青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「たけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~たいへん たいへん~ たかった~ たがい~ たがる~ たく~ ~たくさん たくさん~ たくない~ たくなる~
たけ~
~たしか たしか~ ~たしかに たしかに~ ~たずね たずね~ ~たずねた ~ただ ただ~ ただし~

「たけ~」 1263, 14ppm, 8132位

▼ たけ~ (284, 22.5%)

9 力を 7 こは 6 力で 5 こを, 声を 3 こ盗みに, 智慧を, 琴の

2 [13件] あちこちから, こが, こたちは, こ飯に, ビールを, 中を, 声で, 子だ, 松の, 気力を, 涙を, 蝋燭を, 金を

1 [217件] あちこちの, あちこちへ, あの人, うしろ, お銭が, かすんだ中, かっせん, かひ, こがなかったな, こたちと, こだ, こと呼ぶ, こに, このよう, こふき, こめし, こやしの, こ冬眠の, こ竹にな, すぐれたもの, すぐれた物, そのう, そのやう, その喪神, つまつた灰色の, ところに, ところへ, なかを, はうで, びそめし黒髮を, ふとん, ほそいあぜづたいに, まわりを, むこうの, もの皆濡れた, やれ蝋燭, ろ, わきの, わなを, ゐる小泊, オリザ見, チョウの, ネクタイを, パンを, フトンを, 一万元を, 一種だ, 一種で, 不揃いな, 中に, 中の, 中や, 中間半次を, 事さへ, 二人, 人は, 人数は, 低い白楊, 低い臼, 住居であった, 作者も, 借金が, 傍に, 元気も, 入った身体, 兵隊を, 勇を, 勢力を, 単衣, 厚意を, 口を, 合わないこと, 向ふ, 君はや, 和琴の, 唄, 器を, 執心を, 女性の, 姿を, 威厳を, 子の, 家を, 小さな惡戲, 小屋に, 小道から, 巣の, 帰宅を, 座蒲團を, 弾いて, 弾く和琴, 弾く琴, 後について, 後を, 御世話, 御馳走が, 微笑み, 徳性の, 思ひを, 恐怖を以て, 悪事を, 悪魔がよ, 意識が, 懐中物を, 成句を, 扱帯腰紐を, 批難の, 持ち主が, 指白う, 揃わぬ青菜, 提灯あかく, 提灯と, 提灯を, 文句で, 文庫には, 方を, 暴言が, 本を, 東を, 根岸の, 死顔を, 水が, 汗を, 泣きごと云う, 涙も, 深謀を, 溢れ水, 灯を, 炭を, 烟草が, 熱が, 琴が, 留守宅の, 當字を, 皺から, 皺と, 皺や, 目が, 目に, 眼が, 着更を, 着物を, 知恵を, 短い林, 短い紺絣, 石炭を, 突起とを, 箇所を, 米, 精力を, 精気で, 紙幣を, 絵を, 絵端書を, 締めてゐた, 美しい衣裳, 者ばかりが, 聲を, 肥料も, 胸の, 胸を, 若旦那だ, 茶を, 菫を, 葉が, 葉に, 蔭の, 蛭が, 蛮声を, 衣類を, 襤褸で, 襤褸の, 襤褸を, 視力で, 記事が, 詰った羽織, 財産を, 財産を以て, 貨幣を, 責め道具を, 身上へ, 遅さ, 道ばたに, 遲さで, 部屋の, 酒を, 金で, 金子を, 鉄を, 銀貨を, 銅元を, 鍬と, 長いもの, 長い事, 長い草, 間を, 雨の, 音を, 音曲を, 頬は, 顔を, 顔をと, 風の, 飛石, 飲食を, 高いという, 高いはげ, 高い彼, 高い草, 高い菜, 高い藪原, 高い酒瓶, 高い食卓, 高さ, 髪を, 魂を, 魅力と

▼ たけ~ (106, 8.4%)

