青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たしか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

たかった~ たがい~ たがる~ たく~ ~たくさん たくさん~ たくない~ たくなる~ たけ~ ~たしか
たしか~
~たしかに たしかに~ ~たずね たずね~ ~たずねた ~ただ ただ~ ただし~ ただちに~ ~たち

「たしか~」 2647, 29ppm, 4102位

▼ たしか~ (369, 13.9%)

24 ことは 9 証拠が, 証拠を 8 ものだ, んだ 7 のです, 事は, 事実である 5 のだ, もので, ものは, んです 4 のは, 筋から 3 ことで, ことを, ところが, の, のか, ものです, 証拠は

2 [22件] せり, つもりで, ところは, ところを, ので, のよ, ように, 事, 事を, 事実だ, 人から, 人が, 希望と, 方法は, 根拠の, 目的が, 筋の, 見当は, 証拠でも, 証拠も, 道を, 音を

1 [197件] あてが, あても, うちに, うわさだ, お推察, ことか, ことかい, ことかって, ことだ, ことだけを, ことである, こととて, しるしであり, たのもしい方, ところ, ところあの, ところです, ところへ, とこを, のかい, のが, のだろう, のであろう, のでしょう, ので好意, ので彼, のと, のに久助君, のね, のも, ひとと, ふみ出しは, もの, ものが, ものであった, ものである, ものでした, ものと, ものという, ものとして, ものに, ものの, ものを, もんだ, もんだろう, もんです, やうに, ようだ, ようである, ようです, んだろう, んでしょう, マドンナさんで, 一歩あせらずたゆまず, 一歩だ, 一歩を, 一歩一歩を, 一面である, 上達方法だ, 不在証明が, 予感として, 事が, 事だった, 事の, 事実であっ, 事実であった, 事実であり, 事実であります, 事実であろう, 事実です, 事実な, 事実に, 人か, 人に, 人の, 人物です, 代々木流の, 位です, 位置が, 侍ばかり, 価値の, 便りが, 保証が, 保証つきである, 兆候だ, 先を, 兵である, 出典の, 切な, 力を, 医者です, 収穫である, 口調で, 古渡り, 呼吸も, 品ばかり, 品物を, 喜びを, 図面とも, 土台が, 報告を, 声で, 夢だ, 奴は, 子でございます, 季節の, 学友を, 安定は, 宮方お, 希望とを, 年代などは, 年代は, 底に, 御口上, 心と, 心の, 心持を, 急所を, 想像で, 愛情の, 感じだ, 態度で, 所が, 手から, 手へ, 手も, 手段とは, 把握に, 抵当を, 推測を, 文体, 方だ, 方法だ, 方法でしょう, 方法の, 方角は, 時は, 時間も, 本格的な, 根拠は, 槍一本は, 比較は, 気持ちで, 永井荷風の, 沙汰か, 深い地盤, 特徴が, 留守番にも, 目は, 目当てが, 目的の, 直観の, 知識を, 筈である, 筈な, 筋という, 約束でも, 細い険しい道, 紹介状を, 者を, 脈絡を, 腕前, 腕前を, 自我の, 船頭にさえ, 色の, 覚悟が, 親しいもの, 解剖は, 解答を, 言葉が, 言葉は, 記憶が, 記憶を, 記録が, 訴人が, 証人が, 証拠あっ, 証拠だ, 証拠であろう, 証拠なぞは, 証拠の, 証拠よ, 証拠人が, 話でも, 話な, 説明が, 説明を, 證拠が, 證拠には, 證據は, 返事は, 返事を, 連絡の, 運命を, 道でした, 銀行は

▼ たしか~ (220, 8.3%)

4 さうだ, 聞いた, 言った 3 さうだと, 持って, 聞いて

2 [13件] いた, おどろいた, きいた, ついて, 働いて, 光が, 来て, 泣いて, 生きて, 聴いて, 見て, 覚えあるここ, 認めたが

1 [173件] ある, いくたび, いくぶん, いたししましたよ, いただいて, いただきました, いったか, いって, いました, いるぞ, いるん, うごいて, おいしい餅, おります帰ったという, お富士教, お徒歩供, かがやく五月, このほう, ごたついて, さういふの, さういふ一時代, さういふ人, さういふ女, さういふ生活気分, さうすること, さうだで, さうだね, さうだわ, さうぢ, さうである, さうでございますけれども, さうね, さう云, さう呟いたので, さう思つて滿, さう思ひこんで, さう見えたの, さっきの, するの, する事, せいしんて, せでやはと, せんか, それは, どこの, のこした, まちがって, もって, よびもの, わかって, わらって, ヤマサンの, 一人は, 中村屋の, 乘せました, 于, 云ったが, 云ったこと, 似て, 侠気ある, 信じて, 優れて, 全員が, 全部苦しい, 出て, 効能ある, 動いたりと, 動いて, 動きその, 取り極めた約束, 向いては, 君達みたいな, 呼んだの, 呼んで, 天狗の, 女の, 尋ねる人, 引きうけ, 得右衛門の, 忍びたまえ手紙, 忍んで, 応えるの, 手前の, 承引致しました, 承知いたした, 持ち給, 持参いたします, 捧げは, 揃った, 書いて, 来た, 来るはず, 歩いたといふ, 歩いたよう, 歩いたん, 歩いて, 浴槽の, 海へ, 渡して, 灼熱的で, 物置に, 玄関の, 現れて, 町の, 疑って, 相違ない, 真だ, 着いて, 知らされは, 知れるの, 続いて, 綿貫が, 締めたな, 美味かった, 聞いたか, 聞いたという, 聞いたとこう, 聞いたの, 聞いたのに, 聞いたん, 聞いた記憶, 聞いた話, 聞え或いは, 聞かされて, 聞きましたよ, 聞き覚えありとは, 聞て, 聴き覚え, 胃の, 菊畑の, 落ちたこと, 落ちたね, 落ちついて, 血迷って, 行かないよ, 見えたり, 見えました, 見える, 見えるが, 見た, 見たこと, 見たの, 見たよ, 見た筈, 見とどけた者, 見ゆるなりと, 見届けたの, 覚えて, 親方の, 言ったの, 言ったん, 言った覚え, 話した覚え, 話して, 認めて, 近づいて, 返したから, 逃げだせるという, 連れて, 進んだ筈, 適って, 酔っ払ってるよう, 閉めて, 降りたとは, 階下の, 階段を, 頂戴しました, 預けたおい叔父さん, 食って, 駈落ち者うめえ, 驚いて, 驚嘆すべき, 鳴いて

▼ たしか~ (75, 2.8%)

9432 から, が, が所在, と思う, な

1 [49件] いや十年, からだ, から爺さん, がお, がしかし, がそれ, がそれから, がまるで, が人物, が僕の, が初瀬, が四箇月, が漁師, が空腹, が職業, が青ひと, けれどそれから, しおまえ, し価額, そうです, という, ということ, というところ, といえよう, といふ, としたら, として一方, とつくづく, とでもいう, とのこと, とは言, とも, ともよ, と云いえよう, と信じ, と思った, と思案, と見, と見え, と言いまする, の, のにネ, もの, よ君, ッ, 僕が, 化物なんか, 氏の, 行乞相がい

▼ たしかこの~ (58, 2.2%)

