青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~たずねた ~ただ ただ~ ただし~ ただちに~ ~たち たち~ ~たちまち たちまち~ ~たっ
たっ~
~たった たった~ ~たつ たつ~ ~たつた たつた~ ~たて たて~ たで~ たであろう~

「たっ~」 2946, 32ppm, 3684位

▼ たっ~ (2106, 71.5%)

80 いた 77 いる 33 いました 24 いるの 20 いて 1716 いない, います, 行った 13 きた, しまった 11 彼は 10 いるので, 私は 9 いること, しまう 8 いたの, いった, いないのに, いるよう 7 仕様が 6 いたが, いても, いないの, いると, いるのに, 彼女は 5 いなかった, いるところ, いるん, くる, しまいました, 何も, 彼の, 来て

4 [16件] いく, いったが, いましたので, いるから, いるわけ, きて, きました, しまったの, しまって, それは, だめよ, ゆく, よかった, 何に, 後の, 歩いて

3 [18件] いいじゃ, いいよ, いきました, いくに, いたと, いるが, いるでは, いるという, しまいます, そうは, その晩, 一ぺんそっちへ, 今度は, 夜が, 彼が, 構や, 死んで, 私が

2 [90件] あたりが, いい, いくの, いくばかり, いけねえ, いたかも, いたこと, いたそう, いたでは, いたので, いたり, いったの, いつまでも, いないので, いないよ, いないん, いなかったの, いますから, いますからね, いるか, いるかも, いるに, いる三吉, いる早く, いる男, いる自分, えじゃ, おめ, こたあ, この辺, これらの, これを, こんなに世界, しかたが, しまうこと, しまうと, それが, できるわけ, とかげが, どうなる, なりません, なんの, はじめて自分, ふと私, またばたばた, みると, やって, やっと, ゆきました, ゆきます, ゆくの, よい, よかり, よかろう, フウねずみが, 一つの, 主人は, 九月に, 仕方がねえ, 僕が, 僕は, 元の, 女の, 女を, 居るの, 島村陽一は, 巳之助が, 帰って, 広大な, 彼女が, 教師が, 死んだって, 江戸へ, 然う, 男と, 私の, 窓の, 竦然と, 聞いて, 行く, 行くの, 行って, 西の, 言った, 走って, 返事が, 部屋の, 部屋を, 門の, 駄目な

