青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ただちに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~たしか たしか~ ~たしかに たしかに~ ~たずね たずね~ ~たずねた ~ただ ただ~ ただし~
ただちに~
~たち たち~ ~たちまち たちまち~ ~たっ たっ~ ~たった たった~ ~たつ たつ~

「ただちに~」 1203, 13ppm, 8475位

▼ ただちにその~ (57, 4.7%)

4 人の 2 場から, 家の, 血性を

1 [47件] あとから, あとに, あとを, からくりを, ため不利益を, なにもの, ゴブラン織を, 中山という, 五百円を, 人たちに, 作用を, 動勢を, 半音の, 原因を, 反対の, 国の, 城下を, 場で, 夢みしもの, 大西洋向岸なる, 妻に, 封を, 将来を, 少女の, 応用を, 意味を, 推測の, 方面の, 晩小, 権利を, 死者を, 治安維持の, 法に, 理想を, 癈牛馬を, 百貨店に, 真暗な, 舷, 船を, 裏面において, 誤りを, 足で, 追跡に, 鉄水母らしき, 風を, 風光に, 鶏を

▼ ただちにこれ~ (38, 3.2%)

2 ありとの, をもっ

1 [34件] が思い浮かぶ, が種々, が誰人, ともの語り, につづいた, に同意, に向い, に競争, に転進, はわが, をわが国, を人, を修め, を倒装, を利用, を卑怯, を取る, を善き, を差別, を引き受け, を拭, を捉, を支配, を有害, を正当, を決する, を狐狸, を着実, を神, を自分, を衆民, を迷信, を適用, を額

▼ ただちにそれ~ (19, 1.6%)

1 [19件] が周馬, が毒草, が沼辺氏, が自分, が除害, が顔, と三人, なる四谷, に極め, の具体化, はここ, はチャアリイ, は争闘, を主張, を実行, を捨て去るであろう, を決行, を濫用, を非難

▼ ただちにこの~ (14, 1.2%)

3 ことを

1 [11件] 乗物の, 事件は, 唱門師の, 地点を, 埋地, 弁疏を, 意味が, 打撃を, 椅子は, 話の, 谷の

▼ ただちに~ (12, 1.0%)

1 [12件] と同棲生活, の云う, の名誉, の樓上, の精神, の身長, は信頼, は武具, を兵庫, を引っ捕え, を疑い得るだろう, を確認

▼ ただちに自分~ (8, 0.7%)

1 に向っ, のこと, の地位, の夫, の妻, の救済, の身の上, の願望

▼ ただちに右門~ (6, 0.5%)

1 とおかしな, に向かっ, の目ざし向かった, は一日通し, は伝六, は息づえをあげさせると

▼ ただちに~ (6, 0.5%)

1 となし, となる, と信じ, をも否定, を求めなけれ, を見る

▼ ただちに~ (5, 0.4%)

1 城内お, 旨を, 牢屋づき, 番所の, 艶を

▼ ただちに~ (5, 0.4%)

1 世界の, 兵力を, 市役所の, 軍にわたる, 都に

▼ ただちに~ (5, 0.4%)

1 ていきます, ていく, てきた, て行く, でんと

▼ ただちに~ (5, 0.4%)

2 二の 1 二代の, 二段の, 二版を

▼ ただちにかの~ (4, 0.3%)

1 女子の, 怪事は, 林へと, 聯想のみ

▼ ただちにここ~ (4, 0.3%)

1 が非常線, の移動, へ小市, を退散

▼ ただちに~ (4, 0.3%)

1 をあげ, をひきつれ, をもっ, を足し

▼ ただちに~ (4, 0.3%)

1 公爵へ, 剣を, 捜索を, 規模な

▼ ただちに~ (4, 0.3%)

1 ところへ, 一見の, 床几の, 返送いたします

▼ ただちに自己~ (4, 0.3%)

1 の一小隊, の胸臆, を善良, を破壊

▼ ただちにまた~ (3, 0.2%)

1 いずれかへ, 直義の, 豊田の

▼ ただちにわが~ (3, 0.2%)

1 日本の, 日本民族には, 邦の

▼ ただちに~ (3, 0.2%)

1 の懐, の注意, を魅する

▼ ただちに~ (3, 0.2%)

2 より直観 1 見を

▼ ただちに出発~ (3, 0.2%)

