青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~たしかに たしかに~ ~たずね たずね~ ~たずねた ~ただ ただ~ ただし~ ただちに~ ~たち
たち~
~たちまち たちまち~ ~たっ たっ~ ~たった たった~ ~たつ たつ~ ~たつた たつた~

「たち~」 78811, 851ppm, 100位

▼ たち~ (20735, 26.3%)

161 それを 66 自分の 54 彼の 48 自分たちの 47 いずれも 43 口々に 42 顔を 40 私の 33 何を 32 何か 31 一斉に 28 これを 27 私たちの 26 すぐに, それから 25 そこに, 何も, 手を 24 ここに 23 ここで, それが, 声を, 急に 22 私を 21 いつでも, いつまでも, そんなこと, 口を, 黙って 20 びっくりし, 誰も, 非常に 19 たがいに, 彼が, 思って, 眼を 18 どこへ, 二人とも, 彼らの, 目を 17 これまで, 何の, 彼を, 彼女の, 私が 16 あなたの, お互いに, それに, 今まで, 生きて 15 そこで, そこを, それらの, 手に, 言って 14 その日, どうした, 一緒に, 何と, 子供の, 家の 13 おどろいて, だまって, どうし, 帰って, 日本の, 知って

12 [11件] いって, お互に, そこへ, なにも, なにを, ほんとうに, 一度に, 多くの, 彼等の, 歩いて, 自身の

11 [11件] あわてて, さすがに, それぞれの, ぞろぞろと, どこに, よろこんで, 一せいに, 一つの, 急いで, 私に, 自分で

10 [12件] あっけに, いっしょに, いつもの, こんなこと, みんなで, めいめいの, 今は, 僕を, 喜んで, 考えて, 自分が, 頭を

9 [18件] あなたを, ここへ, この, これらの, そのため, そのよう, その夜, みんなその, もうその, 二人の, 如何に, 山の, 彼女を, 息を, 皆この, 自分たちが, 誰でも, 首を

8 [23件] あまりの, いづれも, これで, だれも, どうする, どこから, よく知っ, わたしの, われがちに, 人間の, 今でも, 今も, 家に, 彼に, 思わず顔, 或る, 早くも, 殆ん, 気が, 海の, 腰を, 花の, 驚いて

7 [32件] ああし, お酒, そこから, その家, ただその, どうなる, どこまでも, なんの, ひそかに, 今の, 今更の, 何かの, 信じて, 出て, 出発した, 勝手に, 困って, 大よろこび, 大人の, 安心し, 昔から, 昔の, 水に, 無言の, 父の, 現在の, 皆その, 窓から, 言った, 話を, 身を, 順々に

6 [62件] あの人, あれから, いまに, おれを, がっかりし, こ, そのこと, その中, その声, それは, どういうもの, どのよう, どんなこと, のどかな, はじめは, びっくりした, びっくりしました, へんな, みんなこの, もうこの, もう池, もつと, わたしを, モスク, 一人も, 一様に, 一種の, 人の, 仕事を, 何が, 何事も, 例の, 先を, 先生の, 初めは, 各, 夏の, 外に, 夜の, 大急ぎで, 女の, 学校の, 少くとも, 少しも, 工場の, 悲鳴を, 懐中電灯を, 文学の, 明日の, 時間の, 普通の, 来て, 次の, 源氏の, 窓の, 立派な, 笑って, 自分たちに, 裏の, 車を, 酒を, 集まって

5 [88件] あとから, いいました, いった, いろいろな, おどろいた, お前を, ここを, このこと, この幸福, さう, さっきの, そういうこと, そのあと, その大, その方, それこそ, だから大, とやかくと, どうかし, どうすれ, どうなった, どこの, どんな風, はっきりと, ふたりの, もちろんの, わたしが, 三人で, 不思議な, 二人で, 二階へ, 人民の, 今度は, 今日の, 今日郎女の, 何し, 何でも, 俄に, 俺たちの, 元気よく, 先生が, 全くの, 出来るだけ, 初めから, 又例, 右の, 合わせて, 咎める口, 唯功徳, 噂する, 固より, 夏は, 夜が, 太陽の, 宮の, 幸にも, 当時の, 往来に, 思い思いに, 悉く郎女, 持って, 故国へ, 文化の, 文字の, 板屋に, 森の, 歌を, 気を, 泣いて, 父が, 町の, 異口同音に, 皆手も, 真面目に, 確かに, 私と, 笑ひ, 腹を, 自由に, 船を, 色を, 見て, 話して, 部屋の, 門の, 静かに, 非常な, 顏を

4 [180件] あとで, あとに, あなたがたの, あのかた, あの人たち, あれほど, いいあわせたよう, いそいで, いつもその, いままで, いろいろの, うちの, おまえの, お互いの, かうした場合, かつての, かれを, こういうこと, こちらの, このよう, この男, この言葉, これに, こんどは, こんないい, こんに, ささやいて, さっきから, して, すぐみち, そう言っ, その上, その下, その前, その村, その点, その翌日, その話, そらへ, それで, それと, そんな事, たくさんの, だめだ, とうの, どうしてここ, どうしました, どうだ, どうでも, どこか, どやどやと, どれも, なんでも, なんという, はじめから, ふたりとも, へんに, ほかの, まじめに, またこの, またそれ, まだ若い, まともな, みんなが, みんなひどく, めいめいに, もうここ, もうこれ, もうどこ, もう何, もとの, わたしたちの, 一人として, 一人の, 一人のこらず, 一冊の, 一言も, 三人の, 下町の, 不思議に, 世の中に, 世界の, 中へ, 主人の, 争って, 二つの, 人間として, 今から, 今までに, 今年の, 今度の, 仕事に, 他の, 何だ, 何となし, 何にも, 何度も, 何時も, 信長の, 俺の, 僕たちの, 僕の, 先へ, 前の, 力を, 午後の, 半分うしろの, 即座に, 命を, 地下室の, 外へ, 外国の, 夜に, 大喜び, 大抵は, 天へ, 奥の, 好んで, 妙に, 学校で, 完全に, 容易に, 宿の, 宿を, 山に, 幾度も, 彼等を, 後から, 後に, 復何か, 心の, 思った, 愉快に, 明らかに, 暫くの, 最後の, 朝から, 朝は, 木の, 本当の, 村の, 東京の, 橋の, 次々に, 歓声を, 此処で, 毎日の, 気の, 池の, 熱心に, 爽やかな, 牛を, 犬の, 玄関に, 生活の, 疲れて, 相談し, 相談を, 石の, 神さまに, 穴の, 空へ, 笑いながら, 結婚の, 総立ちに, 胆を, 自分らの, 自分を, 船長の, 袖を, 走って, 起きて, 足を, 近所の, 進んで, 遊びに, 長い間, 雌牛を, 雪の, 馬を

3 [354件] あくまで降伏, あちらこちらに, あっと, あなたが, あなたに, あの女, いうまでも, いったい何, いつの, いつもこの, いまいっしょに, いまの, いやに, いろ, いろいろと, いろいろに, うちに, おかあさんの, おた, おれに, おれの, お互, お国, かたまって, からだを, かれの, きっとその, きっとみんな, きゅうに, こうし, このまま, この世の中, この二つ, この大, この家, この村, この点, この間に, これが, これは, こんな話, さかんに, しばらく黙っ, じぶん, すつかり, すべての, そういっ, そうする, そうだ, そうは, そう呼ん, そう思っ, そこの, そこまで, そこらを, そのとき, その事, その人たち, その代り, その作品, その原因, その場, その女の子, その姿, その手, その時, その晩, その男, その頃, それぞれに, それには, そろって, た, たずねました, ただこの, ただの, だれ一人, ちゃんとした, つぎつぎと, とんでもない, どうしてこんな, どうしてよい, どこかへ, どこまで, どっと笑った, どんなにか, なれ, なんだ, なんにも, ばらばらに, びつくりしました, ほっとした, また, また顔, まだこんな, まっすぐに, みな, みなこの, みなまっすぐ, みんないい, みんなお, みんなこっちを, みんな僕の, みんな水へ, めい, もうそんな, もうなんにもかなしい, よると, わからないか, わしの, わたしと, わっと, われわれの, ドアの, ドッと, ドライヴ, ハッと, ピストルを, ホテルの, 一ぺんに, 一人残らず, 一体何, 一刻, 一日も, 一枚の, 一般に, 上の, 世界に, 二人がかりで, 二人きりで, 二人一緒に, 云った, 云って, 互に顔, 人を, 人間が, 人間を, 今こそ, 今この, 今までの, 今夜は, 今日は, 仕事の, 他人の, 伸子と, 何という, 何に, 何よりも, 何時でも, 余りの, 先生を, 其処を, 再魂呼, 冗談を, 冬の, 出来るだけの, 別にこの, 別に何, 動物が, 勝手な, 南の, 単純に, 博士が, 博士の, 去年の, 又広々, 呼んで, 固唾を, 地上に, 城を, 変な, 夕方に, 外の, 夢中で, 夢中に, 大きな声, 大そう, 大声で, 大抵その, 大騒ぎを, 天国に, 失望した, 奇妙な, 奥へ, 女だ, 女と, 女を, 好きな, 妙な, 妾の, 始めて, 始めは, 婦人の, 子供では, 子供を, 学校から, 安心だ, 完全な, 室の, 家を, 寝て, 小屋に, 少しずつ, 岸に, 島の, 巡査に, 席を, 帽子を, 年が, 幸福に, 幾度か, 店の, 店を, 庭の, 当然の, 彼らが, 彼女が, 彼女たちの, 彼女に, 後の, 忘れては, 忽ちその, 思いきって, 思い切って, 思わず, 恐龍, 患者を, 想像した, 意外な, 愕いた, 慌てて, 戦争に, 戦争の, 戦争を, 拳を, 政治的に, 敵の, 新らしい, 日の, 日本人の, 昂奮し, 時代の, 晴れやかに, 最初から, 最後まで, 月の, 朝早く, 机の, 東京へ, 松の, 枕を, 橋を, 次から, 正直に, 武蔵を, 歴史の, 毎日, 気の毒な, 永遠に, 決して, 決してこの, 汽車の, 河原に, 洞穴の, 海岸に, 火の, 火を, 火星人だ, 無念の, 無言で, 父親の, 物を, 特別に, 狐の, 率直に, 用談を, 男も, 町に, 皆それを, 皆な, 皆外へ, 皆彼の, 目が, 相手の, 眉を, 眼の, 着物を, 知らない, 確に, 私たちを, 空に, 空を, 笑った, 笑つた, 第一, 純粋に, 素直に, 結婚し, 綱を, 線路の, 美を, 考えた, 考えました, 考へて, 胸の, 腕を, 自らの, 自分たちを, 自己の, 自然の, 自由で, 興奮し, 船に, 船の, 苦しんで, 茎を, 茶の間に, 葉子の, 蔭で, 蜘蛛の, 見るに, 親の, 言いました, 記憶し, 読者として, 警察の, 警視庁へ, 責任を, 身軽に, 車に, 近所で, 逃げて, 途中で, 逢った, 運が, 道の, 遠くから, 遠くの, 遠方から, 部屋に, 部屋を, 金の, 金を, 門を, 階下の, 階段を, 顔色を, 顔見あわせ, 食事の, 馬から, 馬の, 馬鹿に, 駅から, 驚いたよう

2 [1177件 抜粋] ああいう, あたりの, あつまって, あなたに対して, あの時, あらゆる名士, あるいは戸口, あれは, いい人, いい気, いちばんはじの, いったいどうした, いったん帰っ, いつもユダヤ人ども, いつも何, いぶかしそう, いやだ, うちへ, おかしさ, おたがいに顔, おどろきを, おもて, お友達, お母さんが, お爺さんの, かくの, かれに, がっかりした, ききました, きっと殺される, きみを, きれいな, くた, こいつから, こういうふう, こういっ, ここから, ここの, こそこそと, こっそりと, こどもだ, このとき, この一つ, この世紀, この人, この兄, この前, この女, この宿命, この屋敷, この怪人, この時, この時間, この物語, この要求, この部屋, これからさき, これこそ, これについて, これまでの, こんどの, さうい, さらに新しい, さんざんに, しづかに, しばらくうつけ, しばらくは, じぶんたち, すぐその, すぐと, すぐ目, すこしの, すこぶる嬉し, すっかり川, すべてこの, ぜいたくな, そういうふう, そう云う, そこい, そのあり, そのたび, そのほう, そのやう, その世界, その仕事, その半島, その名, その小さな村, その広場, その料亭, その村はずれ, その横, その甘酒屋, その窓, その背, その銅像, その間を, それじゃ, それだけの, それまで, それまでの, それらを, そんなところ, そんなふう, ぞっとし, たくさん見た, ただ一度, たてがみに, だれでも, ちゃんとおぼえ, ついて, てんでにすき, とうとう村はずれ, ときどき日, どうか, どうしたろう, どうしてそんな, どうしてもっと他, どうなっ, どう考え, どこで, どの程度, どんなとき, どんな心持, どんな気持ち, ない, なにが, なんだかつまらない, なんともいえない, のんきに, はらはらし, ひくく力, ふいに, ふしぎに, べつな, ほんた, ぼくたちの, ぼくの, またこんな, また元, また怖がりはじめた, また車上, まだ僕, まだ小さい, まだ生き, まだ知らないだろう, まだ靴, まっしぐらに, まぼろし, まんまと一杯, みな一様に, みんなか, みんなの, みんなよく, みんな優しい, みんな死ん, みんな知っ, みんな色が, むこうの, めったに見ない, もうじき, もうみんな, もう人間, もう寝, もう死ん, もう結婚, もう誰, もう食事, もしかしたら, もとよりあか, やがてその, やって来て, よくいう, よくそれ, よろこんだ, わきたった, わしを, わたしに, われわれが, アメリカの, キャッキャッと, クリストの, シェイクスピア, テーブルに, ドイツの, ハンカチーフを, ピカピカと, ベッドの, ボースンの, リーズの, ロンドンに, 一しょに, 一どに, 一体どうした, 一刻も, 一定の, 一度も, 一日に, 一本の, 一生けんめいに, 一言の, 一錢蒸氣に, 三階の, 上って, 下から, 不幸に, 不満を, 世の中が, 主に, 久しい間, 之を, 予期し, 二度も, 云い合わせたよう, 交運労働者, 人生の, 人間という, 今ここへ, 今どこに, 今夜も, 今日こそ, 今日も, 仕丁までも, 仕方なく, 他に, 仲の, 仲間な, 休みなし, 何かを, 何とは, 何んだ, 何日も, 何時間も, 何者です, 作者の, 俺が, 傍に, 働いて, 元気が, 兄の, 先づその, 全く手, 公園を, 六月の, 其処で, 出かけた, 列車の, 初めて会った, 別れなければ, 別れましょう, 前に, 前後左右から, 助かったの, 勉強が, 勝利を, 勿論伯母夫婦, 十分に, 千葉の, 博士に, 友達の, 取るもの, 叫びました, 各自に, 同じページ, 同情した, 向うの, 君の, 呆然として, 周章者を, 和子を, 唖然として, 善良で, 嘗て最もあざやか, 器を, 四十近くの, 四方八方へ, 土足の, 地に, 地球から, 坂を, 城中に, 堤を, 外を, 外国人に, 多勢で, 大あわて, 大きい声, 大勢だ, 大変な, 大抵マソヒズム, 天幕の, 夫, 失望しない, 女王の, 姿を, 娘を, 学問の, 学校へ, 宇宙の, 宝を, 実際あき, 宮を, 家で, 家も, 家畜の, 宿屋の, 寛大に, 将来の, 小さな石段, 小林と, 少くも, 少し退屈, 少年探偵団員だ, 岸の, 工場へ, 市来先生と, 席に, 常に自分, 平和と, 幸福な, 幻たちは, 幾つかの, 廃墟の, 弁当を, 当局の, 彼には, 彼奴の, 待って, 後ろを, 徒歩で, 心得て, 心配で, 忙しく靴, 念入りに, 怖がって, 思い思いの, 思わずその, 思わず足, 恐れて, 恐怖の, 悪い時代, 愛し合って, 感激し, 我々が, 戦々兢々として, 戸外の, 所在な, 手わけを, 承知し, 抱き合って, 挙げて, 接触する, 教えられて, 教師の, 新たに, 旅館へ, 日ごろから, 日本で, 日頃の, 早めに, 明日にも, 春に, 是を, 普通に, 書いて, 最初は, 朝の, 未来の, 本堂の, 来年の, 林の, 根気よく, 椰子の, 極度の, 横に, 機関車の, 次第にその, 正しき組織, 歩き出した, 死ぬの, 死骸の, 毎夜の, 毎晩の, 気骨が, 水の, 氷の, 永遠の, 決して眼, 河の, 治部殿の, 泥岩の, 泥草鞋を, 洞門に, 浦島の, 海へ, 涙を, 港の, 源氏物語の, 漸く打解けだした, 火事の, 無理に, 熱心な, 父を, 猫に, 珍しがっ, 現代の, 田沼先生が, 男の, 町は, 痛いなんて, 白鳥号の, 皆それぞれの, 皆緊張し, 盛んに, 直ぐにもそんなことをいって他人, 相手が, 真心を, 矢を, 知った, 知らなかったが, 社交上の, 祝福された, 神様を, 私たちより, 私どもの, 秋に, 空腹を, 立ちあがって, 立って, 競って, 笑ひました, 簡単に, 約束の, 絶えず師匠, 美の, 羨しい, 翌日パリへ, 聞いて, 肩を, 自らを, 自分たちとしての, 自動車で, 自動車を, 自然に, 舞台へ, 舟を, 船室の, 船長が, 芝居の, 芸術家だ, 茫然と, 荷造りし, 薄ぐらい山手通り, 薔薇の, 血の, 血眼に, 衣服を, 西の, 見るも, 言うの, 言葉を, 詩を, 認めた, 誰からとも, 誰一人声を, 谷博士を, 責任が, 赤斑なるべく, 路の, 踏段の, 身仕度を, 途中を, 通りすぎた, 進化と, 運よく, 遠くへ, 都の, 酒に, 野獣に, 鉄棒の, 銅貨の, 長い伝統, 陸の, 隅の, 階級と, 隣りの, 雪に, 電車の, 露骨な, 靉靆として, 靴を, 頭に, 顔見合わせた, 養蚕の, 馬鹿だ, 駈けて, 驚きました, 髪の毛を, 鬼ごっこを, 黙々として

1 [13212件 抜粋] ああこれ, あすこが, あっと驚い, あのまま, あの時代, あの青空, あまり発言, ありふれた洋装, ある村, あんな人気俳優, いい着物, いかに遠く, いくら増派, いちどに鎧, いっそう力, いつか胸に, いつもお, いつも強い, いない方, いまやその, いやしい人民ども, いろいろうるさい, うす気味悪く思い, うれしがっ, おうようで, おずおずと, おそろしく敏感, おとうさんも, おびえて, おりおり自分, お奉行, お松の, お縫, かえってほっとした, かくれば, かならず冷たい, からだの, きっときっと血族相食, きっぱりと, きわめて手, けしからん奴らだ, こういう植民地, こうして私たち, こっちで, このせいようかん, このピストル, この出来事, この夏, この平和, この旅行, この泰軒先生, この第, この語, この鳥, これから一日, これらを, こんなヒド, ごらんの, さぞ度胆, さもふしぎなものをみたといわんばかりに, しおしおとして, しずむこと, しばらくしん, しやべ, じっと黙祷, すぐ井戸, すぐ踊りだした, すっかり気圧され, すでに武装, すわ, ずらりととりかこん, ぜひ入り用, そういう時代, そうなった, そこらに, そのちょう, そのまま飼い続けた, その不運, その労働, その土間, その室, その彼, その文学精神, その校長, その焚き, その神棚, その自由さ, その誘い, その野原, それからふしぎ, それぞれ多種多様な, それでもその, それより, そんな声, ぞんぶん振舞いに, たいてい数人, たくさんお金まう, ただあなた, ただ一人背広, ただ恐怖, たちまちお母さん, たとえその, たまらないでしょう, だらしなかった, ちいさい妹, ちょうど, ちょっと表, つい眼, てつきり女だ, でそれ, とかく記録, とにかくこっち, とりこに, どうしてあんなにわたし, どうしてるだろう, どうぞあちら, どう思っ, どちらかが, どなたも, どんなにあの, どんなに目, どんな現実的, なおも歌い, なぜいつ, なにか電気, なんだい, なんとも形容, にわかに勢いづい, はからず少女界時代, はたしてどの, ばつたり, ひとごとめいた, ひどい困苦, ひよめに, ふたたび一本杉, ふるえあがって, ほうぼうから, ほとんど欧米人, ほんとの, まさか金, まず物, またもと, また厚和, また意味, また肩, また首, まだまだ長い, まだ叱れない, まだ沢山あろう, まだ道三, まづ南方, まるで女, まんまと失敗, みなちりぢり, みな喜ん, みな渦中の, みな驚い, みんなさまざまな, みんなもとの, みんな一筋繩では, みんな善良な, みんな市ガ谷八幡へ, みんな楽し, みんな甲州から, みんな花江さんを, みんな食物を, むしろ自分たち, めいめいパンの, もういなかった, もうそろそろ太宰, もう一つ名物, もう二度とよって, もう少し深く, もう椅子, もう神さま, もう長く, もちろん武器, もっと苦しむ, もはやその, やがて外, やっと伸子, やはりいくぶん興奮, ややしばらく水, よいこと, よくまア, よく来た, よっぽど皮肉, わああっ, わずかに, アムステルダム市に, イタリーに, エレベーターの, カンテラで, キヤツキヤツと, グツと, サルトルさんの, ジャン, スパイじゃ, ゾロゾロ竜泉寺, テキ面に, トーストに, ノーマ号と, パチ, ビラや, ブラッセルを, ベッドを, ボーイ長を, ミリガン夫人に, ユダの, ルーヴルと, ワーッとばかりに, 一つ殘らず, 一体この, 一家の, 一方においては, 一月と, 一致し, 一銭二銭の, 七人とも, 三つの, 三十名ばかり, 三橋に, 上品ぶっ, 下道へ, 不思議そうに, 世界じゅうの, 中学を, 乏しい財布, 事実の, 二十めんそうの, 二階で, 互にささやき合いました, 五百年も, 人に, 人道の, 今そこの, 今夜一晩中西へ, 今日穴居民族の, 仏教や, 代々司法官であった, 任務に, 会議が, 何うしたんぢや, 何となく氣味, 何ん, 何時の間にかとんでも, 作戦した, 信じかねた, 偉大なる, 僕も, 兄が, 先刻春日町の, 入口の, 全く閉口, 八王子を, 共産主義を, 内職です, 再魂呼い, 出入りする, 初めて大っぴら, 別々の, 到頭心, 力が, 励ます言葉, 勝楽寺の, 匂宮の前へ, 十九世紀の, 十分の, 半ば興が, 単に貧弱, 却って離れ, 参詣した, 反対に, 口惜し涙, 可哀そうに, 各室ごとに, 同じ誤り, 名高いヴェーッサンタラ大王, 周遊バスで, 咳き始めた, 善男善女でも, 囁きあった, 四軒の, 固い信念, 土の, 地下室に, 城介に, 墓場だ, 夕食の, 多分に, 夢などを, 大きな塊, 大丈夫だ, 大型スウツケイス二個帽子箱一個グリップ一個小, 大抵それ, 大笑いし, 天国においては, 夫婦だろう, 奨励した, 奴国の, 姉さんたちで, 嫌うの, 字を, 安らかに, 実によく働い, 客に, 家族を, 富田新町新寺町新割町上白銀町下白銀町塩分町茶畑町の, 対象について, 小さな屋台店, 小帆船, 小鉢の, 少し足, 居ります, 山荘を, 川上糸子の, 差しあたりゆく, 帝劇に, 常識と, 平気です, 幸福であっただろう, 幾人か, 度々ここ, 弁からの, 弱きを, 当然これら, 彼女らの, 後ろ向きに, 御老母さま, 心が, 必ずしも完備, 忙しく働い, 怒りだした, 思ったほど, 思われるの, 怪塔王に, 恐らく自然, 恰も木製, 悲壮な, 意地悪く, 愛読し, 慎みの, 成層圏へ, 戦争ちょう発という, 所属師団司令部の, 手洗所の, 抱きついて, 挨拶の, 控え所の, 支那の, 故郷へ, 数十分間にわたって, 文芸評論を, 新しい真実, 新造たちで, 既に朧ろげ, 日本人を, 早くからあつまっ, 早速父, 昔に, 是によって, 時を, 暑い太陽, 曇った空, 最早その, 望んでは, 木を, 本州の, 本船から, 来るたび, 松蕈を, 柚子の, 案外のんき, 棺の, 楽を, 横だ, 次の間から, 正しい希望, 武蔵の, 死ぬ程, 残らずつかまって, 母君の, 毎日一度展望室へ, 毎朝ここへ, 気がつかなかったので, 氣に, 永くこれ, 池畔の, 決して少く, 沈黙を, 泊ること, 泰平郷建設の, 浜松城の, 涼しい松原, 渚まで, 源氏さえ, 濡れて, 無感覚に, 無邪気な, 燃え残り, 片脚, 特にこうした, 狡く立ち廻っ, 玉村端れ, 現代文学者の, 生きかえったよう, 生れると, 田丸博士に, 申し立つべき希望, 畑の, 病人を, 白湯を, 皆ここを, 皆まじめな, 皆利己主義的生活または, 皆寂しい, 皆物見高い, 皆言った, 目はしを, 直に利益, 相談しなけれ, 眠いの, 矢車草の, 知りたいあなた, 石を, 磯伝いに, 神さまの, 私くらいの, 種々な, 空腹の, 立ち去る用意, 笈を, 第三者が, 米と, 純文学の, 紺絣に, 絣の, 続けさま, 縫目の, 美しい衣, 老年に, 聴く, 肱を, 腰かけたが, 自分たちで, 自分達の, 自覚し, 舷檣の, 艫の, 芳男の, 苦しいあいだ, 草原の, 落ち着いた, 蕎麥と, 虫けらを, 行きあ, 表に, 裏門から, 要するに工夫, 見付けたの, 親しい男性, 観音堂を, 言葉づかひ, 詩人の, 読んで, 調子はずれの, 議論議論で, 貴族の, 赤い顔, 足元を, 躍り掛かって, 軍人よりも, 辻ヶ谷君とは, 追っかけやめません, 逃げたん, 逞しい持ち前, 過ぎた時代, 遙か, 選りに, 酒場では, 野暮だ, 釜礁を, 銭貰いに, 長い暗い路, 閃くよう, 阿部知二岸田国士丹羽文雄その他の, 隅田川の, 集まると, 雷鳥三羽を, 青春を, 音の, 顔見あはせ, 食べるだけの, 飲まずなに, 首席が, 駅長の, 驚愕の, 鬼だの, 鴨川湯の, 黒い上着

▼ たち~ (19666, 25.0%)

253 ために 174 ことを 159 間に 137 生活の 122 ように 112 顔を 111 中に 103 前に 97 ような 85 中には 84 方へ 75 ところへ 66 生活を 64 心を 62 生活に 59 間には 56 手で 55 姿を, 方が, 方を 54 中で, 手に 52 心に 50 心の 49 生活は, 話を 46 前で, 姿が 44 上に 43 あいだに, 間で 37 住んで 35 耳に 34 中の, 顔が 33 ことは, 間を 32 声が, 多くは, 姿は, 頭の 31 ほうへ, 事を, 生活が, 間では 30 中にも 29 なかに, 方で 28 家の 27 方に 26 あとを, 中から, 話に 25 うちで, ための, 仲間に, 眼を, 運命を 24 中へ, 前を, 所へ, 眼に, 眼の 23 ほうが, 生きて, 目に, 目の, 部屋へ 22 やうに, 口から, 生活も 21 うちの, なかには, 注意を, 生活と, 間にも 20 ことで, 中でも, 仕事を, 力で, 家へ, 心は, 目を 19 うちに, ことが, ところに, ほかに, 前へ, 大部分, 手を, 部屋の, 顔も 18 ためにも, ほうを, 世話を, 仲間の, 心には, 為に 17 ためには, なかで, 一人が, 中では, 名を, 周囲に, 後を, 様子を, 胸に 16 うちには, まわりに, 声を, 子供の, 家に, 方は, 眼には, 話は, 顔に

15 [12件] すること, 乗って, 姿も, 家を, 後から, 持って, 毎日の, 目には, 眼は, 身に, 間から, 頭を

14 仲間が, 国の, 影が, 眼が, 部屋に, 頭に

13 ものだ, やうな, 前には, 意見を, 生命を

12 [18件] うしろから, おかげで, ことも, まえに, ものとして, 仲間入りを, 命を, 嘆きの, 室の, 幸福の, 或る, 方から, 母上は, 生活, 眼から, 運命の, 部屋を, 間の

11 [18件] あいだには, お母さんは, ことだ, そばへ, もって, 一人は, 仕事は, 仲間は, 声に, 室へ, 愛の, 手から, 手によって, 日常生活の, 生活という, 生涯の, 知って, 笑い声が

10 [21件] いうこと, いるところ, して, なかから, ほうに, よくない, 上を, 今日の, 仕事の, 作品を, 周囲には, 家が, 心が, 日常の, 歩いて, 現実の, 身の, 身体を, 運命は, 間でも, 魂は

9 [28件] あいだで, うえに, ところから, ほうで, ほうは, ものである, 一団は, 仲間では, 先祖は, 写真を, 家は, 影は, 感情の, 手には, 手の, 村の, 生活には, 目は, 眼にも, 祖先の, 立って, 耳にも, 耳を, 胸の, 胸を, 言葉を, 身を, 顔には

8 [25件] うちにも, ことに, ぼつて, 作品の, 名は, 名前を, 場合は, 多くが, 幸福を, 心から, 愛を, 日常に, 求めて, 生命の, 知ったこと, 自動車は, 自由に, 興味を, 船は, 見て, 言うこと, 話が, 話では, 身の上を, 顔は

7 [53件] あとから, いる所, いる方, うしろに, そばに, そばを, なかま, 一人, 一家の, 一行は, 下に, 仕事に, 仲間で, 仲間には, 出て, 力では, 力に, 口に, 口を, 命は, 声は, 外に, 好きな, 学校の, 室を, 家から, 後に, 心も, 慰みに, 文化の, 日々の, 時代に, 最後の, 気持を, 生活への, 組が, 置かれて, 群れが, 群れに, 考えて, 行動を, 見る目, 足音が, 跫音が, 邪魔を, 間へ, 面倒を, 面前で, 頭が, 頭では, 頭には, 顔や, 首を

6 [60件] あいだを, あひだ, お母さんに, すがた, ところを, ほうの, ぼる, まわりには, ものと, ものに, やって, やつて, やること, 一団が, 仕事が, 作品が, 傍を, 前では, 力の, 力を, 唯一の, 声も, 姿の, 学校では, 家庭に, 家族の, 将来の, 心にも, 恋愛は, 意志を, 手が, 教室の, 文学の, 文学は, 時代の, 母上の, 気を, 注目を, 目にも, 眼前に, 祖先は, 秘密を, 組は, 結婚は, 結婚を, 耳には, 肉体と, 肩を, 船に, 若い時, 記憶に, 話で, 誰もが, 賑やかな, 足を, 関係を, 関心を, 頭上を, 顔の, 馬車は

5 [100件] あいだから, あいだでは, あとに, いる部屋, うちでは, うち瞻る, からだに, きょうの, ことである, ことをも, そばで, ところでは, まはり, もので, ものです, ものの, モスク, 一人で, 一人に, 一隊は, 世界の, 中を, 中何時まで, 事が, 事は, 人生の, 人生は, 人生を, 代りに, 仲間だ, 会話を, 力が, 努力は, 参考に, 咄す, 嘆きだ, 夢を, 大多数, 好意を, 家で, 家では, 寝て, 将来を, 居る女部屋, 山尋ね, 常識は, 後ろに, 想像の, 意見が, 所に, 手もとを, 教室に, 数は, 方の, 旅の, 未来の, 末々の, 母の, 現実に, 生の, 生命が, 生活から, 生活で, 生活や, 目が, 目前に, 真似を, 立場を, 経験した, 群が, 群に, 群の, 群れの, 群れは, 群を, 考えは, 考へでは, 肉体の, 著る, 視線を, 親の, 言葉が, 話し声が, 話でなく, 足の, 身の上に, 身近に, 車は, 部屋が, 部屋は, 都合の, 間にあって, 間は, 階級の, 集まって, 青春の, 顔, 顔から, 馳け, 魂の

4 [190件] あかりを, ある者, いう事, いるこの, うしろには, うちから, おやつ, お部屋, からだは, ぐるりに, こと, ことなんか, ことについて, こんな話, すぐ前, するよう, する事, すんで, せいで, たましい, ところには, ところへは, ところまで, とまって, とり捲いた, なかでも, にぎやかな, ふが, ほかには, ほかは, まえで, まわりの, まん中に, ものを, ようすを, ようには, よき生活, よくする, わきに, グループに, 一人一人が, 一家は, 一挙一動を, 一生の, 一群が, 一行を, 上へ, 不幸を, 世話に, 世間に, 主張する, 人は, 人気を, 仕事も, 仲間を, 会話は, 体が, 体の, 体を, 作品に, 作品は, 信仰の, 側へ, 傍に, 先祖が, 先頭に, 内に, 凝つて, 前殊には, 力も, 努力が, 努力の, 動きが, 口には, 名が, 名まえ, 命が, 命に, 命の, 唱へる, 喜びは, 噂した, 噂に, 国は, 国へ, 外には, 夢の, 大半は, 女の, 好奇心は, 好奇心を, 子供を, 存在の, 室に, 室は, 居間に, 希望は, 希望を, 席から, 席に, 席は, 年代の, 幸福だ, 影も, 影を, 待って, 心持は, 思いも, 悪口を, 悲しみを, 惡い, 意見に, 意見も, 愛は, 愛情に, 感情が, 感情に, 感情を, 成長の, 手は, 手許に, 批評に, 批評の, 批評を, 接待に, 数も, 敵は, 方にも, 日常は, 日常を, 日常生活は, 明日の, 時代には, 書いたもの, 書くもの, 最初の, 本当の, 村に, 様子が, 様子は, 歌を, 歓声に, 殆ん, 母上が, 母親は, 気分が, 気持は, 注意は, 為めに, 無数の, 父は, 現在の, 生活として, 生活において, 目から, 祖先が, 第一, 精神を, 級の, 結婚が, 結婚に, 罪を, 群れから, 腕の, 自動車が, 舟を, 船の, 若さ, 血と, 血の, 血を, 表情は, 要求を, 見たの, 訴えを, 話から, 話の, 誰が, 誰にも, 足もとへ, 身体に, 身分を, 運動が, 間だけの, 関係は, 集って, 面倒も, 靴の, 頭上に, 願いを

3 [372件] あいだの, いう意味, いう通り, いるホテル, いる前, いわゆる, いんちきに, うちでも, うわさに, おかれ, おくりもの, おとうさんの, お伴を, お名前, お喋舌, お父さま, お祝, かくれて, ぐるりの, こころに, ことです, こととて, ことばかり, ことや, こんに, さわぎを, したこと, しつけ, すべてが, するやう, その後の, それと, それを, だれかが, どの顔, なかでは, なかの, ねむって, のって, はうを, ほとんどすべて, ほんとうの, めんどうを, もつて, もとを, ものが, ものでない, やさしい態度, ようであった, グループが, 一人だ, 一人だった, 一人である, 一人一人の, 一家が, 一家を, 一生は, 一生を, 上から, 下駄を, 不幸の, 不幸は, 世代が, 世代の, 世界を, 世話は, 主人の, 乗った車, 事務員は, 云う通り, 人工雪の, 人気が, 人生について, 人間である, 今度の, 他には, 仲間も, 任務は, 企てを, 休んで, 会話に, 住居の, 住所を, 体は, 体も, 何か, 作ったもの, 作家としての, 使って, 例を, 側からの, 側に, 側を, 傍へ, 僅かな, 働いて, 働きを, 先に, 先祖の, 入って, 全部が, 共通の, 出入りが, 出入りする, 刈りと, 列を, 列車は, 利益を, 前の, 前まで, 前も, 剣は, 努力と, 努力も, 努力を, 労働の, 動きは, 動作を, 動静に, 勝手だ, 勢力を, 友情は, 友情を, 反感を, 口真似を, 同志, 名前が, 周りには, 周囲の, 周囲を, 唇を, 問題に, 喧嘩も, 嘆きが, 噂話を, 困って, 国で, 土産に, 坐って, 場所に, 境遇の, 声と, 多いの, 多くも, 多数が, 大事な, 大切な, 奇妙な, 好みに, 姿や, 子供が, 学校で, 学校に, 客を, 家だ, 家として, 家庭の, 寝室の, 尊敬する, 小説の, 少年時代には, 居るとこ, 属して, 屯し, 希望と, 席を, 帰って, 帰りを, 平和な, 幸福な, 幾人かが, 店の, 店は, 建設, 後ろから, 後姿を, 心では, 心もちに, 心もちは, 心持ちを, 心持も, 心持を, 心理が, 忠告に, 性格を, 恋の, 恐怖の, 息子の, 悲しい運命, 意志と, 感情は, 感覚に, 手では, 手へ, 手前も, 指導の, 故郷の, 教へる, 敬愛の, 敬礼に, 文化を, 文学を, 新しい生活, 方には, 方へは, 方も, 旅は, 日々を, 日本の, 日頃の, 時代が, 時代と, 時間が, 暮しに, 暮らしが, 書いて, 最大の, 服装を, 望みを, 期待を, 本質的な, 村は, 楽しそう, 機嫌を, 次の, 歌の, 歴史の, 歴史を, 民主的な, 民族の, 気の, 気もちを, 気分は, 気持が, 気持も, 派手な, 消息を, 淫らな, 為来り, 無限の, 熱心な, 生きる社会, 生命は, 生存の, 生存を, 生活とは, 生活へ, 生活感情の, 生涯に, 男が, 男で, 男である, 町の, 皮膚の, 目的を, 相手に, 真の, 真情を, 眼も, 着て, 着物を, 知りたいと, 研究を, 社会の, 社会へ, 神経が, 神経を, 私に対する, 私語が, 稽古を, 立場が, 立場に, 笑ひ, 精神が, 精神に, 精神は, 組の, 組も, 経験から, 経験を, 結婚の, 絲縒りは, 絵は, 罪は, 群れも, 考えが, 考えでは, 耳の, 聲で, 肩に, 肩越しに, 背後に, 背後へ, 胸から, 胸には, 膝を, 自動車も, 興味は, 舟が, 舟は, 良くない, 良心を, 若い時代, 荷物は, 血が, 行くところ, 行く手に, 行く手には, 行く手の, 行く道, 衣裳が, 要求は, 見たこと, 見たところ, 見ぬ様, 視線が, 視線に, 親切に, 言って, 言を, 言葉で, 言葉は, 記憶の, 訪問は, 評判を, 詰めて, 話して, 話も, 話声が, 話題に, 誰の, 責任だ, 質問に, 趣味と, 足許に, 身体は, 車の, 通って, 遊びに, 遊びを, 遊んで, 遊戯の, 運動に, 運動の, 運命が, 運命について, 運命にも, 邪魔に, 部屋から, 部屋で, 鉾尖, 間だけで, 陰口を, 陽気な, 難儀を, 雪の, 露骨な, 青くな, 面を, 靴に, 領分と, 頭から, 顏を, 顔だった, 顔にも, 食事の, 馬は, 驚きは, 魂が, 黒い影, 鼻の, 鼻を

