青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「せし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~せ せ~ ~せい せい~ せいぜい~ ~せう せう~ ~せざる せざる~ ~せし
せし~
せしめ~ ~せしめた ~せしめる せしめる~ ~せず せず~ ~せた せた~ せっかく~ せない~

「せし~」 4184, 40ppm, 2879位

▼ せしむる~ (373, 8.9%)

34 に足る 10 に至った 7 に至る 5 が如き, と同時に 4 の必要 3 に在り, に在る, に至, に至り, に至りたる, に至れり, は固, を要す, を要する

2 [32件] が故に, が爲め, にはどう, に充分, に十分, に在りき, に必要, に果たして, に異ならず, に至りぬ, に限る, の一事, の一法, の作用, の工夫, の方法, の毒, の目的, の結果, の行動, は是, は観る, までは幾囘, も决, を平生, を得, を得べし, を得る, を求めずし, を計る, を許さず, 如き何等

1 [217件] あの殺害的狂乱, あの賤しき石, から益, がよい, が如くなるべし, が如く計る, が故, が肝要, その広汎, だけに長所, だけの意欲, だけの科学, つまり小農切り捨て, であろうと, という, という言葉, と共にその, と共に一方, と共に当代, と共に自ら, と共に自分, と大いに, などはその, などは甚, ならば, にある, にその, については従来, にはまず, には不十分, には充分, には如かず, には必要, には至らぬ, には行政, には足るべし, には適当, にも堪へなく, に他, に何, に余りあっ, に余力, に依り, に先立ち, に到りぬ, に到る, に勉むる, に及ばざりき, に同じ, に吾人, に在った, に堪へなく, に多大, に大いに, に宜, に忍びざる, に意, に敵, に於, に最近二十年間, に有力, に毎次功, に生きた, に由, に異ならざるべし, に相違, に美人, に肉筆画, に至っ, に至ら, に至らず, に至らない, に至らなかった, に至りき, に解説的, に足らざる, に足らず, に足りた, に足りる, に足るある, に足るです, に足るなり, に足るべき, に足六, に過, に過ぎざるべき, に過ぎず, に過ぎない, に過ぎません, に適した, に金, に限り美也, のに対しロダン, のみである, のみでなく, の一大革命, の不利, の不品行, の保証者, の具, の処, の努力, の原因, の可否, の命令, の嘆願書, の外, の妙術, の容易, の巨光, の已むなきに, の微意, の必要上, の恥辱, の手段, の政党, の方便, の施設, の根本, の機縁, の權, の準備, の考, の虞, の要, の見込, の覺悟, の謂, の資料, の賢, の趣味, の途, の途他, の道, の魔術, は世間財理, は全く, は到底, は北斎, は即ち, は困難至極, は如何, は実は, は彼, は我, は望み絶えざる, は決して, は珍ら, は男子, は至当, は蘭軒, は遠い, ばかりの佛具, ばかりの和音, ばかりの理想, ほどだった, ほどです, ほどになっ, ほどに迅速, ほどの女性, ほどの好, ほどの思想, ほどの結果, までには至りたるなれ, までに彼, までは休まぬであろう, もなお, も一般普通, も亦, も図書, も怪しむべし, も民法, も病, も百花, も管理者, よりは或は, よりも全く, よりも此条, より急, を主眼, を以, を以て最, を得たなら, を得なかった, を得べけれ, を得よう, を得ん, を得策, を慮り, を目的, 大きな力, 大音声, 如きは, 如き事, 如き愛らしき, 如く戦争, 如し, 憤, 我が敬愛, 故に予, 清き記憶, 程で, 程に低く, 程に卑しく, 程の情況, 程の者, 程の議論, 第九, 第九天, 結構至極, 能わざりしにせ, 能わざるが, 色づきし雲, 要點, 輝かしい暗示, 面白き一事実, 面白き一事實

▼ せし~ (271, 6.5%)

4 如し 3 今また

2 [12件] あゝ彼奴, ごとうる, ごとき種々, さすがに, その同門, のちには, 唯だ, 幾ばくも, 是は, 竟に, 耳に, 車よりは

1 [240件] ああわかった, ああ彼奴, あには, ある所, あゝ解つた, いつのまにやら, いや, お安, かくて, こ, ここぞ, この報, この本, この火, この老婆, これしかしながら, ごとき, ごときその, ごとく教会, ごとく迷信, ごとし, さて, さて我が家, されど, その事, その帳, その月, その母, その罪人, その翌々日, その翌日江戸, その肖像畫, その途端, その通讀, そもやそ, それも, たちまち我, たちまち笑顔, ため巡査, ついにかなわず, づた, なんとかし, にわかに飛び起き, ふと伝三, また車, むなしく犬馬, もとよりところ, やがて妻, やがて梅子, ようございます, ようやく気, よも誤り, われわが, キリスト教の, フト心付き原田は, フト見れ, フト顧み, ポムペイウスカエサルに, ヨシヨシ船尾の, 一月ばかり, 一生の, 上帝の, 不開室, 世を, 中に, 主人は, 主人公も, 事の, 二人は, 京伝子, 人には, 人の, 今に, 今に知ず, 今や正にその, 今更どうする, 今眼前一本杉, 伯父の, 何とか二獣, 何となくお, 何思ひけん, 俯伏に, 先年黒田清隆伯こ, 光線の, 兎角長し短し, 其の中, 其の相談, 其夜の, 其後も, 其後博奕に, 其後漸次分離し, 其後病死する, 其折, 其頃將監樣に, 分らざるゆゑ捨置たる, 初日ゆゑか人, 前の, 勘定取, 半四郎は, 去歳家を, 又甲斐國, 取迯, 口を, 古を, 右金子を, 同年十一月弘前県を, 名誉の, 否然, 困りしは, 土間の, 夕方に, 多兵衞, 大岡殿は, 大岡殿笑ひ, 大正六年七月十三日白昼江戸川の, 天正兵火に, 夫より, 如きは, 如き事, 如き其宗教論, 如き即ち, 如き将, 如き政治的冒険, 如く見ゆるも, 如く説くは, 如く道衍, 姫の, 嬢の, 子息長三郎は, 子迚, 学問する, 宇内八荒の, 安永に, 家族は, 寧そ我が, 寧此方より, 寺内の, 少しも, 屹度思ひつい, 巡り巡つて三年越し, 巨人追い来り, 帝曰く至親問う, 席への, 常に身體, 幾ど, 当時栃木県知事は, 役の, 彼は, 後これ, 後に, 後又, 後家を, 後藤は, 御奉行樣, 心の, 心を, 心着きぬ, 思い定め, 思ひ定めて, 思ふところ, 惚合にて, 我等の, 或る, 或時, 或時喧嘩, 戸棚かい, 扨今度は, 折節揚汐と, 故なり, 故に英国伝道会社, 教師の, 斯る, 日光と, 日暮れ方より, 早速右, 明子は, 明治の, 明治十九年九月某, 是ひとつと, 是より, 是迄の, 時勢の, 最初の, 未だ御家來不足, 果して鰐淵, 果たしてその, 果ては久しく, 果ては谷底, 業務忽繁栄し, 此は, 此度いよ, 此度も, 此方策に, 此隣に, 母は, 毒蛇と, 浪次第に, 浪風あらく, 深夜と, 為めに, 然とて, 然有ぬ, 父君卒去する, 狂人なりとて, 獅子は, 王女カスサンドラの, 當時の, 當時大阪よりは, 白刃振り, 知者絶てあらざりけり, 稍あり, 糟を, 終に疲れ, 結局今後は, 縁と, 職工の, 肴は, 能, 脆くも, 茶店の, 虎蔵も, 見物は, 見送る人眼, 親しくゆき, 許由恥ぢ, 誰も, 誰れ, 途次某, 遂に見, 過ちて, 部屋に, 間もなく或, 関わず置, 隣室の, 雜沓甚しき, 離婚の, 雨ふり出したれ, 非常に, 面白かりし, 韓國滿洲が

▼ せし~ (267, 6.4%)

3 彼は, 旦那次の間に, 相違なし

2 [16件] いかにも美味, かのもの荷物, これは, なにやらん, 他の, 夫人は, 始まる, 守る者木戸, 安政二年江戸大, 對し, 御領主, 所の, 暫くし, 美味なりし, 翌年他国に, 追

