青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~それほど それほど~ ~それら それら~ そろそろ~ そん~ そんな~ ~そんなに そんなに~ ~た
た~
~たい たい~ たいてい~ ~たいへん たいへん~ たかった~ たがい~ たがる~ たく~ ~たくさん

「た~」 1747839, 18882ppm, 1位

▼ た~ (267968, 15.3%)

36872 である 24455 です 202168156 であった 7437 では 55354364 だが 4107 だった 3668 ですが 3574 であるが 3190 であります 3070 でした 2953 だと 2563 であろう 2503 だから 2454 だろう 2201 でしょう 15721542 でございます 1407 ですか, は 1382 はその 1250 ですから 1215 かも知れない 1173 はこの 1002 であるから 984 だよ 975 だそう 947 であったが 872 かい 859 であろうか 856 ですよ 737 でも 718 でしょうか 713 じゃ 683 だろうか 656 を見 636 はそれ 590 だらう 576 だという 562 だろうと 551 を見る 530 かもしれない 518 だつた 505 も無理 490 ですね 470 でありました 462 は私 443 もその 418 かね 413 はお 403 は誰 397 かな 395 かしら 392 はもう 382 かも知れません 373 であろうと 354 もこの 353 であって 352 だったが 341 を見た 332 と同じ 330 だな 321 だね 307 がこの 306 じゃない 305 でありますが 304 は当然 297 であると 294 は何 293 は彼 286 はこれ 269 かそれとも 262 だけれど 243 はあの 241 を覚え 239237 でしたが 236 は自分 234 ぢや 229 かそれ 225 は事実 224 であろうが, は今 220 でございましょう, で御座います 218 かその 210 かも知れぬ 198195 でございますが 191 がある 189 もある 188 ですもの 187 だか, は全く 184 だけれども 180 かえ, が今 176 は実に 166 ですけれど 164 はやはり 162 かと思う, を私 161 だろうが 157 がその 156 はそれから 154 かと思っ 152 でございました 151 であるか, はまだ 148 でしょうが 144 だらうと 137 は無理 136 はただ 129 だし 127 かもしれません, でしょうね, はいう 126 を幸い 125 かどう, でございますよ 123 ですって 122 を感じた, を知っ 121 はどう 119 は勿論 118 か私, はどういう 114 はあなた 112 もまた 111 はつい, は彼女 108 であったから, はお前 106 だとも 105 ですからね 104 はいい, はちょうど 103 は例 102 ならば 101 かと思った 99 は確か 98 かあるいは, だらうか, は決して 95 でございますか 93 をお 92 は残念 91 か知らない, か自分 90 は僕 89 は夜 86 だもの, は初めて, もそれ 85 でございますから, は一つ 83 でありましょう, はいつ, も彼 82 だわ 81 がお, が不思議, だつたが, だとは, はたしか 80 は女, もやはり, を知った 79 ですけれども 78 はたしかに 77 は君 75 だろうという, でござる, ですわ, は前 74 だい, は実は, も 73 だといふ, は丁度, は恐らく, もあの 72 を思い出した, を知る 70 はあれ 69 は大, も当然 68 を今, んです 67 はここ, を持っ 66 が運, でありますから, であること, はほんの, はもちろん, は少し, は此, んで 65 でなければ, を機会 64 が悪かっ, だからね 63 かもしれぬ, だなと, は不思議, は他, は多分, は第 62 はまことに, はわたし, を記憶 61 かまた, が彼, も一つ, らしい 60 か知ら, が私, ですな, でないこと, も実は, も道理, を聞い 58 がそれ, はそこ, は何故, を思い出し 57 があの, は後, も同じ, を彼 56 か何, か彼, ださうである, はまったく, は八五郎, は意外 55 ですがね, ですと, はかの, は俺 54 かわからない, か急, は一人, は云う 53 か分らない, ださうだ, はつまり, は去年 52 ですけど, は同じ, も事実 51 がいけなかった, はさすが, はそういう, はほか 50 かなあ, かも知れなかった, が原因, が多い, じゃな, は外, は若い, もあった, も私 49 か知らん, だろうかと, はだれ, をその, を幸, を自分 48 がもう, が急, でありまして, はむしろ, は二人 47 かしらん, があった, が残念, だからな, はたった, は単に, もこれ 46 だぞ, であったろう, はなぜ, は御, は無論, は父, は翌 45 かということ, であるという, はこういう, はそんな, はまさに, もあり, をそのまま, を聞いた 44 じゃありません, にちがいありません, は主人, も知らず 43 かそこ, がそもそも, が何, が後, であったと, は何ん, は大きな, をこの 42 か或は, だえ, であろうという, はおそらく, は今日, は何時, は自然, を喜ん, を見れ 41 が今日, が悪い, だろうね, でございましょうか, は偶然, は日本, も不思議 40 かこの, でございませう, はやっぱり, は主として, は何より, もつまり 39 かよく, か今, だがね, も全く, を後悔, を誰 38 かと思ふ, と同様, はある, はかれこれ, を発見

37 [11件] かねえ, だからと, だとか, だらうが, はおれ, はどうも, ははじめて, はまさしく, は次, もお, も今

36 かとにかく, であるけれども, とその, ともう, はすでに, はどこ, は僅か, や, をみる

35 かもしれなかった, か僕, が縁, はよい, は年, は昔, は昨日, は本当, も決して

34 [11件] かまたは, がこれ, が大, ださうです, ですし, はずっと, はどんな, はガラツ八, は其の, は朝, をよく

33 がもと, が自分, はいったい, はなん, はよく, は人間, は男

32 [11件] かもう, か誰, がここ, がちょうど, であるけれど, はいかにも, はこんな, はそう, は面白い, をまた, を感じ

31 が間違い, はほんとう, は言うまでもない, もあれ, も何

30 [15件] かも知れん, がすなわち, が今度, で御座いますが, に驚いた, はなんと, はむろん, はやがて, は今度, は午後, は誠に, は遺憾, も偶然, も自分, を見すまし

29 [16件] かと思われる, か少し, が事実, が始まりで, が目, です私, でない, は即ち, は小, は新, は是非, は生れ, は申す, も皆, を僕, んは

28 [14件] かそう, があります, が例, だそれ, であったか, でしたから, でしたね, はわずか, は人, は先生, は始め, は實, は昨夜, は母

27 [20件] かお, かと私, がかえって, がつい, が何より, が御, が最初, が見えた, じゃア, でありましたが, であろうかと, はわし, は伝六, は何者, は嘘, は必ずしも, は番頭, をおぼえ, を何, んか

26 [24件] かと思い, かまだ, か知りません, が即ち, が最後, が次第に, が第, だその, でございますね, でなくて, と, と同時, はいつも, はまた, はよほど, は一, は一体, は下女, は当時, は有名, もあります, を忘れ, を残念, を知つて

25 [15件] かさっぱり, かという, かと思, かまるで, がいま, がまた, が失敗, でございますもの, に驚い, はいつごろ, はいま, はそれだけ, はよかっ, も自然, をさいわい

24 [26件] があっ, がよく, が一つ, が気, じゃあない, だこの, でありませう, であれば, でございまする, でしょうと, には驚いた, はぜひ, は十一時, は彼ら, は惜しい, は非常, もここ, をみ, を喜んだ, を後, を思い出す, を着, を見つけ, を見つけた, を見ました, んに

23 [12件] かそんな, じゃあるまい, でありまする, ですってね, はその後, はわたくし, は何時頃, は別, は夕方, は日, もつい, 驚かねえの

22 [28件] かいずれ, かとお, かと思ったら, かネ, がまだ, が一人, が一番, であったろうか, ですそれ, でないかと, と一つ, はいずれ, はお前さん, はごく, はさ, は今年, は何と, は先刻, は或, は昨年, は私一人, は翌日, もそこ, もそんな, も此, やら, を今度, 驚かないの

21 [18件] かわからなかった, か姿, があつ, が眼, であるし, で御座いました, と一緒, はかえって, はすなわち, はもとより, は本当に, は極めて, は流石, も彼女, を喜ぶ, を憶え, を認めた, サ

20 [39件] かこれ, かと, かと思いました, かと思つて, かも知れねえ, か判らない, が二人, が因, が少し, が惡, が意外, じゃよ, じや, だそして, だったろう, であるかも, であるらしい, でないと, はあと, はあながち, はどの, は一時, は三人, は中, は娘, は家, は平次, は幸い, は当り前, は彼等, は既に, は最初, は果して, は皆, は紛れ, は誤り, は間違い, を不思議, を聞く

19 [27件] かわかりません, か不思議, か知れない, がだんだん, じゃが, だけれ, だぜ, だったから, だなどと, だ相, でありそして, どす, はあたし, はかなり, はこう, はたぶん, は余, は妙, は水, は珍, は眼, は結構, ももっとも, も亦, も同様, も尤も, を気

18 [35件] か或いは, がいけない, がいつの間にか, だったか, だとの, だろうから, ですの, で御座いますよ, とほとんど, に気づい, はいかなる, はかれ, はしかし, はじつに, はもっとも, は主, は六月, は別に, は明治, は有難い, は本, は正しく, は當然, もむりではない, も実に, も畢竟, をこれ, をやっと, を彼女, を思う, を手, を機, を知らず, を見とどけ, んが

17 [43件] かいきなり, かお前, かそのまま, かと不思議, かと聞く, かどうして, かひどく, かわけ, か知らぬ, がこんな, がそう, が初, だって, だろうな, だ何, だ私, であるまいか, はこれから, はそもそも, はどなた, は今朝, は兄, は八月, は十時, は古い, は右, は夏, は嬉しい, は子供, は山, は彼自身, は知っ, は確, は言, は近頃, も同然, をお前, を御, を御存じ, を御覧, を忘れた, を思ひ出し, を覺

16 [50件] かちっとも, かどちら, かどっち, か二人, か彼女, があり, がどう, がふしぎ, が前, が多かっ, が此, じゃないでしょう, であったかも, でありその, でしょうな, でないから, で御座いましょう, と全く, と少し, はあまり, はあるいは, はいよいよ, はいわゆる, はうれしい, はこうした, はこちら, はせめて, はそうした, はどうやら, はまず, はわれわれ, は如何にも, は村, は正に, は母親, は気の毒, は秀吉, は長い, もあろう, もお前, もそういう, も忘れ, ような, をふと, を出し, を思ひ出した, を持つ, を耳, を見ます, を見届け

15 [67件] かあの, かとその, かとも思われる, かはっきり, か又は, がいい, がこっち, がやはり, が多く, が実は, が癪, が誤り, が非常, じゃねえ, だつて, だろうよ, だッ, でありますけれども, でございましたが, でございますわ, とお, ならその, には理由, にもかかわらず, に気づいた, はおまえ, はかく, はこっち, はぼく, はもっと, はやや, は一寸, は三月, は九時, は五時, は元, は十二時, は変, は妹, は左, は幸, は恐ろしい, は春, は案外, は次郎, は畢竟, は疑い, は白い, は老, は自分一人, は誰だい, は金, は長, は随分, もあつ, もあながち, もほんの, もやっぱり, も束の間, をきっかけ, をもう, を憶, を知, を知らない, を知らなかった, を知り, を見たら

14 [56件] かと彼, かと訊く, かなぜ, かもわかりません, かも知れませぬ, かわたし, がいかにも, がおかしい, がせめて, が丁度, が元, が始め, が誰, ださ, だろ, であったの, でしょうけれど, ですかと, でもあった, とそれから, とは違っ, ならそれ, には何, はい, はおかしい, はさっき, はちょっと, はない, はなに, はひとえに, はようやく, はわが, はフランス, は事實, は五月, は冬, は可, は唯, は大方, は寧ろ, は支那, は斯, は未だ, は極, は気, は珍しい, は理由, は相手, は秋, もそう, もまったく, も其の, も覚え, をつい, を母, んや

13 [74件] かそれら, かちょっと, かとも思った, かなア, か一人, か分らなかった, か判りません, か影, がありました, があれ, がきっかけ, がわかった, がわるかっ, が当時, が病みつき, が見える, ださうな, であるそれ, ですその, でないか, と同時に, にかかわらず, にはさすが, に比べ, はあたりまえ, はきっと, はけだし, はこれら, はすぐ, はまだしも, はまるで, はみんな, は九月, は二月, は今夜, は何時ごろ, は先, は四時, は夢, は大した, は天, は夫, は夫人, は好い, は実際, は当の, は悪い, は愉快, は感心, は戌刻, は我々, は明らか, は最も, は東京, は正午, は甚だ, は生まれ, は目, は貴様, は頭, は黒い, もありました, もみんな, も多分, をいい, をしお, をそれ, をよい, を人, を入れ, を心, を感じる, を早く, を目撃

12 [75件] かふと, かも分らない, かッ, か又, か突然, か見当, か頭, がいつ, がこんど, が事, が何と, が俄, が口惜しい, が因果, が嬉しく, が本当, が間違, じゃから, だあの, だからなあ, だけど, だったと, であったに, でありましょうか, である事, でございましょうが, ですかい, とおなじ, とはまるで, どうした, なり, には, はあたかも, はうれし, はえらい, はこいつ, はずいぶん, はガラッ, は一月, は一本, は三時, は二十二三, は仕方, は以前, は伸子, は何処, は半, は大正, は女房, は妻, は妾, は姉, は小さい, は少々, は昼, は時, は月, は特に, は町内, は美しい, は言うまでもなく, は雪, もその頃, も丁度, も或は, も知らない, をあの, をすぐ, をわたくし, を合図, を少し, を急, を無理, を読んだ, を非常

11 [100件] かそして, かと思はれる, かと考え, かもしれん, かも知れず, かも知れなかつた, かよ, か全く, か判らなかった, か否, か手, か気, か解らない, がはじまりで, がやがて, がやっと, が一枚, が九時, が僕, が先, が初め, が十一時, が却って, が又, が夜, が始まり, が嬉しかっ, が本, だこれ, ださうだが, だったよ, だらうかと, だろうけれど, であったならば, でありまた, であるかと, であるそして, であるといふ, であるのに, でございますの, でござるが, でござろう, でしたよ, ですかね, ですぞ, なら, にも拘らず, はありがたい, はいささか, はけっして, はたつた, はもはや, は一昨年, は一枚, は七月, は上, は二, は二時, は云, は亥刻, は何日, は十二月, は十日, は単なる, は固, は大抵, は宵, は悪かっ, は想像, は我, は手代, は敵, は最近, は此時, は死んだ, は江戸, は竜, は米友, は翌年, は若, は貴方, は近代, は近所, は返す返す, は遠い, は飛んだ, もただ, もむりはない, も其頃, やろ, をここ, をみんな, をよろこん, を倖, を思い出します, を我慢, を拾っ, を見すます, を見届ける, 何のと

10 [111件] かさ, かともかく, かと云う, かどうしても, かどこ, か人, か女, か父, か聞えない, がかれこれ, がそんなに, がどこ, が出, が動機, が去年, が同じ, が四時, が如何にも, が嬉しい, が氣, が見え, が身, が面白い, じゃろう, であったそう, でありそれ, であるからと, であるこの, であるの, でございまして, でございますな, でござんす, でしょ, でしょうかね, ですわね, で御座いませう, とこの, とちがっ, とちょうど, とほぼ, と反対, と同, と同一, なら何, なんのって, には私, に対して, はあ, はいくら, はた, はひとり, はほとんど, はやっと, はよくよく, はアメリカ, は一度, は一方, は一種, は三日目, は京都, は仕合せ, は何人, は信長, は十月, は又, は古, は可笑しい, は四十五六, は四月, は大分, は小僧, は尤も, は己, は忘れ, は日本人, は最早, は止む, は此人, は武士, は殺された, は海, は町, は神, は翌朝, は背, は色, は見た, は賢明, は運, は鎌倉, は隣, もみな, もむりはありません, も女, も止む, も要するに, やまた, よう, をいま, をだれ, を今日, を前, を大, を始め, を悲しむ, を感じました, を父, を皆, を見とどける, を覚えた, を読ん

9 [142件] かし, かだれ, かときく, かと云, かと心配, かと思え, かと聞きました, かどんな, か一向, か但し, か夢, があなた, がいけなかつた, がまちがい, がわずか, がコロムビア, がフシギ, が一, が他, が初めて, が変, が小, が日本, が昨日, が朝, が案外, が段々, じゃないだろう, じゃなく, だお前, だのに, だネ, だ僕, だ自分, であったけれども, でありましょうが, であるそう, であるその, であるとも, でございましょうよ, でござるよ, ですからな, ですからねえ, とは違う, とまた, と似, と違っ, による, に答え, に驚く, はあまりに, はありゃ, はかう, はそれら, ははたして, はま, はまあ, はまちがい, はむりもない, はもうかれこれ, はもと, はよかつ, はわけ, はホン, は一個, は一年, は一面, は三十前後, は下, は久しい, は之, は九時半, は九時頃, は今宵, は何故か, は余程, は作者, は前後, は十七八, は吾, は四時頃, は夜中, は大変, は天罰, は女中, は嬉しかっ, は子, は学校, は家康, は帆村, は店, は弟, は心, は思い, は手, は明治二十三年, は普通, は更に, は此処, は此家, は此方, は比較的, は滑稽, は相当, は矢, は矢張り, は笑止, は老人, は自業自得, は蓋し, は貴女, は赤い, は運命, は間, は間もなく, は風, もそうした, も一, も多い, も少く, も少し, も御, も怪しむ, も気, も知っ, も知らなかった, やが, をある, をわたし, を一, を二人, を今更, を俺, を怒っ, を思いだした, を悔いた, を意識, を手始め, を認め, を認める, 何の, 何のって

8 [211件] かいつ, かいま, かしばらく, かただ, かとびっくり, かと尋ねた, かと思います, かと訊い, かどうも, かなかなか, かは知らない, か一向に, か分りません, か判然, か口, か君, か声, か忘れ, か知らねえ, か知れません, か覚え, か部屋, があと, がうれしかっ, がお前, がこちら, がつまり, がない, がふと, がようやく, がビクター, が一層, が不覚, が二つ, が右, が名, が実に, が後に, が怪しい, が手, が更に, が機縁, が災難, け, じゃなくっ, だったけれど, だつけ, だつたか, だとかいう, だとしか, だどう, だろうけれども, だろうなどと, だナ, であったのに, であっても, でありこの, であるに, である彼, であろ, であろうお, であろうから, であろう彼, でしたわ, でしょうから, ですあなた, ですすると, です今, でないという, とそっくり, とそれ, とは全く, と同じく, と殆ど, ならこの, なれど, なんのと, にし, に似, に始まる, はあっし, はおよそ, はお松, はかえすがえす, はきのう, はきみ, はこ, はご, はすべて, はその間, はちやう, はとにかく, はどうして, はもしや, はわれ, はムリ, は三年前, は下男, は二十五六, は二十四五, は二階, は以上, は何とも, は余りに, は八時, は其, は初め, は医者, は十一月, は十八, は十時頃, は半蔵, は博士, は古く, は同, は名, は周知, は唐, は四人, は土地, は多少, は大人, は大学, は如何, は嫁, は少なくとも, は少年, は恭一, は悪魔, は意味, は戌刻半, は或は, は手前, は拙者, は新しい, は机, は横浜, は殆, は氣, は皮肉, は相, は真, は私ぢ, は窓, は立派, は罪, は船, は良い, は葉子, は要するに, は親分, は言う, は道庵先生, は頗る, もあっ, もあなた, もいる, もおそらく, も事實, も仕方, も俺, も僕, も勿論, も君, も大, も当時, も恐らく, も本当, も第, も見える, も面白い, をあと, をあなた, をおれ, をつけ, をどう, をはじめ, をはっきり, をひどく, をまだ, をもっ, をやめ, をようやく, を一つ, を一人, を一度, を不審, を利用, を取っ, を口惜し, を名人, を君, を喜び, を夫人, を女, を妙, を嬉しく, を思い出しました, を思え, を思ひ出す, を思ふ, を最後, を根, を母親, を直ぐ, を相手, を知りました, を肩, を買っ, 方へ, 覚えて

7 [249件] かいつも, かいや, かしらと思っ, かす, かそいつ, かそれともまた, かというよう, かといっ, かとうとう, かと思ひ, かと矢代, かと考えた, かもわからない, か不意, か不明, か今度, か今朝, か俄, か俺, か夫, か後, か死んだ, か知っ, か訳, か足, か顔, がいや, がこのごろ, がすっかり, がすでに, がそのまま, がなお, がひどく, がまだしも, がやっぱり, がわし, がわたし, がわるい, が一ツ, が七月, が三時, が人間, が今朝, が何ん, が八時, が其の, が十二時, が可, が夢, が女, が始, が幸い, が彼女, が早かっ, が昨夜, が最も, が気の毒, が皆, が置い, じゃございません, じゃなかった, だおれ, だずおん, だだから, だだが, だっ, だっけ, だったかも, だったけれども, だといった, だとさえ, だとばかり, だねえ, だろうお, だろうそれ, だろうとも, だろう位, だ其の, だ誰, であったこと, であったらしい, であったろうと, であり従って, であるとの, である私, であろうけれど, であろうけれども, であろうも, であろう私, でございましょうね, でございますけれど, でござるか, でしょうお, でしょうその, でしょうよ, ですかな, ですぜ, ですつて, ですのに, でないの, で御座いますか, とのため, とは異, とまったく, と寸分, なぞは, ならなぜ, ならまだ, にはびっくり, に驚き, はあつし, はあり, はありません, はあんた, はいけない, はいわば, はかかる, はきわめて, はさき, はしばらく, はじつは, はせっかく, はそのまま, はたいへん, はたった今, はどうしても, はなるほど, はね, はふたり, はほんとに, はまぎれ, はカント, はドイツ, は一座, は一昨日, は一時半, は七兵衛, は三十, は三年, は三日前, は三時頃, は不, は世にも, は世界, は事, は二年, は五十, は他人, は何刻, は偏に, は偽, は兄さん, は先月, は全然, は十一時半, は十七, は十八世紀, は十年前, は半分, は只, は名高い, は向う, は四年前, は多く, は大いに, は大勢, は天皇, は失敗, は始めて, は婆さん, は婦人, は容易, は小判, は平安朝, は幾度, は恰度, は悉く, は悪う, は成, は戦争, は支那人, は故, は敢, は旦那, は早く, は昨, は是, は束の間, は正直, は浅草, は深い, は満, は漸く, は火, は物, は猪, は玄徳, は現代, は現在, は真夜中, は結局, は腰, は血, は近世, は近年, は過去, は道理, は間違っ, は間違ひも, は食糧, は餘, は驚いた, もこういう, もそれから, ももと, もよく, もわし, もわずか, も今年, も元, も先生, も思え, も故, も気づかず, も理由, ように, をいつも, をうれしく, をすっかり, をちょうど, をみた, をやがて, を主人, を他, を初め, を助け, を取り, を取り出し, を売っ, を夢, を平次, を思出, を怨ん, を源氏, を片手, を確か, を遺憾, んと, 何か

6 [346件] え, かあと, かあるいはまた, かかげ, かここ, かこんな, かさも, かしきりに, かといえ, かとも考えられる, かと今, かと彼女, かと思われた, かと聞い, かと自分, かどれ, かほとんど, か下, か両, か今日, か兎, か其, か其の, か半, か夜, か娘, か記憶, があ, がいくつ, がいつしか, がいる, がおれ, がくやしい, がこれから, がそこ, がそも, がそんな, がたいへん, がたしか, がたちまち, がどうも, がどうやら, がなぜ, がにわかに, がほか, がむしろ, がわかる, が一時, が一生, が七時, が不幸, が不意, が不運, が主人, が何だか, が何時の間にか, が全く, が出る, が分つた, が判った, が午後, が夕方, が外, が大きく, が好き, が妙, が嬉し, が子供, が実際, が山, が当然, が惜しい, が或, が有名, が残っ, が江戸, が漸く, が突然, が米友, が聞えた, が自然, が致命傷, が西洋, が近頃, さえある, しからずや, しみを, じゃありますまい, じゃなかろう, たゆた, だがな, だそこで, だったね, だったろうか, だとさ, だらうから, だろうその, であったけれど, であったという, であり, であるしかし, であるぞ, であろうその, であろうとも, でございますと, でしょうねえ, でしょう私, ですあの, ですお, ですそして, ですねえ, です何, でもあったろう, とは別, とは違った, とまるで, と云う, と殆, と比較, と違つて, ならこれ, ならどうして, なん, におどろいた, にくらべ, にはちょっと, には少から, に乗じ, に気づく, はあんまり, はいつか, はおもしろい, はきょう, はこの間, はさいぜん, はさらに, はすこし, はせいぜい, はそれで, はとても, はなお, ははじめ, はひどい, はまさか, はむしろ当然, はもうずっと, はもう余程, はれい, はわざと, はわるかっ, はフシギ, はベルリン, は一時頃, は一週間, は七時, は三輪, は上野, は不幸中, は中年, は事件, は二三日前, は二十七八, は二十三日, は二度目, は二時頃, は五, は亭主, は仕合わせ, は件, は伯爵, は体, は何事, は何處, は僅, は六十, は六時, は其方, は内, は出, は十一時頃, は十二時過ぎ, は十五, は十八九, は十六, は十時すぎ, は午前二時, は午後四時, は却って, は君たち, は問題, は坊主, は城介, は声, は大正八年, は大正十一年, は大正十年, は奇蹟, は奧, は女軽業, は如何なる, は嬉し, は子供たち, は家族, は宿, は寧ろ当然, は専ら, は小さく, は小さな, は少く, は少しく, は居, は岡, は幸福, は形, は思いがけない, は怪しから, は恐く, は昭和十三年, は曲者, は曹操, は未, は正月, は正確, は水戸, は注目, は源三郎, は無, は熊, は父親, は猶, は當, は疑はれぬ, は病気, は白衣, は瞬間, は石原, は確実, は社会, は神田, は私たち, は私達, は空, は素子, は結婚, は考え, は自分たち, は自分自身, は興味, は船長, は表面, は覚え, は親, は諸君, は變ぢ, は貴, は足, は迂, は遠, は遠く, は部屋, は間違, は雨, は顔, は養子, は馬田, は高等学校, もあるいは, もおかしい, もおまえ, もかかる, もけっして, もこうした, もさ, もじつは, もぜひ, もつかの間, もまだ, もムリ, も主として, も今日, も別に, も単に, も又, も実, も実際, も尤, も彼ら, も悉く, も日本, も是非, も此時, も無論, も結局, も自己, やがな, や若い, らしいが, らしかった, をありがたく, をきい, をこちら, をごらん, をせめて, をそこ, をひそか, をぼんやり, をむしろ, をわし, を一本, を中, を二, を傍, を兄, を兵馬, を其の, を又, を口実, を右, を嬉し, を学校, を己, を忘れない, を恨ん, を悔い, を悔ん, を慌て, を或, を承知, を押え, を整理, を知ってる, を知らせる, を竜, を聽, を見せ, を見ない, を見出した, を責める, を途中, を遺恨, を面白く, んかも, 一体, 何んの, 父御, 腫れたの

5 [519件 抜粋] い, かいと, かおれ, かこと, かこのごろ, かしらと思った, かしらない, かといいます, かとたずねた, かとちょっと, かとつくづく, かとつぜん, かとんと, かと不審, かと思ひました, かと案じ, かと申します, かと聞いた, かと胸, かと訊いた, かどうか, かひとり, かぼく, かも分りません, かも知らぬ, かも解りません, かナ, か一つ, か一寸, か二つ, か例, か唇, か大きな, か妙, か子供, か家, か平次, か彼自身, か珍, か相手, か知らなかった, か窓, か翌日, か聞えなかった, か遂に, がいきなり, がいわゆる, がうまく, がうれしく, がかれ, がこう, がし, がちょっと, がどういう, がどんなに, がはじめ, がほとんど, がぼく, が一時半, が下, が不快, が不服, が主, が二時, が今夜, が今年, が入っ, が出来た, が分った, が十時, が半, が原, が口惜し, が古い, が可笑しい, が同時, が大きな, が大変, が始まりである, が子, が居る, が幸, が忽ち, が悪, が愉快, が我々, が戦争, が手ぬかり, が抑, が既に, が暫らく, が最近, が次, が此方, が殘念, が水, が水の上, が無理, が無駄, が父, が物, が現在, が破滅, が耳, が胸, が花, が若い, が藤原, が評判, が遂に, が遅かっ, が雨, が顔, けえ, こうしたの, さその, さね, じゃあねえ, じゃあねえか, だあい, だしかし, だそうですね, だそれで, だそんな, だとでも, だなあ, だなぞと, だなど, だなんて, だの, だのう, だらうけれど, だろうかという, だろうし, だろうとは, だろうに, だろうねえ, だ今, だ此, ぢゃ, であったかと, であり又, であろうこと, であろうし, であろうそして, であろう彼女, でしょうけれども, でしょうそれ, ですそんな, ですだから, ですネ, です先生, です夫, でない事, でなくむしろ, で御座いましたが, とある, といっしょ, とがほとんど, とはちがっ, とはまた, とは反対, とは違い, と今年, と何, と私, と自分, ならどんなに, なら今, なら俺, なら私, なれば, には驚きました, にも拘わらず, によるの, に因る, に懲り, に拘らず, に気付い, はああ, はあいつ, はあさましく, はあらゆる, はいつぞや, はいや, はお前ぢ, はお祖母さん, はお雪ちゃん, はかねて, はこのごろ, はす, はそして, はだいぶ, はだから, はだが, はつぎ, はてっきり, はとり, はどれ, はなかなか, ははなはだ, はひとつ, はひと目, はひどく, はふしぎ, はほんと, はみな, はもし, はやむを得ない, はイギリス, はナゼ, はベートーヴェン, はボランティア, は一ぴき, は一年前, は一日, は一時過ぎ, は一時間, は七, は万吉, は万太郎, は三十二三, は三日, は不運, は世, は世間, は争えない, は争われない, は事務長, は二十一, は二度, は五つ, は五人, は五十嵐, は人々, は人形, は今戸, は今晩, は伜, は伸子たち, は何かと, は何だか, は何年, は余り, は余人, は偉い, は僥倖, は先ず, は先日, は光栄, は兎, は六つ, は冗談, は分っ, は初夏, は別人, は前回, は前年, は北, は十一時過ぎ, は十三日, は十九, は十二時近く, は十五六, は十六七, は十六日, は十年, は千浪, は午, は午後一時, は午後三時, は印度人, は口, は同じく, は同情, は呉, は咄嗟, は唯一目, は四十二三, は四十前後, は夕暮, は大体, は大正六年, は大正十三年, は大阪, は天狗, は奥, は女の子, は姉娘, は孫, は宋, は宮廷, は少女, は屋根, は岡田, は左膳, は巨大, は師匠, は幕府, は幾人, は幾分, は強, は彼一人, は必ず, は必然, は思う, は怪しむ, は恰も, は悲しい, は悲惨, は慥, は憎い, は或いは, は戦後, は故意, は新聞, は新聞記者, は旅, は明, は明治三十年, は明白, は時代, は時計, は晝, は晩, は暁方, は最後, は本所, は机竜, は桔梗様, は梅本, は此私, は殊に, は氏, は民弥, は汝, は汽車, は治, は清松, は清澄, は犬, は犯人, は玄女, は現実, は甲府, は真に, は真赤, は着, は着物, は知らない, は種々, は突然, は竹童, は紙, は細工, は総監, は胸, は自身, は至当, は舞台, は良人, は芥川, は若旦那, は茶店, は虎, は蛾次郎, は裏, は西洋, は見, は見る, は言葉, は貴下, は賢い, は身, は身体, は軍部, は退屈男, は酒, は重々, は銀之助, は青い, は額, は驚くべき, は鼻, むねを, もあまり, もいわば, もおそらくは, もおもしろい, もかえって, もこいつ, もしばらく, もそして, もつかのま, もどうやら, もはじめて, もふしぎ, もまあ, もまことに, もみんな自分, ももう, ももちろん, もわたくし, もゐる, もをかしい, も久しい, も之, も人間, も古い, も嘘, も変, も夢, も彼自身, も恐らくは, も昔, も最近, も気がつかず, も父, も珍, も矢張り, も考え, も胸, も至極, も誰, やけど, やら少し, らしいと, をうっかり, をかえって, をき, をきいた, をきつ, をごまかす, をじっと, をたいへん, をちら, をちらりと, をなぜ, をはじめて, をわざと, を一寸, を下, を下女, を両手, を人々, を今さら, を今朝, を使う, を入れる, を再び, を喜こ, を土地, を多少, を大将, を嬉しい, を子供, を宮, を山, を師匠, を後に, を快く, を思いだす, を思っ, を恥じた, を恨んだ, を悔いる, を悲しん, を持たせ, を掛け, を有難く, を気の毒, を水, を沢山, を渡し, を男, を皆んな, を目, を眺め, を知らせ, を知らなけれ, を知れ, を考える, を聞き, を肴, を自慢, を苦, を見かけました, を見付けた, を見眺める, を見計らっ, を貰っ, を買う, を返し, を追, を送っ, を集め, んですやろ, 前に, 怒らないの, 私は

4 [806件 抜粋] あむしられ, かあ, かあたし, かある, かいお, かおそらく, かかれ, かさすが, かさつ, かしない, かしれない, かせい, かそういう, かそれでは, かちゃんと, かっ, かという意味, かといふ, かとおもう, かとも思う, かとわたくし, かと初めて, かと尋ね, かと急, かと気がつく, かと瞻, かと驚く, かなにか, かね君, かは分らない, かびっくり, かまったく, かもしれず, かもしれませぬ, かよし, から考える, かわかりませんでした, かハッキリ, か三人, か些, か今夜, か何となく, か分らぬ, か前, か小, か巡査, か帰る, か忘れた, か忽ち, か想像, か昨夜, か本当に, か殆, か母, か病気, か知れぬ, か美しい, か船, か解らなかった, か話, か途中, か通じない, か馬鹿, か黒, か黙っ, がいくら, がいつか, がいよいよ, がさ, がじつは, がせいぜい, がただ, がとうとう, がどうしても, がなおさら, がなんとなく, がはや, がほん, がまず, がまるで, がよけい, がキッカケ, が一夜, が一緒, が丁, が三つ, が不満, が両, が九月, が二つ三つ, が五日, が仇, が仕合せ, が先月, が六時半, が其, が力, が勿怪の幸い, が十年, が君, が基, が失策, が寧ろ, が彼等, が恥, が恥ずかしく, が悪魔, が悲しい, が手落ち, が早, が昔, が本当に, が果して, が此年, が沢山, が漸次, が無, が無念, が特に, が現代, が癖, が相, が血, が見事, が起り, が足, が長い, が間違っ, が雪, ことを, しみが, じゃあありません, じゃあ無い, じゃがなもし, じゃろ, すか, すると, だあれ, だお, だこんな, だすると, だそういう, だったという, だつまり, だとしても, だよく, だらうそして, だらうよ, だろう私, だわい, だ何事, て, であったし, でありこれ, でありながら, でありません, であり私, であるこれ, である故に, であろうかという, であろう何, でございますからな, でございますけど, でございますのよ, でございませうか, でしたそれ, でしょうかしら, でしょうし, でしょう親分, ですえ, ですのよ, です所, です然し, でなくては, で御座いますね, とがまじり, とも一つ, と丁度, と云っ, と出鱈目, と前後, と夜, と正反対, と言, どすけど, ならあの, ならまだしも, ならもう少し, なら僕, なら自分, には実に, には愕, には自分, には訳, にひきかえ, に似た, に引きかえ, に気づきました, に由る, はあえて, はあきらか, はいけなかった, はいつのまに, はいづれ, はおまえさん, はおり, はお昼, はお蔦, はお金, はかへ, はけさ, はことごとく, はことに, はこのごろぼく, はさまで, はすこぶる, はそ, はそれからまた, はそれほど, はそれ以来, はたれ, はだ, はとう, はともかく, はなにか, はなんとも, はひ, はめずらしい, はもっ, はもの, はやつ, はゆうべ, はウソ, はツイ今しがた, はヒダ, はマチガイ, はマン, は一九一三年, は一彦, は一生, は一通, は七年前, は三田, は両, は丸善, は久我, は九時過ぎ, は予, は二三年前, は二十二, は二十四, は二年前, は五六年前, は五時頃, は亦, は伊那丸, は作家, は使者, は八年, は八時頃, は六, は六十歳, は六時頃, は其処, は内儀, は刀, は剃刀, は前者, は劇場, は十, は十九世紀, は十八歳, は十時半, は午後五時, は半年, は印度, は右手, は各, は吾輩, は味方, は唇, は四, は四年, は四日, は四角, は国, は外国, は夜半, は大きい, は大正三年, は太陽, は奇観, は奥まった, は奥様, は姫, は子分, は孔子, は寒い, は寺, は小児, は小林君, は小生, は已む, は平凡, は幸運, は幾つ, は広い, は当日, は彼方, は後日, は心外, は必, は怪む, は恥, は情けない, は惜しかっ, は愚か, は憶え, は手落ち, は承知, は掛り人, は提灯, は数学, は日ごろ, は旧, は明治三十二年, は明治二十五年, は明治二十年, は明治十三年, は明治四十二年, は明治時代, は時々, は時間, は晩春, は暗い, は木, は校長, は桜, は榛軒, は正, は正当, は武蔵, は死人, は殆ど, は気持, は池, は注意, は洋服, は浅ましい, は済まない, は火事, は無い, は熱, は狐, は珍しく, は現に, は生活, は甥, は省吾, は看護婦, は矢張, は神尾主膳, は秋山, は竹, は米国, は約, は紅葉, は純, は紫, は総髪, は耳, は良く, は薄暗い, は藤, は蛇, は蛙, は見覚え, は誰か, は諸, は貴公, は越後, は近く, は逃げる, は途中, は道, は金五郎, は釘勘, は銀座, は錯覚, は隣り, は頬髯, は顏, は駒井能登守, は髪, は魔, は麹町, は黄昏時, ばかりで, むねの, もあたりまえ, もお前さん, もかく, もけだし, もこう, もじつに, もたしか, もちょうど, もひとつ, もむろん, も一瞬, も事, も人, も人生, も兄, も兄さん, も天, も娘, も已む, も彼等, も忘れた, も是, も母, も満更, も直接, も知らぬ, も門, やと, やな, やらそれ, よりもずっと, らしかつ, をいつ, をいよいよ, をこんど, をしばらく, をそう, をどんなに, をながめ, をはつきり, をぼく, をよろこぶ, を上, を中将, を久慈, を例, を修繕, を却って, を古, を右門, を女王, を好い, を娘, を寧ろ, を小, を帝, を平気, を御存知, を怪, を怪しむ, を悲しく, を意外, を感ずる, を感謝, を懸け, を拾, を持った, を指, を改めて, を救, を枕, を法然, を注意, を父親, を特に, を皮切り, を直し, を知ってるだろう, を縁, を聞きました, を聴いた, を自覚, を若い, を見て取っ, を見付, を見定める, を視, を覚った, を調べ, を買った, を踏ん, を軽く, を連れ, を霧, んでしょう, んも, 上に, 兄さん, 字が, 方が, 美くし

3 [1616件 抜粋] お兄様, かあれ, かいくら, かいな, かおまえ, かこれから, かさもなければ, かしらと思われる, かすっかり, かそれほど, かつまり, かという問題, かとお尋ね, かとも思われます, かと今さら, かと尋ねました, かと怪しむ, かと改めて, かと源氏, かと聞きます, かどういう, かは問題, かみんな, かもしれねえ, かやはり, かわかった, かわかる, かギョッ, かワッ, か二度, か余り, か其辺, か分らん, か判らねえ, か問題, か外, か客, か彼方, か或いはまた, か昨日, か朝, か水, か犬, か理解, か白い, か眠っ, か竹, か老人, か胸, か自殺, か見えない, か解らなくなった, か赤ん坊, か長い, があはれ, がい, がいつの間に, がおかしかっ, がかの, がぐっと, がこの世, がす, がそろそろ, がついに, がどの, がはいっ, がはじめて, がま, がもの, がよい, がわたくし, が一匹, が一般, が三年, が不平, が中, が事實, が亭主, が今更, が仲間, が侮辱, が兄, が八時頃, が出来なかった, が十一日, が十時十分, が即, が口, が可笑しかっ, が向う, が四, が図, が天, が少なから, が左利き, が平安朝, が影響, が従来, が忘れ, が思い出された, が恨めしい, が手がかり, が早く, が是, が月, が本書, が機会, が死因, が気持, が灯, が現今, が畳, が百年目, が秀吉, が精いっぱい, が義雄, が肉, が落ち, が裏, が近年, が途中, が遺憾, が面目, が骨, さ急, しみも, じゃがそれ, じゃないです, その美, たの, だい血を, だがなあ, ださうであるが, ださて, だぞと, だったら, だなどという, だらうその, だらう私, だろうけど, だろうもう, だワ, だ勿論, だ己, だ殺したの, であっただろうか, であった彼, でありますそれで, であり更に, であるところが, である即ち, であろうとの, であろう二人, であろう誰, でござると, でしたろうか, でしょうわたし, ですかしら, ですここ, ですという, ですどうか, です此, でない限り, でなくまた, でよく, とあの, とこれ, とそんな, とどちら, とは全然, とは違, と云, と今一つ, と娘, と年, と父, と若い, と顔, ならお前, なら仕方, なら誰, にしろ, にはおどろきました, には一寸, には胆, には閉口, にもまた, にも原因, に始まった, に対して私, に心づいた, に来ない, に誘われ, はあつ, はあなた様, はいったいどう, はうそ, はおかしな, はおなじ, はお寺, はお父さん, はこうして, はさも, はすっかり, はそこで, はそれから又, はたくさん, はたま, はちっとも, はどちら, はなんだか, はほかならぬ, はむりもありません, はもう少し, はりっぱ, はコトエ, はド, はヒガメ, はホーキン氏, はモコウ, はルミ子, は一九三〇年, は一匹, は一式小一郎, は一瞬, は一葉, は一體誰, は万一, は三十二, は上海, は不注意, は与吉, は中世, は主婦, は九時ごろ, は亀, は二十一二, は二十四日, は二十歳前後, は二日目, は五十七八, は五時すぎ, は亡き, は亥刻半, は仏教, は伊賀, は何とか, は何日頃, は例外, は僕ひとり, は先程, は入口, は公園, は兵馬, は其日, は写真, は初代, は利三郎, は前夜, は割合, は勝頼, は十一時ごろ, は十三四, は十分, は十軒店, は千鶴子, は午前六時, は午後三時頃, は半ば, は友田喜造, は古本屋, は右近丸, は名人, は君勇, は啻に, は喜び, は四十がらみ, は団十郎, は国民, は執事, は多, は夥しい, は大将, は大江山捜査課長, は天下, は奇, は奥さん, は妙齢, は子持, は存外, は完, は実, は家内, は将軍家, は少, は岡八, は巡査, は帝, は常, は平生, は幹助, は底, は建物, は当人, は彼奴, は後年, は怖い, は怪塔王, は悪, は愚, は成帝, は所謂, は支倉, は文久二年, は斎田惟成氏, は新富座, は日本左衛門, は早足, は明治三十七年, は明治三十六年, は明治八年, は明治四十一年, は昨日今日, は昭和十一年, は昭和十年, は最, は木戸, は本人, は朱, は松代, は柴田, は極めて当然, は歓び, は正次郎, は此為, は死, は殺す, は民衆, は沖縄, は波, は清盛, は準, は焼, は片手, は王様, は甚太郎, は由来, は異例, は白地, は的, は監獄, は眞, は知事, は神戸, は私自身, は稀, は竹山, は紋也, は素人, は繼母, は群集, は背後, は自宅, は臼, は芭蕉, は蔵, は虫, は行燈, は裸, は角海老, は言わば, は話, は警官, は象, は貧乏, は車, は辰刻, は過ぎた, は遺憾千万, は金吾, は鉄, は銭形, は鑿, は門, は隅, は雁字がらめ, は離屋, は雲霧, は面白う, は音楽, は頬, は馬子, は駒形, は鳶頭, ほうへ, もあるらしい, もいま, もかうした, もきみ, もございます, もその間, もたった, もひっきょう, もほんとう, ももともと, もよほど, も一人, も一方, も世, も初めて, も半ば, も去年, も同君, も多かろ, も天罰, も巧, も必ずしも, も文明人, も早く, も最も, も有難い, も死んだ, も深い, も然, も癪, も私たち, も致方, も貴方, やら目, をいつか, をお前さん, をかれ, をこんな, をさげ, をしほ, をてっきり, をにわかに, をふっと, をやはり, をわざわざ, を一匹, を一枚, を二つ, を何と, を何気なく, を借り, を先ず, を冠, を初めて, を危うく, を叔母, を名残り, を周章て, を変, を大層, を家康, を広げ, を彼ら, を忘れる, を怨み, を恥じ, を悟っ, を手初め, を拾つて, を捕え, を新, を有難い, を東京, を欣ん, を気がつい, を清三, を熟, を現に, を真, を眼, を知らなかつた, を確かめ, を私達, を素早く, を老人, を著, を見かけます, を見つけました, を見ながめる, を見迎える, を訂正, を誇り, を貴女, を選ん, を隠し, を驚いた, ォ, 今日は, 好きな, 家の, 岸へ, 手の, 気の, 私が, 身に

2 [4269件 抜粋] あたしに, おとうさんは, かあまりに, かいっこう, かいろいろ, かおじさん, かきっと, かさえもう, かしらと心配, かそうそう, かただし, かといろいろ, かとし, かとても, かとよく, かと問うた, かと思ってたら, かと恨めしく, かと気づいた, かと肩, かと院, かどうもはっきり, かなと思う, かにやりと, かひろい, かみずから, かよほど, かわし, かウム, かハズミ, か一本, か中村警部, か今私, か何しろ, か信用, か分からない, か勿論, か合点, か夜中真黒, か孫, か小走り, か幾日, か御, か悪, か折られた, か新しい, か最初, か次第に, か氣, か牛, か痩せた, か真青, か秀吉, か素子, か脱いだ, か血, か訣ら, か道, か長三郎, か鞄, があちこち, がいっぱい, がおそろしい, がくやしく, がさて, がだれ, がのちのち, がばれた, がよう, がオレ, がハッキリ, がポリドール, が一因, が一週間, が三時すぎ, が不思議さ, が九時半, が二十七日, が二枚, が仰向け, が係り合いだ, が六月, が判りました, が十八日, が千世子, が単行本, が古く, が四人, が土蔵, が大好き, が女中, が宇津木兵馬, が少く, が幾つ, が後で, が思った, が悲しく, が我ら, が日曜日, が明治十八年, が暫く, が来た, が正しい, が氏, が滝, が特別, が申, が目立つ, が知れ, が祟った, が終に, が翌朝, が腹立, が草, が薫, が覗い, が誰々, が返, が釣, が際限, が高い, さあと, さちょっと, じゃあねえかえ, じゃけれども, すると急, だあゝ, だけさ, だその他さまざま, だったらその, だつたかしら, だとにかく, だもし, だろうああ, だろうだが, だろう僕, だユク, だ同じ, だ早速, だ貴様, であったら彼, でありませんか, であり芸術, であるすなわち, である又, である此, であろうな, であろう嘘, でございましょうな, でございますねえ, でござんしょう, でしたその, でしょうそれで, でしょう乎, ですかねえ, ですつまり, です何ん, です御, です自殺, でなかつたならば, でも知れる, というの, とかを停車場毎, とただ, との間, とは汝, と下女, と優美, と反, と天候, と時, と疲労, と経済上, と違った, どすやろ, ならいつ, ならもう, なら大, なら逆, にはいろんな, にはなにか, には僕, には気, には驚い, にも係, にも違, に呆れ, に就い, に答えた, はあいにく, はあのお, はいかが, はうかつ, はおばあさん, はお勝手, はお隣, はが, はさうし, はすばらしい, はそれ以上, はつなぎ, はときどき, はなあんた, はひよつ, はまだ本当に, はもっぱら, はわかっ, はオトメ, はクッション, はジプシイ, はゼラール中尉, はディケンズ, はピストル, はマルサス, はルグナンシェ, は一ノ関, は一八九三年, は一梃, は一蓮寺, は一高, は七十, は三ちゃん, は三十四五, は三宅平七, は三月下旬, は上部, は不当, は丘, は中村, は久慈, は亀沢町, は二十一歳, は二十六, は二百円, は五日, は亥刻過ぎ, は仁科たか子, は代官松, は住所, は何でも, は來, は俳優, は側, は元気, は光秀, は八百屋, は六疊, は冷酷, は刑事, は利口, は助手, は匂う, は十二時半ごろ, は十時近く, は午前七時, は午過ぎ, は南瓜畑, は友吉, は古代, は吉次, は否定, は和田呂宋兵衛, は善光寺, は嘉永中, は四方, は因果, は土生仙, は塀, は夏祭り, は外交, は大家, は大野順平, は天運, は奇縁, は女王, は子ども, は安永, は実物, は富山, は小一郎, は小田中左門次, は居候, は山津主, は島野紳士, は巴屋, は師父ブラウン, は平素, は床の間, は弁慶, は形容, は得意, は心持, は怒り, は怪奇, は惜しみ, は愛情, は我が国, は手術, は拾い物, は教授, は文字, は旅拵え, は日雇, は明かである, は明治三十四年, は明治十一年, は昨晩, は昭和四年, は曾, は朝田, は本尊, は本物, は杖, は柄, は桔梗, は横綱, は正行, は此時代, は死後, は民自党, は汝南, は泉鏡花, は浅草六区, は深謀遠慮, は湯の谷, は瀬戸, は無残, は熊谷, は物置, は猿, は理性, は生徒, は由也, は男子, は疑ひ, は白雲, は盛装, は真に突如, は碑, は祖母さん, は秀子, は立ち上った, は築地, は純粋芸術, は細君, は絵師, は緑青, は美津子さん, は羽織, は肝腎, は臆病者, は與, は花嫁, は英子, は莫迦, は蓬莱和子, は薬局, は虚無僧, は街路, は裏木戸, は見すぼらしい, は言わず, は誰々, は讃岐, は足利時代, は辰刻半, は逞しい, は道誉, は酷い, は金属, は鉄砲, は鍛冶屋, は長老, は関西, は隅田, は雑魚, は霊沢金水, は静江夫人, は頼朝, は飯屋, は駕籠屋, は高氏, は鯱丸, は鶴見, へぽつり, まで見, もいくら, もおいら, もことごとく, もそうして, もなる, もほか, もやがて, もをかし, も一半, も上山さん, も今朝がた, も八月, も分る, も同時, も外, も奇, も嬉しかっ, も少なく, も張飛, も恰度一尺, も持っ, も昨日, も東太, も殆ど, も滑稽, も甚だ, も知つて, も立憲政治, も若し, も記憶, も近頃, も鰹節, やよ, やら分らぬ, や形, よりもっと, をあたし, をうれしい, をお母様, をこう, をさも, をそち, をただ, をどういう, をひょっくり, をまだ少し, をやめる, をわづか, をナイフ, を一見, を不平, を丹波, を今に, を余り, を先, を切, を半蔵, を受取つて, を吉日, を喰, を夕方, を女房ら, を定, を小さな, を幾つ, を引摺, を徳, を急い, を悦ぶ, を感, を投げ, を拾い取っ, を携え, を早速, を村端, を次第に, を気づい, を混ぜ, を焼い, を甘露, を白雲, を知つたの, を社, を窓越し, を結び直し, を考へ出し, を胡魔, を若君, を蠅, を見とどけた, を見計っ, を記念, を警察, を資本, を近, を遠目, を長い, を面白い, を食う, を鼈四郎, ヨ, 今の, 全体, 君は, 姉は, 張ったの, 新太郎さん, 木立の, 母御を, 父は, 空地に, 胸は, 負けたの, 間を

1 [30242件 抜粋] あ, いずれか, お天気, かいこんな, かおじょうさん, かくわしい, かしらとたずね, かしるまい, かただただ, かという声, かときかれ, かともと, かと云ったら, かと四, かと心得ます, かと放っ, かと登美子, かと言え, かなあつまらない, かについて考え, かはつい, かふらふら, かもそれ, からだの, かわっ, かガスマスク, かネ君, か一代, か上衣, か二羽, か何姫, か其次, か動こう, か呆れ返つた, か大, か安さん, か岡, か強いて, か悔ん, か掏摸, か明らか, か柿, か死に絶えた, か流行, か熱, か畜生, か矢島, か笛, か聞えなかつた, か茫, か裸馬, か警官, か近所, か長方形, か顔面神経痛, があたりまえ, がいつぞや, がお話, がこぼれで, がすまない, がちがい, がぬかろう, がほつそり, がゆか, がオゾ, がセザンヌ, がフルトヴェングラー指揮, が一九〇九年, が一番気持, が三つ四つ, が三途の川, が中年, が乾びた, が二等, が人間學, が伊藤静雨, が倉地事務長, が八丁堀, が其許, が別人, が十一時二十四分, が十時頃, が原料, が同じく, が四五人, が坪内逍遥氏, が大坪砂男, が夫, が学生, が寒, が尾張名古屋城, が師範代峰丹波, が弔扎, が微か, が恥しい, が我藩, が捲線, が文藝春秋記者, が明治二十年四月, が書いてない, が村上義清, が横断太平洋汽船航路問題, が殊, が永禄十一年四月, が浸し, が火牛, が猛, が病つき, が盆礼, が石芋民譚, が積り積つて大分, が紀元前一世紀, が美談, が臨終, が菊子, が街道, が解っ, が賛成人, が近い, が遥か後, が錦, が隨分, が飯, が鼎斎, こんなこと, さえ頃日, さ三田さん, しっかりおし, じゃがご存知, じゃと思わるる, じゃ殊に, そのため, だいスーリン, だけは紙くずかご, だそんなに, だった兼子, だところで, だらうある, だらう半ば, だろうきたない, だろうプログラム, だろう封印, だろう私自身, だエライこと, だ先鋒, だ小説, だ文明, だ珠運, だ身, つつましく芽ぶい, であったら随分たんまり, でありますよ, であり塚田, であるありがたい, であるもう, である周, である此等, であれその, であろうのに, であろう俺, であろう往来, であろう翌年, でございましょうけれども, でございませぬ, でしょうおまけ, でしょうむっくり, でしょう拝むよう, です□□□□□□□□□□□□□、, ですどんなに, です値, です有難い, です起きて, でない自然石, でなく恋, でも勇兄さん, とうてい考え及ばぬ, とだけは食, とで吉五郎, との二枚, とは殆ど, とを除い, と二重, と切山椒, と喜び, と小豆色, と指, と殆ど一緒, と着替え, と葱, と酒樽, どこへ, などもさうである, ならそもそも, ならミカエル, なら外, なら最もはっきり, なら逃げるよう, におくれ, にはいわれ, には一層, には大きに, には肝, にも勝った, に代っ, に対してシンカラ, に対して極めて, に対するベートーヴェン, に着かえた, の残り, はいかん, はいわれる, はお前さま, はからきし, はこれら士分, はしん粉細工, はそらだ, はちかごろ, はどじょう, ははなはだしい, はぼくたち, はみんなうそ, はもうよほど, はゆうべ問題, はアイピング村, はインド, はカレイ, はグズ弁, はシェリング, はスズメ, はダビット, はトツク, はハノーヴァ家, はフェノロサ, はペルシア人, はマルモ探検隊長, はヤハリ天命, はロブィトコ, は一九三〇年代, は一八八〇年, は一必然, は一真寺, は丁度日, は三・信境, は三文字屋, は上品, は不精, は中年過ぎ, は主簿司馬朗, は乳母車, は二十一日目, は二月四日, は五年五月, は享保, は今し方, は仮, は伝馬町, は何方, は俊亮, は倭, は元老, は入っ, は八月末, は共に, は内閣, は刃渡り八寸, は前年二月十七日, は勇吉, は北条氏, は十二人, は十時前, は千蛾, は半ば研究的, は却つて土地, は口惜し, は各種, は名津子さん, は和歌風, は嗣二, は四男, は土塀, は城方, は売り手, は夜十時過ぎ, は大坂以来, は大正以後, は大隊副官, は天狗様, は奧まつ, は姨さん, は孫権自身, は宗兵衛, は宮沢賢治, は富田常治郎六段, は尊, は小浜信造, は尾張, は山駕籠, は工夫, は市松, は平民階級, は広瀬, は弁信法師, は当日幸い, は往生, は徳大寺卿, は念入, は恐る, は慎吾, は戦国末期, は払残, は挨拶, は政略, は文化九年六歳, は新井白石先生, は日本文化史, は明朗, は明治四十二年九月十三日, は昨夜汽車, は晝過ぎであつた, は最初平次, は木戸番, は朱子, は東沢, は果報, は格恰, は榕菴氏, は欧米, は此因縁, は武藝, は毫末, は求めた, は油, は津島修治, は消極的, は湯本路, は濡れ燕, は焼けました, は版, は猛獣大蛇, は現代人, は田之助, は畑, は発布数日後, は百年, は直接生産, は真黒, は短刀, は磯崎恭介, は福山側, は稲垣足穂君, は竹永丹平, は籾山庭後氏, は素木, は綱渡り, は美妙斎, は老臣大久保彦左ヱ門忠教, は能憲, は致方, は芝源助町, は苦悶, は莊子, は葭, は藤原伊衡一人, は蜂谷, は褐色, は見付けもの, は詐ら, は譜代, は責任観念, は趙太爺, は辯護士花井卓藏氏, は送つ, は過去二十年間, は都會生活, は金包, は鉢, は長唄末広がり, は関山, は隱密, は青墓, は額口, は餘程前, は高山樗牛, は鯨肉, は黄昏近く, ばかりを覺, ほど悲しい, みんなジーナの, もうけだされた, もこの同じ, もたくさん, もふたつながら, もむりがないと, もタクサン, も一種, も二年, も何人, も其村君, も千代, も和蘭商館, も大戦後, も実際古く, も岡潔氏, も後世, も愚, も文章, も来た, も武夫, も清らかさ, も甚内, も相当, も稻子さん, も老婢, も藤夜叉, も調理, も遠く, も青山家代々, やさかい, やらまさしく, やれ誰さん, や巻煙草, や線路, よりまだ, らしく壁, をいや, をかしく, をことごとく, をすげなくされた, をつける, をのばし, をまあ, をも承諾, をアラビア語化, をハンス, を一切, を三度, を乳, を今日辞書, を佐吉, を光栄, を出世, を十里, を取押えん, を告発, を地べた, を大抵, を婆, を対馬守, を左膳, を引かした, を後世良馬, を思い切っ, を悦ばしく, を憤つ, を抜き出し, を挾み, を敏く, を旦那, を木綿, を横目, を気づき, を清葉, を物静か, を白軍, を知つた時, を稍暫, を絶筆, を聞いたです, を舟, を藤兵衛, を見ませな, を見附け, を読み終った, を起き, を遂に, を長明親王, を頼んだ, を鳩, イヤに, ーッ, 乳母の, 伯爵夫人を, 其那話, 又乾した, 土中に, 女や, 小さな家, 当り前だ, 恋人, 掛引きに, 本当, 正月風が, 温いところ, 田には, 知つてる, 繋いで, 茨の, 覗いて, 迄が見える, 面くらわねえの

▼ た~ (153991, 8.8%)

1841 それは 1108 私は 990 それが 936 これは 782 それも 763 彼は 637 それを 627 その時 612 急に 532 そのうち 502 今は 459 私の 384 彼の 363 これも 345 今度は 334 その中 292 すぐに 265 自分の 258 そのとき 248 彼女は 243 誰も 238 私が 226 やがて 216 どうした 206 さすがに 203 この時 202 それに 200 ために 199 これが 194 今日は 189 何か 183 それから 182 僕は 176 あれは 160 今では 158 そこには 155 何の 152 それよりも, 何も 149 此の 142 彼女の 140 よい 138 その日 133 それには, 何を 130 しかしそれ, やがてその, 女は 129 しかしその, 彼が 127 それと 126 或る 123 次の 121 この頃 118 併し, 心の 117 いずれも 116 そこに 113 後には 112 今の 110 そんなこと, 二人の 109 これを, その声, その頃 108 そこは, どこにも, 自分は 105 いい 102 例の 100 その人, 暫くする 99 ここに 98 そこへ, 為に 96 女の 95 あとで, 私には 92 それにも 91 少しも 89 この人, 後に 88 その眼, よかろう, 他の 86 こんどは, わたしは, 父は 85 不意に 84 その顔 82 さう 81 何分にも 80 そのため 79 ここで, 二人は 78 ともかくも, 相手は 77 何と 76 しばらくする, もうその, やがてそれ 75 暫くし 74 このとき, つてゐる 73 なんの, ひに 72 何う, 最後に 71 これで, 男は, 私も 67 いまは, そこの, そのなか, どれも, 直ぐに, 途中で 66 人の, 何でも, 幸いに 65 その代り, 兎に 64 その男, その間に, 不思議な, 彼等は, 見ると 63 中には, 家の, 母の, 相手の 62 先生は, 父の, 相手が 61 ある日, そうで, それでもまだ, やがてまた, 近頃は, 非常に 60 すると, ふいに 58 その言葉, 僕の, 考えて 57 しばらくし, しまいには, 今度の 56 その晩, だれも, 気が 55 返事が 54 かれは, そのあと, そのころ, それらの, 今日の, 母は 53 主人の, 二人とも, 何うし, 妙に, 実際は 52 あとは, そこから, わたくしは, 今から 51 今夜は, 夜に, 娘の, 自分が 50 すぐまた, その手, なぜか, 顔を 49 その夜, その後は, それより, 気の, 流石に 48 彼女が, 日が 47 きょうは, しかし私, やがて又, 黙って 46 いつもの, しかしこの, 仕方が, 帰って, 男の 45 その結果, どこへ, なにを, 今も, 今年は, 見れば, 頭の 44 いつまでも, この男, そのほか, その瞬間, 今に, 今日では, 娘は, 子供の 43 こ, そのこと, よく見る, 彼には 42 お島, その上, それらしい, ふと気, 中, 何にも, 右の 41 いつまで, ここでは, その前, ほかの, 俄に, 僕が, 心は, 日本の, 結局は 40 一人の, 別に, 当時の, 彼も, 昔の 39 この日, その家, そんなもの, どうする, やがて何, 主人は, 兎も 38 ある時, これには, そこにも, その話, た, なか, 他に, 平次は, 眼を, 私を

37 [13件] ここの, これでは, さてその, しかし彼, そのま, それさえ, またすぐ, 不思議に, 先生の, 出て, 多くは, 夜の, 夫人は

36 おれは, その方, わたしの, 之は, 事実は, 信長は, 平次の, 念の, 最後の

35 この方, それからは, だん, やがての, 容易に, 気を

34 あの時, どういうもの, どこか, やつと, 今と, 前の, 女が, 思い切って, 確かに, 自分も

33 すぐその, その他の, その年, ちょうどその, どうしても, 今まで, 俄かに, 前に, 葉子は, 途端に

32 ここは, ここへ, その実, 夜が, 左の, 彼らは, 後から, 相変らず

31 [12件] あの人, かの女, しかしこれ, たうとう, よいと, 何かの, 博士は, 大抵は, 成程, 手に, 肝腎の, 静かに

30 [14件] このこと, すぐ, そのお, その内, その後で, その時分, そんな事, やがて私, 何思った, 当時は, 手を, 次郎は, 私に, 突然

29 [12件] そのあいだ, その後の, それだけ, それで, なんでも, 不幸に, 人が, 今でも, 妙な, 眼の, 続いて, 老人は

28 [20件] あとの, これに, これらの, そうかと, その女, その途中, ふとその, ややあっ, 下の, 中は, 何が, 何に, 夜は, 村の, 武蔵は, 父が, 眼は, 自分で, 追, 顔は

27 [16件] この辺, そうし, そこまで, それらは, そんな時, なにぶんにも, なにも, 中に, 人間の, 何んの, 半七, 家に, 彼らの, 後の, 最初の, 母が

26 [22件] あれが, いて, かれの, この, こんなこと, さうし, そこを, その音, やがて彼, 一人は, 三人の, 二人が, 今夜の, 今朝は, 声が, 惜しいこと, 是は, 根が, 眼が, 胸の, 言葉が, 部屋の

25 [25件] ここでも, その当時, その折, その辺, その途端, それから先, ほんとうに, ぼくは, 一度も, 中にも, 元より, 兄の, 年を, 幸に, 彼を, 彼等の, 意外にも, 朝に, 来て, 東京の, 気がついて, 渠は, 目が, 秀吉は, 而も

24 [19件] あなたの, あなたは, あまりの, ここにも, この場合, その姿, その様子, それでも彼, どこも, ゆき子は, 余は, 声は, 声を, 朝の, 現在の, 結果は, 見て, 雨の, 雨は

23 [21件] それでもその, ただ一つ, つた, どうかする, どちらも, ひて, ほかに, もうそれ, やがてお, 一方の, 不思議にも, 先に, 其れ, 妻の, 店の, 次には, 窓の, 考へて, 話が, 風が, 風は

22 [23件] いずれに, かれら, ここには, このごろは, これからは, その, それとは, ハッと, 一つの, 以前は, 何事も, 去年の, 口に, 君は, 家へ, 庸三は, 斯う, 秀吉の, 竜之, 第一, 義雄は, 船の, 馬は

21 [32件] あとから, あとに, お前の, この女, これまで, さて何, そこが, そこで, だしぬけに, とう, もとは, やがて眼, やがて自分, 不図, 人に, 何処にも, 僕には, 叔父は, 夕方に, 子供は, 実を, 實は, 山の, 持って, 法水は, 眼に, 私たちは, 私と, 自分でも, 近所の, 雪の, 駄目だった

20 [32件] このよう, この二人, さいご, しかもその, しまひ, そこでも, そのたび, その一つ, その下, その光, その目, それから後, それの, だめだった, もう遅かっ, やがて思い切った, やがて決心, やっとの, やはりその, わたしが, 中から, 中の, 人を, 代助, 彼に, 武蔵の, 水は, 江戸の, 翌る, 話の, 途中から, 首を

19 [40件] いいと, いつでも, お前は, お君, こいつは, こうなる, その先, それでもやはり, つてゐた, どこの, ふと, また, よく考え, わしは, 丁度その, 今度のは, 何よりも, 何れも, 何時まで, 僕も, 兄は, 其の頃, 夏の, 外に, 多くの, 姉の, 実際に, 時間が, 普通の, 月の, 犬は, 私達は, 聞いて, 腹の, 腹の中では, 自分を, 誰が, 誰の, 頭が, 頭を

18 [47件] あるとき, ここまで, この上, さすがの, しかしそんな, しかし彼女, そうする, その一人, その場, それつ, ただその, ちらと, ついには, つづいて, どこかに, ほんとうは, まだその, やがて気, 一方では, 一時は, 主人が, 事件の, 伸子は, 初めは, 口を, 君の, 夫れ, 夫人の, 孔明は, 家は, 家康は, 幸ひ, 急いで, 我々は, 手が, 氏は, 玄徳は, 目の, 私たちの, 空は, 立派な, 肝心の, 誰れ, 足が, 身を, 近頃では, 返事は

17 [50件] あわてて, いいぞ, いろいろの, お定, お通, ここも, この事, この家, そうでない, そのままに, その朝, その次, それとても, ふと何, ふと眼, もう一つ, もう遅い, ものの, やがて静か, やがて顔, 世間の, 今その, 傍に, 其時は, 其處には, 夫の, 夫は, 富岡は, 少年は, 左に, 弟の, 或日, 敵の, 早くも, 昨夜の, 是れ, 本当の, 東京へ, 次郎の, 死んで, 残念な, 残念ながら, 気に, 父親の, 直ぐまた, 翌朝に, 自分に, 色の, 足は, 返事を

16 [50件] あの男, あれから, いつに, いづれも, お雪, こちらは, こっちは, この子, すぐには, するうち, その後に, その拍子, それでもこの, それでも私, ためであった, だんだんに, ちよつと, どういうわけ, どうもその, どこに, なんといっ, ふいと, ふと見る, やがて急, よいぞ, わしの, わたくしが, 三人とも, 中途で, 之を, 何んと, 僕を, 先生が, 可い, 外から, 女中の, 実際の, 年は, 明日は, 最初は, 殆ん, 母親は, 無駄だった, 町の, 目を, 翌日に, 自分には, 誰か, 金の, 銀子は

15 [60件] お前が, お杉, この際, これから先, して, そういうこと, そうなる, その度, その間も, その際, ためである, もう何, やがて口, やがて思い出した, やがて手, 一人で, 一人も, 一言も, 上の, 事の, 人は, 今また, 今度も, 今日も, 今見る, 以前の, 体が, 何んだ, 俺は, 先刻の, 右門は, 周囲の, 外の, 女に, 客は, 宿の, 平次と, 庭の, 心では, 思うよう, 思えば, 昔は, 昨年の, 橋の, 此は, 涙は, 父親は, 私たちが, 私達が, 能く, 誰にも, 足を, 近ごろは, 酒の, 酒を, 間もなくその, 雪が, 頓て, 頭は, 顔が

14 [70件] ああいう, あのとき, あれも, あれを, いまでは, うつかり, おれの, お今, お絹, きゅうに, こうなっ, これらは, さあらぬ, さっきの, しかし, しかし今, そのよう, その甲斐, その翌日, その足, それすら, それでも時々, それと共に, それなら, ためであろう, だんだんと, つてまた, とうとうその, どういふ, どう考え, どこを, もうこの, やがて一人, よいか, 一種の, 之も, 二階の, 何うも, 入口の, 其は, 其処には, 前にも, 午後に, 午後は, 外は, 夜中に, 大阪の, 夫が, 女房の, 実の, 実はその, 宮は, 少くとも, 幸いにも, 後は, 心が, 思い直して, 意外に, 敵は, 日の, 是も, 本人は, 水の, 目に, 葉子が, 話は, 豹一は, 近年は, 返事も, 金を

13 [81件] いざと, お庄, お米, お粂, この話, これまた, こんどの, さうで, さてそれ, しかしお, しかしもう, しかし右門, しかし自分, しかもそれ, そうは, そこでは, そこも, その外, その娘, その後も, その時私, その理由, それだけの, それでも何, それまで, そんな風, ちやうど, ちょうどそこ, ついにその, つて, ひそかに, みんなの, もう一人, やがて大きな, 一つは, 一方に, 一緒に, 下女の, 之に, 事に, 人々は, 今回は, 今年の, 今更どうする, 其の時, 口の, 同時にまた, 咄嗟に, 奥の, 妹は, 妻は, 客が, 寒さ, 強ひ, 思いきって, 扉は, 折角の, 昼の, 時すでに, 曹操は, 最初に, 朝から, 案に, 正造は, 母親の, 海の, 無理に, 父親が, 田舎の, 相手に, 石の, 約束の, 細君は, 胸が, 話を, 遂にその, 遂には, 酒は, 隣の, 顔の, 風の

12 [99件] あたりの, あの頃, ある夜, いいよ, いくらか, おかげで, お菊, お銀, かうして, きょうの, こっちの, このたび, この夜, これという, これとても, しかしそう, しかしそこ, しかし僕, すつかり, すべての, そうでも, そう云う, その一方, その傍, その子, その態度, その笑い, その調子, それこそ, それじゃ, それでも, それについて, そればかり, ただそれ, つひに, どうしてもその, どうも気, どこで, なにかの, ひの, ふと自分, また一方, また急, やはりそれ, やはり同じ, ように, よからう, 三田は, 二つの, 人間は, 今朝に, 何処に, 其処に, 吾, 妹の, 姉は, 宜い, 幸子は, 弦之, 当人は, 彼れ, 徒らに, 思い出したよう, 思うに, 思ひ直した樣子, 惜しい事, 意外な, 扉の, 斯んな, 昨日の, 時が, 暗くて, 暫らくする, 最後, 案の, 正直な, 正直の, 此方は, 此頃は, 歩いて, 氣が, 江戸へ, 池の, 無事に, 然う, 父も, 矢代は, 私だけは, 終には, 耳を, 自分では, 行って, 金が, 門を, 雨が, 電車の, 霧が, 非常な, 顔には

11 [113件] あいつは, あなたが, あの娘, あれほど, いいだろう, いいでしょう, いきなり, いまの, いよ, いろいろな, お吉, お蔭で, こちらの, このまま, この二つ, この年, これこそ, これと, さすがは, しかしさすが, しかし結局, そいつが, そのかわり, その意味, その手紙, その白い, その窓, その部屋, それだけは, それでもお, それでもなお, それとともに, それ以上に, それ以上の, それ以上は, そんなら, ちょうどこの, でもその, とにかくその, どうにも, どうもそれ, どう云う, どこが, ふしぎな, ふたりは, ふと気がつい, ふと顔, ぼくの, まだ何, みんなは, もうこれ, もと, やはり駄目, ヒョイと, 一と, 下に, 不幸にも, 不思議と, 亭主の, 仕事が, 何とも, 何人も, 何処へ, 何時か, 八五郎の, 内には, 内心は, 分らなかった, 別にこれ, 博士の, 名は, 向うの, 声の, 変に, 外へ, 夢の, 大部分, 夫婦の, 奇妙な, 女房は, 婆さんは, 室の, 庸三も, 彼女も, 思ひ直して, 我々の, 日は, 時々は, 時と, 時の, 最近は, 涙が, 父に, 王は, 男が, 私としては, 秋の, 第二版以下, 結局, 自分ながら, 落着い, 裏の, 親の, 言葉を, 読んで, 起きて, 身に, 身の, 途中の, 道は, 長い間, 門の, 驚いたこと

10 [160件] あくる朝, あたりが, あたりは, あの女, あれに, いずれは, いつかその, いつの, お八重, お葉, お角, かれが, ぐずぐずし, けっきょく, ことしの, この娘, この手紙, この時代, この言葉, さて自分, しかしあの, しかし何, しかし非常, じぶん, そのか, その内容, その口, その時代, その最後, その父, その第, その翌年, その通り, その間にも, それにしてもこの, それによって, それに対して, それまでは, それよりは, だまって, ついでに, つぎの, つまりは, どうしてもそれ, どうです, どうも思う, どうも私, どうやらそれ, どこから, どこからも, どの部屋, ない, のちには, はじめは, ふつと, ふと思いつい, ほんとうの, みんなが, もうお, もうおそい, もう間に合わなかった, やがてこれ, やがては, やがて低い, やがて帰っ, やはり何, やはり私, ようだった, わずかに, わたくしの, わたしも, 両手を, 中へ, 中途から, 久慈は, 之が, 事件は, 二度目に, 京都の, 人々の, 今日に, 今日まで, 今晩は, 他ならぬ, 仲, 何処か, 偶, 傍の, 元来が, 兄が, 先方では, 先方は, 其中に, 別に何, 別の, 口は, 右門の, 同じよう, 君も, 四人の, 固より, 場所が, 夕方から, 娘が, 子供を, 学校の, 官兵衛は, 客の, 彼女には, 心に, 意味は, 戦争が, 手には, 折よく, 支那の, 放二, 敵が, 旅の, 曲者の, 最近に, 果して, 此処に, 此度は, 段々と, 母親が, 気の毒な, 水が, 源氏が, 源氏の, 然しそれ, 物の, 犬の, 猫の, 生きて, 當時の, 病気の, 皆な, 目は, 相變ら, 秀子は, 私達の, 空には, 突然に, 翁は, 老人の, 老婆は, 耳の, 腰を, 自分にも, 葉子の, 表の, 表面は, 言葉は, 足の, 近所に, 遂, 銀子も, 静かな, 餘り, 馬の

9 [176件] あとでは, あの晩, おかみさん, お目, お綱, お蝶, かりそめ, こちらへ, この歌, こんなふう, こんな時, さうなる, さてどこ, しかしどこ, じきに, すぐそれ, すぐと, すぐ戻っ, すぐ眼, ぜひなく, そいつは, そういう時, そうじゃ, そうも, そこからは, そこらに, そのとたん, その二人, その刹那, その力, その大, その帰り, その底, その彼, その次に, その為, その美しい, その表情, その返事, その金, その顔色, そばに, それからという, それだけで, それでも自分, それとて, それほどの, それ以外には, たった一つ, つかつかと, つてその, でもそれ, どうだ, どうもうまく, どうもこの, どうもこれ, なんという, なんとし, のちに, ふしぎに, ふと思いついた, ふと思い出した, ふと気がついた, ふと私, ほかには, またこの, またその, またそれ, まだお, もうまにあいません, もつと, やうやく, やがてこの, やがて女, やがて思い切っ, やがて目, やがて足, より以上, よろしかろう, フイと, 一つには, 一つも, 一方には, 一行の, 三人は, 下手人は, 事情を, 今夜も, 今宵は, 今朝の, 以上の, 何かに, 何んにも, 俺の, 元は, 入って, 其のうち, 分らない, 初めの, 力が, 叔父の, 只今では, 同じこと, 困ったこと, 多少の, 夜も, 大変な, 子の, 子供が, 孔明の, 家を, 寝て, 少しの, 少年の, 左右の, 師匠は, 年の, 弟は, 後者は, 思い返して, 我々が, 我慢し, 折から, 日本では, 日本に, 昨夜は, 是が, 時代の, 時既に, 晩年は, 暑さ, 曲者は, 最後もう, 月は, 朝早く, 木の, 本人の, 松の, 機を, 此頃では, 氏の, 氣の, 水を, 汽車が, 汽車の, 源氏は, 火は, 無駄であった, 然し彼, 然し私, 爲めに, 物を, 現代の, 生憎と, 疲れて, 直吉は, 矢張り, 私にとっては, 笹村は, 細君の, 翌日は, 肩を, 自分たちの, 自分と, 良人の, 若者は, 葉之, 血の, 覚えて, 身体が, 遅かった, 道の, 間が, 順平は, 額に, 食事の

8 [225件] あいにくと, あの方, いいです, いいね, いけません, いや, おしまいに, おせい, おばあさんは, おめ, おれが, お父さんが, お父様, きょうも, くるりと, こういうこと, ここから, このころ, この前, この老人, この部屋, これだけの, これにも, これほど, これほどの, これ等の, こんども, さっきから, さてこれから, しかしまだ, しかし心, すぐ又, そういうもの, そうやっ, そのくせ, そのせい, そのまた, その事, その以上, その以前, その多く, その席, その本, その点, その頬, それらが, ただの, たちまちその, ちょいと, ぢき, つて居る, とうと, とにかくに, どうもそうで, どうも仕方, どこでも, なかなかの, はっきりと, ふとこの, ふとそれ, ふとまた, ふと彼, またし, またも, また何, また腰, また自分, まだ, まだそれ, もしその, もとよりそれ, やがてしずか, やがてふい, やがて大きく, やがて膝, やがて部屋, やがて頭, やがて首, やはり昔, ゆうべの, わしが, ジャン, 一年ばかり, 一座の, 一般の, 三人が, 三郎は, 上に, 上野の, 主婦は, 二三の, 二人には, 二月の, 人々が, 今この, 今度こそ, 伊織は, 伯父は, 体の, 何んで, 何んとも, 何時でも, 余の, 俊夫君は, 元の, 先の, 其が, 其処の, 内心では, 初めから, 努めて, 医者は, 半分は, 口が, 古くは, 台所の, 同時に, 君が, 咄嗟の, 咽喉が, 唇の, 唇を, 唐突に, 困つたこと, 土地の, 城の, 場合が, 場所は, 声も, 女と, 女房が, 如何し, 姿を, 学校を, 実はこの, 実は私, 宮の, 家には, 家康の, 対手が, 小一郎は, 小僧は, 小六, 少女は, 山に, 巡査は, 巧い, 己の, 幕府の, 底に, 強いて, 彼女に, 彼自身は, 後にな, 御主人, 急を, 怪物は, 息子の, 悲しいこと, 戦争の, 手の, 手は, 手も, 手紙を, 折あしく, 折も, 敢て, 斯うし, 新十郎, 新子は, 早いか, 早や, 明らかに, 春の, 書いて, 最後まで, 東京に, 次郎が, 死骸の, 母も, 法然は, 海は, 無智, 現在では, 町内の, 病人の, 病人は, 病気は, 相手を, 着物の, 確かな, 私にと, 程経, 空を, 突然その, 立って, 笑って, 綺麗な, 聞けば, 背が, 胸は, 腹が, 船が, 若い時, 若い者, 蛇の, 行けども, 言葉の, 身体は, 車が, 近づいて, 近頃の, 途中に, 遂に彼, 運の, 部屋が, 酔って, 金は, 鍵が, 間もなくそれ, 障子の, 青年は, 顔色は, 驚いて, 髪を

7 [310件] あたりに, あとが, あの辺, いいか, いいの, いくらも, いやもう, いろ, いろいろと, うまくない, え, お光, お前さんは, お神, お艶, お袖, お豊, お雪ちゃんは, かくの, こいつが, こういう, ここが, こちらが, こちらに, ことによる, このお, この事件, この夏, この室, この小説, この島, この度, この様子, この青年, こは, こよい, これだけ, これでも, これとて, こんなもの, さつきから, さていよいよ, さてこの, さてどう, しかしふと, しかし二人, しかし彼ら, しかたが, しずかに, しばらくは, すぐその後, すぐ気, すぐ真顔, すべてが, そうまで, そのあたり, その一刹那, その代わり, その噂, その度毎, その後また, その微笑, その心, その数, その次ぎ, その死, その気持, その穴, その翌, その聲, その途, その都度, その間は, その鳥, それかと, それから急, それぢや, それでもすぐ, それでも女, それでも彼女, それという, それにしてもあの, それについては, それへ, それらを, それ等の, たいていは, たれも, だめであった, つたり, とっさに, とにかく私, どうかし, どうでしょう, どう云, どこまでも, どんなこと, なおその, なるほど, なんに, なんにも, はじめの, ひとりの, びっくりした, ふたりの, へて, またふと, また同時に, まだ誰, まったくその, もうそこ, もうそんな, もうどこ, もう今, もう仕方, もう彼, もう手, もう駄目, もとの, やがて出, やがて声, やがて引っ返し, やがて溜息, やがて調子, やっとそれ, やっぱりだめ, やはりこの, やめて, われわれは, オレの, クリストフは, グッと, セエラは, ハツと, フトした, メグは, ルミ子は, 一度は, 一日の, 一本の, 一般に, 丁度この, 三年前に, 不幸な, 主人も, 二三日前から, 云うまでも, 亭主は, 人気の, 今とな, 今までの, 今やそれ, 今日から, 今朝見る, 今考え, 今迄, 仕事の, 他人の, 体は, 何は, 何度も, 余りの, 使いの, 例によって, 俺も, 傍で, 僅かに, 僕と, 僕に, 兄さんは, 八五郎は, 内容は, 冬の, 処が, 利家は, 前から, 前夜の, 反対に, 只今は, 右手に, 同僚の, 同時にその, 向うは, 唯一つ, 多勢に, 夜半に, 大きな声, 大したこと, 大事な, 大抵の, 天井の, 夫人が, 奥さんは, 女を, 女中が, 如くに, 如何に, 妹が, 姫君は, 姿が, 子供たちは, 家が, 小林君は, 少しは, 川の, 幸にも, 影も, 彼と, 彼にも, 彼女を, 彼等が, 心には, 必死に, 思いの, 思ひがけ, 或時, 戸を, 扉が, 扨て, 拙者は, 持つて, 敵に, 新吉は, 明くる, 明治の, 昨日は, 時を, 時刻は, 時間は, 普通は, 最後その, 最近の, 机の, 案外な, 正直に, 此も, 死の, 残りの, 気味の, 涙を, 火を, 為である, 無言の, 煙草の, 煙草を, 熊城は, 爺さんは, 王子は, 現在は, 現実に, 男も, 番頭の, 病気に, 皆が, 皆の, 皆は, 眼には, 着物は, 矢つ, 祖母は, 突然私, 窓から, 童子は, 竹の, 第二, 米友は, 素直に, 結局それは, 義雄の, 翌年の, 老先生, 職人の, 肚の, 胸を, 脚が, 腰の, 船長は, 花は, 若い女, 若い娘, 藤吉郎は, 見たところ, 見る間, 計らずも, 証拠が, 話して, 誰かが, 誰だ, 諸将, 迂濶, 近くに, 近頃にな, 返辞が, 迚も, 途中まで, 遠くの, 部屋は, 部屋を, 都の, 銀子の, 開けて, 間もなく, 雨に, 雪は, 青年の, 面を, 頼朝の, 駄目だつた, 黙つて, 鼻の

6 [444件] あきらめて, あたしは, あなたも, あの, あのお, ある年, ある晩, あんなもの, い, いいや, いかが, いきなりその, いくら待っ, いって, いつと, いつもより, いやはや, おせき, おとら, おりから, お内儀, お前も, お勢, お国, お園, お徳, お敏, お春, お染, お母さんは, お浦, お茶を, お道, お鳥, かえってそれ, からだの, かわいそうに, くわしいこと, こうし, こっちも, このごろでは, この中, この人たち, この作品, この先生, この問題, この土地, この寺, この本, この節, この老, この計画, この通り, この連中, これさえ, これぞと, これだけは, こればかりは, これより, こんなところ, こんな場合, さてこれ, さればと, しかしここ, しかしやはり, しかし不思議, しかし今日, しかし決して, しばらくの, すべては, そういわれ, そうしたこと, そうすれ, そうでなく, そう言われ, そこい, そちの, そつと, そなた, そのすぐ, そのたんび, そのとき彼, そのまま黙っ, その人たち, その兄, その写真, その原因, その友人, その名, その唇, その夕方, その夢, その大き, その婦人, その子供, その室, その實, その帰途, その後には, その御, その昔, その気配, その目的, その私, その笑い声, その精神, その老人, その者, その船, その連中, その間には, その間の, その間を, その面, その頭, その額, それからそれ, それからも, それすらも, それでもどうにか, それでもやっぱり, それでも二人, それまでの, それらも, ただ一人, たちまち, ため, ためだ, ついこの, つきの, つてこの, つてそれは, でもやっぱり, とうとう我慢, とりわけて, どうしてもこの, どうしよう, どうもお, どうも自分, どこへも, どこまで, どれが, なお念, なかなかうまく, なかには, なし, なにしろ相手, なに思った, なるほどこれ, はっきりした, はつと, ふしぎにも, ぼくが, まさかこんな, まさかそれ, まだ一度, まだ私, まったくの, もうおそかっ, もうどうする, もう十年, もう自分, もう間にあわなかった, もしこの, もはやその, やがてこんな, やがて奥, やがて年, やがて彼女, やがて心, やがて悲し, やがて我, やがて気がつい, やがて法水, やがて涙, やがて言った, やっと, よく見, わからなかった, われに, クリストフの, パッと, ポンと, 一人として, 一刻も, 一家の, 一昨日の, 一瞬の, 一面に, 万吉は, 三十分ほど, 下宿の, 不意と, 中で, 中を, 久しぶりで, 予は, 事は, 二度とも, 二度目には, 二度目の, 二番目の, 五人の, 亭主が, 人から, 人も, 人影は, 人目が, 人間が, 今が, 今やその, 今年も, 今度ばかりは, 今思う, 今日のは, 仔細あっ, 仕事に, 仕方なく, 他は, 以前には, 体に, 何かしら, 何ぞ知らん, 何という, 何事か, 何処でも, 何処も, 何故か私, 何時の, 何處へ, 信一郎は, 信長の, 先方の, 先生に, 兎にも, 全くその, 八五郎に, 其の中, 其の家, 其も, 其処は, 其後は, 其間に, 刀を, 別に気, 別に誰, 勇気を, 勿論この, 十九の, 十分に, 千枝子は, 半七ら, 博士に, 又それ, 叔母は, 口には, 同時に又, 同時に彼, 問題が, 地震の, 城中の, 壁の, 変な, 夜更け, 大体の, 大切な, 大勢の, 夫でも, 失敗し, 失敗した, 奥様の, 女中は, 好い, 好きな, 妻が, 姿は, 婦人は, 子供に, 孫兵衛は, 孰れ, 実はそれ, 実際には, 宮が, 家中の, 将軍家は, 小判は, 屋敷の, 岩の, 左う, 帆村は, 帰りには, 帰ると, 帰る時, 平常の, 平常は, 年が, 年も, 幼少の, 床の, 店が, 店は, 店を, 座敷へ, 庭に, 廊下に, 張飛は, 彼自身の, 待てしばし, 後が, 後ち, 後ろの, 徒労であった, 怎した, 思わず, 惜しいかな, 慌てて, 成る程, 我慢が, 所詮は, 手紙は, 折悪しく, 放って, 数日の, 昔から, 昨夜も, 昼は, 昼間の, 昼間は, 時刻が, 最後この, 最後どんな, 最後には, 最後二度と, 最近では, 月が, 有名な, 朝は, 机に, 来ず, 林の, 案外に, 様子が, 権之, 此れ, 此処へ, 此処まで, 母と, 母や, 毎日の, 気分が, 注意し, 漸と, 熱心に, 爲に, 父母は, 独りで, 猿の, 玄関の, 王の, 画家は, 直き, 相当の, 真面目な, 知って, 祖母の, 祖父は, 私どもの, 私にも, 秋に, 空の, 突如と, 笑ひ, 筆を, 答えが, 紅葉は, 素人の, 素知らぬ顔, 細君が, 終りに, 綱は, 美作の, 翌日から, 翌日も, 老僧, 耳に, 胸に, 腹を, 自分から, 自然と, 自然に, 自然の, 舟の, 芝居が, 芥川の, 花が, 若くて, 葉子も, 藩の, 虫の, 要次郎, 要領を, 見えない, 見えなかった, 見つからなかった, 親分の, 言って, 訪ねて, 誰あっ, 誰に, 誰もが, 課長の, 調べて, 警察の, 貴方の, 車の, 近いうち, 近年に, 逢って, 遂にそれ, 道が, 遠慮し, 遺憾ながら, 部屋へ, 酒が, 酒屋の, 門は, 間に合わなかった, 間もなく彼, 間もなく戻っ, 関羽は, 陽が, 陽子は, 隣りの, 雪之, 雪子は, 震災の, 霧の, 静に, 風も, 食堂の, 飯を, 馬が, 駄目である, 髪は

5 [703件 抜粋] あいつも, あいにくその, あくる日, あそこの, あとを, あなたに, あのよう, あの日, あの通り, あまりにも, ありや, あるいはその, あれだけ, あれで, あんなこと, あんなの, いいあんばい, いいで, いうまでも, いかに言っ, いっしょに, いつとは, いつもは, いまから, いまも, いやこれ, いよいよそれ, いよいよと, うしろから, ええ, おそらくその, おとうさんは, おみや, おれも, お互いに, お信, お増, お孃さん, お客の, お才, お松の, お民, お浜, お父さんは, お珊, お秀, お若い, お駒, かうな, かすかに, かんじんの, くしに, こういう時, こう云う, こちらから, こっちで, このごろに, このほか, この兄, この国, この少年, この後, この朝, この機会, この研究, これからが, これに対する, こんなの, こんな物, さきに, さきの, さりげなく, しかしいつ, しかしこういう, しかしこんなに, しかしすぐ, しかし何となく, しかし家, しかし考え, しばらくたつ, しまいに, すぐ笑顔, すぐ近く, そういう中, そういう人, そこで彼, そこで私, そこまでは, そのうち不意, そのおかげ, そのとき帆村, そのとき急, そのはずみ, そのままの, そのまままた, その一瞬, その両手, その以外, その体, その光り, その効果, その古い, その右, その女房, その席上, その後間もなく, その時彼, その最初, その死骸, その母, その水, その火, その犬, その石, その節, その隙, その雨, その馬, その驚き, それからあと, それさへ, それだけでも, それでもさすが, それでもとうとう, それでもやがて, それでも酒, それでも顔, それに対する, それまでに, それ等は, そんなところ, たいていの, ただこの, たちまちに, たつた一人, つぎに, つては, とうとう決心, とうとう私, とつぜん, となりの, とにかくこの, どうし, どうしていい, どうしてもだめ, どうも, どうもはつきり, どの女, どの家, どの隅, なお彼, なかった, なかなか帰っ, なかなか立派, なにしろこの, なんと思った, なア, ひ, ひょっとする, ふたりとも, ふだんから, ふとそこ, ふと目, ふッ, べつにあやしい, ほかは, ほんとは, まさかと, またお, また例, また直ぐ, まだ二人, もういい, もうだめ, もう夜, もう大丈夫, もう影, もう間, もしかしたら, もとよりその, もろくも, やう, やがていった, やがてきっぱりと, やがてどこ, やがてニヤリと, やがて二人, やがて何事, やがて俄, やがて力, やがて大, やがて母, やがて立ち上っ, やって, やっぱり, やっぱりその, やっぱり自分, やっぱり駄目, やつとの, やめた, よいでしょう, よろしいでしょう, よろよろと, りっぱな, わたくしには, わたしたちは, われわれの, ガラッ八, クルリと, テーブルの, ドアを, ニヤニヤと, フッと, マリユスは, 一つとして, 一人が, 一同は, 一年の, 一言の, 一郎は, 一面には, 上にも, 不図私, 不覚にも, 世の中は, 世間を, 中身は, 中頃から, 主家の, 事が, 事件が, 事實は, 二三年前に, 二人で, 二階へ, 人生の, 今こうして, 今こそ, 今にな, 今のは, 今までに, 今宵に, 今日こそ, 今日ほど, 今朝から, 今突然, 仕事は, 以前に, 伸子の, 何ぞ計らん, 何となくその, 何となく気, 何者かが, 余りにも, 例に, 供の, 俺が, 元康は, 兎は, 全くの, 其でも, 其の後, 其内に, 其處は, 其頃は, 内部の, 再びその, 出来るだけ, 切符を, 初めての, 別にそれ, 別に怪しい, 前と, 前者は, 割合に, 勇吉は, 医師の, 医者に, 午後から, 半兵衛の, 又その, 又も, 叔父も, 取り出したの, 口へ, 同じやう, 同時にこの, 名前を, 向こうの, 君江は, 唇が, 唇は, 四月に, 地の, 地方の, 塔の, 外国の, 夜おそく, 夜中の, 夜更に, 大そう, 大事を, 大体は, 大體, 天の, 天下の, 天気は, 奥さんの, 奥へ, 女には, 好かろう, 妾は, 婆さんの, 安二郎は, 宜かろう, 実はそう, 実はもう, 家族は, 寺の, 少しでも, 少女の, 尼御台さまは, 島の, 崖の, 帰りに, 帰るとき, 帽子を, 平次が, 平次に, 平生の, 平馬は, 幸か, 幾度も, 床に, 座敷の, 庸三の, 廊下の, 当人の, 形は, 彼女から, 往来の, 待てよ, 御存じの, 御承知, 微かに, 心を, 心臓の, 忽ち, 忽ち又, 思いかえして, 思切って, 恭一の, 息が, 息を, 悪いこと, 悪いと, 意を, 意識が, 或夜, 房一は, 手紙の, 支倉の, 支倉は, 文学の, 新聞の, 旅に, 日吉は, 日本人が, 日本人の, 明日の, 明智は, 是から, 是で, 時間の, 暫らくし, 更にその, 末の, 本当か, 本所の, 本當, 東京で, 果してそれ, 果して彼, 格子戸を, 検事は, 横に, 次ぎの, 次第にその, 正面に, 此処は, 此方の, 母に, 水車の, 江戸は, 決してそれ, 決してそんな, 波の, 浸で染め, 清吉は, 火の, 火鉢の, 無口な, 無言で, 父から, 牛は, 特別の, 玉藻は, 現実の, 琵琶は, 生まれて, 生憎その, 甥は, 用が, 甲斐は, 留守の, 痛みは, 眉を, 看護婦は, 矢っ, 確に, 私とは, 私共は, 突然妙, 竟に, 答えは, 精神は, 終いには, 結局の, 絶えて, 絶対に, 群集の, 老婦人, 考へ, 肩の, 背の, 腕が, 腕は, 腰から, 自分らの, 自動車は, 舟は, 良人は, 色白で, 若い時分, 若旦那の, 英語の, 茶を, 藤吉は, 藻は, 蚊は, 血は, 血を, 見当らない, 親方の, 親父が, 読み終ると, 読者は, 誰一人として, 警部は, 賊は, 軈て, 車は, 返辞は, 返辞も, 逆に, 連れの, 進んで, 運よく, 道に, 違って, 適当な, 遽かに, 都合の, 醒めて, 重ねて, 長平は, 開かない, 間もなく帰っ, 間もなく私, 闇の, 階段の, 階段を, 雀の, 雲が, 電話の, 電話を, 青木は, 面白くない, 頬を, 顔に, 顔も, 顔色が, 飯は, 首は, 駄目で, 駄目であった, 高氏は, 魚は, 鳥の, 鷲の

4 [1162件 抜粋] あいつの, あきらめたよう, あとにも, あには, あの二人, あれほどの, いきなりそこ, いつの間にやら, いまそれを, いままでの, いま見る, うまく行かなかった, おかあさんは, おそかった, おどろいたこと, おまえは, おやめ, お世辞, お作, お前と, お婆さんは, お小夜, お母さまは, お留守, お蘭, お關, お高, かねて, かれも, きいて, ここを, ことしは, このうえ, このぶん, この二三日, この場, この心, この日本, この時分, この最後, この点, この私, この若い, この間の, これじゃ, これまでの, こんな風, さきは, さつきの, さてその後, さてどんな, さて実際, さりとてその, しかしいつか, しかしその他, しかしどう, しかしまだまだ, しかし一方, しかし其の, しかし大, しかし最後, しかし誰, じっとし, すぐあと, すぐ帰っ, すぐ視線, すては, そいつを, そういえ, そうと, そう言う, そこへも, そしてそれ, そのうち一人, そのじつ, そのひょう, そのまま二人, その事件, その他は, その努力, その医者, その味, その妻, その客, その小, その当時わたし, その後から, その心持, その指, その方法, その時わたし, その期待, その機, その気色, その沈黙, その瞳, その縁, その背後, その花, その裏, その誰, その頃私, その風, その魂, それからといふ, それから何, それから暫く, それでも中, それでも何となく, それでも未だ, それでも素直, それでも誰, それにしても, それにしても彼, それはた, それ以後は, そんなわけ, そんな噂, ただこれ, たった一人, たびたびの, ためで, だんだんその, だんだん近く, ちょうどそれ, ちょっとの, ついに, つて彼は, でもお, ところがその, とにかく自分, とんでもない, どうしたろう, どうしてもあの, どうだい, どうも巧, どうも致し方, どう考へ, どちらかと, どっちも, どんなもの, なおしばらく, なるほどその, はじめての, はやくも, ひっそりと, ひとりは, ひらりと, ふっと, ふとここ, ふと思い出し, ふと氣, ふと足, ほんた, ほんの一瞬間, まさかあの, またそう, またたく間に, また元, また思い返し, また考え, まだ日, まだ自分, まもなくみんな, まア, みんなその, むやみに, もうこうなったら, もうザネリ, もう日, もう間に合わない, もしも自分, やがてかれ, やがてひ, やがてわれ, やがて一冊, やがて不意, やがて二階, やがて例, やがて子供, やがて左右, やがて彼等, やがて戸, やがて机, やがて相手, やがて腰, やがて階段, やっとその, やはりそこ, やはり自分, やはり黙っ, やや暫くし, ゆっくりと, よくある, よく分らなかった, よその, わたしたちの, わたしに, オタツは, キミ子は, セエラが, チェーホフの, ハタと, ビクとも, ポケットから, ヴェリチャーニノフは, 一口に, 一向その, 一時に, 一軒の, 七月の, 万一の, 三つの, 三吉は, 三日目の, 上人の, 下りて, 不安と, 与里は, 世界の, 両方の, 両親は, 中江は, 主の, 九太は, 乞食の, 予定の, 二つとも, 二人ながら, 二度も, 井谷は, 京都は, 人目を, 今しも, 今なお, 今夜こそは, 今後は, 今日という, 今更どうにも, 仕合せと, 伊沢の, 会って, 低い声, 体を, 何となく不安, 何と云, 何処を, 作品の, 來て, 信之は, 信玄は, 健康が, 傷が, 僧は, 元来私, 先方から, 先生から, 光の, 六月に, 兵馬は, 其他の, 其日は, 内に, 内儀は, 冬に, 分らなかつた, 刑事の, 別に異状, 動かない, 勝負は, 北の, 十一月の, 十三の, 午後の, 単純な, 却, 厳重に, 又すぐ, 又八は, 友の, 双方の, 叔母が, 叔父さんは, 吃驚し, 同様に, 名に, 向ふ, 吾輩が, 呂蒙, 問題の, 四十を, 四辺は, 困ったの, 土間の, 地に, 坂田は, 城太郎の, 壁に, 外には, 外套を, 多助は, 夢中で, 大したもの, 大の, 大佐は, 太子の, 太郎は, 太陽は, 奥さんが, 女の子は, 女性の, 妾が, 姫君の, 子供達は, 宗助の, 実はお, 実はまだ, 室には, 家で, 家康が, 将軍家の, 小供, 小左衞門, 少し間, 屏風の, 山之, 屹と, 己れ, 師の, 帯の, 帽子は, 平岡の, 幽かな, 床を, 底を, 康子は, 引返して, 張訓は, 彼らも, 彼等には, 後では, 後ろから, 得体の, 御維新, 御飯を, 志を, 忽ち身, 怒りは, 思いのほかに, 思ったより, 思ひ切つて, 急な, 恁, 恐らくそれ, 意地の, 感心な, 我ながら, 戸の, 所々に, 押入の, 振り向いて, 支那では, 政府は, 数年の, 文字は, 斯うなる, 日を, 日本左衛門は, 明かに, 是非なく, 時も, 智惠子は, 曹操が, 最後じゃ, 朝廷では, 朝鮮の, 李は, 杳として, 果さなかった, 栄之, 棚の, 検事の, 様に, 次々に, 正月の, 此処で, 此方から, 此等は, 武田さんの, 歯を, 歸り, 母には, 気の毒にも, 気持ちは, 氷の, 汽車は, 波が, 流石の, 渠の, 溜息を, 無口で, 無論その, 然しその, 父を, 片方の, 特別に, 独特の, 狸は, 猿が, 珍らしく, 甚, 生れて, 用事が, 畳の, 病の, 病後の, 癪に, 百姓の, 目的の, 直ぐその, 直にさつと眉, 相当な, 真弓は, 着物を, 瞳は, 神の, 秀吉も, 私自身は, 種々な, 穴の, 突然の, 窓を, 笑いも, 笛を, 笹村も, 筒井は, 箱根の, 素子の, 紳士は, 結局それも, 縁の, 美しさ, 群集は, 翌くる, 老人も, 考えると, 聴いて, 背後から, 脳の, 腰元の, 自分としては, 自分達の, 自身は, 舞台に, 色は, 若しや, 英国の, 草の, 葉子と, 薬の, 藪が, 血が, 裁判官は, 西洋の, 見る, 見当らなかった, 覗いて, 親方は, 言葉も, 試みに, 調査の, 警察では, 賈, 趙雲は, 身體が, 近代の, 近頃ある, 逢えば, 運転手は, 部下の, 重吉は, 鈴木は, 錠が, 鏡に, 間に, 間もなく引返し, 闇は, 陸遜, 隠居の, 霎時し, 青木の, 静子は, 靴の, 額の, 顏を, 馬鹿, 駒井は, 驚いたの, 鶴さんは, 黒田の

3 [2315件 抜粋] ああし, あたしが, あの連中, あまり長く, ある夜更け, ある朝, あれらは, あんまり急い, いきなり何, いったいどういう, いつかな, いつもそれ, いまに, いよいよ最後, うまく行かなかつた, おかあさんが, おずおずと, おとといの, おまえも, お信さん, お前に, お嬢さんは, お延, お手紙, お此, お照, お筆, お芳, お辰, お靜, かくて, かぶって, きみの, ぐったりと, けれども私, ここからは, このお方, このへん, この先, この坊さん, この女中, この戦争, この機, この興行, これからお話し, これぢや, これまでは, ごとくに, さっきも, さてよく, さらに, さんざんに, しかしお爺さん, しかしともかく, しかしチチコフ, しかし同じ, しかし常に, しかし結婚, しかるに右門, しみじみと, すぐもと, すぐ引返し, すらりと, せがれは, そういう場合, そうです, そう言え, そのあくる日, そのうち私, そのずっと, そのどれ, そのまま前, そのまま眼, その不, その他に, その何, その儘, その出発, その半面, その同僚, その大半, その山, その序, その形, その後なんの, その心配, その敵, その新しい, その星, その時刻, その最も, その期日, その歌, その状態, その空想, その紙片, その自分, その講義, その道の, その陰, その顔付き, それからその, それから私, それでさ, それでもいつも, それでもじっと, それでもどこ, それでもようやく, それでも僕, それでも夫, それでも提灯, それでも秋, それにしてもこんな, それよりか, そんな場合, そんな方法, ただそう, たま, だれ一人, ちょっと声, ついに一度, つたが, つまりこの, でもよく, とうとう一つ, ときに, とにかく, ともかく私, どうしてお, どうしてもわかりません, どうしても私, どうでも, どうも人間, どこからとも, どつち, なかで, なかなか手, なにかしら, なるほどそう, なんらの, はっとした, ひろ子が, びくとも, ふとそんな, ふと心, ふと時計, へんな, ほんものの, まあこんな, まさか人, またひ, また反対, また気, まだあの, まだどこ, まだ夢, まだ庭, まちがって, むだであった, もうこれからは, もう取返し, もう年, もう車, もちろんそれ, もの, やがてたまらなく, やがてひどく, やがてもと, やがてホッと, やがて一同, やがて云った, やがて其処, やがて寝室, やがて微か, やがて次, やがて物, やがて立ち上がっ, やがて胸, やがて面, やっと心, やっぱり同じ, やはりどうしても家, やはり父, ややあ, ゆるゆると, よく, よく調べ, わからないもの, われわれが, イヤ, キャラコさんは, ゴーリキイが, チラと, ドアの, ピアノの, マダムは, ルイザが, 一人に, 一体それ, 一向要領, 一年足らずで, 一昨年の, 一本も, 一藩の, 七瀬は, 三味線の, 三月に, 上には, 上海の, 不思議だ, 世の中が, 両手で, 丸木の, 主人公が, 久世氏は, 九時半頃に, 予想の, 二三日前に, 二年程, 二階で, 五年の, 京に, 人間に, 今になつ, 今一つの, 今度こそは, 今度来, 今朝起き, 仔細に, 仕舞には, 仮りに, 会話の, 似て, 何かを, 何しろその, 何だか目, 何と言つて, 何んな, 何方も, 何處から, 使いを, 俊夫君が, 信雄は, 側に, 僕だけは, 兄から, 先へ, 先頭に, 入口は, 公園の, 其の夜, 其代り, 其處も, 円朝の, 冷, 刀の, 別にそんな, 別段私, 剃髪した, 前髪の, 勇氣を, 勝家の, 十一時を, 十六の, 十日ほど, 千代子は, 半兵衛は, 半蔵は, 危険の, 又八が, 友人を, 叔父が, 口では, 只今の, 司教は, 吉田は, 名前は, 君を, 呉の, 呼吸が, 和尚は, 商人は, 嘉門は, 噂は, 四囲の, 四辺の, 地面は, 城太郎は, 夕方国元から, 夢は, 大人は, 大変いい, 大概は, 夫から, 奇妙に, 女だ, 好い加減な, 妙子の, 妾の, 姉に, 嫂は, 子供と, 学校へ, 宇津は, 官舎の, 実に奇妙, 実際自分, 宰相中将は, 家内は, 寂寥に, 實に, 小三郎は, 小夜子は, 小林少年は, 小翠, 少女が, 岩に, 左程, 市郎は, 席に, 平岡は, 平生から, 年老いて, 幾分か, 度重る, 弁吉は, 強て, 当惑した, 彼にとっては, 彼奴の, 待っても, 後を, 御本人, 微妙な, 心配する, 忠相は, 思いなしか, 思ひかへ, 怪人は, 恐怖の, 恰度その, 悲しそう, 意味あり, 成功しなかった, 戦の, 戸口の, 所得は, 手塚さんは, 折角ここ, 振り返って, 改まって, 故に我々, 数年前に, 文字春は, 新九郎の, 旅館の, 日本で, 日頃の, 明に, 春は, 是を, 時刻も, 普通には, 暫くすると, 更に, 最後あの, 最後彼の, 月丸の, 朝廷の, 未だそれ, 本気で, 来ない, 東京では, 果ては, 格子の, 梨枝子は, 樹明君は, 次にまた, 次郎には, 正午近くなっ, 此う, 此方も, 此頃に, 歩きながら, 死体は, 段々を, 毎日, 気持が, 水で, 決心の, 河野は, 泰軒は, 流石は, 海岸の, 深夜の, 満洲, 漸くの, 灯を, 無学な, 煙の, 熟と, 片手で, 特に私, 玄徳には, 生前の, 生絹は, 男に, 留吉は, 當の, 病院へ, 百合子は, 皮肉にも, 目的を, 相手も, 眠って, 着て, 矢張同じ, 碁の, 祖母に, 祭の, 私という, 私自身が, 秘密の, 種吉は, 突然大きな, 立派に, 笑いながら, 第二版, 米の, 紋也は, 結婚し, 絵を, 綺麗で, 縁あっ, 縄を, 美奈子は, 義雄はかの, 翌朝早く, 耳にも, 肌の, 背に, 胴の, 腹巻の, 自動車が, 舟が, 船は, 色には, 芸者を, 茶の間の, 荷物の, 落ちついて, 薩摩の, 蝋燭を, 街角を, 見えなかつた, 見る見るうち, 見当らなかつた, 親一人子一人, 角の, 計画は, 詩は, 誰だって, 調子は, 議論の, 財産の, 貴方は, 距離が, 踊りは, 車を, 近寄って, 遂になん, 運が, 道傍の, 遠慮なし, 部屋には, 酒に, 里子の, 金に, 金持の, 鉄縁の, 錢形の, 長いあいだ, 門前の, 間もなく出, 随分と, 雪を, 電気の, 電車に, 面白かった, 音声だけは, 頑固な, 頭から, 額を, 風と, 飯が, 馬琴は, 駄目でした, 驚きも, 魂は, 鶴は

2 [7370件 抜粋] ああした, あさの御飯を, あとまで, あの小, あの際, あまり静か, ある夏, あんまりじ, いい加減に, いきなりそれ, いくらさがし, いったいあの, いつもこの, いづくんぞ知らん, いやしくも郊外, うちに, おかく, おそくまで, おはる, おやと, お初の, お墓, お悦, お気の毒, お約束, お酒, かず枝, からくも, きつと, けさ起き, こうして顔, こっちへ, このごろまた, このパリ, この二, この名前, この巨大, この暗い, この秋, この野郎, これから何, これ等は, こんな立派, さだ子の, さて大きい, さりげない, しかしさ, しかしよくよく, しかし今年, しかし安二郎, しかし朝, しかし考えよう, しかも非常, じきも, すぐ両手, すぐ急ぎ足, すすめられて, せっかくここ, そうこうする, そう言われれ, そちは, そのうちだんだん川, そのすこし, そのとき背後, そのまま出, そのまん中, その不平, その任, その初号, その反対, その墓, その実状, その山本正雄, その後が, その快活さ, その手帳, その時女中, その東京, その気, その煙り, その町, その社会, その結び目, その舌, その裾, その語気, その道にかけては, その隣り, それいぜん, それぎり暫く, それではなし, それでもまだまだ, それでも何處, それでも夢, それでも机, それでも病気, それでも記憶, それで御, それほどまでに, そんな人たち, そんな連中, ただなんと, ただ部屋, ためぞ, だんだんこっち, ちょうどいい, ついする, つかまって, つとその, とうてい思う, とうとう生き返りませんでした, とてもだめ, とめられると, どうしてどうしてこんな, どうしても考え, どうで, どうも今, どうも過失, どこかの, どろぼう, なお二人, なかなか良い, なにしろお腹, なんだかその, なんとも言えぬ, はじめて見る, ひとつは, ふた月, ふとどうした, ふと夢, ふと狐, ふと額, ほとんど自分, ぼんやり月, まさかそうも, またある, また一本, また暫く, まだほか, まだ戻っ, まだ皆, まったくそれ, まもなく私, むすめ, もうとり, もう僕, もう心配, もう相手, もしや, もともとは, やがてあ, やがてさく, やがてわたくし, やがてライター, やがて五日市, やがて半, やがて喬生, やがて姿, やがて往来, やがて晴れ, やがて沖, やがて白井刑事, やがて美留藻, やがて観念, やがて運転手, やがて飯, やっぱり人, やはりだめ, やはり寂しい, やはり見当らなかった, よいだろう, ようやく床, よく眠れました, るん, わたくしに, イエ旗だけで, オルガンなどを, ガードを, ゴシック風の, ストルキオは, チチコフは, ナオミは, パーヴェル・パーヴロヴィチが, フト目を, ホールの, マントの, ラジオの, 一たいそれは, 一代も, 一向面白く, 一年も, 一方が, 一本は, 一羽の, 一隻の, 七八年前の, 三上は, 三年前の, 三百年後の, 下から, 不図自分, 与一は, 世間が, 中学の, 中芝居, 久米之, 亀井戸の, 事実その, 二三度吸ひかけ, 二年ばかり, 二日経っ, 五の, 五郎の, 京都では, 人心の, 仄かな, 今ほど, 今度いよいよ, 今日その, 今朝見れ, 仏元は, 仙太郎の, 件の, 伜は, 佐治君は, 何だかお, 何とも言, 何処で, 何故か二人, 何様いう, 余計な, 供は, 信心の, 側へ, 僧に, 兄弟子の, 先生にも, 入口に, 兩國の, 六人の, 其のま, 其人は, 其明りで, 其雲が, 内心には, 冒頭に, 処々に, 分けても, 判事は, 別に怪しむべき, 別段感心, 前は, 剽悍の, 効果が, 勝治は, 医者と, 十二時を, 十日と, 升田は, 卒然として, 原作は, 又元, 及ばなかった, 口へは, 只見る, 右手で, 同じく, 同藩, 向う脛を, 吾等は, 和尚の, 商人が, 喜三郎は, 四方は, 困つた事, 土地に, 地面を, 基経は, 壁土の, 外で, 夜ごとの, 大きくなる, 大分たって, 大成は, 大町の, 天子の, 太平記の, 奈良へ, 女中部屋に, 好いと, 如何致した, 始めて見る, 婆は, 子供たちの, 学校から, 安全だ, 宜いあん, 実はわたくし, 宮へ, 家によっては, 宿屋の, 寝室に, 将軍の, 小娘は, 小田原の, 少々危, 少なからず, 居なかった, 山が, 岡田は, 川に, 左膳は, 帆村が, 帰りぎわに, 幅も, 平野謙も, 幸いこの, 床から, 府中の, 廊下は, 張合の, 当時に, 役人が, 彼奴も, 後で聞け, 御存じは, 御飯が, 心残りが, 応じないので, 忽ちにし, 怖いから, 思ひだせなかつた, 性根も, 恁書い, 恐ろしく固い, 悪寒は, 愉快だった, 感心の, 成斎は, 戦後は, 手だけは, 手紙も, 折わるく, 振向いて, 支那に, 故に私, 数日経つ, 文芸を, 新刑法, 施て, 既に当時, 日本左衛門が, 早いの, 明治三十年頃までの, 昨夜から, 時々子供, 時勢の, 普通なら, 暗闇で, 更らに, 最後すぐ, 最後決して, 有力な, 朝食を, 未だその, 本書の, 李一は, 来たの, 松本は, 果してこの, 柳下父子を, 案じられて, 梅の, 楢夫は, 横目で, 次に来た, 次郎左衛門は, 正吉も, 此ん, 此處にも, 歳の, 殊に, 殿下が, 毛色の, 気持も, 江戸中に, 沢村さんは, 法然が, 洞窟の, 海老蔵は, 深さ, 渠に, 源五郎戦死の, 演出の, 濡れ手拭で, 烈しい胸騒ぎ, 無論入口, 然し実際, 煙管は, 燒け, 爺さん牛は, 物質の, 狂言の, 猶お, 玄蕃允は, 現在でも, 生きた鰻, 生憎主人, 田舎者の, 町方の, 畳が, 痴川と, 白根も, 皇帝の, 目立って, 直接死に, 真の, 眼からは, 矢張り私の, 知人が, 磯の, 秀吉方無残の, 私ばかり, 程なくその, 突如, 突然話, 竜と, 笠の, 答えなかった, 精神的に, 紗を, 終に全く暮れ, 結局なんの, 給仕が, 総体の, 美しい声, 義理の, 翌晩も, 老翁は, 肉づき, 胸をば, 腹では, 自分ひとりの, 致命的な, 良人に, 芳子の, 若しその, 苦心の, 草心尼の, 落ちのびる前日風, 蓋を, 藤次は, 蜀の, 行脚に, 表現する, 裏は, 覆面の, 見る見る顔色, 視線は, 観客は, 許宣に, 読者には, 調子に, 讀み返すと, 貧乏書生の, 費用は, 越前守に, 跡は, 躰に, 軽捷な, 近所では, 退院後は, 遂にこの, 遊里の, 道庵先生が, 遺言を, 酔倒れ, 野口の, 鉄の, 鍵を, 長居は, 間に合わず六日, 間もなく女, 間を, 防腐法の, 陳は, 隠して, 雨戸を, 露に, 靴は, 頤を, 顏に, 飛加藤の, 飲めば, 馬喰町の, 駅まで, 高橋君は, 鮮やかな, 鹽原の, 黒い頭

1 [67736件 抜粋] МОСПС, あくまで寛大, あなた方としては, あの婦人, あの辺一帯, あまり効果, あらゆる予想, ある日本美術蒐集家, あんな年寄, いい加減飲む, いかに無頼, いくらそんな, いそぎ旅, いつかそこへ, いつのまにか疑問, いつも影武者, いまだに何, いや今一度逢つて, いわばそこで, うまく出来た, おかみさんは, おとうさんと, おりあしく, お城下, お母様が, お越しが, かえりみれば, かねて大, きかれずやむを得ず, くだくだしくって, こいつ, こうして正式, こっちでは, このとき彼女, この中流婦人, この原因, この宗一, この捕物, この正月, この筆法, この通り蝉丸, こぼれた熱湯, これ亦, こんな悲しい, さあ今度, さっき谷径を, さて來, さて鉄棒, さりとて単なる, しかしさだ子, しかしまもなく, しかし先生, しかし家屋, しかし果して, しかし翁, しかし香櫨園, しだいに声, じいつと, すぐうしろ, すぐ宿帳, すぐ表, すでにお話し, するとみるみる, せめて約束, そうした人, そう効果, そこもはや, そのうちこれ, そのおしまい, そのときの, そのままいっ, そのまま横, そのバアリイ, その中一人, その代り手紙, その冬, その和歌, その大尽, その岩礁, その後一年ばかり, その後自由に, その技, その時偶, その月十八日, その気難かし家, その生乾き, その神妙さ, その翌日私, その袋地, その車夫, その間次の, その饒舌, それからピエモン, それきり消息を, それっきりである, それでは金, それでもギギギギギイ, それでも凛々しい, それでも幸, それでも歩きつづけ, それでも葉, それで形, それにしても早, それ以外に, そんなバカ, そんな金, たしか名, ただ便, ただ青黒く, たつた一つ王様, ためかえってこれから, だんだん年, ちょうど四人, ちょっと足, ついに喜ん, つい捗らない, つて三日の, つて自己の, つッ, でも大, とうとう出来なかった, とうどう怺, とっくに売り切れ, とにかくおもしろい, とにかく穏健, とりわけそう, どうしてもへん, どうしても胸, どうぞご, どうもチベット, どうも様子, どうやら潮時, どの道どこ, なおも日数, なかなかおちついた, なかなか見, なにしろその, なまじっか顔, なんだか水木, にわかにそちら, はあ俺, はて自分, ひとりそれ, ひのびのび, ふたりも, ふと名案, ふと立ちどまる, へたらどう, ほとんど雪, まあそういった, まさかほんとに来る, まず今日いち, またもう, また大儀そう, また盛ん, まだす, まだ何だかゴタゴタし, まだ息, まだ表面化, まづ, まもなく首, みあたりません, みんな戦災者引揚者という, めったに手紙, もうひとすじ, もう処女, もう時期, もう過去, もし誤記, もともと徳川幕府, もはや古城, やがてさ, やがてのそのそ戻っ, やがてガラリと, やがて一番左, やがて再び合図, やがて夜具, やがて往生, やがて時間, やがて濡れた, やがて篠垣, やがて説明, やがて鞘町, やっと扉, やっぱり栗, やはりおとうさん, やはり出征中, やはり炬燵, ややことば, よい大事, よく判った, よもや斯, わけても結婚当時二, われらの, イツデモ一つ領分の, オヤオヤ豆腐の, ガンガといふ, コゼットの, シブキが, スミ子ちゃんは, チベットには, トルストイは, ハイデッゲル教授の, ヒダにも, フラッシュの, ベンチの, マリ, ヤス子を, レコードにも, 一つ係蹄を, 一体うぬ, 一向に快く, 一寸つかえる, 一度独唱会, 一日車冑の, 一歩足を, 一羽が, 一高に, 七時ごろおだいじ, 三分間と, 三日する, 三郎とは, 下くちびる, 不圖次, 世に, 中りませんでした, 主と, 久次郎は, 亀さんの, 二ヵ月の, 二十五ルピー, 二月とは, 五つ鏡台が, 五百六十哩も, 人々も, 人間たちには, 今やはり, 今年二十歳に, 今日社長を, 今第, 仙人の, 伊之助が, 伝六という, 佐渡金山奉行に, 何しろ怪我, 何だか頭, 何もかも元の, 何分手数, 何時留守に, 余人には, 依然としてどこ, 信孝方に, 倣岸の, 僅か数年, 元来衣裳鞄の, 先師は, 入らした時, 全権力, 八百頁の, 共犯者を, 其の暗闇, 其序の, 其邊は, 円錐の, 冬霧朧ろに, 出先で, 切り立てられた一ツ橋勢, 別にここ, 別れてから, 到頭節子, 割れ目や, 勇作の, 勤労によって, 北海道くんだりまで, 十兵衛過日の, 千兩箱の, 半年とつ, 単に名義, 原作者メーテルリンクは, 又人生, 友達付き合いは, 受持ちの, 只万里小路藤房, 各自の, 同じ病, 同時に吾, 名将の, 呂宋兵衛は, 和漢蘭の, 唯餘, 嘉永七年, 四囲が, 固く縫いつけられ, 圭介自身は, 埋立し, 塗籠の, 変てこだった, 外宿した, 夜中能く, 大きな息, 大兵肥満の, 大層熱が, 大男は, 天寿終っ, 失意の, 女剣舞師に, 如何せん商売がら外人, 始終お, 嫌いで, 孤高ならず, 安房守の, 実にお, 実は今一つ, 実現しなかった, 宴の, 寂しみに, 寝心地が, 專らそんな, 小夜子に, 小藩, 少し待っ, 尚此, 屠殺は, 岩山ばかり, 巣を, 巳之助の, 帰国する, 平手で, 幸い回復, 幾年来別に, 度々私, 廿四円ばかりにしか, 弱ったもの, 当の若者, 彫物の, 径二尺あまりも, 後室様と, 御催促, 御遺骸, 心細いこと, 快くても, 忽ち雄, 思い知らせて, 急病の, 恐ろしく效果的, 悪い仲間, 惡氣は, 感付いた, 應接間の, 或時フト竹釘, 房一の, 手紙に, 投稿するなら, 拍子も, 捕虜の, 摩利信乃法師一人の, 故に一人, 数ある, 文壇に対する, 斯道に, 斷然逃げ歸る, 日に日に増える, 旦那樣は, 明り障子を, 星亨君の, 昭和五年に, 時々高らか, 普請も, 暫く押黙った, 書きだして, 最後えらい, 最後大概の, 最後震えん, 月謝の, 木像も, 未練ながら, 本月, 村入, 東山の, 林田の, 柄へ, 格別乙平の, 梅玉と, 業が, 横着者の, 次に起る, 歌に, 此井出氏は, 此頃だ, 死ぬかと, 残り五百円は, 母御とも, 民間では, 水曜日まで, 池には, 沙門に, 泡盛の, 活躍の, 海老錠は, 深林の, 測量の, 滔々たる, 澁紙色の, 炎天つづき, 無論亭主, 然し此時, 燈で, 片手業疾いこ, 特に怪しい, 狭い土地, 玉座の, 理智の, 生唾が, 用事という, 男で, 番頭さんは, 病気も, 白い物, 百日目ぐらいから, 盃が, 直ぐびり, 相変らずな, 真名古の, 睡くなって, 矢張蝶は, 石川の, 礼子だけは, 福岡県の, 秋葉の, 空け放された窓, 突然其兄, 立ち上がって, 笑わなかった, 節を, 約束した, 紫御殿へ, 組織は, 結局今死ん, 結論として, 締った, 美しい点, 翌十三日, 老母に, 聞くの, 肺結核で, 腕白な, 自制し, 航路の, 花から, 若い文學愛好者, 英国に, 荷足の, 落語に, 薄倖児の, 蘭軒は, 血脈袋と, 衣裳が, 襲せ, 覆面探偵が, 見当さえも, 親子ふたりづれの, 言葉がの, 詮じ, 読まず嫌い, 謀らずも, 豹など, 買手が, 起きられたら一緒, 踏み込みも, 軈て鐵瓶, 辛くも萩江鞍馬, 近年稍其上手に, 追い追いと, 途中彼の, 逸まっ, 遂に譲らない, 道普請の, 那波支配人の, 酔っては, 野球も, 釣れる鮎, 錠は, 長らくの, 開いた方, 間もなく出版, 間もなく白い, 闇太郎は, 陸上の, 隧道の, 雪か, 霽月氏も, 面白そう, 頭はや, 風味も, 飯倉台の, 馬岱姜維の, 驚くほど, 髭なんぞ, 鵠沼から, 黒住は