1 しようと, するところ, の準備

▼ ただちに女王~ (3, 0.2%)

1 に謁見, の御前, は彼

▼ ただちに実行~ (3, 0.2%)

1 となっ, に着手, に移し

▼ ただちに~ (3, 0.2%)

1 にした, をあげ, をひ

▼ ただちに現場~ (3, 0.2%)

1 において主人, に向かった, に近づい

▼ ただちに理解~ (3, 0.2%)

3 して

▼ ただちに~ (3, 0.2%)

1 のところ, の病状, は望月氏

▼ ただちに警察~ (3, 0.2%)

1 に報ぜられ, に引か, に引張る

▼ ただちに起こる~ (3, 0.2%)

2 考えは 1 無意不覚作用

▼ ただちに農民~ (3, 0.2%)

1 であった事, ということ, を意味

▼ ただちにあと~ (2, 0.2%)

1 を踏み, を追いかけました

▼ ただちにあの~ (2, 0.2%)

1 松の木の, 無能な

▼ ただちにそこ~ (2, 0.2%)

1 に走り, に踏みこん

▼ ただちにとっ~ (2, 0.2%)

1 ても大事, て車返し武蔵太郎

▼ ただちにわが国~ (2, 0.2%)

1 と境遇事情, に適用

▼ ただちにクリストフ~ (2, 0.2%)

1 には困る, をもっ

▼ ただちにルゾン号~ (2, 0.2%)

1 との間, の無電

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 名について, 国民の

▼ ただちに係り~ (2, 0.2%)

1 の探偵長ウォウリング警部, の武士

▼ ただちに動かん~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ ただちに同じ~ (2, 0.2%)

1 ぐらゐの旺盛な, 建物と

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 が, と僕

▼ ただちに命令~ (2, 0.2%)

1 する, を与え

▼ ただちに喪主~ (2, 0.2%)

2 として

▼ ただちに天狗~ (2, 0.2%)

1 なりと思う, なりと想像

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 に近づく, を里

▼ ただちに実在~ (2, 0.2%)

1 とする, の統一

▼ ただちに実践~ (2, 0.2%)

1 にうつり得ない, に移す

▼ ただちに家内~ (2, 0.2%)

1 をし, をつれ

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

2 の裾

▼ ただちに山上~ (2, 0.2%)

1 の方, へ急ぐ

▼ ただちに帰宅~ (2, 0.2%)

1 して, せよ

▼ ただちに御前~ (2, 0.2%)

1 ちかく召され, にて吟味

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 と合, に適ってる

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 出し得るも, 出すること

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 の最終, の本質

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 の損害, れ死せむ

▼ ただちに政府~ (2, 0.2%)

1 に接, の内

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 の乗じる, の首都アルスタア

▼ ただちに日光~ (2, 0.2%)

1 へ出むいた, へ日光

▼ ただちに日本人~ (2, 0.2%)

1 の軽重, の輕重

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 ということ, の居室

▼ ただちに江戸表~ (2, 0.2%)

1 へお立ち, へ具申

▼ ただちに決意~ (2, 0.2%)

1 して, しました

▼ ただちに汽車~ (2, 0.2%)

1 に移積, に転乗

▼ ただちに活動~ (2, 0.2%)

2 を開始

▼ ただちに消え~ (2, 0.2%)

1 て今, て過去

▼ ただちに狐狸~ (2, 0.2%)

1 の所為, の霊

▼ ただちに理想~ (2, 0.2%)

1 とするごとき, とは称し

▼ ただちに発する~ (2, 0.2%)

1 ものあり, 運動に

▼ ただちに目的~ (2, 0.2%)

1 なきもの, の中心

▼ ただちに自分たち~ (2, 0.2%)

1 が行動, の平常

▼ ただちに自由~ (2, 0.2%)

1 になる, を主張

▼ ただちに良民~ (2, 0.2%)

1 となりうる, と為した

▼ ただちに表面~ (2, 0.2%)

1 に現, へ投宿

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

2 てとっ

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 大名へ, 将へ

▼ ただちに返事~ (2, 0.2%)

1 を紙片, を送った

▼ ただちに~ (2, 0.2%)

1 に浮かぶ, を打ち落し

▼ ただちに風呂場~ (2, 0.2%)

1 へ駆けおりる, を実見

▼ ただちに駕籠~ (2, 0.2%)