2 [1050件 抜粋] あいだにも, あいだへ, あたま, あること, ある人々, いうの, いのち, いは, いるという, いる室, うたは, うわさを, おもりを, お供を, お家の, お母さまに, お父さんの, お話を, かあさんが, かおを, からだには, からだを, がらにも, くるところ, けんかが, ことごとくが, ことばが, ことばを, これからの, さきにな, ささやかな, ざわめきに, じゃまを, すぐそば, すぐ目, するまま, せいでない, そばまで, それぞれの, それの, そんな子供, そんな気持, ぞうきんを, たべもの, たべ物, ためにだけ, だれ一人, つとめである, とった態度, とは違っ, どこが, どのひとり, なさること, はしゃぎぶり, ひざの, ひとむれ, ほうからも, ほかにも, まわりでは, もつとも, もんだ, やったこと, やってること, ゆくすえ, ようである, よく知っ, りっぱな, わるい冗談, オモチャに, テーブルへ, パンの, ボートは, ランチが, 一人であった, 一人の, 一人一人と, 一団の, 一方の, 一票は, 一行に, 一行より, 一部に, 上って, 下の, 不安と, 不平や, 不撓の, 不注意を, 不評判も, 世の, 世界が, 世界では, 世界以外に, 世話も, 中からも, 中隊は, 主人公は, 主張が, 乗った自動車, 予めする, 予期した, 事に, 事務室を, 二人は, 云い分, 亡霊が, 人が, 人に, 人波に, 人生に, 人間性の, 今いる, 仕事であろう, 仕事はな, 仕事部屋は, 他の, 代表として, 仲は, 仲を, 仲間から, 仲間でも, 会が, 位置を, 住む世界, 住居へ, 作も, 作品である, 侮辱と, 信頼を, 借りて, 健やかな, 健康と, 側の, 働くの, 僧は, 先生の, 全力を, 全身は, 共感を, 内部に, 冥福を, 出ること, 分まで, 列が, 判断は, 前方を, 剣の, 力は, 労に, 労働は, 勇気と, 勉強の, 動きを, 動静を, 印象に, 受けて, 口からは, 口は, 右足の, 合唱が, 同人雑誌, 同意を, 名も, 名誉と, 周囲に対して, 味方な, 味方を, 命も, 命令を, 問いに, 問題の, 善意と, 喚声が, 喜びと, 嘆きのせゐだ, 噂などを, 噂を, 団欒の, 国から, 国にだって, 報告に, 場合に, 塊り, 境遇を, 墓に, 墓地が, 声な, 多きこと, 多くを, 夢が, 大半が, 大声に, 大集団, 奇妙に, 女だつた, 女である, 女な, 妬を, 姿と, 姿まで, 婚約は, 子孫が, 存在が, 存在を, 学校は, 安静を, 実感に, 実験室へ, 室と, 家には, 家も, 家庭は, 家族が, 容貌を, 宿命と, 宿屋へ, 寝床は, 対人関係の, 尊敬し, 小さいとき, 小屋の, 小間使いに, 居所を, 山, 巣, 巣窟に, 左手に, 席が, 帰った後, 常食も, 平和を, 年ごろの, 年を, 年頃は, 年齢の, 幸福に, 幸福への, 庇護の, 庭の, 影すら, 影響は, 彼を, 待つて, 後ろ姿を, 御主, 心からの, 心と, 心情は, 心持, 心持ちが, 心柄は, 心臓の, 必死の, 忠節は, 怒号が, 思想に, 性に, 性格の, 性格や, 恋が, 恋愛を, 悩みを, 悪い噂, 悪い病気, 悲しい寢臺, 想像する, 想像力を, 意向を, 意識の, 愚を, 感じでは, 感情には, 感想を, 態度の, 戀も, 戻るの, 所謂, 手によ, 手前を, 手紙の, 才能は, 投げ出したおもたい, 持ち物であった, 控室へ, 敏感な, 敵と, 文学としての, 方からの, 方針を, 旅路の, 日に, 日本で, 明るい笑声, 昔の, 時々来, 時代より, 暗い心, 暮して, 暮しは, 書く小説, 最も美しい, 服装も, 期待は, 未来を, 村では, 来ないうち, 松明が, 案じて, 案出した, 業を, 様子に, 権利として, 横を, 歌が, 歓声の, 正直な, 歴史は, 死体を, 母は, 毎日に, 気が, 気もちに, 気分も, 気勢を, 気持ちは, 汗と, 活動が, 活動や, 消息が, 涙を, 渡鮮は, 演技に, 為には, 無智, 爲來り, 父なる, 父親の, 物の, 物笑いに, 特色の, 狡猾な, 玩具に, 現実を, 理想と, 理解を, 生命と, 生活そのものが, 生活にも, 生活態度を, 生涯は, 生計の, 申すこと, 男か, 男だった, 男では, 町に, 留守に, 番だ, 痛切な, 登って, 白くみがいた, 目では, 目も, 相手は, 相談に, 眞似, 眼からは, 眼付が, 着物の, 知つてゐる, 知らないこと, 知らない新しい, 知識を, 研究に, 社会を, 社会的な, 祝福を, 空に, 窓の, 立場に対して, 笑いを, 笑い草には, 笑声, 籠の, 糸縒りは, 組合は, 経済の, 経済能力を, 結婚も, 結婚生活が, 練習を, 罪に, 美しい公園地, 群れを, 考えかたは, 考えも, 聲が, 肉体が, 肩ごしに, 背中に, 背後には, 胸へ, 腕も, 腰に, 膝の, 自動車には, 自由の, 自覚を, 舞ひ, 舟へ, 良人は, 芝居, 芸術理論を, 若い生命, 苦しさ, 苦労を, 荷物が, 虐げられた運命, 血管に, 行く手を, 行く路, 行動が, 行動は, 衣服を, 衣裳の, 袂に, 視線は, 言い草では, 言うの, 言う事, 言動に, 言葉の, 計略に, 訪問を, 訳詩集などに, 評も, 話すことば, 話声は, 話題が, 認識の, 誤解を, 説も, 誰と, 誰よりも, 警戒が, 豫めする, 財産を, 貧乏する, 責任では, 質疑に, 足もとを, 足音だ, 足音や, 跫音も, 身にも, 身の上について, 身体が, 身辺を, 車が, 車夫も, 近くへ, 連中が, 遊び場と, 遊ぶの, 運動は, 運命な, 道の, 道徳的意識を, 選択の, 部屋です, 部屋な, 部屋へも, 部屋も, 重々しさ, 鏡台の, 間での, 関係が, 関心の, 集まりの, 集りで, 集団は, 雰囲気が, 静けさ, 面影を, 音楽に対する, 頬は, 頸に, 顏その, 顔その, 顔つきに, 顔色を, 風流の, 食卓に, 食物の, 養育費は, 首の, 騒ぎを, 高麗丸が, 髪を, 魂を

1 [8614件 抜粋] ああいう, あだ名が, あはれな, あわただしい取次, いい方, いく道, いちばん正確な, いのちに, いるその, いる剣山, いる森, いわゆる神経質, うちおそらく, うち銀杏返しに, おかしなつきあい, おっ母さん, おもかげ, お世辞, お八ツ, お弁当箱, お気持ち, お菜ときたら, お風呂場, かけ合い人, かまいたち, がやがやする, くちびるは, こうしたたま, ことかしら, ことでした, ことばだった, こと家の, このよう, この村, こまかくつけまわす, こんな決断, ささやきの, さんざめきお, しゃべって, すすめに従って, するべきこと, せっかく積み上げた, そこにも, その物おじ, そんなスポーツ, ただ一人として, ためでなく, ため精進料理を, ちぢまった肝ったま, つくったお話, つもりで, ところでも, とりなし人, なかでの, なにより, ねばねばした, はしゃぎ廻る足音, は何, ひからびた醜い, ひねこびた自尊心, ふるまいと, ほつと, まけなの, まっかに, まわりにも, むれはうしろから, もてあそびもの, ものばかり, やすんで, やる狂言, よい子ども, よりも狭い, わずかばかりの, ゐる證據, インテリゲンツィア性を, カラダだ, ケヅメそつくりに, スウツケイスが, タイプの, テゴチに, バクー行と, ピアノの, ベッドを, メンシェヴィキ, ルーブルが, 一両日にわたる, 一名を, 一度しか, 一晩とまる, 一群は, 七つ道具の, 三十人は, 上陸した, 不公明, 不幸に, 不能を, 世界には, 中および, 中学とは, 主または, 乗つた汽車の, 九〇パーセントまでが, 予習の, 事務室の, 二年後の, 云う前, 交際に, 人も, 人渦, 人間だ, 人間的存在への, 今日もっ, 仕事では, 仕方が, 代表者を, 仲直りを, 仲間入りする, 休む仮屋, 会計から, 伸び伸び, 住む一廓, 住宅の, 体と, 何一つ不自由の, 作でも, 作家が, 使用車だ, 便利と, 信仰と, 俸給は, 健康状態は, 催しものを, 働くそば, 優美な, 先を, 先輩どもは, 入った門, 全身像の, 共同炊事場である, 内務班は, 円い頭, 冬ごもりの, 処置で, 出会う青草, 出発も, 分別から, 列車の, 到底及び, 前方の, 創造力を, 功績を, 努力によって, 勇気が, 動きはじめて, 勝ちだ, 包みを, 卑怯な, 印画は, 原稿を, 友人たちの, 反対意見などが, 取った手段, 受ける取締り, 口占を, 叫びが, 可能の, 合唱歌が, 同情は, 名前ぐらいは, 向背が, 周圍には, 呼吸とともに, 品物を, 唯中から, 問題である, 喉笛を, 喧騒を, 噂が, 囚われ輿が, 団長の, 国には, 土地では, 地球を, 報告を, 塩首が, 墳墓に, 声明を, 多い中, 夜業は, 大きな手, 大団平船, 大船の, 太い声, 奉公が, 女らしく見えました, 奴隷としての, 好色的な, 始めた儀式, 姿であろう, 威圧に, 嫁入りの, 子を, 子孫も, 学校行の, 安全の, 実力を, 実際生活, 室とは, 家すじは, 家名の, 家族だろう, 宿命が, 寄宿舎には, 寝室に, 寢顏の, 専門専門の, 小さな住宅, 小屋より, 小間使いぐらいにしか, 局に, 居住を, 屍を, 巣も, 差図や, 師を, 帰宅の, 平家顛覆の, 幸福に対しても, 幼年時代には, 店先へ, 庶民的風體から, 引立にて, 強らしい, 役に立たなかったの, 待ち遠しい娯しみ, 従姉の, 御心持, 御運, 心ばかり, 心持そういう, 心理遺伝の, 必要に, 応接も, 怒りを, 思い知らぬほどに, 思想及び, 怨みも, 恋慕した, 恩人か, 悦びさ, 悪い上, 悪口でしょう, 悲しみや, 情交に, 惨めな, 意を, 意志では, 意見をも, 愛する作家アレクセイ・マクシーモヴィチ様, 愛情を, 感情って, 感激や, 慢心へ, 應接に, 我慢なんか, 所は, 扇が, 手伝いも, 手品を, 手柄を, 打合せ会議が, 技術者としての, 抵抗は, 持つすべて, 指導による, 振舞にも, 探偵的暗示にも, 描いた未来, 損を, 政治の, 救い主で, 教室は, 教養は, 敵さ, 文化政策にたいして, 文学的見解から, 断ち切りがたい, 新たなる, 方法は, 旅行は, 日常で, 日本人としての, 明るい人生, 時世が, 智恵と, 暮しという, 書いた芝居, 最低の, 有頂天の, 望む日, 木下隊へ, 本分は, 杉の, 来る途中, 栄達を, 棲まう伝統, 楽しいお正月, 様子などを, 権威や, 欠点の, 歌と, 歓待を, 正面の, 歩行には, 死体の, 残飯を, 母子は, 毛皮など, 気にいる筈, 気保養の, 気持ちを, 気質や, 求むべきもの, 沈默にも, 泊る聚落, 泥靴が, 洋行は, 流れに, 消極的反対にも, 淺薄な, 満身傷を, 漕いで, 灯を, 無上の, 無抵抗を, 焦った気分, 熱血あふるる, 父兄達から, 物である, 特徴かも, 狂奔する, 狭く浅い部屋, 王子と, 現実との, 理論から, 生きる現実, 生れ故郷の, 生棲, 生活では, 生活全面を, 生活改善の, 生活面に, 用事は, 甲虫は, 町は, 異る, 病後も, 発育の, 白い着物, 盗んだこと, 目標と, 直観と, 眞上から, 真相を, 眼差しや, 着物には, 知らないよう, 知らん事, 知識が, 研究北海道の, 社交の, 祈り唱えるの, 祖父に, 私の, 移動演芸といふ, 積極的な, 窮状と, 立場から, 笑い, 笛でしょう, 策動に, 粧いが, 系統を, 素性や, 組織の, 結びつきにとって, 結綿島田にも, 絵の, 総ての, 繰言, 美しい秘め, 群がって, 義務である, 老巧な, 考え方が, 耳にまで, 聞耳を, 肉体精神上に, 肩と, 背たけより, 胸が, 脚本を, 腰掛けて, 臨終は, 自用車, 興奮は, 航海を, 艱難も, 芸を, 若い同行者, 若干を, 苦心の, 茶話にも, 落ち度に, 蔵書印を, 蛮勇と, 行くさき, 行先が, 行紀粛正論を, 衣裳だの, 袂へ, 製作物の, 見せしめに, 見る夢, 見送りの, 親, 親切には, 観念が, 言い分は, 言草に, 計画どおりに, 記録, 証言が, 評判も, 詰所へ, 話をば, 認識も, 説明を, 課題と, 論拠であった, 講義を, 豚面を, 貧しい食膳, 貰ったカーペット, 賜物である, 赤石縦走を, 足さきを, 足許から, 踊の, 身の上, 身上だ, 身支度から, 車室の, 軽い軽侮, 近い将来, 追いつくまでに, 逃亡の, 通例に, 造詣のほどに, 逸話などを, 遊ぶべき場所, 運勢で, 過去を, 遠いお母さん, 避難所の, 部屋部屋に, 配る椀, 重工業への, 鉄の, 錯覚だった, 長い痛ましい描寫, 間が, 間抜けさ加減, 闘いには, 降りる所, 陳述書が, 隠れんぼの, 集まった場所, 集りを, 雑誌は, 青い大きな, 非業な殺され, 面影の, 鞭の, 頤を, 頭脳の, 顏が, 顔です, 顕微鏡の, 風情は, 食事に, 食膳へ, 餌を, 首筋に, 馬鹿さ加減の, 騒ぎだす声, 驚嘆と, 高い声, 髭の, 黄色い叫び

▼ たち~ (11093, 14.1%)

52 集まって 46 出て 45 自分の 42 それを 29 彼の 24 何か 22 ある, 帰って, 来て 21 住んで, 私の 20 集って 18 生きて, 自分たちの 16 いて, モスク, 声を, 立って 15 ここに, ぞろぞろと, 手を, 見て 14 ここへ, 入って 13 何を, 口々に 12 いる, それに, 寄って, 彼を, 手に, 持って 11 口を, 日本の, 生活の, 遊んで 10 いた, いって, これを, それぞれの, はいって, 並んで, 何人も, 歩いて 9 いるの, おおぜ, そこに, そこへ, 或る, 知って, 言って, 遊びに

8 [12件] あつまって, います, そんなこと, ついて, わたしを, 力を, 好んで, 心配し, 眼を, 自分で, 顔を, 食事を

7 [16件] あった, いっしょに, かけつけて, ここで, 一つの, 一斉に, 幾人も, 待って, 急いで, 急に, 気を, 目を, 相談し, 自身の, 蟻の, 話して

6 [23件] あって, あなたの, いずれも, いること, して, そこを, そろって, どうかする, どやどやと, やってきて, ドヤドヤと, 乗って, 今まで, 他の, 先に, 坐って, 家の, 揃って, 次々に, 行って, 起きて, 非常に, 駈けつけて

5 [47件] あつた, あれを, いつでも, いろいろの, かたまって, きょうの, こ, こんなこと, そういっ, その前, どこに, なんの, ひそかに, びっくりする, ほんとうに, むらがって, めいめいの, やって来て, 一列に, 人間として, 使って, 参加し, 叫んだ, 困って, 大ぜ, 大騒ぎを, 如何に, 学校の, 彼に, 彼女の, 彼女を, 心を, 心配する, 思って, 次の, 水を, 熱心に, 物語る口癖, 盛んに, 私に, 稽古を, 腰を, 自分を, 色々に, 見つけて, 集まった, 骨組みばかりの

4 [77件] あなたに, いつもの, いろいろな, おまえを, そこから, それは, だれも, どのよう, のぼって, ほかの, みんなで, もって, やって来た, ゐて, 一度に, 一生懸命に, 一緒に, 世界の, 主と, 二人の, 今日の, 何の, 働いて, 列を, 勝手に, 却て, 各自に, 声も, 多い, 大きくなる, 始めて, 子供の, 子供を, 家に, 家を, 寄り集まって, 小さかった, 帰ったあと, 幾人か, 引つたくつて, 彼らの, 彼等の, 成長し, 持つて, 文学に, 日々の, 日本で, 昔の, 東京へ, 歌って, 毎日の, 派手な, 漕いで, 現実に, 男の, 眼の, 私を, 笑って, 続々と, 群を, 聴いて, 腹を, 興味を, 舟を, 落としたの, 見つけたの, 見物に, 走って, 身を, 輪に, 通って, 道を, 首を, 馬に, 騒いで, 魚を, 黙って

3 [186件] あそんで, あたふたと, あちらこちらに, あっけに, あとから, あとを, あの人, あります, あれば, いった, いつまでも, いまだにいきり立つ, いるか, いるので, いるん, いる方, お米, かわいそうだ, きて, こうし, このこと, このよう, この島, さう, さえずって, さまざまな, そのこと, そのまわり, そのよう, その中, その名前, その周囲, その家, その御宇, その方, その窓, そばへ, それぞれに, たがいに, だんだんに, つぎつぎと, でて, どういふ, どうなる, どんなこと, なだれを, なにを, まじるやう, もしこの, もしその, やって, やってきました, やって来るの, やつて, よって, わしの, わっと, わんさと, 一しょに, 一人ずつ, 一人も, 一時に, 一様に, 不思議に, 世界に, 世話に, 主人の, 二人三人と, 二組に, 人間に, 今は, 今日を, 仕事を, 代って, 何人か, 僕の, 先だ, 先生の, 出かけて, 出入りする, 出入りを, 出発し, 前に, 加わって, 去ると, 右往左往に, 問題に, 四方から, 外に, 外の, 外へ, 多くは, 大きくなっ, 大勢で, 女として, 女の, 孔子の, 学校から, 学校で, 学校に, 寝て, 居た, 山から, 平気で, 年を, 店へ, 引き上げて, 影の, 彼等を, 往来の, 後を, 必死に, 思い思いに, 悪いの, 想像し, 我々の, 承知する, 教えて, 朝の, 机の, 村へ, 来た, 東京の, 林の, 梯子を, 森の, 機会を, 次々と, 歌いながら, 歌を, 此の, 武器を, 残して, 殺したの, 母親の, 波の, 泳いで, 火を, 無理に, 無言で, 父の, 現れて, 現在の, 現場へ, 生活し, 用意し, 田舎へ, 疲れて, 相当の, 相談を, 真面目に, 眠って, 神の, 神隠しに, 私と, 笑うと, 笑ったり, 経験する, 続いて, 群れて, 考えて, 肩を, 自分に, 自発的に, 自覚し, 自身を, 船の, 行儀よく, 見ても, 言うよう, 走つて, 踊って, 近づいて, 近よって, 這入って, 通り過ぎて, 遊びの, 運んで, 選ばれて, 酒を, 長い間, 階下の, 額を, 飛び出して, 食べるよう, 驚いて

2 [581件 抜粋] あの時, あらわれた, あらわれて, あること, あるの, あるので, ある日, ある男, あれほど, いいこと, いうと, いそいそと, いたの, いつしよ, いない間, いひました, いら, いると, いるとき, いる所, いる貧しい, いろいろと, おた, おっかけて, おどろいたの, おもしろがっ, おれの, おれを, お傍, お別れ, お嫁, お庭, お膳, お茶を, かうして, かしこまって, かわいそうで, がやがや話し, ききました, きゅうに, けばけばしい色, ここの, ここを, こちらへ, こっちへ, この問題, この場面, この宿, この川, この日, この気もち, この頃, これからの, これまでに, さかんに, さわいで, しあわせに, した事, しっかりし, じぶん, じろじろと, すきで, すぐに, すべてうしろへ, するよう, そういうこと, そうだ, そうで, そうやっ, そう言う, そこの, そのボート, その人, その声, その姿, その日, その時, その村, その男, その美しい, その言葉, その部屋, その青柳橋, そばに, それで, それと, それの, それらの, それ等の, そんなもの, そんな事, ぞろりぞろりと歩い, ただの, たびたび来る, たまらなく可憐, ちりぢ, つけて, つれて, とんで, どう思う, どう考え, どこまで, どんな生活, なぜその, なぜそんな, なにごとかと, はだしで, ばら, ばらばらと, ひたむきに, ひとりの, ひどく驚い, びっくりし, ふたりで, まじめな, まだ子供, まわりで, みな私どもの, みな馬の, みんなと, みんな寄っ, むれて, めいめいに, もつと, もどって, ものを, やったよう, ゆくえ不明に, よくこの, よくする, よくて, よく知っ, よろこんで, わかって, わたしに, わるいこと, ゐる, ズラリと, テーブルの, ドイツを, ドッと, ハッと, パリに, パリを, ピストルを, ベルリンに, モデル代を, ワーッと, 一年の, 一方の, 一日も, 一時的に, 一種の, 一隅の, 七八人ぐらいずつ, 三々五々群れ, 三人とも, 三人ばかり, 三人出, 三四人で, 上から, 不幸に, 不思議な, 不意に, 中学へ, 主観的に, 争って, 二三人ずつ, 二人で, 二十人ほど, 五六人ばかり, 交, 交る, 人を, 人造人間だ, 人間の, 今度文芸戦線と, 今日に, 今日は, 仕事の, 以前から, 仰天し, 休んで, 住まって, 何かという, 何かとかれ, 何かの, 何も, 何んの, 作って, 作品を, 來る, 借りること, 元気に, 先を, 入り込んで, 入口の, 全部集っ, 其, 其処に, 出たり, 出入する, 出向いて, 出発した, 初めに, 初年兵として, 別室へ, 到着した, 前から, 前の, 割合に, 北海の, 十人は, 占めて, 占領し, 即位の, 反対した, 反対の, 可愛がっ, 各, 君に, 君の, 周囲に, 呼び集められた, 善い人, 喜んで, 噂する, 団体で, 国府津へ, 国賓として, 土筆を, 声高に, 外から, 外で, 多いの, 多いよう, 多かった, 多く出入り, 夜を, 夜中に, 夢魔に, 大きい停車場, 大きくな, 大勢寄りあつまっ, 大声で, 大学を, 大宇宙, 大挙し, 大迷惑, 大部分, 太鼓を, 女子の, 奴らの, 好くも, 妙な, 娘の, 守護し, 安楽に, 完全に, 客を, 室を, 家へ, 寄り合って, 密かに, 密談し, 寝床に, 寝静まったころ, 小説を, 少しぐらい, 山刀や, 左右から, 席を, 帰ると, 帰るの, 帰国する, 平和を, 幸福を, 幽霊だ, 広間に, 店に, 店の, 強情を, 当たったの, 当今村人たちから, 当時の, 彼という, 彼女に, 彼女らの, 後から, 後の, 従来の, 得物を, 御覧に, 悪い, 悪いよ, 悪いよう, 悪いん, 愛の, 感じて, 懐中電灯を, 戦争に, 戦争の, 戸を, 戻って, 手ん, 手紙を, 抱いて, 政治的に, 散々に, 文学の, 文学を, 方々から, 旅から, 旅に, 旅行に, 日光浴を, 日常たべ, 日本を, 早くも, 春着の, 昨夜の, 時代の, 書類を, 最初に, 最初の, 月湖の, 有原を, 望んで, 朝から, 期待し, 本を, 来たのよ, 来ない前, 来るの, 来る毎, 東京から, 枕を, 柏の, 案外に, 森へ, 楽器を, 樋の, 次郎, 歴史の, 死んだと, 死骸を, 気が, 気に, 気もちよく, 沖縄に, 河上の, 泣いたり, 泣き叫んで, 洞窟の, 海の, 満足な, 満足に, 火の, 火星人の, 無事に, 無実の, 無邪気に, 牛を, 物を, 猥雑な, 率先し, 現われて, 現代の, 琴を, 生きながら, 生の, 生れて, 生命の, 生活と, 留守に, 異口同音に, 疎にも, 病気に, 病気を, 発見し, 登って, 目的を, 直ぐに, 眉を, 眺めて, 矢代と, 知らないうち, 石を, 碁でも, 祈祷する, 神隱し, 私たちに, 秋から, 穴の, 空に, 突っ立っ, 窓に, 窓を, 立ち並んで, 立ったり, 立会って, 立派に, 競って, 笑う, 笑うの, 笛を, 第一, 素直に, 経験した, 総がかりで, 総出で, 群がって, 耳を, 聞いて, 聲を, 職業について, 聽い, 自らの, 自分たちだけで, 自分たちも, 自動車の, 自動車へ, 自己放棄を, 自然に, 船を, 色を, 芝居見物に, 花の, 若い婦人, 若い時, 若い男, 若かった, 英字新聞を, 落ちて, 薪を, 薫から, 街頭に, 裸を, 裸体で, 裸足の, 見たという, 見たもの, 見はって, 見ると, 見物の, 観て, 訪ねて, 証人に, 話を, 誰でも, 責任を, 賄賂を, 賤が, 走り出て, 足手まとい, 踊る, 踏まれて, 身に, 身ぶるいする, 迎えに, 近づくの, 追いかけて, 追いつくと, 退屈し, 送って, 逃げ出して, 連れて, 遊びを, 道に, 遠のいて, 遥かに, 選考し, 部屋の, 釣りに, 長く覚え, 長く覺, 門を, 門前に, 附近の, 集つた, 集まつて, 雑談し, 雪の, 青くなっ, 青年期に, 面白がっ, 頭を, 頻に, 顔色を, 風に, 飛んでも, 馳け, 駆け寄って, 駈けて, 騒ぎ出した, 騒ぎ出したので, 騒ぎ合いながら, 鰆の, 鳩の, 麓から

1 [7636件 抜粋] ああし, あたりまえの, あと構わず, あの光り輝く, あの絵, あまりに世才, あらゆる意味, あるきだしてから, あわただしく怒鳴っ, あんまり多い, いい年, いかに万死, いきなり抱きしめ, いくら暴れ, いそいで, いたわり寄ると, いっせいにさけびました, いつからか, いつもおなか, いないのに, いふのに, いま文学に, いるから, いる家, いわゆる男, うちに, うなだれるかわり, うらやんだ, ええ加減, おごそかに, おたがいに意見, おとなに, およそ居, おろして, お国物, お昼に, お聞き, お顔, かかる社会, かしましい, かなり遠く, かれを, きき耳, きのどく, きょう刑場で, くだって, ぐずぐずし, こういう考え, こうして海上, ここまで, こちらを, このとおり, この二階, この国, この度, この曲芸, この漁師, この老人, この鍾乳洞, これから訪ね, こわごわつづい, こんな動物, さうし, さっきから, しおれかえって, しっかりやっ, しょっちゅうやって来, すぐそば, すすめて, すでに謀計中, すると, せっかく楽しん, そういうギリシア, そうした不, そこまで, そのなか, その仕事, その印象, その奥, その心, その本当, その烽火, その芝居, その頃, それぞれ一家を, それぞれ馬に, それらに, そんな料けん, ぞろぞろ集まっ, たくさんかたまっ, たしかに生き, ただ永久, たのしんで, だよ, ちょうちん龕燈とりどりに, ちらほらやって来た, つき従って, つてゐる, てんでにお捻り, とうに気, とびだして, どういう者, どうして暮らし, どう思っ, どっちへ, どやどや車室, どんなにつらい, どんなに田舎者, どんな活躍, なお辛抱, なぜこれ以上接近, なまけて, にくらしかった, ねる前, はいった床, はじめてこの, はっと固唾, ひきおこした戦争, ひとえに利休, ひと先ず, びっくりした, ふたたび純潔, ふり向いて, ほうぼうさが, ほんとに人間らしく, まざって, またじっと, また悪く, まだまごまご, まだ女王さま, まだ身体, まるくとりまき, まんまと一ぱい, みなどんな, みな犬の, みんなうしろを, みんなアマーリアの, みんな怖, みんな自給自足と, むじゃきな探偵団を, もうき, もう忘れ, もし夜半, もっとよくわかっ, もはや仕事, やさしく人生, やっと登っ, やります, ゆっくり眠っ, よくない, よく朝晩, よし霧社, よろこぶでしょうから, わがもの顔, わたしが, われとわが身, アクロポリスを, イギリスの, オリンピックに対して, キモを, コチコチに, ジャーナリズムの, セケンから, チッチッと, トンネルを, ハヤブサ丸に, パックの, ビールを, プラネタリウムの, ボルネオに, ムーア人と, リーザの, ヴァルセに, 一ばん, 一人一人敵の, 一団で, 一度も, 一昔前の, 一番その, 一軒の, 七十歳の, 三人づれで, 三四人し, 上がって, 上杉景勝の, 下甲板, 不快を, 与謝野鉄幹を, 両手で, 中学には, 主張し, 乗り込んで, 二三人で, 二人並ぶ, 二度とこの世, 云いあわせたよう, 互いに踏みこむ, 五六人それを, 五名ほど, 亭主と, 人足を, 今さらの, 今乗っ, 今日から, 今用い, 仕舞の, 代る代る乗つ, 伊予, 会議を, 低い驢馬, 何かこそこそ, 何万人ある, 何故死んじまわない, 作り得るもの, 來れ, 保育され, 俺達を, 側から, 僧正遍昭と, 先人の, 入りこんで, 入校って, 全部でした, 公園の, 共に道, 其處等の, 冗談に, 凡そ二十人近くも, 出ても, 出口に, 出發前, 列すること, 別々に, 前へ, 加担し, 動きながら, 勤務時間中でも, 医師であっ, 千辛万苦を, 卑怯と, 博士について, 原始民謡風な, 去れば, 友情を, 取りまいて, 口も, 只虫干, 可愛い, 各部屋, 同種の, 向きあって, 吹き上げられて, 呼ぶ, 唇の, 喋りいろいろ, 喰ひ殺した, 囃の, 四五名, 四百人つぎつぎ, 国境線の, 土間の, 地球儀を, 城中へ, 墓の, 夕方あなたの, 多いから, 多く来, 夜どおし真鍮, 夢にも企てよう, 大きな大きな歯朶, 大勢つどっ, 大地に, 大曲輪から, 大西洋から, 天然を, 奈良から, 女学校を, 好んで歌う, 始末し, 婦女子の, 子供と共に, 学問に, 安全だ, 実にムザン, 実際知り, 宮様へ, 宿なし, 密集し, 寝るの, 射撃を, 小さな足音, 小林君に, 少しづゝお金, 就寝し, 屋敷を, 山村少年に, 巣に, 市中や, 帰つて来, 常識と, 年こそ, 幸運で, 幾度も, 度々出来ない, 廊下を, 引き受けますよ, 弥生座の, 当分は, 彼ら自身の, 待つこと, 御不承知, 微禄, 心配さうに手を, 忌籠り, 忠実に, 思いがけないあたり, 急きたてて, 恋愛とか, 悄然として, 悪いんぢ, 悲しがり, 意地悪く, 愛する学問, 愬へ, 懐中電燈を, 戦いも, 戸口から, 手不足で, 打上げさせた方, 折々盛, 押売した, 持て余した一日, 排撃しなけれ, 提灯を, 放し飼いに, 救われたという, 教義を, 数多く知つて, 文学は, 新しい内容, 新開通りへ, 日を, 日本へ, 早く結婚, 昔かけた, 昨夜も, 時々華, 晩ごはんを, 暗躍し, 書くやう, 最近示し, 有難がって, 期待と, 本地垂跡の, 朽ちかかつた階段, 来てから, 来年, 果し得ない仕事, 桃畑の, 植物人間だ, 楽に, 橋から, 欣ぶ, 歓談した, 此僧院を, 歩み出すこと, 死ぬほど, 殉情的な, 殺した下手人, 毎日毎日役人を, 気がついて, 水と, 求める感興, 没後何とは, 沿岸で, 泥だらけの, 津軽及道内の, 海を, 清冽な, 湯殿から, 潜伏し, 炊いて, 無礼を, 焼酎を, 爆発の, 物語の, 狆らしい, 猶喜々と, 現にこの世, 現在尋ね, 生きそして, 生命との, 用いる品物, 男だったら, 町方へ, 疱瘡で, 登場しはじめた, 皆いっしょ, 皆同じ, 皆脛巾, 盗み聞きし, 直ぐ曲者, 相識に, 真中に, 眺めの, 瞑目合掌した, 知らなかったよう, 研究しよう, 社会機構の, 私たちに対して, 秘書の, 空想を, 立ちはだかって, 立ち止ると, 竜宮城つていふやつは, 笑いました, 第一彼, 築地の, 納まらないので, 細君や, 結婚し, 絶えずそうやっ, 綾を, 縛りあげられたその, 美しいと, 羨しい, 老松町から, 耕すの, 聞き耳を, 背の, 脳味噌を, 膝頭まで, 自分一人が, 自由に, 舞った, 良人に, 花屋の, 若しその, 茂太郎を, 華やいで, 蓋を, 藪を, 血まみれに, 行ったとき, 衝突間隔の, 裁縫室へ, 襲名させ, 見せて, 見つけるに, 見学に, 覘って, 観音様を, 言うので, 記憶が, 診察し, 話しを, 説明しよう, 調子の, 警戒申し上げ, 象徴派の, 買いきり, 赤い襷, 足すりへらし, 躍起と, 転向の, 近い所, 返事を, 退場する, 逃げ出す時, 通った所, 通り掛り助けた上, 進歩的であれ, 過去において, 違うこと, 遭遇し, 部屋じゅうを, 酔態を, 野球を, 鉄の, 鋤鍬を, 長く俳句, 開花し, 附きまとって, 険しい眼付, 集った昔, 集りその, 雲霞の, 非合法運動な, 鞠を, 領主の, 顧み合うと, 食事中の, 飲むの, 餞別に, 馬鹿づら, 駈けよった, 騙したん, 高時を, 鰊の, 麻の

▼ たち~ (4735, 6.0%)

66 向って 22 向かって 21 とつて, 見せて 20 話して 18 しても 17 まじって 16 手を, 教えて 15 何を, 囲まれて, 私の 14 して, 取っては, 顔を 13 聞いて 12 むかって 11 分けて, 声を 10 与えて, 会って, 礼を, 自分の 9 いった, なって, 交って 8 何か, 命じて, 對し, 気を 7 それを, 手紙を, 読んで, 都合の

6 [15件] いって, すれば, なんの, やって, 与えた, 依って, 別れて, 取りまかれて, 多くの, 必要な, 比べて, 言った, 話を, 語って, 送られて

5 [26件] かこまれて, くらべて, くらべると, それは, とりかこまれて, とりまかれて, 云った, 伍し, 別れを, 向つて, 呉れて, 守られて, 對する, 接して, 比べると, 物を, 目を, 言いつけて, 言って, 訊いて, 話した, 連れられて, 道を, 関係の, 頼んで, 黙って

4 [34件] おもしろいもの, お礼を, くらべれば, けり, これを, それが, つかまって, つれられて, なると, まかせて, まじつて, 代って, 任せて, 取って, 取りかこまれて, 売って, 夢中で, 好意を, 挨拶し, 教えられて, 案内され, 次の, 注意を, 相談を, 示して, 紹介し, 背を, 茶を, 見られて, 言ひつけ, 迎えられて, 迫って, 附いて, 騒がれて

3 [85件] あって, いいつけて, いいました, お金を, くばって, このこと, こんなこと, したって, たずねた, とられようと, なりました, はっきりと, むかい, むかつて, わかって, 一つの, 事情を, 会いに, 会うこと, 似て, 何かの, 何が, 何の, 共通の, 包囲され, 占められて, 取り巻かれて, 口を, 可愛がられて, 同情の, 向い, 呼びかけた, 呼びかけて, 命令を, 囲まれたまま, 売せ, 委して, 委せて, 察しられた, 彼の, 彼は, 彼を, 御馳走し, 愛を, 招待された, 持って, 指図し, 捕まって, 教へて, 時々う, 本を, 本当の, 歌を, 残して, 気づかれないよう, 滑稽な, 生きて, 用が, 用は, 相談し, 知られて, 私が, 私は, 笑われて, 紹介した, 聞きました, 自分たちの, 興味を, 見つかって, 見張りを, 見送られて, 言わせると, 言われて, 訊いた, 話しかけて, 話しました, 誘われて, 説明し, 近づいて, 迷惑を, 金を, 隠して, 面と, 頼まれて, 食物を

2 [293件] あいさつを, あっちへ, いひました, いり用, いろいろと, いろいろな, いわれた, うまくいかない, うまく恰好, おもしろい話, おれは, お咎め, お土産, お尋ねに, お目, お辞儀を, かかっては, かかる思索, かくして, かまわないで, きいた, きいて, きらはれて, くれて, けりすぐ, けり冬, ことの, このよう, この上, こぼして, ごちそうし, ごちそうする, さしずを, させる, さちよの, さへ, さまざまな, さまざまの, しろその, すすめました, すまないと, すること, そういっ, そう説明, そのこと, たいへんな, たからもの, たずねました, だまって, ついて, つけて, とびかかって, とりまかれながら, どのよう, どんな言葉, なつて, ならって, はぐくまれそういう, ひけを, まだ晩, みせて, みせるの, めぐんで, もう一度あっ, もたらされて, もって, もてて, ものを, ようすを, よくし, よびかけました, わけて, わけを, わたしの, われわれは, デモクラシイの, パピロスを, 一人ずつ, 一冊ずつ, 一本ずつ, 一言の, 丁寧に, 下知した, 与えたの, 与えられて, 久しぶりに, 云いました, 云い聞かせた, 云ったこと, 云って, 交わったでは, 人気の, 仕えて, 仕事を, 代わって, 任して, 会ひ, 会釈し, 伝えて, 何にも, 何事かを, 依頼し, 信じさせようと, 健康を, 僕の, 僕は, 先生と, 共通な, 具合よく, 出して, 出会ったの, 出逢った場合, 別れの, 加勢し, 助けを, 卵を, 取っても, 取りまかれまもられて, 取り囲まれて, 取巻かれて, 叫びました, 叫んだ, 号令を, 合い図, 同情する, 同情を, 向けられて, 君の, 吠えついた, 吠えて, 吠え出した, 周さんの, 呼びかけ, 呼びかけました, 命じました, 命令し, 命令した, 問ひ, 問ひた, 喚びかけるもの, 囲まれながら, 報告し, 夢を, 夢中に, 大事な, 女の, 好き正月を, 妙な, 子供が, 子供の, 守られながら, 宮は, 家の, 尊敬を以て, 尋ねたが, 導かれて, 就いては, 希望を, 席を, 帰すわけ, 常磐津と, 引けを, 彼が, 待って, 従いて, 御相談, 御馳走を, 心の, 心を, 心配を, 思うよう, 悪いこと, 愚弄され, 愛読され, 感じて, 感謝し, 憎まれて, 戦いを, 手伝って, 手伝はせ, 投げました, 披露した, 抱き止められて, 押えられそう, 押へ, 挨拶した, 挨拶する, 挨拶を, 捕まつたら何, 撮られるが, 教えた, 教へる, 教訓を, 敬遠に, 旅行を, 昨日からの, 暇を, 最大の, 最後の, 様子を, 欠乏し, 死を, 比して, 気がついて, 気がねを, 気づかれぬよう, 汗を, 油断を, 注いで, 洩らしたこと, 混って, 渡して, 渡すこと, 特別な, 甘えて, 用の, 畢竟不可解, 相違ない, 知らして, 知らせたいと, 知らせて, 稽古を, 立ちこえて, 笑われるかも, 笑顔を, 約束した, 約束の, 羨ましさ, 考えて, 聞かせるため, 聞かれたくないよう, 腕を, 腹を, 自覚され, 至るまで, 菓子を, 要求する, 見えた, 見せなかった, 見せました, 見せると, 見せるもの, 見つかつ, 見舞いを, 見附かって, 言いふらした, 言いふらして, 言い聞かせた, 言うに, 言つてゐた, 言はれる, 訊ねて, 話しかけた, 話しかけたの, 話しかけては, 話しかけました, 話すこと, 語るの, 誤解され, 説明した, 負うて, 負けて, 買って, 貸し自分, 足もとを, 身を, 較べて, 近づけさせたところ, 返して, 追いついて, 逢うの, 逢った時, 逢って, 逢っても, 遅れて, 違いない, 違ひない, 遠慮し, 部屋を, 鄭重な, 配った, 酒の, 酒を, 重大な, 限った事, 限られて, 集って, 非常に, 預けられます, 頒け, 食べさせて, 食事を, 馬と