1 [226件] あいにく不在, あたかもまた, あらざるか, あらざれども, あらずや, あらず先刻何物, あらず従来, あらず我利, あるのみ, あわれ天, いつか立さりけん見えずなりぬ, おれは, お園にこやか, お艶, お通, かかわらず打ち殺しその, きわめて大, この場所, この時, これすら, これぞ外, すでに数千部, せよ其状態, その仇, その書体楷法, その答え, その結果, その言語, その辺り, その馬瞋, その魔物, たちまち五千円余, たまたまこの, つかつかと, なるほど一座, はたしてさけあま, よき時, よる, わけも, アたちまち, アントニオが, イイダ姫, キリスト教起こり, ハルトマンは, フエデリゴめで, フエデリゴも, ロセツは, 一ツの, 一人の, 一同自ら覚り, 一幅の, 一部分の, 一陣の, 丈伸び, 上官の, 不思議なる, 両人大いに, 両親は, 中には, 中の, 中御門院崩じ, 人々は, 人倫たえたる, 人民他, 今は, 今まで, 仏領海岸を, 付ても, 付利兵衞殿を, 付御, 似ずば, 似たること, 住職の, 何おじでは, 何事ぞ, 何処より, 何故然樣, 依て, 依りて, 依組頭共, 修業の, 候, 傍なる, 傚い, 傳吉の, 先生なかなか, 全く平, 共に悉く藤, 其日の, 其翌日より, 再び上界, 出づるなるべし, 出るならん, 初めは, 前に, 前記の, 化して, 取分書を, 取食, 同じ様, 同窓の, 君又, 吾を, 咄嗟一歩の, 啓かざれ, 喝采の, 四とせ前に, 因るなり, 因る等, 堯舜を以て, 外ならず, 夜も, 夜具衣類迄, 大枝は, 大雨あり, 奉行は, 女房は, 妖婦キルケ舟中の, 姫進み寄り, 媼は, 嬉しや, 客は, 富家の, 將軍の, 少しも, 少女は, 就いては, 山内伊賀亮は, 己の, 平七は, 庭の, 廻り合わざる趣, 引きかえ千鶴子, 当人自白し, 彼が, 彼等は, 彼者共語りし, 後藤平四郎と, 御の, 御納経, 微雨至る, 忽ちその, 忽ちによき, 戸締の, 折よく, 拘はらず自ら, 拘らず彼, 敬服し, 文禄中五百歳で, 日々追手風打續き, 日ならずし, 明日刻限通り參らるべし, 最早罪科極り御所刑付, 来訪者引きも, 松田藏相は, 林間に, 果して然りき, 果せるかな, 殊の, 殘金十一兩餘在り, 比す其些細, 比べて, 気色を, 水姓吉蔵氏, 汽車の, 沈め得ず由って, 深更に, 渠方々を, 父源兵衞病死の, 王戎まさに, 現代ドイツ語にては, 甚太夫は, 由り彼, 異ならん, 疾主人の, 病性よから, 白き形, 皆, 目科は, 相違あるまじ, 相違なかるべく, 相違なき, 相違なく, 相違は, 相違御座なく, 相違有まじ, 知人も, 石の, 程近くなる, 空気に, 穽などなりとや, 竿は, 群衆は, 老人は, 胸先より, 至りては, 西牟婁郡の, 見事仕止めつ, 見給, 親戚の, 豫約發賣の, 貴婦人快く, 起因し, 軋みて, 軍次郎は, 辞みていう, 途中にて, 遂に大, 過ぎざる也, 過ぐる, 道に, 重井は, 金を, 釘付などに, 間もなく又もや思ひ, 院吏いう, 非ず, 非ずや, 非らず, 風葉感じ入り, 食用の, 驚き秀調, 骨柄たくましく, 魚沼の, 麻生君より, 黒きケルビーニ

▼ せしもの~ (184, 4.4%)

13 なり 10 にし 5 なれば 4 にあらず 3 あり, と思はる, ならん, なり評判, なること, なるべし, はかないの 2 ありき, ありて, ありての, あるを, である, ならむ, なりしを, なるやを, の如し, はこの

1 [111件] ありしは, ありたるため, ありと, かそれとも, かな, が今, が妖怪, すくなけれ, ぞかく, たるや, であった, であるとも, で爾来, で現に, とあらゆる, とすれ, となれる, とは余, とは品格上高下, とも思われず, と云, と信ずべき, と南アフリカ, と存候, と思ひ僻め, と想像, と斷定, と為す, と考へる, と考察, と見, と見る, と観察, と解すべし, と謂, なしその, ならば, なりしが, なりし事, なりと, なりという, なりといふ, なりや或は, なるか, なるが, なるに, なるべく候, なるべしと, なるや, なる事, なる可, にあらざるべし, にて, にて一幕目小春髪すき, にて中尾, にて今, にて他, にて其人名等, にて妙雲, にて樺太アイヌ, にて決して, にて窟, にはあらず, にフォス, に似, に係る, に候, に如く, に過ぎず, に非, のみを掲げた, の僻, の剖判, の家, の話, はおもに, はその, はキルケ, は五伯, は他, は何故, は余, は即ち, は名, は多々, は容易, は我運命, は素, は義, は自然, は蝦夷, は辨, は酒, も今日, をエロイツェル, をモック, を下りゆく, を云, を再, を凌辱, を勇將, を因, を多く, を忠実, を思ひ泣く, を挙げし, を英, 多く単純, 多ければ, 成らんと, 既にあり

▼ せしめん~ (155, 3.7%)

47 とする 21 がため 9 とした 8 とし 6 と欲せ 4 とす, と欲する 3 とせり 2 か, が為, となら, と努力, と欲す

1 [43件] かとの苦惱, かと心, か十年, がためなり, が為め, が為め高価, が爲, が爲め, としても反, として大, として皆, として苟も, とするなり, とせし, とせしか, とてただ, とて地, とて此説, との下心, との厚意, との本願, とは試みつ, と介抱, と力めたる, と即ち, と最も, と欲, と欲するなら, と欲せり, と研究, と計った, と謀る, と身, と頻, と願, と願わざる, には先づ支那人, には是非匈奴, に果して, ばかりの肉体, や, よからずや, を欲するなり

▼ せし~ (146, 3.5%)

2 决し, 南宗の, 巴里絶頂の, 蕪村五十四歳の

1 [138件] あたかも午前三時頃, あたかも歳, あながち尊卑, いかにも彼男, いちじるしき事実, けだし秩序的進歩, この後, これが, しませんから, すでに夜七時, すなわち勝氏, そこな, そのほう, その仏国風, その第, その英国風, ただ一人, なお東洋, なんの, また例, まだゆかしき, みな人の, わが罪深き, アフリカ南端の, タシケント地方より, ツイ近ごろの, ルーソーの, 一八二五年ストックトンより, 一八五〇年ドーバーと, 一階高く, 三月一日午後一時ごろなり, 両親を, 久しき事, 仁の, 今も, 今より, 今回旅行の, 今度が, 何か, 何にも, 何よりの, 余之を, 作男の, 入道が, 八年前なりき, 其方業體に, 其頃越後高田の, 出現者の, 前にも, 前後召見の, 勇敢なる, 印度より, 即ちこの, 右名主の, 合祀で, 吉備塚の, 同人手代源藏と, 君の, 咋の, 哀れなりける, 問ひし, 器物咒力化生の, 四代將軍の, 四年前に, 増飾の, 多少を, 大岡殿の, 天氣めでたき, 如何なる故, 妾が, 孔子なり, 定めて, 実に此不幸, 家に, 寛文中の, 實地と, 山内伊賀亮なり, 希有なる, 必しも, 惡口に, 我が叔母, 我が粗忽, 我が誤ち, 我らの, 我を, 我心を, 我身より, 拙者なりと, 搆へて, 新聞集会言論の, 旦那の, 早や, 明和四年十九歳の, 明治三十二年の, 明治十五年九月八日, 明治四十二年の, 昔と, 昭和五年も, 是を, 李斯の, 果して何時代, 某君, 正徳元年, 此神なり, 水呑村, 海底噴火山の, 燕王志を, 父上の, 独逸の, 王充の, 王妃と, 珍と, 甚だ奇怪, 病氣なりしや, 神に, 神社は, 私一世の, 第一, 経済学者たる, 老杉, 耶蘇教説に, 聖母の, 航海長なり, 蓋し襄, 藤井左京なり, 衆を, 親より, 言を, 誤なり, 誰が, 誰ぞ, 越前が, 間違ひで胸札が, 露国政府の, 面白し, 風の, 鴫沢一家の, 黄昏の

▼ せしこと~ (132, 3.2%)

14 あり 3 がある, なし 2 なきや, なれば, もありし, や, よ, 即ち是, 無きを

1 [98件] あらざりしを, あらず, あらんか, ありしかば, ありしが, ありしも, ありしやに, ありし由, ありたるも, ありと, ありといふ, あるが, あるも, あるもの, ある人, あれども, いかばかりぞ, いくばくぞ, いづ馬, および今, かへす, があっ, があった, があり, がわかる, が知れ, が知れた, が知れる, そして北朗, その夫, とぞ, とてござらぬ, とて今後非常, なかりき, なきに, なきはいふ, なきやの, なければ, なしと, などは予, ならん, なり, なるが, なるに, なれど, のごとき, のもと, の可笑し, の有し, の覚え, の非, は, はこれ, はその, は一たび伊万里, は之, は前文, は幾度, は我が, は松浦竹四郎, は言, もあらず, もあらん, もあり, もありき, も僥倖, も識覚, やらたちまち, やら忽ち, より怪しき, より施寧, をいう, をその, をも思ひ, を以て名高い, を察, を幾度, を忘れ, を憶, を承知, を用, を發, を知り, を聞かず, を肯定, を覚えず, を言傳, を記, を記載, を認めざるべからざるなり, を説ける, 及びその, 屡, 度々なれ, 明かなり但, 疑なし, 疑ふべからず, 第二卷

▼ せし~ (117, 2.8%)

4 すみません 3 いた 2 あるの, しまって, 博士の, 障子を

1 [102件] あげましょう, あげるわ, ある, ある千種殿, ある大覚, いずれに, いづれも, いましたが, いますってね, いるに, いるの, いるもの, いるらしかった, いろいろに, おいた, おきましては, おくほう, およろこび, お宅, くれ, このお便り, この電話機, ごめんなさい, しまいました, すみませんでした, そこを, そっとその, そのあと, その意, ぢり, とうとうこんな, とたんに彼, ほんとによく, もう一度隣り, よいか, わるうございました, ゐるが, バックミラーを, 一人が, 下に, 両手を, 丹波が, 二人は, 云った, 云つた, 何か, 何んとも, 前へ, 囚人胤長さまを, 外に, 外へ, 失礼, 奥に, 女房たちの, 好いん, 室を, 幾らかの, 庭先や, 御免なさい, 扉を, 携えて, 数珠つなぎの, 新聞の, 日本民族の, 早く先生, 本当にすみません, 本當, 次を, 歩を, 死んでも, 注射を, 済まなん, 済みま, 無礼お, 片隅に, 申しわけごぜえ, 申訳けがございません, 相すまんこと, 相濟, 立ち上がりながら, 立ち上った, 素気なく, 縁の, 置かないと, 聖僧気どり, 膝を, 衣紋坂より, 見せたが, 見せて, 言教へ, 調べた, 貴方から, 起きあがろうと, 退がりかけた, 針助を, 鉄の, 陸の, 雨戸を, 面布を, 頼朝は, 額を, 齋藤の