3 辺の 2 城で, 女の

1 [51件] あたりに, ことの, へんが, へんで, ポストの, 事件の, 二階に, 人は, 前この, 前の, 前金矢の, 劇場の, 夏の, 宵おお, 家で, 家の, 家は, 小松谷の, 年から, 微孔, 日であった, 春の, 時であった, 時には, 時分であった, 時限りの, 書物の, 月の, 月影を, 木に, 本は, 朱線に, 次の, 眼に, 硯と, 笄は, 花降し, 裏だ, 辺から, 辺だ, 辺でございました, 辺でした, 辺に, 辺りへ, 辺貴様は, 辻この, 通りであった, 部屋に, 附近から, 集の, 館の

▼ たしかその~ (55, 2.1%)

4 年の 2 なかに, 中に, 明くる日の, 時の

1 [43件] おり貞奴は, お仲間, ころで, ときの, ま, やうでした, やうな, やうに, ような, 一二年のちで, 三年前か, 三日目と, 二度だけ, 前の, 前後に, 四日目を, 場に, 山は, 年が, 当時の, 御寺, 微妙な, 明くる日であった, 時, 時に, 時は, 時めぐらした, 時雪五郎が, 月の, 木の, 栄介さんは, 次あたりの, 歿後の, 泰平郷でした, 眼は, 翌る, 遊びでは, 頃と, 頃の, 頃は, 香月さんと, 黒いバラ, 黒い爪

▼ たしか~ (39, 1.5%)

9 はない 3 あつた, はありません 2 その点

1 [22件] あつて, あやうげ, あらう, おありる, おざる, さすがの, その人, はあった, はなかっ, 一安心ね, 乳しぼり, 今や日本人, 僕は, 十二時限り営業まかりならぬ, 放浪の, 早い大事, 第一, 美しいもの, 美しい人, 羽二重の, 豚や, 酒も

▼ たしかあの~ (31, 1.2%)

1 [31件] かるわざ, ときわしの, ネギの, 中に, 中には, 人には, 人ひょっとする, 園芸靴には, 夜は, 大臣の, 大鷲に, 女は, 家は, 岩だった, 日に, 時も, 時伸子は, 時奈落に, 時娘の, 時貴女は, 林の, 猫が, 男は, 相模屋という, 秘密室の, 翌日だつた, 若僧は, 辺に, 辺の, 道を, 顔あの

▼ たしかです~ (27, 1.0%)

6432 ぜ, とも 1 かい, からそういう, からな, から透き, がしかし, ともそれから, ねあなた, ネ, 先生たしかに, 昨日も

▼ たしかである~ (25, 0.9%)

3 ことは 2 がそれ

1 [20件] かという事, かどう, からこの, からこれ, から思い切っ, から菊池武重, が, がしかも, がそれにしても, が同時に, けれども一時代, このこと, しあれ, と思う, と思っ, と思われます, と自白, のに眼, 以上あとは, 竹刀の

▼ たしか~ (19, 0.7%)

1 [19件] ういふ話, うだと, うです, うらしいが, う云, が医者, が示され, とで誰, と器量, に, に感動, はさすが, はし, はほめ, をそなえ, をもっ, を伸子, を思はせる, を示した

▼ たしか~ (17, 0.6%)

1 [17件] が, が文科, が旧, が胃腸病院, が越後, が高等学校, には重, のためNG, の十九歳, の四つ, の方, の第, の記憶, の讀んだ, はいつも, は中学二年, よりも十五年

▼ たしかあれ~ (16, 0.6%)

1 [16件] がタデシナ, が二十三, には絞首台, はあなた, はまだ, はイタリア, はエコーラリイ, は三頭, は二十歳, は伊豆, は十四五人, は明治三十九年, は濃い, は莫迦げた遊戯, は遺伝性, 一枚しか

▼ たしか~ (15, 0.6%)

1 [15件] つし, ないどし, 作も, 守役と, 宗旨違いだった, 島どんという, 梅どんに, 民とか, 決めに, 濠端で, 紅殿と, 若さんの, 葉と, 蝶という, 遊さんが

▼ たしかでない~ (13, 0.5%)

1 [13件] かぎり断念する, かはそれ, から, がしかし, が多分, が網, こと, ものも, 事を, 浪人なぞと, 練習室な, 老師は, 者しか

▼ たしかなる~ (13, 0.5%)

2 にしかも

1 [11件] たよりにて, によし, ように, 事実である, 例あり, 唯一の, 漕手幾人か, 理由が, 筋より, 者あらざれ, 過去の

▼ たしかそう~ (11, 0.4%)

2 だったね 1 きこえましたぜ, だったと, だったわ, だろう, であったな, でしたね, よ, 云ったねえ, 若旦那一馬さんです

▼ たしかそんな~ (11, 0.4%)

1 [11件] ことも, ふうの, やうな, 名前だ, 名前だった, 家が, 意味の, 意味合ひ, 筋だ, 紐だ, 話でした

▼ たしか去年~ (11, 0.4%)

2 の秋 1 でげした, の一月, の今日, の冬, の四月頃, の夏大阪, の春, の春頃, の正月

▼ たしかそれ~ (10, 0.4%)

1 から一年後, だけだ, に人肉, に使われる, に関する雑誌, は一つ, は今日, は明治三十四年, は食堂車, を引き上げ

▼ たしかなら~ (10, 0.4%)

2 ねど 1 この一瞬, ばね, ば一昨日, ば労働者, 世俗にも, 仔細が, 席を, 旦那は

▼ たしかもう~ (10, 0.4%)

1 そのへん, 一人扇女の, 二十四五に, 十二時も, 四つほど, 故人だ, 清国に, 発行できない, 百か, 直ぐです

▼ たしかまだ~ (9, 0.3%)

2 二十四でございました 1 お話し致しませんでした, そんな話, オックスボウへ, 工場に, 残つてるはず, 神学校の, 西峠へ

▼ たしか~ (8, 0.3%)

1 などが中心, に取っ, の伯父さん, の新, の芸, は四肢, も四十四歳, も食べたろう

▼ たしか自分~ (8, 0.3%)

1 が大学, ですぐ, でも泣い, のいた, のこと, の家, は見た, よりひとつ年下

▼ たしか~ (7, 0.3%)

1 きくの, すれば, みえて, 存じ候, 思はれざりし歟, 思われざりしか, 見られるのに

▼ たしかには~ (7, 0.3%)

2 知らないの, 覚えて 1 わからぬが, 相違ない, 見とどけなかったの

▼ たしか~ (7, 0.3%)

2 ようです 1 ところが, やうです, ように, 生の, 言句今日に

▼ たしか~ (6, 0.2%)

1 が二十歳, が最も, が近藤家, のほう, は二三度鼬, は町角

▼ たしか~ (6, 0.2%)

1 三作である, 二作の, 六天の, 十冊, 十話あたりから, 四回目の

▼ たしかあなた~ (5, 0.2%)

1 がここ, が薔薇, でごぜ, は過日, も好奇心

▼ たしかだった~ (5, 0.2%)

1 が一方, が進むにつれてしっかりしてき, しまた, のだろう, んです

▼ たしかであり~ (5, 0.2%)

1 これが, さらには, そうし, 又そう, 夜とも

▼ たしかであろう~ (5, 0.2%)

1 と思いました, と思う, と思われまする, と思われる, な

▼ たしかでございます~ (5, 0.2%)

1 か, からお前, からと哀訴歎願, ですからあの, わ

▼ たしかとは~ (5, 0.2%)

1 いえないな, いえない問い, いえません, いへ, うけとれない

▼ たしか二度~ (5, 0.2%)

1 きました, ほど見かけ, や三度, 来てたかと, 目だつた

▼ たしか~ (5, 0.2%)