5 聳か 3 出して 2 さんを, つくして, 尽くして

1 [92件] あらわして, いの, かき口説き乍ら, かこんで, こしらえたり, さしてを, さんと, さんには, さんの, しいた, して, してから, つめるの, とぎれとぎれに, どんどんどんどんうしろ, どんなにいま, ながめて, なじ西, にげて, のを, はじめてお, はらんで, ふくめて, ぶらさげて, まえへ, みて, やかましく計らず, わって, 一まわりしました, 一挙に, 一角は, 五体の, 付けて, 伐って, 伸ばして, 作れるよう, 傾けた看護, 傾けるの, 割って, 力杖に, 口から, 台箱へ, 呼びとめて, 呼んだが, 嗅ぎあるき, 囲むよう, 外面に, 尽くすも, 尽して, 尽そうでは, 山々書い, 後に, 思ひしをり, 思ひ出すの, 意識し, 愛撫の, 打ちあけようと, 打ち明かして, 打ち明け, 打ち明けたばかりの, 投げ出しても, 整へ, 暗く土, 書いただが, 書き送って, 杜若色よい, 流して, 浸さうと, 澱みなく, 申しました時, 申し上げて, 示して, 続け射ちに, 綴つたのも, 見せられたほか, 見たくて, 言いたかった, 言い得ぬまでに, 言って, 言つた, 言ひ交します, 言ふ, 訴へ, 詩に, 詰込んだと, 話すこと, 誤ったもの, 賜はらせける, 述べたて, 通りながら, 重んじた, 高める事

▼ たけ~ (81, 6.4%)

6 私の 2 いつの間にかゐなく, お前に, ゐませんか, 今は, 又私, 村の, 言つた

1 [61件] あつて, あの時, いがし, いくらか文字, うつろな, きゅうに, ぎごちな, この漁村, こんな思い出, すっかりどろどろ, すらりと, その二三歩前, それきり何も, どうもお腹, どこか, はっきり境, ひがした, ひろくなっ, ひを, ふと気がついた, へんに, ぼんやりした, まつすぐ, もうぐんなりとしている, 一寸ぐらい, 一寸五分位に, 七尺ぐらい, 三十余丈それに, 二三寸から, 今や忘れられた, 低いけれども, 兄に, 六尺以上の, 助けやうが, 勝手が, 去年よりは, 同感出来る, 君樣故に, 奴婢である, 小屋の, 彌八, 抜群, 文麻呂の, 暇を, 有るに, 来ない, 決してそんな, 油断大敵で, 油斷大敵で, 泣き止んだ, 眉を, 突然ぐいと片手, 耕耘された, 自分の, 著しく現れ, 語頭に, 軽く首肯い, 送って, 随分あつ, 隠す事, 黙つて

▼ たけ~ (79, 6.3%)

3 けり 2 ける, 真逆, 草

1 [70件] あれぞと, いった言葉, おれもう, くらぶる, ぐさが, ぐさきじむしろなんてん, ぐさに, ぐさの, ぐさは, こっちは, こっちも, させること, しても, その中, その顎骨, ちよく, なったと, なった残油, なって, なるほど, ひとめ逢ひたいと, みんなも, むかって, やって, やりかけて, よくわかりませな, よびかけました, 一つ平馬殿の, 下り立って, 不思議な, 世話を, 人が, 似て, 何処にも, 俺あ, 前にも, 合は, 咄嗟の, 嘘なんか, 夏蟲の, 大はぎ, 実地について, 就いての, 延びた, 思い切って, 思ひしづみし女夫池, 教育された, 昔噺語らせ, 暇を, 添って, 特別に, 直ぐに, 私が, 立って, 約五合, 緑いろ, 育てられ教, 袖を, 襟半の, 西洋の, 見なん, 逢はう, 逢ひ, 逢ひたい, 逢ひたく, 逢へる, 降らせますから, 雲を, 養子に, 驚きの

▼ たけ~ (71, 5.6%)