1 [1319件 抜粋] あたしたちも, あっちに, あなた, あのにせ, ありとあらゆる言葉, ありやしないよ, あるとき同村, ある午後, いいきって, いいです, いいよう, いいわよ, いきなり進ん, いきます, いくらか, いけないという, いけません, いけませんわたし, いけません何ん, いたから, いたであろう, いたなら彼, いたろう, いた叔父, いた夫人, いた日本一, いた潜水夫, いた竹童, いた葉子, いっそう行けない, いっても, いつの間にか芽ぐん, いてから, いないでしょう, いない三枚駕籠, いない出来事, いない死体, いなかったアメリカ兵, いなければ, いましてね, いますのね, いません, いられない程, いるうしろ, いるかという, いるその, いるため, いるであろうかと, いるとしても, いるとも, いるほど, いるゆか, いるらしいの, いるココア, いるビーフステーキ, いる三階建て, いる云う不安, いる仲間たち, いる兄さん, いる哨舎, いる夫人, いる山, いる庭, いる彼女, いる熱い, いる美しい, いる表門, いる通風筒, いる鉄道線路, いる雲, いろいろ議論, うで, ええもの, おいらの, おきくさ, おっかけながら, おまえは, おります, お互, お光達, お前さんなんか, お前家には, お妃, お屯様, お父さんは, お百姓さん, お雪, かかれて, かけだしました, かまわないけれど, からだを, きたという, きた入江, きた関羽, くるの, ぐるぐる自分, こうして昔, こちらへ, ことだ, この国, この学校, この手紙, これから先, こんに, ごん, さっさともぐりました, しかも南北, しばらく心から瞑目合掌, しまいましたらパタパタ, しまうでしょう, しまうとか, しまうもの, しまうわ, しまった白い, しょせん妾, しようがない, じつにと, すっかり都, ずうっと, そううまく, そうして塔, そう何時, そこに, そこへ, そのあと, そのフランドン, その三ヶ月, その場, その少年, その惣七, その方, その窓, その老人, そりゃ一体, それでもまだやっぱり, それほどしょげ返り, そろりそろりと, そんな高い, だか, だれかが, だんだんあたり, ちっとも疲れ, ちょうちんや, ちょんきりのちょんさんのおとうさんが, つき合って, つぶれた, て出ぎらいだったわたしを, とうとう, とうとう十二月十日, どうしてくれよう, どうも徒, どこへも, どの教室, どんどん歩きだした, なかなか元, なにを, なんとかし, のちの, のぼって, はじめて公式, ふいに, ぶらりと奥, ほっとした, ぼくは, ぽつりと, ましたから, ますぜ, またその, また別, また引返し, また来る, また薄手, また訊ねた, また越後信濃, また食事, まだ薄暗い, まともに, みて, みねば, みんなの, めッと, もうそろそろ真, もう右門, もう自分, もすがた, ものさ, もらって, やがて扉, やっとふす, やっと帰っ, やっと父母, やはり母, やるまで, ゆくこと, ゆくだろう, ゆくにつれて, ゆくりなく横佩家, ゆく田舎, ゆるすもん, よいという, ようやく押し迫った, ようやく返辞, よき分別, よほど慣れ, らせん階段を, わけだ, わたしが, わたしたちは, わるいこと, われわれ, ゐるからと, んだろう, アメリカに, イギリスへ, エレヴェーターの, オットーとの, カアカアと, ガラッ八, キヨが, クリストフは, コックが, サン, スバリ岳方面から, トッチメなけりゃ, ドアーを, ネネムは, バルブレンが, フィーと, フトそれを, ベルリンや, ヤット眼鏡下付願という, ー, 一丁や, 一人子だ, 一向平気, 一文にも, 一郎が, 三人か, 上野寛永寺に, 下石橋二里半の, 世間で, 両手に, 中学を, 中泉はと, 丹誠し, 九時ちょっと, 事を, 二十年間数学殊に, 二度めの, 五円や, 井戸ばた, 人くい, 人の, 人無, 今は, 今夜の, 今日精も, 仕様がねえ, 他の, 仰いで, 伸子ばかりの, 佃と, 体全体の, 何の, 余は, 俺ァ, 僕のは, 先生は, 全体が, 六平は, 六法全書の, 再びお松, 再び行っ, 冬は, 出て, 分らないよ, 別に好い, 別荘の, 剣を, 勘弁相成らん, 勧めたの, 勧めるでは, 十二時三十分に, 半年ばかり, 卒業したら, 又一句, 又音, 取れないさ, 口も, 叫びまた, 台所で, 同じよ, 同じ草, 向うで, 呼鈴に, 問い詰める程, 囁くよう, 四五間ばかり, 国へ, 土間へ, 坂田は, 塀に, 夕方から, 夕方わたくしが, 外へ, 夜は, 大したもん, 大便の, 大山から, 大股に, 奈良の, 奪れやしない, 妙な, 妻は, 婦人科の, 嬉しいこと, 子供は, 存在の, 実にいきいきと, 客も, 宮川は, 家の, 容易なる, 寺の, 小和田の, 小林孫平が面会に, 小石と, 尼君は, 尾鰭が, 居ながら, 居る様子, 届くもの, 岩出社長が, 川村さんは, 希望なり, 帰った時, 帰りはじめた, 平和と, 店の, 庫裡の, 廊下へ, 延子さんの, 引上げれ, 張り合いの, 彼れ, 彼女を, 待ちくらしました, 後で考え, 後を, 後子供たちは, 後息子, 御登山, 忘れかけて, 怖, 息を, 惜く, 或る, 戻せと, 所望され, 拳固で, 指揮棒を, 探険旅行から, 放しは, 敏子さんが, 斯んな, 新婚の, 旗甲板を, 日曜日の, 日本人全体が, 明日に, 明治屋などが, 昭和七年に, 時計台の, 書かれて, 木戸と, 木村は, 李の, 来たという, 来る, 松の, 枕橋で, 栄一は, 森じゅうの, 構わないから, 横に, 止めるもの, 正和二年冷泉為相の, 歩くだけにしか, 歩けるの, 死んだ, 殲滅しろ, 殺しちまっては, 民さんは, 気がついて, 気性が, 泣き出しました, 浅井が, 湯気も, 漸く人ごころ, 激しくたっ, 火から, 然るべきであった, 物すごい景色, 王様が, 甘美な, 甚八は, 用いられること, 男の, 男を, 病死した, 発見せられた, 白鳥会が, 目黒区の, 相州片瀬の, 県会では, 眼なんか, 眼覚める, 着荷した, 知らねえ中, 短冊を, 社会が, 私たちを, 私には, 私達は, 秋風が, 突き当りが, 竜一の, 竹童の, 粗末にゃ, 紫の, 経済的に, 綿に, 美事な, 羽衣は, 考えると, 聞ない, 職員室に, 胃ぶ, 腹の, 自分の, 船長は, 良いお前, 芳輔の, 若いブランデス, 若い労働者達, 茶菓を, 落すだけ, 蔦子が, 血色の, 行かないと, 行きませんよ, 行くとき, 行くので, 行こうという, 行ったの, 行列と, 衰えた肩, 西へ, 見て, 観察すれ, 言って, 訴えて, 誰が, 諫早, 諸政や, 謳われて, 貴方に, 足で, 身体が, 近代の, 追っかけて, 追手に, 運転手は, 遠慮なく急ぎ, 邪魔に, 配達し, 野木間々田小山それから, 金ァ, 鋭敏な, 長野で, 門前に, 開け渡せと, 陸地へ, 階段ぐちの, 際限が, 集って, 雨で, 雷雨が, 青年は, 面上に, 順一の, 頓狂に, 額には, 食うのに, 馬車が, 駄目です, 駿府へ, 高廊, 鶴見は, 黒川から

