青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「そん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

それとなく~ それとも~ それなら~ それに~ それにしても~ ~それほど それほど~ ~それら それら~ そろそろ~
そん~
そんな~ ~そんなに そんなに~ ~た た~ ~たい たい~ たいてい~ ~たいへん たいへん~

「そん~」 3462, 37ppm, 3096位

▼ そんなら~ (2475, 71.5%)

27 そうと 16 私が 14 君は 12 あなたは, 私の, 私は 11 君の 10 何も 9 これで, と云っ, 何が, 僕は 8 それでいい, 一緒に, 僕が, 僕の 7 それで, 僕も, 此の, 私も

6 [12件] いいが, お前の, お前は, これを, さう, それを, わたしが, 仕方が, 何か, 勝手に, 可い, 自分が

5 いいけれど, おれも, どうした, なぜあの, 今日は, 俺は, 早くそう, 自分で

4 [26件] あたしの, いい, いいでしょう, いいん, おれが, おれには, おれの, おれは, お前さんは, お前に, ここに, このレンズ, これは, ついでに, どうすれ, なにも, も少し, わけは, わしが, わたしも, 今から, 今夜は, 俺も, 好いが, 私だって, 誰の

3 [38件] いいよ, いいわ, おまえの, おまえは, お前を, お妾, お父, こっちも, ごき, その時, といっ, といふ, どうしたら, どこで, ばこの, ばと云っ, みんなで, よかった, よろしい, わたしは, 二人で, 何う, 何の, 俺が, 僕たちは, 僕に, 初めから, 可いが, 吉ちやん, 御勝手, 文句は, 明日から, 母さんの, 私たちは, 華族と, 誰が, 誰だ, 金を

2 [168件] あたいが, あたくし, あたしうちへ, あたしは, あたしを, あなたが, あなたと, あなたも, あんこ別れは, あんたに, いいけど, いいだろう, いいです, おいらの, おいらも, おぬ, おらの, お前さんの, お前も, お姉様, こ, こうなさる, ここで, こっちの, この, このお, この腕, これから火, これが, これに, さうし, しかたが, すぐに, そういうこと, そうし, そうしよう, そうで, そこへ, その, そのよう, その人, その引力, その金, それだけあけましょう, それでもいい, それでよろしい, それで宜, それに, それは, ただお, だれが, ちょっとわし, と言っ, どうか, どうしてこんな, どうしてそんな, どうする, どうでも, どこか, なおいい, なおさらの, なぜ, なぜお, なぜおれ, なにを, なんだって, なんの, ば, ばあなた, ばいっそ, ばお, ばひとつ, ば何, ば私, ば老人, ぼくが, まあ安心, また, もういい, もうお, もう明日, やつて, よいが, ようござんす, よかつ, よし, わしの, わしは, わたしと, わたしの, わたしを, ランプ室へ, 一つお前さんゴム靴を, 一体いつ, 三人で, 五枚お, 今ここで, 今の, 今は, 今一つお前に, 今度は, 今度幻燈会の, 今日の, 仔細は, 何だって, 何という, 何を, 何んだ, 何処へ, 何故早く, 何故神, 何故電報, 俺にも, 僕一つおどかし, 先生は, 八寸に, 君が, 君と, 君に, 君達は, 大したもの, 女の, 好い, 好いけど, 妻を, 始めから, 娘は, 安心だ, 安心です, 宜い, 宜う, 宜しい, 家は, 家へ, 己は, 彼の, 彼奴が, 彼等は, 教へて, 早く往, 早く行っ, 晩に, 池を, 泊つて行かう, 無理に, 物の, 独立する, 直木を, 眞實に, 私そツち, 私たちも, 立派な, 結構だ, 自分の, 自分は, 菓子でも, 言ひませう, 証拠を, 話を, 誰か, 誰に, 誰れ, 誰方, 貰は, 貴女は, 賛成よ, 賭けを, 銭を