▼ たこと~ (72660, 4.2%)

4676 がある 1914 がない 1674 があった 1631 はない 1592 のない 1104 もある 1095 もない 1041 である 942 のある 743 では 621 があります 615 がなかっ 612 はなかっ 598 もあった 597 があつ 579 であろう 536526 だろう 513 になる 459 でしょう 418 はありません 413392 がありました 367 であった 359 です 281 でせう 279 でも 262 だが 237 だった 234 がありません 229 を覚え 212 だらう 205202 は確か 201 もなかっ 199 を思い出した 195 は事実 191 なの 186 はいう 180 であらう, を知っ 177 は一度 173 があっ, はなかつた 172167 があり, もあつ 160 もなく 151 を知った 148 がなく, もあります 147 だと 141 ですが, は言 138 になっ 137 であるが, もありません 136 でした 133 もあり 130 を私 125 が無い 124 はある 123 を意味 121 がわかる 120 がなかつた 119 もありました 117 になった 111 を思い出し 110 じゃない, はこの 109 を後悔 105 は前, は私 103 にし 102 はその 99 がわかった, なん 94 だから, を記憶 91 を知る, を言 90 であつ 88 の無い, を話した 87 はございません 85 を示し 84 は何, もなけれ 82 だらうな, になります, を今 81 は無い, を示す 80 は明らか 79 だろうと, であります, はなく 76 と思う, は彼 74 がございます, はありませんでした, は疑い, をする, を忘れ, を思う 7371 よ, をお 70 に気がついた, は今, は言う 68 をし 67 がお, は云う, は勿論, は言うまでもない, を話し 66 はたしか, も事実, を考え 64 のよう 63 なので, をいう 61 を思出 59 が分る, であろうか, はこれ, は想像, を思ひ出した, を感じた 58 であるから, にある 5554 があるだろう, ですから, を言っ 53 であろうと 52 を彼 51 は誰, を思い出す 50 がございません 49 が分った, のなかっ 48 もまた, も無い 47 がありませんでした, だつた, と思います, もなかつた 46 がねえ, さえある, だし, に氣, は決して, は申す, をした 45 でありました, はねえ, は既に, を考える 44 を感謝 43 でございます, をおぼえ 42 がその, を告げ 41 はまだ, はもちろん, もございません 40 があるでしょう, であったが, であろうが, にはその, ね, はそれ, を告げた, を発見, を知り 39 は当然, は無かっ, を思ひ出し, を聞い 38 がよく, が彼, になつ 37 が今, でございました, はよく, を思え, を想像 36 がわかりました, だったろう, はあった, はお, はすでに, はまことに, も一度, も忘れ, をよく, を知つて 35 が明らか, じゃ, だけは確か, を思いだした, を思い出しました, を聞いた 34 でご, になり, を知, を言う, を記し, を証明 33 がございました, はあるまい, は人, も, を見 32 がこの, がご, が何, が想像, だろうが, と思われる, はただ, も聞いた, を覺 31 が分かる, だらうが, であって, には, は事實, は知っ, もその, を少し, を書い 30 が一つ, さえあった, になりました, はかつて, を報告, を知らない 29 があろう, が私, は一つ, は全く, は実に, は自分, もあっ, を云, を思っ 28 が一度, などもあった, に気がつい, はもう, は云, は確, をその, を知らせ, を語る 27 かその, が幾度, が書い, であると, に気, のねえ, は間違い, を思ひ出す, を誰, を非常 26 が判明, でその, に就い, に気づいた, は後, を云う, を告白, を喜ん

25 [14件] がわかります, が出来た, が知れる, さ, だったが, でありましょう, に気がつく, はあの, は非常, もねえ, やら, をいっ, を知りました, を聞く

24 [18件] が知られる, だけはたしか, であったろう, によつて, は今日, は彼女, は明白, もございます, やその, をこの, をはっきり, を喜んだ, を思いだし, を憶, を残念, を物語っ, を自分, を語っ

23 が有る, が自分, に就, は有名, は確実, も幾度, も度々, らしい, を口, を御

22 [14件] がわかっ, が分っ, だろうか, でしょうか, でもあった, にちがい, は周知, は日本, もなし, をふと, を彼女, を注意, を物語る, を白状

21 [16件] があったでしょう, となる, などを話した, にはならない, の一つ, はあります, は少し, をすっかり, をやる, を何, を心から, を思ふ, を感ずる, を憶え, を言つて, を話す

20 [11件] がわかり, が事実, が明白, じゃねえ, だらうと, でございましょう, など, はなし, は同じ, は忘れ, を感じ

19 [23件] ある, じゃありません, でこれ, ですよ, で私, といい, と存じます, ないわ, に, にする, に気づい, に満足, のあった, はほとんど, は本当, は疑, をそのまま, を僕, を喜ぶ, を思い, を思わせる, を知らせる, を述べ

18 [16件] が判る, が後, が有りました, が起った, には私, に私, に違い, のやう, は僕, は注目, もあれ, も今, をまた, を信じ, を想, を言った

17 [27件] があるだらう, がはっきり, がら, が判った, が察せられる, が証明, であ, でお, でしょうが, とその, なんかない, はあつ, はどう, は争われない, は仕方, は明かである, も有った, も確か, をここ, をわたし, を御存じ, を忘れない, を思, を思へ, を想い出し, を書いた, を記した

16 [30件] かも知れない, があったら, がありまし, があるらしい, がかえって, が彼女, さえない, だろうな, でそれ, にはそれ, のため, はほんとう, はまた, は否めない, は否定, は大, は明, は覚え, もありませんでした, もあろう, もよく, も彼, も覚え, をすぐ, をやっ, を思った, を申す, を知らせた, を考えた, を語った

15 [21件] かそれ, があるらしく, が不思議, が気, だったの, であったから, でしたが, といえ, にはこの, にもなる, に変り, に相違, に間違い, はたしかに, は無, は自然, もこの, も亦, をやった, を心, を明らか

14 [33件] があ, があったろう, がありましょう, があれ, が原因, が多い, が度々, が思い出された, だけで, であるか, と思ふ, には彼, に何, の中, の方, は上, は実際, は幾度, は興味, もそれ, も想像, も無かっ, も知っ, も知らず, も私, をいった, を云っ, を今更, を忘れた, を忘れる, を知らなかった, を考へる, を話しました

13 [34件] がしばしば, がそれ, が思はれる, が有, でありますが, であろうし, と同じ, と想像, なかった, などもある, に原因, はあまり, はあまりに, はここ, はないでしょう, はやがて, は二人, は君, は嘘, は是, は皆, は知らない, もお, もたびたび, をひどく, をまだ, を云った, を吾, を喜び, を報じ, を想起, を感じる, を明, を理解

12 [35件] がこれ, がわかつた, が分つた, が残念, さえなかっ, ぞ, だけは事実, だな, だよ, で彼, と思っ, ないの, などもあつ, にその, にならない, にもよる, はあっ, はありました, はいま, はすべて, はなんと, は他, は伸子, は何より, は多く, は容易, は疑うべく, は読者, をいふ, を君, を否定, を知らず, を示した, を認め, を説明

11 [61件] から, からし, があるでせう, があるまい, がすぐ, ができた, がハッキリ, が嬉しい, が急, が明, が有った, が知れ, が見え, そのこと, だろうし, でしょうね, ですか, ですね, で御, とそれ, と思われます, に気づく, に気付いた, に由来, に起因, のなかつた, の証拠, はあなた, はございませぬ, はさき, はまったく, はやはり, はわかっ, は今更, は初めて, は別, は平次, は当時, は御, は必ず, は次, は殆, は誠に, もたしか, をくり返し, を不思議, を告げる, を嬉しく, を思ひ起した, を悔いた, を意識, を指摘, を推測, を書く, を知ってる, を考へ, を胸, を自ら, を証する, を認めた, を述べた

10 [49件] からその, が二度, が今日, が分かった, が後悔, が悪い, が書かれ, が考へられる, だという, だね, であったか, で自分, と, なし, になるであろう, にはならぬ, に気が付いた, に間違, はいふ, はござりませぬ, はちゃんと, はどんな, はわたくし, は一通り, は争, は実は, は察せられる, は意外, は極めて, は殆ど, は諸君, ばかりで, も何, も有りました, も知らない, をいつ, をうれしく, をきい, をどんなに, をむしろ, をもう一度, を一つ, を云つて, を初めて, を思はせる, を悔, を想い出した, を申し, を言い

9 [88件] かこの, がもう, が何度, が出, が分りました, が実際, が本当, が無, が無かっ, が無く, が発覚, が知れた, が記され, が載せ, すらない, だけれど, だけれども, ですし, で何, と思ひます, なぞを話した, などあった, なんか一度, にこの, にしよう, にすれ, になつて, に於, に気がつき, ねえ, はうそ, はうれしい, はかなり, はございませんでした, はさすが, はそんな, はだれ, はないだろう, はないです, ははじめて, はまず, はまちがい, はむろん, はわからない, はわれわれ, は一切, は世間, は偶然, は幸い, は度々, は感謝, は慥か, は我々, は無論, は珍しい, は疑う, は私たち, は聞い, もあらう, もございました, も一つ, も不思議, も有る, も無く, も自分, をあなた, をいい, をいろいろ, をお前, をしみじみ, をみんな, をもう, をもっ, をよろこん, を人々, を又, を大いに, を思ひ, を思ひだした, を悔い, を母, を父, を申, を知らし, を話します, を誇り, を読者, 勿論である

8 [79件] ができる, がどんなに, がまるで, が判っ, が推定, が明瞭, が殆ど, が知られた, が窺われる, が考えられる, が頭, だけだ, だつて, でこの, でございますが, でない, というの, など一度, なんで, にあった, にした, に不思議, に對, に感謝, に注意, に自分, のうち, の喜び, はあり, はございますまい, はちょうど, はついぞ, はどんなに, はなかろう, はなに, はなん, はまえ, はみんな, はもとより, はわたし, は争えない, は二度, は分っ, は別に, は前述, は夢, は大いに, は明瞭, は特に, は生れ, は疑ひない, は知らなかった, まで, もあ, もあったろう, もしばしば, も一再, も明らか, も見た, や, をいま, をどうして, をまるで, を主張, を人, を想い起す, を暗示, を深く, を知れ, を確め, を立証, を繰返した, を聞き, を覚った, を語, を語り, を説い, を謝, を遺憾

7 [130件] あるの, いうまでも, から私, から考え, か急, か私, がいけない, がございまし, がござる, がすでに, がどうして, がなけれ, がほぼ, がまた, がむしろ, が一層, が二, が伝えられ, が何より, が全く, が判, が多かっ, が大, が屡々, が日記, が次第に, が理解, が見える, だけは間違い, だってある, であるし, ですわ, でなければ, で今, で御座いました, で御座います, ないん, などもありました, などを思い出し, などを話し, にそれ, については何, による, に気づき, に疑い, のほか, の意味, はあと, はありませぬ, はいえない, はいかにも, はいろいろ, はおそらく, はお前, はすぐ, はすっかり, はそれだけ, はちょっと, はとても, ははっきり, はめったに, は一, は一層, は不思議, は人々, は何と, は吾, は嘗て, は大変, は少く, は御存じ, は想像以上, は昔, は来た, は歴史, は残念, は甚だ, は疑えない, は知つて, は見, は記憶, は間違, もあったらしい, もあるだろう, もあるまい, もあるらしい, もあッ, もこれ, もすっかり, ももちろん, もやはり, も事實, も後, も御座いません, も決して, も言, やそれから, をあと, をおれ, をお知らせ, をお話, をかえって, をたいへん, をつくづく, をどう, をひそか, をまず, を伸子, を信ずる, を夢, を妻, を後, を思いだす, を思い出します, を急, を悦ぶ, を悦んだ, を感じます, を承認, を気, を気の毒, を皆, を知つたの, を確認, を自覚, を見せ, を見る, を詳しく, を誇っ, を附記

6 [153件] かと思っ, から推し, から見, から起った, か今, がうれしく, がございましょう, がせめて, がなん, がなんと, がはつきり, がひとつ, がふと, がまだ, がやっと, がわかったら, がわからない, がわかるであろう, が世間, が出来る, が分らない, が多く, が好き, が心, が意外, が新聞, が既に, が日本, が殆, が決して, が現実, が真実, が第, が美奈子, が訣, が露顕, この二つ, じゃア, すらある, だか, だけは記憶, だつたらう, だのに, でありますから, でありませう, でございませう, でしたろう, で気, と信じ, と思い, と思はれる, と自分, と見える, ない, ないでしょう, などはない, にお, にされ, について, にはあの, にはそこ, にはなりません, にはほとんど, には彼女, にも気, に依っ, に基因, に多少, に気がつかない, に気づきました, に関係, の一切, はかえって, はかれ, はござらぬ, はしない, はそれら, はどこ, はほぼ, はみな, はむしろ, はもはや, は一見, は何一つ, は何度, は出来ない, は半蔵, は彼ら, は意味, は推察, は推測, は改めて, は新聞, は日記, は未だ, は正しい, は正に, は正当, は此, は無理, は真実, は稀, は考え, は考えられる, は説明, は近来, は間違っ, もござらぬ, もまだ, も何度, も少く, も日本, も有, も注意, も知つて, をくわしく, をこれ, をご, をちゃんと, をぼんやり, をわれわれ, を一, を伝えた, を信用, を光栄, を再び, を報ら, を忘れず, を悔いる, を悦ん, を想っ, を感じました, を承知, を推定, を書き, を正直, を死ぬ, を率直, を痛感, を確かめ, を祝福, を神, を秘密, を空想, を耳, を見た, を見逃し, を言います, を許し, を話し出した, を認める, を非難, 感じたこと

5 [250件] ありますか, ありません, あるか, かしれない, かと思う, かどう, かな, かもしれない, かも知れません, からこの, からであった, から当然, があったかい, があっただろう, があと, があの, があらう, がそもそも, がたいへん, がなぜ, がほんとう, がまちがっ, がやはり, がわかつ, がわかれ, が二つ, が云, が何となく, が充分, が出来ました, が分かりました, が嘘, が大きな, が少し, が彼等, が後で, が御, が忘れられない, が思われる, が感じられる, が推察, が暴露, が深く, が発見, が知られ, が誰, が起きた, が起っ, が起つた, が起りました, が起る, が非常, さえありました, さえあります, すらもない, そして今, だからと, だけだった, だけである, だけは今, だそう, だとか, だとは, だらうよ, であったろうか, でありましたが, であるかも, であるの, であれば, であろ, でしょうし, でしょうに, でしょうよ, ですもの, で満足, で誰, といったら, と云え, と思った, などあり, などがわかる, などを思い出す, などを話しました, ならば, におれ, にしろ, について彼, になるだろう, になろう, には少し, には自分, にむしろ, によって, によってその, によって私, によって自分, によるの, に他, に何ん, に基づく, に始まる, に少し, に彼, に気がつかなかった, に気付く, に注目, に腹, に誰, に驚い, のすべて, のない新しい, のほう, の外, の幸福, の有る, の結果, の記憶, はありますまい, はあれ, はいよいよ, はかならず, はかの, はきっと, はこう, はじつに, はせめて, はそのまま, はなお, はほか, はほんとに, はまるで, はもっとも, はよかっ, はわかりません, は一日, は不幸, は云え, は今さら, は何ん, は出, は分らない, は分明, は前後, は右, は否み, は女, は如何, は如何にも, は子供, は察, は御座いません, は支那, は明かだ, は最早, は有りません, は未だかつて, は正しく, は母, は注意, は爭, は特筆, は當然, は疑ひ, は知る, は第, は親分, は言えない, は記録, は道理, は遺憾, は長い, は面白い, もありまし, もすべて, もちゃんと, もどう, もわかっ, も一, も偶然, も分っ, も分る, も多い, も実は, も御存じ, も忘れられない, も書い, も気, も注目, も珍, も考えられる, も聞い, やお, やまた, をお話し, をきいた, をご存じ, をさせる, をしよう, をすべて, をどこ, をはじめて, をはつきり, をみ, をも忘れ, をも思い出した, を一言, を今さら, を今度, を伝え, を伝へ, を俺, を十分, を口走り, を報じた, を実行, を平次, を幸福, を思います, を思い出さね, を思い合わせ, を思ひ出しました, を悲しむ, を想い出, を感じない, を指す, を新聞, を更に, を欣, を欣ん, を気づいた, を物語った, を特に, を疑わぬ, を真実, を確信, を私たち, を考へた, を聽, を自身, を茲, を訊い, を訊く, を証拠, を詫び, を語つて, を身, を逐一, 考えたこと, 聞いたこと, 覚えて

4 [397件] あり, あるわ, かい, かお, かこれ, かと思います, かと思った, からお, から始まっ, から始め, から来る, から考える, かわからない, か分らない, か彼, か知れません, があったであろう, があなた, がありあり, がありませう, がありませぬ, があるであらう, があるであろう, があるなら, がいよいよ, がうかがわれる, がおそらく, がかれ, がございませぬ, がしみじみ, がすっかり, がそんな, がたびたび, がついに, がとうとう, がどうも, がどれ, がどんな, がひどく, がまず, がまったく, がマザ, が一番, が二三度, が分かり, が初めて, が判つて, が口惜しく, が可, が多, が夢, が大いに, が妙, が心外, が悔いられた, が明かである, が有ります, が此, が氣, が注意, が浮ん, が皆, が直ぐ, が確実, が立証, が解り, が語られ, が起り, が軽率, が間違い, が随分, じゃあない, じゃないです, すらなかっ, そしてその, そしてそれ, そんなこと, だがね, だけは疑い, だけは知っ, だったでしょう, だったので, だらうし, だろうね, だろうよ, だわ, であったと, でありましょうか, でありまた, であろうから, でございますよ, でござる, でしかも, でしょうから, ですからね, ですけれど, でないこと, でないと, でもあっ, でもし, でよく, で僕, で君, で御座いませう, という, とおも, とこの, とすれ, とそれから, との間, と信ずる, と想, と矛盾, と私, と考えられる, と見え, と言い, と関連, ないや, などある, などがある, などこれ, などはすっかり, などはなかっ, などは一度, なども, などもその, などを知っ, などを話す, など忘れ, など話し, なのに, なり, なんかありません, なんかありゃしない, なんかなかっ, なんてない, についてそれ, について何, になるでしょう, にはこれ, にはもう, には誰, にもなっ, によって今, に反対, に彼女, に心, に思ひ, に感心, に気づかなかった, に気付い, に重大, に非常, に驚いた, のあるらしい, のできない, のない美し, のなか, の偶然, の出, の原因, の無, の礼, の説明, はあらゆる, はありゃしない, はありゃしません, はいかに, はいくら, はいちど, はいまだかつて, はおれ, はけっして, はさっき, はした, はしばしば, はそう, はたいへん, はたびたび, はどうしても, はどうぞ, はなかなか, はまさに, はむしろ当然, はやや, はわかる, は一時, は一遍, は丁度, は上述, は不幸中, は世人, は世界, は人間, は仕合せ, は以上, は作者, は例, は兄, は充分, は先, は全然, は判らなかった, は到底, は単に, は古い, は各, は否み得ない, は多勢, は多少, は大勢, は夫人, は奇蹟, は寧ろ, は小説, は少なくとも, は彼等, は彼自身, は必, は忘れない, は悪い, は惜しい, は我が, は或, は日本人, は明かで, は明かです, は普く, は更に, は書いた, は曾, は枚挙, は極, は正しかっ, は深く, は滅多, は無く, は申, は疑ふ, は疑ふべく, は皆様, は直ぐ, は相当, は真に, は知, は知らず, は知らぬ, は神, は私達, は絶対, は聞いた, は若い, は著しい, は話, は論, は近頃, は驚くべき, ばかりだ, もあったであろう, もあったでしょう, もいま, もおぼえ, もございませんでした, もし, もそして, もない美しい, もわかる, も二, も二三度, も二度, も人, も全く, も再々, も判った, も勿論, も又, も問題, も屡々, も御存知, も思い出された, も手伝っ, も本当, も残念, も無, も無理, も爭, も理解, も知らなかった, も知らぬ, も考え, も興味, も言っ, も記憶, やある, やそれ, や感じた, や見た, をあらためて, をいまさら, をいや, をおも, をかの, をかんじた, をきく, をこ, をしない, をじ, をすれ, をそれから, をそんなに, をたしかめ, をだれ, をちっとも, をつい, をほんとう, をぼく, をみずから, をやつ, をやり, をよろこんだ, をわざと, をわたくし, をハッキリ, を一切, を一応, を不仕合せ, を云い, を云ってる, を今日, を他, を付記, を何とも, を信じない, を傳, を全然, を反省, を問題, を多, を多く, を多少, を娘, を少から, を後で, を微か, を微笑, を必ず, を念頭, を思い出しまし, を思い起こそう, を思い起した, を思ひ浮べた, を恥じ, を恥じた, を悟った, を悦び, を愉快, を憶出, を教, を有難く, を歎, を決して, を清三, を源氏, を熟知, を物語つて, を申した, を申します, を發見, を直ちに, を知ったら, を知らされた, を知らされる, を知るべきである, を簡単, を綜合, を考えず, を聞かない, を自然, を薫, を裏書, を言ってる, を言われる, を記す, を記録, を訴え, を証拠立てる, を詫びた, を話そう, を認めず, を語りました, を説く, を責める, を述べる, を附け, を頭, 或る

3 [696件 抜粋] あって, ありませんの, かあの, かいつも, かそれとも, かまた, かもしれぬ, からそれ, からである, から始まる, から彼, から彼女, から推す, から次第に, から端, から話, から起る, か今宵, か今日, か伝六, があったです, があったらしく, があまりに, がありましたら, がありゃ, があるで, がいけなかった, がうれしかっ, がこんな, がございませんでした, がそう, がそんなに, がただ, がち, がつくづく, ができまし, がです, がどこ, がはじめて, がまざまざ, がよほど, がわたし, が一, が一応, が不安, が世上, が中, が今や, が何だか, が俄, が僕, が先生, が全然, が分つ, が分ります, が分明, が動機, が問題, が失敗, が嬉し, が実に, が実は, が察しられる, が幸, が強く, が当時, が後に, が御座います, が思い出され, が思い出されます, が恐ろしく, が恥ずかしく, が悔まれ, が更に, が最大, が果して, が極めて, が正しい, が気の毒, が沢山, が現, が發見, が目, が眼, が知れたら, が確, が確かめられた, が窺, が耳, が解っ, が解った, が計らず, が記載, が記録, が証拠立てられた, が認められる, が起こった, が起こる, が間もなく, が馬鹿, が馬鹿らしく, さえもなかっ, さえ知らなかった, したこと, じゃなし, じゃろう, その時, それからその, だお前, だけはたしかに, だけは争えない, だけは明白, だけは本当, だけは確実, だけを覚え, だったん, だつたか, だの, だもの, だん, であったし, であったに, であなた, であの, でありそれ, でありましょうが, であり私, でございまして, でございまする, でしょうこれ, でしょうな, ですがね, でないという, でもなかつた, で他, で失望, で当時, で非常, とおもっ, とそこ, とてその, とであった, とはいい, とはいえ, とばかり思っ, と一致, と云ったら, と全く, と存じ, と思い合わせ, と思つて, と思われた, と言う, と関係, ないけど, などが彼, などが思い出された, などは, などはその, などは忘れ, などもあり, などもあります, などを彼, などを思い出した, などを思ひ出した, など彼, など思い出し, など思い出す, なんて一度, にち, になつた, にならぬ, になれ, にはすぐ, にはちがい, にはまだ, には今, には何, には家, には疑い, には返事, には違, には違い, にびっくり, にふと, にほかならぬ, にもまた, によく, によっても知れる, によって彼女, によるもの, に不満, に人, に依つ, に免じ, に力, に大, に失望, に徴, に心づく, に悔い, に気が付い, に気が付かなかった, に決め, に目, に礼, に話, に責任, に驚かされた, に驚き, に驚嘆, のない真新しい, のない美しい, のない若い, の内, の内容, の変化, の多い, の嬉し, の感謝, の真実, の確か, の罪, の覚え, はあくまで, はあらためて, はいささか, はいまだに, はいわゆる, はおのずから, はくれぐれも, はこの間, はこれから, はこんな, はずいぶん, はそういう, はそんなに, はたった, はたとへば, はとにかく, はどうか, はどうも, はどれほど, はなかったろう, ははきはき, ははなはだ, はひと通り, はほんの, はぼく, はまだまだ, はまつたく, はみんなほんとう, はもと, はよもや, はわれ, は一々, は一ぺん, は一年, は一種, は下, は下女, は世間周知, は争われなかった, は今や, は以前, は何とも, は何事, は余り, は俺, は先刻, は兎, は全部, は出来た, は分りません, は却って, は反省, は同情, は喜ばしい, は多分, は大体, は大抵, は始めて, は安心, は家, は實, は岸本, は幸, は後日, は御存知, は心, は慥, は我慢, は或いは, は敢, は数える, は明かだった, は明かであろう, は時代, は最も, は有, は東京, は果して, は極めて当然, は歌, は歴史上, は氣, は永久, は父, は現在, は現実, は直接, は秀吉, は種々, は能, は苦しい, は蓋し, は要するに, は見た, は言えぬ, は言えません, は言わなかった, は訣, は認めなけれ, は近年, は近所, は返す返す, は頗る, は黙っ, ばかりです, ばかり考え, まですっかり, もあなた, もあの, もありゃしない, もありやしない, もあるであろう, もいつも, もうれし, もおこりません, もたしかに, もな, もほんと, もほんとう, もみんな, もよかっ, もわかった, も争われない, も伸子, も再三, も原因, も同じ, も多く, も多少, も少なく, も御座います, も思い出される, も憶, も承知, も推測, も有り, も有ります, も現実, も矢代, も知った, も考へ, も考へられる, も耳, も見落せない, も話し, も間違い, も関係, やこの, やそれら, やそんな, やらそれ, やらまた, や何, や母, や私, らしかった, をあった, をあの, をありがたく, をいつも, をおもいだし, をお母さん, をお許し, をかれ, をこれから, をさとっ, をさも, をさらに, をしっ, をしなけれ, をしゃべっ, をそこ, をそして, をたしかに, をただ, をちくちく, をついで, をどれ, をなん, をね, をふしぎ, をめずらし, をも知った, をやれ, をより, をよろこび, を一気に, を一生, を世間, を中途, を主人, を二人, を云ったら, を云わない, を今想起, を何人, を半蔵, を反映, を咎める, を大, を妾, を宮, を寧ろ, を岸本, を当時, を得意, を忘れなかった, を怒っ, を思いあわせ, を思いおこし, を思いだしました, を思わしめる, を思わせた, を怨ん, を恥じる, を悟り, を悟りました, を悟るであろう, を悲しん, を感じさせ, を感じさせた, を感ぜず, を憤っ, を打ち明ける, を教え, を断言, を昨夜, を書きつけ, を最初, を未だに, を果し, を歴史, を満足, を特筆, を理由, を申し上げ, を申せ, を痛快, を直感, を相手, を知らなけれ, を知らぬ, を破る, を示唆, を突然, を第, を米友, を経験, を繰り返し, を考えね, を考えれ, を聞かされた, を自分自身, を自慢, を自白, を苦々しく, を行, を裏書き, を見出した, を覚り, を言い出す, を言おう, を話したら, を誌, を認めない, を読んだ, を諸君, を謂, を責め, を貴女, を金助, を難, を顧み, 無い, 申す迄も, 言ったこと

2 [1820件 抜粋] あつて, あるかい, あるん, おわかり, かいかに, かここ, かと, かと私, かまたは, からだった, からでした, からふと, からも想像, から他, から名づけられた, から思いつい, から推測, から生じた, から結婚, か今年, か半, か平次, か皆, か肝心, か返事, があったらしい, がありまする, があッ, がいま, がおます, がかつて, がごぜ, がじき, がそれほど, がだんだん, がつ, がどうやら, がなに, がねえだ, がほ, がみえ, がもと, がわからなくなる, がバレ, が一眼, が了解, が二回, が何で, が俺, が出来, が分かります, が判れ, が却って, が取り返し, が嘗て, が執念深い, が奇妙, が如何, が察せられた, が少なくも, が帝, が当る, が忘, が思ひ出され, が恐ろしかっ, が悲しい, が愉快, が振り, が最も, が本当に, が歴史, が淋しい, が無念, が画餅, が直ちに, が窺い知られる, が続い, が見出されるであろう, が解らなかった, が言えない, が許せなかった, が豹一, が遺書, が間違, ございませぬ, さえなく, さえ知らない, じゃあねえ, じゃございません, すら忘れ, するの, その中, その頃, だお, だけでも大きな, だけはどう, だけはわかった, だけは想像, だけは氣, だけは解っ, だったろうか, だとも, だらうね, だろうに, ってなかっ, であったろうと, であり何, であり而, であるので, であろうよ, でおれ, でございますな, でしたか, でしょうあの, ですこれ, でそれから, ででも, でないし, でなくて, ではござりませぬ, でもあったろう, でも明らか, で事情, で伸子, で問題, で小さな, で急, で日吉丸, で有名, で知る, で遂に, とおもう, とそのまま, となろう, とはならない, とは縁, と二人, と今度, と君, と平行, と死んだ, と考えられます, と非常, ないじゃ, ないのよ, なぞない, などから考える, などがこの, などすっかり, などなかっ, などはその後何度, などは今, などは少し, などまったく, なども思い出され, などをお, などを夢, などを思い出しました, などを知, などを記憶, などを附け加え, など気, など誌, なら何, なんかはすっかり, なんぞない, にあたる, にいくら, にしなき, にすぎなかった, にちがいありません, についてはすでに, についてもはや, について素子, になりましょう, になるであらう, にはいろいろ, にはそれら, にはまず, には何ん, には吾, には実に, には御, には気づかなかった, には理由, には間違, にもならない, にも気がつかない, によった, によってもおよそ, にテレ, にロマン趣味, に仰天, に兄, に同意, に喜ん, に始, に対しその, に対する感謝, に庭, に心づいた, に思われた, に懸つ, に比べれ, に深い, に理由, に疑ひ, に相, に致命的, に農民, に過ぎない, ねえん, のできる, のない激しい, の云, の凡て, の名残, の如何, の愚, の最初, の真似, の罪悪感, の話, はあたし一番, はあらそえない, はあるいは, はいい, はいくぶん, はいつ, はいまだ, はおま, はきみ, はご, はすこしも, はそこ, はたかが, はたとい, はとうてい, はとり, はないだらう, はなんとも, はねえや, はべつに, はまだかつて, はみんな間違い, はやりとげる, はよほど, はわが, はゐた, はクリストフ, はジャン, はフランス, はモスク, は一般的, は三日, は不当, は争われぬ, は二三度, は今に, は伯爵, は何となく, は何處, は俳優, は僅か, は八五郎, は内緒, は凡そ, は出来る, は分る, は別れさせた, は原著, は古今東西, は只, は同様, は吾人, は單, は夥しい, は大変私, は失敗, は始終, は嬉し, は官兵衛, は小僧, は尠, は已に, は幾たび, は店, は往, は後年, は必ずしも, は忘れろ, は恐らく, は恰も, は承知, は数学, は新た, は日本文化, は明かであり, は書く, は最初, は未曾有, は松, は次々, は毫も, は海, は物, は猜知, は珍しく, は申しわけ, は疑ない, は疑問, は皆んな, は直, は知られ, は私ども, は立派, は維新, は考へられない, は聽, は致しません, は西洋, は覚った, は言った, は認め, は認める, は諸, は賢明, は長屋, は雑誌, は首肯, は魂, ばかりでなく, ばかり書い, ほど能登守, までそっくり, までは知つて, まで思い出した, もありうる, もあるでしょう, もう一つ, もかう, もござりますが, もした, もそれから, もちろんである, もはなはだしい, もまちがい, もわたし, も三度, も似, も出, も別に, も合点, も声, も実に, も尠, も彼女, も念頭, も思はれる, も悪い, も意識, も最も, も正三, も殘念, も疲れた, も目, も知らなけれ, も確, も考えられた, も薬屋, も言えない, も記され, も非常, やさかい, やら知れません, や一家, や幾人, や手, や自分, ゆえさだめし, より以上, をあい, をありのまま, をいかにも, をおこっ, をおもいだしました, をかくし, をきまり, をきわめて, をご存知, をさとる, をしでかし, をしるし, をせめて, をそれとなく, をたずねました, をつけ加, をともかく, をなげい, をぬかす, をはじめ, をほんの, をみな, をもし, をも示す, をやらせ, をよもや, をわびた, を一々, を一毫, を不審, を乳母, を二三, を云わん, を今ここ, を伝える, を信じる, を先, を写し, を前, を半, を叙, を口走っ, を可, を吐かす, を含め, を咎めた, を喜ばぬ, を嘆い, を報ずる, を大変, を如何にも, を婉曲, を宛, を家, を察した, を少なから, を幾度, を当然, を復習, を忌々しく, を快く, を思い出さない, を思い合わされ, を思い起す, を思ひだし, を思ひ浮べ, を恐ろしく, を恨んだ, を悟っ, を惜しむ, を感, を慥め, を我々, を打明けた, を探り出した, を教えられ, を斥, を早く, を時々, を書きます, を最も, を楯, を歌, を沢山, を焦慮, を現実, を申しわけ, を發表, を知らされ, を知らん, を知ろう, を示すであろう, を秘し, を細か, を美奈子さん, を考え出す, を聞かれた, を脅迫, を良い, を要約, を見なけれ, を見逃す, を観念, を言わなけれ, を記述, を話しかけた, を語り出す, を諒解, を諷した, を警察, を軽はずみ, を返事, を鋭く, を零しはじめた, を驚い, 幼い者, 悲しいばかり, 申すまでも, 第三

1 [13003件 抜粋] あいての, ありますねんと, あるなあ, いうこと, おぼえて, かある, かさも, かただならぬ, かとも想像, かと思はれる, かと誇り, かは分らない, かも知らぬ, からそうした, からもさう考へられる, から中納言, から十分, から学校, から惡人共, から測定, から自分, から遣繰, かユンケル氏, か伝馬船, か君, か客観的, か感ぜられなくなっ, か歓び, か直立, か蓋, か陰気, があったら訊い, がいく, がうなずかれます, がかうなる, がこれ程, がしれ, がそれで, がとんだ, がぬき, がぼく, がやけ, がわるい, がフォイエルバハ, が一目りょうぜん, が主人, が人間, が余計体, が八たび, が切ない, が南宋初期, が向島, が報ぜられ, が如何にも, が察し, が幸い, が徴知, が思わせられる, が意義, が披露, が数学, が春日, が本宅, が此等事態, が泥棒, が無理, が異, が知らぬ, が私用, が結局石油, が胸, が蟠り, が解れ, が諸国銘酒, が辛うじて, が違っ, が雑史野乗, が高時, こそ夢, ございました, さえどうも, さえ夢, さね兄弟, しか出来ない, じゃこれから, すらお悔やみ, すら恐懼, そうしてその, そして作家, そして風, その堂, その消息, それから一昨夜私, それから若し, たとえばこの, だけが寝, だけでもなみなみ, だけはいちおう, だけはわかっ, だけは忘, だけは私, だけをハガアスさん, だけを知っ, だこれから, だってあった, だつたらうが, だもう, だらう別に, だろう後で, だ特に近頃, てまえ, でありながら, であり玉鬘, であるのみ, である私, であろう宗教家, でかの, でございまするか, でしょうネ, ですのに, でとっくに, でなく人間性一般, でぼく, でやっと, で一寸見, で二日, で併, で利き目, で喜惣, で太后, で小さい, で御座いますとも, で新子, で此日, で滿, で知れる, で而, で読者, で門人, といたし, とが知られる, として恐らくは, とつながった, とて既に, とに在る, とは夢にも, とは違つて, とをきれ, と並ん, と分つた, と存ずる, と彼弘安, と恐, と松野さん, と皆, と自家撞着, と造りぬ, ないくらい, ない人, なくそれ, なぞがそれら, なぞも思ひ出され, なぞ自分, などが, などが実隆, などが話し出された, などちゃんと, などにつまらぬ誇, などはちっとも, などは忘れた, などは角兵衛, などもつぶさに, なども思い出し, などわすれ, などをよく, などを屡々, などを手短, などを聞い, などローリイ, など小田さん, など思われます, など聞き, ならぜひ, なんかこれ, なんか絶対, なんてそりゃ, においてそう, にきまった, にしかならない, にたいしましては私ども平和外交, についての御, については今私, については正確機敏, について一通り, について彼女, について答, につきここ, になつたわい, にはお, にはすこしも, にはなんで, にはジンギスカン, には五挺, には冬, には土岐家, には山分け, には折, には来る, には灯明, には硫黄ヶ滝, には若き, には重大, にふれ, にもうすっかり, にもぶつかった, にも少し, にも疑い, によってかえって, によっても少く, によって初めて, によって師匠, によって構成, によって藤村, によりましても前生, にポポ父子, に今度, に内儀, に右門, に大村, に対しこっち, に対してひそか, に対して日本, に対する咒咀, に帰すべきである, に思い, に感, に日, に正しく, に気づいたらしい, に狂暴, に私ども地震学者, に罪, に花田君, に起った, に雨, ねそれ, のある放, のせい, のない懐かしい, のはじめ, のマネゴト, の何事, の問題, の尻, の応用, の断片, の無い正しい, の立証責任, の覚え書き, はあきらめる, はあり得べき, はいっこう, はおかみ, はかう, はこれ吾人, はご覧, はじきに, はそして, はたぶん, はとどめ, はなんら, はますます, はみんなほん, はやつぱり, はわが身, はクレルヴァル, はナガレ目, はモーツァルト, は一囘, は三人とも, は不祥千万, は乏しき, は云えません, は今夜, は伊藤野枝, は何故, は俳句, は先頃, は其時ぎり, は出版当時, は別項, は勝家, は卵, は古墳, は吏道, は咄嗟, は囲炉裏, は墺太利, は大師, は奇縁, は子供達, は実隆, は専門, は山太郎, は幕府, は建物, は後人, は忘れず, は思わず, は悲しむべきで, は憤怒, は捕物作家クラブ, は数日, は既引, は明治, は曲げられない, は本書, は柄, は次年戊子元日, は武江年表, は比類, は河内赤坂, は清子, は無知, は玉太郎, は申しあげ兼ねる, は疑ひありません, は皆僕, は瞭然, は磯祭, は空前, は素子, は美しい, は職業がら, は自身, は若狭屋, は蝶子さん, は見逃すべからざる, は言わば, は誤りだらけ, は資本主義工業, は近世二三, は違えない, は鎌倉, は隣組, は類聚歌林, は魚, ばかりを後悔, への羞恥, またはこれ, まだその, までそ, までもまた, まで怖, まで話しまし, もありましねえだ, もいまいまし, もおもしろ, もこうした, もしくは生存, もただ一度, もない恐し, もはつきり, もみんな年寄, もソヴェート文学, も一途, も二人, も会うた, も内, も却って, も含め, も姉, も小林少年, も幾晩, も忘れられません, も想いやられる, も政府, も時効, も極, も気付かぬ, も犯人, も白状, も社員, も考えら, も英吉利, も言われ, も起らぬ, も附記, やさ, やみつ, やら人形, やろうと, や両手, や口, や子, や恋人, や次郎, や米国人, や見聞き, や青森, ゆえ本人, よりもあて, より普通, わかりました, をいいだした, をいま人間, をうなずかせる, をおもい出し, をかなしみ訴える, をけっして, をさせ, をしないなら, をすでに漠然と, をそれ, をつつまず, をなさらぬ, をば明白, をほのめかし, をもあげ, をもわれわれ, をも想い出した, をも過度, をやりとげよう, をわすれない, をズバズバ, をホント, を一代, を下男, を二倍, を人なつこ, を以て何, を伺つて, を信じこませる, を免, を切なく, を北風, を友田氏, を合理化, を呟, を喋り合った, を噛み反し, を夢心地, を奇異, を嫂, を察し得る, を嵬, を幾重にも, を後々, を忘れぬ, を思いやられる, を思い返す, を思想史上, を恥ぢ, を悟られ, を想い出しました, を感ぜさせる, を我が, を指し, を数, を早速, を書き止め, を材料, を横田, を歩き, を気まり, を浪, を焼跡, を生, を異口同音, を直ぐ, を知ってるであろう, を知るべき, を神苑, を簡單, を縷々, を考えよう, を聞き及ん, を自責, を血, を見るなら, を覚る, を言っとる, を訝しく, を誇大, を読む, を貝原, を述べるであろう, を野中さん, を雲井, を體驗, 亡くなる前, 其の時, 又はそれ, 実に久しかっ, 思い出して, 故にあの, 早ね, 決してよい, 知っとる, 言うちょ

▼ たもの~ (71050, 4.1%)

4879 である 32612056 では 1742 です 1686 ですから 1213 であった 1173 だと 1089 だから 949 らしい 863 だった 808 だが 747 がある 676 であろう 632 であるが 601 のよう 489 でしたから 471 と見え 436 と見える 428388 であつ 377 であらう 370 でも 366 があった 364 であること 361 でした 358 であります 337 なの 326 であると 308 に相違 297 だろう 289259 はない 256 と思われる 252 ですが 233 であるから 221 だという 217215 もある 214 であって 207 だつた 206198 だそう 190 に違い 188 でその, でなければ 172 があります, でしょう 159 とみえる 156 じゃない, であったが 154 とみえ 153 でございます 152 と見えます 146 が多い 140 であろうと 139 と見 137 の中 128 ですね 126125 だろうと, でそれ 124 と思はれる 123 じゃ, であ, でせう 121 かどう 118 だな 112 なん 109 と見る 107 がない, だったが, とすれ, にちがい, のやう 103 があつ 99 だね, は何 98 ですよ, もあった 97 であるという, でない 91 と思う 90 かその, でこれ 89 はなかっ 88 らしかった 87 であろうか 84 だよ, に過ぎない, はその 83 でないこと, になっ 81 がありました, でこの 78 かそれとも, があっ 75 から作る 73 であるか, でございますから, と思っ, ならば 72 に外 70 だろうか, を見る 69 とする 68 と思われます 67 がこの, だらう 66 はこの 65 と言 64 かも知れない 63 でありました 60 が, と考えられる, になる 5857 に他, に違 56 が多く, はありません, を感じた 55 でご, よ 54 でしょうか 53 かな, があり, といっ 51 と信じ, は一人 50 と想像, のうち 49 もあります 48 で私, と思ふ, もあり 47 でありますが, であろうが, にし, を持っ 46 でしたが, もありました 45 かそれ, であったと 43 ですからね 42 でありますから, と考え, と見られる, なので, は実に, は誰 41 が今, じゃありません, で今, らしいが 38 とみえます, の方, を感じ 37 である事, となる, は一つ 36 であったの, と私, を見 35 かこの, がその, だつたが, でありまして, は自分 34 だったの, となっ, はそれ, も少く 33 が多かっ, でございましょう, と見なけれ, と解せられる, に 32 が出, だらうと, もない 31 かもしれない, でないと, ということ, を見た 30 か私, であるに, のこと 29 かと思う, でありましょう, ですな, と云, なること, はなく 28 かも知れぬ, はただ, は彼 27 が急, だか, であるといふ, と思はれます, もあつ, らしいの 26 だとは, であったこと, であったろう, と推定, は無い 25 ですか, でなくては, を私 24 が何, だし, であったに, であるらしい, でなくて, で彼, と思います, と考へ, と見えまし, をその 23 だとも, と考える, の様, らしいと

22 [16件] かあるいは, かお, か急, があろう, がなかっ, ださうだ, だろうかと, でございますが, で今日, とし, と察せられる, と見れ, は他, ばかりである, をお, をまた

21 [12件] かも知れません, が一つ, が後, であったから, でありながら, でお, でござる, という, はあるまい, らしく, を持つ, を読ん

20 [16件] がそれ, が一人, が今日, が少く, だとの, だろうが, でありその, であるかを, でしかも, でないという, と仮定, にすぎない, はこれ, はやはり, ばかりで, を今

19 [15件] だといふ, だなあ, だろうという, でそこ, で中, といえ, といえる, と考へられる, と考へる, と解釈, になつ, の上, はなかつた, は実は, は皆

18 [13件] かと思われる, かと考え, かまた, か今, か何, か或は, じゃねえ, だからね, でありそれ, で御座います, で自分, も少なく, を自分

17 [12件] が沢山, が私, であるの, である以上, であれば, といえよう, と同じ, と見えた, は私, もあれ, も多い, らしかつ

16 [22件] がありません, があれ, が即ち, だとか, であっても, であるかも, であるのに, でございました, でまた, で其の, となった, となつ, とばかり思っ, と思いこん, と思った, と思われた, な, になった, は今, もあろう, をもっ, を出し

15 [26件] か或いは, があるらしい, がここ, が多, が無い, さね, であるかは, であろうという, であろうとも, でございますよ, ですねえ, でないから, と解し, なり, にする, になり, にほかならぬ, に過ぎぬ, のなか, は恐らく, は決して, ばかりだ, をこの, を書く, を着, を読む

14 [15件] かそこ, かまたは, が他, が次第に, だねえ, だらうか, であるし, で何, とは思われない, と思い, と思え, と解する, はある, もあっ, を集め

13 [17件] か彼, が彼, じゃな, だけれど, だったから, であったらしい, であの, でげす, でさ, とおもわれる, と信ずる, にほかならない, に過ぎなかった, に過ぎません, はどう, は無, もなく

12 [33件] かこれ, かとにかく, かと思案, かまだ, がだんだん, が自分, ださうである, だわ, であり, であり従って, であるかの, であるならば, であろうかと, でここ, でそして, でつまり, でね, で人, で少し, で決して, というの, として, なのよ, はそこ, は多く, は大抵, は必ず, もまた, らしかったが, をそのまま, を感じる, を手, を書いた

11 [42件] かいずれ, かわからない, か知らん, がそこ, がたくさん, が大, が幾つ, が最も, だなと, だの, でありませう, でありまた, であるかという, であるとの, であるとは, であるよう, でございましょうか, でございますね, でしょうね, でまだ, で後, で日本, と, としたら, となり, と思つて, と考, と見るべきである, なれば, にせよ, ねえ, のため, の内, はあの, はお, はみんな, はもう, は仕方, は勿論, もなかっ, らしくあります, を発見

10 [35件] かそう, かと考えた, かもう, かわかりません, か影, か自分, が少し, だからな, であったので, であるだけに, ですからな, ですわ, で大, といふこと, といわなけれ, といわれ, とも考えられる, と云う, と思, と思い込ん, と思ひます, と考えられます, と認める, なる事, にある, にしろ, はたしかに, はどんな, はまた, はみな, もその, らしく思われる, を何, を少し, を書い

9 [51件] かあの, か分らない, か平次, か知らない, がただ, がなく, が二つ, が人, が作る, が残っ, が胸, だけれども, であったか, でありません, であるけれども, であるとも, でしょうな, ですなあ, ですなわち, で他, で非常, とされ, とは言, と判断, と存じます, と想, と自分, と見た, と言っ, と認められ, と認められる, にご, になつて, には相違, に對, に限る, はおそらく, はございません, はなん, はほとんど, は人間, は例, は次, は殆ど, も多かっ, も沢山, らしいから, をそう, をただ, をよく, を入れ

8 [65件] かしら, かということ, かもしれぬ, か女, か姿, か少し, か突然, か誰, がいた, がお, がまた, が二人, が人間, が実は, が少なく, が感じられる, が有る, が段々, が非常, さえある, じゃア, ださうです, だったと, だろうな, であるので, である場合, でいずれ, でさえ, でしょうが, でただ, ででも, でないの, でやはり, で子供, で本来, で此, で現に, といわね, とした, として私, との間, とみえまする, とも見られる, と云つて, と思わるる, と思われ, と思われまする, と断定, と早合点, と言う, には, はありませんでした, はいずれ, はさ, は今日, は何人, は前, は第, もそれ, らしくその, をいう, をそこ, を一つ, を出す, を見れ

7 [104件] かと云, かにわかに, かね, かまるで, か今度, か今日, がいない, がこれ, がすなわち, がそのまま, がそんな, がなかつた, がもう, が一度, が出来, じゃから, だからと, ださうだが, ださうな, だそれ, だとして, だのに, であったろうと, であっては, でありそして, でありましたから, であるかと, であるところ, であるにも, である限り, ですかね, ですがね, でそんな, でないかと, でない事, でよく, で一つ, で之, で人間, で同, で多分, で特に, で誰, という意味, といわれる, とおも, とこう, としか思われない, としか考えられない, としてある, と云え, と云っ, と云わね, と傳, と思いました, と思はれ, と思わなけれ, と想われる, と感心, と推察, と考えた, と考えなけれ, と考えられ, と見えました, と見るべきであらう, と覚しく, なら仕方, にちがいありません, に相当, に見え, に見える, のみで, はすべて, はたとい, はどこ, はほか, はまだ, はまるで, はもはや, は全く, は全部, は右, は大, は大きな, は少く, は意外, は極めて, は神, は稀, ばかりであった, ばかりです, も, も亦, も多, らしいこと, らしいので, をこれ, を今日, を全部, を口, を感じさせる, を更に, を求める, を返し

6 [151件] かいつ, かとその, かとも思われる, かと思います, かと思った, かと思ふ, かと考へ, かと途方, かどうか, か不思議, か判然, があの, があるだらう, があるらしく, がいつ, がいつも, がいる, がかなり, がつい, がまだ, がやがて, が今度, が俄, が出た, が出来る, が外, が幾ら, が感じられた, が流れ, が現われた, が現在, が真, が真に, が第, が蘇り, じゃろう, ぞ, だけで, だけど, だこれ, だその, だったろう, だつたの, だなどと, だろうね, であったかも, であったろうか, であらね, であるそう, であるそれ, であるとか, であると共に, であろうとの, でおれ, でこんな, でございませう, でござるが, でしたよ, でして, でそのまま, でそれら, でな, でないといふ, でなかった, でなかなか, で例, で其, で即ち, で同時に, で多く, で実に, で家, で当時, で普通, で無論, で第, で薄, というほか, とは思はれない, とも思われる, と信じた, と全く, と同, と同様, と察せられた, と察せられます, と少し, と心得, と見るべきであろう, と解釋, と認め, と認められた, なのに, にあらず, にございます, にしよう, にち, になりました, になります, には違, による, に見えた, のみである, はいわゆる, はきっと, はここ, はことごとく, はそう, はまず, は一度, は代, は何で, は何ん, は単に, は即ち, は唯, は実際, は少ない, は必, は必ずしも, は急, は悉く, は日本, は永久, は畢竟, ばかりだった, ばかりな, もありません, も今, も多く, も少から, やら, らしいという, らしいん, らしく思われた, をここ, を今更, を他, を出版, を大, を彼, を意味, を拾っ, を採用, を目, を相手, を見せ, を見ない, を読んだ, を選ん, を食べ

5 [192件] かあまり, かさっぱり, かそんな, かとそれ, かとんと, かと思っ, かと迷っ, かほとんど, か二人, か伝六, か知らぬ, か見当, か足, か迷っ, か間もなく, か顔, があったら, がいくつ, がいくら, がございます, ができる, がどうか, がどうして, がどれ, がわたし, が三人, が主, が今や, が好き, が幾人, が心, が時, が来た, が決して, が浮び出, が皆, が身, が過ぎた, じゃあない, じゃが, じゃて, たること, だがね, だこの, だぞ, だったという, だらうかと, だらうな, であったかと, であっただろう, であった事, であと, でありこの, でありこれ, であるかが, であるため, であるとして, であろうこと, でいわば, でいわゆる, でおそらく, でございまして, でござろう, ですし, ですもの, でないか, でなく, でなくその, でなくとも, でもあった, でもし, で一方, で丁度, で先生, で前, で単に, で実は, で彼女, で御, で或, で昔, で是, で最も, で次, で殊に, で長, とある, というべきである, といふ, とお, ときめ, として感じ, として見る, として解釈, としなけれ, とせられ, とはどうしても, とは思われぬ, とみえまし, とみゆる, とみられる, とも思はれる, とも思われません, とも考へられる, とも解せられる, と今, と合点, と寸分, と思ひ, と思へ, と成っ, と推する, と推測, と推論, と早, と知れた, と考えられた, と考へられます, と見なし, と見ゆる, と見られ, と観, と認定, ならその, なるが, にすぎなかった, にすぎぬ, に就い, に間違, に非, のない, のほう, の他, はあと, はあまり, はいったい, はいつも, はいなかった, はかの, はこんな, はそのまま, はどんなに, はもちろん, はわずか, は一体, は再び, は君, は外, は多い, は容易, は實, は少し, は後, は思わず, は既に, は是非, は更に, は此, は目, は相当, は社会, は私自身, は結局, もいる, もこの, もなけれ, やまた, よと思うた, よの, らしいな, をいかに, をすっかり, をそれ, をだんだん, をみんな, をよむ, をよん, をわざわざ, を云う, を今度, を内, を再び, を含む, を後, を思い出した, を持ち, を指し, を探し, を胸, を誰, を買, を食

4 [314件] かある, かいきなり, かいつも, かしばらく, かすぐ, かそういう, かそのまま, かつい, かと考へた, かと迷った, かどこ, かどっち, かはっきり, かもう一度, かも知れなかった, かやはり, から見る, か不明, か他, か何とも, か例, か博士, か又は, か右, か小, か御, か明かでない, か最初, か父, か知ら, か知りません, か近頃, があったであろう, があるだろう, がい, がいい, がいかに, がいよいよ, がいろいろ, がこう, がこんな, がご, がし, がたちまち, がついに, がどう, がなけれ, がはいっ, がはなはだ, がふい, がよく, が一時, が一番, が之, が住ん, が入れ, が再び, が出る, が初めて, が動い, が大勢, が後に, が悉く, が手, が既に, が有った, が活字, が無かっ, が無数, が父, が目, が相当, が眼, が確か, が突然, が置かれ, が自然, が誰, が逆, が遂に, が頭, じゃございません, じゃのう, だあの, だったかも, だったし, だったに, だて, だとかいう, だなど, だろうその, だア, だネ, であったであろう, であったろうが, であらゆる, でありそうして, でありそこ, でありましたが, でありましょうが, であり又, であり得る, であり而, であるこの, であるしかし, であるとしても, であるのみ, であれ, であろうとは, でいつも, でおよそ, でかなり, でがす, でけっして, でこれから, でございますねえ, でござるな, でごぜ, でさあ, でしか, でしたがって, でしてね, でしょうそれ, ですけれど, ですけれども, でそれから, でそれで, でつい, でない限り, でなし, でへ, でもう, でもと, で一人, で一寸, で一種, で上, で且つ, で主として, で全く, で勿論, で各, で団十郎, で大体, で大倉集古館, で常に, で平次, で庭, で彼ら, で後に, で従って, で徳川時代, で所謂, で支那, で既に, で最初, で有ろう, で江戸, で畢竟, で神, で立派, で西洋, で足, で門, というしかない, というよう, とおもう, とかで, とさ, としか思はれない, としか思われなかった, としか思われません, としてもその, として初めて, として彼, として理解, として説明, とするなら, となつて, となるであろう, とのこと, とのみ思っ, との区別, とはいえ, とはいえない, とはまるで, とは全く, とは思われません, とは違う, とも取れる, とも言, とわかりました, と一致, と信じます, と信じ切っ, と分った, と存ぜられます, と思える, と申し, と申します, と相, と看る, と確信, と考えね, と考えます, と考へられ, と見ね, と覚しい, と観察, と観念, と言え, と言わなけれ, と言われ, と認めね, と説明, と諦め, なあ, ならそれ, なら自分, なんで, にこれ, にとつて, にはちがい, には違い, にも見える, によつて, に思われ, に眼, に過ぎまい, に限られ, の為, はあるいは, はいう, はいかなる, はかえって, はかかる, はかつて, はすなわち, はそういう, はた, はたいてい, はたった, はだんだん, はどれ, はないだらう, はまさしく, はやっぱり, は一, は一種, は之, は云う, は何と, は何一つ, は作られた, は僕, は割合, は却って, は同じ, は常に, は影, は彼女, は或, は或いは, は手, は昔, は果して, は殆, は無かっ, は無数, は甚だ, は確か, は西洋, は見, は遂に, ばかり, もあらう, もございます, やらさっぱり, らしいよ, らしく見えた, をお前, をと思う, をどう, をなん, をまだ, をもう, をもつ, をやる, を一, を一々, を一層, を作り, を保存, を借り, を取り, を同封, を心, を愛読, を拝見, を指す, を書かう, を水, を用, を用い, を用いる, を見たら, を覚え, を讀ん, を買っ, を運ん, を選ぶ, を頭, を食う, を食っ

3 [623件 抜粋] かあと, かあわて, かあッ, かいっこうに, かここ, かさ, かしらん, かすこし, かただし, かたちまち, かと, かとおもわれる, かともかく, かとも思はれる, かと思, かと私, かと迷, かどうも, かどんな, かなかなか, かの, かもしくは, かやがて, から順々, かわからぬ, かパッ, か一, か一寸, か一度, か世にも, か二, か以前, か但し, か何ん, か兄, か八五郎, か其の, か其處, か再び, か困っ, か妹, か存じません, か宿, か後, か想像, か手, か日本, か暫らく, か栄三郎, か此, か死ん, か男, か眼, か空, か聞い, か途中, か静か, か非常, か頗る, があなた, があらう, があるであろう, があるでしょう, があるなら, がいつか, がいつしか, がいわゆる, がうた, がこみあげ, がございまし, がござる, がすぐ, がそういう, がそれぞれ, ができ, がどこ, がふつ, がほか, がほしい, がほとんど, がよい, がわずか, が一杯, が一般, が二, が二三人, が今一つ, が今年, が僕, が全く, が其, が其の, が単に, が却って, が壁, が多少, が大体, が夫, が好く, が実に, が必ず, が忽ち, が感ぜられた, が或, が案外, が極めて, が此, が歩い, が浮ん, が消化, が無く, が煙, が現れ, が甚だ, が発見, が神, が胃, が舞台, が落ち, が見える, が足, が金, が陸, ごしの, さえあった, じゃあねえ, じゃあるまい, じゃが今, じゃそう, じゃないでしょう, じゃなし, じゃよ, じゃわし, じや, そういうもの, たるに, だぜ, だったけれど, だったな, だったので, だって, だつたらう, だとさ, だどう, だらうといふ, だろうかという, だろうよ, だん, だナ, だ相, であったけれども, であったそう, であったという, であったとの, であったよう, であった場合, であらざる, でありませうが, であり今, であり他方, であり現実, であり超越的, であるかといふ, であるかに, であるまい, であるらしいこと, である今, である故に, であろうから, でかかる, でかく, でかの, でこ, でございますな, でございますなあ, でございませうか, でございませうな, でしかし, でしてな, でしょうかな, でしょうかね, ですっかり, ですって, ですでに, ですと, ですわね, でそう, でそういう, でその後, でそれでも, でちょうど, でちょっと, でとうとう, でとても, でどの, でないだけに, でないもの, でなくまた, でふだん, でほか, でほんの, でまるで, でもとより, でゲス, でサ, で一, で僕, で元来, で初めて, で古い, で大抵, で女, で如何にも, で寧ろ, で幼稚, で建物, で形, で御座いましょう, で御座いませう, で心, で必, で必ずしも, で手, で日本人, で時, で有る, で江戸時代, で無く, で特別, で犬, で相, で簡単, で素人, で結晶, で要するに, で長い, で面白い, で馬, といったほう, といつ, といふ意味, とがある, としか思えなかった, としてこの, としては, として今, として扱われ, として非難, としなく, とせ, とその, とならなけれ, との関係, とは云, とは又, とは思えなかった, とは異, とは言い, とは言えない, とばかり考え, とほぼ, とみ, ともいえる, ともとれる, とも思はれぬ, とも思われます, とも想像, とも考へる, とも解釈, とわかっ, と一緒, と信じられ, と信ぜられ, と共通, と判った, と安心, と察しられる, と心, と思い込み, と思ひこん, と思へる, と思召, と感じ, と感違, と推断, と断言, と斷定, と比べ, と比較, と知っ, と知った, と考へた, と聞く, と見へる, と見られない, と見るべきで, と覚悟, と解した, と解すべきである, と言わね, と謂, と違, と鑑定, などもあった, なら, ならすぐ, なら何, にございまする, にした, にしたい, にしなけれ, にはすぐ, にはやはり, には自分, によく, に与える, に取っ, に向, に寸分, に左, に思われた, に感じられた, に比べ, に自分, に過ぎなかつた, に違えねえ, に間違い, のみであった, の後, はあっ, はいくら, はいつか, はいや, はおの, はお前, はかく, はございませぬ, はさらに, はすぐ, はそんな, はどうしても, はどんどん, はなかなか, はなんと, はひとつ, はひとり, はほんの, はまれ, はよく, はわたくし, はアメリカ, はカント, は不思議, は世界, は主として, は二度と, は人, は仕様, は伝六, は何かと, は余り, は例えば, は僅か, は先ず, は其の, は別, は又, は古く, は失敗, は尠, は左, は彼ら, は御座いません, は急い, は恐らくは, は愛, は明らか, は最後, は最早, は本当, は格別, は死ぬ, は死ん, は残らず, は比較的, は演劇, は無く, は父, は特に, は現在, は生れ, は生島屋, は病後, は直に, は祖父, は精神, は絶対, は自我, は自然, は自由, は血, は論外, は赤い, は過去, は金, は頭, は食べる, ばかりだつた, もあったであろう, もあるでしょう, もずいぶん, もなかつた, もやはり, も中, も今日, も全く, も可, も幾人, も昔, も相当, も遂に, やらとんと, や或いは, よりほか, よりもむしろ, らしくしかも, らしくそれ, らしくまた, らしく思はれる, をあなた, をいきなり, をいつ, をいまさら, をかぶっ, をさ, をさいかち, をちょいちょい, をとお, をと今更, をはっきり, をみる, をむざむざ, をもと, をやっ, をわれわれ, を一つ一つ, を一朝, を両手, を中心, を丹念, を人間, を他人, を使用, を俺, を先生, を出せ, を別, を取, を受けた, を吐き出した, を含ん, を土地, を多く, を大きな, を大切, を姉, を引っ, を御, を思い出し, を悉く, を感ずる, を我々, を捜す, を探す, を搜, を整理, を書きたい, を書こう, を残し, を焼い, を特に, を用意, を眼, を着せ, を着た, を破壊, を素直, を紹介, を纏め, を置い, を考へ, を自然, を見つけた, を見出した, を読み返し, を読んだら, を追, を選んだ, を集めた, 第二

2 [1822件 抜粋] あるを, かあんまり, かいったん, かきょう, かさて, かしきりに, かたくさん, かつかつか, かとうとう, かとみんな, かと一寸, かと今, かと思いまし, かと思ひまし, かと目, かと言, かなるべく, かは知らない, かほか, かもし, かも知らぬ, かやにわに, からその, かわからなかった, かわたし, かコソコソ, か一日二日, か不, か二三人, か低, か余り, か兎, か刺客, か却, か吾輩, か妙, か実は, か床, か後ろ, か思案, か或, か新聞, か最早, か朱, か止した, か涙, か生れ, か目立たなくなった, か秀吉, か脳天, か花, か詳しく, か返事, か道, か錢形平次, か雪, があったでしょう, がありまし, があるで, がいちばん, がおらん, がかつて, がけだし, がございましょう, がすでに, がそれ自体, がちょっと, がときどき, がなくなりました, がなに, がのち, がふと, がほんの, がもう一度, がわが, がヘーゲル, が一番先, が下り, が並ん, が五段目, が何で, が余りに, が偶, が出口, が到頭, が印刷, が取り, が多かつた様, が実在, が封入, が山, が彼方, が必要, が成功, が所謂, が文学, が時々, が本, が検束, が残った, が浮かんだ, が深く, が為恭の, が無限, が現われ, が生れ出し, が白い, が着い, が稀, が置い, が菜味, が見え, が近頃, が随分, が頗る, こそまこと, さえ感じた, さなあ, じゃあありません, じゃった, じゃないです, すらありました, だお, だがと, だけあ, だけに, だけを書い, ださうであるが, だそして, だったん, だで, だとさえ, だもの, だろうなどと, だッ, だ今日, だ私, であったかという, であったとして, であったよ, であつたらしく, でありしかるに, でありたい, でありカント, であり他, であり恐らく, であり決して, であり第, であるだらう, であるには, である日本, である青木, でい, でいま, でおまけ, できっと, でこれ等, でございますので, でさも, でしたがね, でしょうねえ, ですその, ですのに, でその他, でそれほど, でたしかに, でついに, でどんな, でなお, でなかったの, でなく却って, でなく皆, でぼく, でもなかつた, でわし, でゴリゴリ, でポー, で七, で両, で久しい, で今や, で何れ, で例えば, で兄, で其度先生, で動機, で去年, で只今, で同君, で嘉永二年, で土人, で大切, で娘, で家々, で小さい, で尤も, で幸若舞, で彼等, で必要, で我が, で換言, で早速, で時代, で有らう, で東京, で極, で此方, で比較的, で無茶, で田舎, で画, で眼, で素直, で縁側, で能, で自分自身, で表, で詳しく, で近世, で鉛筆, で障子, で頗る, で駕籠屋, とあれ, という事, といはね, とおもわれます, とかまたは, ときい, としか思はれなかつた, としか見えぬ, としてこれ, としての人間, としてむしろ, として噂, として居る, として感じられる, として眺め, として考へ, とします, とでも解釋, となるだろう, とはし, とは云う, とは別, とは思えぬ, とは根本的, とは見る, とは違った, とばかり思いこん, とみられぬ, とも思へない, とも見える, とわかった, と一方, と世間, と云われ, と信じきっ, と個人, と合火, と同等, と察, と察せられました, と後悔, と思つた, と思ひました, と惟, と推し, と書かれた, と決められ, と直感, と知る, と称せられ, と考えよう, と考えれ, と自ら, と見なさなけれ, と覚え, と解すべきであろう, と記憶, と認めた, と謂わね, と開いた, ども, などが密生, などもそのまま, ならきっと, なら元, なら鞘, にあっ, において身体, にされた, にそれ, になりかかっ, になるであろう, にはその, にはなっ, には景品, には違いありません, にまるで, によって所与, に共通, に取, に対して, に御, に思われる, に接触, に比べれ, に美, に見えます, に過ぎませぬ, に限らず, のみが問題, はあらゆる, はいい, はいづれ, はかならず, はこう, はさておい, はすでに, はそれだけ, はたいへん, はたま, はちょっと, はという, はどうして, はなし, はまあ, はみな検束, はもっと, はマア滅多, はレーニン, は一枚, は一見, は世の中, は事, は二日, は今年, は以上, は何処, は余人, は僅, は全, は内容, は勝, は単なる, は味, は土, は多かっ, は大家, は夫人, は存在, は室生以前, は小説, は少なく, は幾ら, は式亭三馬, は従来, は思想, は感傷的, は抒情, は政府機構, は數, は早, は昨日, は有りません, は本所, は果して実際, は歓び, は死し, は残っ, は海, は爪, は猫, は瑠璃子夫人, は生活, は町, は皺だらけ, は知っ, は米, は老人, は自己, は表現的, は見つからなかった, は評論家, は足, は返さなく, は錯覚, は非人, は顔, ばかりでございます, への憧憬, まである, もありませんでした, もいなかった, もございません, もだから, ももはや, も交っ, も及ばぬ, も在ったろう, も少なから, も手, も無い, も皆, も藤吉郎, やある, やらいっこう, やらまだ, やら誰, ゆえこの, よりもさらに, よりも遙, らしいですが, らしいのに, らしくこの, らしくも, らしく何, らしく引き裂いた巻紙, らしく或, らしく見える, らしく際どい, をあれ, をいくつ, をこ, をさがし, をさらに, をそんな, をとった, をと彼, をなに, をね, をば彼, をぶらぶら, をも赦し, をわざと, を一所, を与えた, を並べた, を二つ三つ, を云, を伝える, を作る, を信用, を兎, を到頭, を勝手, を取っ, を右, を哀願, を基調, を多数, を失ふ, を屆, を常に, を彼女, を後に, を御覧, を急, を感じさせた, を感じます, を折, を持った, を挙げる, を探し出し, を描いた, を数多く, を早く, を暗夜, を東京, を歌っ, を残す, を気, を洗, を渡した, を無, を熱愛, を片端, を直ぐ, を真直, を纒め, を腰, を自由, を表現, を見かけません, を見せる, を見つけ出した, を見ます, を覚える, を試み, を読むべきだ, を負け, を賢い, を踏みつけた, を送っ, を避ける, を食べます, 即ち永遠, 或ひ, 考えられたもの

1 [14255件 抜粋] あきらめ切れない, ある一定, お蘭さん, かうつ, かがね, かさいぜん再三, かずを, かたれ, かといふこと, かとぼとぼと, かと今日, かと後悔, かと村, かと考え始めた, かと魔, かなんかで, かはるか崖, かほとほと, かもつ, からはおよそ, から哲学的, から経験, かを知らない, かツ, かボール紙, か一語, か乱暴, か今回, か俺, か分らず, か十畳, か吊られた, か図画, か天分, か宙, か山, か庭口, か急転的, か手古奈, か文字, か更に, か棺, か水, か満貫, か物置, か留守, か真, か空車, か群衆, か腹立たし, か藩士, か親譲り, か身投女, か郵便局, か雨戸, か駒, があらゆる, がいまや, がくすくす, がしいて, がたしかに, ができます, がにはかに溺愛, がふたり, がみな, がりっぱ, がステッキ, がプロレタリア文学, が一月, が三十五人, が中途, が二木準作, が今回われら, が佐賀, が健康, が八百屋, が出来ない, が勝, が午後, が古来, が問答師, が基礎, が大好き, が奪われた, が家々, が居らんけれ, が幾度, が当時, が忽然と, が成る, が描かれ, が料理場, が昭和十七年頃, が最高, が植込, が殆ど, が流行った, が演じられる, が片づけられ, が生き残った, が百万人, が矢張り今日, が積み重なり, が結局母音, が肉眼, が舞い下り, が虚空, が見た, が言わなくなる, が賀茂川, が込み上っ, が選ばれ, が陳列, が音変化, が高級巫女, こそまさに, ごしでコーヒー, さえ甦える, しかない, じゃがそれ, じゃ何, すなわち音, その真実, たらしめるため, だけが持つ, だけでやろう, だけに人間, だけは取り返さなくっ, だけ書い, だったそう, だつて, だのまた, だろ, だわな, だ信心, だ憚, だ肩, であたし, であったらどんなに, でありいまだに, でありましょうとも, でありプロレタリア作家, であり修辞, であり多分, であり所謂芸術小説, であり特に, であり財産, であるだけ, であるやも, である其の, である殊に, であろうあるいは, であろう南, でいかなる, でおっ, でこういう, でございますあなた様, でござるぞ, でしたろう, でじつに, ですねエ, です町, でそれ等, ででき, でないそれで, でない皆支那, でなくまことに, でなく劣って, でなく横向き, でなく風雨, でほとぼり, でも充分樂, でれいの, でエフォロス, でストーヴ攻, でパーシウス, でワルター, で一杯十銭位, で七草, で下町, で二, で人そのもの, で仏教, で何処, で元禄十六年, で其処, で出品, で刻み煙草, で十八世紀, で口惜し, で周助, で四段動詞, で塔, で大和民族, で太平, で孤児, で宮中, で小生, で左上がり右下がり, で幾ら, で当年三十三才, で御座いますがね, で怪談師, で戯曲, で故, で日にち, で是種, で朝, で松平不昧, で標題, で歩くには, で水戸齊昭, で浅草寺, で濡れ, で物忌み, で甚, で白味噌, で知らない者, で祭能当時, で竹, で維新, で考えて, で自然観, で英文学, で蘆屋, で見るからに, で読んだ, で路用, で郷土的, で銭形, で霙, で餘, で鼓, という概念, といへる, とか役者, ときめこん, としたらしい, としてなけれ, としてはかなり, としては紙鳶, としても差支, として一般的, として優, として取扱つた意味, として弾, として文学, として現れた, として篤, として解し得られよう, として選択, とせね, とでも言う, との二種類, とはきわめて, とはよほど, とは思考, とは見えない, とばかりには思われませな, とみずからそれ, とも思はる, とも解せられ, とを法律, と丸木, と伝へられ, と判る, と受け取った, と女性, と得意, と思わせ, と敗れた, と歎, と甲州, と私たち, と考えられるであろう, と船長初め, と見るべきであった, と解せられ, と話された, と赤糸, どうせ好く, なぞに読みふける, などが諸国, などは今, などを大分, ならあれ, ならどうしてそれほど, なら体温, なら張飛どの, なら猫, なら餓死, なんか一つ, におくれよう, にしか過ぎない, についてあなた, について言, になつた, にはこうした, にはわからない, には別に, には必要, には横尾龍, には眞志, には領主, にみえ, にも書き, によって調べた, に不満, に係る, に包まれ, に変つて, に対しては勲章, に対するある, に座蒲団入, に悪意, に教育, に母屋, に目録, に耳, に見せました, に逐われ, に預け, の, のみに局限, はあらかた, はいまだ, はききし, はさっそく, はすべて皆散佚, はつきとめられませんでした, はなけれ, はほとんど全く, はみんな身, はよほど, はキット内容, はダイナマイト, はベートーヴェン, は一匹, は七十六人, は不味くっ, は九重嶺, は人間三人分, は何名, は僧玄慧, は六七百人, は分館, は北海道料理, は卿ら, は古着払下げ, は命, は困った, は塩湯, は大き, は女性, は実, は小樽市, は川上, は幾ら食つて, は後ろ, は忠興, は愚か, は打算, は教育, は方城, は暗, は本質的, は栄養, は歌枕, は死人, は気持, は消えない, は漢中, は熊, は珈琲, は画面, は百姓, は眞菰, は磔, は突然, は終に, は罰せられなけれ, は能面特有, は芸術本来, は蕎麦粉, は裾, は語頭, は買わず, は近, は遠島, は銭, は雜誌時代思潮, は頸飾り, は魂, ばかりさ, ばかりを読んだ, への報復的アナーキー, へ西洋松露西洋菌, または一番沢山, までの階級, むざむざここ, もおります, もないだろう, もゐるらしい, も充分, も売りはらいきっ, も徳川時代, も本当に, も相当沢山, も見当らなかった, やっとの, やら何一つ, やベソ, や感情, や駕籠, よりはずっと, よりも彼, より婦人作家, らしいですな, らしい推敲, らしくあるいは, らしくなつ, らしく七, らしく十五, らしく彼女, らしく朝, らしく猛追, らしく考へられます, らしく鎌倉右大臣家集, をあなたさま, をうまく, をかぶります, をさえ感じた, をそういう, をちょっぴり, をというふう, をと口惜し, をなつい, をぱく, をぽ, をもそこ, をやってる, をコケ, をハリス, を一回, を一通り, を丸善, を二百人, を以てし, を作っ, を先生小針正治君, を出します, を勘定, を取りあげた, を受刑者, を吐出した, を嗅ぎ出した, を夏, を好みます, を尊ばね, を巧, を引き受けなけれ, を役, を快く, を感じかかっ, を手遅れ, を押しこむ, を持つた, を授かった, を提げ, を数える, を昨年, を来, を正に, を気持, を淘汰, を煮, を甘く, を百個, を眺める, を私ども, を籠め, を置いた, を脱しきれない, を著, を見つけたらしい, を言うた, を読んでる, を贈られた, を追窮, を選抜, を開く, を顕微鏡, を鵜, 入り八九分, 又のびのび, 固くなっ, 必ずしも正しく, 故どうか, 深く秘められた, 等変化

▼ たので~ (49710, 2.8%)

2235 あつた 1168 私は 809 あらう 700 せう 640 彼は 485 ござります 374 それを 182 僕は 152 私も 148 彼女は 142 それが 140 あらうか 128 わたしは 120 二人は, 私の 112 これは 101 あつて 99 それに 89 すぐに 88 急に, 自分の 87 彼の, 自分は 82 あらうと 78 今度は 77 急いで 72 これを, 私が 70 ござりましょう 67 それは 64 半七 63 あらうが 62 わたくしは 54 ござりまする, 何か, 私たちは 53 あわてて, これも 52 かれは 51 驚いて 49 せうか 47 人々は, 非常に 46 他の, 彼も 45 さすがの 43 ござりました, 二人の, 誰も 42 男は 40 今は 39 そこへ, 今日は, 家の, 自分も 38 びっくりし 37 そこに, 彼が, 父は 36 その方, みんなは, 右門は, 眼を 35 その日, 一同は 34 そのため, その時, 三人は 32 それで, 余は, 母は, 気が 31 さう, それも 30 こんどは, ふたりは, 僕も, 彼女の, 彼等は 29 何の, 黙って 28 例の 27 そのままに, ハッと, 女は, 村の, 自分が 26 いそいで, そのま, びっくりした, 今では, 何も 25 さすがに, して, そこから, 一人で, 一緒に, 女の, 安心し, 皆は, 私達は 24 先生は, 彼らは, 見ると 23 ぼくは, 今まで, 手を 22 あつたらう, どうする, わたしも, 父の 21 そのこと, ホッと, 彼女が, 此の, 顔を 20 一時は, 少しも, 彼を, 我々は, 或る, 目を

19 [12件] かれら, ここに, そこの, そこを, それらの, 今でも, 今の, 何を, 安心した, 話は, 豹一は, 近所の

18 きょうは, せうね, その人, その晩, そんなこと, みんなが, ビックリし, 主人は, 慌てて

17 あとは, これに, しよう, せうが, その頃, 後に, 思い切って, 皆が

16 これが, その中, その男, 念の, 日本の, 次の, 秀吉は, 義雄は, 自然に, 部屋の

15 あるならば, ござりまし, そのとき, それから, 今も, 前の, 心の, 私と, 葉子は, 驚いた

14 [19件] この人, しまいには, その場, ちよつと, びつくりし, ほかの, わしは, 二人とも, 博士は, 口を, 右の, 吃驚し, 喜んで, 富岡は, 御座ります, 持って, 気を, 無理に, 私には

13 [19件] これで, その夜, クリストフは, 三人の, 不審に, 之を, 人の, 何事かと, 僕が, 多くの, 娘は, 流石の, 渠は, 直ぐに, 眼が, 聞いて, 自分で, 行って, 誰が

12 [39件] あとから, いまは, おどろいて, お蝶, そつと, その家, その後は, それからは, それには, はござりませぬ, みんなも, わたくしも, 一人の, 一座の, 仕方が, 仕方なし, 何にも, 先生の, 出て, 初めは, 大喜び, 妙に, 妾は, 宗助は, 家を, 少年は, 帆村は, 幸いに, 店の, 後から, 有った, 気の, 水を, 流石に, 父も, 目が, 私たちの, 途中で, 静かに

11 [29件] あツ, いつもの, おれは, この時, この頃, すぐその, すつかり, その後の, その話, その間に, それまで, た, 二人が, 今日まで, 伝六は, 俄に, 僕の, 妻は, 嬉しかった, 学校の, 彼に, 手に, 東京へ, 武蔵は, 母の, 母も, 母親は, 相手の, 頭が

10 [43件] あたしは, お延, かの女, ここへ, こんなこと, ごぜえます, すぐそれ, そのお, その通り, ともかくも, なかろう, はござりますまいか, ほつと, わたしが, わたしの, 一郎は, 中, 久しぶりに, 今から, 今度の, 今日の, 仕方なく, 何事も, 俺は, 其処に, 即座に, 咄嗟に, 多少の, 大に, 家に, 容易に, 弟の, 当時の, 彼らの, 彼女も, 後には, 慌て, 手紙を, 最後の, 腹を, 誰にも, 買って, 足が

9 [47件] あれは, いくらか, いつでも, かれの, この日, これには, しようね, すべての, だれも, ついその, どうした, びっくりしました, ほんとうに, ゆき子は, わたしたちは, 人びとは, 人間の, 何かの, 何心なく, 俄かに, 信長は, 傍に, 初めの, 力を, 叔父の, 土地の, 夜に, 天皇は, 左の, 己は, 庸三は, 彼等の, 敵は, 昔の, 止むを, 母が, 源氏は, 王は, 私を, 窓を, 細君は, 耳を, 胸が, 胸を, 長三郎は, 隣りの, 馬は

8 [81件] あなたの, あらうその, いずれも, いよ, おざる, お前の, お前は, お銀, お雪, かれも, ここには, この辺, これまで, その事, その噂, その女, その後も, その点, その言葉, その金, それと, それへ, それまでは, とう, どうかし, なくして, なんの, ほっとした, よろこんで, われわれは, 一と, 一座は, 一種の, 世間の, 主人の, 二人で, 人に, 今に, 今までは, 代助, 伸子は, 君の, 城太郎は, 声を, 変な, 大急ぎで, 夫人は, 夫婦は, 女中は, 女房は, 客は, 宿の, 實は, 小林君は, 強ひ, 彼女を, 後を, 心配し, 折角の, 文字春は, 最初の, 有つた, 有名な, 本当の, 次郎は, 毎日の, 父が, 王子は, 私に, 翁は, 老人は, 船は, 蝶子は, 足を, 逆に, 道を, 関羽は, 隣の, 頭の, 顔は, 魚は

7 [91件] あとで, あとの, あらうかと, い, お君, お定, お綱, お高, がす, ここで, この上, これ幸い, さうし, せうよ, そう云う, そこには, そのあと, その名, その声, その顔, その騒ぎ, それによって, ひそかに, やつと, わたくしの, ジョウは, セエラは, メグは, 一つの, 不思議に, 久し振りに, 人々の, 今度も, 今朝は, 体を, 何が, 何でも, 僕等は, 兄の, 先に, 先生に, 其れ, 前に, 助かった, 又も, 叔父は, 吃驚した, 君は, 呂布は, 外へ, 夢中に, 大いに安心, 女が, 娘の, 子供は, 家へ, 帝は, 弦之, 彼等が, 御米, 怒って, 息を, 日が, 日の, 早速お, 早速その, 普通の, 最初は, 氣が, 火の, 皆な, 直吉は, 眼の, 祖母は, 私たちも, 私達の, 窓から, 立って, 素直に, 腹が, 自分でも, 自然と, 蚊帳の, 親の, 身を, 返事を, 退屈男は, 連れて, 遂には, 雨の, 頭を

6 [116件] いろいろの, おじいさんは, お徳, お母さんは, お筆, お通, お駒ちゃん, こ, ここの, こちらも, このまま, この二人, この点, これと, さしもの, さっきから, さつ, さてこそ, さへ, じぶん, そこまで, そのうち, その儘, その年, その方面, その足, そばに, それではと, そんな事, だまって, ついでに, つまりは, どうかする, なからう, はござりませぬか, ひとりで, ほかに, もしやと, やっと安心, よく見る, クリストフの, ジョバンニは, ホテルの, 一度は, 一時に, 一行は, 丁寧に, 上の, 丑松は, 中に, 中には, 中将は, 今この, 仕事を, 何う, 何という, 信長の, 俺も, 兎に, 兎も, 出来るだけ, 別の, 右門も, 困って, 夜の, 夜は, 大抵の, 夫は, 妻の, 始めて, 子供の, 室の, 家中の, 寄手の, 帰って, 年の, 幾分か, 庭の, 役人は, 思いきって, 態, 扉を, 斯う, 明日は, 明智は, 時間が, 暫くは, 曹操は, 有ります, 朝の, 止めた, 気がついて, 気に, 町の, 相手に, 相手は, 着物を, 矢代は, 第一, 米友が, 老人の, 蘭軒は, 訪ねて, 許宣は, 誰か, 諭吉は, 警部は, 貞之進は, 起きて, 近くの, 退屈男の, 酒を, 非常な, 飯を, 首を, 馬の

5 [189件] あたりは, あたりを, あなたに, あなたは, あの人, あの時, ある日, おざりまする, おつぎ, お光, お八重, お姉さん, お琴, お目, お粂, お艶, こいつは, こっちも, このごろは, このとき, この事, この機会, この話, これらの, ござらう, しばらくは, そういうもの, そこらの, そのついで, その上, その前, その名前, その手, その新しい, その時代, その準備, その筋, その結果, その音, それでその, それの, ついには, とうとう私, どこか, どこの, なんでも, はじめの, はっと思っ, びつくりした, ふいと, またその, やっとの, よかった, アッと, アメリカの, ヒョロ子は, マリユスは, ロリー氏は, ローリイは, 一つは, 一知は, 一般の, 七兵衛は, 三人とも, 不図, 世の, 世間では, 両方の, 両親は, 両親も, 中の, 主人が, 主人も, 久能は, 二人も, 五百は, 人々が, 人々も, 人を, 今その, 今夜は, 今日でも, 伊四郎は, 伊織が, 伊織は, 佐助は, 何となく其, 何んだ, 供の, 僕達は, 兄は, 六三郎は, 出かけて, 刀を, 刑事は, 前後の, 博士の, 友人の, 君江は, 吾輩は, 周平は, 周章てて, 変だ, 変に, 夏の, 夕飯を, 外の, 夜が, 大へん, 大声で, 大変な, 大笑, 大騒ぎに, 太郎は, 婆は, 子供を, 家には, 家族の, 小坂部は, 少し安心, 岸本は, 巡査は, 己の, 市郎は, 平次は, 幸子は, 床の, 引返して, 彼と, 彼れ, 後の, 後は, 御座居ます, 心が, 息が, 振り向くと, 敬太郎は, 早速この, 昌作は, 昨日の, 時の, 時間は, 月の, 朝から, 朝早く, 来て, 東京の, 検事は, 正直に, 残って, 江戸の, 池の, 汽車の, 津田は, 渡りに, 父親の, 父親は, 物に, 犬の, 猶更, 玄徳は, 王の, 田舎の, 男の, 皆で, 知って, 礼を, 私共は, 竜之, 竹童は, 自分たちの, 若人たちは, 見て, 見物人は, 試みに, 話が, 話を, 読んで, 誰に, 身体が, 辰代は, 近頃は, 遠くの, 野村は, 顔の, 顔も, 飛んで, 駅の, 魏の

4 [349件] ああいう, あたりの, あつたさうだ, あつたら, あとを, あらうから, あらうし, あらうとの, あれほど, あわて, あッと, いい加減に, いっしょに, いよいよその, いろ, いろいろな, うつかり, うれしかった, おおかみ, おかあさんは, おじゃります, おぢ, おばあさんは, お利代, お前が, お国, お城, お岩, お待ちし, お文, お父様, お米, お糸さん, お芳, お葉, お角, お遊さん, お駒, がすよ, げすが, げすな, ここでも, こちらの, こちらは, こっちの, このこと, このよう, この家, この男, この間に, これからは, これなら, これにも, これはと, こんどの, ご座, しかたなく, しかたなし, すぐにも, すっかり面, せうと, せうな, せう親分, そうと, そこで, そしてその, そのころ, そのとおり, そのほう, そのままそこ, そのままその, そのよう, その事件, その二人, その代り, その子, その店, その当時, その旨, その本, その翌日, その自動車, その跡, それこそ, それでなく, それとなくお, それなら, それをも, そんなもの, そんな所, だんだんと, ちょいと, ちょっと驚いた, ついそれ, ついて, ついにその, とうとう思い切っ, どうしよう, どうなる, なにも, はいって, はじめは, はっとして, はつきりもう, はる子は, ふたりの, ふと冬, ふと私, ふり返っ, ほっとし, ほんとうの, まわりに, みんなで, みんなに, もうその, もしかしたら, やうやく, わかりました, わけも, アリョーシャは, カムパネルラが, カムパネルラも, ドッと, パーシウスは, ポケット小僧は, 一家の, 一本の, 一生懸命に, 丁度いい, 万吉は, 三人で, 三藏は, 上野の, 下の, 下宿の, 下男は, 主婦は, 久しい石城, 久松は, 之に, 乗って, 予は, 事件は, 事実は, 二階の, 京都へ, 人は, 今夜の, 今年は, 今日では, 今日も, 他に, 他人の, 仲国は, 会話は, 何うにか, 何だか急, 何とかし, 何処へ, 保は, 健三は, 傘を, 僕と, 先生が, 先生も, 其の日, 其処へ, 冬の, 前から, 助かったと, 助かったの, 助かりました, 助かりましたが, 努めて, 勘次は, 十分に, 千代子は, 千枝太郎は, 半分は, 半蔵は, 厶ります, 去年の, 叔母は, 只さえ, 可哀, 右門の, 同じよう, 名人も, 向うの, 向ふ, 周囲の, 喜兵衛は, 四人の, 四人は, 国民の, 夕方の, 多くは, 夜も, 大勢の, 大将は, 夫に, 奥さんは, 奥の, 女を, 女中に, 女房の, 女達は, 妹の, 姫は, 婦人は, 嬉しくて, 嬉しさ, 子供心に, 学校に, 学校は, 学生が, 安心しました, 安心を, 客の, 室内は, 家では, 家は, 小供, 少しの, 少しは, 少なからず, 少年の, 山の, 市内の, 帰りに, 帰ろうと, 座敷は, 張飛は, 当人も, 彼女に, 往来の, 従って, 御座りませう, 忠一は, 意外に, 愕いた, 我々の, 我ながら, 戸を, 戻って, 抽斎は, 振向いて, 振向くと, 政府は, 新吉は, 新子は, 新子も, 新聞の, 日本人の, 早々に, 早速私, 昔は, 昨夜は, 時を, 曹操も, 最初に, 木之, 本人は, 本郷の, 机の, 東京に, 松の, 柏の, 権之, 歌の, 止して, 正式に, 正確に, 殆ん, 母に, 母親の, 氏は, 水が, 水の, 水は, 汽車に, 涙を, 源太郎は, 漸, 無事に, 玲子は, 疲れて, 病人の, 皆の, 皆も, 盃を, 真の, 眸を, 石子刑事は, 確かに, 磯五は, 祖母の, 祖父は, 私どもは, 私にも, 簡単に, 素子は, 続いて, 緑の, 老婆は, 考えて, 肝心の, 自分では, 自分に, 船の, 良寛さんは, 花柳の, 茶山は, 草川巡査は, 藤吉郎は, 藩の, 見に, 覗いて, 覚えて, 詳しいこと, 調べて, 警官は, 警察の, 豚吉は, 身の, 身体を, 車の, 車を, 途中から, 遂, 遠慮し, 部屋に, 酒に, 酒の, 金を, 金兵衛は, 長吉は, 雨に, 靴を, 頭に, 風呂の, 食事を, 餘り, 馬車の, 驚いたの, 驚きました, 驚ろい, 高氏は, 黙つて

3 [686件 抜粋] あたしが, あたりが, あっしは, あつたの, あまりの, あらうそれ, あらうなれど, いきなり, いきなりその, いさ, いつもより, いやでも, いよいよもっ, いわれるまま, うしろを, うれしくて, うれしさ, おくがた, おどろいた, おまん, おりから, おれも, お二人, お光さん, お勢, お十夜, お嫁さん, お島, お杉, お民, お浜, お源, お父さんが, お猫さん, お秀, お蘭, お関, かくの, かたわらに, がっかりした, がっかりしました, きょうの, げすから, こういうこと, ここから, ここは, こちらに, こっちへ, この事件, この二つ, この前, この名, この場合, この子供, この後, この方, この時分, この本, この言葉, これだけでも, これでは, こんな事, こんな時, ござんす, さっそくそれ, しかもそれ, すっかり安心, すっかり気, せうけれども, そいつを, そういう方面, そこが, そこは, そこらに, そのあたり, そのお礼, そのせい, そのたび, そのつもり, そのわけ, その人相, その人達, その写真, その友人達, その夕方, その姿, その室, その山, その御, その意味, その手前, その手紙, その折, その朝, その留守, その瞬間, その礼, その罰, その翌朝, その返事, その間を, その馬, そばへ, それからあと, それから後, それだ, それとは, それに私, それや, それ迄は, そんな風, たいへんに, たまりかねて, つい夫限, てれ隠しに, とっさに, どうすれ, どこかに, どこへも, どこまでも, どちらも, どろぼう, どんなもの, なうて, なおいっそう, なしに, はっと思う, はつと, ふしぎに, ふと目, ぼんやりし, まず安心, まず第, またこの, また私, みなが, もうこれ, もう何, もう我慢, もしこれ, もつと, やがてそれ, ゆっくりと, よく知っ, よく覚え, よほどの, わざ, われにも, アッシェンバッハは, イワン, クリストフが, グッと, サト子は, ジャン, ジョバンニも, バーグレーヴ夫人は, パッと, ヒョイと, ヘルマンは, ポケットから, ロリー氏が, 一同その, 一寸の, 一旦は, 一時間ばかり, 一目で, 丁度その, 三つの, 三人が, 三四郎は, 上着を, 下町の, 不快に, 不運な, 世間には, 世間は, 両親に, 主人に, 主水, 予の, 事が, 事の, 二三の, 二度目には, 二階へ, 京都に, 亭主が, 今じゃ, 今と, 今までの, 今日から, 今日その, 今朝の, 今迄の, 仕事の, 代りに, 以前の, 仰天した, 伝六が, 何うし, 何よりも, 何んにも, 何事が, 何気なく手, 余も, 余計に, 俗に, 俯向い, 側に, 僕たちは, 兄弟は, 先刻から, 八月に, 公孫, 其処で, 冗談を, 冷吉は, 出かける, 分って, 切符を, 別に, 前々から, 助った, 勇ちゃんは, 医者を, 午後の, 却て, 厭な, 参りました, 又八は, 台所に, 吉田の, 同船の, 名人は, 君に, 吾, 周瑜は, 周章て, 啓之助は, 困ったが, 圭子は, 地球の, 城下の, 城中の, 堀部君は, 声も, 外に, 大助り, 大勢が, 大和の, 大変に, 大変都合が, 大森の, 大概の, 大王は, 大臣は, 夫が, 夫人の, 夫婦の, 女中が, 女将の, 妙な, 妹を, 妻と, 妻に, 姉と, 姉は, 娘達は, 嬉しい, 嬉しくも, 嬉しまぎれ, 子は, 子供が, 子供に, 孔明は, 学校から, 安心する, 宗助も, 定雄は, 実を, 実際には, 宮は, 宵から, 家も, 家人に, 家内が, 家内の, 實に, 尊氏は, 小僧は, 小坂部も, 小屋の, 小次郎は, 小沢は, 少々の, 少将は, 尤も私, 山田は, 左に, 左側の, 己れ, 已むを, 巴里の, 平助は, 平太郎は, 平気で, 幸次郎は, 幾度か, 店を, 庭は, 弟は, 当人は, 当分は, 当日は, 彼には, 彼奴は, 御機嫌が, 復た, 忘れて, 思わず大きな, 恐ろしさ, 恒夫は, 悲しみの, 惣八は, 或時, 戦争の, 手の, 押して, 拙者の, 指の, 挨拶を, 振り返って, 支那の, 教授は, 散歩の, 敵も, 文吉は, 新子が, 新聞は, 旧知の, 早速これ, 早速に, 明智探偵は, 昨日は, 是は, 是れ, 昼間は, 時は, 時計を, 普通に, 曹操の, 最後に, 有らう, 有ろう, 朝に, 朝廷の, 木の, 林の, 林之助は, 根が, 格別の, 格別驚きも, 楽に, 榛軒は, 様子を, 横に, 歌を, 正枝, 此夜は, 此時に, 歴代の, 残念で, 残念ながら, 母と, 母親が, 気の毒に, 気分は, 気持が, 河内介は, 浅井の, 浅草の, 湯屋の, 滝本は, 火を, 無くて, 無意識に, 熱海の, 父に, 父親に, 特別に, 犬は, 犯人は, 独りで, 狼狽へて, 猫が, 甚兵衛は, 生れて, 用心し, 用意の, 田端の, 町内の, 画家に, 留吉は, 病気が, 皆, 目の, 目下の, 直接に, 相手も, 県の, 確かな, 社会的な, 社長は, 秀吉の, 私どもの, 私どもも, 私達も, 稀に, 突然, 竹山の, 箪笥の, 紀代子は, 約束の, 細君も, 結局は, 綱を, 罰が, 翌日から, 耳の, 背後の, 胸の, 腰を, 自分から, 自分ながら, 自分には, 自動車で, 自然その, 船頭は, 若い者, 若くて, 茲に, 董卓は, 葬式は, 薬を, 蛇の, 血は, 行く, 表の, 見物の, 見物は, 見舞に, 親類の, 言葉を, 訳も, 詮方なく, 話も, 誰でも, 諸将, 豆腐を, 賊は, 走って, 趙は, 踊りの, 身体の, 迎えに, 返事も, 迚も, 逃げて, 遂にその, 遅くなった, 道も, 遠くから, 遠藤は, 酒が, 重兵衛, 門の, 閉口した, 阿部さんは, 降りて, 院長は, 階下の, 階下へ, 随って, 隣席の, 雪は, 電話を, 露八は, 青年は, 靴の, 頭から, 頭は, 顔が, 風邪を, 食事も, 駕籠屋は, 騒ぎは, 高松さんは, 魏延は, 魯粛は, 麹町の

2 [2370件 抜粋] あいては, あつたな, あの男, あまり注意, あらねば, いい加減な, いくらか気, いつもと, いまでは, いよいよ左官与三郎, うしろの, おいよさん, おきぬは, おせい, おとなりに, お俊, お名残, お客の, お房, お母様は, お答えし, お腹が, お菊さん, お道, かけて, かりうど, きいて, きょう思いきっ, ぎろぎろ燐, げす, このお, この下, この地方, この大正六年, この小説, この新しい, この物語, この種, この諧謔, これまた, これ等の, こんなもの, ごん, さして驚き, さてはこ, されば, しっかりし, じっとし, すかさずに, すぐ労力, すこししゃくにさわっ, すっかりしょげ, すべてを, せうその, そいつが, そうでなけれ, そこでこの, そちらの, そつち, そのまえ, そのまま気, その以前, その勢力, その墓参, その宵, その影, その手續, その最初, その根柢, その決心, その犬, その窓, その罪, その背, その親達, その詳細, その邊, それかと, それきりで, それでそう, それで何, それという, それについて, それらは, それ等の, たいていの, たがいに, たださえ, たちまちこの, ために, ちょっと不思議, ついあんな, ついぼんやり, つまり彼, とかく御, とにかくそこ, どうでも, どう考え, どちらが, どんなこと, なかなかの, なんだ, なんにも言, はござりませぬが, はじめて彼, ひさしぶりに, ひどく不思議, ふたりとも, ふと思いつい, べつに私, ほんとうは, まさかの時, また元通り, まだお, まったく不思議, みると, むしろ時代, もうだれ, もう今, もう心配, もしこの, やはり五六行, やめに, ようやくに, よくわからなかつた, よく調べ, りっぱな, わざと彼女, わたくし共の, わっと, アマは, ウィダーシャイム先生が, オヤと, カン, ギョッとして, ジェリーは, ジヨバンニは, スサノヲの, ゾッとし, テツさんを, ハーキュリーズは, ビックリした, フランスの, ボーイが, ミンチン先生は, ルイザは, 一しょに, 一も, 一千五百両で, 一同の, 一声高く, 一層余, 一方に, 一時の, 一言も, 七兵衛も, 万事は, 三十分と, 三時半には, 上った, 上機嫌である, 不安を, 丑之助は, 世阿弥は, 両膝, 主人を, 久しい以前, 久助は, 之で, 乳母は, 二三日も, 二人を, 二年目の, 云ひ, 京一郎は, 人々に, 人眼をは, 今だに, 今夜も, 今度こそは, 今晩は, 仙台の, 仲間からは, 伊勢直へ, 伝六の, 伯父たちの, 佐吉は, 体中の, 何やら余, 何気なく私, 作家は, 侍女どもは, 係の, 信之は, 倉の, 傷は, 僕としては, 元の, 兄弟も, 先方は, 光枝は, 全く安心, 八日の, 其が, 其場を, 其次の, 内でも, 円タクを, 出して, 函の, 列は, 別に怪しみ, 利助の, 前歯を, 力が, 助けるつもり, 勇気を, 匕首で, 医者は, 千鶴子は, 単純な, 危くが, 又, 又次郎は, 友達らは, 叔母が, 口が, 台所の, 右近は, 吉五郎は, 吉次郎は, 同じ一つ, 名人が, 名高いあの, 吾等は, 周馬は, 命拾いを, 唯, 善吉は, 喬生は, 団十郎は, 土地には, 地面に, 埃を, 場所は, 壁に, 声は, 夕食の, 多鶴子は, 夜明けの, 大あわて, 大さわぎ, 大佐は, 大勢は, 大師が, 大藏は, 天にも, 天日で, 太陽が, 失礼した, 奥さまは, 女も, 好い加減な, 始は, 姪は, 婆さんも, 子どもの, 孔子も, 季因是は, 孫権は, 安心だ, 実隆は, 室内の, 家が, 家内は, 家臣の, 富岡も, 寸刻の, 尋ねると, 小屋を, 小田さんは, 少くも, 少し訊ね, 少し驚いた, 屋敷の, 山村は, 岸に, 巡査が, 己が, 市郎も, 帝も, 師匠は, 帰りも, 平二は, 年ちゃんは, 幸に, 広小路の, 店には, 庸三も, 引きつづい, 弱りました, 当人の, 当然彼, 彼女と, 後では, 後者の, 得意に, 御挨拶, 心ある, 忽ちこの, 思はず瞬間的, 思わず目, 思わず頭, 怪んで, 恐る恐る入っ, 悄然と, 悲鳴を, 意味が, 憎まれ口を, 懐手を, 或日馬賊, 戸外の, 扉の, 手紙は, 折り返して, 振りか, 探すの, 改めて次, 故郷に, 救われた, 教授の, 文展時代の, 新たに, 新宿の, 新規に, 日吉は, 日本人は, 旧来の, 早速人, 明子も, 星の, 昨日私は, 普通なら, 暇さえ, 曲者が, 書斎の, 最う最うあたま, 月は, 有る, 有名である, 木に, 本を, 本年は, 李は, 村人は, 東京にも, 板倉は, 柳に, 校長の, 森製作所でも, 極りが, 槍の, 櫛屋の, 正三君は, 正木の, 此も, 此日に, 武蔵の, 歩くの, 殊に願った, 段々と, 民部も, 気味が, 氣に, 決していい, 汽車は, 河田は, 法然の, 泥の, 泰文は, 浄土山の, 涙が, 渡して, 満場の, 溝口も, 漢の, 瀧口は, 炭を, 無能には, 煙草を, 父子は, 犯人の, 獸醫の, 玉太郎は, 珍しくて, 甚七は, 生徒は, 甲は, 番頭さんは, 番頭は, 當時の, 病床の, 登山の, 皆から, 皇子は, 直ちにうち, 省略する, 眠って, 矢田は, 知人の, 砂を, 祖母が, 神に, 福太郎は, 私や, 科学者は, 稜石どもは, 空腹では, 突然中途, 笑顔を, 筋は, 米友も, 細い山路, 給仕は, 罪の, 義雄が, 翌日出向い, 考へて, 肥満した, 能くそ, 膝を, 自分を, 自殺だ, 自然僕も, 船が, 色は, 芥川の, 若しや, 茶を, 草津や, 荷物も, 菊田が, 著者は, 藤枝は, 蜘蛛の, 血痕の, 街へ, 裏の, 西洋の, 要らない由, 見物も, 親子は, 角の, 訳の, 話に, 誰もが, 談話が, 警固の, 警視庁の, 豹一が, 財布には, 賢吉君は, 起き上ると, 路易は, 身体は, 軒先に, 辰夫は, 近所へ, 退院する, 途中では, 遂に彼, 運転系統が, 道庵が, 遠慮の, 部下の, 都は, 酔つ, 重武, 金五郎は, 釣りに, 錦子は, 長兵衛は, 門野が, 間を, 阿部さんも, 陶の, 階段の, 障子を, 雑誌や, 電燈の, 静子は, 面白がっ, 頼むならこの, 風が, 飛脚は, 食後改めて, 馬春堂は, 駭い, 高橋さんは, 鯨は

1 [23747件 抜粋] М, あたかも遠方, あとでは, あの娘達, あまり早, あらう單それ, あらためて十時, ある一つ, あんなにかなしく, いかにも其の, いくらかもう酔っ, いずれ一度, いったとき, いつもお, いまいましさうに歯, いよいよさわぎ, いよいよ紛議, いわゆる座頭, うまくのがれる, ええ面倒, おしげは, おととしの, おふくろと, おゆうさま, お出し, お尋ねいたします, お梶様, お神, お通さん, かえってその, かごが, かねて起草, がらんとし, きょう祝賀の, くれたから, げす全く, こうして逢っ, こっちから, このとおり不気味, この二頭, この国衙料, この山一体, この有志達, この種族, この辮髮, これからどんな, こわいよりも, こんな敗け, ごらんの, さし上げること, さっと警護, さびしくめいめい, しかめっ面を, しばらく伊香保, じいやも, すぐさま新邸, すぐ搜, すこしく心丈夫, すっかり帰る, すなわち上流, ずいぶん不規則, せう日頃, そういう喜び, そうは, そこでルパン, そこら一面に, そっと立っ, そのご, そのままよろめき, そのまま手, そのものの, その中学, その儘歸つた, その反抗者, その夥しい, その屋敷跡, その微動, その挨拶かたがた, その更に, その汽車, その皇女, その結果だれ, その葉, その路順, その門前, その高札, それから遂に, それではさっき夫, それで彼, それなりでは, それ以上検束する, そんなに意外, ぞうさんに, ただあなた方, ただ数字, たちまち番兵, たま引, だんだんへだたり, ちょうは, ちょっと行き渋った, ついと日高君, つい何, つい返事, つまり対校試合, とうとうすぐに, とうとう折れ, ときどき彼, とにかく同情, とんだ取越し, どうにか不自由, どこかの, どんな奴, なお騒ぎ, なにげなしに, なんだか薄気味悪く, ぬきあしで, はくべき下駄, はっきり画題, はめを, ひとまず一段落, ひどく遠く, ぴかぴかと, ふと大望, へそ繰り, ほんとにた, まあ好かっ, ますます腹, またお足, また会った, また穴, まだわし自身, まだ逃げきれる, まるで取柄, みのるの, むしろこの, めんくらいながら, もうどうしたら, もう不用, もう当分, もう雑誌, もちろんおの, もはや右門, やけになり, やっと細君, やはり郷里, やや疲労, ようやくたすかった, よくよく考え, よしこの, りん弥, わざと落ちつい, われわれどもは, アワヤと, エタも, カリスフォド氏も, クリストフを, コン吉には, シラオイ, スッカリ悲観したらしく, タケシウチの, ツイ見ちがえちまっ, ドアは, ネル, バークレー領は, フィンクは, プレンダーガストが, ホームズと, マリユスにも, モトと, リーリ・ラインハルトは, ヴェリチャーニノフは, 一ヵ月半しか, 一冊だけ, 一回三千円は, 一寸驚いた, 一年間遅れる, 一方から, 一時鐵砲酒屋の, 一番上の, 一足あとから, 丁度私, 万太郎の, 三千メートルの, 三杯を, 上下一同が, 下手人らは, 不思議がっ, 丑松銀之助の, 並の, 中津へ, 主従は, 乗り切れぬ自動車, 乳出過ぎ, 事前に, 二三日目には, 二夫人らは, 二重底を, 五分も, 亡くなつた主人, 人呼ん, 仁王門から, 今やその, 今後の, 今更惟敬, 仏壇の, 代はり, 仰向いて, 休まうかとも, 伝蔵も, 佐瀬家の, 何といふ, 何もかも見ちがえる, 何時もの, 余丁町へ, 侍達も, 信玄が, 停車場前から, 像に, 元来は, 先ず安心, 先輩は, 入道は, 兩方の, 六さんは, 兵士の, 其の胎兒, 其店先の, 其詩にも, 内海達郎は, 再び長崎, 処を, 出発した, 刑部の, 初め銀座に, 別に注意, 到頭ぼく, 前迄, 加納たちは, 動静は, 勢至丸は, 医者の, 十分十分十分である, 千穂子は, 半分頭が, 南雲さんに, 危篤と, 原稿料を, 又もと, 友人から, 取らうと, 口惜く, 只静岡, 右眼が, 吉日を, 同時に肩, 向う岸の, 呉原という, 呼上げた, 唐沢岳へ, 喜しかった, 四五人で, 四階の, 園の, 地主側の, 城下は, 塗りが, 士卒等は, 外傷性の, 多助は, 夜具を, 大いに気, 大した失望, 大劇場, 大変驚ろいた, 大方こ, 大笑いだった, 大阪方が, 太い藤蔓, 失礼致しました, 女の童と, 奴豆腐に, 妻木君の, 姿が, 嬰寧の, 孤城は, 宇治達は, 宗方は, 実はよけい, 実際貞之進, 家人弟子達は, 寂しくて, 寛之助が, 寺で, 小うるさくなっ, 小唄にも, 小泉の, 小鳥は, 少し塩辛い, 少なくとも私, 尾根筋の, 山へ, 山開きの, 島氏は, 左次郎は, 市人が, 帯と, 帽子も, 年少な, 幼い頃, 床に, 座談会は, 弁償する, 引移し, 強いて呼ぼう, 当時行方不明の, 彼へ, 待たせて, 後藤さんが, 得体の, 御母さん, 徳川家へも, 必ず彼ら, 忠隆が, 怒られたの, 思はず五体, 思わずホッと, 思想上の, 恐々ながら, 恰も向, 悪魔は, 意外な, 慾で, 我々との, 或日私, 所長は, 手燭で, 折柄新興の, 拵えた溜池, 捕えて, 探りながら, 擽つたく情け, 政治と, 数万の, 文太郎は, 断絶同様に, 新宿へ, 旁, 日ぐれ, 日比谷公園に, 早く御, 早速同じ, 早速電話, 明治座へ, 昨日お移りなさいました, 時々僕達, 普通ならぬ, 暫し私, 書いただけ, 最早や, 有ろう寝聴きして, 朝早くから, 未だ酔ひ, 本日は, 村井は, 東大寺の, 枕も, 柳橋二丁目の, 案内する, 森が, 楢夫は, 権叔父と, 櫛田医師に, 歐米で, 正金の, 此方からも, 武者修行は, 死者二万八千余人と, 段々気, 毎日か, 毛皮に, 気合いが, 水道が, 汪は, 河を, 法皇崩御後の, 洞穴の, 浪路は, 深い谷間, 渥美へも, 源兵衛は, 演壇から, 激しい衝突, 灰や, 無事たどりついた, 無論夕飯, 照日前は, 父娘は, 牝鶏が, 特別室の, 狭くなった, 玄蕃允は, 現に奥羽, 甚しきに, 用意し, 申訳ない, 略わかるでせう, 疲れ儲けだ, 発車ま, 百万石は, 皆勇む, 益雄は, 直ぐここ, 直ちに非常線, 眉間尺は, 眠りが, 矢疵の, 石原庄で, 磯五さんも, 神主に, 私たちだけ, 秉さんに, 稽古に, 窃と, 竜女も, 笠井さんも, 箸を, 約束した, 細井氏へ, 結局それらの, 絹子は, 編輯長の, 美女狩出し, 翌日に, 老懸, 聞く人, 背の, 腰かけて, 自分なんぞよりも, 自然名前だけは, 自身視察し, 般若丸は, 色々自然, 芳一は, 若しも否め, 英一は, 荊州に, 落ちても, 蔵へは, 蘆を, 蝎形の, 行燈と, 被って, 襲撃も, 見つかって, 見物達は, 親類中の, 計画の, 詮議は, 説明に, 論文と, 謹んで水島寒月先生, 豊国といふ, 貰いに, 賊を, 起きたら非常, 足跡は, 身元は, 軍治は, 辛くも聞きとれる, 近代に, 迹に, 逆立ちを, 通筋の, 遂に小使, 運命の, 遠くも, 部署を, 酷く気分, 野上君は, 釘勘は, 銚子に, 長々しい, 長浜の, 間もなく大いに話しこん, 附近に, 随分ジーンと, 雇主, 雪解けの, 青々した, 面倒に, 順序も, 頻りに炭, 風邪の, 飢えたる山羊ども, 馬場等は, 騎士が, 骨折損も, 鬼六の, 鳴り屋の, 黄金仮面の

▼ たよう~ (49400, 2.8%)

2198 な気 1607 なもの 1030 である 990963947 な顔 908 です 582 になっ 460 であった 457 な声 417 に思う 365 なこと 357 に見える 356 だった 349 に思った 329 だが 316 な心持 311 な気持 304 に見えた 272 に思われる 254 でした 236 な感じ 223 にその 221 ですが 208 なわけ 202 でしたが 198 に感じた 197 な形 191 に思われた 182171 にし 144 に記憶 142 に私 137 であるが 132 でも 126 に云った 124 に眼 123 なところ, な様子 122 な事 119 な表情 118 に彼 116 にこの 115 であったが 114 になった 110 で, ですね 109 なの 108 だね, な次第, に言った 104 に顔 103 だったが, な心地, な気持ち, に思われ 100 な調子 98 に思います 97 に覚え 95 な人 94 なもん, にお 93 に思っ 92 な眼 90 なものの, にそれ 89 な顔つき 87 だから 83 に自分 82 な恰好, な訳, に見え 80 な気分 77 であります 75 な音 74 な風 71 に目 70 だな, な女 66 ですから 65 だと 64 なお, にいった 63 なその, な男 62 な心持ち 60 にまた, に口 59 な思い 58 に思われます 57 な工合 56 でございます, ですよ 55 なこの 54 になり, に思いました 53 な目, に急, に感じ 51 な有様 50 な色, になる 49 な態度, に身 48 なふう, に声, に思えた 47 な口調, にぼんやり, に首 45 な話, にこう 44 な姿 43 に今 42 な意味, な物, に彼女, に頭 40 では, な大きな, にそこ, に静か 39 じゃ, に黙っ 38 だし, にじっと, に叫んだ 37 だよ, な状態, に立っ 36 な形跡, よ 35 な場合, な心, な言葉, に見えました 34 に思われました, に手, に聞い 33 な記憶, に二人, ね 32 な人間, な名, な妙, な氣, な面, にいう, に何 31 な眼つき, に感じました 30 な大, な顔付, に胸, に見せかけ 28 な具合, な奴, な微笑, な心もち, な結果, な者, に立, に答えた, に腰 27 な気もち, な生活, な白い, にすぐ, に大きな 26 ですな, なあの, な始末, にあの, にこれ, にも思われる, に感じられた, に肩

25 [11件] す, でご, でもあった, な事情, な小さな, な眼付, な美しい, な騒ぎ, に同じ, に空, に足

24 だけれど, な口, な所, な顔色, にそう, に白く

23 だぜ, な不思議, に云う, に云っ, に女, に言っ

22 すで, なと, なので, にあたり, に両手, に思える, に白い, に突然, に言う

21 でございました, なそんな, な一種, な笑い, な笑顔, に息, に笑った, に見えます

20 [14件] じゃが, なまた, な処, な返事, にいきなり, にしばらく, になりました, にも見える, に僕, に思い, に書い, に笑っ, に訊いた, に身体

19 [13件] な家, な山, な恐ろしい, な時, な自分, な面持, にいっ, にどこ, にふらふら, にほっと, にも思われた, に相手, に考え

18 でその, なとき, な空, な黒い, にはっきり, にも思う, に呟いた, に心, に椅子, に部屋

17 [14件] な瞳, な雲, にうなずいた, にこんな, にただ, にハッ, に動かなかった, に大, に後, に微笑, に日本, に膝, に茫然, に赤い

16 [21件] だぞ, なようす, な例, な変, な子供, な淋し, な私, な赤い, な跡, な錯覚, な頭, にうしろ, にぞっと, に又, に感じる, に明るく, に気, に綺麗, に血, に見せかける, に誰

15 [15件] だわ, でありました, ですわ, な時代, な気味, な深い, な目つき, な笑い方, な視線, な静けさ, にいつ, に思え, に暗い, に男, に見せかけた

14 [17件] じゃない, すです, でございますが, な御, な手, な趣, にいいました, に一面, に今度, に坐っ, に少し, に水, に消え, に皆, に眉, に窓, に黒く

13 [36件] じゃな, だけど, なつもり, な事件, な低い, な光, な冷たい, な名前, な物音, な空気, な美し, な考え, な覚え, な高い, にあわて, におぼえ, にそのまま, にそんな, にちょっと, にみえる, にもう, にわたし, に一人, に一度, に前, に四辺, に固く, に感じられ, に眺め, に突っ, に立ち上った, に笑い出した, に美しい, に言いました, に赤く, に面

12 [34件] ですし, な事実, な勢い, な口吻, な彼, な感, な挨拶, な気配, な理由, な軽い, な連中, にここ, にこちら, にはっと, にひっそり, にひどく, にまだ, にみえた, にも思われ, にゾッと, にパッ, にホッ, に一つ, に元気, に喜ん, に小さい, に御, に急い, に父, に立ち上っ, に聞いた, に言葉, に身動き, に風

11 [41件] なかたち, なかっこう, なそして, なそれ, なん, な何, な匂い, な叫び声, な問題, な娘, な小さい, な性格, な性質, な水, な顏, にいろいろ, にしん, にそして, にまったく, にやはり, によく, に人, に今日, に他, に全く, に再び, に叫び, に大きく, に大声, に夫, に感ずる, に憶え, に扉, に立ちどまっ, に笑い, に考えられ, に耳, に聞える, に薄, に見せ, に鼻

10 [48件] だっけ, であるから, でしたから, でしたね, ですけれど, なありさま, な不安, な何とも, な古い, な夢, な強い, な彼女, な振り, な景色, な暗い, な淋しい, な点, な血, にある, にいや, におれ, にこっち, にすべて, にぽかんと, にまっ黒, にも思えた, にも思った, に一致, に伸子, に倒れ, に光っ, に出, に動かない, に唇, に喜んだ, に左右, に感じられる, に時々, に暗く, に横, に母, に畳, に美しく, に葉子, に輝い, に長い, に音, に黒い

9 [60件] ないい, なここち, なしかし, ななんとも, なわからないよう, な中, な人物, な先生, な力, な印象, な味, な夜, な安心, な寒, な影, な日, な暗, な格好, な海, な異様, な痛み, な若い, な長い, な青い, な順序, な風情, にあなた, にかすか, にぐったり, にしずか, にね, にびっくり, にふと, にピタリ, にボンヤリ, に人間, に俄, に全身, に君, に床, に思わず, に慄, に次, に涙, に濡れ, に物, に真赤, に私たち, に私達, に立ちどまった, に細い, に色, に見, に見る, に話, に身ぶるい, に返事, に青年, に頬, に驚い

8 [82件] じゃありません, だったね, でありますが, でお, でしたよ, でしたわ, で私, なあんばい, ないろいろ, なお話, なそういう, なぼんやり, なやり方, な二つ, な人たち, な字, な寂しい, な小, な建物, な得ないよう, な心細, な手紙, な方, な昔, な木, な模様, な歩き方, な氣持, な沈黙, な痕, な細い, な経験, な花, な複雑, な観, な語気, な闇, な静か, な驚き, にうなずい, にきっと, にしかし, にする, につぶやきました, にな, にぴったり, にぶるぶる, にほとんど, にもし, にも思える, にわたくし, にシーン, に世間, に云いました, に佇ん, に先生, に半, に古い, に右手, に変, に姿, に嬉しかっ, に座, に当時, に想像, に感ぜられた, に我, に日, に机, に深い, に無言, に石, に第, に箸, に美しかっ, に老人, に考える, に聞えた, に覚えた, に軽く, に顔色, に飛ん

7 [107件] すである, でございますね, でございますよ, でそれ, でね, で気, なああ, なあと, なありさ, ないや, なそれでいて, なふり, なへん, な不快, な事柄, な人達, な位置, な体, な優しい, な分らないよう, な句, な叫び, な唇, な喜び, な場面, な大きい, な奇怪, な姿勢, な安易, な容子, な寂し, な幸福, な文句, な歌, な気イ, な涙, な濃い, な特殊, な眉, な種類, な立場, な笑い声, な美, な臭い, な言い方, な頬, な驚愕, にいつも, にいま, にからだ, にかれ, にご, にさえ思われた, にさけびました, にした, にたくさん, につい, にどっと, になりまし, になります, には見えない, にぱっと, にひとり, にみんな, にも感じた, にも考えられる, にも覚え, にゾーッ, に上, に下, に不意, に主, に二階, に力, に叫ぶ, に叫ん, に外, に大きい, に奥, に存じます, に寝, に尋ねた, に小, に得意, に我々, に明智, に星, に決して, に海, に火, に無, に現在, に立ちすくんだ, に考えられる, に聞きました, に聞こえる, に自然科学, に草, に落ち, に見受けられる, に誤解, に道, に雪, に額, に飛び上った, に驚いた, に高く

6 [123件] だけれども, だったと, でありましたが, でこの, でございましたが, ですけど, ですぜ, で口, で実は, で御座います, なことば, なすさまじい, なただ, なふしぎ, なわからぬよう, な一人, な一面, な不愉快, な作品, な光景, な場所, な奇妙, な岩, な崖, な怪しい, な恐怖, な感情, な感覚, な手拭, な新しい, な無, な犬, な目付, な相手, な眼付き, な穴, な立派, な簡単, な絵, な胸, な腕, な自由, な色彩, な艶, な薄笑い, な衝動, な衝撃, な趣き, な関係, な陰気, な青年, な静寂, な面相, な響, な響き, な髪, な鼻, にあらゆる, にがっかり, にきいた, にきょとん, にきれい, にくっきり, にけろりと, にさっと, にそっと, にため息, につと, になくなっ, になつ, には見えなかった, にぴたり, にほんとう, にも思います, にも見えた, によろよろ, にニコニコ, にベッド, に一, に体, に先, に冷たく, に剣, に叫びました, に咲い, に城太郎, に天井, に夫人, に妻, に姉, に娘, に家, に岩, に席, に平気, に廊下, に忽ち, に愉快, に感ぜられる, に手紙, に拍手, に振り向いた, に暫く, に月, に沈黙, に火鉢, に無数, に狼狽, に痩せ, に白, に硬く, に立ちすくん, に立ちどまりました, に立ち竦んだ, に笑う, に美奈子, に若い, に酒, に重く, に雨, に霜, に顫, に髪