▼ たっても~ (618, 21.0%)

7 帰って 6 動かなかった, 十日たっ 5 彼は 4 いられないよう, 出て, 戻って, 誰も, 黒助どんどん 3 いいじゃ, なんの, 元の, 姿を, 帰らない, 終りに, 自分の, 音沙汰が, 魚は

2 [22件] いいでやしょう, いられない気持, かえって, それは, セルロイドの, 三日たっ, 二人の, 二十日たっ, 何とも, 何の, 何事も, 何十年たっ, 再び姿, 同じよう, 同じ問答, 昔の, 普通の, 生きて, 相府, 私の, 身動きも, 返事を

1 [503件 抜粋] あいきょう者, あかない, あきないわね, あきること, あなたに, あのとおり, あの方, あの景色, あの醜態, あろう筈, あんまりおり, いい, いいし, いいの, いいや, いいわ, いいん, いっこう壺, いられないお, いられないという, いられないの, いられないので, いられない心持, いられない気, いられない気もち, いられない気持ち, いられない腫れもの, いられなくなったよう, いられなくなって, いられなくなりました, いられなくなる, いられぬ心地, いられぬ思い, いられぬ気持, いられぬ焦燥, いられは, いられません, いられませんでした, いれかわるようす, うごかない浮木, うごかなかった, おっかさんの, おばさんが, おられぬらしく, おられませぬ, おわりそう, お取り上げ, お姫さまには, お姫様に, お心, お銀様, かえって来ない, かえって来なかった, かれら, がんりきは, きませんでした, きみたちは, きょうだいが, きりが, きわめ尽くせないほど, ぐずぐずで, ここから, こちらに, この世に, この光, この問題, この心がけ, この怪事件, この状態, これという, ごろっこ, ご返事, さがしだすこと, さっきの, しまいにならん, じょうずに, すがた, せがれの, せわしい男, そこには, そこを, そのままに, その仕事, その味, その婦人, その子, その方程式, その水, その男, その糟粕, そばを, それが, たいして年, たすけに, ただに, ただ一冊手に, ただ無限, たった二ツ, たより無い, だめよ, だんなの, ちっとばかり, ちょっとも, ついに姉, ついに来なかった, つきなかった, つづくの, つぶの, とうとうお召, とうとう十分間, とどめ得なかった, とまる気色, どこからも, どじの, なおらない, なおりませんでした, なかなかやみ, なかなか学問そのもの, なじんでは, なにごとも, はじめの, ひとりの, ひと月たっ, ふりむきも, ふれて, ほかに, ほとんど初任給, また同様, まだ分らない, まだ就職, まだ旅川周馬, まちがいは, もうそれ, もう帽子, もっと生活, もとの, もどらない戦友, ものの, やって来ずその, やって来ない, やはり前, やはり指, やまなかった, らちが, ウダツが, エミイは, カチンと, キイキイ声は, コツの, サービスを, ジッと, ジョンは, ストキな, タダの, ニセモノな, ネズミ一匹も, ハッキリした, ビリであった, ポウルや, モーターボートが, ヨメに, 一人で, 一人ぽっちだ, 一刻たっ, 一向上達, 一向老成, 一向音沙汰, 一字も, 一尾の, 一粒の, 万年助手だ, 三分たっ, 三十一, 三百年たっ, 三週間たっ, 上から, 上品な, 下に, 下の, 下りて, 不得要領で, 不思議な, 中から, 二十分たっ, 二十年たっ, 二十秒過ぎ, 二時間たっ, 二週間が, 二週間たっ, 五年たっ, 五日たっ, 五週間たっ, 人っ子ひとり出, 人の, 人前で, 人家の, 人形は, 今方引越し, 伊代は, 会えば, 伝六は, 似たよう, 何かに, 何とも仰, 何とも菱川, 何処か, 何日に, 例の, 依子は, 依然として恋しく, 依然として虱, 