青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~せられた せられた~ ~せられる せられる~ ~せる せる~ ~せん せん~ ぜひ~ ~そ
そ~
そい~ そいつ~ ~そう そう~ そういう~ そういった~ そうした~ そうして~ ~そこ そこ~

「そ~」 10506, 104ppm, 1038位

▼ そなた~ (2036, 19.4%)

2420 は何 16 の父 14 のよう, の身 12 はこの 11 の家, はまだ 10 のお, のこと, の前 9 の心, はどこ 8 のため, の手, の胸, はわたし 7 の罪, もその 6 の国, の姉, の方, の母, の母御, の眼, はどうして, はわし, を見る 5 たちも, とわし, のその, の体, の名, はどう, も知っ, 程の

4 [23件] がそう, がその, たちの, に取っ, の一生, の何者, の兄, の声, の恋人, の気, の美, の舞台, の言う, の身の上, はその, はそれ, は今, は何処, も知る, を連れ, 様を, 自身の, 達は

3 [34件] が, がこの, さまの, たちが, たちは, と一緒, には, に罪, の, のご, の主人, の事, の亡き, の口, の姿, の御, の愛, の気持, の為, の為め, の耳, の良人, の行末, の親切, の顔, はあの, はまた, は女子, は母, もこの, もそう, を, をお, を見

2 [103件] お嬢さま, からよう, があの, がい, がお, がそんなに, がまだ, がわし, がわたし, がわるい, が大, が屋敷, が心, が思い, が拙, が江戸, が父, が胸, が自分, こそその, これなる, という者, と拙者, なんどは, にはもう, に何, に執心, に心, に思い, に望み, のいう, のいや, のおかげ, のこころ, のほか, のもの, の側を, の勝手, の噂, の器量, の好き, の妙, の妹, の子供, の希望, の幸福, の息子, の悲しみ, の手引き, の父親, の番, の病, の皮肉, の美し, の美貌, の肌, の言葉, の話, の首, の髮, はあくまで, はここ, はさぞや, はすぐ, はそ, はそう, はただ, はどんな, はよもや, は一体, は今宵, は他人, は卑怯, は子供, は御, は江戸, は父, は自分, は苦労, は蛍, は誰, は雲, へ向け, ほどの女子, までが, も, もここ, も坐れ, も早く, も武士, も泣い, も疲れ, も雪, を呂布, を思う, を愛し, を捉ら, を探し, を殺す, を貴, 一人の, 即座に, 様は

1 [1326件 抜粋] あそこで, いちど伜に, おひとり, からおすすめ, からの返事, からもよくよく, からわけ, から名乗った, がある, がいけない, がいられる, がきい, がここ, がこれ, がし, がそういう, がそち, がともに, がどんな, がな, がまず, がやがて, がよう, がわたくし, が三十, が上方, が今後, が何, が先ごろ, が切っ, が参っ, が可愛, が告げた, が夫, が嫁ぐ, が帯, が幼顔, が御, が忘, が恒藤権右衛門どの, が戦場, が持っ, が描く, が旅, が望んだ, が来, が死んだら, が泣いた, が注文, が父親, が率先, が男性, が眠むつ, が祖父機山, が笛, が美, が肌身, が荷物, が行け, が負けた, が選り, が長崎屋一人, が霧島京弥どの, ここの, こそどうして, こそは殿, こそ何御用, こそ江戸, こそ肥え, こそ誰, この三人, この地蔵さま, ご飯たきを, さえ居る, さっきも, さまは, すらもわかっ, それを, たちふたりに, だけがあるいは, だけじゃ, だけのこと, だけの胸, だけはこっち, だけは知つて, ぢや, でもまさか, という情深い, という鶴, とかご, とこの, としてはあまり, としては面白く, とても一半, との対面, とはただ, とは祝言, ともまた, とわれら, と今, と佐殿, と別れん, と夫婦, と婆, と暮, と死ぬなら, と祝言, と考えられなくなった, と諜, どこへ, なぞも, などの恋, にいま, におくる, にかかっ, にこうして, にこんな, にす, にだけに知らせ, にとれ, にはご, にはどれほど, にはわたし, には何ん, には判らぬ, には察し得られぬであろう, には推量, には自分, には言う, にむかしめき, にもこれ, にもの思はする, にもわかっ, にも告げなかった, にも婚儀, にも書け, にも苦労, にも見当, にやき, に一度, に与え得る, に云った, に代っ, に任せ, に会わせたい, に出逢った, に別条, に助けられ, に危害, に告げん, に噛まるる, に委, に宛て, に対する餞, に恨み, に手, に揉ん, に故郷, に書, に未練, に殺されるなら殺され, に火急, に珍しい, に生涯, に申し置く, に疑い, に累, に聞かすべき, に見せ, に見せな, に謝罪ら, に近づい, に迷惑, に逢うた, に逢える, に靡け, に頒かたむと, に頼もう, に騙され, のいのち, のいわれた, のうれしき, のおとうさん, のおも, のから, のしたしい, のすべて, のところ, のびわ, のみ, のもと, のを, の一心不乱, の下らぬ, の不心得, の中, の乳母, の亡夫, の人相, の仕合, の仕立てた, の伯母, の倖, の側に, の冷めたい, の力, の卑下, の友達, の呪い, の唇, の売った, の天賦, の奥方, の妻女, の子分八五郎殿, の室, の寿命, の屋敷, の幹, の後, の心任せ, の心掛け, の思い違い, の思わ, の恐ろしい, の意見, の我儘, の手柄, の掛引き, の故郷八幡村, の旅, の本意, の梢, の死ぬ, の気に入らぬ, の泣き声, の灰色, の父親たち, の琵琶, の生活, の申し分, の疱瘡, の白い, の相談相手, の知つて, の祖父さま, の秘密, の空, の第, の統一, の考へ, の腕, の膝, の良心, の若, の苦しむ, の行きやる, の袂, の許婚宗介, の贈り物, の身持, の軛, の遊女名, の郷里, の雲, の頭, の頼み, の養父, の鼓, の齎す, はいかに, はいったい, はいつの間, はいま笑つた, はうけたまわれ, はうれしく, はお笑い, はきのう神仙, はこちら, はこれから, はこんなに, はさっき, はしろを, はたった, はつぐみどり, はどうか, はなぜ, ははや, はべつ, はほんとに, はまず, はもう, はもと, はわが, はアトラス王, はドラーゲ公爵家, は一刻, は三年前, は上方, は乳母, は仁介殿, は今日, は何で, は儂, は兄上範之丞殿, は兎角, は前夜, は千浪, は向う見ず, は吾儘, は四つ, は坊, は大事, は大方, は妾, は嫁女, は寺, は島, は常に, は幼い, は庭, は強情, は御存じ, は思いあたりなされます, は思う, は我が, は所領, は振つたる, は明朝, は最前, は格別, は権右衛門, は欣, は残らず, は永い, は清兵衛殿, は無二, は珠運, は生命, は目, は眠白, は石工共, は秀吉, は笑つた, は聞及びし, は荻, は藤夜叉, は観世丸, は豊臣恩顧, は路考, は身, は近頃, は過, は長国寺, は阿, は騎馬, ばかりか両親, ばかりでなく, ばかりを恨まれ, ひと足先へ, へ与えた, へ渡した, へ足, ほどの美し, まだか, までわたし, もあきれたであろ, もあッ, もお, もきっと, もこれ, もさぞ, もそれ, もだ, もどこ, もなあ, もほか, もまず, もまだ, もやつぱり, も一つ元気, も一切, も一緒, も不知哉丸, も二世, も人間, も伜, も共に, も十五、年, も参られる, も同じ, も夜ごと, も守り, も定めし, も席, も広, も後, も御馳走, も心して, も怠慢, も情, も戻れ, も日頃, も春衛, も月, も気, も無事, も父, も生涯, も眠うない, も知らなかった, も立ち聞き, も良人, も藤吉郎, も見た, も諸国, も豪雄弾正太夫殿, も近頃, も遠から, も隨分嫉妬, も飾磨, も麿, をあわれん, をかく, をころしたら, をそれ程, をたらし, をどこ, をはずかしめた, をわし, を不幸, を乗せました, を仰ぐ, を信じ, を助けた, を友, を叱る, を呼びはせざつたか, を好く, を娶る, を左手, を待っ, を得た, を恋い慕う, を憎い, を押し込めおいた, を捨て, を放りっぱなし, を昔どおり, を望ん, を案じ, を欠く, を此村, を注視, を疑う, を瞞, を祝, を置い, を見こん, を見たる, を見染めた, を見遣りたる, を観た, を讃, を辺地, を連れ帰ろう, を雪, を頼ん, を驚かす, 一人を, 三之助どのが, 二人は, 二十年の, 以上好きな, 何ぞ芸, 何処の, 兄を, 只今釜へ, 大望とは, 女中だ, 少し食べ酔っ, 慾に, 手に, 持参の, 様だけは, 様も, 武士の, 殺生は, 無分別の, 生臭を, 盗心を, 空飛び, 等で, 腹を, 興照寺の, 薬草道人か, 誰かと, 達へ, 達二人を, 顔を

▼ そ~ (1094, 10.4%)

41 そは 16 して 10 そはと 5 しながら, 汝の 4 これらの, 人の, 兔に, 彼の

3 [12件] ぬ, 一つの, 何故と, 君が, 多くの, 少しも, 彼が, 御勝手次第, 暮の, 照り立たせ, 神の, 誰が

2 [65件] あまりに無惨, いと長き, おん身の, この詩章, した気持, しはじめた, ただ, とにかくに, とまれかく, まこと, われ知らず, アヌンチヤタが, アヌンチヤタの, 一の, 一時の, 一瞬の, 他に, 何ものである, 余の, 信ぜずとも, 全く専制時代, 全く遠島, 卑怯なり, 唯だ, 固より, 堅城の, 夕暮の, 外観のみ, 天における, 実に, 客観的の, 平凡なり, 幾度か, 従来の, 思ひも, 怪異と, 愚かしきあ, 我れ, 我を, 我等の, 支那の, 本能の, 次の, 死の, 汝が, 汝に, 玄妙の, 現在と, 皆この, 目眩めく, 真面目に, 神は, 稚き三歳, 終止言として, 美くしとにも, 能く, 茲に, 誠か, 誤なり, 責めてもの, 貴嬢, 輒く, 重井と, 音なき, 餘り

1 [835件 抜粋] ああその, あたかも砂中, あの人, あまりに酷, あやしき臭, あるじが, いさ, いたく違, いとやすき, いと易き, うたの, うつくしき曙, え堪うまじく, おぼろげながら, おもたく沼地, かしこにては, かつて御身, かならずよく燃ゆ, かようなる殊勝, くるりくるくる水車, こなたに, この世界, この妻, この山, この物彼, この話, この贈, これは, これ場所を, さきに, さばく所, ざるが, しい風, したもの, した様子, した眼つき, してるやう, し出したやう, し始め背後, じつにたとえば, すべて御, する空気, その人, その姿間, その子孫, その年, その源, その甲斐, その餘, そはと門の, そはと風も, たえず死ん, ただ人間, ただ大体根本, ただ怨恨, ただ皮相, たま, たまたま隆運, ついてるうち, つた, つたので, ともあれ今, ともかくも, どの大臣, なれが, なんじの, なんぢらの, ぬ心, はじめの, はなはだよろしから, ひとり名のみの, まことに好き年紀, まことに美しい, またいかに, また別に, また百千, まろみある, むしろ單調, もちろんの, やがて, やつて, やはりふるさと, よき事也男, よも眞面目, りて, わが, わが今, わが先見, わが好む, わが心, わが思う, わが思ひめぐらし, わが泣蟲, わが海, わが爲め, わが用, わが目, わが祕事, わが血潮, わが見, わが語る, わが郷土, われに, われのみ, われ知らでありしに, われ等の, われ若し, アウレリアの, アケロンテの, イスラエルの, エスキモーが, クリストの, シケオと, ダナオイ諸, ドメニカが, マヨイガなるべし, レートーと, ヱズヰオの, 一には, 一体何者, 一個の, 一本質の, 一般の, 一輪二輪の, 丈夫を, 三年も, 下に, 不幸な, 不折君が, 不謹慎なる, 与えら, 世におそろしき, 世に殘, 世の, 世間幾多の, 両三日前妹, 主の, 予が, 事を, 二つなき, 云ひ, 五体の, 京都の, 人々の, 人々皆, 人は, 人殺す, 人生と, 人顧み, 今の, 今尾夫人が, 今日の, 今更云々, 他にも, 他の, 他年わが, 他日機会を, 似たりけりかの, 何にを, 何ぴとにも, 何ものにも, 何ゆゑ, 何れの, 何事かしら, 何処ぞ, 何故の, 何日なりや, 何色と, 余りに公明, 余りに親権, 例も, 例外に, 信じ難い, 信仰が, 俳優の, 俳句に, 僕は, 僞善者の, 兄貴真実に, 光あり, 兎まれ角まれおん身は, 兎まれ角まれこの, 兎まれ角まれ小児の, 兎まれ角まれ此畫に, 兎まれ角まれ逍遙子も, 全く, 全く少佐, 全然單調, 其の事, 其罪に, 冗談として, 冷やかに, 別けて, 別事に, 到底如実, 前の, 前年の, 効果ある, 動き廻つてゐる, 勿論なるべし, 午後なる, 危し, 即ち無韻, 即興詩には, 又いかに, 又何處, 又輒, 又髀臼, 友の, 取立てて, 古池の, 古色蒼然たる, 只奇しき, 君がたへ, 君の, 命にも, 唯画中の, 唯腕力, 啻に我等, 單に, 土器表面押し付け, 地方の, 基督教信者たるを, 壯嚴なる, 外形の, 多の, 多情多恨なる, 夢なら, 大いに研究, 大きな間違い, 大なる誤なり, 大文明, 天に, 天災か, 太祖の, 夫婦なる, 好き見ものなるべし, 如何なる妙文辞, 如何なる御用, 如何やう, 妾に, 妾の, 婦人の, 婦女子に, 嬉しさ, 子規子生涯を通じて, 學者の, 宇宙の, 宛ら古, 実に危急, 実に嬉しき, 実に持てる, 宣ふところの, 宮室に, 家を, 宿老の, 寧ろ作者, 寶暦書目に, 対手の, 將に, 專横の, 導く者, 小説家自身の, 少女が, 屋内の, 屡々萬物, 山より, 巡礼の, 巧妙を, 巨いなる, 市長の, 常に一瞬, 常に在りき, 年来の, 幾代隔てつ, 幾何學的の, 弘法大師の, 彼ら三人も, 彼エムピレオの, 彼二の, 彼等こころゆく, 彼等は, 彼若き, 待たれます, 後に, 後神, 徒に煩, 得ること, 御懸念, 御身の, 復活し, 心たしかに, 心の, 心安かれ, 必ずしも漠然たる, 必ず吾人醒覚, 必ず寒氣, 快楽への, 思ひ湧き出でて, 思へば, 思慮深き, 怪からぬ, 怪しからぬ, 恍惚なれ, 恐ろしき, 悲しき極み, 悲しくむつかしき玩具ゆゑ, 意匠の, 意志は, 愛づるに, 愛外部より, 愛欲の, 慰めを, 懐しく寂しきゆふぐ, 成功の, 我がか, 我が爲め, 我が番附, 我が首肯, 我とても, 我に, 我よわき, 我上と, 我平生の, 我意志の, 我搖籃の, 我是時身を, 我等かの, 我等壞れし, 我等路の, 我見かつ, 我過, 我面色の, 或者これ, 戰爭中徒然の, 所謂日の, 折を, 拍節の, 拙き申譯, 損得の, 故郷なる, 故郷を, 教育といふを以ての, 文学に, 断じて事実, 新しと, 日暮れて, 日輪の, 旧作家, 旭日の, 明るき遠方, 明朝に, 易きこと, 昔より, 昔われこそ, 春せまき, 時代の, 時頼の, 暗きみどり, 曙か, 曽て, 最も小, 月並派の, 望と, 未だ一つ, 未だ日, 未だ生, 杜撰彼篇の, 杳として, 果して如何程, 某といふ, 極めて安易, 極めて少数, 極めて細か, 歌の, 正にこの, 此所に, 此處より, 死せり, 殆ど無意義, 比較的軽微, 気も, 永く家庭, 永遠に, 汝には, 汝も, 汝らの, 汝を, 汝目を, 汝等より, 汝自らの, 汝自身の, 江戸とは, 江戸時代の, 決して延ばすべき, 法皇の, 洪大, 深き深き問題, 滿潮の, 熱ある, 熱の, 熱情は, 燃ゆる, 片側には, 物を, 猛勇の, 猶肉身, 理なき, 理性を, 甘くたのしきもの, 生き, 田舎廻りの, 男女いずれにも, 留まりて, 畢竟夙に支那, 白き日, 皆われに, 皆われ等の, 皆君が, 皆物好きなる, 皆病める, 目を, 直観と, 眞處女, 真処女, 知らじその, 知らじ然, 知るべきならねどなど, 神なり, 秋山の, 空想と, 立つて, 立つ心, 童, 第一, 筆を, 精妙に, 糞づまりなるべしといふもあれば尻に, 紅の, 経済組織の, 維新の, 繃帯取, 習慣による, 老医師ワルテル・ブラウネル氏, 耳をと, 聞きもの, 肉體の, 胸の, 自分らの, 自然の, 舟も, 薄き香, 血の, 衆愚を, 街の, 裁縫機械の, 西郷よりも, 要するに遂に表面, 親しく海, 訝か, 許婚ある, 詭弁の, 説法なく, 誰なりしか, 論理に, 諸, 諸君が, 赫灼と, 輕, 近づく者, 逍遙子の, 遂に効, 遂に大, 運命の, 遮ぎられたる風, 遮られぬ光, 酸きソルボ, 重井には, 重量なき, 金銭あり, 鉛筆取り, 銀製の, 閉されし關門, 閨情懷古伊太利風土の, 闘争であり, 陽暦を, 隱し, 難渋き, 霊性の, 青ざめし肉塊, 青銅に, 面白からん, 頗る疑, 顧みるべき事, 飯粒もてつくる, 馴染みたる黒猫, 驅り, 高きより, 鵙の, 黒く煤