5 [218件] すだ, すなので, だがね, だったけれど, だったわ, だという, だとか, だなあ, であったし, であつ, でありながら, でい, でございますな, ですけれども, なあんな, ないかにも, なおそろしい, なかお, なこころもち, なこんな, なにおい, なはっきり, なひと, なぽかんと, なやつ, なよう, な上品, な不快さ, な丸い, な云い方, な仕事, な傷, な光沢, な光線, な出来事, な切ない, な口ぶり, な同時に, な噂, な塩梅, な変化, な多く, な大声, な太陽, な失望, な存在, な小説, な少女, な巨大, な底, な形勢, な悪, な悪い, な或, な新, な方法, な日本, な朝, な本, な構造, な様々, な気性, な汗, な満足, な火, な狼狽, な現象, な疲れ, な真, な瞬間, な研究, な空虚, な笑いかた, な笑い顔, な筋, な紅い, な素振り, な美人, な考え方, な肉, な興味, な苦痛, な葉, な蒼い, な薄, な行動, な話しぶり, な足どり, な道, な音響, な風景, な風采, な黒, にああ, にいい, にいかにも, におもわれました, にがっくり, にぎょっと, にこれから, にさも, にしきりに, にすっかり, にその後, につっ立っ, につぶやく, にど, になに, ににこにこ, ににやにや, にまず, にまっ, にまるで, にも思われない, にも感じられた, にやっと, にゆっくり, にわざと, にわれ, にカント, にギラギラ, にクタクタ, にグッタリ, にヒョイ, に一時, に不安, に両方, に中, に二つ, に他人, に仰向け, に伝えられ, に低い, に俳優, に傍, に光る, に八方, に博士, に右, に吃驚, に吐息, に向う, に吾, に咽喉, に哲学, に噂, に夜, に妙, に嬉し, に嬉しく, に子供, に完全, に室, に寂しく, に小さな, に山, に帰っ, に平, に庭, に彼ら, に彼等, に往来, に思われない, に悚然, に懐中時計, に散っ, に新, に木, に本, に棒立ち, に武蔵, に歩い, に残っ, に溜め息, に溜息, に煙草, に片手, に現実, に瑠璃子, に生え, に疲れ, に真, に真白, に真青, に瞼, に神, に穴, に空間, に立ちあがっ, に立ち上がっ, に立ち止った, に答えました, に素子, に絶えず, に置い, に聞きかえしました, に腕, に自然, に艶, に花, に苦笑, に見ゆる, に見られた, に見受けられた, に言われ, に訊き返した, に訊ねた, に話した, に説明, に誰か, に遠く, に間, に階段, に青く, に非常, に飛び出し, に高い, に黙りこん

4 [338件] か, じゃねえ, だわい, だネ, であるし, でいや, でございまする, でしかも, ですがね, でまた, で人, で伸子, で僕, で厭, で御座いますが, で心, で眼, で自分, ないかがわしい, なうす, なおかしな, なお方, なお辞儀, なこえを, なご, なそう, なという, なところが, なのに, なほっと, なみじめ, なも, なやや, な二人, な今, な作者, な全く, な内容, な凄味, な動揺, な勢, な呻きが, な嘘, な境遇, な天気, な女性, な婦人, な嬉し, な安堵, な容貌, な小僧, な小声, な島, な帽子, な平和, な店, な当惑, な快, な思想, な悲し, な悲しみ, な悲鳴, な想い, な想像, な意気込み, な意識, な愕, な感銘, な態, な戦慄, な手つき, な挙動, な文章, な断崖, な日々, な明るい, な晴々, な月, な月光, な服装, な森, な溜息, な灯, な灰色, な烈しい, な無数, な無気味さ, な熱, な父, な父親, な物足りない, な特色, な狭い, な理想的, な町, な痕跡, な皮膚, な真白, な真黒, な紙, な細かい, な絶壁, な絶望, な綺麗, な緊張, な老人, な腹立たし, な自分自身, な良人, な色々, な街, な見解, な言いかた, な記事, な諸, な赤, な足, な身なり, な運命, な遠い, な部屋, な陽気, な雪, な青, な青白い, な静かさ, な非常, な面持ち, な額, な顏つき, な黄色い, にいくら, にいそいそ, にうす, にうっとり, におとなしく, におもいました, におもった, にかえって, にがたがた, にきわめて, にぎくりと, にぎょ, にくるり, にさえ, にさえ見える, にさっさと, にざわざわ, にしかも, にしばし, にしんと, にじ, にす, にすがすがしい, にすっと, にするする, にずっと, にたちまち, にだんだん, にちら, につぶやいた, にとつぜん, にどんな, になってる, ににわかに, にひどい, にひょいと, にひろ子, にべらべら, にほ, にぼう, にまっ白, にむっくり, にもう一度, にもの, にも見えました, にも記憶, にやっ, によろめい, にわし, にシン, にド, にハッキリ, にフッ, にブルブル, にペン, にポカン, にポケット, にワナワナ, に一切, に一同, に一斉, に一種, に並ん, に久慈, に之, に云い出した, に人々, に低く, に何度, に俳句, に俺, に元, に円く, に冷たい, に凍りつい, に前後, に動い, に単に, に印象, に取っ, に台所, に右門, に名, に吹聴, に呟き, に呶, に喉, に嘆息, に土, に地, に垂れ, に壁, に多く, に夢, に夢中, に実際, に客, に寝床, に小次郎, に岸本, に年, に幾度, に建っ, に当惑, に快活, に怖, に思ってる, に思わせる, に思われだした, に思召, に恐怖, に悄然, に慄然, に慌て, に成った, に或, に戸口, に指, に振り返った, に振向いた, に揺れ, に教室, に方々, に早く, に明るい, に昔, に朝, に枕, に枝, に概念, に機械, に次郎, に欣, に汗, に沈ん, に消えた, に滑, に無口, に無表情, に熱く, に片, に玄関, に甲斐, に痛む, に癒, に白粉, に直ぐ, に真っ, に真っ白, に真中, に砂, に科学, に空中, に窓硝子, に立ちあがった, に立ちあがり, に立ち上がった, に立ち上り, に立ち竦ん, に立った, に立派, に竜, に答え, に素直, に細く, に絶叫, に続い, に縁, に考えられた, に耳朶, に聞え, に聞こえた, に腹, に興奮, に船, に蒼く, に薄暗く, に街路, に表面, に装っ, に見えない, に親, に解釈, に言, に言い, に話す, に調子, に賑やか, に起ちあがっ, に車, に輝く, に辺り, に透明, に重い, に金, に鋭く, に長く, に闇, に隣り, に青い, に静まり返っ, に響いた, に頷いた, に飛, に飛び上っ, に飛び起き, に黙った

3 [594件 抜粋] すだったが, すであった, だそこ, だったから, だったけど, だったの, だとは, だねえ, だのう, であったから, であったという, であまり, でありますけれども, でうれしかっ, でござる, でしたけれど, でしたし, でしたな, でしばらく, ですねえ, ですの, でそこ, でとても, でなかなか, でよく, で何, で可, で妙, で時々, で暫く, なあまりに, なあるいは, なおそろしく, なからだつき, なきたない, なきらびやか, なこえで, なこれ, なさびし, なし, なしずけさ, なしないよう, なすごい, なすばらしい, などこ, なば, なまことに, なまだ, なまっ, なまるい, なやりかた, なアンバイ, なポカン, な一つ, な一団, な一本, な不, な予感, な人々, な人出, な人柄, な仕方, な体裁, な俳優, な個人, な個所, な傾向, な凄, な凄い, な分らぬよう, な動作, な厳粛, な可憐, な呑気, な咄嗟, な商売, な地方, な地点, な夢幻, な大き, な大空, な太い, な夫, な好い, な妻, な室, な容, な帯, な広い, な庭, な当時, な形式, な役目, な怖, な怪奇, な息, な悲哀, な悲壮, な情熱, な感動, な感触, な憎悪, な文学, な明る, な根本的, な極めて, な樣子, な欠陥, な歓び, な歴史, な気味悪, な気軽, な汚い, な池, な河, な浅井, な煙, な状況, な珍, な理論, な田舎, な白, な皮肉, な直線, な真面目, な眼差, な着物, な石, な種々, な笑, な笹村, な素, な素晴らしい, な素朴, な結論, な絢爛, な美少年, な翁, な習慣, な聲, な腰, な自信, な自然, な興奮, な苦しい, な苦しみ, な茫然, な落着, な落着き, な蒼白い, な薄気味, な表現, な解らないよう, な解放, な解釈, な言いよう, な言葉づかい, な証拠, な詩人, な誤解, な説, な論文, な趣味, な身ぶり, な身動き, な透明, な逞しい, な造り, な運動, な過去, な遣り方, な部分, な重い, な間, な間柄, な闇黒, な雨, な青春, な面もち, な靴, な顔附, な顫, な風説, な駭, な髪の毛, な髯, な魚, な黒雲, にあたし, にあんなに, にいいます, にいくらか, にいわば, にいわゆる, にいわれる, にうなだれ, にうろうろ, におそろしい, におもう, にかかる, にき, にきびしい, にきょう, にきらきら, にく, にぐっと, にこういう, にこそこそ, にころがっ, にごく, にささやいた, にさびしく, にしげしげと, にしっとり, にすこし, にすわっ, にそこら, にそちら, にそれから, にそれぞれ, にたずねた, にだ, にちっとも, につかつか, につくづく, につけ加えた, につぶやい, にです, にとうとう, にとかく, にとにかく, にならん, になんとなく, にはげしく, には思われない, にばったり, にひそまり返っ, にふい, にふりかえった, にほんの, にぼうっと, にぽん, にま, にまわり, にみえ, にみえました, にみごと, にみな, にもと, にもない, にも取れる, にも思っ, にも思われました, にも感じ, にも見え, にも見えない, にやさしく, によみがえっ, にわくわく, にわっ, にわれわれ, にガックリ, にキチン, にキョトン, にギョッ, にクルリ, にグッ, にサッと, にジッ, にニッコリ, にフラフラ, にボソボソ, にボロボロ, にポツン, に一列, に一座, に一心, に一般的, に一見, に三人, に下り, に不快, に不思議, に世界, に世論, に乾い, に二, に云い, に云い放った, に互いに, に人形, に今夜, に仕事, に伝二郎, に伝六, に信じ, に個性, に兄, に光沢, に入口, に円い, に凝, に出来, に別, に剥がれ, に劃然, に動かなくなっ, に勝平, に半ば, に半蔵, に叔父, に取れる, に叫び出した, に呆然, に呆然と, に呟く, に呻いた, に呼吸, に咳払い, に唯ぼんやり, に問題, に喜び, に四つ, に四方八方, に地上, に地球, に地面, に堅い, に天, に太い, に太く, に太陽, に妹, に子, に宙, に室内, に寂然, に寒く, に小声, に小説, に少しく, に少年, に尻, に屹, に師直, に帯, に帽子, に庄次郎, に座っ, に座敷, に得々, に忙, に思, に思いだした, に思えました, に思われまする, に思われるであろう, に怪しい, に恐ろしい, に息苦しく, に愕然, に感じます, に感じられました, に感心, に慌しく, に懐, に戸外, に戸棚, に技術, に折, に挨拶, に振り, に掌, に揃っ, に描かれ, に散乱, に新しい, に旅人, に早口, に明らか, に明智探偵, に普通, に晴れ, に暫らく, に森, に楽屋, に欠伸, に止まっ, に此方, に歩く, に歩調, に歯, に母親, に民主主義, に気味, に氷, に沖, に泣きだした, に活気, に流れ, に浮い, に浮ん, に淋しかっ, に淋しく, に満足, に滑らか, に澄まし, に激しく, に濃い, に点々, に烈しく, に無造作, に煙管, に狭く, に猛烈, に猪口, に現われた, に生活, に甲, に申しました, に異様, に白かっ, に皿, に眉根, に真理, に真面目, に真黒, に眸, に眺める, に瞳, に矢代, に知識, に硬, に神経, に種々, に穏, に空気, に突如, に立ちあがる, に立ち上る, に立ち停まった, に立ち止まっ, に竦ん, に簡単, に紅い, に緑, に縁側, に置かれ, に群衆, に老, に腕組み, に膨れ, に良人, に色彩, に苦しかっ, に茫, に荒れ, に萎れ, に落胆, に藤枝, に血の気, に装置, に裾, に見あげる, に見えなかった, に見えなくなった, に見えるであろう, に見せた, に見せる, に見つめ, に見受けられます, に語られ, に説く, に諸, に谷, に賊, に赫, に起っ, に身体中, に軒, に近代, に遠い, に金色, に釣竿, に銚子, に長椅子, に開い, に陽気, に隈, に障子, に電話, に震えた, に静, に頸, に顎, に馬, に馬鹿, に駕籠, に鮮明, に黄色く

2 [1672件 抜粋] じゃったが, じゃのう, すでしたが, すもないので, だったがね, だったわね, だとも, だほんとに, であったと, であって, でありまする, でうれしい, でこのごろ, でございますから, でさえ, でしたか, ですか, でそれから, でどうしても, でなんとなく, でほとんど, でイヤ, で何だか, で台所部屋, で外, で従って, で急, で暗澹, で見る目, どす, ないきさつ, なうつろ, なえらい, なお婆さん, なかんじが, ながさつ, なきわめて, なこわい, なさみし, なざらざら, なしどけない, なそういった, なたいへん, なて, なね, なはげしい, なひびきを, なぶきみ, なまじめ, なむなしい, なよろこばし, なんで, なクラハシ山, なショック, なパリ, なマネ, なメー・トリー, な一夜, な一日, な一種独特, な不利, な不確か, な世間, な五分月代, な仏頂面, な仮名, な体格, な何ん, な作, な便利, な偉い, な傾き, な光りが, な内心, な冬, な凄惨, な出来ごと, な切な, な判らぬよう, な前, な動機, な半, な危険, な去年, な古, な可, な同情, な呻き声, な咳払い, な哲学的, な四角い, な固い, な壮, な変てこ, な外観, な大股, な奇観, な女給, な威勢, な嬉しい, な学者, な実に, な客, な寒い, な小路, な尾, な島々, な年増, な広, な建築, な形迹, な後悔, な必然的, な快晴, な思いいれを, な恐し, な恥ずかし, な悔恨, な惨劇, な意外, な愛想, な憎い, な懐かし, な打撃, な指, な放心状態, な新芽, な早口, な春, な時間, な暗黒, な書体, な朗らか, な条件, な枝, な梢, な楽, な機会, な歓声, な気合, な気楽さ, な氷柱, な河床, な泥, な深夜, な清浄, な湯, な激しい, な無気味, な物語, な現在, な生々しい, な異国情調, な疑い, な癖, な白っぽい, な盗み, な真紅, な眺め, な眼附, な社会, な稲妻, な空虚さ, な笑声, な紫色, な結婚, な絶望的, な線, な老, な肩, な脅迫, な色合い, な苦悩, な落葉, な葡萄酒, な薄暗い, な虫, な行い, な装, な規定, な観念, な計画, な詩, な語調, な議論, な赤ん坊, な路, な身過ぎ世過ぎ, な重苦しい, な鋭い, な陰影, な雪雲, な電話, な青草, な音色, な題材, な顔貌, な饒舌, な馬, な驚ろ, な高笑い, な鮮やか, な鷺, にあぐら, にあちこち, にあっち, にあとずさりし, にありのまま, にあッ, にいずれ, にいったん, にいまや, にいわれ, にうかうか, にうねっ, にうれしく, におだやか, におばさん, におもっ, にお互い, にお断り, にかがやい, にかんじ, にきまり, にきょろりと, にぐにゃぐにゃ, にことごとく, にこんど, にさし, にしおしお, にしずまりかえっ, にしゃあしゃあ, にじょうぶ, にじろりと, にすくんだ, にせん, にそっくり, にぞんずる, にたおれ, にたちすくん, にだが, にだれ, にちらりと, につづいた, にである, にとぼとぼと, にとろとろ, にどき, にどろり, になりましょう, にぬっと, にはじめて, には思われません, にひびい, にふたり, にふり向い, にぶる, にほくほく, にまくし立て, にまたもや, にみえます, にみなさん, にむっつり, にもなっ, にも思い, にも書い, にも見えなかった, にも見られる, にやにわに, により, によろめき, にわが, にわれがち, にアパート, にガッカリ, にキャラコさん, にケロリ, にシイン, にジリジリ, にセエラ, にチベット人, にパタパタ, にパリ, にビール, にピン, にプッツリ, にベンチ, にミミ族, に一しょ, に一寸, に一本, に一生懸命, に丁度, に上げた, に不, に不用心, に世の中, に中村屋, に主観的, に乱れた, に乳, に云われた, に仆, に以前, に会釈, に佃, に何となく, に何等, に例, に倉皇, に傷, に光, に全, に其処, に冷静, に出た, に切り出した, に動きはじめる, に北方, に半身, に単調, に友達たち, に取れた, に口笛, に古藤, に同一, に向こう, に呑気, に商人, に四人, に國, に坐り直した, に垣, に壇, に変っ, に夕日, に多少, に大人しく, に大村, に天然, に奥さん, に女房, に始め, に威張り散らし, に存じ, に家々, に容赦, に寂しい, に対象, に屏風, に岡田, に左手, に常識, に平ら, に幼い, に広い, に庭先, に強く, に当, に彼自身, に微笑ん, に心安く, に必ずしも, に忙しく, に思い切っ, に思われないで, に急速, に恍惚, に悲嘆, に惶, に意識, に感じたらしく, に感情, に懐しく, に批評, に拡がっ, に振り返っ, に振返っ, に探偵, に提灯, に政治, に敷い, に文芸, に早川, に晴れやか, に曲っ, に朝倉先生, に本当に, に朱実, に東京, に林太郎, に柱, に桃, に極めて, に横目, に機嫌, に止ん, に正面, に歩, に死ん, に残念, に母屋, に気味悪く, に汗まみれ, に泣い, に洋服, に流れ落ち, に浅間, に海中, に深々, に清浄, に漠然と, に炉, に無意識, に熱っぽく, に爪, に片目, に狙っ, に生い茂っ, に生命, に甲州屋, に畑, に疲れ果て, に痛, に痛ん, に白っぽく, に直線, に真っ直ぐ, に真向, に眠っ, に瞬間, に礼, に私ら, に空虚, に突立, に立ち止っ, に立ち止まる, に笑, に筆, に紙, に細かく, に絵筆, に繃帯, に群集, に老け, に考, に考え込んでる, に聞こえました, に聴, に脳, に自由, に舞台, に芝居, に若者, に茶, に落ちつい, に蒲団, に蒼ざめて, に薄く, に薫, に蜂谷, に表, に装った, に西洋, に見られる, に見向き, に視線, に覚えます, に言いかけた, に言い出す, に記し, に認め, に論じ, に走り, に起った, に踵, に身じろぎ, に転ん, に近所, に進ん, に遠慮なく, に遥々, に重かっ, に鉛筆, に銭, に鎮まった, に降っ, に際限, に雨戸, に霞ん, に青ざめ, に青白く, に静まりかえった, に頭頂, に飛び上る, に馬車, に髭, に麓, に黙りこんだ, の気

1 [10054件 抜粋] あらゆるもの, じゃとさいぜん, すでお, すでソファ, すもございませんのに, だそう, だったので, だとの, だ今, てんでに何, でありその, であるその, でいつもよく, できまり, でございますからね, でしたとさ, ですっと, です碌, でと, ではっと, でもうすこしも, でわけても, で一面, で体, で力, で壁, で子供, で座敷, で感じ, で星, で毎日, で父, で眼玉, で羽織, で褌, で遁げた私, で黄色, なあり様, ないらだたし, なうわ, なおもむき, なからっぽ, なきょときょと, なけったい, なさびしいさびしい, なしな, なすがすがしく, なせりふ, なたとえよう, なつかれたか, などろん, なはぎ野, なひとたち, なへんてこ, なまま, なもうすっかり, なやみ, ならすぐ, なアルプス連山, なガッカリ, なクロオデル好み, なサルジニア, なステキ, なテーマ, なノンキ, なフッ, なムキ, な一件, な一瞬間, な万橘, な上天気, な不具者, な世の中, な中流, な九州大名, な二軒長屋, な人工音製造, な今出川一帯, な代物, な低調, な使命, な倦, な僭越, な先年来, な具合い, な冷かさ, な凶暴, な初心初心, な創痕, な勤め先, な卑下, な又は, な口ひげ, な右手, な呆れ返ったよう, な哀音, な啖呵, な嘲りの, な困難, な土肌, な堅い堅い, な夏羽織, な夜気, な大月球, な奇, な奴隷, な姉妹, な孤島, な宗教的, な容易, な寺田, な小林氏, な山小屋, な工場, な帯地, な幸福感, な座員, な弟, な形容詞, な御仁, な心理学, な怒気, な怪事件, な息づかい, な悲痛さ, な意気込, な慴, な我儘もの, な手緩い, な抵抗, な掛声, な政争的, な文学的認識, な新体詩, な日本美人, な時間割, な暮色, な有利, な杉, な板張, な案内記, な概念, な橋, な此, な殺気, な気丈夫, な水蒸気, な河出, な流暢, な涙ぐましい, な済まない, な演説, な濃緑色, な無鉄砲, な熾んな, な牡丹, な特別, な狹, な理知的, な生蕃人, な画, な痍, な白っぽ, な目元, な真実性, な瞬時, な砲弾, な祖母, な稍, な童話, な粗暴, な紙片, な経済事情, な綽名, な美くし, な翅, な肉塊, な脳漿, な自分達, な船著, な花模様, な苦笑, な菅笠, な蒸暑, な藻草, な血眼, な裏道, な見るも, な親爺, な言葉遣い, な誇り, な謡, な豹変, な赤ン坊, な身代, な輪型, な退屈さ, な道士姿, な郷愁, な重職, な鉱山, な長所, な闘争, な階段, な難しい, な青あお, な面白, な頼みぶり, な風除葛籠, な馬車, な髪かたち, な鳴り方, な黒木長者, にあかく, にあなた方, にいいすてる, にいたって, にいる, にうつり合いました, にうんと, におっしゃいました, におもわれまし, にかき鳴らす, にかならず, にがくがく, にきみ, にくね, にぐわっと, にこたえた, にございまする, にさえ感じた, にさびしかっ, にしい, にしたら, にしゃべりつづけ, にすまし返った, にせせら笑っ, にそば, にたじたじ, にたまげ, につき出したうで, にてんで, にとびあがっ, にと思っ, になか, にならべ, ににたりにたりと, にのめる, にはそれ, には伸子, には現れなかった, にばッ, にひと声, にびり, にふっとあらためて, にぶっ, にべつ, にほろほろ, にまことに, にまるまっ, にむくん, にもえ, にもまた, にも感じました, にも見えたでしょう, にやるせない, によそおい, にろれつ, にわー, にウドン, にオンタデ, にガタガタ, にキョトキョト四方, にクルクルクル, にコロコロ, にジャン, にスメルジャコフ, にゾシマ長老, にテロリズム, にドブン, にネルロ, にバッハ, にヒョックリ元, にフワ, にベッとり, にポウッ, にメチャメチャ, にルケアーノフ, に一々, に一寸一分の上り下り, に一気に, に一語, に万年筆, に三時, に上官, に不格好, に両面神話, に主として, に乱れ流れ, に二度目, に互いにチラチラ, に京子, に今にも, に付き添う, に会員名簿, に低頭, に何物, に侮辱, に信玄, に催促, に元来黄櫨, に入り乱れた, に六畳, に写され, に凄まじい, に刃, に判然, に前線, に加奈子, に動作, に化粧鏡, に十数条, に卑しい, に原田さん, に叔母, に受け取っ, に古, に右側, に同様, に呀ッ, に呼びたてた, に哮り狂っ, に善, に嘶い, に四階, に土俵中央, に坐り, に報ぜられ, に変人, に夢にも, に大月, に天地, に失踪, に姫, に存じまする, に安直, に実践, に寄りつい, に寸分, に小刻み, に小間使い, に居る, に峠, に左脇腹, に帳場, に平野君, に広間いっぱい, に引き入れられ, に強, に彦太郎, に後年, に微動, に忠通自身, に思いだし, に思っとった, に急かず, に恟, に悦ぶ, に惜しげ, に感じたろう, に慣れた, に懸っ, に戰, に手足, に投票者, に抽, に振り廻す, に探題仲時, に揺れ動いた, に放, に数十尺, に文明式, に新聞紙, に日本人, に明るかっ, に昨年, に暑, に曖昧, に書立て, に朦朧, に机上, に板塀, に校長, に棚, に概ね, に次第に, に正しく, に武装, に残らず, に毛布, に気絶, に池, に治病能力, に泣き叫びました, に派手, に浮き上っ, に消え込んだ, に深林, に渋っ, に源平, に漠然, に濃く強く, に灯影, に無惨, に照らされ, に燦々, に物色, に狭い, に珍しく懐しく, に甘く, に用, に番頭, に痛み, に白色, に皺だらけ, に直ります, に看護, に眠る, に瞠, に石ころ, に確信, に私自身妻, に穢い, に立ち上がる, に竹, に筋, に粋, に純情, に経済学, に綱手殿, に縮み上がっ, に美濃紙, に翌, に考え込みました, に聞き耳, に肴, に脛, に自分たち, に舞い下った, に芝生, に若山牧水, に荒れまわっ, に落ちつき, に蒼味, に薔薇, に虫, に行列, に裏山, に見えずなっ, に見せびらかす, に見守っ, に規模, に解らなくなっ, に計略, に詫び, に語り伝え, に論理, に警部, に貴女, に赤濁り, に起き上っ, に足掻, に跳び上がる, に身構える, に載っけ, に近代的, に逃げ出しました, に進駐軍向け, に違っ, に酷, に量, に銭勘定, に長老職, に関心的, に陸上競技, に雑木林, に震え上がった, に静まり返ります, に預けた, に額越し, に飛び上がり, に飲む, に馬鹿囃子, に駿三, に高, に魔薬, に鳴り, に黒斑, に鼻介, やない

▼ た~ (49390, 2.8%)

1741 いう 1553 見えて 1366 思うと 1315 すれば 983 云ふ 833 思う 710 いって 668 みえて 631 思って 517 云って 461 云うの 444 いうので 434 言ふ 420 思います 417 言って 411 思った 349 見える 346 思ふと 343 いふ 340 すると 325 ある 291 いうが 280 云うこと 273 云う 270 なると 267 いっても 250 聞いて 245 云う事 225 する 215 思ふ 191 書いて 189 いうから 176 思うが 170 みえる 158 いうだけ 152 同じよう 151 いうだけの 144 思つた 140 思われる 138 云っても 134 言うの 127 私は 125 いうよりも 118 あっては 117 いえば 111 したら, したらどう 110 いわれて, 思えば 107 申します 106 いふので 103 思いました, 思うの, 見て 101 いいます, 思ったの 100 伝えられて 93 いうに, いふが 90 いつて, 思ひます 89 覚えて 87 思いますが, 言っても 86 いうのに 85 見ると, 言う 82 思ったが 81 記憶する 79 いうじゃ, 云った, 言われて 78 云ふこ 77 云われて 76 申して 74 したらそれ, 云う話 73 いうより, したならば, 聞くと, 見えます, 言った 71 云うん 69 信じて 68 いうでは, 考えて, 見え 67 云うよう 65 いった 63 いうよりは, 同様に 62 したらその, 思はれる 61 彼は 59 いえる, いふから, 云うが 58 なれば, 思ふが 57 いうと, 思つたら, 見えまして, 記憶し 56 言つた 55 あれば 54 言うん 53 申すの 52 きいて 51 あるが 50 したらどんな, 云うので, 云えば 49 思いながら, 見るの 46 知ると 45 言は 44 云つても, 思うこと, 思う頃, 思われます 43 いうばかり, いふよりも, お思い, 云うから, 考えられる, 聞いた時 42 いうし, 思う間もなく, 知って 41 いうほど, いえよう, いっては, 云える, 申すこと, 見るや, 言ひます 40 云います, 聞く, 言うこと 39 言います 38 いうか, いうて, おっしゃるの, するならば, 思うん 37 仮定し, 同じこと, 称して, 見ること 36 いわれる, おもうと, 云う訳, 見えるな 35 言えば 33 したところ, 云つた, 同じ事, 答えた 32 あって, 伝えられる, 見なければ, 見れば, 言つても 31 して, 記して 30 いうまで, 云うもの, 云わねば, 仮定する, 思ふの, 思われるの 29 いうものの, 伝えて 28 します, 云は, 告げた, 想像する, 考えること 27 あるから, いつても, 喜んで, 思うて, 思ったので, 申すか, 言はれ 26 いうの, ひ私, みえ, 同一の, 知らせて, 考へて 25 いうほどの, したらこの, したら私, 云うわけ, 云はれ, 云ふも, 申す事 24 いうだけでも, いふこと, 同じに, 書いた, 話した, 話して

23 [12件] いふに, するの, 云う風, 同様の, 思いますと, 思える, 思ったから, 思った時, 申す, 考えるの, 聞いたが, 言われる

22 云つてゐる, 思うころ, 申しますが

21 いわねば, したら彼, みえます, 云う噂, 云われる, 僕は, 思われて, 想像される, 聽い, 見られる

20 [14件] いうだけで, ひそれ, 云いますから, 云えよう, 思ううち, 思ったらもう, 思つてゐる, 思われるが, 想像し, 聞いた, 聞いては, 見せかけて, 見る間, 言わなければ

19 おっしゃって, しよう, みえるな, 報告した, 後悔し, 思うよう, 見えるの, 言うので, 語った

18 いふでは, ほりに, 云うじゃ, 云うと, 思へば, 気がついて, 申しました, 聴いて, 見えその, 言ったが

17 [17件] あとで, いいますが, 云う者, 同じやう, 同様な, 思いますよ, 思うわ, 思ひますが, 感じた, 申すもの, 考えた, 聞いたとき, 見えるね, 見ても, 見ゆ, 言ひ, 誰が

16 [21件] いいました, いつた, いふと, いふの, おもう, へて, 云うだけ, 云う事実, 云ひ, 仮定すれ, 出づ, 思うね, 考える, 自分で, 見えますね, 見せて, 見へて, 言うて, 言へば, 語って, 述べて

15 [21件] いいますから, いうでも, いうべきであろう, いうんで, いわれても, ひその, 云うその, 云っては, 云はれる, 云へば, 云へる, 伝へられて, 存じます, 思え, 思ったら, 思ったん, 思つ, 思はれるの, 感じて, 考えても, 言った方

14 [31件] あつて, いうべきである, いはれて, いふのに, いへば, いわれるが, さへ, したら何, ならば, 主張する, 云うて, 云うよりも, 云へ, 云わなければ, 信ずる, 出て, 同じ様, 同時にその, 同樣, 彼女は, 思いましたが, 思うから, 思うより, 新聞に, 私に, 聞いたので, 見えるが, 見る方, 解せられる, 言うが, 言っては

13 [25件] いえるの, いったが, きくと, したらおそらく, したらこれ, わかると, 云う様, 云ったの, 云った方, 仮定しよう, 後に, 後悔した, 思いますか, 思い給え, 思ったこと, 思ったのに, 思ひました, 思われる頃, 考へるの, 聞きました, 見えましたが, 言いながら, 言う事, 言へる, 謂って

12 [31件] いうからには, いうだけに, いうまでの, いふよりは, いわぬばかりに, さ, したらどんなに, したらば, するも, 主張し, 云うばかり, 云て, 傳へられ, 全く同じ, 思い込んで, 思っては, 思われるよう, 考えられて, 考えると, 聞くが, 聞けば, 見えた, 見るま, 見る外, 解して, 言いました, 言うから, 言える, 言つ, 記す, 認めて

11 [32件] あり, いいある, いわなければ, しますと, です, みえまして, わかって, わたしは, 云いますが, 云う記事, 云つていい, 云ふんだ, 今に, 嘘を, 思うよ, 思う時, 思う時分, 思っても, 思ひますと, 思や, 書かれて, 源氏は, 申しますから, 白状した, 矢代は, 答えると, 胸を, 見るより, 言い伝えられて, 言ったの, 言わぬばかりに, 記されて

10 [48件] あらば, あります, いうならば, いえるであろう, いわれては, おもって, お考え, みえるの, みて, みゆる, サ, 云いながら, 云いました, 云うだけの, 云うに, 云う人, 云ふで, 今でも, 仮定したら, 伝えられた, 同じである, 安心し, 察せられる, 思うもの, 思う間, 思ったとき, 思つてゐた, 思はる, 思ふ頃, 思われるころ, 思われるところ, 氣が, 申しましょうか, 申しますの, 申すが, 知った時, 私が, 笑って, 考えては, 考えられます, 聞きましたが, 見られるの, 言うもの, 言うよう, 言つたな, 言つてゐる, 記憶します, 述べた

9 [44件] いひます, おっしゃるん, したの, そんなこと, なつたら, ひ之, みえましたが, わかれば, 一緒に, 云うは, 云う意味, 云ったが, 云ったね, 云つ, 云つてもよ, 云つてよい, 人々は, 傳へ, 同じ程度, 告げて, 噂され, 後悔する, 思いこんで, 思いたまえ, 思うか, 思ったに, 思ったらそれ, 思はれて, 思ひながら, 思ひ込んで, 思ふうち, 教えて, 申すは, 知ったとき, 知らして, 知るや, 答へ, 考えられるの, 聞いても, 見え彼, 見ねば, 見るべきである, 言つた方が, 謂は

8 [73件] あるは, いいまたは, いい伝えて, いうかど, いうからね, いうじゃあねえか, いうには, いおうか, いたしましても, いわれるの, おぼえて, お聞き, これは, されて, したところが, なって, ひこの, ほりの, みると, みるや, 云うでは, 云うのに, 云う点, 云われるの, 云ッて, 伝へて, 同じ道, 同時に, 心得て, 思いねえ, 思いますわ, 思うところ, 思うに, 思うほか, 思ったらすぐ, 思はれます, 思ふこと, 思ふん, 思われた, 思われること, 思われるほど, 想像すれ, 断言し, 断言する, 母は, 気が, 申すでは, 白状し, 知った, 知る, 答う, 答えて, 考える外, 考へられる, 聞いたこと, 聞えては, 聞くや, 聽いた, 自分では, 見えたの, 見えますな, 見るべきであろう, 見做, 解釈し, 言うし, 言うじゃ, 言えるの, 言ったよう, 言つたらう, 言へ, 謂はれる, 謂ふ, 近所の

7 [68件] あった, あっちゃ, いうけれど, いうても, いえないこと, いはれる, おなじよう, このよう, したらあの, したら自分, した所, しの, しますれば, する説, よろこんで, 云う知らせ, 云ったよう, 云つてゐた, 云はる, 云わぬばかりに, 云われても, 人に, 仮定します, 仰し, 信じます, 傳へて, 判ると, 同じ理由, 同時にまた, 同様で, 君は, 告白した, 報じて, 思いなさい, 思いましたから, 思いますね, 思うかも, 思うがね, 思うのに, 思うのよ, 思うほど, 思ったとたん, 思はれるもの, 思われるもの, 思召せ, 感じたの, 気がついたの, 申しまする, 申すので, 答えました, 考えたの, 考えねば, 考えるほか, 自白し, 見え何, 見たの, 見るべきであらう, 解するの, 解釈する, 言うべきである, 言うよりも, 言えよう, 言ったな, 言はれる, 言ふこ, 言われるの, 証言し, 載す

6 [94件] あつちや, ありますが, あるからには, いい, いうにも, いうね, いうよりか, いひながら, おもった, お思いなさい, きけば, こういうん, したならどう, したらこんな, したら彼ら, しなければ, しへも, せえ, ひ, ひ世, ひ彼, ほりである, わかつて, 主張した, 云う以上, 云う感じ, 云う自覚, 云う証拠, 云えない, 云つては, 云はれた, 云ひます, 云われては, 仮定した, 仰有るの, 仰言, 伝へられる, 信じられて, 信じること, 分れば, 反対に, 同然である, 告白し, 報告し, 心を, 思いながらも, 思いまして, 思いますの, 思い出した, 思うかね, 思うくらい, 思うその, 思うとき, 思うまもなく, 思う途端, 思ったか, 思ったらその, 思つてる, 思ふやう, 思へ, 思われては, 思われましたが, 急に, 感じるの, 手を, 断定する, 斯う, 日記に, 正直に, 申さるるか, 申しても, 申しましたが, 申しましても, 確信し, 私の, 自覚した, 致しますと, 薫は, 見えこの, 見えたが, 見なくては, 見へ, 見る事, 言いますよ, 言うと, 言つてよい, 言つてゐた, 言ふと, 言ふんだ, 言わねば, 語つた, 説くの, 謂はれ, 騒いで

5 [139件] いいながら, いいますと, いいますよ, いうかも, いうぐらいの, いうけれども, いうぞ, いうな, いうを, いえ, いえるかも, いひますが, いわるるか, いわれた, おっしゃる, おもうが, お前は, かかれて, きいたとき, こう云う, さとって, したなら, したらきっと, したらそして, したらわれわれ, したら君, したら彼女, したら必ず, したら恐らく, したら誰, したら随分, した場合, しましょう, しますね, するならそれ, なっては, なりますと, ひそかに, ひ一時, ほくそ笑みを, ほぼ同じ, まことし, みるま, みんなが, 云い出した, 云うじゃあねえか, 云うところ, 云うより, 云う女, 云う心持, 云う次第, 云う説, 云つてよく, 云ふと, 云わざるを, 仰有, 伝う, 信じた, 信じる, 信ずるもの, 分って, 分ると, 判った, 前に, 叫んで, 同じく, 同じ結果, 同前の, 同様だ, 同様である, 土地の, 姫が, 安心した, 帰って, 心に, 心の, 思い, 思いましたよ, 思うけれども, 思う事, 思う人, 思ったもの, 思ったらあの, 思ったらしい, 思った瞬間, 思ってるん, 思つたのは, 思はれるやう, 思ふ時, 思ふ間, 思わせるため, 思わなけりや, 思われたが, 想像すべき, 憶えて, 推定される, 早くも, 書いたが, 此れ, 気がついた, 父は, 申されるか, 申しまして, 申しますと, 申せましょう, 知つたら, 知れる, 礼を, 稱する, 答えるの, 考えられないこと, 考えるよう, 考えるより, 考えれば, 考へること, 自信し, 自分でも, 自白した, 致しましても, 見える魂, 見た, 見たから, 見ては, 見られて, 見る間もなく, 解すること, 解せられるの, 言う人, 言ったね, 言つたのは, 言つてる, 言ふで, 証言した, 認められて, 語ったそう, 語られて, 説明し, 謂ツて, 返事を

4 [258件] ありますね, いいまた, いうじゃねえか, いうだけは, いうで, いうなどは, いうならそれ, いうばかりの, いうまでは, いえなくも, いえましょう, いえるか, いったろう, いつたやう, いはんばかりに, いひますよ, いふところ, いふん, いふ事, いふ気, いわざるを, いわぬばかり, いわぬばかりの, いわれたこと, いわんばかりの, おっしゃいましたね, おなじす, おもうの, おもつ, おれは, お思ひ, お礼を, きいたので, きかれは, きく, きはじめて, こぼして, したらそこ, したら如何, したら当然, したら果して, しに, それを, ですが, なう, なりの, ひいかなる, ひどんな, ひ今, ひ侯, ひ御, ひ恐らく, ひ死んでも, ひ罪, ひ閣下, ほりだ, みえその, みえたが, みえますな, みせて, みること, よろこんだり, ホッと, 一般であった, 下を, 不思議に, 世間に, 世間の, 云いましたね, 云いますよ, 云い伝えられて, 云うのだい, 云うべきだろう, 云うべきであろう, 云うも, 云うよりは, 云う位, 云う例, 云う大, 云う嫌疑, 云う御, 云う感, 云う所, 云う方, 云う言葉, 云う記憶, 云えないだろうか, 云ったこと, 云つてある, 云わぬばかりの, 云われるが, 云わんよりは, 人は, 今は, 仮定せよ, 仰しゃるのですか, 仰有って, 伝えられるが, 伸子は, 何の, 何んで, 信ずべき理由, 信ぜられて, 假定すれ, 全く同様, 口々に, 口を, 合点し, 同じい, 同じくこの, 同じだ, 同じな, 同じ位, 同じ形, 同じ心持, 同じ意味, 同時にこの, 同時にそれ, 同時に又, 同時に彼, 報じられて, 夫婦に, 妹の, 安心する, 宿の, 店の, 彼も, 後悔しました, 後悔を, 心で, 思いなせえ, 思いますがね, 思うあたり, 思うた, 思うたが, 思うたの, 思うほどの, 思うま, 思う位, 思う瞬間, 思えるの, 思ったその, 思ったらまた, 思ったら今度, 思ったら急, 思った刹那, 思つたから, 思つて, 思つても, 思つてゐます, 思はれては, 思はれても, 思はれは, 思はれる人, 思ひこんで, 思ひねえ, 思ひますよ, 思ふま, 思ふわ, 思へた, 思へる, 思わざるを, 思わずに, 思わずには, 思わせるよう, 思われますか, 思われるから, 思われるその, 思われる節, 急いで, 恨んで, 悟って, 想像できる, 感じられて, 感じると, 感心し, 推定され, 推測せられる, 新聞は, 本人が, 欣んで, 母に, 気がつくと, 気づくと, 気の, 満足し, 父が, 甲斐は, 申さねば, 申しますので, 申しますよ, 申す位, 申立て, 白状する, 皆が, 眼を, 知らずに, 私たちとは, 私には, 私も, 笑いながら, 答える, 答へる, 考えられるが, 考ふる, 考へた, 考へる, 聞いただけ, 聞いたなら, 聞いたの, 聞えて, 聞きましたから, 聞きますが, 聴いた時, 聽きました, 自慢する, 見えますよ, 見えると, 見えるん, 見え二人, 見え少し, 見え急, 見え椅子, 見え横, 見え目, 見え私, 見ら, 見るが, 見るほか, 解釈した, 言いましたが, 言いましたね, 言うか, 言うだけの, 言うに, 言うのに, 言うより, 言うんだい, 言えないこと, 言えるかも, 言おうか, 言ったじゃ, 言つていい, 言つて居る, 言はれた, 言ふん, 言われても, 言出した, 訊くと, 評して, 話しました, 話すと, 誇って, 語る, 説いて, 誰も, 述懐し, 院は

3 [466件] あったが, あつた, あとに, あなたは, ありましたが, あるけれども, あるより, いい伝えられて, いい得る, いうからにゃ, いうごときは, いうじゃあ, いうだけじゃ, いうなども, いうべきだろう, いうべきもの, いえようか, いえるだろう, いえるでしょうか, いたしますれば, いったから, いったって, いったらいい, いっちゃ, いつた風, いな, いはねば, いふからには, いふでも, いふ感が, いふ者が, いふ者は, いふ者も, いふ訳でも, いわないで, いわれましたが, いわれます, いわんばかり, いわんばかりに, おっしゃいますか, おっしゃった, おっしゃったが, おっしゃったよう, おっしゃると, おっしゃるので, おもいました, おもいます, おもうころ, おもったの, お思いなさる, お母さんは, きいた, きいては, きくが, くりかえして, こういうの, こういうわけ, この方, これも, こんなこと, した, したって, したならその, したならと, したらあなた, したらあるいは, したらあんな, したらおれ, したらさだめし, したらせっかく, したらどうして, したらわたし, したら一体, したら僕, したら先生, したら夫, したら彼等, したら父, したら確か, したら読者, したら諸君, した時, しへ, すること, するさ, するには, せば, せよ, そうお, そう思っ, その女, その時, それが, それは, そればかり, それも, たい, ただそれだけ, だれが, つたえられて, ですよ, なったらもう, ひそこ, ひ一旦, ひ他, ひ多少, ひ自分, ひ親, ひ都, へしなり, へること, ほぼ同様, ほめて, みえすぐ, みえてね, みえまする, みえるね, みえ何, みえ顔, みたの, みなければ, みられよう, みられる, みるより, より外, わかっても, わしの, わたくしは, 一人の, 一般に, 世間から, 世間では, 主人の, 云いたい, 云いたげに, 云いましたが, 云うくらい, 云うくらいの, 云うけれども, 云うそれ, 云うぞ, 云うた, 云うては, 云うでも, 云うほか, 云うものの, 云う丈, 云う不思議, 云う処, 云う外, 云う始末, 云う廉, 云う意識, 云う旨, 云う様子, 云う気, 云う満足, 云う程, 云う訣, 云う逸話, 云う非難, 云え, 云えましょう, 云えるだろう, 云えるであろう, 云ったそう, 云ったので, 云ったらそれ, 云つた風で, 云つてる, 云つて差支へ, 云ひました, 云ふより, 云ふんです, 云わんばかりに, 亭主は, 人の, 今も, 今度は, 今日の, 仮定しましょう, 仰しゃいました, 仰しゃるんですか, 仰せられて, 仰っしゃって, 似て, 信ずるが, 假定し, 僕に, 先生は, 兵馬は, 判りました, 判れば, 判断した, 判断する, 勘違いし, 反して, 取って, 同じだけの, 同じであった, 同じ場所, 同じ方向, 同じ方法, 同じ言葉, 同じ調子, 同一である, 同一量の, 同時に一つ, 同時に彼女, 同時に心, 同時に文学, 同時に自分, 同然に, 告げました, 告げる, 告げるの, 問えば, 喜びました, 嘆いて, 噂された, 噂し, 報告が, 報告する, 声を, 大喜び, 大笑いしました, 女が, 女房は, 妹は, 妻は, 始めて, 娘は, 少しも, 当時の, 彦太郎は, 彼が, 後悔の, 御話しなさいました, 心づいて, 怒って, 思いは, 思いましたの, 思いますから, 思い出して, 思い又, 思い私, 思うくらいに, 思うけれど, 思うこの, 思うそれ, 思うだけ, 思うだろう, 思うては, 思うでしょう, 思うという, 思うな, 思うならば, 思うばかり, 思う中, 思う心, 思う者, 思えた, 思ったあの, 思ったね, 思ったばかり, 思ったほど, 思ったよ, 思ったらいきなり, 思ったらやがて, 思ったら彼, 思ったら途端, 思った途端, 思った頃, 思つたのが, 思つたのです, 思つたのに, 思つていい, 思つては, 思つてゐたら, 思て, 思はなければ, 思はれた, 思はれますが, 思はれるほど, 思ひましたが, 思ひ出した, 思ふころ, 思ふに, 思ふほどに, 思ふ位, 思わなければ, 思わねば, 思われた時, 思われても, 思われは, 思われました, 思われますから, 思われますが, 思われるあたり, 思われるくらい, 思われると, 思われるほどの, 思われる処, 思われる大きな, 思われる時分, 思われる部分, 思ッて, 思召し, 悔んだ, 悟った, 悲鳴を, 想像しうる, 想像せられる, 感じたこと, 感じたとき, 感じた時, 感じます, 憶える, 承って, 挨拶し, 推測する, 教へて, 断定し, 明らかに, 明瞭に, 有仰る, 本人は, 極めて, 此の, 気づいた, 気づいたの, 泣いて, 温順しく, 申さなければ, 申し立てて, 申上げたら, 申立てた, 疑って, 皆に, 目を, 睨んで, 知らされて, 知らる, 知ること, 知る事, 知れた時, 知れては, 私どもは, 称せられて, 積って, 空の, 立派に, 答えたが, 答へて, 義雄は, 考えなくては, 考えなければ, 考えられなくも, 考える事, 考える人, 考へられるもの, 聞いたから, 聞いた故, 聞かされて, 聞きましたので, 聞きましたゆえ, 聞て, 聴いたが, 聽いちや, 腹の中で, 膝を, 自分は, 自分も, 自慢し, 自白する, 自覚し, 自負する, 莞爾として, 見えいきなり, 見えそれ, 見えてね, 見えましてね, 見えまする, 見えますネ, 見えるもの, 見えるテ, 見え床, 見え彼女, 見え或, 見え自分, 見え血, 見え間もなく, 見せかけるため, 見せるため, 見た時, 見た時分, 見て取って, 見へる, 見ゆる, 見られぬこと, 見られます, 見られるもの, 見る, 見るうち, 見るは, 見るべきだが, 見るまもなく, 覚えた, 覚えます, 覚える, 覚しき頃, 解しても, 解すべきもの, 解する, 言いお, 言いふらして, 言いますが, 言いますがね, 言いますぜ, 言うかも, 言うだろう, 言うても, 言うわけ, 言うんで, 言う事実, 言う話, 言う風, 言え, 言えるだろう, 言えるであろう, 言ったそう, 言ったところ, 言ったので, 言つたら, 言つてお, 言つては, 言ひました, 言ふしなか, 言ふも, 言へど, 言や, 言わざるを, 言わぬばかり, 言わるる, 言われた, 言われては, 記載し, 記録され, 記録し, 記録に, 註して, 話したこと, 誌し, 認めなければ, 語るので, 謂っても, 謂へる, 豹一は, 足を, 逆に, 陳述した, 非常な, 非常に, 顔を, 首を, 驚いて

2 [1217件 抜粋] あっちゃあ, あの人, ありましては, あるからは, あるばかり, いいなかっ, いいますけれど, いいますね, いい伝え, いい得られる, いうからな, いうごとくその, いうだけにも, いうであろうが, いうのでね, いうわい, いえそれ, いえます, いおうと, いっしょに, いったらその, いってな, いつたぢ, いはれも, いひ傳, いふならそれ, いふべきである, いふんで, いへるし, いわれその, いわれまた, いわれるくらい, いわれるので, いわれるよう, うけたまわる, うるに, え, おっしゃいましたが, おっしゃったでしょう, おっしゃるけれども, おなおさん, おもうね, おもえば, おもわれる, おりじゃったな, お伝えし, お前の, お吉, お父さんに, お言いな, かすかに, きいた時, ききましたが, きこえては, きめこんで, こい, こう思っ, さわいで, したならという, したらあと, したらいかにも, したらかの, したらたとえ, したらつまり, したらまさしく, したらやはり, したら今度, したら何故, したら全市, したら其処, したら女, したら此, したら絵画, した処, しましたならば, し又, すぐ後悔, するそう, するなら今, するもの, すればね, せられる, そう岸本, そう簡単, そなた, その名, そんな気, ただそれ, つたへ, ですか, どうして保証, なす, なり, なりますると, にらんで, はっきりいっ, ひあの, ひこ, ひどの, ひわれ仏, ひ一たび伯, ひ仇, ひ以前, ひ何一つ, ひ吾, ひ宮, ひ小さな, ひ岐阜, ひ意識, ひ我が, ひ政治家たる, ひ星除名論, ひ河野自身, ひ漢語, ひ無名氏, ひ現, ひ現実, ひ直に, ひ肉体, ひ長期, ふべきなしく, ほか思えない, ほり, ほりであります, ほんとうに, みえそれ, みえるのう, みえ城太郎, みえ百万遍, みても, みるべきであらう, もうします, やらだが, わかりましたよ, われながら, ネーだけれども, メンシコフは, 一方には, 万人に, 丈けは, 下女は, 世間へ, 主人は, 主張しました, 二人の, 云いますので, 云い得る, 云うか, 云うけれど, 云うため, 云うたらば, 云うだろうが, 云うのみの, 云うまで, 云う一点, 云う二文字, 云う前例, 云う場所, 云う実例, 云う心, 云う手紙, 云う支倉, 云う有名, 云う理由, 云う筈, 云う記録, 云う調子, 云う車夫, 云う関西者, 云う電報, 云う餅, 云た, 云ったとか, 云ったもの, 云ったら君, 云った時, 云つたのである, 云つてよ, 云つて其訴訟の, 云つて移つて行つた, 云ふお, 云ふて, 云ふべきだ, 云ふべきである, 云や, 云われちゃ, 云ッても, 人から, 人も, 今さら悔ん, 今日まで, 仰しゃっていた作品, 仰せら, 仰つて, 仰有るか, 伝えら, 伝え聞いて, 何か, 作者が, 例の, 信じきって, 信じるの, 信すべき, 信ずるの, 信号したら, 假定する, 傍に, 兄さんは, 先生が, 判った時, 判つた, 友田は, 反対の, 叔母は, 受取って, 叫んだの, 同じころ, 同じところ, 同じ感情, 同じ晩, 同じ興味, 同時にこれ, 同時に一面, 同時に例, 同時に大, 同時に葉子, 名乗って, 吾, 告げると, 呟いて, 呼ぶの, 問ふて呉れる, 喜んだ, 嘆ぜざるを, 嘗て私, 土曜日毎に, 報ぜられた, 大分御, 大師が, 夫人が, 失望を, 妻が, 威張つて, 嬉しく思った, 子細を, 存じますが, 実意を, 宣言し, 家内の, 察せられるの, 尋ねるの, 届けて, 希臘神話は, 彼には, 待ちかまえて, 後で挨拶, 後世に, 心付いて, 思いかえして, 思いこれから, 思いでも, 思いましたけれど, 思い一倍, 思い大, 思い込む人間, 思うかい, 思うけど, 思うた時, 思うでしょうね, 思うのみ, 思うよりも, 思う様に, 思う気持, 思う画家, 思えたので, 思えども, 思えるくらい, 思た, 思っただけ, 思ったであろうか, 思ったらしかった, 思ったらそれっきり, 思ったらたちまち, 思ったらどこ, 思ったらもうこ, 思ったわ, 思った事, 思った私, 思っちゃ, 思ってる, 思つたのも, 思つてそんな, 思つてを, 思はずに, 思はれるかも, 思はれること, 思はれるふし, 思はれる部分, 思ひあわて, 思ひ違, 思ふね, 思ふほど, 思ふ所, 思ふ間もなく, 思へるもの, 思わっしゃりまし, 思わないわけ, 思わるるほど, 思われちゃ, 思われるのに, 思われるゆえ, 思われる人, 思われる方, 思われる静か, 思召す, 思量する, 息を, 悔みながら, 悔悟し, 惟う, 想像された, 想像するなら, 感じても, 感じる瞬間, 感謝したぎり, 成つたなら, 成ると, 承りました, 承わりましたが, 拝察される, 推察される, 推測し, 断言しました, 斯様に, 新聞が, 斷言し, 早合点し, 明言する, 時雄は, 書き残して, 朗らかに, 本気に, 梶は, 母から, 母の, 気がついた時, 気づいた時, 沁, 泰造は, 涙を, 父に, 申さるるの, 申したところ, 申しては, 申し上げたじゃ, 申し伝えて, 申すしらせ, 申すわけ, 申す意味, 申立てる, 町の, 白状しました, 看護婦から, 知ったから, 知ったので, 知っては, 知らせた, 知らぬが, 知れると, 確かに, 秀吉は, 称されて, 称するの, 稱し, 笑ひ, 答えたので, 節子は, 素子は, 義妹たちは, 考えたい, 考えます, 考えられるから, 考えるほう, 考える他, 考へ, 考へられて, 考へる事, 考へる方, 聞いたならば, 聞いちゃ, 聞えた, 聞かされたとき, 聞かされると, 聞かれた時, 聞きこの, 聞きましたら父さん, 聞き私, 聞くこの, 聞くまでは, 聴くと, 胸の, 臍を, 自供した, 自分に, 自分を, 致しましたら恐らく, 若い身空, 蒼い顔, 衣服の, 見えいつも, 見えすぐ, 見えたとき, 見えても, 見えまだ, 見えるなあ, 見えるや, 見える今日, 見える女, 見えビクリ, 見え下足, 見え今, 見え先刻, 見え勝平, 見え大声, 見え字体, 見え廊下, 見え滔々, 見え突然, 見せたの, 見た方, 見られる場合, 見るとき, 見るべきが, 見るべきもの, 見るよりも, 覚しき場所, 覚ゆる, 観ること, 覺えた, 解すべきである, 解せられて, 解つたら, 解釈出来る, 言いたい, 言いだした, 言いますか, 言い伝えら, 言い出したの, 言い得るかも, 言い触らして, 言い足した, 言うだけ, 言うてたさかい, 言うよ, 言う説, 言えなくも, 言ったって, 言った人, 言つたさうだ, 言つた感じで, 言つて宜しい, 言つて居ます, 言つて生れ, 言はれました, 言ひなさる, 言ふからには, 言ふし樂毅論から, 言ふより, 言へるであらう, 言わるるが, 言われちゃあ, 言われるくらい, 言われるほど深刻, 言わんと, 計算され, 訊ねる, 記録される, 訴への, 評するもの, 話したが, 話した事, 話すの, 認めざるを, 認める, 誤解し, 説くもの, 説明する, 誰かが, 誰もが, 誹るも, 謂える, 警視庁では, 賞められ, 載せ, 述べても, 運転手に, 重ねて, 非難され, 順平にも, 風の

1 [10390件 抜粋] ああいのち, あの手紙, ありなおまた, あるその, いいいま, いいなさる, いいますので, いい出す, いい得るだろうか, いい条, いい間々, いうだけを, いうなら二人, いうべきだ, いう者, いえような, いえ余りに, いたしますと, いったら人, いってるん, いつた描き方許, いつわり実は, いひだす者, いふだ, いふらしいな, いやあ若オヤジ, いわないばかりの, いわれた程, いわれるだけに, いわれる尊氏自筆, いわれる財宝, うたう喧嘩, おいいじゃ, おっしゃったは, おとどけ, おぼえる, おもううち大発見, おもわれて, お伝えあれ, お嬢様に, お瀧, お言, お館さま, かたづけて, きいたばかり, きくからは, きめられ勝ち, こい学校, こう思った, ことわったかと, この日, これには, さっきから, しえなく静か, したならいったい, したなら此, したらおどろいて, したらさ, したらたしか, したらまだ, したらハテ, したら世にも, したら何ん, したら別, したら多, したら家, したら忽ち, したら昨夜, したら沖縄, したら神様, したら苅谷氏, したら遊星, した上, しみじみ口惜しゅう, しアマテラス・オオミカミ, すがりつきたい思ひが, すりゃあんまり, するなら外, する夢, する類, そういうこと, そう思いません, その, その新妻, その背, それ八月八日の, だれもを, つたえられる, ともかく多鶴子, どんなに喜ん, なったら今度, なりゃこれ, にらみつけて, はじめて来た, ばかな, ひとまずそういう, ひシエクスピイヤ, ひ一日二日, ひ人生, ひ全智全能, ひ協力一致, ひ圓滿, ひ始めは, ひ平凡, ひ情感, ひ文子, ひ未だ, ひ殿, ひ物質的, ひ秀次公謀反, ひ自ら, ひ觀ら, ひ違, ひ鬼趣, ふれて, へんてこりんな, ほりお, ほり世間一般, ほり數へ, ぼんやりと, ますます屈辱, まるで怒つ, みえしっぽ, みえふみきる跫音, みえる守吉, みえ以後, みえ唸り声, みえ広い, みえ木, みえ番兵, みえ腫れぼったい, みえ闇, みないった, みる眼, もっぱらのうわさでござりました, ゆく先, より思われません, わかりゃ捨てて, わびなければ, オ, スパイからの, バイブルに, マストリリ自ら本国へ, 一つの, 一日の, 一言心配した, 下らない評定, 両の, 久慈が, 二個の, 云いなさいえ, 云い三吉, 云い得るよう, 云うおとなしい, 云うたぢ, 云うならそれ, 云うよい, 云う一条, 云う伝説ごと, 云う友達, 云う墓銘, 云う容子, 云う怪しい, 云う敢, 云う歯, 云う理, 云う端書, 云う菓子, 云う謎, 云う音信, 云え何ら, 云ったらない, 云っちゃ, 云つたのは, 云つてその後は, 云つて呉れる, 云つて愁歎し, 云つて短気な, 云はれる如く, 云ふくらゐ, 云わぬ計, 云われるから, 云われる所, 云立て, 人々の, 今さら頼む, 今更嘆い, 仮定すべきであった, 仰せられますか, 仰云った由, 伝うるが, 伝えられるに, 伝える, 伝へ雲雀, 位に, 何食は, 保証する, 信じるから, 信ずるその, 信用すべき, 僻んで, 全く別口, 其他の, 凡ての, 分ったなども, 初めて氣, 判るが, 動くもの, 半兵衛に, 又八, 取ると, 口惜し泣き, 叫びたり, 史に, 同じくかの, 同じく原始的, 同じく自分, 同じボックス, 同じ呼子, 同じ心持ち, 同じ村, 同じ紅白, 同じ訳, 同一処敷居から, 同時にこちら, 同時に一つづしりと, 同時に冷たい, 同時に失業者, 同時に恐ろしい, 同時に正造自身, 同時に田舎, 同時に讃め, 同時の, 同氏が, 吐かしたか, 吾輩は, 告白せね, 和尚が, 問はる, 喜ぶの, 嘆じたさう, 回想し, 城門からの, 報告せられ, 夢の, 大層お, 大金が, 奥様が, 奴らは, 婆とは, 存分人を, 定めて, 家中の, 察するです, 小さくかたまり, 少し笑, 島田の, 平伏して, 広告し, 引上げる, 当惑し, 後々まで, 後で話し, 後悔しはじめた, 御思い, 心から思っ, 心臓が, 怒る山法師ら, 思いこみむっと, 思いつめすっかり, 思いましたと, 思いますすっかり, 思いやす, 思い出し思い出し魚, 思い当るもの, 思い続けて, 思い返すよう, 思うたび, 思うてな, 思うふう, 思う今日, 思う彫刻, 思う気, 思う輩, 思えないわ, 思し召されて, 思ったそして, 思ったらおお, 思ったらつと, 思ったらハッ, 思ったら信心, 思ったら天城, 思ったら昨夕帰り, 思ったら見るま, 思ったテイイ, 思った客, 思った浅吉さん, 思った話声, 思ってや, 思つたに, 思つた疑ひ, 思つてゐるだらう, 思つて後悔し, 思つて行き合ふ, 思はれたくない為, 思はれる亥刻半, 思はれる根拠, 思はれる防人, 思ひましたの, 思ひ前々, 思ふころ二人, 思ふ元, 思ふ詩界, 思わせたこと, 思わねえで其奴等, 思われたでしょう, 思われねえこと, 思われるほど暖, 思われる刃物, 思われる弥次郎, 思われる母, 思われる窓, 思われる青い, 怨んで, 恰度同じ, 悟った津田, 悲しみながらも, 想像しますれ, 感じたあと, 感じられました, 感ずる時, 感謝と, 懇意の, 打ち喜んで, 承知する, 拾う, 推察が, 放二, 斉しく, 新次郎は, 早打が, 時の, 書いたこと, 書くか, 望むでゐた夢, 札を, 某書に, 横田も, 歎ぜられたと, 歩行い, 母や, 気がつく, 気づくの, 池田太郎は, 泣きそう, 涙の, 漸く諦めかけ, 父母の, 猟師は, 生成した, 申されますので, 申しましたの, 申しますると, 申し候, 申すのに, 申す馬場, 画家から, 痛感せざる, 皆言った, 相川良之介が, 睨みすくめて, 知ったらあの, 知った覆面, 知らせくれた人, 知りながら, 知るならば, 知れ薄, 祖父は, 私自身にも, 称するたぐひ, 称せられた, 窓の, 笑靨が, 答えます, 答へたで, 結婚したなら, 繰返し申しても, 考う, 考えはじめました, 考えられると, 考えるならそれ, 考へこれ, 考へられると, 聞いたからね, 聞いたらそれら, 聞いた安心, 聞えたら天下, 聞かれちゃ, 聞き一人, 聞き知ると, 聞くでは, 聞く軍師, 胡北へ, 自ら言い, 自白しました, 致しましたらその, 若衆も, 落胆の, 行くほう, 見えあやしい, 見えこんな, 見えたその, 見えともすれば, 見えぼんやり顔, 見えやして, 見えるのに, 見える四, 見える自分, 見えチェーホフ, 見え一瞬南, 見え二年, 見え偃松, 見え前例, 見え名古屋市中, 見え大急ぎ, 見え宮内省の, 見え帆村, 見え後, 見え折返しセエブル, 見え杉谷代水氏, 見え次第に, 見え父母, 見え神経質, 見え芝居茶屋, 見え赤い, 見え階下, 見え駒込, 見せかけ相手, 見たい, 見た途端, 見へる雪二郎, 見られんこと, 見るべきところ, 見傚, 覚える誰, 覚しく娘, 親方が, 観念する, 解する方, 解釈すべきである, 言いきれます, 言いなさい, 言いやせたと, 言い切るわけ, 言い得るだけの, 言ういずれ, 言うで, 言うらしいの, 言う場合, 言う機械油, 言う銀製, 言える位, 言ったならば, 言った感じ, 言つたと, 言つておし, 言つて一度, 言つて差支ない, 言つて雄弁家に, 言ふから少し, 言わないの, 言われたら彼女ら, 言われるイソップ物語, 言われ永保元年三井寺焼打ち, 訊いた時, 記憶される, 証言する, 詠みあったと, 話され家内中顔, 話は, 認められた人びと, 誓って, 語り伝えられた其道, 説きふせ日本, 談した, 謂い得ると, 謂われる娘, 讒言を, 賢女伝を, 身の上が, 返事した, 追い廻された優形, 遁げて, 酔いが, 門に, 陶酔し, 面を, 顔に, 馬琴の, 騷ぎ立てる

▼ た~ (36289, 2.1%)

72534821 です 1558 だよ 1366 ですよ 1295 ですか 1217 だが 1180 ですが 1140 だろう 1107 だから 903 だね 746 でしょう 685 じゃない 504 ですもの 487 ですね 470 だな 370 だと 342 ですから 333 だらう 315 だそう 280 では 252 ですって 241 ですの 236 だもの 231 だけれど 218 だぜ 199 ですけれど 192 ですがね 172 だわ 167 だがね 154 だか 148 だからね 145 だけど 136 ですけど 125 じゃありません 119 じゃ, だろうと 113108 ですつて 107 ですわ 105 でしょうね 104 じゃねえ 98 か, だぞ, だって 87 ですからね 86 でしょうか 84 だからな, でございます 83 だろうね 77 ですかい 67 だろ 63 だつて 61 だろうか 57 ですな 53 でございますよ 52 ですけれども 50 だえ, だけれども 49 ですぜ 46 だろうな 43 だし, だねえ 42 じゃア 41 じゃあるまい, だからなあ 40 だという, だろうが 38 だなと 35 だとさ, でしょうが, ですかね, ですとさ 34 ですのよ 33 かい, じゃないでしょう, じや 30 だってね, でも 29 ですってね 28 である, でござんす 26 さ, だッ 25 です親分 24 だがなあ, やが 23 じゃあない, じゃないです, じゃなかった, だらうと, でしょうねえ 22 かね, だがな, だろうよ, でございますか, ですと 21 だナ, ですッ 20 じゃが, だあ, ださうです 19 だなあ, だろうねえ, でございますが, でしょうよ 18 だそれ, やろ 17 ださうで, だとか, だ相, ですからねえ, ですのに, やけど 16 だその, だネ, でございましょう, でしょうな, ですわね 15 じゃなく, だっけ, だとよ, でしょ, ですからな, やな 14 だろうという, ですえ, やない 13 だお前, だからねえ, だのに 12 じゃなかろう, だ君, でした, ですねえ 11 じゃござんせん, じゃよ, だらうな, だらうね, だろうって, だろうなあ, だア, でしょうと, ですネ 10 じゃある, だお, ださうですよ, だもん, だよう, だろうから, だ俺, でございますから, ですけどね

9 [11件] かな, じゃあねえ, じゃございません, じゃないだろう, だつけ, だどう, だワ, でしょうかね, ですかと, やそう, やもん

8 [16件] じゃあねえか, じゃね, だあの, だからと, だけどね, だこの, だなんて, だん, だ八, でしょうネ, ですお, ですかねえ, ですがねえ, で御座います, やさかい, やわ

7 [16件] じゃなくっ, じゃ無い, だからネ, だがねえ, だこんな, だそんな, だとは, だべ, だらうが, だわね, でしょうけれど, ですつてさ, ですなあ, ですツ, でなければ, やろか

6 [17件] じゃな, じゃねえや, だああ, だおれ, だこれ, ださうだ, だっていう, だとね, だ何, て落づるずおん, でありますが, でございましょうね, でございますの, ですし, ですってさ, なこと, べ

5 [34件] じゃああるまい, じゃござんすまい, だけれ, だけれどね, だす, だそして, だっ, だっけね, だったね, だて, だとばかり, だとも, だらうか, だエ, だヨ, だ一体, だ僕, だ話して, であります, でございますがね, でございますけれど, でござんすか, でしたが, ですかよ, ですそんな, ですってねえ, です何, でない, どす, どっせ, な食事, べえ, やがな, やで

4 [51件] かけたか, かもしれない, がある, じゃあるめえし, じゃけど, だいったい, ださ, だしかも, だった, だってよ, だといった, だもう, だろうあの, だろうけれど, だろうさ, だろうなどと, だ大, だ己, だ私, であろうか, でございますね, でしたっけ, でしやう, でしょうがね, でしょうけど, でしょうけれども, でしょうなあ, ですお嬢さん, ですかな, ですがな, ですけれどね, ですこの, ですその, ですそれ, ですってよ, ですわねえ, ですワ, です先生, です私, です貴女, でなきや, でなくて, でやす, で御座いますか, で御座いますよ, なもの, ならいい, やあれ, やぞ, やと, やろな

3 [97件] かッ, がったん, じゃあこの, じゃあないでしょう, じゃありますまい, じゃから, じゃごわせん, じゃと, じゃもう, じゃろう, じゃァない, じゃァないだろう, じゃ有りません, ずら, たるけしき, たるもの, だいと, だいや, だからの, だけれどもね, だこいつ, だこう, だここ, ださあ, ださうな, だしかし, だそうですね, だだが, だっけな, だっておっしゃる, だってそれ, だつたね, だつて言, だで, だといふ, だところが, だなどと, だねえか, だばか, だらうよ, だろうがね, だろうこの, だろうし, だろうじゃ, だろうなんて, だろうに, だろうネ, だろう私, だ今, だ俺ら, だ八五郎, だ夢, だ大きな, だ早く, だ言わないか, だ詳しく, だ誰, だ騷, でありますか, でございましょうか, でございますねえ, でござんしょう, でござんしょうか, でござんすよ, でしたかね, でしょうあの, でしょうそれ, でしょうに, ですかなあ, ですからなあ, ですがと, ですけどねえ, ですけども, ですけれどもね, ですこれ, ですそれから, ですそれで, ですて, ですとも, ですどうして, ですのね, です一体, です今, です叔母さん, でないか, でねえか, とこの, ど, ならもう, ならもう少し, な返事, にいえ, に書い, に説明, のよう, べい, やぜ

2 [198件] え, かいや, かと順平, かどう, があ, さ我身, し, じゃあおれ, じゃあっし, じゃあどうせ, じゃあやりきれねえ, じゃお, じゃけ, じゃござん, じゃし, じゃで, じゃなし, じゃもの, じゃもん, じゃろな, じゃァありません, じゃァねえ, じゃァねえか, じゃ可, じゃ少し, じゃ折角, じゃ無かった, じゃ私, じゃ駄目, だあれ, だいま, だおいら, だお前さん, だがの, だけれどもな, ださうだが, ださうですが, ださうですの, ださうでそれで, だすな, だそいつ, だそれで, だだから, だったか, だってえ, だってさ, だってな, だってねえ, だってネ, だって云う, だつてさ, だつて云, だでなあ, だども, だない, だなっ, だねエ, だひどく, だへ, だまあ, だまさか, だもちろん, だらうあんな, だらうつて, だらうなどと, だらう何, だろうお, だろうかと, だろうがな, だろうここ, だろうそう, だろうそこ, だろうそれ, だろうッ, だろう今日, だろう自分, だわと, だわよ, だを, だアネ, だツ, だ二人, だ人, だ今頃, だ何しろ, だ何だ, だ僕たち, だ助けて, だ友造, だ可哀想, だ多分, だ実際, だ急, だ所, だ昨夜, だ自分, だ親分, だ言うもん, だ貴様, だ金富町, だ騒々しい, であった, であること, であるの, であるまいか, でございま, でございまして, でございましょうねえ, でございますからね, でございますがねえ, でございますのに, でございますもの, でございませう, でしたね, でしょうお, でしょうかな, でしょうかねえ, でしょうから, でしょうからね, でしょうこんな, でしょうその, でしょうなにしろまだ, でしょうなんだか, でしょうねぇ, でしょうもう, でしょうわたし, でしょう誰, でしょう電信柱, ですあの, ですお母さん, ですお父さん, ですかしら, ですからネ, ですかネ, ですがネ, ですすると, ですそして, ですでも, ですどうか, ですもう, ですものネエ, ですエ, ですナ, です八さん, です姉さん, です旦那, です然, でないと, でやしょう, でやすか, で御座いましょうね, で御座いますって, という音, とちがう, と違う, なあ, なの, なやつ, ならどう, なア, な手品, な文句, な肴, に, にいう, にいかない, にいった, にこたえた, にすんだ, にそれ, につくれる, にできる, になっ, にはいかない, には行かない, にやります, に彼ら, に教え, に申します, ねんに用意, のわく, のん, の戸, の手, の服, ばったん, べいか, やあらへん, やけれど, やしイ, やそれ, やて, やなあ, やなし, やのうて, やよ, やろかいな, よ

1 [1781件 抜粋] えという, かいとある, かしねえ, かちっとも, かと思ってる, かなあおばさん, かのう, かも知れねえ, から駒, か相談, が何ん, が幕府, が敷きつめ, け, こっとんと, さかいそれ, じゃああの, じゃああんまり, じゃあからだ, じゃあなかっ, じゃあねえかね, じゃあの, じゃあほんとに, じゃあるめえか, じゃあわたし, じゃあ僕, じゃあ国民, じゃあ室, じゃあ絵, じゃあ辛抱, じゃいつ, じゃお客様, じゃがうまい, じゃがサテ, じゃけっして, じゃこれ, じゃござんせぬ, じゃそうして, じゃだめ, じゃちっとも, じゃとっても, じゃと思っとりました, じゃどよ, じゃなんにも, じゃねえです, じゃぼく, じゃもん痛う, じゃろかなと, じゃァねえお, じゃア昨夜, じゃナ, じゃフランボー君, じゃヤン君, じゃ事実, じゃ仕方, じゃ僕, じゃ入費, じゃ六分, じゃ又, じゃ味, じゃ困る, じゃ姉妹喧嘩, じゃ巧, じゃ悪う, じゃ日, じゃ松五郎めくら犬, じゃ気の毒, じゃ清, じゃ生き, じゃ興ざめだ, じゃ解りません, じゃ読み, じゃ警察, じゃ間にあわねえ, じゃ面白く, じゃ鰻丼, せう, そうしよう, ぞなもし, たけれど, たる浮世小路, だぁど, だあそこ, だあんな, だい, だいこりゃあ, だいつの間にか, だおい, だおまえ, だお前たち, だお玉, だお釈迦様, だかも, だからなと, だからのう, だがと, だきつ, だぐずぐず, だけどと, だこうした, だこないじゃ, だこんなに, ださうだから, ださうでして, ださうでそれ, ださうで札幌小樽, ださうよ, ださっさと, だした, だしねえ, だすやろと, だそうして, だそれだけ, だたいした, だちょっと, だったかなあ, だったけど, だったねえ, だったらすぐ, だったらどんなに, だったら今ごろ, だっちふこと, だっていや, だってしょっちゅう, だってどうして, だってね君, だってネ可哀想, だって云った, だって医者, だって威張る, だって恐れ多い, だって皆, だって聞きます, だって言います, だって言った, だつい, だつたかな, だつたら, だつてえのに, だつて噂, だでも, だとしても, だともかく, だどいて, だどもナ, だなう, だなって, だなどという, だなんだか, だにと思ふ, だの, だの犬, だべつに, だほんとう, だまア御, だもの仕方, だやっぱり, だやましい, だよという, だらうから, だらうそれ, だらうつて云, だらうにな, だらうむづかしい顏, だらうツ, だらう出ない外れちま, だらう可哀想, だらう疑を, だらう離縁状, だれば, だろうあら, だろういない, だろうおれ, だろうかね, だろうきょう, だろうこんな, だろうじゃあねえか, だろうそれにしても, だろうで, だろうとも, だろうどうせ, だろうには, だろうまさか, だろうキット様子, だろうナ, だろう下駄, だろう何, だろう八木君, だろう向後, だろう大方, だろう娘, だろう己, だろう急, だろう新七, だろう朝倉先生, だろう気, だろう疲れて, だろう美和子, だろう行って, だろう誰, だろう馬鹿, だろな, だわし, だアナ, だオモチャ, だスミス, だドウソン, だナア, だハッキリ, だポンチ繪, だ一, だ一躰, だ七時頃, だ三間町, だ九尾, だ二階, だ人間, だ今三十五六歳, だ仏頂寺, だ位, だ何故, だ使って, だ先廻り, だ兎, だ其様, だ冷かしたり, だ出鱈目, だ到底, だ勝見, だ友吉君, だ可愛らし, だ呪, だ商売, だ地所, だ夜, だ大層, だ妙, だ子供たち, だ宵, だ密輸入, だ帰つた, だ年, だ彼奴, だ心中, だ思え出しても, だ悪く, だ惡氣ぢ, だ払いますよそ, だ故障, だ明けたん, だ是, だ暑, だ来る時, だ梅子さん, だ欺, だ此畜生金, だ気分, だ泥だらけぢ, だ浦河, だ燈臺下, だ獅焼糞, だ生家, だ畜生奴ツ, だ皆, だ相当, だ真暗, だ確か, だ考え様, だ肥った故, だ自業自得, だ苦々しく, だ蜀黍, だ見物, だ親方, だ貧窮組, だ路地, だ逃げたって, だ道理, だ金魚, だ間拔, だ阿母, だ面白, だ靴, だ駿河, だ鳶頭お前, だ麗卿, であったという, でありましょうのう, であろう, であろ速射砲弾, でございましょうお父さん, でございましょうどうも, でございましょうわたし, でございますあなた様, でございますかな, でございますしたら, でございますそれ, でございますな, でございますわ, でございます打, でござろう, でござんしょうそう, でござんすいい, でござんすがねえ, でしたかしら, でしたつけ, でしたらいくらでも, でしょううそ, でしょうおばさん帰り, でしょうかなと, でしょうこんど, でしょうそれで, でしょうって, でしょうねエ, でしょうふだん, でしょうッ, でしょう一月位, でしょう五, でしょう何ん, でしょう八木沢さん, でしょう四畳半以上, でしょう寝しな, でしょう平気, でしょう物騒, でしょう真, でしょう若旦那, でしょう辞世, でしょことに, でしょ取調べ, ですあなた, ですいや, ですきのう, ですここ, ですさ, ですそう, ですそれでも, ですだから, ですですから, ですどんな, ですのさ, ですぼく, ですもちろん, ですやろ, ですわかりましたか, ですわよ, ですイヤ智恵子, ですハーモニカ, ですワネエ, です下, です与吉, です人並はずれ, です何だか, です冤罪, です四五十回, です変, です失礼ぢ, です女房, です少し, です廊下, です御不浄, です念, です或, です旦那えい処, です暫く, です構いませんここ, です残念, です湯島学校, です犯人, です町内, です秀子さん, です舟木, です行け行けってね, です記念, です針目博士, です阿父, です風, でっしゃろか, でないよ, でない全く, でなきゃア, でなくって, でなけりゃア外, でねえこと, ではね, でやして, でやすかねえ, でんねん, で御座んせう, とお, とをつた, と古びた, と言う, と開け, どすえ, どす女中衆, なあいさつ, なお話, なまね, ならあからさま, ならいたよう, ならお前, ならこれから, ならぜひ, ならだね, ならば, なら今, なら兄貴, なら別, なら帰って, なら早く, なら武雄さん, なら禁酒会, なら行って, なる, な事, な仕事, な堂, な契約書, な式, な技術, な方法, な李伯将軍, な機械, な立体幾何学的, な荷物, な言葉, な註, な食物, にいち, にお, にきまっとら, にくずされる, にこの, にじ, にその, についても京丸, になおっ, になる, にのべよ, にはで, には侵入, には欺, にひと, にもドア, にやっつけられない, にわかる, にムキになる, に一時, に便利, に前夜, に失明, に妊娠, に怪塔ロケット, に手桶, に改造, に書く, に栄介, に治りかかっ, に片付ける, に答えた, に考え, に落胆, に言, に訓示, に返事, に逮捕, に飛びこえられる, ねんには読みました, のでしょう, の程, はあ, はまだ, は十一時過ぎ, は知らんやろ, ばったん的措辞, べおれ, べか到頭, べ入, もある, も無理, やしらん, やそんな, やつて, やとか, やね, やらう今晩, やろが, やろ思います, やろ野口さん, や何, や自分, をし, を上草履, を百年目, を運ばし, 一応の, 本ヲ調ベニユク, 流しの, 見てから, 近づいて

▼ たから~ (31632, 1.8%)

3739 である 1299 です 1034589 であった 271 私は 264 だった 211 であります 190 であろう 188 では 185164 だと 163 でした 140 それを 131 でも 119 なの 103 であつ 92 でしょう 79 右門は 73 私も 69 でございます 68 だを 58 これは 55 今度は, 今日は, 僕は 53 彼は 51 これを 50 私が 46 ですよ 45 私の 44 であらう 43 だろう 42 して, なんだ 41 それが 40 だよ 38 すぐに 37 じゃ 35 それに, それは, だが, であるが, よかった 34 それで 32 でありました, 何か 31 だつた 30 何も, 自分の 29 ここに 28 であると, 安心し 27 これで, だという, 誰も 26 であろうか 25 これも, 仕方が, 急に 24 たまらない, であろうと, なんです, わたしは, 彼の 23 持って 22 今は, 此の, 見て 21 ここで, 急いで, 自分は, 黙って 20 いいよう, 今夜は, 源氏は 19 右門の, 御安心, 明日は 18 これからは, でその, ッて, 何を 17 二人は, 兵馬は

16 [12件] こんどは, そこへ, その人, その時, だそう, だの, ついでに, であって, でありましょう, でそれ, 何の, 見に

15 あとは, だらう, でご, わたくしは, 今の, 右門も, 直ぐに, 見ると, 驚いて

14 お銀様, そのつもり, そんなこと, であろうが, 一緒に, 二人の, 人々は, 他の, 僕も, 自分も

13 でせう, で御座います, 伝六が, 例の, 手を, 米友は

12 [18件] お松は, お絹, お角, ここには, たまりません, だろうと, であったろう, であること, ですが, なので, よくは, 俺は, 堪らない, 大丈夫だ, 彼らは, 知って, 行って, 非常に

11 [13件] おれは, こ, ここでは, さすがに, そこに, どうかし, もう大丈夫, 今では, 伝六は, 帰って, 彼女の, 自分で, 自然に

10 [13件] お君, きょうは, この人, さう, さすがの, そのこと, その方, だは, ほかの, 今年は, 今度の, 今日の, 右門が

9 [30件] お目, こんなこと, そこは, そこを, その日, それらの, であ, であったが, でござる, ですわ, どうした, ほんとうに, わたしも, 不思議な, 之を, 伝六の, 何う, 何でも, 名人の, 堪りません, 女の, 家の, 当時の, 彼が, 彼女は, 手に, 早くも, 早速その, 自然と, 買って

8 [38件] あれを, い, いつでも, これらの, すは, そこの, そのとき, それじゃ, それも, だで, だろうか, ちょいと, でこの, 一同は, 人が, 人の, 今まで, 何にも, 余は, 僕の, 先生は, 兵馬も, 出て, 前に, 喜んで, 太郎は, 女は, 家へ, 念の, 最初は, 村の, 気を, 米友が, 聞いて, 腹が, 茲に, 誰にも, 顔は

7 [43件] あなたは, あわてて, お前に, お雪, きつと, こいつは, ここへ, この次, すぐ来, だったが, だとも, であるし, でございましょう, でしょうか, でまた, で私, どうぞ, もう何, よく知っ, ハッと, 一生懸命に, 今も, 仕方なし, 俺が, 先に, 外の, 大急ぎで, 少しは, 新吉は, 昔の, 来て, 殆ん, 母は, 気に, 無理も, 町の, 能く, 自分が, 見物は, 読んで, 途中で, 金の, 院は

6 [53件] あなたに, あなたの, いいが, いつまでも, お前は, この上, この方, この辺, この頃, これでは, そこから, そのお, そのままに, その点, だなどと, だまって, だわ, であらうと, でありましょうか, どうぞ御, なんじょう右門の, サ, ツて, 一人で, 今から, 今後は, 仕事は, 伝六も, 僕が, 先生の, 出して, 取って, 名人が, 声を, 夜は, 容易に, 序に, 店の, 彼も, 慌て, 手紙を, 斯う, 日本の, 普通の, 正直に, 水の, 父の, 目を, 私たちは, 竜之, 見物の, 誰でも, 近所の

5 [117件] ああいう, あなたが, あの時, いい, いけないの, おれの, おれも, お前も, お暇, お梅, お礼に, お酒, きっとその, ここらで, こっちの, こっちへ, こっちも, この, この分, この場合, この日, これに, これには, ご安心, すが, すべての, そいつを, そのあと, その中, その辺, その通り, その頃, それと, それには, それへ, だし, だとか, だらうと, ちよつと, であらうか, であるかも, でこれ, で彼ら, ともかくも, なにも, に過ぎない, まあよかっ, もう安心, もう帰る, もしやと, やめに, よく覚え, わしは, オレは, 一度は, 一般の, 三人は, 下の, 不思議であった, 不思議に, 久しぶりで, 事に, 二人で, 人を, 今に, 今度も, 今頃は, 何が, 兎に, 助かつ, 参りました, 可笑しい, 君の, 君も, 吾, 堪忍し, 外へ, 夜に, 大丈夫, 娘の, 学校の, 安心しろ, 少しも, 山の, 当然の, 恟りし, 我々は, 持つて, 敵の, 斯んな, 最初の, 机の, 来たん, 東京へ, 止むを, 此方も, 母の, 皆の, 眼を, 私に, 私にも, 私達は, 米友も, 腰を, 船の, 落ちついたので, 訊いて, 話が, 話を, 誰が, 豹一は, 足を, 進んで, 道庵が, 顔を, 馬は, 駒井は

4 [168件] あちらへ, あとの, あなたを, あの人, あの女, いいじゃ, いいの, いかな, いけないん, いやだ, いろいろな, おれが, お前が, お医者さん, お吉, お繼, かたきを, きょうの, ことによる, このへん, この二人, この名, この問題, この後, これが, これへ, こんな事, こんな場合, さつ, しかたが, そういうこと, そういうの, そこらは, そちらへ, そのよう, その場, その当時, その父, その話, その隙, それから, それであの, それについて, それまで, そんな事, ただもう, だったの, だな, だね, だれも, ちょっとお, ついそのままに, であり彼, であるか, でしたが, でして, でしょうが, でもし, で今, とてもみんな, なんだろう, なんでも, なんの, ふたりの, もうお, もうこれ, もう心配, もしかする, よいが, らしい, わたしが, ビックリし, 一人の, 一刻も, 一同が, 一日も, 世間の, 中には, 二階の, 云ふ, 人間が, 今でも, 今日では, 今晩は, 何うし, 何とかし, 何処へ, 元の, 先生に, 出來, 分らない, 初めから, 割合に, 取りに, 可い, 右の, 吃驚し, 君が, 君は, 変な, 多くの, 多少の, 夢も, 大丈夫です, 天下の, 夫で, 夫を, 奥の, 娘は, 子供らは, 定めて, 宮は, 家に, 家を, 家族は, 寄って, 小三郎は, 己が, 彼に, 彼には, 待って, 後の, 御心配, 心配し, 怒って, 思い切って, 悦んで, 悪いん, 或る, 拾って, 新しいの, 新しくな, 明日の, 是から, 是は, 是れ, 時の, 時を, 本来なら, 来たの, 次の, 此に, 母が, 気が, 法然は, 海の, 源氏の, 父が, 犯人は, 独りで, 私と, 私には, 簡単な, 罰が, 自分でも, 自分を, 花は, 許して, 試みに, 追いかけて, 退屈男の, 金を, 間違いは, 雪が, 静かに, 非常な, 頓と, 驚いたの

3 [331件] あそこへ, あたしが, あたしは, あっけに, あっちへ, あとで, あとに, あなたから, あなたも, あの方, あの男, あれから, いっその, いつもの, いまに, いよいよ私, う, うが, うちへ, え, お前の, お店, お心, お母さんは, お父様, お雪ちゃんも, お顔, かように, かれら, きれいな, こういうこと, こうなる, ここでも, ここまで, こちらの, こちらへ, こちらも, このこと, このたび, このまま, この手紙, この時, この機会, この歌, この町, この話, この騒ぎ, これだけ, これでも, これなら, こんなところ, さてこそ, すぐその, すこしは, ぜひなく, そこで, そのころ, そのついで, その上, その下, その事, その人たち, その夜, その御, その気, その男, その罪, その船, その費用, それからは, それこそ, それだけでも, それでこの, それで米友, それらを, そんなら, たいていの, ただ一人, だとは, だん, ちょっと遊び, ぢや, つい, つれて, であったろうか, でありそして, でありまして, でありますが, でありまた, であるという, でございますの, でございませう, でさ, でしょうよ, ですか, ですね, ですの, でそれで, でほか, で母, で決して, どうか御, どうする, どう見, どこかへ, どこに, どこへ, のぞいて, はてなと, びっくりした, ぼくが, ぼくは, まごまごし, まア, みんなから, むろんの, もう帰ろう, もう私, もみの, よいけれど, よいよう, よけいに, わたくしには, わたくしの, わたくしも, わたしたちは, わたしの, オレの, ジョバンニは, 一寸, 一時は, 丁寧に, 七兵衛は, 万事は, 三郎は, 下に, 下駄を, 不意に, 与吉は, 中の, 主人は, 之は, 京都の, 人と, 人に, 人間は, 今この, 今日こそ, 今日に, 今日も, 今朝の, 仕様が, 他にも, 伴藏は, 何かに, 何かの, 何んな, 何事かと, 余計に, 俺も, 兄の, 先の, 先へ, 兎も, 其を, 凡ての, 初めは, 別に, 別の, 前の, 助けて, 十日も, 南の, 即座に, 参考の, 取らして, 受け取って, 口の, 只た, 君に, 否応なく, 吾輩が, 外に, 多分この, 多分その, 多少は, 大てい, 大丈夫と, 大勢の, 大変な, 大将の, 大抵の, 大殿様, 大臣は, 天下を, 夫人の, 夫婦の, 女房が, 好かった, 妙だ, 妹の, 妻に, 妾は, 子供が, 子供の, 孝助は, 安心だ, 安心を, 宜い, 家には, 宿の, 山へ, 市民は, 帰ると, 年を, 序を, 弥之助は, 彼女に, 彼奴は, 彼等は, 待つて, 後から, 後へ, 後を, 御恩返し, 御膳の, 心配は, 忘れて, 怒ったの, 思いきって, 慄え, 憎まれて, 我輩は, 手も, 手前は, 扨は, 提灯が, 支度を, 故郷の, 敢て, 敵も, 日に, 日の, 早速お, 明日から, 是非も, 村方の, 東京に, 東京の, 椿岳の, 横に, 正直な, 此処には, 歩くの, 死んだの, 母屋の, 母親は, 水を, 流石の, 火は, 為方, 無理な, 父に, 父や, 特別に, 狐は, 現実の, 生きて, 用意の, 申します, 男は, 病気に, 皆な, 目が, 相手が, 相手は, 真面目に, 眼の, 着物を, 矢代も, 秀吉の, 秀吉は, 私たちの, 私を, 笑って, 答えて, 紀代子も, 老人は, 聴きに, 肉を, 自分から, 自殺する, 船が, 船を, 花の, 茲には, 茶碗を, 荷物を, 表へ, 裏の, 親分の, 親父の, 詳しいこと, 誰あっ, 誰か, 誰れ, 諦めて, 貸して, 起きて, 起ったの, 起つた事, 身を, 返して, 送る, 逃げたの, 遅くなりました, 道庵も, 遺憾ながら, 部屋へ, 里へ, 間違ひ, 院の, 離れて, 雨の, 面白い, 頭の, 頼んで, 顔も, 飛んで, 鳴り屋の, 黙つて

2 [1191件 抜粋] ああなったの, あたくし, あとから, あのお, あの子ども, あるいはその, ある時, あんまり自慢, いいでしょう, いい気, いきなり気, いずれお, いつと, いぶかしく思っ, いよ, いらっしゃい, いろいろに, うつかり, おこり上戸, おどろいたの, おやと, お久, お伴の, お前を, お嫁さん, お帰り, お槙, お父さんに, お竹, お詣り, お話を, お高, かに, がんりきは, きっとお, きまりが, くじ, こうなっ, こちらから, こちらは, このあたり, このよう, この先生, この哲学, この度, この時代, この男, この花, この邊, この際, これからお, これから家, これだけは, これまでの, これ以上は, こんなに, こんなになった, こんな偉い, こんな風, さあ早く, さうし, さっそくその, さのみ, しかたなく, しぜん, じゃよ, すぐ, すこしぐらいの, すつかり疲れ, すると, せめては, そういっ, そう云う, そこには, そちらでも, そつと, そのかわり, そのま, その代り, その家, その後の, その後彼の, その心持, その意味, その旨, その晩, その歌, その色, その足, その都度, その間を, それぞれの, それである, それでこんな, それでムク, それなら, それへの, それまでの, それよりも, そろ, そんなもの, そッと, たいしたもの, たがいに, たまらないお, たまりませんよ, ださうである, だです, だめだ, ちっとは, ちょっと右門, ちょっと来, ついにこの, つかまえて, であったかも, であったし, であったの, であらうが, でありませう, であるそれから, であろうも, できたこと, でございませうか, ですぜ, でつまり, でもこの, でもちろん, で御座いました, で残された女, で茶の湯, といつても, どうか, どうかこの, どうか我々人間, どうぞよろしく, どうです, どっちが, どの位, なのでご, なのね, なんでせう, はいって, はなやかな, ひよつと, ほっと一息安心, ほんとの, まああれ, まあ好い, まず安心, また, また雪, まだ大丈夫, みて, みんなは, むやみに, もうここ, もうそれ, もう一人, もう泣く, もしその, もって, もの, やがてその, やはり必死, やれやれどうやら, ようございます, よく気, よろしく頼む, らしかった, わざと私, わっし, イヤだ, キクッタは, グラウンドを, ジャックは, ツイ油斷を, ハッ, ホッと, ワッと, 一しょに, 一切の, 一寸お, 一座が, 一所懸命に, 一時間と, 一杯呑んだ, 一等許り, 一角は, 丁度いい, 七兵衛も, 上の, 下りて, 不意を, 両親は, 中, 中学を, 久しぶりに, 乗って, 事の, 事情を, 二人が, 云うの, 些とは, 京都へ, 人憚らず, 人生よりも, 今以て, 今日で, 今日にも, 今朝は, 仏頂寺も, 他人の, 仲へ, 休ませて, 伸子は, 何かと見る, 何とも珍無類, 何んにも, 何卒私, 作曲に, 來た, 便所へ, 俺の, 偉いの, 偶, 傍に, 僧侶が, 先生が, 光りに, 入って, 六波羅の, 兵力は, 兵部卿の, 其ま, 其処で, 其所で, 其處には, 再縁を, 冬の, 出たの, 刃物三昧です, 初めに, 加十は, 勉強の, 勝手が, 南部藩と, 原稿を, 参詣人が, 取る手, 古本で, 可なり, 各人の, 合羽を, 同じもの, 同じ境遇, 同業者, 向こうへ, 否やは, 呼び留めて, 咽が, 商売の, 喪の, 四五日は, 固より, 土地の, 堪まり, 声も, 変らなければ, 外国の, 夜中に, 夢酔は, 大したもの, 大丈夫それで, 大丈夫よ, 大打撃, 大概の, 大衆の, 大騒, 天性の, 夫と, 夫人は, 失敗した, 女房たちは, 女房に, 女房は, 好い加減に, 好機逸すべからず, 妙な, 妹に, 妻は, 嫂の, 子供は, 学校が, 安心な, 実の, 宮の, 家内を, 寂照は, 将軍は, 小供, 小宮山は, 少くとも, 少年たちは, 尻を, 屍体の, 岡山へも, 岸に, 巡礼に, 市民の, 帝は, 師匠の, 幕府の, 平気で, 幸いに, 幸ひ, 床の, 庭へ, 弁信が, 引受けて, 彼らが, 彼女が, 往来は, 後に, 徒歩で, 御老体, 御覧に, 御馳走し, 心で, 心細くなっ, 思わずもらす, 悔ひ, 悪いの, 愚痴の, 慌てて, 成は, 我々も, 戦争に, 手紙の, 扨はと, 拍子抜けが, 指先に, 探すの, 揚げ屋, 政府に, 故人の, 散歩に, 文次は, 新たに, 新蔵は, 日が, 旦那も, 早いもの, 早くお出で, 早く来, 早速古, 明日持つ, 明細見, 昨日の, 是非とも, 昼飯を, 時計を, 晩方に, 暇を, 曖昧な, 更めて, 最初に, 月に, 朝など, 未来の, 本当の, 本能寺の, 来年は, 松の, 梯子の, 様子を, 止めて, 此処で, 此方から, 此處へ, 残されたの, 段々聞い, 母と, 母も, 母親を, 毎日血圧を, 気の, 気も, 汝も, 江戸へ, 汽車へ, 治ったの, 泊めて, 泣いたの, 泥棒が, 海賊なんぞ, 淡島屋の, 清河は, 源氏も, 滅多に, 為朝が, 然う, 然ら, 父親が, 物に, 特別な, 犯人が, 狸寝入, 玉鬘の, 珍らしい, 生きぬいて, 田舎の, 男の, 番頭は, 病気は, 癪に, 皆が, 皆来, 目黒の, 直接その, 相当に, 省略する, 着京, 矢橋さんという, 石の, 礼を, 神事に, 私たちも, 私なども, 私一流の, 空は, 突然で, 筆を, 米友の, 約束の, 結局この, 縁側の, 署へ, 翁の, 耐らない, 胆を, 脂汗を, 膝の, 自棄に, 自然そういう, 舞の, 良いが, 色の, 苦しいこと, 茶屋の, 落ちたと, 薫の, 血の, 街の, 表面は, 見のがすはず, 見舞に, 親たちも, 解らなかつたん, 訂正し, 話は, 誰かに, 諭吉の, 諸君も, 變な, 負けるときまつ, 貴方の, 質に, 起つたこと, 近頃は, 追, 逆に, 途中の, 連れ立って, 遊んで, 道の, 遠くから, 邸の, 郷里の, 酒も, 重々あやまります, 野心家の, 金助は, 長屋の, 門を, 間違いも, 随って, 雨が, 雲や, 面白いと, 頗る得意, 頭から, 顔から, 風に, 風呂って, 飲まない, 馬に, 馬車に, 駒井甚三郎は, 騒ぎが, 黙然として

1 [13660件 抜粋] ああうつくしい, あけるつもり, あたしの, あとが, あの始末, あば, あらゆる角度, あれでも, あゝ感心, いうと, いきなり絵の具箱, いけなかったなどと, いちばん下の, いつのまにか眠り, いづれ遠から, いやはや, いよいよ本当に安心, いわゆる性的失業者, うまく一息, えらいと, おかみさんが, おそらく一日二日, おばさんの, おらすぐ, お伝えします, お前其様に, お報ら, お届け, お松さんには, お瀧, お義兄さま, お調べ, お食べんなったでしょう, かえって昔, かつて私, かまは, がらがらいう, きっと文学的, ぎょっとなっ, こいしを, こういう計理士, ここの, ことごとくもう上, このまま木曽家, この二事, この反, この平和, この札, この種, この諸, この頃法師君, これから何とかし, これから脊負つて爺さん, こわいこわい, こんな夢, ごく早く, さきに, さっそく, さても, ざっと二時間, しって, しょせんその, じゃとても, すぐそこ, すぐ知れました, すっかり直る, すべて好条件で, ずっと西練兵, ぜひ一度ごらん, そういう横柄, そうッ, そこい, そこで精しく, そちに, そねえ, そのほう, そのわけ, その他に, その功, その圏内, その小父さん, その感情, その明り, その民衆思想, その甘, その筆者, その薬, その跡, その限り, そばへ, それだけまた, それですっかり, それで半, それで此処, それならお前さん, それ以上自分は, そんなになった, そんな犠牲心, たしかな, ただむやみ, たった二日っきり, たぶん空耳, だいい, だったろう, だらう飲みすぎたから, だ一体, ちょうどそこ, ちょっと借り, ぢゃ, ついは, つかみ取るの, つて学校から, つまり老衰死, でありしかも, であるかを, である私, でお互い, でしょうあの, です一つ, でそんなに, でドサ貫, で別に, で形, で気, で近代, とうとう椽鼻, とても恢復, どうあっ, どうが, どうぞ悠々と, どうやら, どの小品, どんな様子, なおのこと淋しく, なだめるのに, なのであらう, なんじょうあわてない, にわかに疲れ, はあ此奴, はやく來, ひとっ走り駒形河岸, ひょいと目, ふとその, べつに気づまりの様子, ほんなら返します, まあ庭園内, まさか忘れた, まず好し, またまた東京, また改めて, まだよく存じ, まちがって, まを, みんなこれを, むつかしい物, もうおっつけ役人, もうじき, もうよくは, もう今後, もう峠, もう此, もう程よく, もう間に合いませぬ, もし二人, もと夙, やがて一日分, やっと涼しく, やはり煙草, やれやれと, ようやく納まりかかった, よく御存知, よし書かれた, らしいの, わざと両親, わしにも, アクロポリスの, ウームバターリと, カミナリも, クリストフには, サテハと, スコップで, タクシーに, ツブが, ドロボー君は, ハンガリー人は, ファラデーの, ホテルで, ママヨ, ヤジローが, レザノフの, 一つ何, 一体それ, 一向鞄持ち, 一寸客, 一度御覧, 一日の, 一杯ついで, 一般文学の, 丁度巴里, 三下冥利に, 三杯食べた, 上の者に, 下宿で, 不快に, 与兵衛が, 両人は, 中座を, 主客の, 九時すぎの, 事実な, 二三本の, 二回分あった, 二長町や, 五六把引こ抜い, 亡父の, 人工心臓での, 仁吉に, 今にここ, 今同感しない, 今度参ったら, 今日と, 今更毛, 仏罰が, 仙人が, 仲よくし, 会ふ, 伺うん, 何する, 何とか言つて護摩化, 何らの, 何故息子, 余り人目に, 作者として, 価値関係づけ, 信用が, 個々の, 僅かに, 元々芸術, 先ず下, 先覚者でも, 入院する, 八一・九六という, 公家武家を, 兵馬の, 其位の, 其輩を, 再び返し, 出かけた, 出勤する, 刀は, 列強の, 別に挨拶, 到底実行, 前述の, 助けたん, 勝った側, 北村君などは, 十二の, 十月に, 半蔵が, 危ないところ, 却て, 又つづき, 友達と, 取つて, 口惜しがる, 叮嚀な, 右近は, 同じ平一郎, 名こそ, 向きなおる, 呑むならここ, 和尚は, 商店法の, 嘸残念, 四月に, 固い人ゆえ中, 土地を, 坐って, 堪りません瓢, 士族気質の, 夕食だ, 多分あんた, 多分知るまい, 夜を, 大きな声, 大体の, 大変筋の, 大掾国香, 大砲は, 天子様あなた賞める, 太郎に, 奉公人共への, 女子供までが, 好い都合, 妹でござい, 始終ながめ, 嫌疑は, 季因是の, 守人は, 宗祖大師が, 実に考えれ, 客の, 家も, 寄った事, 寝床を, 専念に, 小さな家, 小母さんも, 少々宛申, 少し傍, 少し酒, 尼様たちの, 山と, 岡の, 工夫の, 己の, 師匠に, 帰ります, 幕末の, 年の, 幽霊にでも, 度々誰, 式部卿の, 弘法さまの, 当人には, 当然そうなる, 彼らと, 後々御, 徒らに, 御大患後, 御用を, 御遠慮なく, 心も, 心配する, 志願を, 忽ち腐敗, 思う人, 怪しいまで, 恨めしいふう, 悪口を, 愈よ, 慣れた道, 成るべく年内, 或はそれ, 戯れにも, 手前同道致し, 打連れ立って, 押えて, 持ち合わせを, 掛かったんで, 支局へ, 政府を, 敬遠の, 文学を, 斯様に, 新院の, 日数は, 旦那は, 早く咲く, 早速これ, 早速街, 明末の, 昨日は, 時々に, 普通人で, 暫く御, 書き付けて, 最前地方官会議の, 有る筈, 朝飯が, 未然に, 本木研究では, 村正, 来月十四日を, 松吉と, 染奴は, 案内し, 植物の, 構や, 次には, 止めたと, 正直心身が, 此方の, 歩きたいと, 死んでからも, 段々年, 母子二人の, 民心が, 気味が悪うございました, 求めたが, 決して挫折, 況や試験, 注射が, 浅井朝倉軍が, 涙ぐんで, 渡たれた, 源氏に, 濃紅姫, 為難い, 無論それ, 熊野行幸の, 爾時も, 物議を, 狩りだされた四, 猶々, 王が, 甚だ奇異, 産業が, 申上げます, 留度なく, 疲れたん, 痩せ衰えた肉体, 白蘋緑蒲かつて, 皆他の, 目ざめて, 直ちに慶喜公, 相川様へ, 真剣に, 着物も, 知らない人, 石田は, 磨かれたきれい, 神官も, 私としては, 秩序が, 空気は, 立ち上がって, 笑はせる, 篤学の, 紊された, 紹介します, 結局実は, 綺麗事は, 置いて, 群臣は, 老僧, 職人などは, 胴の, 腹ん, 自分ながらも, 自然保育所での, 自身としては, 舟木は, 艶子は, 若い劇作家連, 若皇子, 茲一両日の, 菜切庖丁でも, 蓬, 虎二郎は, 行かぬので, 行方不明の, 裏庭には, 要らないよ, 見てくれなどという, 見知って, 親戚と, 言うこと, 訪ねたの, 詫まっ, 語尾は, 誰ひとり鎌倉へ, 諸国の, 護摩か, 負けたの, 貰つて來た, 買ひたい物が, 起こったらしい, 足早に, 身文教の, 轢かれなかった, 近づくに, 追っつけ戻って, 逃げべ, 通り過ぎて, 逸早く駈け込む, 道を, 遠慮に, 都て, 重三郎も, 金持ちの, 鋭い命令, 長くつて, 門口の, 関西に, 隊員たちは, 隠居所は, 難なく大, 電車でも, 面々は, 頭中将は, 顔色を, 食って, 養父として, 馬方の, 驚いたん, 高島と, 魔が, 鷲の

▼ た~ (22932, 1.3%)

455 のこと 292 はもう 278 のよう 245 である 214 にはもう 185 の事 182165 と同じ 160 であった 157 にその 148 に私 122 だった 99 には私 98 のやう 85 にはその 81 に彼 74 でした 7065 の話 64 です, にお 61 には 60 には彼, は 57 にこの 56 の私 54 は私 52 はお 47 であつ, はその 45 はまだ 43 の心持 41 にはそれ 39 の様子 38 に自分 37 だつた 34 の彼 33 にそれ, には既に 32 にはすでに 30 に何, の, はさすが 29 にはお, はどう, 代助 28 の感じ, の歌 27 なので, の作, は何 26 にはさすが, のあの, の光景, は彼, は既に 25 お延, にはこの, には何, のまま, はすでに 24 から私, には自分, に初めて, のお, の様, の気持, の通り 23 にあの, の印象, の方, はこの 22 に僕, に彼女, の喜び, はちょうど 21 からこの, にこれ, に女, の姿, の自分, 始めて 20 からもう, であったから, には僕 19 であったが, にふと, の心 18 から, に御, の用意, の記憶, は丁度, も私 17 なの, にすぐ, にも私, のその, の彼女, の顔, は自分

16 [14件] その時, と同様, と少し, になっ, にはじめて, にはまだ, には彼女, には流石, にまた, に先生, はそれ, は全く, は実に, もそう

15 だから, ですら, にあなた, にはそこ, には思わず, にも, にもその, もその

14 からその, にちょうど, にわたし, の嬉し

13 すぐに, にそう, にはこれ, にもう, に直ぐ, の用心, は夜, は少し, もある

12 にそこ, には二人, に人, に此, の心地, は僕, は手, は誰

11 [13件] からすでに, であります, でなければ, にかれ, にはまるで, には全く, には誰, に今, に母, に見た, は二人, は思わず, 御米

10 [19件] から見る, その中, だと, とはまるで, には女, には必ず, にもこの, にもやはり, にゃあ, に君, に始め, に起る, の如き, の有様, の言葉, は最早, も, もまた, もやはり

9 [26件] さ, だったので, ですから, とおなじ, とは違っ, どうした, にする, にはただ, には今, には急, には皆, によく, にわたくし, に突然, に言った, のま, の句, の癖, の眼, はあの, はただ, はどんな, は今, は何だか, は大変, は家

8 [35件] だつて, で, であ, と同じく, にすでに, にはあの, にはどこ, にはまた, には葉子, には馬, に主人, に二人, に妾, に急, に或, に父, に竜, に誰, に限る, のそれ, の如く, の感想, の態度, の気分, はいつ, はまた, はまるで, はもうすっかり, は大, は思はず, は日, は流石, もまだ, も同じ, も彼

7 [45件] かの女, からし, からであった, から何, から彼, この男, その人, であるが, でございます, でもあった, とは別人, にこんな, にさ, にした, にちょっと, にどう, にはもはや, にはやはり, にはわたし, には何だか, には君, には彼等, には最早, には本当に, には母, に一人, に下, に中, に俺, に天皇, に少し, に見る, に限っ, のほか, の樣子, はいつも, はこんな, は何となく, は余, は御, は必ず, は雨, もあった, もあの, も少し

6 [63件] からずっと, かれは, その男, であるから, とは全く, と全く, なぜか, にあ, にはいつ, にはしかし, にはすぐ, にはすっかり, にはちょうど, にはどう, にはどんな, には俺, には夜, には実際, には日, には次郎, にも自分, に一つ, に不意, に今度, に余, に例, に兵馬, に向う, に大, に娘, に彼等, に思わず, に既に, に最初, に比べる, に米友, の僕, の外, の姿勢, の容子, の御, の感情, の樣, の状態, の返事, はそんな, はたしかに, はちょっと, はどんなに, はわたし, は丑松, は勿論, は娘, は未だ, は母, は父, ふとこの, もお, も自分, よ, よりもずっと, 出て, 或る

5 [105件] あの下, お品, お島, からあの, からそう, からそれ, からだ, からで, からである, から今日, から俺, から既に, があった, がありました, さすがに, その話, だが, であって, でありました, でさ, でしたが, でその, でも私, とその, と今, と所, にある, にお前, にくらべる, にこう, にそんな, にはあたり, にはいささか, にはいろいろ, にはこれら, にはこんな, にはたしかに, にはだれ, にはどんなに, にはまったく, にはわし, には一人, には他, には同じ, には娘, には実に, には少し, には彼ら, には暫らく, には父, には窕子, にもそれ, にわし, にわれわれ, に一方, に丁度, に不思議, に偶然, に同じ, に女房, に始めて, に忽ち, に思い, に感じた, に感ずる, に比べ, に神尾主膳, に第, に縁, のうれし, のこの, のよろこび, の先生, の声, の御歌, の心もち, の景色, の気持ち, の興奮, の道, の顔色, の驚き, はこれ, はもはや, はよく, は先生, は半蔵, は多く, は岸本, は彼女, は恰も, は秋, は若い, は顔, ふとその, ふと気, もこの, も前, よりももっと, よりも一層, を想像, を見, 思い切って, 突然彼, 隣りの

4 [195件] あの時, お千代, お妙, お定, お葉, お雪, お鳥, からあなた, からある, からお, からすぐ, からわたし, から人, から今, から何となく, から妙, から死ぬ, から自分, がある, その, その事, その子, その船, だったと, だったの, であろう, でございました, でしょう, ですよ, でなくては, でもあつ, でもお, と, とそっくり, との間, と違っ, にあらわれた, にいっそう, にいつ, にうしろ, におれ, にお雪ちゃん, にかえって, にここ, にさすが, にそういう, にちら, につい, にどこ, になぜ, にね, にはあれ, にはおれ, にはかれ, にはきっと, にはここ, にはちょっと, にはどうして, にはほとんど, にはみんな, にはもうすっかり, にはよく, には不思議, には人, には仕方, には全, には前, には吾, には夫, には妾, には嬉しい, には小さな, には御, には腹, には表, には雪, には非常, にまだ, にもお, にもまだ, にも彼, にも彼女, にやはり, に三人, に三四郎, に人々, に今日, に何故, に作った, に先方, に出来た, に前, に友人, に困る, に大きな, に夫人, に姫君, に宮, に小, に居士, に廊下, に彼ら, に後, に後ろ, に恐らく, に手, に最も, に有名, に氏, に涙, に用, に男, に皆, に船, に道, に静か, のごとく, のもの, の事情, の人, の人々, の位置, の作物, の写真, の出来事, の勢い, の名, の大, の妻, の心持ち, の快感, の恐怖, の悲しみ, の旅, の曲線, の最初, の模様, の淋し, の第, の経験, の表情, の記事, の記念, の面影, はあれ, はかなり, はじめて, はすぐ, はすっかり, はどこ, はない, はなう, はまことに, は一寸, は三人, は他, は何時, は何處, は余り, は俺, は先, は別に, は即ち, は同じ, は君, は女, は妙, は実際, は少なから, は平岡, は平次, は急, は早, は此, は死骸, は無論, は目, は空, は美しい, は裳, は雨戸, は非常, またその, もそれ, も何, よりは褻, よりもさらに, よりも後, を求め, 不図, 持って, 生きて, 突然私, 第一, 聞いて

3 [388件] ああこれ, あの人, ある文士, いつもの, お増, お夏, お庄, お清, お秀, お銀, か, からこれ, からです, からどうも, からどこ, からの習慣, から一つ, から一層, から僕, から始まる, から彼女, から源氏, から目, から知っ, がさうだ, がすでに, がちょうど, がもう, この子, この家, さすがの, じゃ, すぐその, そのお, そのままの, その上, その方, その金, だけで, だけの話, だったが, だつたの, だね, ちょうどその, であったと, であらう, であろうと, でさえ自分, でせう, でないと, ではなかっ, でも, でもこの, でもこれ, でもその, でもそれ, でもまだ, でも床, で私, とおんなじ, とちがっ, とはすっかり, とは全然, とは別, とは反対, とは大, とは見違える, とは違い, とは違つて, とほとんど, と同, と同一, と変らない, と後, と違つて, どうなる, などは, などはお, などは非常, など私, なん, なんざ, にいつも, にうっかり, にかの, にがんりき, にこちら, にそいつ, にたまたま, にどうも, にどんな, になる, になん, にはいくら, にはいつも, にはいや, にはうれしかっ, にはおそらく, にはお可, にはかの, にはこう, にはさき, にはすこし, にはすべて, にはそんな, にはた, にはっきり, にはとても, にははや, にはほっと, にはほんとに, にはぼく, にはもうこ, にはわたくし, にはセエラ, には一層, には一種, には丁度, には人々, には今度, には何とも, には何時も, には元気, には全然, には出来る, には切っ, には勿論, には四辺, には外, には多少, には大, には大いに, には大分, には大変, には太陽, には家, には實, には左, には徹頭徹尾, には敵, には日本, には昨日, には普通, には最初, には未だ, には村, には涙, には火, には男, には真赤, には眼, には石, には確か, には突然, には自然, には船, には若い, には話, には身体, には陽, には随分, には頭, には髪の毛, にふい, にもおれ, にもし, にもすぐ, にも何, にゃ, にやっと, にようやく, にムク, にヤット, にロリー氏, に一所, に一番, に不, に与八, に云う, に会った, に何と, に何となく, に先ず, に再び, に出, に出た, に却って, に叱った, に右, に吾, に外, に夜, に夫婦, に如何, に始, に存外, に実隆, に少年, に山, に弟, に心, に必ず, に思った, に新聞, に於, に日本, に更に, に書い, に書かれた, に机, に果して, に死んだ, に気がつい, に水, に海, に満場, に源氏, に玄関, に生, に生じる, に用いた, に當つて, に白い, に眼, に祖父, に私たち, に胸, に自分達, に色々, に表, に見, に起った, に長三郎, に門, に院, に雨, に青年, に面, に顔, に飲まされた, に駒井, ね, のあなた, のお話, のはなし, のほう, のまんま, の伯父, の作者, の俺, の儘, の兄, の勇気, の喜, の夢, の嬉しかっ, の子供, の年齢, の微笑, の心理状態, の怖, の思い, の恥, の情景, の愉快, の挙動, の母, の母親, の気, の準備, の父, の産物, の痛かっ, の笑い, の緊張, の習慣, の苦しみ, の苦痛, の血, の見物, の調査, の遺風, はあたかも, はあたり, はいい, はいかに, はいや, はいよいよ, はお前, はかえって, はかの, はここ, はさ, はさぞ, はずん, はそこ, はそのまま, はそれでも, はそんなに, はづれの, はとても, はどういう, はどちら, はどっち, ははっと, はひどく, はほとんど, はほんとう, はまず, はむしろ, はもうすでに, はやはり, はようやく, はわし, はわたくし, は一層, は三吉, は不思議, は両人, は九時, は二階, は今夜, は何とも, は何もかも, は僅, は前, は夕方, は外, は多少, は如何, は嬉しく, は子供, は実は, は小樽, は少々, は彼ら, は日本, は日頃, は次第に, は死ぬ, は水, は決して, は直ぐ, は相当, は真, は窓, は第, は義雄, は腕車, は腹, は言, は途中, は馬鹿, は鬼, ぴたりと, ふいと, ふいに, ふと, ふと気がつい, ふと私, ふと耳, ほつと, ほど人間, ぼんやり幾つ, また私, まで彼, まで私, もう窓, もそれから, もただ, も同様, も多く, よりずっと, よりは却つて店, よりも余程, よりも遥, よりも遥か, より一層, パッと, 初めて, 初めて自分, 半七, 向ふ, 少しは, 早くも, 突如と, 突然, 見ると

2 [1167件 抜粋] ああいう, あの傍, あらゆる革命, ある者, いづれも, おふさ, お兼さん, お国, お文, お柳, お父様, お若, かしら, かでなく, からか, からきょう, からこうして, からさ, からだった, からでございます, からはじまっ, からはもう, からチャン, から予定, から何だか, から出, から口, から四十四, から始まった, から持っ, から時々, から火傷, から眼, から知つて, から親たち, が, がいい, がおくれ, が即ち, が来た, こそ六花状, この人, この少年, この騒動, すこし書き物, すでに僕, そう云った, そしてこの, そのお方, その光, その場, その女, その家, その後姿, その編輯者, その親戚, その鉄壁, たった一つ, だけ, だけはさすが, だけ急, だってずいぶん, だよ, つくづく私, であるか, でございましょうか, でそれ, ではない, でも今日, でも彼, で丁度, というの, とかまたは, とこれ, とそれ, とはちがっ, とはもう, とほぼ, と変っ, と大して, と異, と見る, と辻褄, どうもカルメン, どう云, なぜあの, なぞは廊下, などここ, などである, などは刀, なども小, など母, にああ, にあちら, にあと, にあれ, にあんまり, にいささか, においては, にお伽噺, にかき, にかま, にくらべ, にこっち, にし, にすべて, にその道, にだ, にちらりと, にである, にどういう, にどれ, になんとも, にねあの, にはあ, にはあいにく, にはあまり, にはいくらか, にはお前, にはかえって, にはくろ, にはさ, にはす, にはそうした, にはそんなに, にはたして, にはためらわず, にはっと, にはどの人, にはなに, にはなるほど, にはなんと, にはなんとも, にははっと, にはま, にはもうすつかり, にはもうちゃんと, にはもう一度, にはもっと, にはや, には一同, には七人, には中, には予, には以前, には余, には先ず, には其の, には出, には友達, には右, には各, には周囲, には堀口, には墓, には夢, には太田, には女房, には子供, には宅, には実隆, には少女, には已に, には常に, には弱った, には往来, には徳さん, には恐ろしい, には戸惑, には手前, には早, には春, には月, には正直, には歯車, には殆, には氏, には水, には決して, には激しい, には生, には田舎, には病人, には白軍, には百坪, には矢張, には空, には自分一人, には血, には見る, には足, には鍵, には長靴, には風, には高, には麦畑, にひとり, にまず, にまたもや, にもある, にもたしか, にもまた, にも亦, にも再び, にも同じ, にも岸本, にも悪意, にも気がついた, にも第, にも長井, にも電車, にやあ, にア, にザッ, にチラ, にパッ, にペルシア, に一度, に七兵衛, に之, に二升, に互に, に五月, に亭主, に仏陀, に他, に何だか, に使った, に倫敦, に全体, に内大臣, に出る, に又, に受けた, に同時に, に味, に夕霧, に大阪, に夫, に姫, に学校, に家, に小坂部, に山崎, に帳場, に幾分, に当, に彼方, に復興, に急い, に悲しい, に感じる, に我, に挨拶, に教授, に敬太郎, に斯, に月, に東屋氏, に權六, に死ぬ, に気, に津田, に滋幹, に炎熱地獄, に田舎, に病気, に目, に相談, に着, に知り, に礼, に神尾, に福太郎, に純, に老人, に背後, に良人, に花好き, に若し, に薫, に話し, に諸々, に貴方がた, に身体, に近江, に道庵先生, に釣竿, に長い, に隣, に雪子, に非常, に驚嘆, に黙っ, のある, のご, のさま, のため, のまごつき, のわたくし, の一刹那, の不愍さ, の事實, の何, の俸給, の勝平, の口惜し, の名残り, の味, の呼吸, の夫, の女, の安らか, の寒, の常, の強い, の彼等, の心掛け, の心配, の恰好, の悲し, の愉快さ, の感激, の態, の手應, の新太郎, の晴々, の服装, の檄文, の比, の汚, の熱, の狼狽, の痕, の目付それ, の眼つき, の研究室, の笹村, の約束, の美し, の自然, の英語, の要心, の詩, の足跡, の路, の醜, の鐘, の雑談, の顔つき, の駭, の麓, はあと, はあまりに溌溂, はあんな, はおかしかっ, はお寺, はかれこれ, はことに, はじめて主人, はじめて我, はそう, はちゃんと, はっとした, はともかく, はなおさら, はなかなか, はなんとも, はひろ子, はほんとに, はみんな気絶, はもうこ, はもう少し, はよほど, はッ, は一応, は一週間, は三週間, は主, は事件, は二度, は京都, は仕事, は何と, は何処, は傷, は先程, は八五郎, は冬, は刀, は十一時五分前, は叔父, は同時に, は四合, は夜半, は大いに, は大分, は大日坂, は奈何, は始め, は実にどうも, は小, は岩良, は平生, は床, は廊下, は後で, は心臓, は恋人, は我, は新, は新吉, は昏睡中, は有難, は本, は殆, は気の毒, は汗, は洋燈, は渠, は無, は生徒, は男, は相手, は私達, は竜, は笹野新三郎, は精神, は細め, は翁屋, は背中, は自分一人, は自由, は薄暗く, は藩中, は覚え, は運動, は遲, は部屋, は電話, は首, は驚きました, は黄昏, ばかりである, ふと彼, ぷいと横面, ほど彼, ぽうと, またし, みて, もあつ, もいい, もうその, もその後二三ヶ月, もちょっと, もわざわざ, もパンツ一つ, も依然として, も先生, も別に, も御, も意外, も既に, も父さん, も義雄, も藤十郎, や, や何, よく飛沫, よりは幾分, よりまた, よりも今日, よりも悪化, より更に, るん, を待っ, を見すまし, ハッと, 動き出さうと, 可なり動揺, 図らずも, 太十, 始めて自分, 尋ねて, 巡警, 御奉行様, 思わず二人, 悲しい声, 持つて, 既にこの, 最早水, 泣いて, 白い職服, 突然その, 突然向, 突然格子戸, 落したん, 見つけて, 言い出した, 赤い上

