青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ただし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たけ~ ~たしか たしか~ ~たしかに たしかに~ ~たずね たずね~ ~たずねた ~ただ ただ~
ただし~
ただちに~ ~たち たち~ ~たちまち たちまち~ ~たっ たっ~ ~たった たった~ ~たつ

「ただし~」 1379, 15ppm, 7526位

▼ ただし~ (101, 7.3%)

9 みると 5 みた 4 みれば 3 みたところ, みても 2 くれ, みる

1 [73件] いたが, いたの, いって, いない, いるところ, いる間, おく必要, かからなければ, くる泰勝寺, くれよう, こういった, ここを, こさせたいと, ご前, さらに筆, しんみりと, その領地, ふかく信頼, まいります, まいるよう, まことの, みたいの, みたかったの, みたが, みたくなったの, みたこと, みたら十年前, みたるに, みましょうか, みやれお, みよう, みようと, みようとも, みるから, みること, みる必要, みる遑, みろ, やろうと, 下さい, 事を, 二人は, 仮借しなかった, 出て, 半七, 参れと, 大広間に, 小文治, 小高い膝頭, 待って, 後滅相も, 御使, 手紙を, 控えて, 暗然たる, 来い, 来いと, 来るの, 溜りへ, 相生町の, 立って, 縁が, 見たかった, 見たけれども, 見たら分かるかも, 見ると, 見れば, 質問した, 迎え自害, 連れ戻って, 遠く皇居, 金色の, 食堂に

▼ ただしこの~ (71, 5.1%)

3 種の 2 場合の, 場合は

1 [64件] ころまでは, さい直接奈良の, アラ摺り方法の, トーキー器械の, ボーボーを, レコードの, 一行は, 中沢は, 乗るという, 争闘で, 事将軍には, 二つの, 二つは, 二三年来は, 二遊星に, 五段の, 人たちが, 人形の, 偽汽車, 利己心は, 助命の, 厨川という, 場合それが, 場合においても, 場合における, 場合にも, 場合も, 場合ビョルゲ邸内の, 場合討幕の, 婦人の, 宿題の, 小説は, 少女が, 平均は, 店は, 後の, 後意想外の, 心持ちは, 想像は, 方は, 時は, 景慕の, 最後の, 服装の, 様子では, 樹実の, 欲望の, 法則を, 点に関して, 物語りの, 経済的生産と, 結合は, 統一も, 縁起は, 芸当オランダから, 術には, 記録は, 訳註の, 話の, 話は, 談は, 諸種各々別ながら, 革鞄の, 類の

▼ ただしその~ (65, 4.7%)

2 あたるというも

1 [63件] くわしき理由, ためには, なかには, りゆうに, 上で, 上に, 中, 中ただ一人だけ, 中には, 人油一盃呑んだらきかぬ, 出資は, 劇と, 同等とは, 名の, 品行の, 声は, 声望は, 多くは, 天井の, 失いたる部分, 子供らし, 怪声が, 怪声は, 意味は, 手懸りが, 払底の, 数の, 時に, 時分でも, 時約束を, 書物の, 期日は, 椰菜へ, 概念が, 法幾度行う, 炎へ, 無策は, 理由は, 田舎っぺは, 由来の, 着物ばかりは, 祖父成吉思を, 窮とは, 笑い方は, 節は, 細君は, 経文および, 絞架, 統治権を, 絵図面は, 縁談を, 翌日博士は, 色は, 花は, 薬が, 話は, 識りかた, 質砂よりも, 輻射面が, 遊芸人となり特に, 面影も, 頃は, 馬車は

▼ ただし~ (56, 4.1%)

1 [56件] お人違い, かねて, これらの, これを, その張伯, その身投げ, どちらかが, なにかだまっ, またこれ, また一国民俗学等, また人生, また今日我々, また別に, また前代, また彼, また斎田卜定, また歌, また特に, また自ら, また近世, また近頃, ブラウンが, 一名か, 亀友の, 人も, 人を, 例の, 僭上なる, 冗談が, 冬ごもりを, 初め海にのみ, 別に状況, 君の, 唇でも, 囲い者にでも, 地震津浪の, 多くの, 夜目で, 山の, 島である, 播種という, 新種の, 旧日本, 明日か, 是と, 景気を, 暴風を, 未だしき, 本人の, 深い意味, 深夜の, 無銘か, 着のみ着のままで, 自分が, 藤枝の, 誰人かに