▼ せし~ (81, 1.9%)

6 もあり 4 あり, ありしが, なれば 2 あるもの, やらん, を挙, 有るに

1 [55件] あらず, ありき, ありし後, ありたり, ありとの, あり此度計, いかに戀路, その方, ぞと死骸, ぞ手, である, なく日々宿屋, なく踵, などあらざれ, など相似たる, など落ちなく語り聞かす, なり, なり北千島アイヌ, にて則, にて大坂渡辺, のあり, のありや, のうれし, のかく, の今, の始, の尋常, の恥かしく髪, はありし, は千六百年代, は既に, は明かなる, は疑, は眼前, は私, は諸, もあった, もなく, も無き, よとて絶, より其外人殺し等, を信ずる, を信ぜん, を始, を推量, を渠爭, を知る, を記し, 不屆, 久し貴族的思想, 勿論なり, 既に述べた, 枚擧, 迄を落, 迄落

▼ せし~ (77, 1.8%)

2 いかんせん, 後悔する, 見ず, 詫びて

1 [69件] いと, く, そなた, その係長, た, ちかごろ予, はしたなしとや, ば人の, よろこぶか, われ強ひ, 一同押留てと, 上人怒, 主呼, 五八も, 人に, 他の, 付込似, 伊井一座の, 住民怒, 告ぐ, 喜びて, 喜び何とか, 喜び少, 埋めたる跡, 夫追い及ん, 如何に, 始めその他, 安藤氏来り, 察し廿五兩, 幸いかく何日, 彼は, 忝け, 悔い本妻, 悲しみその, 感謝せざる, 我等彼所にて, 指た, 本人も, 松葉屋と, 歎き, 疑ふ人, 知らざる也, 知るか, 知るべし, 示し最後, 示す, 聞かず餓死, 聞くや, 聞て, 見た西人, 見て, 見ても, 見るに, 見付けしに, 認めたるなり, 語るも, 語れば, 説かずして, 説き左, 説き次に, 説き此, 説く, 説くも, 説くもの, 識りぬ, 賀するなり, 身代の, 那に, 髪かたち身じ

▼ せし~ (65, 1.6%)

5 いふ 3 云う, 問ふ 2 いえども, せんか, 云ふ

1 [48件] あるが, いいし片目, いう, するも, する者, なん, 云い今日, 云うに, 云うを, 云う点, 云て, 云に, 云ふか生國は, 云ふべき, 云へば, 云事を, 云廉は, 云願山が, 人を, 信ずる宣教師, 取たる品々, 同じ精神也, 宣ひ侍る, 尋問る, 心々に, 思うて, 思はる, 思ひしに, 思ふ當人, 憑司より, 殆符節を, 物語れば, 申けれ, 相見え, 知らで, 知られたり, 科学者は, 見えたり, 見えたりと, 見えて, 見え急, 見たり, 見ゆる寛永活版本, 見ゆれど, 言けれ, 言へば, 誰れ, 雖も

▼ せし~ (49, 1.2%)

4 なれば 3 にし 2 なく千載, ならん

1 [38件] ありしも, ありし爲, ありたれど, があった, その力, となし, と思わん, と思惟, と考, と見え一面, なしと, なりと, なり余, なり夫, なり殊, なり近年病身, なるべく吾妻鏡中趣味尤津々, なる可, にあらざる, にはこの, には非, の爲人, の話, はその, はなき, は即ち, は夫丈, は婦女子殊, は死, は遠慮, は長ずる, へ金, も多く, も多し, をも人種, を夜, 常樂院, 故某

▼ せしむる事~ (47, 1.1%)

3 あり, になった 2 となる, は不可能

1 [37件] あり或, あるべきも, ある可, ができない, が出来ない, が出来る, が出来ん, が必要, が珍, が肝要, とした, となつ, なくさながら, なり, なりき, にした, になる, に努力, に志し, に相成り, のでき, の負, はほとんど, は云うべくし, は困難, は必ずしも, は日本民族昭和維新, は露, もあるべし, もあろう, を嚴禁, を知, を謀り, 多し, 必ずしも不可能, 甚だ容易, 頗る巧妙

▼ せしより~ (39, 0.9%)

2 中古の, 浮世絵の

1 [35件] いとど人の, すでに一月, その弊風今日, たちまち大, ついに世間普通, ひたすら謹慎, ポアジケア兵を, 一度も, 事の, 他方の, 以来各国相距る, 出でしには, 十余年の, 名を, 吾国の, 声名は, 外国交易の, 学者亦, 山女之を, 彼は, 後は, 後怨霊またも, 忽発行部数三四万を, 悔いてか, 村の, 清浄の, 清満も, 漁夫大いに, 當村に, 草木の, 起ったよう, 起ると, 身代をば, 鈴ヶ森にて, 齢は

▼ せし~ (38, 0.9%)

1 [38件] その地名, その城, とは異, と同様, なども三頭取始め同盟, なれば, にし, にせよ, にちら, には二三十人, には推重, には未だ, には露營, に司馬遷, に年少, に是, に比べ, に皇帝勅, の, のこと, の事, の作, の失望, の成功, の戰慄, の遺物, はたとひ, は依, は勘当帳, または凝結, も軍功, よりこの方, より曲, 互に顔, 何ぞ至善, 思はずも, 聞及びつ, 述べたるが

▼ せし~ (33, 0.8%)

3 かさらず, 少なくがら 2 いへり, なり, の話

1 [21件] ありけれども, ありしゆゑ, があつ, なりネルソン, なり彼, なる故, に罪, に薬方三巻, の, のごとく, の名, の喜樂, の小説家, の影, の筆録, は常に, やある, をし, を前, を見る, 乗り出す人

▼ せし~ (31, 0.7%)

3 なり

1 [28件] あり, が持參金衣類道具等, その詩, であって, と伝, と蓋し, なりけり, なりと雖ども, なるが, にし, により, に値せず, に図らず, に猿島河原, に異ならず, の中華, の巖頭, の真理, の美, は即ち, は外国, は後, は成るべく, へ上様, へ宛, へ平兵衞來, も三十一文字, を見る

▼ せしめし~ (24, 0.6%)

2 が如き, なり

1 [20件] が忽ち, となり, と伝, と略, にお, において最, にぞありける, には家康, に到る, は即ち, は尊, は是, は誰, ばかりの後, も村民承知, よ, より以来, より島津, より起りし, を如何

▼ せし~ (24, 0.6%)

3 必せり 2 何が, 全くその

1 [17件] 一人も, 主人の, 便り無, 僅か三本の, 出來ぬ, 又海中, 否やである, 否や明言する, 実に大, 憑司夫婦の, 明かなり, 更に, 母は, 測り知る可, 知ざれ, 知れざれど, 知者絶て

▼ せしところ~ (22, 0.5%)

3 のもの 2 なり, にし, を見る

1 [13件] その詩, なく受けたる, ならむ, にあらず, によるにその, によれ, に就き, に非, の如し, は寺院, は明, を三人, を見

▼ せしむべ~ (20, 0.5%)

4 からず, しと 32 きに 1 から, からざる, からざれ, かりしを, き者, き者也, し何ぞ

▼ せし~ (20, 0.5%)

1 [20件] こ, とお, なりと, なるべし, にやありけん, 一日に, 也, 今より, 今日に, 其惡事を, 呼吸ますます, 國元へ, 大岡殿夫より, 天一傳手を, 最も気の毒, 月いよいよ, 能存じ居る, 萬一もの, 謀空しく, 路険に

▼ せしとき~ (18, 0.4%)

1 [18件] ある人, いろいろの, かれこれ悶着, したが, にその, に珍しい, に聞いた, のこと, は三十九, は喝采, は夕刻, ほどに強から, も火光, よりあやしく, より怪しく, 同邸, 忽ち羽つき, 第一

▼ せしながら~ (14, 0.3%)

2 答えた

1 [12件] いった, おそるおそる寄っ, つひに, ひらりと, みどり色の, フェリラ氏, 一二度辞退した, 人差指を, 地下室を, 彼女の, 生島屋へ, 踊りの

▼ せし~ (13, 0.3%)

1 [13件] この山上, ついに怪, にて例刻, に己, に至り, は一定, は之, は心, は黒き, ほどもなく, も未亡人, 初めて東京人, 畏り

▼ せしなり~ (12, 0.3%)

1 [12件] と, という, といふ, といふ松, とぞ, とぞ阿部勢州, と事細密, と云, と始終, と彼婦, 又手下, 恐れながら

▼ せしのみ~ (12, 0.3%)

2 にし 1 かは作者自身等, か何, と申立, ならず山門, ならず常に, ならず懷妊, なれば, にて亦, にて続く, にて轟薬発

▼ せしむることを~ (12, 0.3%)

1 [12件] かつ祈り, 信ずるなり, 努め自由党, 努め自由黨, 命ぜず, 嘱す, 得ず, 得せしめるの, 得るに, 得るの, 得るも, 議しながら

▼ せしむる者~ (12, 0.3%)

2 少なからず 1 あり, ありて, あり或は, にあらざらん, のため, は一, は奇体, もこの, 果して何物, 終に之

▼ せし~ (12, 0.3%)

32 に一種, は俳名 1 に二回, に子, に於, に鼻孔, 少しの

▼ せし~ (12, 0.3%)

1 [12件] なるべし, には病, にやありけん, の事, の如く筆, の旧知今, の物語り, は船中, より二十年あまり, より名誉, より新国, 或人

▼ せしその~ (11, 0.3%)

2 中に, 人は 1 ありがたがりし笑顔, 人を, 刹那わが, 子ゆゑ多く, 狂歌と, 註解書を, 響は

▼ せしたり~ (11, 0.3%)