1 をのりつけさせました, を飛ばし

▼1* [855件]

ただちにあなたがお, ただちにあふれた河水が, ただちにあらゆる犠牲心へ, ただちにある事柄が, ただちにいまわれわれの手, ただちにいろいろの妖怪, ただちにいわゆる成功なる, ただちにうたふスールダッタ, ただちにうちに帰つて彼, ただちにうなずき得たのであった, ただちにおさまるというわけ, ただちにお客様の手, ただちにかぎを錠, ただちにかくのごとき, ただちにかれは次, ただちにきっぱりと仕事, ただちにきみの手, ただちにきりきりとおっ立ち歯齦, ただちにぐいぐいと引きあげられる, ただちにけたたましい音を, ただちにこれらの題目, ただちに寝所へ, ただちにさだ子をその, ただちにすらすらと審査官, ただちにぜんぶの隊員, ただちにそこらの暗い, ただちにそして実際的, ただちにそのままに信ずるごとき, ただちにそのものの無用, ただちにその我が罰せられる, ただちにそれらの反抗者ら, ただちにだいたいのめぼし, ただちにつかみかかろうとする, ただちにつれ立ってその, ただちにできなければその, ただちにというわけにも, ただちにとってかえした源十郎を, ただちにとりおさえる手はずに, ただちになんのため, ただちになんらかの疾風迅雷的な, ただちにはきかえるがいい, ただちにはせ向かったところは, ただちにはみ出されそうである, ただちにふたつのメダル, ただちにふたりは敢然と, ただちにほかの数名, ただちにみな農民でありましたから, ただちにもっと公正な, ただちにもよりの自身番, ただちにやめるというふう, ただちにやれ劇通だ, ただちにれいの御, ただちにわかりましたがだから, ただちにわれわれに固有, ただちにアラビアインド等の新, ただちにアルスタアを攻め, ただちにイギリスに向かっ, ただちにイデオロギーにまで發展, ただちにイングランドへ凱旋, ただちにウニデス本流の逆巻く, ただちにエセックスを選挙, ただちにエタといっ, ただちにエリザベス女王に乞う, ただちにオリヴィエの埋もれた, ただちにキニーネを用います, ただちにクラス会を開きます, ただちにグルウプ間に美談, ただちにグレイ卿はセシル, ただちにケレンコの手, ただちにコーヒーを水, ただちにサン・ドニの寺院, ただちにスイスのアローザ, ただちにスキーにはきかえ, ただちにタイプライターを打つ, ただちにタニグクの古語, ただちにドアの真, ただちにドイツの如くなり得ない, ただちにドイツ領事館内の金庫, ただちにドブズの記録, ただちにハイ街の家, ただちにハワイを指し, ただちにハンドバッグをひっかき廻し, ただちにパネルへもどし, ただちにパリーへ走り, ただちにブレストからオランダ, ただちにブロックウェル公園の近く, ただちにプラットフォウムに続く, ただちにホテルに伺候, ただちにポオジョン病院に収容, ただちにマア坊に糺明, ただちにミミ族をわが, ただちにメリー号の失踪現場附近, ただちにライオンを連想, ただちにリオデジャネイロへ向け, ただちにレーとの契約, ただちにロイド君は花嫁, ただちにロバアト・セシルとエガアトン, ただちに一個なる生命的存在, ただちに一同の者, ただちに一般人民の名称, ただちに一行に合流, ただちに一軍を迎え, ただちに一部左翼的な演劇理論家, ただちにを想, ただちに三井物産会社支店長間島氏の宅, ただちに三先生会談を召集, ただちに三枚の毛布, ただちににはこばれ, ただちに上って雲霄, ただちに上司にも報告, ただちに上田城の戦備, ただちに上覧にいれた, ただちに上達する事請合い, ただちに下るように, ただちに下手人であるか, ただちに下総の将門, ただちに下野国さして御, ただちに下降に移った, ただちに真面目だ, ただちに不信を向けました, ただちに不平を訴え, ただちに不敬罪と断定, ただちに不破彦三片山内膳などの騎兵隊七十名, ただちに与うる心に, ただちにに容れられず, ただちに中国を敵視, ただちに中尉の魂魄, ただちに中身