青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そば~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

そのうえ~ そのうち~ ~そのまま そのまま~ そのもの~ その他~ ~その後 その後~ その間~ ~そば
そば~
そもそも~ そり~ そりゃ~ ~それ それ~ それから~ ~それぞれ それぞれ~ ~それだけ それだけ~

「そば~」 9567, 99ppm, 1103位

▼ そば~ (3552, 37.1%)

168 立って 106 いて 56 すわって 53 寄って 43 坐って 41 置いて 39 来て 35 腰を 26 ついて 20 いるの, 寝て 19 よると 18 いた 16 いると, 行って 15 住んで, 立つて, 落ちて 14 ゐて 13 いること, 近づいて 12 おいて, 付いて 11 くっついて, しゃがんで, 一人の, 仕えて, 坐つて 10 よった 9 あった, あつた, きて 8 かけよって, やってきて, 控えて, 立った, 腰かけて, 膝を, 近づいた 7 ころがって, すわった, 坐った, 座って, 持って, 来た, 自分の, 見て

6 [12件] あって, うずくまって, たたずんで, ひざまずいて, よって, 一つの, 並んで, 寄った, 寄ると, 椅子を, 横に, 身を

5 [15件] あぐらを, あるの, よりました, 二人の, 人の, 來て, 出て, 口を, 咲いて, 居て, 来ると, 立ちながら, 置かれて, 近づくと, 附いて

4 [27件] いた若い, いって, いる, いるもの, いるよう, いる者, かけよりました, きれいな, して, すり寄って, つっ立って, ひかえて, ぴったりと, やって来て, 人が, 佇んで, 出た, 引きつけて, 待って, 戻って, 残って, 立ったまま, 聞いて, 近よりました, 近よる, 近寄つて行, 非常な

3 [65件] あったので, ありて, あること, ある椅子, いたいと, いたが, いたの, いた警官, いなければ, いました, いるので, いるよりは, いる若い, いる間, おいた, きた, くると, すわりこんで, すわりながら, つかえて, とどまって, とまって, ならべて, ねて, ひざまずいた, ひとりの, へばりついて, みょうな, もう一人, もどって, やって, ゆくと, よせて, よんで, ゐた, ゐるの, 侍し, 倒れて, 呼んで, 坐る, 家を, 寄り添って, 寝た, 居るの, 席を, 建って, 手を, 暮らして, 母の, 生えて, 目を, 真紅な, 私を, 突っ立っ, 立ちどまって, 立ったの, 置いた, 腰掛けて, 見つけた, 近づきました, 近寄って, 連れて, 進んで, 静かに, 駆けよりました

2 [151件] ありました, ある, あるもの, ある小さな, あんまり長く, いきました, いざりよって, いたあの, いたとき, いたとしても, いたもの, いた人々, いた他, いた伝治さん, いた区長, いた男, いた魯粛, いつて, いても, いないこと, いないで, いないの, いないので, いないよう, いなかった, いなかったとき, いなかったの, いるあの, いるお, いるし, いるとき, いるん, いる人, いる人たち, いる勝重, いる女, いる女房, いる少年, いる彼女, いる時, いる男, いる者共, いれば, おいたくずかご, おより, お尻, かけよった, かたまって, こしを, さっきから, しゃがみこんで, じっとし, じっと坐っ, じっと立っ, すりよって, すわつて, すわり, すわりました, そこに, そこの, それを, たった一つ, たって, だれかが, ちかづいて, つきそって, つれて, のせて, ぴたりと, やって来た, よせつけなかった, よりそって, ゐた親しい, ゐること, 一本の, 世帯を, 中年の, 二月堂が, 付き添って, 佇んだ, 何か, 例の, 勇敢を, 叔母が, 坐り込んで, 坐ること, 夫の, 女が, 客の, 寄りそ, 寝かして, 小さくなっ, 小さな茶店, 屋根が, 帰っては, 床を, 店を, 座を, 影の, 彼は, 彼女の, 従いて, 怪人二十面相が, 押しやって, 持つて, 控へて, 机を, 来た時, 来ました, 柿の, 横たえて, 横たわって, 歩みよると, 玉太郎が, 眠って, 積んで, 突っ立った, 突つ立つ, 立たせて, 立ちつくして, 立ちはだかって, 立ちました, 立ち止まって, 立ってるの, 立つ, 立つと, 立てて, 立札が, 置きたいと, 置く, 置くこと, 聴いて, 腰かけた, 自分を, 若しお前, 行った, 行儀よく, 見た, 観て, 足を, 跪いて, 輝く日中, 近づけた, 近づけて, 近より, 近寄ると, 雌鴨斃れぬ, 顔を, 馬の, 駆け寄りました, 黙って

1 [1811件 抜粋] あえて寄り添わん, あったお, あったの, あったトランク, あったベンチ, あった公衆電話, あった小箱, あった朱柄, あった石, あった鉄, あった高い, あっては, あつて其生徒, あの二人, あらわれた, ありなかなか, あるあみ, あるので, あるサン・レモ, ある主君, ある冷たい, ある喫茶店, ある官舎, ある岩, ある木, ある梅, ある横木, ある礫川学校, ある臼杵, ある鐘つき堂, いきその, いけないのでよ, いず打ちやられて, いたい気, いたおまわりさん, いたこと, いたと, いたまだ, いたら彼, いたんだ, いたパイ軍曹, いた一家臣, いた中村警部, いた仙十郎, いた僕, いた利兵衛, いた古谷局長, いた呉用, いた女たち, いた妻, いた寵姫, いた小林君, いた当番, いた新田先生, いた木沢氏, いた物見, いた竹童, いた荀攸, いた部下, いた馬謖, いついつまでも, いつも独自, いては, いない, いないと, いない三人, いなかったが, いなかった時, いねえでそれ, いやるからには, いらっし, いられては, いるいうこと, いるきり, いるだろうから, いるとしても, いるはず, いるもう, いるニーナ, いる一番艶, いる他人, いる伸子, いる兄妹三人, いる博士, いる妻, いる方, いる浅見入道道西, いる私, いる角陣, いる車夫, うすい鉄, うちの, うつぶしに, おいたとして, おかけに, おかれ寝殿中央, おき包み, おく計, おそろしいこと, おっこちそう, おとなしくし, おらし, おらせて, おりて, おりましては, おりまする, おろされ三人, お墓, お置き, お蝶, お鳥, かがやいて, かけさせた, かけつけて, かけよつたが, かけよりガラス, かけより膝, かごを, かやの, きき耳, きたの, きちんと膝, ぎざぎざした, くろめがね, ぐつたりとつかれてその母も, このうえ, この辺, こんなとき, さし招きその, しっかと立ち, しばらくじっとたたずん, しゃがみこみ, しゃがみ込むと, しや, しようかな, じつとか, すがりつかんばかりに, すべりこんで, すり寄る, すわってるこの, すわりやさしい, すわり早速, すわると, そのいや, その枝, それらの, ただ一人居残っ, たてかけた画, だまって, ちかづけて, ちらついた, ついてるその, つかつかと, つきっきりじゃ, つくばって, つっ立ったまま, つやの, とどまってること, となりあわせて, どかりと, どっしりと, なったとは, なんとも奇妙, にじり寄つて, ねさせ可, はえてる, はらばいに, ひき添って, ひざまずかせその, ひそひそ心配そう, ふしぎな, ふん込んで, ぼっと人影, まいって, まごまごし, また気息奄々, まつわりついて, みえた, むらがって, もう一頭, もどった, やってくる, やって来る時, ゆかないが, よい日本酒, よし子が, よびよせ, よりつかない, わたしの, わら家が, ゐあはせた人たち, ゐたかといふ, ゐたその, ゐた中将河野実為, ゐた方, ゐた船長, ゐなけれや, ゐる, ゐるやう, ゐる幸福, ゐる藝者, カムポスが, ギリシア, サルビヤが, ステッキの, チャブ台が, テントを, ニーナ嬢が, ハットン・ガードンが, ピアノの, ペットを, マンドリンが, ユトレヒト製ビロードの, ルミが, 一しょに, 一人で, 一升徳利が, 一寸か, 一歩近づきました, 一軒の, 丁稚が, 上がって, 下宿し, 与次郎が, 並べた, 丸くなっ, 主人には, 九つか, 二三日付い, 二重の, 五年此から, 人も, 仕えたいと, 付ききって, 仰向いて, 休んで, 佇んだきり, 住むホルム博士, 何げない, 何時もつい, 侍いた, 侍る女, 偕行社という, 働くの, 兄じ, 児守や, 再び仕え, 出ました, 分れて, 動かずに, 北村さんという, 十二時間も, 十字架の, 卓上電話が, 参って, 古い祠堂, 召えよう, 同じ屋根, 呂宋兵衛が, 呼び鈴が, 哀れな, 喰っ付き廻って, 四五尺も, 在った参軍, 地蔵さんは, 坐ったきり動き, 坐ったよう, 坐つた, 坐り, 坐りこんだ, 坐り彼女, 坐るもの, 垂れ下って, 夜も, 大きい穀物問屋, 大きな木, 大きな紙挟み, 大急ぎで, 天魔太郎あいも, 女の, 妹を, 婦女子の, 子供を, 家重代の, 寄せられた, 寄っちゃ, 寄つて行く, 寄りつけない, 寄り來, 寄り添ったまま, 寄る, 寄ろうと, 寒そう, 寝かせるの, 寝たいと, 寝るの, 小さいお, 小さい堂, 小さい草履屋, 小さなくぐり, 小さな床, 小さな苗床, 小型ランチが, 小屋敷, 居させて, 居たら, 居た人, 居った事, 居られると, 居りながら, 居るよ, 居合わせたが, 屈みこんで, 岡を, 差し控えた日々, 帆村が, 帰れようかと, 常にいる, 年ごろ八九歳の, 年配の, 幾人かの, 座りました, 引きつけた若党, 引き寄せて, 引っ張って, 引添っ, 張り番し, 彼が, 彼女が, 御制札, 思い出して, 恐ろしくでっかい, 感ずること, 懐中時計を, 戸倉老人が, 戻つて, 手塚は, 払子の, 投りだし, 押しやった, 招きぬ, 据ゑ直ちに, 接して, 描いて, 敗北した, 敷かせ道中用, 斃るべき, 文芸時評を, 新しく掘りかえした, 昏倒し, 暫らく足を, 更にやさしき, 朝まで, 朱実の, 材木を, 来たから, 来たら目, 来るなと, 果物店が, 柳も, 梅毒痳病皮膚科專門といふ, 植えた桜, 椰子の, 樹木が, 止まった, 歩いて, 歩み寄りました, 歩道が, 残る, 母親の, 母親らしい, 水差を, 永くゐたい, 江戸錦所有の, 泰養寺の, 浅井因幡守という, 海胆居り, 添えまいらせ調度, 溜って, 無心に, 熊川忠範が, 父親は, 犬が, 現れた, 現われて, 生涯とどまってるだろう, 番人の, 癖づい, 白くぬった, 百人ばかりの, 直立し, 眠ってるこの, 砲座から, 神社の, 移されます, 突きさ, 突兀として, 立たせられたそして又, 立ち, 立ちすくんだが, 立ちどまり無意味, 立ちまるで, 立ち四目垣, 立ち竦んで, 立ったが, 立った時, 立ってるよう, 立ってる男ども, 立っとるのに, 立てかけて, 立ひざを, 竜太郎が, 笑って, 米の, 納屋が, 紫色の, 置いたころ, 置いた宝石, 置いては, 置かれたまま薦, 置かれた富三, 置きそれら, 置きて, 置き彼, 置き靴足袋, 置度と, 美しい彫刻, 老人や, 聞こえる, 背中を, 脱いで, 腰かけたまま先刻, 腰掛けながら, 腹這ひ, 自分一人で, 舗石の, 若い公爵夫妻, 菊慈童を, 萱と, 落としの, 蒼い顔, 薄暗い三畳, 藤枝が, 蝙蝠傘を, 行かなくちや, 行きその, 行きゆき子, 行き相手, 行くとき, 行けたの, 行っても, 行燈を, 被害者の, 見いだした, 見える, 見ると, 誘致し, 警官の, 赤いペンキ, 走りよって, 走り行きいかにしかと, 踞んで, 蹲って, 身近に, 輪を, 近々と立っ, 近づいたかと, 近づき, 近づき両手, 近づくもの, 近づこうと, 近寄せました, 近寄りました, 追いやったほどの, 這って, 速かに, 進みよると, 道中下方掛りの, 部屋を, 里人が, 野球の, 鉄道線路が, 門番が, 附きっきり, 降りて, 集った, 集まりました, 雑木林が, 鞄と, 顏いろ, 飛び上つて, 飼って, 駆けつけ力, 駆け寄り不, 駈けだして, 駈け寄り家康, 驢馬が, 高く撥ねられた, 鶏が, 黒いエレベーター