▼ ただしこれ~ (52, 3.8%)

2 は彼女, も膝

1 [48件] が名優, が為, が非常, だけだ, だけで, だけは人魚, だけは失恋, だけは女の子, だけは申し上げる, には町, に目標, に関する近世, は, はあくまで, はあなた, はあなたがた, はずっと, は一般的, は余談, は僕ら二人, は公開, は内緒, は処女, は単に, は和尚, は天気, は如実, は家, は弁護士, は強い, は御, は指導者, は敗戦後, は最近, は権兵衛, は正確, は物差し, は英国, は過去, は食い違い, も本家, をする, をもっ, をも我々, を単に, を新聞上, を行う, を輸入

▼ ただしそれ~ (41, 3.0%)

2 は学問

1 [39件] から麦わら帽子, が, がしも城太郎, がはたして, が何, が労働, が現代生活, にさえ少から, にはたった, には完全, には条件, には次, には津田, にもまた, に幾分, は, はお, はこっち, はちょうど, はほんとう, はほんの, はよくも, はデッサン, は上流間, は伯爵夫人用, は尾白, は彼, は後, は最, は第, は職長, は蝶番, は足, もただ, もジョンドレット自身, も事実, も数か月間, も犬, をさ

▼ ただし~ (12, 0.9%)

1 [12件] が礼儀作法, にもけっして, によっては個人的自由, に対してはその, の四方, の方, の背, の背丈, はこうして, はそれ, はひとりきり, は勝った

▼ ただし~ (12, 0.9%)

1 [12件] が盗み読み, が頼ん, に取りまし, のほう, の場合, の方, の知ってた, の考え, は永らく, は皆さん, は自分, 書くこと

▼ ただしここ~ (8, 0.6%)

1 から見える, でちょっと, では啄木鳥, では運賃その他, にいう, には肺結核病者, に養神術, は明治何年

▼ ただし~ (7, 0.5%)

2 二版で 1 一版で, 三, 三階級に, 五版に, 六版で

▼ ただし~ (6, 0.4%)

1 好み焼屋の, 役に, 怪我は, 示しの, 秀には, 通の

▼ ただし~ (6, 0.4%)

1 きた, ゆくところ, よくこの, 来たの, 来る真面目, 行くこと

▼ ただし~ (6, 0.4%)

1 の, の形, の手, の諸, はお, は主として

▼ ただし自分~ (6, 0.4%)

1 が神, じゃけっしてそう, だけ逃れ, などはまだ, に関係, の所有全部

▼ ただしこういう~ (4, 0.3%)

1 ことは, のは, 境を, 考えかたを

▼ ただしひとり~ (4, 0.3%)

2 の青年 1 その実, であるぞ

▼ ただしまた~ (4, 0.3%)

1 このこと, 廻らぬ世帯, 慈姑仲間が, 遠い縁家

▼ ただし~ (4, 0.3%)

1 が見, のもの, の話, 恐れて

▼ ただし~ (4, 0.3%)

2 提灯の 1 宰壱岐対馬の, 革命から

▼ ただし日本~ (4, 0.3%)

1 では今一つ, に居る, の全権, の幣帛

▼ ただしあなた~ (3, 0.2%)

1 がた, には渡しゃしない, のお話

▼ ただしあの~ (3, 0.2%)

1 にぎやかな, ピローグは, 時には

▼ ただしおれ~ (3, 0.2%)

1 には不用, の留守, をだまし

▼ ただしかかる~ (3, 0.2%)

1 場合には, 断定は, 現象を

▼ ただしこれら~ (3, 0.2%)

1 の系図, は維新前, は遠く

▼ ただしそう~ (3, 0.2%)

1 すると, やって, 云う事

▼ ただしそういう~ (3, 0.2%)

1 中でも, 内にも, 役に立つため

▼ ただしわし~ (3, 0.2%)