1 [1599件 抜粋] あいつの, あすに, あたしが, あたしのを, あたし出, あちらの, あとに, あなたお, あなたの, あの, あのひとたち, あの児, あの姿, あの工事場, あの木, あの私, あの鈍い, あれほど, あんたと, あんた方に, あんな記事黙殺, いいお, いいけれども, いいだろ, いいの, いずれまた, いっそすぐに, いっそ僕, いったい機械, いまの, いよいよの, うちのを, うん州, ええと, おいらここへ, おじさんの, おたげ, おなか, おまえに, および, おれたちは, おれにも, お京さん, お前さまは, お前と, お前其方へ, お前様方は, お吉, お嬢さま, お客様の, お帰り, お待ちしとりますけん, お早よう, お止しなさい, お母さんも, お熊さん, お父さんこう, お疲れ, お祖父, お誘ひ, お金を, お願い致します, かまは, きっとお化け, きっと仕込ん, きょうの, こういう商売, こうしようで, ここから, ここん, こちらの, こっちで, こっちへ, こないだお寺から, このタチヒ, この二百五十金, この刀, この壺, この小さい, この根岸兎角, この筆, この鍋, これからの, これから船, これ程までに, こんなところ, こツち, さっきの, さやう, すぐこっち, すぐもん, すこしの, ずっと家, ぜひも, そうかと, そうなさい, そうよ, そこらを, そっちへ, そのとき, そのままで, その中心, その保険, その前, その奥さんチウの, その少女, その店, その旅費, その本, その着物, その綺麗, その袋一杯, その貫い, その連中, それが, それでその, それでよい, それでよろしゅう, それで可, それで此方, それとはじめ, それと疾く, そろそろ取り掛かっ, ぞうきんならい, ちょいと, ちょっとお待ち, ちょっと伺いたい, ちょっと煙草入れ, って浮気, できるだけ早く, という気, とつと, とにかく信用, と申し, どういう同権論者, どういう種族, どうしてお許し, どうしてここ, どうしてそれ, どうして先生, どうして軍隊手牒, どうぞお, どうで, どうなり, どこ, どこの, どしどし配當, どれが, どんなわけ, どんな風, なおだ, なお結構, なぜあなた, なぜおまえ, なぜそんなに高い, なぜもっと早く, なぜ一つ, なぜ仏様, なぜ君, なぜ忍び込む, なぜ置いた, なぜ鳥, なんぞわたし, なんでもなあ, なんで坂口はん, なんと申し上げれ, ね, ねえ父, ね川鉄, のそのそ歩く, ばあんな, ばこと, ばそん, ばといっ, ばと庚申塚, ばなお, ばまあ, ばわたくし, ば人, ば反対, ば山上山下, ば御, ば拙者, ば暇, ば無理, ば空いた, ば行っ, ば詩人, ば革包, ひとつその, ひとつ参木を, ひとつ盤に, ふと気, ぼくだ, ぼくを, まあすき, まあ可, まあ杉小屋, またいらっしゃい, またこの, また明日彼, まだ良く, みんなし, みんな金や, もうあんな, もうすぐに, もうひとつ, もうピヤノ, もう二十分, もう去, もう安心, もう扉, もう誰, もう黙り込ん, もし島村, もっと早くから言え, もっと詳しく, も一つ, やがて知らせ, やっぱり春信師匠, ゆっくりし, よか, よござんす, よろしいです, よオ, わしと, わしを, わたくしも, わたしたちも, わたしひとりが, わたし影に, わたし黙っ, イヨイヨ発狂自殺だ, オプションなんか, シチュウでも, ダイアモンドじゃあ, チャンと, トースケひばりだ, ナカジョウです, パリという, フォイトを, ブロズキーは, マア考え, ムクは, モット手非道く, レモン入れ, 