を見改めました, ただちに主人の壮太郎氏夫妻, ただちに主人眠白の居室, ただちに乗ってくる, ただちに乗船しスペイン海岸, ただちには甲, ただちに九ヵ国の兵, ただちに乞食を示す, ただちにを求め, ただちに乾坤二刀をひとつ, ただちに予定の行動, ただちに予想されるの, ただちにのつぶさ, ただちに事件の顛末, ただちに事務の手, ただちに二人の間, ただちに二分された, ただちに二十日に移れり, ただちに二十貫の力, ただちに二条の馬場殿, ただちに二郎の妻, ただちに二階堂薬師谷の東光寺, ただちに五欲無漏の, ただちに人々の話題, ただちに人柱でなくて, ただちに人生に入った, ただちに人足どもに命じ, ただちにの北海道, ただちに今日の事, ただちに仕掛けの壁, ただちに仕込みにかかる, ただちに代議士たらんこと, ただちに伊予の純, ただちに伊吹から援兵, ただちに伊賀のほう, ただちに伏奏のうえ, ただちに佐久間ドロップの販売, ただちにかしら大きな, ただちに何かしら役に立ちます, ただちに何らかの方法を, ただちに作そのものの価値, ただちに作品の主題, ただちに作品そのものの価値, ただちに使いをもっ, ただちにの疾風迅雷的, ただちにの者, ただちに価値の本体, ただちに俗気を連想, ただちに俳優に対する評価, ただちにの意志, ただちに倉田家へ急行, ただちに個々の大衆青年, ただちに個性への否定, ただちに倍額の三万六千円, ただちに倒れてその, ただちに停車しました, ただちに傀儡師だと, ただちに傲慢な自由さ, ただちにはその, ただちにを衆め, ただちに元来た方, ただちに元老院の望みどおり外征, ただちに先方の説, ただちに入れるからこと, ただちに全国に普及, ただちに全日本国軍隊の無条件降伏, ただちに全部送金するよう, ただちに八丁堀親分の手, ただちに八卦見も全部, ただちに公事におよぶべき, ただちに公爵伊藤の死, ただちに兵庫へ出, ただちに内田臨時首相をめし, ただちに円いと言い, ただちに円理弧背術といっ, ただちに再び西下した, ただちに再建を命じ, ただちに冷たくなった, ただちに凍えて死なん, ただちに凍死なんいな瑠璃岸国, ただちに出でて伴いきたれり, ただちに出動しなければ, ただちに出動これを撃滅, ただちに出向いて行った, ただちに出港す, ただちに出陣いたすが, ただちにを抜いた, ただちに分かる話である, ただちに刑場にひかれ, ただちに判るであろうがわずか, ただちに判検事及び係り, ただちに別室で舅, ただちに別当聖尋から廻状, ただちに別館へ赴かれ, ただちに制止せんと, ただちに前橋に來, ただちに前橋監獄へ護送, ただちにの悟道, ただちに創作に転ずる, ただちに劉備玄徳にたいして, ただちにさえあれ, ただちにの檄, ただちに勇んでたのしい, ただちに動いて執権御所, ただちに動作となっ, ただちに化け物が出る, ただちに北方への引上げ命令, ただちに北朝の光厳, ただちに北条氏の討伐, ただちに十一日に飛び越し, ただちに十八世紀末の欧州, ただちに千余騎をうながし, ただちに卓一のもの, ただちに南ロシヤのヤールタ, ただちに南原杉子のオフィス, ただちに南町御番所, ただちに南部諸港の封鎖, ただちに博士を依頼, ただちに博愛から出立, ただちに印綬を彼, ただちに即ち家臣たちの, ただちに原因を発覚, ただちに太郎主従は, ただちにに手紙, ただちに反問する, ただちに反撥しその, ただちに反発して, ただちに反省した, ただちに受け合うともう, ただちに受容するに, ただちに受験準備をはじめた, ただちに叡覧に入れ, ただちに叫べり人外境とも, ただちに召集されて, ただちに各人の俸給, ただちに各組に飛ばされた, ただちに合して一, ただちに吉祥寺駅から帝都電鉄, ただちに同僚とホウゴウ社, ただちに同家に向っ, ただちに同志を糾合, ただちに同誌翌月号においてこれ, ただちに吟味にかかる, ただちに周囲が警戒, ただちに呼び子を吹きならす, ただちに命じていた, ただちに唯一実在である, ただちに商品に影響, ただちに問屋にその, ただちに問注所の控え屋敷, ただちに善良なる家庭, ただちに喧嘩が始まる, ただちにの魅力, ただちに噺家を廃業, ただちに四散し再び, ただちに四谷大番町へ向かいました, ただちに回転しまた, ただちにと国, ただちに国事にかかわる, ただちに国民全体が負う, ただちに土嚢の堰, ただちに土方与志を葬儀委員代表, ただちに坊主の名, ただちに坊主どもを搦め捕り, ただちに坑外に大, ただちに埋め合わされかえって幾倍, ただちにへ登った, ただちに城門を出よう, ただちに執権どのにお目にかかり, ただちに報復の旅, ただちにの外, ただちにの運命, ただちに増税案を提出, ただちに士官に教えられた, ただちにをうつしあう, ただちにを連想, ただちに変って行かなけれ, ただちに夕飯の炊出し, ただちに外交官となっ, ただちに外界の現象, ただちに多くの愛情, ただちに夜道をかけ, ただちには現れ, ただちに大宝令の五色, ただちに大軍を下江, ただちに大騒ぎして, ただちに天下の学者, ただちに天使と同一視, ただちに天文台の名, ただちに太政官に出向い, ただちに奥さんにビール, ただちに奥行のある, ただちに女性の霊肉, ただちに女狩りに着手, ただちに好奇的な興味, ただちに妖怪と断定, ただちに妖怪的説明を与える, ただちに妻女が仏間, ただちに婦女老幼畜群資財の類, ただちに嫌悪の情, ただちに孔明は祁山, ただちに学校を開設, ただちに完了しなければ, ただちに宕渠の陣, ただちに実現せられ得べきもの, ただちに実生活に影響, ただちに客臘十一月発行の, ただちに室外へ去った, ただちに宿役人らしい者, ただちに宿泊を頼む, ただちに宿直の宿老, ただちに寂光土と見る, ただちに寄加持をやっ, ただちに寄手として立った, ただちに密談に移っ, ただちに寝床をしかせ, ただちに対岸の破壊, ただちに対戦のご, ただちに射殺飛行機は捕虜, ただちに将門に返還, ただちに小使の佐野, ただちに小牧を発し, ただちに小艇にて上陸, ただちに少ない家の子郎党を, ただちに尾行をはじめた, ただちに屋敷を出, ただちに者すなわち, ただちに山岸中尉からはじまっ, ただちに島々へ行き, ただちに崩れるほんの単なる私一個, ただちににこぎいれた, ただちに川辺に下り, ただちに工藝を語る, ただちに工藝美と誤認, ただちに左翼の残留派, ただちに巨万の読者, ただちに巨魁らの取調べ, ただちに差支えあるがゆえなる, ただちにを上げた, ただちにへ奏聞, ただちに帝室より出ずる, ただちに帝室費を増加, ただちに帰京した, ただちに帰船す, ただちに帰路に向かい, ただちに幕府討つべし, ただちに平安朝時代にすでに, ただちに平等を主張, ただちにを立て, ただちにのつくり, ただちに店開きした, ただちに引きかえして来, ただちに引き上げられたけれども頭髪, ただちに引き捕らえて取り, ただちに引ったてられた, ただちに引上げられたが, ただちに引返すように, ただちに弘前高岡に城池, ただちに弥生に返す, ただちに強いすなわち力, ただちに本部へ, ただちに当てはまるのである, ただちに形而上学の拠っ, ただちに役所の注意, ただちに彼岸に達せ, ただちに征長詔勅そして征長軍, ただちに待避せよ, ただちに御物川の上流, ただちに徳川織田の中軍, ただちに徴発されて, ただちにに迫っ, ただちに心から感ずること, ただちに心友の目連尊者, ただちに必要でなくば, ただちに忍ガ岡目ざしました, ただちに忘れてしまう, ただちに応急手当てを始めた, ただちに快復するという, ただちに思い起すであろうごとく紀記両, ただちに思想家ではない, ただちに急ぎ行き, ただちにの区別, ただちにと固定, ただちに悪魔と一つ, ただちに想起される問題, ただちにを決した如く, ただちに意志である, ただちに感じられるのは, ただちに憤然といきりたっ, ただちに成立する, ただちに我が形体の, ただちに戦時の