2 して 1 お款待, なあにたいした, ひたすら自重謹厳, 主として自分たち, 前を, 宮様を, 御見せし, 湯の, 舌で

▼ せしむること~ (11, 0.3%)

3 である 1 が出来る, が出来るであらう, が出来るであろう, が出来るなら, 多きに, 多しと, 少しと, 恰も其の

▼ せしむる所以~ (11, 0.3%)

3 なり 2 なるを, なれば 1 である, で愈, なの, を問

▼ せしむる力~ (10, 0.2%)

1 ありと, あれば, なからん, なの, のない, は今日英国, は存, は至っ, を有し, を有す

▼ せしむるもの~ (9, 0.2%)

4 である 2 悉くわれ 1 多し, 少なからず, 無きに

▼ せし当時~ (9, 0.2%)

2 に於, を思へ 1 のごとく, の事, はほとんど, より提携其事, を思い浮べ

▼ せし~ (9, 0.2%)

1 なる故, にて太平洋方面, に卿雲, のことゆゑ私, のやつ, の儀, の危難, の騷ぎ, もなく見よ

▼ せしかを~ (8, 0.2%)

2 見んと 1 告げざるなりき, 察す可, 想像する, 略説すべし, 知るに, 窺ふ

▼ せし~ (8, 0.2%)

1 わが眠り, 伯父は, 但しは, 佐助が, 其方の, 此事逐一, 汝公儀の, 顔色わろし

▼ せしため~ (8, 0.2%)

1 その根底, なり, に右, に大小, に旧き, に更に, のみに非ずし, 殺さるるも

▼ せしては~ (8, 0.2%)

1 あなたと, ならないきわめて, ならないぞ, ならない黙って, なるまい, わるいし, 嗤つた, 悪くてよ

▼ せしとて~ (8, 0.2%)

1 何ぞ落胆, 大に, 岡崎氏等を, 戰後かの, 拾い上げたる石塊, 改化遷善の, 甚だ通, 直音羽へ

▼ せしには~ (8, 0.2%)

1 あらざる歟, あらざれども, あらずその, あらずむしろ, あらずやと, 非ざる, 非ず, 非る

▼ せし~ (8, 0.2%)

2 も折 1 などこれ, には何事, は, はわが, は妻, 鋭き小刀

▼ せし樣子~ (8, 0.2%)

1 なりしかば無量庵, なれど, にて仰, に伊賀亮, に扨, を大岡殿, を天井, を見られし

▼ せし~ (8, 0.2%)

2 なりしをもって 1 この叉斧, に他, の如き, の記事, 某富豪, 降り積りしと

▼ せしといふ~ (7, 0.2%)

1 ことに甘んじ, ことの, 一報なり, 事が, 宮の腰とは, 有名の, 朝彼は

▼ せしにより~ (7, 0.2%)

1 その後猶, その飜訳料, 今度家督を, 今竜, 思ひ思はれし中, 急ぎ歸村せよ, 絶望家と

▼ せしむるの~ (7, 0.2%)

6 である 1 もしくは不

▼ せし~ (7, 0.2%)

1 からは早急, は今更, は四庫全書, は外, は是非, は末, 又改めて

▼ せし時代~ (7, 0.2%)

2 もありき 1 に於, に肖像畫, のありし, の無, やいか

▼ せし~ (7, 0.2%)

2 なり 1 か容易, が流れ, なる可, 及び貴重, 我が心血

▼ せし~ (7, 0.2%)

21 がある, に至りし, をした, を聞いた, を転載

▼ せし~ (7, 0.2%)

1 が斯く, なりとの事也, にて一同, へ通り掛り, も有るべけれ, を左, 今山頂

▼ せしむることは~ (6, 0.1%)

1 やがて社会, 先ず不可能, 叶わず, 大国民, 決してできる, 決して無益

▼ せしむるものは~ (6, 0.1%)

1 およそ歴史, そういう批評, その権力, 即ち知己, 唯帝室, 我が言

▼ せしむる能~ (6, 0.1%)

5 はざる 1 はざる事實

▼ せし~ (6, 0.1%)

1 の多く, はわが, は先年, は前, を引き, を思い浮べ

▼ せし~ (6, 0.1%)

2 に候 1 しかれば, なり, にて仏国方, を白地

▼ せし~ (6, 0.1%)

1 なるに, なるべしされど, にてはこれ, を切先, 無く一文章, 物堅き文右衞門

▼ せし通り~ (6, 0.1%)

2 短氣 1 なるやと, に行わん, 少しも, 重ねて

▼ せしぞと~ (5, 0.1%)

1 云る, 問ふ, 問詰られ, 彼の, 後に

▼ せしむるが~ (5, 0.1%)

1 如きである, 如き事なき, 如き残虐, 如き簡単, 如し

▼ せしむる方法~ (5, 0.1%)

1 である, なり其各種, にし, は美術, を取る

▼ せしむる爲~ (5, 0.1%)

1 には卅, に外境, に學習者, に有らゆる, に萬般

▼ せしむる結果~ (5, 0.1%)

2 となる 1 をきたす, を得しや, を招徠

▼ せし~ (5, 0.1%)

1 ありき今, あり適, ある可, かかる章, 成らず

▼ せしゆえ~ (5, 0.1%)

1 なるべし読者, に加持祈祷, やや感ずる, 撲る世話, 長さ三里

▼ せし人々~ (5, 0.1%)

1 に係る, に対しもはやなんら, の食, はもとより, は今日これ

▼ せし~ (5, 0.1%)

2 にかあらむ 1 ありしが, なり, の秋

▼ せし~ (5, 0.1%)

1 なり, に記載, の, は朝来, よりにてその

▼ せし~ (5, 0.1%)

2 なれば 1 にて老い, の特に, を腰元共

▼ せしてから~ (4, 0.1%)

1 もう三年, 尋ねます, 横を, 船長の

▼ せしても~ (4, 0.1%)

1 かまいませんがね, よい上人, 悪しかろう, 駄目です

▼ せしという~ (4, 0.1%)

1 ことの, なる法華経, 心的経過を, 話である

▼ せしとは~ (4, 0.1%)

1 いへ古河, 不審なり, 問わでも, 天下通用

▼ せしにぞ~ (4, 0.1%)

2 百川海に 1 兩人も, 警視は

▼ せしむるに力~ (4, 0.1%)

2 を致したる 1 あり是, ある事唄鳴物

▼ せしむる勿~ (4, 0.1%)

31 れ生活

▼ せしむる等~ (4, 0.1%)

1 のこと, の法, 次第に形式化, 現政府

▼ せしめん事~ (4, 0.1%)

1 を希, を希望, を恐るれ, を祈る

▼ せしわが~ (4, 0.1%)

1 かねごとの, 故郷は, 経済学は, 靈の

▼ せしを以て~ (4, 0.1%)

1 いよいよ磯山ら, その事情, 伝道事業の, 斯く流されける

▼ せし~ (4, 0.1%)

1 にて最も, に一瀬, 終に路金, 讃州の

▼ せし~ (4, 0.1%)

1 に下りゐ, の荒磯, をも家, を見る

▼ せし~ (4, 0.1%)

1 の女, の料理人吉兵衞, の父, の膝下

▼ せし~ (4, 0.1%)

2 の我 1 しより, の名

▼ せし~ (4, 0.1%)

2 なり 1 とは思はず, ならず勿躰

▼ せし~ (4, 0.1%)

2 不屆至極 1 不埓千萬, 不屆

▼ せし~ (4, 0.1%)

1 であるのに, にあらずや, に過ぎざるべし, の實

▼ せしなど~ (3, 0.1%)

3 今更の

▼ せしにも~ (3, 0.1%)

1 あらでまさしく, かかわらず世人, 由るべけれど

▼ せしにや~ (3, 0.1%)

1 あらんその後, 一向分らず, 枕に

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 がまた, 日は, 状察す

▼ せしのち~ (3, 0.1%)

1 その母, 其の母, 第十四章

▼ せしまでは~ (3, 0.1%)

1 覚えおりしが, 覚えしが, 覺え

▼ せし~ (3, 0.1%)

2 として全力 1 に至らん

▼ せしむるが為~ (3, 0.1%)

1 に存する, に必要, に演者

▼ せしむることが出來~ (3, 0.1%)

1 ない, ぬ, るから

▼ せしむること能~ (3, 0.1%)

1 はざりしなり, はざる, はずして

▼ せしむると~ (3, 0.1%)

1 撫で過ぎて, 長じ, 鳴吠徘徊

▼ せしむるの力~ (3, 0.1%)

2 また多くここ 1 を有せり

▼ せしむるよう~ (3, 0.1%)

1 にしなけれ, に充分, に見せかけ

▼ せしむる婦人~ (3, 0.1%)

2 であり第 1 で第

▼ せしむる時~ (3, 0.1%)

1 にもメリヤス, は一切, は何れ

▼ せしむる材料~ (3, 0.1%)

1 としてのみ自分, となる, ともなろう

▼ せしむる目的~ (3, 0.1%)

1 で無, に過ぎない, のみを以て為したる

▼ せしやう~ (3, 0.1%)

1 なる調子, にお, に細やか

▼ せしやを~ (3, 0.1%)

1 その蔽物, 知らず血気, 知りて

▼ せし一人~ (3, 0.1%)

1 にて風流, の侍士四邊, の書生

▼ せし以来~ (3, 0.1%)

1 の事, もっぱら民間, 再び同志

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 なれば, の事, の事実

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 と申立, に御座れ, も有

▼ せし叔母~ (3, 0.1%)

2 が紀念 1 お早

▼ せし~ (3, 0.1%)

2 の戸 1 の藁布団

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 ならねば, の海, はも

▼ せし故に~ (3, 0.1%)