1 [3060件 抜粋] ああいう, あいに, あしたの, あたたかいおちち, あっても, あなた方は, あばかせた血塚, あやかりなさいよ, あらんかぎり, あるの, ある親しみ, あんなこと, いいきかせました, いうこと, いかに自分, いさましく叫び, いたる迄, いったのに, いつもていねい, いもを, いるの, いろんな指図, いわゆるさばけた, うすうす知られ, うなずいたすると, うんと鼻藥, おくれて, おさえつけられて, おだてられながら, おなじに, お下げ渡しだ, お使いなさい, お持ち, お腹を, お辭儀, かかつて, かかわりは, かく名乗りかけられ, かしずかれて, かばえるもん, かれに, かんで, ききましたが, きらわせます, くらべがたい, くれなすッ, けろりとした, こう命じた, こちらが, ことに彼女, このへん, この女人, この暗号, この現世化石魚, この賞品, こんなに意地悪, ご奉仕, ささげて, さしたの, さよう, さんざん撲られ, しごく適した, しちゃ, しばしば逢った, しらせようじゃ, しろつや子, しろ山田さん, すがた, すぐ人, すこしも, すすんで, するどい質問, せまって, そういう教育, そうして姉, そう思えない, そっと身分, その人, その大切, その書類, それさえ, そんなこと, そんな告白, た, たいへん迷惑, たしかに何らかの, ただ沈黙で, たとえ大杉さん, たびたびそれ, たわむれて, だまされて, ちっとも退屈, ちょっとお目にかかりたい, つかまったわけ, つぎの, つづきながら, つれこまれた旅人, できるかね, でなければわからない, とっつかまって, とられやう, とりまかれ言葉, どうか方法, どなりました, どんなふう, どんな望み, ないもの, なげつけるん, なったんで, なにかいっ, ならうとも, なるべく解り, なんでおめおめと, ねらいを, はかへ, はたしてじ, はやらせられないん, ひそんで, ひどく痛い, ふくろ, ふたたびあの, ぷんぷん当り散らしました, ほどこすもの, まいて, まかせる, ますます愛せられる, また逢う, まま母, むりして調子を, めざめて, もう一歩, もたらされたこの, もてる方, もまれて, やあ紡錘を, やさしみ, やらして, やるため, ゆづるべきものらしい, よくからかわれる, よく古今, よく頼ん, よりより協議, よろこんで, よんで, わからなかったこと, わかると, わけてかしつけられ, わしの, イエルサレムへ, カルメンと, コーヒーや, シャベりつけられ, ジューヴェが, ソ連参戦の, ニッポン語らしく唄われる, ビタ一文やらぬ, ボンボンを, モークロエ村の, 一つ聞い, 一人まえ, 一層親愛, 一番わるい, 一言も, 三帰を, 不人情であった, 不自然な, 与えたよう, 与えないわけ, 与えられた怖, 与えるもの, 与へたの, 両刀を, 乏しい食べもの, 亀井戸の, 争議は, 云い含めいとも, 云つたと, 交つてと, 人形木製玩具製作の, 今こんな, 今日までの, 仕向けるよう, 仮装観桜会を, 任せたが, 休めを, 会いマインツ, 会うと, 会った, 会へ, 会社から, 伝えるや, 伝へ其効果, 似つかは, 何かと難癖, 何よりも, 余計に, 例によって, 便所の, 個人的に, 傘を, 優しくする, 先生の, 入口の, 共通した, 内輪相談に, 冷たく冷たく感じられる, 処女は, 出すと, 出来ますこと, 出逢ったとき, 分って, 分配された, 利用され, 前夜の, 力の, 劣らずと, 勇ましい門出, 務めて, 勝手に, 勧告されね, 十分信頼の, 卑屈な, 占領される, 厳しく叱られ, 及んだ時, 反省の, 取りすがられまた, 取り巻かれたり, 取るだけの, 受けいれられて, 口輪を, 可愛がられながら, 吃驚し, 同じギリシア神話, 同窓の, 向かい, 向けられた, 君たちの, 告げる, 味方し, 命じられて, 咎められないで, 問いただして, 喜ばれるいたずら, 嗤われ肝腎の, 四六時中働きかけ, 囲まれると, 固く口止め, 土曜会の, 報告した, 売れば, 多いかも, 大いにからかわれ, 大作品, 失敬な, 奉った, 好かれた旅館, 好んで, 妙に, 婦人劇作家の, 存外親しみ, 安穏な, 客に対すると, 家内の, 實の, 尊い経験, 對へ, 少しは, 尾い, 属すると, 左右から, 帰宅させた, 幸いが, 幾分い, 度胆を, 引かされてな, 引き合せる計画, 引渡すか, 強いること, 弾薬を, 形式の, 彼等を, 従って, 心から一つ, 心配させたくない, 忘れさせるため, 怒られること, 思って, 恋の, 恨まれる筋, 悔みの, 悪い感化, 悲しい知らせ, 意見を, 愛情も, 感じられて, 感染し, 憐れにも, 我慢し, 戦闘を, 手厳しい種類, 手紙やなんかで, 打たれるやら, 打撃を, 投げつけること, 披露する, 抵抗する, 押っ取り巻かれ, 拠つて寄進された, 持て餘, 指令を, 挨拶すべく, 捲かれて, 掛かり合うなんて, 接触し, 揶揄われ酒を, 支払って, 救って, 教える役目, 教へては, 敬語で, 文学活動の, 新舞踊, 施して, 旨いこと, 映画を, 智恵が, 暗示しない, 最も大切, 會ひやしなく, 望むところ, 朝食を, 未練を, 来るよう, 東洋古典を, 栄える新道, 極めて奇異, 歌の, 正面を, 歳暮も, 残された道, 殺し合いを, 毒づいて, 比較し, 気がつくと, 気づかれること, 気の毒だ, 氣づかなかつた, 水着を, 沙汰され, 注意され, 洗ひ, 浮世の, 深い同情, 深く暗示, 混つて踊つてゐる, 渡した, 滑稽に, 漱石と, 火の, 無心が, 無益の, 爆発の, 特に印象, 狙いを, 現代ソヴェト文学の, 理解される, 生き返った思, 生血を, 申しつけるの, 町の, 異人の, 病人に, 発見され, 皆マリ, 目から, 目通りを, 相当な, 相談しました, 真似を, 眼つぶしを, 矢を, 知らせたいです, 知らせる場合, 知られ二十年ごろ, 知れないよう, 知的意識が, 示されなかった, 示そうと, 神仙の, 福引袋が, 移つて行つた, 突き当たられる不安, 立合を, 笑われたの, 答えさせて, 籖引の, 紙で, 紹介する, 絡りつい, 絶対に, 繰り返しくりかえし礼, 群衆は, 考えられて, 聞いた話, 聞かせるわけ, 聞きまわっても, 聟殿の, 聴かれては, 腰の, 自分たちを, 自慢が, 至っては, 舞臺の, 芸事を, 英語を, 蔭で, 虐殺の, 行き会うた, 裏切られ捨てられるの, 要求し, 見える, 見せたかった, 見せたらおそらく, 見せまた, 見せる計画, 見つけられたくも, 見ゆるもの, 見られる心配, 見窄, 覗かせて, 覚られないよう, 親しむよう, 言いました, 言うこと, 言つてゐました, 言ひました, 言われる相貌, 訊いたらすこし, 訊ねても, 訪ねられたとき, 訴えた, 証して, 話が, 話しかけようと, 話したので, 話し仇, 誘い出される場合, 誘惑され, 語りは, 説かれたん, 読まれた本, 課せられて, 諮った, 警戒心を, 讃められ, 貞節を, 負けもっと, 貸して, 質問し, 贔屓に, 距離が, 身の, 軽くお辞儀, 辛く当たる, 近い図, 近づくもの, 迷妄執着の, 追いつく, 追われて, 送る, 通訳し, 逢うごと, 逢っては, 遅れないやう, 遊説する, 違いなかろ, 遣わすゆえ, 遺産でも, 都会の, 酒肴を, 釣り出されて, 鉱毒を, 間食を, 阻まれて, 限らず日本, 階段で, 難儀の, 非難の, 面目なく, 音読し, 頼みま, 頼んだり, 飛びかかったの, 食わせるもの, 養育を, 馬鹿気た, 騒がれたもん, 鷹揚な

▼ たち~ (4379, 5.6%)

46 見て 44 相手に 41 集めて 36 つれて, 連れて 34 見ると 31 呼んで 24 して 23 助けて 19 案内し 18 自分の 14 待って, 眺めて 13 前に, 顧みて 11 見た 10 ここへ 9 乗せて, 迎えに 8 幸福に, 指図し, 残して, 見ても, 見まわした, 見まわして 7 どうしよう, 私は, 起して, 送って 6 かえりみて, ここに, みて, 愛して, 救って, 見廻して, 迎えた, 驚かした

5 [20件] あつめて, とりまいて, みると, もって, 呼びに, 呼び集めて, 呼んだ, 待つて, 持つて, 教育する, 殺して, 殺しに, 眼の, 知って, 笑わせて, 脅かした, 見に, 見守って, 見殺しに, 軽蔑し

4 [39件] あいてに, お助け, ごらんなさい, さがしに, たすけて, だいて, どうする, ながめた, めがけて, よろこばせた, 信用し, 先に, 制して, 助けに, 外へ, 導いて, 引率し, 感動させる, 慰めて, 抱いて, 押しのけて, 招いて, 指揮し, 捨てて, 支配する, 教えて, 案内した, 祝福し, 置き去りに, 見たが, 見つけて, 見つめて, 見るの, 諭し, 軽蔑する, 追い出して, 逃がして, 遠ざけて, 馬鹿に

3 [72件] おいて, おどろかした, おびやかすよう, かきわけるよう, かわいがって, このまま, した男, そばへ, つけて, とりこに, ながめて, はこんで, ばかに, ひきつれて, びっくりさせた, ほんとうに, まもって, よろこばせて, よんで, 中へ, 何か, 促した, 促して, 先へ, 入れて, 動かして, 勝手に, 召びつどへて弓場に, 叱って, 向うに, 味方に, 呼びあつめた, 呼ぶの, 喜ばせること, 守って, 宥めて, 尻目に, 彼は, 待ち受けて, 従えて, 忘れて, 怖れ, 恐れるかの, 手に, 救いたまえ, 案内する, 森の, 気の毒に, 深く考えさせる, 無理に, 物色し, 理解し, 瞰下し, 私の, 紹介した, 考えさせるもの, 自由に, 見たこと, 見ようと, 見るに, 見下して, 見廻した, 見捨てて, 見送った, 見送りに, 訪ねて, 許して, 誘って, 迎へ, 頭から, 養って, 駆って

2 [242件] あざ笑って, あなたの, いっしょに, いつまでも, うちの, おおぜ, おさえて, おしのけて, おそれて, おつれ, おどろかせた, おみまい, おもちゃに, お供に, お客に, かきわけて, からかって, この部屋, さがして, さきに, さへ, さらって, しり目にかけて, じろじろ見た, すくうこと, その中, そばに, それぞれの, た, たくさん見た, たしなめた, たずねて, だまして, だますため, とめて, どんどん押しのけ, ながくここ, にらむよう, のせて, はじめみんなこっちへも, ひきいて, ひきつけて, ひとりも, ふりかえって, ふり向かせた, ほのかに, まじめに, みんなもとの, みんな水に, むかえに, ゆるして, よびあつめて, よろこばして, よろこばせるため, バカに, ポオルと, モデルに, 一つの, 一刻も, 一視同仁に, 丈夫に, 上総の, 不安に, 不幸に, 両手で, 中心と, 中心として, 乗せたまま, 二重に, 交えて, 交じえて, 代る代る夢, 代表し, 住まわせて, 何だ, 使って, 侍らせて, 侮辱し, 保護し, 保護する, 信頼し, 信頼する, 先頭に, 内心さげすん, 出迎えて, 助けなければ, 励まして, 動員し, 包んで, 化し続けて, 取りもどして, 取り戻しに, 召集し, 召集めて, 叱ったり, 叱りつけて, 叱咤した, 吹いたり, 呼びあつめて, 呼びあつめるため, 呼びたて, 呼び入れて, 喜ばして, 喜ばせた, 喜ばせたもの, 喧嘩させ, 困らせるよう, 圧迫し, 大事に, 大笑, 妙に, 安心させ, 家に, 家の, 家へ, 寝静まらしてから, 寢靜ま, 導き入れた, 導くもの, 尻眼にかけて, 屋根裏に, 工場の, 左右に, 平定し, 平定せよ, 引きつれて, 引っ張って, 引率した, 彼の, 待ちかまえて, 待ち構えて, 待てるであらう, 思い出して, 思うぞんぶん, 思ひ出して, 恨んで, 想像し, 愛した, 憎いと, 戒めた, 手なず, 手まねきし, 押しつぶそうと, 招んで, 招待する, 持って, 指導し, 探して, 探しに, 支配し, 救うこと, 救おうと, 教えに, 教育し, 新社会, 早く寝させ, 昂奮させた, 最後として, 楽しませて, 欺かない日々, 歌舞伎の, 殺したの, 殺し遣されたる人々, 殺そうと, 殺そうとして, 母屋へ, 水干やら, 沈思させる, 照し, 片っ端から, 牢に, 犠牲に, 狂喜させた, 率いて, 甲板に, 相手の, 督し, 督励し, 睨みつけて, 睨めまわして, 睨んで, 知らないか, 私が, 私たちは, 笑わした, 笑顔で, 置きざりに, 罵って, 翻弄した, 考えさせる, 考えさせること, 考えさせるところ, 胸の, 脅やかし, 船に, 苦しめて, 苦しめるか, 苦しめること, 蘇らせた, 虐げようと, 襲って, 見せて, 見たとき, 見つけたの, 見ては, 見ながら, 見まわし, 見まわしながら, 見ようとして, 見ること, 見ろ, 見張って, 見比べて, 見詰めて, 見送って, 見送つて, 覚えて, 訪問し, 認めて, 講堂に, 護って, 赦して, 身近に, 追いかけて, 追い立てた, 追い越して, 追っかけて, 追っ払って, 運んで, 遮二無二左右, 選んで, 部屋へ, 除いては, 集めては, 離れて, 非常に, 顧みた, 養うこと, 首肯せしめない, 驚かすこと, 驚嘆させる, 魅するため

1 [2854件 抜粋] あいつらに, あざむいて, あすこに, あつと, あてはめかねて, あの森, あやからせかまけさせようと, ある程度まで, あんなに恐れ, いさして, いちいちさがし出させ, いつし, いつ迄, いやが, いろ, うながした, うやうやしく出, うるさがった, おえらびになることができましょうに, おくりその, おそれさすほど, おどかしたの, おどかす前, おどろかして, おびきよせるため, おゆき, お助けくださる, お呼びに, お座敷に, お斬りなさる, お相手, お集め, かえりみた, かくしてある, かどわかして, かばって, からかうでしょう, かわいがりました, かわるがわる見守った, くりかえし照らし出した, ぐんぐん追い越し, こきつかうこと, ことごとく呼び集め, この天井, この砦, こらしめる力, これまでに, こんなにたわいなく, ごく尊敬, ごらんに, さがしにか, さげすんでること, さし招くと, しかりつけるわけ, しきりになだめ, した万太郎主従, しっかりと, しり目に, じっと見まもっ, すくいだすまでは, すぐ防毒室, すてて, せきたてながら, そうしたずる, そこに, そのほう, その座敷, その背景, そばで, それほど外国人, たいして買いかぶっ, たしなめて, たずねるの, たのしませるため, たべないよう, だしぬいたの, だましに, つい忘れ, つかわすところ, つくりあげつらねた玉, つなぐ連絡, つれ合戦前日, できるだけ安く, とくに有頂天, とむらいます, とらえ荒々しく, とりかこんで, どういうふう, どうしても救わなきゃならない, どう思う, どっさり見かける, どのやう, どんな風, なぐさめたかを, なぐると, なだめるの, なんだ, にらみました, ねぎらった, のし上げたの, のんで, はこぶ列車, はじめわたし自身も, はじめ皇叔一族も, はらはらさした, ひきとめようと, ひっくるめて, ひとりずつ, ひと夏, ひやひやさせる, ふくめる日本, ふりかえり, ふるい立たせます, へびつかみの, ほめたたえるの, ぼんやりした, ますます深い, まちうけました, まもるため, みごと魔法から, みな殺し, みる, みんな船へ, むき出しに, もうけっして見ないでしょう, もっとくわしく, もてなした, やっつけて, ゆすり同然に, よくしてやる, よく見わけ, よびとめた, よろこばすもの, よろこばせるよう, わけへ, われわれは, ウンテル・デン・リンデン街のしもてを, コウフンさせる, ゾロゾロつれ, ダンスに, バリシュニヤーと, ベートーヴェン自身の, ムリに, ルコックの, 一人つかまえさせれ, 一人前の, 一層食えなくする, 一掴みポケットの, 一緒に, 三匹の, 上野公園の, 不幸と, 世界の, 両方の, 主と, 乗せた一団, 乗せた黒犬, 了解し得る, 二人も, 人々の, 今に海, 他の, 仲介に, 伴れこんで, 体ごと撥ね返す, 何人も, 侮るもの, 保有し, 倒して, 傷つけ不幸, 僕は, 元気づけて, 入れ今一棟, 全部ここへ, 八俣の, 共通の, 再び預かっ, 冷視した, 出して, 出迎えた, 分けて, 別な, 刺戟し, 前部艦橋へ, 助けたの, 助けようとも, 励ましたり, 労働者だ, 動さない, 勵ます, 包括し, 医者に, 卒倒させ, 友人に, 取りしずめねば, 取り巻く雰囲気, 取調べた, 叩き込んで, 台無しに, 叱らうと, 叱り飛ばした, 叱ッ, 合わせると, 呪うかの, 呼びあつめ門出, 呼びだすつもり, 呼びました, 呼び元, 呼び止めた, 呼び起して, 呼び集めると, 呼ぶほか, 咎める柄, 唯人, 喜ばせたり, 喰ひものに, 嘲笑し, 困らして, 囲繞する, 土民の, 地べたへ, 堪えがたくする, 変に, 夜間に, 大きくし, 大声で, 天皇の, 失望させる, 奔走させた, 奮いたたせた, 妹に, 威嚇し, 嫌わせるよう, 学校へ, 安心させきっ, 安穏に, 客間へ, 寄せて, 寝せてから, 寝床へ, 将と, 導いた, 小ざっぱりと, 居間に, 山賊が, 巧くつかって, 帰宅させない, 幸福だ, 床に, 弁護してる, 引き上げなければ, 引き寄せたり, 引き離すもの, 引止める方, 強いて, 当分そッと, 征伐する, 待ち, 待つ事, 後宮へ, 得たいつれづれ, 御存知な, 御覧遊ばせ, 心配させる, 忌垣の, 快く迎え, 怒らせるつもり, 思いだしたが, 思い浮べた, 思ひ出させた, 急遽避難, 恋の, 恐れたらしく一段, 恥かしがらせる, 恰も慈, 悦ばせ捜査, 悪くする, 惨酷, 愉快に, 愛し得たらさぞ, 愛護し, 感嘆する, 慰めるはず, 憎むとも, 憫み, 我が迎え, 戸口の, 手わけし, 手紙で, 打ったもの, 扶けたものである, 技術の, 抱き上げて, 押しわけて, 拒否する, 招き寄せて, 招待し, 拝み廻って, 指したもの, 指導する, 振り向いて, 捕えた, 捜し出して, 探したの, 探すため, 描きつづけて, 搾取する, 操縦し, 攻めるなんて, 故郷に, 救い出そうと, 救うの, 教えたいと, 教え得る自由, 教室から, 整列させ, 斬り死させるの, 日本から, 昂奮せしめた, 晩飯に, 書斎に, 有頂天に, 未練な, 本来の, 東美濃の, 桔梗が, 楽しませ自分, 横須賀まで, 欣ば, 歌会を, 正しき方向, 歯牙に, 死体の, 殺さうと, 殺した罪, 殺すとか, 殺害しました, 毎晩の, 毛嫌した, 気まぐれに, 決して不安, 没義道に, 泊めるだけ, 洋室に, 海に, 淫売とでも, 混乱させ, 満足させる, 漁し, 火焙りや, 無視し, 煙に, 煽動した, 片手なぐり, 狂喜させ, 独立の, 王に, 生かして, 生きたまま鍋, 生んだひと, 産んだの, 男手で, 異った, 疑うわけ, 病室へ, 白雲寺の, 皆引き連れ, 監は, 目八分に, 目覚ませた, 眺めたり, 眺める, 着飾って, 睨みまわして, 瞞着する, 知らなすぎるん, 研究した, 祝福し始めた, 私刑に, 突き放して, 竊盗の, 笑つてやらう, 笑わせながら, 第二, 納屋貸, 終點地へと, 結びつけてる感情, 結婚させよう, 綺麗な, 総動員した, 縛る鉄, 置いて, 置き船内, 群衆の, 考えさせずに, 考えること, 耐えしめた, 肉体的にも, 育てるにも, 胴あげし, 脊中に, 自分が, 自由自在に, 興奮させ, 芝生に, 苛立たせたの, 苦しめた六・三制, 苦しめ世間, 荒らし廻る, 蓄えて, 街道に, 裏切ったりなんか, 襲い何, 襲撃し, 見おろして, 見かけない千住, 見たいと, 見たとたん, 見た記憶, 見つけたわけ, 見つけ彼ら, 見なかつたこと, 見まもりながら, 見まわしつ, 見るが, 見る事, 見上げて, 見出す好機, 見守った, 見守ろうと, 見廻すよう, 見舞うに, 見送ったの, 覚えてや, 解き放してから, 計りごとに, 訪ねた, 訪ねること, 訪問に, 詩人に, 認め要, 誤解し, 誹謗し, 警告処罰すべきで, 讒したの, 貧民救助会から, 買収する, 賑やかに, 赤彦君の, 起たせたの, 踏みつけ, 身を, 軽蔑なすってる, 迎いに, 迎えようと, 迎えるの, 迎へに, 近所から, 追いしりぞけた, 追いやって, 追い出すの, 追い払え, 追い越した, 追っかける力, 追ひ越し, 退かせ間もなく, 退散させよう, 送り出した歴史, 送り迎えし, 逆上させ, 連れだしたの, 連れ纒, 遊び飽かせる, 道場から, 遠巻きに, 避けなくても, 部屋に, 配列し, 野原の, 鍾乳洞の, 防ぐの, 除く他, 階段へ, 集めた, 雇入れ, 静観的な, 面白がらせました, 預かって, 顎で, 顧みられた, 食べて, 飢えさせないため, 養うよう, 馬車の, 駭かす, 驚かしたか, 驚かすの, 驚かせながら, 驚嘆させた, 魅惑した

▼ たち~ (3582, 4.5%)

20 それを 17 それに 14 知って 11 あった, いっしょに 10 ある, さすがに, そのあと, 一緒に, 彼の 9 これを, 出て 8 多かった 7 今は, 来て, 眼を 6 あとから, 口を, 同じよう, 気を, 私の, 黙って

5 [17件] あります, おびえ疲れ, ここに, こんな形相, それが, びっくりし, 世間の, 唯姫, 子供の, 安心し, 手を, 田に, 田畠に, 笑った, 薄々は, 集まって, 驚いて

4 [23件] ありました, いた, いるし, これに, そこに, その中, それぞれに, それぞれの, ついて, まじって, 一人, 一度に, 今度は, 仲間に, 何か, 彼を, 来た, 目を, 自分の, 苗代田の, 見て, 起きて, 降りて

3 [47件] ああし, いって, いて, ここで, これからは, しばらくは, すぐに, すつかり, そのつもり, そのほう, その方, その日, そんな事, たいていは, だんだんに, よく知っ, よろこんで, ゐた, 一しょに, 仕事を, 加つて二十人以上にもな, 声を, 夜は, 大てい, 大抵は, 寝て, 帰って, 心配し, 思い思いに, 急に, 手に, 揃って, 最初は, 次々に, 此見覚えの, 気がついて, 相当に, 私が, 笑って, 聞いて, 腰を, 舌を, 覚えて, 追, 遊びに, 集って, 首を

2 [191件] あっけに, あったの, あとに, あのよう, あるに, あれよあれよと, います, いまは, いる, いること, いるの, いるん, いろいろに, おおぜ, おどろいて, おまえたちの, お互いに, お食事, かけつけて, ここでは, このとおり, この夜, この時, この話, この通り, これには, これは, これまでの, すぐその, すぐそれ, せぬ鴨鳥, そう思っ, そこで, そこへ, そこまで, そのあたり, その仲間, その名前, その図, その場, その後を, その心, その時, その気, その話, それについて, それには, それは, たいてい私, ただの, ただは, ちりぢり, どうせ死ぬ, どこへ, はいって, ひそかに, ふたりの, またそれ, みな連れ, みな馳せ集った, みんなが, みんなばらばらに, みんな同じ, みんな知っ, もう一人, もう危険, やはりその, やはり同じ, ゾロゾロと, ハッと, ワーッと, 一せいに, 一人残らず, 一人減り, 一日生きのびた, 一日生きのびたら, 一生けん命, 一種の, 一週間も, 主人の, 云って, 交って, 人に, 今では, 今日の, 住んで, 何が, 何も, 信じて, 信長に, 信長の, 停車場まで, 全く無, 全部労働者の, 全部着席した, 出来るだけ, 刀を, 初めて気がついた, 初めの, 博士の, 口々に, 可愛がっ, 同じこと, 同情し, 同様に, 呆れ返つて, 困って, 国を, 土地の, 壯盛りぢや, 多い, 大したもの, 大ぜ, 大人の, 大半は, 大喜び, 妙な, 子供たちも, 寄って, 少し気の毒, 居た, 席を, 帰ったらしく, 店の, 店を, 彼が, 彼らに, 彼女が, 心から信じ, 思わずあっと, 思わず顔, 恐れて, 悲しそう, 感じて, 手伝って, 持って, 挙って, 散り散りに, 来だしたらしい, 格子の, 歌える, 此見覺え, 歩いて, 死んで, 殆ん, 毎日この同じ, 気に, 池の, 決して少く, 決して彼ら, 浅瀬に, 火を, 火星へ, 無論に, 生きて, 皆この, 皆な, 相当な, 眉を, 眼の, 知っての, 知つてゐた, 知らないの, 空の, 続いて, 緊張し, 考えて, 耳を, 腹が, 自分が, 自分たちの, 自然に, 茶屋の, 薄々知っ, 見えて, 見物に, 親しく往来, 覺えた, 言って, 認めて, 調子づいて, 足の, 踵を, 近づいて, 途中で, 這入って, 遠慮し, 酒を, 顔を, 食事を, 驚いた

1 [2676件 抜粋] あきらめて, あたり前に, あっという, あなたと, あの子, あまり出, あやかりたいもの, あり, あるそう, あるもの, あれは, あわてて, いいだすこと, いい気, いずれも, いたが, いたわけ, いっせいに特別席, いつか生涯の, いつの間にか遠のい, いつ死ぬかと, いまに, いよいよこの, いるので, いろいろ研究, うすうす変, うつむいた白い, うんと勉強, おうち, おくれば, おそろしい夢, おどろきました, おのずからいくら, およろこび, お上さんも, お加勢, お引取り, お母さんも, お聴きください, お豊, かえって六条院, かなり多い, かわいそうな, がまんし, きっとこっち, きわめて親しい, けっしてあの, こうした告白, こうして朝, こころよく承知, このこと, こののこぎり, このリント少将, この人, この場長, この家, この日, この機会, この種, この道, この雨, こもごも見舞, これから羽目板, これほどの, こんなこと, ごらんのと, さう言つて, さっと顔, さんざんなやまされました, しきりに説諭, しばらくポカン, しんみりした, じっとこっち, すぐれた女性, すこし大きな, すっかり胆, すばやく小林少年, すべて諸家の, ずいぶん刺された, ずゐぶん苦労, せつない郷愁, そういう冒険談, そうかしら, そうな, そう見, そこでは, そしてその, そのうちだんだんに, そのため, そのものすごい, その人形, その劇的, その工事場, その点, その蛇, その間だけは, そばへ, それぞれかなりの, それぞれ元どおりに, それぞれ持ち場について, それぞれ自分の, それっと, それとなく見, それ以上この, そろそろ眼, そんな姿, ぞろぞろ出, たくさんあった, ただちにこれ, ただ笑っ, たびたび銀座, だいぶ仕事, だれ一人ここ, ちいさい妹, ちょいちょい出入り, ついうかうかつり込まれ, つばめ返しに, てんじょうに, ですわ, とうとう恃む助勢, とっくに空, とりもどされるかも, どういう意味, どうした, どうにもこうにも, どこから, どのくらい, ない, なかなかやる, なく母方, なるべくあつ, なんであんなに笑いくずれ, なん時でも, はじめて野口, はなやかに, ばらばらに, ひとしお不憫, ひとたび崩れ立っ, ひどく同情, びっくりした, ふり棄てる為, ほとんど彼ら, ほんとうに, ぼつぼつ集っ, まあ証人, まじつた, またこれ, またばか, また一族, また亡妻, また反対, また大悟以前, また彼処, また暖かい, また緊張, また非常, まだ人, まだ記憶, まるで大事, みなご, みなも, みな不幸な, みな征って, みな服した, みな白地を, みな聲を, みな行儀の, みんなこちらのみ, みんなだまっ, みんなほかの, みんな出そろっ, みんな彼や, みんな熱海へ, みんな誰かの, むしろ彼ら, めきめき自身, もういいかげんに, もうす, もう先, もう少し気楽, もう我慢, もう起き, もしまじめ, もっと良い, やがて列, やがて親, やっとそこ, やつと, やはりみんな, やはり思い思いに, やはり言葉, やりだす, ようやく狎れ, よくいう, よくわかりませんでした, よく考え, よく集まる, よろこび勇んで, わからないと, わざと負け, われに, ウルランド氏の, キャッキャッで, ジジに, ソンナ事で, トラの, パール, ベソを, ポラーノの, ロマンチックで, 一人ずつ, 一人一人降り, 一同うち交っ, 一度は, 一旦その後, 一様に, 一瞬氣を, 一面に, 三々五々夕闇, 三分の一は, 上って, 不審を, 不注意でございました, 世帯が, 並びました, 丹念に, 乗れ, 事情を, 二人彼に, 二階へ, 五台の, 亦みこ, 人の, 人間だ, 今と, 今夜この, 今後は, 今更いや, 仏教臭味を, 仕方なく, 仰天した, 似たよう, 何し, 何れも, 何年ぶりかで, 侍たちだ, 信じ学校, 傍聴を, 儂に, 兄さん夫婦も, 先へ, 先生が, 全然その, 公然と, 共になる, 其, 内々の, 内心少しやきもき, 出い, 出先で, 列を, 別に注意, 利かない気, 加わった大, 励ますよう, 勝家の, 勿論午後, 十二歳の, 卓に, 参り難い, 又何, 反射的に, 古いしきたり, 召使まで, 吉兆と, 同じだ, 同じ思い, 同時に院, 吠えて, 呆れて, 命を, 善くは, 四つ, 回向を, 困りぬいて, 圖體ばかり, 城の, 壮盛りじゃった, 夏は, 多いため, 多いらしい, 多くすでに, 多勢駈けつけた, 夜来寝, 大が, 大きな懐中電灯, 大丈夫だった, 大助りだ, 大勢来た, 大将の, 大気に, 失敗した, 女中たちだ, 如才の, 始業ま, 嬉しかった, 子供心に, 孫たちも, 安心は, 実力を, 家の, 寂しさ, 寝ついた, 寺男たちも, 小林団長を, 少くなかった, 少し御馳走, 少なからず脅かされた, 尾い, 山から, 崖の, 工面が, 帆村も, 帰ろうか, 平和と, 年子の, 幾らか遠慮, 幾名か, 度々浪宅, 弱気に, 当時は, 彼女には, 後から, 御承知, 心を, 心配いたしまし, 必死に, 忽然とみな姿, 思いがけなくその, 思ったの, 思わない, 怪訝な, 恐ろしがっ, 悩まされたらしい, 悲しい思ひ, 情の, 意外の, 慌しくは, 我がちに, 戰爭中から, 手も, 承知し, 折角遊園地, 拾って, 振向いて, 握り飯を, 改められて, 教会へ, 数右衛門の, 文雄が, 方角違いの, 日本に, 早く何とか片, 明日は, 映らぬ, 昼間は, 晴れが, 朝から, 木曜日には, 本来は, 来あわせた, 杯を, 根気負けが, 梅子から, 権十郎贔屓と, 次第にうち, 欣んだ, 此処に, 武装する, 死ね, 殖えて, 段々研究, 母の, 比較的, 気づかれやしないかと, 気味が, 水には, 江戸へ, 沖縄の, 油断なく, 泣きたいほど, 泣くの, 浄めて, 浮き上らせて, 深く興味, 減って, 準備を, 火星人に, 無い, 無茶先生の, 然るべき地位, 父兄の, 特別な, 率直な, 王生, 理解され, 生きるか, 用心しない, 申合せた, 町家育ち, 異存なく, 疲れ切って, 白河夜舟の, 皆おめでたい, 皆そこから, 皆よく, 皆六条院, 皆寝静まった, 皆決死の, 皆綿の, 皆近くに, 目黒の, 相当忙しい, 真っ青に, 眼顔で, 知らない, 石を, 社會人も, 神様の, 私などが, 秋田犬と, 空しく帰っ, 窓を, 立止っ, 笑いこけるほど, 笑い顔を, 笑ひころげた, 米友の, 納得した, 絵や, 総がかりで, 總がかりで, 羨んだ, 考えなければ, 耕吉の, 職業に対する, 胸を, 自分ことは, 自分等を, 自由に, 舟に, 芸者たちも, 若殿の, 茶の間に, 荒田老に対する, 落ちつかぬらしく廊下, 薫は, 蜂矢十六も, 行くところ, 裁判の, 見あげは, 見ちがえるほど, 見届けてから, 見逃がして, 親たちも, 解放され, 言うの, 許させたまえ, 誰ひとり, 調べられたが, 謹んで, 貴い御, 賛成し, 起きだして, 車湯へ, 辿りついて, 近日の, 追從, 連れて, 遅滞なし, 道士に, 遠ざけて, 酔ふた酔歩まん, 銅山附近山林伐木の, 長じ, 闘士として, 陸には, 隣組の, 雪之, 青ざめて, 音楽浴に, 顔に, 風説に, 食べるという, 飲みはじめた, 馬から, 馴染んだ良人, 騒ぎました, 魔法ビンでは, 黄色くむくんだ

▼ たち~ (1886, 2.4%)

200 一緒に 104 いっしょに 40 同じよう 27 一しょに 17 一しよ 13 同様に 12 話を 9 別れて 8 並んで, 同じやう, 話して, 遊んで, 違って 6 いつしよ, 子たち 5 おなじよう, 懇意に, 肩を, 膝を, 顔を

4 [11件] いっても, ちがって, わかれて, 一所に, 力を, 同じに, 相談し, 私は, 行を, 酒を, 骨牌を

3 [21件] おんなじに, しゃべって, その家族, それに, どっちが, ふざけて, 仲好しに, 伍し, 同じめ, 夕方の, 少しも, 知合いに, 私との, 私とは, 約束した, 言ふ, 話が, 話しながら, 謂つた心蔑し, 近づきに, 遊ぶの

2 [91件] いえども, いえば, いっしょの, いろいろの, おそくまで, お会, お会い, さうし, して, しばらく立ち話, すれちが, すれちがって, その天幕, その子, たった三人きり, である, なって, ひざを, ふえを, れんらくを, わかった, わかれたくないやう, わかれたくないよう, わたくしは, わたしの, 一つに, 一台の, 一緒だ, 一緒で, 一緒の, 交は, 交る, 交際って, 交際を, 仲間に, 冗談を, 別れなければ, 別れるの, 友達の, 反対に, 口を, 同じ人間, 同じ権利, 同列に, 同様ガールフレンドを, 夕食を, 外に, 夜の, 大事な, 家の, 幾人も, 心を, 必ずピクニツク, 戯れて, 手筈を, 挨拶を, 映画を, 格闘を, 歩調を, 比べて, 気脈を, 混って, 異つて, 盛んに, 相談しなけれ, 相談の, 相談を, 眼を, 約束を, 縁を, 自分とが, 自分との, 自分の, 行動を, 見えて, 見えます, 親しくする, 言って, 言葉を, 試合を, 話しては, 話し合, 話に, 語らって, 連立って, 運動場に, 遠くの, 面を, 額を, 顔見知りに, 食べた

1 [1098件 抜粋] あうまでの, あそびつかれると, あそぶの, あなたの, あの人, あまった花, あまりようすの, あまり遊ばない, いいここ, いう, いうべきであろう, いえるが, いくらかちがっ, いっしょだった, いっそう疎遠, いつた連中, いつ迄も, いらっして, いろいろ話し, いわれて, うちへ, うれしさうに, おいでに, おちかづき, おなじで, おなじ轍, おもしろおかしく交際, おんなじこと, おんなじ小学校, お喋りを, お客様方の, お會, お父さんとの, お膳, お酒, かわしながら, きたこと, きたらまだ, きりむすんで, くらべて, ぐったりした, こういうテーマ, こうして食べ, こう二つ, ここまで, こっちの, ことばを, この問題, この映画, この疎開先, これ以上無理に, こんな風, ささやき合った, さわぎたてると, しばらく話, し合ったり, すつかり, すれちがいながら, すれちがった, そうしてその, そして極, そっくりおなじ, そのこと, そのほか, その夫人令嬢たち, その学生たち, その店, その方向, その死体発掘作業, その男, その菊水, その音楽会, それから非番, そんな噂, たは, ちがいいろいろ, ちがう猿, ちやうどいつ, つきあわずに, つき合わされると, つれて, とくから, とても親しく, ともども夫人, どういうもの, どこか, どこにも, どっかひどく, どんなでしたろう, なにか, なりました, のむの, ひそひそと, ひと片ずつ, ふざけ合, ふざけ廻ったり, ふだんの, ほとんどその, ほとんど同時に街上, ほのかな, ぽつりぽつりあたりさわり, まじり別, まだ一度, まったく外見, みえて, もつれ合, やいばを, やっといま, やりあいごろさん, ゆき来し, よく噂, よく相, よもやまの, わかれてから, わかれの, わたしより, アブサンシオン長老とが, インバイと, オンナジ気持で, ガリヴアとの, キャンプ生活でも, ケンカした, ゲーナー少佐とは, シュトラコニッツの, ジュネーヴに, トラルドラグダカまで, トランプでも, ハかわり候, バクチばかし, フリーダとの, フーヴァー大統領とは, マルタン, モンマルトルの, ラジオ, ルイバコフとの, ヴァン・ポウル氏が, 一つの, 一つ屋根の, 一つ桟敷で, 一切区別は, 一味だって, 一寸挨拶, 一座を, 一所の, 一杯やる, 一枝は, 一緒なら, 一緒よ, 一諸に, 丁髷に, 丈生活する, 三位卿孫兵衛助太刀の, 三階じゃ, 上野の, 不仕合せに, 両者の, 中庭で, 久しぶりで, 争いました, 事務所側との, 事業を, 二少年とは, 云えども, 云っても, 互いに堅く, 五人囃子し, 交って, 交わること, 交渉なんか, 交際し, 人物評を, 今後の, 他に, 付き合うん, 付合いも, 仲が, 仲よくあそん, 仲よくする, 仲よくなれ, 仲良しに, 仲間づき合いし, 会いました, 会か, 会ひ, 会釈を, 似たよう, 何か, 何の, 何時間も, 例の, 保守的な, 働くこと, 兇器, 先生没後の, 全く一つ利害, 全然縁, 共々に, 共謀し, 共鳴なさつ, 冗談ぐらいは, 出かけた東海道筋, 出会うよう, 出合って, 分けあった, 分り不愍, 列んで, 判りました, 別れたあの, 別れました, 別れるとき, 別れる決心, 利害を, 北上川の, 半分ずつ, 協力し, 友だちな, 叔父さんと, 叩き合いを, 合体し, 合流する, 吊橋の, 同じくお, 同じくブールジョア, 同じく少尉, 同じく白っぽい, 同じく蠣殻町, 同じこと, 同じじゃ, 同じな, 同じヨーロッパ, 同じ人権, 同じ同胞, 同じ方向, 同じ条件, 同じ気持, 同じ物, 同じ目, 同じ精神状態, 同じ運命, 同ん, 同人との, 同伴で, 同居してる, 同年輩な, 同時に入学, 同時代, 同様いじらしい, 同様です, 同様風説ばかり, 同行した, 同調したい, 同郷人で, 向い合って, 向ひ, 呼びかけた饗宴, 和一郎との, 商家百姓の, 喧嘩に, 四人で, 団結し, 坐つて, 堂下の, 声高に, 変って, 変りなかっ, 外で, 外輪山で, 夜遅く, 大学が, 大議論, 奉行越前守が, 女中との, 女家庭教師とが, 妥協し, 始終出逢う, 子供たちと, 子供との, 学校の, 宴会の, 家屋や, 寄り合って, 密接な, 寝室で, 対立し, 小使部屋の, 少しばかり, 居た, 屋台の, 巫山戯あった, 平気で, 幾分でも, 広田とで, 床を, 座談会を, 彦太郎は, 彼とは, 彼らが, 彼らの, 往来し, 従僕との, 御一, 御同席, 御談合, 徹夜で, 心安くし, 心得て, 応対してる, 思うかも, 怪人との, 悪戯を, 意気投合し, 愛に, 感情の, 懇意な, 戦争を, 房枝たちとの, 打ちくつろいで, 打ち興じて, 批評家たちの, 折衝を, 拝見いたします, 接して, 接触する, 提携し, 放牧に, 教え子たちの, 散歩しない, 敵の, 文化運動に, 文通し, 新宿の, 日の丸行進曲を, 日本女とは, 日比谷の, 旧交を, 暮し後, 暮らしたと, 書いたの, 望月の, 朝食を, 条理において, 来たらもう, 来た日, 来ては, 東北とを, 根気づよい, 楽しく暮し, 機関車の, 歌を, 武士たちとを, 歩いた, 殆ど夜具, 母上と, 母親たちとが, 母親とが, 比較に, 毬も, 気ちがいの, 気やすく, 水平線との, 永遠なる, 沖に, 浜町矢の, 海の, 混合し, 温優貞淑なる, 溶け合って, 火星兵団の, 炉辺で, 熊さんが, 父親を, 物を, 現にこの, 理想的に, 生活した, 用件の, 画架の, 異った, 異つた要素, 異なって, 異樣, 百年の, 目配せを, 相いれないもの, 相対し, 相談した, 知り合いに, 知合いでないこと, 砂漠に, 礼拝する, 神田まで, 私と, 私も, 稲ちゃんの, 立ち向かって, 立話を, 約束しただろう, 約束客の, 終日嬉々と, 結びついて, 結びつくよう, 結婚について, 絶え間なし, 縁側で, 美術館, 群集との, 老臣共が, 肌合いの, 能の, 自分と, 自然との, 艶麗な, 花を, 花見にでも, 茫然と, 茶飲み話を, 落ち合う約束, 落合って, 藤間は, 行き違った, 行動し, 裏の, 複数で, 見えるの, 見え少し, 見なれぬ数名, 見物に, 親しくした, 親しくなり, 親しみの, 親交を, 言い実に, 言う風, 言おう, 言ひかけた, 計って, 記念撮影を, 話しこんで, 話してると, 話しを, 話し合いました, 話し込んで, 誓い合った, 語りながらも, 語り合って, 語り手の, 読者とは, 論は, 謀らんとて, 謄写版刷りの, 讃岐だけは, 貫太との, 赤ン坊との, 身体の, 車座に, 転向の, 農業に, 逢いたくなったの, 逢うの, 連呼し, 連絡を, 遊ばせて, 遊びたい, 遊びまわって, 遊び戯れる, 遊び疲れ, 遊ぶこと, 遊ぶなど, 遊ぶやう, 遊んだの, 遊んだり, 違ってるもの, 違ふ, 遠去かった, 邸の, 酔った男たち, 金の, 銀座で, 長く起居, 長柄を, 関係の, 附かずはなれぬよう, 陰で, 隔絶された, 隣の, 雑談し, 雑魚寝なんかを, 離れの, 静かに, 順助との, 飛行機で, 食卓に, 飯事を, 餘り違わない, 香を, 馬車を, 馬鹿ばなしでも, 騒いで, 髪長彦を, 鳩首協議し

▼ たちには~ (1095, 1.4%)

11 それが 8 目も 6 何も 5 何の, 口を, 稀に 4 あゝ言, すでに寺

3 [13件] これが, さう, なんの, わかって, わからない, 何が, 何にも, 少しも, 彼の, 想像も, 見受けられました, 見当が, 非常に

2 [52件] あった, あなたの, いろいろな, ここを, この上, この小屋, すこしも, そうぞう, そのイギリス海岸, その理由, それがよ, それも, そんなこと, ただ不思議, できないだらう, どうした, どうで, どうもその, どんなこと, ない, なんだか離れ, ひた隠しに, ひとの, まだおれたち, よくない, よくわかる, わかりません, わかるまい, わかるん, わけが, 不思議に, 中心と, 予測できない, 五文の, 何か, 全く疚しい, 分らないの, 区別が, 同情を, 思はれました, 本当の, 歴史的さんと, 気に, 気の, 独断で, 用が, 眼も, 私たちの, 私の, 絶対に, 裏の, 隠して