殺気, ただちに戦闘に入るべき, ただちに手兵をまとめ, ただちに手厚く番所へ, ただちに手塚家の庭, ただちに手工の価値, ただちに手配がなされ, ただちに才能を巻い, ただちに打首ともぞんじました, ただちに扼殺する, ただちに承知して, ただちに承諾した, ただちにとなっ, ただちに抗議を組織化, ただちに披封すれば, ただちに拘束されカテリーナ・リヴォーヴナ, ただちに拙稿を御, ただちにじて, ただちに拷問の白洲, ただちに持参せよ, ただちにを二氏, ただちに挙兵にかかった, ただちに振り返っており, ただちに捕まえられ厳重なる, ただちに捕らえてこれ, ただちに採決に入った, ただちにけられたほう, ただちに撃沈する, ただちに改悔せよ, ただちに攻めきたりて彼ら, ただちに攻勢を取りだし, ただちに政治の主義, ただちに救援隊を向ける, ただちに教えられた蛸平の, ただちに散開のできる, ただちに数人の将, ただちに数奇屋橋の奉行所, ただちに敵前上陸へ移る, ただちに敵艦隊を追跡, ただちに文化の高低, ただちに文明その物, ただちに断罪あるいは流罪, ただちに新野へ押し寄せ, ただちに新館バルコニイに集合, ただちに施されることに, ただちに旅亭を辞し, ただちに旅費の砂金, ただちにを立てた, ただちに日本に模造, ただちに日本国内にも反映, ただちに日本婦人の文化, ただちに日本政府から抗議, ただちに日本語で話しかけ, ただちに日頃の同志, ただちに早馬飛ばさば, ただちに昇降口の下, ただちに明日の進退, ただちに明白な結果, ただちに映ずる実在の, ただちに映画界の全, ただちに昨夜まで禁獄中, ただちに是非曲直善悪の区別, ただちに時代錯誤の書, ただちに時日まで符合, ただちに普通人に混じた, ただちに暗黒となる, ただちにに入りました, ただちに曲学阿世だとか, ただちに最寄り官憲または警察署, ただちに月々送金するという, ただちに望み得る隣の, ただちに朝鮮関係を連想, ただちに木曾川に船橋, ただちに未決監へ収監, ただちに本名を呼ぶ, ただちに本当の革命家, ただちに本所法恩寺橋へ宙, ただちに本郷妻恋坂の司馬道場, ただちに本隊に追, ただちににむかっ, ただちにに入る, ただちに村はずれの路傍, ただちにて人間, ただちに来たって社会主義者, ただちに東上の戦機, ただちに東亜の危機, ただちに東北高御門の唱門師住所, ただちに枝葉の問題, ただちにの家, ただちに柳堂の御, ただちに根原の同一, ただちに根津権現裏目ざして, ただちに楽屋裏へやっ, ただちに横浜の焼討, ただちに横超する気分, ただちに櫓声を揃え, ただちにの紙, ただちに次回から一ノ谷, ただちに止めさせたがいい, ただちに武州めがけて, ただちにだ, ただちに死に通ずるといったよう, ただちに死んでしまいました, ただちに死刑の判決, ただちに殺されんされど甲板上, ただちに毛布をだし, ただちにをプラグマチスト, ただちに氏家印刷へ向った, ただちに民衆と握手, ただちにを順に, ただちに気に入らなそうに, ただちに水上警察がその, ただちに水死人と断, ただちに水火の秘符, ただちに求めたいことは, ただちに江戸おもて, ただちに沈めば願いごと, ただちにすること妙, ただちに治安の上, ただちに法師とか大, ただちに法規の不, ただちに洋酒の販売, ただちに洞ヶ峠から八幡, ただちに洞窟へ立ち向おう, ただちに浅草奥山の見せ物小屋通り, ただちにへ弓矢, ただちに浴場にかけこんだ, ただちにに投ずる, ただちに海坊主とか山男, ただちに海尊なること, ただちに海軍飛行隊に出動, ただちにゆるはず, ただちに消化機関にその, ただちに消滅しさるべき死者, ただちに深夜の離室, ただちに深川の松川, ただちにの船, ただちに湖心寺の西門外, ただちに湯島なる質屋三ツ藤, ただちに源三郎の心臓, ただちに源十郎がお, ただちに源十郎指揮をくだし, ただちに滑稽な点, ただちに漁村の盛衰, ただちに漠北に至り, ただちに漢水まで兵, ただちに