▼ そ~ (497, 4.7%)

9 のもの 7 にもこの, にも主君 5 にけり, にもその, の旅, の病 4 にも天下, にも敵, にも母, にも自分, の, の夢 3 にも, にもかかる, にも主人, にも人, のこと, のなやみ, の別れ, の風邪

2 [29件] にいひすてたる, にし, にひとつ拾ひつ二つ三つ拾, にもこれ, にもご, にもせよ, にもそれ, にもひと, にも世, にも女, にも幸福, にも御, にも教育, にも火, にも遊ん, に作りおく, のお, のたわむれ, の世, の出来心, の契り, の好奇心, の恋, の情, の成敗, の涙, の縁, の言葉, の関守

1 [348件] が楽天地時代, とあれ, というもの, と來, と悟り, に, にうち, にお, におん身慕, にき, にこの, にせよ, になく, にな思ひ, には使, には申されませぬ, には申しません, にまでうたわれる, にもあり, にもうごかない, にもお, にもおれ, にもお前, にもお姫様, にもかつて, にもこういう, にもここ, にもそ, にもそなた, にもその道, にもそんな, にもたわむれよう, にもできない, にもどちら, にもに組, にもの, にもひと度, にもまだ, にもみだりに, にもわが, にもわが子, にもわたくし, にもゴルフクラブ, にもノールウェー, にもハシタ, にもヘタ, にもミダラ, にもヨタモノ的結合, にも一つ, にも一夜, にも一日中, にも一重, にも上, にも不敬不浄, にも主筋, にも事, にも二人, にも二本, にも五万石, にも京, にも人手, にも人生, にも人間侮蔑, にも今日, にも仏, にも仕返し, にも何たる, にも俳句, にも備前, にも傷, にも八人殺し, にも兵法者, にも冒させなかった, にも冒す, にも出かける, にも前, にも剣, にも勅使, にも勇み立つ, にも動かさず, にも勝頼, にも千坂家, にも博士, にも叔父賀相, にも取返し, にも口, にも口先, にも吉岡門, にも名門, にも君, にも呉, にも嘘, にも大, にも大望大言, にも大言壮語, にも天子, にも天朝, にも女流作家, にも嫁入り前, にも學問, にも宋朝廷, にも宗厳, にも官能, にも室町将軍家, にも害心, にも家, にも家臣, にも寺社奉行さま, にも将, にも小野次郎右衛門, にも山賊, にも帝以外, にも師, にも当館, にも彼, にも御府内, にも思う, にも思想, にも恐怖, にも恨み, にも悪事濫行, にも悪感情, にも手かげん, にも手ぬかり, にも抱いた, にも招かれ, にも掠め盗らず虐げず, にも政府, にも数日陣地, にも敵方, にも暗殺, にも暴漢, にも曹操, にも朝, にも朝命, にも朝廷, にも本位田又八, にも束脩, にも正, にも汚らわしい, にも江戸表, にも海, にも源中納言, にも源九郎御曹子, にも父, にも物, にも生きる, にも生き伸び, にも用, にも申得, にも男子, にも異議, にも疑わしい, にも発きうかがう, にも百両, にも百年千年末世, にも目前, にも目明したる者, にも直参旗本, にも真剣, にも神様, にも私, にも私業, にも秋元六万石, にも科学, にも笑, にも筆者, にも約束, にも美しい, にも義朝, にも義理, にも羽柴筑前守さま, にも考え, にも聴き逃さなかつた, にも腕, にも腹, にも至尊, にも致せ, にも芸術, にも若様, にも荒々しい, にも菊亭右大臣家, にも著作, にも虚偽, にも虚無観, にも衒気, にも衣服, にも西, にも親, にも謙蔵, にも警察当局, にも賄賂, にも賊, にも身, にも軍令, にも軍令状, にも軍門, にも退かれ, にも逆, にも遁, にも過っ, にも道場破り, にも重き, にも金山, にも鐘巻, にも関守, にも防備, にも音信, にも領土, にゴシップ, に主膳, に伝うる, に作りたる, に入りこみたる, に出逢うた, に叱りうべし, に向い合っ, に唯五六枚, に土水火風, に太郎左衛門, に対すれ, に忘れ, に思う, に思ひついた, に戯れない, に振り上げた, に摩擦, に敷いた, に星讃め, に書いた, に来, に構えた, に歩く, に無念無想, に現実的, に男, に疑われ, に相, に筆, に考え, に草, に行っ, に親しんだ, に言, に読ん, に讀ん, に貼った, に逃すまい, に造り上げられる, に進まれる, に邪魔, のいきさつ, のいと, のかり, のこの世, のただ, のなやみなる, のみる, のめぐり, のわかれ, のホヤホヤ, のポーズ, の一小説, の不審訊問, の世評, の世間態, の事, の人, の人事, の人影, の仕事, の偶然, の傷, の別, の友, の咳一つ, の在京, の垣根, の場, の場末, の契, の好奇, の始終, の娯楽, の媒妁役, の存在, の安逸, の宿, の幕, の干柿, の影, の御事, の心理, の忌み, の思ひつきなるべき, の恋人, の恩, の患い, の悲しみ, の情人, の感冒, の戦雲, の戯れ, の戯事, の戯言, の拵え事, の旅人, の氣分, の清純, の漂浪者, の火, の煩悩, の物, の物詣, の犬, の生, の町中, の病い, の病気, の百姓一揆, の目的, の立居, の第, の絆, の綻び, の興味, の色, の薔薇, の観察者, の訓戒, の試合, の誓い, の論評, の遊び, の遊び事, の道づれさ, の道中づれ, の道案内者, の道連れ, の長居, の閑者, の雑談, の雲, の風流, の飼主, の骨董いじり, は当時, は近江さま

▼ そ~ (345, 3.3%)

7 譬ふれ 5 いかにと, 何ぞと 4 一粒また 3 如何にと, 見て, 誰か

2 [18件] きけば, 人生の, 何ぞ泣き枯らす, 外に, 幸ひと口もとに, 思へば, 我に, 掛け, 早稻田流, 神に, 繞る, 聞きて, 胸の, 見つつ, 見る歯痛, 速に, 鑄し, 預言し

1 [279件] あづかりて, あとに, いかばかり聖なる, いづこと, いまし見あげたる無心, いまの, うか, うち棄て, おきて, おし禁め, かしけれ, かみて, きみの, くみあげる, こ, ここに, さへ, して, そを, たどれば, つとそ, つと扉, とりて, とるの, まづ, めぐり秋, めせかく, もて万, やう, やきて, ゆるし給はず, よむと, ら遣ら, アカイアの, トロイアと, ヘクトール抱き, ヘクトール見る, 一す, 予期せし, 云う能わざりき, 人々は, 今思し, 仰ぎ見つつ, 何と言, 何故と, 何故とも, 信ずるもの, 信ぜよ, 借り給, 假面と, 傳ふ, 傳令は, 償い得べし, 入れます, 六日間に, 具体的に, 写させしが, 冷くも, 功あり, 勧め候, 包む光, 十字に, 千尋の, 取りて, 取り上げて, 取り出し鬢毛, 受くる, 受けぬそ, 受けんと, 受取りて, 口に, 句と, 可笑しと, 叱咤する, 右手へ, 同僚の, 吸ひぬ, 吹聽せんも, 告げんため, 和女忍藻も, 咎むるの, 咎め言葉, 哀れとは, 哺むものは霊に, 唇に, 問は, 問ふ, 善しとは, 嗅げば, 嘲み, 填めん策, 外人に, 天上に, 天賦の, 奉らせ給, 如何と, 妨げん心, 嫌はず, 學びて, 家の, 尋ねら, 少し爽, 屍の, 履行し, 布に, 建立せよ, 引き入れて, 強いて, 待つ者, 思ひいづるごとに, 思ふに, 恨みん謂れ, 悔い居るなり, 悔ひ憤る, 悟る, 悪く言, 悪く言いたる, 悪として, 惜しみ恥じ悔いその, 惡しき事と, 想起す, 愛人の, 慰め參ら, 憂へずして, 憎しとおも, 憐れとは, 憾みと, 懸命に, 我が額, 我れ, 我敢て, 我迷ぞと, 戰場の, 戲文を以て, 手にと, 手の, 打倒さんと, 把り, 拔け, 拾ひ, 持ちて, 持つこそ, 指し示して, 捕へて, 捨てて, 掴んで, 擒に, 支へ, 放棄する, 救ふべき, 教へ, 数へて, 明に, 時代別に, 暗に住む, 曲げて, 最も確実, 最初に, 望む, 果すべき時, 根こそぎに, 棄てて, 棄て去りしといふ, 槍飛ばし, 樂み, 横領した, 殺す所以, 母上に, 気付くべき庄太郎, 洩れて, 深く信ずる, 減ず, 火の, 無上の, 無残に, 牧人は, 猶太, 獻らんと, 玉腕の, 玩ぶ男, 環れり, 用いんや, 用うべし, 申す者, 疾風の, 登る人, 皆おん身に, 目印に, 看んとて, 看破する, 眺めたるオヂュシュウス, 着て, 知らぬ, 知らむことを, 知らむとする, 知らん, 知りつつ, 知るが, 知るや, 知る者, 祝ふ, 神聖視する, 神速の, 禮物を, 稀に, 穴穗箭と, 童貞なる, 籠の, 籤に, 納受せず, 縁起まで, 繋ぎて, 罵るも, 羅馬の, 翻りて, 聞かん願ひも, 聞くに, 聞てかの, 聴きに, 聴けば, 聴けよ, 脛甲の, 脱け, 脱せるの, 莫大に, 襲ひ, 西風の, 覆ひたるは, 見, 見きとの, 見ざるにや, 見ざる者, 見せじとて, 見つ, 見むと無益, 見るが, 見ると, 見るに, 見るは, 見るを, 見るヘクトール, 見れば, 見下しながらに, 見送らんと, 見遁, 言ふ, 評論せん, 試みさせたまひ, 認めざりしにや, 認めたるチュウクロス, 語らふ折, 語るすべ, 読まば, 読めば, 誰と, 諾は, 讓り, 負ふ, 賣りて, 超えしめぬ, 越ゆれ, 路費として, 身を, 迎ふと, 追える数多, 追はず, 追ふと, 透きて, 速かに, 遠ざけあるじ, 釣り挙げし来歴, 鉢に, 降る身, 集へ, 飮ま, 馭する, 高くかざし, 高らかに, 麻続

▼ そない~ (333, 3.2%)

15 いうて 13 なこと 10 な事 6 云はんと 5 にし 4 してる, にいう, 思うて, 思たら 3 いうと, いわれても, なって, までし, 言はんと

2 [22件] いうても, お云, しとい, するの, するわ, な時に, にたんと, に二人, に何遍, に執拗, に妊娠, に気, までに云, 云うてなあ, 云うとい, 云はれたら, 云や, 何遍も, 孰方かに, 思うの, 思はれたら叶ひま, 言うたか

1 [209件] あらすみませんテ, あるもん, あんじょう欺す訳, いいましたら, いいまして, いいますと, いうけど, いうたらこの, いうたらその, いうたらギリシャ, いうたら何, いうたら光子さんとこ暇, いうの, いう人方々, いやは, いわすよう, いわれたの, いわれたはずみ, いわれたら, いわれたらああ, いわれたらきっと, いわれたん, いわれてからも, いわれる日イ, いわれる時分, おいい, お互に, お怒り, お談義やつ, お預り, きっちりと, くどくどい, さし, さすよう, させるの, したげよ, したの, したらえ, したらなんぼ, した方, しといたら, しましてん, しましょう, しようか, すると夫, すると私, する訳, せんかって, せんかて, なうるさい, なお洒落, なこたあら, なったらあんた, なったらも, なったら僕, なったら困るやろ, なったら園子さんヤケ, なったら堂々, なってしも, なっても, なとき, なところで, なものミソカ, ならんうち自分, なる運命みたい, なパァティ, な不確か, な事云はん, な大根おろし, な姿, な家, な工合, な心配, な悪口, な惡口, な憎まれ口, な戯談どころ, な格好, な片意地, な物, な訳やつ, な話, に, にあれへん, にいわれ, にいわれる, にくよくよ, にこっとう, にしてやる, にせん, にはれがましゅう, にまで憎い, にまで東京, にや, にギャアつき, に一々, に三ぴん三ぴん, に不憫, に云わんで, に仰しやらん, に僕, に力んだ, に厭, に君吃驚, に女, に威張りな, に寒, に小山田, に希望者, に弱い, に御, に思い込ん, に急, に息切, に打擲, に束縛, に東京, に深い, に疑ふなら, に立っ, に美人, に自分幸福, に興奮, に見る, に言う, に言われる, に走っ, に遠慮, に雪, に騒がれてよう, に麓, に黄色い, ひがんでん, まで綺麗, めくらめくらい, やすやす手エ, ゆっくりしてられへん, よう知っ, ウソつきみたいとも, エゲツの, 一遍に, 事どしたら戴い, 云い出したらあかん, 云うけど, 云うたか, 云うて, 云は, 云われますの, 仰山に, 仰有らんと, 仲居さんが, 僕に, 光子さんは, 分るか, 厭がる, 喜びもせえしませなんだのんで二人も, 喰べたら薬利けへん, 図星刺されたら, 大胆に, 好きと, 弁解せん, 心配やったら, 思いたいの, 思いはれしまへ, 思いまして, 思うこと, 思えしません, 思たのん, 思たのんです, 思て, 急かしたかて, 急から, 急かん, 愛されてる思えしませんのに, 慌てるにも, 戦死したい, 所へ, 散々利用しられ, 極らずとい, 極端に, 理想通りに, 申しときます, 申しましたけど, 短気な, 私を, 端の, 考えてたいい, 考えまして, 聞いとります, 自分で, 自分の, 芝居を, 表ばかり, 見えたん, 言うて, 言うてからに, 言うてるの, 言うと, 言ったらそ, 言はんかて, 言わはる口惜, 語り口やと, 違うか, 遠方だつ, 都合よう親欺し, 重大な, 金, 頼りに, 鹿児島が