1 かく申す, や加田の浦, 成功せりと

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 に二三歩, に向, を仰げ

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 の家, の遺, 監督の

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 のいふ, は此処, 恭しく媼

▼ せし結果~ (3, 0.1%)

1 なる可, は我人民, を左

▼ せし老人二人~ (3, 0.1%)

3 の面やう

▼ せし~ (3, 0.1%)

3 を見せ

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 の眉, の蔭, の都

▼ せし蝦夷~ (3, 0.1%)

1 の子孫, も亦, を指せるなり

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 動物に関して, 社の, 道具類は

▼ せし貫一~ (3, 0.1%)

1 が胸先, は我家, は水道工事

▼ せし~ (3, 0.1%)

1 なりと云, の中八十兩, を其

▼ せしあたり~ (2, 0.0%)

1 にて雨, のよう

▼ せしうえ~ (2, 0.0%)

2 開いて

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 みつ親子は, 言葉なら

▼ せしからは~ (2, 0.0%)

1 などて卑怯, 近日事の

▼ せしこそ~ (2, 0.0%)

1 哀れなれ, 悔しけれ誠

▼ せしこと業~ (2, 0.0%)

2 に已に

▼ せしこの~ (2, 0.0%)

1 かた弓矢の, 地の

▼ せしころ旅宿~ (2, 0.0%)

2 のちかき

▼ せしさま~ (2, 0.0%)

1 といふ, にいへる

▼ せしついで~ (2, 0.0%)

1 に, に身

▼ せしなどと~ (2, 0.0%)

1 沙汰ある, 申さむ

▼ せしによりて~ (2, 0.0%)

1 なり, 得たる名

▼ せしによるか~ (2, 0.0%)

1 さらずば, 或はまた鯀

▼ せしむと~ (2, 0.0%)

1 の主義, の傳説

▼ せしむるが為め~ (2, 0.0%)

1 には或は, に亦

▼ せしむることが~ (2, 0.0%)

2 出来ない

▼ せしむることに~ (2, 0.0%)

1 傾いては, 尽きるわさ

▼ せしむることによって自己~ (2, 0.0%)

2 を表現

▼ せしむることは困難~ (2, 0.0%)

1 であるから, といい得る

▼ せしむること敢~ (2, 0.0%)

2 て難し

▼ せしむるためには~ (2, 0.0%)

1 すでに何らの, ただ自由

▼ せしむるだけの力~ (2, 0.0%)

1 がない, 無き時

▼ せしむるとに論~ (2, 0.0%)

2 なく余

▼ せしむると感服~ (2, 0.0%)

2 せしむるとに論

▼ せしむるには岩石突兀~ (2, 0.0%)

2 たる山

▼ せしむるのが目的~ (2, 0.0%)

2 であるのに

▼ せしむるの一原因たる~ (2, 0.0%)

2 やも知る

▼ せしむるの術~ (2, 0.0%)

1 は我, 頗る少なから

▼ せしむるものがあるかも~ (2, 0.0%)

2 知れない

▼ せしむるものだと~ (2, 0.0%)

2 代助

▼ せしむるものなり名題~ (2, 0.0%)

2 は仮名手本忠臣蔵役人

▼ せしむるリズムそれら~ (2, 0.0%)

2 は座談

▼ せしむる一つ~ (2, 0.0%)

1 の因縁, の権力以外

▼ せしむる丈~ (2, 0.0%)

1 けには相当, の素養

▼ せしむる不思議~ (2, 0.0%)

1 の政変, の政變

▼ せしむる信徒~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ せしむる傾向~ (2, 0.0%)

1 を強めた, を有す

▼ せしむる動機~ (2, 0.0%)

1 となつ, をなしたらしい

▼ せしむる原動力~ (2, 0.0%)

1 となる, をなす

▼ せしむる場合~ (2, 0.0%)

1 に必ずしも, も一律

▼ せしむる底~ (2, 0.0%)

1 のもの, の活策略

▼ せしむる方~ (2, 0.0%)

1 がよい, を載せ

▼ せしむる為~ (2, 0.0%)

1 にはこの, にはセラピス

▼ せしむる為め~ (2, 0.0%)

1 にこれ等, の已む

▼ せしむる状~ (2, 0.0%)

1 をなし, を件

▼ せしむる現在~ (2, 0.0%)

1 の収容力, の收容力

▼ せしむる能はず~ (2, 0.0%)

1 と断, の語

▼ せしむる能はず茲~ (2, 0.0%)

2 に一先づ擱筆

▼ せしむる陰影~ (2, 0.0%)

2 を作

▼ せしむる際~ (2, 0.0%)

2 の謂

▼ せしもの雪あれ~ (2, 0.0%)

2 のやむ

▼ せしよう~ (2, 0.0%)

1 で動く能わず, の記憶

▼ せしアヌンチヤタ~ (2, 0.0%)

1 がいかに, は今

▼ せし一二~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ せし一片~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ せし一節~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ せし一輛~ (2, 0.0%)

2 より出でたる

▼ せし事実~ (2, 0.0%)

1 は歴々発見, を認め

▼ せし事實~ (2, 0.0%)

1 も推測, も發

▼ せし事左~ (2, 0.0%)

2 の如し

▼ せし事故~ (2, 0.0%)

1 を糺されし, 甚だ窶れ居る

▼ せし人妻~ (2, 0.0%)

2

▼ せし人民~ (2, 0.0%)

1 に負, は蕗

▼ せし俳句~ (2, 0.0%)

2 も享保以後無学

▼ せし~ (2, 0.0%)

2 飾なれ

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 かの親切, に清休君一人公

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 にし, に母之

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 の月こ, の横田大審院長招宴

▼ せし即興~ (2, 0.0%)

2 のスケッチ

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 なる由, を添

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 なれば, 約議会員ら

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 なり, なれば

▼ せし場合~ (2, 0.0%)

1 は一般葬儀, もある

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 の名, の脱ぎ棄てし

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 が一朝, とその

▼ せし姿~ (2, 0.0%)

1 の花, 太くわが

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 をアカイア, を回復

▼ せし小説~ (2, 0.0%)

1 なり予本書, も遂に

▼ せし~ (2, 0.0%)

2 座敷に

▼ せし形跡~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 咎なら, 禊神は

▼ せし惡事~ (2, 0.0%)

1 の段々, は皆汝

▼ せし所以~ (2, 0.0%)

1 にし, は其審美學

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 はわが, は我が

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 なれば, の戻り

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 その家, を京都

▼ せし時日~ (2, 0.0%)

2 くれて

▼ せし時汝~ (2, 0.0%)

1 は重量, 出でて

▼ せし時葉石~ (2, 0.0%)

2 との関係

▼ せし書類~ (2, 0.0%)

1 いだし十兵衛, いだし十兵衞

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 樣なれ, 樣を

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 こなたに, 出来りて

▼ せし機運~ (2, 0.0%)

2 の鉄鎖

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 智なり, 澄の

▼ せし氣性~ (2, 0.0%)

2 ありて

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 の愛する, の母

▼ せし清吉~ (2, 0.0%)

2 のお先走り

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 においてこの, に在り

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 はいか, を示せり

▼ せし田地~ (2, 0.0%)

2 をもうけもどし

▼ せし當時~ (2, 0.0%)

1 にはこれ等, や

▼ せし矢先~ (2, 0.0%)

2 であれど

▼ せし積善~ (2, 0.0%)

2 の余慶

▼ せし絵図~ (2, 0.0%)

1 までやらん, まで与ら

▼ せし~ (2, 0.0%)

2 の猟人服

▼ せし蒲団~ (2, 0.0%)

2 干したり

▼ せし規範~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 なり, を記す

▼ せし~ (2, 0.0%)

2 を縦

▼ せし頃水中~ (2, 0.0%)

2 に一点

▼ せし顏つき~ (2, 0.0%)

2 時たま逢

▼ せし風情~ (2, 0.0%)

1 にて少年, にて顔

▼ せし~ (2, 0.0%)

1 にて眼, を告

▼1* [1134件]