潤ちゃんの山川健作氏, ただちに濡れたるを脱い, ただちに火葬に出発, ただちに点茶にとりかかる, ただちに烈しい肉体の, ただちに烏帽子岳へ向い半時間, ただちに無意味な発音, ただちに無意識的に働く, ただちに焼け死なん余は, ただちに熱海へおもむいた, ただちに爆撃行動にうつる, ただちに父兄を助け, ただちに牢舎を赦, ただちにの宗親さま, ただちに置きの, ただちに犯人の身元, ただちに狐憑き患者もしくは魔婦, ただちに独歩の名作, ただちにまたは鹿そのもの, ただちに獅子踊りであるとして, ただちに獲物をめがけ, ただちに玉井金五郎に談判, ただちに玉島川の水瀬, ただちに珍陀の盃, ただちに現われてきた, ただちに現地へ発足, ただちに現場附近におもむい, ただちに理外と思い, ただちに琵琶を掻き鳴らす, ただちに牛ヶ原に, ただちに生命そのものの滅却, ただちに生徒に接し, ただちに生活を提供, ただちに生活水準の低下, ただちに生産者より穀物, ただちに用件を語りはじめた, ただちに田舎の裁判所, ただちには乙, ただちに甲板上に跳, ただちに上げること, ただちに申しあげるんでございます, ただちにに代用, ただちに男らしいとかあるいは, ただちに町人の三百両事件, ただちに疵口をふさぎ, ただちに痛感するところ, ただちに発狂状態に到達, ただちに発足すれば, ただちに発電室に伝えられた, ただちに登城をする, ただちに白髯サマその人, ただちに百姓と呼ぶ, ただちに目ざした場所は, ただちに接すれば, ただちに看取せられる, ただちに看破出来た, ただちに怪に, ただちに真実な嗜好, ただちに真田の上田城, ただちに真面目な考え込んだふう, ただちに着席して, ただちに着手しなければ, ただちに破れてまた, ただちに破棄して, ただちに破門すべきだ, ただちに社会改革者としての任務, ただちに神文へ血, ただちに神秘的な想像, ただちに秀吉の営, ただちに私たちの眼, ただちに私室へ招, ただちに秋元へ尋ね, ただちに種痘法に思いついた, ただちに稲屋旅館に案内, ただちに穂積をつれ, ただちに積み込みがはじまる, ただちにの方, ただちに突然に完全, ただちに立って大日本帝国万歳, ただちに端舟を漕い, ただちにを外し, ただちに竹見の心臓, ただちにをとっ, ただちに筆者の紫式部, ただちに筒井四郎に命じ, ただちに答え得たかもしれません, ただちに答弁をする, ただちに管下に非常線, ただちに節旄を焼い, ただちに篠崎家にかけつけ, ただちに簷外に出, ただちに粉砕されなければ, ただちに粗悪を意味, ただちに精神的契約書を作る, ただちに紐主にまかれる, ただちに経義を窮めよう, ただちに結束して, ただちに絞首台に送られる, ただちに給油弁を開く, ただちに続く問題である, ただちに編隊列をはなれました, ただちに編集会議までひらい, ただちに織田家の急, ただちに織田軍が中国, ただちに繰り返されて翌日, ただちにが生まれ, ただちに罹災者に対してお, ただちにの法則, ただちに美しくなると, ただちに義詮をつれ, ただちに翌日の新聞, ただちに翻訳した, ただちに考えられるはずの, ただちに耐震耐火建築への改築, ただちに聖人君子となれる, ただちに職人の俸給, ただちに職業的実務につかしめる, ただちに胸臆を, ただちに能登の体, ただちに脳部にその, ただちにをまくり, ただちにを屈する, ただちに自らエタすなわち屠, ただちに自ら指揮をし, ただちに自己批判して, ただちに自棄酒をひっかけるべく, ただちに自軍をひきい, ただちに自陣の地形, ただちに興世の許, ただちにの推進, ただちに船内に走入, ただちに船内くまなく警報, ただちに船尾の倉庫, ただちに船屋形の外, ただちに艇外に放りだされた, ただちに芝警察へ訴えでた, ただちに花井を連れ, ただちに苔虫類のごとき, ただちに苦痛を連想, ただちに荷車二台に満載, ただちに落胆して, ただちに蓉子の室, ただちに藤五の行方, ただちに融合して, ただちに蟄