▼ そとへ~ (332, 3.2%)

54 出て 15 出た 11 出ると 7 でて 6 とびだして 4 出ました, 出ようと 3 とびだしました, 散歩に, 飛びだして, 飛び出して

2 [16件] でたとき, でたの, とびだすと, とび出して, まわって, 出して, 出たが, 出ること, 出るの, 出ろ, 持って, 来て, 消えて, 逃げて, 連れ出して, 駈け出して

1 [187件] あらわし庭, いくよう, えらく大勢, おりて, お出かけに, お母さんと, かけおりた, かけおろして, かけて, かれを, この松王, こぼしつつ, これを, ころげ出たよう, しのびこんで, じっと目, すがた, すてました, たぐり出す, たちさりました, たらして, ぢつと, ついたの, つきとばされた事, つき出すよう, つりさげた, でたよう, でたら気, でました, でる用, とびおりて, とびだしそのまま, とび出し昔, ながれだす光, なげて, なぞ何らの, なぞ出たくありません, にげだすはず, ぬけだせるの, のこして, はい出したの, はこびだして, はこびだし快速艇, はみ出そう, ひかれがち, ひきあげて, ひきずって, ひきずりおろしました, ひき出し首, ひっぱり出しながら, ひょこりと, ふみ出させはじめた, ぶらぶらと, ほうりだして, むかって, もちだされたの, もれたらしく関係者たち, もれる心配, やってきました, ゆく遊ぶ金, キャンプでも, 一寸出, 一足出る, 並んだ, 人形を, 來て, 出かけるの, 出させて, 出すの, 出たいらしい, 出たかと, 出たたび, 出たの, 出たらぼくら, 出た園長, 出てからも, 出ない, 出ないこと, 出ないん, 出なかったと, 出まい, 出ますと, 出も, 出ようとして, 出られないし, 出られないと, 出られないという, 出られなくなって, 出られぬこと, 出られるでしょう, 出られるみこみは, 出られるよ, 出られるらしい気配, 出るはず, 出るよう, 出るらしいのよ, 出る時, 出る者, 出る角石, 出れば, 出ろそとへ, 出掛けるん, 到着し, 力いっぱいなげだし, 助けだしました, 去った, 去って, 取出すの, 吊り下って, 向かって, 吹き煽ったもの, 呼びかけました, 大股に, 廻れそ, 廻れ人間豹, 引きずりだしました, 引きずりだそうと, 引きだされたあと, 引きだしたの, 引きだすの, 我知らず手を, 手を, 投げとばして, 抛りだして, 押しだすもの, 押し出すよう, 持ちだしたいと, 掻き消えて, 枝垂れ出したの, 歩いて, 歩きだして, 気を, 消えた, 消えると, 犬ッころの, 現わし, 疾風の, 神経を, 突き出した木々, 突き飛ばしたうえ, 紫苑コスモスそして, 置いとくつもり, 置く入る, 膝を, 落としても, 行って, 表現する, 袋の, 見に, 親しんで, 走りだした, 走りだして, 足を, 踏み出すと, 軋み出す, 近づいて, 追いだして, 追ひ出し, 逃げさりました, 逃げたぞう, 逃げたらいい, 逃げだしあと, 逃げだした, 逃げだしたとき, 逃げだしたの, 逃げだしました, 逃げだすこと, 逃げだすつもり, 逃げだそうと, 逃げなかった, 逃げは, 逃げるほか, 逃げ出したい衝動, 逃げ出そうと, 逃げ走りやがて, 通じて, 通じるところ, 連れて, 運び出しあまり, 預して, 飛びだそうと, 飛び出しかけた, 飛び出した, 飛んで, 駆け出す, 駆け出そうと, 駈けだしましてね

▼ そとに~ (296, 2.8%)

15 出て, 立って 8 出た 5 出ること, 出ると 3 ついて, 一台の

2 [16件] いだせる時, でて, でました, でると, 出して, 出しながら, 出たらうらら, 出る, 向けさせて, 待って, 立った, 立つて, 見えて, 見はり, 足音が, 餅搗く

1 [210件] あったの, あった熊手, あっても, あますところ, ある古い, あわただしい物音, あわただしい足音, あんじて, いたもの, いたん, いた店員, いた楊大臣, いつからか, いて, いるぞ, いるだん, いるやつら, うずくまったまま, おおぜ, かけだしました, かさなりあって, からだを, きえて, けたたましい鈴音, こさして, した屏風, して, しめだされた海底超人, しゃがんで, じっと気, じどう, すだく虫, すてさせそれ, すばやい一べつ, せわしく小刻み, そそいで, だしたまま閾, だして, ちょっとわけ, つぎつぎと, つづくポーランド, つないで, つれだしました, でた, でたくな, でますよう, でれば, とつぜんたくさん, とりつけて, とりのこされあっち, とり出して, なにか音, なるよう, のこして, のこって, はこびだすの, はみ出て, ひときわめだっ, ひとり年より, ひとり殘された, ひびいた, ひる餉, ひろがりつ, またし, まちぶせして, まわれッ, むけて, もらして, よく気, わかるべきこと, わたくしを, ゐて, ゐました, ゐます神達, ウロウロし, カチカチっていう, キラキラする, コンクリートの, コンクリート塀の, テイブルや, ピンセツトで, フランス風に, ホースを, ボウッと, ルンペンみたいな, レンガ積みの, 中村係長と, 丸い小, 二三の, 二人の, 伝えられ警官隊, 佇って, 佇んで, 來て, 出しよちよち, 出たが, 出たの, 出たらいい, 出たらどう, 出た人, 出た頭, 出ました, 出ようと, 出られない, 出られなかったらなんにも, 取り残されて, 向けて, 吹きあげて, 夕やみが, 夜が, 夜光の, 大入道の, 大勢の, 天水桶が, 夷のう, 女の, 妙な, 存在する, 寄りそって, 寄席の, 寝そべって, 小さくなっ, 小れ, 居た時, 峰丹波を, 床几を, 引きずり出されて, 引き出し後陣, 引っぱり出されて, 待ちぶせさせて, 忘られ, 忘れないで, 息を, 感じられた, 手が, 打ち萎れて, 折り重なる人, 捨てるや, 控えて, 掴み出しさも, 放して, 放つた, 日に, 映して, 木の, 杖を, 棄てて, 楓の, 歌の, 気を, 永く立っ, 求むれば, 没し去ろうと, 泣くよう, 溢れたる, 漏れて, 潜航艇が, 濡れ縁が, 燈火が, 物干, 物思いの, 現われた行動, 畏まって, 番を, 突き出すあたり, 立たせて, 立ちすくんで, 立ちどまって, 立ち出て, 立ち居し, 立ったの, 立つたこと, 笛は, 緑川夫人が, 置いたランプ, 老女の, 育つて, 背なかを, 自然石が, 葬りし結果, 見えるすべて, 見える土壌, 見せた, 見た, 誰ひとり, 走り出て, 超然と, 踏み出す, 踏み出せば, 連句が, 遊んで, 過ぎないの, 遣ったが, 酸素も, 鉄のと, 銀仮面が, 隠しきれるもの, 隠して, 雪が, 電灯を, 静かな, 顕れたが, 飛びだした, 飛び出した, 飛び出して, 食べものが, 食み出させて, 飼ひ置く, 黒い外套, 黒山の

▼ そ~ (287, 2.7%)

13 ちへ 11 とし 5 と目, ぽを 4 けなく, ちに, ちを, と来 3 とお, と手, と顔

2 [14件] ちは, とぬけだし, と中, と坐っ, と塀, と家, と席, と抜けだし, と梯子, と裏, と見, と身, と部屋, と首

1 [200件] いうて, くりあげて, くりあの, くりくッ, くりその, くりつかまえるという, くりやるわけ, くり直した見返り, くり貰うこと, くり還して, けない, そんなに急い, そんな呑気, たもの, たらお礼, ち, ちこ, ちじゃ, ちだ, ちで, ちでは, ちでまた, ちでヤボ, ちで嫌っても, ちで苦笑, ちには, ちのけだね, ちへは, ちへも, ち退けに, つたっての, てばかりい, でもこないだ, とあけた, とあと, といった, とうかがっ, とおくれ, とおばあさん, とお札, ときい, とこの, とさがっ, とさぐっ, とささやいた, とさびしく, としていま, として置い, として置く, としまっ, としめて, とその, とそのまま, とそむけた, とそれ, とつい, とつかん, とつけた, とつけ加えた, とつつましく, とで立ち直る, ととっ, ととりだし, とながめやった, とねじり, とのお, との事, との驚き, とまぎれ込んだ, ともとのとおり, ともらす, とやわらか, とようす, とイナリ, とオレ, とシンバリ棒, とドア, と一本, と三吉, と上様, と下, と主人, と二階, と体, と例, と傍, と元, と元通り, と入り込ん, と其の, と其剣先, と内儀, と冷蔵庫, と出, と切っとい, と切支丹屋敷, と半平, と取, と取退け, と叩いた, と吉里, と告げ, と呟, と呼ん, と埋め, と塗りつけよう, と夜逃げ, と寝, と屈ん, と左, と差置い, と広前, と庭, と引っ張っ, と後, と忍びよっ, と忍び寄っ, と忍ん, と急報, と懐中, と戸板, と戻っ, と戻つ, と才蔵, と抜け出し, と抜け出した, と抜出し, と抜足, と披, と押入, と拾っ, と持ちだし, と持っ, と指さした, と捉え, と掌中, と掻ッ, と握っ, と撫で, と撫で廻し, と放っとい, と根こそぎ, と様子, と横, と櫃, と氷枕, と涙, と温かい, と爪, と産んじまいます, と眼, と瞼, と社員, と私ンとこ, と突い, と立ち上がっ, と立ち上り, と立っ, と竹童, と納屋, と膝, と蛇, と行, と行っ, と行灯, と袖, と襖, と襟, と見くらべた, と見る, と覗く, と親子, と訪ね, と課長さん, と買っ, と足もと, と足音, と逃げだそう, と透見, と這いあがる, と這入っ, と連絡, と運ばせた, と道場, と遣手部屋, と重蔵, と門, と開け, と間, と障子越し, と隠し, と隣座敷, と領, と頤, と頭巾, と食物, と馬小屋, ぽう向い, ぽへ, ぽ知らねえ

▼ そとの~ (250, 2.4%)

9 廊下に 5 景色を 4 廊下には 3 地面へ, 廊下を, 景色に

2 [12件] 大群衆, 廊下から, 廊下で, 廊下へ, 森の, 空気が, 空気を, 縁に, 闇に, 闇の, 青い世界, 風景を

1 [199件] あかりを, あらゆる市民, いろんな草花, けしきが, こととして, ことには, ことの, さわぎに, ずっと遠い, たひらな野原, つみごえ, つり橋を, でんき, ところだった, ところで, どこかに, どこからか, ふたりは, まのあたりを, ま内, みすぼらしさ, みどりの, ものとして, ものに, ものを, もの悲しみの, ようすに, ようにも, ガラスしょうじが, ガラス戸の, コンクリに, チカチカ光る, フラム・フリスタ・スパシーチェリヤの, マロニエの, マンホールを, ヨーロッパ諸国の, レストランかい, 一味に, 一味の, 世界さ, 世界でも, 世界には, 世界を, 丘の, 二番原へ, 二週間が, 井戸の, 京極能登守の, 人々の, 人は, 人声は, 人間である, 伊吹大作は, 低い鉄柵, 倉前に, 借金ぐらいは, 借金だけは, 兄弟は, 光は, 冷えびえとした空気を, 刑事が, 原っぱで, 原っぱな, 原っぱに, 原っぱには, 原っぱの, 原っぱを, 噴水を, 国から, 地中に, 地面で, 地面は, 墓地には, 壁からは, 壇の, 声に, 声は, 夕あかりが, 外光を, 夜の, 大きな星, 大衆から, 大通りには, 大通りへ, 大雪も, 女が, 女子供, 姿は, 定紋が, 寒いとこ, 小さいバルコニー, 小縁, 屋根を, 山地の, 帝国主義の, 広場に, 広場は, 広場を, 庭が, 庭に, 庭先で, 庭先に, 廊に, 廊下では, 彌次馬も, 影が, 彼方に, 往来に, 往来へまで, 往来や, 恋しかった, 或る, 扉を, 掘割には, 数万の, 敵は, 方に, 方へ, 明るい光線, 明るい日光, 明るさ, 景色などに, 景色は, 暗い廊下, 暗がりが, 暗やみの, 暗闇には, 木の, 本所松阪町に, 枝に, 柱や, 桃葉珊瑚の, 森に, 椎の, 様子を, 樹の, 母の, 水ために, 池の, 流れ去る, 浜千さとの, 濃い緑, 濃い闇, 物音に, 物音も, 犬ご, 現在の, 用事が, 男に, 異様な, 畳へ, 石ころ道も, 石垣を, 石段の, 磧を, 空中に, 空気は, 篝屋, 細廊下, 緑を, 緑樹や, 緑草は, 縁側を, 群衆の, 群衆は, 群集には, 群集は, 者には, 草の, 葭簀に, 蒼い波風, 虚空へ, 虫の, 複雑な, 見えない, 見まわり, 警官に, 路を, 路地から, 車座の, 運動場で, 過去と, 道を, 道路に, 道路まで, 道路を, 部落じゅうの, 銀仮面と, 長屋暮しの, 闇を, 雑草の, 雨戸の, 雨脚を, 雪景色を, 青葉でも, 風が, 首尾の, 高い土塀, 高松水色に

▼ そ~ (184, 1.8%)

5 そや, ないと, なア 4 なあ, よつて 3 おまへん, な, ないか, またいつか 2 けどお, けどそれ, ないよ, ねん, よってうち, 夜ぶりの, 昔の

1 [135件] あんたの, おもしろとを, お前らわいを, かって二時過ぎ, かって美術品, かて, かてあんな, かて一昨年, かて上海, かて今晩, かて先生, かて含羞, かて大塩平八郎はん, かて嬰児, かて待ち, かて校長先生, かて私, かて見, からあんた, からお, からお金, からこの, からど, からどうも, からもう, から僕, から子供, から帰っ, から昼間ハナヤ, から病気, から自分, けどあかん, けどあすこ, けどあまり, けどあんた, けどあんたはん, けどお前, けどかうなる, けどここ, けどこないだ, けどこんな, けどそ, けどそら, けどそんな, けどちょっと, けどぢ, けどなああて, けどなああんた, けどなあそ, けどなあ御, けどなんにも, けどほんま, けどま, けどまた, けどまア, けどやっぱ, けどタバコ, けどプラトニック, けどモデル, けど万一, けど三野村さん, けど乞食, けど云, けど今, けど何, けど何だ, けど僕, けど出, けど可哀相, けど大, けど感心, けど拙, けど毎日, けど瓦, けど私, けど結婚, けど美津さん, けど親御, けど金さん, けれどあ, けれどお, けれど惚れた, この手, これで, それが, つめが, ともあ, と問ひも, と見廻す, と言, なああん, なあどっち, なあなん, なあ塗下駄, ない, ないかと, ないねン, ないのん, ないもし, ない人, な体裁, ね, ねんし, ねんて, ねんわ, のに, のに何と, のに恩知らずめ, のん, の一もと, み吉野, もう一ぺん渡辺橋イ, よってにもう, よってに会う, よってに何卒, よってに気の毒, よって仲, よって大抵, キビスを, バグダッドの, 今日から, 判ったと, 彼かと, 彼たそがれの, 彼れ, 思はれ人, 板壁などは, 棊局の, 沙原も, 湧きか, 皆克く, 薩摩や, 青春や, 風を, 食べたあと

▼ そ~ (183, 1.7%)