便りが, 借金は, 偉い男, 停った人, 元ラク町, 光君様は, 入って, 八年経っ, 八重子は, 其の姿, 再び彼, 出かけよと, 出ない, 出ないと, 出なかったの, 出来上りそう, 分らないから, 動かない, 動かないの, 動くもの, 動こうと, 動こうとは, 勝敗は, 北海丸は, 十分たっ, 十年たっ, 十日経っ, 半可通の, 半年たっ, 双眼鏡で, 受話器からは, 可いんだ, 同じこと, 同樣, 君は, 問題の, 問題は, 嗄れて, 四十雀ばかり, 四日立っ, 地上に, 変に, 変らないその, 変らない感じ, 変人の, 外来思想たるに, 夜に, 大海を, 大石先生に, 大碓命, 大神の, 大空へは, 夫の, 奇態と, 奥へ, 女先生は, 女幽霊に対して, 女達自身を, 好い酒, 好きな, 姉さんには, 嫁お, 子は, 子を, 子供じみた, 子供を, 孔子が, 安珍殿, 完全に, 定まらないで, 実が, 実験したい, 容易に, 小さな驢馬, 少しは, 少しも, 少女を, 尽きなかった, 屋敷へ, 帝は, 帰らず日, 帰らず自分, 常にあらゆる, 弁慶の, 引き抜けそう, 弦之, 当てズッポウ, 当人は, 彼女には, 彼等は, 御承知, 心が, 忘れずに, 忘れやしないん, 忘れられない, 忘れられないの, 忘れ得ないであろう程, 思うところ, 怪インド人は, 恐れ入ったよう, 恨みの, 恨めしくて, 恭一の, 悲しみに, 成績が, 戸を, 手がかりが, 手本には, 抜けきれない感, 持って, 支那人は, 政府の, 教室から, 文学談に, 料理道に, 新しい, 新しい夫人, 旅僧が, 日の, 日本の, 日本は, 日本らしい, 明日来い, 明智が, 春木君が, 時田は, 晴れる景色, 智恵が, 智恵子からは, 書けそう, 書生流の, 最後の, 未解決, 本当の, 来なかった, 来ませんの, 栄えない理由, 植物界の, 止まらなかった, 止めようとは, 正しくひけ, 正体を, 武芸者然, 死な, 死なないと, 死ななかったら僕, 母必ず, 毛皮の, 水が, 水の, 江戸の, 決しかねるばかり, 決して実際の, 決して水, 汽車は, 治まる模様, 法月弦之, 泳げないか, 浮いて, 浮かぶ瀬, 港口が, 湯に, 満たされること, 源氏は, 漁夫は, 火責め水責めを, 無くならない理由, 煖房の, 父の, 片付けきれないよ, 狂うよう, 猪股氏が, 玄関脇の, 現れず誰, 現れぬ所, 現れは, 現われず三島駅, 瓦と, 生存し, 男と, 異状が, 痛みが, 癒れへん, 発見されなかった, 発達しない, 登りきれぬ気, 白花である, 百合の, 目に, 目の, 相手が, 相手を, 相變ら, 着物を, 知らん顔の, 知れっこ, 知れなかった, 知恵に, 知恵の, 石の, 私が, 私に対して, 積極的な, 究め尽せないほど, 突つい, 笑いやまず体, 筆者が, 籠の, 精神の, 糊と, 終わること, 結婚出来へ, 結局, 統監部の, 絵エ出来上らん, 背が, 脱けられません, 膝崩そう, 自分じゃ, 自分たちが, 自分等の, 自動車は, 舞台には, 若さ, 若者に, 茂少年が, 茂少年の, 茶わんには, 薄暗い押入れ, 藩閥を, 虎が, 蜘蛛は, 要領を, 見えないの, 見えなかった, 見つからないの, 見な, 解けないぞ, 解決しない, 解決の, 話が, 話さるる事, 話しきれるもの, 話の, 誰にも, 誰れ, 調子が, 豹は, 財産の, 起きあがるようす, 起きて, 起きなかった, 起らないの, 返事が, 迷信の, 逃げようとも, 速力が, 遂に人造人間隊, 選択が, 遺失主が, 邪教は, 部屋が, 部屋へ, 酒を, 金博士が, 鉄人, 降りて, 院長と, 陽気に, 際限が, 際限の, 難しさ, 雨は, 雲が, 電気を, 音は, 頭の, 頭を, 風船虫は, 食べるもん, 馬が, 馬の, 馬は, 騎馬の, 鬼が, 鬼らしい, 魔物だって, 黙然として, 齢を