一しょに, 一ついい, 一つやつて, 一つ焚い, 一つ行っ, 一ペん, 一体どういう, 一刻も, 一層はじめ, 一度みなさん, 一旦家, 一時間, 一目惨澹たる, 丁度君, 三つばかり, 三度も, 下等社会の, 世の中の, 両方貰ひませう, 主人に, 久右衛門さんが, 乙姫さんぢやらう, 事実を, 二人にとって, 二十年も, 二百と, 二階使わん, 五つに, 五目竝べを, 井谷さんに, 人の, 今あんたと, 今ごろは, 今に, 今より, 今夜つれ, 今度逢うた, 今晩見て, 仕方ありません, 伊之助さんの, 伯父さんまあどう, 体が, 何ですか, 何とで, 何んで, 何度も, 何故お前さん月, 何故ボウト, 何故前, 何時まででも, 余り遅く, 供待で, 俺の, 傍で, 僕たちマイナスの, 僕どこで, 僕ひとりで, 僕巣を, 僕畑を, 兄さんから, 先あ, 先刻の, 先生です, 先行ぬ, 全然反動的, 兵器の, 其の義理, 其様な, 兼と, 内へ, 別に一時, 前に, 助太刀たのむ, 勝川派は, 十七円五十銭, 千代本だつた, 千里の, 半襟は, 去年なぜ, 又今度, 友達と, 取り消しだ, 右翼さあ, 吉ちゃん, 向う側には, 君だけを, 君みたいに, 君打てる, 君誰が, 吹田の, 品物の, 問は, 嘘じゃ, 四十九日が, 土地の, 地獄へ, 墓地の, 夜更しは, 夢や, 大して変り, 天から, 太平洋を, 奈何で, 奥様あの, 女中達の, 好いがな, 好い待っ, 妙だ, 妾描い, 姉さんが, 婆さん屹度頼んだ, 子供の, 宇津木様でございました, 安次を, 実業家の, 家族の, 寸法の, 小僧さん済みません, 小登喜, 少し待ちなまし, 屹度だ, 屹度白状します, 工場の, 己から, 己を, 帰りには, 店で, 当人の, 当時我輩を, 彼は, 彼等が, 徒党も, 御即位式, 御待ち, 御機嫌よろしゅう, 御苦勞, 応援し, 悪いけどな, 悲劇は, 慥かに, 我々も, 手紙でと, 打捨, 拙者は, 掏摸が, 握手しませう, 文句あ, 斯う, 新参の, 日帰りでも, 日本人と, 早い話, 早う頼ん, 早くくれりゃ, 早くその, 早く此方, 早く結婚, 早く言っ, 早速金, 明後日は, 明日の, 昨夜から, 是程, 晩ごはんまでには, 最一度, 本当でございます, 村へ, 東京の, 東山堂では, 松に, 株主の, 橋の, 歌舞伎とか, 此処い呼ぼ, 此所から, 歴史と, 母さん其所に, 気軽に, 汝に, 沢山も, 海棠の, 温柔しく, 漢口へは, 瀬川君だ, 無駄口を, 父さんは, 物は, 猫は, 猶更, 現代の, 田舎の, 百姓でも, 皆さん御機嫌よく, 直に馬ア, 真ん中の, 真直かと, 矢代一人を, 石で, 社の, 神様と, 私たち三人や, 私に, 私嬉しい, 科学は, 空を, 箱棺の, 約束でも, 縮絞, 美津の, 翻訳の, 聟さんが, 自分でも, 自転車に, 船は, 芸者でも, 茶を, 藤尾さんを, 行つ, 行方を, 西の, 親分親分が, 角力を, 訳は, 話は, 説明に, 警官の, 責任の, 貴夫の, 貴方は, 貴様は, 買は, 赤玉の, 身体を, 輪タク屋にでも, 迅ちゃんお前さんに, 達者で, 部屋を, 野菊や, 金蔵さんずっと, 銭の, 門歯は, 防空壕の, 雀を, 雪でも, 電池が, 青年は, 静葉ねえさんと, 鞭の, 頭の, 風守は, 餘り, 高等科の, 鰹船の, 黒岩と