13 上に 3 下に, 傍に 2 なすまま, ひに, ひには, 持ち分けて, 最終の, 海山, 犠牲に, 表心あらはる, 郷国フランドルの, 黄に

1 [144件] あたかも火, あとに, あなことは, あなことよ, あなこと僕が, あなまだ, あな男とは, あな男は, あな馬鹿な, けたたましさ, ことわり分ち得ん, これに, さきに, ためいよ, のぞみに, ひなる山, ひにか, ひの, ひみに, ひを, まうへ, もとに, ゆへに, りょう恐ろし, るる, マリアに, 一人に, 一人は, 一個の, 一種特別の, 上おん身は, 上にかの, 上には, 上の, 上を, 上コンスタンチヌスの, 上君が, 下方に, 中に, 中を, 中ニ, 人間自由の, 信用を, 働きの, 儘街を, 兄の, 出立ちし處, 分身なる, 初めての, 初めの, 前に, 前を, 創始時代の, 半生の, 厳めしき制縛もて, 呟きの, 噴泉の, 四肢には, 壮麗と, 夢の, 夢ふかき, 夥伴なる, 天上に, 天心を, 天稟の, 奥津城どころに, 好める囲碁, 妻と, 妻との, 姿を, 宮殿に, 容色に, 尊き讚美, 平素日常の, 弟子の, 復活を, 徳に, 心, 息吹きもてゆるやか, 悶々の, 成功する, 指に, 文章中に, 日光山の, 日毎に, 日用普通の, 明媚なる, 本性の, 来むをりをこそ俟, 果して古来, 果樹園に, 枝の, 歓心を, 正義もて, 母は, 汝の, 浪に, 清澄もて光り耀く, 準備を, 準備時代として, 煽動の, 狂暴の, 狭隘の, 王の, 珊瑚の, 甍の, 畑に, 異腹の, 目は, 直接の, 眼中に, 督責状なりとて, 空なりしごとく, 空の, 細君すらも, 絶頂にも, 縄目をば, 罅隙より, 翼を, 背後の, 胸には, 胸の, 腐爛したる, 腕に, 葉の, 蒼曇る, 蔭に, 街よ, 表現に, 被衣たるを, 見えざる實在, 見ゆるかぎり, 解釈を, 足もとの, 近隣諸国を, 長編の, 間には, 険呑な, 雪なす, 靜寂の, 面噎び, 韻律の, 頭を, 黎明

▼ そそんな~ (174, 1.7%)

23 ことを 12 ことは 9 馬鹿な 7 ことが 5 はずは, ばかな 4 筈は 3 事は, 事を 2 お前そんな, こた, ことじゃ, ことで, んじゃ, 事, 大それた, 番頭さん, 莫迦な

1 [85件] あんた, あんた今更に, うそなんか, おそれ多い, おッ, お豊さん, かえって盗賊, くれえでお, こといわねえで, ことぐらい, ことここで, ことっ, ことどう, ことアそんな, こと俺が, こと思う, これまで, さか, そりゃ, そ食いつぶし, たばかり事, でも, のじゃ, はずはねえ, ばかげたこと, まただから俺, もったいないこと, ものを, もの見やへん, らんぼうな, わからねえ, わけで, アコギな, 不景気な, 之丈証拠が, 乱暴な, 事ある, 事で, 事考へ, 仏が, 偽った気持, 冗, 勿論です, 口が, 問題では, 困るよ, 地獄の, 堅苦しいこと, 小成に, 幽霊が, 役まわりは, 御無態, 怪しからん場所, 恐ろしいこと, 恐ろしい事, 恐ろしい顔, 悠長な, 意味では, 意固地な, 我がままを, 所に, 担ぎっこなし, 新聞や, 旦那そりや, 春子さま, 時が, 木に, 気もちにでも, 水くさい, 泥足の, 無茶な, 物が, 物を, 真似を, 短気な, 礼儀や, 私は, 立場に, 箆棒な, 自分勝手な, 薄情な, 見ッ, 贅澤な, 風に, 馬鹿げたこと

▼ そ~ (171, 1.6%)

5 したけしき, 側の 2 いふ, その耳, なりて, へすがた, 取落せば, 手を, 打越え, 日本うみ, 言ふ

1 [143件] あるきも, いひしは, いひ其, いや全く, うばと, うばは, かかげ見る, きけば, くるわれを, けりぬここ, これに, こんな試み, ご自分, さ, さし覗くのみと, したカンテラ, して, しめきった雨戸, すぐこの, すべらせば, その人, その力, だ, だれか, つづいて, づら, づらの, でごとごと, なる樹下, ぬけて, のだ, のも, はいちめんの, はやり切れたもん, へまでも, まはり, みれば, ゆうぐれ, ゆふぐれ, よりか, 一円を, 乗せつ, 人々に, 人々ひねもす, 人かげまばらな, 仏名を, 他国に対しても, 仮小屋, 側から, 側を, 凭り, 出でて, 出の, 出を, 出嫌いかね, 割れて, 卸すせい, 叫ぶうち, 号外の, 向きに, 呼ばれて, 呼ばれ後に, 問いぬ, 喇叭も, 噛みしめて, 囁きて, 夜啼きそばの, 大道の, 夫人は, 奥様の, 寢返り, 少女の, 崩せば, 差覗き, 廊下を, 引きて, 彼女はさほどの, 後より, 思ふん, 息を, 息嘘き, 我が前, 戒める古, 探して, 撫でましぬ, 教えて, 新公園, 星は, 暮らして, 有りけるに, 松葉を, 板敷, 根を, 構えである, 歎き, 歩きながら, 歸途に, 浮いて, 海に, 海らしく, 溝の, 滑って, 營んで, 片笑みし, 独り呟い, 申し給いき, 男の, 白い烟り, 白き指, 目に, 着を, 秘めし春, 稼ぎは, 立ち昇って, 立てて, 聞えた, 聞えて, 脣づけぬ, 舌つづみ打っ, 荒天の, 落す靴足袋, 被つぎ, 見やる, 見初めたが, 見渡した家まわり, 視め, 觸れ, 詔り, 話しかけて, 話しが, 話す声, 貴船伯に, 贈り給, 足にて, 身ずまい, 身を, 軋むゆめのゆかいた, 郊外二十里の, 開けて, 集い覗く, 音が, 風吹いてる, 鳴くにも

▼ そ~ (163, 1.6%)

7 はつて 6 泣きそ 5 はせ 4 いして, はす 3 いいうてる, はれる, へた, へつけ, 鳴きそ春の

2 [12件] いいうた, いいわん, ことない, ただ, たへの, はし, はしに, はりたる, へ此町, ものね, わし時わかず, 事云う

1 [98件] いいう, いいうたとこ, いいうたら二人, いいうてるいいまし, いいうときます, いいつま, いえ, いくよ, いしては, いとこ演つて貰う, ことどう, こまどりの, こまどりは, そりだ, たたちといつ, たたちとここ, たたづねてすずめのお宿, ただつて, ただという, ただの, たへあんな, たへお, たへお礼と, たへと, たよりない, たらは, たらも, とこに, ところに, なこけな, なことに, なもんぢ, な昔氣質, な糞ぼつこ, のは, はししかば, はし給ひ, はし給ひしなるべし, はし給へと, はす事, はす如き, はずじゃ, はせられ, はりすつ, はりて, はりぬ, はり候べき, はり心立おとなしく, はり附与され, はるにこそ, はる味は, はる與之, へあり, へおく, へが厳しい, へさせる, へし, へたこ, へたわかもの, へた上に, へた中年の, へた仏壇の, へた小さな, へた白い, へた粗末な, へた青年だつた, へて, へてあつ, へてその, への爲, へましょ, へ富田鐵之助君, へ屏風, へ物高, へ申候, へ身, ものだ, ものを, ような, わし, わした, わして, わし小児を, わす, わせわたくし誓っ, わせ給い, ジャックに, ジュパーン諸共平気で, スプリングの, 事よう, 事許り, 単調な, 山路に, 覇気の, 豊後守です, 躯つきで, 道を, 雀が

▼ そぶり~ (161, 1.5%)

8 をする 4 を見せる 3 だ, は見せ, をし, を示した, を見せ, を見せた 2 から家族, だった, だつた, です, でわかった, に夫人, に気, は示さず, を見る

1 [113件] があれ, がおかしい, がそれ, がそわそわ, がちらちら, が何だか, が前, が変, が山, が男, が腑, が見えたら, そのまわり, で, であたり, であった, であっただけに, でお, でそれ, でただ, でなにげなく, では先ず, でふりかえった, でまた, で人波, で今日, で虎, で金, で風, といい, という奴, となり, などによつ, なんかでいつ, にあらわす, にありあり, にざわめいた, にだって現れ, について省作, につき二言三言, にはよく, にもあらわさない, にもさっしられる, にもそれ, にも変った, にも竹村, にも見せなかつた, に何となく, に冷たい, に含まれ, に変った, に変化, に容易, に少し, に心, に気づく, に目, に眼, に腑, に表, に見とれ, のなか, の蔭, の見えなかった, はこれ, はしなかった, はどう, はなん, はほとんど, はみせない, はみせなかった, はよく, は伸子, は少し, は微塵, は素子, は見せない, は馬鹿, までまるで, まで見せた, もすっかり, もなくっ, もみせなかった, も同じ, も声, も見せず, も見せない, も見せなけれ, も見せませんでした, やあんな, や口, よ, をお, をことば, をされ, をした, をしました, をちっとも, をみせた, をみせつけられる, をみる, を凄い, を妙, を憎く, を注意, を異様, を考え合せる, を聞い, を見, を見くらべ, を見せられた, を見せ初めました, を見つめた

▼ そそれ~ (158, 1.5%)

125 はまた 43 は勿論, は私 2 がお前さん, がです, だ, ですよ, ならば, はあまり, はいかん, は本当

1 [115件] あどうも, あ実に, あ西洋剃刀, から, が, がああ, がいけ, がいけない, がお, がその, がどうして, がね親方, がハッキリ, が五分, が今, が出来なかった, が士, が実に, が本心, が水神様, が無念, が真実, が第, じゃあその, じゃあなた, じゃあんまり, じゃき, じゃやっぱり, じゃわし, じゃ加多さん, じゃ小僧, だから, だが, だよ, でございますいかにも, でございますよ, です, ですか, ですが, ではない, で解せた, というの, にちがい, につきまし, にはおよび, に乃公ア, に相違, はある, はあんた, はあんまり, はいくら, はいけません, はおれ, はお客様, はかん違い, はしかし, はじゃ, はそ, はそう, はたいへん, はだ, はどういう, はなん, はまったく, はまア, は一体, は不意, は事実, は任せます, は何, は余りに, は僕, は嘘, は大ごと, は大変ッ, は存じません, は望月君, は母の, は無理, は確か, は聞い, は違います, ばかりじゃ有りません, ばかりはいくら, まで牛若さま, もいえませぬ, も今, も知りませぬ, も考えぬではござりませんでした, やこうして, よりも, よりも救急車, よりも本当, より近い, をい, をいい, をお母さん, をそち, をまた, をわし, を云っ, を取り返し, を御, を早く, を無断, を理不尽, を知つて, を知らねえで, を竹童, を西村さん, を言, を言いたかった, ァ, ァいけない, ァもう

▼ そとから~ (148, 1.4%)

3 かぎを, はいって, 覗いて

2 [13件] のぞいて, ふたりの, 声を, 帰って, 手を, 立ち聞きした, 第一, 聞こえて, 聲を, 見れば, 錠が, 錠を, 閂を

1 [113件] あてがわれたよう, いつのまにか近づい, うちを, お多喜, お見え, かえって来た, かぎが, かすかな, きこえそれ, こっそりと, こつそり事, こまごまと, こわごわのぞい, こわして, ごめんと, しめるがん, じろりと秋波, すき見, せめこむこと, そうっと覗いた, そこここ見, たたいて, だれかが, とどろき渡った, とんとんとん, のぞいたと, のぞいても, ひっそりと, ひよつこり顏, ぴたりと, ふたを, ぶっ放す, まるでクラゲ, やってくるとばかり, よく見えます, カチカチと, カチンと, ジロジロと, 一種の, 与えられたどんな, 中に, 人生の, 何者かが, 入って, 入れば, 入口の, 北のや, 十分のぞ, 取巻いて, 叩く音, 同時にがらりと, 四つずつの, 多くの, 大きな錠, 大声で, 姉さまが, 小林君が, 少し腰, 帰つて来た, 庭の, 微笑んで, 忍び込む光, 戸締りを, 昇の, 来たふたり, 来た外国人, 来た客, 板屑を, 桐紋の, 歸つたのを, 母親が, 気味わるく, 涼しいそして, 犯人の, 目標に, 眺めた煙突, 眺めて, 眺めるの, 磯五が, 素ッ飛ん, 給仕の, 聞えた, 舞い込んで, 若い支那人, 葛や, 見えた, 見えない隅っこ, 見えぬよう, 見えるもの, 見たところ, 見たの, 見て, 見られるよう, 覗いたとき, 覗かせて, 覗き込んだり, 誰か, 責められちゃあ, 透明怪人が, 這入ったん, 這入って, 鉄の, 鉄錠を, 銀仮面を, 鍵を, 開かないやう, 阻まれ阻まれ押えられて, 隙見, 雨戸を, 電車に, 首を, 骸骨が, 高い声

▼ そとを~ (131, 1.2%)

14 のぞいて 10 見て 7 眺めて 6 見た 4 ながめて, 見つめて, 過ぎそれから 3 のぞきました, みると, 見ると 2 くまなく, まもって, 歩いて, 眺めたまま, 眺める

1 [63件] あるいて, あるけば, うかがった, うろついて, かためて, ぐるりと, ごうっ, さんざ駈けまわらせ, ときどき巡回, とびまわって, ながめたの, ながめました, ふとのぞきます, まぼろし, みました, みよ, みれば, ドン, 三方から, 何処かへ, 包んで, 射撃しはじめた, 想像し, 指さしたので, 指さして, 指差し, 掠めたら身ぶるい, 歩いても, 歩きたいという, 歩きながら, 歩く時, 気に, 白き犬, 眺めた, 眺めたり, 眺めながら, 眺めるの, 石崖の, 窺うた, 窺くには, 聞くこと, 苗売り, 見たいと, 見たが, 見たり, 見ますと, 見まわしてから, 見まわしながら, 見るの, 覗いて, 覗く, 足場に, 通りかかりました, 通りかけた, 通るひと, 通るゆで出しうどん, 通る人間, 通る女看守, 通る私たち, 通る自転車, 過ぎ往くあの, 飛ぶ蚊, 駆けまわり寄場

▼ そとは~ (95, 0.9%)

3 まっくら 2 すぐ高い, まっ暗です, 大暴風雨, 月夜らしく

1 [84件] いいて, いくぶん春めい, いくらか明るく, えんがわ, かなり広い, かなり自由, かなり遠く, かんかんあかるい, くゎッ, さんさんと, したなめられしかば, すぐ春木町, すぐ板敷, すぐ田圃, すぐ隣, すっかり夜, すっかり水, すぶすぶ, はたして叫ぶ, ひどい雪, ほんとうに, まだ明るかっ, まだ真っ暗, まっくらやみ, まっぴかりだよ, まっ暗に, もう, もうしん, もうすっかりと, もう夕, ゆうべから, よく見えない, グルッと, チャアリング・クロスの, 一般に, 一面の, 三段ほど, 人目の, 何であらう, 何ひとつ容易に, 光りに, 八門暗, 冬な, 別けても, 十重二十重に, 吹雪でした, 夜明けまえ, 夜更けだ, 大変な, 客人大, 寒いでしょう, 岩と, 嵐である, 往来に, 恐ろしい暴風雨, 文字どおりの, 日かげで, 日の, 明かるい, 明るいし, 明るかった, 星一つない, 星夜で, 春だ, 昼の, 月が, 森の, 楽しかった, 次第に暗く, 海, 淋しいと, 深々と, 満潮で, 目も, 真暗ぢや, 空地に, 箒目を, 美しいすばらしい夜, 荒荒しい土, 見ては, 見わたすかぎり, 雨が, 雨だ, 雨の

▼ そとで~ (77, 0.7%)

4 待って

1 [73件] あなた方の, あらうが, いつもの, いろいろの, うんと高けれ, お代官領, お役人, さかんに, さらさら音, しばらくためらっ, じぶん, する食事, その友だち, ただならぬ人声, たれかが, ついやされたこと, とびまわるその, どんなつき合い, ばたばた羽ばたき, ひしめく女たち, ひらひらと, また喝采, また紺オーバー, ものは, よく耳, よその, わめき立てた, カタンと, コトリコトリと, サークルを, リリリリリリンと, ルンペン青年が, 万歳獅子の, 三本足を, 不意に, 仕事を, 使って, 俥を, 凧あげ, 初めて明るく, 友達と, 口笛吹い, 向ひ, 呟く雀, 声が, 暮した七ヵ月, 林さんの, 様子を, 江田が, 沼間夫人が, 片側だけに, 申せっ, 町の, 白いスウェタア, 百姓馬子から, 研究経済だの, 稼ぐ商売, 立ち聞いた, 立聞きした, 聞き流して, 見た時, 見て, 見はって, 誰か人が, 誰方か, 貰う金, 逃げ腰に, 適当な, 金三郎が, 釘を, 長いあいだ, 雨が, 顏を

▼ そやつ~ (76, 0.7%)

2 じゃ

1 [74件] が, が主人, が十字, が怪しい, が悪業, が権藤四郎五郎左衛門め, が正面, が江戸錦, が煙突, が盗賊, が蔵, こそこんな, こそまぎれ, たらこ, たらなあ, たら一晩, たら勝手, たら止めなはらんかいな, たら私, たら貴方の, でございますな, と決まってる, どの方角, に取られ, に唆, に悪い, に殺され, に罰, のところ, のどたま, の働いた, の刃傷, の双生児兄弟, の名前, の娘, の手, の挨拶, の物, の考え出した, の鼻, は, はご, はどんな, はまだそう, はよほど, は一ツ橋家, は一体, は二つ, は人間界, は何物, は嘘つき, は地球人, は奇怪, は忍術, は日頃予, は誰, は逃げ失せ, もご, をおれ, をとっ捕え, をなおも, を利用, を取り押えた, を投げころし, を捕え, を断頭台, を殺し, を深淵, を牽け, を訊, を討て, を蹴飛ばし, を車輪, 活かして

▼ そ~ (71, 0.7%)

3 た, たの, て, て長き 2 てしばりからげおきたる, ひきそ, ました, カステラの, 吊したり, 妻が

1 [47件] いかに常食, おく, たおそふと, たもの, たらしいひき, たるなど, てあの, てありました, ていと, ておす, てかう, てける, てどうしても, てなんとなく, てひとり, てほら, てほらん, てわらび, てゐた, て世に, て友, て大王, て御, て持つ, て梟, て泪, て深い, て理屈, て目前, て粉, て行く, て褄, て食べる, はいろうと, むまで, 上坂仕, 乳の, 参りたいから, 命を, 帰る野, 榛の, 歿す, 毛である, 物ふ, 申候, 赤飯を, 髪たかく

▼ そ~ (70, 0.7%)

4 つと 2 お, っとその, っと手, れご覧, れー

1 [56件] あんまり驚かない, かい, かね君等, か知らん, けえ, させるから, しなければ, だ, っとあけた, っとお, っとこちら, っとはいり込ん, っともう, っとわき, っとモラン大佐, っと土, っと外, っと太刀川, っと寝床, っと小さき, っと尻, っと左右, っと廻っ, っと後ずさり, っと忍び足, っと抱え, っと死骸, っと母, っと池, っと置い, っと置く, っと腕, っと腰, っと薄い, っと覗き, っと課長殿, っと跫音, っと障子, っと音, つともと, つと彼, でおいでた, ではない, で無い, と戸, り, りよー, れそっち, れ喧嘩, れ斬れる金, れ見な, れ見るが, れ見ろッ, れ金ちゃんちの三ちゃん, 強くふく, 御心配

▼ そ~ (65, 0.6%)

17 な事 6 なこと, なもの 2 だらハア, だ其方, なところ, な厭, な心配, な無理, な相談, な風評

1 [20件] でまア, な, なおせじは, なお金持ち, なとき妹, なとき鷲尾, なの, なも, なもの君, な云, な人, な人達, な分別, な切ッ端, な夢, な小さい, な指輪, な癖, な親切, な金

▼ そその~ (61, 0.6%)

4 ような 2 通りで, 通りです

1 [53件] お声, お心, お濠端, お美しい, とおりで, とおりです, ほうか, ほかで, ま, やうな, 事で, 事は, 人あり, 人の, 人斬庖丁という, 仇の, 僕が, 児を, 刺しど, 千両, 吾の, 地底戦車という, 地底戦車を, 場に, 実あ私, 座ぶとんに, 心持という, 扇型の, 手拭が, 料簡が, 方が, 時だ, 時にゃ, 時計おまえは, 梁山泊の, 森の, 母娘の, 泥足は, 無言の, 生甲斐が, 男は, 男を, 襖を, 討手は, 話は, 迷いの, 通りだ, 金が, 鉢にゃ, 電話通り逢ひ, 飲もうと, 駕籠の, 鼠ふい

▼ そ~ (61, 0.6%)

13 かぜよ 4 かぜに, かぜの, かぜは 2 おのづか, かぜうす, やかの, ろに, ろ風夕かげの

1 [26件] かぜ, かぜが, かぜも, ぎはそなたの衣ずれ, ぐくらゐのものであつた, ぐむかふから遠い, こねいんきん, ともしません, に頷い, めく, めくは, めく棕櫚, めく浅茅原我等あぐら, めく黒き, や明日, ろと, ろの, われと, をつれ, 一雫, 人を, 俺だちだ, 墨足らぬ, 朝は, 理想お, 花の

▼ そとには~ (60, 0.6%)

2 だれも, なぎの, 私の, 雪でも

1 [52件] いらっしゃらないでしょうから, おやみ, このや, しょうねんたんていだんいんが, ずっと人, たくましい孟宗竹, なんだかえたい, ふり出させました, ぼくらの, まえにも, まさしく背, まだ夕やみ, ピストルを, ロンドン特有の, 三人の, 人かげらしい, 伊太利大使館や, 低いらんかん, 何物かが, 何者の, 充満し, 刑事と, 力の, 十二三日頃の, 十二月下旬の, 地面まで, 大きなけ, 大きな花園, 大勢の, 太陽が, 妙な, 意外な, 時おりみずうみ, 木隠, 松の, 柳の, 槍の, 白い空, 百四五十人, 空気が, 蚊の, 街路灯が, 見えない, 見はり, 誰も, 警官隊が, 赤いん, 酔いどれの, 銀色に, 門の, 風も, 黄色い琥珀

▼ そそう~ (59, 0.6%)

9 なん 7 です 653 ですよ 2 じゃない, でご

1 [25件] かとそそ, かもしれません, じゃ, せき込まんでも, だぞ, だった, だったな, だとも, でござろう, でござんす, でしたか, でしたかい, でしょうか, ですか, ですが, とも, なったほう, なんで, な声, のう, 云う訳, 仰言, 無茶に, 誤解され, 飢饉

▼ そよとの~ (53, 0.5%)

39 風も 2 動きも, 音も, 風にも 1 もの音も, 声も, 気配も, 水影さえも, 物音も, 返事も, 頼だに, 風の

▼ そ~ (51, 0.5%)

4 そうな 3 そんなこと 2 さう, そんな, そんな番頭さん

1 [38件] そうか, そうで, そうでござんす, そうとも, そうのう, そう云う, そして, そしてそれから蔦代, そそ, そのとおり, その僕, その実あ, その時, その飲もう, そらええ考え, そりゃほんとう, そりゃわるい, そりゃ君, それでは市, そんで, そんなあんた, そんなうそ, そんなお, そんなお前, そんなまた, そんな事, そんな仏, そんな大, そんな意固地, そんな礼儀, そんな私, そんな自分勝手, だ, なたは, なたを, ねエな事, ねエ事, また編み物しな

▼ そ~ (50, 0.5%)

132 へたる

1 [35件] つま子らは, てし, てつた蔓, てま, て今日京, て御, て心, て松川さま, て果ては, て樒, て汝, て泣け, て瀧, て臥し, て華やぎわたる, て覚えず, て雪, て静, て高く, て麹町, ながら膝, に, にけり, の女ども只洗濯, をく, 幾多雅趣, 影の, 日月は, 林檎むく, 横方より, 猟する, 生命は, 處處に, 谷を, 静かに

▼ そべつ~ (49, 0.5%)

8 てゐる 7 てゐた 3 たりし, て居る 2 て煙草

1 [26件] た, ていた, てお, てしかも, てる時, てゐ, て何, て兩足, て夜學, て居た, て居られ, て居ります, て徒ら, て日向ぼつこ, て本, て泥水, て甲羅, て粉煙草, て自分, て街, て見, て話, て讀まれ, て路地, て雷, て餌

▼ そ~ (47, 0.4%)

3 ちへ 2 くり其の, として置く, として置け, と一尺, ぽうを

1 [34件] くりあげること, くりさ, くり早く, くり載せる奴ぢ, けなく, け無, ちが, ちで, ちで待つて, ちは, として置いた, として置き, とその, とそのまま, とでせう, と出, と呟いた, と坐つた, と外, と室, と家, と月, と構, と段, と立つ, と自分, と蜆汁, と行つて, と裏口, と見, と見あげ, と見る, と隱, ぽを

▼ そ~ (44, 0.4%)

3 寺内の 2 やうに, 夢の, 心地す, 槍持の, 水けぶり

1 [31件] あるむらかた, ことに, ぞしく, や, やうな, ベースボールを, 一睡の, 世の中に, 僕らの, 君が, 夏まつり, 夕かな, 夕日の, 家鴨, 思つた, 戀の, 成績を, 暇も, 歓楽のせ, 演劇活動を, 物がたり, 瑞枝に, 矢の, 禿頭その後頭には, 稚兒, 荻のうは, 衣ねたまし, 誠の, 鋭声, 鋭聲, 鶏の

▼ そッくり~ (40, 0.4%)

3 持って 2 だあ, だと

1 [33件] あがって, お預かりいたしまし, かえったり, がひ, きかせて, して, じゃねえ, そのまま反対, そのまま石摺り, だ, だよ, だわ, でさ, でタテ, と申したい, な字, な恰好, になっ, に変装, に見え, に親, の大, ぶッ, をこの, 入れたまま, 握って, 書いても, 書くと, 残って, 焼けただらし, 突っこんで, 負うてるもの, 返って

▼ そ~ (38, 0.4%)

4 そだ 2 て, どもな根, なあ, 全ぐ

1 [26件] がぱちぱち, がら, が四肢, しいて人, そみんなねエ, それが, てからに湯, といっ, と合点, ないよ, に小舟, の山, の間に, べ, べそ, べな, べなそ, よ, をさかん, をはこん, を取り, を少し, を折っ, を持っ, を掴ん, 火に

▼ そよとも~ (36, 0.3%)

2 動かない, 動かぬ, 動かぬ大竹藪

1 [30件] しないの, しない山凪, しない新緑, しない松林, しない沈黙, しない青葉, しない風, せぬ閑, なかった, なく暑熱, 前の, 動かず海面, 動かず重た, 動かないお, 動かないで, 動かないのに, 動かぬの, 動かぬ灯影, 動が, 吹かずただ, 吹かず日熱, 吹かない, 吹かぬが, 告げねば, 御あたり, 波の, 通わぬ, 靡かぬ上, 音せぬ, 風が

▼ そ~ (32, 0.3%)

1 [32件] が, がお, が今, が日本, が森, が良い, だ, で縛っ, とはお, と我が, なん, にどんな, の口, の武器, はいったい, はのうのう, はまだ, は一番阿呆, は何者, は悪者, は机, は猫, もついで, も同じ, も少し, をあの, を利用, を斬る, を知性, を見る, を邸内, を食べる

▼ そ知らぬ顔~ (32, 0.3%)

16 をし 4 して

1 [12件] だ, で何気なく, で巧み, で悠然, で毎日ジョルジュ, で目, で答, で脇, で通りすぎ, に新しく, をする, をつくり

▼ そとまで~ (31, 0.3%)

2 くまなく, 出て

1 [27件] いくだけ, いって, お見送り, かすか乍ら聽き取れます, ついて, はこびだして, はねかえったまっ黒, ひびいて, ひろがって, ゆくと, 乳の, 二人を, 來た, 出よう, 尾行する, 届こうはず, 来たとき, 来て, 歩いて, 瀧と, 聞こえません, 行った, 走って, 近々と迫り寄っ, 送って, 送つて, 透いて

▼ そよりとも~ (31, 0.3%)

2 しない, せず, せずに, せぬ, 動かなかった, 吹かない

1 [19件] しずに, しないで, しないと, しない並木道, しない夜更け, しない空気, しない黒地, せず朝蝉, せず長い, せず雲, せぬ暑, せぬ裸蝋燭, せぬ闇, ない, なかった, 動かす微風, 動かず神楽堂, 動かなかったの, 動かなかつた

▼ そって~ (30, 0.3%)

2 歩いた, 歩いて

1 [26件] おた, その背中, なにごとかを, ゆっくり歩いた, チラチラし, ヒソヒソ話, ブウルガムの, 一人の, 一息ついた, 中野の, 二昔前の, 吹雪から, 小声で, 彼に, 懐中電灯を, 抱きおこすと, 抱き起したの, 旦那の, 朝ぼらけの, 横に, 水夫部屋の, 肩に, 腕を, 腰を, 血路を, 談笑し

▼ そ~ (30, 0.3%)

2 いくばくなりし, 戦いは, 湧いて

1 [24件] あふれる湯, いかに, つと自由, なにする, なんの, 何が, 何の, 何事の, 何方に, 刀禰たちは, 前世の, 地球上の, 幾何なりし, 御身は, 愛と, 松澤新田らが, 無理ならず, 睦まじや, 知らねなべて, 知らね水, 粋と, 院中第, 飯島様の, 馴れそめ

▼ そ知らぬ~ (30, 0.3%)

5 ふりし 4 振りを 3 風を 2 ふりを, 態を, 風で

1 [12件] ふうを, ふりで, ふりに, ふりにな, ふりの, やうに, 態で, 振りで, 表情を, 顏で, 風は, 風情を

▼ そなへ~ (28, 0.3%)

5 てゐた, てゐる

1 [18件] て, てありました, てあります, ている, てでもゐる, てをつた, てをります, てホテル, て仲よく, て右, て居りました, て役者, て折々, て文化, て来たい, て英語, て読経, て部屋

▼ そ~ (27, 0.3%)

1 [27件] ういふ事, ういふ訳ぢ, うか, うさな, うして, うだとも, うですよ, うもしたらばと, うを, がこみあげ, がひしひし, が身, つぱりと, つぱりとあきらめて, でした, ですが, なさ, に, にたえきれなくなっ, に加え, はこく, はさぞかし, は一ト, や百舌, よ, をおそれる, をまぎらす

▼ そつくり~ (27, 0.3%)

9 そのま

1 [18件] お前達夫婦の, このおばあさん, このま, そのいろ, その儘, その儘そつ, その儘受, その名前, その通り, ぢや, どこかの, 俺は, 入つて, 其の儘, 反つて銀座通り, 同じ様式, 裏の, 誰れ

▼ そへて~ (25, 0.2%)

2 おくが, さし出す

1 [21件] ある, あんまり咳, おかう, おく, おくまでの, かたげければ, くれよ, くれる, さてその, やをら口へ, ゐるお, 二代の, 五月雨の, 人蔘は, 土の, 垢の, 奉れと, 悲しみ給へ, 教へ, 案内が, 附いて

▼ そ~ (25, 0.2%)

3 へてがらん 2 はない, ひました, へた, へて

1 [14件] というあたり, なんていろっぽい, ひて, ひ足頸, ふて居ります, へお, へこの, へその, へてある, へてゐる, へば祠官, へ今度, へ在, を書き

▼ そとが~ (23, 0.2%)

2 わは, わを

1 [19件] あかるくなっ, あらためられ塵一つ, あるばかり, さわがしいよう, すこしあかるく, ぼうっとあかるく, まっ暗に, よくみえる, わから, わだ, わにも, わにビニールを, わに出, わに鉄の, わへ, 明るいけれど, 明るいだけに, 明るくなり出した, 見える水中望遠鏡