1 [904件 抜粋] ああ並ぶ, あきあきして, あしたいよいよ, あつて, あの人たち, あまりに彼, あまり快い, あらかじめパーヴェル・パーヴロヴィチ, あらゆるいけない, ありがたいの, あるいは信じ, あれだけは, いいよう, いい考え, いい見せしめ, いたっての, いつかひどい, いま仲間を, いろいろご, いろいろ用が, うつて, うれしいらしい, おかしかった, おかしく楽しかった, おかしら付き, おそらくもうだれ, おそらく想像, おとなしくありました, およそ大概, おれたちが, お優しい, お前は, お礼も, お金が, かえってそれ, かかって, かかるお召, かなり大きな, かまわず一散, きめられませんわね, きょうの, こうした問題, ここの, こちらの, このうえなく, このくらい, このこと, このリーロフ, この地獄, この子供, この宴, この時, この漠然と, この真昼, こよなき遊び相手, これからあとあと, これらの, こんなありがたい, さういふ訓練, させたくない, さっしが, さっぱり腑, さびしく悼ましく感じられる, しかしもう, しつこく正しさ, しばらくそこ, すいぶん, すぐ反対, ずいぶんけが, ぜったいにとりもどせない, そういう弊害, そういう狂行, そういう葛藤, そう恐く, そのよう, その一夜, その不審, その実践的意志, その必然性, その掏摸たち, その時, その朝, その点, その足音, そもそも註文, それぞれに, それぞれ白銀二十枚時服四ずつを, それぞれ見えが, それではドレミファ, それを, そんな事, そんな実体, そんな経験, そんな評判, そんな馬鹿, たいそう好かれ, たいへん心配, たいへん有難かっ, たえられる熱, ただ精神的規律, たのしいリクリエーシヨン, たれかれと, だいいちお金, だれにも, ちっともわかっ, ちっとも教え, ちゃんとわかっ, ちょうど我が国, ちょっと扱い馴れない, ちょっと珍しい, ついに一指, できないこと, できるだけやさしく, とかく貯金, とてもうれし, とてもできない, とても出来ない, とても解るまい, どうかな, どうしても, どうしても出来ない, どうする, どうにも我慢, どうもまだお上, どことなく生活, どしどしたくさん, どっさりほうび, どんなに貧乏, どんなふう, どんな慰藉, ないしょよ, なかなかその, なかなかの, なかなか出逢わなかった, なつかしい思い出, なんとも不思議, ひそかに, ひとりひとりの, ひどく遠い, ぴつたり, へんな, ほとんど気違, ほんとにこんな, まことに恐ろしい, まざまざと, また相応しき, まだたわいない, まだよくは, まだわからない, まだわかりません, まだ分らぬ, まだ果さなけれ, まったく想像, みえた, みな信子との, みんな村に, むしろ物足り無くみえる, むろん相談, もうおかまい, もうご用済み, もうちゃんと御, もう一人トヨ子, もう時間, もっと大きな, もとより評判, やさしい温情, やっぱりあの, やはり一向に敬せられなかった, ゆっくりやすむ, よい散歩区域, よい遊び場, よく分からない, よく分った, よく意味, よろこんで, ろくすつぽ, わからないの, わからなかったが, わからぬ事情, わからねえ事, わからん, わかりきって, わかりませんけど, わかり易くて, わしから, わたしたちの, ウムウムと, クリスマスなんかより, パンの, 一つの, 一体何事, 一寸わかり, 一層奇異, 一日の, 一番愛の, 一種独得の, 一言も, 一露里が, 七度で, 下界の, 不向, 不向きな, 不思議である, 不思議な, 与えなかったろうと, 中館の, 丸木が, 主君の, 予想も, 事件の, 二人の, 二十八フランの, 二里も, 互の, 人を, 人生は, 人間性の, 今に, 今夜は, 今更こと新しく, 伐木の, 似合わぬ仕業, 住みにくい, 何かの, 何だかあなた, 何だか一ばん, 何だか活気, 何だか訳, 何と, 何と見ゆる, 何を, 何一つ答え, 余り知られ, 作者なんて, 使ひも頼みや, 信じられないの, 信仰が, 修羅の, 傘を, 兄と, 充分だ, 全く分らない, 共通した, 共通の, 出来そう, 出来るか, 分かりませんです, 分って, 分らない, 分らないさ, 分らない訳, 分らなかったが, 分らぬ深い, 分らねえ, 分るまい, 判らないだけさ, 判らなかったからこそ, 判るまい, 判斷され, 別に話しかけよう, 刺戟する, 助教授の, 勿論家, 十分だった, 十分に, 十方なにものの, 十重八十重の, 印象づけられて, 反対だ, 取っつかまえ, 古い馴染み, 同情したい, 向かないと, 向けられて, 君たちが, 君の, 呑み込めないの, 味方し, 喜ばれた, 四歳に, 固より, 土地の, 坐る場所, 堅い土, 声を, 外祖父にあたる, 多少体裁, 大きな勇気, 大きな障害物, 大もて, 大変おじいさんに, 大正時代の, 天与の, 夫人も, 女として, 女王の, 好かれなかったらしいが, 姐御, 嬉しかった, 守が, 安いもの, 実に複雑微妙, 家という, 寝たと, 察知せられた, 寺から, 小説などに, 少しばかり, 尠く, 崖から, 工場も, 年々の, 幸福な, 度々遇っ, 強かった, 影響を, 役者の, 彼女が, 彼女たちの, 得られないいい, 必ず親父, 忘れられない, 思いつきません, 思いやり深い, 思うつぼに, 思えるの, 思はれて, 思われた, 思われました, 思われるの, 怪しい迷信, 恐縮だ, 恩を, 悪い晩, 悲しむ事, 想像が, 想像できない, 意味が, 愛想よく, 感じられるん, 懐しいもの, 成功しなかった, 我慢できぬ, 手に, 打開けす, 拝せられました, 改めて当時, 故郷は, 敵が, 文句の, 早く大きくなっ, 易しい, 昨日と, 時々お, 時には長い, 時間の, 普通の, 暇が, 暑い地方, 最も正しく, 最初どう, 最高な, 有が, 望みたいの, 木曾路で, 木米の, 本当でない, 来ること, 格別に, 棍棒を, 楽しみである, 欠けてるよう, 正しき美, 此処は, 歯が, 死なないたましい, 死別山の手の, 殊に同情, 殊に重要, 母や, 民衆との, 気がついて, 気づかれないよう, 気に入るところ, 水の上じゃ, 汚れを, 決してい, 決して姿, 決して船主, 沙翁の, 注意深く秘密, 活発なる, 深い智恵, 澤山だつた, 火星に, 烱眼なる, 無論荒々しく, 特に必要, 珍しかった, 現実的に, 甚だ迷惑, 生活の, 用事の, 男性的な, 留守を, 異様である, 目を, 直接必要の, 相当尊敬, 真似も, 眼鏡の, 知らしたくないと, 知られて, 知れて, 礼儀が, 祕密に, 票は, 私たちだけの, 私などは, 秘して, 秘密などは, 空々しいほど, 笑はれるであらう, 精神の, 絶対秘密に, 絶対触れさせ, 羨ましかった, 考えて, 考えられて, 考へられます, 耳新しい読者, 聞えたの, 聞こえねえか, 肉体が, 自分たちで, 自分たちの, 自分で, 自己を, 自殺以外に, 自身の, 興味ふかく, 興味を, 舞台を, 船内を, 苦労を, 苦悩の, 苦手な, 葱の, 蛇の, 裃を, 西湖の, 見えた, 見えない遠い, 見えぬ小屋, 見られないぜい沢, 親しまれて, 親の, 覬覦を, 解らないお, 触れさせなかった, 許嫁といふ, 話したくないの, 話の, 誘惑である, 読ませたくないもの, 読めようはず, 誰にとっても, 誰れ, 諒解されない, 譯が, 贅沢すぎます, 身寄りの, 軽侮と, 近くなった, 近頃そう呼ばせ, 追求の, 通らせたくないところ, 通知が, 過去の, 違いない, 都合が, 重要な, 量り知れない, 鉛筆の, 鎖されて, 開放された, 院が, 難事件に, 雨具を, 青く見える, 面白い, 面白くって, 頼まれても, 飛騨山脈木曾山脈赤石山脈八ヶ岳山脈などの, 食わせないが, 食物の, 高尚だ, 高麗丸が, 髪を, 鹿の

▼ たちから~ (595, 0.8%)

14 見ると, 離れて 7 見れば 5 いろいろな, 垣内の 4 引きは 3 みると, 放れて, 遠く離れ, 遠ざかって

2 [29件] あらぬ反感, して, なぐさめられて, ひどい仕打ち, みれば, グード・モーニングなどを, 何か, 出て, 孤立し, 尊敬され, 少し離れ, 少し離れた, 少年視され, 感謝の, 手紙を, 教えて, 敬遠される, 沢山の, 眼を, 私は, 聞いたこと, 聞いて, 聞かされて, 言われて, 記念に, 遠ざかりながら, 遠ざけさせるの, 遠のいて, 金を

1 [476件] あげた真珠, あげましょう, あどけない感激, あなどられるの, あの恐ろしい, あの男, あらためて礼, ある超自然的, いうと, いかなる影響, いじめられ大人たち, いじめられ通し, いちばんかっさいを, いって, いつぱい, いはれいはれして, いやが, いやになるほど古, いろいろと, いろいろの, いろんなこうした話, いわゆるこわい, いわれて, うけて, うやまはれ, えらく批判, おかめどんぐり, おくれるよう, おこつた話だつたさうです, おぢさん, お上人さまと, お叱, お噂, お金を, お願いし, かえって御礼, かつてこんな, からかわれて, かれこれ非難, きいて, きかされて, くそみそ, けむたがられる年, こういうこと, こぞって賞賛, ことに彼女, この宿屋, この日, この話, さう聞かされて, されないもの, しつけられて, しばしば受けた, しぼりとった金, じかに受け取った, すうつと, すぐさまとめられ, すこし離れ, すっかり愛想, すると, すれば, ずいぶんいじめられた, せびられて, そういう批判, そういっ, そうしたお辞儀, そのうわさ, そのこと, その事, その体温, その土地, その場かぎり, その家, その経緯, そらして, それに, それを, そんなにあがめられ, たいへん信任, ちやほやされる, ちょっとはなれた, ちよつと, つけられたの, であった, でさ, でたらめで, どうやったら, どんな個人的, どんな風, なまけものという, なめられたよう, ならずもの, なるべく早く, のけものに, はさよ, はじまつたと, はなさずに, はなれれば, ぱっとひろがった, ひとり離れ, へだてられたまま, ほとんど声援, ままつまらぬ, もうあまり多く, もぎ放されて, もてはやされるよう, ものすごい歓迎, やかましい掛け合い, やかましく督促, やかましく訴訟, よくほめられた, よく日ごろ嘲われ, よけいな, よっぽど旨く, わずかづつ支給, われわれは, イヤな, インド関係の, オラウスは, ケガヅ, コッソリ引き抜い, ゴッホの, シキリに, ツゴウし, デンマルク・ユルラン派の, パチパチと, ヒントを, マリユスという, マルテの, 一刻も, 一度に, 一枚一枚悔みの, 一般の, 一葉が, 一部の, 一間ばかり, 万雷の, 三挺ばかり, 上国の, 上陸さし, 不安な, 不快な, 久しく呪, 乞食と, 二つ三ついい, 二十ぺんも, 二百円ほど, 二百圓ほど, 云へば, 井伏さんの, 仄聞する, 仏前へ, 付けねらわれる, 代表に, 伸子と, 何かを, 何にも, 何処ッか, 余程万能薬, 來た, 俸給を, 借りられるだけ, 借り立てて, 僕の, 僕は, 兄さんうまい, 先ず騒ぎ, 先手を, 全世界, 兵隊を, 冷淡なる, 出されたり, 出たもの, 出ました, 出入りの, 出来たの, 切り離して, 前後の, 前途に, 劇団および, 力を, 勧められて, 北方五百マイルの, 区別し, 千何百両という, 南の, 南蛮寺に, 去って, 又もや手ひどく, 反感を, 取り戻すやう, 受けたよう, 受けた屈辱, 受けた恩顧, 受けた感化, 受けねば, 受ける尊敬心, 受ける非難, 受持教師の, 可愛がられ六, 合力を, 同情を, 呼ばれて, 噂された, 土地の, 圧迫の, 地球の, 報じられたの, 報らせ, 士卒にまで, 変人あつかい, 変節者として, 外出の, 多くの, 大いに乗ぜられる, 大いに騒がれ, 大人五銭小人二銭の, 大石次官との, 大變, 奪はれ, 好意を, 姉の, 姫君と, 婦人雑誌を, 学ばねば, 学んだ, 客間の, 宥めて, 家人の, 寄附的な, 寛大で, 将軍入洛以前に, 小心を, 小遣を, 少年時代天馬侠の, 就職に関する, 左向けで, 度外視される, 弓と, 引揚げ, 彼が, 彼の, 彼を, 彼女は, 得た知識, 得て, 御馳走が, 徳島に関する, 怒られたの, 怒られるかも, 恐れられて, 恥辱を, 恨まれて, 悪く言われる, 悪人だ, 惜しがられ, 愍笑を, 愛せられて, 慕われて, 憎まれても, 憤慨排斥された, 懐旧談を, 懸合って, 成る一大集団, 或る, 戴きますと, 手渡された音楽, 打たれポリフェモス, 批評を, 折々そういう, 招かれて, 拝された, 指図の, 揃って, 搾取した, 攻撃された, 故意に, 故障が, 救われたこと, 教えられたから, 教へ, 散々ひやかされ, 文学座の, 新たな, 新思想, 新築の, 早く遠ざかっ, 早く遠ざかつてしまつた方, 易々と, 昨夜の, 時評された, 晩餐に, 最も苛酷, 會得した, 有益な, 朝倉先生を, 木剣で, 村長へと, 来た, 来たもの, 栄さん夫妻に, 格好だけ, 梶井の, 極めて迅速, 次第に遠, 欲に, 死の, 毎日幾通と, 気の, 永久に, 永遠に, 沢山な, 洗濯や, 派手な, 浮舟の, 深海へ, 湧き出る信仰, 漫々的漫々的めんめんちょと, 激しい好奇, 無理やりに, 無理矢理作らされた, 無遠慮な, 煙りの, 煙草を, 父は, 狩立てられる, 独立した, 現在の, 球江は, 甚しく蔑み, 生き神さまの, 生まれたという, 生来の, 生活の, 申しあげる, 申しますと, 男から, 疎まれ憚, 百姓総代の, 百首を, 盗もうとさえ, 目のかたきに, 相変らず, 着物を, 睨まれた, 知らせて, 礼ごころに, 祝いの, 祝われたいの, 祝盃を, 神奈川奉行の, 私あ, 種々と, 種々の, 種々問合わせ, 積極的に, 窮屈でない, 筆を, 米国の, 純粋だ, 絞って, 給与された, 給料を, 絵筆を, 続けざまの, 縁を, 纒まった, 置き去りに, 習って, 翻訳され, 考えると, 考えれば, 聞いた, 聞いたよう, 聞いたわ, 聞いた話, 聞かされた, 聞かされたけれど, 聞かされたの, 聞かされたので, 聞かされるいつも, 聞きこの, 聞きますと, 聞き取った話, 聞くこと, 聲を, 脂粉の, 自分だけが, 自分の, 自分を, 自発的に, 色々何, 芳秋蘭の, 芳醇なる, 苦情を, 英雄の, 茶代を, 莫大な, 蔭口を, 見えるところ, 見くびられたよう, 見たらおかしい, 見たらこの, 見たら阿呆, 見た善, 見ら, 見るならば, 親しみの, 親としての, 親方と, 解放される, 言えば, 言われても, 訳を, 訴へ, 誤解されてる, 諸国の, 講義を, 貰つた, 貴族の, 買うヒット, 買って, 質問を, 起こしては, 起つたもの, 足で, 距て, 身限られ, 軽蔑され, 農商務省へ, 返って, 逃げて, 遁れ失せた, 遅々自覚され, 道誉を, 違約の, 遠くに, 遠ざかったよう, 遠ざかつて, 遠ざからせて, 遠ざからせてしまつたのにちがひない, 遠ざけられて, 適当な, 邪視され, 邪魔される, 郁子さんに, 釋迦に, 金助に, 銅貨を, 長屋の, 開墾地を, 除け者に, 隔てを, 隔離の, 離されて, 離れうる彼, 離れたん, 離れない, 離れないで, 離れるの, 難なく問題, 青黄赤黒の, 面罵の, 須山の, 頼まれる手紙, 食べ切れないほど, 食べ物を, 飴を, 飽かれるよう, 饗應を, 駈落, 駈落ちの, 騒々しく呼び起された, 騒がれたこと, 騒がれるとき, 黄河について

▼ たち~ (547, 0.7%)

30 あつた 5 やって 4 いっぱいです, いっぱいに, 私は 3 あらう, いっぱいだった, ござります, さへ, して, それに, それは, にぎわって, ね, 作って

2 [14件] いっしょに, かりそめ, ねえ, 一杯に, 占められて, 当時全快し, 彼等は, 押すな, 時々放心, 現実に, 発見した, 自分たちの, 自分の, 過度の

1 [442件] あいつを, あげて, あつたら, あつたらう, あつて, あと片づけする, あなたがたの, あの人たち, あふれて, あらうか, あらうこの, あらうと, あらねば, あり得ただろうのに, あんた方, いい加減な, いえば, いずれは, いっぱいな, いつぱい, いつぱいになつた, いつも同じ, いつも産後, いらつし, うちへ, うち殺し, おそらくわたし, お三輪, お互いの, お互い同士仲が, お嬢さんや, お引受けし, お父さんの, お眼, お菓子らしい, お話も, お金を, かたまった, かなり多人数, かれら, がんばれば, きっと見つけだし, きめたこと, きめて, こがね作りの, ここの, ここを, こっちを, ことにその, ことに代理公使, この会, これだ, これは, これも, こわすという, ござりました, ごったがえしだった, ごったがえして, さ, さあ, さえそう, さっとばかりに, しかもおちつい, してね, しようや, すきな, すぐ列, すはだしの, すらここ, すらそれ, すら久我, すら他, すら少々, すら彼, すら心, すら意外と, すら次第に, するの, せう, そういうお, そういうこと, そこな, そして相当, そのご, そのため, そのほか手袋, そのまま会合, その半分, その地方, その必要, その数五十人あまり, その気, その若者, その迅, それから, それが, それぞれが, それに葉子, そんなこと, ただ一人下女, ただ霊魂, たとい少しの, たやすく金策, だいぶ前, だいぶ騒いだ, だからサチ子さん, つくって, つくられた輪, つくり出して, つくるの, できること, でも, ときどき佐伯氏, とにかく隠岐和一, とりきめました, とりわけて, どうかなります, どうなり, どうにかなっ, どうにでも, どこを, どちらかと, どっちが, どやどやと, どれも, どんなにも, どんな職業, どんな遊び, な, なぜなら, なんでええ, なんとか打開, にぎやかでした, ねいい, ねいか, はたらくから, はるか末席の, ひとところに, ひょっとする, ほうきと, ほんとうに, まして仲よし, まず服装, またわたくし, まれに, みな食っ, みんなが, みんなじろじろ, みんな食べ, めつたに, もう大丈夫, もう髪, もしそれ, ものを, やっと落ち着いた, やつて, やや暫く黙っ, やるの, やれ, よく大工, りっぱな, わかさなければ, わかれるという, アルトゥールと, テエブルを, ネチ, パフに, パンパンの, フグ茶の, ホテルの, メンデンホール遠征の, レスナヤ街二十八号の, レミヤの, 一ぱいであった, 一ぱいに, 一人は, 一夕四五名ずつ, 七人に, 三人とも, 三味線など, 三四十人に, 三度笠を, 下駄を, 与次郎と, 世がかは, 世界の, 世話を, 両腕, 中には, 二三十人も, 二匹は, 京都から, 人は, 今まで, 今帰仁の, 今後は, 今興行を, 仲間が, 企んだこと, 体の, 何かしら日記にでも, 何とかやりくっ, 何とか扱っ, 何とで, 何やらしきりに人, 何やらに, 何処へ, 作った馬, 作つ, 作らなければ, 作りたいの, 作曲から, 例も, 供給し, 停車場が, 充満し, 先刻から, 先生の, 先頭に, 入って, 全家族, 共有する, 処理できず, 出掛けたか, 分割横領した, 切れの, 切れるさ, 刈りとること, 初めは, 判断, 利益を, 制つた, 刻々に, 前から, 前のめりに, 前歯が, 創作した, 力を, 動いて, 勝手に, 南地溝の, 占領し, 又それ, 双方大, 各所の, 合わせて, 同じく親子三人連, 同勢僅か二人を, 名を, 名取に, 君に, 喋らなくても, 喩えれば, 営団に, 噂だけか, 土を, 土地の, 地震の, 坑道を, 埋った講堂, 埋まった, 変化を, 多くは, 夜道を, 大いに笑, 大きくつよく立派, 大小二人の, 奥さんは, 女性も, 女達の, 子供づれも, 家伝来の, 宿駅の, 少くとも, 少し離れた, 山も, 山を, 常に戰場, 平べ, 幸三は, 広い二階, 建立した, 引きうけること, 引受けて, 張り切って, 強い勇士, 当局からも, 彼らを, 彼女が, 徒に台, 心身の, 心願掛けた, 必要が, 急に, 恋人に, 愉快に, 意外な, 意見を, 探そうと, 探索し, 教師と, 文子の, 新しい暮しかた, 日に, 昨夜など, 時による, 晴れ衣裳を, 暇さえ, 暗いところ, 暗く長い私, 暮れ六つごろに, 更に憚, 最初に, 本当の, 朱実を, 来て, 校庭を, 検察隊を, 歩道の, 残つてゐる, 毎日ごった返す, 気に, 汗を, 江戸の, 汽車に, 洋服なども, 海水に, 淡く残る, 混雑し, 混雑した, 満ち満ちて, 無理に, 無闇に, 焼いたり, 照陽女学校は, 煽りだした自分たち, 熱心に, 爆弾を, 片づけます, 片手に, 猫でも, 現すで, 現われたの, 現実を, 生きては, 生活され, 生産を, 男の, 画を, 異様な, 皆な, 皆若, 皮膚病に, 目まぐるしいくら, 目まぐるしいくらい, 直接知事さんに, 相かわらずやっとる, 眼や, 着物持ち物を, 破壞, 社会情勢の, 私が, 私の, 稲田へ, 突然入っ, 窒息する, 筆なども, 筆や, 築きあげる能力, 約四, 約束を, 素直に, 細かいこと, 組織し, 組織する, 結局何度も, 編成せられ, 練り歩いて, 美しくは, 考えだしたもの, 考えよう, 背負い分けるやら, 腰の, 自分たちに, 船は, 蚊脛を, 蛮装を, 行くの, 行って, 街は, 見はり, 覚えが, 親切と, 親類の, 話の, 読者は, 負担する, 責任を, 買いましょうそう, 買って, 賃金も, 賑って, 賑やかな, 賑わい河, 賑わった, 足の, 身を, 身動きも, 車を, 軍から, 込み合って, 退く気色, 造るんで, 遊んだオモチャ, 運びます, 選んだ役人, 選んだ政府, 酒場の, 酔って, 鉱山の, 長井二階堂仁木武田など, 開封した, 随分不摂生, 集って, 青山の, 静かに, 革足袋に, 音楽の, 頂上が, 頬かむりした, 風貌が, 食堂と, 飼へる, 駅の, 駅頭に, 駈けつけて, 骨を, 高知の, 髪かたちも, 鱶の, 鳥辺野が, 黙々と表

▼ たちにも~ (498, 0.6%)

7 見せて 5 胸の, 自分らの 3 わかって, 可愛がられて

2 [26件] いくらか, その話, それが, よろしく言っ, わかりよい, 一杯御馳走しよう, 一椀の, 乙姫の, 住めるかも, 何か, 加わって, 同様の, 旨を, 気づかせた, 知らせた事, 知られて, 私の, 羞恥まし, 苦労を, 見て, 覚えが, 親切に, 訊いて, 話を, 逢つた, 隠して

1 [423件] あえるだろうと, あったろうか, あまり好, ありがたいこと, あると, いいこと, いいごちそう, いいわけ, いくらか自信, いざという, いずれ通諜し, いろいろの, いわゆる音, いわれお前, うれつな, おながれ, おねえ, おぼえの, おりを, おわびを, お愛相, お目にかからず罷りこえる, お話の, お辞儀を, お酒, かかって, かすかな, かたく云い渡した, かなわない, かねがね言つて, かねて, きいて, くつろぎかた, けっして心, こつんと, この冬, この奇怪, この町, これから何日何か月, これが, こればかりは, これを, これ以上, ごく安全, ごちそうが, さすがに, させる, さとすごとくに, しいた, しきりに会った, し一, すぐぴーんときたらしく, ずいぶん大事, そうさせ, そうする, そう嫌がられ, そう心配, そのほんとう, その容態, その旨, その病症, その職務柄, その苦しみ, その訳, それぞれ不吉な, それぞれ安定を, それぞれ高等教育を, それだけ生活, それでいくら, それを, ぞっとさせ, たちまちに, ちゃんと話, ちゃんと遠出, ちょうど弟, ちょっぴりずつは, ていねいに, であいました, どうぞ, どうぞお, どうも工合, どうやら立派, ないの, ない方, ない甚三郎, なじみが, なめさせようと, なるほどと, なんとなく顔, なんともい, のこらず知れ渡る, はじめて納得, はじめは, はっきりわかっ, はばかること, ひけは, ひとつ懺悔を, ひと口の, ひどくこの, ひどく難儀, ほんとうの, ぼくが, ぼつ, またお, またこの, またそこら, また同僚, また釣荵屋, まだない, まだよく分っ, まだ目, まるで話, みよの事だけは, めぐり会えるだからと, めったに, もうあえないだろう, もう一度会いたくなっ, もう逢えなくなります, もちろん官舎, やかましく云う, やかましく申, よくたのん, よくでき, よくわかりませんでした, よく主人, よく分らない, よく分る, よく察しられた, よく理解, よく考え, よく肯ける, よく解る, わからなかった, わかり過ぎるほど, わかること, わかるまいが, わかるよう, わかるん, わかる気持, わけあたえたと, わけて, わたしが, デリケートな, バアンス夫人の, マスクを, 一体に, 一国や, 一役買わせ, 一様であった, 一遍日本の, 不便を, 不安と, 不思議でなりません, 不思議な, 不明と, 不衛生的な, 主君という, 久しぶりで, 予想出来ない, 二十面相を, 二度と会う, 人気が, 今の, 今まで, 今後決して, 今昔の, 今朝姫君の, 仕方おま, 休憩の, 会う機会, 会える, 会って, 会釈し, 伝わって, 伸子の, 似合うであろう, 何かと吹聴, 何かに, 何処か, 個性は, 備わり天地, 僕たちと, 優しくし, 共に加わらなかった, 共通に, 出あいませんでした, 出したの, 出会つた, 出立の, 分けて, 分らない, 分らないん, 分りやしない, 分んなかったの, 初対面だけの, 劣つた, 劣らず, 劣らぬ階級, 劣るまいと, 勧められ辞退, 勿論戀愛, 勿論興味, 卑下した, 原稿の, 厭, 又自分, 及ばない宗教的情熱, 及ぼすん, 及んだの, 友人で, 同じやり, 同じよう, 同感をもって, 同様だった, 同様に, 同腹の, 呆れて, 命じて, 命令し, 和太郎さんにも, 商いを, 啜らせて, 喜んで, 困るね, 外へ, 多い, 多くの, 多少気づまりの思い, 多年の, 夜ふけの, 大いに吹聴, 大てい, 大人並, 大切な, 太子殿下を, 奨励した, 子供が, 子供たちにも, 孔子の, 存分に, 実際において, 容易く想像, 容易に, 少しやらし, 己にも, 帽子を, 幸運は, 幾分理解, 度々云っ, 弁当を, 弁明しなけりゃならない, 弱さ, 影響した, 影響せず, 彼を, 徒勞を, 御土産, 御饗応, 微笑ましく頷ける, 心からの, 心から頭, 心よく, 必要が, 忘れられて, 思はれました, 思われますが, 怪しまれないの, 怪しまれるほど, 恐らくこの, 恐らく自分, 恥ずかしゅうございます, 恩賞を, 愛せられて, 感じられて, 感ぜられた, 感ぜられたの, 感情は, 感慨の, 感謝され, 感謝した, 慾が, 懇意な, 或は伝, 手に, 承知が, 拝されました, 拝ませて, 持って, 挨拶し, 振り撒いた, 掛け合い組頭, 教えを, 早苗さんから, 明日知れぬ, 明瞭に, 星座の, 普及させ, 暗剣, 期待され, 期待された, 根強く動い, 極めて単純, 様子は, 機械人間を, 欠点が, 武門の, 殆ど関心を, 気が, 気づかないよう, 気付かれないまま姿, 気負けしまい, 河内和泉の, 波及し, 洞察力の, 淡くわかった, 無事でも, 無言の, 珍重され, 現在の, 理会せられ, 理解される, 生えて, 産まれてから, 田宅を, 男の, 町の, 異なる一路, 異動が, 異存が, 異存は, 異議は, 疑いが, 皆親しまれ, 相当な, 相談しました, 眼を, 着飾らせた, 知らず識ら, 知らせて, 知れて, 知れました, 知れる筈, 知れ渡りその, 禁物見付からぬ, 秀でた性格, 私が, 私を, 秘密くさい, 秘密で, 稽古事や, 突然でした, 竦然と, 第三者として, 結構に, 聞かせたいと, 聞きあわせたが, 聞こえるくらい, 聞こえるはず, 聞こえ書物, 職業に, 自然の, 航海業者にも, 薫は, 見えるわけ, 見せたそう, 見せました, 覚悟が, 親切だ, 解らなかつたから, 解るまい, 言いわけらしく源氏, 言ひ聞かせ, 計らずこれ, 許すこと, 詩的な, 話しかけそして, 話して, 話し妻, 誇って, 認められた, 語って, 警官なみに, 讀んで, 負けないくらい, 責任が, 責任は, 賦課を, 贈物に, 足が, 軽く頭, 近づきが, 近寄ること, 速記なる, 逢い家内, 逢えずかわいい, 逢ったが, 逢って, 逢ひたく, 遜らない第, 適確な, 邦人にも, 酒を, 酒肴が, 釘の, 関係の, 陰惨な, 随分おかしゅう, 随分と, 非常に, 面白いか, 面目ない, 頭構えの, 頼んで, 食わせては, 食物に, 飲ませるから, 飲みませんか, 飽きられ厄介者視, 餅二つを, 香う, 馴染な, 魚腹から, 黙つて

▼ たち二人~ (357, 0.5%)

5 の間 4 のこと, のため, はその, を抱い 3 だけで, の女, の子, の関係

2 [21件] がここ, が新聞, だけになる, にまかせ, のあいだ, のほか, の手, の男, の結婚, の者, の身の上, の頭, は, はあの, はどちら, はもう, は今, は何, は顔, へ命ずる, をのせ

1 [282件] あらためてここ, いや直治, があの, がいく, がいっ, がいっしょ, がその, がそれ, がたえず, がつれ, がはじめて, がもっ, がゆっくり, がアザラシ, がパルヴィン博士, が一先ず, が一番先, が両方, が中, が乗っ, が二人, が今, が伊豆山神社, が兄弟, が光, が友愛結婚, が可哀想, が坐っ, が庭, が廊下, が弁護士, が愛し合っ, が揃い, が時間, が来る, が気絶, が沙漠, が法医学教室, が海, が犯した, が秋山宇一, が競争, が絵本, が胸, が自分, が葉子, が行き会った, が話し, が誘わない, ぐらい奢っ, しかいない, しか知らない, だけか, だけで行っ, だけにはわかっ, だけ身, っ切り, つまりバルナバス, で, でお, でけっこう, でこの, でこれからすぐ, ですから, でそれ, でちゃんと, でつかむ, では, でまた, でみんな, でわたし, で今夜, で住め, で出かけよう, で御座いました, で直ぐ, とくに男の子, とで土手, とは知らなかった, とまだほとんど, ともでは, ともにとって全く, とももう, ともわし, とも利口, とも右平さん, とも欺かれた, とも超自然的, と他, と雛妓, なら出るたんび, にきっと, にこんな, にその, にとって一生, にとって最後の審判, にとって異存, にとつて, にはどんな, にはもと, にはコレラ, には僕, には骨折り, にもっと, にやっ, にキッス, に世嗣, に委し, に宿命, に手つだっ, に更に大いに, に氣, に泊っ, に用, に研究, のうち, のうち誰か, のま, のみょう, の中, の事, の付き合い, の仲, の仲間, の作家, の共通, の前, の力, の友情, の命, の喜ぶ, の外, の姉さん, の子供, の安息日, の帰る, の幻影, の座席, の心, の心中, の心理, の思, の性格, の恋, の恋愛, の歴史, の温かい, の状態, の生命, の生活, の真, の着物, の私事, の窮極, の競争者, の筆跡, の美貌, の肩, の胸, の言葉, の記憶, の話, の責任, の身, の部屋, の都合四人, の間柄, はあんまり, はいっしょ, はいつ, はうつ, はお, はおそるべき, はかよう, はきょう一日, はけふ一日, はこの, はこんな, はさっき, はしばらく, はそっと, はそんなに, はだまっ, はちら, はとうに, はどうしても, はほとんど, はまあ, はまだ, はみょう, はむこう, はよく, はクラム, はグリーン, はツベルクリン, はテニスコート, はピカ一さん, はフカ, はホント, は一足先, は万国堂, は三田通, は九江, は今みたい, は倫敦, は元気, は大急ぎ, は天井, は好いた, は婚約, は嫁い, は安心, は帰途, は投げとばされ, は教会, は日本, は明日, は書斎, は望み, は死ぬ, は毎年感心, は決して, は沖, は海峡, は涙, は火, は炉辺, は熊笹, は父親, は特別, は知りません, は肉体, は腹, は裏, は西村さん, は貫太, は遠い, は雑草, は飛行艇, は黙, へ預け, もさ, も何, も君, も固唾, も実は, よりずっと, よりほか, をおい, をかわいそう, をここ, をどすんと, をみ, をわざわざ, をアルトゥール, を一思い, を代る, を促し, を僕, を前, を取り巻い, を呼び寄せる, を外, を家出, を庭先, を引い, を引き寄せ, を抱, を改めてきょろきょろ, を本当にそのまま, を残し, を泥棒, を私, を襲った, を見守っ, を視た, を迎え入れる, を追い出す, を送り出した, を連れ, を除いた, を離す

▼ たち~ (321, 0.4%)

4 あけて, 親たちやなんか 3 他の, 女中まで

2 [14件] これから生れ, その皇兄, バクチウチの, 出入りの, 友だちの, 多くの, 女の, 子供たちの, 家来たちと, 御両親様, 町の, 若い衆が, 通りがかりの, 隆太郎にも

1 [279件] あらゆる町, あわれ, あ大騒ぎ, あ気, いろいろな, いろんな罪人たち, おかみさんに, おそらくはここ, おつねさん, おびただしい信徒, おまえたちには, お部屋様方, かふら, こ, こういう夜, このおじさん, この家, この広い, この引きあげ, そういう雑誌, その二階, その人たち, その他多くの, その奥さまたち, その子供, その履歴, その結婚, その近所, それから, それと, それを, ただおどかされ, だれに, とにかくかなり, なにがしの, またとない尊い杖, または神学予備校, また例, また養母, まだおいとけない, まだ志, めぐまれない家庭, もっと以前, ものや, わしが, わんの, アヘロオス河の, キリストの, ジョリクール氏に, ファンの, フランスの, ペラゲーヤや, モガたちが, 一時代の, 一緒に, 三名の, 上, 上流の, 上級生の, 不死人, 中には, 中館公一郎の, 乗合馬車の, 人夫の, 仲人は, 伝令係たちの, 伸子の, 何かで, 何かと十五六人, 何かに, 何も, 何を, 修作を, 僧侶や, 兄さんに, 兄さんは, 兄貴の, 先見の, 児童たちが, 公卿たちも, 出張店の, 出来事の, 労働者たちにとっても, 勝手に, 北, 医者たちも, 医者を, 占領軍従業員たちや, 参詣の, 友だちらに, 友ちゃんの, 友人たちと共に, 友人や, 叔母たちが, 叔父たちの, 古藤さんなんぞにも, 名器名幅の, 君たちの, 周囲の, 器物が, 図案家名家の, 在校生の, 坂本の, 士官たちと, 売笑婦たちやは, 大伯母の, 天人や, 太后付きの, 夫が, 夫は, 奉公人どもは, 奉公袋を, 奥さんたちが, 女たちの, 女たちや, 女で, 女子供, 女房たちの, 女房たちは, 奴隷を, 妹さんは, 妻子の, 姉たちの, 姉様たちは, 娘が, 娘たちは, 娘の, 婆やと, 婦人会の, 婦人理学士の, 婿君たちの, 子どもたちの, 子供たちが, 子供たちも, 子供を, 子孫たちの, 学校の, 孫たちが, 孫たちや, 孫の, 學問的教養を, 家来たちは, 富沢先生だ, 寺, 寿江子の, 小言ばかり, 少女たち, 少年探偵団の, 尼さんなども, 山岸の, 工芸学校の, 幼い者たち, 店の, 廻礼に, 弁護士や, 弟と, 弟に, 弟妹たち家庭の, 弟妹と, 弟子たちの, 彼等の, 従兄弟たちや, 従姉妹たちや, 従弟たちも, 御子たちは, 御母堂, 御用火消しなどの, 復員した, 悪い事柄, 戟を, 戦地に, 批評家たちが, 支配人に, 政治家仲間では, 教え子たちの, 教師を, 教授たちや, 教祖と, 数多の, 書類を, 最も博学多才, 月世界に, 朝酒を, 未来の, 杉本健吉氏などと, 杉林の, 村の, 村ソヴェトの, 検察隊長の, 機密文書の, 歌曲の, 此処で, 母は, 気取ってた娘たち, 水兵服で, 汝の, 泊まり客の, 法理諭的な, 泳いで, 流行風邪でない, 海などは, 消防組員までも, 潮除け, 炭焼きや, 無数の, 無智, 無神経な, 率直で, 田楽師等の, 甲賀家の, 男どもが, 男子にも, 町内の, 留守に, 番頭どもを, 登山者の, 百姓が, 皆々様に, 真面目な, 知人たちが, 知己への, 社に対して, 祖母は, 祖父などに, 神さままで, 私どもの, 私は, 科学精神の, 空を, 細君が, 細紐ひとつの, 老人や, 腰元衆や, 色彩が, 若い人たち, 若い助手達, 若い娘たち, 若い恋人たち, 若者たちわたくしは, 蔵前町人の, 蜂谷良作の, 見習たちひどく, 親戚などの, 親戚の, 訪客たちの, 諸貴女, 警官を, 貞節な, 負けいくさの, 貴婦人たちが, 賑やかに, 近所の, 近隣の, 通りすがりの, 遅れて, 遊覧客が, 運動シャツに, 郡長さん始め県の, 部落の, 重なる, 金井と, 銀行の, 附近の, 隣り屋敷, 雉を, 雑用宿を, 雑誌の, 雛妓らの, 青年たちに, 青年会の, 飲食店の, 養母を, 馬は, 馬車ひきや, 馭者たちが, 髪の, 黒いながらも, 黒い壁掛け, 鼠を

▼ たち~ (231, 0.3%)

8 向って 4 声を 2 いった, いって, 何度も, 出す布施, 分けて, 手紙を, 早口に, 註文を, 説明し

1 [201件] あのこと, いいつけると, いい断っ, いう声, いくばくの, いったつもり, うちへ, おみやげ買っ, おろおろ会釈, おろおろ會釋, お手ずから, お気がね, お渡しいたす, お禮, お約束, お詫びの, お骨, かかったので, かかって, かかる事, かつて言葉, かぶりを, くらべて, けいこを, こういっ, こういった, こう告げた, こう披露, この大事, ご紹介, さう云, すぐ訊ねた, すでに天下, そう話しかけ, そっとお, そのこと, その話, その雜誌, つたえる教訓, であった, どれほど恩, なに事かを, むかい直々, むかって, むけ直した, もって, よしなき, よしなに, わからせて, わたさなかった, シツケなどという, スリッパの, ニコと, ニュースを, バラバラと, ヒョイと, 下すった, 下知を, 不意を, 中學校, 云い渡した, 云い遺した, 云った, 人払いを, 今の, 仕えて, 会釈した, 何か, 何ごとも, 何の, 何もかも分け, 何事か, 便りを, 冗談を, 出したり, 出す手紙, 出す法服, 出た弁当, 出て, 出品の, 分け与えたので, 分配される, 助力を, 勧めるよう, 又売り, 取りなして, 口ずから呶, 号令した, 合図を, 向けて, 吠えかけて, 告げて, 呼びかけながら, 呼び立てた, 命じて, 命じると, 命じ出した, 命じ顔, 命令した, 哭き声, 喧嘩を, 喰って, 因果を, 土産に, 土産物を, 報告し, 声高に, 家康は, 尊氏が, 小声で, 師直は, 年始の, 強いられたり, 御教訓, 快活な, 怒声を, 急に, 手を, 抹茶を, 指図した, 挨拶も, 提供され, 教えた, 教えたの, 敢て, 暇を, 最後の, 朗らかに, 柔和な, 槍を, 武士道を, 殿軍の, 水の, 泣きぬれた涙, 注意し, 注意した, 深く結ばれ, 渡された, 渡した, 渡し給え, 渡ろうもの, 火薬の, 火鉢を, 烈しく采配, 熱心に, 牒じ合わし, 特に目, 献金し, 申しけれ, 知らせなければ, 示して, 私たちの, 笑いかけた, 笛の, 笛を, 細工物でも, 終日無料で, 給うたもの, 絵の, 綿絹袈裟衣服などを, 聞こえよが, 肩を, 肩身の, 脅しを, 自分の, 董卓の, 見せびらかすよう, 見参に, 見向きさえ, 言いきかせるよう, 言いましたっけ, 計った企謀, 訊ねた, 訊ねたところ, 詫びるの, 話されよう, 話しかけながら, 話した地元, 話して, 語るわけ, 諮った, 豪語を, 贈る品, 返して, 返すべき広大, 追いすがろうと, 送ること, 送るの, 過敏に, 道化まじり, 達せしところ, 酒を, 長唄を, 陶繪の, 静かに, 面当, 頤を, 頭を, 頼んだ, 駒の, 麦湯でも