せしあとなれば, せしある日の事, せしいのちはつよき, せしうちはからず其姓名, せしうち埼玉県北埼玉郡新郷村漆原亮太郎氏の門, せしかいもなく, せしかげ忘られぬ篝火, せしかげ障子にうつり, せしかしら露の, せしかに就きては, せしかも推定し得べからざる, せしがためにその, せしがとさすが現, せしがまてしばし, せしきたる布に, せしきりと取り調べた, せしくらいなれば, せしことあらはれて, せしことこれなり, せしこと一日に非, せしこと三奈木より募られたる, せしこと伊勢參宮に人違, せしこと前後二時間にあまる, せしこと勝げて數, せしこと却りて, せしこと君が母氏, せしこと地二の五二以下, せしこと實に豫想, せしこと寶珠屋大坂屋のこと, せしこと山海經の記, せしこと幾たびぞ, せしこと幾回なるを, せしこと幾度ぞ, せしこと想像に難く, せしこと曰く女王國の南, せしこと次の高, せしこと此日汝に報, せしこと武埴安彦の叛, せしこと汝心に耻, せしこと海上にて神女, せしこと珍らしからずこれ懺悔, せしこと真なり, せしこと身を賊寨, せしころより世間, せしころ彼親達を識, せしころ馴染を重ねし, せしうにな, せしさき程の下女, せしさま日もおの, せしすきをうかがい, せしすべてを失却, せしずっと以前に, せしぜんに明智, せしそれ一つも願, せしたままでお, せしため感冒ふたたびもと, せしため本日原籍校に差し戻され, せしため雑費はかさむ, せしてからはあちらこちらの, せしてはと怺え, せしといへどもなほ感情, せしといふだけありて, せしとおり家族中に十九歳, せしとか或は其頃, せしとかにて横に, せしときおれもじつは, せしときソルデルロこれに從, せしときピュラデス叫びて, せしときペトラルカは敢, せしとき不知火の期節, せしとき人相見が往来, せしとき信長の策, せしとき夫人は館, せしとき姫今は精進, せしとき工夫は驚喜, せしとき市内の一覧橋, せしとき手水口を啓, せしとき手相見が, せしとき日いまだ暮れざる, せしとき汝は實, せしとき漢廷官人の不心得, せしとき田間に石地蔵, せしとき男子はすべて出征, せしとき白糸は徐かに面, せしとき祖母様三日も四日, せしとき英の公使, せしとき門前に寺, せしところが当家の, せしところ唐山の風俗, せしところ文部省の規則, せしところ而して, せしとぞ寔に, せしとの伝説あり, せしとのことなれ, せしならで家, せしなり一禮して, せしなり其節の馬士, せしなり夫を不義者, せしなり此藤重と云, せしなるべく且つは長安, せしにかへつて他に, せしにつき教授にも, せしにて赤心の, せしにてもあるべし, せしに対しアリナ夫人の, せしの一項を読まん, せしはさもありなん, せしはやまと新聞社, せしばかりなる山, せしひとりの女, せしひまのまどろみ, せしほどそれを, せしほどに我が身は, せしほどの帝の, せしままおそるおそる取出し, せしまま急には出ず, せしまま那処よりか知らず, せしみゆきにはさやか, せしむとあるからトルーフルの正反対, せしむとあるは兎中の兎仏, せしむという者がかつて, せしむといふに乘り込むもの, せしむといふ意味にする, せしむとはなかなか豪い坊主, せしむと云々而るに, せしむへしと雖も其方法, せしむべきものなりや否や, せしむや色丹の地, せしむるあたはずとせんも文学には尚人, せしむるあの神秘な恐るべき, せしむるあの稜角の皆無さ, せしむるあの青春の熱情, せしむるか又は別宅, せしむるかぎり光も音, せしむるかのふざけたる小さき恋, せしむるかは知らぬが, せしむるかも計り難い, せしむるからかく云つたもの, せしむるかを不思議とせざる, せしむるか従来上件ハ鎌倉已来武門ニ帰せる大権, せしむるがごときことあるを知らざりき, せしむるがごときは多少火災, せしむるがごとく芸術的に観じ, せしむるがために偉大である, せしむるがゆえに有効では, せしむることあたわざるときは徒食せしむるよりほかなきをもって, せしむることあたわずいかなる仁君, せしむることあるも終に如何, せしむることができると書かれて, せしむることができるものと思う, せしむることが一番よい, せしむることが国民性を最も, せしむることが必要だった, せしむることが春夏よりは多く, せしむることが秋冬に於ける, せしむることそれこそまさしく, せしむることだけが駒井の目的, せしむることとしためにこれ, せしむることなれば徐々たる滋潤強壮, せしむることにいかなる危険がある, せしむることにより誰でも到達, せしむることに力を注ぐべきである, せしむることに因て危險, せしむることに熱心であつ, せしむることに由つて全人類社會, せしむることに盡力し以, せしむることの眼に見えない, せしむることはすべて彼にとってはただ, せしむることは不可能であり必ず, せしむることは基督と雖, せしむることは容易でない, せしむることは支那皇帝たる者の一, せしむることは自然の勢, せしむることは覚束ない, せしむることも亦甚だ, せしむることもあるのであるから必ずしも無精心, せしむることをうれどもすでにこの境に到達, せしむることをその目的とし, せしむることを希望する意見, せしむることを教うるの, せしむることを明かにせり, せしむることを知て十万銭, せしむることゝしたと云ふの, せしむること五日間なりき, せしむること他の社会, せしむること会員にし, せしむること偉大なる効果, せしむること厳密を極め, せしむること甚深であつ, せしむるごとき事情は誰, せしむるごとく今日以後国民各自をし, せしむるごとに其詩婉美柔弱豪壮瑰偉の処, せしむるその原因は家族, せしむるぞや問ひて, せしむるためであり大にし, せしむるためにあらずして善良の書籍, せしむるためにただそれだけのステップを踏んだ, せしむるためには真に対して起す, せしむるために展開すべく待ち構えて, せしむるために釜鳴りを生ずる, せしむるためのデッサンたるに過ぎない, せしむるための時宜に適した, せしむるだけの理解を尽さなかった, せしむるということは我らの持つ, せしむるというだけであって当分話題は賑わせる, せしむるというにあるならばその公権力制裁, せしむるといふことは瑣事には相違, せしむるといふのが大岡裁判物の狙, せしむるといふ上に於, せしむるといふ事は直に, せしむるといふ方法を採る, せしむるとき初めて快楽, せしむるときはその長, せしむるときは毒は, せしむるところなく激発暴進鉄欄の以, せしむるところに生命の実感, せしむるところの好刺戟, せしむるところのものはこの強盗の歌, せしむるところのわが封建社会の顛覆, せしむるところの国会の開設, せしむるとせばこれ又等しく, せしむるとよりは罪人を一層, せしむると云ふの, せしむると俄かに風, せしむると右の始末, せしむると失うた金の肉刺し, せしむると日々爺の道具等, せしむると翌年より酒, せしむるなきの一點に在る, せしむるなきを勉めたり, せしむるならば之を私有地, せしむるにあらずこれ疲馬を殺すなり, せしむるにあらず事件を顕著, せしむるにありと考へ明治六年, せしむるにあり貿易の法則, せしむるにいたったそれらの思想, せしむるにいたった責を私, せしむるにおいて無比の力, せしむるにたよりよき性なりとお, せしむるにとゞまるの悔なきを, せしむるにはいかにすべきかフランシスとクララ, せしむるには兵と寝食, せしむるには師範学校最終学年の生徒, せしむるには忍びない, せしむるには是非運動を盛ん, せしむるには活動的のもの, せしむるには結一句にて上四句, せしむるによることは言うまでもないが, せしむるに一人往かざる者, せしむるに余あるもの, せしむるに余りある程, せしむるに外ならす是, せしむるのが即ち浩然, せしむるのが必要であると, せしむるのが食国の政, せしむるのであらう然う, せしむるのに道徳を用, せしむるのは忍びないこと, せしむるのは海軍の飛行機, せしむるのは自然の詭謀, せしむるのは諸君の責任, せしむるのは都々逸でなければ, せしむるのみで女子内部本性の発想, せしむるのみならす小事に迷, せしむるのみならず備えたるあること, せしむるのみにて足れりと, せしむるのみの事であった, せしむるのも亦植福, せしむるのも気の毒だから, せしむるの感ある所以, せしむるの種となり, せしむるの間動もすれ, せしむるはこれこそ誠に進化, せしむるは余も異存, せしむるは助長である, せしむるは十万銭を出し, せしむるは国の大, せしむるほかの手なしと, せしむるほどなる女はない, せしむるほどのものならざるべからざる事は認め得べし, せしむるまでには三時間を余し, せしむるものありとです, せしむるものがあるのみでなく北又川の上流, せしむるものが存在して, せしむるものこそ菩薩と云, せしむるものさえ少なからず, せしむるものたらしめず低きを, せしむるものたらしめることは出来ないもの, せしむるものだといふ懸念を禁じられません, せしむるものであり又最も, せしむるものでありこれに反し, せしむるものであるという証拠にここ, せしむるものであるといふ反対論がある, せしむるものではないと男子は屡々, せしむるものと見える, せしむるものとて痛く厳禁, せしむるものと云ふこと, せしむるものと思惟せる人々, せしむるものなり貧より来る, せしむるものに過ぎないで, せしむるものにして寧ろ全, せしむるものにして死生の際, せしむるものにて脂肪量少くとも, せしむるものはただ自然の必要, せしむるものは僅に浅草, せしむるものは句を作る, せしむるものは只鱸のみにて釣界中, せしむるものは基督教なり事業, せしむるものは天の祐, せしむるものは嫉妬の念, せしむるものは廃墟への思ひ, せしむるものは必しも悪鬼, せしむるものは情その累, せしむるものは愛なり, せしむるものは指揮者の信念, せしむるものは日本であった, せしむるものは獨俗客の跋渉, せしむるものは美術なり, せしむるものも少くない, せしむるものもこの熱意なり, せしむるものゝ存在するあり, せしむるもの之なくては, せしむるもの夏の休息, せしむるもの官能にあらざる, せしむるも可なり, せしむるも武備の用意, せしむるやうな瀟洒な風景, せしむるやうになツてゐる, せしむるやにあるやを疑は, せしむるやも知れないの, せしむるようななんらの, せしむるようなることのみを論じて, せしむるような円柱の立ち並んだ, せしむるような奇異な作曲, せしむるような言葉を発する, せしむるような計画を建てるべく心がける, せしむるようにばかり仕向けて, せしむるように強請して, せしむるように監督をなし, せしむるよりよきは, せしむるよりほかなきをもって養家にあり, せしむるより外にない, せしむるわけにはゆかなかったので黒衣の覆面, せしむるを不可とする, せしむるを可とす, せしむるを職とす, せしむるウエーウエーの大声, せしむる一の学校, せしむる一原因とはなれり, せしむる一教訓なり, せしむる一種の魔薬, せしむる一高と云, せしむる上に相, せしむる世界の帝王, せしむる世相詩人の作, せしむる主旨に合し, せしむる二三の例, せしむる代はりに白川, せしむる企ては人間有機體, せしむる作品だと, せしむる例が開かれた, せしむる便宜さえ謀られた, せしむる偉大なる一七八九年七月十四日, せしむる働を為す, せしむる光明である, せしむる公算が大きい, せしむる処にあり, せしむる分子がなけれ, せしむる力量あり, せしむる動力は断じて, せしむる動物あり飜魚, せしむる原因に会, せしむる可きの由宣下上卿三条中納言即ち清範朝臣, せしむる可らず寧ろ, せしむる哲学によっては何ら, せしむる唯一の機会, せしむる啓蒙運動に文化指導, せしむる国は危, せしむる土地を選定, せしむる基礎なくし, せしむる外観はすばらしい, せしむる多くの内容, せしむる大人物の筈, せしむる契機を作つた, せしむる契點となる, せしむる妙を得, せしむる威力あらば, せしむる官制は畢竟, せしむる家は獨, せしむる家屋はなお, せしむる川にて, せしむる建設の目標, せしむる当時の戦術, せしむる役目あるもの, せしむる必要がある, せしむる惧れありとの, せしむる想像力である, せしむる意味で大政奉還, せしむる意見でなくては, せしむる慈勇の魂, せしむる戦功を立てしめた, せしむる戦術繩墨式の殺戮, せしむる所に候はず, せしむる所時として清長, せしむる手段とせし, せしむる手法の一例, せしむる手際開闢以来の大, せしむる技倆に驚ろくも, せしむる折に臨み, せしむる掟があつ, せしむる文字の組合せ, せしむる料にあらずや, せしむる断片であって, せしむる方これなきか, せしむる時讃美と祈祷, せしむる条件の如何なる, せしむる根本証拠を伴う, せしむる楽を奏しぬ, せしむる槓杆を求め, せしむる様々の条件, せしむる樣なもの, せしむる樣盡力せんこと, せしむる橋渡しをする, せしむる機智親切もなく, せしむる櫂の一撃, せしむる殲滅戦略により革新的, せしむる決戦戦争にある, せしむる法は中国書, せしむる活力ある警句, せしむる準備として月卿雲客, せしむる無益な不, せしむる爛熟した肉体, せしむる特殊の魅力, せしむる理由としては不十分, せしむる生活の局小, せしむる用を為す, せしむる白馬尻の大, せしむる的の美婦, せしむる真言を説いた, せしむる石造建築と最初建造資金, せしむる研究であり奇怪, せしむる確信を得たる, せしむる社会的虚飾などをあえて, せしむる祖母なれば, せしむる神の楽園, せしむる等すべて学校の管理, せしむる策を見出し得, せしむる節の頗る, せしむる精神的なるデコンセントレーション, せしむる素盞嗚尊は暴風雨, せしむる罪を重, せしむる義務がある, せしむる習癖を養成, せしむる老舗がない, せしむる自然の便益, せしむる舊新二つの命題, せしむる舞台あると, せしむる船なり, せしむる苛責である, せしむる荒野となり, せしむる薬品としては自身多大, せしむる行事をした, せしむる規定なるも, せしむる言葉をつけ足し, せしむる認識論でなければ, せしむる誘惑の言葉, せしむる譯には行きません, せしむる較著なる例証也, せしむる辞彙の如き, せしむる重要機関の一, せしむる錦繍綾羅と違っ, せしむる間はすなわち, せしむる間接的方法として甲, せしむる限り乃木大将を崇拝, せしむる餘裕を有, せしむる高邁の識見, せしむる魔力をもつ, せしむる鴫沢の家, せしめし三十有余の癡漢, せしめし所は古代, せしめまいとして黙っ, せしめん幸いに邦家, せしめん爲で自己, せしめん陰謀を廻らした, せしものこれすなわちヨブ記, せしもの一も成効, せしもの一個の生成力, せしもの丙の神話, せしもの五六人なりしが, せしもの今はた何, せしもの侠は武士道, せしもの决して, せしもの此二者物異なれども, せしもの特種の天恵, せしゃべらずにいられないんならわたしを対手にした, せしやう光に草履, せしやに考へら, せしやも知る可, せしやら何は, せしやを歌ふにあたり, せしゅぎたもんだから半分は馬, せしゆえこれを追わん, せしゆえんなり, せしゆえ空寢入して, せしゆゑ知らぬもの, せしゆゑ丸龜より急い, せしゆゑ久政も黙止, せしゆゑ何にし, せしゆゑ千太郎の代, せしゆゑ翌日差紙にて九郎兵衞夫婦並, せしよと思ふ張子, せしわれやか, せしをば如何に, せしアツバリアート等の一隊, せしウェルギリウスなるを, せしカッチア・ダシアーンおよびその, せしクゾなるを, せしコックリ様と同様, せしゴム引の合羽, せしゴールの首長, せしサツルニアとヱヌス, せしシジエーリのとこ, せしシナ公使館書記官の帰国, せしシルレルと我, せしスクリンの女王, せしダンテの姿, せしチルチェと別れ去れる, せしトルストイにとっては自発的貧乏, せしニッコロを除け, せしハヌマン身体極めて軽捷, せしピサの名族, せしブックも薩摩下駄, せしヘーレーの, せしボニファーチョとが饑ゑ, せしポツジヨも我書, せしマジナイを列挙, せしマンダヴィルという者, せしメエルハイムは, せしユダヤの司祭, せしラムプをもち, せし一ト言を耳, せし一二事を摘録, せし一例を挙ぐる, せし一刹那なりあたかも, せし一句なり, せし一問題であるが, せし一團なりイタリア各市, せし一夜の感慨, せし一大創作家衣冠束帯を身, せし一巻をもみ, せし一幻境ありけり, せし一座なり, せし一札は約そ, せし一枚売りの, せし一橋の中学校, せし一派の流行思想, せし一生の中, せし一箇の大, せし与謝の海, せしはわが, せし世界の資本市場, せし主人公も亦, せし予算案をば自ら, せし事なきを以て此夜浅草, せし事夥敷風行しとかや, せし事天の与ふる, せし事情を述べ, せし事成かと千太郎, せし事明治十四年頃世界の終焉, せし事有之, せし事業を完成, せし事言語同斷, せし事顯れければ, せし二つの中, せし二三の人, せし二人が一人, せし二個条の中, せし二十四句と雖, せし五人の名主, せし五味の調和説, せしなれ, せし人これを聞き, せし人数は少から, せし人最愛の夫人, せし人類が既に, せしは清き甘き, せし今日に当たり, せし仏国の使節, せし種族ある, せし代官を殺し, せし令書に因っ, せし以來は何, せし以來圖らずも, せし以來曾て滅せざる, せし以来奈良朝の昔, せし以来我日本の帝室, せし以来自ら思うに, せし佐幕の諸, せし佐渡が海, せしにて, せしは今や, せし佳品を以て調理, せし例証は决, せし信条なりし也, せし信濃の童女秋, せし倭人が他族, せし倶利加羅篠原の二戰, せし偉績は衆目, せし傳説中のニムフ, せし傾國の色, せし僅か一分の金を拾, せし像耳を澄, せしなるゆえ, せしならん, せし先代中村屋が再び, せし先妻お里憎ひ, せし兩人も調べ行屆, せし公事訴訟人迄も涙, せし公子をばそ, せし兵士が自己, せし其折柄祇園祭ありと, せし其日より夜終行衣, せし决定もなく, せし処今は田舎紳士, せし処多恨のダビデ, せし処置に対する質問書, せし処詩想の精細, せし分子は殆, せし判官岡本監輔氏は東海岸, せし利益を与え, せし劇場内部の光景, せしを受, せしを愛でられ, せし劣等なる平民時代といはん, せし北斎伝の資料, せし北米の空, せし十二三の昔, せし十数年前と対照, せし千太郎なる旨口書, せし千辛萬苦も水の泡, せし半截物の表装中, せし原因に二, せし厩奴または心, せしありし, せし友人の親しく余, せし友生還の姿, せしより臭物, せしの大き, せし憫さを, せし吉備真備の創建, せし同氏は今新嘉坡, せし同窓の荒尾譲介, せしなり, せしなりしを, せし呉服屋井筒屋の番頭, せし和女の情, せし和洋書巻の批評, せし哉暮の事, せし哲学館は鬼門, せしを結び, せし問題は佛獨兩國, せし善六に向, せし單物一枚出たる故, せし嚆矢とす, せし四合入の瓢箪, せし国名停留せし地名, せし国民の思想界, せし国芳の碑, せし土地または人種, せし土穴あり, せし地名を左, せし塔気にかけぬ, せし壮年もしくは新た, せし壮快の夢, せし声音は自, せし夕日も消え, せしはまろびねの, せしなる続物, せし大学はシドニー大学, せし大津絵ぶしあり, せし天一樣は將軍樣, せし夫妻が再び, せし奇しき情は, せし女子なりけれ, せし女安宿の女房, せし女房の走り出, せしは即ち, せし如くに感じた, せし如く幾分か, せしを斷, せし妖怪物の特有, せし妻子が事, せしは今, せしに又は, せし姿可憐し, せし娼家の家々, せしの十歳, せし子女を失いたる, せし学校の師, せし学者