1 でも物, の横川駅, の群れ, は持主, 暴風の

▼ たしか~ (5, 0.2%)

1 と同じ, の妹, の識つて, はそれ, より三つ

▼ たしか~ (4, 0.2%)

1 いやさ, ここで, たしかでない, どうか

▼ たしかここ~ (4, 0.2%)

1 から十二, が荒神口, で会つたの, には柏屋

▼ たしかこんな~ (4, 0.2%)

1 ことが, ものであろう, 名であった, 話を

▼ たしかそこ~ (4, 0.2%)

1 だっけと, で別れた, にはわびしい, には司法省

▼ たしかだろう~ (4, 0.2%)

1 と私, な, なと聞く, ね

▼ たしかであった~ (4, 0.2%)

1 がちょっとした, という, 今の, 弟は

▼ たしかどこ~ (4, 0.2%)

1 かでお, かで見かけた, かに女, かに行っ

▼ たしかわたし~ (4, 0.2%)

2 の右手 1 の方, の部屋

▼ たしか~ (4, 0.2%)

1 のよう, の半, の法名, へ降りた

▼ たしか以前~ (4, 0.2%)

1 から梅小路, にも二三囘, に化学者, は小さな

▼ たしか先生~ (4, 0.2%)

1 が日本, の入院, の紹介, はその

▼ たしか十九~ (4, 0.2%)

1 か二十, と言った, におなり, の春

▼ たしか小学校~ (4, 0.2%)

1 で一度, の五年生, へあ, へ入学

▼ たしか~ (4, 0.2%)

2 る狂人, る狂女

▼ たしか高等学校~ (4, 0.2%)

2 から大学 1 に行っ, の二年

▼ たしかあそこ~ (3, 0.1%)

1 に造花, のドア, はいつも

▼ たしかあなた様~ (3, 0.1%)

1 でございましたな, におかれまし, を甲府

▼ たしかでしょう~ (3, 0.1%)

21

▼ たしかでも~ (3, 0.1%)

1 ないこと, なお一抹, 新鮮味が

▼ たしかなり~ (3, 0.1%)

1 その暁, その曉, と云

▼ たしか~ (3, 0.1%)

1 しかもござんせぬ, たしかも, 現在この

▼ たしからしい~ (3, 0.1%)

1 から, のだ, 仮説として

▼ たしか一つ~ (3, 0.1%)

1 の特徴, はお玉ヶ池, は長い

▼ たしか一人~ (3, 0.1%)

1 でしたね, は山添団八, も乗つ

▼ たしか中学~ (3, 0.1%)

1 の上級, の初年級, を卒業

▼ たしか二十三~ (3, 0.1%)

1 かと思います, から七, だつた

▼ たしか二十四歳~ (3, 0.1%)

1 であつ, でした, の時

▼ たしか二月~ (3, 0.1%)

1 であつ, の九日, もおわり

▼ たしか五つ~ (3, 0.1%)

1 か六つ, と思います, の漢文字

▼ たしか六十~ (3, 0.1%)

1 に近い, へ入った, を越した

▼ たしか~ (3, 0.1%)

1 だつた, だつたらう, の初め

▼ たしか十一月~ (3, 0.1%)

1 の初め, の父, も末

▼ たしか十二月~ (3, 0.1%)

1 のある, の八日, の初め

▼ たしか十八~ (3, 0.1%)

1 か九の, とか言いました, になりましょう

▼ たしか同じ~ (3, 0.1%)

1 ものが, 人で, 頃に

▼ たしか土曜日~ (3, 0.1%)

1 だったかと, だった先生, の晩

▼ たしか~ (3, 0.1%)

1 の, の初, の初め

▼ たしか~ (3, 0.1%)

1 供が, 督であった, 野道風とか

▼ たしか明治三十六年~ (3, 0.1%)

2 である 1 の春

▼ たしか昨日~ (3, 0.1%)

1 か又は, と思う, まではおもしろい

▼ たしか~ (3, 0.1%)

1 がピストル, の勲章祝い, の方

▼ たしか~ (3, 0.1%)

1 かの文章, も人, も見えませんでした

▼ たしか貴方~ (3, 0.1%)

2 はあの 1 の眼

▼ たしかあつ~ (2, 0.1%)

1 たなどと, た筈

▼ たしかお父さん~ (2, 0.1%)

1 にはお, の殺された

▼ たしかこういう~ (2, 0.1%)

1 光景は, 風に

▼ たしかここら~ (2, 0.1%)

1 に松林, の

▼ たしかこれ~ (2, 0.1%)

1 が九通目, が造庭

▼ たしかじゃ~ (2, 0.1%)

1 けれど, ない

▼ たしかずっと~ (2, 0.1%)

1 以前に, 以前にも

▼ たしかだから~ (2, 0.1%)

2

▼ たしかであります~ (2, 0.1%)

1 これ以上は, じゃなぜなら

▼ たしかであれ~ (2, 0.1%)

1 ばある, ばすぐ

▼ たしかでした~ (2, 0.1%)

2 し今の

▼ たしかとも~ (2, 0.1%)

1 たしかとも, 只私

▼ たしかなし~ (2, 0.1%)

1 ょうこでもあるかね, ょうこをどうしましょう

▼ たしかならず~ (2, 0.1%)

1 只感情, 聞ゆ

▼ たしかならね~ (2, 0.1%)

1 ど, ど若し

▼ たしかオープン~ (2, 0.1%)

2 の三頭立て馬車

▼ たしかクヌウト・ハムスン~ (2, 0.1%)

1 の, の飢ゑ

▼ たしかピエル・ロチ~ (2, 0.1%)

1 だったと, の書いた

▼ たしかラクシャン~ (2, 0.1%)

2 第一子

▼ たしかルーマニア人~ (2, 0.1%)

1 でオテテレサヌ, らしかったわ

▼ たしか一つ上~ (2, 0.1%)

1 だったよう, の彼女

▼ たしか一度~ (2, 0.1%)

1 もレンズ, 連れられて

▼ たしか一昨日~ (2, 0.1%)

1 が丙, でしたろう

▼ たしか一時間~ (2, 0.1%)

1 ばかり前, も眠つて

▼ たしか七つ~ (2, 0.1%)

1 おあり, か八つ

▼ たしか七人~ (2, 0.1%)

1 か八人, でした

▼ たしか三十~ (2, 0.1%)

1 あったと, に間近い

▼ たしか三年~ (2, 0.1%)

1 の冬休み, の契約

▼ たしか三日~ (2, 0.1%)

1 のあと, ばかりも在京

▼ たしか三日目~ (2, 0.1%)

1 が土曜, の夜中

▼ たしか下宿~ (2, 0.1%)

1 したん, して

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 が洗った, 支の

▼ たしか中学五年~ (2, 0.1%)

1 の時, の頃

▼ たしか九時いくら~ (2, 0.1%)

2 の汽車

▼ たしか二十四~ (2, 0.1%)

1 とおつし, になった

▼ たしか二年~ (2, 0.1%)

1 のとき, までご

▼ たしか二度目~ (2, 0.1%)

1 に手, の日曜

▼ たしか二月頃~ (2, 0.1%)

2 にお

▼ たしか五人~ (2, 0.1%)

1 では, と覚え

▼ たしか五年~ (2, 0.1%)

1 の二学期, ほど前

▼ たしか五月~ (2, 0.1%)

2 の三十日

▼ たしか五月ごろ~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ たしか京都~ (2, 0.1%)