▼ たち~ (225, 0.3%)

97 よ, わ 6 から, な 5 ということ 4 こと, と思っ 3 のが, ものです

2 [12件] からであった, からである, からといっ, からね, そうです, つて, という, と云, と云う, と思う, もんだ, ッて

1 [147件] お蘭さん, からあまり, からいま, からおぼえ, からこうして, からすぐ, からそこら, からその, からたくさん, からだろう, からと云う, からどんな, からな, からふつう, からみんな, からめそめそ, からやはり, からよかっ, からムッ, から一二ヵ月何, から人, から刀疵, から喋る, から大丈夫, から天竺渡来, から彼ら, から待っ, から心, から恋, から打ち明ける, から救われる, から文句, から最も, から植木鉢, から決して, から特に, から管理人, から繁, から長居, から間に合わない, が, がいくらか, がおく, がこれ, がさすが, がその, がだ, がどう, が人, が人手, が今日, が佐々木, が共同便所, が女中たち, が寒, が恐ろしく, が竹, が解読, けれどこの, けれどもよく, けれども今年, けれども海, しまた, しよほど, し結局, そうだ, そうでございます, その人, それが, つた, つたといふ, つたのかも, つたので, つたのに, つていふ, つてそんな, つてだれも, つてどう, つてなほした, つてはたから, つてま, つて仕方ない, つて小さい, つて戦さに, つて私が, つて精一ぱいな, つて貧乏人の, つて遠い, つて金あみなんか, つて順吉さんの, つて黙つ, で, というの, という意味, という結果, といっそう, といった, といふ, といわなけれ, とかなお, とだれ, とはいえ, とは私, とひとり歯ぎしり, とも言, とわかった, とわかりました, とわかる, とユウモラス, と兵馬, と婆, と思, と思いこむ, と思った, と思ふ, と思わせられ, と思われやしない, と感じ, と気がつく, と直覚, と私, と考える, と聞い, と見なし, と見分け, と言う, と言える, と訊く, なあ僕, なつかしい草, なといった, なと兵馬, なと内心, ねいま, ね酒, のにまだ, もの契約にの, よ古典派, よ奴等, わい, わと苦笑, わね, 中の, 女の子に, 心当りの, 私は, 絹糸の

▼ たちとは~ (189, 0.2%)

5 ちがって, とりわけて 4 違って 3 反対の

2 [13件] くらべもの, すこぶる異, ちが, どこか, まるでちがった, まるでべつ, まるで違っ, 反対に, 同じ人間, 天地の, 歴史的にも, 異った, 離れて

1 [146件] あまりにも, いうけれども, いうまでも, いえこれ, いとこ同士おく, いひきれないから, おかしいで, おつき合ひ致しかねます, お人柄, お宗旨違い, お知り合い, お逢い, かえって彼, こういう細工, ことに深い, この問題, これは, さつきから, しぜん, すっかりちがっ, すっかり親しく, すべて音信不通に, ちがう, ちがうと, ちがうの, ちっとは, つまり土地, どうしてもうけ取れない, どうもうま, どこかに, どれも, なれて, なれては, なんの, べつな, べつに座敷, ほとんど似, まだ交渉, まったくちがった, まつたく利害, まるで出発点, まるで根元, まるで生れ付き, まるで生れ付きがち, まるで異, まるで考へ, まるで違った諦め, まるで違つた気位, まるで違つて, もっともっと内輪, もとより別居, もとより馴染, わけるよう, ハッキリ違った, 一人ちがっ, 中継係の, 事変り, 云は, 互いに冷たい, 人種が, 何か, 余りにも, 全くちがった, 全くなん, 全く世界, 全く別, 全く異, 全く馴染み, 公用としては, 再び手紙, 列を, 別だつた, 別に, 別にいつ, 別に暮し, 別の, 別ものの, 割合容易, 勿論併せ, 卑劣な, 口を, 同じ国土, 同じ場所, 同日に, 固より, 夜も, 大分後れ, 小さい三つ, 少からず, 少しちがう, 少し別, 少し違った, 席が, 引き裂かれ石牢二箇月半, 彼らの, 後宮に, 従弟同士に, 必然な, 思えません, 思って, 思想の, 手を, 政治的に, 日本の, 東京に, 根底から, 根本的に, 次第に敵味方, 気分が, 決して遊ぶでねえ, 無理矢理に, 無縁である, 生れつきが, 生活が, 生活の, 田村俊子が, 直ちに彼ら, 相談し, 知って, 知らないまでも, 知りあう機会, 知合いでも, 縁の, 群を, 自然別々に, 船に, 親しかった, 観察が, 覺悟がちが, 調和しない, 踊るまいと, 身分が, 違いどの, 違うじゃ, 違うという, 違うのよ, 違うもの, 違つてゐる, 違ふからだ, 遥かに, 関係ない, 険悪な, 離れたくなかったの, 雨の, 音信不通に, 類の

▼ たちばかり~ (164, 0.2%)

15 では 11 である 10 だ, だった 7 であった 5 でも 4 なの 3 です, ですから

2 [12件] だから, だったが, だったので, だと, であったが, であって, であります, でした, でない, でなくこの, でなくその, なので

1 [72件] いること, おいしいお, すんで, そんな賑やか, だからなあ, だからね, だが, だとの, であ, であったと, であつ, でありました, であるから, であるに, であろうか, であろうと, でいま, でこういう, でございました, でしたし, ですよ, でその, でそれ, でそれから, でなか, でなくおお, でなくさあ, でなくすべて, でなくなった, でなくみんな, でなく世の中, でなく中国, でなく今日, でなく印度人, でなく大勢, でなく子供たち, でなく実は, でなく宮中, でなく当人同士, でなく村長以下, でなく総て, でなく自分, でなく親たち, でなく親戚, でなく遠く, でのんき, でみな, でガヤガヤ, で作つて, で唯, で場所, で山の上, で左大臣家, で悪い, で手柄, で日蓮さま, で眉, で私, で若い, で菊太郎, どうしても私, なら又, なんだ, 三人を, 住んで, 出入し, 家庭医という, 御召し, 来ましたけれど, 見て, 顔を, 食べて

▼ たちにとって~ (163, 0.2%)

3 一種の, 非常に 2 大切な

1 [155件] あたりまえな, あたりまえの, あんな記事, あんまり都合, いい暮, いちばん確信の, いちばん自然, いっそういじらしい, うらめしく思われる, おそろしい脅威, おれは, かつては, かるいもの, この二, この報知, この威風, この日, この独学, この芝居, この闘い, これまでの, こわい人, さらに今日感銘, したしいうち, すこぶる有害, すでに小さい, すべては, そういう雑誌, そうした種類, その日, それだけで, それとの, それは, たとえば仏国, たまらぬいい, ために, では, どう感じられるであろう, どんな喜び, なかなか忘れ, なくなって, なじみふかい, なまやさしいもの, はじめての, ひどいこと, ひどく暗示的, まことに耐えがたい, まごうかた, まさに一つ, ましてやシュワルツァー, まじめに, まるでどうでも, まる一年, もう囀る, もっとも警戒, やや意外, わたしが, シリアスな, バターチーズは, 一つの, 一つ残念な, 一方ならない, 一番いい, 一番たのしい, 一番大事な, 不利だ, 不利な, 不利益な, 中国の, 五年生に, 人民階層の, 何かの, 何であらう, 何よりの, 便利だ, 俗悪, 僕が, 全く歴史的, 共通な, 励ましの, 厳粛な, 又と, 大きな楽しみ, 大空の, 女王を, 妙案である, 嬉しくも, 安心と, 実に痛かっ, 尊貴, 彼の, 彼女たちの, 律法では, 従来から, 心よい, 心を, 必要な, 忘れがたい, 快適な, 愛とは, 感銘ふかい, 成果ない, 教員室という, 断食は, 新しい, 新しい職場, 昼間見る, 暦は, 最も大きな, 最も普遍的, 最も残酷, 最も重要, 最も難解, 朝倉先生を, 本当に可哀相, 桎梏と, 森鴎外の, 極めて暗示, 欠かされないもの, 歓迎すべき, 毎年のぞましから, 気の, 江口の, 決して幸福, 決して虚構, 漱石の, 無理も, 特別滑稽な, 珍らしい, 理論と, 生きるか, 生存の, 画時代な, 異国の, 目下の, 私たちが, 絶好の, 肯定され, 自然でなく感じられる, 自然以上の, 興味も, 興味以上の, 芸術としての, 西村の, 見落されては, 見馴れないもの, 親がかりの, 親愛で, 親愛な, 退陣の, 遠足の, 門の, 関心を, 面白い遊び, 須磨子が

▼ たち三人~ (153, 0.2%)

2 だけで, のうち, の兄弟, の少年, の者, は, はその, は手, もその

1 [135件] がこうした, がご, がまとまっ, が互に, が会った, が例, が出かけ, が同時に, が帰っ, が狹, が足場, が附い, が飛行機, して, だけがシワブキ, だけが残った, だけでそれぞれ, だけということ, だけよ, でこれ, で兵太郎君, で空気男, とあたり, と主人, と俊夫君たち, と子供, なんだか互に親し, にあげよう, にお, にこの, にそれぞれ持参, にだけ打ち明け, になる, によく, に相談, のお母さま, のくびもとぶのだよ, のこうした, のこと, のすぐ, のそれぞれ, のだれ, のもの, の事業, の前, の同盟, の地底, の外, の姿, の子供たち, の学生, の幼子, の影, の気持ち, の生み, の神, の素, の親, の身の上, の運命, の頭, の顔, はあいつ, はあさ, はあと, はいっしょ, はいつも, はここ, はこの, はすすり泣き, はそこ, はそのまま, はそれ, はそれぞれ, はどう, はひる, はようやく, はタラップ, は一しょ, は一人, は一人づつ, は一時, は丁度, は今, は仕事場, は何事, は兄弟, は兄弟三人, は出来る, は別, は力, は句, は土用波, は宛名, は小さい, は小田刑事, は庭, は愉快, は所書き, は抜き足さし足, は次々, は歩い, は汽車, は濠洲, は濡れた, は無論, は私, は笑った, は自動車, は襖, は言い合わせた, は警視庁, は車, は隣り, は黙っ, もそこで, も今夜, も別手組, も女中, や小さな, をお, をずっと, をのせ, をやっつける, を呼ん, を押し込む, を捕え, を捕まえ, を生ん, を相手, を自分, を行儀, を見つけ, を連れ, 立ちして

▼ たち~ (136, 0.2%)

21 のだ 17 んです 11 んだ 9 のです 7 のである 5 のよ 4 のか, のかも, のだろう, のであった, のでその 3 のであろう 2 のだった, のであらう, のでございます, んでしょう

1 [35件] そうで, のが, ので, のであり, のでありましょう, のでおかみさん, のでこう, のですぐ, のでそのまま, のでそれ, のでどうしても, のでまして, のでもし, のでコポオ, のでリヴァプール, ので一方, ので中村, ので六人, ので左右, ので強, ので時代, ので朴, ので来ない, ので皆, ので私たち, のにも関, のにわれら, のね誰, のは, の口, はずだった, ほりて, んな, んや, ンだ

▼ たちにとっては~ (135, 0.2%)

4 それは 2 そのよう, どうしてもその, 大切な, 自分の

1 [123件] あなたがたから, いたく贅沢, いっしょに, いつも十分, いわばひどく, おそろしいもの, かなりの, こういった, このごろに, この好餌, しばしばなぐさみ, すでにわたし, そのころ, その両側, その仕返し, その動員, その師, その探険, その歓び, その際, そんなこと, たいした金, たしかにぜいたく, なかなか有り難い, ひどい時代, ほかの, ほんとうに, まことに楽しい, ますます帰途, またとないよい修業, まったく奇妙, むしろカクテル, もちろんの, よい慰安, わたしは, われらの, アジャンターあたりの, ゴングの, 一つの, 一定の, 一層の, 一律に, 不愉快な, 不自然な, 不調和という, 些細な, 伸子の, 何だかあなた, 何も, 何よりの, 作家の, 修道の, 光栄で, 全く天来, 初期の, 十分味って, 厳粛な, 友情という, 各自の, 多少物足りなく, 大いに助かる, 大きすぎる, 大へん, 大問題, 大変な, 好意の, 宇宙爆撃が, 実によい, 実に富士山, 客人でも, 寺院が, 少々手ごわい, 屈強の, 山での, 師についての, 彼らの, 必然の, 忘れられない, 恍惚の, 意外の, 愕きである, 感性的な, 戦争自体が, 新らしい, 春が, 最も厳粛, 松茸を, 歌は, 死刑の, 決しておどろく, 決してぜいたく, 決して不自然, 決して古び, 決して嬉しい, 満州は, 牛乳を, 特に, 疑わしい事, 相当に, 私の, 窮屈でありました, 絶好なる, 纐纈布は, 罷業より, 胸を, 腹を, 自然の, 自由主義諸国なかにも, 薩摩や, 蘭語の, 行く先が, 訴えれば, 誇りある, 身を以て, 身体を, 軽視される, 郵便切手が, 門から, 非常な, 驚異であった, 驚異であり, 驚異である, 骨を

▼ たちとの~ (131, 0.2%)

9 間に 4 関係は 3 間には, 間の 2 あいだに, あいだの, どちらかを, 交渉が, 結合は, 距離は, 間で, 間を, 関聯や, 隔りは

1 [92件] あいだを, お別れ, お話を, かけっこについて, さまざまな, たたかいが, つき合いは, つながりだけ, ひとかたまりが, へだたりが, わかれは, ツリ合い, バランスを, フランス大使や, 争闘は, 交渉は, 交遊の, 交際から, 交際は, 交際も, 交際を, 会見に際して, 係争点に, 優雅な, 六人は, 共同正犯を, 共鳴を, 再会に, 再会の, 出会は, 別れに, 別れを, 協同において, 危険な戯れ, 友愛を, 同室生活を, 同居の, 問題や, 場合より, 境に, 子孫で, 完全な, 定期会見の, 対照的な, 年の, 座談会であった, 往来から, 往来も, 応和にも, 応酬も, 思想が, 恋は, 意見の, 或る, 接触何人かの, 文通に, 方へ, 旋風を, 暮しぶり等は, 最初の, 會話に, 淡い恋愛関係, 生活の, 生活感情との, 用に, 相剋も, 社交的な, 私交演劇や, 粗笨さにたいして, 約束に, 繋りについて, 花やかな, 血肉の, 言分を, 談判で, 談合の, 論爭を, 贈答に, 距離を, 込合う間, 連絡は, 間から, 間が, 間は, 間柄は, 関係が, 関係に, 関係において, 関係を, 附き合, 附合い, 面会は

▼ たち自身~ (120, 0.2%)

3 のこと 2 が何, が自分, と私たち, の今日, の心, の生活, はその, もほとんど

1 [101件] お友だち, がああ, がこの, がこれから, がその, が不満, が他, が値上げ, が否定, が営利的ジャーナリズム, が学生, が平和, が恐ろしい, が感味, が横, が父, が生産, が考え, が観世音菩薩, が軽蔑, こうある, すら心づかず, だってもよ, でないこと, で少し, で研究, で警察事務, となる, とに満ちあふれる, なぜ責任, にしろ, にとってもけげん, にはそん, にぼくたち, にも発現, にわたしたち, に何, に対するよりもいっそう, に投げつける, のあり, のうち, のせい, のなか, の世界, の中, の今, の処世法, の命, の姿, の実際, の工夫力, の幸福, の影, の恋愛, の情感, の感情, の或いは, の手まね身ぶり, の政治, の正しい, の現実, の生きよう, の目的, の眼, の社会的, の社会的生活, の考え方, の血, の表現, の豊富さ, の財産, の身體, の間, の陰鬱, はそれ, はどんな, は台所, ばかりでなく, も, もからだ, もその, もまた, も反抗, も私たち, も被害地, やはりその, よりは驚異, よりももっと, を再認, を恐慌, を悼ん, を救い, を救う, を歎, を民主主義作家, を甘やかし, を発見, を自分たち, を見た, を過り, 信じかねるほど

▼ たちより~ (103, 0.1%)

6 先に 2 ほかに, 一年前に, 少しおくれ, 少し先, 強いもの

1 [87件] あそばして, あっさりし, いくらか, きつと, さきに, ずっと少食, ずっと物知り, ずっと高い, それは, たった一足先, つつましく優美, つらいこと, ともかく職業, なかなかよく話します, なされましたそう, ひとつ年う, ほかには, まえに, もっと白い, もっと貧しい, もっと高潔, もつと, よかった, よくもなけれ, よっぽど世間ずれ, ハイカラな, 一つ年下であった, 一とき早く, 一層確りした, 一年上の, 一日か, 一時代先輩の, 一歩さきに, 一段も, 一足さきに, 一足先に, 三十ヤードくらいの, 上であろう, 上の, 上級者でしか, 下は, 二三町先に, 二週間おくれ, 今の, 以下の, 何倍か, 何町か, 偉いもの, 元気だ, 元気に, 先へ, 先廻りを, 出で, 前に, 劣る掛引, 勝って, 呼びに, 四五歳も, 四十も, 大きい何物, 大きい栄さん, 子供と, 少し出来る, 少し大きく, 少し離れ, 年下の, 弱いと, 弱いの, 強きは, 強くて, 後から, 後れて, 時代のちが, 清いという, 激しきは, 犬の, 生彩が, 留守する, 目がい, 私の, 脆くでき, 踊りが, 遙かに, 遥か後輩の, 醜くも, 陰に, 高い所

▼ たちよりも~ (101, 0.1%)

5 はるかに 2 すぐれて, 丈高く, 先に, 背の

1 [88件] いちだ, いっそうびくり, おまへたち, かえって寿命, がさつで, さきに, しばしば諸君, すぐれただれ, ずっとさき, ずっとまえ, ずっと強く, その姿, その道で, ひじょうによく歩い, まえから, ましであった, まだ一層厳しい, まっさきに船, むしろ学者, むしろ幸福, もっときれい, もっとひかえ, もっともっとにくい, もっと信心, もっと日本, もっと驚いた, もつと, もつともつと不幸, よくは, よく事情, よく知りたがる, よけいに, よその, よっぽど優せ, オレの, ズットすぐれた, 一そう強く, 一層も, 一層哀れ, 一層親しい, 下手な, 下級の, 事情に, 事情を, 今少し, 優秀な, 先を, 先住者が, 出世しなけれ, 却て, 地の, 多くこの, 多くの, 多額である, 大きい動物, 大きい男きょうだい, 大きかつ, 女や, 安斉先生が, 寛大な, 川村さんや, 年上で, 強く残っ, 悪くし, 懐疑が, 或は力, 或は彼, 或は橄欖, 或る, 教育あり, 文学史的活動を, 新しい考, 早くあなた, 更に物凄い, 更に痛切, 更に醜い, 未来にたいしては, 目立って, 粗末な, 繊細に, 若かっただろう, 藤典侍に, 赤ん坊と, 遅く無用, 遥かに, 長くいた, 食物の, 高いところ

▼ たちだって~ (100, 0.1%)

2 そうでしょう, 自分の

1 [96件] ああも, あなたが, あの人, あの人たち, あの廓, あの当時, あの気分, いくらかは, いずれフランス, いつでも, いつまでも, いなかったかも, いるん, うれしかろうに, かなり東北訛り, きっとそう, ここの, このほか, これから結婚, これまで, これよりも, こんな毎日夜業, こんな箱, そのかわり, そんなところ, そんな奴, ただで, ただ踊っ, たまりませんから, どんな事, はたから, ほんとうに, まあよろしくやっ, まさか先生, まさか本当に追放, みんな平, みんな海員だ, もう我慢, やっぱり同じ, やり方は, やろうとさえ, わからねえだろ, わざと, プロレタリアアトだって, モスク, 二十銭と, 人間だって, 何かを, 何も, 佳い先輩, 偶にゃ, 助けて, 助けること, 同じ心持, 夕御飯も, 外人などが, 外出も, 外聞が, 女工さんだって, 宿屋が, 小さい時, 少しぐらいはと, 少しずつ, 己の, 彼等の, 悪い人, 感嘆しない, 旅行者の, 日本人だ, 桜井さんと, 民衆だ, 気を, 甘茶や, 生きて, 男を, 画師の, 皆知っ, 相当の, 知って, 破獄した, 神月の, 私が, 私の, 稀に, 結局は, 自分たちの, 親の, 負けちゃ, 買って, 逃げられないのよ, 遠いところ, 野獣にも, 鉄道長の, 随分だらしない, 飛んだ巻き添え, 駒井の

▼ たちでは~ (100, 0.1%)

14 ない 8 なかった 6 あったが 5 あるが, なくて 3 ないか, ないかと 2 ないから, ないの

1 [52件] あったけれど, あったけれども, あっても, ありましたが, ありますまいか, ありません, ありませんあなた, ありませんから, ありませんでした, あるけれども, あるし, あると, あるまいか, あるまいと, あるよ, あろうけれども, お退屈, きめられないが, ございません, その家, だめだ, どうする, どうにも, どうにもできない, どうにも手, ないけれど, ないけれども, ないだらう, ないだろうか, ないでしょうか, ないので, ないよう, ないわ, ない自分たち, なかったでしょう, なかつたの, なかろう, なかろうか, なくよそ, なく自分たち, 入れさせられないて, 入院費が, 判らない, 少し工合, 手に, 有り得ないであろう, 気質が, 漁船じゃ, 無いよう, 用が, 自分たちを, 託されて

▼ たちでも~ (98, 0.1%)

3 あろうか, 昔の

1 [92件] あったので, あった数十・数百万, ありませんでした, ありドサ貫, あり怠け者, あるのに, いけません, いざと, お袖, かれと, かれには, がけを, こういう移住, こうした蕪村, このほう, これから行っ, これよりは, こんな油断, ささやかな, さすがに, じつは内々不安, そのま, そのよう, それが, どうも感冒, ないので, ないん, なかった, なかなか互, ひとり腹を, ふしぎに, まだまだみんな, まやの, みだりに出入り, やっぱり同じ, やはり仲間, ややその, ガシャガシャ掻き廻せるだろう, スポーツの, 一様に, 中には, 互いに背, 以上の, 僕が, 先師らの, 内蔵助と, 原始ストとも, 同様です, 呼んで, 單なる, 困難な, 夫婦の, 富農撲滅の, 将門よりは, 小兒, 尚且, 当然の, 御同様, 思いつきそう, 思い及ばぬところ, 思って, 思弁では, 文句の, 最う忘れ, 正式の, 氣が, 浮足立って, 済まされず俺, 濟されず, 狩りあつめて, 現代人の, 痛くも, 皆正直すぎる, 相川良之介の, 瞬間ピカッと, 知って, 知らずに, 神隠しという, 等しく武者修業, 等しく武者修行, 結婚後政治的に, 絵の, 自分が, 自動車を, 自身では, 自転車には, 苦しい息, 茶を, 親の, 身だしなみを, 集めて, 顔負けが

▼ たちまで~ (98, 0.1%)

2 交じって, 口を

1 [94件] あきらめきった考え方, あざけり笑ったので, あふれ出, あんな乞食老爺, いったい何, おどろかすの, お優しい, お前さんの, お客さん扱いに, お憎み, お末, お連れ, こういう風, こちらを, こんなに私, しかられたの, しかられるなんて, そない, そのよう, そのスタイル, そのペン, その姿, その間ほのかに, そんなふうに堅気, そんな噂, たちまじって, ついおすん, なめまわしたの, ひき摺られるわけ, ひとしく待ち, みなかえって, みな槍薙刀を, みな総立ちと, みな老, みな退け, みんないま青べか, みんな命が, むやみに, もと来た, チョイチョイ来る, ハッキリと, ユダヤ人に, ワーイお, 一々身もと調べ, 一人の, 一緒に, 今夜の, 今日を, 倒れる始末, 出で, 割り込んだ時, 大はしゃぎだ, 家の, 寒く不自由, 将頼みたい, 尻つ, 居る所, 巻添えに, 市へ, 怪しげな, 怪物を, 招待した, 時々そんな, 気を, 江戸の, 無実の, 留守に, 皆な集った, 皆われおくれじ, 皆寝かさない, 矢たけびのなかに明け暮れの, 私を, 笑って, 縁で, 聞きつたえて, 芸を, 褒めちぎって, 西山の, 見違えて, 角兵衛獅子を, 賑やかに, 起き出そうと, 迎えに, 追い出して, 送って, 遊ぶこと, 選挙熱に, 部下の, 集って, 集まって, 面を, 顔を, 食べますか, 駆って

▼ たちである~ (97, 0.1%)

8 ことを 3 のだ 2 から, がこの, がその, が今, が今度, ことが, ということ, のである, ばかりでなく, 事を

1 [66件] あの人たち, あれから, かのよう, かも知れない, からいまさら, からその, からたいした, からただ, からたとえ, からイエーツ, からキマリ, から一方, から執筆前, から宮, から控室, から案じた, から非常, かをつき止める, がいずれ, がここ, がすぐ, がそれ, がそれら, がなか, がみんな初対面, がりっぱ, が三人連れ, が下流社会, が右, が福島, が私たち, が若者, が近所, が送られた, が金十円, きょうの, けれど決して決してそう, こという, ことに, ことについて, ことは, これを, し僕, そうだ, そんな結果, ために, ということ以上, というの, とか自分, とさえ思います, とも思った, と両家, と主張, と分る, と宮, と感じます, と推定, のです, のね, のを, 上に, 事だけは, 場合私たちの, 小金井喜美子や, 左少将少納言兵衛佐侍従大夫などという, 日本の

▼ たちへの~ (97, 0.1%)

2 つらあて, 土産に, 土産ものを, 手前月々の, 纏頭の, 遠慮で

1 [85件] あなたからの, いやがらせです, おくりもの, おことづけ, おみやげの, おみやげ買っ, お詫びに, お説教, お贈り物, かくされた可能, ごとく主従, しばしばの, せめてもの, それは, つき合いだった, つぶやきかとも, みせしめから, みやげにと, むごさ, よき戒しめ, わが分相応, ヨウカンは, 一層深く, 一片の, 世話の, 五ヵ年計画だった, 仁義の, 僕たちの, 分配高も, 可哀想さは, 哀慕の, 土産の, 対抗意識の, 尋問を, 差入れ家庭の, 布施の, 当てつけ, 得体の, 御あいさつ, 御愛嬌, 復讐の, 心づかいが, 忠義ぶりが, 思いが, 思いやりといった, 悪意を, 情愛の, 意地としても, 愛情であり, 愛情です, 慰労だの, 慰問袋を, 手前あまり, 手前も, 手紙だ, 挨拶も, 教訓という, 教訓として, 教訓の, 本気な, 正しい階級的指導, 気がねの, 深い影響, 激励から, 礼心を, 纏頭は, 罪滅しの, 義理で, 義理も, 自己沒入かぎりも, 見せしめさ, 見せしめも, 訓戒も, 訓話, 評価の, 責任感を, 贈り物である, 贈り物として, 贈り物にも, 贈物との, 遠慮から, 遠慮を, 関心は, 関心を, 隷属や

▼ たち夫婦~ (91, 0.1%)

4 の間 3 のこと 2 のもの, の生活, はそれ

1 [78件] がそういう, が一週間, が何, が何事, が四年, が浮かび出た, が私, でお, でなければ, でカケ, で使っ, で女房, で浪花節, とが二人, とつや子, と上, にこんな, になにか, にはいっそ, にはまたとない, には生涯, に好奇心, に子供, に慊, に武門, に眼, に稼ぎ, のお, のこころもち, のこんど, のこんな, のその頃, の不和, の中, の事, の仲, の内幕, の功, の子, の居所, の性分, の意見, の手, の旅費, の正直, の歴史, の物質的生活, の生した, の生活態度, の生育, の留守, の秘蔵娘, の記録, の身の上, の面, の顔, の願望, はあんた, はいつの間にか, はこの, はこんな, はその, はつい, は別, は寝ころぶ, は感謝, は既に, は日曜, は永井君, は熊, は若, は食べ, も世間, をお, をみた, を信用, を探し, を板ばさみ

▼ たちと共に~ (87, 0.1%)

2 武家の, 確かに, 馬を

1 [81件] あくまで敵, いちど新田屋敷の, うろたえて, お膳, お預けと, きっぱりと, この新しい, とうとう敵, ひとしくこれ, ほんとに私, もう少し進ん, ウィルキー・コリンズ氏の, ゲッセマネの, コノールを, シロオテの, 一室へ, 上内の, 下檢分, 且つ醉, 両手を, 久しぶりで, 佃品川の, 再び立上り, 十里ばかり, 双葉を, 同感されたであろう, 堺の, 大廊下, 天下を, 夫人から, 威儀づくりながら, 実感する, 寝て, 平林初之輔その他が, 彼も, 心から, 心配を, 息を, 悪戯する, 憤然と, 憩うて, 懸命に, 戦の, 戦時らしい, 掖門の, 改めて斬られ, 教諭に従って, 新莚, 時を, 智恩院を, 暮すならば, 横濱の, 水ッ洟を, 泣きおののい, 片手に, 犬山に, 献物の, 現はれる, 生活し, 目下行方不明と, 眠りにつき, 硯友社を, 祖母の, 自分も, 舟を, 苦しみと, 苦しみや, 蘇州黄泗津の, 西南戦争に, 話を, 語り合いたい気持, 逗子の, 道中奉行からの, 邸内へ, 酒宴を, 針を, 鎌倉府内へ, 長い武家, 雑穀や, 電車通の, 馬荷に

▼ たちに対して~ (85, 0.1%)

1 [85件] あんなシウチ, お怒り, お留守, お礼を, かつて葉子, こいつは, こういう時候, この工事中, こんな物, じつに公, すべてを, その夜, であった, できるだけの, です, では, とても気, とやかくの, なおいった, ひじょうに優しい, ひと通りの, わが軍, ケイ女史の, バルナバスに, 一種尊敬の, 一種神秘な, 一般の, 不満に, 両方に, 主婦として, 乱暴に, 他の, 何とも云え, 何の, 僕が, 全然興味, 勝手気ままを, 危害を, 厳粛に, 友だちの, 受け身に, 同情の, 呑気な, 学年始から, 尊敬の, 少しばかり, 尽しきれない遺憾, 平気で, 強い親近感, 強くならざる, 御自分, 御都合, 心置きなく, 必要だ, 怒つて, 怪しからん言種, 怪物は, 想像も, 想像以上の, 或る, 最善と, 期待も, 残酷で, 疑いを, 相当の, 相当以上の, 真の, 確に, 私は, 秘書たちは, 積極的な, 納言の, 素子は, 羨望の, 自ら陣頭に, 自分の, 自然だった, 自覚を, 行なったよう, 被征服者一般, 言ったり, 誠に分り, 諸仏諸, 面会を, 面目が

▼ たちによって~ (82, 0.1%)

1 [82件] あらされては, うずまった, きかれたよう, きれいに, くわだてられたドロボウ戦争, された青鞜社, さんざんに, しばしば使われ, じきに山の手, すっかり踏みあらされ, その動機そのもの, それも, そんなに問題, つよく声明, である, となえられて, どう解かれ, なんの, やきもち, スパイとして, 不完全ながらも, 不当な, 云われて, 人民に, 作られて, 内乱が, 刈りとられた, 初められた, 前から, 半植民地, 可決された, 味わわされねば, 唱えられたが, 城との, 基督教青年会館に, 奥の, 始められねば, 学問的意識にまで, 実現された, 容易に, 富まされ潜勢力, 居留守を, 山から, 弥生狂言の, 後から, 怠業の, 戦争の, 手厚く保護, 握られて, 文学の, 景気づけられ, 染色という, 次から, 残酷に, 海岸の, 満足を, 源氏節なる, 無事に, 煩悩を, 生まれて, 生れた, 発刊された, 発見された, 知れるところ, 私は, 筆録せられた, 結構まかなわれた, 置かれた綸, 聴かれること, 育てられて, 船室へ, 薔薇, 蘆手の, 製造された, 諸君に, 通例持ち出される, 進められて, 違うの, 関東婦人同盟が, 隠され保護, 集積された, 館の

▼ たちみんな~ (81, 0.1%)

2 が知っ, はもう

1 [77件] あたくし, いい感じ, うれしさうな風, お寿女さん, から私, が, がこの, がみんな畳, がれい子, が以前, が口々, が嫉妬, が民主的, が生れ, が目, が見てる, ずいぶんおなか, ずいぶん世話, そう, そのとおり, たべて, だ, で助け, で悪い, で食べた, で食べました, と仲, どうなるだろう, にわかっ, に乗り移る, に同じ, に好かれ, に憐みの心, に片身分け, に生涯, に軽く, のこと, のため, のところ, のな, のもの, のよう, の中, の天使, の小さい, の心, の悩み, の慰め役, の日常, の気持, の程度, の笑い声, の耳, の苦しみ, の顏, はどんな, は何と, は気, は洞穴, は疲れ, やさしいの, よ, をここ, をこんな, をねらっ, をのせた, を怖がらせ, を拾い集め, を救う, を滅ぼす, を無事, を笑わせた, 帰りますから, 楽しくて, 温ッ, 罰しなければ, 連れ合うて

▼ たちだけ~ (79, 0.1%)

16 では 3 だ, である 2 だった, でできるだけ, で町

1 [51件] あって, おくらしたの, だったの, だつた, だと, だという, だよ, ぢや, であった, であったから, であったと, でいい, でいずれ, でうまく, でこの, でしばらく, でしょう, でのんびり, でやって, で一般人民, で前, で大人たち, で失望, で都じゅう, なの, やよって, ゆきわたらないはず, 一足さきに, 二人連れ, 休んでの, 先に, 六人で, 出来ないという, 列を, 別な, 別になれる, 卓上電話を, 四五人集っ, 大いそぎ, 女の子も, 寄って, 帰りましょう, 最初の, 残って, 特権を, 生きそして, 田舎へ, 詩興画趣に, 逃げおくれた, 逃げ出さずに, 食事に

▼ たちとも~ (74, 0.1%)

3 一緒に 2 相談し, 親しくし, 顔を

1 [65件] いつのまにか遊ぶ, お紹介わせ, ここで, すぐに, だんだん懇意, ときどき逢っ, なかなか逢えない, に老い, また一生, まるでちがった, もう顔, よくその, よく協力, わけなく仲直り出來, 一つは, 二三知り合いに, 交際を, 仲が, 仲の, 仲よくし, 仲よしだ, 会えるの, 会見した, 侍者とも, 別れて, 別れねば, 別れ文藝救國, 友だちが, 双方の, 反省し, 口を, 君の, 呼ばれて, 寝るという, 将軍は, 心安くなった, 心安そう, 懇意に, 戯れて, 折合いの, 東西相呼応し, 水魚の, 決してつきあおう, 滅多に, 滞京中懇意に, 申し合わせて, 知り合いに, 知り合いましたが, 知合らし, 知合らしかった, 社交が, 種々相談し, 紹由とも, 縁が, 膝くみで, 血縁つづきだし, 親しく口を, 親しみ合って, 言えるん, 言葉を, 評議を, 連絡を, 違い彼, 間もなく一, 面白可笑しく

▼ たちです~ (73, 0.1%)

1076 から 32 か, の, もの

1 [41件] かかいくれ, かこの, からお, からさがす, からそれ, からたべる, からどうも, からなに, からぼく, からやむなく, から今, から厭, から多分, から御, から推察, から村, から毎晩, から結局, から薩摩藩, がいや, がね, がアンネット, が両, が中でも, が後押し, が本日, が渡し, が野呂, けれどこれ, けれども別に, さあ, しそれ, し熊谷, たった一人, と答えた, ね明治時代, ね麓, のでちょっと, のよあの, もの敏行さんも, よ江戸

▼ たちふたり~ (72, 0.1%)

2

1 [70件] か, があなた, がここ, がこの, がこんなに, がそば, が空手, が立っ, が絞め殺した, だけがのこった, だけじゃない, ですがね, でのうのう, でよく, で一, で始末, で居る, とたたかわなけれ, ともこの, ともそこ, とも申し合わせた, とも親, にそ, にゃちょうどがら相当, のあと, のうち, のくう, のこと, のずるい, の分, の嘴, の背, の責任, の身の上, の馬, はあと, はあの, はおびえつづけ, はおろおろ, はじりじり, はその, はたき火, はたくさん, はカナレイオ河岸, は一層, は中, は乗れない, は乘, は仲よし, は同時に, は意地, は泥棒, は浜辺, は若君, は障礙, への同情, へ呼びかけ, もせき立てた, をこれから, をつれ, をなわ, をパクッ, を深く, を炬燵, を片づけ, を発見, を裏口, を見比べ, を逃がさなく, を駆っ

▼ たち~ (71, 0.1%)

2 こまかに, はらはらと, 望む, 芒と, 菊は, 見送る, 青葉が, 音亨りけり

1 [55件] あけし障子, こなたへ, しぶきに, しろき午過ぎ, ひとたびここ, また君, まだ三日月, めづらし, やがては, よくさしづ, わが身を, ペーレーデース・アキリュウス, 事を, 人々は, 人の, 任に, 侍りしぞ, 供へ, 元戎, 匂ふ, 叫喚く, 奮然とアカマ, 威力の, 実の, 家居も, 寅の, 實の, 小夜更け, 山木は, 布子の, 希望と, 幾日も, 庫裡の, 快走すべし, 戰場横切り, 把にも, 振ま, 敵人の, 明治四十一年の, 桐の, 椅子を, 浮世を, 涼しく皺む池, 淀みなく, 演説し, 白珠の, 的に, 禍難を, 美わ, 見おろし忽, 見れば, 迎へながら, 鎌倉なぞへ, 長吉と, 黄なる

▼ たち日本~ (69, 0.1%)

14 の婦人 10 の人民, の女性 6 の女 4 の作家 2 のもの, の人々, の男女, の知識階級

1 [17件] ならば, のすべて, のどこ, の七千万男女人民, の人間, の働く, の全, の八千五百万, の国民, の婦人作家, の実直, の文化, の文学, の明日, の民主的作家, の社会, の足どり

▼ たちまでが~ (65, 0.1%)

1 [65件] あだには, いっしょに, いまだに米友, かんしん, こえを, この土地, この白痴, この話, この部屋, この鳥, その気, その驥尾, それらの, そんな私たち, たいくつ, ただ不思議そう, だんだんにそっち, とにかく婦人, ぼくの, みな客にたいして, やはりダイヤモンド, わしを, ゾッとして, ホロリこの, 一緒に, 不意の, 世界に対する, 代る代るのぞき, 何の, 僕たちあたしたちも, 参加申込みを, 同時にばか, 夜会という, 好い気, 学校の, 小森の, 屋根の, 帝を, 常識を, 年寄の, 惡口を, 所領栄典を, 押しよせて, 昂奮し, 是を, 本物の, 校長と, 樂燒屋から, 殺戮の, 気に, 目頭を, 相次いで, 立ち止まって, 笠の, 細君同伴で, 縁が, 能登守の, 自分たちも, 舌を, 血の, 追求され, 陳列された, 集まって, 面白がっ, 飛んで

▼ たちだけの~ (64, 0.1%)

2 ことだ, もので, 力で, 尊い所有物

1 [56件] お仕えし, こと, ことだろう, ことで, ことであっ, ぜいたくが, その領分, ために, ための, ものに, もの家庭の, アパートに, グループを, 世の中でしょう, 中心勢力で, 乗ったの, 事を, 今でも, 何囘かの, 儲仕事に, 反抗を, 問題に, 夜食の, 大っぴらな, 天地では, 室が, 室だ, 小ささ, 年越を, 幸福なんて, 必要が, 思いでは, 手で, 故郷を, 決定に, 生活の, 生活を, 生活設計と, 目で, 秘密, 結婚に, 統一公判が, 美しい世界, 職業の, 見物で, 話である, 話題で, 語ろうと, 質の, 車の, 道具な, 間で, 陳情に, 集まりな, 集りや, 館を

▼ たちという~ (63, 0.1%)

16 のは 10 ものは 2 ことは, のが, ものを

1 [31件] うちにも, こと, ことである, ことに, その場, ひっくるめての, もとを, ものが, ものしか, ものです, ものと, ものの, ものも, ような, ベネディクト修道女らの, 一般性の, 二人の, 人間も, 区別の, 名詞で, 堪えがたい犠牲者, 妖魔の, 形で, 心持も, 拵え, 種類の, 薄暗がりの, 複数の, 証人が, 賑やかな, 逆説も

▼ たちだけが~ (58, 0.1%)

2 ほんとうの, まるは, 享受し得る, 命を

1 [50件] いわゆる仕事, おきて, おだいば, この塀, こッち, しらないふしぎ, そこここの, そこには, その危さ, ちょっと眼, なぜか, はいったまま, ばんを, もって, やるよう, 不自由する, 人類じゃ, 住んで, 出かけたらさっそく, 夫人に, 密貿易や, 幸福に, 徳川の, 忠義面を, 思い当たって, 悲運な, 撰集の, 数人は, 昨日の, 昼食の, 暢気に, 東へ, 校長の, 棺に, 残されて, 残った, 残って, 残っても, 泊って, 漂泊の, 無事ソクサイで, 現代で, 真理探究の, 眼を, 精勤と, 血判を, 西洋の, 選り整えられたの, 集まると, 騒がれたわけ

▼ たちをも~ (53, 0.1%)

2 たいして好い

1 [51件] あなたと, おおきになっ, おびやかすばかり, お気の毒, くひころし, さしおいて, そう眼中, そこに, その中, ちゃんとした, またひそか, 一列の, 一様に, 以前と, 侍らせなかった, 価値なき, 公平な, 加えた一種, 励まして, 励ましながら, 動かさないわけ, 各自の, 含める様, 呼んだらとの, 地主様として, 埋め殺す事, 夜, 座に, 彼らの, 愕か, 憎いほど, 招かれました, 捕えなかったの, 救われたの, 東京に, 生かせて, 監視し, 眺めた, 瞠若たらしめる, 簡単な, 自身で, 至極簡単, 見まいと, 見まわしながら, 誘い合わせ峠, 誘って, 車から, 軽蔑し, 邸内の, 駆りあつめて, 驚嘆させず