▼ そば~ (1919, 20.1%)

198 寄って 94 来て 92 行って 63 よって 60 いって 23 きて, 近づいて 22 行くと 17 寄ると, 持って 16 行った 14 寄った 13 連れて 12 腰を 11 かけよりました, やって来て, 呼んで, 戻って, 来ると 10 来た, 飛んで 9 とんで, もどって, よると 8 おいて, かけよって, やってきた, 口を, 歩いて, 置いて, 行く, 走って, 近づくと, 近よって 7 出て, 寄せて, 帰って, 立って 6 來て, 歩み寄って, 顔を

5 [11件] いきました, すりよって, やってきました, やって来た, 寄つて来た, 横に, 歩みよると, 行きました, 身を, 近寄って, 駈けて

4 [24件] つれて, もって, やって, やってきて, やつて, 出た, 坐った, 坐ると, 寄つて来, 寄るの, 持つて, 摺り寄っ, 椅子を, 膝を, 行き, 近づいた, 近づきました, 近よ, 近よった, 近よる, 馳け, 駆け寄って, 駈け寄った, 駈け寄って

3 [25件] あつまって, おいで, つかつかと, やって来ました, 並んで, 來た, 寄ったの, 寄っては, 寄り添って, 寄ること, 座を, 来た時, 歩み寄つた, 自分の, 行くの, 行こうと, 行っては, 行つて, 走りよって, 走り寄った, 近寄った, 這い寄って, 集まって, 馬を, 駆け寄った

2 [66件] いくと, いざりよって, いつた, お呼びに, お置き, かけつけた, かけつけました, かけて, かけよると, かけよろうと, くると, くるよう, すり寄った, すり寄って, すわって, すわりました, そっと寄っ, たくさんの, つけて, にじり寄つた, ひきよせました, ゆきました, よった, よって手, よんで, 呼び, 呼び寄せて, 坐って, 埋めて, 寄せた, 寄ったとき, 寄つて行つた, 寄りつくこと, 寄る, 寄るな, 寄ろうと, 寝させて, 引きつけて, 往った, 忍んで, 摺り寄った, 来ました, 歩み寄った, 歩み寄ると, 歩み寄ろうと, 泳いで, 無言で, 狐の, 肩を, 行くこと, 行くたび, 行ったの, 行っても, 走つて, 足を, 躙り寄つた, 近づくの, 近づけて, 近寄ったの, 進んで, 頸を, 駈けつけた, 駈けよった, 駈けよって, 駈け寄つて, 駒を

1 [669件 抜粋] あぐらを, あったまりに, いかないやう, いかなかったの, いき, いきたくなりました, いきますと, いきエミイ, いきハーモニカ, いき操縦席, いくには, いけずに, いける, いこうと, いざり寄った, いったわけ, いっちゃ, いらっしゃい, いらつし, いらッ, うしろ向きに, うずくまった, うずくまって, うつすこと, おあげする, おいた, おいでに, おきたいと, おし上げました, およいで, おりた, おりて, お取り寄せ, お召し, お呼びになってよくおかわいがりになった, お寄り, お置きなされました, お近づけ, かがんだ, かき寄せて, かけつけた一人, かけつけて, かけつけること, かけよったが, かけよりひざ, かけよりポケット, かけるよう, かごを, かたまるよう, きたとき用心, きた者を, きちんとかしこ, くつ, くるの, こころもちすり寄った, ころがり落ちて, ご新造, さしか, さし出した, しのびよった, しのびよって, しゃがみこんで, しゃがみその, しゃがみながら, すぐ大勢, すすめた, すすんで, すりよった, すりよると, すり寄るよう, すわらせました, すわらせ自分, すわると, ずっと膝, ずりよって, そっとしのん, そっと歩み寄った, そろそろと, たかって, ちかづいて, ちかよりました, つき出して, つないで, とびおりで, とびこんで, とまって, にじりよって, にじりよりその, にじり寄って, にじり寄つて, にじり寄つて行つて小皿, ねむって, のこのこ出掛け, はいっても, はいり込むと, はい寄る, はきませんでした, ひきかえしました, ひきつけて, ひきなら, ひたと駒, ひと足摺り, ぴったりすりよっ, ふいに, ふとん, ふらふらと, ふるえついたの, ぶらぶらさせた, ぺツたり, ほうッて, ぽんと, まいらせて, まいります, まいれましょう, むずと坐っ, めして, もうひとつ, やすみました, やってきては, やってきましたそして, やってこられて, やって来たので, やって来ましたが, やって来ると, やれ, ゆき, ゆきたいけれど, ゆきたいと, ゆきますと, ゆくと, よく出る, よせつけません, よったら, よったらその大きな, よった二人, よってから, よっても, よって人骨, よって来た, よびました, よらないでね, よられると, よりそいました, よりそった, よりつかなかった, よりながら, よるな, よるよう, よる者, よれない, わりこみながら, クッつい, ゴロリと, ズッと, チヤブ台ほどの, ニジリ寄っ, ミーチャ・クルイニンが, 一しょに, 一人で, 一同を, 一歩退き, 一緒に, 上がりたくなりますよ, 上って, 下りて, 両手に, 並に, 並ばせると, 乳母車を, 二十年後の, 今夜は, 伊織は, 佇んで, 何である, 來てと, 來ても, 侍く, 倚らんと, 傘を, 儀助は, 出かけた, 出ること, 出るはず, 副官が, 参ります, 取って返した時, 取りよせさせその, 取りよせた, 召されたの, 召して, 各自の, 呼びつけた, 呼びました, 呼び寄せた, 呼び集めて, 呼ぼうと, 呼んだ, 呼んだの, 呼んだ女房, 喚んだ, 四方八方から, 地主の, 坐ったが, 坐らせた, 坐らせて, 坐ります, 坐り込む, 坐り込むと, 坐り込んで, 坐れと, 坐ろうと, 城太郎は, 場所を, 売卜の, 夜具を, 姿を, 寄せつけたらその, 寄せつけて, 寄せつけないこと, 寄せつけないといった, 寄せつけやしない, 寄ったかと, 寄ったなんて, 寄ったので, 寄った時, 寄った者, 寄っちゃあ, 寄つたは, 寄つていつ, 寄つてかい, 寄つて來た, 寄つて來て, 寄つて彼女を, 寄つて本当の, 寄つて来る, 寄つて行きその, 寄つて行きました, 寄つて行き狭い, 寄つて行つてお, 寄つて駕籠の, 寄らないで, 寄らないよう, 寄られたが, 寄りこの, 寄りしかりつけた, 寄りその, 寄りたいじゃれつきたいすがりつきたい甘えたい想い, 寄りたがった, 寄りついては, 寄りつかなくなって, 寄りつく者, 寄りながら, 寄りまして, 寄りますと, 寄りゃあ, 寄り合って, 寄り添つて, 寄り肩, 寄り親切, 寄り集って, 寄るとな, 寄るなり, 寄るほど, 寄るもの, 寄るよう, 寄れ, 寄れないくらいの, 寄れば, 寝ころんだ, 寝ころんで, 寝させた, 寝転ぶと, 尋ねて, 小山田信茂や, 差しだしたの, 差しのべて, 帰ったなどと, 帰つて来た, 帰つて行つたので, 帰りたくて, 帰る, 帰ること, 帰れない, 床を, 廻って, 引きよせて, 引き寄せたの, 引き寄せて, 引き寄せようと, 引き寄せると, 引き寄せ茶の間, 引き立て木, 引よせた, 引取って, 引寄せ, 引返して, 彼の, 往くなり, 後ろ向きに, 忍び寄って, 急ぎました, 恐る恐る近づいた, 懸けて, 戻つて, 手を, 手拭きやら, 投って, 抛りこんで, 抱え寄せた, 押しやられた, 押し出し片手, 押し売りに, 招き, 捨てて, 据ゑ換へ, 掛けさせて, 敵の, 日吉が, 曲る横丁, 来い, 来いと, 来たあと, 来たとき, 来たの, 来たやつ, 来たらどう, 来たキンちゃん, 来た伊之助, 来た官吏, 来ちゃ, 来てからも, 来ては, 来ようとは, 来るかと, 来るごと, 来るなんて, 来るもの, 来るもん, 来る位, 来る妻, 来る娘, 来る者, 権叔父を, 横たはる, 橋の, 歩きよる, 歩みよった, 歩みよったときろば, 歩み寄りいきなり, 歩み寄る, 歸れる, 泳ぎ戻り, 流れ寄った, 潜りよる, 無意識に, 片膝, 牛を, 狐が, 狛犬の, 玉璽を, 盆を, 盛り上げたもの, 直ぐ駈け寄っ, 矢が, 神さまの, 神妙に, 移り流し, 立たせて, 立ち寄ったが, 立ち寄り自身, 立ち手, 立ったとき, 立つと, 笑いながら, 籠を, 置いとくと, 置きたいという, 置きヴァイオリン, 置き捨てたまま, 置くと, 群がって, 肘掛椅子を, 肱を, 腰かけました, 膝行よる, 船を, 茶わんを, 落ちました, 行かないよう, 行かねば, 行きかけて, 行きかんかん, 行きそして, 行きたいから, 行きたいが, 行きたい人, 行きたがるの, 行きたくなる, 行きましたが, 行きものしずか, 行き低い, 行き朝, 行き机, 行き棚, 行き足, 行き顏, 行くじゃ, 行くという, 行くには, 行くん, 行け, 行けなくっても, 行けるの, 行ったが, 行ったとき, 行ったら何, 行つ, 行つた, 行つたつて, 行つては, 行つてびつくりし, 行つてゆき子を, 行つて仕事の, 行つて僕お, 行つて呼び起す, 行つて挨拶を, 行つて揺り起さう, 行つて見たく, 誰か, 走せ寄りました, 走ったそして, 走り寄っ, 走り寄る, 走り寄るやう, 起つて, 足ぶみも, 跳びついて, 跼みこむと, 蹲まり, 身體を, 転がして, 転げて, 辿りついて, 近く呼ん, 近く来る, 近づいたが, 近づいたばかりの, 近づいた時, 近づきも, 近づく, 近づくこと, 近づくのに, 近づけたので, 近づけたもの, 近づけは, 近づこうと, 近よっ, 近よりました, 近寄ったが, 近寄ったもの, 近寄つたが, 近寄らうと, 近寄らしちゃ, 近寄ること, 近寄ろうと, 迫りかけた, 追いすがって, 追いすがるよう, 追いつきました, 送った, 逃げもどりました, 這いすすんで, 這い出して, 這うよう, 這ひ, 進み寄った, 進み寄って, 進み寄ると, 進んだ, 遊びに, 運んだり, 道が, 達吉が, 重くの, 銃を, 錨を, 降りて, 院は, 集って, 電話かけたら, 飛びついて, 飛び寄りました, 馬乗り寄せ, 駆けつけて, 駆けて, 駆けよって, 駈け向って, 駈込んで, 駕籠を, 黒い帽子