1 の理科, へ行った

▼ たしか今年~ (2, 0.1%)

1 の五月頃, はもう

▼ たしか今度~ (2, 0.1%)

1 が始め, の二番目

▼ たしか今頃~ (2, 0.1%)

1 でした, の季節

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 が子規居士, は他

▼ たしか先月~ (2, 0.1%)

1 だと, のお

▼ たしか八日~ (2, 0.1%)

1 だったと, だつた

▼ たしか八月~ (2, 0.1%)

1 の五, の末

▼ たしか六人~ (2, 0.1%)

1 でした, でしたね

▼ たしか六時十五分前頃~ (2, 0.1%)

1 だったでしょう, でしょう

▼ たしか兵隊~ (2, 0.1%)

1 にち, にちがい

▼ たしか其の~ (2, 0.1%)

1 御寺, 日から

▼ たしか十一歳~ (2, 0.1%)

2 の時

▼ たしか十八銭~ (2, 0.1%)

1 だったと, もした

▼ たしか十六~ (2, 0.1%)

1 か十七, くらいにお

▼ たしか十四~ (2, 0.1%)

1 の年, の時

▼ たしか十月~ (2, 0.1%)

1 でしたな, の中頃

▼ たしか友右衛門~ (2, 0.1%)

1 だった筈, だつた筈

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 の方, の眉尻

▼ たしか吉田さん~ (2, 0.1%)

2 と云つた

▼ たしか君たち~ (2, 0.1%)

1 の片方, は熱烈

▼ たしか四年生~ (2, 0.1%)

2 の夏

▼ たしか大きい~ (2, 0.1%)

2 のが

▼ たしか大正~ (2, 0.1%)

1 のはじめ, 初年頃

▼ たしか大正八年~ (2, 0.1%)

1 に米国, の二月末

▼ たしか太田~ (2, 0.1%)

1 という人, の婢

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 ごが, の縁辺

▼ たしか尋常三年生~ (2, 0.1%)

2 か四年生

▼ たしか山田さん~ (2, 0.1%)

2 では

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 の上顎, の部屋

▼ たしか己斐~ (2, 0.1%)

2 から天満橋

▼ たしか巴里~ (2, 0.1%)

1 でしたな, ははじめて

▼ たしか当時~ (2, 0.1%)

1 の沢田, はこの

▼ たしか彼処~ (2, 0.1%)

1 には, には次

▼ たしか征雄~ (2, 0.1%)

2 が大学

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 良人でいらっしゃる, 藤さんの

▼ たしか慶応~ (2, 0.1%)

1 の理財科, の講堂

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 原元三郎と, 演芸だつた

▼ たしか旗本~ (2, 0.1%)

1 とか申す, の書家

▼ たしか明治四十一年~ (2, 0.1%)

1 だったと, の春

▼ たしか明治四十三四年頃~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ たしか昨夜~ (2, 0.1%)

1 の九時前後, も今朝

▼ たしか昨年~ (2, 0.1%)

1 の三月十二日, の九月

▼ たしか昭和三年~ (2, 0.1%)

1 だった, の春

▼ たしか本部~ (2, 0.1%)

1 の当, の連中

▼ たしか~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ たしか此処~ (2, 0.1%)

1 からも見える, は南海寺

▼ たしか淡路~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ たしか源氏車~ (2, 0.1%)

2 の紋

▼ たしか相手~ (2, 0.1%)

1 がいた, は三人

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 の刑事部長, の有力者

▼ たしか神田~ (2, 0.1%)

1 だったろ, の寄席

▼ たしか終戰後~ (2, 0.1%)

1 では初めて, の翌々年

▼ たしか美奈子さん~ (2, 0.1%)

1 より三四年下, より二三年下

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 三十五年の, 八年の

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 が棲ん, の詩

▼ たしか言つたの~ (2, 0.1%)

2 である

▼ たしか貴女~ (2, 0.1%)

1 のお, はいま仮死

▼ たしか越後~ (2, 0.1%)

1 の人, の良寛さん

▼ たしか軍事探偵~ (2, 0.1%)

1 というの, といふの

▼ たしか過ぎる~ (2, 0.1%)

1 と思われる, ほど確か

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 の腕輪, はいくら

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 が三つ, が赤く

▼ たしか音楽~ (2, 0.1%)

1 がお, の始まる

▼ たしか高麗村~ (2, 0.1%)

1 の人間, の狛家

▼ たしか~ (2, 0.1%)

1 とかいった, の丸

▼1* [1129件]