▼ そん~ (141, 4.1%)

3 いいん 2 いて, まあ, ヤハアお常, 俺あ, 俺れ, 女だった, 自分の

1 [124件] い, いいじゃ, いいわけ, いい筈, いげ, いつでも, いる, うち, うちあんたど, うちの, え, ええやろ, おそくなった, おとつ, お内儀さん, お前は, お前大人は, お医者さん, お嬢さま, こいからは, こうし, こっちの, この場合, さうだ, しょうがねえ, せうねえ, そいから, そいつを, その帯, その日一日, その材木屋, その男, その赤ン坊, それ娵つ, そんなら, ちったあ, つかまるなり, てめえらは, でんぐりげえってしまって, とうとうまた, とうとう今, どうした, どうしてこの, どうや, どんな話, まあこうして, まあそれ, まあ小作田, まあ或いは, まあ片倉さん, まあ道, またこれ, またサイレン, また田, もさうだに, もちつた確乎, もちつた鹽梅, やっぱり先生, わたし光子さんに, わては, われわれも, イヤだ, エ背が, 一人前に, 一緒に, 万一あすこ, 三日に, 二人とも, 云うこと, 五兵衛さんと, 停車場さ行っ, 僕考えた, 光子さんが, 光子さんたちは, 光子さんは, 光子さんまだ, 光子さん行にや, 共同耕作は, 兵隊に, 其處らで, 別荘の, 前にも, 勝てるの, 又行く, 取りあえず兄さん, 名前も, 地代が, 夫は, 夫も, 始めて合点, 娵持たせる, 密輸入の, 居るの, 岩村田の, 帳場の, 幾干や, 愚圖, 所番地が, 打ち敲かれやすの, 敏子さんと, 教せられたろ, 旦那はんもう, 暫くでも, 朝から, 本人さんの, 極く, 歸り, 海尻の, 満洲国, 源太郎も, 爺樣は, 男は, 私, 私こう, 私は, 私最前いう, 綿貫は, 自分は, 與吉こと何遍も, 船長の, 近所の, 近近の, 鉄砲の, 黙っちゃ

▼ そんでも~ (101, 2.9%)

1 [101件] あの人, あの時, あん兄, い, いつもこいさん, うち, うちめったな, え, おつう, おつか, おとつ, おらへの, お内儀さん, お内儀さん等喰, お汁, ここの, こないだ行た, これの, こんでも, こんな世界, しょうがねえ, その刀, たえしたこと, たんと收, どうにか家, どうやらかう, なくつ, なにも, なア, ばさま居, ばったり顔, へえ俺, まあわし等, まあ到頭遁げ, まあ大丈夫, やったこと, よきは, わたし今日ほんま, ウンと, ネを, 一晩泊め, 他村, 何處へか, 俺あ, 俺あすこへ, 俺がにも, 俺らが, 俺ら勘次さんに, 俺ら明日の, 俺れ, 俺れこた, 俺家の, 先刻はがや, 入えん, 其處らへ, 内でも, 出て, 到頭我慢, 南の, 厭だ, 厭だつちつたら, 可惜もん, 四斗樽の, 困って, 大凡まあ, 奇態な, 嬉しそう, 家賃助かる, 寒か, 床の, 店臺は, 強情張っ, 怨みも, 悪いこつすれ, 折角聴き, 日本国の, 明日は, 時々や, 暫く經, 此んでも, 此位ぢや, 此處らぢや, 氣の, 汝りや心配掛けねえ, 汝りや能くやん, 汽車が, 浜田さんが, 猫の, 男で, 疱瘡神は, 算術は, 自分の, 襖の, 見てて, 財布にや, 足でした, 野田から, 鎌は, 開墾した, 難有, 麁朶買あ

▼ そん~ (87, 2.5%)

8 やお 5 よそこら 4 よ其辺 3 やえ, や俺, や此 2 や, やこつちの, やそれ, やまあ, やよ, や仕, や其の, や誰

1 [45件] やあん, やこら, やさ, やそつ, やそら, やどうしても, やね, やら話, やわし蜀黍隱, や今度澤山, や任せ, や何, や俺ら, や俺ら今, や俺ら家, や俺ら米, や先刻藥貼つて貰, や兼次, や勘次さん, や又, や噺, や困つた, や外, や大層厄介, や好, や忙しい, や惡, や手, や明日, や此ら, や此りや, や此方, や此醤油, や燃す, や爺, や爺がん, や直, や笹, や細かく, や罪, や藁, や藥, や行く, や貰つて, や隣