▼ そば~ (802, 8.4%)

20 椅子に 11 者が 6 木の, 者に 5 ベンチに, 木に 4 テーブルの, 机に, 椅子の, 草の, 長椅子に 3 ように, 卓に, 壁に, 小部屋, 岩に, 根は, 椅子を, 石に

2 [47件] かつらの, こどもらは, ところで, はな, テイブルの, 一人の, 一軒の, 人たちが, 人たちは, 刀に, 刑事に, 台の, 土間に, 垣根の, 塀の, 天幕の, 天鵞絨椅子に, 奥まった所, 女に, 女は, 宿へ, 小卓, 小高いところ, 岩の, 年老った, 床に, 方が, 机の, 杉の, 松の, 枝に, 柚の, 柳の, 棚の, 椅子にかけて, 椅子へ, 椎の, 男に, 石の, 者は, 自分の, 花の, 草に, 草叢の, 車夫の, 鍛冶屋の, 電柱の

1 [611件 抜粋] あき地, あしいよ, あの枝, いけがき, いすの, いつも自分, うつくしさ, おしゃべりへ, おつゆ, おばさんは, お冬, お絃, かもじ, きたないアパート, くぐり門, くせに, ことでした, ことは, ごう天井, ご用を, さいて, ささ, ざるが, しげみの, すぐ窓際, せいか, その一, その小料理店, ちいさいへや, ちょっとした木, ところどころに, はなこ, はなに, ひとが, ひろっぱで, べつな, ほうへ, まがり角の, まだ映, むしろに, ものが, ものたちは, ものに, やおやの, やせた人, やつの, やはりそこ, やぶ医者です, ゆかに, わらの, アサヒ屋という, アパアトメントの, カピの, カーシャ, ガラスの, ガラス戸だ, ガラス窓の, ゴッホが, ザパロージェという, スウチンと, ソフアの, テーブルに, テーブルにを, テーブルを, デーツコエ・セローで, トルコ椅子に, バルテルミーの, フランス人に, プラットの, ベッドに, ベンチの, ホウリネス教会, マアケットで, マーブルの, ミナトヤという, ラジウム含有物によって, ラッパなどを, ランプが, 一人に, 一将が, 一幼児に, 一座は, 一組と, 一船上で, 三女性の, 三輪の, 上に, 上坂の, 下生の, 下級官吏たちの, 下駄屋には, 丘には, 中宮寺の, 丸い鏡板, 丸の, 事である, 事務机の, 二畳に, 二階の, 井戸の, 井戸端に, 亜米利加の, 人々は, 人たちと, 人に, 人へ, 人をも, 人紋付袴で, 人達へ, 伊賀者へ, 低い樹木, 低い腰掛け, 何と, 何ひとつ物音の, 例の, 信者の, 健吉画伯にも, 入り口まで, 八幡様の, 共同の, 典侍の, 冷たい寝床, 出しに, 出入口の, 出窓から, 刀を, 切株に, 切株の, 別の, 前の, 助平の, 動物園で, 匂ザクラの, 卓子に, 卓子の, 南天の, 参考の, 叫び声を, 味が, 味の, 味は, 命婦が, 四つ角へ, 回向院前まで, 土の, 土中へ, 土人が, 土手下で, 土瓶だった, 地蔵さんの, 地面に, 坊主頭を, 堤の, 堤を, 壁には, 壁にも, 壁へ, 壁を, 壁紙に, 壁際の, 大きなカシ, 大きな一流, 大きな傷あと, 大きな岩, 大きな木, 大きな砂糖工場, 大きな肉, 大きな車, 大きな銀杏, 大栗の, 大樹へ, 大石で, 大釜からは, 女からも, 女の, 女の子の, 女中部屋に, 女房の, 妙覚寺を, 妻戸を, 娘は, 子供たちが, 子供たちに, 安物の, 実が, 実の, 実を, 家に, 家の, 家も, 家族づれは, 家来に, 宿屋であった, 寄りつきに, 富竹という, 寒竹の, 寝床の, 寿司を, 小さい冬青, 小さい部屋, 小さい風呂敷包み, 小さなテーブル, 小さな凹路, 小さな場所, 小さな家, 小さな通り, 小みぞ, 小屋に, 小川で, 小店で, 小机, 小桶, 小路に, 小高い丘, 局で, 屋台で, 屋台店へ, 山の上に, 山は, 山水館で, 山腹に, 山路を, 岩で, 岩を, 岩棚へ, 岩角に, 岸で, 岸を, 崩れた井戸, 川で, 巡査を, 工場の, 巻煙草入れに, 席で, 席に, 席へ, 平たい石, 広い道路, 広い階段, 広っぱで, 広場だ, 床几へ, 店が, 店に, 座敷へ, 庭に, 廉子へ, 廊下を, 建物の, 建築材置き場で, 廻転椅子に, 御者台の, 志賀高原ホテルに, 応接間にと, 恐ろしい激しい騒ぎ, 或家, 或店, 戰を, 戸から, 戸に, 戸棚の, 戸棚を, 扉から, 扉が, 数寄屋の, 敷き物, 敷物に, 文房具屋まで, 新しい建物, 新築の, 方々に, 方夫人に, 日向で, 日本銀行には, 日立商会と, 日除を, 明るい硝子戸, 星が, 時計が, 書物とを, 朝顔の, 木が, 木の下に, 木の根に, 木へ, 木を, 木刀を, 木犀の, 木犀は, 木立に, 朱塗りの, 村落に, 板に, 板の間を, 枇杷の, 林の, 柏屋という, 柔らかい土, 柱が, 柳屋という, 根を, 桃の, 框に, 桜紅葉が, 梅の, 椅子から, 椅子で, 椅子には, 楓の, 横丁に, 樹の, 橋の, 橋をわ, 機関士に, 欄干には, 止まり木, 正季も, 武器庫だ, 死骸にも, 母の, 水の, 水面を, 氷桶へ, 池では, 沓脱ぎに, 河な, 沼島だって, 派手な, 海ぞいの, 海員地区からも, 海岸に, 海苔の, 深いみぞ, 温泉へ, 温泉宿へ, 湯呑を, 湯気を, 溜まりでガルソン, 火に, 火夫は, 火鉢で, 焦土の, 煎餅蒲団を, 煤煙が, 燃やし火, 片すみには, 牢獄からか, 物見の, 猛者たちタスキ十字の, 瑞雲寺の, 用に, 由来即ち, 男が, 男へ, 町かど, 町の, 画襖の, 畑の, 畑を, 番屋から, 疎開も, 百姓体の, 百姓家に, 皆生という, 直子の, 真の, 石川台つていふ, 石段を, 破れ障子に, 硝子戸を, 神社の, 神馬小屋で, 積みごえ, 空いた卓, 空地には, 空地を, 窓から, 窓を, 立木の, 竹やぶが, 竹やぶを, 竹葉に, 竹針を, 管弦楽席であった, 籐椅子に, 米ずしという, 紅梅は, 紅蝋燭が, 紙張の, 紫陽花の, 細道を, 紳士を, 絵で, 絹行灯の, 縁がはに, 署長に, 美しい山門, 美に, 羽根布団の, 老人それも, 老人を, 者も, 者を, 肉屋も, 肥満紳士に, 肱掛け椅子に, 肱掛椅子に, 背の, 脇屋義助を, 腰かけに, 腰掛に, 腰掛の, 膳の, 自分等の, 自動電話へ, 船首の, 花, 花が, 花も, 花もう, 花を, 芸者に, 苫舟へ, 苹果緑と, 茂みには, 茅の, 茶店に, 茶店の, 茶棚から, 茶碗に, 草ぐみの, 草むらを, 草叢が, 草川の, 菜園等が, 萱だ, 蓋に, 薪が, 藁葺家には, 藪に, 衆と, 街道を, 衝立で, 要害芥川城を, 観世物小屋へ, 角の, 警視庁などと, 谷そこへ, 豆太郎が, 貸室, 賃貸し椅子には, 赤い椅子, 赤い血の池, 路を, 踊らない人々, 踏切番だ, 車百合, 農業雑誌を, 通りに, 通り角の, 連中に, 道に, 道具を, 部屋から, 部屋に, 郵便局です, 郵便局まで, 野ツ原で, 量が, 金の, 金行燈へ, 釘に, 鉢が, 銅鈴が, 錺屋へも, 鏡で, 鐘つき堂の, 長さ, 長椅子の, 長椅子へ, 関屋から, 闇黒から, 陽を, 障子も, 雑草の, 雨樋を, 電柱と, 電柱に, 電話の, 食卓に, 飯屋へ, 飲み屋の, 馬小屋の, 高いすぎ, 高い煉瓦塀, 高声器, 鶴助の, 黒い姿, 黒子に, 鼻の