風を喜び, せし孫策の遺骸, せし安田佐々木の事, せし宗教改革諸英雄, せし官吏の附加, せしであった, せし実父母は驚駭, せし実験談を報告, せし宣言書を見る, せし害悪を傷む, せし家塾に居りし, せし家族とともに出立, せし富山が妻, せし寺社や祭典, せし寺院今なお存せり, せし射影さらにその, せし将軍もかく, せしパン屋約, せし小品文を訂正, せし數の, せし少壮なりし時, せし少女なり, せし山口の長蔵, せし岩石の粉碎, せし替の, せし希臘国の戦争, せし帝国主義に変遷, せし平時における一式, せしと, せし年月は一年未満, せし年月思慮なく放棄, せし年賀状名刺など見, せし序で婆のいふ, せしあれば, せし廐肥の幾十, せし廿四五歳の女, せしの形, せし弟クリストフの遺せる, せし彼女の所在, せし後ダンテとともにこれ, せし後上々吉と腹, せし後主人の広, せし後他より此祭祀, せし後何程の時の間, せし後子爵は種板, せし後此娘お梅, せし後當時又九郎兵衞, せし徳乗の小柄, せし徳太郎は予, せし心地し這, せし心意気を見れ, せし心理作用にまで溯り, せし心術は遂に, せし怠惰と等閑, せし怪異と萬死, せしかしさ, せし恥辱を糊塗, せし悪戯我々を愚弄, せし愉快の女, せし愛妻の声, せし懐中時計を子供, せし戀歌の記憶, せし我々は江戸南町奉行大岡越前守樣御組中田甚太夫殿, せし我が惡行成程, せし我家の内, せし我沓にハッ, せし我父微爾列謨第一世王, せし戦争はいまだ, せし戰國時代に木部宮内, せし所それは賄付, せし所ろ同長屋, せし所光明院にて差, せし所双方の間, せし所役人へ遣, せし所此書亦た, せし所江戸表へ罷り出でたる, せし所記に至り, せし所雙眼鏡に親, せしを蟷螂, せし手枕を夢見るらしき, せし手紙十二通を送り, せし投馬國の名, せし折博文館の文士, せし折將軍家は其頃徳太郎君, せし折磧の手巾, せし抱卷蒲團有ども其日を送る, せしの握れ, せし探偵吏の良民社会, せし提燈の影かぜ, せし揚句駅夫に曳, せし搖籃の曲, せし支那及び日本画, せし故御主人方にても, せし教会をも寛宥, せし敝布を廣義, せしが夥しい, せしの大, せし文弱化と叫ぶ, せし文明なる希臘, せし文華をし, せし料理なれば, せし新奇の怪談, せし新著月刊透谷孤蝶等の文学界, せし日本の絵画及浮世絵板物, せし社殿跡地の, せし旨判明したゆえ, せし旨田辺看守長より申出, せし昨日の浪人, せし時これを守れる, せし時むかしむかしその母, せし時ハルプュイアスのため, せし時一牝猴網に触れ, せし時一騎士忽焉として, せし時世を捨, せし時事の慌, せし時余食をトラクオト, せし時其方に行逢, せし時勝敗のここ, せし時同地五社神社の神官, せし時婦人は監外, せし時宿主に問, せし時小町園にて, せし時棺に取り納め, せし時此地に點火, せし時殿は供, せし時番人に雇, せし時白洲の端, せし時神に祈り求めしか, せし時肱掛窓の側, せし時誰人かに序文, せし時質物を貸, せし時長老比丘衆中を仏, せし時雜長持に入れ, せし時雨かな, せし時頃は十月, せし書物に二つ, せし書留を載せ, せし書目を見た, せし最初の一語, せし最終の年代, せしの雲, せし有様であったが, せし有金三十七兩を殘ら, せし服部製の懷中時計, せしの猶, せし朝顔のいや長蔓, せし末例の如く金起, せし末此方に来り, せし本末は我国, せし材料を輯製, せし材木を与えよ, せし村長の, せし東海航行論者なりしなり, せしを持ち直し, せし業云ふも中, せし業刃こそ當, せし楽しき逍遥の, せしの穂, せしを示せる, せし様子なりしが, せし樂浪帶方の二郡滅亡, せし横暴は更に, せし樵夫の斧, せしの実, せし機五兵衞悴五郎藏に見咎められ, せし機会犯せし罪, せし次第は, せし歌垣の名, せし止水に, せし此主義が如何, せし武男は渋面作り, せし武門に自, せしは我が, せし段上にも定め, せし段信義厚く賞する, せしも水初穂取り, せし比類なき鑰, せし毛布を草, せし気味にて長歎息, せし気性ありて, せし氣象はとりなり, せし氣輕なる新婦, せし水晶の珠数, せしを我, せし汚染を洗, せし江戸平民の娯楽芸術, せし沙翁が満腔, せし沿道の國, せし浪子は迎え, せし浮生は夢, せし海底戰鬪艇を目前, せし海陸総里程, せしのぬ, せしれめ, せし深き印象, せし深切を一郎, せしの深, せし漁史の手, せし演説中にヤソ教, せしなるべし太西洋, せし為め働き金も大半無, せし無念か又は, せし無頼漢を以て組織, せし煙管をようやく, せし熊皮にて候, せし熱帯のかおり, せしこの方面, せし爲め四郎右衞門如何程か難儀, せし爲め長安は饑窮, せし片言だになけれ, せし牢舍は今巡拜者, せし特徴ある産業, せし特色の一つ, せし状況を見る, せし狂女の子, せし狂歌の影響, せしのこと, せし狼藉の行為, せし猪口を一息, せしの緒, せし現象も勿論, せし現金はいずれ, せし理由は分りますまい, せしの音, せし瑞西製の金時計, せし甚左衞門善助の兩人, せし生涯とに他, せし用人共も合點行, せし由來を尋, せし由其酒にて醉伏相果候事, せし由右の金子, せし由此日報あり, せし由気の毒の至, せし甲斐も無う, せし男優と並び, せしつ, せし番人太郎吉卯右衛行兩人に唐太山丹オロッコ, せし成分と, せし當初なれば, せし當時ガラス瓶を得, せし疲れにや持病, せし疵二ヶ所其脇に傘さ一本捨これ, せしあるもの, せし痕跡は見ゆる, せし白石は筑後守, せし百兩は惡漢, せし百日に当る, せしを斜め, せし盜賊を吟味, せし看守もありけり, せしの法廷願はく, せし景なり, せし瞬間船に大, せし矢島由蔵真中の障子, せし短篇小説に余, せしなどを保存, せし石器時代人民も北海道, せし砌方々申合せしを, せしなりとて盛, せし神人の事, せし神話の互に, せし禊神は受けず, せしは即ち, せしのた, せしなるを, せし稀有の惨殺事件曝露, せし稗史小説の永く, せし穀物を取つた, せし窒扶斯患者に感染, せし笈摺并に菅笠, せし四師団附の, せしおおむね架空, せし節日本回国して, せし粋気を見よ, せし精養軒の食麺麭, せし紅葉館と聞えし, せしのわが身, せし紛れに三郎兵衞, せし素人先生はその, せし細き靴木の, せし経済論は大約アダム, せし結果一個の天上起原説, せしひし, せし絵本類の目次, せし絶対的なる生, せし絹布ぞろ, せしも有るべし, せしを以て渠, せし縁邊なりとは言, せし罪科軽からず, せし美しき目の, せし美代はまた, せし美育社なり, せし翌日より遽, せし習慣あるによる, せし夫なり, せし老婢は又, せし者共なり其時, せし者各地に散在, せし者哉併しながら, せし者成かな然, せし者数あり, せし而已ならず斯困窮, せし約翰, せし聲音にて折角, せし胸中穿鑿を要する, せし脊負葛籠の無, せし腕力たしかに見え, せし膝立て直し屹と衣, せし臆病の学生, せし自信を, せし自然的趣味により, せし自由党有志者の堕落軽薄, せし自由論派はすなわち, せし興国寺城この地, せしの羽, せしに種, せし船中にて難, せし船人ども茗談す, せし艶女一週間思い詰しが, せし芙蓉の山, せしの新宅, せし苦痛の量, せし英人が木戸, せし英国経世家の所業, せし英國の某, せし英雄の父, せし茶店今はあとかた, せしをはや, せし蔵書の一部, せし藤田東湖を思え, せし處僥倖に繁昌, せし處其後天忠美濃國谷汲郷長洞村常樂院, せし處其日の未, せし處天道先年遷化の後天忠, せし處彌吉粂同道にて參, せし處文右衞門は新藤市, せし處斯の如く, せし血液は此, せし行人いつしか後, せしを縫う, せしかな, せし視線は端無くも, せし覚えもなし, せし信ずべしと, せし言葉なるべし, せし言語につき難問, せし計りにては不審, せし記事にし, せし見ゆ, せし説教をくり, せし談話中多少その, せし證據も無事, せし譫語のみ苦痛, せし議員も亦少し, せし議院に非, せし貸席ありて, せし資料に基き, せし趣き包まず白状, せし趣き今一應申聞よと聞, せし趣き申立しに, せしを認むる, せし跡歴々として見受け, せしを見よ, せし身分あるアイヌ, せしなるを, せし車夫の耳, せし輩今更軽々しく妖言, せし迷信的意嚮より離脱, せし通りヨブは信仰, せし通り倉子よりの艶書, せし通り其志ざしも, せし通り同人の当夜, せし通り娘事先は御, せし通り平川天神の裏門前, せし通り昨夜の事, せし通り短気の大, せしは如何程大, せし道之助を一日, せし道者ども今は鼻, せし遠山勘十郎と云, せし遺風なりとの説, せしの藤重, せし那破翁もその, せし邪馬臺國は肥後, せし部分を古く, せし酒屋へ三里, せし醫師は公子, せし里程の標準, せし金円は著作権法改正運動, せし鉄道十万英里に及び, せし鍛工を疲らせ, せし長屋のあるじ, せしの中, せし階級の繩, せし際家の中, せし際親朝がまだ, せし雇婆さんこれとて当座, せし雑俳を書, せしあがり露椽先, せし雨瀟瀟始めて脱稿, せしを見返さん, せし韃靼二帝の歴史, せし音響より大, せし響きの聴, せし頃さへ親, せし頃そこを奥院, せし頃一夜此家の近き, せし頃尾張町の四角, せし頃巖谷小波江見水蔭も共に, せし頃年上の生徒, せし頃軒端の庇あれ, せし顏色して, せし顔つき時たま逢, せし顛末を小説体, せしにて, せし風早と蒲田, せしの何處, せし馬丁ならん, せし馬士松五郎に相違有, せし駕籠を引寄浪人, せし骨片を拾い, せしさに, せし高どのの名, せし高尚き姿, せしをなで試みつ, せしの使者, せし魔よけ法である, せし鰐淵が居宅, せし少しばかり, せし鳥居清信が, せし黄金丸なるぞ, せしに跨る, せし黒奴の肖像画, せしは至つて