▼ そ~ (23, 0.2%)

2 脱き棄て

1 [21件] うづめけん, おとずれたよう, かつれ, くさした, して, どり, どりの, なって, ぬぎうて, ぬぎも, もう出てる, 一度よ, 三度よ, 二度よ, 叱られつづけたりなど, 叱られても, 叱られや, 尾を, 照るばかり, 罵倒する, 言はれはりました

▼ そとでは~ (22, 0.2%)

1 [22件] かみなりが, ごうごうたる不平, そろそろ空気, ないの, 二人が, 先生の, 六七人の, 冬の, 凩が, 四人が, 大屋根, 天魔太郎と, 妙に, 桜の, 毎日彼女は, 町の, 能動精神という, 自己本籍の, 蘭子の, 蚊が, 谷川の, 静かに

▼ そそりゃ~ (20, 0.2%)

2 ほんとうです

1 [18件] いけねえ, いったいどういう, お互いで, この際, なるほどべっぴん, ほんとうか, わるいそりゃ, アそうです, 仕方が, 何だ, 何です, 出来て, 分る, 君, 外形だけは, 旦那旦那の, 本当か, 連れて

▼ そつけ~ (18, 0.2%)

9 もない 2 も無い 1 なき男, なくする, なさ, もあり, もないつまらない, もなく, も無くさつ

▼ そ~ (17, 0.2%)

5 そか

1 [12件] ういふところ, この町, そらええ, だった事, であったは, ならねば, なる調子, ほなかえす, 偉大豪宕なる, 思ふ, 病院, 病院の

▼ そそそれ~ (17, 0.2%)

2

1 [15件] がいけない, がどうして, が第, じゃあんまり, じゃやっぱり, じゃ加多さん, だ, だから, はお客様, はそ, はなん, はまた, ばかりじゃ有りません, をまた, を取り返し

▼ そまつ~ (17, 0.2%)

2 なもの, にする

1 [13件] なこと, なの, なはしご, なぼうし, な乘合自動車, な応接室, な教科書, な硯, な道場, にできた, にもした, に抱く, に見

▼ そめし~ (17, 0.2%)

62 はまだ, は初夏 1 が戀, が昼, に候, は其動機, より, より片岡, 白きペンキ

▼ そつけない~ (15, 0.1%)

2 流眄を

1 [13件] だけそれだけ, と云, のである, リズムを, 三稜形の, 別れだ, 声で, 声に, 声を, 手紙, 杉の, 眼つきを, 自分の

▼ そかに~ (14, 0.1%)

2 聳えて

1 [12件] うなずいた, したこと, しなかった, そびえると, なって, 威儀改め, 廻転し, 更けて, 窓や, 立てる影, 膝まずい, 離別を

▼ そそいつ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あ待っ, あ無茶, が元, が我が, だけは勘弁, はいかん, はとても, はムリ, は太い, は本, は本当, は泥棒, は飛ん, は驚いた

▼ そはか~ (14, 0.1%)

3 のひと 2 へつて 1 の十字架, の古, の少女, の支那, の松, の活光, の目しひたる, の聖なる, の諸

▼ そよと~ (14, 0.1%)

3 吹く風 2 鳴る風鈴 1 うごいて, だに風も, 乱るる, 吹きくる風, 吹く海風, 吹く静か, 尋ぬ, 渡る庭, 風ふく朝は

▼ そさん~ (13, 0.1%)

1 [13件] がクドクド祖母, が漬物桶, そっくりの, にも一人, のいる, の姪, の方, はあたし, はいまや, は忠実, は言った, は鼠, やテンコツさん

▼ そそこ~ (13, 0.1%)

2 にいる

1 [11件] で斬られた, にいた, に泣い, に白い, に誰, に長い, の不, へ来た, を, をどうぞ, んところ

▼ そとからは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いること, ぜったいにあけられない, ぜったいにはいれない, そこに, はいれません, わからないですよ, わからないよう, ドッと, 三まい, 少しも, 師直の, 店の, 警視庁の

▼ そはの~ (13, 0.1%)

5 母の 2 これや, 母は 1 母ぢや, 母に, 母も, 母よと

▼ そ~ (13, 0.1%)

3 の中 2 斯う 1 から京城, から地獄, の中一, の内, 帰つてもらつた, 打割, 死んだらどう, 茲で

▼ そふて~ (12, 0.1%)

3 子供まで 2 小舟漕ぎ行く 1 およそ二十分, 上つ, 家へ, 渋川へ, 渋川を, 激しく磨らなく, 童謡を

▼ そ~ (12, 0.1%)

3 そぼ 2 寒い日, 暮れであった 1 そと, に, めしっかと, 暮れだ, 暮れ丑紅の

▼ そ~ (12, 0.1%)

4 そと 2 そ云っ, 物語 1 その麦飯, そ呟い, そ散る, そ話し

▼ そ~ (12, 0.1%)

9 れは 1 お乳母車, だて, れでよ

▼ そないし~ (11, 0.1%)

2 たらええ 1 て, てくれ, てだんだん, て何, て何時間, て居たら, て暫く, て話し, ながらも先様

▼ そよろ~ (11, 0.1%)

2 と風 1 そよろ, とお, と匂, と吹き過ぎる, と忍び出た, と響く, はひ渡る, 化粧毛, 小躍れ

▼ そ~ (10, 0.1%)

2 信じて, 書いて 1 呼ぶ, 呼ぶが, 書く人, 言って, 言っても, 言われて

▼ そそん~ (10, 0.1%)

3 ならば 1 でいい, でもさい, なら, ならよし, なら何故, なら妻, ねえ

▼ そないいい~ (10, 0.1%)

1 ながらチクリ, ながら夫, ながら気イ, ながら私, なさる, なさるか, ますの, 出したいうの, 合いしてるの, 触らしなさって

▼ そはと~ (10, 0.1%)

1 動いて, 帰り出した, 康雄は, 待ち構, 箒を, 粘土を, 聞いて, 落ちつかず御, 落ちつきが, 落付か

▼ そやなかったら~ (10, 0.1%)

1 あんなり, そんな体質, ちゃんとした, まさか黙ってる, また感づかれ, 今すぐ, 何であ, 何ぼ, 熱情足らん, 綿貫の

▼ そ言っ~ (10, 0.1%)

2 てました 1 て, ておくれ, てくれる, ても聞かねえで, てやった, て下さい, て出た, て教えた

▼ そこの~ (9, 0.1%)

1 ま, ままハノイを, まま帰つてしまは, 十日前後の, 場に, 方が, 田圃道を, 粛正によって, 職業を

▼ そだら~ (9, 0.1%)

2 うな, 生ぎものだないがべ 1 又三郎, 早ぐ行ぐべすさ, 東京だ, 砂糖持っ, 行がんす

▼ そびら~ (9, 0.1%)

1 には矛迫め來, に庇, に庇う, に立てる, に負, より, を向け, を見せ, を返す

▼ そ~ (9, 0.1%)

3 がそのまま 1 がその, がなかつたらう, で鳥, にうかぶ, の楽音, もありません

▼ そ言った~ (9, 0.1%)

1 とこも, もんで, 事で, 事の, 人道論を, 内では, 本能が, 次第さ, 調子だ

▼ そそれでは~ (8, 0.1%)

1 あのお金, おかく, ここで, どうしたら, 内院を, 市の, 敏子さんは, 貴藩

▼ そちゃ~ (8, 0.1%)

2 ア女房お 1 何んと, 何事を, 女房高尾じゃ, 日頃我々を, 見忘れたか, 身共らが

▼ そなうる~ (8, 0.1%)

2 に至り 1 ためあらかじめ, に至った, に至るであろう, ものが, ものなる, 者に

▼ そやったら~ (8, 0.1%)

1 どうぞええ, ほんと, まあええ, まあ会う, 何や, 堪忍なあ, 多一さん, 早せんなら

▼ そッちの~ (8, 0.1%)

5 けで 2 けにし 1

▼ そ一思い~ (8, 0.1%)

2 に死ん 1 に事実, に夫婦, に左足, に死にとうございます, に死ぬ, に皆

▼ そ~ (8, 0.1%)

2 といふ事, も聞かない 1 か侍従, でもない, にも云わず, も彼

▼ そなな~ (7, 0.1%)

1 ことあんたに, ことお前の, ことが, ことつつ, ことは, こと云う, こと絶對に

▼ そッちの方~ (7, 0.1%)

1 からタグリ, が時日的, が火事, が生き甲斐, で甚大, へ転嫁, を選ぼう

▼ そ~ (7, 0.1%)

1 うして, のまま, の娘, の家, の恭太郎, の身, れ吾人

▼ そ死ん~ (7, 0.1%)

2 でやつ, で了 1 でしまふ, でしまへ, で仕舞う

▼ そ自分~ (7, 0.1%)

2 がゐない 1 の失敗, の探偵, の方, の気持, もあすこ

▼ そあの~ (6, 0.1%)

1 アマを, 女と, 日の, 時その, 時六カ月間も, 障子も

▼ そけて~ (6, 0.1%)

1 しまつ, 乏しくさける, 御船き, 我に, 見るに, 足うらしみ

▼ そ~ (6, 0.1%)

2 まか 1 ぎが, ちゃあ横, ちゃ一段, 辭書の

▼ そした~ (6, 0.1%)

1 ところがこの, ところが即座, 所が, 暁は, 案配こお, 殊勝な

▼ そでない~ (6, 0.1%)

3 そでない 21 為方だ

▼ そな鳴~ (6, 0.1%)

6 いそ春の

▼ そへる~ (6, 0.1%)

1 に, やうに, 余地は, 星を, 装飾彫刻が, 額縁に対して

▼ そぼけ~ (6, 0.1%)

1 ていた, てさまよい歩い, てゐる, て四谷, て益々, て行倒れ

▼ そ~ (6, 0.1%)

3 れ漢王三尺 21 れ掛れッ

▼ そーら~ (6, 0.1%)

1 お姉, すんだと, またお母さん, よい肴, 怒るよ, 見ろ悪い

▼ そ云っ~ (6, 0.1%)

2 てました, てやった 1 ていた, てくれ

▼ そ~ (6, 0.1%)

3 の鳥 2 過ぎてくれなゐ 1 は花秋

▼ そ~ (6, 0.1%)

1 が小, のに喰ひつ, の昔, はこの, は君, を誘つて手伝つて貰

▼ そ~ (6, 0.1%)

1 つたもんぢ, つたやう, つてるん, はせてるやう, へる, も咎むな

▼ そいった~ (5, 0.0%)

1 と, もんだろ, ような, 事な, 次第さ

▼ そそい~ (5, 0.0%)

1 から, がいかん, が他人行儀, じゃ, じゃなにか

▼ そです~ (5, 0.0%)

2 か, かぢ 1

▼ そとにも~ (5, 0.0%)

1 あった, そう信じさせ, めづらしく, サーカスの, 寂しきかげ

▼ そとも~ (5, 0.0%)

1 あるもの, ながめて, になれる, には雪, 暗い

▼ そなた待つ~ (5, 0.0%)

1 とていそいそ, とてそ, とてピン, とて夏帽子, 間

▼ そ~ (5, 0.0%)

1 かくれたる前髪, どろぶの, 其をだに, 夫人と, 惜し

▼ そねえ~ (5, 0.0%)

1 な無理, な素晴らしい, な莫迦, にうめ, に跳ねる

▼ そひし~ (5, 0.0%)

3 が今日 1 この古, 若き男女

▼ そ~ (5, 0.0%)

21 えて居やがる, るやう, る者

▼ そよめき~ (5, 0.0%)

1 さて庭, の様, は雪の下, もあはれ, 高い音色

▼ そーッ~ (5, 0.0%)

1 と他, と子供, と曽根, と襖, と階下

▼ そ~ (5, 0.0%)

4 思ひに 1 と思ひ

▼ そ死んだ~ (5, 0.0%)

2 が何より, 方が 1 が勝

▼ そ~ (5, 0.0%)

1 い投げべ, のうつつ, を下げ, を投げ, を海中

▼ そする~ (4, 0.0%)

2 と月, と種市助役

▼ そそして~ (4, 0.0%)

1 あなたは, おれの, どうもくさい, 一命は

▼ そそそ~ (4, 0.0%)

1 それでは市, そんなお前, なたを, また編み物しな

▼ そそんなそんな~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 ひどいこと, 事あ

▼ そつけなく~ (4, 0.0%)

2 言つた 1 きつちり首, て思ひやり

▼ そとからの~ (4, 0.0%)

1 お客様が, 力として, 声でした, 様々な

▼ そとへは~ (4, 0.0%)

1 でずに, 一歩も, 出られません, 洩らしません

▼ そなたで~ (4, 0.0%)

2 はなかっ 1 さえする, はない

▼ そなへる~ (4, 0.0%)

1 のだ, もので, 家康例の, 餅も

▼ そはる~ (4, 0.0%)

1 ために, とほり, と動詞, なぞといふ

▼ そはん~ (4, 0.0%)

1 この柱, とおも, も甲斐, も益

▼ そびゆる山~ (4, 0.0%)

4 は英傑

▼ そびゆる白妙~ (4, 0.0%)

4 の富士

▼ そべり~ (4, 0.0%)

1 いかにもつまらな, ながら陽氣さうに唄, ながら順番, 起きて

▼ そぼれた~ (4, 0.0%)

1 まま番小舎へ, 丹下左膳土生仙之, 夜の, 身体で

▼ そまた~ (4, 0.0%)

1 堪へ難く, 官吏に, 編み物しなは, 輕井澤へ

▼ そやっ~ (4, 0.0%)

1 てぼく, てん, てチラクラ, て歩きまわっ

▼ そよは~ (4, 0.0%)

1 すり寄って, はらはらと, 先ず古い, 衣類を

▼ そよりと~ (4, 0.0%)

1 夕風を, 戦ぐとも, 来ては, 立った鷹狩

▼ そらく~ (4, 0.0%)

2 は明日 1 お雪, は七十位

▼ そをも~ (4, 0.0%)

4 ふと胸

▼ そッ首~ (4, 0.0%)

1 をあげちまえ, をぶち, を公儀, を刎

▼ そツぱう~ (4, 0.0%)

2 を向い 1 を向いてる, を見

▼ そン時~ (4, 0.0%)

1 あおいらッ, あおいらツ, こそ些, はもう

▼ そ云った~ (4, 0.0%)

1 ぜ, よ本当, わ, んです

▼ そ~ (4, 0.0%)

1 あ嬉しい, と云, は思ひ切つ, をシン

▼ そ~ (4, 0.0%)

1 と同じ, のところ, をば, 坐さずとも

▼ そ安心~ (4, 0.0%)

4 だがなあ

▼ そ~ (4, 0.0%)

1 にと, にをる, へ歸つて了, もあらなく

▼ そ~ (4, 0.0%)

1 似合なされ, 決心なされ, 迷惑さまでも, 邪魔に

▼ そ~ (4, 0.0%)

1 に, に今, に嬉しけれ, はゆく

▼ そ東京~ (4, 0.0%)

1 にでも行, に帰つて了, へ行かう, へ行つた方

▼ そ結婚~ (4, 0.0%)

2 を申込ん 1 して, の話

▼ そある~ (3, 0.0%)

21 らん島里は

▼ そいっ~ (3, 0.0%)

1 じゃあたし, ちゃなん, てい

▼ そかな~ (3, 0.0%)

1 一時間が, 口調で, 強い力

▼ そから~ (3, 0.0%)

1 又お, 田の, 高清水まで

▼ そがい~ (3, 0.0%)

1 にいう, になる, に悪い

▼ そき思ひなり~ (3, 0.0%)

3 美登利は

▼ そ~ (3, 0.0%)

2 であるか 1 にてめでた

▼ そここ~ (3, 0.0%)

1 で酒, に, を逃げ

▼ そこんな~ (3, 0.0%)

1 佗しい思ひ, 入りの, 葛籠は

▼ そしり~ (3, 0.0%)