3 いた 2 また越ゆ, 聞こえて

1 [64件] いざよふ水, いすぎるの, いたおでん屋親子, いたから, いたって, いたという, いたとでも, いたの, いたので, いたらしく今日, いたり, いっても, いて, いるか, いること, いるとでも, いるの, いるばかり, いるらしく十日, いる上, いる感じ, うばらが, おいたり, きたいな, けり, さけて, しかも鄙, その装い, その部屋, どうにもならぬ, みめ美, ゆく過程, ゐたで, ゐるの, 人に, 光を, 容色は, 實行力の, 崖に, 帰したらハア, 御所ヶ丸山さびしくそびゆ, 房ことごとに, 日遅く, 更けるも, 楢の, 淋しくな, 満足に, 漸く一尺餘, 眠より, 福井の, 種々の, 紫紺の, 美しいの, 色めいた, 見えこんな, 見えに, 見えました, 見える, 見せ諸所, 見ねえか, 親を, 酒こほし, 関寺辺の, 黄に

▼ たけ~ (37, 2.9%)

3 声で, 声を

1 [31件] が, がが二銭, がをかけ, がをかけた, がをむすんだ, がを結んだ, のである, は, はだつた, はで, はである, はで外は, はとなり, はとなりまし, はな, はなる, はな日本的好, はにならう, はになりました, はに夕景色, はの草, はの頃, は花見客, んです, 声に, 心の, 情婦で, 智恵を, 生理を以て, 瞼を, 體力で

▼ たけ~ (35, 2.8%)

4 立って

1 [31件] いいとか, いなくなると, かけて, すめば, たっぷりだろう, つや子には, まもなく後, シュールダンの, 一丈余も, 一尺五寸には, 九尺二寸五分お, 九尺二寸半御, 伸びて, 低くて, 出て, 出来ても, 前幕, 十四の, 尽きても, 廻すと, 弦之, 星野に対して, 椰子の, 目見得に, 短かった, 私の, 苦に, 足らずと, 高いという, 高くなる, 高慢の

▼ たけ~ (18, 1.4%)

6 ものの

1 [12件] かな一喝, かに, かになっ, かに何者, かに詰問, からたつ, という, というだ, と考へ, どのも, ものだった, ものだつた

▼ たけさん~ (16, 1.3%)

1 [16件] から何, が我慢, という女, とはぐれた, と一, に尋ねた, のクレオパトラ, の方, の開い, はとうとう, はゐなくなり, は奥さん, まあ一番安全, もコレラ, を生んだ, 御面会

▼ たけ高き~ (16, 1.3%)

3 歌ある 2 ヒマラヤ杉の, ヒマラヤ杉は, 母, 母ま 1 こと一丈, もこの, 一少尉入り口に, 女にて, 草が

▼ たけ~ (14, 1.1%)

1 [14件] いぐちは, いっしょに, おっしゃるが, かの失われた, きこえたり, クレオパトラの, 一緒に, 主人に, 寸分もちがは, 少しも, 椿の, 言ふ, 逢つた, 逢つてゐない

▼ たけ~ (14, 1.1%)

1 [14件] ある市内, ことしは, だんだん売っ, つとめて, なんぼう, みじかく且つぶよぶよ, 二三ぼんもっ, 喬木の, 平気で, 抜群な, 日ましに, 昔の, 肩幅も, 著しく短きが

▼ たけ~ (13, 1.0%)

3 仕事を 1 おもしろい手品, せう, なかなかおいつきません, ひるまの, 刺し交えた, 尽し合う人間交渉, 打つの, 持って, 破れが, 買ふつも

▼ たけ~ (12, 1.0%)

2 が聞え 1 が麓, に仇, に夜, の中, も聞こえ, をここ, を厨, を挙げ, 鋭くお, 鋭くを

▼ たけ早く~ (11, 0.9%)

1 [11件] お頼み, そのスケール, なさいましよ, は歸ら, 之を, 寺へ, 帰りたいの, 弟を, 来て, 致して, 部屋

▼ たけくらべ~ (10, 0.8%)

1 あはれ床しく, あへなく過ぎし, といふ本, のやう, の中, の本文, の里, アンナ・カレニナ芭蕉句集, 時代には, 竹くらべ

▼ たけ~ (10, 0.8%)

1 いいや, それで, ぬれたか, 八百屋へ, 歌も, 熱くこんな, 病気も, 立ったシルクハット, 茶を, 茶碗も

▼ たけぞう~ (9, 0.7%)

1 がどうしても, が幼名, でございます, といった今夜, と呼ばれない, と呼ん, と書きまする, ならすぐ, に相違

▼ たけ高い~ (9, 0.7%)

1 うしろ姿を, すっきりと, ものであった, 三本の, 庇から, 方の, 梢を, 羊歯の, 調子といふ

▼ たけ~ (8, 0.6%)

1 あごな, やつかも, 女護の, 手も, 木の, 水茎の, 粥を, 野郎か

▼ たけをは~ (8, 0.6%)

1 その音, 冷淡に, 炉の, 炉ばた, 疲れが, 目を, 眠気が, 自分が

▼ たけ高く~ (8, 0.6%)

1 なる, 枝しげり, 枝を, 柔軟で, 生えて, 聳えて, 茂った庭, 詠まれたる由

▼ たけ~ (7, 0.6%)

1 おとしを, はいって, はいるの, 入って, 戻って, 泥棒が, 行って

▼ たけ~ (7, 0.6%)

2 牧草地の 1 しめじの, ぶという, 何かも, 松林を, 蔬菜ば

▼ たけをが~ (6, 0.5%)

2 箱膳を 1 うちへ, つとめて, 渡りけん小田, 笠吹きはなつ

▼ たけ~ (6, 0.5%)

2 になっ 1 からず, なと思われれ, に呶喝, に言う

▼ たけから~ (5, 0.4%)

1 もうもうとあがる, 伸び伸びした, 昇天し, 来た手紙, 聞いた事

▼ たけといふ~ (5, 0.4%)

2 女中から 1 のだ, ひとどこに, 人を

▼ たけ一丈~ (5, 0.4%)

1 ある筈, が現出, と力ん, もあるらしく, もっともこの

▼ たけ六尺~ (5, 0.4%)

1 にちかく, に近く極度, に餘, ばかりで, ほどで髪

▼ たけ~ (4, 0.3%)

1 の何處, は霜, を感ずる, を持っ

▼ たけ~ (4, 0.3%)

1 に云わない, に知られぬ, の泊らない, の目

▼ たけある~ (3, 0.2%)

1 んだ, 作物と, 歌を

▼ たけたる~ (3, 0.2%)

2 が莞爾 1 が鳥居

▼ たけでも~ (3, 0.2%)

1 好いから, 心が, 難なく滑り出す

▼ たけなす~ (3, 0.2%)

1 くろかみ, 山葦と, 草が

▼ たけには~ (3, 0.2%)

1 いっぱいふきのとうがでていました, へたおくれ, 水が

▼ たけよりも~ (3, 0.2%)

1 長い望遠鏡, 長い筒, 長かりき

▼ たけをの~ (3, 0.2%)

1 うちでも, ような, 玩具部だけで

▼ たけ一丈余~ (3, 0.2%)

1 で全身, にし, の怪物

▼ たけ~ (3, 0.2%)

1 の人, の土間, を空けない

▼ たけ~ (3, 0.2%)

1 のいらない, のいらん, を使

▼ たけあゝ~ (2, 0.2%)

2 いふ物

▼ たけお金~ (2, 0.2%)

1 をたんと, を使わせまい

▼ たけ~ (2, 0.2%)

1 族, 質とを

▼ たけこの~ (2, 0.2%)

1 男の, 竪横の

▼ たけしま~ (2, 0.2%)

1 きひめという, は近江

▼ たけそれ~ (2, 0.2%)

1 から三人, を取つ

▼ たけという~ (2, 0.2%)

1 女が, 詞

▼ たけとは~ (2, 0.2%)

1 ばとで, 正己が

▼ たけと共に~ (2, 0.2%)

2 のびゆくは

▼ たけなんか~ (2, 0.2%)

1 どうでも, 吹いたつて

▼ たけにも~ (2, 0.2%)

2 鍬を

▼ たけぬれ~ (2, 0.2%)