▼ そん~ (58, 1.7%)

2 には流石, に金吾

1 [54件] いきなり肩, おっ母, から二十六日, から俺, が三度目, しみじみさう, だけ不意, だわれ, どうしよう, にさ, にし, になっ, になつ, には今わ, には嘘, にゃあ, にやお, にや盲目, に一寸心配, に千太どん, に妾, に手前裸体, に正木さん, に漂流端舟, のいきさつ, のおかげ, のロシヤ語, の事情, の具合, の嬉し, の嬉しかっ, の待合所, の貴女, はいた, はお, はおす, はじめて思い, はそれ音, ははい, はみんな, はゴンゾ様々, は何, は僕, は汝, は都合, またこ, まで女, まで春子さん, もしまだわたし, もつくづく, も敦子さま, や家族, 持つてね, 聞かなかつたの

▼ そん~ (57, 1.6%)

10 がお 2 がそれ, が此

1 [43件] から, からおら, からおれげ, からわし, から俺, から俺ら, から愚圖, から汝等, から見ろ, から過多, があ, があの, があん, がおらしん, がお前, がぎつしり成つて, がこれ, がさ, がとれねえ, がよ先刻, がよ噺, がよ餘, が今, が今夜, が俺, が俺ら今ぢ, が俺ら嫁樣, が先, が勘次さん, が娘, が怪我, が旦那, が此ら根性, が此ら根性やくざ, が此間, が汝りや, が碌, が鰹節, し, そのよ, ともうっかり, とも皆んな可哀そう, もの見

▼ そんじゃ~ (48, 1.4%)

2

1 [46件] あげて, あしたきっと, あたしが, いうぜ, おっかさんの, おとっつあんもう, おまえさんは, おらあ, おれ, おれが, お前が, お前さんは, お前一人で, お礼の, けど喰う, けんもう, こっちも, しげソロソロ苗運ん, そんな風, ちょうど好い, どうしよう, ま早く, もうやめる, もう寝る, やるかな, ア, アいけ, ア人が, ゼニよこせ, マキベえ, 五郎しゃん, 俺が, 俺ら急ぐ, 俺達の, 博多節ば, 山田の, 川上の, 手に, 支那人は, 芳月軒に, 見せて, 見たか, 辰造お, 金吾汽車あ, 頂か, 飯でも

▼ そんだら~ (17, 0.5%)

2 はがき見だ, ハアお前達

1 [13件] あっちこっち飛ん, え, こいつは, なぜもどさねえだ, はあ丁度, イクサが, ガ, 二人も, 早く行っ, 河さ流さんで, 誰方も, 買つてこう, 達者で

▼ そんなり~ (15, 0.4%)

2 くつに, くつは

1 [11件] 何も, 口ききませんで, 喧嘩別れに, 大目に, 教室いも来なされしません, 校長先生は, 物を, 真に受ける, 私は, 置いて, 警察から

▼ そん~ (14, 0.4%)

2 口を, 言った 1 した, した声, した浮かぬ表情, 予言者みたいな, 備前屋の, 廊下へ, 打っ切ら棒, 笑ったとき, 言うだけ, 言ったが

▼ そん~ (13, 0.4%)

3 のこと 1 なこと, なもん, なトコロ, な事, な奇妙, な女, に命知らず, に妾, のこと信用, のオトト

▼ そん~ (13, 0.4%)

1 [13件] から二段歩, から誰, だな, で, でマクシム, で徳富さん, に, には戦争, に佐々, に何, に又, に貴島, の三四人

▼ そんだけ~ (9, 0.3%)

21 しきゃねえん, だあ, です, 云うだ, 今までより, 兄さんが, 骨が

▼ そんなら行っ~ (9, 0.3%)

2 てみよう 1 てくれ, てごらん, てやろう, て来, て来よう, て見, て見届け

▼ そんとき~ (8, 0.2%)