1 をかへり見る, をまぬかれないだろう, を忌み

▼ そそういう~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 訳じゃ

▼ そそそこ~ (3, 0.0%)

1 で斬られた, に長い, をどうぞ

▼ そそそん~ (3, 0.0%)

1 でもさい, ならば, ねえ

▼ そそち~ (3, 0.0%)

1 の申す, はこれ, も来い

▼ そそり~ (3, 0.0%)

1 やお前, やこ, やア

▼ そそりゃあ~ (3, 0.0%)

1 おめ, どう云う, 御無理

▼ そそんなに~ (3, 0.0%)

1 この左膳, 強いの, 悲しそう

▼ そ~ (3, 0.0%)

1 やが汝, やない, やねえ

▼ そといふ~ (3, 0.0%)

1 藻は, 藻を, 音にも

▼ そとと~ (3, 0.0%)

1 中とで, 同じよう, 思えば

▼ そなたでござった~ (3, 0.0%)

3

▼ そなたと~ (3, 0.0%)

1 て二人, を枕許, 稚ない

▼ そなたなら~ (3, 0.0%)

1 この気持, そんな不束, ば早い

▼ そなふ~ (3, 0.0%)

2 恵心の 1 山の

▼ そねえな~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことに, 事を

▼ そのけもの~ (3, 0.0%)

1 はおそろしい, は足, をひっぱっ

▼ そのち~ (3, 0.0%)

1 から, からのまえ, ひさき我が

▼ そひたる~ (3, 0.0%)

1 つつじの, 小さなる, 閭門を

▼ そひと~ (3, 0.0%)

3 思ひに

▼ そびゆるを~ (3, 0.0%)

1 仰ぎその, 望める時, 見る

▼ そふだん~ (3, 0.0%)

1 もふそ, 致し候, 致し候所

▼ そふも~ (3, 0.0%)

1 このごろハちと, もをこわれ, 詮方なし

▼ そべって~ (3, 0.0%)

1 いた, これを, 街を

▼ そ~ (3, 0.0%)

2 船沖に 1

▼ そぼけた~ (3, 0.0%)

2 縮緬浴衣の 1 烏が

▼ そぼそぼと降り出し~ (3, 0.0%)

2 て日 1 てたとえば

▼ そぼれ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てゆく, て帰っ

▼ そやつ等~ (3, 0.0%)

1 に対して誠実, を呼び集め, を窮命

▼ そやろ~ (3, 0.0%)

1 か, がなこれ, 新米でなかったら

▼ そよとだに~ (3, 0.0%)

1 腰綱の, 音なき, 風なき

▼ そよめい~ (3, 0.0%)

1 ている, てゐた, てゐる

▼ そより~ (3, 0.0%)

2 とも風の 1

▼ そろばん~ (3, 0.0%)

2 をはじく 1 を愛児

▼ そッ気~ (3, 0.0%)

1 ない, ないよう, ない大股

▼ そーツ~ (3, 0.0%)

1 とおろすです, と挙げ, と窓

▼ そ一人~ (3, 0.0%)

1 でどこ, で大, で歩きつけれ

▼ そ~ (3, 0.0%)

2 の世 1 ぞも月

▼ そ~ (3, 0.0%)

1 が全く, の許, はもう

▼ そ初め~ (3, 0.0%)

1 からやり直した, から倉田山, から東京

▼ そ和子~ (3, 0.0%)

3 よ和子

▼ そ~ (3, 0.0%)

1 ぎりのこれの鰹の, ぎりのこれの鰹を, 聲で

▼ そ~ (3, 0.0%)

2 へでも身 1 の中

▼ そ~ (3, 0.0%)

2 にてえ 1 なんと覺悟

▼ そ~ (3, 0.0%)

2 ににほへる 1 に匂

▼ そ話さず~ (3, 0.0%)

3 に戻ろう

▼ そ賃仕事~ (3, 0.0%)

3 しても

▼ そ~ (3, 0.0%)

1 でも絞つた, でも縊, にし

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 そびとおもつてしまへば大した, たくしに

▼ そあかあか~ (2, 0.0%)

2 と外の面

▼ そあれ~ (2, 0.0%)

1 は遣, 水を

▼ そいふ~ (2, 0.0%)

1 から誰, 物音が

▼ そ~ (2, 0.0%)

2

▼ そぉゆう名称~ (2, 0.0%)

1 がない, の使われ

▼ そおら~ (2, 0.0%)

1 ああ, はじまった

▼ そおれ~ (2, 0.0%)

1 やあの, 出るぞ

▼ そこれ~ (2, 0.0%)

1 はわたくし, を全滅

▼ そじゃ~ (2, 0.0%)

1 そじゃ, ないか

▼ そ~ (2, 0.0%)

2 ば先生

▼ そそつかしく~ (2, 0.0%)

1 なるばかり, 飛んで

▼ そそれだけ~ (2, 0.0%)

1 じゃア, だよ

▼ そそれどころ~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, では

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 めかすよう, る心

▼ そだって~ (2, 0.0%)

1 そこだけは, 云うの

▼ そだない~ (2, 0.0%)

2 であ

▼ そだらこんだ~ (2, 0.0%)

1 おれ行っ, おれ行つて見

▼ そだら撲だ~ (2, 0.0%)

1 ぐじゃぃ, ぐぢゃぃ

▼ そだら行っ~ (2, 0.0%)

2 て来ら

▼ そつけなくいつ~ (2, 0.0%)

1 て其の, て徐ろ

▼ そ~ (2, 0.0%)

2 ば気付け

▼ そでござん~ (2, 0.0%)

1 すか, すが

▼ そでねえ~ (2, 0.0%)

1 か嬢さま, 系図しらべ

▼ そとして~ (2, 0.0%)

1 ゐた, 他に

▼ そととは~ (2, 0.0%)

1 海べ, 異ったひいやりした

▼ そとにて~ (2, 0.0%)

1 きみまちぬ, 両人に

▼ そとにまで~ (2, 0.0%)

1 すきま, つづいて

▼ そとへも~ (2, 0.0%)

1 碌に, 聴える

▼ そとめ~ (2, 0.0%)

1 にはお, にはどこ

▼ そとより~ (2, 0.0%)

1 帰りきたれ, 格子を

▼ そどこ~ (2, 0.0%)

1 かの神様, かへ遁走

▼ そないえら~ (2, 0.0%)

1 さうに云はは, さうに云はんかて

▼ そなたでなけれ~ (2, 0.0%)

1 どさ, ば思い

▼ そなたな~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ そねエな~ (2, 0.0%)

1 事し, 殺生した

▼ そはじめ~ (2, 0.0%)

1 からさ, せんとて

▼ そはらい~ (2, 0.0%)

2

▼ そはを~ (2, 0.0%)

1 ぢが, のこらの

▼ そふごとく~ (2, 0.0%)

2 かの敵

▼ そふと~ (2, 0.0%)

1 も知らず, 兼ねてをも

▼ そふらん夢~ (2, 0.0%)

2 も現

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 猫の

▼ そほどと~ (2, 0.0%)

1 し或は, 他の

▼ そぼく~ (2, 0.0%)

1 な文学, な若い

▼ そぼる~ (2, 0.0%)

1 ままに, 雨は

▼ そまさか~ (2, 0.0%)

2 し善

▼ そまつなみ~ (2, 0.0%)

1 なりで, なりです

▼ そみんな~ (2, 0.0%)

1 ねエそう, の寝

▼ そむさぼり~ (2, 0.0%)

2 そよ

▼ そむるころ~ (2, 0.0%)

1 消え残りの, 消え殘

▼ そめし日~ (2, 0.0%)

2 のはじめ

▼ そやった~ (2, 0.0%)

1 あたし, か知らん

▼ そやつら~ (2, 0.0%)

1 の口, を引き出す

▼ そやなかつたら~ (2, 0.0%)

1 みんなの, 皆んなの

▼ そよう~ (2, 0.0%)

1 な場合, な迷信

▼ そよも~ (2, 0.0%)

1 ありあの, いた

▼ そよら~ (2, 0.0%)

1 そよら, と風

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 れ出て, れ炊けて

▼ そツくり~ (2, 0.0%)

1 お鳥, 吃患者

▼ そツ気~ (2, 0.0%)

1 なく云, なく言つて

▼ そネツ~ (2, 0.0%)

1 と來, と来る

▼ そンなに~ (2, 0.0%)

1 早く男, 淋しがる

▼ そン中~ (2, 0.0%)

1 で, へ蹈

▼ そン畜生~ (2, 0.0%)

1 はどこ, を渡せ

▼ そン節~ (2, 0.0%)

1 お種, の詫言

▼ そン通り~ (2, 0.0%)

2 でございます

▼ そ二人~ (2, 0.0%)

1 が今夜眠つた, で追い出され

▼ そ云ったら~ (2, 0.0%)

2 今夜は

▼ そ云つて~ (2, 0.0%)

2 見て

▼ そ今夜~ (2, 0.0%)

1 の火事, はこの

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 である, のお

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 がいかにも, で一基

▼ そ切腹~ (2, 0.0%)

1 して, 致そう

▼ そ叔母~ (2, 0.0%)

2 の意見

▼ そ叔父~ (2, 0.0%)

1 が何時, の勧める

▼ そ~ (2, 0.0%)

2 草に

▼ そ向け~ (2, 0.0%)

1 その顔, てふと

▼ そ大胆~ (2, 0.0%)

1 になつ, に此方

▼ そ~ (2, 0.0%)

2 つ日

▼ そ~ (2, 0.0%)

2 があたり

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 にならう, は家

▼ そ宇品~ (2, 0.0%)

2 へ出よう

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 の中, の春

▼ そ思ひ~ (2, 0.0%)

1 きつて, きりデカダンな

▼ そ思ひき~ (2, 0.0%)

2 つて東京へ

▼ そ思ひ切つ~ (2, 0.0%)

1 てもう一度, て君

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 も抜かず, を抜かせぬ

▼ そ我が~ (2, 0.0%)

1 國に, 思ひの

▼ そ手紙~ (2, 0.0%)

2 を書く

▼ そ~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ そ早く~ (2, 0.0%)

1 片付けた方, 行つて了ふ

▼ そ明日~ (2, 0.0%)

1 の予行練習, の朝来

▼ そ桜花~ (2, 0.0%)

1 いまだ見なく, まだ見ぬ

▼ そ極端~ (2, 0.0%)

2 な不自由

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 うれしと, の

▼ そ此処~ (2, 0.0%)

1 で泊らう, で続けよう

▼ そ此子~ (2, 0.0%)

1 も妻諸共, を貰

▼ そ此處~ (2, 0.0%)

1 からでも引返さう, まで來

▼ そ歩い~ (2, 0.0%)

2 て行く

▼ そ殺し~ (2, 0.0%)

1 てしまつ, てしまひたい

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 が違っ, の

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 を持ッ, を飲まぬ

▼ そ江戸~ (2, 0.0%)

1 の淺草, へで

▼ そ汽車~ (2, 0.0%)

1 へでも乗せ, をよし

▼ そ浦島さん~ (2, 0.0%)

2 を小笠原

▼ そ独り~ (2, 0.0%)

1 で朝, ゐて

▼ そ男泣き~ (2, 0.0%)

2 に泣い

▼ そ異様~ (2, 0.0%)

1 な位, に響く

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 にも見事, の前

▼ そ~ (2, 0.0%)

2 つてどろどろに

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 の出, もろとも

▼ そ諦め~ (2, 0.0%)

1 てこの, て人物相応

▼ そ警察~ (2, 0.0%)

1 へ訴, へ訴えよう

▼ そ贋物~ (2, 0.0%)

2 で辛抱

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 がする, をな聞き

▼ そ~ (2, 0.0%)

1 の名, を飾らん

▼ そ鳴き~ (2, 0.0%)

2 そあかあか

▼1* [838件]