▼ たち~ (52, 0.1%)

4 の心 2 というもの, のこと, の生活

1 [42件] が全幅, が実に, が或, が日本, が目前, が見, が読め, だけ残される, ですけど, などが発言, にとってはなおさら, にとっても住み, にはいろいろ, には溜飮, には駄目, のその, の人, の仲間, の情愛, の戸主, の正直, の為, の眼, の胸, の読者, の過去, の関心, の領分, はいう, はそこ, はただ, はなに, は一年間, は女, は弱い, は思わず, は男, や子供, や男, をしみじみ, をも激しく, を愚劣

▼ たちだけで~ (51, 0.1%)

2 話を

1 [49件] あげて, おやりなっ, お参りを, お客に, お預かりし, かたまろうと, かもしだして, ぐんぐん先, この子, この道, さっさと死ね, その重み, ちゃんときめ, なにか, やって, やるん, シベリア経由で, フランシーヌを, 仇討の, 作り出すこと, 催された, 先き, 全民衆, 勝手に, 咲かせましょうよ, 坂本畑渡辺宮本らを, 坐ろうと, 大事を, 安心し, 思い通りに, 承知し, 新劇も, 月を, 校友会に, 歩いて, 死ねば, 独占し, 独得に, 相談しあっ, 県庁に, 秘密を, 自由に, 血みどろだ, 行かれるよ, 行って, 防げねえこと, 食べられるもん, 食堂の, 高笑ひ

▼ たち~ (50, 0.1%)

2 わたしの

1 [48件] あんたがたは, いま日本は, うく知っ, うどんも, お前達の, お高くとまっ, けれどもこれ, この好々爺, さようなら, さらば, すなわちほんとう, そのわな, そんなに緊張, たがいに, つた, つとの, どこに, なんの, はるかな, ゆめゆめ褌, よし大人たち, 一時私に, 一身を, 三つの, 些かにても, 僕は, 十分水で, 友人たちよ, 夕暮迫る, 容貌には, 小鳥を, 愛らしい人間, 憐憫の, 機械の, 死者や, 決してその, 淋しむなかれ, 淋しむ勿, 無益の, 父母よ, 私たちは, 私の, 私は, 詩人どもを, 警戒した, 重ねたる, 饑饉年が, 鶯の

▼ たちからは~ (49, 0.1%)

3 なれて

1 [46件] あまりよく思われ, いろいろに, お前が, さう, それぞれの, なぐさめられいたわられわずか, ひどく押し, ほとんど父親, まだそんな, みさ子さんと, むしろ女嫌い, エジプトに, ルンペンとして, 事が, 仲間外れな, 何かに, 侮辱的な憐れみ, 信頼の, 全然理解, 内地の, 到底学ぶ, 嘆美の, 大いにしかられる, 大受け, 失敬な, 姉さんと, 忘られ, 想像だにも, 愛敬され, 旅役者の, 此は, 母よりも, 牢名主として, 異った, 疎んぜられる傾向, 私たちの, 笑われるぜ, 羨望の, 衣類を, 見られること, 謝罪文と, 距てを, 軽蔑される, 除外された, 陰険な, 鬼課長として

▼ たちに対する~ (49, 0.1%)

3 一種の 2 ように

1 [44件] あなたも, この告発, その厄介, にがさ, のとは, ふかい愛情, 不平と, 個人的関係という, 処分などは, 同情などは, 大人の, 心持は, 怒りという, 悲愍の, 感謝を, 憎悪とともに, 憎悪を, 手段は, 批判が, 授産事業として, 教師の, 敵意から, 根強い執着, 気持も, 父の, 生徒間の, 画家の, 直接の, 礼儀と, 礼儀の, 私の, 第一, 茶屋の, 誘惑を, 軽い羨望嫉妬, 軽侮と, 逆襲の, 選択が, 遺族や, 邪推が, 関係は, 関心は, 非難の, 魅力を

▼ たちこそ~ (44, 0.1%)

2 人の

1 [42件] あなたの, いたましい, うらみが, かたつむりなんかより, この少年, こんなとこ, こんなところ, しきりに善, その責任, それが, どうしよう, ほんとうに, よくない, モスク, 世の, 全くいい, 判検事が, 却って本当に酔っ, 古代の, 城の, 大まごつきだ, 大循環, 実に徳川, 平和の, 引っ込んでて, 役所の, 待ち遠い, 日本の, 本当の, 案外演技, 死ねば, 民族を, 気の毒だ, 済まないの, 災難である, 狂言を, 真剣に, 私たちの, 解放された, 言語道断だ, 逃げろ, 間違って

▼ たち人間~ (44, 0.1%)

2 というもの, の心

1 [40件] から見れ, がこの世, がさほど, がギリシア, が無い, が理性, が男, が自然, でも昏倒, といふもの, としての意識, にかかる, にとっていつ, には元来, には悲観, には訴え, に人間, に共通, のあゆみゆく, のあらゆる, のはかな, の中, の人形, の先祖, の内面的発展, の子供, の感情, の生, の目, の科学知識, の自然, はひねくれた, は木, は火星, は煙草, は畜生以下, は皆一日, は知らず知らず落ちこみ, も雀みたい, をどう

▼ たち四人~ (44, 0.1%)

2 のほか

1 [42件] がそんな, がね, がポリニャーク, が五, が先鋒, が勲章, が四人, しっかり盗人根性, だけでなく, で何, で明智, とひる, に, に馬, の一組, の兄妹, の命, の子ども, の寝室, の少年, の未来, の者, の胸, はその, はそれぞれ, はばらばら, は一つ, は九時過ぎ, は人通り, は初めて, は力, は土蔵, は少年, は少年探偵団, は楽しい, は浪, は牛, は破産, は腰, は麹町, も一足, も門前

▼ たちからも~ (41, 0.1%)

2 嫌われて

1 [39件] いささか従来, いちばん身分の, いろいろな, かかる幸福, かけ離れて, かなり信頼, きき陰ながら, さかんに, しょっちゅう伺っ, せっせと注進, そんなに有難がられない, たれて, ひいさま, また兄さんたち, 一せいに, 仇討は, 仲間の, 伺うこと, 助力は, 勧められて, 反感を, 同じよう, 姉君として, 學ぶところ, 安易に, 忌まるるの, 怪しいこと, 恩人と, 拝まれても, 故障が, 敬われ三浦須美吉, 敬遠され, 普通の, 腕の, 蔑まれて, 見捨てられるだけ, 詩和歌俳句の, 頼もしい親柱, 頼んで

▼ たちであった~ (41, 0.1%)

4 のだ 3 から 2

1 [32件] かそれ, から今, から兵, から同じ, から喪, から女, から女房たち, から母方, から痛切, から皆, から道, から隠居所, がその, がそれ, がもう, が亥, が兵庫, が政子, が曽田屋, が狂暴, が詰っ, ことである, という, とみえ, と目すべき, には相違, のであります, のである, のでお, のでした, ので娘たち, 事を

▼ たちその~ (39, 0.0%)

2 中には

1 [37件] あでやかな, うしろには, うちに, おめん, ことが, たるの, ときは, ひとに, ほかが, ほかにも, ほかの, ほか親しかっ, 二人ある, 人たちにとっては, 会社を, 分家その, 各, 姉ちゃんに, 娘たちの, 子たちは, 官能は, 家族を, 小竹の, 尾も, 昔は, 暇と, 火ネズミに, 父その, 物が, 白衣の, 腰に, 花の, 親たちは, 親多勢玄蕃松王, 足さきの, 身内の, 頃は

▼ たちについて~ (36, 0.0%)

2 廻って

1 [34件] あれこれと, お嬢さんたちも, こい, こまかくよみくらべ, それ以上に, とびだして, なんにも, ひそひそと, まったくまちがった, もう何, やさしく常に, 一々筆, 一括し, 何かを, 何くれと, 何も, 來た, 商品学的見地から, 少々述べなけれ, 悪意という, 抱いた大きな, 書いて, 来た学生たち, 来るん, 歩いて, 物わかりよく, 私の, 私は, 葉子の, 言った, 語り映画, 警戒せよ, 足を, 述べて

▼ たちにと~ (36, 0.0%)

25 つては 3 つても 1 つて, つて一つの, つて一種の, つて人氣の, つて地獄である, つて由々しい, 思って, 言って

▼ たちさえ~ (35, 0.0%)

4 すれば

1 [31件] あった, ありました, ありましたわ, あるもの, いつのまにかその, うらやましがらせた, おあり, ここを, この人, しっかりし, それ以上の, ただ糊口, よければ, 何処にか, 余さず将来, 少くない, 尻込みし, 廊下まで, 当然泊る, 御参詣, 意地悪に, 杖で, 気に, 浮び上がり躊躇, 眩ゆい, 端近く出, 腹の, 言葉に, 設けた今, 音楽の, 魔物の

▼ たちだった~ (35, 0.0%)

3 のである 2 からです, が, のだ, のです

1 [24件] かのよう, かも知れぬ, からだ, からである, からふみとどまった, がそれら, がパリ, が妙, ことは, せいで, ただその, ね, のが, のだろう, のでお座なり, のですぐ, のですべて, のでまさか, ので名残り, ので大抵, ので無事, のね, ものだ, 頃の

▼ たち一家~ (35, 0.0%)

4 のもの 2 の者

1 [29件] がもう, が世話, が全部堀田原, が戦災, が汗水, が行く, が餓え死, ことにベス, で, と二階, にそれ, に急, のため, のみなごろ, の問題, の恩人, の状態, の菩提寺, の身の上, の面し, はこの, は思わぬ, は没落, は町, は羽後山村, をどんな, をまもっ, を支え, 揃って

▼ たち婦人~ (34, 0.0%)

1 [34件] が, がはっきり, が心から, と直接, にあっ, にとって初めて, にとって又, にとって可笑しく, にとって婦人, にもその, に奨励, のあつい, のこころ, のすべて, のため, の存在, の家事, の希望, の幸福, の政治的権利, の生活, の立場, の胸, の自由, の風采, はいまさら, はまた, は今更, は唯, は悪, は憲法, は現, は生きる, も知る

▼ たち~ (33, 0.0%)

2 へり, へり色

1 [29件] あるいは別, あれなむ, さもなければ電話交換手, そういう青年たち, その区別, それとも腹, どんな料理経歴, へりて, へりふた, へり君, へり夏來, へり汝等, へり見る世, へり鳴け秋, へる, へること, へる底, へれ夏波, 何かの, 何かを, 何んか, 商店で, 大工か, 或は農村, 漁村で, 知らないが, 知らぬが, 遊女の, 遠方から

▼ たち~ (31, 0.0%)

3 傍の 2 友達に

1 [26件] きまりの, ぬし達, はします所番等の, ふたりと, もほてり, 二人は, 互ひ, 国に, 幾人も, 弟子に, 弟子は, 弟子も, 弟子を, 得意の, 接待の, 楽器を, 父さまにまで, 父様に, 稽古人は, 経を, 許の, 貞さんといふ, 身の上を, 近づきに, 邪魔してるらしい, 願ひ

▼ たちとしては~ (31, 0.0%)

2 それを, 随分思い切った

1 [27件] おかみさんを通して, このままパリ, この最少抵抗線, せっかくの, そんなこと, どなたにも, どんな仕事, エスパーニャまで, 一応もっとも, 仕事が, 何とかまだやっ, 何も, 四部だけの, 地球の, 大金な, 差当, 月末には, 本当に珍しい, 武器や, 水上さんから, 甘んじて, 知れないまでも, 私たちが, 自分たちに, 自然である, 誰に, 頭山翁の

▼ たちにまで~ (30, 0.0%)

2 いちいち叮嚀

1 [28件] いじめられて, いまも, うつって, こんどの, それが, つたへる, どのくらい, よく知られ, 世の, 何くれと, 分けられるとは, 勧告される, 及ぼして, 及んだ, 嘆きを, 実におびただしく, 彼等自身の, 御しんもつ, 波動し, 現われて, 等しく驚異, 肘鉄砲を, 與へる, 西洋風の, 輕蔑の, 迎え入れられ先代菖助, 連帯の, 馴染み彼

▼ たちへも~ (30, 0.0%)

1 [30件] いちいち一顧, いった, この方針, ずいぶん御, それぞれ恩賞の, それとなく諒解, どんなに大きな, また花, わざと聞える, 一族の, 下された, 便りを, 同情を, 吐かずに, 庫中の, 悪びれない, 憚りが, 手紙を, 断言し, 気がねが, 洋行の, 申しわけが, 相談しなけれ, 精勤を, 聞かすよう, 若い血, 配分せられた, 金を, 順々に, 魔の

▼ たちみたい~ (30, 0.0%)

3 なの

1 [27件] なばか, なもの, な人間, な変, な女, な心持, な日蔭者, な種類, な風来坊, におしゃれ, にお金, にさらっ, にただ, にたのしい, にどっち, にメチエ, に人まかせ, に台所, に困つ, に家, に感じ, に殆ど, に腹いっぱい, に裸, に道, に銅脈, のもの

▼ たちすべて~ (29, 0.0%)

2 のもの

1 [27件] お蓮さま一派, がかしこ, がただ, が感じ, が無, にとってどういう, にとってまったく, にとって心から, にとって新しい, に事実, に今宵, に喜び, に自分, に苛烈, のけぞらんばかりに, の人民, の人間, の女性, の家庭婦人, の生活人, の異分子的存在, の社会生活, の顔, は何らかの, をあわれみたまえ, を絶望, 落ちつかず安から

▼ たちとして~ (29, 0.0%)

1 [29件] あたしには, いったいこの, こちらに, その火皿, どんな風, やはり愉快, ようございました, バージニア, 一生に, 亡くなつた母親, 今何ひとつ語る, 伸子に, 何か, 何と, 出されて, 利用する, 問題に, 平野氏は, 彼らは, 思い描かせる, 性が, 概念的な, 理解を, 真剣に, 結婚し, 自主的な, 自分の, 行った先, 辞退したく思う

▼ たちとともに~ (29, 0.0%)

1 [29件] この問題, この鍾乳洞, しばらく黙祷, それは, ぞろぞろと, パルチザン部隊を, フランスへ, 一どに, 上京し, 列を, 博士邸の, 又八も, 噴泉の, 土足で, 宵に, 小さなテーブル, 広はんに, 戦争責任者である, 故郷を, 案内される, 棲みました, 汽車で, 油断なく, 焚火の, 苦しみの, 行って, 逃げて, 都を, 飲み明かされた

▼ たち一人一人~ (29, 0.0%)

2 が自分, のうち, の胸

1 [23件] が, がそれ, がどんな, がみな, が個人, が社会, が闘っ, に現実, に責任, のなか, の地位, の市民的抵抗, の常識, の心, の欲求, の生命, の生活, の社会的自由, の経歴, の置かれ, の顔つき, をやがて, を相手

▼ たちでさえ~ (28, 0.0%)

1 [28件] いやな, この惨事, すこぶる陽気, そういう困難, その整頓, それを, そんな入り口, とどめがたい, どういうふう, どれほどあなた, ほれぼれする, まさか社長, もっと険しい, よく知っ, 事借金に関する, 助かる程度, 四人も, 多くは, 少し興奮, 彼の, 心の, 恋愛の, 捨てられるの, 生きんが, 自発的に, 見なれて, 音を, 顔を

▼ たちにとっても~ (27, 0.0%)

1 [27件] あの人, いやな, おくりもの, こうした摩擦, そうである, その方, その結婚, それは, だいじなお母さま, まさに興味深い, まる一日, やがてよき, やっぱり女, 一つの, 初めての, 判明しなかった, 大いに大切, 大事だ, 好意的で, 客として, 小さすぎる, 幼い時分, 明日という, 最も楽しい, 模範的な, 疑問が, 過度労働の

▼ たちとが~ (26, 0.0%)

1 [26件] ある日外から, こうして同じ, たのしく安全, ともに働く, なれ親しんだ港, ボールを, 一列に, 一緒に, 互いに相手, 人魚だけの, 作曲上ベートーヴェンの, 利害を, 包みの, 協力し, 帰って, 手を, 押し合, 時々会つて話, 漸く陳列, 相向き, 結合すべし, 自分たちの, 見物人です, 証人です, 豊かな, 鍵なりに

▼ たち一同~ (26, 0.0%)

1 [26件] からのお願い, が揃っ, が斗丈庵, で袋叩き, で飛田, とともにその, とともに同郷, との仲, と共にあらん, には周知, に哀願, に思わず, の恐怖, の感涙, の私情, は, はこの, はベン, は生れ, へむかっ, をあらゆる, をかわるがわる, を失笑, を川向う, を見渡し, を連れ

▼ たち兄弟~ (25, 0.0%)

1 [25件] が初陣, と同じ, にも血, に僅か, のこうした, のなか, のなに, の中, の兵, の手, の誰, はそう, はそれほど, はそろっ, はどちら, はひしひし, はやはり, は元来, は孔明, は年, は本国, は脇, も元, も手伝い, を生んだ

▼ たちなら~ (24, 0.0%)

2 ば叱られない, まあ何とか言つて

1 [20件] おれは, お皿, きっと何, こうする, こっちへ, それが, とにかくいい, ばざっくばらん, ば自分たち, ひとの, もっともっとかかります, ゲリラでも, 一升さげ, 三階まで, 何と, 侘びしくても本を, 土蜘蛛の, 最初から, 朝の, 蜂一匹だって

▼ たち人民~ (23, 0.0%)

1 [23件] がすべて, がふむ, が人民, としての自信, にいる, に仲間われ, に向っ, のひろく強く, の判断, の口, の希望, の心, の文学, の生活, の男女, の眼, の神経, の譲歩, は人民生活, は歩き終せる, は自ら, は自分たち, は見抜く

▼ たち全部~ (23, 0.0%)

2 からとりまかれ

1 [21件] から離れ, がいつ, がそろっ, が元気, が証言, でも夕飯, といっしょ, と若い, に関するきわめて, のうち, のだいたい, の力, の意見, の生活, の調子, の退避, よくもまあそんな, を支え, を綽名, を芝居小屋, を裏切っ

▼ たち日本人~ (23, 0.0%)

1 [23件] がすべて, が教えこまれ, が知っ, にただちに, にとって一つ, にはこういう, に不平, の一人一人, の文化, の文学, の生活, はあの小さな, はいわゆる, はことごとく, は世界, は人民, は大事, は心, は救われねえ, ほど他, も伝統的, を惹きつける, 殊に男

▼ たち親子~ (23, 0.0%)

3 のもの

1 [20件] が神さま, が落ち, だけで食う, と女中さん, と雀, に彼, のため, の一心, の不自由, の事, の姿, の暮らし, はぐる, はその, は倉田, は多年, は立派, は美しい, も願, を毒殺

▼ たちこの~ (22, 0.0%)

1 [22件] いずれもの, ところ四カ年にわたって, ままでは, まんまで, 三つの, 不思議を, 二三日なにも, 土を, 奇術の, 宮を, 宿の, 小さい仕事部屋, 屋根裏に, 最上等の, 欠点を, 正月を, 熊の, 男を, 禰衡だけは, 精緻な, 近くな, 頃また

▼ たちだけは~ (22, 0.0%)

2 無骨者らしい

1 [20件] いくらか, それでとにかく, どうしてもいう, ベートーヴェンの, 一人も, 不快がっ, 乳母に, 二人さ, 二八二回, 二軒分の, 何も, 出入口に, 別として, 助けたいもの, 懸命で, 故人の, 様々の, 現にもうそれ, 羽織袴で, 遠方へ

▼ たちとを~ (22, 0.0%)

3 ごらんなさい 2 見て

1 [17件] ながめて, のこし故国, よく知つて, 僕の, 入れた, 分けて, 労わりながら, 半々に, 困窮の, 変えて, 描いたの, 比べお, 睨んで, 等分に, 見つめて, 見に, 見較べた

▼ たち子供~ (22, 0.0%)

1 [22件] が可愛, が可愛く, が赤ん坊, ぐらいの高, さえ五, だけでやる, だけはかわいがっ, でつく, と遊んでる, にとってもう, に最大公式, のため, の生活, の間, はいい, はむろん, はもう, は一列, は何, は田圃, は面白, らしい英雄心理

▼ たちじゃ~ (21, 0.0%)

3 ない 2 ありませんか, ないか, ないのよ, ないよ 1 ありません, ありませんからね, お歯, ちょっとわからない, とても太刀打ち, ないさ, ないね, ないん, なもう少し, 危なかろう

▼ たちに対しては~ (21, 0.0%)

1 [21件] うらないや, さすがに, さすがの, すまないこと, だれも, なさけない自分自身, なんといっ, ひどく高慢, もっと別, やさしく慈愛, 仕事の, 以前より, 実に厳格, 彼らは, 怖ろ, 正しく公平, 物の数でない, 特に厳か, 独居を, 自分の, 親切に

▼ たちほど~ (21, 0.0%)

1 [21件] いわば自分, かわいそうな, ぜいたくな, では, やりば, りっぱな, われわれ芸術家が, フランス語が, 他国の, 変な, 子供の, 学校で, 幸福な, 忘れ物を, 涙ぐましいくらい, 激しく大きく変化, 熱中を, 熱烈で, 頑固だった, 頼りに, 驚きと

▼ たちよりは~ (21, 0.0%)

2 遥かに

1 [19件] いささかその, ずっと強い, へただ, もとより一般人, やや年長, よりましで, 一段と高い, 充実し, 囚れぬ, 多くの, 孫の, 幸福だろう, 幾倍も, 百層倍も, 確かに, 立ち入った交際, 胆が, 落ちついて, 西鶴を

▼ たち若い~ (21, 0.0%)

2 ものの, ものは

1 [17件] うちに, ものに, ものには, ものばかりの, もんが, 仲間が, 働いて, 女性の, 女房たちが, 学徒が, 教師は, 母たちが, 者でも, 者の, 者のみが, 者は, 者を

▼ たち~ (20, 0.0%)

3 へ腹

1 [17件] ういはれます, ういふ人たち, うした, う自信, かゆる, はぐ隙, へ, へすれ, へて入れず, へなかなか, へゲエテ, へ山賊みたい, へ心, へ立派, へ面白けれ, わ, わいだ

▼ たちであろう~ (20, 0.0%)

4

1 [16件] かくと, が処女, ところの, とするなら, とも女, と康子, と思いました, と私, クックの, 何か, 十四五歳のが, 子を, 子恋, 皆それぞれ熱した, 稽古帰りらしい, 髪を

▼ たちにさえ~ (20, 0.0%)

2 軽蔑され

1 [18件] ある貧富, この気球, すぐには, すっかり名前, そうした疑念, もしあの, 卑屈な, 告げた, 天才の, 感じとれるほど, 打ち解けず人間ぎらいという, 日本人と, 気づかなかった小品, 深い同情, 清忠の, 縋りつきたい気持, 触れて, 馬に

▼ たち母子~ (20, 0.0%)

1 [20件] が住ん, が刃, が時, が院, のつひ, の供, の傍, の後, の貧しい, の願い, はどう, は先生, は叔父, は可哀想, は幸運者, は朝敵の, へ御, も柳斎どの, をうたがっ, を父

▼ たちだけを~ (19, 0.0%)

2 たよりに

1 [17件] そのほう, つれて, ねらったもの, のこして, 小舟に, 幸福に, 弁護する, 御弟子, 愛して, 手放して, 数に, 皆お, 皆居間へ, 立ち合わせて, 置きざりに, 除いて, 鼓舞する

▼ たちどこ~ (19, 0.0%)

12 へ行く 3 までだって行ける 1 へいった, へいらっしゃる, へ来たらう, までだ

▼ たちどころ~ (19, 0.0%)

2 に神

1 [17件] な大, にかわる, にこの, にサバト, にパッパッ, に到っ, に及ぶ, に吉兆, に成るべき, に捨て切れる, に此後, に灰燼, に答えるであろう, に身, に陥落, に鳴動, の好況

▼ たち五人~ (19, 0.0%)

2 のうち, のもの, の少年

1 [13件] がいずれ, とこわ, のお, の暖, の者, の間, はいさみたった, はここ, はついに, は夕方五時すぎ, は薄暗い, を育てる, を葬る

▼ たちここ~ (18, 0.0%)

3 で天上

1 [15件] からのぞい, から出し, でおります, にいる, にじっと, に人間, に待っ, に船, はこの, はま, へおいで, へ来, へ菓子, をひきはらっ, を出ましょう

▼ たちそれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] からまア, から藪医者, がなんで, が一番法律, が焼け跡, とともに放逸, どうしてもっ, につれ, にはじめて, に伍助, に女中, に良人, の避難, は独逸, も男, やピエールさん, をほじくり出し, を受けとめよう

▼ たちばかりの~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことだ, こと故, ために, ようで, ようである, 中に, 仲間で, 会衆に, 住んで, 名前で, 外国に, 奥曲輪には, 悲劇であるだろう, 手で, 社会が, 筈だ, 遊び狂う, 顔だった

▼ たちまでも~ (18, 0.0%)

1 [18件] いつのまにかふたり, いつの間にかフランス語, いなくなったあと, お前と, お気の毒, この前代未聞, すっかり改宗, その夜, ほかの, ドン底まで, 今年の, 今日は, 何か, 六条院の, 恐るべき苦手, 無智, 避けて, 魔法に

▼ たち一行~ (18, 0.0%)

1 [18件] がいる, がのみほし, が社殿, が行った, との約束, の, のうち, の前, の自動車, の舟, はこの, はその, はそれ, はちょうど, はもう, は三台, は火星生物, へ向っ

▼ たち~ (18, 0.0%)

1 [18件] が分らなくなっ, この有様, そのほう, で引き受けます, で飼う, と仕事, にみつ, に感謝, に敬, に精一ぱい, に聞える, に自分, の前, はどうも, わかければ, 一緒に, 立ちかかる, 起き出

▼ たちだけに~ (17, 0.0%)

2 なると

1 [15件] あるん, ほんとの, わかる含み笑い, わかる苦しみ, 一種緊張した, 打ち明けたの, 満足し, 特に挨拶, 答礼に, 義理が, 言える言葉, 限ってでも, 限られた必要, 階段で, 食わして

▼ たちであり~ (17, 0.0%)

2 われわれの

1 [15件] いい音楽家, ながらなぜ, わがフランス, パストゥールの, ロシアの, 事務には, 写真を, 半ばは, 宮様と, 彼自身は, 後のは, 患者は, 晶子のは, 楽器の, 農村の

▼ たちへは~ (17, 0.0%)

4 ひたすら汝等

1 [13件] いささか歓ん, こういっ, その意味, つづらの, よろしくいっ, 体裁の, 動員令が, 姫宮の, 彼は, 気の毒でならない, 無理な, 生きた兵, 等差を

▼ たち~ (17, 0.0%)

1 [17件] かの形, か乗物, か話し, というそそっかしい, にしましょう, の力, の因果, の意味, の科, もない, も薬, をする, をむくむく, を云っ, を愚図愚図, を考えた, を言っ

▼ たちもう~ (16, 0.0%)

3 ここで 2 行って

1 [11件] あと半分も, うちに, おかえりなさい, ここには, だいじょうぶだ, だめね, 七年も, 今夜は, 帰れやしないじゃ, 支えなくても, 眠るところ

▼ たちであっ~ (15, 0.0%)

1 [15件] てきびしい, てその, てたいがい, てみれ, てもこれ, てもならない, てもね, て今, て俳優, て娯楽, て役人, て未熟さ, て歌, て私, て馬

▼ たち以外~ (15, 0.0%)

2 の人々

1 [13件] にそんな, にはだれ, にはなやか, にはやらない, には分りません, のすべて, のもの, の仕事, の婦人, の生活態度, の考え, の者, は遠慮勝ち

▼ たちそんな~ (14, 0.0%)

4 ことを 1 ことやる, こと考え, こと考えた, ところで, ところに, ものが, サロンを, 夜景の, 歌喧嘩すん, 無法な

▼ たちどう~ (14, 0.0%)

2 するつもり

1 [12件] したという, したの, したら森, して, してるでしょうね, すれば, です, でもいい, なったか, なるの, なろうと, 暮したらいい

▼ たちなどが~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるいは裸, おおぜ, この道, グロテスクとか, 倉皇てて, 各々ノルウェイ協會デンマルク協會とを, 富農に, 彼の, 或は裸, 戦争と, 戦争中軍閥や, 見える, 集まって, 馬から

▼ たち二人きり~ (14, 0.0%)

4 になった 1 だ, ですね, でほか, で子供, で暮し, にされ, になつ, の山荘生活, の感じ, の身うち

▼ たち仲間~ (14, 0.0%)

1 [14件] がどんな, が産卵, だけの三土会, ではいや, でもおじ毛, で歎, と女, と微笑, のうち, のこと, のめいめい, の就職, の画家, の紋切形

▼ たちからの~ (13, 0.0%)

1 [13件] お供えとして, お祝, ほかには, ほめられ者, ものだった, もので, 小包が, 手紙といふ, 書状を, 祝いとして, 要求を, 記念品も, 評判は

▼ たちによ~ (13, 0.0%)

1 [13件] つて, つてだ, つても, つて傳へられた, つて學び, つて形造られ, つて急速に, つて教へ, つて築かれた, つて繰り返され, つて輝かしい, つて通例持ち出される, つて頻々として

▼ たちに対しても~ (13, 0.0%)

1 [13件] お気を, お酒, このまま, その事, どこに, はるかに, 些細な, 同様です, 女たちに対しても, 家内同様友達同様の, 彼は, 特に丁寧, 申訳立たん

▼ たち~ (13, 0.0%)

2 にもない, にも到着 1 からか聞い, か貸, だって電車, でもが感じる, でもが昨今, もかれ, もが変えよう, も中, も彼

▼ たちすら~ (12, 0.0%)

5 郎女の 1 あるらしかった, もう少し空模様, 一せいに, 指摘する, 童名は, 近寄ること, 頭ごなしに

▼ たちだろう~ (12, 0.0%)

32 と思う, と思っ 1 あの時, な, 一団の, 男女と, 若い衆や

▼ たちでした~ (12, 0.0%)

1 [12件] か, からいくら, からお, からこういう, からそれで, からねえ, からやはり, から最後, がなかでも, が明智, ね, のでまことにどうも

▼ たちなどは~ (12, 0.0%)

1 [12件] いずれも, こんな日, こんな目, 家で, 悠長で, 本籍を, 源氏の, 滑稽な, 肱を, 自身の, 足もとにも, 顔を

▼ たちばかりが~ (12, 0.0%)

1 [12件] その一座, 何の, 先へ, 出入りする, 喜劇春秋座で, 大勢坐っ, 決して江戸, 矢面の, 船に, 降りて, 集って, 飲んで

▼ たちまた~ (12, 0.0%)

1 [12件] オモヒガネの, 一年は, 実技家の, 山の神海河の, 当の少年店員諸君, 御子たちが, 御子たちもろもろ下りきまし, 思金の, 最前の, 東京以来同伴し, 草田の, 親戚の

▼ たち女性~ (12, 0.0%)

2 の生活 1 がおろか, が歴史, といっ, のもの, の前, の声, の胸, の間, はその, はデスデモーナ

▼ たち~ (12, 0.0%)

7 はせて 5 せて

▼ たちのみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いる禁園, かたじゃ, かような, であって, であつ, では, で一団, なかった, ならずファラオ自身, ならず既婚, 栄華を

▼ たちまだ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いっしょに, いっぺんも, こんなところ, アスファルトの, グウグウね, 宇宙に, 来るな, 独り歩きなど, 見つかりませんか, 話して, 誰も

▼ たちよく~ (11, 0.0%)

1 [11件] きけ, なかったと, わかつたの, わからないから, 勉強し, 探して, 木口親分の, 気を, 生きとったのう, 聞け, 落着いた

▼ たち今日~ (11, 0.0%)

1 [11件] から瓶, せっかく元服, の作家, の凡て, の多難, の日本, はあの, はおのずから, はこの, は侯爵, 来たの

▼ たち姉妹~ (11, 0.0%)

1 [11件] がまだ, がやはり, こそ, なん, のこと, の悲劇, への御, ほど薄命, も同罪, を可愛がっ, を買い取っ

▼ たちなんか~ (10, 0.0%)

2 鼻で 1 お友達, ぢや, 三十疋ぐらいも, 三十疋ぐらゐもとったんだから, 何とも思っ, 年々歳々どこから, 知らねえや, 誘って

▼ たちにだけ~ (10, 0.0%)

1 おどおどする, 与えられたもの, 信心が, 出来て, 可能な, 必要な, 知らせるという, 船の, 見せれば, 都合の

▼ たち三名~ (10, 0.0%)

1 の使い, の妃, の姿, はすばらしい, はにわかに, はわが家, は一旦, をやすやす, を返し, を頼む

▼ たち少年~ (10, 0.0%)

1 が本艇, だけで, にもその, の力, の時代, の耳, の間, はこれから, は四人, ばかりで

▼ たち殊に~ (10, 0.0%)

4 姫君にと 1 姉娘の, 姫にと, 学校卒業間際の, 彼が, 斉から, 新兵を

▼ たち特に~ (10, 0.0%)

1 ケルビーニは, 上の, 同性の, 因習を, 女に, 女学生の, 女性たちが, 婦人の, 日本人の, 現代日本の

▼ たち~ (9, 0.0%)

2 ている 1 ごとの, ていつか一ト月, は一時, は今日土曜日, は偶然, は明治二十四年, やの葉

▼ たちそれから~ (9, 0.0%)

1 わたしの, 従姉妹たちかと, 御殿じゅうのこらず, 歯並みを, 町の, 知人たちみんなから, 運転手総勢七人です, 髯と, 黄いろな

▼ たちでない~ (9, 0.0%)

1 か, ことから, ことが, ことは, と容易, のも, ものは, 者は, 誰が

▼ たちながら~ (9, 0.0%)

1 そこに, 忘れ方, 耳を, 聞き耳立て, 行き向かった, 言つた, 金髪を, 集つ, 雪の

▼ たちなども~ (9, 0.0%)

1 かわいがって, ここには, ごいっしょ, まだこの, 不思議な, 泊めるそう, 緊張し, 藤壺の, 雑って

▼ たちにたいして~ (9, 0.0%)

1 いい気味, ひやや, ほとんど無限, 仕方なし, 反感を, 地上から, 塾堂の, 少しの, 手きびしい

▼ たち~ (9, 0.0%)

1 からそんな, が一番大事, こそ南洋, このあかり, この前, はみんな独身, は帰り, は言, よりも希望

▼ たち以上~ (9, 0.0%)

1 ですが, にあなた, にこの, にともし, にも進ん, に彼, のもの, の人達, の立派

▼ たち兄妹~ (9, 0.0%)

1 が微, に対しては俺, に引合せる, の総代, はせめて, は今日午後出発, は早くから, は黙っ, を養育

▼ たち同士~ (9, 0.0%)

2 の間 1 が互, ではこんなに, で血族結婚的, といえ, の変質, の間柄, は単に

▼ たち自ら~ (9, 0.0%)

1 さえも山, である, に力, の慰め, の手, の理論, の知, の追憶, 進んで

▼ たち~ (8, 0.0%)

1 あんまりな, からだ, こう仲よく坐っ, このわし, こんな酷い, どうしよう, はせて, 船を

▼ たちかも~ (8, 0.0%)

3 しれない, 知れない 1 知れないと, 知れん

▼ たちぐらいの~ (8, 0.0%)

2 ものだ 1 もんだろう, 人々が, 年ごろの, 男の子が, 葉は, 頓馬でなきゃ出来ない

▼ たちとしての~ (8, 0.0%)

1 処置の, 学生を, 少年少女の, 引込みを, 生の, 生活感情を, 立場から, 自信も

▼ たちなど~ (8, 0.0%)

1 あなたの, あろうとは, この間に, みな簾中の, われわれが, ソッと, 傍目も, 手近な

▼ たちにゃ~ (8, 0.0%)

1 なんにも分りゃしない, 仕合せな, 何の, 出来めえと, 危ねえだ, 気は, 煮湯, 限らねえ

▼ たちはね~ (8, 0.0%)

1 あっちへ, あなたの, その二つ, ほんとに心, みんな白い, 一列に, 母親の, 酒は

▼ たち三日~ (8, 0.0%)

3 たっても 2 たって 1 たつにつれて, とたつ, となっ

▼ たち五六人~ (8, 0.0%)

1 が立っ, が駈けつけた, と束, の一行, の信者どうし, の者, は機械体操場, は黒い

▼ たち六人~ (8, 0.0%)

1 が肩, が飛び出し, の中, の西洋人, は分けなけれ, は別に, は小さな, は無言

▼ たち~ (8, 0.0%)

2 多数の 1 さわぎしたろう, ぜい起ちあがり, な石地蔵, 東京を, 海原の, 馬鹿野郎どもが

▼ たち夫妻~ (8, 0.0%)

2 のため 1 と例, に御, に無, の上, の習慣, を凌辱

▼ たち学生~ (8, 0.0%)

1 に負わされた, の, のころ, のそういう, の手, はいや, はその, も正貨流出防止

▼ たち家族~ (8, 0.0%)

2 とはむろん 1 に対しては暴君, のなか, の分, の困難, は不幸せ, 合せて

▼ たち自分~ (8, 0.0%)

1 では何とも, のこと, のことっきり, の体, の功名, の夫, の無罪, を清く

▼ たちあの~ (7, 0.0%)

1 おじさんに, おやじに, ひとは, 人たちどう, 娘と, 小坊主に, 工場以外の

▼ たちおれ~ (7, 0.0%)

1 がビーディーバッジ, が海, のおそろしい, のため, はずっと, をつけ, を盛りつぶし

▼ たちことに~ (7, 0.0%)

1 そのうち, スタンダールそして, バルナバスに対して, 五郎さんの, 彼が, 彼女を, 母に

▼ たちさえも~ (7, 0.0%)

1 こうして集まっ, この考え, まだそこ, 生きて, 皆愛され, 目ざましいほど, 私を

▼ たちでさえも~ (7, 0.0%)

1 いい気持, いつかは, どんなに大きな, 全力を, 広間の, 男の子に, 自在性に

▼ たちとしても~ (7, 0.0%)

1 むろん自力, ペーピーを, 何とかし, 心ある, 感謝し, 放っては, 益を

▼ たちなん~ (7, 0.0%)

1 だってノコノコ, でございますか, なの, にも知らなかった, にも知らなかつた, のお, の話

▼ たちはと~ (7, 0.0%)

1 いうよりも, くいです, つくの昔, どこおりなく, 見ると, 言えば, 訓話などで

▼ たち~ (7, 0.0%)

3 がっ 2 がッ 1 が相談, に教えられ

▼ たち一族~ (7, 0.0%)

1 にし, の不幸, の乞い, の勲功, の夥しい, の敵, は持て余した

▼ たち二三人~ (7, 0.0%)

1 が花, に囲まれ, の家庭, はレビ記, は博物館, は行き, を相手

▼ たち即ち~ (7, 0.0%)

1 オージン, 各地の, 大人の, 寅彦を, 政江の, 新しい文学, 私と

▼ たち友人~ (7, 0.0%)

1 が寄っ, としてはなるべく, にだけでもけち, にも見当, にも遺言, のどれ, の責任

▼ たち~ (7, 0.0%)

4 の子供 1 のもの, のもん, の見張り

▼ たち~ (7, 0.0%)

1 だけでやつ, のひとたち, の学生, の心, の手, はいつも, ばかりな

▼ たち相手~ (7, 0.0%)

2 にはどう 1 ではつまらん, にする, にのんびり, にはどうにか, にもしなかった

▼ たちあと~ (6, 0.0%)

1 からつい, から乗り込んだ, から揃っ, でお家, にはヨコハマ, をつけよう

▼ たちお互い~ (6, 0.0%)

1 が大, にとって正しい, の心, の愛情, の身の上, は心

▼ たちきょうだい~ (6, 0.0%)

1 が怪物, になる, の身の上, はね, は本当に, は骨

▼ たちぐらい~ (6, 0.0%)

1 いやな, えらいもの, でしょう, です, なもの, 豪いもの

▼ たちそして~ (6, 0.0%)

1 お金は, なおいつ, 家族の, 朗かな, 礼子は, 著者自身戦争の

▼ たちそれら~ (6, 0.0%)

2 は静か 1 から学び, の人々, の平静, の悪戯

▼ たちだけじゃ~ (6, 0.0%)

1 ありません, ない, ないか, ないよう, 手に, 行かれは

▼ たちだの~ (6, 0.0%)

1 ちんと, 一山ほど, 厳めしい, 巣立ちの, 職人だの, 那古屋や

▼ たちつまり~ (6, 0.0%)

1 いって, さいぜんの, 役人は, 彼を, 戦後派に, 東京人種が

▼ たちとか~ (6, 0.0%)

1 えりに, 一族の, 六条院に, 御兄弟, 昔の, 織田家の

▼ たちとても~ (6, 0.0%)

1 あたしの, どこぞ心の, またやはり, 同じ人間, 暑い所, 都は

▼ たちとに~ (6, 0.0%)

1 ともどもに, まもられて, 会ひたく, 周囲を, 慣らせなければ, 次の

▼ たちはど~ (6, 0.0%)

2 つと笑 1 いつもこいつ, つちを, つとのりこん, つと奇怪

▼ たち~ (6, 0.0%)

1 たに, ではありません, になっ, にもなっ, はおもに, はなくなる

▼ たちめいめい~ (6, 0.0%)

1 が生き, にひとかけ, に森, の一生, の前進, の運命

▼ たち一般~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 の同情, の婦人, の市民的経済状態, の意向

▼ たち四五人~ (6, 0.0%)

1 がこれから, と一, と往来, と苦しまぎれ, の中, の姿

▼ たち早く~ (6, 0.0%)

1 うちへ, かけつけて, これを, その注, 持場に, 結婚したい

▼ たち無産階級~ (6, 0.0%)

2 の婦人, の生活 1 のみが外米, の弱い

▼ たち職業婦人~ (6, 0.0%)