1 [10417件 抜粋] ああこんなに, あのなんとも, あの浪人, ある中学, ある若い, いかにし, いきなり角頭, いつもとろとろと, いよいよ彼ら, おごるから, おやあれ, お園, お米, お面, かなア, からいっそう, からここ, からつけ髯, からのキチガイ, からの白痴, からもうこ, から一度, から中納言, から何もかも, から其後一度, から商人, から始, から山荘, から彼等, から感心, から文学, から決っ, から男子, から胸騒ぎ, から見馴れた, から鈴江, かれ自身, がそう, が一番平岡, が分る, が摺半鐘, が興, くらいの表情, こう考え, ことによったら, この兒, この娘, この木, この美術批評家, こりや, さえ有ったけれ, さツ, しみじみかう感ぜず, すぐ作者, すっかり悲観, すでに苦い, せめてこの, そしてなお自棄気味, そのそば, その上演種目, その側, その大切, その尾, その扉絵, その梅津, その白い, その背なか, その足, その隣, それからきょう, そんな直感, たった一人助け, たれも, だけは, だけ十ぐらゐづゝやりかけて, だったでしょうか, だって私, ちかり, ちょうど鶏, ついそれ, てまえ, でありましたから, である先刻, でございませう, でさえ私, ですと, ではなかろう, でもゆうべ, でも唄, でも猶, でも餓死, で女, で歌う, とある別荘, とかあの, とすこし, との相違, とは心, とは飛ん, と二度悲鳴, と同一量, と慢心, と石, どういう意味, どうなりゆく, どんなに仰天, なおよく, なぞは尻, などでめんどう, などによく, などはさあ, などは大, などは當, などは騒ぎ, など嬉さ, なにかの, なるほど家, なんざあ石岡, なんともいへぬ, にあらわれる, にうつ向いた, におばさま, にかい, にぐあいがわるい, にさえ満面, にすら各, にたくさん, についた引っ掻き, にとしいて, になんだか少し, にのみ意味, にはいっ, にはお供, にはくやしく, にはじゅうぶん, にはそれ程, にはとうに, にははつきり, にはまたは, にはもう疾く, にはわたくしたち, にはギックリ, にはチャン, にはピカ一, には一々, には一段と, には三十八度九分の発熱, には中山, には二万五千円, には亭主, には何だかまるで, には信心, には六斤五両, には初子, には化学部, には博奕場, には名主幸左衞門, には四国屋, には堺さん, には大沢君, には婦人連, には富士, には屋敷, には常陸, には当惑, には怒気満々, には悪魔, には戦い, には文字通り, には易, には最後, には果していかに, には欄干, には気の毒, には泣いた, には火鉢, には特色, には生きもの, には白い, には真っ先, には秀吉, には笹家, には絹子, には肩, には舌, には蓋し, には被告, には譫言, には車内, には違った, には間違い, には鞭, には飛び込ん, には鳶頭, にぷんと, にもあっちこっち, にもじっと, にもやつぱりかういふ気焔, にも今日, にも勝っ, にも妻, にも心裡, にも殿様, にも直, にも行司, にも鯔, にゃホッ, にやるかれ, にわ, にオトウカシ, にシナ, にタケミナカタ, にブールドン大通り, にラジオ, に一斉, に丁度林, に上坂左文, に両親, に乗鞍ヶ岳, に云つた, に仕方, に佐吉, に作られた, に側, に元気, に六尺幅, に冷, に初めてガッカリ, に助け, に南, に取押えた, に向, に命中, に四月, に城内, に夥しい, に天使, に女児, に存八, に室, に小刀, に屏風, に己, に平静, に弁信, に後世, に忍び, に恨めしく, に憂愁, に投げ付けられた, に捨てた, に敦忠, に於い, に明神, に最早, に杉, に根, に権現山, に死因, に氏郷, に江州石田村, に浦原嬢, に測った, に無, に片手, に珍しい, に由子, に白島山平, に真っ先, に碑面, に私以上, に築地小劇場, に終戦, に考え出した, に至っ, に英公, に薩摩守, に衆尼, に覆面, に訊いた, に謡いなさい, に買つて, に踏みしだかれ, に返し, に通訳, に遙, に野見宿禰, に長雨, に陶器, に雲衲, に頼り, に馬鹿らしい, に黒い, のうまかっ, のが一番, のそして, のひろ子, のゆるやか, のジャン切り頭, の一番, の中だるみ, の仁義, の作品, の其丑松, の割前, の厭わしい, の同じ, の土壌, の夫人, の季節, の尾瀬, の幾, の御名, の悲哀, の慘状, の批評, の旺盛, の朦朧, の歌子, の泣き聲, の漁夫たち, の物凄い, の男女, の相談役, の神妙, の紀行, の翅, の華麗さ, の規則, の調査報告, の追懐, の関係, の風貌, はあたし, はいわれる, はお客様, はごく, はじめて犯人, はそういう, はたとえ, はつく, はなにしろ, はふり向き, はもうとても, はよかろ, はサンド, はパリ, は一同, は一滴, は七月末, は下, は中形, は二代目, は京子, は伝右衛門, は便所, は全身, は切っ, は十一才, は危険, は右, は哄, は四邊, は場所, は大人, は夫, は嬉しくっ, は宿直, は少なくとも, は己, は幸田露伴, は彼方此方, は思わずきっと, は懐中, は拙者, は斯く, は昨夜, は曲目, は本郷元町あたり, は梅さん, は正太, は氷, は深井少年, は点い, は生き返った, は発行, は真に, は神女達, は紅葉, は義理, は自動車, は草臥れ, は虻, は訳, は足利義満, は遠, は銀色, は隣室, は顫, は鬼藤次, ばかり人, ひょっこり石器, ふと去年, ふと眼, ふりそ, ほど不愉快, ほど驚いた, まず此, またゆっくり, また昨日, まだ失敗, までにとにかく, まで握りしめ, もあり, もう一度娘, もう少く, もお前, もしもし西洋, もって, もよく, も一人, も体格検査, も包紙, も女, も帰つて, も或, も更に, も決して, も眼, も若殿様, も連珠, も黒谷, やにわに, やられたさうで見る影, ようやくその, よほど宿屋, よりは少し, よりもずつと後年, よりも今度, よりも帰っ, よりも盛ん, よりイージー, より約, わけても芸自慢, をまち子, を或, を計っ, 一しきり又, 一方の, 丁度貴婦人, 主立つた諸, 会うた切りもう, 何となく悪い, 何故素直, 先ず第, 其の室, 出かけ本, 初めて得られる, 到頭縦横倶楽部, 却って彼, 口惜しく思う, 同大学, 嗚呼, 大きい葉巻, 如何に之, 始めて蜀紅葵, 容易く付着, 小夜着, 尚白, 引き開けそのまま, 徐に身, 必ず足, 思はず涙, 恐らく花, 感ぜられるあの, 振返って, 新しき男, 既に空, 時としては, 最も彼, 果して世の中, 残った白身, 深い悲しみ, 烈しく怒りつけ, 生國土佐, 直ぐ騒ぎ立てれ, 程平和, 突然何, 突然物凄い, 立ちどまって, 細長く切れた, 聞いた話, 若い軽部, 行き違, 覚えずあっと驚いた, 読んだ彼, 軽く扉, 遠い山中, 阿難, 飲まされた

▼ たという~ (21136, 1.2%)

1082 ことは 881 のは 693 ことを 673 ような 665 ことが 551 ことである 459 のである 375 のだ 355 ことに 301 ことも 299 のです 294 ことです 293 ことだ 265 のも 220 ことで 215 のが 189 話を 183 わけで 161 話が 152 のか, んです 148 んだ 136 ので 133 ことであった 130 ように 125 話も 123 風に 113 わけです 101 のだろう, 事を 93 事は 87 ことだった 84 のでしょう 82 こと, ことであります 79 わけな 77 わけだ, 事が, 話は 70 ものだ 69 ことの, 噂が 65 事実を 64 のであった 60 事実は, 気が, 話である 57 ことには, のを, 事実が 56 事である, 話だ 54 のであります, 噂を 49 ことでした 47 方が, 話 45 ことと, ふうに 43 のであろう 41 者が 40 ことや, 訳で 39 風で 38 事も 37 ことだけ, 点に 36 んだろう, 記事が 35 人が 34 ことな, わけさ, 者も 32 事に, 点で, 説も 31 ことから, ことだけは, 噂も 30 ものさ 29 ことじゃ, ところに, 感じが 28 のじゃ, わけである 27 わけ 26 伝説が, 証拠が 25 事実である, 例は, 話です 24 ものが, ものです, 事です, 意味で, 様な 23 ふうで, ものは, 事件が, 点である, 理由で 22 噂は, 知らせが, 証拠には 21 のと, 訳です 20 事で, 顔を, 類の 19 のかい, もの, 次第です, 証拠は, 説が 18 ことにも, のかね, のだった, わけか, 人の, 話の 17 うわさが, ことでございます, 人も, 意味の, 話だった, 話であった 16 ものも, 事実に, 例が, 気も, 点を, 訳だ, 話で 15 ものである, 点が, 知らせを, 記録が, 説は 14 ことその, ところから, のでした, もので, わけじゃ, 事実の, 点は

13 [16件] ことさえ, ことについて, のなら, わけだった, んだい, 事だ, 人は, 意味に, 次第な, 者は, 話であります, 話な, 話に, 顔で, 顔付で, 風な

12 そのこと, わけは, んじゃ, 事実も, 噂だ, 報告が, 説を, 調子で, 顔つきで

11 [12件] ことそして, のには, 事であった, 事情も, 報告を, 場合も, 女の, 意味では, 感じだった, 感じを, 記憶が, 訳じゃ

10 [12件] うわさを, ことについては, ことによって, ことをも, のさ, のでございます, わけだろう, んでしょう, 一つの, 伝説の, 結論に, 評判が

9 [24件] ことでありました, ところを, ほかは, もんだ, わけであった, 以外に, 伝説も, 例も, 処に, 噂であった, 報知が, 意識が, 村の, 様子で, 点から, 点において, 点も, 男の, 程の, 程度の, 訳さ, 訳な, 証拠を, 風にも

8 [28件] ことだけが, ことであり, ことまで, こと以外に, ところが, のよ, ものを, わけに, 事件である, 事実だ, 伝説は, 例の, 噂です, 形に, 手紙を, 次第, 父の, 理由も, 者の, 自覚が, 表情で, 言葉を, 記事を, 話でした, 話なども, 話や, 通知が, 風説が

7 [29件] ことだけでも, ことだけを, ことでしょう, こととは, ことなどを, それだけの, ところ, ふうな, ほうが, ものか, ものじゃ, ものであろう, 事な, 事の, 伝説を, 報を, 形で, 意味な, 意外な, 昔の, 時に, 有名な, 様子を, 理由から, 理由は, 男は, 結果に, 罪で, 証拠に

6 [30件] ことだけで, ことだろう, ことなど, ことまた, それが, ところだ, のかしら, ものの, わけでしょう, ンです, 事から, 事でした, 事実から, 以上に, 口碑が, 噂の, 報らせ, 廉で, 心持が, 意味が, 意味だ, 新聞記事を, 現象は, 私の, 記事も, 記憶は, 証拠も, 話じゃ, 風であった, 風聞が

5 [65件] うわさも, お話でした, ことであっ, ことなども, ことばかり, ことよりも, ことらしい, ことをね, その時, ところで, ところまで, ところも, の, のであれ, のとは, ふうであった, ほかに, ほかには, わけでした, 一事である, 一種の, 事, 事だけは, 事だった, 事や, 事件は, 二つの, 以外には, 例を, 先生の, 処から, 噂である, 噂な, 報せが, 報せを, 報知を, 場合は, 奴が, 実例が, 形であった, 情報が, 意味である, 意味です, 意味は, 感じである, 所に, 条が, 気持が, 点です, 点な, 物語は, 男である, 知らせであった, 知らせに, 程で, 若い女, 表情を, 言葉が, 言葉は, 記事は, 訳か, 証人が, 評判で, 関係から, 顔つきを

4 [104件] いい伝え, ことそれから, ことであろう, ことでござる, ことなどが, ことなどは, ことに対して, これは, たしかな, ためしは, ときに, ところだった, のでありました, のに, のにも, のや, ひとが, ものだろう, ようにも, わけの, 一事を, 不幸な, 不思議な, 事だけを, 事と, 事実さえ, 事実だけは, 事実によって, 事実に対して, 事情に, 人々の, 位で, 体で, 偶然の, 単純な, 印象を, 報告に, 声が, 外は, 夢を, 奇怪な, 女は, 始末な, 実例も, 小説を, 形, 形である, 形です, 形跡も, 彼の, 彼女の, 心の, 意味での, 意味を, 感じだ, 感じで, 感じであった, 感じは, 所から, 手紙の, 新富座はじめて, 昔話が, 様子も, 次第だ, 次第で, 次第である, 武蔵の, 歴史の, 歴史を, 気に, 気持で, 気持に, 気持を, 特別な, 特殊な, 理由が, 男が, 疑いを, 知らせである, 確かな, 確信を, 程な, 答えでした, 経験を, 結果を, 考えに, 聖書の, 自信を, 自分の, 自覚を, 記事に, 記録は, 証拠にも, 証拠の, 評判だった, 評判の, 評判は, 話さえ, 話だろう, 談が, 面持で, 顔付に, 風でした, 騒ぎだ

3 [165件] あの話, お話が, ことさ, ことしかも, ことすら, ことそれは, ことだけしか, ことでございまし, ことでござんす, こととを, ことへの, ことまでは, ことより, しらせが, その不思議, その家, その話, その青年, それは, たいへんな, ただそれだけ, ところです, ところは, ところへ, のかな, のから, のかネ, のでなく, ものかな, ものかも, もんじゃ, もんで, もんです, よろこびに, わけかな, わけでございました, わけね, んだろ, んなら, 一事で, 一事に, 一節が, 一言に, 丈で, 不利な, 事じゃ, 事については, 事件の, 事実と, 事実な, 事実には, 事情から, 事情が, 二人の, 二枚の, 云いかた, 人に, 人物である, 他の, 件は, 位, 位の, 作者の, 偉大な, 偶然が, 偶然は, 反対の, 古い伝説, 喜びに, 喜びの, 喜びは, 嘘の, 噂だった, 噂で, 報が, 報告は, 報道が, 報道を, 場合が, 場合には, 場所へ, 外に, 女が, 妙な, 始末, 嫌疑で, 安心も, 安心を, 実例は, 実際の, 家を, 寸法な, 履歴を, 工合です, 弱味が, 当時の, 形だった, 後悔の, 心持は, 思いが, 思いを, 性質の, 恰好で, 情報を, 想像は, 意味であろう, 意味において, 意味らしい, 感じ, 感じと, 感じの, 感じも, 推測も, 新聞の, 旨を, 有様であった, 次第であります, 次第でございます, 段取りに, 気の, 気分が, 気持から, 沙汰が, 消息を, 満足の, 現実が, 理由の, 男に, 知らせで, 確証は, 種類の, 細君の, 経験が, 考えは, 者を, 自信の, 自覚は, 観念が, 言葉の, 記憶も, 訳であります, 訴えが, 証跡を, 評判であった, 評判を, 話などは, 話なら, 話には, 誇りを, 説, 説明を, 責任を, 返事であった, 返事に, 通知を, 逸事が, 逸話が, 逸話も, 金の, 金色の, 電報を, 風だった, 風の, 風を, 鬼の

2 [451件] あたりは, あの珍, いわゆる, うちに, うわさです, お手紙, お柳, お滝, お社, お秀, お話, お話でございます, お話です, お話で御座いました, お話を, かたちである, かわりに, こった, ことこそ, ことこの, ことじゃが, ことそれが, ことそんな, ことだけの, ことでありましょう, ことで御座います, ことなし, ことなどから, ことにこそ, ことにさえ, ことにでも, ことに対し, ことに対する, ことばかりを, ことほど, ことよ, こと以外は, こと第, こと自身が, この一点, この事実, この老人, そういうこと, そうだ, そうです, そのとき, その事実, その人, その女, その日, その狐, その相手, その老人, たびに, ために, ときには, ところである, ところにも, ところの, ところまでは, どころで, のかも, のだけは, のでありましたろう, のでありましょう, のでも, のならわかる, のに対して, のはね, のやら, はなしは, はなしも, はなしを, ふうである, ふうにも, ものよ, もんでしょう, ようすで, ような信じ, わけかね, わけじゃあ, わけであります, わけであろう, わけでございます, わけでしたろう, わけでない, わけでなく, わけよ, んじゃあ, トリックは, ニュース, ニュースが, ニュースを, フランス語に対する, 一つ話が, 一の, 一事が, 一事だけでも, 一事だけは, 一事であった, 一事は, 一人の, 一片の, 丈け, 不愉快よりも, 世間の, 中でも, 事だけ, 事だけでも, 事であり, 事でございます, 事など, 事まで, 事より, 事よりも, 事件です, 事件に, 事件も, 事実, 事実すら, 事実だけ, 事実だけが, 事実については, 事情の, 事蹟は, 事蹟を, 云い方, 人, 人だった, 人である, 人には, 人間が, 人間の, 他吉, 仙台の, 代りに, 以上は, 仮定には, 位だ, 供述の, 便りを, 僕の, 光景は, 具合に, 出来事が, 前例が, 前後の, 動機は, 勝利感から, 友人たちの, 取沙汰が, 口上で, 古い記録, 史実が, 史実を, 司令部の, 合図に, 名前の, 喜びが, 喜悦の, 噂, 噂と, 噂に, 因縁が, 因縁の, 土地の, 地方も, 堀の, 報告の, 報知は, 報道だ, 場合に, 塔の, 多くの, 夢の, 大きい石碑, 夫の, 奇談が, 奇蹟を, 女で, 奴, 奴は, 姉の, 始末です, 姿だ, 娘の, 婦人作家は, 子は, 字を, 孟子の, 学者も, 安心で, 安心は, 定説は, 実証を, 家, 家が, 家の, 家は, 家も, 宿屋も, 専らの, 届け出も, 工合だ, 工合で, 左注が, 幼年及び, 店は, 廉によって, 形の, 形を, 形跡が, 後であった, 後悔が, 御様子, 心持ちが, 心持で, 心持を, 思い出が, 思い出は, 恰好だ, 恰好です, 悔いを, 悔恨は, 悲劇を, 悲報を, 情報も, 想いが, 想像が, 想像を, 愉快な, 意, 意である, 意味か, 意味であります, 意味でしょう, 意味とは, 意味には, 意味にも, 意味も, 意志の, 意識だけが, 意識だけで, 意識に, 感が, 感じさえ, 感じだけが, 感じでありました, 感は, 感を, 感情が, 或る, 手紙が, 挿話も, 故を, 故事は, 新富座桟敷五人詰一間の, 新聞記事が, 方の, 旅の, 日本の, 早馬が, 昔話などは, 昔話に, 昔話の, 時から, 時の, 晩に, 曰く付きの, 書付を, 有様, 有様です, 有様な, 有様を, 木下の, 東方の, 根岸の, 根本的な, 根本精神は, 様に, 次第さ, 次第じゃ, 次第であろう, 次第でした, 次第では, 次第でも, 歴史が, 歴史である, 歴史は, 気には, 気もちが, 気持だ, 気持ちに, 気持です, 気持も, 気振, 気配も, 油絵の, 注進を, 消息が, 清水が, 満足が, 満足と, 満足は, 滑稽な, 濡衣を, 点だ, 点だけ, 点だけでも, 点だけを, 点であった, 点であろう, 点には, 無言の, 父を, 片輪車, 牒報が, 物的証拠が, 物語, 物語が, 状態に, 現実の, 現象が, 現象の, 現象を, 理由だけ, 理由には, 理由を, 理窟に, 生の, 由緒の, 男を, 画家の, 疑いが, 痕跡は, 発見が, 目的は, 眼付を, 知らせだ, 知らせも, 石の, 確信は, 確証が, 科で, 程である, 程に, 程度で, 程度であった, 程度に, 空の, 空壕まで, 空想は, 笑い話, 第一, 筋が, 筋である, 答である, 節の, 範囲の, 素振りを, 経歴の, 結論が, 縁故が, 縁故も, 罪に, 罪の, 罪を, 翌朝自分は, 老人が, 考えが, 自信が, 自覚, 興味と, 船の, 色を, 芝居じみた, 著しい事実, 見証, 規定を, 覚えが, 解釈が, 解釈この, 解釈第, 言い伝えは, 言い分は, 言葉, 言葉に, 言葉にも, 言訳を, 記憶の, 記載が, 記録も, 記録を, 訳, 訳じゃあ, 訳は, 訳も, 証人も, 証拠でしょう, 証拠でも, 証明は, 証言の, 証言を, 評判だ, 評判です, 評判よ, 話から, 話さ, 話さえも, 話しが, 話しである, 話しも, 話しを, 話その, 話だけは, 話でございます, 話では, 話と, 話など, 話などから, 話などが, 話ばかり, 語が, 説など, 説にも, 警報が, 跡も, 近所の, 返事が, 返事でした, 通信が, 逸話は, 逸話を, 部屋の, 閲歴を, 限りの, 電報が, 青年が, 非難が, 順序です, 顔つきである, 顔付を, 風が, 風だ, 風である, 風情で, 風聞も, 騒ぎ, 騒ぎである, 騒ぎです, 騒ぎな

1 [4127件 抜粋] あいさつも, あとであった, あの井伊大老, あの恐, あの東京専門学校時代, あの証言, あり得そう, あれの, いかに形式, いぶかしき卍, いわば新聞, うめきだか, うわさでした, おしかりだ, おみや, お前自身を, お居室, お武士, お見こみな, お金を, かなりに, くだりは, ここに, ことあるいは, ことそうして, ことたしか, ことつまり, ことなぞに, ことばかりが, ことやら, こと二つには, こと及び, こと戸主でなく, こと私は, こと迄, この一事件, この坂, この日, この翁, こわいこと, ご馳走な, さわぎまことに, しらせだ, しるしを, せいじゃ, そういう消息, そうである, そのへや, その二つ, その兄僧, その唐人船, その小, その心持, その方角, その水門口, その痛み, その親切, その驚くべき, そればかりの, ただ一事, だい, つもりだろう, ときの, ところがね, ところであろう, とてもとても親切, なんの, のだったら, のなら止む, の君に対して, はなしの, ふうでした, ほか何の, まあ言っ, まるで通り魔, むかしの, ものかい, ものでしょう, もの仕方なく, もんでございます, やつよ, ようなよろこび, より根本的, らんも, わけでござる, わしの, んでございます, アパアトも, インチキな, カキモチなど, ギリシア神話の, サン・サーンの, ジーグフリードの, ソロモン大王の, ディグスビイの, ナンセンスが, ニュース反, ハンカチの, ピラミッド型の, ブーシバルを, マドマゼエルの, メモな, ラジオの, ロシヤ兵の, 一つ話も, 一事のみによっても, 一件な, 一口話が, 一層特殊, 一条が, 一点から, 一聯の, 一説を, 丈の, 上に, 不動の, 不安と, 不服も, 世にも名誉, 中部浮氷群の, 主題の, 争われぬ強み, 事それからまた, 事とは, 事ゆえ取, 事務的な, 事実で, 事実について, 事実をも, 事実自身は, 事情は, 事蹟から, 二尺六寸の, 云いわけ, 亥の, 人だ, 人なども, 人物すなわち, 人間さえ, 今の, 仏法科の, 令嬢といった, 以前の, 仮説と, 伊達正男の, 伝説だ, 伝説までも, 位に, 体裁である, 作の, 使者の, 侍従が, 俚話が, 信念に, 借家の, 傍系的な, 優しい哀れ, 先方の, 入朝の, 公報が, 其の場, 兼好法師は, 冴子の, 凹みへ, 判断には, 刹那の, 剛毅な, 加藤の, 動かし難い, 勢いでありました, 十二章前後の, 千谷先生, 印に, 危難について, 友人の, 叔父さんと, 口実で, 古い処, 古い説明, 古歌, 可能性は, 号外が, 吉さんという, 名に, 名果マンゴスチンさえ, 名高いお伽噺, 吹聴では, 咄を, 品の, 問題を, 喜び以上, 噂ことに, 噂でした, 噂話を, 四十男の, 囲い者の, 園長の, 地価の, 坊さんの, 堆朱の, 報告だけしか, 報知すら, 場所である, 境遇が, 壺の, 外には, 外部条件は, 夢である, 大きな法螺, 大冒険, 大奥の, 大燈国師, 大釜の, 天平十六年以後の, 失望と, 奇抜な, 奇蹟も, 女に, 女中富岡八重という, 好評であった, 姫の, 婆や, 嫁は, 子を, 存在, 安堵です, 宗教が, 宛名自筆の, 実例を, 実見談を, 家々, 容であった, 寛永年間の, 寺には, 将軍直々の, 小冠者である, 小石です, 小豆色した, 尤物, 山中の, 山雀の, 島町の, 工兵隊の, 巨大な, 帝は, 常軌を, 年の, 幸福をすら, 幽霊の, 店が, 廉だけ, 引導石も, 強力が, 形であります, 形跡は, 彼女, 後ろ暗, 後悔も, 御報告, 御話, 心地である, 心持の, 忠寛の, 念流の, 思わぬ機会, 性格の, 怪ニュースを, 怪談を, 恐ろしい噂, 恰好であった, 悔悟を, 悲しみを, 悲酸な, 情景も, 想いと, 意に, 意味でなくっ, 意外性を, 意見は, 愛の, 感じに, 感動が, 感慨が, 態である, 憤りに, 我学界への, 所の, 所為が, 手箱の, 批難が, 拡声機からは, 挿話に, 推測を, 支配権力に対する, 故殺未遂犯が, 数字の, 文三の, 文学好き政治家としての, 斑紋を, 新たな, 新聞広告を, 方じゃ, 旅情のみ, 日本人が, 旧家であります, 明人も, 昔話と, 時は, 時刻とか, 時間的経過を, 晴やかな, 曰くが, 書物が, 書類は, 月の浦は, 有様だった, 木の, 本位田又八であった, 杉並木が, 条も, 東都怪異譚の, 柄じゃ, 柿を, 根本の, 梶原源太景季の, 極度の, 概略の, 権之, 欠点である, 次第を, 正一君たちは, 此上も, 武蔵が, 歴史的事実は, 残忍卑怯な, 母の, 気は, 気持だけを, 気持な, 気質の, 江戸開府以来の, 沙汰も, 注進も, 浜島茂は, 消夏閑話の, 深田という, 湯前の, 満足でも, 漆の, 火柱事件など, 点などから, 為であった, 煙草の, 片頬笑み, 物語りが, 特徴を, 犬を, 猛々しい言葉, 玉環を, 珍現象をさえ, 現実をさ, 理か, 甚だ情, 生来初めて, 田舎やの, 甲府生まれの, 男つまり新しい, 男女の, 番頭正次郎の, 疲れた蒼い, 痕跡を, 発端も, 白砂が, 盛衰記や, 相違だけ, 真相だけを, 瞬間は, 知らせは, 石橋の, 示威事件に, 社長の, 神保光太郎君と, 神話も, 秋も, 秘密も, 程です, 程度でない, 種を, 穽を, 章句を, 笑い声だ, 笛ふきカルム・ダルの, 筋などは, 箭の, 築城書は, 精神科学的の, 紛糾に, 細工の, 経験も, 結果だけが, 絵と, 罪にも, 美しい娘, 群れの, 老人, 老大家の, 老紳士, 考えを, 者まで, 肌合の, 脇差が, 自信も, 自惚れは, 自然的な, 自説の, 興味を, 色々の, 花の, 若旦那は, 苦しみに, 草の根を, 華々しくも, 葉ちゃんが, 蒙昧な, 虚報さえ, 蟹は, 衣通姫の, 袁紹の, 裏面には, 見えで, 見方も, 親しい友達, 観瀾亭が, 解釈賊は, 言い伝えも, 言葉以上の, 記事です, 記憶に, 訣である, 訳箱だって, 証拠だけは, 証文な, 証書を, 評判でも, 詩, 話しだ, 話だって, 話まで, 誇りは, 説あるいは, 説の, 調子である, 諺は, 警官に, 豪勢さだ, 責任も, 質の, 赤橋家の, 足なみでも, 身体でも, 迂愚さ加減を, 返事でしょう, 返答を, 逃尻の, 通知あり, 逸話などを, 過失のみ, 達者な, 郊外の, 鄭重さの, 重大事, 金塊強奪事件である, 鈴木さんの, 鋼鉄の, 長じゅばんが, 長谷寺の, 関係で, 関取と, 陰徳の, 雀ヶ丘と, 雪子姉さんの, 霊の, 静かなうるおい, 面ぶれ, 面長で, 頃清信扶清友清などの, 須美子は, 顔つきであった, 顔も, 願いを, 風流の, 風聞を, 餅屋の, 馬も, 駕は, 騒ぎも, 驚異の, 高楼が, 魔法の, 麻痺感に

▼ たところ~ (18146, 1.0%)

289 がある 283233 による 232 である 222 を見る 195 のもの 191 であった 182 です 171 でそれ 157 だった 147121 にある 111 でその 105 で何 96 なん 90 のある 86 なの 82 もある 80 でした 63 があった, でこの 61 がない 60 があっ 58 なので 55 だと, であつ 54 でどう 53 はない, をみる 51 で仕方 48 だが, で私 44 があります, によれ, の, のない 43 だから 4241 があり 36 でお, で今 35 もない 34 であるが, で大した, で自分, を見 33 さ, だつた 32 で誰 31 でこれ, でそんな 30 にあった, へ 29 だよ, で彼, を 28 がなく, ですから 27 があつ, ですよ, でなん 26 じゃ 25 で僕, に, にこの 24 でどうせ, でどうにも, で少し 23 でまた 22 だったので, ですが, を見た 21 でございます, ではこの, に立っ, は, もあった 20 だったが, でもう, で所詮, に依る, を見れ 19 であの, であります 18 でそこ, でとても, で決して, によります 17 で何ん, で別に, はなかっ 16 で人, へお, へこの 15 が何, だったの, でご, もあり, よ, をもっ 14 であったが, でそう, で女, で始まらない, で彼女, で無駄, で相手, にあり, に大きな, のあの 13 がなかっ, だつたので, では, で人間, で仕様, はその

12 [14件] から, から見る, だという, でお前, でここ, でこんな, でどこ, で君, にその, のその, はありません, もなく, らしい, をお

11 がありました, がその, ではその, でふと, で不思議, と見え, にあっ, へまた, をその

10 [11件] が多い, だったから, でしたから, ですぐ, でただ, でまだ, で他, で小, で結局, はこの, はどこ

9 [12件] であろう, ではあの, ではお, でもある, でやっぱり, でやはり, で到底, なのよ, はなく, もあっ, をやられた, を後ろ

8 [31件] からその, から生じた, であって, であなた, であるから, でさ, でしょせん, でたいした, ではそれ, では御, で二人, で俺, で全然, で同じ, で急, で知れた, で若い, にあつ, にいる, にまた, に小さな, のこの, の彼, はお, はただ, へ不意, へ折, もあつ, もあります, を私, を綜合

7 [35件] からし, がこの, が少し, だつたの, であったので, であれ, でこう, でしかた, でそれで, でどれ, でなに, でまさか, で一人, で世の中, で仕, で大して, で己, で御, で死んだ, で男, で眼, にあの, に依れ, に日本, の真, はちょうど, はなかつた, へあの, へちょうど, へ行っ, もありません, もなかっ, をよく, を持っ, を見せ

6 [44件] から起った, がなかつた, が出来, が私, が面白い, だし, でいつ, でうまく, でおれ, でございますよ, ではじめて, ではそんな, ではない, でほんの, でもし, でやがて, でわれわれ, で一向, で主人, で今度, で其, で別段, で実際, で家, で平次, で彼等, で後, で手, で無益, で金, に人, に彼, に腰, の例, の方, はどう, は少し, へ何, へ彼, へ急, へ来, を手, を見計らっ, を誰

5 [76件] からお, からそれ, から来た, から見, が到底, が有る, が見え, だったん, でありました, でいずれ, でおいそれと, でおそらく, できく, でけっして, でございました, でござる, でさて, でしたよ, でしょう, ですと, でそれだけ, でだれ, でつまらない, でど, でどうして, でどうも, でどんな, ではじまらない, では何, では彼, でよく, で三人, で中, で今さら, で何処, で又, で夜, で妻, で月, で果して, で致し方, で見る, で郎女, といい, には, に出, に在る, に私, に落ち, のいわゆる, のこと, のすべて, の一つ, の不思議, の思想, はありませんでした, はある, はいう, はいかにも, はさすが, はたしかに, はまるで, は実に, は意外, へその, へ出, へ来た, もあろう, も無い, をお前, をこの, をつかまえ, を二人, を以て見れ, を彼, を歩い

4 [129件] か, からで, からまた, から出発, から外, から私, から考え, から考える, から自分, がありません, があるなら, ができ, がどう, がよく, が見えた, が見える, その日, そんな風, ちょうどその, でいっこう, でいつも, でお前さん, でかの, できっと, でこ, でしようが, ですの, でせいぜい, でそんなに, でたいして, でたかが, でちょうど, でちょっと, でとうてい, ではどこ, でまるで, でむこう, でタカ, で一度, で二階, で今日, で何一つ, で僅か, で其の, で其処, で初ま, で単に, で却って, で大きな, で夫, で娘, で容易, で役, で日本, で無理, で現在, で生活, で私たち, で私達, で結果, で肝心, で要するに, で見, で親分, で面白く, で頭, にあなた, にありました, にあります, にそれ, にちょうど, にもう, に一人, に依っ, に大, に山越し像, に意味, に拠る, に新しい, に白い, に赤い, のいかなる, のそして, の人, の多く, の夢, の大, の左側, の御, の意識, はいわず, はこれ, はなかなか, はまず, はもう, は一つ, は山, は私, へ丁度, へ來, へ先生, へ君, へ女中, へ私, へ突然, へ電報, まで来, まで行っ, もあれ, もなかつた, も今, も有った, も無く, らしかった, をいきなり, をそのまま, をまた, を三輪, を上, を少し, を彼女, を指, を捕えられた, を発見, を見すまし, を見つけ, を逆, 或る, 果せるかな

3 [261件] あには, ある日, からある, からいつ, からこの, からこれ, からそこ, から出, から出た, から察, から左手, から彼, から来, から発足, から見れ, がありまし, があるでしょう, があるらしい, があろう, がお, がそこ, がそれ, がどうせ, がなかなか, がなけれ, が今, が出, が多く, が大いに, が少く, が非常, この辺, その人, その男, だけで, だったと, だとか, だな, であ, でありそれ, であるいは, であろうが, であんな, でいい, でいきなり, でいくら, でいま, でいわゆる, でこれから, でこれら, でございますが, でさあ, でしかも, でしたが, でしよう, ですでに, ですね, ですわ, でそういう, でそこで, でそして, でそれから, でそれら, でたかだか, でどうにか, でなかなか, でね, ではあなた, ではある, ではどうも, では今, では何ん, では全く, では彼等, では昔, でべつに, でほか, でほぼ, でほんとう, でもう一度, でもとより, でわずか, でわたし, で一, で一つ, で一方, で一種, で下手人, で今更, で他人, で何うに, で何ら, で余り, で元, で出, で前, で去年, で埒, で変り, で大, で大事, で始まらぬ, で始まらねえ, で実は, で家内, で山, で川, で左, で当時, で後で, で御座います, で怪しい, で手柄, で日, で最初, で東京, で果たして, で格別, で次, で此處, で氣, で滅多, で生き, で確か, で第, で肝腎, で腹, で船, で芸術, で葉子, で蠅, で親, で証拠, で追, で逃げ, で野暮, で面白, で顔, で馬, で高, というわけ, とその, と一致, と同じ, と寸分, どうした, なのに, なんで, なン, にい, にかかっ, には人間, には美しい, にやはり, により, にゐる, に一種, に二人, に今日, に住ん, に例, に価値, に古い, に同じ, に多少, に存する, に小さい, に岩, に建て, に彼等, に待っ, に成功, に新, に漸く, に特色, に興味, に長い, に面白味, に黒い, のお, のそれ, のツァ・ルンバ, の一切, の一種, の他, の幸福, の杖, の無い, の珍, の理由, の由, の男, の神, の私, はあまり, はここ, はございません, はさながら, はすっかり, はそこ, はた, はやはり, はよかっ, はわずか, は不思議, は今, は何となく, は大きな, は如何にも, は無い, は見えない, は見えなかった, へかの, へこちら, へそれ, へひょっくり, へもう, へ他, へ例, へ兄, へ出た, へ出る, へ女, へ娘, へ思い, へ思いがけない, へ江戸, へ着いた, へ腰, へ自分, へ行く, へ頭, までは上出来, まで行く, もまた, をあの, をすぐ, をたしかに, をねらっ, をみ, をみます, を下, を不意, を何者, を例, を八五郎, を後, を御, を急, を想像, を描い, を早く, を横, を狙つて, を約言, を見せない, を見せる, を見届け, を通っ, 少しも, 計らずも

2 [781件 抜粋] あり, かちょっと, かも知れない, からそういう, からなるべく, からよく, からわたし, から人, から人間自身, から全然, から容易, から小説, から後, から想像, から推す, から新ら, から生ずる, から聞え, から自分自身, から誕生, から青桐, があるらしく, があれ, がしようが, がどんな, がはじまらない, がまた, がまるで, が一向, が中, が仕方, が全然, が勝れ, が大, が大変, が山, が急, が残っ, が気, が留守, が皆無, が眼, このあたり, このよう, さう, じゃありません, じゃよ, そうか, その中, その者, だからな, だけが白く, だっけ, だったそう, だったのに, だとは, だね, つい最近友人, でああ, であそこ, であったから, であったと, であまり, であらう, であるか, であると, であるの, であんまり, でいざ, でいったい, でいったん, でいろいろ, でおっつかない, でお話, でかうした, でかえって, でかれ, できょう, でこっち, でこれ以上, でござんす, でさして, でさびしい, でし, でしかし, でしたね, でしたので, でしばらく, でしょうが, ですすみません, です文学者, でその他, でたいてい, でたった, でだめ, でつまり, でどうまあ, でな, でなおる, でなんにも, ではありません, ではじまらぬ, ではそれら, ではたして, ではどう, ではひとり, では一方, では人, では呼吸器, では彼ら, では敵, では樫, では物, では若い, でひと, でふたり, でへえ, でまんまと, でみんな, でもあつ, でもあり, でやっと, でろくな, でわし, でガラツ八, でスキー, で一たん, で一匹, で一寸, で一文, で一笑, で一間幅, で三兩, で三島屋, で上, で世間, で事, で五十歩百歩, で今時, で仏様, で伸子, で何しろ, で何程, で作品, で俗, で信用, で先方, で全部, で兩親, で其處, で初めて, で力, で功徳, で医者, で十分, で南, で危険, で及ばぬ, で取り, で右, で各自, で名, で味方, で喜劇, で喧嘩, で壮, で変わった, で多寡, で大勢, で天下, で始まりますまい, で始めて, で婢, で安い, で小さな, で尻, で山中, で山本, で帽子, で幸子, で広い, で役に立たない, で後ろ, で従来, で得, で徳さん, で心配, で必ずしも, で恥, で息, で惜しく, で態, で我々, で扉, で手前, で拷問, で掛る, で文句, で文学, で早速, で明日, で普通, で最も, で最早, で本人, で本当に, で村, で果てし, で様子, で横浜, で正義, で気焔, で水, で泥, で浦島さん, で漸, で無意味, で物笑い, で理, で生, で申します, で當時, で直ぐ, で相, で眺め, で私共, で終っ, で縁, で罪, で聞き覚え, で自分達, で自慢, で自然, で苦しい, で虎, で行く, で表, で裾風一つ, で解り, で言, で詮, で誰一人, で貴様, で足, で路, で身, で身分, で迷惑, で追い付きません, で途中, で道, で遲, で金目, で銀子, で長い, で防ぎ, で非常, で音, で食糧問題, で駄目, といえ, とか陶器, とまったく, とりとめの, と云え, と想像, と重複, なかった, なり, なんかまるで, にあらゆる, にあるらしい, にいつも, にき, にすぐ, になる, にはじめて, にはやく, には栗鼠, にまだ, にまるで, によつて, によりまする, に一つ, に交番, に人間, に他, に低い, に何, に何とも, に便所, に働く, に吉田, に大阪, に太子, に妙, に存在, に家, に宿, に小説, に建っ, に心, に拠れ, に敗因, に新聞雑誌, に暮し, に桜, に海, に狭い, に現在, に生れた, に碇, に突然, に立派, に第, に美, に自己, に至っ, に若い, に草, に表, に誰, に隠れ, に高, のうす暗い, のこれらすべて, のよう, の一通, の三段論法, の世代, の九鬼, の人々, の人間, の仕事, の先, の先生, の力, の動物, の南山, の多い, の媒介, の巨大, の庭, の形, の彼女, の悟性, の感じ, の日本, の昔, の机, の林, の樅, の沖縄婦人, の無数, の特異, の狭い, の疊, の私自身, の絵, の考え, の自ら, の被, の詩, の話, の通行券, の過去, の非常, の髑髏, はあくまでも, はあった, はいずれ, はかなり, はこう, はすらり, はせいぜい, はそれほど, はたいした, はなかったろう, はなくなり, はなるほど, はほとんど, はま, はまったく, はよく, は三つ森山, は上, は人格, は伝六, は何, は全, は分りません, は単に, は問題, は大きかっ, は天井, は小, は山猫, は年, は必ずしも, は日本, は曲者, は正に, は決して, は流石, は目, は竹, は親父, へああ, へあんな, へかえって, へくる, へこんど, へつながった, へどこ, へまるで, へもっ, へ下女, へ今, へ今日, へ僅か, へ十人, へ大きな, へ妙, へ平次, へ後, へ意外, へ手, へ新しい, へ昨日, へ本陣, へ父, へ現れた, へ私たち, へ続い, へ金, ほんの少し, までき, まで来た, まで来る, もあったろう, もありました, もそれ, もはや夕闇, も三十分五十分, も見えない, も見える, をお話, をかく, をかれ, をこうして, をさらう, をしきりに, をできるだけ, をはじめ, をばっさり, をもう一度, をやっつけられた, をズバズバ, を丁度, を今, を修繕, を傍, を君, を回顧, を夢, を大きな, を子供, を左, を平次, を思いがけなく, を思う, を拭き, を指し, を極める, を毛利, を無, を父, を狙った, を直し, を相手, を知らない, を穴, を背後, を脇差, を要約, を見せまい, を見つけられ, を見られる, を見計っ, を詮索, を話し, を起し, を辿っ, を選び, を青草, を飛びかかっ, 御手紙, 思いがけなくも, 見知らぬ人, 重ねて

1 [7895件 抜粋] ああちゃん, あの鎹横丁, ある夜, いかにも賤民, いそういう, うれし, お公卿様, かくさずその, からあの, からこいつ, からずっと, からつまり, からはしなくも, からは見えなかった, からもしや, から一つ, から事, から何, から切り抜ける, から又, から土間, から始まり, から岩鯛, から径, から戻っ, から新撰組, から林, から江戸, から生れた, から県道, から紹介, から色々, から言, から農民, から銭, から騒がしい, があったら, がいくら, がございましたなら, がだいぶ, がなよその, がわかっ, がドウセ今夜, が一番肝腎, が二十年, が俺, が冬草, が原っぱ, が外交団専用, が孰, が弱, が所々, が本家, が決して, が狭い, が知らない, が老人自身, が見, が豐平川, が間道, こういう, この宿屋, この連中, ご老師, さっそく宗家, じゃあお前さん, じゃ有りません, そうしたところ, その七人, その大家, その弟子, その猿廻しめ, その途中不動院, そんなやう, たしかに中, たちまち眼, だけでも, だけは熾ん, だけ紫色, だったじゃ, だとも, だんだん熱, ちょうど只今お話, であいかわらず, であと十日, であり投票前夜, であれぢ, でいつか, でうどん, でおもしろく, でかに, でくそ, でございましたそれ, でごらん, でした由, ですその, でそいつ, でそろりと, でちょい, でと思はずいひたく, でなくては, ではあなた様, ではさほど, ではちょうど, ではひどく, ではガゼツト, では一行, では九州, では人間, では判らない, では各地, では妹さん, では当時, では景気, では次郎, では清十郎殿, では田口, では私たち, では膃肭獣, では貞徳, では間違ひも, でひび, でまさかこれ程, でもあれ, でも何, でやむを得ない, でアインシュタイン, でクリミヤ地方, でセルゲイ, でニュース, でホテル, で一万二千, で一晩, で丁坊, で三つ目, で下, で世高, で九州, で五分, で人間自体, で仕事, で伸子たち, で何十人, で係り, で傘, で光, で其処許, で出世, で別, で加十, で十三丁目, で千石前後, で取られる, で合点, で味方同士, で商, で四辺, で堅く, で多年, で大衆, で夫婦, で妙案, で嫂, で安, で家庭, で寶搜, で少尉, で差したる, で平兵衛, で床, で弟, で当面, で後暗い, で忍び笑い, で怪しまれる気づかい, で意味, で戦国時代, で承服, で握っ, で教室, で文部留学生, で旅行中, で星野, で更に, で本, で東京市内, で格子, で構図, で武士あらまし, で民間人, で池, で浪人者, で漫画, で無用無益, で牡牛, で狹, で生れ付き, で申分, で白状, で皆目, で相棒, で知りあい, で神様, で穿きかえた, で筆耕, で納戸, で継母, で群像, で聞き, で自分たち, で芋, で茶汲女, で落した, で行き立つ, で要は, で親許, で詩人, で諠譁, で起こった, で身體一つ, で追付きません, で進歩, で部下, で針, で門閥儼, で陰惨, で電灯, で靴下, で食客, で驕慢, で默つて, とうつり合っ, とちっとも, とのちがい, とまた, と両足, と感じた, と色彩, どういういきさつ, どうもお, どんなよう, なぞは殊にそう, などはこれら, などまことに, など少年時代, なり井戸, なんぞが見られる, にあやからせたい, にいわゆる, にがん, にごちゃごちゃ, にすわっ, についてだった, にならん, にはしかし, には一点一画, には家, には溝, には製作所, にほんとう, にも一つ, によってほぼ, によって考え, にイチハツ, にチューレ, にマリヴォオ, に三十人, に二本, に何事, に八五郎, に刄物, に可, に唯ひとえに, に堤防, に失敗, に定期市, に小型, に川, に影, に悲劇, に折り目, に日ごろ, に月球, に松虫草, に検校, に死んだ, に注がれ, に満更, に犯人, に用うるか, に白土, に知らざる, に突き出した, に紋別下湧別, に置きました, に舟宿, に著者, に観山, に転がっ, に避雷針, に陸奥宗光外交, に高い, のあの小さな, のご, のひとり, のイースセティシズム, のトルストイ, のベートーヴェン, の一種奇怪, の世にも, の云, の以上, の儒教, の効果, の収穫, の団子, の士族, の奥, の宇宙, の實驗, の屋敷, の幹, の形式, の恐ろしい, の憑き物, の支配, の明暗, の有名, の柔, の歌, の民族, の浪人組達, の火焔, の狂人たち, の疑念, の石器, の空間, の細かい, の職業, の芸術的, の見える, の貴重, の進藤一作, の銅, の青春, の馬鹿共, はあちらこちら, はいま古賀, はからず極秘, はしなくも身一つ, はちょっと, はなん, はほんの, はもより, はグシャグシャ, は一切, は世田ヶ谷, は五十歳, は何処, は内海, は南町奉行所, は土手町, は大体輪, は孫太郎虫, は山口県, は広く, は恰, は新入, は書いてなかった, は検事, は水上温泉, は火事場, は甲, は石, は米, は舞台監督, は見えません, は豹子頭林冲, は釜, は風呂敷包, ふっと或, へいらし, へお節, へけたたましい, へさり, へちょうどまた, へは全部小判, へぶどう, へわたし, へビール, へ七兵衛, へ二階, へ何時, へ八五郎, へ十数人, へ唾, へ大師, へ寄り集ま, へ左大臣, へ当て, へ戀人, へ搗, へ施先生, へ木戸, へ歩みこんだ, へ渡辺芳助, へ田中君, へ知世子, へ竜女, へ肺病, へ荷車, へ西の京, へ辻村君, へ配達夫, へ鞭, ほんの三つ, まだ初々しい, までくる, まではたしかに, まで大, まで行き着く, まるで十三, もうその, もさっき, もみえない, も去年, も広々, も甚八, も見られた, やちょいちょい, やはり狭い, や来る, よい色, よりもこうして, らしかつ, をあちこち, をいっ, をかね, をさては, をそっくりそのまま, をてもなく, をね, をまんまと, をやっと, をグイッ, をボツボツ, を一通り, を主, を他人, を何, を出し抜いた, を力, を取り出し, を呼び止められた, を夕方, を子房, を山口, を引ッ, を思ひ出した, を披瀝, を捉え, を掻き, を斬られた, を李朱氾, を沓脱, を父王, を理想, を畫, を石, を窓格子越し, を美しい, を自制, を襖, を見まする, を親分, を誰か, を蹴, を通行人, を鍋墨, を飛んだ, 一向僕, 何とも云えぬ, 先ず三十五六, 勝って, 古實, 多し, 如何にも見すぼらしい, 帰って, 御垢付, 思いがけない御子, 或日, 更に効目, 果たしてその, 極めて簡単明瞭, 煎じつめたところ, 直し用心, 第一矢, 見せて, 買わないと, 重い重いと

▼ た~ (16091, 0.9%)

488 どうか 242 それは 237192 どうかは 185 それを 143 知らないが 136 知れない 119 して 103 私は 100 わからない 92 知らぬが 90 わかりません 78 急に 74 知ら 73 それが 72 知れません 64 しれない, 分らない 61 とおも 59 どうかを 56 どうだ 55 しれません 48 忘れたが 4746 覚えて 43 知れぬ 39 否かは, 知らない 37 それも 34 知りませんが 33 忘れて 31 わからないが, 知って, 知れなかった 30 なかった, 自分でも 29 知らん, 知れないが, 知れなかつた 28 どうかという, 何う, 少しも 27 そんなこと, どうかと, どうかも, 分りません, 知れないの 26 影も 25 これは, 否か, 知らねえが, 私の 2423 わかりませんが 22 分らないが, 彼は, 私には, 誰も 21 否かを, 知れやしない 20 今は 19 分らなかった, 姿を, 解らない 18 その理由, 僕は, 判らない, 彼の 17 わからないの, 知れませぬ 16 そのこと, 平次は 15 わからなかった, 知らんが, 覚えが 14 しれなかった, その辺, わたしは, 不意に, 姿が, 知りません, 私も

13 [11件] つての, れは, ッて, 何を, 兎に, 存じませんが, 容易に, 知らぬ, 知れませんが, 話して, 誰が

12 いずれに, そこに, その原因, それらの, である, 地から, 知れたもの, 知れないと, 自分の

11 おぼえて, これが, しれないの, そのわけ, そんな事, どうかが, 今では, 気が, 私が

10 それさえ, 一人も, 分からない, 分らぬ, 判らないが, 判りません, 君は, 知れないわ, 記憶が

9 [19件] これも, これを, しれないが, そいつを, そこまでは, どうかといふ, ないん, またその, 人に, 今度は, 何か, 何かの, 分らないの, 分りませぬ, 聞いたか, 聞いて, 自分は, 見て, 見當

8 [23件] お前は, しらぬが, そこの, その時, その訳, それに, またそれ, わからぬ, ッた, 今の, 俺は, 分らなかつた, 否かの, 否やは, 姿も, 想像に, 無かった, 知れないよ, 知れませんでした, 知れませんよ, 親分, 記憶しない, 調べて

7 [22件] そこには, その日, それとも, ただしは, ともかくも, はっきり覚え, ふいに, よく覚え, わかりませんでした, アない, 二人の, 判らなかった, 否かも, 或る, 此の, 死んだか, 殆ん, 知らんと, 知る由, 自分にも, 覚えは, 訊いて

6 [44件] あない, あなたは, あれは, あわてて, さう, その点, どうかわかりません, どうか知りません, ない, はっきりしない, わからなくなって, ア, 不明である, 今でも, 今に, 何でも, 何の, 兎も, 全く記憶, 右の, 地に, 声を, 女の, 姿は, 左へ, 平次, 忘れましたが, 想像する, 想像も, 教えて, 知つてる, 知らと, 知らなかった, 知れないん, 知れぬが, 知れは, 考えて, 自分も, 行方が, 見えなくなって, 見当が, 解りません, 解りませんが, 頓と

5 [72件] あ, いた, いって, えりに, おれは, この点, しないか, しれないと, しれやしない, しれん, そうでなけれ, そこは, そしてその, そしてどんなに, そして今, その女, それすら, それとも彼, たずねて, だれも, どうじゃ, ないよ, なかつたか, なんでも, ひこねの, ひこの, また自分, まつて, よくは, りき, わかったもの, わかって, わからないくらい, わかりませんよ, アメリカの, ツた, 不思議に, 位の, 何に, 何も, 僕には, 八五郎は, 其処までは, 分って, 否かに, 子供が, 存じません, 彼が, 彼女は, 後の, 御存じです, 想像が, 斯う, 来ないか, 知つてゐる, 知らずに, 知らないけれど, 知らぬけれど, 知れぬの, 知れねえが, 知れやしねえ, 知れん, 私に, 自分が, 自分で, 自分には, 行くや, 行方知れず, 見えない, 記憶し, 訣らぬ, 誰にも

4 [105件] あるひ, いまだに, お察し, かれは, くるりと, さすがの, したの, そのへん, その人, その仔細, その名, それから, それさへ, それだけは, それともこの, それともその, それともまだ, どうかさえ, どうかし, どうした, どうでした, どこを, どれだけの, ないか, ねえや, ねえん, はたまた, へりに, またどういう, またどれ, よくおぼえ, よく分らない, わからないそして, わからないと, わからないのに, わからねえが, わからん, わかりませぬ, わかるもの, わしの, わたくしは, わたしも, ガラッ八, ナア, ハッキリしない, 一人で, 一人の, 三輪の, 二つに, 二人は, 今から, 今日の, 他の, 但しは, 何様か, 何様だ, 俄かに, 先生は, 入道へいがの, 其解き棄て, 出て, 分らなかったが, 分りませんが, 判らぬが, 判りませんが, 君の, 女だつた, 妙な, 存ぜぬか, 忘れた, 念入りに, 思い出せない, 振を, 日本の, 旦那, 此意味ならで, 水の, 父は, 眼を, 知つ, 知らんか, 知りませぬが, 知りませんか, 知れなかったが, 知れなかったの, 知れやしません, 確かな, 私と, 突然, 等の, 縁側から, 能く, 見えなかった, 見えなくな, 見えません, 見ようと, 見当も, 覚えないが, 覺えて, 言って, 訳が, 誰であった, 足を, 顔を, 首を

3 [229件] あとは, あなたに, あなたの, あねえ, あの人, あの方, ありません, あるいは, いうまでも, いずれか, いないか, いまは, えりの, お分り, お前には, お半, ここに, ここへ, この春, ご存知, したもの, しらべて, しれないよ, しれないん, しれなかつた, しれぬ, しれませんでした, しれませんよ, しれませんわ, しれやしねえ, すっかり忘れ, そいつが, そいつは, そうでなかった, そう思う, そこで, そこらの, そのいきさつ, そのいずれ, そのどちら, そのほう, そのま, その事情, その内容, その夜, その姿, その方, その邊, その間の, それで, それと, それとも人, それとも別に, それとも外, それとも親故, それについては, それには, そればかり, そればかりは, だ, とにかくその, どういふ, どうかについては, どうかの, どうだった, どうで, どちらか, どっちか, どんなこと, ないけれど, ないわ, ならないかの, なれど, はっきりした, はっきりと, はっきり記憶, はりに, ふいと, ぶりを, ほかの, またこの, またどうして, またどんな, また何故, まるで知らなかった, まるで見, よう, よく記憶, りけり, れが, れだった, れである, ろうでは, わからないという, わからないやう, わからないん, わからなかったが, わからぬが, わかりませんか, わけが, わたしには, アねえ, エ, ツ, ドウか, ハッキリ覚え, ライフヴイが, 一つも, 一昨日だつた, 一枚の, 一言も, 不思議な, 之を, 些とも, 人の, 今と, 今私は, 仔細を, 件の, 伝六が, 何うだ, 何かで, 何んな, 何処へ, 何故に, 俺を, 僕の, 僕も, 先に, 先の, 先生が, 八五郎の, 其處までは, 出ないかは, 分からなかった, 分らないと, 分らないという, 分らないん, 分らなくなって, 分らなくなつ, 分らぬよう, 分りや, 分明でない, 判らないと, 判らないん, 判らなくなって, 判るまい, 判然しない, 判然せぬ, 半七, 又その, 又それ, 又頭痛, 合点が, 名を, 君にも, 呂布は, 天から, 夫さえ, 如何か, 如何に, 存じませぬが, 家の, 察する, 小戻り, 少しは, 帽子を, 引き返して, 影さえ, 彼には, 彼女の, 後から, 後に, 御免なさんせ, 忘れました, 想像を, 愚な話し, 憶えて, 或ひ, 手に, 打たぬか, 新九郎は, 昔の, 昨夜の, 曹操は, 来なかったか, 来ねえか, 東京の, 死んで, 母が, 父が, 父の, 理由は, 病み上りの, 皆目分らなかった, 目を, 直ぐに, 知ってるか, 知らないか, 知らないけれども, 知らないの, 知らなかつた, 知らんけど, 知らツ, 知ること, 知れすか, 知れないぢ, 知れないので, 知れぬと, 知れや, 知れんが, 祟りでも, 自分では, 自分ながら, 花の, 若くは, 藤枝は, 覚えぬが, 覚えも, 親分さん, 解ったか, 解らん, 記憶は, 警官の, 身を, 近所の, 遽かに, 非常に, 頭が

2 [753件 抜粋] ああいう, あとで, あなかっ, あの日, あまりはっきりしませんでした, あるいはその, あるいはなんにも, ある人, ある大林, あれを, あれ見た, いきなり, いきなり身, いずれも, いつに, いやまだ, えそう, えりな, えりには, え野村君, おい, おつきで, おまえは, おらあ, おれの, お前さんは, お前の, お吉, お孃さん, お役人, お怪我, お浦, お由良婆さま, お絹, お行方, お銀様, お雪, お鶴, かかる不潔, き, きいたか, きゆ, きらりと, げの, こいつは, こっちは, この山, この話, この辺, この雪, これだけの, これでは, これについて, こんどは, ご存じ, さあ陽気, さうし, さっきから, さっきは, さっぱり見当, さつ, さらにまた, しずかに, しないかという, しないかの, しらぬ, しれないのに, しれなかつたの, しれませぬ, しれやしないよ, じぶん, すつかり, すれば, そいつも, そういうこと, そういっ, そうしてその, そうな, そこから, そしてどこ, そして何故, そのうち, そのとき, その中, その場所, その当時, その後は, その意味, その目的, その穿鑿, その裏, その詮索, その鈴, その風聞, それさえも, それそこに, それつ, それとは, それともただ私, それともどこ, それとも何, それとも別, それとも最初, それとも殺された, それとも額口, それなら, そんなもの, そんなら, たちまちこの, たれも, だったし, だれか, ちょうどその, つい忘れ, つかつかと, つまりは, であるに, であろう, できるだけ詳しく, でなければ, とにかく, とにかくそれ, どうかすら, どうかに, どうしても思い出せない, どうぞ, どうです, どうなった, どうもそこ, どこから, どこへ, どちらに, どん, どんな事, どんな顔, ないかい, ないの, なにが, なり大きな, なんだ, はしらないが, はつきりと, ひどく弱, ひの, ふしぎな, ぶつて, ぶら矢, ぶりの, ほとんど記憶, ぼくは, またどの, また今, また如何なる, また山, まだその, まっすぐに, まるで見当, まるで覚え, むくりと, むっくりと, もうそろそろ処女崇拝, もう今, もう能, もう見えなかった, もしくは名誉, もとより, や, よいところ, よくわからない, よく知っ, よく知らない, ろうに, わからないあいまい, わからないまま, わからない私, わからなかつたが, わからなかつたの, わからなくなるという, わからねえか, わかりませんな, わかりゃしない, わかりやしない, わかる, わかるもん, わしが, わしも, わたしたちは, ゐないか, んべ, ウム然, カラカラと, ガラツ八の, サ, セイゴどんしゃ, セルバンテスの, ハッと, ハッキリとは, 一と, 一匹の, 一度は, 一挺の, 一目散に, 三つぶんで, 不思議がった, 世話を, 丸で, 丹下左膳, 主人の, 乃至は, 二つの, 二人だった, 二年生の, 云うまでも, 京都の, 人間の, 今のを, 今まで, 今朝は, 他に, 伊勢の, 似て, 何うかと, 何せ相手, 何事も, 何人の, 何処から, 何時間経った, 何物かで, 何處を, 俄に, 信吾の, 僕が, 僕自身にも, 充分に, 入らないか, 全てこれ屋久島の, 全然心, 其れ, 其処には, 其菊池が, 出ないかも, 分からないが, 分かりません, 分ったもの, 分ったよ, 分らないほど, 分らないよう, 分らぬが, 分らぬけれども, 分りませんか, 分りませんよ, 分りませんわ, 分るだろう, 分るもん, 判らないの, 判らなかったが, 判らぬと, 判らねえが, 判るだろう, 判明しない, 制令を, 匕首の, 博士は, 又お, 又た, 又どうして, 口惜しや, 右へ, 吉野が, 名は, 吐いたなら大丈夫, 向うへ, 君が, 君に, 否かには, 否英雄達, 呂宋兵衛が, 周馬の, 四国の, 地蔵さま, 坊主は, 増上寺の, 変な, 多分その, 大亀が, 大地に, 天に, 失ったか, 女を, 女房は, 如何かは, 如何に又, 子供の, 孔雀は, 定かには, 実は私, 家中の, 密と, 寿衛子が, 居なかった, 山の, 山之, 左が, 左手を, 帰って, 平次の, 年を, 庇を, 彼と, 彼らは, 彼女と, 彼女には, 彼方の, 彼等の, 往復の, 待ち兼ねたといふ, 御主人, 御免下さいまし, 御察し, 御所の, 御病気, 心の, 念の, 怎も, 思ひ出せないが, 恋よ, 悪かつ, 或はどう, 或は何等, 或は又, 或は貴方, 戦争といふ, 手紙を, 投出した, 捜して, 推測する, 支那に, 支配人の, 教へて, 数が, 数しれない, 数も, 敵は, 新太郎と, 新潮社の, 日は, 日本中の, 旦那あれです, 早々実現, 昼の, 時の, 曇つた, 更に分らぬ, 最初は, 月が, 未だ審, 本を, 杉むらの, 村の, 東京へ, 杳として, 歌わぬか, 正しくなかった, 正確な, 此は, 此方へ, 歩いて, 死人に, 殆ど記憶に, 母の, 母は, 気味の, 氣が, 決してそれ, 流しの, 火の, 炉の, 無理に, 無論お, 然ら, 爛々と, 犬に, 犬の, 珊五郎, 理由を, 田中屋の, 男の, 畠や, 疑問である, 皆で, 皆の, 皆目行方, 盗まれたか, 相好を, 真赤に, 矢張り, 知つてるだらう, 知らないかい, 知らないけど, 知らないと, 知らないん, 知りたいと, 知りたいもの, 知りは, 知りませんけれど, 知りませんでした, 知りませんでしたが, 知る者, 知れないから, 知れないし, 知れないねえ, 知れない程, 知れねえ, 知れねえん, 知れませんから, 知れませんね, 知れませんので, 知れやあ, 石本, 研究し, 秀吉は, 私たちは, 私達の, 程なくその, 突然に, 突然彼, 筆者も, 米友は, 素速く, 結城哀草果氏の, 義貞は, 翌る, 耳にも, 聞かぬか, 聞きもらしたが, 聽い, 肥つた農夫よ, 胸で, 腑に, 腰を, 自分を, 自殺した, 若旦那はと, 荷物は, 藁屑や, 蛇は, 蟋蟀が, 血迷か, 行ったか, 表口の, 見えないの, 見えなくなった, 見えませんでした, 見たくて, 見に, 見わけ, 見当らなかった, 見当りません, 覚えても, 覚えなかった, 覺え, 解かった, 解ったもの, 解らないが, 解らないよう, 解らぬ, 解る筈, 言ひ, 言葉を, 訊かなかつたの, 訣らない, 話題が, 説明は, 読者たる, 誰か, 誰かに, 誰れ, 譯が, 貴方はよ, 赤いし, 路地へ, 身軽に, 返事を, 追, 道理で, 違った音, 部屋の, 酒を, 重ねて, 野村君, 錢形の, 間抜けめと, 降って, 随って, 雪の, 面を, 風が, 飛んでも, 馬鹿野郎, 駒を

1 [7636件 抜粋] ああありがとうござりまする, あきらかでない, あたらなかつたかが, あなかつた, あの世界, あの楠, あまりに悲しく, あるいはそんな, あるいは他, あるいは少く, あるいは現在, あるいは親類, あるいは鮮, ある温泉場, あんな食物, いえ九月, いきなりかれ, いくら頭, いっこう姿, いつの, いづれ急行, いまがに, いやさすが, いわないかの, うん, えと思え, え今晩, え直ぐ, おかみは, おとう, おまえが, おりません, お傍, お姫様これは, お武家, お竜, お蝶さん, お通, かうトウルゲネフ, かれが, きっとちょっと快方, くうと, くわしく話し, けれどもたま, げは, ここにも, ことばも, このやう, この卜定, この死体, この近辺, これまで, こん畜生め, ご苦労ご苦労用という, さすれ, さと, さ返辞, しかもどうして, した校長, しなかったかは, しれないでしたになあ, しれますまい, すかないか, すたすたと, すべてはて, ずゐ分, そうか, そうでない, そう騒い, そしてそこ, そして又協力的, そのさい, そのまま見送っ, その二将, その判定, その外, その後を, その方法, その本, その盗人, その肉体的関係, その説, その間に, そりや, それきりで, それでは石川さん, それともそんな, それともタコ, それとも仁王様, それとも十二時頃, それとも尋常, それとも故意, それとも浮氣心, それとも羞恥心, それとも跡, それとも闇黒, それに対する, そんな体質, たいせつな, たしかに印象, たちまち走, たみである, だんだん意味, ちと心, ちょっと書い, ついに来た, つくづく考え, つまり他, です, ではまあ, とつぜんつかつかと, とにかく位地, とにかく金博士始末計画, とんと姿, どういう生活, どうかわかり, どうしてもはっきりしない, どうして潤い, どうもお, どう処分, どっちみち尋常, どんなにはなはだしく, どんな戰爭, ないかは, なかつた, なぜこんな, なにもかもわかる, なるほどこりゃああなた, にやりと笑う, のけたらそこ, はっきり了知, はなはだ興味, ひが, ひどくはしゃい, ひよろ, ふとそこ, ぶつたま, ほつれ髪も, ほんとに知らない, まえの, またおそらくは, またなぜ, または一旦, または左近, または色々, また一切, また大きな, また次, また近年, まだ分らないけれ, まだ私, まつすぐ, まるで見境いも, みのわかわかしい, むらに, もうだれ, もう一度横井源太郎, もう棚, もう黄色い, もし知っ, ものも, やがて下谷, やっぱり表現, ゆうべは, よくも記憶, よく判る, よく解りませう, らんを, ろの, わからないけれども, わからない一本マスト, わからなくなった, わからねえなっし, わかるかね, わざと不, わっとばかりに, アハハハハ, オイル焼と, キリリと, コーンが, スリコギで, チョコチョコと, デパートで, ノートの, バツグと, フト固い, ホレそこ, マッチ箱に, モーいつの間に, レオの, 一たいどうして, 一円札です, 一向存じません, 一寸迷つた樣子, 一握りの, 一目に, 一面に, 三位卿の, 三日間晒しの, 上野で, 下手糞とか, 不幸であった, 不明らなかっ, 与次郎が, 両掌, 丸木の, 主税と, 乗らぬと, 事実は, 二十の, 二階から, 五千といふ, 人が, 人生紙芝居の, 今たしか, 今大入道, 今日私どもは, 介は, 仲の, 会ば, 但しちっとどうも, 何だかち, 何んだ, 何故自分, 何百人だった, 余程話, 例えば戦旗, 信雄も, 停止的である, 僧都は, 先代の, 兎にも, 全く心づかないらしかった, 全身に, 八木岡君と, 六銭だった, 其の次第, 其所まで, 内蔵助は, 冷静に, 出んか, 分からないとまで, 分つたらそれで, 分らないよ, 分らなかったよ, 分らねえが, 分りませんでしたそう, 分るもの, 判って, 判らなくなったん, 判るだろうな, 別に詮議, 前田の, 動かぬ足取り, 匕首なんか, 十四年で, 千葉だつた, 半月ばかりは, 即ち其遊戯, 又はぐうぜん, 又は少し, 又之, 又毒物, 反対した, 取調べて, 古風な, 右内は, 同じ処, 吐かぬじゃ, 否かも目, 呂布っ, 和歌山縣の, 問うの, 嘉平の, 四百年前の, 土地の, 地鳴りでなけれ, 場合は, 夕方からの, 夜であった, 夢を, 大きな声, 大名たちの, 大方の, 大蛸, 太刀を, 失礼, 女がかは, 女房が, 如何なる戦争, 姉は, 娘を, 子供ながらに, 孰方か, 定吉の, 室内の, 寄って, 寢卷の, 尋ねました, 小児が, 小左衞門様, 小説家にな, 少し傷, 尽く覚え切れん, 居りません, 山木が, 嵩にか, 左様か, 布で, 平中の, 幹太郎には, 店の, 引摺られた, 弾正は, 彫刻繪畫は, 待ちど, 従弟同士で, 御奇特, 御用は, 心が, 志賀屋伊左衞門を, 快くお引受け, 思い上がりが, 思ひ出せない, 怪しからん奴ども, 恐らく物足りない, 悍気を, 惚れすぎて, 意久地なし, 慄と, 我々にとっても, 或いはさらに, 或いは故意, 或はどんな, 或は大胆, 或は気, 或晩, 所謂小若い衆と, 手塚さん, 扶けられた, 抜き連れても, 挨拶も, 掏り替えられた, 掻かれたか, 政府たる, 数えられぬ程, 文字が, 斬られて, 於虎, 日本左衛門, 早く出, 明り障子を, 春雄が, 是非とも, 晩酌を, 曇つてゐた, 書は, 有難い, 木戸は, 本当に容子, 李は, 東山ちえ子氏の, 果たして勝った, 根掘り, 棒杭に, 権四郎, 欠伸する, 正吉の, 此を, 武者修行は, 死體の, 残る四, 殿方の, 毛利先生が, 気の毒な, 水際の, 決してわからない, 法廷に, 洒落た料理屋, 浪路は, 消息は, 渡らずに, 源四郎は, 潜り抜け, 烙きつけられた, 焼いたか, 爆撃下の, 片目を, 特に勲功, 猪之の, 珍しい人, 琵琶を, 生兵法は, 由子は, 町内の, 畳んだの, 病的な, 白状しろ, 皆んなに, 盛り場で, 直ぐ沈んだ, 看守に, 眩惑以上の, 矢に, 知つてゐ, 知らせて, 知らなかったそして, 知らねえけんど, 知らん博士, 知ら手洗場, 知り度い, 知れずまた, 知れないその, 知れないワ, 知れなかったもの, 知れねえと, 知れません本当に, 知れやァ, 破れかぶれだ, 社会党の, 福間警部を, 私今に, 種馬の, 突き止めて, 窺い知るに, 笑いながら, 筆者は, 精神が, 素晴らしい大漁, 終えない先, 給仕の, 罪悪を, 翁様が, 考えられて, 聞いと, 聞きませんでしたが, 職業意識が, 胸の, 膝で, 自殺を, 船頭が, 花簪の, 若しまだ滞在, 茨右近の, 莫斯科の, 葉子は, 薄くお太鼓, 藤吉転がる, 蝋で, 行く方不明, 表からは, 西の, 見えないか, 見たかったの, 見るもの, 見定めよう, 見物は, 覚えないただ, 親不, 解らないほど, 解りませんでした, 触れないくらいの, 言語に, 訊こうじゃ, 許されて, 詳しく聞い, 説法開始の, 調べたって, 證人を, 豊後守しばらく, 貴女は, 赤い顔, 越野氏は, 身には, 農民派と, 近頃は, 逃げ出したか, 通れば, 過去世に, 達磨大師に, 部下に, 重臣たちの, 金剛寺の, 銀の, 鎌髭の, 門前には, 間違って, 陳大夫の, 隨分パツパと, 雲の上に, 青蛙, 面白い考察, 頭の, 顔色変え, 食べねえか, 馬も, 駕を, 高速度鋼の, 鮎が, 黄いろい幽霊

▼ た~ (13655, 0.8%)

1014 がある 471 がない 341 のない 340 があつ 307 はない 282 があった 218 もある 188 もない 180 である 153 もあった 139 があります 122 のある 115 では 94 が無い 8483 はありません 81 になる 80 がなかっ 65 でも 64 はなかっ 63 がありました 62 は無い 60 であろう 53 であらう 50 です 49 は一度, もあつ 47 であった 41 の無い 40 がありません, を覚え 39 でしょう 37 も無い, を言 36 なの, は, もありました 34 か, だが 33 だろう, を示し 32 をし 31 でせう, を 30 だから, だと, はある 29 ですが, を記憶 28 であつ 27 だった, なん 26 はございません, はなかつた, は事実, もなく, を思い出し 25 じゃない, もあります 24 に就い, もありません 23 があっ, がございます, さえある, を思い出した 22 でございます, でした, は今, をする, を知っ, を知った 21 であるが 20 がなかつた, ですから, と思う, は私, は言, もあり, もなかっ 19 もなけれ 18 もございました, を云う, を見せ 17 がございました, が有る, はありませんでした, はねえ, を思い出す 16 はこの, はこれ, は前, を後悔, を私, を話した 15 が知れる, と思はれる, になっ, になった, は無, は確か, よ, を思出 14 さえあった, と思ふ, なので, は誰

13 [12件] があり, が分る, で, にし, に気がついた, のよう, は云う, は無かっ, を云っ, を忘れ, を思ひ出した, を言う

12 [14件] がお, が無かっ, が考へられる, だらう, だろうと, でございましょう, と存じます, に就, はあるまい, はその, は何, も忘れ, も聞いた, を示す

11 じゃ, を云, を思ひ出し, を聞い

10 [11件] が, がなく, がわかる, が一度, が何度, は実に, は既に, は有りません, は決して, をした, を意味

9 [15件] がございません, がねえ, が起った, のやう, はいちど, は疑い, もございます, も一度, をお, を今, を感謝, を知, を知り, を知る, を言っ

8 [19件] が出来た, が幾度, が無, になつ, に違い, はなく, はまだ, は一つ, もあろう, もなし, も度々, も無かっ, も考へられる, をいう, を御, を考え, を考へ, を話し, を非常

7 [32件] がわかった, が今, が判明, が多い, が度々, が書い, が無く, が訣, だけは事実, であったろう, であります, であるから, でその, と思います, になります, にはその, はあった, は幾度, は明らか, は無く, は申す, は確, もございません, もなかつた, もまた, を心から, を思, を想, を発見, を知らせ, を聞いた, を聞く

6 [47件] あり, がありませんでした, が想像, が明らか, が有った, が有ります, が知られる, であったが, であって, であろうと, でこの, で今, で私, ならば, なれば, に気, に氣, はあつ, はいう, はほとんど, はまるで, はよく, は余り, は全く, は出来ない, は勿論, は想像, は未だ, は無論, は自分, は言うまでもない, も幾度, も有る, も無く, も覚え, をその, をそのまま, を忘れた, を思う, を思え, を思ふ, を憶え, を考える, を考へる, を自覚, を覺, を証明

5 [66件] かその, か私, があ, があったら, がありまし, があるだらう, があろう, がどうして, が事実, が分った, が察せられる, が急, が自分, さ, さえありました, さえない, じゃありません, じゃねえ, だか, だってある, だつた, であ, でありました, でこれ, でございますから, でございますが, でございませう, でないから, で御座いましょう, で御座います, と, にある, のあった, のない憂, のなかっ, の中, の様, の無かっ, はあります, はお, はございませんでした, はたしか, は彼, は御座いません, は忘れ, は疑ひ, は考へられる, もあ, もあっ, もあらう, もあるまい, も事実, も事實, も知っ, をおぼえ, をこ, をやる, を彼, を彼女, を書いた, を知つて, を知らせる, を知らない, を自白, を見た, を述べた

4 [79件] ある, かもしれない, があるだろう, があるなら, がしばしば, が一つ, が二三度, が云, が何, が少し, が彼等, が後, が悪い, が知れた, が解る, じゃア, だろうが, であろうか, でございました, でございまして, でもあった, で御座いました, とその, となる, と信ずる, と心得, なしと, なら仕様, にはこの, に気がつい, に気附, のなかつた, の有る, はそれ, はどう, はないだろう, はもう, は仕方, は何度, は嘘, は後, は御, は滅多, は疑, は知っ, は考へ, は覚え, は言う, は非常, ばかりで, も, もない美しい, も亦, も少なく, も有ります, も無, も知らない, も確か, も私, や, や或, をいまだに, をお知らせ, を云った, を信じ, を喜ぶ, を実行, を少し, を心, を暗示, を書い, を残念, を深く, を申す, を示した, を自分, を見, を記し, を記した

3 [185件] いふては, かとくやしく, かと思っ, かもしれぬ, かも知れない, からし, からである, から生じた, か急, があったでしょう, がありましょう, があるです, があるらしく, があれ, がござる, がその, がまだ, がゆき子, がわかります, が二度, が今日, が何となく, が何より, が出, が出来る, が判る, が可, が彼, が御, が御座いました, が御座います, が思はれる, が新聞, が時々, が有, が有っ, が本当, が気, が決して, が私, が窺, が見え, が見える, が起っ, が非常, が頭, すらない, だけである, だけれ, だけれども, だらうと, だツ, でありましょうか, であると, でご, でさ, ですか, でなければ, で之, で又, としては書き, とする, とはまるで, とまた, と云ったら, と思っ, と惟, ない, などを思い出し, なんかある, なんで, にする, にはそれ, にはまるで, には今, には彼, によつて, に相違, に自分, に間違, ね, のため, のねえ, の一つ, の如き, はあっ, はあまり, はあり, はいふ, はたしかに, はただ, はどうしても, はなくっ, はほぼ, はまた, はやがて, は一, は一生, は上, は云, は云われない, は今日, は他, は余, は先生, は分らない, は判りません, は夢にも, は定めし, は察せられる, は必ず, は承知, は明白, は此, は殆ど, は生れ, は生涯, は皆, は色々, ばかり言っ, もありませんでした, もあるらしい, もその, も一つ, も少し, も御座んせぬ, も思い出した, も有, やら, よと例, らしい, をいっ, をいふ, をきい, をここ, をしない, をすぐ, をすっかり, をそして, をつくづく, をもう, をやっ, をやった, をよく, をわたくし, を主張, を云つて, を伝へ, を何, を何故, を又, を告げた, を報じ, を報告, を夢, を妙, を忘れる, を思へ, を感じ, を憶, を我, を教, を断言, を申し, を申しおる, を知らず, を知りました, を祝福, を立証, を聞かない, を聞きました, を自ら, を裏書, を言った, を言つたの, を言つて, を証拠立て, を話しました, を話す, を認め, を認めた, を貴女, を難, 無いわ, 聞かずとも

2 [500件] あつて, ありと, おまへん, かい, かえ, かこれから, かといはぬ, かと日, かね, かや, からそれ, から見, から見れ, か何, か冷たい, か無い, か苦しい, があらう, があるまい, があるらしい, がいかにも, がいちど, がいよ, がお上, がお気, がかえって, がございまする, がさ, がすっかり, がそう, がその後, がそれ, がそんなに, がつい, ができた, がなかつたら, がひどく, がほんとう, がよく, がわからない, がセンチメンタル, が一二, が一二度, が一夜, が一見, が三度, が二, が全く, が出来, が判った, が判然, が却って, が嘘, が地図, が好き, が如何, が始め, が嫌, が屡々, が後で, が想, が持ち, が推定, が明, が有りました, が極めて, が正しい, が此, が牧田氏, が皆, が知れ, が第, が翌日, が胸, が解, が解った, が言つて, が証明, が起る, が長く, が間違っ, さえあります, さえも淋しく, じゃ無い, そしてその, それからそれ, それで左, だけは本当, だけは爭, だけは確, だけは確か, だけは覚え, だけは記憶, だけは訣, だけを記憶, だけ話し, だし, だそう, だぞ, だったと, だつて, だとは, だとばかり, だのに, だよ, だろうか, だ信さん, だ平次, だ理, っちゃあ, であったか, であったの, でありましょう, でありますが, であり夫人, であるに, であろ, であろうから, であろうが, でお, でして, ですがね, ですし, ですな, ですわ, でない, でないが, でなくては, でもう, で何, で彼, で御座いましょうか, で御座いませう, で明, で無ければ, といい, というの, とこの, として茲, とそれ, とは云い, とモース先生, と云, と今, と合せ考え, と同じ, と啓明会, と察せられる, と想う, と私, と自分, と見えます, と見る, と金色, ないわ, なく傍, なく廓内, なく自慢, なく途中, なし, などありました, などが原因, などが怎, などには何, などは忘れ, などは皆自分, などもあった, などもありました, などもある, なども思ひ出された, なども書い, などを思つて, など思い出し, なら甚, なんか一度, については既に, についてひきうど, について少から, になり, になるだろう, になるで, にはならない, には一つ, には例, には僕, には同情, には相違, には誰, にまちがい, に対する悔い, に對, に就きまし, に気が付いた, に気が付きました, に気づい, に気づいた, に気付いた, に誇り, に起因, に邪魔, に間違い, のない卑しい, のない恐ろしい, のない美しい, の凡て, の出, の反証, の報, の外, の序で, の影響, の意義, の成行, の方, の次第, の結果, の行, の証拠, の責, の起り, の逆, はあ, はありますまい, はありませぬ, はありゃしません, はあるだろう, はいささか, はいつ, はいまだに, はいわなかった, はお話し, はかつて, はしない, はすぐ, はすでに, はそれだけ, はどうも, はないだらう, はないです, はなかったろう, はなし, ははっきり, はまことに, はまず, はみな, はみんな, はもちろん, はやはり, はゆき子, はよい, はわかっ, はわからない, はわからなかつた, はわからん, は一ツ, は一回, は一通り, は一遍, は三度, は不思議, は之, は云え, は云えません, は云わない, は云わなかった, は人, は何時, は何遍, は余輩, は例, は元, は其の, は其室玉瀾, は分る, は別項, は到底, は前記, は又, は女, は少し, は度々, は彼女, は後で, は御座いませぬ, は忘れません, は悉く, は慥, は或, は日本, は更に, は書いてない, は最早, は有, は有った, は有名, は未だに, は極めて, は決め, は深く, は滅多に, は無し, は疑はれぬ, は疑われぬ, は皆様, は直ぐ, は直に, は知らぬ, は私たち, は秘密, は絶対, は考へなく, は聞い, は聞いた, は見た, は言うまでもなかろ, は言えない, は言えぬ, は誰一人, は貴方, は近頃, は間違い, ばかりだ, ばかりである, ばっかりは今, までも既, まで知っ, もあったけれ, もあったであろう, もありませぬ, もあるです, もあれ, もしばしば, もすっかり, もたしか, もない白い, もねえ, もまだ, も二度, も今日, も以前, も何, も何度, も再三, も初めて, も勿論, も君, も多, も少く, も当然, も彼, も忘れた, も悲しかっ, も想像, も既に, も明らか, も有った, も有り, も有りません, も未だ, も本, も毎度, も無き, も無けれ, も特筆, も珍, も知つて, も知らず, も考へ, も考へね, も聞い, も見た, も読者, やお, やその, やその後, や嬉しかっ, や月, や独創的, や裸, をあった, をあなた, をあの, をある, をいつも, をいま, をお前, をさも, をしさう, をしたら, をせめて, をなさいました, をまざまざ, をまた, をまだ, をむしろ, をもう一度, をやつ, をわざわざ, をスケッチ, をハッキリ, を一つ, を一人, を一度, を中途, を主, を云い出し, を云わず, を今に, を今更, を他, を何度, を保証, を光榮, を全然, を其の, を初めて, を反故, を同じく心から, を君, を告げる, を告白, を喜びます, を喜ん, を喜んだ, を嘉する, を囘想, を報じた, を夫, を容易, を己, を平気, を忘れぬ, を忘却, を思い出します, を思っ, を思ひ出す, を恥じる, を悔, を悔い, を悪い, を悲しん, を想い出した, を想い廻らし, を想像, を意識, を感ずる, を懸命, を新聞, を書き記し, を未だに, を本当に, を死ぬ, を殘念, を毎年, を満足, を無理, を物語っ, を率直, を申し上げる, を痛快, を皆さん, を直ぐ, を知ってる, を知らぬ, を確かめる, を確め, を祝し, を私達, を考, を考えた, を考へた, を聞き, を聽, を致しました, を興, を苦, を行, を裏書き, を覚りました, を言い出す, を言つた, を証する, を証言, を話さう, を話したら, を語り, を語る, を誰, を謝, を責める, を述べ, を述べる, を追想, を雅俗折衷, を面白, を頻りに, を黙っ, 少しも, 第二, 聞いた事

1 [3486件 抜粋] あったらしく西鶴, ありその後熟兎, あるから, あ無えんだ, お夏, かうなじ, かそんな, かとかく, かと女, かと案じ, かどう, かは知らなかった, からあの, からづき, からみます, から不思議, から先代, から又, から彼, から推量, から泣きつかれ, から碓氷氏, から貴公, かを疑, か今, か夏目さん, か幽霊, か明瞭, か疑い, か美しい, か証拠, か霧, がありやす, がいっそ, がうれしく, がこういう, がし, がそのまま, がどこ, がねえどんなに, がひとつ, がまた, がわかっ, がザラリ, が一九一八年攻勢, が一番本当, が世間, が仏国革命, が何ゆえこれ, が例えば, が出来たで, が分つた, が別ら, が古, が哀しく, が在るだろう, が夜明け, が奇妙, が安, が察しられる, が山役人, が後に, が必ずしも, が悔いられる, が折々, が救, が明治以来事実, が有りまし, が梁, が死んだ, が氣, が然し, が現在いくら行, が益々, が示され, が縁, が能, が行, が記, が起こり, が辿れる, が重り, が院長さん, が頼朝, ぐらいでな, さいなかった, さえござん, さえ一二度, さえ忘れ果て, さ彼我, じゃあない, じゃという事, じゃよ, すらわたし, そして先妻, その夜来, その間野口達市, それから感嘆, だあきらめ, だけがわかりました, だけで結構, だけはたしか, だけは分っ, だけは断言, だけは知っ, だけれど, だけを明, だったが, だつたら自分, だね, だの姑小姑, だらう面白い, だワ, だ近, つたらなかつたさ, であったら果してどう, であり肯定, であるため, である筈, でいずれ, でございましょうが, でござらうぞ, でしょう姉さん, ですぐ, ですべて, でそして, でない上, でなく二十年已来, でもっ, でも黙っ, で一切知, で何処, で地上, で始め, で引, で御座んしょう, で日前神宮, で更に, で楽器, で毎日棒, で照子, で老人, で金, というもの, とこの世, として傳え, とその後, とてはございませんでした, とて別に, とで考, とはいえ, とは御存知, とは誰, とみえ, と下等船客, と便所, と同様, と存じ, と後, と思った, と本庄, と油時計, と真面目, と膚, と銀行, ども多く, なおまた父, ながら各, なく腹, なし得た事, なぞには気, なぞは神, なぞを覚え, などがある, などが有, などながなが, などに起因, などは信じ, などは有名, などは話, などもお, なども有った, などをことごとく, などを思, などを手短, などを聞きかじっ, などを説明, など女房, など縁, なら別に, なら薩摩芋, なんかしやがっ, なんかを思い出す, なんか私, なんぞはついぞ, に, にいっこう, にかけちや, についていう, についてはお母様, については我が, についてチベット国, について少し, につき某, には, にはせず, にはならぬ, には三度目, には叶いません, には幾多, には摂津, には気, には目, には違, にまで気が付い, にも名目上適当, にも虫, によって明らか, にわっ, に久子さん, に依ったら, に及んだ, に対してどう, に対して厳しく, に対する例外, に幸, に心づいた, に明, に気が付かない, に特に, に結びついた, に賛成, に違えねえ, に頷かなけれ, のおぼろげ, のな, のなごり, の一部, の他, の前, の多けれ, の御, の明らか, の正反対, の申し訳, の総て, はああ, はあらゆる, はいいかね, はいかにも, はいよ, はおれ, はかよう, はここ, はござりませぬが, はしばしば, はそうして, はだから, はとかく, はな, はねえで, はみんなヨタ, はやさしく, はわからんです, はクリスト様, はミネルヴア, は一条兼良, は上流, は世界, は予, は事變, は云った, は仕様, は何もかも, は作家当人, は信ぜられる, は先刻, は六七歳, は冬季伊吹山, は出来ん, は判らなかつた, は十分, は単に, は台記, は否めない, は嘗て, は夢, は大勢, は天地, は妙, は定まった, は容易, は寺院側, は屡々, は希, は平常, は後世, は忠告, は思想, は憶え, は打ち消し, は改めて, は新しい, は日光, は明々白々, は晩, は最高, は未だにどうしても, は根本, は此ほか万葉集, は殿中, は津上氏, は爭, は独り者, は申しあげられませんです, は疑あるまい, は皆んな知つて, は眞, は知り, は私自身, は精密器械, は考えない, は聞かぬ, は苦し, は袖, は言うた, は証拠, は語り傳, は読者諸君, は近世, は通例, は適, は鉄砲入手, は隅, は顯著, ばかりであった, ばかりを書い, への憤りな, まではよかつ, までも御存じ, までを話す, まで忘れ, まで無茶苦茶, もあったろう, もありゃしねえ, もいかに, もかつて, もございまし, もござる, もその後, もない恐ろしい, もひどく, もようやく, も一二度, も主, も云はず, も併せ, も分る, も反対, も多く, も察せられた, も彼等, も忠通, も思ひ出す, も折々, も有っ, も注目, も生まない, も眞面目, も稀, も聴いた, も解説, も誰か, も間違い, やない, やらね, やら台石, やら類型, や何, や嘗つて私, や帰, や明, や深林, や私, や見届けた, よと怪しまる, らしいと, をあらい, をいうだ, をいわない, をおっしゃる, をかくす, をきく, をことわつた, をさとりました, をしゃべる, をすら書い, をたくらみ, をちょっと, をときたい, をなかっ, をはじる, をば名古屋, をまったく, をもっと, をも演出, をやってる, をより, をウロ, をドレ位, を一寸, を下, を中心, を二人, を云おう, を人, を今私, を仕尽した, を企らん, を何だか, を信じた, を僕たち, を其話, を切実, を割合, を千世子, を叙, を同, を含め, を呪, を善い, を国, を多, を天職, を嬉しく, を察した, を市会議員, を当今, を心づかない, を怒られる, を思い付い, を思い浮べた, を思ひます, を思わず, を恥かしく思, を悔む事, を惜しくも, を愚妻, を我慢, を打明け, を指す, を描き, を断り, を明白, を更め, を材料, を正直, を決定的, を滅多, を物語るであろう, を申しまする, を留意, を皆んな, を真似, を知らう, を知らないらしかった, を神様以外, を米国, を編纂, を考え出す, を聞いたら, を聞き込んだ, を肯, を苦痛, を行ら, を要しない, を見聞, を言います, を言上, を記す, を詫びる, を話せ, を誇大, を語り歪める, を論ずる, を貴様, を近頃少し, を遣れ, を隠したがりました, を頼んだ, を龍子, 凍れるビール, 多く, 御座いませんの, 悲しかった, 殊に向う, 直ぐに送, 荒れ果てた不, 言い足りない事, 辛かった

▼ たやう~ (12530, 0.7%)

392 なもの 339 な気 308299 である 259227 な氣 202 です 133 な顏 128 に思ふ 120 な顔 113 で, であつ 112 な心持 111 になつ 102 だが 89 ですが 82 なこと 81 に思 80 な気持 7572 に思はれる 70 に見えた 64 な感じ, に見える 59 に思はれた 55 に言 52 にし 51 に云 50 でした, な声 48 でございます, な形 47 な事 46 にその 45 でも 42 なところ 41 なわけ, な表情 39 な聲 36 な調子, に感じた 35 な風 33 だな 32 に私 31 であります, であるが, ですね 30 に思つて 29 な男, に眼, に記憶 28 だね 27 なの, な氣持, に彼, に思ひます 26 な次第, にさ 25 に覚え 24 な眼, な訳, に頭 23 だと, な心地, に顔 22 に首 21 だから, な音, に覺 20 ですよ, に思はれ 19 な人, にお, に見え 18 に思ひました, に感じ, に笑 17 でしたが, な態度, にこの, に自分 16 ですから, な女, な心, な様子 15 な物, な話, な顔つき, にいつた 14 なその, な思ひが, な恰好, な気分, な眼つき, な譯

13 [11件] でございました, で御座います, なお, なものぢ, なもん, な色, な顔付, にそれ, にまた, に又, に口

12 [11件] でありますが, な樣子, な笑, にかう, に今, に何, に彼女, に思ひ, に手, に立つ, に顏

11 な心もち, になる, に成つて, に胸, に靜

10 [12件] だし, では, な一種, な口調, な場合, な姿, な御, な意味, な言葉, に思へた, に感じる, に目

9 [15件] なそんな, な不安, な口, な大きな, な工合, な所, な文句, な目, な顏つき, にな, にぼんやり, に思へる, に日本, に答, に綺麗

8 [21件] だった, でございますが, なまた, な具合, な大, な始末, な胸, にいふ, におも, になり, になりました, にホツ, に云つて, に僕, に出, に同じ, に少し, に感じられた, に真, に見, に静か

7 [27件] だよ, であ, な変, な妙, な娘, な安堵, な容子, な寂し, な白い, な美し, な美しい, にこんな, にしつ, にはつきり, にも見える, に光つて, に坐つ, に慌て, に明るく, に時々, に白い, に美しい, に聞い, に聽, に言つて, に足, に身

6 [29件] だつた, なそれ, なものの, な人達, な家, な小, な小さな, な深い, な状態, な空, な者, な記憶, な赤い, な驚き, にあらゆる, にある, にいつ, におぼえ, にこれ, にそつ, にぢ, になっ, に二階, に思はれました, に感じました, に皆, に笑つて, に考へられる, に血

5 [60件] だぜ, だぞ, でその, なこの, な不思議, な人間, な凄い, な処, な勢, な子供, な安心, な寂寥, な手紙, な昔, な有様, な朝, な気さ, な気持ち, な氣分, な物凄い, な目つき, な自分, な返事, な青い, な頭, な騷ぎ, にすぐ, にそして, にほ, にほつ, にゾツ, に人, に今日, に体, に八五郎, に叫んだ, に吃驚, に大きな, に子, に思へ, に急, に想像, に成つた, に斯, に新, に椅子, に流れ, に物, に狼狽, に瑠璃子, に眺め, に笑つた, に美奈子, に見えました, に見せかけ, に身体, に返事, に青年, に黙, よ

4 [88件] だとでも, でせう, なそして, な二つ, な何, な光, な又, な名, な夢, な奴, な姿勢, な小説, な山, な彼, な彼女, な性質, な感, な手, な日, な時, な無, な理由, な生活, な眼付, な考, な興奮, な良秀, な詞, な變, な身, な鋭い, な顏色, にあたり, にあの, にあわて, にいつも, にこちら, にさつ, にす, にそこ, にそんな, にひつそり, にびつくり, にぽかんと, にもう, にも思ひます, にホッ, に不, に世間, に低く, に倒れ, に其の, に動かなかつた, に坐, に声, に外, に大, に妙, に小, に岩窟, に平次, に思つた, に思つたの, に思はれます, に思ひ出された, に晴れ, に朧ろ, に此世, に氣, に激しく, に男, に白く, に瞳, に窓, に立ち, に立ち上つた, に筆, に考へ, に考へられ, に膝, に虚しい, に見えます, に見せかけた, に言葉, に赤く, に飛び, に飛びあがつた, に黒く

3 [187件] だけれど, だその, であると, ですし, でそれ, でそれから, でま, でわけ, で大きな, で心細い, で氣, で氣味, で私, なあんな, ない, なさ, なと, なので, なひどく, なぼんやり, なまるで, なん, な中, な事件, な事情, な作品, な例, な凄まじい, な匂, な口惜し, な叫び, な唇, な問題, な噂, な土, な嬉しい, な寒, な建物, な微笑, な思ひも, な思ひを, な恐ろしい, な手拭, な振り, な暗い, な本, な歌, な殺風景, な気味, な気配, な淋し, な激しい, な父, な物言, な白, な皮肉, な目付, な目的, な眞面目, な真似, な瞳, な立派, な笑顔, な素, な細い, な結果, な興味, な良い, な苦笑, な視線, な親しみ, な観, な言, な貌, な賑やか, な軽い, な連中, な部屋, な長い, な間, な電燈, な非凡, な首筋, な騷ぎだ, な高い, な魔, にいかにも, にうなづいた, にかすか, にきよ, にくるり, にけろりと, にちよ, になく, にはつ, にひ, にひどく, にふらふら, にぼう, にも思はれた, にも思はれる, にも考へられ, にわれわれ, に一, に一度, に一郎, に並ん, に主人, に二つ, に二人, に人間, に俯向, に入口, に其処, に其辺, に力ちや, に勝平, に四辺, に変, に多く, に夢中, に大層らしい, に娘, に嬉し, に子供, に実際, に寂, に小さく, に川, に席, に後, に感ぜられた, に或, に戸, に方々, に明らか, に暖かい, に暗, に暗い, に暫く, に書いた, に枝, に根, に横, に横目, に歌, に此方, に歩い, に残つて, に水, に泣, に清, に濡れた, に玄関, に現, に生々, に男の子, に畳, に白, に相, に眉, に眞, に真赤, に私たち, に空, に縁側, に美しく, に考, に考へた, に考へられます, に聞えた, に聞える, に聲, に肉, に肩, に腹, に茫, に華やか, に見せかける, に見せる, に訊いた, に車, に長い, に顫, に飛び込ん, に鮮やか, ね

2 [543件 抜粋] かね, すで, すでしたが, たが, だといふ, だに見すてられち, であるから, でございましたが, ですけれど, ですそれ, ですな, ですわ, でへ, でまご, でまだ, で中, で変, で果敢なく, で聲, なあの, なあり樣, ないや, ないろ, なから, なが, なきつ, なきらびやか, なけれども, なごく, なしな, なすばらしい, なちよ, なつもり, なて, なとき, などす黒い, なのに, なは, なひどい, なふう, なふし, なロマンチツク, な一瞥, な一群, な三軒長屋, な不, な不平, な不快, な不自然, な世界, な世間, な事柄, な云, な他愛, な代物, な位置, な体裁, な佗, な侮辱, な傾き, な兄, な光線, な入, な冷, な分らないやう, な勢ひで, な単純, な印象, な原始的, な古風, な叫び聲, な喜び, な型, な堅い, な堪らぬ冷汗, な場所, な大きい, な太い, な女性, な女神, な字, な室内, な家族, な寂しい, な小さい, な少女, な屋根, な平凡, な年増, な強い, な形跡, な後悔, な心持ち, な快, な思, な思ひで, な思ひに, な性格, な恐怖, な悲痛, な悲鳴, な惨め, な愚, な愛嬌, な感情, な感覚, な或, な戯曲, な批評, な抜きさし, な指, な文體, な日本, な明るい, な時代, な晴々, な晴れやか, な月, な有, な木の葉, な杉, な楽しい, な歴史, な氣さ, な氣持ち, な水, な水彩画, な汗, な沈默, な淋しい, な深み, な澁, な点, な焔, な物音, な状, な獨, な甘い, な甚, な生, な當時, な痕跡, な痛, な痛々しい, な皮膚, な眞, な真, な瞬間, な神, な私, な種類, な空々しい, な空氣, な竹, な筋, な紅味, な細そり, な經驗, な綺麗, な緩やか, な繪, な罪, な美女, な而, な背, な腹, な自問自答, な舌, な艶, な芭蕉, な若い, な苦み, な茫, な著書, な蒼白い, な薄暗い, な虚誕, な行, な行爲, な街, な袋, な覺, な解らないやう, な詞つき, な詩, な詩人, な誇り, な語, な貧しい, な貧乏, な跡, な身体, な道具, な部分, な錯覚, な錯覺, な関係, な陰鬱, な雨, な青年, な青白い, な静か, な静けさ, な靜, な靜けさ, な響き, な領域, な頬, な顏ぢ, な顏付, な顏附, な風景, な騒ぎ, な鷺, な黒い, な鼻髭, にあたし, にあゝ, にいくら, にう, におとなしく, におなり, にかつ, にからだ, にからん, にかん, にく, にこぼれ, にご, にした, にすべて, にその後, にそれでも, にぞろぞろ, にた, にただ, にだんだん, にちら, についてゐました, につる, にとはじめ, にとまつ, にとりとめ, にどこ, にどつと, にどんな, になった, になるらしうございます, ににこ, ににつこり, ににやりと, にはげまし, にはた, には見えなかつた, にばら, にぱつと, にひと, にひとり, にふ, にほん, にほんの, にぽ, にまつ, にみえ, にみえる, にもの, にも思はれ, にも思ふ, にも思へる, にも見うけました, にも見えた, にゆがん, にわが, にわし, にわれわれ日本人, にガタ, にキヤン, にキラリ, にゴンチヤロフ, にトルストイ, にニコ, にハタ, にハツ, にパツ, にピタリ, にボンヤリ, に一つ, に一人, に一寸, に一斉, に一方, に一時, に一面, に下, に不快, に事件, に他, に何處, に侮蔑, に俄, に側, に傍, に僅, に元, に元気, に先生, に光, に其處, に再び, に冷, に出る, に初めて, に初瀬, に判然, に前, に勢, に只, に叫び, に叫びました, に叫ん, に合槌, に吻, に呟いた, に咲い, に咽喉, に哄笑, に唾, に喜んだ, に嘆息, に噂, に四方, に固く, に土地, に地上, に壁, に夏, に大きい, に大声, に天井, に夫人, に奥, に妾, に始, に姿勢, に宙, に室内, に富岡, に小さい, に小判, に小首, に山, に岸, に巡査, に帯, に帶, に庭, に建て増し, に強く, に彼等, に得意, に御, に心, に心中, に忘れ, に忽ち, に思った, に思つた時, に思はれませんでした, に思ひ込ん, に思ひ込んだ, に息, に悲し, に感じられ, に感じられる, に感ぜられる, に慌しく, に憎悪, に或は, に房一, に扉, に手拭, に拵, に持つ, に挨拶, に故, に散, に数, に敷居, に文化, に早速, に明るい, に時代, に暑く, に暗く, に暴, に書い, に月光, に森, に次, に止ん, に正確, に此, に死骸, に決して, に泣い, に泣く, に海, に涼しく, に深い, に源吉, に澄ん, に濃い, に火, に父, に片手, に申す, に畑, に疊, に目前, に直ぐ, に直吉, に眞赤, に眞黒, に石, に砂, に空虚, に突然, に窕子, に立ちすくん, に立ち上つて, に立上つて, に第, に紅く, に絲卷, に繊細, に考へます, に耳, に背, に膨れ, に自己, に自殺, に自然, に船, に花, に苦笑, に莞爾, に蒲団, に薄, に見うけました, に見えたらう, に見せた, に見ゆる, に見られた, に見上げました, に見事, に見受けました, に見受けられ, に見受けられた, に觀測所, に訊ねた, に語る, に誤解, に誰, に調子, に謂ツ, に起き, に起ち, に足跡, に路地, に軽く, に輝い, に鏡, に間十間, に降, に雨戸, に雪, に震, に靄, に青く, に静まり返, に非常, に面, に響く, に頷いた, に頻, に顔中, に飛, に食べる, に餘計, に首肯い, に駈け出さう, に驚いた, に驚ろ, に驚嘆, に體, に鮮, に鳴く, に黙つ, に黛, に鼻

1 [3518件 抜粋] お由, だあ, だがと, だったね, だで, だわい, だ婆, だ私, だ飛んだ面白い, でありますさ, であるだん, でお, でございますね, でしたがね, ですでも, です騷ぎ, でちよい, でなにか, でもとより, で両方, で今夜, で全く, で口, で大, で宗政さま, で川幅, で思想風, で手足, で時々, で歩み, で氣風, で眞珠太夫, で習慣, で裏口, で赫, で隆吉はし, で默つて, なあまりに, なある考, なう, なおかみ, なお前, なくすぐ, なこしら, なさかん, なしつかりした, なせんべい, なたわい, なつら, などうにか, ななり, なはい, なひねくれ者, なほつと, なまつたく空虚, なめまひ, なやすら, なれど, なをの, なガツチリ, なコース, なネボケ顔, なヘシ曲, なリファイン, な一種動物性, な一面, な上, な不愉快, な世, な中老, な了簡, な二点, な亞熱帶, な人影, な仕掛け, な体臭, な作家たち, な俺, な僞物, な八五郎, な内面的節奏, な冷淡, な切ない, な判らないやう, な刺戟, な動物, な十九娘, な単なる, な厳格, な口元, な古, な可, な名家, な呶鳴り声, な善行, な嘆息, な困つた顔, な坊さん, な変つた風, な夜, な大正三年, な天稟, な奇体, な奸計, な妖艶, な子供ぢ, な安易さ, な宿場町, な寢姿山, な小粒, な尖の, な岩, な希望, な平和主義, な店, な形勢, な得ないやう, な心境, な心苦し, な急, な息苦しい, な悪臭, な惡相, な意氣込, な態, な懐しい, な扉, な手詰り, な拍子拔, な支那人, な數週間, な断末魔, な日本風, な星空, な暮し, な最後, な期間, な未來, な松, な柘榴, な格, な楊柳, な概念, な樹下石上, な正義派, な気むづかしい顔, な気色, な氣味, な汁, な河, な泣き方, な流行, な涙ぐまし, な淺黄裏, な湯, な演劇界, な濃い, な火花, な無表情, な燃える眼, な片, な独特, な珍談奇話, な甘口, な生徒達, な男声, な當惑, な痩せた顏, な白壁塗り, な百姓男, な直也, な真暗, な短い, な硝子板, な程度, な空し, な窮屈, な箇条, な紋ちりめん, な紺青色, な締り, な群青, な老女, な肉, な脂ぎつた女, な自由さ, な舟, な色艶, な苛立たしさ, な苦気, な草履, な落付きやう, な薄, な處の, な蝙蝠, な行詰つた心持, な褐色, な見る影, な観点, な訓戒, な話し振り, な説, な講釈, な賤, な足音, な身辺些事, な辯護士, な通り一ぺん, な道, な都賀山, な重い, な金屬的, な鋭利, な闇, な隙間, な霜, な静寂, な面持, な頤, な風格, な餘裕, な駁論, な驢馬, な魅力, な黄色い, な鼓, にあせりあせり, にあまり, にいく, にいろいろ, にうん, にお湯, にかう呟い, にかみさん, にきこえた, にくす, にぐる, にこれから, にささやく, にしかこの, にしつとりし, にしんなり, にすたすた, にそ, にそれだけ, にたいして, にだが, にちぢまる, につけ加, にとう, にとんと, にながく, になれ, にの, にはづかしさう, には見えぬ, にぱッ, にひよつこり, にふら, にぶっ, にぽう, にまたすぐ, にみんな一様, にもう少し, にも思へ, にも聞えました, にも覚え, にやつれ, にゆらゆら, にわくわく, にゑくぼを左右, にウラウラ, にガクリ, にギクリ, にグン, にゴクリ, にジヨイス, にゾッと, にニイチェ, にヒューム, にフ, にブルブルツ, にホリデーラヴ, にポッキ, にモオリアック, にロムブロオゾオ, に一切, に一張, に一般, に七月, に上, に不運, に中途, に乏しく, に事実無根, に些, に今さ, に他者性, に会釈, に低い, に何一つ, に余念, に侍従, に倦怠, に傷つき, に先, に入院日數, に八幡神, に其等, に冬瓜, に凝, に別れた, に前言, に動かず, に北海道, に半壊, に危, に双子山, に取沙汰, に古, に可愛, に向う, に呟き, に和尚, に唸つ, に喚き立てる, に嗚咽, に四十, に国事, に坐り直しました, に基礎工事, に士氣墮弱, に多才多能, に大凡, に天上, に夫, に奴隷, に嫁い, に存在, に安政二年, に容子, に寢臺, に将来, に小山男爵, に小説, に尾鰭, に山々谷, に嵩, に帰っ, に平原, に幾らか, に床几, に廊下, に引き返し, に後ろ, に御飯, に心地よく, に快活, に思はず, に思ひまし, に思ふであらう, に怪訝, に恨めし, に悪く, に情ない, に意地悪, に感じない, に慾, に成つた土, に戦略, に所々, に手搜, に投りつ, に拜殿, に按分比例, に捲い, に描く, に改めて, に敢, に整然, に新宿裏, に日, に昂奮, に是方, に晴々, に書き直す, に朝, に未だ, に東ローマ, に果し, に梓川, に極り, に次第に, に歩き出し, に殘つて, に毛, に気狂ひじ, に江戸武士, に沾, に泣きやん, に注意, に洗礼, に浮かん, に消えました, に深く, に清爽, に滅多, に潮, に濡, に炬燵, に焦, に熱, に物事, に狂, に玩具, に生々し, に甲子太郎, に画, に當時京都, に病臥, に瘠せた, に皆一斉, に盆, に直立不動, に真中, に眠, に眼鏡, に矢庭, に研究室, に祝言, に稍世間, に窺, に立ちどまった, に立上, に笑ひだ, に米華, に納屋, に細か, に結局白痴, に線路, に置かれ, に翌, に老爺嶺, に聞きました, に胡散, に自, に至純至高, に色めき立ち, に芝居気, に若, に苦力, に茶棚, に莊園, に落ち込み, に薫る, に處, に血膿, に衿, に裏門, に見うけられる, に見られる, に解釋, に記され, に話しかけた, に諸所, に豆粒, に貯金, に赤面, に跣足, に蹌踉, に身繕, に辞任, に追, に途方, に道, に遣, に配列, に重苦し, に釣瓶, に銭, に鎭まり, に門口, に闇中, に隣り, に雑木林, に電燈, に霞むでゐた, に面影, に頸, に類, に飛びつい, に飛ん, に食事中自分, に馬鹿, に騷い, に髭ひと, に鳥, に黒い, に黙々, やく登りつくして

▼ た~ (10531, 0.6%)

1500 違いない 1410 相違ない 965 ちがいない 899 しても 372 違ひない 206 過ぎない 132 違いありません 122 相違ありません 114 過ぎないの 99 過ぎなかった 97 ちが 92 すぎない 75 したところ 73 ちがいありません 67 違いなかった 60 相違なかっ 59 違ない 49 ちがいなかった, 相違なく, 過ぎぬ 42 すぎなかった, 違ひありません 40 しては, すぎないの 39 相違あるまい 38 違ひあるまい 35 きまって 31 反して 30 過ぎなかつた 28 違いあるまい 27 相違ねえ 26 過ぎません 23 過ぎなかったの 21 ちがいあるまい 20 違えねえ 19 せよその, 違い無い 18 したところが, 相違ございません, 相違なかつた, 相違無い 17 ない, 過ぎないと 16 せよそれ, 違いなく, 違ひなかつた 15 ちげえねえ, 違げえ 14 しろその, ちがいなく, 就いては, 無理は, 立って, 過ぎないが, 違いは 12 してからが, しろ, 相違は, 過ぎないので, 過ぎぬが 11 した所, して, すぎなかつた, ちげえ, ほかならぬ, 就いて, 過ぎないという, 過ぎなかったが, 違いなかろ 10 かかわらずその, すぎないと, すぎなかったの, 過ぎないもの, 違いねえ 9 しろそれ, すぎぬ, 出て, 過ぎぬと

8 [11件] しましても, すぎないもの, なって, 坐って, 疑無い, 相違ご, 相違なかろ, 過ぎぬの, 違いありませぬ, 違いございません, 違無い

7 すぎないこと, 不拘, 就ては, 相違ございませぬ, 過ぎないから, 過ぎなかつたの, 違なかっ, 違ひ無い

6 [11件] しろこの, しろ彼, せよ, そういない, 不思議は, 拘らずその, 決って, 過ぎないこと, 過ぎないよう, 違げえねえ, 違ひ

5 [16件] いて, かかわらずこの, かかわらず今日, した処, すぎないが, すぎません, せよこの, ちげえねえです, つけても, とどまる, 他ならない, 付いて, 依って, 極っ, 決まって, 過ぎませんが

4 [31件] お前が, したって, しちゃ, しどの, しろお, しろそんな, すぎなかったが, せよ僕, ちがいありませんが, ちがいは, ちがい無い, とどまった, 他ならぬ, 倒れて, 因って, 外ならぬ, 對し, 相違ありますまい, 相違ござらぬ, 相違御座いません, 立つて, 置いて, 腰を, 過ぎないで, 過ぎないでは, 過ぎないん, 過ぎまい, 過ぎませんでした, 違えねえと, 関らず, 集まって

3 [65件] ある, かかわらず, きまつて, したかて, しろとにかく, しろもう, しろ何, しろ自分, すぎないので, すぎないよう, すぎないん, すわって, せよ人, せよ彼, せよ私, たくさんの, ちがいありませぬ, ちがいなかろ, つけて, とどまって, なつて, ほひが, ゐない, 不思議が, 仕事やの, 他ならなかった, 付けて, 何の, 出発する, 向きて, 向ひ, 因る, 外ならない, 太吉は, 御存じない, 我は, 拘らず, 止った, 比較し, 汝は, 異ならぬ, 疑ない, 相異, 相違ありませぬ, 相違が, 相違ござらん, 相違なし, 相違ね, 相違有るまい, 等しかった, 続いた寛ぎの, 過ぎない所, 過ぎなかったから, 過ぎなかったという, 過ぎなかつたが, 過ない, 違いが, 違いないであろう, 違いないです, 違いなかったであろう, 違い無く, 違えねえん, 違ひなく, 間違いは, 間違ひありません

2 [192件] あるもの, いるの, うちつつ, えという, かかわらずいざ, かかわらずこれ, かかわらずついに, かかわらず主として, かかわらず何, かかわらず何人, かかわらず彼, かかわらず彼女, かかわらず彼等, かげの, きまってる, きまってるさ, くちづけし, こしを, されて, した處, しや, しろあの, しろここ, しろそう, しろそこ, しろまた, しろまたは, しろまだ, しろやっぱり, しろやはり, しろ他, しろ伸子, しろ何らかの, しろ君, しろ容易, しろ忽ち, しろ或は, しろ私, しろ自然, しろ途上, しろ魂, すぎぬこと, すぎぬほど, すぎぬもの, すぎませんでした, せの, せよすでに, せよそのままそっと, せよとにかく, せよ又, せよ報道, せよ彼女, せよ或いは, せよ確か, せよ自分, それが, たゆたひ, ちがいありませんよ, ちがいございません, ちがいないであろう, ついちや, つみ重ねて, とどまるが, ないが, ないこと, なかつた, なつた, なに不足, ならんで, なりして, ねむるべし, ひとしい, ほかならない, ほかならぬの, まの, むかって, もちが, んぎょう, テエブルと, 一人の, 一寸一分歪みも, 乗じて, 二人の, 人に, 今は, 今我が, 今日休ん, 付け込んで, 代って, 似て, 何う, 何が, 使は, 依るもの, 反し後者, 取って, 叱かられて, 叶は, 向けて, 咲いて, 商ふ, 坐せりとぞ, 坐らす像, 坐わ, 基づく, 堪えがたく智識, 外ならん, 外出する, 妹も, 寄れば, 対応し, 就て, 己の, 心を, 思いを, 恐懼し, 手を, 拘らず不思議, 拘らず崇高, 拘らず彼, 拘らず氏, 拘らず遂に, 拘わらずこれ, 拘わらずその, 拘わらず彼, 文字の, 新内閣, 望みが, 来ません, 枯れた無花果, 極って, 極て, 止って, 止まつて, 止まる, 決つてゐる, 漂へれ, 焦るる胸, 生きて, 生ひ立ち, 由つて, 異ならず, 異ひない, 疑いは, 疑い無い, 相違ございますまい, 移る風向, 突っ立っ, 立ちどまって, 立ち薄日, 罪が, 自分の, 至って, 茂る何やら, 落ちて, 見て, 討ちしかも, 誇り高ぶり, 足を, 身を, 近い, 近いが, 近づいて, 連れて, 遊び足り, 過ぎず特に, 過ぎないかも, 過ぎないけれど, 過ぎないだろう, 過ぎないであろう, 過ぎないとさえ, 過ぎない女, 過ぎなかつたですよ, 過ぎぬかも, 過ぎぬので, 過ぎぬゆえ, 過ぎぬよう, 過ぎませぬ, 違いありますまい, 違いありませんでした, 違いございませぬ, 違いなかったろう, 違い有りません, 違えねえが, 違えねえそれ, 違ひございませぬ, 違ひございません, 違ひなから, 間違ひ, 間違ひあるまい, 音する, 顔を

1 [2002件 抜粋] あいつの, あったの, あつまりし, あらき虎杖の, ありませんでしたし, あるが, あるまじきふしぎ, ある様子, あわても, いしぼりの, いた伊那丸, いつのまにやら, いまは, いやしない, いると, うずくまって, おいた一升徳利, おぬ, お冬, お場, お諏訪様, かかっては, かかわらずあたかも, かかわらずあわれいつぞや, かかわらずきちんと, かかわらずそれでいて, かかわらずともに, かかわらずどっち, かかわらずほとんど, かかわらずわれわれ, かかわらずバルザック, かかわらずローマ, かかわらず三郎様, かかわらず久保井校長, かかわらず今に, かかわらず何だかまだ, かかわらず入道雲, かかわらず勝ち, かかわらず和算, かかわらず妹, かかわらず宮崎氏, かかわらず幸い, かかわらず彼ら, かかわらず意外, かかわらず易介, かかわらず極めて, かかわらず正餐, かかわらず水曜日, かかわらず男, かかわらず空々しく, かかわらず続けさま, かかわらず荒木氏ら, かかわらず詩, かかわらず酒, かかわらず非常, かかわらず黒川ひとり, かくれてるの, かしこまって, きまってらあな, きまつてるが, くつろいだ, こうして急, このおれ, こは, これまでの, ご坊様旧, ささない八方塞がり, さまざまな, さりとは, しがみつきました, したとこ, しなの, しみこむやう, しるしを, しろいま, しろかねて, しろさつき, しろそこで, しろそんなに, しろたった, しろとても, しろどうせ, しろひっきょう, しろもえる大気, しろやっぱり一応, しろわずか, しろインド, しろプラン, しろ一人, しろ一部, しろ世の中, しろ中間小説作家たち, しろ人, しろ今に, しろ何だか, しろ僕, しろ別に, しろ又, しろ咄嗟, しろ大局, しろ夫, しろ完全, しろ尚, しろ常に, しろ底, しろ後, しろ急ごしらえ, しろ或いは, しろ政治的動物, しろ文学活動, しろ暴風雨警報, しろ条件, しろ此商売, しろ殿中, しろ決して, しろ無かっ, しろ男, しろ真, しろ考え, しろ良心, しろ足, しろ靴下, し太く, すぎずあと, すぎずドストイェフスキー, すぎないし, すぎないよ, すぎない彼女, すぎなかったそして, すぎなく一日本紳士市村録太郎氏, すぎぬ段違, すぎんですな, すむもすまないもないようなものだがたといまくらを, すわりこんだり, すゝめり, せよあまりに, せよいよいよ, せよかご, せよしかもなお, せよそうした, せよそれら, せよたぶん, せよどうして, せよはっきり, せよもう, せよわし, せよツバ, せよ一足, せよ世間並, せよ今, せよ何とか, せよ余りに, せよ光代, せよ勤め, せよ協同社会, せよ向って, せよ好んで, せよ将, せよ崇高, せよ後, せよ恐らくはまだ, せよ敗けたに, せよ新た, せよ正しい, せよ毎日彼, せよ生れながらに, せよ真実, せよ私たち, せよ自分一個, せよ藤原時代, せよ越前, せよ金魚, せ物, そういござらぬ, その夜, その時さ, その足, それを, たたずんで, ただ小さく, たれて, ちがいありませんからね, ちがいありませんわ, ちがいございませぬ, ちがいねえ, つい御, つくという, つづいて, である, とどまったので, とどまるという, とれば, ないと, ないよう, ない安楽, なお尾行, なくいつか店, なったという, なってる何, ならねいだぞ, なり力, なア, はせ來, ひきかえ藤田刑事部長, ひとしい大, ひとりの, ふさげるなり, ぶつかるもの, ほかならぬから, ほかならんの, ほひ乳の, まあよかっ, また来おった, まひろき, みて, むかふ, むつくりと, もうおそい, もしもの, やきもち, やらず粒々辛苦, よくぞ, よく首尾, わたくしは, われから, イフィダマス敵の, ナフタリンなど, ボオトに, 一度話したい, 七匹が, 下へは, 不思議はねエ, 並んで, 乱れて, 二階から, 交じって, 人様の, 今の, 今夜は, 今日の, 他処, 付き過ぎたもの, 任せて, 会わせたい者, 似ずあんぐり, 似ず日本, 似た啖呵, 似合わずそれ程, 何か, 何ほどかの, 余程顛動, 來ません, 依て, 依ること, 依るとか, 係らず父, 信念を, 借りた, 先へ, 其うつくしき, 再びもと, 出た, 出ない, 分らぬ男, 別れるこの, 割当てられこの, 助けて, 動かされて, 動くに, 匂った, 危害を, 厚い帳簿, 反しやはり, 反し千代子, 反し相手方, 反し高, 取らせる, 叱るわけ, 同居し, 向かいて, 向つて, 呆ん, 味へ, 唾を, 噛まるるとも, 回って, 因るであろうが, 在るもの, 坐りこんで, 垂り, 基づくこと, 夕日の, 夜の, 大きじゃぃ, 大勢の, 天井は, 女子の, 始まったよう, 始まるの, 子供たちが, 定まって, 寄せくる一隻, 寝て, 導けば, 小さい蕎麦屋, 少しお話し, 就きましては, 尾を, 山名どのは, 帰りも, 引き代えて, 引替え文三, 当事もねえ, 彼方に, 御挨拶, 徴し, 怖れ, 怪我の, 惑ひ, 愛想尽し, 憬れて, 戻つて, 手紙を, 投捨てながら, 押しつけがましゅう強, 拘はらず人物, 拘はらず相当, 拘らずこの, 拘らずそして, 拘らずなお, 拘らずよく, 拘らず一ヵ月以上, 拘らず京師, 拘らず何だか, 拘らず僅, 拘らず其, 拘らず否, 拘らず実は, 拘らず幸村, 拘らず後代, 拘らず意外, 拘らず日出雄少年, 拘らず次の間, 拘らず直接, 拘らず辛くも, 拘わらずやはり, 拘わらず内地人, 拘わらず犯罪, 拭いて, 持つて, 捨てて, 揉んで, 據る, 散つて, 敵方へ, 新なる, 早く学校, 晝寢を, 書を, 最後の, 未練が, 来たこと, 来ない温泉, 栗谷川浩平を, 椅子を, 橡の, 止つてゐる, 止まり奴婢階級, 止まる精神分析, 止るの, 歸る, 残って, 殺されるなら殺されても, 比して, 気がつきませずお召物, 水も, 池の, 決まってるじゃ, 沈みこんで, 沿うて, 洋裝なんぞを, 済まぬこと, 準じて, 濤こそ, 為ましょうが, 無いご, 無花果の, 煮て, 猿滑りと, 現れず東奔西走, 生えて, 甦生した, 由るらしく天主教, 男が, 異いない, 疑いも, 疑無く, 皆んなは, 相違ありやせん, 相違ござんせん, 相違ない血なまぐさい, 相違無く, 着込んで, 砂利しょ, 礼拝を, 突きつけられた, 立ち止つた馬車, 立寄りも, 等しい, 等しい大, 組の, 続き一方, 繩打っ, 聞かすべき事, 聴かう, 胸を, 膝を, 至るまでは, 若様は, 落ちず, 蓙でも, 蛙の, 行方不明とは, 覆へる見れば, 見せたいもの, 見られて, 見られぬ風景, 話し込んで, 読めない, 負けない気, 贔屓かを, 起因する, 踏ん込んで, 躍って, 転がって, 近い勝手口, 近くな, 返事しない, 透かして, 通謀する, 逢えようとは, 進み來, 遂に今, 過ぎず, 過ぎずほん, 過ぎず孔子, 過ぎず若し, 過ぎないし, 過ぎないでしょう, 過ぎないなぞとは, 過ぎないやう, 過ぎない予等, 過ぎない剽窃受負者, 過ぎない囈言, 過ぎない無数, 過ぎない観, 過ぎなかったこと, 過ぎなかったであろうから, 過ぎなかったので, 過ぎなかった時, 過ぎなかつたで, 過ぎなかつた近代写実主義, 過ぎぬけども, 過ぎぬに, 過ぎぬ時, 過ぎまいという, 過ぎませんのぢや, 過なかっ, 違ありません, 違いない受取り, 違い有ますまい, 違えございません, 違えねえそれでも, 違えねえですよ, 違えねえまあ, 違えねえ鳶頭, 違ねから, 違ひなかつたらう, 違わぬ, 遠慮が, 都の, 針を, 開かれるやう, 間違いなく, 関はらず, 闇を, 降りきぬ, 陸を, 集まった, 雪は, 靜も, 預って, 頼むは, 風すぎ, 飛び移られたりなど, 餌をも, 馬を, 騙されて, 驚く, 麥畑あり