1 からあなた, からオレ, なんて言った, にはお客さま, に咬まれた, ねむり薬, の名残り, はまるで

▼ そんこと~ (7, 0.2%)

1 する子, で結婚, はどう, は図々しい, は迷信, をし, を考え

▼ そんなら言っ~ (6, 0.2%)

3 てやろう 2 て聞かせる 1 て見よ

▼ そん~ (6, 0.2%)

5 えに 1 えな

▼ そんなし~ (5, 0.1%)

2 だらでない岩さん 1 あはせ, ちめんどう, つっこいけばけばしい

▼ そんならいつ~ (5, 0.1%)

1 そ, そのことみんな, そほんとに, そ信州へ, そ私のに

▼ そんけい~ (4, 0.1%)

1 が三足, されて, して, は巽鶏

▼ そんだけの~ (4, 0.1%)

1 事に, 気の, 腹が, 話だ

▼ そんでね~ (4, 0.1%)

1 おばさん, そういったわけ, たしかにそうじ, 村の

▼ そんなく~ (4, 0.1%)

2 だらんこと 1 さったまがいものは, すぐりを

▼ そんなど~ (4, 0.1%)

1 えらいこと, たん場にな, れい船の, ろぼうが

▼ そんならさう~ (4, 0.1%)

1 でかまひ, とし, ととつく, と早く

▼ そんなら連れ~ (4, 0.1%)

2 て行っ 1 て来る, て行く

▼ そんなれ~ (4, 0.1%)

1 ばかどうも, ば早く, ば最う, ば林藏

▼ そんない~ (3, 0.1%)

1 じの, とま, やみが

▼ そんなき~ (3, 0.1%)

1 かいが, のせまい, ような

▼ そんならかう~ (3, 0.1%)

1 いふ例を, いふ考へてる, 言ひ

▼ そんならやっ~ (3, 0.1%)

1 てしまえ, て来ません, ぱりいったかもしれねえ

▼ そんなら待っ~ (3, 0.1%)

1 てい, ていろ, て進ぜましょう

▼ そんなら書い~ (3, 0.1%)

1 て, てくれます, てみよう

▼ そんなら歩い~ (3, 0.1%)

1 て, てかえりたまえ, といでよ

▼ そんなりで~ (3, 0.1%)

1 かめへんいうたん, 放っとくよう, 済んでしもてんけど

▼ そん~ (3, 0.1%)

1 して, 決して俺ら, 長いもの

▼ そんねに~ (3, 0.1%)

1 うまい工合, 着やせんの, 食はでも

▼ そん~ (3, 0.1%)

1 させようと, するの, 奇蹟は

▼ そん~ (3, 0.1%)

1 で尤も, の悲しい, は知りやしません

▼ そんだってさ~ (2, 0.1%)

2

▼ そんつもり~ (2, 0.1%)

1 でな, で附き合わんき

▼ そん~ (2, 0.1%)

1 なぜ今, 仲間が

▼ そんでなあ~ (2, 0.1%)

1 支那料理でも, 豊ちゃんまじめな

▼ そんでなく~ (2, 0.1%)

1 て政府, もウヌ

▼ そんでもさ~ (2, 0.1%)

1 いぐら, 飽きも

▼ そんでよ~ (2, 0.1%)

1 だから, 手傳に

▼ そんところ~ (2, 0.1%)

1 へびったりつくから, へ行く

▼ そんなめ~ (2, 0.1%)

2 ちゃな

▼ そんならいっ~ (2, 0.1%)

1 てえ, てきます

▼ そんならえい~ (2, 0.1%)

1 けど, けれどね

▼ そんならたべ~ (2, 0.1%)

2 物を

▼ そんならだ~ (2, 0.1%)

1 なあ, ななぜ

▼ そんならつい~ (2, 0.1%)

2 て来い

▼ そんならもつ~ (2, 0.1%)

1 と, とほか

▼ そんなら乗せ~ (2, 0.1%)

1 ていっ, てやる

▼ そんなら云っ~ (2, 0.1%)