あかき外の面の, そあかつきの薄らあかり, そあざやかなオノボリさん, そあしたでも直ぐ, そあたしの子供, そありがたくいただいて, そあんな奴は, そぃつさ騎兵だん, そいう内から, そいかつまらないかで, そいこえを出しました, そいってるじゃない, そいつかあんたにその, そうちがあっ, そぉした時代お背景, そぉゆう心理もそぉした時代, そぉゆう時代にわ比較的, そぉゆう疑問が今一度, そぉゆう簡単な方法, そたあ, そおおおはいんなさいな, そおとめと発音, そおら音楽がはじまった, そおりや初, そおりないで行つた方, そかくて居る, そかさとに撲たれた, そかたづけて自分, そかったのか, そかで寛ぎすぎた静けさ, そかねと歌, そかの女の, そかりし昔僕は, そがの家を, そがんでもいいけ, そきものなり, そきゆきて秋, そぎてゆかむ今は我さき, そぎでこじき少年に変装, そぎでほどき赤い大きな, そぎでわらや草を持てる, そくずの絵, そくどをおとし, そくれて潮合, そぐはなくなつたことを見せて, そぐはなくなつて來たの, そぐはぬものであつたけれども一週間二週間と通つて, そぐはぬ比喩のやう, そぐふ程の, そ倉建てむ屎遠くまれ, そけつこんしようか, そげんこつかい, そこい又布地, そこどもを好き, そこれから銚子へ, そこんちにゐ, そさのをのみこ, そさまが眼, そしがない半端人足だったら, そしして, そしそカバンを叩い, そしたならあるいは命, そしてるうちに, そしばらくかの君, そしまのや, そしますと男, そじゃろか, そすれば何日, そツと, そずいぶんたくさんありました, そせめて阿片に, そそいつぁ勘弁ならねえ, そそいつらでごぜ, そそいつアおかしいです, そそいつア大事だ, そそういったじゃァねえか, そそうそうですよ, そそくい長野の御, そそげな馬鹿, そそこらを拭き, そそしてそれから蔦代が, そそそいつはとても, そそそそいつはとても, そそそそそいつはとても, そそそそんでもさい, そそそりやお前, そそそりゃあどう云う, そそそれどころじゃねえ, そそそれホントですか, そそち誰だ, そそつかしやの奴, そそつかし屋がまた, そそのままでどうぞ, そそのもののお, そそらええ考えや, そそれでござりまする, そそれならわしを, そそれに二十七だ, そそれほどじゃねえや, そそれホントですか, そそんなどういう訳で, そそんなふうに思うの, そそ三芳君そんな君, そぞけだつやう, そたたけば, そたちいて, そたなごとお前さん, そたび三保の松原になきあかし, そたび蹉跌と悪, そだたく封介に, そだったと思える, そだの味噌っ, そだまっておれ, そだらなして泣ぃだりゃ, そだら踊りさでも, そちゃこの直高, そっ子と道行, そついた土の, そつきだすし馬屋, そつくりなさうだけれど心, そつくり剥ぎとられてしまつ, そつくり取除くための, そつくり持つてかれつ, そつくり書きとめる事が, そつけなく別れてゆく, そつけなく聞えたり, そつねならむ, そてつが申しました, そであるところへ, そできそなふ, そでないでっしゅ, そでなく感じられる丈私も, そでもあのときあなた嚇かす, そとかつぎ, そとからはからの自動車が, そとからも中からも, そとがはに筧の, そとでができるよう, そとでこそよくしゃべりました, そとでとまつた, そとでのひと勉強, そとでも鬨の声が, そとにおいて実城院, そとにかがまって, そとにかけ出しました, そとについて太陽を, そとのが這入つて來, そとのにわの, そとのは袷で, そとのみ消えて, そとばかりながめるよう, そとへでも出ようよ, そとへまででて, そとまでは聞こえなかったの, そともは手もと, そとやおもて, そどうだい, そないしられてしもたら, そないむずかしい顔ばっかり, そないやかましいこと言わん, そない委しゅう問うたことあれ, そない恐いことあれしません, そない苦しんだり, そない軽々しゅう扱われとうない云うの, そない高い本とは, そながら食い続き, そなたいただきませぬのは, そなたさしつかえる事なく, そなたじゃから腑, そなたたちのかあやん, そなたにおいいじゃ牛ガ淵, そなたのけふ入れた緋鮒か, そなたはやりますか, そなたより切ってかかられ, そなた入ったらよかろう, そなた思へば, そなた打破って見たら, そなた来てくれた, そなた訊くかも知れぬ, そなってしもて, そなど云へ, そなどの名に対する, そななこつてわし, そななでつかい奴, そなはりし都の, そなまじ生きて, そなら引っ攫ん, そなん事は, そにて大藤の, そには月に, そねいに気, そねの木の, そねエ事し, そ眠れる間, そのちゅうちゅにびっくりしてなお尋ね出した, そのっそ立ち去った, そのみけんを, そのろくでもない, そのんびりしよう自動車賃, そはいづくのあたり, そはいらぬ禮儀なり, そはえもわかね, そはおぬしが私, そはかなく情なかつた, そはかれが運命, そはきはめて有るべからざる, そはげに彼, そはたとひ伯爵ウゴリーノ, そはっきりいって, そはつたもの, そはで枕についてからも彼, そはとしてはゐるが, そはと門のあたり, そはと風も吹く吹く, そはに成りて, そはのははの老いたまひ, そはのははも忘れつおもしろく, そはへ寄って, そはみひかりの異, そはりたいので, そばく幾千年へたりと知らず, そばたばたと売り, そへ, そひきたり, そひくる心地のみ, そひせし解ならず, そひたまひ阿, そひとつ石井漠にでも弟子, そひねの床の, そひぶしの寝物語, そひゆく二人なら, そひ来ても迎, そひ臥しは叶はず, そひ行くまま草の, そひ行けば人目, そ立つ海岸, そびくやうに, そびてぞをる日の出でぬとに, そびとおもつてしまへば大したこと, そびとをどりとの間に位, そびへてゐるのを知らないか, そびやぐ蒼の波かなたなぞ, そびゆる大きい巌穴, そびゆるごとく佇立したところ, そびゆるところの山嶺は自然, そびゆるガスアンシュタルトの円塔, そびゆる四千五百尺の高峰鶴見岳, そびゆる塔をめがけ, そびゆる秋田の杉, そびゆる第一生命の白亜館, そびゆる高山すなわち正義, そびゆる高峰の雪, そびをやめたことになつて行つた時には, そび入りて, そふかと申女郎, そふけしきのうる, そふするうちに, そふた街道は, そふだとよ, そふだらう神が, そふだんゆへ目前ニ, そふだんニおふじ候得, そふてゐる細長い室, そふて歩いて来る, そふなもんなり, そふなけれバ両方より, そふなる論文をも, そふなれども是必, そふゆうわけ, そふるともを, そふわれら白楊, そぶり顔に露, そを向き, そぷらのそのほか無造作, そへたのに違, そへたサンドヰッチをよそつた, そへどとてもぬるる, そへようとつとめて, そべったりして, そべてそれらは, そべり傍にはアデェル, そほどの依る処, そほどを案山子だ, そぼうな扮装, そぼそぼと暮方に, そぼそぼとして細かい, そぼそぼとすすり泣くような, そぼそぼとふる小雨の, そぼそぼ降って道, そぼらしさ多額の, そぼらしいとは思えませんでした, そぼらしき貰い小袖など, そぼらしくも感じられ, そぼり染色を, そぼれる心地が, そまあ待って, そましでは, そみちのくの孝子, そむといへど今はそれ, そむるらし風とほりゆく, そむる星のかげ, そむる歌の曲, そむれば小川, そもし何者にも, そもっと深い心, そもの日な, そもやそも我迷, そやかさいおれは, そやつどもを引き据えろ, そやつ何者じゃ, そやなかったら死ぬより外, そやなけれや白金, そゆべきものには, そよくらん, そよっとも動く, そよとでも特殊な, そよとばかり風立つ, そよの喉へ, そよめかせて凌霄花, そよめきだしてきた, そよめき出していた, そよめき立っている, そよめくかとばかり爽やか, そよやむかし乙姫が, そよりとでもしたり, そよりもなほ萌え, そらく文展開催期間中に発行, そらく灰が人間, そりょう家を五日, それつ切りで, そろつてはゐない, そろばんという口調, そわかるるき, そわかればなしが, そわが宿の, そわが子を殺し, そわけをお話, そわたしは思ひ切つ, そをこそ世界現実といふ, そをだに受くる, そををかしと, そで君何, そイデ無事に頂上, そウうろツたア, そウら見さ, そウらおいでなすった, そウら御覧なさい勝ちましたよ, そエノケンの孫悟空, そォらみろそれ, そォら音楽浴だ, そオら今度は敏樹, そコーヒーでも置いたら, そサバサバしたが, そシュルリアリスト的方向に進む, そッくりあなたに捧げ, そッくりそこへ脱ぎ捨てる, そッくりタンポにとられ, そッくりハチマキさせるという, そッくり一包みにした, そッくり一目です, そッくり乗りうつッているだろう, そッくり二本の足, そッくり今日の二科会, そッくり俳諧の親玉, そッくり半分残ってる, そッくり原型のまま, そッくり台所の置かれた, そッくり天王会の本殿, そッくり奉納したには, そッくり奥村さんにお, そッくり子供にオンブ, そッくり師匠の手, そッくり彼のもの, そッくり拝借して, そッくり日本の現実, そッくり昔の亭主, そッくり湛っている, そッくり現実的に解す, そッくり生活を豊か, そッくり秀吉の気性, そッくり米を買っ, そッくり衣裳を拝借, そッくり釘勘の口, そッそれだッ, そッちのゲジゲジの野郎, そッちの側に位置, そッちの大男ももう, そッちの家へ住みこんだ, そッちの家業を手伝っ, そッちの手に移れ, そッちの文句は逆恨み, そッちの獅子鼻じゃ, そッちの眼じゃない, そッちの窓外をみる, そッちの素姓が分らない, そッちの落度だったの, そッちの虎を見, そッちゃの方, そツくりぢやな, そツくり自分の部屋, そツちからも金, そツ氣なく言つて, そトトカカと呼ばせる, そトロイアの軍勢之, そドイツ人には効目, そドイツ語でも教, そネネを殺っ, そわ夫, そされましたで, そバんとて吉井, そバニ宝来橋と申, そピストルにし, そベドゥインの村, そマル公のこと, そルリの書置, そワッカナイまでのすか, そンかわりにゃあ, そンときはあたし, そンなに云はれたン, そンなに私のこと好き, そンナン無茶やぜ, そーめん六俵二十把入りその代金六両一歩二朱, そーらお母ちゃん牛乳おくれ, そーら中をご覧, そーら島だと, そーウでございますか, そー笑ふ勿, そ一ト思いに死んだら, そ一家をあげ, そ一晩井戸の底, そ一緒に行く, そ一齊に之, そ七百円か八百円, そ三芳君そんな君, そ下りて行き, そ不思議な気, そ世界ぢゆうの文学者, そ世間並に北山, そ丘子を殺っ, そ中国地方のコトコト・ホトホト, そをお, そあらば, そ事情を打明け, そ事明かに知り, そ二階の講堂, そつときます, そ云ってたですよと文造, そ云ってるから, そ云はずにゐよう, そ京都の警察, そ人たちの系統, そ人中へだしたら, そ人力車夕日に坐り泣く, そ今われの曰ふところ, そ今一つ向うのいつも, そ今君が自分, そ今年は泊ろ, そ今日から書, そへ移らう, そ他国へ行っ, そ代りの人, そ以外の部分, そ伊奈まで行きませう, そ伊豆山へのしち, そ何らの要, そ何処かへ行つて, そ佛國何者そ露國米國何者そ苟も雄, そん方, そ來年元旦の發行, そ信州へ参ります, そ偖不思議成こと, そ光悦や探, そ全てを自分一存, そ兩方の目, そ六ちゃん夫婦も呼びましょう, それが, そ其の土左衛門は, そ其処の麦, そ其女の児, そ其時帰ッ了や好かっ, そ再び僧籍を, そ冷淡としか受取れなかつた, そ出してくれる, そ分らない方が, そ切って置こう, そ瀬留は, そ別れてしまはう, そ別れようといふ, そ別れるものなら, そ別冊にし, その事, そ割腹して, そか, そといつた, そ十手捕繩, そ千種にでもこの, そ午前に一寸行つて, そ南洋の植民地, そ博士の育てた, そ却つて家内の頓馬, そアラスカへ, そ双方とも別, そつて無器用に, そが見つからなかつたら, そ古ければまだ, そかめれと, そ可笑しくも思はれた, そ吃驚せずに, そ吉弥を妾, そ吉隠の猪養, そ同席に御馳走, そ向けてる様子だった, そ向ける場所すら, そ否応なくお, そ吹く山深み尋ねわび, そ吾が恋益る, そ吾ために一人, そ吾背子が朝, そ呟いてゐた, そ周りへなんにも, そなる, そ土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, そ土地を変え, そ地獄へでも墜ちたら, そをつけ, そ墜ちてし, そからカギ, そ外国人と結婚, そ外家へ行, そ多摩川べりまで範囲, そ夜風に堪えよ, その姿, そ大きなところへ, そ大声で叫ん, そ大水でもと私, そ大社教の管長様, そ天井に張つて, そ天国へでも往きたい, そ天地のかためし, そ太陽も星, そ夫婦心中をし, そ失礼だの生意気, そよ, そ女房の里, そ奴らと来, そ奴陣十郎めは, そ威張つてるんでございます, そ嬉しいと思っ, そ嬰児時代のこと, その無い, そ子供を抱いた, そ学校の先生, そぁあるづもんだ, そ実家へ返さう, そを逃出さ, そ宿にて飮むまいかと割籠, そ寂然とし, そ富士の高根, そ寛闊な様式, そ寝ずにやっち, そ寝るのも, そ山仕事の方, そ山奥へ高踏め, そ山桜及ばぬ枝, そ山茶花の花さ, その松風, そにさまよっ, そかはる, そ幸子女史が音楽, そ幸福な御, その寢, そ度君が沈黙, そ廃めたらどんな, そ引つこぬいてやりませう, そ当分しばらくこ, その判, そ彼女を待たず, そ彼家を出, そ徒に廣大なる, そ御前様の手籠, そ徳山あたりからというの, その底, そ心積りを唐突, そ思いを残す, そ思い切ってここ, そ思ひ切つて伴れ出さう, そ怨恨の涙, そ恩地の屋敷, そ息拔きに, そ悄気た照れ隠し, そ悪魔と接吻, そ情なく浅間しい, そくて, そしい方, そ感傷的になつ, そ慈悲の道, そ慶長桃山足利期あたりの放, そ懐古趣味を発揮, そ我弟が渡世, そ我手で一思, そ或はおかつ, そ戦死なさりゃよか, そ戦線に於, そに手, そ附けに, そ打明け話さうか, そ捜索願を出し, そ揉上を短く, そ描かない事に, そへるなら私, そ放りつぱなしにしてゐる, そ放ん出さないば宜, そ放蕩息子となつ, そ散らまくも, そ散るように, そ散歩に出よう, そにぶつかっ, そ敵討という事, そ文法の時間, そ料理屋へでも呼びだし, そ断刀の錆, そは暮, そ日本の姿, そ旦那さまのお, そ旧式に女書生, そ早々死んで, そ早い時機に, そ早う来てたもれ, そ明るい東京の, そ昨日と同じ, そは丑松, そも鎖し, そも鎖し, そ晝寢せんか, そ更に小つ, そ書くならばと編集, そ少し早く, その方, そ月夜には, その儘, そ有體打明てと, そなさ, そ木兎の図とり, そ木島のところ, そ未だ照子と, そ未來へ參, そ本堂の方, そ本当に会はずじ, そて下さる, そ来てたもれ, そ東国へ帰ろう, そ松島と云, そ松江の人, そ梁山泊へ行っ, そ梧桐の嫩葉, そだろうが, そだね, そ止して了, そ止めてしまはう, そ正月をこ, そ正直に一部始終, そ此の方が厭味, そ此の際前衞侯, そ此人の奥さん, そ此儘この沼津, そ此塵の世, そ此時次右衞門三五郎は顏, そ此足で神楽坂, そ歩行不随意, そつて, そ歸つてしまへ, そ死ぬまでこの, そ死のかと楽し, そ死んだならば斯様不愉快, そ死んだらずゐぶんせいせいする, そ殿にも面会, そ毎日屋で豆, そ民主的な社会生活問題, そ気の毒ぢやない, そ気らくです, そ気楽でいい, そ気軽になにか, そ氣樂でいい, そ氣輕である, そ氣輕げに海, そ永遠の不滅, そが声, その中, そ法師半かむ, そ泣きそあかき, そ泣き出した方が, そ流れに托し, そ浮世をよそ, そ淡島堂に住, そ深くと眠りたき思ひなり, そ淳朴な面白味, そ滅茶苦茶に引ずり回し, そ滑稽感に誘はれ, そ潔く死んだ方, そ濁つてしまへ, そ火葬にし, そ無くなつて, そ無けれふるが親し, そ焼き払ってしまえ, そ焼けてしまつて, そしける, そ熱海か箱根, そ牛めし屋の方, そ獨逸何者そ佛國何者そ露國米國何者そ苟も雄, そ玉座のお, そ田原まで行, そ田舎に, そ申さいではいられません, そか不, そ男らしく殺して, そ番頭の徳三郎, そ登つてしまへ, そ白波のい立ちく, そ白状しようかと, そ白痴に生まれたなら, そな買, そ監獄に囚, そ直ぐにも出かけ, そ相応しけれと思ひ定めつ, そ真実のこと, そ眠っているなら, その前, そ知らぬ振をし, そ知らぬ顔つきでまた, そ知らん体に, そ知らん顔して, そでも打, そ石屋の主人, そ社長のハゲアタマ, その根, その月, そ穴鑿りで引使, そに巻い, そ築地の兄弟分, そ簡素な田舎ぐらし, そ素面で踊りゃいいのにさ, そ細君を呼ん, そ結婚媒介所へでも行つてマネキン, そ絞め殺させてしまふ, そ罐詰で送りたい, そ美奈子は此, そ翌日は暗き, そ翻案にしたら, そ肉眼でも見える, そ能聞よ汝, そ脅し脅し遠くへまで, そ腕力付で奪い取ろう, そ烈つたい, そ自信のあるらしい, そ自害致候てなり, そ自殺して, そ自決して, そにな片寄り, そをば増しませう, その散つた, そ芸者になる, そ苟も雄を, そ若い身空で, そ苦労がなく, そ英吉利の俳優, そ茅淳の海, そ落こちて, そ落ちては堂, そ行かずに引き返す, そ行列を見ない, そで笛, そ裸体の全身像, そ西國葡國何者そ徒に廣大, そ見し世の, そ親子心中でもしよう, そ言っときながら, そ言つて鍵をあけさせ, そ言のをかし, そ診察も断らう, そがしいいだろう, そ話しをする, そか子ども, そ變心して, そ赤いインキで, そ起請文書いて, そ超然と相手を, そを洗っ, そ蹈込んで打放し, そ身投げにし, そ軍隊へ疎開, そ輕井澤まで出掛け, そ輪田夏子の儘, そが現, そ迎え潮と, そ近道かも知れない, そ途中で死んだ, そ這いまわっていた, そ連書でなり, そ運動場へ行つて練習, そをつとめ, そ道具方が腰, そ道理なれ又, そ遣らうと思ふ, そ還俗させて, そ邸内に踏み込ん, そ郷里で小, そをはなれ, そのん, そ醜女にし, そ里子とは別れ, そ重役にし, そが來, そ金茶に, そ金藏を殺さう, そ鉢叩きにでもなります, そを捨て, そ鎌倉まで行かう, そ長二君とて木, そ長田に話し, そ隠居して, そ離れるなら少なくも箱根, そ有い, そを止め, そはない, そ露國米國何者そ苟も雄, そ青簾に氣勢, そ靜岡まで伸し, そ韓國何者そ土國何者そ西國葡國何者そ徒に廣大, そこんだ方, そつて, そ食いつぶしていた, そ馬鹿馬鹿しく馬鹿馬鹿しいという, そ高窓の軒, そだけ結つて, そになつて, そ麻田比古が額, そ默つてゐた方, そ黙って仕舞う