▼ そば~ (775, 8.1%)

37 見て 23 聞いて 7 それを 6 これを 5 何か, 私は, 遊んで 4 きくと, 顔を, 黙って 3 きいて, 一人の, 不意に, 仕事を, 彼の, 茶を

2 [40件] いっしょに, おとなしく遊ん, からだを, この話, ささやいた, そっと云った, とまった, はらはらし, みて, ギザギザと, 一生を, 一緒に, 二人の, 会った, 伺って, 僕に, 半蔵は, 天使たちと, 寝て, 彼は, 待って, 新聞を, 書物を, 殺されたそう, 永遠に, 泣いて, 消えて, 煙草を, 番地を, 目を, 眺めて, 眼を, 笑った, 自分の, 自分も, 見ても, 誰やら, 足を, 針仕事を, 鳴いて

1 [577件 抜粋] あっさりと, あったまって, あはた, あらゆる彼, あんな紙, いい気持, いきなり伸び上がっ, いきなり車, いじらしくも, いねむりなんかするの大きらい, うしろの, うつ伏せに, うとうと居眠り, うーむとう, おさかな, おじいさんから, おとなしくし, おばあさんが, おまえが, おもち, お互いに, お前に, お待ち下さいます, お暮らし, お泊り, お話を, お酒, かしずいて, かには, がやがやと, きげん, きこえましたので, きょうだいは, ぐっすりねむっ, ぐらぐらする, ぐッすり寝込ん, こういう声, こう低く, こう言った, この世における, この位, この光景, この問答, この有様, この狭い, この男, この靴場, こんな声, こんな楽, ごくとうとばれ, ごろ寝したがる, ご休息, さ, ささやかな, ささやかれたので, ささやくよう, さっきから, さも宏大, ざぶざぶと手を, しげしげと見る, しばらく妻, しばらく話し, しょんぼりし, じいさんの, じっと見, すがすがしい朝, すぐ縊れ, すすりないて, すすり泣きを, すずめたちが, すべてを, する, ずっと暮し, せっせとやりだした, せっせと洗濯, そういう声, そう囁かれ, そう眺め, そのいさましい, その俤, その入口, その音, たおれたあの, ただ黙った, たのしさうに話, たれか, だれか, ちょうちんを, ぢつと, つ, ついたった今また, つっ立ったまま, つまらなそう, つれづれな, どなりますと, ながめて, なしとげたこと, なにかしら, なれたしぐさ, にこにこし, にんげん, ねて, ねむって, のりとを, はかない逢瀬, はげまして, はじまる光景, はなしました, はらはらなす, ひっくり返った大きな, ひつじの, ひとりの, ひなたぼ, ひびくの, ひろった紐, ぴたりと, ふとお, ふと聞きとがめた, ふるえて, べったりひざ, ほざいて, ぼうっとし, ぼそぼそと, ぼんやりと, まごまごし, またこうしては, また二人, みつける, みると, みんなを, もう一寸年, やがて主客, やすんだり, ようすを, よくみたら, よく寝, よく気, よく見, よく見よう, よく見る, わたしを, わらじを, ガンガン鳴りひびく, キッティが, クチャクチャに, クラムに, クリスマス, ケラケラケラと, コルネを, シナロンが, ジャヴェルに, スチュディオの, ストーブに, トラ十の, ドッポンドッポンと, ドボーンと, ニコと, ハタを, バナナの, パイ軍曹が, フリュートを, ホテルの, ボクさんを, ボートの, モスク, ヨーヨー, ルイザは, ロストフの, 一しょに, 一つの, 一と, 一ぷく喫って, 一冊の, 一同の, 一心にセーター, 一心に祈り, 一日を, 一時停車した, 一服しよう, 一英と, 七八ツの, 三四人が, 三四年前に, 下水工事の, 不快を, 世話に, 中央の, 中年の, 丸木の, 予審判事さんは, 二人とも, 云われたよう, 人々が, 人通りは, 今まで, 代書屋を, 休んで, 会った男, 伺つておくれよ, 何かが, 何町も, 何者にか, 使おうと, 使って, 使われて, 保護者の, 倒れた, 偶然な, 六人の, 六十フランといふ, 兵太郎君に, 其処に, 冷え凍えた水兵, 冷やかすよう, 出来た陶もの, 切りに, 別れたので, 前後も, 加減は, 勉強すれ, 勝手に, 匂いを, 十の, 十二三羽の, 千種は, 半ば居眠りを, 協議を, 危うく敵, 古風な, 可愛らしいラッパ, 向こうから, 呂将軍は, 呶鳴り立てられた, 呼びつづけて, 呼吸の, 咲いて, 咳払いを, 品の, 喘ぐの, 嘉吉は, 嘶くよう, 噛みしめた, 囁いて, 囁きました, 囁くよう, 団子を, 団扇を, 墨を, 声が, 声を, 夜なべ仕事に, 夜明かしを, 夢想し, 大きくひびいた, 大きな前歯, 大きな杉, 大きな瞼, 大将が, 大通りで, 太刀川時夫は, 夫の, 夫婦は, 女房が, 始められては, 始終修法, 娘の, 娘は, 子供が, 子供たちが, 学生が, 宝石ば, 家の, 家族と, 密, 寝かして, 寝返りを, 小さなランプ, 小判と, 小姓役を, 少しばかり, 少し休む, 少女が, 少年の, 居眠りを, 山靴を, 岸田は, 川端の, 帆村は, 年賀状を, 床の, 廊下に, 延津弥と, 弟に, 弟の, 彼を, 彼女の, 彼等の, 待っては, 御世話できない, 徹宵看護する, 怪しいもの, 怪しい女, 恭一は, 息づきその, 意地惡いまでに, 我鳴り立てる, 戦って, 手を, 手打の, 手足の, 捕虜に, 採り物, 揚がる花火, 揺ぐ橄欖, 撃たれた男, 新聞に, 旗本たちが, 旗竿の, 日向ぼっこを, 早い昼飯, 明け暮れ女の, 明石ノ, 暗がりに, 暮したいと, 暮したこと, 暮しました, 暮す一人, 暮らして, 暮らすこと, 書物など, 木下助右衛門も, 本を, 朱羅宇を, 東向きの, 桑切り庖丁で, 棟梁手伝いの, 森の, 楽しく平和, 楽器を, 横に, 横坐りにな, 武士らしく, 死なせたいと, 死ねば, 死のうと, 死んだらしい, 死んで, 死骸が, 毛布に, 毛布の, 気を, 気味の, 気息せき切っ, 水を, 水底を, 水音が, 永井源四郎が, 沈黙を, 河馬の, 沿線五十メートルの, 泊まって, 泊ること, 泣きつづけて, 泣くよう, 泥の, 洗濯し, 流木に, 海豹の, 涙を, 涼んで, 深さ, 漏らされた溜息, 演じてを, 火を, 然し遠く, 燃える, 燐寸を, 独楽などを, 独酌か, 狭い猫, 狼が, 猫可愛がりに, 玩具を, 現実の, 生まれたお婆さん, 生れた, 生涯を, 用を, 用事を, 由が, 由三が, 町會所は, 病後の, 百姓の, 皮肉を, 監督する, 相槌を, 相談を, 眠って, 眠つてゐる, 眠りに, 眺めよくよく, 知らない人, 破れ太鼓を, 祈って, 私が, 秋川の, 種々な, 空襲が, 突然蠅男, 立ち停るの, 笑い声が, 笑って, 経験する, 繁華な, 羽ばたきが, 老母の, 聞いた軍師呉用, 聞いてると, 聞えたよう, 聞えて, 聞きなれない異国, 聞くの, 聞こえました, 聞耳を, 聴いて, 肌着の, 肩を, 育った十二歳, 背を, 背中を, 膳に, 自殺し, 興行主の, 舗石を, 若木は, 苺を, 茫然として, 落ち着いて, 虻の, 蜜柑を, 蟻田博士は, 行はれ, 衣服の, 裁縫を, 見たいと, 見た火柱, 見ては, 見られよかっ, 見ると, 見るよう, 見れば, 見張つて, 見張りとして, 見張りを, 親しく絶間, 解きすてられた紐, 言いあいを, 話しする愉快, 話しながら, 話し声が, 話し込んだもの, 話を, 説明を, 読み上げて, 誰かの, 誰が, 貧しい銭, 貰い泣きし, 赤ん坊に, 起きて, 起って, 追いつめて, 退屈を, 通夜を, 速記者が, 過ごしたそして, 過ごしほとんど, 道草を, 酒を, 銃を, 門の, 門前町でも, 隠坊が, 電人, 電柱と, 電車を, 青々と, 静かな, 非常な, 頭と, 飼ひふやし, 餌を, 首うなだれ, 首つりを, 騒いて, 騒ぎまわったり, 鳴って, 鳴りひびいた, 鳴るよう