1 てきかせる, てやろう

▼ そんなら出~ (2, 0.1%)

1 さあ, て行け

▼ そんなら帰っ~ (2, 0.1%)

1 てもいい, て来た

▼ そんなら帰る~ (2, 0.1%)

1 まで入口, わいの

▼ そんなら断っ~ (2, 0.1%)

1 て拵える, て終え

▼ そんなら泣き~ (2, 0.1%)

1 ナ坊様, ナ坊樣

▼ そんなら申します~ (2, 0.1%)

2 と泣い

▼ そんなら着~ (2, 0.1%)

1 てやろう, て行かう

▼ そんなら聞い~ (2, 0.1%)

1 てもらいたい, て見る

▼ そんなら聞く~ (2, 0.1%)

1 がいったい, が君

▼ そんなら行きたく~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ そんなら行く~ (2, 0.1%)

1 か, ぞ

▼ そんなら見せ~ (2, 0.1%)

1 てやろう, て上げましょう

▼ そんなら訊く~ (2, 0.1%)

1 が, がかうし

▼ そんなら話し~ (2, 0.1%)

2 て聞かせる

▼ そんなら話す~ (2, 0.1%)

1 がね, んじゃ

▼ そんなら逃げる~ (2, 0.1%)

1 がもの, わけは

▼ そんなら降り~ (2, 0.1%)

2 てやる

▼ そんなら黙っ~ (2, 0.1%)

1 ていない, ていろ

▼ そんなりに~ (2, 0.1%)

1 しとかれしませんので, しとけへんさかいになあ

▼ そん~ (2, 0.1%)

1 ふとやら, 水は

▼ そん~ (2, 0.1%)

1 しないという, 御有り

▼ そん畜生~ (2, 0.1%)

1 にやあ毎朝一杯づつ, の歯

▼ そん~ (2, 0.1%)

1 だって俺, は未だ極

▼1* [220件]