▼ た~ (9610, 0.5%)

295 である 294 のよう 239 がある 105 があった 99 もある 9084 です 80 であった 75 の話 72 だと 60 はない 58 のやう 56 だから 54 なの 52 であるが 51 もあった 40 だが, のこと 39 の顔 38 があります, の中 36 があつ, の姿 35 があっ, であります 34 がありました, は 33 はその 32 だった, であつ, は誰 31 でなければ, なん 30 であるから, の名, の心 28 がない 27 でした 24 がいる 23 ですから, はなかっ, もあります 22 が多い, ではない 21 が, だよ, であると, ですが 20 の様 19 であったが, はありません, もあつ 18 が自分, であったから, の一人, もあり 17 が一人, ならば 16 というの, の方, は一人, もありました, を見る 15 が多かっ, だという, でその, のため, はこの, はそれ, は皆 14 で, でこの, の事, の声 13 が出, だそう, だつた, であること, の言葉, もあろう, もない 12 がこの, がその, であろう, なので, に違い, の家, は無い 11 だね, ではある, のある, の数, も多い 10 が幾人, になっ, の手, よ 9 ですもの, でないと, ではなかっ, に, ね, のあった, の子, の頭, はみんな, も少なく

8 [15件] が急, であって, でありますが, ですよ, で今, とは思われない, のもの, の上, の名前, の好, の心持, の眼, の群, は何, を見た

7 [31件] か, かも知れない, がい, がそれ, がもし, じゃない, だろうと, であ, であったと, でありました, でなくては, と人, と同じ, のうち, のところ, の前, の影, の目, の説, の面影, はそこ, はだれ, はまだ, は必ず, は手, は殆ど, ばかりで, もありません, もあれ, もまた, も少く

6 [41件] があったら, があり, がいた, がすぐ, がそこ, がなかっ, がもう, が三人, が二人, が多く, さえある, だけあっ, だったから, だったと, だな, であったこと, であらう, ですね, というもの, にし, によく, に相違, のなか, の口, の如く, の娘, の所, の気配, はいない, はこれ, はないだろう, はほとんど, はよく, は実に, は彼, は日本, は私, は非常, もいた, もなかっ, らしい

5 [42件] あり, があれ, がお, がそう, がどうして, が他, が何, が居る, が有る, が来, が沢山, が私, が誰, であったの, でお, でしたが, でそれ, ではありません, でまた, でもある, といえ, なら誰, にはこの, に特有, に違, のほう, のほか, の俳句, の由, の足音, はあの, はあるまい, はどんな, はなかつた, は多く, は少ない, は恐らく, ばかりはない, もその, もなく, を, を見

4 [63件] がありまし, があるだろう, があるらしい, がこれ, がこんな, がたくさん, がみんな, がゐる, が世の中, が今, が今日, が来る, が案外, が死ぬ, じゃありません, その人, だし, だったの, だもの, でありますから, であるという, であるの, でございます, でしょう, でそして, でで, で日本, で此, とも疑, と見え, なのよ, に出しました, に向っ, のいう, のよ, の体, の作, の噂, の好意, の死, の身, の身の上, はあっ, はいくら, はどんなに, はほか, は他, は多い, は大抵, は少い, は少く, は幾ら, は殆, は決して, は知っ, も, もあっ, もいる, もなけれ, も多かっ, も沢山, も無い, や

3 [173件] かと思っ, かのよう, から聞いた, がああ, があったなら, があなた, がいます, がかえって, がかつて, がここ, がこの世, がどう, がどこ, がはだ, がほか, がまだ, がやっぱり, がジョバンニ, が二, が人, が坐つ, が多, が大きな, が少い, が尠, が或, が時々, が村, が来た, が死ん, が死んだ, が気の毒, が皆, が盗んだ, が相, さえあった, だけがそれ, だけれど, だちは, だったが, だのに, であるだけに, であれ, であれば, であろうかと, であろうと, ですか, ですって, でせう, でもあつ, でもあり, でもこの, で子供, で当時, で彼, で有名, で現に, で私, という, ということ, というよう, といえよう, といふこと, とその, となっ, とは別人, とは見えなかった, と云う, と同様, と思う, と結婚, と聞い, にちがい, になる, にはその, に会う, に会った, に出, に御, に恥, に見えた, ねえ, の, のあと, のいない, のいる, のする, の上っ, の世, の場合, の外, の多い, の多く, の多数, の存在, の心理, の息子, の態度, の横顔, の歌, の気, の為, の生涯, の直話, の真, の真似, の筆, の罪, の苦痛, の血, の親, の親切, の誰, の運命, の顏, の首, はああ, はあらう, はありませんでした, はある, はあれ, はいつ, はおそらく, はすぱすぱ, はそんな, はたいてい, はたくさん, はどこ, はなかなか, はなく, はまた, はもう, は今, は他人, は前, は勿論, は外, は夜, は子, は少し, は少なく, は尠, は旅, は早く, は稀, は自分, は色々, は英語, は過去, は随分, もあったろう, もありましょう, もあるらしい, もこの, もそこ, もたくさん, もちらっと, もまれ, もやがて, も今, も多, も多く, も居りました, も有る, も相当, も随分, や盲人, らしいが, らしいこと, をつかまえ, を探す, を殺した, を私

2 [441件] かと思ふ, から見る, から見れ, があ, があったろう, があの, があるだらう, があるなら, があわて, がいっそう, がいない, がいよいよ, がげっそり, がさっと, がする, がずいぶん, がそういう, がだんだん, がちらほら, がつい, がどうも, がどんなに, がにわかに, がはいっ, がふとした, がまず, がまるで, がむしろ, がもと, がやはり, がようやく, がよく, がゐた, がテニス, が云いました, が五六人, が京都, が今度, が仲裁, が何人, が何故, が來, が先ず, が先生, が入っ, が入る, が前, が勝ち, が又, が四人, が声, が外, が大勢, が好き, が少く, が少ない, が少なく, が居た, が幸運, が彼ら, が必ずしも, が成長, が手, が時ちゃん, が書いた, が最後, が欲しい, が歩い, が歩ける, が決して, が澤山, が無い, が犬猫, が現われた, が現在, が生き, が申しました, が男, が病気, が相手, が神, が若し, が行く, が見た, が言った, が訪ね, が話した, が這入っ, が通った, が通る, が遠く, が鉄砲, が門, が非常, さ, しかけられた, だか, だからね, だけが何, だけにお, だけに突然, だけれども, だけ其説, ださうです, だったけれど, だったのに, だったのにと, だったろう, だって, だとは, だとも, だろう, だろうかと, だ何, であったし, であったので, であったらしい, でありその, でありながら, でありましたが, でありますけれども, であり私, であるけれども, であるし, であるだけ, である以上, でございますが, でさ, でしたから, でして, ですがね, ですの, ですら, でないといふ, でない限り, ではあった, ではなかつた, でもそれ, でもない, でもなかっ, で一度, で今日, で僕, で同じ, で幸福, で後, で御, で明治, で無いと, で頭, で顔, と, という意味, といふだけに品, として, としてはそして, としてはデカルト, としなかった, となつ, となる, とはいえ, とはどうしても, とは思えない, とは思われぬ, と一緒, と云っ, と云つて, と交っ, と彼, と申します, と私, と見, と見えた, と見える, と見られた, と言う, と話し, と馬, なさうだが, などは一人, なども後, ならこの, なら成仏, にあり, にある, にききました, にこの, にたべさせる, にち, にどうして, になった, になつ, にはあまり, にはとても, にはまた, にはもはや, には決して, には近, にまた, にもよく, によつて, にミレン, に同情, に向き合う, に対しては別, に復讐, に敬意, に烈しく, に聞いた, に自分, に見える, に見せつけず, に迎え, に逢う, に逢っ, に限られ, に頼ん, に顔, のい, のいい, のお, のこころもち, のこの, のご, のしん, のす, のすべて, のその, のない, のむれ, のもつ, のよい, の不幸, の世話, の伝記, の作品, の供養, の傍, の働き, の像, の印象, の友達, の叫び, の名だか, の命, の噂話, の塊, の墓, の女, の好い, の如才, の子供, の常, の幸福, の形, の往来, の後ろ姿, の後家, の微笑, の心臓, の思い出, の性格, の悪口, の悲しみ, の悲劇, の感覚, の手紙, の文章, の書, の書いた, の来る, の樣, の死体, の気勢, の気持, の決心, の滅多, の無い, の生活, の症状, の紀行, の耳, の肉, の腰, の自由, の見方, の譫言, の足跡, の身体, の身元, の車, の院長, の霊, の面, の頬, の顔面, の魂, はあった, はあったろう, はあと, はあなた, はあらゆる, はあります, はいくらでも, はお, はかならず, はかなり, はきわめて, はここ, はさて, はすぐ, はすべて, はそういう, はそこで, はたちまち, はだれです, はだんだん, はどう, はどういう, はどうも, はないでしょう, はひとり, はみな, はみな承知, はみんなびっくり, はようやく, はよほど, はわたし, はヘーゲル, は世間, は中, は二つ, は二人, は何人, は何処, は何處, は余り, は俗人, は偉い, は全く, は再び, は別, は即ち, は又, は可, は名, は地主, は多かっ, は大, は大事, は女, は女帝, は実によく, は幾人, は彼女, は心, は或は, は日本人, は昔, は最も, は有名, は果して, は格別, は極めて, は死ん, は死んだ, は気, は水, は沢山, は無, は珍しい, は男, は画面, は相, は相当, は臍, は葛城, は見た, は赤い, ばかりだ, ばかりである, ばかりでした, ばかりでなく, またはそれ, もあったであろう, もあったでしょう, もあったです, もあったらしい, もあるまい, もかなり, もすくなく, もできた, もなかつた, もまだ, もみんな, もやはり, も住ん, も何人, も全然, も出, も受けた, も声, も多から, も幾人, も彼, も掘出し, も昔, も有った, も殺された, も決して, も無, も無かっ, らしいと, らしいな, らしく見える, をさ, をさがし, をし, をしかし, をわけ, を先, を彼, を思い出す, を急, を探し, を搜, を標準, を皆んな, を知っ, を聞かない, を自分, を葬る, を西洋料理, を西鶴, を見かけた, を見ました, を見れ, を見受ける, を訪問, を迎える, 尽くしつ

1 [3654件 抜粋] ああその, あるでしょう, お角, かというの, かどう, かふと, からその, からみとめられた, から何とか, から段々, から謝禮, から魚, か想い出, があっけなく, がありませぬ, があろう, がいたろう, がいつも, がいろいろ, がおもい出され, がかく, がきらり, がさう, がじっと, がたいそう, がつまらぬ, がどうせ, がどんな, がのっそり, がひょっこり, がまた, がもっとも, がよしや, がゐ, がジヨバンニ, がペダル, が一刻, が一等, が下腹部, が九鬼和泉守隆国, が五, が仕官, が何かしら水面, が何物, が偶然遊び, が光明, が内心, が判じ, が勝手, が単純, が口端, が同時に, が善心, が在るだろう, が大して, が太い, が如是我聞, が家, が實驗, が少なくとも, が帝大, が庭さき, が往来, が怒るでしょう, が悪人, が感じる, が投身自殺, が支配, が数日がかり, が旧, が有ります, が果して, が極めて, が正直, が水, が湯, が無くなる, が玄関, が発見, が相州東浦賀新井町, が破風山, が立っ, が組合, が美味, が耳, が自国, が衆多, が親, が誤っ, が走, が転写, が逃げる, が通訳, が郷里, が闃寂, が雲助, が顯, くい鬼, こそよく, この人物, さえたくさん, しかなく, すらある, そのヒダ王朝, たとえば趙太爺, だけあ, だけがタケニグサ, だけしか持つ, だけにしか出来ない, だけに口, だけに蛙, だけはひとり別室, ださうでその, だったこと, だったら大阪市, だって云う, だつて, だとばかり, だまア, だア, だ御, づきの, であったに, であったろう彼, であの, でありますのに, であり何人, であり斉, であるかと, であるといふ, であるのみ, である国香, であろう立派, でおのれ, でこれから, でございますまいか, でさえ驚き, でしょうその, ですつて, でそれだけにまた, でないかぎり, でなかなか, ではありませぬ, ではなくし, でひどい, でもあるまい, でもしばらく, でもスノードン, でも少し, でも等しく, でトンビ宿老さん, で一緒, で事実, で仏教, で全, で前記, で卑しく, で四十八九, で天, で容貌, で已に, で弁舌利口, で徳川慶喜, で戦争中, で斯道, で本所, で江戸, で無かったの, で理智, で真黒, で維新間ぎわまでは同郷, で自分, で観山氏, で谷村, で金曜日, で題, で黒ちりめん, という感じ, といふ感じ, とか自分, とが向い合っ, としての女性, としてわたし, として御息所, として法律上, として自他とも, とて, との活動, とはいい, とはよく, とは思われなかった, とみえ, とも思われねえ, とも認識, と一般, と云うべきでありましょう, と先夜, と劣った, と年長店員たち, と思われぬ, と昼, と物, と短い著, と見較べる, と謂, と面, なぞがその道, などおよそ, などとはとても, などはやっと, などは涙, などを何, ならその, なら一つ, なら数えること, なら間違い, なるを, なんぞが交っ, にあう, にいひました, にからかはれる, にこの世, にしか子供, にたづねた, については一皮剥いた, にとってそう, にとっては日本人, にな留守居, にはあるいは, にはさも, にはそういう, にはまたたく, には一本, には会わないだろう, には前田夕暮君, には土製, には怨み, には此, には珍, には紅葉, には金銭, にまで別れ, にもう一度, にもなお, にも或, によってのみ知られる, にケプロン, に下僕, に二人, に会わせる, に冷やか, に化ける, に古い, に売った, に対して, に対し毀謗, に対する罪悪感, に席, に後来, に恩地孝四郎, に拝ませました, に教会堂, に比べる, に淵君, に疑ひ, に聞かれたく, に艶, に見え, に言っ, に読ん, に較べ, に進呈, に間近く, に頭, のあぶら, のうしろ姿, のけはい, のごとくに帯, のたくさん, のひそか, のみが体得, のみやげ, のわずらい, の不快, の云, の件, の体験, の僞, の判ろう, の勿體ぶりよう, の合言葉, の味, の基督教精神, の多かっ, の好げ, の子ども, の學問, の寒い, の巧妙, の強, の心当り, の恐れる, の意向, の感情, の所在, の招待会, の日本, の服装, の案内, の歌い, の残っ, の決して, の無邪気, の特徴, の皮膚, の知らない, の祈念, の立, の結果, の纏頭, の肖像, の脚音, の自動車, の落ちついた, の袖, の覚めぬ, の記憶, の説明, の責任, の足許, の身軽, の道しるべ, の邸宅, の限り, の靜脈, の願い, の馬鹿, の高雅, はあるでせう, はいちいち, はいわれ, はかかる, はくるり, はこんな, はしかた, はすこぶる, はそのまま, はただ, はちょうど, はな, はなみなみ, ははてな, はまあ, はみな有名, はめったに, はやもめ, はゐない, はシナ人, はテエヌ, はバクチ打ち, はメートル, は一体どう, は一足違い, は上述, は之, は人, は伊東, は何時, は偉人, は先生, は冠松次郎君, は刑せられる, は前者, は千古, は史上, は和服, は四谷区何町何番地日向某, は塔, は多勢, は大坪流, は天才, は女子, は学問, は小橋, は尼, は岩屋, は平家方, は幸せ, は後, は忘れ, は息, は懐し, は掠奪, は数年前, は昔馴染, は木, は杉梅三郎君, は楽々, は母, は江戸時代, は湯さめ, は烏丸, は爆音, は王様, は田鶴子姫, は皆異域, は睡っ, は礫, は秋冬, は算, は線香, は自分たち, は芥川龍之介氏, は英佛, は見いだせない, は誘惑, は貴族, は近江さん, は運勢, は金井烏州, は雅子さん, は食事, は鼻下, ばかりであった, ばかり白髪, への返事, へ記念, または質屋, まで引っくくっ, もあるだらう, もいっしょ, もこれら, もそう, もちょっと, もまし, もよく, も一度, も介錯人, も入れ, も可哀そう, も多少, も定めし, も居つた, も恋しく, も死んだ, も無し, も皆, も紹介, も見下された, も遠目, も頼み手, やその, や一般, や山, や物, や立ち待ち, や講演, よりも上手, らしいから, らしい所, らしくも, をあたかも, をえらん, をこんなに, をじつは, をその, をどうか, をひとり, をもてなす, をよく, を一度, を他, を信じたかった, を君子, を外, を尋ねる, を引っ, を必要, を怨む, を慰安者, を指さした, を援, を書いたれ, を源氏, を産業行政, を睨み殺す, を立てた, を羨む, を行火, を訊い, を起す, を閉じ込め, を食つたところ, 何と青白き, 即ち自己, 及び我, 御隠居さん, 或は金ピカ自慢, 来て, 知れぬ労苦

▼ たとき~ (9148, 0.5%)

210 のこと 112 のよう 96 である 87 はもう 81 にはもう 61 だった, に 60 にその 54 と同じ 53 です 4439 に私 35 のあの 33 にこの 32 にはその, に彼 30 の話, はその 27 には私 26 でした, にそれ 25 であった 2221 のやう 20 にお 19 に自分 18 だつた, には, にはすでに, はすでに 16 お島, のまま 15 にはこの, には彼 14 かれは 13 に彼女, の事, の気持 12 そのとき, にはまだ, の光景, の心持, の私, はこの 11 にそこ, にはそれ, に僕, はどう 10 から, にも, の印象, はさすが, は彼

9 [16件] かの女, からこの, にかれ, にこれ, にはお, にはこれ, にはじめて, にわたし, に初めて, の彼, の彼女, の感じ, の様子, はお, はまだ, は私

8 [18件] からもう, でありました, と同様, どうした, になぜ, になっ, には二人, には僕, にふと, にもう, に先生, に感じた, のその, の姿, の驚き, は何, は夜, 多計代

7 [11件] から彼, から私, すぐに, には思わず, には既に, に二人, の, はそれ, は自分, ふいに, もあった

6 [21件] からその, から見る, と同じく, にはあたり, にはさすが, にはすっかり, にはそこ, にはたしかに, にもその, にも私, に突然, のため, の匂い, の癖, の自分, はあたり, はあんなに, はすぐ, はもはや, もこの, 代助

5 [34件] からそれ, その男, その顔, とはまるで, なので, にある, にここ, にする, にちょうど, にどういう, にどうして, にどんな, にはどう, には全く, には博士, には自分, にやっと, に不意, に何, に半, に母, に見た, のほう, の用心, の駭, はいつも, はちょうど, はやはり, は夕方, は美しい, も私, よりももっと, 御米, 或る

4 [82件] いきなりひるま, お光, お庄, からすでに, からだ, から既に, この, さすがに, その中, その人, その時, だったので, であつ, でなければ, とは違っ, なの, にあなた, にすぐ, にすでに, にそういう, にどんなに, にはあの, にはかなり, にはきっと, にはそんな, にはちゃんと, にはね, にはぼく, にはまったく, にはもはや, には君, には必ず, には村, には誰, にもこの, にもやはり, にも母, によく, に人, に女, に彼ら, に父, に男, に芥川, に誰, に青年, のうれし, のお, の場面, の嬉し, の容子, の御, の方, の経験, の芥川, の表情, の顔, はあの, はいつ, はそう, はただ, はどの, はまず, はもうすっかり, は何ん, は俺, は嬉しかっ, は既に, は東京, は胸, は誰, は非常, もそう, もその, もそれ, も同じ, も彼, パッと, 少しの, 着て, 見ると, 買って

3 [143件] あのとき, あの人, ある朝, いつもの, お増, お日さま, からし, からそう, から二人, から今, から今日, から心, から急, から死, かれの, かれら, その上, その人たち, その女, その部屋, だから, だしぬけに, ちらと, で, であったから, であります, とおなじ, とは違う, と違っ, どやどやと, ならもう, なん, なんという, にあの, にあれ, にいいました, にいきなり, にお姫さま, にこんな, にちょっと, にであった, にどこ, になんだか, にはいかに, にはいつ, にはこんな, にはできるだけ, にはほとんど, にはまた, にはまるで, にはよく, にはわたし, には何, には大きい, には女, には実に, には恐ろしく, には日, には気, には空, にまた, にもただ, にも彼女, にも父, にわたくし, にわれら, に一人, に今, に他, に何処, に僧, に兄, に出, に博士, に君, に大きな, に始め, に急, に早く, に父親, に老人, に限る, に頭, のうれしかっ, のこの, のとおり, のほか, のま, の事情, の何, の元気, の先生, の写真, の句, の喜び, の子, の形, の悦び, の感動, の服装, の模様, の母親, の気, の深い, の第, の驚愕, はあれ, はきっと, はこれ, はこんな, はじめて, はじめてその, はすっかり, はそんな, はどんな, はどんなに, はなかっ, ははや, はほんとう, はほんとに, は丁度, は人, は今, は先, は別, は夢, は大, は実は, は実際, は家, は彼女, は手, は随分, は霧, まず第, もあの, もまだ, も伸子, 出て, 大きな声, 始めて, 早くも, 見て

2 [434件] あの子, あの駅, あわてて, いきなり私ども, いろいろお話し, おくみ, お別れ, お茂登, からお, からずっと, からの私, からゴーリキイ, から伸子, から何, から後, から慢性, から気, があった, このこと, この作者, この娘, この方, この時, この男, これから既に僕, さうし, すぐには, すぐ横, すでにこの, そうし, そしてそれ, そのままの, その事, その場, その家, その店, その手, その推想, その気持, その男女, その相談, その瞬間, その言葉, その話, その貴い, その頃, それから其処, たうとう, たしかわたし, たぶんその, だけ, だけだった, だけであった, だけである, だったから, ちょうどその, であったか, であるが, でさ, でしたから, ですが, ですよ, ですら, でで, でもある, でも無論, ときょう, とそっくりそのまま, とちがい, とちがっ, とちっとも, とった蕈, とはちがっ, とは別人, とは違い, と同, と寸分, どうして急, どうしよう, どうすれ, どんな気, どんな気持ち, どんな異常, などは寂しい, など彼, など私, なるほどこれ, にあちら, にいちばん, にいつも, におきぬ, におそらく, におばあさん, におれ, にお母さん, にお父さん, にきまっ, にこう, にそう, にちらりと, についた, につくった, にできる, にとつぜん, にどう, にどの, にね, にはあれ, にはいや, にはお母さん, にはそう, にはたくさん, にはちょうど, にはちょっと, にはっと, にはつい, にはとっくに, にはどうしても, にはもっと, にはやはり, にはわし, にはハッ, には人, には今度, には何だか, には何とも, には傍, には吉田, には同時に, には夜, には大きな, には大将, には夫, には妻, には姉, には安心, には完全, には室内, には家, には宿, には少し, には山, には年, には彼ら, には彼女, には悪い, には慌て, には手, には松吉, には正面, には母, には決して, には涙, には白い, には皆, には目, には相手, には結局, には縁側, には肝, には胸, には腰, には草花, には虚妄, には足, には部屋, には防衛力, には霧, には高野山上, にひとり, にびっくり, にほか, にほら, にまだ, にみんな, にもう既に, にもまた, にもよく, にもらす, にも同じ, にも貴女, にも長い, にやつ, にわたしたち, にガタリガタリ, にドア, にレーリー, に一同, に丁度, に三人, に主人, に人々, に仏, に休む, に何となく, に何時, に俄, に信一郎, に偶然, に内部, に再び, に出る, に剛愎, に労働, に十分, に向う, に呼鈴, に困る, に大きい, に夫, に夫人, に妙, に室内, に己, に師匠, に弄ばれ, に役に立つ, に往来, に得た, に御, に思いがけない, に惹き起される, に感じる, に或, に持ち出せ, に既に, に日本人, に早速, に最初, に此, に死んだ, に気, に水面, に生, に生ずる, に生れ, に発生, に発見, に眼, に私たち, に笏, に紳士, に美奈子, に考えた, に聞いた, に花, に荘田, に行者, に見える, に見せる, に見物, に親, に言った, に護身用, に豪雨, に起った, に起る, に身, に車窓, に鏡, に限っ, ね, ね私, のある, のおどろき, のお話, のご, のさわぎ, のただ, の二人, の仕草, の傷, の出来事, の功, の呆然, の声, の女, の女王さま, の寂し, の後姿, の微か, の心, の心得, の思い出, の思ひ, の恰好, の情景, の感想, の感激, の或, の日本, の最初, の歌, の歓び, の氣持, の津村君, の父, の用意, の男, の異様, の私たち, の習慣, の自分自身, の言葉, の詔, の通り, の青, の青年, の顔つき, はあたりまえ, はある, はかねて, はここ, はこんど, はじっと, はじめて咽喉, はたしかに, はっきりと, はどうして, はない, はなん, はなんとも, はひどい, はほっと, はほとんど, はほんの, はまた, はまったく, はもうよほど, はもう既に, はわたし, はフィラメント, はホッ, は一つ, は一人, は二人, は何時, は僕, は助け, は十分, は君, は呉, は四十一度, は大いに, は太陽, は夫人, は如何, は子供, は学校, は実に, は屋敷, は彼自身, は必ず, は戦場, は時間, は机, は案, は殊に, は海, は父, は父親, は目, は相当, は眼鏡, は矢代, は葛子, は血, は親爺, は遅かっ, は遠く, は部屋, は雪, は音楽会, は頭, は風, は飛行機, ふとあの, ふとその, ふとみる, ふと傍, ふと彼等, ふと気, ほどの元気, まず私, またし, またそれ, またはその, まだ廃屋, も, もいつも, もうその, もう土神, もう美奈子, もう舌, もこう, もここ, もこれ, もちょうど, もまた, もギッシリアキビン, も美しき, やはり父, やはり自分, やるせない魂, や彼, よりはずっと, よりもずっと, よりもはるか, よりも彼, を云う, ハッと, 一度あの, 一頻り賑, 不図, 云って, 何気なくノート, 先ず彼, 初めてこれ, 又三郎, 少しも, 引き裂いて, 悲しいよう, 旨く掛けられた, 明るい光, 最もよく怒る, 死んで, 決して誰, 泣いて, 現れたの, 生あたたかい液体, 直ぐその, 突然その, 突然海, 隣りの

1 [5173件 抜粋] ああいう, あざけられたとき, あの女の子, あの村, あの部屋, あるいは先手, ある大公, あんまりおば, いかにも教習所仕立, いきなり眼, いざ沖, いつの間にか自分, いよいよわかれ, うろたえたの, おさよの声, おどろいたの, お三婆, お孃さん, お祝, かう云つて, かつて自分, かねて聞い, からあおい顔, からおいら, からくせ, からそういう, からとても, からのはっきり, からの興味, からもひとり自分以外, からマン, から他殺, から列車, から名前, から始つた定規, から家督, から怪しい, から本能的欲望, から海, から秀次, から自然椅子, から鳴っ, があったろう, がはじめ, が初めて, が自ら, くたびれ果てて, けわしくねめつけた, こう云っ, こっそり海綿, このヒロポン, この分裂, この平和, この文句, この町並み, この董, こわくなっちゃった, さあ桜, さっぱりした, さわがしいお, しばらく躊躇, すきとおって, すぐ執行停止, すごいさけび, すでにあの, すでに文次, するやう, そういう今日, そう精勤, そして右手, そのあと, そのにわか, そのロケット爆弾, その作品, その写真, その大学, その実現, その当の和一, その成長, その書式, その決定, その狭い, その直覚, その空, その胸, その訪問, その重い, その頬, それならただ一人, たいてい土, たしか浜口君, たった一度, たまたま後醍醐, だけだ, だけよ, だったが, だって歌舞伎, ちつと, ちょうどそれ, ちょうど待合室, ちょっと眼, つかいの, であったと, でうち, でさえともかく, でその, でもそんな, でも口, で日本, とかくわたし, とここ, とつぜんかなり隔たった, とつぜん石垣, とにかく卒業, とは全然, とほぼ, と下りました, と寸分違つて, と渡り者, と雖, どうして君, どうも変, どんとぶつ, どんな名, どウウウウ, なぜ返事, などには彼, などは子供, などむろん, など中学生, なまいき, なんか詩集, なんと名, にあやかさん, にいった, にお年, にからだ, にこちら, にさすが, にすさまじい, にたかだか, にだけ生れる, につかえ, にでもなる, にどうぞ, にのみ本質, にはあッ, にはおそい, にはからだ, にはさらに, にはすべて, にはそんなに, にはどうして, にはなんだかイライラ, にははじめて, にはまだどう, にはもうほとんど, にはやや, にはアン, にはトラ十, にはポーチ, には一方, には中, には二の腕, には人生, には使い, には児太郎, には列車, には占い, には可笑しい, には四十名, には坐つた, には大辻, には好い加減, には実際そう, には巳之助, には当主, には思いがけなく, には懸垂, には折れ, には方形, には晴れ晴れ, には木の根, には某, には此, には汗, には浦粕, には煙草, には田舎気質, には真先, には立ち寄っ, には美しい, には自ら別, には荒田老, には裁判所, には警官隊, には過ぎ, には鐘, には青年, には驚い, にふい, にぼく, にもいった, にもそう, にもなめた, にも二人, にも反対, にも感じ, にも狭い, にも苦り切った, にゃあの, にわかった, にウェイトレス, にサム, にヒットラー, にペテロ, に一二里行き, に一階上, に上目, に久慈, に五十, に会った, に作さん, に借りた, に六七年前, に列子, に千枝太郎, に去年, に叫哭, に味わった, に土, に大いに, に天井, に始めて, に宇野さん, に富山, に尼崎, に平和, に弱冠, に後ろ, に忽ち, に愛妹武子さん, に手, に招かれ, に掴んだ, に新聞, に明智, に有, に杖, に梓, に正面, に比べ, に泣く, に湿った, に父兄, に現れる, に男の子, に皆, に眺めた, に確か, に突倒, に約束, に義ちやん, に肺, に色, に草双紙, に藤村, に角, に詳説, に起き, に農民, に遠方, に間平戸, に離れ, に面した, に馬鈴薯, に麻酔薬, のあどけなき, のおとなたち, のきらきら, のすがすがしく, のなんだかワクワク, のみやげ物, のステーション, のフランス, の三元, の乗物, の仙台, の作者, の其の, の前記, の口癖, の喜, の多, の姫, の家, の己, の廓寥, の思出, の惧, の手帳, の數年, の書いた, の正直, の泣きだし, の源三郎, の父親, の疎, の着, の空気, の索漠, の職業, の花田中尉, の行列, の見覚え, の記述, の豊志賀, の軍装写真, の重, の雛妓, の驚異, はありあり, はいつか復一, はおじさん, はお礼, はぎょうてんいたしまして, はさう, はしなくもここ, はじめて彼, はじめて父, はそちら, はたとい, はでっ, はなんとなく, はほか, はむか, はもッ, はよほど, はスパイ, はベルン, は一向, は一羽, は三吉, は乞食, は二百人, は伸子, は偵察ロケット, は全身, は凡人, は劉皇叔, は午後八時頃, は口惜しく, は四人, は地上, は大体独りっきり, は奇妙, は威勢, は宮本, は岸, は幾晩, は御伽噺, は思わずハッ, は意識, は敵艦, は明るい, は最早, は柔かい, は構内, は毀れ, は波, は温泉, は無論, は生き, は疲れ, は目頭, は笑顔一つ, は肝, は草稿, は見なかった, は説教半ば, は輝い, は郵便, は陰性, は飛ん, ひいさま, ひょいとモ一度, ふいと, ふとした出来心, ふと俊夫君, ふと掌, ふと考えた, ふッ, ほども入らず, ほんとにすまない, まずふたり, または重傷, また中門, まだお母さん, まだ見え, までしつかり, まもなく朝廷, むろん安政条約, もういま, もうロシア暮し, もう夜, もう涙, もがさがさ, もし産制, もです, ももう, もツケヒゲ, も今一つ, も出迎えた, も噴火口, も大, も少年たち, も手, も月, も目, も苦い, も誰, も金剛界, も雌雄, やしき, やっと二人, やにわに本降り, やはり王, や非常, よかった, よそながら拝, よりはよほど, よりもあるいは, よりも今, よりも時刻, よりも非常, より建増し, よんで, わざわざ風呂場, ガーンと, ワーッと, 上げる, 些か言及, 何だかワケ, 何やらパット彼, 余儀なくそれ, 元甲州, 共に赤橋家, 分れた妻, 初めて可能, 初めて萎靡, 匂う, 却って何だかわたくし, 又音響, 合わせれば, 同時に三つ, 呼びかけにも, 多少この, 大きな暴風, 大瀞, 始めて感覚, 実は判じ物, 小十郎, 少なくともそれ, 当然見張り, 御隱殿裏, 思いがけずに, 思い出して, 思わず, 思わず彼, 愈々奥, 或日, 放二, 既に畜生道, 暗いなか, 書くこと, 本當, 植えさせた合歓木, 死ぬマネ, 泣いた, 漸くの, 燃え喘いだ, 申しました, 益々水嵩, 真に孤独, 破ったの, 突然ほとんど唐突, 突然天水桶, 突然真紀子, 立てきった障子, 美しいうち, 聞いたおそろしい, 若い漁夫, 見すまして, 見守って, 計らずも, 起き上った女, 追ひつ, 長い睫, 青く光る, 驚いたには

▼ たまま~ (8224, 0.5%)

208 になっ 105 黙って 99 である 96 だった 93 であった 81 でいる 6665 にし 64 でいた 50 立って 48 でした 44 です 4240 じっとし 37 動かなかった 28 しばらくは 26 の姿, 死んで, 眠って 23 出て 22 でその, 帰って 21 考えて 19 動かない 18 なの 17 云った, 答えた 16 のもの, 身じろぎも 15 忘れて 14 暫くは, 見て 13 その場, の顔, 坐って 12 になつ, の姿勢, 動かなくなって, 動こうとも, 泣いて 11 で何, 置いて, 言った 10 でまだ, で黙っ, になつて, 歩いて, 落ちて 9 だまって, でい, でしばらく, なので, 倒れて, 残って 8 だったが, のお, のよう, の手, 急いで, 聞いて

7 [14件] うなだれて, しばらく考え, だし, でお, でじっと, で云った, の, のこと, のその, 両腕, 少しも, 悠々と, 持って, 放って

6 [25件] いそいで, いつもの, うっとりと, ぐったりと, であつ, でしたから, ですから, でまた, で下, で人, で姿, で暫く, で立っ, で自分, の状態, の私, よろよろと, 佇んで, 動かずに, 固くなっ, 寝て, 消えて, 突っ立っ, 見送って, 黙つて

5 [27件] いった, うつむいて, ぐるりと, しばらくの, すぐに, その手, たおれて, だが, であるが, でいました, でこの, でしたが, でなお, でゐる, で残っ, で私, で言った, の形, の恰好, の扉, まだ帰っ, もじもじし, 動かなくなった, 暫くの, 立ちすくんで, 答えなかった, 苦しそう

4 [70件] うとうとし, お叩頭, かれは, きょとんと, くるりと, しばしは, しばらく言葉, しばらく黙っ, じっと立っ, じつと, じゃ, じりじりと, その前, その顔, だつた, だと, であったが, であったの, でいい, でさながら, でそれ, でただ, でやはり, で今, で今日, で再び, で出, で別に, で女, で家, で寝, で少し, で彼, で微か, で息, で答えた, で行く, で誰, で長い, なん, にこりとも, になった, に放置, のドア, の人間, の位置, の着物, の窓, の部屋, びくとも, まじまじと, まだ帰らない, ゆらゆらと, ジリジリと, 休んで, 低い声, 入って, 動けなくなって, 動こうとは, 去って, 叫んだ, 待って, 暫く黙っ, 睨み合って, 置かれて, 考え込んだ, 考え込んで, 行って, 通りすぎて, 飛んで

3 [138件] ある, うつらうつらと, うなずいた, お互, か, かう云, こんなこと, さすがに, しばらく口, しばらく立っ, しゃがんで, じっとそれ, じっと動かない, じっと息, じろじろと, すやすやと, その上, その姿, その扉, その方, その男, だったし, だまりこんで, だらりと, ちょっとの, ついて, つかつかと, つっ立って, であること, でいった, でいます, でここ, でこちら, でこれ, ですが, ですよ, でそのまま, でどこ, ではある, でもう, で両手, で倒れ, で僕, で動けない, で堅く, で声, で居た, で左, で帰らない, で幾日, で彼女, で挨拶, で死ん, で水, で目, で眼, で肩, で言いました, で返事, で酒, で頭, で顔, なり, に, にその, にである, になり, にやにやし, のそり, のところ, のろのろと, の両, の二つ, の大, の女, の彼, の戸口, の新聞, の眼, の障子, はッ, ひっそりと, ぽかんとし, まだ一度, むっとした, ゆうゆうと, ゆっくりと, よろめいた, を率直, グングンと, スラスラと, スーッと, 上って, 並んで, 伸びて, 冷たくなっ, 出来るだけ, 動かなかつた, 動きません, 動けなかった, 動けなくなった, 同じよう, 呟いた, 喘いで, 大きな声, 居睡りを, 後ずさりに, 忘れるとも, 感じたまま, 慌てて, 戻って, 抜かずに, 振り向きも, 捨てて, 暫く顔, 書いて, 来て, 横たわって, 泳いで, 生きて, 相変らず, 睡って, 硬ばっ, 立ちすくんだ, 立ち止まって, 笑った, 考えこんで, 血走った眼, 見つめて, 見向きも, 訊ねた, 読んで, 近づいて, 逃げて, 運ばれて, 飛び出して, 黙々として, 黙りこくって

2 [395件] あった, あわてて, いいました, いきなり, いくら呼ん, いずこと, いつた, いつとは, いつの間にか眠っ, いましがた, いまだに帰っ, いろいろの, うごかなかった, うつぶせに, うとうとと, うなずきました, おいおい泣い, おしおは, おなじよう, おもて, おりて, お別れ, お台所, お君, お妻, お清, お雪, かえってこない, かけて, かしこまって, かなり永い, から身, がっくりと, ぐっすり眠っ, こう云う, こと切れて, この矛盾, ころがって, こんなところ, さめざめと, しくしくと, しばらく二人, しばらく僕, しばらく玄関, しばらく長椅子, しょんぼりと, じっとお, じっとこらえ, じっとそこ, じっと二人, じっと何, じっと相手, じっと私, じっと考え, じっと耳, じっと聴い, すぐ二階, すなお, するすると, ずんずん先, そう云う, そう言いました, そこそこに, その周囲, その度, その座敷, その手帳, その日, その眼, その空家, その紙, その肱, その辺, たずねた, たずねました, ただぼんやり, だったそう, だったので, だという, だとの, だまり込んで, つくねんとし, つまらなそう, つまり腹, であったこと, であったので, であって, である駒下駄, でいきなり, でいっ, でいつ, でいなけれ, でいまだに, でいろ, でうなずきました, でうん, でおりました, でからだ, できょう, でこう, でご, でずっと, でそう, でそこ, でちょっと, でどう, でまばたき, でやがて, でやっつける, でゐ, でゐた, でベッド, で一人, で一家, で一心不乱, で上, で中, で二人, で住む, で何処, で依然として, で元, で光っ, で兵児帯, で内, で凍え死ん, で前, で力, で動かなかった, で口, で右, で同じ, で地, で垂, で堂の前, で夜, で婆, で室, で容易, で寝台, で居る, で山, で岸, で帰っ, で懐中, で我, で扉, で手, で指, で敷居, で未だ, で槍, で深い, で火, で無, で焼け残っ, で町内, で破れた, で突っ, で突然, で置い, で考え込んだ, で薄笑い, で蚊帳, で行っ, で街, で見, で話, で話し, で足早, で身動き, で車, で軽く, で進ん, で鈴江, で雪, で食卓, となり, とんで, どうした, どうしていい, どうする, ながながと, ながめて, なぜか, にこにこ笑っ, にした, にそこ, になってる, にまた, に干上がっ, に暮れ, に書い, に残し, に溜っ, に自分, のくぐり, のっそりと, の上, の両手, の事実, の兵, の写真, の十七, の右手, の土, の場所, の大きな, の家, の帽子, の幼い, の手帳, の拳, の新, の方向, の明智探偵, の服装, の束髪, の格子, の棟木, の様子, の煙草, の箪笥, の美しい, の脇差, の膝, の自分, の自然発生的, の茶, の荷物, の表現, の語, の道芝, の長い, の電車, はいつ, はいる, はなれません, ばったりと, ひそりと, ひらりと, ふといつかペン・ネエム, ふらふらと, ふるえて, ふんふんと, ぶらぶらし, ぶるぶると, へたへたと, ぼんやりと, ぼんやり何, ぼんやり庭, ぼんやり部屋, ぽろぽろ涙, またききました, また書斎, まだお, まだ封, まだ息, まぶしそう, もうその, もう一人, もう一度前, もう一度往来, もう一方, もどって, やって来た, やって来て, やはり答え, わずかに, をお話し, をここ, をそっくり, をその, を書く, を生, を直接, グッと, グルグル巻き, ジロジロと, ズルズルと, ニヤリと, 丁度細かい, 下唇, 両肱, 両膝, 云う, 互いに眼, 今にもその, 他吉, 代助, 仰向きに, 佇んだ, 何やら本, 働いて, 其の場, 再び動き出し, 凍ッ, 凝っと, 凡そ退屈, 到頭宿坊, 動かなくなりました, 動く気, 動こうと, 口惜しそう, 同じ二階, 同じ処, 向うから, 大きい碾茶, 嬉しそう, 寒そう, 小藤次, 少しずつ, 少しユラユラ揺り, 巻いて, 巻きこんで, 帰らないと, 怒って, 思った, 恐ろしい目, 恨めしそう, 憑かれたもの, 或る, 或ホテル, 投げるよう, 投げ出されて, 投げ出して, 抜いて, 抱えて, 押したり, 振り返った, 振返って, 握りしめた両, 揺られて, 早くも, 暗くなる, 暫くじっとし, 暫く彼, 暮れて, 枯れて, 極めて無造作, 歩いた, 残して, 泣きべそ, 流れて, 浮いて, 深々と, 深い溜息, 点頭いた, 烈しい頭痛, 白いショール, 白け渡る, 眠つちまつ, 眠る, 着て, 睨んで, 積み重ねた本, 立ちつづけて, 立ち上がって, 立ち上った, 立ち上って, 立ち竦んで, 竦んで, 笑いこけながら, 笑って, 答える, 考えた, 考へて, 聞いた, 聞いたまま, 腰かけて, 舞いもどります, 苦しげ, 荒れて, 薄眼, 見るとも, 訪ねる人, 話して, 話しを, 語ったが, 走って, 起きようとも, 身じろぎ一つ, 転がって, 軽くうなずいた, 軽く頭, 送りとどけられて, 逃げ出して, 通りすぎようと, 通り過ぎた, 遂にその, 開いた口, 開いて, 降りて, 震えて, 飛び出した

1 [4595件 抜粋] ああし, あがって, あとずさりに, あぶなくそこ, あらゆる残虐, いい匂い, いきなりべ, いくらおこし, いつさい, いつもちょっと沈吟, いまだに開通, いろいろ妻, うごこうとも, うつちやつて, うなずくだけ, うろうろと, うッとり, おお声, おっかけて, おのずから炎, おりると, お城, お愛想, お秀, お通, かかって, かすれたよう, かぶりを, か或は, きいて, きょろきょろよそ見, くびり, ぐっしょりと, ぐんぐん壁, こう主, こつそり唄, このテープ, この向こう, この時更め, この解き, ころがして, こわれないで, ご死亡, さすがの, さっそうと駈け去った, さも美しく, さッさ, しかし口元, しきりに仮, しげしげと横, しばしの, しばらくじっと市長夫人, しばらくながめ, しばらく動き, しばらく帰っ, しばらく様子, しばらく立ちつくし, しばらく身動き, しゃんと胸, じっとこちら, じっとテーブル, じっと塔, じっと彼, じっと水面, じっと目, じっと聞き澄まし, じっと運命, じゃんかの, すうっと, すぐ後任, すこしも動きません, すごすごと, すっかり睡りこけ, すべって, すわって, ずっと手許, ずんずんと, そういっ, そこで休息, そっくりのこっ, そっと母, そのうしろ姿, そのまま死なせ, その人, その動作, その大石, その掲示, その毬, その白山山脈, その羽織, その薄気味悪い, その鏡, その騒ぎ, それほど涼しく, ぞー, ただいつ, ただ一言, ただ茫然, だけれども, だとも, だんだん冷たく, だッ, ちょうど昔, ちょっと房之丞, ちらと, ついと立っ, ついに落命, つい拭き, つづけた, てんから人間, であらかた, であり他, であるの, でいう, でいない, でいらせられる, でうつむい, でお爺さん, でくぐり, でござるが, でしかない, でしゃなりしゃなり, ですっと, でその後なん, でちょいちょい, でとびまわり, でなんとも, でのろのろ, ではそこ, では定太郎, では迚, でふわりふわり, でぼんやり, でもよい, でも飲み食い, でよれよれ, でイザ, でド・エスコバアル, でホテル, で一太刀, で万端, で主, で五足六足, で代わり, で低く, で俯, で入っ, で写した, で切られた, で動かす, で午頃, で口絵, で向かい合っ, で唾, で坐っ, で大きな, で奥さん, で学界, で対, で小門, で帰郷, で廊下, で後ずさりし, で応対, で悄, で手探り, で掻上げ, で敵, で昼, で更に, で本気, で次, で歿, で沈黙, で派出所, で清潔, で演奏, で父, で生活, で白い, で眠むり, で石村, で突立, で立消え, で答えはじめた, で終ったでしょう, で羅陵王, で肴, で自ら, で若い, で萬朝, で行方不明, で覗い, で語る, で起きない, で辞儀, で通り一遍, で過ぎる, で鎧扉, で隅, で静まっ, で食べ, で鶴, とうとう起上れなかった, とつおいつ物思い, とほく, と見なけれ, どうしてやろう, どう云う, どもるよう, なおもぐんぐん落ち, なかなか室, ながいことひとり, など飲まない, なやましい目, なんと座っ, にある, にげ出して, にそれ, になりました, にやにやと, にスルリ, に乾燥, に出来る, に名主, に幾日, に持つ, に来, に消, に神妙, に米友, に譲っ, に開い, ぬっと立っ, のあの, のがあった, のにらみあい, のもの一本, のシャンデリヤ, のマリーナ・イワーノヴナ, の世の中, の人力車, の倉地, の列車, の半, の句, の四十面相, の大木, の実相, の小者, の山陰, の役所, の感覚, の掛棹, の書物, の林檎, の歴史, の潜戸, の田舎冠者, の白髪, の着つけ, の米, の絵巻物, の聖母像, の芋, の葉子, の襷, の調色板, の運転台, の鉱石, の雑感, の風情, の魚屋, はぐれて, はやされたり, ひかれるよう, ひとりめざめた, ひょいと飛びついた, ぴしゃりと, ふかくつつしん, ふたたび起きあがろう, ふりかえって, ふんふん笑っ, ぶらりぶらりとする, ほうり出されて, ほとんど手当, ぼちゃんと, ぼんやり嘉七, ぼんやり立っ, ぽかんと眸, まずあたり, またたきも, またも石, また前, また当時, また正気, また運転台, まだなにか言いあっ, まだ姿, まだ槇, まだ胸, まっ蒼, まるで作りつけた, まるで青ざめはてた, むしゃむしゃと, むっつりと, もうすっかりこと切れ, もう一度しみじみ十円札, もう入口, もう身動き一つ, もって, やがて四ツ角, やっぱりずんずんと, やはり壁, ややしばし濁った, やらじとばかり, ゆるい崖, よまなかったもの, わざとタクシー, を, をずばずば, を云った, を台所, を書きしるす, を無責任, を聞い, を誤解, んなっ, ガツガツと, グーグー寝, ゾッと立ちすくん, ハアハアと, ピョンピョンと, モジモジし, 一寸もうし, 丁度この, 不遠慮, 久しい間, 乾いた石灰粉, 云うの, 互に心, 仕立てずに, 低いしかし, 何とも僕, 何やら物, 依然として笑い, 倒れも, 入ると, 全然当面, 再びベツド, 再び注意, 写そう, 凄じい唸り声, 凭れかかって, 出ようと, 別に見よう, 力いっぱい突く, 動かずほとんど, 動かなかったらしい, 動きそう, 動く機会, 危うく顛覆, 又一心に, 取除けられて, 只頭, 同じ路, 吸いつき合った, 呟き止めない, 咽び出ようと, 啜る手, 嘲笑って, 坐ったまま, 堅く閉した, 夜通し起き, 大きくなる, 大きな目, 大音, 始終爛れ, 寄りかかり, 寝た者, 射抜かれた飛行船, 小さい頭, 小さな声, 少しぐったりと, 少し意地わる, 少なくも十秒, 居残って, 帰さなかったこと, 帰るの, 広いロッビイ, 引きずり出して, 引っかかって, 待ちかまえて, 微笑みました, 応えた, 思い出そうと, 思わず提灯, 怪み, 恨めしさうに幾度, 悠然と葉巻, 惜しいこと, 我が刀, 打ち捨てられて, 投げ捨てて, 押しあいへしあい前, 拡げた胸, 振り向いて, 捗どらない制作, 揺られつづけて, 放れないの, 斬り落されて, 明るい空, 時々涙, 暗い声, 暫くお待ち, 暫く勝負, 暫く考え, 暫しは, 更に次, 未だ生, 枯れたら枯れたまま, 次第に歪ん, 歩き出した, 死ぬでしょうって, 死んでしまつた, 永いこと, 沈んだ調子, 泣き出した, 流れ去ったので, 消えやらぬ感激, 涙ぐんで, 深い考え, 湿った草, 澄んだ表情, 焼かれつつ, 燃えて, 狭い段梯子, 生かして, 畳み込んだ看板, 白い綿, 直ぐ軽く, 眠った筈, 眠るでも, 睨み付けるよう, 空いて, 突然夢, 立ちあがって, 立ちました, 立ち止つた, 第三, 素早く女, 終に再び其姿, 縫い上げて, 置くと, 考えながら, 聞きながら, 脆くも, 腹いっぱい食わせられ, 苦い顔, 落ちなかったほど, 蒼くなってる, 行きすぎた, 見せるその, 見上げも, 見霞むばかりの, 言う, 話しはじめた, 読んだ多, 赤い敷物, 走り下りた, 起きて, 起き上った, 起て橇, 蹲んで, 転げ廻る者, 軽く眼, 近よって, 追いついた敵勢, 逃げこんで, 逃げ去りました, 通り抜けるの, 運んで, 遡つて生, 重なり合って, 長いあいだ, 長い花茎, 長く露出, 間もなくその, 離さなかった, 震えた声, 青白い光り, 順に場内, 頼むよ, 飛び乗って, 食いつくよう, 駆けだす, 高い屋根, 黄いろくにごっ, 黙々とたべ終り, 黙念

▼ た~ (7789, 0.4%)

162 それに 34 またその 28 私は 27 私も 25 自分の 24 私の, 第一 23 その上 22 それを, 彼の 21 彼は 19 まする 17 また私 15 おまけに, また彼 14 それが, ます, またこの 12 また自分 10 或る 9 これからも, またあの, 今でも, 僕の, 僕は, 彼女の 8 これで, また, またそれ, 何か, 父の, 自分でも

7 [11件] そうかと, それは, ほかの, ますと, 今も, 今日も, 僕も, 彼が, 母は, 私が, 自分も

6 [15件] そのこと, そのほか, またそんな, また僕, わたしの, 一人は, 二人の, 他の, 多くの, 女の, 家の, 彼も, 彼女も, 日本の, 男の

5 [21件] こんどの, それにこの, それも, また今, また実際, まだどれ, もう一人, わたしも, 候, 又京, 又私, 弟の, 彼に, 彼女は, 東京の, 母も, 目出た, 自分が, 自分は, 誰も, 雪も

4 [44件] いちばんうしろの, いつまでも, お前も, ここへ, さう, するので, そのあと, その他の, それかと, それと, ぼくは, またある, またお, またそういう, また今後, また他, また何, また彼女, また決して, もう一つ, 人の, 今は, 他に, 何よりも, 口を, 君は, 命は, 女も, 子供も, 彼女が, 次の, 此の, 気分も, 父は, 父も, 現在でも, 男は, 私と, 葉子も, 街燈は, 話しも, 近所の, 金は, 顔も

3 [99件] あとは, あなたは, あなたも, あの人, あるもの, いろいろと, いろいろな, お前の, お菜も, かれは, このとき, これを, すべての, するから, そのう, そのため, そのよう, その声, その外, その晩, その頃, それかって, それからも, それで, それにその, それに二人, それに私, だれにも, どうかする, またこれ, またこれら, まただれ, また二人, また或, まりの, みんなも, もう何, もつと, よかった, カムパネルラは, 人に, 今では, 今また, 今夜は, 今度は, 今後も, 今日に, 何にも, 何の, 例の, 兄の, 兄も, 先方でも, 先生の, 先生も, 兼ねます, 又その, 又それ, 君の, 外にも, 夜も, 夫人の, 娘の, 婦人の, 子供の, 小太郎の, 年も, 彼を, 彼等の, 彼自身も, 教室の, 昨夜は, 最近では, 最近の, 本も, 村の, 東京に, 次には, 母の, 水の, 熱も, 燈台看守も, 田舎の, 申す, 私にも, 私自身も, 空も, 紺屋の, 続いて, 良人が, 読者も, 身体も, 部屋の, 酒も, 隣りの, 雨の, 雨も, 頭の, 馬が

2 [407件] ああいう, ああし, あたしは, あとから, あとの, あなたに, ある人, いきなり暗黒, いまさら汐田, いろいろの, うしろの, お増, お夏さん, お早ウ, お民, お経, かきも, かぶも, からだも, きれいな, きんは, くろうと以上の, こちらも, ことにその, ことにクリストフ, このまま, この上, この仕事, この次, この辺, これからは, これから私, こんどは, ごとを, しかもその, したくも, して, しまいには, すべてが, すべては, そうする, そうでない, そこへ, そして, そしてそれ, そして最後, そのうち, そのとき, その中, その人, その人柄, その内容, その前, その少女, その年々, その度, その後も, その方, その日, その時, その時分, その次, その眼, その表情, その間一年あまり洋裁修業の, その関係, それから, それから後, それにここ, それにそんな, それによって, それに僕, それに大, それに彼女, それに彼等, それに私たち, それより, それよりも, それらの, そんな莫大, たまに, で下りるだろうから, とう存じます, どうやら熱, どこかへ, どこの, なかなか流紋玻璃, なんども, なんの, ひとは, ほ, ほかに, ぼくと, まして, ますが, ませう, ませうか, またおそらく, またかれ, またきわめて, またさ, またそこ, またそれら, またちっとも, またほか, またシェフィールド, またトゥーサン, また一つ, また一人, また以前, また先日, また出来ない, また別, また同じ, また彼等, また折角, また時々, また東京, また永遠, また沢山, また漱石, また現前, また生活, また町, また真, また知ろう, また確か, また若い, まだその, みんなが, みんなで, めでたし, もう一方, もしかする, ものの, ももも, やがては, やくざ者の, やっぱりはじめ, ゅろの, わたくしは, クリストフの, ジャックリーヌは, ストアの, セイロンという, ビク, ピンと, プランタンと, モオパスサンは, モスク, ラジオも, 一つの, 一つは, 一度などは, 一度は, 一度も, 一緒に, 世間でも, 中には, 中の, 丸窓から, 事務室へも, 二度目は, 云わば, 人々の, 人から, 人が, 今から, 今こそ, 今のは, 今後の, 今日の, 伊勢大神宮参拝の, 伯爵は, 何かの, 何でも, 何も, 作者の, 便所も, 俺は, 健康を, 元気も, 兄が, 先生は, 入口の, 全くもうイギリスあたり, 六人の, 出勤の, 別に話, 前には, 前借りが, 加けに, 勝家も, 勝手元の, 医者の, 南京玉が, 博士は, 原稿は, 又, 又いろいろ, 又お, 又この, 又さ, 又そんな, 又今, 又今日, 又何, 又得る, 又現に, 又直ぐ, 又自分, 友人たちも, 友達も, 同時にその, 向うに, 向うも, 周囲の, 周章てた, 呼吸が, 呼吸の, 命を, 唇が, 問題の, 嘉ッコは, 地面は, 場所も, 墓石も, 声も, 夏の, 多少の, 夜の, 大森の, 大通りの, 天の川も, 夫人も, 奇人の, 奥さんの, 奥の, 女と, 女中も, 女房の, 妙に, 妻は, 妾今年は, 嫂の, 子どもらは, 学校から, 学校へ, 学校を, 実朝, 実際に, 家は, 家も, 家を, 家庭の, 宿の, 寿の, 封筒も, 導き得るもの, 小使の, 小僧と, 小説の, 小説家と, 少しでも, 帰りには, 常の, 年の, 年を, 店の, 康子は, 弁護士の, 弟は, 張りきつて, 当時の, 彼としては, 彼にも, 後に, 後には, 後の, 後生も, 御自身, 心の, 心も, 怖れ, 思ひの, 急ぐ品, 態度にも, 懐中も, 手は, 手も, 手代の, 手紙も, 手足も, 文化の, 新聞の, 方向も, 日も, 日本で, 日本人の, 時と, 時には, 時も, 暑かった, 服も, 木賀底倉に, 本を, 本家の, 柳井津で, 栄介も, 校長は, 案内し, 森さんが, 歌を, 正三は, 死の, 殊に私, 残って, 母親は, 気に, 気を, 沈黙を, 海が, 海を, 湯が, 澄んだ魂, 然し又すぐ, 父が, 片方に, 物を, 犬は, 現にある, 現にその, 甘いもの, 生涯の, 田舍の, 申し候, 皮膚の, 盛場の, 目に, 直次郎どんは, 相手が, 相手は, 眼は, 着て, 着物は, 着物も, 知ろうとも, 私には, 私への, 秋の, 窓も, 第一失敬, 第三, 第二, 米は, 米吉さんは, 約束を, 経を, 絶望も, 線香を, 縁側は, 老婆は, 考えて, 考えも, 而も, 肉鍋には, 脅えた市民, 自分に, 自分を, 自然その, 興味も, 船岡山では, 芝居も, 花は, 草木とともに, 蟹を, 街の, 視覚も, 言葉を, 誰が, 課長樣が, 警固の, 赤札が, 足の, 足も, 躯も, 通りか, 酒を, 野原の, 金に, 長ずぼん, 雨乞には, 雨戸は, 雪子が, 雲も, 電車の, 青木も, 面白かった, 面白くも, 頬の, 頭上を, 頻々と, 顔の, 顔は, 顔を, 顔色も, 馬上の

1 [5586件 抜粋] 〆切も, あたらしい政府, あなただって, あの声, あの男, あまりおしや, あるいはそれ, あれと, あんまりキリキリしてた, いきなりる, いちばんはばかられ, いつもみんな, いまでも, いやに, いろんな望みどおり, うまい物, おかみさんの, おちあったこと, おめにかかって, お亡, お勝手も, お弟子さん, お父さんは, お膳運び, お通夜も, お顧客, かつてバーナアド・ショウ, かめ面を, きみの, くッ, こういう気持, こっちへ, このうえ, この二階, この子, この指導部, この関係, これじゃ, こんなにすばしこい, ごとであった, さっきは, さりとて本音, しかも壁, しばしば土民, じっさい玄心斎老人, すすめられた友人, するどに, ずっと本, そういうこと, そうした茶番, そう信じきってるらしかった, そこで駒井, そしてたしかに, そして彼自身, そつと, そのうえ大食らい, そのほか弟, その上きょう, その乾児, その代りグズ弁, その前日, その周囲, その大, その少ない, その忌むべき, その指示, その楽しみ, その目的, その結果, その茶店, その財産, その顔色, それからまた心配, それから幕末維新, それだ, それにおれ, それにまたそれ, それに加, それに昭王, それよりか, そんなこんなでまわした, たいへん用心深い, ただ一冊, たといもっ, だ, だれの, ちょうど兵部卿, つつましい床の間, づくが, ではひと, ときどきその, とても憎む, どうして今夜, どこぞ, どんなに太い, なおまだ, なお翌日, なか子の, なによりもかの, なんでも, のみならず岸本, ばらばらに, ひどく長い, ぶんなぐられて, ほり余韻との, まあわし, ましてそういう, まして邸外, またあるべき, またおじさん, またしば, またそんなに, またでき, またなく, またほとんど, またやはり, またシュパッツ市会議員夫人, またモンセーニュール, また一緒, また不, また人間らしい, また借金, また出来る, また口, また呂将軍, また多少, また好ん, また容易, また山中, また往来, また悪い, また所々, また日一日, また横蔵, また法律上, また生きる, また知りたく, また空手, また絶対, また著者, また試験, また造った, また隆夫, また高等学校時代, まったく気, まアまア一應逢つて, むしろその, もうこれ, もう半年以上, もしこの, もっと粗末, ゃもじに着物を, やはりお金, ゆうべからの, ょうばいは余り感服しない, よしまた, より真面目, わけても彼, わしは, われわれは, アントアネットの, ウムとも, オレンジの, ガラス窓の, クリストフが, コーヒーなど, シロタや, ジョウに, ゾンデも, テニスに, ナア, ハンカチで, パン屋の, フオン・シーボルトの, ヘロデに対しては, ボンド街は, マネージャーの, ムッソリニ邸の, ユーゴから, ラフカディオ・ハーンの, ヴァラエティも, 一九四五年の, 一体に, 一寸言葉, 一方では, 一昔以上前の, 一生食ふ, 一通は, 七文字笛高麗笛という, 三千兩の, 三月新, 下の, 下駄を, 且つは, 世間からの, 中でもこの, 中庭や, 主人長岡佐渡様にも, 九月は, 事實一回も, 二人も, 二日目は, 云っても, 五年に, 人ごみで, 人穴城は, 人間寿命が, 今の, 今年も, 今日までは, 他人が, 以前からの, 伊東が, 伯父は, 体が, 何と, 何ん, 何時までも, 使いの, 俊亮は, 信長の, 候のみにて, 候時ハまだ, 偶然も, 優待し, 兄は, 先住民族の, 入札は, 兩刀には, 兵馬は, 其家に, 冒涜とさえも, 出して, 分りも, 初会の, 別に身, 剣術は, 加之に, 勝ちたい情熱, 勿論金, 医者も, 十分その, 午後の, 南天も, 印度人は, 厳重に, 又する, 又二年前涙, 又卯女子, 又夜, 又時々, 又現に最も, 又許された, 友達なども, 口中には, 召使は, 右も, 吉川は, 同じ語彙, 同時に良人, 向こうの, 呉兵には, 哲学者じみ, 問い訊す, 嘉暦三年には, 回想が, 国内事情の, 土方部屋の, 坐り直して, 堂の, 塵芥の, 夏でも, 外出し, 夜なんぞは, 大きな藁, 大切な, 大実業家, 大旦那, 大部分, 天下統一の, 太后も, 奈良の, 女に対する, 女房も, 妙宣寺と, 始めの, 嫉妬の, 子供たちも, 学校でも, 宇治橋の, 定公, 実現した, 客観的に, 宮原さんの, 家人の, 宿将たちの, 寢卷の, 対訳本も, 尊敬も, 小太郎殿は, 小舟で, 少しく清潔, 少なくとも監視人たち, 山の, 岡邦雄氏なども, 崖の, 左右両翼の, 市木さんも, 帯だって, 平常禅林, 年子ねえさんは, 幸子の, 広海屋, 序戦まず, 庸太郎は, 弟も, 当りの, 形式万般その, 彼女とも, 彼自身至って, 後藤男の, 従者どもの, 御無理, 徳川夢声君の, 心臓も, 志賀川島の, 思ったよりも, 性急な, 息子の, 惣領娘の, 感じも, 憐れみも, 或時, 戻ろうと, 手を, 手軽に, 押入れ納戸, 捨てられた女, 接触したい, 政府の, 教授たちにも, 文学が, 斉彬公の, 新しい意味, 新生寺さんも, 旅行の, 日本人は, 早熟な, 明神池に, 昨夜も, 時々御, 時世が, 晩年の, 更にこういう, 書債も, 最近まで, 朋子は, 木の実は, 木造だった, 本や, 本業の, 村民は, 東京では, 松本の, 柔順で, 案外癒, 森本薫は, 樹も, 次兄は, 正木先生も, 武井の, 歴史的弁証法の, 殆ど話を, 殊に牡鹿山落城, 段々日数, 母親が, 気ぐらゐもひどく高く, 氣の, 永く航海, 池には, 河原町近在の, 洋学を, 流行の, 涼しさ, 渠の, 満足そうに, 演劇に, 濃霧は, 無事な, 無造作な, 煮込み屋の, 父を, 物の数ともし, 犯罪は, 獄中と, 王子様や, 現代文学の, 理科の, 生きて, 生活必需品の, 田舎で, 男って, 留吉どんと, 疑わしい点, 発行人としての, 白粉の, 益満と, 直接の, 県当局としても, 眼が, 瞳は, 知的興味を, 碁に, 祇園の, 神前結婚を以て, 秀吉が, 私など, 秋屋船長も, 穴ぐらや, 立派な, 第一みんな臨時, 答えも, 籐椅子なんか, 約三十間, 紫雲英畑だけ, 結婚から, 絵葉が, 緑いろな, 繩の, 美しい外国映画, 美男だった, 老僧, 聖人でも, 職務上種々な, 肩揚げや, 脣は, 自ら足を, 自分らが, 自身で, 船員たちは, 芥川は, 芸者遊びも, 若しそれ, 苦悶の, 荻原井泉水高浜虚子河東碧梧桐三井甲之内藤鳴雪なんぞの, 葉子と, 蔭ながら, 藤堂も, 蜂矢は, 衆臣も, 衣裳を, 裏切られたという, 西洋にも, 視線は, 言えも, 訪問も, 試驗の, 誘うよう, 読書の, 課長様が, 警官がたも, 豆腐汁, 貴女が, 賑やかで, 赤衣を, 足りなくなるよう, 身体の, 農民との, 近所住いの, 退け時に, 速記まで, 運動場の, 道庵も, 適度に, 部下を, 酔いの, 醫者も, 重武, 金子光晴氏のは, 鉄瓶にも, 長い旅路, 長平から, 間に, 降りたの, 隙間だらけだつた, 隱し, 難しいには, 零細な, 露臺を, 面白い, 頁の, 額からは, 願念寺は, 飛行船も, 食物が, 首が, 馬車の, 高等学校時代には, 鯉も, 黒服の

▼ たかと~ (7556, 0.4%)

2388 思うと 412 思ふと 236 いうと 168 思う 152 おもうと 108 いうに 96 思って 88 いえば 80 思われる 64 思えば 61 見ると 54 思ふ 53 云ふ 52 いふと 41 云うと 40 云えば, 思うが, 思われるよう 39 思った 38 申しますと 37 云うこと 32 思うほど 31 思います 29 思いますと, 思うよう 28 見るま 27 いへば 26 私は 25 思われた 23 思われるほど 22 いふに, 思はれる 20 思へば, 訊くと 19 いふこと, 云う事, 思う頃, 考えて 18 云ふと, 言えば, 訊いた 17 いいますと, 思うの, 思ったが 16 聞くと 15 思ううち, 思うま, 思ふやう, 聞いて 14 思いますが, 思う間もなく, 見えるや 13 思うころ, 見えたが 12 云ふこ, 心配し, 思われましたが, 見えましたが 11 云うに, 思われるや, 考えると, 見れば, 記憶する 10 いって, 尋ねた, 思ったの, 思はれるやう, 思われるの, 言うと, 言ふ

9 [13件] 存じます, 彼は, 思いました, 思うて, 思うばかり, 思ふほど, 思われたが, 思われます, 案じて, 申すと, 覚えて, 言うこと, 言ふと

8 みるま, 尋ねると, 思われるが, 思われる頃, 考へて, 訊ねた

7 [11件] いうのに, おっしゃるの, 問うと, 思いながら, 思うくらい, 思うや, 思つた, 思ふが, 想像される, 聞いた, 訊いて

6 [18件] いう, おもって, 云へば, 問うた, 存じて, 思いましたが, 思うその, 思うとき, 思うまもなく, 思う時分, 思ふうち, 思ふ程, 思われる程, 想像する, 見る間, 言うの, 言う事, 豹一は

5 [18件] きいて, きくと, たずねた, 今も, 仰っしゃるか, 尋ねて, 思ったくらい, 思ったほど, 思ってね, 思はれます, 思ひます, 思ふ位, 思や, 思われるほどの, 聞けば, 見えた, 記憶し, 驚くほどに

4 [38件] おもわれる, お思い, それを, なると, みえたが, みると, 一時は, 云いますと, 云うの, 云うのに, 云う点, 云って, 今でも, 問うて, 問われて, 思うのに, 思うほどの, 思うん, 思う時, 思う途端, 思う間, 思はる, 思ふの, 思われたの, 思われて, 思われるくらい, 思われるばかり, 推測する, 申しますると, 聞かれると, 聞くの, 見えた刹那, 見えました, 見るうち, 言いますと, 言うに, 訊ねると, 驚いて

3 [58件] あとで, いうので, いふ事, おもえば, きいた, ぎょっとした, それが, それも, 云う, 今に, 呼べば, 問うに, 問えば, 問ふ, 声を, 存じますが, 存ぜられます, 後悔した, 思いまして, 思いますね, 思いますよ, 思ったから, 思ったよ, 思つてゐる, 思はれる頃, 思ひますが, 思ふ樣, 思ふ途端, 思わせる, 思われました, 思われること, 思われるこの, 思われるころ, 怪しんで, 気が, 申しますに, 申すこと, 疑った, 疑はれて, 疑われる, 私の, 考えられる, 聞かれて, 自分ながら, 自分の, 良人に, 見えた時, 見えた途端, 見えて, 見えるの, 見て, 言って, 言つた, 訊いたが, 訊かれると, 訊く, 訊ねて, 詮議する

2 [140件] あたりを, いうとね, いつたやう, いつて, いひますと, いわぬばかり, おどろいた, おどろいて, おもいながら, おもう, おもうころ, おもうほど, おもわれた, おもわれるが, お問, お噂, お考え, からかわれたので, これも, その時, たずねて, たずねました, たずねましたが, なれば, ひそかに, びっくりした, みるや, みれば, やはり感慨, ハッと, 一語に, 不思議に, 二三日過ぎ, 云いました, 云うよう, 云うん, 云う問題, 云う様, 人々は, 仰しゃるのですか, 仰しゃるんですか, 余は, 僕は, 問われた時, 喜んで, 奥さんに, 妙な, 嬲れば, 存じますと, 尋ねさした, 尋ねたが, 帝は, 彼の, 彼女は, 後悔し, 心配した, 心配する, 思いましたよ, 思いやった, 思うけれど, 思うこと, 思う程, 思う間もなくたちまち, 思える, 思ったので, 思ったのに, 思ったら, 思ったらそれ, 思ったらまた, 思ったり, 思ったん, 思った刹那, 思った瞬間, 思った途端, 思っても, 思つたのだらう, 思つたのに, 思つてな, 思はれるの, 思はれるほど, 思はれる位, 思ふ中, 思ふ間もなく, 思ふ頃, 思わせた, 思わせるよう, 思わる, 思われたほど, 思われまして, 思われるだけ, 思われるばかりに, 思われるほどに, 思われるもの, 思われる位, 想われる, 想像せられる, 推する, 推察し, 教師に, 残念そうに, 気づくと, 気に, 気を, 氣が, 申すの, 申す事, 申せば, 疑って, 疑はる, 矢代は, 私に, 私には, 笑ふ, 考へられる, 耳を, 聞かれた, 聞かれたので, 聞きに, 聞きました, 聞く, 自分を, 見える, 見えると, 見えるほど, 見る中, 見る間もなく, 観念した, 解して, 言った, 言われて, 言わんばかりの, 訊くの, 許り, 詰問する, 調べて, 質問した, 近江屋の, 院は, 顔を, 驚いた

1 [1391件 抜粋] ああよかっ, あなたが, あやしむ人, いいとうなる, いい家, いうごとき点, いくら聞い, いたわるよう, いつた, いはんばかりに, いふとね, いふのに, いまさらの, いわぬばかりに, うたがって, うつらうつらする, うらやましく思いました, うろおぼえ, おきき下さいましたって, おっしゃる, おどろかれるから, おどろくばかりの, おぼえて, おもうとき, おもったのに, おもわれたのに, おもわれました, お嘆き, お尋ね申上げた, お思いなさいましょう, お松は, お源, お聞きなさらない, お訊ね, かるい恐を, かわいくお, きいたと, きいた時, きかれたら俺, ききました, きく弥, ぎよつとする, ぐいと払っ, こちらから, こっちを, これさえ, こんがらが怒れる両, さへ, しつッ, しみじみ思はれ, すぐに, すこし遑, ずいぶん心配, ずっと前, そう思う, そつと, その後では, それぎり二人は, それによって, たずねたが, たずねてな, たずねられると, たびたび考え, ちょっと思うた, どこまでも, なら他, はらりと映っ, ひとびとはさすがに同情, ふとそう思う, ほんとうに, まあ想像, また訊かれた, まだ心, みえた呉軍, みな泣き沈んだ, みる間, めづらしく思ひ, ゆうと, わざと怪しみいぶかっ, わたしが, われながら, オリヴィエから, ジーツと, トラックの, 一々尋ね廻る, 一同暗雲に, 一寸考へ, 一時改めて, 一言云ったら, 不安に, 不審に, 不思議がった, 不覚を, 世間は, 云うかも, 云うほどに, 云うんでさ, 云う側, 云う声, 云う当時, 云う次第, 云う目色, 云つたら, 云ひ, 云ふんだ, 云わぬばかりに, 云われること, 云われるの, 云わんばかりに, 人が, 人間の, 今思い出し, 今更ながら, 今更らしく, 他人事, 仰っしゃるのでございましょう, 仰天した, 仰言, 何だか馬鹿, 余に, 促すの, 信ずる, 側へ, 働きの, 先生に, 其迂闊さを, 内容と, 内部を, 初めて疑い, 力を, 匂わせながら, 半身を, 又八は, 反問した, 反省せず, 受け入れて, 叱りました, 吃驚し, 吃驚しました, 合点し, 君は, 呻き全身全霊, 唱うれば, 問いかえしたので, 問い合わせに, 問うから, 問うた時, 問う人, 問はせるであらう, 問はれれ, 問ひつめ, 問わせたの, 問われたきり, 問われるならば, 喜ばせるやう, 嘆きを, 回想し, 地を, 堀部君は, 声が, 大きな声, 大騒ぎを, 失望した, 女中に, 存じましたら胸, 安兵衛が, 安心した, 実に悔恨, 実は心配, 家来も, 尋ねお父さん, 尋ねたところが, 尋ねたり, 尋ねました, 尋ねます, 尋ねますので, 尋ねられる, 尋ねるから, 尋ねるとき, 小池は, 小言めいた, 少し冷や, 少し驚き, 屹度疑念を, 帆村が, 広場前に, 庸三も, 弦之, 当時の, 後では, 後悔する, 後手を, 心からの, 心づいて, 心の, 心付く辺以下, 心配してた, 必ず訊かれる, 思い, 思いの外, 思いふと, 思いましたら養蚕, 思いますから, 思いまする, 思いやります, 思いわるく, 思い合せいま, 思い洗い場, 思い驚いて, 思うくるり, 思うそれ, 思うたぞ, 思うたら四斗樽, 思うちね, 思うとにかく, 思うに, 思うほか, 思うより, 思うわ, 思う事, 思う人, 思う動物報恩譚, 思う名称, 思う地方, 思う川越芋, 思う心持, 思う時刻, 思う様, 思う比, 思う烈しい, 思う瞬間, 思う美しい, 思う若い, 思う道, 思う響, 思う風土記, 思えたが, 思えるし, 思える病人ら, 思ったあいだ, 思ったその, 思ったと, 思ったとたん, 思ったもの, 思ったらそう, 思ったら先ア東京, 思ったら妙, 思ったら私, 思ったら雪だらけ, 思ったカラス, 思った位, 思った玄蕃, 思った間, 思ってな, 思つたのは, 思つたほどの, 思つた位最初から, 思つても, 思つてギクリ, 思つて案じ, 思つて袂を, 思はれた, 思はれた物音, 思はれますが, 思はれるい, 思はれるばかり, 思はれるよう, 思はれる彼方, 思はれる標札屋, 思はれる程日毎, 思はれる裏, 思ひましたが, 思ひますけど, 思ひますれば, 思ひ家, 思ふから, 思ふて, 思ふとは, 思ふと共に, 思ふん, 思ふ或は, 思ふ松竹, 思ふ氣勢, 思ふ程靜, 思ふ追, 思へる, 思わず目, 思わず胸, 思わるるであろうが, 思わるる多く, 思わるる昔, 思わる絶壁, 思われすくなくとも, 思われたせつな, 思われた時分, 思われた雪, 思われぬこと, 思われるお, 思われるけれど, 思われるその, 思われるところ, 思われるのに, 思われるふし, 思われるほど華やか, 思われるみたい, 思われるブクブク, 思われる一種異様, 思われる兵隊, 思われる動揺, 思われる小暗い, 思われる山女, 思われる強情, 思われる恥, 思われる時分, 思われる様子, 思われる気配, 思われる短歌, 思われる純, 思われる見事, 思われる青年文学雑誌, 思われる頭髪, 思われ山人出現, 思ッて, 怪しく思った, 怪しまれるの, 怪しみながら, 怪ま, 恐くなった, 恐れて, 恐ろしくなった, 恐縮の, 悔い歎, 悔む事が, 悦んでは, 悲し, 悲しんだ, 惜しく思う, 想うと, 想って, 想ふ, 想われるほどに, 想像されます, 想像し得る, 意外に, 感じたから, 感ぜられる, 慚愧の, 我れ, 戸袋に, 探したが, 推察する, 推量される, 改めてズボン, 新田先生は, 早合点し, 明治者は, 昔の, 昨日来の, 暫らく唸っ, 曹操の, 李張は, 柴の, 極りわるい, 歎かわしく思った, 残る六人, 残念でならない, 殿様が, 気がついた, 気がつくと, 気づかわれも, 気味の, 泉水の, 淋しかった, 火の, 無意識に, 牛丸少年の, 生ける空, 申しますの, 申しますれば, 番頭どもが, 疑う, 疑ぐる, 疑はれる洞ろ, 疑ふことも, 疑わしめる所, 疑われて, 疑われるほど, 痛ましかった, 痛嘆する, 白い, 皆んなが, 相問う, 真白な, 眼を, 石川は, 社が, 私も, 答えたならば, 納棺前の, 総身から, 繰返し訊いた, 老先生, 考えさせられた, 考えた時, 考えましたから, 考えられるの, 考えるからさ, 考える必要, 考へさせられました, 考へる, 聞いたから, 聞いたら, 聞いたら薪屋, 聞いた時, 聞かれたこと, 聞かれたんで, 聞かれた時, 聞きましたけれど, 聞き乍ら, 聞き違, 聞くこと, 聞くやつ, 聴くと, 背の, 胸もとが, 腋の下から, 自ら思う, 自分も, 若いもの, 苦心し, 葉子は, 薄気味悪くなっ, 見えたせつな, 見えたところ, 見えた一刹那, 見えます, 見えるが, 見えるばかりに, 見える一塊, 見える司馬道場, 見える死骸, 見きり, 見ました, 見まわすと, 見るがい, 見るや, 視め, 親しくし, 解された, 言うん, 言う左様, 言う氣, 言えは, 言ったふう, 言つて寄こす, 言ひます, 言わないばかりの, 言わぬばかり, 言われても, 言わんばっかりの, 訊いたから, 訊いたので, 訊いても, 訊かれたので, 訊かれれば, 訊きただすと, 訊きますと, 訊ねたきり, 訊ねられても, 訊問された, 記憶します, 訪ねる, 詮議の, 詰問したい, 説かれて, 誰か, 諸将, 讀者は, 責めるの, 赤鬚先生たちに, 足を, 身が, 迂遠に, 追求する, 途中で, 通行人は, 部屋の, 野暮な, 鋭くきけ, 門の, 電燈の, 静葉に, 頭取を, 駈け集まって, 驚いたの, 驚かれる, 驚き呆れて, 驚ろい, 驚歎は, 鮮麗に

▼ たわけ~ (7093, 0.4%)

1481 では 765 である 575 です 500 でも 491205 だが 169 なの 113 じゃない 107 なん 93 ですが 85 であるが 80 だった, でした 74 であります 67 だね 64 であった 63 ですね 5545 か, だな 42 でしょう 3831 だから 30 じゃねえ 25 じゃア, だろう 24 じゃ, じゃありません, ですから, になる 23 であつ, でございます 2120 ですか, ですよ 19 だと, だよ, のもの 18 でご 17 だか 16 でありますが 15 じゃあるまい 14 だったが 13 でこの, ですな 12 じゃなし, であるから, でござる, は 11 がある, でないから, でもなかつた 10 かその, じゃございません, だつた, であらう 9 であったが, でありました, でございまする, でない, なので, よ

8 [11件] かこの, か私, がわかった, じゃある, であろうか, でございますが, でせう, でその, でそれ, なのね, もわかる

7 がわかりました, じゃなかった, だったの, であろう, でして, はその, を話し

6 だろうか, でこれ, でしたが, でしょうか, で私, なのよ

5 じゃあない, じゃあねえ, じゃないでしょう, じゃ無い, じや, でございました, で御座います

4 [18件] かそこ, か彼, がこれ, がよく, じゃが, じゃな, じゃなかろう, であるか, でお, でさ, でないこと, なんで, はこれ, はそれ, はない, もこれ, を聞い, を説明

3 [25件] かい, かこれ, かね, か急, か涙, がわかる, じゃありますまい, じゃござん, じゃなく, だけど, だし, だったん, だの, だらう, だろうが, であって, でいわば, でなくただ, ではござりませぬ, でまた, で従って, のわからない, はこの, は他, もよく

2 [70件] かこのごろ, かたま, かと思っ, かな, か二人, か二階, か今, か僕, か全く, か妙, か釣れ, か魚, が分らなくなる, じゃあありますまい, じゃあありません, じゃあございません, じゃござんすまい, じゃないです, だけれど, だけれども, だつたが, だろうと, だわ, であの, であること, であるその, であると, でこんな, でござるが, でさすが, でしたから, でしてな, でしょうね, ですえ, ですかねえ, ですし, ですもの, ですわ, でつまり, でないが, でなかった, でなくいよ, でなくその, でぼく, でまことに, でもう, で之, で今, で全く, で敵, で日本, で死刑, で私たち, で科学, で興味, なのに, ねえ, の一つ, はあの, はいま, はただ, は何, は彼, は私, は近頃, は金属球, もある, を手短, を話した, を話しました

1 [709件 抜粋] え侍, かあたり, かあんなに, かいそい, かうす, かえ, かおそろしい, かかたり, かきょう, かこいつ, かこんなに, かさっき八木君, かしくしく, かしばらく, かすこしも, かそのまま, かそり, かそんな, かだいぶ, かてつ, かということ, かとしきりに, かと不思議そう, かと云, かと問われるだろう, かと聞きました, かなかなか, かなと初めて, かのぼせた, かばか, かびく, かふと, かぶつぶつ, かへん, かぽつんと, かまっ白, かまるで, かもう, かや, かやたら, からで, かわからない, かイギリス人, かグズグズ, かハルク, かヘビ, かポオ助教授, かヨシ子ちゃん, かヴェリチャーニノフ, か一向に, か一度, か上, か中途, か二, か今度, か今日, か住込み, か其の, か初めて, か別人, か卒業, か博士, か唇, か喜助, か夜中二階, か大いに, か嫂, か子, か学芸会, か室内, か家, か小浜兵曹長, か少し, か山, か干潮時間, か店, か御, か恋愛, か操縦室, か旅客機, か明智, か昨日, か時々, か木曾少年, か柳秋雲, か棒, か機体, か機関銃, か殿軍, か民衆, か洋先生, か湖水, か無責任, か爆撃, か片, か男賊, か白人, か皮膚, か眼, か知りたい, か立枯れ, か第, か翌日, か老, か胸, か自分, か花籠, か西洋人夫婦, か誰, か邸, か金博士, か門, か音, か頭, か魏, か鳥, が, があります, があるだろう, がいよいよはっきり, がうがつた, がそれで, がそろっ, がどうやら, がはっきり, がまざまざ, がやっと少し, がよ, がわからなくなる, がわからん, がわかるであろう, が分った, が分らなかった, が分りました, が分ります, が判, が判らなかつた, が始めて, が急, が解, が違っ, が首, さそれ, さ面白く, ざっとこんな, しり苦労, じゃあありますめえ, じゃあある, じゃあねえ今, じゃあるめえし, じゃから, じゃがこれ, じゃが思う, じゃご, じゃないだろう, じゃなくっ, じゃの, じゃよ, じゃ無いです, じア, それからウードレー紳士, だえ, だからね, だがね, だけを了解, だそう, だそれ, だったかも, だったと, だつたな, だつたの, だつたのさ, だという, だなと, だらうか, だらうその, だろうし, だろうね, だん, だネ, だ儀八, だ時に, だ此處, だ私, であっし, であつし, でありあなた, でありしたがって, でありすくなくとも, でありそういう, でありその, でありましょう, でありますけれど, でありまする, でありまするが, でありませんけ, でありまた, であり一連, であり兵馬, であるあの, であるこの, であるという, であるとも, であるなどと, であるの, であろうが, であんな, でいまさら, でいろいろ, でか, でかれの, でがんりき, でここら, でことさら, でこれら, でこれ以上解き方, でこんど, でございましょうけれど, でございますそう, でございます親分, でございませう, でござった, でござんすいったい, でさて, でしかし, でしかも, でしたの, でしょうが, でしょうそんな, でしょうナ, でしょう私, ですお蔭, ですかね, ですからね, ですけど, ですこういう, ですしね, ですその, ですぞ, ですでも, ですどう, ですなわち, ですねえ, ですのね, ですもう, ですリザベタさん, です昭和十四年十月十四日, でずいぶん, でそれだけ, でそれで, でそれに, でそんな, でただ, でだから, でどうか, でどうも, でどうやら, でどっち, でないからと, でないけれども, でないので, でないのに, でない彼, でない旨, でない証拠, でなかつた, でなく, でなくいわば, でなくこの, でなくそう, でなくたいてい, でなくどこ, でなくやっぱり, でなくドコ, でなく丑刻, でなく亡くなった内儀さん, でなく亡くなつた内儀さん, でなく他, でなく半, でなく同役, でなく唯, でなく城介, でなく此, でなく私, でなく造り酒屋, でなん, でなんとも, でね, ではい, ではござりませな, ではたち, でへとへと, でべつに, でまったく, でもござりますまい, でもちろん, でもねえ, でやがて, でグウテンベルグ, でジャーナリズム, でビルマ, でロンドン, でヴェリチャーニノフ, で一門, で下品, で事件, で二階, で人相, で休み, で何, で何処, で何百何十分, で併, で僕達, で先達, で六地蔵, で別に, で可, で吉原, で君, で喬木のぶ, で囚人, で外, で多分, で大勢, で女, で始めて, で学者, で実にどうも, で家, で山門三千, で帰雁, で幽霊船, で幾代, で廿代, で当時, で彼, で御座, で怖, で急, で恐らく, で我, で教祖, で文字, で日支事変中, で旦那樣御夫婦, で最前, で最近, で条件, で無いに, で燃, で甚だ, で生前, で當時參加, で發掘, で相続税金, で禁止, で竹松, で等しく, で経済上, で結局あなた, で緑, で罹災者, で茂兵衛, で茂助, で試楽, で誰それ, で貴公, で過去帳, で道ばたなぞ, で階段, で顎, で風貌, というの, とおっしゃる, と云うべき, と思う, と罵られ, などではありませぬ, などとやかましく, なら静子さん, なり, なんでさ, にご, にてなにとぞ, になった, になつ, になり, になります, に気がつきました, に違, のこと, のものぢ, のもん, の外出, の座長, の有り, の見本, の青, はありますまい, はいくらか, はかうだ, はきかない, はけれども, はこないだ, はご, はすべて僕, はそこ, はどうも, はどんな, はないでしょう, はね, はね珍しく, はぼく, はもう, はもちろん, はよっぽどたって, はウヂ, はキタナイ, はクリストフ, はヌリノミ, はペガッサス, は世の中, は中坪, は二年, は今日, は会衆, は佐々, は単に, は原文, は合点, は君, は地球, は夜, は女, は実によく, は怖, は持久戦, は母, は清洲, は父上, は知っ, は自分, は親分, は解るでせう, は課長さん, は貴女, は鼠, へだて, もありません, もお, もこ, もそこ, もそれで, も一, も伸子, も判っ, も明らか, も柳生流, も無い, も目的地, も話そう, も説明, やおま, やが, やらう, や日本, よあなた, よの, らしい, をいう, をお, をお話し, をそっくり, をそれ, を主婦, を別, を告げ, を外, を家中, を思い出した, を明白, を曖昧, を父, を申す, を知っ, を知った, を突, を考え, を考える, を聴い, を色々, を訊い, を訊ねました, を話し出す, を誌, を語った, を述べた, を述べる, 見當

▼ た~ (6984, 0.4%)

510 がある 225 があった 113 はない 64 があります, がない 63 もある 62 もあった 57 である 55 では 54 はなかっ, は一人 49 のよう, は誰 40 があつ 3837 でも 34 です 33 があっ, もない 32 はその 30 でなければ, はありません 29 であった, は 23 がありました, だと 20 が一人 19 の中 18 がなかっ, ですが 17 がいた, はなかつた, は皆 16 のある, はいない, は無い 15 がいる, が多い, でご, の一人, もなく 14 が, がその, だから, だが, でございます, もあつ, も多かっ 13 が無い, と見え, もあり, もなかっ 12 が二人, が多かっ, だった, のやう, もありません 11 が多く, じゃ, で, であるが, は必ず 10 ですから, の方, の話, はそれ, もいる

9 [11件] がこの, であります, であるから, なの, に相違, のうち, はこの, はだれ, はほとんど, も少なく, を見る

8 [16件] があるだろう, があれ, があろう, がそれ, でございますが, でござる, でないと, の名, の眼, はお, はなく, はみな, は何, は幾人, もありました, もいた

7 [20件] か, があり, が幾人, が自分, であって, と見える, なので, ならば, の仕業, の口, の顔, はある, はあるまい, はございません, はひとり, はまだ, は他, は決して, は自分, もあろう

6 [19件] があったら, がここ, がございます, が三人, が急, さえあった, さえある, だという, であると, といえ, のなか, の如く, の間, はおそらく, はねえ, はみんな, は私, ばかりだ, もあります

5 [31件] がまた, が今日, が勝ち, が居る, が手, が有る, が説明, であること, でござるが, にご, にその, にとつて, のこと, のない, の大和, の姿, の子孫, の心, の手, の様, の言, はどんな, は今, は併, は彼, は無かっ, もあっ, もあれ, も多い, も多く, も尠

4 [37件] がありません, があるらしい, がなかつた, がよく, が今, が尠, が彼, が私, が誰, じゃない, だし, であったが, であろうか, となっ, には, に限る, のあった, の上, の前, の数, はこれぞ, はどう, はもう, は何人, は勿論, は大抵, は年, は恐らく, は殆, は無, は爾, もあらう, もあるまい, もそれ, も少く, も無い, をどこ

3 [105件] あり, があったなら, があったろう, がありませんでした, があるだらう, があるなら, があるらしく, がいった, がいつ, がいない, がこれ, がどれ, がなく, がみんな, が出, が大, が少なく, が有っ, が此, が皆, じゃア, すらない, であ, であっても, であらう, である事, であろう, でそれ, でない事, でなくては, で何, という, となる, なれば, に, にお, にちがい, になっ, には必ず, には望み次第, に違い, の, のする, の声, の外, の妻, の娘, の指, の注意, の無い, の目, の言葉, はあった, はあまり, はありませんでした, はいずれ, はいつ, はいなかった, はおりません, はかつて, はきっと, はここ, はこれ, はすぐ, はただ, はたちまち, はどこ, はほか, はまた, はもちろん, はやはり, はよく, は一つ, は一生, は伝六, は余人, は多い, は多分, は家中, は容易, は居ない, は当然, は彼女, は御, は手, は早く, は死, は男, は直ぐ, は直ちに, は誰一人, は遠く, ばかりで, ばかりであった, ばかりである, もすくなく, もなけれ, も出た, も多, も大分, も幾人, らしい, をお, をこの, を見た

2 [326件] ありて, あると, があったでしょう, がありまし, があるでしょう, がい, がいくら, がいるだろう, がうしろ, がご, がすくなく, がすでに, がそつ, がそんな, がたくさん, がどんな, がなき, がなけりゃ, がねえ, がほか, がまだ, がもう, がやはり, がようやく, が一度, が一番, が三四人, が不意, が乗っ, が二三人, が二十歳, が今度, が他, が何で, が何人, が俄, が入, が入っ, が出る, が勝者, が叟, が同じ, が同時に, が君主, が喋る, が四五人, が四人, が声, が大勢, が女, が害, が家, が少く, が帰っ, が平凡, が平和, が幾ら, が後, が後に, が悪い, が意外, が捕縛, が敵, が既に, が有, が横たわっ, が次, が此レール, が気がつい, が沢山, が測らず, が無かっ, が突然, が続出, が自ら, が見ます, が負け, さえもあった, じゃが, だけれど, だそう, だとは, だらう, だ此, であるといふ, であるにも, である故, であろうと, でお, でこれ, でございまして, でございますから, でごぜ, でさえ, ですと, ですよ, でその, でなくちゃ, でもあった, で今, で其の, で御座いますが, で男一, で私, とあれ, というもの, といっ, とお, とのこと, と一見, と殺された, と知り, と締めた, なら, ならだれ, なら誰, においてその, にこの, にし, にすぎない, にそれ, にとってはその, になる, にはこの, にはどうしても, には冷遇, には極刑, には褒美, には誰, にも似合わぬ, にエナコ, に不意, に代っ, に同情, に向かっ, に向っ, に對, に逢う, に違, のうめき, のそれ, のため, のひとり, のほう, のほか, のほとんど, の例, の側, の其の, の半数, の喜び, の多く, の女, の子, の子供, の家, の家族, の屍体, の常, の心情, の悲しみ, の感じ, の持つ, の最後, の末, の様子, の歩む, の死体, の死骸, の気持ち, の求める, の経験, の義務, の胸, の行動, の記念, の誓, の誰, の責任, の身, の身体, の運命, の靈, の頭, の魂, はありませぬ, はあッ, はいかに, はいかにも, はいくら, はかえって, はかならず, はかなり, はかの, はござりませぬ, はそういう, はそれだけ, はただに, はたとい, はたとえ, はなあんだ, はないだらう, はまぎれ, はまたたき, はまったく, はみなこれ, はもう二度と, はもと, は一々, は一個, は三人, は上方, は主, は予め, は二, は二三人, は人, は仕方, は体, は何とも, は何者, は僅か, は全く, は出, は別に, は到底, は半数, は卒直, は又, は君, は唯, は多く, は大地, は天下, は奴隷, は寄手, は少い, は少し, は少ない, は少なかっ, は尚, は尠, は帰っ, は幸福, は彼等, は悉く, は成女戒, は我, は更に, は最初, は朝, は村, は次, は死ぬ, は死刑, は殺人罪, は江戸, は沢山, は浪人, は無事, は無数, は甚だ, は男性, は町内, は病気, は皆文壇的, は秀吉, は約, は運, は重い, は頑鉄, は驚い, ばかり, ばかりだった, ばかりです, ばかり一番, も, もあ, もあったであろう, もありませんでした, もいま, もおり, もおりません, もこれ, もございます, もその, もたくさん, もひとり, もみな, もみんな, もゐた, も一人, も亦, も入, も共に, も同様, も在った, も多かろ, も有り, も決して, も沢山, も皆, も絶無, も聞いた, も若き, も負けた, わずかに, を, をいふ, をただ, をついに, をもう, を一人, を再び, を叱する, を慰むる, を捜す, を見, を見ない, を見れ, を詮議, を連れ, を雇う, 又は或, 少なからず, 殊に手足

1 [2839件 抜粋] あったに, ありとは, おひやかし, かと一部, かもしれません, からみる, から定夫, から眠り, から見る, か先刻, か職業的, があったら渡し, がありうる, がいかに, がいなくなる, がおじ恐れた, がおりませぬ, がけち, がございまし, がすぐれ, がそこ, がたった, がどうして, がひょいと, がまかり出で, がみな出動, がゆすり起こされ, がアッ, が一人前, が一盃, が七百目, が上席, が中尉, が二十人, が五名, が人類, が仏, が仲, が何十人, が信長, が先, が八百人以上, が冬, が利害, が十一人, が半分, が友人, が只今, が咬まれる, が在る, が外, が夥しい, が妻, が寄ってた, が尼, が山海, が帰る, が弦, が彼方此方, が必定, が悪, が戻っ, が指紋, が敗け, が新宿, が明日, が曹操, が有りまし, が枕付, が極刑, が死後, が気, が活版所, が滅ん, が無数, が現れました, が田圃, が発見, が眼, が祖五郎, が精神病者, が罰, が臥し, が草鞋, が血判, が見えなくなった, が親達, が足, が退職金二百万円はさ, が選び出され, が間際, が電話, が飛込んだ, が驟, こそかの, こそ始め, こそ拙者, この緒, さえありません, さえ殆, じゃその, じゃな, すらある, そうした死体, たたかれた者, だけが休む, だけが生き残る, だけにま, だけはなよなよ, だぞ, だって唯一人, だね, だろうまさか, だ尊門, だ決して, であったけれど, であったの, でありたがって, であり凡庸, であるかも, であるので, である早く, でいくばく, でこれから, でござる但し, でしょうな, です詳しく, でない者, でぬけ, でも運ぶ, で之, で先年体, で十人, で同門, で夫, で少々, で御座る, で日露戦争後, で気, で無い事, で硯友社, で茶の湯, で韋康, という難, とお告げ, とがあっ, とさらに, としてできるだけ, としてはむしろ, として一度手紙, として嫌われた, として民族的, として賤, とせん, とつきあっ, とて斬り棄て, との二つ, との間, とはちがう, とは別人, とは思えませんでした, とも思はれなかつた, とわかった, と二つ, と他, と判別, と大差, と師直方, と悪人帳, と生, と等しく, と見ざる, と解釈, と話, と髪, なきに, なぞは深夜, などがわずか, などが続出, などの知つて, などほとんど, など貧血的, ならまだ, なら浴衣, なんか楽屋, にいった, にきまっ, にしろ, にたあい, にとってはおかみ, にとっては死, にとって日曜日, になるでしょう, にはさ, にはとても, にはわたくし, には一匹一円, には五百貫, には十万フラン, には宝蔵院漬け, には後, には感じ, には気, には生姜湯, には知らぬ, には脇差, には解雇, には銀五十貫, にふたたび, にも愛, によって活動, に一人一人, に与え, に交わり, に伝票, に共通, に利, に反感, に向, に大事, に宮古, に対しては別, に対する口ぶり, に対する義務, に復讐的, に敬意, に此絵, に注意, に生ぜし, に知らず, に聞いた, に負けた, に逢え, に限らず, のあらゆる, のいちじるしい, のこうごうし, のす, のはなし, のみが七八名, のみが捨身, のみでした, のよく, の不幸, の主観的, の仕業ぢ, の何しろ, の内部, の制止, の即死体, の呼び寄せられる, の四尺上, の夕食, の子分, の尸, の平安, の後, の微吟, の恐らく, の感じる, の懐中, の承諾, の最初, の来年, の死屍, の浪人, の為事, の父親, の痺れた, の知らせ, の美, の背筋, の臆病, の虚無, の視力, の詭弁, の誤解, の資格, の身許, の醜い, の霊, の風, の驕慢さ, はあの, はあろう, はいかさま, はいろんな, はおどろく, はお前, はがんりき, はこれなん大円房, はござらぬ, はさては, はすなわち, はすられた, はその間, はそんな, はたった, はともかく, はどんなに, はなるほど, はひとり不如帰, はまあ, はまっすぐ, はみな名うて, はみんなそれ, はみんな窒息, はようやく, はアイヌ, はギリシア, はドレゴ, はベルジューム, はレムブラント, は一体, は一度, は一番, は一躍名, は下, は世, は九郎兵衛, は云い触らした, は亡びなけれ, は今更, は伊兵衛, は何進, は借りる, は先ず, は入営, は其処, は出所, は利口, は勇者, は十九人, は即ち, は取得, は只, は各, は名乗る, は四谷伝馬町, は地獄, は声, は夜目, は大抵そのまま, は奇妙, は妾一人, は宋代, は実体, は家老, は實, は小判, は少なく, は岡部伝八郎, は常に, は年々, は弾正様, は往来, は御座いません, は必ず終に, は思はず, は悪者, は懲役, は手討, は掻き上らう, は数, は新しい, は日本廣, は暁天, は未婚者, は松山, は梢, は正成, は死に, は母, は江戸方, は洩れなく訪ね, は清川一人, は無かったろう, は物, は班長, は生徒, は町役人, は発見, は皆不幸, は皆無, は直感, は矢, は磔, は秀でた, は穢, は紅, は組, は総計七千七百七十七人, は耶馬台, は自, は自己, は茶客, は蒼く, は血だらけ, は見る, は誤り, は豪族, は贖罪, は跡, は農, は過去, は鉛筆, は閹人, は静御前, は饑渇, は駅売り, は黒田官兵衛, ばかりの家, へどなった, への福音, へも女, へ渡される, ほどいいかえれ, またはその, までいや, までが起き, まで立っ, もあるだらう, もいくら, もおりまする, もご, もしあわせ, もそう, もできた, もまじっ, もゐました, も三人, も二番, も何十人, も全然, も口, も四, も太子, も将軍, も居ただろう, も強力, も怨ん, も所在, も最後, も機, も注意, も田沼, も相当, も聴いた, も誰ひとり, も追い越された, も魔法使, やその, やら樽, や変, や或いは, や爪立ち, よりしんじつ, よりも下, より隊列, らしく取扱って, をう, をこんな, をちらっと, をまるで, をも驚かした, をダアワ, を一度, を介抱, を使い, を入れ, を出す, を味方, を報復, を已に, を得た, を憎む, を拒む, を捜し, を探した, を教育, を時々, を殪, を滅ぼし, を犬死, を當初, を知る, を縦し, を至急, を見つけたら, を見立て, を誰, を追放, を食, 出ろつち氣, 及び其書き物, 少しく服, 必ずしも皆勇士, 故可笑しい, 然るに漸, 等しく断罪

▼ たそう~ (6961, 0.4%)

1333 です 1058 である 855415 ですが 400 だが 242197145 でございます 129 ですね 128 ですよ 115 であるが 66 だね 58 であります, ですから 57 じゃない 52 だから, だな 50 だよ 31 でその 27 でご 26 にし 24 でございますが, では 23 だし 22 じゃ 21 して, な顔, にご 20 だった 19 じゃが 18 であった, でそれ 17 でした 15 ですがね 13 であるから, ですな, な様子 12 だけれど, でありますが, で御座います 11 であったが, でお, ですからね, よ 10 でこれ, ですけれど, で私 9 だがね, でございますよ, ですの 8 じゃありません, すると, だの, でございますね, ですけれども 7 でこの, でしたが, でね, なの, にする 6 だけれども, だぜ, ですし, でまことに, にした, に唇 5 で御座いますが, なが, に, に厶, に見えた

4 [18件] じゃな, じゃないです, だからね, だと, であの, でございますから, でしたね, ですけど, ですけどね, ですぞ, でまた, で実に, なので, なん, にもじもじ, に口, に腰, 言って

3 [14件] だけど, だなどと, であるし, でございますな, でござる, ですわ, でその後, で何, で厶, で子供, な声, な表情, に笑っ, や

2 [74件] いえば, じゃから, じゃございませんか, じゃねえか, じゃの, じや, だけれ, だしかし, だす, だったが, だで, だという, だなど, だねえ, だのに, だろう, だ始終, であと, であると, でいつ, でいつも, でいろいろ, でがす, でございまして, でさ, でしょう, ですお母さん, ですそれ, ですってね, ですねえ, ですねと, ですのよ, ですネ, でそう, でそうして, でそこ, でつい, でとうとう, でどうも, でまだ, でもう, でやす, でやっぱり, で二階, で今, で何より, で勿論, で又, で土地, で外国, で彼女, で指, で早速, で本当に, で母, で父, で結構, で随分, で顔, なくては, なそれ, なのう, な口付, な容子, な顔付, にいう, にお, にござる, にまた, に空, に肩, やな, 云えば, 思って

1 [630件 抜粋] いいましたね, いい張って, いっても, かそう, かとおれ, かと存じました, かの, か男, ごん, さっぱりおいでなすっていただいてみますてえと, しなければ, しまする, し敵, じゃあありません, じゃがの, じゃが歌枕, じゃってのう, じゃなあ, じゃ竜女, すること, する必要, すれば, だからねえ, だこの間, だこれ, だそう, だその, だそれ, だぞ, だったの, だった娘, だつた, だとか, だなどという, だなんて, だなんと, だへび, だまずい, だみんな, だもの, だろうと, だわ, だわね, だッ, だテ, だハハハハ, だミマツ曲馬団, だ主人, だ位, だ少し, だ尤も, だ折々, だ某, だ漢文, だ生き身, だ白峰, だ私, だ約, だ親父, だ謀叛, であって, であなた, であやまって, であらん限り, でありがとう, でありました, でありまして, であり兵器弾薬, であるその後, であるそれから, である事, である新居, である現に, である若君, であれ, でいざ, でいったい, でいつか田舎, でいま, でいらしたこと, でいわば, でおっかさん, でおまけ, でおもしろかっ, でお嬢さん, でお母様, でかの, でげす, でここ, でございました, でございましたわね, でございますお, でございますがね, でございますそして, でございますその, でございますところが, でございますとても, でございますなあ, でございますのに, でござる一見, でござんす, でごらん, でさかん, でさし当り白, でさぞ, でしたから, でして, でしてね, ですからと, ですがな, ですけ, ですけれどもね, ですぜ, ですそして, ですただ, ですっかり, ですって, ですでに, ですという, ですねって, ですので, ですまた, ですもの, ですヘッドライト, です上意, です僕, です呵々, です席, です服装一切会社, です玖珂, でそいつ, でそうした, でそのうえ, でそれから, でそれでは, でそれでも, でそれなら, でた, でただ, でただ今, でたった今, でだからこうして, でって, ででかでか, でところが, でどう, でどうか, でどんな, でな, でなくてさえ, でなければ, でなし, でなん, でなんだか, でなんと, でなんとも, でのう, ではござりませぬか, でぼんやり, でまあ, でまア, でみんなぐしょぐしょ, でもう少し, でもちろん, でやすね, でやはり, でよく, でよほど, でわし, でんな, でアイボリー, でカヨさん, でジミ, でスッカリ, でステキ, でストーブのれん瓦, でバクハツ, でブロークン, でヘルマン先生なりふり, で一匹, で一巻, で一方, で三十年来, で三輪, で上って, で下, で与茂四郎, で両, で主知派, で事実, で二十年前, で今一手, で今回節句, で仕方, で代, で何時, で使い, で傷, で僕, で兎, で其の, で再版, で切って, で刈田, で十句, で十四歳, で去年, で友達, で古家, で可哀そう, で同じ, で味の素, で外, で外伝, で大, で大井川, で大変, で大変親切, で奉公人, で姙娠, で婆さん, で字, で安静, で実は, で実際, で宵, で家臣, で小, で少将さん, で左様, で常住土蔵, で常陸屋, で年, で廊下, で弁当箱, で弱ったこと, で当, で彼, で後で, で従って, で御, で御座いました, で御座いまして, で御座いますよ, で御座るが, で恐れ入りました, で恐ろしい, で悪人, で成人, で手當, で手習い, で改めて, で敵将, で斜, で新聞, で日常, で旦那様, で早瀬, で明治, で昔, で時節柄, で時間中, で暗, で暗夜, で本人, で本当に何より, で本邸, で村民, で東洋銀行, で栄子, で栄子さん, で株屋, で森林, で楠, で歳月, で毎年六月十五日, で毎度, で民子, で江戸, で深切, で源次郎氏, で火鉢, で然し, で現に, で生, で男っぷり, で男の子, で畳, で痩せた身体, で皆元気, で盗られた金, で眠って, で私たち, で私秋川駿三, で穂吉, で立派, で細引, で維新後, で綾子様, で老いてからも, で老人, で自然生活, で舌, で舟木, で船岡, で船長, で色事, で苦しまぎれ, で苦力, で茶代, で蘿月, で襖, で西野博士, で見かけ以上, で誰, で諸井さん, で趣味, で跛足, で迷惑, で追放後, で道化, で部屋, で関寺小町, で面目次第, で面紗, で首, で馬鹿, で鮪, で黴, とねえ, とも, ともそうとも, とよりしか考えません, と存じました, と思いたちました, なあんばい, ないくら, ながな, ながね, なくちゃあ, なご, なす, なすれば, なせめて, なその, なときいた, なところ, なところが, なとは思った, などれご馳走, なふう, なほんとに, なもの, なよう, なり, なりゃアお互い相棒, なると, なる眼, なわけ, なナア, な一本松, な事, な人, な何, な口ぶり, な口吻, な唇, な城太郎, な太郎, な女, な姿, な弟, な憎まれ男, な手, な手つき, な気, な水, な物腰, な白い, な眸, な眼つき, な眼付き, な眼色, な精力的, な素, な素振り, な緊張, な自分, な視線, な話, な責任, な鉄鎚, な長持, な靴, な顔つき, にあたり, にいっ, にうっとり, にうつむいた, にぐずぐず, にございます, にさり気, にしました, にしょんぼり, にすり寄っ, にたしなめる, にちらり, につかつか, にどかどか, になる, にもなかっ, にも見えなかった, にも見える, にアクビ, にギョロギョロ, にニヤリ, にハンケチ, にポンポン, に下塗, に云う, に云った, に体, に呟いた, に四つンばい, に封, に少し, に左, に師直, に店番, に式部, に微笑, に思い思い, に思われた, に懐中, に我, に手, に手探り, に挿頭, に暫くもじもじ, に月光, に桔梗様, に此方, に武蔵, に火箸, に灰色, に田代, に甲斐, に畳んだ, に目, に眺め, に素子, に細め, に聞きました, に聞く, に背, に胸, に自分, に蓑, に薄笑い, に袖, に見え, に見える, に見つめた, に親達, に言う, に話しかけない, に説明, に赤い, に連れ, に露八, に頂上, に頽然, に顰めた, に首, に黒須, も云えます, も仰言ってる, やさかい, やし, やのん, よそれでも, よ唐松, らあれを, イェルザレムは, ダイスか, ナが, 云ういろ, 云う性格, 云う手前, 云う訳, 云って, 仰言ってるん, 彼は, 思うと, 思えば, 感激の, 気がついて, 注いじゃ, 言うの, 質問を

▼ たその~ (6313, 0.4%)

87 時の 54 日の 49 人の 44 男は 41 頃の 37 日から 36 人は 29 顔は 28 日に, 男の 27 時に 24 時から 23 ときの, 人が 20 女の 19 夜の, 時は 18 ことが, ために 17 上に, 年の 16 ような, 家の 15 ころの, 声が 14 足で, 顔が, 顔を 13 男が 12 晩の, 男を 10 土地の, 女が, 女は, 手を, 時代の, 言葉が

9 [12件] あとで, 声は, 姿を, 子は, 家は, 当時の, 時には, 眼は, 瞬間に, 言葉の, 言葉を, 途端に

8 [13件] 中で, 中に, 人に, 人を, 夜は, 姿は, 子が, 子の, 晩に, 最初の, 目が, 自分の, 部屋の

7 [13件] うちに, ことを, 場の, 姿が, 山の, 手が, 手は, 折の, 目の, 眼が, 言葉は, 顔には, 顔の

6 [12件] 中の, 二つの, 声の, 娘が, 家を, 日その, 晩から, 男に, 眼の, 若者は, 道の, 顔に

5 [28件] ときに, 一つの, 上で, 中には, 人である, 先は, 場で, 声に, 姿に, 娘は, 子供の, 家に, 建物の, 態度は, 手の, 拍子に, 日は, 時私は, 村の, 眼に, 瞬間から, 瞬間の, 結果が, 結果は, 老人の, 老人は, 者の, 花の

4 [53件] あとの, きれいな, たびに, とき, ひとの, ま, ままで, ソモソモの, 上へ, 下で, 下に, 中から, 中を, 主人は, 事実を, 人も, 人物が, 刹那, 刹那に, 国の, 地方の, 声を, 夜に, 夢の, 夫人の, 子供は, 室の, 少女の, 心の, 怪物の, 手に, 日, 時, 時にも, 時分の, 最後の, 月の, 様子を, 次の, 為に, 男も, 町の, 目に, 美しさ, 翌年の, 翌朝の, 胸の, 船は, 若侍, 頃あやまち, 頃は, 髪の, 鼻の

3 [103件] あげくに, あとに, うちの, おかげで, ことの, ことは, そばに, ときから, ときは, とたんです, ように, ハガキを, 一つは, 一人の, 上の, 下から, 中へ, 事が, 事の, 二人の, 人と, 人影は, 人間の, 伝六が, 光の, 出会いが, 前後の, 口が, 問題を, 場所から, 場所で, 場所に, 場所へ, 夜から, 夜も, 女と, 姿の, 娘さんは, 室は, 家も, 店の, 当時は, 後姿が, 心を, 意味に, 手で, 手紙の, 方を, 日が, 日も, 時である, 時分に, 時分は, 時刻に, 晩は, 本は, 様子が, 様子は, 歌は, 歌を, 海の, 火星人は, 物音を, 理由を, 生活を, 男である, 當時の, 皿を, 目は, 直後に, 眼には, 石の, 秋の, 紙を, 結果として, 美しい顔, 翌日から, 腕は, 葉が, 葉の, 言葉に, 記憶が, 話は, 調子が, 足を, 踊り子は, 身の, 辺の, 辺は, 返事が, 運命を, 部屋に, 部屋は, 金が, 金で, 門を, 隙に, 隙を, 頃に, 頭が, 頭を, 顔, 顔へ

2 [322件] あくる日の, あたりの, あたりを, あとは, あとへ, うしろの, うちでも, うれしさ, おりおりの, お声, お嬢さま, お顔, くせどこか, くせに, ことすらも, ことと, ことに, ことについて, ことばに, すがた, すきに, せいであろう, そもそもの, とき私が, とき突然, ところに, とたん, なかで, ひとが, ほかにも, ままを, やうに, わかもの, わけは, サナトリウムの, ドアの, ベンチの, ボール函の, レンコオトを, 一つ, 一つに, 一人は, 一団の, 一章を, 一言が, 一言を, 一語を, 下には, 不安が, 両眼, 中でも, 事に, 事は, 事を, 二本の, 二階の, 五重の塔を, 人, 人たちの, 人で, 人間が, 人間を, 代り, 代りに, 令嬢に, 以前の, 伯母さんが, 位置である, 何かは, 作品を, 作家が, 使者が, 価格が, 偉大な, 僕の, 兄の, 先の, 光が, 光を, 光景は, 光景を, 内容に, 刹那ある, 刹那の, 前の, 力で, 力に, 力の, 勇気と, 医院の, 口を, 名刺を, 唇を, 唯一の, 噂は, 囚徒は, 土地を, 土蔵の, 地点に, 場所は, 場所も, 場限りの, 夜, 夢は, 大學生, 奔入, 女に, 娘の, 婦人は, 子を, 子供が, 実が, 実験の, 客は, 室に, 家から, 家庭は, 宿の, 宿へ, 富豪の, 寝入りばなを, 小村の, 小説の, 島の, 巨き, 巨きい顔の, 帰り途に, 年から, 幹の, 広間の, 店には, 廊下の, 弟と, 当座は, 御像, 心には, 心持に, 心持を, 快感に, 急坂を, 恐ろしい問い, 情景の, 意味, 感じを, 態度の, 扉に, 手紙を, 持主の, 指で, 支部長が, 故も, 敵の, 新聞を, 新調の, 方が, 方の, 方向を, 方角の, 旅の, 日には, 日まで, 日以後も, 日曜が, 日眼鏡が, 日私たちは, 昔の, 時々の, 時だ, 時だった, 時であった, 時も, 時よりも, 時を, 時代である, 時代に, 時代を, 時作った, 時初めて, 時急に, 時計を, 晩には, 晩も, 書翰の, 書面を, 最初から, 有様が, 朝で, 朝の, 本人が, 机の, 村を, 枝を, 桜の, 梢の, 様子に, 様式, 横顔は, 樹の, 橋の, 橋までに, 次には, 次第は, 死人の, 残りの, 母の, 母親らしい, 気味の, 気持, 気持が, 気持を, 水の, 汁に, 海べの, 灯が, 点から, 父に, 特殊な, 犬の, 玄関の, 王冠の, 理由は, 生涯の, 田の, 男, 男こそは, 痛さ, 白いかすか, 白い顔, 白粉の, 皮膚は, 相手の, 眸に, 眼を, 着物を, 瞬間, 瞬間であった, 瞬間自分たちの, 矢を, 碧潭, 神主の, 神田の, 種の, 穴の, 空家の, 窓から, 窓の, 笑いは, 笑いを, 第一回, 第一日, 箱の, 節は, 簡単な, 約束が, 紙包を, 細君と, 細君らしい, 結婚の, 結果を, 結果必然的に, 絶望の, 絶望を, 線の, 翌る, 翌年に, 翌日だった, 翌日の, 翌日また, 翌日も, 耳まで, 肉体は, 肩の, 肩も, 腕に, 自分が, 舌の, 舟の, 船板の, 花が, 花は, 若い女, 若主人, 表情は, 裏長屋の, 襟の, 角の, 記事を, 訪問客が, 話を, 調子で, 調子は, 賢明な, 赤い色, 足の, 車の, 辺に, 途端急に, 通りの, 過程を, 部屋で, 酒が, 門の, 隣りの, 青年の, 音が, 音は, 頃から, 頃には, 頭の, 頭は, 額の, 顏を, 顔も, 風の, 馬の, 髪は, 髪を, 鬚だらけの, 鳥の, 黒い眸, 黒髪の, 鼻先へ