1 ど一人, ば

▼ たけびな~ (2, 0.2%)

1 して, どもなるべく

▼ たけほどの~ (2, 0.2%)

1 ところに, 紫の

▼ たけみかづち~ (2, 0.2%)

2 の命

▼ たけみなかた~ (2, 0.2%)

2 の神

▼ たけゐない~ (2, 0.2%)

1 たけゐない, と断腸

▼ たけ一丈頭~ (2, 0.2%)

1 の幅, の幅三尺

▼ たけ一尺~ (2, 0.2%)

1 のびたよう, ばかりの赤児

▼ たけ世間~ (2, 0.2%)

1 の人, へ顔

▼ たけ串談~ (2, 0.2%)

1 にその, に其日

▼ たけ二三間~ (2, 0.2%)

2 の大き

▼ たけ伸びず~ (2, 0.2%)

2 とりどりに

▼ たけ低く~ (2, 0.2%)

1 なりみ, 顔の

▼ たけ~ (2, 0.2%)

1 の山, の庄

▼ たけ入らない~ (2, 0.2%)

2 ように

▼ たけ右手奥~ (2, 0.2%)

1 の部屋, へ消える

▼ たけ和歌~ (2, 0.2%)

2 なども巧み

▼ たけ尽し~ (2, 0.2%)

2 て我

▼ たけ物語~ (2, 0.2%)

1 だと, の現実

▼ たけ行け~ (2, 0.2%)

1 ばいまさら, ばその

▼ たけ~ (2, 0.2%)

2 ひすて

▼ たけ遠く~ (2, 0.2%)

1 逃げようと, 離れて

▼ たけ~ (2, 0.2%)

1 の表, をかけ

▼ たけ~ (2, 0.2%)

1 にお, の侍女数十人

▼1* [240件]