1 が今夜, が引き受ける, の稽古

▼ ただし一方~ (3, 0.2%)

1 の枝, の露路, 蝦蟇仙人は

▼ ただし~ (3, 0.2%)

2 名の 1 の袂

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 の頭, はカイン・ゲルト, は花見

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 にご, に挙げ, の欠乏

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 が美しい, の輪廓, をきかない

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 と真一, の見当, は旧

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 の児, は出世, は時に

▼ ただし実際~ (3, 0.2%)

1 この問題, の勢力, の実験応用

▼ ただし少く~ (3, 0.2%)

1 ともそれら, ともアテネ, とも五ヶ所

▼ ただし幸い~ (3, 0.2%)

1 なること, にし, に天

▼ ただし彼ら~ (3, 0.2%)

1 はその, は正直, は顔中

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 の人々, の話, 到る処林野

▼ ただし普通~ (3, 0.2%)

1 なだけに, の五寸釘, の馬

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 が死ん, の知力, や狸

▼ ただし~ (3, 0.2%)

1 の髑髏, は必ず, も蛇

▼ ただし途中~ (3, 0.2%)

1 で桟道, ところどころ崩れ, 捕りという

▼ ただしいかに~ (2, 0.1%)

1 して, すぐれた人霊

▼ ただしこう~ (2, 0.1%)

1 いったもの, いった事実

▼ ただしその後~ (2, 0.1%)

1 あがって, は第

▼ ただしそんな~ (2, 0.1%)

1 ことから, 議論めいた

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 ぞ万一また, ね

▼ ただしては~ (2, 0.1%)

1 みたが, 母親を

▼ ただしても~ (2, 0.1%)

1 それだけの, 母は

▼ ただしどうして~ (2, 0.1%)

1 またその, 乱心した

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 くり泣きを, ぶつて

▼ ただしわれら~ (2, 0.1%)

1 の一元論, は神

▼ ただし一つ~ (2, 0.1%)

1 だけだ, の条件

▼ ただし一人~ (2, 0.1%)

1 だけ, に対して貸す

▼ ただし一度~ (2, 0.1%)

1 も日本人, 真剣な

▼ ただし久しく~ (2, 0.1%)

1 して, 服すれば

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 はとふいと, は明治

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 が知る, も今

▼ ただし二三回~ (2, 0.1%)

1 の少雨, の驟雨

▼ ただし二百年三百年後~ (2, 0.1%)

1 は三百年四百年後, は四百年五百年後

▼ ただし人間~ (2, 0.1%)

1 に相違, の社会

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 の世, までのよう

▼ ただし今度~ (2, 0.1%)

1 は上半身, は斜め

▼ ただし仕事~ (2, 0.1%)

1 の選り好み, はちと

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 という橋, をもっ

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 のここ, は一生けんめい

▼ ただし先生~ (2, 0.1%)

1 には全く, は私たち後進

▼ ただし只今~ (2, 0.1%)

1 いわゆる保護色, 申し上げたよう

▼ ただし問題~ (2, 0.1%)

1 はその, を癲狂院

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 に落ち, の名

▼ ただし壮大雄渾~ (2, 0.1%)

1 なるもの, の句

▼ ただし多く~ (2, 0.1%)

1 の場合, は人

▼ ただし多少~ (2, 0.1%)

1 お迷い, 科学的の

▼ ただし小生~ (2, 0.1%)

1 といえ, はかかる

▼ ただし少しく~ (2, 0.1%)

1 強慾に, 砂子が

▼ ただし左手~ (2, 0.1%)

1 にあたえられた, はヒトミ

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 に至っ, の原因

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 や精神, をきよく

▼ ただし我々~ (2, 0.1%)

1 だけはそれ, の機関区

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 がすい, に摘め

▼ ただし時代~ (2, 0.1%)

2 の進歩

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 をつけ, を添え

▼ ただし本名~ (2, 0.1%)

1 はセーラブ・ギャムツォ, は宇津木矩之丞

▼ ただし条件つき~ (2, 0.1%)