▼ そば~ (755, 7.9%)

42 離れて 30 通って 18 はなれて 11 通った, 通ると 10 通りかかると 9 通り過ぎて, 離れなかった 8 歩いて 7 通っても, 通りか, 離れた 6 すりぬけて, 流れて, 通るとき, 離れずに 5 見ると, 通りすぎて, 離れては, 離れること 4 通りかかって, 通り抜けて, 通る時, 離れないで, 離れようと, 離れると, 離れるの 3 はなれた, 喰べ, 走って, 通ったの, 通った時, 通りかかりました, 通りぬけ, 通りぬけた, 過ぎて, 食べた

2 [35件] すりぬけた, たべて, とおって, ぬけて, はなれては, はなれないよう, はなれなかった, はなれると, ぶらついて, まるで小鳥, 三尺通り切り縮められる, 去って, 急いで, 掠めて, 摺り抜けて, 流れる三方子川, 逃げるよう, 通ったと, 通つた, 通らなければ, 通りすぎようと, 通りますと, 通り過ぎた, 通り過ぎながら, 通り過ぎようと, 通り過ぎるころ, 通るの, 離れない, 離れぬよう, 離れまいと, 離れるよう, 食ひ, 食ふ, 食べて, 食べると

1 [414件] あけて, あちらこちらと, あつらえて, あつらえるの, いく人かげは, うす暗いかげ, うなってか, うろうろし, おごったり, お離し, お離れしない, かえりみた, かけすぎますけれども, かけずり回って, かけぬけようと, かけ出して, かけ抜けようと, かすつて, かすめた, かすめたこと, かすめた程, かすめて, かすめ過ぎすぐ, きゅうに, こちらへ, こっちへと, さぐって, さけて, さそうわ, さまよう影たち, しずかに, しつかりと, しとうて, しばしば逃げ出したくなります, じろじろ見やり, すぎて, すてて, すべって, すりぬけても, すりぬけながら, すりぬけました, すり抜けて, すり抜け分岐線, すり拔けて, すり足で, するりと通り, すれすれに, すれちがった半, すれ違つて, ずっと歩い, そろそろと, そろそろ歩い, たえず見回っ, たべたら一時頃, たべようという, たべる, たべるよう, たべ収穫, だまったまま, ついと離れ, つつみパン, つとめる身分, とおらなければ, とおりぬけるのに, とおり日本海流一名黒潮, とおり茨城県, とおるもの, とって, とびすぎて, ともの, とると, どんどん進み, なお四, はしって, はなれかねる気分, はなれずご, はなれず月ゆき花, はなれず着ぶくれて, はなれたくなくなった, はなれたくも, はなれたこと, はなれたとき, はなれない, はなれないかい, はなれないから, はなれないこと, はなれないつもり, はなれないで, はなれない二十八騎, はなれなかつたが, はなれながら, はなれました, はなれませんでした, はなれられるよう, はなれること, はなれ不, ばたばたと, ひやりととおりぬけた, ひゅっと, ひゅるッ, びっこひいて通りながら, ぶんぶん風, ぽくぽく急ぎ足, もしや, もって, やって, よくとおりぬけ, よばれて, れいの, スリ抜け, スリ抜けた, スレちがった, スレスレに, スーッと, ノソノソと, フラリと, ライン河が, 一度も, 一日でも, 一杯ずつ, 一生離れまい, 一瞬の, 両袖, 二つとった, 二三席過ぎた, 二人は, 五六名の, 人が, 人間の, 何処までも, 偶然通り過ぎる, 出しました, 出方の, 勢いよく駈け抜け, 去らない, 去りかけると, 去ると, 去るや, 吹く風, 味は, 味わうので, 咽喉で, 喰いねえ, 喰うこと, 喰って, 喰べながら, 四少年は, 国漢の, 堅めて, 大股に, 大蟻, 好んだため, 子供達が, 寸分も, 小さな風呂敷包, 小山の, 小川が, 少し遠く, 少し離れ, 帆走っ, 平気で, 広小路の, 引き上げて, 御馳走し, 慕ふと, 手に, 打つ事, 抜き足さし足, 抜け煖炉, 持って, 指を, 振向いて, 播きつけて, 放さないの, 日本汽船が, 早足で, 月が, 杉原下総高田義遠, 歩きながら, 歩き回ったくらい, 歩き回って, 歩くに, 決して離れない, 泡立って, 泳ぎ抜けて, 泳ぐよう, 流しの, 流れた, 流れるきれい水, 流れるアイシス河, 流れる川沿い, 流れる水, 流れる谷川, 深さ骨, 滑つた, 漂流し, 漕いで, 畳を, 白い道路, 目も, 眼を, 社会は, 祝つて住吉へ, 秋川の, 立ち上がりました, 立ち去って, 立ち去りかねて, 立ち去ること, 立ち退いて, 立った時, 立つと, 立花カツミ先生が, 自動車で, 船が, 艦で, 葉の, 行き過ぎしばらく, 行き過ぎつつ, 裏通りへ, 見ぬよう, 見ました, 見れば, 買うて, 走ったと, 走つて, 走りすぎるとき, 走りすぎる様, 走り下った, 走り乱れた, 走り去る, 足で, 足どりいそがしく, 足を, 足利まで, 足早に, 跳びはねて, 踊りながら, 車で, 轟々たる疾駆, 轟々と市電, 追い越して, 退いて, 逃出し, 通ったが, 通ったという, 通ったどらねこ, 通ったんで, 通った彼, 通った頃, 通つた序に, 通つて, 通つてそれから, 通つてやつと, 通つてゐた, 通つてゐる, 通つて庭に, 通らないよう, 通らねば, 通られると, 通りあわせた, 通りかかった, 通りかかったとき, 通りかかったアメリカ人, 通りかかった人, 通りかかった時, 通りかかった職工, 通りかかりましたが, 通りかかりますと, 通りかかる時, 通りかかろうと, 通りかけた小僧, 通りすがりに, 通りすぎその, 通りすぎると, 通りすぎるとき, 通りすぎる時, 通りすぎ向こう, 通りたる人, 通りながら, 通りぬけうしろ, 通りぬけようと, 通りぬける, 通りぬけ雨戸, 通りは, 通り僕ら, 通り抜けようと, 通り抜ける, 通り過ぎたとき, 通り過ぎた時, 通り過ぎなければ, 通り過ぎる, 通り過ぎるとき, 通り過ぎる時, 通り過ぎ何ら, 通り過し, 通ること, 通るたび, 通るとき私, 通るならちよ, 通るのに, 通るん, 通るトラック, 通る女, 通る度, 通る気, 通る際, 通れば, 通行し, 通過しました, 通過する, 通過するであろう, 過ぎたり, 過ぎながら, 過ぎる小径, 過ぎ大きな, 遠ざかつてゐたといふことが, 避ける気持, 配って, 配り終って, 酒屋の, 金貨が, 長くは, 離さずこうして, 離さないので, 離さなかった, 離しにくく, 離れおばあさん, 離れかねて, 離れこっそり, 離れず世話, 離れず取乱して, 離れず常に, 離れず弟, 離れず影, 離れず遊んで, 離れそう, 離れそれゆえ火鉢, 離れたが, 離れたがらないで, 離れたくなかった, 離れたくなさそう, 離れたこと, 離れたせい, 離れたと, 離れたところ, 離れてから, 離れてからでも, 離れないから, 離れないくらい, 離れないこと, 離れないただ一人, 離れないの, 離れないほど, 離れない小さな, 離れない欒廷玉, 離れない者, 離れなかったらそれ, 離れなかつた, 離れなくとも, 離れぬと, 離れまいとして, 離れますこと, 離れませんでした, 離れもみじ, 離れようとして, 離れられては, 離れられないの, 離れられません, 離れられること, 離れるな, 離れるなよ, 離れる事, 離れる気, 離れんで, 離れジルノルマン氏, 離れ両手, 離れ二階, 離れ兎, 離れ怒って, 離れ足, 離れ難, 離れ難く, 静かに, 顔を, 風が, 颯と離れ, 飛び舞って, 飛行機が, 食いながら, 食いに, 食うと, 食った, 食ったなどと, 食って, 食べさせて, 食べながら, 食べようと, 食べる, 食べるなぞとは, 食べるの, 食べ了, 食べ初め, 食べ家, 食わされゆう飯, 馳け, 駅員が, 駆けぬけた, 駆け出した, 駆け回ったという, 駆け回りながら, 駆け抜ける拍子, 駈けて, 駈け廻つて, 高架電車で