たけあの金物屋の, たけあまり草ばな白く, たけあらゆるインチキの, たけいいのを, たけうちのもの, たけえと聞いたからこそ, たけ綺麗に, たけおとなしい若い芸者をと, たけお許しをうけ, たけからは茴香の, たけかんばの密林中, たけぎんたけどこいった, たけくして船, たけくもある哉, たけくらべする趣の, たけぐらゐで並んで, たけこんもりしたる木立, たけさん級の娘, たけしい心持を, たけしき耕の具, たけしゃくなぎ多し, たけじゃあないか, たけずつ食わせた痕跡, たけそうとう機才の, たけそばばたけ, たけぞうお前はお父さん, たけぞうたけぞうお前はお父さん, たけたかき韻を, たけたかく伸びし野, たけたけたと和尚, たけたまへり, たけたりとしなければ, たけたりとはかくしてぞ, たけたりとももはや菊屋, たけだけを一直線の, たけだちよく高尚, たけぢゃないたァ, たけつもりて裾, たけてから路傍の, たけてはいたが, たけですか, たけでは大変高く, たけどこいった, たけどころかかぐや, たけながく引きて, たけなどです, たけなどとどの点, たけなどをいい加減, たけならしつかりやつて, たけなりしそれ, たけなんかをまいにちまい, たけのぜにで買つて, たけのちからをだし, たけのびてわれ, たけのぶかつ公, たけのぶのは大き, たけばかりなる猿, たけ後世の, たけひとも心, たけびか枯野の風, たけびさえ耳から忘れ, たけびせられた事を言, たけびとが天をおおう, たけびながら内陣を掻き荒らし, たけびのなかに明け暮れのお, たけびをあげてゐる學生さんなんかでも若い, たけびをあげられずにしまうた事を残念, たけびをのこして前夜大物見, たけびを後に逃げのぼった, たけへのみ水を, たけぺろりの勢, たけほどある大きな, たけまあ大事に, たけまた麦ば, たけまで持って, たけまア帰れるだら帰って, たけよくは見せたい, たけよりはるかに, たけらいの柏ども, たけをばあなたに, たけ知らん言, たけせ, たけなっても, たけ一丈二寸御脛, たけ一人一度の食料, たけ一向に返事を, たけ一寸ばかりの小さい, たけ七人かたまって, たけ七尺一寸体量四十四貫同じく大関, たけ七尺余りの大男, たけ三丈の鬼, たけ三寸ばかり黒塗, たけ上等の金魚, たけ世估に長, たけ世帯じみないよう, たけ両方をゆっくり, たけ並びにかわらけ声無, たけ中将どのは勢州, たけ串戲に其日, たけ丹丹精を抽んでまし, たけ久保が歸つて來, たけを大きく, たけ二丈ばかりの鬼, たけ二丈余とある, たけ人勢に遠ざかっ, たけの学人, たけ使つて, たけ使ってしまっ, たけ僅かに一尺余, たけ働くように, たけ先方を怒らせ, たけ入費の係らぬ, たけ八丈よこ一丈二尺一頭三面, たけ八尺ぐらいで, たけ六尺あまりにて老い, たけ六尺五寸体量四十八貫つづいて, たけ六尺余の男, たけ六尺八寸といったよう, たけ六尺松の木の腕, たけ六尺眼光は流, たけ六尺顔面は赤銅色, たけ内証に秘し, たけ凡そソツが, たけ出して婢, たけ出たところで, たけの多い, たけ卯三郎等来大飲, たけ親切な, たけを赤く, たけには鈴, たけ多く利用しなけれ, たけ大きい声を, たけ大きな家が, たけ太い聲を, たけ好く一目に, たけ威厳を保つ, たけ完全に發音的, たけ小さな孔の, たけ少い言葉数で, たけ少くしよう斯, たけへ, たけをはっ, たけ帆柱より長く, たけ幅一尺外へは出さない, たけ平素の声, たけく売る, たけ役者も平素, たけ忠実に現代語, たけ怨みつらみをいいたい, たけ悪たれをついた, たけ惚れ込んでいる, たけ我慢して, たけ手持の商品, たけ手腕にたけ, たけを少なく, たけ支那人は実行, たけ散らばらないやうに, たけ数百丈の怪天魔, たけ文三の顔, たけ早いとこ快く, たけ早めに越し, たけ明日はお, たけ昼間往こうと, たけそうな, たけ木枯の吹きまくった, たけ枯れて居ない, たけと呼ばれ, たけな仕事, たけにかなつて風采, たけを附け, たけ気がねをさせまい, たけ混濁を極めて, たけの鳴かぬ, たけ張ッた, たけ煩らわねえ, たけ珍しく配給の, たけ生やしている, たけ生産的に發達, たけの気, たけ百九十尺もある, たけも合わせない, たけ真面目に批評, たけ知つてゐる顔, たけ短くして, たけよりも万事, たけ竹簾を下し, たけ算盤にたっし, たけ簡単に言葉, たけ紋治そして利国の, たけいの, たけ老いし父母守る, たけ老爺の背後, たけの泥, たけ自分で落着, たけへける, たけ色んな細い毎日, たけ草履をはく, たけ落ちついた静かな, たけ表出しようと, たけ表沙汰にしたくない, たけ衿肩あて等が分らない, たけ西洋臭くしよう, たけ見ないやうに, たけをせまい, たけ読ませないやうに, たけ読みやすい本, たけに遠い, たけ買い集めて車, たけ買つてやりたい気, たけ賑やかな処, たけ身綺麗にする, たけ身體を壯健, たけ軽いものが, たけ軽くしようとして, たけ近所同志にえらび, たけ逢うまい逢うまいとして今日, たけ連れ立って帰ろう, たけ遅くなって, たけ違うのが, たけ遠きところに, たけ避けたのである, たけを飲まぬ, たけ長い解けた髪, たけ長く幅の, たけ険しい近路, たけ離して据ゑた, たけ離れて寝ました, たけとして置きたい, たけ順礼を遠く, たけを動かし, たけを見せる, たけ食べてしまはない, たけ駄賃を廉くし, たけ高く強そうであった, たけ高く赤い大きな花, たけ高しを文字通り, たけ高調とを融合, たけ髮蘆の花, たけばたけ, たけ黙って居る