1 の大, の身の上, はこうした, はその, は裏, を堕落

▼ たち風流人~ (6, 0.0%)

2 にはもつ, の美しい, は喜びます

▼ たちいつ~ (5, 0.0%)

1 しよに, の世如何, までもお, までも恥ずかしい, まで待っ

▼ たちいま~ (5, 0.0%)

1 とりいの, の金色, の魔術, はパパ, よいもの

▼ たち~ (5, 0.0%)

1 がまだ, ひうひしい新郎新婦, よ, ケ, 訳です

▼ たちこれ~ (5, 0.0%)

1 ができる, が果たして, よね, より他, をどこ

▼ たちこれから~ (5, 0.0%)

1 いくの, はなお, 仕事だ, 気を, 誰にでも

▼ たちさわぐ~ (5, 0.0%)

2 白雲の 1 主人庄兵衛と, 海の, 部下を

▼ たちしか~ (5, 0.0%)

1 いない, いなかった, しらなくて, 出られません, 知らない靜

▼ たち~ (5, 0.0%)

1 しんが, ぶんかっての, ぶんだけ, ぶんで, やな

▼ たちそう~ (5, 0.0%)

1 な人物, な書物, な鳥, に思われる, もない

▼ たちたれ~ (5, 0.0%)

1 ば麦刈り済み, もかしこく, もきれい, もむちゅうになってあそんでいると, もやはりそう

▼ たちだけでも~ (5, 0.0%)

1 おちつかないと, お館, ここは, 孔子に, 突撃しよう

▼ たちって~ (5, 0.0%)

1 ありゃしませんよ, あんなになん, え奴, みんなきっと, 紅さまだの

▼ たちでございます~ (5, 0.0%)

21 からどうか, から私ども, けれど行った

▼ たちでしょう~ (5, 0.0%)

21 かたとえば, 悪意あっ, 頭に

▼ たちといふ~ (5, 0.0%)

2 ものは 1 ものが, 舊文明の, 語は

▼ たちとで~ (5, 0.0%)

1 たしかに百五十人以上, みんな一しよ, 市場は, 平和の, 豪徳寺の

▼ たちなに~ (5, 0.0%)

1 がはじまる, もしない, も天狗, をし, をグズグズ

▼ たちにすら~ (5, 0.0%)

1 あきらめきった考え方, あまねく降りかかる, こんな事, 理解されない, 知られて

▼ たちについての~ (5, 0.0%)

1 ヒントから, 執拗な, 祈りなどを, 私の, 表立ったこと

▼ たちにて~ (5, 0.0%)

1 あてを, あるじしの, まかりいで, 家を, 試むるよりは

▼ たちによる~ (5, 0.0%)

1 共同の, 會合も, 死者覚醒の, 特殊サービスを, 統一戦線が

▼ たちはも~ (5, 0.0%)

2 いちどもとの 1 うごくわずか, 少し弱い, 早や

▼ たち~ (5, 0.0%)

4 さな 1 さくな

▼ たちまたは~ (5, 0.0%)

1 これから母, その後の, 女親類たちである, 彼女が, 從わ

▼ たちまち~ (5, 0.0%)

4 にし 1 に散り失せ

▼ たちまでを~ (5, 0.0%)

1 びっくりさせた, 動かして, 動員した, 筆誅する, 自分の

▼ たちまよ~ (5, 0.0%)

31 ふアマリリス, ふ雲

▼ たちゅう~ (5, 0.0%)

1 からおらいつ, からおれ, なあ民さん, は蛇, まるで落し話

▼ たちゅうて~ (5, 0.0%)

1 ちゃんと報酬, 喜んでな, 話しとったじゃ, 責められる覚え, 買うて

▼ たち一緒~ (5, 0.0%)

2 に進ん 1 にお, に行かう, に行こう

▼ たち二つ~ (5, 0.0%)

1 のもの, の典型, の影, の茶釜, の顔

▼ たち人類~ (5, 0.0%)

1 が生息, の先祖, はこんな, はもう, はやがて

▼ たち作家~ (5, 0.0%)

1 にとっての興味, にとってもそこ, の任務, の眼, は自身

▼ たち~ (5, 0.0%)

1 人民が, 人民にとって, 人民の, 日本人は, 民衆と

▼ たち合わせ~ (5, 0.0%)

2 てお 1 て二十五王おいで, て六王, て十七王おいで

▼ たち同様~ (5, 0.0%)

1 その列車, な無名, に冬, に競子, まごころ

▼ たち少年探偵団~ (5, 0.0%)

1 がまちぶせし, の力, の団長, の手, の目

▼ たち少数~ (5, 0.0%)

2 の者 1 の参会者, の日本婦人, の近習

▼ たち数人~ (5, 0.0%)

1 がその後, と共に草津温泉, の日本人, の男達, の観衆

▼ たち母娘~ (5, 0.0%)

1 だけだらう, の愛, の生活, の身, はこの

▼ たち~ (5, 0.0%)

2 の人たち 1 のもの, の者, へいく

▼ たち~ (5, 0.0%)

1 がいる, がの今ここ, が嬉戯, はその, は大して

▼ たち籠め~ (5, 0.0%)

2 ている 1 た闇, てくる, 始めた

▼ たち素人~ (5, 0.0%)

1 にはちょっと, にもなる, にも分かる, に本格的, の目

▼ たち罩め~ (5, 0.0%)

1 その天井, た暁, てしまった, る時, る海面

▼ たち青年~ (5, 0.0%)

1 が引受けます, の眼, の立場, の自負心, はそこ

▼ たち黄菊~ (5, 0.0%)

1 には九重, には古代, には御, には紫宸殿, には聖駕

▼ たちあなた~ (4, 0.0%)

1 ともお, と話す, にお, の好ん

▼ たちうまく~ (4, 0.0%)

1 いくと, だまされたね, やって, 一ぱいくわされた

▼ たちおよび~ (4, 0.0%)

1 その手先, 尊攘派の, 自分の, 薩長の

▼ たちかへ~ (4, 0.0%)

1 つたやう, つたらしい, つて七日の, れよた

▼ たちがぞ~ (4, 0.0%)

2 ろ, ろっと

▼ たちがたき~ (4, 0.0%)

2 身の 1 因縁に, 恩愛を

▼ たちきり~ (4, 0.0%)

2 になりたい 1 だったの, のこころもち

▼ たちこっち~ (4, 0.0%)

1 ですから, にいる, の寝室, へ来る

▼ たちさっき~ (4, 0.0%)

1 からここ, の枝道, の青大将, 調べた旧式

▼ たちしっかり~ (4, 0.0%)

2 やろうねえ 1 つかまえて, やらうねえ

▼ たちすなわち~ (4, 0.0%)

1 労働者たちが, 国民の, 太陽の, 正三君の

▼ たちすらも~ (4, 0.0%)

1 動かじと, 思わず信仰, 若君と, 鎌倉表に

▼ たちそこ~ (4, 0.0%)

1 からよく, にかくれ, にはまだ, へ立つでねえ

▼ たちたる~ (4, 0.0%)

1 が黄生, に近う, をとる, 身が

▼ たちだつた~ (4, 0.0%)

1 がいつの間に, が年級, のでこんな, ので僕

▼ たち~ (4, 0.0%)

2 ぽけな 1 がひ, ちと啼いた

▼ たちでなく~ (4, 0.0%)

2 たって折角川 1 ちゃ駄目, 私の

▼ たちでなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばできる, ばならない, ばならなかった, ば望めない

▼ たちなかなか~ (4, 0.0%)

1 いせい, にこの, の野心家, 幸福は

▼ たちなどの~ (4, 0.0%)

1 中に, 奉行所付の, 応答を, 旋律的楽句は

▼ たちなんぞは~ (4, 0.0%)

1 いずれも, いつまでも, お傍, 政どんから

▼ たちにだって~ (4, 0.0%)

1 たくさんない, 申し訳が, 義理は, 負けない気

▼ たちにでも~ (4, 0.0%)

1 できる, やられたの, 不敬な, 敷かせたり

▼ たちに関する~ (4, 0.0%)

1 いろいろの, ことだけは, ささやかな, 統計表を

▼ たち~ (4, 0.0%)

1 さやさやし, ときけど, の浦孤舟師匠, 沼の

▼ たちのみが~ (4, 0.0%)

1 この世に, こんな恩命, 世の, 持って

▼ たちはか~ (4, 0.0%)

1 のインド, はるが, へつて, へり

▼ たちはな~ (4, 0.0%)

1 ローマの, 同胞その, 親父にも, 金銀廟の

▼ たちはの~ (4, 0.0%)

2 んでも 1 ッぴきならぬ, 蜘蛛庄屋に

▼ たちばかりを~ (4, 0.0%)

1 眺めたり, 見て, 選んで, 集めて

▼ たちやなんか~ (4, 0.0%)

3 居て 1 いて

▼ たちらしい~ (4, 0.0%)

1 声で, 生活に, 食欲で, 餉台

▼ たちらしく~ (4, 0.0%)

1 ゆっくり重く, 互の, 辛棒の, 顔いちめんに

▼ たちをば~ (4, 0.0%)

2 我れ 1 美醜を, 非常に

▼ たちトロ族~ (4, 0.0%)

1 がわれわれ, に惨害, の大敗, はわれわれ

▼ たちメエルハイム~ (4, 0.0%)

2 がめぐり, が話

▼ たちヤマ族~ (4, 0.0%)

1 が見, のあく, の海中侵入, はよく

▼ たち~ (4, 0.0%)

1 同人夫, 同心配, 諸に行かう, 諸に進ん

▼ たち一人~ (4, 0.0%)

1 がなんと, が三ツ二ツ手毬, でも生き, で暮し

▼ たち一団~ (4, 0.0%)

1 がまきちらし, のみすぼらし, の女, の思想

▼ たち七人~ (4, 0.0%)

1 がすべて白衣, に対してちょうど, は鮨詰め, ばかりを頭痛膏

▼ たち三次元世界~ (4, 0.0%)

1 においては四次元物体, にひっかかっ, の生物, をつらぬい

▼ たち中国~ (4, 0.0%)

2 の若い 1 に阿片, の人人

▼ たち二日~ (4, 0.0%)

2 たつうち 1 たちました, たっても

▼ たち五六名~ (4, 0.0%)

1 が中, が後, と老, を従

▼ たち例えば~ (4, 0.0%)

1 北海道奥地の, 島崎藤村徳田秋声谷崎潤一郎永井荷風志賀直哉武者小路実篤等は, 川上喜久子小山いと子岡本かの子などが, 紹鴎などにも

▼ たち元気~ (4, 0.0%)

1 でいなさるか, な人たち, にまかせ, を出せ

▼ たち全体~ (4, 0.0%)

2 の運命 1 をも殴る, を茶化し皮肉る

▼ たち同志~ (4, 0.0%)

1 が二言三言立ち話, だけで, の戦争, は花以上

▼ たち同胞~ (4, 0.0%)

1 が親, のつきもの, の英雄, は結局

▼ たち大勢~ (4, 0.0%)

1 がひかえ, がわやわや, に取り巻かれ, に打たれる

▼ たち~ (4, 0.0%)

1 ある身, にかくれ, のまだ, の甚吾

▼ たち姉弟~ (4, 0.0%)

1 が味, が紺絣, は心配, を嫌つて

▼ たち~ (4, 0.0%)

1 たつみち, たつ道, ま, を忘れ

▼ たち~ (4, 0.0%)

1 に手, も足, を出し, を洗っ

▼ たち数名~ (4, 0.0%)

1 がいた, と堀尾茂助, の教室員, の文士仲間

▼ たち父娘~ (4, 0.0%)

1 のもの, の苫, への義理, を憎ん

▼ たち父子~ (4, 0.0%)

1 にははっきり, の姿, は曹操, を見る

▼ たち独特~ (4, 0.0%)

1 のもの, の断言的, の生活, の考え方

▼ たち現代~ (4, 0.0%)

1 のロシア作家, の人類, の女, の日本

▼ たち祖先~ (4, 0.0%)

1 が過去, の人々, の人間愚, の経

▼ たち結婚~ (4, 0.0%)

1 して, してから, しようとして, という風

▼ たち~ (4, 0.0%)

2 もくら 1 はうずき, を叩い

▼ たち~ (4, 0.0%)

2 ふあ, ふ雲

▼ たち領民~ (4, 0.0%)

1 がお, の心, へ臨む, をむごたらしい

▼ たち~ (4, 0.0%)

2 見合せて 1 も巖乗, を知った

▼ たちあまり~ (3, 0.0%)

3 身を

▼ たちあるいは~ (3, 0.0%)

1 三井岩崎など, 大学の, 村の

▼ たちいっしょ~ (3, 0.0%)

1 にすわりたいです, に行こう, に進ん

▼ たちかえる~ (3, 0.0%)

1 初春の, 初紋日, 隆ちゃんと

▼ たちかと~ (3, 0.0%)

1 まず試みたい, 云へば, 想像される

▼ たちがは~ (3, 0.0%)

1 いつて, だかで, ひつて

▼ たちがを~ (3, 0.0%)

2 そる 1 らで

▼ たちこいつ~ (3, 0.0%)

1 はおれ, をひんむい, をシーツ

▼ たちこういう~ (3, 0.0%)

1 不馴れな, 商売には, 時に

▼ たちことごとく~ (3, 0.0%)

1 可能性に, 遠ざけられて, 集まりその

▼ たちこんな~ (3, 0.0%)

2 ところへ 1 ところで

▼ たちこんなに~ (3, 0.0%)

1 かわい, 毎日鬱々し, 活溌で

▼ たちそこで~ (3, 0.0%)

1 お料理, なにを, 何を

▼ たちそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 の感情, も家, よい客

▼ たちたった~ (3, 0.0%)

1 一人でも, 三人が, 二人だけ

▼ たちたとえば~ (3, 0.0%)

1 わが子や, バルナバスの, 掛り人とか

▼ たちだけには~ (3, 0.0%)

1 備わって, 単なる, 話して

▼ たちだつ~ (3, 0.0%)

1 て寧ろ, て少し, て決して

▼ たちても~ (3, 0.0%)

1 居ても, 斯く碌々, 膝より

▼ たちであったら~ (3, 0.0%)

1 こりゃむずかしい, 大したもの, 晩に

▼ たちとて~ (3, 0.0%)

1 きっと満足, その発端, 気に

▼ たちとばかり~ (3, 0.0%)

1 交際って, 仲よしに, 逢つたのである

▼ たち~ (3, 0.0%)

2 まつて 1 つかへ

▼ たちどんなに~ (3, 0.0%)

2 それに 1 元気が

▼ たちなどと~ (3, 0.0%)

1 交際する, 御一しょ, 自分との

▼ たちなどに~ (3, 0.0%)

1 かかずらって, 会いました, 書ける文字

▼ たちなりに~ (3, 0.0%)

2 渡さずに 1 改革し

▼ たちなりの~ (3, 0.0%)

1 暮しかたを, 琵琶供養を, 身の

▼ たちなる~ (3, 0.0%)

1 かに今一度首, 浪逆の, 駿河の

▼ たちなんぞ~ (3, 0.0%)

1 ほんとにいる, 熊か, 物とも

▼ たちにたいしては~ (3, 0.0%)

1 いじらしい愛着, 冷淡きわまっ, 彼は

▼ たちについては~ (3, 0.0%)

1 あなたは, どの書, 私は

▼ たちにのみ~ (3, 0.0%)

1 与えられた美, 保存された, 流れて

▼ たちによっても~ (3, 0.0%)

1 こんな助手たち, それきり発展せず, 決して十分

▼ たちに対し~ (3, 0.0%)

1 いまだかつて演出, たいへんていねい, てきびしい態度

▼ たち~ (3, 0.0%)

2 今日は 1 四日の

▼ たちのこらず~ (3, 0.0%)

1 おめし, 引きつれて, 見送りに

▼ たちのち~ (3, 0.0%)

1 えとゆうき, えを, からで

▼ たちはじめ~ (3, 0.0%)

1 お立会, ける, この頃

▼ たちはわ~ (3, 0.0%)

1 あっと囃す, つと叫ん, ツと

▼ たちばかりじゃ~ (3, 0.0%)

2 ない 1 ありますまい

▼ たちばかりに~ (3, 0.0%)

1 なつて, 働かしちゃ, 限つてゐない

▼ たちばかりは~ (3, 0.0%)

1 一年中休みなし, 思いも, 掛が

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 ぢや, のか, 訳だ

▼ たちほか~ (3, 0.0%)

1 の人の, の者, の者みんな

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 へんさかいな, よふてゐた, よふゆかのう

▼ たちまるで~ (3, 0.0%)

1 サルの, 会わない, 駈落者みたい

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 てえ, てえな半間, なおもひお

▼ たちもぞ~ (3, 0.0%)

3

▼ たちやあ~ (3, 0.0%)

1 どうしたつちふ, なんかと, 奴等の

▼ たちやがて~ (3, 0.0%)

1 ドアは, 十年二十年と, 玄関に

▼ たちゅう訳~ (3, 0.0%)

1 じゃろう, ではありましねえ, やったそう

▼ たちゅう話~ (3, 0.0%)

1 でがし, などかの, を聞きました

▼ たちよりもずつと~ (3, 0.0%)

1 上位に, 大きな影, 深い暗示

▼ たちわし~ (3, 0.0%)

1 はごまかし, は少し, は飛騨

▼ たちを通して~ (3, 0.0%)

1 すぐ会っ, 世の中を, 知ること

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 おまえを, もうみんな会社, 我流で

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 こつちから, 何であんな, 知りやしませんや

▼ たちプロレタリア~ (3, 0.0%)

1 にはそんな, のため, の側

▼ たち一座~ (3, 0.0%)

1 の者, へ風, を名古屋

▼ たち一般人~ (3, 0.0%)

1 の日々, の日常生活, の生活

▼ たち一部~ (3, 0.0%)

2 の作家 1 の浅薄

▼ たち七日~ (3, 0.0%)

1 たちました, たつうち, たつて

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 がってかいちゅうでんとうでてらしてみますと, がろう, つた

▼ たち上り~ (3, 0.0%)

1 たるもう, て男の子二人, もしなかった

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 仕合わせな, 勉強の, 氣味な

▼ たち中国人~ (3, 0.0%)

1 にとって殺到, は今日, は先ず何より

▼ たち二時間~ (3, 0.0%)

1 たった, たったが, はたっ

▼ たち~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 の流れ合う

▼ たち五年生~ (3, 0.0%)

1 から行つて, の教室, の英語

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 が右, に見せる, を責める

▼ たち今年~ (3, 0.0%)

1 が二十日, こそ本当に, も亦

▼ たち俗人~ (3, 0.0%)

2 の勝手 1 から見れ

▼ たち個人~ (3, 0.0%)

1 に身近, の生命, の精神肉体

▼ たち働く~ (3, 0.0%)

1 男女が, 者あっ, 者の

▼ たち八人~ (3, 0.0%)

1 だけだ, のもの, 小さな子守り

▼ たち六七人~ (3, 0.0%)

1 いざなひ行, が手, でタラップ伝い

▼ たち共通~ (3, 0.0%)

1 の実家, の感情, の未熟さ

▼ たち凡人~ (3, 0.0%)

1 にとっては理想, の可愛, はいつか

▼ たち凡俗~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 の者

▼ たち十数人~ (3, 0.0%)

2 は戻 1 は戻っ

▼ たち印度人~ (3, 0.0%)

1 の分際, はただ, は長い

▼ たち去る~ (3, 0.0%)

1 ときあらあらしい, 外は, 気づかいは

▼ たち四日~ (3, 0.0%)

1 とたつ, もすでに, 経つうち

▼ たち地球人~ (3, 0.0%)

1 がいやに, の低い, より知能

▼ たち多く~ (3, 0.0%)

1 のもの, の軍士, 集まり弥勒謡

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 だけ人間, は食事, ふくれば

▼ たち女二人~ (3, 0.0%)

1 のため, の生活, の話

▼ たち学校~ (3, 0.0%)

1 の先生たち, の入学式, へ引っ越し

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 が変わっ, のいった, も暮れた

▼ たち後輩~ (3, 0.0%)

1 にきびしい, に対して常に, への佳き

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 に寸分, に崩壊, に破し

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 うるさくつきまとふ, なかなかわかりたい, 日和下駄一件は

▼ たち日本婦人~ (3, 0.0%)

1 は一九一九年, は率直, は遅

▼ たち明日~ (3, 0.0%)

1 に属望, の朝, はお

▼ たち普通~ (3, 0.0%)

1 のくらし, の人間, 見慣れて

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 り, りに, り更に再び

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 がいた, たるべきもの, と子

▼ たち母たち~ (3, 0.0%)

1 がその, に押しつけなすりつけよう, は高い

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 のそこ, の青年, を見下し

▼ たち男類~ (3, 0.0%)

1 が聞い, に到底, は女類

▼ たち科学者~ (3, 0.0%)

1 がおもしろ, が実験室, は大いに

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 の色, も森, を飛ぶ

▼ たち~ (3, 0.0%)

2 執るもの 1 を執る

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 の姿, の慰問隊一同, もほのぼの

▼ たち~ (3, 0.0%)

2 の穂 1 の芽

▼ たち~ (3, 0.0%)

1 と子, のない, の誕生日

▼ たち親子三人~ (3, 0.0%)

1 は私, ゆるしも, 生きて

▼ たち親子三人信濃~ (3, 0.0%)

3 の奥

▼ たち貧乏~ (3, 0.0%)

1 でしょうだから, な百姓, になった

▼ たち貴族~ (3, 0.0%)

1 と資本家, はそんな, は貴族

▼ たち長い~ (3, 0.0%)

1 ことおしゃべりを, こと読み返し, こと讀み返し

▼ たち風情~ (3, 0.0%)

1 が行っ, と, のところ

▼ たちぁどこ~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ たちあけ~ (2, 0.0%)

2 ておくれ

▼ たちあす~ (2, 0.0%)

1 の天候, の曙光

▼ たちあたし~ (2, 0.0%)

1 がその, の身方

▼ たちある~ (2, 0.0%)

1 人と, 寝苦しい夏

▼ たちあんまり~ (2, 0.0%)

1 近藤勇を, 騒がない方

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 ちゃい, らしって

▼ たちいく~ (2, 0.0%)

1 ども誓い合った, 弓矢なぐ

▼ たちいけない~ (2, 0.0%)

1 ねえ, わ

▼ たちいずれ~ (2, 0.0%)

1 もが法報応, も正則以来

▼ たちいちど~ (2, 0.0%)

2 あやまち犯した人たち

▼ たちいつも~ (2, 0.0%)

1 そこで, そりゃつまんない

▼ たちいや~ (2, 0.0%)

1 このわたし, な思い

▼ たちうて~ (2, 0.0%)

1 皆な, 腕の

▼ たちお金~ (2, 0.0%)

1 あるの, に苦労

▼ たちからと~ (2, 0.0%)

1 いわず尊敬, 同様に

▼ たちかわいそう~ (2, 0.0%)

1 な人たち, に

▼ たちがと~ (2, 0.0%)

1 しを, 言つた方が

▼ たちがの~ (2, 0.0%)

1 さばつてゐる, りきに

▼ たちきつ~ (2, 0.0%)

1 て自分の, と若い衆

▼ たちこれからどう~ (2, 0.0%)

1 したらいい, なるという

▼ たちこんど~ (2, 0.0%)

1 の六助, はいよいよ

▼ たちごく~ (2, 0.0%)

1 ろうだった, 濃い酒

▼ たちさうな~ (2, 0.0%)

1 小さな贈り, 程赤く

▼ たちさん~ (2, 0.0%)

1 がおなら, に

▼ たちする~ (2, 0.0%)

1 うちに, 間に

▼ たちずっと~ (2, 0.0%)

1 ここに, この部屋

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 と人々, は雪

▼ たちそうした~ (2, 0.0%)

1 いっさいの, 人に

▼ たちそのもの~ (2, 0.0%)

1 としてうけ入れられ, もその

▼ たちそめし~ (2, 0.0%)

1 祇園も, 霞の

▼ たちそろそろ~ (2, 0.0%)

1 日本人の, 時間じゃ

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 あ身分, うとう泊り

▼ たちたすかるだろう~ (2, 0.0%)

2

▼ たちただ~ (2, 0.0%)

1 その無意識, 自分の

▼ たちだけと~ (2, 0.0%)

1 いっしょに, なりますと

▼ たちだけにでも~ (2, 0.0%)

1 あゝし, 知らせて

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 やあ他樣, やない

▼ たちつかれた~ (2, 0.0%)

2 羽を

▼ たちつづけ~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ たちであったらしく~ (2, 0.0%)

1 それが, 彼らが

▼ たちでしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なかった

▼ たちとかは~ (2, 0.0%)

1 今も, 皆大将から

▼ たちとかを~ (2, 0.0%)

1 数多くつかわした, 追放し

▼ たちとでは~ (2, 0.0%)

1 濡れ心地が, 随分ちがっ

▼ たちとりわけ~ (2, 0.0%)

1 エチエネットにとって, リーズを

▼ たちどちら~ (2, 0.0%)

1 にとってもとても, のため

▼ たちどっか~ (2, 0.0%)

2 へかくれよう

▼ たちどっち~ (2, 0.0%)

1 の力, もろくに

▼ たちどを~ (2, 0.0%)

1 まどは, 尋ねずば

▼ たちなぞ~ (2, 0.0%)

1 の立ってる, 私たち以上に

▼ たちなぞが~ (2, 0.0%)

1 あちこちの, 来て

▼ たちなびき伐りのこり~ (2, 0.0%)

2 の松

▼ たちなり~ (2, 0.0%)

1 定子なりを, 生れた郷土

▼ たちなんかは~ (2, 0.0%)

1 丸呑みの, 憎がって

▼ たちなんにも~ (2, 0.0%)

1 しないわ, 申し合わせなかったのに

▼ たちにおいて~ (2, 0.0%)

1 君に, 脱自的

▼ たちにおいても~ (2, 0.0%)

1 絶望に, 身體を

▼ たちにかけて~ (2, 0.0%)

1 僕の, 生さる

▼ たちにかの~ (2, 0.0%)

2 人々の

▼ たちにからか~ (2, 0.0%)

1 はれたり, はれながら

▼ たちについても~ (2, 0.0%)

1 そのおそろしい, それが

▼ たちにとっての~ (2, 0.0%)

1 困難は, 日常茶飯事において

▼ たちに対してさえ~ (2, 0.0%)

1 きまり悪く, 彼等が

▼ たちのうへに~ (2, 0.0%)

1 多年練磨の, 起つて

▼ たちのみの~ (2, 0.0%)

1 歴史では, 責任と

▼ たちのよ~ (2, 0.0%)

1 こを, 文化水準で

▼ たちはきゃ~ (2, 0.0%)

1 っといっ, っと悲鳴

▼ たちはちよ~ (2, 0.0%)

1 つとした, つと立ち止まつ

▼ たちはやく~ (2, 0.0%)

1 からだを, 獲物を

▼ たちはを~ (2, 0.0%)

1 かしく思ひました, どり上つて

▼ たちばかりか~ (2, 0.0%)

1 一家中の, 近所の

▼ たちばかりで~ (2, 0.0%)

1 一ぱいだ, 埋まった死人台帳

▼ たちばなし~ (2, 0.0%)

2 して

▼ たちふたりきり~ (2, 0.0%)

1 でそんな, でハイド・パアク

▼ たちほどに~ (2, 0.0%)

1 断食芸人に, 確乎としては

▼ たちほんとに~ (2, 0.0%)

1 安心いたします, 頓馬だ

▼ たちぼく~ (2, 0.0%)

1 のまわり, をなぐっ

▼ たちまあ~ (2, 0.0%)

1 夜よ, 言って

▼ たちまず~ (2, 0.0%)

1 これを, それに

▼ たちみな~ (2, 0.0%)

1 おもいおもいの, 出て

▼ たちみんなここ~ (2, 0.0%)

1 にい, の寄宿舎

▼ たちもう一度~ (2, 0.0%)

1 前跼み, 引返して

▼ たちもが~ (2, 0.0%)

1 そうである, 人類の

▼ たちもけ~ (2, 0.0%)

1 しからぬこと, ものたちも

▼ たちもっと~ (2, 0.0%)

1 この世の中, 仕合せに

▼ たちもと~ (2, 0.0%)

1 ほるを, 進んで

▼ たちもの~ (2, 0.0%)

1 にした, をした

▼ たちやっと~ (2, 0.0%)

1 最初の, 達ちゃんに

▼ たちやや~ (2, 0.0%)

1 に照り, に照り来る

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 さ, て添はず

▼ たちゆんちゆん~ (2, 0.0%)

2 と鳴いた

▼ たちよい~ (2, 0.0%)

1 子だ, 山か

▼ たちよと~ (2, 0.0%)

1 オレは, 呼ばれざるを

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 が立つ, つた

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 こそ待て, たり

▼ たちをか~ (2, 0.0%)

1 たみがわりに, はいさうに

▼ たちをさえ~ (2, 0.0%)

1 感激させた, 魅了する

▼ たちをの~ (2, 0.0%)

1 こりなく客車, のしつた

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 ところでは, とこ通学の

▼ たちアイヌ~ (2, 0.0%)

1 のうち, も今

▼ たちトムスク~ (2, 0.0%)

1 までも逃げた, まで逃げ

▼ たちミマツ曲馬団~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の者

▼ たち一党~ (2, 0.0%)

1 に気づかれない, の尾行

▼ たち一味~ (2, 0.0%)

1 に答え, に見られる

▼ たち一時間~ (2, 0.0%)

1 たつ, たつうち

▼ たち一連~ (2, 0.0%)

1 の事件, の浮浪

▼ たち一門~ (2, 0.0%)

1 でやってる, の退却

▼ たち七八人~ (2, 0.0%)

1 と一艘, を誘っ

▼ たち三少年~ (2, 0.0%)

1 はあい, は黒覆面

▼ たち下々~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ たち下賤~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ たち両方~ (2, 0.0%)

1 の全身, へ呼び出し

▼ たち両親~ (2, 0.0%)

1 が承知, の非業

▼ たち二三~ (2, 0.0%)

1 の友人, の男

▼ たち五少年~ (2, 0.0%)

1 がほんとう, も残念

▼ たち今ごろ~ (2, 0.0%)

1 は定めし, は無事

▼ たち今夜~ (2, 0.0%)

1 なにか用事, にでも此処

▼ たち今晩~ (2, 0.0%)

1 の舞踏会, は帰らなく

▼ たち何ぞ~ (2, 0.0%)

1 愚しく, 願が

▼ たち個々~ (2, 0.0%)

1 の弱, の心理

▼ たち兄姉~ (2, 0.0%)

1 のこと, のなか

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 に行っ, へ行っ

▼ たち先生~ (2, 0.0%)

1 のお, を捜し

▼ たち全員~ (2, 0.0%)

1 の勢ぞろい, をわたしたち

▼ たち八坂組~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の掟

▼ たち兵隊~ (2, 0.0%)

1 でないもの, は弱者

▼ たち冒険~ (2, 0.0%)

1 をし, をやりすぎた

▼ たち凡夫~ (2, 0.0%)

1 の語, はです

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 でぬ, で路

▼ たち出し~ (2, 0.0%)

1 はこの, は此譯

▼ たち切り~ (2, 0.0%)

1 といふの, ぬ

▼ たち労働者~ (2, 0.0%)

1 がサヴエート同盟, を無産階級

▼ たち勝手~ (2, 0.0%)

1 にしろ, に騒ぎます

▼ たち十二人~ (2, 0.0%)

1 のうち, は皆

▼ たち十名~ (2, 0.0%)

1 が本艇, の使者

▼ たち十數人~ (2, 0.0%)

2 は戻

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 たか, とみんな売切升

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 の手, の診察室

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 二郎は, 見知り越しの

▼ たち及び~ (2, 0.0%)

1 三人の, 親たちの

▼ たち各自~ (2, 0.0%)

1 に思い思い, の人格改造

▼ たち同室~ (2, 0.0%)

2 の者四人

▼ たち同行二人~ (2, 0.0%)

2 の巡礼

▼ たち四五人連れ~ (2, 0.0%)

1 であつ, はいつも

▼ たち四年生~ (2, 0.0%)

1 と三年生, は男女

▼ たち地球~ (2, 0.0%)

1 の世界, の人間

▼ たち地球人類~ (2, 0.0%)

1 よりもずっと, を殺す

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 をあわせ, を併せ

▼ たち夏やすみ~ (2, 0.0%)

2 で帰った

▼ たち外国~ (2, 0.0%)

1 にいる, のもの

▼ たち多少~ (2, 0.0%)

1 物事に対して, 風流気の

▼ たち大人~ (2, 0.0%)

1 くさくなけれ, の気持

▼ たち失礼~ (2, 0.0%)

1 があっ, して

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 で見, へいっ

▼ たち女の子~ (2, 0.0%)

1 に手つだう, は二階

▼ たち女子~ (2, 0.0%)

1 も公平, も男子

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 の分, も物心

▼ たち妹たち~ (2, 0.0%)

1 しかしらなく, の愚行

▼ たち妻子~ (2, 0.0%)

1 はまた, へ姿

▼ たち姉様たち~ (2, 0.0%)

1 は, は帰っ

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 といわば, に知らせ申さん

▼ たち娘たち~ (2, 0.0%)

1 が健全, と事務的

▼ たち子ども~ (2, 0.0%)

1 になかなか, のくせ

▼ たち子供たち~ (2, 0.0%)

1 その親たち, に対してはやさしく

▼ たち孫たち~ (2, 0.0%)

1 といちはやく, を前線

▼ たち家庭~ (2, 0.0%)

1 の経済状態, の者

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 である, に舁き入れぬ

▼ たち少女たち~ (2, 0.0%)

1 の内的生活, の存在

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 につけ, ふるまいが

▼ たち~ (2, 0.0%)

2 も出ない

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 で月夜, に来

▼ たち山岳切支丹族~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の遠い

▼ たち庶民~ (2, 0.0%)

1 の力, を守る

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 に逢った, の世話

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 も一緒, を圍

▼ たち彼女~ (2, 0.0%)

1 にははじめて, を助け

▼ たち得意さうに~ (2, 0.0%)

2 わつと

▼ たち心配~ (2, 0.0%)

1 して, してらつし

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 あるもの, を同じく

▼ たち懇意~ (2, 0.0%)

1 だつた, の娘たち

▼ たち或は~ (2, 0.0%)

1 其以前に, 租税を

▼ たち打ち~ (2, 0.0%)

1 のできる, はできない

▼ たち数十人~ (2, 0.0%)

1 がこの, が首

▼ たち文士~ (2, 0.0%)

1 だと, の大

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 イスパニヤに, 客が

▼ たち新しい~ (2, 0.0%)

1 文学の, 男の

▼ たち昂奮~ (2, 0.0%)

2 がやや

▼ たち明智先生~ (2, 0.0%)

1 にご, のからだ

▼ たち時々~ (2, 0.0%)

1 アブレたっ, 顔を

▼ たち普通人~ (2, 0.0%)

1 には間に合いかねます, にも独り合点

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 から煤掃き, の光

▼ たち本来~ (2, 0.0%)

1 の生活, の面目

▼ たち東京人~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ たち~ (2, 0.0%)

2 張れる老木

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 で木, のなか

▼ たち正しい~ (2, 0.0%)

1 こと話してる, 理想を

▼ たち民衆~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の名

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 がちがったなっ, がつかなかった

▼ たち永遠~ (2, 0.0%)

2 にだめ

▼ たち津軽人~ (2, 0.0%)

1 の明るい, の窮極

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 と子たち, と引き離され

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 に橇, の同類

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 はれる, 世紀の

▼ たち生徒~ (2, 0.0%)

1 が何, に華盛頓

▼ たち生活~ (2, 0.0%)

1 の困苦窮乏, の柱

▼ たち男運~ (2, 0.0%)

2 がわるい

▼ たち百人~ (2, 0.0%)

1 に近い, を集め

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 戦う若い, 顧みて

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 がない, もくらむ

▼ たち籠むる眼路~ (2, 0.0%)

2 のすゑ

▼ たち縁側~ (2, 0.0%)

1 と云え, にも庭

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 を攀じ, を解い

▼ たち老人~ (2, 0.0%)

1 はそろそろ, ばかりで

▼ たち芸術家~ (2, 0.0%)

1 の役目, はその

▼ たち落語家~ (2, 0.0%)

1 が高座, にし

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 かと, の花

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 だわ, になってる

▼ たち蜂須賀党~ (2, 0.0%)

1 の手, の者

▼ たち行く~ (2, 0.0%)

2 んなら

▼ たち行っ~ (2, 0.0%)

1 ちゃア, て知らせ

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 のボスたち, の子

▼ たち見た~ (2, 0.0%)

1 ことも, 瞬間ちょっと

▼ たち見たい~ (2, 0.0%)

1 な女, な罪人

▼ たち親子四人~ (2, 0.0%)

1 は一枚, は津軽

▼ たち貧乏人~ (2, 0.0%)

1 の小, の忰

▼ たち貴様たち~ (2, 0.0%)

1 と彦太郎, と連呼

▼ たち買っ~ (2, 0.0%)

1 てあげましょう, てください

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 うごきも, を以てファッショ

▼ たち身分~ (2, 0.0%)

1 のない, の低い

▼ たち農夫たち~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ たち迄が~ (2, 0.0%)

1 皆猛火, 繋がる縁

▼ たち途中~ (2, 0.0%)

1 で死ん, までお迎え

▼ たち~ (2, 0.0%)

1 がいく, の当たらない

▼ たち~ (2, 0.0%)

2 とけそめし荒山

▼ たち電車~ (2, 0.0%)

2 とかけっこ

▼ たち青蛇団~ (2, 0.0%)

1 はみんな, を見送った

▼ たち食う~ (2, 0.0%)

1 な, 米が

▼ たち騒い~ (2, 0.0%)

2 でいる

▼ たち騒ぐ~ (2, 0.0%)

1 なり, 味方を

▼1* [1771件]