1 だラエーフスキイ, であった

▼ ただし正確~ (2, 0.1%)

1 にいう, に鶏

▼ ただし港内~ (2, 0.1%)

1 に帆船相, の船

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 の面前, はこの

▼ ただし物語~ (2, 0.1%)

1 に紛れ, の性質

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 だけはこの世, をトテム

▼ ただし犯人~ (2, 0.1%)

1 の目星云々, は一人

▼ ただし現在~ (2, 0.1%)

1 では鷺流, の三つ

▼ ただし討たれ~ (2, 0.1%)

1 候侍の, 候横田清兵衛が

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 かを身代り, もの考え

▼ ただし遺憾~ (2, 0.1%)

2 ながら自分

▼ ただし鎌倉~ (2, 0.1%)

1 の執権殿, の悪

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 の松代, は総髪

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 のため, 寒きこと前日

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 の父, の眼

▼ ただし~ (2, 0.1%)

1 を撫でる, 薄くし

▼1* [720件]

ただしあすこの芸術, ただしあまりうますぎ, ただしあるもむだ, ただしあんまり強くは, ただしいくらかは違います, ただしいずれも見た, ただしいったんこの土地, ただしいつもならば, ただしいま現にやつがれ, ただしうさぎ肉はなんと, ただしおでんと天ぷら, ただしおれたちは自分, ただしおんなの役, ただしお前にある, ただしお前たちが東京, ただしかの会より, ただしかりてやみぬ, ただし京都, ただしきりと気, ただしくもとの形, ただしくわしき説明は, ただしけがれがある, ただしは訴訟, ただしここのは関東, ただしこちらはもう, ただしこのいわゆる文化伝播には, ただしこれきりの縁, ただしこれら諸種の心性, ただしこれ以前の部分, ただしこんな料理は, ただし主人は, ただしご存じ通りの黒人, ただししばし君ここを, ただしすべてがあれ, ただしせっかく新版を, ただしそういった処で, ただしそこにはお, ただしそのうち一発は, ただしそのまま担いで, ただしその後十年だけのこと, ただしその道の人, ただしその間にも役目, ただしそれぎりである, ただしそれでも餌の, ただしそれ以前に私, ただしそれ以外の祝儀, ただしたいていの国, ただしただ殺すの, ただしたりいろいろの, ただしちと四角な, ただしつい今しがた柵に, ただしつかまえようということ, ただしできるかできぬ, ただしできれば父上, ただしでござるいずれへ, ただしときどき驟雨あり, ただしどう割引を, ただしどういうものか, ただしどんな苦境に, ただしなぐりこみへ出た, ただしなぜだか, ただしなにか思うところ, ただしなにゆえに夢中, ただしなるべく化粧を, ただしなんにも御馳走は, ただしにはなられましたか, ただしにんじんの監視, ただし義高氏の, ただしほかにもっと, ただしほのめかすだけである, ただしほんとうのところ, ただしまだあの時, ただしみんなくたびれはてしかも, ただしもう一人現われましょう, ただしもしくは石原純氏にたいして, ただしもしそう言えるならばさ, ただしもっと強硬な, ただしもっとずっと大きな札荅蘭族, ただしょげきった顔をする, ただしわが国の神社, ただしわが家のこと, ただしアビシニア人を残酷, ただしアフガニスタンやバーバリー, ただしアプレウスの書, ただしアメリカが自由主義, ただしアラスのでき