たしかつた, たしかああいう強いられること, たしかあさッて, たしかあちらの方, たしかあっしの口, たしかあるように, たしかいきがけには, たしかいくつも拝見, たしかいつぞやの市, たしかいまだ新秋で, たしかいま女がここ, たしかで玉子, たしかうさぎ小屋にさっき, たしかうちのお, たしかおっかさんがいた, たしかおとといの新聞, たしかおばあさんと同年, たしかおやぢの, たしかおれはお前, たしかお前しめて, たしかお前さんにはお, たしかお子さんは二人, たしかお子様がお, たしかお松様とおっしゃる, たしかお気づきのこと, たしかお目にかかりましたよ, たしかお祖母さんが持ってる, たしかお祖父さんがドイツ人, たしかお蔦とかっ, たしかお話をし, たしかかういふ光景は, たしかかしらんと, たしかかも知れん, たしかかんざし四五郎, たしかきょうが始まった, たしかこいつは, たしかこちらへ参つて, たしかこっちが俺, たしかこの間川長の座敷, たしかこれらの楊梅, たしか近所に, たしかごく大事に, たしかご存じの筈, たしかさうつづくの, たしかまひの, たしかしまってある, たしかすぐお帰り, たしかずつと自分の, たしかなたには, たしかそういう発句の, たしかそういったと思います, たしかそちには鐘巻, たしかそちらの方, たしかその後でしたっけ, たしかそもじにはよい, たしかただいまの, たしかたつたそれだけの, たしかだし実質的です, たしかだって保証する, たしかだつていう証拠, たしかだつたろうがね, たしかだつたわね今なら, たしかでありませんということ, たしかであるらしかつた, たしかでございましょうな, たしかでなかったが曇り, たしかでなくても私, たしかとどまつに, たしかなお見込みでも, たしかならだそれも, たしかならぬただいま, たしかなら構わない主義だ, たしかなりし大成功, たしかなる人なれバ皆, たしかなんと言ったけな, たしかなんとか言いましたね, たしかにこんにち, たしかについて来るの, たしかにてごたへ, たしかにも早や, たしかによつぽど, たしかはいっていた, たしかひとりさう, たしかひらけゴマと, たしかひるまへに死んだ, たしかぼろと, たしかほかの建物, たしかぼくは, たしかまた草履を, たしかむすめが, たしかめんとした, たしかもうせんきいたことが, たしかもうだいぶ以前に, たしかもう一度出る筈, たしかもたしかも大, たしかもたなかったこれ迄の, たしかやすつなと, たしかよろしゅうござる, たしからしく自分には, たしかわざもみごと, たしかアストン女史というポーランド女, たしかアメリカの話, たしかアララギ派の歌人, たしかアレクセイ・イヴァーノヴィチさんでしたな, たしかの六百八十九番, たしかイギリス人のしきたり, たしかイプセンの作品, たしかオツヤとかオツル, たしかカラマツの苗畑, たしかカルタ会の場面, たしかカロライン・ウェルズの, たしかガリバアの目, たしかキミ子さんとかいうひと, たしかギャーッと耳, たしかクイロスの文書, たしかクニッペルにあてた, たしかグスタフ・ファルケの, たしかグリツプといふん, たしかグリーン家のアダ, たしかグローチゥスは仮に, たしかココアかコーヒー, たしかコルトの自, たしかサイディスの, たしかサムライの服装, たしかサラトフでの出来事, たしかサーラに買い, たしかザルキビッチュ・ステツレルと私, たしかシュテッヘは黒髪, たしかシルレルの書いた, たしかシングであつ, たしかジャパンタイムス紙に筆, たしかズウデルマンの, たしかタイプで打つた, たしかタカザワといううるさい, たしかタゴールの詩, たしかダリヤカンナグラヂオラスなどが数反歩, たしかツル子さんといったっけが, たしかデュッコ・シュレーカーと読む, たしかト書にもあつ, たしかドアをあけた, たしかハートのクイン, たしかバセドー氏病患者の眼, たしかバルザックの小説, たしかパスカルの言葉, たしかヒモカワだった, たしかピクニックへ誘, たしかフランスだと, たしかブトルーの, たしかヘルシンキでは走高飛, たしかヘルシングフォルスの電車, たしかヘンリー六世の着用, たしかベルツァーだったと, たしかホフマン教授の紹介, たしかポオル・ブウルジエといふ老大家, たしかポルト・サン・マルタン劇場であったと, たしかマリエットが埋葬地, たしかマリオ競馬会の会長, たしかミン笛とか言った, たしかメリケン粉を捏ね, たしかメレヂコフスキイだかが, たしかモンタニと云, たしかヤコブが天使, たしかヨハンの手, たしかリボーのいわゆる, たしかルツェルンかチューリヒ湖畔, たしかルーブルでルーベンス, たしかレスリングでは禁手, たしかレヴェズの心中, たしかワッカナイから三十キロ, たしかヴァレリイだったと, たしかヴェスヴィアスだけに見られる, たしかヴェリチャーニノフさんでしたね, たしかヴォルテールでしたね, たしか一つぶしかつい, たしか一両であずけ, たしか一九一〇年であった, たしか一九一八年十一月十一日だったと, たしか一九三五年の春ごろ, たしか一九二一年のセエゾン, たしか一二度その癖, たしか一二度あなたのお, たしか一二枚あったよう, たしか一個三十銭位からある, たしか一八七〇年頃だったと, たしか一円足らずの金, たしか一分三十秒おくれただけ, たしか一力とか云いました, たしか一匹のモルモット, たしか一寺一院をお, たしか一年ぐらい前, たしか一年近くあの離れ, たしか一度京都嵯峨の某, たしか一度君から聞いた, たしか一昨年のこの, たしか一月の寒い, たしか一本ずつ重い冷たい, たしか一本スギっていうの, たしか一本一錢だつた, たしか一番は五時十七分, たしか一窓庵でした, たしか一糸も纏つて, たしか一軒あると, たしか一週一回という状態, たしか一週間に亘つて関西各地, たしか七円と札, たしか七冊あったと, たしか七十人と仰っし, たしか七十円たらずだよ, たしか七回忌に雑司が谷, たしか七年だったと, たしか七年毎に周期, たしか七日の夕方, たしか七月の末, たしか七月十五日だったな, たしか七階目を下りた, たしか三丁目で十銭, たしか三万円足らずであったと, たしか三人以上の斬合い, たしか三十これもべっぴん, たしか三十三尋はありました, たしか三千円とられたこと, たしか三台とまつ, たしか三四月頃だつた, たしか三回目ぐらいのとき, たしか三学期の初め, たしか三年前に一度, たしか三年級の教室, たしか三度もこの, たしか三度めであつ, たしか三度先生と治子さん, たしか三日前の新聞, たしか三日間ぐらいである, たしか三時頃です, たしか三歳だつたかと, たしか三田の文科生, たしか三男であったな, たしか三百八十円でしたね, たしか三科と名乗った, たしか三編くらいで, たしか三航目にあたるらしく, たしか三階の標本室, たしか上の級の級長, たしか上方の出版物, たしか上林の弥造, たしか上海に於ける, たしか上野の三, たしか下谷だったね, たしか不眠症で困る, たしか中国辺の船唄, たしか中央の台, たしか中学三年の時, たしか中學生じぶん, たしか中山へ行く, たしか中川へ釣, たしか中指で, たしか中村清二先生と同期, たしか中条流の鐘巻, たしか中途で止め, たしか中野重治らしい男, たしか丸の内側の乗車口, たしかと共に罪, たしか主人達だけ光琳, たしか乃公が刑務所, たしか久慈と言っ, たしか久留米絣の着流し, たしか乙種で不, たしか九代目団十郎の矢張り盗賊, たしか九十で死にました, たしか九州で行われた, たしか九月だった筈, たしか九江から一度, たしか九銭二厘であったと, たしかかどこ, たしか二〇一番の札, たしか二つと言, たしか二つ違ですから, たしか二カ月あまりたちます, たしか二三カ月は続いた, たしか二三春といや, たしか二人でございます, たしか二人連れのよう, たしか二円で食事, たしか二十七日の晩, たしか二十三年の春, たしか二十九歳だと, たしか二十二になる, たしか二十五だと, たしか二十五日頃であったと, たしか二十五歳横縦揃った筋骨, たしか二十五銭ぐらいで古本屋, たしか二十八だと, たしか二十六七日頃のこと, たしか二十六日とか云ってた, たしか二十円お借りした, たしか二十四五歳の時, たしか二十本でしたな, たしか二十歳ごろから四, たしか二場ばかりの脚本, たしか二学年の終り, たしか二日前の夕方, たしか二日間位全く一言, たしか二月四日の夕方, たしか二番目の娘, たしか二百部だけを印刷, たしか二軒はなかっ, たしか二里か二里半, たしか二銭か三銭, たしか五・一五事件たらいうこと, たしか五六分経ってから, たしか五六年もっとに, たしか五円か七円, たしか五十九だと, たしか五十歳を越した, たしか五十歳位でで, たしか五回同じこと, たしか五年前だったな, たしか五年生の時, たしか五年間も毎日, たしか五度目の訪問, たしか五拾円であった, たしか五時開始だが, たしか五時頃であった, たしか五百メートルのゴール, たしか五百石取り三品流, たしか五羽いましたね, たしか五錢だつた, たしか五階かにラビ先生, たしかの政, たしか井戸清を頼んだ, たしか亡くなった年ちゃんとは, たしか京橋花園小路の糸屋, たしか仁吉が来, たしか今市観世音の跡, たしか今明日中には御, たしか今昔物語の中, たしか今晩お客がある, たしか今里銀五郎とかいった, たしか仏頂寺様も一人, たしか仕舞い船の筈, たしか仙台領にもこの, たしか仲の町岩本楼の梅, たしか伊坂というの, たしか伊太利亜の人ウエルヂ, たしか伊豆半島の物搗歌, たしか会下山の後ろ側, たしか伝三郎が二十七歳, たしか伸子さんは全, たしか住んでゐなかつた, たしか住居もあった, たしかかの祝ひ, たしか余り芳しい結果, たしか作兵衛と云う, たしか侯爵黒田長成公の筆, たしか保田とかいいました, たしか信州の産, たしか信長様が初めて, たしか修二会といっ, たしか修身教科書にもあつ, たしか倉敷に行け, たしか候補作品でだいぶん, たしか健三が廿二, たしか僕等の来る, たしか僕達のやつ, たしかの此処, たしか兄貴がかなり, たしか先々代の筈, たしか先代の左団次, たしか先刻あなたが通っ, たしか先斗町の君勇, たしか光代そして雛子, たしか入って無い, たしか全次郎といいました, たしか全部で百冊, たしか八つの演, たしか八ツぐらいのとき, たしか八ツぐらゐのときその怒り, たしか八丈を召し, たしか八九歳の頃, たしか八人とか聞いた, たしか八十あると, たしか八幡のお, たしか八幡さんかだ, たしか八時十分頃だったろうと, たしか八時半ごろでした, たしか八本指のいわゆる, たしか八畳に六畳, たしか公方様お変りの年, たしか六つの時, たしか六七体ほどならべ, たしか六七円だと, たしか六七年前の霜月頃, たしか六人位ずつの人足, たしか六十二三人だったなあ, たしか六十二才の筈, たしか六千トンもあった, たしか六年生の頃, たしか六時半頃と思います, たしか六月一日に出かけた, たしか六月頃のある, たしか六条通の野口さん, たしか六畳の座敷, たしか共同学園のご, たしか共産黨宣言が發禁, たしか共通で鑑札, たしか兵学はお, たしか兵藤や甚伍左, たしか兵馬一人であったはず, たしか其奴はお, たしか其年の春頃, たしか内科のなにがしさん, たしか内藤さんと一緒, たしか円覚寺の塔頭, たしか冬子の写真, たしか冬頃着て, たしかていなかった, たしか出帆してから, たしか出来た筈である, たしか出来てる筈だ, たしか出雲の簸川城, たしかはたった, たしか刀屋であると, たしか刃物でゑぐつたやうなまだ, たしか初めて訪ねた時, たしか初午の日, たしか初夏の頃, たしかの晩, たしか前年頃で以来, たしか剣術を使う, たしか創作月刊といふ雑誌, たしか創造社の人々, たしか加藤博士様とか, たしか加藤朝鳥君も石見生れ, たしか加賀田の隠者, たしか北杜夫という作家, たしか北条坂とかいった, たしか十一日にやつ, たしか十一時ころですわ, たしか十一月號か十二月號, たしか十三だった, たしか十三年に井伊大老, たしか十三日であったかと, たしか十三里と覚え, たしか十二レーンだったかの, たしか十二三でその, たしか十二年前だつたね, たしか十二月五日からはじまった, たしか十二歳の時, たしか十五人まで数えた, たしか十五六ほどの灸穴, たしか十五六枚出されたよう, たしか十五円だつた, たしか十五夜の月見, たしか十五年間は免ぜられ, たしか十五時の上り, たしか十八年目だと, たしか十六世紀のはじめ, たしか十円と思いました, たしか十分くらい, たしか十四五の頃, たしか十四時間眠つて跡で十二時間, たしか十四錢にならなかつた, たしか十年でしたな, たしか十志だったと, たしか十日か十一日, たしか十時三十分だったね, たしか十時半すぎであったと, たしか十歩ばかり歩いた, たしか十隻はうち, たしか千五百刷った筈, たしか千八百六十九年の春, たしか千円とチョット, たしか千葉亀雄の遺稿, たしか千葉掬香の譯, たしか千駄ヶ谷に卜居, たしか卅一だと, たしか午前二時だったと, たしか午前零時から五時, たしか午後にわたくし, たしか午後七時五十一分ごろもう店, たしか半官半民の堂々たる, たしか南米で生, たしか南麟とかいった, たしか単なる物盗りで, たしか博文館發行の少年理科叢書, たしか卯木さんと仰っし, たしか印度洋のへん, たしか印象的な夢, たしか厚生省であらう, たしか友口愛子といったっけが, たしか友右衞門だつた筈, たしか鶴館で, たしか古代のオルフェウス, たしか只今は江戸住居, たしか叫びをあげかけた, たしか吉原のかへりだ, たしか吉川とかいう名前, たしか一人と, たしか同格の峰幟, たしか同郷で同じ, たしかは金子重輔, たしか名古屋の河嘉, たしか向うの端, たしか向う側の隅, たしか吾儕の来る, たしか周子から聞い, たしか周防の岩国, たしかはその, たしか和島丸が撃沈, たしかの張九齢, たしか唐詩選の中, たしか喜作といふ筈, たしか喜村に違い, たしか嘉永三年頃だと, たしかをしない, たしか四五度手紙の往復, たしか四五月頃でしたか, たしか四五歳頃から竹刀, たしか四人の演奏者, たしか四人目の人, たしか四円ぐらいだった, たしか四十を越し, たしか四十坪はある, たしか四十歳であつ, たしか四十點でまあ, たしか四年前の九月五日, たしか四日朝九州の炭坑, たしか四月の十日, たしか四月ごろからだった, たしか四条派だったと, たしか四里か五里, たしかにあたり弓手, たしかもと預け, たしか在世中に何回, たしか地下の棺中, たしか坂梨と云つた, たしか城山に家, たしかが二人, たしか壁辰父娘のはなし, たしか売つてゐたと, たしかなこと, たしか変るよ, たしか夏のはぢめ, たしか夏休みの頃, たしか外傷性のヒステリヤ, たしか夜鷹もさう云った, たしか大井広介がどこ, たしか大分前から富山, たしか大奥にも出入り御用, たしか大学の卒業論文, たしか大学生だつた, たしか大岡兵九郎とかいうの, たしか大岡越前とかいう名, たしか大庭の遠い, たしか大正二年になります, たしか大正六年の秋, たしか大正十三年の十月, たしか大正十四年早夏号の私, たしか大正十四年秋都新聞へ書かれた, たしか大正四年の紅葉, たしか大沼枕山という方, たしか大謀網もやってる, たしか大谷刑部少輔吉継様, たしか大野鉄平の自害, たしか大陸物だったですね, たしか大震直後の帝劇, たしか大鳥圭介さんのところ, たしか大黒屋といふ本屋, たしか天下三名宝のはず, たしか天井のそれ, たしか天保十二年の作, たしか天文二十年頃とか聞い, たしか天野氏の, たしか太田水穂氏も言われた, たしかの机, たしか夫君もご, たしか失恋耽溺の芝居, たしか夷狄の戦, たしか奇態な動物, たしか奈落へ下りたでしょう, たしか奥さんと子供, たしか奥山どのの身内, たしか奥州の旅, たしかは二十, たしか女郎屋もやっ, たしかがいた, たしか姉たちの作文帳, たしか威かしなんです, たしか子規居士の, たしか孤雁君からと思う, たしか学習院の先生, たしか安政の大, たしか安政二年版行の青い, たしか宗教哲学者オットーも宗教, たしか宗門を改めた, たしかの頃, たしか家号みたいなもの, たしか家賃は十二円, たしか宿直の番, たしか密書を奪った, たしか富士吉田町の火祭り, たしか寒い雪の, たしか寺子屋と岩見重太郎, たしか寺田先生が変名, たしか将校と云いあっ, たしか尋常の五年, たしか尋常二三年の頃, たしか尋常六年の時, たしか尋常小学の三年生, たしか小林清親にはこの, たしか小泉さんは山, たしか小石川安藤坂の同店, たしか小笠原長生氏の句, たしか小舟とかいう茶屋, たしか小野派一刀流切り紙以上なお甲源流, たしか小間物屋のふう, たしか少しくぼんだところ, たしか少数の読者, たしか尾崎紅葉の小説, たしか居ないはずだ, たしか屋上演説事件の治安警察法違反, たしか山川均君と落ちあった, たしか山林がある, たしか山田達二君でしたね, たしか山祭りで酒盛り, たしか山野一郎君と相, たしか山鹿だと, たしか岩井半四郎は六十四歳, たしか岩田とかいふ人物, たしか岩田君はわれわれ文筆, たしか岩田専太郎先生の小説, たしか島田三郎の, たしか川俣伊予之進には何, たしか左右衛門だつた筈, たしか左様だ, たしか左樣と知つて, たしか差してあった, たしか市内は一音信金五錢, たしか市村座であつ, たしか市長かなん, たしか常盤街と云つた, たしかの暮, たしか年中エンビ服だか, たしか年寄からそんな, たしか幸堂得知の句, たしか幾個食べたから, たしか幾日だとか, たしか広津柳浪泉鏡花らの新作, たしか広足の娘, たしか広間の煖炉棚, たしかに梯子, たしか弓削とかいう工手, たしか引越したその日, たしか弘化の頃, たしか弘法大師御作の不動尊, たしか役所に, たしか当夜の暗殺, たしか彷徨期間を長く, たしか彼地に栄え, たしか彼女が十九位, たしか往復したはず, たしか従兄の格, たしか從五位だか, たしか御前が編ん, たしか徳島にいなすった, たしか徳島県の剣山周辺, たしか心理の講義, たしか応接間の飾り棚, たしか忠作のところ, たしか思わせたかったのでしょう, たしか怪力線とでもいっ, たしか恋仲だ, たしか恥ずかしさで, たしか息女が多かっ, たしか愛宕の山の上あたり, たしか慶応二年か元年生れ, たしか慶応頃だったと, たしか戦争中の強制疎開, たしか戦国時代の人, たしか戸外でやった, たしか扇ヶ谷だと, たしかの締, たしか手紙のよう, たしか才蔵と云ふん, たしか技師でいらっしゃいました, たしか拙者といえ, たしか探検に出かけた, たしか提灯へ入れ, たしか改造社で維新小説全集, たしか大野徳太郎君であった, たしか敏子と二人, たしか教室でもハッキリ, たしか数日以前の事, たしか数珠梯子が垂れ, たしか文久三年とおぼえ, たしか文化四年四月の申渡し, たしか文慶はお, たしか文禄三年の秋ごろ, たしか文芸春秋社主催の講演会, たしか断ったと思います, たしか斯様であったと, たしか新お代官の, たしか新しい魅力には, たしか新制中学でも教わる, たしか新富町の市川左団次さん, たしか新橋の東洋軒, たしか新津駅だったと, たしか新潟県の方, たしか新潟縣の方, たしか新聞へ出す, たしか新聞紙上で特攻隊, たしか新聞関係の人, たしか方広寺の鐘銘, たしか旅行中でございました, たしか旗本領であったな, たしか日吉といったな, たしか日曜の十時, たしか日曜日だったから, たしか日本の士官学校, たしか日本人で柔術, たしか日本橋仲通りの骨董店あたり, たしか日本風俗画大成の解説, たしか日比谷の松本楼, たしか日米安全保障条約による行政協定, たしか日記だったと, たしか旦那は三十, たしか旦那さまが書生さん, たしか早くから撮影あり, たしか早春の夜, たしか昇汞だという, たしか明暗荘と云った, たしか明治の末頃, たしか明治三十一年の初め, たしか明治三十三年の時, たしか明治三十二年の頃文廷式氏, たしか明治二十一年頃に出版, たしか明治二十四五年頃に大, たしか明治二十四年頃であった二葉亭, たしか明治二十年だと, たしか明治二十年頃に西洋, たしか明治八年頃と聞い, たしか明治六年開店の時, たしか明治十七年ごろだった, たしか明治十五年創立で当時, たしか明治十何年からその, たしか明治十年頃のこと, たしか明治四十二三年の頃, たしか明治座での再度, たしか易介が殺され, たしか昔何度もこんな, たしか春日長次郎といっ, たしか春陽堂から発行, たしか昭和の中頃, たしか昭和七年のはじめ頃, たしか昭和二十三四年ごろに女, たしか昭和六年のこと, たしか昭和十一年五月であったが, たしか昭和十三四年のころ, たしか昭和十三年の十一月, たしか昭和十六年であったと, たしか昭和十年ごろと思う, たしか昭和十年頃あそこで働いてた, たしか昭和四年の秋, たしか昼前の警報, たしか時田さんだけだ, たしか時計をお, たしか晴れていただろう, たしか暖簾の下げ, たしかの二十七日, たしか書いている, たしか曹植といふ弟, たしか曾呂利を書いた, たしか最初の神ラー, たしか最後に忠犬, たしかの夜, たしか月五円やつて, たしか月給百六十円くらい貰っ, たしか望月の泊っ, たしか木々高太郎が探偵作家クラブ会長, たしか木村とかいいました, たしか木村さんとおっしゃいました, たしか完結の, たしか月二十日の, たしか本屋の店頭, たしか本庁で一度, たしか本誌の百号記念号, たしか本郷妻恋坂司馬道場とやらの, たしか本隊から玄米百俵, たしか机竜之助, たしか村上寛之助の推挙, たしか村上賛之丞, たしか村次郎の幟, たしか村正だったと, たしかの方, たしか東五軒町の家, たしか東京から大隈重信, たしか東京日日新聞だったかに, たしか東大図書館に納まっ, たしか東宝の前身, たしか東洋学生会の仲間, たしか東照宮の燈籠, たしか東陽寺といふ禅宗寺, たしか松井須磨子の扮, たしか松村武雄さんであつ, たしか松花堂の三百年忌, たしか板問屋の俵松, たしか柏屋だね, たしか某々のハダカ・レヴュ, たしか染物屋の娘, たしか柴田さんの誠さん, たしか梟帥は姫, たしか梯子芸をし, たしかを持っ, たしか森林官のダビヤウ氏, たしか森鴎外の小説, たしか棺中にはファウスト博士, たしか植木職の持家, たしか植梅という植木屋, たしか楊二嫂とか言った, たしか横光さんも座, たしか横光利一などと仲間, たしか横浜の, たしか樺太の白い, たしかの上, たしか橋本の番頭さん, たしか次郎という子供, たしか次郎さんと言ッ, たしかのよめる, たしか正季殿という, たしか正木博士の話, たしかの番頭, たしか此の前も見かけた, たしか此方の方角, たしか此道と思ふ, たしか此邊に住ん, たしか此頃になつ, たしか武士であったはず, たしか武山とか申す, たしかが一ツ, たしかがぼろぼろ, たしか死ぬ二十日程前だった, たしか死後二十五年を期し, たしか死後二十年といふ期限つき, たしかは言葉, たしか母親と女中, たしか毎年いまごろお, たしか毎日釣りをし, たしか毬栗頭だったでは, たしか水上瀧太郎君だの小泉信三君, たしか水彩を一枚, たしか永井龍男君と井伏鱒二君, たしか江原君でありましたか, たしか江夏の城, たしか江川太郎左衛門配下というた, たしか池袋の方, たしか河原蜻蛉とも云った, たしか河童も酒, たしか治部殿は五十歳, たしか泊まったはずであった, たしか泊りこみで看病, たしか法師は後家, たしか法然上人行状絵巻の一図, たしか波江さんから云い出した, たしか津村さんの, たしか津田といったよう, たしか活版工組合の会長, たしか浄土宗で, たしかはん言は, たしか浅井和田両画伯, たしか浅原六朗君から今度, たしか浅草の三筋町, たしか浜口君に呼ばれた, たしか浜松まではその, たしか浜町河岸の栗木屋, たしか浦上の一部, たしか浪さんだっけ, たしか涼しい月夜であった, たしか淑女グラフだったと, たしか淺草の富士館, たしか渡りのつぐみ, たしか湯島に数学会社, たしか洲からの, たしか潮来あたりの遊廓, たしか澁谷あたりの小料理屋, たしか瀬川の御, たしか煙草屋だと, たしか熊谷武雄といふ名前, たしか熊野山の別当法橋道有, たしか父貞氏に伴われ, たしか片方が大きな, たしか物理學の教授, たしか狩衣に袴, たしか独乙文はお, たしかのもの, たしか珍竹林主人とか号, たしか球面を外, たしか環魚洞とかといふ物々しい, たしか甘栗と八橋, たしか甘酒茶屋に相違, たしか甚伍左様という親方, たしか甚八はそう, たしかれは, たしか田上だつたな, たしか田舎の家, たしか田鶴子と思われる, たしか甲源一刀流でございましたね, たしか甲野君と御, たしかへ向, たしか町名や番地, たしか留学生の資格, たしか當時事新報の催し, たしか白柳秀湖などと一, たしか白蛾という支那料理屋, たしか白足袋をはかなかつた, たしか百二十一か二, たしか百五十枚ほどだ, たしか百坪ぐらいだった, たしか百姓や商人, たしか百瀬秀人からの封書, たしか百蔵さんとおっしゃいました, たしか直前ごろ発表された宮本, たしか相対性原理はアインシュタイン, たしか県会で警察当局, たしか真宗でしょう, たしか真昼の牧場, たしか眺めのいい, たしか知ってらッ, たしか短く二行ほどに, たしか投げの, たしか石橋弥七郎とかいわれた, たしか砂糖問屋の資産家, たしかの善品, たしか碁盤そのものであったの, たしか磯菜で奈良枝, たしか祖母がどこ, たしか祖父は七十余り, たしか神尾が手, たしか神田辺にあった, たしか福地源一郎であったかと, たしか禾本科と教, たしか私たちがひっこし, たしか私らにはあれ, たしか私娼でありましたはず, たしか私達が二十一二, たしかの学期, たしか種子島時望さんは以前, たしか空いた部屋が, たしかもない, たしか立川とか瀧川, たしか筑前は余り, たしか管野とか言った, たしか節分の夜, たしか築地あたりに住む, たしか米国におられた, たしか米騒動のあと, たしか糸きり歯が一本, たしか紅屋の二階, たしか素晴らしいリキュールが, たしか索溝の形状, たしか終戦時の歳晩, たしか終戦直後の昭和二十二年ころ, たしかの若い, たしか絆纏を着た, たしか結婚した筈, たしか結綿と覚え, たしか絶命するまで, たしか網走湖というの, たしか攻撃の, たしか縁起の一本, たしかの刑事部長, たしか罰金を出し, たしか飼いの, たしか美濃八幡二万五千石を領する, たしか義士伝だしたな, たしかにした, たしか聖アウグスチヌスのうち, たしか聖アムブロジオだったでしょうか, たしか聲樂のほう, たしか職業が知れない, たしか肉食型とか仰し, たしか背後を少し, たしか脅かされたに違い, たしか脳溢血でしたかな, たしか腎臓炎だったね, たしかだろうと, たしかを漕いだ, たしかです, たしか芝鶴が持主, たしか芥川は表題, たしか芥川さんの書庫, たしか芥川龍之介がさう, たしか花時の事, たしか花街の神崎あたり, たしか芳譚雑誌がありました, たしか主人よりも, たしか若い頃に, たしか若山儀一という人, たしか英吉利のシモンズ, たしか英語版の方, たしか荷風氏が数年前, たしか菊池半助, たしか菊王と呼んだ, たしか落合ちゅうとこだったなあ, たしか落語にもあった, たしか著者をフィッシャア, たしか葛の葉の風, たしか葛飾にいる, たしか葡萄牙人であったと, たしか藤岡君が主, たしか藤色なの, たしかもいた, たしか蜻蛉が持っ, たしかです, たしか行ったのです, たしか行基菩薩も左様, たしかだったと, たしか裏通りと仰せ, たしか西暦千八百七十七八年の交, たしか西洋式のドア, たしかていました, たしか見えた筈だ, たしか見たやうな, たしか見事なハーフ, たしか見返りお綱, たしか親夫という名, たしか観音堂の手前, たしか読んだように, たしか講和会議のすぐ, たしか謡曲や仕舞, たしか貝原益軒翁の全, たしか貫通銃創を受け, たしか貯金をおろした, たしか貴公だったな, たしか貴殿におかれ, たしか買出しに行, たしか賢太郎が泊つて, たしか赤坂の三河屋, たしか赤字で千金丹, たしか赤瀬春吉の娘婿, たしか赤痢だと, たしか走水という所, たしか越中の高岡, たしか越前宇坂之庄, たしか足利殿の鎌倉, たしか身体をこう, たしか身寄りはそれだけ, たしか近くの四天王寺, たしか近松の心中もの, たしか近県に母, たしか近衛殿のお, たしか追放ぐらいで落着, たしか退屈して, たしか這入つてゐる, たしか遊女だった様記憶, たしか過ぎて困る, たしか州相良, たしか遠藤喜右衛門尉という者, たしか部屋全体はもちろん, たしか酉の町の日, たしか醤油で焼かれた, たしか野郎をし止めた, たしか金三さんの話, たしか金庫にある, たしか金持ちの子供, たしか針金か何, たしかのよう, たしか鉄ブチの眼鏡, たしか銀座にいたんだ, たしかの列, たしか鎌倉表で, たしか鎮魂楽の原, たしか長唄の汐くみ, たしか長崎病院長であられた, たしか長春ホテルであつ, たしか門前とききました, たしか門前町下辺を固め, たしか門構はなかりし, たしか閉めてある, たしか開かれた一枚の, たしか関東に出, たしか閣下のご, たしか闇太郎御用と言った, たしか闌更の句, たしか父が, たしか阿久沢邸は九段一口坂辺り, たしか阿波守の潮観, たしか陸奥の下, たしか陸軍のだと, たしかの裏, たしか隱岐よりも二つ三つ歳上, たしか雄吉らが高等学校, たしかの日, たしか電車が通っ, たしか震災で死にました, たしか青山敬太郎だった, たしか青島が陷, たしか青木前夫人, たしか鞠子の入口, たしか須永君なども一緒, たしか須藤南翠氏であったよう, たしかは, たしかと草穂, たしかを五杯以上, たしか飲むもので, たしか香厳とか云いました, たしかの方, たしか騒ぎが一応, たしか高山植物の一つ, たしか高村卿と呼びました, たしか高等師範でしたらう, たしかの活き返る, たしかの御馳走, たしか鳥取かどこ, たしか鳩崎という小さな, たしか鳰鳥とか云った, たしか鴎外がゲエテ傳, たしか鴨緑江節を劇中, たしか鶏小屋が一つ, たしか鶯団子の主人, たしか麹町の殿様半次, たしか麻布の横田さん, たしか麻薬だったね, たしか黒沼とかはそち, たしか黒澤翁麿あたりの工夫, たしか黒田さんという学者, たしか黒田つう人からここ, たしか黒金といふ名前, たしか黒門町あたりにゐもり, たしか鼻梁の左側, たしか鼻髭があつ