1 [3774件 抜粋] あいきょう者が, あざやかな, あとだ, あらあらしい音, いきさつも, うたがいの, うねりの, おじい様, お侍さん, お城址, お届, お方の, お目見得の, お米, お話を, かたきを, かわいそうな, くせ事実は, くせ誠実な, ことこそ, ことにおいて, こと全体にこそ, ころは, ころ日本では, さまも, しめっぽさ, すぐ翌日, せいかも, そもそもを, ためでも, ちょっとのま, つれかとも, ときちょうど, ときのでしょう, とき一座の, とき旦那が, とき遠山勘解由ひとりが, とたん百畳敷の, なかに, はたらきと, ひとつびとつの生々し, ひまに, ほかに, また泳ぎ方, みつばち, やっこさんが, わめき聲, オリジナリティに対する, コーヒーの, テーブルで, ハシラが, ファッショイ連とは, プロレタリア文学が, ボーレンの, ヴィエルジュ礼拝堂で, 一に, 一人と, 一区域こそ, 一声を, 一度は, 一本だ, 一瞬には, 一般的無秩序の, 一軒の, 一重の, 万引と, 三本榎の, 上は, 上多分の, 上眼つかい, 下らない書, 不合理を, 不運を, 丘子の, 中での, 主人を, 予感も, 事務所へ, 二つを, 二人は, 二枚の, 五体も, 京都を, 人だった, 人との, 人への, 人口を, 人自身も, 今夜は, 仕方と, 代り働い, 仮普請, 休暇中の, 位春とは, 住居も, 体験について, 余勢です, 作品の, 例に, 価格との, 修業の, 倉庫に, 傍に, 傷痕でした, 僭越が, 先生様の, 光景が, 全部の, 六番目の, 内藤駿河守の, 冬は, 出來事, 刀の, 分析表が, 刑罰は, 別荘の, 刹那ひょいと, 刹那彼女は, 前と, 前後に, 剣の, 功徳であろう, 勇気は, 動機が, 勢いを, 十一ばかりの, 千鶴子に, 半襟を, 単衣, 原動の, 原理を, 友田が, 反映では, 収入を, 口に, 古い文明, 古機械, 可愛い, 合唱の, 同情から, 名残では, 向うには, 呉軍という, 呼びごゑであつただらうか, 哲学の, 商売も, 噂が, 四角な, 国民の, 土地は, 地図を, 地点だった, 坊ちやんの, 培ひ, 報いな, 場に, 場面に, 壁に, 声も, 変更の, 夕方大佐には, 夜からの, 夜中の, 夜同門の, 夜空襲警報と, 夢想その, 大会で, 大時化, 大空に, 大都市から, 太い声, 失敗の, 奥山の, 女だった, 女らしい贈物, 女名前が, 女流作家の, 妹を, 姉の, 姿と, 娘さんに, 婆さんに, 媼さんが, 子供を, 守宮が, 宝庫を, 実意と, 客も, 宮女の, 家へ, 家族には, 容貌で, 寂しさ, 寝具の, 寸前に, 尊い, 小さい赤い一点, 小屋を, 小舟が, 小部屋, 少量の, 屋の, 山々を, 岩の, 崖の, 左に, 巾着を, 帝国主義に対する, 帰りは, 帰国四人の, 幕の, 年は, 年頃の, 床も, 店先きで, 庭園は, 弁当箱に, 強制の, 当日この, 当面は, 形相の, 役を, 待遇に, 後添いの, 御前の, 御方の, 復讎の, 心が, 心事を, 心持は, 心組みさえ, 怖しい, 思ひ出, 怨念が, 怪物は, 恐れたと, 恨みが, 息子さんは, 悪徳と, 情婦仇吉を, 意味が, 意見は, 愛である, 感想の, 態度空気は, 懐っ, 戯曲的方面しか, 所司代番所へ, 手つきが, 手初めに, 手箱の, 手頭を, 批判の, 拇指は, 指を, 振袖は, 掌に, 握り飯は, 支那船も, 教師を, 数年間に, 文が, 文字が, 文章を, 新時代的教養, 方ども, 方法を, 旅人は, 日かの, 日にも, 日双方の, 日本館での, 明くる日, 明確な, 映写時間を, 時おれが, 時ちやんと, 時どう, 時やあ, 時中に, 時代世相の, 時分であったら, 時夫人が, 時期より, 時石に, 時計面が, 晩お, 晩小間使は, 暗がりに, 曲全体を, 最右端, 月焼, 朝彼は, 木ぐつを, 木立の, 本の, 本質は, 杖の, 松岡君が, 枝は, 柔道の, 根拠と, 棒の, 植源は, 楽の, 模様が, 横手の, 樫は, 機会を, 機縁に, 次第を, 正の, 歴史が, 死者の, 残り即ち, 母とが, 母親も, 気ちがいの, 気苦労も, 水色の, 求めざるの, 汽船は, 治安維持法改悪の, 注文の, 浪人者という, 海岸を, 深山の, 添状橘屋のは, 湯泉屋敷で, 漁夫は, 炭車は, 無花果の, 煙草の, 父は, 片手を, 物が, 物凄かつ, 犬は, 猪口に, 玉を, 理を, 生きものは, 生活の, 田舎の, 男で, 町には, 界隈を, 畠の, 當時は, 病気は, 癖小児の, 白い肌, 白足袋の, 皮切りの, 目あては, 直後の, 眉間には, 真実心の, 眠りを, 眼とを, 着物の, 瞬間が, 瞬間不, 瞬間船底から, 矢先に, 短剣で, 研究に, 礼に, 祖母さんに, 神聖な, 秘宝の, 移動で, 穴から, 空席に, 窓ガラスには, 竪穴の, 第一, 答えを, 築山の, 粗末な, 純一さが, 紙箱は, 素袍ひらつかいた, 細面の, 経験について, 結果かくの, 結果一人の, 絵は, 綱を, 編笠を, 繃帯した, 罪の, 美くし, 美わしい, 翌年である, 翌日には, 翌日荘厳房律師行勇さまの, 翻訳書を, 老翁が, 者が, 耳に, 肉を, 肉體を, 背に, 背戸口搦手のな, 脇差を, 腕が, 腹を, 自制は, 自由の, 船が, 良人は, 芥川から, 花一つを, 若いの, 若い武井さん, 若者の, 草の, 荷馬車の, 落着きを, 葦毛の, 蕃人の, 薬に, 蛭の, 血から, 血を, 街路の, 衰えて, 裏に, 襷を, 規則という, 親船は, 言葉その, 言葉も, 記念まで, 記者は, 訳語を, 証拠書類やらを, 話とは, 調子, 論文は, 議論は, 豊饒の, 責めは, 賃銭が, 赤兒, 趣を, 足先に, 足音が, 路には, 身体が, 躯は, 軍艦が, 輪廓を, 辺りいっときは, 返事を, 途中かの, 逗子の, 逞しい眉, 過去の, 道すがらいく, 道端に, 適切な, 部分は, 部屋も, 醜い傑作, 野獣の, 金剛杖まで, 鉄砲は, 鎧櫃が, 長うございました, 長男井手今, 階段を, 際にも, 雄々しくも, 雛その, 零砕な, 霞の, 青年を, 静かな, 面に, 音な, 響は, 頃にな, 頃茨木理兵衛は, 頬は, 頸筋には, 顔こそ, 顔まで, 願が, 風貌は, 食事の, 首や, 馬を, 骨組みだけを, 髪の毛も, 魂は, 鰡八が, 鷲の, 黒い戸

▼ た~ (6198, 0.4%)

957 がいい 338 がよい 162 がい 115 が好い 86 がよかろ 71 が宜 68 がよかっ 60 がまし 57 がよろしい 5248 がよく 43 がよ 36 です 34 がお, が可, が適当 33 がええ 32 がよう 28 がどんなに, が無事 26 を見る 25 が宜しい, では 24 がよっぽど, が安全 23 がかえって, がよかつ, が得 22 が早い, が良い 19 が便利, が適切, である 18 がまだ, がよから, が正しい 17 を見た 16 が楽, だと 15 だ, でも 14 がどれ, がまだしも, が得策, が御, だから, ですから, は 13 がどの, が多い, が都合, なの 12 がこの, がはるか, が好く, が幸福, が面白い, の男 11 がえ, が好かろ, が当っ, で, ですよ, へ眼, もある 10 がずっと, が却って, が早わかり, が早道, が気, でした, ですが, の手

9 [11件] がある, がふさわしい, がむしろ, がよろし, が勝, が好から, が気楽, が私, が自分, が遥か, でございます

8 があります, がもっと, がよご, が一層, が余程, が勝ち, が好かっ, が賢明, へ引き返し

7 がお前, がどれほど, がよろしかろ, が一番, が増し, が身, が遙, ですね

6 [17件] があなた, がよかない, がよほど, がより, が安心, が無難, が良, が貴方, が賢い, が面白, だが, であるが, とは反対, の, のお, はない, へ引返し

5 [20件] がいくら, がよろしゅう, がマシ, が万事, が味, が好, が宜いと, が早く, が結句, が自然, であったが, でしたが, ですもの, ね, のもの, のよう, の側, の女, はありません, へ引っ返した

4 [51件] があった, がその, がたしかに, がよかん, がよろしく, がわかり易い, が仕合せ, が何, が優し, が利益, が割, が功徳, が効果, が効果的, が勝手, が合理的, が好かつた, が好都合, が家, が彼女, が慈悲, が或は, が早, が早かっ, が有利, が本当, が気持, が皆, が穏当, が立派, が結局, が話, が負け, が近い, が間違い, ですか, のこと, の人, の口, の山, の御, の眼, の資人, の道, はございません, へ向い, へ引き返した, もあろう, もございます, を窓, を見

3 [79件] があと, がうれしい, がおもしろい, がこっち, がさっぱり, がそれ, がもっとも, がよささう, がよささうだ, が上策, が中っ, が事, が人, が勝つ, が反, が君, が国家, が妥当, が安い, が当, が彼等, が後, が急, が望ましい, が沢山, が清潔, が第, が結構, が至当, が読者, が近道, が道, が遥, が適當, が餘, じゃない, だし, だったが, だね, だろう, であったから, であつ, であるから, でご, でしょう, ですわ, でせう, なのに, ならば, なん, にお, にし, に眼, のうち, の一人, の奴, の窓, の者, の車, の青年, はすぐ, は大, は御, へ, へじっと, への義理, へ一散, へ向いた, へ向っ, へ帰っ, へ往, へ歩い, へ歩き出した, へ歩き出しました, へ行っ, へ飛ん, をお, をふり返る, を知っ

2 [232件] かね, から, から切り出す, があたし, があっ, があの, がありました, がいっそ, がいらっしゃいました, がおいしい, がお前さん, がお嬢様, がかへつて, がございました, がございます, がさ, がすべて, がず, がずつと利益, がそして, がとく, がどうして, がどうも, がどこ, がなんとなく, がなんぼ, がね, がはっきり, がひどく, がほんとう, がまた, がもう少し, がやや, がやり, がよかあ, がよがった, がよけれ, がよつ, がよッ, がわれわれ, がハッキリ, がマチガイ, が一寸, が一番無難, が不思議, が世話, が人助け, が仕合わせ, が似つかわしい, が何だか, が余, が余ツ, が俺, が倖, が健全, が僕, が具合, が出, が切腹, が助かる, が参考, が双方, が善く, が国民, が多かっ, が大丈夫, が女, が好き, が如何, が嬉しい, が子供, が宜いか, が宜しゅう, が家康, が将来, が幸い, が幾ら氣樂, が弁済, が当たっ, が徳, が心, が快い, が快適, が怜悧, が悪い, が愈, が手, が有効, が有意義, が正当, が正直, が正確, が無理, が當, が目, が目的, が相当, が相応しい, が確, が確か, が答えました, が簡単, が紳士, が経済, が結果, が胸, が著者, が行末, が解し, が言葉, が説明, が讀者, が身体, が通り, が適任, が長持, が阿, が静か, が面白かろ, が馬鹿, さ, だからね, だけれど, だつた, だもの, だよ, だわ, であった, であると, でお, でございまして, でございますね, でございますよ, ですからね, ですのね, でその, でないと, でなかつた, で今に, で少し, なので, なんで, に, に幸福, に歩き出しました, に理, に足, のある, のため, のほう, のマルクス, の一枚, の人間, の入る, の妹, の妻, の少し, の形見, の或, の手拭, の新しい, の東隣, の田, の空, の端, の肩, の襖, の路, の身, の連中, の雨戸, の面, の顔, はあれ, はお前, はきっと, はご, はそこで, はそれ, はどなた, はなかなか, はもう, は兄, は六尺, は手, は明らか, は私, は誰, は貴君, は飛んだ, ばかりです, へ出れ, へ向け, へ引っ返す, へ引っ返そう, へ引返す, へ急い, へ戻る, へ指, へ消え, へ行く, へ視線, へ走っ, へ走り去っ, へ足, へ近づいた, へ連れ, へ遁げ, もあった, もあつ, もあり, もあるでしょう, も案外, も買った, よ, らしいから, らしいじゃ, をきっと, を口, を向い, を屹, を指し, を振り向い, を振返っ, を改めて, を眺める, を私, を見ました, を見返っ, を見送っ, を見送り, を顧みた

1 [1742件 抜粋] あいい, あよ, か, かねえ, からその, からは飯, から九月, から吹い, から暗い, から聲, から跫音, から銅貨, があったでしょう, があつし, がありがたい, があるでしょう, がいくらか, がいっそう, がいらっしゃれ, がええッ, がおそらく, がおもしろく, がお出で, がかえってよく, がからだ, がきく, がここ, がこんど, がさい, がさばさば, がしたしめる, がじゃ, がずっとずっと, がそ, がそりゃ, がたしか, がちり骨灰, がと, がといふやう, がとは満更, がと家, がと考えた, がどっち, がなお, がなんぞという人, がのちのち, がひき立つ, がほん, がまず, がもっとはっきり, がやはり, がよかつた様, がよかり, がよござんすね, がよろしから, がわかる, がエライ, がサクラ, がシアワセ, がドノ, がピタリ, がメチャメチャ, がラク, が一匹五円, が一番分り, が一番間違, が上, が不, が丸味, が了解, が二条, が五六人, が亭主, が今, が今更, が伸子, が似合つて, が体躯, が余っ, が信じ, が健康, が優っ, が先代, が兎, が八方圓, が出来, が判り, が割に, が助かるです, が勝ちます, が千客万来, が危険, が受け取らず, が可憐, が各人それぞれ, が吾, が善い, が喜ばしい, が地理, が夐, が多く, が大きかっ, が大局的, が大阪弁, が天意, が好え, が好ましく, が姉妹, が子孫, が安上り, が安心幸福, が宜しかろ, が宿, が實入り, が小説, が居り, が山田五十鈴, が常識, が幾ら, が幾分, が序, が当り障り, が当然, が後々, が得分, が微か, が心強かっ, が心残り, が恥, が悪人, が情味, が意味深長, が我々, が戦争, が手前, が才, が損害, が文学, が日頃, が旨く, が昼, が暴れ出した, が有意味, が未熟者, が本望, が来られない, が根本的, が案外, が楽しみ, が歡迎, が此方, が死んだ, が気分, が水ぎれもよく絡み, が泰平無事, が深刻, が瀬川君, が爆薬, が片手落ち, が物事, が率, が現象, が甚兵衛, が當然, が病人, が百円, が相応しかっ, が真に, が矢張日本種, が礼節上, が神妙, が答, が簡單, が結局利益, が結局都合, が聞い, が肌身, が興味, が花, が英雄, が薄暗く, が複雑, が見栄え, が観客, が試験, が説, が讀まる, が起久子様, が軍人, が近う, が途中, が運動, が適し, が適役, が醤買石, が金策, が雜誌, が面白から, が響き, が順路, が餘程増, が高い, こそいい, さつん向け, じゃったが, じゃ一夜, だけあっ, だけに付いた, だけ瓦, だそれに, だったの, だってあやまっ, だとも, だらうよ, ついご, であって, でありまして, でありもはや, であるため, であれば, であんまり, できれい, でございました江戸生れ, でございませう, でしたので, ですからねえ, ですな, でそして, でとれた, でなくむしろ, でましますの, でわが, で不断調子, で今一つ, で何, で充分, で全体, で其当時私, で十, で変, で山県公, で御座います, で御座いませう, で最前キチガイ, で格闘, で特に, で直に, で私, で聞えるだ, で貧乏人, で退院, で音, といふ意味, として思う, とに対して等しく, とは逆, と下, と何万金, と察し, なあれ, にある, にお目にかかる, にこれ, にたいし, にどう, になる, にはその後, には三尺, には円錐形, には大小数個, には少々, には狩野, には見当らなくなっ, にもち, にも劣る, にも損, に一度, に出, に向ける, に存する, に對, に建っ, に当っ, に怨まれ, に感謝, に椅子, に硝子窓, に舞台, に行く, に身体, に逆, に面, に駈け, のおられる, のお家, のが百人力, のこたえ, のである, のはず, のは天皇, のみが重み, のフィルム, のペーテル, の一文字笠, の三層, の二人, の人物, の仲間, の侍, の先輩, の半蔵, の団体, の壁側, の女工さん, の婦人, の子供等, の家, の小さい, の巡, の常陸以北, の影, の御新造, の手紙, の手首, の板敷, の橋本, の水銀柱, の溝, の片手, の生垣, の白い, の看守, の神経, の空魔艦, の純粋直観, の美しかっ, の脚, の自動車, の虚無僧, の被害者側, の角, の説, の踏台, の運転士, の部分, の鐘, の雪, の風体, の駕籠屋, の鼻, はあまり, はいつ, はいま, はお, はきつ, はございませんでした, はすでに, はその後, はだんだん, はどうぞ, ははじめ, はみじめ, はもと, はよく, はカラマゾフ兄弟, は一座, は上, は亭主, は佐藤先生, は其敵, は初めて, は割合, は口惜し, は呆れる, は土塀, は天皇側, は容赦, は少, は床, は当り前, は急峻, は惡, は振り, は日本, は書斎, は次々, は決して, は波, は片すみ, は甘, は皆さん立派, は目下読書界, は真直, は破れ, は精, は絞, は自然品格, は芒, は血みどろ, は誰人, は身動き, は返事, は長, は雜木, は馬籠宿内, は黒玉, へいきなり, へいっちまえ, へからだ, へすたすた, へだけ二つ片, へとって返そう, へと歩い, へどんどん, へはいっ, へは来なかった, へは進まず, へまたも, へも御, へスタスタ, へ一人, へ体, へ元, へ勝手, へ又, へ向き直っ, へ大塚さん, へ小走り, へ帰る, へ引き返そう, へ弾丸, へ我, へ振向い, へ曲らない, へ歩いた, へ歸つて行, へ真直ぐ, へ素ッ, へ自由, へ蜘蛛, へ行った, へ走り, へ走り出す, へ返し始めました, へ逃げよう, へ逃げ出そう, へ道, へ還れ, へ顔, へ駈け, また恐らく, もあっ, もあまり, もあるだらう, もおかしな, もその, もにこにこ, もよかろ, も不機嫌, も喜ぶだろう, も心配, も戯, も狡猾, も神, も負けた, や天文学, らしいくせ, をあの, をさして, をじっ, をとても, をふり, をまるで, を一人, を三木, を使った, を出し, を向く, を喜ぶらしい, を小涌谷, を庭, を戻っ, を指す, を振り向いた, を振り返つ, を振返つ, を描いた, を果物店, を次, を火照, を眺めやった, を考える, を見せました, を見渡した, を見返らず, を負, を透かし, を電気鑢, 互に相手, 笑えるよう

▼ たのに~ (5768, 0.3%)

190 違いない 156 気が 115 ちがいない 90 相違ない 52 違ひない 42 今は 41 違いなかった 36 それが, 反して 30 どうした, 違いありません 29 それを, 私は, 過ぎないの 28 今度は 24 何の, 急に 21 不思議は, 今日は 19 過ぎない 18 今では, 氣が 17 これは, 對し 15 違ひなかつた 14 何も 13 ちが, 相違ありません 12 無理は 11 彼は 10 それも, 今に, 彼女は, 惜しいこと, 比べると, 私の 9 それに, 少しも, 相違なかっ 8 いまは, この頃, 相違あるまい, 驚かされた

7 [11件] あなたは, すぎない, すぎないの, ちがいありません, 今の, 比して, 相違ございません, 眼を, 自分の, 自分は, 過ぎなかった

6 [17件] あの人, これを, こんなこと, その時, ちがいなかった, なんの, びっくりし, 今夜は, 何うし, 力を, 心を, 目を, 相違なかつた, 私が, 腹を, 過ぎなかつた, 過ぎません

5 [16件] あなたが, お前が, ここで, ここへ, このよう, その日, 不思議な, 人の, 何か, 僕が, 彼が, 彼の, 意外にも, 気を, 過ぎないが, 違ひありません

4 [30件] あの子, あんたは, お前は, きょうは, この時, すぎなかった, すぐに, その夜, その晩, それから, それは, びっくりした, 不意に, 何んの, 妙に, 安心し, 彼等は, 惜しい事, 意外に, 手を, 案に, 残念だ, 気も, 満足し, 目馴れた, 端を, 答へて, 途中で, 違いあるまい, 非常に

3 [72件] ああいう, あなたの, うっかりし, お豊, ここに, これじゃ, さうし, すぎなかったの, そうで, そのため, そんなこと, ちかごろは, ちがいあるまい, つまらない事, どうしてこんな, どうしてそれ, どう云う, どこへ, なぜか, ひきかへ, ほんとうに, まだこの, ハッと, 二人とも, 今こうして, 今と, 今まで, 今夜の, 今年は, 今日も, 他ならない, 何を, 先生は, 加奈子は, 博士は, 吃驚し, 吃驚した, 同情し, 君は, 妙な, 子供が, 家の, 少しの, 忘れて, 意外な, 是非来い, 机に, 案外にも, 次の, 此の, 気の, 気附いた, 氣付いた, 生きて, 男は, 目の, 相違なく, 祖母は, 私一人が, 答へ, 肝心の, 腰を, 自分が, 自分で, 落胆し, 誰も, 近いもの, 返事も, 逆に, 違いなく, 違ひ無い, 遭遇した

2 [277件] あてが, あとで, あの女, あの家, あれから, いくら待っ, いざと, いつまで, いつまでも, いつもながら, おいが, おそいので, お京, お兄様, お前さんだけは, お叱り, お帰り, お悦, お目, かえって私, かんじんな, かんじんの, きさま, きて, こ, ここでは, ここには, こちらは, こっちは, このごろでは, このごろは, このまま, この人, この先生, この年, この男, これが, これで, これでは, これに, こんどは, こんな事, こんな風, さう, さて電燈, しかし名人, そういない, そこへ, そのおかみさん, そのとき, その上, その人, その夕方, その期待, その辺, その返事, その間に, それさえ, それだ, それでもその, それでも不幸, それよりも, それらは, それ等は, そんな返事, たった一人, ちげえ, つい筆, つれて, とう, とうとうお, どうしてあの, どうでしょう, どこから, どこを, なぜそれ, なにが, なにし, なにも, なんという, ばったりと, ひっかかったの, びっくりさせられた, ほかにも, ほんまに, まことに残念, またその, また子供たち, まだお, まだ帰らない, もうその, もうひとり, もう大分, もう火, やつと, よくまあ早く, よく見る, わしは, わたくしは, ゐないので, ギョッとして, コンニャクそばでは, ツマラヌ連想から, フシギは, ヘーゲルは, モースが, 一つには, 一枚も, 一種の, 丁度家には, 三人は, 不在で, 中へ, 之を, 予期に, 二人は, 人が, 今この, 今じゃ, 今その, 今までは, 今夜も, 今年だけ, 今度の, 今日の, 今朝は, 今頃まで, 他の, 伸子は, 何う, 何かの, 何という, 何にも, 何らの, 何んだ, 何処を, 俄かに, 信吾が, 僕だけは, 僕は, 兄は, 先手を, 先方は, 先生に, 出て, 割が, 加藤の, 十年間の, 原因し, 又子供達, 反しその, 反し読み物, 叔父の, 可哀そうに, 向うから, 四辺は, 垢染みた, 夕方に, 夢の, 夫人は, 奇蹟的に, 女は, 妻の, 娘の, 婆あ, 子供の, 安心した, 室の, 家へ, 家庭の, 寢て, 対応し, 己が, 幸彼女が, 庭に, 弁士は, 引きかへて, 引き換へて, 当人の, 徴し, 心の, 思ひも, 恋愛の, 息子が, 意外や, 或る, 戦争で, 戸締りが, 教育の, 斯ん, 日が, 昌作は, 明治時代そのものを, 智子は, 最近に, 本ばかり, 来て, 業を, 武蔵は, 母は, 気がついて, 気の毒だった, 気附い, 氣づく, 油断し, 清之介君は, 清水越の, 滿足したらしく, 無理も, 犬が, 狩尾博士は, 生憎留守, 留守を, 異ひない, 疲れが, 病気に, 目に, 相異し, 相違ございますまい, 相違ねえ, 相違無い, 眉を, 社から, 私に, 私も, 私一人だけ, 竜之, 米友は, 義雄は, 肝腎の, 自分には, 茶も, 薄く陽炎, 蘭軒は, 見るの, 説教は, 誰れ, 貴女は, 足を, 踊らぬ奴, 迎えに, 近ごろは, 近頃は, 返事が, 逢って, 遂に画家, 運命が, 過ぎないと, 過ぎないという, 過ぎぬの, 過ぎませんが, 過ぎませんでした, 違いございません, 違い無い, 違えねえ, 違ひございませぬ, 遠島を, 遠慮し, 醤油を, 銀座裏の, 間違いない, 間違ひ, 阿呆んだら, 隣りの, 雨が, 雪の, 青木さんは, 風の, 首を, 驚かされずには, 驚かされて, 驚かされました, 驚きの, 驚ろかされた, 鴎は, 麻油一人は, 黙って

1 [3310件 抜粋] ああもはやどう, あいにくなん, あきれた男, あとから, あなたには, あの何, あの狸め, あべこべと, あらわれたの, あんがいへ, あんな不消化, いいわすれた, いきなり催涙弾, いけなかったん, いざ書く, いっこうそんな, いったい誰, いつしか空いっぱい, いつのまにか波, いつの間にか両端, いつもより, いとも好もしく, いまの, いま和田氏御, いよいよ激しい, うかつにも, うっかり私, えらくい, おしいこと, おびやかされたか, おらほんとに, お俊, お君, お札が, お母様ばかりは, お父さんの, お菓子を, かえったその, かえって先, かく注意, からだの, がっかりしちまった, きょうも, くるま屋, こうして僕, こう集っ, こちらが, ことも, このご, このとしの七月, この一月, この住家, この始末, この庭, この期, この私, この言葉, この間落し, こまごまと, これだけは, これんばかりの, こんなにたくさん, こんなものものしい, ご返事, さっさとさる, さては浮世, ざんねんだなあ, しかし有朋, しかも双方, しろ公, すぎないとこたへる, すぐその, すこしもうれしく, すっかり忘れ, すばらしいお, せっせと草, そうして今夜一晩, そう思っ, そこを, そして実際, そっくりだ, そのうち三度, そのひとり, そのまま小, その人前, その反対, その女, その封緘, その後引続き, その愛人, その朝, その母性愛, その父母, その私, その脣, その規模, そばから, それから滝山, それでは少し, それでも一二本, それどころで, それに対して, それ程私, そんなに早め, そんな所, たえて, ただ当時, たつた一つ残つて, だが結果, だんだん差, ちっとも呼ん, ちょっと変, ついうっかり, つい何心, つひに, ではではどう, とうとう母, とことんの, とつぜん空魔艦, どういうもん, どうしてあんな, どうしてここ, どうしてそんな, どうしてもその, どうしてやめた, どうして又, どうして最初, どうして私, どうなる, どうやら無事, どこまでも, どんなキッカケ, なかなかしわし, なぜかれ, なぜもじもじしてん, なぜ大丸, なぜ病院, なまじ自分, なんだか逆, なんで吉野, なんと云う罰せられようだ, にわかな, のっけから, はっきり知らないらしい, ひごろ勝家公, ひどくその, ひょっくりめぐり合っ, びつくりしました, ぶらりと長く, ほかほかと, ほんとにしょう, まああの, まことに生憎, またいつも, またしても, また変, また此処, まだきまりません, まだだった, まだ何年, まだ女, まだ現れない, まだ視線, まだ馬車, まったく見当, まるで東京, まアどう, むげに, めしあがりは, もうすべて, もうひとりすくん, もう今, もう姿, もう洒, もうO, もっと別, やって来たの, やつぱり家を, やはり一同, やれ, ようひとりの, よくよく驚いた, よっぽど慌てやがった, ろくろく返事, わざわざ上方, わたくしが, わたしを, アノ通りだ, イヤイヤ人, エスキルという, カラッポ, キヨトンとして, ゴーリキイは, ジャーナリストの, タイキは, トラックの, ナゼ来た, パリへ, フフ, フリッシュアイゼン・ケーラーの, ホンに, マルファ・イグナーチエヴナの, ムッと, ヨシ子には, ロンドンの, 一七四一年四月初め突如, 一人も, 一句も, 一喝を, 一年の, 一方霊廟, 一歩を, 一躍し, 七条の, 三十まで, 三日も, 三角髯の, 下げた頭, 不二男, 不思議にも, 不遇の, 並べて入れた, 主治医として, 乗車した, 亀の, 事志と, 二人に, 二十一の, 二度目は, 云は, 些か安堵, 亭主とも, 人手は, 今さら行けた, 今また, 今やすべて, 今不可解な, 今夜大きな, 今年も, 今日このごろに, 今日急に, 今更疑う, 今民族を, 今金五郎は, 付け上っ, 仰天した, 休み, 伝通院で, 何うも, 何だって, 何となく気, 何んで, 何思った, 何故よい, 何故間違った, 余りに軽く, 俗史の, 倉地さんは, 偶然ここに, 傚った, 元宮様邸という, 兄の, 先生が, 兎にも, 八人おそっ, 六月三日将軍家が, 其の鍵, 其年の, 内部一面は, 出られないので, 出社し, 初めて木曾川, 別れ話を, 刺戟され, 劇場の, 労賃だけが, 化学的装置を, 十八年前に, 千円です, 南さんは, 却って恐縮, 去って, 又つめたい, 又別, 反しあさ子, 反し五カ条, 反対し, 叔父上は, 口やかましく悪口, 右衛門の, 同じ列車, 同棲し, 君だけが, 周囲の, 唐船という, 嘘は, 四度とも, 図書室だけは, 地質以外の, 城中は, 塚越は, 変りはてた萩原さま, 夕立雲に, 多少人生, 夜の, 大吉ァ, 大熊を, 大辻と, 失望し, 奥印可も, 奴また, 妹が, 娘が, 子供たちは, 学生として, 安養寺が, 実はまだ, 客も, 密雲に, 対した官家, 小さな子, 小栗は, 少しずつ, 少し安心, 就中蒼然と, 山の, 岬は, 左記の, 市内では, 帰りに, 干物を, 年の, 幸衛門から, 座は, 弁当も, 引ッかけに, 張が, 当日は, 彼女一人が, 待望の, 後代の, 御大将, 御祝儀, 徳山は, 心中され, 必ず感服, 怖気が, 思いがけなく落盤, 思ひきや, 怨み重なる, 恐ろしい聲, 息子の, 悲観し, 意識の, 感心した, 憂鬱に, 戦争の, 手前の, 手紙が, 打水が, 抜けない者, 握り得たもの, 敬服する, 敵は, 新しい恋愛, 旗艦からは, 日本の, 早く起き, 明けがた回っ, 昨今では, 昭和十七年太平洋戦争勃発後国家総動員法による, 時間か, 暮方水を, 更に更に幾層倍, 最近の, 朕が, 木賀が, 未練らしく, 本多鋼鉄は, 本業を, 来り診すること, 東清に, 染次は, 格子は, 案外な, 梨の礫で, 榛軒柏軒が, 次第にそれ, 正木先生だけは, 此の間図らず出逢い, 此處に, 歩けなかったという, 殉死しない, 母ちゃんこっち見ない, 比すると, 気がついたろう, 気後れが, 氣づき, 水臭いこと, 池田氏は, 法然が, 洒落者だ, 浅吉さんは, 淺黄の, 渡辺君は, 満足しない, 滑稽な, 火を, 無盡, 父は, 牛は, 特色が, 独逸の, 猿だ, 現実に, 生命の, 男の, 番五郎の, 疑を, 発して, 皆よう来, 直人は, 相違なから, 真紀子に, 眼前の, 矢張りさうな, 知らぬ間, 破れ傘を, 礼状さへも, 祭の, 私には, 秋の, 穎川は, 突然ちか, 突然雲, 競走場へ, 算木を, 精霊として, 級中から, 紹介され, 結果として, 緒方氏は, 義務を, 聊か呆気, 肝腎な, 脚下から, 自分から, 自分自身さえ, 興を, 船を, 芸者と, 若侍, 莨吸ひ, 葛木は, 虎の, 蟒は, 行方不明で, 裁判の, 見ると, 言えないで, 許して, 警官が, 豈図らん, 貴下よく, 赤インクで, 足跡は, 輿にか, 近くは, 近頃では, 追い返すの, 通ってないので, 遅刻した, 過ぎないつまり, 過ぎなかつたが, 道具を, 違えねえもの, 違ひございません, 還つて, 都會人の, 金を, 銅像の, 門を, 間違いは, 關する, 隆は, 離れる代り, 雪舟だけが, 霧ながら, 非常時が, 音なく, 頓着なし, 頭巾を, 飯田さんは, 馬にも, 駆け向かった先, 驚いたと, 驚かされたり, 驢馬を, 鬱いで, 鷹司殿に

▼ たけれど~ (5643, 0.3%)

75 それは 69 私は 30 彼は 23 それが 22 これは 20 今は 19 その時 18 それも 17 僕は, 彼の, 私の 14 それを, わたしは, 今度は 13 彼女は, 私には, 誰も 11 女の, 自分の 10 何か, 何の, 家の, 私が 9 それよりも, そんなこと, どこにも, 今では, 心の 8 そこには, だれも, どうする, 今の, 今日は, 彼女の 7 あれは, いまは, お銀様, この頃, すぐに, もんは, 何を, 女は, 気が

6 [15件] あとで, あの人, おれは, このこと, これも, これを, そのうち, どうした, なんの, 他の, 少しも, 幸いに, 彼が, 私も, 米友は

5 [22件] あなたの, あの子, お絹, かれは, これからは, これが, こんどは, そこに, それに, それらしい, どれも, もうこの, 二人の, 二人は, 仕方が, 何も, 光りは, 女房は, 容易に, 急に, 肝腎の, 自分が

4 [39件] おじいさんは, ここは, このごろは, さう, さすがに, そこは, そこへ, そのかわり, そのため, そのよう, その人, そんな事, たうとう, ともかくも, ほんとうに, わたくしは, わたしが, 一人の, 人の, 今じゃ, 今と, 何でも, 何にも, 余は, 併し, 兄の, 娘は, 彼には, 悲しや, 或る, 母親は, 父の, 父は, 男の, 男は, 確かに, 私たちの, 私を, 自分は

3 [74件] あとから, あなたは, いつまで, いつまでも, お前は, お松の, お豊, かうして, こうなっ, ここで, ここに, ここへ, これほどの, しかしその, しかしそれ, しかし決して, そうも, そのあと, そのとき, その代り, その後の, その日, その時分, その頃, その顔色, それから, それから後, それだ, それでもこの, それでもやはり, それでも私, それと, それにも, そればかり, それらの, た, ただその, ちつとも, どうにも, どこへ, まだその, もとの, わたしの, 一つには, 不幸に, 人間という, 今度の, 今日の, 例の, 僕が, 僕の, 先生は, 兎に, 兎も, 全くは, 其の時, 出て, 命が, 声が, 姿が, 幸内は, 彼等の, 後から, 念の, 抱いて, 母は, 火の, 第一, 考えて, 聞いて, 茂太郎の, 足が, 足の, 雨は

2 [266件] あたしには, あたしは, あたりが, あとでは, あなたが, あのお, あの娘, あの方, あの時, あまりにも, あんなこと, い, いつかは, いづれも, いよいよ死ん, おじさまを, おまえが, おれが, お君, お松としては, お浦, お米, お辞儀を, がまんし, きいて, きょうは, けっきょく, こうしてお, こうして林, ここから, ここだけは, ここまで, こちらの, こちらは, このとき, このまま何, この人, この前, この美しい, この際, これから先, これでは, これという, これにも, これほど, これより, これらの, さすがの, さてそれ, しかし考へ, しまいには, すぐ又, そういえ, そうはいっ, そのほか, その一つ, その下, その光, その実は, その家, その後, その方, その次に, その父, その間に, その音, それだけは, それでいてこの, それでもなお, それとともに, それには, それらは, そんな心配, たいていは, ただひとつ, だれひとりとして, ついにその, つい面倒くさい, では小生, とうとう立っ, どういうもの, どうかする, どうしたら, どうしても, どうしてもそれ, どうもその, どうも名前, どこの, なかった, なぜか, なにも, なんに, ほかに, またその, まだそこ, もうそれ, もう一つ, もう一人, やっぱり駄目, やはり同じ, よくは, よく考え, よく見れ, わが子までも, わたしも, アレは, 一人で, 一方は, 一睡の, 丁度その, 不思議な, 不思議の, 丑之助を, 中には, 中の, 中は, 中途お客は, 主人の, 二階に, 二階へ, 人々は, 人を, 人間の, 今でも, 今に, 今宵の, 以前から, 仲間の, 伊津子は, 何が, 何誰かと, 余の, 余りの, 借りたボオト, 僅かに, 元の, 先生だ, 兎角卑屈, 兵馬の, 出して, 別に, 前からの, 前に, 前の, 勇吉は, 勿論それ, 博士の, 台所の, 名に, 向側の, 君の, 周次は, 変に, 外に, 外へ, 大抵の, 天気に, 夫は, 夫人の, 夫人は, 契りし詞, 奥の, 女として, 妙に, 妾が, 妾は, 学校で, 実はこの, 実際に, 室の, 家人の, 宿の, 實は, 小屋の, 小野は, 少しの, 少し短い, 山の, 弟の, 当時の, 彼に, 彼女に, 往来には, 待って, 後に, 後の, 思いきって, 思い切って, 悠然と落着, 我慢を, 手を, 探せば, 明智は, 昔の, 昔は, 時間は, 書状の, 最初の, 最後の, 本當, 東京に, 森に, 正則の, 死んで, 民子の, 民子は, 気の, 気は, 気分が, 水の, 水中の, 沖の, 海ン中だの, 然し今, 燕尾服を, 父が, 狐の, 生きて, 番傘は, 病人で, 百篇に, 目が, 相手は, 真逆, 眼が, 眼の, 神尾の, 秀子は, 私としては, 竜之, 米友だけは, 翼の, 老人に, 耳は, 肝腎な, 胸が, 胸に, 胸は, 能登守は, 腰が, 腹の, 自分でも, 自分には, 自分を, 荘田は, 華魁衆とて, 葉之, 薄ぼんやり, 見て, 親方は, 許して, 話が, 読み得るだけの, 談一度野村の, 貴女の, 返事が, 遅かった, 酒の, 間に合わなかった, 間も, 雪が, 静かな, 非常に, 頭の, 顔は, 駒井は

1 [3907件 抜粋] ああいうじ, あきらめないで, あたしたちは, あたりには, あなただけ, あのとき栗林氏, あの場合それ, あの草, あまりはつきり, あやまる分と声, ある晩, あれに, あんなはずかしい, いいかげんに, いくらか, いずれも, いちばん上の, いったいどんな, いつに, いつもむずかしい, いつ役人, いま投げ出した, いよいよそういう, いろいろ面白かっ, うちぢや, うれしい顔, おくさん, おじさんには, おつらい, おひる, お光さん, お前言種に, お徳さん, お気の毒さま, お芳ちゃん, お通, お関, かえすの, かすかな, かねて思いはかっ, きのこの, ぐずぐずし, こうし, こう後, ここ数年来輸入物の, このおれ, このよう, この中, この地底, この往来, この災難, この節, この近所, これから後, これなら, こんどの, こんなに落っこちる, ごくありふれた, さきが, さてそうなると重病, さて数えたて, さりとて九条家, しかしそれ以外, しかし世間, しかし秋, しかもその, しまいの, じっとし, すぎの, すぐ他意, すやすや眠っ, そういうこと, そうしたこと, そうすると面倒, そうやっ, そしてそういう, そして淡い, そのい, そのかた, そのまま寂然, その一方, その他は, その内容, その呼び掛け, その奇怪さ, その引摺り, その後も, その悪戯, その打消し, その挙動, その晩わたくし, その毒, その狂愛, その目, その糸口, その著書, その足跡, その間には, それからあと, それから先, それだけの, それでもお, それでもなお熱情, それでもやはりはじめて, それでも八人, それでも憎めない, それでも立っ, それとて, それにしてもこれ, それほどとは, そんなの, そんな時, そんな誓い, たが, ただうれし, ただ先立つ, たとへ, だんだんその, ちっとも恐く, ちょうど客人, つい, ついにわかりません, ついに赤い, つひぞ話しても, では, でもだからそれ, でも全体, とうてい二人, とうとう抜け出した, ときどき面白い, とても眠れなく, とにかくライオン, とにかく祈祷, どうかした, どうしても分りません, どうしても食べる, どうせ大, どうにも風向き, どうも予言的中, どうも物足りない, どこかの, どちらかと, どんなにかお前さん, なおもう一度, なかなか容易, なかなか腹, なにさま眠くっ, なんだかき, なんと言われ, はたしていつ, ひとりあいつを, ひどく要領, ふと恐ろしい, へんだ, ほとんど毎日, ほんとは, まぎれも, まさかこんなになろう, まさしくそれ, またいつ, またもし, また先, また愛, まだあたり, まだまだ莫大, まだ内部, まだ少女, まだ相当残っ, まだ論理的, まぼろし, まるで知らない, みんなは, めずらしかった, もうかんべん, もうそろそろ涼しく, もうはいっ, もう二発, もう学校, もう日数, もう熱, もう読めた, もう逃げ出す, もしまだだ, もちろんいや, もともと影, やがてお雪ちゃん, やがて空中, やっぱし貸し, やっぱり博士, やつぱりさびしかつた, やはりあの, やはりだめ, やはり充分, やはり行った, やや深い, ようやく口, よく聞け, りこう, わざとらしいところ, わたし明日まで, アリシア区を, クリストフは, シロオテの, タルの, ネルロの, ピストルには, ペットを, ミチミは, リセプションの, ヴェリチャーニノフは, 一ヶ月ほど, 一向に埒, 一向手答え, 一度二度, 一月經たぬ, 一郎は, 七兵衛においては, 三千円余りの, 三郎の, 下の, 不思議に, 与八は, 両手で, 主としてそれ, 久しぶりの, 乱れなかつた, 事が, 二つ三つ食わし, 二人いっしょに, 二度とくりかえせない, 五六年も, 亥之助も, 人並みと, 人間詰め長椅子の, 今どう, 今もっ, 今夜是非お松を, 今後は, 今更どうにも, 今氣, 他に, 伊代の, 会ったこと, 伸びが, 体の, 何うしようと, 何しろ食べ, 何だか当分, 何となく居心地, 何と云, 何故か彼, 何時も私達, 余儀なく伴, 修道院の, 備前守どのは, 元は, 先づ精神的な, 先生の, 入口を, 八雲は, 兵馬には, 其の時私, 其中で, 其後は, 内々は, 出ませんや, 切り戸から, 初対面の, 別に氣, 別段の, 到頭かんし, 前述の, 助けぬ訳, 勿論そこら, 十一の, 十時頃に, 半ば習慣的に, 単にいた, 去年までは, 友さんお前が, 取り急いで, 口ばかりは, 可いわ, 同じよう, 同時に他, 向うの, 否大丈夫, 咄嗟には, 唇を, 喧嘩に, 四圍と, 困るから, 坊さんに, 壁越しに, 夕食の, 多年の, 夢中に, 大きに思ふ, 大地震以来, 大工の, 大蔵の, 天然の, 夫れ, 奥様からの, 女中さんを, 好機会, 妾そんな, 姑は, 婚家との, 子供を, 学士と, 宗介天狗の, 実はすぐ, 実は初対面, 実際悪魔, 家を, 寒そう, 小ざる, 小心な, 小野たちとは, 少し辛抱, 尚自ら, 屋根, 島原での, 巡査の, 左のは, 市長一派は, 帰らうにも, 常次, 年の, 幸太郎の, 幾らかまだ跛足, 底には, 弁信が, 当家へ, 彼だけは, 待たせられたお嬢様, 後頭部の, 徳川氏の, 心臓を, 快晴を, 思いの, 思ったより, 怪人物の, 恐ろしく大きい, 悪運まだ, 惡い, 愛しい娘, 慣れるに従って, 我慢し, 戸籍謄本を, 手放さなかった品, 折惡しく, 拍子抜けの, 挨拶が, 摩耶ちゃんが, 敵地に, 断つて, 新宮の, 旅川から, 日本でも, 早く持っ, 明日は, 昨夜といふ, 昼過ぎに, 時間の, 暖簾なんて, 曲目は, 曾て, 月が, 朝は, 未だにその, 本当か, 本当はそういう, 本社が, 村の, 来たて, 東方会の, 果してこの, 栃の木特有の, 桑の, 検波計の, 槐位に, 次の, 正覚坊と, 此娘は, 歩む許, 残った分, 母が, 毎年三月に, 氏だけの, 氣味が, 江戸を, 決して彼女, 河野さんが, 法水は, 洋服よりは, 浪費は, 涼しい目, 清ちゃんに, 満員だ, 漏洩の, 瀕死の, 無地の, 然し大きい, 牢に, 物を, 狭山さん私の, 球江が, 生死が, 田舎へ, 町内なら, 疎い道太, 痛みは, 皆不明瞭で, 目ざとい風, 盲に, 相変らず阿, 眉を, 真赤な, 着物が, 矢張活物だ, 知らぬ男, 神さまは, 私あんな, 私ひとりで, 私自身には, 秘密の, 空想した, 立派で, 笑ふも, 築地の, 紅葉館でも, 細かくは, 結局ドレが, 結局轡川が, 綾子さんだ, 罪を, 美妙斎との, 羽織の, 老婆の, 聞かなくても, 肝心の, 脚本の, 自分と, 自由に, 色と, 花鋏を, 若い者, 若旦那は, 英国人の, 菜っぱの, 葉の, 虚栄心の, 血を, 行く処, 表べは, 襟からに, 要するにさきほど総代, 見さ, 見れば, 親なる, 言い出す元気, 詰らねえや, 誰かしら, 誰彼の, 警視庁へ, 貧乏も, 貴族では, 赭い, 足利尊氏が, 身体も, 近くなれ, 迚も, 這箇も, 遂に遣っ, 道中で, 遥かな, 都合が, 重傷の, 金持ちの, 鋭くなった, 長三は, 門番の, 間もなく胸, 隊形は, 随分重く, 離婚を, 電報を, 青嵐は, 面白いとは, 頤の, 顔色の, 食べるもの, 養祖父実, 馬車の, 駕籠屋は, 髪が, 鳥取藩士の, 黒吉は

▼ た~ (5343, 0.3%)

72 延は 40 島は 39 銀様は 37 雪は 34 延の 26 君の, 君は, 島の 23 絹は, 銀様の 22 艶の 20 蝶の, 角は 19 粂の 18 増は, 雪の 17 米の, 絹の, 銀様が 16 品は, 米は, 銀は, 雪が 15 秀は, 艶が, 銀の 14 関は 13 かみさんは, 絹が, 綱の, 艶は, 蝶は 12 父様の, 綱は 11 久美さんは, 吉は, 妙は, 手紙を, 米が, 藤は, 駒は

10 [13件] 世辞を, 今の, 光の, 君が, 増の, 屋敷の, 庄の, 蓮様は, 角が, 角の, 通の, 靜は, 駒が

9 延が, 杉の, 粂が, 蓮は, 蘭の

8 [11件] くみは, 八重は, 城の, 姉さんは, 時は, 神さんが, 種は, 菊の, 葉は, 言葉が, 雪を

7 [22件] 六の, 千代は, 吉の, 姿が, 庇で, 手紙が, 手紙は, 春は, 民の, 浜は, 皿を, 秀の, 粂は, 糸の, 藤, 藤が, 袖が, 銀が, 面を, 顔を, 高が, 高の

6 [41件] かみさんと, かみさんも, せいの, ぢいさん, 久美さんの, 今が, 今は, 光は, 利代の, 吉が, 品が, 夏は, 妙の, 姿を, 孃さん, 孃さんの, 定は, 庄は, 文は, 杉は, 染の, 柳の, 柳は, 梶は, 浜の, 浦は, 父様が, 神樂の, 竹は, 糸は, 絹という, 芋を, 菊は, 藤姐御, 蝶が, 豊は, 通は, 静は, 駒の, 高だ, 高は

5 [52件] かっぱの, さよが, さよは, つぎは, ほくに, 人が, 人には, 人形は, 勢が, 勢の, 十夜が, 千は, 君さんの, 品の, 姿, 島が, 徳は, 才が, 才の, 料理の, 染は, 柳が, 梅は, 武家が, 浦の, 町の, 石は, 神さんは, 神籤を, 秀が, 粥の, 絹, 絹も, 綱と, 艶を, 芳の, 菊が, 葉の, 蓮様の, 藤の, 豊の, 貞さんの, 近は, 酒を, 露は, 靜の, 顔で, 高を, 高祖頭巾の, 魚を, 鳥の, 鳥は

4 [77件] くさん, つぎの, めえ, もて, もなる, らくは, 七の, 三輪と, 久美さんが, 京の, 人だ, 人で, 人の, 人や, 作の, 使いの, 侍が, 俊は, 八重の, 内儀さんが, 冬は, 刀を, 勢は, 十夜は, 千世が, 友達が, 君さんは, 咲が, 咲は, 国は, 園の, 土産は, 嫁さんは, 嬢さまが, 嬢さまの, 富は, 尻の, 岩の, 島と, 常は, 庇に, 店の, 延には, 影で, 役人は, 志保の, 手紙の, 政は, 敏の, 文櫃は, 民が, 照の, 熊の, 燕の, 父様, 種の, 紋の, 紋は, 縫は, 艶, 葉が, 蓮さまの, 蓮様, 蓮様が, 蘭は, 角さんは, 角も, 言葉に, 言葉も, 言葉を, 通が, 靜です, 顔も, 饅頭を, 駒ちゃんが, 魚の, 鶴の

3 [141件] きえさんが, げんの, ことばを, さむらい, つねが, とうさま, ぬいさんは, みやは, 一人, 久が, 久の, 久美は, 二人に, 二人の, 互の, 人じゃ, 人形の, 人形を, 仲は, 作が, 信さんの, 傘を, 光を, 六が, 内儀さんの, 内儀さんは, 利代は, 化粧を, 北という, 医者に, 千世の, 友だちの, 友達, 友達の, 取かへには, 口を, 吉と, 君には, 品を, 土産の, 地蔵様は, 堂の, 夏の, 天気に, 妙が, 妻が, 姉さんが, 孝が, 宅では, 安の, 富が, 富の, 小姓とんぼ組の, 島に, 市の, 師匠さんの, 幸の, 庇にゃ, 延という, 役人が, 御籤の, 心から, 心は, 心持に, 悦の, 房は, 手, 手紙, 政が, 文が, 料理で, 方様が, 春も, 時に, 時を, 月, 月様の, 月様を, 杉隠居は, 染が, 梅が, 椀の, 此は, 殿様が, 民は, 浜が, 浦が, 浦を, 清の, 照が, 熊さんの, 熊は, 父様に, 父様を, 獅子の, 珊は, 甲は, 白粉の, 皆の, 神さんの, 禮に, 稲の, 篠は, 米も, 粂を, 粗末な, 納戸の, 絃が, 組屋敷の, 綱が, 美代は, 美夜ちゃんが, 美夜ちゃんの, 美野の, 膳を, 艶であった, 花は, 芳が, 若は, 茶漬を, 菊さんは, 藤と, 藤を, 言葉の, 賤は, 返事が, 道は, 邸の, 酒が, 酒の, 関の, 關の, 關は, 雪と, 静です, 静の, 面です, 顔が, 顔の, 駒ちゃんの, 鳥に

2 [368件] あしを, あてがいの, えいは, おかみは, かたで, かたに, かっぱで, かめの, きえさんの, きみの, くみが, けいちゃんが, けいの, げんは, ことば, ことばの, このは, さよの, さよ婆さんを, すしの, せいが, せい様が, せい様と, せきの, それを, たがい, たまの, ちかは, つぎが, つさん, つみを, つやさんの, つやさんは, ときが, にの姿, ぬいさんが, のぶサンの, はなしを, ひげ, ひまの, ひら様, ふみの, ほきな, ほげ, まきが, みつを, もちやの, もちやを, もて水, もて黄, やめの, ヒナ様の, 三根が, 三輪が, 上り物を, 世辞は, 互ひ, 亡くなりに, 京が, 人, 人よし, 人形が, 仲間体の, 住は, 使い姫の, 侍さんが, 侍と, 俊さんまでが, 俊の, 俊を, 信が, 信の, 信乃である, 倉でございます, 倉の, 倉は, 兄さん, 兄さんの, 兄様が, 兄様は, 八代さんは, 八重という, 八重に, 六, 六という, 六飛んだ, 内儀が, 内儀さんも, 冬の, 利代が, 勘坊の, 勝の, 勢, 勢を, 化粧で, 医者さまが, 医者さんが, 医者さんだ, 医者さんで, 十夜と, 十夜の, 千が, 千の, 千世は, 千代の, 千代後家の, 千絵が, 千絵の, 半の, 半は, 友達で, 友達に, 取り扱いを, 吉さんの, 吉に, 名で, 后は, 君, 君ちゃんや, 君を, 咲と, 咲の, 品です, 品と, 品に, 喜代が, 喜多は, 囃子の, 国の, 國の, 園は, 園より, 園を, 坊さんが, 坊さんの, 坊さんは, 増が, 声を, 声音に, 夏さんの, 夏さんは, 夏と, 多喜が, 天気でございます, 天気の, 妙出る, 姉さんの, 姿だに, 姿に, 姿は, 婆あ, 嫁さんに, 嫁さんの, 嫁さんを, 嬢さまと, 定の, 定り, 富と, 小遣の, 尻を, 島婆さんの, 崎の, 巡査さんが, 巡査さんに, 師匠さまが, 帰りに, 常が, 幾の, 庭を, 延に, 弁当も, 弁当を, 弓の, 弟子の, 役所の, 役目が, 徳が, 徳と, 徳も, 心を, 心持は, 惣菜を, 房と, 手紙うれしく, 手紙で, 才と, 政の, 敏は, 文の, 文櫃の, 料理が, 料理は, 料理を, 新は, 日さまの, 春が, 時が, 時の, 月様が, 末の, 末は, 杉さんが, 杉その, 村の, 村は, 栄の, 桃を, 梅という, 梶が, 槇は, 此の, 武家の, 武家様が, 民と, 民を, 気の毒な, 水を, 浦という, 浦も, 清に, 源は, 滝が, 澄の, 濠端の, 濱が, 照は, 父上の, 父様は, 狩場の, 珊少し, 由の, 由は, 由利は, 申婆も, 町は, 留が, 留の, 留は, 疲れ直しの, 百姓は, 皆は, 目に, 直は, 石が, 祖母様の, 祖母様は, 祝に, 神さん, 神さんに, 神楽の, 神籤は, 祭りを, 種が, 種には, 立派な, 竹が, 竹の, 筆の, 篠の, 米, 米さんに, 米で, 米を, 粂さんに, 粂です, 粂という, 粥を, 糸さんを, 糸とは, 約束を, 紺, 紺の, 組に, 経の, 絹それは, 絹に, 綱, 綱という, 縫も, 美代の, 美代も, 美夜ちゃん, 臀の, 艶だった, 艶では, 艶に, 艶も, 芝居の, 芝居を, 花が, 若の, 茂世の, 菊さんと, 菊さんの, 菊だ, 菊も, 菊を, 菰の, 蓮の, 蓮様と, 蓮様を, 薬だ, 薬は, 薯食べません, 藤といふ, 藤との, 蘭が, 蘭しごき, 蘭を, 蝶も, 血筋は, 袖は, 角さん, 角さんが, 角という, 言葉でございます, 言葉は, 貞が, 賽銭を, 越の, 身が, 辰が, 返事を, 通も, 通を, 連れの, 道さんの, 道だけに, 邪魔を, 邸宅ばかし, 酌の, 金持ちの, 鈴の, 鈴は, 鉄の, 銀さんは, 銀様, 銀様にとっては, 銀様には, 銀様も, 銚子を, 錦の, 長屋の, 關が, 附合の, 隣りの, 露と, 静, 静からは, 静それを, 静を, 頭を, 顔に, 風呂に, 餅は, 馴染の, 駒も, 駒を, 高に, 高祖づき, 髪を, 鯉は, 鳥が, 鳥を, 鳥目を, 鶴が, 鶴は, 鶴歯を

1 [2150件 抜粋] あんという, いもを, おかみでした, かいこを, かくは, かたとも, かっちゃ, かなと, かねの, かみさんよ, かみさん風の, きたは, きみ婆さんと, ぎんは, くまは, げんが, ことばどおり末寺の, さかなでない, さださんじゃ, さよからは, さよの声であった, さよ婆さんわけを, しまの, すぎが, すゑの, せいは, せい様から, せきが, それが, たが, たけは, たみとの, ちょうが, つきあいは, つぎに, つとり, つな, つりと, てつが, とこに, とらは, なつかしう, ぬいさん, ぬいは, のぶサンが, はぐろとんぼが, はなしは, ばばでは, ひさの, ひねりを, ひろは, ふみ芳太郎, べん, ほさ, ほやまもりを, まじなひ, みちを, みやには, めんでした, もてむき, もて日射, もひである, やみない, ゆうさんは, ゆうの顔には, ゆるし, ようの, よねは, れいの, キンを, ッつ, ツ母さんは, ミチのは, 一人と, 万という, 三宝の, 上品な, 世辞かとも, 世辞ゆえ客は, 両人の, 久さんと, 久美さんに対しては, 久美へ, 亀が, 二人さまを, 二人は, 互に自粛自戒, 京さんの, 京は, 人かと, 人だす, 人では, 人善し, 人形やら, 仕事だけを, 仕着, 仲間が, 伊曾に, 位牌が, 住居を, 体を, 作さんと, 使いとの, 使者で, 侍さんに, 侍では, 侍様だ, 供餅に, 信さんその, 値段です, 優が, 兄い様か, 兄様でした, 光さんや, 光とが, 光も, 八代は, 八重とは, 六は, 兼さんの, 兼の, 兼婆さんいきなり, 内儀に, 冬さんに, 凸額の, 刺身と, 加代の, 勘は, 勝手口から, 勢とも, 勤を, 化粧が, 北さんは, 北自慢の, 医者さまどす, 医者さん体の, 十夜であった, 十夜孫兵衛いきなり, 千との, 千代でした, 千代を, 千勢の, 千絵様であろう, 千絵殿で, 升, 半を, 厩組の, 友だち同志の, 友達らしい, 取次を, 台場ちかく, 吉, 吉を, 后であった, 君っていう, 君に, 吟を, 味方が, 呼び出し状なら, 咲を, 品なら, 品様が, 喜代に, 喜美と, 国さんは, 園さんが, 土産として, 土産を, 地蔵様を, 坊主は, 埋合せ, 城下へ, 堂みたいな, 墓が, 増などには, 声が, 夏さんを, 多喜こうして, 大切に, 大尽連が, 天気で, 天氣でございまし, 奇駒さんの, 奉行を, 女中お, 女郎ぐもをはなした, 好み焼の, 妃, 妙ちゃんを, 妹さんでした, 妻という, 妻婆さんが, 妾と, 姉さんから, 姫さんは, 姿だけは, 姿という, 婆とな, 媛さまでございます, 媽さんまた, 嬢が, 嬢さまを, 孃樣は, 子な, 孝に, 宅だった, 安さんは, 宗さんは, 定さんは, 家柄でも, 寒さの, 察しいたします, 小僧という, 小夜とやらが, 小姓の, 小遣いで, 小遣ひ, 局の, 屋敷は, 山荒しの, 峰お, 島さんの, 崎も, 市と, 師匠さまと, 師匠さんが, 師匠樣こんどは, 帰りなさいませ, 常には, 幸に, 広芝じゃ, 庄を, 床の, 店に, 庭には, 庭造の, 延から, 延にも, 弁当が, 弟子が, 弟子には, 役人とまる, 役僧が, 待屋の, 従兄も, 徳の, 心に, 心得違ひか, 心持で, 志保は, 恨みかく, 悦が, 情に, 愛を, 愛想笑ひもし, 慶は, 房という, 手で, 手代が, 手柄は, 手紙けさ, 手紙どうやら, 手紙二つ, 手紙珍しく早く, 手際では, 才に, 掃除など, 政には, 敏に, 文さんといふ, 料理さえ, 料理も, 方々は, 旗本からの, 日待でした, 星さまを, 春の, 時と, 智識様成程, 曾與も, 月夜に, 月樣を, 末には, 杉ばばには, 杉隠居であった, 柳に対する, 桂の, 梅と, 梨江の, 梶様は, 椀は, 榮という, 樂には, 此が, 武家さまは, 武家方が, 殿様で, 母上の, 民から, 民や, 気象が, 江戸の, 泊宿の, 浦, 浦に, 浪に, 浪人どうして, 清という, 湯殿である, 源坊が, 濠な, 瀧が, 瀧平次の, 照を, 熊さんは, 燕であった, 父さま, 父さまの, 父上とも, 父樣にも, 牧と, 物越しで, 猫さん, 猿を, 琴だ, 琴八五郎の, 由利さんが, 由良の, 甲に, 留守へ, 疑いなど, 登世さんという, 百合さんは, 百姓たちは, 皆が, 皿に, 盛肉が, 目当は, 直に, 眼づかい, 眼当ての, 石殿が, 祖母さまは, 祖父様が, 祝は, 祝儀で, 神の, 神籤だ, 祭りの, 福は, 秀に対する, 秋ガラッ, 稚児の, 稲だ, 稻さんが, 端書です, 筆お, 箸それから, 篠が, 籠を, 米さんに対して, 米という, 米濡れ縁から, 粂であった, 粂や, 粥に, 糸で, 糸との, 糸翫之丞の, 紋が, 納戸茶の, 紺に, 組の, 経に, 給金の, 絹か, 經で, 綱じゃあ, 綱とは, 綺麗な, 綾殿は, 縫様屋敷も, 繼が, 美夜ちゃんか, 美夜ちゃんは, 美夜ちゃん淋しい, 翁さんみたいな, 考えで, 聞かせ下さい, 育ちの, 胸前の, 腕前は, 膝の, 臀に対して, 舟は, 船手の, 艶うしろ姿に, 艶ちゃんだって, 艶とは, 艶数丁さきで, 艶泰軒の, 芋の, 芝居みたいねえ, 花の, 芳には, 茂世さんが, 茂與だ, 茶わんを, 茶人または, 茶漬音頭で, 荷物が, 菊ちやんが, 萬さんと, 葉なる, 蓮さまは, 蓮様あっと, 蓮様胸の, 薬とても, 薬湯の, 藤さんとは, 藤だ, 藤どのは, 藤よろめく, 藤御苦労にも, 蘭さんが, 虎婆さんが, 蝶に, 蝶達だつた, 袖だ, 袖位の, 見こみでも, 観音さまの, 角であります, 角にとっては, 角引退は, 言葉であります, 言葉です, 言葉全部を, 詑びかたがたこう, 誓の, 説教したがる, 譚です, 豊に, 豊髪を, 貞さんに, 赤飯を, 足拵えにも, 身柄ゆえ八百石か, 軽は, 辭儀を, 辻の, 返事の, 通へ, 運立て, 道さんが, 那珂さんが, 邸では, 部屋に, 酒, 酒と, 酒も, 重は, 金持の, 鈴が, 鉄が, 銀という, 銀様そうして, 銀様を, 長屋であった, 関には, 関所という, 阿彌陀様の, 隅を, 雛の, 雪には, 霜婆さんは, 静が, 靜を, 面の, 頼は, 頼みは, 顔だ, 顔などが, 顔色に, 風呂を, 飼場下飼人の, 館さまの, 饒舌り, 馨さんは, 駒, 駒ちゃんは, 駒といふ, 骨を, 高祖頭巾を, 魚です, 鳥其儘の, 鳥目も, 鶴といふ, 鶴坊が, 龍という

▼ たかも~ (5208, 0.3%)

1259 知れない 511 しれない 390 知れません 305 知れぬ 283 知れないが 121 知れませんが 114 しれません, 知れないの 108 知れぬが 103 しれないが 87 しれぬ 73 知れないと 65 知れなかった 53 しれなかった 49 しれないの 37 しれぬが 36 わからない 31 知れぬと 28 知れなかつた 27 しれないと 26 知れないよ 23 わかりません, 知れませんね 22 知れん 21 しれませんが, 知れませんよ 20 知れぬの 19 しれぬと 17 しれないという, 知らぬが, 知れないね, 知れませぬ 16 知れんが 14 知れなかったの, 知れねえ 13 しれないよ, 知れないけれど, 知れないという 12 しれませんね, 分らない, 知れないし, 知れないな, 知れないわ 11 知れなかったが 10 しれませぬ, 知れないがね, 知れないぞ 9 しれん, 知れないぜ, 知れないのに 8 しれないん, しれねえ, 知れないから, 知れませぬが 7 しれないけれど, しれないし, しれないね, しれなかったの, 分りません, 知れないけれども, 知れねえが 6 しれないわ, しれませんよ, わかりませんが, 判らない, 忘れて, 知らぬ, 知れないとも, 知れないよう, 知れないん, 知れぬぞ

5 [12件] しれないけれども, しれないぜ, しれないのに, しれなかったが, しれんが, それは, 知れないけど, 知れないじゃ, 知れないといふ, 知れませんがね, 知れませんな, 知れんな

4 しれんという, 判らないと, 知らないで, 知れないぢ, 知れぬて, 知れませんから, 知れませんけれど, 知れませんわ

3 [35件] しれずまた, しれないから, しれないしかし, しれないぞ, しれないわね, しれねえが, しれませんぜ, しれませんわ, わかる, 分らぬ, 判らないよ, 判りません, 判りませんよ, 彼は, 知らないが, 知れないその, 知れないでは, 知れないところ, 知れないなどと, 知れないに, 知れないもの, 知れないわね, 知れなかつたが, 知れなかつたの, 知れぬから, 知れぬけれど, 知れぬという, 知れませんけれども, 知れませんでした, 知れんて, 知れんと, 知れ不, 知んねえが, 覚えて, 解りません

2 [59件] しれないとも, しれぬぞ, しれぬの, しれねえから, しれねえな, しれねえん, しれませんけど, しれませんねえ, しれんぞ, しれんと, ないもの, ないもん, わからない程, わからぬ, わからねえ, わかるの, 分らないの, 分りませぬ, 分れしません, 判らないの, 明らかでない, 知らない, 知れずあの, 知れずまた, 知れず又, 知れたもの, 知れないあるいは, 知れないからね, 知れないこと, 知れないこの, 知れないさ, 知れないそれ, 知れないです, 知れないとは, 知れないほど, 知れない二人, 知れない位, 知れない僕, 知れない男, 知れない程, 知れない言葉, 知れなかったん, 知れぬいや, 知れぬし, 知れぬな, 知れぬ之, 知れねえな, 知れねえの, 知れねえんで, 知れは, 知れますまい, 知れませぬけれども, 知れんぜ, 知れんぞ, 知れんなあ, 知れんよ, 考えて, 解らない, 解りませんが

1 [504件 抜粋] うすうすながら, うろ覚えで, うろ覚えである, くわしく知っ, これから例, これで, ご本人, したらしい, しちめんちょう, しらぬ, しらねえが, しらん, しらんが, しれしませんなァ, しれず, しれずあなた方自身, しれずあるいは, しれずそう, しれずちゃんと, しれずと, しれずもし, しれずもしか, しれず事, しれず変動, しれず必然, しれず私たち, しれず鎌倉, しれないおれ, しれないからね, しれないく, しれないくらい, しれないけれ共, しれないこう, しれないこと, しれないこんな, しれないさ, しれないじゃ, しれないそして, しれないその, しれないだろうに, しれないですね, しれないでも, しれないといふ, しれないとか, しれないとにかくたちまち, しれないとは, しれないどう, しれないな, しれないなどと, しれないなどという, しれないなんらかの, しれないねえ, しれないので, しれないのにと, しれないのね, しれないほど, しれないほどの, しれないよう, しれないわけ, しれない事, しれない二十日夜, しれない交際, しれない以上, しれない地上唯一, しれない坂本八郎左, しれない姿, しれない害悪, しれない忍耐, しれない或は, しれない智慧才覚, しれない未, しれない泥坊, しれない男らしい, しれない疑惑, しれない稚く美しく, しれない笛, しれない証跡, しれない読者, しれない顔, しれない風味, しれなかったからでも, しれなかったでしょう, しれなかった者, しれなかつた, しれなかつたから, しれなかつたが, しれぬから, しれぬこと, しれぬすきとおるくらい, しれぬそうした, しれぬでは, しれぬという, しれぬというのみ, しれぬとまで, しれぬなお, しれぬなどと, しれぬのう, しれぬもう, しれぬ二百五十万, しれぬ今日, しれぬ昔, しれぬ立場, しれぬ計画, しれねえさ, しれねえぞ, しれねえと, しれまい, しれますまい, しれませぬが, しれませんからね, しれませんがね, しれませんし, しれませんでしたが, しれませんでしたね, しれませんな, しれませんの, しれませんのに, しれませんわね, しれや, しれやしない, しれんからね, しれんけれども, しれんさ, しれんちょっと, しれんて, しれんですが, しれんな, しれんね, しれんの, しれんよ, しんない, しんねえ, じ, じさ, じを, すこし後で川上貞奴, すべてたしかには, その勢力, それで, ぞんじませんわ, またどういう, まだはっきりわからなかった, まるきし見当, まるでけんとう, まるで知らね, まるで覚え, もう忘れ, よくわかります, よく思い出せない, よく知っ, よく知られ, よく覚えなかった, よく解つて, わからずその, わからずどう, わからずに, わからず入棺, わからないけど, わからないと, わからないという, わからないよう, わからない癖, わからなかったほど, わからなくなるでしょう, わからぬこと, わからん, わかりませぬ, わかりませんけど, わかりませんの, わかるまいが, わかんないし, アラカタ見当が, 一人の, 不明だ, 不明な, 丸切り見当が, 主人の, 了解する, 亦不明, 今は, 今日では, 何かへ, 何を, 余り珍しく, 俊三が, 全くこの, 全く知られなくなっ, 分からないの, 分ったし, 分らず翌朝, 分らないこの, 分らないのに, 分らない二人, 分らない位, 分らない間, 分らなかった, 分らぬまま, 分らねえ, 分らん, 分らんな, 分りませんもの, 分るの, 分るもの, 分れしませんねん, 分れしませんの, 分れしまへん, 初めて安心, 判らないいや, 判らないこの, 判らないし, 判らないわ, 判らないん, 判らなかった, 判らぬ巨木, 判然と, 刻々掠り傷, 十円か, 十分知った, 右近は, 問題に, 図られない, 図り難い, 夢中で, 天降った, 存じて, 存じませぬ, 存ぜずそれ, 存ぜぬが, 実はきめられない, 寄せて, 察知できる, 少し恋歌, 居合せなかったので, 彼には, 思います, 思い出さない, 思い出せませぬ, 思い遣ること, 思うても, 思って, 思わず膝, 想像される, 手分けに, 料られぬを, 日日新聞から, 明かには, 期し難い, 気づかないで, 気づかないほど, 測られぬので, 測り知れぬでは, 無えもん, 甚だ疑問, 疑えば, 皆忘れ, 知って, 知ってるだろうな, 知つ, 知らずいわば, 知らずおれ, 知らずに, 知らずまた, 知らず今朝佐久間町, 知らず議会, 知らないし, 知らないただ, 知らない位, 知らぬそれ, 知らぬといふ, 知らぬふう, 知らぬやう, 知りませぬ, 知れず, 知れずあるいは, 知れずお, 知れずそして, 知れずその, 知れずそれ, 知れず一概に, 知れず三人三樣, 知れず優しい, 知れず別して, 知れず家, 知れず殘, 知れず満更, 知れず見ないかも, 知れて, 知れないあすこ, 知れないおかげ, 知れないおそらくは, 知れないお前, 知れないからな, 知れないがなあ, 知れないくらいの, 知れないこうした, 知れないしまったな, 知れないじや, 知れないそして, 知れないそれとも, 知れないそんな, 知れないだろう, 知れないって, 知れないですな, 知れないですよ, 知れないとさえ, 知れないとしても, 知れないどうも, 知れないどこ, 知れないなどとは, 知れないのにな, 知れないへた, 知れないほどに, 知れないほどの, 知れないや, 知れないやう, 知れないらしい, 知れないわねエ, 知れないわネ, 知れないハツ, 知れないワ, 知れない之, 知れない今, 知れない位彼, 知れない何, 知れない何しろもう, 知れない侍階級, 知れない俺, 知れない僻地, 知れない儀礼, 知れない八方, 知れない共産主義, 知れない其娘, 知れない十一日, 知れない又, 知れない商, 知れない喧嘩刀, 知れない土竈, 知れない多く, 知れない太古, 知れない女, 知れない小さい, 知れない小唄組, 知れない幻影, 知れない彼, 知れない志村のぶ子, 知れない我国, 知れない手代, 知れない末期, 知れない様, 知れない気, 知れない水落, 知れない状態, 知れない田舎大工, 知れない甲記者, 知れない當時日本, 知れない私, 知れない若い, 知れない訳, 知れない貞奴自身, 知れない金銭上, 知れない駝鳥ボア, 知れなかったから, 知れなかったですよ, 知れなかったと, 知れなかったのに, 知れなかった店, 知れなかった自分, 知れなかつたから, 知れなかつたこと, 知れなかつたし, 知れなかつたのに, 知れなかつたのね, 知れなかつたやう, 知れなかつた程, 知れなかろう, 知れなくてよ, 知れなん, 知れぬあるいは, 知れぬかな, 知れぬけど, 知れぬけれども, 知れぬしかしながら, 知れぬずっと, 知れぬでは, 知れぬといふ, 知れぬとお, 知れぬところ, 知れぬとだけ, 知れぬどうか, 知れぬに, 知れぬので, 知れぬほど, 知れぬほどの, 知れぬまた, 知れぬよ, 知れぬよろしく, 知れぬわい, 知れぬ併, 知れぬ墨子, 知れぬ夫, 知れぬ店主, 知れぬ念, 知れぬ情事, 知れぬ或いは, 知れぬ斯, 知れぬ死処, 知れぬ猶予, 知れぬ着物, 知れぬ箱根丸, 知れぬ諸君, 知れねえけれど, 知れねえけれども, 知れねえてば, 知れねえよ, 知れねえ割りそう, 知れへん, 知れまいて, 知れましねえ, 知れませぬすること, 知れませぬので, 知れませぬゆえ, 知れませんあなた, 知れませんあの, 知れませんうっかり, 知れませんおじいさん, 知れませんからね, 知れませんけど, 知れませんし, 知れませんぜ, 知れませんぞ, 知れませんでしたが, 知れませんでしたがね, 知れませんでも, 知れませんなあ, 知れませんなど, 知れませんなにしろ, 知れませんの, 知れませんふいに, 知れませんわかつて, 知れませんアハヽヽヽ, 知れません何しろ, 知れません八五郎親分, 知れません包み兼, 知れません多分, 知れません或は又, 知れません望月君, 知れません消防, 知れません白く, 知れません藻西太郎, 知れません陳腐, 知れやしない, 知れやしないこと, 知れやせんぜ, 知れんお, 知れんがネ, 知れんけど, 知れんけれど, 知れんけんど, 知れんしかし, 知れんじゃ, 知れんてな, 知れんでございます, 知れんですが, 知れんという, 知れんね, 知れんねえ, 知れんの, 知れんのさ, 知れんよっぽど, 知れんわ, 知れんテヤ, 知れん懺悔, 知れ申さぬ, 知んね, 知んねえ, 知んねえけど, 知んねえし, 知んねえぞ, 知んねえ江戸者, 私は, 聞き忘れた, 自から, 自分ながら, 見て, 見ること, 覚えが, 覚えず唯, 覚えの, 解らないぢ, 解らないですが, 解らないと, 解らなかったの, 解らぬが, 計られないの, 計り知れないの, 記憶が, 述べねば, 連れずに, 関係が, 随分おそかっ

▼ た~ (5004, 0.3%)

123 である 9386 がある 5856 であった 53 があった, です 44 の顔 42 だった 37 だが 35 が一人 34 の声 32 の姿 29 や女 28 があつ, だと 26 であつ, と女 2523 のこと 22 なの 21 が二人, だから, でした, の人 20 の手 19 のよう 18 が立っ, というの, の児 17 が出, であるが, なん, の方 14 がいる, がその 13 だつた, の話, はその, を見る 11 ではない, はそれ 10 がいた, であること, でございます, ですが, の一人, の事, の影 9 がありました, じゃない, で, ですよ, でその, の心, の腕, はこの, を見た 8 がまた, だったが, なので, に違い, は何 7 があっ, がい, が手, であります, に, の名, は誰, もあった, もある

6 [18件] がいきなり, がお, がひとり, が云った, が彼, が来, が自分, だったの, だな, であったから, であったが, の, の中, の体, の眼, はすぐ, はまた, は私

5 [19件] がそれ, さ, だという, だよ, だろう, であるから, であると, ではありません, で今, で自分, に憑, に相違, のやう, の前, の名前, の数, はもう, まさりの, を見

4 [39件] があります, がここ, がこの, がどこ, がはいっ, が三人, が不意, が今, が女, が来た, が来る, が歩い, が私, が腰, が言った, が長い, じゃ, だそう, だつたが, でこの, でしたが, ではある, と, のうち, のところ, のほう, の客, の目, の言葉, の頭, の顏, はそこ, はどう, はない, は何人, は又, は急, は自分, よ

3 [72件] があの, がいった, がこちら, がこっち, がこんな, がない, がなかっ, がふと, がまるで, が何, が入っ, が家, が小さい, が少し, が居る, が或, が日本, が最後, が林, が犯人, が現れた, が眼, が立つ, が行く, が近づい, が顔, であって, ですから, ですぜ, で僕, という, というもの, といえ, といふの, とそれ, とは少し, と云う, と別れ, なのに, に別, のあった, のある, のす, のため, のひと, の人相, の友達, の女房, の態度, の所, の死骸, の耳, の胸, の足, の身, の頬, はおそらく, はこう, はそう, はどこ, はやがて, は体, は何者, は僕, は前, は目, は神, は笑い, もその, もやはり, を捨て, を連れ

2 [282件] あり, かね, から来た, から東京行, があ, があるだろう, がいちばん, がいつ, がいました, がいるでしょう, がうしろ, がうまく, がこう, がございます, がしょんぼり, がすぐ, がそう, がそこ, がそれとなく, がたずね, がたった, がつい, ができる, がの, がひょいと, がひょっこり, がむっくり, がもう, がやつ, がやはり, がゐた, がゐる, がニヤリ, がパイプ, がピストル, がフラフラ, が一人ぼんやり外, が一人何, が一人僕等, が一人最新化学応用, が下, が不思議, が乗っ, が云う, が人待ち顔, が今にも, が何者, が僕, が入口, が出入, が判りました, が叫びました, が台州, が四, が四五人, が坐っ, が大, が子供, が安, が客, が小走り, が己, が帳場, が幕, が庭掃除, が御, が急, が抜刀, が来たなら, が果して, が梯子, が気, が泣く, が火傷, が発狂, が皆, が目, が直ぐ, が破, が突然, が窓, が立ち上った, が細い, が細め, が背中, が自転車, が船, が若い, が荒々しく, が見つけ, が話し, が談, が足, が通っ, が酒, が金, が鏡, が附い, が降り, が頻りに, が飛ん, が首, じゃあるまい, その男, だったそう, だつたの, だね, だの, だもの, だろうと, であらう, であり, であるか, であるらしい, でお, でこんな, でございますか, でございますが, でしたがね, でそれ一人, ではなかっ, でもあっ, でもあった, でもその, で一人, で三河町, で二十七, で何, で寒, で弟, で当時, で当時人心, で放浪者みたい, で気, で灰色, で身長, で黒, ということ, といふもの, といふ男, とでも肩, との幾月, とは別, とみえ, と一緒, と同, と同じ, と結婚, と見え, と話し, と警察, にその, になっ, にはすべて, に似, に渡す, に衝き合せず, に言った, に訊いた, に颯, ね, のあと, のいちだんと, のそば, のゐる, のバリゾウゴン, のポケット, の下駄, の乞食, の事務員, の二本, の云う, の人たち, の人形, の仕業, の体臭, の像, の兒, の写真, の口, の同志, の娘, の子供, の小指, の屍体, の屍骸, の後, の思い出, の悲痛, の戀, の所有品, の死体, の演説, の生徒, の肩先, の脛, の腸, の膝, の血, の行動, の見える, の足跡, の跡, の面魂, の靴, の顔色, の黒い, の鼻, はあった, はあれ, はいきなり, はいったい, はいつも, はお, はかう, はこれ, はたしかに, はたった, はだれ, はなかっ, ははじめて, はまるで, はみんな貧乏, はやはり, はよろめき, はわたし, は一体, は一寸, は不思議, は主人, は二階, は仲間, は勿論, は半, は口, は女房殺し, は小, は少し, は彼女, は必ず, は息, は悠然と, は手, は指, は既に, は晴着, は無言, は狂気, は生, は直ぐ, は相手, は確か, は立っ, は紙莨, は膝, は血, は赤い, は追, は逃げる, は随分, は非常, は顔, は飛ん, への私, も, もあれ, もいた, もいる, もすく, も共に, も同じ, も女, も眼, や銀杏返し, を取りまい, を尾行, を指さし, を指し, を犯人, を知っ, を紹介, を見れ

1 [2311件 抜粋] あります, おマン, かい, かのどちら, からいきなり, からは, から抜打ち, から貰った, があがった, があなた, があらわれた, があるでしょう, がいいました, がいったん, がいれかわっ, がうようよ, がおりますでしょう, がかはる, がきました, がこたえました, がさわったらしい, がしょぼん, がすう, がずっと, がそして, がそれから, がたくさん, がちら, がつめた, がど, がどんと, がなんとなく, がのそり, がば, がひとり弁当, がぴったり, がふところ, がほの暗い, がまだ, がもしも, がやって来た, がよし, がわたしたち, がアッ, がグランド, がタイチ, がヌッ, がパリパリ, がプラット, がリヤカー, が一人余計, が一時間, が一行, が三四人, が下りた, が不平相, が並ん, が予審, が云いだした, が今夜, が仕, が伊達模様, が低い, が余念, が先ず, が其月宗匠, が別嬪, が化物, が千, が去年, が右, が名, が周囲, が喚き, が四十面相, が変, が夜な夜な, が大きな, が失望, が官服, が尋ねた, が居た, が左手, が帽子, が床, が影, が後方, が思いがけぬ, が悄然, が悲鳴, が手足, が挑発者, が撥, が散歩, が新宿駅, が昔, が暫く, が本気, が案内, が榻, が機械室, が死ん, が気軽, が沈黙, が洋傘, が溺死, が火, が煙草, が片足, が狂人, が現われました, が甘栗, が登っ, が監獄, が真, が眺望鏡, が砲身, が稲村, が立, が立ち止っ, が笠, が紅茶, が罪, が義元, が聞き咎めた, が脚, が膝, が自身, が茶, が荷車, が血まみれ, が裸馬, が見つけおっ, が覗き, が言う, が誰, が起き上がっ, が身がわり, が近頃, が通りかかる, が道鏡, が金烏帽子, が鍵鎗, が門, が雪だるま, が頓狂, が食慾, が馭者台, が鳥打帽子, この人相, さしたる過去, じゃねえ, そういう事, その栄誉, だからとて, だけなら, だけにエネルギッシュ, だけに剛胆, だけに言, だけは間違ひも, だったから, だっていう, だとは, だのに, だ人, って, であったと, でありいま, であり奪われた今, であるからには, であるまして, である気品, でいかにも, でございました, でさえその, でしまいに, ですけれども, ですねえ, でそしてまた, でて, でなかったならそして, ではじめ, でぽ, でも, でもござった, でもなけれ, でも帰っ, でも無い, でアメリカ風, でダンス, で一風, で二十歳, で体, で入道家, で原稿紙, で垢, で女, で専売局工場, で少し, で弟様, で志士, で振分け, で此處, で涎, で皆是, で細長い, で腕ッぷし, で茶色, で調子, で酒, で長吉, で頭, で髪, で黒褐色, という意味, とうとう閉口, とが人混み, ときく, としてしか記憶, としての醜名, として自分, とちがっ, とのべつ, との顔, とはやがて, とは思われない, とほとんど, とも女, とスミス, と三十代, と二人, と先夜一緒, と其後, と厚司, と多少, と妻, と小舎, と怪武士, と格闘, と白, と睨む, と船夫, と見えた, と訪問服, と赤井寅三, と酒, と鼠, ながらも今, なぞも同じ, などが通りがかり, などはかえって, など人生, ならそれきり, なら或は, なんか考えた, にあんな, にうまい, にくれ, にすぎない, にたくさん, にちがい, について物語らう, にどんな, にはおめにかかる, にはな, には得, には読者, にま, にも出逢わなかったらしい, にも逢う, にろくな, に云, に伴, に内密, に出来る, に勝手, に名前, に声, に子供, に対する様子, に小声, に復讐, に惚れる, に擦違った, に深い, に煙草屋, に縋り付いた, に褒美, に見られる, に請出され, に連れられ, に金, のいずれ, のえんび, のくせ, のじっと, のため息, のなくなった, のむり, のカントク, のヘンリイ・ウイリアムズ, の一部分, の乞食巡礼, の位置, の兄弟たち, の内部, の出現, の友情, の名人たち, の噂, の場合, の太い, の妹, の家, の崩れかた, の店員, の後ろ, の心持ち, の思慮, の恋愛, の患者, の意気地, の懐中, の持物, の数二百一人, の暖か, の杳, の横面, の死に顔, の気持, の溢れる, の片腕, の画家, の瞳, の粗末, の群, の肩, の興奮, の血気, の袖, の言, の訪問, の足音, の身元調べ, の遺言, の鉾, の面, の首根, の魂, はいかにも, はいつの間にか, はいよいよ, はうろ, はこんな, はじつに, はせわしく, はそれっきり影, はだれです, はとがった, はと見れ, はなおさら, はのろのろ, はひねりつぶし, はふりむい, はま, はみょうに, はもじもじ, はものすごい, はよく, はわらいました, はクスクスッ, はソノ子, はナタン夫人, はハッ, はミドリちゃん, はランプ, は一室, は一歩, は下り松, は中年, は二十七八歳, は人間以前, は仙人, は何様, は偽善者, は全然, は円顔, は劇場, は去, は吃驚, は呼びかけた, は喘ぎ, は増田屋金兵衞, は大きい, は大阪市長, は女, は姿, は実に, は崖, は左右, は年頃三十二三, は役者, は急所, は懐, は捨て, は敷板, は明らか, は昨日, は服装, は村, は桜枝町, は横様, は死骸, は江戸神田黒門町, は浅川監督, は熱病, は独りごと, は生き残, は画, は真青, は礼, は立ち, は答えた, は終生, は縄ばしご, は腕組み, は舞台, は落第, は蛙, は言った, は読者, は貴女, は起き上らなかった, は身体, は迂散, は運転手, は長い, は関係者自身, は雪, は面目, は風変り, は黒い長い, ばかり出, への恋慕, ほどミジメ, まで奪, もあり, もいます, もたんと, もゐる, も丁度, も何時, も北, も手巾, も有った, も真似, も蜂須賀, も連れ, やら女, や執念深く, や男装, や老婆, や赤, よりももつ, わけても妹娘, をいたわっ, をか, をずい分知, をたいへん, をひどい, をほんとう, をもて, を一人娘, を不審, を二川重武, を件, を元, を取, を外, を引っ張り行く, を思い浮べました, を愛着, を指した, を捜し歩いた, を搜索, を横目, を殺したかった, を生かし, を私達, を職長, を見くびっ, を見なかった, を覚え, を迷惑がり, を逮捕, を頼っ, 大きな髷, 幼い児共, 来る, 見たところ柔和

▼ た~ (4949, 0.3%)

95 のこと 704943 のよう 40 でなければ 35 であった 31 なので 28 である, に彼 26 になっ 25 で彼 23 のやう, の事 22 にその 21 だから 20 だった 18 で私 16 であつ, でまた, で自分 15 でその 13 でお, でした 11 ですぐ, で言った, にそれ 10 であるから, で彼女, の彼, もなお 9 ですから, なの, にはその 8 にお, にこの, にまた, に於, は 7 だったので, でこの, で僕, にもなお, に初めて, に私, に自分, のもの

6 [12件] だったの, でそこ, でもまだ, でようやく, と見え, にやっと, に再び, に改めて, に漸く, の自分, は又, も私

5 [18件] しばらくは, だったから, だと, であったので, でこう, です, でないと, で云った, で急, で父, で誰, に半, に女, に更に, に至っ, のお, も, もまだ

4 [29件] だつた, だつたので, でどう, では, でまだ, で代, というもの, にいよいよ, にここ, には, には後者, にようやく, に僕, に出, に彼女, に我々, に江戸, に突然, のある, のこの, の心持, の或, の部屋, はその, はただ, は暫らく, もこの, もその, 思い切って

3 [86件] から彼, くるりと, すぐに, その男, だ, だし, であの, であるが, でお母さん, できっと, でどうして, ではきっと, ではそれ, でふと, でもう, でもしばらく, でも私, で三吉, で二人, で何, で又, で叔父, で外, で岸本, で店, で御, で復, で有った, で此, で気, で罌粟, で見る, と同じ, なら, ならば, にこう, にこれ, にさらに, にする, にどんな, になつて, にはこの, にはもはや, には何, には必ず, に云った, に今度, に何, に川, に急, に故郷, に来た, に残っ, に残る, に母, に結局, に自然, に言った, に誰, に起る, に黙っ, のでき, のまた, の二人, の出来事, の地上, の家, の彼女, の方, の日, の様, の状態, の生活, の私, はお, はこの, はそれ, はどう, はまた, は家, は当然, もお, も彼, をうけ, 半七, 暫くは

2 [249件] お菊, お蓮, か, かそう, かその, からまた, がザワザワ, こう云う, この国, その眼, その邸宅, だからね, だったと, だつたの, だもの, だろうか, ちに, ちは, ちも, であ, でありました, であるか, であるので, であれ, でいきなり, でいずれ, でいつも, でお父さん, でかう, でこういう, でこっそり, でこんな, ですが, でそこら, でそっと, でそつ, でそれ, でとうとう, でどの, ではあった, ではお, ではない, ではもう, では何, では深淵, でふい, でもお, でもこの, でもその, でもそれ, でもなお, でもなんだか, でもやはり, でも彼, でも決して, で一つ, で三人, で二三分, で今度, で他, で何となく, で偶然, で傍, で先生, で医者, で半, で取り返し, で大, で大して, で女, で婆さん, で実に, で少し, で平次, で必ず, で支配人, で本書, で気がついた, で氣, で生れた, で田口, で町, で目, で罵倒, で舌打ち, で若し, で貴君, で近日, で野村, で顔, で魚, で黒木長者, といへ, とうとうあきらめ, とではそれ, とみえ, と雖, にあ, にあれ, にいった, にうけた, においては存在, においても健康, にかう, にこういう, にこっそり, にすべて, にだんだんに, にでも生命, になお, にはこれ, にはじめて, には奨励金, には彼, には自分, には英国, にふところ, にもここ, にもその, にもまだ, にも依然として, にも太田, にも山間, にやがて, にやつ, により, にわたくし, に一つ, に一人, に主人, に右, に各, に同一, に土地, に太田, に夫, に少く, に帝劇, に彼ら, に得られる, に思う, に抽斎, に来る, に松島さん, に次, に気がついた, に父, に生れた, に茶屋, に貴君, に起こる, に銘々自分, のその, のゆるんだ, の人, の健三, の力抜け, の半期, の名, の呉一郎, の四十九錠, の姿, の孤独, の安らかさ, の室内, の山河, の形, の心, の快い, の意識, の手, の明り取り, の時代, の時間, の最後, の朝, の模様, の気, の気分, の気持ち, の氣持ち, の漱石氏, の物, の生涯, の町, の痛快, の空虚, の第, の紛々, の結果, の車, の静けさ, の顔, の養生, はいつも, はもう, はもはや, はやはり, はケロリ, は一人, は一層, は今, は休息期, は何時しか, は全く, は声, は失神, は学校, は心, は心持, は故山, は皆, は読書, へ逢引, また元, までもその, までもなお, までもまだ, まで永く, まで熊本市外, まるで煤掃き, もじっと, もそこ, もちょっと, も幸, も急, も或, も瑠璃子, も男, も私たち, も美しき, も自分, も貧困, やはり丁寧, をどう, を嗅いだ, を承け, を振り, を見る, パッと, 云った, 再び駆け出し, 忘れて, 或る, 振向いて, 暫くし, 漸やく, 直に彼女, 黙って

1 [3033件 抜粋] あえてこの, あの高, あらゆる石, ある夜, いっそう多く, おくこと, お千代, お種, かの貞奴, からお前, からとやかく, から亭主, から入り込ん, から忍び込んだ, から直使, から軽蔑, か先, が三日月形, きっとなっ, こうして私たち, こう結論, この寺, この画家, こんな風, さえこの, さて次, さらに別室, しかして家督, しばらくの, じゃ己, すぐ峠, ずつと七度三四分, そう云った, そのままに, その一封, その児, その大, その室, その生々しい, その親戚, その霊廟, ただちに防禦, たとい, だけに一筋道, だったし, だつたらどんな, だんだん又何処, ちまでも, ち一同伴, ち其役目, ち暫時, ち被害者, ついに左, であたし, であったの, であるいは, でいい出した, でお呼び, できりだした, でごらん, でさえエグモント, でしたろうそうして, ですまない, でそれほど, でだから, でつまらない, でどうも, でなくては, でなら, での妻子, ではある, ではさぞ, ではなお, ではアーニャ, では南部氏, では將來, では或は, では時として, では穢す, では途上, でふっと, でまさか, でもうこ, でもしょっちゅう, でもセザンヌ, でも今しがた, でも奥様, でも既に, でも永久, でも第, でも起き起きし, でやはり, でわざわざ, でガラツ八, でパリー, でボーイ, で一八八二年六月五日, で一緒, で不意, で二郎, で京野等志, で仇討, で伯母, で何うに, で何処, で俊助, で偽, で全集, で再び, で加藤さん, で博士二人, で受附子, で吸口, で土蔵, で夕飯, で天井裏, で夫婦, で始め, で子供達, で実, で寛文中, で岡田, で帰っ, で引手, で後妻, で怖い, で惣体, で持ち去った, で故, で新た, で昼, で木戸, で材料, で榊, で歌, で武蔵, で母, で永く, で洗っ, で澄子, で牧師, で田鍋課長, で病, で百合子, で眼, で突然, で納屋, で美代子, で脇差, で芳本, で荘一清, で藥罐, で西, で謝り, で輿, で進ん, で金持ち, で間語り, で非, で食卓, で麦藁, といつた, とうとう一部, としては急, との分界線, ともかくも, と書い, どうし, どうも運, なお厳格, などでお, など殊に, なら同僚, なん, にあるいは, にうす, においてはその, において初めて, におのずから, にお話, にぐったり, にこんな, にしろ, にそれでは, にたちまち, にて直ぐ, にでようござん, になさい, にのこの, にはかう, にはそのある, にはまた, にはチョーク, には今, には共に, には存在, には弱い, には止め, には海保竹逕, には硝子, には脱ぎ, にひとりでに, にふと, にまでも尚, にもおのずから, にもまた, にも尚, にも歸, にも自信, にやをら, にわし達, にコンナ事, にハツ, にプロレタリア革命, に一体, に一時悲哀, に上陸, に中村, に九蔵氏, に云い続けた, に今, に仰山, に低い, に健康, に先生, に其等, に出帆, に分る, に前段, に卒業生代表, に叫んだ, に吾人, に四世薪水, に国家, に外, に大番所, に太, に女中, に孔穴, に寄算, に小うるさい, に山木, に左枝, に引導, に役目, に徳蔵, に怒り, に悟道, に懷疑, に手ぎわ, に描かれた, に新次郎, に春秋社及神田家, に書かれた, に朱, に枕頭, に檮, に残された, に殘つた證據, に気づい, に浪人取締り, に演奏不能, に爆音, に猟夫, に現われた, に生まれた, に男, に発表, に石, に祠, に紂王, に総高, に翻って, に脳裏, に自ら, に自由活版所, に菓物, に蛙, に親, に記憶, に資本, に辺陲, に進ん, に郷, に重行, に開放, に雌, に須田町, に馬, に黙, のあわれ, のこぼれた, のため, のまア, のシーン, のハリス, の万事, の世, の二劉, の何年, の健康, の全総, の切口, の半, の同じ, の嘉門, の基盤, の夕暮れ, の夥しい, の失職, の始末, の定基, の寝床, の左枝検事, の幸い, の引続き, の心持ち, の慾, の戦勝, の打っ, の数時間後, の日吉, の昼間, の月明, の木立ちの背後, の森, の歌物語, の残光, の氣分, の沢山, の浄土宗, の混乱, の火口壁, の特別, の生活準備, の画室, の真知子, の称, の竜, の籠, の美人連, の自室, の茶碗, の製作, の註解, の貴女, の車寄, の運命, の酒, の鍵盤, の間崎, の静か, の驚嘆, の麗わし, はあらゆる, はいつのまにか, はぐったり, はじき, はちょっと, はなおのこと, はひどく, はみんな蕎麦畑, はもと, はイツ, は一点, は不義, は二度とそんなに, は何, は俄, は公式, は割り, は単純, は四辺寂々寥々, は大変, は娘, は寂しい, は帝, は必ず, は打ち解けた, は春先, は月光, は死骸, は気力, は決して, は滅多, は片手, は産後, は皆此資格, は空空漠漠, は義務, は薨去, は賃機織つて一人, は門前, は颯々, ひどく貧乏, へあの, へひょっこり, へ何, へ君, へ手紙, へ落ちる, へ隣家, または何, また性欲, また長椅子, まだ年, まではニセモノ, までもしげしげ, までも一人, までも存続, までも持ち続け, までも硫黄岳火山, までも變つて, まで女性, まで彼, まで祖父さん, まもなくすずめ, もいまだかつて, もう一本バット, もしそこ, もそして, もついに, もひとりあと, もわからなかった, も一日, も中央, も人手, も何一つ, も其処, も医官北岡太淳, も君, も城内, も寝床, も山の端, も忘, も新七, も柳斎, も歌, も男子, も自ら質素倹約, も血まみれ, も逆鱗, も陣中, も髣髴, やがて夏雲, やがて李, やっと応接室, やっぱり同じ, ゆう飯, ようやくきわめて荘重, ようやく春一, らしい, わざとらしく気軽, をいくらか, をだ, をよく, を口, を承けた, を狐, を見送っ, を頂戴, 一年ばかり, 二度と同じ, 何かと用, 全く発作前, 再び丹沢山大山, 再び山国谷, 再び此, 初めて予備隊, 半七ら, 取り出して, 同時に包囲攻撃, 大きな部屋, 如何に彼女, 実は世間的, 少し心, 幾分かご参考, 徐に上海, 忽ちピン, 恐らく二世紀以上, 恥ずかしい思い, 或はその, 改めてお宮, 早速仕事, 書き上げたもの, 来り看るの, 殆ど鬼趣, 消えては, 漸く身體, 猶ほ, 直ちに地球軌道, 短い竿, 突然年, 第三版以下, 終に引退, 諦めて, 軈て別れ, 遂に困った, 重て, 隣り合った鳥類

▼ たって~ (4947, 0.3%)

92 仕方が 65 仕様が 55 いうん 47 いいじゃ 38 駄目だ 31 それは 28 しようがない 21 何の 19 ものさ 18 しょうがない, それが, 何に, 何にも 16 どうにも, 同じこと 15 いいん, だめだ, どうなる, 何も, 構や, 私は 14 いい, いうの, しかたが 13 んだ, 云うん, 構うもの, 誰も 12 私の 11 いうわけ, 云うの 10 いいだろう, そうだ, 何が, 私が, 言うん, 駄目です 9 いうこと, かまわない, 僕は, 同じ事, 構わない, 自分の 8 いいでしょう, いいの, かまや, はじまらない, わけだ, 無駄だ, 誰が 7 ことが, ことは, これは, それを, なんの, のは, 俺は, 構うもん, 言って

6 [13件] いいわけ, これが, しようがねえ, すぐに, そんなこと, だめよ, なにも, 仕方がねえ, 何か, 何でも, 少しも, 話だ, 駄目な

5 [17件] いいわ, えの, こうした, よさそう, 云うこと, 仕様がねえ, 俺の, 出て, 可い, 同じだ, 君の, 命に, 外に, 大丈夫だ, 大丈夫です, 話は, 駄目よ

4 [33件] あの人, いいさ, いいと, いいよ, いうんで, えじゃ, お前, かまいません, ことに, しようが, そうは, そんなもの, たかが二千年, ただの, だれも, つまらないじゃ, もうだめ, わけか, わけさ, わけな, んだい, んだろう, んです, 同じこった, 女は, 好いじゃ, 始まらない, 役には, 構わないじゃ, 死んだって, 目の, 言いますぜ, 言うじゃ

3 [79件] あなたの, あなたを, いいから, いいのに, いいのよ, いいはず, いいや, いうから, いうと, いうのに, いうんだい, いやよ, おんなじ事, かまいは, かまわないじゃ, かまわないという, こっちの, こっちは, ことよ, ことを, この人, しかたない, そうじゃ, その手, それで, それや, そんな事, たいしたこと, ただそれ, だめです, だめな, どうした, どうにもなる, なんでも, ほかに, ぼくは, もうその, もう駄目, わからない, わかりは, わかるじゃ, わけです, わけでも, わたしに, ビクとも, ムダな, 云うじゃ, 云って, 人の, 今の, 今日の, 僕が, 僕の, 別に, 別に不思議, 喜んで, 大したこと, 女の, 始まらないじゃ, 平気だ, 心の, 怖くは, 急に, 想像も, 構わないが, 気が, 無駄です, 知って, 知らないよ, 知れたもの, 私に, 私には, 良かろう, 言うから, 言うの, 話が, 話を, 金が, 馬鹿に

2 [229件] あたしが, あたしには, あつまって, あるもの, い, いいけど, いいけれど, いいで, いいという, いいますぜ, いいやね, いうが, いうじゃ, いうぜ, いうな, いつかは, いつでも, いつまで, えわけ, おそいや, おとよ, おれは, お前さんの, お前たちに, お前を, お母, お通さん, かまうこた, かまうもの, かまうもん, かまわないが, かまわないさ, かまわないわ, かまわぬ, かまわねえ, かまわねえん, きっと君, きりが, こういうん, ここは, ことさ, ことな, ことなんだい, このまま, この家, この私, この頃, これだけ, こんなに待ちこがれ, こんなもの, しょうがねえ, じっとしてたら, すぐそれ, そううまく, そうさ, そうでしょう, そうです, そりゃ駄目, それじゃ, それだけの, そんな手, だんなの, つまらない, つまらないと, つまりは, どうし, どうならず, どうにもなりません, どうにもなりやしない, どこが, どんなこと, なんに, なんにもなりません, なんにもなりゃしない, はじまらねえ, はじまらん, へんな, ぼくの, むだだ, ものに, やつさ, ようござんす, ろくなこと, ろくな事, わからねえ, わからねえじゃ, わからんよ, わかりっこない, わかるでしょう, わかるもん, わけで, わたくしは, タカが, ダメだ, ダメです, ムリだ, 一文にも, 不思議は, 事を, 云いますよ, 云うのよ, 云うもの, 云うんだい, 云うんで, 云う話, 人から, 人が, 人を, 人間に, 人間の, 人間は, 今と, 今度は, 今更どうなる, 仕方ない, 他に, 他人の, 以前の, 何う, 何だって, 何とも, 何を, 何んの, 余計な, 僕に, 僕には, 元の, 兄さんに, 分ること, 分るもの, 別の, 別条ない, 可いんだ, 同じさ, 同じよ, 困りも, 変な, 大きなお世話, 大丈夫よ, 大人の, 大水が, 女という, 好さそう, 始まらないから, 始まらぬ, 始まりや, 安心にも, 宜い, 宜かん, 容易に, 居なくたって, 帰ること, 幕府は, 平気さ, 平気じゃ, 平気で, 平気です, 彼に, 思いも, 恐ろしいこと, 惜しくは, 我慢が, 手に, 手の, 手を, 損だ, 文句は, 日本に, 旦那の, 本当の, 東京へ, 構いません, 構わないと, 構わん, 構わんさ, 欧羅巴の, 気に, 気の毒な, 気は, 為方が, 無いもの, 無理だ, 無理です, 無駄な, 猫に, 生きて, 男と, 男の, 病気は, 百姓を, 目を, 相手が, 相手に, 碌な, 種が, 空の, 立派に, 結局は, 絶対に, 罪は, 考えられなかった, 耳を, 自分が, 自分を, 致し方が, 虫が, 見えや, 見て, 言います, 言うんだい, 言うんで, 言う話, 言ったの, 訳さ, 訳だ, 詰らない, 話して, 話に, 誰にも, 買って, 足りやしねえから, 追っかけて, 邪魔に, 面白いこと, 面白くあるまい, 面白くも, 食べて, 駄目, 魚は

1 [3006件 抜粋] ああし, あいつは, あけるもの, あたしにだって, あとの, あなたは, あのじょうぶ, あの床の間, あの磊落, あまり疲れないです, ありゃしませんよ, あるもん, あれなら, あんなじゃ, あんなピカピカ, あんな大きな物, あんまり感心, いいが, いいとも, いい句, いい都合, いうわ, いきどころ, いちいち嫁さん, いっただけじゃ, いつまでも, いまどんな, いやしない, いらん, うまくできれ, えいうん, えん, おかげがねえ, おっかながっ, おのし, おもしろおかしくも, おれの, お二人, お前が, お前なんかに, お前己ら手合いは, お婆, お屋敷者, お父さま, お茶の子サイサイ柳生の, お関, かくの, かまわずドシドシ, かまわないとは, かまわぬだろう, かまわんじゃ, きいたもん, きっとどこ, きめただけの, こいつが, こうと, ここじゃ, こしらえなくたって, こといやしくも, ことです, こと人の, このとおり, この前君, この建物, この点, この重大現象, これから先, これより, こわくなります, こんなに温和, こんな小造り, こんな歌, ささ, されたほう, しかたの, しゃべりゃしめえな, しようがないだろう, じぶん, すぐ忘れ, すべて竹一に, せかせかだ, そういう風, そうしなけれ, そうよ, そう思う, そう見下げなくっ, そのあと, そのやりくち, その外れた, その日, その立派, そりゃあそう, そりゃ本当, それしか, それで十四人, それまで, そんなかんがえ, そんなの, そんな珍しい, たいしてあなた, たぜ, ただ三十年で, たとえ殺された, だめさっさと, だんなほど, ちっとも偉い, ちっとも恥, ちっとも有難い, ちゃんと分る, ちょっと呼ん, つかまえられるはず, つつじの, つまらない話, つまんないよ, とことんの, とても答える, とらわれる気づかいは, どうか奥さん, どうせろくな, どうで, どうにもこうにも, どうもやる, どこだって, どちらも, どんなに固い, ない, なかなか承知, なれるの, なんと言われた, なんにも起り, のが, はじまらずとまって, はじまらないもう, はじまらねえやな, はるばるたずね, ひとりも, びくと, ふしあわせ, ぶっ衝, べつにわるい, ほんとうの, ぼた餅なんか, まず喜惣以上, また出かけ, まだ結婚, まるで孔, むず痒いばかり, めっきな, もうおそい, もうどうしても死なね, もうほか, もう停年, もう家, もう片, もしかしたら, もともと他人, やっぱし同じ, やっぱり私たち, やはり交番, ような, よって, わかってること, わかりっこ, わかりゃしねえじゃねえか, わかるぞ, わかるん, わけでしょう, わたしどこの, わめきたち, アフリカに, エ顔つきだ, コガシラじゃ, ジャマに, ソセージみたいで, ツケ焼刃に, ナミの, バカの, フランスは, ホホホもち, ムダだ, ヨーロッパ人の, 一たび見覚えの, 一人っきりよりは, 一匹でも, 一向見, 一文の, 一旦僕, 一枚, 一緒に, 七尺あるいは, 三人も, 三日も, 下さりっこありません, 下男で, 不可能じゃ, 不用な, 世の中の, 世間へ, 丸一日休まず, 乃公を, 事は, 事実を, 二人は, 二千俵と, 二百作っ, 云うじゃあねえか, 云うもん, 云え, 云われるん, 五千円よりは, 亭主振っ, 人形町が, 人違いを, 人間並みに, 今まで, 今日は, 今朝早立した, 仔細は, 仕方も, 他殺だ, 仰言っちゃ, 会わないという, 伸子の, 何かの, 何ともありゃしねえ, 何をよ, 何度も, 依然として臭い, 俺たちの, 俺ビクとも, 借金した, 僕だけの, 儲けようと, 兄さんが, 免官の, 全然困り, 六七年は, 内々取ってた, 冬子は, 出さねば, 出やしないん, 出来るはず, 分らないもの, 分りっこ, 分りゃせんさ, 分るだろう, 切りが, 判らない位, 別におめでたく, 別に損する, 別段怖, 前から, 助かるもの, 動かすこと, 勝たずには, 勝てッ, 区別し, 十月までには, 危ない, 厭, 反抗です, 取調べようと, 口説いたって, 叱られやしないよ, 合点が, 同じでしょう, 同じ様, 向う側は, 君を, 呼ばなけりゃならない, 商売人は, 喧嘩する, 嘘の, 困りゃしないわ, 国旗を, 城内の, 報告した, 壊えっ, 変です, 夜も, 大したちがい, 大ぼやきした, 大威張り, 大笑いした, 太七の, 奥の, 奴は, 好いだろう, 好きな, 妻だ, 姉さん食べかけで, 始まらないの, 始まらんので, 始らんでは, 媚態を, 子供時代を, 宅助の, 宜う, 実験的には, 家に, 容貌の, 尋ねて, 小林は, 小鳥たちが, 局長の, 居るもの, 巡査が, 差支えあるまい, 差支は, 帰さないちょっと, 平気でなんか, 幽霊の, 引っくりかえし, 当り籤の, 役にゃ, 彼らには, 待つわけ, 後悔し給う, 御主人, 御用聞と, 心得が, 必竟ずるに, 怒ってるそう, 思いつかない全然, 性に, 恐いこと, 恥かしくは, 恨みっこなし, 悪人ばらの, 情けねえ, 想像の, 感動せず, 憚りながら役者, 成算の, 戦争に, 手柄にも, 承知し, 抜ける事, 持つべきでは, 採りきれやしないよ, 損の, 放うたらかし, 文化の, 料理の, 斯うし, 方寸の, 日本の, 日蓮聖人の, 明日帰っ, 昔は, 是れ, 暇つぶしは, 最う何とも, 有難いこと, 木乃伊取りの, 本当です, 本当に勘定, 本質が, 来たらしき敵勢, 来るこっちゃ, 松やにの, 根っからの, 梶原が, 構いは, 構わないさ, 構わないわ, 構わぬどうせ, 次第でも, 正や, 此の, 武士は, 死ぬ, 死ぬ芸, 残った九本, 毎日お, 毬栗頭の, 水で, 永田馬場を, 決してあれ, 決して為れる, 法が, 泣いてるだ湯場稼ぎ, 泥棒にゃ, 浮れる, 涼しくわたし, 減りやあ, 湯気を, 源氏と, 濠洲に, 無いん, 無意味です, 無益どっちみち, 無駄である, 煙草を, 父娘だ, 物笑いに, 犯人が, 猿が, 王様に, 現実世界と, 生まれたうち, 用は, 男子の, 畳を, 病気が, 痛くって, 白羽二重の, 皆な, 目的は, 直に議会, 真っ赤な, 真黒けな, 眼尻に, 知らない婦人, 知りゃしません, 破れた恋, 神田である, 私たち二人とも, 私を, 穴を, 立派だ, 笑わずに, 箇旧は, 糞, 紡車が, 結局つまらん, 絵ソラゴトです, 罪でも, 美人じゃ, 聞えてよ, 肉体を, 脱がなきゃ承知, 腹は, 自分に, 自身の, 色々不思議, 芸術は, 苦しいこと, 茄子に, 落ちやしないよ, 蔭弁慶だ, 蛾や, 血を, 西洋から, 見えないじゃ, 見つかりっこないからね, 見出せやしない, 親父が, 解らないし, 解るまいと, 言いましたよ, 言うが, 言えないよう, 言わあ, 許して, 証明する, 詰らんから, 話じゃあねえか, 読めっこないでしょう, 調べが, 譬は, 負けである, 財閥に, 貴方お, 貸さねたって, 走れるだけしか, 足りは, 軽井沢まででも, 返って, 追いつかんから, 追っつきゃしない, 逃がすもの, 逃げられないの, 通れくらいは, 連れて, 違った色, 部屋の, 里方の, 金は, 金魚屋は, 錬達, 長浜へ, 間が, 間者牢の, 関や, 随分御, 離れないつもり, 電話なんか, 面白いわけ, 革命的な, 顎を, 飛び上ったって, 食っては, 飯が, 駄目さ死のう, 駄目言いません, 騒ぐよう, 驚きやしないが, 驚ろくんじゃ, 鷺娘には

▼ たけれども~ (4875, 0.3%)

84 それは 49 私は 31 彼は 25 これは, 私の 24 それが, それを 23 誰も 17 その時 16 自分の 15 彼の 14 それも 13 今は 10 そこは, 彼女は, 返事が 9 仕方が, 彼女の 8 あれは 7 これも, 何も, 僕は, 少しも, 私には

6 [11件] この頃, これが, さすがに, その中, ジョバンニは, 二人の, 何か, 兎に, 彼が, 心の, 葉子は

5 [18件] かれは, ここで, そこに, そこには, その声, それらしい, 主膳は, 人間の, 今の, 今度は, 他の, 何の, 何を, 例の, 当時の, 此の, 男は, 自分は

4 [37件] あの時, お銀様, こうなっ, ここに, これを, さあぜんたいどこ, さう, すぐに, そのあたり, その人, その代り, それには, た, どういうもの, もうその, もう遅い, やはりその, 中, 二人は, 人の, 今日は, 何と, 子供の, 幸いに, 急に, 是れ, 普通の, 男の, 私が, 私に, 私も, 竜之, 米友の, 米友は, 考えて, 自分が, 誰れ

3 [60件] あとは, いつもの, おれは, この場合, この男, これからは, しかもそれ, そのうち, そのころ, そのため, そのほか, その意味, その男, その眼, その話, その顔, それとても, それはた, それよりも, ともかくも, どうしても, どう処置, どこにも, どこの, ほかの, ほんとうに, やっぱりジョバンニたち, わたしの, わたしは, 一方では, 今では, 今と, 今に, 何うし, 何にも, 何分にも, 別にこれ, 前の, 声は, 天皇の, 夫は, 妙に, 家に, 容易に, 影も, 彼らの, 彼等は, 日に, 日本人の, 昔から, 東京へ, 根が, 母の, 気が, 気の, 父の, 確かに, 結局その, 遅れて, 金五郎は

2 [274件] あすこは, あたりは, あなたは, あの時分, あの灰色, あれに, あんな蟹, いずれも, いつまでも, いまは, いや, およそ見当, お婆さんは, お松は, お母さんが, お母様は, お雪, お頭, かうして, かの女, きんは, くもは, こ, こうなる, こうまで, ここは, この人, この儘, この家, この方, この時, この結末, この老人, この辺, この連中, これまた, これらの, さてそれ, しかしその, しかし彼, しかし自分, しかもこの, しかもその, しかも尚, そう言われ, そこまで, そのとき, その一葉, その内容, その場, その外, その夜中, その実は, その年, その後は, その日, その時分, その晩, その理由, その相手, その結果, その言葉, その頃, それから, それから後, それだけは, それでもその, それでもまだ, それでも昔, それと, それに, それの, それより, そんなこと, ついにそれ, つい気分, でもその, どうした, どうしてもそれ, どうする, どう處置, どこかで, なおその, ひとつも, ひょっとしたら勝っ, ひよろ, ぼくは, まぎれも, まともに, もう今, もう仕方, もつと, もんは, やがて彼, やつと, やはり気, やはり眠, ゆき子は, よく喰込ん, わたくしは, わたしが, われわれは, クリストフは, マンも, ムク犬の, ムク犬は, 一つだけ, 一人の, 一般の, 一言も, 丁度その, 三人の, 下の, 下駄も, 中には, 事実は, 二つの, 二人とも, 互の, 五十歩百歩だ, 京野等志は, 人に, 人間を, 今とは, 今宵の, 今年は, 今日からは, 今日では, 仕方なし, 他人の, 以前は, 伯爵の, 何う, 何かが, 何だか気まり, 何でも, 何分雪, 何時でも, 余りの, 併し, 信一郎の, 倉地は, 僕には, 兄と, 先に, 兵馬の, 其は, 其処には, 内心では, 内部から, 力あり, 友兄いなる, 友達は, 口を, 名前は, 君は, 夏の, 多くの, 多勢に, 多少の, 夢の, 大きい穴, 大体に, 天皇は, 夫の, 奈何にも, 女は, 妾青木さんから, 子供を, 定次郎は, 実は小林, 実務家として, 実際に, 少年は, 尚ほ, 山の, 幸に, 彼も, 彼らは, 彼女が, 後は, 御承知, 微笑には, 心持は, 心配は, 快よき, 念の, 怯びれた, 恋を, 恐らく彼, 悪魔に, 悲しい哉, 慶助は, 手に, 手桶らしい, 技巧に, 按吉は, 敢て, 斯う, 既にその, 日本の, 明治の, 昨日は, 有耶無耶の, 本来は, 杉江は, 検事は, 次の, 此処で, 母と, 母は, 母様と, 母親の, 汐田には, 添へて, 温泉は, 為政家が, 父は, 父爺が, 犬は, 生きて, 疲労も, 目を, 目的の, 相手が, 真暗で, 眼が, 眼は, 石の, 神は, 神尾は, 神様の, 私たちは, 秋の, 窓を, 窕子に, 窕子は, 第一, 素子は, 素質が, 続いて, 美奈子は, 義男の, 聞えたの, 自分には, 船に, 良人を, 葉子の, 行かず, 表面は, 被害は, 袴は, 見えない, 見つからない, 親切そうな, 詩の, 読んで, 誰が, 誰一人として, 足の, 身丈は, 身分は, 追いつかなかった, 追ひつ, 遂, 道庵先生の, 重要な, 関節の, 雪が, 青年には, 青年は, 非常に, 駒井は, 黙って

1 [3392件 抜粋] ああいう, あかるかつ, あちらを, あなた方と, あの原, あまりにも, あるけなかつた程, あれも, あんまりおそい, あんまり自分, いかにせん, いざその, いったん始まった, いつも朝, いまで, いや先方様, いよいよ進ん, いわないと, うら若いを, おはる, お京, お前さんだったら, お咲さん, お帰り, お母さまの, お目にかかれば, お遊さん, お静, かなわなかった, かれが, くたびれて, けっして一遍, こうして兄さん, こう云う, ここへ, ことにそれ, このうえ, このまま, この事件, この兄, この姿, この提案, この材木, この考え, この調子, この陰欝, これから先, これと, これほどまでに, こんなこと, こんな晴れ, さすが勝, さっぱり当り, さて自分, さらに実地, しかしすぐ, しかしまさか, しかし働く, しかし正直, しかし鎌倉, しかも地方, しきりに参らない, しばらく御, じじむさい顎, すぐ目, すっかり息, ずっとその, そういうふう, そうかと, そうなる, そこが, そして十分ロマンティック, そちらへ, そのおや, そのそば, そのままに, その一端, その亂暴, その他の, その内政処理, その力, その古戦場, その地方, その大きな物体, その実質, その席, その彼女, その後脱獄に, その悲し, その日仕事, その様子, その毛髪, その溝, その痛, その研究, その絵, その老いた, その蟻, その言う, その身, その道義心, その間妻と, そもそも始め, それから先, それだ, それではやはり, それでもす, それでもなお彼, それでも八, それでも度, それでも物, それでも若々しい, それなら, それにも, それ丈けしか, そんなもの, そんな盛ん, たしかに妙, ただギリシア革命政府, ただ未来, たとえば母, だんだん言葉, ちょうどこちら, ついぞその道, ついに勝家公, ついに顧みられなかった, できない場合, とうとうごまかされ, とうとう奪, ときどき私, とにかくそれ, とにかく傷ましく, とにかく殺害, ともかくこれ, どうあっ, どうしてもその, どうしても名前, どうしても追跡, どうだろう, どうももうそれ, どうも昔, どこからも, どの男, なお大分, なお神尾, なかなかやって来ない, なかには自分, なにも, なるべく当り, なんにも見えなかつた, はいって, はるかに, ふとした機会, ほとんど絶望, ぼくたちは, まさかにそうも, まじめに, またしばしば, また商, また私, まだ, まだなにか話し足りない, まだ乘, まだ大事, まだ海, まったく不思議, まるで由子, みんな僕の, めくらの, もうそう極めた, もう一匹, もう口, もう彼処, もう此, もしかお客様, もともと天皇, もとより戦略, もはや時勢, やがて寒, やったって, やっぱり口, やつぱりゆき子にも, やはりみんな慾, やはり御陵, ゆかりの, よく一郎, わからなかつたた, わざわざ下, わりにすら, イヤ今晩, ガラッ八, クワルティーラ五八という, ストリップ・ショオという, ソレでも, ツァ・ルンバは, バルザックは, フォーカスで, ボートは, メネルーの, ヨーロッパの, ロンドンの, 一九四五年五月は, 一別以来の, 一座の, 一日だって, 一時この, 一生懸命に, 一足ごとに, 万事先生の, 三十前から, 三隅の, 下村さんだって, 不良少女の, 世間の, 両駒ヶ岳, 中を, 中身は, 之又, 事実品質が, 二人で, 二拾一挺ある, 云われる以上, 井谷に, 人形が, 今から, 今だって, 今までの, 今度だって, 今日にな, 今更何, 今眼, 仔細に, 以前の, 仲間の, 伝令神の, 何かしら, 何しろ冬, 何で間違えましたろう, 何とも, 何んという, 何分向う, 何者の, 佛蘭西語も, 信濃あたりに, 個性の, 元来が, 先刻よりは, 兎は, 全くこれ, 兵馬は, 其人は, 其間どう, 内実は, 再応失望せしめた, 出かけること, 分らない文句, 初瀬は, 別に怪しい, 到底チベット, 前にも, 割と, 勅定が, 化粧の, 十三箇所だけは, 十時頃に, 南京虫を, 却って名誉, 参謀本部の, 又間遠かれ, 叔父の, 叡慮お許しが, 古来この, 右大将定国式部大輔菅根など, 同時にいつたい, 同時に突然僕, 君が, 周囲一面から, 品物は, 問題を, 四五度は, 固パン, 土地の, 地鉄が, 城介は, 声を, 外は, 夜若し, 大きなトランク, 大体同人全体は, 大工の, 大里町子の, 天照らす, 夫れ, 奈良へ, 女という, 女房では, 如何とも, 姉娘は, 姿勢そのものの, 婦人の, 子供一人身を, 学生看護婦の, 安並は, 宗祇の, 実に僅か, 実はこのごろ, 実は悦子, 実行されませんでした, 家には, 家庭教育取調べの, 富之助は, 対手が, 小さな国, 小学校で, 小森の, 少しで, 少し離れ, 居所が, 山や, 岸本は, 工學士は, 市五郎の, 帰って, 幕府に, 年月の, 広い廊下, 座敷で, 弁信は, 強いの, 当時津村の, 彼はう, 彼等を, 後にその, 徐々と, 御妙ちゃん, 復ってから, 心に, 心澄み, 応ずるは, 思うよう, 性質は, 恰度矢車が, 情況も, 愛の, 慎重の, 我を, 戦争中は, 手すりには, 手数は, 投げられた相手, 折角いい, 提灯の, 政長かたく, 文官の, 斯うい, 新劇の, 既に延喜式, 日本語は, 明るい午後, 星田に対する, 是まで, 時あっ, 時計を, 暁に, 曲中の, 書画骨董に, 最早や, 有難いこと, 木深い木曾, 本場所で, 本当は悪い, 本質的な, 束髪の, 東洋城が, 果してそれ, 桜色という, 橋の, 次第に一音, 正直な, 此方からかへ, 死ねなかつた, 段々聞い, 母上さほど, 民主主義では, 気骨の, 水車小屋での, 池袋や, 決して尊敬, 決心を, 油時計や, 法水は, 浄吉氏が, 消して, 減価しなかった, 滑ってずうっと向, 火の玉は, 炭山の, 無言で, 焼いて, 父が, 爺さんの, 特に佐助, 犯行は, 現に一人踏, 現実の, 甚三郎は, 生憎連日, 田舎の, 町屋の, 異様な, 病気の, 登山を, 皆口々に, 直に手, 真っ暗で, 真帆子は, 眠ったら夢, 着々實驗證明, 矢張城方の, 石磴を, 祝五郎と, 秀吉の, 私にと, 秋声氏の, 空には, 突然一家三人, 笠を, 節を, 紅灯緑酒の, 細かい路地, 終始は, 結局こつち, 結局逃げた, 絹子は, 縁は, 美術を, 老先生, 聞きました, 肩を, 能役者は, 腹を, 自分ながら, 至って静か, 良いところ, 芳一は, 若旦那が, 荒く興奮, 蒙古, 蘭燈の, 行列が, 袖切坂の, 西は, 要するに急激, 見つけ出さなかった, 見捨てて, 親しく見る, 親方の, 言うほどの, 許されなかった, 語り進む, 誰とて, 諺は, 豊島が, 貧しい時, 買って, 起き上って, 足腰は, 身体の, 軒を, 辿りついて, 近頃では, 追っつかない, 通商上の, 遂に見当らぬ, 道の, 遠くの, 郷里の, 釈迦牟尼仏は, 金五郎の, 鉄の, 錬金術師の, 長兄の, 間もなく廃, 阿部が, 陶用いず, 障子を, 離れだけは, 雪崩れ下つた距離が, 霞を, 革命は, 預つて, 顔でも, 食べて, 飯島の, 首と, 駄目だつた, 駕籠そのものは, 高田が, 鳥肌だつ, 黄昏が