▼ そばから~ (413, 4.3%)

27 口を 9 離れて 4 そばから, 言った, 離れずに 3 いう, 云った, 声を, 見て

2 [16件] いった, いわれました, それは, それを, 三浦は, 云ふ, 喙を, 夫れで, 書かせられた, 楊の, 注意した, 灌木の, 眺めて, 言葉を, 身を, 離さないで

1 [321件] あおいだ, あくびは, あけて, あの武蔵, あんしょうしました, いいました, いうと, いきなり, いろいろな, うるさいこと, おちょぼ口を, おづ, おとなしくいきなさい, お君, お念仏, お父さんが, お竹, お花, お豐さん, かき消えました, かれの, きよが, こう言っ, この源三郎, こは, さうし, さう云, しかし小倉, しりぞきもと, すぐに, すぐ一名, すぐ丸められた, すぐ醒め, すすめて, すすめる者, そういいかける, そう云っ, そっちの, そっとぬけ出し, そっと取っ, その姿, その寧子, その苦しむ, それでは私たち, そんな簡単, だれかが, だれにとも, だん, つきのけた, つじ役人, とにかくはなれる, とびだして, とびのいた, とびのきました, とびのく者, とめた, とりつくろって, とんで, なだめずに, のぞきながら, はなさずブルックス僧正, はなしたくないの, はなれると, はやく逃げだしたい, ひどく血, ふいと, ぶく, ぶッ仆, ほじくらない善良, ぽろぽろとくづれて, またすぐ汗, また一人, また一方, また玄徳め, まだは, みつけだして, みて, もうそこ, やきもきし, よれよれの, ジリジリと, セルゲイの, ソーンダイクが, ダダーンダダーンと, チョビ安がこう, チョビ安が口を, チョビ安は, ノドに, ハイヤーに, フランス人の, ポロポロ涙, ヤツ当りに, レッテルの, ワーッという, 一枚くれ, 一歩も, 一種の, 一隊二隊と, 三郎が, 両親や, 主人に, 二人立ち, 云ひ, 人に, 人間は, 他人が, 代って, 伝令が, 伝六なみの, 伝六も, 体よく, 体を, 何やら小言, 内部を, 冷かして, 別な, 制するよう, 前田山の, 割り込んで, 助けて, 助太刀に, 助言を, 勇が, 勧めた, 勧めたが, 勧める, 千萩も, 厚い紙切れ, 取做, 口書きと, 口添えした, 叫び出した, 可笑しさうに二人, 否定し, 吹いて, 吹出して, 呻いて, 啄を, 喰べて, 塀の, 壁に, 声が, 大きなが, 大工は, 大音で, 奪うよう, 女が, 姉さんが, 姿を, 娘さんを, 子供に, 孔明は, 家じゅうの, 小さな女の子, 小さな男, 小倉と, 小川が, 少しも, 少時間, 居なくなって, 帆村が, 席を, 引きさ, 引き取って, 引き離して, 引離したいと, 弟子は, 張飛が, 彼の, 彼は, 後ろへ, 徳川夢声, 忘れて, 思ふこと, 怠らずはげまして, 意地張つてる, 愚楽老人は, 戸板の, 手を, 手伝おうと, 手品でも, 払いのけて, 抜き出た槍, 披露を, 拒んだ, 拾ったと, 振り顧った, 控間の, 放しませんでした, 新しく播い, 新助, 日に日に遠のい, 春の, 来たの, 来たもの, 格之, 梅代が, 横へ, 次々にと, 死んで, 油を, 注意する, 流れて, 消えて, 涙が, 涙は, 濁って, 炭を, 煙は, 煽った, 煽るよう, 熱心に, 父親が, 片ときも, 牛肉や, 盛んに, 直ぐと, 直して, 相槌を, 眺め自分, 矢走へ, 硯に, 碗を, 祐筆が, 祝いの, 秀夫くんが, 私が, 私たちが, 私に, 私の, 立ちあがつた, 立ち上って, 立ち上つて勃凸と, 立ち去って, 立った, 立って, 立つて, 笑って, 答えた, 簡単に, 籠へ, 紅く染った, 紙衣や, 結城ひろ子が, 置き注, 美耶子さんが, 義眼を, 羽ばたいて, 羽織の, 肥ったお婆さん, 腰を, 自身否定し去っ, 若い子, 若者を, 茶々を, 荒々しく立つた, 葉子は, 蒸発し, 蛇に, 蝋燭の, 蝶の, 血筆の, 見えるの, 覗きこんだ, 覗き込んだ, 覗くと, 親切に, 言いました, 言う, 言葉すくな, 言葉添え, 訊ねた, 詰め寄って, 話の, 語尾を, 説明した, 諫めた, 議論を, 谷大八も, 走りながら, 走り出そうと, 身体を, 追い立てるよう, 逃げだそうと, 逃げ出さざるを, 逃げ出したと, 道が, 遠ざけようと, 遠目に, 部屋の, 野原が, 長い煙管, 長安へ, 関羽が, 隔れた, 離さない, 離さなかった, 離したくないらしい, 離したこと, 離そうと, 離れさせまいと, 離れた, 離れたかつた, 離れたくて, 離れては, 離れないの, 離れまいと, 離れようと, 青年に, 頭を, 頷いた, 顔を, 飛び返って, 食べるよう, 馬道の, 馬首を, 駈け出して, 鬼頭が, 鳴りたったの, 麦束の, 黒い風呂敷

▼ そばには~ (294, 3.1%)

4 一人の 3 一本の, 二人の 2 またひとり, 他の, 白い花, 足軽が

1 [276件] あのさわさ, あのにくい, あの宝, あるいはうずくまり, あるけれど, あるはず, いくつかの, いっしょに, いつもの, いつも草笛, いないの, いなかった, いなかったの, いられまいね, おいしそう, おしゃべり屋の, おなじみの, おびただしい血, お民, お登久, かたい帆布, かなりに, かの玉藻, くっきりした, こわれた門番, さきを, ししの, その花籠, たえず趙雲, たおれた大木, たくさんの, ただ片方, だれも, ついこの, ついて, なおまだ, なくて, なくては, なにも, はしごが, はんぱになった貴金属製の, ひとつひとつ小さな, べつな, ほかにも, ほとんど黙り, またさらに, またなるほど, まだ乳, まだ妙解寺, まだ山, まだ麦, めざましい灌木, もう一人, もう甥, よくし, わたしの, アロタス大, キャンプ場が, ドイツ人でない, ナルコポン・スコポラミンの, パン種の, ポルトガル人二人が, ポルフィーリイが, ワイコフ医師も, 一冊の, 一鉢の, 一面の, 万里小路藤房と, 三十年ぶりで, 三名の, 三才ばかりの, 三沢はつ女が, 三河屋と, 両方の, 中宮が, 主人公と, 乞食の, 二つの, 二三の, 二三冊書物が, 二人ほどの, 二個の, 二本の, 二番目の, 五十四五位に, 人家の, 伊藤俊介が, 何か, 何につけ, 何時までも, 何濤の, 侍女が, 倉地が, 八つ手の, 八田若郎女という, 六十ばかりの, 共同の, 内膳が, 冬青の, 出て, 加藤次, 十五世紀式の, 半白の, 口子の, 古いつばめ, 右にも, 同じ赤インク, 君と, 咲耶子も, 咳の, 喫茶店を, 嘉吉の, 四十ぐらいの, 団扇だいこ, 団長が, 国色とも, 土筆が, 坐らないで, 埃を, 堂々と, 壁に, 夏の, 外科手術の, 大きい塚, 大きい白い菌, 大きい紫陽花, 大きないちょう, 大きな桜, 大きな猫, 大きな袋, 大塔, 天狗の, 太った癇癪もち, 太田黒兵助が, 女が, 嫁妹じ, 学生服の, 安兵衛の, 家臣の, 寄せつけないといふ, 寄りつきませんでした, 富子夫人が, 小さいレザー表紙, 小さい旅行カバン, 小さい流れ, 小さい鼠, 小さな村, 小坂部が, 小間使が, 居ませんでした, 岩瀬夫人と, 帷幕の, 常盤橋御門から, 幾束の, 庭らしい, 弟子たちが, 彼が, 彼の, 御手洗川が, 徳三郎が, 心配さうな, 必ず高い, 恭一も, 愛読書を, 手で, 拙者また, 播磨守泰親も, 文台が, 新しい木, 旅行靴が, 明智探偵と, 昼夜の, 昼夜帯が, 景時が, 月江, 木南加賀四郎ひとりを, 木枕が, 本箱なぞも, 本館から, 机博士が, 村民たちが, 東宮を, 松尾刑部神宮寺正師安間了現など, 松根さんが, 枕の, 果物置き場みたいな, 校番の, 桶の, 楯井さんの, 正覚坊の, 武夫の, 死死の, 母と, 気むずかしい顔, 江の島の, 濃紫の, 火山, 火鉢が, 炭取りと, 烏帽子を, 焚物用の, 無線電信受信用の, 無色の, 燕尾服や, 父が, 牝牛が, 猫が, 玉藻が, 瓢箪が, 甘酒を, 生々しい新木, 生が, 生垣の, 産後三十日あまりにしか, 番人の, 白いテエブル掛, 白い梅, 白服の, 白樺の, 盆が, 盛装した, 目安方の, 相川技師長や, 相貌獰悪の, 真っ赤に, 眼を, 矢崎舎人と, 砦の, 碁相手の, 立派な, 竹屋三位卿恬然として, 築山が, 簾中の, 約四千人一隊, 紅の, 緑と, 老女が, 腹の, 自然木で, 至るところコンフェッチ, 船体を, 茶色の, 菜葉服の, 蒼古と, 蓋を, 藤代大二郎という, 藤内太郎藤内次郎という, 藤原と, 衣裳戸棚が, 見あたりませんでした, 見た事, 見まわり, 見世物に, 規律の, 赤いポスト, 足袋が, 近衆たち, 運転手や, 道化た, 遠光, 野茨の, 金色の, 鉢植えの, 開け放した中型, 陰として, 雇人の, 雌の, 食事の, 養子の, 馬子や, 高さ三尺, 鬼カゲがつつ, 鮎の, 鶏が, 鷽の, 黒い手榴弾

