たった時タンプル大通りやシャトー・ドォー, たった時ドアがあきはいっ, たった時代と服従性, たった時僕はある, たった時分葉子が, たった時医者はその, たった時家の猫, たった時毎月二円ずつ貯金, たった時種子自身の口, たった時老父の熙, たった時船は桟橋, たった晩素子が化粧台, たった普通の十三四, たった最終戦争が世界, たった月輪の剣列, たったの門, たった来年の今頃, たったの下, たった林檎の花, たったの木, たったの木, たった橋一つのちがい, たった機械が動きだす, たった正月奉行所の一行, たった此一つの話題, たったの姿, たった民部はそも, たったは口, たった波止場の端, たった海戦におびえる, たった海面くすんだ緑色, たった渠等女たちにフト思い, たった演奏会の伴奏, たった烏首里という村, たった饅頭四ツ食うた, たった熟柿の皮, たったの一件, たった片方だけになっ, たった物語のこの, たった独りぽっちで寝, たった独り子供を野原, たった独り自分の室, たった玉之助のお, たった現場まではあと二, たった理解へ高める, たった田舎の片隅, たったは私, たった畳一畳もない, たった百五十円にすぎない, たった百五十頁ばかり, たった百余人しかいなかった, たった百八九十時間ぐらいよまる, たった百文いかがでご, たった百日ぐらいな, たった百米だし, たった相対関係一つの遅速, たった眼つきで今, たった私たち二人しかいない, たった私一人きりなの, たった私自身一個であること, たったのこと, たった空想的な要素, たった突あたりの階段, たった立派な大, たった竹童は素ッ頓狂, たった純潔一つで操られ, たった紙一枚の下, たったの上, たった縁側で泣い, たった羊かん一切なの, たった羽目から睦, たった翌朝の八時頃, たったで今, たった聖地化しようと, たった聞著行取証著, たった背広の人, たった胡蝶やカメリヤ一個, たった自分一人の世界, たった自然原素, たった苦しみを最後, たった茶碗に一杯, たった草原の中, たった虫一匹の生命, たったが, たったのしるし, たった街道を踏ん, たった襦子足袋の足, たった襲裏の上穿草履, たった覆面の浪人ども, たったひとり子ひとりの, たったなら早, たった詩人もあるで, たったをしなけれ, たった請願の方法, たった諸種の事情, たった豆太郎の短剣, たった豊醇な老酒, たった貴婦人たちがいいました, たった軽快な微笑, たった農夫らの勢揃い, たったにこんもり, たった逢わない四ヵ月の, たった部屋の障子, たった醤油を七合, たった金五郎は提灯, たったの目, たった鉄びんはまた, たった銃弾に斃, たった間一日のうち, たった一羽と, たった雲南の国境, たった電車路一筋の違い, たったを誘い寄せる, たった面妖な子供, たった頃ドヤドヤと部屋, たった頃二人は上衣, たった頃僕は突然, たった頃博士はまず, たった頃母はつぶっ, たった頃竜一の父, たった頃芝に使い, たった頃階段に二三, たった頃青木は巻子, たった頬白が一羽, たったのうえ, たったの強い, たったのよう, たった高い塔を, たったの毛, たったや卵, たった鹿が細い, たった麹町アパートという高級アパート, たったのごろ, たった黒いなわのよう, たった鼻一つで売れ口