▼ ただけ~ (4542, 0.3%)

471 では 261 である 248 であった 210 だった 174147 です 111 なん 85 でした 77 なの 73 でその 50 ませんか 44 あって 38 だったが 37 だが 36 でもう 33 でまた 31 であるが 30 で, でそれ 28 であと 27 だつた, だよ, であったが, ですぐ, ですよ 26 でこの 24 ですが 23 だと, で何 22 でございます 20 ですから 19 で私 18 だから 15 であって 14 で別に, で彼, で自分, ませんでしょうか 13 でこれ 12 あつて 11 であります, なので 10 でそのまま, で他, で彼女, で後, なのに 9 であ, でお, でしたが, でまだ 8 だったの, だという, ぢや, でその後, でなん, で返事, なのよ 7 であるから, でさえ, でしょう, ですわ, でそれ以上, でやはり, で誰, ならば 6 じゃ, でありました, でさ, ですもの, でほか, でよく, で平次, ましょうか 5 であの, でね, で口, で外, で少し, で直ぐ

4 [24件] だつたが, だろう, だわ, でいい, でこう, でこんなに, でしか, でしかも, でそこ, でなくその, でやがて, で二人, で人, で何とも, で僕, で別段, で大した, で実は, で気, で涙, で無事, で遂に, で顔, ならいい

3 [53件] あとは, それだけ, それだけその, だそう, だったから, であったし, であったろう, であること, であると, であるのに, でございますが, ですけれど, ですっかり, ですの, でそう, でそれっきり, でそれでも, でた, でただ, でちっとも, でとても, ではや, でほとんど, で二階, で人間, で今, で何ん, で余, で再び, で別, で前, で十分, で子供, で小説, で帰って, で御座います, で急, で怪我, で意味, で手, で横, で殆, で決して, で相, で相手, で答えなかった, で胸, で言葉, で間もなく, なんで, ましょう, ません, 憐んで

2 [119件] それだけ失望, それだけ熱心, だからね, だけれども, だったでしょう, だったと, だったので, だったよ, だったん, だつたの, だな, だのに, でああ, であったと, であったのに, であなた, であらゆる, でありまして, であろう, でいくら, でいわば, できょう, でここ, でこんな, でございますから, でさして, でさっさと, でさっぱり, でしたけど, でしたけれど, でじっと, でじつは, ですか, ですけど, ですでに, ですべて, でその間, でそれから, でそれで, でそれ以後, でそんな, でぞっと, でたいした, でだまって, でどう, でどうして, でどっち, でどんな, でなく自分, でなに, でなんにも, でなんら, でひと, でべつに, でほんとう, でもうことごとく, でやして, でやっぱり, でよい, でチラ, で中, で主人, で事, で今日, で伸子, で俺, で元, で先生, で内容, で刺す力, で即座, で又, で同じく, で名, で品物, で声, で大して, で大方, で女, で完全, で実際, で密, で幸い, で彼ら, で心, で心張棒, で恋愛, で或, で政治, で新しい, で新聞, で最早, で本, で活字, で満足, で火, で無, で犬, で生命, で直に, で直吉, で突然, で素子, で胆, で至極, で話, で金, で風, で首, ならよい, ますまいか, ませんかしら, ませんかね, や, やと, 女房と, 私の, 私は, 聞き徳

1 [1131件 抜粋] あさはかな醜態, あちらでは, あります, あるぜ, あるよ, いまこの, おごると, お前の, お話いたしましょう, お金もっ, きっと幸福, きれいさつ, ここを, この笑い声, じあ, そこに, そしてエドガア・スノウ, その乱脈, その短い, その自我, その閉された, それだけこの, それだけにその, それだけ余, それだけ女性全般, それだけ或, それだけ緊張, それだけ足, それほど流行, ただ儲け, だあたし, だいずれゆっくり, だおら, ださうです, だそれ, だったかも, だったけど, だったという, だったに, だったよう, だったろう, だで, だとの, だまえから, だろうが, だろうという, だ世界, だ君, つよいファシズム, であいたよ, であっさり, であったけれど, であったの, であった話, であつし, であまり, でありますが, であり従って, であり数字嫌い, であり遺言, であるし, であるに, であるゆえ, であれ, であれば, であんな, でいき過ぎて, でいつも, でうんざり, でおおよう, でおじけて, でお互い, でお喋り坊主, でお嬢さん, でお流れ, でかつ, でかの, でかわいく, でがまん, でけっして, でこういう, でことば, でございました, でございますの, でさしも, でさっと, でさらに, でしかと, でしたから, でしたそう, でしたもの, でしばらく, でしょうか, でじきに, ですああ, ですがね, ですこしも, ですたこら, ですのよ, です一方, でそ, でそそくさ, でその大きな, でそれきり眼, でそれぞれ奥, でそれ以上気, でたいがい, でたとい, でため, でちょうど, でっせ, でついに, でつぎ, でてめえ, でとじつづけて, でどうしても, でどこ, でどの, でなあ, でなお, でなく, でなくそれに, でなくのち, でなくアマーリア, でなく一種, でなく世人すべて, でなく何, でなく信者, でなく初老, でなく吉原病院, でなく君子, でなく教室全体, でなく父さん, でなぜ, でなんとなく, でねえか, ではしご, ではっきり, でば, でひどい寒, でふきだすほど, でぶるると, でほう, でほとんどはっきり, でまさに, でまたも, でまだふわふわ, でめずらしい, でもうしっかり, でもうそんなに, でもうハッ, でもつと, でもどって, でやおら, でやましい, でろくに, でわけ, でわたくし, でわる, でアムンセン, でアンジェリカ, でイワン, でエドワード, でコレ, でサン・ドゥニ街, でジイサン, でソックリ, でテッキリ人間レコード, でネ, でパリ, でポンカン, でマーガレット嬢, でヤミ屋, でロク, で一八一四年八月二十一日, で一座, で一文, で一時, で一言, で一頭, で万事, で三分, で不徳義漢, で与吉, で世間, で中平, で主税, で乳房, で事実上, で五分間, で京都歌壇, で人生かく, で仇, で今度, で他意, で会った人, で伸子たち, で体中, で何事, で何処, で何時も, で余程, で作者, で保羅, で健, で儀八, で先刻, で先方, で全身, で公, で公案, で其他, で出て, で初代, で力尽きて, で加特力教, で勇気百倍, で勢, で十時頃, で半分生, で原さん, で友子, で反対, で取り合わなかった, で各々, で君, で周瑜, で呼, で唇, で喫煙, で土, で均衡, で壁, で夏, で多く, で夢中, で大いに, で大事, で天下, で好き, で妻, で娘, で学校, で安っぽい, で宗庵, で宝, で実行, で宵の口, で寒気, で寝床, で小屋, で尚, で山車, で岡崎藩, で市野, で帷幕, で平民, で年内, で幾滴, で広小路, で弄らねえよ, で引き上げた, で当の, で影, で彼ら自身, で往来止め, で従来, で徳島, で応えなかった, で忽ち, で思い切った興行ぶり, で思わずハッ, で恋しなつかし, で恐らく, で息, で惣七, で我が国, で所持品, で手口, で手金, で折角, で持前, で挨拶, で振綱, で散歩, で敵将, で斬られないッ, で新劇, で新聞記事, で旅, で旅装束, で日吉, で日本左衛門, で旦那, で昆虫, で明らか, で昼, で書架, で木造, で本当に, で村, で格別七夕, で椰子, で次郎, で歩調, で死, で殊に, で殺されるところ, で気前, で水屍体, で活動的, で涎, で渠等, で滞りなく, で無事恢復, で無言, で煖炉, で熱, で父上, で特に, で狂人, で猟師, で玉太郎, で理由, で生, で生菓子, で男, で番号札, で病, で病院, で皆様, で目, で直径幾ミリ, で真に, で瞬時, で破ったり, で確か, で神, で突然ぴたり, で立ったまま, で竜, で答えませんでした, で精しく, で精神自体, で紹介者, で結構, で綺麗, で羅紗, で義母, で羽毛, で聴衆, で胎龍, で腕力, で膝, で自分自身, で自慢, で興, で船醉, で若し, で苦笑, で茶, で葉, で葬式, で藤夜叉, で蜂の巣, で裏, で見たこと, で覚束, で言わば, で証拠, で話しは, で詳細, で警官, で負けるもの, で貴方, で賊, で起きようと, で足早, で跡かた, で身ぶるい, で軽業見物, で近ごろ, で返事ひとつ, で通り過ぎた, で部屋全体, で醜い, で重ねた両手, で金箱, で銃殺, で鍵屋, で鏡台, で長崎市, で閾, で阿波, で陣内, で階段, で雪, で電灯, で震え, で額, で顕家以下, で飛びたつよう, で餘計, で鯨, で鳶そのもの, で鴻山, で黒猫, とくべつに, なお怒った, ならあんなに, ならそんなに, ならばい, なら何, なら兎, なら犬, なんだって, なんにもなさいません, のこったぞ, はめっけ, ばからしい, べつの, ましょうね, ませぬ, ませんかと, ませんこと, ませんでございましょうか, まるで寄りつきゃせ, みんな持っ, もの分かり, よけい腹, らしいよ, らしかった, わたし届け, トドハンタアが, 一そう層たまらなく, 一層彼女, 一日一円という, 一頭も, 三輪の, 下落した, 互選の, 今では, 今日正午電報為替で, 仕合せだった, 何より有難かっ, 作品として, 傷は, 僕の, 入用だ, 分類法が, 別に, 勢で, 原作者に対して, 反對, 受取ろうとも, 同門婦人の, 和歌子の, 大した御用, 大野へ, 始末し, 子供の, 家へ, 尊者の, 平田という, 床には, 彼等を, 御酒を, 悲惨さは, 損した, 損に, 故矢張り有益, 新龜, 有りて, 木精蓮は, 殊に漢以後, 水を, 特徴が, 生活力と, 百両の, 眉をも, 眼には, 破壊後の, 窮屈が, 美しゅうなりおったの, 膝行り寄っ, 自分でも, 自分もかの, 落窪んだ, 蟹は, 製造出来る, 親は, 買って, 迷亭より, 道具箱の, 違つて來た, 間もなく新婚, 震災後一年ぐらゐしかならないこの復興最中の, 頭を, 餘り, 馬鹿であった

▼ たため~ (4458, 0.3%)

124 である 76 にその 53 であろう 4844 にこの 43 だと, であった 33 しがない 31 にかえって, に私 30 ではない 29 です 27 にそれ, に彼 2625 だった 23 だろう, であらう 20 なの 19 でもあろう, に今 17 ではなく, に自分 14 かもしれない 13 か, でしょう, でもある, にお, にこんな 11 かも知れない, しがないの, であつ, に生じた 10 かその, かそれとも, であると, であろうか, に二人, もある 9 しがなかった, だろうか, であって, であります, でせう, にあの, に却って, ばかりで 8 であるが, であろうと, にこれ, にそう, にそういう, にとうとう, にまた 7 でしょうか, ではなかっ, でもあった, についに, に一層, に僕, に大, に特に, に自然

6 [15件] かと思う, しもない, だという, でした, なん, にそこ, にそんな, にもう, に多く, に女, に彼女, に後, に相手, に身, に遂に

5 [23件] かあるいは, かと思われる, か私, でございます, でもあつ, という, にいろいろ, にすっかり, にせっかく, にその後, にそんなに, につい, に一種, に人, に人間, に今日, に各, に思わぬ, に急, に日本, に父, に起った, もあろう

4 [29件] かも知れぬ, しがないので, しがないん, だろうと, であったかも, であること, ではあるまい, と思われる, にいつ, にここ, にどれ, になった, にひどく, にやや, にわれわれ, に一時, に今に, に何, に先生, に又, に宮, に心, に時々, に死んだ, に気, に諸, に過ぎない, ばかりでなく, らしい

3 [73件] かこの, か何ん, だか, だそう, だったが, だったの, だらう, だらうか, で, であったが, であったろう, でありましょう, であるの, であるらしい, でしたが, でその, でつまり, ではある, でもあらう, でもあります, にあなた, にあまり, にあんな, にいよいよ, にお前, にかく, にこういう, にこうした, にこうして, にこれら, にこんなに, にすぐ, にそれら, にたちまち, にだんだん, にできた, にどんな, にどんなに, にまだ, にみんな, によく, にわたし, に一つ, に他, に却つて, に大きな, に夫人, に子供, に家, に小説, に少し, に山, に彼ら, に恐ろしい, に木, に次第に, に氷, に現在, に現場, に生き, に生ずる, に破産, に突然, に精神, に胃袋, に足, に身体, に院, に非常, に顔, に馬, もあっ, もあります

2 [235件] あまり負傷, かお, かそれ, かだんだん, かとも思われる, かと想像, かと言, かどう, かまたは, かも知れません, か他, か作る, か妙, か気, か父, か背, か頭, さしもの, しがないじゃ, しがないという, しがないといふ, しがなく学校, しがなく鑑賞, しもある, しもなかつた, しもなく, しも無い, じゃ, そのあと, その晩, だったと, だとも, だろうが, であったと, であったの, であるか, であるかも, であるから, であるという, であろうが, でお, ではありません, ではなかろう, でもあり, でもありましょう, で是, といわれ, としか思われない, とはもとより, とまた, と思う, と思われた, と見る, と言う, なんかじゃない, にあたら, にあるいは, にあれ, にあわて, にあわてふためい, にいささか, にいっそう, にいったん, にいつも, におのずから, にかれ, にさ, にすべて, にずいぶん, にたいへん, にたおれた, にただ, にちがい, にとくに, にどう, になり, ににわかに, にひどい, にひょっと, にほかならぬ, にまったく, にもし, にもと, にやっと, によけい, にスッカリ, にナポレオン, に一家, に一度, に一時失業, に一部, に一頭, に下, に中, に中宮, に乱れ, に事, に京, に今更, に以前, に何もかも, に何時の間にか, に偶然, に兄, に兄夫婦, に全, に全く, に兵部卿, に内部, に再び, に出, に出入り, に出血, に切れた, に初めて, に判然, に前, に助かった, に単に, に危うく, に危険, に古い, に名前, に向う, に吾, に呉一郎, に問題, に土人, に壁, に変, に外, に多少, に夜, に大いに, に天皇, に奥さん, に妊娠, に妙, に妻, に娘, に子供たち, に学校, に実感, に宮廷, に帰り, に帰宅, に幸い, に幾度, に引入れた, に弱っ, に強められた, に当然, に彗星二号艇, に後世, に忽ち, に怒っ, に怖, に思い, に感度, に手, に手紙, に折れた, に折角, に故郷, に文殊, に新, に新しい, に更に, に最初, に本来, に歴史, に歴史的, に死体, に残った, に殺された, に母, に水, に永, に河水, に無残, に焦, に父親, に特別, に狐, に現代, に生, に甲板, に疲れ, に百姓一揆, に目, に石, に私たち, に翌日尾崎士郎, に自ら, に自動車, に自身, に色々, に落ち, に著しく, に薄れ, に蜘蛛, に表面, に裁判所, に見苦しい, に記憶, に誰, に起こった, に起こる, に逆, に途中, に通行人, に過去, に違, に風邪, に鮎, に鹿, のみで, のよう, の不覚, の反感, の大きい, の頭痛, またし, もあり, らしかった, 丁度その, 又, 急いで, 或る, 改めて新作, 残る二つ, 禿げた大野, 終ると, 終わると, 遂に破壊

1 [2246件 抜粋] ああした華やか, あっという間に二人, ありも, いかな橋本, いって, いやおう, おき手, おのずから言葉使い, かいくら, かえっていく, かえって成金, かえって裏切られた, かこれ, かしらまた, かそのまま, かたとえば, かといふ, かとも思う, かどちら, かなり疲れ, かひどく, かまた, かもしれん, かようやく, かわしきれずに, かリンカーン, か事, か今日, か余分, か先生, か出雲, か十数年振り, か土, か女優, か嵐, か平生, か往来, か懇談, か撃ち損じ, か旅金, か柵, か正坐, か民居耕田, か炉辺, か珍しく, か相手, か確, か簡易, か至極, か角, か辷り, か長崎, か風, くたびれて, こうしてまちがっ, このあたり, この意見, この甥, この象面, ごく僅かの, させそち, しがないさ, しがないね, しがない昨夜, しがなく歩い, しばらく山, しもあります, じゃない, すぐさま医員, すっかり家産, すでに彼, そうした場合, その, その備え, その処置, その学問, その折, その機会, その由来, その美しい, その身軽, その類, それで司法官, ただもっぱら, たぶん今日, だが, だったそう, だったろうみんな, だつた, だの, だろうかと, だろう二人, ちょっと小, ついその, ついに包みきれずし, つい口, つい食べ過ぎた, であったか, でありこれ, であるかは, であるとも, であろうけれど, であろう襖一重, でございまする, ですから, でない, ではないだろう, では断じて, でまず, でもあるでせう, でもござりましたろう, で他, で古代, で外, で彼, で文学, で村, で計, というのみで, とうとうおれ, とうとう元, とかくに, とで他, ともいわれ, とも言われうる, と思え, と暗号員, と聞きおよびまする, どうかする, どれほど各地, ながら当時三十三歳, なされますか, なるほどそれ, にあなたさま, にある, にいくら, にいったい, にいま, にうる, におしまい, におれ, にお釈迦様, にかかつ, にかなり, にかろうじて, にぐったり, にこのごろ, にこんなにも, にさっそく, にしくじった, にしまいに, にすぎない, にずっとずっと, にその後数代, にそんなふうに, にたちくらみ, にだれ, についつい, にできたらしい, にとろけない, にどうやら, にどん, になにさま, にはじめて, には片方, にふっと, にほかならない, にまさに, にまる, にみなさん, にめいった, にもそれ, にやう, にやって来た, によくよく, によわり込んだ, にわかに豹変, にわが国, にアメリカ, にアンテナ, にガツクリ, にコンナ, にシーズン, にズツト此, にドビュッシー自身, にパントポン, にフランス, にマッチ箱, にムラムラ, にワイア, に一そう, に一体, に一島, に一時巫道, に一般, に丁度, に七色, に三年, に三重衝突, に不可解, に不慮, に不測, に与力同心, に世間, に中央, に丹尾, に九死, に事実, に二三日, に二種, に云わなかつたらしい, に人口, に人魚, に今夜, に仏教, に仲人, に位, に何となく, に何人, に余儀なく, に例えば, に価値, に俗耳, に俳優, に倒れた, に傷つき, に儒教, に光, に全体, に公平, に共産党大佐, に其の, に円い, に冷泉院, に出かけた, に出来た, に刀, に初江, に前号, に力, に勅勘, に勤王, に十萬兩, に南部家, に危く, に反発的, に口中, に召捕, に右, に同, に同窓会, に向かい, に呼び出され, に商業ジャーナリズム, に営業所長, に困っ, に土着, に地獄, に地面, に増税案, に夕霧, に多四郎, に大分, に大津事件, に大金, に天空, に奇蹟的, に女権主義者, に始め, に姿, に婦人会, に子規居士, に安島, に客観的, に寂しい, に寺, に小川正子さん, に小麦, に局, に岡田氏, に工合, に已むなく井沢判事, に帰ろう, に平凡, に年, に幸徳事件, に店, に弁信, に弟子, に強欲, に当時作家達, に往復切符, に従来, に得られる, に御身, に心臓痲痺, に忘れた, に思う, に恐怖, に悪魔, に意志, に成仏, に或いは, に手傷, に把握, に持ち, に捜査, に探偵作家, に損所, に放課時間中, に故, に文献, に斯樣いふ事, に日, に日比谷, に早くから, に昭和十二年度, に時代, に暗かっ, に書, に最近, に本尊, に本心, に東, に柳田平治, に検査, に権, に次に, に正, に此難, に死ななけれ, に死人, に残っ, に殺戮, に毎日毎日, に民子, に気分, に永久, に江戸, に泣いた, に流罪, に消え, に渓流魚, に源氏, に潰れた, に烈しい, に無二無三, に無論, に爰, に牛若, に物語, に猿, に現象, に甚だ, に生れ, に生涯仕上げ, に男やもめ, に疱瘡神たち, に白っぽく, に皇軍, に盲, に真物, に知っ, に石舟斎, に祖国, に福分, に科学, に穴, に窮, に米友, に精神現象, に紅葉, に経済主義的, に縁組み, に羅馬人, に群, に翻訳劇, に老婆, に職, に胃腸, に脳, に腰, に自ずと, に自分達, に自然科学, に良人, に若, に苦い, に茂七, に菊一, に落馬, に葬式, に藤原時代, に虜, に衣服, に裁判, に見えなくなった, に見様見真似, に記念碑, に説明, に諸方, に豹一, に貧民, に賊, に跡, に身体じゅう, に輝かしい, に辰子, に追手, に逃げられ, に通り抜けられる, に逢う, に運, に適度, に都合, に醜, に野犬, に金六片, に鉱毒問題, に錆び, に長男, に間に合いませんでした, に陰気, に階下, に難, に静められた, に頑冥, に頬, に飛ん, に馬籠, に高い, に鳥, に鷹, に鼻, のみということ, の不, の云い, の声, の安易さ, の心, の悪びれた, の憂ふべき, の暇乞い, の照れかくし, の私, の苦しみ, の遅れ, ばかりでありません, ばかりに起った, ひどく疲れ, まがいもの, またひそか, また腹, まだ水, もあらう, もうウォトカ, もしくはその, や, やむなく宿泊, よく, よりもやつぱり最初, わが第, 一向に世間, 一方へ, 久しくこの, 何一つ本物, 全く聴きとれない, 出そびれて, 切り離された右手, 勢いあの, 又ひろい, 各商店, 多少パ行音, 大事件, 妨げられて, 実際自分, 少し遅れ, 従って体, 心ならずも妙, 思ったよりも, 思わない熱, 恐ろしい嫌疑, 描き改めたと, 暫く病舎, 次ぎに, 流されて, 漸く熟れ出した, 甚だ不愉快, 疑われたの, 知ったため, 第一次欧州大戦, 絶えずそれ, 若いうち, 謂わば, 踏み外ずし, 追捕, 遂にその, 遂に落選, 遅れて, 間もなくこの

▼ たといふ~ (4380, 0.3%)

192 ことは 144 のは 135 ことを 133 ことが 116 ことである 112 ことだ 110 やうな 106 のだ 85 ことで 74 のか 72 のです 67 のである 64 ことに 55 ことです, やうに 52 事だ 51 話を 48 風に 46 ことも 45 のも 44 のが 38 ぢや 34 わけで 32 事を 28 んだ, 事は 26 事が 25 話が 22 ので 17 事である 16 のだらう, 方が, 話も 15 事に, 話は 14 こと, ことだつた, ことでした 13 噂が, 気が, 話で, 風で 12 ことであります, 事実は, 話である 11 わけだ, 感じが 10 ことにな, ことの, のを, 事で, 事も, 噂を, 様な 9 ことと, わけぢや, んです, 話 8 のに, ものだ, ものは, 噂は, 樣な, 樣に

7 [11件] のだつた, のでした, ものが, わけさ, わけである, 人が, 噂の, 噂も, 話だ, 話です, 話な

6 ことだけ, ところに, わけです, 意味で, 点で, 譯では, 風な

5 [22件] くらゐだ, ことだけは, のなら, わけか, わけな, 事だつた, 事実に, 事実を, 事實を, 位の, 感じである, 手紙を, 氣が, 確かな, 程だ, 程の, 言ひ, 話だらう, 話や, 説が, 説も, 點に

4 [22件] ことから, ことにも, ことよりも, のさ, んだらう, 下女の, 事であります, 事と, 事にな, 事実が, 傳説が, 場合に, 外には, 感じで, 感じは, 態で, 理由で, 程では, 記事を, 記録が, 話ぢや, 證據は

3 [42件] ことだけでも, ことであり, ことな, ことについては, ことには, ことによ, ことや, これは, のには, ものです, んで, 事です, 事なども, 事の, 事件が, 事実の, 事實は, 二人は, 人の, 人は, 人も, 今の, 例は, 嘘を, 噂だ, 噂に, 報告が, 廉で, 形に, 意味の, 気持が, 自覚を, 訳だ, 訳で, 証拠は, 話でした, 話の, 證據が, 部屋を, 風でした, 風を, 鹽梅で

2 [152件] あたりには, お話を, くらゐ, ことさ, ことすら, ことそれが, ことそれは, ことぢや, ことなぞが, ことなど, ことなどは, さう, し, しとにかく, しるしは, しんなりと, それは, ためしは, つまり順序, ところから, ところの, ところまで, のであります, ほかに, もんだ, わけだらう, わけであります, んだい, んなら, 一事である, 一事に, 一伍一什の, 一節が, 三千代の, 不思議な, 主人の, 主筆と, 事から, 事だけは, 事や, 事件も, 事実である, 事実にも, 事実も, 事實が, 人を, 以外には, 位です, 何う, 何に, 例が, 例の, 例も, 便りを, 傳説に, 傳説の, 先入感に, 印象を, 原因で, 古瀬戸の, 土藏へ, 報知が, 報道が, 場合は, 外に, 夫れ, 女の, 寺が, 川鱒を, 平次の, 店の, 形で, 形を, 思ひが, 思ひも, 思ひ入れ, 悔では, 意味である, 意味では, 意識に, 感じを, 日下部編輯長とが, 昔の, 時には, 月報社名を, 有名な, 有様で, 有樣, 様に, 次第で, 次第である, 次第な, 歌が, 気は, 気持は, 江戸の, 源助と, 滑稽な, 灘の, 点に, 点も, 点を, 父の, 状で, 現象を, 生證人, 男が, 番頭の, 知らせが, 知らせを, 私は, 程あつ, 程です, 程でも, 立派な, 笑話が, 答である, 結果を, 考へ方, 者と, 而し, 荒ら, 表情を, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 記憶を, 記録は, 記録を, 証拠には, 評判だ, 話だつた, 話なら, 説と, 説は, 證據も, 譯さ, 譯である, 通知が, 逸話は, 門前町の, 非難を, 顔つきを, 風にな, 風にも, 飛報が, 騷ぎだから, 騷ぎの, 高妻山を, 鬱金の, 鹽梅に, 點は

1 [1193件 抜粋] あたりを, あの悲壯, あの軽薄, あはれな, いかにも樹明, いきさつまで, いろ, おぢ, お前に, お吉, お工合, お町, お話しを, お越, かたち, からずゐぶん, ぐあいのもの古来傑作の, ことこの, ことそつちの方が, ことそれに, ことだけしか, ことつまり, ことでありました, ことでなく, こととを, ことなどが, ことなども, ことなんぢ, ことにでも, ことに対し, ことまた, ことをば, こと一種異様な, こと位は, こと母としては, こと菊池寛氏が, この家, この村, この老人, この際, こんな七言絶句, しその, しるしに, し塀, し神社, し身體, そこで私独特, そして私, その一頃, その事, その大木, その宿命, その時, その理由, その英國人, それだけしか, そんな子供, たいした理窟, ただそれだけ, ために, ですが, ところだらう, ところなど, ところにも, どうで, のじ, のであり, のと, のよりも, はなしは, ひどい跛者, ふうに, まことに気, もう腐, ものある, ものだつた, もので, もんでない, やうなう, やうな褒められ, よく有り触れた, よし私, よりむしろ彼, より他, より唯馴れ, より急, より日本, より痙攣, わけかな, わけぢやさう, わけでございます, わけね, わけも, んかね, んださう, アカシであり, イギリスの, ガウンを, ゴルゴンの, ジェスチュアが, トキ子の, ハズミに, ピカピカする, ミーチャンは, ローマ旧教の, 一事は, 一人に, 一插話も, 一点で, 一珍談が, 一節です, 一軒の, 丈けでも, 三人に, 三千年の, 上等過ぎる, 不安が, 世界圖は, 主人官兵衞の, 久米の, 事その, 事であり, 事とは, 事にて, 事をね, 事件から, 事件而もがや, 事位の, 事実だけでも, 事実によ, 事実に関する, 事実検事の, 事實である, 事實の, 事情に, 事情も, 事柄によ, 二筋の, 五月人形を, 亡くなつた主人, 交互相照の, 人々が, 人影が, 人聞きです, 今までの, 代者で, 以上に, 伊三郎が, 伏見の, 伝説だ, 伝説的な, 佐佐木茂索來訪, 何んの, 佛具の, 例を, 信念が, 偶然の, 傳説的な, 傾向も, 元騎兵将校, 充足感を, 光線は, 八五郎の, 其中庵は, 其荷鞍の, 兼好法師は, 凄まじい細引, 出雲の, 別伝が, 勝太郎を, 匕首は, 十四名の, 南蠻人の, 印象が, 原因は, 取次ばなしな, 口実である, 古いお雛様, 古人の, 史実の, 同じ特徴, 名譽, 味も, 哀話も, 品でございます, 哄笑である, 善哉, 喜びは, 噂さが, 噂でした, 噂などを, 四疊半から, 因縁が, 因縁の, 図かね, 國府の, 埃臭い, 報告を, 報道も, 堺商人の, 壞れた, 声を, 外ない, 夜着の, 大きないぼ, 大変な, 天倫寺の, 太一郎が, 奉答の, 女, 女傑の, 奴だらう, 奴八畳敷に, 妙な, 始末で, 姿で, 婦人が, 孝一郎の, 安心から, 安積叡子さんを, 家である, 家庭も, 寄生木の, 實際の, 寺と, 専らの, 小さな災難, 小松清氏が, 小艶, 小説に, 尾花は, 履歴が, 山肌の, 山野が, 岡本の, 島, 川ばた, 川路らが, 工合で, 帝釈天の, 年寄の, 床の間の, 廉を以て, 強い若, 当時一般の, 形です, 形も, 形跡も, 彼の, 彼らの, 彼女は, 後より, 後悔の, 後鳥羽院の, 御事情, 御近所衆, 心持が, 心持です, 忙しい, 快さ, 思ひ出, 怪異が, 恨み言が, 恰好の, 悔恨の, 悪い歴史, 悲しむべき事実, 情報が, 想像でした, 愉快な, 意味からも, 意味な, 意味には, 意味は, 意識が, 感じだ, 感じの, 感じよりも, 感を, 感情の, 感銘しかも, 憂ふ可, 懷中鏡は, 我等の, 戯曲本来の, 所に, 手紙で, 批評の, 投げ節, 拡声機からは, 提灯を, 故事を, 文句の, 文字通りの, 断り状だつた, 新聞の, 新聞記事を, 日お父さんは, 日光東照宮か, 旧作中, 明, 昨夜の, 時でも, 時に, 時に泥酔, 時も, 時代は, 時分から, 時間的な, 曲者の, 月並みの, 有様に, 期間は, 本妻の, 村の, 枝は, 校長の, 案内を, 條その, 條彼等は, 極めてエキゾチツク, 様子し, 標で, 樣子です, 次第だ, 此頃の, 武骨一片の, 歴史を, 死に顏, 母上の, 民蔵やら, 気持も, 気込みが, 氣に, 氣持ちは, 水蛭子の, 決定的な, 河原の, 洋館の, 消息を, 消極的の, 満足が, 激怒で, 点は, 煩悶の, 父これぐらゐハッキリ, 爺やの, 物の, 物語りです, 状態だ, 状態など, 猿が, 現象に対して, 理由, 理由による, 理由は, 甘味の, 生徒の, 田上達に, 男で, 男に, 男を, 畑の, 畫家の, 當然な, 疑ひは, 病んで, 発見は, 白居, 白羽二重の, 盧舎那仏の, 相手は, 眼の, 知らせで, 知らせな, 知覚, 短氣, 確證が, 祖父が, 神社の, 私自身の, 程度が, 程度であり, 種類の, 穏か, 窓は, 窶れは, 第一路總司令官, 簡単な, 純粋芸術は, 経緯には, 経験は, 結び目は, 經緯, 縁故から, 罪に, 美々津港にな, 美しさ, 義賊氣質の, 習慣を, 考へで, 考へのみ, 者なら, 自信さへ, 自分の, 自慢の, 自負の, 舞鶴園が, 船の, 若旦那の, 苦労人だ, 落しを, 落度が, 葛飾の, 血気横溢呆気に, 術も, 表情で, 複雑な, 西依, 見方から, 見方も, 親爺も, 観音堂が, 解釈であります, 言葉で, 計画性は, 記事は, 記録である, 記録にな, 訣では, 訪問客も, 訳, 訳な, 訴への, 証拠も, 評判が, 評判である, 話しだった, 話だけが, 話でも, 話など, 話に, 語が, 説の, 説明, 調子な, 談話を, 證據で, 證據には, 譚で, 譯でも, 豪傑沖本常吉は, 責任は, 越後屋の, 趣きが, 身分の, 辨次といふ, 返辞のみが, 追悔, 通人で, 逸事や, 道徳的の, 遠い神代, 邊の, 酒豪です, 酸味の, 錺屋の, 長崎からの, 関係から, 閲歴を, 障子に, 雄鷄, 難有, 電報だけ, 電話が, 青山の, 面持にて, 韓非子に, 額の, 顏付で, 顔を, 願はくは, 風が, 風も, 風聞は, 風説を, 養老館の, 馬の, 馬顔の, 馬鹿馬鹿しい話, 騒ぎだ, 騷ぎです, 騷ぎ一二日は, 驚くべき事実, 骨つきの, 髯の, 鰻に, 黒眼鏡を, 點が, 點においては

▼ た~ (4324, 0.2%)

85 の人 82 の声 66 の顔 5447 の姿 44 であった 41 のこと 40 である, のひと 38 があった 36 のよう 26 がある, だと 24 が一人 23 です 19 だった, の児, の手, の眼, は 1817 でした, なの 16 の名, の心, の方 15 がいる 14 の話 13 が出, だから, の体, の影 12 があつ, ではない, もある 11 であります, の頭 10 であつ, というもの, の一人, の事, の死骸 9 がその, が二人, が自分, だつた, ですから, というの, のやう, はその 8 が私, だが, だったが, であらう, であろうと

7 [12件] か, があります, と一緒, なん, になっ, の中, の人たち, の唇, の様, の言葉, はこの, をつれ

6 [17件] がこの, が坐っ, だとは, ですが, ですよ, なので, になった, の兒, の後姿, の生涯, の腕, の身の上, の首, の髪, は私, よ, を見る

5 [24件] がい, がいた, がそれ, だという, だよ, であること, でございます, と結婚, などが何, に, のため, の帯, の手紙, の様子, の着物, の身, の身体, の頬, はどこ, は其, は急, も一人, を見, を連れ

4 [34件] が何, が子供, が来, が通る, さ, じゃない, だったの, であったが, であって, であるが, ですからね, と思はれ, になる, に相違, の家, の心臓, の態度, の数, の死体, の生首, の白い, の肩, の行方, の足, の野遊び, の面, の面影, はお, はもう, はやはり, は何, は彼, もいた, や男

3 [80件] かも知れない, がありました, がいました, がこちら, がすわっ, が今, が殖え, が男, が突然, が立っ, だそう, だな, だらうと, であったから, でありながら, でありました, であるから, であろう, でその, ではありません, ではなく, でもある, で御, といふの, とその, と云う, と別れ, と子供, と男, ならば, なり, に未練, に違い, のある, のいる, のお, のひとたち, のもの, の一生, の人達, の仕事, の多く, の屍体, の幽霊, の横顔, の気持, の目, の瞼, の素姓, の聲, の肉体, の胸, の自我, の詞, の返事, の運命, の頭髪, の額, の髪の毛, はそれ, はとうとう, はどう, はない, はふと, はまさしく, はませな, はまた, はやがて, は一人, は小声, は少し, は次, は花, は誰, や子供, や眼, を眺め, を自分, を見た, を頭

2 [258件] かな, からは要求, があの, があるだろう, がいった, がここ, がこんな, がそう, がそんな, がたった, がどんな, がなん, がはいっ, がふと, がもう, がゐる, が両手, が云った, が他, が住ん, が何人, が入っ, が兵馬, が出来, が口, が堀割, が大きな, が夫, が妻, が姿, が小さい, が彼, が急, が憎く, が手, が有, が来た, が横, が欲しい, が死に際, が泣き, が現れ, が現われ, が素, が腰, が自転車, が見える, が赤い, が足, が部屋, が顔, その女, だけあ, だし, だったと, だったのに, だといふ, だとも, だなと, だの, だろうと, で, であったと, であっても, であり私, であるか, であると, であるとも, であるに, であるの, でお, でございますから, でしょう, ですがね, ですね, ですもの, でないこと, でなくし, でなければ, ではある, ではなかっ, ではなかつた, ではなくし, でもない, でも得物, でも感情上中途半端, でわたし, で一人, で年, で流行り, で淫奔名題, で男, で私, で色, で髪, と, という女, という言葉, といふ, とが大きな, とすれち, とちがっ, と一所, と三人きり, と云, と同じ, と同棲, と平生通り, と素人屋, などがそ, などが門口, なら, にこんな, にし, にそっくり, にそんな, にちがい, になれる, に何, に別れる, に多い, に手, に溺れ, に礼, に貴方, に逢, ね時計屋さん, のお化け, のからだ, のし, のする, のその, のそば, のそれ, のところ, のなか, のひとり, のほう, のアパート, の世界, の両, の乞食, の乳, の人形, の今, の俤, の側, の傍, の先生, の写真, の処, の動作, の友, の友達, の叫び, の名前, の周囲, の噂, の外, の夢, の姿勢, の学校, の安, の客, の容姿, の容貌, の寝, の居所, の帶, の底, の形, の心理, の志, の悲し, の悲鳴, の愛, の櫛, の歌, の母, の泣き声, の画家, の眼つき, の着衣, の瞳, の立ち姿, の笑, の箔, の美し, の美しい, の群れ, の膝, の草履, の血, の衣裳, の衣類, の装束, の視線, の記憶, の調子, の足音, の身元, の身許, の身體, の霊, の靈, の黒髪, はありゃ, はいう, はいつ, はこちら, はこんな, はすぐ, はその後, はただ, はだ, はみんな, は一体, は再び, は右手, は好き, は幼い, は当然, は手紙, は暫く, は梅子, は此処, は母親, は灯影, は男, は神秘, は美しい, は自分, は親子, もあった, もこいつ, もその, もない, もなか, もゐた, も佇ん, やこどもら, やに摩れ, や子供たち, よりさき, を, をそのまま, をまた, をむざむざ, を二人, を伴, を何, を妻, を後, を描い, を横取り, を相手, を私たち, を突き出せ

1 [1958件 抜粋] あらいや, およそ問題, かと思う, からこんなに, からまた, から別れ, から御堂, か夫, か魚, があったら, があわて, がいつか, がいま盛ん, がおずおず, がお前, がきま, がこつ, がさ, がしかも, がすんなり, がたくさん, がだらし, がぢ, がとん, がどうしても, がなつ, がひとり, がふたり, がまだ, がみんな, がやつ, がよもや, がわずか, がジーニバルト, がパラソル, が一人俄, が一列, が一緒, が三人五人, が不機嫌, が中老学者, が事件, が云, が交際, が今日, が会堂, が俯向け, が入室, が其奴, が出る, が列, が勢い, が取次, が可, が向う, が唖, が土産物屋, が報酬, が多い, が大, が奇怪, が好き, が宅助様, が宮本百合子, が寝ませう, が小, が居, が岡田, が巣, が帶, が座敷, が後ろ向き, が急い, が悲し, が拵, が敷島, が日当り, が曲舞, が枕辺, が横合, が気に入つた, が沢山, が洗つて竿, が淫売, が無事, が焼けだされ, が物, が現れる, が瓦盃, が町中, が白粉, が真青, が秀子, が突角, が答えた, が素足, が繩, が腹這い, が自立, が芸者, が薄い, が裏, が見つかった, が貴方, が足音, が身の上, が逃げる, が通りかかり, が野獣, が長屋もの, が際どい, が震災, が音, が飲みもの, が魔, さすが貪婪, じゃから彼, そうして二人, そのままの, だけがこんな, だけども, だけに自分, だったか, だつたが, だとか, だなんぞと, だのかなり, だろう, だ分, だ都, って優しく, であったん, でありましたが, であるかの, であるそれ, であれば, でこないだ, でございました, でしよう, ですと, です牢, でで, でない成るほど, ではござりませぬ, でもあの, でもなく, でも手放す, でも間男, でミルクホール, で京町堀小町, で元, で前, で壮, で夫婦, で常に, で捕えよう, で沢山, で猪, で直に, で素姓, で若湯, で身体, で青黒い, というよう, といわず, とが相方とも, としてあの, としての娘, としての感情, としての生活, として受け取, として憎まれ, とでも一時間以上, とのっ, との接吻, とはまるで, とは似, とは露, ともこれ, とも身投, とウィルソン, と世帯, と二人, と凜, と坊やん, と売春婦, と小, と思った, と挙動不振, と最も, と死別, と現れた, と絹, と見え, と見る, と賜わった, と関係, と馳落, ながらもと, などがぞろぞろ, などが擦れ違う, などについて描く, などの間, などは置かなかった, などを知つて, ならそれくら, ならよかろ, なら娼妓, なら話, なんか顔, にお上, にこの, にそう, にたとえ, についてゐる, にとって家庭, にならなく, にはこぶし当て, にはっと, には指一本, にまた, にもずんずん, にも東京, にも逢う, にろくな, に他, に冠せた, に別れた, に向, に対してまず, に彼, に思わず, に抱きついた, に案内, に洋杖, に用, に私, に老婆, に見送られ, に近づく, に逢わなかった, のあ, のあはれさ, のいらだち, のお客さん, のかお, のこぶし, のしょい, のずうずうし, のだらけた, のひと達, のもと, のカラ姫, のヒステリカル, の一団, の万歳, の上半身, の主, の事故, の人々, の人相書, の仕返し, の便り, の兄さん, の写真屋, の切ない, の剪髪禁止, の労働者, の匂い, の半纏, の卑猥, の口, の叫び声, の同伴者, の告白, の囈言, の土左衛門, の墓所, の好き, の嬌態, の子供ら, の密書, の寢息, の小, の居処, の巡礼, の幻影, の彫像, の御, の心理的衝突, の悪阻, の情感, の愛犬, の慘, の成, の手拍子, の手首, の技巧, の抱えられ, の捏造, の支配者, の旅姿, の智慧, の服, の柔かい鋭, の概念, の欲しい, の武家, の死人形, の気まま, の氣持, の濡手拭, の爛れた, の理想, の病気, の目つき, の真実, の神主, の種類, の精神, の細い, の耳たぶ, の肖像畫, の背後, の能面, の腹, の自分, の英語, の蒼, の虚栄心, の衣, の被布, の裸像, の親, の誘惑, の變, の足下, の身の代金, の運動, の部屋, の長い, の非, の音, の顫, の骨, の體温, の髮, の魂, の鼻筋, はあの, はあれきり一度, はいった, はいとおしむ, はうつった, はかならずしも, はきみ, はさがし, はしおしお, はす, はそして, はそれら, はちゃんと, はちらりと, はどうもまあ, はなかっ, はびっくり, はほんとに, はまるで, はみんな一味, はもって, はわたし, はジオハラ一人, はチョン, はハツ, はペンダア君, はローソク, は一斉, は三十, は両, は二人, は井戸, は今, は他人, は何十百人, は全体何者, は其後, は南, は厭, は口元, は君江, は売卜者, は夜目, は大野, は妖艶, は客, は宿, は少なくとも, は帰るまい, は後, は必ず, は情夫, は持っ, は最後, は欄干, は此種, は泣き, は演壇, は煙管, は猪八戒, は皆んな綺麗, は眠った, は社会, は立っ, は答えました, は絶望, は腹, は芳町辺, は莨, は蒼ざめ, は襟, は豚姫, は贋物, は身体, は追っ, は酒屋, は野々宮, は顎, ばかりが特に, ばかりの生活, へのよう, へ対する, ほど気味, また手紙, まで呆れた, もいない, もかすみ, もつつましく, もキミ, も休ん, も古田子, も寝, も思い出された, も無かっ, も葵, も黙っ, やらの記憶, や毛ぎらいばかりしている厭, や空, や詩, よりも反っ, をあきらめ, をあるいは, をかえす, をさがし, をその, をつくり, をのせ, をみつけ, をよせ, をミツキイ, を一人, を世界, を今日, を先, を前進, を呼ばした, を品物, を女房, を娘さん娘さん, を尊敬, を弄ぶ, を御新造, を怒らした, を恋し, を愛し, を押えつけ, を探す, を斬つた, を有し, を楽しましめる, を殺し, を沢山, を火焙り, を生活, を発見, を眺めたかった, を知らない, を装飾, を見つけ出せ, を訪ね, を迂, を送っ, を選んだ, を露, をNAN, 少しの, 故間違, 殺された女, 無政府主義者ジェルメン・ベルトン, 若いの

▼ た~ (4256, 0.2%)

694 をし 99 をした 72 して 6846 になっ 44 を見る 30 を見 25 である, をあげ 23 を上げ 22 になった 21 であった, を上げた 19 をする 16 だった, の上, を見た 15 の色 13 だ, をあげた, をしました 12 の中 10 になり, に微笑, のまま, を持っ 9 です, もせず, を出し 8 があった, がある, だと, で私, を挙げ 7 いろを, になる, を出した, を撫で, を眺め, を見せた

6 [15件] が急, が眼, だから, でいった, でその, で云った, に眼, のよう, もしない, をあげる, をじっと, をみる, を見せる, を見合せ, を見合わせ

5 で帰っ, のなか, の表情, はもう, を並べ, を俯, を急

4 [35件] が, が見え, だが, だったが, でいる, でそう, で立っ, というもの, とその, のこの, の眼, はし, もある, もし, をあげました, をきっと, をこっち, をしてる, をその, をひょいと, をみ, を上げる, を又, を向けた, を少し, を持つ, を揃え, を発見, を私, を突き出し, を窓, を見せ, を見せなかった, を見つめた, を見合わせた

3 [71件] いろで, が今, が多い, が彼, が彼女, が浮ん, が現れた, が現われた, が目, が見えた, が見られる, が覗い, した, したが, だちの, だつた, であったが, でそこ, でなにか, ではありません, ではある, ではない, ではなかっ, で何, で再び, で彼, で彼女, で笑っ, で言, で迎え, というの, と声, なの, に涙, に淋しい, に白粉, に見えた, の下, の前, の男, の赤い, の遣り場, の額, は, はまだ, は一つ, ばかりで, や手, を, をうつむけ, をしかめた, をただ, をながめ, をふりむけ, をまた, をもたげ, をもっ, を一層, を上, を不思議そう, を初めて, を彼, を想像, を拭い, を挙げました, を洗い, を洗った, を見あわせる, を見たら, を見つめ, を見ます

2 [189件] いろに, いろの, からは血の気, がうしろ, がうた, がうつっ, がその, がまるで, がサッと, が出, が半分, が引き, が浮かん, が涙, が現われ, が私, が蒼く, が貴方, が赤く, だったので, だもの, だよ, であ, であたし, であたり, であと, でいう, でこれ, でしかし, でそれ, でちょっと, でひろ子, でまた, でもない, でやって来た, でゐた, でチャン, で乾いた, で二人, で二階, で云う, で伸子, で吃りがち, で家, で心配そう, で歩い, で母親, で眼, で笑い, で答えた, で見廻し, で見送る, で返事, で部屋, で首, といったら, とはまるで, と口, と同じ, と姿, なのに, に, になつ, になつて, になにか, になりました, になんとも, には得意, に二つ, に唇, に地方, に戻っ, に朱, に泛, に白い, に目, に細い, に覚悟, のどこ, のまんま, の地肌, の大きな, の娘, の持ち主, の持主, の渦巻い, の皮, の皮膚, の皺, の相好, の筋, の筋肉, の美し, の蒼白い, の輪郭, の造作, の道具, の面, の鼻, はあの, はお, はかなり, はすぐ, はすっかり, はどこ, はない, はなかっ, はまた, はキョトン, は一種, は何時, は変, は女教師たち, は男, は目, は目鼻, は若々しい, は誰, は非常, もあった, もしなかった, も少ない, をかくす, をがっくり, をこちら, をさらに, をしない, をそのまま, をそむけた, をそろえ, をつく, をつくった, をながめた, をなさらなく, をなさる, をならべ, をぬっと, をのせ, をのぞかせ, をのぞく, をひと, をふり向け, をふり向けた, をぼんやり, をまとも, をみた, をわざと, をニコニコ, を一度, を上げました, を両手, を二人, を今, を仰向け, を伏せ, を何度, を入口, を再び, を向け, を庄吉, を強, を思ひ出し, を手, を抱え, を持ち上げる, を振り上げ, を枕, を横, を泣き, を洗う, を洗っ, を照らし, を真直ぐ, を突き出す, を緊張, を苦し, を蒼く, を袖, を見あわせ, を見せず, を見せたら, を見つめました, を見よ, を見れ, を見上げ, を見合せました, を見合った, を覗かせ, を覗かせた

1 [1928件 抜粋] あっけない別離, いろでお, いろと, うれしそう, かと思います, からはぽ, から夢みる, から病人, から黒い, があた, があらわれ, があらわれる, がうす暗い, がくっついてる, がささくれ立った, がざま, がずらりと, がそれ, がだれ, がどこ, がなく, がひとり, がふっくり, がぼんやり, がみるみる, がやがて悠然と, がサツ, がペソス, が一ツ一ツ元, が一度, が七色, が仄, が何度, が其処, が出来, が取り巻い, が喉, が夕, が大空, が尊, が屈折, が引締, が怖く, が拳銃, が未, が殖え, が水, が浮きあがった, が燈火, が痙攣, が真っ青, が自分, が行列, が見えなくなっ, が見出される, が遠く, が重り合う, が電燈の, が髭, こそこの, こそ若けれ, してやがる, しとった, じゃない, その熱狂ぶり, だけ露わし, だちが, だちでアメリカ, だちの婦人, だち小さな, だったろう, だのみすぼらしい, ちがった姿, ったらなかっ, であったろう, であるが, でいきなり, でうなずい, でお, でお湯, できいた, でこちら, でした, でしょう, ですから, でせっかち, でそんな, でただ, でちやうど人, でつづけた, でななめ, でにらみ, ではっ, でふしぎそう, でぶらぶら, でまだ, でむしゃむしゃ, でもみせる, でやって来, でわたくし, でオドオド, でクルリ, でフィルム切取り異変, でメルチセデク, で一言, で不思議そう, で云いました, で付添婦, で何かと, で元, で八五郎, で出口, で可笑し, で呵々, で固い, で執拗, で奥, で子供, で寝, で尋ねた, で少し, で帳場, で広間, で座敷, で怪我人, で悠然と, で意味深長, で抱き, で新聞雑誌, で時間, で曲った, で杯, で決意, で泣きじゃくり, で済ませ, で点頭き, で牀, で白昼, で石, で空うそぶき, で立ち上がっ, で立派, で答, で答える, で群, で聞いた, で良人, で見, で見送っ, で言葉, で語っ, で車, で重吉, で長身, で頭, で香炉, で黙っ, とか花王石けん, とが向け合わされた, とくらべ, とともに水腫れ, との比較, とぴったり, とをくらべ, とを確, とレンズ, と体, と対し, と態度, と暢気, と清, と白, と細長い, と貶, と重太郎, と顔, などいかにも, などを見, ならなぜ, にあばた, にある, にいっそう, にうすい, にかえって, にくちびる, にここちよく, にしわ, にするどい, にちょっと, につとめて, になりき, ににこにこ, にはいつ, にはさしたる, にはほんのり, にはもはや, には会心, には少し, には微か, には明, には活動, には痴呆性, には縊れた, には言いよう, には顴骨突起, にふり, にへばりつき, にぽろぽろ, にみなぎっ, にもあう, にもなんとなく, にも単純, にも氣品, にも見えた, にわざと, にサッと, に一々, に一寸眼, に両, に会う, に余裕, に凝集, に初夏, に可愛く, に喫驚, に変化, に妙, に寝, に幾度, に忌々し, に思い切った, に戻つた, に挨拶, に散りかかっ, に映る, に桜花, に注ぐ, に滝, に焦慮, に生気, に直接光線, に窪んだ, に答え, に美しく, に苔, に落ち, に薄化粧, に血の気, に見る見る, に赤い, に違, に露骨, に頷い, に髯, に黒川, のいかつい, のお爺さん, のごとき, のため, のとりすました, ののこり, のまつ, のケンプ博士, の一人, の人たち, の偉大, の内弟子, の出方, の動き, の厳しい, の四角, の奥, の子供, の小使, の少年, の微笑, の日本人, の様子, の浅黒い, の狂奔, の白薔薇, の眉一つ, の筋肉一つ, の美艶, の色沢, の蝋燭, の赭, の遣, の隠れる, の額越し, はああ, はいつも, はうすく, はかすか, はすこし, はたいがい, はとても, はなくなっ, はまだいくらか, はめっきり, はヒダ, は一倍, は三十七, は不意, は今度, は何方, は其時, は口, は塑像, は実際, は少い, は廊, は忘れやせん, は慥か, は新しい, は暗かっ, は更に, は案外, は死, は淋しい, は猫, は痣, は真っ赤, は確か, は縦, は蒼ざめていて, は蝋, は見せられない, は赤銅色, は闇, は青白く, は首, ばかりが見られた, ばかりを見る, へいく, へそっと, へコンパクト, へ匂い, へ無邪気, へ苦笑い, まことに珍しく, まっ赤, もそこ, もない, もぶし, も今, も妙, も手足, も石鹸, も見せず, も覚え, やきれい, やどうか, や体, や姿, や母, や聞いた, や腕, や躯, よりも醜い, をあらわした, をいつの間にか, をうずめ, をうなだれ, をお互い, をお節, をかしげ, をがばと, をくもらせた, をここ, をごく, をさしよせ, をしげしげと, をしてじ, をしなせえ, をじい, をすっかり, をそむけ, をだんだん, をちらりと, をつきあわせる, をてらされ, をどんなに, をなんとも, をぬけぬけ, をはつきり, をひたと, をひらひら, をふき, をふりむけた, をほころばし, をまっすぐ, をまわし, をみせる, をもち, をも順二郎, をゆるゆる, をキッ, をコスモ, をチラリ, をツン, をハンカチ, をボッ, を一つ右手, を一皮剥かれる, を上げまし, を不安, を中心, を互いに, を仰向かせ, を何時, を俺たち, を傾け, を光らした, を冷やさせ, を剃り, を化粧, を半ば, を即席, を口元, を向ける, を吹きつけた, を土, を外, を大きい, を奥, を妖女, を室内, を尻目, を差しのぞきました, を平次, を幾度, を弘, を心もち, を忘れる, を思い, を思い浮べた, を恥ずかし, を感嘆, を手の甲, を技巧的, を括り枕, を持ち, を挙げず, を挙げる, を振り仰ぐ, を振仰ぐ, を掉, を提げ, を撫でた, を斜め, を明り, を時々, を月, を染め, を権, を水平線, を法水, を涼風, を火照らし, を照す, を熟, を物色, を現し, を真正面, を眺める, を硬, を突, を笑わせ, を紺, を胴の間, を自分, を若返らせ, を街路灯, を見あげ, を見くらべ, を見つけ, を見ね, を見やる, を見下した, を見出した, を見守っ, を見詰めた, を覗い, を親切, を赤く, を輝かし, を近寄た, を道夫, を鉄, を隠さう, を雲八, を面目, を顰め, を首, 乱れた頭髪, 大きな黒い厚ぼったい, 振れの, 細い眼, 重々しく太った

▼ た~ (3828, 0.2%)

70 である 62 がある 42 による 38 にある, のもの 37 を見る 33 です 27 だと 2219 でそれ 1716 であつ 15 であった 14 がない 13 のある 12 が, がその, でその, で何, によれ, もある 11 だった, なん, はなかっ 10 であるが, でした, はない 9 で私, なの, もない 8 があっ, があった, があつ, があります, だから, なので 7 が今, が彼, が是, に立っ, に部屋, の, のその 6 がそれ, が多い, さ, で仕方, にあった, に依る

5 [18件] から, から出, がお, が有る, だが, でこの, ですから, で其の, で滑らか, で誰, に, によつて, は, はその, はなく, へ来, へ来る, もあつ

4 [22件] からこの, がありました, がこの, が先生, が到底, であると, であろう, でどう, にいる, に拠る, に立つ, のこの, のない, の名, の文化, はどこ, はもう, へ連れ, も無い, を持っ, を見, を見れ

3 [58件] から察, から来た, から約, から見る, があれ, が仕方, が更に, が私, じゃ, じゃない, だという, だよ, であって, であの, であります, であるから, でお, ですが, でそんな, でとても, では, でもある, で後, で我々, で果して, で自分, とは違っ, にあっ, にあり, に一つ, に出, に出た, に初めて, に在る, に小さな, に由る, に自分, の大, の袈裟, は何, は唯, は少し, は無い, へ, へお, へこの, へ出, へ出た, へ来た, まで行った, もあります, もなく, を, をいきなり, をまた, を手早く, を私, を綜合

2 [208件] からお, からすれ, から他, から東, から直接, から見, から静か, があり, がございました, がさ, がすぐ, がすなわち, がそう, がそこ, がどうも, がなかっ, がなく, がなん, がまるで, が不思議, が二ヶ所, が何, が其処, が出, が卑し, が同, が唯, が多く, が大, が大きい, が好い, が実に, が愈, が成, が所, が既に, が日本, が有ります, が果して, が果して然, が此, が段々, が無く, が男, が皆, が目, が藩, が見える, が高, じゃア, だそう, だったが, だったの, だつた, だつたの, だね, だろうと, であ, であるに, でかつて, でここら, でこれ, でさして, でしかも, でしたから, でしたが, ですよ, でどうせ, でどうにも, ではあの, ではこの, ではだ, ではない, では昨年, では普通, では殆, では自分, でまだ, でもう, でやはり, で一向, で上衣, で二人, で別に, で前, で古い, で只, で土, で大師, で尚, で平岡, で当時, で御, で急, で是, で此方, で火, で白い, で祖母さん, で詩, で詰らぬ, で足下, で迚, として名, として有名, と全く, と同じ, と大差, にい, にちゃんと, にはきっと, には今, には別席, には大きな, には長い, にまた, により, によります, に一軒, に丁度, に上つた, に丸太, に五, に住ん, に何, に又, に問題, に基づい, に大門, に宿泊, に小さい, に彼, に来, に特色, に生活, に腰, に赤い, に蹲んで, に達した, のよう, のプラノ・カルピニ, の何らかの, の學問, の彼, の新, の最初, の様, の機械, の無, の物, の短歌, の菅茶山, の趣旨, はありませんでした, はあるまい, はこの, はただ, はないでしょう, はまだ, はまるで, は丁度, は仕合谷, は如何にも, は實, は御, は明治時代, は此二室, は燈台, は第, は高い, は黒い, へはいっ, へまた, へ二人, へ二週間前, へ出る, へ又, へ堀, へ幸ひと二人, へ手, へ校正, へ案内, へ社長, へ維新, へ行った, へ重, もあっ, もあり, もなかっ, も何となく, も少し, らしかった, をそのまま, を以てすれ, を切, を彼方, を想像, を掘り返し, を總, を考へ, を要約, を見つけ, を見られた, を記し, を遠く, を選ん, を領分, 否渠

1 [2302件 抜粋] あまりに鄭重, おらぬので, かと怪しまれた, からその後病気, からつづい, からはよく, からべつ, からもう, からも来た, からポンポン, から三味線, から争い, から互いに, から低い, から僕, から其記行文集, から向う, から嚊ア, から大, から寄っ, から少し, から思う存分, から数里, から来る, から此, から源さま, から生じた, から申しまし, から破風山, から考え, から花, から起る, から邪推, から鼠頭魚, がありません, があるらしく, がいず, がかう記し, がことに, がその後, がちょうど, がどうしてなかなか, がなけれ, がまあ, がよかろ, がよそ, がわたくし, がエドモンド, がドウ, が一寸, が一段, が三年前, が世界中纔, が井上, が今朝, が似, が何時, が元々, が其, が其時, が凡そ藩, が勿論, が参百円以上, が和尚, が土地, が外側, が大した, が大広間, が奥平屋敷, が如何, が子, が家老衆, が少なく, が山出し, が市内, が広い, が彼等, が御殿, が意味, が或, が打っ, が散在, が明治三年, が有, が来る, が枚挙, が構われ, が歩けない, が毎日二十センチ, が浪風, が烟草一本, が生憎, が白根火山, が真実, が確, が秋, が緑盤, が膝, が若気, が薩摩, が西洋人, が見られ, が負け, が越中, が連れ, が金仏ぢ, が閣下, が頓, が顔, さえ大抵, じゃそんな, すら彼自身, その手紙, だけがひやりと, だけの利潤, だけは細かい, だけ歩い, だしね, だったのよ, だろう, であったから, であらう, でありまして, であり壇上, であるという, である其の, でいい, でおれ, できっと, でございましたが, でございますほんとう, でしてねえ, ですの, でその間, でだ, でど, でない地, でなけれあ, ではあるまい, ではこちら, ではどの, ではイタクラ, では何だか, では僧侶, では十弁, では塔, では大阪, では宿屋, では徳子, では曲折, では板べつこ, では正規, では母, では火繩銃, では私達, では言語, では雪渓, でまさか, でもたとえば, でも探す, でわかる, でガーン, でトン, でファウスト, で一つ, で一方, で一緒, で不思議, で事件, で互に, で今日, で他, で会読, で何時, で信ぜぬ, で先ず, で其余地, で到底, で十分, で口, で喜ばれない, で土井, で夢, で大宗, で夫婦, で字書, で実に, で容易, で嵐, で市, で座中みな気, で彼方, で徳川時代, で惜し, で抗議, で提燈, で日本, で易々, で曲がりくねった, で有名, で桑十, で歌澤, で歴史, で氏等, で決して, で浅草, で点線, で爾, で男, で異常, で直ちに, で社会, で空しく, で第, で維新以後, で聞け, で若い, で落ち, で見かけた, で観れ, で谷, で追, で野, で電車, で馬, とから見る, となっ, とは見る, と一方, と伝えられ, と思い, と相違, と聯關, なく落つい, などはどうしても, などもあつ, などを読んだ, にあざやか, にいちじるしい, において物体, にここ, にし, にせよ, にでも, になる, にはそれ等, には一筋, には住まえない, には商人, には必ず, には昔ながら, には汽船, には猿階子, には表, にひざまずい, にまるで, にも一つ, にも行っ, によって明らか, にアチス, にチョコナン, にレストーラン, に一区, に一種, に三坪許, に不完全, に人, に今日, に依ります, に僅か, に割り込んだ, に半分, に又八, に呂昇, に四名, に坐っ, に場所, に大きい, に太い, に家, に寝させ, に屈み込ん, に山路, に席, に床, に当てはまる, に徴, に怪しげ, に戻っ, に據, に敵, に旅川周馬, に有名, に来た, に栂, に極めて, に武蔵, に水道, に注意, に焚火, に生じた, に白魚, に相生さん, に社, に立ち止まった, に紅う, に綿服, に置い, に能, に舟, に草鞋, に行き, に見, に詞, に象牙, に超人, に近く, に違えねえ, に金箔, に閉じ塞いだ, に隠し, に非常, に鳥焼き, のいろ, のそして, のやう, のチェマ・ユンズン, のブルジョア社会, の一つ, の一歯科医, の二樣, の人達, の佛教, の儒家医家, の刑事巡査, の労働, の反対側, の吉岡伝七郎, の嘉永癸丑, の坂, の多く, の奇怪, の女眞人, の孫子, の宮部京子, の岩, の度會家, の復古的精神, の我国, の敷き, の文史通義, の書類隠匿事件, の棺槨さ, の機械工, の毛織布, の照姫, の独自, の百年, の相, の神, の種族, の系図, の縁, の草, の葱平, の計略, の貨幣, の足跡, の遠, の金属, の隠者, の黒子, はあれ, はいつか, はこれ, はすぐ, はそうそう, はちょっと, はなくなっ, はほんの, はもっと, はわからなく, はハンダ付け, は丁巳, は争われぬ, は人, は住吉村, は全く, は冬季暖房装置, は北向き, は厚い, は土塀, は大体以上, は宏大, は尋常一様, は屋根裏, は島後, は広い, は必ずしも, は新築, は昨日, は書損, は松本, は椿坂, は池一つ, は洞, は煤払, は確, は笠, は結構, は花隈城, は袋田, は誠に, は賑やか, は重油, は随分, は龍泉, ひどくやつれ, へいま, へさしかかっ, へそんな, へでも来る, へのぼっ, へま, へ丁度, へ二三度櫛, へ今朝, へ六条院, へ出れ, へ君, へ帰つて, へ思いがけぬ, へ戻りかけた, へ暗殺, へ松山, へ浮浪民等, へ父母, へ砂, へ立っ, へ落, へ行っ, へ足, へ針, まだ一枚, までも殘, まで引き返し, まで来た, まで続い, まで話す, もありました, もじき, も何, も少なく, も汽車, も相当, やれそう, や狭い, よりも三里半, より直ちに, をあなた, をこ, をしらべ, をつかまへられ, をみれ, をクヲテン, を上, を世俗, を以てこれ, を内, を十五日ボルトリ方面, を同じ, を宿, を後生大事, を抑えた, を捕えられた, を撫で廻し, を昨日一日, を有, を歩み離れ, を渡っ, を狙っ, を真向, を示す, を約, を繰り返せ, を補, を見たら, を解け崩し, を話しまし, を読返, を追いすがるごとく, を部屋, を頃日保さん, を駈けおりよう, 何だか馬道, 及び角, 少しも, 悪い女, 決して立派, 第一矢

▼ た~ (3821, 0.2%)

91 はその 61 の心 4235 の顔 33 はこの 29 の眼 23 の父, はそれ 22 はもう 18 の姿, の方 17 の家 16 の耳, の頭, は彼 15 の胸 13 の母, は自分 12 の手, の目, は今 11 の友人, はまた, は私 10 にとつて, の, の身体, はそこ, は何 9 の神経, の言葉, はこれ, は思わず 8 がどうして, だが, である, はすぐ, はただ, は又 7 であった, に取っ, はとうとう, は今度, は少し

6 [16件] がその, だった, にはそれ, のため, のところ, のよう, の前, の妻, の弟, の生活, の罪, はまだ, は全く, は再び, は彼等, は母

5 [25件] が, が何, だつた, ですが, に, にはその, に向っ, のその, のほう, の心持, の手紙, の記憶, の足, はあなた, はあわて, はつい, はやっと, はよく, は彼女, は急, は更に, は私自身, は非常, を見, を見る

4 [37件] がお, であつ, でございます, です, にはそんな, にはよく, に向, の兄, の少年時代, の感情, の期待, の肉体, の肩, の腕, の魂, はある, はお, はここ, はしばらく, はそこで, はその後, はどう, は今更, は何と, は別に, は大いに, は子供, は当然, は心, は或, は時々, は突然, は自然, は長い, は頭, もこの, を連れ

3 [78件] がこうして, がこの, が他, が惡, だ, だから, だったが, ではなかつた, と彼女, なれば, には, にはとても, には何, には寧ろ, のお, のこと, のやう, の仕事, の体, の唇, の声, の姉, の子, の子供, の室, の思想, の態度, の昔, の最初, の最後, の様子, の父母, の経験, の考, の脚, の計画, の詩, の身體, の車, の長男, の鼻, はいきなり, はいつ, はいや, はこれから, はしかし, はすっかり, はそう, はそのまま, はそんな, はぢ, はどうか, はどこ, はふと, はまるで, はやがて, は一, は一つ, は久しぶり, は仕方, は其処, は喜び, は子供心, は学校, は室, は慌て, は手巾, は此, は気, は決して, は生き, は苦笑, は裏, は驚い, もその, もまだ, も今, を彼

2 [257件] があなた, がお茶, がこれ, がこんな, がつい, がまた, がやがて, が今, が其處, が内幸町, が姿, が当時, が彼, が急い, が悪, が悪い, が時計, が遽, が魂, だったの, でさえ, でしたが, ですから, ではある, というもの, とお, とし, としては, としてはマー私, と一緒, と入れちがい, と子分, と彼, なの, なのに, にお, にこの, にさ, にちょっと, にとつ, にどうして, になん, にはまるで, にはもう, には人間, には全く, には折, には母, に哲学, に多少, に聞かし, に見せる, のあと, のいちばん上, のうち, のお母様, のこの, のふりむき, のま, の上, の下痢, の両手, の事, の人物評, の今, の伯母, の作品, の全身, の創作, の力, の叔父, の名, の場合, の夫, の好き, の如き, の妹, の小説, の幼い, の店, の影, の後, の従兄弟, の心境, の心理, の情, の情けない, の意見, の愚かさ, の感じ, の懐中時計, の所, の手の甲, の故郷, の文章, の智能, の書斎, の村, の歯, の気もち, の気分, の気持ち, の氣持, の父親, の物, の甥, の男, の着物, の瞳, の確信, の祖先, の祖母, の空想, の窓, の第, の荷物, の袖, の許, の証明, の趣味, の身の上, の過去, の部屋, の銀杏返し, の長兄, の頭脳, の食慾, の驚き, はあの, はいま, はお前, はお母様, はお茶, はかう, はかなり, はこう, はこうして, はさ, はそうした, はそのうち, はそれから, はそれら, はそんなに, はた, はたしかに, はときどき, はところが, はどんなに, はなるべく, はなん, ははっと, はひとり, はふい, はほ, はもうこれから, はもう一度, はもっと, はもらわれ, はやう, はやつぱり, はクルリ, はジリジリ, はニッケル, はハッ, はヤッツケ, は一人, は一体, は一寸どう, は三好達治, は不意, は不覚, は之, は二人, は人, は人間, は今夜, は何となく, は偶然, は元, は兄, は全然, は其の, は初めて, は危険, は吾, は喜ん, は喬介, は土地, は大, は大きく, は大阪, は天, は夫人, は如何, は常に, は平気, は広い, は床, は当, は忽ち, は我, は新聞, は既にもう, は早速, は昨日, は時ちゃん, は暫く, は最後, は東郷君, は柿, は桔梗色, は概念, は歴史, は汚れた, は灯, は特に, は生れ, は町, は病人, は皆, は盗人, は目, は直ぐ, は眼, は矢庭, は石ころ, は神, は窓, は耳, は膝, は血, は表, は誰, は部屋, は間もなく, は随分, は霊岸島, は食器, までもの, もある, も今日, も彼, も御, も町人, も直ぐ, も縁端, や仙, をお, をとらえ, をどんなに, をはじめ, をまことに, を御覧, を愛し, を窒息, を訪ね, を迎え

1 [1965件 抜粋] あ板戸, からはもう, がある, がいつの間にか, がおお, がこんなに, がせつない, がそれから, がたった, がともかく, がのそのそ, がまっ先に, がフト上, が一日夫人, が今度, が何故, が僅か, が冬, が去る, が吃驚, が四, が夢, が奥, が家, が尚かつ, が彼女, が思わず, が恐い, が慰め, が扉, が故郷, が旅, が明治三十五年頃, が月, が模範, が残ってる, が気, が涙, が濟, が牛込下戸塚町, が生き, が病態, が総て, が臭い, が行く, が言う, が迎え, が選んだ, が閉口, が非常, が首, が黒い, さ, すらまだ, だけれど, だと, であ, であるが, でございますから, でさえびっくり, でした, でその, ではない, でも, で御座いますが, という人間, とがその, としては禅, とつばめ, との間, とやはり, と何時, と同い年, と将軍, と早く, と此, と秋子, と諸口さん, などには反対, などはめつた, などは大分厭, などは菊池, なん, にいろいろ, にこれから, にその, にとってこの, にとってはどうしても, にとって一つ, にとり, にはありがた, にはかえって, にはこの, にはすべて, にはたわい, にはどんなに, にはもともと, にはよす, には下谷練塀小路, には今日, には兄弟, には友, には大して, には御, には此, には珍, には私, には記念, には身, には駿河台, にまで何ん, にもそれ, にも力強く, にも移らない, にゃ名, に一度, に友野, に向かっ, に寄越し, に対するお嬢さん, に幾度, に心配, に感懷, に最後, に済まない, に神様, に腹, に較べる, に震える, のお詫び, のくちびる, のした, のその頃, のはかない, のむく, のやり方, のオイ, のセンティメント, の一生, の下等, の不徹底, の不運, の予備知識, の二階, の人格全体, の低, の余技, の信念, の偶像, の全, の内面, の切ない, の別荘, の努力, の半生, の厄, の友人平尾不孤氏, の取り決め, の句, の右足, の名刺, の唯心的, の四五枚, の多く, の失策, の妻子, の子供たち, の学業上, の小屋, の帳面, の幼時, の度重なる, の弁論, の影響, の従姉, の心配, の性情, の情熱, の想像, の愚さ, の感受性, の懐中電灯, の手元, の拳, の教育, の日記, の時たち, の暗い, の望み, の末弟, の杞憂, の極度, の檀那寺正宗寺, の欲情, の死ぬ, の民族起原論, の深刻, の為, の物思, の犬, の生, の生涯, の登山, の眞鍮, の眼ぶた, の瞼, の秘密, の筆先, の精神生活, の結城木綿, の美しい, の考え, の肌, の胃, の胸先, の腹心, の舌, の蓮花図, の血液, の褞袍, の親たち, の親馬鹿, の訪問者, の話, の読書慾, の講演, の貌, の贔屓目, の身, の近所, の過ち, の部下, の錯覚, の隣り, の靴, の願い, の馬車, の髪, はあく日, はあばら屋, はあられ, はいう, はいくら, はいそい, はいつか静子, はいは, はいろ, はうなづきました, はおずおず, はお蔭, はかっと, はかへる, はけさ, はこれ等, はごく, はさつ, はさらに, はじっと, はすでに, はせめて, はそっと, はそれでも, はそれ以来愚劣, はたまらなく, はちいさな, はちょっと, はでは, はとても, はどうしても, はどんな, はにこにこ, はばか, はべつに, はほんとに, はまさに, はみむき, はもうどう, はもしも, はもちろんまだ, はもと家, はやつ, はよけい, はわれ知らず額, はイキナリ清子, はカイゼル, はキリギリス籠, はトウトウ, はピアノ, はボンヤリ, はムツ, は一カ月, は一年半, は一時, は一枚, は一種危険, は一首, は三月二十一日, は不, は世の中, は乗りき, は事件, は二ツ, は二年級, は五分, は人々, は今や, は仏教, は仲間, は休息, は体中, は何とも, は何云つて, は何気なし, は係官, は俯伏, は停車場, は僧, は光岳寺, は六蔵, は兼ね, は凡て, は出立, は初め, は到頭, は前夜, は労, は北九州, は十月十一日, は午後, は卒業生仲間, は博士, は去, は口, は可, は吹きまくる蒙, は和服, は善い, は図々しく, は土まみれ, は夏休み, は多大, は夢中, は大方, は失望, は妙, は嬉し, は学問, は室外, は宿, は寝ず, は将来, は小説, は少年, は屋根, は川, は常盤座, は幼, は幾分, は往年, は心から, は念, は思掛, は恐るべき, は悪人, は愈, は感極まっ, は懇ろ, は所謂文明民族, は批判的, は抱かれた, は按摩, は放課後間, は文庫, は旅商人, は日本人, は早世, は春めき立った, は昼間, は普通, は書物, は未だ, は村上八百次郎, は松谷秀子, は樹明大菩薩, は次に, は此子, は歩い, は死神, は毎日, は氷, は泥細工, は海ぞい, は深く, は演出, は烈しい, は無言, は然し, は熱鉄, は物心, は狼狽, は理学士, は生返事, は病, は白布, は相良徳三, は真に, は眠れ, は石, は硯友社諸君, は私たち, は種々, は積重なった, は窓際, は立っ, は筆, は米国民, は経本, は罪, は聖書, は背後, は自身, は茶堂, は莫迦莫迦, は薄, は血気, は西市, は見る, は親戚, は語学, は貴方, は赤く, は足掛け五年, は軽業師, は逆, は遠く, は酒友十数名, は酔っ払っ, は金銀そのもの, は鏡台, は附添婦, は離れ, は雨中, は面白, は風呂, は馬琴, は麦藁, ばかりじゃありません, への反抗, までが何ん, もいつしか, もう寝る, もこれ, もすっかり, もとう, もねん, もやつ, も一寸お尋ね, も両, も今夜, も何とも, も参拝, も多く, も実在, も思わず, も敵, も晴れた, も検束, も無, も竹内教授, も耳, も退, も頗る, や艶子, よりも更, をあんな, をかえりみ, をしづか, をそんな, をのぞいた, をみる, をタマ, を不思議そう, を仕事, を刹那, を十年, を大きな, を寂しく, を引取, を憚, を指示, を無理やり, を相手, を素直, を花婿, を見た, を足蹴, を送り, を頼つて修一, 共に牛車, 故直ぐ

▼ たばかり~ (3747, 0.2%)

307 では 135 である 118109 であった 94 です 92 だった 86 でも 74 なの 67 なのに 55 だから 4442 なので 38 だと 37 でなくその, でまだ 34 なんだ 32 であつ 30 でした 26 だが 23 ですが 22 であるが, でその 21 だという, ですから, なん 20 だのに 19 ですよ 18 だつた, でなくまた, でもう 14 だし, でございます, で何 13 でない 12 であるから, ですぐ, でなくそれ, でなく自分 11 であったが, ですもの, でなく 10 ぢや, でご, でなく彼 9 じゃ, でそれ, でなく私, で別に 8 だもの, でこの 7 だよ, であるのに, でなくこの, でなく何, でなし, で私 6 だったが, であって, であります, ですのに, でまた, で彼, で誰 5 だそう, であると, でこれ, で何とも, で外, なのよ

4 [22件] だったの, であの, でここ, でございますから, でしたが, ですし, でなくいろいろ, でなくむしろ, でなくフランス, でなく人間, でなく女, でなく娘, でなく実際, でなく当時, でなく彼女, でなく更に, で今, で御, で手, で未だ, で自分, らしかった

3 [49件] それを, だからと, だからね, だけれど, だけれども, だつたので, だといふ, だとの, であったから, であったの, でありました, でお, でしかも, でしたから, ですからねえ, ですけれど, ですけれども, でそこ, でないか, でなくあの, でなくある, でなくこれ, でなくさらに, でなくその後, でなくそんな, でなくて, でなくどうか, でなくもつと, でなくやはり, でなくシューマン, でなく今, でなく今日, でなく却って, でなく子供, でなく母, でなく血, でね, で二人, で今日, で他, で彼女, で無く, で知合, で道, で頭, なんで, のが, 何にも, 私は

2 [114件] お母さんが, だったので, だったん, だつたが, だね, であ, であったこと, であっても, であと, であるし, であるという, であるので, であれ, でいきなり, でございました, でございますの, でござる, でしばらく, でしょう, ですと, ですわ, でそう, でそのまま, でそれに, でそんな, でとても, でどういう, でどこ, でな, でなかった, でなくお, でなくかの, でなくこんど, でなくさんざん, でなくそこ, でなくなお, でなくみんな, でなく一人, でなく一般, でなく人, でなく今度, でなく他, でなく他人, でなく元, でなく別に, でなく前, でなく又, でなく右, でなく同時に, でなく実は, でなく宿, でなく幸, でなく幾多, でなく彼自身, でなく情実, でなく日本, でなく日本人, でなく父, でなく生来, でなく目, でなく着物, でなく第, でなく自ら, でなく自分たち, でなく親たち, でなく警察, でなく身体, でなく非常, でなく音楽, でなん, でひどく, でやがて, でよく, で一向に, で丘, で人々, で何だか, で何ん, で何百里, で其の, で別段, で半, で又, で同じ, で大層, で天使, で姉, で家, で宿, で心, で木, で東京, で格別, で櫛, で次, で気持ち, で相手, で空しく, で胸, で腰, で若い, で葉子, で途方, で顔, なこと, ならいい, のだだ, のを, らしい暖炉, 事なく, 二十歳と, 宿六の, 後は, 援兵を

1 [1272件 抜粋] あの蔀, お倉, お孃さん, かくては, くびれるほど, この野郎, さすがこれ, せめてキトウス山見, そして美しい, その美しい, それが, だあ, だお爺さん, だからな, だけど, だご, だったか, だったし, だったよ, だった世相, だった直次, だつたせゐか, だでなあ, だとかいう, だなア八, だわ, だ船虫, ぢやあない, であきず, であたり, であったので, であったろう, であった乙女, であった蒸汽力, であまり, でありそして, でありウェリントン, であり岩石ヶ城, であるしかし, であるの, である事, である此, であろうが, であろう湖, でいいかげん, でいったい, でいや, でおおよそ, でおなじく, でお前さん, でお客, でお母さま, でかねて, でがやがや, でげすのに, でここ何代, でこれから, でございましたのに, でござろうがな, でさえ, でしかた, でしたけれど, でして, でしよう, ですがね, ですっと, ですね, でずんずん, でそういう, でその間, でそれ以上, でたしかに, でただちに, でちまた, でちょい, でつまり, ででも, でどうか, でどうしてすぐ, でどうやら, でどんな, でない大勢, でなお, でなくあれ, でなくうれしい, でなくおっか, でなくお里, でなくかなり, でなくきょう, でなくきょう孫権, でなくこれから, でなくさながら, でなくしん, でなくすっかり, でなくずっと, でなくそう, でなくそのうえ, でなくそれ以前, でなくたいへん, でなくたちまち, でなくだんだん, でなくついでに, でなくとき, でなくひいては, でなくほとんど, でなくまる, でなくもう, でなくわけても, でなくアマーリア, でなくインド, でなくカイベツ, でなくクリストフ, でなくスペイン遠征軍, でなくドイツ, でなくフランス国民, でなくホンモノ, でなくマリア, でなくモンターク嬢, でなくヴィッテチェック, でなく一世, でなく一個, でなく一文, でなく一旦, でなく一種, でなく一通, でなく上衣, でなく世界, でなく中, でなく久しぶり, でなく予審判事, でなく二, でなく云つて, でなく井上嘉門, でなく京都方, でなく今夜, でなく以前, でなく伝六, でなく体, でなく何ん, でなく作者自身, でなく信じきって, でなく僻地, でなく兄, でなく党, でなく全身, でなく兵部, でなく利潤, でなく助けて, でなく動詞, でなく千代, でなく卒業後, でなく却つて一種, でなく取巻き, でなく古, でなく同じ, でなく向後何年, でなく哲学一般, でなく営業歌手, でなく地域, でなく外, でなく大きな, でなく大方, でなく大石家, でなく太一, でなく女優, でなく娵, でなく婦人問題, でなく学校, でなく学生, でなく宗庵, でなく実, でなく家, でなく實, でなく尋常, でなく山, でなく山右衞門, でなく市街, でなく帝, でなく幕府, でなく年賀状, でなく庶民, でなく弟, でなく当日, でなく彼奴, でなく彼自ら, でなく後日, でなく従来会津, でなく心あたり, でなく忠直卿, でなく思わぬ花, でなく恐らく, でなく成績, でなく戦争煽動, でなく探偵, でなく支那全土, でなく政治的方面, でなく数年, でなく数百両, でなく文壇, でなく新しい, でなく既に, でなく日, でなく明るい, でなく星そのもの, でなく時々, でなく書き足りないところ, でなく期待, でなく未来, でなく東, でなく校庭, でなく植物, でなく正造, でなく此奴, でなく殆ど, でなく毎日毎日手入れ, でなく気に入らないと, でなく永い, でなく江戸高輪東禅寺, でなく浦路, でなく深い, でなく漱石, でなく物, でなく狼藉, でなく現世時代, でなく田圃側, でなく町, でなく盛子, でなく看護, でなく石井, でなく福島県, でなく競争者達, でなく糸子, でなく紹介状, でなく経済, でなく続いて, でなく老, でなく肉慾, でなく肥え太った人々, でなく脛, でなく自分ら, でなく自殺, でなく自身, でなく舞妓, でなく英雄中, でなく菩提薩, でなく薄い, でなく蛸類中, でなく裏切って, でなく言葉, でなく誰, でなく貴国一般, でなく車中, でなく迎えに, でなく這うこと, でなく進んで, でなく過去三世紀, でなく道徳的, でなく避暑, でなく酒宴, でなく鐵砲, でなく関所, でなく隣家伏見屋二代目, でなく青木, でなく風采, でなく驢馬事件, でなく鳥獣昆虫その他すべて, でなんと, でのう, でふんわり, でほん, でま, でまだちっとも, でまるで, でみんな一文無し, でもうもう, でもと, でやにわに, でわたし, でわれわれ, でエニセイ河, でガラリト宛, でテーブル, でハイカラ, でパリ生活, でピカピカ, でホテル, でミーチャ, で一人, で一時間, で一窯, で一途, で上, で下宿, で不死身, で丸太, で主婦代り, で二三頁, で亡くなつた赤ん坊, で人, で人道的, で今後, で代診, で会堂, で伸子, で何と, で何処, で余, で借家, で全く, で六千十九町, で其時, で再び, で初めて, で別れて, で力, で十五歳, で単, で厚いこい, で取り乱れて, で口, で名, で和服, で土饅頭, で多分, で大, で大凡, で夫, で奥, で女中, で女馬, で姿, で娘, で子, で学生気, で定まる旦那, で実に, で實, で専ら, で小学二年生, で少々, で師冬, で平素, で幾分, で式場, で当年, で御座います, で御座いますよ, で忘れたよう, で恰度神戸, で意気地, で懐, で戰爭, で手紙, で振られました, で敬語, で文さん, で新しい, で旅籠賃, で早く, で早老人, で時には, で書, で朗, で朝餉, で柄, で極, で構え, で死んだ活きたの, で気持, で決して, で沢山, で済まされません, で湯具, で澄江, で火事, で烟, で無い其の, で煤, で物, で犬, で生々しい, で田畑, で畢竟, で百万長者, で目下改築中, で相, で眼, で破すだれ越, で碌, で磯崎, で神経, で穴倉, で窓下, で算盤, で篤と, で素直, で経験, で罐づめ, で老人, で聞, で腹, で自身, で舟, で苦痛, で落城, で蒼, で薮, で虫, で衝, で西, で見捨てるも, で詳しい, で起きられない祥子, で身の毛, で軟かく, で逃げ出して, で遅く, で部下, で野面, で金蔵, で長く, で陽気, で電気, で電車, で非常, で顏, で飯田町, で首, で高層ビルジング, で髪, で鶴谷様御用, で黙つて会釈, どんな無, なもの, なら好い, なんじゃァねえか, な女, な青い, ぬるいよとて, のと, のより, またすぐ, また眼, まだ独り者, みたいな, ゆっくり休む, らしいセッちゃん, らしい一通, らしい姿, らしい暖か, らしい水, らしい蟹田警察署, らしくならべて, らしく室, らしく羽織, わざと勝手, サ, 一年越し, 一言も, 世外の, 丸顏で, 今ごろは, 今日の, 修業最中の, 八ヶ岳へ, 別に何, 十五と, 可愛らしい円顔, 団十郎は, 外樣の, 女の, 妻籠本陣への, 嫗の, 子分と, 屋根は, 屠蘇の, 当てものし, 形も, 悄れ, 故らし, 新鮮で, 未だ寝, 楊枝を, 涙を, 片扉, 田圃では, 痩せて, 目に, 秋の, 立ちすくんで, 編んで, 美くしい, 色の, 若くて, 菊次郎の, 証拠に, 長い外套, 陽焼け, 顔を, 髪は

▼ た~ (3601, 0.2%)

107 でなければ 6349 でないと 42 のこと 33 でその 32 でのこと 28 でそれ 27 にその 2520 でまた 19 でなくては 15 に更に 14 に自分 13 で私, にこの, の事 12 になお, は 11 でこれ, で初めて, の方 10 でお, で自分 9 でこの, で無ければ, はもう 8 にまた 7 で半, にお, にこんな 6 であらためて, でさて, でさらに, で彼, に今度

5 [15件] でどう, での, でもし, で二人, で今度, で更に, にさらに, にし, に人, に今, に彼, に載せ, の話, はその, はまた

4 [28件] でお前, でこんな, でなお, でなくちゃ, でなら, ではじめて, でよく, でわたし, で今, で何とか, で僕, で又, で吾, で最後, で返事, にこれ, にそれ, に又, に土, に御, に手, に改めて, はこの, はもはや, は何, は是非, は自分, をまた

3 [44件] いろ, からは, その晩, であの, でだ, でなけりゃあ, でもう一度, で一人, で之, で二つ, で俺, で兄, で始めて, で御返事, で我々, で改めて, で是非, で試み, で話, にあの, にいろいろ, にしなけれ, にしよう, にもう, にポカリ, に俺, に私, に酒, に長い, に風, の仕事, の思案, の覚悟, はお, はこれ, はすぐ, はそれ, はわし, は御, は金輪際, へ, へ自分, へ落ちた, 翌る

2 [182件] お才さん, かけら半分, からはこの, から降りなかつた, この半歳, この重傷, こんなに虐, その方, であなた, である, でいずれ, でいつも, でいよいよ, でうやうやしく, でおれ, でご, ですぐ, でする, でそう, でそれから, でで, でともかく, でどうも, でなくっては, でなんとか, での此, での芸当, での話, ではもうこれから, でもっと, でも裂い, でゆっくり, で一つ, で三人, で云, で人, で何, で余, で作家, で再び, で出来る, で分析, で又新鳥越, で双方, で君, で問題, で土, で始め, で客, で少し, で平岡, で御, で恁, で手, で手紙, で技術, で採用, で改, で教育, で日曜日, で最も, で未亡人, で本人, で本当, で此, で決定, で相当, で神戸, で筒, で結婚, で考え, で行動, で身, で適当, で選択, で顔, ならでは, ならコロリ, なれば, にあたし, にいたそう, にいま, におれ, にかなり, にかの, にしかも, にする, にその後, につい, にとうとう, にまだ, にもまた, にもヒネクレ, にも更に, にやはり, にようやく, にトランプ, に一つ, に万一, に万事奇麗, に二人, に人殺し, に何, に借金, に先刻三鞭酒, に出来る, に別, に勝手, に古い, に叱られ, に各, に唐沢家, に喉, に坐っ, に墨, に大, に大きな, に大学, に大将, に大樹, に小さい, に少し, に心張, に日, に時々, に最も, に最後, に櫂, に毛皮, に水色, に煉瓦, に相手, に磨き, に立っ, に紫, に聞く, に色, に蒲団, に赤い, に醉, に金色, に雨, に非常, に頭, に額, に馬鹿, に高い, に黒, に黒く, のお話, のご, の利他, の客, の批評, の鷹, はいつか, はこんな, はぜひ, はただ, はどう, はどこ, はよく, は一層, は一応, は一日, は何もかも, は少し, は指, は早速, は決して, は父, は私, は細川方, へまた, へ何, もう一度目, を更に, を無造作, を爪立っ, を男, を馬車, 御丁寧

1 [2242件 抜粋] あの拔, あらためて越中守方, ある科学者, いきなり私, いよいよエジプト人, いろいろ乱暴, お仕舞, お役人, お美乃さん, かう血汐, からにし, からはきっと, からはやわか, からは何, からは安, からは永く, からは私ア縄, からは親, からぴたぴた, からドン, から五六間向, から大きな, から浴室用, から鋲, きげん, こそこそ退散, この動機, この家, この近所, これから飯, さあ近所, さて改めて, さらにそれ, さらに蓆ぐるみ, しまいには, すでに若旦那, そのかぼそい, その主将鹿野元忠, その口, その奧, その座敷牢, その熾, その経営, その頃, その黄金, ただちに横浜, たつた一人, だしぬけに, ちょいと, つらつら眺めたい, であか, でありませんと, であろうが, でいわれる, でおちつい, でお願い, でかの, できょう日本, でこっそり, でさて又, でしずか, ですよ, でそこで, でその他気, でつく, でという意味, でと丑松, でと思い, でと躊躇つて, でどうにか, でなくっちゃ, でなけりゃ相場, でなほ且, でのさけ, での一つ, での事, での刺殺, での国家, での帰結, での斯, での現象, での組合わせ, での芝居, での補足, での返事, ではて, では勿論, では立体映画, でぴたり, でふところ, でまとまった, でもこれ, でもやつぱり看護員, でも拒絶, でやっ, でゆ, でわが, でイギリス, でスタンレー, でヘザーレッグ, でマラソン二十キロ, で一同, で一生懸命研究, で万一, で三日後, で世間, で乘, で二千円, で云う, で今一度右, で今日流布, で以下, で作らね, で個人, で優れた, で全面的, で其前, で出る, で出発, で別れる, で力, で勝敗, で十分お話, で取らせます, で口, で同一, で吾輩, で善処, で地続き, で売り飛ばさう, で大事そう, で大変, で夫, で女医, で嫌, で定, で家, で封, で小次郎, で屹度あなた, で帰国, で幸内, で当て, で役場, で徐々に, で御意, で怒れ, で息子, で慣例, で手嚴, で拳銃, で捨てる, で改めてまた, で散々打擲, で日, で明日, で書物, で朝, で松谷秀子, で様々, で次に, で武者修行風呂敷, で水, で決断, で流れる, で清書, で澄し, で無類, で物, で猶且つ, で現今, で生命, で申すべき, で直観, で確か, で突く, で笛吹川, で細川家, で罪科, で翌朝, で聞こう, で自ら, で自由競争的, で若し, で菖蒲酒, で裏切る, で覚悟, で言つて, で話します, で誰, で譯, で買っ, で踏むべき, で返し, で通過, で遺伝, で閉められた, で面会, で飛び出せ, で驚いた, で黒, とうとう現在, となさい, と考, どうぞ我々, なおそれ, なお自分ら, なら叔父, にあっぱれ, にあべこべ, にいざ, にいつも, においおい, にお家, にきゃあ, にこちら, にこれら, にさ, にしかもただ, にしょうが二, にすべて, にそこら, にたとえば, につんつるてん, にて進退, にと出奔, にどんどん, になんとなく, にはこの, には博士, には獲物, にひとりでに, にふ, にむしろ, にもし, にも働かなく, にも広く, にも深く, にも破れ, にやがて, によく, にわたくし, にカラ, にケイコ, にザンザン, にナミ子, にパサリ, にリボン, に一層, に一齊, に三月, に不作続き, に世の中, に世間的, に丸い, に事業施設上, に二軒, に亭主, に今年, に今日, に仰向け, に住む, に何色, に健康, に先方, に入湯, に内々, に凝, に刺殺される, に前後左右, に助言, に十銭ニッケル, に博文館関係, に卵形, に友人, に口, に合掌, に同級, に四, に四角, に坑夫, に士分, に夜どおし, に大半, に大金, に如何にも, に姿, に宏大, に家ごと, に寺所有, に小さな, に少々, に尚, に島田, に工場, に市内, に幸い, に引上げ, に強, に彼ら, に後先, に必ず, に思死, に意外, に我々, に戸締り, に手強く, に折れ, に持ったる, に捨て, に掻卷, に政府, に数百町歩, に新た, に日本橋, に明治, に智慧, に更に又, に朝鮮語, に村尾さん, に栄養不良, に横, に此の世間, に残り, に永代回向料, に江木写真館, に泥, に流刑, に清澄, に溺れた, に熊吉, に片手, に玉, に現代劇, に生命, に畑, に発したる, に目籠, に破れた, に神尾, に空想, に窓, に筑波, に糸, に終夜殆ど安眠, に綺麗好き, に罰金, に羽織, に背後, に腹具合, に自動車, に舊式, に芝居, に茨, に荒目, に落ちる, に薪割, に行儀, に被害者, に襟白粉, に見事, に言語挙動, に誰, に赤耀館, に身, に載っかっ, に追, に運転手, に重役, に鎧, に附録, に雁首, に領主, に食器, に香炉, に髯籠, に鶏, の, のはなし, のよう, の五十歩, の処分, の吊り, の子供, の彼, の悟人, の挨拶, の楽天, の狐, の神聖, の考へ, の薬屋, の赤松, はあっし, はいくら, はいよ, はからず臺灣, はすっかり, はたとい, はと退出, はなお, はのう, はゆるゆる, は一寸, は世上, は久松家, は些少, は仕事, は何故, は出たとこ勝負, は前, は口, は夜, は女給, は家, は師, は弁護士, は徹底的, は恥辱, は手前, は支配人, は断わる, は明, は朝茶どころ, は次に, は死ぬ, は湖, は現地, は直ぐ, は神, は聞き, は行く, は貴方, は近々, は退い, は関東, は風評, ばき, へこの, へと復, へわざと, へ三日, へ伸び, へ園, へ帽子, へ折, へ生意気, へ翁, へ赤い, へ速達, へ顔, ほとんど苦しくっ, またテンピ, また半日, また彼, まだ心配, やがて二艘, やっと纒, よく協議, をきりきり, をふい, をようやく, を切明け, を恐れぬ, を渡っ, を祭壇, ポイと, 一向人, 乗った船, 互に狂人, 何とか彼, 其の新聞, 出直して, 到頭お, 又大岩, 同時に別, 大きい目, 大怪我, 始めて雲雨合歓, 御一人, 御気, 御赦免, 怪しいと, 或る, 探して, 改めて瑞巌寺, 是非今夜, 更に主, 更に法廷, 果して男, 死にもの狂い, 深く言, 片鬢兀, 直ぐに, 研ぐその, 良い水, 被を, 謝って, 遂にお, 長い彼

▼ た~ (3576, 0.2%)

133 のこと 105 である 75 であった 37 にはもう 35 であつ 34 だった 30 の事 26 はまだ 22 はもう 21 の話 19 だつた, になっ 17 でした 15 だ, だと 14 から見る 13 になる 12 です 11 から私, は 10 には私, はその 9 から, にはお, にはまだ, の, のよう, はすでに, を見計らっ, 或る 8 だろう, であったが, なので, のもの, は彼, は日

7 [11件] ある日, から彼, であるから, ですから, でその, には夜, には彼, には日, の作, はお, を見はからっ

6 [12件] からこの, からすでに, から父, だが, であったと, であろう, にこの, にはその, のある, の彼, はこの, を見計っ

5 [17件] からその, から姫, だから, だろうか, であるが, と同じ, に, には, には既に, に俄, の姿, の容色, の私, は既に, は最早, は私, は自分

4 [24件] からの事, から世間, で, であったから, であったろう, であったろうか, でございます, ですが, どうした, にお, になつて, にやっと, に二人, に比べる, のあの, のお, の心持, の手紙, の自分, はこれ, はそれ, は僕, を思い出し, を見

3 [61件] お雪, からであった, からである, からであろう, からのこと, からもう, からやけ遊び, からよく, から今, から今日, から既に, から日, から時々, から次第に, だったと, だったろうか, であらう, でありました, でしたが, ですら, でそれ, で私, なの, にある, にはこれら, にはすでに, には二人, には彼女, には空, には自分, によく, に初めて, に当る, に彼女, のお話, のその, の写真, の出来事, の夜, の彼女, の思い出, の思ひ, の或, の方, の日記, の昔, の東京, の芥川, の面影, はここ, は夜, は彼女, は日暮, は最も, は月, は汽車, は雨, よ, を見はからい, 或日, 来る

2 [170件] ある宴会, お種, かと思う, かも知れぬ, からあなた, からあの, からお, からだ, からだんだん, からつい, からで, からです, からまた, からケラア先生, から信一郎, から同窓, から少し, から少しうとうと, から嵐, から幾台, から思う, から急, から支那, から母親, から気, から無, から知っ, から舟, から華美, から見れ, から釧路, から雨, から青年期, がその, この人, この家, だったが, だったので, だつたが, だつたので, だつて, であ, であったか, であって, であります, であると, でこの, でございました, でございますが, でさすが, でしょう, でしょうか, でそこ, ではない, でも私, で其等, で別, とて直ちに, とは別人, とは違っ, とは違つて, と今, と思ひます, なら別に, にあたる, にあの, にくらべる, にそこ, にそれ, にはお玉さん, にはかの, にはこの, にはそれ, にはもうすっかり, にはやはり, には又, には家, には席, には月, には母親, には父親, には自ら, には船, には門内, には雨, には電車, には風, にも土曜, に先刻, に出, に出来た, に又, に女, に家, に岸本, に帰っ, に彼, に明月, に漸く, に激しい, に煙草屋, に父, に私, に自動車, に誰, に起つた, のいろいろ, のひどく, のまずい, のジャン・ヴァルジャン, の先入主, の卒業生, の博士, の名, の名残り, の家, の幼い, の御, の校友会雑誌, の生徒, の生活, の経験, の記憶, の詩, の貧しい, の身分, の顔, の館, はあんな, はいつ, はさすが, はずいぶん, はただ, はよかっ, は勿論, は大分, は女, は実に, は小雨, は少し, は山, は年, は新しい, は旦那, は未だ, は此村, は母, は空, は裏, は遅かっ, は随分, は雪, ふと下島, また周丹泉, まではまだ, までは一面, もある, もそう, も彼, やはりその, よく母, を思い出す, を計っ, 一度遊び, 代助, 厚い防空頭巾, 同じよう, 或人, 突然空, 突然空中

1 [1919件 抜粋] あのうす, あの屋台店, ある処, ある夜膳, ある新聞, ある日訴訟用, ある時教師, ある正月, いきなり妻, いつも母, うまくだまし, お千代, お席, お茶の湯, か, かと覚えまする, かも知れなかつた, からいくら, からうぐいす, からかれ, からし, からずつと会, からそろそろ, からどこ, からの二人, からの古墳, からの宿将, からの慣しだった, からの永い, からの知りあい, からの節子, からの願い, からはやく, からむせ返る, からやつ, からシューマン, からミサ子たち一団, から一方, から世話, から今度, から何, から使っ, から停電, から先代, から内証, から十何年, から卿, から古び, から君, から哲学, から園芸好き, から天地, から女房, から始まつ, から宗教, から家庭, から市内, から弁太郎, から応用, から戦争, から教授, から數, から景子, から来はじめた, から模様, から段々, から比べる, から深く, から漸く, から猪之さん, から目立っ, から知人, から碾茶, から経験, から自体, から西洋, から貴子, から野馬, から鍛え, から雛妓, から顔, から馴染, かれは, がお, がめぐっ, が思出, が至味, このレコード, この山路, この猿, この辺一帯, さ, しかやって来まい, じゃありません, すでに長, すやすや眠っ, そのお父さん, その下, その住家, その口上言ひと木戸番, その宣教師, その某館, その財産, それから多度村, たしか花時, だったか, だったよう, だつたから, だて, だらう, ちょうどまた, ちょっと檜山, つまり今, であったなら老人二人, でありましょう, であるし, であろう但馬, でお, でさえ君, ですからね, ですらも, でた, ではございませんでした, でもあり, でも宴会, で丁度一年, で中野君, で五日, で何, で十月, で大概三つ, で富尾木氏, で往来, で慶應, で暗い, で水呑峠, で蓋し, で車掌さん, で雑誌, とうとう立ち, とこっそり, とそっくりそのまま, とは万事ころり, とは此, とは随分, と三回, と今日, と変らなかった, と思います, と比べ, と違つて, どんな服装, などは女子教育, なにかの, なんかあれ, にあなた, にお前, にかれ, にこうした, にしましょう, にそろそろ, にでき上った, にどこ, にのませるべき, にはあんなに, にはお母さん, にはこのごろ, にはそろそろ, にはつい, にはどうやら, にはね, にはほとんど, にはまたもや, にはもうとっぷり, にはもはや, にはわたし, にはシンサツどころ, にはホテル, には一件, には一度, には一番鶏, には三月, には上の町, には之, には五人, には人数, には他家, には兄, には八ヶ岳, には其絵, には口もと, には国王, には夕陽, には女中, には婦人, には実は, には少なくも, には山峡, には平家, には当の, には必ず, には意外, には手習, には文字通り水上, には方八町, には星影, には智恵子, には暮れる, には株, には次第に, には毎夜, には永い, には源之助, には熱, には王子, には男女, には病勢, には着物, には砂利場, には私達, には笹, には羽織袴, には蓆, には表, には訳語, には負けまい, には身体, には運, には長い, には障子, には顔, には馬, には高瀬, にぱかぱかと背後, にまじめ, にもう一度, にもよく, にも既に, にも秀吉, にゃあ, によう, にゐた, にベスト, に一茶, に下宿, に久し振り, に今村家, に伜, に先々, に出す, に前, に半, に咲きそめた, に報知, に夜廻り, に天井, に姉, に官兵, に家中村中, に帰つて, に平次, に彦太郎, に思い出し, に態, に捕り, に時分, に本郷東片町, に梢, に民謠特有, に渠ら, に牧野, に生れた, に當, に知らず, に神田台所町, に節子, に自殺, に草野, に行き逢うた, に見る, に認められなかつた, に赤座兄妹, に返つ, に部屋, に隣り, に高台, のおき, のくすんだ, のさまざま, のつづき, のまだまだ, のカフヱ, のナオミ, の一主婦, の下, の中央公論社, の二, の人生, の佐々, の侍僧, の元気, の先生方, の冬夜, の動力線, の北陸, の叔父, の古賀, の周さん, の噂, の坂田屋, の妹たち三人, の季節, の官吏, の尊い, の居館, の干鰯, の年頃, の彼あばら家, の従順, の悲劇, の成長ぶり, の掛り合ひで, の救世観音, の日本, の春日新九郎, の時間, の暗い悲しい, の有, の東京美術学校, の横濱, の武蔵野, の浴衣, の父親, の生産, の町人, の社会部, の筆, の細目, の美貌, の芸人, の苦し, の言, の誤り, の豐頬, の追憶, の遺風, の露伴博士, の馬籠宿, の麗姫, はある, はいつも, はかう, はじめて芥川, はそいつ, はそれ等, はそんなに, はどう, はなお, はほんとに, はまだしゃんと, はもうどう, はもちろん, はるか丸子河, はショパン, はバクチ, はモウ点火, は一軒, は下妻左衛門尉なにがし, は並木, は久しぶり, は京橋, は今回, は何, は何卒, は作家同盟, は俺, は八月, は兵器, は凡そ三十七歳, は北天, は十三版, は叔母ひとり, は各自, は噴飯, は夕暮れ, は大袈裟, は安かっ, は家, は小池, は展覧会, は市, は彼處等, は恰度, は或, は支那, は昨年, は朝, は東, は森彦, は正しく, は毎日, は河内国, は灰色, は片田舍, は猶, は留学中, は目白坂, は真夜中, は確か, は神社, は約束, は能面, は草鞋形, は蘭学, は読み, は貴族院, は躑躅, は車中一杯煙草, は逢う, は遊佐, は阿, は電車, は音楽堂, は顔色, は高瀬, ひどい傷, ふと見る, ほどに繁, ぽつ, また卒業, また話, まだ障子, までは借家, までも人間, まで依然, まで殆ど, まるで小, もありました, もう夜, もう朝, もしえと, もはや土地, も八百屋, も常に, も時々, も透きとおる, やっとの, やっと落成, やや流れ, ようやく二軒小屋, よくあちこち, よく工場, よく私, よりはこの, よりは荒廃, よりも東京, より故, よんで, らしくドツ, をはかっ, を富岡, を想い出す, を知っ, を見すまされ, を見計らった, ノイス, 丁度ビスマルク, 丁度烟草, 不図立止り, 仕えて, 働いて, 再び訪ね, 初めて門, 即ち戦争, 可楽, 同じ見附, 売りに, 大きい屋敷, 大體, 始終つけ狙ってる, 寄ると, 屡此処, 度々御, 御近所, 思ひ出したやう, 或夜自分, 掘抜いた地中, 既に昔, 暫く同じ, 果たして世, 永い冬, 淡の, 漸くか, 突然前方, 精一杯英国, 若い娘ら, 表むき, 訪うたに, 起き上って, 重さ九十斤

▼ たもん~ (3259, 0.2%)

545 だから 503395 ですから 112 だね 108 じゃない 100 です 90 だな 70 だが 49 だと, で 44 だよ 36 ですからね 34 ですね 31 だろう 28 ですよ 23 だからね, だなあ 20 じゃけ, じゃねえ 19 じゃありません 18 さ, でね 15 だらう 14 じゃ, だねえ, ですが 13 でも, や 11 だで 10 では 9 ですな, ですなあ 8 だん, でさ, でしょう, でせう 7 だか, だがね, だて, だわ, でさあ, やな

6 [11件] じゃあねえ, じゃありゃしない, じゃなあ, じや, だけど, だそう, ですか, ですねえ, でな, な, やない

5 か, じゃア, だからな, だろうと, だろうね, だネ, でございますから, でした, でしょうかね

4 じゃあない, だぜ, だった, だという, だらうと, でがす, でしょうなあ, ですからな, なん, やが

3 [28件] さね, じゃけなあ, じゃござんせん, じゃな, じゃないです, じゃなかった, じゃのう, だえ, だけれども, だこれ, だぞ, だらうて, だろか, だナ, でがせう, でご, でごわしょう, でしょうか, でしょうかねえ, ですわ, でその, でそれ, でない, でゲス, で失礼, なあ, やさかい, よ

2 [51件] かい, かこの, かな, かなあ, かね, じゃあねえや, じゃなかろう, じゃねえです, じゃねえや, じゃろか, じゃァねえ, だいま, だかな, だがな, だこんな, だそれ, だつたね, だでの, だの, だろうなあ, だろうねえ, だろうのう, だわい, だ俺ら, だ然, でございましょう, でございますが, でございますな, でしたよ, ですかな, ですかね, ですがね, ですぜ, でそう, でそれから, でそれで, でつい, でどこ, でないか, でねえ, でまだ, でまつさき, で家, で御座いますから, で無え, どすさかい, なア, のその, やて, や思, よなあ

1 [391件] あたしたちの, あの世さ行っ, かいナ, かえらい, かしら, かそいつ, かそうそう, かそれとも, かと, かと思いました, かな役場, かの大石さん, か情ない, か意気地, か意氣地, か滅茶滅茶, か考げ, か見当らない, か身重女, がくっ附い, が今年, が何人, が出ち, が返せる, ご講演, さなそんだ, さねえ, さね無論, さのう川, さ全く, さ水, しろて, じゃあありません, じゃあございません, じゃあござんせん, じゃあねえよ, じゃありゃせん, じゃありやしない, じゃあるまい, じゃえたい, じゃから, じゃが, じゃが今, じゃけん, じゃございません, じゃさかい, じゃったが, じゃったがのう, じゃで分っとる, じゃとギヤマン茶碗, じゃないだろう, じゃねえで, じゃろうて, じゃろうなあ, じゃァない, じゃ御座いませんでしょ, じゃ御座ん, じゃ御座んせん, じゃ按摩, じゃ無い, じゃ違うた, だあ, だあの, だあらゆる, だありゃ, だいくら, だお, だおっかねー, だお前, だからなあ, だからのう, だからよ, だからわざわざ, だからネ, だがなあ, だがのう, だがネ, だけあ, だけれど, だこっち, だこの, だしかし, だす, だすな, だずおん, だたえした葱ぢ, だだが, だっけ, だったけな, だったね, だって本当, だって藤尾さん, だつう, だつたなう, だつて言, だつまらない, だとのう, だとよ, だどう, だどうも, だどもな, だなあと, だなと, だなんて, だのう, だのし, だの社会, だべ, だべな, だまた, だまるで, だもう, だもの, だよく, だらうかね, だらうな, だらうね, だらう一人一人生命保険, だろ, だろうか, だろうかね, だろうじゃあ, だろうじゃあねえか, だろうって, だろうつていう, だろうな, だろうなん, だろう乎, だろう何, だろかい, だわね, だア, だイ, だオカシナ話, だネー, だハア, だヨ, だ一同, だ人間, だ他人, だ兄貴, だ口惜しい, だ大, だ大体君, だ婆様ア家, だ己, だ悪い, だ感じ入ったよ, だ昨夜, だ暴風雨, だ書きますよ, だ東条大将みたい, だ汝其所, だ県庁あたり, だ稲扱休み, だ窪田君, だ紺, だ芸妓買, だ若い, だ驚いたもん, ちゅうことは, であたし, であらうかと, であります, である, であわてて, であんな, でうっかり声, でうどん, でうわあ, でお, でおら, でお客, でお腹, でがしょう, でがんしょうが, でがんすね, でげ, でげす, でこちら, でこの, でございましょうあんまり, でございましょうか, でございます, でございます殿様, でござんすから, でござんすと, でござんせうね, でしたから, でしたがね, でしたけれど, でしたぜ, でしたね, でして, でしてナ, でしまいに, でしまっといて, でしまつ, でしょうあの, でしょうかな, でしょうくらやみ, でしょうという, でしょうな, でしょうね, でしょうねえ, でしょう立派, ですからねえ, ですけど, ですけに, ですけれどもね, ですけん, ですさかい, ですし, ですそれ, ですたい, ですだ, ですっかり, ですて, ですという, ですもの, ですよって, ですわい, ですッさ, ですネ, ですネー, です行きますとも, でせっかく, でそこ, でそれ以上追究, でそれ以来, でただ, でちょっと, でどうして, でどうやら, でないし, でないぞ, でないでしょう, でないな, でないん, でなく, でねえいろいろ, でねえか, でねえさ, でねえぞ, でねえつてこと, でねえな, でひっぺがすようにして, でひま, でびっくり, でびわ湖, でまあ, でまるきり, でまア, でみんな崖下, でもう, でわしょう, でスカート, でダメ, でッ, でツイ, でネ, でハッ, でムッ, でユリ, で上田, で下宿, で中, で今, で今度, で今日, で今朝, で仙友, で何, で何かしら他人, で俗, で俺, で僕, で八百屋, で内浦通, で到頭, で助かった, で十二, で受けろッ, で咽喉, で堀, で大変寐坊, で大臣, で太刀打ち, で奴さん褌一つ, で就中, で平気, で後, で御免, で御無沙汰, で忘れ, で思わず, で手, で捜した, で捨, で早速, で正確, で清教徒, で湯たんぽ, で無く, で王様, で男舞, で目下練習中, で瞬く間, で私共, で素人, で苦しく, で行かれ, で覚えて, で起き出し, で近頃, で金, で鉄, で随分, で頭, で飯盒, で首, で馬鹿金, ということ, としか思われへん, とばっかり思う, とばっかり思うとった, と極めてるいう, と見え, ないんぢ, なの, ならああ, ならそれで, ならそん, ならまた, ならやって, なら下げ緒ぜんたい, なら何様, なら命, なら御, なら意見, なら片, なんか捜し, な母さん, にち, になりすまし, には新鮮, には未練, ね, ねえ, ねえ子, のう, のこれ, のそ, のそい, のそれ, のまた, のもう, の冬, の和服姿, の戻っ, の所書き, の正直夢中, の自由, はミーン, は世話, は姉さんみたい, は自分, も丁度, やあの, やあんな, やおま, やで, やと, やなあ, やの, やのん, やらうて, やらしい, やわ, や迚, よそれ, よなあ笑わし, よのう, らしいが, らしいぜ, らしいわ, をまさか, を取り返し, を返し, 出して, 貰うても

▼ たあと~ (3222, 0.2%)

10870 のよう 29 でその 28 でお 26 で私, なので 24 のこと 23 だった 19 でした 14 ですぐ 13 でまた 12 であった 11 で彼, のやう 10 でこの 9 だ, だから, で半, で彼女 8 であつ, でやっと, になっ, のあの 7 だつた, である, です, でようやく, で女 6 があった, だったので, であったから, でそれ, で何, で僕, で自分, で言った, はまた

5 [15件] がある, しばらくは, だと, でこんな, ではいつも, でふと, でもなお, で二人, で私たち, で誰, のお, の水, の淋し, の空虚, を見

4 [22件] だったの, であって, であなた, でこれ, でさて, ですから, でそこ, でそのまま, でついに, でぼく, で半蔵, なの, に残る, に自分, の, のもの, の一服, の部屋, はその, へこの, をうけ, を見る

3 [49件] が残っ, でいろいろ, でこう, でここ, でさらに, でしばらく, でそっと, でだれ, でちょっと, でとある, でなければ, では, ではきっと, ではこの, でも, でもお, でもその, でわたくし, でわたし, で一人, で七兵衛, で今, で今日, で先生, で再び, で大きな, で大臣, で夫人, で明日, で氏, で竜, にその, のがらん, のさっぱり, のすがすがし, の僕, の始末, の学校, の憂鬱, の気持, の私, の静か, は, はもう, は私, へ一人, もありません, もなお, を示し

2 [169件] からいくら, かれは, があり, がつい, がない, がもう, しばらくの, すぐその, すぐに, だし, だそう, だったかも, だったから, だつたので, だよ, であの, であるから, でいきなり, でいつも, でいよいよ, でおれ, でお前, でお母様, でかれ, できっと, でこんど, でこんなふうに, でしずか, でそう, でそれから, でそんな, でただ, でだんだん, でとうとう, でどう, でね, ではお, ではまた, では人間, では出版, では同じ, では死ぬ, では気分, では自分, でひとり, でもこの, でもどっ, でも女房子供, でも彼女, でも私, でゆっくり, でわざと, でドア, で一向に, で中, で中村警部, で今度, で仕事, で他, で初めて, で博士, で又, で口, で吉五郎, で吾輩, で始めて, で宮, で家内, で小林君, で小林少年, で少し, で帝, で年, で御, で必ず, で急, で怪物, で播磨, で次, で母親, で気, で水, で海, で源氏, で漸, で熱い, で父, で直ぐ, で眼, で秀吉, で空, で第, で米友, で細君, で美禰子, で能登守, で若, で葉子, で薫, で西, で言いました, で鏡, で門, で阿, で隣, で飯, とは云, とみえ, なん, に, にすぐ, にはただ, には必ず, にもなお, にようやく, に残った, に私, のある, のこの, のすがすがしい, のすすき, のない, のわたし, のドア, の事, の事務室, の二人, の今, の土, の安心, の心, の快感, の感動, の枝, の様, の気分, の氷, の源氏, の病人, の病室, の空間, の突き刺される, の自動車, の苦痛, の速, の道, の道路, の青々, の顔, はいつも, はつまらない, はどう, はどうもなんだか, はまるで, は眼, は見られなかった, は野, へもほんのり, へ森さん, ももうすこし, わざとの, をお, を一人, を姫路行, を発見, を考え, を見送っ, を見送り, 急いで

1 [1993件 抜粋] あのはし, ある人, いかにも静か, いっそうにぎやか, うまく母さん, おみや, お角, かに湯, からことこと, からずっと, からまた, から人, から名人, から捕り, から物静か, から聴き出す, から行進, から雪, があっ, があります, がうす, がこわい, がていねい, がひどく, がみえた, がグッショリ, が一杯, が偲ばれ, が大きく, が急, が苦しく, が赤く, が銀色, この牧草, さ, さらにあの, しばらく伸子, じゃありません, じゃ人間誰, すぐ垂れ幕, すっかりはやらなくなっ, ずつとやもめ暮し, そのへん, そんなこと, だけが秋, だけに気, だったし, だった由, だらう, ちらと, であったか, であったの, であり三百諸侯, であんなに, でいささか, でいったい, でうしろ, でおもしろい, でお松, でかな, できゅう, でこちら, でころげまわっ, でさ, でしたがね, でしばしば, でじいさん, でせき込んだ, でぞッ, でたった, でちょッ, でつまらない, でどうか, でなおも, でなんと, でのうては, での雑談, ではいくら, ではいつ, ではさて, ではその, ではだれ, ではなはだ, ではもう, ではやたら, ではソルティーニ, では一種, では二十七, では会わね, では作者, では却つて茫然, では多少, では失礼, では幾時間, では後宮, では思い, では果して, では特に, では素気, では誰, では頼る, でふたり, でぽつぽつ, でまんいち, でもいかに, でもこちら, でもたま, でもまるで, でも何やかや, でも半蔵, でも因襲道徳, でも店, でも景品, でも異様, でも長い, でやや, でよせ, でわざわざ, でカブトムシ, でガラス, でケース, でストラスブール, でトローラー船, でバキンガム街, でヒョイ, でフリーダ, でボーイ, でレンズ, で一, で一年, で一枝, で丁度, で三合入り, で上顎, で世の中, で久しい, で二十分間, で人々, で今夜, で伊太夫, で佐吉, で何時も, で係官, で先師, で全く, で円い, で出る, で分った, で勝手, で千枝松, で去った, で友達同士, で叩かれ, で吉左衛門, で周囲, で唐ヶ原, で嘆息, で四隻, で国太郎, で執念, で多分, で大事, で大詰, で太郎, で奥がた, で女王さまたち, で妻君, で姫君たち, で子分, で孫策, で宰相, で宿, で寐, で小, で少なくも, で尼, で川, で帰ろう, で年下, で康子, で張, で徐四, で心, で思ひ, で慰め, で我, で手, で抱月氏, で掃除夫, で数人, で日光, で明智, で星, で晩年出家, で書斎, で木, で来, で枕木, で案外, で樹, で正札, で死体, で殺そう, で毛布, で気憊, で浅井さん, で淡い, で湯, で火勢, で無名, で煙草, で熱め, で特に, で王女, で産後, で番兵, で白い, で直観的, で石村さん, で神尾主膳, で種, で穏やか, で紅葉, で綱, で考へた, で腕組み, で至, で芥川, で茶店, で葛の葉, で蟇口, で行者, で褐色, で見物たち, で言葉, で講和, で賢二, で足, で近く, で追憶, で道子, で里見十左, で銀行, で長文, で隠居, で雪, で須美子, で顔, で飮む一杯, で駒井, で髪, でS子, といった, とて関西方面, ともに一堂, と知られた, なお暫く, なもん, にあなた, において人類, にこそスリル, にこんもり, にせめて, について急い, にです, にね, にはいい, にはお, にはこの, にははや, にはもう, には不思議, には何となく, には僕, には多く, には屋敷, には村, には死ぬ, には精神, には負傷い, にひとつかみ, にまた, にも自由社, にわずか, にグージャール, にローズ, に今, に兵馬, に又, に墓碑, に奏楽珈琲店, に小林少年, に必ず, に手垢, に握手, に時計, に機関車, に残つたの, に湯, に現れた, に生き, に生絹, に移転, に芥川, に血, に設けられた, に輝いた, に音, のあ, のうち, のかわず, のごとく, のすべて, のつまり, のふす, のめりに, のアルミニューム鉢, のハッ, の一行全部, の不安, の乱国時代, の二台, の五人, の今日, の何物, の入口, の出来事, の勞, の午前中, の反射, の同じ, の地球上, の夕方, の大臣, の妙, の孔, の家族, の寝過ごし, の小谷城, の川原, の床板, の廃棄物, の御殿, の心持ち, の思ひ, の押入, の放漫, の日, の書斎, の木小屋, の枯野, の森, の様子, の正行, の気もち, の汚い, の洗, の清々し, の渋谷, の満足さ, の瀉, の父君, の甲府町方, の留守番, の瘤, の白けた, の社会, の祭, の空々しい, の窪, の絵の具チューブ, の老人, の自邸, の芥川, の茶の間, の落葉樹, の蟻の塔, の言葉, の責任, の路上, の酒, の闇, の青ざめた, の頼り, の馬籠, の黒く, はいよいよ, はかくすべく, はくもり, はご, はしんと, はずっと, はそこ, はたちまち, はどういう, はない, はみ, はもの音, はエシジン, は一切, は不幸, は何, は僕, は内輪, は包ん, は又, は多く, は家, は少く, は希くは, は当然, は必然, は手, は木枯し, は村, は灰, は痛, は確か, は細流, は胸, は見えた, は赤く, は額, ひとり引っ返し, へ, へそれ, へひと足違い, へやつ, へバラック建築, へ來, へ前, へ四, へ忍び入り, へ戻らう, へ木戸番, へ水白粉, へ現れる, へ移っ, へ若年寄, へ行つて, へ都合, へ隠す, また中篇短篇, また活作用, まだ少しばかり, までさき, までもまだ, までも忠相, まで大河, まるまるまだ三両, もうその, もしばらく, もひとり, も人, も何時, も夜, も心配, も決して, も自分, も見られる, やっと自分, よく自分, らしいと, らしくうす, らしく二抱え, をあらためて, をこそこそ, をすべて通算, をちょうど, をばさん, をみる, をよく, を一睨み, を何心, を夕方, を左右, を彼, を掃除, を望, を片づける, を眺め, を睨ん, を襲つて級長, を見せました, を譲り受け, を追っ, を閂, カラッポ, 何故組合内, 全軍, 反ナチ, 少しから, 幼い私, 御着, 思いきったよう, 故つかれた, 来合わせ, 珍しくも, 解かれた羊, 酔いながら