そんことは, そんあと水ば五合, そん志どんね, そん化け物が, そんいいん, そんがいではありません, そんくらいのことなんでも, そん乗ったらこの, そんけいしなければなりません, そんけいする明智大, そんげえなものには怯えまい, そんげえなもんじゃねえだ, そんげ風に思わせる, そんころの雨, そんころ善吉はまるっきり, そんさきにぽうっと, そんじゃから足片方なく, そんだけが道楽だ, そんだけでも心配やの, そんだったら俺なんて, そんだっていしが, そんつもりたあどんな, そんでなけりや, そんでない姿は, そんでなくつちやお, そんでなけれ耳引張, そんでは旦那, そんでへい苧殻, そんとかとくとかいう, そんとき僕をおどかした, そんとき善ニョムさんは気がつい, そんとき大変じゃろうけん余分, そんとき文学芸者の小, そんとき玉井金五郎とかいう変, そんとき男泣きに泣いちまっただ, そんとしてゐる自分, そんなおもひを, そんなかろい思惑, そんなくっ着かない事, そんなげいがあるなら, そんなとこい迎い, そんなほッつきあるいて, そんならあたるかどう, そんならある意味で, そんならあわてるにも及ぶ, そんならあんたどない, そんならいいつけたらよろしいがな, そんならいうがね, そんならいそがないけれど, そんならいらんうちあんた, そんならえばったもんだ, そんならおぬしは, そんならかうしてゐる, そんならかげ六十と, そんならかまわないからおまえたち, そんならかれの場合, そんならきいてみませう, そんならきかんことに, そんならきくけどその, そんならこつちが五十銭, そんならじぶんだけで, そんならせえへんつもりや, そんならそいでもうちょっと, そんならぞんぜえに, そんならたつて買, そんならちつとも気味, そんならつれていこ, そんならどなるが好い, そんならひょろ松お前と, そんならまるめろの枝, そんならもってくる, そんならやめます僕は, そんならやりましょうが下ろした, そんならようせよせ, そんならよした方が, そんならよしたらどう, そんならよすさ, そんならよせばいい, そんならわたへが取り次い, そんなら上げましょう其の代り何, そんなら上れといった, そんなら云うがこの, そんなら亡んでしまう, そんなら伺いますがね戦争, そんなら作らなえ, そんなら傷ついた曲者は, そんなら入りますよ, そんなら入れて茲処, そんなら出しておい, そんなら判りそうな, そんなら別れた上で, そんなら別れるが, そんなら取ってやろう, そんなら叱られるかという, そんなら呼び戻そうか, そんなら呼べと座, そんなら好いでせう, そんなら好いた同志で, そんなら帰らせていただきます, そんなら帰らなければよかっ, そんなら帰りましょうか, そんなら帰れるものだけ, そんなら引かうと二人, そんなら引き受けると云っ, そんなら往こうと下女, そんなら待たう来年まで, そんなら思い切って十分, そんなら恐るべき人生の, そんなら惚れたか, そんなら慕われてどう, そんなら戦ってやろう, そんなら手伝うよ, そんなら持って往け, そんなら振切っても刎, そんなら捨てていらっしゃい, そんなら捨てなければいい, そんなら探すの止めよう, そんなら揉んだらいいたたい, そんなら撃ってみる, そんなら教えてやろう, そんなら来給へ, そんなら来ないでいい, そんなら極まった人です, そんなら止しなっ聞しちゃやらねえ, そんなら止すが好かろ, そんなら止めろと云うだろう, そんなら歩けとて背中, そんなら死なずに生き, そんなら死になさいとは云え, そんなら死ぬだけは内地, そんなら死んでしま, そんなら気に入ったかと訊ねられ, そんなら泊ってやる, そんなら泊れと私, そんなら泳いでわたる, そんなら済まんがお前, そんなら生きてても何, そんなら申してみましょう, そんなら疑ふのは, そんなら疲れたらいつでも, そんなら知ってるよ, そんなら知つてるわ, そんなら穿いて見せよう, そんなら立って来る, そんなら立つ前に, そんなら立て寄せて置い, そんなら置いて遣る, そんなら行かない方が, そんなら行き着いた先き, そんなら行こうと堅く, そんなら見せようか, そんなら見せるだけ見せよう, そんなら見たまえ長州藩あたりじゃ, そんなら言うが今, そんなら言わなくつても, そんなら訊かせになどやらなけれ, そんなら読まなくても好, そんなら調べてごらん, そんなら貰いたいかと云う, そんなら貰ったかと聞く, そんなら買って遣ろう, そんなら起きてしまひ, そんなら逃げようと直に, そんなら逃げ廻って苦しむ, そんなら逢うてお話, そんなら進んで蕪雜亂脈, そんなら遊ぶのん, そんなら遣て見よう, そんなら還すがいい, そんなら酔っ払いみたいに, そんなら開いてる筈だ, そんなら間違う方の, そんなら降參しました, そんなら除けたが好い, そんなら隠れてやつ, そんなら頼まないわよ, そんなら頼みませんわ, そんなら頼んだばい, そんなら食べなんすか, そんなら飲んでおしまい, そんなら駈出さなければ宜, そんなら黙つてゐない, そんなりかくさずに見せ, そんにはあ俺, そんねえに若え, そんねな事どう, そんばかりして, そんまん中へ所帯道具, そんより医者さでも, そんガ指導ノ下, そんダンブクロ見て, そん処で, そんにお, そんに貸した, そん代りにその, そんは黙想, そん処そこらにある, そんから翌日, そん当時黒門さどうだち, そんどうな, そん事を, そんがよかよ, そん時ぁもう武右衛門さんはこの, そん時あたいのもと, そん時おれがつくづく, そん時これを引ツ, そん時びっくりした拍子, そん時やつたから, そん時三つだったん, そん時三味線屋へ泊つたん, そん時以来こうしてまあ, そん時以来男じゃなくなっ, そん時僕のやり方, そん時兵隊だったと, そん時反対してたらあんた, そん時見込なけり, そん時院長さんに訊いた, そん聞いてると, そん通りにやった, そん都度に家