▼ たってから~ (90, 3.1%)

5 彼は 4 だった 3 私は 2 であった, 後の

1 [74件] あたしは, ある朝奮発, きかされて, その乳母, その時, だ, だったか, であったろう, である, です勇ちゃん, とうとう無数, とても渡舟, とどきました, のちしばらく, ひょうたんの, また先, もはや当て, やったか, やはりカピ, ゆっくり向, ようやくその, ようやくの, ようやく講義, オティーリエ・シュッツと, キャラコさんが, コートドールの, 二人の, 二人は, 云った, 伸子が, 何が, 使の, 保吉は, 再び元, 冷たい雨, 初めて物, 加藤の, 呼出しが, 宅の, 寝るまで, 少し目, 市木さんは, 幾年かに, 役場から, 必ずわかっ, 思いあたること, 思い切って, 惟光を, 投げこまれたとしても, 書いたもの, 来なさい, 沢子は, 淵の, 猟師は, 甚兵衛は, 盆暮れの, 真白な, 私あんまり, 竈の, 立ち上ると, 良吉は, 若い世代, 蓉子に, 裏口の, 見たという, 話を, 読み上げて, 追いかけほんとう, 遠い汽車, 阿波屋へ, 音も, 顔を, 馬場は, 黒田官兵衛の

▼ たっ~ (42, 1.4%)

2 そこへ, 仆れた, 水の

1 [36件] いつの間にやら, すべり落ちて, そこから, そこの, ばんけれ, ふるえて, 作業を, 倒れて, 倒れるだろうねえ, 倒れ赤黒い, 倒れ馬, 倒れ馬はぶ, 取り落して, 叫んだ, 土を, 土蔵部屋の, 廊を, 彼の, 後輩は, 朽木だ, 次の, 烈しい跫音, 犬の, 睨み焦げつく声, 笑いながら, 腰を, 草に, 落して, 落ちる, 薬だけが, 行李の, 足音が, 門人達の, 鞠みたいな, 音を, 駆け上る音

▼ たっては~ (9, 0.3%)

1 いけないこと, いたが, いなかったの, いるが, いれども, ぬけの, 尋ねて, 着物を, 頼みこまなかった

▼ たったって~ (8, 0.3%)

1 あなたを, 仕事は, 君に, 春が, 滅びやしないよ, 萩乃は, 解決する, 食えないかも

▼ たったり~ (8, 0.3%)

2 して, すわったり 1 しながら, すると, 坐ったり, 行燈の

▼ たっちゃ~ (8, 0.3%)

1 いなかった, おごらるるばかり, でけん, よかろ, んの, アいられない, 売っとる, 真っ暗闇

▼ たっから~ (6, 0.2%)

1 すぐやり始めましょう, どうする, ほんとうに, また一週間, 一日一緒に, 決して巻パン

▼ たってからの~ (5, 0.2%)

1 ある夜, ことだった, ことでした, 朝小, 次郎

▼ たっぶり~ (3, 0.1%)

1 な食事, の新, 盛った皿

▼ たっこりゃ~ (2, 0.1%)

2 ばかりで

▼ たっちく~ (2, 0.1%)

2 おうやおや

▼ たっつけ~ (2, 0.1%)

1 のよう, を穿き

▼ たってと~ (2, 0.1%)

1 云うの, 願う

▼ たってという~ (2, 0.1%)

1 ことに, 奴が

▼1* [33件]

たっかなけきが口て, たっかははちょうどよかっ, たっけがお聞き, たったらしくぴたり, たったったっと綱, たったってやまるもん, たっちゃあない, たっちゃんたちは二階, たっていう証拠が, たってからに悪い奴, たってじゃないか, たってだけのことで, たってもへいきで, たっという声に対して, たっとして横目つかう, たっぱしからぶんなぐってやりたくてむずむずしましたが画かきが, たっぷりありせえすりゃそんなこ, たっぷりおひるをすませてりんごのしなった, たっぷりかたくまいているのでおなかがかたくって曲りかがみに, たっぷりなのがすれちがいざまに若い船頭, たっぷりのうるおいがきめ毎にしみ込ん, たっぷりのおてんば娘なの, たっぷりひとつきにこにこして暮せるの, たっぺいあん時の鰹さ, たっ夜鷹の仮, たっ帰が谷柴らな故, たっ帰てれ後はかたっ戻, たっの中, たっだったの, たっ侍っ, たっ苦しい事を, たっ親切もいい, たっは思いません