たち、揃つて前津の田畝あたり, たちぁお前の腹, たちぁしたけりゃ上陸しても, たちぁどうも料簡がいけねえ, たちぁみんなぶらんこになって天日に曝されるだろう, たちぁダブルーン金貨を手, たちぁポンと後, たちぁ一人だってお前, たちぁ一気だで, たちぁ十里離れた江戸ッ子, たちぁ敬公のさらわれちまった, たちぁ明日といわず, たちぁ昔の通人風来山人平賀源内, たちぁ腕一本ありゃ食いっぱぐれ, たちあいつに見つからない, たちあおいかわほね, たちあげくは大声, たちあすこにむかっ, たちあたしたちも仲間, たちあちこちに朝, たちあつちこつちの雑誌社, たちあての食費, たちあなたがたのどなた, たちあなた方は父母, たちあふれ上って来た, たちあまたな女人, たちあやしいやつを, たちあらゆる文学の, たちありしよりこの, たちあわただしく働いて, たちあわてるばかりで, たちあんた方があたし, たちあんないたずらを, たちあんばいよう直さっしゃい, たちあんまのつえ, たちあッと眼色, たちいいかい, たちいいかげんにしたら, たちいきなりよそへ, たちいささか粉黛を, たちいそぐんだ, たちいたぞいた, たちいってしまった, たちいったいどこの, たちいったいどうかして, たちいまいましい馬鹿野郎どもの, たちいまごろアメリカで, たちいまふしぎなもの, たちいまへんなもの, たちいま遊の最中, たちいま遊びの最中, たちいま銀座へくり出そう, たちいわば国家の, たちいわゆる在家の, たちうずまってしまう, たちうちの構え, たちうねりかえし逆巻き想像, たちうるさいね, たちうれしいのよ, たちうんやろ, たちうんと食べちまうもの, たちえとにびっくり, たちおおわが美しき, たちおおかた三分も, たちおし迫って, たちおしつぶされてしまう, たちおそくよく来た, たちおとなだつてそう, たちおどかされてにげだした, たちおなじ歸り, たちおのもおの, たちおのおのはその, たちおのおの一つかみずつの苧, たちおまえら知って, たちお上のなされ, たちお伴つきで来た, たちお前たちは何と, たちお前らの王, たちお召のゾロリ, たちお客のところ, たちお客様のない, たちお待ちなね, たちお正月どうなさる, たちお母さまもお, たちお母さんがかぜ, たちお茶がまだ, たちお迎えにあがりました, たちお隣へいらつ, たちかえってその弟, たちかくす日の, たちかくふと私は, たちかくれんぼにはもってこい, たちかたちはさも, たちかという質問を, たちかとばかり思って, たちかね申故, たちかはりこの, たちかへてける今日, たちからたちから, たちからばかりでなく僕自身, たちからよりもいっそう多く, たちかわり集ったり, たちかわり公園へやってくる, たちかわり榊をささげた, たちかわり首をだし, たちかんかん虫じゃ, たちがかはるが, たちがからかふとその, たちがきのどく, たちがたい関係を, たちがたくして, たちがちやんと, たちがなんて哀れにも, たちがにわににげた, たちがねこれば, たちがねえムラードの, たちがへびにかこまれてこまっていたちょうど, たちがべいにむちゅうになっています, たちがまどとへい, たちがもやの, たちがやしきの, たちがやにはに殿上に, たちがわッと, たちがわりに気丈, たちきしやつて何, たちきっと新年の, たちきっとそうなります, たちきのふあそこを通つて, たちきみたちの尊敬, たちきょうは美術館, たちきょう日の働き, たちきようだいの, たちぎきして苦笑して, たちぎぎがしたいなぞと気を揉んだ, たちぎわにはそれでも, たちくすくす笑ふ, たちくだらないことを, たちくちさがない連中の, たちくらいの中学校から, たちぐらいからの年頃の, たちぐらゐは解つてゐるに, たちぐるみ上り端の前, たちけがしなかったの, たちけぶる果に, たちこうしてただよいながら, たちこつちへ来, たちことには謙さん, たちこのごろいろいろの, たちこまをまわし, たちこらしめてあげ, たちこれきりになる, たちこれっきりもうお, たちこれらの形而上学者たち, たちこわがることは, たちこんど慰問袋の中, たちこんなふうになつた, たちこッこだ, たちひいきの, たちさあついたよ, たちさすがに不死身, たちさぞ疲れたろう大, たちさっぱりして, たちさつきからお待ち, たちさて扇を, たちさては諸国から, たちさびしく無力な, たちさまざまに扮装, たちさらにまた貧しい, たちさらばまづ, たちさるように, たちさわぎを聞い, たちさ金をくれ, たちしかし断食の, たちしかも多数の, たちしずかにし, たちしたが怪しい, たちしたくないわね, たちしだいいついかなる, たちしだれやなぎ, たちしだれナル名ハ意義ニ於テモ少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ, たちしつかりやらうねえ, たちしばらくお待, たちしまに花, たちじっとして, たちじつに怪異な, たちばしつこい, たちすくわれるのよ, たちすこしもしりませんもの, たちすっかり御馳走に, たちすでにかやを, たちすべてヴァージニティーを失っ, たちせいぜいおよぐん, たちせっかくつかまえたこの, たちせ片づけるってどんな, たちぜんたいどこに来た, たちそいつを自動車, たちそういう人々は, たちそしてまたソヴェト文学の, たちそちらに行き, たちそっくりの清貧, たちそのかみの, たちその他の高級役人, たちその他甲府全市の知識階級, たちその間に啼きかわし, たちそばの, たちそむる霧かと, たちそれぞれ三様の姿態, たちそれぞれ成長して, たちそれぢゃあ何十円ってたべた, たちそれにおそらくは私, たちそれほど琵琶が, たちそれ以外の取引, たちそんなくだらん, たちぞろぞろ帰つて行く, たちたいしたことは, たちたがいに目, たちたきつけの木, たちたくさんいるの, たちたすかってよ, たちたすかったね, たちたとえばかの, たちために道, たちだいたいの向う, たちだけでももすこし微意, たちだだっ子でした, たちだったらすぐ女房, たちだってさおふくろから, たちだってもうれしかろう, たちだまって人, たちちかく寄れ, たちちゃんと知ってるわと, たちちょうばかりだった, たちちよつとみんな, たちそのつもり, たちっていうのは, たちってけども何鼠の, たちついに義朝を, たちつくしを捜す, たちつたら一聯隊も, たちつつはせつけたの, たちつひに納まるまいで, たちてながむれば, たちであったではない, たちであったならこれから複雑, たちでありましたからこの, たちでありましょうか, たちでありますよ恐入ります, たちであるならば母, たちでいらっしゃるし毎日, たちでこそつくり出して, たちでした愛する國から, たちでなかったのは, たちでなくって君, たちでももすこし宇宙觀, たちで無ければ味, たちとある横町の, たちというかお互いに, たちといつても二十七人, たちとかが源氏の, たちとかにだけ閉ざされて, たちとけふあふことが, たちとさえ云えば, たちとだけになりました, たちとだけの居るところ, たちとだけはもとの, たちとてもまた美味いもの, たちとてももともと胸中に, たちとでも話すよう, たちとにとって何か, たちとによってその周囲, たちとによる鑑定人も, たちとまりながめみかへり, たちともさうですか, たちとよばるべき年ごろ, たちとよりはこの老人, たちどういう方な, たちどうかおかあさんが, たちどうしで見物, たちどうしてここを, たちどうして時々ああして, たちどうせ気まぐれな, たちどすよってひどい, たちどのひとも, たちどれもこれ, たちどれくらゐ汚れるまで, たちどれほど渇望し, たちなされお馬, たちなされたと言われる, たちなしには生存, たちなぜ戸を, たちなぞのおもちゃに, たちなぞはいずれも, たちなぞもそれぞれ引き取っ, たちなどからカストリ飲ん, たちなどだけに真実の, たちなどですでににぎわっ, たちなどとの間の, たちなどとは言葉など, たちなどには目も, たちなどにもそれぞれよい, たちなどへは派手に, たちなどを入びたりに, たちなにかあなたに, たちなみによりその, たちならとびあがってなくな, たちならなんずら藤原様へ, たちならびに彼らによって, たちなんかにわかりっこありゃしない, たちなんかには手の, たちなんざあ隠亡の仕事, たちなんて詰らないもん, たちなんらの天職, たちにかッと, たちにげいをさせなけれ, たちにこそ適評と, たちにしがよく, たちにしか見えなかった, たちにせものは七人, たちにたいしても大不孝, たちにたいする判決の, たちにだけでも知られないよう, たちにだけと仰しゃるのでしたら, たちにだけはうなずかれること, たちにつけ覘われる, たちにであらう, たちにとってさえ一粒として, たちにとってさえもそれは, たちにとりましてどうにも, たちになつて現れた, たちにはできっこない, たちにばかり饒舌らせない, たちにまでも遠慮し, たちにもてまえが, たちにやわからねえよ, たちによってこそ世界は, たちによってさえもたやすく影響, たちによつて彼, たちにより時代の, たちにをしへ, たちに対してと同様に, たちに対してのみならず自分自身, たちに対してばかりでなく全, たちぬきですました, たちぬれどまだ, たちぬれぬ山の, たちねえ茅ヶ崎が, たちねこをいじめた, たちねと事もなげに, たちのうはさばかりを, たちのしか言うの, たちのだけは許して, たちのてがらを, たちのということに, たちのどかであった, たちのなまあった, たちのびて後れ, たちのぶじなこと, たちのまでそのほか, たちのまん前に, たちのみか浪路の, たちのりこうを, たちのれるのでしょう, たちはいちように嘘言癖, たちはうら声で, たちはかべや床を, たちはかまはない, たちはからだが, たちはけましを, たちはげしい情感が, たちはげしく躍り靜, たちはさえぎるもののないあらしにふきさらされていた, たちはじぶんじぶん, たちはじめて短秒間の, たちはじめ天地の間, たちはじめ店じゅうの番頭小僧, たちはじめ日本人のこしらえた, たちはずつと牽きつけられたものぢ, たちはたうとう笑, たちはてしないほど, たちはなしか幇間, たちはにが笑いを, たちははくちょうのすがたに, たちはぶじでした, たちはへいきで, たちはべっと唾を, たちはべんとうの, たちはやッと, たちはやりをふるっ, たちはわたり歩いて, たちはんたいがわへ, たちばかの乞食, たちばかりかもしれませんが, たちばかりとは言はれない, たちばっかりですからね, たちばらばらになろう, たちばんざーい, たちひきもきらず, たちひさい木札が, たちひとしく口には, たちひとついかがなもん, たちひとつ中へはいっ, たちひとりのこらずすぐ, たちひどいめに, たちひどく頭の, たちひろしま午前五時四十分島田九時前でした, たちびくともしませんや, たちびっくりするぜ, たちふこつちや, たちふさがれた切なさ, たちふしぎなおもしろい, たちふたりっきりおきざりに, たちふた児なの, たちふだのう, たちふものかな, たちふもんでどんなね, たちふらふらと雨, たちふるえあがりましたっけ, たちへといって, たちへまをやる, たちへまで宣伝する, たちべつに悪いこと, たちほうぼうからワーッ, たちほとほと閉口いたしました, たちほどかへつてその, たちほどには風呂敷包みを, たちほどの興味を, たちほんとにほっとして, たちほんの駆けだしな, たちぽつりぽつり俄雨が, たちまいばんたった十五分, たちまかせにし, たちまことに勝手で, たちまさった人間として, たちまさりてなどお, たちますわ, たちますると雷象, たちまず何より先にと, たちまったくどうも根気よく, たちまでに悉に, たちまでにも御会釈, たちまでは届いて, たちまでもがペコペコと, たちまぶしい陽の, たちまるでわざわざ虜に, たちまわりがうまい, たちまんまとだまされて, たちみずからこれらの科学的, たちみずから実地の調査, たちみずから農商務省に出頭, たちみなわたくしたちに取入っ, たちみなサインしたわ, たちみなパリへみいら, たちみんなあっちで勉強, たちみんなそこへやってきた, たちみんなどこかへ行っちまっ, たちみんなシーンと後ずさり, たちみんな一緒に死のう, たちみんな仕度なんかどう, たちみんな口が堅い, たちみんな挽き肉にし, たちみんな満腹したの, たちみんな着替えを持ってるだろう, たちみんな立上って, たちみんな罪がなく, たちみんな道場へ帰った, たちみんな頭をばりばり, たちむしろよその, たちむやみにそう, たちめぐり逢えばすなわち, たちもうかれこれ一月あまりの, たちもうなんにも欲しいもの, たちもぐらのによべる如く, たちもさわざ出し, たちもしやう事なし, たちもしくはそれ以前の, たちもちよつと, たちもちつとは僕等, たちもつれていっ, たちもどつと笑つた, たちもねあの時, たちものすごいのよ, たちもはやずっと前から, たちもらいがなく, たちもらい泣きに慰め, たちもろともに聞し召せ, たちもろもろ下りきまして, たちもわーっと, たちゃあこうして後を, たちゃいつまでたっても馬鹿だ, たちゃなわじり切って, たちゃまだなまなましい若そう, たちゃらちゃら鳴らす, たちやがていつもの怪塔, たちやじうまを乗せる, たちやすいもので, たちやってみます, たちやの胸の, たちやはおた, たちやみつきになったら, たちやめむ, たちやらもっと遠く, たちやられたな, たちが去年の, たちゅうけきっと今度, たちゅうことじゃけ問題は一層, たちゅうことでいやはや, たちゅうこんだが今はどう, たちゅうちゅうと鳴きもがいたの, たちゅうてもやっぱり心, たちゅうて紫蘇を細あく, たちゅうて花輪をとどけ, たちゅうのはありゃ嘘, たちゅうものはこの一つ, たちゅうもんあることさい隠してたの, たちゅう事じゃ, たちゅう事実があります, たちゅう今の言葉, たちゅう動物譚中に出, たちゅう噂も聞きました, たちゅう物を見る, たちゅう諺あり, たちゅう譚から出たらしい, たちゅう道理がある, たちょうせんぶなの説明をいたしました, たちょうちょうは風にのっ, たちょっくり来るの, たちょび髯がその, たちようどその, たちよくもよくもおれを, たちよそひたる山清水, たちよっぽどうまく粒, たちよという意味です, たちよりか新らしく, たちよりてとへばげに浅間, たちよりはずつと神に, たちよりもかやうな, たちよりやチャッカリしとる, たちよりより積極な, たちよろこんでおじさん, たちと目配せ, たちらしい散兵の, たちらしくない競争である, たちわかれひとつひとつに, たちわかれた後忘れ, たちわかんないの, たちわか立つ杣に, たちわけて懇意, たちわけて北原さんの, たちわたくしは何, たちわたしくやしいっ, たちわたり彦星のか, たちわたる我が嘆く, たちわるもののすみか, たちをからかひに, たちをこそ気の毒だ, たちをすら殆ん, たちをずつと見渡した, たちをめぐってならよく, たちをやしきに, たちを以てその翌朝, たちを通じてなにかかけ, たちアみな恨みッこなしだ, たちアみんなこんなこと, たちアグネスさんイヴォンヌさんペンクラブの, たちアバタの穴, たちアフリカ人の忠実, たちアプレにとっ, たちアベックで散歩, たちアマンドさんのお客, たちア大丸のおやじ, たちインテリゲンツィアをふくむ, たちウラミを晴らした, たちカイちゃんを見ました, たちカラマゾフ一族の問題, たちカラマゾフ一統はしきりに, たちカリタ夫妻が彼女, たちカルの太子, たちカントが獨斷論者, たちカントフィヒテヘーゲルショーペンハウエルあるいはシュペングラー, たちガソリンはひどく, たちガラス棚の蒲鉾, たちガールスだけで独立公演, たちキミ子は帰らなかつた, たちキリスト教徒を犬ころ以上, たちクマソタケル二人が服從, たちクラブ員は一つ, たちクラブ書記局の人たち, たちコドモ委員で相談, たちコラムやモリイシャ, たちゴンゾが乾, たちサリージーンセーラ, たちザコネですから, たちスターて何だか, たちスペインへいらっしゃる, たちセンチメンタルにならない, たちセーチでは決して, たちゾロゾロと七, たちタアちゃんよ, たちタコが好き, たちタスキ十字のおっとり, たちダンスも出来ません, たちダンビラ抜くかも, たちチンピラ探偵のため, たちヂオメーデースに向, たちッ人をブッタ, たちぽけな, たちドイツとアメリカ, たちドイツ人みたいな胃袋, たちド・ラセーのもの静か, たちニッポン人というもの, たちバルナバスとわたし, たちパリへ行っ, たちパレスの役員, たちパンの会, たちビジテリアンというの, たちビックリして, たちピオニェールたち労働者たちは今日, たちファゼーロとロザーロ, たちフランスの若もの, たちフランス人は実際, たちフランス十九世紀末の象徴派, たちフランス語がなんて上手, たちフリーダの写真, たちプロレタリアート・ボルシェヴィキーが盗人, たちヘボ倶楽部とは巧, たちヘリコプターにのっ, たちヘロデの後裔どもめ, たちベルをおしました, たちペンを持つ, たちホホと笑ん, たちボクサーだとね, たちボールを投げ, たちマイナスの人間, たちマゲモノ作家も君たち, たちマユミさんと俊一君, たちミケランゼロダンテなどが切り開いた, たちミナゴロシになる, たちミマツ曲馬団員は一, たちムスメがそれ, たちラジオも写真機, たちロシアのとき, たちロンドンでいまごろ, たちワケなくやっ, たちヴァーニチカと二人, たちヴェランダへ出, たち一しょに帰ろう, たち一つずつ貰いました, たち一つ一つの顔, たち一つ手を貸し, たち一ばんから六ばん, たち一ぺんあれを縦, たち一ヵ月もする, たち一九〇〇年代初頭の日本, たち一九一八年の三月, たち一仕事すませた日, たち一向舟を, たち一向に面白くない, たち一夏ゐるうち, たち一家全体も罰せられました, たち一家族が住ん, たち一度に声, たち一文の得, たち一日も新聞, たち一日交替で食事拵え, たち一日何時間ずつ課業, たち一時間たちするうち, たち一月と過ぎました, たち一枚二枚と数えられる, たち一様に笑, たち一段ひくいお, たち一派の主張, たち一組は昨夜, たち一統をあしざま, たち一群の作家, たち一般婦人はそれら, たち一行四人は九月九日, たち一週間たったが, たち一週間たちしかし断食, たち一類のため, たち一騎の器量, たち七人おいでになる, たち七八騎はたちまち, たち七十年とたちました, たち七千万の人民, たち七千万人の日本, たち七百の兵馬, たち三人これこそは正義, たち三人ぞろいで家探し, たち三人五人の手前, たち三人何て面白い, たち三人組死なば, たち三分たった, たち三十五歳の章三, たち三十代の半ば, たち三十年たちました, たち三十日たつと, たち三四人にすすめてた, たち三年たつうち, たち三年級の生徒たち, たち三日たちして, たち三日たつ間に道庵, たち三月目がすぎる, たち三次元生物にはどんなに, たち三百八十余人はすべて, たち三羽の翼, たち三萬三千のお, たち三週間たちして, たち上がっていた, たち上がった丹波ふるえる, たち上がる平次を, たち上ってよろよろ, たち上り薄暮の塵芥, たち上層の腐敗, たち上方のほう, たちにい, たち下っぱの家, たち下人どもの模範, たち下女下男数十人をやしなっ, たち下級の生活, たち不幸せなん, たち不自由な者, たち不運な余計者, たち世界は次第に, たち世界じゅうの悪もの, たち世界無宿のにっぽん人間, たち丙種のもの, たち名, たち両人の所有物, たち並べて首を, たちには浪路, たち中平以外は益々, たち中年前後の夫妻, たち中條の子供たち, たち中空の温もり, たち中継係の人たち, たち中間小説と称する, たち丸髷の仲居, たち主人が馬, たち乃至リルケの, たち久しく行かなかったし, たち乗れるかしら, たち乗客の世, たち九人が恰も, たち九名はすぐ, たち九百九十九人の憎悪, たち飲みを, たちの成行き, たちた月, たち二ひきはかわいい, たち二わだけくう, たち二タ月たち三月目がすぎる, たち二三人づれで目黒の大黒屋, たち二人きり座敷で遊ん, たち二人さしむかい, たち二人づれとあやかさんの湯道具一式, たち二人二人の願い, たち二人二十一二の男, たち二人分の勘定, たち二人台所で立った, たち二人追放の恥辱, たち二人連じゃありませんでした, たち二分たちおおかた三分, たち二匹の物語, たち二十七名が非, たち二十七回卒業生の校長先生, たち二十人ばかりみな顔, たち二十人餘りを, たち二十代のはつらつ, たち二十日たつうち, たち二十日たちもうかれこれ一月あまり, たち二千万どころか二千円, たち二千九十一万余人の婦人有権者, たち二年たった, たち二年たちする間, たち二年たち三年たつうち, たち二年生は全部, たち二方は, たち二日たち三日たっても, たち二時間經つた, たち二月たつ中, たち二月たちして, たち二百十日と言, たち二週間たって, たち二週間目がもう, たち云い出そうかどう, たち互に知り合いの, たち五人のだん, たち五六人神社の裏手, たち五分たっても, たち五十人の一群, たち五十年たち七十年とたちました, たち五名と協力, たち五年たった, たち五日すぎても, たち五日たちあの娘, たち五日たち十日たちキミ子は帰らなかつた, たち五百人の母, たち人影のまれ, たち人種の優越, たち人身の底, たち人間そのものの動き, たち今度はお, たち今晩パリへ帰ります, たち今晩徹夜するのよ, たち今朝もう飛行機, たち今高台寺へ行く, たちへまつらむや, たちの者, たち他人から危害, たち他方に係, たち仲間一同が逮捕, たち伊勢の聖域, たち会社の者たち, たち伯母さんたちに伯父さんたち, たち伸子はいろいろ, たち位年中忙しくって, たち住民は信じ, たち佐伯の手, たち佐藤さんのは稲ちゃん, たち何だ何し, たち何だか精力的でない, たち何となしおなか, たち何もかもわすれて, たち何人かが同じ, たち何者だっ, たち作家一人一人の文学業績, たち作家的な氣持, たち使節団はふたたび, たち使者大音に叫び, たちれば, たち侍女どもは一所懸命, たち俘虜ども一同そろって, たち信者以外の全て, たち倉庫の尾根, たち個人個人が常に, たち個人同志の関係, たち倒れている, たちへばす, たち停車場まで行く, たち働いて食っ, たち働けば拵えられる, たち僧侶から雑多, たち僧侶富ちゃんお棺, たちの二号艇, たちからはなれたら, たち兄さまのお, たち兄たちまたは夫, たち兄妹主催の実験会, たち兄弟たちは毎日, たち兄弟親類縁者のため, たち先輩の頑固さ, たち先頭隊として大, たちに名香, たち入ったことを, たち入日さし時雨の雲, たち入院患者は塾生, たち全く貧乏に, たち全日本人民の生活, たち全部火宅の形相, たち全部誰もやけど, たち八人先生と合, たち八百の生徒, たち六波羅の主, たち六百何十人このほか, たち六階の先生, たち共にこの宿場, たち共有のおもちゃ, たち共用の空気銃, たちもの, たち其の昔は, たち内地の日本人, たち内弟子に同じ, たち内弟子どもはその, たち再び会うなら, たち冷たき軽侮の, たち冷たくなって, たち凡そ二千名ばかりを網羅, たち凡庸の法悦, たち処世上の心得, たち出かけたこと, たち出しなに駒下駄, たち出来るだけインチ, たち出演者はもちろん, たち分けてもローゼマリー, たち切ってみなけりゃ, たち切るように, たち切れば敵, たち列座の公卿, たち初め草や木の根, たち初午の祭り, たち初年兵は, たち初老の比較的, たち判断にまよった, たち別にビフテキ注文しましょう, たち別れぎわのうるさい, たち別離と思え, たちへ出, たち前髪を引きつめ, たち割り冷酷な批判, たち創造する者, たち劣等な人類, たち助かったのかも, たち助かっちゃうんだ, たち助かりようが, たち労働者たちは今日, たち労働者出の作家, たち勅語や教訓, たち勇將つ, たち勇気がある, たち動くと撃つ, たち動けば新郎新婦, たち動坂の子供, たち勝利者たちはエゴイスト, たち勝沼から塩山あたり, たち勤め先の上役, たち勤王を名, たち勿論ヤブでない, たち匂ひなせば, たち北極行きの方, たちぐらいのとき, たち十一人はこの, たち十万の青年, たち十二三の時, たち十二三人の住所姓名, たち十二歳で懲治監, たち十五になったら, たち十五六日ごろにはかえって, たち十五年たって, たち十五年二十年とたつ間, たち十五日たっても, たち十人をたのん, たち十六人をこの, たち十円会あたりの人々, たち十分たちしたが, たち十分自分たちの時間, たち十四手目ぐらいから顔, たち十字を切り, たち十年たち十五年二十年とたつ間, たち十日たつても, たち十日たちキミ子は帰らなかつた, たち十日位は夢, たち十月から工場, たち十銭銀貨を一つづ, たち千人が警察, たち千人私はひとり, たち千重子と八重子, たち南仏蘭西の田舎, たち単独でもこの, たち印度人一行の激昂, たちつてし, たち友人たちと私, たち友人数名で未成年者, たち友達が留守, たち蝶の, たち双子が生れた, たち双眼鏡で空, たち叔父甥の事, たち受話器を頭, たち減らずと, たち口々に打ち消す, たち可愛いがるよ, たち自分の, たち各国の民主的, たちふ, たち合点といっせいに, たち吉原病院で一人, たち時代の, たち同じく左方に, たち同国人にのみしか与えられない, たち同志勝手に話, たち同志日本人同志だけの庭園, たち同性に眼, たち同族は, たち同様キャラコにとっても従兄, たち同様ヤッカイ者扱いでそれでも, たち同様太子殿下の奨学金, たち同様獄門台に目, たち同様田植の人々, たち同様百姓女房そのままな, たち同様野のはくちょう, たち同行四人がシャスタ山, たち同行幾人かとこんど, たち同郷の少年たち, たち同類の鳥, たち名古屋へ行くなら, たち名告らずば, たち名探偵はその, たちふこの, たち向きの小説向き, たちの父, たち君たちのほう, たち周囲の人々, たち和琴を持っ, たち和議の使者, たち咸臨丸の一行, たちもうたえない, たち円とか, たち商売に出てた, たち善良なる皆さん, たち喜美ちゃんに結ばれた, たち四ヶ月たち就職口もない, たち四五人山から降り, たち四五十名としか触れ出され, たち四五名と大川, たち四人づれの日本人以外, たち四人兄弟のうち, たち四十七人が切腹, たち四十人をのこらず, たち四十分とたっ, たち四年目になり, たち四日たち十日位は夢, たち四日たち風が一度, たち四百年も昔, たち固有のもの, たち国府津へ行った, たち国民は決して, たち国鉄の働く, たち国際裸体婦人同盟の会員, たち見を, たち國民は國会, たち土人たちが黒船, たち土地の芸者, たち土着の人間, たち圧迫せられた人間, たち地上の別れた, たち地主のテーモ, たち坊さん軍人侍従長高官ら登場頸に絞首索, たち堅く奏すに, たちの代表者, たちをだんだん, たち壊れたところを, たちへてける, たちちかし木橋ゆ, たち外国人のさし, たち外国作家の目, たち外部のもの, たち夜居の僧, たち夜更けに参上, たち夜直でおそく, たち大いに叱りければ, たち大きくいへば, たち大きな鰻ども海老ども蟹どもが, たち大したものよ, たち大仏がつくられ, たち大学の新聞部, たち大巻のお祖父さん, たち大笑いしちゃった, たち大衆がつつましく, たち大阪の末輩, たち天主教徒の一味, たち天井抜けうが, たち天井抜きょうが根太抜きょう, たち天井裏に巣くう, たち天狗に借金, たち太刀の切ッ, たち夫人がた宮がた, たち夫婦きりだったから, たち夫婦二人だけ, たち奉行いたせ, たち奥さん連ばかりで, たち女づれの旅行者, たち女どもでありますが, たち女中も使っ, たち女事務員勤人の生活, たち女以上の何もの, たち女優は, たち女御更衣その他院内のあらゆる, たち女性女はどうも, たち女性自身の描き, たち女房たちは責任, たち奴隷はおれたち, たち好きなの, たち如何にし, たち妊娠して, たちと子, たち姉妹たち伯母さんたちに伯父さんたち, たち姉妹のを一, たち姉妹三人がみんな, たち姉弟三人ともそう, たち始めからしまい, たち威張りちらすのは, たちの頃, たち娘カセ杖ついて, たち娘仲間の三四人, たち婦人作家は深く, たち嬉々として邪念, たち子ども二人で雌牛, たち子ばとにつめたい, たち子供たち自身の財産, たち子供らは小さい, たち子供一同は一塊, たち子供仲間から左官屋, たち子供同志も遊びます, たち子供連のこと, たち子供達が田端, たち孤独にされ, たち孤独レストランの食事, たち学友一同の手本, たち学徒の名, たち学生時代の学寮生活, たち学者はつねに, たちに何一つ, たち安寿厨子王の同情者, たち安心して, たち安積からかえる, たち宗門の友達ども, たちを言う, たち実に神画と, たち実業家たちの意見, たち実習生がやがてもう, たち客室つき女中というもの, たち室内の者, たち宴会場から送っ, たち家事はほか, たち家庭教師たちよりも安斉先生, たち家族一同焼跡の上, たち家族以外の者, たち家族四人は上野, たち家来も馬鹿, たち宿命の病人たち, たち宿屋組もいろいろ, たち寄ってこの, たち寄り下さればこの, たち寄席のお, たち富士山で万年雪, たち寝ころんでいる, たち寝坊して, たちう以外, たち対レムのあいだ, たち専務に会, たち専門家が考え, たち将来のある, たちブルジョアの, たち小さい者は, たち小さくかたまって, たち小さな人間の, たち小人には皆目, たち小學校へ通, たち小平やお, たち小才はぶん殴られ, たち小松帯刀木戸準一郎後藤象次郎伊藤俊介それに京都旅館, たち小林団長におそわっ, たち小説家のところ, たち小説家仲間に迎春館, たち小野小町和泉式部式子内親王それからわれわれ, たち少年少女ばかりで, たち少年連盟はまだ, たち就職口もない, たち尼君の召使い, たち居合わせる日本の, たち届かぬまでもと, たち屋根からおっこちた, たち層雲の俳人, たち山口を經, たち山本氏の作品, たち山麓蘆安村でよく, たち岩手刈谷から茂市街道, たちの方, たち巡礼あそび, たち差出た事は, たち市民の心, たち市民消費者がすべて, たちと太后, たち師匠から人間, たち師弟を狂人呼ばわり, たち師弟十三人は丘, たち帰ってしまう, たち帰りに直ぐ, たち帰る時一緒に, たち幕僚の将, たちはせ, たち干物よ, たち平家勢は, たち平生科学の研究, たち年代の者, たち年子様の髪の毛, たち年寄との毎日毎晩, たち年少のもの, たち年輩の俳優一年生, たち并びに本師釈迦牟尼仏, たち幸山船長は, たち幸福だったのよ, たち幹部候補生二百名くらいが四列縦隊, たち稚いの, たち幼いみなし子, たち幾百人か, たち広い額の, たち庄亮と同じく, たち庄屋を庇う, たち庖丁を燒, たち廊のはづれ, たち廊下を通っ, たち取って, たち弟カルルと, たち弱く無能な, たち強い人たち元気な, たち当の公爵夫人の, たち当主の妻, たち当人同志の間, たち役者の部屋, たち彼女らの不可解, たち彼等の会話, たち待ちかまへてゐた, たち後藤君などに頼ん, たち後進に対して過去, たち紹介します, たち御子たちその小竹, たち御苦労です, たち御覧よ, たち徳永フランクの料理, たちを合せ, たち心ざま世にすぐれ, たち心中いっせいに感心, たち必ずしらずしらずの, たち必死で都会, たち志緒乃に言葉, たち忘れてはならない, たち忙しい人間は, たち忠義な家来たち, たち忽ちに赤に, たち怖がることは, たち怖気をふるった, たち性的異常者じゃない, たちを囁やく, たち恋愛だけで, たちなどというもの, たち息子を失った, たち悩める曙子供に, たちの華, たち悪い人間たちは, たち悪う思うてじゃ, たち悪友どもに向, たち悪魔のみうちめ, たち悲しき男女の, たち情死しちゃうかも, たち惰性だけで動く, たち意気な軍服, たち意祁の王, たちの表現, たち愛人たちよりもむしろ, たち愛唱の詩, たち愛用の安直, たち違えを, たちまずば, たち慰労のため, たち慰問して, たち懲戒囚たちは平素, たち成金の奴, たち或いは恋愛の, たち戦争はまつたく, たち手の内全部を動員, たち手堅く平凡な, たち手盛りで遠慮なく, たち打てなけりゃみんな揃っ, たち批評家などがこの, たち技芸員はまことに, たち折りはやし吾は, たち折助は逃げ去った, たち折角働いて, たち折角いつもは病的, たち抜きでも何とか, たち抱き合ったりまたがっ, たち押しよせてこない, たち拍手をし, たち拝殿にこもれ, たち持っている, たち挨拶じょうずの奥様方, たち捕まるもんか, たち掃きにけり, たち掃く劉單子劉單子箒伐り, たち探検隊員をおどかす, たち探訪記者が永い, たち推理家のすべき, たち撞球組は有っ, たち支那學生に紹介方, たち放免組が土地, たち政府のあるじ, たち政治のこと, たち故郷を出で, たち救われるんです, たち救援のこと, たち救護班としては毎日巡回, たち教員のテーブル, たち教室員はうち, たち教師自身の問題, たち散文をもっ, たち数人遊びに来, たち数騎で市中, たち文士仲間にも女流作家, たち文学者が理性, たち文明の仮面, たち文章を書かん, たち文芸の門外漢, たち料理をつくる, たちられながら, たち斬ったには相違, たち斬られませんねえ, たち断わりもなく, たち断髪洋装の女, たち新進が擡頭, たち旅客は宿換え, たち旅心がぬけない, たちの暮れ, たち日ごとに人知れず, たち日常の現実, たち日常生活の上, たち日暮れになる, たち日暮れ方のよう, たち日本人らはへん, たち日本人夫婦がもう, たち日本人民すべてに人間らしい, たち日本人種の使っ, たち日本國民はこの, たち日本國民ぜんたいの中心, たち日本字で一人一人名, たち日本民族の一員, たち日本軍になる, たち旦那さまはいったい, たち東京下町人, たち旧式の紙幣, たちや目, たち早朝など蔀, たち旺盛な詩人たち, たち昇つて帽子がお, たち昇龍丸に乗りこんだ, たち明智を牢屋, たち明治の人間, たち明治時代に生れた, たち明治期の都會生れ, たちと違っ, たち昔彦島で吉田親分, たち星山さんとはあ, たち映画と支那飯, たち暑いですね, たち暫くの間, たち更にそれを, たち書院にお揃いで, たち曽根さんに扱われ, たち左翼の, たち最後に若, たち月給取り本位の教育家, たち有楽町のガード, たち有限の人間ども, たち有限的な個人, たち朝倉先生を見送っ, たち朝飯の前, たち朝鮮にも天才, たちを根もと, たち木ベエにしろ, たち未亡人といわれる, たち本村の八幡さま, たち本郷辺の子供ら, たち杉田成卿箕作阮甫杉田玄端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, たち村山知義林房雄亀井勝一郎諸氏の社会的階級的行動, たちも, たち来たから殆ど一ヵ月, たち来ることならん, たち東京の人間, たち東京育ちのもの, たち東京近郊に移転, たち東洋の眼, たち東洋人が知識, たち東洋人全部がつながっ, たちを出しかけ, たち林房雄山田清三郎亀井勝一郎その他の著作, たちを折り, たち校長それからオルガン, たち案内者はさすが, たちの上, たちの如く, たち楽屋番の銀兵衛ほか, たち横浜へ着く, たち横須賀なん, たち樺太からやつ, たち機関銃ぐらい忍ばせ, たちの中, たち欠けたるものが, たち次いで一時間たった, たち次長や毒蛇, たちも得, たち止つてしまつ, たち正直な日本, たち正面で待っ, たちういふ, たち此処で番, たち此方衆にはただ, たち武人の殺, たち武者小路柳志賀里見萱野の諸君, たち歩きながら広場, たち歴史を究むる者, たち歴史家のする, たち死なないたましいを, たち死ぬこと色々, たち死んぢまひます, たち殆ど次々に, たち残らずうちそろっ, たち残りの者, たち殴り合い憎み合い癪, たち殴るんじゃあ, たち殿上役人が競う, たち母子二人きりどすさかい, たち母子四人を上手, たち母親のため, たち木曜日の, たち毎日の生活そのもの, たちもよだつ, たち民主主義作家は学ん, たち民主作家は森田さん, たち民族それ自体の持つ, たち気づきませんでしたか, たちを打った, たち水夫よ, たち水師に沿, たち江戸派の俳人, たち汽車の通る, たち沈んでしまふ, たち沈勇の大, たち沖本に腹, たち沼津の者, たち沿道には折ふし入京, たち法皇にも鹿ヶ谷事件, たちのあと, たち洋学派の学生, たち洋行者の大半, たち洋館のドア, たち洋館居住の全員, たち活きた人間の, たち活花を活ける, たちの真価, たち流のをやりましょう, たち浮浪者とインフレ, たち浮浪者たちのこん, たち海岸の巌, たち海面にはものすごい, たち淋しがり屋, たち深田久彌山本有三芹沢光治良等の諸氏, たちひて, たち渾名して, たち満場一致清洲籠城ときまった, たち溌剌たる人々, たち源頼朝や徳川家康, たち溢れてしまふ, たち滅亡のさい, たち滝夜叉であれほど, たち漁師なかま, たち潤ちゃんを見かけなかった, たち潮風に髪の毛, たち濁る地平の, たちを免れた, たち火事に遭いまし, たち灰色の雲, たち無学を吹聴, たち無意識なサラリーマンスユニオン, たち無礼を働く, たち無視して, たちと土, たち燕たちとは何, たち燭台の灯, たち爬虫類の愛情, たち爬蟲類の愛情, たち爺さん達を招待, たちや馬, たち牡丹の一もとごと, たち特有の事務的, たちひたつ, たち狡猾な悪漢, たち独逸人にあなた, たち猛りつづけてはいた, たちのヒゲ, たち飛べるあり手, たちなれば, たち獣医同士で話, たち玉川へ行つた時, たち王たちの前, たち王党の人たち, たち王族の天下, たち現われて口々, たち現われたわたしの, たち現在の運命, たち現実上の日常生活, たち理科の時間, たちを奥様, たち琴手クレーヴシンをつれ, たち環視のなか, たちの方針, たち生きた心地も, たち生きてるときには, たち生き残れる者を, たち生命のやり取, たち生命がけだぜ, たち生存者を発見, たち生物はだれ, たち産婦人科医として一番, たちにということ, たち用事でもつけた, たち田舎のある, たち田舎芸者に買, たち甲州入りをなさる, たち甲斐出身の予後備, たち甲板のうえ, たち男どもは戦い, たち男三人は森, たち男衆まで挙っ, たち町っ子の渇, たち留るスカマンダロスの, たち略奪疫病変った人々, たち疎開もできない, たち病気を見舞う, たち白人は海賊, たち白巾にて騎馬, たち白痴にわかる, たち白鳥会員はいつお別れ, たち百姓の分際, たち百杖の罰, たち皆そこまで現実, たち皆一つずつの燭台, たちと燐寸, たち監視されて, たち監視人をよこさざる, たち盲人の中, たち相川泰二君のお, たち相撲の方, たち相談をきめた, たち眠るんだ, たち眷属をこれ, たちを耀かし, たち知っている, たち知ってるの僕たち, たち知らなかったわ, たち知らぬものに, たち知己友人その他に遺書, たち石田のうち, たち碌々戸締りなんかした, たち碌ろくたる生活, たち社員を救っ, たち祖先伝来の土地, たちを守る, たち神楽坂党の間, たち禅家の者, たち私たちは私たち, たち私共はその, たち科學の先進國, たち秘書たちそれから運転手, たち秦啓源があと, たち程度のもの, たち種族の数, たち空襲警報よりも慌てふためい, たちひかく, たち竦んでると奥, たちひながら, たち笑いながら首, たち笑わぬか笑え, たち笑顔を慎, たち三分室は, たち第三者の力, たち答えて曰わく, たち箇々の存在, たちをその, たち紀元節の大赦, たち紅き物いささか, たち純下町人までが平気, たち紛れに観察, たち紳士方坐ったらどう, たち組合と近所, たち結婚式はいつです, たち結構でございます, たち絵本のほしい, たち総がかりであの, たち総てがこの, たち総出で事業服, たち縁者の輩, たち罩めものの輪廓, たちのない, たち罪深い者ばかり, たち群れて物洗, たち群行して, たち老人どもが想像, たち耽美家の熟達, たち聖武天皇が大仏, たち聞いたのよ, たち聞かせていた, たち聞き歡び見喜び, たち聞き知りて驚き, たち職工や失業者, たち育ちきれないのよ, たち胃袋をこしらえ, たち胡蝶の陣, たち腕一本でもおまえ, たち腕筋も有り, たちが減っ, たち膳拵えが出来る, たち自体でおまえたち, たち自分たちが洗濯, たち自身ポンチの生活, たち自身妙に考え込ん, たち自身心のどこ, たち自身栄養失調で這っ, たち自身自覚して, たち舞いおりるカモメの, たち舞踊家たちのこと, たち船室の連中, たち色さまざまの薬ビン, たち芸術家たちは知っ, たち夫婦の, たち若人輩の秘か, たち若者がすぐ, たち英吉利旦那のすばらしい, たち草小豆草蓬蛇ぐさ人参草嫁菜大なずな, たち葵累代の御, たち蒼くなって, たち蕃山闇斎素行そして水戸学, たち藝術家はその, たち藤島武二結城素明石井柏亭児島喜久雄黒田清輝岡田三郎助青木繁満谷国四郎その他, たち虎豹鶴鷺と勝, たちが可, たち蜜柑を食べたでしょう, たちの啼く, たちの繋り, たち行乞の銭, たち行路進めて, たち衣裳美々しく粧, たちておれ, たち見かけ倒しの, たち見られることは, たち見るに美しく, たち見下し威厳を, たち見物人はそれ, たち見舞ひに, たち見舞いに行った, たち親どもは, たち親分溝口屋鐘五郎が紅, たち親友たちが没後何, たち親娘はごく, たち観光団第一班, たち観光団一行をウエルカム, たち言い知れぬ恐怖に, たち言っていた, たち言わば素人の, たち言語道断の代物, たち記事をかい, たち記者諸君はたしか, たち記者連の鼻息, たち詫び入ってただ, たち話し難くなります, たち説き伏せる方法ない, たち読んでいた, たち誰一人感心したよう, たち請取その母親, たち将の, たち謂わば山間, たち講釈師たち野村さん鈴本亭主人伊藤晴雨画伯それに小咄, たち譜代直参の旗本八万騎一統, たち警察にはいろいろ, たちの奥, たちはどこ, たち負けはしない, たち負けるんじゃ, たち貧書生はたいてい, たち夫人たち届かぬ, たち貴様たち負けはしない, たち買いかぶっている, たちに迷つて, たち路傍の立ち木, たち踊り子なんて鰯, たち軍備の廃止, たち軍艦へお, たち軍需企業家たちが寡頭政治, たち軍需品だと, たち転向被告はますます, たち近所の人たち, たち近習の者, たち近藤勇を買いかぶっ, たち近衛秀麿スワネジ子たちと行った, たち迷信好きの彼ら, たち迷惑しますよ, たち退散する群集, たち逃げようか, たち逃げるのは, たちへ行こう, たち逆立ちしたって, たち通常人の公憤, たち通詞も嘉永末年以來, たち連れてっ, たち連名の一書, たち遊ばさぬゆえ私わきへ, たちがよかっ, たちを急い, たち道徳の役, たち道普請や荷担ぎばかりして, たち遠いとこへ, たちれて, たち部屋の至る, たち鄰家二三軒が皆跣足, たち酔っぱらいには困る, たち酸漿提灯かざしもしつ, たち重治さん栄さん夫婦などとどじょう, たちみちゆくけ, たち野村さん鈴本亭主人伊藤晴雨画伯それに小咄, たち野蒜摘みに, たちがあったら, たち金沢の尾山城, たち鈍太郎殿の手車, たち銚子をかへな, たちの旗, たちもそろった, たちせるは, たち録音マイクを引っ張りこん, たち長女の二年生, たち長屋住居の者, たち長崎通詞は十日間くら, たち長男と次男, たち門人には出来ない, たち門弟は皆師匠, たち閉口すると, たち開成山に行っ, たち間借り人たちの部屋, たち間違っていた, たち防ぎようも, たち阿媽しばらく, たち附属の生徒, たち降伏主義者はどう, たち陥れよとしてる, たち陸路をとれない, たち陽気に一つ, たち階級におとなしく, たち随身車役舎人にまで纏頭, たち隨分ぼんやりして, たち雁が音わたる關山, たち集まりて捜し出したまいし, たち雜つた黄ばんだ金剛石, たち離れ十二の, たち離れ離れにあっちこっち, たち電気風呂に入った, たちにてる, たち探かも, たちのかげ, たち青木は数年前失脚, たち青梅の仲間, たち青鷺組の者, たち武装者の, たち磨きその他名, たちのやう, たち順々に背中, たち頓馬だっていう, たちをあつめ, たちが一度, たち風来とは違っ, たち風見を軋らせ, たち食事をし, たち飯塚家にわけても, たち餓え死するわ, たち館長などぼくら, たちへ鞍, たち馬鹿どもがかわいそう, たち騒ぎがきこえたら, たち騰るでござりませう, たち破白山, たち高央真志保操によろしく, たち高官殿上役人などの中, たち高校生としては高校生活そのもの, たちを魔女, たち鬼夫婦はその, たちにどんなに, たち鰹節をナイフ, たちは歌, たち鳴物連中の中, たち麻ひものたば, たち黄巾党の勢力範囲, たち黒須さんの家, たち黙って見, たち黙つてゐない