▼ そばまで~ (233, 2.4%)

16 来ると 11 来て, 行って 10 きて 8 くると, 歩いて 7 いって, 行くと 3 来た, 来ました, 行っても, 飛んで

2 [17件] きました, くるの, もって, やってきて, やってくると, ゆくと, 戻って, 持って, 来たが, 来たとき, 来た時, 行きました, 近づいて, 進み寄って, 運んで, 降りて, 顔を

1 [109件] あがって, いかないと, いきました, いきますと, いけるし, いけるの, いった, いつて, いらっしゃると, おしよせて, おずおず近づい, おりて, かかえて, きた, きた時, すり寄って, ずるずる引き摺っ, ついて, つれて, で三十万坪, とどかせて, とびおりて, にじりよって, ぶらぶら歩い, まわった, もえて, もつて, もどって, ものの, やって, やってきた, やってきたそう, やってきてるの, やって来た, やって来ると, ゆきせっかく, ゆけず立ちどまったもの, セダンや, 一息に, 一足とび, 下りて, 來た, 出しての, 出て, 外人と, 寄って, 寄つて行つて, 届いて, 帰つてゐます, 帰るん, 引きつけてから, 引きよせ穴, 引き戻されて, 引っ返した, 往つた, 後ずさりを, 後送し, 忍んで, 抱えて, 押しつけられそこで, 来かかった, 来たお, 来たと, 来たとき両方, 来たの, 来た光, 来ないうち, 来ながら, 来ましたが, 来られたの, 来れば, 汽車が, 泳ぎついたものの, 漕ぎ寄った, 翔けて, 聞えた, 行きついたので, 行きつこうと, 行きましたら俄, 行き鍵穴, 行くか, 行けば, 行った, 行ったん, 行っちゃ, 行つ, 行つたのだ, 行つた久保が, 行つて立ちどまつた, 見届けその, 身を, 転がって, 近づいた, 近づいたと, 近づいたとき, 近づきました, 近寄ったとき, 逃げかけたが, 逃げ出した, 這い出して, 這つて行つて死んだ, 連れて, 進みこれ, 達しないうち, 馬を, 駆けつけて, 駆け寄つて, 駈けて, 駈け寄った

▼ そば~ (69, 0.7%)

2 のチャルメラ, の出前持, の灯, は昔, へ行っ

1 [59件] から来, があり, がありません, がある, が一軒, が昔, が蕎麦, だっただろう, だった店, であつ, でそば, ではみな饂飩, で二時間話, で種物, といふ物, とか大衆食堂, となる, とは言わない, とも違っ, と両方, と云う, と氷屋, なぞ見つからない, などが十四軒, において前, にさえもアイスクリーム, にはいった, にウヰスキー, に入る, に雇われ, のこと, のやき, のカツ丼, の二階, の出前, の出前持ち, の声, の掛看板, の湯桶, の福寿庵, の粗末, の長寿庵, の隣, の風鈴, はちょうど, ばかりじゃない, へいっ, へお目見得, へつれ, へはいる, へ冷めたい, へ毎日註文, へ這入る, もなし, も古い, や下駄屋, をやっ, を二人, 或ひ

▼ そばによって~ (68, 0.7%)

2 なにかささやきました, みると, よくよく見る

1 [62件] あなたの, いきました, いくらかでも, いた, いちばん高価, うつむいて, おっかなびっくりそっと上, お菓子でも, かいほう, きた, ささやくよう, さっきの, じいさんの, そこに, そっと中, そのう, その機械, その耳, その足, たずねるの, どくろ, どなりつけました, なにかボソボソと, なにか話し, ひそひそと, みたいものだ, みますと, みれば, よくお, よく見ます, エフ氏が, ゾウを, ヒソヒソと, ピクつく, ライオンの, 一つの, 五つの, 何か, 几帳を, 口と, 右手に, 土手の, 女の子の, 小林君を, 居た, 床下を, 後頸の, 来た, 来て, 気の毒そうな, 水中灯を, 火の, 火箸を, 男の, 硝子戸を, 紙きれを, 聞きますと, 船の, 行った, 行って, 防毒面を, 靴の

▼ そば近く~ (44, 0.5%)

4 侍る尊い 2 寄って, 置いて

1 [36件] きて, さしまねいて, すわって, すわらせた, すわりつ, にいる, に寄つて, に寝ん, に小姓, に暮らし, に現われた, に立っ, に腰, に見えました, ひしめいて, へと婉曲, へはよう, へ不浄役人, へ呼んだ, へ来, まいって, まで来た, まで行かなけれ, 使って, 割りこんで, 呼ぶもの, 呼んで, 坐って, 寄り來, 拝んだうえ, 歩み鳩, 歩んで, 流れて, 浮いて, 見て, 見ると

▼ そばについて~ (35, 0.4%)

18 いて 3 ゐて 2 おるの, 歩いて 1 いました, お世話を, わしが, ゐたいの, ゐた医者, ゐた姉妹二人, ゐなければ, ゐました, 一緒に, 看病し

▼ そば~ (34, 0.4%)

2 いいと, みんな火に

1 [30件] あります, いいから, うつくしい花, き, きぐらいを, きのうあたりの, なつかしい, よい, よからう, 一杯たべたく, 一等いい, 二つ来た, 今晩軒に, 何が, 來る, 入って, 出た, 外麹町や, 大嫌ひなん, 屋台を, 来ましたよ, 無いとき, 証明し, 食いたかったり, 食えない, 食えるもの, 食ひたくなった, 食べたいな, 食べたくて, 食度候

▼ そばにおいて~ (33, 0.3%)

2 ある, 三べん

1 [29件] あつた, ありました, ある金, いま土杯の, くださると, くださるなら, そんなもの, もし助け, やるといふ, チビリチビリ昼の, ラジオの, 一枝と, 休んで, 使って, 先生の, 可愛がっ, 大きな安楽いす, 小さいくしやみ, 少年と, 少年の, 彼女は, 昼から, 来たやつ, 火鉢と, 独りで, 眺めたいという, 見物し, 読みかけの, 針の

▼ そばでは~ (26, 0.3%)

2 出前の

1 [24件] こちらに, その享楽的, たまらないほど, ないか, ひとりの, アラビヤの, ピート一等兵が, ポオランド語が, 何者かが, 友吉の, 地味な, 堅い黄いろ, 形の, 札束が, 母親が, 氣が, 火花の, 猿沢夫人が, 畝溝に, 私は, 蟋蟀が, 金を, 長良川博士が, 青物市場が

▼ そばにも~ (26, 0.3%)

3 いた

1 [23件] ある多く, いたい年頃, いたかった, おかれず謎, ねさしょ, ひとり黒髪を, また一人, よせつけませんでしたが, 一人たしかに, 二人ほど, 二言三言しゃべる, 何か, 多くある, 姫路にも, 小さな家, 居られませんでつひに, 手習師匠が, 溜った, 睡って, 結び燈台が, 行けなくなって, 身を, 近寄った者

▼ そば~ (25, 0.3%)

2 ぽっぽっぽ, ホッホッホ

1 [21件] お好き, すきだろう, そば粉の, つけたりで, どうした, ひどく暖かくなり, まづか, 今や春, 以前通り職人の, 何科の, 却つてどう, 去らぬこの, 売り手が, 引こしちゃったん, 彼女にとって, 桜の, 狭い廊下づたいに, 窮屈か, 蚯蚓だ, 長いや, 離れないわ

▼ そば~ (21, 0.2%)

2 洋食屋町内の

1 [19件] ある特等席, うどんくらいは, うどんで, おでんを, さんから, さんの, しるこを, そうめん, で, である, でざるそば, では, へその, ほど遠からぬ, 利久の, 梅月の, 樽の, 田毎に, 隅の

▼ そばへは~ (18, 0.2%)

1 [18件] よって, よりつけ, 参られませぬ, 寄せつけなかった, 寄ったものの, 寄って, 寄らない, 寄らないの, 寄りつけないから, 寄れぬか, 来ないで, 行かなかった, 行かれません, 行きませんでした, 行くでしょうが, 行けぬよう, 近づかずマカール, 近寄りませんでした

▼ そばへも~ (18, 0.2%)

2 寄りつけなくなると

1 [16件] よって, よらなかつた, よりつかれない事, よれずどう, 出られる, 寄っちゃ, 寄って, 寄らなかった, 寄らなかったよ, 寄らるるか, 寄りつけないよう, 寄り付かれまい, 寄れない方, 落ち畳, 近よらなかった, 馬が

▼ そば~ (13, 0.1%)

31 かへ近づい, からといっ, から丁度, か土手, しまわり, そうです, という, わ, んご, ッて

▼ そば~ (13, 0.1%)