, ただしとウ, ただしインドにおいても那伽, ただしだけは特別, ただしエリスの, ただしオシラサマは持っ, ただしカテリーナ・リヴォーヴナの焼印つき, ただしカンツレエルの発表, ただしガゴはむしろ, ただしケチでそう, ただしコックリは言語, ただしコルトーは思い, ただしシトギはシト打ツ, ただしシナの正しき, ただしシニカルでありたさ, ただしジョニイやブラットシュトレエム, ただしスサノヲの命, ただしズラリと変, ただしズーデルマンのカッツェンステッヒ, ただしセラで問答, ただしタ行の仮名, ただしトリックの巧拙, ただしトン数は千位, ただしドストエフスキイのノンダクレ, ただしナターリヤ・ヴァシーリエヴナは亭主, ただしニライスクという言葉, ただしノルウェーの兎, ただしパステルだと, ただしパリの塔, ただしビールを一杯, ただしファヴォリットは出, ただしブルジョアジーは自分, ただしベロヴゾーロフは日増しにだんだん, ただしポケットのある, ただしマルサスの手紙, ただしミウーソフさんあんたじゃありません, ただしミサキガラスというの, ただしミッチェルの方, ただしミ・ム及びビ, ただしユダヤ教はどう, ただしロシア式のさ高尚, ただし一つ合点のゆかぬ, ただし一つ希望がある, ただし一人一掴みずつだ, ただし一双ともにそう, ただし一国教育の事, ただし一尺ばかり積, ただし一年三百五十四日の内, ただし一度人を啖, ただし一心同体ではある, ただし一日並びに一年間, ただし一旦家を, ただし一箇の功名, ただし七百の本, ただし三代目小さんだけは大震災直後, ただし三位卿は賢く, ただし三千の人夫, ただし三年生の委員, ただし三心四修など申す, ただし三月の雛遊び, ただし三根クンおどろいちゃ, ただしの, ただし上げましょう拳銃を, ただし上帝は随分, ただし上部に垂直, ただし下りの場合, ただし下手におだてる, ただし不幸と云う, ただし不思議に浴衣, ただし不意を喰った, ただし世法は慈仁, ただし世間には仮, ただし世間的に云え, ただし両方ともくりくり, ただし両者をまつたく, ただしにはそんな, ただし中国将来の考慮, ただし中央一部の市街, ただし主人公の青年, ただし久美子の場合, ただし皆世上, ただし二人が丁年, ただし二回目からは染吉, ただし五十本が一本, ただし五名は多, ただし五回走れば, ただし交換条件がある, ただし京丸へは未到, ただし人民の大半ローマ宗, ただし人界の者ども, ただし人目にふれる, ただし今ここにはかよう, ただし今さらそのよう, ただし今回の遭難事件, ただし今回雑草木を刈り, ただし今夜は貴殿, ただし今年は閏, ただし今日もなお, ただしの一種, ただし他国人を擯斥, ただし他家へ養女, ただし他家様のお, ただし代人を許さない, ただし以上述べたの, ただし伊兵衛であること, ただし伊勢えびには鋏, ただし運賃と, ただし何もかも倍音発生の, ただし何年何月何日誰某宅, ただし何故にこの, ただし何畳だか, ただしは文部省, ただし作業の功, ただし作者を除い, ただし使いは不安, ただしにも南江正忠, ただし供給が所有量, ただし促音は書きあらわしてない, ただし俊秀の子女, ただしにいう, ただし俗人なり, ただし俗礼にかかわらない, ただし保安官による結婚式, ただし俳諧の方, ただし人は, ただし倹約を好み, ただし偉大な達見, ただし僧侶は男女, ただしの遺骨, ただし充分ご注意, ただし全くそれだけが, ただし八丈島へ行く, ただしではござらぬ, ただし公任卿はゆゆしく, ただし六七百年の虚偽, ただし六塵の中, ただし兵乱に身, ただし兵器の進歩, ただし其の部の, ただし其恋があった, ただし其許の条件, ただし兼務者に対しては村社, ただし冷静なローリイ, ただし処置なき出来事, ただし刀身は脈々と, ただし切られても切られ, ただし切迫した心持ち, ただし別になおサシドリ, ただし刻み昆布一合煮だし二合, ただしもつて, ただし前もってお断わりし, ただし前山翁一人がその, ただし前後にたった, ただし前日の失敗, ただし前者でも太陽神マルドゥク, ただし加賀爪甲斐守ではない, ただし助手の吉次, ただしの字, ただし北風強く浪花, ただし十か年賦にし, ただし十七条憲法は撰定, ただし十六歳の少年, ただし十日間がせいぜい, ただし半年一歩の出金, ただし南アフリカは豪州, ただし南日本海で獲れる, ただし南条右近の子, ただし南洋にいる, ただし印度の婆羅門僧, ただし厳重に蓋, ただし参拝者多からず, ただし受け入れる事の, ただし口幅ったい名分を, ただし古い過去の, ただし古風なる自由意思論者, ただしの著作権, ただし可否茶館は客, ただし右様の用意, ただし司令部当局は慎重, ただし合戦当時の陣形, ただし吉本の宣伝法, ただし黨が, ただしこそ物臭太郎, ただし向うはいま日, ただし周期的では, ただし味方争いするな, ただし呼出されようが出されまい, ただしのせ, ただしの女中, ただし唯一の対抗策, ただし唯今師のご, ただし商館通いであったが, ただしによります, ただし四五ニズムと云, ただし四条五条という漢音, ただし図書館内に一八三二年以来, ただしと人体, ただし国会の決議, ただし国君官吏たる者も自, ただし国教宗の僧侶, ただし土岐氏がみずからこれ, ただし地上三階以上の室, ただし地勢および祭祀理由, ただし地名は丹生川平, ただし地方教育官庁が一会計年度内, ただし地方裁判所の検事, ただし地球は昔, ただしだけは石, ただし塩気のある, ただし塩水であと, ただし壮年の男, ただし変化があらわれる, ただしなど僧侶, ただし夏期に限る, ただし夕方であって, ただし外国文化の日本化, ただし外界とは交通遮断, ただし夜光の短刀, ただし大いに振興し, ただし大兄には運座, ただし大勢に逆らった, ただし大和尚は迷惑党, ただし大宮人が農事, ただし大将軍にも金神, ただし大政大議, ただし大昔も筑波山の, ただし大王は一九一八年, ただし大阪は今日, ただし天主教のテクラ尊者, ただし天井の高い, ただし太陽が自分, ただし女の子の学校, ただし女人には邪視, ただし好意に甘え, ただし妻君はかつて, ただしに少々, ただし姓名だけ申しましょう, ただし姫路の町, ただし姿は決して, ただしを打殺し, ただししさ, ただし嫡子五郎右衛門と宗矩, ただし子供が四人, ただし子音が皆, ただし子音二つが異なる, ただし学校の方, ただし宇津木兵馬はおりません, ただし安価くない, ただし宗五郎の伝, ただし宗教は古来, ただし宗教上に用, ただし定価のこと, ただし実はそれだけに又それら全, ただし実隆といえ, ただし室町末期に国語, ただしへは帰るまい, ただし宿禰の復命, ただし寝室には病人, ただしではそれ, ただしをそつ, ただしせんは, ただし小姓どもはなるべく, ただし小林区署の人, ただし小池さんに云い含め, ただし少しも実行, ただし少年や女, ただし少数の特別, ただしを上, ただし屋上はトタン, ただし山中においては人, ただし山木がその, ただし山男の身長, ただし川原毛のやつ, ただしの下, ただし左表は千位, ただし市会議員のよこした, ただし師父圓馬だけは私, ただし常に微笑を, ただし常温におけるグリセリン程度, ただし常陸坊という故に, ただし幕府御辞職, ただし平八の身の上, ただし平泉のよう, ただし幼児は放射線, ただし幽霊のごとき, ただし広言ではない, ただしを貸した, ただし廻廊のそ, ただし弁信が感心, ただし弓矢にかけても通る, ただし強制するに, ただし当今はどこ, ただし当分の間, ただし当日と違った, ただし当日定めの二鶏, ただし当時における筆, ただし当時京洛の人士, ただし当面の問題, ただし彦根の藩中, ただし彼女において異様, ただし後ろは暗, ただし後者は具体, ただし従来いわゆる日本画, ただし城下十里外へ, ただし心内に恐るべき, ただし心配をした, ただし必ず大胆な, ただし必ずしもこれを, ただし志貴子をまごつかせよう, ただしのため, ただし濤船を, ただし急ぐからおよそ, ただし性大寒にし, ただし患者および施術者, ただし悪魔の戯れである, ただし情報の途中, ただし惜しむらくはこれが, ただし意見交換の時間, ただし愚僧に一策, ただし愛せらるる, ただし應接しなければ, ただし懺悔をする, ただし我が輩は, ただし我邦では, ただし戦争後のこと, ただし戯れにし, ただしはしまっ, ただし手荒に振舞, ただし承知の上, ただし押売では効能, ただし拙者と貴殿, ただし括弧の中, ただし掘り出しものは別, ただし支那の太古人, ただし支那説は虎, ただし改めて我れ, ただし政府がその, ただし政権参与等の事, ただし数多い諸例, ただし文体は紳士的, ただし文化の普及者, ただし文句の翻訳口調, ただし文学だけは除い, ただし料金は今, ただし斜めに後ろ, ただし斜め上から見た, ただし断わっておく, ただし新しい労働は, ただし新撰組でもなし, ただし新渡の農作物, ただし既に述べ置いた通り, ただし日本士族の風俗, ただし日本紀といえ, ただし日記ていに記す, ただし旦那の御, ただし王朝時代には, ただし旧慣により, ただし昆虫館を閉ざした, ただし昔話にある, ただしの詰まり, ただし春琴が生田流, ただし昨日の夕方, ただし時に懈怠千万な, ただし時世だけに視野, ただし晩年に近づい, ただし普通のでは, ただし暗号もただ, ただし曹操としてもこんな, ただし曾良の附句, ただし古く香, ただし最も下等な, ただし最初の方, ただし最前の金貨, ただし月賦十円払込の事, ただし有様を比較, ただし起きるごと, ただし朝五ツよりのこと, ただし未来の情操文学, ただしの方, ただし本当の怪談, ただし本来は巻き, ただし本栖湖はその, ただし杉山をとがめる, ただし村口の哨戒, ただし条件が二つ, ただし来る節は, ただし来年になったら, ただし来月上旬でいい, ただし東寔で探した, ただし東海岸の邑里, ただし果して狼の, ただし果実ならびに花, ただしの考え, ただし柳生家においても何, ただしは早く, ただし楠公没後のもの, ただしとは言っ, ただし横溝氏の作, ただし次兵衛のこと, ただし欧米の方法, ただし體の, ただし正三君は自分, ただしの, ただし此家の主人, ただし武将が用いる, ただし武芸者方は各, ただし武蔵はかく, ただし残された一つの, ただし母系統を重んずる, ただし月曜日及び, ただし気らくに責任, ただし気絶ぐらいはし, ただし氣多の前, ただしは数日来, ただし水野家の籍, ただし永久に揺るがぬ, ただし永正三年に売った, ただし江戸人士は悪罵, ただし決して武士では, ただし沖縄にはまだ, ただし泣くだきゃあ泣いた, ただし注意を怠る, ただしからやや, ただし海湾外に開き, ただし海軍により海, ただし消費者はこの, ただし深沼家に於い, ただし渋沢のその, ただし渺々たる大江, ただし湖上で後光厳, ただし湯島近所から雪, ただし洲の, ただし滅多には驚かない, ただし漢中の地, ただし漢訳のお, ただし濁音はその, ただし州まで, ただし火星の生物, ただし烏骨鶏に白い, ただし無事といいます, ただし焼き方は, ただし煙草をのませない, ただし煩悶がなくなった, ただし熱地には, ただし熱帯に入り, ただしに随, ただし牝牛を畜, ただし牝鶏の晨, ただし特に規定せる, ただし犬歯の所, ただし犯罪人たちが入っ, ただし之松, ただし猪罠の構造, ただしのうち, ただしの力, ただし玉茎の条下, ただしの耳, ただし王城の夜, ただし珍しいことで, ただし現在何十もある, ただし理屈の上, ただし生きた竜の, ただし生れた時間は, ただし生命に別状, ただしのほう, ただしの人びと, ただし画家の僕, ただし疑えば疑えます, ただし病人たちのこと, ただし登山者に交通, ただし登行極めて遅く, ただし白絹の半, ただし皆さんはまだそう, ただし目指す死は, ただし相州津久井の内郷村, ただし真剣白刃勝負の場数, ただし研究追, ただし研究班をつくる, ただし確かに鬼火, ただしを享, ただし秀吉と思い, ただし私欲でもっ, ただし私用潜戸を開けられい, ただし秋山先生はいたっ, ただし空気の磁性, ただし空魔艦ならもっと, ただし突発事件に対してはすぐさま, ただし窃かに義賊, ただしのカーテン, ただししてまで, ただし立川さんは自分, ただしどころか蚤, ただし竿頭のさつき, ただし筆屋というの, ただしのみ, ただし管輅が教えた, ただしと豆, ただし紅白の蓮華, ただし紅色はやや, ただし素晴らしいと月並み, ただし細かい文字上の, ただし維新以後にはそれ, ただし群衆撮影の場合, ただしを結んだ, ただし義経が天狗, ただし翌朝の糞, ただし老人はそれ, ただし考えてみれ, ただしがかたい, ただし脂肉はすこぶる, ただし脅かしに, ただし自分独りが目, ただし自国産のクリーム, ただし自己の天才, ただしだぞ, ただし船長の報告, ただし色白で一寸, ただし花粉や椰子, ただし芸術様々だけで, ただし芸質の融通無礙, ただし若干の用語, ただし英語は, ただし落ちを取る, ただし落葉が二三枚, ただし之助, ただし著者のつもり, ただし著者自分で見た, ただし蕎麦は勿論, ただしの事, ただし蚊帳を要す, ただしの毒, ただし蟄眠期を終わった, ただし行商はほとんど, ただし街路および家屋, ただし被害地を視察, ただしをはかせ, ただし裏庭の方角, ただし複合語などの場合, ただし西北二方面は蒼溟茫, ただし西南の一隅, ただし西洋文化の圏外, ただし西洋皿の上, ただし視線に対して直角, ただし親子の道, ただし角刈とハイカラ, ただし言うまでもなくそれは, ただし記憶だけで他, ただし証拠判定ではない, ただし詳しい方式は, ただし読点をのぞく, ただし調査に当っ, ただし諸君は使い道, ただし警察に訴える, ただし護送輿の足なみ, ただしではなく, ただしが勧化, ただしなるもの, ただし貧乏線を論ずる, ただし貧民を救い, ただし貪欲でも悪人, ただし貴族的では, ただし買うならいいのに, ただし赤瀬からも意見, ただし趙家の閾, ただし最も寒き, ただし踊りが主, ただし車体は上下動, ただし軍服や提灯, ただし軸物にはそう, ただしみと, ただし辰下刻までの事, ただし農業生産の特殊性, ただし近くへは寄せつけ, ただし近ごろの先端的, ただし近年は狐, ただし近所の, ただし迷亭に至っ, ただし途中一夜を野営, ただし通例は中っ, ただし通常以上の移住, ただし通弁のゴー, ただし進退の駈, ただし遅速はおい, ただし道庵先生のは世間, ただし達吉は建築, ただし方が, ただしかに語気, ただし部屋に入る, ただし醜い女は, ただし干咆, ただし野外に一枝, ただし野槌に似た, ただし野良調子を張上げ, ただしを納むる, ただし金太郎君は金吾老人, ただし釣合いはいかが, ただし銃猟の事, ただし銭差合羽提灯笠袋下駄袋の類, ただし録音はどちら, ただしつづきは, ただし長くはやるべきもの, ただし長崎におった, ただし開いていた, ただし関東の呪詛, ただし閣下のご, ただし防禦は厳に, ただし陀羅尼助の助, ただし附近に散在, ただし陳蔵器の説, ただし階下の電話, ただしだけはまた, ただしが切れ, ただし電車の二人連れ, ただし青二は自分, ただし音信の数, ただし頭髪は真っ白, ただしはきめません, ただしや手足, ただし顕密の教法, ただし願わくはスラリと大枚, ただし風位一変西南より吹き来たる, ただし食い物をあたえる, ただし飮物は別, ただしゆる時, ただしへはさわる, ただし馬櫪神とて厩神, ただし馬鹿のひとつ覚え, ただし驟雨あり, ただしあるもの, ただし高からず, ただしだけは刷毛先, ただし鳰鳥から云う, ただしと言っ, ただし鹿島鎗ヶ岳は観, ただし黄金三合という戯れ