居の一寺, ただちにの雨, ただちには散, ただちに行き向ったところは, ただちに行けとわれら, ただちに行動を起し, ただちに行為を誘う, ただちに街道から小道, ただちに袋物屋に走っ, ただちに製造して, ただちに西インド諸島に急襲, ただちに西方相撲連のしたく, ただちに西洋哲学につき, ただちに西田氏の真似, ただちに西郷内務大臣及び松平次官, ただちに覆えされるものの, ただちに見て取ることが, ただちに見る人の, ただちに見晴らしではない, ただちに解除された, ただちに解雇して, ただちに言い値の三万五千円, ただちに言い知れぬなつかしさ, ただちに言葉をもっ, ただちに討って出, ただちにとなり, ただちに謙三郎に来り, ただちに謙信は春日山, ただちに警察庁へ送られました, ただちに警戒につきました, ただちに警視庁当局に提出, ただちに議論になる, ただちに責任の限界, ただちに門を, ただちに貴下の製作慾, ただちに貴様討伐隊をさしむける, ただちに賀川市長は魂, ただちに賤者だとの, ただちに赤ん坊の生命, ただちに赤土に反射, ただちに起き上がり手や, ただちに起こりたるところの, ただちに起って異議申立方, ただちに起訴に及んだ, ただちに足下の容貌, ただちに身仕度を開始せり, ただちに車騎将軍となり, ただちに軍備をととのえ, ただちに軍勢を発し, ただちに軽艇に移り, ただちに辺境地方に荒廃, ただちに辻駕籠を拾っ, ただちに近づいて説教, ただちに迷信を聯想, ただちに追っ手に加わった, ただちに追手をさしむけ, ただちに追跡しかれら, ただちに退却をした, ただちに送金した, ただちに逃げれば足りる, ただちに逃れ去るという, ただちに通太郎夫妻を訪ね, ただちに通訳を召し, ただちに造営奉行所に近い, ただちに逮捕せられて, ただちに逮捕拘引されるかと, ただちに逮捕状を発送, ただちに進航に就く, ただちに遁げ去るを, ただちに道場へ引っ返し, ただちに部署について敵襲, ただちに郵便局へ出掛け, ただちに都率天に昇り, ただちに酒だるの前, ただちに酒食賭博に浪費, ただちに釈放して, ただちに野戦風呂をわかした, ただちにの帽子, ただちに金剛寺坂から飛脚, ただちに鉱毒地救済婦人会の発会式, ただちに銀五郎の手足, ただちにを取っ, ただちに銭貨を埋める, ただちに錫杖を富士, ただちに鎌倉へさし, ただちに長刀を引き抜き, ただちに長剣に血, ただちに長命と呼ぶ, ただちに長屋を出, ただちに門外に出, ただちに門隙を見る, ただちに開会となり, ただちに開始される順序, ただちに開店の用意, ただちに関東の武家方, ただちににもどっ, ただちに防禦の各, ただちにの側面, ただちに陣替えが行われた, ただちに除け者にせられる, ただちに陰惨の気, ただちに陳腐を連想致候, ただちに陳謝し囮, ただちに陸海軍の二タ手, ただちにを組ん, ただちに階上の二間, ただちに隠岐の追手, ただちに隣人に献げ, ただちに集めて孔明, ただちに雨中の市内, ただちにとなり凍, ただちに雲龍寺を出発, ただちに電波を汽船会社, ただちに電源の主幹, ただちに電鍵をたたきはじめる, ただちに霧散するであろう, ただちに青山の家, ただちに静脈を切断, ただちに非常線を張つたこと, ただちに非常配置につけ, ただちに面相を変え, ただちに音楽の理論, ただちに須磨方面にある, ただちに頭髪を切るべき, ただちに顔色にあらわれる, ただちに風土なの, ただちに飛び出し得る覚悟だけは, ただちに食堂のお, ただちに取法師, ただちに香椎からすぐ, ただちにの鞍壺, ただちに馬五頭の背, ただちに馬車にのっ, ただちに馬首を西, ただちに送する, ただちに駅伝をもっ, ただちに駆けもどったところは, ただちにを返し, ただちに駕籠舁と早変り, ただちにり進む, ただちに驚くべき効果を, ただちに高く築き上げられたる外観, ただちに高橋司法主任の部屋, ただちに高熱を発し, ただちに鹿を意味, ただちに黒住団七の禄, ただちに黒板の文字