1 [13件] 五目めしで, 仁科と, 出て, 卵の, 壁に, 書いた暖簾, 書いて, 洋食の, 渡邊牛乳店の, 聞いた安, 自慢した, 舞台の, 言っても

▼ そばやの~ (13, 0.1%)

1 [13件] まえにも, ゆで汁, 一軒には, 出前もちの, 前側に, 半兵衞, 女中さんから, 小僧さんの, 帳場の, 流して, 行燈に, 角を, 飛離れた納屋

▼ そばでも~ (11, 0.1%)

2 食べたいなあと 1 一つ取, 取つて, 取つて貰つて, 地割りを, 売ってるが, 村でも, 祈らなかった, 食べて, 食べに

▼ そば立て~ (9, 0.1%)

2 ていた 1 ている, てお, てはさっき, てゐる, て楽器, て眺め, て聞く

▼ そば~ (9, 0.1%)

2 か何, をかい 1 でもかこう, と浜松, の品質, やこ, をこね

▼ そばにより~ (8, 0.1%)

1 その女の子, つく, ほんとうに, もう一度, ソッと, 人民は, 背中の, 鎖と

▼ そば~ (8, 0.1%)

2 をくらっ 1 が万一, でしょうから, をくっ, をくつ, をくわない, を受けよう

▼ そば~ (7, 0.1%)

1 のだ, のでしょう, ので懇意, もの神の, んだ, んです, ンて

▼ そばやに~ (7, 0.1%)

2 飛び込むと 1 お目見得に, 入った, 手伝いに, 行かないこと, 行ってからも

▼ そばです~ (5, 0.1%)

31 からどうか, から雨

▼ そばにでも~ (5, 0.1%)

2 いるよう 1 おりましょうか, きて, 落っこちて

▼ そば~ (5, 0.1%)

1 もう今晩, 一杯二銭であった, 古い, 通ること, 食いそう

▼ そばやが~ (5, 0.1%)

1 あつた, 唐人笛を, 四五軒軒を, 皆私の, 行く

▼ そば~ (4, 0.0%)

1 うどんで, うどんであろう, すしを, 何かで

▼ そばづか~ (4, 0.0%)

4 えの

▼ そばなんか~ (4, 0.0%)

1 だれも, でしなくても, 危くて, 食う人

▼ そばにつき~ (4, 0.0%)

3 きりで 1 きりに

▼ そばにを~ (4, 0.0%)

2 り候 1 つても, ります女房

▼ そばへより~ (4, 0.0%)

1 いきなりエフ氏, その手, 女史の, 集まるの

▼ そばやで~ (4, 0.0%)

2 二十銭の 1 一杯やり, 酒を

▼ そばをと~ (4, 0.0%)

2 ほつて, ほりか

▼ そば立つ~ (4, 0.0%)

1 てゐる, のが, 断崖の, 砦の

▼ そば立てた~ (4, 0.0%)

1 がその, がそのまま, ものご, 時の

▼ そばたて~ (3, 0.0%)

1 させた君香, て物, ながらみんな

▼ そばだけ~ (3, 0.0%)

1 だった, でちょっと, 喰ひ

▼ そばとか~ (3, 0.0%)

1 丼物とか, 呼んで, 夜鷹そばとか

▼ そばなどに~ (3, 0.0%)

1 うずくまって, どこから, 軍帽と

▼ そばへよつ~ (3, 0.0%)

2 てき 1 てみる

▼ そばやへ~ (3, 0.0%)

1 はいって, よく行った, 入るでなければ

▼ そば屋さん~ (3, 0.0%)

1 かだれ, から電話, だもの

▼ そば立てる~ (3, 0.0%)

1 と今しがた, と犬, 大岩かけ

▼ そば~ (3, 0.0%)

2 ゆくと 1 を踏みはずし

▼ そば~ (3, 0.0%)

2 来て 1 もって

▼ そば離れず~ (3, 0.0%)

1 おつき申さんをなど, これに, にいた

▼ そばあたり~ (2, 0.0%)

1 には古い, にもよれやしねえ

▼ そばかと~ (2, 0.0%)

1 思つた横丁の, 畳みかければ

▼ そばちかく~ (2, 0.0%)

1 にかしこまっ, よった

▼ そばぢかく~ (2, 0.0%)

1 でみた, でみたい

▼ そばづき~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の女中

▼ そばづゆ~ (2, 0.0%)

1 に唐辛子, を貰っ

▼ そばでし~ (2, 0.0%)

1 きりと, ている

▼ そばでした~ (2, 0.0%)

1 から兎, が怪物

▼ そばという~ (2, 0.0%)

1 のが, 場末街の

▼ そばなどを~ (2, 0.0%)

1 入れること, 取寄せて

▼ そばにまで~ (2, 0.0%)

1 密偵を, 接近した

▼ そばによ~ (2, 0.0%)

1 つてかしこまつ, つて来

▼ そばへばかり~ (2, 0.0%)

1 乘りた, 寄って

▼ そばへよ~ (2, 0.0%)

1 つてなにか, つて髪にも

▼ そばまでは~ (2, 0.0%)

1 もう帰れない, 汽車も

▼ そばまでや~ (2, 0.0%)

2 つて来

▼ そば出し汁程度~ (2, 0.0%)

1 のつゆ, の出汁

▼ そば嫌い~ (2, 0.0%)

1 である, という点

▼ そば~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ そば~ (2, 0.0%)

1 のうつくし, の真ん中

▼ そば立っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ そば降る~ (2, 0.0%)

1 ように, 停電の

▼ そば~ (2, 0.0%)

1 というの, などというしゃれた

▼1* [170件]

そばありとかを看板, そばうどんもりかけ, そばうどん野菜も魚, そばうなぎおでんいずれも酒, そばえる軽い風, そば汁粉牛鍋なんど紫の, そばかきですますそして, そばからからかひに, そばからは離れて, そばからも離れもちろん, そばきりに昼, そばすしいなりずし大福もちなど食らい, そばすし屋などが並ん, そばする所の, そば自分が, そばそんなものが, そばたたせた立派な, そばたち忽ちに赤, そばだけで腹を, そばだったので焼け, そばだって妙に, そばだろうね, そばこう仕えます, そばってものは, そばつえを食った, そばづえ食うな, そばづえをくいやっと一方, そばであったのでさすが, そばである友達が, そばでございますか饂飩台, そばでございませうと云, そばでじつと人間, そばででも味わえないよう, そばでないている, そばでなくてはほか, そばでなければ自分, そばでの待ち合わせが, そばでばかり一人で, そばでもの想ひ, そばといふ私の, そばとても決して馬鹿に, そばどれもみな, そばなぞにわずかの, そばなど食ひ, そばなどの食堂も, そばなどへまいれるもの, そばなら大丈夫だ, そばならとれると云, そばなりを手打ちを, そばなる僕が, そばなれば, そばなんぞを通り過ぎて, そばにさえ居れば, そばにて御主人, そばにのみあって, そばにはばあやや, そばにばかりついてらしつ, そばにばかりはついて, そばによるがいい, そばに関しては大きな口, そばに関することは, そばのきはしたなき心地, そばのなの花ば, そばはげしく胸に, そばたけ, そばばかり食うん, そばひとつ真から自分, そばへと走りました, そばへというわけで, そばへなど迂闊に, そばへなんぞ來て, そばへのこ, そばへまはつて來, そばまでなどという問答さえ, そばまでのぼつて, そばもめつきり大根ふと, そばやと見えながら, そばやなどでお酒, そばやはありません, そばやらしかったの, そばよりも爺さんの, そばをよけるよう, そばガラをつけた, そばッかすの薬, そばトロイア軍の, そば一つ位で人生, そば一ぱい食べたきり, そば一杯と老酒いっぱい, そば一隊はカリコロネー, そば下ってはやきとり, そば並のを二丁くん, そば二將爭ひ一方, そば仕えをさせる, そばを払った, そば伊羅保刷毛目各種の茶碗, そばをしよう, そば侍四人仕丁らがつき添い, そば倒れて伏せる, そばかけん, そば切うどん小川屋と書い, そばれる敵, そば即ち慳貪そばから, そばへる部下, そば去らず之を, そば取って食, そば売りも今, そば売りで俗に, そばの擾ぎ, そば天ぷら蒲焼等はどうしても, そば好きがそば, そば嫌悪症らしく初恋, そば寄せ來り, そば密柑等々の店, そば尾山台の僕, そば屋だるま屋までに及ぶ, そば屋二軒とある, そば屋別れ茶屋などといった看板, そば屋寿司屋たい焼屋色々な匂い, そば屍體引き來る王圍, そば左膳の左手, そば常に近く立ち, そば待っている, そば御用近侍の者たち, そば御用間瀬日向守様がお, そば忘れちゃったんじゃ, そばみ嘆け彼, そば戰よそに遠ざかり, そば手打と書いた, そば打てば臟腑, そばの火焔, そば測りの竿, そば芋の, そばの御前, そばは汝, そば的屋の半, そばだて, そば相戰ひて, そばするなり, そば立たしめたものは, そば立たせずには置かない, そば立ち緑青い, そば立った支那風の, そば立つたばかりでござる, そば立て起き上り緊張した, そば端嚴の母, そばを食べ, そば粉三袋牛蒡十把六はら村, そば粉到来さつ, そば粉哉などといふ獨稽古, そば納豆菜類これらは皆, そば衆軍は群がり, そば見まいとしても目, そば見よ彼坐し, そば観音庵の家, そば起る戰鬪ものすごし, そば近い空気を, そば近う仕える身, そば近く侍したり, そば近く疾風の速き, そば近づき寄りて叫び曰, そば離れて遠い, そば離れぬ者どもは, そば雲呑のうまい, そば電燈の明るみ, そば青銅の花瓶, そば飛んで来い, そば飛箭により, そばつたこと, そば食って上野, そば饅頭などの製造