▼ たこの~ (3167, 0.2%)

40 家の 18 ような 16 男の 15 頃の 14 二つの, 女の 13 人の, 男は, 種の 12 国の, 町の 11 人は 10 部屋の 9 女は 8 二人の, 日の 7 不思議な, 二人は, 子は, 家に, 手紙を, 私の 6 事件の, 人が, 土地の, 山の, 方が, 時代の, 男を, 言葉は, 辺の

5 [16件] あたりの, 作家が, 作家の, 作者が, 地方の, 場の, 娘の, 娘は, 家は, 家を, 宿の, 少年は, 老人は, 花の, 言葉を, 頃では

4 [18件] ぼんやりと, 上も, 人を, 夜の, 少年の, 島は, 日は, 時の, 本は, 本を, 村の, 男が, 私も, 言葉が, 辺は, 重大な, 青年の, 頃でも

3 [43件] からだを, たびの, 一場の, 上は, 不幸な, 事件は, 人に, 人には, 人間の, 仕事は, 作家は, 作者の, 作者は, 商品の, 問題の, 国では, 子の, 家が, 家で, 山は, 幼稚な, 手紙の, 方は, 時代に, 最後の, 有名な, 朝の, 木が, 機会に, 歌の, 物語の, 物語も, 研究は, 私が, 草の, 話が, 身が, 道, 邸の, 金を, 際に, 青年が, 青年は

2 [166件] お伽噺の, ことは, ふしぎな, ふたりは, ままでは, みじめな, み仏, ように, 一と, 一人の, 一個の, 一升壜は, 一巻の, 一座が, 一篇の, 一週間の, 七兵衛だ, 三人の, 下女は, 不思議なよろこび, 不思議を, 両手が, 事を, 事件とを, 人, 人々も, 人物は, 仕事を, 作品の, 俺が, 俺だ, 俺は, 俺も, 俺を, 出来事を, 前の, 劇場の, 半島の, 半年の, 南海の, 友人の, 品を, 問題は, 国は, 国際的な, 地方で, 地方では, 壺を, 大作家, 大切な, 太子堂の, 夫婦は, 奇怪な, 女が, 女と, 女優が, 女房の, 女詩人は, 姿を, 威儀は, 娘が, 娘を, 子が, 子供は, 室の, 室は, 家この, 家へ, 家も, 寺の, 小屋, 小説を, 屋敷には, 屋敷の, 屋根の, 岬だけ, 島に, 島の, 巨匠の, 広告を, 店の, 度の, 弟は, 後の, 御言葉, 心の, 怪物の, 恋を, 悲劇の, 戯曲ならざる, 手に, 手の, 故郷の, 教育法を, 方法は, 方面の, 日記の, 時に, 時は, 時ほど, 時期に, 曲の, 書は, 村での, 森の, 機会を, 歌に, 水郷の, 流は, 港は, 点を, 父の, 物語は, 物語を, 犬が, 犬の, 現実の, 現象は, 男に, 男も, 町を, 画家が, 界隈の, 病院の, 県の, 私だ, 私を, 秋の, 紳士の, 老人この, 老人では, 自画像の, 花を, 茶店まで, 著述態度との, 街が, 街は, 街特殊の, 街道は, 覆面の, 見解ほど, 言葉に, 話は, 話を, 調子で, 賑やかな, 身の, 身は, 辺で, 辺一帯の, 連歌師の, 運動が, 道に, 部屋が, 部屋に, 部落は, 都市は, 重さ, 野郎は, 金は, 雄弁家は, 頭の, 風景を, 騒ぎの, 魂を, 鳥の

1 [2232件 抜粋] あいだの, あたりには, ありがち, いじらしい昔馴染, うなりとも, おいら逃げも, おもいは, おれにも, お嬢さんだった, お美しい, お金を, きな粉に, げじげじという, ことについて, じいさんを, たっぷりと, ちょいと, とおりの, とき博士は, なあー, なつかしい都, はだ, ひとが, ひと幕, ふきぬけの, ぼうぼうたる, まに, まま走り込まない, やうな, より高い, わしは, わたり草, アドニスは, オンコ樹は, ガロンヌの, クリームの, ショパン論を, ストルキオと, テイラア課長の, ドクトルの, バッジを, パッションの, ピアニストの, ベビー, マナイタは, ルッソオは, 一九四六, 一八八〇年代の, 一刻千金の, 一句を, 一団は, 一室に, 一巻を, 一座の, 一日の, 一枚のみ, 一番年長の, 一編の, 一行に, 一角だけは, 一郭に, 一頭だけ, 三十二年に, 三字の, 三日月傷が, 上まだ何ぞ, 下ノ関では, 不仕合わせ, 不屈の, 不都合な, 世の中で, 世界にも, 丘は, 中では, 丸の内は, 久しぶりの, 乳の, 事件を, 事実は, 事業である, 二つ, 二三日来また, 二十七の, 二月ばかりの, 二氏の, 二篇の, 五十両, 五郎次の, 人々を, 人たちは, 人びとは, 人工の, 人生哲学が, 人間学は, 今様グレートヘンが, 仕事だ, 仕掛の, 仰々しい山門, 会社の, 位気性がさつぱりとしてゐますから, 佐伯部も, 余命を, 作品での, 作者によって, 侵略戦争で, 俳諧青年は, 偶発事件は, 傷が, 兄さんを, 先を, 先輩の, 児も, 入学試験準備が, 八五郎が, 六畳の, 内容選択までが, 冬は, 冷静な, 出來ごと, 刀が, 分じゃ, 刑執行が, 別天地は, 制服は, 剣を, 力は, 勇ましい姿, 勢いの, 包みが, 医者とも, 十年來の, 半襟を, 単純の, 危急は, 厖大な, 原始林を, 厭世的な, 友達によって, 叔父と, 受難の, 古い洋館, 古靴, 台所腰障子の, 合羽も, 名も, 否定は, 周旋人的な, 命を, 哲学者でも, 問に対しても, 問題に, 善い点, 四五日であった, 四十日程の, 四諦の, 図を, 国を, 土地が, 土地は, 地を, 地帯は, 地獄の, 坂の, 城の, 場だけの, 場合は, 塔の, 墓碑は, 壁燈の, 声は, 変化を, 夏山岳会の, 夜会わず, 大事件, 大史詩, 大子供, 大皇帝, 大衆は, 大陸にも, 天にも, 太刀風に, 夫婦の, 奉仕に対して, 女だけを, 女も, 女優は, 女性が, 女礼を, 妖怪を, 妾も, 姿が, 婆が, 婦人は, 媒介物で, 子どもは, 季節の, 学者と, 宇宙には, 宝は, 客室での, 宮様も, 家です, 家庭の, 宿命的な, 密林の, 寺院の, 小さい一冊, 小仙寰, 小動物, 小家から, 小川の, 小柄な, 小舟の, 小説は, 小鳥の, 少年に, 少者, 居酒屋チチン, 山で, 山中は, 山嶽の, 岡は, 岩角の, 島が, 崖下の, 川島家も, 巧妙な, 巻物だ, 布政坊の, 席で, 帳面な, 平和境へ, 年々文学上の, 年を, 幸福な, 幼児を, 広海屋, 底の, 度びの, 庭には, 廃墟だった, 引越にも, 強固な, 役割を, 後は, 御報告, 復讐的な, 心持が, 忌わしい社会, 思ひは, 急行列車に, 怪事件は, 怪紳士の, 恐ろしげ, 悪い癖, 悪鬼の, 意味は, 愛吸収力が, 感恩の, 慌てぶり, 憲法を, 戦争の, 戸山ッ原に, 手が, 手拭い種も, 手紙か, 才媛は, 折助席の, 指先は, 支持の, 政党人大臣は, 教師の, 散文精神という, 数年間は, 数日間それは, 文学上の, 文机の, 断崖が, 新らしい, 新夫婦, 新興色町は, 方ばかり, 方角と, 旅日記も, 旅館も, 日この, 日本人は, 旧い友達, 明るさ, 星も, 時この, 時代では, 時刻で, 時計台こそ, 景色おもむき, 暖かい拙い人間的, 曠野の, 書物の, 書類を, 有馬の, 朝ちょっぴり, 期間の, 本船へ, 村へ, 村民の, 東洋日本特産芸術が, 果物店の, 根岸の, 梅酒の, 椿事, 構えは, 樗は, 機を, 機械論は, 次叔父さんに, 歌をば, 武蔵は, 残留の, 毛の, 気さくで働く, 水の, 水草は, 池は, 沿岸地を, 法律が, 洋風の, 活字道楽という, 海の, 海底要塞の, 深淵は, 渡し場は, 湖の, 満洲, 滿足の, 濠端を, 災いは, 点に, 無惨な, 爪だ, 父親を, 物置で, 物質の, 犬は, 狂人いじみた, 狭い地面, 獲物は, 玲瓏たる, 現実と, 理論を, 生きながらの, 生活に対して, 甥に対し, 田島の, 申出を, 男には, 男女を, 町では, 町相当の, 番茶ばなしを, 異様な, 疵は, 痩せこけた子供, 登りが, 白根と, 百姓の, 目が, 相輪の, 真名古も, 眼で, 矢代家の, 石柱の, 砂地が, 研究室も, 社会に, 神がかりの, 神秘は, 私という, 種類は, 窃盗は, 立ち話し, 竜女布薩法を, 笛は, 第一歩の, 答が, 節度という, 粘り強い小説家, 納屋は, 紙入れ過分には, 終戦以後の, 経験と, 結論が, 絵は, 絶頂は, 縁も, 罪は, 美くし, 美しい地球, 群集, 習慣は, 老人の, 老大家は, 老婆は, 老母は, 者の, 聖岳に, 肝腎な, 背負紐が, 腕の, 自信を, 自分は, 自己が, 自然哲学の, 自転車は, 船は, 色男, 花形役者に, 芸当なら, 若々しい老, 若い獅子, 若木の, 英雄が, 茶入を, 荘重な, 落魄の, 蓼を, 薄情な, 薬園の, 藻も, 虫は, 衣服を, 裏木戸へ, 見つくろい, 覚悟が, 親分の, 観音にも, 言葉にも, 訴訟に, 詩形の, 説話体は, 論文によって, 謎を, 貧乏な, 貴族の, 赤い雛壇, 路から, 身の上の, 身体を, 軍人大統領は, 辛辣な, 辺が, 辺一体の, 近代型の, 通り, 通り思ひ, 遊戯が, 道は, 避難は, 部屋だ, 部屋は, 郷土と, 都会を, 酒は, 里の, 重味この, 野に, 野雪与五郎, 金助町に, 鉄の, 長い月日, 長篇は, 門内へ, 関係によっては, 附近の, 階級を, 隠居の, 集り全体に, 難境は, 雷洋丸は, 電池の, 青い葉, 青年俳優の, 青春の, 面立ちの, 頃, 頃伸子は, 頃町で, 頽廃的な, 風を, 風景のせゐだらう, 飲料が, 馬の, 驚歎すべき, 高貴な, 鬼畜生, 魏子の, 鰹節は, 鶴を, 麻の, 黒い筒, 黒髪を

▼ た~ (3045, 0.2%)

58 の顔 45 の眼 40 はその 37 の心 33 の姿 2925 の頭 22 である 20 の女 19 はこの 18 は自分, れの 17 の手, はすぐ 15 の声, の言葉 14 は今, れは 13 はもう 12 の妻 11 だった 10 の, の父, を見る 9 であった, の前, の母, の胸, の身体, はそれ, は突然 8 の目, の頬, はそこ, はまた, はやがて, は思わず, は急, は私 7 の家, の様子, の生活, の魂

6 [12件] が, にはそれ, に取っ, のこと, の方, の耳, の腕, の頭脳, はお, はこれ, はふと, は何

5 [18件] だつた, には何, のその, の上, の人, の体, の作品, の唇, の影, の心持, の生涯, の男, の顔色, はある, はただ, はようやく, は健か, は彼女

4 [26件] がこの, がその, だ, だから, であったが, でもある, に私, の友人, の口, の態度, の気分, の気持, の部屋, の青年, はさらに, はすでに, はまだ, はまるで, は今や, は今度, は今日, は再び, は勿論, は家, は時々, は眼

3 [49件] が今, であること, ではある, なの, に, の両手, の健康, の哲学, の境遇, の思想, の意識, の手紙, の指, の本質, の眼光, の神経, の経験, の肩, の若い, の貧弱, の足, の額, の顔付, はいきなり, はこんど, はさすが, はしばらく, はすっかり, はそう, はとうとう, はひどく, は例, は傍, は又, は姉, は実際, は年, は彼等, は次第に, は相手, は耳, は足, は身, は頭, は顔, は黙っ, もその, を, を見

2 [180件] がいま, がそれ, がどうして, が事件, が二階, が出, が急, が最初, が突然, が自ら, が自分, だったが, だつたが, であったかが, でない彼, でもあった, とし, にし, にはその, にはそんな, にはどうも, には少し, には私, に同情, のお, のからだ, のことば, のす, のひとみ, のよう, のよろこび, の一生, の二人, の住居, の体質, の側, の友だち, の友達, の右手, の名声, の君, の周囲, の回想記, の境涯, の夢, の大, の大きな, の女房, の妹, の存在, の実践, の容貌, の形相, の後, の後姿, の心理, の思潮, の息子, の情熱, の愛すべき, の感情, の新, の日, の時間, の最後, の服装, の根性, の死骸, の注意, の現実, の理性, の目的, の眼前, の確信, の社会的位置, の細君, の肢体, の艶艶, の血, の衣服, の表情, の計画, の誇, の調子, の足もと, の過去, の長女, の霊妙, の顏, の顔つき, の風貌, の驚くべき, の髪, の黒, の鼻先, はあたり, はあれ, はいつも, はいよいよ, はここ, はこんな, はさ, はじっと, はそこで, はそのまま, はその後, はそんな, はたちまち, はつい, はどう, はにわかに, ははたして, はひとつ, はほとんど, はまず, はまつたく, はやはり, はわざと, は一時, は中年, は二人, は人々, は余り, は俄, は全身, は出来る, は前, は同様, は夜, は夢中, は好き, は妻, は実, は容儀, は容易, は少し, は屡々, は彼, は彼自身, は急い, は手, は既に, は日向葵, は日頃, は早く, は早速, は昨日, は晩年, は晴, は更に, は最後, は村, は桜木町, は椅子, は横着, は殆, は気, は汽車, は渡舟, は満足, は父, は瑠璃子, は目, は葉子, は蒼く, は誰, は議論, は躊躇, は非常, も, もこの, もようやく, も今, も俄, も呪った, れが, れには, れ自身, を想像, を見た

1 [1595件 抜粋] あるいは堂上, から一年近く, があの, がいま目, がこう, がすこぶる, がちょうど, がなぜ, がまるで, がキングス・カレッジ, がヘルメット, がロセッティ, が一言, が三十四歳, が九十, が今度, が來, が僕, が先刻承知, が助かる, が十九歳, が受けた, が向, が大声, が家康, が尾上松之助, が廓, が後年ほんとう, が惡戯氣, が支倉, が最も, が来なく, が次第に, が濡れ鼠, が特別, が直線, が神, が纔, が若い, が訪ね, が赤衣, が酒, が隣家, が頭, そしてこの, だけに人, だけは敵, であったの, であった同僚, であり歌, ですけれども, ではあり, ではなかつた, としては, としてはそれ, としては自分, との間, とは思えない, と久闊, と彼女, と自分, なりの職業上, にそういう, についてこれから, にとってすぐ, にとってはくるしい, にとっては之, にとっては来る, にとって市民, にはこの, にはとかく, にはぴんと, には以前, には女, には恭一, には敵, には母, には直ぐ, には自分, には迚, にも, にもよけい, にわかに命, に友達, に困窮, に対してわたし, に対する神, に戸田老人, に注意, に話したい, のいふ, のお金, のこうした, のすぐ, のたま, のひどい, のほう, のみじめ, のハンザ, のヴァイオリン, の一代記, の一瞬, の三階建, の中将姫, の主人張繍, の了休禅坊, の事, の五十人, の人生観, の仕事ぶり, の会社, の体力, の何時, の信念, の兄弟, の内, の写真像, の刃, の利己的, の創作, の努力, の勉強部屋, の医学士, の千艸屋, の印形, の厨, の叔母, の召使, の同僚, の名刺, の呼吸, の喉, の嘲弄, の四十九個, の國姓爺合戰, の執拗, の場末, の増賀, の変心, の夢想, の天下三分策, の天質, の奥さん, の好, の妄想, の姿扮, の嫂, の室, の宿命, の寒, の小屋, の小説, の左, の市郎, の平安, の年齡, の広闊, の弟, の強靭, の後影, の従兄, の心事, の心持ち, の心臟, の思念, の性格, の恋愛, の悪戯, の悲惨, の想像, の意志, の愛嬌, の慾情, の戸口, の手慣れた, の手輩, の抜き打ち, の挨拶, の政治活動, の文体, の新しい, の日常生活, の時, の景色, の本心, の様, の機智, の死に際, の残忍, の民俗絵巻, の氣持, の活動, の海音如来, の激情, の烏帽子姿, の煩悩, の父方, の犯人, の猿, の生き甲斐, の生長, の用意, の病舍, の癖, の白雲, の皺, の目つき, の眉間, の真面目, の眼付き, の眼鏡橋, の短, の破, の秋草, の空想, の立身出世, の笑い声, の筆蹟, の箱, の素姓, の素顔, の結婚披露, の經歴, の羅布人, の習性, の老母, の肌, の脇腹, の脱出, の自動車, の自画像, の船, の芸術的生涯, の苦心, の草履, の菊花石, の著, の蔵書, の虎殺し, の虚栄心, の衣, の裏側, の見慣れない, の視線, の覚醒, の言論, の話, の誰, の諷刺劇, の警告, の貧乏, の趣味, の足音, の身の上, の農民, の返事, の運命, の部分, の野郎, の鈴木屋, の長男, の階級, の霊, の革財布, の頑強, の頸筋, の願, の首, の高橋鳳雲, の魅力, の麾下, はあたかも, はあらゆる, はいそいそ, はいつの間にかしっかり, はいろんな, はうすっぺら, はおさな, はおもむろに, はかえって, はくらくら, はこう, はこども, はこれら顕著, はしだいに, はすべて, はそういう, はそれから, はそれ以後禅, はだんだん, はついに, はできるだけ, はどうしても, はどっかと, はなぜ, はなる, はひらり, はふかしかけた, はぼんやり, はむっくり, はもの, はやにわに, はよく, はわざわざ, はイズレールゴー, はクリストフ, はシャガレ, はチョット, はハチロウ, はベソ, はロマンチック, は一人, は一八四七年, は一散, は一気に, は一目散, は一策, は三十八万円, は不断, は久しぶり, は二十, は二度びっくり, は人力車, は今やにわかに, は他, は仰天, は伯母, は体操, は何故, は何時も, は俗坊主, は先ず, は八橋, は其服裝, は出かけ, は勇躍, は十年, は半蔵, は友, は叫んだ, は同じ, は名残, は唖, は囲炉裡ば, は城門, は変, は外見, は多少, は大使館, は天井, は女, は妙, は子爵, は容易い, は富士山, は寧ろ, は小高い, は屈托, は岩蔵, は巧, は帰り, は幸い, は幾度, は店番, は弟, は当時, は役所, は後, は得, は心持頸, は怒つ, は怠け, は恟, は悉皆, は悲し, は慌て, は我が, は戸, は拳, は握った, は放浪, は敗残, は新, は旅, は日ごろ, は早起き, は時たま, は書中, は最高, は木谷, は東京, は枕木, は樹明君, は正午下り, は武蔵太郎, は殺人事件, は民衆, は氷上, は河岸, は派手, は涼し, は漸く, は火鉢, は無明, は焼, は牛, は独身そのもの, は猛然と, は玉藻, は生き, は田舎, は番頭, は疲れ切った, は癇癪, は直ちに, は眉, は真摯, は眩暈, は矢張り, は神戸, は秋, は稀, は突嗟, は立上, は答えた, は粟田口, は組頭, は縁側, は翌年, は老眼, は聯隊, は職業柄, は胡瓜, は腹, は自ら非常, は自然, は舌打ち, は若い, は落葉, は虹, は袱紗, は親方, は評議, は読む, は貴女, は路上, は迂, は速度, は酒好き, は野中, は金口, は長い, は間, は附けたした, は雑巾, は電車, は風雨, は食堂, は飽くまでも, は駅, は驚ろかざる, へきつ, へ対し, また根戸川亭, もぐら, もしくは彼女, もそれら, もほっと, もやはり, も人間, も住家, も女房, も無言, も自分, も見た, も閣下, やモリス, らしくも, れを, れ等, をぐんぐん, をどういう, をモデル, を偲ぶ, を励, を壟断, を引き止むべく, を思え, を投げ倒した, を文学, を神, を自分, を見つけ出した, を見詰めた, を通して私, を道, キラキラする, 及び現に, 持って, 美しい女

▼ た~ (2885, 0.2%)

109 のこと 51 の光 40 にゃあ 34 の午後 33 である 32 の夕方 30 であった 27 には 22 の朝 17 の事 1514 にはそれ 13 だった, であつ 12 だ, でした, にゃア, の夜 10 の光り 9 の翌日, を命日 8 にはどんな, にゃ, の晩, はなかっ 7 が続いた, にはこの, には際限, にや, にやあ, は一日

6 [11件] です, と同じ, にはとても, にはまた, には大, に彼, に私, のその, のよう, もあった, もある

5 [13件] があった, があつ, が来た, ざしが, にお, にその, にはあの, にはたまらない, にはどこ, には自分, の早朝, は私, よりな

4 [24件] から, がつづいた, が幾日, だから, なので, なん, にはいつ, にはお, にはその, にはもう, には大変, には手, には飛んだ, にゃあっし, にゃそれ, にゃ取返し, に限っ, の下, の午前, の暁, はちょうど, は海, を考へ, を送っ

3 [48件] からすでに, からもう, から今日, から彼, から私, がつづい, がない, が続く, だったの, だと, であったが, でなければ, ではない, なの, ならば, にこの, にはせっかく, にはたまりません, にはどうして, には一日, には何, には大事, には彼, には御, には私, にゃこの, にゃ第, にやあつし, にや江戸中, に海, の, の光景, の出来ごと, の出来事, の前, の前日, の午, の夕刻, の夕景, の彼, の様々, の空, の記念, の記憶, はこの, はその, は丁度, は大抵

2 [151件] からこれ, から一週間目, から二日目, から五日, から四, から瑠璃子, がある, がきた, がぬ, が來, が困る, が多かっ, が来る, が続い, さえあった, ざしの, ざしを, そして幾夜, だったが, だったので, だとか, であ, でありました, であります, でお玉さん, ですから, で大変, で小幡, で桑畑, で海, で私, で秋風, で風, ということ, というの, となった, と時刻, など義雄, にぁ, にあ, にすぐ, にそれ, にね, にはいくら, にはお前, にはこと, にはことに, にはただ, にはたまるまい, にはまるで, にはわたし, には一人, には一年, には七里, には世間, には人間, には何時, には全く, には前例, には午過ぎ, には君, には国, には大抵, には子供, には必ず, には怎, には日本, には現在以上, には若い, には衣紋竿, には西洋料理, には誰, には酢, には重く, には阿茶局, には限り, には雪, にもう, にも何だか, にも珍しい, にゃお, にゃたまりません, にゃ人間, にゃ僕, にゃ全く, にゃ大変, にゃ手, にやこ, にや世の中, にや僕, にや全く, にや大, にや天道樣, にや怎, にや江戸, にや苦手, にや親分, に又, に家, に所用, に焼けた, に限る, ね, のあの, のうち, のこの, のまだ, のまま, のやう, のよく, の前後, の午すぎ, の午後一時頃, の午過ぎ, の岸本, の彼女, の後, の思ひ, の情景, の折節, の樣, の正午, の美しい, の翌々日, はあの, は北風, は天気, は日曜日, は明治四十二年, は無い, は空気, は窓, は西風, ばかりで, もあり, もありました, もモウ左, も曇り, や暗い, よ, を, を受け, を忘れる, を思, を思い出す, を思え, を浴び, を考え, を記念, を送った, 遠く来た

1 [1612件 抜粋] あるだけの, おおいの, からある, からいずれそう, からかえる, からこんな, からその, からであった, からのこと, からほとんど, からわたし, から一月目, から不幸, から二タ月, から今, から全, から半兵衛, から又, から始まる, から小寺政職以下, から思った, から数え, から明, から死, から気違い, から異常, から睡眠治療, から米軍, から老人, から臥, から詩, から門, か雨, があっ, がおりおりかげっ, がございましょう, がさびしく, がつ, がなく, がまあ, がやがて, がわかる, が一番, が三日, が二日, が先生, が外, が幾度, が惡日, が斜, が暮れました, が木枯し, が毎日, が目, が稀, が芝生, が遂に, が障子, きわめて自然, この子, さ, じゃない, すらも恨めしい, その地方, その麓, だけその, だけ仕事, だったから, だったのに, だった故, っから, づけ時に, であったり, であらう, であるから, であるまだ, であろう, でおさん, でございましたが, でさえ口, でしたなあ, でしょうあの, ですねえ, でそういう, でねえすると, でもある, でもその, でも今, でも紗, でも雨, でコスモス, で久し振り, で前面一體, で四月, で家, で御座いましたのに, で日, で朝日, で正午, で消失, で灰, で秋, で空気, で親, で遠い, という一般的条件, とかうごかない, とこんなに, としてあらわれ, とては一日, とはせられない, とほとんど, と宗家, と殆, と鮮, なぞにはさすが, などには庭, などはあの, などは多少, などもある, ならともかく, なんか忘れ, にぁ生命, にいきなり, にお布施, にかならず, にさっそく, にした, にだけしか彼, にどう, にはあと, にはいつか, にはお寺, にはきっと, にはこり, にはご存じ, にはしつこく, にはぜひとも, にはその間, にはたいてい, にはだれ, にはつぶれ, にはどうしても, にはどんなに, にはひ, にはほんとう, にはまことに, にはまだ, にはみじめ, にはもう世に, にはろくな, にはコチトラ, にはモッブ, には一大事, には一軒一軒, には世上, には両親, には事, には二度と, には人生, には今, には伊右衛門, には会社, には何処, には俗人, には先方, には全力, には内職, には力, には医者, には半分以上, には及ぼす, には名府城下, には命, には商売, には困る, には執念深く, には夜, には大嶋, には太陽, には如何なる, には姿, には宇宙, には家, には容易, には小, には尚更, には川上, には帝都, には庭いじり, には当て, には後, には徒士目付, には心外, には忽ち, には意地, には手数, には断然, には既に, には明智, には景色, には最後, には末始終, には村中, には格, には檻, には武道, には殿, には江戸, には決して, には海, には熊, には物, には現在, には生活, には甲州無宿, には町人, には皆, には相手, には眼, には突然, には納まり, には締り, には老, には老舗翁屋, には肝腎, には良心的, には菊五郎, には蝸牛, には西, には親類, には貴方, には足もと, には辰伊勢, には逆賊, には附近, には頭, には餘, には魚族, にまこと前代未聞, にまたは, にも主人, にも奇妙, にも立花先生, にゃあの, にゃあ御, にゃいちいち, にゃうっかり, にゃからきし, にゃしょうが, にゃそこ, にゃたって, にゃとても, にゃまるで, にゃやりきれねえ, にゃア此, にゃア腹, にゃ一刻, にゃ世話, にゃ亭主, にゃ仏様同志, にゃ俺, にゃ十手捕縄, にゃ命, にゃ夜道, にゃ失礼, にゃ対手, にゃ御府内, にゃ悪食, にゃ戸, にゃ手袋ひとつ, にゃ敵わん, にゃ旅行, にゃ明日, にゃ油断, にゃ渡世, にゃ火星, にゃ犬ころ, にゃ狒々, にゃ甲子太郎, にゃ私ア, にゃ菱川師宣, にゃ資本, にゃ酒, にゃ顔, にやいよ, にやお, にやそれ, にやはり, にややつぱり芸術的衝動, にや一萬二千石, にや五つ位, にや今頃, にや叔母さん, にや品川沖, にや夜, にや岡, にや急ぎ, にや手, にや決して, にや火星, にや煮え切らなく, にや皆んな膽, にや米, にや膽, にや表替, にや限, にア, にパン屋, にペン, に一人一人, に下寺町附近, に予見, に亡くなり, に仲, に元町通り, に六回, に勘蔵, に哲丸様, に多かっ, に始まつた, に嬉し, に家々, に尼, に島, に帰り, に弟, に当っ, に彼ら, に成立, に折々, に料理, に書いた, に極, に水平線, に照らされ, に甚兵衛, に白山, に砂町, に穿い, に競馬, に終わる, に自分, に衣食, に見る, に親類, に警視庁, に返事, に連れ, に遭遇, に野, に階段, に頂上, に髮長姫, に鼓, のお, のお茶の水, のかげり, のことば, のさざめく, のすこし, のたそがれ時, のとおり, のはなやか, のみよい, の三日前, の中, の二時頃, の供養, の償い, の午ごろ, の午後三時ごろ, の午後五時近く, の又, の四, の夕刊, の夕暮, の夢, の好く, の宿老以下, の市村, の御子, の快活, の思出, の悩まし, の感情, の挿話, の方, の日没時, の星座, の晩方, の暮れる, の暮方夕立, の未だ, の林野局, の様, の次, の歎, の浮舟, の港港, の猫, の病者達, の眼, の第, の翌朝, の芸人暮らし, の薄い, の街, の言葉, の貧弱, の追想, の還らぬ, の電車汽車, の顔つき, は, はありませんでした, はお, はこんど, はただ, はなるべく, はやがて, はアジロ通, は三日, は二日分, は仲春, は何かしら春, は何時しか, は僅, は全, は共に, は十二月八日, は即ち, は土俵, は大山, は安川, は小雨, は得意, は恰度, は早く, は晝頃, は暮れ, は本郷, は極めて, は淋しかっ, は生れた, は直に, は秋, は続かなかった, は舊天長節十一月三日, は見はらし, は近づいた, は釣りもの, は雲, は風, は麗らか, ほど大河, までこの, までの三週間, までも想い起させる, むこうの, もあんな, もここ, もすでに, もそれら, もない, もやはり, もオンブ, も内, も張飛, も曇った, も気の毒, も薄暗い, も途中幾たび, も雨, や場所, よりその, よりもいっそう, より住まった, より後, をかきつけ, をなつかしく, を今, を光君, を待ち, を思ひ出す, を思出, を慕っ, を散歩, を瞼, を翌々日, を記憶, を迎え, を送る, を間, 大層天気, 小さい庭, 当然彼, 故之, 白いアカシア, 貴弾左衛門珍政

▼ たあの~ (2792, 0.2%)

45 時の 18 女の 15 日の 14 頃の 13 夜の, 男は 12 ときの, 人の 10 不思議な, 人は, 晩の, 男の 9 人が 8 男が 7 女が, 有名な 6 女, 女は, 娘の 5 お方の, 娘が, 時から, 男に

4 [18件] ころの, ぶきみ, ような, 声は, 変な, 家の, 年の, 方の, 日を, 時こそ, 時に, 時代の, 甘しい, 男だ, 異様な, 言葉を, 話か, 謎の

3 [27件] 二人の, 人たちの, 人と, 人に, 冷静な, 図より, 声では, 夢の, 奇怪な, 女だ, 女を, 娘は, 子の, 子は, 方が, 日も, 日本娘は, 時は, 晩に, 暗灰色, 残忍な, 秋の, 綺麗な, 美しい女, 色と, 頃は, 顔

2 [144件] あばたの, いやな, お夏, お歌を, お返事, かんざし, ことでございます, ことです, ことを, ころには, ひとの, ふしぎな, へんな, ままの, みいちゃん, やさしいセロ, りっぱな, をん, イエス, イヤな, 一夜から, 一日が, 一本の, 一種特別の, 不可思議な, 不快な, 不気味な, 久吉な, 事件は, 二人が, 五人の, 人, 人も, 仮面が, 体には, 作品は, 写真が, 卑怯な, 厚手の, 可恐い, 咄, 唄の, 唇, 善良な, 場面で, 壮大な, 声, 声が, 変装の, 外套を, 多くの, 天使の, 奥さまな, 女たちの, 女であった, 女に, 女も, 女優と, 女学生の, 姿, 姿が, 姿で, 子が, 子を, 子供らしい, 少女が, 少女と, 少女な, 山の上の, 山伏な, 山烏を, 当時の, 御様子, 心の, 心持, 悲惨な, 愛想の, 感動の, 戦慄すべき, 方は, 方を, 日から, 春の, 時だ, 時です, 時と, 時分が, 時分に, 時分の, 時計を, 晩から, 松の, 気味の, 気持ちが, 海添いの, 溝渠の, 熱情を, 獰猛な, 男から, 男さ, 男と, 男も, 男を, 病人の, 白い岩, 白い長いや, 白金の, 眼の, 瞬間の, 石橋の, 窓の, 立て札の, 立派な, 美少女の, 翌日から, 老僧, 聲では, 背景は, 若い男, 若者が, 若者の, 落としまゆの, 街は, 袖の, 言葉, 言葉の, 言葉は, 記憶が, 調子で, 赤い巨大, 辺で, 辺の, 遠山の, 部屋が, 部屋だ, 部屋の, 金の, 鉄の, 青年では, 音を, 頃である, 顏が, 顔が, 鬱勃たる

1 [2100件 抜粋] あお黒い彼, あなたに, いかにも生活的, いたち, いまわしい巨人, うす甘い不思議, おかた, おそろしい人食いワシ, おぞましい穢れた, おばあさんも, おやじどもを, お六, お年寄, お有難い, お武家, お爺さんが, お納戸縮緬, お艶ちゃん, お部屋, お雪さんの, かくし戸, かぶきと, かわいらしい子, がんりきという, きょ, くらい出来た, こうやく, ことは, ころは, ごく特異, さかずきには, さわぎの, しめっぽい落葉, すき透つた青い, ずうずうしいお, そのものに, たのもしい若者, ちびが, とおりです, ときめきの, とき木の葉に, なつかしい, はしゃいだ若い, ひじかけ, ひらたい岩, へんです, まずかった, まんじゅう笠の, もう二人, やさしい娘, ゆみで, わからなさ, アラビア夜話の, ウォール街, カシの, クラポオの, ケレンコだ, シェークスピアの, ジルベールの, スポーティな, タイラントたち, ディーネルの, ノズドゥリョフだ, パジャマを, パリーは, ブルーバード映画時代な, ペルシイ・トレベリアン君でしょう, ポプラや, モノクルの, ヨボ, レスパネエの, ロボットだ, ヴェスヴィアスが, 一僧か, 一塊の, 一帯あれで, 一昨年の, 一条の, 一種の, 一節切の, 一軒家こそは, 万人に, 三人, 三月末の, 三角形の, 上村提督である, 下司の, 不完全な, 世界を, 中の, 中村孤月で, 主従です, 九つや, 亀裂を, 事を, 事務室へ, 事情を, 二人か, 二体は, 二階家で, 五十年配の, 人々から, 人で, 人工の, 人気の, 人西田さんそっくり, 仁清の, 仕草です, 伊太利少年の, 伝来の, 体力の, 作家も, 個所であった, 傲慢な, 僧侶の, 元気さでも, 先刻沢山, 光は, 児の, 八百万の, 六蔵か, 凄いほど, 凄まじい岩峰, 出来事を, 初夏の, 刺すやう, 前髪の, 劇的場面の, 力に, 勇氣が, 包まれた声, 北国五色墨ン中の, 千柿鍔の, 博多節を, 印象深い汽缶, 原始的な, 友人の, 古い策略, 古沼の, 可愛い女, 右近の, 吉田松陰松陰先生こそ, 名の, 名状すべからざる, 君も, 呪わしい人達, 呼吸, 和泉屋でございます, 商人は, 喘息が, 囚徒は, 困難が, 国に, 圖より, 土地で, 地下室です, 地獄は, 執念の, 場合その, 塔の, 壁の, 声の, 夕方治療に, 夜から, 夜を, 夢幻的な, 大なる, 大乱の, 大化の, 大広間では, 大望の, 大災禍, 大鯛, 太平洋上で, 奇抜な, 女で, 女な, 女ほど, 女子だった, 女惜しい, 女蛇な, 妖婉な, 妹が, 姿その, 娘さんは, 娘では, 娘なら, 婆あ, 子か, 子供, 子供を, 存在と, 孫兵衛が, 宏壮な, 宣言は, 宵節句の, 寂しいまた, 寛大さと, 寺は, 小僧だ, 小坊主が, 小娘じゃ, 小柄な, 小説は, 少年である, 少年の, 屋根部屋の, 山吹めが, 山百合にも, 岩の, 峰この, 川が, 工合いでは, 席札の, 年々の, 幸福の, 幾個所かの, 広島県の, 延胤が, 弟子の, 弱々しくさ, 強い自信, 当時としての, 影法師の, 待ち伏せの, 後家の, 御所の, 御新造と, 微笑の, 心ぐみで, 忌々しい山高帽子, 思い出多い, 怪しい無電, 怪物が, 怪美人の, 恋愛に, 恐しい, 恐ろしい思想, 恐ろしい犯罪, 恐怖が, 息を, 悪女塚, 悪鬼と, 悲しい物語, 悲しむべき暴挙以来, 情感ぶ, 惨めな, 意味ふかい, 愛猫を, 感心な, 態度に, 憎悪の, 懐しくおそろしい存在, 手もとを, 手紙に, 手紙以来一寸も, 技能である, 抽象力が, 持論でした, 挿絵あれを, 支配人の, 教父教父の, 文句は, 新しい美, 方と, 旅客は, 日, 日に, 日曜日から, 日本橋の, 日親といふ, 旧師も, 星だった, 時すぐ, 時までは, 時代, 時以来東海道を, 時期だ, 時計な, 晩でした, 晩遲くだつた, 暗いお, 暗い部屋, 暴風雨の, 曲路でも, 書院の, 會計係の, 有様は, 木の葉が, 未来に対する, 本を, 札束が, 村は, 松葉屋の, 柳橋の, 格好あれは, 棚ねエ, 検事諸君こそ, 楽曲を, 横の, 横顔に, 機密書類が, 次郎が, 歌です, 歌を, 武器を, 武者修行の, 殿様は, 気の, 気嵩で, 気概も, 水, 水車です, 永遠の, 池の, 沙門は, 法界坊の, 泥濘の, 派手な, 浅黄木綿で, 浪人者, 海印三昧だ, 海豹は, 清三も, 温泉町, 漠然とした, 火が, 灼けつくよう, 無意味な, 無遠慮な, 煙客先生です, 燃えるよう, 父親から, 牛飼の, 物凄い惨劇, 犬が, 狐の, 狼藉者の, 猿でさえ, 玄蕃允を, 王国の, 現象だ, 甘いほのか, 生々しい松, 生酔いの, 甲府から, 男で, 男患者の, 町人である, 番頭が, 疑いから, 疾風怒, 痛快な, 発見の, 白い少女, 白ひ, 白砂利の, 百松の, 目とは, 相良惣三の, 眩迷, 眼鏡屋の, 瞬間に, 短い通り, 石の, 破れ鎧の, 社会に, 神は, 祭だ, 禽獣の, 科学国の, 種の, 空に, 窓へと, 竝んだ, 笑顏に, 筆太な, 箱です, 米とか, 精密の, 紙包を, 素敵も, 紫錦を, 結論と, 絵そら, 絹衣に, 線条的な, 罪が, 美しい, 美しい奥さん, 美しい花, 美留女姫の, 翌朝からの, 老人です, 老体を, 者は, 職工頭の, 肖像画の, 胎児だった, 能登では, 腕環だっても, 自ら, 自然の, 舟棚の, 艶や, 芳町の, 若いお客さん, 若い女, 若い浪人者, 若さ, 若月, 若者な, 苦い経験, 草の, 菊の, 落付いた, 葬礼の, 薄気味悪い樺, 薔薇の, 藝術家達の, 虚無僧が, 蝋燭の, 血が, 衒気も, 袈裟切り太夫じゃ, 覆面が, 見世物小屋かい, 観自在菩薩の, 言葉じゃ, 言質に対する, 許し難き, 詩だけを, 話その, 話知ってる, 読書精神が, 論文と, 谷に, 豪雨に, 販ぎ女な, 貿易事業の, 赤い絵の具, 赤っぽい, 足軽の, 踏み分け道, 軽業の, 輝子の, 辺りは, 近所は, 途, 通り細かい, 進物について, 運動が, 道こそ, 道化師林の, 遙かな, 部下の, 重大な, 野郎は, 金聾の, 針の, 鉄塔と, 銀色の, 錢毛唐の, 長椅子だ, 間抜けの, 防空演習では, 附添看護婦の, 階段を, 隠居所に, 雑居房に, 雨で, 電報の, 青い池, 青ペンキの, 青年です, 青年紳士とが, 青銅像の, 革命, 音は, 音色, 頃から, 頃だけの, 頓悟と, 顔の, 風車だった, 食堂に, 香水だった, 馬車が, 騎士が, 驚くべき戦闘, 驚愕あの, 骸骨ね, 高徳だ, 髪長媛を, 魔人は, 鮠だの, 鳥見の, 鶉の, 黄昏時の, 黒ずんだ標札

▼ たとは~ (2773, 0.2%)

49 いうものの 47 云へ 43 思われない 34 言へ 31 いえない 26 考えられない 21 思って 20 思わない 18 云えない, 思われぬ 17 いいながら, 思えない 16 いへ, 言えない, 誰も 15 いえそれ 13 いえません 11 いえないの, 言いながら 10 思われません, 言はれない 9 いえその, いっても, 何という, 知らなかった, 言っても 8 云は, 夢にも, 気が

7 [14件] いえこの, いふものの, なんという, 云ふも, 信じられない, 信ぜられない, 思いも, 思ったが, 思わなかった, 氣が, 考えられません, 見えない, 言えないの, 言は

6 [11件] いえ, いえなかった, いえ彼, さすがに, どうした, 云うものの, 思いませんでした, 思はれない, 考えない, 聞いて, 言わない

5 [17件] 何が, 何の, 何を, 信じて, 別の, 反対の, 思いませんが, 思うが, 思えないが, 思えないの, 思えなかった, 思はれません, 思われなかった, 考へられない, 言や, 誰が, 限らない

4 [22件] いえあの, いえまた, いえまだ, いふもの, いわれません, このこと, どういうわけ, われながら, 云ひ, 云われない, 今の, 何だ, 少しも, 後に, 思いましたが, 思えないほど, 思つた, 思われないが, 申しながら, 言うものの, 言えなかった, 言って

3 [61件] いえこれ, いえどうして, いえないから, いえぬ, いえ彼女, いへその, いわれぬ, さすがの, だれも, どうしても思えない, どうしても考えられない, なんだ, なんとし, 云いながら, 云え, 云えなかっ, 云えません, 云っても, 云つた, 云わない, 今から, 伸子に, 何と, 何といふ, 初耳である, 受け取れない, 大へん, 大違い, 妙な, 実に意外, 思いません, 思つ, 思つてゐない, 思はない, 思ふが, 思へなかつた, 思われないの, 思われないほど, 想像する, 想像も, 意外です, 書いてない, 決していえない, 申されません, 知ったが, 知らずに, 知らない, 知らなかつた, 知りませんでした, 知る由, 私には, 考えられないから, 考えられないの, 考えられぬ, 聞いたが, 見えなかった, 言いながらも, 言えないが, 言え彼, 言われない, 違って

2 [151件] いいがたい, いいきれない, いえないが, いえないであろう, いえないと, いえなお, いえもともと, いえよう, いえよく, いえ一つ, いえ全く, いえ前, いえ大, いえ女, いえ昨日, いえ私, いったいどうした, いって, いつの, いひながら, いひ難い, いふこと, いへ尚, いわれない, この事, その時, それは, どうしても信ずる, どうしても思えなかった, どうしても思われない, どうしても思われぬ, どうしても考えられなかった, どうしても考えられません, どうして知ろう, なんという迂, なんとした, ふしぎだ, ふしぎな, まるで嘘, みえない, やはり兄弟, マリユスも, 一体何, 不思議でならない, 云えあの, 云えその, 云えそれ, 云えもともと, 云え決して, 云え自分, 云って, 云つても, 云はれない, 云ふ, 云わなかった, 云われません, 五六日前聞きました, 何う, 何うし, 何うにも, 何んという, 何んの, 何事だい, 信じられんよ, 信じ難い, 信ぜない, 僕には, 反対側の, 受取れない, 受取れません, 大した発見, 実にウソ, 彼の, 思いながら, 思いながらも, 思いませんわ, 思うまい, 思えないん, 思えなかったが, 思えません, 思つてゐる, 思はなかつた, 思はれないほど, 思はれぬ, 思ひも, 思へない, 思わずに, 思わないが, 思わないよ, 思わなかったの, 思わぬ, 思わぬが, 思われないよう, 思われませんが, 思われん, 思わん, 想像されない, 想像しなかった, 打って, 断言し, 断言する, 断言出来ない, 書いて, 月鼈雲泥天地の, 本当の, 残念千万, 気付かず勘定場, 決していえなかった, 申されぬ, 申されませぬ, 申しません, 申しませんが, 異って, 知らないで, 知らなかったよ, 知らなん, 知るよし, 確定し, 私は, 称し難い, 考えて, 考えても, 考えないの, 考えにくい, 考えること, 聽い, 腑に, 見えぬ, 見られない, 解せられない, 言いましたがね, 言いませんが, 言い切れない, 言い難い, 言えないよう, 言えぬ, 言えぬの, 言えません, 言えまだ, 言える, 言つても, 言はれぬ, 言ひ, 言ひ切れない, 言へる, 言わずに, 言わなかった, 誰しも, 面白い, 驚いた, 驚きました

1 [1423件 抜粋] あってもよ, あのお方, あまり距, あんなに知恵, いいかねる, いいませんが, いいよう, いい得られぬ, いい条, いうし, いうもん, いえいずれ, いえかりに, いえこう, いえさすが, いえすでに, いえせめて, いえそこ, いえそれでも, いえそれ自身, いえどうも, いえないし, いえないよう, いえない例, いえなかったかも, いえにわかに, いえぬの, いえますまい, いえみな空中, いえもし, いえもと, いえヨーロッパ, いえロンドン, いえ一二, いえ一週間以上, いえ世に, いえ主人, いえ事実上教育, いえ今, いえ仏教隆盛国, いえ何しろ, いえ兵士, いえ動物, いえ千両箱, いえ咽喉, いえ堂々たる, いえ太子, いえ実に, いえ少から, いえ少年時代, いえ底, いえ後, いえ我が, いえ手軽, いえ新開, いえ日清戦争, いえ朝野, いえ次郎, いえ死, いえ母, いえ決して, いえ珍しい, いえ甚目寺, いえ町, いえ矢代, いえ米友, いえ終戦以来最初, いえ考えて, いえ舅, いえ見さげ, いえ諸, いえ近ごろ, いえ都会, いえ随分, いえ高塚式古墳, いかなること, いかなる前時代, いかにもオッチョコチョイ, いささかお, いったが, いつたところ, いはなくとも, いはれない, いひきれない, いへあんな, いへそれ, いへないで, いへぬが, いへませんね, いへジュリアン, いへ同じ, いへ潮, いへ義村さま, いへ長い, いやはや, いよいよ運, いわせませんよ, いわないで, いわなかったの, いわれて, いわれなかった, いわれる, うけ取れない, おかしい, おっしゃらないよう, おもしろい, おもわれない元気, おろか瓜二つ, お前も, お目出度い, お言い, かぎらぬ, かたじけない, からりと, きっとこんな, きょうまで, けっしてけっしていえないであろう, この方, これだけは, これまで, ご存じない, さてさて, さもあり, じつに意外, ずいぶんおかしい, そこにも, そりゃはじめ, そりゃ本当, たしかにはっきりいいました, たとへ, ちがった何, ちといぶかしい, ちょっと面倒, つきり云, つきり悟つた, てんでちがっ, とにかく思われない, とんだ熊谷蓮, どういう意味, どういふ, どうかと, どうしても信じたくない, どうしても信じる, どうしても思う, どうしても思へない, どうしても感ずる, どうしても考えられませぬ, どうしても考へられない, どうして考えられぬ, どうだ, どうもおどろいた, どうも思はれない, どうも考, どうも腑, どう考へ, どっちから, どんな夢, なかった, なにか運命的, なんでございます, なんと不思議千万, にわかに断言, ふしぎであった, ほとんど想像, ほほえましい思いつき, ほんにこの, まあなんて, まことに奇縁, またはそれ, まだ一兵一槍, まだ言い出せなかった, まるで笑い話, ま誰, むしろ呆れ, もうびっくり, もちろん言われない, もはや申し上げぬ, よくよくつきない, よく言う, よほど泥棒, わかったけれども, わけも, われ等には, エ不注意過ぎました, トーチカ心臓だ, バカな, 一と, 一体どうした, 一向信じられない, 一概には, 不審の, 不都合至極, 主張し, 二人ながら, 云, 云いそう, 云いませんがね, 云い切れぬと, 云い難い, 云うもの, 云えいずれ, 云えこの, 云えしびれる様, 云えず幕内, 云えそんな, 云えなく, 云えもう, 云えプレハーノフ, 云え今, 云え充足, 云え夕明り, 云え奥州出羽, 云え左近, 云え心, 云え極々, 云え歴, 云え畢竟, 云え自殺, 云え英国, 云え隆々, 云ひません, 云わせないよ, 云わないけれども, 云わぬ, 云われぬじゃ無いか, 云わん, 人間万事塞翁が馬何から, 今日の, 会田安明の, 何かの, 何たる事, 何たる運命, 何と奥様, 何ぼう哀れなる, 何んて, 何事だ, 何事です, 何処にも, 余りに法外, 余り目の, 信じがたかっ, 信じませぬ誰, 信じられないから, 信じられなかったが, 信じられぬよって, 信じ兼ねるの, 信ぜられずわたし, 信ぜられぬ, 信長の, 僕にも, 光栄の, 全く一大事, 全く思い, 全く異, 全く違う, 全然気が付かない, 冗戯半分いえない, 写真で, 初めから, 初耳であった, 別様の, 到底思ひ, 到底手, 到底考え得ない, 前巻, 半蔵などの, 単純に, 厄介な, 反對, 受取れぬ雨戸, 古くからの, 吉報らしい, 呆れたもの, 嘘で, 困った, 在所へ, 報告出来ない, 夏の, 夢にも思はねえ, 夢にも気, 大に, 大変結構な, 天の, 奇怪な, 奈何し, 如何にも, 姫君へ, 存じませぬがな, 実にありがたい, 実にこの上ない, 実に気の毒, 尋常の, 少しく異なった, 尤もだ, 山葵醤油で, 左膳一代の, 常識の, 幽霊なかなか, 当のロス氏, 彼女へ, 後にぞ, 心外だ, 心得ない, 必ずしもいえない, 思いたくない, 思いつく者, 思いましたけれど, 思いませんから, 思いませんその, 思いませんでしたねえ, 思いやしないん, 思えないからね, 思えなかったらしい, 思えぬ親し, 思えませんでした, 思ったけれ共, 思っちゃ, 思つて居, 思はないが, 思はなくも, 思はぬ然るに, 思はれないばかり, 思はれない惡相, 思はれなかつた, 思はれぬ何, 思ひませんでしたよ, 思へないぢ, 思へない彼女, 思へなかつたに, 思へぬ程, 思わず, 思わずより, 思わないかね, 思わないでしょうか, 思わない人たち, 思わない移って, 思わなかったですさっき, 思わなかったよ, 思わぬという, 思わねえから, 思われたくないの, 思われないけれども, 思われないので, 思われないもの, 思われなかったの, 思われぬけれども, 思われぬの, 思われぬ温容, 思われぬ話, 思われませんでした, 思われも, 恋仲と, 恥ずかしいあんな, 情けなし, 情談らしく, 意外だった, 愚か, 愚か亡くなられし, 感じられぬ, 感付い, 憎いおれ, 振って, 敵も, 断定出来まい, 断言出来ません, 日本人に, 書いてないその, 書くが, 有名な, 根も, 極められません, 歎息の, 正香にとっても, 武士の, 殆ど想像の, 毛頭考えず, 気がつかなかった, 気づかずやがて, 気の毒に, 決して云わない, 決して思えない, 決して推論, 決して考へる, 決して言えない, 浅ましいこと, 熱心の, 珍しい, 田舎者の, 申されぬ高倉利吉どの, 申して, 申し兼, 申せあと, 申せません, 申せ実は, 申上げられない, 画商の, 異なつて, 相当以上, 真か, 真逆, 知らすまいかわいそう, 知らず先手, 知らないから, 知らなかっただ, 知らなかったん, 知らぬから, 知らぬ蟹, 知りませんもん, 知るまい, 祝着至極お, 秀吉の, 私達の, 突飛な, 端切を, 納得できなかった, 縁起が, 義雄も, 考えたくなかった, 考えませぬ, 考えられず国民, 考えられないであろう, 考えられぬし, 考えられませんぜ, 考へない, 考へられないが, 考へられませんの, 聞いたけれど, 聞かなかったの, 聞きませんでしたが, 聴いて, 肯れません, 腹が, 自分が, 自分の, 莫迦奴, 見あげたお, 見えても, 見えぬぞ, 見せまいと, 見ること, 言いがたい, 言いだすこと, 言いません, 言い得られる, 言い条文字を, 言い条町方勤めの, 言うて, 言うまいね, 言えけっして, 言えしかし, 言えどうか, 言えないまでも, 言えない子供, 言えなかったが, 言えなかったの, 言えぬまでも, 言えまいが, 言えませぬが, 言えませんでした, 言えるかも, 言えマリユス, 言え今朝, 言え口, 言え宇治, 言え是, 言え柏, 言え瓦斯, 言え良心, 言え軍医, 言ったが, 言つ, 言はれまい, 言わさぬ, 言わないが, 言わねえだから, 言われないので, 証明できない, 認めて, 認識し, 誠に殺風景, 誰にも, 請合うたものの, 謂へ, 贖罪を, 趣が, 迂闊な, 近頃天, 運命の, 違った具体的, 違ふからそこを, 間違え過ぎる, 限らないで, 限りません, 随分熟し, 露知らず世間には, 面白いね, 顔色にも, 馬鹿, 驚いたな, 驚くべきこと

▼ たものの~ (2691, 0.2%)

17 あること 14 ごとくに, それは 13 あるの, 一つである, 彼は 11 彼の 9 さすがに, 一つに, 一つは, 如くである, 自分の 8 一つで, 私は, 顔を 7 これは, 僕は 6 そうでなかったら, 多かった, 如く, 心の 5 それが, それも, 外に, 由です, 私の, 話を

4 [13件] すぐに, その実, それを, ほかに, ほかは, 一つの, 大部分, 姿を, 子供の, 数を, 眼には, 考えて, 話に

3 [27件] これが, さてその, 一人であった, 一時は, 今度は, 代りに, 何の, 名を, 如くその, 如くに, 心に, 急に, 性質を, 数は, 正体を, 目には, 眼が, 私も, 第一, 考えかた, 胸の, 自分は, 言いかた, 話では, 誰も, 間に, 間の

2 [129件] あたりが, あったこと, あったの, あまりの, いつたいどんな, いつもと, お千代, お高, ここに, ここは, この頃, これを, ごときは, さてこの, さてどうして, さて相手, すべてである, すべては, そのとき, その実は, その日, その時, それから, それと共に, どうしていい, どれとも, はなはだ多い, もう総武鉄道会社, よく考え, 一つだ, 一つだった, 一つです, 一つと, 一人である, 一人は, 一部分を, 上へ, 久慈の, 二人の, 今の, 今は, 今夜の, 他の, 何か, 何も, 元より, 入って, 全部を, 内心では, 内心の, 写しを, 出て, 前に, 匂いを, 及落を, 名が, 名は, 名前を, 問題が, 変な, 多いの, 多くは, 夜に, 大体は, 女の, 如きは, 如きも, 如くであった, 妙に, 姿が, 姿として, 子である, 存在する, 存在を, 宅は, 実の, 少くとも, 少くなかった, 少しは, 巨き, 形は, 形を, 影に, 彼女の, 後は, 微笑しない, 心持ちは, 意味に, 慈悲である, 手持無沙汰に, 整理に, 日頃から, 早く帰りたく, 明らかに, 最後の, 概念の, 正三君は, 正体が, 武家の, 歩む道, 死骸を, 殆ど僕, 決して戦意, 由, 由で, 由である, 男の, 町会では, 直ぐその, 相互に, 眼前に, 私たちは, 称で, 結局私たちは, 美しさ, 美奈子は, 考察に, 船に, 言い方を, 言うこと, 話には, 謂である, 足を, 身に, 逢つて見る, 金が, 額の, 顔も, 魂が

1 [2068件 抜粋] ああした, あたたかく眼頭, あった位, あとへ, あの場合, あまりに大きい, あまり凄, あらわれを, あるなし, ある所, あれ以後は, いい方, いくたび, いざと, いつあらた, いまここへ, いよいよこの, いよいよ出で, いろ, うすうす知っ, うわさは, おめ, お前さんの, お常殺し, お節の, お袖, かくまで, かなりに, きょうが, こうして面, こう露骨, こころを, このあと, こののち, この冬枯れ, この夜更け, この手帖, この賢俊, こりゃお母さま, これと, こわいこと, こんな異体, ごとくいよいよ, ごとくきょときょと, ごとくずばり, ごとくでありました, ごとくにんめ, ごとくまた, ごとく一本独鈷, ごとく叫びました, ごとく山路, ごとく急, ごとく杉弥, ごとく突然にやりと, ごとく莞爾, ごとく身, ごとく障子, ご存じの, さし当っ, さてあのお, さてこれから, さてそれからなんと, さて何, さて招, さて考え, さながら唐子, さりとて決して, しかしそのまま, しかしどこ, しかし今, しかし後悔, しかし藩士, しかし風, じつは女房, すぐと, すこしびつくり, すべてか, すべての, せっかく日本人, そう近づい, そこにも, そして西, そのかわり, そのときわたくし, そのやり場, その前線濡須, その報告, その女, その帯, その後我が, その戸籍面, その死, その男, その腕前, その間に, その頃, それからも, それだけに又却って一層, それでももう, それでも押え切れない, それにしても何ん, それほんの, それ以上立ち入っ, たいした話, ただならぬ与吉, たったそれだけの, だんだんに, ついこの, つい三, つまりは, とうてい彼女, とにかく汽車, ともかく岩, どういう手段, どうしても沢子, どうする, どうも思わしい, どうやら何, どこの, どちらも, なおまたその, なお僕, なかなか手, なにしろ紀伊, なるほどまだぴんしゃん, なんとなく寝ぐるしく, なんらかの具象的発現, ぬしの, はや言いくるめ, ひとりで, ふと炎, ほかの, ほか町を, まさか家, またすぐ, また実際, まだあの, まだ二十歳, まだ具合, まだ家の子郎党, まだ断定, まだ自分, みごとに, むづかしい事件に, もうどうしても耐, もう事件, もう沸, もしもの, もし電燈, もともとほんとう, もはや生命, やっぱり何かしら, やはりお, やはり両雄, やはり彼, やはり身動き, ようやくその, ようよう頭, よしでは, わしの, わたしは, クリストフが, サテどうして, スカァアは, タイルだけは, ネルロの, モデル詮議などを, 一つ, 一つであり, 一つも, 一人です, 一例である, 一太刀に, 一度禎輔, 一方では, 一番の, 一節だ, 一足都會の, 一面が, 万年事務官で, 三倍以上である, 三鷹から, 上書に, 下半身づぶ濡れに, 不思議そうに, 不漁つづき, 両方で, 中でも一番, 乞食の, 事に, 二つ三つ例えば, 二度も, 云い方考えかた, 五六ヵ所の, 井沢判事は, 人に, 人殺しという, 仇を, 今マルセエユ, 今後の, 今日我々が, 仔細を, 仕業では, 以後幾たびも, 会わないで, 似た山, 何が, 何と, 何ものにか, 何処にも, 何日我が, 余りに興奮, 作曲を, 例である, 供養を, 価値と, 侵入者は, 俺は, 偶然にも, 僅か五分の一, 元々こっち, 先き, 先方は, 先駆を, 全くあて, 全欧羅巴を, 六三郎は, 兵馬に, 内内心細かっ, 内容の, 再び彼, 再生でない, 冷静に, 処断には, 出版を, 分量が, 初めから, 別に話し, 前よりは, 剥製で, 効果を, 勘さんの, 勢いと, 勿論藤枝, 北原君としても, 医者の, 十六の, 千鶴子の, 印象が, 厄介らしい, 厭な, 叔父の, 口から, 口書でありましょう, 右近丸には, 吉野築城は, 同時に妙恵, 名である, 名前に, 名称に, 君達だったら, 周りを, 味方の, 命数をも, 唐辛子の, 喜びが, 器量と, 土州でも, 在ったろうと, 垂幕の, 増加した, 声は, 外には, 外次の, 多くが, 多数が, 大吉は, 大将が, 大胆に, 夫の, 奈何せん, 女人と, 如くいきなり, 如くそれだけ, 如くで簡單, 如くよそ, 如く俄, 如く城中, 如く彼ら, 如く思われる, 如く直江大和守, 如く良人, 如く解せられそれ, 如く速断, 妻が, 姫を, 姿らしかった, 子供は, 子孫のみは, 存すること, 実はあまり, 実は之, 実は未だに, 実相も, 実際的, 家は, 寄り合いで, 対立は, 小平太には, 少からぬ, 少年時代から, 居た村, 層に, 左の, 常として, 平土間は, 幽かな息づき, 序戦には, 度胸の, 延長に, 弱いわれわれ, 当の義定, 当然受, 形や, 彦十は, 彼が, 彼らは, 彼奴いよいよ, 後裔だ, 御蔭で, 微かな戦き, 心では, 心は, 心底も, 心配で, 必要切迫ながら, 忿懣やる, 思い切って, 思わず寒気, 性格を, 息子の, 悲しみを, 愈々患者, 意志に, 感じで, 感慨が, 慎作は, 成るか, 戸惑いに, 所為に, 手ごたえに, 手元を, 手繰つて, 批評ばかり, 抜こうとも, 持つて, 擽ぐったくもあった, 故主の, 数, 整理です, 文學との, 新しさ, 旗二郎化かされた, 日本人たる, 明智の, 時代を, 暗がりと, 暴露匿された, 最上至極の, 最後です, 未だ真実, 本心から, 本郷への, 松岡長吉には, 果たしてどの, 根が, 桃, 楠木の, 標識の, 樣に, 機械と, 正行も, 此書は, 死骸といふ, 残りが, 殺人者の, 母に, 毎日の, 気味が悪かった, 気配を, 池の, 決して油断, 泰軒は, 浮木の, 清方氏の, 準備を, 灰に, 無自覚の, 焼き冷ましを, 父の, 物騒な, 独学で, 珊珊が, 現実の, 甚だ多い, 生まれ故郷に, 生活万般にわたって, 田舎の, 甲を, 疲れが, 発憤だった, 百に, 盗難については, 目色で, 直ちに引返し, 相当多く, 相違を, 真中に, 真昼の, 眼に, 矢作の, 矢張り月給袋の, 知らぬ顔で, 私が, 秘密を, 空席は, 立ち上った, 竹童の, 第二号, 籍が, 納まりかねるの, 終戦早々で, 結局, 結果は, 総称を, 纏った本, 美しい双, 義平太は, 聊か君, 肝心の, 腹が, 自らは, 自分でも, 自分乍らませた, 舞台の, 若しそうでなかったら, 苦難を, 荒つ, 葉子は, 薄々の, 蛸めつづけ, 行くところ, 衰弱が, 製造または, 要するに如何なる, 見す見す厭, 見方を, 親しみまでが, 親切が, 観念が, 言いようを, 言を, 記憶を, 話し相手も, 誰よりも, 負け惜しみから, 貯金帳だけ, 起きて, 足どりは, 身分も, 軍曹は, 辛抱し切れなくなっ, 近ごろ欣しい, 追いつかない, 逃亡した, 進退谷まった, 遂に抜き, 過去の, 遠く近く, 配置を, 重ねて, 鈍い黄いろ, 間で, 闇を, 隆吉も, 難航は, 雪や, 霜の, 青扇の, 革新では, 音声が, 頭が, 顔が, 風, 飛火は, 馬鹿らしくなった, 騒ぐわけ, 高倉院厳島御幸記などにさえ, 鬼という, 黄ばんだ羽根さ

▼ た~ (2553, 0.1%)

119 な気 85 である 5147 なもの 38 な気持, な顔 3735 です 29 な声 28 になっ 22 に見える 18 だが, な心持 15 にし, に見えた 14 に思った 13 ですが 12 であった, な事, な調子, に思われる 11 にその 10 であつ, であるが, な形, な感じ, な様子, に感じた 9 だね, に私 8 であったが, な者, に思う 7 でした, でも, なの, な訳, にこんな, にそれ, になつ, に云った

6 [14件] だった, で, な姿, な次第, な物, な男, な眼, な風, になった, に千世子, に口, に思われた, に笑った, をし

5 だと, でございます, でしたが, なもん, な体, な女, にそこ, に何, に思っ, に思はれる

4 [31件] だから, ないや, なこと, なと, な口調, な場合, な気分, な目つき, な自分, な色, な表情, な重い, にお, にこの, にも思う, に云っ, に代, に又, に声, に彼, に心, に思はれた, に感じ, に手, に白い, に目, に自分, に言, に身, に身体, に顔

3 [34件] だな, であります, でございました, な, な事情, な人, な又, な容子, な此, な海, な言葉, な返事, にこれ, になる, にハッキリ, に一度, に二人, に其処, に女, に思つて, に急, に感じる, に新, に書い, に着い, に立ち上っ, に自分自身, に見え, に見えました, に覚え, に言つて, に記憶, に部屋, に頭

2 [136件] じゃありません, だっけ, だつた, でありました, であるから, であると, でございますよ, ですよ, では, で何, とは打っ, なお, なかお, なその, なそれでいて, なところ, なふり, なものの, な一種, な不快, な低い, な何, な光, な具合, な処, な千世子, な史実, な名, な唇, な塩梅, な始末, な実に, な寂しい, な小さな, な心地, な心持ち, な意見, な感, な所, な暮し, な月, な杉, な横長, な気合, な涙, な状態, な異様, な若い, な話, な跡, な鈍い, な雑木山, な静か, な音, な響, な頭, な顔つき, な黒い, にあなた, にあの, にいきなり, にいった, にえ, にかなり, にこの間, にさ, にそっぽ, にただ, にだまっ, になり, になります, にぼんやり, にまた, にも聞えた, にも見える, にコロッ, に一処, に下, に互に, に体, に何処, に先生, に光っ, に叫んだ, に同じ, に周囲, に噂, に固く, に妙, に寐, に小さい, に小声, に局部, に左, に当る, に思いました, に思います, に思ふ, に思われます, に感ぜられた, に指先, に時々, に暗い, に暫く, に本当に, に椅子, に歌, に此間, に残り, に汗, に浮ん, に涙, に父, に真赤, に眼, に突然, に立ち上った, に立っ, に笑い出した, に組み合っ, に見えます, に言葉, に記し, に話, に説い, に説く, に野本氏, に金, に鎮ま, に静か, の御, もお, もなく, も見えない, も見た, を見

1 [1082件 抜粋] から大福, がしげ子, が云うた, が如何にもよく, が物慣れぬ, が馬超, じゃ, だけはこの世, だこと, だしかし, だったお, だったね, だつたが, だよ, だ何処, だ松谷嬢, であろうか, でお, でご, でございますけれど, でございますし, でしたね, ですけれど, ですね, ですの, ですアレ, でそれで, でひょろひょろ, でよう, でニヤ, でホツ, で世の中, で何色, で其前, で取廻し, で坐に, で少し, で川音, で彼, で急, で有った, で段々, で汚, で無造作, で男の子, で腹圧, で謡曲, で身, で鬢, とが浮かん, なあの, なあり様, ないっそ, なう, なおぼろげ, なかがやかし, なけだる, なこんじょ, なさも, なせかせか, なただ, なだしぬかれた気持, なつつ, なとうて, なとぼけた顔, ななかっ, なにくにくしい, なほがら, なほほ笑み, なもんぢ, なゆるい, なカラリ, なデカ, な一つ, な一分の隙, な三日, な不思議, な予言, な五色, な人間, な仕儀, な仙人, な体裁, な例, な倉住居, な傾斜, な儚い, な全体, な凄, な勝ち方, な単に, な厳, な口っぷり, な古めかしい, な合, な名称, な品物, な唯一室, な商才, な図柄, な国策的色彩, な堅い, な壁画, な変, な外見, な大, な大文字筆, な奇妙, な奇響, な妙, な威厳, な婚礼, な媚, な字, な容れもの, な対立, な小柄, な小高い, な屋敷町, な巻物, な常識判断, な幸福, な強, な形勢, な御, な心, な思い, な急坂, な性格, な怨霊, な恐ろし, な悔み, な悪寒, な悲喜劇, な愚痴, な感情, な態度, な打撲傷, な擬態, な数多, な文章, な断崖, な新しき, な明, な晩, な書物, な服, な木の実, な枯れて, な桁外れ, な権幕, な歌, な此旧城, な殆ど垂直, な気味, な気色, な河岸, な洗面所, な浅草, な浮, な淋しい, な清潔, な満足, な滑, な瀟洒, な無上, な片, な物憂い, な理会, な用心深, な町, な痛み, な皆, な直径二里足らず, な着物, な瞼, な神秘的, な私, な空気, な笑い方, な細, な細い丸い, な緑苔, な羊, な耳朶, な膳所, な若者, な落着方, な葉, な蜘網, な表現, な言, な訣, な話し方, な語調, な財布, な足つき, な路, な轟々たる, な連中, な道, な部分, な鈍, な鋭い, な関係, な隠元, な雅, な静けさ, な面差し, な面白い, な頸足, な顔色, な馬鹿馬鹿しい, な驚き, な骨董的, な高原, な黄金, にあたり一面, にあらゆる, にあゝ, にいいました, にいつ, にうきうき, にうす赤い, にうつらうつら, におしだまっ, におもい, にお話, にかくれました, にかたま, にかたまり合っ, にかぶき, にかん, にきいた, にこんがらがっ, にさえ思えます, にさめ切っ, にさわいだ, にざわざわ, にしなやか, にしゃがみ, にすれちがう, にそして, にたいら, にたまりました, にだるい, につい, にとりすまし, にな, になつちやつた, にはおって, にはほんとう, には出来, には行かなかった, にぱつたりあの娘, にひとり笑つた, にぴたり, にふるえ, にべっとり, にまつげ, にも云, にも似, にも思え, にも思はれ, にも思ふ, にも思わなかった, にも聞きません, にも見え, にも言, にゆるく, にイケ洒蛙洒蛙, にキチン, にギラ, にゴツゴツ, にススキ, にチューチュー, にパサパサ, にパン, にビッショリ, にフィリッポ博士, にペショペショ, にホホヽヽ, にボンヤリ, にポケット, に一ツ, に一分一厘, に一時間, に一種異様, に万葉集, に三千子, に不思議, に両手, に久求, に二列, に云われる, に五月二十五日以後, に人さし指, に今夜, に今日, に伝える, に何もかもすっかり, に使われる, に信じ, に停車場, に傍ら, に僕, に元来, に先ず, に全然, に内地, に凋, に出, に出発点, に劇, に動き, に南仏, に厳格, に又は, に古ぼけた, に各行十八字詰め, に吾, に呻き, に哀れ, に問うた, に喜びます, に地方, に墨, に夕闇, に大, に大きく, に大国主, に大業, に太い, に奇麗, に如何, に威力, に嬉しい, に子供達, に実に, に寂しい, に寸分, に小判, に少しボーッ, に山の手, に差俯向, に平明開発, に広い, に強く, に彳ん, に待ち, に御, に心配気, に忽ち, に思い, に思い切っ, に思える, に思はず, に思ひます, に思わず, に恒川警部, に感じまし, に感じられた, に慄, に成らね, に我々, に我君, に或, に打ち萎れ, に打上げられた, に押し黙っ, に振りっかえった, に救う, に散らばり, に旧, に明, に暗澹, に最, に東京, に枝, に柔, に柱, に極まり, に次第に, に此, に死ん, に残, に民族性, に気, に水中, に泣き続けた, に海浜, に消え, に消え去った, に深く, に温雅, に溜息, に滑らかそう, に火, に煙草, に熟語, に爽快, に犬, に玄関, に珍, に生え, に異様, に白っぽい, に皆, に盛ん, に直っ, に真白, に真黒, に砂, に祖父, に神, に称せられる, に空腹, に突発, に立ち上, に立ち止った, に笑う, に第, に節穴, に細高い, に綺麗, に繰り返された, に美しい, に羽番, に考, に考え込ん, に聳え, に肩, に胸, に腹, に致しましょう, に色づい, に若々しかっ, に草, に薄暗い, に蝉, に行, に袖, に見せかけ, に見せ掛けた, に見まもっ, に見受けた, に見詰め, に見開い, に覚える, に言語, に話し, に話し合っ, に説かれ, に読み始めた, に謡, に賑やか, に走っ, に躍り, に身体中, に輝い, に追っ掛け, に透明, に連判状, に醜, に鎮まっ, に長い, に開かなくなっ, に雄弁, に雨, に雪, に露, に青年, に静, に顎, に顕れた, に顫たん, に飛び起き, に飽気, に高笑, に麗, に黒い, に黙つ, に黙り込ん, の口, の痣, はかえって, はなかつた, は今どこ, は全く, は堂々, は物語り, をいった, をはじめ友人一同, をよく, をジックリ, を作, を思う, を文, を現し, を見すえ

▼ た~ (2470, 0.1%)

507252 である 199 だが 159 です 58 ですが 47 だから 44 なのに 43 はない 40 だと 38 であるが 34 では, なの 23 じゃ 22 で, であるから 21 ですよ, なん 20 だのに, であった 19 だな 17 であつ 16 だった, でございます 13 だし, だよ 11 ですから 10 だね, はありません, よ 9 がない, であります, のお, のもの 8 だぜ, だつた, ですね 6 であるのに, のあの, のその 5 だったが, の, の自分, もない 4 さ, だがと, だつたの, でございますが, でした, はなく, は無い

3 [20件] じゃが, じゃない, だけれども, だそれ, だったのに, だつたが, だという, であ, であったから, であると, でご, でございますよ, のこと, の事, の土地, の女, の子供, の時計, の私, はなし

2 [52件] があるべき, じや, だがね, だつて言, だとも, であったのに, であって, でありました, であり子供, であるそれ, であろう, でさ, でしたね, でしょう, ですし, ですわ, でその, でそれ, で御座います, で御座いますが, で雨, と思ふ, と想, のが, のナポレオン・ボナパルト, の三好, の二人, の信一郎, の八五郎, の加藤, の品格, の多く, の娘, の家, の屍体, の峯吉, の広間, の心, の懐中時計, の手代, の新, の本, の松太郎, の横着者, の洋燈, の玄関, の男, の私達, の賀来子, の金, は断じて, 取にがしては

1 [441件] がありません, が知識, じゃあありません, じゃありません, じゃがあの, じゃがなにせ, じゃが伜共, じゃけ, じゃな, じゃないです, じゃにわれ, その上, だあれ, だお, だからさ, だからね, だからの, だがな, だけれど, だこの, だそう, だその, だっけな, だったけれど, だったね, だったの, だったん, だつけ, だつたね, だつたん, だて, だどうして, だなどと, だによくまあ, だの, だのにと, だらう, だろ, だろう, だろうじゃ, だろうなんて, だわ, だキツト何ん, だツ, だ何卒, だ兎, だ出鱈目, だ心當, だ新吉, だ昨夜, だ此邊, だ死体, だ金兵衞, だ風邪位, であったが, であったと, であったドア, であらう, でありある, でありそして, でありましたが, でありまして, でありますが, でありますし, でありわたし, であり更に, であるし, であるといふ, であるに, である処, でおま, でかうなると, でけれども, でこう, でございましたが, でございましょう, でございますから, でございますな, でございますのに, でござる, でござろう, でさだめし, でしたが, でしたけれども, でしょうその, ですあれ, ですからね, ですがと, ですがな, ですがね, ですけど, ですけれど, ですぜ, ですで, ですと, ですのに, です姉, です私, です細身, でせう, でたとい, でちかごろ, でないか, でなければ, でまことに, でまた, でアラン, で之, で其中, で十両, で十九世紀頃, で印, で取りも, で土間, で実は, で小さな, で御座います例へば, で昔, で有りまし, で朝吉, で神武天皇大和平野, で私, で私自身, で荏苒, で近く, で鐘五郎, で青髯, で食べもの, ともいえる, と傍ら, と思っ, と思ひます, と思われる, と想像, と考えられる, と自身滿足, と言う, と雁八, どうし, どうした, ながら交際, など, なので, なのにとか, なれども, なんぢ, なんで, にございます, にし, になっ, に思われる, のいろんな, のお伽噺, のお婆さん, のお父さん, のお玉, のかの, のがない, のこれら, のそして, のつぎ足し, のとき相談, のところ, のない, のもっと, のアンチピリン, のイネ国軍, のウタテアリ, のオフェリヤ, のガラツ八, のクロムウェル, のグラフィーラ, のジード, のスゲ笠, のタツノ, のノルマ, のバーンス, のベッド, のヤッコ, のライカ, のラジウム製造, のワサミガ原, の一個, の一家, の一萬兩, の七八千兩, の三十兩, の三平, の上等ガラス, の下女, の主人源吉, の事件, の二つ, の二枚, の五百兩, の京姫, の亭主, の人, の人々, の人物, の人間, の人間精神, の今日, の仲間たち, の伊三郎, の伊達, の伊部, の伊都子, の会館, の伜, の伯父, の何百万円, の信太郎, の倉田安彦, の働かせる, の僕, の兄, の兄上, の入口, の八千兩, の六さん, の其子, の典膳, の出雲守頼門, の利三郎, の助広, の勘次郎, の十圓札, の古い, の名刺, の君, の命, の四肢, の国俊, の国書, の土地払下案, の土師人, の土着神, の坂下鶴吉, の坂本新太郎, の場面, の多数, の夜, の夜具, の大, の大事, の大井, の大安麻呂, の大熊老人, の大辻, の太陽, の夫, の女学生たち, の妹, の妻君, の姐, の安宅, の富太郎, の寺本山平, の対立物, の封印, の小判小粒, の小説, の小説家, の尾形警部, の屋敷, の山キ, の山代大兄, の山名山太郎, の岩, の岩見, の巨盜, の己, の市之助, の市毛甚之丞以下, の市長, の師匠, の帷, の平安朝初め, の平次, の年数, の幸三郎, の幸福, の延宝, の張子, の張嶷, の彌, の当の, の形容詞, の彼ら, の彼以外, の彼女, の彼等, の御, の徳松, の志津子夫人, の志賀内匠, の志賀内匠樣, の忘我, の快速潜水艇, の悪疫, の愛情, の慾ばり, の憎, の懷, の我が, の戦後派作家たち, の手頃, の打越金, の扶持米, の振り分け, の掛金, の故国, の日本紀, の旧い, の昌造, の景教碑, の曙覧, の曲者, の杉夫, の東京, の東洋, の松井田機関士, の松吉, の柳屋幸七, の格子, の森川森, の楽屋裏, の機関車, の檢温器, の次, の武具, の武夫, の死牛馬, の死骸, の殻, の母親, の沈団長, の沢, の沢山, の河内介, の源七郎君, の滝尾, の為さん, の熊谷三郎兵衛, の父, の父親, の狂歌, の玉ねぎさん, の現金, の琉球学者末吉安恭さん, の男女, の男爵, の疑問, の白い, の白犬, の硝子壜, の筏, の精神, の純粋さ, の結論, の絵, の総, の繪圖面, の羊羮, の美津枝, の胃, の脱脂綿, の自尊心, の舞踏狂, の船, の芋, の若, の若い, の若殿金之進, の菅丞相, の菊, の藤助, の藤原, の術道, の角助, の詩子, の誤り, の誰, の諸, の變動, の豐太閤, の豹一, の貞観儀式, の財布, の貴賓席, の赤い, の赤沢博士, の辰三, の逞, の道平が, の金五郎, の鉈, の錢形平次, の鐵砲, の長, の長男, の防火扉, の雪, の雪子, の電報, の震動, の露子, の青, の風雨, の飛竜, の馬, の駿三, の高い, の高橋, の魚容, の魚戸, の鮭供養記念, の鶴屋利右衞門, の黄河, の黛夫人, はありませんでした, はあるまい, はないだろう, はなかっ, はなかるべきである, はなかろう, は万々, は有り得ない, は決して, もありません, もなく, も無い, やと, やない, よ喃, らしいなどと, を事, を何事, 故多分, 謹んでお礼

▼ た様子~ (2456, 0.1%)

155 です 108 で, である 82 もなく 74 であった 66 をし 59 もない 42 でしたが 39 でした 33 だった 2826 がない 24 だが 23 であったが, ですが, を見 20 であつ, もなかっ 18 はない 16 だったが 13 を見る 12 であります, はなかっ 11 で私 10 だから, でその, はありません, はなく, をした, を見せなかった 9 がなかっ, が見える, であるが, を見せ 8 だつた, ですから, なので, も見えなかった, をする 7 がなく, もありません, を見た 6 でお, で彼, なの, は少し, を見せた, を見せない 5 でありました, でこう, で出, で頭, で首, になった, に見える, もなし, も見えない, も見せず 4 だし, であるから, でそう, でまた, で母, で自分, に見えた, のない, はありませんでした, も見えなかつた

3 [26件] がいかにも, がうかがわれる, が見え, が見えない, じゃない, だつたが, でご, でそれ, では何, でやがて, でテーブル, で又, で口, で眺め, で立っ, で腰, に何, に見えます, はねえ, は全く, は私, は見えなかった, もなかつた, もなけれ, も見せなかった, を見ます

2 [99件] か, があの, がありあり, がお, がこの, がなかつた, がよく, が一層, が何, が如何にも, が現れ, が知られる, が見えず, が見えた, だと, であと, である余, でいきなり, でいつも, でくすくす, でこの, でこれ, でこんな, でございました, でございます, でございますから, でございますが, でしたから, でそれでも, でちょっと, でな, でわざと, でアバヨ, でポケット, で下, で両, で二人, で八五郎, で再び, で坐り, で壇, で声, で妙, で家, で小笠原, で小説家, で少し, で帰っ, で急, で急い, で慌て, で戻っ, で手, で是, で最後, で無言, で碁盤, で立, で立ちつくし, で聞い, で芝居, で語調, で静か, で額, で顔, で黙っ, といい, といつたら, と云い, に, になり, には一種, にも見えた, のいい, は, はございません, はその, はどこ, はなかつた, はなし, は日本紀, もありませんでした, もある, もし, もその, も無い, も無かっ, も無く, も知らされず, も見えず, も見えません, も見せない, や, を様々, を示した, を私, を見せなかつた, を見守る, バタバタと

1 [862件 抜粋] お望み, からみ, から察しられる, から皆世間, から語っ, があっ, があった, がいっそうはっきり, がうさん, がかれ, がございません, がその, がとんだ, がどういう, がなけれ, がはっきり, がひどく, がまなざし, がやき, がわたし, がナ汝, が一本, が不憫, が人知れず, が人魚, が博多, が却つて滑稽, が可, が可憐, が変, が子供, が少し, が成瀬, が日頃, が気の毒, が渡辺天蔵, が留置場, が窺, が簾, が絹子, が蔦, が藤井, が見, が見えぬ, が見られた, が見る, が誠に, が露骨, こんな晩, ざっと針鼠, して, じゃったがな, じゃねえ, じゃ確, そしてその, そろそろ歩く, だか, だけあっ, だけれど, だったけれども, だったし, だったの, だね, だ多分, だ姿, だ有難い, だ秀子, ったらありゃあ, つたら, であったかれは, であった金之助, でありしが, でありましたから, でありますが, であり子供ら, であるし, であんまり, でいつ, でいつの間にか, でいろいろ, でうむ, でおとなしく, でおまえ, でお母さま, でかたわら, でくずれる, でくるり, でけれども, でことに, でございまして, でござる, でござるぞ, でさすが, でさっさと, でしきりに, でしたよ, でしょう, でしょんぼり後, ですぐさま, ですぜ, ですな, ですので, ですよ, でそこ, でそっと, でそれから, でそれでいて, でそろそろ, でたしなめた, でたちまち, でだらり, でちゃんと, でつぎつぎ, でど, でどれ, でなか, でなく意地, でなに碌, でのッそり腰, ではまた, では同行, では尾根, では泊り, では豊艶, でひろ子, でほどなく, でまだ, でめめしく, でもう, でもう一度, でもない, でもなかつた, でも見た, でやっと, でゆっくり, でエリス, でオリヴィエ, でゴーリキイ, でスタスタ, でチマ, でトシ, でドッカリ上り框, でバタバタ, でビュルストナー嬢, でピョコリ, でホテル, でポッケット, でマリユス, でモデスト・アレクセーイチ, で一, で一ト風呂, で一人, で一度, で一軒, で七兵衛, で万太郎, で云, で云った, で互いに, で五ツ紋, で些か, で今夜, で今度, で伊代, で会話, で伸子, で佐々村村一, で何くれ, で何処, で余, で信長, で光丸, で八丁堀, で八十松, で冷, で凝っと, で分ります, で判っ, で午後, で友人夫妻, で反対, で右往左往, で周助, で唇, で喘ぎ, で四方, で坐った, で境内, で声高, で夜会, で大股, で婆, で安楽椅子, で実に, で容易, で寝台, で小, で小さく, で小さな, で少年, で居並んだ, で巡回, で左右, で帰りまし, で平次, で幾度, で店, で店口, で引込め, で弟香椎六郎, で彼女, で後, で後で, で徐ろ, で御座いましたが, で御礼, で復, で応答, で忽まち走り, で意味深長, で慰めよう, で懐, で戸, で手早く, で抱き起し, で振り仰ぐ, で新しい, で新吉, で昔, で暫らく昇, で曲り角, で書棚, で有りました, で木戸, で机, で林田, で案外, で構内, で横っ飛び, で歩き出した, で死体, で毎日, で江戸, で津田氏, で深々, で深い, で火鉢, で焔, で片手, で片足, で独り, で申します, で留吉, で疲れ, で皆, で相互, で相手, で真赤, で眼色, で矢倉, で碌, で程なく, で穴, で突然, で立ち, で立ち停った, で立ち止まった, で立つ, で立派, で答えた, で答え渋っ, で素子, で縁側, で翌, で考えこん, で脚, で苦り切っ, で茶器, で茶室, で葉子, で薪, で藤井薫, で行進, で裏木戸, で視線, で言, で言う, で訊いた, で訪ね, で話し, で語り続けた, で謂わ, で足, で蹄鉄形, で身体, で身辺, で近寄っ, で逃げる, で途中, で這入, で遮りました, で銀杏返し, で附け加えた, で階段, で離れ, で電光石火, で頑なに首, で頻りに, で飛, で首肯き, で駆け付け, で黙りこくっ, と, といえ, といったら, とか, とがあたかも, とちがっ, とてはなかっ, とはやや, と同時に, と変, と来たら, と言い, ながらまだ, ながらまだひょうひょうと, なぞキチガイ, などし, などしませんでした, などにも詳しい, などは彼ら二人, などは書かない, などもまた, などを見る, なのに, なり煙草盆, なれば, にがっかり, にこんど, にごく, にすつかり, について別に, にて, にて少し, になる, にはその, には片, には確, にまとっ, にも品, にも私, によつて一時, にジルベール, に一変, に一郎, に中, に厭気, に変わっ, に宗助, に引か, に彼, に思わず, に戻っ, に早く, に気, に気づい, に源助, に老父, に舌, に見えなかった, に門口, のある, のおかし, のよい, の人, の割, の好い, の小門, の底, の庭, の漂っ, の物凄, の老婆, の者, の見える, はあるいは, はいかなる, はいくた, はいま, はこの世, はさすが, はすこし, はそのまま, はどう, はどうしても, はひどく, はほか, はほほえましい, はまさに, はよっぽど, は一向に, は世帯, は何処, は女義太夫, は娼婦, は少く, は幾らか, は思い出し, は悪人, は感じられなかつた, は更に, は決して, は淋しい, は滑稽, は無かっ, は爽快, は眼, は笑止千万, は自ずと, は西郷, は見えぬ, は見えません, は見せ, は見せなかった, は見受けられなかった, は見馴れた, は認められない, は部隊そのもの, までがただ, まで見え, もあります, もかへつて少年, もございません, もしなかった, もなくっ, もねえ, もはっきり, もみえなかった, も困, も感動, も窺われる, も見え, も見せ, も見せませぬ, も見せませんでした, も見られなかった, やこの, やまた, や丸屋, や恨めし, や男達, を, をお, をかくさず, をごまかそう, をさし覗い, をしない, をすっかり, をちょっと, をつづけ, をながめ, をばさも, をみ, をみせたくなかった, をわざとらしく, を一目, を不思議さうにジロ, を不破氏, を人, を充分, を先刻, を前, を外, を妻, を宇治, を帯び, を心, を思いだす, を思い出し, を思ひ, を手まね, を押し隠し, を江口さん, を画家, を眺めた, を示し, を考える, を装っ, を見せまい, を見つめ, を見出す, を見定める, を話し, を語る, を馬鹿, カチンと, 出るの, 御家老, 早く本道, 皆鮫

▼ た~ (2441, 0.1%)

19675 で言った 68 で云った 44 を出し 39 でいった 38 であった 37 だった 32 で叫んだ, を出した 30 である 23 でこう 1916 でそう, で答えた 14 がし 13 がした, をし 12 の調子, を出す 11 が聞こえ, でいう 10 で言 9 が, がする, で云っ, で言っ, になっ, をだした 8 が聞え, して, でお, で云う, をあげた, を聞いた 7 が聞えた, だと, であつ, で私, で言い, を聞く

6 [12件] がありました, がきこえ, がそれ, が聞こえた, でした, で叫ぶ, で囁いた, で笑った, で答えました, で言いました, なの, の下

5 [14件] が飛ん, だが, でいいました, で云, で何, で訊いた, になった, に力, の中, の主, をかけた, を出しました, を立て, を聞い

4 [24件] がきこえた, がひびいた, が聞える, が響いた, だつた, でいい, です, でそれ, ではなかっ, で呼びかけた, で呼んだ, で尋ねた, で彼, で物, で答, で自分, をあげ, をだし, をだす, を張り上げ, を張り上げた, を挙げ, を挙げた, を発し

3 [33件] があった, がきこえる, がすぐ, が急, が耳, が聞えました, でかう, でこたえた, でさけんだ, でしかし, でその, でたずねた, でたずねました, でたずねる, でやっと, で低く, で叫ん, で呟いた, で呼び, で喚いた, で女, で笑い, で言う, で話し, で静か, で鳴い, というの, と一緒, のよう, の方, の男, を彼, を立てた

2 [103件] がいま, がお, がかすれ, がきかれました, がその, がどこ, がどんなに, がなお, がまだ, が人気, が僕, が出, が囁い, が夢, が家, が放たれました, が答えた, が聞こえました, が自分, が起った, が響い, が頭, だったが, だったの, でありました, でいっ, でいひました, できいた, でささやく, でさも, でしきりに, でつづけた, でとがめる, でひくく, でもの, でイワン, で不明瞭, で云い, で云いました, で医者, で叫び, で叫びました, で呼びかけ, で呼ん, で啼い, で喜助どん喜助, で大, で尋ねました, で怒鳴った, で数, で歌い出した, で歌った, で母, で母親, で申しました, で笑っ, で答え, で絶叫, で聞き返した, で自己, で言つて, で訊き返した, で訊ねた, で話しだした, で誰, で返事, で闇, で隊士一, で静, で鳴く, とがまざまざ, とそう, と姿, なので, になる, には女王, に交っ, に何, に思わず, に誘われ, のさざめき, は, はまもなく, はもう, は女, は意外, は慥か, は顔, も耳, をかけ, をしぼっ, をはりあげ, をふり, を上げた, を少し, を持っ, を掛けた, を放った, を無理, を発する, を立てました, を紙鉄砲, を耳

1 [993件 抜粋] ああ自分, お染, かそれとも, かと見えた, から察, か振下ろした, があがった, があし音, があの小さな, がいい, がいった, がうしろ, がうなずいた, がおこった, がかかった, がかわいかっ, がくり返された, がこだま, がさっと, がしました, がすっと, がそのまま, がたちまちずばり, がつづい, がとびだした, がどうどう, がどなった, がはしなくも, がばらばら, がひっきりなしに, がひびきました, がびっくり, がほんの, がもどっ, がやっぱり, がキヤキヤ, がキンキン, がトタン屋根, がパッタリ, がホッ, が一句一句明瞭, が一層, が三人, が久しく, が二十四, が云った, が今, が伝わりました, が低く, が先手三人, が出る, が勢, が又, が叫んだ, が向こう, が呼ん, が咽喉, が壁ぎわ, が夜更け, が大空, が妙, が容易, が小鳥, が帰船, が店, が弱々しく低く, が彼女, が快く, が悲鳴, が戸外, が投げ出す, が揺れ, が散った, が時々, が曇った, が桟橋, が次第, が次郎, が残っ, が気さく, が洞窟, が漏れた, が物凄く, が特に, が甚だしい, が相づち, が突き放す, が籠っ, が経, が聞こえ出した, が胆, が自信, が表, が親方, が起つた, が返事, が遠く, が酔, が釜, が長く, が間, が限り, が響きました, が響く, が風下, が高, さえ顫, したよう, しんしんと, じゃない, それで巫女, だったわ, であ, であたりまえ, であったが, であったと, であって, であやつられる, であり深み, であるならば, であろう, でいいかけた, でいいます, でいふ, でうしろ, でうっとり, でうなずいた, でうるさく, でおっしゃっ, でお答え, でききかえした, できれ, でけれども, でこんな, でさう, でさえぎりました, でささやいた, でしおらしく, でしょうな, ですねんけど, でそんな, でたびたび, でつけ加えた, でどなった, でなきながら, でなだめ, ではあった, ではぐらかし, ではなかつた, でははと笑った, では困る, でひそひそ, でひどく可笑し, でぶつぶつ, でほそぼそ, でぼんやり, でぽつりぽつり, でみんな, でもあった, でもありませんでした, でもその, でやさしく, でやりだしました, でようやく, でわずか, でわらい出した, でカテリーナ・リヴォーヴナ, でシッ, でシューラ, でチルナウエル, でハイ, でプッスリ, でミチ子, でルイジョフ, で一こゑうなりましたが, で一尺法師, で一生懸命, で上, で不, で不安, で中村, で主, で主税, で云いつづけた, で云い出した, で云い放っ, で云い続けた, で云つて, で五里, で人垣, で他, で伸子, で元気, で入っ, で出し, で切れぎれ, で前進, で助け, で勢い, で南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏, で反問, で口ごもり, で叱った, で吃り, で向う, で吠えなけれ, で呟きました, で呶, で呻く, で呼ばれる, で呼びこん, で呼びとめました, で呼び交す, で呼び立てた, で命令, で唄いだした, で唄う, で問うた, で喇叭, で喋舌, で喜び, で嘘, で囁き, で堪らなく, で大きく, で大池, で娘, で客, で家中, で寝言, で小さく, で島村, で平和, で弔い, で御, で快活, で怒鳴り, で思い, で怪人, で愛一郎, で懐かし, で手, で投げつける, で指揮, で放送, で断ち切る, で旧, で時々, で最初, で木の根, で本当, で来意, で案内, で歌いだした, で歌い出す, で歌っ, で波子, で泣き出す, で注意, で浄瑠璃, で激励, で片, で独りごと, で琴歌, で甥, で申します, で盤得尼, で眼, で祈祷, で私語, で空気, で笏, で笑い出した, で簡単, で素子, で繰り返す, で罵っ, で聞える, で聞く, で船長, で若い, で荒々しく, で見ろ, で言いかけた, で言いまし, で言い淀んだ, で詩人, で話される, で話しました, で語った, で読み出した, で貴, で走, で近侍, で遠く, で遮られた, で金吾, で陣十郎, で障子, で頼む, で飛び出し, で騒ぎ出しました, で鳥, で鶯, で鼻歌, ということ, とお, とが老人, とこの, としか思われません, とそこ, とともに椅子, となっ, とはっきり, とは同時に, とは混, とを聞い, とパッ, と云う, と共にいかさま, と共に初めて, と共に松代, と共に身, と反対, と左右, と手足, と棒, と白粉, と着物, と見, と見幕, と連係, と頷いた, ながら, などが入乱れ, ならぬ声, なん, にその, になつて, にはそんな, には不, にひと息, にまた, にも日, に似ず, に呼び立てられる, に大きな, に弟, に応じ, に新子, に目, に突き刎, に答え, に聞き覚え, に話しつづけた, に運命, に驚き, のあらし, のおっさん達, のけたたまし, のさ, のひびき, のまま, の冴え, の合間合間, の大音, の奥さん, の性質, の本質, の波紋, の真似, の細君, の聞えない, の蝉, の詩吟, の騒がし, はかん高く, はさらに, はすこしも, はその, はたしかに, はなかっ, はまぎれ, はまだ, はやさしかっ, はソックリ新子, は一寸, は人形, は以前, は何, は健坊, は全く, は出しません, は刻一刻, は十歳, は和田, は地, は奥さん, は容易, は己, は年, は底力, は怖, は恐怖, は手, は沈痛そのもの, は無知, は父, は町, は皆, は確, は羅門塔十郎, は至極, は辛うじて, は陰気, は青天, は響いた, ばかりが大きくなつかしく, ばかり呼んだ, までが聞える, まで聞える, もいつかしめ, もきこえた, もせぬ, もついに, も七兵衛老翁, も二十四, も何ん, も出なく, も喉, も弱く, も急, も様子, も沈ま, も秋風, も笑った, も聞えず, も自然, も高らか, や中, や姿, や近所, よりズット, らしかったが, をあわせ, をおさえつけ, をかみころし, をきい, をきき流し, をする, をとおし, をどもる, をのみ殺した, をはりあげた, をひそめ, をふりしぼっ, をまず, をスズ, を上げ, を交ぜ, を伝え, を作っ, を出さなく, を半分, を取り返した, を合図, を呑ん, を圧, を密め, を張つて, を張り上げました, を待ち, を思い出した, を急, を抑える, を押, を振りむき, を掛け, を揃え, を放っ, を止め, を沈め, を洩らした, を浴びせかける, を準備, を立てる, を絞っ, を絞りつづけた, を耳元, を聞き苦しく, を聞け, を背後, を自分, を響かした, を頭, を風, を鳴き交わす, 強く月, 悲しい声, 遠くでき

▼ たばかりの~ (2415, 0.1%)

37 ような 22 ところだった 20 ところで 16 ところへ, ように 12 ところな 10 ところを, 私の 9 ところであった, 時だ 8 ところだ, ところである 7 ところに, 所だった, 頃は 6 ところでした

5 [13件] ころで, もので, やうな, 噂である, 大伴家持は, 女の, 娘の, 時であった, 朝の, 若さ, 赤ん坊を, 頃, 頃の

4 [23件] これは, ときは, ところと, やうに, 僕は, 夢の, 娘が, 幼さ, 彼は, 新鮮な, 日本の, 時だった, 時で, 時は, 男の子は, 色の, 赤ん坊であった, 赤ん坊の, 雪の, 青い鋼, 青年で, 青年に, 青年の

3 [49件] ことで, ことである, こととて, ことを, ころであった, ところだつた, ところでございました, ところです, ものだった, ものであった, ものと, ものに, ものを, ホヤホヤな, 人で, 人の, 人も, 処へ, 堅塩川, 多計代, 太陽の, 女に, 娘だ, 嬰児の, 嬰児を, 子供の, 家の, 少女の, 彼の, 彼女は, 新しいの, 時に, 月は, 浄域だけに, 煙の, 煙草を, 男の, 眼を, 私に, 自分の, 若い男, 草の, 赤ん坊に, 赤ん坊は, 青年が, 頃から, 頃で, 頃であった, 頃である

2 [139件] おみきさんが, おようさん, お前さんを, お駒, こと, この土地, この新, ころは, ごたごたした, せいか, その家, ときだった, ところ, ところじゃ, ところぢや, ところでは, ところらしく, なりで, まだ十八, ものの, やうで, ウイスキーの, コートを, 一匹の, 三人の, 上丁度, 主人が, 主人も, 乳が, 事とて, 事を, 今の, 伸子の, 例の, 僕の, 処でした, 処を, 処女, 初夏の, 品の, 堅鹽川, 墓に, 声が, 夏の, 多感な, 夜明けの, 夢を, 天井に, 夫人を, 女房を, 妹の, 妻の, 婦人科医で, 嬰児も, 子供が, 子供を, 小僧には, 少女が, 布を, 幽霊の, 店には, 庸三の, 或る, 所であった, 所に, 手紙を, 新しい長屋, 新らしい, 新太郎は, 旅行者の, 早苗が, 春の, 時その, 時には, 時分で, 時分は, 時刻だった, 月が, 月の, 有名な, 果物籠が, 枝を, 柳の, 桃の, 様な, 様に, 淨域だけに, 火鉢の, 父母や, 犬の, 狹い, 瑠璃子には, 瑠璃子夫人の, 男で, 男なら, 畑に, 相手の, 矢代には, 知合の, 秀頼を, 私は, 私を, 立派な, 細君の, 細枝の, 継子さんが, 綺麗な, 者が, 者も, 聲が, 脂の, 花の, 花嫁を, 若い人, 若い先生, 若い生徒たち, 若芽が, 若草は, 葉巻を, 裏門を, 赤ん坊が, 赤シャツの, 道を, 銀貨の, 鏡の, 門の, 雛が, 雪童子の, 雲の, 電柱の, 電車の, 電車を, 青木淳の, 非凡の, 頃だ, 頃だった, 頃に, 顔を, 魚の

1 [1629件 抜粋] あかの, あとで, あの少年たち, あの心中, あの物珍, あの言葉, ある同宿者, いい洋服, いまは, おおようさ, おちえまで, おめ, お今, お八重, お坊ちや, お村, お浜, お穿物, お鈴, お風呂, こいつは, ことまで, この人, この黒光り, ころ, ころに, こんな蒸し暑い, しどけない媚, そういう蕗子, そして擦りむき, その子, その最後, その道路, そんな生活, だから, つや, ときには, とき不意に, とき源氏の, とき背後で, とき軽く, とこどす, ところだって, ところでしょう, ところは, とんぼ, ねばっこい若葉, ひとかたまりの, ぴかぴか光る, まずい日本語, まだ墨, まだ延びない, みち子が, ものだつた, ものであるなら, やうである, やつを, よめが, アヤ子と, ウダールニクが, カーネーションや, クライデウォルフ号という, サラブレッド系の, スキイにさえ, ソロチンツイの, タルデュー内閣が, トビの, ドミトリイ・フョードロヴィッチを, バリトン歌手千束守が, ヒルダから, ピストルを, ホヤホヤの, ポチヤポチヤした, ポルトガル商船が, マダムの, ユカタが, ルイ・メネルーは, ロイドだった, ロシヤへの, ワーリカ, 一人が, 一人子の, 一子と, 一日を, 一部の, 七里の, 三十人もの, 三州屋早刷り瓦版, 上着を, 下総十五郎だった, 中の間の, 中折を, 中野の, 主人六右衞門と, 乞食に, 事よ, 二三人の, 二十五歳で, 二十面相いや, 二通の, 五時少し, 京都へ, 人だ, 人吃, 人達だった, 人間同士の, 今年の, 仔どもの, 仔猫が, 代物であった, 伊豆の, 伜を, 伸子たちの, 体だ, 作品が, 信一郎に, 倫敦の, 傷口は, 僕からは, 兄の, 充分に, 光景の, 全科學が, 兵隊が, 写真の, 処だ, 刀が, 刃を, 初々しさ, 初見参, 前日の, 加世子が, 勘次である, 十二月で, 十五六歳の, 十次郎は, 午前六時と, 半意識, 南天の, 印象を, 卵焼の, 原稿料の, 叔母さんと, 口蓋が, 古風な, 右側は, 名木の, 君代が, 和睦などは, 哀むべ, 唐草銀五郎である, 四人の, 四月の, 国である, 地面に, 坊主頭を, 壁から, 夕映の, 外国人から, 外記が, 夜も, 大きい藤, 大きな水晶, 大将であった, 大衆の, 太田な, 奥さんが, 女が, 女の子が, 女中が, 女優連田萌子といふ, 女隠居, 如来衛門は, 姿, 姿や, 娘だけ, 娘は, 婢が, 婦人旋盤工だ, 嫁を, 嬰兒に, 子供, 子供と, 子供みたいな, 孤独な, 孩児で, 宇喜多直家の子秀家と共に, 宏子と, 宝剣が, 客であろう, 室の, 宵だ, 家が, 家なき, 家を, 寒い日, 封書の, 小さい姪, 小さな發見, 小さな色, 小僧ッ子です, 小圓太, 小学校舎の, 小意氣, 小枝, 小犬が, 小説を, 少女と, 尼君という, 屠蘇の, 山本左右太, 岡田道彦の, 崖を, 川原へ, 左兵衛は, 巻煙草を, 平次は, 年の暮れに, 年頃である, 幸田ゆき子には, 幼児を, 広い緑野, 広重を, 店の, 建物だ, 弟の, 影が, 彼を, 彼女らの, 後であった, 微靄, 思想係りの, 怪美人玉枝の, 恵慶の, 悲しみの, 感じでは, 感覚に, 懸物, 或日, 戸を, 房子には, 所だつた, 所です, 扉に, 手拭を, 才媛, 採炭坑の, 敬太郎に, 文三郎は, 文学青年で, 新しい冠拡張剤, 新しい畳, 新しい電燈, 新ギニイ貨, 新刀, 新品だ, 新婦の, 新帝陛下です, 新聞で, 新進気鋭の, 旅舍へ, 日に, 日本人の, 旦那様が, 早春死んだ, 昇給の, 明智探偵と, 星雲の, 春浅い, 時, 時すこし, 時でございました, 時な, 時代であった, 時分であった, 時分には, 時刻に, 時次郎に, 普請場であった, 暖簾の, 書斎である, 最新鋭武器, 朝, 朝姿で, 朝陽が, 木の芽は, 木部の, 本を, 机の, 東側の, 松五郎の, 松江が, 板が, 柳沢と, 根拠も, 桑名の, 椅子に, 業平橋駅の, 槍ヶ岳焼岳二図幅, 樹の, 機関部員は, 歌であった, 正彦坊やを, 正月蟹江川の, 歩調と, 殖民地気分の, 母親を, 民主政治を, 氣の, 水田や, 氷屋で, 決心を, 法師温泉へ, 洋麻の, 浅え, 浴衣姿で, 海螢を, 淋しい頃, 混雑最中に, 清造は, 湖の, 源之助が, 潜水夫を, 灌木に, 火星人たちが, 灯の, 無学者, 無雜, 父親を, 牛肉を, 牧師館の, 物語か, 状態に, 独創満々たる, 猶太人, 玉ちやんが, 珍らしい, 現金が, 瑠璃子さんが, 生々しい傷口, 生命の, 生絹が, 田宮課長に, 田鍋課長の, 男だ, 男に, 男の子です, 町で, 畑は, 畳が, 疲れた顔付, 痩形の, 白つ, 白地を, 白河で, 白魚だの, 盃に, 直後だった, 看護婦たちの, 真新しいインク, 真紀子に, 眩しいやう, 眼鏡を, 石である, 研究生で, 神楽歌を, 秀才が, 私にとっては, 種を, 穹窿を, 竈が, 竹でも, 節子の, 米国公使星亨であった, 紅紫と, 紙巻煙草を, 素子の, 経験しか, 綾子には, 総監室へ, 縁結びという, 總領を, 美しい妻, 美人だった, 美男子の, 群集が, 者でござる, 者には, 者まで, 肉体が, 肝臓が, 腰間の, 臨時汽車は, 自分な, 舞台を, 船室に, 色々な, 色を, 芥川で, 花形或は, 若いピアニスト, 若い人たち, 若い処女, 若い塾生, 若い家老職, 若い御用聞, 若い美しい忠興夫人, 若い詩人, 若くて, 若旦那を, 若者です, 苦み走った, 英一を, 茸の, 荒い肩息, 莟の, 萱野夫人は, 葉書と, 薄い洋書, 薔薇の, 藺の, 蜂須賀彦右衛門から, 蠣穀町の, 血に, 街に, 街角に, 街道を, 袷の, 襖が, 親友が, 触れ書を, 試みの, 話だ, 謙蔵は, 豊太郎が, 貝の, 貸間を, 赤ちゃんの, 赤ん坊である, 赤ン坊を, 赤坊と, 赤子が, 赤子に, 足を, 軌道の, 通円茶屋の, 道端の, 遠い遠い昔, 部下の, 酒も, 醫學士で, 野の, 金を, 釣台の, 銀子たちも, 銀座裏へ, 銀貨で, 銭形の, 鍬が, 鑛石の, 長者は, 門七が, 関所の, 降矢木旗太郎だった, 雄大な, 雑誌だ, 雛にて, 雨戸を, 雪は, 電燈の, 電車通りを, 青い蝉, 青二才の, 青年であった, 青年紳士が, 青草が, 靴を, 頃だつた, 頃でしょう, 頃夫と, 頃時男さんは, 頃栄子と, 頃現れた, 頃路易は, 頬が, 頭を, 顋で, 風守が, 飯に, 養父の, 馬鈴薯と, 高瀬には, 髪の, 髯痕を, 鬼少尉だ, 鯨の, 鳥を, 鵞鳥に, 鷲神社は, 黒

▼ た人間~ (2388, 0.1%)

63 のよう 4127 の顔 24 のやう 21 がある, である, なの 20 の心 14 だと, です 13 の声 11 だという, なん, になっ 10 がその, の姿 9 だから, であった, というもの 8 がこの, でなければ, ではない, の死体, はない, は一人 7 であること, の死骸 6 が一人, が自分, じゃない, だとは, だよ, というの, のこと, の中, の詩, を見る

5 [14件] が, があった, が多い, が居る, と同じ, の, のある, の一人, の世界, の数, の足, の骨, はもう, は誰

4 [19件] かも知れない, が二人, だが, だね, であると, である事, ですが, ではなく, になった, になる, のうち, のしでかす, の前, の性格, の手, の生活, の表情, の身体, はただ

3 [41件] がいない, がいる, がそういう, がどこ, が誰, だった, であるが, であるという, ですから, ですよ, でその, でもない, といふ感じ, とその, と人間, ならば, にとつ, になり, のごとく, の仕業, の仲間, の名前, の大, の心理, の感情, の方, の片腕, の眼, の腕, の間, の頭, の顏, の魂, はその, はどう, はどこ, は誰だい, もある, らしい, を, を自分

2 [143件] かそれとも, かのよう, があっ, があつ, がここ, がぞろぞろ, がどうして, がなけれ, がノロマ, がレンズ, が住ん, が何, が出来, が君, が大, が居った, が彼, が思わず, が急, が機械, が火薬庫, が見たい, が金, だけがそこ, だそう, だったの, だつたこと, だろう, でありますから, であるよう, でございます, でさ, ですからという, では無い, でもある, という感じ, といふこと, としての夏目なにがし, とは私, と死んだ, なので, なら, にとつて, になつ, になりたい, になります, になれ, にはああ, にはない, には到底, に依っ, に始めて, に特有, に過ぎない, のす, のもの, の一対, の一生, の仕事, の住む, の体, の像, の典型, の力, の労働, の労力, の叫び, の名, の呼吸, の噂, の多い, の女, の如く行為, の存在, の孤独, の定型, の実相, の宿命, の形, の影, の情, の態度, の或, の書いた, の本性, の目, の範囲, の精神, の美し, の群, の群れ, の義勇隊, の耳, の肉体, の肌, の腿, の膏, の血, の行動, の言葉, の足跡だらけ, の運命, の集合体, の首, は, はおそらく, はこの, はこれ, はそれ, はどんな, はなかっ, はまた, はもはや, は五人, は今, は何, は十中八九, は土地, は大, は居る, は已, は恐らく, は敵, は案外, は網, は骨髄, ばなれ, もお前, も出, も少く, も尠, も年代, も随分, よりもむしろ, を探す, を描く, を斬る, を殺さぬ, を相手, を神, を縛らせた, を見た, を診察

1 [1352件 抜粋] あの怖, かどっち, から見れ, か知合, があらん, がありゃ, があり得る, があんなに, がいざ, がいたなら, がいま, がうじゃうじゃ, がお手本, がことごとく, がすっかり, がその後, がその道, がたくさん, がちょうど, がつくった, がとびだした, がない, がなかつた, がはじめて, がひしめきあっ, がふと, がほか, がもめ, がゐた, がアメリカ在国中, がサナトリアム, がヒョットコ, が一たん自信, が一樣, が三人, が世に, が主人, が二人突, が五人, が人民, が何人, が俯, が僕, が入っ, が出, が刄物, が十四五人, が却って, が同じ, が呼べ, が土人, が圧迫, が外部, が多少, が大学, が夫婦, が妙, が家, が小脇, が己, が幾人, が御前, が悪い, が意味, が摺れ, が斯様, が旅, が昏, が暗に, が杖, が棲息, が死なず, が水, が法律, が潜伏, が珍, が生き残っ, が田之助, が相手, が石器, が神, が空, が等しく, が組打ち, が胸, が自然, が荒縄, が虐げられた, が見えた, が説明, が買った, が通ったら, が銃, が頭, が飲屋, が黙つ, しかも一人ぼっち, じゃあない, じゃがこの間久し振り, じゃねえ, すなわち彼女, だお, だけがヨタモノ稼業, だけが生き, だけが貰える, だけにあれ, だったらあんな, だったらどう, だつた, だとの, だのに, だらうと, だア, で, であったが, であったら決して, でありますけれども, であり自分, であるそれ, であるなどといふ, であれ, であろう今, でごくわずか, でさえもそう, でした, ですね, でせう, でどうしても, でないの, でなくては, でなん, ではあります, では無, でもあった, でもありません, でもお, でもこれ程, でもさむ, でも何ん, でも赦す, で作った, で別に, で外国, で島田, で御座いましたろうか, で拵, で根, で無いから, で蛇食い, と, という意味, といわなけれ, とおもわれ, とかが実際, とがある, としてどちら, としての教養, としての物足りな, としての自我, としてはもう, として何, として女, として曾呂利, として禰宜, として立派, として述べる, とたった, とともに存在, となりたい, とはだいぶ, とはどんな, とは人, とは別, とは受け取れなかった, とは思えなかった, とは知らぬ, とわずか, と同, と大地, と性慾, と死人, と牛, と申さなけれ, と知る, と美人たち, と自分, と血, と認める, なぞの訪問, などは彼, ならこの, ならやりお, なら空疎, なんかに恋, なんてチット, にあたっ, にあんなに, にかわっ, にし, にせよ, にちがい, にとってなんと, にとって最も, にどんな, になりました, になれっこない, にはこの世, にはどうしても, にはどんなに, には一人, には兎角, には影, には想像, には生え, には苦しみ, にぴったり, にもてはやされる, にも出来る, にも木偶の坊, によくも, に代えました, に似, に保っ, に分つ, に化け, に取っ, に対しての処分法, に対するあふれる, に必ず, に愛嬌, に或, に改造, に救い, に概して, に牛馬, に着せる, に見せかける, に譬えられ, に逢い, に逢っ, に過ぎなかった, に防腐剤, に限られ, に魅力, のあこがれ, のいば, のお, のくづにすぎないよ, のそれ, のため, のみが詩人, のみを歌, のもがく, のゆるがな, のチャンピオン, の一団体, の不, の両手, の云, の五体, の代り, の余裕, の作そのもの, の偉, の價値, の兵士, の内心, の初めて, の努力, の勝利, の半分, の可聴範囲, の同意, の呻吟, の土地, の場合, の塁壁, の大群, の如く, の姿態, の子たち, の宇宙的, の実験, の審美, の寿命, の屑, の左, の年齢, の弱, の形容詞, の微細, の心根, の思惑, の思索及欲望, の恐怖, の悲鳴, の意力, の愚, の感覚器, の慰謝, の所産, の手首, の抜殻, の指紋, の敗北, の文字通り具体的, の新しい, の最大欠点, の本質, の栄えた, の桎梏, の標本, の権利, の死顏, の淋し, の無言, の特色, の現在中流的偏見, の理窟, の生き方, の生活状態, の産み出した, の病気, の発しる, の皮膚, の相, の眠っ, の着, の破産状態, の示す, の種々さまざま, の立体的, の笑い声, の粕, の細胞, の美, の考へる, の職業, の背丈, の膝, の自由思想, の芝居がかり, の苦しみ, の蒸煮肉, の表現, の観念化, の許, の詩的情緒, の誤り, の赤児, の足音, の身, の車輪, の造花, の道徳的意志, の野獣性, の間にあっ, の隠れ, の隣, の雨, の面目, の顏ぢ, の風采, の饒舌, の魅力, はある, はいない, はいまい, はおとなしく, はかずか, はかならず, はこう, はさっさと, はそう沢山, はそんな, はたんと, はてれる, はな, はにぎやか, はほか, はまだ, はみな, はみんな本船, はもうすっかり, はやむをえず歩く, はわかった, はドシドシ土地, は一列一体, は不幸, は二人, は互に, は人, は他, は何人, は兄, は凡て奴隷所有階級, は十七人, は即死, は古往今来自分一人, は單純, は多勢, は大和, は始め, は少かっ, は居ないであろう, は幸せ, は彼, は徳子, は必ず, は怖, は我々, は既に, は是非, は机博士, は死刑, は泥沼, は生き, は皆, は皮膚, は私, は笑っ, は育てられない, は自分自身, は血, は表, は認識, は通常血, は間違ひも, は非常, ばかりが寄, ばかりになっ, ばかり見, への尊敬, へ向っ, ほど微妙, または試験, もいっしょ, もここ, もよく, も在った, も居り, も居る, も快活, も肉餅, も近代, や, や馬, よりはどれ, よりもずつと時代, より嬉し, をあの, をかえり見よう, をし, をなん, をみる, をも道, をゆるやか, を三四人, を乗っけ, を二人, を仰ほ, を作る, を使用, を元, を入れる, を処罰, を刺殺, を十人, を可愛がる, を埋める, を完全, を座長, を引張りださない, を怨んだ, を感じさせる, を打っち, を捕らえ, を探る, を料理, を書き得た, を殺し, を毎時, を沢山, を生んだ, を盗み出す, を眼, を神変不可思議, を筆一本, を腕ずく, を裁く, を見ない, を見送る, を訊い, を調べる, を送り出し, を遠方, を雇う, を館, 即ちその, 或は動物

▼ た~ (2322, 0.1%)

36 のもの 28 である 25 がある 2116 で, であった 15 による 13 だ, を見る 12 なので 11 があった, にある, もある 10 だと, でその 9 が, なん, のある 8 があっ, でそれ, で何, にあった, へ 7 がその, だから, です, で仕方, の一つ, を 6 であるが, へ往, を見 5 がお, が何, にその, はない, へその, もあり

4 [12件] から出た, があつ, でした, に, にこの, によれ, に立っ, の併, の例, の近く, は, へ私

3 [31件] から, からこの, がありました, がそれ, が丁度, が多い, が御, が此, だった, でお, でこれ, でしょう, ですから, で今, で私, で自分, にまた, に基い, に小, に従え, に青い, のかの, の意識, の概念, の生産力, へちょうど, へ今, もあった, もあれ, をお, を占めた

2 [121件] から出, から監督, から見, がない, が今, が全く, が向, が大, が己, が心持, が旦那様, が此方, が突然, だったので, だって水野さんそれゃあ大喜びな, だね, だのに, だろう, であったという, であつ, であの, であるから, でこの, でこんなに, でご, ですぐ, ですもの, ですよ, でそういう, でとても, でどうせ, ではありました, ではこの, では別, では誰, でむかし蜀山人, でもない, でも独り, で世間, で中, で何事, で別段差支, で口惜しい, で堤防, で大した, で大して, で夫, で始まらない, で少し, で彼, で決して, で辛うじて, といえ, と垣一重, なども善く, なの, なんざ, にいた, にちゃんと, にちょこなんと, には今, に半分石炭, に取りつい, に在る, に大, に存ずる, に小さい, に感心, に来る, に横たわっ, に横たわる, に火鉢, に私, に落ち, に黄, の一定, の一定形態, の今, の入口, の哲学, の商品交換, の大和魂, の小さな, の少数, の性格, の意味, の或, の文芸学, の物質的下部構造, の狭い, の痕跡, の諸, はいよいよ, はここ, は一本脚, は丁度, は成, は沼, は芸妓, は誠に, へどこ, へまた, へメリケン粉, へ丁度, へ五勺, へ往く, へ或, へ来, へ来た, へ来る, へ玉子, もあったろう, もあります, も先日, も見えない, を助けられた, を歩い, を火, を私, を通っ, を選ぶ

1 [1534件 抜粋] あっさりと, いつしか時, お孝, お角, かの技術的, からこそ生じた, からだし, からは何十年, からまだ, からサッ, から一睡, から二間, から其, から出来た, から半町, から古, から吾, から外国, から導かれる, から帽子, から折口, から新た, から日頃, から来た, から比喩, から為朝一名, から突ッ, から自分, から見る, から誰, から路, から還俗, から駈出し, があと十年, があるらしい, がおま, がかく, がこんな, がしきりに, がそういう, がただ, がとう, がどうか, がなる, がまあ, がまア, がやっぱり, が一つ, が一匹, が一面, が三年目, が二百余人, が伯父さん, が何れ, が余り小, が僅, が先生, が六畳, が凡そ十箇所, が別に, が医学博士, が千両, が古銅, が大きく, が大工, が娘, が対手, が少し, が尠, が市中, が幽霊, が彼, が心覚え, が或, が数献, が有った, が本人, が椿岳, が此家, が江戸, が海草, が牛蒡, が生憎風, が皆, が直ぐ平に, が私, が稲葉家, が素より, が翌日, が若草, が